訪 れたのは 内 科 医 鍼 灸 師 運 動 療 法 士 アロマテラピスト タイ 式 マッサージ 施 術 者 ポラリティーセラピスト クラニ オセイクラルセラピスト イトオテルミー 療 術 師 マクロビ オティック 講 師 栄 養 士 などの 資 格 をもつメンバーで 組 織 さ れた 私 を 含

Size: px
Start display at page:

Download "訪 れたのは 内 科 医 鍼 灸 師 運 動 療 法 士 アロマテラピスト タイ 式 マッサージ 施 術 者 ポラリティーセラピスト クラニ オセイクラルセラピスト イトオテルミー 療 術 師 マクロビ オティック 講 師 栄 養 士 などの 資 格 をもつメンバーで 組 織 さ れた 私 を 含"

Transcription

1 被 災 地 を 訪 問 して 感 じたこと ボディサイコセラピー( 身 体 心 理 療 法 )の 視 点 から BIPS ディレクター リズムセラピー 研 究 所 所 長 贄 川 治 樹 まえがき 東 日 本 大 震 災 後 5ヶ 月 経 ってはじめて 被 災 地 を 訪 れました 訪 れた8 月 1 日 からの4 日 間 のうち2 日 間 は 友 人 が 代 表 理 事 を 務 める NPO 法 人 の 支 援 活 動 にボランティアとして 参 加 し 残 りの2 日 間 は 宮 城 県 で 勤 務 するカウ ンセラー 達 とともに 宮 城 県 で 津 波 の 被 害 がひどかった 地 域 をまわり 10 名 ほどの 産 業 カウンセラーとスクール カウンセラーとお 会 いして 被 災 地 で 何 が 起 きているのか 話 を 伺 いました 今 回 このレポートを 書 くにあたり NPO 法 人 名 カウンセラー 名 は 匿 名 で 記 載 します 彼 らの 協 力 がなければ 被 災 地 を 訪 れて 多 くの 方 とお 会 いすることができなかったことを 考 えると 感 謝 とともに 名 称 や 名 前 を 明 記 したい 気 持 ちはあります しかし このレポートは 単 なる 活 動 報 告 ではなく 被 災 者 やカウンセラーの 方 々との 関 わりで 感 じたことを 不 特 定 多 数 の 方 にお 伝 えしたいために 名 称 や 名 前 を 明 記 することによって 地 域 や 個 人 を 特 定 してし まうリスクがあることから 匿 名 とさせて 頂 きます 私 を 信 頼 して 話 してくださった 方 々の 尊 厳 と 個 人 情 報 を 遵 守 するためですので ご 了 承 ください このレポートは 統 計 的 な 客 観 的 データに 基 づいたものではなく あくまでも 個 人 の 主 観 的 な 体 験 の 記 録 であるた め 偏 ったとらえ 方 になると 思 います そのようなものであっても 今 後 の 支 援 を 考 えるために 個 人 の 体 験 談 と して 参 考 にして 頂 ければ 幸 いです まず NPO 法 人 の 支 援 活 動 についてご 説 明 します この NPO 法 人 は 大 震 災 前 から タッチケアの 必 要 性 を 感 じ る 施 設 にケアチームを 送 り 込 む 活 動 を 行 い 必 要 とあらば 海 外 までケアチームを 派 遣 す る 素 晴 らしい 団 体 です 大 震 災 後 は 何 度 も 被 災 地 を 訪 れ 支 援 物 資 の 供 給 や 被 災 者 のからだのケアをボランティアで 行 ってい ます そのような 支 援 活 動 を 行 うなかで 6 月 にボランティアが 殆 ど 入 っていない 地 域 に 巡 り 会 いました 支 援 が 少 ないという 理 由 からでしょうか NPO 法 人 スタッフが 地 元 の 方 々のからだのケアをしていて こ の 地 域 の 人 は ほかの 地 域 に 比 べてからだ が 固 い ことを 実 感 したことが 再 び 訪 れ ようと 思 った 理 由 とのことでした そして 今 回 その 地 域 への2 度 目 の 訪 問 となり タッチケアで 入 った 保 育 園 タッチケアの 後 お 礼 として 踊 ってくれた 私 もチームに 参 加 させて 頂 きました 今 回 1

2 訪 れたのは 内 科 医 鍼 灸 師 運 動 療 法 士 アロマテラピスト タイ 式 マッサージ 施 術 者 ポラリティーセラピスト クラニ オセイクラルセラピスト イトオテルミー 療 術 師 マクロビ オティック 講 師 栄 養 士 などの 資 格 をもつメンバーで 組 織 さ れた 私 を 含 めて12 名 チームでした 普 段 各 々が 独 立 し て 仕 事 をしている 専 門 性 の 高 いメンバーであるため いい 連 携 が 取 れ 3 箇 所 にある 仮 設 住 宅 の 談 話 室 での 施 術 宿 泊 施 設 での 夜 の 施 術 保 育 園 でのタッチケア 中 学 校 での 先 生 達 への 施 術 を 行 い 3 日 間 で100 名 以 上 の 被 災 者 のケアを 行 いました カウンセラー 達 と 廻 った 地 域 は 気 仙 沼 市 南 三 陸 町 女 川 町 石 巻 市 東 松 山 市 名 取 市 です その 時 に 撮 影 した 画 像 を 文 中 に 掲 載 していきます すでに 震 災 から5ヶ 月 が 経 ってい ますので 瓦 礫 撤 去 作 業 が 大 分 進 んでいる 状 況 で 魚 の 腐 っ た 悪 臭 やハエなどは 殆 ど 気 になりませんでした それでも 多 くの 方 に 津 波 の 被 害 のすさまじさを 知 って 頂 きたく 画 像 を 掲 載 します 今 回 廻 ってみて 思 ったのは 津 波 の 被 害 に 遭 っ 気 仙 沼 市 魚 町 にある 酒 屋 1 階 部 分 が 損 壊 して 潰 れてし た 地 域 と そうでない 地 域 は 全 く 異 なった 世 界 だったとい まっている うことです 津 波 に 遭 っていない 地 域 の 町 並 みは 外 から 見 る 限 りではすでに 日 常 を 取 り 戻 している 印 象 を 持 ちました 反 対 に 津 波 に 遭 った 地 域 は 町 の 形 相 をしていません でした ですから 今 回 は 津 波 の 被 害 に 遭 った 地 域 の 画 像 を 掲 載 します なお 画 像 は 挿 入 されている 文 面 の 内 容 とは 関 係 ありません コミュニティ 再 生 の 必 要 NPO 法 人 メンバーが ボランティアが 殆 ど 入 らない 地 域 に 到 着 してすぐに NPO の 代 表 にある 相 談 をされました 精 神 的 に 不 安 定 な 人 が 仮 設 住 宅 に 居 るので そこに 行 っ て 欲 しい とのことでした メンバーは3 人 組 みのチームになり それぞれが 担 当 す る 仮 設 住 宅 に 向 かい 談 話 室 でマッサージ などのケアをすることを 住 民 に 告 知 しまし た 告 知 後 すぐに 数 名 の 希 望 者 が 来 室 され 休 む 間 もなくケアに 入 りました 2 名 の 施 術 をした 後 に 先 ほど 相 談 された 方 の 仮 設 住 宅 に 僕 を 連 れて 行 くために 病 院 搬 送 のボランティアをしている 男 性 が 迎 えに 来 ました 車 に 乗 り 走 り 出 してすぐに 気 仙 沼 市 南 町 海 岸 の 駐 車 場 に 乗 り 上 げた 漁 船 その 脇 を 何 事 もないように 車 が 行 き 交 う 2

