Size: px
Start display at page:

Download "4"

Transcription

1 特 集 野 生 の 世 界 の 舞 台 裏 ケニア 国 立 公 園 50 年 の 歴 史 元 国 立 公 園 協 会 局 長 P.オリンド 回 顧 録 より ケニア 国 立 公 園 50 年 の 歴 史 元 国 立 公 園 協 会 局 長 P.オリンド 回 顧 録 小 原 由 美 子 中 村 千 秋 共 著 澤 口 範 子 翻 訳 より 抜 粋 /OMC カード アフリカ 象 を 守 る 2007 年 度 助 成 事 業 アフリカの 野 生 の 世 界 を 残 すため 尽 力 した 人 々がいる かつてケニア 国 立 公 園 協 会 局 長 として 世 界 で 最 良 の 国 立 公 園 システム 構 築 をめざした P.オリンド 博 士 もその 一 人 だ 彼 の 回 顧 録 に 記 されたケニア 国 立 公 園 の 創 設 と 運 営 の 歴 史 から エピソードの 一 部 を 紹 介 する そこ からは アフリカの 野 生 の 世 界 もまた 人 の 暮 らしとの 軋 轢 (あつれき)の 中 にあることが わかる 1 ナクル 湖 国 立 公 園 公 園 用 地 購 入 と 境 界 柵 (1) 土 地 購 入 への 支 援 ナクル 湖 の 北 部 一 角 が 国 立 公 園 として 告 示 されたのは 1961 年 南 部 については 野 鳥 ハン ティングの 管 理 規 制 を 目 的 にゲーム( 狩 猟 管 理 ) 局 の 管 轄 下 におかれ 公 園 指 定 は 放 置 された ナクル 湖 全 体 が 保 護 政 策 下 に 置 かれたのは オリンドがケニア 国 立 公 園 協 会 局 長 に 就 任 した 1966 年 であった 北 部 南 東 部 南 西 部 の 土 地 は WWF の 支 援 で 取 得 し 1967 年 に 現 在 の 公 園 面 積 となる ライオンヒルズを 含 む Nderit 農 園 の 土 地 から Hopcraft 農 園 所 有 の 北 部 湖 畔 ま で 676 km2( 約 167,000 エーカー)あった 両 地 主 はケニア 市 民 権 をもつ 英 国 人 で 国 立 公 園 化 の ための 土 地 売 却 に 厚 意 的 だった 湖 北 部 の Hopcraft の 土 地 0.8 km2(200 エーカー)の 売 却 価 格 は 約 50 万 シル(ケニアシリング) で 当 時 としてはかなりの 高 額 だった ケニア 国 立 公 園 協 会 は 積 立 金 や 寄 付 金 を 充 当 すること で 合 意 した 公 園 面 積 拡 大 が 計 画 されてからは 公 園 域 周 辺 の 市 街 化 は 止 み その 地 域 の 環 境 破 壊 などはなくなった Nderit の 地 所 にはライオンヒルズも 含 まれ 360 km2 以 上 あり 600 万 シルもの 価 格 だった し かしオリンドが WWF インターナショナルから 助 成 を 取 り 付 けて 成 功 を 収 めた オリンドは 水 鳥 に 関 する 国 際 的 権 威 でナクル 湖 の 重 要 性 を 知 る 故 ピーター スコット 伯 爵 に 個 人 的 な 伝 手 を 経 由 して 支 援 を 得 その 縁 故 でオランダのバーナード 王 子 に 事 情 をアピールした WWF へは オ リンド 自 身 が 公 式 に 申 請 したわけではなかったが 王 子 に 宛 てた 私 信 が 功 を 奏 した 1968 年 ケニア 国 立 公 園 協 会 と WWF の 間 に 合 意 書 が 交 わされる 土 地 購 入 費 用 としての 小 切 手 保 証 書 を 供 与 するためケニアへの 招 待 を 受 けた 王 子 は エジンバラ 公 も 招 待 した

2 (2) 湖 西 部 は 不 動 産 会 社 と 土 地 交 換 湖 の 西 側 には 売 りに 出 された 広 大 な 土 地 があったが 土 地 所 有 者 は 国 立 公 園 にすることを 強 く 反 対 していた 所 有 者 は 南 アフリカ 人 で 土 地 バイヤーらで 組 織 される 土 地 購 入 協 同 不 動 産 会 社 に 土 地 を 売 却 してしまった オリンドが 危 惧 したことは 湖 周 辺 が 小 区 画 の 土 地 で 生 計 を 営 む 農 民 らがいる 中 で 土 地 がさらに 細 かく 分 割 されてしまえば 国 立 公 園 としては 密 猟 や 閉 鎖 系 の 湖 の 環 境 汚 染 という 問 題 が 発 生 する オリンドは 評 議 会 議 長 に 議 会 招 集 を 要 請 し 評 議 会 にそう した 問 題 を 説 明 した また 不 動 産 会 社 幹 部 との 折 衝 についての 許 可 を 求 めた Nderit の 土 地 と 湖 に 近 い 西 岸 の 土 地 を 交 換 すれば 公 園 としては アカシア 林 のある 西 部 湖 畔 の 土 地 を 取 得 できる 評 議 員 とオリン ドは 諸 問 題 を 実 地 で 理 解 しようとナクルへ 行 った 事 態 を 見 た 評 議 員 はオリンドに 交 渉 に 入 る ことを 承 認 した 交 渉 は 1966 年 -67 年 半 ばまで 約 15 カ 月 間 続 いた 土 地 の 価 値 の 見 直 しを 求 めるため 長 期 間 を 要 し 結 局 不 動 産 会 社 と 国 立 公 園 は 不 動 産 会 社 が 提 供 する 土 地 1エーカーあ たり 公 園 所 有 の 土 地 2エーカーを 提 供 することで 合 意 した これで 湖 に 近 い 公 園 西 部 の 境 界 線 付 近 に 定 住 域 が 迫 ることを 回 避 することができた (3)フェンス( 境 界 柵 )の 設 置 当 時 ナクル 湖 国 立 公 園 には 境 界 柵 は 設 置 されておらず 野 生 動 物 は 西 側 のマウ 森 林 地 帯 への 往 来 が 可 能 だった 一 方 で 犬 を 連 れたハンターが 食 用 肉 や 販 売 目 的 で 侵 入 していた 公 園 はナ クル 市 街 への 入 口 に 位 置 していた 移 動 する 野 生 動 物 としては ゼブラ バッファロー キリン などがいる こうした 不 安 定 な 状 態 は 不 動 産 会 社 らがその 土 地 をうろつく 間 ずっと 続 いた 1969 年 株 主 ( 加 盟 社 )の 大 半 が 個 々の 区 画 配 分 を 要 請 し 配 分 された 土 地 の 細 分 化 は 公 園 の 質 に 大 きなインパクトだった 各 区 画 は5エーカー 以 下 で 新 たに 土 地 オーナーとなった 人 々 が 立 て 札 を 立 て 公 園 西 部 にはそこらじゅうに 集 落 ができてしまったのである ただ 幸 いにも 小 区 画 ( 私 有 地 )と 公 園 境 界 の 間 にはアカシア 林 の 成 長 がみられ そのお 陰 で 観 光 者 らに 対 して 目 隠 しとなっていた 公 園 協 会 は 薪 拾 いや 水 汲 みなどの 侵 入 者 を 防 ぎ また 農 作 物 と 野 生 生 物 の 利 害 衝 突 を 避 けよう と 公 園 にフェンスを 設 ける 計 画 を 立 てた 1969 年 西 側 境 界 に 沿 って 部 分 的 にフェンスが 立 てら れると 周 辺 住 民 から 苦 情 が 出 るようになった これについては 市 民 環 境 教 育 プログラムの 樹 立 に 助 けられ 地 域 住 民 への 教 育 が 進 められた 長 期 的 受 益 への 理 解 それぞれの 土 地 での 植 林 な どを 学 び 人 々は 自 身 の 土 地 に 成 長 の 早 い 樹 種 (Gravilla や 根 の 浅 い 樹 種 薪 や 建 材 などになる 潅 木 など)を 植 え 始 めた 中 にはオーストラリア 原 産 のユーカリの 植 林 もみられた 教 育 プログ ラムには 食 用 植 物 の 栽 培 も 指 導 した 人 々が 教 育 プログラムを 受 け 入 れたことで 衝 突 は 大 幅 に 減 少 した 公 園 東 側 の 境 界 は 居 住 域 と 公 園 域 を 区 別 するためライオンヒルズまでをフェンスで 囲 った これにより 1969 年 から 人 間 と 野 生 生 物 の 対 立 も 減 少 した ナクル 湖 国 立 公 園 の 拡 大 は 自 然 な 変 遷 を 維 持 する 上 でオリンドの 野 生 生 物 保 全 活 動 の 中 でも 主 たる 貢 献 作 業 となった 面 積 拡 大 で 公 園 内 の 生 息 地 が 増 えたことで 観 光 客 への PR 効 果 も 向 上 した 動 植 物 の 共 生 や 多 様 性 向 上 にも 役 立 った やがて 公 園 は ケニアの 中 でも 最 も 観 光 客 の

