これらの 大 自 然 の 中 で 特 に 心 に 深 く 刻 まれている 風 景 が 3 つある すなわちバオバブ 脚 注 の 木 雨 上 りの 虹 インゼルベルク ) がそれである( 写 真 1~3) 調 査 の 過 程 でタンザニア の 人 々の 美 的 感 覚 が 鋭 いこ とを 知 ってびっ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "これらの 大 自 然 の 中 で 特 に 心 に 深 く 刻 まれている 風 景 が 3 つある すなわちバオバブ 脚 注 の 木 雨 上 りの 虹 インゼルベルク ) がそれである( 写 真 1~3) 調 査 の 過 程 でタンザニア の 人 々の 美 的 感 覚 が 鋭 いこ とを 知 ってびっ"

Transcription

1 28.タンザニアの 風 土 人 と 素 朴 な 民 芸 (1) はじめに 前 回 に 続 いて 今 回 もタンザニアを 題 材 とした タイトルをみて 水 と 関 係 がないではな いかと 批 判 されそうであるが 風 土 の 中 にあって 水 の 存 在 が 如 何 に 大 きいかという 視 点 からお 読 みいただければ 幸 いである 筆 者 は 海 外 調 査 の 合 間 に 地 元 の 民 芸 品 を 収 集 し 持 ち 帰 ってくる 癖 がある それらの 中 で これはというものは 書 斎 に 並 べてあるが その 他 は 物 置 に 積 んだままである 年 を 考 えて 何 とかして と 家 内 からの 苦 情 が 絶 えない もちろん 専 門 家 ではないので 系 統 立 った 話 にはならないが 中 でも 渡 航 回 数 の 多 かっ たタンザニアのものを 紹 介 することにする さて タンザニア 連 合 共 和 国 ( 通 称 タンザニア)は 中 央 アフリカ 東 部 の 共 和 制 国 家 で 図 1 のようにケニア ウガンダ ルワンダ ブルンジ ザンビア マラウイ モザ ンビーク ザイール( 現 コンゴ 民 主 共 和 国 )と 国 境 を 接 し 東 はインド 洋 に 面 している アフリカでも 有 数 の 大 自 然 に 恵 まれ 風 土 豊 かな 国 土 である ウガンダ ビクトリア 湖 コンゴ ケニア タンザニア マサイ 高 原 ザンビア マラウイ ジンバブエ モザンビーク イ ン ド 洋 図 1 タンザニアとその 周 辺 諸 国 ( 出 典 : 世 界 の 地 理 朝 日 百 科 107( 朝 日 新 聞 社 ) 中 南 アフリカ 一 部 加 筆 )

2 これらの 大 自 然 の 中 で 特 に 心 に 深 く 刻 まれている 風 景 が 3 つある すなわちバオバブ 脚 注 の 木 雨 上 りの 虹 インゼルベルク ) がそれである( 写 真 1~3) 調 査 の 過 程 でタンザニア の 人 々の 美 的 感 覚 が 鋭 いこ とを 知 ってびっくりしたこ とが 一 度 ならずあったが このような 大 自 然 の 中 で 本 能 的 に 培 われてきたものだ ろうか アフリカというと 乾 き きった 緑 乏 しい 大 地 とい うイメージが 強 いが 実 際 写 真 1 巨 大 なバオバブの 木 にタンザニアの 風 土 に 接 する と このイメージはマスコミな どによって 植 えつけられた 先 入 観 が 大 きいような 気 がして くる 写 真 2 雨 上 りの 虹 話 は 余 談 になるが 調 査 報 告 書 の 作 成 に 際 して 表 紙 の 色 を 乾 燥 をイメー ジした 黄 色 系 にして 提 案 し たところ 先 方 機 関 のカウ ンターパートから 緑 色 系 に してくれとの 注 文 がきたが それも 理 のあることと 感 写 真 3 インゼルベルグ じ 入 ったこともある それ 以 来 報 告 書 は 4 号 まで 印 刷 したが 全 部 青 ~ 緑 色 系 である( 図 2) 脚 注 :( 独 :inselberg) なだらかな 傾 斜 をもった 周 囲 の 地 形 から 飛 び 出 した 急 な 斜 面 をもつ 丘 と 定 義 され 乾 燥 地 帯 ( 特 にアフリカ 南 部 )に 特 徴 的 にみられる

3 図 2 報 告 書 の 表 紙 写 真 4 左 図 の 背 景 となった 風 景 ( 絵 は 筆 者 の 教 え 子 で 現 地 調 査 にも 参 加 した 重 久 恭 子 君 によるもの) (インゼルベルグの 頂 上 からの 景 観 ) (2) タンザニアの 風 土 国 名 のタンザニアは 1964 年 に 統 合 したタンガニーカとザンジバル 両 国 の 頭 文 字 に かつてタンガニーカ 北 部 で 栄 えたアザニア 文 明 ( 別 天 地 の 意 味 )の 名 を 加 えたものに 由 来 している この 国 は 約 130 もの 少 数 部 族 からなっていることが 特 徴 で アフリカ 人 以 外 では インド パキスタン 系 アラブ 系 ヨーロッパ 人 などがいる 初 代 大 統 領 ニエレレの 政 策 で すべての 地 域 にすべての 部 族 が 混 合 して 生 活 している これはウジャマー( 家 族 主 義 社 会 主 義 ) 政 策 と 呼 ばれ 部 族 間 の 対 立 を 少 なくすることを 目 的 としている 言 語 は 部 族 ごとに 異 なっているが 統 一 言 語 としてスワヒリ 語 が 用 いられている タン ザニア 建 国 にあたって 激 しい 部 族 抗 争 がな かったのは 大 きな 部 族 がなかったことに 加 えて 共 通 語 としてスワヒリ 語 が 広 く 使 用 さ 写 真 5 タンザニアの 国 旗 れていたためである なお 国 旗 の 黒 は 国 民

4 緑 は 国 土 と 農 業 青 はインド 洋 を 表 している( 写 真 5) タンザニアの 地 勢 は 図 3 にあるように 大 きく 3 つに 区 分 される すなわち インド 洋 に 面 した 海 岸 地 方 その 背 後 にあって 北 東 - 南 西 にのびる 山 脈 地 帯 によって 画 された 中 央 部 の 高 原 地 帯 さらに 西 端 部 にあるタンガニーカ 湖 やマラウイ 湖 のある 湖 沼 地 帯 であ る 高 原 の 北 東 部 にはキリマンジャロ 山 (5895m)やメルー 山 (4565m)のあるウサンバラ 山 地 がケニアとの 国 境 を 画 している またマラウイ 湖 の 北 側 には 2000m 級 のキペンゲレ 山 地 が 位 置 している 最 もタンザニアらしい 風 土 が 感 じられるのはマサイ 高 原 のある 内 陸 のサバナ 地 帯 で あろう ダルエスサラームのある 海 岸 地 帯 から 西 に 走 ってモロゴロに 至 り 山 岳 地 帯 を 超 えるとその 草 原 に 入 る ここがマサイ 族 の 世 界 である( 写 真 6,7) 太 陽 が 西 の 地 平 線 に 沈 んで 涼 しくなると 彼 らは 行 動 を 開 始 するのであろうか その 様 子 が 写 真 の 下 にあ るろうけつ 染 めによく 表 現 されている 彼 らは 驚 異 的 な 視 力 を 持 ち 通 常 の 方 法 では 計 測 不 能 な 3.0~8.0 程 度 と 推 測 され 優 れた 暗 視 能 力 も 併 せ 持 つので 暗 いところでも 不 自 由 なく 行 動 できるのである セレンゲティ 国 立 公 園 ンゴロンゴロクレータ Moshi マサイ 高 原 Dodoma キペンゲレ 山 地 マラ La ウイ ke Mtwara Mtwara 湖 M ala 図 3 タンザニアの 地 勢 ( 着 色 は 本 文 にでてくる 場 所 )

5 写 真 6 日 暮 れのマサイ 高 原 ( 前 方 の 植 物 はタンザニア 特 産 のサイザル 麻 ) 写 真 7 夕 日 の 中 のマサイ 族 ( 単 純 なろうけつ 染 めながら よくその 特 徴 が 表 現 されている 女 性 はマサイ 族 特 有 の 首 飾 りをつけている) (80cm 50cm)

6 写 真 8 マサイの 戦 士 ( 材 料 は 黒 檀 高 さ 約 50 cm) マサイ 族 といえば ケニア 南 部 からタンザニア 北 部 一 帯 に 居 を 構 える 先 住 民 で マー 語 を 話 す 人 と いう 意 味 である なおマー 語 はナイル 系 の 言 語 と 云 われている 伝 統 的 な 生 活 を 守 って 暮 らしている 民 族 で 非 常 に 勇 敢 でプライドが 高 く 草 原 の 貴 族 と も 呼 ばれる もともとマサイ 族 が 遊 牧 を 行 なってい た 土 地 の 多 くは 動 物 保 護 区 や 国 立 公 園 などに 指 定 されていて 以 前 は 彼 らが 自 由 に 遊 牧 を 行 なうこと ができなかったが 筆 者 が 滞 在 した 当 時 は 動 物 保 護 区 内 での 彼 らの 遊 牧 が 許 可 されるようになっていて その 姿 をよく 見 かけることができた これには 色 々 な 事 情 があるようだが 自 然 の 中 のマサイ 族 そのも のも 観 光 資 源 にしようという 狙 いもあるような 気 が する かつては( 多 分 今 日 でも) 彼 らが 行 動 するときは 必 ず 二 人 ずれで 行 い 万 一 猛 獣 に 襲 われた 場 合 は 一 人 がその 目 標 にされている 間 に 他 の 一 人 がこれを 槍 で 仕 留 めたということだし そもそもライオンはマ サイの 姿 をみると むしろこれを 避 けるともいわれ ている これは 彼 らの 体 臭 や 赤 色 の 着 衣 が 関 係 して いるのだと 現 地 で 聞 いた ことがある いずれにし ても 元 々はマサイ 族 にと って ライオンを 打 負 かすことは 一 人 前 として 認 められるための 風 習 で あったらしい 写 真 8 はマコンデ 彫 刻 ( 後 述 )のマサイの 戦 士 写 真 9 は 典 型 的 なマサイの 男 性 の 横 顔 であ る マサイ 族 は 多 くは 身 長 が 2m 近 く もあり スタイルは 抜 群 で 背 広 を 着 せて 銀 座 あたりを 歩 かせたら 女 性 は 一 様 に 振 り 返 るのではないかと 思 うくらいの 男 前 が 多 い そのような 意 味 を 込 めたものだろ うか ポストカードにはその 姿 をモ 写 真 9 マサイの 男 性 写 真 10 槍 を 手 にしたマサイの 戦 士 ( 高 さ 約 25 cm) ( 手 にしているのは 槍 )

7 写 真 11 モシ 市 テム 川 写 真 12 モシ 市 の 水 道 水 源 の 一 つ チーフとしたマサイ 族 の 姿 が 画 かれることが 多 い( 写 真 10) マサイ 高 原 と 反 対 に これ が 赤 道 直 下 の 国 か? と 思 わ ず 口 に 出 してしまうような 風 土 は 北 部 のアリューシャ (Alusha) 地 方 であろうか キリ マンジャロの 山 麓 にあたるこ の 地 方 は 水 が 豊 富 で 至 るとこ ろに 湧 水 や 水 流 が 見 られるか らである( 写 真 11) 湧 水 を 水 源 とする 水 道 も 各 地 区 に 敷 設 さ 脚 注 れている ) ( 写 真 12) この 辺 りには 数 多 くのバナナ 農 園 があ り 原 色 の 派 手 な 民 族 衣 服 をま とった 若 い 女 性 たちが 頭 上 の 籠 にバナナをのせて 運 んでいる 姿 が 散 見 される( 写 真 13) このような 風 景 を 乾 燥 した 草 木 を 素 材 とし て 切 り 絵 にし そのポ ストカードがホテルの 売 店 におかれていたり する( 写 真 14) 写 真 13 民 族 衣 装 をまとった 若 い 女 性 たち 写 真 14 草 木 を 素 材 とした 切 り 絵 1 脚 注 :この 地 方 の 地 下 水 はフッ 素 濃 度 が 高 く その 対 策 が 大 きな 課 題 になっている

