修 会 については 合 わせて 6 回 支 部 員 外 の 参 加 も 募 りましたので 参 加 者 がバスの 定 員 を 超 え お 断 りしなければならないこともありました 又 研 修 会 では これまでに 実 施 したことがなかった 沢 登 り( 遡 行 )や 雪 山 登 山 も 取 り 入

Size: px
Start display at page:

Download "修 会 については 合 わせて 6 回 支 部 員 外 の 参 加 も 募 りましたので 参 加 者 がバスの 定 員 を 超 え お 断 りしなければならないこともありました 又 研 修 会 では これまでに 実 施 したことがなかった 沢 登 り( 遡 行 )や 雪 山 登 山 も 取 り 入"

Transcription

1 熊 本 支 部 報 ( 社 ) 日 本 山 岳 会 熊 本 支 部 No.25 平 成 24 年 4 月 1 日 発 行 ( 社 ) 日 本 山 岳 会 熊 本 支 部 熊 本 県 合 志 市 豊 岡 松 本 莞 爾 方 電 話 発 行 者 工 藤 文 昭 印 刷 ベストプロセス 目 次 1. 平 成 23 年 度 熊 本 支 部 活 動 を 振 り 返 って 工 藤 文 昭 7. 外 輪 山 トレッキングに 参 加 して 加 藤 明 2. 入 魂 のピッケル 工 藤 文 昭 8. 雪 山 に 登 ろうに 参 加 して 坂 西 直 明 3. ランタントレッキング 報 告 木 曽 萬 喜 治 9. 山 とスキ-( 登 はん 編 ) 松 本 莞 爾 4. キリマンジャロ 登 山 記 宮 崎 静 夫 10 会 務 報 告 事 務 局 5. キリマンジャロ 報 告 安 場 俊 郎 11 編 集 後 記 編 集 委 員 6.ウルル 登 頂 記 宇 都 宮 信 夫 平 成 23 年 度 熊 本 支 部 活 動 を 振 り 返 って 支 部 長 工 藤 文 昭 昨 年 は 3 月 に 東 日 本 大 震 災 が 発 生 し 地 震 津 波 それに 絶 対 安 全 といわれていた 原 発 事 故 まで 起 こり 自 然 災 害 人 災 ともいえる 大 きな 試 練 に 見 舞 われました 被 災 地 では 大 した 復 興 も 進 まぬ まま 災 害 は 今 も 続 いています しかし この 未 曾 有 の 国 難 を 乗 り 越 えようと 必 死 に 頑 張 る 人 間 の 強 さと それを 支 える 人 々の 絆 の 大 切 さを 気 づいた 一 年 でもありました 20 年 前 の 阪 神 大 震 災 では 距 離 も 近 く 私 達 も 神 戸 までボランティアで 駆 けつ けましたが 東 北 となると 遠 くて 震 災 募 金 で 志 を 示 す 位 しか 出 来 ずにいます それでも 熊 本 支 部 でも17 万 円 近 くの 義 援 金 が 集 まり 皆 様 のご 協 力 に 深 く 感 謝 いたしました 今 後 も 何 らかのかた ちで 支 援 活 動 を 続 け 無 ければなりません さて 熊 本 支 部 も 設 立 後 55 年 目 を 迎 えました 日 本 山 岳 会 では この 3 年 来 新 公 益 法 人 への 移 行 問 題 が 検 討 されてきましたが 熊 本 支 部 はそれま での 共 益 的 事 業 活 動 から 公 益 的 事 業 の 充 実 に 努 めてきました 支 部 員 の 皆 様 はすでにご 存 知 のよ うに 22 年 度 第 2 回 総 会 で 新 公 益 法 人 への 移 行 を 決 議 23 年 度 第 1 回 総 会 で 新 公 益 法 人 移 行 への 定 款 改 正 が 承 認 されました 昨 年 10 月 に 新 公 益 法 人 への 移 行 申 請 も 終 わり 本 部 の 今 後 の 見 通 しと しては 3 月 までに 新 公 益 法 人 への 移 行 認 定 を 受 け 現 在 の 社 団 法 人 日 本 山 岳 会 は 4 月 1 日 に 解 散 同 日 公 益 社 団 法 人 日 本 山 岳 会 として 登 記 をす ませ 新 しい 日 本 山 岳 会 がスタートする 予 定 です これにより 全 国 各 支 部 も その 本 格 的 な 体 制 作 りに 対 応 を 迫 られることになります 熊 本 支 部 では 数 年 前 から 新 公 益 法 人 移 行 に 対 応 できる 支 部 活 動 に 取 り 組 んで 来 ましたが これま で 同 様 に 支 部 活 動 を 通 じて 支 部 員 同 志 の 心 の 繋 がりと 登 山 活 動 の 喜 びを 感 じながら 一 方 では 社 会 に 貢 献 できる 支 部 の 活 動 に 取 り 組 んでいかなけ ればなりません 新 公 益 法 人 に 移 行 すると 50% 条 項 があり 支 部 活 動 の 半 分 以 上 は 公 益 事 業 になり ますが 我 が 支 部 は 現 在 すでに50%を 越 えてい ますので 今 後 は 公 益 事 業 の 質 の 向 上 を 考 えた 実 践 が 大 切 かと 思 います 今 年 度 の 支 部 事 業 については 大 震 災 直 後 でも あり 被 災 地 の 壊 滅 的 な 被 害 状 況 を 考 えると 山 登 りなんかやっていても 良 いのかという 自 粛 ムード もありました しかし 被 災 地 の 苦 悩 を 忘 れず あまり 華 美 にならない 程 度 で 活 動 をすることが かえって 被 災 地 の 励 ましになるとの 本 部 判 断 もあ り 活 動 を 継 続 しました 23 年 度 の 支 部 活 動 も 計 画 通 りに 進 めてきまし たが 登 山 活 動 は 15 回 になりました 毎 月 1 回 以 上 の 活 動 になりますが 特 に 登 山 教 室 登 山 研

2 修 会 については 合 わせて 6 回 支 部 員 外 の 参 加 も 募 りましたので 参 加 者 がバスの 定 員 を 超 え お 断 りしなければならないこともありました 又 研 修 会 では これまでに 実 施 したことがなかった 沢 登 り( 遡 行 )や 雪 山 登 山 も 取 り 入 れ 登 山 体 験 の 幅 を 広 げました 参 加 者 には 初 めての 経 験 の 人 が 多 く 参 加 しての 満 足 感 は 大 きかったようです 往 復 のバスの 中 では 講 話 も 行 い 登 山 中 は 登 山 の 技 術 知 識 判 断 力 の 訓 練 など 現 在 の 登 山 ブーム の 中 で 見 過 ごされている 安 全 登 山 のノウハウを 指 導 しながら 遭 難 防 止 を 目 指 す 取 り 組 みを 進 めま した 又 森 林 保 全 巡 視 登 山 も 2 回 実 施 しました こ れまでは 森 林 の 見 回 り ゴミ 拾 い 位 でしたが 今 年 の 1 回 目 は 吉 次 峠 から 三 の 岳 までの 登 山 道 の 整 備 をしました 藪 倒 木 類 が 大 量 に 放 置 された ままで 通 行 不 能 になっていたルートを 切 り 分 けて 復 元 しました もう 一 つは 阿 蘇 高 岳 月 見 小 屋 前 の 水 場 が 砂 で 埋 ってがいましたが 砂 を 取 り 除 き 使 えるようにしました 山 はただ 登 るだけでなく 私 たち 地 元 の 山 ならそんな 作 業 も 惜 しんではなり ません よい 企 画 で 緊 急 時 には 貴 重 な 水 が 補 給 で きるはずです 6 月 4,5 日 には 61 名 の 参 加 を 得 て 九 州 5 支 部 集 会 を 阿 蘇 で 行 いました 今 回 は 熊 本 支 部 が 担 当 しましたが 現 在 日 本 山 岳 会 で 取 り 組 んで いる 日 本 山 岳 会 の 再 生 と 復 権 それを 実 現 する ための 4 つのプロジェクトを 今 何 故 取 り 組 まなけ ればならないのか 考 えましたが なかなか 大 き な 問 題 で 結 論 は 見 いだせませんでした 9 月 には 一 昨 年 祖 母 山 で 遭 難 された 県 庁 職 員 の 捜 索 を 山 岳 連 盟 と 合 同 で 行 いましたが 何 の 手 掛 かりもなく 終 わりました 現 場 は 厳 しい 地 形 で 2 次 遭 難 も 考 えられるような 難 所 遭 難 だけは 決 し て 起 こしてはならないことを 強 く 肝 に 銘 じました 支 部 から 8 名 参 加 協 力 事 業 として 9 月 の 九 州 脊 梁 トレイルラン 11 月 には 金 峰 3 山 マラソン 大 会 に 参 加 し 選 手 の 飽 く 無 き 根 性 パワーに 圧 倒 されました 極 限 へ の 挑 戦 者 は 輝 いて 美 しいです 今 年 も 又 加 藤 功 一 さん 明 さん 石 井 さん 木 曽 さんの 4 人 がヒマラヤトレッキングに 出 掛 け ました ヒマラヤを 見 ずして 山 を 語 るなかれ とも 言 いますが 自 分 の 足 でヒマラヤの 大 地 を 踏 みしめながら 果 てしなく 続 く 峻 険 な 巨 峰 広 大 無 辺 の 地 でヒマラヤのシャンペンシャワーを 浴 び ると もうそこから 離 れなくなるのでしょうか 今 回 は 木 曽 さんが 自 分 の 高 山 病 について 詳 しく 公 表 してくれて これから 海 外 を 目 指 す 人 にとっ てはとても 参 考 になりました 又 安 場 さんも ヒマラヤ キリマンジャロに 遠 征 しました これらの 写 真 展 海 外 登 山 報 告 会 も 実 施 し 来 場 者 に 新 たな 夢 とロマンを 与 えました 以 上 が 本 会 の 1 年 の 活 動 概 要 ですが 支 部 員 皆 さまのご 協 力 によりここまで 出 来 ました 支 部 委 員 会 では 毎 月 委 員 会 を 開 き 事 業 担 当 者 は 何 回 も 下 見 に 行 き 原 案 を 作 り 委 員 会 で 検 討 を 重 ね 安 全 登 山 のために 努 めています 来 年 度 からは 社 会 貢 献 的 な 事 業 も 行 うことで 準 備 を 進 めています 多 くの 会 員 の 皆 様 のご 協 力 を 得 て 必 ず 成 功 させたい 事 業 です よろしくお 願 いします 平 成 24 年 度 支 部 総 会 1. 期 日 平 成 24 年 4 月 15 日 ( 日 ) 午 前 11 時 ~14 時 2. 会 場 交 通 センタ-ホテル 会 議 室 3. 議 題 1 23 年 度 事 業 報 告 2 平 成 23 年 度 会 計 報 告 3 会 計 監 査 報 告 4 新 社 団 法 人 に 伴 う 規 約 改 定 5 平 成 24 年 度 事 業 計 画 6 平 成 24 年 度 予 算 7 平 成 24 年 度 役 員 選 出 8 その 他 4. 総 会 終 了 後 懇 親 会

3 北 田 正 三 初 代 支 部 長 入 魂 のピッケル 熊 本 支 部 のシンボルに 支 部 長 工 藤 文 昭 或 人 の 熱 情 は 黄 金 であらう 又 或 人 の 熱 情 は 地 位 や 名 誉 や 愛 欲 で あるかもしれぬ 然 し 私 の 熱 情 は 山 である 北 田 正 三 著 九 州 の 山 序 文 より 日 本 山 岳 会 熊 本 支 部 の 創 立 者 であり 初 代 会 長 の 北 田 正 三 先 生 が 自 分 の 庭 のように 愛 し 知 り 尽 くされていた 阿 蘇 高 岳 の 鷲 ケ 峰 から 竜 尾 根 を 下 山 中 松 ケ 尾 谷 源 頭 に 墜 死 されたのは 昭 和 33 年 7 月 27 日 のことでした 若 い 頃 から 山 一 筋 に 国 内 の 山 は 勿 論 海 外 の 山 まで 登 りまくられ 生 涯 身 中 には いつも 青 年 のような 精 神 と 意 気 が 漲 っておられま した 各 地 で 登 山 の 才 識 を 発 揮 されていた 先 生 も 晩 年 は 故 郷 の 阿 蘇 宮 地 に 還 られ 故 郷 の 山 心 の 山 である 阿 蘇 に 没 入 される 日 々を 送 られていたよ うです 当 時 まだ 誰 も 登 れなかった 根 子 岳 の 完 全 縦 走 や 高 岳 北 尾 根 を 初 登 攀 されたのも 北 田 先 生 でした 阿 蘇 に 登 る 岳 人 の 指 導 遭 難 防 止 の 見 回 り 救 助 に は 寧 日 はなく 遭 難 の 当 日 まで 続 いて いました 北 田 先 生 が 自 分 で 開 拓 された 岩 稜 での 遭 難 には 一 人 の 人 間 の 美 しい 終 焉 を 見 る 思 いがし ます 阿 蘇 山 の 父 親 父 と 多 くの 岳 人 に 敬 愛 された 北 田 先 生 の 救 助 には 九 州 各 県 から 36 団 体 154 名 が 駆 けつけ 遺 体 収 容 を 行 いました 8 月 10 日 に 行 われた 熊 本 岳 連 葬 には 桜 井 熊 本 県 知 事 をはじめ 日 本 山 岳 会 長 全 日 本 山 岳 連 盟 会 長 県 内 外 の 岳 人 500 名 を 越 える 参 列 者 が 北 田 先 生 の 山 岳 界 に 残 されたご 功 績 を 讃 え 故 人 を 偲 び ました 北 田 先 生 は 山 登 りに 必 ずピッケルを 持 参 され 岩 場 でもアイゼンを 愛 用 されていたようです 遭 難 時 にも 持 参 されていましたが 墜 落 途 中 で 飛 ばさ れて 回 収 できていませんでした 葬 儀 の 翌 日 に 本 会 員 の 永 谷 誠 一 氏 のパーチィーが 発 見 して 遺 族 に 届 けてありました 昨 年 12 月 になり そのピッケルがどのような 経 緯 で 前 鶴 屋 デパートの 中 尾 保 徳 社 長 に 預 けられ たのかは 不 明 ですが 中 尾 様 から 熊 本 RCCの 中 島 様 に 預 けられ どのように 処 理 したらいいか との 相 談 がありましたが 遺 族 にお 返 しすべきと 伝 えておきました 2 月 になり 中 尾 様 も 遺 族 の 方 も 自 分 がつくった 支 部 に 預 けて 役 立 ててほしい との 話 があり 2 月 下 旬 に 受 け 取 って 事 務 局 に 保 管 しています 北 田 初 代 会 長 が 真 に 山 に 生 き 山 に 帰 られた 山 一 筋 の 一 生 を 通 されました 私 た ちも このピッケルに 込 められた 先 生 の 魂 に 習 い 山 を 知 り 山 から 学 び 山 を 愛 しながら 山 登 りを 続 け 支 部 の 活 性 化 と 会 員 皆 様 のご 健 康 を 人 として の 連 携 を 深 めていきましょう その 為 に この 貴 重 なピッケルは 支 部 のシンボルとして 大 切 にお 預 かりします 北 田 正 三 先 生 の 略 歴 明 治 26 年 に 阿 蘇 郡 一 の 宮 町 の 酒 造 家 の 12 人 兄 弟 の 末 っ 子 として 生 を 受 ける 中 学 卒 業 後 は 関 西 学 院 大 学 神 学 科 に 進 学 卒 業 後 アメリカに 留 学 南 北 アメリカ カナダの 山 を 精 力 的 に 踏 破 される 主 な 記 録 として 大 正 15 年 台 湾 の 新 高 山 (3997m) 登 頂 同 年 日 本 山 岳 会 入 会 ( 会 員 番 号 981 番 ) 昭 和 3 年 初 の 根 子 岳 完 全 縦 走 昭 和 3 年 には カナダ 山 岳 会 主 催 毎 日 報 知 新 聞 社 後 援 のカナヂィア ン ロッキーに 遠 征 無 名 峰 を 登 頂 し マウント カンプ 峰 (3515m と 命 名 そのまま 当 地 に 留 まりレ ーニア 山 やベーカー 山 にも 登 頂 カナダ 山 岳 会 名 誉 会 員 となる 昭 和 4 年 高 岳 北 尾 根 虎 ヶ 峰 鷲 ヶ 峰 天 狗 の 舞 台 の 初 完 登 成 功 その 他 台 湾 満 州 チベットでの 登 山 活 動 もあった 模 様 です 昭 和 27 年 度 からは 熊 本 県 山 岳 連 盟 会 長 に 就 任 昭 和 31 年 頃 から 北 田 先 生 を 中 心 に 日 本 山 岳 会 熊 本 支 部 設 立 の 準 備 は 進 め られ 翌 32 年 7 月 13 日 に 13 人 の 発 起 人 で 熊 本 支 部 を 設 立 今 年 で 支 部 設 立 後 55 年 を 迎 えましたが 設 立 メ ンバーの 中 で 今 も 支 部 会 員 として 残 って おられるのは 菅 隆 雄 様 1 名 となりました 北 田 先 生 享 年 65 歳 出 版 書 籍 多 数

