はじめに 平 成 20 年 度 より 厚 生 労 働 省 障 害 者 保 健 福 祉 推 進 事 業 の 一 環 として 私 どもは アルコ ール 薬 物 依 存 症 者 回 復 施 設 職 員 研 修 事 業 を 始 めました この 事 業 は 平 成 22 年 度 から 厚 生 労 働 省 の

Size: px
Start display at page:

Download "はじめに 平 成 20 年 度 より 厚 生 労 働 省 障 害 者 保 健 福 祉 推 進 事 業 の 一 環 として 私 どもは アルコ ール 薬 物 依 存 症 者 回 復 施 設 職 員 研 修 事 業 を 始 めました この 事 業 は 平 成 22 年 度 から 厚 生 労 働 省 の"

Transcription

1

2 はじめに 平 成 20 年 度 より 厚 生 労 働 省 障 害 者 保 健 福 祉 推 進 事 業 の 一 環 として 私 どもは アルコ ール 薬 物 依 存 症 者 回 復 施 設 職 員 研 修 事 業 を 始 めました この 事 業 は 平 成 22 年 度 から 厚 生 労 働 省 の 委 託 事 業 に 格 上 げされ これまで 2 年 間 この 事 業 を 継 続 させていただいております この 研 修 の 中 では 当 初 から 回 復 施 設 が 抱 えている 最 も 大 きな 問 題 点 の1つとして 利 用 者 に 重 複 障 害 を 有 する 者 が 多 く その 対 応 に 苦 慮 しているとい うことが 明 らかになっていました これを 受 けて 厚 生 労 働 科 学 研 究 の 本 分 担 研 究 では 過 去 3 年 間 にわたり アルコール 薬 物 依 存 症 者 における 重 複 障 害 の 実 態 調 査 を 行 った 上 で 研 究 のもう1つの 目 標 である 対 応 マニュ アルの 作 成 にも 取 り 組 んで 参 りました 本 マニュアルは このような 経 過 の 中 で 生 み 出 されたものです 内 容 を 見 ていただければお 分 も う ら かりのように 本 マニュアルには 主 要 な 重 複 障 害 がすべて 網 羅 されています また 手 に 取 っ た 方 が 使 いやすいよう 非 常 にわかりやすく 書 かれ 編 集 されています 本 マニュアルの 執 筆 や 編 集 にご 貢 献 いただきました 重 複 障 害 対 応 マニュアル 作 成 委 員 会 の 各 先 生 方 には この 場 をお 借 りして 心 より 深 謝 いたします 本 マニュアルが でるだけ 多 くの 方 々にお 役 立 ていただけるよう 祈 念 しております 平 成 25 年 5 月 厚 生 労 働 科 学 研 究 様 々な 依 存 症 における 医 療 福 祉 回 復 プログラムの 策 定 に 関 する 研 究 ( 研 究 代 表 者 宮 岡 等 ) 分 担 研 究 アルコール 薬 物 依 存 症 と 他 の 精 神 障 害 との 重 複 障 害 の 実 態 把 握 と 治 療 モデル 構 築 に 関 する 研 究 研 究 分 担 者 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 久 里 浜 医 療 センター 院 長 樋 口 進

3 もくじ <はじめに> 久 里 浜 医 療 センター 樋 口 進 Ⅰ.そもそも 依 存 症 とは 久 里 浜 医 療 センター 真 栄 里 仁 Ⅱ.こんな 症 状 で 困 った 時 には 1 2 は とうへき 食 べ 吐 きや 盗 癖 などのある 人 に 困 ったら? 赤 城 高 原 ホスピタル 村 山 昌 暢 は すぐにキレて 暴 言 を 吐 いたり 暴 力 をふるう 人 に 困 ったら? 肥 前 精 神 医 療 センター 武 藤 岳 夫 3 4 落 ち 着 きがなく じっとしていられない 人 の 対 応 に 困 ったら? 新 泉 こころのクリニック 朝 倉 ミーティングなどで まわりの 空 気 が 読 めない 人 に 困 ったら? 新 泉 こころのクリニック 朝 倉 新 新 5 パニックをおこす 人 に 困 ったら? 筑 波 大 学 森 田 展 彰 6 かん 何 か 聞 こえる 勘 ぐりやすい 人 に 困 ったら? 埼 玉 県 立 精 神 医 療 センター 成 瀬 暢 也 7 うった 眠 れない という 訴 えで 困 ったら? 三 重 県 立 こころの 医 療 センター 長 徹 二 8 気 分 の 波 がある 人 への 接 し 方 で 困 ったら? 東 北 会 病 院 奥 平 富 貴 子 9 自 分 を 傷 つけたい 死 にたい という 人 の 支 え 方 に 困 ったら? 神 奈 川 県 立 せりがや 病 院 青 山 久 美 Ⅲ.もっとくわしく 知 りたい 方 に おすすめの 本 や 記 事 のリスト <おわりに> この 本 を 手 にされた 回 復 者 で 援 助 者 の 方 へ 久 里 浜 医 療 センター 桑 田 美 子

4 Ⅰ. そ も そ も 依 存 症 と は このガイドラインでは 依 存 症 の 患 者 さんに 見 られるうつやパニック 死 にたい 気 持 ちなど うった の 訴 えを 取 り 上 げています この 章 では その 準 備 として 依 存 症 の 基 本 的 なことについて 取 り 上 げます とまど 依 存 症 になりはじめの 頃 は 多 くの 人 が 病 気 と 言 われることに 戸 惑 い 私 だって まわりの 人 と 変 わらない 普 通 の 酒 飲 みだ とか 覚 せい 剤 をやっていても 仕 事 は 人 並 み 以 上 にやって しゅちょう いる マリファナは 合 法 の 国 もあるから 自 分 は 病 人 や 犯 罪 者 ではない と 主 張 したりしま す また 依 存 症 であることを 自 分 で 受 け 入 れるようになってからでも まわりの 人 に 対 して 依 存 症 についてうまく 説 明 できなかった 経 験 はありませんか? そこで いったい 依 存 症 とはどのような 病 気 なのか まずはここでおさらいすることか ら 始 めましょう はじめに 1. 依 存 症 って? お 酒 の 場 合 で 考 えると 分 かりやすいのですが アルコール 依 存 症 の 人 も 最 初 は 普 通 の 酒 飲 みで す それが 飲 み 方 が 段 々 変 わっていき いつの 間 にか 依 存 症 と 言 われる 状 態 になってしまいます では どこからが 依 存 症 になるのかと 言 うと お 酒 を 飲 むこと(あるいは そのクスリを 使 う こと)が 人 生 の 目 的 になり それまで 大 切 にしていたものよりも お 酒 (クスリ)が 生 活 の 中 心 さかいめ となること が 依 存 症 と 普 通 の 酒 飲 み を 分 ける 境 目 になります つまり 依 存 症 になる と お 酒 やクスリに 支 配 され 家 族 や 仕 事 といった 本 来 大 切 にしていたはずのものよりも お 酒 やクスリを 優 先 するようになってしまうのです そして このような 状 態 になっているかどうか を 判 断 するために 病 院 では 6 項 目 の 依 存 症 の 診 断 基 準 を 使 って そのうち 3 項 目 以 上 にあては まる 場 合 に 依 存 症 と 診 断 しています 2. 依 存 症 の 診 断 基 準 では 診 断 の 基 準 になる6 項 目 を 見 ていきます 1クスリを 使 いたい お 酒 を 飲 みたいという 強 い 欲 求 これはすべての 依 存 症 に 共 通 するもので 精 神 依 存 と 呼 ばれます この 精 神 依 存 のために お 酒 が 切 れると 夜 中 でも 買 いに 出 かけたり そのためには 平 気 で 飲 酒 運 転 をしたり あるいはク スリを 手 に 入 れるために 犯 罪 に 走 ったり 売 春 をしたりするといった 行 動 が 見 られます 2 ほどほどにする ということができない

5 Ⅰ.そもそも 依 存 症 とは 覚 せい 剤 やマリファナでも 使 いはじめの 頃 は 彼 氏 と 遊 ぶ 時 だけ 使 う 海 外 旅 行 先 だけで 使 う など 場 面 に 応 じた 使 い 方 をしたり 自 分 の 考 えでクスリをコントロールすることができ るようです またお 酒 でも 週 末 はガンガン 飲 んでいても 平 日 はビール1 缶 にするというよう に 場 所 や 時 間 による 飲 み 分 けがある 程 度 できます いったん ところが 一 旦 依 存 症 になってしまうと いつでも どんな 時 でもクスリを 使 う 1 缶 だけ にしようと 思 って 飲 み 始 めても 結 局 止 まらなくなってしまう というように 状 況 に 応 じた 飲 み 方 や 自 分 の 考 えでクスリやお 酒 をコントロールすることができなくなってしまうのです りだつ 3 禁 断 症 状 ( 離 脱 症 状 ) 長 期 間 モルヒネ ヘロイン 睡 眠 剤 など いわゆる ダウナー 系 と 呼 ばれるボーッとする ようなクスリを 使 い 続 けたり お 酒 を 大 量 に 飲 み 続 けていると 体 が 慣 れてしまって クスリや お 酒 なしではいられない 状 態 になります この 状 態 でクスリやお 酒 が 体 から 抜 けると 手 が 震 え たり けいれんをおこしたり 幻 覚 が 見 えたりといった 禁 断 症 状 ( 医 学 的 には 離 脱 症 状 と 言 います)があらわれます 禁 断 症 状 は 依 存 症 の 症 状 の 中 でも 代 表 的 なものです ちなみに 覚 せい 剤 は 脳 を 興 奮 させるクスリであるため 禁 断 症 状 はないとされていますが 覚 せい 剤 をや めて 数 週 間 たった 頃 に 生 じるイライラを 禁 断 症 状 とする 考 え 方 もあります 4クスリが 効 かなくなってくる お 酒 に 強 くなる しょう 依 存 症 者 であっても 最 初 から 大 量 の 薬 を 使 ったり 一 升 酒 を 飲 んだりしていたわけではあり じゅうぶん ません 最 初 の 頃 は 少 量 のクスリでも 充 分 な 効 果 が 得 られていたり むしろ 使 いはじめの 頃 は 気 分 が 悪 くなった 人 もいるでしょう しかし 長 期 間 クスリを 使 ったりお 酒 を 飲 んだりしている うちに だんだん 同 じ 量 のクスリやお 酒 では 効 かなくなり 結 果 として 量 が 増 えていくのです 5クスリやお 酒 を 手 に 入 れたり それが 体 から 抜 けたりするのに 長 時 間 かかるようになる 依 存 が 進 むと 一 日 中 ラリっていたり 酔 っぱらっていたり クスリやお 酒 を 手 に 入 れるのに あちこち 出 かけたりして そのために1 日 がつぶれ クスリやお 酒 以 外 のことにかける 時 間 がな くなっていきます 6いろいろ 問 題 があるにもかかわらず そのことを 認 めようとしない クスリやお 酒 をやめようとしない 普 通 の 病 気 の 場 合 には 調 子 が 悪 くなったり 問 題 がでてくると 患 者 さん 自 身 が 心 配 して 自 かく 分 から 病 院 へ 行 きます しかし 依 存 症 の 場 合 には 逆 に 問 題 が 深 刻 になればなるほど 問 題 を 隠 し いや たり 病 院 へ 行 くことを 嫌 がったりするようになります ただ このような 特 徴 も クスリやお 酒 をやめて 回 復 しはじめると 徐 々になくなっていきます 3. 依 存 症 の 一 歩 手 前 の 状 態 依 存 症 の 診 断 にあてはまるほどではないけれど 何 らかの 問 題 をかかえている 状 態 を 乱 用 や 有 害 な 使 用 と 言 います

6 乱 用 とは 主 に 社 会 的 な 問 題 がおこるような 使 いかたや 飲 みかた(たとえば 飲 酒 運 転 を 繰 り 返 す) 有 害 な 使 用 とは 主 に 健 康 に 害 が 出 るようなクスリの 使 い 方 や 飲 みかた(たとえ ば 飲 みすぎて 肝 臓 をこわした)などを 指 します 最 近 では 依 存 症 をも 含 めて 使 用 障 害 と してまとめる 動 きも 出 ています 依 存 症 の 治 療 と その 後 の 回 復 過 程 いったん 依 存 症 は クスリやお 酒 をコントロールできなくなってしまった 病 気 です そのため 一 旦 依 存 症 になると ほどよくクスリやお 酒 と 付 き 合 うことができなくなります やっかいなのは ク スリやお 酒 をやめても 体 や 脳 がいつまでもクスリを 使 ったりお 酒 を 飲 んでいた 頃 のことを 覚 え ているために 少 量 でもクスリやお 酒 が 入 ると どんどん 欲 しくなって 短 期 間 ( 多 くの 場 合 数 か 月 )で 元 の 使 い 方 や 飲 み 方 に 戻 ってしまうことです そうならないためにも クスリやお 酒 を 完 全 に そして 生 涯 にわたってやめることが 必 要 になるわけです しかしながら とかく 人 の 気 持 ちは 流 されやすく また 近 年 クスリやお 酒 はいつでも 簡 単 に 手 に 入 る 便 利 な 環 境 にもなってしまっているため そういった 環 境 の 中 で 自 分 ひとりの 力 だけ で 断 薬 断 酒 を 続 けることは とても 難 しくなっているのも 事 実 です その 一 方 で アルコール 依 存 症 の 場 合 治 療 を 受 けたとしても 3 か 月 で 半 分 1 年 で 7 割 10 年 で 8 割 が 元 の 飲 み 方 に 戻 り 10 年 で 半 数 近 くの 人 が 亡 くなるとも 言 われていますから こ ぐ ん ふんとう せず 依 存 症 は 一 人 で 立 ち 向 かうにはあまりにも 重 い 病 気 だとも 言 えます だからこそ 孤 軍 奮 闘 に 自 助 グループや 病 院 家 族 や 仲 間 の 力 をうまく 活 用 して 断 薬 断 酒 を 続 けていく 必 要 があ るのです 1.クスリやアルコール 依 存 症 以 外 の 依 存 症 せっとうへき 摂 食 障 害 や 窃 盗 癖 ギャンブル 依 存 症 なども 精 神 依 存 のために 自 分 で 自 分 の 行 動 をコントロ ールできないという 意 味 では クスリやアルコール 依 存 症 と 重 なる 部 分 が 大 きいので 現 在 こ れらの 疾 患 や 問 題 行 動 も 依 存 症 に 入 れるべきか 活 発 な 議 論 が 行 われています 2. 合 併 症 依 存 症 にかぎらず 1つの 病 気 がほかの 病 気 を 引 きおこしたり 違 う 病 気 が 共 通 の 原 因 からお のうこうそく こったりすることはよくあります ほかの 病 気 の 例 としては 脳 梗 塞 をおこした 患 者 さんは そ とうにょうびょう つうふう の 後 うつになりやすいとされていますし 原 因 が 共 通 の 例 としては 肥 満 が 糖 尿 病 や 痛 風 高 血 圧 など さまざまな 病 気 を 引 きおこすことがあげられます 依 存 症 も さまざまな 病 気 を 合 併 していることが 多 い 病 気 です 特 に 精 神 科 の 病 気 を 合 併 し

7 Ⅰ.そもそも 依 存 症 とは ちょうふく ている 場 合 重 複 障 害 と 呼 びます 平 成 23 年 に 行 われた 調 査 では アルコール 薬 物 依 存 症 者 の 3~4 割 にうつやそううつ 病 などの 精 神 科 的 な 病 気 が 見 られ 2~3 割 にパニックなども 見 ら れ 自 殺 のリスクにいたっては 約 半 数 の 依 存 症 者 がもっていると 報 告 されています また 依 存 症 には ほかの 病 気 になった 後 に 依 存 症 になる 二 次 性 の 依 存 症 と 依 存 症 になっ た 後 にほかの 病 気 になる 一 次 性 の 依 存 症 がありますが これらを 正 確 に 区 別 することは 難 し いでしょう ただ いずれにしても 断 薬 断 酒 に 加 えて 合 併 した 病 気 の 治 療 とを 行 うことが 両 方 の 病 気 にとって 必 要 になります たとえば うつや 強 い 不 安 が 断 酒 率 を 半 減 させることや 逆 に 断 酒 によって 不 安 やうつが 改 善 されることも 報 告 されています 最 後 に このガイドラインでは それらの 病 気 によっておこりやすい 症 状 を 取 り 上 げて 解 説 し ています 症 状 や 病 気 を 知 ることは 回 復 のための はじめの 一 歩 になるはずです このガイド ラインが 皆 さまにお 役 立 ていただければ 幸 いです

8 3. 落 ち 着 きがなく じっとしていられない 人 の 対 応 に 困 ったら? ポイント 落 ち 着 きがなく じっとしていられない という 特 性 は 一 般 的 に 静 かな 所 よりも 刺 激 の 多 い 環 境 でひどくなります 本 人 にとってはコントロールできない 場 合 が 多 く 特 に 悪 気 はありません かつぼうき アルコールや 薬 物 依 存 の 渇 望 期 の 症 状 などと 区 別 のつきにくい 場 合 もあります 周 囲 の 理 解 と 本 人 の 工 夫 や 努 力 で 特 性 を 目 立 たなくし 解 決 をはかっていきます はじめに ちゅういけっかん たどうせい 1. 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (Attention Deficit / Hyperactivity Disorder:ADHD) びんぼう 落 ち 着 きがなく イスにじっと 座 っていられない 座 っていても 貧 乏 ゆすり が 止 まらない 順 番 が 待 てない おしゃべりで 相 手 の 話 が 終 わらないうちに 話 し 出 してしまうなどの 特 徴 があっ ちゅういけっかん た ど う せい て 日 常 生 活 に 支 障 が 出 ている 場 合 には 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD)が 考 えられます ADHD は 1 不 注 意 2 多 動 3 衝 動 性 を 主 な 特 徴 とする 生 まれつきの 障 害 です 不 注 意 の 例 としては 忘 れ 物 なくし 物 落 とし 物 が 多 い うっかりミスが 多 い 片 づけられ ない 物 事 の 優 先 順 位 がつけられない 注 意 集 中 できないなどがあります 多 動 の 例 としては 落 ち 着 きがなく 常 に 体 が 動 いているなどがあります また 衝 動 性 の 例 としては 待 つことがで きない 先 のことを 考 えずに 衝 動 的 に 行 動 してしまうなどがあります 一 般 的 には おとなになるにつれて 多 動 や 衝 動 性 は 目 立 たなくなります また 不 注 意 だけ が 目 立 つケースもあり こちらは 女 性 に 多 く 見 られます 分 類 すると 1 不 注 意 が 目 立 つタイプ ゆうせい を 不 注 意 優 勢 型 2 多 動 や3 衝 動 性 が 目 立 つタイプを 多 動 衝 動 性 優 勢 型 123すべてに あてはまるタイプを 混 合 型 と 呼 びます 2.ADHD の 原 因 と 経 過 ADHD の 原 因 については 現 在 のところ 脳 の 働 きに 問 題 があると 言 われています かつて ADHD は 子 どもの 頃 にだけ 見 られ おとなになれば 特 性 が 変 化 して 軽 くなるとか なくなるも のと 考 えられていました たしかに ADHD の 特 性 は 一 般 的 に 幼 少 期 に 強 く おとなになるにし

9 3. 落 ち 着 きがなく じっとしていられない 人 の 対 応 に 困 ったら? たがって 目 立 たなくはなります しかし 最 近 では おとなになっても ADHD の 特 性 が 残 ってい る 人 がいることも 分 かっていますし おとなになってはじめて ADHD と 診 断 されるケースも 出 てきています そして ADHD の 人 は さまざまな 依 存 症 になる 可 能 性 が 比 較 的 高 いとも 言 われ ているのです 3.ADHD の 行 動 特 性 せ い り せいとん 人 の 言 うことを 注 意 深 く 聞 いて 理 解 する 整 理 整 頓 する 授 業 中 に 席 に 座 っているなど ほか の 人 なら 当 たり 前 にできることが ADHD の 人 には 難 しいので どうしても 彼 らは 小 さい 頃 か しか けいべつ ら 叱 られたり 非 難 や 軽 蔑 を 受 けやすい 中 で 育 つことになります このため どこか 自 分 に 自 信 がもてずに 不 安 が 強 かったり 落 ち 込 みやすかったり イラ 立 ちやすかったりと 不 適 応 感 をか かえやすく 中 には 非 行 に 走 ってしまうケースもあります このように もともとの 特 性 に 加 え 環 境 にも 恵 まれにくいという 不 利 な 条 件 が 重 なることで 年 齢 が 上 がるにつれて さまざまな 精 神 的 な 問 題 をも 引 きおこしやすくなるのです そして 依 存 症 もその1つです また ADHD の 人 が 覚 せい 剤 やコカインといった 物 質 を 摂 取 すると ADHD の 特 性 がやわらぐように 感 じられるため そういった 物 質 にハマりやすい 傾 向 もあわせもってい ると 言 えます ADHD と 間 違 いやすい 他 の 要 因 1.アルコールや 薬 物 への 依 存 症 依 存 症 の 中 に 一 見 すると ADHD のように 見 える 特 性 が 実 はほかの 要 因 でおこっている 場 合 があります か つ ぼ う き まず 依 存 症 治 療 の 過 程 でしばしば 見 られる 渇 望 期 ( 断 酒 や 退 薬 を 始 めた 後 に その 使 用 欲 求 が 高 まってしまう 時 期 ) この 時 期 にはイライラして 落 ち 着 かなかったり ソワソワと 多 動 になっ たり ピリピリしていて 衝 動 性 の 増 すことがあります 次 に アルコールや 薬 物 などの 依 存 性 物 質 による 脳 への 影 響 が 考 えられます 脳 が 依 存 性 物 質 にさらされると 注 意 集 中 できなくなって じっとしていられなかったり 衝 動 的 になると 言 われています そして これらの 特 徴 と ADHD の 特 性 とを 見 分 けるには その 特 徴 が その 人 の 幼 少 期 にさ かのぼってあったかどうかを 確 認 する 必 要 があります ADHD であれば 子 どもの 頃 から それ う む らしい 特 性 があったはずです そういった 特 性 の 有 無 については 親 に 直 接 確 認 したり 小 学 校 の 通 知 表 などを 見 せてもらうと 当 時 の 集 団 場 面 での 適 応 の 様 子 がつかめるでしょう

