隠喩としてのモンスターー『フランケンシュタイン』の多義性とアクチュアリ今日的ティ意義

Size: px
Start display at page:

Download "隠喩としてのモンスターー『フランケンシュタイン』の多義性とアクチュアリ今日的ティ意義"

Transcription

1 メアリ シェリー フランケンシュタイン アクチュアリ テ ィ の 多 義 性 と 今 日 的 意 義 柴 田 庄 一 はじめに 俗 に 世 間 で 怖 いとされるものの 代 表 的 事 例 を 言 い 表 わすことばのひとつに 地 震 雷 火 事 親 父 というもの 尽 くしがある その 序 列 の 当 否 はさて 措 くとすれば 前 二 者 は 自 然 現 象 であれば 言 わずもがな 後 のふたつも なにが しか ひとが 介 在 した 具 体 的 人 事 という 相 違 はあるというものの どちらの 場 合 も 容 易 には 人 の 手 に 負 えない 始 末 に 困 った 存 在 であるというところにそ の 共 通 性 を 見 て 取 ることができる それらは いずれも 尋 常 の 範 囲 を 超 脱 し た 不 可 抗 力 を 具 えており これらを 首 尾 よく 制 御 するには 人 知 を 超 えた 膂 力 を 必 要 とし ひとたび 遭 遇 するともなれば たちまち 立 往 生 を 余 儀 なくされる か ただただ 茫 然 自 失 するしか 他 に 術 がないという 実 に 困 り 果 てた 存 在 事 象 に 他 ならないのである そうだとすれば 上 のようなもの 言 いからは これ らの 恐 怖 にどう 対 処 すればよいかといった 合 理 的 な 生 活 の 知 恵 を 伝 授 しよう とする 気 配 を 嗅 ぎ 取 ることすら 無 理 な 相 談 というものであろう ここには む しゅったい しろ そうした 事 態 の 出 来 は 日 常 茶 飯 のことであり それゆえに これらが 暴 ふる 威 を 揮 った 暁 には ひたすらその 後 始 末 を 心 掛 けることこそ 得 策 であるという 近 代 以 前 の 日 本 人 に 特 有 の 諦 念 の 想 いを 読 み 取 っておくべきなのかも 知 れ ない では それにひきかえ 近 代 以 降 においてはどうなのであろうか 自 然 事 象

2 48 柴 田 庄 一 をも 含 め あわよくば ものみなすべてを 人 間 精 神 の 支 配 の 下 に 置 こうとしな いではいられない 近 代 人 にとって 森 羅 万 象 のことごとくを 人 為 的 に 造 り 出 せ ると 思 いなしたとしても 決 して 不 自 然 な 成 り 行 きというものではなかったで あろう ところが 翻 ってよくよく 考 えてみるならば 人 類 社 会 がその 倨 傲 に たやす よって 自 ら 生 み 出 しておきながら 人 間 の 力 をもってしては 容 易 く 制 すること ができないもの それこそが 実 は もっとも 怖 いものなのかも 知 れないので ある 1) すでに 近 代 の 科 学 革 命 に 先 立 つ 19 世 紀 初 頭 ともすれば さかしらに 奔 り 驕 慢 にも 流 れかねない 近 代 科 学 者 の 心 性 に 一 石 を 投 じた 文 芸 作 品 がある フラ ンス 革 命 とナポレオン 戦 争 の 記 憶 がいまだ 生 々しい 時 代 状 況 にあって ありっ たけの 空 想 の 翼 を 羽 ばたかせ 大 胆 な 想 像 力 の 飛 翔 に 身 を 任 せて 紡 ぎ 出 された フランケンシュタイン あるいは 現 代 のプロメテウス ( 現 行 第 3 版 は 1831 年 刊 行 初 出 は 1818 年 )がそれである この 作 品 は 当 時 親 交 のあったロマン 派 の 詩 人 バイロンやシェリーに 触 発 された 弱 冠 19 才 の 女 性 メアリ シェリーの 手 に なる 後 期 ゴシックロマンの 代 表 作 のひとつとされるものであるが ここでは その 原 典 を 読 み 解 きながら 同 時 に フランケンシュタインの 怪 物 像 が 描 き 出 す 意 外 にも 広 範 な その 射 程 距 離 をも 見 定 める 考 察 を 試 みたい 2) 1. フランケンシュタインの 怪 物 とそのイメージ ヴァルター ベンヤミンの 慧 眼 を 俟 つまでもなく まず 第 一 に 複 製 技 術 の 時 代 であったとも 称 すべき 20 世 紀 を 生 きた 人 間 にとって(-それはまた 21 世 紀 の 前 半 を 生 きる 人 たちにおいてもさほど 事 情 は 変 わらない 筈 であるが -) 動 画 やスチール 写 真 の 及 ぼす 強 大 な 影 響 力 を 度 外 視 して 済 ませることは 難 しい それゆえ たとえ 原 作 本 を 繙 いたことはおろか その 存 在 をすら 知 ら ないような 人 たちでさえ フランケンシュタイン という 固 有 名 を 一 度 として 耳 にしたことのない 者 は ほとんど 皆 無 に 等 しいのではないかと 思 われる じ じつ フランケンシュタイン は 原 典 の 初 出 以 来 幾 度 となく 芝 居 や 映 画 と しても 上 演 されてきており 各 種 媒 体 での 翻 案 やパロディーをも 含 めると ほ とんど 枚 挙 に 暇 のない 膨 大 な 数 に 上 っている 3) (- 因 みに 一 般 によく 知 ら れた 映 画 版 を 指 折 り 数 えてみるだけでも たちまち 十 指 に 余 る 盛 況 ぶりである -) なかでも 扁 平 で 大 きく 際 立 つ 額 落 ち 窪 んだ 眼 窩 身 の 丈 8 フィート にもおよぶ 巨 漢 にして 容 貌 魁 偉 蒼 白 な 顔 面 の 縫 合 痕 も 生 々しい モンスターの 怪 物 記 号 イ

3 49 メージは 1931 年 度 製 作 の 映 像 作 品 フランケンシュタイン によって 定 着 し たものと 言 っていい(-このハリウッド 映 画 は 現 在 廉 価 版 のDVDによっ ても 容 易 に 視 聴 することが 可 能 である-) とりわけ ボリス カーロフ 扮 す あまね るモンスターの 形 姿 は 様 々なメディアを 通 じて 世 界 的 に 喧 伝 され 普 く 人 口 に 膾 炙 したので 単 にスチール 写 真 を 覗 き 見 ただけの 人 であっても その 独 特 のイメージの 呪 縛 力 から 脱 しうる 可 能 性 は むしろ 少 ないのではないかと 考 え られる その 結 果 おそらくは 重 々しい 名 前 の 響 きと 忘 れがたい 容 貌 とが 不 思 議 にマッチしてのことであろうが 怪 物 の 名 前 こそフランケンシュタインだ と 誤 解 している 向 きもまた 決 して 少 なしとはしないようである とはいえ そ れは 半 知 半 解 の 錯 覚 という 以 上 のものではない(-もっとも それもまた 後 に 見 るような 理 由 で 必 ずしも 不 当 であるとばかりは 言 えないにしても-) 実 は そいつ (It)と 呼 ばれる 人 造 人 間 には 一 切 名 前 が 与 えられていな いのが 実 情 であって モンスターを 怪 物 人 工 的 に 作 り 出 したとされる 張 本 人 こそ ヴィク ター フランケンシュタイン 自 身 に 他 ならないのである 2. ヴィクター フランケンシュタインの 生 い 立 ちと 生 命 科 学 者 への 道 程 しかしながら 何 よりもまず 確 認 しておくべきは (-とかく 錯 覚 されかね ないものであるとはいえ-)フランケンシュタインが 初 手 からいかにも 怪 しげな 死 神 博 士 として 登 場 しているわけではないという 一 点 であろう むしろ ジュネーヴの 裕 福 な 良 家 の 子 弟 として 生 まれ 何 不 自 由 の 一 つとしてない 幼 少 年 時 代 を 過 ごした 後 17 歳 から インゴールシュタット( 現 南 ドイツ バイ エルン 州 ) 大 学 で 自 然 科 学 の 研 究 に 勤 しむ 少 壮 学 徒 のひとりであるヴィクター は 決 して 特 異 な 生 い 立 ちに 祟 られた 人 物 ではない それゆえに 時 には 激 し い 狂 熱 や 逆 らいがたい 欲 望 に 駆 られるところがあったにしても そのことを その 前 歴 において 辛 酸 を 舐 め 尽 くしてきたせいなどに 帰 することはできない それどころか 彼 は 自 然 の 隠 れた 法 則 を 知 りたがる 真 面 目 な 研 究 心 (48) を いだ 懐 いて 錬 金 術 や 神 秘 学 者 の 著 作 に 取 り 組 み これまで 神 秘 とされてきた 生 命 の 根 源 を 探 るかたわら さまざまな 契 機 や 偶 然 を 通 して いつしか 神 の 領 域 を も 侵 さんとするマッド サイエンティストになってゆくのである(-したが ととの って こうした 事 態 は 仮 に 条 件 さえ 調 うなら 他 の 誰 にでも 容 易 に 起 こりう るものであることを 示 唆 している-) ヴィクターは ひたすら 化 学 に 打 ちこむ 二 年 間 を 経 て すでに 教 授 たちの

4 50 柴 田 庄 一 教 えから 学 びうるだけの 理 論 も 実 技 も 身 につけてしまった (66) とされるこ ろ さらに 生 理 学 の 分 野 にも 首 を 突 っ 込 み 昼 も 夜 も 信 じられぬような 苦 心 と 疲 労 をかさねたすえ 発 生 と 生 命 の 原 因 を 解 き 明 かすことに 成 功 した いえ それどころか この 手 で 無 生 物 に 生 命 を 吹 きこむこともできるようになった (68) のだという かくして 十 一 月 のあるわびしい 夜 のこと (74) 夜 な 夜 な 微 熱 になやまされ 神 経 過 敏 でひどい 苦 痛 を 覚 え (73) ながらも 納 骨 堂 か ら 骨 を 集 め 解 剖 室 と 屠 殺 場 から 材 料 を 得 て ついに 人 造 人 間 の 製 作 を 成 し 遂 げるに 至 るのだ もとより 作 中 には (- 往 々にしてこの 種 の 場 面 に 通 有 の ことであるが-)まさに 人 間 を 造 り 出 すその 瞬 間 すなわち 生 と 死 の 境 界 を どう 跨 ぎ 越 したかといった 臨 界 に 関 する 克 明 な 描 写 は 見 当 たらない なぜな ら ヴィクターは その 刹 那 狂 乱 にも 近 い 衝 動 (71) に 衝 き 動 かされ ま るで 熱 病 にでもうなされたような 状 態 に 陥 っていたとされるのだからである (-その 直 後 彼 は 自 らの 分 身 を 産 み 落 とした 出 産 の 疲 れと 労 苦 を 暗 示 し たものででもあろうか 何 と 数 ヶ 月 もの 間 病 床 に 着 くことを 余 儀 なくされる 4) -) いずれにせよ ここで 敢 行 されているのは 前 近 代 の 錬 金 術 師 たちが 秘 めて いたであろう 野 望 だけはそのままに 同 時 に 近 代 的 自 然 観 とを 巧 みに 接 ぎ 木 し ようとする 一 種 の 離 れ 技 に 他 なるまい だが それは 天 然 自 然 の 諸 力 に 相 対 し 調 和 や 循 環 を 第 一 義 に これらを 十 全 に 生 かそうとしていることを 意 味 す るものではない そうしたこととはむしろ 逆 に 天 地 山 川 の 潜 在 力 をあくまで も 操 作 対 象 として 客 体 視 し (-たとえ 人 類 に 貢 献 するのだという 善 意 に 発 してではあるにしても-) 任 意 に 蹂 躙 して 憚 らない 考 え 方 が ヴィクタ ーの 行 為 を 通 じて 単 に 表 明 されるばかりか また 実 践 されようともしている 点 が 見 落 されてはなるまい ここには 明 らかに 自 然 力 を 単 なる 用 材 とし て 人 間 支 配 のもとに 置 こうとする 操 作 的 自 然 観 が 大 きく 前 面 に 押 し 出 されて いるのである 5) 3. 人 造 人 間 による 惨 劇 とその 犠 牲 者 ならびに 隠 喩 としての モンスター 怪 物 無 生 物 に 生 命 を 吹 き 込 むこと しかのみならず 新 たな 人 間 生 命 を 人 工 的 に 造 り 出 すこと それは 日 進 月 歩 の 科 学 技 術 をもってすれば いずれの 日 にか やがて 可 能 となるものとすべきかも 知 れない とはいえ ひとは ただこの 世