8 アリューシャから 北 西 方 向 に 続 く ケニアとの 国 境 をなす 山 岳 地 帯 はタンザニアで 最 も 風 光 明 媚 な 地 域 である( 図 4) キリマンジャロ 山 (5895m)は 言 うに 及 ばず メルー 山 (4565m) ハナン 山 (3418m)などの 名 峰 セレンゲティ 国 立 公 園 やンゴロンゴ ロ(Ngorongoro) 自 然 保 護 区 のある 巨 大 クレーター 人 類 発 祥 の 地 とされ るオルドバイ 峡 谷 マニヤラ 湖 エヤシ 湖 など 大 小 の 湖 沼 群 などがそれであ る つまり 水 と 緑 の 豊 かな 世 界 であり 図 4 タンザニア 北 西 部 地 域 また 肥 沃 な 農 耕 地 も 展 開 し それらの 自 然 に 囲 まれた 人 々の 営 みは 印 象 的 である その 景 観 は 遠 く 離 れた 中 国 雲 南 省 北 部 の 山 岳 地 帯 のそれと 酷 似 しているのが 興 味 深 い( 写 真 15,16) そのあ りようが 素 朴 な 切 り 絵 や( 写 真 17) 多 分 この 地 方 の 湖 水 を 中 心 に 画 いたと 思 われる 象 徴 的 風 景 画 の 題 材 になっている ( 写 真 18,19, 20) 写 真 15 タンザニア 北 西 部 地 域 の 農 耕 地 (Google Earth による)

9 写 真 16 タンザニア 北 西 部 地 域 の 典 型 的 な 散 村 写 真 17 草 木 を 素 材 とした 切 り 絵 2 写 真 18 ンゴロンゴロ 自 然 保 護 区 付 近 の 湖 畔 民 家 写 真 19,20 湖 畔 の 民 家

10 (3) 民 芸 の 背 景 としての 自 然 と 人 間 これまでに 述 べてきたことと 重 なるが あらためてこのことについて 想 像 をめぐらせ てみたい 勿 論 専 門 外 のことなので 勝 手 な 思 い 込 みが 強 いことをお 断 りしたうえで 以 下 のような 視 点 から 考 察 してみる 自 然 について 1 原 色 の 世 界 2 スケールの 大 きな 自 然 3 強 烈 な 太 陽 光 線 4 厳 しい 地 水 環 境 人 間 について 5 ウジャマー 思 想 6 音 楽 好 き, 読 書 好 き 7 Jambo! な 人 たち 1 原 色 の 世 界 筆 者 の 主 なフィールドは Dodoma(ドドマ)というところで この 国 のほぼ 中 央 部 に 当 たる ここで 最 初 に 目 にした 強 烈 な 印 象 は 赤 青 緑 のそれぞれが 自 己 主 張 をしてい るような 世 界 だということである 写 真 21 はその 典 型 で 大 地 はラトソル ラトゾル または 紅 土 とも 呼 ばれるサバナや 熱 帯 雨 林 に 特 有 の 赤 色 土 壌 からなり 雲 のあい 間 から 見 える 青 空 とのコントラストが 強 烈 である この 国 で 発 達 したといわれる Tingatinga 脚 注 ) (ティンカ ティンカ ) 絵 画 ( 写 真 22)や 印 象 画 の 題 材 となることの 多 い 夕 暮 れの 湖 水 の 情 景 ( 写 真 23)は まさにこの 国 の 風 土 で 画 かれるべくして 画 かれた と 感 じるので ある 写 真 21 ラテライト 質 の 土 壌 からなる 大 地 脚 注 :このような 画 法 を 考 えだし 広 めたタンザニア 人 の 名 で この 流 れを 汲 む 絵 画 の 代 名 詞 になっ ている

11 写 真 22 ティンカ ティンカ の 流 れをくむ 絵 画 ( 麻 布 にエナメルペイントで 画 かれている) 写 真 23 黄 昏 の 湖 上 2 スケールの 大 きな 自 然 国 立 公 園 や 自 然 保 護 区 では 文 字 通 り 詩 誌 に 尽 くし 難 い 風 景 に 接 することが 出 来 る 次 ページ 脚 注 ( 写 真 24) しかし ンゴロンゴロ(Ngorongoro) 自 然 保 護 区 ) を 2 度 ほど 訪 ねた が あまりにも 巨 大 なそ の 景 観 を 上 手 く 画 像 に 収 められたことが 無 い 上 述 のティンガティ ンガ 絵 画 でも 野 生 動 物 やそれをとりまく 自 然 をモチーフとした 作 品 は 多 い またマコンデ 彫 刻 でも 野 生 動 物 ( 特 に 象 ) を 彫 ったものが 多 い( 写 真 25,26) 写 真 24 ンゴロンゴロ 自 然 保 護 区 のあるクレーター

12 写 真 25 ンゴロンゴロ 自 然 保 護 区 の 象 ( 機 嫌 が 悪 そうで こちらに 向 かって 走 ってきた) 写 真 26 親 子 象 のマコンデ 彫 刻 ( 材 料 は 黒 檀 高 さ 約 12 cm) 3 強 烈 な 太 陽 光 線 これは 上 に 述 べた 1との 関 連 が 深 い 原 色 の 世 界 は 赤 道 直 下 という 環 境 で 誇 張 され るからである 日 なたでは 太 陽 の 光 が 強 烈 に 眩 しく 感 じられ 日 陰 に 入 るとその 反 対 に 暗 く 感 じられるという 感 覚 的 なものと 言 えるが 生 まれた 時 からそのような 環 境 で 育 ち それが 体 に 定 着 しているのであろうか したがってティンガティンガ 絵 画 のような 原 色 豊 かな 絵 画 芸 術 は 日 本 のような 環 境 では 生 まれない 我 が 国 でもこのような 絵 を 画 く 人 がいるが これは 真 似 事 に 過 ぎない 脚 注 : 直 径 約 23 kmで 阿 蘇 山 とほぼ 同 程 度 かつてはセレンゲティ 国 立 公 園 の 1 部 だったが 人 間 の 生 活 を 認 める 地 区 として 1959 年 セレンゲティから 切 り 離 された 国 立 公 園 であるセレンゲティで は マサイ 族 の 生 活 を 見 ることはないが ンゴロンゴロでは 放 牧 をしている 姿 をしばしば 見 かける

13 早 朝 から 照 りつける 強 い 太 陽 光 線 を 反 射 す る 写 真 27 のような 湖 面 の 情 景 は 我 が 国 ではほ とんど 見 ることはない 写 真 27 調 査 地 近 傍 の 人 造 湖 ( 調 査 地 区 のホンボロ 湖 にて) 堰 堤 上 を 着 飾 って 列 をなして 歩 く 人 々は 多 分 礼 拝 に 向 かう 途 中 であろう なおこの 地 域 には 南 アフリカ 共 通 の 特 徴 としてキリスト 教 の 信 者 が 多 い 4 厳 しい 地 水 環 境 地 形 ( 土 壌 )と 水 文 ( 気 象 )は 人 間 生 活 の 基 盤 的 環 境 要 因 といえ 民 族 の 習 俗 や 感 性 すなわち 民 族 性 といったものに 与 える 影 響 は それらが 厳 しいものであればあるほど 大 きいものと 考 えられる a)タンザニアの 気 候 区 分 当 国 の 土 地 住 宅 都 市 開 発 省 (Ministry of Lands, Housing and Urvan Development) が 作 成 した Climate and Design in Tanzania による 気 候 区 分 図 によると 図 5 のように 脚 注 国 土 は 大 きく 6 つに 区 分 される 1) この 図 で 特 に 目 立 つのは 西 部 から 中 央 部 北 東 部 南 西 部 にみる 高 原 地 帯 で これが 国 土 の 約 半 分 を 占 めていることである この 資 料 によ ると その 中 でも 標 高 の 低 い 地 域 は 気 温 が 高 く 年 間 降 水 量 は 500 mm 以 下 の 半 砂 漠 地 帯 となっており 人 口 密 度 が 全 国 で 最 も 低 く 生 活 環 境 としての 快 適 性 の 最 も 低 い 地 域 と 評 価 されている 一 方 東 部 の 海 岸 地 帯 は 平 均 気 温 は 最 高 で 29~31 最 低 で 21.5 ~25 降 水 量 は 750~1,500 mm 西 部 の 湖 水 地 帯 では 平 均 気 温 は 最 高 で 26~28 最 低 で 16~18 降 水 量 は 800~2,900 mmと 高 原 地 帯 との 差 が 顕 著 である b) 土 地 の 肥 沃 度 可 能 利 水 量 図 6 の 国 土 の 肥 沃 度 と 図 7 の 可 能 利 水 度 の 分 布 図 はダルエスサラーム 大 学 の S.A.Hathout(1983)による Soil Atlas of Tanzania の 一 部 で この 2 つの 地 水 環 境 の 厳 しい 地 域 が 図 5 の 高 原 地 帯 とほぼ 一 致 している 点 が 注 目 される 特 に 西 部 から 中 央 部 にかけた 地 域 が 厳 しい 環 境 にあることが 読 みとれる この 地 域 はいろいろなタイプの woodland, bushland, grassland が 混 じりあっている ところで 南 アフリカ 特 有 の 景 観 をなしている スワヒリ 語 でミオンボ(Miombo)と 脚 注 1:この 気 候 区 分 の 原 典 は UNESCO(1967)による

14 地盤環境エンジニアリング(株)ホームページ 新藤静夫の地下水四方山話 よばれる しか し近年焼畑農業 や放牧地のほか 薪炭用材の供給 Moshi Western NorthEastern and 地としての乱開 発が進んで裸地 化した土地が広 がり 環境上問 Central 題となって来て Dodoma Morogoro いる 写真 28 保護地区とし て指定されたと ころでの不法伐 採もおこなわれ 木炭に加工され Surface of the water SouthEastern て 現金収入の 手っ取り早い手 段として 市場 や路傍で売られ 図 5 タンザニアの気候帯 ている 豊かな 生活への志向は タ ン ザ ニ ア の中 で も 特 に 貧 しい こ の 地 域 で も他 と変わらず それ は 再 生 不 可 能な 資 源 の 食 い つぶ し 次ページ脚注 と引 き 換 え に よ って な さ れ て い ると いってもよい 図 7 の可能利 水 度 は 降 水 量と 可 能 蒸 発 量 の差 を 指 標 と し たも のと思われるが 図 6 肥沃度の分布

15 基 本 的 には 降 水 量 に 支 配 さ れる 図 8 はそ の 降 水 量 の 分 布 で 広 大 な 面 積 を 占 める 中 ~ 西 部 高 原 地 帯 の 欠 水 性 あ るいは 貧 水 性 が 如 実 に 示 さ れている 図 5 タンザニアの 気 候 区 分 図 7 可 能 利 水 度 の 分 布 写 真 28 中 部 高 原 地 帯 ( 失 われつつある ミオンボ) ( 違 法 伐 採 か) 脚 注 : 裸 地 化 とともに 台 地 は 強 烈 な 太 陽 熱 に 晒 されて 表 土 の 固 結 化 が 進 み 降 雨 時 の 表 面 流 出 を 助 長 さ せる 同 時 に 土 壌 の 侵 食 が 進 んで 岩 石 が 露 出 する こういったプロセスは 加 速 的 に 進 行 する

16 図 8 降 水 量 分 布 ( 出 典 :タンザニア 国 土 情 報 図 ) 5 ウジャマー(Ujamaa) 思 想 ウジャマーとはスワヒリ 語 で 家 族 的 な 連 帯 感 といったようなことを 意 味 するもの で 英 語 ではよく brotherhood と 訳 されることが 多 い タンザニア 初 代 大 統 領 のニ エレレが 国 是 の 柱 とした 理 念 である この 思 想 が 現 在 この 国 にどこまで 根 付 いている のかはわからないが 130 もの 部 族 からなる 国 にもかか わらず 今 日 まで 大 きな 民 族 紛 争 が 起 こっていないこと からみても その 精 神 は 定 着 しているといえよう その 象 徴 ともいえる 民 芸 をマコンデ(Makonde) 彫 刻 に 見 ることが 出 来 る これはタンザニアの 代 表 的 な 民 芸 品 で 使 われる 材 質 は 黒 檀 で 表 面 は 普 通 の 木 であるが 中 は 黒 くて 硬 い( 写 真 29) その 歴 史 は 古 く 300 年 く らい 前 まで 遡 るといわれ タンザニアとモザンビークの 国 境 にまたがる 地 方 に 住 むマコンデ 族 が 始 めたと 言 わ れている そのモチーフは 人 が 重 なり 合 ったウジャマ ーの 他 精 霊 (シェタニ) 人 物 動 物 などがある 写 真 29 マコンデの 材 料 の 黒 檀 (カキノキ 科 カキノキ 属 の 熱 帯 性 常 緑 樹 )

