タ  リ  タ  ・  ク  ム

Size: px
Start display at page:

Download "タ  リ  タ  ・  ク  ム"

Transcription

1 タ リ タ ク ム Talitha, koum 少 女 よ 私 はあなたに 言 う 起 きなさい (マルコ5:41) 日 本 聖 公 会 正 義 と 平 和 委 員 会 ジェンダープロジェクト 第 24 号 2015 年 5 月 25 日 東 京 都 新 宿 区 矢 来 町 65 日 本 聖 公 会 管 区 事 務 所 気 付 正 義 と 平 和 委 員 会 ジェンダープロジェクト 発 行 責 任 者 : 大 岡 左 代 子 随 想 主 教 サムエル 大 西 修 わたしが 聖 職 候 補 生 になった 1960 年 代 は 日 本 聖 公 会 にまだ 婦 人 伝 道 師 がかなりいました 中 部 教 区 もカナダ 聖 公 会 からの 婦 人 伝 道 師 そして 日 本 人 の 婦 人 伝 道 師 が 何 人 かいました 1978 年 に 中 部 教 区 で 日 本 聖 公 会 初 の 女 性 の 聖 職 として 婦 人 伝 道 師 渋 川 良 子 師 が 執 事 に 叙 任 され それから 20 年 後 1998 年 の 総 会 で 女 性 司 祭 が 認 められ 同 年 12 月 同 師 が 初 の 女 性 司 祭 に 叙 任 されました 2008 年 には 女 性 司 祭 誕 生 10 周 年 感 謝 礼 拝 が 名 古 屋 聖 マタイ 教 会 で 行 われ その 後 も 現 在 までに 7 教 区 で 20 人 近 い 女 性 聖 職 が 誕 生 し 現 在 は 10 数 人 が 現 職 として 活 躍 しています また 聖 職 をめざして 神 学 校 で 学 んでいる 方 もいます 35 年 以 上 経 った 今 日 でも 普 通 に 聖 職 とは 言 われず あえて 女 性 の 聖 職 と 言 わざる を 得 ないほど いまだに 特 異 な 存 在 として 女 性 の 聖 職 が 受 けとめられていることは 否 め ない 事 実 です 初 めて 聖 職 になられた 時 の 渋 川 執 事 の 思 いはさぞかし 複 雑 で 身 の 置 き 場 の ない 居 心 地 の 悪 い 立 場 にあっただろうなあと 同 僚 としてしばしば 感 じておりました 聖 職 の 集 まりで 男 性 の 聖 職 の 何 げない 言 動 に 戸 惑 い 傷 つき 心 を 痛 めていたこともしばしば あったのではないかと 思 います そのことは 今 もあまり 変 わりないのかもしれません 男 性 中 心 主 義 の 考 え 方 は 一 般 社 会 生 活 の 場 において 今 もなお 根 強 く 残 っています 教 会 生 活 の 中 においても 然 りです 男 性 だけではなく 女 性 の 中 にもこの 考 え 方 がかなり 色 濃 く 残 っているのではないでしょうか 特 に 教 会 生 活 が 長 い 人 にこの 考 え 方 が 多 いようにわたしに は 思 われます どんなことでもまず 男 性 から といった 考 え 方 がごく 普 通 に 何 の 疑 いも なく 通 用 している 現 実 の 姿 を 教 会 の 中 にたくさん 見 ることができるからです 宣 教 の 働 きは 神 のなさる 業 ですが その 働 きに 参 与 させていただくのは 神 に 創 造 された 男 であり 女 であります キリストの 体 としての 教 会 の 働 きは 男 女 の 別 なく 各 自 が 与 えられ 1

2 た 賜 物 を 最 大 限 に 生 かしていくことによって 実 を 結 んでいきます 2009 年 9 月 22 日 日 本 聖 公 会 宣 教 150 周 年 記 念 の 夕 の 礼 拝 でわたしが 司 式 をさせて いただき キャサリン ジェファーツ ショーリ 米 国 聖 公 会 総 裁 主 教 が 説 教 をされました その 時 こんなことを 心 の 片 隅 に 思 い 描 いていました 女 性 の 聖 職 が 女 性 の を 付 けずに ごく 普 通 に 聖 職 と 呼 ばれるようになる 日 がやってくるのは 何 時 だろうか 日 本 聖 公 会 の 中 に 女 性 の 主 教 が 生 まれるのは 何 時 だろうか その 時 教 会 はきっと 大 きく 変 っているだろ うなあと 英 国 聖 公 会 でも 女 性 の 主 教 が 生 まれました 日 本 聖 公 会 の 中 に もっともっと 聖 職 に 召 される 人 が 与 えられることを 祈 っている 昨 今 で す はっきり 言 っておく あなたがたがわたしの 名 によって 何 かを 父 に 願 うならば 父 はお 与 えになる (ヨハネ 16:23) 去 る 3 月 21 日 ( 土 ) 沖 縄 教 区 北 谷 諸 魂 教 会 において 司 祭 按 手 式 が 執 り 行 われ 二 人 の 女 性 の 司 祭 が 誕 生 しました 説 教 者 は 北 海 道 教 区 のヘレナ 木 村 夕 子 司 祭 また ダビデ 上 原 榮 正 主 教 による 初 めての 聖 職 按 手 式 であり 沖 縄 教 区 の 喜 びはもとより 各 地 から 多 くの 方 がお 祝 いにかけつけました これからのお 二 人 のお 働 きのうえに 神 さまの 祝 福 と 導 きを 心 か らお 祈 りいたします 新 聖 堂 建 築 に 向 けて 三 原 聖 ペテロ 聖 パウロ 教 会 副 牧 師 ナザレ 幼 稚 園 チャプレン 司 祭 ルシア 並 里 輝 枝 主 の 平 安 をお 祈 りします ウイリアムス 神 学 館 を 卒 業 後 主 教 座 聖 堂 三 原 聖 ペテロ 聖 パウ ロ 教 会 で 聖 職 候 補 生 執 事 司 祭 として 奉 仕 させて 頂 いていま す 三 原 聖 ペテロ 聖 パウロ 教 会 は 老 朽 化 に 伴 い 数 年 前 から 建 て 直 す 事 が 計 画 されており 昨 年 は 教 会 の 引 越 しでてんてこ 舞 い でした 2

3 今 年 初 めから 教 会 の 解 体 工 事 が 始 まり 隣 近 所 地 域 の 方 々に 騒 音 その 他 の 迷 惑 をかける 為 に 一 軒 一 軒 挨 拶 すると 皆 さんは 快 く 応 じてくれ どのような 教 会 を 建 てるのですか? 楽 しみです ね の 声 を 頂 き 嬉 しかったです 地 域 に 根 差 した 教 会 造 りになることを 祈 っています 現 在 は 教 会 の 建 物 は 全 てなくなり 更 地 になっていますが 近 いうちに 起 工 式 をして いよいよ 教 会 建 築 が 始 まります 日 曜 日 の 礼 拝 は 道 路 真 向 かいにあるナザレ 幼 稚 園 のホールを 利 用 して 主 日 礼 拝 を 守 っている のですが 金 曜 日 の 夕 方 椅 子 を 並 べ 祭 壇 をつくり 礼 拝 準 備 をするとき 幼 稚 園 の 先 生 方 が 手 伝 ってくれます 日 曜 日 の 礼 拝 が 終 わると 翌 日 の 幼 稚 園 の 礼 拝 の 準 備 をするのですが 信 徒 の 皆 さんが 片 付 けのお 手 伝 いをして 下 さるという 事 で 皆 さんに 支 えて 貰 い 本 当 に 感 謝 です 日 曜 日 の 主 日 礼 拝 を 迎 える 時 間 も 緊 張 とともに 楽 しみですが 月 曜 日 のナザレ 幼 稚 園 の 礼 拝 が 一 番 楽 しみです 園 児 たちに 神 様 のこと イエス 様 のこと み 言 葉 を 話 しして 共 に 祈 ることができる のは なんて 素 晴 らしいことだろうと 思 っています 主 に 感 謝! もちいたまえ 神 よ ( 聖 歌 505 番 ) 屋 我 地 聖 ルカ 教 会 副 牧 師 司 祭 グロリア 西 平 妙 子 2015 年 3 月 21 日 ( 土 ) 沖 縄 教 区 日 に 司 祭 として 叙 任 されました 女 性 司 祭 の 道 が 閉 ざされていた 時 代 のことを 考 えると 尽 力 くださっ た 皆 様 の 忍 耐 と 祈 りに 対 して 一 言 のお 礼 では 言 い 表 せませんが 本 当 に 感 謝 いたします 神 さまの 御 心 でしたら 司 祭 按 手 してください と 祈 りながら 按 手 式 当 日 を 迎 えました 多 くの 方 々が 按 手 式 の 礼 拝 に 出 席 くださいました 按 手 式 のために 遠 くから 飛 行 機 に 乗 って 駆 け つけて 下 さる 方 もいらっしゃり 本 当 にありがたく 思 いました 午 後 は 教 区 の 行 事 として 初 めて 行 う 聖 歌 祭 があり 盛 りだくさんの 一 日 でした そのため 出 席 くださった 皆 様 とお 話 しできなかったことが 申 し 訳 なく 思 いました また 祝 福 の 時 間 がとれなかったことも 少 し 残 念 に 思 いました 司 祭 となって 一 ヶ 月 がた ちました 屋 我 地 聖 ルカ 教 会 の 牧 師 補 から 副 牧 師 となりました 祈 りの 家 教 会 での 勤 務 も 行 っ ています 日 曜 日 は 毎 主 日 朝 の 9 時 に 祈 りの 家 教 会 の 補 式 を 行 います その 後 10 時 半 から 聖 ルカ 教 会 の 聖 餐 式 の 司 式 を 月 に 二 回 行 います 他 の 二 回 は 退 職 された 司 祭 様 が 司 式 をしてく ださり 補 式 を 行 います 司 祭 として 先 輩 司 祭 の 司 式 を 毎 週 見 ることができることができま す 本 当 に 贅 沢 なことだと 思 います これから 神 さまがどのように 私 を 用 いて 下 さるか 楽 しみです 神 さまに 祈 り 求 めながら 司 祭 として 信 徒 の 皆 様 の 祈 りに 支 えられながら 教 会 生 活 を 皆 様 と 共 に 過 ごしていきたいと 思 います 3