5 51 に 生 れ 落 ちたというだけで ただちに 人 間 として 認 められる 要 件 を 具 えている というわけではない 社 会 的 動 物 たる 人 間 の 成 長 には 手 塩 にかけて 慈 しむ 愛 プロセス の 手 数 が 求 められるし しかるべき 社 会 化 の 過 程 もまた 必 要 不 可 欠 なものだか らである では ヴィクター フランケンシュタインは いったいそのことに どう 対 処 しようとしたのだろうか 何 ごとか 物 問 いたげな 我 が 子 を 一 瞥 しただけで 彼 は ダンテですら 思 いお よばぬほどの 怪 物 (76) のおぞましい 姿 に 仰 天 し ひたすら 息 も 止 まる 恐 怖 と 嫌 悪 (75) に 恐 れをなして 退 散 する それは 同 時 に 被 造 物 の 醜 怪 さにたじ ろぐあまり 最 小 限 の 養 育 義 務 さえかなぐり 捨 て 造 物 主 たる 者 の 責 任 を 一 向 に 引 き 受 けようとはしないことを 意 味 している かくして 生 み 出 された 人 造 人 すてご 間 は 棄 児 としての 運 命 を 甘 受 しつつ フランケンシュタインの 手 にも 負 えな い モンスターとなって 怪 物 次 々と 戦 慄 すべき 惨 劇 を 惹 き 起 こす それはまた 生 みの 親 をして とどのつまり 身 の 破 滅 と 免 れえぬ 不 幸 (69) へと 導 いてゆく 因 果 応 報 の 起 動 因 ともなりうるものなのである しかしながら そのあまりに 恐 ろしい 酷 薄 さに 震 撼 された 人 間 は ひとりヴ ィクターのみにはとどまらなかった おそらくは 人 造 人 間 の 創 造 を 神 の 領 域 への 挑 戦 と 受 け 止 めたであろう 当 時 の 読 者 たちもまた ほとんど 同 じような 心 境 に 囚 われたのではないかと 思 われる それかあらぬか 彼 らの 多 くは フ ランケンシュタインの 怪 物 を 作 品 に 描 き 出 された 姿 のままで 受 け 取 ることに は 飽 き 足 らず その 表 象 のなかに むしろ 何 らかの 寓 意 を 見 出 そうとしないで はいられないのだ 先 に 挙 げた 翻 案 の 類 いも その 種 の 代 表 例 に 属 するもので レベル あるといえようが 仮 に 類 似 性 の 一 点 をのみ 手 掛 かりに 次 元 の 異 なるもの なぞら にまで 擬 えて いわば 隠 喩 として 捉 えようとするなら むろん 様 々な 解 答 例 を 数 え 上 げることができよう じじつ モンスターに フランス 革 命 と 革 命 群 集 ( 今 村 仁 司 群 集 -モンスターの 誕 生 ちくま 新 書 146)とを 重 ねて 読 み 取 ろ うとする 試 みを 始 めとし すでにして およそ 考 えられる 限 りありとあらゆる 読 解 の 可 能 性 が 提 唱 されていると 言 っていい( 詳 しくは 廣 野 由 美 子 批 評 理 論 入 門 フランケンシュタイン 解 剖 講 義 中 公 新 書 ならびに 最 新 刊 の 久 守 和 子 / 中 川 僚 子 編 フ ランケンシュタイン ミネルヴァ 書 房 を 参 照 のこと) さらに 加 えて 今 しばらく 敷 衍 することが 許 されるなら 人 間 精 神 が 手 ずから 考 案 しておきながら 自 在 にコ ントロールし 得 ないものの 比 喩 表 現 として 考 えるとき その 対 象 となる 範 囲 は 何 も 公 害 や 原 水 爆 といった 具 体 的 な 人 工 物 にだけ 限 定 するいわれはないであろ

6 52 柴 田 庄 一 う 法 体 系 や 社 会 制 度 は 言 うまでもないとして それぞれの 時 代 時 代 に 特 有 の 自 然 観 やら 時 間 観 念 といった パラダイム (トーマス クーン)もまた 否 応 なく 人 々の 生 き 方 を 規 制 して 止 まないものであってみれば そもそもフェテ ィッシュな 存 在 様 態 から 遁 れることのできない 人 間 精 神 の 特 性 に 起 因 する ほ ファントム とんど 類 似 の 妖 怪 として 捉 えることができるように 思 われる とはいえ 妖 怪 や 化 け 物 は 怖 くて 醜 いものであるというイメージに 幻 惑 され 無 暗 に 想 像 を 逞 しくしてみることがここでの 喫 緊 の 課 題 ではない む しろ 野 放 図 な 妄 想 はひとまず 慎 んで いま 一 度 メアリ シェリーが 描 き 出 つ す 具 体 的 な 叙 述 そのものに 即 くことこそ かえって 至 当 というべきであろう ぎょうそう そうしてみるなら その 身 に 纏 った 形 相 とは 裏 腹 に フランケンシュタインの も 被 造 物 は 実 は モンスター のものとは 怪 物 思 われない 属 性 をも 有 つという 意 外 な 事 実 が 判 明 する 先 にも 触 れたように 怪 物 の 恐 ろしさは まずもって 身 の 毛 のよだつその 異 様 な 外 貌 に 顕 著 だとされた しかも 彼 の 手 になる 惨 劇 のひとつひとつが いずれも 残 虐 な 殺 戮 行 為 を 主 体 としたものである 以 上 行 く 先 々で 蛇 蝎 のごと くに 嫌 われたとしても なるほど 致 し 方 のないこととすべきかも 知 れない し かしながら その 犯 行 が 決 して 誰 彼 の 見 境 もなく 無 暗 矢 鱈 と 無 差 別 殺 人 を 繰 り 返 して 憚 らない 体 のものでない 点 には 充 分 な 留 意 が 必 要 である すなわ と し ち 年 齢 の 離 れたヴィクターの 末 弟 ウィリアムを 皮 切 りに 相 次 いで 毒 牙 に 倒 れる 犠 牲 者 たち たとえば ウィリアム 殺 害 の 濡 れ 衣 を 着 せられて 処 刑 される 家 政 婦 のジュスティーヌであれ 怪 物 の 逆 鱗 に 触 れて 命 を 落 とす 親 友 のヘンリ ー クラーヴァルや 最 愛 の 妻 エリザベス そしてまた もっとも 近 しい 者 たち ショック の 度 重 なる 変 死 に 衝 撃 を 受 けて 憔 悴 死 にいたる 父 親 であるにせよ そのターゲ ットは もっぱらヴィクターの 親 族 か これと 深 い 関 わりをもった 人 たちだけ に 限 られており 決 して 第 三 者 からなる 人 類 一 般 などではない むしろ 怪 物 ゆかり の 意 図 は 縁 も 由 縁 もない 無 辜 の 人 々にまで 危 害 を 加 えることに 向 けられてい るのではなく どうやらヴィクター 一 個 人 に 対 する 復 讐 行 為 にこそあることを 推 測 させるものなのである(-そうであれば ひとたび 復 讐 が 遂 げられた 暁 には 怪 物 の 手 によって 今 後 ともこの 種 の 蛮 行 が 繰 り 返 されることはあるま いものと 考 えられよう-) それにしても それは 一 体 どうしてなのだろう か そのことを 知 るためには むろんのこと 怪 物 の 言 い 分 にもまた 耳 を 傾 け てみなければならない

7 53 4. 三 層 から 成 る 語 り の 構 造 と モンスター の 怪 物 言 い 分 一 定 の 客 観 的 情 報 を 伝 達 することにのみ 専 心 するのではない 文 学 作 品 を 読 み 解 くには 単 に 何 が 描 かれているか(ストーリー)に 留 意 するだけでなく どのように 叙 述 されているかについても 注 目 を 怠 るわけにはいかないであろう そのような 眼 で 眺 めてみれば この 作 品 のプロットは 作 品 外 の 語 り 手 からす るベタで 一 意 的 な 語 り によって 運 ばれているのではないことが 明 らかとな る まず 第 一 に 物 語 を 説 き 起 こし 語 りの 外 枠 を 構 成 するのが 海 洋 探 検 家 ロバート ウォルトンの 姉 に 宛 てた 何 通 かの 手 紙 であるとすれば その 中 に 挟 まれて 登 場 するのがヴィクター フランケンシュタインの 回 顧 談 である 彼 の 告 白 には なるほど 父 親 や のちに 妻 となるエリザベス 自 身 の 書 簡 なども 挿 いきさつ 入 されてはいるが その 中 心 をなすのが 怪 物 創 造 の 経 緯 と 回 想 であり さら にその 中 で 語 られる モンスターの 怪 物 言 説 であることには 何 らの 疑 いをも 差 し 挟 めまい 殊 に フランケンシュタインの 怪 物 は 亡 命 一 家 ド ラセー 家 の 離 れ 家 に 潜 伏 し (- 親 しいコミュニケーションを 介 してではないにせよ-) 家 族 の 動 静 を 窺 いながら 言 語 を 習 得 したというだけでなく あまつさえ ヴォルネーの 諸 帝 国 の 没 落 の 朗 読 を 聞 き その 後 プルタークの 英 雄 伝 やゲーテの 若 きヴェルテルの 悩 み までをも 一 読 したとされるので 自 らの 思 いの 丈 を 述 べ 立 てながら ヴィクターに 相 対 し しっかりと 論 戦 を 挑 むことができるという 次 第 なのである かくして 小 説 フランケンシュタイン は 少 なくともロ バート ヴィクター モンスターのそれぞれの 語 りが いわば 入 れ 子 式 に 配 置 された 三 層 構 造 をなしており 特 定 の 一 義 的 な 価 値 観 に 収 斂 されることを 許 さ ない その 結 果 三 者 の 異 なる 声 は 叙 述 される 出 来 事 やその 背 景 につき あ るいは 呼 応 し あるいは 補 完 しつつも 他 方 ではまた 相 互 に 対 立 しあいもす るという 交 響 楽 的 な ポリフォニー (バフチン)を 構 成 する とりわけ ヴィ かたき クターとモンスターの 両 者 は 親 子 の 間 柄 とは 言 いながら いわば 敵 役 同 士 で もあるだけに ひときわ 異 質 な 声 を 響 かせ 合 い 特 徴 的 な 対 立 関 係 を 現 出 して ポリフォニック しつら 止 まないのだ このように 多 声 楽 的 な 語 りの 枠 組 みが 設 えられることによっ てはじめて 怪 物 にもまた 自 らの 想 いを 自 身 の 声 として 響 かせることのでき る 前 提 条 件 が 整 ったことになる ところで モンスターの 語 るところを 信 じるとすれば 興 味 深 いことに 彼

