農薬検査所報告第42号

Size: px
Start display at page:

Download "農薬検査所報告第42号"

Transcription

1 BULLETIN OF THE INDEPENDENT ADIMINISTRATIVE INSTITUTION: AGRICULTURAL CHEMICALS INSPECTION STATION KODAIRA-SHI, TOKYO, JAPAN 農 薬 検 査 所 報 告 第 42 号 平 成 14 年 7 月 独 立 行 政 法 人 農 薬 検 査 所 ( 東 京 都 小 平 市 )

2 はじめに 農 林 水 産 省 農 薬 検 査 所 は 平 成 13 年 4 月 に 5 余 年 の 歴 史 を 閉 じ 新 たに 独 立 行 政 法 人 として 発 足 しました 独 立 行 政 法 人 制 度 は 国 の 機 構 の 再 編 論 議 の 中 で 発 案 さ れた 制 度 です 発 足 に 当 たっては 独 立 行 政 法 人 通 則 法 独 立 行 政 法 人 農 薬 検 査 所 法 等 の 法 令 に 従 って 業 務 方 法 書 や 理 事 長 理 事 監 事 の 役 員 の 人 選 を 行 い 法 務 省 に 法 人 登 記 し あわせて 農 林 水 産 大 臣 が 定 める 中 期 目 標 (5か 年 計 画 ) を 達 成 するために 農 薬 検 査 所 が 作 成 し 農 林 水 産 大 臣 が 認 可 した 中 期 計 画 に 則 って 仕 事 を 進 めます 独 立 行 政 法 人 農 薬 検 査 所 の 場 合 は 農 薬 の 検 査 を 行 なうことにより 農 薬 の 品 質 の 適 正 化 及 びその 安 全 性 の 確 保 を 図 る( 独 立 行 政 法 人 農 薬 検 査 所 法 第 2 条 : 検 査 所 の 目 的 ) ことを 目 的 にして 1 農 薬 の 検 査 2 農 薬 の 検 査 に 附 帯 する 業 務 3 農 薬 取 締 法 に 定 める 農 薬 の 集 取 及 び 立 入 検 査 など の3つの 業 務 を 行 なうことを 使 命 とし ています( 同 法 第 1 条 : 業 務 の 範 囲 ) これらの 業 務 の 内 容 は 従 来 から 実 施 していた 業 務 の 内 容 とそれほど 異 なりません では 何 が 変 わったのかといえば 次 の3つが 挙 げられます 1 業 務 の 実 施 に 当 たっては 経 費 の 節 減 も 含 めて 常 に 効 率 化 を 図 ること 及 び 独 立 行 政 法 人 の 業 務 は 国 民 へのサービスそのものであることから 業 務 の 質 を 常 に 向 上 させること が 求 められ 2 このようにして 実 施 した 業 務 の 実 績 を 農 林 水 産 省 及 び 総 務 省 に 設 置 されてい る 評 価 委 員 会 が 毎 年 評 価 し 評 価 の 結 果 を 次 年 度 以 降 及 び 中 期 計 画 が 終 了 する5 年 後 の 組 織 や 業 務 の 運 営 に 反 映 させるとともに 3 国 家 行 政 事 務 を 担 う 私 達 の 真 のスポンサーである 国 民 に 対 する 透 明 性 の 確 保 と 説 明 責 任 を 果 たす 観 点 から 事 業 内 容 や 財 務 諸 表 を 官 報 やホームページ(HP) などの 手 段 を 用 いて 全 て 公 表 開 示 します このような 仕 組 みになることによって 業 務 内 容 は 一 見 しただけでは 従 来 とは 違 わなく 見 えても 私 達 の 業 務 及 び 業 務 環 境 は 実 際 には 大 きく 変 化 を 遂 げています このたび 独 立 行 政 法 人 農 薬 検 査 所 になってからの 第 一 号 の 報 告 書 を 作 成 しました 業 務 の 具 体 的 な 運 用 については 道 案 内 に 当 たる 法 律 や 運 用 方 針 等 がありましたが 毎 日 が 五 里 霧 中 を 歩 くような 日 々の1 年 間 でした しかし 試 行 錯 誤 も 恐 れずに 職 員 一 同 が 懸 命 に 働 いた 成 果 は 国 民 の 皆 さんに 広 く 知 ってほしいと 思 います そのための 効 果 的 効 率 的 な 方 法 として 今 回 からは 印 刷 物 にして 関 係 機 関 に 配 布 する 方 法 は 廃 止 し HPに 掲 載 することにしました 私 達 の 報 告 が 一 人 でも 多 くの 方 の 目 に 触 れて ご 意 見 ご 批 判 などを 寄 せて 頂 け れば 幸 いです なお 未 だ 準 備 不 足 のため HPが 双 方 向 になっていないのは 申 し 訳 ありませんが 忌 憚 のないご 意 見 をお 待 ちします そして できればお 褒 めの 言 葉 も 頂 戴 できれば もっとしあわせです 平 成 14 年 7 月 吉 日 独 立 行 政 法 人 農 薬 検 査 所 理 事 長 柿 本 靖 信

3 目 次 Ⅰ 背 景 情 報 1.まえがき 2. 法 令 等 の 施 行 Ⅱ Ⅲ Ⅳ 検 査 業 務 1. 登 録 検 査 2. 業 務 運 営 の 効 率 化 に 関 する 目 標 の 達 成 状 況 3. 国 民 に 対 して 提 供 するサービスその 他 業 務 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 の 達 成 状 況 付 帯 業 務 1. 農 薬 GLP 基 準 に 係 る 適 合 確 認 2. 調 査 研 究 3. 情 報 収 集 等 4. 農 薬 に 関 する 情 報 の 提 供 等 5. 研 修 指 導 等 6. 国 際 調 和 への 対 応 7. 海 外 技 術 支 援 8.アンケート 調 査 の 実 施 9. 情 報 の 保 全 管 理 1. その 他 集 取 及 び 立 入 検 査 1. 平 成 13 年 1 月 ~3 月 分 (1 ) 製 造 場 に 対 する 立 入 検 査 等 (2 ) 集 取 農 薬 等 の 検 査 結 果 2. 平 成 13 年 4 月 ~ 平 成 14 年 3 月 分 (1 ) 販 売 業 者 等 に 対 する 立 入 検 査 等 (2 ) 製 造 場 に 対 する 立 入 検 査 等 (3 ) 集 取 農 薬 等 の 検 査 結 果 Ⅴ 機 構 (1) 機 構 ( 平 成 14 年 3 月 31 日 現 在 ) (2) 人 事 研 修

4 Ⅰ 背 景 情 報 1.まえがき 平 成 13 年 の 冬 期 間 ( 平 成 12 年 12 月 から13 年 2 月 )は 北 日 本 では 寒 気 に 覆 われ 気 温 の 低 い 状 況 が 続 いた 一 方 西 日 本 では 気 温 の 高 い 日 が 多 く 暖 冬 傾 向 であった 春 先 の 気 温 は 寒 気 の 吹 き 込 みや 好 天 による 気 温 変 動 が 激 しかったが 4 月 以 降 は 一 部 地 域 を 除 いて 平 年 を 上 回 った 降 水 量 は 全 国 的 に 平 年 を 下 回 った 梅 雨 入 りは 沖 縄 奄 美 は 平 年 並 みの5 月 上 旬 九 州 四 国 地 方 は 平 年 より1 日 から2 週 間 早 い5 月 21 日 頃 中 国 近 畿 東 海 関 東 甲 信 地 域 は 平 年 並 みの6 月 5 日 頃 北 陸 東 北 地 方 は 平 年 より5 日 前 後 早 い6 月 6 日 頃 であった 梅 雨 の 期 間 の 降 水 量 は 近 畿 で 平 年 の6% 程 度 と 少 ない 他 は 平 年 並 みか 平 年 より 多 く 沖 縄 九 州 北 部 北 陸 では 平 年 の15% 以 上 となった 梅 雨 明 けは 沖 縄 奄 美 は6 月 下 旬 頃 九 州 南 部 から 近 畿 までは7 月 下 旬 頃 とほぼ 平 年 並 みであったが 東 日 本 東 北 南 部 では 平 年 より2 日 程 度 早 い7 月 上 旬 であった 東 北 北 部 は 梅 雨 から 盛 夏 期 への 推 移 が 不 明 瞭 で 梅 雨 明 けは 特 定 できなかった 夏 期 間 は 太 平 洋 高 気 圧 の 勢 力 が 強 く 北 日 本 を 除 き 高 温 で 晴 れの 日 が 多 く 少 雨 状 況 であった 北 日 本 では7 月 下 旬 からオホーツク 海 高 気 圧 が 発 達 し 曇 天 が 続 き 低 温 が 続 い た 秋 期 の 気 温 は 変 動 が 大 きかったが 3ヶ 月 平 均 では1 月 まで 高 温 が 続 いた 南 西 諸 島 を 除 き 平 年 並 みであった 降 水 量 は 数 個 の 台 風 の 接 近 通 過 時 にまとまった 雨 が 降 ったため 太 平 洋 側 を 中 心 に 多 雨 となり 平 年 を 上 まわった 日 照 は 東 日 本 西 日 本 では9 月 半 ば 以 降 高 気 圧 におおわれる 日 が 多 く 多 照 となったが 北 海 道 九 州 南 部 の 一 部 と 南 西 諸 島 では 平 年 を 下 回 った 水 稲 のいもち 病 に 関 する 警 報 注 意 報 は 近 年 と 同 様 に 少 ない 傾 向 にある ウンカ 類 で 5 月 下 旬 の 初 飛 来 から 西 日 本 を 中 心 に 広 範 囲 で 飛 来 があり 8 月 には 東 海 地 方 北 関 東 南 東 北 でも 飛 来 が 見 られた しかし 予 防 粒 剤 の 普 及 もあり 本 田 での 発 生 は 平 年 並 み 以 下 で あった 反 面 昨 年 に 引 き 続 き 斑 点 米 カメムシ 類 が 全 国 的 に 多 発 生 となった 多 発 生 の 要 因 は 気 象 による 影 響 に 加 えて 斑 点 米 カメムシ 類 が 発 生 しやすい 休 耕 田 生 産 調 整 による 地 力 増 進 作 物 飼 料 作 物 等 の 面 積 の 増 加 カメムシ 類 の 優 占 種 の 変 化 等 が 大 きな 要 因 と 考 えられている 作 況 指 数 は 北 海 道 東 北 北 部 の 低 温 日 照 不 足 による 青 未 熟 粒 等 の 発 生 北 陸 関 東 以 西 の 高 温 等 による 乳 白 粒 の 発 生 やカメムシ 類 による 被 害 の 発 生 がみられれたものの 全 国 平 均 では13であった 畑 作 物 の 害 虫 では 海 外 飛 来 性 のアワヨトウが 北 海 道 東 北 の 一 部 で 平 年 を 越 える 発 生 があり 吸 実 性 カメムシ 類 が 東 北 関 東 でやや 多 い 発 生 となった 果 樹 の 病 害 の 発 生 は 低 かったが カメムシ 類 の 発 生 時 期 が 早 く 4 月 下 旬 から 近 畿 地 方 以 東 の 地 域 で 越 冬 成 虫 による 発 生 が 多 く 見 られた 平 成 13 年 の 気 象 及 び 病 害 虫 の 発 生 状 況 並 びに 水 稲 の 作 柄 の 概 況 は 以 上 のとおりであった が 我 が 国 の 農 政 農 業 を 取 り 巻 く 状 況 も 大 きく 変 化 しており 特 にBSE( 牛 海 綿 状 脳 症 ) 問 題 輸 入 野 菜 の 急 増 と 残 留 農 薬 等 安 全 性 への 懸 念 食 品 の 不 正 表 示 の 問 題 等 農 産 物 を 含 む 食 品 の 安 全 に 対 する 国 民 的 関 心 が 高 まった 年 であった 国 内 の 病 害 虫 防 除 対 策 については 食 料 農 業 農 村 基 本 計 画 の 理 念 に 基 づく 農 業 の 自 然 循 環 機 能 の 維 持 増 進 について 考 慮 した 病 害 虫 管 理 及 び 環 境 負 荷 の 低 減 を 求 められてい る さらに 改 正 JAS 法 に 基 づく 有 機 農 産 物 の 認 証 制 度 が 開 始 されたところであり 周 辺 環 境 等 への 配 慮 が 従 来 にも 増 して 求 められている 農 薬 は 農 作 物 の 安 定 生 産 品 質 の 向 上 農 作 業 の 省 力 化 等 を 図 る 上 で なお 大 きな 役 割 を 担 っていることから 厳 正 な 検 査 の 遂 行 及 び 科 学 的 社 会 的 な 要 請 に 対 応 した 検 査 項 目 検 査 技 術 の 時 宜 を 得 た 見 直 しが 求 められている このため 平 成 13 年 度 においては 農 薬 の 登 録 申 請 に 係 る 試 験 成 績 について の 一 部 改 正 並 びに 同 通 知 の 運 用 農 薬 の 登 録 申 請 書 等 に 添 付 する 資 料 等 について 及 び 同 通 知 の 運 用 が 発 出 されたところである -1-

5 また 農 薬 中 ダイオキシン 類 の 検 査 基 準 が 農 業 資 材 審 議 会 の 答 申 を 受 け WTOへ の 通 報 がなされているところである 当 所 としては これらの 行 政 措 置 の 原 案 作 成 段 階 関 係 者 への 周 知 等 に 際 して 協 力 し てきたところであり 今 後 の 新 たな 申 請 要 件 の 整 備 等 についても 積 極 的 に 協 力 すること としている 国 際 的 な 動 きとして 残 留 性 有 機 汚 染 物 質 (POPs)に 関 するストックホルム 条 約 が 平 成 13 年 5 月 に 採 択 されており 農 薬 関 係 では 農 薬 取 締 法 によりPOPsに 該 当 するよ うな 物 質 が 登 録 されないよう 措 置 することとされている 最 近 の 登 録 の 傾 向 は 新 規 登 録 件 数 よりも 登 録 失 効 件 数 が 上 回 っており 有 効 登 録 件 数 は 減 少 傾 向 にあるが 新 規 化 合 物 を 含 む 農 薬 の 登 録 は 比 較 的 多 く 微 生 物 農 薬 や 天 敵 農 薬 の 件 数 も 増 加 している 平 成 13 農 薬 年 度 ( 平 成 12 年 1 月 から 平 成 13 年 9 月 )における 農 薬 の 出 荷 は 前 年 度 に 比 べ 数 量 では5% 減 の323 千 t kl 金 額 では2% 減 の3,78 億 円 程 度 と 推 定 されている 農 薬 の 登 録 に 関 係 する 基 準 の 動 きは 概 略 以 下 のとおりである 農 薬 は 使 用 に 当 たって 適 正 な 使 用 方 法 を 遵 守 することが 最 も 重 要 であることから 農 林 水 産 省 では 平 成 13 年 度 においても 農 薬 安 全 使 用 基 準 の 新 規 設 定 及 び 改 定 を 行 い 農 薬 の 安 全 使 用 の 徹 底 を 図 ったところである ( 農 薬 残 留 に 関 する 安 全 使 用 基 準 については 15 農 薬 について 新 たな 基 準 が 設 定 され 57 農 薬 についてその 内 容 が 改 正 された ) 環 境 省 においては 平 成 13 年 度 に 新 たに13 農 薬 について 作 物 残 留 に 係 る 登 録 保 留 基 準 の 設 定 を 行 うとともに 3 農 薬 についてその 改 正 を 行 った 水 質 汚 濁 に 係 る 登 録 保 留 基 準 については 7 農 薬 について 新 たに 基 準 値 の 設 定 を 行 った これにより 平 成 13 年 度 末 ではそれぞれ219 農 薬 ( 作 物 残 留 ) 及 び128 農 薬 ( 水 質 汚 濁 )について 基 準 が 設 定 されて いる 厚 生 労 働 省 においては 食 品 衛 生 法 に 基 づき 農 薬 に 係 る 食 品 の 規 格 基 準 (いわゆる 残 留 農 薬 基 準 )の 整 備 を 進 め 平 成 13 年 度 においては 新 たに18 農 薬 について 追 加 設 定 を 行 った 平 成 13 年 度 末 では 合 計 217 農 薬 について 残 留 農 薬 基 準 の 告 示 がなされている 当 所 についてみると 平 成 13 年 4 月 1 日 に 農 林 水 産 省 の 付 属 機 関 から 独 立 行 政 法 人 に 移 行 し その 運 営 は 独 立 行 政 法 人 の 基 本 的 な 運 営 理 念 及 び 方 針 を 定 めた 独 立 行 政 法 人 通 則 法 及 び 農 薬 検 査 所 の 業 務 を 規 定 した 独 立 行 政 法 人 農 薬 検 査 所 法 に 基 づくこととなった 基 本 的 な 業 務 内 容 は 農 薬 取 締 法 の 規 定 に 基 づく 農 薬 の 登 録 検 査 及 び 立 入 検 査 申 請 の 際 に 提 出 される 毒 性 試 験 成 績 等 の 信 頼 性 確 認 業 務 (GLP) 検 査 技 術 の 向 上 等 に 資 する ための 調 査 研 究 農 薬 の 登 録 に 係 る 国 際 調 和 への 取 り 組 み 開 発 途 上 国 に 対 する 技 術 的 支 援 等 である 独 立 行 政 法 人 化 初 年 度 の 本 年 度 は 農 林 水 産 大 臣 が 定 めた 中 期 目 標 に 対 する 中 期 計 画 年 度 計 画 の 策 定 各 種 規 定 の 整 備 農 薬 登 録 検 査 等 検 査 業 務 に 係 る 農 林 水 産 省 との 関 係 事 務 の 整 理 等 今 後 の 業 務 の 基 礎 を 築 くために 注 力 したところである あわせて 組 織 の 見 直 しも 図 り 2 部 体 制 であった 検 査 関 係 の 課 を 検 査 部 として 再 編 成 し 技 術 調 査 課 を 調 査 研 究 に 専 念 する 調 査 研 究 課 として 独 立 させるとともに 新 たに 検 査 所 の 運 営 に 関 する 企 画 立 案 調 整 及 び 評 価 を 担 当 する 企 画 評 価 室 を 設 ける 等 より 効 率 的 な 組 織 編 成 に 移 行 したところである 平 成 13 年 度 においても 農 薬 の 品 質 の 適 正 化 と その 安 全 かつ 適 正 な 使 用 の 確 保 を 図 る ため 厳 正 な 登 録 検 査 を 実 施 するとともに これらの 業 務 を 円 滑 に 進 めるに 当 たって 必 要 な 調 査 研 究 を 推 進 した 更 に 農 薬 の 毒 性 試 験 及 び 農 薬 の 有 効 成 分 の 物 理 的 化 学 的 性 状 に 関 する 試 験 が 適 切 に 実 施 されていることを 確 認 するため 試 験 施 設 の 運 営 試 験 の 実 施 状 況 の 査 察 を 行 った また 農 薬 の 生 産 及 び 流 通 の 適 正 化 を 図 るため 農 林 水 産 大 臣 の 命 を 受 けて 農 薬 製 造 業 者 及 び 販 売 業 者 を 対 象 に 立 入 検 査 農 薬 の 集 取 を 行 い その 結 果 を 農 林 水 産 大 臣 に 報 告 した 登 録 検 査 のうち 使 用 時 に 係 る 安 全 性 評 価 と 微 生 物 農 薬 の 評 価 については より 適 切 な 登 録 検 査 を 推 進 するために 専 門 家 による 助 言 を 受 けることが 重 要 であることから それぞれの 専 門 家 による 検 討 会 を 引 き 続 き 設 け 本 年 度 はそれぞれ3 回 の 検 討 会 を 開 催 し -2-

6 たところである 農 薬 検 査 所 の 業 務 は 独 立 行 政 法 人 移 行 前 も 移 行 後 も 農 薬 の 検 査 等 を 行 うことにより 農 薬 の 品 質 の 適 正 化 及 びその 安 全 性 の 確 保 を 図 り 農 業 生 産 の 安 定 国 民 健 康 の 保 護 生 活 環 境 及 び 自 然 環 境 の 保 全 に 寄 与 するという 究 極 的 な 目 的 に 何 ら 変 更 はない 独 立 行 政 法 人 の 有 する 自 主 性 弾 力 的 な 業 務 運 営 等 により 業 務 運 営 の 効 率 化 国 民 へ 提 供 するサー ビスの 質 の 向 上 に 努 めているところである 2. 法 令 等 の 施 行 農 薬 登 録 検 査 等 に 関 連 のある 法 令 等 の 施 行 については 次 のとおりであった (1) 主 な 政 令 及 び 省 令 等 年 月 日 事 項 備 考 H 作 物 残 留 に 係 る 農 薬 登 録 保 留 基 準 を 改 正 する 件 環 境 省 告 示 第 31 号 H 水 質 汚 濁 に 係 る 農 薬 登 録 保 留 基 準 を 改 正 する 件 環 境 省 告 示 第 32 号 H 毒 物 及 び 劇 物 指 定 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 政 令 第 227 号 H 食 品 添 加 物 等 の 規 格 基 準 の 一 部 を 改 正 する 件 厚 生 労 働 省 告 示 第 258 号 H 食 品 添 加 物 等 の 規 格 基 準 の 一 部 を 改 正 する 件 厚 生 労 働 省 告 示 第 361 号 H 肥 料 取 締 法 に 基 づき 普 通 肥 料 の 公 定 規 格 を 定 める 等 農 林 水 産 省 告 示 第 638 号 の 件 の 一 部 を 改 正 する 件 H 食 品 添 加 物 等 の 規 格 基 準 の 一 部 を 改 正 する 件 厚 生 労 働 省 告 示 第 94 号 H 作 物 残 留 に 係 る 農 薬 登 録 保 留 基 準 を 改 正 する 件 環 境 省 告 示 第 23 号 H 毒 物 及 び 劇 物 指 定 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 政 令 第 63 号 H 毒 物 及 び 劇 物 取 締 法 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 する 省 令 厚 生 労 働 省 令 第 3 号 (2) 通 知 年 月 日 事 項 備 考 H 農 薬 安 全 使 用 基 準 の 一 部 改 正 について H 農 薬 の 輸 出 入 について の 一 部 改 正 について H 農 薬 危 害 防 止 運 動 の 実 施 について H 農 薬 の 登 録 申 請 に 係 る 試 験 成 績 について の 一 部 改 正 について H 農 薬 安 全 使 用 基 準 の 一 部 改 正 について 3 生 産 第 676 号 13 生 産 第 818 号 13 生 産 第 1448 号 13 生 産 第 1739 号 13 生 産 第 44 号 -3-