3 これから 向 かう 精 神 的 に 不 安 定 な 人 について 話 し 始 めました 私 が 病 院 搬 送 をしている 鈴 木 さん( 仮 名 59 歳 男 性 )という 方 ですが 彼 はいろいろな ところで 喧 嘩 をして 暴 力 沙 汰 に 起 こしていま す 病 院 で 貰 った 薬 が 効 かないと 思 うと 病 院 のスタッフと 喧 嘩 をし 相 談 に 行 った 災 害 対 策 本 部 の 対 応 が 悪 いと 思 うと 本 部 に 乗 り 込 ん で 喧 嘩 をしたりと いろいろなところで 喧 嘩 をする 困 った 方 です 今 回 暴 力 がひどかっ たので 駐 在 所 では もう 暴 力 はしないという 誓 約 書 を 書 いて 貰 ったようですが その 対 応 にも 不 服 のようです 鈴 木 さんのストレスが 気 仙 沼 市 鹿 折 地 区 にある 歩 道 橋 津 波 と 火 災 によって 鉄 製 の 手 すりが 歪 ん 少 しでも 下 がって 楽 になって 貰 うよう 会 っ でしまっている て 貰 いたいのです 鈴 木 さんには 高 血 圧 と 不 眠 の 症 状 があり 病 院 で 薬 を 処 方 して 貰 っていますが もしかしたら 睡 眠 薬 を 多 く 飲 んで 意 識 状 態 に 影 響 が 出 てい るかもしれません 薬 や 高 血 圧 のこともあるので NPO メンバーの 内 科 医 とともに 仮 設 住 宅 の 鈴 木 さんの 部 屋 に 向 かうことにしま した 幸 いなことにその 内 科 医 は 仮 設 住 宅 の 談 話 室 ですでに 鈴 木 さんにマッサージをしていたので 状 況 が 少 し 分 かりました マッサージを 受 けている 時 もよく 喋 り 話 題 が 災 害 対 策 本 部 の 対 応 の 話 になると 感 情 が 激 高 して いき 同 じ 談 話 室 でマッサージを 受 けている 他 の 住 民 は 退 いていくとのことでした 2 日 間 という 短 い 時 間 しか 関 わることができませんし 本 人 が 心 理 療 法 を 希 望 されている 訳 でもないので 何 ができるか 答 えの 出 ないまま と りあえず 会 ってみることにしました 鈴 木 さんの 部 屋 に 入 っていくと そこには 小 柄 ではありましたが 筋 肉 質 で 日 焼 けした 男 性 が 居 ました 病 院 搬 送 をしている 方 とはある 程 度 良 い 関 係 が 築 け ているようで 鈴 木 さんは 上 機 嫌 でした そ の 時 に 少 しずつ 会 話 に 入 っていくようにし て 様 子 をうかがいました 内 科 医 が 処 方 さ れた 薬 を 確 認 したところ 強 い 薬 は 処 方 され ていないということで 鈴 木 さんの 高 血 圧 は 気 持 ちの 高 揚 からきているとのことでした 鈴 木 さんが 激 高 する 災 害 対 策 本 部 でのこと は 病 院 搬 送 のボランティアをしている 男 性 からの 話 では 鈴 木 さんのとらえ 方 は かな り 歪 んでおり 被 害 妄 想 が 強 いこともわかり ました 具 体 的 に 事 実 と 照 らし 合 わす 時 間 的 余 裕 がなかったため 人 格 障 害 レベルなのか どうかは 判 断 できませんでした 気 仙 沼 市 鹿 折 に 置 き 去 りにされた かなりの 台 数 の 焼 けた 車 3

4 ただし 激 高 はするけれど 話 を 聴 いていて 鈴 木 さんに 共 感 する 部 分 も 多 く 感 じられた ので より 彼 に 関 わりたい 気 持 ちが 自 分 の なかに 生 まれていきました 鈴 木 さんは 中 国 地 方 で 長 い 間 便 利 屋 の 仕 事 をしていましたが その 事 業 がうまく 行 かなくなり 事 業 者 の 親 戚 を 頼 って 今 の 地 域 に 移 り 住 み 80 歳 の 旦 那 さんと65 歳 の 奥 さんのもとで 養 殖 の 仕 事 をしていた とのことでした 残 念 なことに その 養 殖 を 営 んでいたご 夫 婦 は 津 波 によって 鈴 木 さんの 目 の 前 で 流 されてしまったそうです 気 仙 沼 市 鹿 折 津 波 と 火 災 によって 損 壊 した 倉 庫 か 工 場 また 徐 々に 心 を 開 いて 話 してくれたこと には 大 震 災 が 起 きる 前 までは 挨 拶 もろくにできず 殆 ど 話 すことができなかったそうです 俺 は 女 性 と 付 き 合 ったこともねぇんだ という 言 葉 も 印 象 的 でした 情 緒 的 にはひきこもり 状 態 だったのでしょう 養 殖 を 営 んでいたご 夫 妻 が 鈴 木 さんにとって 唯 一 の 社 会 との 接 点 でした そのご 夫 妻 が 目 の 前 で 亡 くなったこと は どれほど 鈴 木 さんの 心 を 痛 めつけたことでしょう この 地 域 での 絆 を 失 い 外 界 との 接 点 が 無 くなったことで 生 きている 地 域 に 安 心 感 を 感 じることができず まわりを 敵 視 してしまう 妄 想 が 働 くのも 理 解 できるような 気 持 ち になりました 幸 いなことに 避 難 所 では 45 歳 の 漁 師 さんと 仲 良 くなったそうです その 方 は 漁 師 なので 早 口 で 口 が 悪 かったそ うで 自 分 もその 喋 り 方 の 影 響 を 受 けたと 嬉 しそうに 話 してくれました 話 し 方 の 影 響 を 受 けながら 話 せるよう になったのは それだけその 方 との 関 わりがよかったからでしょう しかし 避 難 所 生 活 が 終 わると その 漁 師 さんは 別 に 地 域 に 移 り 住 んでしまったそうです 鈴 木 さんのパターンを 観 ていくと 親 しく なっていくと 喧 嘩 をするように 思 えました それは 親 密 な 関 係 は 続 かず その 後 には 別 離 が 来 て 傷 く ことを 繰 り 返 したことで 別 離 に 対 する 怒 りが 親 しくなり 心 が 開 か れることで 浮 上 し 喧 嘩 を 起 こしているよ うに 思 えました 実 際 彼 の 激 高 を 感 じて いくと 自 分 自 身 が 尊 重 されていないこと への 苛 立 ちと 悲 しみが 伝 わってきました 今 回 の 大 震 災 によって 彼 の 心 の 深 いとこ ろで 絆 が 切 られる 痛 みを 感 じているよう でした 気 仙 沼 市 鹿 折 海 岸 から 数 百 メートルも 運 ばれた 大 きな 船 手 前 にある 家 は 3 階 の 屋 根 まで 津 波 の 被 害 を 受 けていた 4

5 逆 に それだけ 鈴 木 さんは 親 密 さを 求 めてい るのも 伝 わってきました 鈴 木 さんは 本 来 とても 優 しい 心 の 持 ち 主 であることも 分 かっ てきました 翌 日 は 談 話 室 にマッサージを 受 けに 来 ることを 約 束 してその 日 は 戻 りまし た 病 院 搬 送 ボランティアの 男 性 は 鈴 木 さんは 何 をするかわからないので 彼 の 部 屋 でマッ サージをすることを 勧 めてくれましたが 内 科 医 と 相 談 して 仮 設 住 宅 に 住 むほかの 人 た ちと 繋 がりを 作 る 機 会 を 提 供 したい という 思 いと 談 話 室 には3 人 の 施 術 者 が 居 るので 3 人 から 鈴 木 さんに 多 くのストロークを 与 え 気 仙 沼 市 鹿 折 5ヶ 月 経 っても 海 水 が 退 かないし 瓦 礫 は 大 分 撤 去 された たいという 思 いから 彼 の 部 屋 ではなく 談 話 とはいえ まだまだ 復 興 にはほど 遠 い 室 でマッサージをすることを 提 案 したのでした 翌 日 鈴 木 さんは 談 話 室 に 現 れ マッサージを 受 けてくれました その 時 久 しぶりにからだを 動 かしたから いい 感 じだよ 仮 設 住 宅 の 敷 地 に 生 えている 雑 草 を 抜 いたんだよ でもな 余 計 なことはするなって 怒 られてしまっ たんだ とまんざらでもなさそうな 顔 で 話 をしてくれました 自 分 がコミュニティの 一 員 で 自 分 にもできるこ とがある 他 の 人 に 喜 んで 貰 えることができる そのことで 自 分 を 受 け 入 れて 貰 えることも 実 感 できる そんなこ とを 感 じているようでした マッサージが 終 わり 鈴 木 さんは 家 に 戻 りましたが 数 十 分 してから 鈴 木 さんの 姿 が 見 えました アイスコーヒー をはじめて 作 ったから 味 見 してよ と 言 いながら 大 きなボトルを 持 ってきたのです でもそれは 彼 がそこで 施 術 をしていたメンバーのためにコーヒーを 持 ってきてくれたこと そして 話 をしたがっていることがよく 分 かり ました とても 美 味 しいですよ と 皆 々が 伝 えると 嬉 しそうな 笑 顔 をかえしてくれました その 後 外 に 出 ると 鈴 木 さんは 談 話 室 の 壁 沿 いにあるプランターを 固 定 するために 足 で 砂 利 を 寄 せていました それを 褒 めると 鈴 木 さんは 俺 は 器 用 だからな 何 でも 雑 用 は できるんだ と 答 えてくれました 昨 日 便 利 屋 の 仕 事 をしていたという 話 を 聴 いて 鈴 木 さんに 器 用 ですね と 伝 えたことが 彼 のなかに 残 っていたようなのです それだけ 鈴 木 さんは 分 かりやすく 純 粋 な 人 であることがわかりました そのような 陽 気 な 鈴 木 さんに 対 しては 仮 設 住 宅 に 住 む 他 の 人 も 声 がかけやすくなり 良 気 仙 沼 市 浜 町 建 物 は 損 壊 し 見 る 影 もなく 至 る 所 に 乗 り 上 げた 船 がある 5

