その 根 拠 は? 誰 がそんなことを? ひょっとして 高 橋 先 生 をご 存 知 なのですか? それに 対 し 川 又 先 生 は 私 に 理 解 できるよう 話 し 始 めた 高 橋 さん?やはり NASA の 人? 残 念 ながら 私 はその 方 を 知 らない NASA でも 一 部 のト

Size: px
Start display at page:

Download "その 根 拠 は? 誰 がそんなことを? ひょっとして 高 橋 先 生 をご 存 知 なのですか? それに 対 し 川 又 先 生 は 私 に 理 解 できるよう 話 し 始 めた 高 橋 さん?やはり NASA の 人? 残 念 ながら 私 はその 方 を 知 らない NASA でも 一 部 のト"

Transcription

1 JES 緊 急 レポート 6 ( ) 全 員 プレゼント! 無 料 DVD 遺 伝 子 強 化 実 践 篇 を 見 れば 究 極 の 健 康 法 則 が 分 かる! 今 後 の 地 球 環 境 に 適 応 し 身 体 と 間 脳 の 進 化 を 促 進 する 世 界 初 のノウハウとは? (1) 元 NASA 研 究 員 が 語 る 衝 撃 の 告 白! JESでは 各 界 のさまざまな 講 師 をお 招 きし 講 演 会 を 主 催 したりビデオ 撮 影 を 行 なっている 依 頼 や 候 補 も 含 めれば 過 去 20 年 間 でおよそ1 千 人 近 くの 講 師 と 出 会 っただろう か その 中 でひときわ 印 象 に 残 っている 講 師 が 川 又 審 一 郎 先 生 である 川 又 先 生 は 以 前 アメリカ 航 空 宇 宙 局 (NASA) 関 連 の 民 間 受 託 研 究 員 として 属 し 主 に 人 体 と 宇 宙 との 関 わり についてのリーダー 格 存 在 であった 細 胞 学 の 医 学 博 士 でもあり 素 粒 子 物 理 学 大 脳 生 理 学 東 洋 医 学 についても 研 鑽 され マクロからミクロに 至 るまでの 複 合 的 見 地 そしてその 幅 広 い 解 析 と 分 析 力 は 研 究 員 の 中 でもひときわ 注 目 を 浴 びていた 川 又 審 一 郎 先 生 米 国 における NASA(アメリカ 航 空 宇 宙 局 )の 関 連 民 間 受 託 研 究 機 関 に 属 し DNA ( 遺 伝 子 ) 物 理 学 及 び 素 粒 子 物 理 学 の 研 究 に 携 わる 主 に 宇 宙 と 人 体 との 量 子 物 理 研 究 において 太 陽 系 の 宇 宙 的 変 化 に 適 合 するための 理 論 を 構 築 その 後 中 国 に 渡 り 気 エネルギーと 東 洋 医 学 を 研 鑽 宇 宙 と 人 間 との 関 連 人 体 エネルギーシステムと 間 脳 と 遺 伝 子 の 一 元 化 理 論 を 大 脳 生 理 学 などの 観 点 から 研 究 を 行 い 構 築 する 活 動 は 全 世 界 に 渡 り 各 分 野 の 研 究 者 を 始 めとする 約 12 万 名 の 情 報 ネット ワークを 持 つ 先 生 は 医 学 博 士 でもあり 細 胞 学 の 研 究 においても 各 界 に 知 られ 国 内 においては 国 立 金 沢 大 学 を 始 め 東 京 大 学 国 際 地 球 環 境 大 学 においても 数 々の 講 演 を 行 なう 講 演 では 大 宇 宙 と 人 類 創 生 の 秘 密 から 始 まり 人 の 無 意 識 のメカニズム そして 病 気 の 原 因 を 今 までとまったく 違 う 観 点 から 解 き 明 かすこと に 定 評 がある また 銀 河 系 に 存 在 するフォトン 密 度 帯 の 影 響 を 始 めて 日 本 に 明 かした 方 でもある 現 在 今 起 こっている 地 球 の 宇 宙 的 変 化 に 併 せて 一 元 化 理 論 を 基 に 間 脳 と 人 体 エネルギーシス テムと 細 胞 ( 遺 伝 子 )を 強 化 する 独 創 的 な 研 究 開 発 を 行 なっている 危 機 的 な 規 模 に 瀕 している 地 球 及 び 人 体 に 対 し 警 告 とその 具 体 的 対 策 のため 日 夜 研 究 の 日 々を 送 られている 約 4 年 前 川 又 先 生 に 始 めてお 会 いしたとき 先 生 は 私 にこういった 本 井 さん 人 類 の 歴 史 はたかだか300 万 年 どころじゃないんだよ 本 当 はね 3 億 年 以 上 昔 に 他 の 惑 星 から 移 住 してきたのが 今 の 人 類 なんだ!!! 私 は 一 瞬 身 震 いを 感 じた それと 同 じ 話 を 既 に 約 20 数 年 前 に 聞 いていたからである その 方 の 名 は 故 高 橋 信 次 先 生 ( 写 真 右 ) 私 の 後 の 人 生 に 多 大 な 影 響 を 与 えた 電 気 科 学 者 及 び 宇 宙 意 識 と 人 間 の 心 の 解 析 者 及 び 魂 の 永 遠 性 を 説 かれた 方 である( 末 頁 CDドラマ ふるさと 参 照 ) 私 は 興 奮 冷 め 止 まない 状 態 で 川 又 先 生 に 対 し 矢 継 ぎ 早 に 質 問 攻 めしたことを 覚 えている 1

2 その 根 拠 は? 誰 がそんなことを? ひょっとして 高 橋 先 生 をご 存 知 なのですか? それに 対 し 川 又 先 生 は 私 に 理 解 できるよう 話 し 始 めた 高 橋 さん?やはり NASA の 人? 残 念 ながら 私 はその 方 を 知 らない NASA でも 一 部 のトップでは 既 に 周 知 の 事 実 なんだ 私 の 研 究 においても 間 違 いなく 人 類 は 地 球 上 から 自 然 発 生 した 存 在 ではなく 他 の 天 体 か ら 移 住 してきた 生 命 体 であることが 分 ったんだ と (2) 人 類 は 地 球 上 から 生 まれた 生 命 体 ではない! 川 又 先 生 曰 く もし 人 類 が 地 球 から 発 生 した 生 命 体 だとすれば どうしても 科 学 では 割 り 切 れない 課 題 と 向 き 合 うことになるという その 課 題 とは なぜ 人 類 だけ 地 球 上 では 違 う 存 在 なのか? ということである 簡 単 に 言 えば 地 球 上 から 自 然 発 生 したものは 地 球 と 同 じ 分 子 配 列 パター ン または 各 固 有 共 通 の 構 成 数 字 で 成 り 立 っているとのこと 動 物 も 植 物 も 昆 虫 もバクテリアも また 鉱 物 も 水 も 金 属 も 全 て 地 球 と 同 じ 配 列 パターンでなければならず 更 には 動 物 なら 動 物 植 物 なら 植 物 鉱 物 なら 鉱 物 といった 大 きな 分 類 での 各 固 有 の 構 成 数 字 が 共 通 していなければならない だから 地 球 上 に 存 在 する 一 切 の 生 命 体 や 物 質 は 地 球 と 同 じ 配 列 に 更 には 配 列 に 相 応 した 構 成 数 字 が 一 致 することが 科 学 的 に 必 然 なのだという なぜなら 全 ては 地 球 から 生 まれた 生 命 と 物 質 だからだ もし 人 類 が 地 球 上 から 自 然 発 生 したものであるならば 人 類 は 地 球 と 同 じ 配 列 であり それに 伴 った 哺 乳 動 物 共 通 の 構 成 数 字 でなければならない これは 地 球 環 境 の 変 化 による 突 然 変 異 であろうが 進 化 であろうが 地 球 上 の 物 質 生 命 体 全 ては この 一 定 の 配 列 と 構 成 数 字 から 逃 れることはできない しかしなぜか 人 類 だけがこの 数 式 に 当 てはまらな い だとすると 人 類 は 地 球 から 自 然 発 生 的 に 生 まれ た 生 命 体 ではない という 結 論 に 達 する 同 時 に サルから 人 類 には 進 化 しない ということ にもなる なぜならば サルは 地 球 と 同 じ 配 列 と 哺 乳 動 物 共 通 の 構 成 数 字 であり 進 化 では 決 して 配 列 や 構 成 数 字 が 変 わることがないからだ またサルとは 見 た 目 でも 明 らかに 違 うところがある 私 が 最 も 気 にする 毛 である( 笑 ) 私 の 気 になる 髪 の 毛 はともかく いきなり 人 間 だけ 体 毛 が 抜 け 落 ちることなどあるのだろうか? 人 類 が 進 化 過 程 によって 服 を 発 明 し その 後 着 用 する 習 慣 になったとしても また 現 状 の 毛 深 いサルを 見 て も 科 学 的 に 考 えれば 突 然 変 異 や 進 化 によって 体 毛 が 薄 くなる 必 要 性 がないのだ よってダーウィンの 進 化 論 は 人 類 には 当 てはまらない ということになる 前 々 回 の 緊 急 レポート 4 事 実 は 小 説 より 寄 なり に ( 猿 から 人 間 には 進 化 しないと 思 うが? )と 書 いたこ とを 記 憶 しているだろうか? 実 は こういった 理 由 があったからである しかし この 説 にはいくつかの 疑 問 が 残 る 2

3 (3) 原 人 から 人 間 には 進 化 しない! サルと 人 間 との 共 通 点 は 多 いが 地 球 から 生 まれたサル と そうではない 人 間 とは 根 本 的 に 違 った 配 列 と 構 成 数 字 を 持 つため どんなに 数 億 年 経 と うとも また 地 球 環 境 の 変 化 などによって 突 然 変 異 が 起 きようとも 絶 対 にサル から 人 間 が 生 まれることはない 更 には ラマピテクスから 人 類 の 祖 先 として 習 ったアウストラロピテクス ホ モハビリス( 新 説 ) 原 人 には サル(ゴリラ チンパンジー オランウータン)と 同 じ 配 列 及 び 構 成 数 字 を 持 っていることが 米 国 の 専 門 機 関 で 判 明 したという ストラロピテクス ホモハビリス( 新 説 ) 原 人 という 進 化 過 程 となる しかしその 先 が 問 題 で 原 人 から ホモ サピエンス( 新 人 ) へ 絶 対 に 進 化 することは 有 り 得 ない 何 度 もいうように アウストラロピテクスや ホモハビリス( 新 説 )や 原 人 には 人 間 (ホモ サピエンス)と 全 く 違 う 配 列 と 構 成 数 字 だか らだ 更 には 原 人 とは DNA の 面 からも 全 く 人 間 とは 別 の 生 命 体 なのだ 勿 論 サルと 人 間 との DNA も 全 く 異 なるこ とは 言 うまでもない しかしいくつかの 疑 問 が 残 る アウストラロピテクス ホモハビリス( 新 説 ) 原 人 ホモサピエンス( 新 人 ) 人 類 といった 進 化 過 程 が 誤 りだとすると この ホモサピエンス( 新 人 )の 存 在 とは? 原 人 はその 後 進 化 しなかったのか?そ れとも 絶 滅 でもしたのか? ホモサピエンスはどこから 生 まれたのか? そして 最 も 大 きな 疑 問 であるところの 人 類 が3 億 年 前 から 存 在 していたという 根 拠 は? その3 億 年 の 歴 史 の 中 で ホモサピエン ス 以 前 の 人 間 の 骨 が なぜ 見 つからないの か? 3 億 年 前 と 言 えば 恐 竜 が 発 生 するよりも ずっと 以 前 であり シダ 植 物 が 繁 茂 し 昆 虫 が 栄 えた 時 代 である そしてようやく 両 生 類 から 爬 虫 類 へと 進 化 し 陸 に 上 がり 始 めた 始 めた 頃 でもある つまり サル(ラマピテクス) から 進 化 または 突 然 変 異 した 生 命 体 が アウ 150 億 年 前 ビッグバン( 宇 宙 誕 生 ) 46 億 年 前 地 球 誕 生 40 億 年 前 原 始 生 命 誕 生 35 億 年 前 バクテリア 出 現 30 億 年 前 光 合 成 をおこなう 生 物 出 現 23 億 年 前 酸 素 をとりこむ 細 菌 出 現 18 億 年 前 細 胞 に 染 色 体 をもつ 生 物 出 現 12 億 年 前 動 植 物 の 共 通 の 祖 先 誕 生 6 億 年 前 三 葉 虫 など 進 歩 した 生 物 出 現 4 億 年 前 安 定 したオゾン 層 形 成 3.6 億 年 前 シダ 植 物 繁 栄 昆 虫 が 栄 える 3.1 億 年 前 両 生 類 からハ 虫 類 が 進 化 2.3 億 年 前 ハ 虫 類 から 原 始 的 ホ 乳 類 進 化 2.1 億 年 前 恐 竜 の 時 代 はじまる 1.6 億 年 前 始 祖 鳥 出 現 1 億 年 前 被 子 植 物 出 現 6500 万 年 前 恐 竜 が 大 絶 滅 5000 万 年 前 大 型 のホ 乳 類 が 出 現 1400 万 年 前 原 始 的 な 霊 長 類 ラマピテクス 出 現 400 万 年 前 人 類 の 祖 先 アウストラロピテクス 出 現 (200 万 年 前 ) ホモハビリス 出 現 ( 新 説 ) 50 万 年 前 原 人 ( 北 京 原 人 など) 出 現 3 万 年 前 新 人 (ホモサピエンス) 出 現 1 万 年 前 農 耕 がはじまる 1972 年 にケニアで 脳 容 量 750ml を 持 つホモハビリスが 発 見 される 化 石 の 年 代 判 定 も 200 万 年 前 と 推 定 された 3 教 科 書 で 学 んだ 宇 宙 の 誕 生 と 地 球 の 歴 史

4 この 年 代 に 宇 宙 から 飛 来 できるほどの 科 学 と 知 能 を 持 った 人 類 が なぜ 狩 猟 や 農 耕 で 生 活 する 知 能 レベル にまで 落 ちたのか? 人 類 が 他 の 天 体 から 地 球 へ 移 住 してきたとすれば それはどんな 方 法 で?またその 目 的 は? 過 去 に 高 等 文 明 が 栄 えていた 時 期 があったとすれば その 決 定 的 な 痕 跡 が 見 当 たらないのはなぜか? (4) 次 々と 明 かされる 宇 宙 と 人 類 の 秘 密! 川 又 審 一 郎 先 生 は JES との 共 催 で 2002 年 2 月 22 日 から ZERO の 法 則 と 謳 い 全 7 回 の 連 続 講 演 会 を 開 催 した 実 は 当 初 の 予 定 は8 回 から10 回 を 計 画 していたが 途 中 で 終 了 せざるを 得 ない 状 況 に 置 かれてしまった その 理 由 は 途 中 で 当 局 筋 から 警 告 を 受 けたのである 当 局 筋 とはここではっきりと 言 わなくても 推 察 できるだろう 川 又 先 生 はこう 言 われた 私 が 本 井 さんに 話 すことは 学 校 での 教 科 書 はおろか 今 まで 人 類 の 誰 もが 信 じて 疑 わなかった 歴 史 も 180 度 変 わるほどの 内 容 を 秘 めているんだ だから 本 井 さんに 話 したことは 個 人 的 な 話 しとして 欲 しい よって 私 が 今 まで 前 述 したことは あくまでも 私 と 先 生 との 個 人 的 な 会 話 から 推 測 した 内 容 であり 私 の 個 人 的 見 解 と 疑 問 であることを 踏 まえて 欲 しい しかし これらの 講 演 会 では この 内 容 に 関 するいくつかのヒントが 至 るところに 散 りばめている 最 終 章 に 向 かうにしたがって その 衝 撃 的 内 容 に 皆 が 驚 かれるだろう もし 興 味 をもたれる 方 は 第 1 回 から 順 に 聴 かれることをお 勧 めする 途 中 から 聴 かれても 内 容 を 把 握 できないからだ 講 演 内 容 の 詳 細 は 次 を 参 照 されたい 公 表 できるギリギリの 線 で 列 挙 してあるため 活 字 を 伏 せている 箇 所 があることをご 了 承 いただきたい (5)ZERO の 法 則 を 知 れば 健 康 も 運 気 も 意 識 も 操 ることができる! Z-001 第 1 回 ZERO の 法 則 講 演 会 宇 宙 創 生 と 知 的 生 命 体 の 秘 密 2002 年 2 月 22 日 宇 宙 意 識 は 何 の 目 的 で 大 宇 宙 と 人 類 を 創 造 したのか?/ 物 質 と 生 命 との 関 係 とは?/ ダーウィンの 法 則 は 人 類 のみ 適 応 しない!/ 進 化 を 拒 絶 した 魂 はどこへ 行 く?/ 宇 宙 電 波 望 遠 鏡 20 億 チャンネルを 持 つN Aの 意 図 とは?/ 宇 宙 の 中 で 最 も 重 要 な 役 割 を 担 う 未 来 の 地 球 人 の 使 命 とは?/ 銀 河 系 に51 個 も 存 在 する 知 的 生 命 体 の 星 とは?そして 51との 関 係 とは?/ 宇 宙 物 理 学 ビックバン の 根 拠 のない 茶 番 劇 を 指 摘 する!/ 人 類 は 約 3 億 年 前 に の 方 法 で 宇 宙 から 移 住 してきた!/ N A 極 秘 資 料 過 去 3 回 文 明 が 栄 え 消 滅 した!/ 教 科 書 地 球 の 年 齢 は 約 46 億 年 のウソ 実 は 約 500 億 年!/ の 原 理 と 知 的 生 命 体 の 秘 密 等 4

