天 に 昇 られました その 時 に すべての 支 配 権 威 権 力 主 権 の 上 に イエス 様 の 名 を 置 かれました これら の 支 配 権 威 権 力 主 権 というのは 天 使 の 存 在 です 天 使 の 中 でも 悪 い 堕 落 した 天 使 悪 魔 や 悪 霊 どももこれに

Size: px
Start display at page:

Download "天 に 昇 られました その 時 に すべての 支 配 権 威 権 力 主 権 の 上 に イエス 様 の 名 を 置 かれました これら の 支 配 権 威 権 力 主 権 というのは 天 使 の 存 在 です 天 使 の 中 でも 悪 い 堕 落 した 天 使 悪 魔 や 悪 霊 どももこれに"

Transcription

1 エペソ 2 章 1 10 節 恵 みによる 救 い 1A キリストの 体 (1 章 ) 1B 神 の 国 を 受 け 継 ぐ 者 2B いっさいを 満 たす 方 の 満 ちているところ 2A 罪 からの 救 い 1B よみがえった 者 1-7 2B 神 の 作 品 8-10 本 文 私 たちは 今 日 教 会 とは 何 かについて 学 んでいきたいと 思 います すでに 四 月 エペソ1 章 1 17 節 を 見 ま した そして 今 日 は 2 章 を 中 心 に 見 ていきたいと 思 います 教 会 とは 何 でしょうか? 一 言 でいえば 何 でしょうか? イエス キリストをあがめるところ 礼 拝 するところ と 言 ってよいでしょう 1 章 では 神 がキリストにあって 私 たちに 何 をしてくださったのか そして 聖 霊 が 私 たちにキリス トにあってどのような 働 きをしてくださっているのかを 知 ることができました 1A キリストの 体 (1 章 ) 1B 神 の 国 を 受 け 継 ぐ 者 私 たちは このように 小 さな 集 まりとして 礼 拝 をしていますと 教 会 の 意 義 も 矮 小 化 してしまう 小 さくしてし まいがちです けれども 1 章 では 神 がキリストにあって 天 にあるもの 地 にあるものの 一 切 をキリストのうち に 集 める(10 節 )とあります そしてその 神 の 国 を キリストにあって 私 たちが 受 け 継 ぐのだ と 教 えています このような 小 さな 者 たちである 私 たちに 神 は 国 の 指 導 者 よりも そしてビル ゲイツのような 億 万 長 者 よりも はるかに 大 きな 力 と 富 を 受 け 継 がせてくださるのです 私 たちキリスト 者 は 神 の 国 を 受 け 継 ぐ 神 の 子 どもで あります 2B いっさいを 満 たす 方 の 満 ちているところ そして 1 章 節 にこう 書 いてあります 神 は その 全 能 の 力 をキリストのうちに 働 かせて キリストを 死 者 の 中 からよみがえらせ 天 上 においてご 自 分 の 右 の 座 に 着 かせて すべての 支 配 権 威 権 力 主 権 の 上 に また 今 の 世 ばかりでなく 次 に 来 る 世 においてもとなえられる すべての 名 の 上 に 高 く 置 かれました ま た 神 は いっさいのものをキリストの 足 の 下 に 従 わせ いっさいのものの 上 に 立 つかしらであるキリストを 教 会 にお 与 えになりました 教 会 はキリストのからだであり いっさいのものをいっさいのものによって 満 たす 方 の 満 ちて おられるところです やはり 教 会 はとてつもなく 力 と 権 威 と 光 栄 のあるところです イエス 様 がよみがえられて 1

2 天 に 昇 られました その 時 に すべての 支 配 権 威 権 力 主 権 の 上 に イエス 様 の 名 を 置 かれました これら の 支 配 権 威 権 力 主 権 というのは 天 使 の 存 在 です 天 使 の 中 でも 悪 い 堕 落 した 天 使 悪 魔 や 悪 霊 どももこれに 含 まれます キリストは 天 にあるもの 地 にあるものの 一 切 の 権 威 を 持 っておられます そのキリストが 頭 となって そして 教 会 はこの 方 が 満 ち 満 ちているところ キリストのからだと 呼 ばれるぐらい 一 体 となっているところであるということです こんなすごい 特 権 と 栄 光 は 私 たちは 理 解 できないかもしれません それでパウロは 18 節 で 神 の 召 しによって 与 えられる 望 みがどのように 栄 光 に 富 んだものか ( あなたが たが 知 ることができますように ) と 祈 っています だから 教 会 は 社 交 場 ではありません 友 達 を 探 しにいくところではありません ご 飯 を 食 べにくるところでもあ りません そうではなく 今 書 かれたことを 味 わうために キリストを 礼 拝 しにするところです 私 は 教 会 から 他 の 教 会 に 移 ってもよいかどうか 悩 んでいる 人 には いつも 次 のアドバイスをします 自 分 がその 教 会 で キリス トをはっきりと 見 ることができるかどうか 礼 拝 を 心 から 捧 げることができるかどうか それを 判 断 基 準 にして 決 め てください 2A 罪 からの 救 い そして 2 章 は 神 の 驚 くべき 恵 みについて 話 しています このような とてつもない 大 きな 特 権 と 祝 福 の 中 に 入 っているのは 死 んで 神 の 怒 りを 受 けるしかない 罪 人 たちなのだ ということです 教 会 生 活 が 楽 しいものになる か そうでないかを 分 ける 分 水 嶺 (= 水 の 流 れを 分 けるところ)は 自 分 がどこから 来 たかをしっかりと 知 って いることです 神 の 恵 みを 知 っているかどうかにかかっています 1B よみがえった 者 1-7 2:1 あなたがたは 自 分 の 罪 過 と 罪 との 中 に 死 んでいた 者 であって 2:2 そのころは それらの 罪 の 中 にあってこ の 世 の 流 れに 従 い 空 中 の 権 威 を 持 つ 支 配 者 として 今 も 不 従 順 の 子 らの 中 に 働 いている 霊 に 従 って 歩 ん でいました 2:3 私 たちもみな かつては 不 従 順 の 子 らの 中 にあって 自 分 の 肉 の 欲 の 中 に 生 き 肉 と 心 の 望 むままを 行 ない ほかの 人 たちと 同 じように 生 まれながら 御 怒 りを 受 けるべき 子 らでした 2:4 しかし あわれ み 豊 かな 神 は 私 たちを 愛 してくださったその 大 きな 愛 のゆえに 2:5 罪 過 の 中 に 死 んでいたこの 私 たちをキリ ストとともに 生 かし あなたがたが 救 われたのは ただ 恵 みによるのです 2:6 キリスト イエスにおいて と もによみがえらせ ともに 天 の 所 にすわらせてくださいました 2:7 それは あとに 来 る 世 々において このすぐれ て 豊 かな 御 恵 みを キリスト イエスにおいて 私 たちに 賜 わる 慈 愛 によって 明 らかにお 示 しになるためでした 神 の 恵 みは まるでダイヤモンドのような 輝 きを 持 っています あるいはあまりにも 美 しくて まぶしくなるほどの 花 嫁 にもたとえることができるでしょう 恵 み の 元 々の 意 味 は 一 方 的 な 好 意 です 自 分 が 何 もしていな いのに 神 が 一 方 的 に 好 意 を 抱 いてくださっている ということです 2

3 そしてそのダイヤモンドのような 輝 きを 知 るには その 背 景 が 真 っ 黒 であることを 知 る 必 要 があります 私 たち の 人 生 における 神 の 恵 みの 輝 きを 知 るには 私 たちの 以 前 の 生 活 がいかに 真 っ 暗 だったのかを 知 る 必 要 があ るのです 1 節 に あなたがたは 死 んでいた 者 である と 書 いています みなさんの 中 で 北 斗 の 拳 という 漫 画 を 読 んだ 方 はいらっしゃるでしょうか?その 主 人 公 ケンシロウは 闘 う 相 手 を あちゃ あちゃ! と 拳 で 突 きます 相 手 は 特 にダメージを 受 けた 様 子 はありません けれども ケンシロウはこういうのです お 前 はもう 死 んでい る その 後 すぐに 相 手 の 体 が 内 側 から 破 裂 します 生 きているのに お 前 はもう 死 んでいる と 宣 告 するの です 聖 書 は 人 は 死 んでいると 告 げています 肉 体 は 生 きていても 罪 と 罪 過 の 中 で 死 んでいる と 言 っているの です 私 たちは これに 抵 抗 を 覚 えます いや 私 には 何 か 良 いものがあるはずだ と 自 分 の 内 に 善 を 探 す のです そして 自 分 で 何 とかして 良 くしていこう と 努 力 します けれども 死 んでいるから どんな 努 力 をして も 無 駄 なのです さらに 世 の 流 れに 従 って 空 中 で 権 威 を 持 つ 支 配 者 に 従 っている とあります この 空 中 で 権 威 を 持 つ 支 配 者 とは 悪 魔 のことです えっ 俺 が 悪 魔 に 従 っているって? と 怒 る 人 がいるかもしれません けれども 実 際 にそうなのです 世 の 流 れに 従 うというのは ちょうど 死 んだ 魚 が 川 で 下 に 流 れていくしかないのと 似 ています 生 きた 魚 は 流 れに 逆 らって 泳 ぐことができますが 死 ねばそのまま 流 れているのです イエス 様 を 信 じて 新 しく 生 まれた 人 であれば 自 分 が 世 の 流 れに 従 っていただけなのを 分 かっていると 思 い ます 私 は 本 当 に 意 味 のないもの 中 身 のないこと むなしいことを 大 事 にしてきたな という 気 持 ちがある と 思 います 大 切 ではないものが 最 も 大 切 であるかのように 世 は 教 えます それに 対 して 何 の 疑 問 も 持 たず に 行 ってきたのではないでしょうか? 悪 魔 は 世 の 神 であると 聖 書 に 書 いてあります 世 の 流 れに 従 うときに 実 は 世 の 神 である 悪 魔 の 言 いなりに 従 っていただけなのです そして 肉 の 欲 のままに 肉 と 心 の 望 むままに 生 きていた と 書 いてあります 私 たちは 自 分 が 自 分 の 願 うこ と 望 んでいることのままに 行 きたいと 願 います 法 律 を 破 って 捕 まることがなければ 何 でも 行 っていいではな いか と 思 います そして 教 会 で 語 られる 神 の 命 令 を 聞 くと 窮 屈 だと 思 うのです けれども 肉 や 心 の 望 むま まに 生 きていたら その 結 末 は 滅 びです その 人 の 尊 厳 が 滅 びます その 人 の 財 産 がなくなります 貴 い 夫 婦 関 係 や 家 族 関 係 を 壊 します 自 分 の 健 康 さえ 損 ないます そして 行 きつくところは 神 の 怒 り です 生 まれながら 御 怒 りを 受 けるべき 子 らでした とあります 神 の 裁 きを 受 けなければいけません 3