3 多 い 公 園 へと 成 長 するのである 2.メルー 国 立 公 園 地 方 議 会 への 配 慮 メルー 動 物 保 護 区 は メルー 地 方 議 会 の 下 では 良 好 な 管 理 はなされていなかった 道 路 整 備 や 密 猟 防 止 対 策 は 資 金 不 足 だった ただ エルザ 基 金 から 一 部 の 支 援 を 受 けていた 地 方 議 会 議 長 はメルー 動 物 保 護 区 を 国 立 公 園 化 して ケニア 国 立 公 園 協 会 に 移 譲 することを 打 診 してきた 交 渉 は 1965 年 からオリンドが 局 長 に 就 任 する 1966 年 まで 続 いた オリンドはメルーの 書 記 官 と 会 談 した そして 保 護 区 を 国 立 公 園 候 補 地 として 格 上 げし その 交 渉 進 行 についてはオリンドに 責 任 をおき 資 金 負 担 を 引 き 継 ぎ 公 園 にふさわしい 改 善 を 実 施 することとなった こうした 提 案 と 引 き 換 えに メルー 地 方 議 会 書 記 官 は 議 会 での 雇 用 者 をそのまま 雇 用 し 給 与 は 公 園 協 会 が 引 き 受 けてくれるよう 希 望 した オリンドは 議 会 側 の 負 の 遺 産 について 公 園 協 会 議 長 に 報 告 した 協 議 は 長 引 いたが 公 園 協 会 側 は 議 会 が Banda(レオパードロックにあるロッジ)からの 受 益 や その 部 分 の 土 地 に 今 後 ロッジなどを 設 置 する 場 合 も その 受 益 については 議 会 が 保 持 する ことで 合 意 した 議 会 側 は 保 護 区 を 国 立 公 園 協 会 に 移 譲 することで 同 意 した オリンドは 担 当 省 を 通 じて メル ー 議 会 議 長 を 国 立 公 園 協 会 評 議 員 に 指 名 すべきと 進 言 した 評 議 員 は 全 15 名 という 規 約 のため 1 名 のみをメルーから 選 んだ こうした 配 慮 が 議 員 らを 納 得 させた 協 会 は 動 物 保 護 区 のスタッフ 全 員 を 引 き 請 け 国 立 公 園 並 みの 報 酬 を 保 証 した オリンドは 議 会 の 決 断 に 感 謝 を 込 め メルー 地 方 からさらに 数 名 の 人 員 を 雇 用 することにした メルー 議 会 の 権 限 職 位 者 らの 誤 解 を 招 かぬよう 配 慮 を 欠 かさないよう 努 めつつ 保 護 を 目 的 に 国 立 公 園 面 積 は 大 幅 に 広 がった こうした 一 連 の 合 意 は 組 織 の 将 来 性 に 寄 与 するとともに 国 内 でも 注 目 を 集 め 野 生 動 物 保 護 区 を 国 立 公 園 に 移 譲 してはどうかと 考 える 地 方 議 会 も 多 くなった しかし 国 立 公 園 になった 後 も 政 府 に 土 地 を 引 き 渡 したのに 何 の 恩 恵 も 受 けていない とメル ー 族 コミュニティより 度 重 なる 抵 抗 があった これは 国 立 公 園 化 を 阻 みたい 地 方 議 員 らの 煽 動 で あると 見 受 けられた オリンドは ウォーデン( 各 国 立 公 園 の 責 任 者 )として 2 年 間 勤 務 していた Mr. Tedd Goss を ツァボ 国 立 公 園 に 異 動 した 彼 はメルー 族 出 身 だった 彼 は 職 位 を 駆 け 上 り 環 境 教 育 部 門 の 副 局 長 となった オリンドは 彼 を 野 生 生 物 教 育 部 門 のウォーデンとして メルー 国 立 公 園 のヘッド クォーターに 異 動 することを 推 奨 した 1968 年 オリンドはメルー 国 立 公 園 のメインゲートに 環 境 教 育 センターの 設 立 を 決 意 した 目 的 は 近 隣 コミュニティに 向 けての 情 報 伝 達 説 明 業 務 であった メルー 国 立 公 園 には 地 域 の 人 材 を 多 数 雇 用 し 公 園 協 会 との 関 係 維 持 を 配 慮 した その 結 果 事 態 は 好 転 し 地 元 からの 観 光 者 も 増 加 した

4 3.アンボセリ 国 立 公 園 マサイ コミュニティとの 交 渉 (1) 公 園 拡 張 の 大 統 領 命 アンボセリ 国 立 公 園 の 創 設 には 多 くの 労 苦 があった アンボセリは 国 立 公 園 協 会 により 1958 年 に 保 護 区 として 指 定 され その 後 ケニア 独 立 により その 管 理 が 地 方 議 員 Ole Kejuado 氏 に 移 されたのだが 氏 の 管 理 は 当 初 から 誤 りだらけだった そのため 国 立 公 園 協 会 に 管 理 を 任 せる べきだとの 一 般 の 声 も 上 がっていた 当 初 保 護 区 面 積 は 1650 平 方 マイル 以 上 であったが 保 護 区 疎 開 地 あたりに 人 間 が 定 住 するようになり 国 立 公 園 協 会 はその 地 域 300 平 方 マイルを 国 立 公 園 として 保 護 したいと 要 望 した しかし 地 域 コミュニティはアンボセリに 季 節 的 に 現 れる 湖 の 湖 床 50 平 方 マイルのみを 国 立 公 園 としてほしいと 希 望 した 湖 床 は 植 生 もない 乾 燥 地 で 乾 季 に は 砂 ばかりとなり 雨 季 にのみ 水 で 覆 われる この 地 域 は 野 生 生 物 保 護 には 重 要 だ ゾウ バッフ ァロー アンテロープなど 草 食 動 物 の 水 場 採 餌 場 が 他 にはない 他 方 地 域 コミュニティが 一 番 期 待 していたのは 湧 水 管 理 と 家 畜 の 放 牧 地 だった 大 統 領 は 国 立 公 園 が 管 理 する 野 生 生 物 保 護 による 観 光 促 進 が 有 益 であるという 認 識 をもって いた オリンドは 大 統 領 にその 地 域 が 野 生 動 物 の 移 動 に 必 要 で 海 外 観 光 者 への PR にもなると 説 明 した 大 統 領 は キクユ 族 であるが 幼 少 時 はマサイ 族 の 中 で 育 った 人 だ 大 統 領 はマサイの 人 々の 要 望 に 応 えたかっただろうが 理 解 を 示 してくれた アンボセリの 国 立 公 園 化 についての ケニア 国 立 公 園 の 必 死 の 努 力 は 常 にマサイコミュニティの 抵 抗 をうけた 最 終 的 に 今 日 の 面 積 と 同 じ 150 平 方 マイルを 国 立 公 園 にするという 大 統 領 命 が 下 された 地 方 議 会 による 管 理 下 でアンボセリを 保 護 区 のまま 維 持 していたら 国 立 公 園 の 質 を 危 機 にさ らし 動 植 物 種 の 消 失 という 結 果 をもたらしていただろう (2) 公 園 内 の 放 牧 をめぐる 対 立 マサイコミュニティと 国 立 公 園 協 会 に 関 する 人 間 生 活 と 野 生 動 物 間 のトラブルは 彼 らの 主 張 である 自 分 たちと 家 畜 牛 の 飲 み 水 の 確 保 であった 彼 らは 国 立 公 園 の 存 在 に 抵 抗 し 家 畜 牛 の 採 餌 場 としての 草 原 を 望 んでいた 東 アフリカ 諸 国 は 乾 季 と 雨 季 の 繰 り 返 しがある マサイコミュニティからオリンドに 面 会 に 来 て 公 園 内 への 放 牧 許 可 を 求 めてきた 水 場 の 利 用 が 目 的 という オリンドは 他 でもない 局 長 自 身 から 公 園 内 への 出 入 り 許 可 を 与 えられる という 前 例 をつくっておきたいのだな と 察 知 した オリンドは 時 間 が 欲 しいと 回 答 し 上 級 官 会 合 を 招 集 してその 件 を 審 議 した 会 合 参 加 の 誰 もが その 要 求 を 却 下 すべきと 合 意 した しかしオリンドはそれでは 解 決 になら ないと 考 えた もし 公 園 側 が 要 求 を 却 下 するしか 選 択 肢 がないのであれば マサイの 家 畜 牛 用 の 水 を 確 保 する 他 の 方 法 を 提 示 しなければならない この 件 をさらに 吟 味 するため オリンドは 経 理 部 チームと 会 合 を 開 き 主 任 会 計 士 に 予 算 残 額 を 尋 ねた 他 のプロジェクトではありえなかっ たことだった 国 立 公 園 側 には 余 分 な 予 算 などなかった しかし 国 立 公 園 がマサイコミュニティに 対 し ボー リング( 水 脈 探 査 )を 打 診 した 公 園 境 界 外 で 水 脈 を 見 つけることができれば マサイの 人 々も 家 畜 も さらには 野 生 動 物 までもがその 水 を 利 用 することができる

