Microsoft Word - D06_108_122.DOC

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - D06_108_122.DOC"

Transcription

1 108 葉 石 濤 作 品 に 見 られる 日 本 文 学 の 影 響 太 宰 治 を 中 心 に 戸 田 一 康 はじめに 第 1 節 等 待 と 満 願 その 共 通 点 第 2 節 等 待 と 満 願 その 相 異 点 第 3 節 等 待 に 込 められた 光 への 希 求 まとめ ( 要 約 ) 文 学 評 論 家 としての 面 ばかりが 強 調 されがちな 葉 石 濤 だが 実 際 にはかなりの 量 の 小 説 作 品 を 残 しており しかもその 作 品 世 界 は 多 彩 であって 一 口 にその 作 風 や 傾 向 を 論 じることは 容 易 で はない 筆 者 はかねてより 日 本 文 学 との 関 連 性 という 視 点 から 作 品 を 見 ていくことが 葉 石 濤 文 学 理 解 のための 一 つの 有 効 なアプローチたり 得 るのではないかと 考 えてきたが 本 稿 ではその 試 みの 一 つとして 葉 石 濤 の 短 編 小 説 等 待 と 太 宰 治 の 満 願 をとりあげ その 共 通 点 と 相 違 点 を 分 析 すると 共 に 葉 石 濤 自 身 のどのような 思 いが 作 品 に 込 められているのかについて 論 じ た はじめに 葉 石 濤 は 最 も 息 の 長 い 文 学 活 動 を 展 開 している 台 湾 作 家 の 一 人 だと 言 うことができる 日 本 植 民 地 時 代 の 1943 年 に 処 女 作 を 発 表 してから 戦 後 の 国 民 党 政 府 時 代 それから 現 在 の 民 進 党 政 府 時 代 までという 60 年 以 上 に 及 ぶ 時 間 的 な 長 さもさることながら その 間 には 二 二 八 事 件 や 白 色 テロの 恐 怖 また 政 治 犯 の 容 疑 で 逮 捕 投 獄 されるという 辛 酸 を 嘗 め また 日 本 語 から 中 国 語 への 言 語 転 換 という 困 難 をも 乗 り 越 えなければならなかった 事 実 を 考 え 合 わせれば その 作 家 魂 には 鬼 気 迫 るものすら 感 じられる 葉 石 濤 というと すぐ 台 湾 文 学 史 綱 1 が 連 想 される 台 湾 文 学 史 綱 は 戦 前 戦 後 の 台 湾 文 学 を 関 連 づけ 一 つの 縦 の 流 れとして 台 湾 文 学 を 捉 えることに 成 功 した 初 めての 文 学 史 と 評 され るもので 一 般 に 葉 石 濤 の 代 表 作 とみなされている 楊 照 などは 我 們 一 想 起 文 學 史 就 想 起 葉 石 濤 ( 我 々は 文 学 史 と 言 えば すぐに 葉 石 濤 を 思 い 出 す ) 2 と 言 うほどその 影 響 力 は 強 く 既 に 台 湾 文 学 史 の 古 典 となっているような 感 すらある しかし この 作 品 があまりに 有 名 なために 葉 石 濤 の 文 学 評 論 家 としての 面 ばかりが 強 調 され 彼 のもう 一 つの 顔 である 小 説 家 としての 部 分 には かえってあまり 光 があてられていないような 印 象 を 受 ける 実 際 には 葉 石 濤 は 小 説 家 として 少 なからぬ 作 品 を 書 いており しかも 初 期 に 日 本 語 で 発 表 さ れた 林 からの 手 紙 3 春 怨 4 のような 浪 漫 的 なもの 戦 後 発 表 された 自 伝 的 な 紅 鞋 子 5 台

2 葉 石 濤 作 品 に 見 られる 日 本 文 学 の 影 響 ( 戸 田 ) 109 灣 男 子 簡 阿 淘 6 台 湾 先 住 民 族 の 女 性 を 主 人 公 とした 連 作 西 拉 雅 末 裔 潘 銀 花 7 オランダ 植 民 地 時 代 の 台 湾 に 材 を 取 った 短 編 玫 瑰 項 圈 8 など その 作 品 世 界 は 多 彩 であり 一 口 に 葉 石 濤 文 学 と 言 っても その 傾 向 なり 作 風 なりを 論 じるのは 決 して 容 易 なことではない 筆 者 はかねてより 日 本 文 学 との 関 連 性 という 視 点 から 作 品 を 見 ていくことが 葉 石 濤 文 学 理 解 のための 一 つの 有 効 なアプローチたり 得 るのではないかと 考 えてきた なぜなら 日 本 植 民 地 時 代 の 安 定 期 に 日 本 語 教 育 を 受 けた 世 代 9 に 属 する 葉 石 濤 は 日 本 文 学 を 通 じて 文 学 に 対 する 眼 を 開 かれたからである その 過 程 は 彼 自 身 の 文 学 修 行 時 代 を 回 顧 する 記 述 からも 明 らかである 從 明 治 時 代 作 家 一 直 進 入 大 正 作 家 作 品 世 界 ; 從 夏 目 漱 石 芥 川 龍 之 介 白 樺 派 新 感 覺 派 到 一 些 勞 農 派 左 翼 作 家, 無 一 不 讀 大 約 在 中 學 二 年 級 以 前, 我 大 概 把 日 本 文 學 史 上 最 主 要 的 作 家 都 讀 遍 了 ( 明 治 時 代 の 作 家 から 大 正 時 代 作 家 の 作 品 世 界 へ 夏 目 漱 石 芥 川 龍 之 介 白 樺 派 新 感 覚 派 からプロレタリア 派 の 左 翼 作 家 まで 読 まざるは 無 し であった およそ 中 学 二 年 まで に 私 は 日 本 文 学 史 上 の 主 な 作 家 をほとんど 全 て 読 破 していた ) 10 つまり 葉 石 濤 の 文 学 体 験 は 日 本 文 学 によって 始 まったのであり しかもそれは 読 まざるは 無 し というほど 広 く 深 いものであった そうである 以 上 後 の 彼 の 作 品 に 日 本 文 学 の 陰 影 がな いとする 方 が 寧 ろ 不 自 然 であるに 違 いない ただ 葉 石 濤 が 受 けた 日 本 文 学 の 影 響 が 具 体 的 にどのような 性 質 のものであるかについては まだ 十 分 に 研 究 されているとは 言 えないようであ る 本 稿 では 葉 石 濤 の 短 編 小 説 等 待 を 取 りあげる この 作 品 は 戦 前 日 本 語 作 家 としてスター トしたものの 戦 後 一 旦 筆 を 折 り 長 い 空 白 期 間 を 経 て 1965 年 に 文 壇 復 帰 を 果 たした 葉 石 濤 が 1967 年 に 中 国 語 によって 発 表 したものであるが 従 来 ほとんど 論 じられることがなく 先 行 論 文 は 皆 無 に 近 い この 作 品 は 最 近 になって 賺 食 世 家 11 という 作 品 集 に 収 められたが そこ で 彭 瑞 金 が 書 いた 解 説 が この 作 品 について 触 れた 殆 ど 唯 一 のものと 言 っていい しかし その 解 説 にしても 一 読 テキストから 得 られる 感 想 を 述 べたに 過 ぎないといった 印 象 を 受 け る 等 待 的 主 題 應 是 落 魄 文 人 我 的 自 嘲 ( 中 略 ) 醫 生 說, 醫 身 不 如 醫 心, 這 對 於 胸 懷 創 造 偉 大 小 說 卻 一 事 無 成 的 落 魄 文 人, 不 是 最 大 的 嘲 諷 嗎?( 等 待 の 主 題 は 落 魄 した 文 人 私 の 自 嘲 であろう ( 中 略 ) 医 者 は 身 体 を 治 すのは 心 を 治 すに 如 かずと 言 う これは 胸 に 偉 大 なる 小 説 を 蔵 しながら かえって 一 つとして 成 すところのない 落 魄 文 人 に 対 する 最 大 の 皮 肉 ではないだろうか ) 12 しかし 本 当 に 等 待 はそれだけの 作 品 なのだろうか 筆 者 の 見 るところ 等 待 はある 日 本 文 学 作 品 の 強 い 影 響 を 受 けて 書 かれたものであり その 作 品 との 比 較 を 通 してはじめて 作 者

3 110 日 本 台 湾 学 会 報 第 八 号 (2006.5) の 意 図 するところ またその 主 題 が 浮 かび 上 がってくる 言 い 換 えるなら 等 待 は 葉 石 濤 と 日 本 文 学 の 関 係 を 考 える 上 で 貴 重 な 作 品 であり また 作 者 の 文 学 的 再 出 発 の 心 構 えをうかがい 知 る 上 でも 重 要 な 位 置 を 占 めるものと 考 えられるのである 第 1 節 等 待 と 満 願 その 共 通 点 葉 石 濤 の 短 編 小 説 等 待 は 1967 年 9 月 青 渓 に 中 国 語 で 発 表 された 作 品 である 葉 石 濤 の 処 女 作 は 日 本 植 民 地 時 代 の 1943 年 4 月 文 藝 台 湾 に 掲 載 された 日 本 語 小 説 林 か らの 手 紙 であり 同 年 7 月 同 誌 に 春 怨 というやはり 日 本 語 の 小 説 を 発 表 している 戦 前 に 発 表 された 作 品 はこの2 篇 だけだが 葉 石 濤 はまぎれもなく 日 本 語 作 家 として 作 家 生 活 をス タートさせたことになる ところが 間 もなく 日 本 は 敗 戦 を 迎 え 戦 後 大 陸 から 台 湾 へ 渡 ってき た 国 民 党 政 府 が 日 本 語 を 禁 じたために 中 国 語 への 言 語 転 換 を 余 儀 なくされたこと また 検 粛 匪 諜 条 例 の 第 九 条 知 匪 不 報 ( 匪 徒 と 知 りながら 密 告 しない)によって 逮 捕 され 五 年 の 徒 刑 を 宣 告 されたこと( 後 減 刑 され 三 年 で 出 獄 )などによって 文 学 的 にも 生 活 的 にも 極 めて 困 難 な 状 況 に 陥 る 実 際 1951 年 以 降 葉 石 濤 は 一 旦 筆 を 折 り 1965 年 に 中 国 語 による 中 編 小 説 青 春 を 文 壇 に 発 表 して 文 壇 復 帰 を 果 たすまで 長 い 空 白 時 期 が 続 くことになる 等 待 は 所 謂 文 壇 復 帰 の 翌 々 年 に 発 表 されたことになるが この 作 品 は 明 らかにある 日 本 文 学 作 品 の 影 響 を 受 けている 太 宰 治 の 満 願 がそれである 満 願 とは 1938 年 9 月 文 筆 に 発 表 された 作 品 である 太 宰 治 は 1936 年 10 月 パ ビナール 中 毒 治 療 のため 東 京 武 蔵 野 病 院 に 入 院 し 退 院 後 の 翌 年 3 月 その 入 院 中 に 姦 通 事 件 を 起 こした 妻 小 山 初 代 と 心 中 しようとしたものの 未 遂 に 終 わり 初 代 との 正 式 離 婚 などを 経 て 所 謂 排 除 と 反 抗 の 時 代 13 の 前 期 に 幕 を 引 く それから 約 一 年 の 沈 黙 の 後 安 定 と 開 花 14 と 評 される 中 期 が 始 まるのだが 満 願 はその 中 期 の 第 一 作 として 位 置 づけられている 作 品 である つまり 遺 書 として 小 説 を 書 き 始 めた 太 宰 が 自 殺 ではなく 生 きることを 選 択 し 自 らの 再 生 への 思 いを 込 めて 書 いたのが この 作 品 だったのである 満 願 の 梗 概 を 述 べると 以 下 のようになる 伊 豆 の 三 島 で 一 夏 を 過 ごしていた 私 があ る 町 医 者 と 親 しくなり 毎 朝 新 聞 をよむためにその 家 を 行 く そこで 簡 單 服 に 下 駄 をはき 清 潔 な 感 じの 若 い 女 性 を 見 る 彼 女 は 小 学 校 教 師 の 妻 で 夫 の 肺 の 病 気 のために 三 年 間 も 夫 婦 の 営 みを 禁 じられている 八 月 の 終 わり 彼 女 が さつさつと 飛 ぶやうにして 医 者 のところから 帰 っていく やっと 医 者 からお 許 しがでたのである その 姿 に 私 は 美 しいもの を 見 たと 思 う 葉 石 濤 の 等 待 は 太 宰 の 満 願 と 基 本 的 な 枠 組 みは 全 く 同 じである 満 願 と 同 じく 小 説 家 の 我 ( 私 ) は 長 年 の 不 摂 生 がたたって 体 の 調 子 がおかしくなり 村 の 張 醫 生 ( 張 医 師 ) のところへ 行 く そこで 江 美 麗 という 若 い 女 性 を 見 る 彼 女 の 夫 は 肺 結 核 で 三 年 間 寝 たきり になっていて 夫 婦 の 営 みを 禁 じられている ある 日 医 師 からついにお 許 しを 得 た 彼 女 は 就 連 蹦 帶 跳 的 ( 飛 び 跳 ねるように) 帰 っていく それを 見 て 我 彷 彿 成 功 地 了 悟 了 人 生 頗 奧 妙 的 哲

4 葉 石 濤 作 品 に 見 られる 日 本 文 学 の 影 響 ( 戸 田 ) 111 理 似 的 ( 私 は 何 か 人 生 の 奥 妙 な 哲 理 を 感 得 することができたように 思 う) 主 にストーリー 的 な 部 分 から 両 作 品 の 共 通 点 を 整 理 すると 以 下 のようになる 1 小 説 家 である 私 の 眼 を 通 して 物 語 が 叙 述 される 2 私 は 医 者 のところで 一 人 の 若 い 女 性 を 見 る 3 若 い 女 性 の 夫 は 肺 の 病 に 侵 されており その 病 気 のために 妻 との 性 行 為 を 禁 じられている 4 医 者 からついに 許 可 を 得 た 若 い 女 性 は 急 いで 医 者 のところから 帰 っていく その 姿 に 私 は 胸 を 打 たれる つまり 満 願 と 等 待 とは 基 本 的 設 定 がほとんど 完 全 に 一 致 しているのである 若 い 女 性 の 夫 がどちらも 肺 の 病 であるだけでなく その 病 に 罹 ったのが 三 年 前 であるという 点 も 若 い 女 性 が パラソル 15 を 持 っているという 部 分 まで 同 じである そもそも 等 待 ( 待 つ)と いうタイトルにしてからが 太 宰 治 が 戦 時 下 に 書 いた 短 編 待 つ 16 を 連 想 させるものである 太 宰 の 待 つ に 関 しては 鶴 谷 憲 三 が 張 りつめた ひたむきなものが 感 じられる 掌 篇 である 中 期 の 初 頭 の 満 願 と 同 じ 位 相 にあると 考 えられる 17 と 述 べているように かねてよりその 関 連 性 が 指 摘 されているものであり 葉 石 濤 がわざわざこのタイトルで 小 説 を 書 いたことに 関 し ても 全 くの 偶 然 であるとは 考 えにくい このように 見 てくると 葉 石 濤 ははっきりと 太 宰 治 の 作 品 を 念 頭 において 等 待 を 書 いた 可 能 性 が 高 いが では 等 待 と 満 願 は 全 く 同 趣 旨 の 作 品 なのかというと 必 ずしもそうとは 言 えないようである 以 下 両 者 の 相 異 点 を 挙 げてみたいと 思 う 第 2 節 等 待 と 満 願 その 相 異 点 前 節 において 等 待 と 満 願 における 主 にストーリー 上 の 共 通 点 を 挙 げ 等 待 が 満 願 の 強 い 影 響 を 受 けて 書 かれた 可 能 性 が 高 いことを 述 べたが 本 節 においては 逆 に 両 作 品 は どこが 異 なっているのか その 相 異 点 について 見 ていきたいと 思 う 先 ず 指 摘 したいのは 原 稿 枚 数 の 違 いである 満 願 は 400 字 詰 め 原 稿 用 紙 に 換 算 して 4 枚 程 度 の 掌 篇 に 過 ぎない 一 方 の 等 待 は 原 文 が 中 国 語 であるため 単 純 な 比 較 はできないのだが 筆 者 がかつてこの 作 品 を 日 本 語 に 訳 してみた 18 ところ 400 字 詰 め 原 稿 用 紙 に 換 算 して 約 30 枚 と なり 少 なくとも 原 稿 枚 数 の 上 では 短 編 小 説 としての 骨 格 を 有 する 作 品 になっていた つまり 葉 石 濤 は 等 待 を 書 くにあたり ごく 単 純 に 計 算 して 太 宰 の7 倍 以 上 の 量 を 書 き 込 んでいるこ とになる 実 際 両 作 品 を 読 み 比 べてみると それぞれから 受 ける 印 象 はかなり 異 なっているの である では 一 体 どのような 相 違 点 があるのだろうか ポイントとなる 項 目 を 挙 げ 以 下 それらにつ いて 具 体 的 に 述 べていくことにしたい