7 H 農 薬 の 登 録 申 請 に 係 る 試 験 成 績 について の 適 用 の 考 え 方 等 について H 農 薬 の 登 録 申 請 に 係 る 試 験 成 績 について の 運 用 につ いて H 農 林 水 産 航 空 事 業 の 実 施 についての 制 定 について H 無 人 ヘリコプター 利 用 技 術 指 導 指 針 の 一 部 改 正 について H 無 人 ヘリコプター 利 用 技 術 指 導 指 針 の 一 部 改 正 について H 農 薬 安 全 使 用 基 準 の 一 部 改 正 について H H H H ゴルフ 場 で 使 用 される 農 薬 による 水 質 汚 濁 の 防 止 に 係 る 暫 定 指 導 指 針 の 一 部 改 正 について 農 薬 成 分 に 関 する 登 録 検 査 上 の 取 扱 について の 一 部 改 正 について 農 薬 の 登 録 申 請 書 等 に 添 付 する 資 料 等 について 農 薬 の 登 録 申 請 書 等 に 添 付 する 資 料 等 について の 運 用 について 13 生 産 第 3985 号 13 生 産 第 3986 号 13 生 産 第 4543 号 13 生 産 第 4545 号 13 生 産 第 593 号 13 生 産 第 6829 号 環 水 土 第 235 号 13 生 産 第 5216 号 13 生 産 第 3987 号 13 生 産 第 3988 号 (3) 独 立 行 政 法 人 に 関 する 通 知 年 月 日 事 項 備 考 H 独 立 行 政 法 人 農 薬 検 査 所 中 期 目 標 の 指 示 農 林 水 産 省 指 令 12 生 産 第 1952 号 H 独 立 行 政 法 人 農 薬 検 査 所 の 中 期 目 標 を 達 成 するた めの 計 画 ( 中 期 計 画 )の 認 可 農 林 水 産 省 指 令 13 生 産 第 5 号 H 独 立 行 政 法 人 農 薬 検 査 所 の 業 務 方 法 書 の 認 可 農 林 水 産 省 指 令 13 生 産 第 6 号 H 独 立 行 政 法 人 農 薬 検 査 所 の 中 期 目 標 を 達 成 するた めの 計 画 ( 中 期 計 画 )の 変 更 の 認 可 農 林 水 産 省 指 令 13 生 産 第 8846 号 -4-

8 Ⅱ 検 査 業 務 1. 登 録 検 査 (1) 農 薬 登 録 の 概 要 平 成 13 農 薬 年 度 ( 平 成 12 年 1 月 1 日 ~ 平 成 13 年 9 月 3 日 )に 登 録 された 農 薬 は 2,731 件 で その 内 訳 は 新 規 登 録 218 件 再 登 録 1,46 件 現 に 登 録 を 受 けている 農 薬 について の 事 項 変 更 登 録 ( 適 用 拡 大 等 )1,53 件 であった 前 年 度 に 比 べると 新 規 登 録 はやや 減 少 事 項 変 更 登 録 再 登 録 は 減 少 であった 新 規 登 録 された 化 合 物 ( 生 物 農 薬 を 含 む 以 下 同 じ )は3( 殺 虫 剤 1 殺 菌 剤 6 除 草 剤 5 その 他 9)であり これらの 新 規 化 合 物 を 含 む 農 薬 は44 種 類 ( 殺 虫 剤 12 殺 菌 剤 9 殺 虫 殺 菌 剤 1 除 草 剤 18 その 他 4) 7 銘 柄 が 登 録 された 既 登 録 化 合 物 ( 生 物 農 薬 を 含 む 以 下 同 じ )の 農 薬 は1 種 類 ( 殺 虫 剤 24 殺 菌 剤 19 殺 虫 殺 菌 剤 16 除 草 剤 35 植 調 剤 3 その 他 3) 148 銘 柄 が 新 たに 登 録 された これら1 種 類 の 農 薬 を 既 登 録 剤 と 同 一 剤 型 であるかどうか 等 の 観 点 から 類 別 すると 新 剤 型 28 種 類 新 混 合 剤 36 種 類 新 製 剤 14 種 類 既 製 剤 22 種 類 であった 新 規 登 録 された 農 薬 の 銘 柄 ごとの 用 途 別 件 数 は 殺 虫 剤 5 件 (22.9%) 殺 菌 剤 41 件 (1 8.8% ) 殺 虫 殺 菌 剤 2 件 (9.2%) 除 草 剤 95 件 (43.6%) その 他 12 件 (5.5%)であっ た ( 表 1. 及 び 表 2. 参 照 ) 事 項 変 更 登 録 のうち 地 域 特 産 農 作 物 等 を 対 象 とする 適 用 拡 大 等 の 主 な 内 容 は 表 3.のと おりである (2) 新 規 化 合 物 の 登 録 平 成 13 農 薬 年 度 には3の 新 規 化 合 物 が 登 録 された これらの 新 規 化 合 物 の 種 類 有 効 成 分 の 化 学 名 等 は 表 4.のとおりであり 適 用 病 害 虫 及 びその 使 用 方 法 等 の 概 要 は 次 のとおりである 混 合 剤 である 場 合 は アンダーラインを 引 いたものが 新 規 化 合 物 である なお ( ) 内 の 名 称 は 商 品 名 である 殺 虫 剤 1) スタイナーネマ グラセライ 剤 (バイオトピア) かんしょのコガネムシ 類 幼 虫 を 対 象 として 株 元 灌 注 する 芝 のコガネムシ 類 幼 虫 を 対 象 として 散 布 する 本 剤 の 昆 虫 病 原 性 線 虫 スタイナーネマ グラセライは 米 国 ニュージャージー 州 の 土 壌 から 分 離 され 日 本 においてエス ディー エスバイオテックが 芝 及 びかんしょのコ ガネムシ 類 幼 虫 防 除 用 微 生 物 農 薬 として 開 発 したものである 作 用 機 作 は 土 壌 中 の 感 染 態 3 期 幼 虫 が 標 的 昆 虫 の 開 口 部 より 体 内 に 侵 入 線 虫 体 内 に 存 在 する 共 生 細 菌 ゼノラ ブダス ポイナリを 放 出 することで 敗 血 症 を 引 き 起 こし 標 的 昆 虫 を 死 亡 させると 考 え られている 2) デンプン 液 剤 ( 粘 着 くん8) かんきつのミカンハダニを 対 象 として 散 布 する 本 剤 はアグロス( 現 住 友 化 学 )が 食 用 デンプンを 農 薬 として 開 発 した 殺 虫 剤 である 作 用 機 作 は 物 理 的 に 虫 体 を 植 物 上 に 貼 り 付 け 活 動 を 止 めること 及 び 呼 吸 器 官 である 気 門 の 封 鎖 による 窒 息 死 と 考 えられる 3) カズサホス 粒 剤 (ラグビーMC 粒 剤 ) だいこんのネグサレセンチュウ きゅうり すいかのネコブセンチュウを 対 象 として 全 面 土 壌 混 和 する 本 剤 は 米 国 FMCが 開 発 した 有 機 リン 系 殺 虫 剤 である 日 本 においては 原 体 のマイ クロカプセル 化 により 急 性 毒 性 を 軽 減 した 製 剤 が 殺 線 虫 剤 として 開 発 された 本 剤 は 一 般 の 有 機 リン 剤 と 同 様 に 神 経 伝 達 物 質 となるアセチルコリンを 分 解 するアセチルコリ ンエステラーゼ 活 性 を 阻 害 し 神 経 毒 として 作 用 し 麻 痺 が 起 こることにより 殺 線 虫 活 性 を 示 す 接 触 型 の 殺 虫 剤 である 4) タイリクヒメハナカメムシ 剤 (オリスターA) -5-

9 ピーマン( 施 設 栽 培 )のミナミキイロアザミウマ ミカンキイロアザミウマ ヒラズ ハナアザミウマを 対 象 として 放 飼 する 本 剤 は 住 友 化 学 が 日 本 国 内 で 採 集 した 個 体 群 を 継 続 的 に 飼 育 したタイリクヒメハナカ メムシをアザミウマ 類 防 除 用 として 開 発 した 天 敵 農 薬 である タイリクヒメハナカメム シは 口 吻 をアザミウマ 類 の 体 に 刺 し その 体 液 を 吸 汁 することにより アザミウマ 類 を 死 に 至 らしめる 5) ヤマトクサカゲロウ 剤 (カゲタロウ) いちご( 施 設 栽 培 ) なす( 施 設 栽 培 )のワタアブラムシ ピーマン( 施 設 栽 培 )の アブラムシ 類 を 対 象 として 放 飼 する 本 剤 は 三 洋 貿 易 がドイツより 導 入 開 発 を 開 始 し その 後 アグロスターが 受 け 継 ぎ トーメン( 現 アリスタ)と 共 同 開 発 した 天 敵 農 薬 である ヤマトクサカゲロウ 幼 虫 は 口 器 をアブラムシ 幼 虫 及 び 成 虫 に 差 し 込 み 自 分 の 消 化 液 でアブラムシ 類 の 体 液 を 溶 かし た 後 吸 汁 することにより アブラムシ 類 を 死 に 至 らしめる ヤマトクサカゲロウ 成 虫 は アブラムシ 類 の 甘 露 花 蜜 及 び 花 粉 を 餌 とするため 効 果 はない 6) プロピレングリコールモノ 脂 肪 酸 エステル 乳 剤 (アカリタッチ 乳 剤 ) みかんのミカンハダニ なすのハダニ 類 を 対 象 として 散 布 する 本 剤 は 東 亜 合 成 が 理 化 学 研 究 所 と 共 同 研 究 開 発 した 気 門 封 鎖 型 殺 虫 剤 である 本 剤 は 散 布 後 の 湿 展 性 が 良 く 散 布 液 中 の 有 効 成 分 が 虫 体 に 容 易 に 付 着 することにより 防 除 効 果 を 発 揮 するものと 考 えられる ハダニ 類 の 成 虫 及 び 幼 虫 に 対 して 効 果 を 有 する た だし 殺 卵 効 果 は 低 く 浸 透 移 行 性 及 び 予 防 効 果 はない 7) インドキサカルブMP 水 和 剤 (トルネードフロアブル) キャベツ だいこんのコナガ アオムシ てんさいのヨトウムシ かんしょのハスモ ンヨトウ たばこのタバコアオムシ ヨトウムシを 対 象 として 散 布 する 本 剤 は 米 国 デュポンが 開 発 したオキサダイアジン 系 の 殺 虫 剤 である 主 に 鱗 翅 目 害 虫 に 対 し 食 毒 及 び 接 触 毒 性 を 示 すが 一 部 の 半 翅 目 害 虫 や 鞘 翅 目 害 虫 にも 活 性 を 有 する 本 剤 は 既 存 殺 虫 剤 と 異 なる 新 しい 作 用 機 構 を 持 つ 処 理 した 作 物 を 摂 取 した 昆 虫 の 神 経 軸 索 に 作 用 し 神 経 膜 のNa + チャンネルの 機 能 を 阻 害 し 神 経 系 を 麻 痺 させ 昆 虫 を 死 に 至 らしめる 8) チアクロプリド 粒 剤 (バリアード 箱 粒 剤 ) 稲 ( 箱 育 苗 )のイネドロオイムシ イネミズゾウムシを 対 象 として 育 苗 箱 の 上 から 均 一 に 散 布 する 本 剤 は 日 本 バイエルが 開 発 した 水 稲 園 芸 畑 作 物 用 のクロロニコチニル 系 殺 虫 剤 で ある 昆 虫 に 対 し 経 口 経 皮 的 に 摂 取 され ニコチンとの 類 似 性 により ニコチン 作 動 性 アセチルコリン 受 容 体 に 結 合 し 殺 虫 活 性 を 示 す また 植 物 の 根 から 吸 収 されて 茎 葉 部 に 浸 透 移 行 する 特 性 を 持 つ 9) ペキロマイセス フモソロセウス 水 和 剤 (プリファード 水 和 剤 ) トマト( 施 設 栽 培 )のオンシツコナジラミ シルバーリーフコナジラミを 対 象 として 散 布 する 本 微 生 物 はコナジラミ 類 に 優 れた 効 力 を 示 すことが 認 められ その 生 産 技 術 と 製 剤 化 が 米 国 W.R.グレース 社 ( 現 サーモトリロジー 社 )にて 確 立 された 本 剤 は 東 海 物 産 ( 株 ) がサーモトリロジー 社 より 開 発 販 売 権 を 得 て 導 入 した 微 生 物 農 薬 である 作 用 機 作 は 明 らかではないが ペキロマイセス フモソロセウスの 出 芽 胞 子 がコナジラミの 虫 体 上 で 発 芽 し 発 芽 管 が 表 皮 を 貫 通 して 虫 体 内 へ 貫 入 し 菌 糸 が 生 育 虫 体 の 呼 吸 系 神 経 系 への 侵 入 菌 による 栄 養 分 の 吸 収 等 の 要 因 により 死 に 至 ると 推 測 される 1) メトキシフェノジド 粉 剤 (ランナー 粉 剤 DL) 稲 のコブノメイガ ニカメイチュウ イネツトムシ フタオビコヤガを 対 象 として 散 布 する 本 剤 は 米 国 ローム アンド ハース カンパニー( 現 ダウ アグロサイエンス 社 )によ り 創 製 されたベンゾイルヒドラジン 系 化 合 物 に 属 する 殺 虫 剤 であり 鱗 翅 目 害 虫 に 対 し て 脱 皮 促 進 作 用 を 有 する 昆 虫 成 育 制 御 剤 である エクダイソン 様 の 作 用 を 示 し 幼 虫 の -6-

10 脱 皮 を 促 すことにより 殺 虫 効 果 を 表 す 殺 菌 剤 1) フェノキサニル 粉 剤 (アチーブ 粉 剤 DL) 稲 のいもち 病 を 対 象 として 散 布 する 本 剤 は 日 本 農 薬 とアメリカン サイアナミッド カンパニー( 現 ビーエーエスエフ)が 共 同 開 発 したフェノキ シアミド 系 の 新 規 骨 格 を 有 する 浸 透 性 殺 菌 剤 である 本 剤 の 作 用 機 構 は いもち 病 菌 のメラニン 合 成 阻 害 により 稲 の 葉 鞘 葉 身 並 びに 根 から 吸 収 移 行 し 付 着 器 の 侵 入 を 予 防 すると 考 えられている 2) フェンブコナゾール 水 和 剤 (インダーフロアブル) りんごの 黒 星 病 赤 星 病 うどんこ 病 モニリア 病 なしの 黒 星 病 赤 星 病 輪 紋 病 ももの 黒 星 病 灰 星 病 おうとうの 灰 星 病 ぶどうの 黒 とう 病 茶 の 炭 疽 病 褐 色 円 星 病 もち 病 を 対 象 として 散 布 する 本 剤 は 米 国 ローム アンド ハース 社 ( 現 ダウ アグロサイエンス 社 )が 発 見 したト リアゾール 系 の 殺 菌 剤 であり ローム アンド ハース ジャパン( 現 ダウ ケミカル 日 本 ) 塩 野 義 製 薬 三 洋 貿 易 が 共 同 開 発 した 本 剤 は 根 から 吸 収 移 行 性 葉 からの 浸 透 性 があり 菌 類 のエルゴステロール 生 合 成 阻 害 により 菌 類 の 正 常 な 生 育 を 阻 害 する 3) トリフロキシストロビン 水 和 剤 (フリントフロアブル25) きゅうりのうどんこ 病 りんごの 斑 点 落 葉 病 褐 斑 病 黒 星 病 を 対 象 として 散 布 する 本 剤 はスイス 国 ノバルティス 社 が 開 発 したストロビルリン 系 の 殺 菌 剤 である 本 剤 は 植 物 体 表 面 を 覆 うワックス 層 に 吸 収 され 徐 々に 植 物 組 織 内 部 に 浸 潤 し 病 原 菌 の 胞 子 発 芽 阻 害 胞 子 発 芽 以 降 の 宿 主 への 侵 入 阻 害 吸 器 の 形 成 阻 害 宿 主 クチクラ 層 下 での 子 座 形 成 阻 害 により 防 除 効 果 を 示 す 藻 菌 類 においては 病 原 菌 の 遊 送 子 の 放 出 を 阻 害 することで 防 除 活 性 を 示 す 4) シアゾファミド 水 和 剤 (ランマンフロアブル) きゅうり メロン ぶどうのべと 病 トマト ばれいしょの 疫 病 を 対 象 として 散 布 す る 本 剤 は 石 原 産 業 が 開 発 したシアノイミダゾール 骨 格 を 持 つ 殺 菌 剤 である ミトコンド リア 内 の 電 子 伝 達 系 に 作 用 し 胞 子 形 成 胞 子 発 芽 遊 走 子 遊 泳 菌 糸 伸 長 など 植 物 病 原 菌 の 全 ての 生 活 環 を 阻 害 し 効 果 を 発 揮 していると 考 えられており 藻 菌 類 によるべ と 病 疫 病 及 び 根 こぶ 病 に 効 果 を 示 す 5) シュードモナス フルオレッセンス 剤 (セル 苗 元 気 ) トマトの 青 枯 病 育 苗 期 の 伸 長 抑 制 を 対 象 にセル 苗 型 育 苗 培 土 としてそのまま 使 用 す る 本 剤 は 多 木 化 学 が 開 発 した 土 壌 伝 染 性 病 害 防 除 及 び 植 物 成 長 調 整 機 能 を 有 した 薬 剤 で ある 本 菌 はトマト 幼 根 の 創 傷 部 から 根 内 に 進 入 し 根 及 び 地 際 茎 部 の 皮 層 細 胞 間 隙 で 増 殖 し このような 根 内 定 着 により トマト 幼 苗 は 病 原 細 菌 感 染 時 と 類 似 の 抵 抗 性 反 応 を 誘 導 する これらの 定 着 苗 に 青 枯 病 菌 を 接 種 すると 根 外 に 糖 と 不 飽 和 炭 素 を 含 む 非 蛍 光 性 の 褐 変 物 質 を 産 生 し 青 枯 病 の 発 生 を 抑 制 する トマトに 対 する 草 丈 の 伸 長 抑 制 作 用 は 茎 部 細 胞 を 小 型 化 することによるものと 考 えられる 6) タラロマイセス フラバス 水 和 剤 (バイオトラスト 水 和 剤 ) いちごの 炭 疽 病 うどんこ 病 を 対 象 として 散 布 する 本 剤 は 出 光 興 産 が 開 発 したいちごの 炭 疽 病 及 びうどんこ 病 を 対 象 とした 薬 剤 である 本 菌 は 植 物 体 表 面 で 発 芽 植 物 体 内 部 に 侵 入 し 他 の 病 原 菌 との 間 に 生 息 場 所 及 び 栄 養 分 の 競 合 関 係 を 成 立 させていると 推 察 され さらに 他 の 病 原 菌 を 補 食 している 可 能 性 が 示 唆 されている これらの 作 用 により 本 菌 株 は 植 物 の 病 害 に 対 し 予 防 的 な 効 果 を 示 す ものと 考 えられている 除 草 剤 1) ピラゾスルフロンエチル フェントラザミド 粒 剤 (ダブルスター1キロ 粒 剤 ) -7-

