Microsoft Word - 【随時編集】H25原稿.doc

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 【随時編集】H25原稿.doc"

Transcription

1 麗 澤 大 学 年 報 Reitaku University Annual Report 2013

2 平 成 25 年 度 麗 澤 大 学 年 報 を 刊 行 するにあたって 高 等 教 育 と 学 術 研 究 という 国 家 と 国 民 の 将 来 にかかわる 重 要 な 任 務 と 責 任 を 持 つ 大 学 は その 任 務 を 遂 行 するにあたって 常 に 自 己 点 検 を 行 い また 第 三 者 の 客 観 的 な 立 場 からの 厳 しい 評 価 を 受 けて 独 善 を 排 し 教 育 と 研 究 の 質 を 保 持 し 教 育 内 容 をさらに 向 上 させるための 努 力 をすることは 当 然 の 責 務 である と 考 えます 本 学 は 昭 和 10 年 の 道 徳 科 学 専 攻 塾 の 開 塾 以 来 一 貫 して 創 立 者 廣 池 千 九 郎 が 提 唱 したモラロジーに 基 づく 知 徳 一 体 の 教 育 という 基 本 理 念 を 堅 持 し 教 育 研 究 の 場 で 理 念 の 具 体 的 な 達 成 に 努 めてき ました そして その 理 念 をさらに 着 実 に 達 成 するべく 学 長 を 委 員 長 とする 自 己 点 検 委 員 会 を 設 置 し PDCA サイクルが 機 能 するように 自 己 点 検 評 価 に 努 めています 平 成 19 年 度 には 財 団 法 人 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 による 認 証 評 価 を 受 け 同 機 構 が 定 めた 大 学 評 価 基 準 を 満 たしていると 認 定 されました また 平 成 20 年 度 には 財 団 法 人 大 学 基 準 協 会 より 同 協 会 の 大 学 基 準 に 適 合 しているとの 判 定 を 受 け 正 会 員 の 資 格 継 続 が 承 認 されました さらに グローバル 化 の 時 代 を 迎 え 大 学 の 自 己 評 価 も 国 際 的 な 基 準 に 基 づいて 改 善 していかなければ と 考 えております そこで 自 己 評 価 の 国 際 的 通 用 性 を 確 保 するための 第 一 歩 として 本 学 は 他 大 学 に 先 駆 け ISO26000 の 活 用 宣 言 をした 平 成 22 年 9 月 以 来 この 国 際 規 格 に 従 った 取 り 組 みを 展 開 し その 成 果 を 麗 澤 大 学 社 会 的 責 任 への 挑 戦 ~ISO26000 活 動 報 告 書 ~ として 毎 年 出 版 しておりますので あ わせてご 高 覧 いただければと 思 います このように 国 が 定 めた 認 証 評 価 や 独 自 に 採 用 した ISO26000 等 国 内 的 にも 国 際 的 にも 通 用 可 能 な 評 価 基 準 規 格 に 則 り 自 己 点 検 評 価 を 実 施 していますが 第 2 クールに 入 る 認 証 評 価 においては 今 年 度 に 受 審 を 予 定 しておりますので 国 際 的 に 見 た 大 学 の 社 会 的 責 任 をどのように 果 たしていくのかを 模 索 しつ つ さらに 教 育 研 究 の 充 実 を 図 っていきたいと 存 じます 本 年 報 に 掲 げられている 各 学 部 研 究 科 等 の 目 的 目 標 が 本 学 の 建 学 の 精 神 を 具 現 化 するにふさわし いものであるかどうか さらに 平 成 25 年 度 の 教 育 研 究 活 動 がその 目 的 目 標 に 沿 って 展 開 されたもので あったかどうか 学 内 外 の 読 者 からの 吟 味 とご 批 判 をいただければ 幸 いです 平 成 26 年 6 月 学 長 自 己 点 検 委 員 会 委 員 長 中 山 理 1

3 平 成 25 年 度 年 報 目 次 平 成 25 年 度 麗 澤 大 学 年 報 を 刊 行 するにあたって 1 目 次 2 1. 本 学 の 理 念 と 方 針 ISO26000 の 活 用 9 2. 教 育 活 動 2-1 全 学 共 通 事 項 建 学 の 理 念 に 関 する 教 育 日 本 語 教 育 教 職 課 程 高 大 連 携 教 育 ファカルティ ディベロップメント 初 年 次 教 育 キャリア 教 育 2-2 外 国 語 学 部 教 育 目 的 目 標 本 年 度 の 教 育 活 動 2-3 経 済 学 部 教 育 目 的 目 標 本 年 度 の 教 育 活 動 2-4 言 語 教 育 研 究 科 教 育 目 的 目 標 本 年 度 の 教 育 活 動 2-5 経 済 研 究 科 国 際 経 済 研 究 科 教 育 目 的 目 標 本 年 度 の 教 育 活 動 2-6 別 科 日 本 語 研 修 課 程 教 育 目 的 目 標 本 年 度 の 教 育 活 動 2-7 情 報 FD センター 情 報 システムセンター 目 的 目 標 本 年 度 の 活 動 2-8 学 修 支 援 センター 目 的 目 標 本 年 度 の 活 動 2-9 図 書 館 目 的 目 標 本 年 度 の 活 動 2-10 麗 澤 オープンカレッジ 目 的 目 標 本 年 度 の 活 動 3. 研 究 活 動 3-1 全 学 共 通 事 項 外 国 語 学 部 研 究 目 的 目 標 本 年 度 の 研 究 活 動 3-3 経 済 学 部 研 究 目 的 目 標 2

4 3-3-2 本 年 度 の 研 究 活 動 3-4 言 語 教 育 研 究 科 研 究 目 的 目 標 本 年 度 の 研 究 活 動 3-5 経 済 研 究 科 研 究 目 的 目 標 本 年 度 の 研 究 活 動 3-6 別 科 日 本 語 研 修 課 程 研 究 目 的 目 標 本 年 度 の 研 究 活 動 3-7 経 済 社 会 総 合 研 究 センター 研 究 目 的 目 標 本 年 度 の 研 究 活 動 3-8 比 較 文 明 文 化 研 究 センター 研 究 目 的 目 標 本 年 度 の 研 究 活 動 3-9 企 業 倫 理 研 究 センター 研 究 目 的 目 標 本 年 度 の 研 究 活 動 3-10 言 語 研 究 センター 研 究 目 的 目 標 本 年 度 の 研 究 活 動 3-11 日 本 語 教 育 センター 研 究 目 的 目 標 本 年 度 の 研 究 活 動 3-12 道 徳 科 学 教 育 センター 目 的 目 標 本 年 度 の 活 動 4. 学 生 受 入 れ 4-1 学 生 受 入 れの 目 的 目 標 外 国 語 学 部 経 済 学 部 言 語 教 育 研 究 科 経 済 研 究 科 別 科 日 本 語 研 修 課 程 4-2 平 成 25 年 度 入 学 状 況 平 成 26 年 度 入 学 者 の 募 集 及 び 受 入 れ 募 集 広 報 活 動 入 試 結 果 及 び 入 学 前 教 育 5. 学 生 支 援 と 学 生 の 活 動 5-1 学 生 支 援 の 目 的 目 標 学 修 支 援 学 生 生 活 支 援 寮 生 活 支 援 学 生 相 談 キャリア 形 成 支 援 外 国 人 留 学 生 支 援 5-2 本 年 度 の 学 生 支 援 活 動 学 修 支 援 3

5 5-2-2 学 生 生 活 支 援 寮 生 活 支 援 学 生 相 談 キャリア 形 成 支 援 外 国 人 留 学 生 支 援 5-3 学 生 の 課 外 活 動 学 友 会 部 同 好 会 その 他 の 団 体 個 人 の 活 動 実 績 6. 国 際 交 流 活 動 6-1 国 際 交 流 活 動 の 目 的 目 標 本 年 度 の 国 際 交 流 活 動 海 外 提 携 校 への 留 学 海 外 提 携 校 からの 留 学 海 外 語 学 研 修 短 期 研 修 海 外 提 携 校 等 への 教 員 の 訪 問 海 外 提 携 校 等 からの 来 訪 留 学 説 明 会 の 開 催 地 域 交 流 留 学 生 の 派 遣 教 員 交 流 国 際 共 同 研 究 7. 社 会 的 活 動 7-1 社 会 的 活 動 の 目 的 目 標 本 年 度 の 社 会 的 活 動 社 会 貢 献 活 動 叙 勲 表 彰 8. 管 理 運 営 8-1 事 務 組 織 学 内 委 員 会 学 内 管 理 運 営 機 構 全 学 委 員 会 臨 時 委 員 会 付 属 機 関 等 運 営 委 員 会 外 国 語 学 部 委 員 会 経 済 学 部 委 員 会 言 語 教 育 研 究 科 委 員 会 経 済 研 究 科 委 員 会 8-3 財 務 133 資 料 編 1. 教 員 の 構 成 学 生 の 構 成 施 設 設 備 平 成 26 年 度 入 試 結 果 及 び 入 学 状 況 就 職 支 援 学 内 会 議 記 録 164 4

6 1. 本 学 の 理 念 と 方 針 麗 澤 大 学 は 法 学 博 士 廣 池 千 九 郎 が 昭 和 10(1935) 年 4 月 に 開 設 した 道 徳 科 学 専 攻 塾 を 出 発 点 として いる 廣 池 千 九 郎 は 世 界 の 諸 聖 人 の 思 想 を 中 心 とする 道 徳 の 科 学 的 研 究 を 行 い 世 界 の 平 和 と 人 類 の 幸 福 に 貢 献 する 総 合 的 人 間 学 として モラロジー(Moralogy, 道 徳 科 学 )を 創 建 した その 研 究 を 基 礎 とし 人 類 間 における 最 も 有 用 な 人 間 を 育 成 することを 目 的 として モラロジー 大 学 の 設 立 を 目 指 した そこでの 教 育 研 究 の 根 本 精 神 は 大 学 の 道 は 明 徳 を 明 らかにするに 在 り とされた その 意 味 するとこ ろは 人 間 の 最 高 品 性 の 完 成 は 純 粋 正 統 の 学 問 と 正 統 の 教 育 によってのみ 達 せられる すべての 人 類 に 普 遍 的 な 道 徳 の 最 高 原 理 に 基 づいた 教 育 を 行 い その 精 神 の 上 に 現 代 の 科 学 と 知 識 を 十 分 に 修 得 させる 知 徳 一 体 の 人 材 の 養 成 を 使 命 とする というものである すなわち 麗 澤 大 学 は 創 立 者 廣 池 千 九 郎 が 提 唱 したモラロジーに 基 づく 知 徳 一 体 の 教 育 を 基 本 理 念 とし 学 生 の 心 に 仁 愛 の 精 神 を 培 い その 上 に 現 代 の 科 学 技 術 知 識 を 修 得 させ 国 家 社 会 の 発 展 と 人 類 の 安 心 平 和 幸 福 の 実 現 に 寄 与 できる 人 物 を 育 成 することを 目 的 としている この 教 育 理 念 に 基 づき 本 学 は 開 学 以 来 次 の 2 点 を 教 育 の 柱 としてきた 1 品 性 教 育 人 格 教 育 に 重 点 を 置 いた 知 徳 一 体 の 教 育 2 実 生 活 に 益 する 学 問 実 際 的 な 専 門 技 能 の 尊 重 品 性 教 育 人 格 教 育 の 面 では 師 弟 同 行 同 学 による 人 格 的 感 化 を 目 指 し 広 大 な 自 然 環 境 の 中 での 全 寮 制 教 職 員 の 学 園 内 共 住 などの 方 法 を 採 ってきた また 実 学 及 び 専 門 技 能 の 尊 重 という 面 では 外 国 語 教 育 に 特 に 重 点 を 置 き 独 自 の 集 中 的 少 人 数 教 育 を 進 めてきた これは 職 業 活 動 に 直 接 役 立 つという 実 践 的 な 観 点 並 びに 人 間 を 偏 狭 な 知 識 や 独 善 的 な 文 化 観 から 解 放 するという 観 点 から 外 国 語 を 学 ぶこと が 極 めて 有 効 であると 考 えた 創 立 者 の 理 念 のあらわれでもある このように 麗 澤 大 学 が 目 指 してきた 人 間 像 を 一 言 で 言 い 表 すならば 高 い 専 門 性 と 道 徳 性 を 有 し 自 ら 進 んで 義 務 と 責 任 を 果 たし 国 際 社 会 に 貢 献 できる 国 際 的 教 養 人 といえよう この 理 念 とそれを 実 現 するための 実 践 は 現 在 も 本 学 に 引 き 継 がれており 麗 澤 大 学 学 則 第 1 条 には 麗 澤 大 学 は 廣 池 千 九 郎 の 教 学 の 精 神 に 基 づき 教 育 基 本 法 に 則 り 大 学 教 育 を 通 じて 世 界 の 平 和 と 人 類 の 幸 福 の 実 現 に 貢 献 するため この 学 則 の 定 めるところによって 研 究 教 授 を 行 い 円 満 な 知 徳 と 精 深 な 学 芸 特 に 世 界 的 国 際 的 識 見 を 備 えた 有 能 な 人 材 を 養 成 することを 目 的 とする と 定 められている さらに 平 成 12 年 4 月 には 麗 澤 教 育 のめざす 人 間 像 を 次 の 通 り 制 定 した 1. 大 きな 志 をもって 真 理 を 探 求 し 高 い 品 性 と 深 い 英 知 を 備 えた 人 物 1. 自 然 の 恵 みと 先 人 の 恩 恵 に 感 謝 し 万 物 を 慈 しみ 育 てる 心 を 有 する 人 物 1. 自 ら 進 んで 義 務 と 責 任 を 果 たし 国 際 社 会 に 貢 献 できる 人 物 以 上 の 理 念 に 基 づき 本 学 は 学 部 研 究 科 の 増 設 など 表 1(9 頁 )に 示 すような 発 展 を 遂 げてきた 現 在 の 教 員 数 学 生 数 役 職 者 及 び 組 織 概 要 は 表 2 表 3 及 び 図 1 の 通 りである さらに 第 207 回 協 議 会 ( 平 成 21 年 5 月 )において 学 士 課 程 教 育 における 方 針 を 次 の 通 り 策 定 した 5

7 (1) 学 位 授 与 方 針 麗 澤 教 育 の 目 指 す 人 間 像 は 学 士 課 程 教 育 の 立 場 から 1 物 事 を 公 平 にみる 力 2つながる 力 3 実 行 する 力 と 表 現 することができる 本 学 の 学 位 は 基 本 的 に これら 3 つの 力 を 備 えた 学 生 に 対 し 授 与 される その 具 体 的 内 容 は 学 部 に よって 異 なるが 両 学 部 に 共 通 するものを a. 知 識 理 解 b. 能 力 技 能 c. 態 度 倫 理 性 d. 創 造 性 の 4 つの 観 点 から 整 理 すれば 次 表 のようになる 本 学 では 今 後 この 表 を 用 いて 各 授 業 科 目 の 展 開 方 法 や 学 士 課 程 学 生 に 期 待 する 教 育 水 準 などを 継 続 的 に 確 認 していく また この 表 に 示 された 能 力 資 質 姿 勢 などを 単 位 認 定 における 判 断 基 準 の 大 枠 としていく よって 本 学 における 学 位 は かかる 判 断 基 準 に 沿 って 認 定 された 単 位 を 卒 業 要 件 を 満 たす 形 で 取 得 した 学 生 に 対 し 与 えるものとする 1 物 事 を 公 平 に み る 力 2 つ な が る 力 a. 知 識 理 解 b. 能 力 技 能 c. 態 度 倫 理 性 d. 創 造 性 バランスのとれた 幅 広 い 教 養 文 化 社 会 経 済 を 理 解 す る 能 力 物 事 の 本 質 を 見 極 める 能 力 物 事 の 背 景 を 理 解 する 能 力 問 題 を 発 見 分 析 する 能 力 数 量 的 な 処 理 能 力 論 理 を 統 合 する 構 想 力 情 報 リテラシーを 活 用 す る 力 文 化 と 歴 史 の 尊 重 公 共 性 と 調 和 の 尊 重 自 由 と 責 任 の 自 覚 社 会 的 責 任 の 自 覚 物 事 の 展 開 を 予 想 できる 能 力 物 事 を 総 合 的 に 把 握 する 能 力 既 知 を 異 なった 形 で 分 け る 能 力 異 なったものを 統 合 する 能 力 多 様 性 に 関 する 理 解 他 者 の 立 場 を 理 解 する 能 力 協 調 性 と 創 発 的 意 義 の 自 覚 異 なる 意 見 をまとめる 能 力 異 文 化 異 世 代 に 関 する 理 解 異 文 化 異 世 代 との 対 話 能 力 長 期 的 視 点 に 立 った 態 度 多 言 語 多 文 化 社 会 に 関 す る 理 解 コミュニケーション 能 力 地 球 市 民 としての 自 覚 長 期 視 点 から 現 状 を 改 善 できる 能 力 立 場 の 異 なる 人 とつなが る 能 力 自 然 と 社 会 に 関 する 知 識 感 性 と 情 緒 的 能 力 共 生 を 尊 重 する 姿 勢 他 者 の 可 能 性 を 活 かす 能 力 3 実 行 す る 力 他 者 の 立 場 と 痛 みを 感 じ る 力 問 題 を 解 決 する 能 力 交 渉 と 仲 介 ができる 能 力 自 己 を 律 する 能 力 教 養 を 深 めようとする 姿 勢 誠 実 さと 正 義 を 大 切 にす る 姿 勢 自 己 の 主 張 や 考 え 方 を 昇 華 させる 姿 勢 真 理 を 追 究 する 姿 勢 意 志 や 情 報 を 発 信 する 能 力 目 標 を 掲 げる 能 力 ミッションを 尊 重 する 姿 勢 元 に 戻 って 考 える 能 力 コミットする 能 力 プロセスを 管 理 する 能 力 全 体 を 活 かそうとする 姿 勢 動 きを 起 こす 能 力 (2) 教 育 課 程 編 成 実 施 の 方 針 本 学 では 倫 理 教 育 を 核 として 教 養 全 般 の 教 育 を 行 う また その 教 養 教 育 を 前 提 として 専 門 教 育 の 充 実 を 図 っている その 意 味 で 本 学 では 倫 理 教 育 が 教 育 の 根 幹 を 成 すことになる 倫 理 教 育 に 関 しては 1 年 次 に 必 修 科 目 として 道 徳 科 学 の 履 修 が 義 務 づけられるが その 理 解 を 深 め 実 践 を 促 すには 道 徳 や 倫 理 の 問 題 を 社 会 的 国 際 的 経 済 的 経 営 的 な 脈 絡 の 中 で 具 体 的 に 考 えていく 必 要 がある そこで 本 学 の 学 生 たちは それぞれの 分 野 において 倫 理 的 な 理 想 や 理 念 をどのように 展 開 するか 正 義 公 正 効 率 などの 価 値 をどのように 実 現 するか 多 様 性 をどのように 受 け 止 めるかなどを 学 び その 経 験 を 通 じ て 学 位 授 与 方 針 に 定 める 3 つの 力 ( 物 事 を 公 平 にみる 力 つながる 力 実 行 する 力 )を 育 むよう 期 待 さ れている かかる 方 向 へと 導 くため 本 学 は 教 育 課 程 編 成 実 施 の 方 針 を 次 の 通 り 定 め 各 科 目 の 教 育 内 容 の 充 実 を 図 ることとする 6

8 1 物 事 を 公 平 にみる 力 幅 広 い 教 養 を 身 につけ 多 様 な 見 方 を 学 ぶ 分 析 手 法 を 理 解 すると 同 時 に その 限 界 も 学 ぶ なぜ 自 由 が 責 任 を 伴 うのかなどを 学 ぶ 部 分 を 詳 細 に 学 ぶとともに 部 分 を 全 体 の 中 で 位 置 づける 必 要 性 を 学 ぶ 2つながる 力 社 会 の 恩 恵 に 感 謝 するとともに よき 伝 統 を 受 け 継 ぐ 必 要 性 を 学 ぶ 地 球 と 自 然 の 持 続 可 能 性 を 実 現 するための 具 体 的 方 法 を 学 ぶ 倫 理 的 自 覚 を 促 すとともに 社 会 や 未 来 世 代 に 対 する 責 任 の 重 さを 学 ぶ 新 たな 知 恵 は 他 者 に 共 感 し 他 者 を 理 解 するところから 生 まれることを 学 ぶ 3 実 行 する 力 他 者 や 社 会 のために 率 先 して 行 動 することの 意 義 と 必 要 性 を 学 ぶ 理 想 を 社 会 の 中 で 実 現 するための 具 体 的 方 法 や 技 能 を 身 につける グループ ワークなどを 通 じて リーダーシップを 身 につける 異 なる 発 想 や 意 見 に 耳 を 傾 け 当 初 の 理 想 を 昇 華 させる 知 恵 を 学 ぶ (3) 入 学 者 受 入 れの 方 針 本 学 における 入 学 者 受 入 れの 方 針 は 次 の 5 つの 要 件 から 成 る 1 本 学 が 掲 げる 教 育 理 念 に 賛 同 できること 2 高 等 学 校 の 教 育 課 程 ( 又 はそれに 相 応 する 教 育 課 程 )を 通 して 得 られる 知 識 や 理 解 を 有 していること 3 高 等 学 校 の 教 育 課 程 ( 又 はそれに 相 応 する 教 育 課 程 )を 通 して 得 られる 能 力 や 技 能 を 有 していること 4 社 会 生 活 を 行 っていく 上 で 必 要 とされる 基 礎 的 な 態 度 や 倫 理 性 を 有 していること 5 新 たな 課 題 の 発 見 や 新 たな 解 決 法 の 提 案 などを 行 い 得 るだけの 創 造 性 を 有 していること 以 上 の 5 要 件 のうち 最 も 重 要 なものは 第 1 の 要 件 である すなわち 学 位 授 与 方 針 に 定 める 3 つの 力 (1 物 事 を 公 平 にみる 力 2つながる 力 3 実 行 する 力 )を 備 えた 人 物 に 共 感 を 覚 え そのような 人 物 になりたいと 欲 する 学 生 であることが 根 本 的 な 受 入 条 件 となる その 上 で a. 知 識 理 解 b. 能 力 技 能 c. 態 度 倫 理 性 d. 創 造 性 の 4 つの 能 力 や 資 質 に 関 し 以 下 の 事 項 のいずれかを 満 たすことを 要 件 とする a. 知 識 理 解 日 本 や 世 界 の 歴 史 文 化 に 関 し 基 礎 的 な 知 識 を 有 していること 社 会 や 自 然 の 現 象 に 関 し 基 礎 的 な 知 識 を 有 していること 数 学 の 基 本 的 な 概 念 原 理 法 則 などに 関 し 基 礎 的 な 知 識 を 有 していること 日 本 語 や 英 語 などの 言 語 に 関 し 基 礎 的 な 知 識 を 有 していること 政 治 や 経 済 に 関 し 基 礎 的 基 本 的 な 知 識 を 有 していること b. 能 力 技 能 日 本 語 を 適 切 に 表 現 し 的 確 に 理 解 する 能 力 を 有 していること 英 語 などの 外 国 語 を 用 いて 基 礎 的 なコミュニケーションができること 情 報 機 器 やソフトウエアを 用 いて 基 礎 的 な 情 報 処 理 ができること 簿 記 などの 会 計 に 関 する 基 礎 的 な 知 識 や 技 能 を 有 していること 7