4 2011 ランタントレッキング 報 告 書 1. 期 間 平 成 23 年 9 月 18~11 月 5 日 (51 日 間 ) (1)ドルポ: 9 月 22 日 ~10 月 19 日 (2)ランタン:10 月 21 日 ~11 月 2 日 2.メンバー 加 藤 功 一 ( 総 括 渉 外 ) 熊 本 市 植 木 町 一 木 石 井 文 雄 ( 食 糧 会 計 ) 山 鹿 市 鹿 本 町 来 民 加 藤 明 ( 医 療 保 険 ) 阿 蘇 市 一 宮 町 宮 地 木 曽 萬 喜 治 ( 装 備 記 録 ) 熊 本 市 蓮 台 寺 ランタン 谷 を 往 く 1. 隊 の 編 成 加 藤 明 ( 隊 長 ) 加 藤 功 一 石 井 文 雄 木 曽 萬 喜 治 ガイド アンタレ アシスタントガイド:ランジェット コック :デイケ キッチンスタッフ:7 名 ポーター :6 名 総 勢 :20 名 2. 記 録 10 月 21 日 天 候 : 曇 り カトマンズ~シャ ブ ルベンシィ(1460m) 7 時 半 にアンタレ スタッフがホテルへ 迎 え にきてくれ 車 はバスである バスがホテルの 前 まで 来 れないため 朝 モヤの 中 バスを 止 めて ある 所 まで 荷 物 を 担 いで 歩 く カトマンズの 街 からポカラへ 向 かう 国 道 を 通 るが 交 通 量 が 多 く 工 事 中 のため 渋 滞 しており 予 想 以 上 に 時 間 がか かる 途 中 からランタン 方 面 に 向 かう 国 道 に 入 った トリスリ バザールで 昼 食 を 済 ませ 街 を 過 ぎるころから 道 は 舗 装 もなく 狭 い 山 道 とな り 想 像 以 上 にバスの 揺 れが 激 しく 椅 子 から 落 ちそうになるくらいだ 山 間 部 の 中 腹 に 道 が 通 っているため 片 側 は 絶 壁 で 狭 く すれ 違 える 箇 所 は 少 ないし 最 近 の 雨 の 影 響 か 土 砂 崩 れの 跡 が 見 られあちらこ ちらで 工 事 用 の 車 両 が 補 修 していた 時 間 がかかりバスが 行 ける 最 後 の 街 シャブ ルベンシィに16 時 30 分 に 到 着 これでバス に 乗 らなくて 済 むと 思 うと 安 堵 感 と 安 心 感 がで るくらいに 厳 しい 道 だった テントは 村 の 中 心 から 少 し 離 れた 川 沿 いの 広 い 敷 地 でその 一 角 に テントを 設 営 した 今 回 のトレキングメンバー はポーター6 名 キッチンスタッフ7 名 ガイ ド1 名 (アンタレ)と 高 山 病 の 影 響 を 考 慮 し 木 曽 の 荷 物 を 担 ぐスタッフ1 名 (ランジェット) 隊 員 4 名 総 勢 20 名 編 成 である 10 月 22 日 天 候 : 曇 り シャブルベンシィ~ ラマホテル(2480m) 今 日 からランタン 谷 に 入 る 吊 り 橋 を 渡 り 少 し 登 り 切 ると 桜 やシャクナゲの 花 木 が 見 え 始 め1 0m 以 上 の 針 葉 樹 や 照 葉 樹 が 続 く 樹 林 帯 の 中 を 歩 く 20 名 が 一 斉 に 歩 くことでなく 食 事 が 終 われ ば 我 々4 名 とアンタレ ランジットがまず 出 発 そのあとポーターがテント 等 を 梱 包 (30kg/ 人 )し 歩 き 出 す キッチンスタッフは 食 事 後 の 跡 かたずと ラ 食 器 洗 いなどし 歩 き 出 すが 約 40 分 前 に 出 発 した 我 々に 追 いつき そのまま 次 の 目 的 地 に 向 けて 歩 く 様 は 早 く 見 事 である 11 時 にパリオに 到 着 ここは 川 沿 いの 狭 い 場 所 にあるロッジで 昼 食 をとる 急 な 登 りが 延 々と 続 き 景 色 の 良 い 場 所 風 の 通 りが 良 い 場 所 を 選 び 休 憩 と 歩 きを 交 えながら 進 む 17 時 ラマホ テルに 到 着 ここは 谷 間 にあり 陽 射 しもなく17 時 過 ぎには 薄 暗 くなる 沢 音 に 負 けじと 鳴 く 虫 の 秋 10 月 23 日 天 候 : 晴 れラマホテル~ランタン (3380m) 5 時 30 分 起 床 外 は 良 く 晴 れていて 星 が 近 くに 見 える 気 温 は 低 く 冬 用 のジャケットを 着 て 丁 度 良 い 7 時 5 分 ラマホテルを 出 発 樹 林 帯 の 道 を 歩 き 始 めてしばらくすると 正 面 にランタ ンⅡ(6561m)が 直 近 に 見 えてくる

5 相 変 わらず 登 りが 続 いていたが 途 中 から 樹 林 帯 を 抜 け 低 木 が 増 えてくる 何 軒 かのロッジの 前 を 通 り 過 ぎるが 店 の 人 達 はトレッカーが 多 く 大 変 忙 しいそうである 15 時 05 分 ランタンに 到 着 ここから 白 く 輝 くランタンリルンの 主 峰 (7227m)が 良 く 見 える ロッジの 広 場 にテントを 設 営 ランタンの 山 影 に 咲 く 黄 釣 舟 草 10 月 24 日 天 候 : 晴 れ ランタン~ギャンジ ンゴンパ(3870m) 正 面 にガンチェンボを 見 ながら 平 坦 な 道 を 行 く とチベット 人 の 集 落 ムンドウを 通 る ロッジも 数 件 ある リルン 氷 河 から 流 れる 水 量 は 多 く 右 に 見 ながらしばらく 行 くとヤンプーの 村 がある リルン 氷 河 を 渡 り 高 台 を 登 り 切 ると 眼 下 にギャンジンゴンバの 村 が 一 望 できる ロッジの 数 も 多 くランタンより 大 きな 村 だ ここは 最 後 の 村 でロッジも 多 く 大 きな 敷 地 はヤクや 馬 が 多 く 放 牧 されている 紅 葉 の 木 の 間 がくれやランタン 峰 10 月 25 日 天 候 : 晴 れ ギャンジンゴンバ 昨 夜 は 星 空 を 写 真 撮 影 したため 遅 くなり 起 床 は 8 時 となる 朝 早 く 写 真 撮 影 に 出 掛 ける 加 藤 ( 功 ) 散 歩 する 石 井 やゆっくり 寝 坊 する 加 藤 隊 長 など 今 朝 の 様 相 はまちまちである 10 時 遅 い 朝 食 兼 昼 食 をとる 皆 で 近 くにあ るチーズ 工 房 (ヤクの 牛 乳 )に 出 かけ 場 内 を 見 学 その 後 地 域 内 のチベット 仏 教 が 信 仰 できる 場 所 としてゴンパがあり 寺 院 の 中 を 見 せて 頂 く 今 日 は 休 養 日 のため 洗 濯 したり 土 産 品 店 を 覗 いたり 散 歩 したりとゆったり 過 ごす ランタンの 霧 の 中 よりヤクの 声 10 月 26 日 天 候 : 晴 れ ギャンジンゴンパ~ランタンリルンBC ギャンジンゴンパ~ギャンジンRi(4550m) 今 日 はランタンリルンBCまでいく 組 ( 加 藤 木 曽 スタッフ2 名 )とテント 場 のすぐ 真 上 に 見 えるギャンジンRi(4984m)に 登 る 組 ( 石 井 加 藤 明 隊 長 アンタレ)に 分 かれて 挑 む BC 組 4 名 は 昨 日 行 ったゴンパの 中 を 進 み 細 い 道 を 進 むが 行 けども 行 けどもBCとは 違 う 方 角 に 進 んでいる 様 だ どうやら ヤク 道 らしく ル ート 変 更 をしたがそこから 大 変 な 重 労 働 で 藪 こぎ をしながら 進 む 途 中 川 があり 水 量 も 多 く 渡 る 場 所 を 探 すがなかなか 無 く おまけに 両 岸 の 石 が 凍 っていて 滑 り 易 く やっとの 思 いで 探 し 渡 る ことができた 藪 こぎの 中 木 の 根 っこに 足 を 取 られ 右 足 のふくらはぎ を 痛 め 歩 くのもやっ とで 足 を 引 き 摺 りながら 歩 くことになった しば らくすると 広 い 大 地 に 出 た そこはヤクがおり のんびりした 所 でカルカも 見 られ 上 部 にはキムジ ュン(6781m)からの 白 く 輝 き 流 れ 落 ちる 氷 河 が 近 くに 見 える ランタンリルンBCに 間 違 い なさそうである BCからランタンリルン 氷 河 を 見 に 行 くことに した 小 高 くなったモレーンに 登 るとそこからは 全 体 の 氷 河 が 見 え ギャジンコンパの 直 ぐ 上 には 氷 河 湖 が 青 白 く 光 っていた ギャジンコンパへと 下 山 することになり しば らく 藪 こぎをしながら 歩 く 少 し 歩 くと 広 く なだらかな 台 地 が 見 られ またヤク 道 を 進 むと 道 らしい 道 にでた 後 は 下 り 坂 だけであったが 痛 めた 足 を 引 き 摺 りながらやっとの 思 いでテント 場 に 到 着 (14 時 15 分 ) 明 日 はどうにかなるだろ うとテーピングし 一 時 しのぎとする 石 井 加 藤 明 隊 長 組 は1 時 間 程 前 に 到 着 し のんびりくつ ろいでいる 15 時 のお 茶 の 時 間 は 蒸 かしたジャ ガイモで 美 味 しくいただく 今 日 は 寒 く 夕 方 ごろから 小 雪 が 舞 う 10 月 27 日 天 候 : 晴 れ ギャジンコンパ~ ランシサカルカ(4080m) 天 気 は 良 いのだがとても 寒 い 吐 く 息 は 白 く 輝 いている 7 時 10 分 ラジオ 体 操 を 終 え 出 発 ランタンコーラ 沿 いに 進 むと 広 く 遠 くまで 白 く 光 る 大 地 が 続 く 両 側 の 山 からの 土 砂 が 川 に 流 されてできた 広 大 な 可 原 である 幅 広 い 川 原 の 中 に 水 が 流 れている 箇 所 があり ここも 両 側 が 凍 っ て いて 簡 単 には 渡 れない 幅 の 狭 い 箇 所 を 探 し 石 で 氷 を 叩 きポーターやキッチンスタッフがやっ と 通 れる 道 ができた 広 い 河 原 を 過 ぎると 平 坦 で 水 がある 沼 地 を40 分 程 で 遠 くに 今 日 宿 泊 する ランシサカルカが 見 えてきた ここは 平 坦 で 広 く カルカがあり 石 積 みの 陰 にテントを 設 営 夏 の 間 はヤクの 飼 い 主 がここで 生 活 していた 様 で 今 は 無 人 で 静 かである ただ 川 の 直 ぐ 横 であるため 水 流 の 音 が 騒 々しい 10 月 28 日 天 候 : 晴 れランシサカルカ~モリモトBC 朝 から 冷 え 込 みが 厳 しく 特 に 太 陽 の 陽 射 が 当 たるまでは 冬 支 度 でも 寒 く 感 じられる 今 日 は 加 藤 石 井 隊 員 アンタレ スタッフの4 名 でモ

6 リモトBCまで 行 くことになった 加 藤 明 隊 長 木 曽 ランジット スタッフの4 名 は 行 ける 所 までとし30 分 程 遅 れて 出 発 する 40 分 程 歩 くと 加 藤 明 隊 長 スタッフの 調 子 が 悪 く テント 場 に 引 き 返 すこととなり 木 曽 ラン ゼランカシサカルカット2 名 でモリモトBCに 行 くことにする ヤクが 通 った 道 しかなく 途 中 からわからくなり 数 キロ 先 に 加 藤 達 が 見 えその 方 角 を 目 指 して 歩 く やがて 藪 こぎ が 始 まる 巨 石 群 も 広 く 藪 は 棘 だらけで 途 中 3か 所 渡 渉 する 必 要 があり おまけに 両 岸 は 凍 っていて そ う 簡 単 に 渡 れる 箇 所 も 無 く ランゼッェトが 最 後 の 渡 渉 で 滑 り ずぶ 濡 れの 状 態 になるなどやっと の 思 いで 厳 しい 箇 所 を 抜 けることが 出 来 た 途 中 から 少 し 広 い 場 所 にでて 川 に 沿 って 上 流 に 向 かう 両 岸 の 奥 まった 所 から 小 高 い 丘 に 登 ると はるか 遠 くにモレーンが 見 え せめて そこまで 行 こうと 思 い 歩 いていると 加 藤 達 が 帰 って 来 る のが 見 えた 約 4400m 地 点 で 合 流 し 今 日 の 目 的 であるモリモト BC 近 くまで 行 くことは 出 来 たので そこから 引 き 返 すことにした 午 後 から 天 候 も 良 く 日 差 しを 浴 びながら15 時 25 分 テント 場 に 到 着 夕 方 ランシサリーか ら 雪 崩 が 発 生 大 きな 音 で 気 がついたが 流 れる 距 離 も 長 くカメラを 探 しだし 写 真 を 撮 る 時 間 もあ る 大 きな 雪 崩 だった 10 月 29 日 天 候 : 晴 れ ランシサカルカ~ランタン 今 日 からカトマンズに 帰 る 工 程 で 途 中 のギャン ジンゴンパは 泊 まらず 一 気 にランタンまで 降 りる ため7 時 20 分 に 出 発 途 中 カルカのある 場 所 で 昼 食 弁 当 ではなくキッチンスタッフが 手 作 りの 食 事 だ 景 色 も 良 く 日 光 を 浴 びて 屋 外 で 食 べる 食 事 は 絶 品 で 最 高 の 御 馳 走 である 登 りではあまり 気 が 付 かなかった 道 が 下 りでは 凄 く 急 な 場 面 も 多 く 良 くこんな 所 を 登 ってきたと 感 心 させられる 16 時 45 ランタン 到 着 振 り 向 けばランタン 峰 の 草 紅 葉 10 月 30 日 天 候 : 晴 れランタン~ラマホテル 順 調 に 下 山 12 時 リバーサイドホテルで 昼 食 ここでもキッチンスタッフによる 昼 食 疲 れてい るが 食 が 進 む 14 時 20 分 ラマホテルに 到 着 今 日 の 泊 まる 場 所 は 行 く 時 と 違 ったホテルの 中 庭 でトイレの 近 くであまりテント 場 として 条 件 は 良 くない 10 月 31 日 天 候 : 曇 りラマホテル~シャブルベンシィ 起 きると 晴 れなのか 曇 りなのか 良 く 分 からない 7 時 20 分 出 発 長 い 下 りの 始 まりだ ランタ ンコーラ 沿 いに 降 りて 行 く 途 中 から 小 雨 がパラ つくが どうにか 今 日 一 杯 は 持 ちそうである 11 時 20 分 パイロに 到 着 ここで 昼 食 樹 林 帯 を 通 るが 危 険 な 個 所 も 少 なく 順 調 に 進 ん で 行 く ただ 木 曽 は 最 終 日 であるシャブルベンシ ペンタンカルポリの 夕 焼 け ィの 手 前 で 疲 れが 出 ていたが 夕 食 時 は 良 くな った 山 旅 の 月 日 を 惜 しみ 秋 惜 しむ 11 月 1 日 天 候 : 曇 りシャブルベンシィ~カトマンズ バスが 遅 れて 到 着 ( 前 日 道 路 整 備 の 影 響 で 通 行 止 め) 来 る 途 中 と 道 路 事 情 は 変 わらず バス に 揺 られながら 時 間 を 潰 す 途 中 の 村 々でポータ ーが 自 宅 に 帰 るため バスは 止 まり ここでお 別 れとなる 17 時 カトマンズに 到 着 アンタ レの 会 社 (サクラ ラリグラストレック)を 訪 問 こ 綺 麗 な 会 社 でスタッフも5 名 でやっている 様 だ ホテル(シャングリア ロッジ)は 街 の 中 心 部 に あり 宿 泊 料 金 も 安 い 11 月 2 日 天 候 : 曇 り カトマンズ 一 日 中 後 整 理 で 過 ごす 土 産 品 の 調 達 など 11 月 3 日 天 候 : 曇 り カトマンズ 今 日 も 後 整 理 に 追 われる 午 後 から 別 ホテル に 移 動 するため 整 理 コスモトレキングに 挨 拶 に 行 く 加 藤 ( 功 )は 荷 物 の 整 理 でアンタレの 会 社 (サクラ ラリグラストレック)へ 行 く 11 月 4 日 天 候 : 曇 り カトマンズ~インチョン 空 港 今 日 の 午 後 の 便 でインチョン 空 港 に 向 け 出 発 するためホテルにランジット アンタレ 等 が 迎 え に 来 てくれた ホテルで 御 主 人 とアンタレ 達 に 見 送 られ 空 港 に 向 かった 飛 行 機 は45 分 遅 れて 出 発 同 日 午 前 2 時 過 ぎにインチョン 空 港 に 到 着 11 月 5 日 天 候 : 曇 り インチョン 空 港 ロビーで 寝 たため 早 朝 から 乗 客 の 声 等 で 起 こさ れる 睡 眠 不 足 である 8 時 5 分 福 岡 空 港 に 向 け 出 発 ほぼ 定 刻 に 到 着 入 管 手 続 き 等 で 時 間 がかかり10 時 2 分 のバス 熊 本 に 向 かう 途 中 植 木 インタで 加 藤 ( 功 ) 石 井 は 下 車 ( 加 藤 の 奥 さんが 迎 えに 来 ておられた) 加 藤 ( 明 ) 木 曽 は 終 点 の 交 通 センタまで 行 く これで51 日 間 のドルポ ランタントレッキング は 終 了 したが3 名 ( 加 藤 石 井 加 藤 明 )は 体 調 も 崩 さず また 1 名 ( 木 曽 )の 高 山 病 も 大 し たこともなく 帰 国 することができた 俳 句 : 加 藤 功 一 木 曽 萬 喜 治 ( 記 )