10 Ⅱ.こんな 症 状 で 困 った 時 には ぎゃくたい 2. 乳 幼 児 期 における 虐 待 の 影 響 ぎゃくたい これとは 別 にもう1つ 幼 少 時 に 親 などの 養 育 者 から 虐 待 を 受 けたことによって ADHD と よく 似 た 特 徴 があらわれる 場 合 があります 注 意 したいのは 依 存 症 者 の 中 にも 虐 待 経 験 のあ る 人 が 少 なくないということで もともとの ADHD との 区 別 は 重 要 です さらに 複 雑 なのは もともと ADHD があって 育 てにくい 子 どもだったために しつけが 厳 しくなって(ともすると 虐 待 的 な 養 育 に) さらに ADHD 的 な 要 素 を 強 めてしまったという 場 合 で そうなると 判 断 はさ らに 難 しくなります 区 別 のポイントを 表 1に 示 しましたが 照 らし 合 わせる 際 には この 表 が あくまでも 子 どもの 頃 の 特 徴 を 示 していることに 注 意 してください 表 1. 被 虐 待 児 ( 反 応 性 愛 着 障 害 )と ADHD の 子 どもを 見 分 ける 特 徴 反 応 性 愛 着 障 害 ADHD 臨 床 像 不 注 意 優 勢 型 が 多 い 混 合 型 が 多 い 多 動 の 起 き 方 対 人 関 係 のあり 方 けんちょ 夕 方 から 顕 著 ムラがある くっせつ 屈 折 していて 複 雑 比 較 的 一 日 中 多 動 単 純 で 率 直 薬 物 療 法 中 枢 刺 激 剤 無 効 ( 中 枢 刺 激 剤 有 効 ) 行 為 障 害 への 移 行 多 い 比 較 的 少 ない 解 離 多 い 見 られない 対 応 1. 集 団 場 面 での 行 動 特 徴 ADHD の 人 は 自 助 グループなどの 集 団 場 面 になじみにくく 問 題 になってしまうことがあり ます 多 動 性 衝 動 性 が 問 題 になる 場 合 としては たとえば 落 ち 着 きがなく ミーティングの 最 中 にしょっちゅう 席 をはずす いわゆる 貧 乏 ゆすり が 止 まらない 自 分 の 順 番 が 待 てずにほか の 人 の 発 言 の 途 中 で 口 をはさんでしまう 思 いつきで 発 言 して まわりのひんしゅくを 買 う 力 こわ の 加 減 がうまくいかず 物 を 壊 しやすいなどがあげられます 不 注 意 が 問 題 になる 場 合 としては 忘 れ 物 なくし 物 が 多 い 整 理 整 頓 ができず 身 の 回 りが 乱 雑 ミーティングに 集 中 できず ほかの 人 の 話 を 聞 いてなかったり 居 眠 りする 次 の 行 動 になか なか 移 れない 複 数 のことに 意 識 や 注 意 を 向 けることが 難 しく 同 時 進 行 の 作 業 が 苦 手 期 限 や 時 間 の 約 束 を 守 れないなどがあります

11 3. 落 ち 着 きがなく じっとしていられない 人 の 対 応 に 困 ったら? 2. 現 実 的 な 対 応 策 や 関 わり 方 のコツ このような 多 動 衝 動 性 への 対 策 としては ミーティングそのものに 関 しては 時 間 を 短 くす きゅうけい る 途 中 で 休 憩 を 入 れる その 人 の 発 言 の 順 番 を 前 半 にしたり 発 言 のタイミングを 多 くすると いいでしょう 本 人 に 対 しては 自 分 の 発 言 の 前 に ひと 呼 吸 置 くクセをつける 練 習 をするな さ ど う か ど う どが 考 えられます また 体 を 動 かす 機 会 を 増 やしたり 柔 道 剣 道 茶 道 華 道 ( 生 け 花 )な ど 道 の 付 く 精 神 統 一 できるレクリエーションを 取 り 入 れたりするのもいいでしょう また きんし か ん ほ う じ り つ くんれんほう めいそう ざ ぜ ん 筋 弛 緩 法 自 律 訓 練 法 ヨガ 瞑 想 座 禅 などのトレーニングも 有 効 でしょう 不 注 意 の 問 題 に 対 しては 忘 れ 物 なくし 物 をしないように 持 ち 物 のチェックリストを 作 る しるし 整 理 しやすいように 物 品 収 納 に 定 位 置 の 印 をつける 身 の 回 りの 物 を 増 やさない 大 切 な 物 は 自 己 管 理 させないなどの 対 策 があります またミーティングでは メモを 取 ることを 許 可 するなど が 考 えられます そして 接 し 方 のコツとしては 本 人 に 指 示 を 出 す 時 は 1つずつ 伝 え 1つの 課 題 が 達 成 でき たら 次 の 指 示 を 出 すようにすると 段 階 を 追 えて 分 かりやすいかもしれません また 期 限 を 守 ってもらうには 実 際 よりも 早 めの 期 日 で 伝 え 作 業 の 進 み 具 合 をまめにチェックすることが 大 切 です 接 し 方 のポイントとしては 注 意 がそれないように 刺 激 の 少 ない 静 かな 場 所 で 対 応 し 指 示 は かんけつ 短 く 簡 潔 な 表 現 で 伝 え その 内 容 をその 場 で 本 人 にメモさせます まわりの 刺 激 が 少 なければ 落 ち 着 きを 保 って 聞 きやすいですし くだくだしい 説 明 的 な 表 現 よりも 短 くシンプルな 情 報 の 方 せ が 頭 にスッと 入 りやすいでしょう また ADHD の 人 は 発 言 の 時 も 気 が 急 くため とっさに 衝 動 的 な 言 葉 かけになって 相 手 を 傷 つけてしまうこともありますが たいていの 場 合 は 悪 気 がな いので そうして 生 じる 人 間 関 係 の 行 き 違 いに 対 しては スタッフからどう 見 えるのかを 返 して あげると 本 人 にとっても 参 考 になるでしょう 薬 については おとなの ADHD に 対 して 保 険 の 適 応 できる 薬 は 今 のところ1つしかありま せん ただし 依 存 症 者 では 薬 の 依 存 になる 可 能 性 も 考 えられるので 使 用 は 慎 重 に 検 討 するべ きです 最 近 になって おとなの ADHD が 話 題 になるのはなぜでしょうか? もともと ADHD は 児 童 期 の 障 害 とされ おとなになるにつれて 落 ち 着 いていき 症 状 は 目 立 たなくなると 言 われていました

12 Ⅱ.こんな 症 状 で 困 った 時 には しかし 近 年 社 会 状 況 の 変 化 により それまでの 農 業 漁 業 や 工 業 などの 体 を 動 か すことが 主 体 の 物 相 手 の 仕 事 から それ 以 外 のサービス 業 など 人 相 手 の 第 3 次 産 業 に 仕 事 の 中 心 が 移 ってきたことと 加 えて 急 速 な 情 報 化 などの 社 会 環 境 の 変 化 もあ って ADHD 特 性 をもつ 人 がより 適 応 しにくい 社 会 の 仕 組 みに 変 わってきていると いうことがあります このため ADHD 特 性 としては 比 較 的 軽 い 方 に 入 る 人 であっ ても あえて 障 害 として 扱 わざるを 得 なくなってきているようです また 環 境 ホルモンや 食 品 添 加 物 などの 化 学 物 質 の 増 加 により 中 枢 神 経 がダメー ジを 受 けて ADHD 特 性 が 強 まるため おとなになっても 特 徴 が 障 害 として 残 りやす くなってきているという 説 もあるようです 胎 児 性 アルコール 症 候 群 に ADHD の 特 性 が 見 られると 言 われているようですが? 胎 児 性 アルコール 症 候 群 は 妊 娠 中 の 母 親 がアルコールを 過 剰 に 飲 むことによって 産 まれてくる 子 どもに 生 じる 先 天 性 疾 患 の1つで 神 経 系 の 障 害 です 母 親 の 胎 内 に いる 時 の 発 育 が 悪 く 頭 が 小 さく 眼 が 小 さいなどの 特 有 の 顔 だちとともに 知 的 障 害 や 多 動 不 注 意 などの 特 性 が 見 られます 程 度 によっては ADHD として 診 断 され る 場 合 もあります

13 は とうへき 1. 食 べ 吐 きや 盗 癖 などのある 人 に 困 ったら? ポイント がっぺい アルコールや 薬 物 の 依 存 症 には ほかの 依 存 も 合 併 しやすいことを 理 解 しましょう きょしょく せっとうへき 食 べ 吐 きや 拒 食 は 若 い 女 性 にかぎらず 中 年 女 性 や 男 性 にも 見 られます さらに 窃 盗 癖 を 合 併 する 人 もいます じじょ 対 応 の 方 向 性 は アルコールや 薬 物 への 依 存 と 同 じで 自 助 グループに 参 加 することで す ただし 万 引 きがひどい 場 合 には 治 療 の 必 要 性 を 本 人 に 認 識 してもらったり 自 分 の 引 き 起 こしたことへの 責 任 を 自 覚 して 治 療 への 意 識 を 高 めてもらうためにも 警 察 への 通 報 が 必 要 な 場 合 があります はじめに そうけっさん アルコールや 薬 物 への 依 存 をかかえる 人 たちは その 人 の 生 き 方 の 総 決 算 として 生 きる 上 で かいしょう しゅうせい し のつらさや 痛 みを 何 かに ハマる ことで 解 消 しようとする 習 性 が 染 みついてしまっている こうい 人 たちです このため アルコールや 薬 物 といった 依 存 性 の 物 質 以 外 にも 特 定 の 行 為 や 人 との みょう 付 き 合 い 方 などに 妙 にハマりやすいところがあるので 関 わる 際 には 彼 らのもつハマりやすさ として ほかの 依 存 症 を 合 併 しやすい 傾 向 がある ということを 押 さえておく 必 要 があります せっとうへき 1. 摂 食 障 害 および 窃 盗 癖 せっしょく そして 合 併 しやすい 依 存 としては 摂 食 障 害 と 言 って 食 べ 物 を( 普 通 に または 異 常 に 大 じ こ ゆうはつせい お う と 量 に) 食 べて そのあと 自 分 で 強 制 的 に 吐 き 出 す 自 己 誘 発 性 嘔 吐 を 繰 り 返 したり 過 食 ( 異 常 に 大 量 に 食 べる)するだけで 吐 き 出 さない 人 あるいはダイエットに 異 常 にこだわって 食 べ きょくたん ることを 極 端 に 制 限 する 人 もいます 吐 き 出 したり 過 食 することを 過 食 症 食 事 を 極 端 に 制 限 することを 拒 食 症 過 食 症 と 拒 食 症 を 合 わせて 摂 食 障 害 と 言 いますが これもアルコー ルや 薬 物 依 存 と 同 じ 依 存 症 の1つです そのやり 方 は 実 にさまざまで 吐 くためにノドに 指 を 突 っ 込 んだり ゴムのチューブを 入 れた か か りする 人 もいれば 食 べ 物 を 噛 むだけで 飲 まずにそのまま 吐 き 出 す( 噛 み 吐 き(チューイング) ) げざい りにょうざい む り 人 もいます あるいは 下 剤 や 利 尿 剤 ( 尿 を 強 制 的 に 出 す 薬 )を 大 量 に 使 って 無 理 に 排 泄 はいせつ したり こ い 運 動 のしすぎで 無 理 にエネルギーを 消 耗 しようとする 人 もいますが これらも 故 意 に 体 に 負 担

14 Ⅱ.こんな 症 状 で 困 った 時 には じ こ ゆうはつせい お う と をかけているという 点 では 食 べた 物 をわざわざ 吐 き 出 す 自 己 誘 発 性 嘔 吐 と 実 は 同 じよう なことをしていると 言 えます また アルコール 依 存 症 や 摂 食 障 害 の 人 の 中 には お 酒 や 食 べ 物 (それらを 手 に 入 れるための) お 金 を 繰 り 返 し 盗 んだり 飲 酒 や 過 食 嘔 吐 とは 関 係 ない ちょっとした 日 用 品 の 万 引 きを 繰 り 返 せっとうへき す 人 もいますが こういう 人 たちには 窃 盗 癖 があると 考 えられます 窃 盗 癖 は 万 引 きや 窃 盗 という 犯 罪 行 為 をやめたくてもやめられずに 繰 り 返 すもので これも 依 存 症 の1つになります 2. 摂 食 障 害 の 原 因 と 経 過 摂 食 障 害 は 若 い 女 性 に 多 く 男 性 と 女 性 の 割 合 を 見 ると 男 性 1に 対 して 女 性 が10くらいで すが 若 い 女 性 にかぎらず 中 年 以 降 の 女 性 や 男 性 にも 見 られます 摂 食 障 害 の 人 の 背 景 としては 親 がアルコール 依 存 症 などで 親 としての 役 割 を 十 分 に 果 たせ きのうふぜん ぎゃくたい なかった 機 能 不 全 家 庭 で 育 っていたり 過 去 に 虐 待 された 体 験 があったりと 大 なり 小 なり がいしょう 広 い 意 味 での 精 神 的 な 外 傷 体 験 をかかえていることが 多 いようです そして 外 傷 体 験 が 重 いほ もも ど 薬 物 乱 用 ~ 依 存 異 性 関 係 依 存 自 傷 癖 (たとえば 手 首 切 り 腕 切 り 腿 切 り タバコの こんじょう や か い り せ い 火 による 根 性 焼 き )などを 繰 り 返 し 解 離 性 障 害 ( 意 識 が 飛 ぶ 多 重 人 格 など)や 窃 盗 癖 と いった 重 い 障 害 を 合 併 しやすくなります 実 際 に 摂 食 障 害 の 人 の 約 3 分 の 1 に 窃 盗 癖 が 合 併 するとも 言 われています 3. 窃 盗 癖 のとらえ 方 ぬす 教 科 書 的 には 窃 盗 癖 は 盗 みによるスリルを 求 めるのが 目 的 で 盗 んだ 物 の 金 銭 的 価 値 を 考 えたり その 人 の 生 活 に 役 立 つ 物 を 盗 んだりするのは 窃 盗 癖 ではない とされています かたよ しかし こういったとらえ 方 は 実 態 に 合 わない 偏 った 考 え 方 です というのも かりに 盗 み によるスリルを 味 わうのが 目 的 だったとしても 目 の 前 に 自 分 の 生 活 に 役 立 ちそうな 物 があれば と それを 盗 る 方 が 自 然 です これだけ 多 くの 物 が 店 にあふれている 世 の 中 で わざわざ 自 分 が 使 い そうにない 物 を 選 んで 盗 む 方 が 難 しいでしょう また 盗 んだ 時 には 使 うつもりがなくても 盗 とうぜん った 後 でそれが 使 えそうだと 気 付 けば 当 然 使 うことも 出 てくるでしょう ですから 窃 盗 癖 かどうかは 盗 った 物 が 高 いか 安 いか 盗 った 物 が 実 用 的 かどうか そ の 人 がそれを 使 うかどうか ということよりも その 万 引 きや 窃 盗 行 為 が その 人 の 今 の 状 況 か ちゃくもく わか ら 見 て 割 に 合 わない 盗 みである ということに 着 目 した 方 が 判 りやすいのです 対 応 このように 摂 食 障 害 も 窃 盗 癖 も どちらもアルコールや 薬 物 の 依 存 と 同 じ 依 存 症 の 一 種 で

15 1. 食 べ 吐 きや 盗 癖 などのある 人 に 困 ったら? す そして もともとのアルコールや 薬 物 への 依 存 が 止 まり 見 かけ 上 は 体 調 が 良 くなっている ように 見 える 時 に 摂 食 障 害 の 方 が 悪 化 するということもよくあります 1. 摂 食 障 害 の 支 援 や 治 療 の 方 向 性 拒 食 症 の 場 合 は 体 重 の 減 少 が 目 立 ちますが 過 食 症 は 見 るからにやせている 人 から 見 た 感 む り じは 普 通 の 人 極 端 な 肥 満 の 人 までさまざまです そして この 摂 食 障 害 の 人 たちに 無 理 に 拒 じ こ ゆうはつせい お う と 食 や 自 己 誘 発 性 嘔 吐 をやめさせようとしても なかなか 病 状 の 改 善 にはつながらないものです それよりも ヒトの 体 は 体 重 が 標 準 体 重 [( 身 長 cm-100) 0.9]の 80% 以 下 になると 栄 養 不 足 からさまざまな 体 調 不 良 が 出 やすくなるので そこですかさず 内 科 や 外 科 などの 受 診 の 必 要 性 を 働 きかけると 医 療 につながるきっかけがつかめるかもしれません ひんぱん また 過 食 嘔 吐 が 頻 繁 になると 場 合 によっては その 人 の 住 んでいる 施 設 のトイレが 詰 まる ということも 出 てくるかもしれません そういう 時 摂 食 障 害 の 人 に 食 べ 吐 きするな と 言 っ ても そこは 酒 をやめられないアルコール 依 存 症 の 人 と 同 じですから ここでは 嘔 吐 をやめさせ こ も ることにこだわるよりも 吐 いた 物 でトイレを 詰 まらせないよう ザルで 濾 して 燃 えるゴミで く ふ う 出 す など 生 活 上 の 工 夫 を 指 示 する 方 が むしろ 現 実 的 なのかもしれません また 施 設 内 で 対 応 しきれなくなったら 依 存 症 専 門 の 医 療 機 関 への 受 診 を 勧 めましょう それとあわせて 摂 食 障 害 者 のための 自 助 グループ(OA:Over-eaters Anonymous)の ミーティング( )への 参 加 も ぜひ 勧 めてみてください 近 くに とくめい OA ミーティングがない 場 合 は AA(Alcoholics Anonymous: 匿 名 のアルコール 依 存 症 者 の 集 まり)のオープンミーティング(http://www.aajapan.org/)も 役 に 立 つでしょう 摂 食 障 害 に 対 する 根 本 的 な 薬 物 療 法 は 残 念 ながらありません 少 なくとも 摂 食 障 害 が 薬 で 治 る と 考 えるのは 現 実 的 ではありません 薬 物 療 法 が 有 効 なのは 摂 食 障 害 に 合 併 する 症 状 ( 不 安 不 眠 イライラや 他 人 に 対 する 敏 感 さ 自 分 や 他 人 への 攻 撃 性 気 分 の 落 ち 込 みなど) に 対 してのみと 考 えるべきでしょう ただし それらの 薬 には 依 存 性 のあるものも 含 まれます から 医 療 機 関 で 投 薬 を 受 ける 際 には 処 方 薬 依 存 にも 注 意 して 本 人 には 主 治 医 の 先 生 とよく 相 談 するように 勧 めてください 2. 窃 盗 癖 への 対 応 と 治 療 の 必 要 性 また 窃 盗 癖 を 合 併 する 人 への 対 応 は なかなか 難 しいかもしれません 本 人 が 意 識 してやっ ている 場 合 でも 覚 えていない 場 合 でも 罪 の 意 識 に 悩 んでいたり 盗 ったものを 使 っているか どうかに 関 わらず 施 設 の 内 外 で 万 引 きや 窃 盗 行 為 を 繰 り 返 しているということは 社 会 的 に 見 れば 犯 罪 を 重 ねていることになりますし 個 人 的 には 窃 盗 癖 という 病 気 をもかかえていること そくめん し や になります ですから 関 わる 際 には 犯 罪 行 為 と 病 気 という その 両 方 の 側 面 を 視 野 に 入 れて 対

16 Ⅱ.こんな 症 状 で 困 った 時 には 応 することが 必 要 になります そしてその 窃 盗 行 為 が 施 設 にとって 見 過 ごすわけにはいかない ものであれば ためらわずに 警 察 に 通 報 すべきでしょう つか ただし 警 察 に 捕 まったからといって 窃 盗 癖 をもつ 人 が 窃 盗 行 為 をやめるのは アルコール 依 存 症 の 人 が 酒 をやめ 続 けるのと 同 じように 難 しいことです また 窃 盗 癖 も アルコール 依 存 症 と 同 じ 医 療 が 必 要 な 病 気 ですから 警 察 への 通 報 は 逮 捕 してもらうことが 目 的 というよりは むしろその 出 来 事 をきっかけに 本 人 が 自 分 の 窃 盗 癖 という 病 気 を 見 つめ 治 療 するしかないと いう 気 持 ちになってくれることの 方 にあります ですから こういう 機 会 に 窃 盗 癖 に 対 応 でき る 医 療 機 関 につながることを 本 人 に 勧 めてください 窃 盗 癖 に 対 する 薬 物 療 法 も 摂 食 障 害 と 同 じで 合 併 する 精 神 症 状 をやわらげることはできて も 窃 盗 癖 自 体 を 根 本 的 になくすための 薬 にはなりません そして あまり 深 く 考 えずに 依 存 の 可 能 性 がある 睡 眠 薬 や 抗 不 安 薬 の 投 与 が 続 けば 今 度 は 処 方 薬 の 依 存 になる 可 能 性 があることも 摂 食 障 害 の 場 合 と 同 じです 摂 食 障 害 や 窃 盗 癖 の 人 に 関 わる 際 の 一 番 のコツは 何 ですか? き まずは そういった 人 の 話 を まっすぐに 受 け 止 めて 聴 くことだと 思 います 特 に 困 った!つらい 話 を 聞 いてくれ と 電 話 でも 直 接 にでも 相 談 をもちかけられた ら その 人 の 話 を 聴 いてあげてください というのも 摂 食 障 害 や 窃 盗 癖 にかぎらず 依 存 症 をもつ 人 たちは つらい 困 った 何 とかして と 他 人 に 助 けを 求 め ることの 苦 手 な 人 が 多 いからです 素 直 に 助 けてもらえばいいような 場 面 でも こんなことで 他 人 に 助 けを 求 めては 迷 惑 では? こんなことも1 人 で 解 決 できないなんて ダメなヤツ と 思 われるの では? 面 倒 だと 嫌 われるのでは? などと あれこれ 悩 んで 相 談 できず 一 人 で かかえこんでは 行 き 詰 まって 結 局 また 依 存 に 走 る ということを 繰 り 返 しやすい 人 たちなのです つまり 依 存 症 の 症 状 を 出 すことでしか まわりに SOS を 出 せない ところがあるのです 逆 に 言 えば 自 分 のつらさを 今 までのように 依 存 症 の 症 状 としてではなく 人 に 話 す という まわりに 受 け 入 れられやすい 形 で 表 現 することができれば それは 依 存 症 の 根 本 的 な 改 善 への 大 きな 第 一 歩 になるはずです そしてこういった なかなか 直 球 を 投 げられない 人 たちが 他 でもない あなた

17 1. 食 べ 吐 きや 盗 癖 などのある 人 に 困 ったら? に 相 談 してくるということは その 人 が あなたなら と 見 込 んで 勇 気 を 振 りし ぼって 語 りかけているのだと そんなふうにとらえて 受 け 止 めてみてください 依 存 症 の 本 人 の 回 復 には 自 助 グループのミーティングが 大 切 と 聞 きますが 自 助 グループのミーティングとは 実 際 どのようなものなのでしょうか? 自 助 グループのミーティングとは 同 じ 依 存 症 をもつ 患 者 さん 同 士 が 集 まって 自 かく 分 の 依 存 症 に 関 する 体 験 を できるだけ 率 直 に 包 み 隠 さず 語 り 合 い それをお 互 い に 聴 き 合 うという 場 です とくめい また 自 助 グループでは AA( 匿 名 のアルコール 依 存 症 者 の 集 まり)や NA( 匿 名 の 薬 物 依 存 者 の 集 まり[http://najapan.org])が 有 名 ですが ほかにも OA( 匿 名 の 摂 食 障 害 者 の 集 まり) GA( 匿 名 のギャンブル 依 存 症 者 の 集 まり[http://www. gajapan.jp]) EA( 人 間 関 係 依 存 で 感 情 のコントロールに 苦 しむ 匿 名 の 者 の 集 まり [http://emotionsanonymous-jp.org])などがあります まだ 数 は 少 ないですが KA( 匿 名 の 窃 盗 癖 患 者 の 集 まり)やMDA( 匿 名 の 処 方 安 定 剤 依 存 者 の 集 まり)な ども 最 近 では 開 かれるようになってきています このように 自 助 グループは 同 じ 依 存 症 をもつ 人 たちの 集 まりですから お 互 いに 似 たような 体 験 をもつ 者 同 士 共 有 しやすい 雰 囲 気 の 中 で 自 分 の 体 験 のどんなこと を 語 っても 受 け 止 めてもらえて 批 判 やもっともらしい 忠 告 を 受 けたりすることもな い(これを 言 いっぱなし 聴 きっぱなし と 言 います) そういうところです もちろん 発 言 を 強 制 されることもないので 自 分 に 順 番 が 回 ってきた 時 に 言 うこ とが 思 いつかなければ 今 日 は 聞 くだけにさせて 下 さい とか 今 日 はパスさせて 下 さい と 言 えばすんでしまいます つまり 発 言 しないことをも 含 めて その 時 の ふ ま 自 分 が 自 分 なりにできるだけ 素 直 に 振 る 舞 ったという そのことがそのまま 受 け 止 めてもらえる 場 なのです そしてこういう 場 に 身 を 置 くことで 自 分 だけじゃなか った とホッとしたり 自 分 で 自 分 を 素 直 に 受 け 入 れられるようになったり そう いったさまざまな 気 持 ちを 実 感 できるのが 自 助 グループのミーティングなのです これは 見 方 を 変 えれば Q1 の つらさを 人 に 話 せる 相 談 できる ようになるた かっこう めの 格 好 の 練 習 の 場 でもあると 言 えます ですから 摂 食 障 害 窃 盗 癖 にかぎらず すべての 依 存 症 からの 回 復 に 自 助 グループが 不 可 欠 とされるのは こういった 回 復 に にな 必 要 で 大 切 な 機 能 を 自 助 グループが 担 っているからなのです 精 神 科 的 には ほかにも 摂 食 障 害 や 窃 盗 癖 と 似 たような 症 状 の 出 るものはありま すか?