9 c. 態 度 倫 理 性 平 和 で 民 主 的 な 国 家 社 会 を 形 成 する 市 民 としての 権 利 と 義 務 を 自 覚 していること 社 会 やグループの 一 員 として 協 調 性 をもって 行 動 できること 一 貫 した 正 義 観 や 倫 理 観 をもって 自 律 的 に 行 動 できること 他 言 語 や 異 文 化 に 対 して 高 い 関 心 を 持 っていること コミュニケーションを 積 極 的 に 図 ろうとする 姿 勢 を 有 していること d. 創 造 性 自 ら 課 題 を 見 つけ 主 体 的 に 問 題 解 決 を 図 る 資 質 を 有 していること 他 人 と 協 力 し 課 題 を 見 つけ 力 を 合 わせて 問 題 解 決 にあたる 資 質 を 有 していること 物 事 の 良 き 側 面 に 目 を 向 け これを 活 かそうとする 姿 勢 を 有 していること 自 分 の 考 え 方 を 論 理 的 に 整 理 し 分 かりやすく 伝 える 能 力 を 有 していること (4) 本 学 における 修 士 課 程 博 士 課 程 教 育 における 2 つの 方 針 1 学 位 授 与 方 針 博 士 前 期 課 程 修 士 課 程 においては 修 士 の 学 位 授 与 要 件 を 満 たすとともに 専 攻 分 野 における 研 究 能 力 または 高 度 の 専 門 性 を 有 する 職 業 等 に 必 要 な 能 力 を 有 し かつ そうした 能 力 にふさわしい 高 い 品 性 を 備 えていることとする また 博 士 後 期 課 程 博 士 課 程 においては 博 士 の 学 位 授 与 要 件 を 満 たすとともに 専 攻 分 野 につ いて 研 究 者 として 自 立 して 研 究 活 動 を 行 える 能 力 または 高 度 に 専 門 的 な 業 務 に 従 事 するに 必 要 な 研 究 能 力 およびその 基 礎 となる 豊 かな 学 識 を 養 い かつ そうした 能 力 にふさわしい 高 い 品 性 を 備 えてい ることとする 2 入 学 者 受 入 れの 方 針 a. 言 語 教 育 研 究 科 言 語 教 育 研 究 科 は 高 度 な 専 門 性 を 身 につけた 研 究 者 実 務 家 を 養 成 することを 目 的 としている 1) 日 本 語 教 育 学 専 攻 ( 博 士 前 期 後 期 課 程 )は 普 遍 的 な 言 語 理 論 と 日 本 語 学 の 成 果 とを 踏 まえ それらの 深 化 及 び 日 本 語 教 育 学 の 理 論 的 実 践 的 展 開 を 図 ることによって 日 本 語 教 育 機 関 で 活 躍 できる 人 材 の 育 成 及 び 研 究 者 の 養 成 を 目 的 としている 2) 比 較 文 明 文 化 専 攻 ( 博 士 前 期 後 期 課 程 )は 世 界 の 諸 文 明 と 世 界 各 地 の 文 化 を 比 較 の 観 点 から 探 究 し 文 明 圏 の 交 流 や 多 様 な 文 化 に 関 する 理 解 と 認 識 を 深 めます 地 球 と 人 類 の 未 来 を 開 拓 す る 新 たな 文 明 の 創 造 を 志 向 しつつ 世 界 の 平 和 と 文 化 の 保 持 発 展 のため 教 育 研 究 職 国 際 機 関 等 で 貢 献 できる 広 い 視 野 を 備 えた 人 材 の 育 成 を 目 的 としている 3) 英 語 教 育 専 攻 ( 修 士 課 程 )は 高 度 な 英 語 力 をもとに 英 語 学 英 語 教 育 学 異 文 化 コミュニケ ーションという 学 問 を 探 究 し 専 門 領 域 の 英 知 と 英 語 力 を 駆 使 できる 英 語 教 員 研 究 者 企 業 等 で 活 躍 する 人 材 の 育 成 を 目 的 としている 上 記 のような 方 針 に 基 づいて 入 学 試 験 科 目 を 設 定 し 社 会 人 や 外 国 人 留 学 生 も 含 め 入 学 者 選 抜 を 行 う b. 経 済 研 究 科 経 済 研 究 科 は 経 済 学 及 び 経 営 学 における 研 究 者 及 び 専 門 家 の 育 成 を 目 的 としている 博 士 課 程 に おいて 経 済 学 経 営 学 専 攻 は 経 済 学 及 び 経 営 学 の 理 論 研 究 及 び 実 証 研 究 の 深 化 を 通 して 先 進 的 な 研 究 を 指 導 できる 研 究 者 及 び 専 門 家 の 養 成 を 目 的 としている 修 士 課 程 において 経 済 学 専 攻 及 び 経 営 学 専 攻 は 各 領 域 において 先 導 的 な 研 究 を 推 進 できる 研 究 者 及 び 実 務 専 門 家 の 養 成 を 目 的 とし 内 外 の 公 的 機 関 において 求 められる 公 共 政 策 を 担 う 人 材 となることが 期 待 されている 上 記 のような 方 針 に 基 づいて 入 学 試 験 科 目 を 設 定 し 社 会 人 や 外 国 人 留 学 生 も 含 め 入 学 者 選 抜 を 行 う 8

10 1-1 ISO26000 の 活 用 グローバル 化 の 時 代 を 迎 え 大 学 の 自 己 評 価 も 国 際 的 な 基 準 に 基 づいて 実 施 していく 必 要 があり 本 学 は 自 己 評 価 の 国 際 的 通 用 性 を 確 保 するための 第 一 歩 として 平 成 22 年 9 月 に ISO26000( 社 会 的 責 任 に 関 する 国 際 規 格 )の 活 用 を 宣 言 した ISO26000 に 示 されている 社 会 的 責 任 の 包 括 的 な 目 的 は 持 続 可 能 な 発 展 に 貢 献 することであり これは 本 学 の 建 学 の 精 神 に 通 じるものである 建 学 の 精 神 である 知 徳 一 体 は 知 識 とモラルが 車 の 両 輪 のように 作 用 して はじめて 世 の 中 に 役 立 つという 意 味 であり 重 要 な ことは 知 識 をどのように 社 会 に 役 立 てるかということである 本 学 は そのような 人 物 を 育 成 するとい う 教 育 機 関 としての 責 任 しかも 国 際 規 格 に 合 わせて 実 現 していくことを 重 視 し 社 会 的 責 任 を 組 織 の 行 動 パターンに 落 とし 込 むためのマニュアルを ISO26000 管 理 一 覧 として 作 成 ( 平 成 23 年 3 月 )し そ れに 基 づき 25 年 度 は 以 下 のような 具 体 的 な 活 動 を 行 った (1) 以 下 の 5 項 目 を 麗 澤 課 題 と 定 め それぞれ 具 体 的 な 取 り 組 みを 行 った 25 年 度 の 活 動 報 告 を 麗 澤 大 学 社 会 的 責 任 への 挑 戦 ~ISO26000 活 用 報 告 書 2014~ として 昨 年 度 に 続 き 作 成 し 本 学 ウェブサ イトに 掲 載 して 幅 広 く 公 表 することとした 麗 澤 課 題 1 学 生 基 点 に 立 った 教 育 を 推 進 し 学 生 の 成 長 を 助 けること 麗 澤 課 題 2 学 生 基 点 に 立 った 窓 口 業 務 対 応 に 徹 すること 麗 澤 課 題 3 温 室 効 果 ガスの 削 減 を 図 ること 麗 澤 課 題 4 環 境 美 化 保 全 に 努 めること 麗 澤 課 題 5 コミュニティ 貢 献 を 持 続 的 に 実 施 すること (2) 麗 澤 課 題 については 主 なステークホルダーと ISO26000 の 概 要 麗 澤 課 題 とその 課 題 への 取 り 組 み 状 況 などを 説 明 しながら 意 見 交 換 を 行 った 主 なステークホルダーは 学 友 会 長 副 会 長 麗 陵 祭 実 行 委 員 長 副 委 員 長 を 学 生 代 表 とし 意 見 交 換 は 25 年 7 月 10 日 と 26 年 1 月 22 日 に 行 った 表 1 沿 革 昭 和 10(1935) 年 昭 和 17(1942) 年 昭 和 19(1944) 年 昭 和 22(1947) 年 昭 和 25(1950) 年 昭 和 34(1959) 年 昭 和 35(1960) 年 昭 和 47(1972) 年 昭 和 51(1976) 年 昭 和 61(1986) 年 昭 和 63(1988) 年 平 成 4(1992) 年 平 成 8(1996) 年 平 成 10(1998) 年 平 成 11(1999) 年 平 成 13(2001) 年 平 成 18(2006) 年 平 成 20(2008) 年 平 成 24(2012) 年 道 徳 科 学 専 攻 塾 開 塾 東 亜 専 門 学 校 開 校 東 亜 外 事 専 門 学 校 に 改 称 千 葉 外 事 専 門 学 校 に 改 称 麗 澤 短 期 大 学 ( 英 語 科 ) 開 学 麗 澤 大 学 ( 外 国 語 学 部 イギリス 語 学 科 ドイツ 語 学 科 ) 開 学 中 国 語 学 科 設 置 麗 澤 日 本 語 学 校 開 校 別 科 日 本 語 研 修 課 程 設 置 イギリス 語 学 科 を 英 語 学 科 に 改 称 日 本 語 学 科 設 置 国 際 経 済 学 部 ( 国 際 経 済 学 科 国 際 経 営 学 科 ) 設 置 大 学 院 設 置 ( 言 語 教 育 研 究 科 日 本 語 教 育 学 専 攻 [ 博 士 課 程 ( 前 期 )]) ( 国 際 経 済 研 究 科 経 済 管 理 専 攻 政 策 管 理 専 攻 [ 修 士 課 程 ]) 大 学 院 博 士 課 程 設 置 ( 言 語 教 育 研 究 科 日 本 語 教 育 学 専 攻 [ 博 士 課 程 ( 後 期 )]) ( 国 際 経 済 研 究 科 経 済 政 策 管 理 専 攻 [ 博 士 課 程 ]) 国 際 経 済 学 部 国 際 産 業 情 報 学 科 設 置 言 語 教 育 研 究 科 比 較 文 明 文 化 専 攻 [ 博 士 課 程 ( 前 期 後 期 )] 設 置 言 語 教 育 研 究 科 英 語 教 育 専 攻 [ 修 士 課 程 ] 設 置 麗 澤 オープンカレッジ 開 校 外 国 語 学 部 英 語 学 科 ドイツ 語 学 科 中 国 語 学 科 日 本 語 学 科 を 外 国 語 学 科 に 改 組 国 際 経 済 学 部 ( 国 際 経 済 学 科 国 際 経 営 学 科 国 際 産 業 情 報 学 科 )を 経 済 学 部 ( 経 済 学 科 経 営 学 科 )に 改 組 国 際 経 済 研 究 科 ( 経 済 管 理 専 攻 [ 修 士 課 程 ] 政 策 管 理 専 攻 [ 修 士 課 程 ] 経 済 政 策 管 理 専 攻 [ 博 士 課 程 ])を 経 済 研 究 科 ( 経 済 学 専 攻 [ 修 士 課 程 ] 経 営 学 専 攻 [ 修 士 課 程 ] 経 済 学 経 営 学 専 攻 [ 博 士 課 程 ])に 改 組 9

11 表 2 教 員 数 学 生 数 ( 平 成 25 年 5 月 1 日 現 在 ) 研 究 科 学 部 等 名 専 任 教 員 数 収 容 定 員 数 在 籍 学 生 数 言 語 教 育 研 究 科 0(29) 経 済 研 究 科 2(28) 外 国 語 学 部 57 1,200 1,287 経 済 学 部 52 1,200 1,196 別 科 日 本 語 研 修 課 程 0(6) 計 111 2,553 2,594 経 済 学 部 には 国 際 経 済 学 部 経 済 研 究 科 には 国 際 経 済 研 究 科 を 含 む ( ) 内 は 兼 担 教 員 数 表 3 役 職 者 一 覧 職 名 任 期 氏 名 就 任 年 月 日 期 学 長 4 年 中 山 理 平 成 19 年 4 月 1 日 2 副 学 長 - 小 野 宏 哉 平 成 23 年 4 月 1 日 - 学 長 補 佐 1 年 井 出 元 平 成 18 年 4 月 1 日 8 言 語 教 育 研 究 科 長 2 年 黒 須 里 美 平 成 24 年 4 月 1 日 1 経 済 研 究 科 長 2 年 小 野 宏 哉 平 成 24 年 4 月 1 日 1 外 国 語 学 部 長 2 年 渡 邊 信 平 成 24 年 4 月 1 日 1 経 済 学 部 長 2 年 下 田 健 人 平 成 25 年 4 月 1 日 1* 別 科 長 2 年 正 宗 鈴 香 平 成 25 年 4 月 1 日 1 経 済 社 会 総 合 研 究 センター 長 2 年 髙 辻 秀 興 平 成 21 年 4 月 1 日 3* 比 較 文 明 文 化 研 究 センター 長 2 年 立 木 教 夫 平 成 25 年 4 月 1 日 1 企 業 倫 理 研 究 センター 長 2 年 中 野 千 秋 平 成 25 年 4 月 1 日 1 言 語 研 究 センター 長 2 年 井 上 優 平 成 24 年 4 月 1 日 1 情 報 FD センター 長 2 年 千 葉 庄 寿 平 成 24 年 4 月 1 日 1 情 報 システムセンター 長 2 年 大 塚 秀 治 平 成 24 年 4 月 1 日 2* 国 際 交 流 センター 長 2 年 堀 内 一 史 平 成 16 年 4 月 1 日 5 日 本 語 教 育 センター 長 2 年 正 宗 鈴 香 平 成 25 年 4 月 1 日 1 麗 澤 オープンカレッジ 長 2 年 成 相 修 平 成 17 年 4 月 1 日 5* 学 生 相 談 センター 長 2 年 井 出 元 平 成 18 年 4 月 1 日 4 キャリアセンター 長 2 年 真 殿 達 平 成 18 年 4 月 1 日 4 道 徳 科 学 教 育 センター 長 2 年 中 山 理 平 成 20 年 4 月 1 日 3 学 修 支 援 センター 長 2 年 小 野 宏 哉 平 成 25 年 4 月 1 日 1 図 書 館 長 2 年 石 塚 茂 清 平 成 24 年 4 月 1 日 1 事 務 局 長 - 井 上 貞 廣 平 成 25 年 4 月 1 日 - * 任 期 途 中 等 の 就 任 10

12 図 1 麗 澤 大 学 教 育 研 究 組 織 図 日 本 語 教 育 学 専 攻 ( 博 士 課 程 前 期 ) 日 本 語 教 育 学 専 攻 ( 博 士 課 程 後 期 ) 言 語 教 育 研 究 科 比 較 文 明 文 化 専 攻 ( 博 士 課 程 前 期 ) 比 較 文 明 文 化 専 攻 ( 博 士 課 程 後 期 ) 大 学 院 英 語 教 育 専 攻 ( 修 士 課 程 ) 経 済 学 経 営 学 専 攻 ( 博 士 課 程 ) 経 済 研 究 科 経 済 学 専 攻 ( 修 士 課 程 ) 経 営 学 専 攻 ( 修 士 課 程 ) 学 部 外 国 語 学 部 経 済 学 部 外 国 語 学 科 経 済 学 科 経 営 学 科 別 科 日 本 語 研 修 課 程 付 属 機 関 図 書 館 経 済 社 会 総 合 研 究 センター 比 較 文 明 文 化 研 究 センター 企 業 倫 理 研 究 センター 言 語 研 究 センター 情 報 FD センター 情 報 システムセンター 国 際 交 流 センター 日 本 語 教 育 センター 麗 澤 オープンカレッジ 学 生 相 談 センター キャリアセンター 道 徳 科 学 教 育 センター 学 修 支 援 センター 注 1) 外 国 語 学 部 ドイツ 語 学 科 中 国 語 学 科 及 び 日 本 語 学 科 は 平 成 20 年 度 より 募 集 停 止 外 国 語 学 部 英 語 学 科 は 平 成 24 年 度 末 国 際 経 済 学 部 は 平 成 25 年 度 末 でそれぞれ 廃 止 注 2) 国 際 経 済 研 究 科 経 済 政 策 管 理 専 攻 及 び 政 策 管 理 専 攻 は 平 成 24 年 度 より 募 集 停 止 国 際 経 済 研 究 科 経 済 管 理 専 攻 は 平 成 24 年 度 末 で 廃 止 11

13 2. 教 育 活 動 2-1 全 学 共 通 事 項 建 学 の 理 念 に 関 する 教 育 建 学 の 理 念 の 教 育 の 中 核 である 道 徳 科 学 教 育 は 本 学 の 創 立 者 廣 池 千 九 郎 が 確 立 しようと 試 みた 学 問 体 系 としての 道 徳 科 学 (モラロジー)を 共 通 の 基 盤 として 知 徳 一 体 の 教 育 理 念 に 基 づき 大 学 で 修 得 する 専 門 的 な 知 識 や 技 能 を 社 会 生 活 において 有 効 に 活 用 しうる 豊 かな 道 徳 性 を 備 えた 人 材 を 育 成 することを 目 的 としている この 目 的 を 実 現 するため 道 徳 科 学 A B ( 各 2 単 位 )を 1 年 次 必 修 科 目 としている 道 徳 科 学 の 授 業 の 目 標 は 次 のとおりである 1 麗 澤 の 歴 史 現 在 将 来 について 学 び 考 える 2 建 学 理 念 知 徳 一 体 について 学 び 考 える 3 建 学 理 念 の 学 問 的 基 盤 である 道 徳 科 学 について 学 び 考 える 4 倫 理 道 徳 について 理 念 的 歴 史 的 に 学 び 考 える 以 上 の 目 標 を 達 成 するため 道 徳 科 学 では 次 の 事 項 に 重 点 を 置 いて 授 業 展 開 を 図 っている 1 道 徳 を 現 代 社 会 の 問 題 と 結 びつけて 捉 える 2 道 徳 に 関 わる 事 柄 をキャンパスライフと 結 びつけて 考 える 3 学 生 の 実 践 につながるようなロール モデルの 提 示 4ナラティブ( 物 語 )の 活 用 5 教 員 と 学 生 のコラボレーションを 行 う 以 上 の 5 点 は 共 通 テキスト 大 学 生 のための 道 徳 教 科 書 大 学 生 のための 道 徳 教 科 書 - 実 践 編 の 執 筆 方 針 や 内 容 構 成 にも 反 映 されている 道 徳 科 学 は 外 国 語 学 部 では 共 通 科 目 に 経 済 学 部 では 基 礎 科 目 に 位 置 づけられており 1 学 期 に 道 徳 科 学 A 2 単 位 2 学 期 に 道 徳 科 学 B 2 単 位 計 4 単 位 を 履 修 することになっている クラスは 学 部 別 に 編 成 されており 外 国 語 学 部 8 クラス( 約 40 名 ずつ) 経 済 学 部 8 クラス( 約 35 名 ずつ) 計 16 クラ スを 12 名 の 教 員 が 担 当 している 各 教 員 は 上 記 の 目 標 を 共 有 しながら それぞれの 専 門 分 野 を 活 かしたユニークな 切 り 口 で 授 業 を 展 開 し ている 例 えば 視 聴 覚 教 材 やワークシートを 用 いて 学 生 の 内 からの 気 づきを 促 したり 現 代 社 会 の 倫 理 道 徳 問 題 を 取 り 上 げて 討 論 やディベートをするグループワークを 取 り 入 れたりするなど 多 様 な 授 業 を 展 開 している また 体 験 学 習 としてクリーン キャンペーン( 学 内 や 近 隣 のゴミ 拾 い)を 行 っている 各 クラスの 担 当 者 と 講 義 題 目 は 次 表 の 通 りである 1 外 国 語 学 部 道 徳 科 学 A ( 第 1 学 期 ) クラス 担 当 者 講 義 題 目 a 犬 飼 孝 夫 建 学 の 理 念 を 学 ぶ(1) 思 想 と 歴 史 b 橋 本 富 太 郎 道 徳 科 学 と 皇 室 研 究 c 川 久 保 剛 社 会 人 基 礎 力 の 形 成 d 宮 下 和 大 麗 澤 大 学 の 特 色 と 創 立 者 廣 池 千 九 郎 の 生 涯 e 岩 佐 信 道 道 徳 科 学 (モラロジー)から 見 た 人 間 の 在 り 方 生 き 方 f 水 野 修 次 郎 現 代 社 会 とモラル g 諏 訪 内 敬 司 廣 池 千 九 郎 と 道 徳 の 基 礎 を 学 ぶ h 江 島 顕 一 近 代 日 本 と 廣 池 千 九 郎 / 大 学 生 のための 道 徳 教 育 ( 理 論 編 ) 12