8 54 柴 田 庄 一 の 人 間 化 過 程 は ほとんど 系 統 発 生 的 な 人 類 の 進 化 の 経 過 を 辿 り 直 しているこ とがわかる すなわち 生 得 的 な 知 覚 能 力 の 自 覚 に 始 まり 火 の 発 見 と 道 具 の 使 用 とを 経 て 次 第 次 第 に 言 語 の 獲 得 へと 進 んでゆくのである ところが そ のことにのみとどまらず さらに 情 愛 や 感 情 移 入 の 機 微 にも 目 覚 めるというこ とになると それはまた 怪 物 にとって 諸 刃 の 剣 ともなりかねないものであろ う 何 となれば 彼 が せっかく 習 い 覚 えた 言 語 表 現 を 駆 使 するにもせよ 首 尾 よく 心 を 通 わせることができるのは 盲 目 の 老 人 ただひとりだけであるし ひとたび 誰 かに 姿 を 見 られでもしようものなら たちどころに 追 い 立 てられ 爪 弾 きされてしまうという 悲 しい 運 命 を 甘 受 せざるを 得 ないのだからである フランケンシュタインの 怪 物 は 最 終 章 において 自 分 が 人 とわけあいたか ったのは 徳 への 愛 自 分 の 全 存 在 に 満 ちあふれる 幸 福 と 愛 の 思 いだった (294) と その 衷 情 を 披 瀝 しては おれは 愛 と 友 情 をいつも 望 み いつもおれははね つけられた これが 不 当 なことじゃないと 言 うのか? (295) と 詰 問 する こ のように 誕 生 の 瞬 間 においてですらやさしく 抱 きとめてもらえなかったモン スターは 創 造 主 から 見 捨 てられ こよなく 愛 と 尊 敬 の 念 (144) を 懐 いて いたド ラセー 一 家 からも 迫 害 されて 孤 独 と 絶 望 の 淵 へと 追 いやられる そ のしかるべき 因 果 関 係 の 果 てに 今 初 めて 復 讐 と 憎 悪 の 念 が 激 しい 怒 りが (181) こみ 上 げてきたのだと 表 白 している ひたすら 拘 泥 するのは 外 見 のみで 内 面 のくさぐさに 関 しては 一 顧 だに 払 お うともしない 人 間 社 会 に 受 け 容 れられず 荒 れ 果 てた 山 と 寂 しい 氷 河 や 氷 すみか の 洞 窟 (134) だけを 住 処 とし いわば 流 謫 の 身 の 上 となって 世 界 中 をさ 迷 い 歩 かねばならない 怪 物 は 森 の 山 径 で 拾 ったミルトンの 失 楽 園 を 通 読 する ことを 契 機 に アダムたるわが 身 にも 伴 侶 となるべきイヴを 作 ってくれるよ う 創 造 主 に 所 望 する そうした 要 求 は 共 感 を 分 かちあえる 家 族 と 友 人 を 乞 い 願 う 怪 物 にとって いわば 当 然 の 権 利 (190) というべきものであった ヴ ィクターは いったんはこれを 請 け 合 い 新 たな 人 造 人 間 の 製 作 に 取 り 掛 かる が ついに 最 終 局 面 に 至 って 翻 意 し やがて 生 まれてくるはずの 生 き 物 を ずたずたにひきさいてしまう 伴 侶 の 誕 生 にこそ おのれの 幸 福 を 賭 けていた 怪 物 は 未 来 の 花 嫁 を 殺 害 され 悪 魔 じみた 絶 望 と 復 讐 の 叫 びをあげて (218) ひとまずは 退 散 するというものの こうした 出 来 事 が 親 友 クラーヴァルの そしてまた 新 婚 旅 行 先 でのエリザベスの 惨 殺 へと 繋 がるのは あまりにも 明 らかなことと 言 うべきであろう かくして フランケンシュタインの 怪 物 は

9 55 巨 魁 で 恐 ろしいとされるそのイメージとは 裏 腹 に 人 間 的 な 苦 悩 に 苛 まれ い たるところで 愛 と 哀 れみを 乞 い 求 め いじらしいほどの 努 力 をなそうともして いるのだ だからこそ 彼 は 単 に 向 こう 見 ずで 軽 はずみな 親 の 犠 牲 者 であっ たというだけでなく もう 一 方 ではさらに 氷 原 に 雄 叫 ぶ 心 優 しき 求 愛 者 とし ての 側 面 をも 覗 かせていることが 決 して 忘 れられてはならない お ら 5. ロバート ウォルトンの 私 信 を 読 む 姉 マーガレットと モデル 読 者 小 説 作 品 フランケンシュタイン の 語 りが 少 なくとも 三 層 からなる 入 れ 子 構 造 であることについては 先 述 した では その 一 番 の 外 枠 を 構 成 する ロバート ウォルトンのそれが ロンドンにいる 姉 宛 の 私 信 であることには 何 かしら 積 極 的 な 意 義 を 見 出 すことができるのだろうか 忖 度 するところ ど うやらまだ 独 身 である 28 歳 のロバートは もっとも 身 近 な 存 在 で また 高 い 教 養 人 でもあるらしい 姉 をターゲットに ひとり 遠 く 離 れた 故 国 への 郷 愁 を 慰 め るとともに 北 極 探 険 という 自 らの 壮 図 に 関 しても 深 い 理 解 を 求 めないでは いられないのだ やがて 北 極 海 に 乗 り 出 したウォルトン 一 行 の 探 険 船 は 厚 い 氷 の 山 塊 に 閉 じ 込 められ 行 く 手 を 遮 られて 立 往 生 を 余 儀 なくされる 折 し も 犬 橇 に 乗 って 怪 物 を 追 跡 する 道 すがら 危 うく 遭 難 しかけたヴィクターを 助 け 上 げたロバートは 瀕 死 の 状 態 に 陥 った 賓 客 を 介 抱 しつつ その 身 の 上 話 に 耳 を 傾 ける どうやら 肝 胆 相 照 らす 同 類 であることをすばやく 感 じ 取 ったウ ォルトンは 時 ならぬ 珍 客 を 兄 弟 のように 愛 しはじめ (35) 客 人 に 寄 せる ぼくの 愛 情 は 日 ましに 強 くなってゆきます (36) という 思 いを 深 めずにはいら れない その 結 果 これ 以 降 の 顛 末 を 伝 える 四 通 目 からの 書 簡 群 は にわかに その 分 量 と 頻 度 を 増 大 させることとなる ほぼ 一 週 間 にわたって 聞 き 届 けたヴィクターの 語 りを ロバートは できる だけ 本 人 の 言 葉 そのままに 書 きとめることに 決 めました そして この 原 稿 は 姉 さんにもとても 面 白 く 読 んでいただけること 間 違 いなしです (40) と 書 き 送 っている それにしても 姉 への 私 信 が そのまま 読 者 にも 開 かれている という 物 語 の 構 成 から 察 するとき これらの 手 紙 は 実 は 私 信 を 装 った 公 開 書 簡 とでも 呼 ぶべきものではないのだろうか 果 たせるかな 第 四 信 をも 含 め 作 品 世 界 を 締 めくくる 最 後 の 便 にいたるまで フランケンシュタインとその 怪 物 に 言 及 した 書 信 のことごとくが それまでのものとは 異 なり 親 しく 差 出 人 の 署 名 をもっては 閉 じられていない 事 実 も ひょっとすると そのひとつの 傍

10 56 柴 田 庄 一 証 になると 言 えるかも 知 れない だとすれば 弟 の 私 信 に 目 を 通 す 姉 マーガレ ットの 延 長 線 上 に 同 じく 共 感 をもって 読 み 進 んでくれるような 読 者 像 すな わち モデル 読 者 が 想 定 されているものと 考 えることができよう では モデル 読 者 とは いったいどのような 存 在 なのか それは 必 ずし も 誰 彼 という 具 体 的 で 経 験 的 な 読 み 手 のことを 指 して 言 うのではない(-そ もそも 実 在 の 読 者 は 当 然 のことであるとはいえ 通 常 各 々がまったく 手 前 勝 手 な 読 み 方 をするものなのだから-) そうではなくて テクストを 十 全 に 成 立 させるべく 作 者 との 生 産 的 な 共 同 作 業 へと 誘 われる 理 想 的 な 読 者 像 い うならば あらまほしき 読 者 のことを 意 味 している 6) それでは メアリ シェリーの フランケンシュタイン において より 具 体 的 には いかなるモ デル 読 者 が 期 待 されていると 言 えるのだろうか そのことを 探 るためには さ したた らに 今 一 歩 踏 み 込 んで ロバート ウォルトンが 認 める 言 説 のゆくえをも 見 届 けてみなければならない 6. ロバートとヴィクター-その 言 動 に 見 られる 同 質 性 と 差 異 ところで もっぱら 犠 牲 者 に 擬 せられた 怪 物 の 語 りを 別 格 とすれば ヴ ィクターとロバートとの 間 には 幾 多 の 面 において 同 心 円 的 な 相 同 性 と 重 なり とを 見 出 すことができる それはすでに 両 者 の 言 説 に 明 らかであると 言 えよ うが むろん そのことばかりに 限 定 されるものではない ヴィクターが 人 造 人 間 の 製 作 という 創 造 行 為 に 熱 く 駆 り 立 られていたように ロバートも また ロシア 領 アルハンゲルスクから 北 極 圏 へと 通 じる まったく 新 たな 航 路 の 発 見 を 目 指 した 船 旅 の 途 上 にある た ち ぼくは 実 行 にはやりすぎ 困 難 をじっと 辛 抱 することができない 性 質 です (25) と 自 認 するロバートは 不 可 思 議 なものを 愛 する 心 不 可 思 議 なものを 信 ずる 気 持 が ぼくのすることなすことすべてについてまわって 世 の 人 並 み の 道 から これから 探 険 しようとする 荒 海 や 訪 れる 人 もない 地 域 へとぼくを 駆 りたてるのです (28) と 自 己 分 析 して 見 せている そのような 気 質 と 性 格 は さらにロバートに 対 する 次 のような 態 度 にも そのまま 反 映 して 現 われている と 言 っていい ぼくは 思 わず 真 情 をぶちまけ 魂 を 焦 がす 熱 い 思 いを 語 りまし た そしてこの 身 を 駆 りたてる 情 熱 のありったけをこめて 言 ったのです この 企 ての 推 進 のためなら 財 産 も 生 命 も あらゆる 希 望 も 投 げうつことをいと わない 人 ひとりの 生 死 など それでぼくの 求 める 知 識 が 手 に 入 るなら 安 いも

11 57 のだ それで 人 類 の 敵 たる 自 然 の 諸 力 を 支 配 する 力 をこの 手 におさめ 後 代 に 残 すことができるとあれば と (36) 血 気 にはやるふたりの 若 者 は かくの 通 り たとえ 初 対 面 ではあるにしても ほとんど 同 種 の 野 望 と 情 熱 に 取 り 憑 か れているがゆえに 早 晩 肝 胆 相 照 らす 仲 にもなりうるという 好 一 対 の 人 物 と して 設 定 されているのである よしみ いわば 同 病 の 誼 で そのことを 敏 感 に 察 知 したヴィクターは 不 幸 な 人 だ! わたしの 狂 気 が あなたにもとりついているのか?あなたもあの 美 酒 に 酔 って いると? (37) と 嘆 きの 声 を 上 げつつウォルトンをたしなめ 平 穏 のなか に 幸 せを 求 め 野 心 をお 避 けなさい たとえ 科 学 や 発 見 で 名 をあげるという 一 見 罪 のないものにすぎなくとも だが なぜわたしがこんなことを 言 うのか? わたし 自 身 はそれを 望 んで 身 を 滅 ぼしたが ほかの 人 はやりとげるかもしれな いのだ ( ) と 耳 の 痛 い 諫 言 をも 厭 わない 果 たして 長 々と 物 語 られた 身 の 上 話 にほだされたのでもあったろうか すで に 何 人 もの 犠 牲 者 を 出 し このまま 探 険 行 を 続 行 すべきか 退 くべきかの 岐 路 に 立 たされていたロバートは しばしの 思 案 をしたあげく 乗 組 員 たちの 要 望 を そうだ 容 れ ふたたび 操 舵 が 可 能 になるや ただちに 祖 国 イギリスへと 取 って 返 すこ とを 約 束 する(-こうして 今 や モデル 読 者 へのメッセージが 奈 辺 に 存 するのかは 明 白 になったと 言 うべきであろう-) ところが そのような 決 断 に 対 しても この 期 に 及 んで (-それはまた いまわの 際 に 臨 んでという ことでもあるのだが-)なおも 異 議 を 申 し 立 てて 憚 らない 人 物 が たったひ とりだけ 存 在 するのである それこそは 誰 あろう ヴィクター フランケン シュタインその 人 に 他 ならない 奇 妙 なことに 彼 は 懺 悔 と 自 責 の 念 を 述 べ 立 てる 一 方 で 今 なお 怪 物 に 対 する 復 讐 の 妄 念 に 囚 われたがごとく 高 邁 な 意 志 とヒロイズムに 満 ちたまなざしで (285) 次 のように 隊 員 たちをけしかけて 止 まないのだ どういうことだ?きみたちの 隊 長 に 何 を 要 求 しているのだ? 諸 君 はそれで は そんなにあっけなくもくろみを 捨 ててしまうのか 諸 君 はこれを 輝 かしい 遠 征 と 呼 んでいたのじゃなかったのか そして 輝 かしいのはなにゆえだ? 南 の みち 海 のように 平 坦 で 穏 やかな 途 を 行 くからじゃない 危 険 と 恐 怖 だらけの 途 だか ら 新 たな 出 来 事 にぶつかるたびに 諸 君 の 忍 耐 を 呼 びおこし 勇 気 を 示 さなく てはならないからだ 危 険 と 死 とにかこまれて ものともせずに 乗 り 越 えてゆ かねばならないからだ だからこそ 輝 かしいと 言 えるんだ だからこそ 誉 れあ