5 Z-002 第 2 回 ZERO の 法 則 講 演 会 人 類 創 造 の 仕 組 みと 目 的 2002 年 3 月 26 日 宇 宙 は 活 動 期 休 眠 期 を 繰 り 返 す/ 意 識 空 間 時 間 冷 温 インフレーション 星 雲 の 方 程 式 / エネルギーの 永 続 性 / 生 命 の 原 点 は 植 物 / 意 識 だけでは 発 展 しない/ N Aは 宇 宙 の 電 波 を 素 数 ( )で 察 知 / 8 光 年 離 れた 星 に 知 的 生 命 体 の 存 在 を 確 認 した/ 地 球 生 命 はどこから 来 たか?/ 人 間 は 地 球 の 産 物 ではない/ ダーウィンの 進 化 論 の 五 つの 間 違 い/ 人 間 と 猿 人 は DNA が 異 なる/ 地 球 人 = 星 人 説?/ アトランティス 人 は 身 長 3m/ 肉 体 の 量 子 の 世 界 とは 等 Z-003 第 3 回 ZERO の 法 則 講 演 会 宇 宙 と 人 体 との 関 係 を 科 学 が 解 き 明 かす 2002 年 4 月 21 日 何 が 正 しく 何 が 間 違 っているのか?その 判 断 さえ 危 うくなってきた 現 代 人 類 は 決 して 諦 めてはな らない その 命 の 目 的 と 使 命 を 果 たすまでは そのために あらゆる 妨 害 に 屈 せず 全 てについて 真 実 を 語 ろう しかしそれによって 私 たちの 学 んで 来 た 常 識 が 全 て 覆 されるかもしれない 3 億 年 前 に 入 植 してきた と その である 人 類 の 大 いなる 盲 点 とは 一 体 何 か?/ 宇 宙 の 拡 大 変 化 に 伴 い 生 じてきた 人 類 の 脳 の 周 波 率 のずれ がどのような 変 化 を 招 くのか?/ 予 定 になかった の 世 界 政 府 の 発 生 と 彼 らが 目 論 む 意 図 と 計 略 とは?/ 知 らず 知 らずの 内 に 目 に 見 えない 波 に 侵 される 人 体 脳 精 神 / 宇 宙 拡 大 による 脳 の 周 波 数 のずれ と それを 利 用 した 彼 らの 人 為 的 波 の 相 乗 作 用 とは?/ 巷 で 危 険 視 される 携 帯 電 話 コンピュータチップ 電 磁 波 は 全 くのカモフラージュであった!/ 人 類 はこのまま 破 滅 に 向 かうのか それともこれらに 対 する 防 御 策 はあるのか / 理 解 不 能 の 連 日 の 日 常 的 事 件 は 全 て 宇 宙 に 存 在 する に 基 づき 解 明 できる! 等 Z-004 第 4 回 ZERO の 法 則 講 演 会 DNA に 刻 まれた 前 世 来 世 の 解 明 2002 年 5 月 12 日 DNAマップとクローン 技 術 性 格 と 遺 伝 子 情 報 寿 命 と 遺 伝 子 の 関 係 等 人 類 の 未 来 にとって 重 要 な 真 実 が 解 明 される 時 が 来 た! DNA 暗 号 解 読 プロジェクトの 正 体 とは?/ 真 実 の 解 明 で 人 類 はどのような 方 向 へ 向 かうのか?/ DNAは 二 重 螺 旋 構 造 ではなく 12 重 螺 旋 構 造!その 意 味 するものは?/ 地 球 外 生 命 体 は 13タイプに 分 かれている!/ 米 国 国 家 レベルで 分 類 されている 知 的 生 命 体 のタイプ 別 紹 介!/ 男 女 性 別 プロセスは 自 らの 自 由 意 志 で 決 定 される!/ DNAの 中 には 過 去 世 の 記 憶 だけでなく 来 世 の 運 命 まで 刻 まれている!?/ 米 国 における 宇 宙 遺 伝 情 報 の 研 究 (ヒトゲノム 以 外 )が 極 秘 にされている 理 由 とは?/ 真 のDNA 情 報 を 知 らずして 人 類 の 未 来 は 語 れない!/ 5

6 生 命 誕 生 の 知 られざるプロセス 量 子 論 から 説 いたDNA 誕 生 の 仕 組 みとは?/ DNA 情 報 に 刻 まれた 約 20 種 類 の 遺 伝 情 報 とは?/ 日 本 人 中 国 人 韓 国 人 の 中 に 他 民 族 とは 異 なる 特 別 な が 含 まれている!/ 遺 伝 情 報 と 脳 の 覚 醒 度 との 関 係 とは?/ 遺 伝 子 の 起 源 等 Z-005 第 5 回 ZERO の 法 則 講 演 会 素 粒 子 と 意 識 無 意 識 のメカニズム 2002 年 6 月 16 日 残 すところあと3 回! 講 演 当 日 ボイジャーが 極 秘 に 録 音 した ある 音 を 聞 いていただく 一 般 に は 公 開 されていない 音 である この 音 を 聞 くことによって あなたの 中 の 何 かを 呼 び 起 こすかもし れない そして 本 当 のあなたが 覚 醒 し 遂 に 真 実 の 扉 が 開 かれる! 心 ( 無 意 識 )は 体 内 の 驚 くべき 場 所 に 存 在 していた!/ 運 命 を 左 右 する 量 子 の 法 則 を 知 れば 自 分 の 運 不 運 が 解 る!/ 量 子 時 計 とは?そして 量 子 時 計 と 寿 命 との 深 い 関 係 とは?/ 生 体 時 計 が1 日 16.8 時 間 に 短 縮 されている では 人 間 にとって 理 想 の 睡 眠 時 間 とは?/ 人 は 何 故 睡 眠 をとるのか? 科 学 では 実 証 できなかったのはなぜか?/ 意 識 が 空 間 を 変 えるメカニズムとは?そして 重 力 による 空 間 の ゆがみ は 何 を 引 き 起 こすのか?/ ひらめきやインスピレーションを 高 める 方 法 を 知 れば 思 う 通 りの 人 生 を 歩 むことができる!/ 理 性 知 性 によるベクトル 出 力 量 と 情 によるエネルギー 出 力 との 大 いなる 関 係 とは?/ 生 命 進 化 と 思 考 メカニズム そして 意 識 改 革 の 絶 対 法 則 とは?/ 進 化 を 停 滞 させる の 世 界 戦 略 とは?そしてその 影 響 を 受 けないための 方 策 とは?/ 悪 い 運 気 を 良 い 運 気 に 変 革 する 方 法 を 伝 授!/ 人 間 独 自 の センサー を 働 かせよ!そうすれば 全 ての 真 実 が 見 えてくる 等 Z-006 第 6 回 ZERO の 法 則 講 演 会 現 代 科 学 と 現 代 医 療 の 大 いなる 過 ち 2002 年 7 月 6 日 いよいよ 核 心 に 迫 る 時 が 来 た これからが 本 番 である 今 までの 情 報 を 単 なる 知 識 で 終 わらせてはな らない 偉 大 なる 知 恵 の 創 出 こそ 私 たちの 今 後 の 未 来 を 決 定 する 現 代 科 学 の 誤 りにメスを 入 れる!/ 宇 宙 物 理 や 量 子 論 の 最 大 の 誤 り それは 空 間 の 見 方 / ブラックホールは 存 在 しない/ ビックバン 理 論 の 崩 壊 / 惑 星 形 成 論 の 崩 壊 / 人 間 の 寿 命 と 量 子 時 計 / 現 代 医 学 の 誤 りにメスを 入 れる!/ 医 者 も 知 らない 病 気 の 真 の 原 因 とは?/ ガン 治 療 の 真 の 姿 にメスを 入 れる 等 Z-007 第 7 回 ZERO の 法 則 講 演 会 量 子 レベルから 見 た 幸 福 論 とは? 2002 年 8 月 31 日 人 間 には 忘 れられない 悲 しみというものはない それは 悲 しんだ 瞬 間 に あなたの 心 が 解 放 されて いるからだ 優 しさ いたわり 相 手 を 思 う 気 持 ち 愛 心 のエネルギーは 意 識 と 自 覚 を 記 憶 によ って 現 象 化 する このメカニズムを 解 明 することこそ 幸 福 への 第 一 歩 なのである 実 生 活 に 取 り 入 れる 知 恵 重 視 の 生 き 方 とは?/ 6

7 人 類 の 生 体 時 計 が 16.8 時 間 に 変 化 した この 宇 宙 的 変 化 をどう 捉 えるか?/ 魔 の16Hzから 人 体 を 守 る 知 恵 を 全 て 公 開!/ 太 陽 の 活 動 が 人 類 史 上 初 の 衝 撃 的 変 化 を 見 せている 一 体 地 球 はどうなるのか?/ ニュートリノが 多 量 に 降 り 注 ぐ 真 の 意 味 とは?/ 量 子 論 から 考 えた 幸 福 論 この 世 はまさに 夢 物 語?ならば 目 が 覚 めたら?/ 現 在 の 自 分 を 形 成 している 情 報 センターはどこにあり 何 が 書 き 込 まれているか?/ 生 命 の 核 と 宇 宙 意 識 のエネルギーはどのように 定 義 するか?/ 生 体 時 計 と 寿 命 の 関 係 その 真 なる 意 味 とは?/ 人 生 における 出 会 い 縁 赤 い 糸 は 果 たして 本 当 にあるのか?/ 悪 い 運 命 はこうすれば 変 わる!その 秘 密 を 明 かす!/ 思 い 通 りの 人 生 の 矛 盾 既 に 思 う 通 りになっている?/ 共 鳴 とは その 人 の 度 量 に 応 じた 度 合 い( 器 )に 比 例 する?/ もう 一 人 の 自 分 が 実 際 に 他 の 惑 星 に 存 在 し 生 活 している! 等 (6)NASA を 退 いても 真 実 を 伝 えなければならない! 上 記 のビデオ 内 容 を 読 んでみて かなり deep な 内 容 だと 思 った 方 も 多 いだろう 川 又 審 一 郎 先 生 はその 後 上 記 7 回 の 講 演 を 終 えた 後 一 切 の 講 演 執 筆 活 動 を 停 止 し 連 絡 を 絶 った 科 学 者 または 医 者 として 具 体 的 な 人 類 救 済 に 向 けての 研 究 と 調 査 を 行 なうため 世 界 中 を 飛 び 回 っていた からだ そして それから2 年 経 った 昨 年 の 初 夏 私 は 今 日 の 仕 事 を 終 え 社 員 とビアガーデンに 行 く 約 束 をした 会 社 を 出 るその 間 際 突 然 私 の 携 帯 に 川 又 先 生 から 連 絡 が 入 った 本 井 さんにどうしても 話 したいことがある 今 から 会 えないか?これから 二 時 間 後 ロス アンジェルス 行 きの 飛 行 機 に 乗 る それまでに 来 てくれないか? 何 とも 突 然 な 話 である 2 年 振 りなのに 久 し 振 り の 挨 拶 もなく いきなりである 往 々にして 天 才 肌 の 学 者 にはこういうタイプが 多 い( 笑 ) 時 計 を 見 た 夕 方 だから 丁 度 通 勤 ラッシュの 時 間 帯 で 車 では 間 に 合 いそうもない 私 は 革 ジャンを 羽 織 り 会 社 の 車 庫 に 向 かい 久 々に 愛 車 ハーレー ダビッドソン のシートを 剥 いだ 18 歳 の 老 齢 で しばらく 乗 っていなかったのでバッテリー 上 がりを 懸 念 したが し かし 彼 (ハーレー)は 私 の 心 配 をよそに1350cc の 爆 音 を 一 発 で 上 げた 珍 しい 主 人 に 似 て 気 まぐれ 屋 さんが 今 日 は 機 嫌 がいいらしい 400kg 近 い 重 量 の 車 体 が 震 えた それは しばらく 振 りに 主 人 と 対 面 する 犬 尾 のようであった 小 説 風 の 表 現 はこれくらいにして( 笑 ) 予 定 より 早 く 川 又 先 生 と 待 ち 合 わ せの 店 の 前 に 着 いた ほぼ 同 時 に 先 生 の 乗 っている 名 車 (ジ ー)が 目 の 前 に 止 まった 通 行 人 が 派 手 なオジさんたち といった 目 でジロジロ 見 ていた( 笑 ) さて 話 の 内 容 は 久 々に 開 催 した 講 演 ビデオがある これを 編 集 してJESで 受 け 付 けてくれないか? 素 人 が 7

8 撮 ったものだから 音 声 も 悪 いけど かなり 奥 まで 突 っ 込 んで 話 していると 思 う ただし 全 7 巻 を 購 入 した 人 にだ け 販 売 して 欲 しい いきなり 最 初 からこれを 聴 いても 分 らないだろうからね ZEROの 法 則 講 演 会 は これで 完 結 だ 実 は ZEROの 法 則 講 演 会 は8 回 から10 回 連 続 を 計 画 していた それを 当 局 筋 からの 警 告 によって 7 回 で 中 断 せざるを 得 なくなった そのことを2 年 の 間 川 又 先 生 は 気 にされていたのだろう 研 究 現 場 から 退 いてもみんなにこの 事 実 を 伝 えなければならない と 思 って 活 動 を 続 けてこられた 方 だか ら 実 はとても 実 直 で 人 間 性 も 太 鼓 判 を 押 せるくらいに 信 用 の 置 ける 方 である 私 は1 千 人 ほどの 講 師 といわれる 人 にお 会 いしているが 言 行 一 致 している 方 はそう 多 くない ここだけの 話 口 ( 講 演 )では 立 派 な 話 ができるが 1 対 1になって 裏 に 回 ると 結 構 相 反 する 行 動 を 取 る 先 生 方 も 多 い 川 又 審 一 郎 先 生 はその 点 全 く 裏 がないというか そのまんまの 人 である( 笑 ) (7) 新 ZEROの 法 則 講 演 ビデオがJESから 発 売! そして 7 回 で 中 断 せざるを 得 なかった ZEROの 法 則 の 続 編 を JESで 編 集 して 販 売 することになった 驚 くことに 今 までに 全 7 回 の 連 続 講 演 を 聴 かれた 方 の 約 八 割 の 方 が 購 入 してくれた 途 中 で 終 了 しただけに 続 編 はいつなのか と 問 い 合 わせも 殺 到 していた それだけに 待 望 の 講 演 会 だったのだ その 内 容 を 次 に 挙 げる(タイトルも 過 激 である) Z-010 ZERO の 法 則 特 別 講 演 会 今 人 類 の 間 引 きが 行 なわれている! 2005 年 7 月 6 日 研 究 現 場 から 退 いても 本 当 の 真 実 を 人 々に 伝 えなければならない そう 言 い 残 し 銀 河 系 に 存 在 するフォトンの 濃 密 帯 の 実 態 を 日 本 で 初 めて 紹 介 した 男 宇 宙 の 神 秘 とメカニズムを 解 明 し 人 類 へ の 警 告 と 大 いなる 希 望 を 与 え 続 けたあの 川 又 審 一 郎 が 2 年 間 の 沈 黙 を 破 り 遂 に DVD ビデオとして 帰 ってきた! 知 らないことは 罪 しかし 知 ってても 何 も 行 なえない 当 局 筋 はもっと 罪 なのでは パニックを 恐 れて 何 もしないより 全 ては 情 報 開 示 (ディスクロージャー)から 生 きる 努 力 が 始 まる 私 たちは 決 して" 生 "を 諦 めてはならない 地 球 と 人 類 の 未 来 のためにも PartⅠ 太 陽 の 変 革 と 人 類 への 科 学 的 影 響 /141 分 収 録 (2004 年 2 月 22 日 ) PartⅡ 今 人 類 の 間 引 きが 行 なわれている/104 分 収 録 (2004 年 9 月 25 日 ) ~ 注 意 次 の 内 容 は Part1 のみ 一 部 抜 粋 ~ 第 1 章 : 万 物 は 宇 宙 と 同 化 している 素 粒 子 論 から 見 た 進 化 と 科 学 性 とは/ 星 の 集 まりが 宇 宙 ではない /ビッグバン 理 論 特 殊 相 対 性 理 論 の 間 違 いとは/ 宇 宙 は 物 質 ではない/ 最 近 になって 太 陽 活 動 が 極 めて 活 8