14 2 外 国 語 学 部 道 徳 科 学 B ( 第 2 学 期 ) クラス 担 当 者 講 義 題 目 a 犬 飼 孝 夫 建 学 の 理 念 を 学 ぶ(2) 社 会 と 実 践 b 橋 本 富 太 郎 日 本 的 道 徳 c 川 久 保 剛 いかに 生 きるべきか d 宮 下 和 大 道 徳 を 考 える e 岩 佐 信 道 道 徳 科 学 (モラロジー)から 見 た 人 間 の 在 り 方 生 き 方 f 水 野 修 次 郎 総 合 人 間 学 としてのモラル g 諏 訪 内 敬 司 道 徳 の 実 践 を 学 習 する h 江 島 顕 一 近 代 日 本 と 麗 澤 大 学 / 大 学 生 のための 道 徳 教 育 ( 実 践 編 ) 3 経 済 学 部 道 徳 科 学 A ( 第 1 学 期 ) クラス 担 当 者 講 義 題 目 1 江 島 顕 一 近 代 日 本 と 廣 池 千 九 郎 / 大 学 生 のための 道 徳 教 育 ( 理 論 編 ) 2 竹 内 啓 二 現 代 の 倫 理 道 徳 問 題 3 6 大 野 正 英 自 分 の 生 き 方 と 道 徳 4 川 久 保 剛 社 会 人 基 礎 力 の 形 成 5 8 北 川 治 男 アイデンティティ 確 立 の 問 題 7 井 出 元 大 学 生 に 求 められる 人 間 力 4 経 済 学 部 道 徳 科 学 B ( 第 2 学 期 ) クラス 担 当 者 講 義 題 目 1 江 島 顕 一 近 代 日 本 と 麗 澤 大 学 / 大 学 生 のための 道 徳 教 育 ( 実 践 編 ) 2 竹 内 啓 二 道 徳 の 実 践 について 学 ぶ 3 6 大 野 正 英 現 代 社 会 の 諸 問 題 と 倫 理 道 徳 4 川 久 保 剛 いかに 生 きるべきか 5 8 北 川 治 男 現 代 社 会 が 当 面 する 倫 理 道 徳 的 課 題 7 井 出 元 和 の 思 想 と 現 代 道 徳 科 学 教 育 を 全 学 的 に 展 開 していくための 組 織 として 平 成 20 年 4 月 に 設 置 された 道 徳 科 学 教 育 センタ ーも 開 設 6 年 目 を 迎 えた 25 年 度 も 全 学 的 な 構 成 で 運 営 委 員 会 を 組 織 し 学 長 がセンター 長 となって 強 力 なリーダーシップと 支 援 体 制 のもとに 道 徳 科 学 教 育 が 展 開 され 次 のようなことに 取 り 組 んだ まず 道 徳 科 学 授 業 の 共 通 テキストとして 大 学 生 のための 道 徳 教 科 書 ( 平 成 21 年 4 月 刊 行 )を 学 生 に 配 布 した また 大 学 生 のための 道 徳 教 科 書 - 実 践 編 ( 平 成 23 年 4 月 刊 行 )も 共 通 テキストとして 使 用 した さらに 社 会 倫 理 や 公 共 倫 理 の 考 え 方 を 授 業 に 取 り 込 み 学 生 に 地 域 社 会 の 一 員 としての 自 覚 を 促 すこ とを 目 的 として 17 年 度 より 実 施 しているクリーン キャンペーンを 実 施 した これは 道 徳 科 学 の 授 業 の 枠 内 で クラス 毎 に 年 1 回 グループ 別 に 範 囲 を 決 めて キャンパス 内 はもとより 近 隣 の 公 道 等 の 清 掃 (ごみ 拾 い)をするものである 学 生 は 日 頃 無 意 識 に 接 し 通 過 している 地 域 社 会 を 見 つめ 地 域 の 人 々とのつながりに 気 づくことも 多 く この 活 動 を 高 く 評 価 している 道 徳 科 学 という 本 学 独 自 の 授 業 がどのような 効 果 をあげているかを 判 断 することは 容 易 ではない しかし この 授 業 を 受 けた 学 生 自 身 がどのように 受 け 止 めたかということは その 重 要 な 判 断 材 料 と 言 う ことができる このような 観 点 から 今 年 も 学 生 による 授 業 評 価 を 両 学 部 の 道 徳 科 学 の 全 クラ スを 対 象 に 行 った なお 授 業 担 当 教 員 たちが 自 分 の 授 業 に 対 する 学 生 の 受 け 止 め 方 等 について どのような 認 識 をもっ ているかについては 全 体 として 次 のような 点 をあげることができる これらは ほぼ 毎 年 のように 担 当 教 員 が 感 じることである 1 自 己 の 生 き 方 について 考 える 機 会 を 得 目 的 や 目 標 をもって 人 生 を 生 き 抜 いていくことが 重 要 である ことに 気 づき 大 学 で 学 ぶことの 意 義 を 見 出 すようになっている 13

15 2 環 境 問 題 医 療 問 題 企 業 経 営 国 際 紛 争 多 文 化 理 解 などに 倫 理 道 徳 上 の 問 題 が 深 く 関 わってい ることに 気 づき 専 門 教 育 へ 進 む 際 の 問 題 意 識 を 育 む 機 会 となっている 3 倫 理 道 徳 にも 大 きな 揺 らぎが 見 られる 現 代 社 会 ではあるが 道 徳 性 は 各 人 の 人 格 及 び 行 動 の 中 核 を なすものであり その 探 求 と 向 上 は 可 能 であり 不 可 欠 であることに 気 づいている さらに 道 徳 科 学 の 授 業 が 抱 えている 問 題 点 や 課 題 については 次 のような 点 を 指 摘 できる 1 道 徳 科 学 に 興 味 を 示 す 学 生 もいるが 単 位 修 得 の 必 要 から 出 席 している 学 生 や 倫 理 道 徳 の 問 題 に 関 心 がなかったり 胡 散 臭 く 感 じていたりする 学 生 もいる このような 学 生 たちにとって 魅 力 あ る 授 業 を 展 開 することは 容 易 ではない 参 加 型 の 授 業 形 態 や 学 生 の 関 心 を 引 きつけるような 多 様 な 教 材 の 開 発 が 不 可 欠 である 2 大 学 に 入 ったばかりの 1 年 次 生 に 講 義 中 心 の 授 業 形 態 だけで 倫 理 道 徳 に 関 する 判 断 力 や 責 任 能 力 を 培 うには 困 難 が 伴 う したがって 講 義 に 加 えて 問 題 を 投 げかけ 学 生 自 身 に 考 えさせる 授 業 を はじめ 体 験 学 習 やフィールドワークを 取 り 入 れる 必 要 もあるが カリキュラム 上 の 制 約 もあり 思 い 切 った 工 夫 が 必 要 である 上 述 の クリーン キャンペーン は そのような 観 点 からの 試 みとい える 3 今 日 の 複 雑 な 倫 理 道 徳 問 題 は 道 徳 科 学 担 当 者 の 専 門 分 野 を 越 える 課 題 が 多 いので 授 業 情 報 の 交 換 だけでなく 担 当 者 以 外 の 教 員 との 共 同 研 究 等 を 行 う 必 要 がある 4 上 記 の 学 生 による 授 業 評 価 の 結 果 は それぞれの 授 業 担 当 者 に 個 別 のデータが 渡 されており 各 自 は それをもとに 授 業 の 改 善 に 努 めるとともに 担 当 者 同 士 が それぞれの 評 価 を 持 ち 寄 って 率 直 に 検 討 し 合 うことが 重 要 である 今 後 このような 学 生 による 授 業 評 価 をより 適 切 かつ 妥 当 なものにして いく 必 要 がある また 外 国 語 学 部 では 新 入 生 を 対 象 とした 谷 川 オリエンテーションキャンプにおいて 自 校 学 習 プロ グラム を 実 施 しており 自 校 学 習 スタッフの 協 力 のもとに 建 学 の 精 神 を 学 ぶとともに 教 員 と 学 生 の 交 流 学 生 相 互 間 の 親 睦 を 図 った これは 建 学 理 念 学 習 自 校 学 習 の 導 入 を 意 図 したもので プログラム の 企 画 運 営 は 公 募 によって 選 抜 された 上 級 生 の 組 織 ( 自 校 学 習 スタッフ)によって 行 われ 自 校 学 習 スタッフの 指 導 には 道 徳 科 学 担 当 教 員 が 当 たった 経 済 学 部 では オリエンテーション 期 間 中 に 3 日 間 の 集 中 で 行 われる 導 入 授 業 社 会 科 学 分 析 入 門 の 冒 頭 で 道 徳 科 学 担 当 教 員 による 自 校 史 と 建 学 の 理 念 についての 講 義 を 行 った 日 本 語 教 育 本 学 の 日 本 語 教 育 センターでは 外 国 人 留 学 生 が 学 業 に 必 要 な 日 本 語 能 力 を 身 につけるための 教 育 を 一 元 的 に 提 供 している これに 加 え グローバル 教 育 日 本 文 化 事 情 理 解 教 育 を 行 うことも 目 的 とし 日 本 人 学 生 と 相 互 に 学 ぶ 科 目 多 文 化 共 存 共 動 と 日 本 文 化 事 情 を 開 講 している さらに 教 育 内 容 の 多 様 化 を 図 るため 日 本 人 学 生 が 履 修 する 異 文 化 研 究 B を 開 講 し 留 学 生 と 日 本 人 学 生 が 参 加 する 会 話 授 業 を 実 施 するなど 実 践 的 な 国 際 教 育 を 目 指 している 日 本 語 教 育 センターの 教 育 目 標 は 次 の 通 りである 1 入 学 時 にプレースメント テストを 実 施 することにより 新 入 留 学 生 全 員 の 日 本 語 能 力 を 把 握 し 適 切 なコース 及 びクラスに 配 置 する 2 基 本 コース 技 能 別 コース 特 設 コースの 3 コースを 設 け 3 コースともにレベル 別 少 人 数 制 (20 名 以 下 )で 授 業 を 実 施 することにより 学 生 の 能 力 とニーズに 合 わせた 日 本 語 教 育 を 展 開 する 14

16 3 基 本 コースは プレースメント テストの 総 点 68% 以 下 の 留 学 生 を 対 象 にし 日 本 語 の 基 礎 知 識 及 び 運 用 力 を 集 中 的 に 学 習 させる 4 技 能 別 コースは プレースメント テストの 総 点 69% 以 上 90% 未 満 の 留 学 生 を 対 象 にし 専 門 科 目 で 必 要 となる 勉 学 研 究 活 動 に 運 用 できる 日 本 語 能 力 を 育 てる 技 能 別 コース 科 目 を 読 解 聴 解 文 法 文 章 表 現 口 頭 表 現 に 再 編 成 し アカデミック ジャパニーズに 沿 った 教 育 を 行 う 5 特 設 コースは 海 外 からの 特 別 聴 講 生 を 対 象 としたコースとし 基 本 的 な 文 型 文 法 を 中 心 に 会 話 聴 解 読 解 作 文 等 の 練 習 を 通 して 総 合 的 な 日 本 語 能 力 と 運 用 能 力 を 育 てる また 海 外 提 携 校 の 拡 大 大 学 院 との 連 携 強 化 による 受 入 れ 学 生 の 増 加 に 対 応 するため より 学 生 の 日 本 語 力 に 合 わせた クラス 編 成 チーム ティーチングを 重 視 したカリキュラムを 組 み 実 施 する 6 多 文 化 共 存 共 動 では 留 学 生 と 日 本 人 学 生 からなるクラスを 編 成 し 多 文 化 社 会 での 協 力 的 な 共 存 の 理 解 を 目 指 すための 実 践 的 問 題 解 決 型 コミュニケーション 活 動 を 行 う 授 業 では 相 互 理 解 力 思 考 力 協 力 的 態 度 効 果 的 言 語 表 現 力 感 情 のコントロール 力 達 成 力 などの 気 づき を 促 しな がら 行 動 に 移 す 力 を 養 成 する 7 日 本 文 化 事 情 では 留 学 生 と 日 本 人 学 生 からなるクラスを 編 成 し 留 学 生 と 日 本 人 学 生 が 共 同 でグループディスカッションやグループ 調 査 などを 行 う 日 本 文 化 社 会 に 関 して 学 生 自 身 が 主 体 的 に 必 要 な 情 報 知 識 を 習 得 し 問 題 意 識 を 持 って 理 解 することを 目 指 す 8 日 本 人 学 生 が 履 修 する 異 文 化 研 究 B を 設 置 し 留 学 生 と 日 本 人 学 生 が 対 話 を 通 して 意 見 交 換 を 積 み 重 ね 両 者 ともに 日 本 及 び 自 国 地 域 のことを 理 解 し 伝 えていくことや 交 流 のための 日 本 語 運 用 能 力 を 身 につけることを 目 指 す 以 上 の 目 的 目 標 のもと 25 年 度 1 学 期 は 別 科 日 本 語 研 修 課 程 学 生 28 名 外 国 語 学 部 経 済 学 部 生 52 名 特 別 聴 講 生 36 名 大 学 院 研 究 生 2 名 の 計 118 名 2 学 期 は 別 科 日 本 語 研 修 課 程 学 生 26 名 外 国 語 学 部 経 済 学 部 生 56 名 特 別 聴 講 生 31 名 大 学 院 生 大 学 院 研 究 生 4 名 の 計 117 名 の 留 学 生 に 対 して 日 本 語 教 育 を 実 施 した 25 年 度 におけるコース 別 の 履 修 者 数 は 次 表 の 通 りである 第 1 学 期 履 修 者 数 コース 別 別 科 外 国 語 学 部 経 済 学 部 学 部 特 別 聴 講 生 大 学 院 研 究 生 合 計 初 級 Ⅱ 基 本 コース 初 中 級 Ⅱ 中 上 級 技 能 別 コース 特 設 コース 合 計 38(28) (118) 第 2 学 期 履 修 者 数 コース 別 別 科 外 国 語 学 部 経 済 学 部 学 部 特 別 聴 講 生 大 学 院 生 大 学 院 研 究 生 合 計 初 中 級 Ⅰ 基 本 コース 中 級 上 級 技 能 別 コース 特 設 コース 合 計 36(26) (31) 4 128(117) * 重 複 履 修 者 がいるので 合 計 欄 にのみ ( ) 内 に 実 数 を 示 した 教 職 課 程 本 学 には 昭 和 34 年 の 開 学 以 来 教 職 課 程 ( 教 育 職 員 免 許 状 授 与 の 所 要 資 格 を 得 させるための 課 程 )が 置 かれている 取 得 可 能 な 免 許 状 の 種 類 ( 教 科 )は 当 初 は 中 学 校 教 諭 一 級 普 通 免 許 状 ( 英 語 ドイツ 語 ) 15

17 高 等 学 校 教 諭 二 級 普 通 免 許 状 ( 英 語 ドイツ 語 )のみであったが その 後 中 国 語 学 科 ( 昭 和 35 年 ) 日 本 語 学 科 ( 昭 和 63 年 ) 国 際 経 済 学 部 ( 平 成 4 年 )の 設 置 に 伴 い 中 国 語 国 語 社 会 公 民 の 免 許 状 が 取 得 可 能 となった さらに 平 成 8 年 の 大 学 院 設 置 に 伴 い 修 士 課 程 において 専 修 免 許 状 が 取 得 可 能 とな った また 平 成 13 年 からは 高 等 学 校 の 教 科 情 報 新 設 に 伴 い 国 際 産 業 情 報 学 科 を 基 礎 として 高 等 学 校 教 諭 一 種 免 許 状 ( 情 報 )が 取 得 可 能 となり 学 部 改 組 により 経 営 学 科 に 引 きつがれたが 24 年 度 カ リキュラム 改 定 によって 廃 止 された 25 年 度 現 在 本 学 教 職 課 程 の 基 礎 となる 学 部 ( 研 究 科 ) 学 科 ( 専 攻 ) 及 び 免 許 状 の 種 類 教 科 は 下 記 の 通 りである なお 下 記 の 免 許 状 を 取 得 した 者 で 司 書 教 諭 に 関 する 科 目 について 所 定 の 単 位 を 修 得 し た 者 に 対 しては 学 校 図 書 館 司 書 教 諭 講 習 修 了 証 書 (いわゆる 司 書 教 諭 免 許 状 )が 授 与 される 基 礎 となる 学 部 ( 研 究 科 ) 学 科 ( 専 攻 ) 教 育 職 員 免 許 状 の 種 類 免 許 教 科 外 国 語 学 部 外 国 語 学 科 高 等 学 校 教 諭 一 種 免 許 状 英 語 ドイツ 語 中 国 語 国 語 中 学 校 教 諭 一 種 免 許 状 英 語 ドイツ 語 中 国 語 国 語 経 済 学 部 経 済 学 科 高 等 学 校 教 諭 一 種 免 許 状 公 民 中 学 校 教 諭 一 種 免 許 状 社 会 経 営 学 科 高 等 学 校 教 諭 一 種 免 許 状 公 民 中 学 校 教 諭 一 種 免 許 状 社 会 言 語 教 育 研 究 科 日 本 語 教 育 学 専 攻 高 等 学 校 教 諭 専 修 免 許 状 国 語 中 学 校 教 諭 専 修 免 許 状 国 語 英 語 教 育 専 攻 高 等 学 校 教 諭 専 修 免 許 状 英 語 中 学 校 教 諭 専 修 免 許 状 英 語 経 済 研 究 科 経 済 学 専 攻 高 等 学 校 教 諭 専 修 免 許 状 公 民 中 学 校 教 諭 専 修 免 許 状 社 会 経 営 学 専 攻 高 等 学 校 教 諭 専 修 免 許 状 公 民 中 学 校 教 諭 専 修 免 許 状 社 会 教 職 課 程 の 目 的 は 本 学 の 建 学 の 精 神 に 基 づき 仁 愛 の 精 神 の 上 に 教 育 についての 見 識 と 各 専 門 教 科 の 知 識 技 術 をもって 我 が 国 の 学 校 教 育 に 貢 献 できる 人 材 を 育 成 することにある この 目 的 を 実 現 するために 教 職 課 程 では 次 のような 目 標 を 設 定 している 1 教 職 の 意 義 及 び 教 育 の 基 礎 理 論 に 関 する 科 目 を 教 授 することによって 教 職 についての 理 解 と 教 育 に ついての 見 識 を 深 めさせる 2 教 育 課 程 及 び 指 導 法 に 関 する 科 目 を 教 授 すると 共 に 各 学 部 研 究 科 の 協 力 を 得 て 教 科 に 関 する 科 目 を 教 授 することによって 高 い 授 業 実 践 能 力 をもった 教 員 の 卵 を 育 成 する 3 生 徒 指 導 及 び 教 育 相 談 に 関 する 科 目 を 教 授 することによって 仁 愛 の 精 神 をもって 生 徒 の 生 活 上 の 諸 問 題 に 対 応 できる 教 員 を 育 成 する 4 人 類 に 共 通 する 課 題 又 は 我 が 国 の 社 会 全 体 にかかわる 課 題 について 生 徒 を 指 導 するための 方 法 技 術 を 含 む 科 目 と 規 定 されている 教 職 総 合 演 習 において この 規 定 に 沿 ったテーマを 設 定 して 学 生 を 指 導 することを 通 して 本 学 の 建 学 の 精 神 を 発 揮 できる 教 員 を 育 成 する 5 事 前 事 後 指 導 及 び 訪 問 指 導 を 含 めて 教 育 実 習 を 円 滑 に 実 施 することによって 総 合 的 な 教 育 実 践 能 力 を 高 めさせる 6 教 員 免 許 状 の 実 質 は 大 学 による 単 位 認 定 であることを 踏 まえ 学 生 指 導 及 び 単 位 認 定 を 厳 格 に 行 うこ とによって 本 学 卒 業 者 が 取 得 する 免 許 状 の 質 を 高 める (1) 本 年 度 開 講 科 目 及 びオリエンテーション 上 述 の 目 標 達 成 を 目 指 し 麗 澤 大 学 学 則 第 52 条 により 教 職 並 びに 司 書 教 諭 に 関 する 科 目 として 開 設 されている 科 目 の 25 年 度 における 開 講 状 況 は 次 の 通 りである 16

