(案)

Size: px
Start display at page:

Download "(案)"

Transcription

1 資 料 2-1 特 例 番 号 1010 の 関 連 資 料 審 議 事 項 1 評 価 対 象 となる 規 制 の 特 例 措 置 のニーズについて 1 2 行 政 評 価 局 による 調 査 結 果 ( 平 成 18 年 度 下 半 期 実 施 分 ) 2 3 規 制 所 管 省 庁 の 意 見 等 12 参 考 資 料 4 評 価 対 象 となる 規 制 の 特 例 措 置 の 概 要 13 5 評 価 対 象 となる 規 制 の 特 例 措 置 の 別 表 14 6 評 価 対 象 となる 規 制 の 特 例 措 置 のマニュアル 15

2 1 評 価 対 象 となる 規 制 の 特 例 措 置 のニーズについて 審 議 事 項 特 定 事 業 の 設 置 経 緯 地 方 競 馬 における 小 規 模 場 外 設 備 設 置 事 業 (1010) 提 案 者 のこれまで( 提 案 者 : 愛 知 県 ( 愛 知 県 競 馬 組 合 )) 競 馬 場 外 の 勝 馬 投 票 券 発 売 所 又 は 払 戻 金 交 付 所 ( 以 下 場 外 設 備 という )の 設 置 に 当 たっては その 位 置 構 造 及 び 設 備 が 競 馬 法 施 行 規 則 第 59 条 の 規 定 に 基 づく 場 外 設 備 の 位 置 構 造 及 び 設 備 の 基 準 に 適 合 する とともに 農 林 水 産 大 臣 の 承 認 を 要 することとされている 構 造 改 革 特 区 特 例 措 置 の 概 要 小 規 模 な 場 外 設 備 ( 窓 口 の 数 が5 以 内 で かつ 最 大 滞 留 者 数 が100 人 以 内 のもの )については 特 区 計 画 及 び 農 林 水 産 大 臣 が 告 示 で 定 める 事 項 ( 地 域 社 会 との 十 分 な 調 整 を 含 む )に 適 合 していることを 都 道 府 県 知 事 が 書 面 により 確 認 した 場 合 には 農 林 水 産 大 臣 は 基 準 を 満 たしたものとみなすこととされた 特 定 事 業 の 実 施 特 定 事 業 の 実 施 状 況 現 在 の 認 定 状 況 :1 件 愛 知 県 地 方 競 馬 ミニ 場 外 特 区 本 特 例 措 置 を 活 用 した 特 区 計 画 の 認 定 件 数 は 提 案 者 である 愛 知 県 の 計 画 のみである 要 件 手 続 等 について 特 区 計 画 の 認 定 申 請 の 時 期 が 年 3 回 に 限 られているため 地 元 調 整 等 に 時 間 がかかり 認 定 申 請 の 受 付 期 間 を 過 ぎた 場 合 は 次 の 受 付 期 間 まで 約 4か 月 待 たねばならず 長 期 間 の 仮 契 約 を 厭 う 民 間 事 業 者 が 受 託 を 取 りやめるおそれがあるという 意 見 があった 特 例 措 置 の 更 なる 実 施 の 可 能 性 その 他 ニーズの 状 況 行 政 評 価 局 による 調 査 の 概 要 他 の14の 地 方 競 馬 主 催 者 に 対 して 実 地 調 査 または 電 話 調 査 を 行 った 結 果 現 時 点 では 活 用 予 定 はなかった 主 な 意 見 など 厳 しい 経 営 状 況 から 新 たな 投 資 が 困 難 小 規 模 場 外 設 備 の 設 置 によって 採 算 が 取 れるかどうか 危 惧 本 特 例 措 置 を 活 用 する 以 前 に 地 域 社 会 との 調 整 が 難 しい 今 後 の 実 施 増 加 の 見 込 み 今 後 の 実 施 増 加 の 可 能 性 は 小 さい 1 厳 しい 経 営 状 況 から 新 たな 投 資 が 困 難 であること 2 小 規 模 場 外 設 備 の 設 置 によって 採 算 が 取 れるかどうかの 危 惧 があること 3 小 規 模 場 外 設 備 の 設 置 に 当 たり 最 も 時 間 を 要 する 手 続 きが 地 域 社 会 との 調 整 であるが 本 特 例 措 置 を 活 用 する 以 前 に 地 域 社 会 との 調 整 が 難 しいことから 本 特 例 措 置 の 活 用 の 予 定 は 見 られない - 1 -

3 2 行 政 評 価 局 による 調 査 結 果 ( 平 成 18 年 度 下 半 期 実 施 分 ) 特 例 措 置 調 査 結 果 (1010) 特 例 措 置 番 号 1010 特 例 措 置 名 地 方 競 馬 における 小 規 模 場 外 設 備 設 置 事 業 現 行 規 制 の 概 要 ( 関 係 法 令 等 の 名 称 及 び 条 項 ) 競 馬 場 外 の 勝 馬 投 票 券 発 売 所 又 は 払 戻 金 交 付 所 ( 以 下 場 外 設 備 と いう )の 設 置 に 当 たっては その 位 置 構 造 及 び 設 備 が 競 馬 法 施 行 規 則 第 59 条 の 規 定 に 基 づく 場 外 設 備 の 位 置 構 造 及 び 設 備 の 基 準 ( 平 成 4 年 農 林 水 産 省 告 示 第 1309 号 ) に 適 合 するとともに 農 林 水 産 大 臣 の 承 認 を 要 することとされている ( 競 馬 法 施 行 令 ( 昭 和 23 年 政 令 第 242 号 ) 第 2 条 第 1 項 競 馬 法 施 行 規 則 ( 昭 和 29 年 農 林 省 令 第 55 号 ) 第 59 条 ) 地 方 公 共 団 体 は 競 馬 場 に 隣 接 するなどの 地 域 における 特 性 により 小 規 模 な 場 外 設 備 の 設 置 が 近 接 する 文 教 医 療 施 設 に 対 して 著 しい 支 障 を 来 すおそれがなく かつ 周 辺 環 境 と 調 和 しているものと 認 め た 場 合 小 規 模 な 場 外 設 備 の 規 模 の 上 限 ( 窓 口 の 数 が5 以 内 で かつ 最 大 滞 留 者 数 が 100 人 以 内 のもの ) 及 び 設 置 できる 区 域 の 範 囲 を 特 特 例 措 置 の 概 要 区 計 画 に 記 載 の 上 内 閣 総 理 大 臣 の 認 定 を 申 請 し 認 定 を 受 けること ができる 当 該 特 区 内 に 設 置 される 場 外 設 備 が 特 区 計 画 及 び 農 林 水 産 大 臣 が 告 示 で 定 める 事 項 ( 地 域 社 会 との 十 分 な 調 整 を 含 む )に 適 合 してい ることについて 当 該 特 区 を 管 轄 する 都 道 府 県 知 事 が 書 面 により 確 認 した 場 合 には 基 準 を 満 たしたものとみなす 提 案 主 体 愛 知 県 特 例 措 置 に 係 る 0 件 特 区 の 認 定 状 況 調 規 制 所 管 省 庁 農 林 水 産 省 査 対 提 案 主 体 愛 知 県 象 機 認 定 申 請 主 体 関 ニ ー ズ 調 査 地 方 公 共 団 体 60(うち 電 話 等 による 概 況 調 査 52) 関 係 団 体 1 そ の 他 調 査 結 果 1 特 例 措 置 の 適 用 等 の 状 況 ( 平 成 18 年 10 月 末 現 在 ) 本 特 例 措 置 に 係 る 提 案 は 1 件 ( 愛 知 県 )であるが 本 特 例 措 置 を 適 用 した 特 区 計 画 の 認 定 実 績 はない 2 特 例 措 置 に 係 る 特 区 認 定 を 受 けている 場 合 の 内 容 等 該 当 なし - 2 -

4 3 提 案 を 行 ったのみで 認 定 申 請 を 行 っていない 地 方 公 共 団 体 の 状 況 愛 知 県 (1) 本 特 例 措 置 に 係 る 提 案 をした 経 緯 等 ア 背 景 事 情 愛 知 県 競 馬 組 合 は 愛 知 県 名 古 屋 市 及 び 豊 明 市 で 組 織 されており 同 組 合 の 管 理 者 は 愛 知 県 競 馬 組 合 規 約 に 基 づき 愛 知 県 知 事 とされている 愛 知 県 競 馬 組 合 は 名 古 屋 競 馬 場 において 地 方 競 馬 を 年 間 約 130 日 開 催 ( 平 成 17 年 度 の 開 催 実 績 は 128 日 )しているが 同 競 馬 場 における 売 上 額 は 昭 和 49 年 度 の 約 735 億 円 をピークとして 年 々 減 少 し その 後 一 時 期 は 回 復 したものの 平 成 4 年 度 以 降 は 単 年 度 収 支 の 赤 字 状 態 が 続 くなど 厳 しい 経 営 状 況 にあり 17 年 度 の 売 上 額 は 約 179 億 円 とピーク 時 の 約 4 分 の1となっている 表 1 愛 知 県 競 馬 組 合 の 売 上 額 の 状 況 ( 単 位 : 億 円 %) 年 度 平 成 収 入 比 率 ( 注 )1 本 表 は 愛 知 県 競 馬 組 合 の 資 料 により 当 局 が 作 成 した 2 比 率 は 昭 和 49 年 度 の 売 上 げ( 約 735 億 円 )を 100 として 算 出 した 愛 知 県 競 馬 組 合 では これまで2 度 にわたり 経 営 改 善 計 画 を 策 定 し 売 上 げの 増 収 等 に 努 めているものの 赤 字 の 解 消 には 至 らず このため 同 組 合 の 構 成 団 体 である 愛 知 県 名 古 屋 市 及 び 豊 明 市 は 競 馬 事 業 の 今 後 の 在 り 方 について 検 討 するため 平 成 16 年 4 月 に 有 識 者 による 名 古 屋 競 馬 のあり 方 懇 談 会 を 設 置 している 同 懇 談 会 は 平 成 16 年 12 月 に 1 再 建 は 困 難 であり 廃 止 を 決 断 すべきとの 意 見 と 2 期 限 を 設 けて 再 建 のために 最 大 限 努 力 し 再 建 が 困 難 な 場 合 は 速 やかに 廃 止 を 決 断 すべき との 意 見 を 併 記 した 名 古 屋 競 馬 のあり 方 に 関 する 提 言 を 行 っている 上 記 提 言 を 受 け 愛 知 県 では 名 古 屋 市 及 び 豊 明 市 と 協 議 し 平 成 17 年 度 から 19 年 度 までの 間 の 経 営 状 況 をもって 愛 知 県 競 馬 組 合 の 存 廃 を 含 めた 決 断 を 行 うことと して 17 年 度 から 19 年 度 までの 愛 知 県 競 馬 組 合 経 営 再 建 計 画 を 策 定 している 同 計 画 は 1 売 上 振 興 策 2 事 業 連 携 3 民 間 委 託 の 推 進 4 経 費 削 減 策 等 を 内 容 と し 売 上 振 興 策 としては 場 外 設 備 の 設 置 ( 増 設 )も 有 効 な 手 段 としており 愛 知 県 では 場 外 設 備 について 市 街 地 を 中 心 に 年 1か 所 のペースで 計 3か 所 の 新 設 を 予 定 している イ 提 案 した 理 由 等 愛 知 県 競 馬 組 合 では 現 在 場 外 設 備 として 中 京 場 外 ( 愛 知 県 豊 明 市 ) サン アール 弥 富 ( 愛 知 県 弥 富 町 ) 及 び サンアール 磯 部 ( 三 重 県 磯 部 町 )の3か 所 を 設 置 している このうち サンアール 弥 富 の 設 置 の 過 程 において 地 元 との 事 前 協 - 3 -