4 UNCSW/59 と 聖 公 会 女 性 会 議 に 参 加 して マーガレット マリア 福 澤 真 紀 子 第 59 回 国 連 女 性 の 地 位 委 員 会 (UNCSW/59)が 3 月 9 日 から 20 日 までニューヨークで 開 かれました 本 会 議 中 国 連 に 連 なる 組 織 や 民 間 NGO 団 体 によって 国 連 の 内 外 では 多 くのイベント や 発 表 の 場 が 設 けられ 女 性 や 女 児 の 命 や 人 権 に 関 する 問 題 戦 争 紛 争 地 域 における 女 性 の 危 機 的 な 状 況 女 性 の 意 思 決 定 への 参 加 の 必 要 性 について 世 界 各 地 から 注 意 を 促 す 呼 びかけや 活 動 が 報 告 されました(NGO CSW/59) 同 時 にアングリカン コミ ュニオンも 聖 公 会 女 性 会 議 を 開 き 各 国 から 聖 公 会 の 女 性 の 聖 職 信 徒 や 数 名 の 男 性 が 集 まり 其 々の 国 や 教 会 の 抱 える 問 題 女 性 達 による 女 性 達 の 為 の 活 動 を 報 告 しました 国 を 超 えた 聖 公 会 女 性 ネットワーク(IAWN)からは We will speak out! と 打 ち 出 され 閉 ざされた 家 庭 内 で 起 こる 暴 力 や 閉 ざされた 教 会 の 中 で 起 こる 女 性 や 女 児 への 軽 視 やハラスメントに 黙 って 屈 しない 運 動 も 広 がりを 見 せていました 日 本 聖 公 会 からは 東 京 教 区 の 笹 森 田 鶴 司 祭 池 住 圭 氏 ( 原 発 と 放 射 能 に 関 する 特 別 問 題 プロジェク ト) 福 澤 (だいじに 東 北 )の 3 名 が 派 遣 されま した 日 本 からの 派 遣 は 今 年 で 10 年 目 となり 日 本 が 抱 える 原 発 事 故 の 影 響 と 今 現 地 で 何 が 起 きて いるのかを 世 界 へ 伝 える 役 割 ももって 行 きました 派 遣 準 備 をしてくださった 女 性 デスク ニューヨー ク 日 本 人 会 衆 (MJM)の 皆 様 その 他 お 支 えくださった 沢 山 の 方 々に 感 謝 致 します 国 連 及 び NGO による CSW は 第 4 回 女 性 会 議 (1995 年 北 京 )で 採 択 された 北 京 宣 言 及 び 行 動 綱 領 ( 北 京 行 動 綱 領 )の 内 容 に 沿 ってこの 20 年 進 められてきました 女 性 の 人 権 を 世 界 の 隅 々に 及 ぶネットワークによって 喚 起 する 為 各 国 政 府 への 働 きかけや 体 系 的 な 仕 組 みづく りを 通 して 成 人 女 性 女 児 の 安 全 でより 良 い 生 き 方 へと 世 界 が 協 力 して 働 く 為 につくられたも のです 特 に 12 項 目 の 世 界 共 通 の 最 優 先 課 題 については 各 国 政 府 民 間 のあらゆるレベルで( 勿 論 宗 教 法 人 も 含 まれるでしょう) 達 成 すべき 具 体 的 な 目 標 と 行 動 プランが 記 されています 1. 女 性 と 貧 困 2. 女 性 の 教 育 と 訓 練 3. 女 性 と 健 康 4. 女 性 に 対 する 暴 力 5. 女 性 と 武 力 紛 争 6. 女 性 と 経 済 7. 権 力 及 び 意 思 決 定 における 女 性 8. 女 性 の 地 位 向 上 のための 制 度 的 な 仕 組 み 9. 女 性 の 人 権 10. 女 性 とメディア 11. 女 性 と 環 境 12. 少 女 の 12 項 目 です 20 年 目 の 総 括 では 世 界 のジェンダー 平 等 の 成 果 は 女 性 の 教 育 や 健 康 社 会 経 済 への 参 加 では 進 歩 したものの 社 会 の 意 識 や 男 女 の 固 定 概 念 は 根 本 的 には 変 わっていない 貧 困 武 力 紛 争 環 境 の 危 機 におい て 女 性 や 女 児 の 人 権 が 著 しく 蔑 ろにされている 状 況 はむしろ 悪 化 している 世 界 はより 強 く 一 致 協 力 し 大 きく 進 まなくてはならないと 結 論 づけられました 日 本 でも 男 女 社 会 共 同 参 画 の 法 整 備 4

5 は 進 んでも 男 女 の 役 割 への 固 定 的 限 定 的 な 意 識 が 根 本 的 に 変 わったか 女 性 が 重 要 な 意 思 決 定 の 場 で 十 分 機 能 しているかといえば 疑 問 です 教 会 ではどうでしょうか 自 分 達 の 身 近 な 問 題 として 目 を 向 け 其 々の 場 で 積 極 的 に 女 性 の 人 権 やジェンダーの 平 等 について 男 女 共 に 学 び 合 う 場 語 らう 場 を 設 けてきたでしょうか 女 性 会 議 の 合 間 をぬって 3 月 7 日 の 主 日 私 達 はニューヨーク 日 本 人 会 衆 (MJM) の 皆 さんと 東 日 本 大 震 災 4 周 年 を 憶 えなが ら 礼 拝 を 捧 げました 笹 森 田 鶴 司 祭 の 司 式 と 説 教 でした 4 年 経 っても 渦 巻 く 悲 しみ や 痛 みや 怒 りがあること どのように 希 望 へ 向 かう 事 ができるのかという 心 に 沁 みる 説 教 でした 礼 拝 後 は 原 発 事 故 と 放 射 能 汚 染 に 影 響 されている 地 域 の 現 状 と 日 本 聖 公 会 の 取 り 組 みを 報 告 し ニューヨー ク 教 区 と MJM からご 支 援 頂 いた 福 島 県 会 津 若 松 市 の 若 松 聖 愛 幼 稚 園 から 感 謝 を 伝 えるビデ オも 上 映 しました 原 発 と 放 射 能 の 問 題 は 聖 公 会 女 性 会 議 でも 強 い 関 心 が 向 けられました 増 え 続 ける 汚 染 水 の タンクに 汚 染 土 の 袋 思 い 切 り 自 然 に 触 れて 遊 べない 子 ども 達 複 雑 な 環 境 で 子 育 てをしなけ ればならない 母 達 の 思 い 池 住 氏 の 言 葉 に 女 性 達 はすぐに 反 応 し 最 終 的 な 会 議 の 声 明 の 中 に 原 発 事 故 で 困 難 が 続 く 福 島 の 事 を 憶 え 祈 り 続 けるよう 求 める 段 落 が 入 れられました 命 を 生 み 出 すように 創 られた 女 性 は 命 を 傷 つけ 脅 かすもの 破 壊 するものに 本 能 的 な 痛 みと 苦 痛 を 感 じるのかもしれません 話 合 いの 中 で 発 展 途 上 国 では 原 子 力 発 電 が 生 活 を 豊 かにする 憧 れで あるという 意 見 も 出 されました 私 達 はそれも 理 解 しなければなりません しかし それでも 原 発 は 全 ての 創 り 主 である 神 様 の 真 逆 にあること 原 発 事 故 による 破 壊 と 人 々の 苦 難 の 大 き さ 取 り 返 しがつかないことを 伝 えていかなければいけないことを 改 めて 感 じました 女 性 達 がエンパワーされることは 今 私 達 が 直 面 している 世 界 の 様 々な 危 機 の 回 避 貧 困 や 格 差 の 撲 滅 病 気 を 減 らすこと 戦 争 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 環 境 破 壊 や 気 候 変 動 によって 起 こる 人 的 災 害 自 然 災 害 に 対 応 することと 直 結 します 私 達 は 常 に 世 界 の 一 部 であること ま た 世 界 は 私 達 の 足 元 から 広 がっていることを 覚 えて 今 後 の 活 動 につなげていきたいと 思 いま す UNCSW United Nations Commission on the Status of Women UNCSW には 国 連 に 連 なる 組 織 や 民 間 NGO 団 体 が 参 加 しています アングリカン コミュニオンもNGO のひとつとして 参 加 します MJM Metropolitan Japanese Ministry 5

6 コラム わたしの 瞳 に 映 る 景 色 11 ~ どうして 同 性 愛 は 罪 なのでしょうか? ~ 中 部 教 区 司 祭 アンブロージア 後 藤 香 織 最 近 身 近 な 人 からの 言 葉 で あまり 確 りと 自 体 は 価 値 中 立 であって 差 別 の 本 質 ではあり セクシュアル マイノリティ (*1)を ません この 違 い に 対 する 価 値 判 断 が 差 理 解 してもらえていないなと 感 じることが 何 別 となって 表 れるのです 度 がありました 悪 気 もないことは 分 かってい キリスト 教 は 正 典 である 聖 書 を 自 分 たちの ますが 同 じような 言 葉 を 親 しくない 人 に 対 し 価 値 判 断 の 基 準 として 用 います 熱 心 なキリス て 発 すれば トラブルになる 可 能 性 もあります ト 教 信 者 の 皆 さんは 聖 書 に 同 性 愛 は 罪 と また 聞 いている 方 は 心 地 よくありません 記 されていると 何 故 か 確 信 しています それ さて セクシュアル マイノリティ を 指 し を 根 拠 に わたしたちセクシュアル マイノリ 示 す 用 語 には 同 性 愛 ゲイ レズ ティの 存 在 が 罪 で 存 在 を 許 しておくわけには ビアン トランスジェンダー インタ ならないと 考 え 行 動 に 移 すことが 自 らの 使 命 ーセックス 等 々 いろいろあります なんと だと 信 じるのです お 前 はいらない この なくこんな 意 味 ということは 把 握 してくださ ような 他 人 の 存 在 を 全 否 定 し 命 の 輝 きを 奪 い っていることと 思 いますが 人 によって 定 義 や 取 る 言 葉 は 神 さまの 権 威 を 無 理 やり 後 ろ 盾 に 使 い 方 が 違 うことが 間 々あります した 暴 力 であることをまず 頭 に 入 れてもらい この 同 性 愛 という 言 葉 とその 対 義 語 異 たいと 思 います 性 愛 や トランスジェンダー とその 対 義 キリスト 教 のように 自 分 の 差 別 感 を 肯 定 出 語 シスジェンダー 等 という 分 類 は 本 来 価 来 る 根 拠 があれば それを 利 用 し 自 分 の 誤 った 値 中 立 なものです 良 いとか 悪 いとかの 価 値 判 思 いを 正 当 化 し 主 張 したくなる 気 持 ちは 決 し 断 はされていません しかし 多 くの 人 は 異 て 同 意 は 出 来 ませんが 理 解 は 出 来 ます しかし 性 愛 シスジェンダー が 正 常 で 同 性 愛 キリスト 教 信 者 だけではなく 一 般 的 にも 人 々 トランスジェンダー は 異 常 という 価 値 観 を の 思 いの 中 に 横 たわる 同 性 愛 は 認 めない や この 分 類 に 当 てはめます さらに 教 会 の 中 では 気 持 ち 悪 い といった 同 性 愛 者 やトランス 同 性 愛 トランスジェンダー は 罪 と ジェンダーに 対 する 悪 いイメージは いったい まで 言 われることがあります どこから 来 るのでしょうか 今 更 ですが セ 異 性 愛 に 分 類 される 人 々は もう 一 方 の クシュアル マイノリティ に 関 する 基 礎 知 識 同 性 愛 を 劣 ったもの 異 常 なものとして を 次 号 から 何 回 かにわたって 再 確 認 してみた 貶 めることによって 自 分 たち 異 性 愛 者 が いと 思 います 相 対 的 に 優 れたものであることを 確 認 し 安 心 (*1)セクシュアル マイノリティ します まさかあのファリサイ 派 (ルカによる 性 的 な 事 柄 を 理 由 に 差 別 を 受 け 少 数 者 の 福 音 書 18 章 11 節 参 照 )のように この 同 性 愛 立 場 に 置 かれている 人 たちのこと 同 性 愛 者 者 のような 者 でもないことを 感 謝 します と 両 性 愛 者 トランスセクシュアルなど 様 々な 存 祈 ったりはしないでしょうが 自 分 たち 異 性 在 を 包 括 して 表 す 性 的 少 数 者 と 表 現 すること 愛 者 シスジェンダー が 正 常 で 同 性 もある 同 性 愛 という 言 葉 に 対 する 嫌 悪 感 愛 者 や トランスジェンダー が 異 常 だとい を 避 けるために 用 いられることもあり 問 題 を う 認 識 は わりと 多 くの 人 の 中 にあります ぼやかす 危 険 性 がある 反 面 名 称 を 持 っていな これがいわゆる 差 別 の 構 造 です 差 別 は い 性 的 少 数 者 を 含 んだ 用 語 として 積 極 的 に 用 違 い を 利 用 して 行 われますが この 違 い いられる 側 面 もある 英 語 ではLGBTを 使 う 6

