ロドルフォのもとで 死 にたいと 住 み 慣 れた 屋 根 裏 に 帰 って 来 る 屋 根 裏 の 仲 間 たち 哲 学 者 のコ ルリーネは 自 分 の 外 套 を ムゼッタは 耳 飾 りを 売 って 薬 を 買 いにやり ムゼッタは 更 にミミの 冷 たい 手 を 温 めるために 自 分 のマ

Size: px
Start display at page:

Download "ロドルフォのもとで 死 にたいと 住 み 慣 れた 屋 根 裏 に 帰 って 来 る 屋 根 裏 の 仲 間 たち 哲 学 者 のコ ルリーネは 自 分 の 外 套 を ムゼッタは 耳 飾 りを 売 って 薬 を 買 いにやり ムゼッタは 更 にミミの 冷 たい 手 を 温 めるために 自 分 のマ"

Transcription

1 貢 献 心 は 本 能 か? オペラに 基 づく 批 判 的 考 察 関 根 清 三 プロローグ 滝 久 雄 氏 の 貢 献 する 気 持 ち という 御 著 書 の 内 容 は 多 岐 にわたるが その 基 本 の 主 張 は 貢 献 心 は 本 能 である というテーゼに 集 約 される(8 頁 ) その 意 味 は 差 し 当 たり 貢 献 心 が 1) 賞 賛 される 美 徳 (9 頁 )ではなく 自 己 犠 牲 への 希 求 (10 頁 )や 愛 ( 同 )とは 一 線 を 画 するこ た2) 誰 にも 生 まれながらに 備 わっている 本 能 に 起 因 し ( 同 ) 私 たちが 自 分 のために 表 現 する 欲 求 の 一 つとして きわめて 自 然 に 生 まれてくるものなのだ (11 頁 )という 2 点 に 要 約 されるだろ そして 滝 氏 の 全 体 としての 意 図 は 3) 他 人 のため (73 頁 )が 自 分 のため ( 同 )となるような 常 の 生 活 での 自 他 の 幸 福 ( 同 )な 共 生 を 肯 としたいという 点 にあるように 見 える 滝 氏 の 意 図 を 達 成 するためには 然 しながら 未 だ 多 岐 にわたる 批 判 的 検 討 が 必 要 に 違 いない 貢 献 する 気 持 ち 共 同 研 究 と 銘 打 った 本 プロジェクトの 趣 旨 は そうした 考 察 を 各 方 面 から 加 え ることにある 筆 者 は 特 に 1) 貢 献 心 は 本 当 に 愛 や 自 己 犠 牲 への 希 求 と 異 なり 美 徳 ではないのか また 逆 に 2)なぜ 貢 献 心 は 総 ての 人 が 生 まれながらに 備 えていると 言 えるのか という2 点 をめぐり オペラを 題 材 として 批 判 的 検 討 を 試 1 17 みたい 世 紀 イタリアに 発 し 特 に 19 世 紀 ドイツやフランスにも 波 及 して 隆 盛 をきわめ その 後 何 度 もその 終 焉 がささやかれながら 未 だ 少 なからぬ 支 持 者 を 擁 す オペラというこの 総 合 芸 術 は 恐 らくこの 点 の 検 討 に 資 するところ 少 な くないように 思 われるのである 1.プッチーニ ラ ボエーム ジャコモ プッチーニの 初 期 のオペラ ラ ボエーム は 19 世 紀 パリのカルチエ ラタンのアパー の 屋 根 裏 に 住 む 芸 術 家 の 卵 たちとその 恋 人 たちの 青 春 の 詩 を 歌 い 上 げた 佳 品 である 詩 人 ロ ドルフォはお 針 子 のミミと 同 棲 するが ミミは 結 核 を 患 い 貧 しいロドルフォに 養 生 させる 力 はない 二 人 は 別 れる 決 心 をし ミミは 貴 族 のパトロンに 養 われる 身 となる 然 し 死 期 を 悟 った 彼 女 は 最 期 1 専 門 的 な 楽 曲 分 析 は 筆 者 の 手 に 余 るとしても 譜 例 をたくさん 掲 げて 説 明 を 加 える 用 意 をしていた が 技 術 的 な 理 由 から 割 愛 せざるを 得 なくなった ただオペラのテクストを 読 むだけでも 貢 献 心 の 検 討 という 所 期 の 目 的 は 達 成 される 筈 で この 点 が 本 考 察 にとって さほどの 瑕 疵 にはならないことを 願 っ ている 1

2 ロドルフォのもとで 死 にたいと 住 み 慣 れた 屋 根 裏 に 帰 って 来 る 屋 根 裏 の 仲 間 たち 哲 学 者 のコ ルリーネは 自 分 の 外 套 を ムゼッタは 耳 飾 りを 売 って 薬 を 買 いにやり ムゼッタは 更 にミミの 冷 たい 手 を 温 めるために 自 分 のマフを 持 って 来 る こうした 優 しい 心 遣 いが 滝 氏 の 言 われる 本 能 として の 貢 献 心 の 発 露 の 例 となるだろう プッチーニの 音 楽 は しばしば 恋 人 の 画 家 マルチェルロと 派 手 な 痴 話 喧 嘩 をするムゼッタに こうした 優 しい 心 根 もあることを 2 幕 の 私 が 町 を 歩 くと の 華 美 な アリアとはうってかわった 抑 制 のきいた 旋 律 で 巧 みに 表 わす また 古 い 外 套 は 擦 り 切 れても 富 や 権 力 に 屈 しなかった 袖 を 通 したのは 貧 しい 我 々のみだ 楽 しい 日 々が 過 ぎ 去 った 今 さら ば 我 が 忠 実 な 友 よ と 質 屋 に 持 って 行 く 前 の 外 套 に 感 傷 的 に 語 りかける コルリーネの 短 いアリ ア 外 套 の 歌 も 朴 訥 な 男 の 仲 間 の 役 に 立 ちたい 真 情 を 伝 えて 感 銘 深 い 然 しこれらが オペラ 全 体 から 見 れば ロドルフォの 悲 痛 な 叫 びで 終 わる ミミの 死 の 場 面 に 至 る 挿 話 であり この 大 団 円 の 効 果 を 増 す 伏 線 に 過 ぎないことも また 事 実 であろう 聴 衆 は 外 套 の 歌 にホロリとさせられはするが ミミの 死 の 場 面 のように 嗚 咽 慟 哭 にまでは 至 らない ロドルフォが ミミ の 病 気 の 回 復 のために 貢 献 していたがっていたことは 3 幕 の 雪 降 りしきる 朝 方 居 酒 屋 の 前 でマ ルチェルロにミミの 病 状 を 訴 える 場 面 などに 明 らかだが それはオペラの 主 題 とはならない 主 題 は 貢 献 心 を 含 むけれど それだけでは 済 まない 燃 えるような 恋 心 なのである オペラという 芸 術 は 大 概 こうした 恋 愛 をめぐって 展 開 し 究 極 まで 振 れないと 終 わらない オペラは 総 じて 大 劇 場 空 間 で オ ーケストラを 従 えた 巨 声 美 声 が 朗 々と 歌 い 振 幅 が 大 きい 所 にその 特 徴 があり 日 常 の 貢 献 心 だけ では 済 まないのである そしてその 燃 えるような 愛 は 死 によって 挫 折 して 涙 をさそう 或 いはしばし ば 死 を 賭 した 場 面 で 試 されるのである オペラにおける 貢 献 心 の 考 察 は 従 って 非 日 常 における 貢 献 心 の 可 能 性 あるいは 不 可 能 性 を 問 う 試 みとなることを 強 いられる 筈 である さて 詩 人 ロドルフォには 未 だ 別 の 貢 献 の 可 能 性 があった 筈 であろう 一 つは 夢 見 がちなボヘミ アンの 詩 人 生 活 を 捨 てて ミミの 薬 代 を 稼 ぎ 出 す 労 働 に 従 事 する 道 彼 がどの 程 度 の 詩 才 に 恵 ま れていたか 知 らないが これは 何 らかの 自 己 犠 牲 の 道 となるだろう もう 一 つは こうした 希 望 に 満 ち た 若 者 たちが 貴 族 に 身 を 売 らなくても 生 きていけるような 格 差 のない 社 会 の 実 現 に 邁 進 する 道 である ボエーム というオペラは そのどちらの 道 に 行 く 才 覚 もなかった 普 通 の 若 者 の 挫 折 に 普 通 の 我 々も 涙 する 類 いのオペラだが 自 己 犠 牲 と 社 会 改 革 に 展 開 するオペラもないわけではない 2.ジョルダーノ アンドレア シェニエ 先 ず 社 会 改 革 の 方 から 見 るならば フランス 革 命 を 背 景 とした 幾 つかのオペラが 想 起 されよう 作 曲 年 代 順 には ヴォルフガング アマデウス モーツァルトの フィガロの 結 婚 ウンベルト ジョル 2

3 ーノの アンドレア シェニエ そしてフランシス プーランクの カルメル 派 修 道 女 の 対 話 が そ 代 表 となる このうち フィガロの 結 婚 はカロン ド ボーマルシュの 原 作 にあった 貴 族 社 会 への 風 刺 や 抵 抗 が ロレンツォ ダ ポンテの 台 本 では 検 閲 を 恐 れて 大 方 除 かれているし カルメル 派 修 道 女 の 対 話 は 14 人 の 修 道 女 が 次 々に 断 頭 台 に 消 えて 行 く 話 であるから 共 に 直 接 の 社 会 改 革 とは 関 わらない アンドレア シェニエ こそ これまた 恋 愛 が 主 題 であるけれど 副 題 としてーー 社 会 改 革 への 眼 差 しを 豊 かに 備 えた 作 品 である 以 下 これについて 見 てみたい それにしても 同 じパリの 詩 人 とはいえ シェニエはロドルフォとは 随 分 違 う ロドルフォが 1830 頃 王 政 復 古 に 対 する 7 月 革 命 当 時 なのに 政 治 色 は 乏 しい 詩 人 の 卵 の 設 定 であるのに 対 し シ ェニエは フランス 革 命 前 夜 からロベスピエールの 恐 怖 政 治 に 至 る 1790 年 前 後 社 会 の 革 命 のた めに 生 き そして 死 んでいった 実 在 の 詩 人 なのである ジョルダーノのこの4 幕 もののオペラは ボエームと 同 じく ルイジ イルリカが 台 本 を 担 当 している が その 政 治 的 視 点 は 顕 著 に 異 なっている 年 冬 コアニー 伯 爵 の 別 荘 の 夜 会 が 舞 台 の 第 1 幕 が 既 に 革 命 前 夜 の 貴 族 たちの 没 落 を 予 感 しつつアンシャン レジームにしがみつく 姿 と その 下 僕 として 営 々と 報 われない 労 働 に 従 事 してきたカルロ ジェラールの 怒 りと 反 抗 を 描 く その 夜 会 に 招 待 されたシェニエは 伯 爵 の 娘 マッダレーナに 田 園 詩 でもと 求 められ 詩 情 は 恋 と 同 じく 気 まぐ れなものと 断 る 娘 はその 答 えに 吹 き 出 し シェニエは 憤 然 として 即 興 詩 ある 日 青 空 を 眺 めて を 歌 い 出 す この 冒 頭 のアリア 3 でシェニエは 祖 国 への 愛 貧 しい 人 たちへの 同 情 圧 制 への 非 難 を 劇 的 に 歌 い 上 げ マッダレーナは 心 ひかれ 立 ち 聞 きしていたジェラールも 感 動 する 2 幕 以 降 は その5 年 後 革 命 後 のパリが 舞 台 だが そこにシェニエの 理 想 は 実 現 されておらず 貧 困 と 暴 力 と 恐 怖 が 支 配 している 没 落 し 独 り 身 となったマッダレーナは かつて 夜 会 でその 情 熱 的 な 詩 を 聞 いたシェニエに 唯 一 頼 る 人 と 打 ち 明 け シェニエはこの 純 真 で 美 しい 娘 に 死 が 引 き 離 すまで 離 れないことを 誓 う ところが オペラによくあることだが そして 大 抵 バリトンがその 役 回 りなのだが ここでも 主 人 公 の 美 しい 女 性 に 岡 惚 れする 男 が 登 場 する ジェラールがその 人 である 彼 は 伯 爵 邸 の 下 僕 ながら 密 かにこの 高 嶺 の 花 に 憧 れていたのであり 革 命 後 ロベスピエール 派 の 重 鎮 となった 今 彼 女 を 探 し 出 そうとしていた 密 偵 がやっと 彼 女 を 探 し 出 してジェラールが 駆 け 付 けると 彼 女 はシェニエと 愛 を 2 なお ボエーム では トスカ 蝶 々 夫 人 の 場 合 と 同 様 筋 書 きをイルリカが 書 いた 後 ジュゼッペ ャコーザが 叙 情 的 韻 文 に 直 したという シェニエにジャコーザの 協 力 はない 3 アイーダ 冒 頭 のラダメスのアリアと 並 んで テノール 殺 しの 難 曲 である 3

4 語 り 合 っている ジェラールは 彼 女 を 拉 致 しようとして シェニエと 決 闘 となり 刺 される 然 しここが 彼 の 立 派 なところだが シェニエにマッダレーナのことを 託 し シェニエもロベスピエール 派 から 狙 わ れているから 気 をつけろと 忠 告 する シェニエが 去 った 後 味 方 が 駆 け 付 けて 誰 に 刺 されたか 聞 か れても ジェラールは 見 知 らぬ 男 と 答 えるのである ここまでが2 幕 3 幕 は 革 命 裁 判 所 の 法 廷 ここでジェラールは 揺 れる シェニエが 捕 えられ マッ ダレーナは 行 方 が 知 れない シェニエを 告 発 すれば マッダレーナが 姿 を 現 わすに 違 いないという 密 偵 の 助 言 にのって 告 訴 状 を 書 いてしまうのである 国 を 裏 切 る 者 という 権 力 者 に 都 合 のよい 罪 名 で 告 訴 することを 恥 じつつ マッダレーナへの 慕 情 とシェニエへの 嫉 妬 に 揺 れる 心 のうちを ジ ェラールは 有 名 なアリアに 託 して 歌 う マッダレーナは 直 ぐ 現 われ ジェラールは 恋 を 告 白 する 驚 いたマッダレーナは シェニエの 身 代 わりになるという 切 々たるアリア 亡 くなった 母 を を 歌 い ジェ ラールはその 献 身 的 な 真 情 に 打 たれ 告 訴 を 撤 回 しようと 法 廷 に 走 るが 時 すでに 遅 くシェニエの 処 刑 が 決 定 する ここで 貢 献 心 という 本 稿 のテーマに 立 ち 帰 って ジェラールの 心 を 振 り 返 っておこう 彼 は 下 僕 として 伯 爵 家 に 貢 献 しようと 身 を 粉 にして 働 いて 来 た 然 しそれに 感 謝 する 感 性 も 教 養 もない 4 それだけの 名 誉 を 手 にいれるために 生 まれるということ 以 外 なにもしていない 貴 族 という 輩 に 愛 想 が 尽 きた 彼 は 貴 族 社 会 と 決 別 し 革 命 によって 貧 しい 人 々に 貢 献 しようとした また 憧 れて いたマッダレーナを 守 る 貢 献 をした 然 しそれらの 貢 献 にも 共 に 挫 折 するのである 革 命 は 貧 者 を 恐 怖 政 治 によって 支 配 する 新 しい 体 制 に 作 り 出 しただけであり 彼 を 愛 さない 女 性 は 彼 の 貢 献 が 迷 惑 でしかない ここに 貢 献 ということの 一 筋 縄 では 行 かない 困 難 が 露 呈 して 来 る こ の 困 難 については ここでは 一 先 ず 問 題 の 指 摘 に 留 め その 先 の 展 開 については 後 述 することと したい 5 4 ボーマルシュの フィガロ 5 幕 の 有 名 なセリフ 5 新 国 立 劇 場 情 報 誌 ジ アトレ 2010 年 8 月 号 に 掲 載 された ジェラールを 演 ずるバリトン ア ルト ガザーレの 分 析 は この 知 的 な 歌 手 らしいものであった 再 録 しておく 権 力 を 掌 握 することと 愛 に 勝 利 することは ひとりの 人 の 内 面 におけるまったく 異 なる 2 つの 局 面 なのですが 彼 は 愛 情 における 非 充 足 感 を 政 治 力 を 悪 用 することで 打 ち 消 そうとするわけです 複 雑 で 今 日 的 な 人 間 行 動 のパターン です イタリア 人 っぽい とも 言 えますよね 恥 ずかしながら 現 代 のイタリア 人 は 権 力 を 利 用 できる 立 場 にあると 理 想 のためだけに 使 うとは 限 りませんから( 笑 ) ですがこれはフランス 革 命 の 副 産 物 というか それによってでき 上 がった 世 界 共 通 の 近 代 以 降 の 人 間 の 姿 なのかもしれません かつては 壮 大 な 理 想 4