5 議 の 際 に 実 質 的 な 反 対 はなかったものの 地 元 自 治 会 代 表 者 から 設 置 の 承 認 申 請 に 必 要 とされる 同 意 書 の 提 出 に 難 色 を 示 され 同 意 書 の 入 手 に 時 間 を 要 したことが あるとしている 愛 知 県 は 上 記 の 背 景 事 情 や 場 外 設 備 の 設 置 の 経 緯 等 を 踏 まえ 地 域 社 会 との 調 整 において 実 質 的 な 同 意 は 得 られても 同 意 書 への 署 名 捺 印 という 形 の 書 面 にする ことが 難 しい 場 合 があることから 特 区 に 関 する 第 7 次 提 案 募 集 ( 受 付 期 間 : 平 成 17 年 6 月 1 日 から 30 日 )において 以 下 のような 特 例 措 置 の 提 案 を 行 った 現 行 制 度 においては 数 窓 程 度 の 小 規 模 な 場 外 設 備 ( 注 )の 設 置 についても 大 規 模 な 場 外 設 備 と 同 様 に 地 域 社 会 との 調 整 について 自 治 会 の 同 意 書 等 によって 証 明 する 必 要 があるが 小 規 模 な 場 外 設 備 は 地 域 社 会 に 与 える 影 響 が 小 さく 一 律 に 地 域 社 会 との 調 整 についての 証 明 書 を 提 出 する 必 然 性 は 乏 しいと 考 えられる したがって 地 方 競 馬 の 主 催 者 がその 関 係 地 方 公 共 団 体 の 区 域 内 に 設 置 する 小 規 模 な 場 外 設 備 については 設 置 基 準 ( 競 馬 法 施 行 規 則 第 59 条 の 規 定 に 基 づく 場 外 設 備 の 位 置 構 造 及 び 設 備 の 基 準 に 規 定 する 設 置 承 認 基 準 )を 緩 和 するとともに 農 林 水 産 大 臣 の 承 認 制 を 届 出 制 とする ( 注 ) 愛 知 県 では 小 規 模 場 外 設 備 の 具 体 的 な 態 様 としては 15 窓 ( 払 戻 窓 口 を 含 む ) 以 内 の 場 外 馬 券 発 売 所 で 簡 易 な 映 像 装 置 等 を 備 え 最 大 滞 留 人 員 ( 定 員 )が 100 人 以 内 の 施 設 2 既 存 店 舗 に 設 置 する1~2 窓 ( 払 戻 窓 口 を 含 む )の 場 外 馬 券 発 売 所 で 映 像 装 置 等 を 備 えず ファンの 滞 留 を 想 定 しない 施 設 の2つを 想 定 しているとしている 上 記 の 提 案 については 農 林 水 産 大 臣 の 承 認 制 を 届 出 制 とすることは 認 められなかっ たものの 地 域 社 会 との 十 分 な 調 整 が 行 われていること 等 の 要 件 を 充 足 していることに ついて 都 道 府 県 知 事 が 書 面 により 確 認 した 場 合 には 農 林 水 産 大 臣 は 設 置 承 認 基 準 を 満 たしたものとみなすこととされた 愛 知 県 は 認 められた 特 例 措 置 は 提 案 内 容 と 若 干 の 相 違 はあるものの そのこと 自 体 が 特 に 特 区 計 画 の 認 定 申 請 に 影 響 を 与 えているわけではないとしている (2) 本 特 例 措 置 を 適 用 した 特 区 計 画 の 認 定 申 請 を 行 っていない 理 由 等 愛 知 県 競 馬 組 合 では 平 成 17 年 12 月 から ホームページ 上 で ミニ 場 外 馬 券 発 売 所 のオーナーの 募 集 を 開 始 しており 当 該 募 集 に 対 する 複 数 の 事 業 の 提 案 はみられたもの の いずれも 具 体 的 な 設 置 計 画 の 立 案 には 至 っていないとしている ちなみに 当 該 発 売 所 の 概 要 は 次 のとおりである - 4 -

6 1 概 要 2 台 ~3 台 程 度 の 発 売 機 を 備 える 発 売 所 で 映 像 による 情 報 提 供 を 行 わず フ ァンの 滞 留 を 想 定 しない 発 売 所 設 置 場 所 は 商 業 地 域 を 想 定 2 規 模 設 備 1 敷 地 面 積 :10 平 方 メートル~30 平 方 メートル 程 度 2 窓 口 数 :2 窓 ~3 窓 程 度 ( 発 売 払 戻 兼 用 2 窓 又 は 発 売 2 窓 払 戻 1 窓 ) 3 設 備 : 自 動 発 払 機 2 台 ( 又 は 発 売 専 用 2 台 払 戻 専 用 1 台 ) トータリ ゼータ 通 信 処 理 装 置 1 台 無 停 電 電 源 装 置 1 台 等 4 初 期 投 資 :2,500 万 円 程 度 ( 中 古 機 利 用 の 場 合 1,700 万 円 程 度 ) ( 注 )1 名 古 屋 競 馬 ( 愛 知 県 競 馬 組 合 )のホームページを 基 に 当 局 が 作 成 した 2 農 林 水 産 省 は 本 特 例 措 置 の 活 用 いかんにかかわらず 利 用 者 の 滞 留 を 想 定 しない 場 外 設 備 を 設 置 することは 可 能 であるとしている 愛 知 県 は 平 成 18 年 10 月 現 在 愛 知 県 競 馬 組 合 では 具 体 的 な 候 補 地 ( 物 件 )に ついて 採 算 性 や 地 元 との 調 和 の 見 地 から 調 査 検 討 をしている 段 階 である 今 後 調 査 の 結 果 適 当 と 認 められた 候 補 地 ( 物 件 )について 設 置 計 画 を 示 しながら 地 元 調 整 を 行 い 調 整 の 目 途 が 得 られ 次 第 特 区 計 画 の 認 定 申 請 を 行 う 見 込 みである としてい る (3) 要 件 手 続 等 に 関 する 意 見 等 本 特 例 措 置 に 関 する 要 件 手 続 等 について 愛 知 県 は 特 区 計 画 の 認 定 申 請 の 時 期 が 年 3 回 に 限 られているため 次 のような 問 題 が 生 じるおそれがあるとしている 場 外 設 備 は 嫌 忌 施 設 とも 受 けとめられかねないため 特 区 計 画 の 認 定 申 請 に 当 たって は 事 実 上 申 請 時 までに 概 ね 地 元 調 整 を 終 える 必 要 があるが 地 元 調 整 等 に 時 間 がか かり 認 定 申 請 の 受 付 期 間 を 過 ぎた 場 合 は 次 回 の 受 付 期 間 まで 約 4か 月 待 たなければ ならない この 場 合 場 外 設 備 の 設 置 者 である 競 馬 主 催 者 から 勝 馬 投 票 券 の 発 売 等 の 競 馬 の 実 施 に 関 する 事 務 の 委 託 を 受 けようとする 民 間 事 業 者 は 場 外 設 備 を 設 置 する 予 定 の 候 補 地 ( 物 件 )について 事 業 の 成 否 が 明 らかでないままに 長 期 間 仮 契 約 し 続 けな ければならないことから 上 記 競 馬 の 実 施 に 関 する 事 務 の 受 託 を 取 りやめてしまう 場 合 があるといった 事 態 が 生 じることも 考 えられる 4 その 他 の 地 方 公 共 団 体 等 におけるニーズに 関 する 調 査 結 果 の 概 要 今 回 全 国 の 15 の 地 方 競 馬 主 催 者 ( 地 方 競 馬 の 主 催 者 は 全 国 で 16 主 催 者 あるが 2 主 催 者 が 同 一 の 競 馬 場 で 競 馬 事 業 を 運 営 しているため 当 該 競 馬 場 については 主 催 者 を1 として 15 主 催 者 としている )のうち 8 地 方 競 馬 主 催 者 ( 北 海 道 岩 手 県 競 馬 組 合 埼 玉 県 浦 和 競 馬 組 合 特 別 区 競 馬 組 合 兵 庫 県 競 馬 組 合 福 山 市 高 知 県 競 馬 組 合 及 び 佐 賀 県 競 馬 組 合 )において 本 特 例 措 置 の 活 用 予 定 の 有 無 等 を 実 地 に 調 査 した 結 果 次 のと おり 厳 しい 経 営 状 況 が 続 く 中 で 新 たな 投 資 事 業 を 行 うことは 困 難 である 等 の 理 由 から - 5 -