5 マサイリーダーに 公 園 内 での 湧 水 利 用 は 不 可 能 だが 水 源 を 公 園 外 で 探 すための 予 算 を 探 す 旨 を 伝 えたが この 内 容 は 怒 りを 買 うだけだった リーダーたちの 真 の 狙 いは 採 餌 のための 放 牧 であって 湧 水 利 用 は 口 実 に 過 ぎなかったからだ オリンドの 提 案 は リーダーたちから 即 座 に 却 下 された しかし 公 園 協 会 側 はボーリングを 行 い ポンプを 使 って 地 表 に 水 を 汲 み 上 げた その 場 所 は 公 園 境 界 から 少 し 離 れた 場 所 にある こうした 行 為 は 政 治 的 煽 動 から 局 長 の 立 場 を 守 り スタッフを 守 り ケニア 国 立 公 園 側 の 立 場 で 本 件 に 関 わるよう 国 家 大 統 領 に PR できるというものである マサイの 人 々は 依 然 抵 抗 し その 表 明 として 公 園 内 の 湧 水 を 使 用 し 続 けた オリンドは 米 国 へ 飛 び 公 園 を 支 援 するため マサイコミュニティ 用 の 湧 水 汲 み 上 げ 器 材 工 事 費 維 持 費 の 資 金 探 しを 開 始 した これが 彼 らを 納 得 させるだろうと 思 ったからだ 数 千 ドルの 資 金 を 提 供 したのは ニューヨーク 動 物 学 協 会 によるアンボセリプロジェクトファ ンドだった とはいえ 供 与 額 では 送 水 用 鉄 パイプの 購 入 には 足 りず PVC プラスティックパ イプを 使 用 することにした 湧 水 場 の 一 端 にポンプが 設 置 され 文 句 なしの 水 質 の 水 をマサイコ ミュニティに 提 供 した マサイの 人 々は 公 園 外 の 美 味 しい 水 に 満 足 はしないようだった 結 局 は 放 牧 が 目 的 という 根 本 は 解 決 していない マサイコミュニティは 草 と 水 を 求 めて 移 動 する 遊 牧 民 だった マサイが 飼 育 するたくさんの 牧 牛 を 満 たす 草 原 は 公 園 外 には 存 在 しなかった マサイと 公 園 間 の 歴 史 的 対 立 は 続 き 大 統 領 選 前 年 の 2006 年 など 政 治 的 駆 け 引 きがあるたび に 噴 出 した 大 統 領 候 補 キバキ 氏 はマサイコミュニティから 支 援 を 取 り 付 けたかった しかしそ うした 試 みも 政 策 サイドからは アンボセリを 国 立 公 園 として 維 持 することに 軍 配 が 上 がった ようだ 4.ナイロビ 国 立 公 園 無 補 償 金 の 方 針 と 土 地 問 題 ナイロビ 国 立 公 園 は ケニア 国 内 では 最 初 の 保 護 地 区 として 1946 年 に 指 定 された 公 園 南 部 にはマサイ 族 コミュニティに 帰 属 するトラストランドもある そこでは 何 世 紀 にもわたり 動 物 の 季 節 移 動 が 続 いている 経 済 システムの 悪 化 によりマサイの 人 々の 流 入 増 加 で 近 隣 地 主 は 民 間 建 設 業 者 に 土 地 を 手 離 し 業 者 は 土 地 をフェンスで 囲 い 動 物 の 移 動 を 妨 げるようになった オリンドが 局 長 になった 頃 は ナイロビ 国 立 公 園 にはとくに 深 刻 な 問 題 は 見 られなかった せ いぜい 公 園 外 にライオンが 逃 げた 家 畜 を 襲 ったなど 周 辺 住 民 の 安 全 に 関 わる 事 件 程 度 だっ た 時 にライオンにより 家 畜 牛 が 殺 されるようになり 牛 の 所 有 者 は 政 府 に 補 償 を 求 めた しか し 国 立 公 園 の 規 定 では ライオンだのバッファロー ヒョウによる 被 害 について 責 務 を 負 ってい なかった そのため 当 時 は 被 害 に 遭 った 損 失 についての 支 払 いはされなかった 所 有 者 からの 苦 情 報 告 で ライオンは 国 立 公 園 に 戻 されるのであって ライオンやヒョウの 逃 亡 を 防 止 するという 方 策 はとられなかった 家 畜 を 失 った 人 々は 補 償 について 不 満 をもち 公 園 側 からの 支 払 いがないことに 腹 を 立 てた 結 果 として そうした 人 々の 大 半 が 不 動 産 会 社 に 土 地 を 売 却 したのである 放 牧 場 周 辺 の 人 口 が 増 えるにつけ 動 物 たちもそうした 地 域 への 侵 入 を 遠 ざけるようになり マサイ 族 の 家 畜 牛 を 襲 うように 南 側 へ 移 動 していくのである

6 KWS(ケニア 野 生 生 物 公 社 )は 今 日 に 至 っても 補 償 は 実 施 していない しかしナイロビ 国 立 公 園 をフェンスで 囲 うことに 難 色 を 示 した 公 園 支 援 者 ら(ナイロビ 国 立 公 園 を 支 援 する 会 )は 野 生 動 物 による 被 害 を 補 償 しようと 小 規 模 ではあるが 基 金 を 集 めたのである マサイコミュニティは こうした 支 援 者 らと 共 に ナイロビ 国 立 公 園 を 包 囲 するフェンスの 設 置 に 反 対 の 立 場 をとった それは 保 護 保 全 のためでも 公 園 のためでもなく マサイとしては 公 園 の 南 東 部 が 開 放 されている 限 り 家 畜 を 放 牧 できるからである オリンドの 意 見 は 一 刻 も 早 く 公 園 をフェンスで 区 切 り これまでこの 公 園 内 で 観 察 された 動 物 については 現 況 で 観 察 されないとしても 移 動 再 生 のリハビリテーションを 行 うことであ った ただし 公 園 内 で 可 能 な 個 体 数 維 持 は 科 学 的 見 地 に 沿 って 実 施 するというものである 人 間 活 動 の 影 響 を 避 け 公 園 を 強 化 することを 目 的 に アシ 川 から 公 園 事 務 所 マガディロー ド マガディ 川 に 至 る 区 域 には オリンド 就 任 以 前 からフェンス 設 置 が 施 されていた 動 物 が 市 街 へ 侵 入 することも 防 がれた ただし 公 園 南 部 への 自 然 な 移 動 が 妨 げられることはなかった オリンドは 公 園 南 部 にもフェンスを 設 置 し 動 物 を 公 園 内 に 留 め 密 猟 や 食 肉 取 引 の 手 から 守 ろうとした オリンドとしては マサイ 族 の 人 々が 公 園 延 長 に 必 要 なキテンゲラ 地 域 の 一 角 の 売 却 につい ての 話 し 合 いに 応 じてくれること あるいはキテンゲラのコミュニティが キテンゲラ 国 立 保 護 区 を 謳 うことで 協 同 保 護 活 動 を 進 めることを 期 待 していた 保 護 区 となれば 彼 らも 経 済 的 な 受 益 が 保 証 される しかしこれが 実 現 することはなく 将 来 的 にも 見 込 みはほとんどないようだった マサイたち は 土 地 問 題 を 巡 って 政 府 との 間 には 苦 い 経 験 をもっていた イギリスがマサイの 土 地 を 奪 い その 後 大 統 領 のケニヤッタもモイも 同 じことを 繰 り 返 したのである そうした 経 緯 から マ サイは 政 府 に 否 定 的 だ かつ 政 府 側 の 野 生 生 物 保 全 団 体 に 対 しても マサイにとっては 政 府 と 同 様 にとらえ 協 力 的 な 要 望 でさえも マサイには 政 府 がまた 土 地 剥 奪 に 来 たとしか 受 け 止 めら れないのである そのため マサイに 協 力 せよというのは 大 変 なことなのである 結 局 オリンドは キテンゲラのマサイ 族 との 交 渉 を 果 たせず 東 アフリカ 野 生 生 物 協 会 所 属 の 時 代 に 努 力 を 続 けるしかなかったのだが これも 成 功 には 至 らなかった 5.ツァボ 国 立 公 園 ゾウの 間 引 きと 密 猟 以 下 ツァボ 国 立 公 園 に 関 する 記 述 は ケニアにおけるゾウ 管 理 の 歴 史 ( 中 村 1994)について のオリンドの 考 察 引 用 に 基 づくものである (1)ゾウの 間 引 きと 研 究 サンプル 密 売 60 年 代 初 頭 ツァボのアフリカゾウ 個 体 数 は 約 2 万 頭 と 推 定 されていた しかし 当 時 数 年 に いたる 旱 魃 や 野 火 アフリカゾウの 行 動 による 植 生 変 化 等 をはじめとする 複 数 の 要 因 で ツァ ボの 生 態 系 には 大 きな 変 化 があった アフリカゾウ 個 体 群 が 植 生 に 及 ぼす 影 響 は 増 加 し 続 け ツ ァボ 国 立 公 園 はいわゆる ゾウ 問 題 により 砂 漠 化 するのではと 懸 念 されていた それを 食 い 止 る 目 的 で 別 の 科 学 者 集 団 からゾウの 間 引 きが 強 く 求 められた この 提 案 は 問 題 解 決 ではなく 管 理 手 段 の 一 つとして イギリス 人 博 士 Richard Laws 氏 がウガンダで 国 立 公 園