4 したがってこれらが 以 前 の 私 たちの 姿 です 以 前 恵 比 寿 での 聖 書 の 学 びで あるクリスチャンがこのような ことを 言 われました 一 般 の 人 々は 自 分 がどのように 成 功 できるか という 哲 学 の 中 で 生 きている 罪 の 中 で 死 んでいるのではなく 自 分 がどのようにしたら 自 分 の 願 うような 成 功 を 果 たすことができるかという 考 えで 生 きています そのために キリストの 福 音 を 聞 いてもどうしても 受 け 入 れられません なぜなら 福 音 は あなた はもう 死 んでいます あなたに 可 能 性 はないのです という 悪 い 知 らせが 出 発 点 だからです そして 教 会 に 通 って 自 分 がクリスチャンになったと 思 っていたとしても こうした 考 え 哲 学 の 中 で 生 きているならば 神 の 恵 み の 醍 醐 味 は 味 わうことができません しかし 4 節 です しかし 憐 れみ 豊 かな 神 は とあります 聖 書 で しかし という 言 葉 が 出 てきたら 気 を 付 けてください 神 は はっきり 対 比 させたいのです 前 回 学 びましたが 私 たちにとって 大 切 なのは 初 めに 神 が 私 たちに 行 ってくださったこと に 目 を 留 めることです 1 章 において 神 がキリストにあって 私 たちのためにして くださったことが 書 かれていました そして 4 章 で 初 めて 神 の 召 しにふさわしいように 歩 みなさい と 私 たちが 主 に 対 して 行 うように 勧 めを 受 けています けれども 私 たちはどうしても 私 たちが 行 ったから 神 がそれに 応 答 してくださる という 考 えを 持 っています 祈 りも 讃 美 も 奉 仕 も 大 切 です けれども それはあくまでも 神 が 私 たちのために 行 ってくださったことの 応 答 であり その 逆 ではないのです 神 は 憐 れみ 豊 か であるとあります ここの 憐 れみは 旧 約 聖 書 では 真 実 という 言 葉 で 使 われています ( 例 :ルツ 3:10) ヘブル 語 では ヘセド と 言 います 良 くしてあげる 義 務 はないのに それでも 愛 している から 親 切 にすることを 意 味 します ルツ 記 では ルツがしゅうとのナオミといっしょにイスラエルに 戻 る 義 務 はこれっ ぽっちもないのに それでもナオミを 愛 しているので 共 に 帰 ったのです 神 はそのようなヘセドに 豊 かな 方 です 神 は 罪 の 中 に 死 んでいて 肉 の 欲 望 のままに 生 きて 神 の 怒 りを 受 けるしかないのに それでも 愛 されて 私 たちを 生 かしてくださるのです 私 たちが 生 きたいと 願 うならば それは 完 全 に 神 に 拠 っているのです 自 分 で 自 分 を 生 かそうとするなら 必 ずつまずきます けれども 自 分 をキリストの 前 に 捨 てて 自 分 の 罪 のために 代 わりに 死 んでくださった 十 字 架 につけられたイエスにただ 自 分 の 身 をゆだねることによって 今 度 は 神 が 自 分 を 引 き 上 げてくださるのです 血 によってではなく 肉 の 欲 求 や 人 の 意 欲 によってでもなく ただ 神 によって 生 ま れたのである (ヨハネ 1:13) 私 たちが 礼 拝 に 集 う 時 に 自 分 ではなくキリストが 自 分 を 生 かすのだ という 力 と 確 信 を 与 えられる ということです そして 5 節 神 はキリストと 共 に 私 たちを 霊 的 に 生 かしてくださり そして 6 節 ですが 生 かしてくださっただけ でなく ともに 天 のところに 座 らせてくださった とあります 先 ほどの 1 章 21 節 を 思 い 出 してください イエス 様 はよみがえられて あらゆる 支 配 や 権 威 権 力 主 権 の 上 に さらにすぐれた 名 を 与 えられました それで 神 の 右 の 座 に 着 いておられます そのキリストのうちに 私 たちはいます キリストがおられるところに 霊 的 に 私 たちもいるのです ですから 私 たちも 天 のところに 座 らせていただいている と 言 っているのです 4

5 このような 霊 的 位 置 に 私 たちは 着 いています したがって 使 徒 パウロのように 自 分 が 圧 倒 的 な 勝 利 者 であ ると 宣 言 することができます しかし 私 たちは 私 たちを 愛 してくださった 方 によって これらすべてのことの 中 にあっても 圧 倒 的 な 勝 利 者 となるのです 私 はこう 確 信 しています 死 も いのちも 御 使 いも 権 威 ある 者 も 今 あるものも 後 に 来 るものも 力 ある 者 も 高 さも 深 さも そのほかのどんな 被 造 物 も 私 たちの 主 キリ スト イエスにある 神 の 愛 から 私 たちを 引 き 離 すことはできません (ローマ 8:37-39) 先 ほど 読 みましたよ うに すべての 支 配 権 威 権 力 主 権 の 上 に イエス 様 の 名 が 置 かれました キリストにあって 私 たちも どん な 悪 の 勢 力 にあっても どんな 迫 害 や 苦 しみがあっても キリストにある 神 の 愛 から 私 たちを 引 き 離 すことは 決 してないのです そして 7 節 の 言 葉 です 神 のこのすぐれた 恵 みは あとに 来 る 世 々において 明 らかにする とのことですが 神 の 恵 みを 明 らかにするのに 世 々 すなわち 永 遠 を 必 要 とする というのです 私 たちが 受 けた 救 い その 恵 み は 永 遠 を 使 ってもそれを 明 らかにするのに 足 りないとパウロは 言 います 私 は どこかで 神 の 恵 みは 知 っている という 勝 手 な 思 いを 抱 いてしまいます とんでもないことです 神 の 恵 みは どんなに 経 っても どんなに 深 く 知 ったと 思 っても 大 海 の 一 滴 のようにしか 知 らないのです 2B 神 の 作 品 :8 あなたがたは 恵 みのゆえに 信 仰 によって 救 われたのです それは 自 分 自 身 から 出 たことではなく 神 からの 賜 物 です 2:9 行 ないによるのではありません だれも 誇 ることのないためです 2:10 私 たちは 神 の 作 品 であって 良 い 行 ないをするためにキリスト イエスにあって 造 られたのです 神 は 私 たちが 良 い 行 ないに 歩 むように その 良 い 行 ないをもあらかじめ 備 えてくださったのです パウロは これまで 話 してきたことを 改 めてまとめ 強 調 しています それは 徹 頭 徹 尾 救 いは 神 の 恵 みに 拠 るのだ ということです 神 の 恵 みであるならば 人 の 行 いではないのです 神 がキリストにあって 一 方 的 に 行 ったことであって 人 はそのことに 何 一 つ 貢 献 することはないし 貢 献 できないのです もし このことを 深 く 悟 って いるならば みなさんの 教 会 生 活 は 豊 かなものになります もし このことを 悟 っていなければ その 人 はクリスチ ャンのように 教 会 生 活 を 送 っているのかもしれませんが 実 は 心 の 中 が 渇 く 喜 びがない 平 安 がない そして 神 の 愛 が 分 からない そこでなぜ 教 会 に 来 ているのか 分 からなくなってくる ということになります そして 次 に 大 事 なのは 神 の 恵 みは 私 たちのその 後 の 行 いにおいても 恵 みなのだ ということです 行 いに よって 救 われることはありませんが 良 い 行 いのために 私 たちは 救 われました 天 国 への 切 符 をもらったら 残 り の 生 活 はどのように 過 ごしてもよい と 考 えていたら その 人 は 神 の 救 いの 意 味 を 分 かっていない ということで 本 当 に 救 われたかどうか 分 かりません そして 大 事 なのは 良 い 行 いでさえも 神 によって 備 えられた ということです 多 くの 人 が 救 いは 神 の 恵 み によるけれども その 後 は 行 いによって 完 成 させなければいけない と 思 います いいえ 間 違 いです 神 が 私 た 5

6 ちに 恵 みを 与 えてくだされば 私 たちには 自 分 ではできなかったことがキリストにあってできるようになります 信 仰 によって 一 歩 踏 み 出 す 時 それは 行 いとして 現 れます 信 仰 には 必 ず 行 いが 表 れます 行 いのない 信 仰 は 死 んでいます 信 仰 と 行 いは 一 つのパッケージに 入 っており しかも 信 仰 から 入 口 ではいり 信 仰 によって 出 ていくときに 行 いも 伴 っているのです その 結 果 教 会 が 良 い 行 いの 実 を 結 んでいます 私 たちは 神 の 作 品 と 呼 ばれています これはギリシヤ 語 で は ポエマ 英 語 のポエムのことです 神 がご 自 分 の 恵 みを 詩 にしてしたためる 時 に 私 たちの 良 い 行 いがその 美 しい 神 の 詩 なのだ ということです いかがでしょうか? 教 会 とは 何 か? という 質 問 に 対 して はっきりとした 答 えが 出 たでしょうか?ここで 自 分 に 問 わなければいけないことは 自 分 は 神 の 恵 みに 立 っているかどうか ということです ここに 表 された 神 の 豊 かな 憐 れみ その 偉 大 な 愛 に 自 分 自 身 を 置 いているか ということです 自 分 自 身 がまったく 死 んでいたとい うことを 知 っていたかどうか ということです そして 神 はキリストにあって 自 分 を 生 かしてくださること それだけで なく どんな 悪 の 勢 力 も 自 分 に 対 して 無 力 であり 自 分 は 天 にキリストと 共 に 着 いているんだ ということです このことが 分 かれば おのずと 良 い 行 いをしています それが 神 が 願 われている 実 ご 自 分 の 作 品 です 6

(1) 処 女 降 誕 (2)イエスの 歴 史 性 (3) 福 音 の 3 要 素 (4)イエスの 死 後 の 状 態 (5) 昇 天 (6) 再 臨 * 今 回 は (4)イエスの 死 後 の 状 態 を 取 り 上 げる * 死 んでから 復 活 までの 3 日 間 をどのように 過 ごされたの

(1) 処 女 降 誕 (2)イエスの 歴 史 性 (3) 福 音 の 3 要 素 (4)イエスの 死 後 の 状 態 (5) 昇 天 (6) 再 臨 * 今 回 は (4)イエスの 死 後 の 状 態 を 取 り 上 げる * 死 んでから 復 活 までの 3 日 間 をどのように 過 ごされたの キリストの 使 徒 たちが 伝 えたこと(8) 使 徒 信 条 とは 子 なる 神 (4) 使 徒 信 条 我 は 天 地 の 造 り 主 全 能 の 父 なる 神 を 信 ず 我 はその 独 り 子 我 らの 主 イエス キリストを 信 ず 主 は 聖 霊 によりてやどり 処 女 マリヤより 生 れ ポンテオ ピラトのもとに 苦 しみを 受 け 十 字 架 につけられ 死 にて 葬 られ 陰 府

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 結 婚 のデザイン 聖 書 が 教 える 結 婚 観 シリーズ パート1 まず 初 めに 聖 書 から 実 際 の 結 婚 の 意 味 と 目 的 を 学 ぶことによって この 世 の 間 違 った 結 婚 観 によって 洗 脳 される ことから 逃 れる 必 要 がある 神 のデザインを 無 視 すると 私 た ちがどれほど 強 がっても 絶 対 に 私 たちが 自 分 たちを 予 期 していた

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D> 学 科 共 通 科 目 (2009 年 度 ) 比 較 思 想 研 究 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 における 善 と 悪 第 13 回 (その1) 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 と 日 本 の 仏 教 特 に 親 鸞 において 善 と 悪 がどう 扱 われてい るかを 論 じる 3.1キリスト 教 における 善 と 悪 キリスト 教 では 善 悪 の 基 準

More information

2015年12月20日 クリスマス説教、イエスさまの誕生

2015年12月20日 クリスマス説教、イエスさまの誕生 イエスさまの 誕 生 マタイの 福 音 書 1 章 16 節 ~25 節 2015 年 12 月 20 日 ( 日 )クリスマス 礼 拝 説 教 皆 さん クリスマス おめでとうございます 皆 さんは 毎 朝 の NHK 朝 ドラ 朝 が 来 た は ご 覧 になって おられますでしょうか 視 聴 率 およそ25%と 言 われております ので きっと この 中 にも 幾 人 かの 方 々は ご 覧

More information

(Microsoft Word - \202P\203T\203\200\203G\203\21330\217\3156\220\337\201i12\224N\201j.doc)

(Microsoft Word - \202P\203T\203\200\203G\203\21330\217\3156\220\337\201i12\224N\201j.doc) 1サムエル 30 章 6 節 主 にあって 奮 い 立 つ アウトライン 1A 落 胆 する 要 因 1B 成 果 のない 努 力 2B 不 確 実 な 将 来 3B 継 続 的 圧 迫 4B 恐 れ 2A 自 分 への 励 まし 1B 主 への 伺 い 2B 主 への 賛 美 3B 集 会 4B 御 言 葉 の 約 束 3A 他 者 の 励 まし 本 文 サムエル 記 第 一 30 章 6 節 を