5 112 日 本 台 湾 学 会 報 第 八 号 (2006.5) 1 人 物 の 描 き 方 2 生 臭 さの 有 無 1についてだが 満 願 は 掌 篇 であることもあってか 登 場 人 物 は 全 て スケッチ 風 にごく あっさりと 描 かれている 先 ず 町 医 者 に 関 しては 名 前 もなく 外 面 描 写 は 三 十 二 歳 の 大 きく ふとり 西 郷 隆 盛 に 似 てゐた というだけで その 内 面 にしても お 醫 者 の 世 界 觀 は 原 始 二 元 論 ともいふべきもので 世 の 中 の 有 様 をすべて 善 玉 惡 玉 の 合 戰 と 見 て なかなか 齒 切 れがよかつた 私 は 愛 という 單 一 神 を 信 じたく 内 心 つとめてゐたのである が それでもお 醫 者 の 善 玉 惡 玉 の 説 を 聞 くと うつたうしい 胸 のうちが 一 味 爽 涼 を 覺 えるの だ 19 というように 複 雑 に 苦 悩 する 私 の 対 極 にある 非 常 に 単 純 な 存 在 として 描 かれている 一 方 の 等 待 では 冒 頭 我 不 太 喜 歡 張 醫 生 ( 私 は 張 医 師 があまり 好 きではない) という 一 行 に 始 まり 張 醫 生 に 関 する 描 写 にかなりの 分 量 を 割 いている 看 到 我, 一 縷 驚 奇 之 情 掠 過 張 醫 生 幽 雅 乾 淨 的 長 臉, 他 趕 忙 放 下 正 在 拔 鼻 毛 的 小 鉗 子, 扯 高 了 嗓 子, 喚 醒 正 在 打 瞌 睡 的 藥 局 生, 叫 他 端 茶 來 ( 私 を 見 ると 驚 きと 好 奇 の 入 り 混 じったような 表 情 が 張 医 師 の 優 雅 で 小 ぎれいな 細 面 をかすめた 張 医 師 は 鼻 毛 を 引 き 抜 いていた 小 型 のピ ンセットを 慌 てて 下 に 置 き 声 を 張 り 上 げて 居 眠 りをしていた 助 手 の 薬 剤 師 を 起 し 茶 を 持 ってくるよう 命 じた ) 20 これは 我 が 張 醫 生 を 訪 ねた 場 面 だが 以 下 身 体 の 不 調 を 訴 える 我 と 小 説 のこと など 考 えずに 畑 仕 事 をするようにと 勧 める 張 醫 生 の 間 にユーモラスな 会 話 が 続 き いかにも 村 の 診 察 所 らしいのんびりとした 雰 囲 気 と 頑 固 ながら 憎 めない 張 醫 生 の 人 となりが 活 き 活 きと 描 かれる しかも その 記 述 は 本 人 にとどまらず その 父 親 にまで 及 ぶのである 他 的 父 親 在 日 據 時 代 是 一 個 醫 道 頗 精 的 走 街 仔 先 ( 漢 醫 ),( 中 略 ) 他 不 耐 煩 日 本 人 取 締 漢 醫, 常 常 找 他 的 麻 煩, 因 此, 一 清 早 便 蹲 在 茅 坑 裡, 扯 高 嗓 子 亂 唱 日 本 國 歌, 以 資 洩 恨 由 於 他 不 懂 日 文, 曲 調 還 算 不 差, 至 於 用 台 灣 話 亂 編 的 歌 詞 涉 及 到 性 器 名 稱, 於 是 惹 了 禍, 被 罰 不 敬 罪, 坐 牢 二 十 九 天, 而 且 被 拷 打 得 死 去 活 來, 差 一 點 便 翹 辮 子 了 ( 張 医 師 の 父 上 は 日 本 統 治 時 代 の 医 術 に 精 通 した 漢 方 医 で ( 中 略 ) 彼 は 日 本 人 が 漢 方 医 を 取 り 締 まり 常 々 彼 の 邪 魔 をするのが 我 慢 ならないので 早 朝 便 所 にかがんで 声 を 張 り 上 げて 日 本 国 歌 をムチャクチャに 歌 っては 恨 みを 晴 らしていた 彼 は 日 本 語 がわからないので 曲 調 はまあ 合 っているのだが 台 湾 語 で 適 当 に 作 った 歌 詞 で 挙 句 の 果 てには 性 器 の 名 前 まででてくる 始 末 それが 災 いの 元 となって 不 敬 罪 とみなされ 牢 屋 に 入 ること 二 十 九 日 しかも 死 ぬほどの 拷 問 を 受 け もう 少 しで

6 葉 石 濤 作 品 に 見 られる 日 本 文 学 の 影 響 ( 戸 田 ) 113 おだぶつになるところだった ) 21 このように 張 醫 生 の 父 親 の 日 本 植 民 地 時 代 における 反 骨 ぶりが 描 かれるが 重 要 なのは 張 醫 生 が 二 代 続 いてこの 土 地 に 根 を 下 ろしている 村 医 者 であり 我 もまたそうした 事 情 を 知 っているという 点 である 我 が 張 醫 生 の 家 について 知 っているように 張 醫 生 も 我 のことを その 家 庭 事 情 にいたるまで 心 得 ている 長 年 の 不 摂 生 がたたって 体 調 を 崩 した 我 に 張 醫 生 は 治 療 法 として 畑 の 草 取 りを 命 じるが そのようなことが 可 能 であるのも 父 祖 伝 来 の 畑 を 荒 れ 放 題 にさせている 我 の 状 況 について 張 醫 生 がよく 承 知 しているからこそで ある つまり 互 いに 相 手 の 家 族 から 家 庭 状 況 まで 熟 知 している 台 湾 の 農 村 という 一 種 の 共 同 体 が 小 説 の 舞 台 として 設 定 され 我 も 張 醫 生 も 等 しく 共 同 体 の 一 員 としての 役 柄 を 与 え られているのである 続 いて 作 品 の 主 題 と 関 わる 若 い 女 性 についてだが 満 願 では ただ 若 い 女 のひと とだ け 書 かれているのに 対 し 等 待 においては 江 美 麗 という 名 を 持 つもの つまり 張 醫 生 や 我 と 同 じく 共 同 体 の 一 員 として 描 かれている また 満 願 では 簡 單 服 に 下 駄 をはき 清 潔 な 感 じのひと とあるだけで それ 以 上 の 具 体 的 な 描 写 はないのだが 等 待 の 江 美 麗 に 関 しては 那 女 人 大 約 二 十 多 歲, 一 身 村 婦 打 扮, 好 似 剛 剛 摔 下 田 裡 的 活, 急 忙 趕 過 來 似 的 那 女 人 說 不 出 來 的 美 打 動 了 我 的 心 ; 臉 色 白 皙 得 很, 豐 滿 的 臉 頰 因 趕 路 的 關 係 吧, 染 成 一 層 桃 紅 色 汗 毛 密 生 的 脖 子 有 晶 瑩 的 汗 珠 一 雙 眼 睛 又 大 又 烏 黑 發 亮, 閃 露 著 焦 燥 的 神 色 我 從 沒 看 見 過 這 樣 洋 溢 著 青 春 光 采 的 女 人 她 的 美 是 心 身 皆 健 康 的 女 人 特 有 的 那 一 種 (その 女 性 はだいたい 二 十 歳 を 少 し 出 たぐらい 村 の 女 の 服 装 で いかにもさっきまで 畑 にいたのが 急 いでここまで 来 たとい う 感 じだった その 女 のなんとも 言 われぬ 美 しさは 私 の 心 を 動 かした 顔 は 透 き 通 るように 白 く ふっくらした 頬 は 道 を 急 いだせいであろう 桃 色 に 染 まっていた 産 毛 の 濃 い 首 すじには 汗 の 雫 がきらきらと 光 っていた ぱっちりとして 艶 やかに 黒 い 眼 には 焦 燥 の 色 が 浮 かんで いた 私 はこのように 青 春 の 光 輝 に 満 ち 溢 れた 女 性 を 見 たことがなかった 彼 女 の 美 しさは 心 身 ともに 健 康 な 女 性 だけが 持 っているものであった ) 22 と 微 細 に 描 き 出 されている しかも 注 目 すべきは 満 願 の 中 で 私 は 若 い 女 のひと を 見 るだけであるが 等 待 において 我 は 時 に 語 り 手 から 一 人 の 登 場 人 物 へと 変 身 し 江 美 麗 と 親 しく 言 葉 を 交 わし もするのである 她 向 我 迅 速 的 瞥 了 一 眼, 不 知 為 什 麼, 竟 羞 怯 地 低 下 頭 來 ; 我 看 見 她 的 額 上 滲 出 一 粒 粒 汗 珠 到 張 醫 生 那 裡 去 嗎? 我 再 驚 奇 於 她 憾 人 心 弦 的 艷 麗 寒 暄 了 嗯 她 避 免 作 答, 繼 而 嫣 然 一 笑, 用 又 細 又 清 脆 的 聲 音 搭 腔 了 你 病 好 了, 可 以 做 活

7 114 日 本 台 湾 学 会 報 第 八 号 (2006.5) 兒 啦! 本 來 就 沒 有 什 麼 病 嘛! 我 這 是 懶 病 呢! 我 苦 笑 了 她 不 懂 我 話 裡 的 自 嘲 和 氣 餒 一 本 正 經 地 勸 我 : 石 頭 哥, 少 做 點 兒! 就 忙 著 趕 路 去 了 ( 彼 女 は 私 をちらっと 見 ると なぜかは 知 らないが 恥 ずかしさに 耐 えられないように 頭 を 下 げ た 私 は 彼 女 の 額 に 汗 の 粒 が 滲 み 出 ているのを 見 た 張 先 生 のところへいらっしゃるのですか 私 は 人 の 心 の 琴 線 をふるわせずにはおかない 彼 女 の 艶 かしい 挨 拶 にまた 驚 いた はい 彼 女 は 答 えを 避 け そしてにっこり 微 笑 むと 細 い 澄 んだ 声 で 口 を 開 いた 御 病 気 は 良 くなったんですね 畑 仕 事 ができるなんて! 元 々 病 気 なんかじゃないんですよ! 私 のこれは 怠 け 病 なんです! 私 は 苦 笑 した 彼 女 は 私 の 言 葉 のうちにある 自 嘲 や 弱 気 はわからないらしく しごく 真 面 目 な 調 子 で 石 兄 さん ほどほどになさいましよ! と 言 うと あわただしく 立 ち 去 ってしまった ) 23 これは 畑 で 草 取 りをしている 我 が 医 者 のところへ 行 こうとしている 江 美 麗 に 会 う 場 面 であるが 江 美 麗 は 我 に 向 って 石 頭 哥, 少 做 點 兒!( 石 兄 さん ほどほどになさい ましよ!) という つまり 彼 女 にとって 我 は 小 説 家 などというある 種 特 別 な 存 在 ではな く 当 然 畑 仕 事 に 精 を 出 して 然 るべき 彼 女 と 同 じ 村 人 の 一 人 として 認 識 されているのである 語 り 手 が 作 中 人 物 をも 兼 ねるという 作 品 は 日 本 文 学 にも 少 なからず 存 在 するが その 語 り 手 が 小 説 家 である 場 合 には 例 えば 山 本 周 五 郎 の 青 べか 物 語 において 語 り 手 の 私 が 町 の 住 人 から 蒸 気 河 岸 の 先 生 と 呼 ばれていたように 一 種 特 別 な 存 在 (あるいは 共 同 体 に 属 さない 余 所 者 )として 描 かれることが 多 い ところが 等 待 における 我 は 他 の 登 場 人 物 から 全 く 特 別 視 されない 張 醫 生 も 江 美 麗 も 我 を 単 なる 村 人 の 一 人 (あるいは 同 じ 共 同 体 の 一 員 )として 見 自 由 に 苦 言 を 呈 したり 親 しげに 言 葉 を 交 わしたりするのである 語 り 手 という 作 中 において 特 別 な 位 置 を 占 める 存 在 でありながら 我 はその 特 別 性 を 他 の 作 中 人 物 の 前 ではあえて 消 し 去 り 村 と いう 共 同 体 の 中 に 自 らを 溶 け 込 ませている 我 が 江 美 麗 に 対 する 関 心 を 隠 そうとせず あ げく 妻 との 間 に 言 い 争 いが 生 じる 以 下 の 場 面 などは 我 が 物 語 の 語 り 手 であると 同 時 に 同 じ 共 同 体 の 一 員 として 他 の 登 場 人 物 と 同 じ 場 所 に 立 っていることをよく 示 していると 言 えるだろ う 你 可 知 道 烏 秋 村 有 一 個 叫 江 美 麗 的 媳 婦? 嘻 嘻 你 看 上 了 她! 我 的 老 婆 抿 著 嘴 頗 不 以 為 然 地 瞄 了 我 一 眼 笑 話! 別 胡 扯! 活 了 這 麼 一 大 把 年 紀 還 會 吃 醋! 我 氣 得 吼 了 一 聲 ( お 前 烏 秋 村 に 江 美 麗 という 嫁 さんがいるのを 知 っているか あら あんた あの 娘 をみそめたの! 妻 は 口 をすぼめ 心 外 そうに 私 を 見 た くだらん! ばかばかしい! そんな 年 になってもまだヤキモチか! 私 は 怒 って 怒 鳴 りつ