17 写 真 30 はこのうちのウジャマーと 呼 ばれるもので いずれも 一 族 の 絆 を 象 徴 したも のである 特 に 写 真 30 は 家 長 が 一 族 をかかえ 守 るという 行 為 をあらわしていて 筆 者 が 気 に 入 っている 民 芸 品 の 一 つである 写 真 30 マコンデ 彫 刻 (1) ( 高 さ 約 50 cm) ( 高 さ 約 25 cm) これらの 民 芸 品 の 発 祥 の 地 であるムトワラ(Mtwara)というところは マコンデ 高 原 と 呼 ばれるインド 洋 に 面 した 海 抜 m の 地 帯 で 年 間 を 通 じての 気 温 変 化 が 少 なく 最 高 で 30 前 後 最 低 で 20 前 後 である 降 水 量 も 多 く 年 間 750~1,500mm で 冬 期 に 多 く 夏 期 に 少 ない 植 生 の 種 類 に 富 み 各 種 の 果 物 を 産 し 海 岸 にはマングロ

18 ーブの 林 が 繁 茂 する 内 陸 部 では 稲 作 も 盛 んに 行 われている もう 一 つの 家 族 愛 を 彷 彿 させるマコンデ 彫 刻 を 写 真 31 に 示 しておく 写 真 31 マコンデ 彫 刻 (2) マサイ 族 の 夫 婦 ( 高 さ 約 25 cm) 家 族 ( 高 さ 約 20 cm) 6 音 楽 好 き, 読 書 好 き これは 筆 者 の 思 い 込 みが 強 いかも 知 れないが このことはたまたま 街 の 売 店 で 購 入 し た2 体 の 彫 塑 像 ( 写 真 32)のあまりにもリアルな 表 情 からそのように 感 じていたし また 接 触 した 現 地 の 人 たちや 滞 在 したホテルで 毎 晩 のように 深 夜 まで 続 けられる 太 鼓 と 歌 声 の 騒 音 で 悩 まされた 経 験 からの 実 感 である また 現 地 の 小 学 生 の 教 科 書 を 見 せてもらったが 何 代 にもわたって 利 用 されたのか 繰 り 返 し 繰 り 返 して 読 まれたのか 分 からないが 擦 り 切 れたページの 様 子 からタンザニ アの 人 たちは 読 書 好 きではないかと 思 った 一 方 右 の 写 真 は 一 種 の 親 指 ピアノともいうべきもので 現 地 ではカリンバとかイリ ンバと 呼 ばれ その 他 にも 多 くの 呼 び 名 がある 金 属 の 棒 を 木 の 箱 などにとめ 親 指 で はじくだけのシンプルな 構 造 の 楽 器 で 左 右 の 親 指 で 金 属 棒 をはじいてでる 透 明 な 音 で ある これはタンザニアやジンバブエをはじめ サハラ 以 南 のアフリカの 多 くの 国 で 愛

19 用 されている なおオルゴールはこれからヒントを 得 てつくられたともいわれている 小 さくて 持 ち 運 びに 便 利 なので 畑 仕 事 の 合 間 や 日 常 の 中 でも 大 人 が 個 人 の 楽 しみとし て 弾 くことがおおい 写 真 32 読 書 と 楽 器 を 楽 しむ ( 高 さはいずれも 約 15 cm) この 地 で 聞 く 太 鼓 を 主 体 とする 激 しいリズムと こ の 楽 器 で 奏 でられる 物 静 かな 響 きとの 整 合 性 が 理 解 し にくいが それぞれのベースの 地 の 自 然 環 境 が 大 きく 影 響 していると 考 えてもよいように 思 われる すなわ 脚 注 ち 半 乾 燥 地 帯 のマサイ 高 原 ( 写 真 33)では 太 鼓 ) が 似 合 い 静 かなミオンボの 森 ではこのカリンバがよく マッチしているようである 写 真 33 半 乾 燥 気 候 のマサイ 高 原 脚 注 : 脚 注 :スワヒリ 語 で 太 鼓 のことをンゴマと 称 するが 同 時 に 伝 統 的 な 芸 能 音 楽 をも 指 している 乾 燥 しているところほど 良 い 音 が 出 るし それは 広 範 囲 に 広 がる

20 7 Jambo! な 人 たち 大 きな という 意 味 の 英 語 の Jumbo とは 異 なる スワヒリ 語 では 一 日 中 何 時 でもこ れが 挨 拶 言 葉 になる やー! や 時 と 場 合 によっては よしっ! がぴったりの 場 面 もありそうである 詳 しいことは 分 からないまま 筆 者 はこのような 気 持 ちの 時 に ジ ャンボ!の 言 葉 で 済 ませていたが 彼 らはそれを 受 け 入 れていたところをみると その ような 意 味 あいもあるのではないかという 気 がする また そらーっ! といった 気 合 を 入 れる 時 などに 手 っ 取 り 早 い 言 葉 として 勝 手 に 使 ったりしていたし それに 応 えて くれた とにかく 明 るく 素 直 な 人 たちである( 写 真 34) 写 真 34 観 測 施 設 建 設 の 協 力 者 たち 一 方 まじめで 仕 事 は 器 用 にこなす 村 にはそのよ うな 何 でも 屋 がいて 我 々の 仕 事 の 上 でも 観 測 施 設 などの 絵 を 書 き 目 的 を 説 明 してやると 殆 ど 支 障 なくつくりあげてくれた 最 後 にその 幾 つか の 例 を 紹 介 しておく( 写 真 35,36,37,38) 付 :タンザニアのキリスト 教 は 信 者 数 が 40%と 多 く 人 間 性 の 形 成 に 深 く 関 わっ ている( 原 画 は 現 地 で 入 手 したもの)

21 流 出 率 の 観 測 施 設 ( 写 真 35) 傾 斜 植 生 の 有 無 土 質 を 変 えて 複 数 個 所 に 設 置 コ ンクリートブロックを 含 め て 全 部 手 作 り 傾 斜 植 生 の 有 無 土 質 を 変 えて 複 数 個 所 に 設 置 コ ンクリートブロックを 含 め て 全 部 手 作 り すべて 表 面 積 は 16m 2 に 統 一 末 端 部 に 流 亡 土 砂 用 の トラップを 付 設 コテを 使 っているのが 器 用 な 現 地 の 何 でも 屋 降 雨 実 験

22 地 下 水 位 観 測 孔 の 建 設 ( 写 真 36) 堰 の 建 設 ( 写 真 37) 測 量 ( 写 真 38)

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦 第 1 章 三 浦 市 のすがた 城 ヶ 島 と 三 崎 港 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 市 全 景 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 海 岸 ( 三 浦 市 所 有 ) 江 奈 湾 と 劒 崎 灯 台 ( 三 浦 市 所 有 ) - 1 - 1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦

More information

森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2

森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2 第 3 回 [ミネラルウォーターに 関 する 税 ] 検 討 会 2005.11.15 森 林 の 水 源 涵 養 機 能 森 林 と 地 下 水 の 関 係 を 中 心 に 東 京 農 業 大 学 太 田 猛 彦 1 森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8> 東 大 谷 川 水 系 河 川 整 備 基 本 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 第 1 河 川 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 1 1 河 川 及 び 流 域 の 現 状 1 (1) 河 川 及 び 流 域 の 概 要 1 (2) 治 水 事 業 の 沿 革 と 現 状 1 (3) 河 川 の 利 用 及 び 住 民 との 関 わり 2 (4)

More information

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て 河 辺 い き も の の 森 の 植 物 そ の 3 樹 の 花 河 辺 い き も の の 森 に は 約 100 種 類 の 樹 木 が 生 育 し て い る 整 備 さ れ る 以 前 の 森 は そ の 見 か け 上 の 違 い か ら ケ ヤ キ 林 コ ナ ラ 林 ア ラ カ シ 林 ス ギ 林 竹 林 の 5 種 類 の 林 か ら 成 り 立 つ と さ れ て い た が 手

More information

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい Ⅱ 麦 栽 培 技 術 1 ほ 場 の 準 備 麦 類 は 元 来 乾 燥 した 気 候 に 適 した 畑 作 物 であるため 転 換 畑 では 栽 培 期 間 を 通 して 湿 害 が 最 大 の 減 収 要 因 である したがって 地 表 水 の 排 除 透 水 性 改 善 地 下 水 位 低 下 等 の 排 水 対 策 は 麦 類 の 安 定 栽 培 における 必 須 要 件 であり 前 述

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

2. 摘 花 の 実 施 早 期 の 摘 花 摘 果 は 良 好 な 果 実 肥 大 や 翌 年 の 花 芽 確 保 の た め に ま た 適 正 樹 勢 の 維 持 の た め に 重 要 な 作 業 と な る 仕 上 げ 摘 果 を 満 開 30 日 後 ま で に 終 了 す る こ と

2. 摘 花 の 実 施 早 期 の 摘 花 摘 果 は 良 好 な 果 実 肥 大 や 翌 年 の 花 芽 確 保 の た め に ま た 適 正 樹 勢 の 維 持 の た め に 重 要 な 作 業 と な る 仕 上 げ 摘 果 を 満 開 30 日 後 ま で に 終 了 す る こ と 5 月 の 栽 培 管 理 リ ン ゴ 平 成 28 年 4 月 28 日 ふ じ の 生 育 状 況 < 県 南 部 ( 果 樹 試 験 場 本 場 ) > 注 発 芽 始 め ( 確 定 ) 4 月 1 日 ( 平 年 1 : 4 月 9 日 平 年 - 8 日 ) 展 葉 ( 確 定 ) 4 月 13 日 ( 平 年 : 4 月 20 日 平 年 - 7 日 ) 開 花 始 め ( 予 測 )

More information

緩急接続

緩急接続 第 4 章 案 内 緩 急 接 続 の 旅 客 案 内 の 差 異 文 学 部 3 回 生 笹 木 高 史 1. はじめに 本 稿 ではまた 尐 し 違 った 側 面 から 案 内 を 考 えていこうと 思 う ここでは 民 鉄 における 緩 急 接 続 が 利 用 者 にどのように 案 内 されているか まず 関 東 の 大 手 民 鉄 のうち 小 田 急 東 急 西 武 東 京 メトロを 例 にとって

More information

◆安全と安心

◆安全と安心 第 6 章 地 域 別 の 環 境 配 慮 宇 土 市 を 分 割 した7 地 区 について,それぞれの 特 性 を 踏 まえた 計 画 の 方 向 性 について, 地 域 別 の 環 境 配 慮 指 針 として 明 らかにします なお, 地 区 区 分 は 上 位 計 画 である 宇 土 市 総 合 計 画 や 関 連 計 画 である 宇 土 市 都 市 計 画 マス タープラン * の 考 え

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63> 生 ごみ 資 源 化 に 関 する 提 案 資 料 2-4-1 東 京 農 業 大 学 後 藤 逸 男 Ⅰ. 生 ごみの 資 源 化 に 関 する 基 本 原 則 1. 資 源 化 方 法 : 生 ごみの 資 源 化 方 法 には 肥 料 化 ( 厳 密 には 堆 肥 化 と 肥 料 化 に 区 別 すべき) 飼 料 化 エネルギー 化 炭 化 などがある いずれも 設 備 に 多 額 の 経 費

More information

H12 正

H12 正 平 成 26 年 度 県 内 優 良 果 樹 技 術 経 営 事 例 第 16 回 全 国 果 樹 技 術 経 営 コンクール 全 国 果 樹 研 究 連 合 会 会 長 賞 受 賞 者 鳥 取 西 部 農 業 協 同 組 合 米 子 梨 果 実 部 長 谷 川 彰 一 氏 長 谷 川 美 保 子 氏 1. 推 薦 要 旨 長 谷 川 彰 一 氏 は 大 山 山 系 である 孝 霊 山 の 麓 という