5 さてこう 書 いて 来 ると アンドレア シェニエ は カルロ ジェラール と 改 題 した 方 がよいバリト タイトル ロールのオペラかとも 思 われようが そうではない 貢 献 心 というテーマとの 関 連 で 注 目 さ れるのがジェラールであるというだけであって このオペラの 主 題 は 飽 くまで ロブストのテノールとリリ コ スピントのソプラノで 歌 われる シェニエとマッダレーナのドラマティックな 愛 である 実 際 ジェ ールには 先 の 国 を 裏 切 る 者 というアリアがあてがわれているだけだが シェニエは 冒 頭 の 即 興 詩 だけでなく 3 幕 の 法 廷 の 場 で 名 誉 ある 死 を 訴 える 私 は 兵 士 だった 最 終 4 幕 では 処 刑 を 前 に マッダレーナへの 愛 と 詩 の 女 神 との 別 れを 歌 う 名 歌 5 月 の 晴 れた 日 のように を 加 えて2 幕 ではマ ッダレーナとの 愛 を 誓 い 合 う 美 しい 二 重 唱 4 幕 フィナーレでは 死 に 臨 んでマッダレーナとの 劇 的 長 大 な 二 重 唱 を 歌 い 続 けるのである 6 マッダレーナは 明 日 処 刑 される 女 囚 の 身 代 わりとなって 牢 獄 に 入 り シェニエと 共 に 断 頭 台 に 赴 く そこで 歌 われる 二 重 唱 が 私 の 不 安 な 魂 も 貴 方 の 傍 らで 安 ら ぎを 得 ました で 純 愛 に 殉 ずる 二 人 の 永 遠 の 愛 の 凱 歌 である これは 貢 献 心 という 概 念 を 殆 ど 超 えた 究 極 的 な 愛 の 姿 であるけれど 貢 献 心 の 突 き 詰 めた 帰 趨 を 或 いは 暗 示 するのかも 知 れない このオペラで 後 一 つ 貢 献 心 に 関 わる 挿 話 について 付 言 しておくならば それは3 幕 の 寄 進 の 場 面 である 国 家 の 窮 乏 に 際 し 民 衆 は 金 や 装 身 具 を 寄 進 する そこに 盲 目 の 老 婆 が 現 われ 自 分 に 唯 一 残 された 宝 末 の 息 子 を 国 に 献 げると 申 し 出 人 々の 感 動 を 誘 うのである プロレタリアー トとは 元 自 分 の 子 供 (ラテン 語 の Proles) 以 外 に 富 を 持 っていなかった 階 層 の 人 々を 指 す 言 葉 で に 燃 えて 死 をも 恐 れなかった 人 物 が 権 力 の 座 につき その 権 力 ゆえに 己 の 尊 厳 を 危 険 にさらす と いう 姿 です 私 がジェラールを 演 じるときは 彼 をそのようにとらえますが 幸 い 今 自 分 はこの 役 を 演 じ やすい 状 況 にあると 思 っています というのは 私 自 身 ありのままの 自 分 を 他 人 に 見 せられる 年 齢 なの で 理 想 に 燃 える 青 年 のありようを 自 分 と 同 種 のものとも 感 じられますし 同 時 に 壮 年 期 に 近 づくと 精 神 がどう 変 化 するかも 理 解 できる 年 齢 に 近 づいていますから 6 殆 ど 出 ずっぱりで これらの 劇 的 な 歌 を 歌 うことのできるロブストのテノールは 数 が 少 なく この 名 曲 がそ う 頻 繁 に 上 演 されない 所 以 である NHKのイタリア オペラで 1961 年 日 本 初 演 をした 稀 代 のドラマティ ック テノール マリオ デル モナコも 鳴 りやまない 拍 手 にアンコールをしたいが その 余 裕 がないほど 重 いオペラなので 申 し 訳 ないと 語 ったという 逸 話 が 残 っている 筆 者 が 実 演 に 接 したのは 1981 年 ウィ ーンでプラシド ドミンゴ 四 半 世 紀 飛 んで 2006 年 ボローニャ オペラの 引 っ 越 し 公 演 で ホセ クー くらいだが 共 に 終 幕 のアリアの 最 後 のB 音 は 擦 れた 5

6 あった その 人 々の 貢 献 を 語 る 心 を 打 つ 場 面 である 3.ヴェルディ オテロ オペラには 岡 惚 れするバリトン 役 が 多 いと 書 いた その 中 でジェラールは 貢 献 心 をわきまえ た 例 外 的 な 好 漢 と 言 うべきであろう むしろ 多 いのは 貢 献 心 のかけらもない 悪 漢 たちである 中 でも ルードウィッヒ ファン ベートーヴェンの フィデリオ における 刑 務 所 長 ドン ピッツァロ ジ ッペ ヴェルディの オテロ の 旗 手 イアーゴ プッチーニの トスカ の 警 視 総 監 スカルピアらは 悪 の 化 身 のような 男 たちである オペラは 総 じて 非 日 常 にまで 振 れると 書 いた それは 愛 においてだけ でなく 憎 しみにおいてもそうなのだ イアーゴの 場 合 を 考 えてみよう 2 幕 で 彼 は 無 慈 悲 な 邪 神 の 命 ずるままに という 所 謂 イアーゴ のクレド として 知 られるアリアを 歌 う これはシェークスピアの 原 作 にはなく 台 本 を 担 当 したアリゴ ボイートの 創 作 である 俺 を 動 かすのは 俺 の 悪 魔 俺 は 信 じる 無 慈 悲 な 邪 神 (inesorato Iddio)を 俺 は 信 じる みずからに 形 どり 俺 を 作 り 出 した 残 忍 な 神 (Dio crudel)を そして 怒 ったとき 俺 はこの 神 を 呼 ぶ 俺 は 賤 しい 胚 種 や 原 子 から 生 まれたのだ 俺 は 極 悪 非 道 だ 人 間 であるが 故 に そして 俺 は 俺 の 中 に 本 能 的 卑 劣 さ(il fango originario)を 感 じる そうだ!これが 俺 の 信 条 だ 俺 は 信 じる 正 直 者 は 嗤 うべき 道 化 だと 彼 の 中 にあるのは 総 て 偽 善 (bugiardo) 涙 口 付 け 眼 差 し 犠 牲 と 名 誉 総 てこれ 偽 善 そして 俺 は 信 じる 揺 り 籠 の 胚 種 から 墓 場 の 蛆 に 至 るまで 邪 悪 な 運 命 の 戯 れに 過 ぎぬ と 死 神 が 散 々 嗤 い 者 にした 後 やって 来 る そしてそれから?それから? 死 は 無 にほかならぬ(La morte è il nulla) 天 国 なんて 古 臭 い 法 螺 話 だ イアーゴがなぜ 執 念 深 く オテロの 嫉 妬 を 煽 り デズデモーナ 殺 しへと 駆 り 立 てるか シェークス 6

7 ピアの オセロ には デズデモナへの 岡 惚 れや キャッシオの 副 官 昇 進 への 妬 み 等 伏 線 が 張 ら れていないわけではなく ボイート=ヴェルディの オテロ もそれを 踏 襲 しているが それだけでは 説 得 力 に 欠 ける 嫌 いがある それに 対 して 後 者 では このクレドで 総 てを 説 明 し 尽 くすのである 理 由 など 取 り 立 ててなくとも 本 能 的 な 卑 劣 さ が 悪 行 へと 彼 を 追 いやるのだ そしてその 卑 劣 さ 悪 魔 無 慈 悲 な 邪 神 を 見 ていない 正 直 者 は 偽 善 者 に 過 ぎないというのである アーゴは 他 者 の 益 になることのために 貢 献 するどころか ひたすら 他 者 の 害 になることを 画 策 する そしてそれが 人 の 本 能 だと 言 い 放 つのである イアーゴのように 信 条 を 吐 露 するわけではないが 似 たり 寄 ったりの 悪 漢 ドン ピッツァロや カルピアの 場 合 にも 貢 献 心 のかけらも 見 られない ドン ピッツァロは 政 敵 フロレスタンを 獄 舎 に 捕 らえ それが 発 覚 しそうになると 殺 そうとする スカルピアは 加 えて 女 好 きであり 歌 姫 トスカ の 肉 体 を 手 に 入 れるため 恋 人 の 画 家 カヴァラドッシを 拷 問 にかけ 処 刑 しようとする 7 逆 に 貢 献 心 に 満 ちた 善 意 あふれる 女 性 もいる オテロの 妻 デズデモナはその 典 型 であろう 彼 女 は 夫 の 副 官 カッシオが 酒 に 酔 って 不 祥 事 を 起 こして 失 脚 すると 可 哀 想 に 思 って 夫 に 執 り 成 す 悔 いている 部 下 に 貢 献 したいのである 然 しそれが イアーゴに 吹 き 込 まれて 二 人 の 中 を 疑 っているオテロを 苦 しめるということが 分 からない 何 故 あなたのお 声 は 乱 れて 聞 こえるのでし 7 カヴァラドッシは 美 しい2つのアリアと トスカとの 甘 い2つの 二 重 唱 を 歌 う 二 枚 目 の 設 定 だが 元 来 2 幕 の Vittoria!の 叫 びに 象 徴 されるような ナポレオンの 革 命 思 想 に 共 鳴 する 戦 士 であり アンジェ ティをかくまい 拷 問 に 堪 えて 理 不 尽 な 権 力 に 抵 抗 する 気 概 を 持 っている スカルピアは2 幕 で 形 だけカ ヴァラドッシの 処 刑 免 除 を 指 示 し 国 外 への 通 行 証 を 書 いて 代 わりにトスカの 肉 体 を 求 める トスカは 近 寄 って 来 たスカルピアを 刺 し 殺 し この 通 行 証 を 持 ってカヴァラドッシの 処 刑 場 に 駆 けつける 有 名 な 星 は 光 りぬ のアリアを 歌 い 一 人 死 ぬ 覚 悟 であったカヴァラドッシは 駆 け 付 けたトスカの 優 しいこの 手 がそのようなことをしたと 知 って 感 謝 し 彼 女 を 慰 めるが 空 砲 による 銃 殺 と 聞 いていたトスカの 期 待 を 裏 切 って 彼 は 実 は 実 弾 で 殺 される このままでは カヴァラドッシも 空 しい 希 望 を 抱 いて スカルピアの 嘘 に よって 殺 された 甘 い 夢 想 家 ということになりかねないが スペインの 名 テノール ジャコモ アラガルの 名 演 技 は この 点 を 補 って 余 りあった すなわち 彼 は 優 しいこの 手 の 二 重 唱 でトスカを 慰 めつつ 自 分 の 死 を 予 感 した 別 れを 告 げ そして 兵 隊 たちの 銃 口 が 向 けられると 通 行 証 を 怒 りと 恐 怖 をもって 握 りつ ぶすのである もう 自 分 は 死 ぬのだから この 通 行 証 は 必 要 ないことを 知 ったリアリストの 革 命 家 の 姿 が ここに 結 実 する これは 誰 か 演 出 家 のつけた 演 技 というよりも アラガルの 解 釈 であるらしいことは ミュン ヘン ヴェローナ 東 京 で それぞれ 異 なる 演 出 の 舞 台 で 彼 がこの 演 技 をしたことから 推 測 される 7

8 ょう どのような 痛 みがあなたを 苦 しめているのでしょう と 無 邪 気 に 問 う 苦 しんでいる 夫 に 貢 献 し たいのである 然 しその 貢 献 心 が 仇 になる 年 取 り 黒 い 肌 で 愛 の 手 管 も 知 らぬ 自 分 を 妻 は 嘲 っているのだと 疑 心 暗 鬼 に 陥 った このムーアの 武 将 は 妻 が 苦 しみを 和 らげようと 差 し 出 し たハンカチを 邪 険 に 振 り 払 って 出 て 行 け 一 人 になりたいのだ と 叫 ぶ(2 幕 ) 貢 献 心 が 空 回 りし 相 手 に 貢 ぎ 物 をもたらすどころか 毒 を 盛 り 廻 り 回 って 自 分 の 首 を 絞 めることがある デズ デモナは 嫉 妬 に 狂 った 夫 に 呪 われ(3 幕 ) 文 字 通 り 首 を 絞 めて 殺 されるのである(4 幕 ) 以 上 本 章 ではフランス 革 命 を 背 景 とするオペラ 中 でも アンドレア シェニエ を 取 り 上 げ そこ から 話 は 幾 つかのエピソードへと 脱 線 した 革 命 に 戻 るならば それが 虐 げられた 人 々を 解 放 すると いう 事 実 から 社 会 改 革 こそすべての 災 いを 癒 し 世 界 からすべての 悪 を 根 絶 する と 考 えられたの は 歴 史 上 繰 り 返 される 一 般 化 による 誤 りである この 誤 りの 先 に エイブラハム J ヘッシェル 8 な ども 言 う 通 り だが 結 局 我 々は 預 言 者 と 聖 者 が 常 に 知 っていたこと すなわち パンと 権 力 だけで は 人 類 を 救 えないという 事 実 を 発 見 した のである 更 にその 先 に 神 に 対 する 畏 怖 だけが 鎮 めう る 残 虐 行 為 への 欲 情 と 衝 動 が 存 在 する 聖 性 のみが 風 穴 をあけうる 窒 息 させるような 利 己 主 義 の 壁 が 人 間 にはある と ヘッシェルのように 宗 教 の 方 向 に 進 むわけではないオペラの 世 界 の 考 察 は 然 しながら 革 命 による 貢 献 心 の 成 就 ではなく 自 己 犠 牲 による 貢 献 心 の 貫 徹 という 先 に 指 摘 したもう1つの 位 相 へと 進 むこととなる 4.ベートーヴェン フィデリオ ワーグナー さまよえるオランダ 人 タンホイザー 邪 悪 な 男 たちに 対 する 自 己 犠 牲 的 な 女 性 たちの 対 比 は オペラにおいては 際 立 っている 因 みに 作 曲 家 はみな 男 である 中 でも ベートーヴェン フィデリオ のレオノーレ リヒアルト ワーグナ ー さまよえるオランダ 人 のゼンタや タンホイザー のエリザベートといった ドイツ オペラの 系 が 先 ずは 注 目 されよう ここには ヨハン ヴォルフガング フォン ゲーテの ファウスト から ゲル ルト ハウプトマンの あわれなハインリッヒ に 至 るドイツ 文 学 演 劇 に 内 在 する 永 遠 に 女 性 的 なるも の への 憧 憬 と その 女 性 の 犠 牲 的 な 愛 によって 男 に 救 済 がもたらされるという 基 本 思 想 が 看 取 さ れるだろう 8 A.J.Heschel, God in Search of Man. A Philosophy o 次 訳 ) 人 間 を 探 し 求 める 神 ユダヤ 教 の 哲 学 教 文 館 1998 年 214 頁 8

