内 容 はじめに... 1 第 1 章 名 古 屋 競 馬 の 概 況 名 古 屋 競 馬 の 沿 革... 2 (1) 歴 史... 2 (2) 愛 知 県 競 馬 組 合 の 施 設... 2 (3) 愛 知 県 競 馬 組 合 及 び 競 馬 関 係 者 の 状 況

Size: px
Start display at page:

Download "内 容 はじめに... 1 第 1 章 名 古 屋 競 馬 の 概 況... 2 1 名 古 屋 競 馬 の 沿 革... 2 (1) 歴 史... 2 (2) 愛 知 県 競 馬 組 合 の 施 設... 2 (3) 愛 知 県 競 馬 組 合 及 び 競 馬 関 係 者 の 状 況... 3 2"

Transcription

1 ( 案 ) 名 古 屋 競 馬 の 経 営 改 革 に 関 する 検 討 結 果 報 告 書 平 成 25 年 月 名 古 屋 競 馬 経 営 改 革 委 員 会 ( 注 ) 24 年 度 決 算 額 は 未 確 定 のため 仮 置 きで 23 年 度 の 数 字 となっている 箇 所 が 一 部 ある

2 内 容 はじめに... 1 第 1 章 名 古 屋 競 馬 の 概 況 名 古 屋 競 馬 の 沿 革... 2 (1) 歴 史... 2 (2) 愛 知 県 競 馬 組 合 の 施 設... 2 (3) 愛 知 県 競 馬 組 合 及 び 競 馬 関 係 者 の 状 況 名 古 屋 競 馬 の 開 催 状 況 名 古 屋 競 馬 が 果 たしてきた 役 割... 5 (1) 地 方 財 政 への 寄 与... 5 (2) 畜 産 振 興 への 寄 与... 5 (3) 健 全 なレジャーの 提 供... 5 (4) 就 業 機 会 の 提 供 など 地 域 経 済 への 貢 献... 6 第 2 章 名 古 屋 競 馬 の 現 状 と 課 題 愛 知 県 競 馬 組 合 の 経 営 状 況 これまでの 取 組 ( 平 成 17 年 度 以 降 )... 8 (1) 売 上 振 興... 8 (2) 経 費 削 減... 9 (3) 制 度 見 直 し 直 面 する 課 題 (1) 収 支 の 悪 化 (2) 建 物 設 備 の 老 朽 化 (3) 払 戻 率 の 自 由 化 (4) 専 門 家 の 退 職 と 確 保 収 支 見 通 し (1) 経 営 シミュレーション 結 果 (2) 廃 止 した 場 合 に 必 要 となる 費 用 の 推 計 第 3 章 名 古 屋 競 馬 の 経 営 改 革 ( 今 後 の 展 開 方 向 ) 項 目 別 の 収 支 目 標 値 の 設 定 と 期 中 の 収 支 管 理 経 費 削 減 (1) 人 件 費 (2) 各 種 契 約 の 見 直 し (3) 補 助 金 の 見 直 し (4) 広 告 販 売 促 進 費... 21

3 (5) 賞 金 諸 手 当 適 切 な 開 催 日 数 の 設 定 収 入 増 の 取 組 (1) 本 場 顧 客 へのサービス 向 上 と 集 客 (2) インターネット 顧 客 へのサービス (3) 注 目 される 競 馬 場 魅 力 あるレース (4) 関 連 収 入 の 拡 大 地 域 貢 献 イメージアップ ガバナンスの 確 立 馬 関 係 者 と 経 営 情 報 の 共 有 施 設 整 備 と 資 金 調 達 第 4 章 競 馬 事 業 への 提 言 資 料 編... 29

4 はじめに 愛 知 県 内 における 公 営 競 馬 は 昭 和 23 年 以 来 多 くの 県 民 に 親 しまれ 収 益 をあげることにより 地 方 財 政 に 大 きく 貢 献 してきた しかし バブル 崩 壊 後 の 可 処 分 所 得 の 伸 び 悩 みや レジャーの 多 様 化 等 により 売 上 額 は 平 成 4 年 度 以 降 減 少 の 一 途 を 辿 り 単 年 度 収 支 も 赤 字 が 続 き 平 成 15 年 度 末 には 累 積 赤 字 額 が 約 37 億 円 にまで 膨 らんだ このような 事 態 に 対 して 平 成 16 年 度 愛 知 県 競 馬 組 合 の 構 成 団 体 である 愛 知 県 名 古 屋 市 及 び 豊 明 市 が 一 体 となって 名 古 屋 競 馬 のあり 方 懇 談 会 を 設 置 し 同 懇 談 会 が 名 古 屋 競 馬 の 今 後 のあり 方 に 関 する 提 言 を 行 った 提 言 では もはや 経 営 再 建 は 困 難 であり 廃 止 を 決 断 すべきである とい う 意 見 と 経 営 改 善 の 可 能 性 があるならば 存 続 の 途 を 探 るべきとして 期 限 を 設 けて 再 建 のために 最 大 限 努 力 し 再 建 が 困 難 となれば 速 やかに 廃 止 を 決 断 する という 二 つの 意 見 が 併 記 された この 提 言 を 受 け 構 成 団 体 では 平 成 17 年 度 から 19 年 度 までの3 年 間 の 経 営 状 況 をもって 存 廃 の 検 討 を 行 う こととし その 結 果 単 年 度 収 支 が 黒 字 化 し その 後 も 黒 字 が 見 込 まれたことなどから 構 成 団 体 は 平 成 19 年 11 月 に 継 続 を 決 定 した しかし その 後 リーマンショックによる 経 済 の 低 迷 の 影 響 等 により 平 成 22 年 度 決 算 では 2 億 8 千 万 円 余 の 赤 字 ( 基 金 取 り 崩 しによる 補 てん 前 の 実 質 収 支 は 3 億 5 千 万 円 の 赤 字 )となったため 平 成 24 年 度 に 名 古 屋 競 馬 経 営 改 革 委 員 会 が 組 織 された 当 委 員 会 の 役 割 は 名 古 屋 競 馬 の 経 営 改 革 について 幅 広 く 検 討 し 愛 知 県 競 馬 組 合 の 構 成 団 体 に 経 営 改 革 等 の 方 策 を 提 言 することである 平 成 24 年 4 月 に 第 1 回 を 開 催 して 以 来 7 回 の 会 議 と 回 の 作 業 部 会 を 開 催 し 過 去 の 提 言 内 容 への 対 応 状 況 に 始 まり その 後 の 情 勢 の 変 化 や 競 馬 組 合 の 経 営 改 善 への 取 組 などを 幅 広 く 調 査 分 析 するとともに 名 古 屋 競 馬 場 及 び 弥 富 トレーニン グセンターの 現 地 調 査 競 馬 関 係 者 との 意 見 交 換 なども 行 い 公 益 財 団 法 人 あ いち 産 業 振 興 機 構 による 競 馬 組 合 の 経 営 診 断 結 果 も 踏 まえながら 議 論 を 重 ね さまざまな 角 度 から 検 討 を 行 ってきた 以 下 は その 検 討 の 結 果 を 取 りまとめたものである - 1 -

5 第 1 章 名 古 屋 競 馬 の 概 況 1 名 古 屋 競 馬 の 沿 革 (1) 歴 史 昭 和 23 年 県 営 競 馬 名 古 屋 市 営 競 馬 の 第 1 回 が 岡 崎 競 馬 場 で 開 催 された 当 時 名 古 屋 地 域 には 競 馬 場 がなかったため 名 古 屋 地 域 に 競 馬 場 を 設 置 する ことが 検 討 され 昭 和 24 年 4 月 愛 知 県 と 名 古 屋 市 が 名 古 屋 競 馬 場 管 理 組 合 を 設 立 し 同 組 合 が 現 在 の 名 古 屋 競 馬 場 所 在 地 である 名 古 屋 市 港 区 土 古 町 地 内 に 競 馬 場 を 建 設 した その 後 県 国 から 指 定 を 受 けた 市 町 村 が 主 催 者 となり 同 組 合 から 競 馬 場 施 設 を 賃 借 して 競 馬 を 開 催 してきた また 中 京 競 馬 場 にお いても 国 営 競 馬 ( 後 の 中 央 競 馬 )に 支 障 のない 範 囲 で 地 方 競 馬 の 開 催 が 行 わ れてきた 競 馬 場 周 辺 の 発 展 に 伴 い 環 境 衛 生 等 の 問 題 解 消 を 図 るため 名 古 屋 競 馬 場 管 理 組 合 が 昭 和 52 年 に 競 馬 場 から 南 西 へ 約 10km の 海 部 郡 弥 富 町 ( 現 在 の 弥 富 市 )に 弥 富 トレーニングセンターを 開 設 し 競 馬 場 周 辺 から 厩 舎 を 移 転 した 昭 和 61 年 4 月 競 馬 開 催 体 制 の 一 元 化 を 図 るため 施 設 管 理 者 である 名 古 屋 競 馬 場 管 理 組 合 と 施 行 者 ( 愛 知 県 名 古 屋 市 及 び 豊 明 市 )が 一 体 となった 組 織 機 構 のもとで 事 業 を 運 営 する 愛 知 県 競 馬 組 合 を 発 足 させ 現 在 に 至 ってい る なお 愛 知 県 競 馬 組 合 が 名 古 屋 競 馬 場 において 実 施 する 競 馬 を 名 古 屋 競 馬 という 昭 和 23 年 9 月 昭 和 24 年 4 月 昭 和 24 年 5 月 昭 和 52 年 3 月 昭 和 61 年 4 月 岡 崎 競 馬 場 で 県 営 第 1 回 競 馬 を 開 催 名 古 屋 競 馬 場 管 理 組 合 設 立 ( 愛 知 県 名 古 屋 市 による 一 部 事 務 組 合 ) 名 古 屋 競 馬 場 竣 工 弥 富 トレーニングセンター 開 所 名 古 屋 競 馬 場 管 理 組 合 を 改 組 し 愛 知 県 競 馬 組 合 設 立 ( 愛 知 県 名 古 屋 市 豊 明 市 による 一 部 事 務 組 合 ) (2) 愛 知 県 競 馬 組 合 の 施 設 名 古 屋 競 馬 場 所 在 地 名 古 屋 市 港 区 泰 明 町 1 丁 目 1 番 地 敷 地 面 積 206,528 m2 収 容 人 員 5,632 人 - 2 -

6 馬 場 一 周 1,100m 無 料 駐 車 場 951 台 弥 富 トレーニングセンター 所 在 地 弥 富 市 駒 野 町 1 番 地 敷 地 面 積 764,022 m2 厩 舎 馬 房 数 1,160 馬 房 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 の 在 籍 馬 509 頭 ) 専 用 場 外 発 売 所 中 京 競 馬 場 場 外 発 売 所 ( 賃 貸 ) 平 成 6 年 6 月 開 所 所 在 地 豊 明 市 間 米 町 敷 田 1225 弥 富 場 外 発 売 所 サンアール 弥 富 平 成 12 年 10 月 開 所 所 在 地 弥 富 市 駒 野 町 1 番 地 弥 富 トレーニングセンター 内 磯 部 場 外 発 売 所 サンアール 磯 部 (オーナー 方 式 ) 平 成 13 年 5 月 開 所 所 在 地 三 重 県 志 摩 市 磯 部 町 穴 川 511 番 地 の5 大 須 場 外 発 売 所 サンアール 大 須 ( 賃 貸 ) 平 成 19 年 12 月 開 所 所 在 地 名 古 屋 市 中 区 大 須 三 丁 目 (3) 愛 知 県 競 馬 組 合 及 び 競 馬 関 係 者 の 状 況 競 馬 開 催 に 携 わる 関 係 者 としては 愛 知 県 競 馬 組 合 職 員 76 名 のほかに 調 教 師 及 び 調 教 師 補 佐 39 名 騎 手 23 名 きゅう 務 員 86 名 馬 主 200 名 などと なっている 愛 知 県 競 馬 組 合 職 員 数 (H 現 在 ) ( 人 ) 正 規 職 員 再 任 用 臨 時 雇 用 嘱 託 員 固 有 県 派 遣 計 職 員 職 員 合 計 競 馬 関 係 者 数 (H 現 在 ) ( 人 ) 調 教 師 調 教 師 補 佐 騎 手 厩 務 員 馬 主

7 2 名 古 屋 競 馬 の 開 催 状 況 平 成 24 年 度 の 開 催 状 況 は 次 のとおりである 開 催 回 数 27 回 原 則 として 隔 週 で 笠 松 競 馬 と 交 互 に 開 催 開 催 日 数 122 日 / 年 間 日 程 月 ~ 金 の 平 日 ( 週 4~5 日 ) 入 場 者 数 996,728 人 売 上 額 15,131,836,500 円 過 去 の 開 催 状 況 は 次 のとおりである (2000 年 以 前 は 5 年 ごと) 愛 知 県 内 の 地 方 競 馬 における 開 催 回 数 年 度 別 成 績 一 般 会 計 繰 出 金 年 度 開 催 回 数 ( 回 ) 入 場 者 ( 千 人 ) 売 上 額 ( 百 万 円 ) 一 般 会 計 繰 出 金 ( 百 万 円 ) 1948( 昭 和 23) ( 昭 和 25) ( 昭 和 30) ( 昭 和 35) , ( 昭 和 40) 26 1,196 11,983 1, ( 昭 和 45) 21 2,057 28,512 3, ( 昭 和 50) 28 2,613 68,354 3, ( 昭 和 55) 28 1,938 66,209 3, ( 昭 和 60) 28 1,135 43, ( 平 成 2) 28 1,191 58, ( 平 成 7) 28 1,106 40, ( 平 成 12) 28 1,077 30, ( 平 成 13) 28 1,082 29, ( 平 成 14) 27 1,066 26, ( 平 成 15) , ( 平 成 16) , ( 平 成 17) , ( 平 成 18) , ( 平 成 19) , ( 平 成 20) 27 1,101 18, ( 平 成 21) 27 1,141 19, ( 平 成 22) 28 1,089 16, ( 平 成 23) 26 1,053 14, ( 平 成 24) ,132 0 入 場 者 累 計 75,789 千 人 ( 最 高 昭 和 49 年 度 2,924 千 人 ) 売 上 額 累 計 1,927,005 百 万 円 ( 最 高 昭 和 49 年 度 73,525 百 万 円 ) 一 般 会 計 繰 出 金 累 計 61,864 百 万 円 ( 最 高 昭 和 49 年 度 6,714 百 万 円 ) - 4 -