12 58 柴 田 庄 一 る 企 てなのだ 諸 君 はこののち 人 類 の 恩 人 としてたたえられる 諸 君 の 名 は 名 誉 と 人 類 の 利 益 のために 死 に 立 ちむかった 勇 者 の 名 として 崇 められること だろう それがどうだ 見 ろ 初 めて 危 険 を 想 像 してみて と 言 って 悪 けりゃ 勇 気 をためす 初 の 恐 るべき 大 試 練 をむかえてみて きみらはおじけづき 寒 さ と 危 難 に 耐 えるだけの 力 がなかった 連 中 として 名 を 残 すことに 満 足 するのか 寒 い 寒 いと あったかい 炉 端 に 帰 ってゆく 哀 れなもんだ そんなことなら 何 もこんな 準 備 はいりやしない 自 分 たちが 意 気 地 なしだと 証 明 してみせるのに はるばる 出 てきて きみらの 隊 長 を 敗 北 の 恥 辱 にひきずりこむことはなかった んだ 諸 君! 男 になりたまえ いや 男 以 上 のものになれ ぐらつかず 岩 の ように 断 固 として 目 的 に 向 かいたまえ 氷 はきみたちの 心 のようなものではで きていない うつろいやすく 諸 君 が 邪 魔 するなと 言 えばさからうことはでき ないのだ 家 族 のもとへ 帰 るなら 額 に 不 名 誉 の 烙 印 を 押 されて 帰 るな 戦 い 勝 った 者 として 敵 にうしろを 見 せることを 知 らない 英 雄 として 帰 りたまえ (285) くちぶり 明 らかに 前 後 で 相 矛 盾 したこのような 口 吻 を もはや 自 ら 望 まぬ 道 化 と 化 こ け したヴィクターの 虚 仮 の 一 念 として 一 蹴 することができるだろうか 7) 仮 にも そうでないとするなら そうした 妄 言 の 裏 には もしかして 一 義 的 で 平 板 な 読 解 を 撹 乱 せんとする 作 者 の 狡 知 がひそかに 仕 組 まれているのかも 知 れないの である あるいは ここに フランケンシュタインの 物 語 が 決 して 特 異 な 例 外 にとどまるものではないという 可 能 性 が しっかりと 見 据 えられているのだ と 言 い 換 えることもできよう すでに 触 れたように ヴィクターは 生 まれつ き 神 の 領 域 をも 侵 犯 せんとする 妄 執 に 取 り 憑 かれていたわけでは 決 してない そうではなくて 環 境 と 教 育 を 通 じ あくまでも 後 天 的 に 育 まれていったに 過 ぎないのだ だとすれば 遺 伝 子 操 作 やクローン 人 間 の 可 能 性 が 喋 々されてす でに 久 しい 今 日 狂 信 的 な 科 学 者 予 備 軍 は 今 後 とも なお 陸 続 として 立 ち 現 われてくることが 予 測 される (そのような 意 味 では モンスター 以 上 に 怪 物 たる 属 性 を 具 えているヴィクターを フランケンシュタインの 怪 物 そのも のと 取 り 違 える 錯 認 もまた あながち 的 外 れではないとすべきかも 知 れない ) いずれにしても フランケンシュタイン 一 巻 は 初 出 から 200 年 近 くも 経 っ アクチュアリ テ ィ た 21 世 紀 においてこそ ますますその 今 日 的 意 義 を 高 めつつあるのだと 見 るこ とができよう 8)

13 59 註 1) 試 みに 民 俗 学 の 知 見 を 参 照 してみるとするなら たとえば 宮 田 登 は ハレとケ とケガレという 三 者 の 相 互 関 係 に 着 目 し ケガレは 一 見 ハレと 対 立 するように 見 え るが 深 層 部 分 ではハレとケガレは 共 存 している ケガレを 排 除 することによって ハレが 成 立 するという 理 解 が 成 り 立 つ ( 怖 さはどこからくるのか 筑 摩 書 房 4 1ページ 以 下 頁 数 のみ 記 すこととする)とした 上 で 人 間 の 生 命 力 の 総 体 とい け が うべき 気 (51) が 持 続 しえなくなった 状 態 すなわち 気 離 れ を 除 去 する 操 作 が ハラエ の 行 為 となる (108) と 述 べている つまり ケ ケガレ ケガレ つつが ハレという 循 環 を 恙 無 く 司 り 祓 いによって 一 つの 境 界 領 域 (51) を 克 服 するこ と つまりは 衰 退 したケの 回 復 の 中 にこそ 民 俗 的 な 儀 礼 のもつ 重 大 な 意 義 を 見 出 していることが 分 かる 2) 作 中 主 人 公 が 師 事 することになるインゴールシュタット 大 学 の 化 学 の 教 授 ヴァ ルトマンが 奇 しくも 次 のように 語 る 一 幕 は 当 時 の 先 端 的 な 科 学 観 を 窺 うに 足 る 代 表 的 な 一 節 というべきであろう - 現 代 の 科 学 者 は- 自 然 の 深 奥 を 看 破 し 自 然 の 隠 れ 家 における 営 みを 明 らかにする 彼 らは 天 にも 昇 ってゆく 血 液 の 循 環 が われわれの 呼 吸 する 空 気 の 性 質 が すでに 明 るみに 出 されております 科 学 者 の 得 た 力 は 新 しく ほとんど 無 限 と 言 ってもよい 天 のいかずちを 支 配 するこ とも 地 震 を 真 似 ることも 不 可 視 の 世 界 に 本 物 そっくりの 影 を 造 ってみせることさ えも できるのであります 云 々( 森 下 弓 子 訳 創 元 推 理 文 庫 62-63) 3) 周 知 のように 反 復 と 移 調 こそが おかしみ の 基 底 をなすものであると ベ ルクソン( 笑 い )は 説 いている フランケンシュタイン もまた ご 多 聞 に 洩 れず 繰 り 返 し 翻 案 されることを 通 してパロディーにもなり やがて 喜 劇 やお 茶 らけへと 変 質 した 場 合 も 皆 無 ではなかったが 恐 怖 の 原 像 のひとつを 作 り 上 げたこ とには 疑 いの 余 地 がない それはとりもなおさず 日 本 映 画 のお 家 芸 であったゴジ ラやその 他 様 々なシリアス 怪 獣 などとほとんど 同 じ 軌 跡 を 辿 ったということでも ある 4) 怪 物 は アルプス 山 中 で 出 くわしたヴィクターに 向 かって 呪 われた 創 り 主 よ!おまえまでがむかついて 顔 をそむける そんなおぞましい 怪 物 を なにゆえ に 創 りだしたのだ? 神 は 哀 れんで 人 をみずからの 姿 に 似 せ 美 しく 魅 惑 的 に 創 りた もうた だがこの 身 はおまえの 汚 い 似 姿 で 似 ているからこそいっそう 身 の 毛 もよ だつのだ サタンには 仲 間 の 悪 魔 どもがいて 崇 め 勇 気 をあたえてくれた だの におれは 孤 独 な 嫌 われ 者 なのだ (171) と 慨 嘆 しつつ 告 発 する 仮 に この 通 り であるとするなら ヴィクターは モンスターの 製 作 を 通 して まさしく 自 らの 似

14 60 柴 田 庄 一 姿 としての 分 身 を 作 り 出 したということになろう 5) メアリ シェリーの 生 きた 時 代 は いまだ 生 命 科 学 の 黎 明 期 に 当 たっていた し かし そうであるがゆえにかえって 新 たに 胎 動 してくる 時 代 の 問 題 性 が 一 層 く きやかに 際 立 つものとして 捉 えられたのだと 見 ることもできよう 因 みに 度 重 な る 悲 劇 を 体 験 し 尽 くした 後 のヴィクターの 述 懐 においては たとえば 次 のような 反 省 の 弁 も 語 られている もしあなたのなさる 研 究 に 愛 情 を 弱 め どんな 不 純 物 も まじりえない 素 朴 な 楽 しみを 味 わう 力 をそこなうきらいがあるようなら それは その 研 究 が 不 法 なもの つまり 人 間 の 精 神 に 不 相 応 なものと 見 て 間 違 いない (72) 6) モデル 読 者 という 概 念 については ウンベルト エーコによる 物 語 におけ る 読 者 ( 篠 原 資 明 訳 青 土 社 )が 明 快 である エーコは 作 者 の 考 えていたと おりに テクストの 顕 在 化 (87) に 協 力 すべく 誘 われるような 読 者 のことを モ デル 読 者 と 呼 び モデル 読 者 とは ひとつのテクストがその 潜 在 的 内 容 を 十 全 に 顕 在 化 されるために 充 たされるべき 幸 福 の 条 件 それもテクスト 的 に 確 立 され た 条 件 の 集 合 のことなのだ (97-98) と 定 義 している 7) 死 の 直 前 にいたるまで あいつが 生 きのびて 悪 の 手 先 となることだけが 気 がか りです (289) と 懸 念 しつつも ヴィクター フランケンシュタインは 酷 寒 のあ まり 衰 弱 し ついに 探 険 船 上 でこと 切 れる 一 方 作 品 の 終 幕 にいたって あらた めてウォルトンの 眼 前 に 出 現 した 怪 物 は 彼 と 差 しの 会 話 を 交 わしながら さまざ まに 言 葉 を 継 いで その 断 腸 の 想 いを 叫 ばずにはいられない これもまたわが 犠 牲! 彼 を 殺 しておれの 罪 は 完 成 された このみじめな 生 もやっと 終 わりにたど りついたのだ! (291) この 先 おれが 悪 事 を 働 くだろうなどとは 心 配 するな わ がおこないの 成 就 はまぢか この 生 涯 をまっとうし なすべきことを 仕 上 げるには おまえの 死 もほかの 人 間 の 死 も 必 要 ない ただ 自 分 が 死 ねばそれですむ (295) 地 とむら 球 の 最 北 の 果 てへ 行 く 弔 いの 薪 を 積 みあげ このみじめなからだを 燃 やして 灰 に してやろう その 残 骸 が 詮 索 好 きの 不 浄 のやからに 光 をあたえ 自 分 のようなもの がまた 創 られることのないように おれは 死 ぬ (296) 今 は 死 がたったひとつの 慰 めだ 罪 に 穢 れ にがい 悔 恨 にひき 裂 かれて 死 以 外 のどこに 安 らぎがある? しょうよう (296) 等 々 このように 絶 望 のどん 底 で 打 ちひしがれ 従 容 として 死 に 赴 く 怪 物 の 意 志 を もはや 誰 にも 疑 ういわれなどないのだと 見 るべきであろう 8) なるほど 脳 科 学 や 生 命 工 学 がさかんにもてはやされるようになった 今 日 におい てでさえ 操 縦 器 によって 外 から 操 る 鉄 人 28 号 レベルのロボットならいざ 知 らず 自 らの 意 志 をもって 行 動 する 鉄 腕 アトム タイプの 製 作 は どうやらまだ 当 分 のあいだ 成 功 する 見 込 みはなさそうである とはいっても 大 衆 的 な 好 奇 のま なざしと 射 幸 心 が 科 学 者 の 恣 意 や 野 心 を 煽 りたて マッド サイエンティストの そうせい 叢 生 を 可 能 ならしめるのだとするならば フランケンシュタイン に 見 られる 悲