More information

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢 . 月 刊 公 論 八 重 樫 尚 弥 熱 解 説 N P O 法 デ 理 務 政 次 越 頂 役 所 属 エ DeN A 奈 県 民 市 民 愛 程 牧 元 集 ネ デ ョ 親 頂 好 若 観 頂 観 ビ 観 迫 魅 小 観 際 ほ 興 味 坂 輔 愛 猛 騒 ぎ 根 性 基 異 政 次 氏 ( 解 説 ) 7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

小学校理科の観察,実験の手引き 第3学年B(3) 太陽と地面の様子

小学校理科の観察,実験の手引き 第3学年B(3) 太陽と地面の様子 学 年 B() 太 陽 と 地 面 の 様 子 全 10 間 学 年 1 単 元 のねらい ここでは, 太 陽 と 地 面 の 様 子 について 興 味 関 心 をもって 追 究 する 活 動 を 通 して, 日 陰 の 位 置 の 変 化 と 太 陽 の 動 きと を 関 係 付 けたり, 日 なたと 日 陰 の 地 面 の 様 子 の 違 いを 比 較 したりする 能 力 を 育 てるとともに,それらについての

More information

ご 挨 拶 一 般 社 団 法 人 北 海 道 電 気 管 理 技 術 者 協 会 会 長 奥 山 求 当 協 会 創 立 49 年 ならび 法 人 化 32 年 年 を 迎 えことできまた 謹 ん でご 挨 拶 を 申 あげます 昭 和 40 年 11 月 20 日 北 海 道 電 気 設 備 管

ご 挨 拶 一 般 社 団 法 人 北 海 道 電 気 管 理 技 術 者 協 会 会 長 奥 山 求 当 協 会 創 立 49 年 ならび 法 人 化 32 年 年 を 迎 えことできまた 謹 ん でご 挨 拶 を 申 あげます 昭 和 40 年 11 月 20 日 北 海 道 電 気 設 備 管 北 海 道 大 地 立 つ 巨 達 北 海 道 大 地 立 つ 巨 達 北 海 道 日 本 列 島 なかでも 亜 寒 帯 属 風 雪 厳 冬 期 を 含 め 四 季 変 化 富 んだ 豊 かな 土 壌 お 陰 で 日 本 食 料 基 地 とも 言 われます そ 緑 大 地 7 割 を 森 林 占 めます 森 林 開 拓 時 代 伐 採 戦 後 復 興 材 木 需 要 乱 伐 を 免 れた 巨 木 点

More information

津 市 新 最 終 処 分 場 建 設 候 補 地 申 請 概 要 調 書 1( 申 請 書 の 内 容 ) M-1 申 請 者 自 治 会 名 等 代 表 者 住 所 代 表 者 氏 名 下 之 川 自 治 会 連 合 会 津 市 美 杉 町 下 之 川 1883 下 之 川 区 長 脇 谷 茂

津 市 新 最 終 処 分 場 建 設 候 補 地 申 請 概 要 調 書 1( 申 請 書 の 内 容 ) M-1 申 請 者 自 治 会 名 等 代 表 者 住 所 代 表 者 氏 名 下 之 川 自 治 会 連 合 会 津 市 美 杉 町 下 之 川 1883 下 之 川 区 長 脇 谷 茂 資 料 6 津 市 新 最 終 処 分 場 応 募 候 補 地 概 要 調 書 概 要 調 書 1 申 請 書 の 内 容 概 要 調 書 2 調 査 状 況 等 M-1 M-2 H-1 H-2 申 請 地 美 杉 町 下 之 川 字 高 山 西 狭 間 地 内 美 杉 町 下 之 川 字 大 原 地 内 白 山 町 垣 内 字 峯 山 地 内 白 山 町 垣 内 字 南 布 引 地 内 申 請 者

More information

北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概 要 ( 市 町 村 数 は H18.4.1 現 在 ) 項 目 諸 元 備 考 流 路 延 長 85km 全 国 60 位 流 域 面 積 6

北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概 要 ( 市 町 村 数 は H18.4.1 現 在 ) 項 目 諸 元 備 考 流 路 延 長 85km 全 国 60 位 流 域 面 積 6 甲 66 号 証 国 土 交 通 省 のホームページより 入 手 した 近 隣 の 各 水 系 の 主 要 洪 水 の 概 要 ( 富 山 県 ) 黒 部 川 常 願 寺 川 神 通 川 小 矢 部 川 ( 石 川 県 ) 梯 川 手 取 川 北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概

More information

概要版

概要版 3 調 査 結 果 1 千 葉 県 の 魅 力 (1) 千 葉 県 への 愛 着 や 誇 り 千 葉 県 に 愛 着 や 誇 りを 感 じている かどうかについて 聞 いたところ 愛 着 や 誇 りを 感 じている (31.7%)と どちらかといえば 愛 着 や 誇 りを 感 じている (48.1%)を 合 わせた 感 じている 計 (79.8%)の 割 合 は 約 8 割 となっている 一 方 で

More information

Microsoft PowerPoint - 100302_第1回委員会資料ver16.ppt

Microsoft PowerPoint - 100302_第1回委員会資料ver16.ppt 第 1 回 委 員 会 資 料 -5 桂 川 下 流 圏 域 河 川 整 備 計 画 検 討 委 員 会 第 1 回 資 料 ( 河 川 及 び 圏 域 の 概 要 ) 平 成 22 年 3 月 3 日 有 栖 川 ( 大 覚 寺 付 近 ) 京 都 府 建 設 交 通 部 河 川 課 京 都 土 木 事 務 所 乙 訓 土 木 事 務 所 目 次 瀬 戸 川 起 点 付 近 小 泉 川 有 栖 川

More information

漁 獲 の 不 良 が 続 く 漁 場 が 顕 在 化 してきた 特 に, 三 国 川 合 流 点 より 下 流 側 で 大 きく 減 少 し, 上 流 側 と 比 較 して 減 少 の 程 度 が 著 し い( 図 ) 河 川 生 態 系 は, 様 々な 要 因 の 複 雑 な 相 互 作 用 に

漁 獲 の 不 良 が 続 く 漁 場 が 顕 在 化 してきた 特 に, 三 国 川 合 流 点 より 下 流 側 で 大 きく 減 少 し, 上 流 側 と 比 較 して 減 少 の 程 度 が 著 し い( 図 ) 河 川 生 態 系 は, 様 々な 要 因 の 複 雑 な 相 互 作 用 に -- 魚 野 川 におけるアユ 不 振 原 因 の 解 明 伊 藤 陽 人 小 池 利 通 樋 口 正 仁 野 上 泰 宏 森 直 也 新 潟 県 内 水 面 水 産 試 験 場 要 旨 魚 野 川 では,アユ 種 苗 の 放 流 を 行 っているにも 関 わらずアユの 漁 獲 が 不 良 な 漁 場 が 顕 在 化 してい る このため,アユの 漁 獲 が 良 好 な 漁 場 と 不 良 な 漁

More information

【太陽の花】 江雪左文字+女審神者

【太陽の花】 江雪左文字+女審神者 太 陽 + ハ ロ ー ハ ロ ー ご ざ テ ョ 乱 舞 未 プ 民 前 別 別 意 地 根 性 喋 色 々 考 結 果 素 直 悩 過 ぎ 欝 病 発 症 系 苦 解 決 策 与 改 め 直 メ ー ジ 遠 知 ぁ 国 ゴ メ ナ サ 国 育 卉 農 家 皆 ゴ メ ナ サ 咲 ホ 季 節 表 ホ 万 歳 太 陽 + 茎 訊 名 前 輪 草 ゅ 名 知 度 私 漢 判 易 輪 草 草 紛 意 味

More information

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74>

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74> 資 料 2 かんがい 排 水 事 業 南 酒 出 地 区 1. 第 二 次 評 価 対 象 地 区 となった 要 因 ウ-1 工 期 の 著 しい 変 更 計 画 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 16 年 度 実 施 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 23 年 度 完 成 予 定 : 平 成 23 年 度 平 成 20 年 度 までの 進 捗 率 ( 事 業 費 ベース):94.7%

More information

艦これ世界にやってきた ID:90520

艦これ世界にやってきた ID:90520 零 注 意 項 P D F フ ァ ハ 掲 品 自 動 的 P D F 化 小 説 ハ 運 営 断 P D F フ ァ 及 び 品 引 範 囲 超 形 改 変 再 配 布 販 売 禁 怪 エ 手 引 般 話 不 定 期 更 新 ネ タ 浮 投 稿 次 第 話 第 話 8 第 話 ω ` ) へ テ キ ビ ス 飲 落 着 欲 済 仏 顔 謝 許 私 怪 エ 君 葉 表 み 感 殺 伐 気 持 忘 欲

More information

表 14-3-1 農 業 農 村 整 備 事 業 等 に 係 る 事 前 評 価 の 結 果 一 覧 事 業 名 経 営 体 育 成 基 盤 整 備 事 業 予 算 科 目 経 営 体 育 成 基 盤 整 備 事 業 費 補 助 事 業 の 主 な 目 的 将 来 の 地 域 農 業 を 担 う 経 営 体 を 育 成 しながら 地 域 農 業 の 展 開 方 向 等 を 勘 案 して 必 要 となる

More information

1. 本 報 告 の 位 置 付 け 本 報 告 は, 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 伴 う 土 砂 災 害 および 構 造 物 被 害 ( 特 に 橋 梁 )について 調 査 した 結 果 を 報 告 するものである.また, 調 査 によって 得 られた 事 実 に 基 づいて 工 学 的

1. 本 報 告 の 位 置 付 け 本 報 告 は, 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 伴 う 土 砂 災 害 および 構 造 物 被 害 ( 特 に 橋 梁 )について 調 査 した 結 果 を 報 告 するものである.また, 調 査 によって 得 られた 事 実 に 基 づいて 工 学 的 平 成 28 年 6 月 3 日 公 開 平 成 28 年 6 月 7 日 修 正 平 成 28 年 熊 本 地 震 調 査 報 告 書 ( 速 報 ) ~ 東 北 大 学 災 害 科 学 国 際 研 究 所 構 造 物 土 砂 災 害 調 査 チーム~ < 調 査 対 象 > 土 砂 災 害 地 盤 災 害 構 造 物 被 害 など < 調 査 対 象 地 域 > 熊 本 県 阿 蘇 郡 南 阿

More information

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ 特 集 緑 の カ ー テ ン 最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ っ た り と 張 り 付 い て 競 い 合 う よ う に 天

More information

nontravel_0519.indd

nontravel_0519.indd 目 次 序 章 第 章 魅 惑 ネ レ ポ 29 ネ 30 脱 パ 女 世 始 秘 境 惑 星 ぞ 夜 道 故 障 動 ず ソ ロ 踊 伝 統 舞 踊 挑 戦 ョ グ カ 年 越 爆 竹 花 火 死 危 険 ボ ロ ブ ゥ 遺 跡 初 詣 ゃ ぶ 東 南 悲 劇 カ 交 通 事 情 世 渋 滞 ぼ S O S レ & ポ 85 ョ ホ 親 友 訪 ね ポ 建 築 競 争 東 南 建 築 家 腕 試

More information

untitled

untitled 第 64 号 平 24 10 31 翌 桧 2 (ウェブ 宮 殿 ) 1 御 嶽 登 ( 頂 ) 2 能 機 械 2 夏 例 暑 続 彼 岸 晩 肌 寒 秋 翌 桧 昨 妻 副 訳 振 供 保 育 園 園 保 護 者 妻 保 護 者 色 制 舎 監 母 守 趣 ポ ツ ク ブ ソ ボ サ ク ブ 六 彼 ピ 襲 ナ 団 色 違 付 授 等 視 拡 ヒ 第 福 島 駅 伝 A ム 算 五 度 優 勝

More information

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ )

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ ) 知 多 理 科 同 好 会 広 報 部 会 報 第 29 号 平 成 23 年 11 月 18 日 流 星 今 か ら 1 0 年 前, 2 0 0 1 年 1 1 月 小 学 生 2 年 生 の 息 子 と と も に 夜 中 に 起 き 出 し て, 庭 に シ ー ト を 引 き, 東 の 空 を 見 て い た こ と が あ り ま す 一 つ の 寝 袋 に 二 人 で 潜 り 込 ん