18 教 職 に 関 す る 科 目 科 目 分 類 25 年 度 開 講 クラス 数 開 設 科 目 数 開 講 科 目 数 1 学 期 2 学 期 集 中 教 職 の 意 義 等 に 関 する 科 目 教 育 の 基 礎 理 論 に 関 する 科 目 教 育 課 程 及 び 指 導 法 に 関 する 科 目 生 徒 指 導 教 育 相 談 及 び 進 路 指 導 等 に 関 する 科 目 総 合 演 習 教 育 実 習 司 書 教 諭 に 関 する 科 目 合 計 教 職 課 程 では 学 生 が 上 記 の 授 業 科 目 を 適 正 に 履 修 できるよう 2 年 次 生 を 対 象 とする 教 職 課 程 オリエン テーションを 年 度 初 めに 実 施 している その 内 容 は 本 学 で 取 得 できる 教 員 免 許 状 の 種 類 教 員 免 許 状 を 取 得 するために 必 要 な 授 業 科 目 の 履 修 方 法 履 修 にあたっての 注 意 事 項 教 育 実 習 履 修 の 条 件 2 年 次 から 4 年 次 にかけての 日 程 等 の 事 項 に 関 する 説 明 である 25 年 度 は 4 月 5 日 に 実 施 し 外 国 語 学 部 生 34 名 経 済 学 部 生 10 名 大 学 院 英 語 教 育 専 攻 1 名 科 目 等 履 修 生 1 名 が 参 加 した (2) 教 育 実 習 教 職 課 程 における 教 育 実 習 の 重 要 性 に 鑑 み 授 業 中 及 び 授 業 以 外 の 時 間 において 次 のような 指 導 を 行 っている 1 教 職 課 程 の 中 でも 入 門 的 科 目 である 教 職 概 論 ( 主 として 2 年 次 生 が 履 修 )の 中 で 教 育 実 習 に 対 す る 自 覚 を 促 して 教 育 実 習 履 修 の 条 件 ( 教 育 実 習 の 前 年 度 までに 修 得 しておくべき 単 位 等 )を 確 認 する とともに 教 育 実 習 希 望 届 を 提 出 させる 22 年 次 2 学 期 の 終 わりに 上 記 リストに 掲 載 されている 学 生 を 招 集 し 教 育 実 習 ガイダンスを 実 施 す る ガイダンスの 内 容 は 教 育 実 習 の 重 要 性 と 履 修 条 件 の 確 認 教 育 実 習 受 入 依 頼 方 法 の 説 明 である 3 教 育 実 習 を 希 望 する 学 生 は 上 記 ガイダンスを 踏 まえ 実 習 実 施 前 年 度 に 原 則 として 自 身 が 卒 業 し た 中 学 校 又 は 高 等 学 校 に 対 して 教 育 実 習 受 入 依 頼 を 行 う 4 教 育 実 習 に 向 けて 学 校 教 育 現 場 の 実 態 を 知 ることが 重 要 であるので 小 中 学 校 等 でのボランティア 活 動 や 学 力 向 上 支 援 活 動 等 を 推 奨 している 25 年 度 は 教 職 課 程 を 履 修 している 12 名 の 学 生 が 松 戸 市 立 小 金 中 学 校 において 学 習 支 援 ボランティア 活 動 を 行 うため 中 学 校 の 教 員 とともに 教 材 分 析 教 材 作 成 の 打 合 せを 重 ね 8 月 5 日 ~15 日 の 期 間 で 英 語 に 苦 手 意 識 を 持 っている 中 学 1~3 年 生 に 対 し ワークブックや 自 主 作 成 教 材 を 用 いながら 文 法 事 項 を 中 心 に 授 業 を 実 施 した 5 教 育 実 習 に 不 可 欠 な 授 業 技 術 については 教 科 教 育 法 の 授 業 時 に 指 導 する 少 人 数 教 育 の 利 点 を 活 か して 履 修 者 全 員 が 模 擬 授 業 を 実 施 し 徹 底 した 指 導 を 行 う 点 が 本 学 教 科 教 育 法 の 特 徴 である また 各 学 校 教 育 の 基 礎 となる 道 徳 教 育 については 理 論 の 理 解 のみならず 自 分 ならどのような 授 業 を 行 いたいか という 観 点 からチームで 自 分 の 指 導 案 を 検 討 し 合 い 模 擬 授 業 も 行 っている 6 教 育 実 習 についての 直 接 的 な 事 前 事 後 指 導 は 教 育 実 習 Ⅰ Ⅱの 授 業 時 に 行 うが 通 学 圏 内 の 中 学 校 又 は 高 等 学 校 及 び 本 学 教 育 実 習 の 協 力 校 において 教 育 実 習 を 実 施 する 学 生 に 対 しては 教 職 科 目 担 当 教 員 が 分 担 して 訪 問 指 導 を 実 施 する 25 年 度 の 教 育 実 習 期 間 中 に 本 学 教 員 が 訪 問 した 学 校 は 全 実 習 校 37 校 のうち 13 校 であった 13 校 のうち 本 学 学 生 2 名 を 受 入 れた 学 校 が 1 校 あったので 25 年 度 に 訪 問 指 導 を 受 けた 学 生 は 実 習 実 施 者 40 名 ( 外 国 語 学 科 33 名 経 済 学 科 5 名 経 営 学 科 0 名 科 目 等 履 修 生 2 名 ) 中 14 名 に 上 った (3) 介 護 等 体 験 介 護 等 体 験 は 平 成 10 年 4 月 1 日 施 行 の 小 学 校 及 び 中 学 校 の 教 諭 の 普 通 免 許 状 授 与 に 係 る 教 育 職 員 免 17

19 許 法 の 特 例 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 9 年 6 月 18 日 法 律 第 90 号 )に 基 づいて 実 施 されるものである( 原 則 として 社 会 福 祉 施 設 で 5 日 間 特 別 支 援 学 校 で 2 日 間 計 7 日 間 ) 同 法 には 大 学 及 び 文 部 科 学 大 臣 の 指 定 する 教 員 養 成 機 関 は その 学 生 又 は 生 徒 が 介 護 等 の 体 験 を 円 滑 に 行 うことができるよう 適 切 な 配 慮 を するものとする と 定 められており 大 学 には 介 護 等 体 験 の 実 施 責 任 は 法 的 には 発 生 しないが 本 学 では 次 の 事 項 を 実 施 している 1 介 護 等 体 験 実 施 にあたっての 事 前 事 後 指 導 2 介 護 等 体 験 に 際 しての 賠 償 責 任 保 険 への 加 入 3 介 護 等 体 験 実 施 に 際 しての 公 欠 扱 い 等 の 措 置 介 護 等 体 験 の 事 前 指 導 として 介 護 等 体 験 実 施 予 定 者 を 年 度 初 め(25 年 度 の 場 合 は 4 月 6 日 )に 4 時 間 ほどかけて 次 の 内 容 で 介 護 等 体 験 ガイダンスを 実 施 している 1 コマ 目 の 内 容 : 介 護 等 体 験 の 趣 旨 概 要 基 本 的 注 意 事 項 具 体 的 注 意 事 項 等 の 説 明 介 護 等 体 験 前 後 に 支 払 うべき 費 用 提 出 すべきレポート 等 の 説 明 2 コマ 目 の 内 容 : 医 学 映 像 教 育 センター 制 作 ビデオ 介 護 の 心 構 えと 実 際 の 視 聴 介 護 等 体 験 申 込 書 ( 千 葉 県 社 会 福 祉 協 議 会 指 定 用 紙 )の 記 入 回 収 回 収 した 介 護 等 体 験 申 込 書 に 基 づき 千 葉 県 社 会 福 祉 協 議 会 及 び 千 葉 県 教 育 委 員 会 から 本 学 の 介 護 体 験 実 施 校 として 指 定 されている 千 葉 県 立 特 別 支 援 学 校 流 山 高 等 学 園 へ 介 護 等 体 験 受 入 依 頼 を 行 う 依 頼 結 果 は 社 会 福 祉 協 議 会 からは 5 月 下 旬 に 受 入 施 設 時 期 の 決 定 として 通 知 され(25 年 度 は 32 名 に 実 習 が 許 可 された) 特 別 支 援 学 校 からは 受 入 時 期 の 決 定 として 通 知 される(25 年 度 は 34 名 を 11 月 27 日 ~28 日 に 一 括 して 受 け 入 れる 旨 通 知 された) 受 入 施 設 時 期 は 直 ちに 教 職 科 目 担 当 教 員 を 通 じて 学 生 に 通 知 され 学 生 は 受 入 時 期 前 の 所 定 の 期 日 までに 事 前 学 習 の 一 環 として 介 護 等 体 験 事 前 レポート( 受 入 施 設 校 の 概 要 と 介 護 体 験 を 実 施 するうえでの 心 構 え 具 体 的 注 意 事 項 を 自 学 自 習 してまとめたもの) を 提 出 し 必 要 に 応 じて 健 康 診 断 細 菌 検 査 等 を 受 診 する 各 受 入 施 設 校 からの 注 意 連 絡 事 項 は 教 職 科 目 担 当 教 員 を 通 じて 学 生 に 連 絡 される 学 生 は 介 護 等 体 験 中 に 介 護 等 体 験 の 内 容 と 所 感 を 介 護 等 体 験 日 誌 に 記 録 し 介 護 等 体 験 事 後 レポート とあわせて 所 定 の 期 日 までに 教 職 科 目 担 当 教 員 に 提 出 することが 求 められる 担 当 教 員 は これらを 点 検 して 返 却 し 以 って 介 護 等 体 験 事 後 指 導 としている 以 上 の 全 てを 完 了 して 25 年 度 中 に 社 会 福 祉 施 設 ( 千 葉 県 内 25 施 設 )から 介 護 等 体 験 証 明 書 を 得 た 者 は 31 名 千 葉 県 立 特 別 支 援 学 校 流 山 高 等 学 園 から 得 た 者 は 34 名 であった (4) 教 員 免 許 状 取 得 状 況 及 び 教 員 就 職 状 況 大 学 での 単 位 修 得 及 び 介 護 等 体 験 等 を 経 て 教 育 職 員 免 許 法 に 定 める 要 件 を 満 たした 者 には 中 学 校 教 諭 又 は 高 等 学 校 教 諭 の 普 通 免 許 状 が 授 与 される 25 年 度 に 本 学 学 生 が 取 得 した 教 員 免 許 状 件 数 は 中 学 校 教 諭 一 種 免 許 状 31 件 ( 英 語 27 ドイツ 語 0 中 国 語 0 国 語 2 社 会 2) 高 等 学 校 教 諭 一 種 免 許 状 29 件 ( 英 語 25 ドイツ 語 0 中 国 語 0 国 語 1 公 民 3) 中 学 校 教 諭 専 修 免 許 状 1 件 ( 英 語 1) 高 等 学 校 教 諭 専 修 免 許 状 1 件 ( 英 語 1)であった 一 種 免 許 状 を 取 得 した 学 生 の 実 数 は 33 名 であるので 1 人 あたり 1.9 件 を 取 得 した ことになる また このうち 複 数 教 科 にわたる 免 許 状 を 取 得 した 者 は 1 名 であった 25 年 度 免 許 状 取 得 者 のうち 同 年 度 末 までに 常 勤 教 員 として 6 名 非 常 勤 教 員 等 8 名 の 採 用 が 決 定 し ており 学 校 教 育 の 現 場 で 活 躍 することが 期 待 される 18

20 (5) 教 員 免 許 状 更 新 講 習 教 員 免 許 状 更 新 講 習 は 平 成 21 年 4 月 に 導 入 された 教 員 免 許 更 新 制 により 教 員 免 許 状 所 要 資 格 を 得 て 10 年 以 内 又 は 生 年 月 日 によって 定 められた 修 了 確 認 期 限 までに 現 職 教 員 等 の 受 講 が 義 務 づけられたもので ある その 目 的 は 教 員 が 定 期 的 に 最 新 の 知 識 技 能 を 身 につけることにより 自 信 と 誇 りを 持 って 教 壇 に 立 ち 社 会 の 尊 敬 と 信 頼 を 得 ることにある 本 学 では 教 員 の 現 職 教 育 の 充 実 に 寄 与 するという 観 点 から 23 年 度 に 実 施 した 更 新 講 習 ( 教 育 の 最 新 事 情 12 時 間 英 語 指 導 法 ブラッシュアップ 講 習 12 時 間 道 徳 教 育 の 意 義 と 本 質 6 時 間 )の 成 果 を 踏 まえ 25 年 度 も 次 表 の 通 り 実 施 した 区 分 名 称 期 間 時 間 数 受 講 者 数 担 当 者 北 川 治 男 水 野 修 次 郎 必 修 講 習 教 育 の 最 新 事 情 8 月 6 日 7 日 12 時 間 85 名 齋 藤 之 誉 浦 田 広 朗 望 月 正 道 マクウ ェイ, P. C. 英 語 指 導 法 ブラッシュアップ 講 習 7 月 26 日 27 日 12 時 間 29 名 選 択 講 習 磯 達 夫 ストラック, A. N. 道 徳 教 育 の 意 義 と 本 質 8 月 5 日 8 日 6 時 間 39 名 岩 佐 信 道 齋 藤 之 誉 (6) 本 学 卒 業 の 現 役 教 員 による 特 別 講 義 を 開 催 10 月 26 日 に 現 在 教 員 として 活 躍 している 卒 業 生 2 名 による 特 別 講 義 を 開 催 した 学 生 時 代 における 教 職 課 程 への 取 り 組 み 教 員 採 用 試 験 への 心 構 えと 準 備 教 育 現 場 での 役 割 や 着 任 後 の 奮 闘 の 様 子 など 現 役 学 生 (21 名 参 加 )には 刺 激 ある 話 が 繰 り 広 げられた (7) 教 職 に 従 事 している 卒 業 生 と 学 内 関 係 者 との 懇 談 会 11 月 3 日 に 開 催 されたホームカミングデイのイベントの 一 つとして 懇 談 会 を 実 施 し 5 名 の 卒 業 生 と 7 名 の 学 内 関 係 者 が 懇 談 し 教 育 現 場 での 現 状 や 提 言 等 活 発 な 意 見 交 換 がなされた 高 大 連 携 教 育 (1) 国 際 理 解 特 別 講 座 本 学 は 高 等 学 校 との 連 携 教 育 に 関 する 協 定 に 基 づき 平 成 14 年 度 から 国 際 理 解 特 別 講 座 を 開 講 し 高 校 生 の 国 際 感 覚 の 涵 養 に 努 めている 総 合 テーマを 21 世 紀 の 国 際 理 解 として 開 講 し 25 年 度 は 千 葉 県 内 の 高 等 学 校 6 校 から 29 名 を 受 け 入 れ 下 表 の 通 り 実 施 した 表 に 示 すように 90 分 授 業 と 75 分 授 業 を 組 み 合 わせて 実 施 した 90 分 授 業 は 特 別 講 義 であり 75 分 授 業 は A. 欧 米 の 社 会 と 文 化 B. 国 際 関 係 と 国 際 社 会 C. いま アジアを 知 る D. 世 界 の 経 済 とグローバルビジネスの 4 つに 区 分 した( 各 区 分 に ついて 2 日 間 ずつ 実 施 ) 1 担 当 者 日 程 時 間 テーマ 担 当 教 員 5 月 11 日 ( 土 ) 90 分 IBM を 国 際 企 業 にした 三 人 のワトソン 佐 藤 政 則 A. 欧 米 の 社 会 と 文 化 5 月 18 日 ( 土 ) 75 分 失 われる 日 本 -Lost decades and losing Japan 清 水 千 弘 5 月 18 日 ( 土 ) 75 分 英 語 文 化 コミュニケーション 佐 藤 繭 香 6 月 8 日 ( 土 ) 75 分 EU ドイツの 言 語 と 文 化 - 英 語 圏 以 外 の 文 化 に 触 れるおもしろさを 知 ろう- 竹 内 拓 史 6 月 8 日 ( 土 ) 75 分 An Introduction to British Culture トリキアン, M. K. B. 国 際 関 係 と 国 際 社 会 6 月 15 日 ( 土 ) 75 分 国 際 人 って どんな 人 間? 大 場 裕 之 6 月 15 日 ( 土 ) 75 分 アメリカの 文 化 と 宗 教 堀 内 一 史 6 月 29 日 ( 土 ) 75 分 東 アジアの 日 本 食 阿 久 根 優 子 6 月 29 日 ( 土 ) 75 分 争 いか 共 存 か( 中 東 紛 争 の 事 例 ) 成 瀬 猛 7 月 13 日 ( 土 ) 90 分 異 文 化 コミュニケーション-こんなに 違 う 考 え 方 - 三 潴 正 道 19

21 C. いま アジアを 知 る 7 月 20 日 ( 土 ) 75 分 韓 国 の 言 語 と 文 化 森 勇 俊 7 月 20 日 ( 土 ) 75 分 中 国 の 言 語 と 文 化 温 琳 7 月 27 日 ( 土 ) 75 分 気 づかない 日 本 語 大 関 浩 美 7 月 27 日 ( 土 ) 75 分 現 代 に 息 づく 神 話 の 心 - 日 本 人 の 心 のルーツを 探 る- 岩 澤 知 子 D. 世 界 の 経 済 とグローバルビジネス 8 月 2 日 ( 金 ) 75 分 多 様 な 人 材 のマネジメント 木 谷 宏 8 月 2 日 ( 金 ) 75 分 時 代 の 転 機 として 現 在 を 考 える 大 野 正 英 8 月 6 日 ( 火 ) 75 分 グローバルビジネスと 企 業 の 行 動 花 枝 美 恵 子 8 月 6 日 ( 火 ) 75 分 日 本 企 業 の 中 国 進 出 首 藤 聡 一 朗 8 月 9 日 ( 金 ) 90 分 国 際 社 会 に 生 きる 下 田 健 人 2 参 加 高 等 学 校 高 校 名 人 数 男 女 1 年 次 2 年 次 3 年 次 1. ( 市 ) 柏 高 等 学 校 18 名 ( 県 ) 白 井 高 等 学 校 3 名 ( 県 ) 市 川 南 高 等 学 校 2 名 ( 県 ) 市 川 東 高 等 学 校 1 名 ( 県 ) 松 戸 六 実 高 等 学 校 1 名 ( 県 ) 藤 代 紫 水 高 等 学 校 4 名 人 数 合 計 29 名 (2) 麗 澤 大 学 教 養 講 座 高 大 連 携 をより 実 質 的 に 進 めていくために 麗 澤 高 等 学 校 における 麗 澤 大 学 教 養 講 座 を 開 設 した 高 校 の 教 科 の 枠 を 超 えた 学 問 に 触 れたり 時 事 的 な 問 題 に 対 する 認 識 を 深 める 貴 重 な 経 験 を 得 ることを 目 的 として 人 文 系 社 会 科 学 系 学 際 系 の 分 野 の 講 義 を 20 名 の 教 員 により 全 18 回 開 講 ( 講 義 時 間 100 分 ) し 39 名 が 受 講 した 日 程 区 分 テーマ 担 当 教 員 4 月 19 日 ( 金 ) 学 際 1 大 学 で 学 ぶ とは 小 野 宏 哉 4 月 26 日 ( 金 ) 人 文 1 国 際 関 係 の 新 たな 展 開 梅 田 徹 5 月 10 日 ( 金 ) 人 文 2 いま 中 国 が 面 白 い! 三 潴 正 道 5 月 24 日 ( 金 ) 人 文 3 麗 澤 大 学 生 7 人 が 太 平 洋 に 浮 かぶ 島 国 で 過 ごした 2 週 間 成 瀬 猛 から 学 んだ 異 文 化 社 会 5 月 31 日 ( 金 ) 人 文 4 近 代 東 アジア 国 際 関 係 史 の 多 様 性 櫻 井 良 樹 6 月 7 日 ( 金 ) 社 会 科 学 1 情 報 化 社 会 における 個 人 情 報 の 利 用 と 保 護 吉 田 健 一 郎 6 月 14 日 ( 金 ) 社 会 科 学 2 イノベーションのジレンマ 首 藤 総 一 朗 6 月 28 日 ( 金 ) 社 会 科 学 3 売 り 込 み をしないからこそ 売 れる 仕 組 みづくり 圓 丸 哲 麻 7 月 12 日 ( 金 ) 社 会 科 学 4 パーソナルファイナンス 上 村 昌 司 9 月 6 日 ( 金 ) 人 文 5 中 国 語 ワールドを 探 検 してみよう! 温 琳 / 松 田 徹 9 月 20 日 ( 金 ) 人 文 6 ドイツ 語 で 自 己 紹 介 をする シュッテレ, H./ 草 本 晶 9 月 27 日 ( 金 ) 人 文 7 英 語 でコミュニケーションできるようになる! 望 月 正 道 10 月 4 日 ( 金 ) 人 文 8 映 画 テレビ 番 組 を 使 ってネイティブの 英 語 を 学 ぶ 渡 邊 信 10 月 11 日 ( 金 ) 社 会 科 学 5 経 済 におけるモラルの 重 要 性 大 野 正 英 10 月 25 日 ( 金 ) 社 会 科 学 6 東 アジアの 日 本 食 阿 久 根 優 子 11 月 8 日 ( 金 ) 社 会 科 学 7 人 口 減 少 下 における 都 市 圏 域 の 変 化 佐 藤 仁 志 11 月 15 日 ( 金 ) 社 会 科 学 8 日 本 と 中 国 における 互 敬 と 経 済 の 未 来 陳 玉 雄 11 月 8 日 ( 金 ) 学 際 2 大 学 と 学 問 井 出 元 20