9 フィデリオ は 政 敵 で 刑 務 所 長 のドン ピッツァロに 監 禁 されていたフロレスタンを 救 い 出 すため に 妻 のレオノーレが 男 装 して 刑 務 所 に 入 り 夫 を 救 い 出 す 物 語 である(なおフィデリオは 男 装 の 時 のレオノーレの 偽 名 だが 岡 惚 れは 必 ずしもバリトンの 専 売 特 許 ではなく これを 男 と 思 って 慕 う マ ルツェリーネというソプラノが 登 場 するのは 御 愛 嬌 である) 大 臣 の 視 察 で 悪 事 が 露 見 しそうになった ピッツァロがフロレスタンを 剣 で 刺 し 殺 そうとした 時 下 がれ! Zurück! 突 き 刺 すなら ま を 突 き 刺 せ Durchbohren と 一 喝 して これを 救 ったのはレオノーレである しかも 用 意 周 到 はピストルをピッツァロに 突 き 付 け 大 臣 到 着 を 待 って 夫 婦 は 二 人 して 救 われるという ハッピー エンドが 用 意 されている ワーグナーの2つのオペラもハッピー エンドで 終 わるが それは 男 たちにとってであって 主 人 公 の 女 性 たちは フィデリオより 自 己 犠 牲 的 で 悲 劇 的 な 死 に 至 る タンホイザー のタイトル ロールは ヴェーヌスの 館 で 逸 楽 の 限 りを 尽 くし その 罪 の 赦 しを 得 る ためにローマに 向 かうが 教 皇 から 救 済 に 値 しないと 宣 告 される 絶 望 してヴェーヌスの 愛 欲 の 館 に 戻 ろうとするタンホイザーは 然 し エリザベートが 自 分 の 命 と 引 き 換 えに 彼 の 罪 を 贖 ったことを 知 り 留 まって 息 絶 える 彼 の 罪 が 赦 された 印 が 現 われて 幕 となるというのが このオペラである さまよえるオランダ 人 は かつて 悪 魔 に 助 けを 求 めたせいで 永 遠 に 海 を 彷 徨 う 運 命 にある 然 し 7 年 に1 度 だけ 上 陸 し 永 遠 の 愛 を 誓 う 処 女 に 巡 り 合 えば 救 われるという 2 幕 1 場 のバラードで 夢 見 がちな 少 女 ゼンタは その 物 語 を 語 り 私 こそ 貞 節 によって 貴 方 を 救 う 妻 です 天 使 様 どう か 彼 に 引 き 合 わせてください と 叫 び 周 囲 の 娘 たちから 気 がふれた(Sie ist von Sin れる 彼 女 はオランダ 人 と 会 って その 人 と 知 り 貞 節 を 疑 って 出 航 したオランダ 人 に 向 かって 永 遠 の 愛 を 誓 い 海 に 身 を 投 じて 彼 を 救 済 するというのが この 物 語 である この 二 人 の 女 性 エリザベートとゼンタが なぜこの 相 手 を 愛 と 救 済 に 値 する 男 だと 見 極 めたのか は 然 しながら オペラのどこからも 分 からない 彼 女 たちがそうした 貞 淑 な 純 愛 に 観 念 的 に 憧 れて いたことは 分 かるけれども より 現 実 的 で しかも 後 述 するとおり より 自 己 犠 牲 的 な 愛 は 私 見 によれば トゥーランドット に 登 場 する 女 奴 隷 リューにおいて もっと 説 得 的 で 突 き 詰 めた 形 で 呈 示 されるように 見 える 5.プッチーニ トゥーランドット プッチーニの この 最 後 の 未 完 のオペラは 伝 説 時 代 の 北 京 を 舞 台 にしている 紫 禁 城 に 住 むト ゥーランドット 姫 は かつてこの 城 に 攻 め 込 んだタタール 軍 の 兵 士 のため 非 業 の 死 を 遂 げたローリン 姫 の 恨 みを 晴 らすため 異 国 から 求 婚 に 訪 れる 若 者 たちに3つの 謎 をかけ 解 けない 者 を 処 刑 する 9

10 冷 酷 非 情 な 処 女 として 知 られた 然 しその 美 しさにひかれ 数 多 の 若 者 が 謎 に 挑 み そして 首 をは ねられて 来 た タタールの 王 子 カラフも 戦 いに 敗 れて 彷 徨 う 中 この 姫 を 見 て 謎 に 挑 むことを 決 意 する 盲 目 の 父 王 ティムールと その 手 を 引 き 世 話 をする 女 奴 隷 リューは 必 死 に 止 めるが カラフ の 決 意 はかたい カラフを 密 かに 慕 うリューは 王 子 様 お 聞 きください というアリアで 謎 が 解 けな い 時 は 自 分 たちも 死 ぬと 涙 ながらに 訴 え カラフは 心 を 動 かされて 泣 くな リュー というアリアで 優 しく 女 奴 隷 を 慰 めつつ 必 ず 謎 を 解 くことを 誓 う 2 幕 第 2 場 がその 謎 解 きの 場 面 だが 王 宮 前 の 広 場 に 群 衆 が 集 まるなか カラフは 見 事 にこの3つの 謎 を 解 く それでも 異 国 の 若 者 に 私 を 渡 さないで と 父 の 皇 帝 に 訴 えるトゥーランドットに カラフは 明 日 の 朝 までに 自 分 の 名 が 分 かったら 死 のうと 応 じ る 皇 帝 は 日 の 出 とともにカラフを 我 が 子 と 呼 びたいと 告 げて 第 2 幕 が 終 わる 続 く 第 3 幕 は 夜 の 闇 のなか 男 の 名 前 が 分 かるまで 誰 も 寝 てはならぬという 姫 の 御 布 令 を 聞 き ながら カラフが 有 名 なアリア 誰 も 寝 てはならぬ に 託 して 私 の 口 付 けに 姫 の 冷 たい 心 も 溶 けるだ ろう と 愛 と 勝 利 の 確 信 を 歌 う ところが 衛 兵 がそこへ リューとティムールを 引 き 立 て 来 る リューは ティムールをかばって 私 だけが 名 前 を 知 っているが それは 私 だけの 秘 密 と 叫 ぶ 拷 問 に 必 死 で 堪 えるリューに トゥーランドットは 尋 ねる その 揺 るぎない 力 は どこから 来 るというのか リューは 敢 然 と 応 える 王 女 様 それは 愛 からです 私 の 心 に 秘 めた 密 かな 愛 は 広 く 深 く この 責 め 苦 さえも 甘 味 に 思 えるほどです 御 蔭 で 御 主 人 様 に 贈 り 物 をできるからです 沈 黙 を 貫 くことで 私 は 王 女 様 をあの 方 に 向 けることができます たとい 総 てを 失 っても かなわぬ 夢 さえなくなっても 姫 は 苛 立 ち 群 衆 は 白 状 させろとわめきたてる リューは これ 以 上 拷 問 に 堪 えられるか 分 からな くなり トゥーランドットに 向 かって お 聞 きください と あらゆるオペラの 中 で 最 も 心 をうつアリア つ 氷 のような 姫 君 の 心 も を 歌 い 出 す 氷 で 心 閉 ざした 貴 女 様 も 炎 の 熱 には 負 けて あの 方 を 愛 するでしょう きっと 愛 するでしょう 夜 があける 前 に 私 は 力 尽 き この 目 を 閉 じます あの 方 の 勝 利 を 願 いながら 今 度 もまた 勝 てるようにと 10

11 夜 があける 前 に 私 は 力 尽 き この 目 を 閉 じます 二 度 とあの 方 を 見 ずにすむように 永 遠 にこの 目 を 閉 じます 歌 い 終 わったリューは 傍 らの 衛 兵 のもとに 駆 け 寄 り その 短 剣 を 抜 き 取 って みずからの 胸 に 突 き 立 てる 衛 兵 に 押 さえられていたカラフは 身 を 振 り 切 って 駆 け 付 けるが その 足 元 でリューは 息 絶 え トゥーランドットは 己 が 目 を 覆 い 群 衆 はその 死 を 悼 む リュー 善 意 の 人 よ どうか 我 らを 赦 してくれ 善 い 娘 だった 心 優 しい 娘 だった 安 らかに 眠 れ 詩 のような 娘 よ と 葬 送 の 合 唱 とともに 群 衆 は 去 る ここまでがプッチーニの 作 曲 した 部 分 であり 後 は 友 人 のフラン コ アルファーノが 遺 稿 を 参 照 しつつ 担 当 した(2001 年 にはルチアーノ ベリオの 版 も 作 られている カラフはトゥーランドットに 接 吻 をし トゥーランドットは 皇 帝 と 群 衆 の 前 に 若 者 の 名 が 分 かった そ の 名 は 愛 と 叫 んで 全 曲 の 幕 となる リューの 死 の 場 面 これを 聴 いて 涙 しない 人 は そもそもオペラと 縁 もゆかりもない 9 そ 人 であろう してここに 再 び 女 性 の 自 己 犠 牲 というテーマが 出 て 来 るのである だがそれは 先 に 見 た フィデリ オ や さまよえるオランダ 人 タンホイザー 等 ドイツ オペラのこのテーマの 扱 い 方 と 何 か 一 違 う 気 がする それは 何 なのだろう 毅 然 としている 点 だろうか 否 それなら 夫 をかばって 自 分 も 殺 せと 叫 ぶ 猛 女 フィデリオだって 負 けない いや もっと 毅 然 としている 実 際 に 死 ぬ 点 だろうか 否 それなら ゼンタもエリザベートもしている 愛 する 相 手 が 悪 くない 点 だろうか 確 かにタンホイザーは エリザベートの 純 愛 に 値 するとも 思 え ない 一 線 を 越 えた 罪 人 であろう 然 しフロレスタンは 悪 い 男 ではない 9 もっとも 私 もいつも 泣 くとは 限 らない 演 奏 の 力 量 ということがあり 聴 き 手 の 調 子 ということもある 2 年 ウィーンの 国 立 歌 劇 場 で クラッシミーラ ストヤノーヴァのリューを 聴 いた 時 は 時 差 ぼけがあり 高 校 時 代 東 京 で また 留 学 時 代 フランクフルトで 聴 いて 以 来 久 しぶりで 記 憶 を 辿 りつつ 何 かが 共 振 しつつ 嗚 咽 慟 哭 を 抑 えられなくなった フレーニばりの 美 声 と 端 正 で 真 摯 な 歌 唱 様 式 をもちつつ フレー ニほどのスターダムにのし 上 がらない この 名 歌 手 の 記 念 に 付 言 する 11

12 では 失 恋 する 点 だろうか 核 心 に 近 づいて 来 たようだ エリザベートは 微 妙 とはいえ タンホイザーが その 亡 骸 に 身 を 伏 せて 救 われる 限 り 死 後 とはいえ 恋 は 成 就 するのである ゼンタも 死 ぬことによって オランダ 人 と 結 ばれるのである ましてフィデリオはフロレスタンとの 恋 というより 夫 婦 愛 だが 夫 を 救 っ てそれを 取 り 戻 した フィデリオの 奮 闘 は 自 分 の 幸 福 を 取 り 戻 すための 奮 闘 であり エリザベートも 自 分 の 清 らかな 愛 に 相 応 しく 恋 人 が 変 わることを 願 い 恋 に 恋 した 乙 女 ゼンタもひたむきとはいえ 自 分 の 初 恋 を 大 事 にしたのである そうしていずれも 双 方 的 な 愛 が 成 就 するのが 如 上 のドイツ オペラの 結 末 だった トゥーランドット でも オペラ 全 体 としてはカラフとトゥーランドットの 恋 が 成 就 するの リューの 恋 は 成 就 しないのである そもそも 王 子 に 対 する 女 奴 隷 の 密 かな 慕 情 であり 王 子 は 別 の 女 性 を 恋 するのだから リューに 希 望 はない その 点 が 如 上 の 例 と 一 線 を 画 す 勘 所 ではあるまいか 更 に 言 うならば この 報 われぬ 恋 にもかかわらず リューという 娘 は 一 途 に 相 手 のことを 思 っている あるいはカラフだけでなく トゥーランドットのことも ティムールのことも 思 っている その 無 私 の 思 い れが 我 々の 胸 を 打 つのではないか 貢 献 心 に 立 ち 帰 るならば カラフの 恋 が 成 就 することに 貢 献 したく トゥーランドットが 冷 たい 心 を 恋 に 溶 かすことに 貢 献 したく 老 いたティムールが 流 浪 や 拷 問 の 苦 しみを 免 れることに 貢 献 したく 他 者 のことを 思 って 咄 嗟 に 反 応 するリューは 自 分 がない だからこそ 群 衆 も 善 意 の 人 であり 心 優 しい 娘 であったと その 亡 骸 の 前 に 頭 を 垂 れ 悔 いて これを 弔 うのである そしてだからこそ 聴 き 手 も 現 実 にはあり 得 ないかも 知 れない この 詩 のような 娘 に 涙 するのでは ないか 然 し 愛 といい 貢 献 といい 突 き 詰 めたところ ここまで 行 かざるを 得 ない 位 相 があることを プ ッチーニは 最 期 のこの 作 曲 で 我 々の 目 の 前 に 突 き 付 けたのである 私 には 確 かに ベルカントの 美 声 を 偏 愛 する 傾 向 がある ドイツ オペラよりイタリア オペラを 好 む 所 以 である 然 しこのオペラ 論 においては 両 者 を 均 等 に 扱 うことを 企 図 していたのである ところが 筆 は アルプスの 南 へと 太 陽 へと どうしても 逸 れて 行 くことを 如 何 ともし 難 かった ここに 至 って その 隠 れ た 理 由 が 少 し 明 らかになったようだ それは 貢 献 心 というテーマに 本 質 的 な 点 を どうもドイツ オ ペラよりも イタリア オペラの 方 が 如 実 に 示 してくれるからではなかったか 例 えば オランダ 人 のゼン タの 死 に 殆 ど 感 動 しそうになりつつも ここで 感 動 してよいのかという 薄 皮 一 枚 の 疑 念 が 感 動 を 押 し 10 留 めるという 経 験 が 私 の 乏 しいワーグナー 体 験 には 付 き 物 であった 後 述 する ワーグナーの 生 涯 10 乏 しい 体 験 と 言 いつつも 私 は 恋 愛 禁 制 から パルシファル まで 殆 どの 作 品 を 1980 年 代 のミュ ヘンで 観 ている それでも 例 えば ニュルンベルクのマイスタージンガー のフィナーレで 若 い 者 たちの 12

13 とも 連 動 して どうもドイツ オペラには エゴが 色 濃 く 残 るように 感 ずるのは 或 いは 私 の 管 見 であり 内 在 的 な 理 解 の 不 足 に 過 ぎないのかも 知 れないし そう 単 純 な 図 式 でイタリア オペラとの 異 同 を 論 じ きれる 筈 もないことを 弁 えないわけではない 然 し 残 された 紙 幅 は 限 られている ここでは この 作 業 仮 説 に 一 先 ず 乗 っかって 心 おきなくイタリ ア オペラへの 偏 愛 を 語 り 切 って 終 わりとしたい トゥーランドット が 余 りに 非 日 常 的 な 究 極 の 無 私 の 貢 献 を 描 いているのに 対 し もう 少 し 日 常 の 究 極 の 一 歩 手 前 の 貢 献 について 語 っている 然 し トゥ ーランドット と 優 るとも 劣 らぬほど 私 が 涙 する 究 極 のオペラについて 語 りたいのである 6.ヴェルディ シモン ボッカネグラ オペラにおける 貢 献 心 の 探 求 は 革 命 と 死 という 両 極 端 に 奔 りがちとなる ボエーム 第 4 幕 のよ うな 日 常 のささやかな 貢 献 心 だけでは オペラの 本 領 は 発 揮 されなかったからである 然 しここに 革 命 と 関 わらないわけではなく 死 とも 関 わらないわけではなく 然 し 日 常 の 貢 献 心 にもふんだんに 触 れる ヴェルディの 隠 れた 名 作 がある リゴレット トロヴァトーレ 椿 姫 と 仮 面 舞 踏 会 の 力 ドン カルロ アイーダ という 中 期 の 絢 爛 たる 傑 作 群 の 中 間 に 位 置 しつつ 1857 年 フェ チェ 座 での 初 演 (9 作 品 でヴェルディに 台 本 を 提 供 したフランチェスコ マリア ピアーヴェが 台 本 を 担 当 )は 上 記 いずれの 作 よりも 成 功 しなかったが 晩 年 オテロ の 構 想 を 練 りつつ 熟 練 の 限 りを 尽 くし た 改 訂 ( 台 本 改 訂 は オテロ ファルスタッフ の 台 本 を 担 当 し 自 身 メフィストフェレ の 作 曲 家 でも ったアリゴ ボイートが 担 当 し 1881 年 スカラ 座 で 上 演 )によって 私 見 によればヴェルディの 諸 作 中 でも 際 立 った 感 銘 を 与 える 名 作 へと 高 められた シモン ボッカネグラ が それである このオペラは 14 世 紀 のジェノヴァを 舞 台 として プロローグと3つの 幕 から 成 る シモン ボッカネ グラはジェノヴァ 共 和 国 ために 働 く 海 賊 で 貴 族 ヤコボ フィエスコの 娘 マリアと 愛 し 合 っていた 二 人 の 間 には 娘 が 生 まれていて シモンはピサの 海 辺 に 住 む 老 婆 に 預 けていた 然 しフィエスコは 身 分 の 違 いから 結 婚 を 認 めず マリアは 館 に 幽 閉 されて 泣 き 暮 らしている プロローグは そのフィェス コの 館 の 前 で 平 民 党 のリーダー パオロとピエトロが シモンをジェノヴァ 共 和 国 の 総 督 に 担 ぎ 出 そうと 相 談 しているところから 始 まる シモンは 総 督 になればフィェスコもマリアとの 結 婚 を 許 すかも しれないと 考 え 2 人 の 申 し 出 を 受 ける 皆 が 去 った 広 場 に 憔 悴 したフィエスコが 出 て 来 て マリア 恋 の 成 就 に 貢 献 したとはいえ 勝 算 の 乏 しい 老 いらくの 恋 の 慕 情 を 抑 えただけのハンス ザックスの 歌 に もっと 直 截 的 な 自 己 犠 牲 を 知 っているイタリア オペラのファンが 果 たして 感 動 できるものであろう か 13