7 女 性 の 聖 職 に 関 わる 特 別 委 員 会 では クララ 篠 田 茜 / 福 井 聖 三 一 教 会 第 61( 定 期 ) 総 会 期 から 立 ち 上 げられた 女 性 の 聖 職 に 関 わる 特 別 委 員 会 ( 女 性 の 聖 職 に 関 わる 諸 問 題 についての 調 整 と 検 証 提 言 作 成 のための 特 別 委 員 会 ) は 2014 年 9 月 と 12 月 に 開 かれ 2015 年 3 月 に 3 回 目 の 委 員 会 が 行 われました 委 員 は 聖 職 者 信 徒 各 3 名 ( 男 女 各 3 名 )の6 名 が 東 京 横 浜 九 州 京 都 教 区 から 選 出 され 女 性 デスク 管 区 総 主 事 管 区 宣 教 主 事 が 陪 席 という 構 成 です 2 総 会 期 (4 年 )の 課 題 として 女 性 の 聖 職 者 からの 相 談 体 制 を 整 え 実 際 の 対 応 に 当 たれるようにすること ( 調 整 ) これまでに 女 性 の 聖 職 者 に 関 わって 起 こってきた 事 柄 についての 問 題 点 を 他 管 区 の 取 り 組 みに 学 びつつ 整 理 し 現 行 ガイドラインの 今 後 のあり 方 について 提 言 すること( 検 証 提 言 )を 役 割 として 確 認 しました 今 までのところ 各 教 区 のハ ラスメント 防 止 委 員 会 規 定 に 照 らし 合 わせて これまでの 調 整 委 員 会 の 問 題 点 をまと め またガイドラインについての 発 題 を 受 けて 委 員 がそれぞれ 意 見 交 換 をしました 次 回 はガイドラインの 存 続 を 意 味 あるものと 考 える 委 員 からの 発 題 です いろいろな 立 場 の 委 員 が 忌 憚 なく 意 見 を 述 べることのできる 場 でもありますが 結 論 が 出 るまで まだまだ 時 間 がかかりそうです 第 23 回 聖 公 会 女 性 フォーラムのご 案 内 彼 女 を 記 念 して 世 界 中 どこでも 福 音 が 宣 べ 伝 えられる 所 では この 人 のしたことも 記 念 として 語 り 伝 えられるだろう (マルコ14:9) 女 性 フォーラムなんて 初 めて 耳 にした 方 も お 久 しぶりの 方 も ぜひご 参 加 ください 日 時 2015 年 7 月 19 日 ( 日 )16:00 受 付 ~ 20 日 ( 月 祝 )16:00 解 散 会 場 岡 山 聖 オーガスチン 教 会 岡 山 市 北 区 弓 之 町 9-37 参 加 費 2000 円 + 食 費 (20 日 夕 食 21 日 昼 食 ) ( 宿 泊 は 各 自 でおとりください) * 申 込 み 締 め 切 り 6 月 28 日 ( 日 ) * 問 い 合 わせ 先 吉 谷 かおる 携 帯

8 女 性 デスクから ~ 今 年 の 世 界 祈 祷 日 献 金 お 献 げ 先 について 報 告 します~ 毎 年 3 月 の 第 1 金 曜 日 に 日 本 や 世 界 各 地 で 行 われている 世 界 祈 祷 日 礼 拝 今 年 のテーマは わたし があなたがたにしたことが 分 かるか バハマからのメッセージ でした 礼 拝 で 献 げられた 献 金 は その 年 の 式 文 作 成 国 地 域 に 送 られるほか 国 内 外 の 女 性 たちのさまざまな 働 きを 支 えたり 世 界 祈 祷 日 に 加 わっている 各 教 派 団 体 が 申 請 する 活 動 や 事 業 のために 用 いられたりすることになっていま す 日 本 聖 公 会 もその 一 部 をいただいており その 使 途 を 託 されている 女 性 デスクは 今 年 次 の3 つの 取 り 組 みについて 申 請 しました 1FGM 廃 絶 を 支 援 する 女 たちの 会 (WAAF)(FGM とは female genital mutilation/cutting ( 女 性 器 切 除 )の 略 語 主 にアフリカなどで 広 く 行 われている 女 性 外 性 器 の 一 部 あるいは 全 部 の 切 除 時 には 切 除 してから 外 性 器 を 縫 合 してしまう 慣 習 のことで 出 血 によるショックや 感 染 症 など 命 に 関 わる 危 険 を 伴 っている ) 2ペルー 聖 公 会 社 会 福 祉 部 門 (ペルーには 子 ども 人 口 の 30% 約 200 万 人 以 上 の 労 働 を 強 いられ る 子 どもがいると 言 われている ペルー 聖 公 会 では 貧 困 の 中 で 問 題 を 抱 える 家 庭 の 子 ども 薬 物 の 問 題 のある 子 ども 出 生 証 明 書 のない 子 ども( 育 児 放 棄 された 子 どもと 心 身 に 障 がいのある 子 ども 含 む)などの 環 境 の 改 善 や 健 康 を 守 るためのプロジェクトに 取 り 組 んでおり 薬 や 食 料 ワーカーを 必 要 としている ) 3 女 性 デスク(UNCSW 派 遣 ほか)(UNCSW および 聖 公 会 代 表 団 会 合 派 遣 も 今 年 で 11 回 目 を 数 える 今 後 とも 継 続 して 派 遣 することで 世 界 的 な 視 野 を 持 って 女 性 に 関 する 課 題 について 考 え 取 り 組 んでいきたい ) ジェンダープロジェクトより 沖 縄 教 区 で 2 名 の 女 性 の 司 祭 が 誕 生 しました 現 在 日 本 聖 公 会 において 現 役 で 働 いておられる 女 性 の 教 役 者 は 司 祭 14 名 執 事 3 名 聖 職 候 補 生 3 名 となり ようやく 20 名 になりました また 現 在 2 名 の 聖 職 候 補 生 が 神 学 校 で 学 んでおられます 20 名 も! なのか 20 名 しか なのか 教 役 者 全 体 の 割 合 の 中 では1 割 にも 満 たない 数 字 であり 爆 発 的 に 増 えないのも 事 実 です しかし 少 しずつではありますが 増 えている ということも 事 実 です ジェンダープロジェクトの 目 的 は 女 性 の 聖 職 を 増 やすことではなく ジェンダーに 捉 われた 性 別 意 識 から 解 放 されてすべての 人 が 尊 重 さ れることです その 結 果 として 性 別 にとらわれることなく 聖 職 になる 人 が 増 えていくとしたら それ は 一 つの 成 果 ともいえると 思 います 一 方 で 今 号 の 巻 頭 言 にあったように 一 日 でも 早 く 女 性 の という 言 葉 を 使 わずに 語 れる 日 が 来 るようにと 心 から 願 います 8

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

レデンプトリスチン修道会・第三会『贖い主信徒の会』会報 ~夏~ 

レデンプトリスチン修道会・第三会『贖い主信徒の会』会報 ~夏~  聖 母 マリアの 栄 光 * 注 レデンプトール 会 の 創 立 者 聖 アルフォンソが 残 した 数 多 くの 書 物 の 中 で 聖 母 マリアの 栄 光 は 代 表 的 な 書 物 の 一 つです 聖 アルフォンソほど 聖 母 マリアを 告 げ 知 らせ すべての 人 にその 栄 光 を 伝 えた 聖 人 は いないのではないでしょうか それは 彼 が 聖 母 マリアを 通 して 自 らの 罪

More information

2015年12月20日 クリスマス説教、イエスさまの誕生

2015年12月20日 クリスマス説教、イエスさまの誕生 イエスさまの 誕 生 マタイの 福 音 書 1 章 16 節 ~25 節 2015 年 12 月 20 日 ( 日 )クリスマス 礼 拝 説 教 皆 さん クリスマス おめでとうございます 皆 さんは 毎 朝 の NHK 朝 ドラ 朝 が 来 た は ご 覧 になって おられますでしょうか 視 聴 率 およそ25%と 言 われております ので きっと この 中 にも 幾 人 かの 方 々は ご 覧

More information

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の ひ と め で わ か る キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 目 次 キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ キ リ ス ト 教 会 葬 儀 研 究 所 ( CCFI= Christ Church Funeral Institute) は 日 本 に お け る キ リ ス ト 教 信 仰 共 同 体 の 葬 儀 を よ り 豊 か な も の と す る た め に キ リ ス ト 教 諸

More information

Taro-ウブムエ2号.jtd

Taro-ウブムエ2号.jtd ウブムエ 235-0041 1-22-3 TEL 045-774-9861 TEL 047-341-9459 見 えないものに 希 望 をおいて 巻 頭 言 村 上 千 代 残 暑 お 見 舞 い 申 し 上 げます 立 秋 を 過 ぎてもなお 暑 い 日 々が 続 いて いますが お 元 気 でお 過 ごしでしょうか 皆 さまのお 祈 りとご 支 援 を 心 より 感 謝 申 し 上 げます さて8

More information

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的 第 1 回 沼 津 市 総 合 教 育 会 議 議 事 録 〇 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 26 日 ( 木 曜 日 )15 時 00 分 ~16 時 00 分 〇 開 催 場 所 沼 津 市 立 第 四 小 学 校 多 目 的 ホール 〇 出 席 者 市 長 栗 原 裕 康 教 育 長 服 部 裕 美 子 教 育 委 員 三 好 勝 晴 教 育 委 員 土 屋 葉 子 教 育 委 員

More information

富 田 林 市

富 田 林 市 ファミリー サポート センターを 上 手 に 活 用 するために 援 助 活 動 補 償 保 険 Q&A 富 田 林 市 ファミリー サポート センター 平 成 27 年 6 月 -1- 富 田 林 市 ファミリー サポート センター ファミリー サポート センターは 子 育 てを 援 助 したい 会 員 と 援 助 を 受 けたい 会 員 の 相 互 援 助 の 会 です ファミリー サポート センター

More information

委 員 の 皆 様 から 忌 憚 のないご 意 見 をいただきながら 改 めて 本 市 の 行 政 改 革 のあり 方 や 今 後 目 指 していく 方 向 性 について 検 討 を 行 っていきたい 3. 会 長 挨 拶 本 審 議 会 での 審 議 を 経 て 平 成 22 年 に 策 定 され

委 員 の 皆 様 から 忌 憚 のないご 意 見 をいただきながら 改 めて 本 市 の 行 政 改 革 のあり 方 や 今 後 目 指 していく 方 向 性 について 検 討 を 行 っていきたい 3. 会 長 挨 拶 本 審 議 会 での 審 議 を 経 て 平 成 22 年 に 策 定 され 平 成 26 年 度 第 1 回 荒 尾 市 行 政 改 革 推 進 審 議 会 議 事 録 要 旨 日 時 : 平 成 26 年 11 月 7 日 ( 金 曜 ) 午 後 2 時 ~ 午 後 4 時 場 所 : 荒 尾 市 役 所 市 長 公 室 議 題 :1. 荒 尾 市 の 行 政 改 革 の 経 緯 と 第 四 次 荒 尾 市 行 政 改 革 大 綱 の 総 括 について 2. 行 政 改