7 キリマンジャロ 登 山 記 会 友 宮 崎 静 夫 1 月 25 日 午 後 熊 本 を 出 発 雪 が 舞 う 寒 い 日 だっ た 総 勢 6 名 で 福 岡 空 港 から 大 阪 伊 丹 空 港 を 経 由 して 関 空 へ 関 空 を 午 後 11 時 40 分 発 のエミレー ツ 航 空 で UAE(アラブ 首 長 国 連 邦 )のドバイへ ド バイで 5 時 間 の 乗 り 継 ぎ 待 ち 後 ケニヤ ナイロビ へナイロビには 26 日 午 後 3 時 頃 到 着 初 めてのア フリカの 大 地 空 港 からホテルへの 道 は 舗 装 はさ れていたが 大 変 埃 っぽい それがアフリカの 第 一 印 象 だった 第 二 は 赤 道 直 下 の 割 には 涼 しか った エアコンの 無 い 車 は 大 変 暑 いだろうと 思 っ ていたが 乾 季 のこの 時 期 空 気 が 乾 燥 していて 日 陰 はひじょうに 涼 しい ナイロビの 標 高 は170 0mぐらいだそうである 27 日 朝 ナイロビのホテルを 出 発 しアフリカの 大 地 をトヨタのランドクルーザーを 改 造 し 9 人 乗 りに したサファリカーでドライブ 途 中 の 道 でキリン や 日 本 では 動 物 園 でしか 見 ることができない 動 物 が 草 原 を 歩 き 回 っている 光 景 に 遭 遇 (どこでもア フリカンサファリ) 3 時 間 ぐらいでアンセボリ 国 立 公 園 の 近 くのマサイ 族 の 村 に 着 いた テレビで よく 放 映 され 皆 さんよくご 存 じの 例 のジャンプす るダンスや 歌 で 歓 迎 を 受 ける それから 彼 らのこ こでの 暮 らしぶりの 説 明 を 聞 いた 後 帰 りに 安 物 の 民 芸 品 を 高 値 で 買 わされた 寄 付 のつもりで 買 ってやった ああいう 人 を 見 るとついつい 日 本 人 の 優 しさ? 人 の 良 さ? ノー と 言 えない 日 本 人 の 性 格 が 出 てしまう 皆 さんもたくさん 寄 付 され ていた 近 くのレストランで 昼 食 後 ケニヤ タン ザニア 国 境 を 歩 いて 越 えた ケニヤ 側 で 出 国 審 査 を 受 け 歩 いて 国 境 のゲートを 通 過 しタンザニア 側 で 入 国 審 査 を 受 けタンザニアに 入 った そこから キリマンジャロ 登 山 口 のあるマラング 村 のまで 2 時 間 ぐらい 走 り 午 後 3 時 頃 登 山 口 の 近 くのホテル に 着 いた ここで 明 日 からの 登 山 に 備 え 荷 物 を 自 分 で 持 つ 物 ポーターに 預 ける 物 ホテルに 残 す 物 に 仕 分 けする 28 日 ホテルを 出 発 しマラングゲート(1800m) で 手 続 き 後 いよいよ 登 山 開 始 行 動 予 定 時 間 4 時 間 半 を 大 幅 に 越 えてマンダラハット(2700m) に 到 着 夜 雨 が 降 ったが 朝 は 快 晴 29 日 マンダラハットからホロンボハット(370 0m)へ ここも 標 準 歩 行 時 間 5 時 間 を 大 きく 越 えて 到 着 とにかくポレポレ(ゆっくり ゆっく り)だった ここで 少 し 頭 痛 がしたので 用 心 のた め 夕 食 後 ダイアモックスを 半 錠 飲 んだ これ 以 降 朝 昼 晩 ダイアモックスを 半 錠 ずつ 飲 んだが 副 作 用 の 小 便 も 普 段 と 何 も 変 化 は 無 かったし 顕 著 な 高 山 病 らしき 症 状 も 下 山 するまで 無 かった 薬 が 良 く 効 いてくれたと 思 う 大 変 助 かった 30 日 ホロンボハットでの 高 度 順 応 日 ゼブラロッ ク(4100m)までトレッキング 31 日 ホロンボハット キボハット(4700m) 私 自 身 4100m 以 上 は 未 知 の 世 界 でありキボハ ットが1kmぐらい 先 に 見 えてから なかなか 小 屋 に 着 かず 1 歩 1 歩 の 足 取 りが 重 たく 息 苦 しい やっとの 思 いで 小 屋 に 到 着 今 夜 からのアタック が 思 いやられる 31 日 夜 夕 食 後 仮 眠 午 後 10 時 起 床 11 時 いよ いよアタック 開 始 真 っ 暗 な 中 1 歩 進 んだら 半 歩 下 がるようなザレ 場 の 急 登 をヘッドランプの 明 か りを 頼 りにゼエゼエ ハアハア 息 を 切 らして1 歩 1 歩 ゆっくり ゆっくり 登 る 途 中 座 り 込 んでい る 人 やおう 吐 している 人 が 増 えだした 歩 いてい る 時 は 暑 く 風 が 吹 いたり 止 まったりすると 急 に 寒 くなる ギルマンズポイント 直 下 の 岩 場 で 上 を 見 上 げると 自 分 の 真 上 に 先 に 行 く 人 のヘッド ランプの 明 かりが 見 える あんな 所 まで 上 がるの かと 思 うと 気 持 が 萎 えてくる 2 回 見 上 げたが3 回 目 以 降 は 上 を 見 ないようにした うつろな 気 分 でガイドの 後 を 必 死 で 付 いて 行 った 急 に 目 の 前 の 視 界 が 開 けたと 思 ったらギルマンズポイント (5682m)の 看 板 が 目 の 前 にあった 嬉 しか った 自 分 でもギルマンズポイントまで 登 れた という 安 堵 感 でホットした ホットしたのも 束 の 間 ガイドが ウフルピークに 行 くか ときいてきた もちろん と 答 えたら 行 動 食 や 水 を 取 る 暇 もなく せき 立 てられるように してウフルピークに 向 け 出 発 した その 頃 には 空 もしらじらしてきてヘッドランプはリュックにし まった ギルマンズポイントからウフルピークま では 比 較 的 楽 に 行 けた 後 で 気 付 いた 事 だが ギ ルマンズポイントまで 登 れたという 自 信 から 来 る 気 持 の 余 裕 とゆるやかな 傾 斜 のせいではなかった かと 思 う この 日 も 天 気 が 良 く 雲 ひとつ 無 い 快 晴 遠 くにウフルピークの 看 板 が 見 える まだひと 山 ある まだあそこまで 行 かなくてはならないのか と 思 うと 一 端 勇 んだ 気 持 ちが 萎 えそうになる 気 力 を 振 り 絞 ってガイドに 付 いて 行 く 2 月 1 日 ウフルピーク(5895m) 到 着 時 計

8 を 見 たらちょうど7 時 ここまで8 時 間 かかった あまり 感 動 は 無 い 感 動 が 無 いというより 感 動 す る 気 持 ちの 余 裕 が 無 いと 言 った 方 が 正 しいかもし れない ここでもガイドにせかされ そそくさと 写 真 を 撮 りすぐ 下 山 する 下 山 スピードはとても 速 い そこらへんの 山 を 降 りる 様 なスピードで 雪 渓 部 や 岩 場 ザレ 場 を 下 る ザレ 場 の 途 中 燃 料 切 れで 体 が 動 かなくなった ゼリー 状 のエネルギ ー 補 給 剤 でなんとかキボハットまで 下 山 ここま で 降 りたら 生 きて 帰 れるとホットした がまった く 食 欲 が 無 い( 高 山 病 か?) 日 本 から 持 ってきた チキンラーメンをなんとか 流 し 込 み 今 夜 の 宿 泊 地 ホロンボハットまであと1000m 下 らなくては ならない ホロンボハット 着 夕 食 時 も 食 欲 が 無 い チキンラーメンとフルーツを 食 べ 寝 る 2 月 2 日 ホロンボハットからマラングゲートまで 1900m 下 る マラングゲートで 登 頂 証 明 をも らい 来 た 時 と 逆 のコースでタンザニア ケニア 国 境 を 越 えアンセボリ 国 立 公 園 のホテル 着 (テン ト 張 りのコテージで 中 の 設 備 は 整 っており 大 変 き れい 外 観 からは 想 像 できなかった) 夕 食 は 吹 き 抜 けの 食 堂 でビッフェスタイル とてもおいしか った 2 月 3 日 同 じ 食 堂 で 朝 食 を 取 ったが 野 鳥 がたくさ んいてテーブルの 残 り 物 を 食 べている ウエータ ー 達 はほとんど 気 にしていない 我 々は 野 鳥 に 食 事 をつつかれないように 交 代 で 食 事 を 取 りに 行 っ た 朝 食 後 アンセボリ 国 立 公 園 でアフリカンサファリ 目 の 前 で 見 る 像 の 大 群 やライオンは 迫 力 があった 昼 食 も 同 じホテルで 食 べナイロビに 向 かう 今 回 たくさん 有 る 自 分 の 夢 の 一 つキリマンジャロ 登 頂 を 叶 えることができラッキーだった また 初 めてのアフリカ 大 陸 を 車 で 移 動 した 事 によりアフ リカの 大 都 会 ナイロビの 人 々の 暮 らしぶりの 一 部 ケニヤ タンザニアの 庶 民 の 生 活 の 一 部 を 垣 間 見 ることができ 良 い 経 験 になった( 百 聞 は 一 見 にし かず) またマサイ 族 の 暮 らしぶりや 大 自 然 の 動 物 の 現 実 も 垣 間 見 ることができ 盛 りだくさんの 旅 で あった 皆 さんもチャレンジしてみてはいかがで しょうか

9 2011 年 12 月 キリマンジャロ 登 山 報 告 安 場 俊 郎 ビキナーが 登 れる 最 も 高 い 山 標 高 5895m ア フリカ 大 地 溝 帯 にある 火 山 のひとつである テレ ビタレントのイモトが 登 って 日 本 人 の 登 山 客 が 増 えたと 聞 く アフリカの 赤 道 直 下 タンザニア にあり 年 間 3 万 5 千 人 以 上 の 登 山 客 があり 登 録 登 山 ガイドだけでも3 千 人 もおり 登 山 者 に 同 行 するポーター コックをはじめとして たいへ んな 人 口 がキリマンジャロで 生 活 していることに なる タンザニアの 一 大 産 業 である そこに 登 りに 行 った 2 回 目 である 富 士 に2 度 登 るバカ という 言 葉 があるが 一 般 的 に 高 い 費 用 をかけて 何 度 も 登 るほど 魅 力 的 な 山 ではない いろんな 事 情 があったのである ピッケル 等 の 登 攀 用 具 は 必 要 ない 誰 でも 登 れる 問 題 は 富 士 山 を2 千 メートル 超 える 標 高 だが 高 山 病 の 症 状 は 程 度 の 差 はあるが 今 回 の 参 加 者 全 員 に 現 れた 結 果 からいえば 2 回 目 の 挑 戦 で 最 高 峰 ウフルピ ークまで 行 った ヘロヘロになったけど 以 下 は その 記 録 である 平 成 23 年 12/24( 土 )AM9 時 関 西 空 港 国 際 線 出 発 ロビー 集 合 出 国 手 続 き 参 加 者 男 性 7 名 女 性 2 名 西 遊 旅 行 の 添 乗 員 の 男 性 1 名 計 10 名 11:00 出 発 機 内 約 6 時 間 バンコク 乗 継 待 ち 時 間 約 9 時 間 の 内 空 港 内 ホテル で4 時 間 の 休 憩 を 含 む 松 島 氏 と 同 室 シャワーを 使 えた 12/25( 日 )1:25 エチオピア 航 空 機 は 香 港 から の 大 勢 の 黒 人 客 を 乗 せて 来 る ( 中 国 と アフリカ 各 国 の 交 流 の 活 発 さが 実 感 で きる) 所 要 9 時 間 機 内 食 が2 回 出 る 6:00(エチオピア 時 間 ) アジスアベバ 空 港 着 同 所 を 10:20 離 陸 12:47 キリ マンジャロ 空 港 着 ( 時 差 6 時 間 ) 天 気 晴 れ 気 温 30 度 13:20 マイ クロバス 約 2 時 間 半 で 山 麓 の 町 モシ へ タンザニア 通 貨 シリングに 両 替 50 ドル 77,000 シリング(1 ドル 1540 シリング 1 円 約 20 シリング) もらった 札 を 数 えたら 2000 シリング 足 りない 抗 議 したらすまして 出 して くれた 油 断 できない 15:30 登 山 口 マラングゲートのホテルに 宿 泊 各 自 荷 物 を3つに 分 ける (1) 自 分 で 背 負 う 物 ( 小 型 リュックに 水 筒 (2) カメラ 雨 具 貴 重 品 ) ポーター 預 け( 寝 袋 着 替 え 等 ハット で 使 用 するもの) (3) 下 山 後 アルーシャのホテルへの 回 送 12/26( 月 ) 8:30 ホテル 発 約 10 分 ゲート 着 入 山 手 続 き 標 高 1830m 10:58 ゲート 出 発 今 夜 の 宿 マンダラハッ ト までは 森 の 中 を 歩 く 歩 道 には 赤 い 火 山 砂 が 敷 き 詰 めてあり 歩 き 易 い ポーターは 別 の 道 を 行 くようだ 12:47 昼 食 ポイント トタン 板 で 覆 った 木 製 の 簡 単 なテーブルとベンチがあり ト イレもある ランチボックスが 配 ら れる 15:22 マンダラハット 2730m 着 大 型 の 建 物 は 食 堂 ゲストの 宿 泊 所 スタッ フの 宿 泊 所 炊 事 棟 の 建 物 は 斜 面 の 広 場 に 建 っている 部 屋 割 りはグループ 毎 で 先 着 順 我 々は9 人 部 屋 2 段 ベ ットでマットと 枕 付 男 女 相 部 屋 洗 面 器 にお 湯 のサービス (シャワー 設 備 はあるが 水 のみ)17:00~ 食 堂 でお 茶 18:00~ 夕 食 19:15~ 就 寝 電 気 はソーラー 発 電 で 蓄 電 池 に 貯 めたも のを 使 う トイレは 別 棟 水 洗 である 12/27( 火 )6:00 起 床 モーニングコーヒーと 洗 顔 用 のお 湯 のサービス (これは 毎 朝 ) 8:10 出 発 1 時 間 ほどで 低 木 地 帯 に 入 り 視 界 は 開 けるが この 日 は 雲 で 山 はみ えなかった 12:15 ランチボックスの 昼 食 を 済 ますと 雨 が 降 り 出 す 14:45 ホロンボハット 3720mに 到 着 12/28( 水 ) 高 度 順 応 のため ゼブラロック 4100 m 付 近 まで 往 復 この 日 は 10:45 から 雨 午 後 はハットで 休 養 夕 方 まで 雷 を 伴 う 雨 12/29( 木 )8:12 出 発 雨 降 り 出 す 途 中 サド ルでジュースとクッキーが 配 られる 14:00 キボハット 4703m 到 着 同 じグル ープで1 部 屋 とれた トイレは 小 屋 の 裏 手 でポットン 雨 は 降 るし あまり 利 用 したくない 頂 上 アタックでの 個 人 ポーターの 希 望 を 尋 ねられる 私 は 希 望 しなかった 最 小 限 の 荷 物 も 他 人 に 持 ってもらうのは 山 家 のプライド が 許 さないってことか ( 結 局 はガイドに 持 ってもらうはめに なったけど) 15:10 昼 食 兼 夕 食 (ラーメンとおかゆ) 15:45 寝 袋 を 出 して 仮 眠 に 入 る まわりはう るさいし 眠 れるもんではない 21:00 起 床 出 発 準 備 軽 食 のお 茶 がない