9 発 になった 理 由 第 2 章 : 太 陽 変 化 がどう 私 たちを 変 えるのか 青 白 い 光 の 粒 子 =フォトンとは/ 中 性 子 の 核 崩 壊 が 起 き ている/ 光 粒 子 と 生 命 の 関 係 / 私 たち 肉 体 は 光 を 食 べて 生 きている/ 金 星 に 住 めない 理 由 /1960 年 から 光 エ ネルギーが 3 倍 に 上 昇 / 精 神 とDNA 構 造 のオーバーヒート 現 象 / 頻 繁 に 起 きる 衛 星 故 障 とコンピュータ 機 能 停 止 の 理 由 第 3 章 : フォトンベルトが 私 たちにどう 影 響 を 与 えるか 11,000 年 毎 に 太 陽 系 を 包 み 込 むフォトンベルトとは/その 時 に 何 が 起 きたのか /2012 年 12 月 23 日 にそれが 訪 れるのか 第 4 章 : それが DNA 上 にどんな 変 化 を 及 ぼすか 光 のエネルギ ーと 加 速 度 が 高 くなると 人 体 は/ 遺 伝 子 構 造 を 安 定 させているヌクレオ チドに 変 化 が/ 私 たちの 身 体 は 両 親 の DNA で 作 られていない/ 人 間 の 形 にまとめるものに 人 類 のルーツ アルジー がある/オファー 波 とエ コー 波 と 時 間 /エンツォバイオケム 社 の 三 重 螺 旋 構 造 技 術 とは/ 脳 細 胞 と 癌 細 胞 にどのような 変 化 が 現 れるか 第 5 章 : DNA 変 化 に 大 きく 関 わる Key Word おたまじゃくしが 蛙 に 変 える 甲 状 腺 ホルモン/ホルモンと 間 脳 との 密 接 な 関 係 / 間 脳 を 活 性 化 させる 耳 のツボ 第 6 章 : 太 陽 の 変 革 が 意 識 上 にどう 変 化 を 与 えるか DNA( 過 去 )と 外 界 ( 未 来 )のベクトルが 合 成 された 時 に 意 識 が 生 まれる/ 光 は 情 報 を 伝 えるもの/ 脳 がラプラス 変 換 を 行 なったものを 意 識 と 呼 ぶ 第 7 章 : タイムテーブル 太 陽 の 爆 発 規 模 によって 各 細 胞 はどのような 影 響 を 受 けるのか/2004 年 から 急 激 に 肉 体 と 意 識 の 変 化 が 始 まる/2011 年 に 起 きることとは ( 以 降 の PartⅡ は 事 情 により 公 開 できません) (8) 細 胞 の 振 動 医 学 を 土 台 とした 生 命 力 活 性 装 置 バイオウェイブ とは? そして 先 生 は ロス 行 きの 出 発 までに 残 されたギリギリの 時 間 まで 話 し 続 けた 以 前 話 した 生 命 力 活 性 装 置 のアップグレイドした 商 品 がようやく 完 成 したんだ 前 の 商 品 は それはそれで 凄 い 結 果 を 出 したが これから 新 しく 使 う 人 にとってはもう 遅 い それで 効 果 も 上 がって 時 間 も 短 縮 できるように した これに 天 然 藻 の 食 品 を 摂 っていれば もう 鬼 に 金 棒 だ 何 にも 恐 くな い 友 人 の 物 理 学 者 たちも 凄 いものができた と 絶 賛 している 何 を 言 っているか 今 までのことを 知 らない 皆 さんには 理 解 できないかも 知 れない それは 以 前 JESでも 取 り 扱 っていた 商 品 で バイオウェイブ という 生 命 力 活 性 装 置 のことである 旧 型 は 国 内 でも2 万 台 も 売 れ 芸 術 家 投 資 家 医 療 関 係 者 精 神 的 病 い 家 庭 不 和 ノイローゼ 登 校 拒 否 家 庭 内 暴 力 夫 婦 円 満 やる 気 減 退 受 験 生 牧 師 霊 能 者 能 力 開 発 開 運 風 水 初 期 がんの 発 見 ダイエット チャクラの 開 発 不 眠 等 など 広 範 囲 に 使 用 された とにかく 一 言 で 表 わせないくらいに とんでもない 機 械 なのである それでは 一 例 として 私 の 体 験 を 含 めて 述 べよう( 旧 型 機 種 でも これがスゴイ ) 病 人 や 体 調 の 悪 い 方 であれば ポケットサイズの 機 械 に 付 属 している 特 殊 な 耳 ゴムを 当 てて 耳 ツボ 療 法 のように 行 なう すると 振 動 が 耳 の 反 応 点 ( 耳 ツボ)から 神 経 を 通 し 脳 中 枢 ( 間 脳 )に 取 り 入 れられ 次 に 間 脳 から 反 応 点 9

10 ( 耳 ツボ)に 該 当 する 患 部 に 振 動 が 伝 達 される 刺 激 の 度 合 いや 位 置 は 人 によって またその 時 の 体 調 によって 全 て 違 う そしてしばらくすると その 振 動 する 反 応 点 ( 耳 ツボ)の 位 置 が 自 動 的 に 移 動 する つまり 体 調 の 悪 い 部 分 に 働 きかけ それが 解 消 されたら 次 の 反 応 点 を 自 動 的 に 探 してくれるものらしい 機 械 が 個 人 の 一 番 悪 いところを 探 してくれて そこを 中 心 に 刺 激 するというわけだ その 他 左 右 の 耳 で 感 じる 振 動 の 強 さが 違 ったり 左 右 で 振 動 する 場 所 が 違 ったりと とにかく 一 人 として 同 じような 振 動 を 感 じることがないらしい バイオウェイブの 内 部 共 鳴 発 振 機 には 人 体 細 胞 と 共 鳴 する 振 動 パター ンが なんと100 種 類 も 内 蔵 されているのである このようにこの 機 器 の 脅 威 は 至 るところで 綿 密 に 対 応 してくれる 機 器 なの である 実 際 に 一 切 の 制 約 もなく 全 世 界 でいえば 約 14 万 人 ( 内 国 内 では 約 2 万 人 )もの 愛 用 者 からのクレームも ZERO なのである ある 日 とても 疲 れて 体 調 が 悪 いときがあった その 時 にこの 耳 ゴムをつけ バイオウェイブ のスイッチを 入 れた 早 速 耳 穴 がチクチクしたが 2~3 分 くらいした 頃 であろうか まず 頭 がすっきりし 始 めた 次 に 昨 日 からずっと 胃 に 不 快 感 があったのが 消 えた 5 分 くらい 経 つと 身 体 中 に 活 力 がみなぎってくるのが 実 感 できる その 後 耳 ゴムを 外 し 胸 ポケットに 本 機 バイオウェイブ をしまい 込 む たったこれだけで 多 忙 な 一 日 もより 迅 速 に 更 には 快 適 な 日 を 過 ごすことができた 間 脳 を 正 常 に 働 きかけ 強 化 する 目 的 があるせいか 耳 ゴムを 当 てるまでもなく 電 源 を 入 れたままポケットに 入 れておくだけでも 次 々とアイディアが 浮 かんでくるのが 面 白 い (9)じゃんけんに 連 続 して 勝 つ! ただし この バイオウェイブ は 人 に 貸 すことはできない 身 に 着 けた 一 人 の 人 にだけ 適 応 するようプログラムが 組 まれているからだ 人 それぞれ 顔 や 指 紋 も 性 格 も 違 うように 波 動 もプラーナも 一 人 ひとりが 異 なっている それらを 察 知 し 使 う 人 の 細 胞 振 動 特 性 と 共 鳴 した 状 態 に 機 器 が 変 化 するのだ つまり 機 械 内 部 で その 人 に 合 ったシステム に 作 り 変 えられる その 期 間 は 約 1 週 間 から2 週 間 ほど まさにこれは 機 械 ではなく 頼 りになるペット のようである そして 完 全 に 自 分 と 機 械 の 波 動 が 一 体 になったかどうかを 確 認 する 目 安 として じゃんけん が 一 番 だという つまり 他 人 とじゃんけんして 連 続 して 勝 てるようになったら 初 めてこの バイオウェイブ が 自 分 のものになった 証 になる というのである 面 白 い しかし 元 々クジ 運 のない 私 はじゃんけんがとても 苦 手 である 宝 くじは 多 分 今 まで 都 心 のマンションの 頭 金 くらいの 額 は 買 っているが 風 水 で 当 てた5 万 円 が 最 高 で 3 万 円 が1 回 1 万 円 が2 回 ほどしかない 身 に 着 けてから1 週 間 後 早 速 社 員 とじゃんけんしてみた 10

11 おかしい 何 度 やっても 今 まで 通 り あまり 勝 てない そこで 早 速 失 礼 ながら 先 生 にクレームをつけた この 機 械 じゃんけんは 駄 目 みたいですね 特 に 僕 のようなクジ 運 のない 人 間 は すると 先 生 は 左 手 に 持 って 無 意 識 でやってごらんなさい きっと 勝 率 が 上 がるから と 答 えてくれた そして 再 チャレンジ 勝 とうと 思 わず 何 気 なくじゃんけんしてみた 勝 った!それも 連 続 7 回! 多 分 連 続 して7 回 じゃんけんに 勝 ったなど 生 涯 において 初 めての 経 験 だったと 思 う 8 回 目 で 負 けたのは 余 りにも 連 続 して 勝 ってしまうので 気 が 動 転 し 欲 も 出 てきたからではないかと 思 った いずれにしてもすごい 機 械 である ちなみに 人 に 貸 したい 場 合 または 譲 りたい 場 合 は 有 償 ( 送 料 込 み:6,090 円 )にはなるが 本 部 に 一 旦 送 付 し 機 器 の 振 動 特 性 を 初 期 設 定 (リセット) にしてもらう 必 要 がある そうすれば 人 に 譲 ることができる しかし 本 部 に 聞 いてみると ほとんどそういった 要 望 はないという なぜならこの バイオウェイブ は 長 く 使 用 していればいるほど 身 に 着 けている 本 人 と 一 体 になり あらゆる 面 で 協 力 してくれるのだという まるで 頼 もしいペットだ 例 えば 健 康 維 持 にしても 運 気 上 昇 にしても または 自 分 の 力 では 防 ぎようがない 事 故 からも 身 を 守 ってくれ るらしい ペットどころか 科 学 の 力 で 生 まれた 守 護 霊 みたいなもんか?( 笑 ) しかし なぜか 使 い 始 めはしょっちゅう 電 池 を 交 換 する 波 動 特 性 を 持 ち 主 と 調 和 させるために エネルギーを 消 耗 するせいだ 当 社 が 協 賛 している 医 師 を 中 心 とした 団 体 サトルエネルギー 学 会 や 日 本 波 動 医 学 協 会 でも 意 識 や 感 情 ( 思 い)は 微 小 なる 電 気 エネルギーである と 結 論 付 けている 墓 場 に 行 くと その 電 池 の 消 耗 度 は 歴 然 と 分 かる それだけ 良 くない 波 動 が 多 いため 機 械 がフル 稼 働 するのです と 聞 いた なぜか 納 得 した 度 々 面 白 い 機 械 である (10) 昔 株 式 投 資 で 全 財 産 を 失 った 愚 かな 男 ( 私 ) 私 はおよそ10 年 以 上 株 式 投 資 を 行 なっている 一 時 は 失 敗 して とことんやられ しばらく 休 んだことがあった 何 せ クジ 運 のない 男 である 手 帳 にも もう 株 はやらない! と 実 際 に 書 いたほどだ しかし つくづく 自 分 は 駄 目 な 男 である その 自 分 との 約 束 を 破 って また 最 近 やり 始 めた 株 は 情 報 やチャートの 分 析 で 銘 柄 選 定 や 売 買 を 行 なうが 最 後 は 自 分 の 勘 だけが 頼 りである 昔 一 時 やめた 時 の 話 だが 自 分 が 買 った 同 じ 銘 柄 を 株 をやり 始 めたばかりの 友 人 にも 勧 めたことがあった 買 い 場 は 良 かった そして 売 り 場 も 良 かったはずだ 5 割 上 がったら 指 し 値 で 売 るように と 買 った 時 点 から 友 人 には 指 示 していた 実 はこの 買 った 銘 柄 は 赤 坂 の 料 亭 で あの 兜 町 の 風 雲 児 誠 備 グループの 加 藤 暠 (あきら) 氏 から 直 で 教 わ 11

12 った 銘 柄 である その 場 にはアスキーの 社 長 フリージアの 社 長 など 私 以 外 は 蒼 蒼 たるメンバーが 同 席 した 出 席 した4 人 のメンバーは 当 時 は 飛 ぶ 取 り 落 とす 勢 いで 急 成 長 している 上 場 会 社 の 社 長 ばかりで 日 経 新 聞 にもテレビにも 良 く 登 場 する 青 年 実 業 家 ばかりであった どこまで 上 がるかは 聞 いていないが 情 報 は 間 違 いないと 思 い 私 はその 時 全 財 産 を 投 入 した 私 は 友 人 に 指 示 したくらいだから 自 分 でも 同 じ 値 段 で 指 し 値 売 りの 予 約 をしておいた そして 予 定 価 格 の 近 くまで 来 たところで その 日 の 相 場 は 高 値 で 引 けた 友 人 からは スゴイ 勢 いで 上 がっているね! 明 日 は 全 部 売 りで 間 違 いないね! と 確 認 の 電 話 が 来 たので 予 定 通 りに 売 り 抜 けるように とアドバイスした その 友 人 からの 電 話 を 切 った 瞬 間 次 の 電 話 が 回 ってきた 証 券 会 社 の 担 当 者 からであった 社 長 すごいですね かなり 短 期 で 儲 かってますね 今 日 の 夕 方 ウチの 部 長 が 挨 拶 に 行 きたいと 言 うので すが 宜 しいですか? と 断 る 理 由 もないので 了 承 し 夕 方 に 二 人 連 れで 来 訪 してきた 部 長 という 男 はかなりのディーラーで 今 まで 損 したことはない と 豪 語 していた そこで この 男 に 銘 柄 診 断 をしてもらった 社 長 この 株 はこれから 倍 以 上 になりますよ! 絶 対 に 今 売 っては 駄 目 だ! と 強 く 言 われた そして 素 直 で 欲 深 い 私 は この 部 長 なる 男 の 言 葉 を 信 じたのである 1 日 くらい 様 子 を 見 るか と 翌 日 予 想 通 り 相 場 が 始 まるや 否 や 買 い 気 配 で 値 がつかない 友 人 は 指 し 値 したにもかかわらず それよりも 高 値 で 売 り 抜 けた その 友 人 も 私 と 同 じように 全 財 産 を 投 入 していた そして 当 日 のお 昼 午 前 中 で 全 部 売 れた おかげで これで 借 金 が 返 せる と 電 話 口 で 泣 いて 喜 んでいた 後 は 想 像 がつくだろう その 日 の 後 場 株 価 は 一 転 して 売 り 気 配 とうとうその 日 は 急 落 しスト ップ 安 で 値 が 引 けた 焦 った 私 は 信 用 で 目 一 杯 買 い 増 ししてしまった その 翌 日 またもや 寄 付 きから 売 り 気 配 値 がつかない その 翌 日 も 結 局 3 日 間 連 続 ストップ 安 8 日 間 営 業 日 連 続 して 下 げ 続 けた 結 局 私 は 信 用 取 引 を 行 なっていたため 追 証 がかかり 全 財 産 を 失 う 結 果 となる 部 長 はその 後 一 度 も 顔 を 見 せなかった 同 じ 銘 柄 を 買 っていても クジ 運 のなさがここでも 発 揮 されるのだ( 泣 ) 勿 論 この 頃 は 川 又 先 生 とはお 会 いしてなく 当 然 ながらバイオウェイブの 存 在 さえ 知 らない 頃 である (11) 一 転 半 年 で1600 万 円 バイオウェイブ で 儲 けた! この 愚 かな 男 つまり 私 は 懲 りない 男 である バイオウェイブ を 使 えば 勘 も 冴 えるだろう と じゃんけんで 勝 ったことで 気 を 良 くし 最 近 またもや 株 式 投 資 を 始 めた 12

13 実 はもう 一 つ 株 をやり 始 めたには 訳 があった 川 又 先 生 と 最 初 に 出 会 う1 年 くらい 前 だったと 思 う ジム ワトソンというアメリカの 予 知 能 力 者 と ふとホテルの 一 室 で 会 うことになった 世 界 トップクラスのサイコメトリスト( 透 視 能 力 保 持 者 )で 彼 の 能 力 はFBIやロス 警 察 の 捜 査 にも 協 力 を 依 頼 さ れるくらい 有 名 な 超 能 力 者 である 彼 と 会 ったとき 真 っ 先 にこう 言 われた あなたはとても 運 が 強 い いずれ その 運 を 人 にも 分 けることができるようになるで しょう クジ 運 のない 私 が?とんでもない! と その 霊 能 力 者 に 食 って 掛 かった 彼 は 笑 いながら 私 の 過 去 を 当 て 始 めた この 時 に 株 に 損 したでしょう?そして 紙 に 株 はやめる と 書 き 残 したでしょ? う~ん 確 かに 当 たってる しかも 手 帳 に 書 き 込 んだことまで 彼 はこう 続 けた でもあなたは とても 感 謝 されて 生 きていく 環 境 にいつもあるのです しばらくすると あなたの 会 社 の 取 引 先 になる 科 学 者 にたくさん 出 会 うでしょう パソコン?いや 電 気 機 械?そして 健 康 食 品 情 報 それらを 使 って 様 々な 方 を 幸 せに 導 いていくようになるでしょう 私 はその 時 やめた 株 に 対 してまだ 執 着 していたので このようなことを 不 埒 にも 聞 いてみた その 機 械 で 株 は 儲 かりますか? またもやその 霊 能 者 は 大 笑 いし こう 答 えた 勿 論 です あなたと 株 との 相 性 を 高 めてくれる 機 械 と 出 会 うでしょう そ れを 使 えば あなたは 株 でそこそこ 儲 けることはできる それよりも あなた が 過 去 失 敗 した 同 じ 株 なのに あなたの 情 報 のおかげで 友 人 は 大 儲 けし 借 金 を 返 すことができた その 友 人 は あなたにとても 感 謝 し その 後 あなたの 会 社 にたくさんの 仕 事 を 発 注 したはずです その 利 益 は あなたが 株 で 損 した 額 くらいになっていると 思 います それが 本 当 のあなたの 運 の 強 さなのです う~ん 悔 しいが 事 実 だ その 後 愚 かな 私 は 最 初 の 言 葉 株 ではそこそこしか 儲 けられない の 部 分 だけ 印 象 に 残 っていた しかしその1 年 後 に 川 又 審 一 郎 という 科 学 者 と 出 会 い 講 演 会 を 主 催 し バイオウェイブ その 他 の 健 康 食 品 も 扱 うようになった それから 科 学 者 の 望 月 先 生 とも 出 会 い 低 周 波 治 療 器 太 長 寿 を 取 り 扱 うよ うになり 販 社 の 中 ではトップという 実 績 と 共 に 採 用 して 頂 いた 多 くの 方 からも 喜 びの 声 を 頂 いている 確 かにジム ワトソンは 当 たっていた しかし 一 つはずれていることがある 株 は そこそこ ではなく 既 にここ 半 年 で1600 万 円 ほども 儲 かってしまってい るのだ( 笑 ) クジ 運 の 悪 い 私 にとっては 前 代 未 聞 の 大 事 件 である 銘 柄 選 定 をしている 時 や 実 際 に 売 買 する 時 に 電 源 を 入 れ 左 ポケットに 入 れたままなのだが とにかく 今 ま で 大 幅 に 勘 が 外 れたことはない 株 との 相 性 が 良 くなったのか それとも 自 分 自 身 に 運 がつき 始 めたのか? よく 分 らない しかし バイオウェイブ 恐 るべし! 13