7 現 時 点 では 本 特 例 措 置 を 活 用 する 予 定 はないとしている また 残 る6 地 方 競 馬 主 催 者 ( 愛 知 県 競 馬 組 合 を 除 く )に 対 する 電 話 による 聴 取 の 結 果 においても 同 様 な 理 由 から 活 用 の 予 定 はないとする 意 見 であった 1 赤 字 状 態 が 続 く 厳 しい 経 営 状 況 からすると 新 たな 投 資 を 伴 う 場 外 設 備 を 設 置 するこ とは 困 難 である( 今 回 調 査 した8 地 方 競 馬 主 催 者 の 平 成 17 年 度 の 収 支 状 況 をみると 6 主 催 者 が 赤 字 となっている ) 2 本 特 例 措 置 により 認 められる 小 規 模 場 外 設 備 の 規 模 では 採 算 が 取 れるかどうか 危 ぐ 惧 している 3 本 特 例 措 置 においても 小 規 模 場 外 設 備 の 設 置 に 当 たり 手 続 に 最 も 時 間 を 要 する 地 域 社 会 との 調 整 は 必 要 とされているため 本 特 例 措 置 を 活 用 する 以 前 に 地 域 社 会 との 調 整 が 難 しい また 利 用 者 の 滞 留 を 想 定 していないごく 小 規 模 な 場 外 施 設 を 主 催 者 の 責 任 でより 簡 便 な 手 続 で 設 置 可 能 となるようであれば 積 極 的 に 活 用 していくことがあり 得 るとの 意 見 も みられた なお 地 方 競 馬 主 催 者 及 び 地 方 競 馬 全 国 協 会 の 個 別 の 意 見 等 については 別 記 のとおり である 5 特 例 措 置 に 係 る 特 区 認 定 が 少 ない 原 因 理 由 等 本 特 例 措 置 について 提 案 主 体 である 愛 知 県 ( 愛 知 県 競 馬 組 合 )は 具 体 的 な 候 補 地 に ついて 調 査 検 討 している 段 階 であり その 結 果 候 補 地 について 地 元 との 調 整 の 目 途 が 得 られ 次 第 特 区 計 画 の 認 定 申 請 を 行 う 見 込 みであるとしている その 他 の 地 方 競 馬 主 催 者 においては 1 厳 しい 経 営 状 況 から 新 たな 投 資 が 困 難 であるこ ぐ と 2 小 規 模 場 外 設 備 の 設 置 によって 採 算 が 取 れるかどうか 危 惧 していること 3 小 規 模 場 外 設 備 の 設 置 に 当 たり 最 も 時 間 を 要 する 手 続 は 地 域 社 会 との 調 整 であるが 本 特 例 措 置 を 活 用 する 以 前 に 地 域 社 会 との 調 整 が 難 しいと 考 えていることから いずれも 現 時 点 では 本 特 例 措 置 の 活 用 の 予 定 はみられない - 6 -

8 別 記 その 他 の 地 方 競 馬 主 催 者 等 におけるニーズに 関 する 意 見 等 (1) 主 な 意 見 等 本 特 例 措 置 のニーズに 関 して 14 地 方 競 馬 主 催 者 を 調 査 ( 電 話 による 聴 取 を 含 む ) した 結 果 いずれの 主 催 者 も 厳 しい 経 営 状 況 が 続 く 中 で 新 たな 投 資 事 業 を 行 うことは 困 難 であること 等 の 理 由 から 本 特 例 措 置 を 活 用 する 予 定 はないとしている 地 方 競 馬 主 催 者 ( 北 海 道 ) 北 海 道 は 次 の 理 由 から 本 特 例 措 置 を 活 用 する 予 定 はないとしている 1 北 海 道 営 競 馬 においては 平 成 4 年 度 以 降 収 支 が 悪 化 し 累 積 赤 字 が 10 年 度 末 ま でに 85 億 円 に 達 しているため 北 海 道 知 事 は 平 成 11 年 6 月 に 大 学 教 授 等 の 有 識 者 からなる 北 海 道 地 方 競 馬 運 営 委 員 会 に 北 海 道 競 馬 の 在 り 方 を 諮 問 している 北 海 道 は 平 成 11 年 11 月 の 同 委 員 会 の 答 申 を 受 けて 平 成 13 年 度 から5か 年 で 赤 字 脱 却 を 目 指 すための 取 組 として 13 年 度 以 降 窓 口 数 が4 窓 から 22 窓 の 小 規 模 な 場 外 設 備 を 道 内 に 11 か 所 設 置 している 北 海 道 地 方 競 馬 運 営 委 員 会 は インターネット 投 票 の 活 用 とともに 場 外 設 備 をさ らに 新 設 すべきとしている しかし 北 海 道 は インターネット 投 票 の 拡 大 は 検 討 し ているものの 場 外 設 備 については 既 存 の 11 場 外 設 備 の 収 支 のうち 収 益 を 上 げ ているのは 売 得 金 額 の 多 い 札 幌 駅 前 及 び 苫 小 牧 だけであること また 主 要 都 市 には 既 に 場 外 設 備 が 設 置 されており 残 っている 場 所 は 収 益 の 期 待 できない 所 なので こ れ 以 上 の 新 規 設 置 は 難 しいと 考 えている 2 本 特 例 措 置 は 地 域 住 民 代 表 の 同 意 書 が 不 要 というだけであり 地 域 社 会 との 調 整 は 必 要 とされている 後 々の 住 民 とのトラブルを 回 避 するためには 同 意 書 は 必 要 と 考 えており 本 特 例 措 置 を 活 用 する 予 定 はない また 地 域 住 民 代 表 の 同 意 書 が 不 要 と なった 場 合 地 域 社 会 との 調 整 済 みであることの 証 左 がなく 判 断 が 困 難 である ( 岩 手 県 競 馬 組 合 ) 岩 手 県 競 馬 組 合 は 次 の 理 由 から 本 特 例 措 置 を 活 用 する 予 定 はないとしている 場 外 設 備 の 設 置 に 当 たっては 地 域 住 民 地 元 商 業 組 合 に 対 する 説 明 及 び 同 意 要 請 は 必 須 の 手 続 であり その 調 整 の 結 果 が 同 意 書 という 形 で 表 されることから 地 域 住 民 と の 協 議 が 整 った 旨 の 書 面 は 必 要 である よって 仮 に 発 売 窓 口 数 が5 窓 以 内 でかつ 最 大 滞 留 者 数 100 人 以 内 の 小 規 模 場 外 設 備 を 設 置 することとなっても 通 常 の 手 続 によって 地 域 住 民 等 と 協 議 を 行 い 同 意 書 を 入 手 することを 考 えていることから 本 特 例 措 置 を 活 用 する 予 定 はない ( 埼 玉 県 浦 和 競 馬 組 合 ) 埼 玉 県 浦 和 競 馬 組 合 は 次 の 理 由 から 本 特 例 措 置 を 活 用 する 予 定 はないとしている 1 多 額 の 累 積 赤 字 があり 赤 字 経 営 を 改 善 するために 3ヶ 年 経 営 戦 略 ( 平 成 18 年 度 ~20 年 度 ) を 策 定 して 営 業 の 強 化 等 に 取 り 組 んでいる 赤 字 の 解 消 が 急 務 とさ れている 現 状 において 新 たな 設 備 投 資 を 伴 う 事 業 には 慎 重 になっている - 7 -

9 2 本 場 の 利 用 圏 内 ( 浦 和 競 馬 場 から 半 径 約 30 キロメートルの 範 囲 と 想 定 )に 場 外 設 備 を 設 置 した 場 合 本 場 の 利 用 者 がその 場 外 設 備 に 流 れるのみで 収 益 増 加 につながら ない 可 能 性 がある 一 方 で 本 場 利 用 圏 外 の 地 域 は 人 口 が 少 ないため 多 数 の 利 用 者 が 見 込 めるか 分 からない 3 本 特 例 措 置 の 対 象 は 窓 口 の 数 が5 以 内 でかつ 最 大 滞 留 者 数 が 100 人 以 内 という 規 模 の 場 外 設 備 であり このような 小 規 模 施 設 では 採 算 を 取 ることが 難 しいのではない か 4 本 特 例 措 置 における 地 域 社 会 との 調 整 の 確 認 方 法 は これまで 求 めていた 町 村 長 又 は 自 治 会 長 の 同 意 書 の 添 付 を 義 務 付 けずに 都 道 府 県 知 事 の 裁 量 に 委 ねているが 一 方 地 元 の 同 意 がなければ 警 察 協 議 も 整 わない 可 能 性 が 高 く 後 日 地 元 で 問 題 化 す るおそれもあるため 地 元 の 同 意 書 の 添 付 が 要 件 であるか 否 かにかかわらず 場 外 設 備 の 設 置 に 当 たっては 地 域 社 会 との 調 整 が 不 可 欠 である したがって 今 のところ 本 特 例 措 置 を 活 用 する 予 定 はない ( 特 別 区 競 馬 組 合 ) 特 別 区 競 馬 組 合 は 東 京 23 区 全 ての 地 区 における 場 外 設 備 の 設 置 等 の 構 想 を 有 して いるが 次 の 理 由 から 本 特 例 措 置 を 活 用 する 予 定 はないとしている 1 本 特 例 措 置 は 小 規 模 な 場 外 設 備 の 設 置 に 関 して 設 備 基 準 等 への 適 応 や 地 域 社 会 との 調 整 が 行 われていることを 都 道 府 県 知 事 が 確 認 することにより 事 実 上 その 設 置 が 認 められる 措 置 であるが 本 組 合 は 県 が 構 成 員 となっている 他 の 多 くの 地 方 競 馬 主 催 者 とは 異 なり 千 代 田 区 をはじめとした 都 内 の 23 特 別 区 により 構 成 されており 現 在 の 管 理 者 は 文 京 区 長 である 東 京 都 は 本 組 合 の 構 成 員 ではなく 本 組 合 と 東 京 都 知 事 とは 何 らの 関 係 も 有 していないため 東 京 都 においては 本 特 例 措 置 の 活 用 は 困 難 である 2 本 特 例 措 置 の 対 象 となる 場 外 設 備 は 発 売 窓 口 数 が5 窓 以 内 で 最 大 滞 留 者 数 100 人 以 内 とされているが 本 組 合 専 用 場 外 設 備 のひとつである オフト 汐 留 における 最 大 滞 留 者 数 は 約 1,500 人 であり 恒 常 的 に 400~500 人 の 滞 留 者 がある 滞 留 者 を 考 慮 すると 本 特 例 措 置 による 場 外 設 備 では 規 模 的 に 東 京 都 内 では 運 営 が 困 難 で あり 設 置 に 当 たっての 警 察 との 協 議 を 整 えることが 困 難 であるため 本 特 例 措 置 の 活 用 は 難 しい 3 本 組 合 としては 本 特 例 措 置 によって 東 京 都 という 特 殊 な 地 域 を 考 慮 しても な お 従 来 の 場 外 施 設 とは 一 線 を 画 した 大 都 市 に 適 合 した 場 外 施 設 ( 一 例 を 挙 げれば ごく 小 規 模 で 情 報 提 供 を 伴 わない 発 売 払 戻 しに 特 化 した 利 用 者 の 滞 留 を 想 定 し ない 場 外 施 設 )の 設 置 が 主 催 者 の 責 任 でより 簡 便 な 手 続 で 可 能 となるものであれば 積 極 的 に 活 用 していくこともあり 得 る (( 注 ) 農 林 水 産 省 は 本 特 例 措 置 を 活 用 するかしないかにかかわらず 利 用 者 の 滞 留 を 想 定 しない 場 外 設 備 を 設 置 することは 可 能 であるとしている ) ( 兵 庫 県 競 馬 組 合 ) 兵 庫 県 競 馬 組 合 は 次 の 理 由 から 本 特 例 措 置 を 活 用 する 予 定 はないとしている 1 当 組 合 における 平 成 15 年 度 から 17 年 度 の 単 年 度 収 支 は 各 年 度 とも 赤 字 となって - 8 -