22 (3) 科 目 等 履 修 生 平 成 13 年 度 より 高 大 連 携 教 育 の 一 環 として 高 校 生 を 科 目 等 履 修 生 として 受 入 れている 25 年 度 は 第 1 学 期 に 麗 澤 高 等 学 校 から 2 年 生 1 名 市 川 東 高 等 学 校 より 3 年 生 1 名 を 受 け 入 れた 履 修 科 目 は イ ギリス 研 究 入 門 (1 名 ) ビジネスゲーム 基 礎 (1 名 )であった 学 期 末 試 験 合 格 者 には 単 位 認 定 を 行 っ たが 結 果 的 に 単 位 を 取 得 したのは ビジネスゲーム 基 礎 (1 名 )であった (4) 柏 市 小 中 学 校 教 職 員 研 修 講 座 柏 市 と 麗 澤 大 学 との 共 催 で 柏 市 の 小 学 校 中 学 校 教 員 対 象 に 英 語 に 関 する 知 識 と 理 解 を 深 め 学 習 活 動 の 工 夫 改 善 に 役 立 てるための 研 修 講 座 を 8 月 7 日 に 開 催 した 1 小 学 校 教 員 対 象 講 師 : 田 中 俊 弘 ( 外 国 語 学 部 教 授 ) テーマ: 日 本 人 の 視 点 で 経 験 したカナダの 小 学 校 教 育 参 加 者 :50 名 2 中 学 校 教 員 対 象 講 師 : 中 道 嘉 彦 ( 外 国 語 学 部 教 授 ) テーマ: 英 国 の 地 名 の 起 源 にふれてみましょう 参 加 者 :30 名 ファカルティ ディベロップメント (1) ファカルティ ディベロップメント 委 員 会 本 学 は 建 学 の 精 神 である 知 徳 一 体 の 教 育 理 念 及 び 各 研 究 科 学 部 等 の 教 育 目 的 教 育 目 標 に 基 づ き 教 育 内 容 方 法 の 研 究 改 善 の 積 極 的 な 推 進 を 図 るとともに 教 員 が 主 体 的 に 行 う 授 業 改 善 に 資 する ための 全 学 的 な FD 活 動 に 積 極 的 に 取 り 組 んでいる その 一 環 として 平 成 19 年 4 月 に 学 長 を 委 員 長 とす る FD 検 討 委 員 会 を 設 置 し 従 来 の 学 部 研 究 科 等 における FD 活 動 の 現 状 を 調 査 分 析 するとともに 20 年 度 以 降 の 取 り 組 みについて 検 討 を 行 った これを 踏 まえ 20 年 4 月 に 副 学 長 を 委 員 長 とするファカル ティ ディベロップメント 委 員 会 を 設 置 した 同 委 員 会 は FD 活 動 を 組 織 的 に 推 進 するとともに 全 学 的 な 統 括 を 行 う 同 委 員 会 の 具 体 的 な 課 題 は 以 下 の 通 りである 1 道 徳 科 学 語 学 情 報 を 中 心 とする 教 養 教 育 全 体 の 内 容 教 授 方 法 について 方 針 を 決 定 し 開 発 研 究 を 進 めるとともに より 効 率 的 な 運 用 ができるよう 両 学 部 間 の 共 通 化 を 推 進 する 2 特 に 初 年 次 教 育 を FD 活 動 の 柱 に 位 置 づけ 全 学 的 な 組 織 化 体 系 化 を 積 極 的 に 進 める 3 各 学 部 研 究 科 が 行 う 専 門 教 育 を 中 心 とした FD 活 動 について 全 学 的 な 調 整 促 進 を 一 層 強 化 する 25 年 度 は 委 員 会 を 6 回 開 催 し 以 下 のような 事 項 について 検 討 確 認 などを 行 った 1 学 生 による 授 業 評 価 の 実 施 時 期 方 法 等 2 教 員 間 授 業 公 開 の 実 施 時 期 方 法 等 3 新 任 専 任 教 員 研 修 会 4 授 業 科 目 のナンバリング 5GPA 成 績 評 価 の 評 価 割 合 6シラバスの 記 載 項 目 記 載 方 法 また 全 学 的 な FD 活 動 の 一 環 として 以 下 の 活 動 を 行 った 1 新 任 昇 任 専 任 教 員 研 修 会 を 9 月 3 日 ~4 日 の 1 泊 2 日 で 谷 川 セミナーハウスにおいて 実 施 し 外 国 語 学 部 から 新 任 1 名 及 び 昇 任 2 名 経 済 学 部 から 新 任 3 名 及 び 昇 任 1 名 の 計 7 名 が 参 加 した 2 第 2 学 期 の 授 業 において 教 員 間 授 業 公 開 を 実 施 ( 実 施 期 間 :11 月 25 日 ~12 月 6 日 )し 公 開 授 業 数 152 クラス 見 学 授 業 数 9 クラス 見 学 教 員 数 6 名 であった なお 各 教 員 が 提 出 した 見 学 メモは 教 員 向 けの 学 内 イントラを 使 って 公 開 した 3 学 生 による 授 業 評 価 を 第 1 学 期 (7 月 1 日 ~13 日 ) 第 2 学 期 ( 平 成 26 年 1 月 6 日 ~25 日 )に 実 施 した その 評 価 結 果 は 各 教 員 に 報 告 するとともに 授 業 評 価 アンケートに 記 載 された 学 生 の 自 由 記 述 21

23 に 対 して 教 員 にコメントを 求 めた 各 授 業 に 対 する 評 価 結 果 及 び 教 員 のコメントは 教 員 の 所 属 する 学 部 ごとに 取 りまとめて 学 部 長 及 び 教 務 主 任 に 報 告 した (2) 外 国 語 学 部 の FD 活 動 外 国 語 学 部 においては 6 専 攻 を 主 軸 にカリキュラムが 構 築 されているため 多 くの 問 題 に 対 処 する 上 で 各 専 攻 における 取 り 組 みが 重 要 な 意 味 を 持 つ 各 専 攻 で 定 期 的 な 専 攻 会 議 以 外 専 攻 コーディネーターを 中 心 に 常 時 メール 等 による 継 続 的 な 意 見 交 換 が 行 われた 特 に 英 語 2 専 攻 は 多 くの 学 生 が 在 籍 している ため 欠 席 が 目 立 つ 学 生 の 動 向 に 関 しては 会 議 を 待 たずに 随 時 メールで 情 報 共 有 した その 際 個 人 情 報 には 注 意 をはらいつつ 専 任 の FD メンバー17 名 だけでなく 27 名 の 非 常 勤 教 員 にも 情 報 共 有 を 依 頼 す るメールを 流 した また 他 の 専 攻 でも 簡 単 な 連 絡 事 項 はメールを 活 用 している 各 専 攻 での FD 活 動 の 概 要 は 下 表 の 通 りである 各 専 攻 で 共 通 して 取 り 上 げられた 議 題 は 履 修 関 係 成 績 管 理 学 生 の 動 向 ( 欠 席 の 多 い 学 生 休 学 退 学 希 望 など) 専 攻 レベルでの 主 担 任 業 務 の 確 認 と 状 況 報 告 授 業 上 や 教 室 等 の 問 題 点 オリエンテーション オープンキャンパス 模 擬 授 業 担 当 役 割 大 学 案 内 取 材 協 力 学 生 の 推 薦 学 生 表 彰 特 別 奨 学 生 候 補 推 薦 留 学 関 係 翌 年 度 以 降 のカリキュラム( 時 間 割 等 ) 専 攻 別 事 業 計 画 の 策 定 授 業 担 当 者 担 当 科 目 変 更 追 加 などの 調 整 等 である その 他 各 専 攻 特 有 の 議 題 は 専 攻 ごとに 記 した なお 全 学 のファカルティ ディベロップメント 委 員 会 には 半 期 ごとに 各 専 攻 から より 詳 細 な 会 議 日 程 議 題 が 提 出 されている 英 語 コミュニケーション 専 攻 英 語 英 米 文 化 専 攻 [ 英 語 2 専 攻 合 同 ] ほぼ 3 週 毎 に 専 攻 会 議 を 開 催 (1 学 期 6 回 2 学 期 5 回 )した 専 攻 特 有 の 主 な 議 題 : 主 担 任 の 個 人 面 接 の 確 認 進 捗 状 況 およびフィードバック Top-level English, Intensive English につい て Reading Workshop B の 履 修 条 件 ( 卒 業 条 件 設 定 )とそれに 関 わる 対 応 各 教 員 の 出 版 講 演 活 動 顧 問 のクラブ 活 動 など 英 語 2 専 攻 の NEWSLETTER 編 集 発 行 イベント 関 係 ( 翻 訳 コンテスト 模 擬 国 連 神 田 外 大 プレゼンテーションコンテ ストなど) I-Lounge 英 語 教 授 法 セミナー 英 語 劇 グループ ESS などの 行 事 native 教 員 に 対 する 法 人 大 学 の 決 定 事 項 の 補 足 説 明 国 際 交 流 国 際 協 力 専 攻 毎 月 1~2 回 のペースで 専 攻 会 議 を 開 催 (1 学 期 7 回 2 学 期 9 回 )した 専 攻 特 有 の 主 な 議 題 :オリエンテーションキャンプの 反 省 短 期 海 外 研 修 国 際 ボランティア 演 習 の 単 位 認 定 英 語 授 業 の 質 タイ スタディツアー 引 率 プロジェクト プラス 2013 の 募 集 審 査 表 彰 レビュー ミーティング IEC の 学 習 内 容 のマッ ピング IEC ハンドブック 編 集 出 版 入 試 制 度 の 検 討 南 イリノイ 大 学 との 提 携 模 索 スタディツアー 検 討 小 委 員 会 設 置 TOEIC-IP 受 験 および 成 績 パヤップ 大 学 留 学 基 準 策 定 社 会 活 動 演 習 の 授 業 関 連 ギャップ イヤー 制 度 提 案 ドイツ 語 ドイツ 文 化 専 攻 毎 月 1~2 回 のペースで 専 攻 会 議 を 開 催 (1 学 期 8 回 2 学 期 6 回 )したが この 原 則 に 拘 束 されることなく 自 由 な 意 見 交 換 メールによる 情 報 の 共 有 を 適 宜 行 った 連 絡 事 項 簡 単 な 承 認 事 項 に 関 しては 基 本 的 に 専 攻 教 員 間 メールにより 対 応 専 攻 特 有 の 主 な 議 題 : 留 学 特 にイェーナ 受 入 数 に 関 する 協 議 新 規 留 学 先 に 関 する 協 議 海 外 語 学 研 修 単 位 ( 自 己 開 拓 校 ) GP テストの 実 施 外 部 試 験 (B1) 団 体 受 験 の 申 し 込 み 独 文 学 会 業 務 打 ち 合 わせ 来 年 度 のドイツ 語 検 定 4 年 生 の 卒 業 面 接 試 験 (B1 未 修 得 者 語 学 能 力 保 証 対 応 )の 実 施 方 法 中 国 語 専 攻 ほぼ 毎 週 専 攻 会 議 を 開 催 (1 学 期 17 回 2 学 期 17 回 )した 専 攻 特 有 の 主 な 議 題 : 受 験 生 獲 得 のための 高 大 一 貫 教 育 の 提 案 中 国 語 スピーチコンテスト 実 施 淡 江 大 学 夏 期 短 期 語 学 研 修 中 国 語 専 攻 通 信 3 号 発 行 日 中 学 院 の 指 定 校 ( 日 中 学 院 訪 問 結 果 報 告 ) 来 年 度 実 施 予 定 の 高 校 生 プレゼンコンテスト 内 容 検 討 各 種 中 国 語 検 定 試 22

24 験 受 験 AO 合 格 者 への 対 応 専 攻 独 自 オープンキャンパスの 実 施 検 討 留 年 休 学 者 への 対 応 ( 面 談 ) ハイパー 台 湾 視 察 旅 行 中 国 語 専 攻 内 のコース 制 設 置 学 力 向 上 卒 業 要 件 変 更 検 討 日 本 語 国 際 コミュニケーション 専 攻 週 1~2 回 のペースで 専 攻 会 議 を 開 催 (1 学 期 15 回 2 学 期 8 回 )した 専 攻 特 有 の 主 な 議 題 : 今 年 度 の 広 報 戦 略 と 経 済 学 部 との 調 整 対 日 本 語 学 校 広 報 活 動 留 学 生 指 定 校 等 ( 明 徳 義 塾 ) 指 定 校 推 薦 校 の 追 加 国 外 指 定 校 ( 日 本 語 学 校 ) 留 学 生 別 科 からの 編 入 推 薦 制 度 の 新 設 編 入 生 の 日 本 語 教 員 養 成 課 程 ( 主 専 攻 ) 認 定 海 外 編 入 指 定 校 追 加 および 新 たな 編 入 システム マレーシア 国 費 留 学 生 の 受 入 れ 釜 山 科 学 技 術 大 学 校 との 交 流 釜 山 外 国 語 大 学 校 への 留 学 プログ ラム 奨 学 金 ( 学 習 奨 励 費 ) 選 考 イマージョン 教 育 実 習 参 加 者 海 外 日 本 語 教 育 実 習 説 明 会 日 本 語 教 育 学 人 事 留 学 生 の 語 学 検 定 試 験 による 単 位 認 定 留 学 生 B 群 卒 業 要 件 一 般 入 試 合 格 者 向 けに 同 封 資 料 また 多 様 な 教 育 分 野 を 擁 する 外 国 語 学 部 では 専 攻 を 横 断 して 全 体 的 ないし 将 来 的 な 課 題 を 検 討 する ために 毎 月 定 例 の 運 営 会 議 が FD 委 員 会 を 兼 ねているほか 課 題 に 応 じて 教 務 カリキュラム 検 討 委 員 会 基 礎 ゼミ 担 当 者 会 議 情 報 FD 委 員 会 を 設 け FD 活 動 を 推 進 している 学 部 全 体 としては 教 務 カリキュラム 検 討 委 員 会 および 情 報 FD 委 員 会 を 中 心 に 検 討 が 行 われた 特 に 学 年 末 (3 月 5 日 )には 大 学 院 言 語 教 育 研 究 科 と 共 催 で FD 研 修 会 を 行 い アクティブ ラーニングの 活 用 について 3 名 の 教 員 か ら 報 告 があり 活 発 な 質 疑 応 答 がなされた これは 下 記 に 挙 げた 外 国 語 学 部 情 報 FD 委 員 会 主 催 の ア クティブ ラーニングと 情 報 教 育 報 告 会 の 第 1 部 として 行 われたもので 今 後 もこのような 取 り 組 みを 活 発 化 すべく 機 会 を 設 けたい というのが 大 方 の 意 見 であった 各 委 員 会 における FD 活 動 は 次 表 の 通 りである 1 教 務 カリキュラム 検 討 委 員 会 4 月 26 日 外 国 語 科 目 クラスサイズの 現 状 と 検 討 7 月 12 日 外 国 語 科 目 クラスサイズ 改 善 案 卒 業 研 究 の 形 式 10 月 4 日 外 国 語 科 目 のクラス 増 及 び 新 設 外 国 語 (イタリア 語 )の 設 置 12 月 13 日 25 年 度 卒 業 研 究 コンテスト ドイツ 語 CAI 新 設 1 月 31 日 1 年 間 に 履 修 登 録 できる 上 限 教 養 教 育 のあり 方 2 基 礎 ゼミ 担 当 者 会 議 12 月 16 日 授 業 の 進 め 方 基 礎 ゼミのあり 方 を 議 題 に FD 会 議 を 開 催 3 情 報 FD 委 員 会 ( 外 国 語 情 報 教 育 プロジェクト の 活 動 を 含 む) 通 年 実 施 P 検 対 策 教 材 CS-One 貸 し 出 し 及 び P 検 団 体 試 験 の 申 し 込 み 受 け 付 けをヘルプデスクにて 実 施 教 員 むけ 情 報 教 育 システム 利 用 ガイダンスを 開 催 ( 情 報 FD センターと 共 催 ) プログラム: 新 PC 新 教 卓 PC 新 プリンタ 新 スキャナ 新 授 業 支 援 ソフトウェア (CaLabo LX) の 使 い 方 持 ち 込 みノート PC の 無 線 LAN 接 続 持 ち 込 みノート PC からのネットワークプリンタの 利 用 4 月 8 日, 9 日 その 他 相 談 の 受 け 付 け コース 管 理 システム(CMS) Moodle の 使 い 方 英 語 発 音 矯 正 ソフト AmiVoice CALL の 使 い 方 および 教 員 用 管 理 画 面 へのアクセス 新 CALL システム (CaLabo EX) の 使 い 方 4 月 11 日 コンピュータ リテラシー 単 位 認 定 試 験 (Rasti) を 外 国 語 学 部 共 通 科 目 と 共 催 4 月 15 日 ドイツ 語 CAI-A/B 履 修 ガイダンスを 開 催 (Rosetta Stone プロジェクト) Rosetta Stone 学 習 期 間 (Rosetta Stone プロジェクト) この 期 間 中,Rosetta Stone 管 理 ツールによる 学 習 状 況 の 監 視 と 学 生 への 個 別 指 示 をおこなったほか, 以 下 4 月 20 日 ~ の 学 習 者 向 けイベントを 開 催 した: 7 月 27 日 ドイツ 語 音 声 データの 提 出 ( 学 期 中 3 回 ) ドイツ 語 発 音 クリニック ( 週 1 回 ) メールによる 進 捗 状 況 ランキングの 発 表 ( 週 1 回 ) 5 月 13 日 Web-Based Testing システム 作 って 教 材 への 新 規 ユーザ 登 録 を 実 施 5 月 23 日 富 士 通 e ポートフォリオシステム 己 歴 (KO RE KI) 説 明 会 を 開 催 23

25 5 月 27 日 6 月 24 日 7 月 8 日 ICT プロフィシエンシー 検 定 (P 検 ) 団 体 試 験 を 実 施 ( 前 期 計 10 回 ) 7 月 22 日 7 月 29 日 6 月 8 日 FD ワークショップ Praat を 用 いた 音 響 分 析 入 門 を 開 催 ( 情 報 FD センターと 共 催 ) 7 月 2 日, 4 日 コンピュータ リテラシー にて 情 報 活 用 力 診 断 テスト(Rasti) を 実 施 7 月 4 日 英 語 発 音 矯 正 ソフト AmiVoice CALL 学 生 むけ 利 用 説 明 会 を 実 施 7 月 10 日 e-learning による 外 国 語 学 習 に 関 する 渉 外 活 動 ( 新 聞 取 材 ) (Rosetta Stone プロジェクト) 9 月 11 日 ドイツ 語 CAI の 運 営 に 関 する 打 ち 合 わせを 実 施 (Rosetta Stone プロジェクト) 9 月 24 日 ドイツ 語 CAI-A/B 履 修 ガイダンス( 業 者 による 説 明 含 む)を 開 催 (Rosetta Stone プロジェクト) Rosetta Stone 学 習 期 間 (Rosetta Stone プロジェクト) この 期 間 中,Rosetta Stone 管 理 ツールによる 学 習 状 況 の 監 視 と 学 生 への 個 別 指 示 をおこなったほか, 以 下 10 月 1 日 ~ の 学 習 者 向 けイベントを 開 催 した: 1 月 31 日 ドイツ 語 音 声 データの 提 出 ( 学 期 中 3 回 ) ドイツ 語 発 音 クリニック ( 週 1 回 ) メールによる 進 捗 状 況 ランキングの 発 表 ( 週 1 回 ) 10 月 31 日 Rasti 担 当 者 打 ち 合 わせを 実 施 (noa 出 版 ) 11 月 8 日 教 育 ソリューションフォーラム 2013 in 東 京 に 参 加 ( 千 葉 教 授, 匂 坂 助 教 ) 11 月 14 日 情 報 処 理 資 格 取 得 支 援 イベント (CompTIA チャレンジキャラバン) を 開 催 11 月 25 日 12 月 16 日 12 月 25 日 ICT プロフィシエンシー 検 定 (P 検 ) 団 体 試 験 を 実 施 ( 後 期 計 5 回 ) 1 月 20 日 1 月 27 日 12 月 3-5 日 Online EDUCA Berlin に 参 加 ( 草 本 准 教 授 ) 12 月 7 日 CompTIA Strata IT Fundamentals 資 格 取 得 講 座 を 実 施 タイピングソフト TypeQuick のタイピングテストのテキスト 校 正 プロジェクトの 打 ち 合 わせを 実 施 1 月 27 日 校 正 作 業 の 結 果 26 年 4 月 より 新 テキストにて TypeQuick の 使 用 を 開 始 する 予 定 である 25 年 度 外 国 語 情 報 教 育 プロジェクト 報 告 会 を 開 催 日 時 :26 年 3 月 5 日 ( 水 ) 16:00-17:30 場 所 : 校 舎 かえで 1304 教 室 プログラム ( 敬 称 略 ): Rosetta Stone プロジェクト(25 年 度 ドイツ 語 CAI-A/B 報 告 ) ( 草 本 晶 ) AmiVoice による 発 音 矯 正 の 授 業 ( 外 ) 利 用 ( 高 本 香 織 ) 3 月 5 日 歴 史 地 図 データ 作 成 プロジェクト 初 年 度 の 活 動 報 告 (ロディコ マウロ) フリーソフトウェアを 用 いた 音 響 分 析 ワークショップの 開 催 ( 大 野 仁 美 ) コンピュータ リテラシー 授 業 における ICT 利 活 用 力 と 学 習 方 略 の 調 査 ( 匂 坂 智 子 ) コース 管 理 システム Moodle と e ポートフォリオシステム Mahara の 活 用 状 況 ( 千 葉 庄 寿 ) (なお,この 報 告 会 は FD 研 修 会 の 第 2 部 アクティヴ ラーニングと 情 報 教 育 を 兼 ねている) 3 月 5 日 デジタルペーパー (ソニービジネスソリューションズ 製 ) の 展 示 デモを 実 施 コース 管 理 システム Moodle および e-portfolio システム Mahara のメンテナンスを 実 施 3 月 13 日 26 年 度 から Moodle は 最 新 版 (2.6) を 提 供 する 予 定 である なお 外 国 語 学 部 では アンケート 形 式 の 学 生 による 授 業 評 価 を 10 年 度 に 試 行 的 に 導 入 し 11 年 度 から 専 任 教 員 及 び 非 常 勤 講 師 担 当 の 授 業 科 目 について 本 格 的 に 実 施 している 25 年 度 各 学 期 においても 各 主 専 攻 の 専 門 科 目 のうちの 必 修 科 目 と 専 攻 共 通 科 目 のうちの 必 修 科 目 ( コンピュータ リテラシー を 除 く)を 対 象 に 実 施 した 集 計 結 果 は 次 学 期 開 始 前 に 各 教 員 に 届 けられ 以 後 の 授 業 改 善 に 役 立 てられて いる (3) 経 済 学 部 の FD 活 動 経 済 学 部 では 分 野 別 に FD 作 業 部 会 を 設 置 するとともに 複 数 クラスを 擁 する 科 目 については 当 該 科 目 の 内 容 等 を 調 整 するコーディネーターを 配 置 し 定 期 的 な 会 合 を 開 いて 授 業 内 容 の 改 善 をはじめとす る FD 活 動 を 推 進 している 24

