ここに卒業論文のタイトルのを書いて下さいここに卒業論文のタイトルのを書いて下さい

Size: px
Start display at page:

Download "ここに卒業論文のタイトルのを書いて下さいここに卒業論文のタイトルのを書いて下さい"

Transcription

1 中 村 学 園 大 学 短 期 大 学 部 幼 花 論 文 集 Vol.4 (2012), Page 人 間 の 心 理 について 浅 田 彩 希 香 月 美 佐 都 木 下 憂 維 手 塚 美 咲 中 村 学 園 大 学 短 期 大 学 部 幼 児 保 育 学 科 概 要 私 たちが 生 活 している 現 代 社 会 では 核 家 族 の 問 題 や 少 子 高 齢 化 問 題 熟 年 離 婚 問 題 や 女 性 の 社 会 進 出 などの 生 活 形 態 の 変 化 インターネットによる 情 報 の 氾 濫 や 環 境 問 題 など 様 々な 社 会 問 題 を 抱 えている そこで 本 研 究 では 喜 怒 哀 楽 をテーマとして 人 間 の 感 情 や 身 体 への 影 響 を 調 べると 共 に 男 女 の 心 理 をテーマとして 男 女 の 考 え 方 や 感 じ 方 の 違 いを 比 較 すること により 人 間 の 心 理 について 明 らかにしていく 1 章 喜 怒 哀 楽 人 間 の 心 理 には 大 きく 分 けて 喜 怒 哀 楽 があり これらの 感 情 は 様 々な 場 面 において 人 に 影 響 を 及 ぼしている そこで この 章 では 感 情 が 人 に 及 ぼす 影 響 において 心 理 的 な 影 響 や 身 体 的 な 影 響 について 紹 介 すると 共 に 病 との 関 わりや 子 ども 絵 の 影 響 について 考 察 していくことにする 1.1 節 喜 ヒトの 赤 ちゃんはよく 泣 いて よく 眠 って よく 微 笑 むが こうしたヒトの 赤 ちゃんの 表 情 は 生 後 間 もない 新 生 児 期 によくみられるので 新 生 児 微 笑 と 言 われている それは 赤 ちゃんの 気 持 ちが 反 映 されているものではなく 単 に 筋 肉 がゆるんで 起 こる 反 射 的 な 反 応 のひとつだと 言 われており 生 理 的 微 笑 とも 呼 ばれている また ヒトにしかないと 考 えられていた 生 理 的 微 笑 がチンパンジーにもあるということが 近 年 明 らかとなった 実 際 に チンパンジーの 子 ども の 微 笑 みに 着 目 して 生 後 4ヶ 月 頃 まで 観 察 していくと 特 別 な 意 図 をもたない 生 理 的 微 笑 は 見 られなくなり 何 かの 刺 激 や 誰 かに 向 けた 社 会 的 微 笑 が 増 えてくる 等 新 生 児 期 以 降 の 微 笑 みの 発 達 もヒトとチンパンジーでよく 似 ているのである 勿 論 研 究 で 明 らかになったことは 共 通 点 や 類 似 点 だけではなく 子 どもの 微 笑 みに 対 する 母 親 の 反 応 に 決 定 的 な 違 いがあることが わかった 例 えば ヒトの 場 合 は 子 どもの 微 笑 みに 接 した 母 親 は 頬 がゆるみ まるで 伝 染 したか のように 微 笑 むが 対 してチンパンジーの 場 合 は 子 どもの 微 笑 みを 見 て 母 親 が 微 笑 むという 場 面 は 一 度 も 観 察 されなかったのである すなわち ヒトはチンパンジーに 比 べてとても 早 い 時 期 か ら 豊 富 で 多 様 な 微 笑 み を 介 したやりとりを 始 めているのである このような 研 究 からヒトに 特 有 な 親 子 のやり 取 りは 対 面 場 面 の 豊 かさや 声 かけによる 交 流 であ ることが 明 らかとなり よって ヒトは 常 に しがみつき 抱 きしめる かわりに 生 後 すぐから 微 笑 みや 声 かけによる 交 流 を 深 めていくことが 大 切 なのである 1.2 節 喜 ~ポジティブ 感 情 とネガティブ 感 情 ~ 人 の 感 情 の 中 に 元 気 で 活 動 的 な 生 き 生 きとした 状 態 であるポジティブ 感 情 と 元 気 がなく 消 極 的 で 自 分 や 周 りのことに 否 定 的 なネガティブ 感 情 というものがある ポジティブ 感 情 は 我 々の 幸 せや 幸 福 感 と 関 連 しており ポジティブな 誘 意 性 と 高 い 活 性 化 ( 覚 醒 感 )によって 特 徴 づけられた 情 緒 的 な 状 態 のことであり 高 い 覚 醒 感 をともなう 快 感 情 を 目 指 す 具 体 的 な 感 情 としては 幸 せ 喜 び 満 足 興 味 愛 などを 挙 げることができる 機 能 的 にみる

2 とポジティブ 感 情 は 特 別 な 行 動 とは 結 びつかず 注 意 を 広 め 全 体 的 な 認 知 や 処 理 を 高 めると 考 えられている ネガティブ 感 情 には 怒 り 悲 しみ 恐 れなどがある 怒 り は 攻 撃 行 動 に 伴 う 感 情 であると いうように ネガティブ 感 情 は 行 動 との 関 係 が 明 確 である また 機 能 的 にみるとネガティブ 感 情 は 注 意 を 狭 め 局 所 的 な 認 知 や 処 理 を 高 めると 考 えられている 伝 統 的 な 精 神 的 健 康 観 においては 自 己 や 現 実 世 界 に 対 する 正 確 な 認 知 が 精 神 的 健 康 を 維 持 するために 必 要 不 可 欠 な 要 素 であると 考 えられてきた この 考 え 方 は 今 日 も 主 に 人 格 心 理 学 臨 床 心 理 学 の 領 域 において 広 く 支 持 されている この 考 え 方 に 対 し 主 に 社 会 的 認 知 の 領 域 において 人 間 の 推 論 意 思 決 定 判 断 などのプロ セスは 事 前 の 期 待 や 自 己 奉 仕 的 な 解 釈 によって 歪 められることが 明 らかになってきた 普 通 の 人 ( 主 に 非 抑 うつ 者 )が 有 している 自 己 環 境 未 来 に 対 する 認 知 は 自 分 に 都 合 の 良 いようにポ ジティブな 方 向 に 傾 いたエラーやバイアスによって 特 徴 づけられると 指 摘 した このようなエラ ーやバイアス つまり 現 実 の 様 相 を 誤 って 解 釈 したものであったり 何 か 想 像 されたものであ ったりする 偽 りのメンタルイメージや 概 念 を 総 称 してポジティブ 幻 想 と 名 づけた これが 幻 想 と 名 づけられているのは 単 なるエラーやバイアスよりも 普 遍 的 持 続 的 体 系 的 なもので あるとされるからである 単 なる 楽 観 主 義 とは 異 なり 自 己 のことのみに 関 わっていること そ して 結 果 を 漠 然 と 期 待 するのみにとどまらず 自 分 の 能 力 によって 望 ましい 結 果 を 生 み 出 そうと いう 信 念 であるということが 指 摘 されている 1.3 怒 現 代 の 子 どもの 問 題 として 不 快 感 情 の 対 処 能 力 の 低 下 とそれらの 感 情 を 曖 昧 なものとして しか 体 験 できないことが 挙 げられている 但 し ここで 言 う 感 情 とは 内 的 または 外 的 な 刺 激 に よって 引 き 起 こされる 全 体 的 な 心 身 の 状 態 のこと である また 感 情 を 曖 昧 なものとしてし か 体 験 できないということは 心 身 の 状 態 も 曖 昧 なものになっている 可 能 性 があり 子 ども 達 は 怒 り を 自 分 の 感 情 として 体 験 できていないことが 懸 念 される すなわち 子 どもが 怒 りを 表 せないことは 人 格 形 成 や 精 神 的 健 康 に 重 篤 な 影 響 を 及 ぼし その 結 果 怒 るべき 場 面 でも 怒 りを 抑 制 することで 自 分 自 身 の 気 持 ちに 気 づけなくなることが 指 摘 されているのである このように 子 どもの 怒 り は 人 間 の 発 達 過 程 においても 重 要 なテーマであり 多 くの 研 究 が 行 われている 例 えば 子 どもの 怒 り 感 情 に 関 する 研 究 において 子 どもの 感 情 は 母 親 の 感 情 特 性 に 影 響 を 受 けると 言 われている 具 体 的 には 否 定 的 な 感 情 が 高 く 感 情 が 不 安 定 な 母 親 を 持 つ 子 どもは 相 手 の 否 定 的 な 感 情 を 気 にして 自 身 の 感 情 を 表 出 することに 葛 藤 を 抱 くが 攻 撃 され たり 自 分 が 侵 害 されるような 時 は 怒 りを 表 すことがある それに 対 して 全 体 的 に 肯 定 的 な 感 情 が 高 く 否 定 的 な 感 情 をあまり 感 じない 母 親 を 持 つ 子 どもは 内 向 的 で 受 動 的 であり 理 性 より 感 情 の 方 が 優 位 となるのである ここ 数 年 の 文 部 科 学 省 調 査 によると いじめは 減 少 傾 向 不 登 校 は 横 ばい 傾 向 にある しかし 暴 力 件 数 は 増 加 傾 向 にあり 特 に 中 学 生 が 最 も 多 い 状 況 となっている このような 背 景 の1つと して 中 学 生 の 感 情 や 行 動 のセルフコントロールの 低 下 が 指 摘 されている 中 学 生 は 発 達 的 観 点 から 見 ると 身 体 的 精 神 的 変 化 が 著 しく 友 人 関 係 両 親 や 学 校 への 反 抗 心 を 通 して 自 己 同 一 性 を 模 索 する 時 期 であり 不 安 定 で 自 分 をコントロールすることが 難 しい 時 期 である 例 えば ある 研 究 者 は 感 情 の 発 達 について 子 どもは 体 からあふれ 出 してくる 漠 然 としたエネルギーを 適 切 な 言 葉 で 表 現 することを 学 び 対 人 関 係 を 築 き また 成 長 発 達 に 段 階 に 応 じたコントロール 力 を 身 につけるが それを 知 的 にコントロールすることができなくなると 爆 発 させてしまうこと になる と 指 摘 している このように 怒 りの 感 情 をコントロールできなければ 非 社 会 的 行 動 へ と 繋 がり 長 期 の 支 援 が 必 要 となる 場 合 もあることから 怒 りの 感 情 をコントロールする 為 にリラ 20

