内 容 はじめに... 1 第 1 章 名 古 屋 競 馬 の 概 況 名 古 屋 競 馬 の 沿 革... 2 (1) 歴 史... 2 (2) 愛 知 県 競 馬 組 合 の 施 設... 2 (3) 愛 知 県 競 馬 組 合 及 び 競 馬 関 係 者 の 状 況

Size: px
Start display at page:

Download "内 容 はじめに... 1 第 1 章 名 古 屋 競 馬 の 概 況... 2 1 名 古 屋 競 馬 の 沿 革... 2 (1) 歴 史... 2 (2) 愛 知 県 競 馬 組 合 の 施 設... 2 (3) 愛 知 県 競 馬 組 合 及 び 競 馬 関 係 者 の 状 況... 3 2"

Transcription

1 ( 案 ) 名 古 屋 競 馬 の 経 営 改 革 に 関 する 検 討 結 果 報 告 書 平 成 25 年 月 名 古 屋 競 馬 経 営 改 革 委 員 会 ( 注 ) 24 年 度 決 算 額 は 未 確 定 のため 仮 置 きで 23 年 度 の 数 字 となっている 箇 所 が 一 部 ある

2 内 容 はじめに... 1 第 1 章 名 古 屋 競 馬 の 概 況 名 古 屋 競 馬 の 沿 革... 2 (1) 歴 史... 2 (2) 愛 知 県 競 馬 組 合 の 施 設... 2 (3) 愛 知 県 競 馬 組 合 及 び 競 馬 関 係 者 の 状 況 名 古 屋 競 馬 の 開 催 状 況 名 古 屋 競 馬 が 果 たしてきた 役 割... 5 (1) 地 方 財 政 への 寄 与... 5 (2) 畜 産 振 興 への 寄 与... 5 (3) 健 全 なレジャーの 提 供... 5 (4) 就 業 機 会 の 提 供 など 地 域 経 済 への 貢 献... 6 第 2 章 名 古 屋 競 馬 の 現 状 と 課 題 愛 知 県 競 馬 組 合 の 経 営 状 況 これまでの 取 組 ( 平 成 17 年 度 以 降 )... 8 (1) 売 上 振 興... 8 (2) 経 費 削 減... 9 (3) 制 度 見 直 し 直 面 する 課 題 (1) 収 支 の 悪 化 (2) 建 物 設 備 の 老 朽 化 (3) 払 戻 率 の 自 由 化 (4) 専 門 家 の 退 職 と 確 保 収 支 見 通 し (1) 経 営 シミュレーション 結 果 (2) 廃 止 した 場 合 に 必 要 となる 費 用 の 推 計 第 3 章 名 古 屋 競 馬 の 経 営 改 革 ( 今 後 の 展 開 方 向 ) 項 目 別 の 収 支 目 標 値 の 設 定 と 期 中 の 収 支 管 理 経 費 削 減 (1) 人 件 費 (2) 各 種 契 約 の 見 直 し (3) 補 助 金 の 見 直 し (4) 広 告 販 売 促 進 費... 21

3 (5) 賞 金 諸 手 当 適 切 な 開 催 日 数 の 設 定 収 入 増 の 取 組 (1) 本 場 顧 客 へのサービス 向 上 と 集 客 (2) インターネット 顧 客 へのサービス (3) 注 目 される 競 馬 場 魅 力 あるレース (4) 関 連 収 入 の 拡 大 地 域 貢 献 イメージアップ ガバナンスの 確 立 馬 関 係 者 と 経 営 情 報 の 共 有 施 設 整 備 と 資 金 調 達 第 4 章 競 馬 事 業 への 提 言 資 料 編... 29

4 はじめに 愛 知 県 内 における 公 営 競 馬 は 昭 和 23 年 以 来 多 くの 県 民 に 親 しまれ 収 益 をあげることにより 地 方 財 政 に 大 きく 貢 献 してきた しかし バブル 崩 壊 後 の 可 処 分 所 得 の 伸 び 悩 みや レジャーの 多 様 化 等 により 売 上 額 は 平 成 4 年 度 以 降 減 少 の 一 途 を 辿 り 単 年 度 収 支 も 赤 字 が 続 き 平 成 15 年 度 末 には 累 積 赤 字 額 が 約 37 億 円 にまで 膨 らんだ このような 事 態 に 対 して 平 成 16 年 度 愛 知 県 競 馬 組 合 の 構 成 団 体 である 愛 知 県 名 古 屋 市 及 び 豊 明 市 が 一 体 となって 名 古 屋 競 馬 のあり 方 懇 談 会 を 設 置 し 同 懇 談 会 が 名 古 屋 競 馬 の 今 後 のあり 方 に 関 する 提 言 を 行 った 提 言 では もはや 経 営 再 建 は 困 難 であり 廃 止 を 決 断 すべきである とい う 意 見 と 経 営 改 善 の 可 能 性 があるならば 存 続 の 途 を 探 るべきとして 期 限 を 設 けて 再 建 のために 最 大 限 努 力 し 再 建 が 困 難 となれば 速 やかに 廃 止 を 決 断 する という 二 つの 意 見 が 併 記 された この 提 言 を 受 け 構 成 団 体 では 平 成 17 年 度 から 19 年 度 までの3 年 間 の 経 営 状 況 をもって 存 廃 の 検 討 を 行 う こととし その 結 果 単 年 度 収 支 が 黒 字 化 し その 後 も 黒 字 が 見 込 まれたことなどから 構 成 団 体 は 平 成 19 年 11 月 に 継 続 を 決 定 した しかし その 後 リーマンショックによる 経 済 の 低 迷 の 影 響 等 により 平 成 22 年 度 決 算 では 2 億 8 千 万 円 余 の 赤 字 ( 基 金 取 り 崩 しによる 補 てん 前 の 実 質 収 支 は 3 億 5 千 万 円 の 赤 字 )となったため 平 成 24 年 度 に 名 古 屋 競 馬 経 営 改 革 委 員 会 が 組 織 された 当 委 員 会 の 役 割 は 名 古 屋 競 馬 の 経 営 改 革 について 幅 広 く 検 討 し 愛 知 県 競 馬 組 合 の 構 成 団 体 に 経 営 改 革 等 の 方 策 を 提 言 することである 平 成 24 年 4 月 に 第 1 回 を 開 催 して 以 来 7 回 の 会 議 と 回 の 作 業 部 会 を 開 催 し 過 去 の 提 言 内 容 への 対 応 状 況 に 始 まり その 後 の 情 勢 の 変 化 や 競 馬 組 合 の 経 営 改 善 への 取 組 などを 幅 広 く 調 査 分 析 するとともに 名 古 屋 競 馬 場 及 び 弥 富 トレーニン グセンターの 現 地 調 査 競 馬 関 係 者 との 意 見 交 換 なども 行 い 公 益 財 団 法 人 あ いち 産 業 振 興 機 構 による 競 馬 組 合 の 経 営 診 断 結 果 も 踏 まえながら 議 論 を 重 ね さまざまな 角 度 から 検 討 を 行 ってきた 以 下 は その 検 討 の 結 果 を 取 りまとめたものである - 1 -

5 第 1 章 名 古 屋 競 馬 の 概 況 1 名 古 屋 競 馬 の 沿 革 (1) 歴 史 昭 和 23 年 県 営 競 馬 名 古 屋 市 営 競 馬 の 第 1 回 が 岡 崎 競 馬 場 で 開 催 された 当 時 名 古 屋 地 域 には 競 馬 場 がなかったため 名 古 屋 地 域 に 競 馬 場 を 設 置 する ことが 検 討 され 昭 和 24 年 4 月 愛 知 県 と 名 古 屋 市 が 名 古 屋 競 馬 場 管 理 組 合 を 設 立 し 同 組 合 が 現 在 の 名 古 屋 競 馬 場 所 在 地 である 名 古 屋 市 港 区 土 古 町 地 内 に 競 馬 場 を 建 設 した その 後 県 国 から 指 定 を 受 けた 市 町 村 が 主 催 者 となり 同 組 合 から 競 馬 場 施 設 を 賃 借 して 競 馬 を 開 催 してきた また 中 京 競 馬 場 にお いても 国 営 競 馬 ( 後 の 中 央 競 馬 )に 支 障 のない 範 囲 で 地 方 競 馬 の 開 催 が 行 わ れてきた 競 馬 場 周 辺 の 発 展 に 伴 い 環 境 衛 生 等 の 問 題 解 消 を 図 るため 名 古 屋 競 馬 場 管 理 組 合 が 昭 和 52 年 に 競 馬 場 から 南 西 へ 約 10km の 海 部 郡 弥 富 町 ( 現 在 の 弥 富 市 )に 弥 富 トレーニングセンターを 開 設 し 競 馬 場 周 辺 から 厩 舎 を 移 転 した 昭 和 61 年 4 月 競 馬 開 催 体 制 の 一 元 化 を 図 るため 施 設 管 理 者 である 名 古 屋 競 馬 場 管 理 組 合 と 施 行 者 ( 愛 知 県 名 古 屋 市 及 び 豊 明 市 )が 一 体 となった 組 織 機 構 のもとで 事 業 を 運 営 する 愛 知 県 競 馬 組 合 を 発 足 させ 現 在 に 至 ってい る なお 愛 知 県 競 馬 組 合 が 名 古 屋 競 馬 場 において 実 施 する 競 馬 を 名 古 屋 競 馬 という 昭 和 23 年 9 月 昭 和 24 年 4 月 昭 和 24 年 5 月 昭 和 52 年 3 月 昭 和 61 年 4 月 岡 崎 競 馬 場 で 県 営 第 1 回 競 馬 を 開 催 名 古 屋 競 馬 場 管 理 組 合 設 立 ( 愛 知 県 名 古 屋 市 による 一 部 事 務 組 合 ) 名 古 屋 競 馬 場 竣 工 弥 富 トレーニングセンター 開 所 名 古 屋 競 馬 場 管 理 組 合 を 改 組 し 愛 知 県 競 馬 組 合 設 立 ( 愛 知 県 名 古 屋 市 豊 明 市 による 一 部 事 務 組 合 ) (2) 愛 知 県 競 馬 組 合 の 施 設 名 古 屋 競 馬 場 所 在 地 名 古 屋 市 港 区 泰 明 町 1 丁 目 1 番 地 敷 地 面 積 206,528 m2 収 容 人 員 5,632 人 - 2 -

6 馬 場 一 周 1,100m 無 料 駐 車 場 951 台 弥 富 トレーニングセンター 所 在 地 弥 富 市 駒 野 町 1 番 地 敷 地 面 積 764,022 m2 厩 舎 馬 房 数 1,160 馬 房 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 の 在 籍 馬 509 頭 ) 専 用 場 外 発 売 所 中 京 競 馬 場 場 外 発 売 所 ( 賃 貸 ) 平 成 6 年 6 月 開 所 所 在 地 豊 明 市 間 米 町 敷 田 1225 弥 富 場 外 発 売 所 サンアール 弥 富 平 成 12 年 10 月 開 所 所 在 地 弥 富 市 駒 野 町 1 番 地 弥 富 トレーニングセンター 内 磯 部 場 外 発 売 所 サンアール 磯 部 (オーナー 方 式 ) 平 成 13 年 5 月 開 所 所 在 地 三 重 県 志 摩 市 磯 部 町 穴 川 511 番 地 の5 大 須 場 外 発 売 所 サンアール 大 須 ( 賃 貸 ) 平 成 19 年 12 月 開 所 所 在 地 名 古 屋 市 中 区 大 須 三 丁 目 (3) 愛 知 県 競 馬 組 合 及 び 競 馬 関 係 者 の 状 況 競 馬 開 催 に 携 わる 関 係 者 としては 愛 知 県 競 馬 組 合 職 員 76 名 のほかに 調 教 師 及 び 調 教 師 補 佐 39 名 騎 手 23 名 きゅう 務 員 86 名 馬 主 200 名 などと なっている 愛 知 県 競 馬 組 合 職 員 数 (H 現 在 ) ( 人 ) 正 規 職 員 再 任 用 臨 時 雇 用 嘱 託 員 固 有 県 派 遣 計 職 員 職 員 合 計 競 馬 関 係 者 数 (H 現 在 ) ( 人 ) 調 教 師 調 教 師 補 佐 騎 手 厩 務 員 馬 主

7 2 名 古 屋 競 馬 の 開 催 状 況 平 成 24 年 度 の 開 催 状 況 は 次 のとおりである 開 催 回 数 27 回 原 則 として 隔 週 で 笠 松 競 馬 と 交 互 に 開 催 開 催 日 数 122 日 / 年 間 日 程 月 ~ 金 の 平 日 ( 週 4~5 日 ) 入 場 者 数 996,728 人 売 上 額 15,131,836,500 円 過 去 の 開 催 状 況 は 次 のとおりである (2000 年 以 前 は 5 年 ごと) 愛 知 県 内 の 地 方 競 馬 における 開 催 回 数 年 度 別 成 績 一 般 会 計 繰 出 金 年 度 開 催 回 数 ( 回 ) 入 場 者 ( 千 人 ) 売 上 額 ( 百 万 円 ) 一 般 会 計 繰 出 金 ( 百 万 円 ) 1948( 昭 和 23) ( 昭 和 25) ( 昭 和 30) ( 昭 和 35) , ( 昭 和 40) 26 1,196 11,983 1, ( 昭 和 45) 21 2,057 28,512 3, ( 昭 和 50) 28 2,613 68,354 3, ( 昭 和 55) 28 1,938 66,209 3, ( 昭 和 60) 28 1,135 43, ( 平 成 2) 28 1,191 58, ( 平 成 7) 28 1,106 40, ( 平 成 12) 28 1,077 30, ( 平 成 13) 28 1,082 29, ( 平 成 14) 27 1,066 26, ( 平 成 15) , ( 平 成 16) , ( 平 成 17) , ( 平 成 18) , ( 平 成 19) , ( 平 成 20) 27 1,101 18, ( 平 成 21) 27 1,141 19, ( 平 成 22) 28 1,089 16, ( 平 成 23) 26 1,053 14, ( 平 成 24) ,132 0 入 場 者 累 計 75,789 千 人 ( 最 高 昭 和 49 年 度 2,924 千 人 ) 売 上 額 累 計 1,927,005 百 万 円 ( 最 高 昭 和 49 年 度 73,525 百 万 円 ) 一 般 会 計 繰 出 金 累 計 61,864 百 万 円 ( 最 高 昭 和 49 年 度 6,714 百 万 円 ) - 4 -