More information

2010年度聖学院大学卒業礼拝説教「勇気を出しなさい」

2010年度聖学院大学卒業礼拝説教「勇気を出しなさい」 2011 年 3 月 17 日 ( 木 ) 聖 学 院 大 学 卒 業 礼 拝 勇 気 を 出 しなさい ヨハネによる 福 音 書 16:29-33 大 学 チャプレン 菊 地 順 (この 説 教 は 3 月 17 日 の 卒 業 礼 拝 のために 準 備 したものです しかし 3 月 11 日 に 起 こった 東 北 関 東 大 震 災 のため 卒 業 礼 拝 が 中 止 となり お 話 しすることができませんでした

More information

第 一 日 今 日 全 人 類 特 にすべての 罪 人 をわたしのもとに 連 れてき て わたしのいつくしみの 海 に 浸 しなさい そうすれば あなた は 失 われた 霊 魂 のために 苦 しい 悲 しみに 沈 んでいるわたしを 慰 め るあろう いつくしみ 深 いイエスよ あなたは 憐 れみとゆ

第 一 日 今 日 全 人 類 特 にすべての 罪 人 をわたしのもとに 連 れてき て わたしのいつくしみの 海 に 浸 しなさい そうすれば あなた は 失 われた 霊 魂 のために 苦 しい 悲 しみに 沈 んでいるわたしを 慰 め るあろう いつくしみ 深 いイエスよ あなたは 憐 れみとゆ イエスよ あなたに 信 頼 します いつくしみの 祭 日 の 前 のノヴェナ 主 イエスは シスター ファウスティナにいつくしみの 祭 日 に 備 えて ノヴェナを 行 なうように 命 じた 時 こう 言 われました この 九 日 間 に あなたがわたしのいつくしみの 泉 に 人 々の 魂 を 連 れてくることを 求 める この 魂 が 人 生 の 苦 難 の 時 特 に 臨 終 の 時 に 必 要

More information

レデンプトリスチン修道会・第三会『贖い主信徒の会』会報 ~夏~ 

レデンプトリスチン修道会・第三会『贖い主信徒の会』会報 ~夏~  聖 母 マリアの 栄 光 * 注 レデンプトール 会 の 創 立 者 聖 アルフォンソが 残 した 数 多 くの 書 物 の 中 で 聖 母 マリアの 栄 光 は 代 表 的 な 書 物 の 一 つです 聖 アルフォンソほど 聖 母 マリアを 告 げ 知 らせ すべての 人 にその 栄 光 を 伝 えた 聖 人 は いないのではないでしょうか それは 彼 が 聖 母 マリアを 通 して 自 らの 罪

More information

2.7~11 節 この 人 たちが 行 ってしまうと イエスは ヨハネについて 群 衆 に 話 しだされた あな たがたは 何 を 見 に 荒 野 に 出 て 行 ったのですか 風 に 揺 れる 葦 ですか でなかったら 何 を 見 に 行 ったのですか 柔 らかい 着 物 を 着 た 人 ですか

2.7~11 節 この 人 たちが 行 ってしまうと イエスは ヨハネについて 群 衆 に 話 しだされた あな たがたは 何 を 見 に 荒 野 に 出 て 行 ったのですか 風 に 揺 れる 葦 ですか でなかったら 何 を 見 に 行 ったのですか 柔 らかい 着 物 を 着 た 人 ですか 057 マタ 11:2~19 ルカ 7:18~35 1.はじめに (1) 文 脈 の 確 認 1イエスのメシア 性 を 示 す 2 つの 奇 跡 * 百 人 隊 長 のしもべの 癒 し( 55) *やもめの 息 子 の 蘇 生 ( 56) 2ヨハネの 弟 子 たちが 2 番 目 の 奇 跡 をヨハネに 知 らせた 3そこでヨハネは 弟 子 たちをイエスのもとに 派 遣 し 質 問 をした (2)A.T.ロバートソンの

More information

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 (1) 中 国 と 韓 国 との 関 係 ~ 要 旨 ~ 今 年 は 戦 後 70 年 にあたる 安 部 首 相 が 発 表 しようとしている 談 話 に 対 し 中 国 や 韓 国 からさまざまな 意 見 や 注 文 が 出 ている 確 かにどこの 国 にも 歴 史 を 解 釈 する 権 利 はあるが 公 権 力 の 厳 しい 統 制 によって 自 由 な 発

More information

(Microsoft Word - \202Q\227\361\211\244\213L13\217\31514\201]19\220\337\201i13\224N\201j.doc)

(Microsoft Word - \202Q\227\361\211\244\213L13\217\31514\201]19\220\337\201i13\224N\201j.doc) 2 列 王 記 13 章 14-19 節 矢 を 射 る 騎 兵 1A 定 められた 死 期 2A 従 順 なしの 尊 敬 3A 不 徹 底 な 戦 い 1B 勝 利 の 願 望 2B 中 間 の 放 棄 本 文 列 王 記 第 二 13 章 を 開 いてください 14-19 節 を 読 みます 午 後 には 11 章 から 13 章 まで 一 節 ず つ 読 んでいきますが 今 朝 は 13 章

More information

(ACT0436K06616W)

(ACT0436K06616W) 十 字 架 上 の 叫 び [ 受 難 物 語 講 解 第 25 回 ] マルコの 福 音 書 15 章 33~34 節 熊 谷 徹 2014 年 4 月 6 日 ( 第 1 主 日 ) 序 十 字 架 上 の 七 つの 言 葉 ; 1 紀 元 30 年 4 月 7 日 金 曜 日 主 イエスは 十 字 架 につけられた 時 刻 は 25 節 にあるように 午 前 9 時 であった その 日 主 イエスは

More information

第 4 部 プロフェッショナルにとっての 経 済 学 問 題 1: 目 撃 者 の 証 言 はどこまで 信 頼 できるのだろうか? ある 町 で 夜 間 にタクシーによるひき 逃 げ 事 件 が 起 きた 一 人 の 目 撃 者 の 証 言 によると ひき 逃 げ 事 件 を 起 こしたのは 青 色

第 4 部 プロフェッショナルにとっての 経 済 学 問 題 1: 目 撃 者 の 証 言 はどこまで 信 頼 できるのだろうか? ある 町 で 夜 間 にタクシーによるひき 逃 げ 事 件 が 起 きた 一 人 の 目 撃 者 の 証 言 によると ひき 逃 げ 事 件 を 起 こしたのは 青 色 4-5-5 生 き 抜 くための 数 学 統 計 学 番 外 : 生 き 抜 くための 数 学 統 計 学 齊 藤 誠 数 学 や 統 計 学 を 専 門 としない 人 たちの 人 生 にとって 数 学 や 統 計 学 とはどのような 意 味 を 持 つものなのであろうか このような あいまいな 設 問 への 答 えは 人 によってさまざまであろうが 私 であれば 次 のように 答 えるであろう 古

More information

平成23年度受験対策

平成23年度受験対策 正 解 肢 を 見 つける 裏 ワザ 1 4 肢 択 一 試 験 はこのように 解 け! 試 験 には 試 験 択 一 試 験 論 述 試 験 など 様 々な 形 式 があります 試 験 に 合 格 するためには 学 習 を 始 める 前 に その 試 験 の 特 徴 を 押 さえることが 重 要 です では 宅 建 試 験 ではどうでしょうか? こ の 試 験 は 4 肢 択 一 の 試 験 です

More information

パウロが 再 び 私 の 愛 し 慕 う 兄 弟 たち と 呼 んでいます パウロが 手 紙 の 冒 頭 で 1:8 私 が キ リスト イエスの 愛 の 心 をもって どんなにあなたがたすべてを 慕 っているか そのあかしをしてくだ さるのは 神 です と 言 っていたことを 思 い 出 してくだ

パウロが 再 び 私 の 愛 し 慕 う 兄 弟 たち と 呼 んでいます パウロが 手 紙 の 冒 頭 で 1:8 私 が キ リスト イエスの 愛 の 心 をもって どんなにあなたがたすべてを 慕 っているか そのあかしをしてくだ さるのは 神 です と 言 っていたことを 思 い 出 してくだ ピリピ 人 への 手 紙 4 章 1-9 節 主 にある 寛 容 1A 主 にある 協 力 1-3 1B 愛 する 冠 1 2B 福 音 宣 教 の 戦 い 2-3 2A 平 和 の 神 の 支 配 4-9 1B 心 と 思 いを 守 られる 主 4-7 2B 良 き 物 を 心 に 留 める 責 務 8-9 本 文 ピリピ 人 への 手 紙 4 章 に 入 ります 今 晩 は 主 にあって 広 い

More information

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ 北 本 市 いじめ 自 殺 裁 判 最 高 裁 決 定 を 受 けて 原 告 弁 護 団 支 援 団 より 声 明 メッセージ 2014 年 10 月 7 日 A 弁 護 団 声 明 1 2005 年 に 自 殺 した 埼 玉 県 北 本 市 の 中 学 校 1 年 の 女 子 生 徒 ( 当 時 12 歳 )の 両 親 が 市 と 国 に 計 約 7670 万 円 の 損 害 賠 償 を 求 めた

More information

草苑説教「ナインのやもめ」ルカ7:11~17(新115頁)2000/05/12(金)2002/04/25(金)

草苑説教「ナインのやもめ」ルカ7:11~17(新115頁)2000/05/12(金)2002/04/25(金) 追 悼 記 念 日 礼 拝 説 教 風 にそよぐうつくしきもの ヨハネ20:19-22 小 学 部 山 本 香 織 イエス 様 は 十 字 架 上 で 死 なれたけれど 三 日 後 に 復 活 された このことは 教 会 に 行 ったことも 聖 書 を 読 んだこともない 方 でも 知 っている 一 般 常 識 であることでしょう ついでにイースターとは そ のイエス 様 の 復 活 をお 祝 いするお

More information

今春から、白山めぐみキリスト教会の牧師として奉仕をさせていただくことになりました

今春から、白山めぐみキリスト教会の牧師として奉仕をさせていただくことになりました 2009 年 12 月 クリスマス 毎 年 12 月 になると クリスマスがやってきます クリスマスは とても 楽 しい 時 です ケーキを 食 べたり プレゼントをもらったり クリスマスツリーを 飾 ったり 街 はイルミネーションで とても 綺 麗 ですね そんなクリスマスって 本 当 は どういう 日 なのか 知 っていますか クリスマスの クリス とは キリスト のこと マス とは 礼 拝 する

More information

ローマ 兵 によって 命 じられたことは 絶 対 です シモンは とんでもない 目 になったとおそらく 思 った ことでしょう けれども 次 に 十 字 架 を 負 わせてイエスのうしろから 運 ばせた とあります シモン は イエス 様 の 歩 かれる 姿 をずっと 見 ていたことになります 後

ローマ 兵 によって 命 じられたことは 絶 対 です シモンは とんでもない 目 になったとおそらく 思 った ことでしょう けれども 次 に 十 字 架 を 負 わせてイエスのうしろから 運 ばせた とあります シモン は イエス 様 の 歩 かれる 姿 をずっと 見 ていたことになります 後 ルカによる 福 音 書 23 章 26-56 節 十 字 架 に 出 会 った 人 々 1A 十 字 架 への 道 26-31 2A 十 字 架 上 での 救 い 32-43 1B 赦 しのための 祈 り 32-38 2B 最 後 の 救 い 39-43 3A 全 うされた 使 命 44-49 4A 新 たに 出 てきた 弟 子 50-56 本 文 ルカによる 福 音 書 23 章 を 開 いてください

More information

んが やはり 今 も 不 安 なのは 私 の 父 の 実 家 である 宮 城 県 石 巻 市 の 状 況 です 昨 日 も 朝 祷 会 が 終 わってから 色 々なメディアを 通 して 流 れてくる 地 震 や 津 波 の 被 害 状 況 を 確 認 したの ですが 石 巻 の 映 像 はちらっと