8 3 名 古 屋 競 馬 が 果 たしてきた 役 割 (1) 地 方 財 政 への 寄 与 競 馬 法 では 競 馬 の 収 益 をもって 畜 産 の 振 興 社 会 福 祉 の 増 進 医 療 の 普 及 教 育 文 化 の 発 展 スポーツの 振 興 及 び 災 害 の 復 旧 のための 施 策 を 行 うの に 必 要 な 経 費 の 財 源 に 充 てるよう 努 める と 規 定 ( 第 23 条 の9)されている 愛 知 県 における 地 方 競 馬 も 過 去 に 収 益 金 を 構 成 団 体 へ 繰 出 金 として 拠 出 することにより 地 方 財 政 へ 寄 与 してきた 県 内 地 方 競 馬 事 業 全 体 の 地 方 財 政 へ の 繰 出 金 は 昭 和 23 年 度 から 現 在 まで 累 計 で 約 618 億 円 にのぼり 昭 和 49 年 度 には 単 年 度 で 最 高 額 の 約 67 億 円 を 拠 出 した 累 計 約 618 億 円 のうち 愛 知 県 には 約 350 億 円 名 古 屋 市 へ 約 186 億 円 豊 明 市 へ 約 43 億 円 豊 橋 市 始 め 10 市 町 村 へ 約 39 億 円 が 配 分 され この 繰 出 金 は 畜 産 振 興 社 会 福 祉 及 び 教 育 文 化 の 発 展 等 に 活 用 されており 各 自 治 体 の 財 政 に 大 きく 貢 献 してきた 愛 知 県 への 繰 出 金 約 350 億 円 のうち 約 169 億 円 は 名 古 屋 市 豊 明 市 を 除 く 86 市 町 村 に 市 町 村 助 成 交 付 金 として 昭 和 44 年 度 から 56 年 度 までと 平 成 4 年 度 及 び 5 年 度 に 交 付 された また 売 得 金 ( 馬 券 の 売 上 額 から 返 還 金 を 引 いたもの)の 一 定 割 合 を 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 ( 旧 公 営 企 業 金 融 公 庫 )に 納 付 することとされており その 納 付 実 績 は 競 馬 組 合 が 発 足 した 昭 和 61 年 以 降 約 88 億 円 ( 単 年 度 収 支 が 赤 字 の 場 合 は 翌 年 度 に 還 付 される 還 付 実 績 約 37 億 円 )にのぼる この 納 付 金 は 地 方 公 共 団 体 に 係 る 地 方 債 の 利 子 軽 減 に 活 用 され 地 方 財 政 にも 間 接 的 に 寄 与 している (2) 畜 産 振 興 への 寄 与 売 得 金 の 一 部 を 地 方 競 馬 全 国 協 会 へ 交 付 金 を 交 付 することによって 畜 産 振 興 等 へ 寄 与 しており その 交 付 実 績 は 昭 和 61 年 度 以 降 約 73 億 円 にのぼる この 交 付 金 は 全 国 の 馬 の 改 良 増 殖 その 他 畜 産 振 興 事 業 に 活 用 されている 交 付 金 を 財 源 として 平 成 24 年 度 までに 愛 知 県 の 畜 産 振 興 のために 約 10 億 円 の 補 助 金 が 交 付 されている (3) 健 全 なレジャーの 提 供 名 古 屋 競 馬 場 は 所 在 地 の 地 域 名 を 冠 して 土 古 (どんこ) 競 馬 場 の 愛 称 でファンから 親 しまれている 平 成 24 年 度 の1 日 平 均 入 場 者 数 は 1,576 人 と なっており 地 域 に 根 づいたレジャー 提 供 の 場 となっている かつて 人 々の 生 活 と 関 わりの 深 かった 馬 の 姿 を 眼 前 にしながら 勝 ち 馬 の 推 理 を 楽 しんでもら - 5 -

9 うことによる 健 全 なレジャー 提 供 と 地 域 の 馬 事 文 化 を 継 承 する 側 面 も 併 せ 持 ってきたと 言 える また ホースセラピーのイベントの 実 施 や 競 馬 場 のコー スを 利 用 した 市 民 参 加 のマラソン 大 会 に 場 所 を 提 供 するなど 競 馬 場 をより 身 近 に 感 じてもらえるような 取 組 も 積 極 的 に 行 っている また 競 馬 場 会 館 の 体 育 館 は 地 元 住 民 に 無 料 で 開 放 している (4) 就 業 機 会 の 提 供 など 地 域 経 済 への 貢 献 競 馬 の 開 催 により 調 教 師 騎 手 厩 務 員 など 競 馬 関 係 者 に 対 して 直 接 的 な 就 業 機 会 を 提 供 し 雇 用 の 場 を 確 保 するとともに 競 馬 施 行 に 必 要 となる 警 備 業 務 清 掃 業 務 などを 通 じた 雇 用 や 競 馬 ファンを 対 象 とした 飲 食 業 や 運 輸 業 な ど 間 接 的 なものも 含 め 地 域 の 雇 用 や 経 済 に 長 年 にわたり 貢 献 してきている - 6 -

10 第 2 章 名 古 屋 競 馬 の 現 状 と 課 題 1 愛 知 県 競 馬 組 合 の 経 営 状 況 平 成 16 年 度 の 名 古 屋 競 馬 のあり 方 懇 談 会 の 提 言 を 受 けて 組 合 が 平 成 17 年 に 策 定 した 愛 知 県 競 馬 組 合 経 営 再 建 計 画 及 び 平 成 20 年 に 策 定 した 中 期 振 興 計 画 に 基 づき 積 極 的 な 振 興 策 に 取 り 組 んだ 結 果 景 気 の 持 ち 直 しの 影 響 もあり 平 成 17 年 度 から 平 成 20 年 度 までは 基 金 取 崩 し 前 の 実 質 収 支 にお いても 単 年 度 黒 字 を 確 保 し 累 積 赤 字 を 削 減 してきたことは 評 価 できる しか し 平 成 20 年 9 月 のリーマンショックによる 景 気 の 急 速 な 後 退 の 影 響 などによ り 平 成 21 年 度 以 降 は 再 び 収 支 が 悪 化 している 年 度 の 単 年 度 収 支 の 黒 字 は 基 金 を 取 り 崩 したことによるものであり 実 質 収 支 は 21 年 度 以 後 年 連 続 で 赤 字 であり 中 期 振 興 計 画 で 目 標 とした 単 年 度 黒 字 の 確 保 と 累 積 赤 字 の 削 減 は 達 成 できていない 平 成 16 年 度 以 後 の 経 営 状 況 単 位 百 万 円 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 馬 券 売 上 17,219 17,888 17,050 18,772 18,572 19,454 16,049 14,692 15,132 単 年 度 収 支 実 質 収 支 累 積 赤 字 4,005 3,959 3,927 3,863 3,698 3,695 3,978 3,976 基 金 残 高 実 質 収 支 に 基 金 取 り 崩 しによる 補 てんを 反 映 させた 後 の 収 支 なお JRAと 地 方 競 馬 の 連 携 により 平 成 24 年 10 月 からはJRAのイン ターネット 投 票 システムである IPAT を 利 用 した 名 古 屋 競 馬 の 馬 券 の 発 売 が 開 始 され 平 成 25 年 4 月 からは 名 古 屋 競 馬 においてJRAの 馬 券 の 受 託 発 売 が 始 まり 手 数 料 収 入 が 得 られることとなった ( 参 考 ) 他 の 地 方 競 馬 や 公 営 競 技 の 状 況 地 方 競 馬 では 平 成 23 年 度 に 荒 尾 競 馬 が 平 成 24 年 度 に 福 山 競 馬 が 廃 止 さ れ 現 在 では 14 の 主 催 者 が 15 か 所 で 競 馬 を 実 施 している 地 方 競 馬 全 体 の 売 得 金 額 は 平 成 3 年 度 の 約 9,800 億 円 をピークに 減 少 し 平 成 23 年 度 の 売 得 金 額 は 約 3,300 億 円 でピーク 時 の 34%まで 低 下 している 地 方 競 馬 の 主 たる 目 的 は 地 方 財 政 への 貢 献 であるが 平 成 23 年 度 に 構 成 団 体 - 7 -

11 への 繰 出 を 行 ったのは2 主 催 者 のみであり 多 くの 主 催 者 は 地 方 財 政 に 寄 与 で きていない 状 況 である また 日 本 中 央 競 馬 会 (JRA)の 売 得 金 額 は 平 成 9 年 の 約 4 兆 円 をピー クに 減 少 が 続 いてきた 平 成 24 年 は 15 年 ぶりに 前 年 を 上 回 ったものの 売 得 額 は 約 2 兆 3,900 億 円 でピーク 時 の 60%まで 低 下 している なお 競 馬 以 外 の 公 営 競 技 として 競 輪 競 艇 オートレースがあるが い ずれも 平 成 3 年 度 が 売 得 額 のピークとなっており 以 降 ほぼ 毎 年 売 得 額 の 減 少 が 続 いている 平 成 23 年 度 の 売 得 金 額 は ピーク 時 に 対 し 競 輪 が 32% 競 艇 が 42% オートレースが 24%となっている 40,000 35,000 30,000 25,000 20,000 15,000 10,000 5,000 公 営 競 技 売 得 金 額 の 推 移 JRA 地 方 競 馬 競 輪 競 艇 オート 0 H ( 注 )JRAのみ 暦 年 他 の 公 営 競 技 は4~3 月 2 これまでの 取 組 ( 平 成 17 年 度 以 降 ) (1) 売 上 振 興 競 馬 組 合 では 愛 知 県 競 馬 組 合 経 営 再 建 計 画 (H17) 中 期 振 興 計 画 (H20)に 基 づき 次 のような 売 上 振 興 策 を 実 施 してきた 特 に 近 年 では ネット 売 上 の 増 やIPAT 開 始 に 合 わせて ネット 顧 客 のための 購 入 促 進 策 を 充 実 してい る 平 成 17 年 度 3 連 勝 式 勝 馬 投 票 券 の 発 売 - 8 -

12 JBC 競 走 の 開 催 競 馬 場 施 設 のリニューアル インターネットによる 馬 券 発 売 映 像 配 信 平 成 19 年 度 大 須 にミニ 場 外 発 売 所 を 開 設 平 成 21 年 度 JBC 競 走 の 開 催 大 型 映 像 装 置 の 改 修 平 成 23 年 度 CS 放 送 による 無 料 実 況 中 継 (4レースから) ケーブルテレビによるダイジェスト 放 送 ホームページのリニューアル 平 成 24 年 度 全 国 初 となるホームページ 上 での 競 馬 専 門 紙 による 無 料 予 想 表 付 き 出 走 表 の 配 信 ユーストリームによる 競 馬 実 況 中 継 JRAのインターネット 発 売 システムであるIPATによる 馬 券 発 売 平 成 25 年 度 名 古 屋 競 馬 場 及 び 磯 部 場 外 において JRAの 馬 券 の 受 託 発 売 CS 放 送 による 全 レース 無 料 実 況 中 継 スポーツ 紙 への 馬 柱 掲 載 の 全 国 展 開 (2) 経 費 削 減 ア 人 件 費 競 馬 組 合 の 平 成 16 年 度 の 正 規 職 員 数 は 38 人 再 任 用 嘱 託 職 員 が 21 人 で あったが 新 規 の 職 員 採 用 を 極 力 抑 制 し 退 職 者 を 再 任 用 職 員 として 雇 用 する ことにより 平 成 24 年 度 の 正 規 職 員 数 は 25 人 (H16 比 13 人 ) 再 任 用 嘱 託 職 員 は 32 人 (H16 比 +11 人 )となっている なお 馬 券 の 発 売 払 戻 業 務 を 担 っ ていた 従 事 員 については 平 成 17 年 度 に 特 別 勧 奨 を 行 い 全 員 が 離 職 してい る また 人 員 削 減 とともに 給 与 の 抑 制 についても 平 成 17 年 度 以 降 毎 年 実 施 し ており 平 成 25 年 度 については 給 料 を 2%~6% 期 末 手 当 を 20%~30% 削 減 している - 9 -

13 この 結 果 人 件 費 総 額 は 平 成 16 年 度 に 7.1 億 円 あったものが 平 成 24 年 度 には 3.8 億 円 まで 減 少 ( 45.9%)している ( 従 事 員 を 始 めとする 賃 金 を 除 くと H16 の 4.8 億 円 が H24 には 3.5 億 円 ( 26.5%)まで 減 少 ) 億 円 8 人 件 費 の 推 移 給 料 ( 正 規 職 員 ) 共 済 費 ( 社 会 保 険 料 ) 職 員 手 当 等 ( 各 種 手 当 ) 賃 金 (パート) 報 酬 ( 嘱 託 ) 人 件 費 合 計 0 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 ( 注 ) 職 員 手 当 等 には 退 職 手 当 を 含 めていない また 報 酬 には 議 員 報 酬 を 含 めていない イ 賞 金 諸 手 当 馬 主 に 支 払 う 賞 金 や 出 走 手 当 を 始 めとする 諸 手 当 については 平 成 23 年 度 に 単 価 の 見 直 しを 行 い 賞 金 諸 手 当 の 合 計 額 を 前 年 度 に 比 べて 約 2.6 億 円 少 ない 14.4 億 円 と 約 15% 削 減 した これは 平 成 16 年 度 18.2 億 円 と 比 べる と 約 21%の 削 減 となる 億 円 25 賞 金 諸 手 当 の 推 移 賞 金 諸 手 当 0 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 ( 注 )H16 17 は 農 林 水 産 省 資 料 H18~23 は 地 方 競 馬 全 国 協 会 調 べ H24 は 速 報 値 H17 21 は JBC 競 争 (ダート 競 馬 の 祭 典 ) 開 催 で 賞 金 が 他 年 度 と 比 較 して 増 えている