More information

一般社団法人日本石材産業協会 2010年通常総会 議事録

一般社団法人日本石材産業協会 2010年通常総会 議事録 2010 年 一 般 社 団 法 人 日 本 石 材 産 業 協 会 第 1 回 通 常 総 会 議 事 録 日 時 :2010 年 6 月 10 日 16:00~17:35 場 所 : 東 京 都 立 産 業 貿 易 センター 浜 松 町 館 3 階 第 1 展 示 室 : 瀬 川 賢 孝 ( 岩 手 県 支 部 長 ) 総 会 開 始 ( 瀬 川 ) 定 刻 となりました 開 会 の 辞 を 鳴

More information

「こどもカフェ」設置・運営に係る基本方針

「こどもカフェ」設置・運営に係る基本方針 こどもカフェ 設 置 運 営 に 係 る 基 本 方 針 第 1 総 則 1 目 的 こどもカフェ の 設 置 運 営 については 市 基 本 計 画 及 び 第 一 次 実 施 計 画 に 位 置 付 け 市 内 2 か 所 で モデル 運 営 を 実 施 し その 実 績 検 証 等 をもとに 今 後 の 拡 充 について 検 討 することとして おります また こどもカフェ は 次 世 代 育

More information

平 成 27 年 4 月 定 例 東 温 市 教 育 委 員 会 会 議 録 開 会 の 日 時 及 び 場 所 平 成 27 年 4 月 22 日 ( 水 ) 午 前 10 時 15 分 東 温 市 庁 舎 4 階 405 会 議 室 議 事 に 出 席 した 委 員 教 育 長 職 務 代 行 者 菅 原 正 夫 委 員 遠 富 英 子 委 員 大 政 美 智 子 委 員 本 田 隆 彦 議

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

北海道 函館支部

北海道 函館支部 福 井 県 支 部 支 部 長 : 文 珠 四 郎 博 もんじゅしろう ひろ(S46 法 法 律 ) 事 務 局 長 : 小 林 謙 一 こばやし けんいち (S47 経 経 済 ) 支 部 内 同 窓 生 数 447 人 以 下 のとおり 開 催 されました 平 成 28 年 度 福 井 県 支 部 総 会 のお 知 らせ 日 時 平 成 28 年 4 月 16 日 ( 土 ) 16:00~ 年

More information

この 説 に 信 憑 性 があるかないか わたしにはよく 分 かりませんが 語 呂 が 良 いし 昔 の 親 父 は 確 かにおっかないところがあったから そこに 収 まるまでに 何 らかのいきさつがあ ったとしても 親 父 に 定 着 していったのでしょうか 一 昔 か 二 昔 前 には 子 ども

この 説 に 信 憑 性 があるかないか わたしにはよく 分 かりませんが 語 呂 が 良 いし 昔 の 親 父 は 確 かにおっかないところがあったから そこに 収 まるまでに 何 らかのいきさつがあ ったとしても 親 父 に 定 着 していったのでしょうか 一 昔 か 二 昔 前 には 子 ども 聖 霊 降 臨 後 第 16 主 日 ( 特 定 22) 説 教 2011/10/2 聖 マタイ 福 音 書 第 21 章 33 節 ~43 節 於 : 聖 パウロ 教 会 司 祭 山 口 千 寿 地 震 雷 火 事 親 父 という 諺 をお 聞 きになったことがあると 思 います 怖 いもの 恐 ろしく 感 じられるものを 順 番 に 上 げたのだと 思 います わたしたちも3 月 11 日 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63> ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 白 島 荘 グループホーム 華 の 家 箕 面 市 白 島 三 丁 目 5 番 50 号 電 話 番 号 072-725-4165 ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 あなた またはあなたの 家 族 が 利 用 しようと

More information

会 長 の あ い さ つ 長 野 県 松 本 ろう 学 校 長 葦 澤 正 敏 新 緑 の 候 同 窓 会 の 皆 様 にはお 元 気 でお 過 ごしのこととお 慶 び 申 し 上 げます 松 本 ろう 学 校 を 卒 業 された 皆 様 就 職 進 学 おめでとうござい ます また 松 本 ろう

会 長 の あ い さ つ 長 野 県 松 本 ろう 学 校 長 葦 澤 正 敏 新 緑 の 候 同 窓 会 の 皆 様 にはお 元 気 でお 過 ごしのこととお 慶 び 申 し 上 げます 松 本 ろう 学 校 を 卒 業 された 皆 様 就 職 進 学 おめでとうござい ます また 松 本 ろう 2013 年 (H25 年 )5 月 19 日 ( 日 ) 第 64 号 発 行 長 野 県 松 本 ろう 学 校 同 窓 会 同 窓 会 第 68 回 定 期 総 会 開 催 の 報 告 去 る 3 月 23 日 ( 土 ) 午 前 10 時 より 松 本 市 総 合 社 会 福 祉 センターにて 第 68 回 定 期 総 会 が 開 催 されました 出 席 者 ( 会 員 来 賓 賛 助 会 員

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

Microsoft Word - 鷹山.doc

Microsoft Word - 鷹山.doc 平 成 24 年 度 まちづくりミーティングの 質 問 と 回 答 の 要 旨 鷹 山 地 区 :7 月 2 日 ( 月 ) 午 後 7 時 30 分 ~9 時 参 加 者 数 62 人 < 質 問 > Q 文 書 配 布 の 量 をなるべく 減 らそうという 傾 向 があるが 町 報 だけでは 紙 面 が 少 なすぎるのではない か 学 校 だより 等 が 配 布 になるため 情 報 が 得 られる

More information

山田副士長 予防課保安係(平成22年採用)

山田副士長 予防課保安係(平成22年採用) 桐 生 市 消 防 本 部 先 輩 インタビュー 星 野 消 防 士 ( 平 成 27 年 度 採 用 ) 高 島 消 防 士 ( 平 成 28 年 度 採 用 ) 樽 川 消 防 士 ( 平 成 28 年 度 採 用 ) 清 水 消 防 士 ( 平 成 25 年 度 採 用 ) 石 原 副 士 長 ( 平 成 22 年 度 採 用 ) 消 防 士 としてやりがいを 感 じることは 現 場 で 活

More information

校生

校生 高 校 生 平 和 大 使 高 校 生 1 万 人 署 名 活 動 実 行 委 員 会 静 岡 ニュース( 第 20 号 ) 422-8067 静 岡 市 駿 河 区 南 町 11-22 静 岡 労 働 会 館 2 階 静 岡 県 平 和 国 民 運 動 センター 気 付 TEL:054-282-4121 FAX:054-284-0191 E-mail :s-heiwa@cy.tnc.ne.jp 被

More information

平成12年7月10日

平成12年7月10日 平 成 21 年 8 月 26 日 横 浜 市 長 様 横 浜 市 心 身 障 害 児 者 を 守 る 会 連 盟 代 表 幹 事 八 島 敏 昭 事 務 所 222-0035 港 北 区 鳥 山 町 1752 横 浜 ラホ ール 3 階 団 体 交 流 室 電 話 045-475-2062.2063 fax 045-475-2064 e-mail mamorukai@hamashinren.or.jp

More information

3. 窓 口 相 談 ( 第 一 次 対 応 ) 窓 口 相 談 の 業 務 手 順 は 以 下 のとおりとする 1 実 施 部 門 は 相 談 に 応 じる 時 間 を 定 め 保 証 人 及 び 支 援 専 門 家 (ガイドライン 第 5 項 (2)ロに 規 定 する 支 援 専 門 家 以 下

3. 窓 口 相 談 ( 第 一 次 対 応 ) 窓 口 相 談 の 業 務 手 順 は 以 下 のとおりとする 1 実 施 部 門 は 相 談 に 応 じる 時 間 を 定 め 保 証 人 及 び 支 援 専 門 家 (ガイドライン 第 5 項 (2)ロに 規 定 する 支 援 専 門 家 以 下 中 小 企 業 再 生 支 援 協 議 会 等 の 支 援 による 経 営 者 保 証 に 関 する ガイドラインに 基 づく 保 証 債 務 の 整 理 手 順 本 手 順 は 産 業 競 争 力 強 化 法 第 127 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 中 小 企 業 再 生 支 援 業 務 を 行 う 者 として 認 定 を 受 けた 者 ( 以 下 認 定 支 援 機 関 という )

More information

た 方 が 良 いと 思 います そのモチベーションが 色 々なところに 活 きてくること もありますので ( 他 の 生 徒 を 指 して) 将 来 どんな 職 業 に 就 きたいですか 学 生 : 法 曹 三 者 になりたいです 室 谷 先 生 :それは 何 でですか? 学 生 : 何 となくで

た 方 が 良 いと 思 います そのモチベーションが 色 々なところに 活 きてくること もありますので ( 他 の 生 徒 を 指 して) 将 来 どんな 職 業 に 就 きたいですか 学 生 : 法 曹 三 者 になりたいです 室 谷 先 生 :それは 何 でですか? 学 生 : 何 となくで 2011 年 10 月 20 日 ロイヤリング 講 義 講 師 : 弁 護 士 室 谷 光 一 郎 先 生 文 責 須 藤 勇 人 ジェンダー セクシュアリティの 法 律 問 題 世 の 中 は 法 律 だけで 動 いている 訳 ではないので 色 々なものに 目 を 向 けなけれ ばいけないと 考 えています 法 律 馬 鹿 になってしまうと 経 済 や 社 会 の 状 況 が 読 めなくなってしまいます

More information

チャペル 2011年8月

チャペル 2011年8月 平 和 将 来 希 望 のご 計 画 ~クライストチャーチの 震 災 のこと~ 子 ども 学 科 八 巻 正 治 平 和 将 来 希 望 のご 計 画 主 はこう 言 われる バビロンに 七 十 年 の 時 が 満 ち たなら わたしはあなたたちを 顧 みる わたしは 恵 み の 約 束 を 果 たし あなたたちをこの 地 に 連 れ 戻 す わ たしは あなたたちのために 立 てた 計 画 をよく

More information

はじめに 当 院 は 障 害 者 病 棟 の 病 院 です 障 害 者 病 棟 とは 障 害 者 ( 重 度 の 肢 体 不 自 由 者 意 識 障 害 者 脊 髄 損 傷 の 重 度 障 害 者 及 び 神 経 難 病 患 者 を 指 します)を 対 象 とした 病 棟 で 長 期 入 院 を 受

はじめに 当 院 は 障 害 者 病 棟 の 病 院 です 障 害 者 病 棟 とは 障 害 者 ( 重 度 の 肢 体 不 自 由 者 意 識 障 害 者 脊 髄 損 傷 の 重 度 障 害 者 及 び 神 経 難 病 患 者 を 指 します)を 対 象 とした 病 棟 で 長 期 入 院 を 受 入 院 中 のご 案 内 医 療 法 人 社 団 聖 寿 会 足 立 十 全 病 院 はじめに 当 院 は 障 害 者 病 棟 の 病 院 です 障 害 者 病 棟 とは 障 害 者 ( 重 度 の 肢 体 不 自 由 者 意 識 障 害 者 脊 髄 損 傷 の 重 度 障 害 者 及 び 神 経 難 病 患 者 を 指 します)を 対 象 とした 病 棟 で 長 期 入 院 を 受 けることができる