15 61 劇 の 可 能 性 は 今 後 とも なお 完 全 に 排 除 することはできないものと 受 け 止 めなけ ればなるまい

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

キェルケゴール研究

キェルケゴール研究 新 キェルケゴール 研 究 第 13 号 109 須 藤 孝 也 キルケゴールと キリスト 教 界 書 評 米 沢 一 孝 今 年 2015 年 は セーレン キルケゴール *1 の 没 後 160 年 である 彼 は 近 現 代 の 思 想 家 に 分 類 されるが もはや 現 代 の 思 想 家 ではない 彼 の 生 きた 現 代 すなわち19 世 紀 前 半 から 中 葉 と 我 々が 生 きる21

More information

fence2.indd

fence2.indd 2 3 久 仁 彦 / 5 8 阪 市 パ ソ セ チ 基 践 遊 士 情 緒 最 限 組 織 枯 渇 発 創 造 続 2 龍 谷 談 室 ウ セ 8 龍 谷 ウ セ グ 課 程 講 兼 職 国 際 ァ 席 己 性 3 2 月 龍 谷 退 職 在 デ 研 究 普 及 注 日 講 客 参 加 験 ぐ 即 興 演 独 創 即 興 演 芸 術 面 演 客 > 久 仁 彦 久 仁 彦 2 8 月 末 阪 應

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

暗闇の裁き

暗闇の裁き 暗 闇 の 裁 き Ⅰ 橘 龍 悟 生 あ る も の は や が て 死 に 直 面 し 滅 び 消 え 去 っ て し ま う ど ん な に 逃 れ よ う と し て も そ れ は 確 実 に 目 の 前 に や っ て く る そ し て そ れ が つ い に 私 の 目 の 前 に こ の 私 の 目 の 前 に 現 れ た の だ 死 に た く な い よ う と 叫 ん で み

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

極悪人の肖像.indd

極悪人の肖像.indd 解 説 真 田 啓 介 訳 255 258 極 肖 像 5 目 次 Portrait of a Scoundrel 1938 by Eden Phillpotts 要 登 場 物 三 長 次 妻 パ 息 メ デ パ 乳 母 ノ マ パ 警 視 庁 警 部 ェ ポ 金 融 ェ デ ポ ェ 娘 ホ ワ ヘ ッ 師 ッ ベ 警 視 庁 任 警 部 序 文 利 己 和 軋 轢 招 反 社 会 徳 違 影 響

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 ta73 注 意 項 P D F メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 一 命 捨 生 変 不 死 身? 体 加 減 色 々 1 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 目 次 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 朝 起 夜 寝 成 数 年 後 晩

More information

森田草平_「三四郎」

森田草平_「三四郎」 5 猫 今 数 年 前 最 手 近 周 囲 描 昨 今 周 囲 描 白 主 猫 材 料 取 扱 多 少 相 違 形 式 猫 無 責 任 6 損 益 有 親 炙 ゃ 方 観 察 数 物 猫 二 つ 挙 げ ざ 得 吾 輩 猫 猫 役 勤 福 岡 県 京 都 郡 真 崎 村 小 川 今 み や 年 熊 本 高 等 学 校 卒 業 東 京 文 科 大 学 へ 青 年 間 猫 存 在 無 視 せ 心 使 周

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794 茨 邪 昔 BNKN 注 意 事 項 P D F フ ァ イ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 茨 木 霍 娥 取 扱 日 記 初 投 稿 至 ぬ 点 多 々 温 目 や ( 血 涙 ) 茨 邪 昔 目 次 1 茨

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

教 育 機 関 に 相 当 )についての 規 定 がなされる 大 きな 変 化 があったのは 1899 年 の 高 等 女 学 校 令 中 学 校 令 改 正 である これは 1 県 に 尐 なくとも 1 校 は 高 等 女 学 校 を 設 立 することが 規 定 されたもので 男 子 向 け 中

教 育 機 関 に 相 当 )についての 規 定 がなされる 大 きな 変 化 があったのは 1899 年 の 高 等 女 学 校 令 中 学 校 令 改 正 である これは 1 県 に 尐 なくとも 1 校 は 高 等 女 学 校 を 設 立 することが 規 定 されたもので 男 子 向 け 中 2012 年 1 月 7 日 小 熊 英 二 研 究 会 2 近 代 社 会 研 究 総 合 政 策 学 部 3 年 70906121(s09612tn) 中 村 珠 希 女 子 校 出 身 者 における 趣 味 趣 向 性 格 的 社 会 的 傾 向 を 問 う( 仮 ) < 問 題 意 識 > 大 きなテーマとして 私 の 中 にあるのは これからの 日 本 における 女 性 教 育 の 検 討

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

表紙.indd

表紙.indd コミュニティ 通 訳 の つなぐ 行 為 にみる 橋 渡 しとは 三 木 紅 虹 みなみ 市 民 活 動 多 文 化 共 生 ラウンジ コーディネーター NPO 法 人 MICかながわ 中 国 語 医 療 通 訳 はじめに 近 年 各 自 治 体 や 国 際 交 流 協 会 など 民 間 団 体 において コミュニティ 通 訳 が 無 視 できない 存 在 となりつつあるが その 人 材 の 育 成

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚 グ グ? 質 問 エ 答 ょ 々 折 闘 与 タ 添 進 エ ネ ギ 注 不 測 ブ 起 関 係 レ ふ む 余 裕 必 死 片 付 多 姿 瞬 好 苦 労 末 ェ 功 グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚

More information

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc 2006.4.29 台 湾 における 憲 法 と 市 民 社 会 陳 志 明 本 報 告 では まず 台 湾 における 憲 法 の 変 遷 とその 歴 史 的 社 会 的 背 景 をたどった 上 で 憲 法 と 市 民 社 会 との 関 わり そして 東 アジア 規 模 での 課 題 について 考 える Ⅰ 蒋 介 石 蒋 経 国 政 権 期 1. 中 華 民 国 憲 法 の 制 定 台 湾 の 憲

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63> 第 1 章 医 療 関 連 の 法 令 遵 守 及 び 職 業 倫 理 1. 医 師 歯 科 医 師 のプロフェショナリズム 我 が 国 では 医 学 の 進 歩 に 伴 い 平 均 寿 命 は 男 性 78 歳 女 性 85 歳 に 達 し 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 の 低 下 妊 産 婦 死 亡 率 の 低 下 心 疾 患 による 年 齢 調 整 死 亡

More information

nck_01.indd

nck_01.indd 論 Ⅰ 何 9 ジ ャ ナ ス ト 忠 衛 杏 林 学 名 誉 教 授 江 永 清 華 学 教 授 歩 平 科 学 院 近 代 史 研 究 長 論 Ⅰ 何 10 注 記 座 談 五 六 月 北 実 施 発 今 五 指 物 肩 書 役 職 当 時 論 Ⅰ 何 11 冷 経 熱 関 係 数 間 関 係 冷 経 熱 葉 通 経 済 貿 易 順 調 成 長 四 毎 桁 伸 び 率 示 治 関 係 途 両 脳

More information

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵 礼 旧 消 登 道 標 宅 使 総 門 ゆ 納 交 仲 関 住 助 掛 確 礼 率 低 因 孕 絡 配 偶 嫌 易 申 訳 市 住 宅 乖 掛 金 視 貌 視 終 態 総 昭 〇 段 階 診 所 〇 昇 厚 渡 証 誇 伴 槍 玉 挙 終 占 幸 福 移 昨 隣 押 幼 所 母 繋 較 短 迎 馳 勘 滅 振 運 族 構 処 術 回 打 族 ギ 呈 技 術 勢 素 晴 司 放 患 側 救 遠 昔 僧

More information

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 度 担 各 優 秀 及 投 稿 象 部 委 及 委 審 査 厳 正 審 査 経 ( ) 七 ( 四

More information

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解 低 国 連 内 閣 府 公 機 関 調 査 明 豊 答 簡 単 学 校 入 コ ツ コ ツ 勉 企 業 世 ビ ネ キ 磨 起 3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D> 学 科 共 通 科 目 (2009 年 度 ) 比 較 思 想 研 究 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 における 善 と 悪 第 13 回 (その1) 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 と 日 本 の 仏 教 特 に 親 鸞 において 善 と 悪 がどう 扱 われてい るかを 論 じる 3.1キリスト 教 における 善 と 悪 キリスト 教 では 善 悪 の 基 準

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

P A L M I S T R Y H A P P Y - L I F E 絵 空 師 典 ん 社 動 発 展 ゆ 刻 々 化 ゆ 環 境 来 知 来 1 アドバイザー 絵 空 師 著 3 目 次 接 4 間 6 付 根 伸 8 秘 十 字 形 1 0 月 丘 1 2 ひ 途 止 1 4 知 止 1 6 障 害 遮 1 8 補 助 2 0 端 十 字 形 止 2 2 端 規 則 雑 2 4 起 点

More information

出版人017_08月号京谷02.indd

出版人017_08月号京谷02.indd 1 ょむ 198 ネ 配 属 000 3 ネ ブ 000 へ 異 動 001 休 伴 再 び ブ00 10 広 告 へ 異 動 010 早 期 退 応 募 退 営 011 7 志 木 電 籍 成 電 籍 デ タ 検 品 正 制 作 販 手 ブ 遺 天 巻 返 周 考 ご 存 圧 倒 昭 和 都 阪 院 研 究 退 院 研 究 修 了 チ ツ ハ 留 師 博 士 右 都 際 育 福 県 1 級 弁 護

More information

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通 ー 12 ー 続 平 敏 回 私 猫 参 姿 夢 ン テ ク ス 語 変 哲 笑 背 必 応 転 化 構 回 特 問 騒 ぎ 座 被 頁 図 版 参 照 命 高 等 校 科 副 有 名 筆 小 頃 駄 菓 屋 瓶 入 ー ラ ス プ ラ イ 必 置 店 頭 豪 快 ラ ッ パ 飲 友 ゃ 差 飲 口 冷 汗 再 ジ ュ ー ス 瓶 終 割 公 園 遊 遊 具 穴 起 合 下 半 身 焦 燥 自 可

More information

ニュースレターvol_2.indd

ニュースレターvol_2.indd 般 氏 16 敗 悪 他 帝 ザ 急 陸 尉 佐 蔵 庁 銀 製 鉄 郵 船 エ 試 近 麿 條 陸 僚 聞 克 防 庁 終 礎 友 尋 答 既 24-5 Sakuragaoka-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0031 Tel: 03-5456-8082 Fax: 03-5456-8388 Mail: info@japancivilization.org http://www.japancivilization.org/

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ 教 学 教 化 専 門 委 員 会 主 査 木 越 渉 宗 祖 親 鸞 聖 人 七 百 五 十 回 御 遠 忌 は 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 し た 東 日 本 大 震 災 に よ り 法 要 の 第 一 期 が 中 止 さ れ 被 災 者 支 援 の つ ど い が 執 り 行 わ れ た こ の 決 定 か ら 御 遠 忌 そ の も の の 意 義 が 様 々 に 問 わ れ

More information

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd 母 明 ぼ 仮 扉 横 須 賀 輝 尚 3 面 識 神 田 昌 典 氏 マ ケ 識 勇 気 田 健 氏 物 語 温 気 持 ナ ポ レ オ ヒ 哲 恵 マ ユ モ 溢 五 感 使 数 者 ノ ウ ハ ウ 挙 申 訳 憎 読 増 由 関 係 豊 4 5 信 夢 必 叶 結 局 売 疑 奥 底 周 囲 む ぜ ぜ ジ レ マ 々 普 通 平 凡 キ 識 向 無 平 凡 レ ッ 持 諦 駄 投 葉 丈 夫

More information

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた 拉 致 被 害 者 等 への 今 後 の 支 援 策 の 在 り 方 について( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 8 月 拉 致 問 題 対 策 本 部 関 係 省 庁 拉 致 問 題 連 絡 会 ( 支 援 幹 事 会 ) 目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2)