14 一 方 売 得 金 に 占 める 賞 金 諸 手 当 の 割 合 は 平 成 23 年 度 で 9.8%であり 売 得 金 がほぼ 同 規 模 の 岩 手 県 競 馬 組 合 が 施 行 する 岩 手 競 馬 (8.0%)や 近 隣 の 岐 阜 県 地 方 競 馬 組 合 が 施 行 する 笠 松 競 馬 (8.2%)と 比 べるとやや 高 い 水 準 に ある 賞 金 諸 手 当 の 額 と 売 得 金 に 占 める 割 合 賞 金 諸 手 当 合 計 千 円 % 千 円 % 千 円 % 帯 広 市 210, , , 北 海 道 805, , ,597, 岩 手 県 競 馬 組 合 510, , ,168, 埼 玉 県 浦 和 競 馬 組 合 1,536, , ,510, 千 葉 県 競 馬 組 合 1,769, , ,557, 特 別 区 競 馬 組 合 4,529, ,636, ,166, 神 奈 川 県 川 崎 競 馬 組 合 2,089, ,289, ,379, 石 川 県 金 沢 市 425, , ,023, 岐 阜 県 地 方 競 馬 組 合 277, , , 愛 知 県 競 馬 組 合 489, , ,438, 兵 庫 県 競 馬 組 合 1,095, ,070, ,166, 福 山 市 269, , , 高 知 県 競 馬 組 合 206, , , 佐 賀 県 競 馬 組 合 394, , ,051, 荒 尾 競 馬 組 合 156, , , 地 方 競 馬 全 国 協 会 調 べ( 平 成 23 年 度 決 算 ) ウ 民 間 委 託 の 拡 大 競 馬 関 連 事 務 については 競 馬 法 に 基 づき 実 施 しているため 全 てを 民 間 に 委 託 することはできない 委 託 できない 根 幹 事 務 として 開 催 日 時 の 決 定 や 払 戻 金 の 額 の 決 定 などがある それ 以 外 の 事 務 では 競 馬 番 組 ( 出 走 馬 の 組 合 せ 調 整 )の 決 定 や 検 量 発 走 の 合 図 など 競 争 の 実 施 に 係 るものは 競 馬 のために 設 立 された 公 益 法 人 に 委 託 することは 可 能 であるが これを 除 くと 民 間 に 委 託 できるものは 発 売 や 払 戻 しの 関 連 業 務 や 警 備 清 掃 などに 限 定 される 愛 知 県 競 馬 組 合 においては 平 成 17 年 度 から 発 売 や 払 戻 の 投 票 窓 口 業 務 を 委 託 す るなど 委 託 可 能 な 業 務 のほとんどを 委 託 している (3) 制 度 見 直 し 平 成 16 年 度 以 後 地 方 競 馬 の 全 国 団 体 とともに 愛 知 県 競 馬 組 合 として 制 度 の 見 直 しを 要 望 してきた 結 果 次 のような 改 正 がなされた

15 法 改 正 等 の 状 況 H19 競 馬 法 改 正 地 方 競 馬 全 国 協 会 への 交 付 金 の 納 付 猶 予 還 付 制 度 の 創 設 ( 収 支 が 著 しく 不 均 衡 の 場 合 に 限 定 ) 地 方 競 馬 全 国 協 会 が 行 う 補 助 事 業 ( 競 馬 活 性 化 事 業 )の 対 象 事 業 拡 充 期 間 を 2 年 間 延 長 H22 地 方 財 政 法 など 関 係 法 令 の 改 正 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 への 納 付 金 の 基 礎 控 除 額 拡 大 (20 40 億 ) 納 付 率 引 下 げ(1.1~1.2% 1.0%) 23 年 度 決 算 からは 累 積 赤 字 がある 場 合 は 単 年 度 黒 字 でも 納 付 免 除 H24 競 馬 法 改 正 馬 券 払 戻 金 率 の 変 更 約 75% 70%~80%(3 年 以 内 に 政 令 により 施 行 予 定 ) 3 直 面 する 課 題 (1) 収 支 の 悪 化 愛 知 県 競 馬 組 合 の 経 営 状 況 ( 第 2 章 1)で 述 べたように 組 合 の 収 支 は 再 び 悪 化 している 単 年 度 黒 字 化 のためには 馬 券 売 上 額 を 中 心 とする 収 入 の 中 で 賞 金 などの 開 催 経 費 をまかなわなければならない 開 催 経 費 には 馬 券 売 上 額 の 増 減 に 伴 って 変 動 する 経 費 ( 変 動 費 : 払 戻 金 インターネット 事 業 者 への 販 売 手 数 料 場 外 販 売 の 負 担 金 など)と 馬 券 売 上 額 に 関 係 なく 発 生 する 経 費 ( 固 定 費 : 馬 主 等 に 支 払 う 賞 金 や 諸 手 当 施 設 の 維 持 管 理 費 発 売 払 戻 業 務 の 委 託 料 組 合 の 人 件 費 など)がある インターネット 事 業 者 に 委 託 して 発 売 する 場 合 は 契 約 により 一 定 の 手 数 料 が 必 要 となるが 近 年 愛 知 県 競 馬 組 合 にとって 手 数 料 が 必 要 な( 利 益 率 の 低 い)インターネットを 利 用 した 売 上 額 が 増 加 傾 向 にあり その 逆 に 手 数 料 が 必 要 ない( 利 益 率 の 高 い) 競 馬 場 や 専 用 場 外 での 売 上 額 が 年 々 減 少 している ことから 全 体 としての 利 益 率 は 低 下 している

16 発 売 ルート 別 の 売 上 推 移 ( 億 円 ) 200 ネット 電 話 広 域 場 外 自 場 H 開 催 経 費 開 催 経 費 うち 手 数 手 料 数 (15% 料 13~15% 程 度 ) 開 催 経 費 うち 手 数 料 10~16% 払 戻 金 ( 約 75%) 払 戻 金 ( 約 75%) 払 戻 金 ( 約 75%) 販 売 ルート 自 場 広 域 場 外 ネット 電 話 主 な 発 売 場 所 名 古 屋 競 馬 場 専 用 場 外 発 売 所 ( 中 京, 弥 富, 磯 部, 大 須 ) 笠 松 競 馬 場 などの 他 の 競 馬 場 や 他 の 場 外 発 売 所 オッズパーク 楽 天 競 馬 IPAT SPAT4 (2) 建 物 設 備 の 老 朽 化 現 在 の 名 古 屋 競 馬 場 にあるスタンドや 競 馬 場 会 館 弥 富 トレーニングセン ターの 騎 手 会 館 など 多 くの 建 物 や 施 設 設 備 が 老 朽 化 している 今 後 の 継 続 的 な 管 理 運 営 を 考 えた 場 合 施 設 設 備 等 の 定 期 的 な 更 新 修 繕 が 必 要 不 可 欠 だが 施 設 設 備 によっては 多 額 の 費 用 を 要 することとなる ま た 大 規 模 な 設 備 投 資 をするには 直 接 投 資 額 だけでなくその 後 の 減 価 償 却 費

17 や 維 持 費 を 見 込 む 必 要 があり 一 定 規 模 の 単 年 度 黒 字 を 継 続 できるような 収 支 構 造 が 必 要 となってくる しかし 愛 知 県 競 馬 組 合 の 現 在 の 収 支 状 況 と 基 金 残 高 では 投 下 した 資 金 の 回 収 の 目 途 が 立 たず 大 規 模 な 修 繕 が 困 難 な 状 況 であり かつ 行 政 としても 公 営 ギャンブルへの 投 資 ができない 以 上 このままでは 長 期 的 な 経 営 は 困 難 と 言 わざるを 得 ない 耐 震 工 事 を 必 要 とされる 建 物 と 概 算 改 修 費 名 古 屋 競 馬 場 約 2 億 6 千 万 円 第 1スタンド(S27 築 ) 第 2スタンド(S46 築 ) 東 スタンド(S40 築 ) 弥 富 トレセン 約 3 億 1 千 万 円 騎 手 会 館 (S50 築 ) 厩 務 員 会 館 (S50 築 ) 宿 舎 棟 (S50,51 築 ) ( 概 算 改 修 費 は 平 成 年 度 の 耐 震 診 断 結 果 による) その 他 当 面 改 修 が 必 要 な 設 備 馬 場 整 備 7,000 万 円 ( 著 しい 砂 質 劣 化 ) 着 順 表 示 ボード 4,000 万 円 ( 耐 用 年 数 経 過 ) 昇 降 機 設 置 4,300 万 円 (バリアフリー 対 応 ) (3) 払 戻 率 の 自 由 化 現 行 開 催 経 費 払 戻 金 ( 約 75%) (80%) 70% 変 更 後 開 催 経 費 主 催 者 が 決 定 払 戻 金 (70%~80%) 一 定 の 算 式 で 決 定 ( 主 催 者 の 関 与 不 可 ) 全 ての 投 票 方 式 に 共 通 70~(80)%の 間 で 設 定 ( 主 催 者 の 判 断 ) 投 票 方 式 ごとに 設 定 可 能 平 成 24 年 6 月 に 競 馬 法 の 改 正 が 行 われ 勝 馬 投 票 券 購 入 者 に 支 払 われてい た 払 戻 金 ( 購 入 額 の 約 75%)が ( 平 成 26 年 4 月 以 降 )70%から 80%までの 払 戻 率 で 各 主 催 者 が 自 由 に 設 定 できるようになる 見 込 みである また 払 戻 率 は これまでとは 異 なり 投 票 方 式 ( 単 勝 複 勝 3 連 単 など) ごと レースごとに 設 定 できるようになり 各 主 催 者 がファンの 心 理 と 経 営 の バランスを 考 えながらそれぞれで 工 夫 することとなる

18 払 戻 率 を 引 き 下 げればファンヘの 払 戻 金 が 減 り その 結 果 として 経 費 の 削 減 にはつながるが 他 の 競 馬 場 や 他 の 公 営 競 技 と 比 べて 大 きく 払 戻 率 を 引 き 下 げ れば 他 に 客 が 流 れ 売 上 が 減 少 し 結 果 として 収 支 が 悪 化 する 可 能 性 がある 例 えば 他 の 公 営 競 技 のうち オートレースでは 小 型 自 動 車 競 走 法 の 改 正 を うけ 平 成 24 年 6 月 から 6 場 すべてが 払 戻 率 を 70%まで 引 き 下 げたが その 後 の 売 上 を 分 析 すると インターネットでの 売 上 が 3 割 程 度 減 少 しており こ れは 払 戻 率 引 下 げが 原 因 である 可 能 性 がある 仮 に 払 戻 率 を 70%まで 引 き 下 げたとしても その 影 響 でファンが 離 れ 売 上 が 10% 減 少 することになれば 収 支 改 善 にはつながらないことから 他 の 競 馬 場 や 他 の 公 営 競 技 の 動 向 をよく 調 査 した 上 で 慎 重 かつ 機 動 的 に 設 定 していくこ とが 必 要 となってくる 地 方 競 馬 競 艇 競 輪 オート 法 律 競 馬 法 第 8 条 モーターボート 競 走 法 第 16 条 自 転 車 競 技 法 第 12 条 小 型 自 動 車 競 技 法 第 16 条 売 得 金 の 70% 以 上 売 上 金 の 75% 以 上 売 上 金 の 70% 以 上 売 上 金 の 70% 以 上 払 戻 金 大 臣 が 定 める 率 以 下 大 臣 が 定 める 率 以 下 大 臣 が 定 める 率 以 下 大 臣 が 定 める 率 以 下 で 施 行 者 が 設 定 で 施 行 者 が 設 定 で 施 行 者 が 設 定 で 施 行 者 が 設 定 改 正 状 況 約 75% 70% H24.6 改 正 (3 年 以 内 に 施 行 ) 75% 70% H24.3 改 正 H24.4 施 行 ( 払 戻 率 引 下 げは 現 時 点 で 未 実 施 ) 75% 70% H24.3 改 正 H24.4 施 行 (H24.6 から 払 戻 率 引 下 げを 実 施 ) (4) 専 門 家 の 退 職 と 確 保 愛 知 県 競 馬 組 合 には 平 成 25 年 度 現 在 常 勤 職 員 18 人 再 任 用 職 員 7 人 が 在 籍 しているが 55 歳 以 上 の 常 勤 職 員 が 9 人 いる すなわち 平 成 30 年 度 末 までの 6 年 間 で 9 人 の 常 勤 職 員 が 退 職 することとなり 近 い 将 来 の 専 門 家 の 確 保 に 懸 念 がある 愛 知 県 競 馬 組 合 では 常 勤 職 員 が 定 年 退 職 した 場 合 最 長 65 歳 まで 再 任 用 職 員 として 雇 用 することとしており さらに その 後 も 当 人 の 健 康 面 などの 条 件 が 整 えば 嘱 託 職 員 として 雇 用 することで 能 力 と 知 識 を 持 った 人 材 を 確 保 していこうとしている

19 4 収 支 見 通 し (1) 経 営 シミュレーション 結 果 経 営 改 革 を 検 討 するに 当 たり 現 状 の 売 上 伸 び 率 で 推 移 した 場 合 に 将 来 どう なるかについて 公 益 財 団 法 人 あいち 産 業 振 興 機 構 ( 以 下 機 構 という ) に 委 託 して 経 営 シミュレーションを 作 成 した シミュレーションの 作 成 に 当 たっては 名 古 屋 競 馬 場 で 継 続 した 場 合 と 馬 関 係 者 から 提 案 のあった 弥 富 トレーニングセンターへ 移 転 してナイター 競 馬 を 行 った 場 合 の2 通 りを 作 成 した その 結 果 ( 概 要 )は 次 のとおりである ( 詳 細 は 巻 末 付 録 を 参 照 ) < 主 な 前 提 条 件 > H23 決 算 額 をベースに 売 上 伸 び 率 を 設 定 名 古 屋 競 馬 場 で 継 続 の 場 合 年 率 98%(H23 と H24 上 期 の 伸 び 率 ) 弥 富 トレセンでナイターの 場 合 当 初 3 年 間 は 100%( 門 別 競 馬 のナイター 導 入 時 データ 等 から 設 定 ) その 後 95%と 仮 定 払 戻 率 約 75%を 平 成 26 年 度 から 70%に 引 き 下 げる( 払 戻 率 引 下 げに よる 売 上 への 影 響 がないものと 仮 定 ) JRA 馬 券 の 受 託 発 売 による 手 数 料 収 入 を 見 込 む 退 職 者 を 再 任 用 することにより 総 人 件 費 を 削 減 する 無 料 送 迎 バスの 廃 止 等 による 経 費 節 減 を 見 込 む 消 費 税 の 増 を 見 込 む < 名 古 屋 競 馬 場 で 継 続 した 場 合 > 単 位 : 億 円 H25 H26 H27 H28 H29 H30 H25~30 計 売 上 費 用 利 益 < 弥 富 トレセンでナイター 競 馬 を 実 施 した 場 合 > 単 位 : 億 円 H25 H26 H27 H28 H29 H30 H25~30 計 売 上 費 用 利 益 ただし スタンド 建 設 費 償 還 費 は 含 めていない