10 キッチンスタッフが 忘 れてた 22:35 防 寒 装 備 の 雨 具 ヘッドランプをつけ て 出 発 暗 い 中 隊 伍 を 組 んで そうとうゆっくりしたペースで 歩 く 12/30( 金 ) 01:34 ハンスメイヤーズケープ 5000m ここ で 男 性 1 名 リタイヤ 05:35 ギルマンズポイント 到 着 まだ 暗 い 男 4 名 が 最 高 峰 ウフルピークに 向 かう 右 手 は 火 口 縁 の 崖 なので 危 険 だとガイ ドから 注 意 を 受 ける 積 雪 2~30 cm 気 温 マイナス10 度 無 風 ルート 合 流 の 看 板 (ステラポイント 5750m)を 見 てさらに 歩 みを 進 める 5800m 付 近 正 面 のピークは 頂 上 では ないのかと 思 っていると 違 う なか なか 頂 上 には 着 かない そのうち 猛 烈 な 眠 気 が 襲 ってきた 歩 みが 止 まる 他 の3 人 のメンバーは 先 に 行 ってしま った いつのまにか ガイドの 名 は 忘 れた が 付 き 添 って 励 ましてくれる のだが 眠 り 込 んでしまいそうだ あ とから 考 えれば 完 全 な 高 山 病 の 症 状 なのだが その 時 は 意 識 朦 朧 何 も 考 えられず 必 死 の 思 いで 頂 上 まで 行 った 07:20 ウフルピーク 到 着 村 田 堀 内 山 中 の3 人 が 待 っていてくれた 看 板 の 前 で 記 念 撮 影 後 引 返 す 氷 河 は 見 え なかった 写 真 を 撮 る 気 力 もなかった ようだ 時 刻 不 明 明 るくなったギルマンズポイントで 記 念 撮 影 雪 のついた 斜 面 をスリップに 気 をつけながら 下 りはじめる 途 中 何 度 も 休 む 眠 気 と 脱 力 感 甚 だしく 下 山 はなかなかはかどらない ガイド がチョコレートを 食 べろというので2 個 食 う 食 欲 は 全 くない ほとんど 夢 遊 病 者 のごとく 歩 く 自 分 が 歯 がゆいが どうもならない 11:40 ガイドにサポートされながら 一 人 ギボ ハット 帰 着 カップ 麺 の 昼 食 が 用 意 さ れていたが 眠 気 が 強 く ただ 眠 りた いのみ ベッドで 靴 のまま1 時 間 仮 眠 する 13:00 5 人 でギボハット 出 発 したが サドル の 入 口 で 足 が 動 かず 一 人 遅 れる ガイドにリュックを 持 ってもらって 歩 くが 遅 々として 歩 みが 進 まず 何 度 も 休 む 吐 き 気 がして 胃 液 のみ 吐 く 飴 玉 を 口 に 含 むとしばらく 歩 けるよう になったが ホロンボハットが 近 づく と また 休 みが 多 くなり やっとのこ とでホロンボハットに 帰 着 荷 物 を 持 ってもらったガイドにチップ10ドル 進 呈 夕 食 をとらずそのまま 就 寝 未 明 小 用 に 起 きたが 前 日 から 食 事 らしきものを 取 っていないにもかかわ らず 空 腹 は 感 じなかった 12/31( 土 ) 曇 り 06:30 起 床 7:00 朝 食 食 欲 なし お かゆを 一 椀 食 す 08:20 ホロンボハット 出 発 写 真 を 撮 りな がらゆっくり 下 る 10:00 頃 森 の 入 口 近 くで 一 人 お 茶 する 途 中 のマンダラハットには 誰 もおらず 12:05 マラングゲート 到 着 公 園 のベ ンチで 昼 食 ビールが 出 たが 飲 みた くない 食 後 アルーシャに 向 けて マイクロバスで 出 発 18:20 アルーシャホテル 着 ホテル 前 のス ーパーで 当 地 のコーヒーを 土 産 に 購 入 20:00 ホテルのレストランで 打 ち 上 げ 食 欲 なし ビールも 飲 めず 1/1( 日 ) 晴 8:30 ホテル 発 午 前 中 アルー シャ 国 立 公 園 でランドクルーザー2 台 に 分 乗 してサファリを 楽 しむ アルー シャの 名 峰 メルー 山 の 全 容 が 見 えた 動 物 はキリン シマウマ 羚 羊 の 類 猿 ホロホロチョウとたいしたことな し 2 時 間 半 で 公 園 内 を 一 回 りし ラ ンチボックスの 昼 食 油 濃 いのと 甘 い お 菓 子 でまったく 食 べられず 午 後 キリマンジャロ 空 港 から 帰 国 の 途 につく あと 往 路 と 同 じ 1/3( 火 ) 6:30 関 西 空 港 帰 国 解 散 登 山 を 終 えての 感 想 キリマンジャロは15 年 前 に 登 っているので2 回 目 になる そのときは 5682mのギルマンズポイ ントで 時 間 切 れのため 下 山 させられた ウフル ピークの 登 頂 は10 人 中 5 人 だったと 思 う 今 回 は 挑 戦 した8 人 (70 代 の 男 性 1 名 はギボハットま で) 中 5 人 は 登 れた 体 力 は 20 代 の 男 性 2 人 を 除 いて 抜 群 に 高 度 に 強 く 体 力 抜 群 の 者 はいない のに 登 頂 率 はまずまずだった (1)3720mのホロンボハットでの2 連 泊 高 度 順 化 と 休 養 のため 有 効 (2)ガイド 達 は 一 人 でも 多 くのお 客 が 安 全 に 登 頂 できるよう 最 大 限 の 努 力 を 惜 しまな い 完 璧 なサポートに 感 謝 したい (3) 出 発 時 刻 を 早 めて 体 力 がない 者 が ゆっく りしたペースで 登 っても 最 高 到 達 点 を 往 復 できるよう 配 慮 されている (15 年 前 は 午 前 1 時 だった )

11 その 代 わり 睡 眠 時 間 が 短 いので 後 半 は 猛 烈 に 眠 い 高 山 病 について 安 場 を 除 く 全 員 はギボハットでは 血 中 酸 素 飽 和 濃 度 が90 台 であった 私 は 80 がやっとの 状 態 しかし ある 程 度 ま では 登 れるだろうとは 思 っていた 昨 年 4 月 末 ヒマラヤ アンナプルナ 周 回 ト レ ッ キ ン グ の 最 高 所 の 宿 ト ロ ン フ ェ デ ィ (4780m)でも 同 じ 状 態 だったのに 5400mのト ロンパスまで 登 っている ただし 今 回 同 様 下 山 途 中 昼 食 に 配 られた 弁 当 は 断 って 眠 っ た これも 高 度 障 害 のひとつの 症 状 だろうと 思 う パルスオシキシメーター 計 測 数 値 血 中 酸 素 飽 和 濃 度 脈 拍 ( 分 ) 12/26 マンダラハット / ホロンボハット / / ギボハット 後 日 病 院 関 係 者 に 尋 ねたところ 入 院 患 者 の 血 中 酸 素 飽 和 濃 度 が90を 切 ったら 酸 素 吸 入 を 始 めるとのことで 私 の 値 で5 千 M 付 近 において 登 山 行 動 することはかなり 無 謀 なこ とであるようだ ダイヤモックスの 服 用 効 果 について 入 山 初 日 の 昼 食 後 1/4 錠 の 服 用 を 開 始 する 昼 食 後 の 服 用 は 夜 半 の 小 用 の 回 数 を 減 らすためであ る 一 日 1 回 ホロンボハットの2 日 目 から 1/2 錠 とした 効 果 の 程 は 疑 問 である 私 個 人 として は 予 防 的 見 地 から 積 極 的 に 使 うのはいいのだが 服 用 しなくても 3700m 付 近 で 血 中 酸 素 飽 和 濃 度 が 90 以 上 ある 人 は 不 要 と 思 う 体 力 について 歳 を 感 じた もともと 体 力 はそうあるほうでは ない よくがんばったが やはり 自 分 は 高 山 には 向 いていないようだ 今 後 挑 戦 する 人 には 十 分 なトレーニングを お 願 いしたい 特 に 連 続 十 数 時 間 の 登 山 行 動 に 耐 え 得 る 体 力 を 養 うことが 必 要 だと 思 う 高 所 登 山 のトレーニングとしては ランニング 等 による 心 肺 機 能 脳 の 強 化 が 最 も 有 効 と 思 う AM7.20 ウフルピーク AM7.30 登 頂 後 ホロンボハット 参 加 者 募 集 24 年 度 第 1 回 森 林 保 全 巡 視 登 山 今 年 度 最 初 の 巡 視 ( 清 掃 ) 登 山 を 下 記 の 要 領 で 行 います 巡 視 員 はもとより 会 員 会 友 及 び 一 般 の 方 のご 協 力 をお 願 いしま す 記 期 日 24 年 4 月 22 日 ( 日 ) 場 所 鞍 岳 ツ-ムシ 山 参 加 費 350 円 ( 保 険 料 ) 集 合 午 前 9 時 四 季 の 里 登 山 口 現 地 集 合 ( 移 動 手 段 が 無 い 方 は 担 当 までご 連 絡 下 さい) 申 し 込 み 森 林 保 全 巡 視 担 当 廣 永 峻 一 以 上

12 ウルル(エア-ズロック) 登 頂 記 宇 都 宮 信 夫 ウルルとはオーストラリア 先 住 民 アボリジニの 呼 び 名 で 一 般 的 にはエアーズロックで 知 られて いる オーストラリアの 広 さは 日 本 の 22 倍 で そ のほぼ 中 央 に 位 置 し 周 囲 は 見 渡 す 限 りの 砂 漠 の 中 に 世 界 で 二 番 目 に 大 きな 一 枚 岩 でできています 高 さは348mで 遠 くから 眺 めると 丸 く 見 えます が 近 くから 見 ると 風 化 がすすみ 大 きなくぼみや 穴 があります 私 は 5 回 ほど 訪 れ その 都 度 レンタカーで 走 っ たがブリスベンやケアンズから3~4 日 ほどかか る 道 のりが 長 く 1 日 の 走 行 が800kmから 千 Km を 走 ることもあります 車 に 炊 事 道 具 を 持 参 し て 自 炊 しながら 走 ったこともありました オーストラリアは 何 処 の 町 でもキャラバンパー ク(モーテル)があり 自 炊 設 備 が 整 っていて 格 安 で 宿 泊 できますのでとても 旅 行 しやすい 私 はこ の 自 炊 方 式 で 1 ヶ 月 ほどかけ 大 陸 横 断 や 縦 断 をし ましたが その 都 度 エアーズロックには 登 った 夕 日 に 照 らされたウルルは 観 光 の 目 玉 にもなって 夕 方 になるとカメラを 持 った 多 くの 観 光 客 であふ れ 刻 々と 変 化 する 岩 の 色 は 素 晴 らしいものです このウルルはアボリジニの 聖 地 になっており 写 真 を 撮 ったり 登 ったりすることはできないのです が 現 在 は 白 人 に 占 領 されて 管 理 されているので 登 らせていただくことにした ここでは 朝 の 8 時 過 ぎになると 強 烈 な 風 が 吹 く ことが 多 いので その 前 に 下 山 できるように 夜 明 けと 同 時 に 登 りはじめる 最 初 は 登 りが 急 なので 鎖 につかまりながら 登 るが 多 くの 観 光 客 で 行 列 ができるほどで 中 には 山 について 何 の 知 識 もな く 軽 装 で 登 り 急 斜 面 を 降 りれなく 鎖 につかまり 動 けなくなる 人 もいる 登 り 始 めの 鎖 が 無 くなると ルートは 一 枚 岩 のみで つかまるものは 何 も 無 い 極 端 な 表 現 をすれば 最 初 から 最 後 までつるつるの 岩 の 上 を 歩 くことになります 帽 子 やカメラ 等 を 落 とせば 何 百 mと 地 上 まで 転 げ 落 ちるのみで 見 つかることはない また 雨 になれば さらに 滑 ることになり 大 変 危 険 なことになるので 天 気 予 報 によりゲートが 事 前 にクローズになります 宇 山 頂 近 くになれば 平 地 が 多 くなるがルートはペン キで 案 内 される 約 1 時 間 30 分 くらいで 登 れるが 時 間 とともに 風 が 強 くなるので 早 めの 下 山 とした 外 輪 山 トレッキングに 参 加 して 加 藤 明 実 施 コ-スは 阿 蘇 中 岳 より 北 側 が 主 なコ-スとな ります 主 なコ-スを 列 記 しますと 新 年 の 三 社 詣 で 中 通 り 古 墳 群 2 月 の 涵 養 林 植 樹 野 焼 き 体 験 ( 婦 人 会 のビ-ル 付 き) 3 月 は 草 千 里 風 穴 コ-ス 4 月 は 鍋 ケ 城 オキナ 草 コ-ス 5 月 は 北 向 山 白 川 歩 き 卯 の 鼻 願 就 寺 坂 6 月 は 仙 酔 峡 ~ 砂 千 里 菊 池 川 源 流 7 月 は 大 観 峰 紅 地 川 参 勤 交 代 豊 後 街 道 を 往 く 以 上 7 月 ま での 主 なコ-スを 紹 介 しました 一 部 のコ-スを 除 いて 阿 蘇 特 有 の 牧 歌 感 漂 う 癒 しの 風 景 で 牛 馬 ときにはウサギ 愉 しさ 一 杯 です 季 々の 花 もオ キナ 草 ユウスゲ キツネのカミソリ センブリ 等 々 数 え 上 げればきりがありません 特 に 私 のお 薦 めは 小 さくて 可 憐 な 花 センブリ です あと 植 物 は 北 外 輪 の 南 斜 面 にはエビネラン シュンラ ン 岩 松 等 希 少 なものが 原 生 しています 大 事 に したいものです 又 人 はだれでも 食 べるものに は 大 なり 小 なり 興 味 があるところです 時 期 を 選 べばウド タラ ゼンマイ 等 々 望 み 次 第 です 最 後 に 私 ごとですが 殆 どが 日 曜 日 に 開 催 されため 他 の 行 事 と 重 なる 亦 現 役 の 参 加 者 が 多 いの で その 元 気 について 行 けないことが 多 々あり ます

13 自 己 紹 介 と 雪 山 に 登 ろうin 久 住 山 に 参 加 して 会 員 申 請 中 坂 西 直 明 前 期 団 塊 世 代 ( 昭 和 24 年 生 ) 一 昨 年 勤 めを 定 年 退 職 し 早 2 年 が 経 とうとしていますが 坂 西 直 明 と 申 します タイミング 良 く 退 職 時 期 と 同 じ 頃 郷 土 の 山 小 岱 山 の 登 山 路 で 旧 知 の 安 場 さんとバッタリ 推 薦 するからと 日 本 山 岳 会 への 入 会 を 勧 められ 是 非 お 願 いします と 一 にもなく その 場 で 即 答 それが 日 本 山 岳 会 熊 本 支 部 入 会 のキッカケです 何 十 年 ぶりの 再 会 でこ れも 何 かの 縁 と 強 く 感 じました 山 登 りを 始 めた 動 機 はと 申 しますと 玉 名 市 子 供 会 リ-ダ-キャンプと 称 し 夏 休 み 5~6 年 生 を 対 象 に 阿 蘇 坊 中 野 営 場 に 引 率 し 野 外 活 動 を 実 践 する 仕 事 に 携 わった 時 がありました その 時 登 った 往 生 岳 その 山 頂 はさわやかな 風 が 吹 き 抜 け 絶 好 の 山 行 に 遭 遇 したのが 事 の 始 まりです それから 九 重 の 山 々を 中 心 に 我 がバスケットの 先 輩 と 二 人 してよく 登 りました 1985 年 か86 年 だったと 記 憶 しますが 久 住 山 頂 から 御 来 光 を 眺 めていた 時 阿 蘇 五 岳 にむかって 雲 海 の 生 まれ る 瞬 間 に 出 会 った 時 のことは 昨 日 のことのよう に 思 い 出 されます 男 という 者 はどうも 山 に 限 らず 放 浪 の 癖 があ るように 思 いますね 一 人 前 の 男 になるには 旅 に 出 よ です 松 尾 芭 蕉 しかり 奥 の 細 道 では 予 もいづれの 年 よりか 片 雲 の 風 に 誘 われて 漂 泊 の 思 ひやまず と 記 してますし 寅 さんも あ の 雲 が 誘 うのよ 旅 に 出 ます さしずめ 皆 さんは ( 工 藤 支 部 長 以 下 リ-ダ-の 皆 さん) あの 山 がオ レを 呼 ぶのよ と 飛 び 出 して 行 かれます その 行 動 力 には 脱 帽 です 目 が 白 黒 します 今 もそうか も 知 れませんが 若 い 頃 は 単 独 行 も 相 当 やってい る 一 人 一 人 が 実 績 のある 兵 (つわもの) 揃 いです そのツワモノが 日 本 山 岳 会 熊 本 支 部 長 の 工 藤 氏 の もと いざというときは 一 つに 纏 まり 一 糸 乱 れ ぬ 行 動 となります これは 私 にとって 驚 きであり 魅 力 です かってそう 言 う 山 の 会 に 所 属 したこと はありません 意 を 強 くし ここで 頑 張 ってみた いと 云 う 心 境 になります しかし 現 在 は 区 の 世 話 をせよ と 区 長 を 仰 せつかっており 思 うよう に 参 加 できず 心 苦 しく 思 っています 今 回 雪 山 久 住 山 の 参 加 者 48 名 うち 一 般 参 加 者 が 過 半 数 その 参 加 者 の 多 さにビックリ 加 藤 リ-ダ-のもと 山 頂 付 近 は 風 雪 が 吹 き 荒 れる 悪 コンデションにもかかわらず 事 故 もなく 無 事 下 山 皆 成 し 遂 げた 満 足 感 に 浸 っていたと 思 いま す 年 輩 の 女 性 若 い 女 性 が 数 多 くいましたが 解 る 気 がします 俗 に 言 う 山 ガ-ルの 人 達 でしょ うが 冬 山 に 魅 力 を 感 じていて 行 きたい でも 一 人 では 無 理 だ 周 りに 連 れて 行 ってくれる 彼 氏 も いない, 又 いたとしても 彼 氏 は 山 に 興 味 がない そこに 日 本 山 岳 会 の 募 集 これ 幸 い ブラント 日 本 山 岳 会 だったら 安 心 安 心 渡 りに 船 だ と 参 加 したのでしょう そして 達 成 感 征 服 感 を 持 ち 帰 ったのでしょう まさに 高 級 ブランド 日 本 山 岳 会 熊 本 支 部 バンザイです