11 移 植 水 稲 の 水 田 一 年 生 雑 草 マツバイ ホタルイ ウリカワ ミズガヤツリ ヘラオ モダカ ヒルムシロ セリ アオミドロ 藻 類 による 表 層 はく 離 を 対 象 として 湛 水 散 布 する 本 剤 は 日 本 バイエルが 開 発 したノビエやコナギ アゼナ 等 の 一 年 生 広 葉 雑 草 カヤツ リグサ 及 びマツバイに 高 い 活 性 を 示 す 除 草 剤 で 特 に 発 生 初 期 の 雑 草 には 速 効 的 である 作 用 機 構 については 分 裂 組 織 の 細 胞 分 裂 伸 長 を 阻 害 することによって 雑 草 の 生 育 を 停 止 させ 枯 死 させると 考 えられている 2) ブタフェナシル 乳 剤 (インスパイア 乳 剤 ) かんきつの 一 年 生 広 葉 雑 草 を 対 象 として 雑 草 茎 葉 散 布 する 本 剤 はDr.R.Maag 社 ( 現 ノバルティス 社 )により 合 成 された 光 要 求 型 イミダ 系 除 草 剤 である 広 葉 雑 草 に 特 に 高 い 殺 草 活 性 をもち 早 い 生 育 ステージの 雑 草 に 茎 葉 散 布 した 場 合 は イネ 科 雑 草 を 含 む 広 い 殺 草 スペクトラムをもつ 作 用 機 構 は 植 物 の 茎 葉 部 か ら 吸 収 され 葉 緑 素 生 合 成 に 関 する 酵 素 の 阻 害 を 通 じて 細 胞 内 膜 系 を 破 壊 し 枯 死 させ る 3) ベンゾビシクロン 水 和 剤 (ショウエースフロアブル) 移 植 水 稲 の 水 田 一 年 生 雑 草 マツバイ ホタルイを 対 象 として 原 液 湛 水 散 布 する 本 剤 はエス ディー エス バイオテックにより 開 発 された 非 ホルモン 型 の 水 稲 用 除 草 剤 である 作 用 機 作 は 湛 水 処 理 された 本 剤 が 雑 草 の 根 部 幼 芽 部 茎 葉 基 部 より 吸 収 茎 葉 部 および 根 部 に 移 行 し 処 理 後 に 抽 出 展 開 する 雑 草 の 新 葉 を 白 化 させる そ の 後 雑 草 はネクロシス 症 状 の 進 展 と 共 に 生 育 が 抑 制 され 枯 死 に 至 る この 雑 草 に 対 する 白 化 作 用 は カロチノイド 生 合 成 の 停 止 に 伴 うクロロフィル 量 の 減 少 により 引 き 起 こさ れると 考 えられている 4) アニロホス エトキシスルフロン ダイムロン ベンフレセート 水 和 剤 (ビンゴ1 キロ 粒 剤 ) 移 植 水 稲 の 水 田 一 年 生 雑 草 マツバイ ホタルイ ウリカワ ミズガヤツリ ヘラオ モダカ ヒルムシロ セリ アオミドロ 藻 類 による 表 層 はく 離 を 対 象 として 原 液 湛 水 散 布 する アニロホスは ドイツ ヘキストAG( 現 在 はアベンティスクロップサイエンス 社 ) により 合 成 された 酸 アミド 系 の 化 合 物 である 本 化 合 物 は 湛 水 土 壌 処 理 により 水 田 の 各 種 雑 草 (ノビエ 等 )に 活 性 があり その 作 用 機 作 は 他 の 酸 アミド 系 除 草 剤 と 同 様 に 蛋 白 質 の 生 合 成 阻 害 であると 考 えられている 5) アザフェニジン グリホサートトリメシウム 塩 水 和 剤 ( イノベーションフロアブル) かんきつの 一 年 生 雑 草 及 び 多 年 生 雑 草 公 園 庭 園 堤 とう 駐 車 場 道 路 運 動 場 鉄 道 宅 地 等 の 一 年 生 雑 草 及 び 多 年 生 雑 草 を 対 象 として 雑 草 茎 葉 散 布 する アザフェニジンは 米 国 デュポン 社 により 開 発 されたトリアゾロン 系 除 草 剤 である ア ザフェニジンの 作 用 機 作 は 茎 葉 処 理 により 細 胞 内 のポリフィリン 合 成 を 阻 害 し その 結 果 生 じる 活 性 酸 素 が 細 胞 内 を 過 酸 化 状 態 にして 雑 草 を 枯 死 させる その 他 1) 展 着 剤 (ポリオキシアルキレン 脂 肪 酸 エステル:ハイテンパワー) 果 樹 類 野 菜 類 を 対 象 に 散 布 する 殺 菌 剤 殺 虫 剤 に 添 加 する 本 剤 はライオンが 天 然 油 脂 原 料 をもとに 開 発 した 低 起 泡 性 のノニオン 系 展 着 剤 であ る 本 剤 は 表 面 張 力 を 低 く 抑 え 湿 展 性 を 増 し 濡 れにくい 作 物 や 害 虫 病 原 菌 の 体 表 への 拡 展 性 付 着 性 を 改 善 することにより 薬 剤 の 効 果 を 高 めると 考 えられる なお 登 録 については 北 興 化 学 が 取 得 した 2) トートリルア 剤 (ハマキコン-N: 有 効 成 分 の6の 内 の4 成 分 が 新 規 化 合 物 ) りんご なしのリンゴコカクモンハマキ 茶 のチャハマキチャノコカクモンハマキの 交 尾 阻 害 を 目 的 として 本 剤 を 枝 にかける 本 剤 は 信 越 化 学 がりんご なし 及 び 茶 の 重 要 害 虫 であるリンゴコカクモンハマキ チ ャハマキ 及 びチャノコカクモンハマキを 防 除 するために 開 発 した 交 信 撹 乱 剤 である 本 -8-

12 剤 は 合 成 性 フェロモンにより 害 虫 の 雌 雄 間 の 交 信 を 撹 乱 することで 交 尾 を 阻 害 し 交 尾 率 を 低 下 させ 害 虫 の 密 度 を 抑 制 する 3) フォールウェブルア 剤 (ニトルアー<アメシロ>:3 有 効 成 分 ) プラタナスのアメリカシロヒトリの 誘 引 を 目 的 としてトラップに 貼 り 付 ける 本 剤 は 日 東 電 工 が 極 めて 雑 食 性 で 多 種 多 様 な 樹 木 や 草 を 食 害 するアメリカシロヒトリ を 防 除 するために 開 発 した 誘 引 剤 である 本 剤 は 雌 成 虫 の 性 フェロモンの 強 い 誘 引 力 を 利 用 し 雄 成 虫 を 誘 引 しトラップで 捕 殺 することにより 交 尾 率 を 低 下 させ 次 世 代 の 害 虫 の 発 生 数 を 抑 制 する 4) 展 着 剤 (アルキルベンゼンスルホン 酸 ナトリウム:サブマージ) 野 菜 類 を 対 象 に 散 布 する 殺 菌 剤 に 添 加 する 本 剤 はトモノが 開 発 した 展 着 剤 である 本 剤 は 陰 イオン 性 界 面 活 性 剤 であり 表 面 張 力 低 下 能 を 有 し 均 一 な 濡 れを 示 し 展 着 性 能 を 発 揮 する 塩 の 構 造 を 有 し 水 溶 性 油 溶 性 の 性 質 を 兼 ね 備 えることから 水 溶 性 油 溶 性 の 農 薬 の 効 果 をより 安 定 化 させると 考 えられる 表 1. 農 薬 年 度 別 登 録 件 数 種 類 年 度 新 規 登 録 殺 虫 剤 殺 菌 剤 殺 虫 殺 菌 剤 除 草 剤 農 薬 肥 料 殺 そ 剤 植 物 成 長 調 整 剤 そ の 他 再 登 録 計 381(1.) 34(1.) 217(1.) 226(1.) 218(1.) 82 (21.5) 49 (16.1) 48 (22.1) 34 (15.) 5 (22.9) 85 (22.3) 69 (22.7) 41 (18.9) 39 (17.3) 41 (18.8) 31 (8.1) 4 (13.2) 18 (8.3) 25 (11.1) 2 (9.2) 175 (46.) 132 (43.4) 15 (48.4) 122 (54.) 95 (43.6) (2.1) (4.6) (2.3) (2.6) (5.5) ,526 1,499 1,51 1,648 1,46 1,97 1,83 1,727 1,874 1,678 登 録 事 項 変 更 登 録 1,264 1,24 1,28 1,31 1,53 注 : 農 薬 年 度 とは 当 該 前 年 の1 月 1 日 ~ 当 該 年 の9 月 3 日 までの1 年 間 をいう 平 成 13 年 9 月 末 日 現 在 有 効 登 録 件 数 5,25 件 農 薬 年 度 の3ケ 年 合 計 が 有 効 登 録 件 数 と 異 なるのは 3ケ 年 の 登 録 有 効 期 間 中 に 製 造 廃 止 された 農 薬 があることによる ( ) 内 は 新 規 登 録 されたそれぞれの 剤 の 割 合 (%)を 示 す -9-

13 表 2. 新 規 登 録 農 薬 の 内 訳 A 含 有 する 有 効 成 分 数 別 登 録 件 数 ( 銘 柄 数 ) 区 分 殺 虫 剤 殺 菌 剤 殺 虫 殺 菌 剤 除 草 剤 植 調 剤 そ の 他 計 単 剤 2 種 混 合 3 種 混 合 4 種 混 合 5 種 混 合 計 B 類 別 登 録 件 数 ( 種 類 数 ) 区 分 殺 虫 剤 殺 菌 剤 殺 虫 殺 菌 剤 除 草 剤 殺 そ 剤 植 調 剤 そ の 他 計 新 規 化 合 物 新 剤 型 新 混 合 剤 新 製 剤 新 単 剤 既 製 剤 計 注 : 新 剤 型 : 有 効 成 分 が 既 に 登 録 を 受 けている 農 薬 の 有 効 成 分 と 同 一 で 剤 型 が 既 登 録 剤 と 異 なる 製 剤 新 混 合 剤 : 既 に 登 録 を 受 けている 農 薬 の 有 効 成 分 を 新 たな 組 合 せで 2 種 類 以 上 混 合 した 製 剤 新 製 剤 : 有 効 成 分 が 既 に 登 録 を 受 けている 農 薬 の 有 効 成 分 と 同 一 で かつ 剤 型 も 同 一 であるが 有 効 成 分 含 有 量 が 既 登 録 剤 と 異 なる 製 剤 ( 種 類 名 は 既 登 録 剤 と 同 一 となる ) 新 単 剤 : 有 効 成 分 が 既 に 登 録 を 受 けている 混 合 剤 の 一 有 効 成 分 と 同 一 であり 当 該 有 効 成 分 単 独 では 初 めての 製 剤 既 製 剤 : 既 に 登 録 を 受 けている 農 薬 と 有 効 成 分 その 成 分 含 有 量 及 び 剤 型 が 同 一 である 製 剤 C 毒 劇 物 件 数 ( 銘 柄 数 ) 殺 虫 剤 殺 菌 剤 殺 虫 殺 菌 剤 除 草 剤 植 調 剤 農 薬 肥 料 そ の 他 計 毒 物 劇 物 普 通 物 計 注 : 平 成 13 年 9 月 末 日 現 在 -1-

14 表 3.13 農 薬 年 度 の 事 項 変 更 登 録 のうち 地 域 特 産 物 を 対 象 とする 適 用 拡 大 等 の 主 な 内 容 作 物 名 病 害 虫 名 種 類 名 農 薬 名 アスパラガス 斑 点 病 有 機 銅 TPN 水 和 剤 シトラーノフロアブル いちご オンシツコナジラミ アセタミプリド 水 溶 剤 モスピラン 水 溶 剤 ネグサレセンチュウ クロルピクリンくん 蒸 剤 ホスチアゼート 粒 剤 クロピクテープ ネマトリンエース 粒 剤 ミカンキイロアサ ミウマ スピノサド 水 和 剤 スピノエース 顆 粒 水 和 剤 萎 凋 病 ダゾメット 粉 粒 剤 ハ スアミト 微 粒 剤 カ スタート 微 粒 剤 うどんこ 病 タラロマイセス フラハ ス 水 和 剤 クレソキシムメチル 水 和 剤 バイオトラスト 水 和 剤 ストロビーフロアブル 炭 疽 病 タラロマイセス フラハ ス 水 和 剤 バイオトラスト 水 和 剤 いちご ( 施 設 栽 培 ) アブラムシ 類 ワタアブラムシ ショクガタマバエ 剤 ヤマトクサカゲロウ 剤 アフィデント カゲタロウ いちじく アザミウマ 類 アセタミプリド 水 溶 剤 モスピラン 水 溶 剤 キボシカミキリ アセタミプリド 水 溶 剤 モスピラン 水 溶 剤 ネコブセンチュウ ホスチアゼート 粒 剤 ネマトリンエース 粒 剤 いんげんまめ アブラムシ 類 フルシトリネート 液 剤 シフルトリン 乳 剤 ペイオフME 液 剤 バイスロイド 乳 剤 菌 核 病 イフ ロシ オン イミノクタシ ンアルヘ シル 酸 水 和 剤 ベルクローブ 水 和 剤 うめ アブラムシ 類 チアクロプリド 水 和 剤 バリアード 顆 粒 水 和 剤 かいよう 病 カスガマイシン 液 剤 カスミン 液 剤 えだまめ アブラムシ 類 フルシトリネート 液 剤 ペイオフME 液 剤 おうとう 灰 星 病 イフ ロシ オン イミノクタシ ンアルヘ シル 酸 水 和 剤 イミノクタシ ンアルヘ シル 酸 水 和 剤 フェンブコナゾール 水 和 剤 ベルクローブ 水 和 剤 ベルクート 水 和 剤 インダーフロアブル 大 麦 赤 かび 病 プロピコナゾール 乳 剤 チルト 乳 剤 25 うどんこ 病 プロピコナゾール 乳 剤 チルト 乳 剤 25 斑 葉 病 チウラム 水 和 剤 キヒゲンディーフロアブル 網 斑 病 プロピコナゾール 乳 剤 チルト 乳 剤 25 オクラ ウリノメイガ BT 水 和 剤 ゼンターリ 顆 粒 水 和 剤 オオタバコガ クロルフェナピル 水 和 剤 エマメクチン 安 息 香 酸 塩 乳 剤 クロルフルアズロン 乳 剤 コテツフロアブル アファーム 乳 剤 アタブロン 乳 剤 黒 斑 病 トリフルミゾール 水 和 剤 トリフミン 水 和 剤 -11-

15 かき 黒 点 病 アゾキシストロビン 水 和 剤 アミスター1フロアブル かぼちゃ うどんこ 病 炭 酸 水 素 カリウム 水 溶 剤 テトラコナゾール 液 剤 カリグリーン サルバトーレME かんきつ ゴマダラカミキリ アラニカルブ 水 和 剤 オリオン 水 和 剤 4 コ マタ ラカミキリ 成 虫 チアメトキサム 水 溶 剤 アクタラ 顆 粒 水 溶 剤 チャノホコリダニ ミルベメクチン 水 和 剤 コロマイト 水 和 剤 かんしょ コガネムシ 類 幼 虫 スタイナーネマ グラセライ 剤 BT 粒 剤 バイオトピア ブイハンター 粒 剤 コガネムシ 類 ネコブセンチュウ チアメトキサム 粒 剤 カズサホスマイクロカプセル 剤 クロルピクリンくん 蒸 剤 カズサホスマイクロカプセル 剤 アクタラ 粒 剤 5 ラグビーMC 粒 剤 クロピクテープ ラグビーMC 粒 剤 ハスモンヨトウ エマメクチン 安 息 香 酸 塩 乳 剤 アファーム 乳 剤 紫 紋 羽 病 ダゾメット 粉 粒 剤 ハ スアミト 微 粒 剤 カ スタート 微 粒 剤 食 用 ぎく アブラムシ 類 アクリナトリン 水 和 剤 アーデント 水 和 剤 ハダニ 類 アクリナトリン 水 和 剤 アーデント 水 和 剤 ミカンキイロアサ ミウマ アクリナトリン 水 和 剤 アーデント 水 和 剤 キャベツ オオタバコガ クロルフェナピル 水 和 剤 コテツフロアブル ネキリムシ タ イアシ ノン ヘ ンフラカルフ 粒 剤 オンダイアエース 粒 剤 黒 腐 病 ストレフ トマイシン 有 機 銅 水 和 剤 ドーマイシン 水 和 剤 苗 立 枯 病 (リソ クトニア 菌 ) クロルピクリンくん 蒸 剤 クロピクテープ 根 こぶ 病 カーバムナトリウム 塩 液 剤 キルパー ハ ーティシリウム 萎 凋 病 カーバム 剤 NCS きゅうり シルハ ーリーフコナシ ラミ アセタミプリド 水 溶 剤 モスピラン 水 溶 剤 ネコブセンチュウ ミナミキイロアサ ミウマ 褐 斑 病 カズサホスマイクロカプセル 剤 DCIP D-Dくん 蒸 剤 カーバム 剤 アセタミプリド 液 剤 スピノサド 水 和 剤 有 機 銅 TPN 水 和 剤 ノニルフェノールスルホン 酸 銅 水 和 剤 ラグビーMC 粒 剤 プラズマ 油 剤 NCS モスピランスプレー スピノエース 顆 粒 水 和 剤 シトラーノフロアブル ヨネポン 水 和 剤 苗 立 枯 病 (ヒ シウム 菌 ) クロルピクリンくん 蒸 剤 クロピクテープ きゅうり( 施 設 栽 培 ) アブラムシ 類 ハ ーティシリウム レカニ 水 和 剤 バータレック ごぼう アブラムシ 類 イミダクロプリド 水 和 剤 アドマイヤーフロアブル ネグサレセンチュウ クロルヒ クリン D-Dくん 蒸 剤 ソイリーン -12-

16 ネコブセンチュウ ホスチアゼート 粒 剤 ネマトリンエース 粒 剤 黒 あざ 病 クロルヒ クリン D-Dくん 蒸 剤 ソイリーン 黒 条 病 フルアジナム 水 和 剤 フロンサイド 水 和 剤 こまつな アブラムシ 類 アセタミプリド 水 溶 剤 モスピラン 水 溶 剤 白 さび 病 オキサジキシル 銅 水 和 剤 サンドファンC 水 和 剤 さといも カンザワハダニ クロルフェナピル 水 和 剤 コテツフロアブル ネグサレセンチュウ オキサミル 粒 剤 ホスチアゼート 粒 剤 クロルヒ クリン D-Dくん 蒸 剤 バイデートL 粒 剤 ネマトリンエース 粒 剤 ソイリーン さやえんどう 根 腐 病 クロルピクリンくん 蒸 剤 クロピクテープ しゅんぎく アブラムシ 類 デンプン 液 剤 粘 着 くん 液 剤 マメハモグリバエ フルフェノクスロン 乳 剤 カスケード 乳 剤 しょうが ネコブセンチュウ クロルヒ クリン D-Dくん 蒸 剤 ソイリーン 白 星 病 有 機 銅 TPN 水 和 剤 シトラーノフロアブル すいか ネコブセンチュウ カズサホスマイクロカプセル 剤 ホスチアゼート 液 剤 カーバム 剤 クロルピクリンくん 蒸 剤 ラグビーMC 粒 剤 アオバ 液 剤 NCS クロピクテープ うどんこ 病 DBEDC 乳 剤 サンヨール 褐 色 腐 敗 病 シモキサニル マンゼブ 水 和 剤 カーゼートPZ 水 和 剤 すもも ふくろみ 病 ジラム チウラム 水 和 剤 ハ ルノックスフロアフ ル タ イホ ルトフロアフ ル だいこん ネグサレセンチュウ カズサホスマイクロカプセル 剤 カーバム 剤 ラグビーMC 粒 剤 NCS 炭 疽 病 TPN 水 和 剤 ダコニール1 白 斑 病 TPN 水 和 剤 ダコニール1 ハ ーティシリウム 黒 点 病 クロルヒ クリン D-Dくん 蒸 剤 ソイリーン だいず アブラムシ 類 フルシトリネート 液 剤 ペイオフME 液 剤 べと 病 マンゼブ 水 和 剤 シモキサニル マンゼブ 水 和 剤 グリーンダイセンM 水 和 剤 ジマンダイセン 水 和 剤 カーゼートPZ 水 和 剤 たまねぎ 灰 色 かび 病 イフ ロシ オン イミノクタシ ンアルヘ シル 酸 水 和 剤 ベルクローブ 水 和 剤 チンゲンサイ マメハモグリバエ フルフェノクスロン 乳 剤 カスケード 乳 剤 てんさい テンサイトビハムシ シペルメトリン 水 和 剤 アセフェート 水 溶 剤 ゲットアウトWDG オルトラン 顆 粒 水 溶 剤 95 ヨトウムシ インドキサカルブMP 水 和 剤 アセフェート 水 溶 剤 トルネードフロアブル オルトラン 顆 粒 水 溶 剤

17 未 成 熟 とうもろこし オオタバコガ エマメクチン 安 息 香 酸 塩 乳 剤 アファーム 乳 剤 トマト アザミウマ 類 スピノサド 水 和 剤 スピノエース 顆 粒 水 和 剤 オオタバコガ アクリナトリン 水 和 剤 クロマフェノジド 水 和 剤 スピノサド 水 和 剤 BT 水 和 剤 BT 水 和 剤 アーデント 水 和 剤 マトリックフロアブル スピノエース 顆 粒 水 和 剤 フローバックDF ツービットDF タバココナジラミ チアクロプリド 水 和 剤 バリアード 顆 粒 水 和 剤 シルハ ーリーフコナシ ラミ ネコブセンチュウ アセタミプリド 液 剤 フェンフ ロハ トリン MEP 乳 剤 DBEDC 乳 剤 イミダクロプリド 粒 剤 クロルピクリンくん 蒸 剤 DCIP D-Dくん 蒸 剤 モスピランスプレー スミロディー 乳 剤 サンヨール ブルースカイ 粒 剤 クロピクテープ プラズマ 油 剤 マメハモグリバエ スピノサド 水 和 剤 スピノエース 顆 粒 水 和 剤 ミカンキイロアサ ミウマ アクリナトリン 水 和 剤 アーデント 水 和 剤 青 枯 病 カーバム 剤 シュート モナス フルオレッセンス 水 和 剤 NCS セル 苗 元 気 萎 凋 病 クロルピクリンくん 蒸 剤 クロルピクリン 錠 剤 苗 立 枯 病 (ヒ シウム 菌 ) クロルピクリンくん 蒸 剤 クロピクテープ 苗 立 枯 病 (リソ クトニア 菌 ) クロルピクリンくん 蒸 剤 メチルイソチオシアネート D-D 油 剤 クロピクテープ ディ トラペックス 油 剤 トマト ( 施 設 栽 培 ) オンシツコナジラミ オンシツツヤコバチ 剤 ヘ キロマイセス フモソロセウス 水 和 剤 ツヤトップ プリファード 水 和 剤 コナジラミ 類 ハ ーティシリウム レカニ 水 和 剤 マイコタール シルハ ーリーフコナシ ラミ ヘ キロマイセス フモソロセウス 水 和 剤 プリファード 水 和 剤 マメハモグリバエ イサエアヒメコハ チ ハモク リコマユハ チ 剤 マイネックス91 なし 疫 病 ジチアノン 水 和 剤 デランフロアブル 枝 枯 細 菌 病 オキソリニック 酸 水 和 剤 スターナ 水 和 剤 白 紋 羽 病 ダゾメット 粉 粒 剤 ハ スアミト 微 粒 剤 カ スタート 微 粒 剤 なす アザミウマ 類 スピノサド 水 和 剤 スピノエース 顆 粒 水 和 剤 オオタバコガ クロマフェノジド 水 和 剤 スピノサド 水 和 剤 BT 水 和 剤 BT 水 和 剤 スピノサド 水 和 剤 クロルフルアズロン 乳 剤 マトリックフロアブル スヒ ノエース 顆 粒 水 和 剤 1 フローバックDF ツービットDF スピノエース 顆 粒 水 和 剤 アタブロン 乳 剤 マメハモグリバエ チアメトキサム 粒 剤 アクタラ 粒 剤 5-14-