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1 季 刊 Vol.4 2010 11 月 毎 格 別 愛 顧 賜 厚 御 礼 度 弊 8 月 相 順 導 鞭 撻 賜 謝 平 12 初 秋 候 担 待 産 声 10 返 ろ ろ 表 通 貴 経 験 積 通 築 ゆ 資 源 糧 如 態 屈 更 遂 度 節 機 同 新 ズ 応 懸 命 努 卒 倍 旧 援 協 拝 眉 挨 拶 略 儀 告 10 返 号 ボ ュ 増 未 届 致 忙 材 協 祝 辞 賜 謝 致

More information

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 揮 帯 共 ふ 輪 広 担 ゆ ぎ 満 誰 気 軽 楽 自 由 集 指 次 重 標 広 護 90 号

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

Microsoft Word - 8回抄録集最終3

Microsoft Word - 8回抄録集最終3 関 西 障 害 者 歯 科 臨 床 研 究 会 第 8 回 研 究 集 会 抄 録 集 寄 り 添 う 歯 科 医 療 ~ 患 者 支 援, 保 護 者 支 援 ~ 大 会 長 : 芦 田 欣 一 ( 滋 賀 県 歯 科 医 師 会 会 長 ) 実 行 委 員 長 : 谷 仁 史 ( 滋 賀 県 歯 科 医 師 会 理 事 ) 日 時 : 平 成 28 年 7 月 17 日 ( 日 )10 時 00

More information

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その4)監査結果

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その4)監査結果 平 成 2 8 年 8 月 1 日 問 い 合 わ せ 先 監 査 事 務 局 監 査 事 務 局 総 務 課 電 話 03-5320-7011 知 事 専 用 車 の 使 用 を 違 法 不 当 と し て そ の 使 用 に 要 し た 経 費 の 返 還 を 求 める 住 民 監 査 請 求 (その4) 監 査 結 果 について 東 京 都 監 査 委 員 同 同 同 同 山 加 朱 美 吉

More information

document

document 満 足 度 調 査 集 計 表 特 別 養 護 老 人 ホーム 仙 人 の 里 長 期 入 所 家 族 回 答 人 数 30 名 調 査 期 間 : 平 成 26 年 6 月 16 日 ~6 月 30 日 問 1. 施 設 内 は 清 潔 ですか?( 玄 関 居 室 ホール 廊 下 トイレなど) 清 潔 27 名 普 通 3 名 汚 い0 名 どちらとも 言 えない0 名 未 記 入 0 名 新 しい

More information

平成22年度

平成22年度 平 成 27 年 度 保 育 園 入 園 案 内 < 目 次 > 1 保 育 園 とは... 1 2 平 成 27 年 4 月 の 入 園 申 込 みについて... 2 3 年 度 途 中 の 入 園 申 込 みについて... 3 4 申 込 書 類 記 入 上 の 注 意... 3 5 入 園 決 定 について... 3 6 延 長 保 育 について... 4 7 休 日 保 育 について...

More information

Taro10-H27 年学校だより4月.号j

Taro10-H27 年学校だより4月.号j 平 成 2 7 年 4 月 1 9 日 ( 日 ) 4 月 号 横 浜 市 立 港 南 中 学 校 233-0004 横 浜 市 港 南 区 港 南 中 央 通 6 番 1 号 0 4 5-8 4 2-2 3 5 5 学 校 教 育 目 標 の よ り よ い 実 現 を 目 指 し て 校 長 上 田 篤 也 平 成 2 7 年 度 が ス タ ー ト し ま し た 2 6 4 名 の 新 入

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

PM6:30 玉 串 奉 奠 順 の 説 明 2 只 今 から 玉 串 奉 奠 を 行 います 各 町 様 はご 到 着 順 に お 呼 びさせて 頂 きます 呼 出 し 責 任 役 員 様 各 町 到 着 順 ( 町 様 ) 最 後 年 番 町 祭 員 による 儀 式 撤 幣 閉 式 の 辞 (

PM6:30 玉 串 奉 奠 順 の 説 明 2 只 今 から 玉 串 奉 奠 を 行 います 各 町 様 はご 到 着 順 に お 呼 びさせて 頂 きます 呼 出 し 責 任 役 員 様 各 町 到 着 順 ( 町 様 ) 最 後 年 番 町 祭 員 による 儀 式 撤 幣 閉 式 の 辞 ( 進 行 係 業 務 (1~7) 1 お 宮 参 りまでに 宮 司 より 雅 楽 のテープを 借 用 しておく 祭 典 神 幸 環 幸 お 宮 参 りの 行 列 の 進 行 にあたる 祭 典 神 幸 環 幸 各 町 様 の 呼 び 出 しを 担 当 する 花 火 の 手 配 17/31お 宮 参 りAM9:00 28/2 神 幸 祭 PM5:30( 町 印 ) PM6:00(お 神 輿 ) 38/3お

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

北海道臨床工学技士会ニュース

北海道臨床工学技士会ニュース 2015-(1) 公 益 社 団 法 人 北 海 道 臨 床 工 学 技 士 会 ニュース 2015 年 2 月 公 益 社 団 法 人 北 海 道 臨 床 工 学 技 士 会 ニュース No.121 ホームページ http://hcea.umin.ac.jp 事 務 局 へのお 問 い 合 わせは 上 記 Homepage お 問 い 合 わせフォームより 発 行 人 : 室 橋 高 男 060-8543

More information

優 先 度 順 手 続 フロー 最 初 に 行 う 手 続 罹 災 見 舞 金 の 交 付 ( 草 津 市 ) (P4) 弔 慰 金 および 罹 災 見 舞 金 の 交 付 (P4) 罹 災 証 明 書 の 発 行 (P4) 住 民 票 の 発 行 (P5) 生 活 つなぎ 資 金 の 貸 付 (P

優 先 度 順 手 続 フロー 最 初 に 行 う 手 続 罹 災 見 舞 金 の 交 付 ( 草 津 市 ) (P4) 弔 慰 金 および 罹 災 見 舞 金 の 交 付 (P4) 罹 災 証 明 書 の 発 行 (P4) 住 民 票 の 発 行 (P5) 生 活 つなぎ 資 金 の 貸 付 (P 火 災 に 遭 われた 方 へ り さ い 火 災 罹 災 後 の 諸 手 続 について( 参 考 資 料 ) このたびは 思 いがけない 災 難 で 御 心 痛 いかばかりかと 心 から お 見 舞 い 申 しあげます どうか この 災 難 にお 力 落 しのありませんよう 一 日 も 早 い 御 回 復 をお 祈 り 申 しあげます この 冊 子 は 当 面 の 諸 手 続 に 関 しまして 概

More information

ICレコーダー

ICレコーダー 会 議 名 開 催 日 時 開 催 場 所 平 成 26 年 度 第 3 回 港 区 指 定 管 理 者 選 定 委 員 会 平 成 26 年 7 月 28 日 ( 月 曜 日 ) 午 前 9 時 30 分 から 午 前 11 時 まで 区 役 所 4 階 庁 議 室 ( 出 席 者 ) 委 員 田 中 副 区 長 ( ) 杉 本 企 画 経 営 部 長 ( 副 ) 渡 邊 総 務 部 長 ( 副

More information

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版 育 児 休 業 Q&A 平 成 26 年 改 定 県 立 学 校 版 教 育 人 事 課 目 次 育 児 休 業 の 意 義 目 的 1 Q1 育 児 休 業 の 目 的 は? Q2 育 児 休 業 を 取 得 することによってどういう 効 果 があるの? 育 児 休 業 をすることができる 職 員 2 Q3 誰 でも 育 児 休 業 をすることができるの? Q4 育 児 休 業 中 の 身 分 はどうなるの?

More information

ま た 加 害 者 に な ら な い た め に 以 下 の こ と も 認 識 し て お き ま し ょ う ( 1 ) 自 分 が 持 っ て い る 優 位 的 な 立 場 を 認 識 す る た と え ば 大 学 教 員 と 学 生 は 共 に 意 見 交 換 や 議 論 を す る

ま た 加 害 者 に な ら な い た め に 以 下 の こ と も 認 識 し て お き ま し ょ う ( 1 ) 自 分 が 持 っ て い る 優 位 的 な 立 場 を 認 識 す る た と え ば 大 学 教 員 と 学 生 は 共 に 意 見 交 換 や 議 論 を す る 尚 絅 学 院 ハラスメント 防 止 のためのガイドライン 尚 絅 学 院 ハ ラ ス メ ン ト 防 止 宣 言 学 校 法 人 尚 絅 学 院 尚 絅 学 院 は す べ て の 学 生 生 徒 園 児 お よ び 教 職 員 が 個 人 と し て 尊 重 さ れ 互 い の 信 頼 を も と に 修 学 や 研 究 就 労 に 励 め る よ う 環 境 を 整 え こ れ を 維 持 し

More information

4 派 遣 者 から 一 言 船 曳 文 洋 先 生 船 曳 先 生 は, 岡 山 市 教 育 委 員 会 から シニア 派 遣 としてコロンバス 日 本 語 補 習 校 の 教 頭 として 派 遣 されます 以 前 はバンコク 日 本 人 学 校 に 勤 務 し ていました 今 回 の 文 科 省

4 派 遣 者 から 一 言 船 曳 文 洋 先 生 船 曳 先 生 は, 岡 山 市 教 育 委 員 会 から シニア 派 遣 としてコロンバス 日 本 語 補 習 校 の 教 頭 として 派 遣 されます 以 前 はバンコク 日 本 人 学 校 に 勤 務 し ていました 今 回 の 文 科 省 平 成 27 年 度 海 外 派 遣 教 員 を 励 ます 集 い 平 成 27 年 2 月 28 日 ( 土 ) 平 成 27 年 2 月 28 日 ( 土 )に 上 記 の 会 が, 岡 山 アークホテル1Fレストラン ラ ペ ーシュ で 開 かれました 岡 山 駅 の 近 くで, 便 利 が 良 く, 貸 し 切 りでも 良 心 的 な 料 金 のた め, 本 会 の 行 事 としておなじみの

More information

コンプライアンス憲章

コンプライアンス憲章 コンプライアンス 憲 章 第 1 条 ( 目 的 ) この 憲 章 は 三 井 ハイテック( 全 三 井 ハイテックグループ 会 社 を 含 む 以 下 同 じ)の 全 て の 役 員 (これに 準 ずるものを 含 む 以 下 同 じ)および 従 業 員 一 人 一 人 が 三 井 ハイテック で 働 く 者 としての 誇 りを 持 ち あらゆる 企 業 活 動 の 場 面 において 関 係 法 令

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

<5461726F2D4832358EE597768E7B8DF490AC89CA92B28F9181698DC58F49>

<5461726F2D4832358EE597768E7B8DF490AC89CA92B28F9181698DC58F49> 平 成 25 年 度 主 要 施 策 の 成 果 に 関 する 調 書 警 察 本 部 目 次 3 安 心 安 全 な 社 会 の 形 成 と 県 土 づくり 1 (1) 日 本 一 安 心 安 全 な 鹿 児 島 づくり 1 (2) 災 害 に 強 い 県 土 づくり 7 6 誰 もがいきいきと 活 躍 できる 雇 用 環 境 づくり 8 (1) ふるさとでいきいきと 働 ける 環 境 づくり 8