10 おり 収 支 状 況 に 加 えて 財 政 調 整 基 金 残 高 も 厳 しい 状 況 にある このため 現 時 点 で は 自 己 資 金 を 投 資 して 施 設 整 備 等 を 行 う 考 えはない なお 収 支 改 善 のための 方 策 として 地 方 競 馬 を 開 催 している 園 田 競 馬 場 ( 尼 崎 市 ) 及 び 姫 路 競 馬 場 ( 姫 路 市 )の 各 競 馬 場 本 場 のファンサービスの 改 善 他 の 競 馬 場 におけるレースに 係 る 馬 券 販 売 の 拡 大 JRAウインズ 販 売 対 象 レースの 拡 大 等 に 加 えて インターネット 販 売 の 実 施 及 び 民 間 場 外 設 備 の 開 設 を 検 討 している 2 5 窓 規 模 の 場 外 設 備 を 設 置 する 場 合 であっても 単 に 販 売 等 のための 機 械 を 置 くだ けであれば 電 話 投 票 と 何 ら 変 わることがないため 集 客 力 向 上 のためには それ 以 外 にオッズの 周 知 設 備 等 も 設 ける 必 要 があると 考 える しかし これらの 機 械 類 のみの 初 期 投 資 額 だけでも1 億 円 は 超 えると 予 想 しており( 上 記 機 械 は1 台 1 千 万 円 以 上 で あり コンピューターとの 連 結 装 置 も 必 要 となる ) 5 台 程 度 の 規 模 では 採 算 を 取 ることが 難 しい ( 注 ) 兵 庫 県 競 馬 組 合 は 北 海 道 においては 小 規 模 馬 券 売 場 を 多 数 設 置 し 収 益 を 上 げているとの 情 報 も 得 ており 採 算 が 取 れるかどうか 今 後 検 討 したいとし ている なお 本 特 例 措 置 が 認 められる 施 設 規 模 の 要 件 として 窓 口 数 5 以 内 で 最 大 滞 留 者 100 人 以 内 のものとされているが レース 間 の 空 き 時 間 を 30 分 とし 1 分 当 たり2 人 の 投 票 が 可 能 であるとすると 5 台 では 300 人 (2 人 30 分 5 台 )の 滞 留 者 が 出 る と 算 出 されるため 最 大 滞 留 者 数 100 人 以 内 ではせいぜい3 台 程 度 しか 置 けないこと から 本 特 例 措 置 の 当 該 要 件 は 現 実 的 でないと 考 える 3 本 特 例 措 置 においても これまでと 同 様 に 警 察 消 防 への 対 応 等 を 含 めた 地 域 社 会 との 調 整 が 必 要 とされているので 本 特 例 措 置 を 活 用 する 予 定 はない なお 酒 場 及 び 駅 構 内 等 の 特 定 事 業 者 の 施 設 ( 区 画 化 した 特 定 施 設 内 に 滞 留 者 が 収 容 できるもの)で 勝 馬 投 票 券 を 販 売 する 場 合 は 警 察 地 元 等 との 調 整 を 必 要 としな いこととしてほしい ( 福 山 市 ) 福 山 市 は 平 成 18 年 度 の 大 幅 な 経 費 削 減 によってようやく 赤 字 から 脱 却 した 状 況 で 17 年 度 末 の 赤 字 額 が 約 21 億 900 万 円 あり 現 状 では 既 設 の 場 外 設 備 の 存 続 も 危 うい 状 況 にあることから 新 たに 場 外 設 備 を 設 置 する 余 裕 はなく 本 件 特 例 措 置 を 活 用 する 予 定 はないとしている ( 高 知 県 競 馬 組 合 ) 高 知 県 競 馬 組 合 は 経 営 改 善 の 一 環 として 平 成 16 年 9 月 に 徳 島 県 板 野 郡 藍 住 町 に 場 外 設 備 パルス 藍 住 を 設 置 したが 当 該 場 外 設 備 の 平 成 17 年 度 の 売 得 金 額 は 見 込 額 の 20 億 円 を 大 幅 に 下 回 る 約 13 億 円 で 経 営 改 善 に 結 びつかなかった 経 緯 があり 場 外 設 置 は 採 算 が 取 れないとする 意 見 を 有 している このため 新 規 の 場 外 設 備 を 設 置 する 考 えはなく 本 特 例 措 置 を 活 用 する 予 定 はないとしている ( 佐 賀 県 競 馬 組 合 ) 佐 賀 県 競 馬 組 合 は 次 の 理 由 から 本 特 例 措 置 を 活 用 する 予 定 はないとしている 1 本 特 例 措 置 を 活 用 して 福 岡 都 市 圏 に 新 規 場 外 設 備 を 開 設 したいとの 希 望 はある - 9 -

11 が 本 特 例 措 置 においても 地 域 社 会 との 調 整 が 必 要 とされている 佐 賀 県 競 馬 組 合 が 平 成 14 年 度 及 び 17 年 度 に 福 岡 市 において 新 規 場 外 設 備 を 計 画 した 際 に 地 域 住 民 の 反 対 によって 断 念 した 経 緯 を 考 えると 福 岡 都 市 圏 における 場 外 設 備 の 設 置 は 地 域 の 同 意 が 得 られにくいことから 困 難 であると 考 えられる 2 周 辺 住 民 の 反 対 等 が 比 較 的 少 ない 地 域 ( 地 方 都 市 )についても 特 例 措 置 が 規 定 し ている 規 模 ( 窓 口 ( 払 戻 しを 含 む )の 数 が5 以 内 でかつ 最 大 滞 留 者 数 が 100 人 以 内 ぐ であること )では 採 算 が 取 れるかどうか 危 惧 している また 全 国 15 の 地 方 競 馬 主 催 者 のうち 愛 知 県 競 馬 組 合 及 び 上 記 8 主 催 者 を 除 いた 6 主 催 者 に 対 して 本 特 例 措 置 の 活 用 予 定 の 有 無 について 電 話 で 聴 取 した 結 果 いずれ も 活 用 を 予 定 していないとしており その 主 な 理 由 は 下 表 のとおりである 表 2 6 地 方 競 馬 主 催 者 への 聴 取 結 果 本 特 例 措 置 の 活 用 を 予 定 していない 理 由 延 べ 回 答 数 本 特 例 措 置 により 場 外 設 備 の 設 置 については 現 行 の 農 林 水 産 大 臣 による 承 認 から 事 実 上 都 道 府 県 知 事 の 確 認 で 済 むこととなっ 2 たが 地 域 社 会 との 調 整 については 現 行 と 同 様 に 必 要 であり 特 例 措 置 の 活 用 以 前 に 地 域 社 会 との 調 整 が 難 しい ぐ 小 規 模 の 場 外 設 備 で 採 算 が 取 れるかどうか 危 惧 している 2 経 営 状 況 が 悪 化 しており 存 続 も 含 めて 今 後 の 競 馬 の 在 り 方 を 検 討 1 していることから 新 規 の 場 外 設 備 の 設 置 を 検 討 できる 状 況 にない 勝 馬 投 票 券 の 発 売 については 場 外 設 備 における 発 売 よりも 電 話 投 票 等 の 在 宅 投 票 に 重 点 を 移 行 していく 考 えであるため 新 規 の 場 1 外 設 備 の 設 置 は 検 討 していない その 他 ( 検 討 していないので 分 からない ) 1 計 7 地 方 競 馬 全 国 協 会 当 該 協 会 は 場 外 設 備 を 新 たに 設 置 するに 当 たって 手 続 に 一 番 時 間 を 要 するのは 地 域 社 会 ( 市 区 村 長 周 辺 住 民 )との 調 整 であるが 本 特 例 措 置 においても この 地 域 社 会 との 調 整 は 必 要 とされており 本 特 例 措 置 を 活 用 する 以 前 に 主 催 者 は 地 域 社 会 との 調 整 が 難 しいと 考 えているのではないか としている (2) 各 地 方 競 馬 主 催 者 の 収 支 状 況 今 回 調 査 した8 競 馬 主 催 者 における 平 成 15 年 度 から 17 年 度 の 単 年 度 収 支 をみると 表 3のとおり ほとんどの 地 方 競 馬 主 催 者 が 赤 字 となっており 厳 しい 経 営 状 況 となっ ている