8 3 名 古 屋 競 馬 が 果 たしてきた 役 割 (1) 地 方 財 政 への 寄 与 競 馬 法 では 競 馬 の 収 益 をもって 畜 産 の 振 興 社 会 福 祉 の 増 進 医 療 の 普 及 教 育 文 化 の 発 展 スポーツの 振 興 及 び 災 害 の 復 旧 のための 施 策 を 行 うの に 必 要 な 経 費 の 財 源 に 充 てるよう 努 める と 規 定 ( 第 23 条 の9)されている 愛 知 県 における 地 方 競 馬 も 過 去 に 収 益 金 を 構 成 団 体 へ 繰 出 金 として 拠 出 することにより 地 方 財 政 へ 寄 与 してきた 県 内 地 方 競 馬 事 業 全 体 の 地 方 財 政 へ の 繰 出 金 は 昭 和 23 年 度 から 現 在 まで 累 計 で 約 618 億 円 にのぼり 昭 和 49 年 度 には 単 年 度 で 最 高 額 の 約 67 億 円 を 拠 出 した 累 計 約 618 億 円 のうち 愛 知 県 には 約 350 億 円 名 古 屋 市 へ 約 186 億 円 豊 明 市 へ 約 43 億 円 豊 橋 市 始 め 10 市 町 村 へ 約 39 億 円 が 配 分 され この 繰 出 金 は 畜 産 振 興 社 会 福 祉 及 び 教 育 文 化 の 発 展 等 に 活 用 されており 各 自 治 体 の 財 政 に 大 きく 貢 献 してきた 愛 知 県 への 繰 出 金 約 350 億 円 のうち 約 169 億 円 は 名 古 屋 市 豊 明 市 を 除 く 86 市 町 村 に 市 町 村 助 成 交 付 金 として 昭 和 44 年 度 から 56 年 度 までと 平 成 4 年 度 及 び 5 年 度 に 交 付 された また 売 得 金 ( 馬 券 の 売 上 額 から 返 還 金 を 引 いたもの)の 一 定 割 合 を 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 ( 旧 公 営 企 業 金 融 公 庫 )に 納 付 することとされており その 納 付 実 績 は 競 馬 組 合 が 発 足 した 昭 和 61 年 以 降 約 88 億 円 ( 単 年 度 収 支 が 赤 字 の 場 合 は 翌 年 度 に 還 付 される 還 付 実 績 約 37 億 円 )にのぼる この 納 付 金 は 地 方 公 共 団 体 に 係 る 地 方 債 の 利 子 軽 減 に 活 用 され 地 方 財 政 にも 間 接 的 に 寄 与 している (2) 畜 産 振 興 への 寄 与 売 得 金 の 一 部 を 地 方 競 馬 全 国 協 会 へ 交 付 金 を 交 付 することによって 畜 産 振 興 等 へ 寄 与 しており その 交 付 実 績 は 昭 和 61 年 度 以 降 約 73 億 円 にのぼる この 交 付 金 は 全 国 の 馬 の 改 良 増 殖 その 他 畜 産 振 興 事 業 に 活 用 されている 交 付 金 を 財 源 として 平 成 24 年 度 までに 愛 知 県 の 畜 産 振 興 のために 約 10 億 円 の 補 助 金 が 交 付 されている (3) 健 全 なレジャーの 提 供 名 古 屋 競 馬 場 は 所 在 地 の 地 域 名 を 冠 して 土 古 (どんこ) 競 馬 場 の 愛 称 でファンから 親 しまれている 平 成 24 年 度 の1 日 平 均 入 場 者 数 は 1,576 人 と なっており 地 域 に 根 づいたレジャー 提 供 の 場 となっている かつて 人 々の 生 活 と 関 わりの 深 かった 馬 の 姿 を 眼 前 にしながら 勝 ち 馬 の 推 理 を 楽 しんでもら - 5 -

9 うことによる 健 全 なレジャー 提 供 と 地 域 の 馬 事 文 化 を 継 承 する 側 面 も 併 せ 持 ってきたと 言 える また ホースセラピーのイベントの 実 施 や 競 馬 場 のコー スを 利 用 した 市 民 参 加 のマラソン 大 会 に 場 所 を 提 供 するなど 競 馬 場 をより 身 近 に 感 じてもらえるような 取 組 も 積 極 的 に 行 っている また 競 馬 場 会 館 の 体 育 館 は 地 元 住 民 に 無 料 で 開 放 している (4) 就 業 機 会 の 提 供 など 地 域 経 済 への 貢 献 競 馬 の 開 催 により 調 教 師 騎 手 厩 務 員 など 競 馬 関 係 者 に 対 して 直 接 的 な 就 業 機 会 を 提 供 し 雇 用 の 場 を 確 保 するとともに 競 馬 施 行 に 必 要 となる 警 備 業 務 清 掃 業 務 などを 通 じた 雇 用 や 競 馬 ファンを 対 象 とした 飲 食 業 や 運 輸 業 な ど 間 接 的 なものも 含 め 地 域 の 雇 用 や 経 済 に 長 年 にわたり 貢 献 してきている - 6 -

10 第 2 章 名 古 屋 競 馬 の 現 状 と 課 題 1 愛 知 県 競 馬 組 合 の 経 営 状 況 平 成 16 年 度 の 名 古 屋 競 馬 のあり 方 懇 談 会 の 提 言 を 受 けて 組 合 が 平 成 17 年 に 策 定 した 愛 知 県 競 馬 組 合 経 営 再 建 計 画 及 び 平 成 20 年 に 策 定 した 中 期 振 興 計 画 に 基 づき 積 極 的 な 振 興 策 に 取 り 組 んだ 結 果 景 気 の 持 ち 直 しの 影 響 もあり 平 成 17 年 度 から 平 成 20 年 度 までは 基 金 取 崩 し 前 の 実 質 収 支 にお いても 単 年 度 黒 字 を 確 保 し 累 積 赤 字 を 削 減 してきたことは 評 価 できる しか し 平 成 20 年 9 月 のリーマンショックによる 景 気 の 急 速 な 後 退 の 影 響 などによ り 平 成 21 年 度 以 降 は 再 び 収 支 が 悪 化 している 年 度 の 単 年 度 収 支 の 黒 字 は 基 金 を 取 り 崩 したことによるものであり 実 質 収 支 は 21 年 度 以 後 年 連 続 で 赤 字 であり 中 期 振 興 計 画 で 目 標 とした 単 年 度 黒 字 の 確 保 と 累 積 赤 字 の 削 減 は 達 成 できていない 平 成 16 年 度 以 後 の 経 営 状 況 単 位 百 万 円 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 馬 券 売 上 17,219 17,888 17,050 18,772 18,572 19,454 16,049 14,692 15,132 単 年 度 収 支 実 質 収 支 累 積 赤 字 4,005 3,959 3,927 3,863 3,698 3,695 3,978 3,976 基 金 残 高 実 質 収 支 に 基 金 取 り 崩 しによる 補 てんを 反 映 させた 後 の 収 支 なお JRAと 地 方 競 馬 の 連 携 により 平 成 24 年 10 月 からはJRAのイン ターネット 投 票 システムである IPAT を 利 用 した 名 古 屋 競 馬 の 馬 券 の 発 売 が 開 始 され 平 成 25 年 4 月 からは 名 古 屋 競 馬 においてJRAの 馬 券 の 受 託 発 売 が 始 まり 手 数 料 収 入 が 得 られることとなった ( 参 考 ) 他 の 地 方 競 馬 や 公 営 競 技 の 状 況 地 方 競 馬 では 平 成 23 年 度 に 荒 尾 競 馬 が 平 成 24 年 度 に 福 山 競 馬 が 廃 止 さ れ 現 在 では 14 の 主 催 者 が 15 か 所 で 競 馬 を 実 施 している 地 方 競 馬 全 体 の 売 得 金 額 は 平 成 3 年 度 の 約 9,800 億 円 をピークに 減 少 し 平 成 23 年 度 の 売 得 金 額 は 約 3,300 億 円 でピーク 時 の 34%まで 低 下 している 地 方 競 馬 の 主 たる 目 的 は 地 方 財 政 への 貢 献 であるが 平 成 23 年 度 に 構 成 団 体 - 7 -

11 への 繰 出 を 行 ったのは2 主 催 者 のみであり 多 くの 主 催 者 は 地 方 財 政 に 寄 与 で きていない 状 況 である また 日 本 中 央 競 馬 会 (JRA)の 売 得 金 額 は 平 成 9 年 の 約 4 兆 円 をピー クに 減 少 が 続 いてきた 平 成 24 年 は 15 年 ぶりに 前 年 を 上 回 ったものの 売 得 額 は 約 2 兆 3,900 億 円 でピーク 時 の 60%まで 低 下 している なお 競 馬 以 外 の 公 営 競 技 として 競 輪 競 艇 オートレースがあるが い ずれも 平 成 3 年 度 が 売 得 額 のピークとなっており 以 降 ほぼ 毎 年 売 得 額 の 減 少 が 続 いている 平 成 23 年 度 の 売 得 金 額 は ピーク 時 に 対 し 競 輪 が 32% 競 艇 が 42% オートレースが 24%となっている 40,000 35,000 30,000 25,000 20,000 15,000 10,000 5,000 公 営 競 技 売 得 金 額 の 推 移 JRA 地 方 競 馬 競 輪 競 艇 オート 0 H ( 注 )JRAのみ 暦 年 他 の 公 営 競 技 は4~3 月 2 これまでの 取 組 ( 平 成 17 年 度 以 降 ) (1) 売 上 振 興 競 馬 組 合 では 愛 知 県 競 馬 組 合 経 営 再 建 計 画 (H17) 中 期 振 興 計 画 (H20)に 基 づき 次 のような 売 上 振 興 策 を 実 施 してきた 特 に 近 年 では ネット 売 上 の 増 やIPAT 開 始 に 合 わせて ネット 顧 客 のための 購 入 促 進 策 を 充 実 してい る 平 成 17 年 度 3 連 勝 式 勝 馬 投 票 券 の 発 売 - 8 -

12 JBC 競 走 の 開 催 競 馬 場 施 設 のリニューアル インターネットによる 馬 券 発 売 映 像 配 信 平 成 19 年 度 大 須 にミニ 場 外 発 売 所 を 開 設 平 成 21 年 度 JBC 競 走 の 開 催 大 型 映 像 装 置 の 改 修 平 成 23 年 度 CS 放 送 による 無 料 実 況 中 継 (4レースから) ケーブルテレビによるダイジェスト 放 送 ホームページのリニューアル 平 成 24 年 度 全 国 初 となるホームページ 上 での 競 馬 専 門 紙 による 無 料 予 想 表 付 き 出 走 表 の 配 信 ユーストリームによる 競 馬 実 況 中 継 JRAのインターネット 発 売 システムであるIPATによる 馬 券 発 売 平 成 25 年 度 名 古 屋 競 馬 場 及 び 磯 部 場 外 において JRAの 馬 券 の 受 託 発 売 CS 放 送 による 全 レース 無 料 実 況 中 継 スポーツ 紙 への 馬 柱 掲 載 の 全 国 展 開 (2) 経 費 削 減 ア 人 件 費 競 馬 組 合 の 平 成 16 年 度 の 正 規 職 員 数 は 38 人 再 任 用 嘱 託 職 員 が 21 人 で あったが 新 規 の 職 員 採 用 を 極 力 抑 制 し 退 職 者 を 再 任 用 職 員 として 雇 用 する ことにより 平 成 24 年 度 の 正 規 職 員 数 は 25 人 (H16 比 13 人 ) 再 任 用 嘱 託 職 員 は 32 人 (H16 比 +11 人 )となっている なお 馬 券 の 発 売 払 戻 業 務 を 担 っ ていた 従 事 員 については 平 成 17 年 度 に 特 別 勧 奨 を 行 い 全 員 が 離 職 してい る また 人 員 削 減 とともに 給 与 の 抑 制 についても 平 成 17 年 度 以 降 毎 年 実 施 し ており 平 成 25 年 度 については 給 料 を 2%~6% 期 末 手 当 を 20%~30% 削 減 している - 9 -

13 この 結 果 人 件 費 総 額 は 平 成 16 年 度 に 7.1 億 円 あったものが 平 成 24 年 度 には 3.8 億 円 まで 減 少 ( 45.9%)している ( 従 事 員 を 始 めとする 賃 金 を 除 くと H16 の 4.8 億 円 が H24 には 3.5 億 円 ( 26.5%)まで 減 少 ) 億 円 8 人 件 費 の 推 移 給 料 ( 正 規 職 員 ) 共 済 費 ( 社 会 保 険 料 ) 職 員 手 当 等 ( 各 種 手 当 ) 賃 金 (パート) 報 酬 ( 嘱 託 ) 人 件 費 合 計 0 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 ( 注 ) 職 員 手 当 等 には 退 職 手 当 を 含 めていない また 報 酬 には 議 員 報 酬 を 含 めていない イ 賞 金 諸 手 当 馬 主 に 支 払 う 賞 金 や 出 走 手 当 を 始 めとする 諸 手 当 については 平 成 23 年 度 に 単 価 の 見 直 しを 行 い 賞 金 諸 手 当 の 合 計 額 を 前 年 度 に 比 べて 約 2.6 億 円 少 ない 14.4 億 円 と 約 15% 削 減 した これは 平 成 16 年 度 18.2 億 円 と 比 べる と 約 21%の 削 減 となる 億 円 25 賞 金 諸 手 当 の 推 移 賞 金 諸 手 当 0 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 ( 注 )H16 17 は 農 林 水 産 省 資 料 H18~23 は 地 方 競 馬 全 国 協 会 調 べ H24 は 速 報 値 H17 21 は JBC 競 争 (ダート 競 馬 の 祭 典 ) 開 催 で 賞 金 が 他 年 度 と 比 較 して 増 えている