14 山 とスキ-NO2( 登 はん 編 ) 松 本 莞 爾 今 回 も 若 かりし 頃 の 話 で 山 とスキ-にのぼせ 上 がっていた 時 のエピソ-ドを 記 してみたい 教 員 になって 山 岳 部 の 顧 問 となって 部 員 への 指 導 を 充 実 させるためには 安 全 登 山 はもとより 技 術 の 向 上 と 知 識 の 研 鑽 は 欠 かせないものであっ た 元 々 山 が 好 きで 山 に 登 れる 環 境 の 職 場 に 着 き たいと 考 えていた 自 分 は 職 場 の 先 輩 や 父 兄 生 徒 には 本 末 転 倒 だったかも 知 れないが 机 上 の 勉 強 より 社 会 には 役 立 つ 校 外 学 習 の 名 目 でセッセ と 生 徒 を 山 に 連 れていった その 為 にはそれなり の 技 術 と 知 識 社 会 的 見 識 の 本 保 護 者 や 校 長 を 安 心 させる 実 績 作 りが 必 要 であった 生 徒 との 山 登 りはもっぱら 熊 本 の 山 や 九 州 の 山 鹿 主 であったが やはり 北 アルプスへの 憧 れは 他 の 登 山 家 と 同 じ く 常 に 願 望 であった 職 場 についてすぐ 町 の 山 岳 会 熊 本 クレッテルカメラ-ド と 云 った 熊 本 で は 精 鋭 的 な 山 岳 会 に 入 会 し 毎 週 のように 阿 蘇 の 岩 場 に 通 い 詰 め 鷲 ケ 峰 を 初 めとする 岩 場 に 取 り 付 き 岩 をよじ 登 った クレッテルカメラ-ドは 岩 と 雪 山 でしか 活 動 を しない 特 殊 な 山 岳 会 でかなりの 高 度 な 技 術 でない とついていけない 会 であった 新 人 の 頃 はケガが 耐 えないほど いわゆるシゴキに 何 度 か 止 めたい 気 持 ちにもなったが 会 の 仲 間 は 山 では 厳 しいが 町 でのミ-ティングや 研 修 会 では 親 切 丁 寧 な 指 導 をしてくれ また 仲 間 意 識 を 高 めてくれる 愉 快 な 会 であった 昭 和 42 年 頃 クレッテルカメラ-ドの 夏 合 宿 で 剱 岳 へ 行 ったとき この 時 ばかりは 夏 休 み30 日 間 をフルに 使 って 剱 岳 立 山 そして 場 所 を 変 えて 穂 高 連 峰 に 登 る といった 欲 張 りな 山 行 を 実 行 した 前 期 はク レッテルの 合 宿 後 期 は 知 り 合 いの 中 学 生 を 連 れて 穂 高 へ 豪 華 な 山 旅 である 剱 での 合 宿 は 先 発 隊 として40kgを 越 え る 荷 物 を 持 って 食 料 の 荷 揚 げから 始 まり 剱 沢 へ 第 1キャンプを 張 八 ツ 峰 六 峰 Cフェ-ス って 後 発 隊 を 待 つ 段 取 りである 後 発 隊 4 名 が 入 山 するまで 雪 渓 で の 滑 落 停 止 剱 南 壁 での 登 はん 訓 練 とそれは 厳 し いトレ-ニングが 続 いた 4 日 ほど 遅 れて 入 山 し た 後 発 隊 とともに 第 2キャンプ 地 の 真 砂 沢 へ 移 動 し 本 合 宿 が 始 まった ここでは 長 治 郎 雪 渓 での 訓 練 や 八 ツ 峰 の 登 はん 等 3 日 間 を 過 ごし さら に 第 3キャンプ 地 の 三 の 窓 のキャンプ 地 へ 移 動 小 窓 の 雪 渓 上 部 にテントを 張 り 小 窓 やチンネの 登 はんを 行 う チンネの 岩 場 は 阿 蘇 のガレ 岩 と 違 ってがっちり とした 岩 壁 で 以 外 と 取 り 付 きやすかったが 流 石 に 切 り 立 った 岩 壁 は 圧 倒 される 高 度 感 に 恐 怖 を 覚 える 毎 日 であった 私 は 八 ツ 峰 の 第 6 峰 の 岩 壁 で 10mほど 滑 落 した 経 緯 があり このチンネでは 足 がすくんでしまった クレッテルの 合 宿 は10 日 ほどで 終 了 し 帰 路 は 早 月 尾 根 を8 時 間 掛 けて 下 山 である 急 峻 な 早 月 の 谷 ではアイゼンを 着 け 思 い 荷 物 を 背 負 い こんなに 苦 労 したことはなかった 馬 場 島 の 小 屋 に 着 いたときは 長 かった 合 宿 の 反 省 会 とともに 疲 れ 切 った 身 体 を 休 めた その 後 皆 と 分 かれ 私 だけは 知 り 合 いの 中 学 生 をつれて 穂 高 岳 槍 ケ 岳 の 縦 走 をすることに 約 束 があったため 黒 四 ダムを 抜 けて 大 町 へ 出 る 大 町 では 山 岳 博 物 館 を 見 学 したり 松 本 城 などの 観 光 を 楽 しみ 荷 物 の 整 理 をして 今 度 は 穂 高 へ 入 るための 食 料 調 達 をし 松 本 駅 で 約 束 の 中 学 生 を 待 つことにした 若 いと 云 うことは 素 晴 らしい まだ 体 力 に 自 信 があった 約 束 の 日 時 約 束 の 場 所 に 熊 本 から 知 り 合 いの 中 学 生 が 一 人 でやってきた 頼 もしい 中 学 生 である これからは 楽 しい 親 子 登 山 となるはずだ この 中 学 生 は 阿 蘇 のユ-スホス テルの 息 子 で 親 の 血 を 引 きアウトドアの 愛 好 者 である ペアレントの 塩 谷 氏 から 頼 まれ 中 学 生 と 二 人 旅 をすることになった 中 学 生 といっても 慣 れたもので 山 歩 きやキャン ピングは 一 人 で 出 来 体 力 も 大 人 並 である 私 が20 数 kg 彼 が12~3kgのリックを 担 ぎ 前 の 合 宿 で 疲 れていたとは 云 え 中 学 生 の 方 がはるかに 元 気 がいい 徳 沢 を 経 て 槍 沢 を 詰 め るときなどは 先 行 してこちらが 顔 負 けの 頑 張 りよ うであった カマボコ 型 の2 人 用 テントでは 率 先 して 料 理 をしてくれる 槍 の 山 頂 に 着 いたとき は 感 動 ものであった 後 は 槍 穂 高 の 縦 走 で 岩 稜 登 りで 苦 労 はしたもの の 予 定 の 日 程 で 縦 走 を 終 え 涸 沢 を 経 由 して 上 高 地 へ この 事 を 思 い 出 すたびに 今 の 高 校 生 は と 思 いたくな る 彼 はいまプロのスケ -タ-として 仕 事 をして いる (つづき)

15 平 成 24 年 干 支 の 山 竜 峰 山 登 山 報 告 担 当 安 場 俊 郎 1. 日 時 平 成 24 年 3 月 4 日 ( 日 ) 2. 場 所 八 代 竜 峰 山 (517m) 竜 ケ 峰 (541m) 3. 参 加 者 中 林 橋 本 金 山 吉 田 北 里 稗 田 山 本 正 木 島 田 小 宮 田 北 木 曽 福 田 鑪 東 安 武 和 泉 島 添 健 島 添 佳 宇 都 宮 廣 永 植 木 隆 植 木 啓 加 藤 稜 藤 原 中 田 松 岡 一 松 岡 章 米 田 石 井 坂 西 松 岡 栄 松 岡 啓 千 原 江 上 平 嶋 渡 辺 上 妻 松 本 博 工 藤 松 本 莞 加 藤 明 安 場 43 名 4. 行 動 記 録 市 民 会 館 (7:30) 道 の 駅 竜 北 川 田 バ ス 停 登 山 口 5 合 目 階 段 コ-ス 竜 峰 山 山 頂 辻 峠 竜 ヶ 峰 布 施 峠 東 陽 町 グラ ンド(バス 乗 車 ) 市 民 会 館 解 散 6. 報 告 当 日 の 降 水 確 率 60% 昨 年 の 阿 蘇 卯 の 鼻 登 山 も 雨 の 中 の 行 動 であったので 今 年 も 雨 の 心 配 をしながらの 出 発 となった 特 に 石 灰 岩 の 露 出 した 歩 きにくい 箇 所 がある ので 参 加 者 がつまずきや 転 倒 で 歩 いて 下 山 できない 事 態 も 想 定 されたが 幸 い 東 陽 町 グランドでバスに 乗 るまで 降 雨 はなく 全 員 ケガもなく 無 事 に 最 後 まで 歩 くことが 出 来 た 副 班 長 はじめ 役 員 の 皆 様 の 骨 折 りに 感 謝 しま す 7. 反 省 事 項 (1) 縦 走 登 山 をして 竜 峰 山 の 魅 力 を 感 じて 貰 いたいとの 意 図 であったが 距 離 が 長 すぎた 一 人 の 所 要 時 間 4 時 間 は 集 団 登 山 となると 体 力 の 弱 い 参 加 者 の 歩 行 に 合 わせなければならず また 休 憩 人 員 点 呼 その 他 団 体 につきものの 要 因 で 1.5 倍 の 時 間 をみておかなければ ならない 結 果 的 に 東 陽 町 グランド 到 着 予 定 時 刻 が1 時 間 以 上 遅 れ 楽 しみにし ていた 温 泉 入 浴 の 時 間 をとることが 出 来 なかった (2) 今 回 行 事 を 担 当 して 団 体 登 山 のあり 方 について 改 めて 考 えさせらることが 多 かった 来 年 は 親 子 登 山 も 実 施 する 予 定 であ るので スタッフの 事 前 研 修 の 必 要 を 痛 感 した 第 5 回 登 山 研 修 会 資 料 雪 の 山 に 登 ろうin 久 住 山 報 告 担 当 加 藤 功 一 1. 目 的 雪 の 山 を 登 ることにより 冬 山 の 基 礎 技 術 を 身 につける ラッセルの 方 法 アイゼンでの 歩 行 スノーシューでの 歩 行 その 他 アンザイゼンによる 歩 行 滑 落 停 止 のデモンストレーション 2. 場 所 久 住 山 牧 ノ 戸 峠 から 久 住 山 頂 往 復 3. 日 時 平 成 24 年 2 月 5 日 ( 日 ) 集 合 出 発 市 民 ホール 前 7 時 30 分 貸 し 切 りバス 利 用 4. 担 当 チーフ リーダー: 加 藤 功 一 サブ リーダー : 石 井 文 雄 田 北 芳 博 5 参 加 者 安 場 千 々 岩 高 橋 松 本 博 坂 西 上 妻 正 木 宇 都 宮 田 中 石 井 加 藤 渡 辺 原 田 北 里 西 平 方 富 樫 木 下 片 岡 木 曽 田 北 城 戸 牟 田 福 田 東 松 本 安 武 クレイ グ ランドン 加 藤 廣 永 中 林 加 藤 稜 中 田 金 山 橋 本 吉 田 山 本 阿 南 巣 山 千 原 加 藤 功 工 藤 松 本 43 名 1. 実 施 内 容 説 明 バスの 中 で 説 明 : 加 藤 功 一 (1) 項 目 ラッセル アイゼンの 使 用 コンティニ アス(アンザイレンによる 歩 行 )の 方 法 ピッケルの 使 用 滑 落 停 止 (2) 実 演 (デモンストレーション) 現 地 (でき る 所 で 簡 単 に) ラッセルの 方 法 石 井 アイゼンによる 歩 行 木 曾 加 藤 明 コンティニアスの 方 法 加 藤 功 一 石 井 ピッケルの 使 い 方 加 藤 功 一 滑 落 停 止 ( 確 保 のやり 方 ) 加 藤 功 一 石 井 2. 研 修 ( 実 演 ) 場 所 久 住 分 かれ 携 行 品 アイゼン( 軽 アイゼン 可 ) スパッツ 登 山 靴 ( 軽 登 山 靴 可 運 動 靴 は 不 可 ) 防 寒 帽 防 寒 服 雨 具 セーター 水 筒 (テルモスが 良 い) 毛 の 手 袋 地 図 サングラス ヘッドランプ コンパス 筆 記 用 具 スノ-ス-シュ-(お 持 ちでしたら 持 参 可 ) 昼 食 行 動 食 ピッケ ルをお 持 ちでしたら 持 参 して 下 さい(スキ- ストックでも 可 )その 他 に ガスコンロ(コ ッフェル 含 む)を 持 参 し 暖 かい 飲 み 物 でも 飲 むと 落 ち 着 きます カメラはシャッタ-が 凍 り 付 きやすいのでタオル 等 で 覆 い 持 ち 運 ぶ (ホカロンを 使 用 する)とよい