12 表 3 各 地 方 競 馬 主 催 者 の 単 年 度 収 支 ( 平 成 15 年 度 ~17 年 度 ) ( 単 位 : 千 円 ) 地 方 競 馬 主 催 者 平 成 15 年 度 16 年 度 17 年 度 北 海 道 1,337,125 1,385,813 1,494,973 岩 手 県 競 馬 組 合 3,922,019 3,822,593 3,827,996 埼 玉 県 浦 和 競 馬 組 合 182, , ,592 特 別 区 競 馬 組 合 736,636 3,974, ,894 兵 庫 県 競 馬 組 合 207, , ,119 福 山 市 455, ,080 51,747 高 知 県 競 馬 組 合 75, ,476 43,229 佐 賀 県 競 馬 組 合 262, , ,021 ( 注 ) 農 林 水 産 省 の 資 料 による

13 3 規 制 所 管 省 庁 の 意 見 等 農 林 水 産 省 番 号 1010 特 定 事 業 の 名 称 地 方 競 馬 における 小 規 模 場 外 設 備 設 置 事 業 措 置 区 分 特 例 措 置 を 講 ずべ き 法 令 等 の 名 称 及 び 条 項 特 例 措 置 を 講 ずべ き 法 令 等 の 現 行 規 定 告 示 特 例 措 置 に 係 る 規 回 答 制 所 管 省 庁 への 意 無 見 問 い 合 わせ 等 の 有 無 及 びその 内 容 競 馬 法 施 行 規 則 第 59 条 の 規 定 に 基 づく 場 外 設 備 の 位 置 構 造 及 び 設 備 の 基 準 ( 平 成 4 年 農 林 水 産 省 告 示 第 1309 号 ) 競 馬 法 施 行 規 則 第 59 条 の 規 定 に 基 づく 告 示 では 場 外 設 備 の 位 置 構 造 及 び 設 備 の 基 準 を 規 定 している 特 例 措 置 に 係 る 今 意 見 後 の 実 施 増 加 の 見 現 時 点 での 本 特 例 措 置 の 活 用 の 予 定 はみられない 込 み 等 について 規 制 所 管 省 庁 の 意 見 等

14 4 評 価 対 象 となる 規 制 の 特 例 措 置 の 概 要 参 考 資 料 地 方 競 馬 における 小 規 模 場 外 設 備 設 置 事 業 (1010) <これまで> 場 外 馬 券 発 売 所 の 設 置 に 当 たっては その 位 置 構 造 及 び 設 備 が 告 示 に 定 められた 基 準 に 適 合 していることについて 農 林 水 産 大 臣 の 承 認 を 要 する < 関 係 法 令 > 競 馬 法 施 行 規 則 第 59 条 の 規 定 に 基 づく 場 外 設 備 の 位 置 構 造 及 び 設 備 の 基 準 ( 平 成 4 年 農 林 水 産 省 告 示 第 1309 号 ) < 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 > 地 方 競 馬 では 売 り 上 げ 拡 大 のために 場 外 設 置 を 検 討 しているが 地 域 社 会 に 与 える 影 響 の 小 さい 小 規 模 な 場 外 馬 券 発 売 所 にも 大 規 模 なものと 同 様 の 基 準 が 適 用 されて いたため 設 置 基 準 の 緩 和 が 求 められていた 構 造 改 革 特 区 を 活 用 することにより 小 規 模 な 場 外 馬 券 発 売 所 の 設 置 に 当 たり 都 道 府 県 知 事 が 設 置 基 準 の 適 合 について 確 認 することにより 農 林 水 産 大 臣 の 審 査 が 簡 素 化 される < 主 な 要 件 > 窓 口 ( 払 戻 しを 含 む)の 数 が5 以 内 でかつ 最 大 滞 留 者 数 が100 人 以 内 であること 場 外 設 備 の 規 模 及 び 設 備 に 応 じた 適 切 な 広 さであること 馬 券 の 発 売 等 の 用 に 供 する 設 備 が 整 備 されていること 入 場 者 の 用 に 供 する 設 備 が 整 備 されていること 管 理 運 営 に 必 要 な 設 備 が 整 備 されていること 馬 券 の 発 売 等 が 公 正 に 運 営 されることが 確 実 と 認 められること 地 域 社 会 との 十 分 な 調 整 が 行 われていること 認 定 計 画 数 :1 件 ( 平 成 20 年 7 月 9 日 現 在 ) 実 際 の 取 組 事 例 ~ 地 方 競 馬 ミニ 場 外 特 区 ~ 実 施 主 体 : 愛 知 県 競 馬 組 合 名 古 屋 競 馬 は その 収 益 により 地 域 の 畜 産 振 興 社 会 福 祉 及 び 教 育 文 化 振 興 等 へ 寄 与 するとともに 県 民 への 健 全 なレ ジャー 提 供 就 業 機 会 の 提 供 など 地 域 社 会 に 様 々な 貢 献 をし てきた しかし 近 年 は 馬 券 発 売 額 の 減 少 により 極 めて 厳 しい 経 営 を 強 いられている そこで ミニ 場 外 馬 券 発 売 所 を 速 やかに 設 置 し 馬 券 を 身 近 に 購 入 できる 環 境 を 整 えることにより 名 古 屋 競 馬 の 振 興 と 地 域 の 活 性 化 を 図 る

15 5 評 価 対 象 となる 規 制 の 特 例 措 置 の 別 表 番 号 1010 特 定 事 業 の 名 称 地 方 競 馬 における 小 規 模 場 外 設 備 設 置 事 業 措 置 区 分 告 示 特 例 措 置 を 講 ずべ き 法 令 等 の 名 称 及 競 馬 法 施 行 規 則 第 59 条 の 規 定 に 基 づく 場 外 設 備 の 位 置 構 造 及 び 設 備 の 基 準 ( 平 成 4 年 農 林 水 産 省 告 示 第 1309 号 ) び 条 項 特 例 措 置 を 講 ずべ き 法 令 等 の 現 行 規 定 競 馬 法 施 行 規 則 第 59 条 の 規 定 に 基 づく 告 示 では 場 外 設 備 の 位 置 構 造 及 び 設 備 の 基 準 を 規 定 している 特 例 措 置 の 内 容 地 方 公 共 団 体 が 競 馬 場 に 隣 接 するなどの 地 域 における 特 性 により 近 接 する 文 教 医 療 施 設 に 対 して 著 しい 支 障 を 来 すおそれがなく かつ 周 辺 環 境 と 調 和 し ているものと 認 めて 次 の1. 及 び2.に 係 る 事 項 を 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 に 記 載 し 構 造 改 革 特 別 区 域 法 第 4 条 に 基 づき 内 閣 総 理 大 臣 の 認 定 を 申 請 し その 認 定 を 受 けたときは 当 該 認 定 の 日 以 後 は 当 該 構 造 改 革 特 別 区 域 内 に 設 置 される 場 外 設 備 であって 特 区 計 画 に 記 載 された1. 及 び2.に 係 る 事 項 並 びに 1に 適 合 していることについて 当 該 構 造 改 革 特 別 区 域 を 管 轄 する 都 道 府 県 知 事 が 書 面 により 確 認 した 場 合 には 競 馬 法 施 行 規 則 第 59 条 に 基 づく 承 認 申 請 につい て 農 林 水 産 大 臣 は 競 馬 法 施 行 規 則 第 59 条 の 規 定 に 基 づく 場 外 設 備 の 位 置 構 造 及 び 設 備 の 基 準 に 規 定 する 設 置 承 認 基 準 を 満 たしたものとみなす 1. 地 方 公 共 団 体 が 2を 超 えない 範 囲 内 で 定 めた 当 該 特 区 内 に 設 置 する 場 外 設 備 の 規 模 の 上 限 2. 場 外 設 備 を 設 置 できる 区 域 の 範 囲 1 場 外 設 備 が 備 えるべき 事 項 (1) 施 設 に 関 すること 1 場 外 設 備 の 規 模 及 び 設 備 に 応 じた 適 切 な 広 さであること 2 勝 馬 投 票 券 の 発 売 等 の 用 に 供 する 設 備 が 整 備 されていること 3 入 場 者 の 用 に 供 する 設 備 が 整 備 されていること 4 管 理 運 営 に 必 要 な 設 備 が 整 備 されていること (2) 運 営 に 関 すること 勝 馬 投 票 券 の 発 売 等 が 公 正 に 運 営 されることが 確 実 と 認 められること (3) 地 域 社 会 に 関 すること 地 域 社 会 との 十 分 な 調 整 が 行 われていること 2 場 外 設 備 の 規 模 の 上 限 窓 口 ( 払 戻 しを 含 む)の 数 が 五 以 内 でかつ 最 大 滞 留 者 数 が100 人 以 内 であるこ と 同 意 の 要 件 特 例 措 置 に 伴 い 必 要 となる 手 続 き 特 になし 特 になし