14 が 死 んだことを 悲 しい 胸 の 内 は というバスの 名 アリアに 託 して 歌 う 通 りかかったシモンが マリアと の 結 婚 の 許 しを 願 うと フィエスコは 孫 を 渡 せと 迫 る シモンは 実 は 育 ててくれていた 老 婆 が 亡 くな り 子 供 は3 日 の 間 泣 きつつ 途 方 に 暮 れて 彷 徨 った 後 行 方 が 知 れなくなったことを 物 語 る ここで 既 に 幼 女 の 可 愛 そうな 姿 を 思 って 聴 衆 の 涙 腺 はゆるむのである 孫 が 戻 るまで 和 解 しないと 言 い 捨 ててフィエスコが 立 ち 去 った 後 シモンは 館 の 扉 がなぜか 開 いているのに 気 づいて 中 に 入 り マリ アの 遺 体 を 発 見 する 狂 乱 しつつ 館 からよろめき 出 て 来 たシモンに 折 りしも 民 衆 は 駆 け 寄 って 新 しい 総 督 に 選 ばれたことを 告 げ 歓 呼 の 声 をあげる ( 因 みに プロローグはボイートの 加 筆 部 分 1 11 幕 第 2 場 3 幕 の 婚 礼 の 合 唱 等 に ボイート=ヴェルディの 改 訂 が 入 っている ) 年 の 改 訂 版 の 上 演 は 成 功 し ヴェルディも 満 足 したと 伝 えられているが 普 通 の 意 味 ではこの 作 品 地 味 で 渋 めである その 真 価 が 一 般 に 理 解 され 出 したのは 1930 年 代 以 降 特 にメトロポリタン オペ ラにおいてだと 言 われる また 1970 年 代 スカラ 座 の 芸 術 監 督 だったクラウディオ アバドが 名 バリトン ピエロ カップチルリをタイトル ロールに 蘇 演 して 喝 采 をもって 迎 えられようになった 本 稿 は 作 品 を 読 むことを 主 眼 とし 演 奏 については 注 で 簡 単 に 触 れるに 留 めて 来 たが この 作 品 に ついては 私 の 中 で 或 る 演 奏 と 密 接 に 結 び 付 いている 1976 年 NHKのイタリア オペラで カップッチ ルリのほか 全 盛 期 のニコライ ギャウロフ 輝 かしい 美 声 のジョルジョ メリーギ デヴューしたてのカーテ ィア リッチャレルリ 安 定 したロレンツォ サッコマーニ 等 の 名 歌 手 にオリヴィエロ デ ファブリツィー 指 揮 で 聞 いたのが 初 めであり 3 年 後 スカラ 座 で アバドの 指 揮 カップチルリに フレーニ ランベルティ らの 名 演 や 80 年 代 ミュンヘンでブルゾンの 主 演 にも 接 したが 大 感 激 とまではいかなかった 然 し 2010 年 8 月 映 画 館 でのメトロポリタン オペラの 2010 年 2 月 6 日 の 公 演 を 見 2011 年 2 月 NHK-BS で 放 送 されたものを 再 度 見 て 私 の 感 激 は 頂 点 に 達 した これは 映 画 を 見 あるいはエアチ ェックした 好 事 家 の 読 者 と 体 験 を 共 有 するため ここでは 少 し 多 めに 演 奏 にも 触 れることとしたい この 演 奏 の 配 役 は シモン ボッカネグラ(ジェノバ 共 和 国 の 御 用 海 賊 のちに 初 代 総 督 )が バリトンの プラシド ドミンゴ マリア ボッカネグラ(シモンの 娘 アメリア グリマルディと 変 名 )はソプラノのアド ヌ ピエチョンカ ガブリエレ アドルノ(ジェノバの 貴 族 )はテノールのマルチェルロ ジョルダーニ ヤコ フィエスコ(ジェノバの 貴 族 のちにアンドレア グリマルディと 変 名 )にバスのジェームズ モリス パオ アルビアーニ(ジェノバの 金 糸 職 工 のちに 総 督 腹 心 の 廷 臣 )がバリトンのスティーヴン ガートナー メト ロポリタン 歌 劇 場 合 唱 団 および 管 弦 楽 団 指 揮 ジェームズ レヴァイン 演 出 ジャンカルロ デル モナ コの 布 陣 で 収 録 は 2010 年 2 月 6 日 メトロポリタン 歌 劇 場 においてであった なお 本 稿 のリブレットの 翻 訳 は 種 々の 対 訳 を 参 照 しつつの 私 訳 だが このオペラに 関 しては 殆 ど 小 林 英 14

15 続 く3つの 幕 は その 25 年 後 の 話 となる 第 1 幕 第 1 場 は グリマルディ 伯 爵 邸 の 庭 シモンとマリアの 行 方 不 明 の 娘 母 と 同 名 のマリアは グリマルディ 伯 爵 に 拾 われ アメリアと 名 付 けられていた 然 し 伯 爵 はすでに 死 去 しており アメリア はその 屋 敷 でアンドレアと 名 のる 後 見 人 と 住 んでいた アンドレアこそ 平 民 派 に 政 権 を 奪 われ 没 落 した 貴 族 フィエスコであったが アメリアが 実 の 孫 だとは 知 らない ある 朝 アメリアは 幼 い 頃 の 悲 しい 思 い 出 に 耽 り 愛 する 恋 人 ガブリエレ アドルノのことを 思 う ガブリエレは 父 をシモンに 殺 され アン ドレアと 通 じて 貴 族 派 の 復 権 を 画 策 している アンドレアからアメリアが 孤 児 であることを 告 げられつ つも ガブリエレはアメリアとの 結 婚 を 望 む そこにシモンが 狩 の 帰 途 来 訪 し 部 下 となっていたパ ウロとの 結 婚 をアメリアに 勧 める アメリアは 自 分 には 恋 人 がいると 答 え 自 分 の 身 の 上 を 語 る それ を 聞 いて 行 方 を 探 し 続 けていた 実 の 娘 ではないかと 気 づいたシモンは 胸 のロケットを 開 き アメリア の 掛 けていたロケットの 肖 像 と 同 じマリアであることを 発 見 する あの 25 年 前 行 方 知 らずとなりずっと 探 していた 娘 が 今 美 しく 成 長 し ここで 父 と 再 会 する 父 は そなたは 我 が 娘 だ(Sei mia f 万 感 を 込 めて 言 い 娘 は お 父 様 心 が 貴 方 をお 父 様 と 呼 んでいます(Padre, padre i chiama) と 応 ずる しかも 父 は 優 しい 父 がおまえに 楽 園 を 開 くだろう と 語 り 掛 け 娘 は 娘 で 様 いつも 娘 がおそばでかしづくでしょう 気 のふさぐような 時 は 涙 をぬぐってさしあげるでしょう と 和 し 共 に 相 手 のことを 一 途 に 思 い 合 う 言 わば 貢 献 する 気 持 ち に 溢 れた 父 子 なのである 涙 が 滂 沱 のごとく 流 れる この 美 しい 二 重 唱 のあと アメリアの 美 貌 と 財 産 を 狙 っていたパウロが 物 陰 から 姿 を 現 わすが シ モンから 結 婚 は 無 理 だと 告 げられ アメリアを 誘 拐 することをピエトロと 画 策 するところで 第 1 場 は 終 わる 第 2 場 は 所 変 わって 総 督 の 宮 殿 の 会 議 室 総 督 シモンは 一 段 と 高 い 総 督 の 席 に 坐 し 左 右 に 貴 族 派 と 平 民 派 の 評 議 員 が 居 並 ぶ 12 シモンはジェノヴァとヴェネツィアと 平 和 な 条 約 を 結 ぶことを 評 議 員 たちに 説 いている そこへアメリアを パウロの 手 下 の 誘 拐 犯 から 救 い これを 殺 した ガブリ エレが 連 行 されて 来 る 黒 幕 がシモンだと 思 ったガブリエレは シモンに 向 かって 剣 を 挙 げる そこ にアメーリアが 駆 け 込 んできて 私 を 刺 して と 割 って 入 る そして 総 督 さま ああ 助 けて アド 夫 訳 に 依 拠 している(NHK 編 オペラ 対 訳 選 書 18 歌 劇 シモン ボッカネグラ 日 本 放 送 協 会 197 年 ) 12 デル モナコの 演 出 は 中 世 の 名 画 を 思 わせる 重 厚 なものであった 15

16 13 ノを 助 けて と 懇 願 し 下 手 人 は 別 にいると 言 う 乙 女 の 命 を 賭 した 行 聴 動 衆 には 胸 をつかれる 下 手 人 は 貴 族 だと 平 民 派 は 言 い 貴 族 派 は いや 平 民 だ と 言 い 合 って 互 いに 斧 と 剣 を 振 り 上 げていがみ 合 う シモンは 毅 然 としてその 両 派 の 争 いを 制 し 朗 々と 歌 う 平 民 貴 族 残 虐 な 歴 史 の 人 民 私 は 悲 しむ 諸 君 の 栄 華 の 偽 りの 祝 い 事 を 私 は 叫 びたい 平 和 と 私 は 叫 びたい 愛 と(E vo gridando: Pace! E vo gridando: Amor!) と Amor!をヴェルディはシモンに2 回 歌 わせ 最 後 の gridando の Fis の 音 を シモン 役 14 朗 々と 至 情 を 込 めて 伸 ばす この 声 の 力 だけで 泣 けてくるのだ 敢 えて 貢 献 心 と 結 び 付 けて 付 言 すれば 国 の 平 和 のために 命 を 賭 すことを 持 さないシモンに またアメリアのように 愛 のためであ れ 2 幕 のガブリエレのように 義 のためであれ 命 を 献 げる 用 意 の 出 来 ている 人 々の 貢 献 心 に 我 々は 心 を 揺 さぶられるのである 貢 献 とは 元 貢 ぎ 物 を 献 げるの 意 であり その 貢 ぎ 物 は 畢 竟 身 とも 命 ともなる 貢 献 は 勝 義 には 献 身 ともなり 命 を 献 げることともならざるを 得 ない 筈 なのだ さて 幕 の 締 め 括 りは こうである 下 手 人 がパウロだと 見 抜 いたシモンは パウロに 向 かい 下 手 人 に 呪 いをかけるよう 迫 る 自 分 に 呪 いかけざるを 得 なくなったパウロは 恐 れ 戦 きつつそれをする ところで 幕 となるのである そしてこれは 第 2 幕 の 悲 劇 に 続 く 巧 みな 伏 線 となる 第 2 幕 は 総 督 の 部 屋 シモンへの 恨 みに 燃 えるパオロは シモンの 水 差 しに 毒 を 注 ぐ パオロはガ ブリエレを 牢 から 出 し アメリアが 老 総 督 の 慰 みものになっていると 嘘 をつく 逆 上 したガブリエレは 心 に 炎 が 燃 える という 激 情 的 なアリアで シモンにはかって 父 が 殺 され 今 度 はアメリアまでも 奪 15 われるのかと 怒 り 狂 い 入 ってきたアメリアに 総 督 を 愛 してるのか と 詰 説 め 明 寄 する る 間 もなく 13 加 えて それを 演 じるピエチョンカの 思 い 詰 めた 表 情 にも と 付 け 加 えたい 14 ドミンゴも 朗 々と 響 き 渡 らせたが 30 年 前 に 東 京 とスカラ 座 で 2 度 聞 いたカップチルリはもっと 長 く 伸 ば した 記 憶 がある だが そこにどのようなドラマが 込 められているのか 解 さなかった 若 造 にーー 或 いはひょ っとすると 声 量 を 固 辞 することに 傾 いたカップチルリの 歌 にーー 涙 のなの 字 もなかった 然 し 幾 つもの 場 面 やメロディーは 覚 えていて そういう 自 分 の 過 去 と 響 き 合 って 泣 けてくるということもある 因 みに 2010 年 8 月 映 画 館 で 観 た 時 は 病 後 であり エアチェックしたものを 実 際 観 たのは 3 月 中 旬 で 大 震 災 の 後 であった 感 動 は 聴 き 手 の 心 や 体 の 調 子 とも 微 妙 に 関 係 して 来 る いずれにせよ これがオペラ 就 中 ヴェルディの 醍 醐 味 だが 声 の 力 だけで 泣 けるものであることを ドミンゴの 歌 で 改 めて 思 う 15 このアリアは 難 曲 であり ジョルダーニも 後 半 声 がかすれた かつて 聴 いたメリーギも 後 半 ブレスの 支 えを 失 っていた 因 みに 録 音 を 含 めて 最 も 優 れているのは アリア 集 の CD におけるわが 市 原 多 朗 であ ろう 16

17 シモンの 足 音 が 聞 こえ ガブリエレはテラスに 隠 れる アメリアはガブリエレを 赦 免 することを 懇 願 し シモンは 娘 の 恋 人 が 敵 対 派 であったことに 驚 きつつも それに 同 意 する そして 一 人 にしてくれと 言 って 毒 の 入 った 水 差 しの 水 を 飲 み そのまま 眠 り 込 む ガブリエレはテラスから 入 って 来 て 総 督 を 殺 そうとするが アメリアが 戻 って 来 る 目 覚 めた 総 督 は この 胸 を 刺 せ 無 礼 者 と 言 い なぜお 前 がここに 入 り 込 んだか 言 え とパオロの 名 を 言 わせようとしても ガブリエレは 死 も 拷 問 も 恐 れはせ ぬ と 応 じる どちらも 死 を 恐 れぬ 男 たち そしてシモンは 悲 しげに 歌 う ああ お 前 は 親 の 仇 を 討 っ た 私 も 気 の 毒 なことをしたと 思 っていたが お 前 は 天 上 の 宝 を 盗 んでしまったのだ 我 が 娘 を と 間 を 置 いて La mia figlia という この 言 葉 には 1 幕 1 場 の 25 年 ぶりの 再 会 のとき と 呼 べる 感 激 を 歌 っていたシモンの 万 感 の 思 いが 繰 り 返 される それを 聴 いて 父 を 殺 された 憎 しみ と 恋 人 への 誤 解 と 嫉 妬 に 苦 しんでいたガブリエレの 憎 悪 は 溶 けて 行 く ヴェルディは 何 と 美 しい 旋 律 をテノールに 与 えたことだろう テノールの Suo padre sei tu!で 始 まる 三 重 唱 三 者 また 素 晴 らしい ガブリエレ この 人 の 親 が 貴 方 とは! 赦 してくれ アメーリア 僕 の 愛 は 思 い 上 がった ねたましい 愛 だった 何 を 隠 そう 僕 は 刺 客 なのです 僕 を 死 罪 にしてください 僕 は 貴 方 をまともに 見 られない アメリア 天 国 から 貴 方 の 娘 をお 守 り 下 さるお 母 様 お 父 様 の 心 にも 私 を 憐 れんでくださるよう お 口 添 えを この 人 はただ 愛 が 過 ぎたために 罪 を 犯 したのです 総 督 わしは 彼 を 救 ってやり 敵 に 手 を 差 し 伸 べるべきか? そうだ リグリアに 平 和 よ 輝 け 旧 怨 は 水 に 流 し わしの 墓 場 がイタリア 友 好 の 祭 壇 となれ 感 動 的 な 三 重 唱 が アメリアのハイ C で 締 め 括 られた 後 テラスから 貴 族 派 の 暴 動 の 声 が 聞 こえ て 来 る 自 派 に 帰 れと 言 う 総 督 に いえ 私 は 総 督 の 慈 悲 を 貴 族 たちに 伝 え それでも 彼 らが 武 器 を 捨 てないなら 貴 方 とともに 戦 うと 応 ずる シモンは 二 人 の 結 婚 を 許 可 して 2 幕 は 終 わるのだ 終 幕 第 3 幕 は 再 び 総 督 の 会 議 室 貴 族 派 の 反 乱 は 鎮 圧 され それに 与 したパウロは 処 刑 場 に 向 かう パウロは イアーゴ スカルピア ドン ピッツァロという 常 人 の 想 像 を 絶 する 三 大 悪 漢 に 比 17