3 クセーション 法 ( 深 呼 吸 )が 必 要 だと 考 えられている 1.3 節 哀 私 たちが 普 段 流 す 涙 には 三 種 類 のものがある それは 常 に 眼 球 に 流 れている 基 礎 分 泌 として の 涙 異 物 が 刺 激 して 流 れる 反 射 性 分 泌 としての 涙 そして 喜 怒 哀 楽 によって 流 れる 情 動 性 分 泌 としての 涙 である 涙 の 中 で 唯 一 脳 からの 刺 激 で 出 るのが 情 動 性 分 泌 の 涙 である 具 体 的 には 人 は 前 頭 前 野 で 悲 しみを 感 じるとその 信 号 を 上 唾 液 核 に 送 り 自 分 の 意 志 とは 無 関 係 に 涙 腺 を 刺 激 して 流 す 涙 のこ とである また 情 動 性 分 泌 の 涙 には 自 律 神 経 を 調 節 する 作 用 がある 為 泣 くことはストレスを 発 散 させることに 効 果 的 である 涙 以 外 にも 体 に 影 響 するものがある 伝 統 的 中 国 医 学 では 七 つの 感 情 が 身 体 の 状 態 に 良 くない 影 響 を 与 えると 考 えられており これを 七 つの 悪 魔 と 呼 んでいる 七 つの 感 情 とは 喜 び 怒 り 哀 しみ 悲 嘆 憂 い 恐 れ 驚 きである その 中 で 哀 しみが 過 ぎると 肺 を 傷 つけ 憂 いが すぎると 脾 を 傷 つけると 考 えられている すなわち 溜 息 ばかりして 気 分 が 落 ち 込 み 元 気 がな くなると 免 疫 力 が 低 下 して 風 邪 や 感 染 症 にかかりやすくなり 思 い 悩 むと 食 欲 が 無 くなり 身 体 の 働 きが 低 下 して 痩 せていくか 下 半 身 中 心 にむくんでしまうと 考 えられているのである これらの 教 訓 には 私 たちは 生 きている 限 り 何 らかの 感 情 を 発 生 させており そのエネルギー レベルがストレスを 感 じない 程 度 のものや 変 動 の 様 相 が 通 常 の 範 囲 内 であれば 健 康 には 問 題 ない が その 範 囲 を 超 えてアンバランスな 状 態 になったり 常 に 同 じエネルギーの 波 を 発 生 させてい るとそのエネルギーに 影 響 を 受 けやすい 臓 器 に 問 題 が 生 じてくる 自 分 でも 気 付 かないうちにそ の 臓 器 によくないエネルギーをため 込 むこととなるというものである 一 方 日 本 では 高 齢 化 社 会 の 問 題 や 核 家 族 化 の 問 題 が 深 刻 化 しており 最 近 深 刻 化 している 問 題 としてうつ 病 が 挙 げられている うつ 病 の 原 因 としては 遺 伝 だけでなく 悲 しみや 孤 独 感 が 原 因 の 一 つとして 考 えられており 以 前 であればうつ 病 になりやすい 性 格 というとまじめで 几 帳 面 何 事 にもこつこつとやつタイプが 挙 げられていたが 最 近 では 明 るく 活 発 な 人 でもリストラや 対 人 関 係 での 悩 みが 高 じたりするとうつ 病 になってしまうことがある すなわち 全 ての 人 がうつ 病 になる 可 能 性 があるといっても 過 言 ではなく ストレスに 心 が 耐 えられなくなる 時 立 ち 止 まっ て 開 き 直 ることも 大 切 なことである 1.4 節 楽 生 活 習 慣 と 病 気 には 様 々な 関 係 があり 現 在 日 本 人 の 生 活 習 慣 病 予 防 についての 研 究 が 進 めら れている その 中 で 喫 煙 や 運 動 のような 生 活 習 慣 に 加 えて ストレスや 怒 りの 感 情 イライラし やすい 性 格 等 の 心 理 的 な 要 因 が 健 康 に 悪 い 影 響 を 及 ぼすことが 分 かってきた しかし 逆 に 嬉 し い 楽 しい 面 白 い 等 の 気 持 ちや 楽 天 的 な 性 格 傾 向 等 ポジティブな 心 理 要 因 が 疾 病 の 発 症 や 死 亡 に 与 える 影 響 についてはあまり 研 究 されていない 現 状 である そこで 生 活 を 楽 しいと 感 じる ポジティブな 意 識 が 循 環 器 疾 患 の 発 症 や 死 亡 にどのような 影 響 を 与 えるのかを ご 自 身 の 生 活 を 楽 しんでいると 思 われますか? というアンケート 調 査 結 果 を 用 いて 生 活 を 楽 しんでいる 意 識 と 循 環 器 疾 患 との 関 係 について 考 察 していくことにする はじめに 生 活 を 楽 しんでいる 意 識 と 循 環 器 疾 患 の 発 症 について 調 べたところ 男 性 では 生 活 を 楽 しんでいる 意 識 が 高 いグループに 比 べ 中 程 度 のグループの 循 環 器 疾 患 発 症 のリスクは 1.20 倍 低 いグループでは 1.23 倍 高 いという 結 果 であった 次 に 生 活 を 楽 しんでいる 意 識 と 循 環 器 疾 患 による 死 亡 について 調 べたところ 男 性 では 生 活 を 楽 しんでいる 意 識 が 高 いグループに 比 べ 中 程 度 のグループの 循 環 器 疾 患 死 亡 リスクは 1.15 倍 低 いグループでは 1.16 倍 高 いという 結 果 21

4 であった また 循 環 器 疾 患 の 発 症 も 死 亡 も 共 に 女 性 では 特 に 関 連 は 見 られなかった これら の 結 果 から 生 活 を 楽 しんでいる 意 識 を 持 つことが 男 性 において 循 環 器 疾 患 の 発 症 死 亡 のリス クの 低 下 に 影 響 を 及 ぼすことが 考 えられる しかし 同 様 の 傾 向 は 女 性 では 認 められず ストレ ス 源 に 対 する 対 処 の 方 法 や 自 覚 されたストレスが 心 身 に 与 える 影 響 が 男 女 で 異 なることも 報 告 さ れる 等 男 女 差 に 関 するメカニズムは 今 後 さらに 研 究 の 必 要 性 があると 考 えられている 次 に アルコールがもたらす 楽 しさについて 考 えていく お 酒 を 飲 むとふんわりと 気 持 ちが 軽 くなり それまでの 疲 れやストレスに 凝 り 固 まった 心 も 解 れる 経 験 が 誰 にもあるだろう このよ うな 楽 しさを 導 き 出 すのは アルコールによって 脳 が 麻 痺 するからとこれまでは 捉 えられていた しかし 現 在 はもう 少 し 違 ったアルコールの 作 用 が 解 かっている 具 体 的 には アルコールを 飲 んで 楽 しい 気 分 になる 理 由 は 脳 内 で 楽 しさや 心 地 よさといった 感 情 を 生 み 出 す ドーパミン と いう 神 経 伝 達 物 資 の 分 泌 が 促 される 為 である ドーパミンは 楽 しい と 感 じる 時 に 分 泌 される 脳 内 物 質 であるが アルコールによっても 分 泌 が 促 されるのである また ドーパミンが 分 泌 さ れると 楽 しい という 感 情 を 抑 制 して 興 奮 しすぎるのを 防 ぎ 気 持 ちを 平 静 に 保 つための 脳 内 物 質 である GABA 等 も 分 泌 させる 為 アルコールは 気 持 ちを 平 静 に 保 つ 脳 内 物 質 の 分 泌 を 抑 えたり その 働 きを 鈍 らせたりすることで 気 分 は 益 々 盛 り 上 がるのである 更 に アルコールは 気 持 ちを 高 揚 させるドーパミンの 分 泌 を 促 す 一 方 でセロトニンの 分 泌 を 促 す 作 用 もある セロトニンは 過 剰 な 動 きや 不 安 恐 怖 といった 感 情 を 抑 え 気 持 ちを 鎮 静 化 させる 為 に 働 く 脳 内 物 質 であり ス トレスを 抑 え うつ 病 の 治 療 にも 利 用 されている しかしながら アルコールがドーパミンの 放 出 に 影 響 を 与 えるのは 最 初 の 20 分 だけとも 言 われており 飲 酒 は 脳 のことを 考 えて 適 量 を 守 るこ とが 大 切 なのである 2 章 極 限 の 心 理 人 質 事 件 の 被 害 者 が 加 害 者 に 好 意 や 恋 愛 感 情 を 抱 いてしまうストックホルム 症 候 群 や 災 害 時 等 の 緊 急 事 態 に 無 思 考 状 態 混 乱 して 優 先 すべき 行 動 が 分 からなくなる Emergency spell ( 非 常 呪 縛 ) 等 人 は 極 限 状 態 に 陥 る と 思 い も よ ら な い 思 考 や 言 動 を と る ことがある そ こ で こ の 章 ではそのような 極 限 状 態 になった 場 合 身 体 や 精 神 に 及 ぼす 影 響 につ いて 考 えてると 同 時 に 法 律 的 解 釈 については 考 察 していく 2.1 節 正 当 防 衛 について 初 めに 日 本 とドイツの 正 当 防 衛 の 法 律 的 立 場 を 紹 介 する 1. 日 本 における 正 当 防 衛 刑 法 第 36 条 ( 正 当 防 衛 ) 1 急 迫 不 正 の 侵 害 に 対 して 自 己 又 は 他 人 の 権 利 を 防 衛 する 為 やむを 得 ずにした 行 為 は 罰 しない 2 防 衛 の 限 度 を 超 えた 行 為 は 情 状 により その 刑 を 軽 減 し 又 は 免 除 することができる < 過 剰 防 衛 の 法 的 性 格 > 過 剰 防 衛 の 場 合 は 違 法 性 は 阻 却 されずに 任 意 的 な 刑 の 軽 減 又 は 免 除 にとどまる こ の 根 拠 については 学 説 の 争 いがある Ⅰ 責 任 減 少 説 22