14 一 方 売 得 金 に 占 める 賞 金 諸 手 当 の 割 合 は 平 成 23 年 度 で 9.8%であり 売 得 金 がほぼ 同 規 模 の 岩 手 県 競 馬 組 合 が 施 行 する 岩 手 競 馬 (8.0%)や 近 隣 の 岐 阜 県 地 方 競 馬 組 合 が 施 行 する 笠 松 競 馬 (8.2%)と 比 べるとやや 高 い 水 準 に ある 賞 金 諸 手 当 の 額 と 売 得 金 に 占 める 割 合 賞 金 諸 手 当 合 計 千 円 % 千 円 % 千 円 % 帯 広 市 210, , , 北 海 道 805, , ,597, 岩 手 県 競 馬 組 合 510, , ,168, 埼 玉 県 浦 和 競 馬 組 合 1,536, , ,510, 千 葉 県 競 馬 組 合 1,769, , ,557, 特 別 区 競 馬 組 合 4,529, ,636, ,166, 神 奈 川 県 川 崎 競 馬 組 合 2,089, ,289, ,379, 石 川 県 金 沢 市 425, , ,023, 岐 阜 県 地 方 競 馬 組 合 277, , , 愛 知 県 競 馬 組 合 489, , ,438, 兵 庫 県 競 馬 組 合 1,095, ,070, ,166, 福 山 市 269, , , 高 知 県 競 馬 組 合 206, , , 佐 賀 県 競 馬 組 合 394, , ,051, 荒 尾 競 馬 組 合 156, , , 地 方 競 馬 全 国 協 会 調 べ( 平 成 23 年 度 決 算 ) ウ 民 間 委 託 の 拡 大 競 馬 関 連 事 務 については 競 馬 法 に 基 づき 実 施 しているため 全 てを 民 間 に 委 託 することはできない 委 託 できない 根 幹 事 務 として 開 催 日 時 の 決 定 や 払 戻 金 の 額 の 決 定 などがある それ 以 外 の 事 務 では 競 馬 番 組 ( 出 走 馬 の 組 合 せ 調 整 )の 決 定 や 検 量 発 走 の 合 図 など 競 争 の 実 施 に 係 るものは 競 馬 のために 設 立 された 公 益 法 人 に 委 託 することは 可 能 であるが これを 除 くと 民 間 に 委 託 できるものは 発 売 や 払 戻 しの 関 連 業 務 や 警 備 清 掃 などに 限 定 される 愛 知 県 競 馬 組 合 においては 平 成 17 年 度 から 発 売 や 払 戻 の 投 票 窓 口 業 務 を 委 託 す るなど 委 託 可 能 な 業 務 のほとんどを 委 託 している (3) 制 度 見 直 し 平 成 16 年 度 以 後 地 方 競 馬 の 全 国 団 体 とともに 愛 知 県 競 馬 組 合 として 制 度 の 見 直 しを 要 望 してきた 結 果 次 のような 改 正 がなされた

15 法 改 正 等 の 状 況 H19 競 馬 法 改 正 地 方 競 馬 全 国 協 会 への 交 付 金 の 納 付 猶 予 還 付 制 度 の 創 設 ( 収 支 が 著 しく 不 均 衡 の 場 合 に 限 定 ) 地 方 競 馬 全 国 協 会 が 行 う 補 助 事 業 ( 競 馬 活 性 化 事 業 )の 対 象 事 業 拡 充 期 間 を 2 年 間 延 長 H22 地 方 財 政 法 など 関 係 法 令 の 改 正 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 への 納 付 金 の 基 礎 控 除 額 拡 大 (20 40 億 ) 納 付 率 引 下 げ(1.1~1.2% 1.0%) 23 年 度 決 算 からは 累 積 赤 字 がある 場 合 は 単 年 度 黒 字 でも 納 付 免 除 H24 競 馬 法 改 正 馬 券 払 戻 金 率 の 変 更 約 75% 70%~80%(3 年 以 内 に 政 令 により 施 行 予 定 ) 3 直 面 する 課 題 (1) 収 支 の 悪 化 愛 知 県 競 馬 組 合 の 経 営 状 況 ( 第 2 章 1)で 述 べたように 組 合 の 収 支 は 再 び 悪 化 している 単 年 度 黒 字 化 のためには 馬 券 売 上 額 を 中 心 とする 収 入 の 中 で 賞 金 などの 開 催 経 費 をまかなわなければならない 開 催 経 費 には 馬 券 売 上 額 の 増 減 に 伴 って 変 動 する 経 費 ( 変 動 費 : 払 戻 金 インターネット 事 業 者 への 販 売 手 数 料 場 外 販 売 の 負 担 金 など)と 馬 券 売 上 額 に 関 係 なく 発 生 する 経 費 ( 固 定 費 : 馬 主 等 に 支 払 う 賞 金 や 諸 手 当 施 設 の 維 持 管 理 費 発 売 払 戻 業 務 の 委 託 料 組 合 の 人 件 費 など)がある インターネット 事 業 者 に 委 託 して 発 売 する 場 合 は 契 約 により 一 定 の 手 数 料 が 必 要 となるが 近 年 愛 知 県 競 馬 組 合 にとって 手 数 料 が 必 要 な( 利 益 率 の 低 い)インターネットを 利 用 した 売 上 額 が 増 加 傾 向 にあり その 逆 に 手 数 料 が 必 要 ない( 利 益 率 の 高 い) 競 馬 場 や 専 用 場 外 での 売 上 額 が 年 々 減 少 している ことから 全 体 としての 利 益 率 は 低 下 している

16 発 売 ルート 別 の 売 上 推 移 ( 億 円 ) 200 ネット 電 話 広 域 場 外 自 場 H 開 催 経 費 開 催 経 費 うち 手 数 手 料 数 (15% 料 13~15% 程 度 ) 開 催 経 費 うち 手 数 料 10~16% 払 戻 金 ( 約 75%) 払 戻 金 ( 約 75%) 払 戻 金 ( 約 75%) 販 売 ルート 自 場 広 域 場 外 ネット 電 話 主 な 発 売 場 所 名 古 屋 競 馬 場 専 用 場 外 発 売 所 ( 中 京, 弥 富, 磯 部, 大 須 ) 笠 松 競 馬 場 などの 他 の 競 馬 場 や 他 の 場 外 発 売 所 オッズパーク 楽 天 競 馬 IPAT SPAT4 (2) 建 物 設 備 の 老 朽 化 現 在 の 名 古 屋 競 馬 場 にあるスタンドや 競 馬 場 会 館 弥 富 トレーニングセン ターの 騎 手 会 館 など 多 くの 建 物 や 施 設 設 備 が 老 朽 化 している 今 後 の 継 続 的 な 管 理 運 営 を 考 えた 場 合 施 設 設 備 等 の 定 期 的 な 更 新 修 繕 が 必 要 不 可 欠 だが 施 設 設 備 によっては 多 額 の 費 用 を 要 することとなる ま た 大 規 模 な 設 備 投 資 をするには 直 接 投 資 額 だけでなくその 後 の 減 価 償 却 費

17 や 維 持 費 を 見 込 む 必 要 があり 一 定 規 模 の 単 年 度 黒 字 を 継 続 できるような 収 支 構 造 が 必 要 となってくる しかし 愛 知 県 競 馬 組 合 の 現 在 の 収 支 状 況 と 基 金 残 高 では 投 下 した 資 金 の 回 収 の 目 途 が 立 たず 大 規 模 な 修 繕 が 困 難 な 状 況 であり かつ 行 政 としても 公 営 ギャンブルへの 投 資 ができない 以 上 このままでは 長 期 的 な 経 営 は 困 難 と 言 わざるを 得 ない 耐 震 工 事 を 必 要 とされる 建 物 と 概 算 改 修 費 名 古 屋 競 馬 場 約 2 億 6 千 万 円 第 1スタンド(S27 築 ) 第 2スタンド(S46 築 ) 東 スタンド(S40 築 ) 弥 富 トレセン 約 3 億 1 千 万 円 騎 手 会 館 (S50 築 ) 厩 務 員 会 館 (S50 築 ) 宿 舎 棟 (S50,51 築 ) ( 概 算 改 修 費 は 平 成 年 度 の 耐 震 診 断 結 果 による) その 他 当 面 改 修 が 必 要 な 設 備 馬 場 整 備 7,000 万 円 ( 著 しい 砂 質 劣 化 ) 着 順 表 示 ボード 4,000 万 円 ( 耐 用 年 数 経 過 ) 昇 降 機 設 置 4,300 万 円 (バリアフリー 対 応 ) (3) 払 戻 率 の 自 由 化 現 行 開 催 経 費 払 戻 金 ( 約 75%) (80%) 70% 変 更 後 開 催 経 費 主 催 者 が 決 定 払 戻 金 (70%~80%) 一 定 の 算 式 で 決 定 ( 主 催 者 の 関 与 不 可 ) 全 ての 投 票 方 式 に 共 通 70~(80)%の 間 で 設 定 ( 主 催 者 の 判 断 ) 投 票 方 式 ごとに 設 定 可 能 平 成 24 年 6 月 に 競 馬 法 の 改 正 が 行 われ 勝 馬 投 票 券 購 入 者 に 支 払 われてい た 払 戻 金 ( 購 入 額 の 約 75%)が ( 平 成 26 年 4 月 以 降 )70%から 80%までの 払 戻 率 で 各 主 催 者 が 自 由 に 設 定 できるようになる 見 込 みである また 払 戻 率 は これまでとは 異 なり 投 票 方 式 ( 単 勝 複 勝 3 連 単 など) ごと レースごとに 設 定 できるようになり 各 主 催 者 がファンの 心 理 と 経 営 の バランスを 考 えながらそれぞれで 工 夫 することとなる

18 払 戻 率 を 引 き 下 げればファンヘの 払 戻 金 が 減 り その 結 果 として 経 費 の 削 減 にはつながるが 他 の 競 馬 場 や 他 の 公 営 競 技 と 比 べて 大 きく 払 戻 率 を 引 き 下 げ れば 他 に 客 が 流 れ 売 上 が 減 少 し 結 果 として 収 支 が 悪 化 する 可 能 性 がある 例 えば 他 の 公 営 競 技 のうち オートレースでは 小 型 自 動 車 競 走 法 の 改 正 を うけ 平 成 24 年 6 月 から 6 場 すべてが 払 戻 率 を 70%まで 引 き 下 げたが その 後 の 売 上 を 分 析 すると インターネットでの 売 上 が 3 割 程 度 減 少 しており こ れは 払 戻 率 引 下 げが 原 因 である 可 能 性 がある 仮 に 払 戻 率 を 70%まで 引 き 下 げたとしても その 影 響 でファンが 離 れ 売 上 が 10% 減 少 することになれば 収 支 改 善 にはつながらないことから 他 の 競 馬 場 や 他 の 公 営 競 技 の 動 向 をよく 調 査 した 上 で 慎 重 かつ 機 動 的 に 設 定 していくこ とが 必 要 となってくる 地 方 競 馬 競 艇 競 輪 オート 法 律 競 馬 法 第 8 条 モーターボート 競 走 法 第 16 条 自 転 車 競 技 法 第 12 条 小 型 自 動 車 競 技 法 第 16 条 売 得 金 の 70% 以 上 売 上 金 の 75% 以 上 売 上 金 の 70% 以 上 売 上 金 の 70% 以 上 払 戻 金 大 臣 が 定 める 率 以 下 大 臣 が 定 める 率 以 下 大 臣 が 定 める 率 以 下 大 臣 が 定 める 率 以 下 で 施 行 者 が 設 定 で 施 行 者 が 設 定 で 施 行 者 が 設 定 で 施 行 者 が 設 定 改 正 状 況 約 75% 70% H24.6 改 正 (3 年 以 内 に 施 行 ) 75% 70% H24.3 改 正 H24.4 施 行 ( 払 戻 率 引 下 げは 現 時 点 で 未 実 施 ) 75% 70% H24.3 改 正 H24.4 施 行 (H24.6 から 払 戻 率 引 下 げを 実 施 ) (4) 専 門 家 の 退 職 と 確 保 愛 知 県 競 馬 組 合 には 平 成 25 年 度 現 在 常 勤 職 員 18 人 再 任 用 職 員 7 人 が 在 籍 しているが 55 歳 以 上 の 常 勤 職 員 が 9 人 いる すなわち 平 成 30 年 度 末 までの 6 年 間 で 9 人 の 常 勤 職 員 が 退 職 することとなり 近 い 将 来 の 専 門 家 の 確 保 に 懸 念 がある 愛 知 県 競 馬 組 合 では 常 勤 職 員 が 定 年 退 職 した 場 合 最 長 65 歳 まで 再 任 用 職 員 として 雇 用 することとしており さらに その 後 も 当 人 の 健 康 面 などの 条 件 が 整 えば 嘱 託 職 員 として 雇 用 することで 能 力 と 知 識 を 持 った 人 材 を 確 保 していこうとしている

19 4 収 支 見 通 し (1) 経 営 シミュレーション 結 果 経 営 改 革 を 検 討 するに 当 たり 現 状 の 売 上 伸 び 率 で 推 移 した 場 合 に 将 来 どう なるかについて 公 益 財 団 法 人 あいち 産 業 振 興 機 構 ( 以 下 機 構 という ) に 委 託 して 経 営 シミュレーションを 作 成 した シミュレーションの 作 成 に 当 たっては 名 古 屋 競 馬 場 で 継 続 した 場 合 と 馬 関 係 者 から 提 案 のあった 弥 富 トレーニングセンターへ 移 転 してナイター 競 馬 を 行 った 場 合 の2 通 りを 作 成 した その 結 果 ( 概 要 )は 次 のとおりである ( 詳 細 は 巻 末 付 録 を 参 照 ) < 主 な 前 提 条 件 > H23 決 算 額 をベースに 売 上 伸 び 率 を 設 定 名 古 屋 競 馬 場 で 継 続 の 場 合 年 率 98%(H23 と H24 上 期 の 伸 び 率 ) 弥 富 トレセンでナイターの 場 合 当 初 3 年 間 は 100%( 門 別 競 馬 のナイター 導 入 時 データ 等 から 設 定 ) その 後 95%と 仮 定 払 戻 率 約 75%を 平 成 26 年 度 から 70%に 引 き 下 げる( 払 戻 率 引 下 げに よる 売 上 への 影 響 がないものと 仮 定 ) JRA 馬 券 の 受 託 発 売 による 手 数 料 収 入 を 見 込 む 退 職 者 を 再 任 用 することにより 総 人 件 費 を 削 減 する 無 料 送 迎 バスの 廃 止 等 による 経 費 節 減 を 見 込 む 消 費 税 の 増 を 見 込 む < 名 古 屋 競 馬 場 で 継 続 した 場 合 > 単 位 : 億 円 H25 H26 H27 H28 H29 H30 H25~30 計 売 上 費 用 利 益 < 弥 富 トレセンでナイター 競 馬 を 実 施 した 場 合 > 単 位 : 億 円 H25 H26 H27 H28 H29 H30 H25~30 計 売 上 費 用 利 益 ただし スタンド 建 設 費 償 還 費 は 含 めていない