16 6 評 価 対 象 となる 規 制 の 特 例 措 置 のマニュアル 1010 地 方 競 馬 における 小 規 模 場 外 設 備 設 置 事 業 1. 特 例 を 設 ける 趣 旨 地 方 競 馬 の 活 性 化 を 図 り 地 方 経 済 の 健 全 化 に 資 するため 地 方 競 馬 におけ る 小 規 模 場 外 設 備 の 設 置 承 認 に 当 たっての 特 例 措 置 を 設 けるものです 2. 特 例 の 概 要 地 方 公 共 団 体 が 競 馬 場 に 隣 接 する 等 の 地 域 における 特 性 により 近 接 す る 文 教 医 療 施 設 に 対 して 著 しい 支 障 を 来 すおそれがなく かつ 周 辺 環 境 と 調 和 しているものと 認 めて 特 例 の 対 象 となる 場 外 設 備 の 規 模 の 上 限 及 び 設 置 できる 区 域 の 範 囲 を 特 区 計 画 に 記 載 の 上 認 定 を 受 けたときは 当 該 区 域 の 範 囲 内 に 設 置 される 場 外 設 備 が 特 区 計 画 及 び 農 林 水 産 大 臣 が 告 示 で 定 める 事 項 ( 地 域 社 会 との 十 分 な 調 整 を 含 む )に 適 合 していることについて 当 該 区 域 を 管 轄 する 都 道 府 県 知 事 が 書 面 ( 様 式 任 意 )により 確 認 した 場 合 に は 競 馬 法 施 行 規 則 第 59 条 の 規 定 に 基 づく 場 外 設 備 の 位 置 構 造 及 び 設 備 の 基 準 を 満 たしたものとみなします これにより 農 林 水 産 大 臣 は 競 馬 法 施 行 規 則 第 59 条 に 基 づき 当 該 施 設 の 設 置 を 承 認 することができることとなります 3. 基 本 方 針 の 記 載 内 容 の 解 説 以 下 地 方 公 共 団 体 が 特 区 計 画 の 作 成 又 は 設 置 の 確 認 に 当 たり それぞれ 判 断 するものですが 例 示 すれば 次 のとおりです 1 文 教 医 療 施 設 に 対 して 著 しい 支 障 を 来 すおそれがなく かつ 周 辺 環 境 と 調 和 しているもの 来 場 者 の 動 線 が 生 徒 学 生 等 の 通 学 の 支 障 とならないこと 来 場 者 の 車 が 路 上 に 溢 れることによって 長 時 間 にわたり 周 辺 の 交 通 渋 滞 を 招 き 救 急 車 等 の 通 行 を 妨 げないこと 等 2 勝 馬 投 票 券 の 発 売 等 の 用 に 供 する 設 備 が 整 備 されていること 勝 馬 投 票 券 の 発 売 等 に 供 する 窓 口 相 互 は 適 当 な 間 隔 を 有 すること 窓 口 の 前 面 に 入 場 者 の 通 行 を 妨 げる 障 害 物 がないこと 現 金 や 重 要 書 類 を 保 管 する 設 備 を 設 けてあること 等 3 入 場 者 の 用 に 供 する 設 備 が 整 備 されていること 適 当 な 広 さの 駐 車 場 及 び 自 転 車 置 場 を 設 けてあること 掲 示 設 備 を 設 けてあること 等 4 管 理 運 営 に 必 要 な 設 備 が 整 備 されていること

17 当 該 施 設 と 競 馬 場 の 連 絡 のための 専 用 の 電 話 回 線 その 他 の 適 当 な 連 絡 設 備 を 設 けてあること 放 送 設 備 を 設 けてあること 照 明 設 備 を 設 けてあること 等 5 勝 馬 投 票 券 の 発 売 等 が 公 正 に 運 営 されること 勝 馬 投 票 券 購 入 者 が 円 滑 に 勝 馬 投 票 券 を 購 入 できる 体 制 にあること 等 4. 特 区 計 画 及 び 添 付 書 類 の 記 載 に 当 たって 特 に 留 意 すべき 点 本 特 例 を 適 用 する 区 域 を 設 定 するに 当 たっては 当 該 区 域 内 のどこに 場 外 設 備 が 設 置 される 場 合 であっても 近 接 する 文 教 医 療 施 設 に 対 して 著 しい 支 障 を 来 すおそれがなく かつ 周 辺 環 境 と 調 和 している 必 要 があることに 留 意 すること 当 該 特 例 について 特 区 計 画 に 特 に 記 載 すべき 事 項 は 次 のとおりです 特 区 計 画 の 別 紙 4 特 定 事 業 の 内 容 の 欄 に 基 本 方 針 別 表 1の 特 例 措 置 の 内 容 の1. 及 び2.に 記 載 する 事 項 を 記 載 すること 5. 当 該 特 例 に 関 して 特 に 必 要 な 添 付 書 類 特 になし

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

社会福祉法人 慶寿会 定款

社会福祉法人 慶寿会 定款 社 会 福 祉 法 人 慶 寿 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービスが その 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 するこ とにより 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 しつつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会

More information

認 し 通 常 の 立 入 検 査 に 際 しても 許 可 内 容 が 遵 守 されていることを 確 認 するこ と 2 学 校 薬 剤 師 業 務 の 兼 任 学 校 薬 剤 師 の 業 務 を 兼 任 する 場 合 の 取 扱 いは 次 のとおりとする (1) 許 可 要 件 1 薬 局 等 の

認 し 通 常 の 立 入 検 査 に 際 しても 許 可 内 容 が 遵 守 されていることを 確 認 するこ と 2 学 校 薬 剤 師 業 務 の 兼 任 学 校 薬 剤 師 の 業 務 を 兼 任 する 場 合 の 取 扱 いは 次 のとおりとする (1) 許 可 要 件 1 薬 局 等 の 別 紙 薬 局 等 における 管 理 薬 剤 師 の 兼 任 の 取 扱 いについて 1 共 通 事 項 管 理 薬 剤 師 兼 任 許 可 申 請 は 平 成 10 年 4 月 27 日 付 け 保 衛 第 283 号 保 健 福 祉 部 長 通 知 薬 局 及 び 医 薬 品 販 売 業 の 構 造 設 備 規 則 及 び 許 可 等 の 取 扱 いについて による 学 校 薬 剤 師 の 兼

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各 入 札 参 加 時 の 遵 守 事 項 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 決 裁 ) 羽 生 市 発 注 工 事 及 び 委 託 の 入 札 及 び 施 工 等 に 当 たっては 下 記 の 事 項 を 遵 守 してください なお 請 け 負 った 工 事 等 の 一 部 を 下 請 させるときは 下 請 負 者 に 対 し この 遵 守 事 項 について 周 知 し また これらの 従 事 する

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

奈良商工会議所定款

奈良商工会議所定款 奈 良 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もって 我 が 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連 巡 回 連 絡 実 施 要 領 平 成 22 年 7 月 1 日 地 第 6 8 7 号 警 察 本 部 長 巡 回 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について( 通 達 ) この 度 巡 回 連 絡 を 適 正 かつ 効 果 的 に 実 施 するため みだしの 要 領 を 別 添 のとおり 制 定 し 平 成 22 年 7 月 2 日 から 実 施 することとしたので 実 効 の 上 がるよう

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 第 1 請 求 の 受 付 1 請 求 の 受 付 日 平 成 25 年 10 月 15 日 2 請 求 人 ( 省 略 ) 3 請 求 の 趣 旨 ( 原 文 のまま 掲 載 ) 請 求 の 要 旨 阿 波 町 大 道 北 54 番 地 1 と

住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 第 1 請 求 の 受 付 1 請 求 の 受 付 日 平 成 25 年 10 月 15 日 2 請 求 人 ( 省 略 ) 3 請 求 の 趣 旨 ( 原 文 のまま 掲 載 ) 請 求 の 要 旨 阿 波 町 大 道 北 54 番 地 1 と 阿 波 市 監 査 委 員 公 告 第 4 号 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 242 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 の 結 果 を 公 表 します 平 成 25 年 12 月 12 日 阿 波 市 監 査 委 員 上 原 正 一 阿 波 市 監 査 委 員 中 野 修 一 阿 波 市 監 査 委 員 原

More information

定 款

定 款 定 款 東 京 地 方 税 理 士 会 データ 通 信 協 同 組 合 定 款 東 京 地 方 税 理 士 会 データ 通 信 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は, 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき, 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い, もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

社会福祉法人 吉寿会定款

社会福祉法人 吉寿会定款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービスがその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することにより 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 し つつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会 において 営 むことができるよう 支 援 することを

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要 札 幌 市 管 工 事 業 協 同 組 合 定 款 昭 和 48 年 12 月 18 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

第85回行政苦情救済推進会議

第85回行政苦情救済推進会議 地 縁 団 体 名 義 への 不 動 産 移 転 登 記 手 続 の 改 善 促 進 相 談 申 出 要 旨 資 料 1 高 知 の 事 案 私 が 副 会 長 を 務 めている 自 治 会 は 平 成 17 年 に 地 方 自 治 法 第 260 条 の2に 基 づく 地 縁 団 体 の 認 可 を 受 けている 自 治 会 が 保 有 する 不 動 産 に 所 有 者 107 名 の 表 示 登

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

諮 問 庁 の 説 明 は, 理 由 説 明 書 によると,おおむね 以 下 のとおりである 1 行 政 文 書 開 示 請 求 の 対 象 となった 文 書 開 示 請 求 の 内 容 は, 国 家 公 務 員 総 合 職 採 用 試 験 合 格 者 による 官 庁 訪 問 において, 公 正 取

諮 問 庁 の 説 明 は, 理 由 説 明 書 によると,おおむね 以 下 のとおりである 1 行 政 文 書 開 示 請 求 の 対 象 となった 文 書 開 示 請 求 の 内 容 は, 国 家 公 務 員 総 合 職 採 用 試 験 合 格 者 による 官 庁 訪 問 において, 公 正 取 諮 問 庁 : 公 正 取 引 委 員 会 委 員 長 諮 問 日 : 平 成 28 年 2 月 12 日 ( 平 成 28 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 136 号 ) 答 申 日 : 平 成 28 年 7 月 7 日 ( 平 成 28 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 183 号 ) 事 件 名 : 平 成 27 年 度 総 合 職 官 庁 訪 問 での 対 応 依 頼 等 の 一 部 開

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

Microsoft Word - 20年度(行情)答申第581号.doc

Microsoft Word - 20年度(行情)答申第581号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 20 年 4 月 15 日 ( 平 成 20 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 204 号 ) 答 申 日 : 平 成 21 年 3 月 31 日 ( 平 成 20 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 581 号 ) 事 件 名 : インド 洋 方 面 における 対 米 支 援 用 燃 料 の 供 給 能 力 の 調 査 結 果 につい て の