5 防 衛 行 為 の 様 な 緊 急 事 態 のもとでの 行 為 は 精 神 の 動 揺 のため 過 剰 になったとしても 強 く 非 難 できない 場 合 があることを 根 拠 に 責 任 が 減 少 するとする Ⅱ 違 法 責 任 減 少 説 過 剰 防 衛 の 場 合 でも 正 当 防 衛 の 場 合 と 同 じく 急 迫 不 正 の 侵 害 が 存 在 するので 違 法 性 が 少 な く また 責 任 が 軽 い 場 合 もありえるということを 根 拠 に 違 法 性 及 び 責 任 が 減 少 するとする 2.ドイツにおける 正 当 防 衛 ドイツ 刑 法 典 第 32 条 ( 正 当 防 衛 ) 1 正 当 防 衛 によって 必 要 とされる 行 為 を 行 った 者 は 違 法 に 行 為 をしたものとはならない 2 正 当 防 衛 とは 自 己 又 は 他 人 を 現 在 の 違 法 な 攻 撃 から 回 避 させる 為 に 必 要 な 行 為 である 第 33 条 ( 過 剰 防 衛 ) 行 為 者 が 錯 乱 恐 怖 又 は 驚 愕 から 正 当 防 衛 の 限 度 を 超 えたときは 行 為 者 は 罰 せられない 以 上 からすると 日 本 とドイツとでは 条 文 の 内 容 に 違 いがあり 同 平 面 の 議 論 ができない が 正 当 防 衛 の 認 識 の 内 容 について 日 本 とドイツとでは 大 きな 相 違 がみられる 2.2 節 白 髪 について フランスの 王 妃 マリーアントワネットは 処 刑 を 前 に 一 晩 で 毛 髪 が 真 っ 白 になったと 伝 わるよ うに 過 度 のストレスから 一 晩 で 毛 髪 が 変 化 した という 話 を 耳 にすることがある このように 心 理 的 なダメージは 髪 の 毛 に 表 れることが 多 いと 言 われている しかし 髪 の 毛 の 色 のもとはメ ラニン 色 素 であり 頭 皮 にあるメラノサイト( 色 素 細 胞 )で 生 産 され 毛 髪 をつくる 毛 母 細 胞 へ と 受 け 渡 される 白 髪 のメカニズムは 老 化 など 様 々な 要 因 でメラノサイトがダメージを 受 け 細 胞 が 死 んでし まうか メラニン 色 素 をつくる 能 力 が 弱 くなった 場 合 に 毛 母 細 胞 にメラニン 色 素 が 供 給 されなく なるため 白 髪 になるというものである また 毛 髪 はもともと 死 んだ 細 胞 であり そこに 含 まれ るメラニン 色 素 が 分 解 されたり 移 動 したりすることはない したがって 現 代 科 学 では 人 工 的 に 漂 白 しない 限 り 黒 髪 が 一 気 に 白 髪 になることは 考 えなれないのである しかしながら インタ ーネットの 掲 示 板 やブログ 等 には 以 下 のような 実 例 が 載 せられていた 1. 住 んでいた 所 から 遠 く 離 れた 土 地 で 長 期 間 の 出 張 をしていた 女 性 は 帰 宅 前 日 の 朝 に 生 え 際 が 真 っ 白 に 変 化 していることを 発 見 した 全 ての 髪 の 毛 が 白 く 変 化 したわけではないが 前 日 までは 黒 かった 大 量 の 髪 の 毛 が 白 く 変 化 していた さらにこの 女 性 は 赤 く 変 化 した 髪 の 毛 も 発 見 した 帰 宅 し 数 日 たつとほとんど 黒 い 髪 の 毛 に 戻 っており 二 週 間 が 経 過 す ると 完 全 に 元 のままに 戻 っていた 女 性 が 美 容 院 でそのことを 話 したところ 個 人 差 はあ りますが 割 とよくある 話 ですよ と 言 われた 2. 夫 が 病 気 で 倒 れた 女 性 は 心 配 のあまり 一 晩 で 半 分 以 上 の 髪 の 毛 が 白 髪 に 変 化 した 夫 が 回 復 した 後 も 女 性 の 白 髪 は 元 に 戻 らなかった 更 に 白 髪 がすこし 見 えているくらいだっ た 50 代 男 性 は 母 親 の 危 篤 で 一 晩 にしてほとんどの 髪 の 毛 が 白 く 変 化 した この 男 性 も 白 髪 は 元 に 戻 らなかった その 他 にも 出 産 を 期 に 短 期 間 で 白 髪 が 増 えるという 例 もあった このような 実 体 験 が 真 実 であれ ば 科 学 や 医 学 では 説 明 できないだけで 絶 対 にありえないこと ではないのかもしれない 23

6 2.3 節 PTSD について PTSD の 研 究 の 中 の 一 つに 砲 弾 神 経 症 (シェルショックともいう) 戦 闘 ストレス 反 応 がある この 研 究 は 第 一 次 世 界 大 戦 における 塹 壕 戦 の 経 験 を 踏 まえ 戦 後 米 国 と 英 国 から 始 まり ベトナ ム 戦 争 後 に 頂 点 を 極 めた 戦 闘 ストレス 反 応 は 戦 争 において 精 神 的 に 崩 壊 する 兵 士 が 驚 くべき 多 数 に 上 ったことから 認 知 されはじめた 具 体 的 には 友 人 たちの 手 足 が 一 瞬 にして 吹 き 千 切 れるのを 見 て 閉 じ 込 められ 孤 立 無 援 状 態 に 置 かれたり 一 瞬 にして 吹 き 飛 ばされ 殺 されるという 恐 怖 から 気 を 緩 める 暇 もないという 状 況 が 驚 くべき 現 象 を 生 み 出 したのである 兵 士 たちはヒステリー 患 者 と 同 じ 行 動 をし 始 め 金 切 り 声 ですすり 泣 き 金 縛 りで 動 けなくなり その 後 感 情 が 麻 痺 して 無 言 無 反 応 となり 健 忘 が 激 しくなった これらの 兵 士 に 対 して 軍 は 臆 病 者 であると 結 論 して 処 罰 と 脅 迫 による 電 気 シ ョック 治 療 を 提 唱 した 一 方 進 歩 的 なものはこれを 士 気 の 高 い 兵 士 にも 起 こりうる 精 神 障 害 で あると 人 道 的 治 療 を 進 め その 後 の 調 査 の 過 程 でこれらの 一 部 の 状 態 に 対 して ASD( 急 性 ストレ ス 障 害 )や PTSD という 名 称 がつけられたのである PTSD に 関 する 多 くの 研 究 や 発 展 は 戦 闘 帰 還 兵 を 対 象 にしたものであり 最 も 頻 度 の 多 い 市 民 生 活 の 中 での 性 的 暴 力 や 家 庭 内 暴 力 には 認 識 がなかった 近 年 では 家 族 という 密 室 を 隠 れ 蓑 に して 幼 少 時 から 長 期 に 渡 り 親 をはじめとした 大 人 たちから 受 けるさまざまな 形 の 児 童 虐 待 が 遥 か 後 年 に 成 人 してから 多 様 な 症 状 を 生 じさせることが 発 見 され PTSD の 一 種 として 検 討 されるよ うになり ジュディス ハーマンは 複 雑 性 トラウマ(complex trauma) ヴァン デル コル クは 複 合 型 トラウマ (combined-type trauma)という 概 念 を 提 示 している 3 章 男 女 の 心 理 について どこからが 浮 気 だと 思 いますか? と 問 われた 時 浮 気 と 感 じるのは 人 それぞれであるが その 中 でも 男 性 と 女 性 での 考 え 方 や 心 理 が 異 なることは 当 然 のことである そこで この 章 では 浮 気 や 結 婚 後 の 男 女 の 心 理 の 違 いについて 考 察 すると 共 に 独 自 のアンケート 調 査 結 果 を 紹 介 す ることにする 3.1 節 浮 気 の 心 理 男 女 の 浮 気 の 心 理 には 当 然 ながら 違 いがあり 特 に 男 性 が 浮 気 に 走 る 要 因 として 女 性 の 体 目 的 であると 予 想 されている すなわち 性 的 魅 力 を 感 じると 彼 女 や 妻 がいてもあまり 深 く 考 えずに 体 の 関 係 だけを 目 的 に 浮 気 の 衝 動 に 駆 られるのである よって 体 の 関 係 が 終 われば 全 く 罪 悪 感 を 感 じることなく 別 れることもできるのである しかしながら 女 性 の 浮 気 は 男 性 とは 異 なり 本 気 であり 男 性 のように 体 目 的 で 浮 気 はしないのである すなわち 本 気 で 相 手 の 男 性 の 性 格 や 魅 力 に 惹 かれ 浮 気 をすることから 女 が 浮 気 すると 心 が 戻 り 辛 いとう 特 徴 があるのである こ のように 女 性 の 心 理 としては 相 手 の 男 性 に 不 満 を 持 つと 他 の 男 性 に 目 が 移 り 他 の 男 性 としか くして 男 性 に 魅 力 を 感 じれば 浮 気 に 走 るのである 女 性 に 浮 気 させない 為 に 注 意 することは 例 えば 彼 女 に 寂 しい 思 いにさせないことや 積 極 的 に 彼 女 と 会 う 時 間 を 作 る 等 様 々である 確 かに 浮 気 相 手 の 経 済 力 に 惹 かれて 浮 気 する 女 性 がい ることも 事 実 であるが 寂 しさのあまり 近 くにいる 優 しい 男 性 と 浮 気 する 場 合 が 殆 どである 3.2 節 アンケート 調 査 結 果 福 岡 市 内 の 大 学 において 18 歳 から 22 歳 の 男 女 各 100 人 にアンケートを 実 施 した 結 果 を 以 下 24

7 に 示 す 但 し アンケート 内 容 は Q1 浮 気 願 望 はありますか?Q2 浮 気 の 経 験 はありますか?Q3 異 性 と 出 会 ってまず 最 初 にどこを 見 ますか?の 3 つであった 女 性 男 性 ある 30% ない 70% ある 34% ない 66% Q1 浮 気 願 望 はありますか? 女 性 ある 17% 男 性 ある 22% ない 83% ない 78% Q2 浮 気 の 経 験 はありますか? 腕 手 10% 髪 型 20% その 他 5% 女 性 顔 65% 髪 型 8% 足 13% 男 性 顔 75% その 他 4% Q3 異 性 と 出 会 ってまず 最 初 にどこを 見 ますか? Q1: 浮 気 願 望 はありますか?については 男 性 の 方 が 浮 気 願 望 がある というのはあくまで イメージであり 実 際 は 男 女 の 差 はあまり 無 かった Q2: 浮 気 の 経 験 はあります?については 男 性 の 方 が 女 性 に 比 べて 多 少 ではあるが 経 験 した 25

8 ことがある 人 が 多 かった Q3: 異 性 と 出 会 ってまず 最 初 にどこを 見 ますか?については 男 性 も 女 性 も 過 半 数 の 人 たちが 顔 と 答 え その 次 に 女 性 は 髪 型 腕 手 と 上 から 下 に 向 かってみていることが 分 かるが 男 性 は 顔 から 一 番 離 れている 足 を 次 に 見 るということから いかに 足 に 興 味 を 持 ち 意 識 して 見 てい ることが 分 かる Q4: 地 図 を 見 ることが 得 意 ですか?については 男 性 は はい と 答 えた 人 と いいえ と 答 え た 人 の 割 合 は 半 々であったが 女 性 は はい と 答 えた 人 は 3 割 いいえ と 答 えた 人 は 7 割 で あり 男 性 は 女 性 より 地 図 を 見 ることが 得 意 と 言 える 3.3 節 結 婚 後 の 男 女 の 心 理 の 違 いと 世 界 の 離 婚 率 男 女 の 心 理 の 違 いは 様 々であるが 結 婚 後 の 夫 婦 の 間 でも 考 え 方 や 感 じていることは 大 きく 違 っている 次 の 図 は Google の 検 索 結 果 であり 妻 と 夫 とキーワードを 入 力 したあとに 予 測 される 選 択 肢 である この 検 索 結 果 は 夫 の 妻 への 気 持 ちと 妻 の 夫 への 気 持 ちが 表 れている 図 の 中 で 一 番 検 索 数 が 多 いのは 妻 では 妻 プレゼント であり 誕 生 日 やプレゼントというワードが 多 く 見 られ 夫 の 妻 への 愛 情 や 妻 を 喜 ばそうとする 姿 が 想 像 できる しかし 夫 では 夫 嫌 い という 検 索 が 他 のワードに 比 べてとても 多 く 死 んで 欲 しいというワードまであり 妻 の 選 択 肢 とは 非 常 に 対 照 的 なものであった また 死 んで 欲 しい と 検 索 すると 順 に 親 父 親 夫 旦 那 姑 と なっている 次 に 世 界 の 離 職 率 について 考 えていく 以 下 は 世 界 46 カ 国 の 離 婚 率 を 表 したものである 26