6 い 循 環 で 関 係 性 を 取 り 戻 して 行 けそうな 感 じ がしました もちろん 被 害 妄 想 や 認 知 の 歪 みがあり 激 高 しやすさには 意 識 を 向 ける 必 要 はあります が コミュニティに 彼 を 受 け 入 れる 成 熟 さが あれば 大 震 災 まで 喧 嘩 をすることなく 養 殖 を 手 伝 って 生 活 を 送 っていたように 彼 は 落 ち 着 いて 生 活 を 送 ることができると 感 じたの です 夕 食 後 同 じ 仮 設 住 宅 の 施 術 に 入 ったメン バーからショッキングな 報 告 を 受 けました 仮 設 住 宅 の 鈴 木 さんの 部 屋 の 近 くにパトカー 南 気 仙 沼 駅 駅 構 内 の 建 物 の 上 に 乗 っている 家 は どこからか 流 れ 着 いた が 来 て 彼 を 見 張 っていたというのです もう ものらしい その 時 の 鈴 木 さんは 先 ほどまでの 彼 とは 全 く 違 い 不 安 と 怒 りを 覚 えた 形 相 になっていたとのことでした 血 圧 を 測 ると 先 ほどよりかなり 高 くなっていたとの ことです ことの 発 端 は 鈴 木 さんが 病 院 搬 送 ボランティアの 男 性 に 災 害 対 策 本 部 長 宛 に 手 紙 を 清 書 して 欲 しいと 頼 んだこ とでした その 内 容 には 許 せない 殺 してやる という 言 葉 があったことから ボランティアの 男 性 が 色 々な 人 に 相 談 をした 結 果 とにかく 警 察 に 伝 えておかなければならないと 判 断 したのです それは 社 会 的 には 当 然 の 判 断 でしょう もし 伝 えずに 実 際 に 鈴 木 さんが 殺 人 事 件 を 起 こ してしまったなら 人 の 命 が 奪 われてしまいますし その 男 性 もその 死 を 背 負 わなければならなくなりますから 事 件 が 起 きるまで 何 もできない というスタンスの 警 察 が 住 民 を 守 るためにそのような 行 動 に 移 したことは 評 価 できます しかし 私 が 感 じるところでは わざわざ 親 しくなったボラ ンティアの 男 性 にそのような 手 紙 の 清 書 を 頼 むというのは 本 当 に 殺 したいわけではなく 自 分 の 気 持 ちを 彼 に 分 かって 欲 しいということでした このときに 思 ったのは 確 かに 100% 行 動 化 をしないとは 言 えませんから 警 察 が 彼 を 見 張 ることは 適 切 でしょう ただ し 警 察 には せめて 鈴 木 さんに 分 からないように 見 張 って 欲 しかったのです 私 が 滞 在 しているうちに 決 まったことは 警 察 が 見 張 り 彼 を 心 理 検 査 のために 精 神 病 院 に 連 れて 行 き 少 しの 間 地 域 と 距 離 を 取 って 様 子 を 観 る ということでした 確 かに 心 理 気 仙 沼 市 波 路 上 牧 ここでも 家 が 基 礎 から 剥 がされ 流 されていた 検 査 は 必 要 です 鈴 木 さんが 人 格 障 害 精 神 病 神 経 症 6

7 PTSD のどのレベルなのかによって 治 療 方 針 は 変 わってきますから 検 査 を 受 けるの はいいと 思 いました ただ 気 になることは お 世 話 になってい た 養 殖 のご 夫 婦 を 目 の 前 で 失 い 仕 事 を 失 い 希 望 を 失 い 地 域 での 関 わりを 失 った 鈴 木 さんにとって 必 要 なのは 権 力 による 圧 力 や 強 制 的 な 検 査 入 院 ではなく 愛 情 だっ たのではないでしょうか 彼 は 暴 力 を 振 る うとはいえ 大 震 災 の 被 害 者 なのですから 今 回 のことで 痛 感 したのは ボランティア で 一 時 的 に 関 わる 者 には 本 当 に 少 しのこ 気 仙 沼 向 洋 高 校 後 ろの 校 舎 は 新 しく 建 てたばかりだったらしい 校 舎 の としかできない ということでした でも 左 側 には 流 れ 着 いた 家 が 見 える ほんの 少 しだけでも 役 に 立 てるのであれば 意 味 のあることだと 思 いますし 被 災 地 に 行 ってできることは コミュニティが 少 しでも 機 能 できるよう 力 を 注 ぐことではないでしょうか 鈴 木 さんにとって 私 たちが 一 時 期 関 わり すぐに 離 れたことが 別 離 に 伴 う 痛 みを 強 化 してしまったのではない かと 内 省 しています 私 たちが 共 感 とともに 関 わったことが 鈴 木 さんの 心 のなかで 人 を 信 頼 する 種 となっ ていることを 願 ってやみません 喪 失 を 乗 り 越 える 時 の 怒 りを 理 解 する 前 述 の 鈴 木 さんの 暴 力 性 は 彼 の 性 格 の 歪 みに 起 因 する 部 分 は 大 きいと 思 いますが 大 震 災 が 起 きるまでは 彼 が 暴 力 沙 汰 の 喧 嘩 を 起 こしたことがないことは 注 目 に 値 します で すから 鈴 木 さんにとっての 暴 力 性 には 喪 失 ( 別 離 )の 反 応 としての 怒 りが 含 まれていると 思 いました 今 回 訪 れた 保 育 園 でのことです 20 名 ほどの 児 童 を 抱 っ こしたり 肩 車 をしたり 飛 行 機 にして 振 り 回 したりしてきま したが そのなかで 気 になった 子 どもが 何 人 かいました そ のうちの 一 人 のことをお 話 しします その 子 は 3 歳 くらい の 男 の 子 で 私 が 他 の 子 どもを 抱 っこしている 時 に 私 のか らだを 殴 ってきたのです 何 度 も 繰 り 出 されるパンチを 上 手 く 受 け 止 めながら 関 わっていると そのうち 殴 ることをや めて 抱 きついてきました 彼 が 自 分 から 離 れるまでしっか りと 抱 きしめると その 後 は 殴 ることはやめて 一 緒 に 遊 ぶ ようになりました 気 仙 沼 向 洋 高 校 津 波 が4 階 まで 達 したのがわかる 7