18 Ⅱ.こんな 症 状 で 困 った 時 には 若 くて 拒 食 のある 女 性 の 中 には 摂 食 障 害 ではなく 統 合 失 調 症 の 人 もいます 過 食 嘔 吐 のある 人 で そううつ 病 を 合 併 していることもあります また 中 年 から 高 齢 者 ぜんとうそくとうがたにんちしょう の 窃 盗 癖 の 中 に 前 頭 側 頭 型 認 知 症 という 特 殊 なタイプの 認 知 症 もあって その 症 状 として 窃 盗 を 繰 り 返 す 人 もいます そしてこれもまれですが 薬 の 影 響 から 自 傷 や 窃 盗 などの 衝 動 的 な 行 動 になる 場 合 もあります に か よ ですから 手 前 に 見 えている 症 状 は 似 通 っていても その 背 後 にある 原 因 はさまざ まだということは 関 わる 際 に 頭 に 入 れておく 必 要 があるでしょう また こういっ た 背 景 を 理 解 するためにも 医 療 機 関 を 受 診 して きちんとした 診 断 を 受 けることが 大 切 になります

19 は 2.すぐにキレて 暴 言 を 吐 いたり 暴 力 をふるう 人 に 困 ったら? ポイント すぐにキレて 暴 言 を 吐 いたり 暴 力 をふるったりする 人 の 中 には 反 社 会 性 パーソナリティ 障 害 という 病 気 の 人 がいます 薬 物 依 存 症 には 反 社 会 性 パーソナリティ 障 害 の 人 が 多 いと されています キレる 暴 力 をふるう という 行 動 には 怒 り の 感 情 が 作 用 します 怒 りの 感 情 のメ カニズムを 知 り 怒 りをコントロールする 具 体 的 な 対 処 法 を 知 ることで キレずにすむ 可 能 性 は 高 まります パーソナリティ 障 害 とは 単 なる 性 格 の 問 題 ではありません 時 間 はかかりますが 問 題 を 認 識 し その 対 策 を 検 討 する という 治 療 によって 少 しずつ 変 わってゆくことが 期 待 され ます はじめに アルコールや 薬 物 に 関 連 した 問 題 を 長 年 かかえている 人 の 中 には すぐにキレて まわりの 人 とトラブルをおこしたり 物 ごとを 暴 言 や 暴 力 で 解 決 しようとしては 人 間 関 係 をうまく 作 れな い 人 がいます 施 設 では こうした 問 題 に 手 を 焼 くことが 多 く 時 には 施 設 を 出 てもらったり 警 察 を 呼 んだりすることもあるでしょう またスタッフの 側 でも 怒 り の 感 情 が 強 く 湧 き 上 が り それを 抑 えることに 苦 労 したことがあるかもしれません ここでは キレる 暴 力 をふるう といった 行 動 をおさえられない 原 因 や 行 動 の 根 底 にあ る 怒 り の 感 情 について その 特 徴 やコントロールの 仕 方 を 知 り こうした 傾 向 の 強 い 人 に 対 して どのように 接 したらいいのかについて 説 明 します キレる 原 因 アルコールや 薬 物 の 脳 への 作 用 でも 怒 りや 衝 動 性 をおさえることが 困 難 になることがありま かつぼう さ さ い す また 依 存 症 の 回 復 過 程 でも 強 い 渇 望 ( 欲 求 )が 生 じている 時 には 些 細 なことでもキレや すくなります それ 以 外 にも もともとの 生 まれもった 気 質 や 養 育 環 境 幼 い 頃 からの 家 族 対 人 関 係 などか ら その 人 なりの 人 格 (パーソナリティ)が 形 成 され それによって 周 囲 が 受 け 入 れにくいよう な 行 動 をくり 返 しては 安 定 した 社 会 生 活 を 送 ってこられなかったという 人 もいます そういっ

20 Ⅱ.こんな 症 状 で 困 った 時 には た 傾 向 の 強 い 人 は 反 社 会 性 パーソナリティ 障 害 という 病 気 かもしれません き は ん 反 社 会 性 パーソナリティ 障 害 の 診 断 基 準 には 1 法 律 や 社 会 規 範 ( 常 識 的 な 行 動 の 基 準 )に 反 かしゃく する 行 動 をくり 返 す 2 人 をだます 3 衝 動 的 4 向 こう 見 ず 5 無 責 任 6 良 心 の 呵 責 ( 罪 悪 感 )の 欠 如 といった 項 目 があり 病 気 の 症 状 というよりは その 人 の 人 格 傾 向 やその 特 徴 をあ らわす 基 準 のようになっています ちょっと 難 しい 話 になりますが 国 内 外 の 調 査 から 薬 物 依 存 症 には この 反 社 会 性 パーソナ リティ 障 害 の 人 が 多 いとされています これは 違 法 薬 物 を 使 うこと 自 体 が 反 社 会 的 行 動 である ことに 加 え 薬 物 を 手 に 入 れるためなら 周 囲 にウソをついたり 攻 撃 的 になったりと 手 段 を 選 ばないこと 10 代 から 喫 煙 や 飲 酒 を 始 め しらふの 状 態 で 生 活 上 のストレスに 対 処 したり 感 情 をコントロールする 経 験 に 乏 しい 人 が 多 いことを 思 えば 理 解 しやすいかもしれません 対 応 1. 怒 りの 感 情 について 知 る キレる 暴 力 をふるう という 行 為 には 力 によって 手 っとり 早 く 周 囲 をコントロールす ることができ 自 分 にはそういう 力 があるということを 確 認 できる そういう 意 味 はあるのかも しれません しかし 他 方 では 相 手 へのダメージは 大 きく 人 間 関 係 に 決 定 的 なヒビが 入 ってし まうかもしれません 後 で 落 ち 着 いて 考 えると 後 悔 したり 自 分 が 悪 かったと 思 えるけれど 今 さら 気 まずくてあやまれない そんなことのくり 返 しという 人 も 多 いかもしれません そこで 注 目 したいのは 行 動 を 決 めるには 感 情 が 作 用 しているということです この 理 屈 でいくと その 怒 り という 感 情 をコントロールすることができれば すぐにキレて 暴 力 をふるうという 行 動 を 変 えられることになります そこで まず 怒 り の 感 情 がなぜおこるのか その 理 由 について 考 えていきます 1 期 待 のしすぎ 腹 が 立 ってキレる 行 為 特 に 暴 力 は 家 族 や 施 設 のメンバーなど 比 較 的 親 しい 人 との 間 でよく おこります ちょっと 想 像 してみてください あなたが 禁 煙 を 決 意 してがんばっているとします そんな 中 それを 知 っているはずの 施 設 のメンバーが 横 に 来 て タバコを 吸 いながら 楽 しそうに 話 を 始 めた としたらどうでしょう 怒 りがこみあげてきませんか? これは その 人 たちに 対 して オレが 禁 煙 しているのを 知 っているんだから 気 をつかって 当 然 だ と いう 期 待 をしているからこそ 生 じる 感 情 です まわりが 自 分 の 期 待 通 りにならない 時 に 怒 りの 気 持 ちがわいてきてしまうのです 2 怒 る 以 外 の 方 法 を 知 らない

21 2.すぐにキレて 暴 言 を 吐 いたり 暴 力 をふるう 人 に 困 ったら? 物 ごとが 思 う 方 向 に 進 まない 相 手 から 思 った 通 りの 反 応 が 返 ってこない 大 事 な 用 があるの ひょうし に 面 倒 な 用 事 を 頼 まれるなど 日 常 生 活 を 送 っていると ちょっとした 拍 子 にストレスを 感 じる ことはよくあります こういう 時 長 年 暴 力 によって 相 手 をコントロールしたり ストレスから 薬 物 やアルコール を 使 うパターンをくり 返 していた 人 にとっては 他 の 対 処 法 がとっさには 思 いつかないので ワ うった ンパターンなやり 方 に 訴 えては 怒 るしかなくなってしまいます こういう 人 には まず 怒 り と 正 当 な 自 己 主 張 とは 違 うということを 伝 えましょう そ して 怒 る 以 外 の 方 法 を 一 緒 に 考 えたり 他 の 人 の 対 処 法 を 見 たり 教 えてもらったりするのも 参 考 になるでしょう 3 悪 意 に 受 け 取 る また 怒 りがわいてくる 時 には こちらが 勝 手 に 状 況 を 悪 い 方 に 解 釈 してしまっている 場 合 も あります たとえば 車 を 運 転 していて 急 いでいるのに 3 回 続 けて 赤 信 号 に 引 っかかったとしたら それは 偶 然 の 出 来 ごとにすぎないのに 何 でオレの 時 にかぎって 信 号 が 変 わるんだ! と ま るでわざとされているようにとらえてしまうと 怒 りがわいてくるものです ですから 悪 い 方 に 解 釈 してしまうということは 怒 りがわく 時 にはありがちですが それが 怒 りをますます 大 き くしてしまうことにもなるのです とはいえ 怒 りの 感 情 は それ 自 体 が 悪 いわけではありませんし 時 には そのエネルギーが 現 実 や 行 動 を 前 向 きに 動 かしていく 原 動 力 にもなるものです しかし ここに 挙 げた1~3の 理 由 は 不 必 要 に 怒 りを 生 みだし キレる 暴 力 をふるう 行 動 のもとになりやすいものですか ふ い ら こういった 不 意 にわいてくる 怒 り のメカニズムを 知 っておいて 怒 りがわいた 時 に 自 分 でその 状 況 を 振 り 返 ることができるようになると 対 処 法 も 見 えてくるでしょう 2. 怒 りをコントロールするには 怒 りの 出 し 方 にはコントロールが 必 要 です コントロールするために 必 要 なことは まずは 怒 りをコントロールしたい と 願 うこと そして 怒 りをコントロールするために 努 力 しよう と 意 識 することです 次 に 大 事 なのは 怒 っていることになるべく 早 い 段 階 で 気 づくことです 本 人 へは こういったコントロールの 仕 方 を 教 えてあげると 考 えるヒントになるでしょうし またスタッフ 自 身 の 怒 りのコントロールにも 役 立 てられると 思 います 次 のページの 表 1は 日 々の 怒 りを 記 録 するための 表 です 記 録 するのなんて 面 倒 だ と 思 わ れるかもしれませんが 怒 りに 早 く 気 づくためには 自 分 の 怒 りの 前 ぶれを 知 っておくことが 重 要 です

22 Ⅱ.こんな 症 状 で 困 った 時 には 表 1. 日 々の 怒 りの 記 録 記 録 日 時 年 月 日 ( ) 頃 疲 れ (1<10 段 階 ) 怒 りの 強 さ(1<10 段 階 ) 状 況 場 面 思 考 (どう 考 えたか) 行 動 結 果 もっと 良 い 行 動 日 時 怒 った 日 時 を 記 録 します 疲 れ その 日 の 体 と 心 の 疲 れ 具 合 を 記 入 します たいていの 場 合 疲 れていると 怒 りっぽく なりますから ここでは 怒 り と 一 緒 に 疲 れ 度 をチェックして その 関 係 を 見 比 べます もちろん 疲 れが 大 きければ 怒 っていいというわけではなく 疲 れている 時 には 怒 りが 出 やすい ので 疲 れ を 怒 り のサインとして 見 ていきましょうという 話 です 10 点 ( もうダメ 一 歩 も 動 けない )~1 点 ( 今 日 は 調 子 がいいぞ )の 10 段 階 で 評 価 します 怒 りの 強 さ 怒 りの 強 さは 毎 回 違 います どんな 時 怒 りが 激 しいのか? その 時 の 怒 りの 強 さ を 知 るために 10 点 ( 絶 対 ぶっ 殺 してやる~! )~1 点 ( ちょっとイラつくなあ )の 10 段 階 で 評 価 します 状 況 場 面 何 があって 怒 ったのか? どんなときに 腹 が 立 つのか? 怒 りが 生 じやすいパター ンであるとか 自 分 の 怒 りのツボを 確 認 します 思 考 怒 った 時 どんなふうに 考 えているのか? 先 に 挙 げた1 期 待 のしすぎ 2 怒 る 以 外 の 方 法 を 知 らない 3 悪 意 に 受 け 取 る もあわせてチェックします なぐ 行 動 ぶん 殴 った 必 死 でこらえた 険 しい 表 情 で 無 言 など 実 際 の 行 動 を 書 きます 結 果 行 動 の 結 果 どうなったのか? すごく 後 悔 した 相 手 の 方 からあやまってきた など 結 果 をきちんと 記 録 してみると その 行 動 が 良 かったのか 悪 かったのかが 見 えてきます キレてしまった 場 合 には 結 果 を 記 録 しながら 次 はどうしたらいいのかを 考 えてみます もっと 良 い 行 動 実 際 の 行 動 で 失 敗 した と 思 った 時 には どうすれば 良 かったのか 次 は どう 対 処 しようと 思 うのかを 振 り 返 りながら 記 録 します 実 は こうして 記 録 をつけることは 出 来 ごとを 全 体 的 に 見 るというだけでなく 普 段 から 自 分 の 怒 りについて 意 識 を 向 けていくことにもなるので コツコツと 記 録 を 付 けていくだけでも

23 2.すぐにキレて 暴 言 を 吐 いたり 暴 力 をふるう 人 に 困 ったら? 怒 りのコントロールにつながっていきます そうしたメリットがあることも 伝 えながら 記 録 す ることを 勧 めていきましょう 3. 怒 りに 気 づいた 時 の 対 処 法 また 本 人 が 怒 りに 気 づいた 時 の 具 体 的 な 対 処 法 について 知 っておくのも 有 効 でしょう 1 自 分 の 考 えを 点 検 する いったん まずは 自 分 の 考 えを 点 検 し なぜ 怒 っているのか? これは 怒 るべきことなのか? を 一 旦 立 ち 止 まって 考 えてみます 2その 場 を 離 れる その 結 果 ここは 怒 りを 抑 えるところだ と 思 えば その 場 を 離 れるようにしましょう 怒 っ ている 相 手 が 目 の 前 にいるままだと 気 持 ちが 切 り 替 えられずに 怒 りをしずめるのに 苦 労 する ことになりますから とりあえず 怒 りの 元 や 状 況 から 距 離 を 取 るために 実 際 にその 場 を 離 れる ことが 重 要 です 3 深 呼 吸 してみる 落 ち 着 きたい 時 に 深 呼 吸 をする という 方 法 は 昔 からよく 知 られていますが ここでも 案 外 は 有 効 です 意 識 して 息 を 吸 い ゆっくり 吐 くようにすると 深 呼 吸 によって 体 が 取 り 戻 した 穏 や かなリズムに 乗 って 怒 りをしずめやすくなります 4 自 分 に 言 い 聞 かせる それでもうまくいかなければ 落 ち 着 け 今 はキレちゃだめだ 大 丈 夫 大 したことじゃ ない などの 自 分 を 落 ち 着 かせる 言 葉 を 頭 の 中 で 自 分 に 言 い 聞 かせてみます 自 分 で 自 分 を 説 得 し ブレーキをかけるのです 5 違 うことを 考 えてみる あるいは 考 えや 気 持 ちを 怒 り とは 違 う 方 向 に 意 識 的 にそらしてみます 特 に 楽 しい こと 好 きなことについて 考 えるといいでしょう ここでこらえられたらCDを 買 おう など 自 分 へのごほうびを 考 えるのも 良 いかもしれません 6 怒 らない 穏 やかな 自 己 主 張 をこころみる ここは 怒 るべきところか 考 えてみたけど やっぱり 言 うべきだ となったら 感 情 的 になら ない 穏 やかな 自 己 主 張 を 心 がけましょう 怒 りのコントロール と 言 いたいことを 我 慢 する のとでは 違 います 感 情 的 にならずに 穏 やかなまま それでいてしっかりと 自 己 主 張 するのはな かなか 難 しいので 練 習 が 必 要 かもしれませんが 少 なくとも ちょっと 時 間 がたって 気 持 ち が 落 ち 着 いてから 話 すようにすると うまくいきやすいでしょう 7 怒 りを 誰 かに 話 す その 場 では 何 とかキレずにやりすごせたものの それでも 怒 りがくすぶって どうしても 気 分

24 Ⅱ.こんな 症 状 で 困 った 時 には がおさまらないという 場 合 には 別 の 場 所 で 誰 か 他 の 人 に 話 を 聞 いてもらうと くすぶった 怒 り から 解 放 されて 気 分 がすっきりすることもあります 4.キレてしまった 後 の 対 処 法 このように なるべくキレたり 暴 力 をふるったりしなくてすむように 怒 り の 感 情 への 対 処 の 仕 方 について 日 頃 から 気 にとめて 理 解 を 深 めたり 努 力 することは 大 切 ですが それでもキレ てしまった 場 合 には 怒 りを 向 けられた 相 手 に 誠 実 に 対 応 することが 最 優 先 になります さまた そして 暴 力 行 為 が 施 設 の 利 用 者 間 でおきてしまい 他 の 利 用 者 の 回 復 や 安 定 した 生 活 の 妨 げ となるようであれば 退 去 や 施 設 移 動 など 施 設 内 のルールとしてキッパリとした 対 応 が 必 要 に はさ なる 場 合 もありますが まずは 本 人 同 士 の 話 や 言 い 分 に こちらの 反 論 を 差 し 挟 まずに 理 解 し ようという 気 持 ちで 耳 を 傾 けることが 大 切 です そのあとで スタッフが 暴 力 をふるった 人 と ふるわれた 人 との 間 に 入 って 暴 力 をふるった 人 へ 対 処 法 のアドバイスとして 次 のよう なことを 進 めていきます 1あやまることの 重 要 性 を 伝 える ちょうはつ どんな 理 由 があれ 暴 力 はやった 人 に 100% 責 任 があります 相 手 が 挑 発 したんだから 相 手 にもあやまってほしい と 主 張 する 人 がいるかもしれませんが 暴 力 という 手 段 を 選 択 したこ とについては きちんとあやまる 必 要 があります 2 相 手 がどう 感 じたのかをきちんと 聞 く お 互 いが 落 ち 着 いた 後 で 暴 力 をふるわれた 人 がその 時 どう 感 じたのかを 聞 きます これに は 相 手 の 立 場 や 気 持 ちになるべく 寄 りそいながら 聞 くことが 必 要 で 少 し 難 しい 作 業 になりま すから スタッフが 間 に 入 った 方 が 良 いかもしれません 自 分 の 取 った 行 動 が 相 手 にどんな 影 響 を 及 ぼし どんな 思 いにさせたのか 相 手 の 言 葉 で 聞 いておくことは 次 に 同 じような 場 面 に 遭 遇 した 時 のブレーキにもつながっていく 大 事 な 情 報 体 験 になるはずです 3 自 分 がどう 感 じたのかも 説 明 する 対 人 関 係 のトラブルは お 互 いのコミュニケーション 不 足 から 生 じることがしばしばです 自 分 では 何 とも 思 っていない 言 動 や 行 動 が 相 手 にとってはものすごく 怖 かったり 腹 立 たしく 感 じられるということもあるでしょう そして キレられた 相 手 は 少 なからず 身 体 的 精 神 的 なショックを 受 けているでしょうから 必 ずしもできる 作 業 ではないかもしれませんが こうしたコミュニケーション 不 足 からくるトラ ブルを 今 後 防 いでいくためにも 暴 力 をふるった 側 が その 時 自 分 にどういうことがあって そ れをどう 感 じ 怒 ってキレてしまったか ということをありのまま 説 明 してみることも 振 り 返 おちい ったり 自 分 の 陥 りやすい 行 動 パターンを 確 認 するためには 有 効 です 4 再 発 防 止 の 方 法 を 考 える