More information

自立支援法について思う事

自立支援法について思う事 新 年 度 を 迎 えて 施 設 長 菅 原 敦 4 月 1 日 みどり 園 の 開 園 記 念 式 が 執 り 行 なわれました 利 用 者 さんに 新 任 の 施 設 長 としての 挨 拶 をしま した 利 用 者 さんの 顔 を 一 人 一 人 見 ていると 開 園 当 初 から 入 所 されている 方 は 皆 さんお 年 を 召 されたなぁ と 改 めて 思 いました 昔 は 厚 木 の 若

More information

施設事業計画案

施設事業計画案 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 平 成 2 6 年 4 月 1 日 ~ 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 社 会 福 祉 法 人 ポ プ ラ 福 祉 会 ポ プ ラ 保 育 園 1. 保 育 事 業 の 目 的 児 童 福 祉 法 第 24 条 及 び 37 条 の 規 定 に 基 づ き 乳 児 及 び 幼 児 の 保 育 を 行 う 2 施 設 運 営 の 全 般 の 方 針 (1)

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 的 P D F 化 小 作 ハ メ 運 営 無 断 P D F ァ イ 及 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 再 配 布 販 売 禁 新 ガ 任 正 的... 週 ~ 回 更 新 文 章 量 私 友 ニ コ ニ コ 画 u p M M D 作 品 許 可 得 小 化 嬉 ( ネ タ バ 可 能 大 ) 次 7 世 門 立

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B8C8D8293638FAC8A778D5A8CF689808C7689E692F18CBE8F91>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B8C8D8293638FAC8A778D5A8CF689808C7689E692F18CBE8F91> 旧 高 田 小 学 校 跡 地 公 園 計 画 についての 提 言 書 平 成 26 年 3 月 27 日 旧 高 田 小 学 校 公 園 づくり 検 討 会 はじめに 豊 島 区 におかれましては 日 頃 から 雑 司 が 谷 南 池 袋 地 区 のまちづくりにご 理 解 とご 協 力 をい ただきありがとうございます ご 存 知 のように 当 地 区 は 東 京 の 防 災 都 市 づくり 推

More information

《放課後児童クラブとは》

《放課後児童クラブとは》 クレヨンしんちゃん 臼 井 儀 人 / 双 葉 社 シンエイ テレビ 朝 日 ADK 春 日 部 市 役 所 保 育 課 保 育 担 当 344-8577 春 日 部 市 中 央 六 丁 目 2 番 地 736-1111 内 線 2597 2598 目 次 放 課 後 児 童 クラブとは 1 市 の 部 1 保 育 方 針 2 2 保 育 内 容 2 3 対 象 児 童 2 4 保 育 時 間 等

More information

平成17年第5回 吉川市教育委員会会議録

平成17年第5回 吉川市教育委員会会議録 副 本 平 成 28 年 第 7 回 吉 川 市 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 28 年 7 月 28 日 ( 木 ) 吉 川 市 教 委 告 示 第 7 号 平 成 28 年 第 7 回 吉 川 市 教 育 委 員 会 会 議 を 次 のとおり 招 集 する 平 成 28 年 7 月 25 日 吉 川 市 教 育 委 員 会 教 育 長 染 谷 行 宏 1 日 時 平 成 28 年 7

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

実 施 内 容 中 学 生 へのお 返 し 2/26( 木 ) 郡 山 市 立 明 健 中 学 校 : メッセージ 色 紙 とサイネリアのプランターの 贈 呈 明 健 中 学 校 では 郡 山 地 区 建 設 業 協 同 組 合 から 除 染 作 業 員 の 二 瓶 重 信 さん 関 雅 人 さん

実 施 内 容 中 学 生 へのお 返 し 2/26( 木 ) 郡 山 市 立 明 健 中 学 校 : メッセージ 色 紙 とサイネリアのプランターの 贈 呈 明 健 中 学 校 では 郡 山 地 区 建 設 業 協 同 組 合 から 除 染 作 業 員 の 二 瓶 重 信 さん 関 雅 人 さん 2015 年 3 月 5 日 ONEふくしま サンクスヘルメット 除 染 作 業 員 からの お 返 し を 後 押 し ONEふくしま 事 務 局 ~ 郡 山 市 立 明 健 中 学 校 薫 小 学 校 橘 小 学 校 にて 除 染 作 業 員 から 心 のこもった お 返 し ~ 福 島 の 再 生 を 目 指 す ONEふくしま では 昨 年 10 月 に 開 催 した サンクスヘルメット 贈

More information

H26 公表原案.xls

H26 公表原案.xls 水 戸 市 公 告 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 7 年 水 戸 市 条 例 第 3 号 ) 第 6 条 の 規 定 に 基 づき, 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について, 次 のとおり 公 表 する 平 成 6 年 9 月 8 日 水 戸 市 長 高 橋 靖 平 成 6 年 度 水 戸 市 事 行 政 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408F5A8B678E7396AF9561894096E291E882CC8CA989F02E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408F5A8B678E7396AF9561894096E291E882CC8CA989F02E646F63> ( 見 解 ) 住 吉 市 民 病 院 は あくまでも 現 地 で 建 て 替 えを 2012 年 7 月 12 日 大 阪 府 保 険 医 協 会 大 阪 市 の 橋 下 徹 市 長 は5 月 29 日 住 之 江 区 にある 住 吉 市 民 病 院 を 廃 止 し 住 吉 区 の 府 立 急 性 期 総 合 医 療 センターに 統 合 する 方 針 を 発 表 しました その 理 由 を 橋 下

More information

太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与

太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 平 成 27 年 度 太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 久 喜 市 立 太 田 小 学 校 太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響

More information

2.7~11 節 この 人 たちが 行 ってしまうと イエスは ヨハネについて 群 衆 に 話 しだされた あな たがたは 何 を 見 に 荒 野 に 出 て 行 ったのですか 風 に 揺 れる 葦 ですか でなかったら 何 を 見 に 行 ったのですか 柔 らかい 着 物 を 着 た 人 ですか

2.7~11 節 この 人 たちが 行 ってしまうと イエスは ヨハネについて 群 衆 に 話 しだされた あな たがたは 何 を 見 に 荒 野 に 出 て 行 ったのですか 風 に 揺 れる 葦 ですか でなかったら 何 を 見 に 行 ったのですか 柔 らかい 着 物 を 着 た 人 ですか 057 マタ 11:2~19 ルカ 7:18~35 1.はじめに (1) 文 脈 の 確 認 1イエスのメシア 性 を 示 す 2 つの 奇 跡 * 百 人 隊 長 のしもべの 癒 し( 55) *やもめの 息 子 の 蘇 生 ( 56) 2ヨハネの 弟 子 たちが 2 番 目 の 奇 跡 をヨハネに 知 らせた 3そこでヨハネは 弟 子 たちをイエスのもとに 派 遣 し 質 問 をした (2)A.T.ロバートソンの

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

平成26年試験問題AP-4.indd

平成26年試験問題AP-4.indd a 0 7 0 4 0 0 0 0 a 平 成 26 年 保 育 士 試 験 問 題 児 童 家 庭 福 祉 ( 選 択 式 20 問 ) 指 示 があるまで 開 かないこと 解 答 用 紙 記 入 上 の 注 意 事 項 1 解 答 用 紙 と 受 験 票 の 受 験 番 号 が 同 じであるか カナ 氏 名 科 目 名 を 確 認 し 誤 り がある 場 合 は 手 を 挙 げて 監 督 員 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798376838C8358838A838A815B8358817A818354834183938350815B836792B282D7818481778EB5975B82C98AD682B782E9834183938350815B836792B28DB8323031338178>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798376838C8358838A838A815B8358817A818354834183938350815B836792B282D7818481778EB5975B82C98AD682B782E9834183938350815B836792B28DB8323031338178> NEWS RELEASE 報 道 関 係 各 位 2013 年 7 月 1 日 カルチュア コンビニエンス クラブ 株 式 会 社 T 会 員 に 聞 いてみました! 七 夕 に 関 するアンケート 調 査 2013 織 姫 をイメージする 女 優 1 位 は 綾 瀬 はるか 彦 星 をイメージする 俳 優 1 位 は 向 井 理 ~ 今 年 の 七 夕 お 願 いごとランキング

More information

会議録

会議録 会 議 録 ( 要 旨 ) 会 議 名 平 成 25 年 度 第 4 回 武 蔵 村 山 市 行 政 評 価 委 員 会 開 催 日 時 平 成 26 年 2 月 4 日 ( 火 ) 午 前 9 時 57 分 から 午 前 11 時 47 分 まで 開 催 場 所 市 役 所 301 会 議 室 出 席 者 及 び 欠 席 者 出 席 者 : 坂 野 委 員 ( 委 員 長 ) 榎 本 委 員 (

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 新 レ フ ガ 鎮 府 着 任 正 体 一 体 目 的... 週 1 ~ 回 更 新 1 文 章 量 少 私 友 ニ コ ニ コ 動 画 u p M

More information

平成22年度

平成22年度 平 成 28 年 度 保 育 園 入 園 案 内 < 目 次 > 1 保 育 園 とは... 1 2 平 成 28 年 4 月 の 入 園 申 込 みについて... 2 3 年 度 途 中 の 入 園 申 込 みについて... 3 4 申 込 書 類 記 入 上 の 注 意... 3 5 入 園 決 定 について... 3 6 延 長 保 育 について... 4 7 休 日 保 育 について...

More information

招 即 ぞ 慎 採 致 閉 舎 Ⅱ 撤 ハ フ ポ ツ 球 コ ボ 修 休 休 暇 週 老 福 祉 福 祉 福 祉 造 舘 笹 渡 造 舘 笹 渡 造 家 倉 玉 川 家 倉 玉 川 曜 火 火 招 即 休 木 土 休 休 火 休 休 木 最 終 採 程 音 林 両 ~ 字 界 字 清 土 良 字

招 即 ぞ 慎 採 致 閉 舎 Ⅱ 撤 ハ フ ポ ツ 球 コ ボ 修 休 休 暇 週 老 福 祉 福 祉 福 祉 造 舘 笹 渡 造 舘 笹 渡 造 家 倉 玉 川 家 倉 玉 川 曜 火 火 招 即 休 木 土 休 休 火 休 休 木 最 終 採 程 音 林 両 ~ 字 界 字 清 土 良 字 祝 登 壇 致 刊 英 語! サマウ 習 教 英 語 教 科 講 師 個 徒 写 真 央 ウ 習 招 即 ぞ 慎 採 致 閉 舎 Ⅱ 撤 ハ フ ポ ツ 球 コ ボ 修 休 休 暇 週 老 福 祉 福 祉 福 祉 造 舘 笹 渡 造 舘 笹 渡 造 家 倉 玉 川 家 倉 玉 川 曜 火 火 招 即 休 木 土 休 休 火 休 休 木 最 終 採 程 音 林 両 ~ 字 界 字 清 土 良 字 界

More information

Taro kyogikaigijiroku

Taro kyogikaigijiroku 石 巻 警 察 署 協 議 会 議 事 録 要 旨 協 議 会 名 開 催 日 時 開 催 場 所 宮 城 県 石 巻 警 察 署 協 議 会 平 成 26 年 12 月 19 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 から 午 後 3 時 30 分 まで 宮 城 県 石 巻 警 察 署 会 議 室 出 席 者 等 1 協 議 会 以 下 7 名 2 警 察 署 側 署 以 下 12 名 議 事 概