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1 平 成 27 年 労 働 者 派 遣 法 改 正 法 の 概 要 ~ 平 成 27 年 9 月 30 日 施 行 ~ 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 PL271029 派 需 01 目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推

More information

Taro-案文および改正後全文

Taro-案文および改正後全文 ( 改 正 後 全 文 ) 一 部 改 正 雇 児 福 発 0 3 3 1 第 1 号 雇 児 母 発 0 3 3 1 第 2 号 障 障 発 0 3 3 1 第 2 号 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 雇 児 福 発 0 4 0 1 第 2 号 雇 児 母 発 0 4 0 1 第 3 号 障 障 発 0 4 0 1 第 1 号 平 成 2 8 年 4 月 1 日 各 指 定 都 市 民 生

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

<8E518D6C8E9197BF2E786477>

<8E518D6C8E9197BF2E786477> 参 考 1 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 123 2 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 施 行 令 ( 抄 ) 140 3 愛 知 県 石 油 コンビナート 等 防 災 本 部 条 例 154 4 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 第 28 条 第 5 項 第 6 号 の 規 定 に 基 づく 市 町 村 の 指 定 155 5 愛 知 県 石 油 コンビナート

More information

社会福祉法人みなと工房定款

社会福祉法人みなと工房定款 社 会 福 祉 法 人 港 福 会 定 款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービス がその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することに より 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 しつつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会

More information

親 族 には 限 られないが 同 居 とは 法 第 5 条 第 5 項 の 同 居 の 親 族 と 同 じ 概 念 で ある 具 体 的 には 同 一 の 家 屋 であっても 中 が 壁 等 で 仕 切 られており 家 計 炊 事 等 を 一 切 別 個 にしていて 全 くの 別 世 帯 とみなされ

親 族 には 限 られないが 同 居 とは 法 第 5 条 第 5 項 の 同 居 の 親 族 と 同 じ 概 念 で ある 具 体 的 には 同 一 の 家 屋 であっても 中 が 壁 等 で 仕 切 られており 家 計 炊 事 等 を 一 切 別 個 にしていて 全 くの 別 世 帯 とみなされ 大 通 達 甲 ( 生 企 ) 第 4 号 平 成 2 1 年 5 月 2 9 日 本 部 例 規 (1 年 ) 簿 冊 名 学 校 署 例 規 本 部 1 年 保 存 期 間 学 校 署 常 用 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 殿 各 警 察 署 長 生 活 安 全 部 長 銃 砲 刀 剣 類 所 持 等 取 締 法 第 29 条 の 規 定 による 公 安 委 員 会 に 対

More information

01表紙

01表紙 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 平 成 28 年 4 月 経 営 管 理 部 行 政 改 革 推 進 室 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 目 次 1 指 定 管 理 者 制 度 の 概 要 1 (1) 指 定 管 理 者 制 度 1 (2) 指 定 管 理 者 の 権 限 の 範 囲 1 (3) 公 の 施 設 に

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの 東 京 工 業 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 18 条 ~ 第 42 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 43 条 ~ 第 66 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 67 条 ~ 第

More information

海外レースの馬券発売をめぐる課題

海外レースの馬券発売をめぐる課題 海 外 レースの 馬 券 発 売 をめぐる 課 題 競 馬 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 農 林 水 産 委 員 会 調 査 室 高 橋 陽 子 はじめに 競 馬 の 国 際 化 の 進 展 等 最 近 の 競 馬 をめぐる 情 勢 の 変 化 に 鑑 み 海 外 で 実 施 される 特 定 の 競 馬 の 競 走 について 日 本 中 央 競 馬 会 等 が 勝 馬 投 票

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203130313132362D30332D318AE28EE88BA3946E82CC8CBB8FF38169977696F1816A81798DC58F4994C5817A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203130313132362D30332D318AE28EE88BA3946E82CC8CBB8FF38169977696F1816A81798DC58F4994C5817A> 資 料 3-1 岩 手 競 馬 の 現 状 について ( 要 約 ) 平 成 22 年 11 月 26 日 岩 手 競 馬 経 営 の 将 来 方 向 検 討 会 議 目 次 1 日 本 の 競 馬 2 2 岩 手 競 馬 の 概 況 5 3 新 しい 岩 手 県 競 馬 組 合 改 革 計 画 7 4 岩 手 競 馬 の 収 支 の 状 況 8 5 岩 手 競 馬 発 売 額 の 確 保 向 上

More information

<5461726F2D939A905C91E633378D862E6A7464>

<5461726F2D939A905C91E633378D862E6A7464> 徳 島 県 情 報 公 開 審 査 会 答 申 第 37 号 第 1 審 査 会 の 結 論 実 施 機 関 が 産 業 廃 棄 物 処 理 業 の 事 業 範 囲 変 更 許 可 申 請 書 ( 平 成 11 年 2 月 10 日 付 け) 平 成 11 年 度 分 のダイオキシン 類 測 定 結 果 報 告 書 平 成 11 年 度 分 の 産 業 廃 棄 物 の 処 分 実 績 報 告 書 に

More information

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8A73926391CC82CC91DE90458EE893968DE08CB995E2935594708E7E82C994BA82A48F9590AC8BE08E788B8B82C982C282A282C45F482E32302E312E31365F>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8A73926391CC82CC91DE90458EE893968DE08CB995E2935594708E7E82C994BA82A48F9590AC8BE08E788B8B82C982C282A282C45F482E32302E312E31365F> 外 郭 団 体 の 退 職 手 当 財 源 補 填 廃 止 に 伴 う 助 成 金 支 給 について ~ 見 直 し 方 針 ~ 第 1 背 景 外 郭 団 体 ( 以 下 団 体 )は 高 度 化 複 雑 化 する 市 民 ニーズに 対 し 本 市 が 直 接 実 施 するより 機 動 的 かつ 柔 軟 に 公 共 サービスが 提 供 できるよう 設 立 され 高 い 専 門 性 を 発 揮 しつつ

More information

施設整備交付要綱

施設整備交付要綱 東 京 都 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 6 衛 医 対 第 1125 号 17 福 保 医 政 第 165 号 平 成 7 年 2 月 1 日 平 成 17 年 7 月 15 日 7 衛 医 対 第 1186 号 18 福 保 医 政 第 1050 号 平 成 7 年 10 月 25 日 平 成 18 年 12 月 15 日 8 衛 医 計 第 3 1

More information

独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 監 査 を 行 う 会 計 監 査 人 の 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 要 領 国 立 研 究 開 発 国 立 環 境 研 究 所 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 によ

独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 監 査 を 行 う 会 計 監 査 人 の 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 要 領 国 立 研 究 開 発 国 立 環 境 研 究 所 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 によ 会 計 監 査 人 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 説 明 書 ( 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 会 計 監 査 人 業 務 ( 平 成 28 年 度 から 平 成 32 年 度 )) 平 成 28 年 9 月 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

無年金外国人高齢者福祉手当要綱

無年金外国人高齢者福祉手当要綱 東 浦 町 無 年 金 外 国 人 住 民 高 齢 者 福 祉 手 当 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 う 改 正 後 の 年 金 制 度 において 国 民 年 金 の 受 給 資 格 を 有 しない 在 日 の 外 国 人 住 民 高 齢 者

More information

<90B3967B816930393330816A81798E9096E291E63139308D86817A939A905C2E786477>

<90B3967B816930393330816A81798E9096E291E63139308D86817A939A905C2E786477> 静 情 審 第 2 1 号 平 成 26 年 9 月 30 日 静 岡 県 知 事 様 静 岡 県 情 報 公 開 審 査 会 会 長 興 津 哲 雄 静 岡 県 情 報 公 開 条 例 第 19 条 の 規 定 に 基 づく 諮 問 について( 答 申 ) 平 成 26 年 1 月 29 日 付 け 医 疾 第 1330 号 による 下 記 の 諮 問 について 別 紙 のとおり 答 申 し ます

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

Microsoft Word - 1土地造成【T4H28-2】公告.doc

Microsoft Word - 1土地造成【T4H28-2】公告.doc 公 告 注 意 事 項 愛 知 県 が 発 注 する 工 事 であっても 担 当 する 部 局 により 参 加 要 件 等 が 異 なる 場 合 があるので 本 入 札 に 参 加 を 希 望 する 者 は 本 公 告 を 熟 読 して 申 込 をすること 本 公 告 の 記 載 内 容 に 不 明 な 点 がある 場 合 には 必 ず 愛 知 県 三 河 港 工 事 事 務 所 管 理 課 まで

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

平成24年度兵庫県公立高等学校入学者選抜要綱

平成24年度兵庫県公立高等学校入学者選抜要綱 平 成 28 年 度 兵 庫 県 公 立 高 等 学 校 入 学 者 選 抜 要 綱 兵 庫 県 教 育 委 員 会 目 次 第 1 入 学 者 選 抜 の 対 象 となる 学 校 等 p 1 第 2 入 学 者 選 抜 の 基 本 方 針 p 1 第 3 調 査 書 学 年 学 習 評 定 一 覧 表 等 p 3 第 4 学 力 検 査 実 施 要 領 ( 多 部 制 については 第 7による)

More information

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B 務 第 864 号 会 第 972 号 平 成 23 年 12 月 28 日 各 所 属 長 殿 岐 阜 県 警 察 本 部 長 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 要 領 の 制 定 について これまで 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについては 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いに ついて ( 平 成 22 年 9 月 1 日 付 け 務

More information

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休 - 140 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 12 月 24 日 法 律 第 110 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 新 潟 県 条 例 第 4 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 4 年 3 月 30 日 人 委 規 則 第 14-1 号 ) 育 児 休