8 その 男 の 子 の 家 庭 環 境 大 災 害 での 被 災 状 況 などを 保 母 さんに 聴 く 時 間 はありません でしたが 彼 は 殴 ることで 何 かを 訴 えてい たのでしょう もし 殴 ることをすぐに 制 止 していたなら 彼 は 抱 きついては 来 なかっ たかもしれません 石 巻 市 のスクールカウンセラーから 聴 いた 話 です 自 衛 隊 や トモダチ 作 戦 を 行 った アメリカ 軍 に 対 して 市 民 は 良 い 印 象 を 持 っ ていて 感 謝 の 気 持 ちを 持 っていますが 自 治 体 に 対 しては 対 応 が 遅 い などと 怒 り を 感 じているとのことでした 自 治 体 で 市 民 の 対 応 をしている 人 が 怒 りの 矛 先 になっ 気 仙 沼 向 洋 高 校 前 の 道 路 以 前 は 両 側 に 建 物 が 建 ち 並 んでいたのだろうが ているケースは 多 いようで なかには 受 付 今 は 地 平 線 が 見 えてしまう の 職 員 自 身 が 被 災 し 子 どもを3 人 亡 くし ているにもかかわらず 仕 事 を 土 日 も 休 むことができず 市 民 からの 怒 りを 受 け 取 ることばかりをしていて 相 当 疲 弊 している という 悲 惨 なケースもありました それに 保 険 会 社 の 外 交 員 ハローワークの 職 員 にも 同 じような ことが 起 きている という 情 報 も 入 りました 8 月 1 日 の 河 北 新 報 の 新 聞 の1 面 には 自 治 体 職 員 の 病 気 休 暇 増 加 の 見 出 しで 記 事 が 掲 載 されていました そ のうち 石 巻 市 では 心 身 に 負 担 と 感 じて 病 欠 をした 職 員 は 昨 年 と 比 べて4 割 増 とのことでした 自 治 体 の 多 くでは 震 災 による 心 的 外 傷 後 ストレス 障 害 (PTSD)や 業 務 の 負 担 増 による 過 労 が 理 由 に 挙 げられています また 別 のカウンセラーから 家 が 一 軒 だけ 残 され あとの 家 は 津 波 で 押 し 流 された 集 落 の 話 を 聴 きました その 一 軒 残 った 家 の 人 は 私 の 家 も 津 波 で 流 されてしまえばよかった と 言 っていたそうです なぜなら 流 された 家 の 人 たちから 嫉 妬 からの 嫌 がらせなどの 攻 撃 を 受 けて 精 神 的 な 苦 痛 を 感 じているとのことでした 実 際 の 政 府 の 対 応 などに 対 する 思 いとは 別 に 心 理 的 なレベルにおいて 家 や 家 族 を 失 った 被 災 者 は その 怒 りの 矛 先 を 政 府 や 自 治 体 他 者 に 向 けるという 力 動 が 働 い ているのを 感 じます この 場 合 外 界 に 対 する 非 難 をやめてみて 何 かを 喪 失 した 場 合 悲 しみと 怒 りのプロセスを 通 過 するこ とが 大 事 であり 怒 りを 感 じることは 喪 失 体 験 を 乗 り 越 えるためには 健 全 なことで ある という 認 識 を 持 ち 自 分 は 本 当 は 何 に 怒 っているのだろう と 自 分 自 身 に 問 いかけてみることが 大 事 です その 攻 撃 性 が 内 側 に 向 かえば 何 もできな 気 仙 沼 市 陸 前 小 泉 駅 近 くの 鉄 橋 鉄 橋 の 上 に 家 や 屋 根 が 乗 っている 8

9 かった と 自 分 を 責 めたり 罪 悪 感 を 持 った りします 8 月 6 日 の 新 聞 記 事 に 震 災 後 に 被 災 地 で 自 殺 者 が 増 えていることが 掲 載 され ていました 生 活 苦 将 来 への 不 安 などが 直 接 の 原 因 だと 思 いますが 自 分 を 責 める 気 持 ちも 影 響 している 可 能 性 もあると 思 います 被 災 者 自 身 が 怒 りを 自 覚 して それは 健 全 な ことであるという 認 識 を 持 ち カウンセラー は 怒 りなど 激 しい 情 動 を 扱 うトレーニングを 受 け 被 災 者 と 向 き 合 い 被 災 者 の 怒 りを 適 切 な 形 で 表 現 するように 促 すことが 必 要 で す 何 に 対 しての 怒 りなのかに 気 づき その 怒 りを 安 全 な 場 で 表 現 することができれば 気 仙 沼 市 陸 前 小 泉 駅 近 くの 鉄 橋 途 中 で 橋 が 流 されている 頑 張 りを 手 放 して 副 交 感 神 経 系 に 入 り 深 い 悲 しみを 感 じることができます そうなれば 少 しずつ 喪 失 体 験 から 浮 上 し 始 めることができるのです ですからカ ウンセラーに 対 する 情 動 を 扱 うトレーニングが 急 務 とだと 感 じました 海 の 男 の 男 気 夜 宿 泊 施 設 の 部 屋 に 被 災 者 にお 越 し 頂 いて 施 術 をしていた 時 のことです 二 人 の 日 焼 けした60 代 の 男 性 が 現 れ 私 が 一 人 鍼 灸 師 の 男 性 メンバーがもう 一 人 に 施 術 をしました 私 が 受 け 持 った 方 は 38 年 間 寿 司 屋 を 漁 港 で 行 ってきた 店 主 でした 今 の 時 期 は ホタテが 旬 なんだよ 美 味 しいよ この 辺 りでは ウニ アワビ 牡 蠣 が 本 当 に 美 味 しいんだ しゃりがまずくても 問 題 ない 何 と 言 って もネタが 美 味 しいからね でもな 津 波 で 店 は 流 されてしまったし 69 歳 の 俺 にとっては 今 から 投 資 しても 生 き てる 間 に 回 収 できないから もう 店 はやらな いよ あと10 歳 若 かったら 挑 戦 するんだけ れど それでも 今 は 天 国 だ 震 災 当 時 は 水 も 電 気 も 食 べ 物 もなかったから 地 獄 だった これは 体 験 しないとわからないけどな 本 当 は 俺 は 顔 も 手 も 白 いんだよ 今 は 瓦 礫 撤 去 作 業 で 真 っ 黒 だけどな こんな 真 っ 黒 な 手 で 寿 司 をお 客 さんに 出 したら 驚 かれてしまう な からだを 解 しながら そのような 話 を 聴 いて いました 次 の 瞬 間 突 然 こう 言 われたの です お 隣 さん ついこの 間 だよ 仮 設 住 宅 に 入 ってから 奥 さん 亡 くなったんだ 誰 も 何 も 言 わねぇけど 一 人 一 人 にドラマがある 南 三 陸 町 歌 津 ここは 長 い 区 間 に 渡 り 橋 が 流 されている 9

10 んだ その 言 葉 が 発 せられても 隣 りで 施 術 を 受 けていた 男 性 は 一 言 も 発 せず その 部 屋 に 静 けさが 続 きました 岩 手 の 漁 港 で 生 まれ 育 った60 代 のカウン セラーは 子 どもの 時 から 男 は 喋 るんじゃ ないと 怒 られたものです と 言 っていまし た 確 かに 今 回 いろいろな 方 とお 会 いして 感 じたのは 感 情 を 表 現 しないことでした もっと 自 分 の 気 持 ちを 表 現 できるなら 楽 になるだろう という 思 いとともに 今 回 発 見 したことがあります 南 三 陸 町 歌 津 同 じく 橋 を 観 たところ 後 ろは 津 波 の 被 災 地 でよく 観 られる 瓦 礫 の 山 である ボディサイコセラピーをしていると 未 完 了 の 体 験 に 対 して 適 切 な 形 で 情 動 や 感 情 を 味 わい 非 言 語 レベルと 言 語 レベルで 表 現 をすることが 重 要 であると 認 識 しています 前 述 の 喪 失 にともなう 怒 り を 適 切 に 表 現 することは 喪 失 体 験 を 乗 り 越 えるために 本 当 に 必 要 なことです しかし 同 時 に 今 回 感 じたのは 表 現 しないことのポジティブな 側 面 でした それは 表 現 しないこと で 内 に 秘 められたものが 力 となっていることでした 芯 の 強 さと 言 っても 良 いでしょう 今 回 の 震 災 で ご 主 人 の 株 が 上 がったとよく 聴 きます 震 災 時 奥 さんはパニックを 起 こして 動 けなくなっていた のに 旦 那 さんが 冷 静 に 行 動 して 津 波 が 来 ない 場 所 まで 導 いた というような 男 性 が 人 を 助 けた 美 談 がたくさ んあります そのような 瞬 発 力 は 内 に 秘 めた 力 があるからこそ 生 まれるように 思 いました ねぶた 祭 りなどで 一 年 に 一 回 内 に 秘 めた 力 が 爆 発 することからも 想 像 できます 芯 の 強 さ 男 気 そんな 言 葉 が 浮 かびます 今 回 訪 れた 地 域 の 災 害 対 策 本 部 の 青 年 団 の 方 々とお 酒 を 飲 む 機 会 がありました 彼 ら の 話 を 聴 いていて 男 気 を 感 じました 俺 たちは 若 い 頃 はヤンキーだったけど このような 災 害 があると 自 然 と 集 まって 俺 たちが 音 頭 を 取 り 初 日 から 行 方 不 明 者 の 捜 索 を 始 めたんだ でも 3 日 目 くらい から 悲 しいことに 捜 索 をしている 人 のな かには 物 拾 いを 始 める 人 が 出 てきた それ は 悲 しかったな だからさすがに 言 ったよ 俺 は 今 はそんなことをしている 場 合 じゃ ねぇ! とさ でも 俺 たちも 流 れ 着 いた 缶 ビールを 拾 って 重 油 を 拭 って 回 し 飲 みを 南 三 陸 町 歌 津 歌 津 のメインストリート 津 波 の 前 とは 全 く 違 う 光 景 だろう 10