20 上 記 のように 機 構 のシミュレーション 結 果 では 払 戻 率 を 下 限 の 70%まで 引 き 下 げた 場 合 大 きく 黒 字 転 換 し その 後 売 上 が 縮 小 していくものの 一 定 期 間 黒 字 が 見 込 まれている 機 構 では この 結 果 を 受 けて 次 のようにまとめている 1 払 戻 率 引 き 下 げにより 一 定 期 間 の 経 営 改 善 効 果 が 望 める しかし 他 の 競 馬 場 や 他 の 公 営 競 技 と 払 戻 率 に 差 がある 場 合 には 売 上 の 減 少 が 否 定 できない 2 経 済 的 観 点 からすると 黒 字 が 続 く 間 は 営 業 することが 資 金 を 最 大 限 回 収 する( 累 積 赤 字 を 減 らす)こととなる 3 払 戻 率 引 下 げ 前 の 25 年 度 の 赤 字 容 認 というモラルハザードに 陥 らない よう 厳 しい 経 営 目 標 を 掲 げ 経 営 状 況 を 監 視 し 続 ける 必 要 がある 4 弥 富 移 転 でのナイター 開 催 は 不 確 実 性 が 非 常 に 高 く 税 の 投 入 による 設 備 投 資 が 事 実 上 不 可 能 な 現 状 では 実 行 可 能 性 が 低 いと 言 わざるを 得 な い 特 に 競 馬 関 係 者 から 要 望 があった 弥 富 に 移 転 してナイター 競 馬 に 転 換 す ることについては 慎 重 に 検 討 したが スタンドやナイター 設 備 の 資 金 面 から 可 能 性 がなく 仮 に 資 金 手 当 てができたとしても ナイターになることで 本 場 入 場 者 が 減 り しかもナイター 後 発 組 であることを 考 えると 大 幅 な 売 上 増 は 期 待 できず 実 現 可 能 性 はないと 判 断 した なお 機 構 のシミュレーションは 平 成 24 年 度 の 途 中 で 算 定 したため その 後 に 可 能 となった 経 費 削 減 策 ( 窓 口 の 規 模 縮 小 ネット 接 続 手 数 料 の 引 下 げ 組 合 職 員 の 給 与 カット 各 種 契 約 の 見 直 しなど)は 上 記 のシミュレーション の 費 用 に 含 まれていない 窓 口 の 規 模 縮 小 及 びネット 接 続 手 数 料 の 引 下 げの 効 果 を 見 込 むと 次 のとおりとなる < 名 古 屋 競 馬 場 で 継 続 した 場 合 > 単 位 : 億 円 H25 H26 H27 H28 H29 H30 H25~30 計 売 上 費 用 利 益 ただし 払 戻 率 引 下 げによりインターネットの 売 上 が 減 少 すれば 当 然 利 益 も 減 少 することとなる

21 (2) 廃 止 した 場 合 に 必 要 となる 費 用 の 推 計 仮 に 名 古 屋 競 馬 を 廃 止 し 主 催 者 である 愛 知 県 競 馬 組 合 を 解 散 した 場 合 累 積 赤 字 は 組 合 の 構 成 団 体 である 愛 知 県 名 古 屋 市 及 び 豊 明 市 の 各 自 治 体 の 負 担 となる 累 積 赤 字 以 外 にも スタンドや 厩 舎 などの 建 物 取 壊 し 処 分 やリース 契 約 等 の 解 除 組 合 職 員 の 退 職 金 などの 経 費 の 清 算 が 必 要 となる おおよその 必 要 額 を 試 算 すると 次 のとおりとなる 項 目 金 額 ( 億 円 ) 備 考 累 積 赤 字 約 年 度 末 時 点 施 設 取 壊 し 等 処 分 約 13 m2 当 たり 取 壊 し 処 分 単 価 ( 仮 定 ) 木 造 6 千 円 鉄 筋 コンクリート 造 15 千 円 リース 契 約 解 除 違 約 金 等 組 合 職 員 退 職 金 約 3 23 年 度 末 時 点 計 約 56 そのほか 近 年 廃 止 された 他 の 地 方 競 馬 の 例 では 調 教 師 騎 手 厩 務 員 を 始 めとする 競 馬 関 係 者 に 対 して 見 舞 金 を 支 払 っていることから 同 様 の 措 置 が 必 要 になる なお これらの 費 用 の 負 担 割 合 については 愛 知 県 競 馬 組 合 規 約 によると 愛 知 県 17/28 名 古 屋 市 7/28 豊 明 市 4/28と 定 められている

22 第 3 章 名 古 屋 競 馬 の 経 営 改 革 ( 今 後 の 展 開 方 向 ) 1 項 目 別 の 収 支 目 標 値 の 設 定 と 期 中 の 収 支 管 理 競 馬 組 合 が 今 後 も 継 続 して 競 馬 事 業 を 運 営 するためには 赤 字 を 出 さない 収 支 が 均 衡 した 経 営 体 制 を 確 立 することが 絶 対 条 件 である 単 年 度 の 計 画 ( 予 算 )を 立 案 する 際 には 売 上 は 固 く 見 積 もり 経 費 は あ らゆる 側 面 から 切 り 詰 めて 厳 しく 積 算 されたものでなくてはならないことは 当 然 であるが そのように 計 画 ( 予 算 )を 立 てても 売 上 は 水 物 であり 外 部 環 境 によって 当 然 増 減 する したがって 赤 字 を 出 さないためには 年 度 途 中 で も 売 上 状 況 によって 支 出 をコントロールしなくてはならない そのためには 厳 しい 内 部 統 制 の 下 で それぞれの 事 業 部 毎 に また 収 入 支 出 双 方 の 項 目 毎 に 会 計 状 況 の 管 理 を 行 うべきである 従 前 の 経 営 スタイル では 売 上 高 を 主 に 管 理 してきたが 発 売 方 法 によって 収 益 率 が 異 なるため 実 際 の 歳 入 ( 売 上 ) と 歳 出 ( 経 費 ) の 双 方 の 管 理 をしなくてはならな い 岩 手 県 競 馬 組 合 では 競 馬 事 業 から 得 られる 25%の 事 業 収 益 を 事 業 を 構 成 する 競 争 関 係 費 事 業 運 営 費 及 び 財 務 経 費 にそれぞれ 下 表 のように 配 分 し 経 営 指 標 に 基 づいた 経 営 管 理 を 行 うことで 売 上 額 に 見 合 った 事 業 運 営 に 取 り 組 んでいる さらに 年 間 を 5 期 に 分 けて 期 ごとの 収 支 状 況 を 検 証 し 収 支 均 衡 を 図 るためのコスト 調 整 を 期 ごとに 行 っている 岩 手 県 競 馬 組 合 の 経 営 指 標 区 分 内 容 経 営 指 標 競 争 関 係 費 賞 金 手 当 等 概 ね 8% 以 内 の 額 事 業 運 営 費 概 ね 16% 以 内 の 額 施 設 情 報 システム 費 概 ね 6% 以 内 の 額 開 催 労 務 費 概 ね 2% 以 内 の 額 営 業 販 売 費 概 ね 1% 以 内 の 額 人 件 費 概 ね 2% 以 内 の 額 その 他 販 売 管 理 費 概 ね 5% 以 内 の 額 財 務 経 費 元 利 償 還 留 保 資 金 投 資 等 概 ね 1% 以 内 の 額 ( 所 要 額 で 調 整 ) 出 典 : 新 しい 岩 手 県 競 馬 組 合 改 革 計 画 (H 岩 手 県 競 馬 組 合 作 成 ) このような 事 例 を 参 考 にして 財 務 状 況 及 び 収 益 状 況 を 年 度 内 に 複 数 回 チェックを 行 い 賞 金 手 当 などの 支 出 を 売 上 に 連 動 させる 等 の 手 法 で 期 中 に おいても 機 動 的 に 収 益 構 造 の 見 直 しができるよう あらかじめ 手 順 を 確 立 させ ておくことが 必 要 であり これらを 実 現 するために ただちに 競 馬 組 合 の 会 計 帳 簿 を 再 整 理 し 勘 定 科 目 毎 に 集 計 し 会 計 管 理 を 行 うべきである

23 2 経 費 削 減 払 戻 率 の 引 下 げは 愛 知 県 競 馬 組 合 の 最 大 経 費 である 払 戻 金 を 減 らすことで あり 組 合 の 収 支 に 一 定 の 安 定 をもたらす 要 素 であると 考 えられる しかしながら ファンへの 払 戻 金 を 減 らすことは 端 的 に 言 えばファンへの サービス 低 下 であり ファンが 馬 券 購 入 を 回 避 する 逆 モチベーションとなる また 前 述 したように 他 の 競 馬 場 や 他 の 公 営 競 技 と 差 がある 場 合 には 収 支 改 善 の 効 果 がない したがって 売 上 減 少 に 繋 がる 可 能 性 が 否 めない 払 戻 率 引 下 げだけに 寄 りかかった 経 営 は 決 して 行 ってはならない よって 確 実 に 収 益 の 改 善 につながる 歳 出 の 抑 制 特 に 固 定 費 の 削 減 に 競 馬 組 合 は 不 退 転 の 覚 悟 で 着 手 すべきである (1) 人 件 費 競 馬 組 合 の 職 員 及 び 再 任 用 職 員 の 総 人 件 費 については 従 来 から 相 応 の 削 減 努 力 をしている( 第 2 章 2(2)ア)が 民 間 人 件 費 水 準 と 比 較 すると まだ 高 い 額 と 言 わざるを 得 ない 今 後 競 馬 組 合 の 収 支 の 悪 化 が 予 想 される 場 合 は 年 度 途 中 においても 期 末 手 当 のカットや 給 与 水 準 の 見 直 しなど 給 与 制 度 のさらなる 見 直 しができる ような 対 応 が 必 要 であり その 手 法 について 競 馬 組 合 内 におけるコンセンサス 形 成 を 図 っておくべきである (2) 各 種 契 約 の 見 直 し 競 馬 の 施 行 に 当 たっては 勝 ち 馬 投 票 券 の 発 売 払 戻 警 備 清 掃 施 設 管 理 など 多 くの 業 務 が 民 間 に 委 託 されている 契 約 状 況 を 調 査 したところ 警 備 清 掃 施 設 管 理 広 告 宣 伝 などの 業 務 では 競 争 入 札 や 企 画 競 争 で 業 者 が 選 定 されている また 投 票 業 務 委 託 では その 業 者 しかいないという 理 由 で 特 定 の 業 者 と 契 約 されている 一 方 多 くの 業 務 で 契 約 金 額 は 3 年 前 よりも 下 がっている このような 状 況 を 踏 まえ 以 下 の 点 について 見 直 しを 検 討 されたい 1 テレビ 放 映 業 務 では 組 合 の 旧 式 の 映 像 設 備 に 知 悉 した 業 者 が 他 に 見 当 たらない 等 の 理 由 で 特 定 の 業 者 と 継 続 して 契 約 しているが 対 応 可 能 な 事 業 者 が 存 在 しないかどうか 再 確 認 を 行 うとともに 作 業 マニュアルなど を 整 備 し 複 数 者 で 入 札 できるような 環 境 を 整 えられたい 2 警 備 業 務 については 多 くの 業 務 を 民 間 委 託 している 中 で 組 合 職 員 ( 正 規 職 員 2 名 嘱 託 職 員 6 名 )も 警 備 業 務 に 従 事 している 委 託 業 務 と 重 複

24 していないか あるいは 組 合 職 員 が 行 う 警 備 業 務 も 包 括 的 に 委 託 できな いか 検 証 されたい 3 競 争 入 札 をしている 場 合 であっても より 実 質 的 な 競 争 となるよう 入 札 参 加 業 者 を 増 やすことに 努 められたい 4 契 約 手 続 の 透 明 性 を 確 保 するため 一 定 額 以 上 の 発 注 及 び 調 達 に 関 する 情 報 等 についてホームページ 上 に 公 開 することが 望 ましい 5 企 画 競 争 によって 業 者 を 選 定 する 場 合 には 価 格 競 争 型 プロポーザル 方 式 を 活 用 するなどして 契 約 額 を 抑 制 することも 検 討 されたい (3) 補 助 金 の 見 直 し 累 積 赤 字 を 抱 え 危 機 的 な 経 営 状 況 である 愛 知 県 競 馬 組 合 が 従 来 の 慣 例 に より 他 の 団 体 ( 例 愛 知 県 馬 主 協 会 調 教 師 会 騎 手 会 厩 務 員 共 済 会 等 ) に 対 して 任 意 の 補 助 金 を 支 払 っている そもそも 競 馬 組 合 が 経 費 を 負 担 すべきか 受 益 者 負 担 はできないか 組 合 の 補 助 が 必 要 な 場 合 であっても その 額 を 減 らせないか 以 上 のような 観 点 から 再 検 討 を 行 い 交 付 先 との 交 渉 を 進 めるべきである (4) 広 告 販 売 促 進 費 売 上 振 興 策 は これまで 来 場 者 プレゼントや 場 内 イベント 等 のソフト 事 業 を 中 心 に 行 われてきた 今 後 は 従 来 の 広 告 販 売 促 進 の 費 用 対 効 果 の 検 証 を 行 い その 手 法 が 適 正 かどうか 客 観 的 に 把 握 することが 必 要 であり 自 治 体 が 実 施 するイベントや 名 古 屋 港 ベイエリアの 集 客 施 設 あおなみ 線 といった 競 馬 場 周 辺 施 設 とのコラボ レーションによる 宣 伝 等 少 ないコストでより 大 きな 効 果 が 得 られるような 手 法 も 検 討 されたい (5) 賞 金 諸 手 当 赤 字 を 出 すことなく 収 支 が 均 衡 した 経 営 を 継 続 するに 当 たっては 聖 域 な き 歳 出 の 見 直 しが 必 要 であり それは 馬 主 への 賞 金 や 馬 主 を 始 めとする 馬 関 係 者 への 手 当 も 例 外 ではない 賞 金 手 当 は 払 戻 金 以 外 の 経 費 の 中 では 最 も 多 額 な 経 費 であり 緊 急 的 な 赤 字 回 避 のためには 賞 金 手 当 の 見 直 しは 避 け て 通 ることができない たとえば 売 上 額 に 占 める 賞 金 手 当 の 割 合 を 一 定 に 保 つなど 売 上 に 連 動 させる 仕 組 みを 導 入 することも 考 えられる また 競 馬 組 合 の 収 支 の 悪 化 が 予 想 される 場 合 年 度 途 中 においても 柔 軟 に 対 応 できる 仕 組 みが 必 要 である