7 内 での 間 引 きを 進 めた 直 後 に 出 てきたものである 実 施 には ツァボはアフリカゾウにより 砂 漠 化 したことはないし 今 後 もその 動 向 はない ツァボ 地 域 を 取 り 巻 く 気 象 サイクルに 関 して 科 学 者 らの 観 測 もデータも 見 たことがなかった しかし 公 園 協 会 に 対 し 科 学 者 2 名 が 300 頭 の 間 引 きを 提 言 した 個 体 群 調 査 のサンプルとして と 言 うのだ 評 議 員 全 員 がこの 提 言 を 受 け 入 れ たわけではなかったが 結 局 間 引 きを 1965 年 に 実 施 することで 承 認 した 間 引 きから 得 た 調 査 結 果 について 科 学 者 らが 評 議 会 に 報 告 したのは 間 引 き 実 施 から 3 カ 月 を 経 てのことだった そのレポートによれば ツァボで 間 引 きした 300 頭 のサンプルから 10 集 団 の 個 体 群 が 確 認 され その 各 個 体 群 の 詳 細 を 調 べるため さらに その 各 個 体 群 ごとに 300 頭 の 間 引 きを 要 望 する というものだった つまり 詳 細 データ 収 集 の 名 目 で さら 3000 頭 の 間 引 きを 要 求 したのだ 公 園 協 会 局 長 は 二 人 の 科 学 者 らが 検 討 と 承 認 を 求 めてその 要 望 を 評 議 会 に 提 出 するずっと 以 前 から その 要 望 について 疑 義 を 抱 いていた 局 長 は 異 なる 個 体 群 を 示 す 特 徴 を 明 らかに しようと 試 みた 研 究 チームに 個 体 群 区 別 の 根 拠 や 個 体 群 区 別 を 容 易 にする 特 徴 等 に 関 する 科 学 的 レポートの 提 出 を 求 めた こうした 局 長 の 行 動 は 物 議 を 誘 発 する 科 学 的 レポートの 準 備 が 進 むにつれ 二 人 の 科 学 者 は 局 長 解 雇 のキャンペーンを 開 始 したのである 今 の 若 い 局 長 (28 歳 )には 科 学 的 研 究 を 妨 害 する 資 格 はない と 言 うのが 彼 らの 主 張 であった 彼 らに 幸 いした のは その 若 い 局 長 こそが 野 生 生 物 学 者 として 教 育 を 受 けた 人 物 であることを 知 らないことだ 公 園 協 会 は 二 人 の 科 学 者 と 彼 らのパイロット Mr.Ian Parker( 以 前 はケニアゲーム 局 のウォ ーデン 以 後 ゲームハンターやパイロットに 転 身 )が 策 謀 した 陰 謀 に 関 する 情 報 を 秘 密 裏 に 得 ていた そのパイロットは 300 頭 間 引 きという 最 初 の 研 究 サンプル による 収 益 で 航 空 機 を 入 手 していた ゾウの 死 体 から 象 牙 や 皮 足 首 尾 などを 売 っていたのである ハンターであ るパイロットは ある 会 社 の 一 員 で その 会 社 には 隠 れパートナー アドバイザーとして 二 人 の 科 学 者 の 存 在 があった 物 的 証 拠 も 上 がり 情 勢 はますます 厳 しさを 増 した 研 究 部 門 の 局 長 が 観 光 野 生 生 物 省 へ 駆 けつけ 若 き 局 長 を 解 雇 するようケニア 政 府 を 説 得 し ようと 試 みた しかし 担 当 省 も 評 議 会 も 受 け 入 れなかった 二 人 の 科 学 者 は さらに 高 次 高 官 を 通 じて 局 長 解 雇 を 試 みたが イギリス 高 等 調 査 委 員 会 もこれを 支 持 せず ケニア 政 府 の 決 定 を 受 諾 するよう 進 言 した 二 人 の 科 学 者 は ツァボ 国 立 公 園 に 近 いケニア 国 境 付 近 での 間 引 きをタンザニア 政 府 に 持 ちか けようとしていた しかしケニア 国 立 公 園 とタンザニア 国 立 公 園 との 連 携 で 見 せかけの 調 査 による 間 引 きを 阻 止 することができた (2) 汚 職 と 密 猟 アフリカゾウ 生 息 地 として 貴 重 な 地 域 であるツァボ 国 立 公 園 であったが 象 牙 を 求 める 密 猟 者 が 常 にアフリカゾウ 個 体 群 を 脅 かしていた とくに 1976 年 の 組 織 合 併 以 降 の 誤 った 管 理 体 制 が 顕 著 となった ゲーム 局 と 国 立 公 園 協 会 が 1976 年 に 合 併 した 当 時 国 立 公 園 側 の 倉 庫 には 象 牙 103 トン サイ 角 7.5 トンが 保 管 されていた しかし 前 任 のゲーム 局 ウォーデンが 野 生 生 物 保 全 管 理 局 (WCMD) 局 長 職 を 継 いだ 年 の 間 に すべてなくなってしまったのである 保 管 され

8 ていた 象 牙 やサイ 角 は 公 園 協 会 当 時 に 密 猟 者 から 押 収 したもの 含 め 年 の 旱 魃 期 を 主 と する 自 然 死 個 体 から 合 法 的 に 収 集 されたものであった 野 生 生 物 保 全 管 理 局 新 局 長 と 政 治 家 との 間 に 強 力 な 関 わりがあることは 誰 の 目 にも 明 らかだ った 先 の 大 統 領 ケニヤッタのママ ンギナ ケニヤッタ 夫 人 は 象 牙 やサイ 角 毛 皮 等 狩 猟 品 で 親 族 ともども 私 腹 を 肥 やしていると 噂 されていた ケニヤッタ 夫 人 は 何 かにつけて 局 長 と 動 いていた その 時 期 国 立 公 園 協 会 の 崩 壊 は ウォーデンやレンジャーらのモラル 低 下 ももたらしていた 数 知 れない 人 数 のスタッフらが 経 済 的 利 益 を 求 めてゾウやサイ その 他 大 型 動 物 の 密 猟 者 となったのである 彼 らは かつての 国 立 公 園 内 の 安 全 性 を 知 っていたと 同 時 に 新 しい 部 局 が 管 理 する 絶 望 的 で 一 貫 性 のないセキュリティ 体 制 を 知 っていたのである 職 員 の 墜 落 は ケニア やアフリカ 諸 国 のゾウやサイの 保 護 活 動 に 暗 い 影 を 落 としていたに 違 いない (JWCS 会 報 No 年 5 月 より 転 載 )

いては 加 害 群 の 数 の 半 減 カワウについては 被 害 を 与 えるカワウの 生 息 数 の 半 減 を 目 指 すこととした(いずれも 侵 入 防 止 柵 の 設 置 や 追 払 い 等 により 群 れやね ぐら コロニーの 加 害 度 を 低 減 させることを 含 む ) これらを 踏

いては 加 害 群 の 数 の 半 減 カワウについては 被 害 を 与 えるカワウの 生 息 数 の 半 減 を 目 指 すこととした(いずれも 侵 入 防 止 柵 の 設 置 や 追 払 い 等 により 群 れやね ぐら コロニーの 加 害 度 を 低 減 させることを 含 む ) これらを 踏 鳥 獣 による 農 林 水 産 業 等 に 係 る 被 害 の 防 止 のための 施 策 を 実 施 するための 基 本 的 な 指 針 最 終 改 正 平 成 20 年 2 月 21 日 付 け 農 林 水 産 省 告 示 第 254 号 平 成 27 年 5 月 29 日 付 け 農 林 水 産 省 告 示 第 1396 号 ( 平 成 27 年 5 月 29 日 施 行 ) 一 被 害 防 止

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

今 回 は まず 前 回 の 続 きで 意 思 表 示 2 に 関 して 勘 違 いをして 契 約 を 締 結 した 場 合 の ように 契 約 の 成 立 に 問 題 があった 場 合 の 契 約 の 取 扱 いを 勉 強 します 次 に 未 成 年 者 の ように 保 護 が 必 要 な 人 を

今 回 は まず 前 回 の 続 きで 意 思 表 示 2 に 関 して 勘 違 いをして 契 約 を 締 結 した 場 合 の ように 契 約 の 成 立 に 問 題 があった 場 合 の 契 約 の 取 扱 いを 勉 強 します 次 に 未 成 年 者 の ように 保 護 が 必 要 な 人 を 09 宅 建 スーパー 合 格 講 座 権 利 関 係 目 次 第 1 回 今 回 は 最 初 の 講 義 ですので まず 権 利 関 係 のガイダンスとしてこの 科 目 の 出 題 内 容 傾 向 勉 強 方 法 等 について 説 明 します そして 1 契 約 は どのように 成 立 するのか,2 契 約 の 内 容 が 反 社 会 的 な 場 合 ( 例 えば 殺 人 の 契 約 )はどのように

More information

(3) 人 口 の 減 少 と 地 域 活 力 の 減 退 国 勢 調 査 の 結 果 における 本 村 の 人 口 については 昭 和 30 年 の9,044 人 をピークに その 後 鉱 山 の 閉 山 や 高 度 経 済 成 長 に 起 因 し 過 疎 化 が 急 激 に 進 み 平 成 22

(3) 人 口 の 減 少 と 地 域 活 力 の 減 退 国 勢 調 査 の 結 果 における 本 村 の 人 口 については 昭 和 30 年 の9,044 人 をピークに その 後 鉱 山 の 閉 山 や 高 度 経 済 成 長 に 起 因 し 過 疎 化 が 急 激 に 進 み 平 成 22 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 1 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 2 構 造 改 革 特 別 区 域 の 名 称 心 のふるさと おおくら 観 光 交 流 特 区 3 構 造 改 革 特 別 区 域 の 範 囲 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 の 全 域 4 構 造 改 革 特 別 区 域 の 特 性 (1)

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

目 次 1 野 生 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 の 概 況 1 2 鳥 獣 被 害 防 止 特 措 法 3 3 抜 本 的 な 鳥 獣 捕 獲 強 化 対 策 ( 概 要 ) 6 4 ニホンザル 被 害 対 策 強 化 の 考 え 方 ( 概 要 ) 7 5 鳥 獣 被 害 対 策 実 施

目 次 1 野 生 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 の 概 況 1 2 鳥 獣 被 害 防 止 特 措 法 3 3 抜 本 的 な 鳥 獣 捕 獲 強 化 対 策 ( 概 要 ) 6 4 ニホンザル 被 害 対 策 強 化 の 考 え 方 ( 概 要 ) 7 5 鳥 獣 被 害 対 策 実 施 鳥 獣 被 害 の 現 状 と 対 策 平 成 2 8 年 3 月 目 次 1 野 生 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 の 概 況 1 2 鳥 獣 被 害 防 止 特 措 法 3 3 抜 本 的 な 鳥 獣 捕 獲 強 化 対 策 ( 概 要 ) 6 4 ニホンザル 被 害 対 策 強 化 の 考 え 方 ( 概 要 ) 7 5 鳥 獣 被 害 対 策 実 施 隊 8 6 鳥 獣 被 害 防 止

More information

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座 - 高 砂 -- 木 ビ TEL -- FAX -- 編 価 購 読 費 含 輝 築 誇 津 康 歳 J M I U ハ 先 奮 蓮 ハ 築 弱 顧 客 注 屋 台 風 呂 ユ 設 置 築 完 式 作 津 作 ユ 養 ォ 乗 作 ユ 養 積 身 宮 城 石 巻 元 石 巻 高 卒 ハ 就 至 石 巻 家 旧 北 岸 百 震 災 津 波 押 寄 験 築 * 紙 面 * 元 気 面 面 営 面 面 ぶ