16 会 務 報 告 1 月 ~3 月 までの 事 業 報 告 (1) 平 成 24 年 新 年 懇 談 会 期 日 1 月 14 日 場 所 交 通 センタ-ホテル 参 加 者 32 名 (2) 第 7 回 登 山 研 修 会 in 久 住 山 期 日 2 月 5 日 ( 日 ) 場 所 久 住 山 参 加 者 43 名 担 当 加 藤 功 一 (3) 平 成 24 年 干 支 の 山 竜 峰 山 期 日 3 月 4 日 ( 日 ) 場 所 八 代 市 竜 峰 山 参 加 者 43 名 担 当 安 場 俊 郎 委 員 会 報 告 1 月 委 員 会 期 日 1 月 日 18 時 より 場 所 わくわくランド 参 加 者 工 藤 松 本 廣 永 安 場 田 北 議 題 新 規 登 録 継 続 について 山 の 写 真 展 について 海 外 登 山 報 告 会 1 月 新 年 晩 餐 会 について 支 部 報 原 稿 募 集 について 2 月 委 員 会 期 日 2 月 日 18 時 より 場 所 わくわくランド 参 加 者 工 藤 松 本 廣 永 安 場 田 北 加 藤 功 木 曽 石 井 議 題 巡 視 員 新 規 登 録 継 続 について 2 月 例 会 登 山 について 3 月 干 支 の 山 について 支 部 報 25 号 について 3 月 委 員 会 期 日 3 月 6 日 18 時 より 場 所 わくわくランド 参 加 者 工 藤 松 本 廣 永 安 場 田 北 加 藤 功 木 曽 石 井 議 題 2 月 例 会 登 山 について 3 月 干 支 の 山 について 24 年 度 事 業 計 画 ( 本 部 提 出 用 ) 支 部 報 26 号 について 会 員 動 静 会 友 中 田 良 友 62 歳 合 志 平 成 23 年 度 支 部 年 間 事 業 報 告 (1) 平 成 23 年 度 支 部 総 会 期 日 平 成 23 年 4 月 17 日 ( 日 ) 場 所 交 通 センタ-ホテル 参 加 者 35 名 (2) 4 月 例 会 登 山 いわざくらを 見 る 会 期 日 平 成 23 年 4 月 24 日 ( 日 ) 場 所 五 家 荘 仰 烏 帽 子 岳 参 加 者 28 名 (3) 第 6 回 登 山 教 室 国 見 山 期 日 5 月 22 日 ( 日 ) 場 所 鹿 北 国 見 山 参 加 者 44 名 (4) 九 州 5 支 部 集 会 in 阿 蘇 期 日 6 月 4 日 ~5 日 場 所 阿 蘇 往 生 岳 参 加 者 63 名 (5) 第 1 回 森 林 保 全 巡 視 登 山 三 の 岳 期 日 6 月 26 日 ( 日 ) 場 所 三 の 岳 参 加 者 28 名 (6) 第 4 回 登 山 研 修 会 in 俵 山 期 日 7 月 17 日 ( 日 ) 場 所 阿 蘇 外 輪 山 俵 山 参 加 者 38 名 (7) 第 5 回 登 山 研 修 会 in 菊 池 渓 谷 期 日 8 月 7 日 ( 日 ) 場 所 菊 池 渓 谷 沢 歩 き 参 加 者 28 名 (8) 平 成 23 年 度 ビ-ルパ-ティ 期 日 8 月 27 日 ( 日 ) 場 所 日 本 海 庄 や 参 加 者 32 名 (9) 第 7 回 登 山 教 室 期 日 9 月 11 日 ( 日 ) 場 所 阿 蘇 外 輪 山 清 栄 山 参 加 者 38 名 (10) 第 4 回 九 州 脊 梁 山 脈 トレイルラン 期 日 9 月 23 日 ( 日 ) 場 所 九 州 脊 梁 山 脈 向 坂 山 参 加 者 10 名 (11) 第 2 回 森 林 保 全 巡 視 登 山 高 岳 期 日 10 月 16 日 ( 日 ) 場 所 阿 蘇 高 岳 参 加 者 28 名 (12) 第 27 回 金 峰 山 山 岳 マラソン 期 日 11 月 3 日 ( 日 ) 場 所 金 峰 山 参 加 者 10 名 (13) 平 成 23 年 度 宮 崎 ウエストン 祭 期 日 11 月 5 日 ( 日 ) 場 所 宮 崎 高 千 穂 参 加 者 4 名 (14) 第 4 回 山 の 写 真 展 期 日 12 月 3 日 ( 日 )~15 日 場 所 山 の 店 シェルパ 参 加 者 約 500 名 (15) 平 成 23 年 度 海 外 登 山 報 告 会 期 日 12 月 10 日 ( 日 ) 場 所 山 の 店 シェルパ 参 加 者 32 名 (16) 平 成 24 年 新 年 晩 餐 会 期 日 1 月 14 日 ( 日 ) 場 所 交 通 センタ-ホテル 参 加 者 32 名 (17) 第 6 回 登 山 研 修 会 in 久 住 山 期 日 2 月 5 日 ( 日 ) 場 所 久 住 山 参 加 者 46 名 (18) 平 成 24 年 干 支 の 山 登 山 竜 峰 山 期 日 3 月 4 日 ( 日 ) 場 所 八 代 市 竜 峰 山 参 加 者 43 名 編 集 後 記 忌 まわしい 大 震 災 の 爪 痕 が 心 に 残 る23 年 度 も 終 わり 山 岳 会 では 新 しく 新 公 益 法 人 として 出 発 します この 一 年 を 振 り 返 ってまずまずの 事 業 をこなし 公 益 法 人 の 成 果 を 上 げた1 年 であった 年 間 4 回 発 行 予 定 であった 今 年 の 支 部 報 はやっと3 部 のみの 発 刊 で 若 干 反 省 は 残 ったが 投 稿 者 が 徐 々に 増 えつつあることは 希 望 がもてる 今 年 度 も 多 く の 投 稿 者 を 期 待 したいものです

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願 8 夢 火 翌 敗 工 場 閉 鎖 制 放 験 由 色 掃 授 業 定 徒 等 専 門 野 定 勉 強 深 有 志 誕 装 備 料 グ 単 独 般 皆 南 央 跋 渉 尽 足 袋 3 級 縦 走 冬 単 極 必 研 究 併 慣 習 果 然 系 専 門 誌 例 雑 誌 採 飼 育 発 誇 積 極 性 道 研 究 仲 朝 勝 級 敬 称 彼 京 都 合 組 織 コ ズ 草 存 告 書 松 編 ワ ズ 紀

More information

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近 爪 痕 残 列 言 海 首 都 懸 念 振 返 太 平 洋 ピ 海 米 ユ 想 海 溝 周 辺 海 溝 型 首 都 海 振 返 2 6 三 陸 沖 源 マ グ チ 9 0 栗 7 茨 6 範 囲 揺 観 太 平 洋 沿 岸 沿 岸 晃 望 台 口 粟 野 弱 観 置 置 軽 傷 永 野 翌 前 及 ぼ 宅 困 鉄 ッ 7 校 武 鉄 乗 客 67 夜 過 ガ ソ 蛇 列 製 油 操 止 車 両 優

More information

9 号 積 極 的 個 々 常 的 信 PR! ょ 号 掲 載 紙 再 現 任 余 過 振 返 想 下 﨑 私 働 係 携 非 常 億 驚 才 才 過 験 豊 富 反 頑 固 勝 束 変 ハ 忙 考 非 常 屋 潤 滑 油 逆 ぎ 悩 最 責 任 厳 応 誤 誤 然 側 誠 意 示 題 送 躍 ょ

9 号 積 極 的 個 々 常 的 信 PR! ょ 号 掲 載 紙 再 現 任 余 過 振 返 想 下 﨑 私 働 係 携 非 常 億 驚 才 才 過 験 豊 富 反 頑 固 勝 束 変 ハ 忙 考 非 常 屋 潤 滑 油 逆 ぎ 悩 最 責 任 厳 応 誤 誤 然 側 誠 意 示 題 送 躍 ょ 9 号 / 公 益 社 団 法 丸 池 町 書 浜 尚 川 氏 齢 元 働 明 社 9 No. TEL9 email kochisc@sjc.ne.jp 下 ォカ 委 教 徒 募 ペジ 照 メ 左 阿 都 築 和 松 古 横 川 列 清 水 ペジ 照 じ 﨑 計 画 キメ 訪 記 教 紹 ゆぞネ! 表 紙 訪 記 楽 脳 常 識 素 直 切 9 号 積 極 的 個 々 常 的 信 PR! ょ 号 掲

More information

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の ひ と め で わ か る キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 目 次 キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ キ リ ス ト 教 会 葬 儀 研 究 所 ( CCFI= Christ Church Funeral Institute) は 日 本 に お け る キ リ ス ト 教 信 仰 共 同 体 の 葬 儀 を よ り 豊 か な も の と す る た め に キ リ ス ト 教 諸

More information

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦 第 1 章 三 浦 市 のすがた 城 ヶ 島 と 三 崎 港 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 市 全 景 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 海 岸 ( 三 浦 市 所 有 ) 江 奈 湾 と 劒 崎 灯 台 ( 三 浦 市 所 有 ) - 1 - 1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦

More information

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

<31967B95D25F3031918D91A52E786477>

<31967B95D25F3031918D91A52E786477> 第 1 編 総 則 第 1 章 計 画 の 方 針 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 周 南 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 周 南 市 の 地 域 における 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 復 旧 復 興 に 関 し 市 県 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208BE38F4282CC8EA991528DD08A5182C696688DD05F947A957A97702E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208BE38F4282CC8EA991528DD08A5182C696688DD05F947A957A97702E70707478> 九 州 の 自 然 災 害 と 防 災 激 甚 化 する 自 然 災 害 から 命 を 守 る 福 岡 管 区 気 象 台 長 横 山 博 文 今 年 8 月 は 暑 かった? 福 岡 の 日 最 高 気 温 日 最 低 気 温 の 推 移 35 日 最 高 気 温 日 最 高 気 温 平 年 値 25 日 最 低 気 温 日 最 低 気 温 平 年 値 6 月 7 月 8 月 2015 年 : (

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 ( これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (1) 発 生 日 時 平 成 28 年 4 月 16 日 01:25 (2) 震 源 及 び 規 模

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

sekishin2016_1.indd

sekishin2016_1.indd 798 号 発 / 79 平 8 発 所 / 庁 5-6 王 寺 小 宮 9-8 TEL 6677 FAX 667766 E-mail: sekishintok@gmail.com 編 / 井 龍 郎 印 正 定 勤 火 水 木 土 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 力 添 賜 誠 ざ 迎 住 む ぼ 向 懸 命 努 締 締 切 当 曜 火 曜 電 座 渋 滞 当 然 殿

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

『チェリー・イングラム』

『チェリー・イングラム』 29 歳 画 像 提 供 プ 1 5 虚 弱 児 立 道 真 珠 婚 旅 転 機 ャ ポ ャ パ 造 涯 仕 脚 危 41 目 幻 滅 古 都 吉 山 京 タ フ ツ 刻 む 種 警 告 誕 75 穂 木 届 種 創 作 ベ 広 清 楚 淫 靡 太 白 偉 太 白 結 ぶ 縁 近 づ 軍 靴 音 117 歴 史 古 江 戸 染 井 吉 登 場 明 治 維 変 救 済 里 染 井 吉 批 判 太 平

More information

2377“ƒec8.ec8

2377“ƒec8.ec8 平 成 24 年 4 月 9 日 ( 月 曜 日 ) 第 2377 号 平 成 24 年 4 月 9 日 ( 月 曜 日 ) 第 2377 号 発 行 宮 崎 県 印 刷 宮 崎 市 旭 1 丁 目 6 番 25 号 小 柳 印 刷 株 式 会 社 発 行 定 日 毎 週 月 木 曜 日 購 読 料 ( 送 料 共 ) 1 年 36,000 円 目 次 頁 告 示 歳 入 の 徴 収 の 事 務 の

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 28 年 度 第 4 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 前 10 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 台 湾 で 開 催 された 日 本 の 観 光 物 産 博 2016 への 出 展 の 報 告 青 少 年 宿 泊 施 設 あかたにの 家 オープン 土 曜 学 習 教 室 を 豊 浦 地 区 紫 雲 寺

More information

1. 研 修 会 参 加 報 告 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 研 修 会 ~ 職 場 力 を 高 め る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ~ 南 九 州 病 院 主 任 理 学 療 法 士 榎 木 大 介 平 成 26 年 7 月 26 日 熊 本 医 療 セ

1. 研 修 会 参 加 報 告 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 研 修 会 ~ 職 場 力 を 高 め る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ~ 南 九 州 病 院 主 任 理 学 療 法 士 榎 木 大 介 平 成 26 年 7 月 26 日 熊 本 医 療 セ 1 7 号 2014.10 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 会 報 誌 1. 研 修 会 参 加 報 告 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 研 修 会 ~ 職 場 力 を 高 め る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ~ 2. 学 会 参 加 報 告 第 49 回 日 本 理 学 療 法 学 術 大 会 in 横 浜 の 学 会 発 表

More information

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢 . 月 刊 公 論 八 重 樫 尚 弥 熱 解 説 N P O 法 デ 理 務 政 次 越 頂 役 所 属 エ DeN A 奈 県 民 市 民 愛 程 牧 元 集 ネ デ ョ 親 頂 好 若 観 頂 観 ビ 観 迫 魅 小 観 際 ほ 興 味 坂 輔 愛 猛 騒 ぎ 根 性 基 異 政 次 氏 ( 解 説 ) 7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足

More information

P01.AI

P01.AI グ 紹 介 ブ No. 号 0 0 般 予 算 歳 算 剰 余 繰 越 普 通 交 税 交 増 ほ 経 済 交 復 旧 庫 支 増 歳 職 期 異 職 給 与 道 整 備 交 増 配 分 橋 梁 寿 命 道 舗 追 加 火 水 槽 領 漁 港 増 陸 競 技 レ 整 備 図 書 館 テ 更 ほ 8 豪 雨 農 林 土 木 復 旧 追 加 歳 歳 億 増 予 算 総 9 億 ギ ヨ ァ 管 ぎ 験 農

More information

SEPTEMBE 過 酷 状 況 互 助 消 防 職 員 懸 命 救 救 助 誰 協 姿 底 感 感 謝 耐 ご 負 挑 参 計 計 住 宅 旧 害 盤 盤 直 容 計 割 完 了 初 達 残 割 共 需 況 呈 需 束 据 維 主 導 円 滑 移 不 可 欠 官 街 周 辺 セ 官 雇 確 起 起

SEPTEMBE 過 酷 状 況 互 助 消 防 職 員 懸 命 救 救 助 誰 協 姿 底 感 感 謝 耐 ご 負 挑 参 計 計 住 宅 旧 害 盤 盤 直 容 計 割 完 了 初 達 残 割 共 需 況 呈 需 束 据 維 主 導 円 滑 移 不 可 欠 官 街 周 辺 セ 官 雇 確 起 起 SEPTEMBE V 字 U 字 奥 深 綾 ょ 里 越 喜 浜 急 峻 迫 典 変 富 景 源 恵 農 漁 治 艦 雷 電 注 昭 臨 形 極 導 セ 水 営 水 第 次 黒 潮 親 潮 漁 水 揚 誇 ケ 魚 介 類 水 揚 沿 静 穏 養 殖 漁 営 美 注 例 鳥 Ⅱ 乗 歓 触 変 評 毎 唯 浜 ダ コ 航 私 第 協 働 始 矢 先 弱 m 超 津 波 死 不 害 8 未 曾 害 受

More information

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼 辞 令 式 5 土 第 7 号 5 第 7 号 公 財 法 : 横 山 公 樹 坂 総 リ ニ 号 館 8 階 室 辞 令 式 執 88 名 レ ュ 迎 隆 島 由 衣 紹 公 財 隆 ざ 佳 迎 両 親 親 戚 慶 び ば ょ 機 頑 張 公 財 法 個 考 幹 範 囲 広 半 球 範 囲 幹 ひ ぶ パ 曲 伸 ば 他 右 左 捻 比 較 単 純 範 囲 肝 根 指 筋 群 小 弱 限 揃 統

More information

1 甲殻類

1 甲殻類 四 日 市 市 磯 津 の 生 物 等 の 地 域 言 葉 ( 伝 承 諺 ) 1 気 象 に 関 するもの 磯 津 ことばを 記 録 す る 会 1 動 物 に 関 す る も の 区 分 種 別 伝 承 諺 ( 磯 津 こ と ば ) 哺 乳 類 猫 ネ コ が 顔 を 掻 く と 雨 ネ コ の 鼻 が 乾 く と 雨 三 毛 猫 の 雄 は 天 気 を 知 る 鳥 類 一 般 鳥 が 低 い

More information

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩 平 成 2 6 年 第 3 回 府 中 町 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 3 号 ) 1. 開 会 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 2 日 ( 金 ) 2. 招 集 の 場 所 府 中 町 議 会 議 事 堂 3. 開 議 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 7 日 ( 水 ) ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 揮 帯 共 ふ 輪 広 担 ゆ ぎ 満 誰 気 軽 楽 自 由 集 指 次 重 標 広 護 90 号

More information

平成14年4月22日

平成14年4月22日 地 盤 品 質 判 定 士 通 信 40 地 盤 品 質 判 定 士, 地 盤 品 質 判 定 士 補,ならびに 判 定 士 協 議 会 関 係 者 の 皆 様 へ 地 盤 品 質 判 定 士 による 熊 本 地 震 地 盤 災 害 現 地 調 査 速 報 平 成 28 年 4 月 14 日 ( 前 震 )と 16 日 ( 本 震 )の 地 震 によって, 熊 本 から 大 分 にかけての 広 い

More information

7. 自 然 害 実 態 7-1 平 成 18 年 害 発 生 状 況 害 名 区 分 発 生 年 月 日 死 者 人 的 被 害 行 方 不 明 者 大 雪 豪 雨 5 月 10 日 ~ 5 月 11 日 6 月 豪 雨 6 月 5 日 6 月 15 日 人 1 1 人 負 傷 重 傷 人 1 1 者 軽 傷 人 1 1 棟 5 5 全 壊 世 帯 5 5 人 19 19 棟 2 2 半 壊 世

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ 特 集 緑 の カ ー テ ン 最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ っ た り と 張 り 付 い て 競 い 合 う よ う に 天

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾 少 子 高 齢 化 社 会 に 向 けての 地 震 防 災 分 野 の 課 題 1. 地 震 防 災 で 少 子 化 が 問 題 になってくると 考 えられる 段 階 2. 都 市 密 集 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 3. 中 山 間 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 4. 海 岸 における 津 波 による 被 災 および 対 応 に 関 して 東 京 電

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震 No.168 / / 石 英 雄 栃 荒 2055 番 0285833477 編 集 / 江 光 夫 住 資 源 集 存 新 価 値 造 拠 点 置 徴 ブ 図 ミ ュ 博 物 ブ ズ 3 複 可 相 互 流 愛 称 募 結 果 配 慮 循 型 信 識 恵 循 込 恵 づ 恵 168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港

More information

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 鹿 島 鉄 道 跡 専 用 道 走 BRT 平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 誘 致 推 室 努 結 柏 原 運 分 野 統 合 央 笑

More information

13.pub

13.pub -- 008 9 0 NO.3 発 : 身 障 害 定 期 刊 協 細 川 久 市 西 区 八 軒 八 条 東 5 丁 目 4-8 TEL0736-74 編 : 特 定 非 営 利 活 法 060-003 市 央 区 条 東 6 丁 目 0 番 TEL0-099 FX0-090 Email:darc@taupe.plala.or.jp HP: http://h-darc.com P ィ P3 福 祉

More information

別 紙 1 被 災 地 復 興 作 業 において 事 業 者 が 講 ずべき 労 働 者 の 熱 中 症 予 防 対 策 1) 作 業 環 境 の 温 熱 条 件 を 評 価 し 改 善 すること WBGT( 暑 さ 指 数 )*を 測 定 すること * 屋 内 の 場 合 及 び 屋 外 で 太