8 葉 石 濤 作 品 に 見 られる 日 本 文 学 の 影 響 ( 戸 田 ) 115 けた ) 24 また 別 の 場 面 では 我 は 江 美 麗 に 対 する 感 情 を 臆 面 もなく 露 にしている 我 憶 起 江 美 麗 娟 秀 的 臉 龐, 心 裡 猛 地 起 一 種 憐 惜 之 感 ; 如 果 她 現 時 在 我 面 前, 我 會 不 顧 一 切 地 摟 住 她 撫 摸 她 柔 軟 的 髮 絲, 給 她 慰 藉, 哪 怕 天 塌 下 來 我 也 照 做 無 誤!(わたしは 江 美 麗 のすっき り 整 った 顔 を 思 い 出 し 心 に 激 しく 憐 憫 の 情 が 湧 いてくるのを 感 じた もし 彼 女 が 今 この 場 に 現 れたら 私 はなりふりかまわず 抱 きしめ 彼 女 の 柔 らかな 髪 をやさしく 撫 でて 慰 めてやるだ ろう 空 が 落 ちてきたってかまいはしない ) 25 等 待 におけるこれらの 記 述 は 満 願 の 私 が 純 粋 にカメラ アイに 徹 し 若 い 女 の ひと とは 決 して 個 人 的 に 交 わらない 点 と 好 対 照 をなしている 等 待 の 我 は 物 語 の 視 点 と しての 位 置 だけにとどまらず 他 の 人 物 たちの 中 に 入 り 込 んでいき ごく 自 然 に 彼 らの 隣 人 とし てふるまう 我 は 語 り 手 でありながら 決 して 外 から 来 た 余 所 者 ではなく 単 なるカメラ アイでもない 他 の 人 物 たちと 同 じく 一 つの 土 地 に 根 を 下 ろした 存 在 なのであり 共 同 体 の 一 員 なのである 以 上 をまとめると 太 宰 治 は 満 願 において 伊 豆 の 三 島 を 訪 れた 時 の 見 聞 として つまり 通 り 過 ぎる 人 間 としての 視 点 から スケッチ 風 に 作 中 人 物 を 描 いているのに 対 し 葉 石 濤 は 等 待 の 舞 台 を 台 湾 の 農 村 という 一 つの 共 同 体 に 設 定 し 語 り 手 の 我 をもまた その 共 同 体 の 一 員 として 他 の 登 場 人 物 と 同 じ 場 所 に 置 くことにより 内 側 から 人 物 を そして 物 語 を 叙 述 し ていると 考 えられるのである 次 に2であるが 満 願 と 等 待 という 二 つの 作 品 の 違 いを 決 定 づけるものとして 筆 者 は 生 臭 さ の 有 無 を 挙 げたいと 思 う 夫 婦 の 性 行 為 を 生 臭 さ というマイナス イメージ 的 な 且 つ 感 覚 的 な 語 で 表 すことについては 批 判 もあるかと 思 うが 筆 者 はあえてこの 語 を 用 いた い それは ここで 取 り 上 げられている 性 行 為 が 性 的 欲 求 の 三 年 間 に 渡 る 抑 圧 という 特 殊 状 況 を 背 景 にしているのであって 単 なる 性 行 為 そのものに 付 随 する 生 々しさ とは 質 を 異 に するからである 病 の 床 にあってなお 夫 は 性 的 欲 望 に 捉 われ しかもそれが 禁 じられることによって 妻 との 間 に 緊 張 関 係 が 生 じる 妻 はその 緊 張 に 耐 えられず 度 々 医 師 のもとを 訪 れる 少 々 大 袈 裟 な 表 現 を 用 いるなら この 状 況 は 人 間 存 在 に 関 わる 一 種 の 暗 さを 示 していると 言 えるはずだが 太 宰 の 満 願 は 逆 にその 暗 黒 面 を 徹 底 的 に 排 除 したところに 成 立 している 小 説 というより 散 文 的 な さりげない 文 体 も 掌 篇 的 な 短 さも カメラ アイとしての 語 り 手 の 設 定 も 一 筆 書 きのよ うにさりげない 人 物 描 写 も また 若 い 女 性 の 夫 の 職 業 が 小 學 校 の 先 生 つまり 教 育 者 である 点 も 全 てはその 背 後 に 横 たわる 暗 さと その 底 から 立 ちのぼってくる 一 種 の 臭 気 を 読 者 に 感 じさ せないための 方 法 あるいは 装 置 であると 考 えられる そのため 読 者 は 生 臭 さ の 一 歩 手 前 で 立 ち 止 まり

9 116 日 本 台 湾 学 会 報 第 八 号 (2006.5) 八 月 のをはり 私 は 美 しいものを 見 た 朝 お 醫 者 の 家 の 縁 側 で 新 聞 を 讀 んでゐると 私 の 傍 らに 横 坐 りに 坐 つてゐた 奥 さんが ああ うれしさうね と 小 聲 でそつと 囁 いた ふと 顔 をあげると すぐ 眼 のまへの 小 道 を 簡 單 服 を 着 た 清 潔 な 姿 が さつさつと 飛 ぶやうに して 歩 いていつた 白 いパラソルをくるくるつとまはした 26 という 女 性 の 姿 を 私 と 同 じように 純 粋 に 美 しい と 感 じることができるのである 満 願 の 世 界 はそのように 創 られている ところが 一 方 等 待 では 太 宰 治 が 排 除 した 生 臭 さ が 寧 ろはっきりと 出 ている 一 例 を 挙 げると 我 が 自 分 の 妻 から 江 美 麗 の 嫁 ぎ 先 における 状 況 について 聞 かされる 以 下 のよ うな 場 面 がある 就 是 嫁 給 那 王 濱 太 不 值 得 了 王 濱 虛 有 其 表 外 強 內 乾, 聽 說 她 一 跨 進 阿 濱 家 的 門 檻, 阿 濱 就 得 了 不 治 之 症, 一 躺 就 是 三 年 她 的 公 婆 說, 她 有 破 家 之 相, 很 不 高 興 她 真 是 紅 顏 薄 命, 一 點 也 不 錯 可 是 阿 美 卻 也 不 氣 餒, 上 侍 公 婆 下 奉 丈 夫 ; 下 田 餵 豬 樣 樣 得 來, 而 且 臉 上 不 離 笑 容, 整 天 沒 一 句 怨 言, 真 是 好 乖 巧 的 媳 婦!( 王 濱 なんかのところへ 嫁 に 行 ったのがもったいないって 言 うんですよ 王 濱 は 見 かけ 倒 しで 外 見 は 強 そうだけど 中 身 はからっきし なんでもあの 娘 ( 江 美 麗 )が 濱 さんの 家 の 敷 居 を 跨 いだとたん 濱 さんは 不 治 の 病 にかかっちまって その まま 三 年 も 寝 たきりなんですって あの 娘 の 舅 姑 が あの 娘 には 家 を 滅 ぼす 相 があるとか 言 って ひどく 嫌 っているのよ まったく 美 人 薄 命 って 嘘 じゃないわね それでも 美 麗 さん は 気 丈 でね 舅 姑 や 夫 にまめまめしく 仕 えて 畑 仕 事 や 豚 の 世 話 まで 何 でもこなす しかも 顔 には 笑 顔 を 絶 やさず 一 日 中 一 言 も 愚 痴 をこぼさない 本 当 によくできた 御 嫁 さんですよ! 27 嫁 を 虐 げる 舅 姑 役 に 立 たない 夫 辛 い 仕 事 それでも 妻 は 笑 容 ( 笑 顔 ) でその 一 切 を 受 け 入 れなければならないという 前 近 代 的 ともいうべき 台 湾 農 村 の 悲 劇 がここでは 暗 示 されている しかも 満 願 においては 小 學 校 の 先 生 という 教 育 者 のイメージから 巧 みに 隠 蔽 されてい た 夫 の 性 欲 についても 張 醫 生 の 口 からはっきりと 語 られる 她 的 丈 夫 阿 濱 患 的 是 肺 癆, 病 得 可 不 輕 你 知 道 患 肺 癆 的 人 性 慾 特 強, 是 吧!( 彼 女 の 夫 濱 さん は 肺 結 核 だったのですよ それも 軽 くはないやつにね あなたは 肺 結 核 の 患 者 は 性 欲 が 特 に 強 くなるのを 御 存 知 でしょう?) 28 夫 の 性 欲 を 特 に 強 い ものとして 描 いたことで 等 待 は 満 願 とは 受 ける 印 象 が 決 定 的 に 異 なる 作 品 になったと 言 えるのではないだろうか 辛 い 労 働 と 舅 姑 の 酷 い 仕 打 ちに 耐 える 若 い 妻 が やっと 夫 と 二 人 きりになった 時 今 度 は 夫 の 強 い 性 的 欲 求 の 前 に 晒 されなければならず しかもその 求 めに 応 じることは 許 されないという 悲 惨 な 状 況 が 暗 示 され 満 願 で 美 しいもの として 捉 えられた 夫 婦 の 性 が ここでは その 陰 惨 な 面 を 剥 き 出 しにするのである

10 葉 石 濤 作 品 に 見 られる 日 本 文 学 の 影 響 ( 戸 田 ) 117 このように 等 待 には 台 湾 の 農 村 の 生 臭 さ を 伴 った 暗 さが 濃 厚 に 示 されているので あるが それは 語 り 手 の 我 を 共 同 体 の 一 員 として 設 定 した 時 点 で 当 然 起 こり 得 る 結 果 だっ たのかもしれない そして これこそが 人 物 の 中 に 踏 み 込 まず 生 臭 さ を 排 除 して ただ 三 年 間 耐 えて 待 ち 続 けた という 行 為 そのものを 抽 出 し 一 幅 の 美 しい 絵 として 描 いてみせた 満 願 とは 大 きく 異 なる 点 であろう もし この 点 が 葉 石 濤 の 意 識 的 操 作 によるものだとした ら 一 体 どのような 意 図 に 基 くのだろうか その 問 題 を 次 に 考 えてみたい 第 3 節 等 待 に 込 められた 光 への 希 求 葉 石 濤 は 等 待 を 書 くにあたり 物 語 を 内 側 から 叙 述 するという 方 法 を 採 用 している 我 は 語 り 手 であると 同 時 に 共 同 体 の 一 員 なのである そうした 方 法 により 太 宰 の 満 願 では 巧 みに 排 除 されたところの 生 臭 さ が 前 近 代 的 とも 言 うべき 台 湾 の 農 村 を 舞 台 に 逆 に 濃 厚 に 示 され 結 果 的 に 両 作 品 がかなり 印 象 の 異 なるものになっていることについては 前 節 で 述 べ た 通 りである 本 節 では 葉 石 濤 が 等 待 の 中 で あえて 太 宰 とは 逆 に 生 臭 さ を 描 き 出 している 点 が 作 者 のどのような 意 図 に 基 くのかについて 考 えていきたいと 思 う 冒 頭 でも 述 べた 通 り 葉 石 濤 は 戦 後 の 国 民 党 政 権 下 において 1951 年 に 逮 捕 され 五 年 の 徒 刑 を 宣 告 された 後 に 減 刑 され 1954 年 に 出 獄 したものの 以 後 の 生 活 は 悲 惨 を 極 めた 前 述 のごと く 葉 石 濤 が 文 壇 に 復 帰 するのは 1965 年 に 文 壇 に 発 表 した 中 篇 小 説 青 春 によってであ るが この 作 品 が 後 に 一 冊 の 作 品 集 として 出 版 された 時 序 文 の 中 で 作 者 は 当 時 を 回 想 して 以 下 のように 書 いている 戰 後 我 並 沒 有 停 止 寫 作, 我 用 日 文 和 中 文 寫 下 不 少 的 作 品 這 些 作 品 都 已 埋 葬 在 歷 史 的 墳 墓 裏 從 一 九 四 五 年 到 一 九 五 一 年, 我 經 過 了 二 二 八 及 白 色 恐 怖, 惶 惶 度 日, 但 仍 忠 實 地 以 作 品 反 映 了 這 時 代 社 會 的 動 向 可 惜 一 九 五 一 年 我 鋃 鐺 入 獄, 直 到 一 九 五 四 年 才 獲 得 釋 放 被 釋 放 以 後, 我 在 台 灣 各 地 流 浪 做 小 學 教 師 謀 生 不 幸, 結 了 婚 又 生 下 了 孩 子 生 活 的 艱 辛 使 我 終 日 鬱 鬱 寡 歡, 眉 頭 深 結, 常 常 因 沒 有 孩 子 的 奶 粉 錢 而 自 責 這 時 候, 給 我 帶 來 少 許 安 慰 的 是 捧 著 日 文 譯 詩 集 在 稻 草 堆 裏 朗 讀 ( 中 略 ) 一 首 接 著 一 首 的 唸, 不 知 何 故, 竟 淚 流 滿 面, 在 嗚 咽 聲 中 結 束 ( 戦 後 私 は 創 作 を 停 止 したのではなかった 私 は 日 本 語 と 中 国 語 によって 少 なからぬ 作 品 を 書 いている これらの 作 品 は 全 て 歴 史 の 墓 場 に 埋 もれてしまった 1945 年 から 1951 年 まで 私 は 二 二 八 事 件 と 白 色 テロによる 恐 怖 の 日 々を 生 きたが 作 品 はこの 時 代 及 び 社 会 の 動 向 を 忠 実 に 反 映 して いる 残 念 なことに 1951 年 投 獄 され 1954 年 になってやっと 釈 放 された 釈 放 後 私 は 台 湾 各 地 をさすらい 小 学 教 師 として 暮 らしを 立 てた 不 幸 にも 結 婚 をし 子 供 まで 産 まれた 生 活 の 辛 さで 私 は 終 日 鬱 々として 楽 しまず 眉 根 に 深 い 皺 を 寄 せ しばしば 子 供 のミルクを 買 う 金 がないことで 自 分 を 責 めた こんな 時 わずかに 私 の 心 を 慰 めてくれたのは 日 本 語 の 訳 詩 集 を 積 み 上 げられた 藁 の 中 で 朗 読 することであった ( 中 略 ) 一 篇 また 一 篇 と 声 に 出 して 読

11 118 日 本 台 湾 学 会 報 第 八 号 (2006.5) んでいると 故 知 らず 涙 が 顔 中 を 濡 らし あとはただ 嗚 咽 に 終 わるのだった ) 29 また 2002 年 に 葉 石 濤 が 来 日 し 東 京 大 学 で 行 った 私 の 台 湾 文 学 六 〇 年 という 講 演 の 中 で も 同 様 の 回 想 をしている よく 思 い 出 すのは 私 が 田 舎 で 小 学 校 教 師 をやっとった 時 お 金 もなければ 着 物 もないという 酷 い 境 遇 に 陥 ったんです 仕 方 がないからアルチュール ランボーの 酔 いどれ 船 という 詩 集 を 持 って 木 の 下 でそれを 読 みながら 一 人 で 泣 きましたよ 四 〇 歳 になって 一 文 もなし 子 供 のミルクの 金 さえない 30 金 銭 的 な 困 窮 もさることながら 一 人 で 詩 集 を 読 むことによってだけ わずかに 心 をなぐさめ られるという 精 神 的 孤 独 が 長 い 間 葉 石 濤 を 苛 み 続 けたのである しかも その 詩 集 が 日 本 語 訳 であったというところに 葉 石 濤 が 耐 えなければならなかった 孤 独 の 深 さを 感 じる 今 でこそ 台 湾 には 親 日 的 というイメージがあり 日 本 語 教 育 熱 も 盛 んであるが 戦 争 終 了 直 後 から 長 い 期 間 に 渡 って 日 本 語 及 び 日 本 に 関 わるものが 厳 しく 排 斥 されたという 事 実 がある 戦 後 の 台 湾 の 大 学 に 日 本 語 学 科 が 初 めて 設 立 されたのは 戦 後 20 年 近 くを 経 た 1963 年 中 国 文 化 学 院 ( 現 在 の 中 国 文 化 大 学 ) 東 方 語 文 学 系 日 文 組 においてであった 蔡 茂 豊 は 台 湾 における 日 本 語 教 育 の 史 的 研 究 の 中 で 次 のように 述 べている 日 本 語 学 科 なら 正 式 に 日 文 系 とか 日 本 語 文 学 系 とか 称 すればいいのを なぜか 東 方 語 文 学 系 と 名 付 けたところに 疑 問 が 起 こるのである それは 間 違 いなく 日 本 語 云 々を 嫌 って 東 方 語 に したのだとしか 解 釈 できない ( 中 略 ) 何 故 なら 当 時 どの 大 学 でも 日 本 語 学 科 設 置 について 政 府 当 局 に 向 かって 日 本 語 の 日 さえ 口 に 出 すことのできない 雰 囲 気 があったからである 31 中 国 文 化 学 院 に 続 き 1966 年 に 淡 江 文 理 学 院 ( 現 在 の 淡 江 大 學 ) 東 方 語 文 学 系 1969 年 に 輔 仁 大 学 東 方 語 文 学 系 1972 年 に 東 呉 大 学 外 文 系 東 方 語 文 組 と 三 年 おきのペースで 日 本 語 学 科 が 設 置 された 32 しかし 1972 年 日 本 政 府 は 大 陸 の 中 華 人 民 共 和 国 との 国 交 正 常 化 に 伴 い 台 湾 との 国 交 を 断 絶 したために 台 湾 国 内 において 再 び 反 日 の 気 運 が 高 まり 日 本 語 学 科 の 増 設 も 停 止 された しかも 日 本 語 学 科 が 設 置 された 上 記 4 校 は 全 て 私 立 学 校 である 点 も 見 落 とすこと はできない 国 立 大 学 重 視 の 台 湾 において はじめて 国 立 大 学 に 日 本 語 文 學 系 が 設 置 された のは 台 湾 大 学 においてであるが それは 1994 年 のことである 現 在 でも 日 本 語 文 學 系 の 博 士 課 程 は 私 立 東 呉 大 学 一 校 にしか 設 置 されていない これらの 事 実 は 国 民 党 政 権 下 の 台 湾 におい て 日 本 語 が 長 きに 渡 って 排 斥 され 続 けた 歴 史 をよく 表 していると 言 えよう 上 述 のように 日 本 語 が 厳 しく 排 斥 されていた 時 代 に 葉 石 濤 は 一 人 涙 を 流 しながら 日 本 語 の 詩 集 を 読 むことでしか 心 の 慰 めを 得 ることができなかったと 言 っているのである そのやるせない 思 いが 等 待 の 次 のようなくだりに 客 観 化 され 虚 構 化 され 軽 いユーモアを 湛 えながら し