んが やはり 今 も 不 安 なのは 私 の 父 の 実 家 である 宮 城 県 石 巻 市 の 状 況 です 昨 日 も 朝 祷 会 が 終 わってから 色 々なメディアを 通 して 流 れてくる 地 震 や 津 波 の 被 害 状 況 を 確 認 したの ですが 石 巻 の 映 像 はちらっと 2011 年 3 月 13 日 日 本 基 督 教 団 春 採 教 会 主 日 礼 拝 説 教 説 教 者 : 田 村 毅 朗 聖 書 箇 所 : 使 徒 言 行 録 第 14 章 8 節?20 節 説 教 題 : 生 ける 神 に 立 ち 帰 るように 讃 美 歌 :545 8 213 239 205 540 先 週 の 金 曜 日 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 頃 皆 さんは 何

More information

この 日 の 典 礼 は 受 難 の 神 秘 それを 私 達 は 第 1 朗 読 で 聞 きました にしても 復 活 の 神 秘 にして もいずれに 対 しても 私 達 を 準 備 させてくれます 第 1 朗 読 が 私 達 に 伝 えるのは 神 がアブラハ ムを 試 練 にかけるエピソードです(

この 日 の 典 礼 は 受 難 の 神 秘 それを 私 達 は 第 1 朗 読 で 聞 きました にしても 復 活 の 神 秘 にして もいずれに 対 しても 私 達 を 準 備 させてくれます 第 1 朗 読 が 私 達 に 伝 えるのは 神 がアブラハ ムを 試 練 にかけるエピソードです( ローマ 小 教 区 への 司 牧 訪 問 トリーノの ラ サールの 聖 ヨハネ バティスタ 小 教 区 ベネディクト 16 世 聖 下 の 説 教 2012 年 3 月 4 日 四 旬 節 2 主 日 四 旬 節 と 待 降 節 のいずれかの 主 日 に 一 度 づつ ご 自 分 の 教 区 であるローマ 教 区 内 の 小 教 区 を 司 牧 訪 問 する のがベネディクト 16 世 聖 下 の

More information

センター通信  2010年  5月号

センター通信  2010年  5月号 センター 通 信 2015 年 イースター 号 静 岡 キリスト 教 盲 人 伝 道 センター 2015 年 3 月 25 日 発 行 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 巻 頭 メッセージ キリスト 教 の 魅 力 と 喜 びについて センター 理 事 遠 山 信 和 ( 改 革 派 静 岡 教

More information

この 説 に 信 憑 性 があるかないか わたしにはよく 分 かりませんが 語 呂 が 良 いし 昔 の 親 父 は 確 かにおっかないところがあったから そこに 収 まるまでに 何 らかのいきさつがあ ったとしても 親 父 に 定 着 していったのでしょうか 一 昔 か 二 昔 前 には 子 ども

この 説 に 信 憑 性 があるかないか わたしにはよく 分 かりませんが 語 呂 が 良 いし 昔 の 親 父 は 確 かにおっかないところがあったから そこに 収 まるまでに 何 らかのいきさつがあ ったとしても 親 父 に 定 着 していったのでしょうか 一 昔 か 二 昔 前 には 子 ども 聖 霊 降 臨 後 第 16 主 日 ( 特 定 22) 説 教 2011/10/2 聖 マタイ 福 音 書 第 21 章 33 節 ~43 節 於 : 聖 パウロ 教 会 司 祭 山 口 千 寿 地 震 雷 火 事 親 父 という 諺 をお 聞 きになったことがあると 思 います 怖 いもの 恐 ろしく 感 じられるものを 順 番 に 上 げたのだと 思 います わたしたちも3 月 11 日 の

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

Taro-ウブムエ2号.jtd

Taro-ウブムエ2号.jtd ウブムエ 235-0041 1-22-3 TEL 045-774-9861 TEL 047-341-9459 見 えないものに 希 望 をおいて 巻 頭 言 村 上 千 代 残 暑 お 見 舞 い 申 し 上 げます 立 秋 を 過 ぎてもなお 暑 い 日 々が 続 いて いますが お 元 気 でお 過 ごしでしょうか 皆 さまのお 祈 りとご 支 援 を 心 より 感 謝 申 し 上 げます さて8

More information

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の 大 津 家 庭 裁 判 所 委 員 会 議 事 録 1 日 時 平 成 20 年 10 月 17 日 ( 金 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 30 分 まで 2 場 所 大 津 家 庭 裁 判 所 本 館 大 会 議 室 3 出 席 者 ( 委 員 ) 五 十 音 順 敬 称 略 飯 田 喜 信, 小 川 素 子, 國 松 完 二, 甲 津 貴 央, 酒 井 康 夫, 十 倉 良

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 20 日 ( 金 ) 午 後 3 時 15 分 ~ 午 後 4 時 50 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 教 育 長 青 木 洋 委 員 ( 教 育 長 職 務 代 理 者 ) 藤 田 義 嗣 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 土 井 真 一 1 開 会 教

More information

キェルケゴール研究

キェルケゴール研究 新 キェルケゴール 研 究 第 13 号 109 須 藤 孝 也 キルケゴールと キリスト 教 界 書 評 米 沢 一 孝 今 年 2015 年 は セーレン キルケゴール *1 の 没 後 160 年 である 彼 は 近 現 代 の 思 想 家 に 分 類 されるが もはや 現 代 の 思 想 家 ではない 彼 の 生 きた 現 代 すなわち19 世 紀 前 半 から 中 葉 と 我 々が 生 きる21

More information

神 の 安 息 にはいるための 約 束 というのは 先 に 読 んだ 3 章 11 節 の 言 葉 です 決 して 彼 らをわたしの 安 息 にはいらせない と 言 われたけれども イスラエルの 民 が 荒 野 で 放 浪 して 死 に 絶 えたために 約 束 の 地 に 入 っ て 安 息 するこ

神 の 安 息 にはいるための 約 束 というのは 先 に 読 んだ 3 章 11 節 の 言 葉 です 決 して 彼 らをわたしの 安 息 にはいらせない と 言 われたけれども イスラエルの 民 が 荒 野 で 放 浪 して 死 に 絶 えたために 約 束 の 地 に 入 っ て 安 息 するこ ヘブル4 章 安 息 に 入 る 1A 安 息 に 入 る 努 力 1-13 1B 残 された 約 束 1-11 1C 霊 的 安 息 1-2 2C 天 的 安 息 3-11 2B 裸 にする 御 言 葉 12-13 2A 折 にかなった 助 け 14-16 本 文 ヘブル 書 4 章 です ヘブル 書 4 章 のテーマは 安 息 に 入 る です この 忙 しく ストレスのある 社 会 の 中 で

More information

序 国 際 育 成 会 連 盟 のグローバル キャンペーン 意 思 決 定 の 権 利 は 個 人 家 族 そ して 地 域 が 意 思 決 定 と 支 援 付 き 意 思 決 定 について 話 し 合 うことを 目 的 としています この 話 し 合 いの 中 身 は 大 小 の 日 常 的 なこ

序 国 際 育 成 会 連 盟 のグローバル キャンペーン 意 思 決 定 の 権 利 は 個 人 家 族 そ して 地 域 が 意 思 決 定 と 支 援 付 き 意 思 決 定 について 話 し 合 うことを 目 的 としています この 話 し 合 いの 中 身 は 大 小 の 日 常 的 なこ 全 日 本 手 をつなぐ 育 成 会 国 際 育 成 会 連 盟 意 思 決 定 の 権 利 国 際 育 成 会 連 盟 グローバル キャンペーン ディスカッション グループ ファシリテーター ガイド 国 際 育 成 会 連 盟 2013 年 4 月 序 国 際 育 成 会 連 盟 のグローバル キャンペーン 意 思 決 定 の 権 利 は 個 人 家 族 そ して 地 域 が 意 思 決 定 と

More information

(Microsoft Word - \202Q\203T\203\200\203G\203\21317\217\31523\220\337\201i13\224N\201j.doc)

(Microsoft Word - \202Q\203T\203\200\203G\203\21317\217\31523\220\337\201i13\224N\201j.doc) 2サムエル 記 17 章 23 節 愚 かな 賢 人 アウトライン 1A 賢 い 人 がする 愚 かさ 1B 先 見 性 2B 神 の 恵 みの 選 び 2A 自 殺 という 手 段 1B 自 分 自 身 への 限 界 2B 神 への 叫 び 1C 自 分 を 捨 てる 2C 神 の 恵 みを 信 じる 本 文 サムエル 記 第 二 17 章 23 節 を 開 いてください 今 日 の 午 後 16

More information

小島先生のやさしい法律教室

小島先生のやさしい法律教室 景 気 の 落 ち 込 みを 背 景 に 取 引 先 の 破 綻 が 懸 念 される 場 面 も 見 受 けられます そこで 今 回 は, 取 引 先 の 破 綻 についてよくあるご 相 談 をまとめてみました 1. 破 産 手 続 社 長 ( 以 下, 社 ): 最 近, 大 型 倒 産 が 見 られますね 倒 産 と 破 産 は 違 うのですか 弁 護 士 ( 以 下, 弁 ): 倒 産 というのは

More information

Microsoft Word - 厚生委員会活動報告HP用<所管> 25.6.12.doc

Microsoft Word - 厚生委員会活動報告HP用<所管> 25.6.12.doc 6 月 12 日 に 厚 生 委 員 会 を 開 催 し, 所 管 する 事 務 事 業 の 調 査 を 次 のとおり 行 いました 新 総 社 市 一 般 廃 棄 物 最 終 処 分 場 の 進 捗 状 況 について 平 成 24 年 度 に 基 本 設 計, 地 質 調 査, 地 形 測 量 業 務 を 完 了 し, 現 在, 生 活 環 境 影 響 調 査 業 務 を 実 施 中 の 新 総

More information

た 方 が 良 いと 思 います そのモチベーションが 色 々なところに 活 きてくること もありますので ( 他 の 生 徒 を 指 して) 将 来 どんな 職 業 に 就 きたいですか 学 生 : 法 曹 三 者 になりたいです 室 谷 先 生 :それは 何 でですか? 学 生 : 何 となくで

た 方 が 良 いと 思 います そのモチベーションが 色 々なところに 活 きてくること もありますので ( 他 の 生 徒 を 指 して) 将 来 どんな 職 業 に 就 きたいですか 学 生 : 法 曹 三 者 になりたいです 室 谷 先 生 :それは 何 でですか? 学 生 : 何 となくで 2011 年 10 月 20 日 ロイヤリング 講 義 講 師 : 弁 護 士 室 谷 光 一 郎 先 生 文 責 須 藤 勇 人 ジェンダー セクシュアリティの 法 律 問 題 世 の 中 は 法 律 だけで 動 いている 訳 ではないので 色 々なものに 目 を 向 けなけれ ばいけないと 考 えています 法 律 馬 鹿 になってしまうと 経 済 や 社 会 の 状 況 が 読 めなくなってしまいます

More information

春季部報(2015).xlsx

春季部報(2015).xlsx 日 立 北 高 校 野 球 部 部 報 ~ 春 季 大 会 新 入 部 員 紹 介 ~ 我 々 日 立 北 高 校 野 球 部 は 夏 の 大 会 でベスト4 以 上 の 結 果 を 残 すことを 目 標 としていま す 秋 季 大 会 で 味 わった 屈 辱 を 春 季 大 会 にぶつけるべく 冬 の 厳 しい 練 習 や 千 葉 遠 征 を 乗 り 越 えてきました そして 迎 えた 春 季 大

More information

中学校初任者教員向け生徒指導資料

中学校初任者教員向け生徒指導資料 中 学 校 の 初 任 者 教 員 こ れ だ け は 押 さ え よ う! ~ 生 徒 指 導 はじめの 一 歩 ~ 本 冊 子 は http://www.nier.go.jp/shido/shonin_tb.pdf から 直 接 に ダウンロードできます 平 成 24 年 3 月 国 立 教 育 政 策 研 究 所 生 徒 指 導 研 究 センター - 1 - 1 生 徒 が 自 ら 進 んで