9 上 記 の 表 を 見 てみると 米 国 とロシア ウクライナ ベラルーシといった 旧 ソ 連 諸 国 が 世 界 の 中 でも 高 い 離 婚 率 となっている また キューバ チェコといった( 旧 ) 社 会 主 義 国 もこれら 諸 国 に 次 いで 離 婚 率 が 高 くなっている 一 方 日 本 は 第 26 位 とかつてより 離 婚 率 が 上 昇 しているも のの 世 界 の 中 ではそう 高 い 水 準 ではないことが 分 かるが 隣 国 の 韓 国 は 離 婚 率 が 上 昇 しており この 表 では 世 界 第 9 位 とアジアの 中 で 最 高 の 離 婚 率 であり 中 国 は 1.6 と 低 いが 1998 年 と 比 較 す ると 上 昇 傾 向 にある 世 界 の 中 でも 離 婚 率 が 低 いのはラテンアメリカ 諸 国 やイタリア 等 のカトリック 諸 国 であるが スペインは 2.8 と 世 界 第 7 位 であり 2000 年 から 急 上 昇 しており 社 会 変 化 が 著 しい 状 況 である まとめ これまで 述 べてきたように 私 達 は 日 常 生 活 の 中 で 何 気 なく 喜 怒 哀 楽 の 感 情 を 表 しているが それは 心 理 的 な 影 響 や 身 体 的 な 影 響 を 受 けている 更 に 極 限 状 態 に 陥 ると 人 は 思 いも 寄 らない 思 考 や 言 動 をとることがあり 身 体 や 精 神 に 及 ぼす 影 響 があることが 分 かった また 男 女 の 心 理 については 福 岡 市 内 の 大 学 生 男 女 各 100 人 にアンケートを 実 施 することにより 浮 気 願 望 や 浮 気 の 経 験 の 有 無 は 男 女 の 差 はあまりないという 結 果 が 得 られた 27

10 しかしながら 様 々な 角 度 から 人 間 の 心 理 について 調 べたが 未 だ 医 学 では 解 明 されていない 部 分 や 研 究 され 続 けている 問 題 も 多 く 敢 えて 結 論 とするならば 人 間 にとって 心 理 とは 切 って も 切 り 離 せないものであり 生 きていく 上 で 必 要 不 可 欠 なものであろう 28

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

<288F4390B E28AAE90AC95AA8E7793B18E6D2E2E2E786C73>

<288F4390B E28AAE90AC95AA8E7793B18E6D2E2E2E786C73> 心 身 補 完 成 分 指 導 士 カリキュラム 日 付 教 育 科 目 講 義 内 容 目 的 1 第 1 回 生 活 習 慣 病 予 防 と 心 身 の 健 康 増 進 指 導 1 心 と 脳 を 支 える 体 の 仕 組 み 心 身 構 成 栄 養 成 分 の 補 完 医 療 法 アサーティブコミュニケーション 2 第 2 回 生 活 習 慣 病 予 防 と 心 身 の 健 康 増 進 指 導

More information

2 妊 婦 健 康 診 査 妊 婦 健 康 診 査 は 妊 婦 の 健 康 管 理 に 努 めることにより 妊 産 婦 及 び 乳 児 死 亡 の 低 下 や 流 早 産 の 防 止 心 身 障 害 児 の 発 生 を 予 防 するこ とを 目 的 に 実 施 されています 近 年 高 齢 やストレ

2 妊 婦 健 康 診 査 妊 婦 健 康 診 査 は 妊 婦 の 健 康 管 理 に 努 めることにより 妊 産 婦 及 び 乳 児 死 亡 の 低 下 や 流 早 産 の 防 止 心 身 障 害 児 の 発 生 を 予 防 するこ とを 目 的 に 実 施 されています 近 年 高 齢 やストレ 第 4 部 施 策 の 展 開 1 妊 産 婦 乳 幼 児 への 保 健 対 策 の 充 実 < 現 状 と 課 題 > 地 域 で 母 子 が 安 心 して 生 活 するためには 妊 娠 出 産 産 後 における 地 域 での 切 れ 目 の ない 支 援 が 必 要 となります そのためには 医 療 機 関 行 政 NPO 関 係 団 体 等 が 密 接 に 関 わりながら 産 前 から の 相

More information

第2章 健康づくりの現状と課題

第2章 健康づくりの現状と課題 第 2 章 吹 田 市 の 現 状 と 課 題 1 吹 田 市 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 について 吹 田 市 の 人 口 は 平 成 16 年 (2004 年 )9 月 30 日 現 在 351, 283 人 です うち 65 歳 以 上 は55,017 人 15 歳 ~64 歳 は244,336 人 15 歳 未 満 は51,930 人 です 高 齢 化 率 は 15.7% 少 子

More information

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前 破 裂 脳 動 脈 瘤 に 対 する 開 頭 クリッピング 術 とは くも 膜 下 出 血 について 頭 蓋 骨 の 内 側 には 硬 膜 くも 膜 軟 膜 と 呼 ばれる 脳 組 織 を 包 んで いる 組 織 があります くも 膜 と 軟 膜 のすき 間 は くも 膜 下 腔 と 呼 ば れています くも 膜 下 腔 に 出 血 を 起 こした 状 態 がくも 膜 下 出 血 で す くも 膜

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2083438347838D815B837B815B8368338C8E8D86205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2083438347838D815B837B815B8368338C8E8D86205B8CDD8AB78382815B83685D> 花 粉 症 と 微 小 粒 子 状 物 質 (PM2.5) 参 考 文 献 : 環 境 省 ホームページ http://www.env.go.jp/air/osen/pm/info.html 微 小 粒 子 状 物 質 (PM2.5)とは1 大 気 中 に 漂 う 粒 径 2.5μm (1μm=0.001mm) 以 下 の 小 さな 粒 子 の ことで 従 来 から 環 境 基 準 を 定 めて 対

More information

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc)

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc) 一 時 特 定 保 育 の 役 割 とその 課 題 児 童 学 研 究 科 児 童 学 専 攻 06-0632 0632 石 川 三 千 代 1. 研 究 の 動 機 と 目 的 少 子 化 は 1990( 平 成 2) 年 の 1.57 ショックから 大 きな 社 会 問 題 として 取 り 上 げられる ようになった 国 はエンゼルプラン 1994( 平 成 6) 年 新 エンゼルプラン 1999(

More information

Microsoft Word - 212J4054.docx

Microsoft Word - 212J4054.docx 修 士 論 文 ( 要 旨 ) 2014 年 1 月 糖 分 摂 取 が 気 分 に 及 ぼす 影 響 指 導 山 口 創 先 生 心 理 学 研 究 科 健 康 心 理 学 専 攻 212J4054 原 野 有 紗 目 次 1. 序 論... 1 2. 方 法... 1 対 象 者... 1 調 査 内 容... 1 実 験 の 手 続 き... 2 分 析 方 法... 2 3. 結 果 と 考

More information

睡眠と健康

睡眠と健康 健 康 文 化 心 身 の 健 康 と 睡 眠 野 田 明 子 はじめに 睡 眠 は 人 の 一 生 の 約 1/3 の 時 間 を 占 め 神 経 系 免 疫 系 循 環 系 内 分 泌 系 の 機 能 とも 深 く 関 係 し 脳 および 身 体 機 能 を 維 持 するために 必 要 不 可 欠 であり 健 康 な 生 活 の 維 持 に 重 要 な 役 割 を 果 たしています 現 代 社

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

<4D F736F F D2089DB92B792CA926D81698EA98EA191CC8E7B8D73816A E646F63>

<4D F736F F D2089DB92B792CA926D81698EA98EA191CC8E7B8D73816A E646F63> 健 感 発 第 1116003 号 平 成 18 年 11 月 16 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 狂 犬 病 の 流 行 地 域 より 帰 国 し 当 該 疾 病 への 感 染 が 疑 われる 患 者 の 診 療 等 に 関 する 周 知 の 徹 底 について 今 般 別 添 のとおり

More information

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き 第 6 章 1. 各 種 診 断 はどのように 行 うか 児 童 相 談 所 における 子 ども 虐 待 対 応 は 専 門 的 な 科 学 的 知 見 に 基 づき 問 題 の 本 質 背 景 を 分 析 す ることにより 合 理 的 客 観 的 見 地 から 個 々の 事 例 につ の 過 程 が 診 断 であり 診 断 には 児 童 福 祉 司 による 社 会 診 断 児 童 心 理 司 による

More information

2009年8月1日

2009年8月1日 子 育 て 環 境 と 子 育 て 世 代 の 父 親 に 関 する 政 党 アンケート 公 明 党 からの ( 課 題 1) 保 育 園 の 待 機 児 童 や 学 童 保 育 問 題 保 育 所 に 入 れない 待 機 児 童 が 4 万 人 (08 年 10 月 現 在 )にものぼり ベビーホテルなどに 預 けられ ている 子 どもなどの 潜 在 的 待 機 児 童 も 含 めると 100 万

More information

精神症状を持つ認知症高齢者のための初期対応プログラム(案)

精神症状を持つ認知症高齢者のための初期対応プログラム(案) 1. 暴 言 暴 力 暴 言 暴 力 は 老 人 福 祉 施 設 などで 働 くケアワーカーにとって 最 も 対 忚 に 苦 慮 する 問 題 の 一 つです 老 人 福 祉 施 設 に 入 所 する 認 知 症 高 齢 者 のう ち 約 1 割 が 暴 力 を 振 るったり 暴 言 を 吐 いたりするという 報 告 もあり 暴 言 暴 力 の 頻 度 は 小 さくありません ケアワーカーと 他 の

More information

天災、彼の地にて斯く戦えり ID:92064

天災、彼の地にて斯く戦えり ID:92064 天 災 彼 地 斯 戦 巻 雲 注 意 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 品 自 動 的 P D F 化 小 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 物 語 英 霊 程 度 篠 之 G A T E 世 界 元 般 話 ア チ ヘ 念 主 公 崩 壊 口 調 コ ロ コ ロ 変 次 第 0 話 プ ロ ロ

More information

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2>

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2> 赤 ちゃんポスト と 匿 名 出 産 についての 法 的 検 討 平 成 18 年 12 月 弁 護 士 由 井 照 二 熊 本 市 の 病 院 で 提 案 された 赤 ちゃんポスト 設 置 問 題 と これに 関 連 する 匿 名 出 産 についての 法 律 問 題 の 検 討 内 容 を 以 下 のとおり 検 討 いたします 1はじめに 1この 検 討 書 は いわゆる 赤 ちゃんポスト との