20 上 記 のように 機 構 のシミュレーション 結 果 では 払 戻 率 を 下 限 の 70%まで 引 き 下 げた 場 合 大 きく 黒 字 転 換 し その 後 売 上 が 縮 小 していくものの 一 定 期 間 黒 字 が 見 込 まれている 機 構 では この 結 果 を 受 けて 次 のようにまとめている 1 払 戻 率 引 き 下 げにより 一 定 期 間 の 経 営 改 善 効 果 が 望 める しかし 他 の 競 馬 場 や 他 の 公 営 競 技 と 払 戻 率 に 差 がある 場 合 には 売 上 の 減 少 が 否 定 できない 2 経 済 的 観 点 からすると 黒 字 が 続 く 間 は 営 業 することが 資 金 を 最 大 限 回 収 する( 累 積 赤 字 を 減 らす)こととなる 3 払 戻 率 引 下 げ 前 の 25 年 度 の 赤 字 容 認 というモラルハザードに 陥 らない よう 厳 しい 経 営 目 標 を 掲 げ 経 営 状 況 を 監 視 し 続 ける 必 要 がある 4 弥 富 移 転 でのナイター 開 催 は 不 確 実 性 が 非 常 に 高 く 税 の 投 入 による 設 備 投 資 が 事 実 上 不 可 能 な 現 状 では 実 行 可 能 性 が 低 いと 言 わざるを 得 な い 特 に 競 馬 関 係 者 から 要 望 があった 弥 富 に 移 転 してナイター 競 馬 に 転 換 す ることについては 慎 重 に 検 討 したが スタンドやナイター 設 備 の 資 金 面 から 可 能 性 がなく 仮 に 資 金 手 当 てができたとしても ナイターになることで 本 場 入 場 者 が 減 り しかもナイター 後 発 組 であることを 考 えると 大 幅 な 売 上 増 は 期 待 できず 実 現 可 能 性 はないと 判 断 した なお 機 構 のシミュレーションは 平 成 24 年 度 の 途 中 で 算 定 したため その 後 に 可 能 となった 経 費 削 減 策 ( 窓 口 の 規 模 縮 小 ネット 接 続 手 数 料 の 引 下 げ 組 合 職 員 の 給 与 カット 各 種 契 約 の 見 直 しなど)は 上 記 のシミュレーション の 費 用 に 含 まれていない 窓 口 の 規 模 縮 小 及 びネット 接 続 手 数 料 の 引 下 げの 効 果 を 見 込 むと 次 のとおりとなる < 名 古 屋 競 馬 場 で 継 続 した 場 合 > 単 位 : 億 円 H25 H26 H27 H28 H29 H30 H25~30 計 売 上 費 用 利 益 ただし 払 戻 率 引 下 げによりインターネットの 売 上 が 減 少 すれば 当 然 利 益 も 減 少 することとなる

21 (2) 廃 止 した 場 合 に 必 要 となる 費 用 の 推 計 仮 に 名 古 屋 競 馬 を 廃 止 し 主 催 者 である 愛 知 県 競 馬 組 合 を 解 散 した 場 合 累 積 赤 字 は 組 合 の 構 成 団 体 である 愛 知 県 名 古 屋 市 及 び 豊 明 市 の 各 自 治 体 の 負 担 となる 累 積 赤 字 以 外 にも スタンドや 厩 舎 などの 建 物 取 壊 し 処 分 やリース 契 約 等 の 解 除 組 合 職 員 の 退 職 金 などの 経 費 の 清 算 が 必 要 となる おおよその 必 要 額 を 試 算 すると 次 のとおりとなる 項 目 金 額 ( 億 円 ) 備 考 累 積 赤 字 約 年 度 末 時 点 施 設 取 壊 し 等 処 分 約 13 m2 当 たり 取 壊 し 処 分 単 価 ( 仮 定 ) 木 造 6 千 円 鉄 筋 コンクリート 造 15 千 円 リース 契 約 解 除 違 約 金 等 組 合 職 員 退 職 金 約 3 23 年 度 末 時 点 計 約 56 そのほか 近 年 廃 止 された 他 の 地 方 競 馬 の 例 では 調 教 師 騎 手 厩 務 員 を 始 めとする 競 馬 関 係 者 に 対 して 見 舞 金 を 支 払 っていることから 同 様 の 措 置 が 必 要 になる なお これらの 費 用 の 負 担 割 合 については 愛 知 県 競 馬 組 合 規 約 によると 愛 知 県 17/28 名 古 屋 市 7/28 豊 明 市 4/28と 定 められている

22 第 3 章 名 古 屋 競 馬 の 経 営 改 革 ( 今 後 の 展 開 方 向 ) 1 項 目 別 の 収 支 目 標 値 の 設 定 と 期 中 の 収 支 管 理 競 馬 組 合 が 今 後 も 継 続 して 競 馬 事 業 を 運 営 するためには 赤 字 を 出 さない 収 支 が 均 衡 した 経 営 体 制 を 確 立 することが 絶 対 条 件 である 単 年 度 の 計 画 ( 予 算 )を 立 案 する 際 には 売 上 は 固 く 見 積 もり 経 費 は あ らゆる 側 面 から 切 り 詰 めて 厳 しく 積 算 されたものでなくてはならないことは 当 然 であるが そのように 計 画 ( 予 算 )を 立 てても 売 上 は 水 物 であり 外 部 環 境 によって 当 然 増 減 する したがって 赤 字 を 出 さないためには 年 度 途 中 で も 売 上 状 況 によって 支 出 をコントロールしなくてはならない そのためには 厳 しい 内 部 統 制 の 下 で それぞれの 事 業 部 毎 に また 収 入 支 出 双 方 の 項 目 毎 に 会 計 状 況 の 管 理 を 行 うべきである 従 前 の 経 営 スタイル では 売 上 高 を 主 に 管 理 してきたが 発 売 方 法 によって 収 益 率 が 異 なるため 実 際 の 歳 入 ( 売 上 ) と 歳 出 ( 経 費 ) の 双 方 の 管 理 をしなくてはならな い 岩 手 県 競 馬 組 合 では 競 馬 事 業 から 得 られる 25%の 事 業 収 益 を 事 業 を 構 成 する 競 争 関 係 費 事 業 運 営 費 及 び 財 務 経 費 にそれぞれ 下 表 のように 配 分 し 経 営 指 標 に 基 づいた 経 営 管 理 を 行 うことで 売 上 額 に 見 合 った 事 業 運 営 に 取 り 組 んでいる さらに 年 間 を 5 期 に 分 けて 期 ごとの 収 支 状 況 を 検 証 し 収 支 均 衡 を 図 るためのコスト 調 整 を 期 ごとに 行 っている 岩 手 県 競 馬 組 合 の 経 営 指 標 区 分 内 容 経 営 指 標 競 争 関 係 費 賞 金 手 当 等 概 ね 8% 以 内 の 額 事 業 運 営 費 概 ね 16% 以 内 の 額 施 設 情 報 システム 費 概 ね 6% 以 内 の 額 開 催 労 務 費 概 ね 2% 以 内 の 額 営 業 販 売 費 概 ね 1% 以 内 の 額 人 件 費 概 ね 2% 以 内 の 額 その 他 販 売 管 理 費 概 ね 5% 以 内 の 額 財 務 経 費 元 利 償 還 留 保 資 金 投 資 等 概 ね 1% 以 内 の 額 ( 所 要 額 で 調 整 ) 出 典 : 新 しい 岩 手 県 競 馬 組 合 改 革 計 画 (H 岩 手 県 競 馬 組 合 作 成 ) このような 事 例 を 参 考 にして 財 務 状 況 及 び 収 益 状 況 を 年 度 内 に 複 数 回 チェックを 行 い 賞 金 手 当 などの 支 出 を 売 上 に 連 動 させる 等 の 手 法 で 期 中 に おいても 機 動 的 に 収 益 構 造 の 見 直 しができるよう あらかじめ 手 順 を 確 立 させ ておくことが 必 要 であり これらを 実 現 するために ただちに 競 馬 組 合 の 会 計 帳 簿 を 再 整 理 し 勘 定 科 目 毎 に 集 計 し 会 計 管 理 を 行 うべきである

23 2 経 費 削 減 払 戻 率 の 引 下 げは 愛 知 県 競 馬 組 合 の 最 大 経 費 である 払 戻 金 を 減 らすことで あり 組 合 の 収 支 に 一 定 の 安 定 をもたらす 要 素 であると 考 えられる しかしながら ファンへの 払 戻 金 を 減 らすことは 端 的 に 言 えばファンへの サービス 低 下 であり ファンが 馬 券 購 入 を 回 避 する 逆 モチベーションとなる また 前 述 したように 他 の 競 馬 場 や 他 の 公 営 競 技 と 差 がある 場 合 には 収 支 改 善 の 効 果 がない したがって 売 上 減 少 に 繋 がる 可 能 性 が 否 めない 払 戻 率 引 下 げだけに 寄 りかかった 経 営 は 決 して 行 ってはならない よって 確 実 に 収 益 の 改 善 につながる 歳 出 の 抑 制 特 に 固 定 費 の 削 減 に 競 馬 組 合 は 不 退 転 の 覚 悟 で 着 手 すべきである (1) 人 件 費 競 馬 組 合 の 職 員 及 び 再 任 用 職 員 の 総 人 件 費 については 従 来 から 相 応 の 削 減 努 力 をしている( 第 2 章 2(2)ア)が 民 間 人 件 費 水 準 と 比 較 すると まだ 高 い 額 と 言 わざるを 得 ない 今 後 競 馬 組 合 の 収 支 の 悪 化 が 予 想 される 場 合 は 年 度 途 中 においても 期 末 手 当 のカットや 給 与 水 準 の 見 直 しなど 給 与 制 度 のさらなる 見 直 しができる ような 対 応 が 必 要 であり その 手 法 について 競 馬 組 合 内 におけるコンセンサス 形 成 を 図 っておくべきである (2) 各 種 契 約 の 見 直 し 競 馬 の 施 行 に 当 たっては 勝 ち 馬 投 票 券 の 発 売 払 戻 警 備 清 掃 施 設 管 理 など 多 くの 業 務 が 民 間 に 委 託 されている 契 約 状 況 を 調 査 したところ 警 備 清 掃 施 設 管 理 広 告 宣 伝 などの 業 務 では 競 争 入 札 や 企 画 競 争 で 業 者 が 選 定 されている また 投 票 業 務 委 託 では その 業 者 しかいないという 理 由 で 特 定 の 業 者 と 契 約 されている 一 方 多 くの 業 務 で 契 約 金 額 は 3 年 前 よりも 下 がっている このような 状 況 を 踏 まえ 以 下 の 点 について 見 直 しを 検 討 されたい 1 テレビ 放 映 業 務 では 組 合 の 旧 式 の 映 像 設 備 に 知 悉 した 業 者 が 他 に 見 当 たらない 等 の 理 由 で 特 定 の 業 者 と 継 続 して 契 約 しているが 対 応 可 能 な 事 業 者 が 存 在 しないかどうか 再 確 認 を 行 うとともに 作 業 マニュアルなど を 整 備 し 複 数 者 で 入 札 できるような 環 境 を 整 えられたい 2 警 備 業 務 については 多 くの 業 務 を 民 間 委 託 している 中 で 組 合 職 員 ( 正 規 職 員 2 名 嘱 託 職 員 6 名 )も 警 備 業 務 に 従 事 している 委 託 業 務 と 重 複

24 していないか あるいは 組 合 職 員 が 行 う 警 備 業 務 も 包 括 的 に 委 託 できな いか 検 証 されたい 3 競 争 入 札 をしている 場 合 であっても より 実 質 的 な 競 争 となるよう 入 札 参 加 業 者 を 増 やすことに 努 められたい 4 契 約 手 続 の 透 明 性 を 確 保 するため 一 定 額 以 上 の 発 注 及 び 調 達 に 関 する 情 報 等 についてホームページ 上 に 公 開 することが 望 ましい 5 企 画 競 争 によって 業 者 を 選 定 する 場 合 には 価 格 競 争 型 プロポーザル 方 式 を 活 用 するなどして 契 約 額 を 抑 制 することも 検 討 されたい (3) 補 助 金 の 見 直 し 累 積 赤 字 を 抱 え 危 機 的 な 経 営 状 況 である 愛 知 県 競 馬 組 合 が 従 来 の 慣 例 に より 他 の 団 体 ( 例 愛 知 県 馬 主 協 会 調 教 師 会 騎 手 会 厩 務 員 共 済 会 等 ) に 対 して 任 意 の 補 助 金 を 支 払 っている そもそも 競 馬 組 合 が 経 費 を 負 担 すべきか 受 益 者 負 担 はできないか 組 合 の 補 助 が 必 要 な 場 合 であっても その 額 を 減 らせないか 以 上 のような 観 点 から 再 検 討 を 行 い 交 付 先 との 交 渉 を 進 めるべきである (4) 広 告 販 売 促 進 費 売 上 振 興 策 は これまで 来 場 者 プレゼントや 場 内 イベント 等 のソフト 事 業 を 中 心 に 行 われてきた 今 後 は 従 来 の 広 告 販 売 促 進 の 費 用 対 効 果 の 検 証 を 行 い その 手 法 が 適 正 かどうか 客 観 的 に 把 握 することが 必 要 であり 自 治 体 が 実 施 するイベントや 名 古 屋 港 ベイエリアの 集 客 施 設 あおなみ 線 といった 競 馬 場 周 辺 施 設 とのコラボ レーションによる 宣 伝 等 少 ないコストでより 大 きな 効 果 が 得 られるような 手 法 も 検 討 されたい (5) 賞 金 諸 手 当 赤 字 を 出 すことなく 収 支 が 均 衡 した 経 営 を 継 続 するに 当 たっては 聖 域 な き 歳 出 の 見 直 しが 必 要 であり それは 馬 主 への 賞 金 や 馬 主 を 始 めとする 馬 関 係 者 への 手 当 も 例 外 ではない 賞 金 手 当 は 払 戻 金 以 外 の 経 費 の 中 では 最 も 多 額 な 経 費 であり 緊 急 的 な 赤 字 回 避 のためには 賞 金 手 当 の 見 直 しは 避 け て 通 ることができない たとえば 売 上 額 に 占 める 賞 金 手 当 の 割 合 を 一 定 に 保 つなど 売 上 に 連 動 させる 仕 組 みを 導 入 することも 考 えられる また 競 馬 組 合 の 収 支 の 悪 化 が 予 想 される 場 合 年 度 途 中 においても 柔 軟 に 対 応 できる 仕 組 みが 必 要 である