More information

んが やはり 今 も 不 安 なのは 私 の 父 の 実 家 である 宮 城 県 石 巻 市 の 状 況 です 昨 日 も 朝 祷 会 が 終 わってから 色 々なメディアを 通 して 流 れてくる 地 震 や 津 波 の 被 害 状 況 を 確 認 したの ですが 石 巻 の 映 像 はちらっと

んが やはり 今 も 不 安 なのは 私 の 父 の 実 家 である 宮 城 県 石 巻 市 の 状 況 です 昨 日 も 朝 祷 会 が 終 わってから 色 々なメディアを 通 して 流 れてくる 地 震 や 津 波 の 被 害 状 況 を 確 認 したの ですが 石 巻 の 映 像 はちらっと 2011 年 3 月 13 日 日 本 基 督 教 団 春 採 教 会 主 日 礼 拝 説 教 説 教 者 : 田 村 毅 朗 聖 書 箇 所 : 使 徒 言 行 録 第 14 章 8 節?20 節 説 教 題 : 生 ける 神 に 立 ち 帰 るように 讃 美 歌 :545 8 213 239 205 540 先 週 の 金 曜 日 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 頃 皆 さんは 何

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464> 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 3 月 19 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 14 号 改 正 平 成 21 年 2 月 27 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 8 号 改 正 平 成 21 年 7 月 9 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 2

More information

[ 今 後 の 予 定 ] - 夏 休 みに 新 高 校 1 年 生 になった 歌 津 中 学 校 出 身 の 生 徒 の 卒 業 式 を 行 う ( 夏 休 みの 期 間 については 未 定 ) [その 他 ] - 現 在 物 資 は 十 分 足 りているが 今 後 減 ってくる 可 能 性 があ

[ 今 後 の 予 定 ] - 夏 休 みに 新 高 校 1 年 生 になった 歌 津 中 学 校 出 身 の 生 徒 の 卒 業 式 を 行 う ( 夏 休 みの 期 間 については 未 定 ) [その 他 ] - 現 在 物 資 は 十 分 足 りているが 今 後 減 ってくる 可 能 性 があ Heart on Coin 絆 プロジェクト ~はじめに~ この 度 5 月 6 日 から 5 月 12 日 に 渡 り 西 宮 教 育 委 員 会 職 員 の 方 々に 加 え 大 阪 大 学 同 大 学 院 の 学 生 6 名 と 共 に Heart on Coin 絆 プロジェクトのメンバーである 関 西 学 院 大 学 生 4 名 が 宮 城 県 南 三 陸 町 の 歌 津 中 学 校 に

More information

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連 2 0 1 1 年 4 月 2 0 日 全 建 総 連 支 援 対 策 本 部 ニュース(No.33 全 建 総 連 東 日 本 大 震 災 支 援 対 策 本 部 全 建 総 連 では 4 月 14 日 原 発 事 故 に 起 因 する 様 々な 被 害 を 受 けた 地 域 の 産 業 及 び 住 民 に 対 して 充 分 な 補 償 を 行 うこと 等 を 主 旨 とした 要 請 を 東 京

More information

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc)

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc) 一 時 特 定 保 育 の 役 割 とその 課 題 児 童 学 研 究 科 児 童 学 専 攻 06-0632 0632 石 川 三 千 代 1. 研 究 の 動 機 と 目 的 少 子 化 は 1990( 平 成 2) 年 の 1.57 ショックから 大 きな 社 会 問 題 として 取 り 上 げられる ようになった 国 はエンゼルプラン 1994( 平 成 6) 年 新 エンゼルプラン 1999(

More information

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx 意 見 書 案 第 7 号 最 低 賃 金 の 改 定 等 に 関 する 意 見 書 日 本 経 済 の 先 行 きについては 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 が 続 く 中 で 緩 やかな 回 復 に 向 かう ことが 期 待 される 一 方 昨 年 11 月 に 国 が 発 表 した 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けて 緊 急 に 実 施 すべき 対 策 では 最 低 賃

More information

際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄 積 a 弓 限 更 日 常 横 領 侵 害 制 圧 穏 当 搾 P S 8 3 増 求 傾 衝 呼 保 放 増 闘 争 繰 広 げ 場 p o 乙 節 利

際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄 積 a 弓 限 更 日 常 横 領 侵 害 制 圧 穏 当 搾 P S 8 3 増 求 傾 衝 呼 保 放 増 闘 争 繰 広 げ 場 p o 乙 節 利 公 募 期 序 ー ー 期 視 家 肯 課 中 期 観 際 弘 子 島 ぬ 深 居 達 常 場 興 深 眼 差 極 再 条 件 ん 認 根 p 骨 m m m 仏 新 含 容 易 良 小 尽 士 作 宅 巳 ヨ 庁 2 8 毛 包 括 σ 命 a A 山 門 際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄

More information

箕 面 市 廃 棄 物 の 発 生 抑 制 資 源 化 適 正 処 理 等 に 関 する 条 例 の 一 部 改 正 ( 素 案 ) に 対 する 意 見 募 集 (パブリックコメント)の 実 施 結 果 番 号 ご 意 見 等 ご 意 見 に 対 する 市 の 考 え 方 1 賛 成 持 ち 去

箕 面 市 廃 棄 物 の 発 生 抑 制 資 源 化 適 正 処 理 等 に 関 する 条 例 の 一 部 改 正 ( 素 案 ) に 対 する 意 見 募 集 (パブリックコメント)の 実 施 結 果 番 号 ご 意 見 等 ご 意 見 に 対 する 市 の 考 え 方 1 賛 成 持 ち 去 みどりと 子 どもを 育 むまち 箕 面 市 平 成 22 年 11 月 9 日 環 境 整 備 課 空 き 缶 等 の 持 ち 去 り 禁 止 にかかる 条 例 改 正 (1) 検 討 の 経 過 について 8 月 16 日 罰 則 付 きでの 資 源 物 の 無 断 持 ち 去 り 禁 止 の 条 例 化 に 向 け 検 察 庁 と 協 議 を 開 始 9 月 24 日 パブリックコメント 実

More information

例 会 報 告 VOL.51 No.34(No.2396) 4 月 23 日 ( 水 ) 晴 れ( 司 会 鈴 木 勝 久 委 員 長 ) 本 例 会 での 主 な 事 項 会 長 挨 拶 外 部 卓 話 ボランティア 団 体 水 海 道 手 の 会 パネルシアターハミング こだま ビ ジ タ ー

例 会 報 告 VOL.51 No.34(No.2396) 4 月 23 日 ( 水 ) 晴 れ( 司 会 鈴 木 勝 久 委 員 長 ) 本 例 会 での 主 な 事 項 会 長 挨 拶 外 部 卓 話 ボランティア 団 体 水 海 道 手 の 会 パネルシアターハミング こだま ビ ジ タ ー RI2820 地 区 2013-2014 年 度 RI 会 長 次 回 例 会 予 定 5 月 14 日 外 部 卓 話 ロン D. バートン 5 月 21 日 外 部 卓 話 VOL.51 No.35( 通 算 No.2397) 2014 年 5 月 7 日 ( 水 ) 例 会 プログラム 点 鐘 君 が 代 ロータリーソング ビジター 紹 介 出 席 報 告 S A A 報 告 諸 報 告 幹

More information

(1) 処 女 降 誕 (2)イエスの 歴 史 性 (3) 福 音 の 3 要 素 (4)イエスの 死 後 の 状 態 (5) 昇 天 (6) 再 臨 * 今 回 は (4)イエスの 死 後 の 状 態 を 取 り 上 げる * 死 んでから 復 活 までの 3 日 間 をどのように 過 ごされたの

(1) 処 女 降 誕 (2)イエスの 歴 史 性 (3) 福 音 の 3 要 素 (4)イエスの 死 後 の 状 態 (5) 昇 天 (6) 再 臨 * 今 回 は (4)イエスの 死 後 の 状 態 を 取 り 上 げる * 死 んでから 復 活 までの 3 日 間 をどのように 過 ごされたの キリストの 使 徒 たちが 伝 えたこと(8) 使 徒 信 条 とは 子 なる 神 (4) 使 徒 信 条 我 は 天 地 の 造 り 主 全 能 の 父 なる 神 を 信 ず 我 はその 独 り 子 我 らの 主 イエス キリストを 信 ず 主 は 聖 霊 によりてやどり 処 女 マリヤより 生 れ ポンテオ ピラトのもとに 苦 しみを 受 け 十 字 架 につけられ 死 にて 葬 られ 陰 府

More information

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震 No.168 / / 石 英 雄 栃 荒 2055 番 0285833477 編 集 / 江 光 夫 住 資 源 集 存 新 価 値 造 拠 点 置 徴 ブ 図 ミ ュ 博 物 ブ ズ 3 複 可 相 互 流 愛 称 募 結 果 配 慮 循 型 信 識 恵 循 込 恵 づ 恵 168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港

More information

お 亡 くなりになられたら 病 院 の 場 合 は 親 戚 等 に 連 絡 を 入 れます 寝 台 車 の 手 配 JAに 連 絡 を 入 れます 0892-21-2509(24 時 間 受 付 ) 病 院 にて 死 亡 診 断 書 を 受 け 取 ります 主 治 医 や 看 護 師 に 挨 拶 し

お 亡 くなりになられたら 病 院 の 場 合 は 親 戚 等 に 連 絡 を 入 れます 寝 台 車 の 手 配 JAに 連 絡 を 入 れます 0892-21-2509(24 時 間 受 付 ) 病 院 にて 死 亡 診 断 書 を 受 け 取 ります 主 治 医 や 看 護 師 に 挨 拶 し お 亡 くなりになられたら 病 院 の 場 合 は 親 戚 等 に 連 絡 を 入 れます 寝 台 車 の 手 配 JAに 連 絡 を 入 れます 0892-21-2509(24 時 間 受 付 ) 病 院 にて 死 亡 診 断 書 を 受 け 取 ります 主 治 医 や 看 護 師 に 挨 拶 し 病 院 を 出 発 いたします 自 宅 の 場 合 は 医 師 に 連 絡 し 死 亡 の 確 認

More information

別紙1 セクシュアル・ハラスメントの具体的例示

別紙1 セクシュアル・ハラスメントの具体的例示 静 岡 県 立 大 学 ハラスメントの 防 止 及 び 対 策 に 関 するガイドライン 第 1 目 的 このガイドラインは 静 岡 県 公 立 大 学 法 人 ハラスメントの 防 止 等 に 関 する 規 程 第 7 条 に 基 づき 静 岡 県 立 大 学 ( 短 期 大 学 部 及 び 法 人 本 部 を 含 む 以 下 本 学 という )におけるハ ラスメントを 防 止 し 健 全 で 快

More information

熊 本 市 国 際 交 流 会 館 へと 案 内 してくれた 全 ては 金 聖 孝 牧 師 と 同 行 していた 鄭 守 煥 (チョン スフ ァン) 牧 師 ( 在 日 大 韓 基 督 教 会 社 会 委 員 会 委 員 長 )と 金 成 元 (キム ソンウォン)さん( 社 会 委 員 会 会 計

熊 本 市 国 際 交 流 会 館 へと 案 内 してくれた 全 ては 金 聖 孝 牧 師 と 同 行 していた 鄭 守 煥 (チョン スフ ァン) 牧 師 ( 在 日 大 韓 基 督 教 会 社 会 委 員 会 委 員 長 )と 金 成 元 (キム ソンウォン)さん( 社 会 委 員 会 会 計 震 災 内 外 災 害 対 策 ニュース 発 行 : 日 本 キリスト 教 会 人 権 委 員 会 発 行 日 :2016 年 5 月 8 日 熊 本 地 震 被 災 地 訪 問 報 告 はじめに 4 月 14 日 ( 木 )と16 日 ( 土 )の 熊 本 地 震 災 害 の 知 らせを 受 け 大 会 人 権 委 員 会 は 九 州 中 会 や 大 会 常 置 委 員 会 と 連 絡 を 取 り