18 ミカンキイロアサ ミウマ カルボスルファン 粒 剤 ガゼット 粒 剤 ミナミキイロアサ ミウマ スピノサド 水 和 剤 チアメトキサム 水 溶 剤 チアメトキサム 粒 剤 スヒ ノエース 顆 粒 水 和 剤 1 アクタラ 顆 粒 水 溶 剤 アクタラ 粒 剤 5 青 枯 病 バリダマイシン 液 剤 バリダシン 液 剤 5 すすかび 病 DBEDC 乳 剤 サンヨール 苗 立 枯 病 (リソ クトニア 菌 ) クロルピクリンくん 蒸 剤 クロルヒ クリン 臭 化 メチルくん 蒸 剤 クロピクテープ サイロン 半 身 萎 凋 病 クロルピクリンくん 蒸 剤 クロピクテープ なす ( 施 設 栽 培 ) アザミウマ 類 アブラムシ 類 タイリクヒメハナカメムシ 剤 コレマンアブラバチ 剤 オリスターA アフィパール コナジラミ 類 オンシツツヤコバチ 剤 エンストリップ マメハモグリバエ イサエアヒメコハ チ ハモク リコマユハ チ 剤 マイネックス91 ミナミキイロアサ ミウマ タイリクヒメハナカメムシ 剤 タイリク ワタアブラムシ ヤマトクサカゲロウ 剤 カゲタロウ にら アブラムシ 類 アセタミプリド 水 溶 剤 モスピラン 水 溶 剤 ネダニ ピラクロホス 粒 剤 ボルテージ 粒 剤 6 紅 色 根 腐 病 クロルピクリンくん 蒸 剤 クロルピクリンくん 蒸 剤 クロルピクリン DCIP 油 剤 クロールピクリン クロピクテープ ルートガード にんじん ネキリムシ 類 ダイアジノン メソミル 粒 剤 ランダイヤ 粒 剤 黒 葉 枯 病 TPN 水 和 剤 ダコニールエース にんにく イモク サレセンチュウ ホスチアゼート 粒 剤 ネマトリン 粒 剤 ねぎ シロイチモジヨトウ エマメクチン 安 息 香 酸 塩 乳 剤 BT 水 和 剤 アファーム 乳 剤 レピタームフロアブル タマネギバエ ジフルベンズロン 水 和 剤 デミリン 水 和 剤 黒 斑 病 ノニルフェノールスルホン 酸 銅 水 和 剤 ヨネポン 水 和 剤 小 菌 核 腐 敗 病 白 絹 病 軟 腐 病 ダゾメット 粉 粒 剤 フルアジナム 粉 剤 クロルピクリンくん 蒸 剤 ダゾメット 粉 粒 剤 カスガマイシン 銅 水 和 剤 非 病 原 性 エルヒ ニア カロトホ ーラ 水 和 剤 ハ スアミト 微 粒 剤 カ スタート 微 粒 剤 フロンサイド 粉 剤 クロピクテープ ハ スアミト 微 粒 剤 カ スタート 微 粒 剤 カスミンホ ルト ー カッハ ーシン 水 和 剤 バイオキーパー 水 和 剤 べと 病 ジメトモルフ マンゼブ 水 和 剤 フェスティバルM 水 和 剤 根 深 ねぎ 小 菌 核 腐 敗 病 プロシミドン 水 和 剤 スミレックス 水 和 剤 -15-

19 はくさい オオタバコガ フェンハ レレート マラソン 水 和 剤 ハクサップ 水 和 剤 黄 化 病 カーバム 剤 NCS クロルヒ クリン D-Dくん 蒸 剤 ソイリーン 根 こぶ 病 カーバムナトリウム 塩 液 剤 キルパー 白 斑 病 有 機 銅 TPN 水 和 剤 シトラーノフロアブル パセリ 疫 病 ダゾメット 粉 粒 剤 ハ スアミト 微 粒 剤 カ スタート 微 粒 剤 軟 腐 病 銅 水 和 剤 Zボルドー ハ ッションフルーツ 円 斑 病 アゾキシストロビン 水 和 剤 アミスター1フロアブル ばれいしょ 青 枯 病 クロルヒ クリン D-Dくん 蒸 剤 ソイリーン そうか 病 クロルヒ クリン D-Dくん 蒸 剤 ソイリーン ピーマン アザミウマ 類 スピノサド 水 和 剤 スピノエース 顆 粒 水 和 剤 オオタバコガ クロマフェノジド 水 和 剤 マトリックフロアブル スピノサド 水 和 剤 スピノエース 顆 粒 水 和 剤 フルフェノクスロン 乳 剤 カスケード 乳 剤 クロルフェナピル 水 和 剤 コテツフロアブル ネコブセンチュウ ホスチアゼート 粒 剤 ネマトリンエース 粒 剤 青 枯 病 クロルピクリン DCIP 油 剤 ルートガード 疫 病 クロルピクリンくん 蒸 剤 クロピクテープ 苗 立 枯 病 (リソ クト ニア 菌 ) クロルピクリンくん 蒸 剤 クロピクテープ ピーマン アザミウマ 類 タイリクヒメハナカメムシ 剤 オリスターA ( 施 設 栽 培 ) アブラムシ 類 ヤマトクサカゲロウ 剤 カゲタロウ コレマンアブラバチ 剤 アフィパール ワタアフ ラムシ コレマンアブラバチ 剤 アブラバチAC ひろしまな 根 こぶ 病 ダゾメット 粉 粒 剤 ハ スアミト 微 粒 剤 カ スタート 微 粒 剤 ふき ハスモンヨトウ BT 水 和 剤 バシレックス 水 和 剤 ぶどう さび 病 クレソキシムメチル 水 和 剤 ストロビーフロアブル ほうれんそう アブラムシ 類 イミダクロプリド 水 和 剤 アドマイヤーフロアブル 萎 凋 病 カーバムナトリウム 塩 液 剤 キルパー カーバム 剤 NCS 株 腐 病 カーバムナトリウム 塩 液 剤 キルパー 立 枯 病 クロルピクリンくん 蒸 剤 クロルピクリン 錠 剤 みかん ミカンキイロアサ ミウマ エマメクチン 安 息 香 酸 塩 乳 剤 アファーム 乳 剤 みずな アブラムシ 類 アセタミプリド 水 溶 剤 モスピラン 水 溶 剤 みつば キアゲハ エマメクチン 安 息 香 酸 塩 乳 剤 アファーム 乳 剤 -16-

20 ハダニ 類 エマメクチン 安 息 香 酸 塩 乳 剤 デンプン 液 剤 アファーム 乳 剤 粘 着 くん 液 剤 みつば ( 水 耕 栽 培 ) 立 枯 病 フルトラニル 水 和 剤 モンカット 水 和 剤 メロン ウリノメイガ BT 水 和 剤 ゼンターリ 顆 粒 水 和 剤 ネコブセンチュウ うどんこ 病 えそ 斑 点 病 オキサミル 粒 剤 クロルピクリンくん 蒸 剤 炭 酸 水 素 カリウム 水 溶 剤 ポリオキシン 水 溶 剤 クロルヒ クリン 臭 化 メチルくん 蒸 剤 クロルヒ クリン D-Dくん 蒸 剤 バイデートL 粒 剤 クロピクテープ カリグリーン ポリオキシンAL 水 溶 剤 サイロン ソイリーン もも うどんこ 病 クレソキシムメチル 水 和 剤 ストロビーフロアブル せん 孔 細 菌 病 ジラム チウラム 水 和 剤 ハ ルノックスフロアフ ル タ イホ ルトフロアフ ル レタス オオタバコガ フルフェノクスロン 乳 剤 スピノサド 水 和 剤 BT 水 和 剤 カスケード 乳 剤 スピノエース 顆 粒 水 和 剤 ツービットDF ナモグリバエ アセタミプリド 粒 剤 モスピラン 粒 剤 軟 腐 病 非 病 原 性 エルヒ ニア カロトホ ーラ 水 和 剤 バイオキーパー 水 和 剤 灰 星 病 イフ ロシ オン イミノクタシ ンアルヘ シル 酸 水 和 剤 ベルクローブ 水 和 剤 ビッグベイン 病 クロルピクリンくん 蒸 剤 クロピクテープ れんこん アブラムシ 類 アセフェート 粒 剤 オルトラン 粒 剤 やまのいも カンザワハダニ ミルベメクチン 乳 剤 コロマイト 乳 剤 ネコブセンチュウ クロルヒ クリン D-Dくん 蒸 剤 ソイリーン 葉 渋 病 銅 水 和 剤 コサイドDF らっきょう ネダニ ホスチアゼート 粒 剤 ネマトリンエース 粒 剤 わさびだいこん 白 さび 症 マンゼブ メタラキシル 水 和 剤 リドミルMZ 水 和 剤 宿 根 かすみそう うどんこ 病 ジフルメトリム 乳 剤 トリフルミゾール 水 和 剤 ピリカット 乳 剤 トリフミン 水 和 剤 カーネーション ハダニ 類 デンプン 液 剤 粘 着 くん 液 剤 萎 凋 細 菌 病 クロルヒ クリン D-Dくん 蒸 剤 ソイリーン ガーベラ 灰 色 かび 病 DBEDC 乳 剤 サンヨール きく アブラムシ 類 イミダクロプリドエアゾル フェンフ ロハ トリン ヘキサコナソ ール 液 剤 ヘ ルメトリン ミクロフ タニル 乳 剤 タ イアシ ノン ヘ ンフラカルフ 粒 剤 ヘ ルメトリン ミクロフ タニル 液 剤 ヘ ルメトリン ミクロフ タニルエアソ ル DBEDC 乳 剤 ブルースカイスプレー 花 セラピー ベニカX 乳 剤 オンダイアエース 粒 剤 ベニカXスプレー ベニカX サンヨール -17-

21 オオタバコガ スピノサド 水 和 剤 チオジカルブ 水 和 剤 スピノエース 顆 粒 水 和 剤 ラービンフロアブル シロイチモジヨトウ クロルフルアズロン 乳 剤 アタブロン 乳 剤 ナミハダニ ビフェナゼート 水 和 剤 マイトコーネフロアブル ハスモンヨトウ アラニカルブ 水 和 剤 オリオン 水 和 剤 4 ハダニ 類 エトキサゾール 水 和 剤 デンプン 液 剤 バロックフロアブル 粘 着 くん 液 剤 マメハモグリバエ スピノサド 水 和 剤 スピノエース 顆 粒 水 和 剤 ミカンキイロアサ ミウマ カルホ スルファンマイクロカフ セル 剤 カルボスルファン 粒 剤 スピノサド 水 和 剤 ガゼットMCフロアブル ガゼット 粒 剤 スヒ ノエース 顆 粒 水 和 剤 1 黒 斑 病 DBEDC 乳 剤 サンヨール 白 さび 病 半 身 萎 凋 病 マンゼブ 水 和 剤 フェンフ ロハ トリン ヘキサコナソ ール 液 剤 ヘ ルメトリン ミクロフ タニル 乳 剤 ヘ ルメトリン ミクロフ タニル 液 剤 ヘ ルメトリン ミクロフ タニルエアソ ル クロルピクリンくん 蒸 剤 クロルヒ クリン D-Dくん 蒸 剤 ジマンダイセンフロアブル 花 セラピー ベニカX 乳 剤 ベニカXスプレー ベニカX クロピクテープ ソイリーン さざんか チャドクガ ペルメトリン 液 剤 ヘ ルメトリン ミクロフ タニル 乳 剤 ヘ ルメトリン ミクロフ タニル 液 剤 ヘ ルメトリン ミクロフ タニルエアソ ル フェンフ ロハ トリン ヘキサコナソ ール 液 剤 キックバールAL ベニカX 乳 剤 ベニカXスプレー ベニカX 花 セラピー さつき ツツジグンバイ フェンフ ロハ トリン ヘキサコナソ ール 液 剤 花 セラピー さるすべり アブラムシ 類 ヘ ルメトリン ミクロフ タニル 乳 剤 ベニカX 乳 剤 うどんこ 病 イミベンコナゾールエアゾル ヘ ルメトリン ミクロフ タニル 乳 剤 マネージエアゾル ベニカX 乳 剤 シクラメン 灰 色 かび 病 メパニピリム 水 和 剤 フルピカフロアブル スターチス うどんこ 病 イミノクタシ ン 酢 酸 塩 ホ リオキシン 水 和 剤 ポリベリン 水 和 剤 チューリップ 根 腐 病 クロルピクリンくん 蒸 剤 クロピクテープ つつじ ツツジグンバイ フェンフ ロハ トリン ヘキサコナソ ール 液 剤 花 セラピー つばき チャドクガ ペルメトリン 液 剤 ヘ ルメトリン ミクロフ タニル 乳 剤 ヘ ルメトリン ミクロフ タニル 液 剤 ヘ ルメトリン ミクロフ タニルエアソ ル フェンフ ロハ トリン ヘキサコナソ ール 液 剤 キックバールAL ベニカX 乳 剤 ベニカXスプレー ベニカX 花 セラピー デージー アブラムシ 類 イミダクロプリドエアゾル ブルースカイスプレー トルコギキョウ 灰 色 かび 病 DBEDC 乳 剤 サンヨール -18-

22 トルコギキョウ ( 施 設 栽 培 ) アブラムシ 類 アセタミプリドくん 煙 剤 モスピランジェット にれ アブラムシ 類 アセフェート 剤 オルトランカプセル はなみずき アメリカシロヒトリ ヘ ルメトリン ミクロフ タニル 乳 剤 ベニカX 乳 剤 うどんこ 病 ヘ ルメトリン ミクロフ タニル 乳 剤 ベニカX 乳 剤 はぼたん アオムシ ペルメトリン 乳 剤 アディオン 乳 剤 ばら アブラムシ 類 イミダクロプリドエアゾル フェンフ ロハ トリン ヘキサコナソ ール 液 剤 ヘ ルメトリン ミクロフ タニル 液 剤 ヘ ルメトリン ミクロフ タニルエアソ ル DBEDC 乳 剤 ブルースカイスプレー 花 セラピー ベニカXスプレー ベニカX サンヨール チュウレンジハバチ ハダニ 類 うどんこ 病 黒 星 病 ヘ ルメトリン ミクロフ タニル 液 剤 ヘ ルメトリン ミクロフ タニルエアソ ル フェンフ ロハ トリン ヘキサコナソ ール 液 剤 デンプン 液 剤 フェンフ ロハ トリン ヘキサコナソ ール 液 剤 テトラコナゾール 液 剤 ヘ ルメトリン ミクロフ タニル 液 剤 ヘ ルメトリン ミクロフ タニルエアソ ル フェンフ ロハ トリン ヘキサコナソ ール 液 剤 テトラコナゾール 液 剤 ヘ ルメトリン ミクロフ タニル 液 剤 ヘ ルメトリン ミクロフ タニルエアソ ル ベニカXスプレー ベニカX 花 セラピー 粘 着 くん 液 剤 花 セラピー ハナガードAL ベニカXスプレー ベニカX 花 セラピー ハナガードAL ベニカXスプレー ベニカX パンジー モモアカアブラムシ DBEDC 乳 剤 サンヨール 灰 色 かび 病 DBEDC 乳 剤 サンヨール ベゴニア うどんこ 病 ヘ ルメトリン ミクロフ タニル 液 剤 ヘ ルメトリン ミクロフ タニルエアソ ル ベニカXスプレー ベニカX ペチュニア うどんこ 病 DBEDC 乳 剤 サンヨール ポインセチア シルハ ーリーフコナシ ラミ フェンヒ ロキシメート フ フ ロフェシ ン 水 和 剤 アプロードエースフロアブル ぼけ 赤 星 病 イミベンコナゾールエアゾル ヘ ルメトリン イミヘ ンコナソ ール 乳 剤 アセフェート ヘ ルメトリン イミヘ ンコナソ ールエアソ ル マネージエアゾル ムシキントール オルトランMP まさき うどんこ 病 イミベンコナゾールエアゾル マネージエアゾル ゆり アブラムシ 類 イミダクロプリドエアゾル ブルースカイスプレー りんどう リンドウホソハマキ チオジカルブ 水 和 剤 ラービンフロアブル 葉 枯 病 ジフルメトリム 乳 剤 ピリカット 乳 剤 -19-

23 表 農 薬 年 度 に 登 録 された 新 規 有 効 成 分 区 分 種 類 商 品 名 新 規 化 合 物 の 化 学 名 開 発 会 社 名 登 録 年 月 日 剤 型 ( 有 効 成 分 ) 適 用 の 範 囲 殺 虫 スタイナーネ バイオトピア スタイナーネマ 水 和 剤 (1 億 かんしょ 芝 マ グラセラ 水 和 剤 グラセライ 感 染 態 25 万 頭 / イ 3 期 幼 虫 1.5L 容 器 ) デンプン 粘 着 くん8 デンプン アグロス 水 和 剤 かんきつ ( 現 住 友 (8%) 化 学 ) カズサホス ラグビーMC S,S-シ -sec-フ チル= FMC 社 マイクロカフ セル だいこん 粒 剤 O-エチル=ホスホロシ チオアー 剤 (5%) きゅうり すいか ト タイリクヒメ オリスターA タイリクヒメハナ 住 友 化 学 (25 頭 /25 ( 施 設 栽 培 ) ハナカメムシ カメムシ 成 虫 ml 容 器 ) ピーマン ヤマトクサカ カゲタロウ ヤマトクサカゲロ アグリバ (3 頭 / ( 施 設 栽 培 ) ゲロウ ウ 卵 シート) いちご なす ピーマン プロピレング アカリタッチ プロピレングリコ 東 亜 合 成 乳 剤 みかん なす リコールモノ 乳 剤 ールモノ 脂 肪 酸 エ 理 化 学 研 (7%) 脂 肪 酸 エステ ステル 究 所 ル インドキサカ ルブMP トルネードフ ロアブル メチル=(RS)-7-クロロ- 2,3,4a,5-テトラヒト ロ -2-[メトキシカルホ ニル(4 -トリフルオロメトキシフェニル) カルハ モイル]インテ ノ[1, 2-e][1,3,4]オキサシ アシ ン-4a-カルホ キシラー ト デュポン 社 水 和 剤 (1%) キャベツ だいこん てんさい かんしょ たばこ チアクロプリ バリアード 箱 3-(6-クロロ-3-ヒ リシ 日 本 バイ 粒 剤 (1%) 稲 ( 箱 育 苗 ) ド 粒 剤 ルメチル)-1,3-チアソ リ エル シ ン-2-イリテ ンシアナミ ト ペキロマイセ プリファード ペキロマイセス W.R.グレ 水 和 剤 ( 施 設 栽 培 ) ス フモソロ 水 和 剤 フモソロセウス ース 社 (1 1 9 トマト セウス ( 現 サー CFU/g) モトリロ ジー 社 ) メトキシフェ ランナー 粉 剤 N -tert-フ チル- N '- ローム ア 粉 剤 稲 ノジド DL (3-メトキシ-o-トルオイル) ンド ハー (.54%) -3,5-キシロヒト ラシ ト ス 社 ( 現 ダウ ア グロサイ エンス 社 ) 殺 菌 フェノキサニ ル アチーブ 粉 剤 DL N-(1-シアノ-1,2-シ メ チルフ ロヒ ル)-2-(2,4 -シ クロロフェノキシ)フ ロ ヒ オンアミト シェル リサーチ リミテッ ド( 現 ビ ーエーエ スエフ) 粉 剤 (1.%) 稲 -2-

24 剤 フェンブコナ ゾール インダーフロ アブル (RS)-4-(4-クロロフェニ ル)-2-フェニル-2-(1H- 1,2,4,-トリアソ ール-1 -イルメチル)フ チロニトリル ローム アンド ハース 社 ( 現 ダウ アグロ サイエン ス 社 ) 水 和 剤 (22%) りんご なし もも おうとう ぶどう 茶 トリフロキシ フリントフロ メチル=(E)-メトキシイミノ- ノバルテ 水 和 剤 きゅうり ストロビン アブル25 {(E)-α-[1-(α, ィス 社 (25%) りんご α,α-トリフルオロ-m-ト リル)-エチリテ ンアミノオキ ( 現 シン ジェンタ シ]-o-トリル}アセタート 社 ) シアゾファミ ランマンフロ 4-クロロ-2-シアノ-N,N- 石 原 産 業 水 和 剤 きゅうり メロン ド アブル シ メチル-5-p-トリルイミ (9.4%) ぶどう トマト タ ソ ール-1-スルホンアミ ばれいしょ ト シュードモナ セル 苗 元 気 シュート モナス フルオレッセン 多 木 化 学 ( 各 1 1 C トマト ス フルオレ スFPT-961 FU/g) ッセンス シュート モナス フルオレッセン スFPH-961 タラロマイセ ス フラバス バイオトラス ト 水 和 剤 タラロマイセス フラバス 出 光 興 産 水 和 剤 (1. 1 CFU/g) 8 いちご フェントラザ ミド ダブルスター 1キロ 粒 剤 (ピラゾスル フロンエチル 4-(2-クロロフェニル)-N- シクロヘキシル-N-エチル-4, 5-シ ヒト ロ-5-オキソ-1 H-テトラソ ール-1-カルホ 日 本 バイ エル 粒 剤 (3%+ピラ ゾスルフロ ンエチル 除 との 混 合 剤 ) キサミト.3%) 移 植 水 稲 草 剤 ブタフェナシ ル ベンゾビシク ロン インスパイア 乳 剤 ショウエース フロアブル 1-(アリルオキシカルホ ニル) -1-メチルエチル=2-クロロ- 5-[1,2,3,6-テトラヒ ト ロ-3-メチル-2,6-シ オキソ-4-(トリフルオロメチ ル)ヒ リミシ ン-1-イル] ヘ ンソ アート 3-(2-クロロ-4-メシルヘ ンソ イル)-2-フェニルチオ ヒ シクロ[3.2.1]オクタ- 2-エン-4-オン Dr.R.Maa g 社 ( 現 シンジェ ンタ 社 ) エス デ ィー エ ス 乳 剤 (8.8%) 水 和 剤 (5.7%) かんきつ 移 植 水 稲 アニロホス ビンゴ1キロ S-4-クロロ-N-イソフ ロ ヘキスト 粒 剤 移 植 水 稲 粒 剤 (エトキ シスルフロン ヒ ルカルハ ニロイルメチル= O,O-シ メチル=ホスホロシ AG( 現 アベンテ (4.%+エトキシ スルフロン.21% ダイムロン チオアート ィスクロ +タ イムロン3. ベンフレセ ップサイ %+ヘ ンフレセート ートとの 混 合 剤 ) エンス 社 ) 3.5%) アザフェニジ ン そ ポリオキシア ハイテンパワ ポリオキシアルキ ライオン (3.%) 果 樹 類 野 菜 類 ルキレン 脂 肪 ー レン 脂 肪 酸 エステ 北 興 化 学 用 殺 菌 剤 殺 虫 剤 イノベーショ ンフロアブル 2-(2,4-シ クロロ-5- フ ロフ -2-イニルオキシフェ デュポン 社 水 和 剤 (11.%+ク リ かんきつ 公 園 庭 園 (グリホサー トトリメシウ ニル)-5,6,7,8-テトラヒ ト ロ-1,2,4-トリアソ ロ ホサートトリメシウム 塩 28.%) 堤 とう 駐 車 場 道 路 運 動 場 ム 塩 との 混 合 [4,3-a]ヒ リシ ン-3 鉄 道 宅 地 等 剤 ) (2H)-オン -21-