More information

の 命 題 従 って 哲 学 とは 何 の 関 係 もないこと これ 以 外 の 何 も 語 らない というものであ る ( 論 考 6.53 奥 雅 博 訳 以 下 同 様 )とか 哲 学 はまさにあらゆることを 立 言 するだ けであって 何 事 も 説 明 せず 何 事 も 推 論 しない (

の 命 題 従 って 哲 学 とは 何 の 関 係 もないこと これ 以 外 の 何 も 語 らない というものであ る ( 論 考 6.53 奥 雅 博 訳 以 下 同 様 )とか 哲 学 はまさにあらゆることを 立 言 するだ けであって 何 事 も 説 明 せず 何 事 も 推 論 しない ( イロニー 的 な 主 体 としてのウィトゲンシュタインについて -WS ウィトゲンシュタイン:その 生 と 思 想 から 受 け 取 りうるもの 提 題 要 旨 - 鬼 界 彰 夫 1.ウィトゲンシュタインから 我 々が 受 け 取 りうるものとしての 哲 学 の 仕 方 ウィトゲンシュタインから 我 々が 受 け 取 りうるもの とは 彼 以 外 からは 受 け 取 ること のできないもの あるいはできそうにないものでなければならないだろう

More information

大阪大学法学部同窓会 青雲会 懸賞論文

大阪大学法学部同窓会 青雲会 懸賞論文 大 阪 大 学 法 学 部 同 窓 会 青 雲 会 懸 賞 論 文 死 刑 にあたる 罪 についての 公 訴 時 効 廃 止 の 是 非 法 学 部 法 学 科 1 回 生 浅 岡 遼 太 郎 包 末 成 留 美 五 味 洋 平 松 本 真 弥 代 表 : 五 味 洋 平 1 死 刑 にあたる 罪 についての 公 訴 時 効 廃 止 の 是 非 大 阪 大 学 法 学 部 法 学 科 1 回 生 浅

More information

経 済 利 益 追 求 至 上 主 義 が 今 日 国 際 社 会 で 批 判 を 受 けています これと 表 裏 一 体 の 関 係 を なしているのが 国 内 における 生 産 企 業 重 視 の 政 治 行 政 経 済 体 制 です 本 来 政 治 経 済 も 機 構 制 度 も 生 活 者

経 済 利 益 追 求 至 上 主 義 が 今 日 国 際 社 会 で 批 判 を 受 けています これと 表 裏 一 体 の 関 係 を なしているのが 国 内 における 生 産 企 業 重 視 の 政 治 行 政 経 済 体 制 です 本 来 政 治 経 済 も 機 構 制 度 も 生 活 者 公 明 党 綱 領 一 生 命 生 活 生 存 の 人 間 主 義 公 明 党 は 生 命 生 活 生 存 を 最 大 に 尊 重 する 人 間 主 義 を 貫 き 人 間 人 類 の 幸 福 追 求 を 目 的 とする 開 かれた 国 民 政 党 です 人 類 史 的 転 換 期 と 呼 ばれる 二 十 世 紀 から 二 十 一 世 紀 への 時 代 の 大 転 機 に 立 って 今 日 の 状

More information

7 情緒障害

7 情緒障害 Ⅶ 情 緒 障 害 情 緒 障 害 と は, 状 況 に 合 わ な い 感 情 気 分 が 持 続 し, 不 適 切 な 行 動 が 引 き 起 こ さ れ, そ れ ら を 自 分 の 意 思 で は コ ン ト ロ ー ル で き な い こ と が 継 続 し, 学 校 生 活 や 社 会 生 活 に 適 応 で き な くな る 状 態 を い う 1 情 緒 障 害 の ある 子 供 の

More information

(セクシュアルハラスメントの 禁 止 ) 第 条 性 的 言 動 により 他 の 労 働 者 に 不 利 益 や 不 快 感 を 与 えることや 就 業 環 境 を 害 するようなことをしてはならない 1 職 場 におけるセクシュアルハラスメントを 防 止 するため 事 業 主 は 雇 用 管 理

(セクシュアルハラスメントの 禁 止 ) 第 条 性 的 言 動 により 他 の 労 働 者 に 不 利 益 や 不 快 感 を 与 えることや 就 業 環 境 を 害 するようなことをしてはならない 1 職 場 におけるセクシュアルハラスメントを 防 止 するため 事 業 主 は 雇 用 管 理 5 就 業 規 則 ( 服 務 休 暇 福 利 厚 生 等 ) 関 係 介 護 サービス 事 業 所 施 設 の 事 業 規 模 にかかわらず 職 員 が 安 心 して 働 け る 明 るい 職 場 を 作 ることは すべての 事 業 所 施 設 にとって 重 要 なことです そのためには あらかじめ 就 業 規 則 等 で 労 働 時 間 や 賃 金 をはじめ 人 事 服 務 規 律 など 職 員

More information

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地 韓 国 は 日 本 なしには 北 朝 鮮 と 戦 えない それでも 反 日 政 策 を 続 けるのか? 樋 口 譲 次 日 本 は 韓 国 防 衛 の 生 命 線 わが 国 に 在 韓 国 連 軍 後 方 司 令 部 が 置 かれている 事 実 を 知 っている 国 民 は それほど 多 くはないであろう 在 韓 国 連 軍 は 1950 年 6 月 の 朝 鮮 戦 争 勃 発 にともない 国 連

More information

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より 保 守 主 義 の 哲 学 --- 桜 宮 高 校 事 件 に 観 る 橋 下 徹 の 白 紙 (リセット) 思 想 の 危 険 な 本 質 についての 考 察 --- まず 産 経 新 聞 記 事 からの 抜 粋 市 教 委 入 試 可 否 21 日 に 判 断 妥 協 案 も 浮 上 橋 下 市 長 は 在 校 生 に 直 接 説 明 へ ( 産 経 新 聞 2013.1.20 22:12) 大

More information

001-008_cs4.indd

001-008_cs4.indd 001 じ モ モ 問 目 プ 言 物 儲 む 放 勝 手 無 世 競 山 ほ 与 受 入 側 容 量 限 消 財 布 ヒ モ 相 当 側 戦 略 構 築 効 果 販 狙 魅 力 開 発 価 格 販 チ 用 意 ュ ニ ョ 気 購 起 存 在 特 徴 解 他 違 認 店 頭 足 運 通 販 サ へ セ 購 入 首 尾 成 功 目 達 成 疑 問 提 出 002 世 界 優 安 良 び 購 入 言 残

More information

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx 意 見 書 案 第 7 号 最 低 賃 金 の 改 定 等 に 関 する 意 見 書 日 本 経 済 の 先 行 きについては 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 が 続 く 中 で 緩 やかな 回 復 に 向 かう ことが 期 待 される 一 方 昨 年 11 月 に 国 が 発 表 した 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けて 緊 急 に 実 施 すべき 対 策 では 最 低 賃

More information

           3か4か 

           3か4か  - 日 本 の 漁 船 - 和 船 の 登 場 と 発 達 三 浦 福 助 日 本 の 船 の 歴 史 を 見 ると 縄 文 時 代 の 丸 木 舟 から 始 まり やがて 木 材 を 組 合 わせた 構 造 船 ( 和 船 と 呼 ぶことにします)が 出 現 します これがいつの 時 代 かはわかりませんが 古 墳 時 代 になるとそのような 船 が 海 に 浮 かんだものと 思 います 1 遣

More information

会 社 規 程 PAGE 2 (5) 卒 業 証 明 書, 健 康 診 断 書 1 通 (6)その 他 会 社 が 必 要 と 認 めた 書 類 2. 既 労 働 者 で 選 考 に 合 格 した 者 は 前 項 の 他 に 次 の 書 類 を 提 出 する (1) 源 泉 徴 収 票 ( 給 与,

会 社 規 程 PAGE 2 (5) 卒 業 証 明 書, 健 康 診 断 書 1 通 (6)その 他 会 社 が 必 要 と 認 めた 書 類 2. 既 労 働 者 で 選 考 に 合 格 した 者 は 前 項 の 他 に 次 の 書 類 を 提 出 する (1) 源 泉 徴 収 票 ( 給 与, 会 社 規 程 就 業 規 則 PAGE 1of 11 第 1 条 第 2 条 第 3 条 第 4 条 第 5 条 第 1 章 総 則 目 的 この 規 程 は 会 社 が 営 業 する 事 業 所 に 於 ける 従 業 員 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 める 適 用 範 囲 会 社 が 指 定 する 事 業 所 に 於 いて 勤 務 する 従 業 員 について 適 用 する 但 し 従

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

文化連情報8月389号.indd

文化連情報8月389号.indd 正 総 合 略 死 臓 器 摘 死 至 ゆ 安 レ バ ボ 取 除 般 従 遷 疎 困 難 特 徴 刺 激 与 ェ ュ 為 促 続 偶 付? 視 線 向 追 右 左 管 膀 胱 挿 声 様 好 音 楽 聴 試 声 録 音 聴 希 望 直 接 般 簡 隅 形 再 驚 ふ 左 伸 首 抱 作 口 ゆ 偶 常 化 情 報 緒 = 種 常 光 濃 厚 報 酬 高 評 与 遅 デ 効 徐 打 費 適 配 部

More information

ケーススタディ 3 死 刑 求 刑 事 件 の 上 告 審 弁 論 期 日 の 欠 席 問 題 村 岡 啓 一 はじめに 2006 年 6 月 20 日 最 高 裁 第 三 小 法 廷 は いわゆる 山 口 県 光 市 母 子 殺 害 事 件 につき 検 察 官 の 上 告 趣 意 ( 判 例 違

ケーススタディ 3 死 刑 求 刑 事 件 の 上 告 審 弁 論 期 日 の 欠 席 問 題 村 岡 啓 一 はじめに 2006 年 6 月 20 日 最 高 裁 第 三 小 法 廷 は いわゆる 山 口 県 光 市 母 子 殺 害 事 件 につき 検 察 官 の 上 告 趣 意 ( 判 例 違 Title 刑 事 弁 護 人 の 役 割 と 倫 理 村 岡, 啓 一 ; 川 崎, 英 明 ; 指 宿, 信 ; 武 井, 康 年 ; 大 出, 良 知 ; 高 田, 昭 正 ; 上 田, 信 太 郎 ; 上 田, 國 廣 ; 白 取, Author(s) 祐 司 ; 森 下, 弘 ; 水 谷, 規 男 ; 加 藤, 克 佳 ; 田 淵, 浩 二 ; 四 宮, 啓 Citation Issue

More information

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 集 顔 英 編 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 監 修 目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 富 樫 康 野 亜 紀 建 設 道 務

More information

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5 稲 穂 談 恭 6 8 転 換 膨 ゆ 背 景 死 到 迫 二 向 課 話 書 密 着 材 サ マ 谷 工 労 働 ず 差 男 独 舎 努 力 工 営 労 働 独 酒 ぼ 体 貧 困 陥 差 観 点 典 舎 距 離 遠 南 北 5キ ロ 司 : ゆ 9 回 稲 穂 編 集 委 員 子 背 景 膨 続 抑 制 塊 75 歳 5 向 改 革 急 ピ チ 進 舵 切 包 括 ア シ ム づ 続 機 床 削

More information

【太陽の花】 江雪左文字+女審神者

【太陽の花】 江雪左文字+女審神者 太 陽 + ハ ロ ー ハ ロ ー ご ざ テ ョ 乱 舞 未 プ 民 前 別 別 意 地 根 性 喋 色 々 考 結 果 素 直 悩 過 ぎ 欝 病 発 症 系 苦 解 決 策 与 改 め 直 メ ー ジ 遠 知 ぁ 国 ゴ メ ナ サ 国 育 卉 農 家 皆 ゴ メ ナ サ 咲 ホ 季 節 表 ホ 万 歳 太 陽 + 茎 訊 名 前 輪 草 ゅ 名 知 度 私 漢 判 易 輪 草 草 紛 意 味

More information

<5B959588F35D2C5B8389836283705D2C5B94AB5D82CC918A8CDD8AD68C5782C98AD682B782E98D6C8E40817C825283898362837082C694AB82CD93AF8E9E8AFA2E6169>