別 紙 1 被 災 地 復 興 作 業 において 事 業 者 が 講 ずべき 労 働 者 の 熱 中 症 予 防 対 策 1) 作 業 環 境 の 温 熱 条 件 を 評 価 し 改 善 すること WBGT( 暑 さ 指 数 )*を 測 定 すること * 屋 内 の 場 合 及 び 屋 外 で 太 平 成 23 年 6 月 23 日 ( 社 ) 日 本 産 業 衛 生 学 会 理 事 長 大 前 和 幸 東 日 本 大 震 災 に 関 連 した 作 業 における 労 働 者 の 熱 中 症 予 防 対 策 について 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 及 び 復 興 のための 作 業 では これまで 身 体 負 荷 のある 作 業 の 経 験 が 少 ない 者 が 一 部 は 電 離 放

More information

『環境元年』施策

『環境元年』施策 平 成 26 年 度 予 算 主 要 事 業 抜 粋 単 位 千 円 印 は 新 規 事 業 基 本 目 標 1 魅 力 と 活 力 にあふれるにぎわいのあるまちづくり 観 光 宣 伝 対 策 事 業 イ ン タ ー ネ ッ ト を 活 用 し た 誘 客 宣 伝 パ ン フ レ ッ ト な ど の 印 刷 ポ ス タ ー 観 光 宣 伝 箱 根 駅 伝 で の 誘 客 キ ャ ラ バ ン の 委

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

提案説明

提案説明 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 [ 2 8. 2. 12( 金 ) AM10:00] 本 日 こ こ に 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 を 招 集 い た し ま し た と こ ろ 議 員 の 皆 様 方 に は お そ ろ い で ご 出 席 を い た だ き 厚 く 御 礼 を 申 し あ げ ま す さ て

More information

untitled

untitled 町 座 勤 初 心 優 町 超 初 優 行 座 切 水 昌 昌 昌 玉 作 ド 木 グ 工 芸 打 麺 づ コ 芸 切 貼 わ 筆 文 字 形, 切 紙 貼, 癒 空 演 玉 作, コト 挿, ト 種 作, ば 粉 麺 打 服 飾 オナ 作 品, 作 磯 幸 兵 橘 千 治 兼 洋 井 吉 雄 犬 塚 妙 勤 各 座 座 座 町 座 座 むね 特 別 座 パ 作 同 伴 今 パ 作 長 寿 那 須

More information

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚 グ グ? 質 問 エ 答 ょ 々 折 闘 与 タ 添 進 エ ネ ギ 注 不 測 ブ 起 関 係 レ ふ む 余 裕 必 死 片 付 多 姿 瞬 好 苦 労 末 ェ 功 グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚

More information

Microsoft PowerPoint - 防災気象講習会_20130531_地震.pptx

Microsoft PowerPoint - 防災気象講習会_20130531_地震.pptx 防 災 気 象 講 習 会 1 平 成 25 年 2 月 25 日 の 栃 木 県 北 部 で 発 生 した 地 震 とその 後 の 状 況 について 2 緊 急 地 震 速 報 を 活 用 した 避 難 訓 練 について 平 成 25 年 5 月 31 日 宇 都 宮 地 方 気 象 台 防 災 業 務 課 藤 崎 発 生 時 刻 平 成 25 年 2 月 25 日 16 時 23 分 震 源 栃

More information

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477>

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477> 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 銚 子 市 被 害 記 録 集 銚 子 市 平 成 24 年 3 月 刊 行 にあたって このたびの 東 日 本 大 震 災 により 被 災 された 皆 様 にこころからお 見 舞 い 申 し 上 げます また 復 旧 復 興 に 尽 力 されている 方 々に 敬 意 を 表 します 東 日 本 大 震 災 は 我 が 国 において 戦 後

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 ( 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 ( 第 5 回 ) 議 事 次 第 日 時 : 平 成 28 年 4 月 16 日 ( 土 )11:30~ 場 所 : 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 安 倍 内 閣 総 理 大 臣 挨 拶 2. 丸 川 大 臣 から 原 子 力 発 電 所 の 状 況 報 告

More information

untitled

untitled 第 64 号 平 24 10 31 翌 桧 2 (ウェブ 宮 殿 ) 1 御 嶽 登 ( 頂 ) 2 能 機 械 2 夏 例 暑 続 彼 岸 晩 肌 寒 秋 翌 桧 昨 妻 副 訳 振 供 保 育 園 園 保 護 者 妻 保 護 者 色 制 舎 監 母 守 趣 ポ ツ ク ブ ソ ボ サ ク ブ 六 彼 ピ 襲 ナ 団 色 違 付 授 等 視 拡 ヒ 第 福 島 駅 伝 A ム 算 五 度 優 勝

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

浦河沖を震源とする地震(第2報)

浦河沖を震源とする地震(第2報) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 ( 第 58 報 ) 1 地 震 の 概 要 1 公 表 資 料 平 成 28 年 6 月 3 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 点 平 成 28 年 熊 本 地 震 は4 月 14 日 21 時 26 分 以 降 に 発 生 した 熊 本 県 を 中 心 とする 一 連

More information

REP02_01.exe

REP02_01.exe 第 1 編 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 及 び 構 成 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 姶 良 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 市 防 災 関 係 機 関 住 民 等 がその 全 機 能 を 発 揮 し 相 互 に 有 機 的 な

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 基 本 法 という ) 第 4 2 条 の 規 定 に 基 づき 鹿 部 町 ( 以 下 本 町 という )の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 等 の 災 害 対 策 を

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

旅客営業規則

旅客営業規則 第 4 章 乗 車 券 類 の 効 力 第 1 節 通 則 ( 乗 車 券 類 の 使 用 条 件 ) 第 147 条 乗 車 券 類 は その 券 面 表 示 事 項 に 従 つて1 回 に 限 り 使 用 することができる この 場 合 乗 車 人 員 が 記 載 されていない 乗 車 券 類 は 1 券 片 をもつて1 人 に 限 るものとす る ただし 定 期 乗 車 券 については その

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連 2 0 1 1 年 4 月 2 0 日 全 建 総 連 支 援 対 策 本 部 ニュース(No.33 全 建 総 連 東 日 本 大 震 災 支 援 対 策 本 部 全 建 総 連 では 4 月 14 日 原 発 事 故 に 起 因 する 様 々な 被 害 を 受 けた 地 域 の 産 業 及 び 住 民 に 対 して 充 分 な 補 償 を 行 うこと 等 を 主 旨 とした 要 請 を 東 京

More information

81 第 5 号 2011 直 接 壁 具 垂 逃 板 ゲ ゲ ゲ 鬼 太 郎 ホ ダ T シ ャ ツ 鬼 太 郎 ズ 注 板 普 違 県 智 頭 町 産 智 頭 杉 使 専 用 ポ 七 ポ 消 印 違 消 印 可 愛 消 印 七 ポ 特 別 ポ 届 盆 盆 期 八 霊 在 呼 ぜ 忘 忘 頃 確

81 第 5 号 2011 直 接 壁 具 垂 逃 板 ゲ ゲ ゲ 鬼 太 郎 ホ ダ T シ ャ ツ 鬼 太 郎 ズ 注 板 普 違 県 智 頭 町 産 智 頭 杉 使 専 用 ポ 七 ポ 消 印 違 消 印 可 愛 消 印 七 ポ 特 別 ポ 届 盆 盆 期 八 霊 在 呼 ぜ 忘 忘 頃 確 玉 商 コ 金 全 払 戻 信 満 衣 香 ツ ツ 故 信 満 コ 境 港 産 工 賞 選 途 ふ ウ 下 鬼 太 郎 男 尋 県 住 正 直 県 観 光 ポ 詳 有 昨 秋 訪 辿 着 経 営 友 則 返 金 保 証 付 コ 昨 秋 最 訪 境 港 安 商 探 訪 6 81 第 5 号 2011 直 接 壁 具 垂 逃 板 ゲ ゲ ゲ 鬼 太 郎 ホ ダ T シ ャ ツ 鬼 太 郎 ズ 注 板 普

More information

法人ニュース「あかしあ」 2013年5月25日 166号

法人ニュース「あかしあ」 2013年5月25日 166号 社 A K A S H I A 発 社 岸 美 惠 子 連 絡 先 - 00 東 京 都 区 青 井 -0- 電 話 08988 FAX 089700 印 刷 区 谷 就 労 ニュ 隔 発 催 7 評 午 0 時 時 午 時 0 時 場 階 室 項 空 調 備 改 修 号 算 監 査 号 そ 他 目 評 催 算 熱 心 審 全 原 通 承 認 ハ ウ 0 節 目 迎 続 青 井 ハ ウ 棟 予 永

More information

<92C3946794F093EF8C7689E681698A6D92E894C5816A>

<92C3946794F093EF8C7689E681698A6D92E894C5816A> 浦 河 町 津 波 避 難 計 画 平 成 26 年 2 月 第 1 章 総 則 1 目 的 この 計 画 は 津 波 が 発 生 した 場 合 または 発 生 する 恐 れがある 場 合 の 津 波 災 害 に 対 し 住 民 の 命 を 守 る ことを 最 優 先 した ソフト 面 の 対 策 を 充 実 させるため 地 震 津 波 発 生 直 後 か ら 津 波 が 終 息 するまでの 概 ね

More information

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378>

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378> 実 績 一 覧 表 ( 平 成 26 年 度 ) 平 成 26 年 6 月 ~ 平 成 27 年 5 月 迄 1 1 日 南 土 木 事 務 所 道 路 維 持 工 事 平 成 26 年 度 防 地 橋 補 第 17-38-02-1 号 日 南 高 岡 線 益 安 橋 橋 梁 補 修 工 事 2 日 南 土 木 事 務 所 公 園 工 事 平 成 25 年 度 ダム 管 理 第 11-2-2 号 広

More information

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ 教 学 教 化 専 門 委 員 会 主 査 木 越 渉 宗 祖 親 鸞 聖 人 七 百 五 十 回 御 遠 忌 は 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 し た 東 日 本 大 震 災 に よ り 法 要 の 第 一 期 が 中 止 さ れ 被 災 者 支 援 の つ ど い が 執 り 行 わ れ た こ の 決 定 か ら 御 遠 忌 そ の も の の 意 義 が 様 々 に 問 わ れ

More information

資 格 審 査 席 3 状 席 計 113 構 155 規 約 1 条 1 4 25 経 過 計 決 算 計 監 査 2 針 計 予 算 規 約 正 及 び 追 記 項 構 賛 多 承 詳 内 容 議 書 読 旧 2 開 設 務 弓 厚 引 続 弓 誉 誉 退 働 厚 就 致 多 面 切 演 有 使

資 格 審 査 席 3 状 席 計 113 構 155 規 約 1 条 1 4 25 経 過 計 決 算 計 監 査 2 針 計 予 算 規 約 正 及 び 追 記 項 構 賛 多 承 詳 内 容 議 書 読 旧 2 開 設 務 弓 厚 引 続 弓 誉 誉 退 働 厚 就 致 多 面 切 演 有 使 東 震 災 被 災 舞 2 5 25 リ バ サ ド ホ 連 迎 在 10 近 ぞ 各 向 図 欲 揚 指 志 賛 法 賛 助 協 得 昨 12 4 ユ ネ コ 遺 護 条 約 8 政 我 伝 統 記 載 登 録 決 追 風 朗 重 性 再 確 財 ロ フ ェ ナ 集 団 重 性 寄 引 続 広 責 重 受 止 不 可 欠 影 響 及 ぼ 改 途 影 響 視 常 深 係 直 接 施 設 通 健 康

More information

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

untitled

untitled nibankan@ r.dion.ne.jp 平 号 鮎 或 粟 容 袷 対 象 定 安 参 加 費 入 庵 持 ち 物 按 申 込 暗 問 粗 ご 辺 チ 収 集 - ご ゼロ ゼ ロ 各 機 電 連 絡 え 西 院 - 恩 -/ 小 新 世 紀 脳 神 経 外 科 - 船 渡 -/ 脳 神 むろ 歯 科 ニッ - 弥 十 郎 -/ 歯 小 歯 石 川 院 - 北 --/ 小 循 消 産 婦

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

ゃんは 思 った 除 染 作 業 の 終 わった 田 圃 は 学 校 のグランドのような 風 景 であった 田 圃 の 除 染 作 業 中 の 重 関 沢 地 区 除 染 作 業 の 終 わった 田 んぼ フレコンバッグの 仮 置 小 宮 地 区 除 染 土 運 搬 のダンプカー 1

ゃんは 思 った 除 染 作 業 の 終 わった 田 圃 は 学 校 のグランドのような 風 景 であった 田 圃 の 除 染 作 業 中 の 重 関 沢 地 区 除 染 作 業 の 終 わった 田 んぼ フレコンバッグの 仮 置 小 宮 地 区 除 染 土 運 搬 のダンプカー 1 福 ちゃんの 阿 武 隈 高 地 ( 野 手 上 山 ) 放 射 線 量 測 定 の 山 歩 き 記 発 行 日 :2015.12.14. 発 行 者 : 福 間 幸 夫 野 手 上 山 山 行 概 要 : 飯 舘 村 役 場 前 野 手 上 山 蕨 平 風 兼 野 手 神 神 社 前 小 宮 沼 平 飯 舘 村 役 場 前 終 日 無 風 快 晴 の 野 手 上 山 山 行 記 録 詳 細 は 添

More information

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 平 成 2 8 年 2 月 か ら 適 用 す る 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 表 平 成 2 8 年 1 月 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5 稲 穂 談 恭 6 8 転 換 膨 ゆ 背 景 死 到 迫 二 向 課 話 書 密 着 材 サ マ 谷 工 労 働 ず 差 男 独 舎 努 力 工 営 労 働 独 酒 ぼ 体 貧 困 陥 差 観 点 典 舎 距 離 遠 南 北 5キ ロ 司 : ゆ 9 回 稲 穂 編 集 委 員 子 背 景 膨 続 抑 制 塊 75 歳 5 向 改 革 急 ピ チ 進 舵 切 包 括 ア シ ム づ 続 機 床 削

More information

<93A191E382B382F18AAE90AC2E696E6464>

<93A191E382B382F18AAE90AC2E696E6464> 主 澁 信 郎 藤 惠 想 像 質 恋 駆 引 答 垢 抜 色 分 世 実 近 仲 軽 横 囲 新 道 ぼ 横 丁 細 石 畳 路 歩 野 暮 限 対 極 憧 世 邪 魔 居 ド キ ド キ 正 攻 法 道 ロ 主 渋 信 郎 氏 伺 感 発 祥 げ 創 暮 丁 肴 丁 ア 層 マ 近 残 願 茶 茶 済 女 発 祥 周 先 親 父 法 学 朝 鮮 台 湾 持 坊 留 学 植 民 勢 エ 学 正 関

More information

47 8 二 十 八 ざ 希 満 慶 旧 格 厚 陰 昨 0 周 始 賓 臨 席 無 終 厚 次 代 可 織 英 導 鞭 撻 必 須 願 具 標 強 財 容 強 ず 減 少 傾 頼 為 応 織 必 条 制 約 是 非 相 談 次 費 比 率 直 器 更 配 分 金 直 処 遇 改 善 信 頼 遂 研

47 8 二 十 八 ざ 希 満 慶 旧 格 厚 陰 昨 0 周 始 賓 臨 席 無 終 厚 次 代 可 織 英 導 鞭 撻 必 須 願 具 標 強 財 容 強 ず 減 少 傾 頼 為 応 織 必 条 制 約 是 非 相 談 次 費 比 率 直 器 更 配 分 金 直 処 遇 改 善 信 頼 遂 研 47 8 47 8 公 町 央 -5-5 ワザ TEL084-5 FAX084-505 柿 所 柿 町 原 8- TEL/FAX0857-9 素 晴 底 づ 47 8 二 十 八 ざ 希 満 慶 旧 格 厚 陰 昨 0 周 始 賓 臨 席 無 終 厚 次 代 可 織 英 導 鞭 撻 必 須 願 具 標 強 財 容 強 ず 減 少 傾 頼 為 応 織 必 条 制 約 是 非 相 談 次 費 比 率 直

More information

ニュ 6 春 号 19 1 3 第 3 種 郵 便 認 可 毎 18 1356 発 SSKP 通 巻 5691 号 014 4 10 発 特 集 ト 規 希 望 状 況 環 境 踏 適 選 定 付 調 必 支 護 認 定 般 相 談 不 明 点 ざ 軽 ポ 問 合 規 組 待 社 公 益 ポ 貸 与

ニュ 6 春 号 19 1 3 第 3 種 郵 便 認 可 毎 18 1356 発 SSKP 通 巻 5691 号 014 4 10 発 特 集 ト 規 希 望 状 況 環 境 踏 適 選 定 付 調 必 支 護 認 定 般 相 談 不 明 点 ざ 軽 ポ 問 合 規 組 待 社 公 益 ポ 貸 与 ニュ 6 春 号 19 1 3 第 3 種 郵 便 認 可 毎 18 1356 発 1014 4 10 発 SSKP 通 巻 5691 号 常 務 理 山 田 雅 巻 頭 www.meguminosono.jp/ www.meguminosono.jp/ URL URL 早 私 仕 就 起 公 私 順 風 満 帆 修 羅 体 験 乗 ぁ 柄 振 返 反 省 私 甘 限 社 ず 数 ~ 予 想 制 含