25 の 酸 エステル ル 他 トートリルア ハマキコン- (Z)-11-テトラテ セニル= 信 越 化 学 (59.6%+12. りんご なし (6 成 分 の 内 N アセタート (Z)-9-テトラ 7%+1.5%+3. 茶 部 の4 成 分 テ セニル=アセタート 1-1%+1.5%+. が 新 規 化 合 メチル-ト テ シル=アセター 8%) 物 ) ト (Z)-9-ト テ セニル =アセタート 11-ト テ セニ ル=アセタート (Z)-11- テトラテ セン-1-オール フォールウェ ニトルアー< (3Z,6Z,9S,1R)-シ 日 東 電 工 (シート1 枚 当 プラタナス ブルア アメシロ> ス-9,1-エホ キシ-3,6 たり.58mg (3 成 分 とも -ヘニコサシ エン (3Z,6 +.49mg+4. 新 規 化 合 物 ) Z,9S,1R)-シス-9,1 3mg) -エホ キシ-1,3,6-ヘニ コサトリエン (9Z,12Z, 15Z)-9,12,15-オクタ テ カトリエン-1-アール アルキルベン サブマージ アルキルベンゼン トモノ (5%) 野 菜 類 用 殺 菌 剤 ゼンスルホン スルホン 酸 ナトリ 酸 ナトリウム ウム (3) 登 録 検 査 に 係 る 検 討 会 の 開 催 状 況 登 録 検 査 における 微 生 物 農 薬 の 評 価 及 び 農 薬 の 使 用 時 に 係 る 安 全 性 の 評 価 をより 適 切 に 進 めるため 学 識 経 験 者 から 技 術 的 助 言 を 聴 取 する 場 として 微 生 物 農 薬 検 討 会 及 び 農 薬 使 用 時 安 全 性 検 討 会 を 設 置 した 両 検 討 会 の 概 要 は 以 下 のとおりである 表 5. 微 生 物 農 薬 検 討 会 の 開 催 状 況 開 催 回 数 開 催 日 検 討 対 象 農 薬 件 数 第 1 回 平 成 13 年 7 月 1 日 2 件 第 2 回 平 成 13 年 11 月 2 日 2 件 第 3 回 平 成 14 年 2 月 18 日 2 件 表 6. 農 薬 使 用 時 安 全 性 検 討 会 の 開 催 状 況 開 催 回 数 開 催 日 検 討 対 象 農 薬 ( 注 ) 第 1 回 平 成 13 年 アザフェニジン( 除 草 剤 ) シメコナゾール( 殺 菌 剤 ) チアメトキサ 7 月 2 日 ム( 殺 虫 剤 ) メトキシフェノジド( 殺 虫 剤 ) 第 2 回 平 成 13 年 オキサジアルギル( 除 草 剤 ) クロチアニジン( 殺 虫 剤 ) フルアクリ 1 月 29 日 ピリム( 殺 虫 剤 ) 第 3 回 平 成 14 年 カルフェントラゾンエチル( 除 草 剤 ) クロチアニジン( 殺 虫 剤 ) ジ 3 月 11 日 ノテフラン( 殺 虫 剤 ) トルフェンピラド( 殺 虫 剤 ) メコプロップP カリウム 塩 ( 除 草 剤 ) BT(ブイハンター)( 殺 虫 剤 ) 非 病 原 性 フ ザリウム オキシスポラム( 殺 菌 剤 ) 注 : 上 記 の 農 薬 の 他 に 既 登 録 農 薬 の 使 用 上 の 注 意 事 項 についても 検 討 した -22-

26 2. 業 務 運 営 の 効 率 化 に 関 する 目 標 の 達 成 状 況 農 薬 の 登 録 検 査 については 中 期 計 画 に 基 づいて 平 成 6 年 度 から 平 成 1 年 度 までの 間 に 申 請 を 受 けた 農 薬 の 平 均 検 査 期 間 を 基 準 として1 申 請 当 たりの 検 査 期 間 (*) を5% 削 減 するよう 指 示 されている 平 成 13 年 度 においては 目 標 としていた1 申 請 当 たりの 検 査 期 間 を1% 以 上 削 減 した 詳 細 は 次 表 のとおりである (*): 中 期 計 画 で 示 されているとおり 検 査 の 過 程 で 追 加 試 験 成 績 等 の 提 出 が 必 要 な 場 合 における 当 該 追 加 試 験 成 績 等 が 提 出 されるまでの 期 間 及 び 登 録 申 請 された 農 薬 の 一 日 摂 取 許 容 量 の 設 定 に 要 する 期 間 は 検 査 期 間 に 含 まれていない 検 査 指 示 ** 検 査 終 了 検 査 終 了 農 薬 の 平 成 13 年 度 目 標 ( 件 ) ( 件 ) 平 均 検 査 期 間 検 査 期 間 基 準 必 要 * か 月 12.1 か 月 上 記 以 外 か 月 5.7 か 月 基 準 必 要 * : 農 薬 取 締 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 82 号 以 下 法 という ) 第 3 条 第 1 項 第 4 号 から 第 7 号 までのいずれかに 掲 げる 場 合 に 該 当 するかどうかの 基 準 の 設 定 が 必 要 な 農 薬 検 査 指 示 ** : 平 成 13 年 4 月 1 日 時 点 ( 農 薬 検 査 所 が 独 立 行 政 法 人 に 移 行 する 以 前 に 申 請 を 受 けていた 部 分 )の 検 査 未 了 農 薬 及 び 平 成 13 年 4 月 1 日 以 降 に 検 査 指 示 を 受 けた 農 薬 詳 細 は 図 1. 及 び2.のとおりである 基 準 必 要 * 農 薬 の 検 査 期 間 (*) が 平 成 13 年 度 目 標 検 査 期 間 より 大 幅 に 達 成 したのは 1 事 前 相 談 の 充 実 により 申 請 者 が 十 分 なデータを 提 出 したこと 2 検 査 職 員 の 経 験 蓄 積 に より 検 査 が 円 滑 に 行 われたこと 等 が 考 えられる また 中 期 目 標 を 達 成 するための 措 置 が 中 期 計 画 に 定 めてあるが その 達 成 状 況 は 次 の とおり 平 成 13 年 度 においては 申 請 の 手 引 書 以 外 の 部 分 については 目 標 を 達 成 した 1 各 試 験 項 目 の 内 容 について 申 請 に 当 たりその 過 不 足 がないかのチェックリストを 含 めた 申 請 の 手 引 書 の 整 備 並 びに 申 請 者 の 要 望 に 応 じた 登 録 申 請 前 の 事 前 相 談 の 実 施 については 農 薬 の 登 録 申 請 等 に 添 付 する 資 料 等 について ( 平 成 14 年 1 月 1 日 付 け 13 生 産 第 4987 号 農 林 水 産 省 生 産 局 長 通 知 )の 内 容 も 反 映 したチェックリストを 含 めた 申 請 の 手 引 書 の 検 討 を 行 いつつ 事 前 相 談 として 新 農 薬 ヒアリングを15 回 ( 計 18 剤 ) 実 施 した 2 検 査 内 容 の 高 度 化 複 雑 化 に 対 応 するための 検 査 マニュアルの 見 直 しについては 共 通 部 分 である 評 価 基 準 について 概 ね 完 成 し それ 以 外 の 部 分 の 検 討 を 行 っているとこ ろである 3 検 査 進 行 管 理 表 に 基 づき 各 検 査 の 進 行 状 況 を 点 検 分 析 し 検 査 の 迅 速 化 を 図 ることについては 検 査 進 行 管 理 表 は 毎 月 2 回 作 成 し その 結 果 を 踏 まえ 検 査 進 行 管 理 会 議 を3 月 毎 ( 月 )に 行 うことにより 検 査 進 行 状 況 の 定 期 的 点 検 及 び 検 査 の 遅 延 の 要 因 を 把 握 し 迅 速 化 に 努 めた -23-

27 4 検 査 を 行 う 上 での 毒 性 及 び 残 留 性 等 に 関 する 高 度 の 専 門 知 識 を 習 得 するため 研 修 へ の 参 加 等 による 職 員 の 資 質 向 上 については 検 査 所 外 の 研 修 に5 名 の 職 員 を 参 加 させ また 検 査 所 内 において 計 7 回 (のべ28 名 )の 研 修 を 実 施 し これにより 職 員 の 資 質 向 上 を 図 った 詳 細 は 表 1.~2.のとおりである 表 1. 検 査 所 外 研 修 研 修 名 場 所 期 間 平 成 13 年 度 技 術 協 力 専 門 家 養 成 研 修 国 際 協 力 研 修 所 H ~8.1 平 成 13 年 度 専 門 技 術 ( 毒 性 ) 研 修 平 成 13 年 度 専 門 研 修 ( 海 外 検 疫 コース) 厚 生 労 働 省 国 立 医 薬 品 食 品 衛 生 研 究 所 農 林 水 産 省 横 浜 植 物 防 疫 所 研 修 センター H ~12.12 H ~11.14 平 成 13 年 度 農 薬 残 留 分 析 技 術 研 修 ( 財 ) 日 本 食 品 分 析 センター H ~12.14 平 成 13 年 度 環 境 影 響 評 価 研 修 環 境 省 環 境 研 修 センター H ~11. 8 * 受 講 者 は 各 研 修 とも1 人 づつ 表 2. 検 査 所 内 研 修 研 修 項 目 内 容 期 間 人 数 分 析 概 論 分 析 理 論 前 処 理 及 び 主 な H 人 分 析 機 器 の 特 徴 とその 利 用 水 生 生 物 毒 性 試 験 実 習 魚 類 急 性 毒 性 試 験 H ~ 人 製 剤 分 析 実 習 農 薬 製 剤 中 の 有 効 成 分 分 析 H ~ 人 残 留 分 析 実 習 ( 作 物 ) 農 作 物 中 の 残 留 農 薬 の 分 析 H ~ 人 毒 性 試 験 概 要 講 習 農 薬 の 安 全 性 評 価 について H 人 残 留 分 析 実 習 ( 環 境 試 料 ) 土 壌 中 の 農 薬 の 分 析 H ~2.1 3 人 生 物 検 定 実 習 微 生 物 検 定 の 基 本 操 作 H ~3.7 3 人 -24-

28 * 図 1. 効 率 化 目 標 ( 基 準 必 要 農 薬 の 登 録 検 査 期 間 ) 25 平 成 13 年 度 ( 検 査 終 了 ) 平 均 8.9 月 目 標 12.1 月 2 ~H 申 請 受 付 農 薬 数 ~4 ~5 ~6 ~7 ~8 ~9 ~1 ~11 ~12 ~13 ~14 ~15 ~16 ~17 期 間 ( 月 ) ( 参 考 ) 平 成 7,1 年 度 の 登 録 検 査 期 間 平 成 1 年 度 ( 申 請 受 付 ) 25 平 均 11.4 月 2 農 薬 数 ~4 ~5 ~6 ~7 ~8 ~9 ~1 ~11 ~12 ~13 ~14 ~15 ~16 ~17 期 間 月 ( 月 ) 25 平 成 7 年 度 ( 申 請 受 付 ) 平 均 11.2 月 2 農 薬 数 ~4 ~5 ~6 ~7 ~8 ~9 ~1 ~11 ~12 ~13 ~14 ~15 ~16 ~17 期 間 ( 月 ) -25-

29 * 図 2. 効 率 化 目 標 ( 基 準 必 要 農 薬 以 外 の 登 録 検 査 期 間 ) 平 成 13 年 度 ( 検 査 終 了 ) 平 均 5.5 月 目 標 5.7 月 農 薬 数 ~H 申 請 受 付 4 ~1 ~2 ~3 ~4 ~5 ~6 ~7 ~8 ~9 ~1 ~11 ~12 ~13 ~14 ~15 ~18 ~32 期 間 ( 月 ) ( 参 考 ) 平 成 7,1 年 度 の 登 録 検 査 期 間 平 成 1 年 度 ( 申 請 受 付 ) 28 平 均 5.6 月 24 2 農 薬 数 ~1 ~2 ~3 ~4 ~5 ~6 ~7 ~8 ~9 ~1 ~11 ~12 ~13 ~14 ~15 ~16 ~17 期 間 ( 月 ) 平 成 7 年 度 ( 申 請 受 付 ) 28 平 均 7.3 月 24 2 農 薬 数 ~1 ~2 ~3 ~4 ~5 ~6 ~7 ~8 ~9 ~1 ~11 ~12 ~13 ~14 ~15 ~16 ~17 期 間 ( 月 ) -26-

30 3. 国 民 に 対 して 提 供 するサービスその 他 業 務 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 の 達 成 状 況 農 薬 検 査 所 は 独 立 行 政 法 人 移 行 後 は 中 期 計 画 において 農 薬 の 登 録 検 査 について 行 政 手 続 法 ( 平 成 5 年 法 律 第 88 号 ) 第 6 条 に 基 づき 定 められた 標 準 処 理 期 間 (1 年 6 月 ) 内 に 登 (*) 録 できるよう 次 の 期 間 内 に 検 査 を 終 了 させることとしている 平 成 13 年 度 において は 次 表 に 示 すとおり 期 間 内 にほぼ 全 農 薬 の 検 査 が 終 了 した 1 基 準 設 定 が 必 要 な 農 薬 の 検 査 については1 年 5か 月 以 内 2 ア 以 外 の 農 薬 の 検 査 については 11か 月 以 内 (*) :2. 業 務 運 営 の 効 率 化 に 関 する 目 標 の 達 成 状 況 と 同 じ 検 査 指 示 ** ( 件 ) 検 査 終 了 ( 件 ) 検 査 終 了 農 薬 の 目 標 達 成 ( 件 ) 基 準 必 要 * 対 検 査 終 了 農 薬 比 ( 1%) 上 記 以 外 ( 対 検 査 終 了 農 薬 比 97%) 基 準 必 要 * :2. 業 務 運 営 の 効 率 化 に 関 する 目 標 の 達 成 状 況 と 同 じ 検 査 指 示 ** : 平 成 13 年 4 月 1 日 時 点 ( 農 薬 検 査 所 が 独 立 行 政 法 人 に 移 行 する 以 前 に 申 請 を 受 けていた 部 分 )の 検 査 未 了 農 薬 及 び 平 成 13 年 4 月 1 日 以 降 に 検 査 指 示 を 受 けた 農 薬 詳 細 は 図 1. 及 び2.のとおりである また 近 年 天 敵 等 の 生 物 農 薬 の 実 用 化 の 促 進 が 求 めれれている 中 で 登 録 検 査 体 制 の 充 実 等 によるいっそうの 迅 速 化 を 図 ることとしている このような 中 で 平 成 13 年 度 につ いては 次 表 に 示 すとおり 迅 速 な 登 録 検 査 を 行 ったところである 検 査 指 示 ** 検 査 終 了 検 査 終 了 農 薬 の 平 成 13 年 度 目 標 ( 件 ) ( 件 ) 平 均 検 査 期 間 検 査 期 間 生 物 農 薬 か 月 8.4 か 月 検 査 指 示 ** : 上 記 のとおり 平 成 13 年 度 目 標 検 査 期 間 : 平 成 6~1 年 度 の 生 物 農 薬 の 平 均 検 査 期 間 は8.6ヶ 月 であり 5 年 間 で1% 削 減 を 目 標 としていることから 平 成 13 年 度 については2% 削 減 上 記 目 標 を 達 成 するため 中 期 計 画 において 以 下 の 措 置 を 行 うこととしている 1~4については 2. 業 務 運 営 の 効 率 化 に 関 する 目 標 の 達 成 状 況 の1~4を 参 照 なお 生 物 農 薬 の 申 請 については 検 査 体 制 を 充 実 することによる 当 該 農 薬 の 検 査 の 迅 速 化 と なっているので 微 生 物 農 薬 検 討 会 を3 回 開 催 し( 月 ) 検 査 体 制 の 充 実 充 実 を 図 った -27-

31 * 図 3.サービス 向 上 化 目 標 ( 基 準 必 要 農 薬 の 登 録 検 査 期 間 ) 平 成 13 年 度 ( 検 査 終 了 ) 25 目 標 期 間 17 月 2 ~H 申 請 受 付 農 薬 数 ~4 ~5 ~6 ~7 ~8 ~9 ~1 ~11 ~12 ~13 ~14 ~15 ~16 ~17 期 間 ( 月 ) ( 参 考 ) 平 成 7,1 年 度 の 登 録 検 査 期 間 平 成 1 年 度 ( 申 請 受 付 ) 25 2 農 薬 数 ~4 ~5 ~6 ~7 ~8 ~9 ~1 ~11 ~12 ~13 ~14 ~15 ~16 ~17 期 間 ( 月 ) 平 成 7 年 度 ( 申 請 受 付 ) 25 2 農 薬 数 ~4 ~5 ~6 ~7 ~8 ~9 ~1 ~11 ~12 ~13 ~14 ~15 ~16 ~17 期 間 ( 月 ) -28-

32 * 図 4.サービス 向 上 化 目 標 ( 基 準 必 要 農 薬 以 外 の 登 録 検 査 期 間 ) 平 成 13 年 度 ( 検 査 終 了 ) ~H 申 請 受 付 農 薬 数 ~1 ~2 ~3 ~4 ~5 ~6 ~7 ~8 ~9 ~1 ~11 ~12 ~13 ~14 ~15 ~18 ~32 期 間 ( 月 ) ( 参 考 ) 平 成 7,1 年 度 の 登 録 検 査 期 間 平 成 1 年 度 ( 申 請 受 付 ) 農 薬 数 ~1 ~2 ~3 ~4 ~5 ~6 ~7 ~8 ~9 ~1 ~11 ~12 ~13 ~14 ~15 ~16 ~17 期 間 ( 月 ) 平 成 7 年 度 ( 申 請 受 付 ) 目 標 期 間 11 月 農 薬 数 ~1 ~2 ~3 ~4 ~5 ~6 ~7 ~8 ~9 ~1 ~11 ~12 ~13 ~14 ~15 ~16 ~17 期 間 ( 月 ) -29-

33 Ⅲ 付 帯 業 務 1. 農 薬 GLP 基 準 に 係 る 適 合 確 認 (1) 概 要 農 薬 のGLP(Good Laboratory Practice) 制 度 は 農 薬 の 登 録 申 請 にあたって 提 出 さ れる 毒 性 に 関 する 試 験 の 適 正 実 施 を 確 保 するために 昭 和 59 年 (1984 年 )に 毒 性 試 験 に 導 入 されてから17 年 が 経 過 した 平 成 9 年 8 月 には 微 生 物 農 薬 の 登 録 申 請 に 係 るヒトに 対 する 安 全 性 試 験 が 平 成 11 年 1 月 には 農 薬 の 物 理 的 化 学 的 性 状 試 験 が 平 成 13 年 2 月 からは 生 体 内 等 運 命 試 験 及 び 水 産 動 植 物 への 影 響 に 関 する 試 験 がGLPの 適 用 対 象 として 拡 大 され てきたところである 従 来 は 外 国 の 試 験 施 設 からもGLP 確 認 申 請 書 の 提 出 を 求 めていたが 平 成 12 年 12 月 に 農 薬 の 毒 性 に 関 する 試 験 の 適 正 実 施 について ( 平 成 11 年 1 月 1 日 付 け11 農 産 第 6283 号 農 林 水 産 省 農 産 園 芸 局 長 通 達 )が 一 部 改 正 され( 平 成 12 年 12 月 6 日 付 け12 農 産 第 8628 号 農 林 水 産 省 農 産 園 芸 局 長 通 知 ) OECD( 経 済 協 力 開 発 機 構 )のGLP 基 準 に 準 拠 してい る 試 験 施 設 で かつ 当 該 国 の 査 察 当 局 により 適 合 確 認 がされている 場 合 には 確 認 申 請 書 の 提 出 は 不 要 になった また 13 年 4 月 から 独 立 行 政 法 人 として 発 足 したことに 伴 い GLP 適 合 確 認 申 請 書 は 農 薬 検 査 所 を 経 由 して 農 林 水 産 省 生 産 局 長 へ 提 出 され 施 設 への 査 察 は 局 長 からの 要 請 を 受 けてから 実 施 することとなった このような 状 況 のもと 平 成 13 年 度 は 国 内 の 合 計 2 試 験 施 設 から 適 合 確 認 申 請 書 が 提 出 された その 内 訳 は 毒 性 試 験 を 実 施 する 施 設 が8 施 設 物 理 的 化 学 的 性 状 試 験 を 実 施 す る 施 設 が6 施 設 水 産 動 植 物 試 験 を 実 施 する 施 設 が9 施 設 生 体 内 等 運 命 試 験 を 実 施 する 施 設 が6 施 設 ( 各 々 重 複 を 含 む)であった 一 方 試 験 施 設 への 査 察 は 局 長 からの 要 請 に 基 づき 国 内 の17 試 験 施 設 に 対 し 査 察 を 実 施 し その 試 験 の 種 類 別 の 内 訳 は 毒 性 試 験 を 実 施 する 施 設 6 物 理 的 化 学 的 性 状 試 験 を 実 施 する 施 設 6 水 産 動 植 物 試 験 を 実 施 する 施 設 8 生 体 内 等 運 命 試 験 を 実 施 する 施 設 4( 各 々 重 複 を 含 む)であった 各 々 査 察 結 果 については 生 産 局 長 に 報 告 した 過 去 3 年 間 の 査 察 実 施 状 況 は 次 の 表 のとおりである 国 内 試 験 施 設 外 国 試 験 施 設 年 確 認 申 請 受 理 試 験 施 設 数 査 察 実 施 施 設 数 確 認 申 査 察 実 施 施 項 目 内 訳 施 項 目 内 訳 請 受 理 試 験 施 設 度 設 毒 性 物 化 性 水 生 運 命 設 毒 性 物 化 性 水 生 運 命 試 験 施 数 数 数 設 数 計 (2) 業 務 運 営 の 効 率 化 に 関 する 目 標 達 成 状 況 GLPの 適 合 確 認 については 中 期 計 画 に 基 づいて 平 成 7 年 度 から11 年 度 までの 間 にG LP 適 合 確 認 されたものの 平 均 処 理 期 間 を 基 準 として 申 請 から 適 合 確 認 がなされるまで の1 件 当 たりの 処 理 期 間 を5% 削 減 することとされている しかし 平 成 13 年 度 の 処 理 期 間 については 目 標 として1% 削 減 を 設 定 していた( 62 日 ) が 平 均 処 理 期 間 が75 日 であったため 達 成 できなかった この 要 因 としては 1 生 産 局 長 から 査 察 要 請 後 に 査 察 対 象 試 験 施 設 との 査 察 日 程 を 調 整 していたが これに 時 間 を 要 したものがあったこと 2 評 価 会 議 後 の 報 告 書 の 手 続 きに 非 効 率 な 部 分 があったことであり 来 年 度 以 降 改 善 する 予 定 としている さらに この 中 期 目 標 を 達 成 するための 措 置 を 中 期 計 画 に 定 めてあるが その 達 成 状 況 は 次 のとおりであり 13 年 度 に 揚 げた 目 標 は 概 ね 達 成 したと 判 断 する -3-