<5B959588F35D2C5B8389836283705D2C5B94AB5D82CC918A8CDD8AD68C5782C98AD682B782E98D6C8E40817C825283898362837082C694AB82CD93AF8E9E8AFA2E6169> 封 印 ラッパ 鉢 の 記 述 は 伝 統 的 な 解 釈 として 最 後 の 封 印 で 7 つのラッパが 吹 かれ 最 後 でのラッパで 7 つの 鉢 が 注 がれるという 入 れ 子 構 造 になっていると 言 われてい ますが 先 ず 封 印 は 予 告 編 であることを 確 認 しました 封 印 と ラッパ の 関 連 については はっきりと 聖 句 で 述 べられています ( 啓 示 8:1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63> 地 域 空 間 における 景 観 利 益 - 国 立 市 マンション 事 件 東 京 地 裁 判 決 をめぐって 本 ファイルは 地 域 政 策 あすの 三 重 No.9(2003.7)28-33 頁 に 掲 載 して いただいた 拙 稿 の 草 稿 段 階 のものです 公 表 に 当 たり 若 干 の 修 正 を 加 えていま すので 本 草 稿 の 無 断 引 用 はご 遠 慮 下 さい 引 用

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

異世界で「マインクラフト」 ID:24410

異世界で「マインクラフト」 ID:24410 kouji 注 意 事 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 中 品 自 動 的 P D F 化 小 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F ァ 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 起 事 話 ぜ! 付 わ ね お さ わ 頭 ど 転 生 憑 依 じ ゃ 断 じ ね 恐 片 鱗 味 わ ぜ 後 続 編 み 逝 誤 字 非 ず 八 五 次 1 八

More information

№ 1

№ 1 干 支 九 星 による 今 年 ( 甲 午 年 )の 運 勢 平 成 26 年 2 月 4 日 ~ 平 成 27 年 2 月 4 日 暗 剣 殺 壬 寅 三 碧 辛 丑 二 黒 丁 酉 七 赤 戊 戌 八 白 甲 午 四 緑 己 亥 九 紫 歳 破 庚 子 一 白 丙 申 六 白 乙 未 五 黄 1 月 1 日 ~2 月 3 日 ( 節 分 )までに 生 まれた 方 は 前 年 の 九 星 十 二

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

「ベ平連」・回顧録でない回顧

「ベ平連」・回顧録でない回顧 小 田 全 評 論 第 19 巻 顧 録 顧 目 次 1 ぜ 6 2 24 3 被 害 加 害 難 死 42 4 間 間 努 力 6 5 8 6 暴 力 非 暴 力 暴 力 98 7 117 8 六 〇 保 七 〇 保 九 〇 保 135 9 間 際 帯 154 1 脱 走 兵 現 物 173 番 外 編 ザ フ 激 192 11 脱 走 兵 明 確 22 12 為 鎖 応 238 13 背 中

More information

第1 謝罪・名誉回復について

第1 謝罪・名誉回復について 2012 年 5 月 17 日 厚 生 労 働 大 臣 小 宮 山 洋 子 殿 平 成 24 年 度 ハンセン 病 問 題 対 策 協 議 会 統 一 要 求 書 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 原 告 団 協 議 会 全 国 ハンセン 病 療 養 所 入 所 者 協 議 会 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 弁 護 団 連 絡 会 第 1 謝 罪 名 誉

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

Taro-外国人研修生意見書(弁連)

Taro-外国人研修生意見書(弁連) 外 国 人 研 修 技 能 実 習 制 度 の 法 改 正 に 対 する 意 見 書 2009 年 2 月 9 日 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 殿 法 務 大 臣 森 英 介 殿 外 務 大 臣 中 曽 根 弘 文 殿 厚 生 労 働 大 臣 舛 添 要 一 殿 経 済 産 業 大 臣 二 階 俊 博 殿 国 土 交 通 大 臣 金 子 一 義 殿 外 国 人 研 修 生 問 題 弁 護

More information

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd 美 彦 着 六 三 造 経 労 組 合 運 字 泊 ホ 伸 午 ホ 質 素 座 街 並 眺 羽 場 沈 羽 根 ふ 浴 激 素 晴 社 主 義 太 犬 連 兵 士 犬 驚 立 肌 寒 厚 灰 色 雲 淀 有 冷 戦 題 写 真 載 写 真 デ デ 立 図 館 合 ひ 高 県 6 7 ボ 籍 2 0 0 4 京 院 定 退 職 現 ボ 研 究 : 芸 : 2 気 づ 夫 容 疑 捜 査 及 危 険 託

More information

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 1 ゆ 舞 運 命 神 ナタワダ 3 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 音 医 者 芝 居 身

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83748346835883675F92F18CBE967B95B6814589FC92F994C55B315D205F8F43959C8DCF82DD5F2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83748346835883675F92F18CBE967B95B6814589FC92F994C55B315D205F8F43959C8DCF82DD5F2E646F6378> マニフェストをどう 読 むべきか - 国 民 の 問 いかける 力 こそが 政 策 をつくる- はじめに 東 京 財 団 研 究 員 政 策 プロデューサー 亀 井 善 太 郎 / 佐 藤 孝 弘 / 冨 田 清 行 本 提 言 は 眼 前 に 迫 る 国 政 選 挙 を 迎 えるにあたって 日 本 国 民 一 人 一 人 がマニフェストを 読 む 際 念 頭 におくべき 考 え 方 をまとめたものである

More information

たことも 今 後 のエネルギ 政 策 を 考 える 上 で 重 要 である (この 投 票 結 果 は 若 者 はインター ネットなどで メディア 以 外 の 情 報 を 比 較 的 多 く 入 手 しているからとも 考 えられる) アンケート 結 果 の 15% 以 下 という 数 値 が 3.1

たことも 今 後 のエネルギ 政 策 を 考 える 上 で 重 要 である (この 投 票 結 果 は 若 者 はインター ネットなどで メディア 以 外 の 情 報 を 比 較 的 多 く 入 手 しているからとも 考 えられる) アンケート 結 果 の 15% 以 下 という 数 値 が 3.1 私 の 意 見 政 治 家 への 期 待 碇 本 岩 男 1 まえがき 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 の 事 故 から 約 3 年 が 経 過 し 多 くの 科 学 的 客 観 的 事 実 が 明 らか になっているにも 関 わらず 相 変 わらず 恣 意 的 ( 間 違 った) 情 報 を 鵜 呑 みにし 脱 原 発 を 安 易 に 口 にする 政 治 家 がいる エネルギ 政 策 原

More information

13 為 湛 浮 層 宛 括 掬 暑 栽 雨 地 傾 草 混 覧 ぜ ~ 暗 周 辺 計 帝 母 育 帝 際 皮 肉 託 右 強 悲 時 面 半 栽 雨 堪 雨 栽 草 混 雨 付 堪 掬 = 母 訴 母 父 好 懇 願 名 づ 紛 存 覧 ぜ 儀 取 次 頃 起 末 耳 ょ ぜ 訊 詞 眺 明 栽

13 為 湛 浮 層 宛 括 掬 暑 栽 雨 地 傾 草 混 覧 ぜ ~ 暗 周 辺 計 帝 母 育 帝 際 皮 肉 託 右 強 悲 時 面 半 栽 雨 堪 雨 栽 草 混 雨 付 堪 掬 = 母 訴 母 父 好 懇 願 名 づ 紛 存 覧 ぜ 儀 取 次 頃 起 末 耳 ょ ぜ 訊 詞 眺 明 栽 12 1 稿 就 込 綴 尽 海 士 苫 屋 余 報 憂 2 斎 選 飛 鳥 井 君 亡 ぼ 痛 包 ぜ 優 柔 断 軽 率 抱 仲 介 役 ゅ 納 典 典 報 相 応 答 応 答 摘 3 御 癖 九 ヴ ァ エ シ ョ ン 枚 挙 去 満 戴 括 必 報 虚 鈴 木 泰 恵 13 為 湛 浮 層 宛 括 掬 暑 栽 雨 地 傾 草 混 覧 ぜ ~ 暗 周 辺 計 帝 母 育 帝 際 皮 肉 託 右

More information

15 分 間 我 慢 できたらマシュマロをもう 1 個 あげる 途 中 で 食 べたくなったら ベルを 押 せ ば 食 べられる ことを 伝 え 子 どもを 部 屋 に 1 人 にする 実 験 結 果 は 15 分 待 てた 子 どもは 全 体 の 3 分 の 1 以 下 我 慢 できた 子 は 手

15 分 間 我 慢 できたらマシュマロをもう 1 個 あげる 途 中 で 食 べたくなったら ベルを 押 せ ば 食 べられる ことを 伝 え 子 どもを 部 屋 に 1 人 にする 実 験 結 果 は 15 分 待 てた 子 どもは 全 体 の 3 分 の 1 以 下 我 慢 できた 子 は 手 連 続 講 演 会 東 京 で 学 ぶ 京 大 の 知 シリーズ 15 こころの 未 来 - 私 たちのこころは 何 を 求 めているのか- 第 2 回 自 分 の 意 思 で 決 めるとはどういうことか? 心 理 学 と 脳 科 学 の 視 点 から 京 都 大 学 が 東 京 品 川 の 京 都 大 学 東 京 オフィス で 開 く 連 続 講 演 会 東 京 で 学 ぶ 京 大 の 知 のシリーズ

More information

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版)

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版) 広 島 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 35 回 ) 議 事 概 要 第 1 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 16 日 ( 月 ) 午 前 9 時 45 分 第 2 開 催 場 所 広 島 地 方 裁 判 所 第 一 会 議 室 第 3 出 席 者 [ 委 員 ] 江 種 則 貴, 大 久 保 隆 志, 後 藤 友 之, 小 西 洋, 佐 々 木 和 宏, 髙 尾 ひとみ, 平 岡

More information

3-2藤井賢治修正

3-2藤井賢治修正 マーシャル 的 研 究 計 画 の 可 能 性 : 技 術 競 争 と 組 織 的 知 識 生 産 青 山 学 院 大 学 藤 井 賢 治 * 報 告 集 レジュメは A4で6 枚 が 上 限 とされており 1 2 5 節 のみを 全 文 掲 載 し 3 節 4 節 については 概 略 を 示 すにとどめた また 引 用 文 の 大 半 と 脚 注 参 考 文 献 も 省 略 し た 本 報 告 の

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

術 さらには 歌 の 上 手 さそのものの 比 較 や 競 争 が 可 能 となった 一 方 で インターネットが 広 く 家 庭 に 普 及 して 音 楽 の 情 報 化 が 進 むと 2000 年 代 中 ごろに 登 場 した YouTube などの 共 有 動 画 サービスに 歌 手 本 人

術 さらには 歌 の 上 手 さそのものの 比 較 や 競 争 が 可 能 となった 一 方 で インターネットが 広 く 家 庭 に 普 及 して 音 楽 の 情 報 化 が 進 むと 2000 年 代 中 ごろに 登 場 した YouTube などの 共 有 動 画 サービスに 歌 手 本 人 歌 う 行 為 の 再 帰 的 近 代 化 カラオケから 歌 ってみた への 身 体 的 変 容 0. 概 要 本 稿 では 歌 う という 行 為 について その 身 体 性 と 社 会 性 の 両 面 から 考 察 する 具 体 的 には 歌 唱 の 可 能 性 を 生 身 の 人 間 から 引 き 離 したに 見 える VOCALOID の 登 場 が いわゆる 歌 ってみた という 現 象

More information

エフエム長崎放送番組基準

エフエム長崎放送番組基準 エフエム 長 崎 放 送 番 組 基 準 株 式 会 社 エフエム 長 崎 は 放 送 事 業 を 通 じて 平 和 な 社 会 の 実 現 と 公 共 の 福 祉 文 化 の 向 上 に 寄 与 し 産 業 と 経 済 の 繁 栄 に 貢 献 する この 自 覚 に 基 づき 民 主 主 義 の 精 神 に 従 い 基 本 的 人 権 と 世 論 を 尊 重 し 言 論 と 表 現 の 自 由 を