11 した 時 は 情 けなかったな 恥 ずかしいよ 遠 洋 漁 業 の 船 に 乗 っている 連 中 も 仕 事 を 放 り 投 げて 戻 ってきて 行 方 不 明 者 の 捜 索 や 瓦 礫 の 撤 去 をしだしたんだ 彼 らにとっては 仕 事 の 途 中 で 帰 るということは もうその 仕 事 にありつけない ことを 意 味 するのに そいつらに 言 ったんだ 仕 事 がなく なってもいいのか って そうしたらそいつらは そんな ことを 考 えてねぇよ 居 ても 立 っても 居 られなくて 戻 ってき たんだ! と 言 ってくれたのが 嬉 しかったな 彼 らのからだに 施 術 をさせて 貰 いましたが からだは 疲 れ 果 ててボロボロでした それでも 明 るく 冗 談 を 言 いながら 頑 張 っている 真 っ 黒 な 姿 には 本 当 男 気 を 感 じました 海 と 陸 の 感 覚 の 違 い 登 米 市 のスクールカウンセラーの 話 です 被 災 後 津 波 の 被 害 から 逃 れてきた 人 たちが 登 米 市 にやってきました その 南 三 陸 町 公 立 志 津 川 病 院 ここも 被 害 が 大 きな 町 である 方 々と 話 をして 気 づいたことがありました 陸 の 人 たちは 何 々のせいで という 話 をよくしていますが 海 の 人 たちからはそのような 話 は 出 てこないのです あきらめが いいというか それはなぜでしょうね その 話 に 宮 城 の 漁 港 で 生 まれ 育 った69 歳 の 男 性 カウンセラーが 答 えた 言 葉 が 印 象 的 でした 海 の 男 は 海 の 悪 口 は 言 わないんです 普 段 は 海 の 恩 恵 を 受 けていますから 海 の 悪 口 を 言 うというのは 母 親 の 悪 口 を 他 人 に 言 うようなものなのです だから 絶 対 に 言 わない それに 私 たちにとって 海 と 津 波 はセットなのです だからあき らめが 早 い 津 波 だけではなく 私 たちにとって 海 に 出 るというのはある 意 味 命 がけなんですね 小 さい 頃 から 死 は 身 近 にありました だから 何 処 かで このような 災 害 を 受 容 していると 思 うんです そういうところが 陸 の 人 と 違 うところです その 男 性 カウンセラーが 今 回 の 震 災 で 日 本 人 の 良 さが 現 れた まだまだ 日 本 は 捨 てた もんじゃないですよ という 表 現 をしてい たので 日 本 人 の 良 さって 何 でしょうと 問 い かけてみました その 答 えは みんな 一 緒 と いう 感 覚 ですよ 困 っている 人 が 居 れば 自 分 のものを 分 け 与 えたり 自 分 より 先 に 譲 っ てあげる 気 持 ちですね そのことは 海 も 陸 も 関 係 なく 地 元 のカウ ンセラーから 聴 く 話 には そのような 思 いや りの 心 が 溢 れていました 女 川 町 寿 町 鉄 筋 コンクリートの 建 物 が 基 礎 ごと 倒 壊 していた 11

12 美 談 とともに 美 談 だけではなく 残 念 な 話 も 多 くありまし た 前 述 の 寿 司 屋 の 店 主 は このように 言 っ ていました 今 回 人 間 のいろんな 部 分 を 見 せられまし たよ 良 い 面 も 見 えましたが この 人 がこ んなことをするのか という 悪 い 面 も 見 えま した 残 念 ながら 悪 い 面 の 方 が 多 かったです ね もうそのような 人 とは 付 き 合 えなくなり ました あるカウンセラーは こう 話 してくれました 女 川 町 鷲 神 浜 女 川 町 の 中 心 部 から 女 川 バイパスを 望 む 道 の 両 側 は 津 波 により 全 壊 している 津 波 によって 家 を 失 った 人 たちが 避 難 所 で 過 ごし 始 めた 時 避 難 所 には 食 べ 物 がなかったので 津 波 の 被 害 に 遭 わずに 助 かった 家 の 人 が 避 難 所 にお 米 や 食 べ 物 などを 惜 しげもなく 差 し 入 れたのです 自 分 のところには 家 があるから 何 とかなるから という 気 持 ちで 分 け 与 えました 徐 々に 避 難 所 に 物 資 が 供 給 され 始 めた 頃 分 け 与 えていた 家 には 食 糧 がなくなりました 食 糧 が ないために 避 難 所 に 貰 いに 行 ったところ 食 べ 物 を 分 け 与 えていた 人 から お 前 のところには 家 があるだろ と 言 われて 追 い 返 されたそうです 人 間 は 極 限 状 態 で 本 性 を 見 せるのかもしれません 今 後 の 課 題 被 災 地 の 方 やカウンセラー 達 から 聴 いた 話 で 今 後 意 識 をしていかなければならない 課 題 があります 1. 仮 設 住 宅 では 仕 事 もなければ 何 もする ことがない そのために 仮 設 住 宅 の 談 話 室 を 用 いて 何 かをしていく 必 要 があります 今 回 の 談 話 室 で 行 ったからだのケアは とても 良 い 企 画 だと 思 いました からだを 動 かすエア ロビックス ボクササイズ ヨガなどは 仮 設 住 宅 に 住 む 人 にとってはとても 相 応 しいも のですが 談 話 室 は 空 間 が 狭 く 支 援 物 資 も 置 かれているため からだを 動 かすことは 残 念 ながらできないと 思 います 石 巻 市 大 谷 川 浜 牡 鹿 半 島 にある 町 ここも 全 壊 していた 12