34 1GLP 適 合 確 認 の 申 請 書 に 関 する 手 引 き 書 の 作 成 については 申 請 者 が 効 率 良 く 資 料 が 作 成 できるよう 農 林 水 産 省 はじめ 他 のGLP 査 察 当 局 と 連 携 し 準 備 を 進 めている 2GLP 査 察 のためのマニュアル 作 成 については 的 確 な 査 察 業 務 を 行 うため 従 来 の 査 察 マニュアルを 見 直 し さらに 新 しくGLP 適 用 対 象 試 験 となった 水 産 動 植 物 に 対 する 影 響 試 験 及 び 動 植 物 体 内 等 運 命 試 験 についても 査 察 マニュアルを 作 成 した 3GLP 審 査 査 察 を 行 う 上 での 各 種 実 験 方 法 に 関 する 高 度 の 専 門 知 識 及 び 経 験 を 取 得 するための 研 修 や 実 地 査 察 への 参 加 等 による 職 員 の 資 質 向 上 としては 17 回 の 査 察 の うち16 回 について 研 修 査 察 員 を 計 17 名 同 行 させ 実 地 研 修 を 行 った また 外 部 機 関 が 主 催 するGLPに 関 する 研 究 会 等 に8 名 を 参 加 させ 査 察 員 の 資 質 の 向 上 を 図 った 研 究 会 等 及 び 処 理 期 間 の 詳 細 は 次 のとおりである 表 1. 出 席 した 研 修 会 等 研 修 名 主 催 者 期 間 参 加 人 数 第 7 回 G L P 研 修 会 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 研 究 振 興 調 査 機 構 H 人 図 1. 要 請 から 報 告 までの 期 間 5 4 査 3 察 件 数 日 ~55 日 ~69 日 ~83 日 ~97 日 ~111 日 目 標 期 間 (62 日 ) (3) 国 民 に 対 して 提 供 するサービスその 他 業 務 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 の 達 成 状 況 中 期 計 画 において 農 薬 GLP 適 合 確 認 の 迅 速 化 のため 査 察 実 施 後 6 週 間 以 内 にGL P 適 合 確 認 の 結 果 を 国 に 報 告 すると 設 定 しているが 期 間 内 に 国 に 報 告 できた 件 数 は 17 施 設 中 13 施 設 であり 目 標 達 成 率 は 約 76%であった また 中 期 計 画 には 次 の 措 置 を 講 じることとしているが それぞれの 達 成 状 況 は 次 の とおりであった 1 新 たにGLP 適 用 対 象 試 験 となる 水 産 動 植 物 に 対 する 影 響 試 験 動 植 物 体 内 土 壌 中 水 中 における 運 命 試 験 等 について GLP 査 察 のためのマニュアルの 作 成 について は (2)の2を 参 照 のこと 2GLP 審 査 査 察 を 行 う 上 での 各 種 実 験 方 法 に 関 する 高 度 の 専 門 知 識 及 び 経 験 を 取 得 するための 研 修 や 実 地 査 察 への 参 加 等 による 職 員 の 資 質 向 上 については (2)の3を 参 照 のこと 3 査 察 実 施 後 3 週 間 以 内 に 査 察 結 果 を 取 りまとめ 迅 速 な 評 価 を 行 うために 検 査 所 に 設 置 する 評 価 会 議 の 適 時 開 催 については 目 標 とする3 週 間 以 内 に 開 催 した 評 価 会 議 は1-31-

35 7 施 設 中 15 施 設 で この 達 成 率 は 約 88%であった 詳 細 は 次 の 図 2. 及 び3.のとおりである 図 2. 査 察 から 報 告 までの 期 間 5 4 査 3 察 件 数 週 4 週 5 週 6 週 7 週 8 週 9 週 ( 目 標 期 間 ) 図 3. 査 察 から 評 価 会 議 開 催 までの 期 間 査 7 察 6 件 5 数 週 2 週 3 週 4 週 5 週 ( 目 標 期 間 ) 2. 調 査 研 究 (1) 農 薬 の 土 壌 中 での 移 行 性 評 価 試 験 の 検 討 中 期 計 画 に 基 づき 農 薬 の 土 壌 中 での 移 行 性 を 評 価 するためOECDで 検 討 されている 地 下 移 行 性 に 関 するテストガイドライン( 案 )の 検 証 に 取 り 組 むとともに 我 が 国 への 導 入 の 可 能 性 について 検 討 を 行 うこととしている 本 年 度 は 文 献 情 報 を 収 集 するとともに カラムリーチング 試 験 の 基 本 手 法 の 検 討 及 び 試 験 を 実 施 した カラムリーチング 試 験 の 結 果 及 び 再 現 性 に 大 きな 影 響 を 及 ぼすと 考 えられる 試 験 装 置 ( 土 壌 の 分 割 方 法 を 含 む) 土 壌 の 充 填 方 法 給 水 方 法 湛 水 状 態 のコントロール 方 法 に ついて 検 討 を 行 った 分 割 可 能 なアルミニウム 製 のカラム 及 びHPLCポンプを 用 い 給 水 することにより 均 一 な 土 壌 分 画 が 得 られ 安 定 した 給 水 が 行 える 試 験 系 を 確 立 することが できた 土 壌 の 充 填 は 一 定 間 隔 で 振 動 を 与 えることにより 土 壌 充 填 量 で 再 現 性 の 高 い 充 填 が 可 能 となった また カラムの 下 部 にテフロンチューブをつなげその 出 口 ( 末 端 )の 高 さを 調 整 することで 湛 水 状 態 のコントロールが 可 能 となった 確 立 した 条 件 で6 農 薬 (アセフェート シマジン ジメトエート フェニトロチオン ブロマシル プロフェノホス)を 供 試 し 小 平 土 壌 を 用 いて 畑 地 状 態 及 び 湛 水 状 態 での 試 験 -32-

36 を 行 ったところ 同 一 条 件 で 繰 り 返 して 行 った 試 験 の 結 果 はよく 一 致 した また 今 回 の 試 験 では 畑 地 状 態 及 び 湛 水 状 態 における 試 験 結 果 に 大 きな 差 は 見 られなかった (2) 農 薬 中 ダイオキシン 類 の 分 析 技 術 の 研 究 中 期 計 画 に 基 づき 農 薬 中 の 有 害 副 成 分 具 体 的 には 有 効 成 分 に 含 まれるダイオキシン 等 についてその 分 析 法 を 確 立 することとしている 当 所 にはダイオキシン 類 の 分 析 を 行 え るケミカルハザート 対 応 の 実 験 施 設 を 有 していなかったので 初 年 度 である 本 年 は 実 験 施 設 の 設 計 及 び 施 工 管 理 に 注 力 した さらに 文 献 情 報 を 収 集 するとともに 試 験 計 画 の 策 定 を 実 施 した ケミカルハザード 対 応 実 験 施 設 については 年 度 末 である 平 成 14 年 3 月 に 竣 工 した また 過 去 に 行 われた 農 薬 中 のダイオキシン 類 の 分 析 に 関 する 資 料 について 調 査 を 行 い 分 析 実 施 機 関 毎 に 用 いられた 抽 出 法 及 び 精 製 法 を 整 理 した (3) 河 川 等 へ 流 出 する 農 業 生 産 資 材 に 由 来 するノニルフェノールの 実 態 解 明 に 関 する 調 査 研 究 ( 農 林 水 産 省 委 託 事 業 ) 平 成 13 年 8 月 の 環 境 省 内 分 泌 かく 乱 化 学 物 質 問 題 検 討 会 において 可 塑 剤 展 着 剤 と して 利 用 されているノニルフェノールが 雄 のメダカに 精 巣 卵 の 発 現 等 内 分 泌 かく 乱 作 用 を 誘 導 しているとの 報 告 がなされた 肥 料 農 薬 等 農 業 生 産 資 材 の 中 には 展 着 剤 等 として アルキルフェノール 誘 導 体 類 が 添 加 されているものがあることから ノニルフェノールの 生 成 流 出 等 を 明 らかにする 必 要 がある 当 該 調 査 研 究 は 農 業 生 産 資 材 の 安 全 確 保 対 策 の 検 討 に 不 可 欠 な 基 礎 的 知 見 を 得 るため 試 験 の 一 部 が 農 林 水 産 省 から 委 託 されたものである 1 農 薬 製 剤 の 保 存 安 定 性 試 験 農 薬 製 剤 中 のノニルフェノール( 以 下 NP という )の 濃 度 及 び 消 長 を 確 認 するた め ノニルフェノールポリエトキシレート( 以 下 NPE という )を 含 有 する 農 薬 製 剤 を55 の 苛 酷 条 件 下 で14 日 間 保 存 し その 前 後 のNPの 含 有 量 を 測 定 した その 結 果 農 薬 製 剤 中 に 微 量 のNPが 確 認 された( NPE 含 有 量 に 対 して.1%~.3%) また 苛 酷 条 件 で 保 存 した 後 のNP 含 有 量 に 大 きな 変 化 は 認 められなかった 2アルキルフェノール 誘 導 体 類 等 土 壌 分 解 試 験 アルキルフェノール 誘 導 体 等 の 使 用 環 境 中 における 分 解 性 を 確 認 するため 4-ノニル フェノール( 以 下 4-NP という ) 及 びNPEを 主 成 分 とする 界 面 活 性 剤 の 製 品 ( 以 下 NPE 製 品 という )について 2 種 類 の 土 壌 を 用 い 水 田 状 態 での 容 器 内 土 壌 分 解 試 験 を 実 施 した 25 3 日 間 の 分 解 試 験 の 結 果 4-NPの 半 減 期 は45 日 ~56 日 と 推 定 され NPE 製 品 の 半 減 期 は46 日 ~67 日 と 推 定 された また NPE 製 品 を 供 試 した14 日 後 及 び3 日 後 のサ ンプルから 供 試 化 合 物 の 分 解 により 生 成 したと 考 えられるNPが 微 量 検 出 (.6~.25μ g/ 乾 土 g)された 3ノニルフェノール 等 の 移 動 モデル 試 験 農 薬 に 由 来 するNP 等 の 水 の 移 動 に 伴 う 農 耕 地 外 への 流 出 率 等 を 明 らかにするため モ デル 水 田 を 使 用 し NPEを 含 有 する 農 薬 を 散 布 し 経 時 的 に 水 田 水 中 のNPE 及 びNP の 濃 度 を 測 定 した その 結 果 NPEの 濃 度 は 散 布 3 時 間 後 に 最 高 (69.5ppb)となり 7 日 後 には 定 量 限 界 (2ppb) 付 近 まで 減 少 した また NPは 散 布 1 日 後 に 定 量 限 界 をわずかに 超 えて 検 出 (.22ppb)され その 後 は 検 出 されなかった また 加 水 分 解 性 及 び 光 分 解 性 を 評 価 するため 4-NP 及 びNPE 製 品 を 用 いて 加 水 分 解 試 験 及 び 光 分 解 試 験 を 実 施 した 試 験 水 はモデル 水 田 から 採 取 しメンブランフィルタ ーでろ 過 して 得 た 水 ( 滅 菌 水 )を 使 用 した その 結 果 加 水 分 解 性 は4-NP NPEと もに 認 められなかった また 水 中 光 分 解 性 は 推 定 半 減 期 ( 北 緯 35 度 ( 東 京 ) 春 (4 ~6 月 ) 太 陽 光 条 件 に 換 算 )として4-NP35 時 間 NPE21 日 であった 更 に 大 まかな 土 壌 吸 着 性 を 評 価 することを 目 的 とし 4-NP 及 びその 関 連 化 合 物 の -33-

H21年度担い手情報誌                     平成21年8月25日

H21年度担い手情報誌                     平成21年8月25日 Re Start No.133 JA 全 農 山 形 農 業 支 援 統 括 部 米 穀 部 つや 姫 はえぬきの 生 育 情 報 -2 園 芸 部 庄 内 メロン 生 産 出 荷 状 況 畜 産 部 平 岡 肥 育 農 場 いよいよ 稼 働 生 産 資 材 部 園 芸 品 目 紹 介 25 31 1. 本 年 5 月 ~7 月 の 気 象 と 生 育 概 況 ~ 本 年 も 変 動 の 大 きい

More information

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直 大 雨 時 の 農 作 物 被 害 軽 減 対 策 平 成 18 年 (2006 年 )6 月 26 日 農 業 振 興 課 Ⅰ 水 稲 1 大 雨 時 の 対 策 (1) 移 植 後 分 げつ 初 期 の 水 稲 は 深 水 となると 著 しい 分 げつ 抑 制 を 受 けるの で 深 水 状 態 が 長 く 続 かないようにす (2) 大 雨 が 予 想 される 場 合 は 除 草 剤 の 使

More information

Ⅲ 麦 1 赤 かび 病 (1) 予 報 の 内 容 発 生 量 :やや 多 発 生 時 期 ( 感 染 時 期 ): 早 1 大 麦 小 麦 の 生 育 は 平 年 より 10 日 程 度 進 んでいる 2 5 月 10~11 日 に 降 雨 があり 気 温 も 高 めで 開 花 期 に 遭 遇

Ⅲ 麦 1 赤 かび 病 (1) 予 報 の 内 容 発 生 量 :やや 多 発 生 時 期 ( 感 染 時 期 ): 早 1 大 麦 小 麦 の 生 育 は 平 年 より 10 日 程 度 進 んでいる 2 5 月 10~11 日 に 降 雨 があり 気 温 も 高 めで 開 花 期 に 遭 遇 Ⅰ 総 括 表 病 害 虫 発 生 予 報 第 2 号 ( 向 こう1ヶ 月 間 の 発 生 予 報 ) 平 成 28 年 (2016 年 )5 月 16 日 長 野 県 病 害 虫 防 除 所 作 物 名 病 害 虫 名 地 域 発 生 量 発 生 時 期 摘 要 赤 かび 病 全 域 やや 多 早 麦 さび 病 全 域 やや 多 早 うどんこ 病 全 域 やや 多 やや 早 ニカメイチュウ 全

More information

穫 7 日 前 ) ハダニ 対 策 : 発 生 が 見 られれば サンマイトフロアブル( 収 穫 21 日 前 ) 等 で 防 除 する 4. 白 ねぎ 春 まき 夏 秋 秋 冬 どり 土 寄 せ: 梅 雨 に 備 え 土 寄 せを 行 いうね 間 に 排 水 溝 を 設 ける 但 し 土 寄 せ

穫 7 日 前 ) ハダニ 対 策 : 発 生 が 見 られれば サンマイトフロアブル( 収 穫 21 日 前 ) 等 で 防 除 する 4. 白 ねぎ 春 まき 夏 秋 秋 冬 どり 土 寄 せ: 梅 雨 に 備 え 土 寄 せを 行 いうね 間 に 排 水 溝 を 設 ける 但 し 土 寄 せ 平 成 28 年 6 月 14 日 高 岡 農 林 振 興 センター 野 菜 の 病 害 虫 防 除 および 当 面 の 技 術 対 策 本 情 報 に 記 載 された 農 薬 および 使 用 方 法 は 平 成 28 年 5 月 末 日 現 在 の 内 容 です 実 際 の 使 用 にあたっては ラベルを 確 認 して 使 用 して 下 さい 1.ほうれんそう アブラムシ 対 策 : 成 虫 の

More information

大 気 環 境 局 長 通 知 )を 御 参 照 いただきたい 昆 虫 綱 及 びクモ 綱 に 属 する 動 物 ( 人 畜 に 有 害 な 毒 素 を 産 生 するものを 除 く )であっ て 使 用 場 所 と 同 一 の 都 道 府 県 内 ( 離 島 (その 地 域 の 全 部 又 は 一

大 気 環 境 局 長 通 知 )を 御 参 照 いただきたい 昆 虫 綱 及 びクモ 綱 に 属 する 動 物 ( 人 畜 に 有 害 な 毒 素 を 産 生 するものを 除 く )であっ て 使 用 場 所 と 同 一 の 都 道 府 県 内 ( 離 島 (その 地 域 の 全 部 又 は 一 25 消 安 第 5776 号 環 水 大 土 発 第 1403281 号 平 成 26 年 3 月 28 日 ( 改 正 : 平 成 26 年 11 月 25 日 ) 各 都 道 府 県 知 事 宛 農 林 水 産 省 消 費 安 全 局 長 環 境 省 水 大 気 環 境 局 長 特 定 農 薬 ( 特 定 防 除 資 材 )として 指 定 された 資 材 ( 天 敵 を 除 く )の 留 意

More information

表 1 主 な 種 子 伝 染 性 病 害 に 対 する 種 子 消 毒 薬 剤 および 庄 土 消 毒 剤 適 用 病 害 名 ば い ご も 使 用 回 薬 剤 名 有 効 成 分 か も ま み 使 用 時 期 希 釈 倍 数 使 用 方 法 苗 ち 葉 枯 数 の 制 病 病 枯 細 使 用

表 1 主 な 種 子 伝 染 性 病 害 に 対 する 種 子 消 毒 薬 剤 および 庄 土 消 毒 剤 適 用 病 害 名 ば い ご も 使 用 回 薬 剤 名 有 効 成 分 か も ま み 使 用 時 期 希 釈 倍 数 使 用 方 法 苗 ち 葉 枯 数 の 制 病 病 枯 細 使 用 水 稲 病 害 虫 防 除 対 策 (3 月 ~4 月 ) 農 薬 の 登 録 内 容 の 掲 載 については 慎 重 に 校 閲 しておりますが 登 録 内 容 は 随 時 変 更 が 行 われます また 農 薬 名 が 同 じでも 農 薬 製 造 会 社 により 登 録 内 容 が 異 なる 場 合 があります 農 林 水 産 省 のホームページ(http:// www.maff.go.jp/j/nouyaku/)

More information

病害虫発生予察情報(11月予報)

病害虫発生予察情報(11月予報) 1. 予 報 概 況 作 物 名 イチゴ 病 害 虫 発 生 予 察 情 報 (4 月 予 報 ) 病 害 虫 名 うどんこ 病 灰 色 かび 病 炭 疽 病 アブラムシ 類 ハダニ 類 アザミウマ 類 予 報 ( 県 平 均 平 年 値 ) 発 生 量 :やや 少 発 生 量 :やや 少 但 し 中 部 地 域 は 多 発 生 量 : 多 発 生 量 :やや 少 発 生 量 :やや 少 発 生 量

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい Ⅱ 麦 栽 培 技 術 1 ほ 場 の 準 備 麦 類 は 元 来 乾 燥 した 気 候 に 適 した 畑 作 物 であるため 転 換 畑 では 栽 培 期 間 を 通 して 湿 害 が 最 大 の 減 収 要 因 である したがって 地 表 水 の 排 除 透 水 性 改 善 地 下 水 位 低 下 等 の 排 水 対 策 は 麦 類 の 安 定 栽 培 における 必 須 要 件 であり 前 述

More information

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ 採 卵 鶏 農 場 に お け る ア ジ ュ バ ン ト 肉 芽 腫 の 発 生 と そ の 対 策 紀 南 家 畜 保 健 衛 生 所 山 本 敦 司 吉 川 克 郎 背 景 お よ び 目 的 平 成 17 年 ( 2005 ) に 副 作 用 情 報 と し て 顔 面 腫 脹 を 呈 す る 鶏 の 報 告 が あ り そ れ ま で に も 数 件 の 報 告 が な さ れ て い る

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

19 610406260 フ ェ ネ ル ミ ン 錠 鉄 5 0 m g 3222013F1068 20 610406267 プ リ ン ド リ ル 細 粒 1 % 1179028C1031 21 610406339 リ ザ ス ト 錠 3 m g 4420001F1040 22 610406350

19 610406260 フ ェ ネ ル ミ ン 錠 鉄 5 0 m g 3222013F1068 20 610406267 プ リ ン ド リ ル 細 粒 1 % 1179028C1031 21 610406339 リ ザ ス ト 錠 3 m g 4420001F1040 22 610406350 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 9 平 成 2 1 年 3 月 3 1 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ 特 集 緑 の カ ー テ ン 最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ っ た り と 張 り 付 い て 競 い 合 う よ う に 天

More information

循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 目 次 はじめに ------------------------------------------------------------------------------------- 1 I. レジオネラ 症 とは ---

循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 目 次 はじめに ------------------------------------------------------------------------------------- 1 I. レジオネラ 症 とは --- 循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 目 次 はじめに ------------------------------------------------------------------------------------- 1 I. レジオネラ 症 とは ------------------------------------------------------------------------

More information

Taro-03.長雨(大雨・豪雨)対策(花き)

Taro-03.長雨(大雨・豪雨)対策(花き) 長 雨 ( 大 雨 豪 雨 ) 対 策 3. 花 き 水 害 ( 大 雨 ) 大 雨 ( 短 時 闘 に 集 中 的 に 降 るもの)だけでなく 長 時 間 降 り 続 くものや 長 時 間 降 り 続 く 中 で 短 時 間 に 集 中 する 雨 などがあり 特 に 最 後 の 例 で 大 災 害 が 起 きやすい 被 害 は 洪 水 による 冠 水 土 砂 の 流 入 や 施 設 の 破 壊 と