25 2.すぐにキレて 暴 言 を 吐 いたり 暴 力 をふるう 人 に 困 ったら? そして 今 後 の 再 発 を 防 ぐために 自 分 にはどのようなことが 必 要 なのか 具 体 的 に 考 えてい きます たとえば 怒 らないようにする 今 度 はコントロールできるようにする と 言 う 人 がいます が こういう 無 理 な 目 標 や 漠 然 とした 内 容 ではなく 対 処 法 をメモしておいて いつも 持 ち 歩 く とか 川 辺 に 行 って 深 呼 吸 し 大 声 を 出 す といった 具 体 的 で 実 行 可 能 な 方 法 の 方 がとっ さの 時 には 役 に 立 ちます それを 一 つ 一 つ 実 行 しながら 自 分 になじませていくことが 再 発 防 止 につながっていくのです 怒 りは キレないようにコントロールするのが 大 事 ということはわかりますが た あまり 抑 えて 溜 めてしまうと いつか 大 爆 発 するのではありませんか? 一 般 的 には 怒 りは 人 間 の 自 然 な 感 情 なので 時 々 発 散 させないと 爆 発 するのでは ないか と 思 われがちですが それは 全 くの 迷 信 です 怒 り というものは 言 っ くせ てみれば 癖 のようなもので くり 返 せばくり 返 すほど 強 くなっていきます 別 の 言 い 方 をすると 悪 いとわかっていてもやめられなくなる アディクションの ような 性 質 をもっているとも 言 えるので そうとらえる 方 が 分 かりやすいかもしれま せん だからこそ コントロールできるうちに 対 処 していく 必 要 があるのです パーソナリティ 障 害 というのは 性 格 の 問 題 なので 性 格 はいくら 治 療 しても 治 ら ないのではありませんか? パーソナリティ 障 害 は 以 前 は 人 格 障 害 と 呼 ばれていましたが 性 格 の 悪 い 人 道 徳 観 や 倫 理 観 に 問 題 のある 人 危 険 人 物 といった 差 別 的 な 印 象 をもたれやすいとい う 理 由 から 現 在 では 名 称 が 変 更 されています ここで 言 う パーソナリティ とは 単 に 性 格 とか 一 般 的 な 意 味 の 個 性 と は 異 なり その 人 が 周 囲 の 状 況 や 自 分 自 身 をどのように 認 識 し どのような 人 間 関 係 をもち いろいろな 状 況 でどのように 考 えたり 判 断 するのかといったことに 関 する 個 人 の 様 式 を 指 します かたよ たしかに 養 育 環 境 や 長 年 の 生 活 習 慣 によって 偏 りが 生 じているわけですから すぐに 修 正 することは 難 しいですが 最 近 の 研 究 では 本 人 と 治 療 者 が 問 題 を 認 識 共 有 し 対 策 を 検 討 していくといった 治 療 を 続 けていくことで その 障 害 の 特 徴 の 多 くが 軽 快 することが 明 らかになってきています

26 4.ミーティングなどで まわりの 空 気 が 読 めない 人 に 困 ったら? ポイント 生 まれつきの 特 性 の 場 合 があり 本 人 に 悪 気 はありません 集 団 場 面 になじみにくいのは 脳 の 機 能 が 未 成 熟 なためで 一 部 分 にばかり 注 意 が 行 っ て 物 事 を 全 体 的 に 見 られないために まわりの 状 況 を 誤 って 把 握 してしまうからではな いかと 考 えられています 周 囲 の 理 解 と 本 人 の 工 夫 や 努 力 によって 特 性 を 目 立 たなくし 解 決 をはかっていきま す はじめに こうはんせいはったつしょうがい 1. 広 汎 性 発 達 障 害 (Pervasive Developmental Disorders:PDD) こうはんせいはったつ まわりの 状 況 が 飲 みこめず 場 違 いな 発 言 や 行 動 で 孤 立 してしまうのは その 人 に 広 汎 性 発 達 しょうがい 障 害 (PDD)の 特 性 があるからかもしれません PDD は 1 社 会 性 の 障 害 2コミュニケーシ ョンの 障 害 3 想 像 性 の 障 害 を 基 本 特 性 とする 生 まれつきの 障 害 です 自 閉 症 スペクトラム (Autistic Spectrum Disorder:ASD)と 呼 ばれることもあります 社 会 性 の 障 害 としては その 場 の 状 況 を 把 握 できない 相 手 の 気 持 ちを 汲 みとれないなどがあ げんがい ります コミュニケーションの 障 害 としては 会 話 のキャッチボールが 苦 手 相 手 の 言 外 にこめ ひ ゆ ちゅうしょうてき られた 意 味 を 理 解 できない( 行 間 が 読 めない) 比 喩 やたとえ 話 抽 象 的 な 話 の 内 容 が 理 解 でき ないなどがあります 想 像 力 の 障 害 としては こだわりが 強 い 先 の 見 通 しがもちにくいなどが あります しかし 中 にはこれら 3 つの 特 性 ( 社 会 性 コミュニケーション 想 像 力 )すべてを 満 たさない 人 もいます そして その 人 が 置 かれている 社 会 的 な 状 況 によっては これらの 特 性 き わ だ がより 際 立 ってしまい 問 題 になってくることもあるのです 2.PDD の 原 因 と 特 徴 PDD の 原 因 については 現 在 のところ 脳 の 働 きに 問 題 があると 言 われています かつて PDD ち た い は 知 的 に 遅 滞 のある 自 閉 症 に 限 られていましたが 最 近 では 知 的 に 高 くても 社 会 性 やコミ ュニケーション 能 力 が 未 発 達 で こだわりの 強 い 人 たちをも 含 むようになりました このため わか おとなになってはじめて PDD だったことが 判 る 場 合 も 出 てきています また 集 団 へのなじみ

27 Ⅱ.こんな 症 状 で 困 った 時 には にくさから PDD の 人 がさまざまな 依 存 症 になることも 少 なくありません ところで 先 にあげた3つの 特 性 ( 社 会 性 コミュニケーション 想 像 力 )のほかにも 重 要 な 特 徴 として 感 覚 過 敏 と パニック があります 感 覚 過 敏 とは 他 の 人 には 何 でもない 刺 激 が PDD の 人 にとっては 非 常 につらく 感 じられるというものです たとえば 聴 覚 ではバイク のエンジン 音 トイレの 水 が 流 れる 音 子 どもの 声 など 視 覚 では 蛍 光 灯 の 光 パソコンのモニ し ターの 光 など 触 覚 ではシャツのタグ 締 めつけのきつい 服 ベタベタした 物 などがあげられま す なお PDD のパニックは いわゆるパニック 障 害 の パニック とは 違 う 意 味 で 使 われ 興 奮 して 落 ち 着 かなくなり 困 惑 して 不 適 切 な 行 動 をとってしまう くらいの 意 味 合 いです そして PDD のパニックの 原 因 はさまざまです たとえば どうしたらいいのか 見 通 しが 立 た ない 状 況 で 不 安 が 強 まった 時 や 自 分 のこだわりを 制 止 されて 気 持 ちがうまくおさめられない 時 に いわゆる タイムスリップ 現 象 といって 過 去 のイヤな 経 験 が 急 にわき 上 がって 不 安 で 埋 めつくされそうになる そういう 時 にこの 手 のパニックが 出 やすくなります 症 状 としては 気 あば 分 が 落 ち 着 かずに 暴 れたり つじつまの 合 わないことを 言 ったりします またそういう 時 には 表 面 的 に 落 ち 着 いているように 見 えても 本 人 と 話 してみると 実 は 内 心 ものすごく 動 揺 して 困 惑 していたという 場 合 もあります ちょっかんてき PDD の 人 は 子 どもの 頃 から ほかの 人 たちが 当 たり 前 にできること たとえば 直 感 的 に 相 手 の 気 持 ちや 周 囲 の 状 況 を 読 み 取 って それに 見 合 った 行 動 をとったり コミュニケーション の 手 段 として 言 葉 を 適 切 に 使 うということが 苦 手 です そして 本 音 とタテマエの 区 別 がつかな き いために 周 囲 から 生 意 気 とか 気 が 利 かない ノリが 悪 いなどとみなされて 孤 立 したり いじ められたり 叱 られやすい 中 で 育 つことになります その 結 果 なかなか 自 分 に 自 信 がもてなく て 情 緒 的 に 不 安 が 高 かったり 落 ち 込 んだりイラ 立 ちやすく 考 え 方 としては 被 害 的 に 受 け 止 めやすいため さまざまな 精 神 的 な 問 題 を 引 きおこしやすくなります 依 存 症 もその1つです PDD と 依 存 症 の 症 状 の 区 別 が 直 接 問 題 になることはほとんどありませんが PDD の 一 時 的 な 精 神 病 状 態 と 依 存 物 質 による 精 神 病 ( 状 態 ) との 区 別 が 必 要 になることはあるので 見 分 け るポイントを 表 1に 示 しました 表 1.PDD の 精 神 病 状 態 と 依 存 物 質 による 精 神 病 ( 状 態 )との 区 別 のポイント PDD の 一 過 性 精 神 病 状 態 せっぱくかん 幻 覚 切 迫 感 はあまりない 依 存 物 質 による 精 神 病 切 迫 感 が 強 く それによって 何 ら か 行 動 をとることもある 妄 想 職 場 など 特 定 の 場 所 でおこる 色 々な 所 でおこる 症 状 の 持 続 性 その 時 の 状 況 に 影 響 されやすい 状 況 に 関 係 なく 続 く 思 考 の 流 れや 内 容 の 障 害 あまりない?

28 4.ミーティングなどで まわりの 空 気 が 読 めない 人 に 困 ったら? 対 応 1. 集 団 場 面 での 様 子 き わ だ PDD の 人 は 自 助 グループなど 人 が 集 まるような 場 で その 特 性 がより 際 立 ちやすいという のも 特 徴 です あんもく 社 会 性 の 問 題 としては まわりに 目 が 向 きにくく 様 子 がうまく 把 握 できないために 暗 黙 の ルールが 理 解 できなかったり 場 所 時 間 相 手 をわきまえた 一 般 的 常 識 的 な 行 動 が 取 れなか ったりします ミーティングでは 空 気 が 読 めずに 場 違 いなことを 言 ったりやったり あるいは く 他 の 人 の 表 情 が 読 みとれないために 相 手 の 気 持 ちが 汲 み 取 れなくて 配 慮 に 欠 けてトラブルに かじょう なってしまったり まわりが 見 えない 分 自 分 の 世 界 が 中 心 になるので 自 意 識 が 過 剰 になって 被 害 的 に 受 け 止 めやすいということもあります コミュニケーションの 問 題 としては 言 葉 を 辞 書 的 に 正 しい 直 訳 で 理 解 するようなところがあ く るので 相 手 の 言 おうとしていることの 微 妙 なニュアンスが 汲 みとれなかったり たとえ 話 や じょうだん 冗 談 が 理 解 できなかったり 会 話 のキャッチボールができないために 電 話 の 応 対 や 雑 談 が 苦 手 ということがあります 想 像 性 の 問 題 としては 柔 軟 に 考 えられないためにこだわりやすく ほかのやり 方 を 受 け 入 れ にくい 頑 固 さがあったり 逆 に やるべきことがはっきりしていない 状 況 では 不 安 になりやすい など 臨 機 応 変 に 対 応 することができずに 突 然 の 予 定 変 更 に 不 安 を 強 めたり パニックになり やすいということがあります 2. 対 応 の 実 際 と 工 夫 のポイント このような 特 徴 に 対 して 次 のような 工 夫 が 必 要 でしょう 1 今 どのような 状 況 にいるのか 本 人 が 信 頼 している 人 ( 本 人 にとって 少 しでも 落 ち 着 いて 話 が 聞 ける 相 手 )から 説 明 してもらい どのように 行 動 すればいいのかをはっきり( 具 体 的 に) 示 してあげます じょうだん 2コミュニケーションの 障 害 に 対 しては あいまいな 表 現 や 冗 談 は 避 け 人 とのやり 取 りがスム ちゅうかい ーズに 行 かない 時 には スタッフが 通 訳 として 仲 介 するのもいいでしょう まわりの 誰 もが 分 か あんもく こんわく おぎな るような 暗 黙 のルールがつかめずに 困 惑 している 場 合 には 説 明 で 補 ってあげる 必 要 があります えんきょく が その 際 こちらの 表 現 が 少 しでも 遠 まわし( 婉 曲 的 )だったり 説 明 がくだくだしく 長 くな る( 分 かってもらおうと 思 うと 誰 もがそうなりがちです)と 本 人 にはあいまいな 表 現 に 映 っ て 自 分 の 都 合 のいいように 理 解 しては 分 かったつもりになってしまうかもしれないので こ こで 絶 対 に 伝 えておきたい という 要 点 は 短 い 表 現 でキッパリと 伝 えましょう また PDD の

29 Ⅱ.こんな 症 状 で 困 った 時 には 中 には 聞 く よりも 見 る 方 が 理 解 しやすい 人 もいるので そういう 人 の 場 合 は 図 や 絵 や 文 字 を 使 って 説 明 するのも 効 果 的 です 彼 らは こういう 経 験 をパターンで 覚 え そのパターン を 増 やすことで 集 団 の 中 で 少 しずつ 目 立 たなくなっていきます 3 想 像 性 の 問 題 に 対 しては PDD の 人 のこだわりや 頑 固 さは 不 安 が 原 因 となっていることが 多 かたく いので 本 人 にとって 安 心 できる 状 況 にならないかぎり 変 わりません こういった 頑 なさに 対 し ては 不 安 をやわらげようとなだめるのではなく むしろ 見 通 しを 与 えてあげる 方 がいいでしょ う また 予 定 は 前 もって 伝 え 変 更 がある 場 合 はできるだけ 早 く 伝 えましょう そして やる べきことがはっきりしない 本 人 まかせの 時 間 をなるべく 減 らし 今 は 何 をする 時 間 なのかを 示 してあげます 時 間 はかかりますが PDD の 人 は 不 確 かさからくる 不 安 が 減 ると 変 化 しはじめ ることが 多 いようです なお 薬 は PDD 自 体 に 直 接 効 果 のあるものはありませんが PDD の 特 性 からおこるパニック やこだわりに 対 しては 症 状 をやわらげるために 使 用 することもあります しかし 一 部 の PDD は 薬 に 敏 感 で 副 作 用 が 出 やすいため 注 意 が 必 要 です 決 まった 状 況 で 必 ず 不 安 定 になる PDD 人 がいます 対 応 はどうすればいいのでしょ うか? PDD をもつ 人 の 中 には 特 定 の 場 所 や 人 の 前 などで イライラしたり 不 安 定 にな る 人 がいます これには 感 覚 過 敏 が 原 因 となっている 可 能 性 が 考 えられます たとえば 風 通 しの 悪 い 湿 度 の 高 い 場 所 や 特 有 のにおいのする 場 所 本 人 の 苦 手 な 音 のする 場 所 や 苦 手 な 周 波 数 の 声 の 人 などがあります また 本 人 に 苦 手 だとい う 自 覚 がない 場 合 もあるため 訴 えがないままに その 時 の 感 情 に 振 り 回 されてしま っていることもあります そこで まわりの 人 としては 本 人 のおかれている 状 況 の 何 が 不 安 定 の 原 因 になっ ているのか 感 覚 過 敏 という 切 り 口 から 検 討 してみると 原 因 が 特 定 しやすいで わか しょう そして 原 因 は1つとは 限 りませんが 不 安 定 の 原 因 が 判 ったら その 刺 激 か ら 本 人 を 遠 ざけたり 本 人 が 気 にとめて 回 避 できるようになるといいでしょう PDD の 特 性 をもつ 人 で 他 人 に 迷 惑 のかかるような 触 法 行 為 をしたにもかかわらず 反 省 するでもなく また 同 じことを 繰 り 返 す 人 がいます そういう 人 は 罪 悪 感 を 感 じることができないのでしょうか? PDD をもつ 人 の 中 には たしかに 罪 悪 感 をもちにくい 人 がいます 一 般 に PDD

30 4.ミーティングなどで まわりの 空 気 が 読 めない 人 に 困 ったら? をもつ 人 は 実 際 に 自 分 の 目 で 見 たり 聴 いたり 触 ったりできないような 抽 象 的 な 事 がらを 想 像 力 で 補 って 認 識 するということが 苦 手 です 罪 悪 感 もそういうものの 1つになります 同 じように まわりから 見 たら 自 分 がどう 見 えるかということを 想 像 するのにも 抽 象 的 な 思 考 力 は 必 要 になりますから 自 分 の 行 いが 他 人 に 迷 惑 をか けた という 事 実 は 理 解 できても 自 分 が 悪 くて 相 手 にすまないことをした と いう 考 えにはうまくつながっていかないので 行 動 を 振 り 返 って 罪 悪 感 を 引 き 出 すこ とで 行 動 を 修 正 するという 反 省 をうながすための 一 般 的 なパターンが 通 用 しにく いと 感 じられることが 多 いかもしれません 一 般 的 な 感 覚 からすると 禁 止 されれば なぜそうしてはいけないのか という 本 質 的 な 理 由 が 知 りたくなるものですが PDD の 人 の 場 合 は そこはあまりつながり にくいので くだくだしく 説 明 されるよりも むしろ 禁 止 事 項 (ここでは 法 律 の 条 文 ) を 見 せて このように 決 まっているので 従 うべきだ とストレートに 説 明 し 従 う わく べき 枠 をハッキリ 示 してあげる 方 が むしろ 本 人 にはすんなりと 頭 に 入 りやすいでし ょう

31 5.パニックをおこす 人 に 困 ったら? ポイント アルコール 薬 物 依 存 症 には 不 安 やパニックが 多 く 見 られます そして 不 安 やパニック の 問 題 と アルコールや 薬 物 の 使 用 には 互 いに 強 め 合 うところがあります 不 安 を 訴 えるのは 相 手 に 安 心 感 を 求 めてのことなので 気 持 ちを 受 けとめながら 関 係 を 作 っていくことがまずは 大 切 です パニック 症 状 などの 急 性 の 不 安 には 呼 吸 法 や 安 心 イメージなど その 場 を 乗 り 切 る 方 法 を 身 につけることも 有 効 です 反 復 する 慢 性 の 不 安 に 対 しては そのきっかけや 不 安 につながる 考 え 方 を 振 り 返 り それに 対 処 するための 方 法 をあらかじめ 考 えておくことが 役 立 ちます 不 安 の 背 景 に 過 去 の 出 来 ごとや 将 来 への 見 通 しのなさがある 場 合 には 症 状 の 改 善 以 外 に 具 体 的 現 実 的 なことへのケースワークが 必 要 になる 場 合 もあります はじめに アルコールや 薬 物 依 存 症 には パニックなどの 強 い 不 安 を 生 じる 場 合 が 多 く 見 られます ここ では その 関 係 と 対 処 法 についてまとめてみます 1. 強 い 不 安 によるさまざまな 症 状 の 病 気 ( 不 安 障 害 )とアルコール 薬 物 依 存 との 関 係 アルコールや 薬 物 依 存 症 では パニック 発 作 などの 強 い 不 安 からくる 問 題 を 抱 えていることが 多 いとされています 特 に 症 状 が 重 い 場 合 には 不 安 障 害 や PTSD なども 合 併 していると 診 断 さ れます 少 し 難 しい 話 になりますが アメリカの 研 究 では 過 去 1ヵ 月 間 に 他 の 精 神 科 的 な 病 気 があった 割 合 として 薬 物 依 存 症 の 18%に 不 安 障 害 ( 一 般 では 11%)があり 治 療 に 来 たアル コールや 薬 物 の 問 題 を 抱 える 人 では 何 らかの 不 安 障 害 が 43% 電 車 の 中 などの 閉 ざされた 空 間 でおこるパニック 障 害 が 6% それ 以 外 のタイプのパニック 障 害 が 9%と 報 告 されています そ して こういった 合 併 症 がある 場 合 には その 後 の 経 過 が 良 くないとも 言 われています 2. 不 安 やパニックの 問 題 とアルコールや 薬 物 使 用 は 互 いに 強 め 合 ってしまう もともと 不 安 障 害 があり それをやわらげるためにアルコールや 薬 物 を 使 う 場 合 があります 逆 に アルコールや 薬 物 の 使 用 障 害 が 先 にあって 離 脱 症 状 など 物 質 によって 不 安 が 誘 発 され る 場 合 もあります

32 5.パニックをおこす 人 に 困 ったら? 3. 不 安 のさまざまなあらわれ 方 不 安 が 高 じると 不 安 を 感 じなくてすむように 無 意 識 のうちに 感 情 を 切 り 離 すということが かいり おこります その 結 果 ボーッとしたり 意 識 を 失 って 倒 れたりする 症 状 ( 解 離 症 状 )が 出 るこ ともあります また 問 題 行 動 (リストカットなどの 自 傷 行 為 )を 行 うことで 不 安 に 対 処 しよ うとする 人 もいます 対 応 1. 急 な 不 安 を 乗 りきる 方 法 とっぱつてき では パニックをはじめとする 突 発 的 な 不 安 に 対 しては どのように 対 処 したらいいのでしょ うか 以 下 に 代 表 的 な 方 法 をあげてみます き 1まずは 話 を 聴 くこと まず 援 助 者 にできるのは 話 を 聴 くこと そして 気 持 ちを 受 けとめる 姿 勢 を 示 すことです 相 手 に 安 心 感 を 与 えるためには すぐに 安 心 させようと 焦 ってなだめたりするよりも まずは 自 分 の 不 安 な 心 境 を 聴 いてもらえる 受 けとめてもらえるんだ と 感 じ 見 通 しをもってもらえる ことが 大 切 です は えんりょ そしてこういう 時 には 本 人 は 恥 ずかしさや 遠 慮 から 不 安 を 表 現 することをためらいやすい ものです まして 過 去 に 思 いきって 相 談 したのに 気 にしすぎ などと 否 定 された 経 験 があ い こわ れば 不 安 な 心 境 を 伝 えようとすることに なおさら 勇 気 が 要 ったり 怖 いとすら 感 じられるか うった もしれません ですから まずは 不 安 を 訴 えてもいいんだ と 思 ってもらえることと 勇 気 を 出 して SOS を 出 してくれてよかったよ というメッセージが 伝 わるように 接 しましょう また 不 安 を 薬 や 薬 物 ですぐに 解 消 しようと 急 がずに 相 談 したり 他 の 方 法 で 何 とか 対 処 し ようとしていること 自 体 が これからの 依 存 症 の 回 復 にとっても 大 事 なステップになることを 伝 えましょう でんじゅ 2 急 に 湧 きおこる 不 安 への 対 処 法 を 伝 授 する しず また 恐 怖 や 不 安 を 鎮 める 方 法 を 教 えたり それを 実 際 にその 場 で 一 緒 にやってみることが 役 に 立 つ 場 合 もあります たとえば 呼 吸 法 を 実 際 に 教 えながら 不 安 がおさまっていくのに 付 き 合 うのも 有 効 です やり 方 としては 以 下 のようなものがあります は 呼 吸 法 息 を 吐 くスピードをゆっくりにして 呼 吸 のリズムを 整 えていきます たとえば 10 カウント 呼 吸 法 では でゆっくり 息 を 吸 って 5 で 止 め なか とな て でゆっくり 吐 きます 吐 く 時 に リラ~ックス とお 腹 のあたりで 唱 えるとより 効 果 的 です パニック 発 作 がある 場 合 には こうした 呼 吸 法 を 数 分 間 くり 返 すことで 対 処 してみましょう