25 3 適 切 な 開 催 日 数 の 設 定 現 在 名 古 屋 競 馬 場 において 競 馬 を 開 催 する 日 は 売 上 は 多 いものの 出 走 手 当 や 賞 金 警 備 などの 経 費 も 多 く 収 益 率 が 低 い 一 方 名 古 屋 競 馬 場 において 競 馬 を 開 催 しない 日 には 他 の 競 馬 場 で 開 催 さ れている 競 馬 の 馬 券 を 組 合 が 受 託 発 売 し 売 上 額 の 一 定 割 合 を 手 数 料 として 得 ており 収 益 率 は 開 催 日 より 高 い したがって 名 古 屋 競 馬 場 において 競 馬 を 開 催 する 日 のうち 赤 字 幅 が 顕 著 な 売 上 が 低 い 日 を 中 心 に 開 催 日 数 を 減 らし 他 の 競 馬 場 の 受 託 発 売 日 を 増 やせ ば 収 益 増 に 繋 がる 競 馬 組 合 においては 25 年 度 の 開 催 日 を 前 年 度 から8 日 間 減 らしているが 計 算 上 は 収 益 改 善 のためには 更 なる 見 直 しが 必 要 となる 他 の 競 馬 場 と 開 催 日 程 が 重 ならないよう 調 整 しつつ 売 上 が 見 込 める 時 期 曜 日 にレースを 集 中 し 1レース 当 たりの 頭 数 を 増 やすことで 引 き 締 まった 番 組 構 成 を 実 施 し 魅 力 ある 最 後 まで 競 い 合 うレースをファンに 提 供 されたい 4 収 入 増 の 取 組 売 上 は 水 物 であるとは 言 え 収 支 改 善 のためには 経 費 削 減 と 同 様 に 売 上 増 に 取 り 組 むことも 必 要 である 厳 しい 財 務 内 容 からコストをかけた 広 告 宣 伝 等 は 困 難 ではあるが 競 馬 組 合 や 競 馬 関 係 者 の 創 意 工 夫 により 低 コストで 効 果 的 に 名 古 屋 競 馬 の 魅 力 を 発 信 すると 同 時 に さらに 楽 しく 快 適 な 競 馬 場 づくり を 顧 客 (ファン)の 目 線 を 重 視 して 取 り 組 んでいただきたい また 馬 券 売 上 収 入 以 外 の 収 益 源 をより 多 角 的 に 確 保 することも 収 支 改 善 に 当 たっては 必 要 であり 競 馬 場 施 設 の 有 効 活 用 等 を 各 関 係 機 関 の 協 力 を 得 て 検 討 していただきたい (1) 本 場 顧 客 へのサービス 向 上 と 集 客 競 馬 場 に 来 場 してくれるファンは 近 年 減 少 傾 向 にあるが 来 場 者 を 増 やすこ とができれば 収 益 改 善 につながる 来 場 者 数 を 維 持 し 増 やすためには 名 古 屋 競 馬 場 に 来 場 したファンが 快 適 に 楽 しく 競 馬 を 楽 しむことのできるような ハード ソフト 両 面 の 充 実 が 欠 かせない 人 気 があり 高 いリピート 率 を 維 持 しているアミューズメント 施 設 は コンテ ンツのおもしろさばかりでなく ゴミ 一 つ 落 ちていない 綺 麗 な 施 設 において ホスピタリティ 溢 れた 従 業 員 が 気 持 ち 良 く 応 対 することで 顧 客 を 引 き 付 けて いる

26 一 方 名 古 屋 競 馬 においては スタンド 施 設 は 老 朽 化 し また 開 場 時 に 職 員 がお 出 迎 えするなど 努 力 はされているが 顧 客 目 線 を 把 握 する 仕 組 み あ るいは 顧 客 満 足 度 を 効 果 測 定 できる 仕 組 み が 組 織 的 に 備 わっているとは 言 い 難 い さらに コンテンツであるレースは 少 ない 頭 数 でのレースが 行 われ るなど 魅 力 に 欠 ける 部 分 が 多 々 見 受 けられる 収 支 の 均 衡 を 図 りつつ 来 場 したファンの 目 線 で 快 適 で 楽 しい 競 馬 場 を 構 築 することで 再 生 名 古 屋 競 馬 場 の 継 続 的 な 運 営 が 可 能 となる そこで 以 下 のようなハード ソフトの 充 実 を 提 案 する (なお コンテン ツ 面 で レース 自 体 の 魅 力 を 高 めることは(3)で 後 述 する ) 競 馬 場 スタンドの 耐 震 工 事 バリアフリーに 対 応 したエレベータの 整 備 ファミリー 層 女 性 層 のファン 開 拓 のための 分 煙 化 これらにより 払 戻 率 引 下 げで 期 待 できる 収 益 をファンに 還 元 する 美 術 系 の 学 生 を 始 め 一 般 市 民 ファンのボランティアにより 外 壁 や 建 物 壁 面 をカラフルな 色 調 や 爽 やかデザインでペインティング これら により 親 しみやすい 競 馬 場 の 雰 囲 気 作 りを 図 る 顧 客 からの 積 極 的 な 聞 き 取 り 調 査 モニター 募 集 優 秀 スタッフの 投 票 など これらにより 顧 客 満 足 度 の 効 果 測 定 や スタッフの 意 欲 向 上 を 図 る (ファンサービス 事 例 ) 食 べに 行 きたい 飲 食 店 づくり 交 流 場 所 の 提 供 乗 馬 体 験 やポニーとのふれあい 来 場 者 UP のためのスタンプカード 馬 産 地 ( 北 海 道 ) 物 産 展 他 場 (JRA 地 方 )の 紹 介 パネル 友 の 会 やファンクラブの 設 立 (2) インターネット 顧 客 へのサービス 人 口 が 減 っている 現 状 にあっても インターネットによる 馬 券 購 入 客 は 今 後 も 増 加 する 可 能 性 があると 考 えられる 特 に 将 来 推 計 人 口 や 年 齢 別 購 入 状 況 等 から 50 歳 代 のインターネット 馬 券 購 入 の 参 入 余 地 はまだあると 推 測 され る したがって 現 在 のインターネット 馬 券 購 買 層 に 加 え 今 後 新 たにネット で 名 古 屋 競 馬 の 馬 券 を 購 入 してくれるファンへ より 効 果 的 なサービスを 実 施

27 することによって 名 古 屋 競 馬 ファンの 顧 客 満 足 度 を 高 め 安 定 的 にネット 売 上 を 増 やしていく 必 要 がある さらに ネット 顧 客 を 名 古 屋 競 馬 場 に 誘 導 する ような 仕 掛 けも 有 効 と 考 えられる そこで 一 部 の 公 営 競 技 や 一 部 の 地 方 競 馬 で 行 われている 次 のようなネッ ト 顧 客 向 けのサービスの 実 施 を 検 討 されたい ポイントやマイルが 貯 まるサービス( 貯 まったポイントは 本 場 で 有 料 席 や 飲 食 で 使 える) メール 会 員 募 集 ( 情 報 提 供 と 本 場 で 使 える 割 引 券 をセット) ( メール 会 員 募 集 は 金 沢 園 田 競 馬 で 実 施 中 ) なお ネット 顧 客 向 けに CS 放 送 Ustream による 競 馬 実 況 中 継 や 競 馬 専 門 誌 による 無 料 予 想 付 出 走 表 の 配 信 などを 既 に 実 施 しているが CS 放 送 等 の LIVE 動 画 をホームページでわかり 易 く 周 知 することやスマートフォン 版 ホー ムページ 新 設 等 も 検 討 の 価 値 があると 考 える (3) 注 目 される 競 馬 場 魅 力 あるレース ア パブリシティ マスメディアの 話 題 になる 素 材 に 特 化 し 積 極 的 に 名 古 屋 競 馬 のカラーを 前 面 に 出 したパブリシティを 行 い 魅 力 ある 競 馬 場 レースを 競 馬 ファンにア ピールしていただきたい メディアが 着 目 するスターホース スタージョッ キーの 育 成 は 急 務 であるが 強 い 側 面 を 強 調 するばかりではなく 競 走 馬 ジョッキーの 個 性 などを 切 り 口 にした 親 しみやすさをファンにアピールする 戦 略 で 他 場 との 差 別 化 を 図 ることも 一 つのやり 方 と 考 える 特 に 25 年 春 にデビューした 若 手 女 性 ジョッキーをファンが 温 かく 応 援 して いく 雰 囲 気 作 りを 行 い ジョッキーとしての 成 長 物 語 をファンが 共 感 を 持 って 見 守 るような 仕 掛 けを 関 係 機 関 の 協 力 を 得 て 行 うこと 等 は メディアの 露 出 が 増 え ひいては 新 規 ファンの 獲 得 に 繋 げられる 格 好 の 素 材 である また ノベルティ 等 に 記 載 されているキャッチコピー 推 理 とロマンの 名 古 屋 競 馬 についても 再 生 名 古 屋 競 馬 のイメージを 喚 起 するキャッチコピーを 公 募 により 一 新 するなど 再 生 に 向 け 魅 力 ある 競 馬 場 のイメージを 内 外 にア ピールすることも 考 えられる (パブリシティ 事 例 ) 競 馬 への 関 心 UP(トレセンレポート 新 馬 情 報 など) 競 馬 場 のサブネーム(ナコ ヤト ンコケイハ ナコ ヤアーハ ンホースレース) 他 場 との 差 別 化 ( 例 初 心 者 なら 名 古 屋 競 馬 ) キャラクターグッズ 販 売

28 イ 魅 力 あるレース 魅 力 あるレース とは 人 によって 考 え 方 が 違 うであろうが 少 数 の 馬 で 争 うレースよりも 多 くの 馬 がゴール 間 際 まで 入 賞 を 争 うレースの 方 がおもしろ いというのは 多 くのファンの 一 致 するところであろう したがって 1レー ス 当 たりの 出 走 頭 数 は 原 則 として 10 頭 以 上 とするなど 競 馬 関 係 者 と 調 整 を 進 め 妙 味 のある 番 組 を 編 成 していただきたい また 話 題 性 のあるレースの 創 設 やジョッキーの 個 性 を 際 立 たせる 仕 掛 け 等 ファンの 購 買 意 欲 を 高 める 試 みも 必 要 ではないか ( 注 目 される 競 馬 場 魅 力 あるレースの 事 例 ) 各 厩 舎 で 選 抜 した 個 性 の 強 い 推 しウマ 勝 利 数 の 少 ない 馬 ユニー クな 名 前 の 馬 を 集 めてレースをセットし その 馬 の 生 い 立 ちや 成 績 等 を ストリー 仕 立 てで 紹 介 して 固 定 ファンの 獲 得 を 図 る ジョッキーのキャラクターをファンに 掴 んでもらうため それぞれの 親 しみやすいインタビュー 画 像 を 動 画 配 信 (YouTube ニコニコ 動 画 等 )し 名 古 屋 競 馬 ホームページのトップページから 簡 単 に 見 られるようにする ( 他 の 事 例 ) スターホース スタージョッキーの 育 成 話 題 となりそうな 馬 の 情 報 提 供 ( 名 前 年 齢 勝 率 性 格 等 でファンヘアピール) 初 心 者 にもわかりやすいようなレース 体 系 高 知 のファイナルレースのように 年 間 10 勝 に 満 たない 馬 ばかり 集 めて 低 レベルだ が 熱 いレースをセット (4) 関 連 収 入 の 拡 大 競 馬 場 の 資 産 を 最 大 限 に 活 用 して 馬 券 収 入 以 外 での 新 たな 収 入 元 を 確 保 拡 大 することで 経 営 リスクの 軽 減 を 図 ることも 必 要 である 次 のような 方 策 を 検 討 されたい ( 関 連 収 入 拡 大 策 の 事 例 ) JRA 馬 券 発 売 時 の 駐 車 場 有 料 化 民 間 駐 車 場 への 賃 貸 協 賛 レース 企 業 団 体 協 賛 金 を 賞 金 に 充 当 ( 個 人 は 除 く) 協 賛 レース 増 のためのローラー 作 戦 場 内 飲 食 店 売 店 の 競 争 入 札

29 弥 富 トレセン 未 利 用 部 分 ( 西 尾 張 中 央 道 に 接 する 部 分 : 物 流 用 地 に 限 る) におけるリース 事 業 5 地 域 貢 献 イメージアップ 名 古 屋 競 馬 場 や 弥 富 トレーニングセンターが その 本 来 機 能 である 公 営 競 馬 事 業 以 外 に 地 域 社 会 にとっても 欠 かせない 機 能 を 果 たすことにより その 存 在 価 値 をより 高 めることになる 現 在 でも 競 馬 組 合 は 競 馬 場 会 館 を 近 隣 住 民 に 開 放 し 住 民 は 体 育 館 会 議 室 を 卓 球 等 のスポーツや 詩 吟 教 室 等 の 会 場 として 無 料 で 活 用 しているほか 災 害 時 の 避 難 所 としても 指 定 されている 更 に 競 馬 場 が 公 的 な 財 産 として 地 域 に 貢 献 し イメージアップにつなげることができれば 間 接 的 に 売 上 増 にもつな がる ( 地 域 貢 献 イメージアップ 事 例 ) 地 域 住 民 の 集 いの 場 所 提 供 子 育 て 支 援 NPOや 学 童 保 育 へのスペース 提 供 社 会 見 学 ( 大 人 子 ども)の 積 極 的 な 受 け 入 れ フリーマーケットの 場 所 提 供 また 馬 と 人 々が 触 れ 合 う 機 会 を 提 供 するサンクスホースデイズは 馬 が 社 会 において 果 たすことのできる 役 割 ( 憩 い 癒 し)を 再 認 識 できるイベントで ある 馬 関 係 者 が 協 力 して 実 施 にあたることで 業 界 の 団 結 と 自 らの 社 会 的 ス テータスの 向 上 に 繋 がると 考 えられる また 競 馬 ファン 以 外 の 方 が 競 馬 場 を 訪 れる 絶 好 の 機 会 であるため 馬 券 の 買 い 方 など 特 にビギナー 向 けの 案 内 ディスプレイ 案 内 人 員 を 増 強 して イベントを 機 会 に 新 規 顧 客 の 獲 得 を 図 る べきである なお サンクスホースデイズで 体 験 イベントが 実 施 されたホースセラピーは 馬 と 人 間 の 関 係 性 をより 深 める 効 果 があり 潜 在 ニーズもあると 思 われる た とえば 福 祉 関 係 者 が 弥 富 トレーニングセンターにおいて ホースセラピーを 実 施 するような 可 能 性 についても 調 査 を 進 められたい 6 ガバナンスの 確 立 馬 関 係 者 と 経 営 情 報 の 共 有 愛 知 県 競 馬 組 合 が 経 営 改 革 を 実 行 するに 当 たり 現 場 の 経 営 トップの 責 任 あ るリーダーシップが 不 可 欠 であるが 経 営 改 革 は 幹 部 や 総 務 部 門 だけで 実 行 で