More information

7 情緒障害

7 情緒障害 Ⅶ 情 緒 障 害 情 緒 障 害 と は, 状 況 に 合 わ な い 感 情 気 分 が 持 続 し, 不 適 切 な 行 動 が 引 き 起 こ さ れ, そ れ ら を 自 分 の 意 思 で は コ ン ト ロ ー ル で き な い こ と が 継 続 し, 学 校 生 活 や 社 会 生 活 に 適 応 で き な くな る 状 態 を い う 1 情 緒 障 害 の ある 子 供 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E682518E9F966894C682DC82BF82C382AD82E8908490698C7689E68169916688C4816A8E9197BF95D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E682518E9F966894C682DC82BF82C382AD82E8908490698C7689E68169916688C4816A8E9197BF95D22E646F63> 第 2 次 久 留 米 市 防 犯 まちづくり 推 進 計 画 ( 素 案 ) 資 料 編 犯 罪 の 現 状 と 市 民 の 防 犯 意 識 久 留 米 市 目 次 犯 罪 の 現 状 と 市 民 の 防 犯 意 識 1 犯 罪 の 現 状 P1 2 暴 力 団 の 情 勢 P10 3 少 年 非 行 の 現 状 P12 4 市 民 の 防 犯 意 識 P15 犯 罪 の 現 状 と 市 民 の

More information

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦 36 36 野 崎 京 子 野 崎 長 阪 府 推 薦 136 奈 川 県 ペ 麻 酔 京 都 部 卒 京 都 部 麻 酔 入 局 後 北 野 阪 市 国 立 京 都 阪 赤 十 字 住 友 阪 市 17 3 月 阪 府 豊 中 市 ペ 野 崎 長 阪 府 面 肝 玉 母 ド 頼 長 福 田 正 博 氏 評 博 3 男 1 女 母 顔 著 書 安 向 マガジハ 野 崎 http://www.myclinic.ne.jp/nozaki/

More information

歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守 躍 原 口 調 査 役 割 答 5% 答 % 好 答 特 分 英 植 メ 税 満 独 争 起 ボ パ 件 徴 E a

歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守 躍 原 口 調 査 役 割 答 5% 答 % 好 答 特 分 英 植 メ 税 満 独 争 起 ボ パ 件 徴 E a 特別企画 渡部 恒雄 違答 連邦 口調査 京財団研究 歴史敗 歴史敗由 2010 月 失歴史残敗喫 能 怒 満 答 移 答視 雇用 医療 ガニ争 順 ズ 1938来敗 74 失 3 別 ぞ 割合 信任 7 Vol. 4 歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守

More information

G.indd

G.indd ミ ュ ウ 2 3 凝 耳 澄 第 六 研 澄 電 灯 照 央 吐 必 暖 度 右 丸 紙 構 直 英 武 保 訪 ぬ 矮 小 精 神 刻 刻 消 耗 仇 義 務 背 負 孤 独 士 仇 属 全 般 襲 ネ 科 属 世 界 共 通 室 害 虫 小 型 ネ 学 Blattella geamanica. 最 早 記 愉 以 呼 称 遡 突 然 三 暮 忙 最 初 へ 部 活 暗 包 少 街 離 嫌 予

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF889CA82F08D8282DF82E98BB38DDE2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF889CA82F08D8282DF82E98BB38DDE2E646F6378> 健 康 づくりのための 睡 眠 指 針 2014 に 基 づいた 保 健 指 導 ハンドブックの 活 用 効 果 を 高 める 教 材 1 本 教 材 の 目 的 本 教 材 は 健 康 づくりのための 睡 眠 指 針 2014 睡 眠 12 箇 条 に 基 づいた 保 健 指 導 ハンドブック の 活 効 果 を めることを 的 に 作 成 しました 良 い 睡 眠 をとるための 法 と 科 学

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 )

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 ) 肩 こり 2011 年 9 月 3 日 文 責 : 今 井 力 第 1 肩 こりの 定 義 1 定 義 肩 こり を 明 確 に 定 義 する 教 科 書 的 な 記 載 は 見 当 たらない しかも, 肩 こり と 一 般 的 にいわれるものには, 肩 のこり 背 中 のこり 首 の 筋 肉 の こり 頭 痛 までもが 含 まれる よって,さまざまな 自 覚 的 な 症 状 群 をまと めて 表

More information

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794 茨 邪 昔 BNKN 注 意 事 項 P D F フ ァ イ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 茨 木 霍 娥 取 扱 日 記 初 投 稿 至 ぬ 点 多 々 温 目 や ( 血 涙 ) 茨 邪 昔 目 次 1 茨

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 序 章 2015 年 の 東 アジア - 厳 しさを 増 す 戦 略 環 境 - 1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 上 に シリア 領

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 資 料 5 医 療 費 等 現 状 について 健 康 祉 政 策 課 1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 状 況 (4)1 人 当 たり

More information

糖尿病の歯科病変

糖尿病の歯科病変 第 21 回 健 康 セミナー 糖 尿 病 の 歯 科 病 変 水 俣 芦 北 郡 市 歯 科 医 師 会 井 上 真 樹 歯 周 病 って どんな 病 気? 年 齢 別 に 見 た 歯 周 病 罹 患 率 100% 80% 60% 40% 20% 0% 15-24 歳 1.3% 4.2% 25.7% 46.3% 0.0% 0.0% 49.8% 21.2% 42.3% 48.9% 0.0% 7.3%

More information

(Microsoft Word - \230a\223c\217\254\216w\223\261\210\304.docx)

(Microsoft Word - \230a\223c\217\254\216w\223\261\210\304.docx) 第 6 学 年 保 健 学 習 指 導 案 上 越 市 立 和 田 小 学 校 6 年 生 教 室 平 成 3 年 1 月 7 日 ( 木 )5 校 時 授 業 者 養 護 教 諭 御 所 窪 秀 佳 1 単 元 名 病 気 の 予 防 Ⅱ 喫 煙 飲 酒 薬 物 乱 用 と 健 康 単 元 の 目 標 病 気 の 予 防 や 飲 酒 喫 煙 薬 物 の 害 について 関 心 をもち 課 題 をもって

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

(Microsoft Word - \212\256\220\254\224\305)

(Microsoft Word - \212\256\220\254\224\305) 演 習 Ⅰ 安 立 先 生 母 子 関 係 が 女 子 大 生 の 友 人 関 係 に 及 ぼす 影 響 C 班 問 題 私 たちには 生 まれた 瞬 間 から 母 親 の 存 在 がある 母 親 は 遺 伝 的 発 達 的 に 最 も 近 く 互 いに 依 存 し 合 う 関 係 であり 共 生 関 係 が 続 きやすい 乳 児 は 生 後 まもなく 第 一 次 養 育 者 に 対 し 特 別 な

More information

著 に 現 れることがあります その 他 の 問 題 鎮 静 剤 を 使 用 し 意 識 レベ ルが 低 下 している 場 合 は, 自 発 呼 吸 のみでガス 交 換 が 十 分 に 行 われなければ, 再 挿 管 を 余 儀 なくされること もあります 事 故 抜 管 vs 自 己 抜 管 計

著 に 現 れることがあります その 他 の 問 題 鎮 静 剤 を 使 用 し 意 識 レベ ルが 低 下 している 場 合 は, 自 発 呼 吸 のみでガス 交 換 が 十 分 に 行 われなければ, 再 挿 管 を 余 儀 なくされること もあります 事 故 抜 管 vs 自 己 抜 管 計 現 場 対 応 策 1 人 工 呼 吸 器 の 目 的 は, 高 濃 度 酸 素 の 投 与,ガ ス 交 換 の 改 善 および 呼 吸 仕 事 量 の 軽 減 です 気 管 チューブは,その 重 要 な 役 割 の 橋 渡 しをして います 気 管 チューブにひとたびトラブルが 生 じると, 場 合 によっては 生 命 に 危 険 を 及 ぼす 可 能 性 があります そのため,できるだけ 気 管

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

喘 息 の 全 体 像 健 康 な 人 の 気 管 支 の 断 面 喘 息 患 者 の 発 作 時 の 気 管 支 の 断 面 上 皮 喘 鳴 炎 症 により 気 道 粘 膜 はむくみ 痰 などの 分 泌 物 が 増 えて 空 気 の 通 り 道 が 狭 く 不 整 になっています 気 道 過 敏

喘 息 の 全 体 像 健 康 な 人 の 気 管 支 の 断 面 喘 息 患 者 の 発 作 時 の 気 管 支 の 断 面 上 皮 喘 鳴 炎 症 により 気 道 粘 膜 はむくみ 痰 などの 分 泌 物 が 増 えて 空 気 の 通 り 道 が 狭 く 不 整 になっています 気 道 過 敏 気 管 支 喘 息 おとなの 喘 息 管 理 と 最 新 治 療 信 州 大 学 医 学 部 保 健 学 科 生 体 情 報 検 査 学 講 座 藤 本 圭 作 喘 息 は 気 管 支 のアレルギーによる 炎 症 と 気 道 過 敏 性 および 発 作 的 な 気 管 支 の 狭 窄 により 特 徴 づけ られ 繰 り 返 す 発 作 性 の 咳 喘 鳴 (ヒューヒュー ゼーゼー)および 呼 吸 困

More information

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472 抜 錨! ロコモコ 注 意 項 P D F ル ハ メ ル 掲 載 作 品 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 2 年 月 4 日 オ ア 最 西 軍 基 地 サ ド 島 基 地 へ 上 陸 制 圧 作 支 援 参 加 級 番 数 回 渡 航 隊 攻 飽 和 攻 轟 間

More information

fence2.indd

fence2.indd 2 3 久 仁 彦 / 5 8 阪 市 パ ソ セ チ 基 践 遊 士 情 緒 最 限 組 織 枯 渇 発 創 造 続 2 龍 谷 談 室 ウ セ 8 龍 谷 ウ セ グ 課 程 講 兼 職 国 際 ァ 席 己 性 3 2 月 龍 谷 退 職 在 デ 研 究 普 及 注 日 講 客 参 加 験 ぐ 即 興 演 独 創 即 興 演 芸 術 面 演 客 > 久 仁 彦 久 仁 彦 2 8 月 末 阪 應

More information

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 ろ 頭 ろ 成 功 難 8 9 知 間 蓄 積 ぜ 難 現 代 社 会 抱 問 題 深 地 獄 活

More information

スライド 1

スライド 1 1. すい 臓 の 生 理 学 血 糖 値 を 下 げる 唯 一 のホルモン : インスリン すい 臓 から 分 泌 される すい 臓 の 働 き 消 化 液 の 分 泌 ホルモンの 分 泌 すい 臓 のホルモン 分 泌 に 関 わる 細 胞 の 集 まり 食 物 の 消 化 を 助 ける 血 糖 値 に 関 係 する ランゲルハンス 島 細 胞 の 名 称 分 泌 されるホルモン ホルモンの 役

More information

Microsoft Word - 狂犬病QA doc

Microsoft Word - 狂犬病QA doc 狂 犬 病 に 関 するQ&A 平 成 18 年 11 月 22 日 厚 生 労 働 省 この 度 フィリピンに 滞 在 中 に 狂 犬 病 の 犬 に 咬 まれ 感 染 し ワクチン 接 種 しなかった ため 日 本 帰 国 後 に 狂 犬 病 を 発 症 する 事 例 がありましたので このことを 踏 まえて 狂 犬 病 に 関 するQ&Aを 作 製 しました ( 平 成 18 年 11 月 22