18 べれば 小 ぶりで 哀 れな 悪 人 である 自 分 が 擁 立 した 総 督 が 自 分 を 斥 け アメリアへの 岡 惚 れが 成 就 せず この 手 の 悪 へと 走 ることは 誰 でも 分 らなくはない 筈 だ パウロは 会 議 室 を 連 行 されて 行 き そ こに 釈 放 されたフィエスコがいるのを 見 て シモンに 毒 を 盛 ったことを 告 げる フィエスコが 娘 の 復 讐 16 をシモンにしようと 身 を 隠 すところへ 毒 のため 足 元 もおぼつかない 総 督 が 入 ってくる そこにフィ エスコが 姿 を 現 わすと 総 督 は 意 外 にも 喜 び 貴 方 は 25 年 前 マリアとの 間 の 娘 を 差 し 出 せば 私 を 赦 してくれると 言 ったが 娘 は 失 われてそれができなかった 然 し 今 それができる アメリアこそそ の 娘 なのだから と 語 る ここで 二 人 の 和 解 の 二 重 唱 また 涙 に 暮 れる 場 面 である フィエスコ 総 督 私 は 泣 く お 前 が 天 に 代 わって 私 に 語 るから お 前 の 同 情 のうちにも 天 の 叱 責 を 感 じる さあ 貴 方 を 抱 かしてくれ ああ マリアの 父 よ 貴 方 の 赦 しが わたしの 魂 には 何 よりも 慰 めとなるだろう フィエスコはパオロから シモンが 毒 を 盛 られたことを 聞 いたと 告 げる そこへマリアがやってくる シモンは 素 早 くフィエスコに 語 る 黙 って そのことを 言 わないでくれ 今 一 度 彼 女 を 祝 福 してやり たいのだ と 自 分 の 死 よりも 娘 の 将 来 を 気 遣 うのだ 瀕 死 の 状 況 で 床 に 倒 れていた 総 督 は ここで 毅 然 として 立 ち 上 がり 娘 とその 恋 人 を 祝 福 する 総 督 は 一 途 に 娘 のことを 思 う マリア 勇 気 を 持 ちなさい お 前 に 大 きな 苦 しみが 迫 っている わしに 最 後 の 時 が 鳴 ったのだ 然 し 神 様 が おお マリアよ お 前 の 腕 の 中 で 息 絶 えるのをお 赦 しくださったのだ 何 という 愛 そしてまた 何 という 謙 虚 ガブリエレの 父 のアドルノを 殺 し プロローゴではフィエスコに 懇 願 した 後 それを 斥 けられると 鬼 畜 のような 奴 らだ とののしり 暴 動 や 平 民 貴 族 の 争 いに 悩 まされ パオロをアメリアと 結 婚 させる ためには まずグリマルディ 家 の 亡 命 者 への 赦 免 状 で 懐 柔 し 決 して 単 純 ではない 権 力 争 いの 渦 中 を 生 きた 元 海 賊 のこの 男 が 然 し 基 本 は 正 直 で 死 の 覚 悟 ができており 若 き 日 の 恋 に 殉 じ 恋 人 を 奪 った 敵 対 派 の 父 に 赦 されることを 望 み 続 け 最 後 に 和 解 ができ 若 き 日 の 恋 人 との 間 の 忘 れ 形 見 と 再 会 できたことに 心 底 よろこび 然 し と 思 ったら その 娘 を 敵 対 派 のアドルノに 奪 われ 腹 心 の 部 下 の 裏 切 りで 毒 殺 される そうした 運 命 に 翻 弄 され 続 けた 人 生 だったのに 然 し 神 様 が おお 16 もはや 周 囲 もよく 見 えず ただならぬ 状 況 に 自 分 が 陥 っていることを 自 覚 している 総 督 を デル モ ナコ=ドミンゴの 演 出 はよく 出 していた 18

19 マリアよ お 前 の 腕 の 中 で 息 絶 えるのをお 赦 しくださったのだ という 一 事 に 感 謝 して その 人 生 を 肯 定 して 果 てる そういう 最 期 でありたいではないかと 聴 衆 は 涙 する 続 く 四 重 唱 若 い 恋 人 たち マリアは いいえ 貴 方 は 死 にません 愛 が 死 の 氷 を 打 ち 負 かすように 天 上 から 私 の 苦 しみに 憐 憫 が 応 えてくれましょう と そしてガブリエレも おお 父 上 父 上 僕 の 胸 はひどい 憤 りで 引 き 裂 かれそうです 楽 しい 愛 の 一 時 は 何 と 早 く 過 ぎ 去 ったことでしょう と それぞれ 楽 観 や 怒 りをそのままに 出 し 老 フィエスコは しゃばの 幸 福 はたまゆらの 悦 楽 だ 人 間 の 心 は 絶 え 間 ない 涙 の 泉 だ と 悲 観 し それに 対 して 総 督 は 慈 悲 深 い 大 神 よ 天 国 からこの 人 たちを 祝 福 してください 私 の 殉 教 の 荊 を 彼 らのために 花 に 変 えてください と 歌 う 彼 の 思 いは 更 に この 争 いの 絶 えないジェノバの 市 民 の 和 解 と 平 和 に 向 かい 貴 族 派 のアドルノ が 自 分 の 後 の 総 督 になること フィエスコにその 遺 志 をかなえてくれることを 託 して 最 後 に 優 しく マリア! と 呼 んで 倒 れたまま 動 かなくなる マリアは 若 き 日 の 恋 人 の 名 前 であり 娘 の 名 前 で あった! スペインのアントニオ ガルシア グティエレスの 原 作 と 言 われるが ピアーヴェが 書 き ボイートが 改 訂 した 台 本 だけでも これだけ 首 尾 一 貫 し 他 のオペラに 見 られない 緊 密 な 内 容 を 誇 ると 言 ってよい ま ことに 感 銘 深 い これにヴェルディの 壮 麗 で 高 貴 な 音 楽 がつき ドミンゴを 初 め 豊 麗 な 声 と 14 世 紀 ジェ ノヴァの 重 みのあるデル モナコの 舞 台 それにダイナミックで 流 麗 なレバイン=メトロポリタンのオケと 合 唱 作 曲 は 台 本 に 息 吹 きと 奥 行 きを 与 え 演 奏 はこれを 更 に 立 体 化 して 声 とオーケストラ 演 出 と 美 術 を 統 合 した 豪 奢 な 建 造 物 とする オペラの 醍 醐 味 である 中 でも 69 歳 のドミンゴが 際 立 っていた 30 年 前 ウィーンの アンドレア シェニエ で 全 盛 期 のドミン カップチルリの 共 演 も 聞 いているが 当 時 から 声 の 大 きさと 張 りは カップチルリが 三 割 がた 上 であった その 旬 のバリトンを 69 歳 のテノールがバリトン 役 で 歌 うのと 比 較 すれば やはり 声 楽 的 には 劣 ると 言 わざ るを 得 ない 然 しそんなことはどうでもよい 位 ドミンゴの 存 在 自 体 が 立 派 なのだ 19

20 エピローグ プロローグで 指 摘 した 2つの 問 題 に 戻 って 考 察 を 結 びたい まず1)の 問 題 から 考 えてみよう 貢 献 心 は 本 当 に 愛 や 自 己 犠 牲 への 希 求 と 異 なるもの なのか という 問 題 これについては 然 しながら 既 に 答 えは 明 らかであろう オペラという 振 幅 の 大 きい 芸 術 を 考 察 す ることによって 我 々は 日 常 の 貢 献 心 がしばしば 死 を 賭 した 愛 として 試 され 自 己 犠 牲 への 希 求 として 極 まる 場 面 に 遭 遇 せざるを 得 ないことを 縷 々 指 摘 して 来 たのである 貢 献 心 と 愛 や 自 己 犠 牲 とは 決 して 異 なるものではなく 同 根 の 思 いの 日 常 と 非 日 常 という 違 う 場 面 におけ る 別 の 呼 び 名 に 過 ぎないと 言 うべきではないだろうか 他 人 のため が 自 分 のため にもなる 貢 献 心 の 予 定 調 和 を 超 えて 愛 が 自 分 を 殺 して 他 人 のために 犠 牲 となる 死 にまで 究 極 せ ざるを 得 ない 場 面 があるという 古 代 のギリシアの 悲 劇 ( タウリケのイピゲネイア )やヘブライの 預 言 者 ( 第 二 イザヤの 53 章 ) 以 来 繰 り 返 し 指 摘 されてきたテーマを オペラも 形 を 変 えて 先 鋭 化 するの である そしてそもそも 非 日 常 とは 畢 竟 死 に 面 する 場 面 であり 日 常 の 生 はいつ 襲 って 来 るか 知 れない 死 に 接 している 限 り 日 常 と 非 日 常 を 截 然 と 分 けることは 出 来 ない 筈 なのだ では2)の 問 題 はどうだろうか なぜ 貢 献 心 は 総 ての 人 が 生 まれながらに 備 えていると 言 える のか という 問 題 である まず 貢 献 心 が 或 る 人 に 素 朴 な 幸 福 感 ( 滝 前 掲 書 74 頁 )を 残 し 感 謝 の 念 (96 頁 ) えるとしても 誰 でもが 生 まれながらに 備 えているという 結 論 は 出 て 来 ないことを 指 摘 しなければ ならない 貢 献 心 が 多 くの 人 に 善 い 感 情 をもたらすという 事 実 から 貢 献 心 は 総 ての 人 が 生 来 ドミンゴという 稀 有 の 天 才 の 40 年 間 を 同 時 代 人 として 見 聴 いてきた 僥 倖 に 感 謝 せざるを 得 ない 癌 を 患 って その 激 痛 の 中 の 集 中 と 覚 悟 なども 共 振 して 感 動 を 呼 ぶのだ この 公 演 の1 週 間 後 2 月 13 日 に ドミンゴは 東 京 のアレーナ 引 っ 越 し 公 演 で オテロ カルメン シラノ ド ベルジュラック からそ れ 第 4 幕 を1 幕 ずつ 歌 い 翌 14 日 アイーダ 一 晩 を 指 揮 したが 激 痛 で 苦 しみ すぐニューヨークに 戻 り 検 査 大 腸 癌 と 分 って 3 月 初 めに 手 術 その 45 日 後 の 4 月 半 ばミラノのシモンで 復 帰 したわけだから この シモン の 公 演 では 癌 と 分 かっていなくとも 腹 痛 を 抱 えていた 筈 である 録 画 日 は 上 映 の 最 後 に 知 ったこととはいえ この 稀 有 の 天 才 の テノールのあらゆる 役 どころを 演 じきって 今 やバリトンの 老 け 役 の 大 役 にまで 手 を 広 げて 行 く 成 熟 と 老 成 オペラ 界 への 愛 と 貢 献 シモンと 通 ずる 世 界 への 平 和 の 祈 り そういったものが 共 振 して 大 きな 感 動 の 一 要 因 となったことは 確 かであろう 20

21 誰 でもが 一 様 に 抱 いている 本 能 ( 同 68 頁 )だと 言 い 切 ることは 一 般 化 の 論 理 的 飛 躍 でし かないからである 実 際 いくつかのオペラを 通 観 しただけでも 例 えばデズデモーナのように 他 者 に 貢 献 したくてた まらない 人 もいるし イアーゴのようにそれを 偽 善 とみなし 他 者 を 貶 めることが 人 間 の 本 能 だと 考 える 者 もいたのである 少 なくともこう 言 い 換 えるべきではないか 誰 でも 他 者 に 対 して 貢 献 する 気 持 ち を 生 来 持 っ ていると 信 じたいが 他 方 他 者 に 貢 献 するよりも 自 分 の 利 益 だけ 追 求 したい 気 持 ちが 生 来 人 間 にあることも 指 摘 しなければ 均 衡 を 失 する と むしろそのせめぎ 合 いの 中 で 人 はその 都 度 他 者 に 貢 献 する 方 向 へと 向 かうべき 存 在 なのではないか 1つ 付 言 する 貢 献 と 貢 献 心 の 関 係 について この 間 の 事 情 はいささか 複 雑 であるだろう デズデモーナはオテロとカッシオに 貢 献 したいと 腐 心 したが オテロにとってそれは 煩 わしく また 嫉 妬 心 を 煽 るばかりで 本 当 の 貢 献 とはならかった 主 観 的 な 貢 献 心 が 客 観 的 な 貢 献 にならない こともあるのである また 逆 の 場 合 もある 主 観 的 には 他 者 に 貢 献 する 気 持 ちなど 更 々なくとも それが 客 観 的 には 他 者 に 大 きく 貢 献 する 場 合 オペラのリブレットの 分 析 に 終 始 した 本 稿 では 触 れなかったが オペラが 世 に 出 るまでの 背 景 には 枚 挙 に 遑 がないほど その 手 の 皮 肉 な 例 が 多 い 夫 と 16 歳 の 小 間 使 いとの 間 を 疑 って 後 に 解 剖 で 処 女 と 判 明 した 娘 を 自 殺 にまで 追 いやった 妻 の 嫉 妬 と それに 伴 うごたごたから 逃 げて 西 部 の 娘 を 完 成 したプッチーニ ナチス 政 権 下 後 に やはり 自 殺 するユダヤ 人 の 作 家 シュテファン ツヴァイクに 幾 多 の 被 害 を 与 えつつ 無 口 な 女 の 制 作 に 奔 走 したリヒアルト シュトラウス 等 々の 事 例 もすぐ 思 い 当 たるが 最 たる 例 はワーグナーであ ろう 己 の 利 益 と 功 名 と 愛 欲 と そしてーーそれらと 複 雑 にからみあった 形 でーー 己 の 創 作 のために これほど 周 囲 に 害 毒 をまき 散 らし 友 や 他 者 への 貢 献 心 に 欠 けた 男 も 珍 しい 楽 長 を 務 めていた ドレスデン 宮 廷 劇 場 が ローエングリン の 上 演 を 拒 否 するや 切 れて 革 命 派 に 転 じ 暴 動 に 加 担 し ただ 平 穏 な 生 活 を 望 む 最 初 の 妻 ミンナを 捨 て 国 外 に 追 放 されるやチューリッヒで 邸 宅 を 提 供 し 援 助 してくれた 豪 商 オットー ヴェゼンドンクの 若 い 妻 マチルデとの 恋 に 落 ちて トリスタンとイゾルデ を 書 き 上 げ その 初 演 を 担 当 した 指 揮 者 ハンス フォン ビューローの 妻 コジマを 彼 から 奪 って 再 婚 するのであった ワーグナーに 貢 献 心 のかけらもあるようには 見 えないが その 数 多 の 創 作 が 爾 後 の 音 楽 史 に 少 なくともワーグナー 愛 好 家 に どれだけ 貢 献 したか 計 り 知 れない ワーグナーで 想 起 されるのは また 次 のエピソードである 同 時 代 のフェルディナンド ヒラーという 21