30 きるものではない 組 合 職 員 ( 正 規 職 員 に 限 らず 嘱 託 職 員 やアルバイトまで) 一 人 残 らず 経 営 改 善 に 向 けたベクトルを 共 有 して 取 り 組 まなければ 経 営 改 革 は 実 現 できない 競 馬 組 合 の 部 門 ごとに 組 織 としての 目 標 を 設 定 し 責 任 者 と 期 限 を 定 め 組 織 目 標 を 実 現 するために 組 合 職 員 一 人 ひとりが 組 織 目 標 と 連 鎖 した 個 人 の 目 標 を 定 め 年 度 途 中 に 個 人 目 標 組 織 目 標 の 進 捗 状 況 を 管 理 するなど 強 固 な ガバナンス( 内 部 統 治 )を 確 立 することが 必 要 である また 主 催 者 である 競 馬 組 合 だけで 競 馬 が 実 施 できるわけではない 名 古 屋 競 馬 全 体 として 売 上 振 興 や 経 費 削 減 を 進 めるに 当 たっては 競 馬 組 合 と 馬 主 調 教 師 騎 手 厩 務 員 など 競 馬 関 係 者 が 共 通 目 標 に 向 かって 一 丸 となって 取 組 む 体 制 作 りが 必 要 となる 前 述 した 岩 手 県 競 馬 組 合 ( 第 3 章 -1)では 岩 手 県 競 馬 組 合 構 成 団 体 及 び 競 馬 関 係 団 体 ( 馬 主 会 調 教 師 会 騎 手 会 厩 務 員 会 )で 岩 手 県 競 馬 組 合 運 営 協 議 会 を 組 織 して 各 構 成 員 が 目 標 を 共 有 し 年 度 途 中 に 収 支 状 況 を 検 証 し 収 支 均 衡 を 図 るための 調 整 を 実 施 している 愛 知 県 競 馬 組 合 においても この 取 組 を 参 考 とした 組 織 を 設 置 されたい 7 施 設 整 備 と 資 金 調 達 あいち 産 業 振 興 機 構 のシミュレーション 結 果 によると 短 期 的 には 徹 底 した 経 費 削 減 と 払 戻 率 引 下 げにより 6 年 程 度 の 延 命 は 可 能 だが 将 来 にわたって 黒 字 を 継 続 させるには 先 に 述 べた 様 々な 取 組 みを 進 めることが 必 要 である そ れに 加 えて 名 古 屋 競 馬 が 再 生 し 中 長 期 的 に 経 営 を 継 続 するためには スタン ドの 耐 震 工 事 や エレベータ 設 置 工 事 等 を 始 めとする 必 要 最 小 限 の 施 設 整 備 が 必 要 となる 施 設 整 備 に 必 要 な 資 金 について 競 馬 組 合 の 構 成 団 体 である 自 治 体 ( 愛 知 県 名 古 屋 市 及 び 豊 明 市 )による 財 政 支 出 は 不 可 能 であるため 競 馬 組 合 自 らが 経 営 改 善 を 積 み 重 ね 収 支 黒 字 化 を 継 続 することで 発 生 する 留 保 金 を 財 源 とする 必 要 があるが 外 部 からの 資 金 調 達 の 可 能 性 を 含 め 早 期 に 着 手 する 必 要 があ る また 将 来 経 営 が 安 定 化 し 収 益 からの 留 保 金 をある 程 度 プールできた 場 合 には 投 資 資 金 回 収 の 実 現 可 能 性 を 踏 まえた 上 で 弥 富 トレーニングセンター の 耐 震 工 事 や 本 場 リニューアルなどの 設 備 投 資 に 着 手 することも 可 能 となる

31 第 4 章 競 馬 事 業 への 提 言 この 章 は 4/30 の 委 員 会 において 持 続 可 能 性 を 判 断 する 基 準 について フリートークで 議 論 していただいた 後 委 員 発 言 内 容 を 踏 まえて 作 成 します

32 資 料 編 ( 委 員 会 で 使 用 した 各 種 データの 主 なものを 添 付 )

資 料 2 ( 案 ) 名 古 屋 競 馬 の 経 営 改 革 に 関 する 検 討 結 果 報 告 書 平 成 25 年 7 月 名 古 屋 競 馬 経 営 改 革 委 員 会 内 容 はじめに... 1 第 1 章 名 古 屋 競 馬 の 概 況... 2 1 名 古 屋 競 馬 の 沿 革... 2 (1) 歴 史... 2 (2) 愛 知 県 競 馬 組 合 の 施 設... 2 (3)

More information

適 切 な 開 催 日 数 の 設 定 年 度 の 開 催 日 を 前 年 度 から8 日 減 らし ているが 計 算 上 は 収 益 改 善 のために は 更 なる 見 直 しが 必 要 他 競 馬 場 との 競 合 による 不 採 算 を 回 避 するためさ らに 日 減 を 実 施 し 他 場

適 切 な 開 催 日 数 の 設 定 年 度 の 開 催 日 を 前 年 度 から8 日 減 らし ているが 計 算 上 は 収 益 改 善 のために は 更 なる 見 直 しが 必 要 他 競 馬 場 との 競 合 による 不 採 算 を 回 避 するためさ らに 日 減 を 実 施 し 他 場 項 目 別 の 収 支 目 標 値 の 設 定 と 期 中 の 収 支 管 理 () 人 件 費 期 中 においても 年 度 内 に 複 数 回 チェック を 行 い 機 動 的 に 収 益 構 造 の 見 直 しがで きるよう あらかじめ 手 順 を 確 立 させ 競 馬 組 合 の 収 支 の 悪 化 が 予 想 される 場 合 は 賞 与 や 給 与 水 準 の 見 直 しなどを 組 合 上

More information

<87438E9197BF332D3428834A8389292E786477>

<87438E9197BF332D3428834A8389292E786477> 愛 知 県 競 馬 組 合 ( 名 古 屋 競 馬 )の 運 営 形 態 に 関 するシミュレーション 結 果 ( 本 場 維 持 ) 資 料 3-4 H22-24の 販 売 ルート 別 伸 び 率 実 績 により H25 以 降 の 売 上 構 成 を 計 算 売 上 は 前 年 比 98%とし 上 記 の 売 上 構 成 率 により 計 算 単 位 千 円 前 提 条 件 参 照 年 度 H22

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203130313132362D30332D318AE28EE88BA3946E82CC8CBB8FF38169977696F1816A81798DC58F4994C5817A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203130313132362D30332D318AE28EE88BA3946E82CC8CBB8FF38169977696F1816A81798DC58F4994C5817A> 資 料 3-1 岩 手 競 馬 の 現 状 について ( 要 約 ) 平 成 22 年 11 月 26 日 岩 手 競 馬 経 営 の 将 来 方 向 検 討 会 議 目 次 1 日 本 の 競 馬 2 2 岩 手 競 馬 の 概 況 5 3 新 しい 岩 手 県 競 馬 組 合 改 革 計 画 7 4 岩 手 競 馬 の 収 支 の 状 況 8 5 岩 手 競 馬 発 売 額 の 確 保 向 上

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

団 体 名 ( 財 ) 宮 城 県 伊 豆 沼 内 沼 環 境 保 全 財 団 団 体 運 営 の 健 全 化 に 向 けた 経 費 節 減 による 経 営 改 善 を 行 う 必 清 掃, 保 守 業 務 等 の 委 託 は 原 則 として 競 争 入 札 とする H4~ 徹 底 した 管 理 運

団 体 名 ( 財 ) 宮 城 県 伊 豆 沼 内 沼 環 境 保 全 財 団 団 体 運 営 の 健 全 化 に 向 けた 経 費 節 減 による 経 営 改 善 を 行 う 必 清 掃, 保 守 業 務 等 の 委 託 は 原 則 として 競 争 入 札 とする H4~ 徹 底 した 管 理 運 ( 別 添 ) 公 社 等 外 郭 団 体 の 見 直 し 実 施 計 画 ( 特 ) 宮 城 県 土 地 開 発 公 社 団 体 名 多 額 の 借 入 金 と 保 有 土 地 があることから, 経 営 安 定 化 に 向 けて の 経 営 健 全 化 計 画 を 策 定 するとともに, 将 来 的 な 視 点 としては, 類 似 の 団 体 との 統 合 を 検 討 する 必 県 としては, 業

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

平 成 20 年 度

平 成 20 年 度 議 案 第 9 号 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 の 認 定 について 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 は 別 冊 決 算 書 のとおりであるので 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 233 条 第 3 項 の 規 定 により 滋 賀

More information

kaikaku2_siryou3.xdw

kaikaku2_siryou3.xdw 名 古 屋 競 馬 今 後 あり 方 に 関 する 提 言 で 指 摘 された 問 題 点 そ 後 状 況 と 評 価 資 料 3 分 類 No. 問 題 点 そ 後 対 策 状 況 参 考 1 最 近 における 急 激 な 売 上 落 ち 込 み これまでは1 人 当 たり 購 入 金 額 減 少 が 主 な 要 因 平 成 16 年 度 からは 入 場 者 数 も 一 層 落 ち 込 んでいる

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

スライド 1

スライド 1 参 考 資 料 3 ( 第 1 回 小 委 員 会 資 料 ) 競 輪 事 業 の 現 状 と 将 来 見 通 しについて 平 成 22 年 9 月 製 造 産 業 局 1. 競 輪 事 業 の 目 的 競 輪 事 業 は 自 転 車 競 技 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 29 号 )に 基 づき 1 自 転 車 その 他 機 械 工 業 の 振 興 2 体 育 社 会 福 祉 など 公 益

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4> 日 本 年 金 機 構 の 設 立 について 2009 年 8 月 ( 注 ) 本 資 料 の 内 容 は 現 時 点 における 検 討 状 況 を 踏 まえ 整 理 したものであり 細 部 については 今 後 変 更 があり 得 ます Ⅰ 基 礎 資 料 1. 日 本 年 金 機 構 について 名 称 日 本 年 金 機 構 (にっぽん ねんきん きこう) Japan Pension Service

More information

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監 日 本 中 央 競 馬 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 注 ) 年 度 は1 月 1 日 ~12 月 31 日 のJRA 事 業 年 度 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 報 酬 については 勝 馬 投 票 券

More information

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を 学 校 法 人 会 計 の 特 徴 や 企 業 会 計 との 違 い 学 校 法 人 は 学 校 を 運 営 し 教 育 研 究 を 遂 行 することを 目 的 としており 企 業 のよう に 利 益 を 追 求 する 経 済 活 動 そのものを 事 業 目 的 とすることはできません 学 校 法 人 会 計 では 文 部 科 学 省 令 により 定 められた 学 校 法 人 会 計 基 準 に 基

More information

(案)

(案) 資 料 2-1 特 例 番 号 1010 の 関 連 資 料 審 議 事 項 1 評 価 対 象 となる 規 制 の 特 例 措 置 のニーズについて 1 2 行 政 評 価 局 による 調 査 結 果 ( 平 成 18 年 度 下 半 期 実 施 分 ) 2 3 規 制 所 管 省 庁 の 意 見 等 12 参 考 資 料 4 評 価 対 象 となる 規 制 の 特 例 措 置 の 概 要 13

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分 け 結 果 ( 市 の 方 針 )に 対 する 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 羽 村 市 企 画 部 企 画 課 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

3. 取 引 関 係 の 見 直 し 1 随 意 契 約 の 見 直 し 等 各 独 立 行 政 法 人 は 独 立 行 政 法 人 の 契 約 状 況 の 点 検 見 直 しについて ( 平 成 21 年 11 月 17 日 閣 議 決 定 )に 基 づき 策 定 した 随 意 契 約 等 見 直

3. 取 引 関 係 の 見 直 し 1 随 意 契 約 の 見 直 し 等 各 独 立 行 政 法 人 は 独 立 行 政 法 人 の 契 約 状 況 の 点 検 見 直 しについて ( 平 成 21 年 11 月 17 日 閣 議 決 定 )に 基 づき 策 定 した 随 意 契 約 等 見 直 Ⅲ 資 産 運 営 の 見 直 しについて に 係 るフォローアップ 調 査 様 式 ( 様 式 1) 所 管 府 省 名 厚 生 労 働 省 法 人 名 独 立 行 政 法 人 国 立 健 康 栄 養 研 究 所 ( 平 成 26 年 7 月 1 日 現 在 ) 基 本 方 針 の 記 載 Ⅲ 資 産 運 営 の 見 直 しについて 1. 不 要 資 産 の 国 庫 返 納 国 の 資 産 を 有

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

2 ITを 活 用 した 販 売 促 進 計 画 目 標 経 営 改 善 計 画 2(1) 振 興 策 2 インターネット 投 票 などIT 企 業 との 連 携 強 化 により 馬 券 発 売 を 促 進 する 16 IT 関 連 企 業 との 連 携 等 による 馬 券 の 発 売 促 進 17

2 ITを 活 用 した 販 売 促 進 計 画 目 標 経 営 改 善 計 画 2(1) 振 興 策 2 インターネット 投 票 などIT 企 業 との 連 携 強 化 により 馬 券 発 売 を 促 進 する 16 IT 関 連 企 業 との 連 携 等 による 馬 券 の 発 売 促 進 17 金 沢 競 馬 経 営 改 善 計 画 の 振 興 策 等 の 取 組 状 況 評 価 案 ( 平 成 19~21 年 度 ) 1 魅 力 あるレース 番 組 の 提 供 計 画 目 標 経 営 改 善 計 画 2(1) 振 興 策 1 資 料 3 趣 向 を 凝 らしたレースの 実 施 など 魅 力 ある 番 組 編 成 に 取 り 組 む ( 準 メインレースの 導 入 全 国 の 女 性 騎

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63>

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63> すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 ( 平 成 29 年 4 月 1 日 ~ 平 成 34 年 3 月 31 日 分 ) 小 林 市 須 木 庁 舎 地 域 振 興 課 1 すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 すきむらんどの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 等 は この 仕 様 書 ( 以 下 本 仕 様 書 と いう)による

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス 広 島 市 市 営 住 宅 マネジメント 計 画 基 本 方 針 編 ( 素 案 )< 概 要 版 > 平 成 26 年 8 月 広 島 市 住 宅 政 策 課 第 1 章 計 画 の 目 的 等 1 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 一 層 の 高 齢 化 の 進 展 が 見 込 まれること また 高 度 経 済 成 長 期 に 建 設 された 市 営