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

広川町議会だより15号

広川町議会だより15号 号 / 責 / 樫 原 淳 奈 編 集 / 編 集 / - 和 歌 山 有 田 郡 TEL -- FAX -- ホムペジ 検 索 http://www.town.hirogawa.wakayama.jp/gikai/index.html 催 少 相 撲 室 P~ 連 程 件 賛 可 承 環 境 特 サポ 養 座 環 境 特 梶 原 副 井 豆 P~ 般 奥 井 堀 岡 﨑 野 氏 P 厚 変 更 路

More information

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx)

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx) 比 較 民 俗 研 究 会 NEWSLETTER 5 2013 年 2 月 発 行 目 次 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) ( 1 2 3 4 5 ) 比 較 民 俗 研 究 2 7 号 の 発 行 ( 6 ) 事 務 局 よ り お 知 ら せ ( 6 ) 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) 第 1 1 4 回 (

More information

平 成 23 年 第 6 回 辰 野 町 議 会 定 例 会 議 録 (7 日 目 ) 1. 開 会 場 所 辰 野 町 議 事 堂 2. 開 催 日 時 平 成 23 年 6 月 9 日 午 前 10 時 3. 議 員 総 数 14 名 4. 出 席 議 員 数 14 名 1 番 永 原 良 子

平 成 23 年 第 6 回 辰 野 町 議 会 定 例 会 議 録 (7 日 目 ) 1. 開 会 場 所 辰 野 町 議 事 堂 2. 開 催 日 時 平 成 23 年 6 月 9 日 午 前 10 時 3. 議 員 総 数 14 名 4. 出 席 議 員 数 14 名 1 番 永 原 良 子 平 成 23 年 第 6 回 (6 月 ) 定 例 会 一 般 質 問 議 事 録 目 次 1 日 目 質 問 議 席 順 位 番 号 質 問 者 質 問 事 項 項 1 9 成 瀬 恵 津 子 1. 防 災 のさらなる 強 化 2. 乳 幼 児 児 童 医 療 費 特 別 給 付 の 窓 口 無 料 化 について 2 2 6 熊 谷 久 司 1. 伊 北 インター 周 辺 の 渋 滞 緩 和 対

More information

丸 彦 渡 辺 建 設 職 平 成 嶋 弘 金 忙 9 青 婦 心 感 謝 実 打 心 焦 執 委 素 晴 投 球 始 球 式 共 毎 恒 例 連 剛 腕 見 武 km / h 他 追 随 許 選 豪 華 足 係 押 安 眠 枕 選 ダ ホ 照 君 持 社 多 先 輩 他 署 交 流 丸 彦 者 照

丸 彦 渡 辺 建 設 職 平 成 嶋 弘 金 忙 9 青 婦 心 感 謝 実 打 心 焦 執 委 素 晴 投 球 始 球 式 共 毎 恒 例 連 剛 腕 見 武 km / h 他 追 随 許 選 豪 華 足 係 押 安 眠 枕 選 ダ ホ 照 君 持 社 多 先 輩 他 署 交 流 丸 彦 者 照 丸 彦 渡 辺 建 設 職 平 成 物 各 5 ズ 7 短 投 票 発 表 8 ダ 9 丸 彦 渡 辺 建 設 職 市 豊 平 区 豊 平 条 丁 5 8 T E L F A X8 URL:http://homepage.nifty. com/mwcsu 編 集 発 教 宣 度 全 9 サ 色 美 酒 酔 酒 酔 相 非 常 交 流 深 模 管 理 職 連 結 若 模 9 数 去 減 km / h

More information

毎 刊 号 号 表 樽 富 髙 伊 坂 井 太 撰 髙 取 廣 坂 濵 ぞ ろ 千 塩 白 石 稲 澤 富 監 表 級 詞 遂 表 級 詞 遂 遠 治 梁 敏 改 勇 操 縦 故 森 柴 祐 級 詞 遂 濵 仁 文 洋 雄 林 慧 改 林 優 表 転 熊 仁 普 三 警 央 都 城 古 九 州 給

毎 刊 号 号 表 樽 富 髙 伊 坂 井 太 撰 髙 取 廣 坂 濵 ぞ ろ 千 塩 白 石 稲 澤 富 監 表 級 詞 遂 表 級 詞 遂 遠 治 梁 敏 改 勇 操 縦 故 森 柴 祐 級 詞 遂 濵 仁 文 洋 雄 林 慧 改 林 優 表 転 熊 仁 普 三 警 央 都 城 古 九 州 給 OB 絡 8-8 番 号 -8-88 賛 -8- 増 手 デ 道 産 四 産 駅 弁 弁 即 売 宇 都 ぎ ょ 店 舗 ゃ ぽ ガ 横 舞 鶴 肉 ゃ 肉 ゃ 仲 競 横 横 ュ 写 真 掲 速 む 私 趣 毎 週 金 曜 昼 宅 ケ 販 売 ナ 折 買 求 製 販 売 商 品 輸 送 為 値 段 道 飛 騨 牛 製 雰 囲 材 to to 号 号 察 材 青 兒 玉 枇 杷 ぞ 運 営 得 監

More information

役 員 名 所 属 等 氏 名 ( は 新 任 ) 任 期 平 成 22 年 6 月 16 日 ~ 平 成 24 年 6 月 16 日 現 職 等 会 長 名 誉 会 員 陣 内 孝 雄 全 国 治 水 期 成 同 盟 会 連 合 会 会 長 副 会 長 脇 雅 史 参 議 院 議 員 佐 々 木

役 員 名 所 属 等 氏 名 ( は 新 任 ) 任 期 平 成 22 年 6 月 16 日 ~ 平 成 24 年 6 月 16 日 現 職 等 会 長 名 誉 会 員 陣 内 孝 雄 全 国 治 水 期 成 同 盟 会 連 合 会 会 長 副 会 長 脇 雅 史 参 議 院 議 員 佐 々 木 平 成 22 年 度 事 業 報 告 自 平 成 22 年 4 月 31 日 至 平 成 23 年 3 月 31 日 1. 会 員 の 状 況 区 分 前 年 度 末 数 入 会 数 退 会 数 本 年 度 末 数 正 会 員 47 1 1 47 名 誉 会 員 5 1 0 6 賛 助 会 員 41 1 0 42 計 93 3 1 95 ( 注 ) 1.( )は 内 書 で 大 阪 府 ( 休 会

More information

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て 河 辺 い き も の の 森 の 植 物 そ の 3 樹 の 花 河 辺 い き も の の 森 に は 約 100 種 類 の 樹 木 が 生 育 し て い る 整 備 さ れ る 以 前 の 森 は そ の 見 か け 上 の 違 い か ら ケ ヤ キ 林 コ ナ ラ 林 ア ラ カ シ 林 ス ギ 林 竹 林 の 5 種 類 の 林 か ら 成 り 立 つ と さ れ て い た が 手

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 1 ゆ 舞 運 命 神 ナタワダ 3 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 音 医 者 芝 居 身

More information

程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野

程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野 臨 号.. 写 真 : 玄 7 各 程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野 辰 昇 谷 川 也 副 彦 坂 伸 川 7 作 谷 川 崇 谷 寿

More information

1959 ( 昭 34) 9.23~ 26 台 風 第 15 号 ( 伊 勢 湾 台 風 ) 1960 低 気 圧 と 前 ( 昭 35) 線 10.6~ 7 梅 雨 前 線 ( 昭 和 36 年 梅 1961 雨 前 線 豪 雨 ) ( 昭 36) 6.24~ 29 南 部 台 風 第 15 号

1959 ( 昭 34) 9.23~ 26 台 風 第 15 号 ( 伊 勢 湾 台 風 ) 1960 低 気 圧 と 前 ( 昭 35) 線 10.6~ 7 梅 雨 前 線 ( 昭 和 36 年 梅 1961 雨 前 線 豪 雨 ) ( 昭 36) 6.24~ 29 南 部 台 風 第 15 号 三 重 県 における 戦 後 の 主 な 気 象 災 害 主 な 被 害 発 生 年 月 日 要 因 主 な 被 害 地 域 概 況 死 者 行 方 不 明 者 ( 名 ) 負 傷 者 ( 名 ) 住 宅 全 壊 流 出 ( 棟 ) 住 宅 半 壊 一 部 破 損 ( 棟 ) 床 上 浸 1987 年 水 ( 棟 ) までは 住 家 半 壊 の み 床 下 浸 水 ( 棟 ) 台 風 第 28 号

More information

艦これ世界にやってきた ID:90520

艦これ世界にやってきた ID:90520 零 注 意 項 P D F フ ァ ハ 掲 品 自 動 的 P D F 化 小 説 ハ 運 営 断 P D F フ ァ 及 び 品 引 範 囲 超 形 改 変 再 配 布 販 売 禁 怪 エ 手 引 般 話 不 定 期 更 新 ネ タ 浮 投 稿 次 第 話 第 話 8 第 話 ω ` ) へ テ キ ビ ス 飲 落 着 欲 済 仏 顔 謝 許 私 怪 エ 君 葉 表 み 感 殺 伐 気 持 忘 欲

More information

[6] 行 程 2 回 戦 学 院 出 発 ( 夜 行 バス) 試 合 応 援 帰 校 ( 夜 行 バス) 試 合 終 了 後 勝 敗 にかかわらず 帰 校 いたします 但 し 現 地 にて 雨 天 等 で 順 延 の 場 合 は 京 都 に 宿 泊 いたします 3 回 戦 学 院 出 発 ( 夜

[6] 行 程 2 回 戦 学 院 出 発 ( 夜 行 バス) 試 合 応 援 帰 校 ( 夜 行 バス) 試 合 終 了 後 勝 敗 にかかわらず 帰 校 いたします 但 し 現 地 にて 雨 天 等 で 順 延 の 場 合 は 京 都 に 宿 泊 いたします 3 回 戦 学 院 出 発 ( 夜 保 護 者 各 位 平 成 27 年 8 月 4 日 作 新 学 院 高 等 学 校 長 船 田 元 第 97 回 全 国 高 等 学 校 野 球 選 手 権 大 会 応 援 団 派 遣 について 保 護 者 の 皆 様 におかれましては 益 々ご 清 祥 のこととお 慶 び 申 し 上 げます さて 第 97 回 全 国 高 等 学 校 野 球 選 手 権 大 会 応 援 にお 子 様 のご 参

More information

那 智 心 案 審 登 壇 例 那 智 舎 太 陽 電 別 昨 使 果 証 善 点 反 省 項 把 握 役 立 側 求 意 義 疑 約 伝 歳 漁 港 使 昨 減 漁 港 係 留 空 ス ペ ス 募 集 不 係 留 充 不 係 留 監 視 充 努 寄 付 ふ 納 税 ふ 納 税 ウ ェ ブ サ 登

那 智 心 案 審 登 壇 例 那 智 舎 太 陽 電 別 昨 使 果 証 善 点 反 省 項 把 握 役 立 側 求 意 義 疑 約 伝 歳 漁 港 使 昨 減 漁 港 係 留 空 ス ペ ス 募 集 不 係 留 充 不 係 留 監 視 充 努 寄 付 ふ 納 税 ふ 納 税 ウ ェ ブ サ 登 那 智 第 号 H. : 那 智 / 編 集 : 編 集 / : - 歌 山 東 牟 婁 郡 那 智 字 築 -- TEL -- 例 家 簿 徹 底 チェ P~ P~ P~ 元 気 笑 顔 輝 P 宇 久 井 スポツ 少 団 写 真 : 市 野 々 秋 季 同 心 輝 市 那 智 心 案 審 登 壇 例 那 智 舎 太 陽 電 別 昨 使 果 証 善 点 反 省 項 把 握 役 立 側 求 意 義

More information

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ )

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ ) 知 多 理 科 同 好 会 広 報 部 会 報 第 29 号 平 成 23 年 11 月 18 日 流 星 今 か ら 1 0 年 前, 2 0 0 1 年 1 1 月 小 学 生 2 年 生 の 息 子 と と も に 夜 中 に 起 き 出 し て, 庭 に シ ー ト を 引 き, 東 の 空 を 見 て い た こ と が あ り ま す 一 つ の 寝 袋 に 二 人 で 潜 り 込 ん

More information

文化連情報8月389号.indd

文化連情報8月389号.indd 正 総 合 略 死 臓 器 摘 死 至 ゆ 安 レ バ ボ 取 除 般 従 遷 疎 困 難 特 徴 刺 激 与 ェ ュ 為 促 続 偶 付? 視 線 向 追 右 左 管 膀 胱 挿 声 様 好 音 楽 聴 試 声 録 音 聴 希 望 直 接 般 簡 隅 形 再 驚 ふ 左 伸 首 抱 作 口 ゆ 偶 常 化 情 報 緒 = 種 常 光 濃 厚 報 酬 高 評 与 遅 デ 効 徐 打 費 適 配 部

More information

G.indd

G.indd ミ ュ ウ 2 3 凝 耳 澄 第 六 研 澄 電 灯 照 央 吐 必 暖 度 右 丸 紙 構 直 英 武 保 訪 ぬ 矮 小 精 神 刻 刻 消 耗 仇 義 務 背 負 孤 独 士 仇 属 全 般 襲 ネ 科 属 世 界 共 通 室 害 虫 小 型 ネ 学 Blattella geamanica. 最 早 記 愉 以 呼 称 遡 突 然 三 暮 忙 最 初 へ 部 活 暗 包 少 街 離 嫌 予

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

 パラオ基地物語 ID:45749

 パラオ基地物語 ID:45749 注 意 事 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ト ラ オ 物 語 作 者 名 香 夢 学 生 青 年 軍 少 佐! ラ オ 運 営 娘 常 楽 島 人 々 生 活 助 物 語 学 生 自 分 自 分 司 令

More information

防災マニュアル 分割1

防災マニュアル 分割1 新 居 浜 特 別 支 援 学 校 防 災 マニュアル - 平 成 4 度 版 - 愛 媛 県 立 新 居 浜 特 別 支 援 学 校 79-004 愛 媛 県 新 居 浜 市 本 郷 丁 目 番 5 号 Tel 0897--6656 Fax 0897-44-5599 目 次 南 海 大 地 震 の 災 害 の 特 性 と 被 害 の 想 定 地 震 発 生 時 の 基 本 的 対 応 地 震 防

More information

第6節  災害想定

第6節  災害想定 第 5 節 災 害 の 想 定 第 1 項 既 往 災 害 の 事 例 1. 既 往 災 害 事 例 資 料 編 * 1 参 照 昭 和 30 年 代 後 半 からの 治 山 治 水 事 業 対 策 の 進 展 基 本 法 による 防 災 体 制 の 充 実 気 象 観 測 施 設 の 整 備 情 報 伝 達 手 段 の 発 達 や 普 及 等 により 昭 和 28 年 の 大 水 害 以 後 は

More information

魅 式 了 エ ョ 殊 環 理 素 構 充!? ニ ザ 先 課 提 起 智 恵 験 ェ 歳 名 男 名 計 名 N H K ズ 現 材 初 緊 張 盤 数 換 メ 忘 没 頭 換 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

魅 式 了 エ ョ 殊 環 理 素 構 充!? ニ ザ 先 課 提 起 智 恵 験 ェ 歳 名 男 名 計 名 N H K ズ 現 材 初 緊 張 盤 数 換 メ 忘 没 頭 換 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 仲 ェ 号 負 盛 況!! 晴 打 変 候 恵 冷 盛 野 個 示 個 頃 果 表 示 模 擬 店 準 備 様 委 竹 昔 懐 遊 迷 路 料 配 布 老 若 男 問 企 別 企 映 映 果 表 流 想 同 士 携 表 盛 竹 賑 模 擬 店 盛 況 客 笑 ぼ 魅 式 了 エ ョ 殊 環 理 素 構 充!? ニ ザ 先 課 提 起 智 恵 験 ェ 歳 名 男 名 計 名 N H K ズ 現 材 初

More information

ほ ほ 離 待 ムダ

ほ ほ 離 待 ムダ 知 知 引 寄 ツ ほ ほ 離 待 ムダ 法 紹 介 5 週 費 ニ 消 安 パ 麺 パ 週 月 米 手 米 活 少 月 小 麦 粉 水 練 茹 ゆ 味 付 塩 意 外 ニ ニ 覚 小 麦 粉 毎 仕 5 歳 笑 貧 乏 笑 週 費 水 道 代 ガ 代 払 ょ ゅ 止 7 6 結 果 目 的 目 的 能 力 試 ャ バ ボ ぽ ょ 照 真 面 目 ぶ 儲 儲 版 儲 力 版 面 白 書 軽 暖 房

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 27 年 度 第 11 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 2 月 5 日 ( 金 ) 午 前 11 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 まちの 顔 愛 称 決 定 赤 谷 どんつき 祭 り しばたん 観 光 バス 赤 谷 どんつき 祭 り 見 学 ツアー 月 岡 温 泉 どんど 祭 り たけつね 堀 部 安 兵 衛 武 庸 縁 結 びスイーツ

More information