13 2. 石 巻 市 のスクールカウンセラーが 高 校 でアンケートを 採 ったところ 将 来 に 対 す る 夢 がとても 低 かったそうです 前 年 度 は その 項 目 はなく 震 災 後 ということで 新 し く 項 目 に 追 加 したそうですが 他 の 項 目 に 比 べても 低 く 気 になったそうです 実 際 工 場 やお 店 などが 倒 壊 したたため 地 元 で 就 職 することが 難 しくなっているとのこと です 原 発 の 放 射 能 のこともありますから 長 期 的 な 視 点 に 立 ち 何 が 人 生 にとって 大 事 か ということまで 立 ち 返 って 人 生 設 計 をすることへの 支 援 が 必 要 となります そ れは 高 校 生 に 限 らず 大 人 高 齢 者 にとっ ても 如 何 に 生 き 甲 斐 を 見 出 すか QOL を 石 巻 市 小 網 倉 浜 この 町 も 全 壊 していた 牡 鹿 半 島 は 小 さな 入 り 江 に 小 高 めていく 支 援 は 心 身 へのケアとともに さな 漁 港 がある 感 じだが 殆 どの 村 が 全 壊 していた 必 要 となっていくことでしょう 現 実 問 題 として 仮 設 住 宅 では 食 費 や 水 道 光 熱 費 はかかりますから 仕 事 が 必 要 となります 3. 津 波 に 遭 った 人 たちはもちろんのこと 津 波 に 遭 っていない 人 たちへの 支 援 も 必 要 です あるカウンセラーが 言 っていたことです 津 波 に 遭 っていないから 私 は 被 災 していない と 思 っている 人 が 多 いんです その 人 達 も 地 震 の 揺 れを 感 じましたし 水 くみをしたり 食 糧 やガソリンを 手 に 入 れるために 行 列 に 長 時 間 並 んだりしている わけです でも あまりに 津 波 での 被 害 が 大 きいために 被 災 したという 認 識 がありません そのような 人 たちに 自 分 たちの 心 身 にも 無 理 がかかっていないか と 自 問 自 答 して 貰 い 無 理 がかかっているようであれば ケア の 必 要 性 を 感 じて 貰 うことが 大 切 です 4. 瓦 礫 撤 去 作 業 員 のケア 瓦 礫 撤 去 作 業 員 のなかで 遺 体 を 見 つけた 人 は 多 くいらっしゃると 思 われます その ような 方 の 心 理 的 なケアが 必 要 となってくるでしょう 5. 最 初 の 項 目 とも 重 複 しますが 新 しい コミュニティづくりは 重 要 なテーマだと 思 います 今 回 の 震 災 に 限 らず 近 年 は 弱 者 にとって 生 きにくい 世 の 中 になっていま す 競 争 社 会 ではなく 違 いを 尊 重 し それ ぞれが 自 分 の 得 意 分 野 を 活 かすことで 社 会 を 豊 かにするようなことを 各 自 が 考 えて 提 起 していくことが 大 事 だと 思 っています 今 回 の 津 波 では ひきこもりや 不 登 校 の 子 どもが 犠 牲 者 になっているという 話 を 聴 き ました 学 校 に 居 る 子 ども 達 は 先 生 の 誘 導 により 石 巻 市 の 大 川 小 学 校 以 外 は 殆 ど 助 かったそうです でも 学 校 に 登 校 する ことのできなかった 不 登 校 やひきこもりの 石 巻 市 門 脇 町 ここは 何 軒 か 家 が 残 っているが それ 以 外 は 全 壊 状 態 13

14 子 どもたちが 犠 牲 になりました とても 残 念 なことです タッチケアの 有 効 性 今 回 NPO 法 人 のチームに 参 加 してみて あ らためてタッチケアがいかに 有 効 か という ことを 実 感 しました まず 被 災 者 にとって は 私 たちは 見 ず 知 らずの 者 ですから 最 初 は 警 戒 されます その 時 に マッサージやから だが 楽 になることをしますよ と 言 えば 警 戒 心 を 解 き 喜 んで 受 けてくれるのです 石 巻 市 立 門 脇 小 学 校 ここは 校 舎 が 焼 けたのだろう 長 い 間 宮 城 県 でカウンセリングをされてい るカウンセラーが 言 っていたのは 仮 設 住 宅 に 無 料 相 談 のチラシを 貼 ったけれど 一 人 も 来 ないんだよね とい うことでした でも からだが 楽 になるタッチケアは 仮 設 住 宅 に 住 む 方 にとっては 敷 居 が 低 いのです 事 実 今 回 は 回 数 を 重 ねるごとに 希 望 者 がどんどんと 訪 れてきました そして また 是 非 来 て 頂 戴 と 多 くの 人 に 言 わ れました とにかく 皆 さんは 頑 張 っているので 息 抜 きを 求 めています からだもガチガチに 固 まっていますから それを 緩 めてリラックスをして 貰 うには タッチケアはとても 有 効 な 手 段 です からだが 緩 んでくると 自 然 と 心 も 緩 んできます そうすると 施 術 者 が 聴 かなくても いろいろと 自 分 自 身 のこと を 話 してくれるようになります 話 すことを 強 いずに 自 然 と 心 とからだを 開 くことが タッチケアには 可 能 なの です タッチケアによって 不 安 を 静 め 安 心 感 を 与 えることができます これは 不 安 や 恐 怖 が 強 い 子 どもには 特 に 有 効 です 興 味 のある 方 は タッチケアについての 本 や 拙 著 被 災 者 へのケアに 関 する 覚 え 書 き をお 読 みください 心 の 復 興 に 向 けて 実 際 被 災 地 を 訪 れてみて 本 当 に 大 変 なことが 起 きたということを 肌 で 感 じてきました 様 々なレベルでの 支 援 が 長 期 間 必 要 となることでしょう それと 同 時 に すでに 被 災 者 の 心 の 動 きのなかに 復 興 が 起 きていること も 今 回 わかりました 例 えば 保 育 園 児 の 話 を 聴 いた NPO 法 人 メンバーが 話 してくれたことですが 保 育 園 児 は 不 安 になると 津 波 ごっこ をするとのことでした 津 波 ごっこ は 津 波 が 来 る 警 告 をする 町 のアナウンスの 真 似 をするそうです そのアナウンスの 真 似 をし 身 体 を 使 って 逃 げることを 繰 り 返 すことをしているようでした これは 遊 びを 通 し て 子 ども 達 は 無 髄 迷 走 神 経 系 の 固 まっているストレス 反 応 から 戦 うか 逃 げるか の 交 感 神 経 系 のストレス 反 応 に 移 行 させて 不 安 やトラウマを 乗 り 越 えようとしているのです また 津 波 を 遊 びにすることで 津 波 を 自 分 14

15 たちにも 扱 える 軽 いもの にして 乗 り 越 えようともしています 石 巻 市 のスクールカウンセラーから 聴 いた 話 です そのカウンセラーが 勤 務 する 学 校 の 生 徒 からは 興 味 深 い 夢 が 報 告 されていました ある 生 徒 からの 報 告 では 津 波 の 被 害 で 亡 くなった 祖 母 が 夢 に 出 てきて 光 のなかに 祖 母 が 現 れて 先 に 逝 ってしまって ごめんなさいね と 語 りかけてきて 夢 のなかで 祖 母 と 対 話 をしたそうです そのよ うな 例 はその 学 校 だけでもいくつかあるそうです 夢 を 通 して 心 の 復 興 が 起 きているのです 前 述 の 辛 い 状 況 のなかでの 災 害 対 策 本 部 の 活 動 を 支 えている 男 気 による 連 帯 も 心 の 復 興 の 現 れに 感 じました このように 保 育 園 児 や 高 校 生 を 含 む 被 災 者 は 専 門 的 な 臨 床 心 理 の 知 識 は 全 くないにもかかわらず 自 然 とその 時 々に 必 要 なことを 創 造 しているのです 外 側 から 何 かを 与 えるだけが 支 援 ではなく 現 実 にその 場 で 起 きている 内 的 な 治 癒 力 リソースに 光 を 当 て 誰 のなかにもそのようなことが 起 きる 可 能 性 を 伝 え コミュニティのなかで 皆 さんがリソースを 共 有 できるようサポートすることが 大 事 なのではないでしょうか トラウマティック ストレスの 世 界 的 権 威 であるヴェセル A ヴァン デア コルク 氏 は 東 日 本 大 震 災 後 の 講 演 会 で 地 域 社 会 文 化 のなかにすでにあるもの( 祭 りや 武 術 太 鼓 など)を 用 いていくことが 大 切 だと 述 べていました 7 月 中 旬 に 仙 台 市 で 東 北 6 県 の 夏 祭 りが 集 結 した 東 北 六 魂 祭 が 行 われましたが 超 満 員 だったそうです こ のことは 必 要 なものはその 地 域 にあり そして 必 要 なものをかぎ 分 ける 力 が 誰 のなかにもあるということを 現 しています あとがき まえがきにも 書 きましたが 今 回 の 体 験 は 友 人 の NPO 法 人 と 地 域 のカウンセラーの 皆 さんの 協 力 なしには 実 現 できませんでした あらためて 彼 らに 感 謝 の 気 持 ちを 伝 えたいと 思 います そして このレポートを 読 み この NPO 法 人 とカウンセラーの 皆 さんの 活 動 に 対 して 共 感 をして 頂 き 支 援 したい という 方 がいましたら リズム セラピー 研 究 所 までご 連 絡 ください 個 人 的 に 連 絡 先 をお 知 らせいたします お 読 み 頂 き ありがとうございました リズムセラピー 研 究 所 所 長 贄 川 治 樹 東 京 都 杉 並 区 永 福 リズムセラピー 研 究 所 SITE:http://www.rhythmtherapy.jp タッチケアに 入 った 保 育 園 子 どもの 輝 く 姿 は 素 晴 らしい 宝 物 15