14 (12) 娘 の 半 狂 乱 が 治 り 家 庭 円 満 に! 個 人 的 な 私 の 話 ばかりで 申 し 訳 ないが 実 体 験 をお 知 らせするのが 一 番 説 得 力 あると 思 うので 引 き 続 き 私 のマイ バイオウェイブ 体 験 記 をお 伝 えしたい プライベートな 話 をするのは 非 常 に 恥 ずかしいのだが 実 は 我 が 家 は 以 前 とても 不 調 和 だった それもそのはず 私 は1 年 を 通 して 休 日 などほとんどなく 朝 は6 時 頃 に 家 を 出 て 帰 宅 は 深 夜 になることが 多 い 文 字 通 り 家 に 寝 に 帰 るだけ の 毎 日 高 3と 高 1になる 娘 たちとも ほとんど 一 緒 に 食 事 したこともない ある 日 久 しぶりに 早 く 帰 宅 することができたので たまには 食 事 でも 作 ってやろうと スーパーで 食 材 を 吟 味 して 家 に 帰 った ところが 家 の 中 は 荒 れ 放 題 高 1の 娘 が 何 やら 半 狂 乱 のように 暴 れている またか 壁 は 壊 れ 食 器 は 散 乱 し 学 校 の 鞄 の 中 身 が 全 て 部 屋 中 に 散 乱 している 生 まれたときからアトピーで 同 級 生 と 比 べて 随 分 身 長 も 低 く 気 性 も 神 経 質 な 娘 だ( 一 見 小 学 生 に 見 える) 自 分 の 思 い 通 りにならないと 全 身 血 だらけになるほどかきむしり 家 族 や 家 のものにも 当 たり 散 らす 何 度 も 精 神 科 の 先 生 にも 相 談 したこともある そういう 娘 だから 女 房 も 私 もむやみに 怒 るわけにも 行 かず 一 度 勘 に 触 ったら 手 がつけられないことは 家 族 も 知 っていた 実 はその 1 ヶ 月 ほど 前 余 りにも 身 勝 手 なものだから 遂 に 私 もキレてしまい 柔 道 で 娘 を 投 げ 飛 ばし 押 さえ 込 みをしながら 諭 したこともあった その 状 態 のまま 彼 女 は 私 を 罵 り 手 も 押 さえ 込 んでいるのでどうにもならないものだから 彼 女 の 脳 はパニック 状 態 になり 自 分 で 意 識 的 に 呼 吸 を 止 めてしまった びっくりした 私 は すぐに 押 さえ 込 みを 解 き 活 を 入 れる すると 娘 は 息 を 吹 き 返 したが 人 殺 し! とわめき 110 番 通 報 をしようとしたのである こうなったのはあなたのせいだ と 女 房 は 苦 痛 に 歪 んだ 顔 をしながら 私 に 言 う そうかも 知 れない その 理 由 はこれ 以 外 にいくつか 思 い 当 たる 節 はあるが それ 以 来 娘 はますます 私 を 避 け 一 切 口 を 聞 く 機 会 を 与 えてはくれなかった 当 然 ながら 私 が 早 く 帰 っても 目 を 避 け すぐに 自 分 の 部 屋 に 引 きこもってしまう この 1 ヵ 月 後 がこの 大 暴 れである ともかく 前 に 記 述 した (8) 細 胞 の 振 動 医 学 を 土 台 とした 生 命 力 活 性 装 置 バイオウェイブ とは? の 中 に 家 庭 内 暴 力 にも 応 用 すると 効 果 がある とある 生 命 力 活 性 装 置 バイオウェイブ 芸 術 家 投 資 家 医 療 関 係 者 精 神 的 病 い 家 庭 不 和 ノイローゼ 登 校 拒 否 家 庭 内 暴 力 夫 婦 円 満 やる 気 減 退 受 験 生 牧 師 霊 能 者 能 力 開 発 開 運 風 水 初 期 がんの 発 見 ダイエット チャクラの 開 発 不 眠 等 などに 応 用 私 のことかも 知 れないなぁ と 苦 笑 しながらも 早 速 マイ バイオウェイブ を 使 ってみよう 思 った 使 うといっても 反 抗 状 態 がずっと 続 いている 娘 には 渡 せない また 肉 親 であっても 娘 と 私 とは 個 性 も 波 動 も 違 うからだ そこで 事 前 に 川 又 先 生 にどのように 使 ったらよいか 尋 ねていた その 娘 さんと 家 族 が 出 会 う 場 所 ほとんどリビングかと 思 うけど その 部 屋 の 隅 にバイオウェイブを 置 くように そしてなるべく 立 てて 部 屋 の 中 心 に 向 けて 置 いているだけでいいです レベルは 最 高 値 にね! 早 速 そのようにしてみた 14

15 一 日 目 夜 遅 く 帰 宅 した 私 は 家 の 中 がなんとも 静 かな 雰 囲 気 なので まずはほっと 胸 を 撫 で 下 ろした 女 房 に 聞 くと 今 日 はもう 休 んでいて 学 校 から 帰 宅 しても 機 嫌 が 良 かったという 女 房 には 事 前 に 娘 が 帰 ってくる 1 時 間 前 にスイッチを 入 れ 自 分 の 部 屋 に 戻 ったときに 電 源 を 切 るよう 指 示 しておいた しかしこのわずか 数 時 間 の 使 用 で 電 池 は 完 全 に 消 耗 しきっていた 今 までにないくらいの 早 い 消 耗 度 だ 二 日 目 の 朝 新 しい 電 池 に 替 え いつものように 娘 たちが 起 きる 前 に 会 社 に 出 かけた そして 夜 の 帰 宅 後 同 じように 女 房 に 聞 いてみた すこぶる 機 嫌 がよく 学 校 での 話 を 積 極 的 にするようになった という やはり 電 池 は 完 全 に 消 耗 し 切 れていた そして 三 日 目 夜 遅 く 帰 宅 した 私 は 家 族 を 起 こさないようそっと 家 の 鍵 を 開 け 廊 下 に 電 気 を 付 け いつもの ようにパジャマに 着 替 えるために 一 階 の 自 分 の 部 屋 に 直 行 した そして 自 分 の 部 屋 に 入 り 電 気 を 付 けて あっ! と 我 が 目 を 疑 った なんと 私 の 布 団 に あの 高 1 の 娘 が 寝 ているのである! 私 の 触 ったものなど 絶 対 に 触 れることがなかったあの 娘 が 有 り 得 ないこと に 私 の 布 団 の 中 でスヤスヤ 気 持 ち 良 さそうに 眠 っているのである 二 階 から 女 房 が 降 りてきて 寝 ている 娘 を 起 こそうとしたが 私 はそれを 制 止 し その 夜 はリビングで 寝 ることにした やはり バイオウェイブ の 電 池 は 切 れかかっていたが 幾 らか 電 池 が 長 く 持 つようになってきた と 女 房 はリビングで 言 っていた その 件 を 後 に 川 又 先 生 に 伝 えた 川 又 先 生 は 微 笑 みながら バイオウェイブは その 持 ち 主 が 一 番 求 めていること もしくは 一 番 ふさわしい 結 果 を 出 す 機 械 なんですよ と 答 えてくれた 少 なくとも 私 にとっては スゴイ 機 械 だ としか 言 いようがない (13)まだまだある バイオウェイブ 奇 跡 の 数 々! 実 は まだ 私 の バイオウェイブ の 体 験 談 はあるのだが 私 の 話 だけではつまらないと 思 うので こんな 使 い 方 もある ということで 参 考 までに 数 々の 頂 いた 体 験 談 を 箇 条 書 きにしてみた( 写 真 はイメージ) 枕 元 に 置 いて 眠 ったら とても 素 晴 らしい 夢 を 見 た こんな 夢 を 見 たのは10 年 振 りかしら とにかく 熟 睡 できるようになった 目 覚 めもよい 体 調 も 日 に 日 に 良 くなっていく 画 家 ですが バイオウェイブをポケットに 入 れておくと いろんなインスピレーション が 湧 いてきて イメージを 作 り 出 すのにとても 役 に 立 ってます ストレスが 残 らなくなった 気 がする この 前 イライラや 怒 り 癖 もなくなったと 家 内 に 言 われた 食 事 がおいしく 感 じられるようになりました しかも 少 ない 量 で 満 足!ダイエットに もいいですね! 脳 塞 で 倒 れた 主 人 の 枕 元 にいつも 置 いてます 電 池 の 消 耗 時 間 が 最 初 はすごく 短 かったのですが 日 に 日 に 長 くなっていくのと 同 時 に 主 人 の 病 状 も 良 くなっていくのが 不 思 議 です 営 業 職 です しかも 人 に 会 うのがどうも 苦 手 です よって 成 績 はいつもビリでした しかし バイオウェイブ を 身 に 付 けてからというもの 自 分 の 伝 えたい 内 容 が 相 手 にダイレクトに 伝 わり お 客 とのコミュニケーショ 15

16 ンが 取 れやすくなったと 思 います 今 ではようやく 営 業 の 面 白 味 が 出 てきて 先 月 は 同 じ 課 ではトップにな ることができました いずれ 全 社 的 にトップを 目 指 すぞ~! 恥 ずかしながら 彼 女 いない 歴 12 年 でしたが バイオウェイブをポケットに 入 れだしてから 1 ヵ 月 くらいしてから ふとしたことで 女 性 と 知 り 合 い 現 在 結 婚 を 前 提 にお 付 き 合 いしています 彼 女 もこれが 欲 しいということで 二 人 でペ アで 持 っていますが ますます 相 手 の 心 が 分 かり 合 えるような そんな 親 密 感 が 増 しました 不 思 議 な 体 験 をしました 予 知 夢 と 言 うのでしょうか バイオウェイブを 枕 元 においていたら 亡 くなった 母 の 夢 を 見 て こっちの 医 者 に 行 きなさい といわれたのです そこは 漢 方 中 心 の 町 医 者 でした おかげで 辛 かった 更 年 期 障 害 も 快 方 に 向 かっています 前 に 付 き 合 っている 彼 がいましたが 私 は 老 舗 の 一 人 娘 で 親 は 結 婚 に 猛 反 対 私 はバイオウェイブを 持 っているのに 何 も 進 展 しません 焦 っている 彼 は 既 成 事 実 をつくろう とまで 言 い 出 しました でも 結 局 破 談 別 れて も 不 思 議 と 未 練 も 悲 しみもありませんでした その 後 彼 に 暴 力 団 との 関 係 やサラ 金 からの 借 金 もあったことが 発 覚 本 当 に 驚 きました 後 にならない と 分 らないものですね 今 は 素 晴 らしい 方 と 縁 談 がまとまって 両 親 も 大 変 喜 んでおります 勿 論 私 にとっても 理 想 的 な 方 に 出 会 えたようです バイオウェイブを 持 っていると 魔 除 けになるみたい 電 車 の 中 で 全 くチカンに 遭 遇 しなくなりました セクハ ラを 受 けている 友 達 にも 勧 めようと 思 います これを 持 っていたら 本 当 にストーカー 事 件 もなくなると 思 い ますよ! 原 因 不 明 の 頭 痛 に 悩 まされてましたが 耳 ツボを 使 って3 日 でなくなってしまいました 時 間 はかかりますが 毎 晩 コップに 耳 栓 を 入 れて 翌 朝 自 分 なりの 波 動 水 を 飲 んでいます すごく 体 調 が 良 くなったように 思 います 不 仲 だった 嫁 との 相 性 が 良 くなって 前 のようないがみ 合 いがなくなり とても 良 い 関 係 を 作 れるようになり ました こちらの 気 持 ちを 嫁 が 汲 み 取 ってくれたようです とても 優 しい 嫁 に 変 わりました 夫 が 不 倫 していたことを 知 ったのが3ヶ 月 前 離 婚 しようか 迷 いましたが 生 活 もあり 踏 みとどまっていまし た ノイローゼにもなり 死 んでしまいたいと 何 度 思 ったことか 知 人 に 薦 められて 疑 心 暗 鬼 のままバイオ ウェイブを 買 いました ところが 最 近 主 人 がその 不 倫 の 女 性 と 別 れたようです これもバイオウェイブの 力 ですか? 受 験 生 で 成 績 がなかなか 上 がらず 悩 んでいる 息 子 がいました 友 達 からバイオウェイブのことを 知 ったらしく 自 分 も 欲 しいとのこと 浪 人 するよりは と 思 い 切 って 買 ってあげました するとめきめき 頭 角 を 現 し 遂 に 現 役 で 第 一 志 望 の 大 学 に 合 格 することができました こんなに 日 に 日 に 変 化 が 目 に 見 えてわかるなんて と 息 子 ともど もビックリしています 集 中 力 がつくとか 疲 れにくいとか 記 憶 力 が どんどん 上 がるとか 言 ってました 結 局 家 族 全 員 が1 台 ずつ 持 っています 携 帯 電 話 を 忘 れても バイオウェイブだけは 忘 れませんよ バイオウェイブを 全 員 が 持 つようになったら 言 葉 はもう 要 らないかもしれませんね( 大 げさかな?) とに かく 相 手 の 気 持 ちが 分 かり 合 えるのが 素 晴 らしい! 意 思 疎 通 がうまくできるんです! 医 者 です 外 国 帰 りの 仲 間 も 何 人 かバイオウェイブを 使 っていて 良 い 機 械 だということは 聞 いていました 患 者 を 矢 継 ぎ 早 に 診 ますので 憑 依 とまでは 行 かないでしょうが 私 は 霊 的 体 質 なので 結 構 疲 れてしま 16