More information

Microsoft Word - No13.doc

Microsoft Word - No13.doc 海 外 と の 日 本 文 化 日 本 文 学 交 流 史 展 望 伊 井 春 樹 ( 国 文 学 研 究 資 料 館 ) 1 海 外 と の 交 流 始 発 中 国 か ら 日 本 に 文 字 が も た ら さ れ た の は 三 世 紀 か ら 五 世 紀 の 頃 6 世 紀 に な る と 仏 教 も 伝 来 し そ れ ま で の 自 然 崇 拝 と し て 形 成 さ れ て い た 神

More information

檜皮の確保と檜皮採取者の育成

檜皮の確保と檜皮採取者の育成 檜 皮 の 確 保 と 檜 皮 採 取 者 の 育 成 岡 山 理 科 大 学 江 面 嗣 人 1.はじめに 文 化 財 建 造 物 の 檜 皮 葺 の 建 物 は 現 在 788 棟 ( 平 成 19 年 末 現 在 )が 国 の 重 要 文 化 財 に 指 定 されている これは 指 定 された 重 要 文 化 財 建 造 物 の 約 18.8パーセントにあたり 重 要 文 化 財 建 造 物

More information

(2) 観 光 戦 略 策 定 の 視 点 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 の 策 定 にあたっては 以 下 のような 戦 略 策 定 の 視 点 を 持 って あらためて 酒 田 市 の 観 光 資 源 を 見 直 し 資 源 特 性 を 洗 い 出 すとともに 資 源 の 再 編 集

(2) 観 光 戦 略 策 定 の 視 点 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 の 策 定 にあたっては 以 下 のような 戦 略 策 定 の 視 点 を 持 って あらためて 酒 田 市 の 観 光 資 源 を 見 直 し 資 源 特 性 を 洗 い 出 すとともに 資 源 の 再 編 集 第 3 章 酒 田 市 中 長 期 観 光 戦 略 ( 新 酒 田 物 語 ) 前 章 の 酒 田 市 の 観 光 の 現 状 と 課 題 SWOT 分 析 等 を 受 けて あらためて 酒 田 市 の 観 光 における 課 題 を 整 理 し 課 題 に 対 応 した 戦 略 とするため 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 を 策 定 する (1) 酒 田 市 の 観 光 の 課 題 整

More information

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し 上 毛 かるたのこれから 更 なる 発 展 に 向 けて 田 島 広 大 1.はじめに 私 が 住 む 群 馬 県 には 全 国 に 誇 ることのできる 上 毛 かるた がある 上 毛 かるたは 多 くの 県 民 に 認 知 され 親 しまれている 私 自 身 も 群 馬 で 生 まれ 育 ち 地 域 の 子 ども 会 を 通 じて 上 毛 かるたで 遊 んできた 上 毛 かるたを 通 じて 群 馬

More information

家 庭 訪 問 ACB 住 旅 満 足! 向 大 阪 R 不 動 産 社 発 行 自 分 住 欲 仕 事 場 ACB ACB issue 16 家 庭 訪 問 住 02 男 性 暮 場 合 D 大 阪 市 西 区 住 大 阪 含 都 心 部 単 身 世 帯 急 増 向 住 宅 件 男 女 選

家 庭 訪 問 ACB 住 旅 満 足! 向 大 阪 R 不 動 産 社 発 行 自 分 住 欲 仕 事 場 ACB ACB issue 16 家 庭 訪 問 住 02 男 性 暮 場 合 D 大 阪 市 西 区 住 大 阪 含 都 心 部 単 身 世 帯 急 増 向 住 宅 件 男 女 選 www.a-crafts.co.jp 家 庭 訪 問 住 大 阪 R 不 動 産 業 務 日 誌 / 物 件 連 載 住 輪 街! O S A K A W O W!! 1 6 家 庭 訪 問 ACB 住 旅 満 足! 向 大 阪 R 不 動 産 社 発 行 自 分 住 欲 仕 事 場 ACB ACB issue 16 家 庭 訪 問 住 02 男 性 暮 場 合 D 家 @ 大 阪 市 西 区 住

More information

恵泉女学園大学 園芸文化研究所報告

恵泉女学園大学 園芸文化研究所報告 恵 泉 樹 の 文 化 史 (1) アジサイ 宮 内 泰 之 ( 園 芸 短 期 大 学 ) アジサイといえば 梅 雨 の 時 期 に 花 を 咲 かせる 代 表 的 な 樹 木 である 梅 雨 の 時 期 には 伊 勢 原 キャンパスでもあちこちで 花 を 咲 かせている ところで このアジサイの 種 子 を 見 たことがある 方 はどれほどいるだろうか おそらく ほとんどの 方 は 見 たことがないと

More information

葉 を 実 感 する 日 々が 続 いています 事 実 活 動 開 始 から2ヶ 月 で 眼 科 巡 回 検 診 は13 回 に 上 りました 巡 回 検 診 は 主 に 交 通 手 段 の 乏 しい 遠 方 の 村 々で 行 われ 活 動 は 全 て 手 作 りです 約 1900 人 の 方 が

葉 を 実 感 する 日 々が 続 いています 事 実 活 動 開 始 から2ヶ 月 で 眼 科 巡 回 検 診 は13 回 に 上 りました 巡 回 検 診 は 主 に 交 通 手 段 の 乏 しい 遠 方 の 村 々で 行 われ 活 動 は 全 て 手 作 りです 約 1900 人 の 方 が スリランカ トリンコマレー 県 の 眼 科 支 援 事 業 医 師 菊 地 真 紀 子 派 遣 地 域 :スリランカ 派 遣 期 間 :2005 年 11 月 ~2006 年 2 月 2004 年 12 月 26 日 インドネシアスマトラ 沖 で 発 生 した 大 津 波 はインド 洋 に 浮 かぶ 島 ここスリランカにも 甚 大 な 被 害 をもたらしました 東 部 海 岸 地 域 に 位 置 するトリンコマレー

More information

付 属 資 料 1. 事 業 事 前 評 価 表 ( 開 発 調 査 ) 2. 実 施 細 則 (S/W)( 和 文 中 文 ) 付 属 資 料 1 事 業 事 前 評 価 表 ( 開 発 調 査 ) 1. 案 件 名 首 都 周 辺 風 砂 被 害 地 域 植 生 回 復 モデル 計 画 調 査 2. 協 力 概 要 (1) 事 業 の 目 的 本 事 業 の 目 的 は 北 京 や 天 津 周

More information

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc 2006.4.29 台 湾 における 憲 法 と 市 民 社 会 陳 志 明 本 報 告 では まず 台 湾 における 憲 法 の 変 遷 とその 歴 史 的 社 会 的 背 景 をたどった 上 で 憲 法 と 市 民 社 会 との 関 わり そして 東 アジア 規 模 での 課 題 について 考 える Ⅰ 蒋 介 石 蒋 経 国 政 権 期 1. 中 華 民 国 憲 法 の 制 定 台 湾 の 憲

More information

1959 ( 昭 34) 9.23~ 26 台 風 第 15 号 ( 伊 勢 湾 台 風 ) 1960 低 気 圧 と 前 ( 昭 35) 線 10.6~ 7 梅 雨 前 線 ( 昭 和 36 年 梅 1961 雨 前 線 豪 雨 ) ( 昭 36) 6.24~ 29 南 部 台 風 第 15 号

1959 ( 昭 34) 9.23~ 26 台 風 第 15 号 ( 伊 勢 湾 台 風 ) 1960 低 気 圧 と 前 ( 昭 35) 線 10.6~ 7 梅 雨 前 線 ( 昭 和 36 年 梅 1961 雨 前 線 豪 雨 ) ( 昭 36) 6.24~ 29 南 部 台 風 第 15 号 三 重 県 における 戦 後 の 主 な 気 象 災 害 主 な 被 害 発 生 年 月 日 要 因 主 な 被 害 地 域 概 況 死 者 行 方 不 明 者 ( 名 ) 負 傷 者 ( 名 ) 住 宅 全 壊 流 出 ( 棟 ) 住 宅 半 壊 一 部 破 損 ( 棟 ) 床 上 浸 1987 年 水 ( 棟 ) までは 住 家 半 壊 の み 床 下 浸 水 ( 棟 ) 台 風 第 28 号

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

5 視 察 報 告 5 月 10 日 ( 月 ) 千 歳 市 ( 人 口 :92,393 人 面 積 :594.95km 2 ) 千 歳 市 は 北 海 道 の 中 南 部 に 位 置 し 日 本 海 と 太 平 洋 の 間 に 広 がる 広 大 な 石 狩 平 野 の 南 端 の 地 域 であり

5 視 察 報 告 5 月 10 日 ( 月 ) 千 歳 市 ( 人 口 :92,393 人 面 積 :594.95km 2 ) 千 歳 市 は 北 海 道 の 中 南 部 に 位 置 し 日 本 海 と 太 平 洋 の 間 に 広 がる 広 大 な 石 狩 平 野 の 南 端 の 地 域 であり 平 成 22 年 度 総 務 常 任 委 員 会 県 外 行 政 視 察 報 告 書 1 期 日 : 平 成 22 年 5 月 10 日 ( 月 )~5 月 12 日 ( 水 ) 2 視 察 地 : 北 海 道 千 歳 市 5 月 10 日 北 海 道 苫 小 牧 市 5 月 11 日 北 海 道 札 幌 市 5 月 12 日 3 視 察 者 総 務 常 任 委 員 会 委 員 長 平 山 五 郎

More information

天 塩 山 地 中 東 央 部 火 凹 山 地 地 域 夕 張 山 石 地 狩 0~40 m 低 40~100 m 地 勇 100~200 m 払 200 m 以 上 低 地

天 塩 山 地 中 東 央 部 火 凹 山 地 地 域 夕 張 山 石 地 狩 0~40 m 低 40~100 m 地 勇 100~200 m 払 200 m 以 上 低 地 天 塩 山 地 中 東 央 部 火 凹 山 地 地 域 夕 張 山 石 地 狩 0~40 m 低 40~100 m 地 勇 100~200 m 払 200 m 以 上 低 地 降 水 量 (mm) 降 水 量 (mm) 降 水 量 (mm) 250.0 200.0 150.0 100.0 50.0 0.0 250.0 200.0 150.0 100.0 50.0 0.0 250.0 200.0

More information

外 部 からの 異 変 発 見 活 動 安 否 確 認 声 かけ イベントの 実 施 圏 域 ( 町 会 ) 鷺 宮 (D-2) 見 守 り 支 えあい 名 簿 の 提 供 有 当 町 会 は 平 成 23 年 度 の 第 1 回 見 守 り 対 象 者 名 簿 の 提 供 を 希 望 された21の

外 部 からの 異 変 発 見 活 動 安 否 確 認 声 かけ イベントの 実 施 圏 域 ( 町 会 ) 鷺 宮 (D-2) 見 守 り 支 えあい 名 簿 の 提 供 有 当 町 会 は 平 成 23 年 度 の 第 1 回 見 守 り 対 象 者 名 簿 の 提 供 を 希 望 された21の 外 部 からの 異 変 発 見 活 動 安 否 確 認 声 かけ イベントの 実 施 町 会 活 動 を 利 用 した 活 動 地 域 情 報 の 把 握 困 りごと 相 談 町 会 自 治 会 ( 地 区 ) 鷺 宮 (D-1) 見 守 り 支 えあい 名 簿 の 提 供 有 当 自 治 会 では 高 齢 者 の 問 題 に 対 応 するために 平 成 10 年 4 月 に 助 け 合 いネットワー

More information

行政機関ガイド北海道(防衛省)

行政機関ガイド北海道(防衛省) 防 衛 省 陸 上 自 衛 隊 北 部 方 面 隊 ( 北 部 方 面 総 監 部 ) 064-8510 札 幌 市 中 央 区 南 26 条 西 10 丁 目 ( 札 幌 駐 屯 地 ) TEL (011)511-7116 ( 下 部 機 関 ) 第 2 師 団 司 令 部 070-8630 旭 川 市 春 光 町 国 有 無 番 地 ( 旭 川 駐 屯 地 ) TEL (0166)51-6111

More information

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ 畜 産 経 営 の 法 人 化 - 合 同 会 社 という 新 たな 会 社 形 態 - 日 本 政 策 金 融 公 庫 農 林 水 産 事 業 本 部 情 報 戦 略 部 技 術 情 報 担 当 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法

More information

人 々は 十 分 な 水 道 施 設 がないため 夏 場 の 日 照 り 干 ばつなどに 悩 まされ 飲 み 水 の 確 保 に 苦 労 していた 4. 戦 後 ~ 復 帰 前 の 県 民 のくらしと 水 道 (1) 戦 後 の 水 道 供 給 体 制 戦 争 によって 灰 じんに 帰 し 戦 後