12 葉 石 濤 作 品 に 見 られる 日 本 文 学 の 影 響 ( 戸 田 ) 119 かし 抑 えようのない 激 しさを 内 に 秘 めて 吐 露 されているように 見 える 村 人 看 我 喝 不 起 一 瓶 五 元 五 角 瓶 裝 的 太 白 酒, 就 個 個 有 莫 名 的 優 越 感, 而 且 我 寫 小 說 不 耕 田 一 事 更 惱 怒 了 他 們, 他 們 便 肆 意 的 謾 罵 我 沒 出 息, 把 我 視 之 如 異 端 禽 獸 了 ( 村 人 は 私 が 瓶 詰 めの 5 元 5 角 の 太 白 酒 を 飲 めないことに 何 やら 奇 妙 な 優 越 感 をおぼえるらしく また 私 が 小 説 を 書 い ていて 畑 仕 事 をしないのが 気 にさわるものだから 私 のことをろくでなしのなんのと 言 いたい 放 題 罵 り まるで 異 端 のケダモノのように 見 下 しているのだ ) 33 それでは 等 待 の 我 が 医 者 の 許 しを 得 て 急 いで 帰 っていく 江 美 麗 の 姿 を 見 て 彷 彿 成 功 地 了 悟 了 人 生 頗 奧 妙 的 哲 理 似 的 ( 何 か 人 生 の 奥 妙 な 哲 理 を 感 得 することができたように 思 う) のはなぜだろうか 前 節 で 述 べたように 江 美 麗 は 悲 惨 な 状 況 に 置 かれている そんな 彼 女 の 状 況 が 医 者 に 夫 との 性 行 為 を 許 されたというだけで 一 体 どれほど 改 善 されるのだろうか 満 願 においては 医 者 の 許 可 を 得 ればそれでよかった しかし 江 美 麗 を 取 り 巻 く 状 況 はそれほど 単 純 ではない 嫁 に 破 家 之 相 ( 家 を 滅 ぼす 相 ) があると 信 じている 舅 姑 は 相 変 わらず 彼 女 を 虐 げ 続 けるであろ うし 夫 の 身 体 が 快 方 に 向 ったとはいえ 依 然 として 辛 い 仕 事 の 数 々がこの 若 い 妻 を 待 っている に 違 いない 医 師 の 許 可 は 決 して 安 易 に 救 いと 呼 べるようなものではないはずなのである しかし そうであるにも 関 わらず 江 美 麗 は 全 身 で 喜 びを 表 現 する 何 故 であろうか そこ に 封 建 的 な 村 の 世 界 しか 知 らない 女 の 愚 かさや 浅 はかさを 見 るのは 容 易 い 悲 惨 な 状 況 にありな がら 自 らはそれに 気 付 かない 女 の 悲 劇 を 見 ることは 容 易 い しかし 我 はそのどちらでもな く ただひたすらその 姿 に 胸 を 打 たれるのである 我 の 感 動 はどこからくるのだろうか 医 師 の 許 可 が 何 を 変 え 得 るかという 点 に 重 点 がある のではあるまい 寧 ろ 実 際 にはさして 状 況 を 変 え 得 るわけでもない 医 師 の 許 可 に それほどまで に 喜 ぶことができる 江 美 麗 の 苦 しい 生 活 の 中 でも 決 して 麻 痺 してはいない 心 の 瑞 々しさに こそ 我 を 感 動 させるものがあると 見 るべきだろう 真 的! 這 是 真 的 嗎? 她 差 一 點 就 拍 手 喊 叫 起 來, 那 欣 喜 雀 躍 神 采 奕 奕 的 神 情, 也 傳 給 我 說 不 出 的 高 興 ( 中 略 ) 她 一 心 一 意 想 回 家 去 ; 但 還 是 忍 住 了 不 必 了, 你 趕 快 回 去 吧! 張 醫 生 看 出 她 的 窘 態, 搖 了 搖 手, 又 心 滿 意 足 的 嘔 了 嘔 嘴 ( 中 略 ) 那 我 走 了 江 美 麗 不 再 遲 疑 未 決, 好 似 聽 到 下 課 鈴 聲 爭 先 恐 後 往 教 室 外 奔 跑 的 小 女 孩, 甚 至 忘 記 陽 傘, 轉 身 就 連 蹦 帶 跳 的 往 外 跑 ( 本 当! 本 当 でございますか? 彼 女 はもう 少 しで 手 を 打 ち 鳴 らさんばかりで その 喜 びに 満 ちあふれた うきうきとした 表 情 は 私 にも 言 い 知 れぬ 嬉 しさを 伝 えた ( 中 略 ) 彼 女 はす ぐに 飛 んで 帰 りたい 様 子 だったが それでも 我 慢 している いいんですよ はやくお 帰 りなさい! 張 医 師 は 彼 女 がきまり 悪 そうなのを 見 て 取 って 手 を 振 り そして 満 足 そうに 微 笑 んだ ( 中 略 )

13 120 日 本 台 湾 学 会 報 第 八 号 (2006.5) それではごめんください 江 美 麗 はもう 迷 わなかった まるで 下 校 のチャイムを 聞 いて われ 先 に 教 室 を 飛 び 出 す 女 の 子 みたいに 日 傘 を 持 つのも 忘 れて 飛 び 跳 ねるように 外 へ 駆 け 出 した ) 34 どんな 悲 惨 な 状 況 にあっても 絶 望 せず 辛 抱 強 く 待 ち 続 ける それでも 救 いはついに 訪 れない かもしれないが いつか 物 事 は 少 しは 良 い 方 へ 動 き 出 すかもしれない 少 なくとも 微 かな 光 のよ うな 予 感 は 存 在 する 我 が 感 得 したのはそのような 哲 理 であり 走 り 去 っていく 江 美 麗 の 姿 には 我 の いや 葉 石 濤 自 身 の その 予 感 を 信 じようとする 祈 りにも 似 た 思 いが 込 められ ていると 筆 者 には 感 じられるのである 葉 石 濤 は 太 宰 治 のように 生 臭 さ を 排 除 した 美 しいもの としては 等 待 を 書 くことが できなかった 農 村 の 小 学 校 教 師 としてなんとか 暮 らしを 立 てていた 当 時 の 葉 石 濤 は そうした 農 村 が 蔵 している 生 臭 さ を 伴 った 暗 さの 中 に 一 度 深 く 沈 みこみ その 底 から 新 しい 光 を 希 求 したのに 違 いない だからこそ その 光 を 垣 間 見 せる 存 在 は 都 会 の 洗 練 された 女 性 ではあり 得 ず 同 じ 台 湾 の 農 村 の 土 の 中 から 瑞 々しい 香 気 を 放 って 立 ち 現 れてくる 女 性 すなわち 江 美 麗 でなければならなかったのである まとめ 本 稿 は 葉 石 濤 の 等 待 と 太 宰 治 の 満 願 を 比 較 し その 共 通 点 と 相 違 点 を 分 析 するとと もに 葉 石 濤 が 作 品 にどのような 思 いを 込 めようとしたのかについて 考 えてきた 葉 石 濤 は 満 願 から 基 本 的 設 定 をほぼそのまま 借 りながら 台 湾 の 農 村 に 生 きる 女 性 の 悲 惨 な 状 況 と 長 い 間 自 らが 嘗 めなければならなかった 無 念 さを 盛 り 込 み その 中 から 微 かな 光 を 摸 索 するという 形 で 自 分 の 作 品 として 昇 華 してみせた 精 神 病 院 への 入 院 や 自 殺 未 遂 を 経 た 太 宰 が 再 生 への 思 いを 込 めて 満 願 を 書 いた 姿 に 重 ね 合 わせるように 葉 石 濤 は 自 分 自 身 の 再 生 へ の 祈 りとして 等 待 を 書 いたのだとも 言 えるだろう しかも 太 宰 治 が 39 歳 で 自 ら 命 を 絶 った のに 対 し 葉 石 濤 は 粘 り 強 く 生 き 続 け 孜 々として 書 き 続 ける 道 を 選 んだ そうした 執 念 のよう なものが 等 待 の 構 成 の 上 にも 現 れているようである 満 願 が 随 筆 風 の さらりと 書 き 流 すような 体 裁 になっているのに 反 し 等 待 の 構 成 はか なり 凝 ったものになっている 我 不 太 喜 歡 張 醫 生 ( 私 は 張 医 師 をあまり 好 きではない) という 一 行 で 始 まった 作 品 は 次 のように 締 めくくられるのだ 那 夜 我 結 束 了 等 待 和 徬 徨 的 日 子, 提 筆 埋 頭 開 始 寫 作, 寫 下 了 我 的 小 說 開 頭 第 一 段 : 我 不 太 喜 歡 張 醫 生 (その 夜 私 は 何 かを 待 ち 続 け 彷 徨 する 日 々に 別 れを 告 げた 筆 をとって 書 き 始 めた その 小 説 のはじめの 一 行 はこうである わたしは 張 医 師 があまり 好 きではない 35

14 葉 石 濤 作 品 に 見 られる 日 本 文 学 の 影 響 ( 戸 田 ) 121 このように 作 品 は 一 巡 りして また 冒 頭 の 一 行 に 戻 る 書 くこと 書 き 続 けること もし 本 当 に 救 いがあるとしたら こうした 果 てのない 営 々とした 行 為 の 果 てにはじめて 訪 れるのではな いか 困 難 な 時 代 を 生 き 抜 き 日 本 語 から 中 国 語 へと 言 語 を 変 えながらも 作 家 であり 続 け 齢 80 にしていまだ 現 役 作 家 である 葉 石 濤 の 人 生 について 考 える 時 この 作 品 の 持 つ 意 味 がより 一 層 深 みを 増 すように 思 われる 注 1 葉 石 濤 台 灣 文 學 史 綱 ( 高 雄 : 文 學 界 雜 誌 1987 年 ) この 作 品 は 中 島 利 郎 らの 訳 により 台 湾 文 学 史 ( 研 文 出 版 2000 年 )のタイトルで 日 本 でも 出 版 された 2 楊 照 夢 與 灰 燼 ( 台 北 : 聯 合 文 學 出 版 1998 年 )106 頁 3 葉 石 濤 林 からの 手 紙 文 藝 台 湾 第 五 巻 第 六 号 (1943 年 4 月 ) 文 藝 台 湾 は 西 川 満 ら によって 1940 年 に 創 刊 された 文 芸 誌 葉 石 濤 が 処 女 作 を 発 表 した 当 時 台 湾 の 文 芸 誌 として は 西 川 満 主 導 の 文 藝 台 湾 と 張 文 環 ら 台 湾 人 作 家 を 中 心 とする 台 湾 文 學 の2 誌 があった この 処 女 作 掲 載 が 縁 で 葉 石 濤 は 西 川 満 の 知 遇 を 得 文 藝 台 湾 の 編 集 を 手 伝 うようになる 4 葉 石 濤 春 怨 文 藝 台 湾 第 六 巻 第 三 号 (1943 年 7 月 ) 副 題 に 我 が 師 に とある 作 中 におけるその 師 の 名 前 が 西 村 となっており 明 らかに 西 川 満 を 暗 示 している 当 時 の 葉 石 濤 の 西 川 に 対 する 傾 倒 ぶりが 窺 われる 作 品 である 5 葉 石 濤 紅 鞋 子 ( 台 北 : 自 立 晩 報 出 版 1989 年 ) 葉 は 白 色 テロの 時 代 を 背 景 にしたこの 作 品 により 金 鼎 獎 を 受 賞 している 6 葉 石 濤 台 灣 男 子 簡 阿 淘 ( 台 北 : 草 根 出 版 1996 年 ) 7 葉 石 濤 西 拉 雅 末 裔 潘 銀 花 ( 台 北 : 草 根 出 版 2000 年 ) 葉 は 自 ら 台 湾 先 住 民 族 を 主 人 公 と した 小 説 を 書 くばかりでなく 先 住 民 作 家 を 積 極 的 に 評 価 することでも 知 られる 2002 年 に 東 京 大 学 で 行 った 講 演 私 の 台 湾 文 学 六 〇 年 の 中 でも 台 湾 文 学 の 未 来 は 先 住 民 作 家 の 肩 にかかっている という 旨 の 発 言 をしている 8 葉 石 濤 玫 瑰 項 圈 小 說 創 作 三 十 一 期 (1966 年 12 月 ) 9 葉 石 濤 が 当 時 の 台 湾 人 のための 初 等 教 育 機 関 である 公 学 校 と 日 本 人 との 共 学 である 中 学 校 で 日 本 語 教 育 を 受 けた 期 間 は 1932 年 から 1943 年 までである 10 葉 石 濤 一 個 台 灣 老 朽 作 家 的 五 〇 年 代 ( 台 北 : 前 衛 出 版 社 1991 年 )36 頁 11 葉 石 濤 賺 食 世 家 ( 台 北 : 圓 神 出 版 社 2001 年 )31-48 頁 12 彭 瑞 金 解 説 葉 石 濤 賺 食 世 家 ( 台 北 : 圓 神 出 版 社 2001 年 )214 頁 13 奥 野 健 男 太 宰 治 ( 文 春 文 庫 1998 年 )81 頁 14 同 上 書 114 頁 15 等 待 における 原 語 は 陽 傘 16 新 聞 雑 誌 未 発 表 のまま 太 宰 治 女 性 ( 博 文 館 1942 年 )に 所 収 された 作 品 17 鶴 谷 健 三 待 つ 別 冊 國 文 學 太 宰 治 必 携 ( 學 燈 社 1980 年 ) 18 戸 田 一 康 訳 待 つ 第 二 屆 文 建 會 文 學 翻 譯 獎 得 獎 作 品 集 ( 台 北 : 中 華 民 國 行 政 院 文 化 建 設 委 員 會 2003 年 ) 19 太 宰 治 満 願 太 宰 治 全 集 第 二 巻 ( 筑 摩 書 房 1975 年 )95 頁 20 葉 石 濤 前 掲 書 33 頁 21 同 上 書 35 頁 22 同 上 書 37 頁 23 同 上 書 41 頁 24 同 上 書 頁 25 同 上 書 43 頁