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案 平 成 24 年 度 事 業 計 画 1. 租 研 をめぐる 環 境 わが 国 は 内 外 の 経 済 社 会 構 造 の 激 しい 変 化 の 中 で 短 期 中 長 期 共 に 多 くの 問 題 に 直 面 し ている 昨 年 発 生 した 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 については 政 府 による 復 興 対 策 や 税 制 特 例 措 置 等 により 今 後 の 日 本 経

More information

神栖市児童館指定管理業務仕様書

神栖市児童館指定管理業務仕様書 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 8 月 茨 城 県 神 栖 市 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 児 童 館 等 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は, 募 集 要 項 のほかこの 仕 様 書 による 第 1 管 理 運 営 の 基 本 方 針 児 童 館 は, 地 域 児 童 の 健

More information

マンション管理組合の業務と理事会の運営

マンション管理組合の業務と理事会の運営 マ ン シ ョ ン 管 理 組 合 の 業 務 と 理 事 会 の 運 営 1 マンション 管 理 組 合 の 組 織 と 業 務 はどうなっているの? 組 織 マンション 管 理 士 荻 原 健 業 務 (マンション 標 準 管 理 規 約 第 32 条 ) 1 管 理 組 合 が 管 理 する 敷 地 及 び 共 用 部 分 等 ( 組 合 管 理 部 分 ) の 保 安 保 全 保 守 清 掃

More information

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73>

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73> 公 的 資 金 補 償 金 免 除 繰 上 償 還 に 係 る 財 政 健 全 化 画 別 添 Ⅰ 基 本 的 事 項 団 体 の 概 要 団 体 名 桑 名 市 国 調 人 口 (H7.0. 現 在 ) 38,963 職 員 数 (H22.. 現 在 ),093 構 成 団 体 名 財 政 再 生 基 準 以 上 早 期 健 全 化 基 準 以 上 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 画 期

More information

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 平 成 25 年 5 月 神 奈 川 県 南 足 柄 市 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革

More information

Microsoft Word - h22_3yosaniinntyouhoukoku.doc

Microsoft Word - h22_3yosaniinntyouhoukoku.doc 平 成 22 年 3 月 18 日 三 田 市 議 会 議 長 檜 田 充 様 予 算 特 別 委 員 会 委 員 長 厚 地 弘 行 予 算 特 別 委 員 会 審 査 報 告 書 本 委 員 会 は 平 成 22 年 3 月 4 日 に 付 託 された 議 案 を 審 査 の 結 果 下 記 のとおり 決 定 した ので 会 議 規 則 第 77 条 の 規 定 により 報 告 します 記 議

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE> Ⅱ 会 計 科 目 の 説 明 (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 区 分 大 科 目 小 科 目 内 容 収 入 学 生 生 徒 等 納 学 則 に 記 載 されている 納 付 金 をいう( 在 学 条 件 として 義 務 的 に の 部 付 金 収 入 又 一 律 に 納 付 すべきものをいう ) 授 業 料 収 入 聴 講 料 補 講 料 教 職 課 程 履 修 費 を 含 む 入 学

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

平成25年度決算への新会計基準の影響

平成25年度決算への新会計基準の影響 平 成 25 年 度 決 算 への 新 会 計 基 準 の 影 響 枚 方 市 上 下 水 道 局 2015/03/31 新 会 計 基 準 適 用 による 決 算 への 影 響 解 説 目 次 平 成 25 年 度 決 算 の 概 況... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 の 特 徴... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 見 直 しの 概 要... 3 借 入 賅 本 金 制 度

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 平 成 28 年 6 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 8 月 12 日 上 場 会 社 名 穴 吹 興 産 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 8928 URL http://www.anabuki.ne.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 穴 吹 忠 嗣 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金 別 表 第 二 ( 第 17 条 関 係 ) 水 道 用 水 供 給 事 業 勘 定 科 目 表 収 益 の 部 款 項 目 節 説 明 細 節 事 業 収 益 すべての 収 益 的 収 入 を 記 載 し 営 業 収 益 営 業 外 収 益 及 び 特 別 利 益 に 区 分 する 営 業 収 益 営 業 外 収 益 給 水 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 の 営 業 収 益 受 取 利

More information

平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 本 財 団 は 本 年 4 月 の 公 益 財 団 法 人 への 移 行 を 機 に 公 益 法 人 として 果 たすべき 社 会 的 使 命 を 自 覚 し 積 極 的 に 公 益 目 的 事 業 を 展 開 していく 平 成 24 年 に 入 ってからの

平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 本 財 団 は 本 年 4 月 の 公 益 財 団 法 人 への 移 行 を 機 に 公 益 法 人 として 果 たすべき 社 会 的 使 命 を 自 覚 し 積 極 的 に 公 益 目 的 事 業 を 展 開 していく 平 成 24 年 に 入 ってからの 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 財 団 法 人 J K A 0 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 本 財 団 は 本 年 4 月 の 公 益 財 団 法 人 への 移 行 を 機 に 公 益 法 人 として 果 たすべき 社 会 的 使 命 を 自 覚 し 積 極 的 に 公 益 目 的 事 業 を 展 開 していく 平 成 24 年 に 入 ってからの 我

More information

夏 休 み 期 間 中 には 家 族 秋 には 女 性 を 現 在 夏 や 秋 のケイバまつりにおいて 対 象 とした 門 別 競 馬 場 見 学 ツアーを 計 画 女 性 や 子 供 向 けのイベントを 実 施 してい してはどうか るところですが ご 提 言 の 趣 旨 を 踏 まえ 家 族 や

夏 休 み 期 間 中 には 家 族 秋 には 女 性 を 現 在 夏 や 秋 のケイバまつりにおいて 対 象 とした 門 別 競 馬 場 見 学 ツアーを 計 画 女 性 や 子 供 向 けのイベントを 実 施 してい してはどうか るところですが ご 提 言 の 趣 旨 を 踏 まえ 家 族 や ( 様 式 第 2 号 道 民 意 見 提 出 手 続 の 意 見 募 集 結 果 ) 第 2 期 北 海 道 競 馬 推 進 プランについて 意 見 募 集 結 果 意 見 の 概 要 意 見 に 対 する 道 の 考 え 方 平 成 28 年 3 月 14 日 映 像 のHD( 高 精 細 ) 化 に 併 せ フォ HD 化 に 伴 い フォントの 改 良 を 含 め ントも 改 良 できないか

More information

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 のあり 方 について ( 答 申 ) 平 成 24 年 7 月 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た

More information

平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結) 平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 4 月 28 日 上 場 会 社 名 京 成 電 鉄 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 9009 URL http://www.keisei.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 三 枝 紀 生 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

添 付 資 料 の 目 次 頁 1. 経 営 成 績 財 政 状 態 に 関 する 分 析 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 分 析 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 分 析 3 (3) 利 益 配 分 に 関 する 基 本 方 針 及 び 当 期 次 期 の 配 当 4 (4) 事 業 等 のリスク 4 2. 経 営 方 針 6 (1) 会 社 の 経 営 の 基 本 方 針 6

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

海外レースの馬券発売をめぐる課題

海外レースの馬券発売をめぐる課題 海 外 レースの 馬 券 発 売 をめぐる 課 題 競 馬 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 農 林 水 産 委 員 会 調 査 室 高 橋 陽 子 はじめに 競 馬 の 国 際 化 の 進 展 等 最 近 の 競 馬 をめぐる 情 勢 の 変 化 に 鑑 み 海 外 で 実 施 される 特 定 の 競 馬 の 競 走 について 日 本 中 央 競 馬 会 等 が 勝 馬 投 票

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816992F990B381459094926C8366815B835E92F990B3816A817595BD90AC3238944E82528C8E8AFA81408C888E5A925A904D816B93FA967B8AEE8F80816C816998418C8B816A817682CC88EA959492F990B382C982C282A282C42E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816992F990B381459094926C8366815B835E92F990B3816A817595BD90AC3238944E82528C8E8AFA81408C888E5A925A904D816B93FA967B8AEE8F80816C816998418C8B816A817682CC88EA959492F990B382C982C282A282C42E646F6378> 平 成 28 年 5 月 23 日 各 位 会 社 名 株 式 会 社 小 林 洋 行 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 細 金 成 光 ( コード 番 号 8742 東 証 第 一 部 ) 問 合 せ 先 取 締 役 業 務 部 長 渡 辺 宏 (TEL 0336643511) ( 訂 正 数 値 データ 訂 正 ) 平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連

More information

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授 さいたま 市 教 育 委 員 会 教 育 長 桐 淵 博 様 2013 年 6 月 6 日 さいたま 市 教 職 員 組 合 執 行 委 員 長 山 本 仁 さいたま 市 の 教 育 施 策 学 校 運 営 並 びに 教 育 条 件 整 備 等 についての 要 求 書 さいたま 市 の 教 育 条 件 の 整 備 等 に 対 する 貴 職 のご 尽 力 に 対 し 敬 意 を 表 します 昨 年 度

More information

1

1 第 3 章 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 3. 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 1 将 来 用 試 算 のための 条 件 現 在 市 が 保 有 している 建 物 借 用 物 件 は 除 くについて 将 来 もそのまま 保 有 し 続 け るために 必 要 となる 用 を 試 算 します ア 建 替 えコストの 考 え 方 1 建 替 え

More information

< E FEE95F18CF68A4A90BF8B8188EA97972E786C73>

< E FEE95F18CF68A4A90BF8B8188EA97972E786C73> 1/41 請 求 書 枝 番 実 施 機 関 所 管 の 名 称 受 付 年 月 日 請 求 内 容 決 定 年 月 日 決 定 内 容 非 公 開 理 由 等 備 考 1 1 市 長 2 2 市 長 3 3 市 長 環 境 部 環 境 対 策 H23.4.1 飲 食 店 の 食 品 営 業 許 可 台 帳 (H23.3 月 分 ) H23.4.6 H23.4.1 飲 食 店 の 食 品 営 業 許

More information

Microsoft Word - 25年度事業計画.docx

Microsoft Word - 25年度事業計画.docx 平 成 25 年 度 事 業 計 画 地 方 競 馬 全 国 協 会 平 成 2 5 年 度 事 業 計 画 Ⅰ 事 業 運 営 の 基 本 的 考 え 方 1. 地 方 競 馬 をめぐる 情 勢 地 方 競 馬 主 催 者 ( 以 下 主 催 者 という )の 経 営 は 長 期 低 迷 する 景 気 や 趣 味 及 びレジャーの 多 様 化 等 の 社 会 状 況 の 変 化 を 背 景 に 平

More information

また 機 構 の 経 営 の 柱 である 賃 貸 住 宅 事 業 におけるメインストックは 昭 和 40 年 代 に 大 量 供 給 されたものであり 将 来 の 人 口 動 態 等 を 踏 まえた 需 給 バラ ンスを 想 定 しつつ 計 画 的 に 投 資 や 再 生 再 編 を 行 っていかな

また 機 構 の 経 営 の 柱 である 賃 貸 住 宅 事 業 におけるメインストックは 昭 和 40 年 代 に 大 量 供 給 されたものであり 将 来 の 人 口 動 態 等 を 踏 まえた 需 給 バラ ンスを 想 定 しつつ 計 画 的 に 投 資 や 再 生 再 編 を 行 っていかな 平 成 26 年 3 月 31 日 経 営 改 善 に 向 けた 取 組 みについて 1 策 定 の 背 景 及 び 目 的 機 構 の 改 革 については これまで 数 次 の 見 直 しが 行 われてきたが その 集 大 成 として 行 政 改 革 推 進 会 議 独 立 行 政 法 人 改 革 等 に 関 する 分 科 会 第 4ワーキン ググループ 報 告 書 ( 平 成 25 年 12 月

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

Microsoft PowerPoint - 090908 ③検討会資料.ppt

Microsoft PowerPoint - 090908 ③検討会資料.ppt 県 営 住 宅 耐 震 性 確 保 策 等 検 討 委 員 会 ( 第 3 回 ) 1 前 回 宿 題 事 項 ( 土 地 の 利 用 状 況 の 追 加 説 明 等 ) 及 び 事 業 シミュレーションについて 2 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 策 定 について 3 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 の 策 定 について 平 成 21 年 9 月 徳 島 県 県 土 整

More information

東 大 震 災 から 復 旧 復 興 を 支 援 しています は 全 国 支 店 に 特 別 相 談 窓 口 を 設 置 すると ともに 東 大 震 災 復 興 特 別 貸 付 及 び 震 災 特 例 資 な ど 各 種 支 援 を 実 施 し 皆 さま 資 相 談 返 済 相 談 に 迅 速 かつ

東 大 震 災 から 復 旧 復 興 を 支 援 しています は 全 国 支 店 に 特 別 相 談 窓 口 を 設 置 すると ともに 東 大 震 災 復 興 特 別 貸 付 及 び 震 災 特 例 資 な ど 各 種 支 援 を 実 施 し 皆 さま 資 相 談 返 済 相 談 に 迅 速 かつ 9 取 組 み 震 災 へ 対 応 実 施 総 合 力 を 発 揮 したお 客 さまサービス 向 上 取 組 み 3 平 成 3 年 度 業 務 概 況 及 び 決 算 概 要 5 資 調 達 7 JFC 東 大 震 災 から 復 旧 復 興 を 支 援 しています は 全 国 支 店 に 特 別 相 談 窓 口 を 設 置 すると ともに 東 大 震 災 復 興 特 別 貸 付 及 び 震 災 特

More information

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道 新 規 / 継 続 継 続 管 渠 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 管 理 課 (0)934-963 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 不 管 渠 下 水 道 法 要 綱 等 5-6 下 水 道 整 備 個 別 計 画 下 水 道 中 期 ビジョン あかし 下 水 道 計 画 ガイド 委 託 指 定 管 理

More information

(2) 歳 入 ( 一 般 会 計 ) 市 税 は 前 年 度 比 2 億 9,877 万 円 率 にして 3.8%の 減 の 74 億 8,924 万 円 を 見 込 んだ 中 でも 法 人 市 民 税 は 税 率 の 引 き 下 げが 通 年 に 及 ぶことに 加 え 新 興 国 経 済 の 景

(2) 歳 入 ( 一 般 会 計 ) 市 税 は 前 年 度 比 2 億 9,877 万 円 率 にして 3.8%の 減 の 74 億 8,924 万 円 を 見 込 んだ 中 でも 法 人 市 民 税 は 税 率 の 引 き 下 げが 通 年 に 及 ぶことに 加 え 新 興 国 経 済 の 景 定 例 記 者 懇 談 会 資 料 3-1 平 成 28 年 2 月 22 日 政 策 協 働 部 財 政 課 0548-23-0054 平 成 28 年 度 牧 之 原 市 当 初 予 算 案 について 1 当 初 予 算 案 の 総 額 予 算 額 ( 前 年 度 比 伸 び 率 ) 一 般 会 計 ( 歳 入 歳 出 ) 194 億 円 ( 6 億 円 3.0%) 特 別 会 計 ( 歳 入