25 3 適 切 な 開 催 日 数 の 設 定 現 在 名 古 屋 競 馬 場 において 競 馬 を 開 催 する 日 は 売 上 は 多 いものの 出 走 手 当 や 賞 金 警 備 などの 経 費 も 多 く 収 益 率 が 低 い 一 方 名 古 屋 競 馬 場 において 競 馬 を 開 催 しない 日 には 他 の 競 馬 場 で 開 催 さ れている 競 馬 の 馬 券 を 組 合 が 受 託 発 売 し 売 上 額 の 一 定 割 合 を 手 数 料 として 得 ており 収 益 率 は 開 催 日 より 高 い したがって 名 古 屋 競 馬 場 において 競 馬 を 開 催 する 日 のうち 赤 字 幅 が 顕 著 な 売 上 が 低 い 日 を 中 心 に 開 催 日 数 を 減 らし 他 の 競 馬 場 の 受 託 発 売 日 を 増 やせ ば 収 益 増 に 繋 がる 競 馬 組 合 においては 25 年 度 の 開 催 日 を 前 年 度 から8 日 間 減 らしているが 計 算 上 は 収 益 改 善 のためには 更 なる 見 直 しが 必 要 となる 他 の 競 馬 場 と 開 催 日 程 が 重 ならないよう 調 整 しつつ 売 上 が 見 込 める 時 期 曜 日 にレースを 集 中 し 1レース 当 たりの 頭 数 を 増 やすことで 引 き 締 まった 番 組 構 成 を 実 施 し 魅 力 ある 最 後 まで 競 い 合 うレースをファンに 提 供 されたい 4 収 入 増 の 取 組 売 上 は 水 物 であるとは 言 え 収 支 改 善 のためには 経 費 削 減 と 同 様 に 売 上 増 に 取 り 組 むことも 必 要 である 厳 しい 財 務 内 容 からコストをかけた 広 告 宣 伝 等 は 困 難 ではあるが 競 馬 組 合 や 競 馬 関 係 者 の 創 意 工 夫 により 低 コストで 効 果 的 に 名 古 屋 競 馬 の 魅 力 を 発 信 すると 同 時 に さらに 楽 しく 快 適 な 競 馬 場 づくり を 顧 客 (ファン)の 目 線 を 重 視 して 取 り 組 んでいただきたい また 馬 券 売 上 収 入 以 外 の 収 益 源 をより 多 角 的 に 確 保 することも 収 支 改 善 に 当 たっては 必 要 であり 競 馬 場 施 設 の 有 効 活 用 等 を 各 関 係 機 関 の 協 力 を 得 て 検 討 していただきたい (1) 本 場 顧 客 へのサービス 向 上 と 集 客 競 馬 場 に 来 場 してくれるファンは 近 年 減 少 傾 向 にあるが 来 場 者 を 増 やすこ とができれば 収 益 改 善 につながる 来 場 者 数 を 維 持 し 増 やすためには 名 古 屋 競 馬 場 に 来 場 したファンが 快 適 に 楽 しく 競 馬 を 楽 しむことのできるような ハード ソフト 両 面 の 充 実 が 欠 かせない 人 気 があり 高 いリピート 率 を 維 持 しているアミューズメント 施 設 は コンテ ンツのおもしろさばかりでなく ゴミ 一 つ 落 ちていない 綺 麗 な 施 設 において ホスピタリティ 溢 れた 従 業 員 が 気 持 ち 良 く 応 対 することで 顧 客 を 引 き 付 けて いる

26 一 方 名 古 屋 競 馬 においては スタンド 施 設 は 老 朽 化 し また 開 場 時 に 職 員 がお 出 迎 えするなど 努 力 はされているが 顧 客 目 線 を 把 握 する 仕 組 み あ るいは 顧 客 満 足 度 を 効 果 測 定 できる 仕 組 み が 組 織 的 に 備 わっているとは 言 い 難 い さらに コンテンツであるレースは 少 ない 頭 数 でのレースが 行 われ るなど 魅 力 に 欠 ける 部 分 が 多 々 見 受 けられる 収 支 の 均 衡 を 図 りつつ 来 場 したファンの 目 線 で 快 適 で 楽 しい 競 馬 場 を 構 築 することで 再 生 名 古 屋 競 馬 場 の 継 続 的 な 運 営 が 可 能 となる そこで 以 下 のようなハード ソフトの 充 実 を 提 案 する (なお コンテン ツ 面 で レース 自 体 の 魅 力 を 高 めることは(3)で 後 述 する ) 競 馬 場 スタンドの 耐 震 工 事 バリアフリーに 対 応 したエレベータの 整 備 ファミリー 層 女 性 層 のファン 開 拓 のための 分 煙 化 これらにより 払 戻 率 引 下 げで 期 待 できる 収 益 をファンに 還 元 する 美 術 系 の 学 生 を 始 め 一 般 市 民 ファンのボランティアにより 外 壁 や 建 物 壁 面 をカラフルな 色 調 や 爽 やかデザインでペインティング これら により 親 しみやすい 競 馬 場 の 雰 囲 気 作 りを 図 る 顧 客 からの 積 極 的 な 聞 き 取 り 調 査 モニター 募 集 優 秀 スタッフの 投 票 など これらにより 顧 客 満 足 度 の 効 果 測 定 や スタッフの 意 欲 向 上 を 図 る (ファンサービス 事 例 ) 食 べに 行 きたい 飲 食 店 づくり 交 流 場 所 の 提 供 乗 馬 体 験 やポニーとのふれあい 来 場 者 UP のためのスタンプカード 馬 産 地 ( 北 海 道 ) 物 産 展 他 場 (JRA 地 方 )の 紹 介 パネル 友 の 会 やファンクラブの 設 立 (2) インターネット 顧 客 へのサービス 人 口 が 減 っている 現 状 にあっても インターネットによる 馬 券 購 入 客 は 今 後 も 増 加 する 可 能 性 があると 考 えられる 特 に 将 来 推 計 人 口 や 年 齢 別 購 入 状 況 等 から 50 歳 代 のインターネット 馬 券 購 入 の 参 入 余 地 はまだあると 推 測 され る したがって 現 在 のインターネット 馬 券 購 買 層 に 加 え 今 後 新 たにネット で 名 古 屋 競 馬 の 馬 券 を 購 入 してくれるファンへ より 効 果 的 なサービスを 実 施

27 することによって 名 古 屋 競 馬 ファンの 顧 客 満 足 度 を 高 め 安 定 的 にネット 売 上 を 増 やしていく 必 要 がある さらに ネット 顧 客 を 名 古 屋 競 馬 場 に 誘 導 する ような 仕 掛 けも 有 効 と 考 えられる そこで 一 部 の 公 営 競 技 や 一 部 の 地 方 競 馬 で 行 われている 次 のようなネッ ト 顧 客 向 けのサービスの 実 施 を 検 討 されたい ポイントやマイルが 貯 まるサービス( 貯 まったポイントは 本 場 で 有 料 席 や 飲 食 で 使 える) メール 会 員 募 集 ( 情 報 提 供 と 本 場 で 使 える 割 引 券 をセット) ( メール 会 員 募 集 は 金 沢 園 田 競 馬 で 実 施 中 ) なお ネット 顧 客 向 けに CS 放 送 Ustream による 競 馬 実 況 中 継 や 競 馬 専 門 誌 による 無 料 予 想 付 出 走 表 の 配 信 などを 既 に 実 施 しているが CS 放 送 等 の LIVE 動 画 をホームページでわかり 易 く 周 知 することやスマートフォン 版 ホー ムページ 新 設 等 も 検 討 の 価 値 があると 考 える (3) 注 目 される 競 馬 場 魅 力 あるレース ア パブリシティ マスメディアの 話 題 になる 素 材 に 特 化 し 積 極 的 に 名 古 屋 競 馬 のカラーを 前 面 に 出 したパブリシティを 行 い 魅 力 ある 競 馬 場 レースを 競 馬 ファンにア ピールしていただきたい メディアが 着 目 するスターホース スタージョッ キーの 育 成 は 急 務 であるが 強 い 側 面 を 強 調 するばかりではなく 競 走 馬 ジョッキーの 個 性 などを 切 り 口 にした 親 しみやすさをファンにアピールする 戦 略 で 他 場 との 差 別 化 を 図 ることも 一 つのやり 方 と 考 える 特 に 25 年 春 にデビューした 若 手 女 性 ジョッキーをファンが 温 かく 応 援 して いく 雰 囲 気 作 りを 行 い ジョッキーとしての 成 長 物 語 をファンが 共 感 を 持 って 見 守 るような 仕 掛 けを 関 係 機 関 の 協 力 を 得 て 行 うこと 等 は メディアの 露 出 が 増 え ひいては 新 規 ファンの 獲 得 に 繋 げられる 格 好 の 素 材 である また ノベルティ 等 に 記 載 されているキャッチコピー 推 理 とロマンの 名 古 屋 競 馬 についても 再 生 名 古 屋 競 馬 のイメージを 喚 起 するキャッチコピーを 公 募 により 一 新 するなど 再 生 に 向 け 魅 力 ある 競 馬 場 のイメージを 内 外 にア ピールすることも 考 えられる (パブリシティ 事 例 ) 競 馬 への 関 心 UP(トレセンレポート 新 馬 情 報 など) 競 馬 場 のサブネーム(ナコ ヤト ンコケイハ ナコ ヤアーハ ンホースレース) 他 場 との 差 別 化 ( 例 初 心 者 なら 名 古 屋 競 馬 ) キャラクターグッズ 販 売

28 イ 魅 力 あるレース 魅 力 あるレース とは 人 によって 考 え 方 が 違 うであろうが 少 数 の 馬 で 争 うレースよりも 多 くの 馬 がゴール 間 際 まで 入 賞 を 争 うレースの 方 がおもしろ いというのは 多 くのファンの 一 致 するところであろう したがって 1レー ス 当 たりの 出 走 頭 数 は 原 則 として 10 頭 以 上 とするなど 競 馬 関 係 者 と 調 整 を 進 め 妙 味 のある 番 組 を 編 成 していただきたい また 話 題 性 のあるレースの 創 設 やジョッキーの 個 性 を 際 立 たせる 仕 掛 け 等 ファンの 購 買 意 欲 を 高 める 試 みも 必 要 ではないか ( 注 目 される 競 馬 場 魅 力 あるレースの 事 例 ) 各 厩 舎 で 選 抜 した 個 性 の 強 い 推 しウマ 勝 利 数 の 少 ない 馬 ユニー クな 名 前 の 馬 を 集 めてレースをセットし その 馬 の 生 い 立 ちや 成 績 等 を ストリー 仕 立 てで 紹 介 して 固 定 ファンの 獲 得 を 図 る ジョッキーのキャラクターをファンに 掴 んでもらうため それぞれの 親 しみやすいインタビュー 画 像 を 動 画 配 信 (YouTube ニコニコ 動 画 等 )し 名 古 屋 競 馬 ホームページのトップページから 簡 単 に 見 られるようにする ( 他 の 事 例 ) スターホース スタージョッキーの 育 成 話 題 となりそうな 馬 の 情 報 提 供 ( 名 前 年 齢 勝 率 性 格 等 でファンヘアピール) 初 心 者 にもわかりやすいようなレース 体 系 高 知 のファイナルレースのように 年 間 10 勝 に 満 たない 馬 ばかり 集 めて 低 レベルだ が 熱 いレースをセット (4) 関 連 収 入 の 拡 大 競 馬 場 の 資 産 を 最 大 限 に 活 用 して 馬 券 収 入 以 外 での 新 たな 収 入 元 を 確 保 拡 大 することで 経 営 リスクの 軽 減 を 図 ることも 必 要 である 次 のような 方 策 を 検 討 されたい ( 関 連 収 入 拡 大 策 の 事 例 ) JRA 馬 券 発 売 時 の 駐 車 場 有 料 化 民 間 駐 車 場 への 賃 貸 協 賛 レース 企 業 団 体 協 賛 金 を 賞 金 に 充 当 ( 個 人 は 除 く) 協 賛 レース 増 のためのローラー 作 戦 場 内 飲 食 店 売 店 の 競 争 入 札

29 弥 富 トレセン 未 利 用 部 分 ( 西 尾 張 中 央 道 に 接 する 部 分 : 物 流 用 地 に 限 る) におけるリース 事 業 5 地 域 貢 献 イメージアップ 名 古 屋 競 馬 場 や 弥 富 トレーニングセンターが その 本 来 機 能 である 公 営 競 馬 事 業 以 外 に 地 域 社 会 にとっても 欠 かせない 機 能 を 果 たすことにより その 存 在 価 値 をより 高 めることになる 現 在 でも 競 馬 組 合 は 競 馬 場 会 館 を 近 隣 住 民 に 開 放 し 住 民 は 体 育 館 会 議 室 を 卓 球 等 のスポーツや 詩 吟 教 室 等 の 会 場 として 無 料 で 活 用 しているほか 災 害 時 の 避 難 所 としても 指 定 されている 更 に 競 馬 場 が 公 的 な 財 産 として 地 域 に 貢 献 し イメージアップにつなげることができれば 間 接 的 に 売 上 増 にもつな がる ( 地 域 貢 献 イメージアップ 事 例 ) 地 域 住 民 の 集 いの 場 所 提 供 子 育 て 支 援 NPOや 学 童 保 育 へのスペース 提 供 社 会 見 学 ( 大 人 子 ども)の 積 極 的 な 受 け 入 れ フリーマーケットの 場 所 提 供 また 馬 と 人 々が 触 れ 合 う 機 会 を 提 供 するサンクスホースデイズは 馬 が 社 会 において 果 たすことのできる 役 割 ( 憩 い 癒 し)を 再 認 識 できるイベントで ある 馬 関 係 者 が 協 力 して 実 施 にあたることで 業 界 の 団 結 と 自 らの 社 会 的 ス テータスの 向 上 に 繋 がると 考 えられる また 競 馬 ファン 以 外 の 方 が 競 馬 場 を 訪 れる 絶 好 の 機 会 であるため 馬 券 の 買 い 方 など 特 にビギナー 向 けの 案 内 ディスプレイ 案 内 人 員 を 増 強 して イベントを 機 会 に 新 規 顧 客 の 獲 得 を 図 る べきである なお サンクスホースデイズで 体 験 イベントが 実 施 されたホースセラピーは 馬 と 人 間 の 関 係 性 をより 深 める 効 果 があり 潜 在 ニーズもあると 思 われる た とえば 福 祉 関 係 者 が 弥 富 トレーニングセンターにおいて ホースセラピーを 実 施 するような 可 能 性 についても 調 査 を 進 められたい 6 ガバナンスの 確 立 馬 関 係 者 と 経 営 情 報 の 共 有 愛 知 県 競 馬 組 合 が 経 営 改 革 を 実 行 するに 当 たり 現 場 の 経 営 トップの 責 任 あ るリーダーシップが 不 可 欠 であるが 経 営 改 革 は 幹 部 や 総 務 部 門 だけで 実 行 で