26 25 年 度 の 活 動 実 績 は 次 表 の 通 りである グループ 開 催 日 内 容 4 月 6 日 IMC Program 5 月 8 日 IMC Program Approval of minutes of May 8th 2013 meeting, Matters Arising, Review of first 7 月 30 日 IMC グループ FD semester, Promotional Materials, AOB Approval of minutes of July 30th 2013 meeting, Matters Arising, Future 12 月 11 日 development, Review of second semester, Student recruitment,april 2014, Promotion, AOB IT 実 務 演 習 成 績 評 価 について IT 実 務 演 習 の 来 年 の 担 当 について 基 本 情 報 処 理 演 習 の 予 定 とテ 7 月 31 日 基 本 情 報 処 理 演 習 FD キストについて 授 業 と 資 格 の 重 要 性 の 周 知 について 基 礎 英 語 FD 5 月 9 日 今 学 期 の 授 業 の 様 子 学 生 の 様 子 について その 他 基 礎 的 数 学 力 向 上 講 座 FD 10 月 29 日 本 年 度 1 学 期 の 講 座 実 施 結 果 について SPI 対 策 講 座 と 連 携 する 公 文 講 座 の 開 設 につ いて 来 年 度 1 学 期 の 実 施 スケジュールについて 経 営 学 概 論 FD 8 月 2 日 来 年 度 の 担 当 について 経 営 学 概 論 全 体 の 枠 組 みの 提 示 について ものづくりやイノ ベーションに 関 して 今 後 の 課 題 経 営 学 基 礎 演 習 FD 9 月 19 日 25 年 度 経 営 学 基 礎 演 習 B について 26 年 以 降 の 経 営 学 基 礎 演 習 について 2 月 3 日 講 義 の 進 め 方 についてークラスの 共 通 性 授 業 の 目 的 成 績 評 価 学 生 の 負 担 感 経 営 学 入 門 ゼミ 3 月 12 日 前 期 のテキスト 入 門 ゼミの TA, 入 学 前 教 育 前 期 の 改 善 策 7 月 29 日 社 会 科 学 分 析 入 門 経 営 学 入 門 ゼミ FD の 評 価 方 法 運 用 等 経 営 学 入 門 ゼミナール 26 年 度 経 営 学 基 礎 演 習 A について 26 年 度 経 営 学 基 礎 演 習 B について 26 年 度 経 営 10 月 23 日 経 営 学 基 礎 演 習 合 同 FD 学 入 門 ゼミナール A B について 経 営 学 科 合 同 1 月 30 日 経 営 学 科 の 人 材 育 成 について 人 材 育 成 のためのコース カリキュラムについて その 他 カリキュラム FD 2 月 20 日 経 営 学 科 の 人 材 育 成 について 経 営 学 科 内 のコースイメージについて その 他 4 月 22 日 今 年 度 の 入 門 ゼミの 方 法 状 況 について ERE について 経 済 学 入 門 ゼミ FD 経 済 学 入 門 ゼミナールの 統 一 試 験 について 経 済 学 入 門 ゼミナールの 評 価 について 経 済 7 月 22 日 学 検 定 (ERE)との 連 携 について 今 年 度 の 授 業 内 容 と 変 更 点 今 後 の 課 題 について 経 済 実 務 演 習 FD 1 月 30 日 25 年 度 の 経 済 実 務 演 習 について 25 年 度 の 経 済 学 検 定 試 験 について 26 年 度 の 経 済 実 務 演 習 について 26 年 度 の 経 済 学 検 定 試 験 について その 他 現 代 社 会 と 道 徳 科 学 FD 7 月 23 日 本 科 目 の 趣 旨 と 成 績 評 価 方 法 について 開 講 時 限 について 各 担 当 者 の 講 義 テーマに ついて 講 義 内 容 の 出 版 について 国 際 教 養 系 今 学 期 の 授 業 の 様 子 ( 長 期 欠 席 者 など) 授 業 展 開 上 の 問 題 点 次 年 度 以 降 の 授 業 の 7 月 9 日 経 済 学 基 礎 演 習 FD 展 開 国 際 教 養 分 類 FD 2 月 8 日 第 1 回 FD の 報 告 カリキュラム 改 定 に 向 けての 検 討 事 項 今 後 の 日 程 等 6 月 4 日 国 際 ビジネスコースの 現 状 国 際 ビジネスコース FD 6 月 18 日 国 際 ビジネスコースの 現 状 7 月 16 日 国 際 ビジネスコースの 現 状 10 月 22 日 国 際 ビジネスコースの 現 状 社 会 科 学 分 析 入 門 FD 4 月 15 日 25 年 度 導 入 授 業 に 関 する 反 省 情 報 科 学 FD 1 月 29 日 情 報 科 学 の 評 価 方 法 と 運 営 方 針 等 について 情 報 リテラシーFD 7 月 31 日 情 報 リテラシー と 情 報 科 学 の 評 価 方 法 と 運 営 方 針 等 について 数 理 科 学 FD 4 月 15 日 25 年 度 の 体 制 基 礎 的 数 学 力 向 上 講 座 1 月 20 日 26 年 度 の 体 制 - 担 当 者 の 配 置 各 クラスの 内 容 スポーツマネジメント コース FD 1 月 16 日 資 格 書 類 についての 確 認 今 後 のスケジュールについての 確 認 新 カリキュラムの 検 討 統 計 学 FD 4 月 29 日 本 年 度 の 統 計 学 A の 意 見 交 換 新 教 材 作 成 の 方 針 7 月 29 日 本 年 度 の 統 計 学 A の 意 見 交 換 2 学 期 の 方 針 入 学 前 教 育 + レメディアル 教 育 検 討 FD 6 月 10 日 論 点 整 理 具 体 的 な 実 施 案 策 定 方 針 今 後 の 進 め 方 経 済 実 務 演 習 FD 3 月 5 日 ERE の 学 生 選 考 について 国 際 教 養 コース FD 2 月 27 日 サービスラーニング 地 域 社 会 とのつながり 国 際 をどうするか 人 材 育 成 他 (4) 言 語 教 育 研 究 科 の FD 活 動 研 究 科 全 体 の FD 活 動 として 専 攻 を 超 えた 形 で 教 員 間 並 びに 教 員 と 院 生 間 の 研 究 交 流 ができる 環 境 25

平 成 23 年 度 麗 澤 大 学 年 報 を 刊 行 するにあたって 高 等 教 育 と 学 術 研 究 という 国 家 と 国 民 の 将 来 にかかわる 重 要 な 任 務 と 責 任 を 持 つ 大 学 は その 任 務 を 遂 行 するにあたって 常 に 自 己 点 検 を 行 い また

平 成 23 年 度 麗 澤 大 学 年 報 を 刊 行 するにあたって 高 等 教 育 と 学 術 研 究 という 国 家 と 国 民 の 将 来 にかかわる 重 要 な 任 務 と 責 任 を 持 つ 大 学 は その 任 務 を 遂 行 するにあたって 常 に 自 己 点 検 を 行 い また 麗 澤 大 学 年 報 Reitaku University Annual Report 2011 平 成 23 年 度 麗 澤 大 学 年 報 を 刊 行 するにあたって 高 等 教 育 と 学 術 研 究 という 国 家 と 国 民 の 将 来 にかかわる 重 要 な 任 務 と 責 任 を 持 つ 大 学 は その 任 務 を 遂 行 するにあたって 常 に 自 己 点 検 を 行 い また

More information

平 成 26 年 度 大 学 機 関 別 認 証 評 価 評 価 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 財 団 法 人 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 SBI 大 学 院 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 判 定 評 価 の 結 果 SBI 大 学 院 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 に 適 合 し ていると 認 定 する

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA> 福 岡 教 育 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 教 職 実 践 専 攻 認 証 評 価 結 果 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 の 評 価 ポイント デマンドサイドである 教 育 委 員 会 と 教 職 大 学 院 とが 現 職 教 員 の 派 遣 養 成 する 実 践 的 指 導 力 の 内 容 カリキュラムの 編 成 等 において 十 分 な 協 議 を 行 っており 協

More information

目 次

目          次 Ⅴ 教 員 組 織 1 医 学 部 (1) 教 員 組 織 円 滑 で 効 率 的 な 教 育 研 究 活 動 ができるように 適 切 に 教 員 を 配 置 する 教 員 は 本 学 における 教 育 研 究 診 療 を 直 接 担 っている 教 員 をいかに 適 切 に 配 置 するか という 課 題 には 重 要 事 項 を 審 議 する 企 画 委 員 会 及 びその 下 部 組 織 である

More information

平成25年度実施大学機関別認証評価評価報告書(奈良県立医科大学)

平成25年度実施大学機関別認証評価評価報告書(奈良県立医科大学) 平 成 25 年 度 実 施 大 学 機 関 別 認 証 評 価 評 価 報 告 書 奈 良 県 立 医 科 大 学 平 成 26 年 3 月 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 目 次 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 が 実 施 した 大 学 機 関 別 認 証 評 価 について 1 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 5 Ⅱ 基 準 ごとの

More information

2007年●●月●●日 報告 APU大学運営会議

2007年●●月●●日 報告 APU大学運営会議 第 5 章 教 員 組 織 2007 年 度 立 命 館 アジア 太 平 洋 大 学 自 己 点 検 評 価 報 告 書 目 的 開 学 以 来 の 目 標 < 大 学 学 部 > 1. 専 任 教 員 の 計 画 的 な 任 用 開 学 時 の 目 標 は 完 成 年 度 までに 教 授 44 人 助 教 授 14 人 講 師 46 人 合 計 104 人 の 専 任 教 員 を 計 画 的 に

More information

リテラシー 科 目 > スポーツと 健 康 在 学 中 および 卒 業 後 の 豊 かなライフスタイルを 形 成 できる 心 身 の 基 盤 を 養 う 人 間 力 の 育 成 として, 身 体 体 力 面 ( 自 己 コントロール, 適 応 力, 耐 性, 自 律 性, 達 成 感 など)とともに

リテラシー 科 目 > スポーツと 健 康 在 学 中 および 卒 業 後 の 豊 かなライフスタイルを 形 成 できる 心 身 の 基 盤 を 養 う 人 間 力 の 育 成 として, 身 体 体 力 面 ( 自 己 コントロール, 適 応 力, 耐 性, 自 律 性, 達 成 感 など)とともに 基 盤 教 育 科 目 初 期 導 入 科 目 > 新 入 生 セミナー 大 学 生 活 を 送 るうえで 必 要 とされる, 自 主 的 かつ 自 律 的 な 態 度 および 学 習 の 進 め 方 を 学 ぶことができるように 企 画 された 科 目 である 高 校 とは, 様 々な 点 で 異 なる 大 学 において 有 意 義 な 学 生 生 活 を 送 ることができるよう, 次 に 掲 げる

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030315F3031918D8D87906697C390EA96E58CA48F4381698B408D5C90E096BE89EF816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030315F3031918D8D87906697C390EA96E58CA48F4381698B408D5C90E096BE89EF816A2E70707478> 総 合 診 療 専 門 プログラムについて 北 海 道 第 2 回 新 専 門 医 制 度 説 明 会 北 海 道 家 庭 医 療 学 センター 草 場 鉄 周 ( 日 本 専 門 医 機 構 総 合 診 療 専 門 医 に 関 する 委 員 会 ワーキンググループ メンバー) 総 合 診 療 専 門 医 養 成 の 背 景 ( 専 門 医 の 在 り 方 検 討 会 報 告 書 より) 1. 特

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

<81798E9197BF8250817A2E786C73>

<81798E9197BF8250817A2E786C73> 生 活 者 としての 外 国 人 に 関 する 総 合 的 対 応 策 の 実 施 状 況 について 総 合 的 対 応 策 における 対 策 実 施 状 況 1. 外 国 人 が 暮 らしやすい 地 域 社 会 づくり (1) 日 本 語 教 育 の 充 実 地 域 の 日 本 語 教 育 の 充 実 を 図 るため 平 成 18 年 度 より 人 材 育 本 年 度 中 に 成 果 をホームページ

More information

東 北 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 Ⅰ 教 育 学 研 究 科 の 教 育 目 的 と 特 徴 1. 教 育 理 念 と 目 標 東 北 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 は 教 育 に 関 する 理 論 的 基 礎 に 支 えられた 高 度 な 専 門 的 知 識 と 技

東 北 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 Ⅰ 教 育 学 研 究 科 の 教 育 目 的 と 特 徴 1. 教 育 理 念 と 目 標 東 北 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 は 教 育 に 関 する 理 論 的 基 礎 に 支 えられた 高 度 な 専 門 的 知 識 と 技 東 北 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 4. 教 育 学 研 究 科 Ⅰ 教 育 学 研 究 科 の 教 育 目 的 と 特 徴 4-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 4-3 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 4-3 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 4-5 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 4-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 4-10 分

More information

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 ( 再 評 価 ) 平 成 28 年 3 月 10 日 一 般 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝

More information

<32363033333192868AFA96DA9557814592868AFA8C7689E688EA9797955C81698AB28E9682A8936E82B594C5816A2E786C73>

<32363033333192868AFA96DA9557814592868AFA8C7689E688EA9797955C81698AB28E9682A8936E82B594C5816A2E786C73> 中 期 目 標 中 期 目 標 中 期 計 画 一 覧 表 ( 法 人 番 号 21 ) ( 大 学 名 ) 千 葉 大 学 中 期 計 画 ( 前 文 ) 大 学 の 基 本 的 な 目 標 千 葉 大 学 は 千 葉 大 学 憲 章 に 掲 げた 理 念 を 具 現 化 し 使 命 を 達 成 するため に 基 本 的 な 目 標 を 以 下 のとおり 定 める 人 類 の 文 化 の 継 承

More information

自己評価書作成に当たっての留意点について

自己評価書作成に当たっての留意点について 10 自 己 評 価 書 作 成 に 当 たっての 留 意 点 について 平 成 28 年 5 月 大 学 改 革 支 援 学 位 授 与 機 構 自 己 評 価 担 当 者 研 修 会 1 一 般 的 留 意 事 項 ( 認 証 / 選 択 評 価 共 通 ) ( 資 料 1) 大 学 機 関 別 認 証 評 価 : 自 己 評 価 実 施 要 項 ( 資 料 2) 大 学 機 関 別 選 択 評

More information

1/ 7 平 成 26 年 度 公 立 高 校 の の 日 程 及 び 問 合 せ 窓 口 の 御 案 内 山 口 県 教 育 委 員 会 の 対 象 は 中 学 生 ( 行 事 名 に 印 のついたものは 中 学 3 年 生 ) 及 びその 保 護 者 並 びに 中 学 校 教 員 です なお 中 学 生 中 学 3 年 生 には 周 防 大 島 高 校 8 月 9 日 ( 土 ) 8:40~12:00

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

学 教 職 課 程 協 議 会 や 京 都 地 区 私 立 大 学 教 職 課 程 研 究 連 絡 協 議 会 を 通 じて 組 織 的 に 行 っ ている また 必 要 に 応 じて 教 職 保 育 職 支 援 室 長 を 通 じて 行 っている 委 員 会 の 組 織 図 教 職 委 員 会 教

学 教 職 課 程 協 議 会 や 京 都 地 区 私 立 大 学 教 職 課 程 研 究 連 絡 協 議 会 を 通 じて 組 織 的 に 行 っ ている また 必 要 に 応 じて 教 職 保 育 職 支 援 室 長 を 通 じて 行 っている 委 員 会 の 組 織 図 教 職 委 員 会 教 1. 教 員 養 成 の 理 念 仏 教 精 神 に 基 づく 女 子 教 育 という 本 学 園 創 設 の 教 育 理 念 を 踏 まえ 建 学 の 精 神 である 真 実 心 ( 浄 土 真 宗 の 開 祖 親 鸞 聖 人 1173-1262 の 言 葉 )に 基 づき 社 会 に 有 為 なる 女 性 の 育 成 をめざす 特 に 教 員 養 成 については 1 主 体 的 な 人 間 すなわち

More information

平成22年度 事業計画

平成22年度 事業計画 平 成 28 年 度 学 校 法 人 創 志 学 園 事 業 計 画 書 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 ~ 平 成 29 年 3 月 31 日 ) 高 等 教 育 部 門 1. 環 太 平 洋 大 学 < 事 業 計 画 概 要 > 就 職 採 用 試 験 で 役 立 つ 一 般 教 養 及 び 専 門 知 識 を 身 に 付 けさせるため 各 学 部 学 科 における 教 養 教 育 及

More information

東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月 1 日 所 在 地 福 岡 県 宗 像 市 田 久 1-9-1 設 置 学 科

東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月 1 日 所 在 地 福 岡 県 宗 像 市 田 久 1-9-1 設 置 学 科 学 校 法 人 東 海 大 学 東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 平 成 22 年 3 月 18 日 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月

More information

経 運 ビジョン 実 現 を 目 指 し た の 組 織 力 向 上 の 在 り 方 はじめに 1 評 価 の 役 割 は 何 か 2 評 価 実 施 における 事 務 職 の 役 割 3 の 組 織 力 を 高 めるために 4 組 織 活 性 化 の 在 り 方 5 福 島 県 の 外 部 評 価

経 運 ビジョン 実 現 を 目 指 し た の 組 織 力 向 上 の 在 り 方 はじめに 1 評 価 の 役 割 は 何 か 2 評 価 実 施 における 事 務 職 の 役 割 3 の 組 織 力 を 高 めるために 4 組 織 活 性 化 の 在 り 方 5 福 島 県 の 外 部 評 価 平 成 19 年 度 県 公 立 小 中 事 務 研 究 会 事 務 研 修 会 資 料 H.19.10.17 ユラックス 熱 海 経 運 ビジョン 実 現 を 目 指 した の 組 織 力 向 上 の 在 り 方 県 教 育 センター 研 究 調 査 チーム 主 任 指 導 主 事 鈴 木 久 米 男 はじめに 1 評 価 の 役 割 は 何 か 2 評 価 実 施 における 事 務 職 の 役

More information

おり 基 礎 的 能 力 を 育 みさらに 高 度 な 看 護 専 門 職 の 育 成 を 図 ることを 目 指 している これらの 目 的 は 学 則 に 定 められており 学 生 便 覧 シラバス 大 学 院 学 生 便 覧 シ ラバス 教 職 員 ハンドブック に 示 され 学 生 には 毎

おり 基 礎 的 能 力 を 育 みさらに 高 度 な 看 護 専 門 職 の 育 成 を 図 ることを 目 指 している これらの 目 的 は 学 則 に 定 められており 学 生 便 覧 シラバス 大 学 院 学 生 便 覧 シ ラバス 教 職 員 ハンドブック に 示 され 学 生 には 毎 日 本 赤 十 字 九 州 国 際 看 護 大 学 に 対 する 大 学 評 価 ( 認 証 評 価 ) 結 果 Ⅰ 評 価 結 果 評 価 の 結 果 貴 大 学 は 本 協 会 の 大 学 基 準 に 適 合 していると 認 定 する 認 定 の 期 間 は2023( 平 成 35) 年 3 月 31 日 までとする Ⅱ 総 評 貴 大 学 は 学 校 法 人 日 本 赤 十 字 学 園 のうち

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874281698DC58F49816A834B834383688389834383938169836083468362834E837C834383938367816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874281698DC58F49816A834B834383688389834383938169836083468362834E837C834383938367816A2E646F63> 参 考 公 益 目 的 事 業 のチェックポイントについて 構 成 第 1 公 益 目 的 事 業 のチェックポイントの 性 格 第 2 不 特 定 かつ 多 数 の 者 の 利 益 の 増 進 に 寄 与 するもの の 事 実 認 定 に 当 たっての 留 意 点 1. 事 業 区 分 ごとの 公 益 目 的 事 業 のチェックポイント (1) 検 査 検 定 (2) 資 格 付 与 (3) 講