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

中 華 人 民 共 和 国 広 告 法 ( 主 席 令 第 22 号 ) 中 華 人 民 共 和 国 主 席 令 第 22 号 中 華 人 民 共 和 国 広 告 法 は 中 華 人 民 共 和 国 第 12 期 全 国 人 民 代 表 大 会 常 務 委 員 会 第 14 回 会 議 にて 201

中 華 人 民 共 和 国 広 告 法 ( 主 席 令 第 22 号 ) 中 華 人 民 共 和 国 主 席 令 第 22 号 中 華 人 民 共 和 国 広 告 法 は 中 華 人 民 共 和 国 第 12 期 全 国 人 民 代 表 大 会 常 務 委 員 会 第 14 回 会 議 にて 201 中 華 人 民 共 和 国 広 告 法 2015 年 4 月 24 日 公 付 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 事 務 所 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した 情 報 などの

More information

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材 PISA 型 読 解 力 向 上 へ 授 業 改 善 説 明 的 文 章 取 組 み 通 熊 本 市 立 壺 川 小 学 校 佐 藤 俊 幸 目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有

More information

労 災 保 険 は 労 働 者 の 業 務 または 通 勤 による 災 害 に 対 して 所 定 の 給 付 を 行 うことを 目 的 とし ています これらの 災 害 の 中 には 通 勤 途 中 に 交 通 事 故 に 遭 ったり 仕 事 で 道 路 を 通 行 中 に 建 設 現 場 から 落

労 災 保 険 は 労 働 者 の 業 務 または 通 勤 による 災 害 に 対 して 所 定 の 給 付 を 行 うことを 目 的 とし ています これらの 災 害 の 中 には 通 勤 途 中 に 交 通 事 故 に 遭 ったり 仕 事 で 道 路 を 通 行 中 に 建 設 現 場 から 落 労 災 保 険 は 労 働 者 の 業 務 または 通 勤 による 災 害 に 対 して 所 定 の 給 付 を 行 うことを 目 的 とし ています これらの 災 害 の 中 には 通 勤 途 中 に 交 通 事 故 に 遭 ったり 仕 事 で 道 路 を 通 行 中 に 建 設 現 場 から 落 下 した 物 に 当 たるなどして 負 傷 す る 場 合 もあります 労 災 保 険 制 度 上

More information

JAいわき市の地域農業への支援対応 その2

JAいわき市の地域農業への支援対応 その2 JAいわき 市 の 地 域 農 業 への 支 援 対 応 その 2 福 島 県 JA 系 統 機 関 の 原 発 被 害 への 取 組 みレポート 2012.10.05 農 林 中 金 総 合 研 究 所 理 事 研 究 員 渡 部 喜 智 福 島 県 いわき 市 ( 以 下 同 市 )を 管 内 とするJAいわき 市 ( 以 下 同 JA )が 東 日 本 震 災 と 福 島 第 一 原 子 力

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの 独 禁 法 事 例 研 究 第 8 回 ( 平 成 26 年 12 月 10 日 ) 1 セブンイレブン ジャパンに 対 する 独 占 禁 止 法 25 条 訴 訟 論 点 紹 介 役 から 以 下 のとおり 事 案 の 概 要 と 問 題 点 の 発 表 が 行 われた 1. 事 案 概 要 (1) 経 緯 公 正 取 引 委 員 会 は 平 成 21 年 6 月 22 日 被 告 (P5 セブン-イレブン

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874193C18BE68C7689E681698E528C608CA791E591A091BA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874193C18BE68C7689E681698E528C608CA791E591A091BA816A2E646F6378> 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 1 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 2 構 造 改 革 特 別 区 域 の 名 称 大 蔵 トマト リキュール 特 区 3 構 造 改 革 特 別 区 域 の 範 囲 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 の 全 域 4 構 造 改 革 特 別 区 域 の 特 性 (1) 地 勢 及 び

More information

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx 意 見 書 案 第 7 号 最 低 賃 金 の 改 定 等 に 関 する 意 見 書 日 本 経 済 の 先 行 きについては 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 が 続 く 中 で 緩 やかな 回 復 に 向 かう ことが 期 待 される 一 方 昨 年 11 月 に 国 が 発 表 した 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けて 緊 急 に 実 施 すべき 対 策 では 最 低 賃

More information

Taro-国交職組ニュー ス231 

Taro-国交職組ニュー ス231  国 交 職 組 2015. 9. 24 No.231 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 新 規 増 員 1,555 人 要 求 - 国 交 省 - 定 員 合

More information

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近 爪 痕 残 列 言 海 首 都 懸 念 振 返 太 平 洋 ピ 海 米 ユ 想 海 溝 周 辺 海 溝 型 首 都 海 振 返 2 6 三 陸 沖 源 マ グ チ 9 0 栗 7 茨 6 範 囲 揺 観 太 平 洋 沿 岸 沿 岸 晃 望 台 口 粟 野 弱 観 置 置 軽 傷 永 野 翌 前 及 ぼ 宅 困 鉄 ッ 7 校 武 鉄 乗 客 67 夜 過 ガ ソ 蛇 列 製 油 操 止 車 両 優

More information

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73%

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73% 自 民 接 戦 1 人 区 を 重 点 民 進 共 産 3 分 の 2 阻 止 を 前 面 参 院 選 最 終 盤 攻 防 朝 日 新 聞 2016 年 7 月 8 日 10 日 投 開 票 の 参 院 選 は 選 挙 戦 の 最 終 盤 を 迎 えている 安 倍 晋 三 首 相 ( 自 民 党 総 裁 ) は7 日 福 島 県 を 遊 説 接 戦 の1 人 区 を 重 点 的 に 回 り 単 独

More information

2 事 業 により 整 備 された 施 設 の 管 理 状 況 (1) 施 設 の 概 況 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 六 堰 頭 首 工 左 岸 幹 線 導 水 路 右 岸 幹 線 導 水 路 大 里 幹 線 用 水 路 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 玉 井 堰 幹 線 用 水

2 事 業 により 整 備 された 施 設 の 管 理 状 況 (1) 施 設 の 概 況 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 六 堰 頭 首 工 左 岸 幹 線 導 水 路 右 岸 幹 線 導 水 路 大 里 幹 線 用 水 路 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 玉 井 堰 幹 線 用 水 おおさと 事 業 名 国 営 総 合 農 地 防 災 事 業 地 区 名 大 里 県 名 埼 玉 県 関 係 市 町 村 く ま が や し おおさとまち こうなんまち ぎ よ う だ し みなみかわらむら こ う の す し 熊 谷 市 ( 旧 熊 谷 市 旧 大 里 町 旧 江 南 町 ) 行 田 市 ( 旧 行 田 市 旧 南 河 原 村 ) 鴻 巣 市 ふきあげまち ふ か や し かわもとまち

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

4 月 2 日 例 の 記 事 が 出 た 日 です ある 空 港 では 大 変 だったそうです A 大 学 別 科 ( 実 際 は 実 名 )のベトナム 人 留 学 生 百 数 十 名 とB 日 本 語 学 校 ( 同 )のベ トナム 人 留 学 生 7 80 人 が1 階 の 出 口 でひしめき

4 月 2 日 例 の 記 事 が 出 た 日 です ある 空 港 では 大 変 だったそうです A 大 学 別 科 ( 実 際 は 実 名 )のベトナム 人 留 学 生 百 数 十 名 とB 日 本 語 学 校 ( 同 )のベ トナム 人 留 学 生 7 80 人 が1 階 の 出 口 でひしめき 留 学 生 通 信 53 号 一 般 社 団 法 人 全 国 日 本 語 学 校 連 合 会 2015 年 4 月 8 日 慎 重 さ 求 められる 日 本 語 学 校 設 置 基 準 の 緩 和 文 部 科 学 省 法 務 省 とも 基 準 緩 和 を 否 定 官 民 協 力 してこそ 留 学 生 30 万 人 計 画 は 立 派 に 達 成 できる 波 紋 呼 んだ 産 経 新 聞 の 一 本

More information

ある 1972 年 に 新 たに 自 ら 制 定 した 憲 法 と 共 にそれまでのセイロンから スリランカへと 名 称 を 変 更 した イギリスでは 憲 法 と 普 通 法 との 間 に 差 異 は 設 けられていないが その 植 民 地 には 差 異 が 設 けられた スリランカは 1802

ある 1972 年 に 新 たに 自 ら 制 定 した 憲 法 と 共 にそれまでのセイロンから スリランカへと 名 称 を 変 更 した イギリスでは 憲 法 と 普 通 法 との 間 に 差 異 は 設 けられていないが その 植 民 地 には 差 異 が 設 けられた スリランカは 1802 スリランカの 憲 法 問 題 L.フェルナンド ** 浅 野 宜 之 訳 ** 1 はじめに スリランカは 憲 法 を 学 ぶ 人 にとって 二 つの 意 味 で 興 味 深 い 国 だと 思 われる 一 つは 19 20の 両 世 紀 の 間 にスリランカは ₅ つの それぞれ 形 式 及 び 内 容 の 面 でかなり 異 な った 憲 法 を 持 っていたということが 挙 げられる その ₅ つの