33 Ⅱ.こんな 症 状 で 困 った 時 には また 実 際 に 発 作 がおこる 前 の 落 ち 着 いた 状 態 の 時 に 前 もって 呼 吸 法 を 練 習 し やり 方 にな じんでおくと とっさの 時 にも 活 用 しやすいでしょう 練 習 の 際 には リズムを 覚 えるために 先 ほどのカウントや 吸 って 吐 いて という 指 示 を 携 帯 電 話 のボイスレコーダーなどに 入 れて おいて それを 聞 きながら 練 習 するのも 手 です なお 過 呼 吸 発 作 がかなりひどい 場 合 には ま ずは 袋 などを 口 にあてて 吐 いた 二 酸 化 炭 素 をまた 吸 うことで 呼 吸 の 回 数 を 落 としていき あ る 程 度 落 ち 着 いたところで 呼 吸 法 に 移 るとスムーズでしょう 安 全 イメージ 自 分 が 安 心 を 感 じる 人 や 落 ち 着 く 風 景 や 場 所 のイメージを 探 しておき いざ となった 時 には 心 のお 守 り のようにそれらを 思 い 浮 かべることで 固 まった 姿 勢 から 目 線 を そらし 気 分 に 変 化 をつけていきます 思 考 ストップ 法 くり 返 し 考 えすぎてしまうことで 不 安 がつのっていく 場 合 には そういった 思 考 の 輪 に 入 りこんでしまわないよう 自 分 で 自 分 に ストップ ストップ と 言 い 聞 かせるこ とで 気 をそらし 解 離 症 状 などを 乗 りきります 3 薬 物 療 法 不 安 やパニックの 時 に 薬 や 注 射 が 役 に 立 つ 場 合 もあります 特 にアルコールの 離 脱 症 状 ( 禁 断 症 状 )に 対 しては 薬 が 効 果 的 なことがあります しかし こういった 薬 は 依 存 の 可 能 性 もあ るので 薬 だけに 頼 りすぎないことを 伝 えるのも 重 要 です 自 分 なりの 不 安 の 対 処 法 をもたせる ようにして それでも 難 しいときにのみ 使 う 増 えてしまうようならやめるなどの 枠 組 みを 決 め ていくことが 必 要 になります 特 に 不 安 になることに 対 する 不 安 といった 予 期 的 な 不 安 に 対 して 安 易 に 薬 を 使 うようになると 依 存 になりやすいことを 教 えるのは 重 要 です 薬 の 種 類 と しても 依 存 性 の 少 ない 抗 精 神 病 薬 や 感 情 安 定 剤 などを 選 択 することが 有 効 な 場 合 があります PTSD やパニック 障 害 で 用 いる SSRI は 離 脱 や 依 存 がないわけではありませんが やはり 必 要 な ことがあります 最 も 依 存 を 警 戒 する 必 要 があるのは 抗 不 安 薬 や 睡 眠 導 入 剤 とくに 短 期 型 の ものです 2. 不 安 に 対 処 するための 心 理 教 育 認 知 行 動 療 法 くり 返 されるパニック 発 作 への 対 処 としては あらためて 不 安 とは 何 か や それに 対 応 す る 方 法 を 一 緒 に 考 えておくことも 有 効 です 1 不 安 とは 感 情 というのは 自 分 自 身 の 内 面 の 状 態 や まわりに 対 して 自 分 がどう 感 じているのかを 知 ら かたむ せてくれるアラーム( 非 常 ベル)のようなものです ですから 自 分 が 危 険 な 方 向 に 傾 くと 不 安 が 危 ないよ と 知 らせてくれるわけです とはいえ 不 安 と 言 うと とかく 良 くないイメ ージをもたれるかもしれません しかし このセンサーが 働 かないとどうでしょう? たとえば 危 険 が 迫 っているのに 気 づかずにのんびり 構 えていたら 危 ないことになってしまいます で

34 5.パニックをおこす 人 に 困 ったら? すから 不 安 という 感 情 が 反 応 してくれるからこそ 先 を 見 越 して 備 えたり 自 分 が 失 いたくな い 大 事 なことについて 考 え 守 ることができるとも 言 えるのです 2 不 安 に 関 する 極 端 な 考 え 方 のパターンを 検 討 してみる しかし 依 存 症 の 場 合 には 不 安 の 感 じ 方 が 強 すぎてしまったり 逆 に 不 安 を 受 けとめないよう おちい に 心 が 動 いて ピンチに 陥 ってしまう 場 合 があります そこで そういった 極 端 な 考 え 方 のパターンを 立 ち 止 まって 検 討 する 方 法 を 示 します( 図 1) まず 以 下 の3つのパターンについて 自 分 にこれまでそういうことがあったかを 考 えてもらい 次 に 心 配 しすぎる 場 合 や 逆 に 心 配 しなさすぎる 場 合 を 乗 りきるために どのような 方 法 があるのかを 考 えてもらいます さらに これまでにパニックが 生 じた 場 面 を 取 り 上 げ ABC シート([A: 状 況 出 来 事 ] [B: 認 知 ] [C: 感 情 行 動 ])の 流 れに 沿 って そのパターンを 整 理 しながら 分 析 していきます( 図 きょくたん 2) その 中 で この 時 のバランスの 悪 い( 極 端 な) 考 えが 実 はパニックにつながっていると いうことに 気 づいていくのです おちい きょくたん くせ このようにして パニックになってしまう 時 に 陥 りやすい 極 端 な 考 え 方 の 癖 を 見 つけ 出 して もう 少 し 中 立 的 な 考 え 方 にする 方 法 を 検 討 していきます( 図 3) そしてこれをくり 返 すことで 中 立 的 な 考 え 方 に 自 分 をなじませていくのです きょくたん パターン1 極 端 に 心 配 しすぎる 考 え 方 非 常 ベルが ちょっとしたことで すぐに 鳴 ってしまうような 状 態 1. 現 実 的 でないほど 大 げさに 悪 い 予 想 をする(あとで 考 えて そんなに 心 配 しなくてもよかっ たこと) 2.まだ 先 のことで 分 からないことまで 心 配 し 長 い 時 間 心 配 ばかりしてしまう 3. 自 分 にはそれを 乗 りきる 力 が 全 くないと 思 い 込 む かんぺき 4. 完 璧 主 義 になり ちょっとでも 失 敗 したら もうだめだ と 決 めつける 5. 不 安 になることが 不 安 で パニックになることが 怖 い パターン2 心 配 しなさすぎる 考 え 方 本 当 は 心 配 しないといけないことでも 気 楽 に 考 えてアラームを 止 めてしまったり あるいはア ラームが 鳴 っているのに 無 視 してしまう 状 態 1. 危 ない 状 況 なのに 考 えると 怖 くなるので 避 けていた 2. 危 ない 方 が むしろ 好 きになってしまう パターン3 ほど 良 い 心 配 ぐあいの 考 え 方 1. 上 手 に 心 配 して 具 体 的 な 対 応 が 取 れる 2. 心 配 があっても 心 の 中 に 置 いておける 3. 心 配 を 上 手 に 人 に 相 談 するなどして 調 整 できる 図 1. 極 端 な 考 え 方 のパターン 分 析

35 Ⅱ.こんな 症 状 で 困 った 時 には A-B-C シート 日 付 名 前 A:できごと B: 考 え 方 C: 感 情 行 動 何 がおこりましたか? 夜 遅 くに 電 話 が 鳴 った それをどう 受 けとめましたか? 何 か 悪 いことがおきたに 違 い ない どんな 気 持 ちになって 何 をしましたか? 不 安 100% 汗 が 出 て 動 機 がして 呼 吸 が 早 くなった 怖 くて 酒 を 飲 んで 寝 た * 落 ち 着 いて 考 える 時 B の 考 え 方 についてどのように 考 えられますか? そこまで 悪 いことを 考 えなくてもよかった *より 気 楽 になれる 考 え 方 に 取 りかえるとしたら? 間 違 い 電 話 かもしれない とにかく 落 ち 着 いて 出 てみよう 図 2.ABC シート こうでなければならない( 完 璧 主 義 すべき 思 考 など) み す 完 璧 にできないと 人 から 見 捨 てられてし まうかもしれない 最 悪 化 それにはがまんできない そうなったらおしまいだ 否 定 的 な 自 己 分 析 どうせ 自 分 はみんなに 認 められない 柔 軟 性 別 の 見 方 私 はもうダメだと 感 じる 中 立 的 な 見 方 ふ ゆ か い それは 良 くない/イヤな/ 不 愉 快 なこ ちめいてき とだ でも 致 命 的 ではない 何 とかなる バランスのとれた 自 己 分 析 自 分 なりにがんばっているんだから 分 かってくれる 人 もいるかもしれない きょくたん 図 3. 極 端 な 考 えを 中 立 的 な 考 え 方 に 変 換 する たとえば こんなふうに 変 えていきます 1 こうでなければならない とか べき という 言 葉 を もっと 要 求 の 低 い 言 葉 と 入 れ 替 え てみます たとえば こうしたい とか の 方 がいい とか できれば などです 2 最 悪 化 という 言 葉 をもっとやわらかい 日 常 的 な 言 葉 と 入 れ 替 えてみます たとえば 不 便 だ とか 不 快 だ といったふうに 3 否 定 的 な 自 己 分 析 ( 自 分 にダメ 出 しするようなとらえ 方 )は こんな 文 章 に 入 れ 替 えてみると いいでしょう たとえば 私 は 完 璧 な 人 間 ではないし 人 は 間 違 うこともあるものだ などです

36 5.パニックをおこす 人 に 困 ったら? とうしんだい こうして 等 身 大 の 自 分 のイメージが 確 認 されていくことが 思 い 通 りにならない 自 分 を 素 直 に 受 け 入 れていくことにつながっていきます 一 方 出 来 ごとや 状 況 について どういう 場 面 がパ ニックになりやすいのかを 考 えて 近 づかないようにする 方 法 もあります 行 動 についても あらかじめ 不 安 を 軽 減 する 対 応 を 検 討 しておきましょう その 中 には 先 ほど 取 り 上 げた 呼 吸 法 やリラクゼーションなどもあります パニック 障 害 の 場 合 には 物 事 のと らえ 方 や 考 え 方 の 問 題 を 考 えてもらうよりも パニックの 引 き 金 になっている 刺 激 ( 実 在 する 刺 どうき 激 やそのイメージ)に 実 際 に 少 しずつ 触 れながら その 時 の 不 安 な 気 持 ちや 体 の 反 応 ( 動 悸 や 過 呼 吸 など)を 呼 吸 法 などを 使 って その 場 で 落 ち 着 かせていく 練 習 をするのが 効 果 的 です その 際 あまり 苦 手 でない 場 面 ( 苦 痛 なし) 0 点 ~ 最 も 苦 手 な 場 面 ( 再 興 に 苦 痛 ) 100 点 ( 最 高 に 苦 痛 )まで 段 階 的 に 評 価 してもらい 苦 痛 の 程 度 が 低 いものから 高 いものに 向 けて 少 しず つ 触 れながら その 都 度 不 安 をおさめる 練 習 をくり 返 していくやり 方 が 効 果 的 です こうした 練 習 を 行 った 上 で 再 発 防 止 計 画 (35 ページ)をたてましょう 3 不 安 の 裏 にある 問 題 の 解 決 パニックや 不 安 の 裏 には トラウマや PTSD のような 問 題 をかかえている 場 合 が 少 なくありま せん 特 に ハラスメントや 暴 力 の 被 害 家 庭 状 況 などが 関 係 する 場 合 には そういった 問 題 へ の 対 応 に 加 えて 必 要 な 社 会 資 源 につなげていくことも 重 要 になります 不 安 が 強 くなると 訴 えが 増 え 何 度 も 電 話 がきたり 長 時 間 話 を 聞 くことになります 時 間 も 自 分 自 身 の 心 の 余 裕 もなくなりそうです こうした 要 求 にはどの 程 度 応 じるべきでしょうか? 頻 繁 に 話 しかけられたり 話 が 長 くなると 受 け 止 める 側 も 疲 れてきて 相 手 に 対 おっくう する 億 劫 な 気 持 や 苦 手 意 識 が 出 やすくなります そして それが 何 かの 拍 子 に 相 手 に 伝 わると 関 係 がこじれて 率 直 に 話 し 合 えなくなってしまうかもしれません また 本 人 にとっても 長 く 話 すとかえって 気 持 ちがまとまらなくなったり 疲 れたり い ろいろ 話 して 後 で 苦 しくなることもあるでしょう ですから 聴 く 時 間 はある 程 度 時 間 を 区 切 って 長 くても 1 時 間 は 超 えない(30 分 程 度 ) 方 がいいですし 頻 度 も 制 わく 限 して その 分 確 実 にその 時 間 は 聴 くという 枠 を 決 め メリハリを 付 けて 対 応 した 方 がお 互 いにとっていいでしょう また 不 安 に 対 処 できるようになる という 目 標 をもって 不 安 をおさめるスキ ルを 教 えた 上 で 緊 急 時 の 安 全 計 画 ( 呼 吸 法 音 楽 お 茶 をのむ 紙 に 書 き 出 すなど) をたてておき それが 実 際 に 役 に 立 ったかどうかを 定 期 的 に 話 し 合 うなどの 流 れを 作

37 Ⅱ.こんな 症 状 で 困 った 時 には っていくのも 有 用 です こういった 計 画 をあらかじめ 作 っておくことで とっさに 自 分 の 不 安 をまわりの 人 や 物 に 処 理 をしてもらおうとする 姿 勢 から 自 分 なりにかかえ て 対 処 しようとする 姿 勢 に 変 えていくチャンスにもなるでしょう 薬 物 依 存 症 の 人 に 向 精 神 薬 を 服 用 することはスリップ( 薬 物 の 再 使 用 )じゃな いかと 指 摘 されたことがあります どう 考 えればいいのでしょうか? たしかに 依 存 症 の 人 に 不 安 が 強 いからと 薬 物 を 出 すのは 処 方 薬 への 依 存 にな る 危 険 性 があります 特 に 睡 眠 導 入 剤 や 抗 不 安 薬 は 依 存 を 生 じやすいので 注 意 が 必 要 です しかし アルコールなどの 離 脱 の 時 期 には 不 安 やせん 妄 を 抑 えるために 抗 不 安 薬 を 使 って 管 理 する 場 合 もありますし 強 いパニック 障 害 や PTSD 強 迫 性 障 害 等 にともなう 不 安 では SSRI などが 有 効 なので こうした 薬 物 療 法 が 必 要 な 場 合 には 薬 物 依 存 の 傾 向 を 主 治 医 に 把 握 してもらった 上 で 治 療 目 標 や 期 間 を 管 理 して もらうことが 大 事 になります また 自 助 グループでは 薬 を 全 く 飲 まないことが 依 存 症 の 治 療 には 必 須 だと 言 わ れることがあるようですが こうした 考 えはかえって 回 復 を 遠 ざけることにもなりか ねないので 特 に 依 存 症 に 加 えて 他 の 精 神 障 害 が 合 併 する 場 合 (ここでは 不 安 障 害 等 ) には 両 方 の 治 療 を 両 立 するために 薬 物 療 法 を 行 うことがあることも 知 っておきま しょう

38 再 発 防 止 計 画 :あぶない 状 況 感 情 考 え 行 動 のつながりを 整 理 して 対 応 方 法 をまとめよう あぶない 状 況 ときっかけ 場 所 状 況 感 情 身 体 の 反 応 (ピンチの 時 ) 感 情 ( 例 :イライラ さびしさ 退 屈 ) ピンチをまねく 考 え 例 : 完 全 主 義 酒 薬 やめられるわけない 自 分 はダメだ 断 る 自 信 がない ピンチをまねく 行 動 例 電 車 にのれない ひきこもる 飲 酒 薬 物 使 用 人 体 の 状 態 ( 例 : 頭 痛 過 食 肩 こり) もの 表 情 や 話 し 方 対 応 の 方 法 変 えること 例 つかれすぎないようにする 昔 のともだちとあわない 対 応 の 方 法 変 えること 例 イライラに 気 付 いたら 早 めに 休 む 夜 ふかししないで 寝 る リラクゼーションや 呼 吸 法 本 音 をためないでその 場 でいう 対 応 の 方 法 変 えること 例 中 立 的 な 見 方 にする 対 応 の 方 法 変 えること 例 ダルクにいく 思 い 切 って 断 ってみる あぶない 異 性 とは 手 をきる

39 かん 6. 何 か 聞 こえる 勘 ぐりやすい 人 に 困 ったら? ポイント げんかく もうそう 幻 覚 や 妄 想 を 引 きおこす 代 表 的 な 物 質 は 覚 せい 剤 脱 法 ドラッグ シンナー アルコ ール コカイン 大 麻 などです かん もうそう げんちょう 勘 ぐり が 悪 化 すると 妄 想 に 音 に 敏 感 が 悪 化 すると 幻 聴 になります 精 神 病 の 症 状 に 対 しては 抗 精 神 病 薬 による 薬 物 療 法 が 必 要 です さらに 危 険 な 行 動 が おこりそうな 場 合 には 入 院 治 療 が 必 要 になります はじめに げんかく もうそう 薬 物 やアルコールの 依 存 症 では 幻 覚 や 妄 想 が 多 く 見 られます 中 でも 強 力 に 幻 覚 や 妄 想 を 引 きおこすのが 覚 せい 剤 です 最 近 問 題 となっている 脱 法 ドラッグも 覚 せい 剤 同 様 に 精 神 病 を 引 きおこす 性 質 が 強 いので 注 意 が 必 要 です ほかにもシンナー コカイン MDMA LSD ア ルコール 大 麻 エフェドリンなどに 同 じような 性 質 があります 1. 薬 物 による 中 毒 性 精 神 病 の 症 状 げ ん し き げんちょう 幻 覚 は 実 際 には 見 えないはずのものが 見 える 幻 視 と ないはずのものが 聴 こえる 幻 聴 が 主 です お 酒 が 切 れた 時 ( 離 脱 時 )や LSD シンナー 大 麻 などを 使 っている 時 をのぞけば 幻 聴 の 方 が 多 く 見 られます 妄 想 とは 誤 った 内 容 を 確 信 していて 修 正 できないほどの 強 い 思 い 込 み のことです もう1つ 覚 せい 剤 などで 引 きおこされる 精 神 病 の 特 徴 としては 覚 せい 剤 を 使 っていない 時 うたぐ にも 残 る 疑 り 深 さ と 音 に 対 する 敏 感 さ があります この 疑 り 深 さ や 音 への 敏 感 さ が 強 まっている 時 に また 覚 せい 剤 を 使 ったり そこに 不 眠 やストレスが 加 わったりすると よ ぼうりょく り 敏 感 になるので 他 人 の 視 線 や 生 活 音 がさらに 気 になって 場 合 によっては 妄 想 や 暴 力 に 発 展 することもあります なお 幻 聴 の 前 段 階 として 音 に 敏 感 な 状 態 があり 妄 想 の 前 段 階 とし かん て 勘 ぐり やすい 状 態 があります 妄 想 にはさまざまなものがありますが 覚 せい 剤 でおこりやすいのは 他 人 から 嫌 がらせを 受 けている とか 危 害 を 加 えられる 周 囲 で 起 こったことが 自 分 とつながっている あと か ん し をつけられている 監 視 されている 妻 が 浮 気 をしている といったタイプの 妄 想 です 幻

40 6. 何 か 聞 こえる 勘 ぐりやすい 人 に 困 ったら? 聴 は 音 の 場 合 もありますが 誰 かが 話 しかけてくる とか 誰 かと 誰 かが 自 分 のことを 話 し おど ている といったパターンが 多 いようです 声 の 内 容 としては 非 難 脅 し 命 令 が 多 く いず わか れも 不 安 恐 怖 をともなう 不 快 なものです また 幻 聴 があっても それが 幻 聴 だと 自 分 で 判 って いる 場 合 はいいのですが 現 実 との 区 別 がつかなくなったり 幻 聴 やそれと 関 連 した 妄 想 に 従 っ て 行 動 するようになると 入 院 を 含 めた 緊 急 の 治 療 が 必 要 になります 幻 聴 と 会 話 するために ど く ご ひと ごと くうしょう 独 語 ( 独 り 言 )や 空 笑 ( 一 人 笑 い)が 見 られることもあります 2. 薬 物 以 外 の 精 神 病 症 状 あ 幻 聴 や 妄 想 は 交 通 事 故 などによる 脳 の 障 害 でもおこりますし 信 じられないような 出 来 事 に 遭 って ものすごいショックを 受 けると 一 時 的 におこることもあります 幻 聴 や 妄 想 がおこる 病 気 は 結 構 ありますが 代 表 的 なのが 統 合 失 調 症 です 覚 せい 剤 などの 中 毒 性 精 神 病 の 場 合 幻 覚 や 妄 想 の 内 容 は 実 際 の 生 活 や 覚 せい 剤 の 使 用 に 関 連 したものが 多 いようです そして 覚 せい 剤 の 量 効 果 が 強 すぎておこる 急 性 中 毒 の 時 には おそ うった せっぱく 意 識 障 害 や 周 囲 を 囲 まれて 襲 われる と 訴 えるなど 切 迫 した 状 態 にもなります それでも 覚 せい 剤 使 用 直 後 を 除 けば 幻 覚 や 妄 想 に 完 全 に 支 配 されてしまうということは 少 ないようです また まわりとのやり 取 りにも 不 自 然 さはなく 自 分 に 対 しても おかしい と 違 和 感 に 気 付 ける 感 覚 は 保 たれていることが 多 いようです このように 精 神 病 症 状 の 激 しい 時 期 を 除 けば 人 との 交 流 ができて 話 も 通 じることが 多 いのは 統 合 失 調 症 との 違 いとされています 統 合 失 調 症 の 場 合 は 幻 聴 や 妄 想 のほかに 誰 かにあやつられる 身 体 に 影 響 を 及 ぼされる そこ 自 分 の 考 えや 秘 密 が 広 まってしまう 生 き 生 きとした 感 情 が 損 なわれる 考 えがまとまら ない 何 もやる 気 がおきない(で 引 きこもり 続 ける) などの 症 状 も 加 わり 明 らかに 人 が 変 わ ってしまったという 印 象 を 受 けることが 多 いです 妄 想 の 内 容 も 現 実 離 れしていたり 奇 妙 で きんりん ひろ グロテスクだったり 妄 想 の 対 象 も 近 隣 や 知 り 合 いの 域 をこえて 拡 がったりします 対 応 1. 幻 覚 や 妄 想 のある 人 への 接 し 方 こうてい ひ て い 幻 聴 や 妄 想 のある 人 への 対 応 の 基 本 は 幻 聴 や 妄 想 を 肯 定 も 否 定 もしない ことです とい うのも 相 手 が 信 じていることをうっかり 肯 定 してしまうと 幻 聴 や 妄 想 をより 確 信 に 近 づけて しまうことになりかねませんし 逆 に 否 定 すると わかってくれない 話 してもムダだ と 思 わ せてしまうからです 幻 聴 や 妄 想 には 不 安 をかき 立 て 追 い 詰 める 内 容 のものが 多 く 見 られます そういう 幻 聴 や 妄 想 について 真 剣 に 話 された 時 には 本 人 の 置 かれている 状 況 に 自 分 を 重 ね 合 わせて そんなこ