15 122 日 本 台 湾 学 会 報 第 八 号 (2006.5) 26 太 宰 治 前 掲 書 97 頁 27 葉 石 濤 前 掲 書 43 頁 28 同 上 書 48 頁 29 葉 石 濤 青 春 ( 台 北 : 桂 冠 圖 書 2001 年 )3-4 頁 30 この 講 演 は 新 潮 第 九 十 九 巻 第 九 号 (2002 年 9 月 )に 私 の 台 湾 文 学 六 〇 年 というタイ トルで 掲 載 された 引 用 部 は 同 誌 (270 頁 )による 31 蔡 茂 豊 台 湾 における 日 本 語 教 育 の 史 的 研 究 ( 上 下 ) ( 台 北 : 大 新 書 局 2003 年 )17-18 頁 32 同 上 書 17 頁 の 内 容 を 参 照 した 33 葉 石 濤 前 掲 書 32 頁 34 同 上 書 47 頁 35 同 上 書 48 頁

而 空 姐 所 面 對 的 是 變 動 率 高 不 固 定 的 一 群 人, 而 老 師 則 是 能 夠 照 看 著 同 一 群 人, 與 之 一 同 學 習 成 長, 對 於 她 而 言, 這 是 兩 種 截 然 不 同 的 刺 激 3. 您 是 什 麼 時 候 修 習 師 培 課 程? 在 當

而 空 姐 所 面 對 的 是 變 動 率 高 不 固 定 的 一 群 人, 而 老 師 則 是 能 夠 照 看 著 同 一 群 人, 與 之 一 同 學 習 成 長, 對 於 她 而 言, 這 是 兩 種 截 然 不 同 的 刺 激 3. 您 是 什 麼 時 候 修 習 師 培 課 程? 在 當 東 海 大 學 中 等 教 育 學 程 師 資 生 實 地 學 習 紀 錄 表 學 生 姓 名 : 邱 鎂 玲 學 號 :1021649 科 目 : 教 育 哲 學 日 期 時 間 :104 年 12 月 24 日 ( 星 期 五 ) 14 時 00 分 至 16 時 30 分 ( 教 師 訪 談 ) 104 年 12 月 25 日 ( 星 期 五 ) 09 時 00 分 至 11 時 30 分 (

More information

Title 在 台 湾 日 系 企 業 の 社 内 コミュニケーションに 対 する 駐 在 員 の 認 識 Author(s) 唐 澤, 麻 里 ; 野 々 口, ちとせ; 陳, 明 涓 ; 孫, 愛 維 ; 河 先, 岡 崎, 眸 Citation お 茶 の 水 女 子 大 学 人 文 科 学 研 究 Issue Date 2011-03-30 URL http://hdl.handle.net/10083/50695

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20B2C433B4C1B971A46CB3F8A277B14DB358A9D0A9F5B1F6A6D1AE76313230362E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20B2C433B4C1B971A46CB3F8A277B14DB358A9D0A9F5B1F6A6D1AE76313230362E646F63> 專 訪 房 昔 梅 老 師 感 謝 受 訪 / 房 昔 梅 老 師 文 / 蔡 佩 芳 盧 培 春 學 經 歷 介 紹 : 臺 北 師 範 學 院 數 理 教 育 研 究 所 數 學 組 畢 業 現 任 臺 北 教 育 大 學 附 設 實 驗 國 民 小 學 教 師 臺 北 市 國 民 教 育 輔 導 團 國 小 數 學 領 域 小 組 輔 導 員 國 民 小 學 數 學 教 科 書 編 撰 委 員

More information

GreaTeach 2010全國創意教學獎全文

GreaTeach 2010全國創意教學獎全文 GreaTeach 2010 全 國 創 意 獎 全 文 方 案 名 稱 : 從 背 多 分 到 遊 戲 王 千 變 萬 化 主 要 領 域 : 語 文 參 賽 者 姓 名 : 蔡 宗 穆 劉 瑞 美 陳 惠 雯 校 名 稱 : 高 雄 市 立 鳳 陽 國 小 高 雄 市 立 佛 公 國 小 關 鍵 字 :1. 主 題 : 語 文 2. 創 意 方 式 : 遊 戲 自 主 習 闖 關 評 量 壹 創

More information

★最終校/12-綜合討論.indd

★最終校/12-綜合討論.indd 綜 合 討 論 綜 合 討 論 主 持 人 : 林 鎮 國 ( 台 灣 國 立 政 治 大 學 教 授 ) 林 鎮 國 教 授 歡 迎 大 家 再 次 回 到 研 討 會, 現 在 進 行 最 後 一 場 的 綜 合 座 談 我 是 林 鎮 國, 現 任 政 治 大 學 哲 學 系 及 宗 教 研 究 所 的 老 師 因 為 今 天 研 究 所 有 課, 所 以 現 在 才 來 到 會 場, 在 此

More information

禱告一

禱告一 禱 告 一 進 入 內 室 關 上 門 ( 江 秀 琴 牧 師 ) 內 在 生 活 其 實 是 一 個 不 住 禱 告 的 生 活 我 們 可 以 盼 望 並 且 立 志 成 為 一 個 謙 卑 順 服 的 人, 但 除 非 我 們 為 謙 卑 順 服 多 多 地 禱 告, 否 則 盼 望 立 志 都 沒 有 用, 因 為 沒 有 一 項 屬 靈 的 寶 藏 不 是 藉 著 禱 告 得 著 的 也

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2039383039A1405F32335F20B3CCB0AAA6E6AC46AA6BB07C3938A67EABD737A4EBA5F7B2C431A6B8AE78AAF8AA6BA978C170AE75B77CC4B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2039383039A1405F32335F20B3CCB0AAA6E6AC46AA6BB07C3938A67EABD737A4EBA5F7B2C431A6B8AE78AAF8AA6BA978C170AE75B77CC4B32E646F63> 會 議 錄 最 高 行 政 法 院 98 年 度 7 月 份 第 1 次 庭 長 法 官 聯 席 會 議 會 議 日 期 :98 年 7 月 14 日 相 關 法 條 : 教 師 法 第 11 條 第 1 項 第 14 條 第 14 條 之 1 第 1 項 第 29 條 第 1 項 第 2 項 第 31 條 第 33 條 教 師 法 施 行 細 則 第 16 條 教 育 人 員 任 用 條 例 第

More information

2012年第九回日本語教育・日本研究シンポジウム

2012年第九回日本語教育・日本研究シンポジウム 香 港 の 中 学 生 用 体 験 交 流 型 日 本 語 教 材 プロジェクト 日 本 語 を 必 修 科 目 として 学 習 している 中 学 生 へのアンケート 調 査 結 果 から 得 られた 示 唆 The Ninth Symposium for Japanese Language Education and Japanese Studies: Interactivity, Praxis

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

Microsoft Word - 如何幫助新生適應幼兒園的生活.doc

Microsoft Word - 如何幫助新生適應幼兒園的生活.doc 如 何 幫 助 新 生 適 應 幼 兒 園 的 生 活 壹 前 言 ~~ 哇 ~ 哇 ~ 哇 ~ 媽 媽 我 不 要 上 學, 我 要 回 家, 每 逄 開 學, 幼 兒 園 門 口 總 是 熱 閙 非 凡, 精 彩 萬 分, 一 個 個 可 愛 的 小 天 使 轉 眼 間 變 成 小 惡 魔, 有 的 愣 頭 愣 腦 有 的 躲 在 牆 角 哀 哀 啜 泣 有 的 滿 地 打 滾 有 的 甚 至

More information

這 些 日 常 業 務 所 需 的 商 用 範 例 都 可 以 直 接 套 用, 您 只 要 依 需 求 加 以 適 度 修 改 即 可, 使 用 起 來 非 常 方 便 除 此 之 外 還 有 練 習 題, 提 供 讀 者 做 反 饋 練 習 如 針 對 商 業 文 書 中 特 有 的

這 些 日 常 業 務 所 需 的 商 用  範 例 都 可 以 直 接 套 用, 您 只 要 依 需 求 加 以 適 度 修 改 即 可, 使 用 起 來 非 常 方 便 除 此 之 外 還 有 練 習 題, 提 供 讀 者 做 反 饋 練 習 如 針 對 商 業 文 書 中 特 有 的 @ 不 論 是 在 日 商 公 司 工 作, 或 是 與 日 本 公 司 有 貿 易 往 來 的 台 商 公 司 工 作, 都 有 機 會 使 用 日 文 商 業 文 書 在 貿 易 往 來 中, 合 宜 的 文 書 溝 通 可 以 讓 彼 此 的 合 作 關 係 更 為 順 暢, 減 少 雙 方 的 摩 擦 以 前 日 文 商 業 文 書 是 以 紙 張 文 書 方 式 寄 送, 但 隨 著 Email

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

Microsoft Word - 早稻田_黃一桂R1.doc

Microsoft Word - 早稻田_黃一桂R1.doc 投 考 早 稻 田 大 學 大 學 院 經 驗 談 黃 一 桂 2008-10-22 楔 子 近 來 聽 聞 有 多 數 學 弟 妹 想 報 考 早 稻 田 大 學 大 學 院 ( 研 究 所 ), 筆 者 斗 膽 將 自 己 幾 年 前 的 經 驗 記 錄 下 來, 供 有 志 於 報 考 早 稻 田 大 學 院 的 學 弟 妹 做 一 個 參 考 : 筆 者 當 年 阮 囊 羞 澀 沒 有 條

More information

Microsoft Word - 修正對照表_1000105.doc

Microsoft Word - 修正對照表_1000105.doc 採 購 專 業 人 員 資 格 考 試 訓 練 發 證 及 管 理 辦 法 部 分 條 文 修 正 條 文 對 照 表 修 正 條 文 現 行 條 文 說 明 第 六 條 採 購 單 位 主 管 人 員 宜 取 得 採 購 專 業 人 員 進 階 資 格, 採 購 單 位 非 主 管 人 員 宜 取 得 採 購 專 業 人 員 基 本 資 格 前 項 主 管 及 非 主 管 人 員, 宜 於 其 就

More information

直 接 生 吃 起 來 也 不 難 吃

直 接 生 吃 起 來 也 不 難 吃 學 生 心 得 ( 一 ) 四 資 二 甲 1101137147 黃 俊 翔 我 覺 得 這 次 的 戶 外 參 訪 很 有 意 義, 不 僅 讓 我 們 學 到 了 紫 斑 蝶 的 生 態 狀 況, 還 有 紫 斑 蝶 的 種 類 有 哪 些 除 了 這 些 之 外 下 午 還 體 驗 到 了 農 夫 在 種 田 時 的 辛 苦, 以 及 維 護 農 場 的 辛 苦 在 上 午 首 先 到 茂 林

More information

資 格 列 入 候 用 名 冊 之 增 額 錄 取 人 員, 因 服 兵 役 未 屆 法 定 役 期 或 因 養 育 三 足 歲 以 下 子 女, 無 法 立 即 接 受 分 配 訓 練 者, 得 於 規 定 時 間 內 檢 具 事 證 申 請 延 後 分 配 訓 練 增 額 錄 取 人 員 經 分

資 格 列 入 候 用 名 冊 之 增 額 錄 取 人 員, 因 服 兵 役 未 屆 法 定 役 期 或 因 養 育 三 足 歲 以 下 子 女, 無 法 立 即 接 受 分 配 訓 練 者, 得 於 規 定 時 間 內 檢 具 事 證 申 請 延 後 分 配 訓 練 增 額 錄 取 人 員 經 分 訊 息 摘 要 : 修 正 公 務 人 員 考 試 法 公 ( 發 ) 布 日 期 :103-01-22 內 文 : 中 華 民 國 一 百 零 三 年 一 月 二 十 二 日 總 統 華 總 一 義 字 第 10300008971 號 令 修 正 公 布 全 文 28 條 ; 並 自 公 布 日 施 行 第 1 條 公 務 人 員 之 任 用, 依 本 法 以 考 試 定 其 資 格 第 2 條

More information

日語漢字由來及演進探討

日語漢字由來及演進探討 投 稿 類 別 : 文 學 類 篇 名 : 日 語 漢 字 的 由 來 及 演 進 探 討 作 者 : 曾 昱 文 台 北 市 立 成 功 高 中 高 二 01 班 指 導 老 師 : 謝 紫 琳 老 師 游 麗 卿 老 師 壹 前 言 一 研 究 動 機 日 本 距 離 台 灣 並 不 遠, 日 本 製 的 商 品 及 日 本 品 牌 並 不 難 見, 近 日 來 哈 日 族 的 增 長 以 及

More information

政府服務創新精進方案

政府服務創新精進方案 政 府 服 務 創 新 精 進 方 案 96 年 7 月 23 日 行 政 院 院 授 研 展 字 第 09600152471 號 函 頒 壹 緣 起 本 院 自 民 國 85 年 頒 行 全 面 提 升 服 務 品 質 方 案 以 來, 透 過 行 政 院 服 務 品 質 獎 相 互 競 賽 標 竿 學 習 之 機 制, 已 樹 立 大 量 政 府 機 關 服 務 典 範 方 案 推 動 迄 今,

More information

スタート診断テスト国語.indd

スタート診断テスト国語.indd 漢 漢 含 む 々 ナ 養 宇 宙 ユ 試 隣 国 寺 院 ゾ セ 状 改 善 ベ 格 利 益 配 分 腕 ニ 鍛 宅 ツ 電 車 使 開 話 報 カ 応 起 ニ ュ 例 年 早 庭 草 花 サ 海 外 制 研 究 顕 微 鏡 リ ツ 目 標 タ ツ 遠 足 ス 持 参 好 機 ラ ビ 舞 行 朝 食 フ 食 五 嫌 取 調 ジ ッ 若 育 他 社 製 ゴ 夏 休 コ 帰 リ 解 決 熟 欠 会 五

More information

新竹市八十八學年度公私立幼稚園新生入園注意事項

新竹市八十八學年度公私立幼稚園新生入園注意事項 新 竹 市 北 區 載 熙 國 民 小 學 附 設 幼 兒 園 105 學 年 度 招 生 簡 章 一 依 據 : 新 竹 市 幼 兒 就 讀 公 立 幼 兒 園 及 非 營 利 幼 兒 園 優 先 入 園 辦 法 及 新 竹 市 105 學 年 度 公 立 幼 兒 園 新 生 入 園 登 記 實 施 計 畫 二 辦 理 時 間 : ( 一 ) 招 生 簡 章 公 告 日 期 地 點 及 諮 詢 電

More information

七月份經濟和金融形勢分析

七月份經濟和金融形勢分析 第 86 號 2012 年 9 月 19 日 香 港 零 售 銷 售 轉 趨 疲 弱 的 原 因 何 在? 高 級 經 濟 研 究 員 戴 道 華 內 容 提 要 今 年 7 月 份, 本 港 零 售 銷 售 貨 值 和 貨 量 的 增 幅 從 短 短 12 個 月 之 前 近 三 成 及 逾 兩 成 遽 降 至 3.8% 和 1.3%, 主 要 是 因 爲 旅 遊 業 對 零 售 的 貢 獻 在

More information

(Microsoft Word - 101.08.28\246\333\263\254\257g\301`\267|\244\266\262\320.doc)

(Microsoft Word - 101.08.28\246\333\263\254\257g\301`\267|\244\266\262\320.doc) 中 華 民 國 自 閉 症 總 會 緣 起 本 會 於 民 國 八 十 五 年 元 月 二 十 日 舉 行 成 立 大 會, 同 年 二 月 二 十 六 日 獲 內 政 部 頒 發 立 案 證 書 ( 字 號 : 台 內 社 字 第 8504979 號 ), 正 式 成 立 社 團 法 人 中 華 民 國 自 閉 症 總 會 本 會 是 以 服 務 全 國 自 閉 症 家 庭 為 主 的 人 民 團