More information

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合 太 田 市 簡 易 専 用 水 道 の 手 引 き 問 い 合 わせ 先 太 田 市 役 所 環 境 政 策 課 電 話 : 0276-47-1893 FAX : 0276-47-1881 1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給

More information

Microsoft Word - 漬物の衛生規範

Microsoft Word - 漬物の衛生規範 漬 物 の 衛 生 規 範 ( 平 成 24 年 10 月 12 日 改 正 ) 第 1 目 的 及 び 趣 旨 本 規 範 は 漬 物 に 係 る 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 するため その 原 材 料 の 受 入 れから 製 品 の 販 売 までの 各 工 程 における 取 扱 い 等 の 指 針 を 示 し 漬 物 に 関 する 衛 生 の 確 保 及 び 向 上 を 図

More information

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。 平 成 2 7 年 度 柏 市 保 健 衛 生 審 議 会 健 康 増 進 専 門 分 科 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 2 7 年 8 月 2 7 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 2 開 催 場 所 ウ ェ ル ネ ス 柏 4 階 大 会 議 室 3 出 席 者 (1 ) 委 員 小 林 正 之 ( 会 長 ), 佐 藤 紀 子 ( 副 会

More information

< F2D D312D AC28BAB95DB9153>

< F2D D312D AC28BAB95DB9153> Ⅵ 環 境 保 全 型 農 業 と 土 壌 管 理 1 有 機 質 肥 料 の 利 用 技 術 (1) 水 田 での 利 用 技 術 ア 有 機 質 肥 料 の 種 類 と 特 性 (ア) 有 機 質 肥 料 の 施 用 効 果 有 機 質 肥 料 は 肥 料 取 締 法 では 植 物 油 かす 類 魚 肥 類 骨 粉 類 肉 かす 粉 末 等 の 動 植 物 質 の 普 通 肥 料 をいう 土 壌

More information

技術資料 一段密植栽培による高糖度トマトの周年安定生産技術

技術資料 一段密植栽培による高糖度トマトの周年安定生産技術 技 術 資 料 九 州 の 温 暖 な 気 象 条 件 を 活 用 し 冬 季 生 産 を 可 能 にする アスパラガス 伏 せ 込 み 栽 培 2011 年 3 月 独 立 行 政 法 人 農 業 食 品 産 業 技 術 総 合 研 究 機 構 九 州 沖 縄 農 業 研 究 センター 暖 地 施 設 野 菜 花 き 研 究 チーム アスパラガス 伏 せ 込 み 栽 培 とは アスパラガスの 伏

More information

(Microsoft Word - \216\350\210\370\202\253.doc)

(Microsoft Word - \216\350\210\370\202\253.doc) 衛 生 管 理 マ ニ ュ ア ル 作 成 の 手 引 き -ふりかけ 類 製 造 業 - 広 島 県 -ふりかけ 類 製 造 業 - 目 次 ふ り か け 類 製 造 業 の 定 義 1 第 1 章 個 別 基 準 - ふ り か け 類 製 造 業 - 2 第 2 章 マ ニ ュ ア ル 作 成 の ポ イ ン ト 及 び 記 載 例 1 機 械 器 具 類 の 衛 生 管 理 特 定 原 材

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 5 平 成 2 0 年 8 月 2 9 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

農 林 水 産 技 術 会 議 農 技 林 術 水 産 指 技 導 術 資 会 議 料 技 平 成 術 指 28 導 年 資 3 料 月 平 成 28 年 3 月 天 敵 利 用 を 中 心 とした とした 施 設 園 芸 における におけるIPM IPM 指 導 マニュアル マニュアル 千 葉 県 県 千 葉 県 農 林 水 産 技 術 会 議 術 会 議 は じ め に 千 葉 県 では 農

More information

Microsoft Word - 2柴原-F1.doc

Microsoft Word - 2柴原-F1.doc 環 境 負 荷 低 減 をめざした 水 稲 栽 培 技 術 の 体 系 化 と GIS を 利 用 した 負 荷 予 測 モデルによる 検 証 - 先 端 技 術 を 活 用 した 農 林 水 産 研 究 高 度 化 事 業 の 研 究 成 果 報 告 - 滋 賀 県 農 業 技 術 振 興 センター( 研 究 総 括 者 ) 柴 原 藤 善. 研 究 の 概 要 近 畿 地 域 では 4 万 人

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流 . 本 部 員 会 議 平 成 23 年 6 月 15 日 部 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 津 波 の 発 生 に 伴 う 課 題 と 対 応 1 区 分 課 題 対 応 畜 1 飼 料 や 燃 油 不 足 による 生 乳 廃 棄 や 家 畜 死 亡 に 対 する 支 援 地 用 2 津 波 により 冠 した 地 の 塩 害 土 砂 堆 積 への 技 術 対 策

More information

章 兼 増 荒 荒 泡 砕 汚 泥 戻 盛 均 ゼ 濃 ゼ 校 模 仮 償 償 償 償 庇 久 ぶ 士 ゴ 左 左 園 代 険 章 拡 底 液 孔 章 堀 削 液 堀 削 油 掘 削 撃 頭 ぶ 底 算 ぶ 頭 頭 貫 孔 ヶ 探 炉 d d 反 応 討 陽 ヘ 濃 採 旧 旧 緩 衝 f e d

章 兼 増 荒 荒 泡 砕 汚 泥 戻 盛 均 ゼ 濃 ゼ 校 模 仮 償 償 償 償 庇 久 ぶ 士 ゴ 左 左 園 代 険 章 拡 底 液 孔 章 堀 削 液 堀 削 油 掘 削 撃 頭 ぶ 底 算 ぶ 頭 頭 貫 孔 ヶ 探 炉 d d 反 応 討 陽 ヘ 濃 採 旧 旧 緩 衝 f e d 題 意 匠 矩 軸 架 給 給 給 題 章 兼 増 荒 荒 泡 砕 汚 泥 戻 盛 均 ゼ 濃 ゼ 校 模 仮 償 償 償 償 庇 久 ぶ 士 ゴ 左 左 園 代 険 章 拡 底 液 孔 章 堀 削 液 堀 削 油 掘 削 撃 頭 ぶ 底 算 ぶ 頭 頭 貫 孔 ヶ 探 炉 d d 反 応 討 陽 ヘ 濃 採 旧 旧 緩 衝 f e d a 什 家 架 ゼ 揮 塑 ゼ 欄 供 給 売 守 頼 免 渡

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更 6 花 ハナ ナナカド / 098-69 紋 郡 旭 TEL0588- FAX0588-990 編 集 / 6 剣 ポツ 少 団 キ ジュニアクブ P P 5 遠 紋 P6 P6 7 編 集 P8 ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始

More information

ⅰ_本扉.indd

ⅰ_本扉.indd 1 2 2 2 3 2 4 3 5 4 6 4 7 9 8 9 1 28 2 33 3 36 4 40 5 41 6 43 7 47 8 49 1 1 52 1 2 56 1 3 60 2 64 3 1 66 3 2 66 4 67 5 1 68 5 2 76 5 3 84 6 92 7 96 8 97 9 98 10 1 102 10 2 104 11 108 12 109 13 109 14 110

More information

147

147 第 8 章 維 持 管 理 1. 維 持 管 理 給 水 装 置 は 需 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 でありその 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 う 必 要 がある 給 水 用 具 によっては 間 違 った 使 用 方 法 や 適 切

More information

して 生 長 し 増 殖 していく この 過 程 で 次 のような 化 学 式 により 硫 化 物 が 生 成 されてくる CH 3 COO - ( 酢 酸 )+ ( 硫 酸 イオン) 2HCO 3 - +HS - このことから 硫 酸 塩 還 元 菌 の 生 育 条 件 は 一 般 的 には1 硫

して 生 長 し 増 殖 していく この 過 程 で 次 のような 化 学 式 により 硫 化 物 が 生 成 されてくる CH 3 COO - ( 酢 酸 )+ ( 硫 酸 イオン) 2HCO 3 - +HS - このことから 硫 酸 塩 還 元 菌 の 生 育 条 件 は 一 般 的 には1 硫 廃 棄 物 埋 立 地 から 発 生 する 硫 化 水 素 とその 対 策 - 埼 玉 の 環 境 と 地 域 産 業 を 見 据 えた 埋 立 工 法 の 開 発 に 向 けて- 廃 棄 物 管 理 担 当 小 野 雄 策 1 廃 棄 物 埋 立 地 における 硫 化 水 素 問 題 最 近 廃 棄 物 最 終 処 分 場 において 発 生 した によって 処 分 場 の 作 業 員 が 死 亡

More information

Taro-稲作生産情報第1号

Taro-稲作生産情報第1号 稲 作 生 産 情 報 第 1 号 平 成 28 年 3 月 7 日 青 森 県 攻 めの 農 林 水 産 業 推 進 本 部 高 品 質 で 良 食 味 な 米 づくりに 向 け 健 康 な 土 づくりと 健 苗 育 成 に 努 めよう! 適 期 田 植 えに 向 け 苗 づくりの 準 備 を 計 画 的 に 行 おう! 1 育 苗 計 画 適 正 な 育 苗 日 数 ( 中 苗 :30 日 ~35

More information

本 日 の 内 容 1. 低 カリウム 含 有 量 野 菜 の 研 究 を 始 めるに 至 る 経 緯 2. 腎 臓 病 について 3. 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 野 菜 栽 培 方 法 の 開 発

本 日 の 内 容 1. 低 カリウム 含 有 量 野 菜 の 研 究 を 始 めるに 至 る 経 緯 2. 腎 臓 病 について 3. 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 野 菜 栽 培 方 法 の 開 発 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 含 量 野 菜 の 栽 培 とその 応 用 小 川 敦 史 ( 秋 田 県 立 大 学 ) 本 日 の 内 容 1. 低 カリウム 含 有 量 野 菜 の 研 究 を 始 めるに 至 る 経 緯 2. 腎 臓 病 について 3. 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 野 菜 栽 培 方 法 の 開 発 1. 低 カリウム 含 有 量

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63> 生 ごみ 資 源 化 に 関 する 提 案 資 料 2-4-1 東 京 農 業 大 学 後 藤 逸 男 Ⅰ. 生 ごみの 資 源 化 に 関 する 基 本 原 則 1. 資 源 化 方 法 : 生 ごみの 資 源 化 方 法 には 肥 料 化 ( 厳 密 には 堆 肥 化 と 肥 料 化 に 区 別 すべき) 飼 料 化 エネルギー 化 炭 化 などがある いずれも 設 備 に 多 額 の 経 費

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208374838B83748346836D834E8358838D8393959489EF95F18D90816988C4816A5665722E332E302E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208374838B83748346836D834E8358838D8393959489EF95F18D90816988C4816A5665722E332E302E646F63> フルフェノクスロン 1. 品 目 名 :フルフェノクスロン(Flufenoxuron) 2. 用 途 : 殺 虫 剤 ベンゾフェニル 尿 素 系 殺 虫 剤 である 昆 虫 の 体 内 に 取 り 込 まれることにより キチ ン 質 の 合 成 が 阻 害 されることで 幼 虫 の 脱 皮 時 に 不 完 全 な 脱 皮 を 促 すことにより 作 用 すると 考 えられている 3. 化 学 名 :1-[4-(2-クロロ-α,α,α-トリフルオロ-p-トリルオキシ)-

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

26 石 川 県 農 業 総 合 研 究 センター 研 究 報 告 第 27 号 (2006) Ⅱ 材 料 および 方 法 3 種 類 の 実 験 を 石 川 県 農 業 総 合 研 究 センター 砂 丘 地 農 業 試 験 場 ビニールハウス 内 で 行 った 実 験 Ⅰ.ガス 難 透 過 性 フ

26 石 川 県 農 業 総 合 研 究 センター 研 究 報 告 第 27 号 (2006) Ⅱ 材 料 および 方 法 3 種 類 の 実 験 を 石 川 県 農 業 総 合 研 究 センター 砂 丘 地 農 業 試 験 場 ビニールハウス 内 で 行 った 実 験 Ⅰ.ガス 難 透 過 性 フ 石 川 県 農 業 総 合 研 究 センター 研 究 報 告 27:25~31(2006) 25 砂 丘 地 における 土 壌 消 毒 後 のガス 難 透 過 性 フィルムの 利 用 が メロンのネコブセンチュウの 発 生 抑 制 に 及 ぼす 影 響 1) 2) 清 水 恵 美 増 田 大 祐 西 村 康 平 橋 本 尚 Effectofsoilfumigationusingvirtuallyimpermeablefilmonsuppressionof

More information

ウ その 他 の 浴 場 ( 個 室 付 浴 場 ) 照 明 換 気 等 構 造 設 備 衛 生 管 理 及 び 風 紀 などの 指 導 施 設 数 延 監 視 件 数 違 反 施 設 数 処 分 件 数 警 告 書 交 付 件 数 163 335 10 1 5 エ 苦 情 処 理 等 種 別 件

ウ その 他 の 浴 場 ( 個 室 付 浴 場 ) 照 明 換 気 等 構 造 設 備 衛 生 管 理 及 び 風 紀 などの 指 導 施 設 数 延 監 視 件 数 違 反 施 設 数 処 分 件 数 警 告 書 交 付 件 数 163 335 10 1 5 エ 苦 情 処 理 等 種 別 件 イ 理 化 学 細 菌 学 的 検 査 等 1 理 容 所 美 容 所 暖 房 期 及 び 冷 房 期 における 作 業 所 内 の 空 気 検 査 ( 一 酸 化 炭 素 二 酸 化 炭 素 )を 実 施 し 換 気 方 法 について 改 善 指 導 し 事 故 防 止 に 努 めている 2 テトラクロロエチレン 使 用 クリーニング 所 ドライ 溶 剤 の 安 全 な 取 り 扱 いのため テトラクロロエチレン

More information

TK25_P02-P19_final.indd

TK25_P02-P19_final.indd 02 栄 養 豊 富 で 食 卓 に 彩 りを 添 える ホウレンソウ ホウレンソウの 原 産 地 はイランと 言 われています 7 世 紀 には 中 国 へ 11 世 紀 にはヨーロッパへ 伝 わったとの 記 録 が 残 っています これらヨーロッパの 品 種 は 約 100 年 前 に 日 本 へ 伝 わり 洋 種 ( 西 洋 種 )と 呼 ばれました これより 古 く 約 400 年 前 に

More information

○○地域農業再生協議会水田フル活用ビジョン

○○地域農業再生協議会水田フル活用ビジョン 河 北 町 農 業 再 生 協 議 会 水 田 フル 活 用 ビジョン 1 地 域 の 作 物 作 付 の 現 状 地 域 が 抱 える 課 題 本 町 の 農 業 は 風 水 害 の 自 然 災 害 が 比 較 的 少 なく 肥 沃 で 恵 まれた 土 地 条 件 のもと 水 稲 を 基 幹 作 物 とし さくらんぼなどの 果 樹 野 菜 花 き 等 の 園 芸 作 物 を 組 み 合 わせた 複

More information

水 道 水 で30 日 間 栽 培 した その 結 果 全 ての 水 槽 でDOが3.0 mg/l 以 下 そのうち2つが 1.0mg/l 以 下 に 減 少 した( 図 2) このことから WHがDOを 低 下 させる 一 因 であるこ とが 確 かめられた このDOの 降 下 が 従 属 栄 養

水 道 水 で30 日 間 栽 培 した その 結 果 全 ての 水 槽 でDOが3.0 mg/l 以 下 そのうち2つが 1.0mg/l 以 下 に 減 少 した( 図 2) このことから WHがDOを 低 下 させる 一 因 であるこ とが 確 かめられた このDOの 降 下 が 従 属 栄 養 第 53 回 日 本 学 生 科 学 賞 入 選 3 等 第 53 回 静 岡 県 学 生 科 学 賞 県 教 育 長 賞 3 ホテイアオイのつくるバイオループ 学 校 法 人 静 岡 理 工 科 大 学 静 岡 北 高 等 学 校 科 学 部 水 質 班 2 年 五 島 菜 々 鈴 木 圭 祐 高 橋 周 平 瀧 田 祐 介 村 田 稔 恭 1.はじめに ホテイアオイ( 以 後 は 英 語 名 がWater

More information

不 作 付 地 の 解 消 に 向 けて 取 り 組 む イ 飼 料 用 米 主 食 用 米 の 需 要 減 が 見 込 まれる 中 平 成 26 年 度 より 飼 料 用 米 の 取 組 を 開 始 し た 平 成 27 年 度 以 降 は 多 収 品 種 に 取 組 を 拡 大 し 生 産 性

不 作 付 地 の 解 消 に 向 けて 取 り 組 む イ 飼 料 用 米 主 食 用 米 の 需 要 減 が 見 込 まれる 中 平 成 26 年 度 より 飼 料 用 米 の 取 組 を 開 始 し た 平 成 27 年 度 以 降 は 多 収 品 種 に 取 組 を 拡 大 し 生 産 性 斐 川 町 地 域 農 業 再 生 協 議 会 水 田 フル 活 用 ビジョン 1 地 域 の 作 物 作 付 の 現 状 地 域 が 抱 える 課 題 当 地 域 は 全 耕 地 面 積 に 占 める 主 食 用 米 面 積 の 割 合 が 約 61%で 転 作 作 物 については 大 麦 大 豆 加 工 用 米 ハトムギ 飼 料 作 物 を 中 心 として 作 付 が 行 われている また 農

More information

2.VSあかきん( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VSあかきんはバーミキュライトに 光 合 成 細 菌 を 培 養 吸 着 した 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 有 害 ガス 毒 素 の 分 解 3 色 素 発 現 高

2.VSあかきん( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VSあかきんはバーミキュライトに 光 合 成 細 菌 を 培 養 吸 着 した 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 有 害 ガス 毒 素 の 分 解 3 色 素 発 現 高 1.VS34( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VS34は 生 きた 微 生 物 群 で バーミキュライト( 蛭 石 )に 放 線 菌 細 菌 糸 状 菌 酵 母 等 の 有 効 微 生 物 を 培 養 吸 着 した 総 合 的 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 堆 肥 ボカシ 肥 料 づくり 3 連 作 障 害 対 策

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」 資 料 2 生 ごみの 堆 肥 飼 料 利 用 に 関 するヒアリングについて 1. 概 要 飼 料 化 堆 肥 化 等 の 生 ごみ 利 用 について 食 品 製 造 工 場 から 排 出 されるものから 家 庭 から 排 出 されるものに 至 るまでの 生 ごみを 想 定 し 主 に 飼 料 堆 肥 のユーザー 側 の 関 係 団 体 にインタビュー 形 式 でヒアリングを 行 った インタビューでは

More information

1. 気 象 経 過 1) 融 雪 期 以 降 の 経 過 Ⅱ 作 4 月 : 上 旬 の 平 均 気 温 は 平 年 より 高 く 中 旬 はや や 高 く 下 旬 は 極 めて 低 かった 4 月 の 日 平 均 気 温 は4.3 で 平 年 並 であった(+0.2 ) 上 中 旬 の 降 水 量 は 少 なく 下 旬 は 極 めて 多 く 月 合 計 は56.5mmで 平 年 並 であった 上

More information

季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊

季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊 伝 えたいふる 里 の 味 美 作 市 栄 養 委 員 会 季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊 季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 ぼた 餅 米 A

More information

水稲現地農談会資料

水稲現地農談会資料 平 成 28 年 産 水 稲 現 地 農 談 会 資 料 JAおうみ 冨 士 平 成 28 年 6 月 24 日 作 成 生 育 は 全 般 に 旺 盛 で 平 年 よりやや 早 い 1. 気 象 の 経 過 と 生 育 の 概 況 (1) 気 象 の 経 過 5 月 全 般 : 気 温 については 平 年 よりやや 高 く 推 移 した 日 照 時 間 は 平 年 より 多 く 特 に 中 旬 は

More information

Microsoft Word - minifile-1976-2010.doc

Microsoft Word - minifile-1976-2010.doc ミニファイル:1976 年 ~2010 年 1976 年 1977 年 1977 年 1978 年 1979 年 1980 年 標 準 の 話 化 合 物 命 名 法 試 薬 標 準 試 料 公 定 分 析 法 海 外 の 標 準 公 定 分 析 法 単 位 と 標 準 の 歩 み 正 式 名 とは 何 か 日 本 における 公 定 試 薬 規 格 有 機 分 析 用 標 準 試 料 大 気 汚 染

More information

1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル ギ ー 事 故 の 再 発 防 止 に 向 け て 調 布 市 食 物 レルギ

1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル ギ ー 事 故 の 再 発 防 止 に 向 け て 調 布 市 食 物 レルギ 福 祉 健 康 部 食 物 レルギー 対 策 ワーキングチーム 検 討 結 果 報 告 書 福 祉 健 康 部 食 物 レルギー 対 策 ワーキングチーム 平 成 26 年 3 月 1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208358815B8370815B834F838A815B83939056837D836A83858341838B82502E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208358815B8370815B834F838A815B83939056837D836A83858341838B82502E646F63> 環 境 に 優 しく 土 壌 植 物 を 活 性 化 キトサン 溶 液 スーパーグリーン キトサン 土 壌 改 良 溶 液 スーパーグリーン 活 用 基 本 マニュアル 当 社 は25 年 の 経 験 とお 客 様 から 寄 せられるご 意 見 使 用 結 果 を 参 考 にし 他 社 には 見 られない 独 自 の 商 品 を 開 発 し 皆 様 に 永 年 にわたり 愛 好 されております これまでも

More information

目 次 1 位 置 気 象 1 2 沿 革 1 ~ 2 3 組 織 体 制 ( 1 ) 組 織 の 概 要 3 ( 2 ) 職 員 数 3 ( 3 ) 業 務 分 担 4 ~ 5 4 事 業 概 要 ( 1 ) 当 初 予 算 6 ( 2 ) 用 地 面 積 6 ( 3 ) 主 要 施 設 7 (

目 次 1 位 置 気 象 1 2 沿 革 1 ~ 2 3 組 織 体 制 ( 1 ) 組 織 の 概 要 3 ( 2 ) 職 員 数 3 ( 3 ) 業 務 分 担 4 ~ 5 4 事 業 概 要 ( 1 ) 当 初 予 算 6 ( 2 ) 用 地 面 積 6 ( 3 ) 主 要 施 設 7 ( 平 成 2 7 年 度 秋 田 県 畜 産 試 験 場 業 務 概 要 ( 平 成 2 7 年 4 月 ) 0 1 0-1 7 0 1 秋 田 県 大 仙 市 神 宮 寺 字 海 草 沼 谷 地 1 3-3 TEL 総 務 企 画 室 (0187) 72-2511 FAX 総 務 企 画 室 (0187) 72-4371 飼 料 家 畜 研 究 部 (0187) 72-3814 研 究 部 (0187)