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

[ 今 後 の 予 定 ] - 夏 休 みに 新 高 校 1 年 生 になった 歌 津 中 学 校 出 身 の 生 徒 の 卒 業 式 を 行 う ( 夏 休 みの 期 間 については 未 定 ) [その 他 ] - 現 在 物 資 は 十 分 足 りているが 今 後 減 ってくる 可 能 性 があ

[ 今 後 の 予 定 ] - 夏 休 みに 新 高 校 1 年 生 になった 歌 津 中 学 校 出 身 の 生 徒 の 卒 業 式 を 行 う ( 夏 休 みの 期 間 については 未 定 ) [その 他 ] - 現 在 物 資 は 十 分 足 りているが 今 後 減 ってくる 可 能 性 があ Heart on Coin 絆 プロジェクト ~はじめに~ この 度 5 月 6 日 から 5 月 12 日 に 渡 り 西 宮 教 育 委 員 会 職 員 の 方 々に 加 え 大 阪 大 学 同 大 学 院 の 学 生 6 名 と 共 に Heart on Coin 絆 プロジェクトのメンバーである 関 西 学 院 大 学 生 4 名 が 宮 城 県 南 三 陸 町 の 歌 津 中 学 校 に

More information

事 務 所 レポート かなり 早 い 段 階 で 合 格 された のですね 試 験 には 強 い 方 だったのだと 思 います 投 入 時 間 に 対 する 成 果 を 見 ると 割 と 効 率 の 良 い 勉 強 がで きていたのでしょう 独 立 まではどのくらい 勤 務 さ れたのですか? 6

事 務 所 レポート かなり 早 い 段 階 で 合 格 された のですね 試 験 には 強 い 方 だったのだと 思 います 投 入 時 間 に 対 する 成 果 を 見 ると 割 と 効 率 の 良 い 勉 強 がで きていたのでしょう 独 立 まではどのくらい 勤 務 さ れたのですか? 6 スタッフ 約 100 名 関 与 先 数 約 2,000 件 創 業 20 年 で 大 規 模 事 務 所 に 成 長 した SBCパートナーズの 軌 跡 大 阪 府 大 阪 市 税 理 士 法 人 SBC パートナーズ スタッフは 実 に 約 100 名 大 阪 を 中 心 に 東 京 横 浜 名 古 屋 浜 松 など 幅 広 いエリアに 拠 点 を 構 える 税 理 士 法 人 SBC パートナーズ

More information

第 3 章 催 眠 術 初 体 験 私 は どうしても 自 分 自 身 で 催 眠 術 を 体 験 してみたいと 思 いました そして HP で 検 索 して ある 催 眠 心 療 所 に 行 くことにしました ドキドキしながら 扉 を 開 けると いかにも 催 眠 術 をやっているような 姿 をし

第 3 章 催 眠 術 初 体 験 私 は どうしても 自 分 自 身 で 催 眠 術 を 体 験 してみたいと 思 いました そして HP で 検 索 して ある 催 眠 心 療 所 に 行 くことにしました ドキドキしながら 扉 を 開 けると いかにも 催 眠 術 をやっているような 姿 をし 催 眠 術 師 物 語 ~ 催 眠 術 師 への 道 ~ この 物 語 は 私 自 身 が 催 眠 術 に 出 会 って 催 眠 術 師 の 道 に 進 むまでの 出 来 事 を 書 いたも のです 第 1 章 催 眠 術 との 出 会 い 催 眠 術 この 言 葉 が 私 の 頭 の 中 に 突 然 浮 かんできました まるで 頭 に 電 気 が 走 ったような 感 じで いつもと 違 う 感 覚

More information

○大津の事案に学ぶこと

○大津の事案に学ぶこと 協 議 事 項 1 平 成 24 年 7 月 24 日 教 育 総 務 課 小 中 学 校 課 特 別 支 援 教 育 課 高 等 学 校 課 いじめ 問 題 への 対 応 について 資 料 1 大 津 市 の 事 案 から 学 ぶべきもの 資 料 2 福 岡 県 いじめ 問 題 総 合 対 策 ( 抜 粋 ) 資 料 3 定 例 記 者 会 見 における 大 津 市 のいじめ 自 殺 問 題 に

More information

現 代 の 社 会 情 勢

現 代 の 社 会 情 勢 時 代 不 安 と 職 業 観 パートⅦ - 不 況 時 代 のメンタルヘルス- 臨 床 心 理 士 の 立 場 から ティーペック 株 式 会 社 EAPセンター 臨 床 心 理 士 鴨 澤 あかね 現 代 の 社 会 情 勢 若 者 ( 新 入 社 員 )の の 意 識 今 の 会 社 に 一 生 勤 めようと 思 っている とする 回 答 出 典 : 2009 年 度 新 入 社 員 意 識

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C93878CA794C68DDF94ED8A518ED28E7889878D75898989EF5F947A95749770>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C93878CA794C68DDF94ED8A518ED28E7889878D75898989EF5F947A95749770> 犯 罪 平 被 成 害 24 者 年 支 2 援 月 講 28 演 会 日 犯 罪 被 害 者 等 への 地 域 での 支 援 について 福 山 大 学 人 間 文 化 学 部 心 理 学 科 教 授 平 伸 二 ( 公 益 社 団 法 人 広 島 被 害 者 支 援 センター 理 事 ) 今 日 の 話 題 と 予 定 犯 罪 被 害 者 支 援 の 経 緯 と 現 状 わが 国 の 歴 史 と

More information

本日はNPO法人アスペの会石川、金沢エルデの会共催事業の「ピア・サポート」にご参加いただきありがとうございました

本日はNPO法人アスペの会石川、金沢エルデの会共催事業の「ピア・サポート」にご参加いただきありがとうございました H27 年 9 月 23 日 開 催 ピアサポート ( 於 ) 金 沢 大 学 角 間 の 里 今 回 のテーマ 高 校 卒 業 と 自 己 受 容 はじめに: 今 回 のテーマに 自 己 受 容 を 取 り 上 げたことについて 知 的 な 遅 れのない 発 達 障 害 を 持 つ 人 の 多 くは 早 ければ 園 児 の 時 に また 遅 くとも 学 業 対 人 関 係 な どが 複 雑 になる

More information

葉 を 実 感 する 日 々が 続 いています 事 実 活 動 開 始 から2ヶ 月 で 眼 科 巡 回 検 診 は13 回 に 上 りました 巡 回 検 診 は 主 に 交 通 手 段 の 乏 しい 遠 方 の 村 々で 行 われ 活 動 は 全 て 手 作 りです 約 1900 人 の 方 が

葉 を 実 感 する 日 々が 続 いています 事 実 活 動 開 始 から2ヶ 月 で 眼 科 巡 回 検 診 は13 回 に 上 りました 巡 回 検 診 は 主 に 交 通 手 段 の 乏 しい 遠 方 の 村 々で 行 われ 活 動 は 全 て 手 作 りです 約 1900 人 の 方 が スリランカ トリンコマレー 県 の 眼 科 支 援 事 業 医 師 菊 地 真 紀 子 派 遣 地 域 :スリランカ 派 遣 期 間 :2005 年 11 月 ~2006 年 2 月 2004 年 12 月 26 日 インドネシアスマトラ 沖 で 発 生 した 大 津 波 はインド 洋 に 浮 かぶ 島 ここスリランカにも 甚 大 な 被 害 をもたらしました 東 部 海 岸 地 域 に 位 置 するトリンコマレー

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の 大 津 家 庭 裁 判 所 委 員 会 議 事 録 1 日 時 平 成 20 年 10 月 17 日 ( 金 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 30 分 まで 2 場 所 大 津 家 庭 裁 判 所 本 館 大 会 議 室 3 出 席 者 ( 委 員 ) 五 十 音 順 敬 称 略 飯 田 喜 信, 小 川 素 子, 國 松 完 二, 甲 津 貴 央, 酒 井 康 夫, 十 倉 良

More information

< F31332D B EFB897695A88C8F82CC A>

< F31332D B EFB897695A88C8F82CC A> アパート 収 益 物 件 のメリット アパート 収 益 物 件 はメリットが 大 きい (1)アパート 収 益 物 件 は 賃 料 という 形 で 毎 月 決 まった 金 額 を それも30~60 年 とい う 長 期 にわたって 稼 いでくれる 金 の 卵 を 産 む 鶏 である 1 一 般 的 に 鉄 筋 コンクリート 造 りの 場 合 は60 年 鉄 骨 造 の 場 合 は60 年 木 造 の