More information

新竹市國民中學學生成績評量辦法修正草案條文對照表

新竹市國民中學學生成績評量辦法修正草案條文對照表 新 竹 市 國 民 中 學 學 生 成 績 評 量 辦 法 全 案 修 正 條 文 第 一 條 本 辦 法 依 國 民 教 育 法 第 十 三 條 第 一 項 及 國 民 小 學 及 國 民 中 學 學 生 成 績 評 量 準 則 規 定 訂 定 之 第 二 條 國 民 中 學 學 生 成 績 評 量, 以 協 助 學 生 德 智 體 群 美 五 育 均 衡 發 展 為 目 的, 並 具 有 下 列

More information

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 度 担 各 優 秀 及 投 稿 象 部 委 及 委 審 査 厳 正 審 査 経 ( ) 七 ( 四

More information

腫瘤病人的中西醫結合治療常見問題

腫瘤病人的中西醫結合治療常見問題 腫 瘤 病 人 的 中 西 醫 結 合 治 療 常 見 問 題 一, 腫 瘤 病 人 要 不 要 服 中 藥? 中 醫 藥 在 癌 腫 治 療 方 面 是 整 體 的 看 待 人 體 的 疾 病 兩 個 方 面, 有 它 自 己 固 有 的 特 點 因 為 腫 瘤 雖 只 有 生 長 在 身 體 的 某 一 局 部, 但 實 際 上 不 少 腫 瘤 的 反 應 的 是 一 個 全 身 性 的 疾 病,

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

Microsoft Word - 星埜由尚全文

Microsoft Word - 星埜由尚全文 日 本 地 圖 的 數 位 化 星 埜 由 尚 社 團 法 人 日 本 測 量 協 會 副 會 長 一 日 本 地 圖 繪 製 史 述 略 在 日 本, 地 圖 的 歷 史 源 遠 流 長 根 據 日 本 書 紀 中 大 化 2 年 (646) 八 月 詔 書 裡 所 記 載 的 宜 觀 各 國 持 來 疆 界 圖 以 定 將 來 國 縣 之 名, 可 知 曾 對 各 封 國 要 求 提 出 地 圖

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

Microsoft Word - 1030925院會重要業務報告_12-004韓國日本司法制度_

Microsoft Word - 1030925院會重要業務報告_12-004韓國日本司法制度_ 考 試 院 第 12 屆 第 4 次 會 議 考 選 部 重 要 業 務 報 告 民 國 103 年 9 月 25 日 壹 考 選 行 政 從 德 國 日 本 司 法 考 試 制 度 看 我 國 司 法 官 及 律 師 考 試 制 度 改 進 方 向 一 前 言 本 部 於 102 年 10 月 辦 理 國 際 暨 兩 岸 學 術 研 討 會, 邀 請 多 國 學 者 針 對 該 國 之 公 務 人

More information

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵 礼 旧 消 登 道 標 宅 使 総 門 ゆ 納 交 仲 関 住 助 掛 確 礼 率 低 因 孕 絡 配 偶 嫌 易 申 訳 市 住 宅 乖 掛 金 視 貌 視 終 態 総 昭 〇 段 階 診 所 〇 昇 厚 渡 証 誇 伴 槍 玉 挙 終 占 幸 福 移 昨 隣 押 幼 所 母 繋 較 短 迎 馳 勘 滅 振 運 族 構 処 術 回 打 族 ギ 呈 技 術 勢 素 晴 司 放 患 側 救 遠 昔 僧

More information

え て 紛 糾 す る こ と も め ず ら し く あ り ま せ ん そ れ く ら い レ ベ ル の 高 い 作 品 が 集 ま る 文 学 賞 な の で す な お 最 終 候 補 作 に 残 っ た 応 募 者 は 最 終 選 考 会 当 日 松 山 市 に 招 待 さ れ 授 賞

え て 紛 糾 す る こ と も め ず ら し く あ り ま せ ん そ れ く ら い レ ベ ル の 高 い 作 品 が 集 ま る 文 学 賞 な の で す な お 最 終 候 補 作 に 残 っ た 応 募 者 は 最 終 選 考 会 当 日 松 山 市 に 招 待 さ れ 授 賞 参 考 資 料 小 説 講 義 坊 っ ち ゃ ん 文 学 賞 を 取 る 方 法 講 師 大 島 一 平 第 一 回 は じ め に 坊 っ ち ゃ ん 文 学 賞 と は 夏 目 漱 石 の 坊 っ ち ゃ ん は 漱 石 が 愛 媛 県 松 山 市 の 中 学 へ 教 師 と し て 赴 任 し た 経 験 か ら 書 い た ユ ー モ ア 小 説 で す 狸 赤 シ ャ ツ 野 だ い こ

More information

類 的 兒 童 節 禮 物 給 小 朋 友 在 兒 童 節 當 天, 無 論 是 中 央 政 府 或 是 民 間 習 俗 中, 並 沒 有 舉 辦 類 似 全 國 統 一 性 的 特 別 活 動 大 都 是 只 有 地 方 政 府 機 關 休 閒 場 所 或 是 公 益 團 體 會 舉 辦 各 種

類 的 兒 童 節 禮 物 給 小 朋 友 在 兒 童 節 當 天, 無 論 是 中 央 政 府 或 是 民 間 習 俗 中, 並 沒 有 舉 辦 類 似 全 國 統 一 性 的 特 別 活 動 大 都 是 只 有 地 方 政 府 機 關 休 閒 場 所 或 是 公 益 團 體 會 舉 辦 各 種 日 本 的 兒 童 節 風 情 劉 月 菊 0 前 言 在 全 球, 無 論 是 哪 一 個 國 家, 均 把 兒 童 視 為 是 國 家 未 來 的 主 人 翁 兒 童, 也 就 是 代 表 這 個 國 家 社 會 未 來 的 中 堅 份 子, 因 此, 一 個 國 家 的 國 力 及 未 來 的 發 展 藍 圖, 就 從 這 個 國 家 的 社 會 對 兒 童 的 教 育 來 觀 看 一 個 國

More information

Microsoft Word - 病友會相關報導0709.doc

Microsoft Word - 病友會相關報導0709.doc 台 北 榮 總 於 2012 年 7 月 6 日 成 立 口 腔 癌 病 友 會, 相 關 媒 體 記 載 正 妹 染 口 腔 癌 常 在 舌 上 2012/07/06 台 灣 新 生 報 / 記 者 蘇 湘 雲 / 台 北 報 導 並 非 抽 菸 喝 酒 嚼 檳 榔 的 人 才 會 得 口 腔 癌 台 北 榮 民 總 醫 院 口 腔 顎 面 外 科 主 治 醫 醫 師 羅 文 良 昨 (5) 日

More information

Microsoft Word - 01黃富廷P.1.doc

Microsoft Word - 01黃富廷P.1.doc 邁 向 以 學 生 為 中 心 之 教 學 設 計 的 世 界 潮 流 黃 富 廷 國 立 臺 東 大 學 特 殊 教 育 學 系 助 理 教 授 壹 前 言 : 當 代 西 方 先 進 國 家 在 教 學 設 計 上 的 主 流 思 潮 以 學 生 為 中 心 早 在 20 世 紀 初, 歐 美 先 進 國 家 的 教 育 觀 或 教 學 設 計 概 念 開 始 由 傳 統 之 以 教 師 為 中

More information

極悪人の肖像.indd

極悪人の肖像.indd 解 説 真 田 啓 介 訳 255 258 極 肖 像 5 目 次 Portrait of a Scoundrel 1938 by Eden Phillpotts 要 登 場 物 三 長 次 妻 パ 息 メ デ パ 乳 母 ノ マ パ 警 視 庁 警 部 ェ ポ 金 融 ェ デ ポ ェ 娘 ホ ワ ヘ ッ 師 ッ ベ 警 視 庁 任 警 部 序 文 利 己 和 軋 轢 招 反 社 会 徳 違 影 響

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

G.indd

G.indd ミ ュ ウ 2 3 凝 耳 澄 第 六 研 澄 電 灯 照 央 吐 必 暖 度 右 丸 紙 構 直 英 武 保 訪 ぬ 矮 小 精 神 刻 刻 消 耗 仇 義 務 背 負 孤 独 士 仇 属 全 般 襲 ネ 科 属 世 界 共 通 室 害 虫 小 型 ネ 学 Blattella geamanica. 最 早 記 愉 以 呼 称 遡 突 然 三 暮 忙 最 初 へ 部 活 暗 包 少 街 離 嫌 予

More information

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢 . 月 刊 公 論 八 重 樫 尚 弥 熱 解 説 N P O 法 デ 理 務 政 次 越 頂 役 所 属 エ DeN A 奈 県 民 市 民 愛 程 牧 元 集 ネ デ ョ 親 頂 好 若 観 頂 観 ビ 観 迫 魅 小 観 際 ほ 興 味 坂 輔 愛 猛 騒 ぎ 根 性 基 異 政 次 氏 ( 解 説 ) 7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足

More information

野村傅四_散歩した事

野村傅四_散歩した事 散 5 明 治 八 九 年 頃 即 ち 千 駄 木 代 よ 散 食 前 食 後 散 多 散 川 芳 太 郎 氏 放 送 よ ば 定 千 駄 木 本 郷 丁 目 字 路 東 曲 湯 島 天 神 脇 切 通 下 池 端 根 津 権 現 社 内 抜 帰 宅 有 種 散 御 供 明 瞭 憶 持 ち 合 せ ぬ 又 別 四 間 亙 6 散 往 々 之 誘 御 自 分 主 唱 者 判 然 せ ぬ 兎 角 よ

More information

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析 逢 坂 巌 教 学 学 助 教 福 岡 県 学 法 学 卒 学 学 法 学 学 研 究 科 博 士 程 退 同 研 究 科 助 手 経 職 共 著 第 投 票 席 獲 得 圧 通 初 成 就 圧 際 圧 原 因 惑 批 相 次 同 圧 敗 北 声 ャ ズ ム ほ む 反 省 約 丁 寧 紹 型 付 刊 肯 世 界 指 摘 声 押 非 難 歴 史 画 ケ 可 世 紀 型 他 批 渦 巻 状 歴 史 健

More information

暗闇の裁き

暗闇の裁き 暗 闇 の 裁 き Ⅰ 橘 龍 悟 生 あ る も の は や が て 死 に 直 面 し 滅 び 消 え 去 っ て し ま う ど ん な に 逃 れ よ う と し て も そ れ は 確 実 に 目 の 前 に や っ て く る そ し て そ れ が つ い に 私 の 目 の 前 に こ の 私 の 目 の 前 に 現 れ た の だ 死 に た く な い よ う と 叫 ん で み

More information

Microsoft Word - 12附錄1-座談會會議記錄.doc

Microsoft Word - 12附錄1-座談會會議記錄.doc 附 錄 1 大 安 區 文 史 座 談 會 紀 錄 大 安 區 文 史 座 談 會 記 錄 時 間 :98 年 12 月 14 日 上 午 10 12 時 地 點 : 臺 北 市 大 安 區 區 公 所 九 樓 會 議 室 主 席 : 卞 鳳 奎 記 錄 : 卞 鳳 奎 蔡 淑 卿 出 席 : 黃 瑞 嬌 沈 鳳 雲 曾 永 有 高 傳 棋 李 世 偉 林 萬 傳 魏 德 文 ( 依 發 言 序 )

More information

3x基礎-311內文.indd

3x基礎-311內文.indd 在 一 起 這 四 天 智 二 小 隊 的 點 點 滴 滴 ( 下 ) jia ( 接 上 期 ) 快 樂 主 廚 親 手 做 壽 司 第 三 天 的 課 程 是 持 齋 的 意 義 與 快 樂 大 主 廚 課 程 中, 從 素 食 名 人 談 起, 並 請 同 學 省 思, 多 數 人 都 在 做 的 事 或 一 直 以 為 理 所 當 然 的 事 ( 例 如 : 吃 葷 ), 未 必 是 正 確

More information

東 洋 文 化 研 究 所 紀 要 第 166 册 8 2 28 3 4 2 402 1975 3 577 1995 4 245 (40)

東 洋 文 化 研 究 所 紀 要 第 166 册 8 2 28 3 4 2 402 1975 3 577 1995 4 245 (40) 709-788 1 1 64 / 28 426 2008 246 (39) 東 洋 文 化 研 究 所 紀 要 第 166 册 8 2 28 3 4 2 402 1975 3 577 1995 4 245 (40) 759-820 11 5 1974 5 247 1987 244 (41) 東 洋 文 化 研 究 所 紀 要 第 166 册 -775 6 780-841 7 8 8 9 6 28 571

More information

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

世界の光 83号

世界の光 83号 83 号 18 1 6-1 - 製 鈴 清 流 末 洗 秋 ぼ 如 ほ 空 春 迎 謹 室 弥 栄 祈 念 奉 幸 希 求 巻 頭 辞 太 后 百 亘 徳 幕 鎖 維 富 強 兵 策 英 列 強 加 百 正 振 餘 厳 占 領 経 迎 広 崎 惨 状 凄 覚 求 滅 祖 訳 反 対 押 存 守 マ サ 帥 託 責 任 助 マ サ 帥 感 ア メ リ マ サ 帥 尊 敬 士 官 校 マ サ 帥 銅 像

More information

Microsoft Word - 2016年2月電子報(劉月菊老師).docx

Microsoft Word - 2016年2月電子報(劉月菊老師).docx 淺 談 日 台 兩 國 送 禮 及 收 禮 文 化 劉 月 菊 0 前 言 談 到 送 禮 和 收 禮, 在 世 界 任 何 角 落 的 日 常 生 活 中, 都 是 人 與 人 交 通 往 來 的 普 遍 行 為 舉 凡 逢 年 過 節 重 要 日 子 慶 生 到 親 朋 好 友 家 作 客 等, 致 贈 禮 物 所 要 表 達 的 就 是 彼 此 的 情 誼 關 係, 或 是 感 謝 對 方 的

More information

Microsoft Word - 劉月菊_課程新知_.doc

Microsoft Word - 劉月菊_課程新知_.doc 日 本 與 臺 灣 的 餐 桌 文 化 劉 月 菊 0 前 言 在 日 本 與 臺 灣 的 飲 食 文 化 中, 筷 子 是 吃 飯 時 普 遍 被 使 用 的 工 具 但 是, 由 於 文 化 地 域 的 不 同, 在 餐 桌 上 的 飲 食 文 化 自 然 也 會 有 許 多 不 同 的 差 異 性 例 如 說 在 臺 灣, 我 們 通 常 比 較 習 慣 在 餐 桌 上 擺 個 三 菜 一 湯

More information

申請される前に

申請される前に 学 校 法 人 佐 藤 学 園 大 阪 生 物 醫 療 工 學 専 門 学 校 日 本 語 學 科 招 生 簡 介 繁 體 版 本 日 語 本 科 課 程 課 程 介 紹 申 請 報 名 時 間 1. 課 程 和 報 名 時 間 課 程 年 限 入 學 時 間 報 名 期 間 2 年 課 程 毎 年 4 月 10 月 1 日 ~11 月 30 日 1 年 6 個 月 課 程 毎 年 10 月 2 月

More information

助 理 教 授 陳 英 進 美 國 維 吉 尼 亞 大 學 課 程 教 學 與 特 殊 教 育 博 士 助 理 教 授 黃 湃 翔 高 雄 師 範 大 學 科 學 教 育 博 士 講 師 周 裕 惠 美 國 肯 特 大 學 課 程 與 教 學 博 士 講 師 龔 仁 棉 中 國 文 化 大 學 兒

助 理 教 授 陳 英 進 美 國 維 吉 尼 亞 大 學 課 程 教 學 與 特 殊 教 育 博 士 助 理 教 授 黃 湃 翔 高 雄 師 範 大 學 科 學 教 育 博 士 講 師 周 裕 惠 美 國 肯 特 大 學 課 程 與 教 學 博 士 講 師 龔 仁 棉 中 國 文 化 大 學 兒 本 院 100 學 年 度 專 任 教 師 專 長 一 覽 表 級 職 姓 名 最 高 學 歷 任 課 科 目 專 長 助 理 教 授 兼 幼 保 系 主 任 教 授 兼 幼 兒 科 學 教 育 中 心 主 任 陳 志 賢 張 靜 儀 高 雄 師 範 大 學 輔 導 與 諮 商 研 究 所 哲 學 博 士 美 國 東 密 西 根 大 學 物 理 研 究 所 碩 士 教 授 薛 梨 真 國 立 高 雄