17 い 終 わりごろはもうヘトヘトでした 仲 間 にちょっと 貸 してくれと 言 っても 絶 対 に 貸 してくれません 意 地 悪 だな と 思 ってましたが そういうことなんですね 使 ってみて これはいい!とすぐに 効 果 が 現 れました とにかく 疲 れないのです 医 者 にとっては なくてはならないツールですね 人 混 みに 入 るのがとても 苦 手 でした 満 員 電 車 など 特 にダメで いつも 途 中 で 降 りて 休 むことがしょっちゅ う でもこのバイオウェイブをバッグに 入 れ 始 めてから そういうことがなくなりました 川 又 先 生 のビデオ 遺 伝 子 強 化 実 践 篇 を 見 て これは 本 物 だ とピンと 来 ました 他 のビデオも 全 て 買 い 求 めました 最 後 は 難 解 でしたが とにかくすごい 方 です 何 回 も 何 回 も 見 ました そ して すがる 思 いでバイオウェイブ ブルーグリーンアルジー マカビガー 全 部 愛 用 しています 糖 尿 でインスリン 注 射 をして ましたが 今 は 医 者 と 相 談 しながら 中 止 してますが 日 に 日 に すごい 結 果 が 出 てます 本 物 はやっぱり 違 いますね! 最 近 毎 日 のように 目 がチカチカし 始 めたので 不 安 になり 眼 科 で 見 てもらったところ くも 下 出 血 の 疑 いがあるとのこと 真 っ 青 になりました 取 り 敢 えず 様 子 を 見 ましょうということになりましたが その 心 配 は 拭 えません バイオウェイブを 購 入 したのはそれがきっかけでした 耳 ゴムで 毎 日 使 いました すると 翌 日 から 全 く 症 状 が 現 れなくなりました そして 大 学 病 院 での 検 査 の 結 果 何 も 問 題 はないと 診 断 されま した これは 間 違 いなくバイオウェイブのおかげだと 思 います 神 経 性 夜 症 でおしめは 欠 かせませんでしたが 機 械 を 枕 元 に 置 いてから 外 すことができました 母 の 認 症 がひどくなり バイオウェイブを 部 屋 の 手 に 届 かない 箪 笥 の 上 に 置 きました すると 徘 徊 がなくなり 言 葉 もしっかりし 始 め 家 族 はビック リ 驚 いています 最 近 は ご 飯 を 食 べたことも 何 を 食 べたことまでちゃんと 覚 えています 何 よりも 私 の 仕 事 や 精 神 的 負 担 が 減 ってとても 助 かってい ます 1 歳 になろうとしてますが 夜 鳴 きがひどく 私 たち 夫 婦 はノイローゼ 状 態 でした そこでバイオウェイブを 枕 元 に 置 いたとたん 泣 き 止 んでしまうのがとても 不 思 議 です おかげでぐっすり 眠 れる 毎 日 です 心 臓 患 のため ペースメーカーを 使 用 していますが それでも 大 丈 夫 ということで 愛 用 しています とて も 調 子 がよく 前 にあった 不 安 感 もなくなりました 無 関 心 無 感 動 無 気 力 で 悩 んでました こんなの 病 気 じゃないと 人 から 言 われ なった 人 でなければこ の 苦 しさは 分 からないと 思 います 病 院 にいってもまったく 効 果 はないし 薬 は 飲 みたくない そんな 時 に バイオウェイブと 出 会 いました 今 はどんどんよくなってきているのが 実 感 できます 朝 起 きたときにそれを 一 番 感 じます エネルギーが 充 電 されるというか 生 きていく 自 信 も 少 しずつですが 湧 いてきました 整 理 できない 症 候 群 って 知 ってました? 実 は 私 がそれです!それがナント バイオウェイブを 持 ってから 半 月 で 治 ってしまいました! 整 理 する 意 欲 も 湧 いてきたのですが どこから 片 付 けたらいいか 何 を 捨 てたらいいか 頭 の 中 ですぐに 段 取 りができるようになるではありませんか!グータラ 主 婦 の 汚 名 返 上! 私 にとってはなくてはならない 強 い 味 方 です! バイオウェイブを 使 い 始 めて 半 年 無 気 力 だった 私 が ある 日 人 生 は 思 った 通 りに 生 きられる! そう 感 じました それは 自 分 の 中 の 思 考 とプラーナが 教 えてくれました 国 際 線 のパイロットです 華 やかな 職 業 と 思 われがちですが 乗 客 の 皆 様 の 命 を 預 かる 職 業 のため 調 子 の 悪 い 日 はその 重 責 に 悩 まされることもあります 体 調 の 優 れない 日 は 休 むようにと 指 導 されています が 現 実 的 にその 判 断 は 難 しい ニュースで 事 故 が 流 れたときなどは 特 に 不 安 感 が 強 くなります 夜 眠 れ 17

18 ない 日 も 実 際 にあります そんな 時 バイオウェイブは 強 い 味 方 になってくれます とにかく 熟 睡 できるの が 一 番 健 康 管 理 精 神 管 理 面 でも 優 れた 力 を 発 揮 する 機 械 だと 思 います 遺 伝 子 強 化 実 践 篇 のDVDをもらい 早 速 バイオウェイブを 購 入 しました 耳 ゴムで 試 したところ ビデ オで 言 っている 初 期 の 部 分 がチクチクするではありませんか! 何 度 行 なっても 同 じ 反 応 です 驚 いてすぐに 精 密 検 査 をしました すると やはり 初 期 でした 医 者 からは 早 く 見 つかってよかった と 言 われ すぐに 手 術 しました 今 は 健 康 に 働 けるようにまで 回 復 し ました 助 かりました! 頚 椎 挫 で これはもう 治 らないと 診 断 されました 首 から 肩 指 の 先 まで みがあり れもあります 指 先 などは 何 も 感 覚 はありません 全 てのことを 試 しましたが 何 の 反 応 もありませんでした 最 後 の 頼 みの 綱 でバイオウェイブを 買 い 求 めました すると 3ヵ 月 後 みが 穏 やかになってきたような 気 がしました それからが 早 かったです 徐 々に れも 緩 やかになってきて 今 7ヶ 月 目 ですが 指 先 の 感 覚 も 少 しずつ 戻 ってきました みも れも 大 分 なくなってきています 本 当 にこれは 凄 いです 川 又 先 生 本 当 に 助 かりました ありがとうございました (14)JR 福 知 山 線 脱 線 事 故 は フォトンの 影 響 による 太 陽 フレア だった? 確 か2005 年 3 月 だったと 思 う 川 又 先 生 に 今 話 題 の フォトン の 影 響 について 電 話 で 尋 ねたことがあった 2012 年 12 月 頃 から フォトンベルトが 地 球 を 覆 うと 言 われていますが 実 際 には 人 体 にどのような 変 化 が 起 きるのでしょうか? という 質 問 だった それに 対 し 川 又 先 生 は 短 期 的 に 言 えば 意 識 内 部 に 空 白 の 時 間 が 頻 繁 に 起 きる 何 も 考 えない 何 も 感 じない という 人 が 増 える だからこの 時 期 はなるべく 乗 り 物 に 乗 らない 方 がいいだろうね うっかりミスが 増 えるし 衝 動 殺 人 も 増 えてくるだろうしね それは 洗 脳 されやすい 時 期 ということになるのでしょうか? それもあるだろうけど もっと 恐 いのは 若 い 人 たちがゲーム 感 覚 で 理 性 が 麻 痺 する 時 期 でもあるんだ 最 近 そういった 事 件 が 多 いのは 毎 年 フォトンによる 太 陽 フレアの 巨 大 かつ 膨 大 なエネルギー 力 によるものだよ それが 何 年 も 続 くということでしょうか? 徐 々にそれ 以 上 のことが 起 きる ある 意 味 では 最 後 の 審 判 かもしれな い 進 化 を 拒 絶 した 人 と 認 めた 人 との 分 かれ 道 だね フォトンベルトは 宇 宙 空 間 の 光 の 振 動 だ 大 きな 起 伏 と 小 さな 起 伏 が 重 複 してやってくる 時 が 一 番 その 影 響 が 出 やすい もっとも 恐 いのは 生 物 の 遺 伝 子 が 狂 うことな んだけどね 既 に 三 重 螺 旋 構 造 のDNAを 持 つ 子 供 達 も 生 まれてきてるん だ 100Vの 電 気 製 品 に300Vの 電 気 が 流 れることと 同 じだよ 人 間 が 機 械 ならショートしてしまう そういった 現 象 が 精 神 面 肉 体 面 に 出 てくる 人 様 々だけど それぞれ 一 番 弱 ってい る 部 分 がショートするんだ 癌 の 急 増 とか 新 型 ウィルスの 蔓 延 とかね 今 年 (2005 年 )でいうと その 起 伏 が 重 なる 時 期 はいつ 頃 ですか? 日 本 でいえば 来 月 の4 月 の 下 旬 から5 月 の 上 旬 が 一 番 危 険 今 年 で 一 番 フォトンの 影 響 が 出 やすい 時 期 だ 飛 行 機 とか 電 車 とかの 乗 り 物 はあまり 乗 らない 方 がいいだろうね できれば 外 出 も この 話 の 後 2005 年 4 月 25 日 午 前 9 時 18 分 あの 多 くの 犠 牲 者 を 出 したJR 福 知 山 線 脱 線 事 故 が 起 きてし まった 18

19 予 測 が 的 中 してしまったのである そういえばこの 時 期 この 電 車 事 故 以 外 に 飛 行 機 のトラブルも 頻 繁 に 起 き 後 で 聞 く 話 によると 確 かに 交 通 事 故 も 多 かったらしい 全 て 人 的 要 因 によるうっかりミスの 事 故 であった 更 にはこんな 予 測 も 2005 年 から アジア 各 国 で 感 情 のブレが 起 きる 国 民 感 情 のズレと 言 ってもいい 特 に 日 本 に 対 してあらゆる 面 で 衝 突 が 起 きるだろう しかし 反 対 に 友 好 的 な 動 きも 出 る つまり 人 によって 感 情 と 理 性 の 両 極 化 が 進 んでくる これがある 意 味 進 化 を 拒 絶 した 人 と 進 化 を 受 け 入 れた 人 との 違 いなんだ 確 かに 昨 今 の 日 本 との 中 国 韓 国 北 朝 鮮 との 関 係 を 見 ると 教 科 書 問 題 や 靖 国 問 題 拉 致 問 題 領 土 ( 竹 島 ) 問 題 など 諸 外 国 からのエゴと 感 情 がむき 出 しになっているように 感 じられる 反 対 に 韓 流 ブームやめぐみさん 拉 致 問 題 への 映 画 制 作 など お 互 いに 友 好 的 な 意 識 を 持 ち 昔 の 人 が 抱 いていた 差 別 意 識 もなく 同 じ 地 球 上 の 人 間 として 理 性 的 に 受 け 入 れている 動 きもある 特 に 日 本 人 は 世 界 の 人 々と 違 って 宗 教 の 違 いで 争 うことはなく 全 ての 考 えを 尊 重 し 相 手 の 意 見 も 理 性 的 に 理 解 しようと 努 め 常 に 平 和 的 な 解 決 を 求 めようとする 人 々が 多 い その 代 わり お 正 月 は 日 本 神 道 ( 初 詣 ) 結 婚 式 はキリスト 教 死 ぬときは 仏 教 と 余 りにも 節 操 が 無 いよう にも 感 じられるが ある 意 味 神 という 概 念 を 一 つに 固 執 せず 全 体 的 に 大 きく 捉 えているのかも 知 れない 八 百 万 の 神 々が 宇 宙 や 地 球 を 作 ったとは 誰 も 思 わず 人 間 知 では 理 解 し 得 ない 大 意 識 によって 宇 宙 が 形 成 されていることを 本 能 的 に 察 しているからではないだろうか これらを 進 化 と 呼 ぶなら 日 本 人 は 元 々 進 化 する 種 を 秘 めた 民 族 ではないだろうか( 笑 )? (15) 遺 伝 子 が 損 傷 していたら どんな 特 効 薬 を 飲 んでも 無 駄 になる! 毎 日 健 康 維 持 のために 健 康 食 品 (サブリメント)を 愛 用 されている 方 は 多 い 過 去 の 緊 急 レポートでも 述 べたように 現 在 の 食 生 活 のままでは カロリーを 摂 取 することはできても 健 康 を 維 持 するだけの 栄 養 素 が 極 端 に 少 なくなってきている 少 なくとも 昔 のキャベツ トマト きゅうりの 味 ではない 更 に 農 薬 食 品 添 加 物 塩 素 が 追 い 討 ちをかける 実 に 農 薬 4kg 食 品 添 加 物 4kg を 年 間 を 通 して 食 べているのだという( 国 民 一 人 当 たりの 平 均 値 ) 4kg はボーリングの 玉 1 個 に 相 当 する 重 さである この 毒 物 によって 遺 伝 子 が 破 壊 もしくは 損 傷 される よって 未 熟 児 や 奇 形 更 には 子 々 孫 々 破 壊 されたDNAはそのまま 受 け 継 がれていく 川 又 先 生 は 言 う 農 薬 や 添 加 物 は 間 脳 に 直 接 影 響 を 与 え DNA に 著 しいダメージを 与 える そんな 状 態 でサブリメントや 薬 を 飲 んでも 効 かないのは 当 たり 前 まずは 損 傷 した DNA を 修 復 することが 必 要 だ 特 に 嫁 入 り 前 の 娘 さんほど 未 来 の 子 孫 のために 早 くこのことに 気 付 いて 欲 しい と 強 く 語 る 今 毒 物 の 影 響 を 受 けて 病 気 になっている 人 は 3 代 前 からの 影 響 だという その 受 け 継 いだ 遺 伝 子 を 修 復 するには これ 以 上 毒 物 を 摂 らないことも 重 要 だが 積 極 的 な 毒 素 排 出 と DNA 修 復 のためにダイレクトに 働 きかけるサブリメントや 機 械 (バイオウェ イブ)が 必 要 だとのこと 現 代 においては DNA を 修 復 することが 一 番 健 康 への 早 道 なのに 新 たな 栄 養 素 を 入 れても 傷 ついた 遺 伝 子 のままでは 何 ら 吸 収 もされず 薬 が 効 かなくなった 健 康 食 品 を 食 べても 効 果 がない といった 症 例 が 後 を 19

20 絶 たないのも 理 解 できるだろう しかも 薬 のほとんどは 鉱 物 油 でできている 西 洋 医 学 の 毒 には 毒 を 以 って 制 す 方 式 では ますます 遺 伝 子 を 傷 付 け 免 疫 力 を 下 げ ステロイドやタミ フルなどの 更 なる 強 力 な 毒 が 必 要 になってくる これでは 現 在 どんな 強 靭 な 肉 体 を 持 っていても 3 代 目 はズタズタの 子 孫 が 生 まれることになる (16) 完 全 な 生 命 遺 伝 子 構 造 を 持 つ 地 球 最 古 の 藻 が 人 類 を 救 う! 今 から 35 億 年 前 地 球 上 にバクテリアが 出 現 したといわれる 頃 から 全 く 進 化 していない 生 命 体 がある これは 言 い 換 えれば どんなに 地 球 環 境 が 変 化 しようとも 一 度 も 絶 滅 もせず 更 には 遺 伝 子 的 にも 進 化 する 必 要 のないパーフェクトな 生 命 体 ということにもなる 地 球 と 共 に 太 古 の 昔 から 現 在 まで 生 き 続 け 全 く 変 わらないもの そんな 生 命 体 は 地 球 上 でたった 一 つしかない 地 球 上 でただ 一 ヶ 所 米 国 のオレゴン 州 にあるアルカリ 性 の 淡 水 湖 アッパー クラマス 湖 だけに 自 生 する 天 然 の 食 用 藻 ( 藍 藻 類 )のことだ 海 抜 1200mの 寒 冷 地 に 位 置 するこのアッパー クラマス 湖 は オレゴ ン 州 最 大 の 湖 ( 約 200k m2) 北 米 大 陸 有 数 のアメリカワシの 生 息 地 として 知 られている また 世 界 でもいくつかしかないアルカリ 性 (PH=9~11)の 湖 のひとつに 数 えられている 周 辺 のカスケード 山 脈 のさまざまな 層 で 濾 過 された 雪 や 氷 の 溶 け 水 が 17の 河 川 を 通 して 流 れ 込 む 清 廉 な 水 と 豊 富 にわき 出 る 地 下 水 で 満 たされたクレータ 湖 である 湖 底 には 約 7000 年 前 に 起 きた 北 米 最 大 規 模 の 火 山 噴 火 の 際 降 り 積 もったミネラル 分 豊 富 な 沈 殿 物 が 厚 さ11mにも 及 んで 堆 積 している このミネラルバランスが 地 球 の 分 身 ともいえるほどの 理 想 的 なDNA 食 品 食 用 藍 藻 類 を 育 てた また 湖 面 は 澄 んだ 大 気 でおおわれ 空 からは 太 陽 の 光 がさんさんとふり 注 いでいる この 地 域 は 年 間 晴 天 日 が300 日 以 上 もあり 米 国 でもっとも 晴 天 日 が 多 い 地 域 として 有 名 なところだ この 湖 に 天 然 の 食 用 藍 藻 類 は 太 陽 とミネラルの 恵 みをふんだんに 受 け 太 古 の 昔 から 今 に 渡 って 生 き 続 けている 世 界 中 のどこを 探 しても これほどまでに 自 然 な 状 態 で かつ 汚 染 されていない 環 境 から 採 取 されるものはな い これが 人 類 の 損 傷 した 遺 伝 子 を 修 復 し 栄 養 密 度 世 界 有 数 を 産 み 出 している 環 境 なのだ 現 在 NASAでは これを 中 心 とした 微 小 藻 類 を 公 的 宇 宙 食 として 主 利 用 する 研 究 を 行 っている 全 栄 養 成 分 を 理 想 的 な 形 で 含 有 する 食 品 のみならず それら 栄 養 素 が 高 い 吸 収 率 (なんと 95% 以 上!)で 各 細 胞 に 摂 り 入 れられ とりわけ 脳 細 胞 に 充 分 な 栄 養 成 分 をもたらし 化 学 物 質 や 農 薬 などへの 抵 抗 力 環 境 変 化 による 順 応 力 各 細 胞 の 進 化 に 必 要 な 理 想 的 食 品 として 高 く 評 価 され 続 けている 私 も 今 までいろんな 健 食 を 試 したが これがもっとも 自 分 に 合 っていると 感 じている 頭 体 調 感 情 全 てにおいて 日 ごとに 調 子 が 良 くなっていくのが 実 感 できるからだ (JES 緊 急 レポート 取 材 班 総 責 : 本 井 秀 定 ) 20