More information

x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置 ふ び 取 込 謝 流 ノ 注 近 無 視 規 模 関 無 数 恩 恵 与 活 枯 渇 源 再 排 廃 棄 吸 収 サ 謝 流 規 模 答 重 指 標 サ

x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置 ふ び 取 込 謝 流 ノ 注 近 無 視 規 模 関 無 数 恩 恵 与 活 枯 渇 源 再 排 廃 棄 吸 収 サ 謝 流 規 模 答 重 指 標 サ ix 序 ハ E 序 ケ ネ ボ ィ み 述! 基 公 ノ 皆 訊 a 正 確 何 b 在 c d 優 先 事 項 考 教 科 扱 ず 思 際 b c d 三 扱 ず a 満 足 答 示 欠 落 埋 貢 献 昔 者 ち 外 言 事 鑑 み 報 告 政 府 格 x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫 紙 父 早 亡 離 暮 知 ゅ 華 料 預 港 町 飲 屋 帰 章 Ⅰ 落 汁 落 レ 炒 汁 淡 黄 褐 色 ょ 個 太 洋 陸 ソ モ 諸 サ モ 諸 抜 ぬ 太 洋 黄 信 ム 発 食 費 円 料 汁 乱 ぷ 岡 箱 細 腕 歩 姿 浮 闇 野 良 犬 ぬ 匹 牙 岡 落 4 ニ ブ 薪 音 閉 務 室 声 苦 労 5 無 修 士 釘 員 廊 寝 近 進 駐 ゅ 軍 ャ プ パ 工 場 付 属

More information

表 1 データベースの 構 築 県 別 時 系 列 配 列 大 正 12 年 香 川 県 番 号 発 生 日 種 類 氏 名 性 年 齢 発 病 日 決 定 日 転 帰 日 手 段 発 生 地 出 典 T 畜 犬 並 びに 野 犬 取 締 規 則 改 正 香 川 県 令 第 23 号

表 1 データベースの 構 築 県 別 時 系 列 配 列 大 正 12 年 香 川 県 番 号 発 生 日 種 類 氏 名 性 年 齢 発 病 日 決 定 日 転 帰 日 手 段 発 生 地 出 典 T 畜 犬 並 びに 野 犬 取 締 規 則 改 正 香 川 県 令 第 23 号 研 究 ノート 四 国 地 方 の 狂 犬 病 流 行 史 1 唐 仁 原 景 昭 要 約 筆 者 は 日 本 全 国 の 狂 犬 病 流 行 史 の 研 究 を 行 っているが,4 つの 県 を 擁 する 島 に 狂 犬 病 が 上 陸 した 場 合 にどのような 流 行 方 式 をたどり,どの 程 度 の 犠 牲 者 がでた のか,その 時, 防 疫 担 当 の 県 当 局 はどのような 対 応

More information

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd ァ メ 専 門 返 運 用 困 相 談 先 世 メ 実 情 違 理 店 専 門 実 際 保 険 理 店 務 仕 事 拠 相 談 保 険 話 後 絶 何 隠 ァ 変 3 多 仕 事 柄 搾 4 程 度 従 員 抱 経 営 者 低 賃 労 働 者 ゆ ワ キ グ ア 高 校 卒 後 飲 食 店 勤 職 場 環 境 ひ ( ブ 企 ) 4 心 身 壊 退 職 ざ 退 職 後 近 無 職 活 送 ハ ワ 通

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

動物の愛護及び管理に関する法律が改正されました

動物の愛護及び管理に関する法律が改正されました 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 法 律 が 改 正 されました 動 物 取 扱 業 者 編 第 一 種 動 物 取 扱 業 者 の 義 務 犬 猫 等 販 売 業 者 の 義 務 犬 猫 等 健 康 安 全 計 画 第 二 種 動 物 取 扱 業 の 届 出 Pick UP Pick UP 幼 齢 動 物 の 販 売 規 制 現 物 確 認 対 面 説 明 の 義 務 化 人 と

More information

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 九 度 山 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 九 度 山 町 目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 将 来

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F955C8E86814596DA8E9F5F945F8BC683728357838783932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F955C8E86814596DA8E9F5F945F8BC683728357838783932E646F63> 鷹 栖 町 農 業 ビジョン 平 成 28 年 度 ~ 平 成 29 年 度 ( 第 1 期 ) 平 成 28 年 3 月 北 海 道 鷹 栖 町 目 次 第 1 章 ビジョンの 策 定 にあたって 1 ビジョン 策 定 の 目 的 1 2 ビジョンの 性 格 1 3 ビジョンの 計 画 期 間 2 4 鷹 栖 町 未 来 づくり 構 想 ( 一 部 抜 粋 ) 3 第 2 章 鷹 栖 町 の 現

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧 5. 各 種 被 災 者 支 援 ⑴ 奄 美 市 市 では 奄 美 豪 雨 災 害 発 生 時 に 被 災 地 での 救 助 救 援 活 動 等 を 実 施 した そして 災 害 発 生 時 の 混 乱 した 状 況 が 収 拾 してからは, 被 災 者 に 災 害 前 の 生 活 をいち 早 く 取 り 戻 してもらうよう 早 期 の 復 旧 復 興 を 目 指 し 各 種 支 援 策 を 実 施

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832352E392E3488EA94CA8EBF96E292CA8D9093E097652081698AAE90AC94C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832352E392E3488EA94CA8EBF96E292CA8D9093E097652081698AAE90AC94C5816A> 平 成 25 年 9 月 市 議 会 定 例 会 一 般 質 問 質 問 す る 議 員 名 及 び 質 問 内 容 個 人 質 問 1 議 員 成 田 芳 雄 ⑴ 都 市 内 ま た は 地 域 内 分 権 制 度 の 創 設 に つ い て こ れ ま で の 一 般 質 問 で の 答 弁 で は 市 民 の 底 力 を 支 援 す る 事 業 は 行 政 と 市 民 あ る い は 市 民

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

手 続 を 被 告 国 に 対 しては 上 記 抹 消 登 記 手 続 の 承 諾 を 求 めた 事 案 である 1 前 提 事 実 ( 争 いのない 事 実 及 び 証 拠 により 容 易 に 認 められる 事 案 ) (1) 当 事 者 等 原 告 ( 大 正 10 年 7 月 10 日 生 )

手 続 を 被 告 国 に 対 しては 上 記 抹 消 登 記 手 続 の 承 諾 を 求 めた 事 案 である 1 前 提 事 実 ( 争 いのない 事 実 及 び 証 拠 により 容 易 に 認 められる 事 案 ) (1) 当 事 者 等 原 告 ( 大 正 10 年 7 月 10 日 生 ) 平 成 22 年 9 月 24 日 判 決 言 渡 同 日 原 本 交 付 裁 判 所 書 記 官 平 成 年 ( ) 第 号 所 有 権 移 転 登 記 抹 消 登 記 手 続 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 22 年 7 月 16 日 判 決 当 事 者 の 表 示 別 紙 当 事 者 目 録 記 載 のとおり 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴

More information

平成21年度 事業計画書(案)

平成21年度 事業計画書(案) 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 自 至 平 成 25 年 7 月 1 日 平 成 26 年 6 月 30 日 財 団 法 人 日 本 きのこセンター 平 成 25 年 度 事 業 計 画 事 業 方 針 昨 年 末 の 衆 議 院 総 選 挙 で 与 党 復 帰 を 果 たした 自 民 公 明 政 権 がデフレからの 脱 却 と 経 済 再 生 を 最 優 先 課 題 として 取 り 組

More information

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと 1989 1991 1993 1995 1997 1999 2001 2003 2005 2007 2009 2011 2013 論 説 混 迷 する 中 東 の 行 方 を 探 る: 難 民 問 題 解 決 のカギは? 滝 澤 三 郎 東 洋 英 和 女 学 院 大 学 大 学 院 客 員 教 授 国 連 UNHCR 協 会 理 事 長 1 始 めに 2015 年 の 難 民 と 難 民 申 請

More information

家畜衛生ニュース-中央

家畜衛生ニュース-中央 中 央 家 畜 衛 生 通 信 第 65 号 平 成 25 年 8 月 発 行 岩 手 県 中 央 家 畜 保 健 衛 生 所 岩 手 県 中 央 家 畜 衛 生 協 議 会 目 次 家 畜 を 残 暑 から 守 りましょう 岩 手 県 牛 ヨーネ 病 防 疫 対 策 要 領 の 改 正 について 農 場 HACCP 興 味 のある 方 は 当 所 まで!! めん 羊 の 慢 性 銅 中 毒 1 3

More information

Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1 オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 オーナー 経 営 者 の 場 合 自 社 株 式 の 大 部 分 を 所 有 しているケースがほとんどです その ようなオーナー

Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1 オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 オーナー 経 営 者 の 場 合 自 社 株 式 の 大 部 分 を 所 有 しているケースがほとんどです その ようなオーナー 経 営 承 継 円 滑 化 法 の 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1.オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 2. 納 税 資 金 確 保 の 必 要 性 3. 円 滑 な 事 業 承 継 を 行 うための 経 営 承 継 円 滑 化 法 Ⅱ 納 税 資 金 の 確 保 対 策 1.