More information

水 野 総 務 部 長 には これから 市 長 選 参 院 選 などで 選 挙 長 職 務 代 理 者 開 票 管 理 者 職 務 代 理 者 を 務 めていただくことになりますが これまでの 多 く 職 場 で 培 った 経 験 を 活 かし 選 挙 事 務 でもご 活 躍 いた だきますよう お

水 野 総 務 部 長 には これから 市 長 選 参 院 選 などで 選 挙 長 職 務 代 理 者 開 票 管 理 者 職 務 代 理 者 を 務 めていただくことになりますが これまでの 多 く 職 場 で 培 った 経 験 を 活 かし 選 挙 事 務 でもご 活 躍 いた だきますよう お 定 例 選 挙 管 理 委 員 会 議 事 録 下 記 のとおり 選 挙 管 理 委 員 会 を 開 催 したので 議 事 の 要 旨 について 記 録 する 1. 日 時 平 成 25 年 4 月 8 日 ( 月 ) 午 後 4 時 55 分 ~ 午 後 5 時 35 分 2. 出 席 者 ( ) 服 部 裕 子 ( 委 員 ) 尾 前 宣 男 村 山 義 信 前 田 早 苗 ( ) 山 本 書

More information

○大津の事案に学ぶこと

○大津の事案に学ぶこと 協 議 事 項 1 平 成 24 年 7 月 24 日 教 育 総 務 課 小 中 学 校 課 特 別 支 援 教 育 課 高 等 学 校 課 いじめ 問 題 への 対 応 について 資 料 1 大 津 市 の 事 案 から 学 ぶべきもの 資 料 2 福 岡 県 いじめ 問 題 総 合 対 策 ( 抜 粋 ) 資 料 3 定 例 記 者 会 見 における 大 津 市 のいじめ 自 殺 問 題 に

More information

光 の 子 らしく 歩 く 子 どもとして 光 の 子 らしく 歩 きなさい 光 はあらゆる 善 意 と 正 義 と 真 実 との 実 を 結 ばせるものである 主 に 喜 ばれるものがなんであるかをわきまえ 知 りなさい 実 を 結 ばないやみのわ ざに 加 わらないで むしろそれを 指 摘 して

光 の 子 らしく 歩 く 子 どもとして 光 の 子 らしく 歩 きなさい 光 はあらゆる 善 意 と 正 義 と 真 実 との 実 を 結 ばせるものである 主 に 喜 ばれるものがなんであるかをわきまえ 知 りなさい 実 を 結 ばないやみのわ ざに 加 わらないで むしろそれを 指 摘 して 学 校 法 人 篠 田 学 園 慶 光 幼 稚 園 入 園 案 内 光 の 子 らしく 歩 く 子 どもとして 光 の 子 らしく 歩 きなさい 光 はあらゆる 善 意 と 正 義 と 真 実 との 実 を 結 ばせるものである 主 に 喜 ばれるものがなんであるかをわきまえ 知 りなさい 実 を 結 ばないやみのわ ざに 加 わらないで むしろそれを 指 摘 してやりなさい 彼 らが 隠 れて 行

More information

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特 長 野 市 公 立 保 育 所 の 適 正 規 模 及 び 民 営 化 等 基 本 計 画 ( 素 案 ) 平 成 24 年 9 月 長 野 市 目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題

More information

Microsoft Word - 27入園案内.docx

Microsoft Word - 27入園案内.docx 平 成 27 年 度 (2015 年 度 版 ) 認 定 こども 園 神 立 幼 稚 園 入 園 案 内 315-0054 茨 城 県 かすみがうら 市 稲 吉 二 丁 目 18 番 8 号 TEL 029-831-0328 FAX 029-831-6563 ホームページ http//www.kandatsu.ac.jp メール info@kandatsu.ac.jp 入 園 のご 案 内 お 子

More information

2 119 号 24 7 15 又 計 有 通 通 常 ぱ 使 用 車 対 車 得 税 車 税 減 免 設 減 免 対 象 範 囲 直 24 4 1 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 新 対 象 新 減 免 対 象 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 帳 下 肢 又 移 機

2 119 号 24 7 15 又 計 有 通 通 常 ぱ 使 用 車 対 車 得 税 車 税 減 免 設 減 免 対 象 範 囲 直 24 4 1 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 新 対 象 新 減 免 対 象 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 帳 下 肢 又 移 機 告 収 算 評 理 致 承 認 施 域 緊 密 携 係 機 得 着 執 努 初 針 効 果 げ 基 基 差 別 禁 止 仮 称 ざ 向 態 求 反 映 べ 携 革 望 受 託 精 代 表 資 拡 充 展 浜 崎 情 交 換 売 店 財 貴 重 財 源 確 保 引 続 効 率 発 財 人 戸 井 田 愛 2210844 浜 区 沢 渡 42 電 話 0453118736 FAX 0453166860

More information

1

1 1 2 3 4 2 0 0 6 O c t o b e r 18101 1 2 3 4 4 5 5 6 7 1 1 0 0 0 年 の 時 を 超 え て 藤 原 道 長 か ら の メ ッ セ ー ジ 66 代 天 皇 一 条 (32) 67 代 天 皇 三 条 (42)= 研 子 (34) 風 疹 ( 脳 卒 中 ) 68 代 天 皇 一 条 (29) 69 代 天 皇 禎 子 朱 雀 (37)

More information

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

用 途 の 制 限 について 前 回 からの 修 正 につい て 高 さ 制 限 について 準 工 業 地 域 を 地 区 計 画 で 第 一 種 住 居 地 域 なみに 制 限 する というのはどういうこ とか 今 回 は 地 区 計 画 の 修 正 案 ということだ が 前 回 から 何 が 修

用 途 の 制 限 について 前 回 からの 修 正 につい て 高 さ 制 限 について 準 工 業 地 域 を 地 区 計 画 で 第 一 種 住 居 地 域 なみに 制 限 する というのはどういうこ とか 今 回 は 地 区 計 画 の 修 正 案 ということだ が 前 回 から 何 が 修 新 曽 中 央 中 東 地 区 地 区 計 画 等 の 原 案 に 関 する 説 明 会 及 び 意 見 受 付 における 質 疑 応 答 の 概 要 説 明 会 開 催 状 況 第 1 回 平 成 26 年 7 月 18 日 ( 金 ) 午 後 7 時 ~ 沖 内 会 館 出 席 者 57 名 第 2 回 平 成 26 年 7 月 19 日 ( 土 ) 午 前 1 0 時 ~ 新 田 会 館 出

More information

3月31日をもちまして無事定年退職となりました

3月31日をもちまして無事定年退職となりました 4 月 16 日 ( 金 ) 離 任 式 退 職 異 動 された 先 生 主 事 さん 方 か らメッセージをいただきました 3 月 31 日 をもちまして 無 事 定 年 退 職 とな りました 25 日 最 後 の 授 業 には お 母 様 方 が かけつけてくださり 子 どもたちと 共 に 涙 ぐんでいただいたことを 有 難 く 終 生 忘 れません 皆 様 方 からもらった 花 束 が 枯

More information

避 難 生 活 の 現 実 被 災 者 が 置 かれがちな 状 況 ( 誰 でも どの 立 場 になるかはわからない ) 災 害 発 生 自 宅 を 失 う 自 宅 が 残 る 自 宅 は 当 分 住 めない 自 宅 だと 恐 い 情 報 が 欲 しい 直 後 ~ 2 3 日 指 定 避 難 所 へ

避 難 生 活 の 現 実 被 災 者 が 置 かれがちな 状 況 ( 誰 でも どの 立 場 になるかはわからない ) 災 害 発 生 自 宅 を 失 う 自 宅 が 残 る 自 宅 は 当 分 住 めない 自 宅 だと 恐 い 情 報 が 欲 しい 直 後 ~ 2 3 日 指 定 避 難 所 へ 資 料 1-1 災 害 時 に 女 性 ( 男 性 )が 直 面 する 困 難 と 男 女 共 同 参 画 による 対 策 報 告 者 浅 野 幸 子 早 稲 田 大 学 地 域 社 会 と 危 機 管 理 研 究 所 客 員 研 究 員 東 京 女 学 館 大 学 非 常 勤 講 師 別 添 資 料 1-2 いくつかの 自 治 体 の 計 画 ガイドラインの 紹 介 資 料 1-3 現 場 に 学

More information

千葉市認可保育所

千葉市認可保育所 認 可 保 育 所 整 備 手 引 き 平 成 28 年 1 月 千 葉 市 こども 未 来 局 こども 未 来 部 保 育 支 援 課 目 次 はじめに... 2 1 施 設 概 要 について... 2 (1) 保 育 所 とは... 2 2 認 可 保 育 所 整 備 について... 4 (1) 募 集 形 態 について... 4 (2) 募 集 地 域... 4 (3) 運 営 主 体...

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

0 平 The Keishin Times Vol. 0 喪 失 以 嬉 道 邁 羽 御 終 充 糧 道 躍 顔 乗 常 確 信 7 歩 識 特 色 甲 斐 誇 訓 基 終 園 創 求 尽 謙 吾 ふ 健 康 挨 拶 努 葉 贈 益 祈 念 汗 水 流 懸 命 協 作 苦 貴 重 希 望 歩 底 胸

0 平 The Keishin Times Vol. 0 喪 失 以 嬉 道 邁 羽 御 終 充 糧 道 躍 顔 乗 常 確 信 7 歩 識 特 色 甲 斐 誇 訓 基 終 園 創 求 尽 謙 吾 ふ 健 康 挨 拶 努 葉 贈 益 祈 念 汗 水 流 懸 命 協 作 苦 貴 重 希 望 歩 底 胸 0 0 平 7-00 県 宇 市 西 琴 芝 丁 -8 ks@keishin-ug.com 08-- 08--78 VOL. TOPICS 0 0 0 0 0 祝 託 ペ!? 8 BAS K T E A B LL CHAMPION a sics 古 紙 べ パ 九 世 紀 末 量 八 〇 〇 手 紙 次 節 息 リ シ 祝 宴 招 リ シ 帝 父 ホ オ 息 門 祝 招 古 父 現 門 誼 衝 突

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

r0036.PAG (更新)

r0036.PAG (更新) 号 円 職 委会 URL http:// www.rise-rou-hei.info/wp/ - 京都港区新橋2 8 16 mail:rou_hei_rise@yahoo.co.jp -- 石田ビ4 会費 円 会期購読料 円 服 含雪洗流従 散 G 芝 社 相 昨 整 備 骨 膜 白 妊 娠 幼 児 遺 伝 診 闇 閉 勝 倍 権 統 処 投 万 群 港 ォ 州 デ ゴ 隻 車 両 百 台 投 震

More information

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増 資 料 5 債 権 回 収 室 引 継 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 平 成 26 年 度 に 債 権 回 収 室 が 取 りまとめた 引 継 ぎ 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する 平 成 27 年 11 月 末 現 在 の は 次 のとおりです なお 課 題 については 今 後 も 引 き 続 き 債 権 所 管

More information