More information

Microsoft Word - 2010th_j.doc

Microsoft Word - 2010th_j.doc 1/12 c 特 訓 予 備 校 養 賢 ゼミナール 〇 〇 東 北 学 期 試 験 国 及 予 想 国 100 満 学 部 学 科 満 異 共 現 代 1 循 環 2 慕 3 支 障 4 懸 念 5 妥 当 性 順 同 葛 藤 我 危 機 抑 圧 恋 愛 転 換 保 十 己 統 在 十 八 何 提 転 換 両 提 六 十 九 予 想 5 両 正 八 葛 藤 我 危 機 原 因 抑 圧 恋 愛 2/12

More information

壹 前 言 一 研 究 動 機 自 宅 男 一 詞 在 台 灣 流 行 以 來, 一 直 被 歸 類 與 御 宅 族 為 同 一 類 型, 再 加 上 媒 體 炒 作, 大 多 數 的 人 們 認 為 御 宅 族 是 一 群 成 天 足 不 出 戶 不 注 重 外 表 不 善 於 社 交 甚 至 於

壹 前 言 一 研 究 動 機 自 宅 男 一 詞 在 台 灣 流 行 以 來, 一 直 被 歸 類 與 御 宅 族 為 同 一 類 型, 再 加 上 媒 體 炒 作, 大 多 數 的 人 們 認 為 御 宅 族 是 一 群 成 天 足 不 出 戶 不 注 重 外 表 不 善 於 社 交 甚 至 於 投 稿 類 別 : 藝 術 類 篇 名 : 宅 出 天 下! 御 宅 族 作 者 : 蔡 宜 珊 私 立 樹 德 高 級 家 事 商 業 職 業 學 校 高 二 8 班 童 琬 萱 私 立 樹 德 高 級 家 事 商 業 職 業 學 校 高 二 8 班 邱 讌 婷 私 立 樹 德 高 級 家 事 商 業 職 業 學 校 高 二 8 班 指 導 老 師 : 張 佳 娜 老 師 壹 前 言 一 研 究

More information

森田草平_「三四郎」

森田草平_「三四郎」 5 猫 今 数 年 前 最 手 近 周 囲 描 昨 今 周 囲 描 白 主 猫 材 料 取 扱 多 少 相 違 形 式 猫 無 責 任 6 損 益 有 親 炙 ゃ 方 観 察 数 物 猫 二 つ 挙 げ ざ 得 吾 輩 猫 猫 役 勤 福 岡 県 京 都 郡 真 崎 村 小 川 今 み や 年 熊 本 高 等 学 校 卒 業 東 京 文 科 大 学 へ 青 年 間 猫 存 在 無 視 せ 心 使 周

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

問題1(75点)

問題1(75点) 平 成 22 年 度 法 科 大 学 院 ( 法 務 研 究 科 ) 入 学 試 験 小 論 文 問 題 紙 B 日 程 平 成 22 年 2 月 27 日 10:00~12:00(120 分 ) (200 点 ) 注 意 事 項 1. 試 験 開 始 の 合 図 があるまで 問 題 を 開 いてはいけない 2. 小 論 文 の 問 題 紙 は 1 ページから 4 ページである 3. 解 答 用 紙

More information

ISSN 1029-6271

ISSN 1029-6271 ISSN 1029-6271 銘 傳 日 本 語 教 育 日 文 目 次 はしがき 第 15 期 銘 傳 日 本 語 教 育 編 集 委 員 会 [ 寄 稿 論 文 ] < 特 別 講 座 第 1 講 > 日 本 語 教 育 におけるバフチン 言 語 学 的 視 点 < 特 別 講 座 第 2 講 > テーマ 中 心 の 基 礎 日 本 語 教 育 その 内 容 と 習 得 の 原 理 西 口 光

More information

秋 田 県 精 神 科 救 急 搬 送 及 び 受 入 れ 対 応 事 例 集 ( 身 体 合 併 症 を 有 する 精 神 疾 患 患 者 の 受 入 医 療 機 関 確 保 のための 基 準 と 対 応 ) 平 成 28 年 2 月 1 日 秋 田 県 健 康 福 祉 部 障 害 福 祉 課 目 次 秋 田 県 精 神 科 救 急 搬 送 及 び 受 入 れ 対 応 事 例 集 の 概 要 1

More information

ISSN 1029-6271

ISSN 1029-6271 ISSN 1029-6271 銘 傳 日 本 語 教 育 日 文 目 次 はしがき 第 17 期 銘 傳 日 本 語 教 育 編 集 委 員 会 [ 寄 稿 論 文 ] ワークショップ 日 本 語 アカデミック ライティングの 核 心 をつかむ 実 施 報 告 および 受 講 者 へのアンケート 調 査 の 結 果 と 考 察 村 岡 貴 子 因 京 子 1 [ 研 究 論 文 ] 日 本 語 教

More information

制 度, 並 接 受 政 府 有 關 部 門 的 監 督 管 理 等 就 此 而 言, 此 法 一 方 面 提 供 誘 因 以 鼓 勵 慈 善 活 動 的 推 展, 另 一 方 面 也 加 強 相 關 工 作 的 監 督 與 管 理, 故 同 時 具 有 興 利 與 防 弊 的 目 的 在 興 利

制 度, 並 接 受 政 府 有 關 部 門 的 監 督 管 理 等 就 此 而 言, 此 法 一 方 面 提 供 誘 因 以 鼓 勵 慈 善 活 動 的 推 展, 另 一 方 面 也 加 強 相 關 工 作 的 監 督 與 管 理, 故 同 時 具 有 興 利 與 防 弊 的 目 的 在 興 利 二 大 陸 通 過 慈 善 法 之 觀 察 政 治 大 學 東 亞 研 究 所 教 授 王 信 賢 主 稿 大 陸 透 過 慈 善 法 立 法 鼓 勵 慈 善 活 動 推 展 加 強 相 關 監 督 與 管 理, 並 期 將 慈 善 資 源 挹 注 到 扶 貧 工 作, 以 助 達 成 2020 年 農 村 貧 困 人 口 全 脫 貧 之 目 標 深 究 慈 善 法 內 涵, 大 陸 當 局 主 導

More information

Microsoft Word - 劉月菊老師_2012年10月語學研究_.docx

Microsoft Word - 劉月菊老師_2012年10月語學研究_.docx 從 日 本 文 化 體 驗 中 學 習 日 語 語 彙 教 學 淺 談 - 以 日 本 浴 衣 教 學 課 程 為 例 劉 月 菊 0 前 言 我 要 如 何 才 能 學 好 日 語 呢? 相 信 台 灣 日 語 教 育 界 中 的 日 語 老 師 們, 在 教 學 的 過 程 中 都 會 聽 到 有 學 員 會 這 樣 詢 問 筆 者 認 為, 無 論 我 們 是 學 習 哪 一 種 語 言, 如

More information

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版)

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版) 広 島 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 35 回 ) 議 事 概 要 第 1 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 16 日 ( 月 ) 午 前 9 時 45 分 第 2 開 催 場 所 広 島 地 方 裁 判 所 第 一 会 議 室 第 3 出 席 者 [ 委 員 ] 江 種 則 貴, 大 久 保 隆 志, 後 藤 友 之, 小 西 洋, 佐 々 木 和 宏, 髙 尾 ひとみ, 平 岡

More information

飲酒運転

飲酒運転 パチンコ 玉 の 現 金 化 は 違 法 ( 賭 博 行 為 )だ パチンコ 玉 を もやがい 所 で 現 金 化 するのは 賭 博 行 為 である しかし 警 察 は 何 故 取 締 まりをしない? パチンコをするときは 店 内 で 玉 を 買 ってパチンコ 台 で 打 つ 例 えば1 個 4 円 のパチンコ 玉 を1000 個 4000 円 で 買 って その 玉 を 使 ってパチンコ 台 で

More information

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 (1) 中 国 と 韓 国 との 関 係 ~ 要 旨 ~ 今 年 は 戦 後 70 年 にあたる 安 部 首 相 が 発 表 しようとしている 談 話 に 対 し 中 国 や 韓 国 からさまざまな 意 見 や 注 文 が 出 ている 確 かにどこの 国 にも 歴 史 を 解 釈 する 権 利 はあるが 公 権 力 の 厳 しい 統 制 によって 自 由 な 発

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc)

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc) 一 時 特 定 保 育 の 役 割 とその 課 題 児 童 学 研 究 科 児 童 学 専 攻 06-0632 0632 石 川 三 千 代 1. 研 究 の 動 機 と 目 的 少 子 化 は 1990( 平 成 2) 年 の 1.57 ショックから 大 きな 社 会 問 題 として 取 り 上 げられる ようになった 国 はエンゼルプラン 1994( 平 成 6) 年 新 エンゼルプラン 1999(

More information

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd 母 明 ぼ 仮 扉 横 須 賀 輝 尚 3 面 識 神 田 昌 典 氏 マ ケ 識 勇 気 田 健 氏 物 語 温 気 持 ナ ポ レ オ ヒ 哲 恵 マ ユ モ 溢 五 感 使 数 者 ノ ウ ハ ウ 挙 申 訳 憎 読 増 由 関 係 豊 4 5 信 夢 必 叶 結 局 売 疑 奥 底 周 囲 む ぜ ぜ ジ レ マ 々 普 通 平 凡 キ 識 向 無 平 凡 レ ッ 持 諦 駄 投 葉 丈 夫

More information

Microsoft Word - dwo71性平特刊-1001003.doc

Microsoft Word - dwo71性平特刊-1001003.doc 第 1 版 鐸 聲 發 行 : 汪 大 久 編 輯 : 羅 立 凡 袁 輔 綸 出 刊 : 一 年 十 月 三 日 美 編 排 版 : 廖 綢 出 版 : 明 道 中 學 輔 導 處 71 期 -- 性 別 平 等 教 育 特 刊 校 園 性 平 事 件 之 辨 識 與 應 承 擔 的 責 任 桃 園 農 工 陳 文 玲 性 別 平 等 教 育 法 ( 簡 稱 性 平 法 ) 修 正 條 文, 經

More information

新千葉RC表紙6

新千葉RC表紙6 50th 新 千 葉 扶 輪 社 第 2418 屆 例 会 創 立 50 周 年 纪 念 慶 典 祝 賀 會 儀 式 日 期 :2016 年 4 月 20 日 ( 星 期 三 ) 16:00 ~ 19:30 會 場 : 千 葉 京 城 觀 海 酒 店 6 樓 玫 瑰 廳 [ 接 待 開 始 時 間 ]15:30 千 葉 經 濟 大 學 附 屬 高 中 街 舞 [ 纪 念 例 會 ]16:00 司

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd 美 彦 着 六 三 造 経 労 組 合 運 字 泊 ホ 伸 午 ホ 質 素 座 街 並 眺 羽 場 沈 羽 根 ふ 浴 激 素 晴 社 主 義 太 犬 連 兵 士 犬 驚 立 肌 寒 厚 灰 色 雲 淀 有 冷 戦 題 写 真 載 写 真 デ デ 立 図 館 合 ひ 高 県 6 7 ボ 籍 2 0 0 4 京 院 定 退 職 現 ボ 研 究 : 芸 : 2 気 づ 夫 容 疑 捜 査 及 危 険 託

More information

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794 茨 邪 昔 BNKN 注 意 事 項 P D F フ ァ イ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 茨 木 霍 娥 取 扱 日 記 初 投 稿 至 ぬ 点 多 々 温 目 や ( 血 涙 ) 茨 邪 昔 目 次 1 茨

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

か 1か 6)に 挿 入 する 答 案 例 は 1 2 4 5 6 判 例 紹 介 7 8の 順 で 基 本 にほぼ 忠 実 に 書 いている 参 考 にしよう (3)あてはめ 結 論 答 案 例 の3を 参 照 あてはめと 結 論 を 明 確 に 分 けて 記 述 決 して 端 折 らない *あて

か 1か 6)に 挿 入 する 答 案 例 は 1 2 4 5 6 判 例 紹 介 7 8の 順 で 基 本 にほぼ 忠 実 に 書 いている 参 考 にしよう (3)あてはめ 結 論 答 案 例 の3を 参 照 あてはめと 結 論 を 明 確 に 分 けて 記 述 決 して 端 折 らない *あて 診 断 テストまでに 記 憶 を 喚 起 しておかねばならない 重 要 知 識 一 覧 表 2014.03.24 中 川 孝 博 テキスト( 赤 池 一 将 = 中 川 孝 博 刑 事 法 入 門 [ 第 2 版 ] )4~6 頁 法 学 の 定 義 は 何 か 法 学 をマスターするために 設 定 した 2 つの 大 目 標 は 何 か 刑 事 訴 訟 法 の 領 域 で 対 立 する 2 つの

More information

修正條文

修正條文 室 內 空 氣 品 質 維 護 管 理 專 責 人 員 設 置 管 理 辦 法 總 說 明 室 內 空 氣 品 質 管 理 法 ( 以 下 簡 稱 本 法 ) 業 於 一 百 年 十 一 月 二 十 三 日 公 布, 並 明 定 自 公 布 後 一 年 施 行 按 本 法 第 九 條 第 一 項 規 定, 公 告 場 所 所 有 人 管 理 人 或 使 用 人 應 置 室 內 空 氣 品 質 維 護

More information

yoko0301.indd

yoko0301.indd 研 究 制 作 ノート 視 点 中 国 剩 女 現 象 宗 雲 菲 中 国 世 界 最 人 口 多 国 膨 大 人 口 中 国 出 生 性 比 世 界 的 有 名 出 生 性 比 sex ratio at birth 女 児 100 対 男 児 100 105 正 常 中 国 出 生 性 比 1982 年 1990 年 及 2000 年 108.5 110.3 116.9 2010 年 118.6

More information

気血津液学説: :奈良上眞作成

気血津液学説: :奈良上眞作成 大 阪 医 療 技 術 学 園 専 門 学 校 東 洋 医 療 技 術 教 員 養 成 学 科 講 義 ノート 気 血 津 液 学 説 気 ( 簡 略 解 説 ) 奈 良 上 眞 参 考 文 献 呉 敦 序 主 編 : 中 医 基 礎 理 論, 上 海 科 学 技 術 出 版 社,1995, 中 国 上 海. 気 血 津 液 気 血 津 液 人 体 の 生 命 活 動 を 維 持 する 基 本 物

More information

壹 前 言 一 研 究 背 景 在 古 代 的 西 歐 中, 他 們 將 稻 米 當 成 一 種 香 料, 直 到 十 四 世 紀 黑 死 病 爆 發 之 後, 歐 洲 勞 動 力 減 少, 加 上 小 麥 與 大 麥 的 低 產 量 使 人 們 無 法 生 存, 這 時 產 量 高 供 給 也 高

壹 前 言 一 研 究 背 景 在 古 代 的 西 歐 中, 他 們 將 稻 米 當 成 一 種 香 料, 直 到 十 四 世 紀 黑 死 病 爆 發 之 後, 歐 洲 勞 動 力 減 少, 加 上 小 麥 與 大 麥 的 低 產 量 使 人 們 無 法 生 存, 這 時 產 量 高 供 給 也 高 投 稿 類 別 : 觀 光 餐 旅 類 篇 名 : 以 三 種 品 種 米 穀 粉 製 作 米 麵 包 之 探 討 作 者 : 潘 暐 中 樹 德 家 商 高 三 21 班 陳 誥 青 樹 德 家 商 高 三 21 班 鄭 俊 豪 樹 德 家 商 高 三 21 班 指 導 老 師 : 楊 又 齡 老 師 1 壹 前 言 一 研 究 背 景 在 古 代 的 西 歐 中, 他 們 將 稻 米 當 成 一