More information

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し 上 毛 かるたのこれから 更 なる 発 展 に 向 けて 田 島 広 大 1.はじめに 私 が 住 む 群 馬 県 には 全 国 に 誇 ることのできる 上 毛 かるた がある 上 毛 かるたは 多 くの 県 民 に 認 知 され 親 しまれている 私 自 身 も 群 馬 で 生 まれ 育 ち 地 域 の 子 ども 会 を 通 じて 上 毛 かるたで 遊 んできた 上 毛 かるたを 通 じて 群 馬

More information

Microsoft Word - 013.L...X.g...T--.p.{.@._.doc

Microsoft Word - 013.L...X.g...T--.p.{.@._.doc キリスト 教 Ⅰ Survey of Christianity Ⅰ 角 本 浩 学 科 共 通 1 年 必 修 講 義 2 感 恩 奉 仕 を 掲 げる 本 学 の 教 育 理 念 であるキリスト 教 その 根 底 にある 聖 書 の 教 え キリスト 教 の 持 つ 価 値 観 を 学 びつつ 生 きるこ とについて 学 生 たちと 一 緒 に 考 えキリスト 教 の 世 界 に 初 めて 触 れる

More information

蟷ウ謌撰シ托シ募ケエ・匁怦螟ァ轢ャ謌ク逕コ隴ー莨壼ョ壻セ倶シ

蟷ウ謌撰シ托シ募ケエ・匁怦螟ァ轢ャ謌ク逕コ隴ー莨壼ョ壻セ倶シ 平 成 25 年 第 1 回 西 海 市 議 会 定 例 会 市 政 一 般 に 対 する 質 問 一 覧 月 日 通 告 順 登 壇 順 氏 名 頁 1 1 平 井 満 洋 議 員 1 2 2 岩 本 利 雄 議 員 1 3 月 4 日 ( 月 ) 3 3 田 川 正 毅 議 員 1 4 4 朝 長 隆 洋 議 員 2 5 5 浅 田 幸 夫 議 員 3 西 海 市 議 会 1. 平 井 満 洋

More information

1 氏 名 石 川 瑞 穂 入 会 年 度 平 成 26 年 度 明 治 大 学 農 学 部 生 命 科 学 科 所 属 部 署 農 業 対 策 部 地 元 である 栃 木 県 で 就 職 したいと 考 えていました それまで 農 業 に 直 接 携 わったことは 無 かったのですが 実 家 の 周 りの 美 しい 田 園 風 景 が 大 好 き だったことと TPP 等 の 問 題 で 農 業 を 取

More information

本 質 を 教 えてくれる 人 がいない 副 業 在 宅 で 片 手 間 で 簡 単 に 稼 げると 思 い3ヶ 月 頑 張 ってみたものの 一 銭 にもならない と 言 う 話 はゴロゴロ 転 がっています それは ネットビジネスの 本 質 を 教 えてくれる 人 が 居 なかったのが 原 因 で

本 質 を 教 えてくれる 人 がいない 副 業 在 宅 で 片 手 間 で 簡 単 に 稼 げると 思 い3ヶ 月 頑 張 ってみたものの 一 銭 にもならない と 言 う 話 はゴロゴロ 転 がっています それは ネットビジネスの 本 質 を 教 えてくれる 人 が 居 なかったのが 原 因 で 子 供 だましのテクニックはやめにしましょう 6 月 1 日 19:00 菊 地 哲 夫 引 きこもりニートが 12 週 間 で 月 20 万 円 を 稼 ぐことは 本 当 に 可 能 なのか? はい 可 能 です! ネットビジネスで1 年 後 も 稼 ぎたいのなら 子 供 だましのテクニックは 忘 れてください ネット 環 境 の 爆 発 的 普 及 で 一 瞬 のうちに 情 報 が 世 界 中

More information

司 法 試 験 予 備 試 験 制 度 に 関 する 緊 急 の 提 言 ( 要 旨 ) 法 科 大 学 院 を 中 核 とするプロセスとしての 法 曹 養 成 制 度 は 旧 司 法 試 験 という 点 による 選 抜 を 重 視 した 制 度 の 弊 害 を 克 服 するために 導 入 され 制

司 法 試 験 予 備 試 験 制 度 に 関 する 緊 急 の 提 言 ( 要 旨 ) 法 科 大 学 院 を 中 核 とするプロセスとしての 法 曹 養 成 制 度 は 旧 司 法 試 験 という 点 による 選 抜 を 重 視 した 制 度 の 弊 害 を 克 服 するために 導 入 され 制 法 曹 養 成 制 度 改 革 推 進 会 議 御 中 この 度 司 法 試 験 予 備 試 験 制 度 に 関 する 緊 急 の 提 言 をとりまとめましたので お 届 け 致 します ご 査 収 いただけますと 幸 いです なお この 提 言 は 法 務 大 臣 及 び 文 部 科 学 大 臣 にもお 届 け 致 します 2014 年 6 月 9 日 京 都 大 学 大 学 院 法 学 研 究

More information

民 主 党 大 串 博 志 議 員 ( 衆 院 安 保 特 別 委 員 ) 民 主 党 の 考 え 方 は 安 倍 政 権 が 進 める 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 は 許 さない 恒 久 法 も 周 辺 事 態 法 も 認 めない 拙 速 な 審 議 ではだめだ 過 去 一 つの 法 律

民 主 党 大 串 博 志 議 員 ( 衆 院 安 保 特 別 委 員 ) 民 主 党 の 考 え 方 は 安 倍 政 権 が 進 める 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 は 許 さない 恒 久 法 も 周 辺 事 態 法 も 認 めない 拙 速 な 審 議 ではだめだ 過 去 一 つの 法 律 1000 人 委 員 会 ニュースNo.23 (2015 年 6 月 10 日 号 ) 101-0063 東 京 都 千 代 田 区 神 田 淡 路 町 1-15 塚 崎 ビル3 階 TEL:03-3526-2920 FAX:03-3526-2921 総 がかり 行 動 実 行 委 員 会 国 会 議 員 要 請 行 動 戦 争 をさせない 9 条 壊 すな! 総 が かり 行 動 実 行 委 員

More information

Ⅰ 調査の概要

Ⅰ 調査の概要 資 料 6 伊 達 市 地 域 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 向 けた 職 員 意 識 調 査 報 告 書 ( 結 婚 出 産 子 育 て) ( 第 2 版 ) 平 成 2 7 年 5 月 総 合 政 策 課 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 の 目 的... 2 2. 調 査 の 実 施 方 法 等... 2 (1) 調 査 対 象 実 施 方 法... 2 (2) 回

More information

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 の 大 綱 豊 かな 心 と 健 全 な 身 体 を 育 む ふるさと 小 山 の 教 育 2015 年 ( 平 成 27 年 )4 月 栃 木 県 小 山 市 はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な

More information

Microsoft Word - 【公開用】13 振り返り.doc

Microsoft Word - 【公開用】13 振り返り.doc 発 言 をそのまま 書 き 起 こしたデータを 基 に 個 人 情 報 に 関 する 部 分 を 削 除 し 文 意 が 通 るように 修 正 を 行 っています 振 り 返 り アンケート 記 入 ( 総 合 F) それでは アンケートをお 書 きください そして アンケートの 中 で ここが 一 番 重 要 だというところには 下 線 などを 引 いていただいて 結 構 です 最 後 にまた 30

More information

はじめに テサロニケ 人 への 手 紙 第 ニ 中 川 健 一 はじめに (1) 聖 書 フォーラム 運 動 の 広 がり 1 聖 書 は 霊 感 を 受 けて 書 かれた 誤 りなき 神 のことば である 2ヘブル 的 聖 書 解 釈 3イスラエルの 役 割 の 聖 書 的 理 解 4 終 末 論

はじめに テサロニケ 人 への 手 紙 第 ニ 中 川 健 一 はじめに (1) 聖 書 フォーラム 運 動 の 広 がり 1 聖 書 は 霊 感 を 受 けて 書 かれた 誤 りなき 神 のことば である 2ヘブル 的 聖 書 解 釈 3イスラエルの 役 割 の 聖 書 的 理 解 4 終 末 論 テサロニケ人への手紙第ニ 第6回聖書フォーラムキャンプ 基調メッセージ メッセージ 中川健一 http://harvesttime.tv はじめに テサロニケ 人 への 手 紙 第 ニ 中 川 健 一 はじめに (1) 聖 書 フォーラム 運 動 の 広 がり 1 聖 書 は 霊 感 を 受 けて 書 かれた 誤 りなき 神 のことば である 2ヘブル 的 聖 書 解 釈 3イスラエルの 役 割 の

More information

2014 春 シンシア 博 士 2 <パワフルシャーマンリーディング> 日 時 :2014 年 3 月 8( 土 ) 9( 日 )11( 火 )12( 水 ) 13( 木 ) 16( 日 )23( 日 ) 料 金 : 特 別 価 格 60,000 円 ( 本 来 66,000 円 ) 時 間 :2

2014 春 シンシア 博 士 2 <パワフルシャーマンリーディング> 日 時 :2014 年 3 月 8( 土 ) 9( 日 )11( 火 )12( 水 ) 13( 木 ) 16( 日 )23( 日 ) 料 金 : 特 別 価 格 60,000 円 ( 本 来 66,000 円 ) 時 間 :2 2014 春 シンシア 博 士 1 < 天 使 のクラス> 日 時 :2014 年 3 月 15 日 ( 土 )9:30 16:30 料 金 :35,000 円 前 金 :20,000 円 場 所 : 488-0883 愛 知 県 尾 張 旭 市 城 山 (しろやま) 町 長 池 下 4517 番 地 1 電 話 番 号 :0561-52-1850 尾 張 旭 市 スカイワードあさひ くすのきAホール5F

More information

Taro-『光と風と音の世界』阿字観

Taro-『光と風と音の世界』阿字観 - 1/5 - 光 と 風 と 音 の 世 界 ー 阿 字 観 実 修 についての 報 告 書 ー 平 成 4 年 4 月 教 学 部 提 出 教 化 研 究 員 川 上 修 詮 はじめに 仏 さまの 教 えは 人 生 は 苦 である というところから 始 まりました どう すればその 苦 しみから 逃 れられるのでしょうか それを 解 決 することが 一 生 を 安 楽 に 過 ごし 成 仏 するための

More information

4 派 遣 者 から 一 言 船 曳 文 洋 先 生 船 曳 先 生 は, 岡 山 市 教 育 委 員 会 から シニア 派 遣 としてコロンバス 日 本 語 補 習 校 の 教 頭 として 派 遣 されます 以 前 はバンコク 日 本 人 学 校 に 勤 務 し ていました 今 回 の 文 科 省

4 派 遣 者 から 一 言 船 曳 文 洋 先 生 船 曳 先 生 は, 岡 山 市 教 育 委 員 会 から シニア 派 遣 としてコロンバス 日 本 語 補 習 校 の 教 頭 として 派 遣 されます 以 前 はバンコク 日 本 人 学 校 に 勤 務 し ていました 今 回 の 文 科 省 平 成 27 年 度 海 外 派 遣 教 員 を 励 ます 集 い 平 成 27 年 2 月 28 日 ( 土 ) 平 成 27 年 2 月 28 日 ( 土 )に 上 記 の 会 が, 岡 山 アークホテル1Fレストラン ラ ペ ーシュ で 開 かれました 岡 山 駅 の 近 くで, 便 利 が 良 く, 貸 し 切 りでも 良 心 的 な 料 金 のた め, 本 会 の 行 事 としておなじみの

More information

経 済 利 益 追 求 至 上 主 義 が 今 日 国 際 社 会 で 批 判 を 受 けています これと 表 裏 一 体 の 関 係 を なしているのが 国 内 における 生 産 企 業 重 視 の 政 治 行 政 経 済 体 制 です 本 来 政 治 経 済 も 機 構 制 度 も 生 活 者