精神症状を持つ認知症高齢者のための初期対応プログラム(案)

精神症状を持つ認知症高齢者のための初期対応プログラム(案) 1. 暴 言 暴 力 暴 言 暴 力 は 老 人 福 祉 施 設 などで 働 くケアワーカーにとって 最 も 対 忚 に 苦 慮 する 問 題 の 一 つです 老 人 福 祉 施 設 に 入 所 する 認 知 症 高 齢 者 のう ち 約 1 割 が 暴 力 を 振 るったり 暴 言 を 吐 いたりするという 報 告 もあり 暴 言 暴 力 の 頻 度 は 小 さくありません ケアワーカーと 他 の

More information

7 情緒障害

7 情緒障害 Ⅶ 情 緒 障 害 情 緒 障 害 と は, 状 況 に 合 わ な い 感 情 気 分 が 持 続 し, 不 適 切 な 行 動 が 引 き 起 こ さ れ, そ れ ら を 自 分 の 意 思 で は コ ン ト ロ ー ル で き な い こ と が 継 続 し, 学 校 生 活 や 社 会 生 活 に 適 応 で き な くな る 状 態 を い う 1 情 緒 障 害 の ある 子 供 の

More information

注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD) 1 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 の 概 要 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder)とは 年 齢 あるいは 発 達 に 不 釣 り 合 いな 注 意 力 又

注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD) 1 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 の 概 要 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder)とは 年 齢 あるいは 発 達 に 不 釣 り 合 いな 注 意 力 又 Ⅱ LD ADHD 高 機 能 自 閉 症 等 の 理 解 学 習 障 害 (LD) 1 学 習 障 害 の 概 要 学 習 障 害 (Learning Disabilities)とは 基 本 的 には 全 般 的 な 知 的 発 達 に 遅 れはないのに 聞 く 話 す 読 む 書 く 計 算 する 又 は 推 論 する 能 力 のうち 特 定 のものの 習 得 と 使 用 に 著 し い 困 難

More information

はじめに 運 行 管 理 者 は 自 動 車 の 安 全 運 行 を 確 保 するうえで 重 要 な 役 割 を 担 っています 点 呼 などの 機 会 を 通 じて 運 転 者 の 健 康 管 理 を 行 うことが 大 切 な 役 目 です このマニュアル を 参 照 して 運 転 者 の 健 康

はじめに 運 行 管 理 者 は 自 動 車 の 安 全 運 行 を 確 保 するうえで 重 要 な 役 割 を 担 っています 点 呼 などの 機 会 を 通 じて 運 転 者 の 健 康 管 理 を 行 うことが 大 切 な 役 目 です このマニュアル を 参 照 して 運 転 者 の 健 康 運 行 管 理 者 用 トラックドライバーの 健 康 管 理 マニュアル 運 転 者 の 体 調 不 良 による 交 通 事 故 を 撲 滅 しよう はじめに 運 行 管 理 者 は 自 動 車 の 安 全 運 行 を 確 保 するうえで 重 要 な 役 割 を 担 っています 点 呼 などの 機 会 を 通 じて 運 転 者 の 健 康 管 理 を 行 うことが 大 切 な 役 目 です このマニュアル

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き 第 6 章 1. 各 種 診 断 はどのように 行 うか 児 童 相 談 所 における 子 ども 虐 待 対 応 は 専 門 的 な 科 学 的 知 見 に 基 づき 問 題 の 本 質 背 景 を 分 析 す ることにより 合 理 的 客 観 的 見 地 から 個 々の 事 例 につ の 過 程 が 診 断 であり 診 断 には 児 童 福 祉 司 による 社 会 診 断 児 童 心 理 司 による

More information

hattatushogaihukamemashou.xls

hattatushogaihukamemashou.xls でした 能 特 性 発 性 があるため 達 に 障 応 害 じた は 支 身 援 平 近 を 成 にありながら 17 受 けることができれば 年 4 月 から 社 会 発 では 達 障 十 害 十 分 者 分 に 支 に 知 援 力 られていない 法 を が 発 揮 施 できる 行 されま 障 可 害 した つくっていきましょう 発 達 障 害 を 正 しく 理 解 し 地 域 で 協 力 しながら

More information

第2章 健康づくりの現状と課題

第2章 健康づくりの現状と課題 第 2 章 吹 田 市 の 現 状 と 課 題 1 吹 田 市 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 について 吹 田 市 の 人 口 は 平 成 16 年 (2004 年 )9 月 30 日 現 在 351, 283 人 です うち 65 歳 以 上 は55,017 人 15 歳 ~64 歳 は244,336 人 15 歳 未 満 は51,930 人 です 高 齢 化 率 は 15.7% 少 子

More information

目 次 1. 薬 物 乱 用 の 基 礎 知 識 ~ 乱 用 って 何? 薬 物 乱 用 はなぜいけないの?~ P1~3 2. 薬 物 を 乱 用 しないために 知 ってほしいこと ~なぜ 薬 物 を 乱 用 してしまうの?~ P4~13 3. 薬 物 乱 用 は ダメ ゼッタイ ~ 断 る 勇 気

目 次 1. 薬 物 乱 用 の 基 礎 知 識 ~ 乱 用 って 何? 薬 物 乱 用 はなぜいけないの?~ P1~3 2. 薬 物 を 乱 用 しないために 知 ってほしいこと ~なぜ 薬 物 を 乱 用 してしまうの?~ P4~13 3. 薬 物 乱 用 は ダメ ゼッタイ ~ 断 る 勇 気 薬 物 乱 用 防 止 啓 発 冊 子 中 学 生 高 校 生 用 堺 市 保 健 所 目 次 1. 薬 物 乱 用 の 基 礎 知 識 ~ 乱 用 って 何? 薬 物 乱 用 はなぜいけないの?~ P1~3 2. 薬 物 を 乱 用 しないために 知 ってほしいこと ~なぜ 薬 物 を 乱 用 してしまうの?~ P4~13 3. 薬 物 乱 用 は ダメ ゼッタイ ~ 断 る 勇 気 を 持 ちましょう!~

More information

WAIS-Ⅲの 結 果 1.IQ 群 指 数 IQ( 知 能 指 数 ) 群 指 数 言 語 性 動 作 性 全 検 査 言 語 理 解 知 覚 統 合 作 動 記 憶 処 理 速 度 VIQ PIQ FIQ VC PO WM PS IQ/ 標 準 得 点 78 82 78 80 91 85 66

WAIS-Ⅲの 結 果 1.IQ 群 指 数 IQ( 知 能 指 数 ) 群 指 数 言 語 性 動 作 性 全 検 査 言 語 理 解 知 覚 統 合 作 動 記 憶 処 理 速 度 VIQ PIQ FIQ VC PO WM PS IQ/ 標 準 得 点 78 82 78 80 91 85 66 ADHD を 疑 う 20 歳 代 前 半 性 の WAIS-Ⅲの 結 果 についての 相 談 相 談 内 容 20 歳 代 前 半 の 性 です ADHD を 疑 って 2 年 前 から 精 神 科 に 通 院 しています ADHD をハッキリさせたいので 数 ヶ 月 前 に WAIS-Ⅲを 受 けました 結 果 については 少 し 説 明 をしてもらったのですが いまひとつよく 理 解 できません

More information

秋 田 県 精 神 科 救 急 搬 送 及 び 受 入 れ 対 応 事 例 集 ( 身 体 合 併 症 を 有 する 精 神 疾 患 患 者 の 受 入 医 療 機 関 確 保 のための 基 準 と 対 応 ) 平 成 28 年 2 月 1 日 秋 田 県 健 康 福 祉 部 障 害 福 祉 課 目 次 秋 田 県 精 神 科 救 急 搬 送 及 び 受 入 れ 対 応 事 例 集 の 概 要 1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20835F83438347836283678BC68A4582CC835E8375815B8148954B82B8918982B982E782EA82E9814182A082BD82E882DC82A682CC835F834383478362836795FB964082F082BF82E582C182C682BE82AF965C98492E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20835F83438347836283678BC68A4582CC835E8375815B8148954B82B8918982B982E782EA82E9814182A082BD82E882DC82A682CC835F834383478362836795FB964082F082BF82E582C182C682BE82AF965C98492E646F63> ダイエット 業 界 のタブー? 必 ず 痩 せられる あたりまえのダイエット 方 法 をちょっとだけ 暴 露 ダイエット 業 界 のタブー? 必 ず 痩 せられる あたりまえのダイエット 方 法 をちょっとだけ 暴 露 ダイエット 業 界 のタブー? 必 ず 痩 せられる あたりまえのダイエット 方 法 をちょっとだけ 暴 露 ダイエット 業 界 のタブー? 必 ず 痩 せられる あたりまえのダイエット

More information

不安障害について

不安障害について ハートクリニック 家 族 教 室 不 安 障 害 について 2013 年 10 月 6 日 ハートクリニック 医 師 田 村 紀 郎 本 日 の 流 れ 不 安 という 感 情 について 不 安 障 害 という 疾 患 について 不 安 障 害 の 治 療 について 不 安 不 安 障 害 と 家 族 について 不 安 の 役 割 について 不 安 は 身 に 迫 った 危 機 に 対 応 するために

More information

Microsoft Word - 第4回会議録(公開用)

Microsoft Word - 第4回会議録(公開用) 平 成 26 年 度 第 4 回 鳴 門 市 児 童 福 祉 審 議 会 会 議 概 要 日 時 平 成 26 年 10 月 30 日 ( 木 ) 午 後 2 時 ~ 場 所 本 庁 舎 3 階 会 議 室 出 席 者 委 員 14 名 関 係 課 事 務 局 職 員 12 名 欠 席 委 員 2 名 議 事 1 開 会 2 議 事 (1) 利 用 調 整 の 取 り 扱 いについて 利 用 調 整

More information

(2) トイレ 避 難 所 に 洋 式 トイレがあるか バリアフリーになっているかも 心 配 です < 知 的 障 害 のある 子 どもの 保 護 者 の 方 の 声 > 子 どもは 洋 式 トイレでなくては 用 がたせません おむつをしているので 一 人 でトイレに 行 かせると 失 敗 する 着

(2) トイレ 避 難 所 に 洋 式 トイレがあるか バリアフリーになっているかも 心 配 です < 知 的 障 害 のある 子 どもの 保 護 者 の 方 の 声 > 子 どもは 洋 式 トイレでなくては 用 がたせません おむつをしているので 一 人 でトイレに 行 かせると 失 敗 する 着 避 難 所 について 1. 運 営 は 地 域 住 民 で 避 難 所 の 運 営 は 地 域 防 災 組 織 を 中 心 とした 地 域 の 住 民 や 避 難 所 の 代 表 者 による 自 治 組 織 避 難 所 運 営 委 員 会 で 行 うことになっています また 市 職 員 学 校 施 設 管 理 者 及 びボランティアは 支 援 にあたります 障 害 のある 方 やご 高 齢 の 方

More information

(Microsoft Word - \203p\203\217\203n\203\211\201i\225\312\216\206\202P\201j.doc)

(Microsoft Word - \203p\203\217\203n\203\211\201i\225\312\216\206\202P\201j.doc) 別 紙 1 パワー ハラスメントの 防 止 のために 職 員 が 認 識 すべき 事 項 についての 指 針 第 1 パワー ハラスメント( 以 下 パワハラ という )をしないようにするため に 職 員 が 認 識 すべき 事 項 1 意 識 の 重 要 性 パワハラをしないようにするためには 職 員 一 人 一 人 が 次 の 事 項 の 重 要 性 について 十 分 認 識 しなければならない

More information

Microsoft Word - 文書1.doc

Microsoft Word - 文書1.doc 有 給 休 暇 労 働 基 準 法 第 39 条 子 どもの 学 校 の 都 合 で 休 むことがあるのですが その 時 はお 給 料 が 出 ません パートには 有 給 休 暇 はな い と 会 社 からは 言 われています パートタイム 労 働 者 にも 有 給 休 暇 はあります (ただし とれない 場 合 もあります ) パートタイム 労 働 者 にも フルタイム 労 働 者 と 同 じように

More information

いじめはいつから 存 在 するようになったのでしょうか? 昔 から 確 かにそうかもしれません ガキ 大 将 が 弱 い 者 に 対 して 暴 行 を 加 える クラス 全 員 でひとりにおかしなあだ 名 をつけ からかう このようなことは 確 かに 昔 から 存 在 しました では いじめ 自 殺

いじめはいつから 存 在 するようになったのでしょうか? 昔 から 確 かにそうかもしれません ガキ 大 将 が 弱 い 者 に 対 して 暴 行 を 加 える クラス 全 員 でひとりにおかしなあだ 名 をつけ からかう このようなことは 確 かに 昔 から 存 在 しました では いじめ 自 殺 若 者 のゆくえ 岩 手 県 の 中 学 生 が 自 殺 教 師 との 交 換 ノートには 自 殺 の 暗 示 今 週 火 曜 日 のニュースです 教 師 はいじめに 気 付 けたはずだ!なぜ 自 殺 の SOS に 気 付 かなかったんだ 世 間 の 声 です 世 間 を 騒 がすいじめ 自 殺 問 題 このようなニュースはもはや 珍 しいものではありません あなたは いじめ に 関 わったことがありますか?

More information

発達障害について

発達障害について 発 達 障 害 について 2008 5 4 デイケア 家 族 教 室 ハートクリニック 医 師 高 卓 士 生 まれながらの 可 能 性 個 性 18 歳 以 前 に 発 症 ことば 運 動 認 識 能 力 の 発 達 の 遅 れ/かたより 障 害 = 困 っている 発 達 障 害 の 分 類 広 汎 性 発 達 障 害 とは 広 汎 性 発 達 障 害 とは 自 閉 症 とその 周 りのもの 広

More information

(Microsoft Word - \230a\223c\217\254\216w\223\261\210\304.docx)

(Microsoft Word - \230a\223c\217\254\216w\223\261\210\304.docx) 第 6 学 年 保 健 学 習 指 導 案 上 越 市 立 和 田 小 学 校 6 年 生 教 室 平 成 3 年 1 月 7 日 ( 木 )5 校 時 授 業 者 養 護 教 諭 御 所 窪 秀 佳 1 単 元 名 病 気 の 予 防 Ⅱ 喫 煙 飲 酒 薬 物 乱 用 と 健 康 単 元 の 目 標 病 気 の 予 防 や 飲 酒 喫 煙 薬 物 の 害 について 関 心 をもち 課 題 をもって

More information

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前 破 裂 脳 動 脈 瘤 に 対 する 開 頭 クリッピング 術 とは くも 膜 下 出 血 について 頭 蓋 骨 の 内 側 には 硬 膜 くも 膜 軟 膜 と 呼 ばれる 脳 組 織 を 包 んで いる 組 織 があります くも 膜 と 軟 膜 のすき 間 は くも 膜 下 腔 と 呼 ば れています くも 膜 下 腔 に 出 血 を 起 こした 状 態 がくも 膜 下 出 血 で す くも 膜

More information

1 様 人 工 肛 門 (ストーマ)について 大 阪 市 立 大 学 医 学 部 附 属 病 院 消 化 器 外 科 主 治 医 説 明 をした 日 年 月 日 1.はじめに 人 工 肛 門 というと 人 工 の 器 具 のようなものを 想 像 する 人 も 多 いのですが 人 工 物 をお 腹 につけるわけではありません すべて 自 分 の 腸 や 尿 の 管 を 用 いて 便 や 尿 の 出 口 をつくるわけです

More information

(2) 少 年 による 薬 物 乱 用 の 推 移 7-2 図 は 特 別 法 犯 少 年 の 送 致 人 員 に 占 める 薬 物 事 犯 を 示 している 薬 物 事 犯 は 昭 和 55 年 ~ 6 年 に 最 も 多 かったが 現 在 は 減 少 傾 向 にある しかし 平 成 2 年 に

(2) 少 年 による 薬 物 乱 用 の 推 移 7-2 図 は 特 別 法 犯 少 年 の 送 致 人 員 に 占 める 薬 物 事 犯 を 示 している 薬 物 事 犯 は 昭 和 55 年 ~ 6 年 に 最 も 多 かったが 現 在 は 減 少 傾 向 にある しかし 平 成 2 年 に 第 7 章 薬 物 乱 用 犯 罪 被 害 等 1. 薬 物 乱 用 の 実 態 (1) 薬 物 乱 用 とその 影 響 薬 物 乱 用 とは 医 薬 品 を 医 療 以 外 の 目 的 で 使 用 すること 医 療 目 的 ではない 化 学 物 質 を 不 正 に 使 用 することである 乱 用 される 薬 物 には 前 者 の 例 として 睡 眠 薬 や 鎮 痛 剤 のような 向 精 神 薬 があり

More information

【共通部分】(修正後11/28②Y反映18:00)

【共通部分】(修正後11/28②Y反映18:00) 介 護 予 防 サービス 支 援 計 画 表 の 記 入 の 仕 方 1. 基 本 的 な 事 項 に 関 する 項 目 群 < NO. 欄 > 利 用 者 のを 記 載 する < 利 用 者 名 欄 > 利 用 者 の 氏 名 を 記 載 する < 認 定 年 月 日 欄 > 要 介 護 認 定 の 結 果 を 受 けた 日 を 記 載 する < 認 定 の 有 効 期 間 欄 > 認 定 の 有

More information

Q4    ADHD(注意欠陥多動性障害)とはどのような状態ですか?

Q4    ADHD(注意欠陥多動性障害)とはどのような状態ですか? Ⅴ ADHD( 注 意 欠 陥 / 多 動 性 障 害 )とは 1 ADHDとは 興 味 のあることには 集 中 できるのに 嫌 いなことや 苦 手 なことに 対 しては 取 り 組 も うとしない 周 囲 の 刺 激 にすぐ 反 応 し 注 意 がそれやすい あるいは おしゃべりが なかなか 止 まらないという 子 どもたちがいます このような 様 子 は 時 として 多 くの 子 どもに 見 られることがありますが

More information

特 定 健 診 と 特 定 保 健 指 導 内 臓 脂 肪 に 加 えて 高 血 糖 高 血 圧 脂 質 異 常 のいずれか 2 つ 以 上 を 持 ち 合 わせた 状 態 をメタボリック 症 候 群 と 呼 びます 心 臓 病 や 脳 卒 中 を 起 こしやすく 生 活 改 善 を 促 す 指 導

特 定 健 診 と 特 定 保 健 指 導 内 臓 脂 肪 に 加 えて 高 血 糖 高 血 圧 脂 質 異 常 のいずれか 2 つ 以 上 を 持 ち 合 わせた 状 態 をメタボリック 症 候 群 と 呼 びます 心 臓 病 や 脳 卒 中 を 起 こしやすく 生 活 改 善 を 促 す 指 導 平 成 23 年 12 月 ( 第 一 版 ) http://square.umin.ac.jp/nosmoke/ 特 定 健 診 と 特 定 保 健 指 導 内 臓 脂 肪 に 加 えて 高 血 糖 高 血 圧 脂 質 異 常 のいずれか 2 つ 以 上 を 持 ち 合 わせた 状 態 をメタボリック 症 候 群 と 呼 びます 心 臓 病 や 脳 卒 中 を 起 こしやすく 生 活 改 善 を

More information

<8C928D4E8BB388E7947D91CC2E786477>

<8C928D4E8BB388E7947D91CC2E786477> Ⅷ 健 康 教 育 媒 体 及 び 参 考 資 料 1 健 康 教 育 媒 体 発 災 直 後 から 中 長 期 にいたる 災 害 時 の 保 健 活 動 において 避 難 所 等 での 健 康 教 育 に 活 用 できる 媒 体 があると 有 用 である 災 害 時 の 電 源 が 途 絶 えた 状 況 でも 困 らないように 印 刷 しておいたり 日 頃 の 地 域 保 健 活 動 で 活 用

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179836783898362834E817A899E977095D22D979A97F082C882B530333236>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179836783898362834E817A899E977095D22D979A97F082C882B530333236> Ⅹ. 交 通 事 故 に 関 わる 運 転 者 の 生 理 的 及 び 心 理 的 要 因 とこ れらへの 対 処 方 法 本 章 では 長 時 間 の 連 続 運 転 飲 酒 などの 生 理 的 要 因 運 転 への 過 信 などの 心 理 的 要 因 が 運 転 にどのような 影 響 を 与 えるかについて 整 理 しています 指 導 においては 生 理 的 心 理 的 要 因 による 実 際

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

直 ぐに 役 場 へ ではなくて まずは 自 分 で 地 域 で 考 えてほしい 家 族 を 大 切 にする( 離 れて 暮 らす 親 も 含 め) 余 力 があれば 近 所 を 大 切 にする 町 の 何 か につながる 参 加 する 住 民 でできることは 自 ら 行 う 行 政 だけでできるこ

直 ぐに 役 場 へ ではなくて まずは 自 分 で 地 域 で 考 えてほしい 家 族 を 大 切 にする( 離 れて 暮 らす 親 も 含 め) 余 力 があれば 近 所 を 大 切 にする 町 の 何 か につながる 参 加 する 住 民 でできることは 自 ら 行 う 行 政 だけでできるこ 実 施 日 20130827 20130828 20130829 職 員 向 け 自 治 基 本 条 例 ワークショップ 手 法 ワールドカフェ 参 加 人 数 60 人 ワークショップ 結 果 住 民 の 皆 さんにお 伝 えしたいこと 隣 近 所 の 付 き 合 いを 大 切 にしてほしい 限 られた 財 源 の 中 では 住 民 の 皆 さんに 負 担 をお 願 いすることもある 親 と 一

More information

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2>

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2> 赤 ちゃんポスト と 匿 名 出 産 についての 法 的 検 討 平 成 18 年 12 月 弁 護 士 由 井 照 二 熊 本 市 の 病 院 で 提 案 された 赤 ちゃんポスト 設 置 問 題 と これに 関 連 する 匿 名 出 産 についての 法 律 問 題 の 検 討 内 容 を 以 下 のとおり 検 討 いたします 1はじめに 1この 検 討 書 は いわゆる 赤 ちゃんポスト との

More information

1 少 年 非 行 に 関 する 意 識 (1) 少 年 非 行 は 増 加 しているか 問 1 あなたの 実 感 として おおむね5 年 前 と 比 べて 少 年 による 重 大 な 事 件 が 増 えている と 思 いますか 減 っていると 思 いますか この 中 から1つだけお 答 えください

1 少 年 非 行 に 関 する 意 識 (1) 少 年 非 行 は 増 加 しているか 問 1 あなたの 実 感 として おおむね5 年 前 と 比 べて 少 年 による 重 大 な 事 件 が 増 えている と 思 いますか 減 っていると 思 いますか この 中 から1つだけお 答 えください 少 年 非 行 に 関 する 世 論 調 査 の 概 要 調 査 対 象 全 国 20 歳 以 上 の 日 本 国 籍 を 有 する 者 3,000 人 有 効 回 収 数 1,773 人 ( 回 収 率 59.1%) 平 成 2 7 年 9 月 内 閣 府 政 府 広 報 室 調 査 時 期 平 成 27 年 7 月 23 日 ~8 月 2 日 ( 調 査 員 による 個 別 面 接 聴 取 )

More information

気 になる 生 徒 の 実 態 把 握 をすることは より 良 い 支 援 に 向 けた 第 一 歩 です また 今 まで 先 生 方 が 気 づかなかった 生 徒 の 困 り 感 を 明 らかにする 上 でも 実 態 把 握 の 観 点 を 設 定 して 調 べることは 大 事 なことです しかし 実 態 把 握 の 結 果 が 一 人 歩 き してしまったり レッテル 貼 りにつながってしまうおそれも

More information

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し 整 理 解 雇 の 実 務 労 務 管 理 Ⅰ 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 1. 整 理 解 雇 の 効 果 2. 整 理 解 雇 の 問 題 点 Ⅱ 整 理 解 雇 の 実 施 手 順 1. 解 雇 基 準 の 決 定 2. 解 雇 実 施 の 発 表 3. 解 雇 者 の 人 選 4. 解 雇 の 予 告 5. 解 雇 辞 令 の 交 付 Ⅲ 労 働 組 合 との 関 係 1.