人 々は 十 分 な 水 道 施 設 がないため 夏 場 の 日 照 り 干 ばつなどに 悩 まされ 飲 み 水 の 確 保 に 苦 労 していた 4. 戦 後 ~ 復 帰 前 の 県 民 のくらしと 水 道 (1) 戦 後 の 水 道 供 給 体 制 戦 争 によって 灰 じんに 帰 し 戦 後 沖 縄 の 水 資 源 開 発 がもたらしたもの ~ 県 民 のくらしと 水 道 ~ 中 村 正 秀 沖 縄 県 企 業 局 建 設 計 画 課 計 画 調 整 監 NAKAMURA Masahide 1.はじめに 水 資 源 に 恵 まれない 沖 縄 県 は 永 年 の 間 水 の 確 保 に 苦 労 した 島 であった 沖 縄 本 島 における 水 資 源 開 発 がどのように 行 われていったか

More information

『チェリー・イングラム』

『チェリー・イングラム』 29 歳 画 像 提 供 プ 1 5 虚 弱 児 立 道 真 珠 婚 旅 転 機 ャ ポ ャ パ 造 涯 仕 脚 危 41 目 幻 滅 古 都 吉 山 京 タ フ ツ 刻 む 種 警 告 誕 75 穂 木 届 種 創 作 ベ 広 清 楚 淫 靡 太 白 偉 太 白 結 ぶ 縁 近 づ 軍 靴 音 117 歴 史 古 江 戸 染 井 吉 登 場 明 治 維 変 救 済 里 染 井 吉 批 判 太 平

More information

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 揮 帯 共 ふ 輪 広 担 ゆ ぎ 満 誰 気 軽 楽 自 由 集 指 次 重 標 広 護 90 号

More information

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通 ー 12 ー 続 平 敏 回 私 猫 参 姿 夢 ン テ ク ス 語 変 哲 笑 背 必 応 転 化 構 回 特 問 騒 ぎ 座 被 頁 図 版 参 照 命 高 等 校 科 副 有 名 筆 小 頃 駄 菓 屋 瓶 入 ー ラ ス プ ラ イ 必 置 店 頭 豪 快 ラ ッ パ 飲 友 ゃ 差 飲 口 冷 汗 再 ジ ュ ー ス 瓶 終 割 公 園 遊 遊 具 穴 起 合 下 半 身 焦 燥 自 可

More information

出 席 報 告 本 日 10 月 18 日 会 員 数 47 名 出 席 者 26 名 出 席 率 68.4% 前 々 回 9 月 27 日 会 員 数 48 名 修 正 出 席 者 48 名 出 席 率 100.00% MAKE-UP 加 納 基 宏 会 員 高 砂 青 松 RC 10 月 9 日

出 席 報 告 本 日 10 月 18 日 会 員 数 47 名 出 席 者 26 名 出 席 率 68.4% 前 々 回 9 月 27 日 会 員 数 48 名 修 正 出 席 者 48 名 出 席 率 100.00% MAKE-UP 加 納 基 宏 会 員 高 砂 青 松 RC 10 月 9 日 14 クラブ 会 長 方 針 目 標 親 睦 を 深 め 会 員 ご 家 族 とのお 付 き 合 い ロータリークラブを 今 一 度 考 えなおし 各 委 員 会 活 動 への 理 解 を 得 る ロータリークラブの 地 域 へのアピール 例 会 記 録 (2013.10.18( 金 )) 通 算 2,961 回 開 会 唱 歌 ロータリーソング( 我 等 の 生 業 ) 四 つのテスト 唱 和 来

More information

議 事 4 意 見 交 換 発 言 要 旨 事 務 局 資 料 明 戴 経 緯, 市 考 え 方 明, 内 容 い 質 問 意 見 戴, 意 見 交 換 入 い ン いう ワ 自 体, 通 常 園 都 市 直 訳 い わ 住 宅 政 策 回 対 象 考 え い 地 域 い, 新 ュ ウン 作 住 宅

議 事 4 意 見 交 換 発 言 要 旨 事 務 局 資 料 明 戴 経 緯, 市 考 え 方 明, 内 容 い 質 問 意 見 戴, 意 見 交 換 入 い ン いう ワ 自 体, 通 常 園 都 市 直 訳 い わ 住 宅 政 策 回 対 象 考 え い 地 域 い, 新 ュ ウン 作 住 宅 第 1 回 ガー ンシ ィ 函 館 検 討 懇 話 会 会 議 録 開 催 日 時 日 木 ~ 開 催 場 所 函 館 市 役 所 階 大 会 議 室 出 席 者 委 員 木 村 委 員 長, 菊 池 委 員, 折 谷 委 員, 岡 委 員, 渡 辺 委 員, 松 崎 委 員, 齋 藤 委 員, 高 委 員, 立 委 員 次 第 開 会 函 館 開 建 設 部 路 計 課 坂 路 調 査 官 渡 島

More information

にも 影 響 がある 事 を 憂 慮 しなければならない (1) 額 段 縄 文 柴 犬 の 額 段 が 浅 いという 事 は 額 が 広 く 平 らであり 四 肢 や 体 形 の 隅 々にまで 深 く 関 連 する 別 に 言 い 換 えるなら 額 段 と 言 う 部 分 の 捉 え 方 は 他

にも 影 響 がある 事 を 憂 慮 しなければならない (1) 額 段 縄 文 柴 犬 の 額 段 が 浅 いという 事 は 額 が 広 く 平 らであり 四 肢 や 体 形 の 隅 々にまで 深 く 関 連 する 別 に 言 い 換 えるなら 額 段 と 言 う 部 分 の 捉 え 方 は 他 縄 文 柴 犬 審 査 基 準 JSRC 縄 文 柴 犬 研 究 センター 2009.04 1. 縄 文 柴 犬 とその 保 存 縄 文 柴 犬 の 歴 史 は 日 本 文 化 の 歴 史 に 深 く 関 わり 凡 そ1 万 年 前 の 縄 文 時 代 には 単 なる 家 畜 としての 役 割 だけでなく 家 族 の 一 員 仲 間 として 共 に 移 動 しながら 生 活 をして いたと 推 測

More information

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願 8 夢 火 翌 敗 工 場 閉 鎖 制 放 験 由 色 掃 授 業 定 徒 等 専 門 野 定 勉 強 深 有 志 誕 装 備 料 グ 単 独 般 皆 南 央 跋 渉 尽 足 袋 3 級 縦 走 冬 単 極 必 研 究 併 慣 習 果 然 系 専 門 誌 例 雑 誌 採 飼 育 発 誇 積 極 性 道 研 究 仲 朝 勝 級 敬 称 彼 京 都 合 組 織 コ ズ 草 存 告 書 松 編 ワ ズ 紀

More information

<967B8E5292AC95B689BB8DE08E6A90D58A E786C73>

<967B8E5292AC95B689BB8DE08E6A90D58A E786C73> 1 長 徳 寺 跡 長 徳 寺 は 久 安 5 年 (1149) 吾 橋 庄 に 創 建 と 伝 えられる 吾 橋 庄 は を 中 心 に 汗 見 川 の 流 域 に 広 がる 領 主 頼 則 盛 政 らが 開 発 した 荘 園 で 長 徳 寺 はその 菩 提 寺 長 徳 寺 跡 は 河 岸 段 丘 状 の 緩 傾 斜 地 であり 北 に 山 を 背 負 い 日 当 たりも 良 く 南 西 方 は

More information

安 倍 政 権 の 法 人 税 減 税 は 今 回 の 法 人 税 減 税 だけではありません 思 い 出 してください 昨 年 個 人 の 負 担 すなわち 復 興 特 別 所 得 税 は 残 したまま 復 興 特 別 法 人 税 だけを 前 倒 しで 廃 止 しており ここでも 6,453 億

安 倍 政 権 の 法 人 税 減 税 は 今 回 の 法 人 税 減 税 だけではありません 思 い 出 してください 昨 年 個 人 の 負 担 すなわち 復 興 特 別 所 得 税 は 残 したまま 復 興 特 別 法 人 税 だけを 前 倒 しで 廃 止 しており ここでも 6,453 億 平 成 27 年 3 月 25 日 所 得 税 法 等 改 正 案 民 主 党 新 緑 風 会 おだち 源 幸 はじめに 民 主 党 新 緑 風 会 のおだち 源 幸 です 会 派 を 代 表 して 所 得 税 法 等 改 正 案 について 質 問 を 致 します まず 数 字 をあげたいと 思 います 1,200 億 9,784 万 大 変 大 きな 数 字 ですが みなさん 何 の 数 字 かお

More information

程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野

程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野 臨 号.. 写 真 : 玄 7 各 程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野 辰 昇 谷 川 也 副 彦 坂 伸 川 7 作 谷 川 崇 谷 寿

More information

国営農地開発事業の概要

国営農地開発事業の概要 Ⅲ 大 邑 地 区 の 概 要 1 地 区 の 概 要 本 地 区 は 島 根 県 のほぼ 中 央 部 に 位 置 する 大 田 市 及 び 邑 智 郡 美 郷 町 にあり 東 には 標 高 1,126m の 三 瓶 山 西 に 808m の 大 江 高 山 があって これを 主 峰 とする 連 山 に 囲 まれていることから 平 担 地 に 乏 しく 全 体 の 80%が 山 林 原 野 で 耕

More information

青葉酒

青葉酒 ゅ ふ 懐 忘 不 意 過 ぎ 去 間 切 押 寄 居 屋 夜 受 現 実 世 界 へ 引 戻 酔 忘 頭 理 不 尽 司 笑 来 間 解 決 待 抱 夜 街 歩 軒 寄 帰 探 路 地 少 看 板 掲 げ B a r 字 面 涼 身 体 々 茂 初 夏 吹 抜 吹 足 踏 扉 開 途 端 爽 鼻 び 腔 抜 ふ 甘 酸 ぱ 回 ゃ 席 脚 長 拭 ふ 促 飴 色 カ ウ タ 席 腰 決 声 メ ニ

More information

マルク・テンペ1

マルク・テンペ1 Domaine Marc Tempé 現 地 でも 日 本 国 内 でも 絶 大 評 価 のビオディナミスト ジャポン 大 好 き 陽 気 でタフな 巨 人 の 繊 細 な 造 り 定 番 商 品 に 加 え 見 逃 せない 超 レアキュヴェも 随 時 リリース アルザス 地 方 ドメーヌ マルク テンペ 2004 年 東 京 渋 谷 の 小 さなオフィスにアルザスからサンプルが 届 きました それがマルク

More information

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震 No.168 / / 石 英 雄 栃 荒 2055 番 0285833477 編 集 / 江 光 夫 住 資 源 集 存 新 価 値 造 拠 点 置 徴 ブ 図 ミ ュ 博 物 ブ ズ 3 複 可 相 互 流 愛 称 募 結 果 配 慮 循 型 信 識 恵 循 込 恵 づ 恵 168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2042817C362E372082BB82CC82528140816992869266814190A79378934991A496CA816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2042817C362E372082BB82CC82528140816992869266814190A79378934991A496CA816A2E646F63> B-6.7 中 断 の 実 技 その3( 中 断 を 支 える 制 度 的 側 面 ) 1. 収 用 課 税 の 特 例 の 適 用 このシリーズ B-6.3( 中 断 移 転 のシステム)において 述 べたとおり 補 償 と 税 務 は 中 断 でなくても 面 倒 ですが これが 中 断 となると 更 に 複 雑 で 通 常 の 仕 切 りでは 本 質 から 外 れてしまう 部 分 がでてきます

More information

られる 家 庭 像 を 考 察 する 一 助 になるものと 考 える 2. 旧 学 習 指 導 要 領 と 新 学 習 指 導 要 領 の 内 容 新 学 習 指 導 要 領 の C 快 適 な 衣 服 と 住 まい に 関 する 内 容 を 平 成 10 年 版 学 習 指 導 要 領 と 比 較