More information

田中英高氏提出資料1

田中英高氏提出資料1 震 災 や 放 射 線 が 児 童 生 徒 への 心 身 に 与 える 影 響 について 日 本 小 児 心 身 医 学 会 田 中 英 高 ( 大 阪 医 科 大 学 小 児 科 ) 福 島 県 内 で 一 定 の 放 射 線 量 が 計 測 された 学 校 等 に 通 う 児 童 生 徒 等 の 日 常 生 活 等 に 関 する 専 門 家 からのヒアリング( 第 1 回 )について 平 成 23

More information

Microsoft Word - 2010th_j.doc

Microsoft Word - 2010th_j.doc 1/12 c 特 訓 予 備 校 養 賢 ゼミナール 〇 〇 東 北 学 期 試 験 国 及 予 想 国 100 満 学 部 学 科 満 異 共 現 代 1 循 環 2 慕 3 支 障 4 懸 念 5 妥 当 性 順 同 葛 藤 我 危 機 抑 圧 恋 愛 転 換 保 十 己 統 在 十 八 何 提 転 換 両 提 六 十 九 予 想 5 両 正 八 葛 藤 我 危 機 原 因 抑 圧 恋 愛 2/12

More information

<4D F736F F D208AEE967B8C7689E68C8892E894C DC48D5C90AC816A2E646F63>

<4D F736F F D208AEE967B8C7689E68C8892E894C DC48D5C90AC816A2E646F63> アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 ( 案 ) 平 成 28 年 2 月 はじめに 〇 我 が 国 における 状 況 〇 WHOの 動 向 〇 アルコール 健 康 障 害 対 策 基 本 法 (Ⅰ)アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 について 1.アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 の 位 置 付 け 2. 第 1 期 アルコール

More information

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 1 ゆ 舞 運 命 神 ナタワダ 3 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 音 医 者 芝 居 身

More information

性 行 為 とは 性 交 及 び 性 交 類 似 行 為 と 同 義 であり( 昭 和 40 年 7 月 12 日 新 潟 家 裁 長 岡 支 部 決 定 ) わいせつな 行 為 とは いたずらに 性 欲 を 刺 激 興 奮 せしめたり その 露 骨 な 表 現 によって 健 全 な 常 識 のある

性 行 為 とは 性 交 及 び 性 交 類 似 行 為 と 同 義 であり( 昭 和 40 年 7 月 12 日 新 潟 家 裁 長 岡 支 部 決 定 ) わいせつな 行 為 とは いたずらに 性 欲 を 刺 激 興 奮 せしめたり その 露 骨 な 表 現 によって 健 全 な 常 識 のある 資 料 2 いわゆる 淫 行 禁 止 規 定 深 夜 外 出 の 制 限 等 に 係 る 座 長 整 理 案 基 本 的 考 え 方 大 人 が 真 摯 な 恋 愛 を 除 き 判 断 能 力 が 未 熟 な 子 どもと 性 行 為 に 及 ぶことなどは 子 どもの 成 長 発 達 を 見 守 り 支 える 大 人 の 責 任 として 許 されないものであること 県 民 総 ぐるみで 深 夜 に 外

More information

(2) 少 年 による 薬 物 乱 用 の 推 移 7-2 図 は 特 別 法 犯 少 年 の 送 致 人 員 に 占 める 薬 物 事 犯 を 示 している 薬 物 事 犯 は 昭 和 55 年 ~ 6 年 に 最 も 多 かったが 現 在 は 減 少 傾 向 にある しかし 平 成 2 年 に

(2) 少 年 による 薬 物 乱 用 の 推 移 7-2 図 は 特 別 法 犯 少 年 の 送 致 人 員 に 占 める 薬 物 事 犯 を 示 している 薬 物 事 犯 は 昭 和 55 年 ~ 6 年 に 最 も 多 かったが 現 在 は 減 少 傾 向 にある しかし 平 成 2 年 に 第 7 章 薬 物 乱 用 犯 罪 被 害 等 1. 薬 物 乱 用 の 実 態 (1) 薬 物 乱 用 とその 影 響 薬 物 乱 用 とは 医 薬 品 を 医 療 以 外 の 目 的 で 使 用 すること 医 療 目 的 ではない 化 学 物 質 を 不 正 に 使 用 することである 乱 用 される 薬 物 には 前 者 の 例 として 睡 眠 薬 や 鎮 痛 剤 のような 向 精 神 薬 があり

More information

労働市場から消えた25~44歳男性

労働市場から消えた25~44歳男性 経 済 社 会 構 造 分 析 レポート 経 済 構 造 分 析 レポート No.43 労 働 市 場 から 消 えた 25~44 歳 男 性 地 域 間 で 広 がる 格 差 抱 える 問 題 はそれぞれ 異 なる 2016 年 4 月 8 日 全 16 頁 経 済 調 査 部 研 究 員 山 口 茜 [ 要 約 ] 25~44 歳 女 性 就 業 率 は この 30 年 間 で 上 昇 傾 向

More information

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx 意 見 書 案 第 7 号 最 低 賃 金 の 改 定 等 に 関 する 意 見 書 日 本 経 済 の 先 行 きについては 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 が 続 く 中 で 緩 やかな 回 復 に 向 かう ことが 期 待 される 一 方 昨 年 11 月 に 国 が 発 表 した 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けて 緊 急 に 実 施 すべき 対 策 では 最 低 賃

More information

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 (

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ( 年 金 手 当 など 1 各 種 障 害 年 金 制 度 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 国 民 年 金 に 加 入 中 又 は 加 入 していた 方 が 病 気 やけがによって65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 までに 障 害 者 となり 医 療 機 関 を 受 診 していたとき また20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 は20 歳 から 障 害 等 級 表 のいずれかの 状

More information

Taro-230214条例改正想定問答.jtd

Taro-230214条例改正想定問答.jtd 鳥 取 県 青 少 年 健 全 育 成 条 例 一 部 改 正 ( 第 10 次 改 正 ) 想 定 問 答 (H23.2.14 現 在 ) 1 総 論 Q: 条 例 の 改 正 理 由 は? A: この 条 例 には 平 成 22 年 度 末 を 目 途 として この 条 例 の 規 定 及 びその 実 施 状 況 に ついて 検 討 を 加 え その 結 果 に 基 づいて 必 要 な 措 置

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状 102 Vol. 津 波 活 打 撃 決 末 戦 例 襲 ェ 網 組 及 び 複 克 服 向 組 待 歯 語 野 モ 騰 計 知 回 救 戦 略 有 性 検 証 編 滝 洋 慶 應 義 塾 学 学 院 法 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 社 社 論 説 副 長 編 編 等 職 著 書 ゲ ム 何 救 舞 台 裏 O U S 103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

1 傷 害 罪 における 承 継 的 共 同 正 犯 の 成 否 最 決 平 成 24 年 11 月 6 日 争 点 後 行 者 の 加 担 後 の 暴 行 が 共 謀 加 担 前 に 先 行 行 為 者 が 既 に 生 じさせていた 傷 害 を 相 当 程 度 悪 化 させた 場 合 の 傷 害

1 傷 害 罪 における 承 継 的 共 同 正 犯 の 成 否 最 決 平 成 24 年 11 月 6 日 争 点 後 行 者 の 加 担 後 の 暴 行 が 共 謀 加 担 前 に 先 行 行 為 者 が 既 に 生 じさせていた 傷 害 を 相 当 程 度 悪 化 させた 場 合 の 傷 害 刑 法 弁 護 士 内 藤 慎 太 郎 1 1 傷 害 罪 における 承 継 的 共 同 正 犯 の 成 否 最 決 平 成 24 年 11 月 6 日 争 点 後 行 者 の 加 担 後 の 暴 行 が 共 謀 加 担 前 に 先 行 行 為 者 が 既 に 生 じさせていた 傷 害 を 相 当 程 度 悪 化 させた 場 合 の 傷 害 罪 の 共 同 正 犯 の 成 立 範 囲 決 定 要 旨

More information

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材 PISA 型 読 解 力 向 上 へ 授 業 改 善 説 明 的 文 章 取 組 み 通 熊 本 市 立 壺 川 小 学 校 佐 藤 俊 幸 目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

エフエム長崎放送番組基準

エフエム長崎放送番組基準 エフエム 長 崎 放 送 番 組 基 準 株 式 会 社 エフエム 長 崎 は 放 送 事 業 を 通 じて 平 和 な 社 会 の 実 現 と 公 共 の 福 祉 文 化 の 向 上 に 寄 与 し 産 業 と 経 済 の 繁 栄 に 貢 献 する この 自 覚 に 基 づき 民 主 主 義 の 精 神 に 従 い 基 本 的 人 権 と 世 論 を 尊 重 し 言 論 と 表 現 の 自 由 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179836783898362834E817A899E977095D22D979A97F082C882B530333236>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179836783898362834E817A899E977095D22D979A97F082C882B530333236> Ⅹ. 交 通 事 故 に 関 わる 運 転 者 の 生 理 的 及 び 心 理 的 要 因 とこ れらへの 対 処 方 法 本 章 では 長 時 間 の 連 続 運 転 飲 酒 などの 生 理 的 要 因 運 転 への 過 信 などの 心 理 的 要 因 が 運 転 にどのような 影 響 を 与 えるかについて 整 理 しています 指 導 においては 生 理 的 心 理 的 要 因 による 実 際

More information

去 月 3 津 市 総 合 文 化 セ タ ホ 6 回 開 催 鈴 木 英 敬 じ 賓 皆 様 席 内 関 係 堂 展 寄 与 へ 顕 行 首 教 授 星 旦 氏 招 則 ~ 老 楽 ~ 題 講 演 受 じ 様 野 域 課 題 解 決 苦 活 推 進 啓 努 皆 参 頂 全 皆 衷 感 謝 申 げ

去 月 3 津 市 総 合 文 化 セ タ ホ 6 回 開 催 鈴 木 英 敬 じ 賓 皆 様 席 内 関 係 堂 展 寄 与 へ 顕 行 首 教 授 星 旦 氏 招 則 ~ 老 楽 ~ 題 講 演 受 じ 様 野 域 課 題 解 決 苦 活 推 進 啓 努 皆 参 頂 全 皆 衷 感 謝 申 げ 去 月 3 津 市 総 合 文 化 セ タ ホ 6 回 開 催 鈴 木 英 敬 じ 賓 皆 様 席 内 関 係 堂 展 寄 与 へ 顕 行 首 教 授 星 旦 氏 招 則 ~ 老 楽 ~ 題 講 演 受 じ 様 野 域 課 題 解 決 苦 活 推 進 啓 努 皆 参 頂 全 皆 衷 感 謝 申 げ 頃 苦 績 敬 意 存 じ 過 般 鈴 木 エ レ 菓 放 浪 記 各 願 申 げ 承 場 券 販 売

More information

表紙

表紙 15. 母 子 健 康 手 帳 交 付 時 期 と 妊 娠 産 及 びその 児 の 健 康 関 連 問 題 の 実 態 飯 田 芳 枝 ( 石 川 県 こころの 健 康 センター) 竹 島 ゆり ( 健 康 福 祉 部 少 子 化 対 策 監 室 母 子 保 健 食 育 グループ) 茗 荷 谷 弘 子 ( 小 松 市 いきいき 健 康 課 すこやかセンター) 目 的 母 子 健 康 手 帳 の 交