21 川 又 審 一 郎 先 生 のDVD 遺 伝 子 強 化 実 践 篇 (2 時 間 講 演 ) を 全 員 プレゼント! レポート 中 に 含 まれていた 生 命 力 活 性 装 置 そして 天 然 の 食 用 藍 藻 類 など 川 又 先 生 が 開 発 または 推 薦 している 商 品 の 説 明 DVD(またはビデ オ)を 今 回 ご 希 望 の 方 に 全 員 プレゼントいたします( 通 常 2,625 円 で 販 売 している 商 品 です) 本 講 演 で 宇 宙 と 人 体 の 仕 組 みについて 明 らかにすると 共 に 今 後 の 生 活 にとっても 大 変 有 意 義 なお 話 をされています 是 非 これを 機 会 にお 申 し 込 みください 新 ZEROの 法 則 / 特 別 講 義 遺 伝 子 強 化 実 践 篇 :2 時 間 DVD(またはビデオ)1 本 を 通 常 2,625 円 無 料!( 送 料 もサービス) 川 又 審 一 郎 先 生 も 号 泣 した ドラマCD ふるさと 第 1 巻 も 無 料 進 呈! 更 には 本 レポートの 執 筆 者 であり JESの 代 表 である 本 井 秀 定 の 脚 本 した ドラマCD: ふるさと 第 1 巻 を ご 希 望 の 方 全 員 に 無 料 送 付 いたします この 脚 本 は 本 井 の 尊 敬 する 故 高 橋 信 次 先 生 の 考 えに 基 づいて 制 作 したもので 人 間 の 魂 の 永 遠 性 を 綴 った 物 語 です 川 又 審 一 郎 先 生 もこのCDを 聴 かれ 号 泣 され 普 及 に 協 力 してくださいました 人 はどこから 来 てどこへ 向 かおうとしているのか 人 間 にとって 一 番 大 切 なのは 何 な のか をテーマに 感 動 的 な 親 子 の 愛 を 通 して 息 を 飲 む 迫 力 でストーリーが 展 開 していきます プロの 声 優 20 数 名 を 起 用 し 迫 力 のある 音 響 効 果 と 心 が 安 らぐ 美 しいB GM 入 りです 全 4 巻 で 構 成 されていますが 今 回 最 初 の 第 1 巻 を 聴 かれた 後 で 続 け て 次 の 第 2 巻 も 聴 いてみたい 方 のみ 第 1 巻 発 送 時 に 同 封 される 郵 便 局 の 振 替 用 紙 にて 1 円 以 上 を 振 り 込 めば 次 の 第 2 巻 が 届 くシステムにな っております( 第 3 巻 以 降 も 同 じ 手 順 / 振 り 込 み 手 数 料 は JES 負 担 ) CDか カセットテープのいずれかをお 選 びください 皆 様 の 善 意 なる 賛 助 金 で 作 られたCDです 21

<4D6963726F736F667420576F7264202D20835F83438347836283678BC68A4582CC835E8375815B8148954B82B8918982B982E782EA82E9814182A082BD82E882DC82A682CC835F834383478362836795FB964082F082BF82E582C182C682BE82AF965C98492E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20835F83438347836283678BC68A4582CC835E8375815B8148954B82B8918982B982E782EA82E9814182A082BD82E882DC82A682CC835F834383478362836795FB964082F082BF82E582C182C682BE82AF965C98492E646F63> ダイエット 業 界 のタブー? 必 ず 痩 せられる あたりまえのダイエット 方 法 をちょっとだけ 暴 露 ダイエット 業 界 のタブー? 必 ず 痩 せられる あたりまえのダイエット 方 法 をちょっとだけ 暴 露 ダイエット 業 界 のタブー? 必 ず 痩 せられる あたりまえのダイエット 方 法 をちょっとだけ 暴 露 ダイエット 業 界 のタブー? 必 ず 痩 せられる あたりまえのダイエット

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

セジ ざ 紹 介 動 跡 嫌 セ 成 長 好 今 フ ダ 数 々 動 提 供 好 転 以 簡 単 少 勇 新 挑 戦 ワド 毎 日 楽 過 新 扉 開 * 付 録 聴 ペャC 紹 介 入 2010 5 月 Body design 代 表 福 田 2 3 巻 末 付 録 C 読 皆 験 C 付 録 用 意 書 専 門 内 後 内 読 後 簡 単 付 属 C ヤ 聴 C 廻 約 20 作 動 毎 日 続

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

富 田 林 市

富 田 林 市 ファミリー サポート センターを 上 手 に 活 用 するために 援 助 活 動 補 償 保 険 Q&A 富 田 林 市 ファミリー サポート センター 平 成 27 年 6 月 -1- 富 田 林 市 ファミリー サポート センター ファミリー サポート センターは 子 育 てを 援 助 したい 会 員 と 援 助 を 受 けたい 会 員 の 相 互 援 助 の 会 です ファミリー サポート センター

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

《印刷用》ためしてガッテン:解明!グッスリ眠れる枕の秘密

《印刷用》ためしてガッテン:解明!グッスリ眠れる枕の秘密 NHK 総 合 テレビ 毎 週 水 曜 日 午 後 8 時 から 放 送 中 http://www.nhk.or.jp/gatten/ 解 明!グッスリ 眠 れる 枕 の 秘 密 2008 年 2 月 6 日 放 送 今 回 の 番 組 について 最 近 では 自 分 の 好 きな 枕 が 選 べるというホテルから 百 種 類 以 上 の 枕 を 取 り 揃 えた 枕 専 門 店 まで 登 場 するほどの

More information

document

document 満 足 度 調 査 集 計 表 特 別 養 護 老 人 ホーム 仙 人 の 里 長 期 入 所 家 族 回 答 人 数 30 名 調 査 期 間 : 平 成 26 年 6 月 16 日 ~6 月 30 日 問 1. 施 設 内 は 清 潔 ですか?( 玄 関 居 室 ホール 廊 下 トイレなど) 清 潔 27 名 普 通 3 名 汚 い0 名 どちらとも 言 えない0 名 未 記 入 0 名 新 しい

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

産婦人科 転職ガイド

産婦人科 転職ガイド 転 職 をお 考 えの 先 生 へ 産 婦 人 科 転 職 ガイド 株 式 会 社 プライオネット ( 本 社 ) 愛 知 県 豊 橋 市 藤 沢 町 141 ロワジールホテル 豊 橋 8F 求 人 フリーダイヤル:0120-480-501 求 人 専 用 メール:sdr info@priornet.info 産 婦 人 科 医 師 求 人 サイト 産 婦 人 科 ドクターズバンク http://www.priornet.info/sanfujinkdr/

More information

秋 田 県 精 神 科 救 急 搬 送 及 び 受 入 れ 対 応 事 例 集 ( 身 体 合 併 症 を 有 する 精 神 疾 患 患 者 の 受 入 医 療 機 関 確 保 のための 基 準 と 対 応 ) 平 成 28 年 2 月 1 日 秋 田 県 健 康 福 祉 部 障 害 福 祉 課 目 次 秋 田 県 精 神 科 救 急 搬 送 及 び 受 入 れ 対 応 事 例 集 の 概 要 1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203039303532362D3039303630395F8F5A91EE8E918BE081698E918BE08C7689E6816A82C682CD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203039303532362D3039303630395F8F5A91EE8E918BE081698E918BE08C7689E6816A82C682CD2E646F63> 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは 090526 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは その1 昨 日 (090524)は 増 築 の 契 約 に 立 ち 会 うことがありました OB のお 客 様 で 築 13 年 の2 階 建 てのお 住 まいです お 父 様 名 義 の 家 を 娘 様 がローンを 利 用 して2 階 に 一 部 屋 増 築 そのため 屋 根 の 全 面 葺 き

More information

女を自分にベッタリ依存させる方法

女を自分にベッタリ依存させる方法 こんにちは 古 賀 です あなたは 好 きな 女 性 気 になる 女 性 に 依 存 されたいと 思 いますか? あなた 無 しじゃ 生 きられない と 言 われて ベッタリ 依 存 され 頼 りまくられたいと 思 いますか? まあ 人 によってはウザイと 言 う 人 もいるかもしれませんが ほとんどの 男 性 が 気 になる 女 性 か ら 依 存 されたいと 思 っているのではないかと 思 います

More information

< F31332D ED8A5195F18D908F C8362>

< F31332D ED8A5195F18D908F C8362> T-11 番 要 約 1 被 害 者 伊 藤 維 平 成 8 年 1 月 11 日 生 2 接 種 前 健 康 中 学 校 通 学 バイオリン 剣 道 3 接 種 サーバリックス(2010 年 7 月 31 日 9 月 4 日 2011 年 4 月 16 日 ) 4 経 過 概 要 2010 年 7 月 31 日 9 月 4 日 サーバリックス 接 種 2011 年 4 月 16 日 サーバリックス3

More information

第 3 章 催 眠 術 初 体 験 私 は どうしても 自 分 自 身 で 催 眠 術 を 体 験 してみたいと 思 いました そして HP で 検 索 して ある 催 眠 心 療 所 に 行 くことにしました ドキドキしながら 扉 を 開 けると いかにも 催 眠 術 をやっているような 姿 をし

第 3 章 催 眠 術 初 体 験 私 は どうしても 自 分 自 身 で 催 眠 術 を 体 験 してみたいと 思 いました そして HP で 検 索 して ある 催 眠 心 療 所 に 行 くことにしました ドキドキしながら 扉 を 開 けると いかにも 催 眠 術 をやっているような 姿 をし 催 眠 術 師 物 語 ~ 催 眠 術 師 への 道 ~ この 物 語 は 私 自 身 が 催 眠 術 に 出 会 って 催 眠 術 師 の 道 に 進 むまでの 出 来 事 を 書 いたも のです 第 1 章 催 眠 術 との 出 会 い 催 眠 術 この 言 葉 が 私 の 頭 の 中 に 突 然 浮 かんできました まるで 頭 に 電 気 が 走 ったような 感 じで いつもと 違 う 感 覚

More information

仕事が楽しい人File

仕事が楽しい人File 仕 事 が 楽 しい 人 File.60: 山 﨑 弘 さん( 画 家 ) モノを 感 覚 的 に 見 るのではなく 技 術 的 に 観 る 目 を 鍛 えよ 第 60 番 目 の 仕 事 が 楽 しい 人 は 画 家 の 山 﨑 弘 さんです みなさんは 画 家 ( 芸 術 家 )にどんなイメージを 持 っているでしょうか 私 は ベレー 帽 をかぶっている( 手 塚 治 虫 さんからの 印 象

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9892C592C58AD494C28377838B836A834182CC906697C381418347815B8358834E8389836283768CB48D658141323031312E31322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9892C592C58AD494C28377838B836A834182CC906697C381418347815B8358834E8389836283768CB48D658141323031312E31322E646F63> 腰 椎 椎 間 板 ヘルニアについて - 正 しい 理 解 とより 良 い 治 療 を 受 けるために- 金 明 博 [はじめに] 整 形 外 科 の 外 来 を 訪 れる 患 者 さんの 多 くは 腰 痛 を 主 訴 にされてい ます その 腰 痛 の 患 者 さんが 心 配 している 病 気 の 中 で 腰 椎 椎 間 板 ヘルニアほ ど 有 名 な 病 気 はないでしょう 腰 椎 椎 間 板

More information

< F31332D B EFB897695A88C8F82CC A>

< F31332D B EFB897695A88C8F82CC A> アパート 収 益 物 件 のメリット アパート 収 益 物 件 はメリットが 大 きい (1)アパート 収 益 物 件 は 賃 料 という 形 で 毎 月 決 まった 金 額 を それも30~60 年 とい う 長 期 にわたって 稼 いでくれる 金 の 卵 を 産 む 鶏 である 1 一 般 的 に 鉄 筋 コンクリート 造 りの 場 合 は60 年 鉄 骨 造 の 場 合 は60 年 木 造 の

More information

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き 第 6 章 1. 各 種 診 断 はどのように 行 うか 児 童 相 談 所 における 子 ども 虐 待 対 応 は 専 門 的 な 科 学 的 知 見 に 基 づき 問 題 の 本 質 背 景 を 分 析 す ることにより 合 理 的 客 観 的 見 地 から 個 々の 事 例 につ の 過 程 が 診 断 であり 診 断 には 児 童 福 祉 司 による 社 会 診 断 児 童 心 理 司 による

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

休 憩 時 間 休 憩 時 間 は 勤 務 時 間 の 途 中 で 自 分 の 時 間 として 自 由 に 利 用 することが 法 律 で 保 障 されている 時 間 です 学 校 職 場 では1 日 45 分 です 勤 務 する 義 務 がないの で 給 与 の 対 象 外 です 仕 事 による 肉 体 的 精 神 的 な 疲 労 を 回 復 するために 労 働 基 準 法 で 決 められています

More information

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫 紙 父 早 亡 離 暮 知 ゅ 華 料 預 港 町 飲 屋 帰 章 Ⅰ 落 汁 落 レ 炒 汁 淡 黄 褐 色 ょ 個 太 洋 陸 ソ モ 諸 サ モ 諸 抜 ぬ 太 洋 黄 信 ム 発 食 費 円 料 汁 乱 ぷ 岡 箱 細 腕 歩 姿 浮 闇 野 良 犬 ぬ 匹 牙 岡 落 4 ニ ブ 薪 音 閉 務 室 声 苦 労 5 無 修 士 釘 員 廊 寝 近 進 駐 ゅ 軍 ャ プ パ 工 場 付 属

More information

Microsoft Word - 新HOT-13-03.doc

Microsoft Word - 新HOT-13-03.doc 2013.3 月 ( 323) UMS 税 理 士 法 人 ユーマス 会 計 株 式 会 社 ユーマス 経 営 新 今 月 の 視 点 平 成 25 年 度 税 制 改 正 の 行 方 自 民 党 税 制 調 査 会 ( 平 成 25 年 1 月 29 日 閣 議 決 定 ) 現 在 の 経 済 情 勢 を 踏 まえて 成 長 と 富 の 好 循 環 の 実 現 に 向 けて 民 間 投 資 喚 起

More information

家畜衛生ニュース-中央

家畜衛生ニュース-中央 中 央 家 畜 衛 生 通 信 第 65 号 平 成 25 年 8 月 発 行 岩 手 県 中 央 家 畜 保 健 衛 生 所 岩 手 県 中 央 家 畜 衛 生 協 議 会 目 次 家 畜 を 残 暑 から 守 りましょう 岩 手 県 牛 ヨーネ 病 防 疫 対 策 要 領 の 改 正 について 農 場 HACCP 興 味 のある 方 は 当 所 まで!! めん 羊 の 慢 性 銅 中 毒 1 3

More information

OD 研 究 会 報 No.74 号 -- 内 視 鏡 達 負 担 精 密 可 能 除 頃 バ 条 件 ぜ 条 件 細 胞 傷 爆 四 八 散 例 胃 肝 へ ぜ 肝 器 血 量 至 ぐ 閉 肝 限 学 界 識 率 語 婦 産 卵 巣 爆 婦 系 引 張 上 げ 破 細 胞 び 散 播 腫 ゅ 識

OD 研 究 会 報 No.74 号 -- 内 視 鏡 達 負 担 精 密 可 能 除 頃 バ 条 件 ぜ 条 件 細 胞 傷 爆 四 八 散 例 胃 肝 へ ぜ 肝 器 血 量 至 ぐ 閉 肝 限 学 界 識 率 語 婦 産 卵 巣 爆 婦 系 引 張 上 げ 破 細 胞 び 散 播 腫 ゅ 識 OD 研 究 会 報 No.74 号 -- 統 計 書 予 測 順 胃 3 ' 比 倍 総 7 万 8 千 ぼ 予 測 精 液 器 代 表 高 齢 社 会 到 来 時 加 然 然 回 排 夜 迫 ( イ 行 我 慢 ) 下 快 結 肥 比 較 類 早 期 過 剰 放 寿 命 係 摘 放 射 線 照 射 消 滅 副 用 失 禁 機 能 障 害 回 高 齢 社 会 到 来 加 丹 羽 話 伺 4 月 行

More information

た また 2 年 ほど 前 から 交 通 課 のおまわりさんと 一 緒 に 高 齢 者 宅 を 回 っ て 警 察 からの 話 を 各 家 庭 にしているので 高 齢 者 に 対 する 浸 透 はしてい ると 思 う ( 警 察 ) 地 元 に 密 着 しているのは 民 生 委 員 であるので 先

た また 2 年 ほど 前 から 交 通 課 のおまわりさんと 一 緒 に 高 齢 者 宅 を 回 っ て 警 察 からの 話 を 各 家 庭 にしているので 高 齢 者 に 対 する 浸 透 はしてい ると 思 う ( 警 察 ) 地 元 に 密 着 しているのは 民 生 委 員 であるので 先 会 議 録 平 成 26 年 7 月 30 日 作 成 平 成 30 年 3 月 末 日 廃 棄 会 議 名 京 都 府 東 山 警 察 署 協 議 会 ( 第 1 回 ) 開 催 日 平 成 26 年 6 月 27 日 ( 金 曜 日 ) 時 間 午 後 2 時 から 午 後 4 時 05 分 までの 間 (125 分 ) 場 所 京 都 府 東 山 警 察 署 出 席 者 宮 野 会 長 加 藤

More information

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc)

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc) 一 時 特 定 保 育 の 役 割 とその 課 題 児 童 学 研 究 科 児 童 学 専 攻 06-0632 0632 石 川 三 千 代 1. 研 究 の 動 機 と 目 的 少 子 化 は 1990( 平 成 2) 年 の 1.57 ショックから 大 きな 社 会 問 題 として 取 り 上 げられる ようになった 国 はエンゼルプラン 1994( 平 成 6) 年 新 エンゼルプラン 1999(

More information

長野県プレスリリース 平成16年7月23日

長野県プレスリリース 平成16年7月23日 長 野 県 ( 県 民 文 化 部 )プレスリリース 平 成 28 年 (2016 年 )3 月 9 日 特 定 商 取 引 に 関 する 法 律 違 反 の 事 業 者 に 対 して 行 政 処 分 ( 業 務 停 止 命 令 3か 月 )を 行 いました 県 は 低 周 波 電 気 マッサージ 組 合 せ 家 庭 用 医 療 機 器 の 訪 問 販 売 を 行 っていた 株 式 会 社 ファインティに

More information

4.お 客 さまからのお 申 し 出 ( 苦 情 ) 受 付 状 況 ( 中 分 類 ごとのお 申 し 出 ( 苦 情 ) 事 例 ) 大 分 類 中 分 類 お 申 し 出 ( 苦 情 ) 内 容 および 対 応 状 況 以 前 より 薬 を 服 用 しているが 申 込 みの 際 に 告 知 しな

4.お 客 さまからのお 申 し 出 ( 苦 情 ) 受 付 状 況 ( 中 分 類 ごとのお 申 し 出 ( 苦 情 ) 事 例 ) 大 分 類 中 分 類 お 申 し 出 ( 苦 情 ) 内 容 および 対 応 状 況 以 前 より 薬 を 服 用 しているが 申 込 みの 際 に 告 知 しな お 客 さまの 声 白 書 ~ お 客 さまを 大 切 にする 会 社 の 実 現 を 目 指 して~ 追 補 版 2006 年 8 月 明 治 安 田 生 命 相 互 会 社 4.お 客 さまからのお 申 し 出 ( 苦 情 ) 受 付 状 況 ( 中 分 類 ごとのお 申 し 出 ( 苦 情 ) 事 例 ) 大 分 類 中 分 類 お 申 し 出 ( 苦 情 ) 内 容 および 対 応 状 況

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

untitled

untitled 第 64 号 平 24 10 31 翌 桧 2 (ウェブ 宮 殿 ) 1 御 嶽 登 ( 頂 ) 2 能 機 械 2 夏 例 暑 続 彼 岸 晩 肌 寒 秋 翌 桧 昨 妻 副 訳 振 供 保 育 園 園 保 護 者 妻 保 護 者 色 制 舎 監 母 守 趣 ポ ツ ク ブ ソ ボ サ ク ブ 六 彼 ピ 襲 ナ 団 色 違 付 授 等 視 拡 ヒ 第 福 島 駅 伝 A ム 算 五 度 優 勝

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

《印刷用》ためしてガッテン:バカうま!このアサリ一体どう調理したの?