More information

28)_

28)_ 計 画 策 定 年 度 計 画 主 体 平 成 26 年 度 八 幡 蒲 生 郡 日 野 蒲 生 郡 竜 王 地 域 鳥 獣 被 害 防 止 計 画 連 絡 先 担 当 部 署 名 所 在 地 電 話 番 号 FAX 番 号 メールアドレス 八 幡 都 産 業 部 農 業 振 興 課 滋 賀 県 八 幡 桜 宮 236 番 地 0748-36-5514 0748-32-5032 0011002@city.omihachiman.lg.jp

More information

『チェリー・イングラム』

『チェリー・イングラム』 29 歳 画 像 提 供 プ 1 5 虚 弱 児 立 道 真 珠 婚 旅 転 機 ャ ポ ャ パ 造 涯 仕 脚 危 41 目 幻 滅 古 都 吉 山 京 タ フ ツ 刻 む 種 警 告 誕 75 穂 木 届 種 創 作 ベ 広 清 楚 淫 靡 太 白 偉 太 白 結 ぶ 縁 近 づ 軍 靴 音 117 歴 史 古 江 戸 染 井 吉 登 場 明 治 維 変 救 済 里 染 井 吉 批 判 太 平

More information

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版>

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版> 高 齢 者 等 の 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 に 対 する 賃 貸 人 の 不 安 解 消 に 関 する 調 査 < 概 要 版 > 1. 調 査 目 的 民 間 賃 貸 住 宅 において 賃 貸 人 が 高 齢 者 等 の 入 居 を 制 限 する 実 態 が 見 られ その 理 由 として 家 賃 の 支 払 い 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 等 への 賃 貸 人 の 不 安

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

論 文 要 旨 今 日 の 日 本 近 代 史 研 究 では 満 州 事 変 から 日 中 戦 争 にいたる 期 間 を いわゆる 十 五 年 戦 争 の 一 部 をなすものとして 準 戦 時 期 としてとらえられるのが 通 例 である ところが ここに 猪 間 驥 一 という 知 られざる 自 由

論 文 要 旨 今 日 の 日 本 近 代 史 研 究 では 満 州 事 変 から 日 中 戦 争 にいたる 期 間 を いわゆる 十 五 年 戦 争 の 一 部 をなすものとして 準 戦 時 期 としてとらえられるのが 通 例 である ところが ここに 猪 間 驥 一 という 知 られざる 自 由 明 治 学 院 大 学 機 関 リポジトリ http://repository.meijigakuin 自 由 主 義 経 済 学 者 猪 間 驥 一 の 人 口 問 題 研 究 およびそ Title の 近 代 史 認 識 -1920~1940 年 代 の 考 察 - Author(s) 和 田, みき 子 ; WADA Mikiko Citation Issue Date 2016-05-12T07:02:11Z

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

Microsoft Word - 滋賀政府交渉要望書2010.11.22.doc

Microsoft Word - 滋賀政府交渉要望書2010.11.22.doc 農 林 水 産 大 臣 鹿 野 道 彦 様 貴 職 におかれては 時 下 益 々ご 清 栄 のことと 存 じ ご 努 力 いただきますようお 願 いし 1 米 価 暴 落 対 策 について 深 刻 な 生 産 者 米 価 の 暴 落 が 滋 賀 県 でも 起 こっており 近 畿 唯 一 の 米 移 出 県 である 滋 賀 県 では 特 に 大 きな 被 害 を 受 けている 緊 急 に 過 剰 米

More information

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象 比 例 大 激 戦 9 条 守 れの1 票 共 産 党 へ 改 憲 問 題 が 大 争 点 に しんぶん 赤 旗 2016 年 7 月 6 日 ( 水 ) 投 票 日 まで4 日 となった 参 院 選 は 比 例 代 表 も 選 挙 区 も 大 激 戦 大 接 戦 のまま 最 終 盤 に 入 り 安 保 法 制 = 戦 争 法 の 廃 止 と 憲 法 9 条 改 悪 が 大 争 点 に 浮 上 憲

More information

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連 2 0 1 1 年 4 月 2 0 日 全 建 総 連 支 援 対 策 本 部 ニュース(No.33 全 建 総 連 東 日 本 大 震 災 支 援 対 策 本 部 全 建 総 連 では 4 月 14 日 原 発 事 故 に 起 因 する 様 々な 被 害 を 受 けた 地 域 の 産 業 及 び 住 民 に 対 して 充 分 な 補 償 を 行 うこと 等 を 主 旨 とした 要 請 を 東 京

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

付 属 資 料 1. 事 業 事 前 評 価 表 ( 開 発 調 査 ) 2. 実 施 細 則 (S/W)( 和 文 中 文 ) 付 属 資 料 1 事 業 事 前 評 価 表 ( 開 発 調 査 ) 1. 案 件 名 首 都 周 辺 風 砂 被 害 地 域 植 生 回 復 モデル 計 画 調 査 2. 協 力 概 要 (1) 事 業 の 目 的 本 事 業 の 目 的 は 北 京 や 天 津 周

More information

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378>

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378> 東 近 江 市 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 解 説 東 近 江 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 策 定 の 背 景 昭 和 43 年 に 制 定 された 新 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という )で 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域

More information

タイトル

タイトル 経 済 トレンド 子 ども 手 当 ての 意 義 を 考 える ~ 拙 速 な 廃 止 は 将 来 の 労 働 力 を 質 量 の 両 面 から 減 少 させることに~ 経 済 調 査 部 柵 山 順 子 ( 要 旨 ) 東 日 本 大 震 災 の 復 興 財 源 案 の 一 つとして 子 ども 手 当 ての 廃 止 が 議 論 されている 子 ども 手 当 て 廃 止 が 様 々な 世 帯 にどのような

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

スライド 1

スライド 1 勤 務 地 限 定 職 種 限 定 に 関 わる 判 例 資 料 2 1 エールフランス 事 件 ( 東 京 高 判 昭 49.8.28) 雇 用 契 約 において 配 置 場 所 が 明 定 されている 場 合 には 使 用 者 は 当 該 労 働 者 の 同 意 なくしてこれを 配 転 できないのを 本 則 とすべき 東 京 ベースの 合 意 に 反 して 為 した 本 件 配 転 命 令 つき

More information

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 27 年 8 月 佐 世 保 市 目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章

More information

表紙.indd

表紙.indd コミュニティ 通 訳 の つなぐ 行 為 にみる 橋 渡 しとは 三 木 紅 虹 みなみ 市 民 活 動 多 文 化 共 生 ラウンジ コーディネーター NPO 法 人 MICかながわ 中 国 語 医 療 通 訳 はじめに 近 年 各 自 治 体 や 国 際 交 流 協 会 など 民 間 団 体 において コミュニティ 通 訳 が 無 視 できない 存 在 となりつつあるが その 人 材 の 育 成

More information

私 たちみんなの 森 林 国 有 林 熊 本 森 林 管 理 署 は 白 川 菊 池 川 緑 川 天 草 流 域 に 広 がる 国 有 林 24,897ha と 官 行 造 林 954ha を 管 理 経 営 しています 74 万 人 都 市 熊 本 市 などの 水 源 の 涵 養 のために 重 要

私 たちみんなの 森 林 国 有 林 熊 本 森 林 管 理 署 は 白 川 菊 池 川 緑 川 天 草 流 域 に 広 がる 国 有 林 24,897ha と 官 行 造 林 954ha を 管 理 経 営 しています 74 万 人 都 市 熊 本 市 などの 水 源 の 涵 養 のために 重 要 熊 本 森 林 管 理 署 の 国 有 林 のあらまし 平 成 27 年 度 版 九 州 森 林 管 理 局 熊 本 森 林 管 理 署 私 たちみんなの 森 林 国 有 林 熊 本 森 林 管 理 署 は 白 川 菊 池 川 緑 川 天 草 流 域 に 広 がる 国 有 林 24,897ha と 官 行 造 林 954ha を 管 理 経 営 しています 74 万 人 都 市 熊 本 市 などの

More information

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information

高 宮 関 連 表 関 係 群 請 求 号 補 遺 落 3 67 35 36 控 67 37 絵 添 控 67 38 控 67 補 和 5768 5 高 宮 ノ 和 5768 6 杭 受 和 5768 7 態 ス 補 安 芸 代 官 答 弁 和 5768 8 誤 詫 び 和 5768 6 H73 樹

高 宮 関 連 表 関 係 群 請 求 号 補 遺 落 3 67 35 36 控 67 37 絵 添 控 67 38 控 67 補 和 5768 5 高 宮 ノ 和 5768 6 杭 受 和 5768 7 態 ス 補 安 芸 代 官 答 弁 和 5768 8 誤 詫 び 和 5768 6 H73 樹 館 紀 9 号 平 8 6 - - 館 戦 併 旧 継 蔵 半 降 代 含 周 辺 社 糸 安 南 区 旧 高 宮 安 北 区 旧 高 陽 起 益 紛 関 末 尾 添 平 位 岸 注 落 占 背 城 備 位 停 再 燃 根 深 表 稿 最 初 読 策 策 該 頃 概 略 3 ざ 腰 区 樹 切 厳 ゆ 洪 水 害 防 落 決 至 召 腰 民 委 ね 薪 牛 馬 飼 畑 肥 供 給 源 腰 民 個 別

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ 畜 産 経 営 の 法 人 化 - 合 同 会 社 という 新 たな 会 社 形 態 - 日 本 政 策 金 融 公 庫 農 林 水 産 事 業 本 部 情 報 戦 略 部 技 術 情 報 担 当 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法

More information

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案)

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案) 港 区 マンション 建 替 法 容 積 率 許 可 要 綱 平 成 27 年 6 月 1 日 27 港 街 計 第 791 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 78 号 以 下 法 という ) 第 105 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 容 積 率 の 許

More information

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の

More information

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96>

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96> 肉 用 牛 関 係 事 業 等 一 覧 表 ( 平 成 25 年 度 当 初 版 ) 目 的 は 具 体 的 には 対 応 する 事 業 実 施 主 体 事 業 の 特 徴 又 は 窓 口 1 規 模 拡 大 を 共 同 利 用 牛 舎 一 般 予 算 図 る を 整 備 したい 強 い 農 業 づくり 交 付 金 公 社 農 協 都 道 府 県 協 業 法 人 経 営 の 開 始 に 伴 う 共

More information

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 網 走 市 統 計 書 平 成 27 年 版 網 走 市 は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 踏 まえ 基 本 的 かつ 総 合 的 な

More information

120808改正請負契約書(最低価格落札方式)

120808改正請負契約書(最低価格落札方式) 印 紙 契 約 書 ( 案 ) 支 出 負 担 行 為 担 当 官 中 国 四 国 地 方 環 境 事 務 所 総 務 課 長 遠 藤 正 ( 以 下 甲 という ) は ( 以 下 乙 という )と 平 成 25 年 度 五 色 台 ビジターセンター 及 び 自 然 体 験 施 設 定 期 点 検 及 び 保 守 管 理 業 務 ( 以 下 業 務 という )について 次 の 条 項 により 契

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

(2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 井 口 さん 方 の 土 蔵 崩 壊 学 校 幼 稚 園 などを 襲 った 恐 怖 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4) 抗 議 要 請 申 し 入 れ 日 本 共 産 党 民 主 団 体 の 調 査 と 要 請 行 動 津 山