More information

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28 兵 庫 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 資 料 編 ) ( 平 成 28 年 3 月 改 定 ) 兵 庫 県 目 次 1 関 係 法 令 (1) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 (2) 基 本 方 針 2 地 震 動 予 測 結 果 による 震 度 分 布 図 3 耐 震 化 率 関 係 データ (1) 住 宅 (2) 多 数 利 用 建 築 物 4 これまでの

More information

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③ 平 成 27 年 9 月 9 日 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 の 3 つのポイント 第 一 東 京 弁 護 士 会 所 属 第 一 芙 蓉 法 律 事 務 所 弁 護 士 東 志 穂 第 1 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 のポイント 1 1 スモールビジネスを 取 り 巻 く 人 材 に 関 する 状 況 小 規 模 事 業 者 においては, 質 量 の 面 で 十 分 な

More information

財営第   号

財営第   号 財 営 第 420 号 住 公 第 402 号 建 業 第 307 号 平 成 28 年 3 月 31 日 各 部 局 長 様 経 営 管 理 部 長 くらし 環 境 部 長 交 通 基 盤 部 長 静 岡 県 発 注 建 設 工 事 における 下 請 契 約 からの 社 会 保 険 等 未 加 入 建 設 業 者 排 除 の 取 扱 いについて( 通 知 ) 建 設 産 業 においては 担 い 手

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

最近10年間の動き(平成11年7月~21年6月)

最近10年間の動き(平成11年7月~21年6月) 第 11 章 税 務 協 力 体 制 第 1 節 関 係 民 間 団 体 1 日 本 税 理 士 会 連 合 会 (1) 組 織 等 の 状 況 日 本 税 理 士 会 連 合 会 ( 以 下 この 節 において 日 税 連 という )は 原 則 として 国 税 局 ( 沖 縄 国 税 事 務 所 を 含 む 以 下 この 章 において 国 税 局 ( 所 ) という )の 管 轄 区 域 ごとに

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭 国 外 転 出 時 課 税 制 度 (FAQ) 平 成 27 年 4 月 国 税 庁 平 成 27 年 度 税 制 改 正 において 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 及 び 贈 与 等 により 非 居 住 者 に 資 産 が 移 転 した 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 が 創 設 され 平 成 27 年 7 月 1 日 から 施 行 されます このFAQは

More information

目 次 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 1 2 計 画 施 設 概 要 1 3 特 記 仕 様 書 の 適 用 1 4 業 務 区 分 1 5 履 行 期 間 1 6 設 計 与 条 件 1 7 設 計 概 要 2 第 2 章 業 務 仕 様 1 設 計 業 務 の 内 容 及 び

目 次 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 1 2 計 画 施 設 概 要 1 3 特 記 仕 様 書 の 適 用 1 4 業 務 区 分 1 5 履 行 期 間 1 6 設 計 与 条 件 1 7 設 計 概 要 2 第 2 章 業 務 仕 様 1 設 計 業 務 の 内 容 及 び 建 築 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 平 成 28 年 5 月 那 智 勝 浦 町 目 次 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 1 2 計 画 施 設 概 要 1 3 特 記 仕 様 書 の 適 用 1 4 業 務 区 分 1 5 履 行 期 間 1 6 設 計 与 条 件 1 7 設 計 概 要 2 第 2 章 業 務 仕 様 1 設 計 業 務 の 内 容 及 び 範

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

ア 調 整 テーマ 別 分 科 会 (3テーマ 程 度 各 4か 月 に1 回 程 度 ) 予 定 テーマ (ア) 鎮 守 大 橋 周 辺 地 区 (イ) 内 海 橋 周 辺 地 区 (ウ) 工 事 車 両 交 通 対 策 2 トータルマネジメント 支 援 業 務 復 興 事 業 等 の 円 滑 な

ア 調 整 テーマ 別 分 科 会 (3テーマ 程 度 各 4か 月 に1 回 程 度 ) 予 定 テーマ (ア) 鎮 守 大 橋 周 辺 地 区 (イ) 内 海 橋 周 辺 地 区 (ウ) 工 事 車 両 交 通 対 策 2 トータルマネジメント 支 援 業 務 復 興 事 業 等 の 円 滑 な 平 成 27 年 度 石 巻 市 復 興 まちづくりマネジメント 支 援 業 務 仕 様 書 第 1 条 適 用 範 囲 この 仕 様 書 は 平 成 27 年 度 石 巻 市 復 興 まちづくりマネジメント 支 援 業 務 ( 以 下 本 業 務 という )の 履 行 に 適 用 する 本 仕 様 書 に 定 めのない 事 項 については 宮 城 県 土 木 部 作 成 の 共 通 仕 様 書 (

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病 特 定 医 療 に 係 る 自 己 負 担 上 限 額 管 理 票 等 の 記 載 方 法 について( 指 定 医 療 機 関 用 ) 和 歌 山 県 福 祉 保 健 部 健 康 局 健 康 推 進 課 平 成 27 年 1 目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

福岡マンション管理基礎セミナー

福岡マンション管理基礎セミナー 福 岡 マンション 管 基 礎 セミナー 管 組 合 と 管 会 社 が 行 う 業 務 と 役 割 課 題 について ~ 管 会 社 上 手 な 使 い 方 ~ 中 島 法 律 事 務 所 弁 護 士 中 島 繁 樹 1.マンション 管 規 約 国 土 交 通 省 作 成 マンション 標 準 管 規 約 第 32 条 管 組 合 業 務 第 33 条 業 務 委 託 ( 業 務 ) 第 32 条

More information

2. 行 政 代 執 行 による 空 き 家 除 却 の 事 務 フロー 図 苦 情 調 査 指 導 等 代 執 行 苦 情 の 申 し 出 法 条 例 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 現 場 調 査 ( 外 観 等 の 初 動 調 査 ) 空 家 等 対 策 特 措 法

2. 行 政 代 執 行 による 空 き 家 除 却 の 事 務 フロー 図 苦 情 調 査 指 導 等 代 執 行 苦 情 の 申 し 出 法 条 例 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 現 場 調 査 ( 外 観 等 の 初 動 調 査 ) 空 家 等 対 策 特 措 法 Ⅲ 行 政 代 執 行 による 除 却 の 事 務 手 続 き 1. 概 要 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 行 政 代 執 行 による 除 却 の 事 例 は 全 国 ではまだ 例 が 少 なく 膨 大 な 事 務 量 と 専 門 知 識 を 必 要 とする 割 には 具 体 的 な 事 務 手 続 きを 示 した 知 見 が 少 ない のが 現 状 である

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 )

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 5 事 業 認 定 の 概 要 6 事 業 認 定 とは 何 か 6 都 市 計 画 事 業 の 取

More information

国の栄典及び表彰等の上申要領について(通達)

国の栄典及び表彰等の上申要領について(通達) 国 の 栄 典 及 び 表 彰 等 の 上 申 要 領 について( 通 達 ) 平 成 元 年 10 月 20 日 陸 幕 人 計 第 322 号 改 正 平 成 6 年 9 月 12 日 陸 幕 人 計 第 272 号 平 成 14 年 3 月 29 日 陸 幕 人 計 第 108 号 平 成 18 年 7 月 26 日 陸 幕 法 第 127 号 平 成 19 年 1 月 9 日 陸 幕 法 第

More information

<5461726F2D838F839383588367836283768354815B83728358288B9689C229>

<5461726F2D838F839383588367836283768354815B83728358288B9689C229> 建 設 業 許 可 ( 建 設 業 法 第 3 条 ) (1) 建 設 業 の 許 可 ア 建 設 業 を 営 もうとする 者 は 軽 微 な 建 設 工 事 のみを 請 け 負 う 場 合 を 除 き 建 設 業 法 第 3 条 の 規 定 に 基 づき 建 設 業 の 許 可 を 受 けなければなりません イ 軽 微 な 建 設 工 事 とは 工 事 1 件 の 請 負 代 金 の 額 が 建

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E D738FEE816A939A905C91E D862E646F63>

<4D F736F F D2095BD90AC E D738FEE816A939A905C91E D862E646F63> 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 2 1 年 6 月 1 8 日 ( 平 成 2 1 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 2 9 5 号 ) 答 申 日 : 平 成 2 2 年 2 月 8 日 ( 平 成 2 1 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 5 1 4 号 ) 事 件 名 : 法 人 課 税 部 門 における 消 費 税 還 付 申 告 に 係 る 事 務 処 理 手

More information

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活 資 料 21 公 務 員 部 関 係 資 料 平 成 28 年 1 月 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 < 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地

More information

業 員 と それ 以 外 を 区 別 し て 資 格 等 によ り 区 分 し た 職 種 別 にその 職 務 内 容 と 常 勤 非 常 勤 別 の 人 数 ( 非 常 勤 については 常 勤 換 算 人 数 も 併 記 する こ と ) を 記 載 する こ と 訪 問 介 護 介 護 予 防

業 員 と それ 以 外 を 区 別 し て 資 格 等 によ り 区 分 し た 職 種 別 にその 職 務 内 容 と 常 勤 非 常 勤 別 の 人 数 ( 非 常 勤 については 常 勤 換 算 人 数 も 併 記 する こ と ) を 記 載 する こ と 訪 問 介 護 介 護 予 防 2012 事 業 者 の 法 人 格 及 び 法 人 名 称 代 表 者 の 役 職 名 及 び 氏 名 法 人 登 記 簿 記 載 の 所 在 地 連 絡 先 部 署 名 法 人 が 行 っ ている 他 の 業 務 電 話 番 号 設 立 年 月 について 記 載 する こ と F A X 番 号 やイ ン タ ーネッ ト のア ド レ スがあ る 場 合 には 合 わせて 記 載 する こ と

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

大阪労働局発表

大阪労働局発表 大 阪 労 働 局 発 表 大 阪 労 働 局 需 給 調 整 事 業 部 電 話 06-4790-6319 FAX 06-4790-6309 担 兵 庫 労 働 局 職 業 安 定 部 電 話 078-367-0831 FAX 078-367-3853 当 岡 山 労 働 局 職 業 安 定 部 電 話 086-801-5110 FAX 086-801-4533 広 島 労 働 局 職 業 安 定

More information