経 済 利 益 追 求 至 上 主 義 が 今 日 国 際 社 会 で 批 判 を 受 けています これと 表 裏 一 体 の 関 係 を なしているのが 国 内 における 生 産 企 業 重 視 の 政 治 行 政 経 済 体 制 です 本 来 政 治 経 済 も 機 構 制 度 も 生 活 者 公 明 党 綱 領 一 生 命 生 活 生 存 の 人 間 主 義 公 明 党 は 生 命 生 活 生 存 を 最 大 に 尊 重 する 人 間 主 義 を 貫 き 人 間 人 類 の 幸 福 追 求 を 目 的 とする 開 かれた 国 民 政 党 です 人 類 史 的 転 換 期 と 呼 ばれる 二 十 世 紀 から 二 十 一 世 紀 への 時 代 の 大 転 機 に 立 って 今 日 の 状

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

結 婚 して 相 手 に 満 足 できないときは 離 婚 すればよい 年 代 別 女 性 の 場 合 年 代 が 上 がるにつれて そう 思 う の 割 合 が 低 くなる 傾 向 である 女 性 の 場 合 20 代 では そう 思 う の 割 合 が そう 思 わない を 上 回 るが 30 代

結 婚 して 相 手 に 満 足 できないときは 離 婚 すればよい 年 代 別 女 性 の 場 合 年 代 が 上 がるにつれて そう 思 う の 割 合 が 低 くなる 傾 向 である 女 性 の 場 合 20 代 では そう 思 う の 割 合 が そう 思 わない を 上 回 るが 30 代 ⑶ 結 婚 や 出 産 に 対 する 意 識 1 結 婚 離 婚 出 産 に 対 する 意 識 ( 問 14 ) 全 体 結 婚 は 個 人 の 自 由 であるから 結 婚 してもしなくてもどちらでもよい については そう 思 う (47.5%)が そう 思 わない (26.3%)を 上 回 る 女 性 は 結 婚 したら 自 分 のことよりも 夫 や 子 どもを 中 心 に 生 活 したほうがよい

More information

チャペル 2011年8月

チャペル 2011年8月 平 和 将 来 希 望 のご 計 画 ~クライストチャーチの 震 災 のこと~ 子 ども 学 科 八 巻 正 治 平 和 将 来 希 望 のご 計 画 主 はこう 言 われる バビロンに 七 十 年 の 時 が 満 ち たなら わたしはあなたたちを 顧 みる わたしは 恵 み の 約 束 を 果 たし あなたたちをこの 地 に 連 れ 戻 す わ たしは あなたたちのために 立 てた 計 画 をよく

More information

組 織 マネジメントを 視 点 とした 学 校 経 営 は 学 校 の 教 育 力 を 高 め 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 能 力 適 性 を 最 大 限 に 伸 ばすことにある 教 職 員 がそれぞれの 立 場 で 連 携 協 力 し 意 欲 と 責 任 感 をもって 教 育 活 動 に

組 織 マネジメントを 視 点 とした 学 校 経 営 は 学 校 の 教 育 力 を 高 め 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 能 力 適 性 を 最 大 限 に 伸 ばすことにある 教 職 員 がそれぞれの 立 場 で 連 携 協 力 し 意 欲 と 責 任 感 をもって 教 育 活 動 に 組 織 マネジメントを 視 点 とした 学 校 経 営 指 導 主 事 高 崎 隆 一 Takasaki Ryuuichi 要 旨 学 校 経 営 のビジョンを 具 現 化 するためには 子 ども 及 び 保 護 者 に 最 も 接 する 機 会 の 多 い 教 職 員 が 学 校 経 営 の 方 向 性 を 理 解 し 自 律 的 に 対 応 していくことが 必 要 である そのため 学 校 教

More information

2015.03.01-2.xdw

2015.03.01-2.xdw 2015/03/01 礼 拝 あなたこそ 高 価 で 尊 いお 方 福 音 賛 美 歌 福 016 聖 なるかな (イ099 聖 なるかな) 聖 書 交 読 イザヤ 43:1-7 福 音 賛 美 歌 399 主 は 導 かれる イ 黒 柳 徹 子 さん お 母 さんは 黒 柳 朝 さん 徹 子 さんは 窓 際 のトットちゃん と 言 う 本 を 書 いています 実 は 中 国 で この 本 が 人

More information

2016.xdw

2016.xdw 2016/01/31 礼 拝 Ⅰコリント13:1-8 13 いつまでも 残 るもの 信 仰 希 望 愛 この 写 真 何 だと 思 いますか そうどら 焼 き ある 方 からおいしいどら 焼 きをいただきま した 家 族 でそれをいただきながら どら 焼 きのどらって 中 国 で 良 く 出 てくる 銅 鑼 の かたちに 似 ているから どら 焼 きっているのかな と 娘 がいっていました 調 べて

More information

安 倍 政 権 の 法 人 税 減 税 は 今 回 の 法 人 税 減 税 だけではありません 思 い 出 してください 昨 年 個 人 の 負 担 すなわち 復 興 特 別 所 得 税 は 残 したまま 復 興 特 別 法 人 税 だけを 前 倒 しで 廃 止 しており ここでも 6,453 億

安 倍 政 権 の 法 人 税 減 税 は 今 回 の 法 人 税 減 税 だけではありません 思 い 出 してください 昨 年 個 人 の 負 担 すなわち 復 興 特 別 所 得 税 は 残 したまま 復 興 特 別 法 人 税 だけを 前 倒 しで 廃 止 しており ここでも 6,453 億 平 成 27 年 3 月 25 日 所 得 税 法 等 改 正 案 民 主 党 新 緑 風 会 おだち 源 幸 はじめに 民 主 党 新 緑 風 会 のおだち 源 幸 です 会 派 を 代 表 して 所 得 税 法 等 改 正 案 について 質 問 を 致 します まず 数 字 をあげたいと 思 います 1,200 億 9,784 万 大 変 大 きな 数 字 ですが みなさん 何 の 数 字 かお

More information

Microsoft PowerPoint - 無料小冊子0902.pptx

Microsoft PowerPoint - 無料小冊子0902.pptx 開 業 1 2 年 目 の 会 社 が 成 長 していくために 私 たちの 事 務 所 には 開 業 間 もない 会 社 様 などから 毎 年 150 件 以 上 の 無 料 相 談 のご 依 頼 があります また 顧 問 契 約 先 の 会 社 様 の 中 にも 開 業 1 2 年 目 の 会 社 様 が 数 多 く いらっしゃいます こうしたご 相 談 やお 付 き 合 いを 通 じて 分 かってきたことは

More information

派 神 学 において 認 知 的 不 協 和 を 起 こすような 問 題 にはどのようなものがあるでしょうか それは たくさんあります まず ヘブル 人 への 手 紙 2 章 のメッセージが 無 視 されていること 自 然 災 害 の 出 来 事 イエスの 神 の 国 の 位 置 づ け 宗 教 と

派 神 学 において 認 知 的 不 協 和 を 起 こすような 問 題 にはどのようなものがあるでしょうか それは たくさんあります まず ヘブル 人 への 手 紙 2 章 のメッセージが 無 視 されていること 自 然 災 害 の 出 来 事 イエスの 神 の 国 の 位 置 づ け 宗 教 と キリスト 教 界 は 長 い 間 福 音 の 中 心 は 義 と 認 められて 天 国 に 入 ること だと 考 えてきた しかし 聖 書 は 神 の 国 で 被 造 物 の 管 理 権 を 活 用 すること だと 説 いている すると 神 学 のパラダイムシフトが 起 こらねばならない 新 し い 被 造 物 管 理 の 神 学 は キリスト 者 の 歩 みを 一 変 してしまう 神 学 である

More information

2 1.はじめに みなさん はじめまして! 私 は あなたにもできる!!タロット 占 いであなたでも 幸 せになれ る 方 法 を 運 営 している 坂 本 と 申 します このたびは 無 料 レポート すっごいあたる!!タロット 占 いの 5 つのポイント!? を 申 込 いただきましてありがとう

2 1.はじめに みなさん はじめまして! 私 は あなたにもできる!!タロット 占 いであなたでも 幸 せになれ る 方 法 を 運 営 している 坂 本 と 申 します このたびは 無 料 レポート すっごいあたる!!タロット 占 いの 5 つのポイント!? を 申 込 いただきましてありがとう 1 2 1.はじめに みなさん はじめまして! 私 は あなたにもできる!!タロット 占 いであなたでも 幸 せになれ る 方 法 を 運 営 している 坂 本 と 申 します このたびは 無 料 レポート すっごいあたる!!タロット 占 いの 5 つのポイント!? を 申 込 いただきましてありがとうございます 今 占 いはあなたの 生 活 の 一 部 になっているかもしれません そんな 占 いの

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

暗闇の裁き

暗闇の裁き 暗 闇 の 裁 き Ⅰ 橘 龍 悟 生 あ る も の は や が て 死 に 直 面 し 滅 び 消 え 去 っ て し ま う ど ん な に 逃 れ よ う と し て も そ れ は 確 実 に 目 の 前 に や っ て く る そ し て そ れ が つ い に 私 の 目 の 前 に こ の 私 の 目 の 前 に 現 れ た の だ 死 に た く な い よ う と 叫 ん で み

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考 職 場 体 験 学 習 11 月 11 日 ( 水 )~13 日 ( 金 ) 2 年 生 が3 日 間 の 職 場 体 験 学 習 に 行 って 来 ました 本 校 では 本 人 の 希 望 する 職 場 を 体 験 できるように 時 間 と 労 力 をかけて 各 事 業 所 を 選 定 し 依 頼 しています 自 分 の 一 番 興 味 のある 職 場 での 仕 事 を 体 験 できるの で 皆

More information

問題1(75点)

問題1(75点) 平 成 22 年 度 法 科 大 学 院 ( 法 務 研 究 科 ) 入 学 試 験 小 論 文 問 題 紙 B 日 程 平 成 22 年 2 月 27 日 10:00~12:00(120 分 ) (200 点 ) 注 意 事 項 1. 試 験 開 始 の 合 図 があるまで 問 題 を 開 いてはいけない 2. 小 論 文 の 問 題 紙 は 1 ページから 4 ページである 3. 解 答 用 紙

More information

『NBC』へのお誘い

『NBC』へのお誘い NBC へのお 誘 い こんにちは 中 野 です 今 回 は 私 の 初 心 者 向 けネットビジネスのコミュニティ NBC をご 紹 介 したいと 思 います このコミュニティは 私 から 教 材 を 購 入 してくれた 方 を 対 象 に 私 からもビジネスのサポートをしていくという スクール 型 のコミュニティです ネットビジネス 初 心 者 は 自 分 でイチから 頑 張 れ と 言 われても

More information

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx 意 見 書 案 第 7 号 最 低 賃 金 の 改 定 等 に 関 する 意 見 書 日 本 経 済 の 先 行 きについては 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 が 続 く 中 で 緩 やかな 回 復 に 向 かう ことが 期 待 される 一 方 昨 年 11 月 に 国 が 発 表 した 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けて 緊 急 に 実 施 すべき 対 策 では 最 低 賃

More information

ニューエイジとは? 現 代 に 入 り 既 存 の 宗 教 とは 違 った 新 しい 霊 的 な 活 動 が 始 まるようになりました それを 総 称 して ニューエイジと 呼 びます しかし ニューエイジ を 一 言 で 定 義 することはできません はっきりとした 教 義 があるわけではありませ

ニューエイジとは? 現 代 に 入 り 既 存 の 宗 教 とは 違 った 新 しい 霊 的 な 活 動 が 始 まるようになりました それを 総 称 して ニューエイジと 呼 びます しかし ニューエイジ を 一 言 で 定 義 することはできません はっきりとした 教 義 があるわけではありませ この 小 冊 子 は ニューエイジ ムーヴメントの 偽 りに ついて 聖 書 から 指 し 示 したものです ニューエイジとは? 現 代 に 入 り 既 存 の 宗 教 とは 違 った 新 しい 霊 的 な 活 動 が 始 まるようになりました それを 総 称 して ニューエイジと 呼 びます しかし ニューエイジ を 一 言 で 定 義 することはできません はっきりとした 教 義 があるわけではありませんし