《印刷用》ためしてガッテン:バカうま!このアサリ一体どう調理したの? NHK 総 合 テレビ 毎 週 水 曜 日 午 後 8 時 から 放 送 中 http://www.nhk.or.jp/gatten/ 日 本 人 の8 割 が 危 険! 睡 眠 時 無 呼 吸 症 の 死 角 2010 年 6 月 23 日 放 送 今 回 の 番 組 について テーマは 眠 っている 時 に 息 が 止 まる 睡 眠 時 無 呼 吸 症 と 言 えば 多 くの 人 が 居 眠 り

More information

1. 用 語 の 意 義 第 1 条 ( 用 語 の 意 義 ) この 普 通 約 款 において 使 用 されるつぎの 用 語 の 意 義 は それぞれつぎのとおりとします 金 責 任 開 始 期 契 約 応 当 日 用 語 の 意 義 満 期 金 死 亡 金 および 高 度 障 害 金 をいいます

1. 用 語 の 意 義 第 1 条 ( 用 語 の 意 義 ) この 普 通 約 款 において 使 用 されるつぎの 用 語 の 意 義 は それぞれつぎのとおりとします 金 責 任 開 始 期 契 約 応 当 日 用 語 の 意 義 満 期 金 死 亡 金 および 高 度 障 害 金 をいいます この の 概 要 1. 用 語 の 意 義 第 1 条 用 語 の 意 義 (H 普 通 約 款 目 次 2. 金 の 支 第 2 条 金 の 支 第 3 条 金 の 支 に 関 する 補 則 第 4 条 金 の 免 責 事 由 に 該 当 した 場 合 の 取 扱 第 5 条 金 支 方 法 の 選 択 第 6 条 金 の 請 求 支 期 および 支 場 所 3. 当 会 社 の 責 任 開 始

More information

2014 春 シンシア 博 士 2 <パワフルシャーマンリーディング> 日 時 :2014 年 3 月 8( 土 ) 9( 日 )11( 火 )12( 水 ) 13( 木 ) 16( 日 )23( 日 ) 料 金 : 特 別 価 格 60,000 円 ( 本 来 66,000 円 ) 時 間 :2

2014 春 シンシア 博 士 2 <パワフルシャーマンリーディング> 日 時 :2014 年 3 月 8( 土 ) 9( 日 )11( 火 )12( 水 ) 13( 木 ) 16( 日 )23( 日 ) 料 金 : 特 別 価 格 60,000 円 ( 本 来 66,000 円 ) 時 間 :2 2014 春 シンシア 博 士 1 < 天 使 のクラス> 日 時 :2014 年 3 月 15 日 ( 土 )9:30 16:30 料 金 :35,000 円 前 金 :20,000 円 場 所 : 488-0883 愛 知 県 尾 張 旭 市 城 山 (しろやま) 町 長 池 下 4517 番 地 1 電 話 番 号 :0561-52-1850 尾 張 旭 市 スカイワードあさひ くすのきAホール5F

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

7 情緒障害

7 情緒障害 Ⅶ 情 緒 障 害 情 緒 障 害 と は, 状 況 に 合 わ な い 感 情 気 分 が 持 続 し, 不 適 切 な 行 動 が 引 き 起 こ さ れ, そ れ ら を 自 分 の 意 思 で は コ ン ト ロ ー ル で き な い こ と が 継 続 し, 学 校 生 活 や 社 会 生 活 に 適 応 で き な くな る 状 態 を い う 1 情 緒 障 害 の ある 子 供 の

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

Microsoft Word - 読者の広場_I_.doc

Microsoft Word - 読者の広場_I_.doc 核 データニュース,No.102 (2012) 読 者 の 広 場 (I) 吉 田 研 究 室 で 過 ごした 日 々 元 武 蔵 工 業 大 学 吉 田 研 究 室 OB 羽 倉 尚 人 naoto_hagura@hotmail.com 1. 特 別 な 日 東 急 大 井 町 線 尾 山 台 駅 の 改 札 を 出 て 左 に 進 むと ハッピーロード 尾 山 台 という 商 店 街 が 環 八

More information

震 から1946 年 の 地 震 まで9 回 知 られている 684 年 には 日 本 書 紀 にも 記 載 され 道 後 温 泉 の 湧 出 が 止 まったとある 1605 年 1707 年 185 4 年 1946 年 とそれぞれ 揺 れの 程 度 や 津 波 の 高 さが 分 かっている 17

震 から1946 年 の 地 震 まで9 回 知 られている 684 年 には 日 本 書 紀 にも 記 載 され 道 後 温 泉 の 湧 出 が 止 まったとある 1605 年 1707 年 185 4 年 1946 年 とそれぞれ 揺 れの 程 度 や 津 波 の 高 さが 分 かっている 17 原 発 廃 炉 に 向 けて 2012 年 7 月 28 日 ( 土 ) 原 水 爆 禁 止 四 国 大 会 於 高 松 市 伊 方 原 発 をとめる 会 事 務 局 長 草 薙 順 一 はじめに 原 発 稼 働 は 人 の 生 存 を 脅 かし 環 境 を 破 壊 し 倫 理 的 に 許 されない 犯 罪 行 為 である 危 険 な 原 発 稼 働 を 誰 のために 何 のために 稼 働 するのか?

More information

たことも 今 後 のエネルギ 政 策 を 考 える 上 で 重 要 である (この 投 票 結 果 は 若 者 はインター ネットなどで メディア 以 外 の 情 報 を 比 較 的 多 く 入 手 しているからとも 考 えられる) アンケート 結 果 の 15% 以 下 という 数 値 が 3.1

たことも 今 後 のエネルギ 政 策 を 考 える 上 で 重 要 である (この 投 票 結 果 は 若 者 はインター ネットなどで メディア 以 外 の 情 報 を 比 較 的 多 く 入 手 しているからとも 考 えられる) アンケート 結 果 の 15% 以 下 という 数 値 が 3.1 私 の 意 見 政 治 家 への 期 待 碇 本 岩 男 1 まえがき 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 の 事 故 から 約 3 年 が 経 過 し 多 くの 科 学 的 客 観 的 事 実 が 明 らか になっているにも 関 わらず 相 変 わらず 恣 意 的 ( 間 違 った) 情 報 を 鵜 呑 みにし 脱 原 発 を 安 易 に 口 にする 政 治 家 がいる エネルギ 政 策 原

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63> 相 模 原 市 -20- 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

文化連情報8月389号.indd

文化連情報8月389号.indd 正 総 合 略 死 臓 器 摘 死 至 ゆ 安 レ バ ボ 取 除 般 従 遷 疎 困 難 特 徴 刺 激 与 ェ ュ 為 促 続 偶 付? 視 線 向 追 右 左 管 膀 胱 挿 声 様 好 音 楽 聴 試 声 録 音 聴 希 望 直 接 般 簡 隅 形 再 驚 ふ 左 伸 首 抱 作 口 ゆ 偶 常 化 情 報 緒 = 種 常 光 濃 厚 報 酬 高 評 与 遅 デ 効 徐 打 費 適 配 部

More information

そこに在るから

そこに在るから 在 澤 日 菜 子 登 場 物 男 性 3 0 代 半 男 性 2 0 代 半 男 性 4 0 代 初 2 暗 転 虫 木 々 ざ 聞 九 月 旬 東 京 近 郊 腹 午 後 四 過 ぎ 明 転 ふ 姿 男 二 太 木 枝 杖 代 抱 煙 草 持 無 ふ 煙 草 箱 湿 持 来 掴 同 役 立 掴 悪 火 掴 吐 息 悪 風 虫 空 風 3 強 少 何 四 四 半 3 歩 腹 減 足 痛 煙 草 吸

More information

G.indd

G.indd ミ ュ ウ 2 3 凝 耳 澄 第 六 研 澄 電 灯 照 央 吐 必 暖 度 右 丸 紙 構 直 英 武 保 訪 ぬ 矮 小 精 神 刻 刻 消 耗 仇 義 務 背 負 孤 独 士 仇 属 全 般 襲 ネ 科 属 世 界 共 通 室 害 虫 小 型 ネ 学 Blattella geamanica. 最 早 記 愉 以 呼 称 遡 突 然 三 暮 忙 最 初 へ 部 活 暗 包 少 街 離 嫌 予

More information

表 1 データベースの 構 築 県 別 時 系 列 配 列 大 正 12 年 香 川 県 番 号 発 生 日 種 類 氏 名 性 年 齢 発 病 日 決 定 日 転 帰 日 手 段 発 生 地 出 典 T 畜 犬 並 びに 野 犬 取 締 規 則 改 正 香 川 県 令 第 23 号

表 1 データベースの 構 築 県 別 時 系 列 配 列 大 正 12 年 香 川 県 番 号 発 生 日 種 類 氏 名 性 年 齢 発 病 日 決 定 日 転 帰 日 手 段 発 生 地 出 典 T 畜 犬 並 びに 野 犬 取 締 規 則 改 正 香 川 県 令 第 23 号 研 究 ノート 四 国 地 方 の 狂 犬 病 流 行 史 1 唐 仁 原 景 昭 要 約 筆 者 は 日 本 全 国 の 狂 犬 病 流 行 史 の 研 究 を 行 っているが,4 つの 県 を 擁 する 島 に 狂 犬 病 が 上 陸 した 場 合 にどのような 流 行 方 式 をたどり,どの 程 度 の 犠 牲 者 がでた のか,その 時, 防 疫 担 当 の 県 当 局 はどのような 対 応

More information

1 安 全 報 告 書 2010 年 熊 本 電 気 鉄 道 株 式 会 社 1. 利 用 者 はじめ 地 元 の 皆 様 へ 弊 社 の 鉄 道 事 業 に 対 して 日 頃 よりご 利 用 並 びにご 理 解 を 頂 きまして 厚 く 御 礼 申 し 上 げ ます 弊 社 は 鉄 道 を 基 軸 とする 交 通 事 業 の 展 開 が 基 本 方 針 でありますが 平 成 20 年 度 から 7 年

More information

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より 保 守 主 義 の 哲 学 --- 桜 宮 高 校 事 件 に 観 る 橋 下 徹 の 白 紙 (リセット) 思 想 の 危 険 な 本 質 についての 考 察 --- まず 産 経 新 聞 記 事 からの 抜 粋 市 教 委 入 試 可 否 21 日 に 判 断 妥 協 案 も 浮 上 橋 下 市 長 は 在 校 生 に 直 接 説 明 へ ( 産 経 新 聞 2013.1.20 22:12) 大

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

はじめに 運 行 管 理 者 は 自 動 車 の 安 全 運 行 を 確 保 するうえで 重 要 な 役 割 を 担 っています 点 呼 などの 機 会 を 通 じて 運 転 者 の 健 康 管 理 を 行 うことが 大 切 な 役 目 です このマニュアル を 参 照 して 運 転 者 の 健 康

はじめに 運 行 管 理 者 は 自 動 車 の 安 全 運 行 を 確 保 するうえで 重 要 な 役 割 を 担 っています 点 呼 などの 機 会 を 通 じて 運 転 者 の 健 康 管 理 を 行 うことが 大 切 な 役 目 です このマニュアル を 参 照 して 運 転 者 の 健 康 運 行 管 理 者 用 トラックドライバーの 健 康 管 理 マニュアル 運 転 者 の 体 調 不 良 による 交 通 事 故 を 撲 滅 しよう はじめに 運 行 管 理 者 は 自 動 車 の 安 全 運 行 を 確 保 するうえで 重 要 な 役 割 を 担 っています 点 呼 などの 機 会 を 通 じて 運 転 者 の 健 康 管 理 を 行 うことが 大 切 な 役 目 です このマニュアル

More information

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵 礼 旧 消 登 道 標 宅 使 総 門 ゆ 納 交 仲 関 住 助 掛 確 礼 率 低 因 孕 絡 配 偶 嫌 易 申 訳 市 住 宅 乖 掛 金 視 貌 視 終 態 総 昭 〇 段 階 診 所 〇 昇 厚 渡 証 誇 伴 槍 玉 挙 終 占 幸 福 移 昨 隣 押 幼 所 母 繋 較 短 迎 馳 勘 滅 振 運 族 構 処 術 回 打 族 ギ 呈 技 術 勢 素 晴 司 放 患 側 救 遠 昔 僧

More information

Taro-230214条例改正想定問答.jtd

Taro-230214条例改正想定問答.jtd 鳥 取 県 青 少 年 健 全 育 成 条 例 一 部 改 正 ( 第 10 次 改 正 ) 想 定 問 答 (H23.2.14 現 在 ) 1 総 論 Q: 条 例 の 改 正 理 由 は? A: この 条 例 には 平 成 22 年 度 末 を 目 途 として この 条 例 の 規 定 及 びその 実 施 状 況 に ついて 検 討 を 加 え その 結 果 に 基 づいて 必 要 な 措 置

More information

【Kei式】法律争訟物語(1_行政法編)

【Kei式】法律争訟物語(1_行政法編) Kei 式 法 律 争 訟 物 語 (1. 行 政 法 編 ) 第 1~2 話 法 律 争 訟 物 語 (1. 行 政 法 編 - 全 14 話 ) 前 書 き: この 物 語 は 行 政 法 の 中 でも 行 政 手 続 法 行 政 不 服 審 査 法 行 政 事 件 訴 訟 法 を 中 心 に 行 政 争 訟 の 流 れを 楽 し んでお 読 みになれるようつくられた 物 です 問 題 集 を

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63> 第 1 章 医 療 関 連 の 法 令 遵 守 及 び 職 業 倫 理 1. 医 師 歯 科 医 師 のプロフェショナリズム 我 が 国 では 医 学 の 進 歩 に 伴 い 平 均 寿 命 は 男 性 78 歳 女 性 85 歳 に 達 し 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 の 低 下 妊 産 婦 死 亡 率 の 低 下 心 疾 患 による 年 齢 調 整 死 亡

More information

『チェリー・イングラム』

『チェリー・イングラム』 29 歳 画 像 提 供 プ 1 5 虚 弱 児 立 道 真 珠 婚 旅 転 機 ャ ポ ャ パ 造 涯 仕 脚 危 41 目 幻 滅 古 都 吉 山 京 タ フ ツ 刻 む 種 警 告 誕 75 穂 木 届 種 創 作 ベ 広 清 楚 淫 靡 太 白 偉 太 白 結 ぶ 縁 近 づ 軍 靴 音 117 歴 史 古 江 戸 染 井 吉 登 場 明 治 維 変 救 済 里 染 井 吉 批 判 太 平

More information

たが 今 後 自 分 次 第 で 変 われると 言 うことを 感 じました 今 日 の 話 しも 興 味 深 かったのですが 石 川 教 授 の 個 人 的 な 経 験 など 思 ったことなど そういうの も 聞 きたいです 貴 重 なお 話 を 聞 かしてもらえたと 思 います 学 生 の 時 は