More information

1 傷 害 罪 における 承 継 的 共 同 正 犯 の 成 否 最 決 平 成 24 年 11 月 6 日 争 点 後 行 者 の 加 担 後 の 暴 行 が 共 謀 加 担 前 に 先 行 行 為 者 が 既 に 生 じさせていた 傷 害 を 相 当 程 度 悪 化 させた 場 合 の 傷 害

1 傷 害 罪 における 承 継 的 共 同 正 犯 の 成 否 最 決 平 成 24 年 11 月 6 日 争 点 後 行 者 の 加 担 後 の 暴 行 が 共 謀 加 担 前 に 先 行 行 為 者 が 既 に 生 じさせていた 傷 害 を 相 当 程 度 悪 化 させた 場 合 の 傷 害 刑 法 弁 護 士 内 藤 慎 太 郎 1 1 傷 害 罪 における 承 継 的 共 同 正 犯 の 成 否 最 決 平 成 24 年 11 月 6 日 争 点 後 行 者 の 加 担 後 の 暴 行 が 共 謀 加 担 前 に 先 行 行 為 者 が 既 に 生 じさせていた 傷 害 を 相 当 程 度 悪 化 させた 場 合 の 傷 害 罪 の 共 同 正 犯 の 成 立 範 囲 決 定 要 旨

More information

Microsoft Word - サブマリンダンス_8P_千装.doc

Microsoft Word - サブマリンダンス_8P_千装.doc 6 飛 び 乗 新 幹 線 座 席 確 保 苦 労 東 京 向 新 幹 線 故 郷 離 十 近 経 帰 省 回 末 ぐ 三 十 才 過 付 壮 域 家 今 部 屋 ほ ぼ 誰 使 勉 机 埃 ぶ サ 置 帰 省 際 車 背 番 号 サ ぬ 稔 名 聞 以 外 好 看 主 在 二 軍 今 回 サ ブ 青 森 県 東 北 地 方 色 白 朴 訥 表 情 長 痩 躯 校 甲 園 卒 業 位 入 団 働 期

More information

untitled

untitled 第 64 号 平 24 10 31 翌 桧 2 (ウェブ 宮 殿 ) 1 御 嶽 登 ( 頂 ) 2 能 機 械 2 夏 例 暑 続 彼 岸 晩 肌 寒 秋 翌 桧 昨 妻 副 訳 振 供 保 育 園 園 保 護 者 妻 保 護 者 色 制 舎 監 母 守 趣 ポ ツ ク ブ ソ ボ サ ク ブ 六 彼 ピ 襲 ナ 団 色 違 付 授 等 視 拡 ヒ 第 福 島 駅 伝 A ム 算 五 度 優 勝

More information

 パラオ基地物語 ID:45749

 パラオ基地物語 ID:45749 注 意 事 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ト ラ オ 物 語 作 者 名 香 夢 学 生 青 年 軍 少 佐! ラ オ 運 営 娘 常 楽 島 人 々 生 活 助 物 語 学 生 自 分 自 分 司 令

More information

年 の 事 そ し て 1592 年 か ら 始 ま っ た 7 年 間 の 戦 争 で こ う 考 え る と 日 韓 関 係 が 崩 れ た の は わ ず か な 期 間 で す 2300 年 の 間 韓 国 と 日 本 が 敵 対 関 係 だ っ た の は た っ た の 100 年 なの

年 の 事 そ し て 1592 年 か ら 始 ま っ た 7 年 間 の 戦 争 で こ う 考 え る と 日 韓 関 係 が 崩 れ た の は わ ず か な 期 間 で す 2300 年 の 間 韓 国 と 日 本 が 敵 対 関 係 だ っ た の は た っ た の 100 年 なの 日 本 と 韓 国 協 力 するためには 金 俊 佑 ( 韓 国 ) 私 は 幼 い こ ろ 日 本 に 住 ん で い ま し た ま だ 小 さ か っ た の で 記 憶 は 断 片 的 に し か あ り ませんが 日 本 に 対 しての 印 象 だけははっきりと 残 っています とても 暖 かくて かつ 穏 やかな 良 いイメージです 周 辺 に 公 園 が 多 く 自 然 が 身 近 に

More information

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史 争 町 内 回 覧 板 隣 ブ ク 偶 然 モ 家 母 習 好 聞 偶 然 む H P 書 ぜ 協 ニ グ ム 栄 養 血 肉 付 飯 食 健 康 保 脳 与 栄 養 失 調 論 下 活 投 合 後 悲 惨 状 態 念 実 ュ 比 谷 公 堂 ヌ コ 定 期 ケ NHK 交 響 7 亡 ュ 劇 場 4 グネホテ 隣 議 家 - 家 違 ふ 家 クク 聞 -ガ 研 究 所 室 耳 傾 家 性 声 聞

More information

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 利 用 請 求 に 対 する 処 分 に 係 る 審 査 基 準 平 成 27 年 2 月 18 日 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 ( 平 成 25 年 香 川 県 条 例 第 5 号 以 下 条 例 という )に 基 づく 特 定 歴 史 公 文 書 等 の 利 用 の 請 求 に 対 する

More information

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

Taro-『光と風と音の世界』阿字観

Taro-『光と風と音の世界』阿字観 - 1/5 - 光 と 風 と 音 の 世 界 ー 阿 字 観 実 修 についての 報 告 書 ー 平 成 4 年 4 月 教 学 部 提 出 教 化 研 究 員 川 上 修 詮 はじめに 仏 さまの 教 えは 人 生 は 苦 である というところから 始 まりました どう すればその 苦 しみから 逃 れられるのでしょうか それを 解 決 することが 一 生 を 安 楽 に 過 ごし 成 仏 するための

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

「再犯社会」が問う高齢社会像-「安全社会」から「安心社会」へ

「再犯社会」が問う高齢社会像-「安全社会」から「安心社会」へ ニッセイ 基 礎 研 究 所 No. 13-3 19 March 214 再 犯 社 会 が 問 う 高 齢 社 会 像 安 全 社 会 から 安 心 社 会 へ 社 会 研 究 部 主 任 研 究 員 土 堤 内 昭 雄 (3)3512-1794 doteuchi@nli-research.co.jp はじめに 213 年 3 月 末 旧 ライブドアの 元 社 長 ホリエモン こと 堀 江 貴 文

More information

青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下

青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下 青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下 8 12 続 書 籍 版 楽 下 コミッガイア 連 載 時 編 付 後 アップシド 総 集 編 士 郎 正 宗 ハ イパ 掲 載 士 郎 正 宗 自 身 よ 設 定 紹 介 んち 集 文 中 連 載 時

More information

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472 抜 錨! ロコモコ 注 意 項 P D F ル ハ メ ル 掲 載 作 品 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 2 年 月 4 日 オ ア 最 西 軍 基 地 サ ド 島 基 地 へ 上 陸 制 圧 作 支 援 参 加 級 番 数 回 渡 航 隊 攻 飽 和 攻 轟 間

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

( 続 紙 1 ) 京 都 大 学 博 士 ( 人 間 環 境 学 ) 氏 名 橋 本 周 子 論 文 題 目 グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 フランス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( 論 文 内 容 の 要 旨 ) 本 論 文 は 18 世 紀

( 続 紙 1 ) 京 都 大 学 博 士 ( 人 間 環 境 学 ) 氏 名 橋 本 周 子 論 文 題 目 グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 フランス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( 論 文 内 容 の 要 旨 ) 本 論 文 は 18 世 紀 Title グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 : フラ ンス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( Abstract_ 要 旨 ) Author(s) 橋 本, 周 子 Citation Kyoto University ( 京 都 大 学 ) Issue Date 2012-09-24 URL http://hdl.handle.net/2433/161026

More information

放 送 基 準 株 式 会 社 エフエム 鹿 児 島

放 送 基 準 株 式 会 社 エフエム 鹿 児 島 民 放 連 放 送 基 準 条 文 対 照 表 現 新 第 10 章 犯 罪 表 現 第 10 章 犯 罪 表 現 (70) 鉄 砲 刀 剣 類 の 使 用 は 慎 重 にし 殺 傷 の 手 段 については 模 倣 の 動 機 を 与 えないように 注 意 する (70) 銃 砲 刀 剣 類 の 使 用 は 慎 重 にし 殺 傷 の 手 段 については 模 倣 の 動 機 を 与 えないように 注

More information

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E>

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E> 42-00 42 00 審 理 の 終 結 及 び 再 開 1. 審 理 の 終 結 ( 結 審 ) 審 判 長 は 特 許 無 効 審 判 以 外 の 審 判 においては 事 件 が 審 決 をするのに 熟 し たときは 審 理 の 終 結 を 当 事 者 及 び 参 加 人 ( 以 下 単 に 当 事 者 という )に 通 知 し なければならない( 特 1561 実 41 意 52 商 561

More information

2 サ 対 米 宣 布 告 犯 致 意 味 枢 軸 確 ゼ 以 ソ 蚊 帳 設 筋 械 化 生 産 数 意 ~ 知 降 伏 直 艦 隊 枢 軸 側 接 収 防 ぐ 海 停 泊 艦 隊 沈 千 百 盟 ぇ ノ デ ィ 陸 空 罪 間 万 単 位 半 活 躍 派 ぎ 印 象 薄 W W 2 番 げ ム

2 サ 対 米 宣 布 告 犯 致 意 味 枢 軸 確 ゼ 以 ソ 蚊 帳 設 筋 械 化 生 産 数 意 ~ 知 降 伏 直 艦 隊 枢 軸 側 接 収 防 ぐ 海 停 泊 艦 隊 沈 千 百 盟 ぇ ノ デ ィ 陸 空 罪 間 万 単 位 半 活 躍 派 ぎ 印 象 薄 W W 2 番 げ ム 1 載 小 説 偏 態 第 77 偏 態 浦 俊 彦 miura toshihiko 分 野 皆 近 政 府 へ 示 証 拠 撤 余 勢 違 面 加 速 崩 崩 易 取 吉 田 清 治 虚 系 正 反 対 向 誤 報 違 材 料 利 用 杜 撰 勇 足 真 踏 荒 藪 朝 鮮 元 慰 婦 売 春 婦 給 料 主 張 ヤ 金 慰 所 テ ム 係 個 々 犯 罪 慰 婦 度 叩 活 動 家 役 立 証

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (22 年 度 末 ) A B 22 年 度 1,025,619 539,469,112 4,455,499 151,781,717 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年 度 の 件 費 率 28.1 27.9 (2)

More information

この 説 に 信 憑 性 があるかないか わたしにはよく 分 かりませんが 語 呂 が 良 いし 昔 の 親 父 は 確 かにおっかないところがあったから そこに 収 まるまでに 何 らかのいきさつがあ ったとしても 親 父 に 定 着 していったのでしょうか 一 昔 か 二 昔 前 には 子 ども

この 説 に 信 憑 性 があるかないか わたしにはよく 分 かりませんが 語 呂 が 良 いし 昔 の 親 父 は 確 かにおっかないところがあったから そこに 収 まるまでに 何 らかのいきさつがあ ったとしても 親 父 に 定 着 していったのでしょうか 一 昔 か 二 昔 前 には 子 ども 聖 霊 降 臨 後 第 16 主 日 ( 特 定 22) 説 教 2011/10/2 聖 マタイ 福 音 書 第 21 章 33 節 ~43 節 於 : 聖 パウロ 教 会 司 祭 山 口 千 寿 地 震 雷 火 事 親 父 という 諺 をお 聞 きになったことがあると 思 います 怖 いもの 恐 ろしく 感 じられるものを 順 番 に 上 げたのだと 思 います わたしたちも3 月 11 日 の

More information

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状 102 Vol. 津 波 活 打 撃 決 末 戦 例 襲 ェ 網 組 及 び 複 克 服 向 組 待 歯 語 野 モ 騰 計 知 回 救 戦 略 有 性 検 証 編 滝 洋 慶 應 義 塾 学 学 院 法 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 社 社 論 説 副 長 編 編 等 職 著 書 ゲ ム 何 救 舞 台 裏 O U S 103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information