More information

54 第 3 章 各 種 所 得 きことは 当 然 のことであるから この 枠 組 みが 設 定 されていることが 無 料 法 律 相 談 所 で 弁 護 士 の 行 う 法 律 相 談 業 務 の 事 業 性 を 損 なうものとはいえない などとして 当 該 日 当 は 事 業 所 得 に 該 当

54 第 3 章 各 種 所 得 きことは 当 然 のことであるから この 枠 組 みが 設 定 されていることが 無 料 法 律 相 談 所 で 弁 護 士 の 行 う 法 律 相 談 業 務 の 事 業 性 を 損 なうものとはいえない などとして 当 該 日 当 は 事 業 所 得 に 該 当 第 3 章 各 種 所 得 53 20 無 料 相 談 会 での 業 務 収 入 ( 事 業 所 得 ) Q 私 の 事 務 所 の 地 域 では 士 業 の7 業 種 が 合 同 して 市 民 のための 無 料 相 談 会 を 実 施 しています 私 も 所 属 する 同 業 団 体 から 依 頼 され 市 の 施 設 で1 日 無 料 相 談 に 従 事 することになりました 所 属 する 同

More information

07西洋文化史概説(1)-51

07西洋文化史概説(1)-51 第 十 三 講 聖 書 外 典 と 女 性 聖 人 テクラ 主 旨 : 古 代 末 期 における 古 代 的 規 範 の 崩 壊 男 性 からの 女 性 の 自 立 女 性 自 身 が 自 らの 語 りと 聖 人 聖 地 を 持 つ 女 性 の 世 界 の 広 いネットワークの 存 在 :エゲリアの 例 物 語 パターンの 規 則 性 (1) 男 性 原 理 ( 結 婚 性 交 )の 拒 否 男 性

More information

宮川.pwd

宮川.pwd 人 気 と 行 列 の 経 済 学 モデル 宮 川 栄 一 はじめに 大 学 を 選 択 するときのように, 選 ばないといけないが 各 選 択 肢 の 価 値 がよく 分 からない,という 場 合 がよくあります 神 戸 大 学 への 入 学 を 決 めたとき, この 大 学 にどれだけの 価 値 があるか,よく 分 からなかったのではないでしょう か 旅 行 先 の 見 知 らぬ 場 所 で 食

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303581408DB293A1974490E690B6814091E68CDC89F12E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303581408DB293A1974490E690B6814091E68CDC89F12E646F63> ぶれない 頭 と 眼 を 養 う 哲 学 的 訓 練 指 針 なき 現 代 の 一 歩 先 を 読 み 解 くための 実 践 講 座 佐 藤 優 ( 聞 き 手 小 峯 隆 生 ) 外 交 の 最 前 線 で 培 った 対 人 術 の 要 諦 をまとめた 書 籍 人 たらしの 流 儀 で 佐 藤 優 さんの 聞 き 手 を 務 めた 小 峯 隆 生 こと 私 は 筑 波 大 学 で コミネ 語 り

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

人権ポケットブックシリーズ④性的少数者と人権

人権ポケットブックシリーズ④性的少数者と人権 J 04 1 2 3 4 4 1 世 の 中 には 男 と 女 しか いない? 性 的 指 向 には いろいろな 形 があります 異 性 を 愛 す る 人 だけではなく 同 性 愛 や 両 性 愛 の 人 もいます また 性 の 自 己 認 識 こころの 性 と 生 物 学 的 な 性 か らだの 性 が 違 うと 感 じて さまざまな 葛 藤 が 生 じる 性 同 一 性 障 害 の 人 々もいます

More information

はじめに この 度 は 無 料 ポイントサイトで 稼 ぐ! を 閲 覧 して 頂 き 有 難 うございます まず 始 めに ポイントメールやポイントサイトと 呼 ばれるポイントメールサー ビス 等 は 無 料 で 参 加 でき 報 酬 がもらえる 為 に 大 変 人 気 があります ただ でも 一

はじめに この 度 は 無 料 ポイントサイトで 稼 ぐ! を 閲 覧 して 頂 き 有 難 うございます まず 始 めに ポイントメールやポイントサイトと 呼 ばれるポイントメールサー ビス 等 は 無 料 で 参 加 でき 報 酬 がもらえる 為 に 大 変 人 気 があります ただ でも 一 無 料 ポイントサイトで 稼 ぐ! 毎 月 10 万 円 を 稼 ごう!~ 獲 得 法 ~ 最 後 に 禁 断 の 裏 技 オマケ 付 はじめに この 度 は 無 料 ポイントサイトで 稼 ぐ! を 閲 覧 して 頂 き 有 難 うございます まず 始 めに ポイントメールやポイントサイトと 呼 ばれるポイントメールサー ビス 等 は 無 料 で 参 加 でき 報 酬 がもらえる 為 に 大 変 人

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史 争 町 内 回 覧 板 隣 ブ ク 偶 然 モ 家 母 習 好 聞 偶 然 む H P 書 ぜ 協 ニ グ ム 栄 養 血 肉 付 飯 食 健 康 保 脳 与 栄 養 失 調 論 下 活 投 合 後 悲 惨 状 態 念 実 ュ 比 谷 公 堂 ヌ コ 定 期 ケ NHK 交 響 7 亡 ュ 劇 場 4 グネホテ 隣 議 家 - 家 違 ふ 家 クク 聞 -ガ 研 究 所 室 耳 傾 家 性 声 聞

More information

ワークシート 何 が 非 行 なのか? 次 にあげる 行 動 例 を,A= 悪 くないこと,B= 悪 いこと,C= 悪 いことの 中 でも 非 行 ( 犯 罪 )になること に 分 類 してみましょう 行 動 例 1 みんなが 並 んで 待 っている 列 に,こっそりと 割 り 込 む ( ) 2

ワークシート 何 が 非 行 なのか? 次 にあげる 行 動 例 を,A= 悪 くないこと,B= 悪 いこと,C= 悪 いことの 中 でも 非 行 ( 犯 罪 )になること に 分 類 してみましょう 行 動 例 1 みんなが 並 んで 待 っている 列 に,こっそりと 割 り 込 む ( ) 2 知 識 を 身 に 付 けつつ, 自 他 の 理 解 を 深 め, 価 値 観 を 形 成 するエクササイズ 1 ~ 何 が 非 行 なのか? ~ 準 備 ワークシート 何 が 非 行 なのか? フラッシュカード1 非 行 少 年 の 分 類 フラッシュカード2 非 行 後 の 長 いドラマ 振 り 返 り 用 紙 ねらい どのような 行 為 が 非 行 となり, 処 分 の 対 象 となるのかを

More information

事 務 手 引 き 個 人 市 県 民 税 について 1 特 別 徴 収 の 義 務 1 特 別 徴 収 義 務 者 の 指 定 2 特 別 徴 収 のメリット 2 特 別 徴 収 の 対 象 になる 人 2 給 与 支 払 報 告 書 の 提 出 3 特 別 徴 収 税 額 決 定 通 知 書 の

事 務 手 引 き 個 人 市 県 民 税 について 1 特 別 徴 収 の 義 務 1 特 別 徴 収 義 務 者 の 指 定 2 特 別 徴 収 のメリット 2 特 別 徴 収 の 対 象 になる 人 2 給 与 支 払 報 告 書 の 提 出 3 特 別 徴 収 税 額 決 定 通 知 書 の 事 務 手 引 き 個 人 市 県 民 税 について 1 特 別 徴 収 の 義 務 1 特 別 徴 収 義 務 者 の 指 定 2 特 別 徴 収 のメリット 2 特 別 徴 収 の 対 象 になる 人 2 給 与 支 払 報 告 書 の 提 出 3 特 別 徴 収 税 額 決 定 通 知 書 の 送 付 5 納 期 と 納 入 方 法 6 税 額 の 変 更 通 知 7 退 職 休 職 者 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

運 用 受 託 機 関 従 業 員 年 金 規 約 事 業 主 資 産 管 理 運 用 契 約 掛 金 運 用 指 針 資 産 管 理 運 用 機 関 信 託 会 社 生 命 保 険 会 社 農 業 協 同 組 合 連 合 会 裁 定 裁 定 請 求 退 職 した 従 業 員 ( 受 給 権 者 )

運 用 受 託 機 関 従 業 員 年 金 規 約 事 業 主 資 産 管 理 運 用 契 約 掛 金 運 用 指 針 資 産 管 理 運 用 機 関 信 託 会 社 生 命 保 険 会 社 農 業 協 同 組 合 連 合 会 裁 定 裁 定 請 求 退 職 した 従 業 員 ( 受 給 権 者 ) シリーズ: 規 約 型 確 定 給 付 企 業 年 金 担 当 者 のための 資 産 運 用 入 門 Vol.2 年 金 資 産 運 用 のプロセス 企 業 年 金 の 担 当 者 にとって 資 産 運 用 の 責 任 とはなんでしょうか 仮 に 数 十 億 円 の 年 金 資 産 に 対 して 資 産 運 用 の 結 果 に 対 して 責 任 を 持 てと 言 われると サラリ ー マ ン で あ

More information

第1回「川口賞」受賞者の決定について

第1回「川口賞」受賞者の決定について 平 成 27 年 12 月 17 日 報 道 各 位 新 潟 市 文 化 政 策 課 ( 安 吾 賞 事 務 局 ) 第 10 回 安 吾 賞 受 賞 者 の 決 定 について 新 潟 市 は12 月 17 日 に 第 10 回 安 吾 賞 の 受 賞 者 に 佐 藤 優 氏 ( 作 家 元 外 務 省 主 任 分 析 官 )を 決 定 したことを 発 表 しました 安 吾 賞 は 新 潟 市 出

More information

document

document 満 足 度 調 査 集 計 表 特 別 養 護 老 人 ホーム 仙 人 の 里 長 期 入 所 家 族 回 答 人 数 30 名 調 査 期 間 : 平 成 26 年 6 月 16 日 ~6 月 30 日 問 1. 施 設 内 は 清 潔 ですか?( 玄 関 居 室 ホール 廊 下 トイレなど) 清 潔 27 名 普 通 3 名 汚 い0 名 どちらとも 言 えない0 名 未 記 入 0 名 新 しい

More information

<5B959588F35D2C5B8389836283705D2C5B94AB5D82CC918A8CDD8AD68C5782C98AD682B782E98D6C8E40817C825283898362837082C694AB82CD93AF8E9E8AFA2E6169>

<5B959588F35D2C5B8389836283705D2C5B94AB5D82CC918A8CDD8AD68C5782C98AD682B782E98D6C8E40817C825283898362837082C694AB82CD93AF8E9E8AFA2E6169> 封 印 ラッパ 鉢 の 記 述 は 伝 統 的 な 解 釈 として 最 後 の 封 印 で 7 つのラッパが 吹 かれ 最 後 でのラッパで 7 つの 鉢 が 注 がれるという 入 れ 子 構 造 になっていると 言 われてい ますが 先 ず 封 印 は 予 告 編 であることを 確 認 しました 封 印 と ラッパ の 関 連 については はっきりと 聖 句 で 述 べられています ( 啓 示 8:1

More information

この 度 はトップセールス 養 成 塾 の 無 料 レポートを 御 覧 頂 きありが とうございます このレポートでは 我 々 営 業 マンが 毎 日 のように 聞 いている お 客 様 の 断 り 文 句 に 対 する 基 本 的 な それでいて 一 番 大 切 な 反 対 話 法 をご 説 明