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

目 次 これからの 経 営 の 全 体 像 Ⅰ 長 期 経 営 方 針 1. 当 社 の 存 在 意 義 2.より 魅 力 ある 商 業 空 間 へ 3. 都 市 基 盤 としての 使 命 4. 長 期 経 営 目 標 と 大 規 模 リニューアル 5. 営 業 面 から 見 た 大 規 模 リニュ

目 次 これからの 経 営 の 全 体 像 Ⅰ 長 期 経 営 方 針 1. 当 社 の 存 在 意 義 2.より 魅 力 ある 商 業 空 間 へ 3. 都 市 基 盤 としての 使 命 4. 長 期 経 営 目 標 と 大 規 模 リニューアル 5. 営 業 面 から 見 た 大 規 模 リニュ 大 阪 地 下 街 株 式 会 社 長 期 経 営 方 針 及 び 中 期 経 営 ( 平 成 26~28 28 年 度 ) 平 成 26 年 3 月 目 次 これからの 経 営 の 全 体 像 Ⅰ 長 期 経 営 方 針 1. 当 社 の 存 在 意 義 2.より 魅 力 ある 商 業 空 間 へ 3. 都 市 基 盤 としての 使 命 4. 長 期 経 営 目 標 と 大 規 模 リニューアル

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

(Vol.33) 今 回 は 名 古 屋 競 馬 のキャラクターを 紹 介 します グループ 名 7 な 5 ご 8 や ドリームゲッターズ 7 番 のキャラクター かけるくん 5 番 のキャラクター あたるくん 8 番 のキャラクター ゆめちゃん (ニックネーム) グループ 名 758(なごや)ド

(Vol.33) 今 回 は 名 古 屋 競 馬 のキャラクターを 紹 介 します グループ 名 7 な 5 ご 8 や ドリームゲッターズ 7 番 のキャラクター かけるくん 5 番 のキャラクター あたるくん 8 番 のキャラクター ゆめちゃん (ニックネーム) グループ 名 758(なごや)ド 納 付 金 だより 2006. 2 ( 第 141 号 ) 春 寒 の 候 皆 様 方 には 益 々 御 健 勝 のこととお 慶 び 申 し 上 げます さて 公 営 競 技 納 付 金 は 依 然 として 厳 しい 経 営 状 況 の 中 で 施 行 者 の 皆 様 方 をはじめ 関 係 各 位 の 御 理 解 と 御 協 力 により 1 月 末 までに110 億 円 を 納 付 してい ただいております

More information

C) 長 寿 命 化 と 保 全 費 用 (ア) 他 市 の 事 例 寿 命 年 数 ( 年 ) 自 治 体 そ 学 住 の 校 宅 他 川 崎 市 通 常 長 寿 命 化 保 全 費 ( 億 円 ) 寿 命 年 数 ( 年 ) 保 全 費 ( 億 円 ) 年 平 均 そ 学

C) 長 寿 命 化 と 保 全 費 用 (ア) 他 市 の 事 例 寿 命 年 数 ( 年 ) 自 治 体 そ 学 住 の 校 宅 他 川 崎 市 通 常 長 寿 命 化 保 全 費 ( 億 円 ) 寿 命 年 数 ( 年 ) 保 全 費 ( 億 円 ) 年 平 均 そ 学 資 料 2-1 長 寿 命 化 について A) 施 設 の 耐 用 年 数 について (ア) 減 価 償 却 資 産 の 耐 用 年 数 については 国 税 庁 から 下 表 のように 公 表 されており 耐 用 年 数 としての 基 準 と 考 えることが 出 来 る 減 価 償 却 資 産 の 耐 用 年 数 表 ( 国 税 庁 )より 抜 粋 鉄 骨 鉄 筋 コンクリート 造 鉄 筋 事 務

More information

概況

概況 平 成 27 年 7 月 2 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 世 帯 統 計 室 室 長 中 村 年 宏 室 長 補 佐 松 下 英 嗣 ( 担 当 内 線 ) 世 帯 担 当 国 民 生 活 基 礎 統 計 第 一 係 (7587) 所 得 担 当 国 民 生 活 基 礎 統 計 第 二 係 (7588) ( 電 話 代 表 )03(5253)1111

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

表1_4

表1_4 2010 2 4 9 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 46 50 52 54 55 56 58 70 110 111 113 114 117 118 120 121 124 131 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 1,318 64.6 19 39.2 42 64 747.7

More information

9 キャッシュ フロー 計 算 書 の 導 入 10 勘 定 科 目 等 の 見 直 し 11 組 入 資 本 金 制 度 の 廃 止 ( 資 本 制 度 の 見 直 しの 積 み 残 し) 財 務 諸 表 趣 旨 見 直 し 項 目 1 貸 借 対 照 表 財 産 状 態 の 適 切 な 反 映

9 キャッシュ フロー 計 算 書 の 導 入 10 勘 定 科 目 等 の 見 直 し 11 組 入 資 本 金 制 度 の 廃 止 ( 資 本 制 度 の 見 直 しの 積 み 残 し) 財 務 諸 表 趣 旨 見 直 し 項 目 1 貸 借 対 照 表 財 産 状 態 の 適 切 な 反 映 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 改 正 概 要 について < 趣 旨 > 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 改 正 については 総 務 省 資 料 では4つの 背 景 を 掲 げ ているが その 趣 旨 は 公 営 企 業 が 経 営 の 実 態 をより 正 確 に 把 握 し それに 基 づいた 経 営 戦 略 を 立 てることができるようにするとともに その 戦 略 を 主 体

More information

第25回税制調査会 総25-1

第25回税制調査会 総25-1 平 27.10.27 総 2 5-1 説 明 資 料 相 続 税 贈 与 税 平 成 27 年 10 月 27 日 ( 火 ) 財 務 省 目 次 1. 資 産 課 税 をめぐる 経 済 社 会 構 造 の 変 化 1 家 計 における 資 産 形 成 の 変 容 4 相 続 の 変 容 13 今 後 の 人 口 動 態 の 見 通 し 27 2. 相 続 税 の 現 状 30 3. 贈 与 税 の

More information

<4D F736F F D F8CF08FC295FB8EAE834B CA982A68FC182B594C5816A>

<4D F736F F D F8CF08FC295FB8EAE834B CA982A68FC182B594C5816A> 国 土 交 通 省 直 轄 工 事 における 技 術 提 案 交 渉 方 式 の 運 用 ガイドライン 平 成 27 年 6 月 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 地 方 課 大 臣 官 房 技 術 調 査 課 大 臣 官 房 官 庁 営 繕 部 計 画 課 目 次 1. 本 運 用 ガイドラインの 位 置 付 け... 1 1.1 背 景 及 び 目 的... 1 1.2 本 運 用 ガイドラインの

More information

ホッカイドウ競馬のご紹介

ホッカイドウ競馬のご紹介 平 成 26 年 度 第 2 回 北 海 道 地 方 競 馬 運 営 委 員 会 参 考 資 料 1 はじめに ホッカイドウ 競 馬 のご 紹 介 拓 道 庁 が 競 馬 を 始 めたのは 昭 和 23 年 戦 後 の 復 興 期 のもと 娯 楽 が 少 ない 中 での 競 馬 開 催 に 多 くの 道 民 が 詰 めかけたとされています 開 始 から290 億 円 を 一 般 会 計 に 繰 り

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

2. 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

2. 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1. 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 ) (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 平 成 25 年 度 人 件 費 とは 一 般 職 の 給 料 諸 手 当 退 職 手 当 共 済 組 合 負 担 金 公 務 災 害 補 償 費 のほか 市 議 員 等 特 別 職 の 給 料 報 酬 などを 含 みます ( 注 ) 1.

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

目 次 はじめに... 1 1. 背 景 と 目 的... 1 2. 計 画 の 位 置 づけ... 1 3. 計 画 期 間... 1 4. 計 画 の 対 象... 2 Ⅰ 公 共 施 設 等 の 現 状 と 課 題... 3 1. 本 市 の 現 状... 3 2. 公 共 施 設 の 現 状

目 次 はじめに... 1 1. 背 景 と 目 的... 1 2. 計 画 の 位 置 づけ... 1 3. 計 画 期 間... 1 4. 計 画 の 対 象... 2 Ⅰ 公 共 施 設 等 の 現 状 と 課 題... 3 1. 本 市 の 現 状... 3 2. 公 共 施 設 の 現 状 志 木 市 公 共 施 設 等 マネジメント 戦 略 ( 志 木 市 公 共 施 設 等 総 合 管 理 計 画 ) 平 成 27 年 8 月 志 木 市 目 次 はじめに... 1 1. 背 景 と 目 的... 1 2. 計 画 の 位 置 づけ... 1 3. 計 画 期 間... 1 4. 計 画 の 対 象... 2 Ⅰ 公 共 施 設 等 の 現 状 と 課 題... 3 1. 本 市

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

平 成 2 8 年 度 事 業 計 画 I 事 業 運 営 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 地 方 競 馬 をめぐる 情 勢 これまで 地 方 競 馬 は 国 民 に 対 する 健 全 なレクリエーションを 提 供 するととも に 競 馬 開 催 の 売 上 げを 活 用 した 畜 産 振 興

平 成 2 8 年 度 事 業 計 画 I 事 業 運 営 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 地 方 競 馬 をめぐる 情 勢 これまで 地 方 競 馬 は 国 民 に 対 する 健 全 なレクリエーションを 提 供 するととも に 競 馬 開 催 の 売 上 げを 活 用 した 畜 産 振 興 平 成 28 年 度 事 業 計 画 地 方 競 馬 全 国 協 会 平 成 2 8 年 度 事 業 計 画 I 事 業 運 営 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 地 方 競 馬 をめぐる 情 勢 これまで 地 方 競 馬 は 国 民 に 対 する 健 全 なレクリエーションを 提 供 するととも に 競 馬 開 催 の 売 上 げを 活 用 した 畜 産 振 興 や 各 自 治 体 の 財 政

More information

目 次 はじめに 1. 主 な 事 業 の 成 果 P2 2. 一 般 会 計 の 決 算 状 況 (1) 歳 入 の 状 況 P8 (2) 歳 出 の 状 況 ( 目 的 別 決 算 ) P9 (3) 歳 出 の 状 況 ( 性 質 別 決 算 ) P10 3. 財 政 指 標 等 (1) 財 政

目 次 はじめに 1. 主 な 事 業 の 成 果 P2 2. 一 般 会 計 の 決 算 状 況 (1) 歳 入 の 状 況 P8 (2) 歳 出 の 状 況 ( 目 的 別 決 算 ) P9 (3) 歳 出 の 状 況 ( 性 質 別 決 算 ) P10 3. 財 政 指 標 等 (1) 財 政 わかりやすい 下 関 市 の 決 算 書 ~ 平 成 23 年 度 版 ~ 下 関 市 目 次 はじめに 1. 主 な 事 業 の 成 果 P2 2. 一 般 会 計 の 決 算 状 況 (1) 歳 入 の 状 況 P8 (2) 歳 出 の 状 況 ( 目 的 別 決 算 ) P9 (3) 歳 出 の 状 況 ( 性 質 別 決 算 ) P10 3. 財 政 指 標 等 (1) 財 政 力 指 数

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

) 1. 2. [ ] [ ] 個 別 決 算 4 貸 借 対 照 表 平 成 25 年 3 月 31 日 資 産 の 部 本 州 四 国 連 絡 高 速 道 路 株 式 会 社 ( 単 位 : 百 万 円 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 10,721 高 速 道 路 事 業 営 業 未 収 入 金 5,882 未 収 入 金 144 未 収 還

More information

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 の 手 引 き 横 浜 市 健 康 福 祉 局 監 査 課 電 話 045(671)4195 FAX 045(662)1658 E- mail kf-kansa-shomu@city.yokohama.jp 平 成 25 年 7 月 改 訂 目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

(1) 再 々 開 発 を 行 う 際 の 施 行 区 域 要 件 ( 都 市 再 開 発 法 第 3 条 第 3 号 要 件 )について 再 開 発 ビルは 1 権 利 者 ( 区 分 所 有 者 )が 多 数 存 在 することや 2 複 合 用 途 で 構 成 されていること また 3 地 上

(1) 再 々 開 発 を 行 う 際 の 施 行 区 域 要 件 ( 都 市 再 開 発 法 第 3 条 第 3 号 要 件 )について 再 開 発 ビルは 1 権 利 者 ( 区 分 所 有 者 )が 多 数 存 在 することや 2 複 合 用 途 で 構 成 されていること また 3 地 上 市 街 地 再 開 発 事 業 の 今 後 の 展 開 に 関 する 検 討 会 ワーキンググループにおける 検 討 概 要 目 的 再 開 発 ビルの 再 生 ( 建 替 え リニューアル 等 )について 具 体 地 区 における 課 題 を 洗 い 出 し 必 要 な 方 策 等 について 検 討 を 行 うとともに 必 要 に 応 じて 国 に 制 度 提 案 等 を 行 う 検 討 地 区

More information

(3) 国 県 支 出 金 22 億 9,950 万 8 千 円 (715,189 千 円 45.1 45.1% 増 ) 国 庫 支 出 金 は 安 全 安 心 な 学 校 づくり 交 付 金 の 減 はあるものの 下 釜 山 岸 線 整 備 事 業 費 補 助 金 の 増 や 子 ども 手 当 交

(3) 国 県 支 出 金 22 億 9,950 万 8 千 円 (715,189 千 円 45.1 45.1% 増 ) 国 庫 支 出 金 は 安 全 安 心 な 学 校 づくり 交 付 金 の 減 はあるものの 下 釜 山 岸 線 整 備 事 業 費 補 助 金 の 増 や 子 ども 手 当 交 平 成 22 年 度 寒 河 江 市 一 般 会 計 当 初 予 算 ( 案 )の 概 要 予 算 規 模 (22 年 2 月 19 日 現 在 ) 一 般 会 計 当 初 予 算 額 対 前 年 度 比 147 億 6 千 万 円 7 億 円 5.0% 増 (3 年 連 続 で 増 ) 平 成 22 年 度 予 算 のポイント 予 算 編 成 上 の 重 点 テーマ 緊 急 雇 用 創 出 事 業

More information