30 きるものではない 組 合 職 員 ( 正 規 職 員 に 限 らず 嘱 託 職 員 やアルバイトまで) 一 人 残 らず 経 営 改 善 に 向 けたベクトルを 共 有 して 取 り 組 まなければ 経 営 改 革 は 実 現 できない 競 馬 組 合 の 部 門 ごとに 組 織 としての 目 標 を 設 定 し 責 任 者 と 期 限 を 定 め 組 織 目 標 を 実 現 するために 組 合 職 員 一 人 ひとりが 組 織 目 標 と 連 鎖 した 個 人 の 目 標 を 定 め 年 度 途 中 に 個 人 目 標 組 織 目 標 の 進 捗 状 況 を 管 理 するなど 強 固 な ガバナンス( 内 部 統 治 )を 確 立 することが 必 要 である また 主 催 者 である 競 馬 組 合 だけで 競 馬 が 実 施 できるわけではない 名 古 屋 競 馬 全 体 として 売 上 振 興 や 経 費 削 減 を 進 めるに 当 たっては 競 馬 組 合 と 馬 主 調 教 師 騎 手 厩 務 員 など 競 馬 関 係 者 が 共 通 目 標 に 向 かって 一 丸 となって 取 組 む 体 制 作 りが 必 要 となる 前 述 した 岩 手 県 競 馬 組 合 ( 第 3 章 -1)では 岩 手 県 競 馬 組 合 構 成 団 体 及 び 競 馬 関 係 団 体 ( 馬 主 会 調 教 師 会 騎 手 会 厩 務 員 会 )で 岩 手 県 競 馬 組 合 運 営 協 議 会 を 組 織 して 各 構 成 員 が 目 標 を 共 有 し 年 度 途 中 に 収 支 状 況 を 検 証 し 収 支 均 衡 を 図 るための 調 整 を 実 施 している 愛 知 県 競 馬 組 合 においても この 取 組 を 参 考 とした 組 織 を 設 置 されたい 7 施 設 整 備 と 資 金 調 達 あいち 産 業 振 興 機 構 のシミュレーション 結 果 によると 短 期 的 には 徹 底 した 経 費 削 減 と 払 戻 率 引 下 げにより 6 年 程 度 の 延 命 は 可 能 だが 将 来 にわたって 黒 字 を 継 続 させるには 先 に 述 べた 様 々な 取 組 みを 進 めることが 必 要 である そ れに 加 えて 名 古 屋 競 馬 が 再 生 し 中 長 期 的 に 経 営 を 継 続 するためには スタン ドの 耐 震 工 事 や エレベータ 設 置 工 事 等 を 始 めとする 必 要 最 小 限 の 施 設 整 備 が 必 要 となる 施 設 整 備 に 必 要 な 資 金 について 競 馬 組 合 の 構 成 団 体 である 自 治 体 ( 愛 知 県 名 古 屋 市 及 び 豊 明 市 )による 財 政 支 出 は 不 可 能 であるため 競 馬 組 合 自 らが 経 営 改 善 を 積 み 重 ね 収 支 黒 字 化 を 継 続 することで 発 生 する 留 保 金 を 財 源 とする 必 要 があるが 外 部 からの 資 金 調 達 の 可 能 性 を 含 め 早 期 に 着 手 する 必 要 があ る また 将 来 経 営 が 安 定 化 し 収 益 からの 留 保 金 をある 程 度 プールできた 場 合 には 投 資 資 金 回 収 の 実 現 可 能 性 を 踏 まえた 上 で 弥 富 トレーニングセンター の 耐 震 工 事 や 本 場 リニューアルなどの 設 備 投 資 に 着 手 することも 可 能 となる

31 第 4 章 競 馬 事 業 への 提 言 この 章 は 4/30 の 委 員 会 において 持 続 可 能 性 を 判 断 する 基 準 について フリートークで 議 論 していただいた 後 委 員 発 言 内 容 を 踏 まえて 作 成 します

32 資 料 編 ( 委 員 会 で 使 用 した 各 種 データの 主 なものを 添 付 )

資 料 2 ( 案 ) 名 古 屋 競 馬 の 経 営 改 革 に 関 する 検 討 結 果 報 告 書 平 成 25 年 7 月 名 古 屋 競 馬 経 営 改 革 委 員 会 内 容 はじめに... 1 第 1 章 名 古 屋 競 馬 の 概 況... 2 1 名 古 屋 競 馬 の 沿 革... 2 (1) 歴 史... 2 (2) 愛 知 県 競 馬 組 合 の 施 設... 2 (3)

More information

適 切 な 開 催 日 数 の 設 定 年 度 の 開 催 日 を 前 年 度 から8 日 減 らし ているが 計 算 上 は 収 益 改 善 のために は 更 なる 見 直 しが 必 要 他 競 馬 場 との 競 合 による 不 採 算 を 回 避 するためさ らに 日 減 を 実 施 し 他 場

適 切 な 開 催 日 数 の 設 定 年 度 の 開 催 日 を 前 年 度 から8 日 減 らし ているが 計 算 上 は 収 益 改 善 のために は 更 なる 見 直 しが 必 要 他 競 馬 場 との 競 合 による 不 採 算 を 回 避 するためさ らに 日 減 を 実 施 し 他 場 項 目 別 の 収 支 目 標 値 の 設 定 と 期 中 の 収 支 管 理 () 人 件 費 期 中 においても 年 度 内 に 複 数 回 チェック を 行 い 機 動 的 に 収 益 構 造 の 見 直 しがで きるよう あらかじめ 手 順 を 確 立 させ 競 馬 組 合 の 収 支 の 悪 化 が 予 想 される 場 合 は 賞 与 や 給 与 水 準 の 見 直 しなどを 組 合 上

More information

<87438E9197BF332D3428834A8389292E786477>

<87438E9197BF332D3428834A8389292E786477> 愛 知 県 競 馬 組 合 ( 名 古 屋 競 馬 )の 運 営 形 態 に 関 するシミュレーション 結 果 ( 本 場 維 持 ) 資 料 3-4 H22-24の 販 売 ルート 別 伸 び 率 実 績 により H25 以 降 の 売 上 構 成 を 計 算 売 上 は 前 年 比 98%とし 上 記 の 売 上 構 成 率 により 計 算 単 位 千 円 前 提 条 件 参 照 年 度 H22

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203130313132362D30332D318AE28EE88BA3946E82CC8CBB8FF38169977696F1816A81798DC58F4994C5817A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203130313132362D30332D318AE28EE88BA3946E82CC8CBB8FF38169977696F1816A81798DC58F4994C5817A> 資 料 3-1 岩 手 競 馬 の 現 状 について ( 要 約 ) 平 成 22 年 11 月 26 日 岩 手 競 馬 経 営 の 将 来 方 向 検 討 会 議 目 次 1 日 本 の 競 馬 2 2 岩 手 競 馬 の 概 況 5 3 新 しい 岩 手 県 競 馬 組 合 改 革 計 画 7 4 岩 手 競 馬 の 収 支 の 状 況 8 5 岩 手 競 馬 発 売 額 の 確 保 向 上

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

団 体 名 ( 財 ) 宮 城 県 伊 豆 沼 内 沼 環 境 保 全 財 団 団 体 運 営 の 健 全 化 に 向 けた 経 費 節 減 による 経 営 改 善 を 行 う 必 清 掃, 保 守 業 務 等 の 委 託 は 原 則 として 競 争 入 札 とする H4~ 徹 底 した 管 理 運

団 体 名 ( 財 ) 宮 城 県 伊 豆 沼 内 沼 環 境 保 全 財 団 団 体 運 営 の 健 全 化 に 向 けた 経 費 節 減 による 経 営 改 善 を 行 う 必 清 掃, 保 守 業 務 等 の 委 託 は 原 則 として 競 争 入 札 とする H4~ 徹 底 した 管 理 運 ( 別 添 ) 公 社 等 外 郭 団 体 の 見 直 し 実 施 計 画 ( 特 ) 宮 城 県 土 地 開 発 公 社 団 体 名 多 額 の 借 入 金 と 保 有 土 地 があることから, 経 営 安 定 化 に 向 けて の 経 営 健 全 化 計 画 を 策 定 するとともに, 将 来 的 な 視 点 としては, 類 似 の 団 体 との 統 合 を 検 討 する 必 県 としては, 業

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

平 成 20 年 度

平 成 20 年 度 議 案 第 9 号 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 の 認 定 について 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 は 別 冊 決 算 書 のとおりであるので 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 233 条 第 3 項 の 規 定 により 滋 賀

More information

スライド 1

スライド 1 参 考 資 料 3 ( 第 1 回 小 委 員 会 資 料 ) 競 輪 事 業 の 現 状 と 将 来 見 通 しについて 平 成 22 年 9 月 製 造 産 業 局 1. 競 輪 事 業 の 目 的 競 輪 事 業 は 自 転 車 競 技 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 29 号 )に 基 づき 1 自 転 車 その 他 機 械 工 業 の 振 興 2 体 育 社 会 福 祉 など 公 益

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

kaikaku2_siryou3.xdw

kaikaku2_siryou3.xdw 名 古 屋 競 馬 今 後 あり 方 に 関 する 提 言 で 指 摘 された 問 題 点 そ 後 状 況 と 評 価 資 料 3 分 類 No. 問 題 点 そ 後 対 策 状 況 参 考 1 最 近 における 急 激 な 売 上 落 ち 込 み これまでは1 人 当 たり 購 入 金 額 減 少 が 主 な 要 因 平 成 16 年 度 からは 入 場 者 数 も 一 層 落 ち 込 んでいる

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監 日 本 中 央 競 馬 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 注 ) 年 度 は1 月 1 日 ~12 月 31 日 のJRA 事 業 年 度 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 報 酬 については 勝 馬 投 票 券

More information

(案)

(案) 資 料 2-1 特 例 番 号 1010 の 関 連 資 料 審 議 事 項 1 評 価 対 象 となる 規 制 の 特 例 措 置 のニーズについて 1 2 行 政 評 価 局 による 調 査 結 果 ( 平 成 18 年 度 下 半 期 実 施 分 ) 2 3 規 制 所 管 省 庁 の 意 見 等 12 参 考 資 料 4 評 価 対 象 となる 規 制 の 特 例 措 置 の 概 要 13

More information

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を 学 校 法 人 会 計 の 特 徴 や 企 業 会 計 との 違 い 学 校 法 人 は 学 校 を 運 営 し 教 育 研 究 を 遂 行 することを 目 的 としており 企 業 のよう に 利 益 を 追 求 する 経 済 活 動 そのものを 事 業 目 的 とすることはできません 学 校 法 人 会 計 では 文 部 科 学 省 令 により 定 められた 学 校 法 人 会 計 基 準 に 基

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4> 日 本 年 金 機 構 の 設 立 について 2009 年 8 月 ( 注 ) 本 資 料 の 内 容 は 現 時 点 における 検 討 状 況 を 踏 まえ 整 理 したものであり 細 部 については 今 後 変 更 があり 得 ます Ⅰ 基 礎 資 料 1. 日 本 年 金 機 構 について 名 称 日 本 年 金 機 構 (にっぽん ねんきん きこう) Japan Pension Service

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分 け 結 果 ( 市 の 方 針 )に 対 する 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 羽 村 市 企 画 部 企 画 課 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分

More information

2 ITを 活 用 した 販 売 促 進 計 画 目 標 経 営 改 善 計 画 2(1) 振 興 策 2 インターネット 投 票 などIT 企 業 との 連 携 強 化 により 馬 券 発 売 を 促 進 する 16 IT 関 連 企 業 との 連 携 等 による 馬 券 の 発 売 促 進 17

2 ITを 活 用 した 販 売 促 進 計 画 目 標 経 営 改 善 計 画 2(1) 振 興 策 2 インターネット 投 票 などIT 企 業 との 連 携 強 化 により 馬 券 発 売 を 促 進 する 16 IT 関 連 企 業 との 連 携 等 による 馬 券 の 発 売 促 進 17 金 沢 競 馬 経 営 改 善 計 画 の 振 興 策 等 の 取 組 状 況 評 価 案 ( 平 成 19~21 年 度 ) 1 魅 力 あるレース 番 組 の 提 供 計 画 目 標 経 営 改 善 計 画 2(1) 振 興 策 1 資 料 3 趣 向 を 凝 らしたレースの 実 施 など 魅 力 ある 番 組 編 成 に 取 り 組 む ( 準 メインレースの 導 入 全 国 の 女 性 騎

More information

3. 取 引 関 係 の 見 直 し 1 随 意 契 約 の 見 直 し 等 各 独 立 行 政 法 人 は 独 立 行 政 法 人 の 契 約 状 況 の 点 検 見 直 しについて ( 平 成 21 年 11 月 17 日 閣 議 決 定 )に 基 づき 策 定 した 随 意 契 約 等 見 直