More information

大妻女子大学

大妻女子大学 目 次 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 2-(29)-3 Ⅱ 基 準 ごとの 評 価 2-(29)-4 基 準 1 大 学 の 目 的 2-(29)-4 基 準 2 教 育 研 究 組 織 2-(29)-6 基 準 3 教 員 及 び 教 育 支 援 者 2-(29)-9 基 準 4 学 生 の 受 入 2-(29)-13 基 準 5 教 育 内 容 及 び 方 法 2-(29)-17 基 準 6 学

More information

平成21年2月23日

平成21年2月23日 Ⅰ 平 成 21 年 度 由 布 市 連 携 型 中 高 一 貫 教 育 に 係 る 研 究 1 連 携 対 象 校 由 布 市 立 湯 布 院 中 学 校 由 布 市 立 庄 内 中 学 校 由 布 市 立 挾 間 中 学 校 大 分 県 立 由 布 高 等 学 校 2 連 携 校 のめざす 生 徒 像 確 かな 学 力 と 豊 かな 人 間 性 を 身 につけ 自 己 実 現 に 積 極 的 に

More information

沖縄キリスト教短期大学学則(新)

沖縄キリスト教短期大学学則(新) 沖 縄 キリスト 教 短 期 大 学 学 則 第 1 章 総 則 ( 的 ) 第 1 条 沖 縄 キリスト 教 短 期 大 学 ( 以 下 本 短 大 という )は 教 育 基 本 法 及 び 学 校 教 育 法 に 従 い キリスト 教 精 神 に 基 づいた 学 校 教 育 を 施 し 人 格 の 完 成 をめざし 社 会 に 有 用 なる 人 材 を 育 成 することを 的 とする ( 自 己

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

目 次 城 西 大 学 の 教 育 方 針 2 城 西 短 期 大 学 の 教 育 方 針 3 募 集 学 部 学 科 及 び 人 員 4 公 募 制 推 薦 入 学 試 験 経 済 学 部 経 営 学 部 理 学 部 5 一 般 入 学 試 験 A 日 程 経 済 学 部 現 代 政 策 学 部 経 営 学 部 理 学 部 薬 学 部 城 西 短 期 大 学 8 B 日 程 経 済 学 部 現 代

More information

MEMORANDUM of UNDERSTANDING

MEMORANDUM of UNDERSTANDING 文 部 科 学 省 大 学 改 革 推 進 室 松 坂 浩 史 Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT) 神 戸 大 学 評 価 IR シンポジウム 大 学 に 求 められる IR 機 能 の 実 現 に 向 けて 平 成 25 年 (2013 年 )8 月 22 日 ( 木 ) 14:50-15:50

More information

資料3-1 中学校における英語調査に関する「論点整理」

資料3-1 中学校における英語調査に関する「論点整理」 資 料 3-1 中 学 校 における 英 語 調 査 に 関 する 論 点 整 理 全 国 的 な 学 力 調 査 に 関 する 専 門 家 会 議 中 学 校 における 英 語 調 査 については 制 約 条 件 を 踏 まえつつ 目 的 を 明 確 にしながら 全 国 的 な 調 査 が 可 能 となる 方 向 で 事 項 を 絞 って 具 体 的 な 検 討 を 行 うこととする 中 央 教

More information

自己点検評価報告書

自己点検評価報告書 資 料 編 - 目 次 - 青 森 大 学 学 則... 1 青 森 大 学 大 学 院 学 則... 35 Ⅰ. 各 種 規 程... 45 青 森 大 学 部 長 会 規 程... 45 青 森 大 学 教 授 会 規 程... 47 青 森 大 学 教 務 委 員 会 規 程... 49 青 森 大 学 ファカルティ ディベロップメント(FD) 委 員 会 規 程... 51 青 森 大 学

More information

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分 け 結 果 ( 市 の 方 針 )に 対 する 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 羽 村 市 企 画 部 企 画 課 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478> 第 9 回 教 育 懇 談 会 資 料 国 の 教 育 改 革 と 愛 知 県 の 取 組 状 況 について 1 教 育 再 生 実 行 会 議 で 示 された 教 育 課 題 第 一 次 提 言 平 成 25 年 2 月 26 日 いじめの 問 題 等 への 対 応 について 道 徳 教 育 いじめ 対 策 体 罰 禁 止 第 二 次 提 言 平 成 25 年 4 月 15 日 教 育 委 員 会

More information

1

1 2010 年 度 事 業 報 告 書 (2010 年 4 月 1 日 から2011 年 3 月 31 日 まで) 学 校 法 人 修 道 学 園 1 法 人 の 概 要 1 建 学 の 精 神 修 道 の 歴 史 は 1725( 享 保 10) 年 に 広 島 浅 野 藩 の 藩 校 講 学 所 が5 代 藩 主 浅 野 吉 長 公 によって 創 始 されたことが 淵 源 です 修 道 とは 四 書

More information

資料5-1 博士後期課程 基本計画

資料5-1 博士後期課程 基本計画 資 料 5-1 札 幌 市 立 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 基 本 計 画 平 成 22 年 10 月 公 立 大 学 法 人 札 幌 市 立 大 学 札 幌 市 立 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 基 本 計 画 目 次 Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 1 1. 設 置 の 趣 旨 及 び 必 要 性 2. 教 育 研 究 理 念 3. 育 成 する 人 材 像 4.

More information

Ⅱ 事 業 実 績 の 概 要 U Iターンに 対 する 支 援 の 充 実 230 20124 2 企 業 の 開 拓 企 業 訪 問 の 強 化 関 西 に 拠 点 をおき 地 域 発 展 に 貢 献 している 企 業 へのアプ ローチ 企 業 大 懇 談 会 の 開 催 201121 3322

Ⅱ 事 業 実 績 の 概 要 U Iターンに 対 する 支 援 の 充 実 230 20124 2 企 業 の 開 拓 企 業 訪 問 の 強 化 関 西 に 拠 点 をおき 地 域 発 展 に 貢 献 している 企 業 へのアプ ローチ 企 業 大 懇 談 会 の 開 催 201121 3322 6 生 支 援 に 関 する 事 項 1 キャリア 開 発 就 職 支 援 について キャリア 教 育 及 び キャリア 開 発 就 職 支 援 は 第 5 次 長 期 計 画 において 本 の 重 点 的 施 策 のひとつに 位 置 づけ 教 こそが 最 大 のキャリア 支 援 である とい う 認 識 のもと 教 と 連 携 し 普 段 からの 教 育 活 動 を 通 して 生 の 自 己 成

More information

設 置 する 学 校 の 入 学 収 容 定 員 入 学 者 在 籍 者 数 仙 台 大 学 ( 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 ) 入 学 定 員 入 学 者 数 収 容 定 員 在 籍 者 数 体 育 学 科 250 385 1,000 1,372 健 康 福 祉 学 科 100 10

設 置 する 学 校 の 入 学 収 容 定 員 入 学 者 在 籍 者 数 仙 台 大 学 ( 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 ) 入 学 定 員 入 学 者 数 収 容 定 員 在 籍 者 数 体 育 学 科 250 385 1,000 1,372 健 康 福 祉 学 科 100 10 平 成 23 年 度 事 業 報 告 書 学 校 法 人 朴 沢 学 園 法 人 の 概 要 建 学 の 精 神 教 育 目 標 について 本 学 校 法 人 の 建 学 の 精 神 は 実 学 と 創 意 工 夫 であります そして 心 身 ともに 健 康 な 人 間 の 形 成 ということを 設 置 する 仙 台 大 学 明 成 高 校 共 通 の 教 育 目 標 としております 平 成 24

More information

0000T10黒磯市H●年●月定■1号-目次(初日)

0000T10黒磯市H●年●月定■1号-目次(初日) 平 成 17 年 第 4 回 那 須 塩 原 議 会 定 例 会 会 議 録 目 次 招 集 示 1 会 期 日 程 2 応 招 議 員 3 不 応 招 議 員 3 地 方 自 治 法 第 121 条 の 規 定 に 基 づき 出 席 を 要 求 した 者 の 職 氏 名 3 本 会 議 に 出 席 した 事 務 局 職 員 4 議 案 審 議 結 果 一 覧 表 5 請 願 陳 情 審 議 結 果

More information

1 開かれた教育行政の推進

1 開かれた教育行政の推進 平 成 28 年 度 太 田 市 教 育 行 政 方 針 太 田 市 教 育 委 員 会 平 成 28 年 4 月 1 開 かれた 教 育 行 政 の 推 進 (1) 教 育 行 政 の 点 検 評 価 の 実 施 と 情 報 公 開 教 育 委 員 会 が 実 施 した 施 策 の 評 価 を 自 ら 行 い 学 識 経 験 者 の 意 見 を 付 し 作 成 する 点 検 評 価 の 報 告 書

More information

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 Ⅸ. 管 理 運 営 財 務 403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 的 に 流 るゝの 恐 れあり 切 に 之 を 戒 慎 す 可 き 事

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

コーポレートガバナンス報告書(全文)1607.xps

コーポレートガバナンス報告書(全文)1607.xps コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです CDG CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 7 月 4 日 株 式 会 社 CDG 代 表 取 締 役 社 長 大 平 孝 問 合 せ 先 :06-6133-5200 証 券 コード:2487 http://www.cdg.co.jp Ⅰコーポレート

More information

はじめに 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 は 良 質 で 安 全 な 建 築 物 の 整 備 の 要 となる 業 務 であ り これを 担 う 建 築 士 建 築 士 事 務 所 に 係 る 制 度 について 社 会 の 要 請 に 応 じ て 適 正 化 することは 極 めて 重 要 な

はじめに 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 は 良 質 で 安 全 な 建 築 物 の 整 備 の 要 となる 業 務 であ り これを 担 う 建 築 士 建 築 士 事 務 所 に 係 る 制 度 について 社 会 の 要 請 に 応 じ て 適 正 化 することは 極 めて 重 要 な 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 の 業 の 適 正 化 及 び 建 築 主 等 への 情 報 開 示 の 充 実 に 向 けて ~ 自 由 民 主 党 建 築 設 計 議 員 連 盟 提 言 ~ 平 成 26 年 3 月 27 日 自 由 民 主 党 建 築 設 計 議 員 連 盟 はじめに 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 は 良 質 で 安 全 な 建 築 物 の 整 備 の 要

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

課題整理と要望(修正版) (3)

課題整理と要望(修正版) (3) 社 保 審 - 介 護 給 付 費 分 科 会 第 108 回 (H26.9.10) ヒアリング 資 料 6 第 108 回 社 会 保 障 審 議 会 介 護 給 付 費 分 科 会 事 業 者 団 体 ヒアリング 資 料 一 般 社 団 法 人 全 国 軽 費 老 人 ホーム 協 議 会 理 事 長 川 西 基 雄 課 題 整 理 と 要 望 平 成 25 年 度 養 護 老 人 ホーム 軽 費

More information

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成 益 田 市 社 会 教 育 推 進 計 画 益 田 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 2 月 策 定 目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進

More information

平成27年4月1日付け人事異動の概要

平成27年4月1日付け人事異動の概要 平 成 27 年 3 月 25 日 相 模 原 市 発 表 資 料 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 の 概 要 1 人 事 異 動 の 規 模 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 1,541 名 その 他 採 用 245 名 (4 月 2 日 付 け1 名 を 含 む ) ( ): 平 成 26 年 4 月 1 日 付 け 職 階 局 級 部 級 参

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

program_0410.docx

program_0410.docx 太 田 総 合 病 院 専 門 研 修 プログラム 目 次 1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 2. 太 田 総 合 病 院 整 形 外 科 専 門 研 修 の 特 徴 3. 太 田 総 合 病 院 整 形 外 科 専 門 研 修 の 目 標 4. 太 田 総 合 病 院 整 形 外 科 専 門 研 修 の 方 法 5. 専 門 研 修 の 評 価 について 6. 研 修

More information

中 期 目 標 の 達 成 状 況 報 告 書 平 成 20 年 6 月 大 分 大 学 目 次 Ⅰ. 法 人 の 特 徴 1 Ⅱ. 中 期 目 標 ごとの 自 己 評 価 2 1 教 育 に 関 する 目 標 2 2 研 究 に 関 する 目 標 37 3 社 会 との 連 携, 国 際 交 流 等 に 関 する 目 標 52 Ⅰ 法 人 の 特 徴 大 分 大 学 本 学 は, 平 成 15

More information

建学の精神・大学の基本理念、使命・目的、(大学の個性・特色)等

建学の精神・大学の基本理念、使命・目的、(大学の個性・特色)等 基 準 10. 社 会 連 携 ( 教 育 研 究 上 の 資 源 企 業 地 域 社 会 等 ) 10-1. 大 学 が 持 っている 物 的 人 的 資 源 を 社 会 に 提 供 する 努 力 がなされているこ と (1)10-1の 事 実 の 説 明 ( 現 状 ) 10-1-1 大 学 施 設 の 開 放 公 開 講 座 リフレッシュ 教 育 など 大 学 が 持 っている 物 的 人 的

More information

公益財団法人日本体育施設協会定款の変更の案

公益財団法人日本体育施設協会定款の変更の案 公 益 財 団 法 人 日 本 体 育 施 設 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 日 本 体 育 施 設 協 会 と 称 する 2 この 法 人 の 英 語 名 表 記 を JAPAN SPORTS FACILITIES A SSOCIATION(JSFA)とする ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事

More information

東京都教育庁配布・説明資料

東京都教育庁配布・説明資料 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 基 本 構 想 検 討 委 員 会 中 間 まとめについて 1 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 の 設 置 の 基 本 的 な 考 え 方 4 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 の 設 置 の 基 本 的 な 枠 組 み 理 数 を 中 心 に 世 界 に 伍 して 活 躍 できる 人 間 を 育 成 するため 児 童 生 徒 一 人 一 人 の

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

はじめに 拓 殖 大 学 国 際 学 部 の 文 系 学 生 のグローバル 農 業 人 材 育 成 は 農 業 に 関 する 基 礎 専 門 科 目 の 学 習 と 八 王 子 キャンパスの 学 内 圃 場 や 拓 殖 大 学 北 海 道 短 期 大 学 敷 地 内 の 農 地 などを 活 用 した

はじめに 拓 殖 大 学 国 際 学 部 の 文 系 学 生 のグローバル 農 業 人 材 育 成 は 農 業 に 関 する 基 礎 専 門 科 目 の 学 習 と 八 王 子 キャンパスの 学 内 圃 場 や 拓 殖 大 学 北 海 道 短 期 大 学 敷 地 内 の 農 地 などを 活 用 した 拓 殖 大 学 国 際 学 部 大 学 教 育 学 生 支 援 推 進 事 業 大 学 教 育 推 進 プログラム テーマA 文 系 学 生 のグローバル 農 業 人 材 育 成 外 部 評 価 報 告 書 平 成 24 年 3 月 日 本 インフォメーション 株 式 会 社 はじめに 拓 殖 大 学 国 際 学 部 の 文 系 学 生 のグローバル 農 業 人 材 育 成 は 農 業 に 関 する

More information

<5461726F2D48323496F088F589EF955C8E8681458B6391E881458B6388C4>

<5461726F2D48323496F088F589EF955C8E8681458B6391E881458B6388C4> 平 成 2 4 年 度 岐 阜 聖 徳 学 園 大 学 同 窓 会 役 員 会 議 案 書 日 時 平 成 2 4 年 8 月 1 1 日 ( 土 ) 1 0 時 0 0 分 ~ 場 所 岐 阜 都 ホ テ ル 岐 阜 聖 徳 学 園 大 学 同 窓 会 次 第 1. 会 長 挨 拶 2. 大 学 出 席 者 紹 介 大 学 近 況 報 告 3. 議 事 1 平 成 2 3 年 度 事 業 報 告

More information

目 次 1. AO 入 試 導 入 の 経 緯 と 狙 い 2. AO 入 試 の 実 施 概 要 と 特 徴 3. AO 入 試 入 学 者 への 評 価 4. 入 試 広 報 ( 高 校 との 信 頼 関 係 構 築 ) 5. AO 入 試 の 課 題 2

目 次 1. AO 入 試 導 入 の 経 緯 と 狙 い 2. AO 入 試 の 実 施 概 要 と 特 徴 3. AO 入 試 入 学 者 への 評 価 4. 入 試 広 報 ( 高 校 との 信 頼 関 係 構 築 ) 5. AO 入 試 の 課 題 2 東 北 大 学 ( 配 布 説 明 資 料 ) 教 育 再 生 実 行 会 議 委 員 視 察 H25.8.1 目 次 1. AO 入 試 導 入 の 経 緯 と 狙 い 2. AO 入 試 の 実 施 概 要 と 特 徴 3. AO 入 試 入 学 者 への 評 価 4. 入 試 広 報 ( 高 校 との 信 頼 関 係 構 築 ) 5. AO 入 試 の 課 題 2 東 北 大 学 の 概 要

More information

全 国 学 力 学 習 状 況 調 査 の 結 果 に 寄 与 したと 考 えられる 取 組 授 業 における 取 組 読 解 力 表 現 力 を 高 めるための 指 導 の 充 実 継 続 書 き 方 の 手 引 き の 活 用 による 読 解 力 表 現 力 の 向 上 中 学 生 に 多 くみ

全 国 学 力 学 習 状 況 調 査 の 結 果 に 寄 与 したと 考 えられる 取 組 授 業 における 取 組 読 解 力 表 現 力 を 高 めるための 指 導 の 充 実 継 続 書 き 方 の 手 引 き の 活 用 による 読 解 力 表 現 力 の 向 上 中 学 生 に 多 くみ 読 解 力 表 現 力 を 育 てる 指 導 の 実 践 例 国 語 の 記 述 式 問 題 の 結 果 が 顕 著 に 良 好 な 中 学 校 の 例 学 校 紹 介 学 校 種 校 区 内 小 学 校 学 級 数 生 徒 数 中 学 校 ( 平 成 4 年 開 校 ( 近 隣 2 校 の 統 合 による )) 5 校 計 6 学 級 第 1 学 年 1 学 級 ( 約 30 名 ) ( 約 130

More information

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書 平 成 26 年 度 文 部 科 学 省 委 託 調 査 研 究 者 等 の 業 績 に 関 する 評 価 に 関 する 調 査 分 析 報 告 書 平 成 27 年 3 月 本 報 告 書 は 文 部 科 学 省 の 平 成 26 年 度 研 究 開 発 評 価 推 進 調 査 委 託 事 業 による 委 託 業 務 として 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 が 実 施 した 平 成 26

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) 平 成 6 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 ()

More information

委託契約書

委託契約書 資 料 目 次 資 料 1 福 岡 女 子 大 学 の 沿 革 資 料 2 公 立 大 学 法 人 福 岡 女 子 大 学 中 期 目 標 中 期 計 画 資 料 3 福 岡 女 子 大 学 改 革 基 本 計 画 の 概 要 資 料 4 福 岡 県 の 主 要 施 策 資 料 5 福 岡 県 の 貿 易 額 の 推 移 資 料 6 福 岡 県 の 輸 出 入 国 ( 地 域 ) 順 位 表 資 料

More information

地 方 分 権 と 交 通 社 会 H630 特 別 企 画 プロジェクト 喜 多 秀 行 鳥 取 大 学 工 学 部 教 授 成 田 頼 明 横 浜 国 立 大 学 名 誉 教 授 武 内 和 彦 東 京 大 学 大 学 院 農 学 生 命 科 学 研 究 科 教 授 岡 野 行 秀 ( 財 ) 道 路 経 済 研 究 所 理 事 長 白 石 真 澄 東 洋 大 学 経 済 学 部 助 教 授 森

More information

1. 法 人 の 概 要 1-1. 法 人 名 設 置 する 各 学 校 名 及 び 所 在 地 学 校 法 人 名 学 校 法 人 安 達 学 園 理 事 長 名 髙 嶋 芳 男 法 人 設 立 認 可 年 月 日 昭 和 37 年 12 月 28 日 郵 便 番 号 509-6192 所 在 地

1. 法 人 の 概 要 1-1. 法 人 名 設 置 する 各 学 校 名 及 び 所 在 地 学 校 法 人 名 学 校 法 人 安 達 学 園 理 事 長 名 髙 嶋 芳 男 法 人 設 立 認 可 年 月 日 昭 和 37 年 12 月 28 日 郵 便 番 号 509-6192 所 在 地 平 成 23 年 度 事 業 報 告 書 学 校 法 人 安 達 学 園 1. 法 人 の 概 要 1-1. 法 人 名 設 置 する 各 学 校 名 及 び 所 在 地 学 校 法 人 名 学 校 法 人 安 達 学 園 理 事 長 名 髙 嶋 芳 男 法 人 設 立 認 可 年 月 日 昭 和 37 年 12 月 28 日 郵 便 番 号 509-6192 所 在 地 岐 阜 県 瑞 浪 市 土

More information

 

  新 公 益 法 人 制 度 新 制 度 のポイント 総 論 1- 制 度 のポイント 2- 移 行 申 請 の 検 討 のポイント 移 行 認 定 編 (1) 基 礎 編 - 事 業 と 財 務 の 分 析 (2) 実 践 編 1- 事 業 の 公 益 性 2- 別 表 Gの 作 成 3- 収 支 相 償 公 益 目 的 事 業 比 率 4- 別 表 C(2)の 作 成 控 除 対 象 財 産 5-その

More information

最近10年間の動き(平成11年7月~21年6月)