22 二 流 の 指 揮 者 兼 作 曲 家 の 作 品 を 現 在 知 る 人 は 殆 どいないだろう 然 し 彼 は 次 の 言 葉 で 歴 史 に 名 を 残 したのである ワーグナーが ローエングリン の 台 詞 を 書 き 上 げ 作 曲 に 取 り 掛 かる 前 に 朗 読 会 を 催 した 時 その 創 作 に 貢 献 したい 余 り ヒラーはこう 言 ったのである ワーグナーが 自 分 でこれを 作 曲 するというのは 遺 憾 だ 彼 の 楽 才 は その 詩 才 ほどではないから と 御 し 難 いかな 貢 献 心 である 貢 献 心 がそのまま 貢 献 につながるとは 限 らないし 貢 献 心 の 欠 如 が 一 概 に 貢 献 につながらないとは 決 めつけられないのである もう1つ 付 言 したい 滝 氏 は 貢 献 する という 言 葉 を 人 に 対 して 用 いておられ 本 稿 もその 線 で 書 き 進 めたが ずっと 違 和 感 を 感 じていた 貢 献 する という 言 葉 は 元 来 人 にではなく 物 事 に 対 して 用 いられる 言 葉 だからである 例 えば オペラ 界 に 貢 献 する 福 祉 の 推 進 に 貢 献 する という 風 に これは 英 仏 独 語 においても 同 様 である 例 えば contribute to the victory zur Wissenschaft beitragen 等 この 文 脈 で 貢 献 する という 言 葉 が 用 い いは 単 にそういう 理 由 からかも 知 れない 人 に 役 立 つ とか 人 を 愛 する 人 の 犠 牲 になる 等 の 言 い 回 しが この 文 脈 の 正 しい 用 法 ではあるまいか 纏 めよう 貢 献 する 気 持 ち あるいは 愛 する 気 持 ちが 誰 にでも 生 まれながらに 備 わっている ( 上 述 2))と は 言 い 切 れない イアーゴのような 例 があるからである いやあれはボイートの 観 念 のこしらえ 物 に 過 ぎない 現 実 には 貢 献 心 というものは 在 ってもなかなか 見 えない ( 滝 113 頁 )だけなのだと 未 だ 主 張 する 場 合 には だったら 同 じ 程 度 の 蓋 然 性 をもって 貢 献 しない 気 持 ち あるいは 他 人 のことを どうでもよいと 思 ったり 憎 んだりする 気 持 ちも 人 には 生 まれながらに 在 ることを 認 めねばなるまい すると その2つの 気 持 ちの 葛 藤 を 超 えて 人 を 愛 し 物 事 に 貢 献 するに 至 った 人 は やはり 美 徳 ( 上 述 1))を 修 めたのであり 賞 賛 に 値 するのではないか たといそれが ありきたりな 発 想 法 ( 9 頁 )に 戻 ることだとしても ありきたり を 超 えることは そう 容 易 なことではなく またそれが 事 真 相 を 古 来 の 人 々が 見 抜 いた 知 恵 である 限 りにおいて ありきたり でかまわないだろう 1)2)を 合 した 意 味 での 貢 献 心 は 本 能 である という 滝 氏 のテーゼは 従 って 遺 憾 ながら 成 り 立 たないというのが オペラという 視 角 から 検 討 した 本 稿 の 結 論 となる しかしそのことは 3) 他 人 の ため が 自 分 のため となるような 日 常 の 生 活 での 自 他 の 幸 福 な 共 栄 共 存 を 肯 定 しようとする 滝 氏 の 善 き 意 図 と 意 欲 に 異 を 唱 えることではあり 得 ない オペラは 所 詮 祝 典 劇 的 な 性 非 を日 常 もって 本 領 とし 我 々は その 題 材 と 作 家 たちの 極 端 な 例 に 振 り 回 され 過 ぎたかも 知 れない その 22

23 端 々で 例 えば シモンとその 娘 が 日 において 常 互 いに 貢 献 しようとすることに 涙 する 我 々は イアー ゴの 対 極 にあるような 滝 氏 の 善 きお 働 きへの 敬 愛 の 念 を 禁 じ 得 ないのである 究 極 の 非 日 常 に 至 る 一 歩 手 前 の 日 常 の 中 で 他 人 のため が 自 分 のため となる 幸 福 な 貢 献 を 私 も 冒 頭 で 引 用 した 哲 学 者 コルリーネのように いささかの 感 傷 をもって 願 う 者 にほかならないことを 申 し 添 え 滝 氏 の 思 いに 和 しつつ 本 稿 の 考 察 を 閉 じることとしたい 23

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

極悪人の肖像.indd

極悪人の肖像.indd 解 説 真 田 啓 介 訳 255 258 極 肖 像 5 目 次 Portrait of a Scoundrel 1938 by Eden Phillpotts 要 登 場 物 三 長 次 妻 パ 息 メ デ パ 乳 母 ノ マ パ 警 視 庁 警 部 ェ ポ 金 融 ェ デ ポ ェ 娘 ホ ワ ヘ ッ 師 ッ ベ 警 視 庁 任 警 部 序 文 利 己 和 軋 轢 招 反 社 会 徳 違 影 響

More information

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵 礼 旧 消 登 道 標 宅 使 総 門 ゆ 納 交 仲 関 住 助 掛 確 礼 率 低 因 孕 絡 配 偶 嫌 易 申 訳 市 住 宅 乖 掛 金 視 貌 視 終 態 総 昭 〇 段 階 診 所 〇 昇 厚 渡 証 誇 伴 槍 玉 挙 終 占 幸 福 移 昨 隣 押 幼 所 母 繋 較 短 迎 馳 勘 滅 振 運 族 構 処 術 回 打 族 ギ 呈 技 術 勢 素 晴 司 放 患 側 救 遠 昔 僧

More information

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd 美 彦 着 六 三 造 経 労 組 合 運 字 泊 ホ 伸 午 ホ 質 素 座 街 並 眺 羽 場 沈 羽 根 ふ 浴 激 素 晴 社 主 義 太 犬 連 兵 士 犬 驚 立 肌 寒 厚 灰 色 雲 淀 有 冷 戦 題 写 真 載 写 真 デ デ 立 図 館 合 ひ 高 県 6 7 ボ 籍 2 0 0 4 京 院 定 退 職 現 ボ 研 究 : 芸 : 2 気 づ 夫 容 疑 捜 査 及 危 険 託

More information

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 度 担 各 優 秀 及 投 稿 象 部 委 及 委 審 査 厳 正 審 査 経 ( ) 七 ( 四

More information

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 (1) 中 国 と 韓 国 との 関 係 ~ 要 旨 ~ 今 年 は 戦 後 70 年 にあたる 安 部 首 相 が 発 表 しようとしている 談 話 に 対 し 中 国 や 韓 国 からさまざまな 意 見 や 注 文 が 出 ている 確 かにどこの 国 にも 歴 史 を 解 釈 する 権 利 はあるが 公 権 力 の 厳 しい 統 制 によって 自 由 な 発

More information

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd 母 明 ぼ 仮 扉 横 須 賀 輝 尚 3 面 識 神 田 昌 典 氏 マ ケ 識 勇 気 田 健 氏 物 語 温 気 持 ナ ポ レ オ ヒ 哲 恵 マ ユ モ 溢 五 感 使 数 者 ノ ウ ハ ウ 挙 申 訳 憎 読 増 由 関 係 豊 4 5 信 夢 必 叶 結 局 売 疑 奥 底 周 囲 む ぜ ぜ ジ レ マ 々 普 通 平 凡 キ 識 向 無 平 凡 レ ッ 持 諦 駄 投 葉 丈 夫

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

No.4 救 機 関 紙 215 11 15 2 2 危 篤 状 態 南 主 要 都 市 族 緒 知 結 婚 式 席 走 音 轟 吹 飛 路 肩 炸 裂 母 親 即 死 重 傷 負 拠 通 過 列 狙 路 肩 頻 繁 12 闘 巻 叔 父 包 む 敷 布 息 飲 筋 肉 組 織 破 エ 消 素 身

No.4 救 機 関 紙 215 11 15 2 2 危 篤 状 態 南 主 要 都 市 族 緒 知 結 婚 式 席 走 音 轟 吹 飛 路 肩 炸 裂 母 親 即 死 重 傷 負 拠 通 過 列 狙 路 肩 頻 繁 12 闘 巻 叔 父 包 む 敷 布 息 飲 筋 肉 組 織 破 エ 消 素 身 1 215 11 15 救 機 関 紙 No.4 寒 ょ? 昨 雨 温 ぐ 下 金 巨 未 駅 迎 確 : 救 : 西 谷 文 564-41 吹 田 市 泉 町 1-22 - 33 TEL 6-617-4757 FAX 6-6378-6625 E-mai l : nishinishi@r3.dion.ne.jp URL : http://www.nowiraq.com/ No.4 November

More information

fence2.indd

fence2.indd 2 3 久 仁 彦 / 5 8 阪 市 パ ソ セ チ 基 践 遊 士 情 緒 最 限 組 織 枯 渇 発 創 造 続 2 龍 谷 談 室 ウ セ 8 龍 谷 ウ セ グ 課 程 講 兼 職 国 際 ァ 席 己 性 3 2 月 龍 谷 退 職 在 デ 研 究 普 及 注 日 講 客 参 加 験 ぐ 即 興 演 独 創 即 興 演 芸 術 面 演 客 > 久 仁 彦 久 仁 彦 2 8 月 末 阪 應

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

692 693 梅 菖 蒲 仕 破 奪 悶 着 展 段 落 他 極 避 俄 答 透 続 配 大 丈 夫 ぶ 別 縁 破 ぶ 就 個 的 責 任 少 考 脱 ぱ 属 幾 挙 筆 頭 ふ 国 臣 交 万 延 元 脱 大 経 験 文 久 加 ほ 激 派 仇 乙 丑 最 親 交 喜 勇 府 内 通 誤 解

692 693 梅 菖 蒲 仕 破 奪 悶 着 展 段 落 他 極 避 俄 答 透 続 配 大 丈 夫 ぶ 別 縁 破 ぶ 就 個 的 責 任 少 考 脱 ぱ 属 幾 挙 筆 頭 ふ 国 臣 交 万 延 元 脱 大 経 験 文 久 加 ほ 激 派 仇 乙 丑 最 親 交 喜 勇 府 内 通 誤 解 690 691 梅 菖 蒲 大 蟠 己 為 遂 穏 ふ 歯 覚 背 普 段 不 ふ 審 意 味 探 咳 駆 舞 際 ぽ む 呟 ぶ 昔 懐 む 以 俗 論 党 狙 諸 企 際 宿 屋 馬 御 用 達 博 商 攘 運 傾 倒 志 交 金 銭 供 給 庇 志 依 頼 受 各 地 況 偵 察 慶 元 ( 八 ) 夏 形 洗 京 都 西 郷 隆 盛 届 乙 丑 勃 ぱ 皇 派 加 司 政 改 革 形 勢 ぺ

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

暗闇の裁き

暗闇の裁き 暗 闇 の 裁 き Ⅰ 橘 龍 悟 生 あ る も の は や が て 死 に 直 面 し 滅 び 消 え 去 っ て し ま う ど ん な に 逃 れ よ う と し て も そ れ は 確 実 に 目 の 前 に や っ て く る そ し て そ れ が つ い に 私 の 目 の 前 に こ の 私 の 目 の 前 に 現 れ た の だ 死 に た く な い よ う と 叫 ん で み

More information

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析 逢 坂 巌 教 学 学 助 教 福 岡 県 学 法 学 卒 学 学 法 学 学 研 究 科 博 士 程 退 同 研 究 科 助 手 経 職 共 著 第 投 票 席 獲 得 圧 通 初 成 就 圧 際 圧 原 因 惑 批 相 次 同 圧 敗 北 声 ャ ズ ム ほ む 反 省 約 丁 寧 紹 型 付 刊 肯 世 界 指 摘 声 押 非 難 歴 史 画 ケ 可 世 紀 型 他 批 渦 巻 状 歴 史 健

More information

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472 抜 錨! ロコモコ 注 意 項 P D F ル ハ メ ル 掲 載 作 品 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 2 年 月 4 日 オ ア 最 西 軍 基 地 サ ド 島 基 地 へ 上 陸 制 圧 作 支 援 参 加 級 番 数 回 渡 航 隊 攻 飽 和 攻 轟 間

More information

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚 グ グ? 質 問 エ 答 ょ 々 折 闘 与 タ 添 進 エ ネ ギ 注 不 測 ブ 起 関 係 レ ふ む 余 裕 必 死 片 付 多 姿 瞬 好 苦 労 末 ェ 功 グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

7 随 想 曲 正 市 秀 典 氏 塚 顧 問 不 思 議 縁 重 礎 築 へ 謝 賞 賛 率 常 導 力 折 紙 母 倒 迎 宿 敵 率 極 端 世 臨 ズ 夢 導 移 世 闘 背 持 実 輩 十 朝 通 驚 母 嬉 嬉 付 胴 げ デ ィ ア 讃 黙 称 賛 礎 築 拓 結 実 夢 功 績 改

7 随 想 曲 正 市 秀 典 氏 塚 顧 問 不 思 議 縁 重 礎 築 へ 謝 賞 賛 率 常 導 力 折 紙 母 倒 迎 宿 敵 率 極 端 世 臨 ズ 夢 導 移 世 闘 背 持 実 輩 十 朝 通 驚 母 嬉 嬉 付 胴 げ デ ィ ア 讃 黙 称 賛 礎 築 拓 結 実 夢 功 績 改 6 随 想 晩 尚 ざ 6 喬 村 顧 問 兄 麻 布 獣 医 伊 那 家 畜 保 衛 勤 協 理 科 趣 味 馬 聖 東 阪 市 近 鉄 7 段 ぎ 埋 多 観 客 始 待 リ 斉 唱 基 調 何 百 旗 鳴 龍 蛇 意 包 余 裕 笑 顔 力 翻 弄 狂 縦 横 無 尽 奔 放 展 狭 炸 裂 探 終 へ 慢 突 貫 僧 ピ パ 痛 鋭 刺 取 左 振 ポ 作 敵 集 間 髪 外 展 槙 原 福

More information

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援 パ レ 団 展 望 示 運 道 示 C T S 章 習 料 章 粋 像 根 歴 史 ざ 閣 造 次 チ ャ レ 唱 億 総 躍 兼 チ ャ レ 是 掃 述 画 視 建 害 調 査 慣 習 公 表 織 三 式 採 I L 際 踏 府 映 建 委 薦 貴 族 建 ぽ 歯 措 加 承 認 降 図 退 ド ド 是 常 流 ぜ ぜ ざ ざ 表 側 閣 僚 公 歴 然 蔵 岩 盤 直 難 習 料 狙 障 配 番

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc 47 少 主 公 悲 惨 苦 々 族 ぞ 周 囲 達 悲 癒 募 背 翼 食 物 考 食 心 描 写 療 施 設 情 原 題 解 放 周 囲 愛 情 取 戻 様 描 摂 取 障 害 少 過 去 不 ふ 幸 歴 史 代 抱 様 々 問 題 少 目 向 考 折 精 神 折 精 神 座 右 銘 葉 限 ぎ 楽 辛 苦 方 苦 面 立 心 前 進 無 理 折 限 以 発 揮 結 果 必 対 対 常 づ 葉

More information

目次

目次 目 次 会 長 あい.2P What is TRPG~TRPG あ?~..3~4P TRPG 紹 記...4~12P 現 代 術 RPG 神 4P ョ RPG...5P RPG 6P ワ 2.0 8P SW SW2.0 方 法...10P 永 い 日 談...11P 編 記...13P 1 会 長 あい 文 書 電 気 通 信 大 学 非 電 源 研 究 会 会 長 S 最 物 私 書 3 間 前

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤 氏 の 学 位 論 文 審 査 が 実 施 された まず 周 家 彤 氏 から 本 審 査 の 申 請 の 際 に 提 出 した 履 歴 書 の

2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤 氏 の 学 位 論 文 審 査 が 実 施 された まず 周 家 彤 氏 から 本 審 査 の 申 請 の 際 に 提 出 した 履 歴 書 の 様 式 D 学 位 記 番 号 甲 第 45 号 氏 名 周 家 彤 論 文 題 目 長 春 市 における 満 州 国 旧 祉 群 の 保 存 と 変 遷 学 位 審 査 委 員 主 査 西 尾 林 太 郎 副 査 谷 澤 明 副 査 馬 場 毅 2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤

More information

( 続 紙 1 ) 京 都 大 学 博 士 ( 人 間 環 境 学 ) 氏 名 橋 本 周 子 論 文 題 目 グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 フランス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( 論 文 内 容 の 要 旨 ) 本 論 文 は 18 世 紀

( 続 紙 1 ) 京 都 大 学 博 士 ( 人 間 環 境 学 ) 氏 名 橋 本 周 子 論 文 題 目 グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 フランス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( 論 文 内 容 の 要 旨 ) 本 論 文 は 18 世 紀 Title グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 : フラ ンス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( Abstract_ 要 旨 ) Author(s) 橋 本, 周 子 Citation Kyoto University ( 京 都 大 学 ) Issue Date 2012-09-24 URL http://hdl.handle.net/2433/161026

More information

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ 教 学 教 化 専 門 委 員 会 主 査 木 越 渉 宗 祖 親 鸞 聖 人 七 百 五 十 回 御 遠 忌 は 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 し た 東 日 本 大 震 災 に よ り 法 要 の 第 一 期 が 中 止 さ れ 被 災 者 支 援 の つ ど い が 執 り 行 わ れ た こ の 決 定 か ら 御 遠 忌 そ の も の の 意 義 が 様 々 に 問 わ れ