られる 家 庭 像 を 考 察 する 一 助 になるものと 考 える 2. 旧 学 習 指 導 要 領 と 新 学 習 指 導 要 領 の 内 容 新 学 習 指 導 要 領 の C 快 適 な 衣 服 と 住 まい に 関 する 内 容 を 平 成 10 年 版 学 習 指 導 要 領 と 比 較 家 庭 科 教 育 の 変 容 と 様 相 について 岡 本 文 子 Transformation in Home Economics Education and Its Current Situation Ayako OKAMOTO 1. 諸 言 平 成 20 年 に 学 習 指 導 要 領 が 改 訂 され 平 成 21 年 度 からの 移 行 期 を 経 て 平 成 23 年 度 から 全 面

More information

平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 要 望 書 (たたき 台 ) 平 成 28 年 7 月 熊 本 連 携 中 枢 都 市 圏 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 要 望 この 度 の 熊 本 地 震 の 発 生 以 降 被 災 者 の 救 助 活 動 避 難 者 への 生 活 支 援 激 甚 災 害 の 指 定 補 正 予 算 編 成 など 国 の 機 動 的 かつ 迅

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

<89468EA18E738C698ACF8C7689E68179967B95B6817A2E706466>

<89468EA18E738C698ACF8C7689E68179967B95B6817A2E706466> 1 1 2 3 3 3 5 5 5 7 8 19 21 21 23 27 27 28 42 72 72 72 73 73 74 75 75 76 76 90 121 宇 治 市 景 観 計 画 第 1 章 基 本 理 念 と 行 動 指 針 1 4-1 - a) b) -2 - 1-3-1 a b c 1-3-2 a b) -3 - 宇 治 市 景 観 計 画 第 2 章 良 好 な 景 観 の 形

More information

農 林 水 産 業 の 風 景 (2/3) 岩 手 の 農 林 水 産 業 の 風 景 小 岩 井 農 場 と 岩 手 山 遠 野 の 南 部 曲 り 家 集 落 胆 沢 扇 状 地 の 散 居 集 落 日 本 三 大 散 居 集 落 の 一 つ エグネ キヅマ エグネとは 屋 敷 林 のこ と 北

農 林 水 産 業 の 風 景 (2/3) 岩 手 の 農 林 水 産 業 の 風 景 小 岩 井 農 場 と 岩 手 山 遠 野 の 南 部 曲 り 家 集 落 胆 沢 扇 状 地 の 散 居 集 落 日 本 三 大 散 居 集 落 の 一 つ エグネ キヅマ エグネとは 屋 敷 林 のこ と 北 農 林 水 産 業 の 風 景 (1/3) 青 森 の 農 林 水 産 業 の 風 景 津 軽 地 方 の 林 檎 畑 と 岩 木 山 の 景 観 車 力 村 冬 の 葦 原 中 里 町 車 力 村 の 海 岸 林 の 風 景 ( 十 三 湖 と 津 軽 半 島 を 望 む) 十 三 湖 と 岩 木 山 の 景 観 資 料 ; 青 森 の 景 観 67 選 ふるさと 眺 望 点 日 本 の 原 風

More information

(Microsoft Word \224_\213\306\203~\203\203\203\223\203}\201[.docx)

(Microsoft Word \224_\213\306\203~\203\203\203\223\203}\201[.docx) 公 益 社 団 法 人 大 日 本 農 会 会 誌 農 業 * 世 界 の 農 業 は 今 ミャンマーの 農 業 事 情 草 野 栄 一 フロンティア 昨 今 ミャンマーを アジア 最 後 のフロンティア( 未 開 拓 地 ) と 呼 ぶ 雑 誌 や 新 聞 記 事 をよく 目 にする 大 きな 理 由 の1つは 約 5 千 円 という 一 般 工 員 職 員 の 月 給 の 安 さにある これは

More information

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域 経 済 等 への 波 及 17

目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域 経 済 等 への 波 及 17 資 料 2 北 海 道 における 農 業 農 村 整 備 の 概 況 等 について 平 成 27 年 11 月 13 日 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D209379926E955D89BF8E9696B18EE688B5977697CC81698267826F9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D209379926E955D89BF8E9696B18EE688B5977697CC81698267826F9770816A2E646F63> 鉾 田 市 土 地 評 価 事 務 取 扱 要 領 平 成 21 年 12 月 鉾 田 市 土 地 評 価 事 務 取 扱 要 領 第 1 章 総 則 第 1 節 総 則 1 土 地 の 評 価 固 定 資 産 の 課 税 客 体 と な る 土 地 の 評 価 事 務 に つ い て は 地 方 税 法 第 388 条 ( 固 定 資 産 税 に 係 る 総 務 大 臣 の 任 務 ) に よ り

More information

細見美術館 デジタルニュースレター 2010 No.04 SPRING ISSUE

細見美術館 デジタルニュースレター 2010 No.04 SPRING ISSUE 2 0 1 1 S P R I N G I S S U E N U M B E R 0 4 前 期 若 冲 と 江 戸 絵 画 の 世 界 1 月 28 日 ( 金 )~ 3 月 13 日 ( 日 ) 2 若 冲 と 自 然 へのまなざし ぜんぶ 見 つかるかな? 京 都 錦 小 路 の 青 物 問 屋 の 主 人 だった 若 冲 糸 瓜 もよく 目 にしていたのでしょう 糸 瓜 の 実 の 模 様

More information

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫 紙 父 早 亡 離 暮 知 ゅ 華 料 預 港 町 飲 屋 帰 章 Ⅰ 落 汁 落 レ 炒 汁 淡 黄 褐 色 ょ 個 太 洋 陸 ソ モ 諸 サ モ 諸 抜 ぬ 太 洋 黄 信 ム 発 食 費 円 料 汁 乱 ぷ 岡 箱 細 腕 歩 姿 浮 闇 野 良 犬 ぬ 匹 牙 岡 落 4 ニ ブ 薪 音 閉 務 室 声 苦 労 5 無 修 士 釘 員 廊 寝 近 進 駐 ゅ 軍 ャ プ パ 工 場 付 属

More information

2 浜 松 基 地 納 涼 の 夕 べを 開 催 724 4 月 29 日 著 しく 危 険 性 の 高 い 業 務 に 励 み 社 会 に 貢 献 さ れた 人 を 対 象 とする 第 24 回 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 が 表 彰 され 浜 松 つばさ 会 から 次 に 方 が 叙 勲

2 浜 松 基 地 納 涼 の 夕 べを 開 催 724 4 月 29 日 著 しく 危 険 性 の 高 い 業 務 に 励 み 社 会 に 貢 献 さ れた 人 を 対 象 とする 第 24 回 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 が 表 彰 され 浜 松 つばさ 会 から 次 に 方 が 叙 勲 1 陸 軍 爆 撃 隊 発 祥 之 地 碑 碑 前 祭 について 日 時 : 平 成 27 年 10 月 29 日 ( 木 ) 10 時 から 場 所 : 浜 松 基 地 南 地 区 陸 軍 爆 撃 隊 発 祥 之 地 碑 前 102813 TEL437-5635 平 成 27 年 度 浜 松 つばさ 会 総 会 行 事 を 開 催 浜 松 つばさ 会 は 平 成 27 年 度 総 会 行 事 (

More information

P A L M I S T R Y H A P P Y - L I F E 絵 空 師 典 ん 社 動 発 展 ゆ 刻 々 化 ゆ 環 境 来 知 来 1 アドバイザー 絵 空 師 著 3 目 次 接 4 間 6 付 根 伸 8 秘 十 字 形 1 0 月 丘 1 2 ひ 途 止 1 4 知 止 1 6 障 害 遮 1 8 補 助 2 0 端 十 字 形 止 2 2 端 規 則 雑 2 4 起 点

More information

1立山地区まちづくり活動の早期促進について

1立山地区まちづくり活動の早期促進について 次 第 1 市 長 あいさつ 2 連 合 自 治 伒 長 あいさつ 3 議 員 紹 介 4 市 側 出 席 者 紹 介 5 地 区 からのご 要 望 ご 提 案 と 回 答 開 催 日 時 平 成 24 年 6 月 2 日 ( 土 ) 場 所 小 江 原 地 区 ふれあいセンター 地 元 出 席 者 数 16 名 1 小 江 原 第 二 団 地 入 口 バス 停 のバスベイの 確 保 について 小

More information

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の ひ と め で わ か る キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 目 次 キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ キ リ ス ト 教 会 葬 儀 研 究 所 ( CCFI= Christ Church Funeral Institute) は 日 本 に お け る キ リ ス ト 教 信 仰 共 同 体 の 葬 儀 を よ り 豊 か な も の と す る た め に キ リ ス ト 教 諸

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 速 報 (Ver.2) 平 成 28 年 4 月 25 日 基 礎 地 盤 コンサルタンツ 株 式 会 社 はじめに 平 成 28 年 4 月 14 日 21 時 26 分 頃 熊 本 地 方 を 震 源 とするM6.5の 地 震 が 発 生 しました この 地 震 で 熊 本 市 に 隣 接 する 益 城 町 で 震 度 7を 観 測 し 多

More information

参考資料1 平成23年度文部科学省予算案の概要(測地学関連の抜粋)

参考資料1 平成23年度文部科学省予算案の概要(測地学関連の抜粋) 参 考 資 料 1 科 学 技 術 学 術 審 議 会 測 地 学 分 科 会 ( 第 22 回 ) H23.2.16 平 成 23 年 度 文 部 科 学 省 予 算 案 の 概 要 ( 測 地 学 関 連 の 抜 粋 ) 地 震 防 災 分 野 の 研 究 開 発 の 推 進 平 成 23 年 度 予 算 案 119 億 円 ( 平 成 22 年 度 予 算 額 125 億 円 ) 平 成 22

More information

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 -

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 - 第 6 章 河 川 海 岸 第 1 節 河 川 海 岸 の 概 要 秋 田 県 を 流 れる 河 川 は 雄 物 川 米 代 川 子 吉 川 の 一 級 水 系 302 河 川 馬 場 目 川 などの 二 級 水 系 51 河 川 で 合 計 353 河 川 となっており 総 延 長 は3,189kmに 及 んでいます また 海 岸 については 総 延 長 264kmのうち 国 土 交 通 省 で169kmを

More information

対 象 者 の 属 性 1. 調 査 対 象 20~59 歳 の 男 性 女 性 2. 調 査 エリア 全 国 3. 調 査 期 間 2013 年 7 月 5 日 ( 金 )~7 月 9 日 ( 火 ) 4. 調 査 方 法 インターネット 調 査 5. 有 効 回 答 者 数 1,139 人 6.

対 象 者 の 属 性 1. 調 査 対 象 20~59 歳 の 男 性 女 性 2. 調 査 エリア 全 国 3. 調 査 期 間 2013 年 7 月 5 日 ( 金 )~7 月 9 日 ( 火 ) 4. 調 査 方 法 インターネット 調 査 5. 有 効 回 答 者 数 1,139 人 6. 明 治 安 田 生 命 夏 に 関 するアンケート 調 査 を 実 施! 景 気 回 復 の 兆 し!? 夏 休 みに 使 うお 金 は3 年 ぶりに 増 加! 今 年 の 夏 は 国 内 旅 行 が 人 気! 帰 省 を5 年 ぶりに 逆 転! 2013 年 8 月 6 日 明 治 安 田 生 命 保 険 相 互 会 社 ( 執 行 役 社 長 根 岸 秋 男 )は お 盆 の 帰 省 シーズンを

More information

教 育 資 金 一 括 贈 与 の 贈 与 税 非 課 税 措 置 の 創 設 について 主 税 局 税 制 第 一 課 主 税 企 画 官 中 村 英 正 1. 制 度 導 入 の 背 景 経 緯 家 計 資 産 の6 割 を 60 歳 以 上 の 世 代 が 保 有 現 在 家 計 資 産 の

教 育 資 金 一 括 贈 与 の 贈 与 税 非 課 税 措 置 の 創 設 について 主 税 局 税 制 第 一 課 主 税 企 画 官 中 村 英 正 1. 制 度 導 入 の 背 景 経 緯 家 計 資 産 の6 割 を 60 歳 以 上 の 世 代 が 保 有 現 在 家 計 資 産 の 税 制 改 正 法 案 が 成 立 スタートした 教 育 資 金 贈 与 税 非 課 税 制 度 その 目 的 と 運 用 方 法 平 成 25 年 度 税 制 改 正 の 目 玉 政 策 の 一 つである 教 育 資 金 贈 与 の 非 課 税 制 度 が4 月 にスタートした 信 託 銀 行 などが 本 制 度 対 応 の 商 品 を 発 売 し 始 め 孫 の 教 育 費 を 援 助 したい