More information

加 齢 黄 斑 変 性 症 2 週 目 (10 月 9 日 放 送 分 ) まだあまり 聞 きなれない 病 名 であるかもしれませんが 欧 米 では 失 明 原 因 の 第 1 位 となっている 疾 患 であり 日 本 でもこの 20 年 の 間 に 2 倍 以 上 の 速 さで 増 加 しているこ

加 齢 黄 斑 変 性 症 2 週 目 (10 月 9 日 放 送 分 ) まだあまり 聞 きなれない 病 名 であるかもしれませんが 欧 米 では 失 明 原 因 の 第 1 位 となっている 疾 患 であり 日 本 でもこの 20 年 の 間 に 2 倍 以 上 の 速 さで 増 加 しているこ 眼 圧 と 正 常 ( 低 ) 眼 圧 緑 内 障 について 1 週 目 (10 月 2 日 放 送 分 ) 眼 の 圧 力 と 書 いて 眼 圧 と 読 んでいますが 正 常 な 眼 圧 は 20mmHg 前 後 ま でと 一 般 的 には 考 えられてきました そして かつてはその 眼 圧 が 高 くな る 病 気 が 緑 内 障 と 理 解 されていました しかし 眼 科 においては 以 前

More information

(Microsoft PowerPoint - \223\234\224A\225a.ppt)

(Microsoft PowerPoint - \223\234\224A\225a.ppt) 小 林 クリニック 外 来 看 護 部 糖 尿 病 糖 尿 病 とは 食 事 で 摂 った 糖 質 をうまくエネルギーとして 活 用 できず 血 液 中 のブドウ 糖 の 濃 度 ( 血 糖 値 )が 慢 性 的 に 高 くなる 状 態 を 言 います ブドウ 糖 を 細 胞 内 に 取 り 込 んでエネルギーに 変 えるには 膵 臓 から 分 泌 されるインスリンが 必 要 ですが その 分 泌

More information

おっぱいのトラブルについて まだ 始 まったばかりの 母 乳 育 児 様 々なお 悩 みを 抱 えてい る 方 も 多 いと 思 います 母 乳 は 個 人 差 があり 最 初 から 出 る 人 もいれば ゆっくりと 出 てくる 人 もいます 焦 らずに ゆった りとした 気 持 ちで 母 乳 育

おっぱいのトラブルについて まだ 始 まったばかりの 母 乳 育 児 様 々なお 悩 みを 抱 えてい る 方 も 多 いと 思 います 母 乳 は 個 人 差 があり 最 初 から 出 る 人 もいれば ゆっくりと 出 てくる 人 もいます 焦 らずに ゆった りとした 気 持 ちで 母 乳 育 乳 房 トラブル 卒 乳 の 方 法 について もくじ 乳 房 トラブルについて 卒 乳 について( 自 然 計 画 的 卒 乳 ) 卒 乳 について( 断 乳 ) 卒 乳 のスケジュール 1ページ 2 3ページ 4 5ページ 6 8ページ 9ページ 1 おっぱいのトラブルについて まだ 始 まったばかりの 母 乳 育 児 様 々なお 悩 みを 抱 えてい る 方 も 多 いと 思 います 母 乳

More information

シート 9 障 害 により 一 般 就 労 が 難 しい 場 合 には 病 気 や 障 害 を 配 慮 してもらいながら 働 く 場 が 提 供 される 福 祉 的 就 労 があります 福 祉 的 就 労 雇 用 契 約 が 結 ばれる 就 労 と 契 約 が 結 ばれない 就 労 形 態 がありま

シート 9 障 害 により 一 般 就 労 が 難 しい 場 合 には 病 気 や 障 害 を 配 慮 してもらいながら 働 く 場 が 提 供 される 福 祉 的 就 労 があります 福 祉 的 就 労 雇 用 契 約 が 結 ばれる 就 労 と 契 約 が 結 ばれない 就 労 形 態 がありま シート 8 就 労 の 形 は 人 それぞれです 彩 のある 豊 かな 生 活 を 送 るために 自 分 にあ った 就 労 の 形 をみつけていきましょう 雇 用 の 形 態 には 大 きくわけて 一 般 就 労 と 福 祉 的 就 労 があります ここでは 一 般 就 労 について 説 明 します 一 般 就 労 雇 用 主 との 雇 用 契 約 が 成 立 され 最 低 賃 金 法 などの 労

More information

別 添 黄 体 形 成 ホルモンキットに 係 る 一 般 用 検 査 薬 ガイドライン 黄 体 形 成 ホルモンキットに 係 る 一 般 用 検 査 薬 の 製 造 販 売 にあたっては 以 下 の 条 件 を 満 たす 必 要 があること 1. 一 般 的 名 称 一 般 用 黄 体 形 成 ホル

別 添 黄 体 形 成 ホルモンキットに 係 る 一 般 用 検 査 薬 ガイドライン 黄 体 形 成 ホルモンキットに 係 る 一 般 用 検 査 薬 の 製 造 販 売 にあたっては 以 下 の 条 件 を 満 たす 必 要 があること 1. 一 般 的 名 称 一 般 用 黄 体 形 成 ホル 薬 生 機 発 0222 第 1 号 平 成 28 年 2 月 22 日 各 都 道 府 県 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 大 臣 官 房 参 事 官 ( 医 療 機 器 再 生 医 療 等 製 品 審 査 管 理 担 当 ) ( 公 印 省 略 ) 黄 体 形 成 ホルモンキットに 係 る 一 般 用 検 査 薬 ガイドラインの 策 定 について 一 般 用 検 査

More information

表紙.indd

表紙.indd コミュニティ 通 訳 の つなぐ 行 為 にみる 橋 渡 しとは 三 木 紅 虹 みなみ 市 民 活 動 多 文 化 共 生 ラウンジ コーディネーター NPO 法 人 MICかながわ 中 国 語 医 療 通 訳 はじめに 近 年 各 自 治 体 や 国 際 交 流 協 会 など 民 間 団 体 において コミュニティ 通 訳 が 無 視 できない 存 在 となりつつあるが その 人 材 の 育 成

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

新居を購入するまでの チェックポイント

新居を購入するまでの チェックポイント 新 居 を 購 入 するまでの チェックポイント 既 存 住 宅 ( 中 古 住 宅 等 ) 購 入 の 際 の 取 引 や 手 続 の 流 れについて 簡 単 に 確 認 しましょう 平 成 22 年 3 月 1. 購 入 方 針 を 決 める まず 不 動 産 の 価 格 について 調 べてみましょう 不 動 産 価 格 の 相 場 を 知 ることは 購 入 計 画 を 立 てたり あるいは 見

More information

富 田 林 市

富 田 林 市 ファミリー サポート センターを 上 手 に 活 用 するために 援 助 活 動 補 償 保 険 Q&A 富 田 林 市 ファミリー サポート センター 平 成 27 年 6 月 -1- 富 田 林 市 ファミリー サポート センター ファミリー サポート センターは 子 育 てを 援 助 したい 会 員 と 援 助 を 受 けたい 会 員 の 相 互 援 助 の 会 です ファミリー サポート センター

More information

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文)

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文) 栃 木 県 教 育 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定

More information

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版 育 児 休 業 Q&A 平 成 26 年 改 定 県 立 学 校 版 教 育 人 事 課 目 次 育 児 休 業 の 意 義 目 的 1 Q1 育 児 休 業 の 目 的 は? Q2 育 児 休 業 を 取 得 することによってどういう 効 果 があるの? 育 児 休 業 をすることができる 職 員 2 Q3 誰 でも 育 児 休 業 をすることができるの? Q4 育 児 休 業 中 の 身 分 はどうなるの?

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

Microsoft PowerPoint - 保健指導講義(H22)

Microsoft PowerPoint - 保健指導講義(H22) アルコール 指 導 のポイント 生 活 習 慣 病 対 策 室 アルコール 対 策 専 門 官 遠 藤 光 一 アルコール 問 題 の 特 徴 飲 酒 が 問 題 ではなく 多 量 飲 酒 が 問 題 原 則 として 完 全 にやめることを 目 的 にしない 身 体 的 問 題 だけでなく 社 会 的 問 題 がみられることが ある 問 題 を 指 摘 されることの 抵 抗 が 大 きい Jカーブ

More information

<4D F736F F F696E74202D B E F E88AFA8D EF947A957A8E9197BF2E B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D B E F E88AFA8D EF947A957A8E9197BF2E B8CDD8AB B83685D> クオレ シー キューブ 定 期 講 演 会 パワハラの 最 新 情 報 と 企 業 の 対 策 2011 年 11 月 11 日 株 式 会 社 クオレ シー キューブ 代 表 取 締 役 岡 田 康 子 TEL 03-5273-2300 Copyright CuoreC3 Co, Ltd. 0 職 場 のいじめ 嫌 がらせ 円 卓 会 議 < 円 卓 会 議 > 趣 旨 職 場 のいじめ 嫌 がらせが

More information

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の 大 津 家 庭 裁 判 所 委 員 会 議 事 録 1 日 時 平 成 20 年 10 月 17 日 ( 金 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 30 分 まで 2 場 所 大 津 家 庭 裁 判 所 本 館 大 会 議 室 3 出 席 者 ( 委 員 ) 五 十 音 順 敬 称 略 飯 田 喜 信, 小 川 素 子, 國 松 完 二, 甲 津 貴 央, 酒 井 康 夫, 十 倉 良

More information

田中英高氏提出資料1

田中英高氏提出資料1 震 災 や 放 射 線 が 児 童 生 徒 への 心 身 に 与 える 影 響 について 日 本 小 児 心 身 医 学 会 田 中 英 高 ( 大 阪 医 科 大 学 小 児 科 ) 福 島 県 内 で 一 定 の 放 射 線 量 が 計 測 された 学 校 等 に 通 う 児 童 生 徒 等 の 日 常 生 活 等 に 関 する 専 門 家 からのヒアリング( 第 1 回 )について 平 成 23

More information

想 定 1 発 症 時 間 :18 時 30 分 ( 通 報 1 分 前 ) 住 所 : 市 町 目 番 号 対 象 物 : マンション 号 室 通 報 内 容 : 自 宅 で 夕 食 中 に 夫 が 食 べ 物 を 喉 に 詰 めて 苦 しそう 妻 からの 通 報 通 報 者 : ( 性 ) (

想 定 1 発 症 時 間 :18 時 30 分 ( 通 報 1 分 前 ) 住 所 : 市 町 目 番 号 対 象 物 : マンション 号 室 通 報 内 容 : 自 宅 で 夕 食 中 に 夫 が 食 べ 物 を 喉 に 詰 めて 苦 しそう 妻 からの 通 報 通 報 者 : ( 性 ) ( シミュレーション 訓 練 1 訓 練 の 目 的 電 話 という 相 手 の 行 動 や 動 作 が 把 握 できない 状 況 の 中 で 胸 骨 圧 迫 等 の 口 頭 指 導 を 行 なうことから バイスタンダーに 口 頭 指 導 の 内 容 が 正 確 に 伝 わらず 有 効 な 応 急 手 当 が 行 われていないことが 考 えられる こうしたことから 指 令 員 の 口 頭 指 導 がバイスタン

More information

第 3 章 催 眠 術 初 体 験 私 は どうしても 自 分 自 身 で 催 眠 術 を 体 験 してみたいと 思 いました そして HP で 検 索 して ある 催 眠 心 療 所 に 行 くことにしました ドキドキしながら 扉 を 開 けると いかにも 催 眠 術 をやっているような 姿 をし

第 3 章 催 眠 術 初 体 験 私 は どうしても 自 分 自 身 で 催 眠 術 を 体 験 してみたいと 思 いました そして HP で 検 索 して ある 催 眠 心 療 所 に 行 くことにしました ドキドキしながら 扉 を 開 けると いかにも 催 眠 術 をやっているような 姿 をし 催 眠 術 師 物 語 ~ 催 眠 術 師 への 道 ~ この 物 語 は 私 自 身 が 催 眠 術 に 出 会 って 催 眠 術 師 の 道 に 進 むまでの 出 来 事 を 書 いたも のです 第 1 章 催 眠 術 との 出 会 い 催 眠 術 この 言 葉 が 私 の 頭 の 中 に 突 然 浮 かんできました まるで 頭 に 電 気 が 走 ったような 感 じで いつもと 違 う 感 覚

More information

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版)

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版) 広 島 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 35 回 ) 議 事 概 要 第 1 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 16 日 ( 月 ) 午 前 9 時 45 分 第 2 開 催 場 所 広 島 地 方 裁 判 所 第 一 会 議 室 第 3 出 席 者 [ 委 員 ] 江 種 則 貴, 大 久 保 隆 志, 後 藤 友 之, 小 西 洋, 佐 々 木 和 宏, 髙 尾 ひとみ, 平 岡

More information

女を自分にベッタリ依存させる方法

女を自分にベッタリ依存させる方法 こんにちは 古 賀 です あなたは 好 きな 女 性 気 になる 女 性 に 依 存 されたいと 思 いますか? あなた 無 しじゃ 生 きられない と 言 われて ベッタリ 依 存 され 頼 りまくられたいと 思 いますか? まあ 人 によってはウザイと 言 う 人 もいるかもしれませんが ほとんどの 男 性 が 気 になる 女 性 か ら 依 存 されたいと 思 っているのではないかと 思 います

More information

虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 ( 委 員 会 の 目 的 ) 第 1 条 虐 待 防 止 委 員 会 は 利 用 者 の 安 全 と 人 権 保 護 の 観 点 から 適 正 な 支 援 が 実 施 され 利 用 者 の 自 立 と 社 会 参 加 のための 支 援 を 妨 げることの

虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 ( 委 員 会 の 目 的 ) 第 1 条 虐 待 防 止 委 員 会 は 利 用 者 の 安 全 と 人 権 保 護 の 観 点 から 適 正 な 支 援 が 実 施 され 利 用 者 の 自 立 と 社 会 参 加 のための 支 援 を 妨 げることの 虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 社 会 福 祉 法 人 共 生 会 虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 ( 委 員 会 の 目 的 ) 第 1 条 虐 待 防 止 委 員 会 は 利 用 者 の 安 全 と 人 権 保 護 の 観 点 から 適 正 な 支 援 が 実 施 され 利 用 者 の 自 立 と 社 会 参 加 のための 支 援 を 妨 げることのないよう 必 要 に

More information

先行研究のサマリー

先行研究のサマリー 健 診 事 後 措 置 就 業 上 の 措 置 に 関 する 医 師 の 意 見 就 業 判 定 について( 産 業 医 バージョン) 想 定 : 産 業 医 が 就 業 判 定 を 行 う 際 に 参 照 するマニュアル Ⅰ はじめに 職 場 における 健 康 診 断 の 目 的 は 健 診 結 果 を 基 に 健 康 状 態 を 評 価 し 有 所 見 者 には 受 診 勧 奨 や 保 健 指

More information

研究の計画・方法

研究の計画・方法 外 来 患 者 を 対 象 とした 緩 和 ケアに 関 するニーズ 調 査 報 告 書 大 友 宣 1) 佐 野 かず 江 2) 橋 本 勉 3) 1) 社 会 福 祉 法 人 日 本 医 療 伝 道 会 衣 笠 病 院 内 科 医 長 / 湘 南 国 際 村 クリニック 所 長 2) 社 会 福 祉 法 人 日 本 医 療 伝 道 会 衣 笠 病 院 ケアセンター 所 長 3) 社 会 福 祉 法

More information

< F31332D ED8A5195F18D908F C8362>

< F31332D ED8A5195F18D908F C8362> T-11 番 要 約 1 被 害 者 伊 藤 維 平 成 8 年 1 月 11 日 生 2 接 種 前 健 康 中 学 校 通 学 バイオリン 剣 道 3 接 種 サーバリックス(2010 年 7 月 31 日 9 月 4 日 2011 年 4 月 16 日 ) 4 経 過 概 要 2010 年 7 月 31 日 9 月 4 日 サーバリックス 接 種 2011 年 4 月 16 日 サーバリックス3

More information

一 時 期 予 防 接 種 の 防 腐 剤 として 添 加 されていた 水 銀 が 原 因 ではないか と 報 告 されたこともありますが 現 在 ではこの 説 は 否 定 されています 最 近 の 研 究 では ASDの 子 どもは 脳 の 働 きが 健 常 児 と 異 なることが 分 かってきま

一 時 期 予 防 接 種 の 防 腐 剤 として 添 加 されていた 水 銀 が 原 因 ではないか と 報 告 されたこともありますが 現 在 ではこの 説 は 否 定 されています 最 近 の 研 究 では ASDの 子 どもは 脳 の 働 きが 健 常 児 と 異 なることが 分 かってきま おしえて エコチル 先 生!( 第 12 回 ) 国 立 成 育 医 療 研 究 センター 宮 尾 益 知 先 生 ( 聞 き 手 : 千 葉 大 学 准 教 授 戸 髙 恵 美 子 ) おしえて!エコチル 先 生 今 回 は 最 近 研 究 が 進 んでいる 子 ども の 自 閉 症 スペクトラム(Autism Spectrum Disorder=ASD)につ いて 国 立 成 育 医 療 研 究

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20939693FA97708B4C8ED28DA7926B89EF2D90AB94C68DDF2094928D95>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20939693FA97708B4C8ED28DA7926B89EF2D90AB94C68DDF2094928D95> 平 成 24 年 12 月 12 日 ( 水 ) 性 犯 罪 被 害 者 の 現 状 と 公 的 医 療 支 援 の 問 題 点 - 産 婦 人 科 医 会 の 調 査 より- 日 本 産 婦 人 科 医 会 常 務 理 事 母 子 愛 育 会 愛 育 病 院 安 達 知 子 性 犯 罪 の 分 類 Wikipediaより 暴 力 的 性 犯 罪 強 姦 強 制 わいせつ 強 盗 強 姦 わいせつ

More information

この 薬 を 使 う 前 に 確 認 すべきことは? 〇 この 薬 を 飲 むと 前 兆 のない 突 発 的 睡 眠 ( 前 兆 もなく 突 然 眠 る)や 傾 眠 ( 眠 気 で ぼんやりする)があらわれることがあり この 薬 を 飲 んで 自 動 車 を 運 転 し 突 発 的 睡 眠 により

この 薬 を 使 う 前 に 確 認 すべきことは? 〇 この 薬 を 飲 むと 前 兆 のない 突 発 的 睡 眠 ( 前 兆 もなく 突 然 眠 る)や 傾 眠 ( 眠 気 で ぼんやりする)があらわれることがあり この 薬 を 飲 んで 自 動 車 を 運 転 し 突 発 的 睡 眠 により この 薬 は? 販 売 名 一 般 名 含 有 量 (1 錠 中 ) レキップ CR 錠 2mg レキップ CR 錠 8mg レキップ CR 錠 2mg ReQuip CR Tablets 2mg 2.28mg (ロピニロールとして 2mg) ロピニロール 塩 酸 塩 Ropinirole Hydrochloride 患 者 向 医 薬 品 ガイド レキップ CR 錠 8mg 2013 年 10 月

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF315F8F4095D088CF88F592F18F6F8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF315F8F4095D088CF88F592F18F6F8E9197BF2E70707478> 資 料 1 ( 宗 片 委 員 提 出 資 料 ) 災 害 時 における 女 性 のニーズ 調 査 ~なぜ 防 災 災 害 復 興 に 女 性 の 視 点 が 必 要 か~ 特 定 非 営 利 活 動 法 人 イコールネット 仙 台 宗 片 恵 美 子 はじめに 宮 城 県 沖 地 震 発 生 確 率 10 年 以 内 70% 程 度 20 年 以 内 90% 程 度 以 上 30 年 以 内 99%

More information

事 務 局 : 道 路 資 産 台 帳 は 法 律 上 の 道 路 台 帳 とは 別 で 新 公 会 計 制 度 を 導 入 した 時 に それに 合 うような 形 にエクセルで 建 設 部 が 作 成 し 管 理 している 鵜 川 委 員 : 会 計 データの 台 帳 ということか 事 務 局 :

事 務 局 : 道 路 資 産 台 帳 は 法 律 上 の 道 路 台 帳 とは 別 で 新 公 会 計 制 度 を 導 入 した 時 に それに 合 うような 形 にエクセルで 建 設 部 が 作 成 し 管 理 している 鵜 川 委 員 : 会 計 データの 台 帳 ということか 事 務 局 : 第 2 回 町 田 市 会 計 基 準 委 員 会 議 事 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 2014 年 7 月 16 日 ( 水 ) 午 前 10 時 00 分 ~ 午 前 12 時 00 分 町 田 市 庁 舎 10 階 10-3 会 議 室 委 員 鵜 川 正 樹 委 員 長 米 田 正 巳 委 員 事 務 局 会 計 課 傍 聴 者 なし 1. 開 会 会 計 管 理 者 から 開 会

More information

効果的な交通災害防止策とは

効果的な交通災害防止策とは 自 動 車 事 故 を 起 こさないための 効 果 的 な 防 止 策 について 平 成 27 年 9 月 10 日 四 国 労 働 安 全 衛 生 コンサルタント 事 務 所 1 1 自 動 車 事 故 防 止 は 国 民 的 課 題 自 動 車 事 故 が 起 これば 関 係 者 家 族 の 悲 しみは 大 きい 自 分 の 安 全 は 自 分 が 守 らなければならない 人 に 守 ってもらうことができない