3. 取 引 関 係 の 見 直 し 1 随 意 契 約 の 見 直 し 等 各 独 立 行 政 法 人 は 独 立 行 政 法 人 の 契 約 状 況 の 点 検 見 直 しについて ( 平 成 21 年 11 月 17 日 閣 議 決 定 )に 基 づき 策 定 した 随 意 契 約 等 見 直 Ⅲ 資 産 運 営 の 見 直 しについて に 係 るフォローアップ 調 査 様 式 ( 様 式 1) 所 管 府 省 名 厚 生 労 働 省 法 人 名 独 立 行 政 法 人 国 立 健 康 栄 養 研 究 所 ( 平 成 26 年 7 月 1 日 現 在 ) 基 本 方 針 の 記 載 Ⅲ 資 産 運 営 の 見 直 しについて 1. 不 要 資 産 の 国 庫 返 納 国 の 資 産 を 有

More information

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス 広 島 市 市 営 住 宅 マネジメント 計 画 基 本 方 針 編 ( 素 案 )< 概 要 版 > 平 成 26 年 8 月 広 島 市 住 宅 政 策 課 第 1 章 計 画 の 目 的 等 1 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 一 層 の 高 齢 化 の 進 展 が 見 込 まれること また 高 度 経 済 成 長 期 に 建 設 された 市 営

More information

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案 平 成 24 年 度 事 業 計 画 1. 租 研 をめぐる 環 境 わが 国 は 内 外 の 経 済 社 会 構 造 の 激 しい 変 化 の 中 で 短 期 中 長 期 共 に 多 くの 問 題 に 直 面 し ている 昨 年 発 生 した 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 については 政 府 による 復 興 対 策 や 税 制 特 例 措 置 等 により 今 後 の 日 本 経

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

神栖市児童館指定管理業務仕様書

神栖市児童館指定管理業務仕様書 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 8 月 茨 城 県 神 栖 市 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 児 童 館 等 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は, 募 集 要 項 のほかこの 仕 様 書 による 第 1 管 理 運 営 の 基 本 方 針 児 童 館 は, 地 域 児 童 の 健

More information

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63>

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63> すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 ( 平 成 29 年 4 月 1 日 ~ 平 成 34 年 3 月 31 日 分 ) 小 林 市 須 木 庁 舎 地 域 振 興 課 1 すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 すきむらんどの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 等 は この 仕 様 書 ( 以 下 本 仕 様 書 と いう)による

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結) 平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 4 月 28 日 上 場 会 社 名 京 成 電 鉄 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 9009 URL http://www.keisei.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 三 枝 紀 生 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

マンション管理組合の業務と理事会の運営

マンション管理組合の業務と理事会の運営 マ ン シ ョ ン 管 理 組 合 の 業 務 と 理 事 会 の 運 営 1 マンション 管 理 組 合 の 組 織 と 業 務 はどうなっているの? 組 織 マンション 管 理 士 荻 原 健 業 務 (マンション 標 準 管 理 規 約 第 32 条 ) 1 管 理 組 合 が 管 理 する 敷 地 及 び 共 用 部 分 等 ( 組 合 管 理 部 分 ) の 保 安 保 全 保 守 清 掃

More information

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 平 成 25 年 5 月 神 奈 川 県 南 足 柄 市 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73>

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73> 公 的 資 金 補 償 金 免 除 繰 上 償 還 に 係 る 財 政 健 全 化 画 別 添 Ⅰ 基 本 的 事 項 団 体 の 概 要 団 体 名 桑 名 市 国 調 人 口 (H7.0. 現 在 ) 38,963 職 員 数 (H22.. 現 在 ),093 構 成 団 体 名 財 政 再 生 基 準 以 上 早 期 健 全 化 基 準 以 上 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 画 期

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授 さいたま 市 教 育 委 員 会 教 育 長 桐 淵 博 様 2013 年 6 月 6 日 さいたま 市 教 職 員 組 合 執 行 委 員 長 山 本 仁 さいたま 市 の 教 育 施 策 学 校 運 営 並 びに 教 育 条 件 整 備 等 についての 要 求 書 さいたま 市 の 教 育 条 件 の 整 備 等 に 対 する 貴 職 のご 尽 力 に 対 し 敬 意 を 表 します 昨 年 度

More information

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金 別 表 第 二 ( 第 17 条 関 係 ) 水 道 用 水 供 給 事 業 勘 定 科 目 表 収 益 の 部 款 項 目 節 説 明 細 節 事 業 収 益 すべての 収 益 的 収 入 を 記 載 し 営 業 収 益 営 業 外 収 益 及 び 特 別 利 益 に 区 分 する 営 業 収 益 営 業 外 収 益 給 水 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 の 営 業 収 益 受 取 利

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE> Ⅱ 会 計 科 目 の 説 明 (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 区 分 大 科 目 小 科 目 内 容 収 入 学 生 生 徒 等 納 学 則 に 記 載 されている 納 付 金 をいう( 在 学 条 件 として 義 務 的 に の 部 付 金 収 入 又 一 律 に 納 付 すべきものをいう ) 授 業 料 収 入 聴 講 料 補 講 料 教 職 課 程 履 修 費 を 含 む 入 学

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 のあり 方 について ( 答 申 ) 平 成 24 年 7 月 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た

More information

海外レースの馬券発売をめぐる課題

海外レースの馬券発売をめぐる課題 海 外 レースの 馬 券 発 売 をめぐる 課 題 競 馬 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 農 林 水 産 委 員 会 調 査 室 高 橋 陽 子 はじめに 競 馬 の 国 際 化 の 進 展 等 最 近 の 競 馬 をめぐる 情 勢 の 変 化 に 鑑 み 海 外 で 実 施 される 特 定 の 競 馬 の 競 走 について 日 本 中 央 競 馬 会 等 が 勝 馬 投 票

More information

Microsoft Word - h22_3yosaniinntyouhoukoku.doc

Microsoft Word - h22_3yosaniinntyouhoukoku.doc 平 成 22 年 3 月 18 日 三 田 市 議 会 議 長 檜 田 充 様 予 算 特 別 委 員 会 委 員 長 厚 地 弘 行 予 算 特 別 委 員 会 審 査 報 告 書 本 委 員 会 は 平 成 22 年 3 月 4 日 に 付 託 された 議 案 を 審 査 の 結 果 下 記 のとおり 決 定 した ので 会 議 規 則 第 77 条 の 規 定 により 報 告 します 記 議

More information

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 平 成 28 年 6 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 8 月 12 日 上 場 会 社 名 穴 吹 興 産 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 8928 URL http://www.anabuki.ne.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 穴 吹 忠 嗣 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

目 次 はじめに 1. 主 な 事 業 の 成 果 P2 2. 一 般 会 計 の 決 算 状 況 (1) 歳 入 の 状 況 P8 (2) 歳 出 の 状 況 ( 目 的 別 決 算 ) P9 (3) 歳 出 の 状 況 ( 性 質 別 決 算 ) P10 3. 財 政 指 標 等 (1) 財 政

目 次 はじめに 1. 主 な 事 業 の 成 果 P2 2. 一 般 会 計 の 決 算 状 況 (1) 歳 入 の 状 況 P8 (2) 歳 出 の 状 況 ( 目 的 別 決 算 ) P9 (3) 歳 出 の 状 況 ( 性 質 別 決 算 ) P10 3. 財 政 指 標 等 (1) 財 政 わかりやすい 下 関 市 の 決 算 書 ~ 平 成 23 年 度 版 ~ 下 関 市 目 次 はじめに 1. 主 な 事 業 の 成 果 P2 2. 一 般 会 計 の 決 算 状 況 (1) 歳 入 の 状 況 P8 (2) 歳 出 の 状 況 ( 目 的 別 決 算 ) P9 (3) 歳 出 の 状 況 ( 性 質 別 決 算 ) P10 3. 財 政 指 標 等 (1) 財 政 力 指 数

More information

夏 休 み 期 間 中 には 家 族 秋 には 女 性 を 現 在 夏 や 秋 のケイバまつりにおいて 対 象 とした 門 別 競 馬 場 見 学 ツアーを 計 画 女 性 や 子 供 向 けのイベントを 実 施 してい してはどうか るところですが ご 提 言 の 趣 旨 を 踏 まえ 家 族 や

夏 休 み 期 間 中 には 家 族 秋 には 女 性 を 現 在 夏 や 秋 のケイバまつりにおいて 対 象 とした 門 別 競 馬 場 見 学 ツアーを 計 画 女 性 や 子 供 向 けのイベントを 実 施 してい してはどうか るところですが ご 提 言 の 趣 旨 を 踏 まえ 家 族 や ( 様 式 第 2 号 道 民 意 見 提 出 手 続 の 意 見 募 集 結 果 ) 第 2 期 北 海 道 競 馬 推 進 プランについて 意 見 募 集 結 果 意 見 の 概 要 意 見 に 対 する 道 の 考 え 方 平 成 28 年 3 月 14 日 映 像 のHD( 高 精 細 ) 化 に 併 せ フォ HD 化 に 伴 い フォントの 改 良 を 含 め ントも 改 良 できないか

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816992F990B381459094926C8366815B835E92F990B3816A817595BD90AC3238944E82528C8E8AFA81408C888E5A925A904D816B93FA967B8AEE8F80816C816998418C8B816A817682CC88EA959492F990B382C982C282A282C42E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816992F990B381459094926C8366815B835E92F990B3816A817595BD90AC3238944E82528C8E8AFA81408C888E5A925A904D816B93FA967B8AEE8F80816C816998418C8B816A817682CC88EA959492F990B382C982C282A282C42E646F6378> 平 成 28 年 5 月 23 日 各 位 会 社 名 株 式 会 社 小 林 洋 行 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 細 金 成 光 ( コード 番 号 8742 東 証 第 一 部 ) 問 合 せ 先 取 締 役 業 務 部 長 渡 辺 宏 (TEL 0336643511) ( 訂 正 数 値 データ 訂 正 ) 平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

平成25年度決算への新会計基準の影響

平成25年度決算への新会計基準の影響 平 成 25 年 度 決 算 への 新 会 計 基 準 の 影 響 枚 方 市 上 下 水 道 局 2015/03/31 新 会 計 基 準 適 用 による 決 算 への 影 響 解 説 目 次 平 成 25 年 度 決 算 の 概 況... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 の 特 徴... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 見 直 しの 概 要... 3 借 入 賅 本 金 制 度

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

1

1 第 3 章 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 3. 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 1 将 来 用 試 算 のための 条 件 現 在 市 が 保 有 している 建 物 借 用 物 件 は 除 くについて 将 来 もそのまま 保 有 し 続 け るために 必 要 となる 用 を 試 算 します ア 建 替 えコストの 考 え 方 1 建 替 え

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

添 付 資 料 の 目 次 頁 1. 経 営 成 績 財 政 状 態 に 関 する 分 析 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 分 析 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 分 析 3 (3) 利 益 配 分 に 関 する 基 本 方 針 及 び 当 期 次 期 の 配 当 4 (4) 事 業 等 のリスク 4 2. 経 営 方 針 6 (1) 会 社 の 経 営 の 基 本 方 針 6

More information

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

Microsoft Word - 25年度事業計画.docx

Microsoft Word - 25年度事業計画.docx 平 成 25 年 度 事 業 計 画 地 方 競 馬 全 国 協 会 平 成 2 5 年 度 事 業 計 画 Ⅰ 事 業 運 営 の 基 本 的 考 え 方 1. 地 方 競 馬 をめぐる 情 勢 地 方 競 馬 主 催 者 ( 以 下 主 催 者 という )の 経 営 は 長 期 低 迷 する 景 気 や 趣 味 及 びレジャーの 多 様 化 等 の 社 会 状 況 の 変 化 を 背 景 に 平

More information

< E FEE95F18CF68A4A90BF8B8188EA97972E786C73>

< E FEE95F18CF68A4A90BF8B8188EA97972E786C73> 1/41 請 求 書 枝 番 実 施 機 関 所 管 の 名 称 受 付 年 月 日 請 求 内 容 決 定 年 月 日 決 定 内 容 非 公 開 理 由 等 備 考 1 1 市 長 2 2 市 長 3 3 市 長 環 境 部 環 境 対 策 H23.4.1 飲 食 店 の 食 品 営 業 許 可 台 帳 (H23.3 月 分 ) H23.4.6 H23.4.1 飲 食 店 の 食 品 営 業 許

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 本 財 団 は 本 年 4 月 の 公 益 財 団 法 人 への 移 行 を 機 に 公 益 法 人 として 果 たすべき 社 会 的 使 命 を 自 覚 し 積 極 的 に 公 益 目 的 事 業 を 展 開 していく 平 成 24 年 に 入 ってからの

平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 本 財 団 は 本 年 4 月 の 公 益 財 団 法 人 への 移 行 を 機 に 公 益 法 人 として 果 たすべき 社 会 的 使 命 を 自 覚 し 積 極 的 に 公 益 目 的 事 業 を 展 開 していく 平 成 24 年 に 入 ってからの 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 財 団 法 人 J K A 0 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 本 財 団 は 本 年 4 月 の 公 益 財 団 法 人 への 移 行 を 機 に 公 益 法 人 として 果 たすべき 社 会 的 使 命 を 自 覚 し 積 極 的 に 公 益 目 的 事 業 を 展 開 していく 平 成 24 年 に 入 ってからの 我

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

また 機 構 の 経 営 の 柱 である 賃 貸 住 宅 事 業 におけるメインストックは 昭 和 40 年 代 に 大 量 供 給 されたものであり 将 来 の 人 口 動 態 等 を 踏 まえた 需 給 バラ ンスを 想 定 しつつ 計 画 的 に 投 資 や 再 生 再 編 を 行 っていかな

また 機 構 の 経 営 の 柱 である 賃 貸 住 宅 事 業 におけるメインストックは 昭 和 40 年 代 に 大 量 供 給 されたものであり 将 来 の 人 口 動 態 等 を 踏 まえた 需 給 バラ ンスを 想 定 しつつ 計 画 的 に 投 資 や 再 生 再 編 を 行 っていかな 平 成 26 年 3 月 31 日 経 営 改 善 に 向 けた 取 組 みについて 1 策 定 の 背 景 及 び 目 的 機 構 の 改 革 については これまで 数 次 の 見 直 しが 行 われてきたが その 集 大 成 として 行 政 改 革 推 進 会 議 独 立 行 政 法 人 改 革 等 に 関 する 分 科 会 第 4ワーキン ググループ 報 告 書 ( 平 成 25 年 12 月