More information

火山活動ペーパー1colar.indd

火山活動ペーパー1colar.indd 大 涌 谷 周 辺 の 火 山 活 動 について 2015 年 5 月 20 日 2015 年 5 月 3 日 7 時 8 分 9 番 ホールにて 5 月 20 日 現 在 大 涌 谷 火 口 周 辺 の 入 山 規 制 (レ ベル2)が 続 いています 箱 根 山 の 火 山 活 動 に ついてご 理 解 を 得 ておくことも 大 切 かと 考 え このペーパーを 用 意 しました 大 涌 谷 周

More information

資料5-1

資料5-1 資 料 - 平 成 年 熊 本 地 震 による 自 然 環 境 等 へ 影 響 把 握 調 査 実 施 状 況 自 然 景 観 維 持 土 砂 崩 壊 調 査 これまでに 実 施 された 影 響 把 握 調 査 断 層 による 亀 裂 調 査 国 土 地 理 院 中 央 火 口 丘 エ リアなし) 国 土 地 理 院 火 口 周 辺 と 草 原 土 砂 崩 壊 調 査 環 境 省 が 実 施 する

More information

H26年度アンケート結果その1(基礎集計編)20141216

H26年度アンケート結果その1(基礎集計編)20141216 平 成 26 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 26 年 12 月 東 村 山 市 - 1 - 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 3 2 調 査 の 設 計... 3 3 回 収 結 果... 3 4 設 問 の 構 成... 3 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基

More information

6 紙 面 許 限 振 返 沿 革 車 建 築 筆 正 昭 天 皇 皇 殿 唯 啓 啓 碑 植 敷 管 尋 尋 遷 昭 移 両 併 狭 昨 机 並 べ 歩 健 康 健 康 精 宿 モ ッ 素 晴 緑 健 康 歯 優 健 康 優 ぱ 表 彰 果 辺 水 泳 授 採 図 書 購 ぼ グ ウ ド ぱ 泳

6 紙 面 許 限 振 返 沿 革 車 建 築 筆 正 昭 天 皇 皇 殿 唯 啓 啓 碑 植 敷 管 尋 尋 遷 昭 移 両 併 狭 昨 机 並 べ 歩 健 康 健 康 精 宿 モ ッ 素 晴 緑 健 康 歯 優 健 康 優 ぱ 表 彰 果 辺 水 泳 授 採 図 書 購 ぼ グ ウ ド ぱ 泳 5 第 110 ぼ 央 位 峰 季 折 雄 然 姿 順 徳 皇 阿 弥 清 配 承 切 風 潮 息 づ 標 助 ぬ 素 伸 伸 怖 然 豊 故 ふ 充 努 慢 鬼 鼓 調 べ 践 隊 保 調 べ 優 米 づ 考 共 ぞ! 界 遺 愛 誇 故 ふ 語 未 担 貢 献 材 我 故 ふ 詞 浅 誠 曲 橋 靖 ふ 里 匂 薫 然 緑 歩 仲 豊 友 達 誇 命 求 ふ 謝 持 ヶ 季 折 夢 希 勉 強

More information

計画書

計画書 第 5 章 騒 音 振 動 1 概 要 騒 音 とは やかましい 音 好 ましくない 音 の 総 称 である 騒 音 であるか 否 かは 聞 く 人 の 主 観 に よって 決 まるため 個 人 差 があり その 人 の 心 理 状 態 や 健 康 状 態 などによっても 左 右 される 騒 音 振 動 発 生 源 のうち 工 場 事 業 場 特 定 建 設 作 業 道 路 交 通 については それぞれ

More information

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 終 二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 003 夏 暑 過 ぎ 去 秋 気 配 空 見 上 げ 立 空 青 澄 み 切 風 心 良 ひ ガ イ ガ ウ ン タ 手 目 見 恐 怖 感 悲 痛 思 風 景 福 島 県 飯 館 村 美 然 眺 半 深 絶 望 突 落 3 11 経 過 未 復 旧 復 興

More information

41 話 題 味 改 止 ゃ 審 査 顔 評 観 変 値 信 個 味 僅 識 駆 使 真 摯 評 団 我 々 声 以 嬉 へ ワ グ ソ 悔 残 他 比 努 不 足 ワ グ 腕 相 接 面 白 ヤ 演 元 チ へ 就 蹴 ワ グ 話 束 尚 宏 説 切 笑 就 応 系 内 深 桐 朋 園 演 科 専

41 話 題 味 改 止 ゃ 審 査 顔 評 観 変 値 信 個 味 僅 識 駆 使 真 摯 評 団 我 々 声 以 嬉 へ ワ グ ソ 悔 残 他 比 努 不 足 ワ グ 腕 相 接 面 白 ヤ 演 元 チ へ 就 蹴 ワ グ 話 束 尚 宏 説 切 笑 就 応 系 内 深 桐 朋 園 演 科 専 MITA-HYORON 2014.5 40 ビ 斎 藤 典 塾 平 5 政 昨 9 月 第 2 Black Sea Conducting Competition 2 2003 ソェ 開 発 長 務 宏 ひ 樹 株 式 表 取 締 長 刀 流 海 外 昨 最 近 簡 単 探 見 齢 制 応 募 D V D 審 査 呼 第 権 威 南 米 北 米 西 ヨ 各 来 実 際 む 次 五 四 ポ 練 習 八

More information

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に 総 務 文 教 常 任 委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 7 月 17 日 焼 津 市 議 会 議 長 石 田 昭 夫 様 総 務 文 教 常 任 委 員 会 報 告 者 池 谷 和 正 下 記 の 通 り 視 察 調 査 を 行 いましたので 概 要 につきましてご 報 告 致 します 1 期 間 : 平 成 25 年 5 月 14 日 ( 火 )~15 日 ( 水 ) 2

More information

1

1 -------------------------------------------------------------------------------- 別 添 5-4 事 後 調 査 の 計 画 -------------------------------------------------------------------------------- 1 事 後 調 査 項 目 の 選

More information

Taro-2 ①高校日本史問題例と正答例

Taro-2  ①高校日本史問題例と正答例 高 校 地 歴 専 門 問 題 例 問 題 中 の 一 部 の 図 表 につきましては, 著 作 権 の 問 題 により 公 開 できません 例 1 原 始 古 代 か ら 近 現 代 ま で の 女 性 に 関 わ る, (1)~ (7)の 問 い に 答 え な さ い (1) 女 性 を か た ど っ た と さ れ る 右 の 資 料 を 何 と 呼 ぶ か, 漢 字 で 答 え な さ

More information

表紙

表紙 2-1 本 市 の 現 況 2-2 都 市 計 画 マスタープラン 策 定 に 向 けた 課 題 のとりまとめ 2. 現 況 と 課 題 の 整 理 2-1 本 市 の 現 況 (1) 歴 史 本 市 は 明 治 の 大 合 併 時 に2 町 9 村 となり 昭 和 29~35 年 の 昭 和 の 大 合 併 時 に 現 在 の 市 の 前 身 の6 市 町 村 になっています さらに 平 成 18

More information

Microsoft Word - 04黄金比 原稿.doc

Microsoft Word - 04黄金比 原稿.doc 黄 金 比 は 本 当 に 美 しいものなのか 1. 研 究 の 動 機 なぜ 黄 金 比 は 美 しいと 言 われているのか 知 りたかったから 黄 金 比 を 美 しいと 思 う 人 はどのくらいいるのか 知 りたかったから 身 の 回 りにどのくらいの 黄 金 比 が 存 在 しているのか 興 味 があったから. 黄 金 比 とは 研 究 者 氏 名 角 間 洋 平 島 雅 彦 長 谷 川 瞳

More information

- 1 -

- 1 - 平 成 27 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 27 年 12 月 東 村 山 市 - 1 - 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 3 2 調 査 の 設 計... 3 3 回 収 結 果... 3 4 設 問 の 構 成... 3 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基

More information

熊本地震現地調査結果報告書

熊本地震現地調査結果報告書 熊 本 地 震 現 地 調 査 結 果 ( 速 報 ) 報 告 書 平 成 28 年 4 月 27 日 中 央 開 発 株 式 会 社 目 次 Ⅰ. 熊 本 地 震 の 概 要... 1 Ⅰ-1 地 震 の 概 要... 1 Ⅰ-2 熊 本 県 周 辺 の 地 質 構 造... 6 Ⅰ-3 別 府 - 島 原 地 溝... 7 Ⅰ-4 布 田 川 - 日 奈 久 断 層 帯... 8 Ⅱ. 液 状

More information

別冊1-1 日本語

別冊1-1 日本語 4 草 地 夏 季 衛 星 画 像 を 使 い 森 林 域 ではなく 住 宅 地 等 の 構 造 物 地 域 あるいは 砂 の 露 出 している 場 所 でもな い 場 所 が 農 作 物 のある 畑 および 草 地 と 判 断 できる しかし 衛 星 画 像 解 析 のみでは 作 物 が 植 え 付 けら れている 畑 と 荒 れ 地 状 の 草 地 を 区 分 することは 難 しい そこで 衛

More information

私 たちみんなの 森 林 国 有 林 熊 本 森 林 管 理 署 は 白 川 菊 池 川 緑 川 天 草 流 域 に 広 がる 国 有 林 24,897ha と 官 行 造 林 954ha を 管 理 経 営 しています 74 万 人 都 市 熊 本 市 などの 水 源 の 涵 養 のために 重 要

私 たちみんなの 森 林 国 有 林 熊 本 森 林 管 理 署 は 白 川 菊 池 川 緑 川 天 草 流 域 に 広 がる 国 有 林 24,897ha と 官 行 造 林 954ha を 管 理 経 営 しています 74 万 人 都 市 熊 本 市 などの 水 源 の 涵 養 のために 重 要 熊 本 森 林 管 理 署 の 国 有 林 のあらまし 平 成 27 年 度 版 九 州 森 林 管 理 局 熊 本 森 林 管 理 署 私 たちみんなの 森 林 国 有 林 熊 本 森 林 管 理 署 は 白 川 菊 池 川 緑 川 天 草 流 域 に 広 がる 国 有 林 24,897ha と 官 行 造 林 954ha を 管 理 経 営 しています 74 万 人 都 市 熊 本 市 などの

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 地 盤 工 学 会 平 成 28 年 熊 本 地 震 地 盤 災 害 調 査 団 液 状 化 班 報 告 ( 平 成 28 年 6 月 21 日 ) 平 成 28 年 熊 本 地 震 液 状 化 被 害 平 成 28 年 熊 本 地 震 による 熊 本 平 野 で 生 じた 液 状 化 とその 被 害 について(その2)( 速 報 ) 村 上 哲 ( 福 岡 大 学 ) 石 蔵 良 平 ( 九 州

More information

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩 平 成 2 6 年 第 3 回 府 中 町 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 3 号 ) 1. 開 会 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 2 日 ( 金 ) 2. 招 集 の 場 所 府 中 町 議 会 議 事 堂 3. 開 議 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 7 日 ( 水 ) ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

More information

南 組 崩 家 二 百 六 十 軒 死 人 八 十 四 人 橋 損 し 十 五 ヶ 所 天 満 組 崩 家 百 六 十 ヶ 所 死 人 五 十 三 人 橋 六 ヶ 所 右 之 通 今 月 六 日 迄 大 坂 町 奉 行 衆 へ 書 上 御 座 候 史 料 1 には 大 坂 全 体 の 被 害 ( 崩

南 組 崩 家 二 百 六 十 軒 死 人 八 十 四 人 橋 損 し 十 五 ヶ 所 天 満 組 崩 家 百 六 十 ヶ 所 死 人 五 十 三 人 橋 六 ヶ 所 右 之 通 今 月 六 日 迄 大 坂 町 奉 行 衆 へ 書 上 御 座 候 史 料 1 には 大 坂 全 体 の 被 害 ( 崩 1707 年 宝 永 地 震 と 大 坂 の 被 害 数 矢 田 俊 文 ( 新 潟 大 学 災 害 復 興 科 学 研 究 所 ) はじめに 本 稿 の 目 的 は 宝 永 地 震 による 大 坂 の 被 害 数 を 明 らかにすることである 宝 永 4 年 (1707)10 月 4 日 に 南 海 トラフ 周 辺 で 起 こった 地 震 は 宝 永 地 震 とよばれ 東 海 地 方 か ら 九

More information