最近10年間の動き(平成11年7月~21年6月) 第 11 章 税 務 協 力 体 制 第 1 節 関 係 民 間 団 体 1 日 本 税 理 士 会 連 合 会 (1) 組 織 等 の 状 況 日 本 税 理 士 会 連 合 会 ( 以 下 この 節 において 日 税 連 という )は 原 則 として 国 税 局 ( 沖 縄 国 税 事 務 所 を 含 む 以 下 この 章 において 国 税 局 ( 所 ) という )の 管 轄 区 域 ごとに

More information

AO-29-通し.indd

AO-29-通し.indd 平 成 29 年 度 (2017 年 度 ) 教 育 学 部 学 校 教 育 課 程 AO 入 試 学 生 募 集 要 項 添 付 用 紙 ( 綴 じ 込 み) この 要 項 には, 次 の 本 学 部 所 定 の 用 紙 が 綴 じ 込 みで 添 付 されています AO 入 試 志 願 票 AO 入 試 写 真 票 受 験 票 AO 入 試 自 己 推 薦 書 AO 入 試 自 己 推 薦 書 補

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031362E30342E30315F91E5924A91E58A77925A8AFA91E58A7795948A7791A5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031362E30342E30315F91E5924A91E58A77925A8AFA91E58A7795948A7791A5> 大 谷 大 学 短 期 大 学 部 学 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 大 谷 大 学 短 期 大 学 部 ( 以 下 本 学 という )は 教 育 基 本 法 及 び 学 校 教 育 法 による 短 期 大 学 として 仏 教 の 精 神 に 基 づき 職 業 に 必 要 な 専 門 教 育 を 施 し 教 養 ある 有 能 な 社 会 人 を 育 成 することを 目 的 とする

More information

・職員研修等において,法令遵守に関する講義を実施する。

・職員研修等において,法令遵守に関する講義を実施する。 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 平 成 25 年 度 の 業 務 運 営 に 関 する 計 画 ( 年 度 計 画 ) 平 成 25 年 3 月 29 日, 届 出 平 成 25 年 度 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目

More information

係 内 や 課 内 で 職 員 間 の 意 思 の 疎 通 をより 一 層 図 り 係 課 をはじめとする 各 所 属 間 での 横 断 的 な 業 務 の 進 め 方 を 検 討 していくことによって 区 民 の 立 場 にたった 充 実 した 市 民 サービスを 提 供 していく 灘 区 区 長

係 内 や 課 内 で 職 員 間 の 意 思 の 疎 通 をより 一 層 図 り 係 課 をはじめとする 各 所 属 間 での 横 断 的 な 業 務 の 進 め 方 を 検 討 していくことによって 区 民 の 立 場 にたった 充 実 した 市 民 サービスを 提 供 していく 灘 区 区 長 行 政 経 営 品 質 向 上 のための 各 部 局 の 具 体 的 な 取 り 組 み 行 財 政 改 善 懇 談 会 資 料 4 平 成 15 年 3 月 27 日 行 政 経 営 品 質 向 上 のための 取 り 組 み 各 局 室 区 における 災 害 事 故 発 生 を 想 定 した 図 上 訓 練 の 実 施 危 機 管 理 研 修 の 実 施 危 機 管 理 公 正 さの 確 保 全

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8EA98CC8935F8C9F955D89BF81699640906C8E9696B18BC78DC58F498A6D944694C5816A313030322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8EA98CC8935F8C9F955D89BF81699640906C8E9696B18BC78DC58F498A6D944694C5816A313030322E646F63> 学 校 自 己 評 価 報 告 書 ( 平 成 24 年 度 ) 平 成 25 年 7 月 学 校 法 人 電 波 学 園 あいち 情 報 専 門 学 校 学 校 評 価 委 員 会 委 員 長 加 藤 仁 志 ( 校 長 ) 総 括 責 任 者 渡 邉 栄 二 ( 教 務 科 長 ) 目 次 ( 点 検 中 項 目 一 覧 ) 基 準 1 教 育 理 念 目 的 育 成 人 材 像 等 1-1 理

More information

学 歌

学 歌 学 歌 平 成 0 年 度 学 年 暦 ( 工 学 部 ) 平 成 0 年 度 学 年 暦 ( 情 報 工 学 部 ) 目 次 九 州 工 業 大 学 のあゆみ 学 科 の 変 遷 3 組 織 6 九 州 工 業 大 学 学 則 7 工 学 部 Ⅰ 九 州 工 業 大 学 工 学 部 学 修 細 則 4 人 間 科 学 科 目 履 修 課 程 表 ⑴ 人 間 科 学 基 礎 科 目 8 ⑵ 副 専

More information

平成十八年山形県議会十一月定例会会議録 平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十一時二十二分 開会 議事日程第一号  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十時開議 第一   会議録署名議員の指名 第二   会期の決定 第三   平成十七年度山形県一般

平成十八年山形県議会十一月定例会会議録  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十一時二十二分 開会  議事日程第一号  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十時開議 第一   会議録署名議員の指名 第二   会期の決定 第三   平成十七年度山形県一般 山 形 県 議 決 算 特 別 議 録 ( 平 成 二 十 五 年 度 決 算 ) 平 成 二 十 六 年 十 月 八 日 ( 水 曜 日 ) 午 後 三 時 四 十 六 分 開 出 席 ( 四 十 名 ) 草 島 進 一 金 子 敏 明 菊 池 文 昭 石 黒 覚 矢 吹 栄 修 山 科 朝 則 小 松 伸 也 佐 藤 昇 島 津 良 平 渡 辺 ゆ り 子 吉 村 和 武 楳 津 博 士 髙 橋

More information

目 次 第 1 部 第 次 実 施 計 画 について 1 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 の 趣 旨 教 育 基 本 計 画 これまでの( 平 成 年 度 ~ 平 成 6 年 度 )の 総 括 について 4 第 次 実 施 計 画 の 目 的 と 期 間 10 4 実 施 計 画 の 基 本

目 次 第 1 部 第 次 実 施 計 画 について 1 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 の 趣 旨 教 育 基 本 計 画 これまでの( 平 成 年 度 ~ 平 成 6 年 度 )の 総 括 について 4 第 次 実 施 計 画 の 目 的 と 期 間 10 4 実 施 計 画 の 基 本 第 4 回 教 育 基 本 計 画 審 議 会 資 料 平 成 8 年 月 15 日 学 びあい 響 きあう ちがさき 教 育 プラン 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 第 次 実 施 計 画 平 成 8 年 度 ~ 平 成 0 年 度 (016 年 度 ~018 年 度 ) ( 案 ) この 資 料 は 現 在 策 定 中 の 第 次 実 施 計 画 ( 案 )より 一 部 を 抜 粋 したものです

More information

(2)大学・学部・研究科等の理念・目的が、大学構成員(教職員および学生)に周知され、社会に公表されているか

(2)大学・学部・研究科等の理念・目的が、大学構成員(教職員および学生)に周知され、社会に公表されているか 平 成 23 年 度 自 己 報 告 書 1 理 念 目 的 (1) 大 学 学 部 研 究 科 等 の 理 念 目 的 は 適 切 に 設 定 されているか 平 成 19 年 6 月 に の 目 標 として 大 学 の 発 展 に 貢 献 する 力 のある 組 織 とい う 共 通 の 目 標 を 掲 げ この 目 標 を 常 に 念 頭 に 置 きながら 日 々の 業 務 に 当 たっている さらに

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3235944E93788A778D5A9640906C96BE8FF28A7789408E968BC68EC090D195F18D908F91814090B38140>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3235944E93788A778D5A9640906C96BE8FF28A7789408E968BC68EC090D195F18D908F91814090B38140> 事 業 実 績 報 告 書 平 成 25 年 度 学 校 法 人 明 浄 学 院 学 校 法 人 明 浄 学 院 平 成 25 年 度 事 業 実 績 報 告 書 法 人 の 概 要 建 学 の 精 神 明 (あか)く 浄 (きよ)く 直 (なお)く の 精 神 に 則 り 豊 かな 心 と 深 い 教 養 を 備 え 知 性 に 輝 く 有 為 の 人 材 の 育 成 主 な 沿 革 1921.4

More information

します します します します 2. 取 締 役 の 報 酬 は 役 位 別 定 額 報 酬 および 業 績 連 動 型 報 酬 からなる 金 銭 報 酬 とストックオプション 報 酬 で 構 成 します ただし 社 外 取 締 役 の 金 銭 2. 取 締 役 の 報 酬 は 役 位 別 定 額

します します します します 2. 取 締 役 の 報 酬 は 役 位 別 定 額 報 酬 および 業 績 連 動 型 報 酬 からなる 金 銭 報 酬 とストックオプション 報 酬 で 構 成 します ただし 社 外 取 締 役 の 金 銭 2. 取 締 役 の 報 酬 は 役 位 別 定 額 コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです Kuraray Co., Ltd. 最 終 更 新 日 :2016 年 4 月 8 日 株 式 会 社 クラレ 代 表 取 締 役 社 長 伊 藤 正 明 問 合 せ 先 :03-6701-1075 : 証 券 コード:3405 http://www.kuraray.co.jp/index.html

More information

Microsoft PowerPoint - no13_20130321_akiyama

Microsoft PowerPoint - no13_20130321_akiyama 高 等 教 育 政 策 における 内 部 質 保 証 について 2013 年 3 月 21 日 ( 木 ) 教 育 の 内 部 質 保 証 システム 構 築 に 関 するセミナー 文 部 科 学 省 高 等 教 育 局 高 等 教 育 政 策 室 室 長 補 佐 / 大 学 評 価 専 門 官 秋 山 卓 也 65% of today s grade school children may end

More information

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した 平 成 23 年 度 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 (1) 教 育 の 内 容 及 び 教 育 の 成 果 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 学 士 課

More information

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 平 成 27 年 12 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 研 究 会 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 研 究 会 名 簿 ( 平 成 27 年 12 月 ) < 委 員 > ( 敬 称 略 五 十 音 順 ) 石 毛

More information

本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大 学 校 に 改 組 修 業 年 限 を1 年 制 から2 年 制 に 改

本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大 学 校 に 改 組 修 業 年 限 を1 年 制 から2 年 制 に 改 平 成 2 9 年 度 ( 学 生 募 集 要 項 ) 畜 産 経 営 学 科 畑 作 園 芸 経 営 学 科 農 業 経 営 研 究 科 稲 作 経 営 専 攻 コ ー ス 本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大

More information

2014

2014 (1) () (2) 240 332 (3) 432-8561 0534781010 2014 e-learning 静 岡 大 学 のビジョン 自 由 啓 発 未 来 創 成 静 岡 大 学 は 質 の 高 い 教 育 と 創 造 的 な 研 究 を 推 進 し, 社 会 と 連 携 し,ともに 歩 む 存 在 感 のある 大 学 を 目 指 します ( 詳 しくは http://www.shizuoka.ac.jp/outline/vision/mission/index.html

More information

◎最終 HPアップ版 ☆高校等の授業料無償化の拡大.ppt[読み取り専用] [互換モード]

◎最終 HPアップ版 ☆高校等の授業料無償化の拡大.ppt[読み取り専用] [互換モード] 高 校 等 の 授 業 料 無 償 化 の 拡 大 詳 細 資 料 - 生 徒 が 自 らの 希 望 や 能 力 によって 自 由 に 学 校 選 択 できる 機 会 を 提 供 - 平 成 23 年 3 月 大 阪 府 本 資 料 は 今 回 の 具 体 的 な 制 度 設 計 今 後 の 制 度 の 点 検 さらには 将 来 に 制 度 の 見 直 しが 生 じる 場 合 などを 想 定 して

More information

若 手 看 護 学 教 員 のFDに 関 する 多 様 な 支 援 の 実 際 平 成 25 年 度 看 護 学 科 FD 委 員 会 活 動 ( 一 部 )から The practice of various supports about the Faculty Development for j

若 手 看 護 学 教 員 のFDに 関 する 多 様 な 支 援 の 実 際 平 成 25 年 度 看 護 学 科 FD 委 員 会 活 動 ( 一 部 )から The practice of various supports about the Faculty Development for j The practice of various supports about the Faculty Development for junior nursing faculty 若 手 看 護 学 教 員 のFDに 関 する 多 様 な 支 援 の 実 際 平 成 25 年 度 看 護 学 科 FD 委 員 会 活 動 ( 一 部 )から The practice of various supports

More information

??P019?098

??P019?098 英 語 教 育 分 野 第 1 節 英 語 教 育 における 学 士 力 の 考 察 今 日 の 国 際 社 会 は 国 境 や 言 語 の 枠 組 みを 越 えてあらゆる 活 動 が 進 展 し 地 球 規 模 での 情 報 交 流 が 日 常 化 しており 世 界 共 通 言 語 としての 英 語 の 活 用 力 なくしては 文 化 的 経 済 的 に 豊 かな 生 活 を 送 る ことが 困

More information

個 人 情 報 の 取 り 扱 いについて 出 願 および 入 学 手 続 にあたってお 知 らせいただいた 氏 名 住 所 その 他 の 個 人 情 報 は 1 入 学 試 験 実 施 ( 出 願 処 理 試 験 実 施 )2 合 格 発 表 3 入 学 手 続 と これらに 付 随 する 事 項

個 人 情 報 の 取 り 扱 いについて 出 願 および 入 学 手 続 にあたってお 知 らせいただいた 氏 名 住 所 その 他 の 個 人 情 報 は 1 入 学 試 験 実 施 ( 出 願 処 理 試 験 実 施 )2 合 格 発 表 3 入 学 手 続 と これらに 付 随 する 事 項 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 上 智 大 学 大 学 院 入 試 要 項 ( 共 通 ) 文 学 研 究 科 ( 哲 学 専 攻 ) 実 践 宗 教 学 研 究 科 ( 死 生 学 専 攻 ) 含 む この 入 試 要 項 ( 共 通 )には 上 智 大 学 大 学 院 入 学 試 験 における 全 専 攻 共 通 事 項 ( 出 願 資 格 出 願 手 続 入 試 日 程 奨 学

More information

前回の改正労働基準法案の制定経緯

前回の改正労働基準法案の制定経緯 参 考 資 料 3 規 制 改 革 会 議 雇 用 ワーキング グ ループ 提 出 資 料 ( 平 成 26 年 4 月 25 日 ) 多 様 な 正 社 員 (ジョブ 型 正 社 員 )について 3. 多 様 な 正 社 員 の 普 及 拡 大 平 成 26 年 4 月 22 日 ( 火 ) 第 4 回 経 済 財 政 諮 問 会 議 産 業 競 争 力 会 議 合 同 会 議 田 村 厚 生 労

More information

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 計 画 書 福 岡 県 教 育 委 員 会 目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経

More information

人材育成基本方針

人材育成基本方針 吹 田 市 人 材 育 成 基 本 方 針 社 会 の 変 革 に 対 応 できる 人 材 づくり 平 成 24 年 (2012 年 ) 公 務 制 度 改 革 -1- -2- 新 たな 人 材 育 成 基 本 方 針 の 策 定 にあたって 今 日 本 社 会 は 大 きな 転 換 期 にあります 市 場 や 情 報 がグローバル 化 し 少 子 化 や 人 口 減 少 は 歯 止 めがかからず

More information

目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議

目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議 参 考 資 料 1 日 本 語 能 力 が 十 分 でない について 平 成 28 年 3 月 22 日 文 部 科 学 省 目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人

More information

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案 平 成 24 年 度 事 業 計 画 1. 租 研 をめぐる 環 境 わが 国 は 内 外 の 経 済 社 会 構 造 の 激 しい 変 化 の 中 で 短 期 中 長 期 共 に 多 くの 問 題 に 直 面 し ている 昨 年 発 生 した 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 については 政 府 による 復 興 対 策 や 税 制 特 例 措 置 等 により 今 後 の 日 本 経

More information

2 教 育 研 究 組 織 貴 大 学 の 基 本 理 念 を 実 現 するために 3 学 部 2 研 究 科 を 基 本 組 織 とし 大 学 の 基 本 理 念 にかかわる 全 学 共 通 教 育 を 司 る 共 通 教 育 機 構 地 域 貢 献 活 動 を 展 開 する 拠 点 となる 附

2 教 育 研 究 組 織 貴 大 学 の 基 本 理 念 を 実 現 するために 3 学 部 2 研 究 科 を 基 本 組 織 とし 大 学 の 基 本 理 念 にかかわる 全 学 共 通 教 育 を 司 る 共 通 教 育 機 構 地 域 貢 献 活 動 を 展 開 する 拠 点 となる 附 山 口 県 立 大 学 に 対 する 大 学 評 価 ( 認 証 評 価 ) 結 果 Ⅰ 評 価 結 果 評 価 の 結 果 貴 大 学 は 本 協 会 の 大 学 基 準 に 適 合 していると 認 定 する 認 定 の 期 間 は2019( 平 成 31) 年 3 月 31 日 までとする Ⅱ 総 評 貴 大 学 は 1941( 昭 和 16) 年 設 立 の 山 口 県 立 女 子 専 門 学

More information

<受賞団体の取組概要>

<受賞団体の取組概要> 別 紙 < 受 賞 団 体 の 取 組 概 要 > 最 優 秀 賞 諏 訪 市 教 育 委 員 会 諏 訪 市 ものづくり 委 員 会 諏 訪 市 内 全 小 中 学 校 11 校 ( 小 学 校 7 校 中 学 校 4 校 ) 学 校 支 援 地 域 本 部 中 州 小 学 校 学 校 運 営 協 議 会 諏 訪 市 校 長 会 及 び 教 頭 会 諏 訪 市 経 済 部 商 工 課 諏 訪 商

More information

第 2 章 ステークホルダーとの 関 係 1. 株 主 の 権 利 平 等 性 の 確 保 すべての 株 主 に 対 し 対 話 と 情 報 開 示 を 通 じて 平 等 性 が 実 質 的 に 確 保 されるよう 努 める とともに 株 主 利 益 に 影 響 を 与 える 可 能 性 のある 事

第 2 章 ステークホルダーとの 関 係 1. 株 主 の 権 利 平 等 性 の 確 保 すべての 株 主 に 対 し 対 話 と 情 報 開 示 を 通 じて 平 等 性 が 実 質 的 に 確 保 されるよう 努 める とともに 株 主 利 益 に 影 響 を 与 える 可 能 性 のある 事 ヤマトホールディングス コーポレートガバナンス ガイドライン 第 1 章 総 則 1. 目 的 ヤマトホールディングス( 以 下 当 社 という)およびヤマトグループにおけるコーポレ ートガバナンス ガイドライン( 以 下 当 ガイドラインという)を 制 定 し 経 営 の 健 全 性 の 確 保 および 迅 速 かつ 適 正 な 意 思 決 定 と 事 業 遂 行 の 実 現 に 向 け 実 効

More information

5) 修 了 要 件 19 6)ディプロマ ポリシー 19 7) 学 位 記 の 授 与 19 7. 施 設 設 備 等 の 整 備 計 画 20 1) 校 舎 等 施 設 の 整 備 計 画 20 2) 図 書 等 の 整 備 計 画 20 8. 既 設 の 学 部 との 関 係 20 9. 入

5) 修 了 要 件 19 6)ディプロマ ポリシー 19 7) 学 位 記 の 授 与 19 7. 施 設 設 備 等 の 整 備 計 画 20 1) 校 舎 等 施 設 の 整 備 計 画 20 2) 図 書 等 の 整 備 計 画 20 8. 既 設 の 学 部 との 関 係 20 9. 入 設 置 の 趣 旨 等 を 記 載 した 書 類 目 次 1. 設 置 の 趣 旨 及 び 必 要 性 1 1) 本 学 園 横 浜 創 英 大 学 の 沿 革 1 2) 本 学 園 における 看 護 系 短 期 大 学 大 学 の 設 置 の 状 況 1 3) 大 学 院 看 護 学 研 究 科 設 置 の 必 要 性 2 (1) 設 置 の 社 会 的 背 景 2 (2) 地 域 から 見 た

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

平 成 27 年 度 学 部 学 生 による 自 主 研 究 奨 励 事 業 研 究 成 果 報 告 書 ふりがな よしだ ゆみこ 学 部 法 学 部 国 際 学 年 3 年 氏 名 吉 田 有 美 子 学 科 公 共 政 策 学 科 ふりがな かいぬま しゅうへい 学 部 法 学 部 国 際 学

平 成 27 年 度 学 部 学 生 による 自 主 研 究 奨 励 事 業 研 究 成 果 報 告 書 ふりがな よしだ ゆみこ 学 部 法 学 部 国 際 学 年 3 年 氏 名 吉 田 有 美 子 学 科 公 共 政 策 学 科 ふりがな かいぬま しゅうへい 学 部 法 学 部 国 際 学 Title 組 織 マネジメントの 理 論 と 実 践 Author(s) 吉 田, 由 美 子 Citation 平 成 27 年 度 学 部 学 生 による 自 主 研 究 奨 励 事 業 研 究 成 果 報 告 書 Issue 2016-03 Date Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/11094/54689 DOI Rights

More information

<30308A7795F1955C8E86202E6169>

<30308A7795F1955C8E86202E6169> 弘 前 大 学 学 報 リンゴとチューリップのフェスティバル 第 98 号 平 成 24 年 5 月 号 目 次 学 内 ニュース 医 用 システム 開 発 マイスター 養 成 塾 成 果 発 表 会 を 開 催 1 2012 年 度 留 学 説 明 会 を 開 催 2 リンゴとチューリップのフェスティバル を 開 催 3 世 の 中 講 座 in 弘 前 大 学 を 開 催 4 文 部 科 学 省

More information