More information

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道 新 規 / 継 続 継 続 管 渠 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 管 理 課 (0)934-963 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 不 管 渠 下 水 道 法 要 綱 等 5-6 下 水 道 整 備 個 別 計 画 下 水 道 中 期 ビジョン あかし 下 水 道 計 画 ガイド 委 託 指 定 管 理

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

Microsoft PowerPoint - 090908 ③検討会資料.ppt

Microsoft PowerPoint - 090908 ③検討会資料.ppt 県 営 住 宅 耐 震 性 確 保 策 等 検 討 委 員 会 ( 第 3 回 ) 1 前 回 宿 題 事 項 ( 土 地 の 利 用 状 況 の 追 加 説 明 等 ) 及 び 事 業 シミュレーションについて 2 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 策 定 について 3 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 の 策 定 について 平 成 21 年 9 月 徳 島 県 県 土 整

More information

目 次 これからの 経 営 の 全 体 像 Ⅰ 長 期 経 営 方 針 1. 当 社 の 存 在 意 義 2.より 魅 力 ある 商 業 空 間 へ 3. 都 市 基 盤 としての 使 命 4. 長 期 経 営 目 標 と 大 規 模 リニューアル 5. 営 業 面 から 見 た 大 規 模 リニュ

目 次 これからの 経 営 の 全 体 像 Ⅰ 長 期 経 営 方 針 1. 当 社 の 存 在 意 義 2.より 魅 力 ある 商 業 空 間 へ 3. 都 市 基 盤 としての 使 命 4. 長 期 経 営 目 標 と 大 規 模 リニューアル 5. 営 業 面 から 見 た 大 規 模 リニュ 大 阪 地 下 街 株 式 会 社 長 期 経 営 方 針 及 び 中 期 経 営 ( 平 成 26~28 28 年 度 ) 平 成 26 年 3 月 目 次 これからの 経 営 の 全 体 像 Ⅰ 長 期 経 営 方 針 1. 当 社 の 存 在 意 義 2.より 魅 力 ある 商 業 空 間 へ 3. 都 市 基 盤 としての 使 命 4. 長 期 経 営 目 標 と 大 規 模 リニューアル

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

東 大 震 災 から 復 旧 復 興 を 支 援 しています は 全 国 支 店 に 特 別 相 談 窓 口 を 設 置 すると ともに 東 大 震 災 復 興 特 別 貸 付 及 び 震 災 特 例 資 な ど 各 種 支 援 を 実 施 し 皆 さま 資 相 談 返 済 相 談 に 迅 速 かつ

東 大 震 災 から 復 旧 復 興 を 支 援 しています は 全 国 支 店 に 特 別 相 談 窓 口 を 設 置 すると ともに 東 大 震 災 復 興 特 別 貸 付 及 び 震 災 特 例 資 な ど 各 種 支 援 を 実 施 し 皆 さま 資 相 談 返 済 相 談 に 迅 速 かつ 9 取 組 み 震 災 へ 対 応 実 施 総 合 力 を 発 揮 したお 客 さまサービス 向 上 取 組 み 3 平 成 3 年 度 業 務 概 況 及 び 決 算 概 要 5 資 調 達 7 JFC 東 大 震 災 から 復 旧 復 興 を 支 援 しています は 全 国 支 店 に 特 別 相 談 窓 口 を 設 置 すると ともに 東 大 震 災 復 興 特 別 貸 付 及 び 震 災 特

More information

ホッカイドウ競馬のご紹介

ホッカイドウ競馬のご紹介 平 成 26 年 度 第 2 回 北 海 道 地 方 競 馬 運 営 委 員 会 参 考 資 料 1 はじめに ホッカイドウ 競 馬 のご 紹 介 拓 道 庁 が 競 馬 を 始 めたのは 昭 和 23 年 戦 後 の 復 興 期 のもと 娯 楽 が 少 ない 中 での 競 馬 開 催 に 多 くの 道 民 が 詰 めかけたとされています 開 始 から290 億 円 を 一 般 会 計 に 繰 り

More information

C) 長 寿 命 化 と 保 全 費 用 (ア) 他 市 の 事 例 寿 命 年 数 ( 年 ) 自 治 体 そ 学 住 の 校 宅 他 川 崎 市 通 常 長 寿 命 化 保 全 費 ( 億 円 ) 寿 命 年 数 ( 年 ) 保 全 費 ( 億 円 ) 年 平 均 そ 学

C) 長 寿 命 化 と 保 全 費 用 (ア) 他 市 の 事 例 寿 命 年 数 ( 年 ) 自 治 体 そ 学 住 の 校 宅 他 川 崎 市 通 常 長 寿 命 化 保 全 費 ( 億 円 ) 寿 命 年 数 ( 年 ) 保 全 費 ( 億 円 ) 年 平 均 そ 学 資 料 2-1 長 寿 命 化 について A) 施 設 の 耐 用 年 数 について (ア) 減 価 償 却 資 産 の 耐 用 年 数 については 国 税 庁 から 下 表 のように 公 表 されており 耐 用 年 数 としての 基 準 と 考 えることが 出 来 る 減 価 償 却 資 産 の 耐 用 年 数 表 ( 国 税 庁 )より 抜 粋 鉄 骨 鉄 筋 コンクリート 造 鉄 筋 事 務

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

平 成 2 8 年 度 事 業 計 画 I 事 業 運 営 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 地 方 競 馬 をめぐる 情 勢 これまで 地 方 競 馬 は 国 民 に 対 する 健 全 なレクリエーションを 提 供 するととも に 競 馬 開 催 の 売 上 げを 活 用 した 畜 産 振 興

平 成 2 8 年 度 事 業 計 画 I 事 業 運 営 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 地 方 競 馬 をめぐる 情 勢 これまで 地 方 競 馬 は 国 民 に 対 する 健 全 なレクリエーションを 提 供 するととも に 競 馬 開 催 の 売 上 げを 活 用 した 畜 産 振 興 平 成 28 年 度 事 業 計 画 地 方 競 馬 全 国 協 会 平 成 2 8 年 度 事 業 計 画 I 事 業 運 営 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 地 方 競 馬 をめぐる 情 勢 これまで 地 方 競 馬 は 国 民 に 対 する 健 全 なレクリエーションを 提 供 するととも に 競 馬 開 催 の 売 上 げを 活 用 した 畜 産 振 興 や 各 自 治 体 の 財 政

More information

) 1. 2. [ ] [ ] 個 別 決 算 4 貸 借 対 照 表 平 成 25 年 3 月 31 日 資 産 の 部 本 州 四 国 連 絡 高 速 道 路 株 式 会 社 ( 単 位 : 百 万 円 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 10,721 高 速 道 路 事 業 営 業 未 収 入 金 5,882 未 収 入 金 144 未 収 還

More information

2. 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

2. 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1. 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 ) (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 平 成 25 年 度 人 件 費 とは 一 般 職 の 給 料 諸 手 当 退 職 手 当 共 済 組 合 負 担 金 公 務 災 害 補 償 費 のほか 市 議 員 等 特 別 職 の 給 料 報 酬 などを 含 みます ( 注 ) 1.

More information

(Vol.33) 今 回 は 名 古 屋 競 馬 のキャラクターを 紹 介 します グループ 名 7 な 5 ご 8 や ドリームゲッターズ 7 番 のキャラクター かけるくん 5 番 のキャラクター あたるくん 8 番 のキャラクター ゆめちゃん (ニックネーム) グループ 名 758(なごや)ド

(Vol.33) 今 回 は 名 古 屋 競 馬 のキャラクターを 紹 介 します グループ 名 7 な 5 ご 8 や ドリームゲッターズ 7 番 のキャラクター かけるくん 5 番 のキャラクター あたるくん 8 番 のキャラクター ゆめちゃん (ニックネーム) グループ 名 758(なごや)ド 納 付 金 だより 2006. 2 ( 第 141 号 ) 春 寒 の 候 皆 様 方 には 益 々 御 健 勝 のこととお 慶 び 申 し 上 げます さて 公 営 競 技 納 付 金 は 依 然 として 厳 しい 経 営 状 況 の 中 で 施 行 者 の 皆 様 方 をはじめ 関 係 各 位 の 御 理 解 と 御 協 力 により 1 月 末 までに110 億 円 を 納 付 してい ただいております

More information

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 の 手 引 き 横 浜 市 健 康 福 祉 局 監 査 課 電 話 045(671)4195 FAX 045(662)1658 E- mail kf-kansa-shomu@city.yokohama.jp 平 成 25 年 7 月 改 訂 目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2

More information

<4D F736F F D F8CF08FC295FB8EAE834B CA982A68FC182B594C5816A>

<4D F736F F D F8CF08FC295FB8EAE834B CA982A68FC182B594C5816A> 国 土 交 通 省 直 轄 工 事 における 技 術 提 案 交 渉 方 式 の 運 用 ガイドライン 平 成 27 年 6 月 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 地 方 課 大 臣 官 房 技 術 調 査 課 大 臣 官 房 官 庁 営 繕 部 計 画 課 目 次 1. 本 運 用 ガイドラインの 位 置 付 け... 1 1.1 背 景 及 び 目 的... 1 1.2 本 運 用 ガイドラインの

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

目 次 はじめに... 1 1. 背 景 と 目 的... 1 2. 計 画 の 位 置 づけ... 1 3. 計 画 期 間... 1 4. 計 画 の 対 象... 2 Ⅰ 公 共 施 設 等 の 現 状 と 課 題... 3 1. 本 市 の 現 状... 3 2. 公 共 施 設 の 現 状

目 次 はじめに... 1 1. 背 景 と 目 的... 1 2. 計 画 の 位 置 づけ... 1 3. 計 画 期 間... 1 4. 計 画 の 対 象... 2 Ⅰ 公 共 施 設 等 の 現 状 と 課 題... 3 1. 本 市 の 現 状... 3 2. 公 共 施 設 の 現 状 志 木 市 公 共 施 設 等 マネジメント 戦 略 ( 志 木 市 公 共 施 設 等 総 合 管 理 計 画 ) 平 成 27 年 8 月 志 木 市 目 次 はじめに... 1 1. 背 景 と 目 的... 1 2. 計 画 の 位 置 づけ... 1 3. 計 画 期 間... 1 4. 計 画 の 対 象... 2 Ⅰ 公 共 施 設 等 の 現 状 と 課 題... 3 1. 本 市

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

(2) 歳 入 ( 一 般 会 計 ) 市 税 は 前 年 度 比 2 億 9,877 万 円 率 にして 3.8%の 減 の 74 億 8,924 万 円 を 見 込 んだ 中 でも 法 人 市 民 税 は 税 率 の 引 き 下 げが 通 年 に 及 ぶことに 加 え 新 興 国 経 済 の 景

(2) 歳 入 ( 一 般 会 計 ) 市 税 は 前 年 度 比 2 億 9,877 万 円 率 にして 3.8%の 減 の 74 億 8,924 万 円 を 見 込 んだ 中 でも 法 人 市 民 税 は 税 率 の 引 き 下 げが 通 年 に 及 ぶことに 加 え 新 興 国 経 済 の 景 定 例 記 者 懇 談 会 資 料 3-1 平 成 28 年 2 月 22 日 政 策 協 働 部 財 政 課 0548-23-0054 平 成 28 年 度 牧 之 原 市 当 初 予 算 案 について 1 当 初 予 算 案 の 総 額 予 算 額 ( 前 年 度 比 伸 び 率 ) 一 般 会 計 ( 歳 入 歳 出 ) 194 億 円 ( 6 億 円 3.0%) 特 別 会 計 ( 歳 入

More information

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書 平 成 20 年 度 羽 村 市 各 会 計 決 算 及 び 基 金 運 用 状 況 審 査 意 見 書 羽 村 市 監 査 委 員 文 中 及 び 各 表 中 の 金 額 を 千 円 単 位 で 表 示 した 場 合 は 単 位 未 満 は 原 則 として 四 捨 五 入 した パーセンテージ 間 又 は 指 数 間 の 単 純 差 引 はポイントで 表 した 比 率 (%)は 原 則 として 小

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

28年1定.xdw

28年1定.xdw 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 総 務 委 員 会 委 員 長 報 告 資 料 平 成 28 年 3 月 18 日 総 務 委 員 長 吉 沢 章 子 議 案 第 1 号 川 崎 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 制 定 について * 過 去 の 再 就 職 者 状 況 の 公 表 対 象 年 数 及 び 公 表 開 始 時 期 について 過 去 の 再 就 職 者

More information

9 キャッシュ フロー 計 算 書 の 導 入 10 勘 定 科 目 等 の 見 直 し 11 組 入 資 本 金 制 度 の 廃 止 ( 資 本 制 度 の 見 直 しの 積 み 残 し) 財 務 諸 表 趣 旨 見 直 し 項 目 1 貸 借 対 照 表 財 産 状 態 の 適 切 な 反 映

9 キャッシュ フロー 計 算 書 の 導 入 10 勘 定 科 目 等 の 見 直 し 11 組 入 資 本 金 制 度 の 廃 止 ( 資 本 制 度 の 見 直 しの 積 み 残 し) 財 務 諸 表 趣 旨 見 直 し 項 目 1 貸 借 対 照 表 財 産 状 態 の 適 切 な 反 映 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 改 正 概 要 について < 趣 旨 > 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 改 正 については 総 務 省 資 料 では4つの 背 景 を 掲 げ ているが その 趣 旨 は 公 営 企 業 が 経 営 の 実 態 をより 正 確 に 把 握 し それに 基 づいた 経 営 戦 略 を 立 てることができるようにするとともに その 戦 略 を 主 体

More information

目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び 開 館 日 2 4 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 2

目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び 開 館 日 2 4 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 2 佐 賀 市 文 化 交 流 プラザ 指 定 管 理 者 管 理 運 営 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 8 月 佐 賀 市 経 済 部 商 業 振 興 課 目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び

More information

2 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 1. 概 況 総 務 省 の 人 口 推 計 並 びに 厚 生 労 働 省 の 人 口 動 態 統 計 によると 2007 年 以 降 人 口 減 少 社 会 となっていますが その 中 でも 65 歳 から 74 歳 までの 前 期 高 齢 者 の 比 率 と 75 歳 以 上 の 後 期 高 齢 者 の 絶 対 数 がまもなく 入 れ 替 わる 更 なる

More information