この 度 はトップセールス 養 成 塾 の 無 料 レポートを 御 覧 頂 きありが とうございます このレポートでは 我 々 営 業 マンが 毎 日 のように 聞 いている お 客 様 の 断 り 文 句 に 対 する 基 本 的 な それでいて 一 番 大 切 な 反 対 話 法 をご 説 明 営 業 マン 必 見!! こう 言 われたら こう 切 り 返 す!! パターン 別 反 対 話 法 集!! これだけは 憶 えておきたい 反 対 話 法 の 基 本 中 の 基 本!! トップセールス 養 成 塾 Coppyright c2009 All Rights Reserved トップセールス 養 成 塾 1 この 度 はトップセールス 養 成 塾 の 無 料 レポートを 御 覧 頂 きありが

More information

想 定 1 発 症 時 間 :18 時 30 分 ( 通 報 1 分 前 ) 住 所 : 市 町 目 番 号 対 象 物 : マンション 号 室 通 報 内 容 : 自 宅 で 夕 食 中 に 夫 が 食 べ 物 を 喉 に 詰 めて 苦 しそう 妻 からの 通 報 通 報 者 : ( 性 ) (

想 定 1 発 症 時 間 :18 時 30 分 ( 通 報 1 分 前 ) 住 所 : 市 町 目 番 号 対 象 物 : マンション 号 室 通 報 内 容 : 自 宅 で 夕 食 中 に 夫 が 食 べ 物 を 喉 に 詰 めて 苦 しそう 妻 からの 通 報 通 報 者 : ( 性 ) ( シミュレーション 訓 練 1 訓 練 の 目 的 電 話 という 相 手 の 行 動 や 動 作 が 把 握 できない 状 況 の 中 で 胸 骨 圧 迫 等 の 口 頭 指 導 を 行 なうことから バイスタンダーに 口 頭 指 導 の 内 容 が 正 確 に 伝 わらず 有 効 な 応 急 手 当 が 行 われていないことが 考 えられる こうしたことから 指 令 員 の 口 頭 指 導 がバイスタン

More information

囲 が 広 いので 要 点 を 押 さえる 勉 強 をしましょう 一 般 常 識 は 大 体 内 容 が 似 通 っています 国 際 平 和 維 持 活 動 や 国 連 関 係 各 国 の 首 相 や 大 統 領 の 名 前 何 かの 記 念 etc. 各 都 道 府 県 に 関 する 問 題 が

囲 が 広 いので 要 点 を 押 さえる 勉 強 をしましょう 一 般 常 識 は 大 体 内 容 が 似 通 っています 国 際 平 和 維 持 活 動 や 国 連 関 係 各 国 の 首 相 や 大 統 領 の 名 前 何 かの 記 念 etc. 各 都 道 府 県 に 関 する 問 題 が ~ 教 員 採 用 選 考 試 験 について~ 教 員 採 用 試 験 を 受 ける 際 にはどの 県 を 受 けても 以 下 の 点 は 重 視 されます 健 康 で 明 るく 人 間 性 が 豊 かで 高 い 倫 理 観 を 持 つ 教 師 教 育 に 対 する 情 熱 と 使 命 感 を 持 つ 教 師 幅 広 い 教 養 と 専 門 的 な 知 識 技 能 を 兼 ね 備 えた 教 師 上

More information

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し 整 理 解 雇 の 実 務 労 務 管 理 Ⅰ 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 1. 整 理 解 雇 の 効 果 2. 整 理 解 雇 の 問 題 点 Ⅱ 整 理 解 雇 の 実 施 手 順 1. 解 雇 基 準 の 決 定 2. 解 雇 実 施 の 発 表 3. 解 雇 者 の 人 選 4. 解 雇 の 予 告 5. 解 雇 辞 令 の 交 付 Ⅲ 労 働 組 合 との 関 係 1.

More information

アセスメントはケアプランを 作 成 するのに 必 要 な 情 報 を 収 集 し ニーズを 導 き 出 すため の 根 拠 を 得 る 作 業 です 注 3 上 記 のアセスメントの 定 義 を 参 考 に 私 たちは アセスメントとは 利 用 者 とその 環 境 に 関 する 情 報 の 収 集

アセスメントはケアプランを 作 成 するのに 必 要 な 情 報 を 収 集 し ニーズを 導 き 出 すため の 根 拠 を 得 る 作 業 です 注 3 上 記 のアセスメントの 定 義 を 参 考 に 私 たちは アセスメントとは 利 用 者 とその 環 境 に 関 する 情 報 の 収 集 アセスメント ~ニーズ 確 定 に 向 けて~ 猪 瀬 詩 歩 助 川 哉 太 山 﨑 拓 郎 横 山 喜 香 1.はじめに 私 たちは 社 会 福 祉 援 助 技 術 現 場 実 習 Ⅰ( 以 下 実 習 とする)での 体 験 をグループで 振 り 返 った ケースワークの 振 り 返 りを 行 い 私 たちはアセスメントが 不 十 分 であったと 考 えた そこで アセスメントについて 調 べたところ

More information

彼 らの 祖 国 に 平 和 が 戻 るまで 滞 在 させてもらう 避 難 所 を 求 めるのは 彼 らの 権 利 だ RT:あなたは 今 後 数 か 月 こういった 人 々の 流 れは 止 まらないだろうと 言 いました な ぜ 状 況 がこんなに 厳 しいのですか? この 問 題 の 根 源 は

彼 らの 祖 国 に 平 和 が 戻 るまで 滞 在 させてもらう 避 難 所 を 求 めるのは 彼 らの 権 利 だ RT:あなたは 今 後 数 か 月 こういった 人 々の 流 れは 止 まらないだろうと 言 いました な ぜ 状 況 がこんなに 厳 しいのですか? この 問 題 の 根 源 は 亡 命 者 が EU へやってくるのは 他 にどうすることもでき ないからだ 訳 者 注 このインタビュー 記 事 のポイントとなる 箇 所 を 太 字 で 示 しておいた RT がイ ンタビューした 国 連 弁 務 官 報 道 官 の のらくらした 応 答 には 意 味 がある この 問 題 の 根 源 は 何 ですか? という 問 いを 繰 り 返 しても 彼 女 は 答 えようとしない( 答

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203039303532362D3039303630395F8F5A91EE8E918BE081698E918BE08C7689E6816A82C682CD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203039303532362D3039303630395F8F5A91EE8E918BE081698E918BE08C7689E6816A82C682CD2E646F63> 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは 090526 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは その1 昨 日 (090524)は 増 築 の 契 約 に 立 ち 会 うことがありました OB のお 客 様 で 築 13 年 の2 階 建 てのお 住 まいです お 父 様 名 義 の 家 を 娘 様 がローンを 利 用 して2 階 に 一 部 屋 増 築 そのため 屋 根 の 全 面 葺 き

More information

WAIS-Ⅲの 結 果 1.IQ 群 指 数 IQ( 知 能 指 数 ) 群 指 数 言 語 性 動 作 性 全 検 査 言 語 理 解 知 覚 統 合 作 動 記 憶 処 理 速 度 VIQ PIQ FIQ VC PO WM PS IQ/ 標 準 得 点 78 82 78 80 91 85 66

WAIS-Ⅲの 結 果 1.IQ 群 指 数 IQ( 知 能 指 数 ) 群 指 数 言 語 性 動 作 性 全 検 査 言 語 理 解 知 覚 統 合 作 動 記 憶 処 理 速 度 VIQ PIQ FIQ VC PO WM PS IQ/ 標 準 得 点 78 82 78 80 91 85 66 ADHD を 疑 う 20 歳 代 前 半 性 の WAIS-Ⅲの 結 果 についての 相 談 相 談 内 容 20 歳 代 前 半 の 性 です ADHD を 疑 って 2 年 前 から 精 神 科 に 通 院 しています ADHD をハッキリさせたいので 数 ヶ 月 前 に WAIS-Ⅲを 受 けました 結 果 については 少 し 説 明 をしてもらったのですが いまひとつよく 理 解 できません

More information

長崎本線は残されるか~長崎本線期成存続会

長崎本線は残されるか~長崎本線期成存続会 長 崎 本 線 を 守 れ!~ 長 崎 本 線 存 続 期 成 会 中 3 6 H.W. はじめに 別 の 原 稿 でもあったように 九 州 新 幹 線 長 崎 ルートが 開 通 する 際 並 行 在 来 線 となる JR 長 崎 本 線 は 肥 前 鹿 島 ~ 諫 早 間 がJRから 分 離 されて 佐 賀 長 崎 両 県 などが 出 資 す る 新 会 社 によって 運 行 されるという 構 想

More information

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成 益 田 市 社 会 教 育 推 進 計 画 益 田 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 2 月 策 定 目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

Microsoft Word - 文書 1

Microsoft Word - 文書 1 若 は 出 世 願 望 がない? の 謎 を 解 く 東 洋 経 済 オンライン 城 幸 司 出 世 という 葉 を 最 近 に 出 したことはありますか? 出 世 して 親 を 喜 ばせたい いい 家 を 買 って 供 を 学 に かせる 分 だけでなく 家 族 も 望 んでいる 希 望 出 世 には 昔 も 今 も 変 わらず そういう 響 きがあります 本 における 出 世 の 歴 史 体 は

More information

このメッセージは ヨセフとキリストに 起 こったことは 私 たちにも 起 こることを 学 ぼうとする ものである Ⅰ. 第 1のステップ 正 直 な 性 格 (2 節 ) 1.ヨセフは 17 歳 (1)ビルハの 子 ら(ダン ナフタリ) (2)ジルパの 子 ら(ガド アシェル) (3)ヤコブは レア

このメッセージは ヨセフとキリストに 起 こったことは 私 たちにも 起 こることを 学 ぼうとする ものである Ⅰ. 第 1のステップ 正 直 な 性 格 (2 節 ) 1.ヨセフは 17 歳 (1)ビルハの 子 ら(ダン ナフタリ) (2)ジルパの 子 ら(ガド アシェル) (3)ヤコブは レア 創 世 記 50 創 世 記 37 章 2 節 ~36 節 夢 見 る 人 ヨセフ イントロ: 1. 創 世 記 37 章 ~50 章 は 第 11 番 目 のトルドット( 歴 史 経 緯 )である (1)38 章 はユダの 物 語 (2)それ 以 外 の 13 章 はすべてヨセフの 物 語 2. 文 脈 を 確 認 する (1)ヤコブは 12 人 の 息 子 たちとともに 約 束 の 地 に 住

More information

県租推協インフォメーション

県租推協インフォメーション 和 歌 山 租 推 協 だより 平 成 25 年 2 月 発 行 ~ 第 91 号 ~ 発 行 和 歌 山 市 租 税 教 育 推 進 協 議 会 ( 事 務 局 ) 和 歌 山 税 務 署 総 務 課 内 073(424)2131 ~ は じ め に ~ 関 係 各 位 におかれましては 平 素 から 当 協 議 会 の 運 営 とりわけ 児 童 生 徒 等 に 対 する 租 税 教 育 の 推

More information

4. 結 果 : 李 美 玲 ( 準 優 勝 ) 何 宗 諭 ( 特 別 賞 ) 5. 出 場 者 のスピーチ タイトル および 順 位 1 中 興 大 学 人 生 に 大 切 なこと 2 台 湾 大 学 時 間 のない 生 活 3 銘 伝 大 学 ( 何 宗 諭 ) 親 しき 仲 にも 特 別 賞

4. 結 果 : 李 美 玲 ( 準 優 勝 ) 何 宗 諭 ( 特 別 賞 ) 5. 出 場 者 のスピーチ タイトル および 順 位 1 中 興 大 学 人 生 に 大 切 なこと 2 台 湾 大 学 時 間 のない 生 活 3 銘 伝 大 学 ( 何 宗 諭 ) 親 しき 仲 にも 特 別 賞 2013/12/12 2013 年 第 30 回 日 本 航 空 盃 日 語 演 講 比 賽 報 告 書 結 果 報 告 荒 井 智 子 12 月 8 日 ( 日 )に 台 北 の 福 華 大 飯 店 において 日 本 航 空 スピーチコンテストの 本 選 が 行 われま し 本 学 から 参 加 した 李 美 玲 さんは 準 優 勝 (2 位 ) 何 宗 諭 さんは 特 別 賞 (4 位 )を 受

More information