たが 今 後 自 分 次 第 で 変 われると 言 うことを 感 じました 今 日 の 話 しも 興 味 深 かったのですが 石 川 教 授 の 個 人 的 な 経 験 など 思 ったことなど そういうの も 聞 きたいです 貴 重 なお 話 を 聞 かしてもらえたと 思 います 学 生 の 時 は 2010 年 度 7 月 22 日 神 戸 夙 川 学 院 大 学 石 川 和 則 客 員 教 授 講 義 アンケート 結 果 2010 年 7 月 22 日 石 川 和 則 の 講 義 を 聴 講 した 学 生 に 対 してアンケートを 配 布 質 問 項 目 は1あなたは 何 回 生 ですか? ( 選 択 制 ) 2 講 義 評 価 (5 段 階 ) 3 次 回 講 義 で 聴 きたい 内 容

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

平 成 25 年 10 月 30 日 関 東 経 済 産 業 局 特 定 商 取 引 法 違 反 の 訪 問 販 売 業 者 に 対 する 業 務 停 止 命 令 (6か 月 )について 関 東 経 済 産 業 局 は ネックレスや 指 輪 等 ジュエリーの 訪 問 販 売 を 行 ってい た 株

平 成 25 年 10 月 30 日 関 東 経 済 産 業 局 特 定 商 取 引 法 違 反 の 訪 問 販 売 業 者 に 対 する 業 務 停 止 命 令 (6か 月 )について 関 東 経 済 産 業 局 は ネックレスや 指 輪 等 ジュエリーの 訪 問 販 売 を 行 ってい た 株 News Release 平 成 25 年 10 月 30 日 消 費 者 庁 特 定 商 取 引 法 に 基 づく 行 政 処 分 について 本 日 関 東 経 済 産 業 局 が 特 定 商 取 引 法 に 基 づく 行 政 処 分 を 実 施 しましたので 公 表 します 本 件 は 特 定 商 取 引 法 第 69 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 消 費 者 庁 長 官 の 権 限

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A 目 次 Q1 年 金 生 活 者 ですが 年 金 を 担 保 にお 金 を 借 りることができると 聞 きました 貸 付 制 度 の 内 容 について 教 えてください Q2 震 災 で 家 屋 が 倒 壊 損 傷 しました 家 屋 の 建 替 資 金 補 修 資 金 のための 支 援 や 新 規 融 資 を 受 けられ ないでしょうか Q3 恩 給 共 済 年 金 担 保 貸 付 の 内 容 について

More information

2011年3月11日の福島第一原発事故に関連する11の奇跡

2011年3月11日の福島第一原発事故に関連する11の奇跡 2011 年 3 月 11 日 の 福 島 原 発 事 故 に 関 連 する11の 奇 跡 福 島 県 では 2011 年 3 月 の 原 発 事 故 以 降 2015 年 8 月 現 在 でも 約 12 万 人 (2015 年 2 月 現 在 )の 方 々が 避 難 をよ ぎなくされている 今 回 の 事 故 が 現 在 の 破 壊 状 況 で 収 まっているのは まさにいくつかの 奇 跡 のおかげ

More information

Ⅱ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 及 び 概 要 1. 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 に 際 し 復 興 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 土 地 について その 土 地 の 測 量

Ⅱ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 及 び 概 要 1. 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 に 際 し 復 興 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 土 地 について その 土 地 の 測 量 Ⅰ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 マニュアルの 目 的 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 の 各 自 治 体 においてこれからの 本 格 的 な 復 興 を 円 滑 に 実 現 するために は 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 にあたり その 計 画 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 調 査 測 量 や 用 地 取 得 等 のため その

More information

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794 茨 邪 昔 BNKN 注 意 事 項 P D F フ ァ イ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 茨 木 霍 娥 取 扱 日 記 初 投 稿 至 ぬ 点 多 々 温 目 や ( 血 涙 ) 茨 邪 昔 目 次 1 茨

More information

産業医学振興財団委託研究

産業医学振興財団委託研究 過 重 労 働 メンタルヘルス 対 策 マニュアル 産 業 医 学 振 興 財 団 委 託 研 究 中 小 規 模 事 業 場 におけるメンタルヘルス 対 策 の 進 め 方 に 関 する 研 究 過 重 労 働 メンタルヘルス 対 策 マニュアル 目 次 1. 過 重 労 働 で 引 き 起 こされる 健 康 障 害 と 労 災 認 定 P 1 2. 過 重 労 働 対 策 に 関 係 する 法

More information

ニュースレターvol_2.indd

ニュースレターvol_2.indd 般 氏 16 敗 悪 他 帝 ザ 急 陸 尉 佐 蔵 庁 銀 製 鉄 郵 船 エ 試 近 麿 條 陸 僚 聞 克 防 庁 終 礎 友 尋 答 既 24-5 Sakuragaoka-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0031 Tel: 03-5456-8082 Fax: 03-5456-8388 Mail: info@japancivilization.org http://www.japancivilization.org/

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

身体障害者日常生活用具要綱(1 6.4.1)

身体障害者日常生活用具要綱(1 6.4.1) 介 護 訓 練 用 自 立 生 活 用 種 目 対 象 者 性 能 基 準 額 特 殊 寝 台 特 殊 マット 特 殊 尿 器 体 位 変 換 器 移 動 用 リフ ト 訓 練 いす 入 浴 補 助 用 以 上 者 で 原 則 として 学 校 教 育 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 26 号 ) 第 18 条 に 規 定 する 学 齢 児 童 ( 以 下 学 齢 児 と い う ) 以 上 も

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

前世リーディングと古典西洋占星術で紐解くあなたのカルマ~より幸せな人生にシフトする~

前世リーディングと古典西洋占星術で紐解くあなたのカルマ~より幸せな人生にシフトする~ あなたのカルマ 鑑 定 書 ~ 前 世 の 課 題 を 今 生 で 昇 華 するには? より 幸 せな 人 生 にシフトする 方 法 ~ Ms. Nxxxx.Txxxx N さん こんにちは N さんに 対 する 私 の 印 象 は すごいエネルギッシュな 女 性 だなと 思 いました でもちょっと 疲 れていらっしゃる 感 じで シルバージョーでお 話 を 聞 いていたら そりゃ 疲 れるわと ^^

More information

自 体 だけでなく 接 触 した 人 が 衣 服 や 靴 底 に 付 着 したウィルスを 運 んでしまう 危 険 があ ることと 発 症 すると 直 接 治 療 する 方 法 がなく 感 染 犬 の 体 力 や 抵 抗 力 をアシストする ことしかできないことです そのため 体 力 の 弱 い 子

自 体 だけでなく 接 触 した 人 が 衣 服 や 靴 底 に 付 着 したウィルスを 運 んでしまう 危 険 があ ることと 発 症 すると 直 接 治 療 する 方 法 がなく 感 染 犬 の 体 力 や 抵 抗 力 をアシストする ことしかできないことです そのため 体 力 の 弱 い 子 2015 年 8 月 シェルター 獣 医 師 通 信 ~ 神 石 高 原 の 風 景 神 石 高 原 での 出 来 事 こんにちは 獣 医 師 の 藤 原 です この 春 GREENDOG からピースウィンズ ジャパン に 出 向 し 保 護 犬 事 業 ピースワンコ ジャパンのシェルター 獣 医 師 として 愛 犬 さくら と 広 島 県 神 石 高 原 町 に 参 りました 東 京 では 家 庭

More information

Microsoft Word - 鷹山.doc

Microsoft Word - 鷹山.doc 平 成 24 年 度 まちづくりミーティングの 質 問 と 回 答 の 要 旨 鷹 山 地 区 :7 月 2 日 ( 月 ) 午 後 7 時 30 分 ~9 時 参 加 者 数 62 人 < 質 問 > Q 文 書 配 布 の 量 をなるべく 減 らそうという 傾 向 があるが 町 報 だけでは 紙 面 が 少 なすぎるのではない か 学 校 だより 等 が 配 布 になるため 情 報 が 得 られる

More information

Microsoft Word - 01 原稿

Microsoft Word - 01 原稿 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 千 葉 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 26 年 度 普 通 会 計 ( 決 算 額 )に 占 める 件 費 の 状 況 は 次 のとおりです ( 平 成 27 年 度 ) 件 費 の 内 訳 は 教 育 関 係 職 員 ( 市 町 村 立 小 中 学 校 の 教 員 を 含 む)が 67.5% 警 察 関

More information

ワ-プロ用起案用紙

ワ-プロ用起案用紙 NOSAI Q&A CONTENTS Ⅵ ( 建 物 共 済 農 機 具 共 済 ) 農 業 共 済 新 聞 より( 一 部 再 編 集 ) Q1. NOSAIの 建 物 共 済 とはどういう 内 容 ですか? A1. 答 え NOSAIの 建 物 共 済 NOSAIで 実 施 している 共 済 事 業 の 一 つに 組 合 員 の 住 宅 納 屋 農 作 業 場 などの 建 物 を 補 償 の 対

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

第2章 健康づくりの現状と課題

第2章 健康づくりの現状と課題 第 2 章 吹 田 市 の 現 状 と 課 題 1 吹 田 市 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 について 吹 田 市 の 人 口 は 平 成 16 年 (2004 年 )9 月 30 日 現 在 351, 283 人 です うち 65 歳 以 上 は55,017 人 15 歳 ~64 歳 は244,336 人 15 歳 未 満 は51,930 人 です 高 齢 化 率 は 15.7% 少 子

More information

年 の 事 そ し て 1592 年 か ら 始 ま っ た 7 年 間 の 戦 争 で こ う 考 え る と 日 韓 関 係 が 崩 れ た の は わ ず か な 期 間 で す 2300 年 の 間 韓 国 と 日 本 が 敵 対 関 係 だ っ た の は た っ た の 100 年 なの

年 の 事 そ し て 1592 年 か ら 始 ま っ た 7 年 間 の 戦 争 で こ う 考 え る と 日 韓 関 係 が 崩 れ た の は わ ず か な 期 間 で す 2300 年 の 間 韓 国 と 日 本 が 敵 対 関 係 だ っ た の は た っ た の 100 年 なの 日 本 と 韓 国 協 力 するためには 金 俊 佑 ( 韓 国 ) 私 は 幼 い こ ろ 日 本 に 住 ん で い ま し た ま だ 小 さ か っ た の で 記 憶 は 断 片 的 に し か あ り ませんが 日 本 に 対 しての 印 象 だけははっきりと 残 っています とても 暖 かくて かつ 穏 やかな 良 いイメージです 周 辺 に 公 園 が 多 く 自 然 が 身 近 に

More information

精神症状を持つ認知症高齢者のための初期対応プログラム(案)

精神症状を持つ認知症高齢者のための初期対応プログラム(案) 1. 暴 言 暴 力 暴 言 暴 力 は 老 人 福 祉 施 設 などで 働 くケアワーカーにとって 最 も 対 忚 に 苦 慮 する 問 題 の 一 つです 老 人 福 祉 施 設 に 入 所 する 認 知 症 高 齢 者 のう ち 約 1 割 が 暴 力 を 振 るったり 暴 言 を 吐 いたりするという 報 告 もあり 暴 言 暴 力 の 頻 度 は 小 さくありません ケアワーカーと 他 の

More information

№ 1

№ 1 干 支 九 星 による 今 年 ( 甲 午 年 )の 運 勢 平 成 26 年 2 月 4 日 ~ 平 成 27 年 2 月 4 日 暗 剣 殺 壬 寅 三 碧 辛 丑 二 黒 丁 酉 七 赤 戊 戌 八 白 甲 午 四 緑 己 亥 九 紫 歳 破 庚 子 一 白 丙 申 六 白 乙 未 五 黄 1 月 1 日 ~2 月 3 日 ( 節 分 )までに 生 まれた 方 は 前 年 の 九 星 十 二

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd 美 彦 着 六 三 造 経 労 組 合 運 字 泊 ホ 伸 午 ホ 質 素 座 街 並 眺 羽 場 沈 羽 根 ふ 浴 激 素 晴 社 主 義 太 犬 連 兵 士 犬 驚 立 肌 寒 厚 灰 色 雲 淀 有 冷 戦 題 写 真 載 写 真 デ デ 立 図 館 合 ひ 高 県 6 7 ボ 籍 2 0 0 4 京 院 定 退 職 現 ボ 研 究 : 芸 : 2 気 づ 夫 容 疑 捜 査 及 危 険 託

More information

平成27年度健康保険委員研修 知っておきたい健康保険のポイント

平成27年度健康保険委員研修  知っておきたい健康保険のポイント 1 目 次 1. 健 康 保 険 証 について(4~6ページ) 2. 交 通 事 故 について(7~9ページ) 3. 出 産 に 関 する 健 康 保 険 の 給 付 について(10~19ページ) 4. 健 康 保 険 の 給 付 に 関 わるよくある 相 談 Q&A(20~23ページ) 5. 退 職 後 の 健 康 保 険 について(24~28ページ) 6. 今 後 の 制 度 改 正 について(29ページ)

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

地震保険普通保険約款

地震保険普通保険約款 地 震 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 ( 建 物 の 場 合 ) 建 物 の 主 要 構 造 部 の 損 害 の 額 が その 建 物 の 保 険 価 額 ( 注 )の3% 以 上 20% 未 満 である 損

More information

Microsoft Word - 【HP用】運営状況(~H27)

Microsoft Word - 【HP用】運営状況(~H27) 相 談 実 績 1 年 度 別 相 談 実 績 H19 年 度 H2 年 度 H21 年 度 H22 年 度 H23 年 度 H24 年 度 H25 年 度 H26 年 度 H27 年 度 (9 月 ~) 572 1,41 2,7 2,17 2,111 2,116 2,491 3,61 4,186 (81) (117) (167) (175) (175) (176) (27) (255) (348)

More information

平 成 22 年 度 環 境 カイゼン 実 践 プログラム 成 果 発 表 会 プログラム 15:00~15:10 開 会 挨 拶 人 間 環 境 大 学 副 学 長 片 山 幸 士 15:10~15:40 成 果 発 表 1. 人 間 環 境 大 学 生 によるカイゼン 実 践 と 成 果 発 表

平 成 22 年 度 環 境 カイゼン 実 践 プログラム 成 果 発 表 会 プログラム 15:00~15:10 開 会 挨 拶 人 間 環 境 大 学 副 学 長 片 山 幸 士 15:10~15:40 成 果 発 表 1. 人 間 環 境 大 学 生 によるカイゼン 実 践 と 成 果 発 表 平 成 22 年 11 月 10 日 各 位 人 間 環 境 大 学 学 長 服 部 良 男 ( 公 印 省 略 ) 平 成 22 年 度 環 境 カイゼン 実 践 プログラム 成 果 発 表 会 ならびに 特 別 講 演 会 開 催 のご 案 内 謹 啓 深 冷 の 候 皆 様 におかれましては 益 々ご 盛 栄 のこととお 喜 び 申 し 上 げます 平 素 は 本 学 の 教 育 研 究 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF889CA82F08D8282DF82E98BB38DDE2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF889CA82F08D8282DF82E98BB38DDE2E646F6378> 健 康 づくりのための 睡 眠 指 針 2014 に 基 づいた 保 健 指 導 ハンドブックの 活 用 効 果 を 高 める 教 材 1 本 教 材 の 目 的 本 教 材 は 健 康 づくりのための 睡 眠 指 針 2014 睡 眠 12 箇 条 に 基 づいた 保 健 指 導 ハンドブック の 活 効 果 を めることを 的 に 作 成 しました 良 い 睡 眠 をとるための 法 と 科 学

More information

極悪人の肖像.indd

極悪人の肖像.indd 解 説 真 田 啓 介 訳 255 258 極 肖 像 5 目 次 Portrait of a Scoundrel 1938 by Eden Phillpotts 要 登 場 物 三 長 次 妻 パ 息 メ デ パ 乳 母 ノ マ パ 警 視 庁 警 部 ェ ポ 金 融 ェ デ ポ ェ 娘 ホ ワ ヘ ッ 師 ッ ベ 警 視 庁 任 警 部 序 文 利 己 和 軋 轢 招 反 社 会 徳 違 影 響

More information

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の 大 津 家 庭 裁 判 所 委 員 会 議 事 録 1 日 時 平 成 20 年 10 月 17 日 ( 金 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 30 分 まで 2 場 所 大 津 家 庭 裁 判 所 本 館 大 会 議 室 3 出 席 者 ( 委 員 ) 五 十 音 順 敬 称 略 飯 田 喜 信, 小 川 素 子, 國 松 完 二, 甲 津 貴 央, 酒 井 康 夫, 十 倉 良

More information

資 料 2-1 円 滑 な 資 金 調 達 のためのQ&A ~ 目 次 ~ 問 1 問 2 問 3 問 4 問 5 問 6 問 7 問 8 問 9 問 10 問 11 問 12 問 13 融 資 申 込 にあたってどういう 準 備 が 必 要 か (1) 融 資 を 断 られた どうすればいいか (

資 料 2-1 円 滑 な 資 金 調 達 のためのQ&A ~ 目 次 ~ 問 1 問 2 問 3 問 4 問 5 問 6 問 7 問 8 問 9 問 10 問 11 問 12 問 13 融 資 申 込 にあたってどういう 準 備 が 必 要 か (1) 融 資 を 断 られた どうすればいいか ( 資 料 2 試 算 表 資 金 繰 り 表 事 業 計 画 書 を 作 成 していない 中 小 企 業 者 向 け 支 援 について 作 成 しない 理 由 必 要 性 を 感 じないから という 企 業 向 け 資 料 2-1 円 滑 な 資 金 調 達 のためのQ&A 作 成 しない 理 由 作 成 方 法 がわからないから という 企 業 向 け 資 料 2-2 お 試 し 試 算 表 お 試

More information