More information

分 で 88% 30 分 で 57% 60 分 後 は 肝 臓 など 貯 蔵 庫 から 補 給 して 63% 120 分 後 71% と いうように 30 分 位 で 約 半 分 になってしまう 充 分 摂 っていると 思 われても 消 耗 が 激 しく て 残 存 量 は 意 外 に 少 ないこと

分 で 88% 30 分 で 57% 60 分 後 は 肝 臓 など 貯 蔵 庫 から 補 給 して 63% 120 分 後 71% と いうように 30 分 位 で 約 半 分 になってしまう 充 分 摂 っていると 思 われても 消 耗 が 激 しく て 残 存 量 は 意 外 に 少 ないこと 老 化 を4 倍 抑 制 するビタミンCの 摂 り 方 東 京 都 老 人 総 合 研 究 所 薬 学 博 士 石 神 昭 人 ビタミン C と 老 化 老 化 のメカニズムを 世 界 で 初 めて 解 明! 老 人 総 合 研 究 所 では 今 から 15 年 ほど 前 に 丸 山 先 生 が 老 化 で 減 少 するタンパク 質 とし て SMP30 というタンパク 質 を 新 たに 発 見 した

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9892C592C58AD494C28377838B836A834182CC906697C381418347815B8358834E8389836283768CB48D658141323031312E31322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9892C592C58AD494C28377838B836A834182CC906697C381418347815B8358834E8389836283768CB48D658141323031312E31322E646F63> 腰 椎 椎 間 板 ヘルニアについて - 正 しい 理 解 とより 良 い 治 療 を 受 けるために- 金 明 博 [はじめに] 整 形 外 科 の 外 来 を 訪 れる 患 者 さんの 多 くは 腰 痛 を 主 訴 にされてい ます その 腰 痛 の 患 者 さんが 心 配 している 病 気 の 中 で 腰 椎 椎 間 板 ヘルニアほ ど 有 名 な 病 気 はないでしょう 腰 椎 椎 間 板

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

避 難 生 活 の 現 実 被 災 者 が 置 かれがちな 状 況 ( 誰 でも どの 立 場 になるかはわからない ) 災 害 発 生 自 宅 を 失 う 自 宅 が 残 る 自 宅 は 当 分 住 めない 自 宅 だと 恐 い 情 報 が 欲 しい 直 後 ~ 2 3 日 指 定 避 難 所 へ

避 難 生 活 の 現 実 被 災 者 が 置 かれがちな 状 況 ( 誰 でも どの 立 場 になるかはわからない ) 災 害 発 生 自 宅 を 失 う 自 宅 が 残 る 自 宅 は 当 分 住 めない 自 宅 だと 恐 い 情 報 が 欲 しい 直 後 ~ 2 3 日 指 定 避 難 所 へ 資 料 1-1 災 害 時 に 女 性 ( 男 性 )が 直 面 する 困 難 と 男 女 共 同 参 画 による 対 策 報 告 者 浅 野 幸 子 早 稲 田 大 学 地 域 社 会 と 危 機 管 理 研 究 所 客 員 研 究 員 東 京 女 学 館 大 学 非 常 勤 講 師 別 添 資 料 1-2 いくつかの 自 治 体 の 計 画 ガイドラインの 紹 介 資 料 1-3 現 場 に 学

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

r0036.PAG (更新)

r0036.PAG (更新) 号 円 職 委会 URL http:// www.rise-rou-hei.info/wp/ - 京都港区新橋2 8 16 mail:rou_hei_rise@yahoo.co.jp -- 石田ビ4 会費 円 会期購読料 円 服 含雪洗流従 散 G 芝 社 相 昨 整 備 骨 膜 白 妊 娠 幼 児 遺 伝 診 闇 閉 勝 倍 権 統 処 投 万 群 港 ォ 州 デ ゴ 隻 車 両 百 台 投 震

More information

(1) 団 体 への 問 い 合 わせ 件 数 平 成 20 年 8 月 から 平 成 20 年 11 月 までの 間 に 団 体 への 所 謂 家 出 行 方 不 明 者 に 関 する 捜 索 支 援 への 問 い 合 わせ 総 数 は 26 件 であり 月 平 均 :6.5 人 である 8 月

(1) 団 体 への 問 い 合 わせ 件 数 平 成 20 年 8 月 から 平 成 20 年 11 月 までの 間 に 団 体 への 所 謂 家 出 行 方 不 明 者 に 関 する 捜 索 支 援 への 問 い 合 わせ 総 数 は 26 件 であり 月 平 均 :6.5 人 である 8 月 平 成 21 年 6 月 8 日 古 内 栄 行 方 不 明 者 の 傾 向 と 動 機 から 社 会 と 人 々が 抱 える 様 々な 問 題 を 浮 き 彫 りにさせるため 行 方 不 明 者 の 傾 向 および 動 機 その 後 の 解 決 の 有 無 安 否 の 有 無 などを 団 体 への 依 頼 から 分 類 調 査 を 実 施 した (1) 団 体 への 問 い 合 わせ 件 数 (2)

More information

第 2 節 各 領 域 における と 取 組 み 1 食 育 栄 養 食 生 活 1 朝 食 の 欠 食 者 が 多 い( 重 点 ) 2 野 菜 を 毎 食 摂 る 人 が 少 ない 3 牛 乳 又 は 乳 製 品 を 毎 日 摂 る 人 が 少 ない 4 地 場 産 食 品 を 知 っている 人

第 2 節 各 領 域 における と 取 組 み 1 食 育 栄 養 食 生 活 1 朝 食 の 欠 食 者 が 多 い( 重 点 ) 2 野 菜 を 毎 食 摂 る 人 が 少 ない 3 牛 乳 又 は 乳 製 品 を 毎 日 摂 る 人 が 少 ない 4 地 場 産 食 品 を 知 っている 人 第 3 章 弟 子 屈 町 の 健 康 づくりの 推 進 第 1 節 健 康 づくりの 目 標 町 民 一 人 ひとりが 主 体 的 に 健 康 づくりに 取 り 組 み 健 康 的 な 生 活 習 慣 について 考 えることができるよう 行 動 指 針 として 食 育 栄 養 食 生 活 をはじめ8つの 生 活 習 慣 について わかりやすい 健 康 づくりの 目 標 を 設 定 しています また

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

p681) b. 治 療 時 については 記 載 なし ただし 治 療 がなされない 場 合 30%が 回 復 し 40%が 軽 度 20%が 中 等 度 10%が 不 変 か 悪 化 する c. 外 傷 的 体 験 の 再 体 験 回 避 が 本 質 的 症 状 である d. HPA の 過 剰

p681) b. 治 療 時 については 記 載 なし ただし 治 療 がなされない 場 合 30%が 回 復 し 40%が 軽 度 20%が 中 等 度 10%が 不 変 か 悪 化 する c. 外 傷 的 体 験 の 再 体 験 回 避 が 本 質 的 症 状 である d. HPA の 過 剰 51. d 自 己 の 身 体 及 び 周 囲 の 事 物 について 現 実 感 が 感 じられず 自 動 化 されているように 感 じる 事 をいう 単 独 で 出 現 することは 少 なく うつ 病 恐 怖 症 性 障 害 強 迫 性 障 害 などに 伴 って 起 こることが 多 い( 現 代 臨 床 p287) d は 作 為 体 験 である 52.d a. 低 カルシウム 血 症 は 副 甲

More information

15 分 間 我 慢 できたらマシュマロをもう 1 個 あげる 途 中 で 食 べたくなったら ベルを 押 せ ば 食 べられる ことを 伝 え 子 どもを 部 屋 に 1 人 にする 実 験 結 果 は 15 分 待 てた 子 どもは 全 体 の 3 分 の 1 以 下 我 慢 できた 子 は 手

15 分 間 我 慢 できたらマシュマロをもう 1 個 あげる 途 中 で 食 べたくなったら ベルを 押 せ ば 食 べられる ことを 伝 え 子 どもを 部 屋 に 1 人 にする 実 験 結 果 は 15 分 待 てた 子 どもは 全 体 の 3 分 の 1 以 下 我 慢 できた 子 は 手 連 続 講 演 会 東 京 で 学 ぶ 京 大 の 知 シリーズ 15 こころの 未 来 - 私 たちのこころは 何 を 求 めているのか- 第 2 回 自 分 の 意 思 で 決 めるとはどういうことか? 心 理 学 と 脳 科 学 の 視 点 から 京 都 大 学 が 東 京 品 川 の 京 都 大 学 東 京 オフィス で 開 く 連 続 講 演 会 東 京 で 学 ぶ 京 大 の 知 のシリーズ

More information

報告書の概要

報告書の概要 第 1 章 序 論 1 経 緯 及 び 背 景 平 成 16 年 (2004 年 )6 月 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 以 下 国 民 保 護 法 という )が 制 定 され 同 法 に 基 づき 平 成 17 年 度 (2005 年 度 ) 末 までに 国 の 行 政 機 関 及 び 全 国 の 都 道 府 県 において 国

More information

PM2.5による健康影響

PM2.5による健康影響 中 国 におけるPM2.5に 関 する 説 明 相 談 会 PM2.5による 健 康 影 響 京 都 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 金 谷 久 美 子 kanatani.kumiko.2r@kyotou.ac.jp 1 本 日 の 内 容 1. どんな 疾 患 の 可 能 性?(15 分 ) 1. 過 去 の 事 例 から 2. 実 験 結 果 から 3. 疫 学 調 査 から 2. どんな

More information

長期失業者の求職活動と就業意識

長期失業者の求職活動と就業意識 第 1 章 調 査 研 究 の 目 的 方 法 と 分 析 結 果 の 概 要 第 1 節 調 査 研 究 の 目 的 バブル 経 済 崩 壊 後 の 長 期 不 況 は 労 働 市 場 の 様 相 を 一 変 させた 長 期 雇 用 慣 行 が 定 着 して いたわが 国 の 労 働 市 場 は 1980 年 代 まで 完 全 失 業 率 が 1~2%という 低 い 水 準 を 維 持 し 若 年

More information

分 野 別 の 目 標 達 成 状 況 栄 養 運 動 心 の 健 康 喫 煙 飲 酒 歯 の 健 康 その 他 A) 達 成 B) 改 善 C) 悪 化 D) 評 価 不 能 合 計

分 野 別 の 目 標 達 成 状 況 栄 養 運 動 心 の 健 康 喫 煙 飲 酒 歯 の 健 康 その 他 A) 達 成 B) 改 善 C) 悪 化 D) 評 価 不 能 合 計 本 市 で は 国 の 健 康 増 進 計 画 で あ る 健 康 日 本 21 愛 知 県 の 健 康 日 本 21あ い ち 計 画 を 受 け て 第 1 次 健 康 増 進 計 画 を 策 定 し 平 成 15 年 度 から 平 成 25 年 度 まで また 食 育 推 進 計 画 についても 食 育 基 本 法 に 基 づき 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 まで それぞれ

More information

- 56 -

- 56 - 第 3 章 結 果 の 考 察 - 55 - - 56 - 企 画 政 策 部 企 画 政 策 課 今 回 のアンケートでは 移 転 ( 転 入 出 )のきっかけ 移 転 先 の 決 定 に 重 視 したこと 実 際 に 移 転 先 を 決 定 した 理 由 情 報 源 本 市 に 対 する 印 象 の 変 化 などについて 伺 いました ここでは 本 市 の 人 口 動 態 が 近 年 転 出 者