More information

平成28年度以降の行政評価局調査テーマ候補についての意見募集結果

平成28年度以降の行政評価局調査テーマ候補についての意見募集結果 平 成 28 年 度 以 降 の 行 政 評 価 局 調 査 テーマ 候 補 についての 意 見 募 集 の 結 果 平 成 28 年 3 月 29 日 総 務 省 行 政 評 価 局 平 成 28 年 度 以 降 の 行 政 評 価 局 調 査 テーマ 候 補 について 平 成 28 年 2 月 2 日 ( 火 )から 同 年 3 月 2 日 ( 水 )までの 間 国 民 の 皆 様 から 広 く

More information

<4D F736F F D208AEE967B8C7689E68C8892E894C DC48D5C90AC816A2E646F63>

<4D F736F F D208AEE967B8C7689E68C8892E894C DC48D5C90AC816A2E646F63> アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 ( 案 ) 平 成 28 年 2 月 はじめに 〇 我 が 国 における 状 況 〇 WHOの 動 向 〇 アルコール 健 康 障 害 対 策 基 本 法 (Ⅰ)アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 について 1.アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 の 位 置 付 け 2. 第 1 期 アルコール

More information

再 犯 防 止 に 向 けた 総 合 対 策 平 成 24 年 7 月 犯 罪 対 策 閣 僚 会 議 はじめに 1 第 1 再 犯 の 現 状 と 課 題 3 1 全 般 的 状 況 3 (1) 再 犯 者 率 の 上 昇 3 (2) 再 入 者 率 の 上 昇 3 (3) 仮 釈 放 率 の 低 下 3 2 対 象 者 の 特 性 別 に 見 た 現 状 3 (1) 早 期 対 策 が 必 要

More information

<5461726F2D8C79937894AD924290669266836083468362834E838A83588367>

<5461726F2D8C79937894AD924290669266836083468362834E838A83588367> 名 古 屋 周 辺 のADHD 診 断 治 療 機 関 えじそんくらぶ 名 古 屋 親 の 会 (A D CATS)からの 情 報 を 中 心 に 一 部 書 籍 などで 得 た 情 報 を 加 えています あいち 小 児 保 健 医 療 センター 心 療 科 474-0031 愛 知 県 大 府 市 森 岡 町 尾 坂 田 1ー2 電 話 0562-43-0500( 代 表 ) FAX 0562-43-0513

More information

最 近 このノートテイカーさん 元 気 がないけどどうしたんだろう? とか 上 手 く 書 け ないという 気 持 ちがあるから 元 気 がないのか? など その 辺 りまで 気 を 配 り 上 手 く 回 わ せるようになって 欲 しいです 講 義 保 障 には 様 々な 人 達 がかかわります

最 近 このノートテイカーさん 元 気 がないけどどうしたんだろう? とか 上 手 く 書 け ないという 気 持 ちがあるから 元 気 がないのか? など その 辺 りまで 気 を 配 り 上 手 く 回 わ せるようになって 欲 しいです 講 義 保 障 には 様 々な 人 達 がかかわります 講 義 における 聴 覚 障 害 学 生 への 教 育 的 配 慮 について 河 野 純 大 先 生 ( 筑 波 技 術 大 学 准 教 授 ) 1. 講 義 時 の 心 がまえ みんなの 一 歩 ずつの 歩 み 寄 りが 大 切 私 が 言 いたいのはここです 教 員 として 誰 に 向 かって 講 義 していますか? 講 義 にはいろいろな 学 生 が 来 ています そして きこえ ない 学 生

More information

Taro-外来治療テキスト1・アルコ

Taro-外来治療テキスト1・アルコ アルコール 依 存 症 外 来 治 療 テキスト 1 アルコール 依 存 症 とは? - 1 - どうして アルコール 中 毒 と 呼 ばないか アルコールに 起 因 するこの 病 気 に 対 する 研 究 も 大 いに 進 歩 してきました そ の 結 果 この 病 気 の 中 心 は 心 と 体 のアルコールへの 依 存 (とらわれ)である ことがわかってきました 酔 いによる 急 性 中 毒

More information

安 倍 政 権 の 法 人 税 減 税 は 今 回 の 法 人 税 減 税 だけではありません 思 い 出 してください 昨 年 個 人 の 負 担 すなわち 復 興 特 別 所 得 税 は 残 したまま 復 興 特 別 法 人 税 だけを 前 倒 しで 廃 止 しており ここでも 6,453 億

安 倍 政 権 の 法 人 税 減 税 は 今 回 の 法 人 税 減 税 だけではありません 思 い 出 してください 昨 年 個 人 の 負 担 すなわち 復 興 特 別 所 得 税 は 残 したまま 復 興 特 別 法 人 税 だけを 前 倒 しで 廃 止 しており ここでも 6,453 億 平 成 27 年 3 月 25 日 所 得 税 法 等 改 正 案 民 主 党 新 緑 風 会 おだち 源 幸 はじめに 民 主 党 新 緑 風 会 のおだち 源 幸 です 会 派 を 代 表 して 所 得 税 法 等 改 正 案 について 質 問 を 致 します まず 数 字 をあげたいと 思 います 1,200 億 9,784 万 大 変 大 きな 数 字 ですが みなさん 何 の 数 字 かお

More information

未成年者飲酒のリスクと解決

未成年者飲酒のリスクと解決 飲 酒 とその 効 果 未 成 年 者 飲 酒 のリスクと 解 決 2010 年 9 月 19 日 成 増 厚 生 病 院 後 藤 恵 信 州 アディクションセミナー 基 調 講 演 アルコールの 分 解 過 程 1 アルコール(エチルアルコール) 2 アセトアルデヒド( 血 管 を 収 縮 させる 吐 き 気 赤 い 顔 ) 飲 めないタイプの 人 ( 日 本 人 の50%)は アセトアルデヒドが

More information

ワークシート 何 が 非 行 なのか? 次 にあげる 行 動 例 を,A= 悪 くないこと,B= 悪 いこと,C= 悪 いことの 中 でも 非 行 ( 犯 罪 )になること に 分 類 してみましょう 行 動 例 1 みんなが 並 んで 待 っている 列 に,こっそりと 割 り 込 む ( ) 2

ワークシート 何 が 非 行 なのか? 次 にあげる 行 動 例 を,A= 悪 くないこと,B= 悪 いこと,C= 悪 いことの 中 でも 非 行 ( 犯 罪 )になること に 分 類 してみましょう 行 動 例 1 みんなが 並 んで 待 っている 列 に,こっそりと 割 り 込 む ( ) 2 知 識 を 身 に 付 けつつ, 自 他 の 理 解 を 深 め, 価 値 観 を 形 成 するエクササイズ 1 ~ 何 が 非 行 なのか? ~ 準 備 ワークシート 何 が 非 行 なのか? フラッシュカード1 非 行 少 年 の 分 類 フラッシュカード2 非 行 後 の 長 いドラマ 振 り 返 り 用 紙 ねらい どのような 行 為 が 非 行 となり, 処 分 の 対 象 となるのかを

More information

《印刷用》ためしてガッテン:胃腸の悲鳴!胃もたれ大解剖

《印刷用》ためしてガッテン:胃腸の悲鳴!胃もたれ大解剖 NHK 総 合 テレビ 毎 週 水 曜 日 午 後 8 時 から 放 送 中 http://www.nhk.or.jp/gatten/ 胃 腸 の 悲 鳴! 胃 もたれ 大 解 剖 2007 年 12 月 19 日 放 送 今 回 の 番 組 について 今 日 のテーマは 胃 もたれ ささいなことのように 思 えるかもしれませんが 場 合 によっては お 腹 全 体 が 腐 る と 感 じるほどに

More information

3.リスクの 特 徴 と 会 社 としての 対 策 リスク 対 策 を 講 じる 場 合 リスクの 特 徴 に 応 じてその 内 容 を 検 討 する 必 要 がある そこで 上 記 に 挙 げたリスクについて その 特 徴 とそれに 応 じた 対 策 について 検 討 する (1) 事 故 日 常

3.リスクの 特 徴 と 会 社 としての 対 策 リスク 対 策 を 講 じる 場 合 リスクの 特 徴 に 応 じてその 内 容 を 検 討 する 必 要 がある そこで 上 記 に 挙 げたリスクについて その 特 徴 とそれに 応 じた 対 策 について 検 討 する (1) 事 故 日 常 役 員 のプライベートリスクをマネジメントする 222 東 京 海 上 日 動 リスクコンサルティング( 株 ) 経 営 リスクグループ 主 任 研 究 員 中 村 有 博 1.はじめに 2008 年 11 月 厚 生 労 働 省 の 元 幹 部 とその 家 族 が 連 続 して 襲 われるという 事 件 が 発 生 した 本 稿 執 筆 現 在 事 件 は 捜 査 中 であり 早 急 な 解 明

More information

Microsoft Word - 概要版_130325_3

Microsoft Word - 概要版_130325_3 基 本 理 念 健 康 寿 命 を 延 伸 する 健 康 都 市 金 沢 金 沢 市 の 平 均 寿 命 と 健 康 寿 命 ( 平 成 22 年 ) 健 康 寿 命 とは 健 康 上 の 問 題 で 日 常 生 活 が 制 限 されることなく 生 活 できる 期 間 です 金 沢 市 の 平 成 22 年 の 健 康 寿 命 は 男 性 78.16 歳 女 性 83.17 歳 となり 平 均 寿

More information

太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与

太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 平 成 27 年 度 太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 久 喜 市 立 太 田 小 学 校 太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響

More information

15 分 間 我 慢 できたらマシュマロをもう 1 個 あげる 途 中 で 食 べたくなったら ベルを 押 せ ば 食 べられる ことを 伝 え 子 どもを 部 屋 に 1 人 にする 実 験 結 果 は 15 分 待 てた 子 どもは 全 体 の 3 分 の 1 以 下 我 慢 できた 子 は 手

15 分 間 我 慢 できたらマシュマロをもう 1 個 あげる 途 中 で 食 べたくなったら ベルを 押 せ ば 食 べられる ことを 伝 え 子 どもを 部 屋 に 1 人 にする 実 験 結 果 は 15 分 待 てた 子 どもは 全 体 の 3 分 の 1 以 下 我 慢 できた 子 は 手 連 続 講 演 会 東 京 で 学 ぶ 京 大 の 知 シリーズ 15 こころの 未 来 - 私 たちのこころは 何 を 求 めているのか- 第 2 回 自 分 の 意 思 で 決 めるとはどういうことか? 心 理 学 と 脳 科 学 の 視 点 から 京 都 大 学 が 東 京 品 川 の 京 都 大 学 東 京 オフィス で 開 く 連 続 講 演 会 東 京 で 学 ぶ 京 大 の 知 のシリーズ

More information

CW6_A2200A01.indd

CW6_A2200A01.indd 1 発 育 発 達 について 1 発 育 発 達 子 どもの 特 徴 は 常 に 発 育 ( 成 長 発 達 )していることです 成 長 は 身 体 の 量 的 な 増 大 のことで 発 達 は 機 能 的 な 成 熟 を 意 味 しています 子 どもの 発 育 期 を 区 分 すると 新 生 児 期 ( 出 生 後 の4 週 間 ) 乳 児 期 ( 出 生 より1 年 ) 幼 児 期 ( 小 学

More information

精神保健福祉相談業務

精神保健福祉相談業務 精 神 保 健 福 祉 基 礎 研 修 ( 基 礎 知 識 編 ) ~ 精 神 保 健 福 祉 の 法 体 系 施 策 と 社 会 資 源 ~ 平 成 25 年 4 月 25 日 こころの 健 康 センター 技 術 指 導 課 三 上 政 和 1 今 日 お 話 させていただく 内 容 1 精 神 保 健 福 祉 の 法 体 系 (1) 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する

More information

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関 マイナンバー 制 度 について 質 問 をします マイナンバー 社 会 保 障 税 番 号 制 度 は 今 年 10 月 赤 ちゃん からお 年 寄 りまで 住 民 登 録 をしているすべての 人 へ12 桁 法 人 へ は13 桁 の 番 号 が 通 知 され 2016 年 1 月 から 運 用 が 開 始 されます 政 府 はマイナンバーによって 国 民 一 人 ひとりの 社 会 保 障 の 利

More information

ハートクリニック大船家族教室 統合失調症について

ハートクリニック大船家族教室 統合失調症について ハートクリニック 大 船 家 族 教 室 統 合 失 調 症 について 2011 年 8 月 7 日 目 次 1. 統 合 失 調 症 の 基 礎 知 識 2. 統 合 失 調 症 の 症 状 と 経 過 3. 治 療 のながれ 4.ご 家 族 の 対 応 と 協 力 1. 統 合 失 調 症 の 基 礎 知 識 約 100 人 に 一 人 の 割 合 で 発 症 します 全 国 で60 万 人 近

More information

障 害 者 虐 待 防 止 法 の 施 行 平 成 24 年 10 1 から 障 害 者 虐 待 の 防 止 障 害 者 の 養 護 者 に 対 する 支 援 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 障 害 者 虐 待 防 止 法 といいます )が 施 され ました 障 害 者 虐 待 防 止 法 第

障 害 者 虐 待 防 止 法 の 施 行 平 成 24 年 10 1 から 障 害 者 虐 待 の 防 止 障 害 者 の 養 護 者 に 対 する 支 援 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 障 害 者 虐 待 防 止 法 といいます )が 施 され ました 障 害 者 虐 待 防 止 法 第 資 料 1 障 害 者 施 設 事 業 所 の 虐 待 防 止 と 対 応 について 平 成 28 年 1 22 森 県 健 康 福 祉 部 障 害 福 祉 課 障 害 者 虐 待 防 止 法 の 施 行 平 成 24 年 10 1 から 障 害 者 虐 待 の 防 止 障 害 者 の 養 護 者 に 対 する 支 援 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 障 害 者 虐 待 防 止 法 といいます

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179938C91E591E58A7789408BE090B690E690B6817A94AD955C8E9197BF>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179938C91E591E58A7789408BE090B690E690B6817A94AD955C8E9197BF> 発 達 障 害 者 支 援 関 係 報 告 会 トゥレット 障 害 を 含 むチック 障 害 金 生 由 紀 子 東 京 大 学 大 学 院 医 学 系 研 究 科 こころの 発 達 医 学 分 野 東 京 大 学 医 学 部 附 属 病 院 こころの 発 達 診 療 部 厚 生 労 働 省 講 堂 2014 年 2 月 24 日 16:10~16:30 トゥレット 障 害 を 含 むチック 障 害

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838F815B834E838F834E836C836283679770814620926D82C182C482A882AB82BD82A291DE90458BE081408AE98BC6944E8BE090A793782E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838F815B834E838F834E836C836283679770814620926D82C182C482A882AB82BD82A291DE90458BE081408AE98BC6944E8BE090A793782E646F63> は67.9%と に15,933 退 職 金 制 度 改 革 の 動 向 株 式 会 社 広 島 企 業 年 金 設 計 代 表 取 締 役 石 井 孝 治 知 っておきたい 退 職 金 企 業 年 金 制 度 移 年 以 降, 退 職 一 時 金 制 度 の 改 定 を 行 っている 企 業 が 約 半 分 あります そのうち,ポイント 制 に 率 送 行 を りしているようです した 掛 けます

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends 経 済 関 連 レポート 年 金 財 政 をやさしく 解 説 ( 中 編 ) 発 表 日 :2014 年 7 月 7 日 ( 月 ) ~ 所 得 代 替 率 を 基 準 に 使 った 年 金 削 減 ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 熊 野 英 生 ( :03-5221-5223) 財 政 検 証 をみて 戸 惑 うのは 所 得 代

More information

1 2 3 4 5 子 宮 頸 がんと 発 がん 性 ヒトパピローマウイルス 1 子 宮 頸 がんは 子 宮 頸 部 ( 子 宮 の 入 り 口 )にできるがんで 20~30 代 で 急 増 し 日 本 では 年 間 約 15,000 人 の 女 性 が 発 症 していると 報 告 されています 子 宮 頸 がんは 初 期 の 段 階 では 自 覚 症 状 がほとんどないため しばしば 発 見 が

More information

1 叱 れない 角 界 親 方 の 特 集 記 事 が 物 語 るもの 1 日 本 経 済 新 聞 の 特 集 記 事 2007 年 12 月 5 日 から 日 本 経 済 新 聞 がスポーツ 面 で 国 技 揺 れる と 題 する 特 集 記 事 を 始 めました 国 技 とは もちろん 大 相

1 叱 れない 角 界 親 方 の 特 集 記 事 が 物 語 るもの 1 日 本 経 済 新 聞 の 特 集 記 事 2007 年 12 月 5 日 から 日 本 経 済 新 聞 がスポーツ 面 で 国 技 揺 れる と 題 する 特 集 記 事 を 始 めました 国 技 とは もちろん 大 相 忘 れられたか 叱 られる 効 用 事 業 成 長 に 欠 かせない 人 材 の 自 己 革 新 従 業 員 の 成 長 なしに 事 業 の 成 長 はあり 得 ない! 本 レポートの 内 容 1 叱 れない 角 界 親 方 の 特 集 記 事 が 物 語 るもの 1ヘ ーシ 2 今 だからこそ 思 い 出 したい 叱 られる 効 用 2ヘ ーシ 3 結 局 やはり 叱 れなかった A 社 の 社

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

前 立 腺 がんの 治 療 で ザイティガ を 服 用 される 患 者 さんへ 監 修 : 筧 善 行 先 生 香 川 大 学 医 学 部 泌 尿 器 科 学 教 授 前 立 腺 がんはゆっくりと 進 行 することが 知 られている がんで きちんと 治 療 を 続 けることで がんにともなう 様

前 立 腺 がんの 治 療 で ザイティガ を 服 用 される 患 者 さんへ 監 修 : 筧 善 行 先 生 香 川 大 学 医 学 部 泌 尿 器 科 学 教 授 前 立 腺 がんはゆっくりと 進 行 することが 知 られている がんで きちんと 治 療 を 続 けることで がんにともなう 様 ザイティガ を 服 用 される 方 へ 監 修 筧 善 行 先 生 香 川 大 学 医 学 部 泌 尿 器 科 学 教 授 前 立 腺 がんの 治 療 で ザイティガ を 服 用 される 患 者 さんへ 監 修 : 筧 善 行 先 生 香 川 大 学 医 学 部 泌 尿 器 科 学 教 授 前 立 腺 がんはゆっくりと 進 行 することが 知 られている がんで きちんと 治 療 を 続 けることで

More information

本日はNPO法人アスペの会石川、金沢エルデの会共催事業の「ピア・サポート」にご参加いただきありがとうございました

本日はNPO法人アスペの会石川、金沢エルデの会共催事業の「ピア・サポート」にご参加いただきありがとうございました H27 年 9 月 23 日 開 催 ピアサポート ( 於 ) 金 沢 大 学 角 間 の 里 今 回 のテーマ 高 校 卒 業 と 自 己 受 容 はじめに: 今 回 のテーマに 自 己 受 容 を 取 り 上 げたことについて 知 的 な 遅 れのない 発 達 障 害 を 持 つ 人 の 多 くは 早 ければ 園 児 の 時 に また 遅 くとも 学 業 対 人 関 係 な どが 複 雑 になる

More information

苦情・相談

苦情・相談 苦 情 相 談 報 告 (かなおか 保 育 園 ) 平 成 25 年 度 時 期 申 出 人 苦 情 相 談 の 内 容 対 応 及 び 結 果 医 師 の 指 示 により 薬 を 不 十 分 な 説 明 で 不 快 にさせた 事 につ 預 けていたが 年 度 が 替 わ いて 主 任 が 謝 罪 する る 為 に 一 度 返 された 薬 の 乳 幼 児 期 は 成 長 が 著 しく 体 調 も 変

More information

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 議 事 録 招 集 期 日 平 成 28 年 2 月 12 日 ( 金 ) 場 所 市 役 所 7 階 第 5 室 開 2 月 12 日 午 後 2 時 00 分 遠 藤 英 樹 閉 2 月 12 日 午 後 3 時 25 分 遠 藤 英 樹 遠 藤 英 樹 代 理 早 舩 直 彦 出 席 状 況 駒 﨑 繁 夫 出 欠 石 塚 京 子 出 欠 谷

More information

○大津の事案に学ぶこと

○大津の事案に学ぶこと 協 議 事 項 1 平 成 24 年 7 月 24 日 教 育 総 務 課 小 中 学 校 課 特 別 支 援 教 育 課 高 等 学 校 課 いじめ 問 題 への 対 応 について 資 料 1 大 津 市 の 事 案 から 学 ぶべきもの 資 料 2 福 岡 県 いじめ 問 題 総 合 対 策 ( 抜 粋 ) 資 料 3 定 例 記 者 会 見 における 大 津 市 のいじめ 自 殺 問 題 に

More information

Microsoft Word - 表紙.docx

Microsoft Word - 表紙.docx 考 えてみましょう!! わが 家 の 防 災 対 策 地 震 発 生!! その 時 家 庭 の 備 えは 万 全 ですか?? 妊 娠 期 に 地 震 が 起 きたときの 対 策 や 地 震 からお 子 さんを 守 るための 対 策 を 考 えていま すか? 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 を 経 験 し 実 際 に 地 震 が 来 た らどうしよう

More information

ですから 日 常 で 診 療 している いつもの 患 者 さん の 中 に 実 はうつも 沢 山 隠 れています そういう 意 味 で みなさんの 持 つうつ 病 のイメージを 刷 新 していただきたいたいと 思 います では 自 律 神 経 症 状 を 呈 する 精 神 疾 患 には 他 に 何

ですから 日 常 で 診 療 している いつもの 患 者 さん の 中 に 実 はうつも 沢 山 隠 れています そういう 意 味 で みなさんの 持 つうつ 病 のイメージを 刷 新 していただきたいたいと 思 います では 自 律 神 経 症 状 を 呈 する 精 神 疾 患 には 他 に 何 シリーズ 第 6 回 /2012 年 4 月 30 日 放 送 日 常 診 療 で 遭 遇 するうつ 病 -その 診 断 と 治 療 - 藤 田 保 健 衛 生 大 学 精 神 神 経 科 学 教 授 内 藤 宏 かかりつけ 医 が 遭 遇 する 軽 症 うつ 病 一 般 的 に うつ 病 というと 自 殺 のリスクが 高 い 重 症 例 をイメージされることが 多 いと 思 いま すが 今 回 は

More information

Microsoft PowerPoint - 無料小冊子0902.pptx

Microsoft PowerPoint - 無料小冊子0902.pptx 開 業 1 2 年 目 の 会 社 が 成 長 していくために 私 たちの 事 務 所 には 開 業 間 もない 会 社 様 などから 毎 年 150 件 以 上 の 無 料 相 談 のご 依 頼 があります また 顧 問 契 約 先 の 会 社 様 の 中 にも 開 業 1 2 年 目 の 会 社 様 が 数 多 く いらっしゃいます こうしたご 相 談 やお 付 き 合 いを 通 じて 分 かってきたことは

More information