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

【太陽の花】 江雪左文字+女審神者

【太陽の花】 江雪左文字+女審神者 太 陽 + ハ ロ ー ハ ロ ー ご ざ テ ョ 乱 舞 未 プ 民 前 別 別 意 地 根 性 喋 色 々 考 結 果 素 直 悩 過 ぎ 欝 病 発 症 系 苦 解 決 策 与 改 め 直 メ ー ジ 遠 知 ぁ 国 ゴ メ ナ サ 国 育 卉 農 家 皆 ゴ メ ナ サ 咲 ホ 季 節 表 ホ 万 歳 太 陽 + 茎 訊 名 前 輪 草 ゅ 名 知 度 私 漢 判 易 輪 草 草 紛 意 味

More information

最強の矛と鉄壁の盾

最強の矛と鉄壁の盾 最 強 矛 鉄 壁 楯 渡 科 由 太 テ ニ シ ャ ナ 数 ゴ ル ィ ガ チ 日 残 人 少 毒 牙 起 娘 背 着 衣 裾 引 翻 支 配 戻 振 返 転 強 烈 平 振 咄 嗟 引 平 勢 殺 転 遠 渾 段 追 鳩 尾 受 腹 押 場 苦 痛 苛 伸 凝 視 祈 奥 広 ソ 眼 現 成 果 得 慟 哭 涙 拭 廊 下 床 殴 打 悔 余 拳 痛 返 胸 切 比 べ バ エ 情 ぃ 眼 メ

More information

世界の光 83号

世界の光 83号 83 号 18 1 6-1 - 製 鈴 清 流 末 洗 秋 ぼ 如 ほ 空 春 迎 謹 室 弥 栄 祈 念 奉 幸 希 求 巻 頭 辞 太 后 百 亘 徳 幕 鎖 維 富 強 兵 策 英 列 強 加 百 正 振 餘 厳 占 領 経 迎 広 崎 惨 状 凄 覚 求 滅 祖 訳 反 対 押 存 守 マ サ 帥 託 責 任 助 マ サ 帥 感 ア メ リ マ サ 帥 尊 敬 士 官 校 マ サ 帥 銅 像

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

ゲ 揮 欠 員 ひ 異 任 務 個 々 組 解 ご 存 理 解 習 膨 準 欠 知 欲 把 握 析 状 況 準 理 解 習 況 準 適 択 順 典 防 号 石 紹 ゲ 石 研 究 善 気 普 及 構 造 M 移 写 真 尾 川 清 ピ avi 阻 止 三 挑 伯 仲 気 終 盤 毎 球 社 京 木

ゲ 揮 欠 員 ひ 異 任 務 個 々 組 解 ご 存 理 解 習 膨 準 欠 知 欲 把 握 析 状 況 準 理 解 習 況 準 適 択 順 典 防 号 石 紹 ゲ 石 研 究 善 気 普 及 構 造 M 移 写 真 尾 川 清 ピ avi 阻 止 三 挑 伯 仲 気 終 盤 毎 球 社 京 木 特 集 January ピ avi 極 制 主 将 梶 原 誠 失 頂 鍵 握 写 真 岩 苗 o. contents p ピ avi 阻 止 挑 p 特 集 特 集 efense p 池 p 広 告 p 若 支 p 択 肢 消 古 庄 論 告 知 広 告 p IA UH 広 告 p 告 知 広 告 p 驚 異 p 書 籍 広 告 p 程 制 作 http:firstdown.jp ゲ 揮 欠 員

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

森田草平_「三四郎」

森田草平_「三四郎」 5 猫 今 数 年 前 最 手 近 周 囲 描 昨 今 周 囲 描 白 主 猫 材 料 取 扱 多 少 相 違 形 式 猫 無 責 任 6 損 益 有 親 炙 ゃ 方 観 察 数 物 猫 二 つ 挙 げ ざ 得 吾 輩 猫 猫 役 勤 福 岡 県 京 都 郡 真 崎 村 小 川 今 み や 年 熊 本 高 等 学 校 卒 業 東 京 文 科 大 学 へ 青 年 間 猫 存 在 無 視 せ 心 使 周

More information

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 ta73 注 意 項 P D F メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 一 命 捨 生 変 不 死 身? 体 加 減 色 々 1 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 目 次 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 朝 起 夜 寝 成 数 年 後 晩

More information

2 サ 対 米 宣 布 告 犯 致 意 味 枢 軸 確 ゼ 以 ソ 蚊 帳 設 筋 械 化 生 産 数 意 ~ 知 降 伏 直 艦 隊 枢 軸 側 接 収 防 ぐ 海 停 泊 艦 隊 沈 千 百 盟 ぇ ノ デ ィ 陸 空 罪 間 万 単 位 半 活 躍 派 ぎ 印 象 薄 W W 2 番 げ ム

2 サ 対 米 宣 布 告 犯 致 意 味 枢 軸 確 ゼ 以 ソ 蚊 帳 設 筋 械 化 生 産 数 意 ~ 知 降 伏 直 艦 隊 枢 軸 側 接 収 防 ぐ 海 停 泊 艦 隊 沈 千 百 盟 ぇ ノ デ ィ 陸 空 罪 間 万 単 位 半 活 躍 派 ぎ 印 象 薄 W W 2 番 げ ム 1 載 小 説 偏 態 第 77 偏 態 浦 俊 彦 miura toshihiko 分 野 皆 近 政 府 へ 示 証 拠 撤 余 勢 違 面 加 速 崩 崩 易 取 吉 田 清 治 虚 系 正 反 対 向 誤 報 違 材 料 利 用 杜 撰 勇 足 真 踏 荒 藪 朝 鮮 元 慰 婦 売 春 婦 給 料 主 張 ヤ 金 慰 所 テ ム 係 個 々 犯 罪 慰 婦 度 叩 活 動 家 役 立 証

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

 パラオ基地物語 ID:45749

 パラオ基地物語 ID:45749 注 意 事 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ト ラ オ 物 語 作 者 名 香 夢 学 生 青 年 軍 少 佐! ラ オ 運 営 娘 常 楽 島 人 々 生 活 助 物 語 学 生 自 分 自 分 司 令

More information

Microsoft Word - サブマリンダンス_8P_千装.doc

Microsoft Word - サブマリンダンス_8P_千装.doc 6 飛 び 乗 新 幹 線 座 席 確 保 苦 労 東 京 向 新 幹 線 故 郷 離 十 近 経 帰 省 回 末 ぐ 三 十 才 過 付 壮 域 家 今 部 屋 ほ ぼ 誰 使 勉 机 埃 ぶ サ 置 帰 省 際 車 背 番 号 サ ぬ 稔 名 聞 以 外 好 看 主 在 二 軍 今 回 サ ブ 青 森 県 東 北 地 方 色 白 朴 訥 表 情 長 痩 躯 校 甲 園 卒 業 位 入 団 働 期

More information

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状 102 Vol. 津 波 活 打 撃 決 末 戦 例 襲 ェ 網 組 及 び 複 克 服 向 組 待 歯 語 野 モ 騰 計 知 回 救 戦 略 有 性 検 証 編 滝 洋 慶 應 義 塾 学 学 院 法 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 社 社 論 説 副 長 編 編 等 職 著 書 ゲ ム 何 救 舞 台 裏 O U S 103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目

More information

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解 低 国 連 内 閣 府 公 機 関 調 査 明 豊 答 簡 単 学 校 入 コ ツ コ ツ 勉 企 業 世 ビ ネ キ 磨 起 3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外

More information

この 説 に 信 憑 性 があるかないか わたしにはよく 分 かりませんが 語 呂 が 良 いし 昔 の 親 父 は 確 かにおっかないところがあったから そこに 収 まるまでに 何 らかのいきさつがあ ったとしても 親 父 に 定 着 していったのでしょうか 一 昔 か 二 昔 前 には 子 ども

この 説 に 信 憑 性 があるかないか わたしにはよく 分 かりませんが 語 呂 が 良 いし 昔 の 親 父 は 確 かにおっかないところがあったから そこに 収 まるまでに 何 らかのいきさつがあ ったとしても 親 父 に 定 着 していったのでしょうか 一 昔 か 二 昔 前 には 子 ども 聖 霊 降 臨 後 第 16 主 日 ( 特 定 22) 説 教 2011/10/2 聖 マタイ 福 音 書 第 21 章 33 節 ~43 節 於 : 聖 パウロ 教 会 司 祭 山 口 千 寿 地 震 雷 火 事 親 父 という 諺 をお 聞 きになったことがあると 思 います 怖 いもの 恐 ろしく 感 じられるものを 順 番 に 上 げたのだと 思 います わたしたちも3 月 11 日 の

More information

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願 8 夢 火 翌 敗 工 場 閉 鎖 制 放 験 由 色 掃 授 業 定 徒 等 専 門 野 定 勉 強 深 有 志 誕 装 備 料 グ 単 独 般 皆 南 央 跋 渉 尽 足 袋 3 級 縦 走 冬 単 極 必 研 究 併 慣 習 果 然 系 専 門 誌 例 雑 誌 採 飼 育 発 誇 積 極 性 道 研 究 仲 朝 勝 級 敬 称 彼 京 都 合 組 織 コ ズ 草 存 告 書 松 編 ワ ズ 紀

More information

第8回ジュニア文学賞.indd

第8回ジュニア文学賞.indd -22- 涙 嫌 柴 折 連 老 躯 僧 頼 僧 渡 老 夫 婦 降 募 跡 原 泣 供 掌 抱 連 育 想 淋 近 在 等 遊 似 多 由 貴 族 嫡 男 第 疎 着 事 欠 洛 西 形 抜 勇 力 軼 少 壮 頃 相 撲 名 些 細 髻 押 公 卿 離 師 端 編 或 冬 夜 霏 降 影 指 急 編 笠 む 翁 媼 沓 踏 抜 歩 影 遅 勝 冷 跡 摺 筋 続 灯 寂 所 住 暖 囲 炉 端

More information

同 原 告 らが 侵 害 された 憲 法 上 の 権 利 についての 憲 法 学 者 内 藤 光 博 専 修 大 学 法 学 部 教 授 の 4 名 の 専 門 家 証 人 の 尋 問 及 び 同 原 告 ら 本 人 尋 問 を 実 施 しました 本 件 訴 訟 においても, 被 告 国 は 事 実

同 原 告 らが 侵 害 された 憲 法 上 の 権 利 についての 憲 法 学 者 内 藤 光 博 専 修 大 学 法 学 部 教 授 の 4 名 の 専 門 家 証 人 の 尋 問 及 び 同 原 告 ら 本 人 尋 問 を 実 施 しました 本 件 訴 訟 においても, 被 告 国 は 事 実 2009 第 一 事 件 2006 年 (ワ) 第 6484 号 謝 罪 及 び 損 害 賠 償 請 求 事 件 原 告 王 子 雄 ほか39 名 被 告 日 本 国 第 二 事 件 2008 年 (ワ) 第 18382 号 謝 罪 及 び 損 害 賠 償 事 件 原 告 呉 及 義 ほか21 名 被 告 日 本 国 意 見 陳 述 書 東 京 地 方 裁 判 所 民 事 第 13 部 御 中 原

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 新 レ フ ガ 鎮 府 着 任 正 体 一 体 目 的... 週 1 ~ 回 更 新 1 文 章 量 少 私 友 ニ コ ニ コ 動 画 u p M

More information

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫 紙 父 早 亡 離 暮 知 ゅ 華 料 預 港 町 飲 屋 帰 章 Ⅰ 落 汁 落 レ 炒 汁 淡 黄 褐 色 ょ 個 太 洋 陸 ソ モ 諸 サ モ 諸 抜 ぬ 太 洋 黄 信 ム 発 食 費 円 料 汁 乱 ぷ 岡 箱 細 腕 歩 姿 浮 闇 野 良 犬 ぬ 匹 牙 岡 落 4 ニ ブ 薪 音 閉 務 室 声 苦 労 5 無 修 士 釘 員 廊 寝 近 進 駐 ゅ 軍 ャ プ パ 工 場 付 属

More information

天災、彼の地にて斯く戦えり ID:92064

天災、彼の地にて斯く戦えり ID:92064 天 災 彼 地 斯 戦 巻 雲 注 意 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 品 自 動 的 P D F 化 小 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 物 語 英 霊 程 度 篠 之 G A T E 世 界 元 般 話 ア チ ヘ 念 主 公 崩 壊 口 調 コ ロ コ ロ 変 次 第 0 話 プ ロ ロ

More information

服務規律確保のための取組事例集(H27.9)

服務規律確保のための取組事例集(H27.9) 服 務 規 律 確 保 のための 取 組 事 例 集 平 成 27 年 9 月 群 馬 県 教 育 委 員 会 学 校 人 事 課 1 体 罰 2 個 人 情 報 の 盗 難 3 交 通 違 反 4 交 通 死 亡 事 故 5 飲 酒 運 転 6 校 務 用 パソコンの 目 的 外 使 用 7 Web 上 の 信 用 失 墜 行 為 8 不 適 切 なインターネット スマートフォンの 使 用 9 児

More information

捨てられた提督 ID:84353

捨てられた提督 ID:84353 捨 水 野 クルル 注 意 事 項 P D F フ ァ ル ハ メ ル 掲 載 品 自 動 的 P D F 化 小 説 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ ル 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 変 再 配 布 販 売 禁 起 物 語 目 次 話 2 話 4 話 2 0 x x 年 人 類 制 権 奪 誰 奪 最 初 各 国 勇 敢 ち 向 効 段 々 削 突 如 現 脅

More information

Microsoft Word - 2010th_j.doc

Microsoft Word - 2010th_j.doc 1/12 c 特 訓 予 備 校 養 賢 ゼミナール 〇 〇 東 北 学 期 試 験 国 及 予 想 国 100 満 学 部 学 科 満 異 共 現 代 1 循 環 2 慕 3 支 障 4 懸 念 5 妥 当 性 順 同 葛 藤 我 危 機 抑 圧 恋 愛 転 換 保 十 己 統 在 十 八 何 提 転 換 両 提 六 十 九 予 想 5 両 正 八 葛 藤 我 危 機 原 因 抑 圧 恋 愛 2/12

More information

7 情緒障害

7 情緒障害 Ⅶ 情 緒 障 害 情 緒 障 害 と は, 状 況 に 合 わ な い 感 情 気 分 が 持 続 し, 不 適 切 な 行 動 が 引 き 起 こ さ れ, そ れ ら を 自 分 の 意 思 で は コ ン ト ロ ー ル で き な い こ と が 継 続 し, 学 校 生 活 や 社 会 生 活 に 適 応 で き な くな る 状 態 を い う 1 情 緒 障 害 の ある 子 供 の

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 的 P D F 化 小 作 ハ メ 運 営 無 断 P D F ァ イ 及 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 再 配 布 販 売 禁 新 ガ 任 正 的... 週 ~ 回 更 新 文 章 量 私 友 ニ コ ニ コ 画 u p M M D 作 品 許 可 得 小 化 嬉 ( ネ タ バ 可 能 大 ) 次 7 世 門 立

More information

捨てられた提督 ID:84353

捨てられた提督 ID:84353 捨 水 野 クルル 注 意 事 項 P D F フ ァ ル ハ ー メ ル 掲 載 中 品 自 動 的 P D F 化 小 説 者 ハ ー メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ ル 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 中 達 起 物 語 第 2 話 第 話 目 次 5 第 話 2 0 x x 年 人 類 制 権 奪 誰 奪 最 初 各 国

More information

的 に 如 何 なる 内 容 を 記 載 すべきであるとの 説 明 を 受 けていたのかは 亡 輝 民 作 成 の 顛 末 書 ( 甲 6) 記 載 の 11 月 12 日 から15 日 にかけてのNバイザーの 対 応 が 適 切 な 指 導 の 範 囲 に 留 まるものか それとも 理 不 尽 な

的 に 如 何 なる 内 容 を 記 載 すべきであるとの 説 明 を 受 けていたのかは 亡 輝 民 作 成 の 顛 末 書 ( 甲 6) 記 載 の 11 月 12 日 から15 日 にかけてのNバイザーの 対 応 が 適 切 な 指 導 の 範 囲 に 留 まるものか それとも 理 不 尽 な 平 成 26 年 (ワ) 第 11499 号 損 害 賠 償 請 求 事 件 原 告 大 野 佳 奈 子 被 告 医 療 法 人 髙 寿 会 外 1 名 原 告 準 備 書 面 (9) 平 成 28 年 4 月 8 日 大 阪 地 方 裁 判 所 第 22 民 事 部 合 議 1 係 御 中 原 告 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 髙 橋 典 明 弁 護 士 上 出 恭 子 弁 護 士 和 田 香

More information

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 YAMAGA 2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 志 望 験 難 突 破 ぱ 格 小 当 小 右 柔 部 所 属 怪 我 柔 練 習 休