More information

Microsoft Word - 書き出し用QA v3-4.doc

Microsoft Word - 書き出し用QA v3-4.doc 福 島 での 原 子 力 災 害 による 放 射 線 の 健 康 影 響 に 関 する 解 説 (Q and A) はじめに 東 日 本 大 震 災 で 被 災 された 皆 様 に 心 からお 見 舞 いを 申 し 上 げます 報 道 されておりますように 現 在 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 及 び 福 島 第 二 原 子 力 発 電 所 について 原 子 力 災 害 対 策 特 別 措

More information

報 道 発 表 資 料 2006 年 12 月 18 日 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 結 核 菌 ワクチン BCG がアレルギーを 抑 制 する 機 構 を 解 明 - 衛 生 仮 説 によるアレルギー 増 加 を 実 験 的 に 証 明 - ポイント 細 菌 成 分 が ナチュ

報 道 発 表 資 料 2006 年 12 月 18 日 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 結 核 菌 ワクチン BCG がアレルギーを 抑 制 する 機 構 を 解 明 - 衛 生 仮 説 によるアレルギー 増 加 を 実 験 的 に 証 明 - ポイント 細 菌 成 分 が ナチュ 60 秒 でわかるプレスリリース 2006 年 12 月 18 日 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 結 核 菌 ワクチン BCG がアレルギーを 抑 制 する 機 構 を 解 明 - 衛 生 仮 説 によるアレルギー 増 加 を 実 験 的 に 証 明 - 花 粉 症 アトピー 性 皮 膚 炎 喘 息 に 代 表 されるアレルギーに 悩 まされる 人 たちは こ の 20 年 間 で

More information

凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル 件 暴 力

凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル 件 暴 力 平 成 28 2 月 少 非 行 情 勢 ( 平 成 27 1~12 月 ) 警 察 庁 生 活 安 全 局 少 課 凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル

More information

放 送 基 準 株 式 会 社 エフエム 鹿 児 島

放 送 基 準 株 式 会 社 エフエム 鹿 児 島 民 放 連 放 送 基 準 条 文 対 照 表 現 新 第 10 章 犯 罪 表 現 第 10 章 犯 罪 表 現 (70) 鉄 砲 刀 剣 類 の 使 用 は 慎 重 にし 殺 傷 の 手 段 については 模 倣 の 動 機 を 与 えないように 注 意 する (70) 銃 砲 刀 剣 類 の 使 用 は 慎 重 にし 殺 傷 の 手 段 については 模 倣 の 動 機 を 与 えないように 注

More information

休 憩 時 間 休 憩 時 間 は 勤 務 時 間 の 途 中 で 自 分 の 時 間 として 自 由 に 利 用 することが 法 律 で 保 障 されている 時 間 です 学 校 職 場 では1 日 45 分 です 勤 務 する 義 務 がないの で 給 与 の 対 象 外 です 仕 事 による 肉 体 的 精 神 的 な 疲 労 を 回 復 するために 労 働 基 準 法 で 決 められています

More information

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマ 肺 炎 マイコプラズマ 肺 炎 [ 日 本 での 感 染 症 発 生 動 向 調 査 ] 晩 秋 から 早 春 にかけて 多 い 患 者 の 年 齢 は 幼 児 期 学 童 期 青 年 期 (5 歳 から35 歳 )が 中 心 流 行 は 学 童 から 始 まり 家 庭 内 感 染 へと 広 まる 病 原 体 分 離 例 でみると7 歳 から8 歳 にピーク 5 歳 未 満 の 幼

More information

西予市人口ビジョン

西予市人口ビジョン 西 予 市 人 口 ビジョン 28 年 3 月 西 予 市 目 次 西 予 市 のお 財 布 事 情... 1 Ⅰ 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的... 2 Ⅱ 西 予 市 の 人 口 動 向... 2 1. 人 口 推 移... 2 2. 自 然 増 減... 6 3. 社 会 増 減... 10 Ⅲ 西 予 市 の 将 来 人 口 推 計... 12 1. 市 全 体... 12 ア 推

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

Microsoft PowerPoint - 090706_GP向けGL_final

Microsoft PowerPoint - 090706_GP向けGL_final 睡 眠 障 害 のスクリーニングガイドライン 満 足 のいく 睡 眠 がとれているか 必 ず 問 診 する 症 状 のより 詳 しい 特 徴 や 専 門 用 語 につ いては 別 紙 に 解 説 してあります 睡 眠 の 問 題 がある どのような 睡 眠 の 問 題 か 特 定 する 不 眠 過 眠 睡 眠 中 の 呼 吸 異 常 睡 眠 中 の 異 常 感 覚 異 常 運 動 睡 眠 中 の 異

More information

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5 稲 穂 談 恭 6 8 転 換 膨 ゆ 背 景 死 到 迫 二 向 課 話 書 密 着 材 サ マ 谷 工 労 働 ず 差 男 独 舎 努 力 工 営 労 働 独 酒 ぼ 体 貧 困 陥 差 観 点 典 舎 距 離 遠 南 北 5キ ロ 司 : ゆ 9 回 稲 穂 編 集 委 員 子 背 景 膨 続 抑 制 塊 75 歳 5 向 改 革 急 ピ チ 進 舵 切 包 括 ア シ ム づ 続 機 床 削

More information

厚 生 労 働 省 では 毎 年 9 月 24 日 ~30 日 を 結 核 予 防 週 間 として 広 く 国 民 の 皆 様 に 結 核 についての 正 しい 理 解 を 深 めていただく 期 間 とし ています 結 核 は 化 学 療 法 により 完 治 する 病 気 ですが きちんと 服 薬

厚 生 労 働 省 では 毎 年 9 月 24 日 ~30 日 を 結 核 予 防 週 間 として 広 く 国 民 の 皆 様 に 結 核 についての 正 しい 理 解 を 深 めていただく 期 間 とし ています 結 核 は 化 学 療 法 により 完 治 する 病 気 ですが きちんと 服 薬 感 染 症 情 報 を 医 療 者 へダイレクトにお 届 けする 厚 生 労 働 省 のメールマガジン 感 染 症 エ ク ス プ レ ス >>>>>>>>>>>>>> >>>>>>>>> @ 厚 労 省 Vol.264(2016 年 9 月 16 日 ) >>>>>>>>> ヘッドライン トピックス 9 月 24 日 ~30 日 は 結 核 予 防 週 間 です RS ウイルス 感 染 症 の 報

More information

じめが 起 きやすいことも 挙 げられる よって 学 級 内 の 人 間 関 係 も 影 響 して いじめ 被 害 者 は 周 囲 の 大 人 へ 助 けを 求 められない 心 理 状 況 に 陥 りやすく ますます 見 えないものとなり 横 暴 化 して いく そういった 状 況 になってしまって

じめが 起 きやすいことも 挙 げられる よって 学 級 内 の 人 間 関 係 も 影 響 して いじめ 被 害 者 は 周 囲 の 大 人 へ 助 けを 求 められない 心 理 状 況 に 陥 りやすく ますます 見 えないものとなり 横 暴 化 して いく そういった 状 況 になってしまって いじめ 予 防 と 修 復 的 な 学 級 集 団 の 形 成 子 ども 同 士 のかかわりに 関 する 諸 問 題 への 着 目 と 仲 裁 者 育 成 プログラムの 可 能 性 139517 松 山 康 成 1.はじめに 現 在 学 校 はいじめや 不 登 校 学 級 崩 壊 校 内 暴 力 等 の 生 徒 指 導 上 の 様 々な 問 題 を 抱 えている (1) 文 部 科 学 省 によると

More information

(15) 児 童 および 青 少 年 の 人 格 形 成 に 貢 献 し 良 い 習 慣 責 任 感 正 しい 勇 気 などの 精 神 を 尊 重 させるように 配 慮 する (16) 児 童 向 け 番 組 は 健 全 な 社 会 通 念 に 基 づき 児 童 の 品 性 を 損 なうような 言

(15) 児 童 および 青 少 年 の 人 格 形 成 に 貢 献 し 良 い 習 慣 責 任 感 正 しい 勇 気 などの 精 神 を 尊 重 させるように 配 慮 する (16) 児 童 向 け 番 組 は 健 全 な 社 会 通 念 に 基 づき 児 童 の 品 性 を 損 なうような 言 株 式 会 社 栃 木 放 送 番 組 基 準 前 文 民 間 放 送 は 公 共 の 福 祉 文 化 の 向 上 産 業 と 経 済 の 繁 栄 に 役 立 ち 平 和 な 社 会 の 実 現 に 寄 与 することを 使 命 とする われわれは この 自 覚 に 基 づき 民 主 主 義 の 精 神 にしたがい 基 本 的 人 権 と 世 論 を 尊 び 言 論 および 表 現 の 自 由 をまもり

More information

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療 ( 母 体 胎 児 専 門 医 ) 第 7 条 一 般 目 標 母 体 胎 児 専 門 医 は 正 常 及 び 異 常 な 妊 娠 分 娩 ならびに 合 併 症 妊 娠 に 対 する 診 療 を 行 い, 助 言 を 提 供 する 母 体 胎 児 医 療 の 専 門 医 であり, 以 下 の 知 識 と 技 能 を 習 得 することが 必 要 である. (1) 妊 娠 分 娩 経 過 の 正 常 及

More information

3) 新 たな 発 症 部 位 の 早 期 発 見 4) 良 好 な 歯 周 組 織 環 境 の 長 期 にわたる 維 持 今 回 私 の 臨 床 例 からこれらのメインテナンス 治 療 の 実 際 と 注 意 すべき 点 を 発 表 したいと 思 います 2) 歯 周 病 患 者 への 説 明 の

3) 新 たな 発 症 部 位 の 早 期 発 見 4) 良 好 な 歯 周 組 織 環 境 の 長 期 にわたる 維 持 今 回 私 の 臨 床 例 からこれらのメインテナンス 治 療 の 実 際 と 注 意 すべき 点 を 発 表 したいと 思 います 2) 歯 周 病 患 者 への 説 明 の 第 19 回 O.P.I.C. 研 修 会 2010-9-4 1) 歯 周 病 科 におけるメインテナンス 治 療 について 安 里 愛 子 メインテナンス 治 療 とS.P.T. 歯 周 病 治 療 が 終 了 した 後 にメインテナンス 治 療 に 移 行 します 歯 周 病 科 におけるメインテ ナンス 治 療 は S.P.T.( Supportive Periodontal Therapy)と

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

Microsoft Word - 扉(浅黄)

Microsoft Word - 扉(浅黄) 4. 少 年 非 行 等 の 概 要 と 警 察 と 児 童 相 談 所 との 連 携 について -133- 資 料 平 成 25 年 中 の 少 年 非 行 等 の 概 要 について 平 成 26 年 8 月 少 年 課 1 非 行 少 年 (1) 概 況 刑 法 犯 少 年 は5 万 6,469 人 と 10 年 連 続 で 減 少 したが 人 口 比 は 成 人 の 約 4 倍 振 り 込

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information