(2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 井 口 さん 方 の 土 蔵 崩 壊 学 校 幼 稚 園 などを 襲 った 恐 怖 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4) 抗 議 要 請 申 し 入 れ 日 本 共 産 党 民 主 団 体 の 調 査 と 要 請 行 動 津 山 安 保 破 棄 岡 山 県 実 行 委 員 会 学 習 会 2011 年 10 月 17 日 ( 岡 山 市 勤 労 者 福 祉 センター) 米 軍 機 の 低 空 飛 行 を 許 さないために 中 尾 元 重 1. 低 空 飛 行 の 被 害 とその 後 (1) 全 国 の 低 空 飛 行 (2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4)

More information

(別記様式第1号)

(別記様式第1号) ( 別 記 様 式 第 1 号 ) 計 画 作 成 年 度 平 成 23 年 度 計 画 変 更 年 度 平 成 25 年 度 計 画 主 体 熊 本 県 南 阿 蘇 村 南 阿 蘇 村 鳥 獣 被 害 防 止 計 画 < 連 絡 先 > 担 当 部 署 名 南 阿 蘇 村 農 政 課 林 務 整 備 係 所 在 地 熊 本 県 阿 蘇 郡 南 阿 蘇 村 大 字 河 陰 145-3 電 話 番 号

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 譜 写 真 振 返 五 十 周 ~ 都 常 住 口 突 破 受 信 契 約 突 破 義 務 書 無 償 化 シ 博 覧 幕 常 磐 河 駅 重 衝 突 故 歴 史 的 産 連 続 メ 鉄 腕 映 吉 典 ち ゃ ん 誘 拐 最 黒 四 ダ 完 セ 札 防 止 千 円 札 ケ ネ デ ィ 統 領 暗 殺 さ 潟 等 告 示 さ 所 在 潟 字 金 沢 字 械 務 所 等 置 く 五 章 柏 崎 伊 藤

More information

fence2.indd

fence2.indd 2 3 久 仁 彦 / 5 8 阪 市 パ ソ セ チ 基 践 遊 士 情 緒 最 限 組 織 枯 渇 発 創 造 続 2 龍 谷 談 室 ウ セ 8 龍 谷 ウ セ グ 課 程 講 兼 職 国 際 ァ 席 己 性 3 2 月 龍 谷 退 職 在 デ 研 究 普 及 注 日 講 客 参 加 験 ぐ 即 興 演 独 創 即 興 演 芸 術 面 演 客 > 久 仁 彦 久 仁 彦 2 8 月 末 阪 應

More information

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状 102 Vol. 津 波 活 打 撃 決 末 戦 例 襲 ェ 網 組 及 び 複 克 服 向 組 待 歯 語 野 モ 騰 計 知 回 救 戦 略 有 性 検 証 編 滝 洋 慶 應 義 塾 学 学 院 法 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 社 社 論 説 副 長 編 編 等 職 著 書 ゲ ム 何 救 舞 台 裏 O U S 103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

FP継続教育セミナー

FP継続教育セミナー 2016 年 10 月 目 標 相 続 アドバイザー 公 開 セミナー Ⅰ. 相 続 手 続 き 全 体 像 と 流 れ 1. タイムスケジュールの 概 要 (1) 被 相 続 人 の 死 亡 関 係 者 の 方 への 連 絡 し お 通 夜 や 葬 儀 の 準 備 をする (2) お 通 夜 葬 儀 等 死 亡 届 けの 提 出 ( 手 続 要 ) 死 亡 届 けは 7 日 以 内 に 医 師 の

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

<5461726F2D8F57978E8BA692E88F9182CC8B4C93FC837D836A83858341838B>

<5461726F2D8F57978E8BA692E88F9182CC8B4C93FC837D836A83858341838B> 農 業 者 用 中 山 間 地 域 等 直 接 支 払 交 付 金 集 落 協 定 書 等 の 書 き 方 記 入 マニュアル 平 成 25 年 5 月 16 日 < 集 落 協 定 を 申 請 する 場 合 > 参 考 様 式 第 6 号 共 通 の 申 請 書 ( 記 入 例 ) 番 号 年 月 日 市 町 村 長 殿 集 落 協 定 代 表 者 氏 名 印 中 山 間 地 域 等 直 接 支

More information

[静岡大学の理念]

[静岡大学の理念] 各 位 静 岡 大 学 大 学 院 人 文 社 会 科 学 研 究 科 本 研 究 科 経 済 専 攻 第 2 次 募 集 要 項 については 次 項 以 降 に 掲 載 しておりますが 実 際 の 出 願 にあたっては 下 記 の 請 求 方 法 により 学 生 募 集 要 項 を 入 手 し 所 定 の 様 式 により 出 願 をお 願 いします 記 学 生 募 集 要 項 の 請 求 方 法

More information

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請 File.4 < 判 決 原 文 > 生 計 を 一 に す る 妻 へ の 税 理 士 報 酬 と 必 要 経 費 - 宮 岡 事 件 - 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 13 年 ( 行 ウ ) 第 423 号 平 成 15 年 7 月 16 日 判 決 ( TAINS 判 例 検 索 Z253-9393 税 務 訴 訟 資 料 253 号 順 号 9393 判 例 時 報 1891 号

More information

報道資料

報道資料 平 成 24 7 月 5 日 消 防 庁 平 成 23 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 総 火 災 件 数 は 50,006 件 で おおよそ 1 日 あたり 137 件 11 分 に 1 件 の 火 災 が 発 生 したことになります また 東 日 本 大 震 災 による 火 災 は 330 件 でした 1 総 出 火 件 数 は 50,006 件 でした

More information

H12 正

H12 正 平 成 26 年 度 県 内 優 良 果 樹 技 術 経 営 事 例 第 16 回 全 国 果 樹 技 術 経 営 コンクール 全 国 果 樹 研 究 連 合 会 会 長 賞 受 賞 者 鳥 取 西 部 農 業 協 同 組 合 米 子 梨 果 実 部 長 谷 川 彰 一 氏 長 谷 川 美 保 子 氏 1. 推 薦 要 旨 長 谷 川 彰 一 氏 は 大 山 山 系 である 孝 霊 山 の 麓 という

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

海賊対策の強化に向けた提言

海賊対策の強化に向けた提言 海 賊 対 策 の 強 化 に 向 けた 提 言 2011 年 10 月 18 日 ( 社 ) 日 本 経 済 団 体 連 合 会 ソマリア 沖 アデン 湾 はアジアと 欧 州 を 結 ぶ 海 上 輸 送 の 要 衝 であり 同 海 域 に 出 没 する 海 賊 問 題 への 対 応 は 世 界 各 国 の 海 上 輸 送 の 安 全 の 確 保 にとって 重 要 な 鍵 である そこで NATO(

More information

Microsoft Word - 03_別添2_推薦要領27'.doc

Microsoft Word - 03_別添2_推薦要領27'.doc ( 別 添 2) エイジレス ライフ 実 践 事 例 及 び 社 会 参 加 活 動 事 例 推 薦 要 領 平 成 2 7 年 1 月 9 日 内 閣 府 政 策 統 括 官 ( 共 生 社 会 政 策 担 当 ) 決 定 1 推 薦 の 対 象 となるエイジレス ライフ 実 践 事 例 の 実 践 者 及 び 社 会 参 加 活 動 事 例 (1)エイジレス ライフ 実 践 事 例 の 実 践

More information

總統選舉選情分析 (一)

總統選舉選情分析 (一) 総 統 選 挙 をめぐる 民 進 党 の 選 挙 情 勢 葉 高 華 ( 一 ) 支 持 基 盤 の 拡 大 こそが 進 む 道 多 くの 有 権 者 の 投 票 傾 向 は 選 挙 戦 が 始 まる 前 から 決 まっている 有 権 者 の 投 票 傾 向 を 変 えるには 少 なくとも 数 年 の 時 間 が 必 要 で たった 数 ヶ 月 の 選 挙 活 動 において 有 権 者 の 意 向

More information

目 次 ページ 1. 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 2. 予 算 規 模 1 3. 予 算 総 括 表 2 4. 歳 入 の 状 況 3 5. 市 税 の 状 況 4 6. 目 的 別 の 状 況 5 7. 性 質 別 の 状 況 6 8. 予 算 の 特 徴 7 9. 地 方

目 次 ページ 1. 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 2. 予 算 規 模 1 3. 予 算 総 括 表 2 4. 歳 入 の 状 況 3 5. 市 税 の 状 況 4 6. 目 的 別 の 状 況 5 7. 性 質 別 の 状 況 6 8. 予 算 の 特 徴 7 9. 地 方 平 成 28 年 度 当 初 予 算 日 向 市 目 次 ページ 1. 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 2. 予 算 規 模 1 3. 予 算 総 括 表 2 4. 歳 入 の 状 況 3 5. 市 税 の 状 況 4 6. 目 的 別 の 状 況 5 7. 性 質 別 の 状 況 6 8. 予 算 の 特 徴 7 9. 地 方 債 残 高 の 状 況 9 10. 基 金 の 状

More information

<5461726F2D92B98F628A5191CE8DF48E9197BF288354838B95D28250292E6A>

<5461726F2D92B98F628A5191CE8DF48E9197BF288354838B95D28250292E6A> 平 成 20 年 3 月 福 岡 県 はじめに 本 県 の 野 生 鳥 獣 による 農 林 水 産 被 害 金 額 を 加 害 鳥 獣 別 割 合 でみると イノシシが34% カ ラス 類 が24% シカが14%となっており この3 大 鳥 獣 で70%を 越 えています しかし 3 鳥 獣 とも 前 年 比 では 減 少 し 被 害 対 策 等 が 各 地 の 研 修 会 などで 伝 えられ 地

More information