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

第29回 東京大学農学部公開セミナー

第29回 東京大学農学部公開セミナー 東 京 大 学 農 学 部 公 開 セミナー 第 48 回 食 卓 を 彩 る 農 学 研 究 講 演 要 旨 集 ~~~~~~~~~~ プログラム ~~~~~~~~~~ 開 会 の 挨 拶 13:3 5 ~ 1 4 : 2 5 和 食 の 中 心 ~ 米 と 魚 水 圏 生 物 科 学 専 攻 教 授 潮 秀 樹 休 憩 ( 10 分 ) 1 4 : 3 5 ~ 1 5 : 2 5 肉 こそ 豊

More information

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験)

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 1 2 3 5 6 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に

More information

注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 引 火 性 の 高 い 液 体 及 び 蒸 気 吸 入 すると 有 害 重 篤 な 眼 への 刺 激 生 殖 能 または 胎 児 への 悪 影 響 のおそれ 水 生 生 物 に 毒 性 単 回 長 期 または 反 復 暴 露 による 臓

注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 引 火 性 の 高 い 液 体 及 び 蒸 気 吸 入 すると 有 害 重 篤 な 眼 への 刺 激 生 殖 能 または 胎 児 への 悪 影 響 のおそれ 水 生 生 物 に 毒 性 単 回 長 期 または 反 復 暴 露 による 臓 作 成 日 平 成 26 年 5 月 14 日 安 全 データシート SDS 1 製 品 及 び 会 社 情 報 2 危 険 有 害 性 の 要 約 GHS 分 類 製 品 名 : 製 品 コード: 会 社 名 : 住 所 : 担 当 部 門 : 担 当 者 名 : 電 話 番 号 : 06-6301-4631 緊 急 時 の 電 話 番 号 06-6301-4631 ファックス 番 号 : 06-6306-0831

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

untitled

untitled nibankan@ r.dion.ne.jp 平 号 鮎 或 粟 容 袷 対 象 定 安 参 加 費 入 庵 持 ち 物 按 申 込 暗 問 粗 ご 辺 チ 収 集 - ご ゼロ ゼ ロ 各 機 電 連 絡 え 西 院 - 恩 -/ 小 新 世 紀 脳 神 経 外 科 - 船 渡 -/ 脳 神 むろ 歯 科 ニッ - 弥 十 郎 -/ 歯 小 歯 石 川 院 - 北 --/ 小 循 消 産 婦

More information

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報 者 よ り 取 得 効 増 加 財 ち 処 分 制 限 財 よ り 取 得 効 増 加 財 処 分 制 限 期 間 定 め 件 平 成 年 月 日 文 部 科 省 告 示 改 正 : 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年

More information

2. 摘 花 の 実 施 早 期 の 摘 花 摘 果 は 良 好 な 果 実 肥 大 や 翌 年 の 花 芽 確 保 の た め に ま た 適 正 樹 勢 の 維 持 の た め に 重 要 な 作 業 と な る 仕 上 げ 摘 果 を 満 開 30 日 後 ま で に 終 了 す る こ と

2. 摘 花 の 実 施 早 期 の 摘 花 摘 果 は 良 好 な 果 実 肥 大 や 翌 年 の 花 芽 確 保 の た め に ま た 適 正 樹 勢 の 維 持 の た め に 重 要 な 作 業 と な る 仕 上 げ 摘 果 を 満 開 30 日 後 ま で に 終 了 す る こ と 5 月 の 栽 培 管 理 リ ン ゴ 平 成 28 年 4 月 28 日 ふ じ の 生 育 状 況 < 県 南 部 ( 果 樹 試 験 場 本 場 ) > 注 発 芽 始 め ( 確 定 ) 4 月 1 日 ( 平 年 1 : 4 月 9 日 平 年 - 8 日 ) 展 葉 ( 確 定 ) 4 月 13 日 ( 平 年 : 4 月 20 日 平 年 - 7 日 ) 開 花 始 め ( 予 測 )

More information

労 働 の 取 扱 い 等 の 改 正 を 行 った 平 成 10 年 には 農 業 における 労 働 実 態 をより 適 切 に 生 産 費 結 果 へ 反 映 させるため 家 族 労 働 評 価 について それまでの 男 女 別 評 価 から 男 女 同 一 評 価 ( 当 該 地 域 で 男

労 働 の 取 扱 い 等 の 改 正 を 行 った 平 成 10 年 には 農 業 における 労 働 実 態 をより 適 切 に 生 産 費 結 果 へ 反 映 させるため 家 族 労 働 評 価 について それまでの 男 女 別 評 価 から 男 女 同 一 評 価 ( 当 該 地 域 で 男 利 用 者 の た め に 1 調 査 の 概 要 (1) 調 査 の 目 的 畜 産 物 生 産 費 統 計 は 牛 乳 子 牛 乳 用 雄 育 成 牛 交 雑 種 育 成 牛 去 勢 若 齢 肥 育 牛 乳 用 雄 肥 育 牛 交 雑 種 肥 育 牛 ( 以 下 乳 用 雄 育 成 牛 及 び 交 雑 種 育 成 牛 を 育 成 牛 去 勢 若 齢 肥 育 牛 乳 用 雄 肥 育 牛 及 び 交

More information

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経 1 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : 会 社 名 : 石 川 金 属 株 式 会 社 住 所 : 592-8352 大 阪 府 堺 市 西 区 築 港 浜 寺 西 町 7-21 担 当 部 署 : 品 質 保 証 部 電 話 番 号 : 072-268-1155 緊 急 連 絡 電 話 番 号 : 072-268-1155 FAX 番 号 : 072-268-1159 使 用 用

More information

<5461726F2D817988EA8EED817A93AE95A88EE688B58BC688C493E08E9197BF>

<5461726F2D817988EA8EED817A93AE95A88EE688B58BC688C493E08E9197BF> 第 一 種 動 物 取 扱 業 の 遵 守 事 項 動 動 物 物 の 健 の 康 愛 及 護 及 び 安 び 全 管 を 理 保 に 持 関 するとともに 法 律 により 生 活 環 第 境 一 の 種 保 動 全 物 等 取 を 扱 図 業 るため 者 は 基 準 等 を 守 って 適 正 に 営 業 するよう 義 務 づけられています ( 表 犬 細 記 環 猫 目 境 等 ) 販 省 売 令

More information

院内肺炎予防策

院内肺炎予防策 3-3. 院 内 肺 炎 予 防 策 Ⅰ. 病 院 感 染 肺 炎 (Nosocomial Pneumonia ; NP) なんらかの 基 礎 疾 患 のため 入 院 治 療 を 行 っている 患 者 が, 入 院 後 48 時 間 から 72 時 間 後 に 発 症 する 下 気 道 の 肺 炎 である Ⅱ. 肺 炎 の 疫 学 米 国 では, 肺 炎 は 尿 路 感 染 についで 多 く 全 病

More information

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て 河 辺 い き も の の 森 の 植 物 そ の 3 樹 の 花 河 辺 い き も の の 森 に は 約 100 種 類 の 樹 木 が 生 育 し て い る 整 備 さ れ る 以 前 の 森 は そ の 見 か け 上 の 違 い か ら ケ ヤ キ 林 コ ナ ラ 林 ア ラ カ シ 林 ス ギ 林 竹 林 の 5 種 類 の 林 か ら 成 り 立 つ と さ れ て い た が 手

More information

00本文

00本文 保 医 発 1 2 2 2 第 2 号 平 成 2 6 年 1 2 月 2 2 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課

More information

Microsoft Word - IF25new.DOC

Microsoft Word - IF25new.DOC 2007 年 8 月 作 成 ( 第 3 版 ) インタビューフォーム 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 875200 医 療 用 漢 方 製 剤 ケイシブクリョウガンリョウ 本 草 桂 枝 茯 苓 丸 料 エキス 顆 粒 -M H25 剤 形 顆 粒 剤 含 量 規 格 一 般 名 桂 枝 茯 苓 丸 製 造 会 社 名 本 草 製 薬 株 式 会 社 販 売 会 社 名 本 草 製 薬 株

More information

南九州市○○○施設指定管理者募集要項

南九州市○○○施設指定管理者募集要項 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 ( 以 下 放 牧 場 と い う )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は, こ の 仕 様 書 に よ る も の と する 1 趣 旨 本 仕 様 書 は, 指 定 管 理 者 が 行 う 放 牧 場 の 業 務 内 容 及 び 履 行

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

P. 9-2 検 討 を 進 めたが 必 要 に 応 じて 食 品 企 業 団 体 案 および 国 外 の 関 連 資 料 の 内 容 も 考 慮 した 2.ガイドライン 案 の 適 用 対 象 厚 生 労 働 省 自 主 点 検 ガイドライン は 錠 剤 カプセル 状 等 食 品 の 製 造 に

P. 9-2 検 討 を 進 めたが 必 要 に 応 じて 食 品 企 業 団 体 案 および 国 外 の 関 連 資 料 の 内 容 も 考 慮 した 2.ガイドライン 案 の 適 用 対 象 厚 生 労 働 省 自 主 点 検 ガイドライン は 錠 剤 カプセル 状 等 食 品 の 製 造 に P. 9-1 健 康 食 品 の 安 全 性 評 価 ガイドライン (2008 年 6 月 更 新 ) 財 団 法 人 日 本 健 康 栄 養 食 品 協 会 健 康 食 品 安 全 性 評 価 に 係 る 検 討 委 員 会 Ⅰ.ガイドライン 作 成 の 目 的 と 安 全 性 評 価 の 基 本 的 考 え 方 1. 目 的 近 年 国 民 の 健 康 に 対 する 関 心 の 高 まりなどを

More information

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等 伊 賀 市 浄 化 センター 第 1 処 理 場 委 託 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 伊 賀 市 ( 以 下 市 という ) 浄 化 センター 第 1 処 理 場 の 運 転 管 理 業 務 に 関 し 適 正 に 委 託 業 務 を 行 うため 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする ( 業 務 の 名 称 及 び 履 行

More information

12

12 12. 維 持 管 理 12.1 維 持 管 理 1 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり その 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 うことが 必 要 である 2 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 等 が

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

Microsoft PowerPoint - H19_090629.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - H19_090629.ppt [互換モード] 栄 養 摂 取 状 況 調 査 で 得 られた 内 容 から できるだけ 真 の 値 に 近 づけるために 適 切 な 食 品 番 号 の 選 択 調 理 による 変 化 栄 養 素 が 強 化 されている 食 品 のコード 付 けなど 独 立 行 政 法 人 国 立 健 康 栄 養 研 究 所 栄 養 疫 学 プログラム 国 民 健 康 栄 養 調 査 プロジェクト 野 末 みほ 平 成 19 年

More information

登 録 変 更 時 期 変 更 事 項 備 考 平 成 27 年 2 月 4 日 ジメトエート 乳 剤 削 除 みかん なつみかん かんきつ (みかん なつみかんを 除 く) ピーマン かぼちゃ しろうり にんじん にら たま さやいんげん ジメトエート 粒 剤 削 除 だいず わさび 畑 わさび

登 録 変 更 時 期 変 更 事 項 備 考 平 成 27 年 2 月 4 日 ジメトエート 乳 剤 削 除 みかん なつみかん かんきつ (みかん なつみかんを 除 く) ピーマン かぼちゃ しろうり にんじん にら たま さやいんげん ジメトエート 粒 剤 削 除 だいず わさび 畑 わさび 登 録 変 更 時 期 変 更 事 項 備 考 平 成 26 年 8 月 27 日 コルト 顆 粒 水 和 剤 削 除 旧 ラベル 流 通 無 し 平 成 26 年 11 月 17 日 オルトラン 粒 剤 削 除 ミニ はつか 適 用 変 更 詳 細 変 更 内 容 別 添 ピーマン オルトラン 水 和 剤 削 除 はつか ミニ かんきつ 適 用 変 更 詳 細 変 更 内 容 別 添 かき 変 更

More information

(Microsoft PowerPoint - \220H\210\347\215u\215\300\201i\216\233\340V\201j)

(Microsoft PowerPoint - \220H\210\347\215u\215\300\201i\216\233\340V\201j) 一 汁 三 菜 で 食 育 体 験 を! 献 立 の 成 り 立 ち 生 きるために 成 長 のために 健 康 のために 体 調 を 整 え 病 気 を 予 防 するために 楽 しむために (おいしさ 季 節 感 香 り 色 ) 人 と 人 との 交 流 を 深 めるために ~ 食 べることは 命 のつらなり~ 一 次 消 費 者 ( 草 食 動 物 ) 二 次 消 費 者 ( 肉 食 動 物 )

More information

Microsoft Word - 成田市給水装置工事施行基準(H27改定版)(黒)

Microsoft Word - 成田市給水装置工事施行基準(H27改定版)(黒) 第 7 章 維 持 管 理 138 第 7 章 維 持 管 理 7.1 維 持 管 理 給 水 装 置 はお 客 様 ( 需 要 者 )に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり 給 水 装 置 の 的 確 な 維 持 管 理 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えるため 水 を 汚 染 し 又 は 漏 水 のない よう 随 時 又 は 定 期 的 に 行 うこと 給

More information

2 事 業 により 整 備 された 施 設 の 管 理 状 況 (1) 施 設 の 概 況 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 六 堰 頭 首 工 左 岸 幹 線 導 水 路 右 岸 幹 線 導 水 路 大 里 幹 線 用 水 路 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 玉 井 堰 幹 線 用 水

2 事 業 により 整 備 された 施 設 の 管 理 状 況 (1) 施 設 の 概 況 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 六 堰 頭 首 工 左 岸 幹 線 導 水 路 右 岸 幹 線 導 水 路 大 里 幹 線 用 水 路 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 玉 井 堰 幹 線 用 水 おおさと 事 業 名 国 営 総 合 農 地 防 災 事 業 地 区 名 大 里 県 名 埼 玉 県 関 係 市 町 村 く ま が や し おおさとまち こうなんまち ぎ よ う だ し みなみかわらむら こ う の す し 熊 谷 市 ( 旧 熊 谷 市 旧 大 里 町 旧 江 南 町 ) 行 田 市 ( 旧 行 田 市 旧 南 河 原 村 ) 鴻 巣 市 ふきあげまち ふ か や し かわもとまち

More information

書式・記述方法等の統一について

書式・記述方法等の統一について 在 宅 生 活 ハンドブック No.35 糖 尿 病 の 方 の 事 内 容 2 別 府 重 度 障 害 者 セ ン タ ー ( 栄 養 部 門 2015) もくじ はじめに 1 Ⅰ 糖 尿 病 品 交 換 表 とは 1 1. 糖 尿 病 交 換 表 の 特 徴 1 ( 1 ) 品 の 分 類 1 ( 2 ) 8 0 kcal( キ ロ カ ロ リ ー ) = 1 単 位 1 ( 3 ) 品 の 交

More information

安全データシート

安全データシート 2016.06.01 1/7 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :プリンス スーパー NET 130g 会 社 名 :スタイル 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 墨 田 区 両 国 4-31-11ヒューリック 両 国 ビル5F 担 当 部 門 :SMG 部 電 話 番 号 :03-5625-8180 FAX :03-5625-8185 緊 急 連

More information

<5461726F2D819A91E63389F1959489EF97708179915391CC94C5817A8DC5>

<5461726F2D819A91E63389F1959489EF97708179915391CC94C5817A8DC5> 資 料 9-2 鶏 の 改 良 増 殖 目 標 ( 案 ) 平 成 22 年 7 月 Ⅰ まえがき 食 料 は 人 間 の 生 命 の 維 持 に 欠 くことができないものであり かつ 健 康 で 充 実 した 生 活 の 基 礎 として 重 要 なものである 中 でも 鶏 肉 鶏 卵 はたんぱく 質 に 富 み 国 民 の 健 康 増 進 に 大 きく 貢 献 しており 将 来 にわたって 良 質

More information

ウ 一 日 当 たりの 摂 取 目 安 量 粒 ~ 粒 お 召 し 上 がりください という 旨 の 幅 の 両 端 をもって 表 示 することも 可 能 です エ 栄 養 成 分 の 量 及 び 熱 量 ( 栄 養 成 分 表 示 ) 一 日 の 摂 取 目 安 量 当 たりの 栄 養 成 分 の

ウ 一 日 当 たりの 摂 取 目 安 量 粒 ~ 粒 お 召 し 上 がりください という 旨 の 幅 の 両 端 をもって 表 示 することも 可 能 です エ 栄 養 成 分 の 量 及 び 熱 量 ( 栄 養 成 分 表 示 ) 一 日 の 摂 取 目 安 量 当 たりの 栄 養 成 分 の 栄 養 機 能 食 品 として 栄 養 成 分 の 機 能 の 表 示 を 行 うには 1 日 当 たりの 摂 取 目 安 量 に 含 まれる 栄 養 成 分 量 が 国 が 定 めた 下 限 上 限 値 の 基 準 に 適 合 していることが 必 要 です 定 められた 栄 養 成 分 の 機 能 の 表 示 のほか 摂 取 す る 上 での 注 意 事 項 や 消 費 者 庁 長 官 の 個 別

More information

目 次 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 174 2. 農 産 冷 凍 食 品 の 基 準 175 3. 調 理 冷 凍 食 品 及 びその 他 の 冷 凍 食 品 の 基 準

目 次 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 174 2. 農 産 冷 凍 食 品 の 基 準 175 3. 調 理 冷 凍 食 品 及 びその 他 の 冷 凍 食 品 の 基 準 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 平 成 20 年 4 月 1 日 制 定 平 成 23 年 6 月 13 日 最 終 改 定 一 般 社 団 法 人 日 本 冷 凍 食 品 協 会 目 次 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 174 2. 農

More information

衛生管理Q&A

衛生管理Q&A 学 校 給 食 における 食 材 の 取 り 扱 方 法 につて ( 衛 生 管 理 ハンドブックより) 1 検 収 検 収 室 におて 検 収 表 に 基 づき 十 分 点 検 と 確 認 を 行 記 録 する ( 鮮 度 や 変 色 異 臭 及 び 異 物 の 混 入 がなか また 食 肉 魚 介 類 につては 納 品 時 の 品 温 が 適 切 か 等 を 確 認 し 納 品 時 間 納 入

More information

Microsoft PowerPoint - 【統計部】270901名古屋大学講義資料「農林統計でみる我が国の農業構造」(ファイルサイズ縮小版) [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 【統計部】270901名古屋大学講義資料「農林統計でみる我が国の農業構造」(ファイルサイズ縮小版) [互換モード] 名 古 屋 大 学 特 別 講 義 農 林 統 計 でみる 我 が 国 の 農 業 構 造 東 海 農 政 局 統 計 部 長 秋 山 研 一 平 成 27 年 9 月 1 日 Ⅰ 統 計 調 査 の 種 類 実 施 体 系 Ⅱ 農 林 水 産 統 計 の 役 割 Ⅲ 2015 年 農 林 業 センサスの 役 割 見 直 し 等 Ⅳ 農 業 センサスでみる 農 業 構 造 等 Ⅴ 東 海 3 県 の

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4 2015 年 6 月 改 訂 薬 価 基 準 収 載 処 方 箋 医 薬 品 : 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 使 用 前 に 必 ずお 読 みください - 新 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 の 解 説 禁 忌 ( 次 の 患 者 には 投 与 しないこと) 本 剤 の 成 分 に 対

More information

           目    次

           目    次 第 10 章 維 持 管 理 第 10 章 維 持 管 理 1 給 水 装 置 の 維 持 管 理 給 水 装 置 は 年 月 の 経 過 に 伴 う 材 質 の 劣 化 により 故 障 漏 水 等 の 事 故 が 発 生 す ることがある 事 故 を 未 然 に 防 止 するため 又 は 最 小 限 に 抑 えるためには 維 持 管 理 を 行 うことが 重 要 である (1) 給 水 装 置 工

More information

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 25 年 6 月 稲 沢 市 民 病 院 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食

More information

<30312095AA90CD96DA8E9F2E786C73>

<30312095AA90CD96DA8E9F2E786C73> 目 次 利 用 者 のために 福 岡 なす 7 かき 13 佐 賀 たまねぎ 19 アスパラガス 25 長 崎 ばれいしょ 31 びわ 37 熊 本 すいか 43 トマト 49 大 分 ねぎ 55 ハウスみかん 61 宮 崎 きゅうり 67 ピーマン 73 鹿 児 島 そらまめ 79 さやえんどう 85 データ 表 92 1 分 析 の 目 的 野 菜 果 実 は 全 国 農 業 産 出 額 の34%を

More information

椊物とイオンの関係

椊物とイオンの関係 植 物 とイオンの 関 係 青 木 慶 和 田 代 裕 慶 野 口 俊 介 指 導 教 諭 千 葉 先 生 Ⅰ 動 機 と 目 的 私 たちは まずスポーツドリンクに 含 まれる 様 々なイオンが 体 にどのような 影 響 を 与 えるかに 興 味 を 持 った さらに 先 輩 たちが 行 った メダカの 耐 塩 性 の 研 究 を 読 んでイオンが 生 物 に 対 して 与 える 影 響 についてより

More information

3 技術資料

3 技術資料 3-2 東 京 都 における 制 度 住 民 が 地 域 社 会 における 生 活 環 境 の 保 全 のために 企 業 に 対 して 公 害 防 止 をはじめとす る 々の 要 求 を 行 うことは いわば 住 民 の 基 本 的 な 権 利 です また 企 業 が 地 域 において 安 定 な 事 業 活 動 を 行 うには 公 害 防 止 や 環 境 管 理 に 関 する 活 動 について 住

More information

目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持 料 続 給 可 与 能 な 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 のための 取 組

目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持 料 続 給 可 与 能 な 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 のための 取 組 別 記 様 式 第 1 号 計 画 期 間 平 成 年 度 ~ 平 成 3 年 度 福 井 県 酪 農 肉 用 牛 生 産 近 代 化 計 画 書 平 成 3 年 3 月 福 井 県 目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持

More information