More information

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 ta73 注 意 項 P D F メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 一 命 捨 生 変 不 死 身? 体 加 減 色 々 1 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 目 次 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 朝 起 夜 寝 成 数 年 後 晩

More information

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd ァ メ 専 門 返 運 用 困 相 談 先 世 メ 実 情 違 理 店 専 門 実 際 保 険 理 店 務 仕 事 拠 相 談 保 険 話 後 絶 何 隠 ァ 変 3 多 仕 事 柄 搾 4 程 度 従 員 抱 経 営 者 低 賃 労 働 者 ゆ ワ キ グ ア 高 校 卒 後 飲 食 店 勤 職 場 環 境 ひ ( ブ 企 ) 4 心 身 壊 退 職 ざ 退 職 後 近 無 職 活 送 ハ ワ 通

More information

五 外 幣 存 款 存 放 於 國 內 外 金 融 機 構 之 信 用 評 等 等 級, 依 勞 工 退 休 金 條 例 退 休 基 金 存 放 外 幣 存 款 作 業 要 點 辦 理 六 以 貸 放 方 式 供 各 級 政 府 或 公 營 事 業 機 構 ( 以 下 簡 稱 申 借 單 位 ) 辦

五 外 幣 存 款 存 放 於 國 內 外 金 融 機 構 之 信 用 評 等 等 級, 依 勞 工 退 休 金 條 例 退 休 基 金 存 放 外 幣 存 款 作 業 要 點 辦 理 六 以 貸 放 方 式 供 各 級 政 府 或 公 營 事 業 機 構 ( 以 下 簡 稱 申 借 單 位 ) 辦 勞 動 部 勞 動 基 金 運 用 局 令 中 華 民 國 103 年 7 月 9 日 勞 金 企 字 第 10315602962 號 訂 定 勞 動 基 金 運 用 作 業 要 點, 並 自 即 日 起 生 效 附 勞 動 基 金 運 用 作 業 要 點 局 長 黃 肇 熙 勞 動 基 金 運 用 作 業 要 點 勞 動 部 103 年 6 月 24 日 勞 動 福 4 字 第 1030135632

More information

兵 隊 卡 就 算 是 同 名 的 也 可 以 配 置 數 枚 對 於 同 名 武 將 的 國 力 配 置, 現 在, 消 耗 國 力 5 的 趙 雲 跟 消 耗 國 力 4 的 趙 雲,2 張 可 以 同 時 以 表 向 配 置 在 自 城 內 嗎? 對 於 戰 場 跟 城 内, 同 名 但 是

兵 隊 卡 就 算 是 同 名 的 也 可 以 配 置 數 枚 對 於 同 名 武 將 的 國 力 配 置, 現 在, 消 耗 國 力 5 的 趙 雲 跟 消 耗 國 力 4 的 趙 雲,2 張 可 以 同 時 以 表 向 配 置 在 自 城 內 嗎? 對 於 戰 場 跟 城 内, 同 名 但 是 規 則 戰 鬥 武 力 3500 的 夏 侯 惇 因 騎 術 訓 練 而 攻 擊 力 上 升 的 狀 態 攻 擊 疲 憊 狀 態 武 力 3500 的 張 飛, 互 相 給 予 3500 戰 鬥 傷 害, 會 互 相 撤 退 嗎? 說 明 書 寫 承 受 到 武 力 數 值 以 上 的 傷 害 的 武 將 必 須 撤 退 這 樣 的 話, 攻 擊 力 上 升 的 狀 態 下, 受 到 原 本 武 力

More information

横断学習①

横断学習① 社 会 保 険 労 務 士 2013 年 横 断 学 習 第 1 章 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 第 7 章 総 則 適 用 事 業 等 被 保 険 者 保 険 給 付 の 通 則 賃 金 報 酬 保 険 給 付 不 服 申 立 雑 則 2013 年 度 版 日 建 学 院 社 労 士 過 去 問 横 断 学 習 用 小 冊 子 株 式 会 社 建 築 資 料 研 究

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史 争 町 内 回 覧 板 隣 ブ ク 偶 然 モ 家 母 習 好 聞 偶 然 む H P 書 ぜ 協 ニ グ ム 栄 養 血 肉 付 飯 食 健 康 保 脳 与 栄 養 失 調 論 下 活 投 合 後 悲 惨 状 態 念 実 ュ 比 谷 公 堂 ヌ コ 定 期 ケ NHK 交 響 7 亡 ュ 劇 場 4 グネホテ 隣 議 家 - 家 違 ふ 家 クク 聞 -ガ 研 究 所 室 耳 傾 家 性 声 聞

More information

fence2.indd

fence2.indd 2 3 久 仁 彦 / 5 8 阪 市 パ ソ セ チ 基 践 遊 士 情 緒 最 限 組 織 枯 渇 発 創 造 続 2 龍 谷 談 室 ウ セ 8 龍 谷 ウ セ グ 課 程 講 兼 職 国 際 ァ 席 己 性 3 2 月 龍 谷 退 職 在 デ 研 究 普 及 注 日 講 客 参 加 験 ぐ 即 興 演 独 創 即 興 演 芸 術 面 演 客 > 久 仁 彦 久 仁 彦 2 8 月 末 阪 應

More information

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2>

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2> 赤 ちゃんポスト と 匿 名 出 産 についての 法 的 検 討 平 成 18 年 12 月 弁 護 士 由 井 照 二 熊 本 市 の 病 院 で 提 案 された 赤 ちゃんポスト 設 置 問 題 と これに 関 連 する 匿 名 出 産 についての 法 律 問 題 の 検 討 内 容 を 以 下 のとおり 検 討 いたします 1はじめに 1この 検 討 書 は いわゆる 赤 ちゃんポスト との

More information

Microsoft Word - 修正-風傳媒和譯試作0524.doc

Microsoft Word - 修正-風傳媒和譯試作0524.doc 石 井 望 VS 任 天 豪 : 日 清 公 函 能 說 明 釣 魚 台 新 史 實 嗎? 平 成 28 年 5 月 8 日 投 稿 風 傳 媒,5 月 15 日 上 午 7 點 10 分 上 刊 http://www.storm.mg/article/116887 釣 魚 台 在 歷 史 上 是 無 主 地, 東 邊 琉 球 日 本, 西 邊 福 建 清 國, 雙 方 中 間 一 向 尋 不 著

More information

壹 拾 參 加 經 費 : 一 參 加 人 員 所 需 經 費, 概 由 各 單 位 自 行 負 責 二 服 裝 由 各 單 位 自 備, 同 一 單 位 之 運 動 員, 除 男 女 服 裝 樣 式 可 以 不 同 外, 顏 色 質 料 均 須 劃 一 三 每 一 參 加 單 位 均 應 自 行

壹 拾 參 加 經 費 : 一 參 加 人 員 所 需 經 費, 概 由 各 單 位 自 行 負 責 二 服 裝 由 各 單 位 自 備, 同 一 單 位 之 運 動 員, 除 男 女 服 裝 樣 式 可 以 不 同 外, 顏 色 質 料 均 須 劃 一 三 每 一 參 加 單 位 均 應 自 行 新 竹 縣 105 年 全 縣 運 動 會 競 賽 計 畫 壹 主 旨 : 一 提 倡 本 縣 田 徑 運 動, 發 掘 優 秀 運 動 員 二 發 展 全 民 體 育, 提 高 運 動 技 術 水 準 貳 依 據 : 本 競 賽 計 畫 依 據 中 華 民 國 田 徑 協 會 審 定 之 最 新 規 則 訂 定 參 主 辦 單 位 : 新 竹 縣 政 府 肆 承 辦 單 位 : 新 竹 縣 立 新

More information

「再犯社会」が問う高齢社会像-「安全社会」から「安心社会」へ

「再犯社会」が問う高齢社会像-「安全社会」から「安心社会」へ ニッセイ 基 礎 研 究 所 No. 13-3 19 March 214 再 犯 社 会 が 問 う 高 齢 社 会 像 安 全 社 会 から 安 心 社 会 へ 社 会 研 究 部 主 任 研 究 員 土 堤 内 昭 雄 (3)3512-1794 doteuchi@nli-research.co.jp はじめに 213 年 3 月 末 旧 ライブドアの 元 社 長 ホリエモン こと 堀 江 貴 文

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20B3F8BEC9A4E5BEC75FAB6EA578C657A5E6C554BCD6B9CE2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20B3F8BEC9A4E5BEC75FAB6EA578C657A5E6C554BCD6B9CE2E646F6378> 為 愛 演 奏 南 台 灣 交 響 樂 團 用 音 符 串 起 美 麗 世 界 南 台 灣 交 響 樂 團 由 蔡 淑 媛 團 長 1998 年 創 立, 稟 承 音 樂 無 界 限, 音 符 在 你 我 心 中, 透 過 交 響 樂 之 澎 湃 激 起 民 眾 內 心 的 熱 情, 演 奏 貼 近 人 心 曲 目, 帶 領 觀 眾 體 驗 美 好 年 代, 撿 拾 塵 埋 久 封 的 情 懷, 藉

More information

障害者虐待防止・対応に関わる法の理解

障害者虐待防止・対応に関わる法の理解 障 害 者 虐 待 防 止 対 応 に 関 わ る 法 の 理 解 H23.12.19 弁 護 士 川 島 志 保 ねらい 1 虐 待 とは 2 障 害 者 虐 待 防 止 法 3 条 何 人 も 障 害 者 に 対 して 虐 待 をしてはならない 3 虐 待 の 関 する 法 律 4 障 害 者 虐 待 防 止 対 応 の 留 意 点 対 応 しない 理 由 を 見 つけるのではなく 1 虐 待

More information

集 直 危 機 3 講 演 首 都 東 京 院 授 江 原 由 美 究 専 門 究 等 様 領 域 扱 ぜ 漏 疑 焦 告 告 示 成 素 由 山 田 告 告 述 逆 究 明 示 険 検 討 妥 変 程 ぜ 第 述 観 短 ぎ 認 識 焦 ぎ 専 個 選 択 形 評 価 等 与 ぜ 果 初 般 文

集 直 危 機 3 講 演 首 都 東 京 院 授 江 原 由 美 究 専 門 究 等 様 領 域 扱 ぜ 漏 疑 焦 告 告 示 成 素 由 山 田 告 告 述 逆 究 明 示 険 検 討 妥 変 程 ぜ 第 述 観 短 ぎ 認 識 焦 ぎ 専 個 選 択 形 評 価 等 与 ぜ 果 初 般 文 集 直 危 機 J I L P T 術 変 動 科 ォ 催 究 機 証 究 基 信 J I L P T 去 普 遍 術 根 変 重 文 科 然 科 至 幅 広 科 集 術 求 術 ミ ョ 背 景 織 ォ 運 営 運 び 第 ォ 開 催 背 景 誰 直 誰 析 歴 途 退 形 道 摘 重 意 識 真 抜 去 背 景 改 半 市 企 訓 練 受 改 背 景 意 識 稼 ぎ 児 外 真 据 開 挨 拶 小

More information

№ 平 成 26 年 度 保 険 事 例 研 究 会 実 施 予 定 ( 東 京 ) 平 成 26 年 4 月 実 施 日 報 告 者 研 究 課 題 内 容 備 考 1 平 成 26 年 5 月 14 日 ( 水 ) 複 数 の 保 険 契 約 に 1 事 件 複 数 の 保 険 契 約 に 基 づく 解 約 返 戻 金 請 求 権 他 を 弁 護 士 濱 口 善 紀 氏 (1 事 件 ) 東 京 高

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E682518E9F966894C682DC82BF82C382AD82E8908490698C7689E68169916688C4816A8E9197BF95D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E682518E9F966894C682DC82BF82C382AD82E8908490698C7689E68169916688C4816A8E9197BF95D22E646F63> 第 2 次 久 留 米 市 防 犯 まちづくり 推 進 計 画 ( 素 案 ) 資 料 編 犯 罪 の 現 状 と 市 民 の 防 犯 意 識 久 留 米 市 目 次 犯 罪 の 現 状 と 市 民 の 防 犯 意 識 1 犯 罪 の 現 状 P1 2 暴 力 団 の 情 勢 P10 3 少 年 非 行 の 現 状 P12 4 市 民 の 防 犯 意 識 P15 犯 罪 の 現 状 と 市 民 の

More information

Taro-2-3.jtd

Taro-2-3.jtd -90- 点 課 井 岡 康 在 韓 金 権 氏 諸 機 構 庭 校 青 団 ほ ぼ 掌 握 メ カ ズ ム 官 僚 図 致 真 過 程 質 周 露 戦 争 帝 転 換 旧 来 然 秩 序 価 値 観 再 否 破 壊 創 先 点 金 氏 基 権 力 衆 域 前 提 前 統 過 程 位 づ 和 係 料 -91- 衆 在 角 欠 総 括 金 氏 批 判 監 容 経 済 質 援 助 叱 咤 激 励 与 権

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

にも 影 響 がある 事 を 憂 慮 しなければならない (1) 額 段 縄 文 柴 犬 の 額 段 が 浅 いという 事 は 額 が 広 く 平 らであり 四 肢 や 体 形 の 隅 々にまで 深 く 関 連 する 別 に 言 い 換 えるなら 額 段 と 言 う 部 分 の 捉 え 方 は 他

にも 影 響 がある 事 を 憂 慮 しなければならない (1) 額 段 縄 文 柴 犬 の 額 段 が 浅 いという 事 は 額 が 広 く 平 らであり 四 肢 や 体 形 の 隅 々にまで 深 く 関 連 する 別 に 言 い 換 えるなら 額 段 と 言 う 部 分 の 捉 え 方 は 他 縄 文 柴 犬 審 査 基 準 JSRC 縄 文 柴 犬 研 究 センター 2009.04 1. 縄 文 柴 犬 とその 保 存 縄 文 柴 犬 の 歴 史 は 日 本 文 化 の 歴 史 に 深 く 関 わり 凡 そ1 万 年 前 の 縄 文 時 代 には 単 なる 家 畜 としての 役 割 だけでなく 家 族 の 一 員 仲 間 として 共 に 移 動 しながら 生 活 をして いたと 推 測

More information

11 朝 専 属 業 タ 最 初 載 虞 ぐ 美 ご 欲 最 悲 劇 迎 呼 青 登 痛 烈 述 際 況 推 進 危 機 執 筆 悪 伊 豆 修 善 寺 転 療 吐 血 危 篤 陥 境 復 内 深 向 呼 岸 ぎ 迄 道 若 投 志 躍 森 鷗 外 並 称 執 筆 悪 芥 川 龍 ゅ 之 介 激 賞

11 朝 専 属 業 タ 最 初 載 虞 ぐ 美 ご 欲 最 悲 劇 迎 呼 青 登 痛 烈 述 際 況 推 進 危 機 執 筆 悪 伊 豆 修 善 寺 転 療 吐 血 危 篤 陥 境 復 内 深 向 呼 岸 ぎ 迄 道 若 投 志 躍 森 鷗 外 並 称 執 筆 悪 芥 川 龍 ゅ 之 介 激 賞 江 戸 幕 府 倒 躍 常 投 略 歴 慶 応 江 戸 牛 ご 馬 横 町 都 宿 区 金 之 翌 維 長 育 取 展 制 頻 繁 価 値 観 揺 古 柄 波 没 道 多 里 戻 ぐ 塩 原 戻 塩 原 式 籍 戻 幼 習 孤 独 影 甘 憎 愛 情 求 根 づ 幼 詩 籍 府 比 谷 塾 舎 移 急 速 必 要 塾 移 予 備 改 称 受 科 業 優 秀 講 務 費 稼 短 歌 俳 句 岡 規 卒

More information