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

 全裸転生~気が付いたら、フル・フロンタルになっていた~ ID:50002

 全裸転生~気が付いたら、フル・フロンタルになっていた~ ID:50002 注 意 事 項 P D F メ 掲 載 中 品 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 配 布 販 売 禁 裸 転 ~ 付 ~ 者 名 眼 覚 何 ( r y 原 通 器 振 舞 デ 待 明 理 何 辞 木 星 高 跳 び! 運 命 ェ メ 追 流 石! 赤 彗 星! 果 延 び? 転 ノ 力 原 回 避 試 品 士 U C 二

More information

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2>

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2> 赤 ちゃんポスト と 匿 名 出 産 についての 法 的 検 討 平 成 18 年 12 月 弁 護 士 由 井 照 二 熊 本 市 の 病 院 で 提 案 された 赤 ちゃんポスト 設 置 問 題 と これに 関 連 する 匿 名 出 産 についての 法 律 問 題 の 検 討 内 容 を 以 下 のとおり 検 討 いたします 1はじめに 1この 検 討 書 は いわゆる 赤 ちゃんポスト との

More information

( 3 ) 申 立 人 X 1 の 特 別 受 益 申 立 人 X 1 が 平 成 元 年 8 月 1 5 日 に 1 0 0 万 円 の 贈 与 を 受 け て い る こ と は 当 事 者 間 に 争 い が な い が, 当 時 の B の 経 済 状 態 遺 産 の 総 額 か ら み て

( 3 ) 申 立 人 X 1 の 特 別 受 益 申 立 人 X 1 が 平 成 元 年 8 月 1 5 日 に 1 0 0 万 円 の 贈 与 を 受 け て い る こ と は 当 事 者 間 に 争 い が な い が, 当 時 の B の 経 済 状 態 遺 産 の 総 額 か ら み て File.12< 参 考 判 決 1 > 死 亡 生 命 保 険 金 と 特 別 受 益 神 戸 家 庭 裁 判 所 伊 丹 支 部 平 12 年 ( 家 ) 111 号 112 号 平 13 年 ( 家 ) 1405 号 平 成 15 8 8 審 判 大 阪 高 裁 平 15( ラ ) 953 号 平 成 16 5 10 決 定 最 高 裁 平 16( 許 ) 11 号 平 成 16 10 29

More information

スライド 1

スライド 1 2006 2 13 2026 3 2746 1950 4 4758 5 59 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 a 22 b 23 a 24 b 25 a 26 b 27 c 28 29 昭 和 20 年 (1945) 8 月 14.ポツダム 宣 言 受 諾 15. 鈴 木 貫 太 郎 内 閣 総 辞 職 9 月 02.ミズーリ 号 上 で 降

More information

セジ ざ 紹 介 動 跡 嫌 セ 成 長 好 今 フ ダ 数 々 動 提 供 好 転 以 簡 単 少 勇 新 挑 戦 ワド 毎 日 楽 過 新 扉 開 * 付 録 聴 ペャC 紹 介 入 2010 5 月 Body design 代 表 福 田 2 3 巻 末 付 録 C 読 皆 験 C 付 録 用 意 書 専 門 内 後 内 読 後 簡 単 付 属 C ヤ 聴 C 廻 約 20 作 動 毎 日 続

More information

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通 ー 12 ー 続 平 敏 回 私 猫 参 姿 夢 ン テ ク ス 語 変 哲 笑 背 必 応 転 化 構 回 特 問 騒 ぎ 座 被 頁 図 版 参 照 命 高 等 校 科 副 有 名 筆 小 頃 駄 菓 屋 瓶 入 ー ラ ス プ ラ イ 必 置 店 頭 豪 快 ラ ッ パ 飲 友 ゃ 差 飲 口 冷 汗 再 ジ ュ ー ス 瓶 終 割 公 園 遊 遊 具 穴 起 合 下 半 身 焦 燥 自 可

More information

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史 争 町 内 回 覧 板 隣 ブ ク 偶 然 モ 家 母 習 好 聞 偶 然 む H P 書 ぜ 協 ニ グ ム 栄 養 血 肉 付 飯 食 健 康 保 脳 与 栄 養 失 調 論 下 活 投 合 後 悲 惨 状 態 念 実 ュ 比 谷 公 堂 ヌ コ 定 期 ケ NHK 交 響 7 亡 ュ 劇 場 4 グネホテ 隣 議 家 - 家 違 ふ 家 クク 聞 -ガ 研 究 所 室 耳 傾 家 性 声 聞

More information

nontravel_0519.indd

nontravel_0519.indd 目 次 序 章 第 章 魅 惑 ネ レ ポ 29 ネ 30 脱 パ 女 世 始 秘 境 惑 星 ぞ 夜 道 故 障 動 ず ソ ロ 踊 伝 統 舞 踊 挑 戦 ョ グ カ 年 越 爆 竹 花 火 死 危 険 ボ ロ ブ ゥ 遺 跡 初 詣 ゃ ぶ 東 南 悲 劇 カ 交 通 事 情 世 渋 滞 ぼ S O S レ & ポ 85 ョ ホ 親 友 訪 ね ポ 建 築 競 争 東 南 建 築 家 腕 試

More information

<967B8E5292AC95B689BB8DE08E6A90D58A E786C73>

<967B8E5292AC95B689BB8DE08E6A90D58A E786C73> 1 長 徳 寺 跡 長 徳 寺 は 久 安 5 年 (1149) 吾 橋 庄 に 創 建 と 伝 えられる 吾 橋 庄 は を 中 心 に 汗 見 川 の 流 域 に 広 がる 領 主 頼 則 盛 政 らが 開 発 した 荘 園 で 長 徳 寺 はその 菩 提 寺 長 徳 寺 跡 は 河 岸 段 丘 状 の 緩 傾 斜 地 であり 北 に 山 を 背 負 い 日 当 たりも 良 く 南 西 方 は

More information

レデンプトリスチン修道会・第三会『贖い主信徒の会』会報 ~夏~ 

レデンプトリスチン修道会・第三会『贖い主信徒の会』会報 ~夏~  聖 母 マリアの 栄 光 * 注 レデンプトール 会 の 創 立 者 聖 アルフォンソが 残 した 数 多 くの 書 物 の 中 で 聖 母 マリアの 栄 光 は 代 表 的 な 書 物 の 一 つです 聖 アルフォンソほど 聖 母 マリアを 告 げ 知 らせ すべての 人 にその 栄 光 を 伝 えた 聖 人 は いないのではないでしょうか それは 彼 が 聖 母 マリアを 通 して 自 らの 罪

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄 積 a 弓 限 更 日 常 横 領 侵 害 制 圧 穏 当 搾 P S 8 3 増 求 傾 衝 呼 保 放 増 闘 争 繰 広 げ 場 p o 乙 節 利

際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄 積 a 弓 限 更 日 常 横 領 侵 害 制 圧 穏 当 搾 P S 8 3 増 求 傾 衝 呼 保 放 増 闘 争 繰 広 げ 場 p o 乙 節 利 公 募 期 序 ー ー 期 視 家 肯 課 中 期 観 際 弘 子 島 ぬ 深 居 達 常 場 興 深 眼 差 極 再 条 件 ん 認 根 p 骨 m m m 仏 新 含 容 易 良 小 尽 士 作 宅 巳 ヨ 庁 2 8 毛 包 括 σ 命 a A 山 門 際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版 3 ~ じ ~ 夢 中 理 想 教 体 心 近 づ 方 法 ラ フ ワ 多 般 観 観 取 材 社 会 本 音 伝 取 材 べ 2 万 超 ょ 分 ほ 本 音 知 書 負 同 時 身 恋 愛 経 験 並 外 多 書 恋 愛 書 上 得 意 ジ ャ 興 味 身 近 キ 多 実 体 験 発 端 要 遊 ネ 豊 富 4 趣 味 15 歳 じ 合 コ 3 千 回 以 上 経 験 合 コ 職 種 死 体 洗

More information

空母いぶき、抜錨 ID:78106

空母いぶき、抜錨 ID:78106 抜 錨 響 鳴 響 鬼 注 意 項 P F フ ァ ハ メ 掲 中 品 動 的 P F 化 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P F フ ァ 及 び 品 引 範 囲 超 形 転 改 変 再 配 布 販 売 禁 平 和 訪 始 暗 雲 立 込 突 如 絡 不 能 率 向 待 受 予 想 不 能 物 全 道 誕 生 名 武 力 使 平 和 的 解 決? 敵 棲?? 起 未 待 受? 抜 錨 次 抜 錨

More information

2015年12月20日 クリスマス説教、イエスさまの誕生

2015年12月20日 クリスマス説教、イエスさまの誕生 イエスさまの 誕 生 マタイの 福 音 書 1 章 16 節 ~25 節 2015 年 12 月 20 日 ( 日 )クリスマス 礼 拝 説 教 皆 さん クリスマス おめでとうございます 皆 さんは 毎 朝 の NHK 朝 ドラ 朝 が 来 た は ご 覧 になって おられますでしょうか 視 聴 率 およそ25%と 言 われております ので きっと この 中 にも 幾 人 かの 方 々は ご 覧

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ 3 科 及 び 著 誉 々 科 及 び 著 誉 々 私 ア メ リ カ 合 衆 国 統 領 キ ナ 私 上 席 顧 問 違 ャ キ ャ フ ィ ろ チ キ 共 同 著 私 三 年 前 幸 方 わ 結 果 グ 1 0 0 億 円 企 業 毎 日 楽 送 文 科 省 科 認 定 日 G D P 必 ず 三 倍 ろ 相 川 佳 之 S B C メ デ ィ カ グ C E O 4 何 百 万 ピ レ シ ョ

More information

『チェリー・イングラム』

『チェリー・イングラム』 29 歳 画 像 提 供 プ 1 5 虚 弱 児 立 道 真 珠 婚 旅 転 機 ャ ポ ャ パ 造 涯 仕 脚 危 41 目 幻 滅 古 都 吉 山 京 タ フ ツ 刻 む 種 警 告 誕 75 穂 木 届 種 創 作 ベ 広 清 楚 淫 靡 太 白 偉 太 白 結 ぶ 縁 近 づ 軍 靴 音 117 歴 史 古 江 戸 染 井 吉 登 場 明 治 維 変 救 済 里 染 井 吉 批 判 太 平

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 譜 写 真 振 返 五 十 周 ~ 都 常 住 口 突 破 受 信 契 約 突 破 義 務 書 無 償 化 シ 博 覧 幕 常 磐 河 駅 重 衝 突 故 歴 史 的 産 連 続 メ 鉄 腕 映 吉 典 ち ゃ ん 誘 拐 最 黒 四 ダ 完 セ 札 防 止 千 円 札 ケ ネ デ ィ 統 領 暗 殺 さ 潟 等 告 示 さ 所 在 潟 字 金 沢 字 械 務 所 等 置 く 五 章 柏 崎 伊 藤

More information

Microsoft Word - 白糖06.doc

Microsoft Word - 白糖06.doc 1 続 づ 役 職 差 障 明 気 悪 名 名 乗 訛 隠 我 咎 追 鹿 児 聞 身 構 持 脱 身 妻 伴 追 手 怖 急 甦 随 過 去 警 戒 少 戻 身 緊 張 走 誤 解 膝 進 奴 捕 帰 手 助 体 罪 犯 持 出 固 物 持 出 物 尋 事 関 見 濁 相 手 探 笑 顔 凍 見 逃 目 鋭 注 視 何 食 顔 装 話 続 づ 隈 奄 美 豪 族 男 当 盛 喜 名 改 関 良 助

More information

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794 茨 邪 昔 BNKN 注 意 事 項 P D F フ ァ イ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 茨 木 霍 娥 取 扱 日 記 初 投 稿 至 ぬ 点 多 々 温 目 や ( 血 涙 ) 茨 邪 昔 目 次 1 茨

More information

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx 意 見 書 案 第 7 号 最 低 賃 金 の 改 定 等 に 関 する 意 見 書 日 本 経 済 の 先 行 きについては 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 が 続 く 中 で 緩 やかな 回 復 に 向 かう ことが 期 待 される 一 方 昨 年 11 月 に 国 が 発 表 した 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けて 緊 急 に 実 施 すべき 対 策 では 最 低 賃

More information

障害者虐待防止・対応に関わる法の理解

障害者虐待防止・対応に関わる法の理解 障 害 者 虐 待 防 止 対 応 に 関 わ る 法 の 理 解 H23.12.19 弁 護 士 川 島 志 保 ねらい 1 虐 待 とは 2 障 害 者 虐 待 防 止 法 3 条 何 人 も 障 害 者 に 対 して 虐 待 をしてはならない 3 虐 待 の 関 する 法 律 4 障 害 者 虐 待 防 止 対 応 の 留 意 点 対 応 しない 理 由 を 見 つけるのではなく 1 虐 待

More information

エフエム長崎放送番組基準

エフエム長崎放送番組基準 エフエム 長 崎 放 送 番 組 基 準 株 式 会 社 エフエム 長 崎 は 放 送 事 業 を 通 じて 平 和 な 社 会 の 実 現 と 公 共 の 福 祉 文 化 の 向 上 に 寄 与 し 産 業 と 経 済 の 繁 栄 に 貢 献 する この 自 覚 に 基 づき 民 主 主 義 の 精 神 に 従 い 基 本 的 人 権 と 世 論 を 尊 重 し 言 論 と 表 現 の 自 由 を

More information

r0036.PAG (更新)

r0036.PAG (更新) 号 円 職 委会 URL http:// www.rise-rou-hei.info/wp/ - 京都港区新橋2 8 16 mail:rou_hei_rise@yahoo.co.jp -- 石田ビ4 会費 円 会期購読料 円 服 含雪洗流従 散 G 芝 社 相 昨 整 備 骨 膜 白 妊 娠 幼 児 遺 伝 診 闇 閉 勝 倍 権 統 処 投 万 群 港 ォ 州 デ ゴ 隻 車 両 百 台 投 震

More information

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc 2006.4.29 台 湾 における 憲 法 と 市 民 社 会 陳 志 明 本 報 告 では まず 台 湾 における 憲 法 の 変 遷 とその 歴 史 的 社 会 的 背 景 をたどった 上 で 憲 法 と 市 民 社 会 との 関 わり そして 東 アジア 規 模 での 課 題 について 考 える Ⅰ 蒋 介 石 蒋 経 国 政 権 期 1. 中 華 民 国 憲 法 の 制 定 台 湾 の 憲

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63> 第 1 章 医 療 関 連 の 法 令 遵 守 及 び 職 業 倫 理 1. 医 師 歯 科 医 師 のプロフェショナリズム 我 が 国 では 医 学 の 進 歩 に 伴 い 平 均 寿 命 は 男 性 78 歳 女 性 85 歳 に 達 し 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 の 低 下 妊 産 婦 死 亡 率 の 低 下 心 疾 患 による 年 齢 調 整 死 亡

More information

Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 における 職 員 のコンプライアン ス 違 反 等 に 関 し 4 月 13 日 の 国 土 交 通 大 臣 のご 指 示 を 踏 まえ 外 部 の 弁 護 士 4 名 からな る 調 査 委 員

Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 における 職 員 のコンプライアン ス 違 反 等 に 関 し 4 月 13 日 の 国 土 交 通 大 臣 のご 指 示 を 踏 まえ 外 部 の 弁 護 士 4 名 からな る 調 査 委 員 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 に おける 職 員 のコンプライアンス 違 反 等 に 関 する 報 告 平 成 28 年 7 月 11 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 理 事 長 上 西 郁 夫 Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償

More information

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より 保 守 主 義 の 哲 学 --- 桜 宮 高 校 事 件 に 観 る 橋 下 徹 の 白 紙 (リセット) 思 想 の 危 険 な 本 質 についての 考 察 --- まず 産 経 新 聞 記 事 からの 抜 粋 市 教 委 入 試 可 否 21 日 に 判 断 妥 協 案 も 浮 上 橋 下 市 長 は 在 校 生 に 直 接 説 明 へ ( 産 経 新 聞 2013.1.20 22:12) 大

More information

P A L M I S T R Y H A P P Y - L I F E 絵 空 師 典 ん 社 動 発 展 ゆ 刻 々 化 ゆ 環 境 来 知 来 1 アドバイザー 絵 空 師 著 3 目 次 接 4 間 6 付 根 伸 8 秘 十 字 形 1 0 月 丘 1 2 ひ 途 止 1 4 知 止 1 6 障 害 遮 1 8 補 助 2 0 端 十 字 形 止 2 2 端 規 則 雑 2 4 起 点

More information