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

<4D F736F F D2097B78D7389EF8ED082CC8D5597AA E646F63>

<4D F736F F D2097B78D7389EF8ED082CC8D5597AA E646F63> 旅 行 会 社 の 攻 略 方 法 作 成 : 西 日 本 着 地 型 旅 行 推 進 ネットワーク 1 個 人 客 と 団 体 客 の 違 いを 知 る 皆 さんが 目 指 す 観 光 地 の 姿 は 個 人 メインでしょうか?それとも 団 体 メイン?それとも 両 方 でしょうか? ~ 小 ばなし~ ある 町 のこだわり 豆 腐 屋 さん( 製 造 と 卸 しメインで 普 段 は 小 売 販 売

More information

この 説 に 信 憑 性 があるかないか わたしにはよく 分 かりませんが 語 呂 が 良 いし 昔 の 親 父 は 確 かにおっかないところがあったから そこに 収 まるまでに 何 らかのいきさつがあ ったとしても 親 父 に 定 着 していったのでしょうか 一 昔 か 二 昔 前 には 子 ども

この 説 に 信 憑 性 があるかないか わたしにはよく 分 かりませんが 語 呂 が 良 いし 昔 の 親 父 は 確 かにおっかないところがあったから そこに 収 まるまでに 何 らかのいきさつがあ ったとしても 親 父 に 定 着 していったのでしょうか 一 昔 か 二 昔 前 には 子 ども 聖 霊 降 臨 後 第 16 主 日 ( 特 定 22) 説 教 2011/10/2 聖 マタイ 福 音 書 第 21 章 33 節 ~43 節 於 : 聖 パウロ 教 会 司 祭 山 口 千 寿 地 震 雷 火 事 親 父 という 諺 をお 聞 きになったことがあると 思 います 怖 いもの 恐 ろしく 感 じられるものを 順 番 に 上 げたのだと 思 います わたしたちも3 月 11 日 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20835F83438347836283678BC68A4582CC835E8375815B8148954B82B8918982B982E782EA82E9814182A082BD82E882DC82A682CC835F834383478362836795FB964082F082BF82E582C182C682BE82AF965C98492E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20835F83438347836283678BC68A4582CC835E8375815B8148954B82B8918982B982E782EA82E9814182A082BD82E882DC82A682CC835F834383478362836795FB964082F082BF82E582C182C682BE82AF965C98492E646F63> ダイエット 業 界 のタブー? 必 ず 痩 せられる あたりまえのダイエット 方 法 をちょっとだけ 暴 露 ダイエット 業 界 のタブー? 必 ず 痩 せられる あたりまえのダイエット 方 法 をちょっとだけ 暴 露 ダイエット 業 界 のタブー? 必 ず 痩 せられる あたりまえのダイエット 方 法 をちょっとだけ 暴 露 ダイエット 業 界 のタブー? 必 ず 痩 せられる あたりまえのダイエット

More information

いじめはいつから 存 在 するようになったのでしょうか? 昔 から 確 かにそうかもしれません ガキ 大 将 が 弱 い 者 に 対 して 暴 行 を 加 える クラス 全 員 でひとりにおかしなあだ 名 をつけ からかう このようなことは 確 かに 昔 から 存 在 しました では いじめ 自 殺

いじめはいつから 存 在 するようになったのでしょうか? 昔 から 確 かにそうかもしれません ガキ 大 将 が 弱 い 者 に 対 して 暴 行 を 加 える クラス 全 員 でひとりにおかしなあだ 名 をつけ からかう このようなことは 確 かに 昔 から 存 在 しました では いじめ 自 殺 若 者 のゆくえ 岩 手 県 の 中 学 生 が 自 殺 教 師 との 交 換 ノートには 自 殺 の 暗 示 今 週 火 曜 日 のニュースです 教 師 はいじめに 気 付 けたはずだ!なぜ 自 殺 の SOS に 気 付 かなかったんだ 世 間 の 声 です 世 間 を 騒 がすいじめ 自 殺 問 題 このようなニュースはもはや 珍 しいものではありません あなたは いじめ に 関 わったことがありますか?

More information

平 成 25 年 10 月 30 日 関 東 経 済 産 業 局 特 定 商 取 引 法 違 反 の 訪 問 販 売 業 者 に 対 する 業 務 停 止 命 令 (6か 月 )について 関 東 経 済 産 業 局 は ネックレスや 指 輪 等 ジュエリーの 訪 問 販 売 を 行 ってい た 株

平 成 25 年 10 月 30 日 関 東 経 済 産 業 局 特 定 商 取 引 法 違 反 の 訪 問 販 売 業 者 に 対 する 業 務 停 止 命 令 (6か 月 )について 関 東 経 済 産 業 局 は ネックレスや 指 輪 等 ジュエリーの 訪 問 販 売 を 行 ってい た 株 News Release 平 成 25 年 10 月 30 日 消 費 者 庁 特 定 商 取 引 法 に 基 づく 行 政 処 分 について 本 日 関 東 経 済 産 業 局 が 特 定 商 取 引 法 に 基 づく 行 政 処 分 を 実 施 しましたので 公 表 します 本 件 は 特 定 商 取 引 法 第 69 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 消 費 者 庁 長 官 の 権 限

More information

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx 意 見 書 案 第 7 号 最 低 賃 金 の 改 定 等 に 関 する 意 見 書 日 本 経 済 の 先 行 きについては 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 が 続 く 中 で 緩 やかな 回 復 に 向 かう ことが 期 待 される 一 方 昨 年 11 月 に 国 が 発 表 した 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けて 緊 急 に 実 施 すべき 対 策 では 最 低 賃

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179343091E38F9790AB82CC944182E082EA82C68D9C94D592EA8BD882C98AD682B782E988D38EAF92B28DB8817A8DC58F498A6D92E88D65318163>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179343091E38F9790AB82CC944182E082EA82C68D9C94D592EA8BD882C98AD682B782E988D38EAF92B28DB8817A8DC58F498A6D92E88D65318163> 2011 年 12 月 9 日 40 代 女 性 の 尿 もれ と 骨 盤 底 筋 に 関 する 調 査 骨 盤 底 筋 トレーニングを2ヶ 月 継 続 で 尿 もれ 改 善 66.6% 改 善 の 秘 訣 は 1 回 10 締 め と 毎 日 の 継 続 ~ 究 極 のインナーマッスル 骨 盤 底 筋 は 気 軽 にきたえられます! 関 口 由 紀 先 生 ~ 骨 盤 底 筋 トレーニング 未 経

More information

間 は 傷 病 手 当 金 を 受 給 しましたが 職 場 の 理 解 とリハビリの 甲 斐 あって 無 事 職 場 復 帰 がで きました しかし 後 遺 症 が 残 ったまま 障 害 認 定 日 を 迎 えました 年 子 さんには 障 害 年 金 の 受 給 資 格 があるのでしょうか? 年 子

間 は 傷 病 手 当 金 を 受 給 しましたが 職 場 の 理 解 とリハビリの 甲 斐 あって 無 事 職 場 復 帰 がで きました しかし 後 遺 症 が 残 ったまま 障 害 認 定 日 を 迎 えました 年 子 さんには 障 害 年 金 の 受 給 資 格 があるのでしょうか? 年 子 平 野 区 自 立 支 援 協 議 会 研 修 部 会 (016.1.) 障 害 年 金 これだけは 知 っておきたい 基 本 のキ( 中 篇 ) 国 民 年 子 さんの 半 生 永 寿 の 里 かけはし 吉 村 明 夫 前 回 勉 強 した 内 容 を 具 体 例 に 沿 いながら 確 認 して 行 きます 特 に 年 金 の 併 給 は 分 か りにくいので 下 表 を 参 照 しながら 読 んでください

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

<3032834183938350815B836782DC82C682DF2E786C73>

<3032834183938350815B836782DC82C682DF2E786C73> 自 動 車 リサイクル 部 品 活 用 に 関 するアンケート 調 査 結 果 一 般 ユーザー 回 答 編 一 般 ユーザー 回 答 者 5,6 名 北 海 道 256 名 青 森 県 4 名 岩 手 県 43 名 宮 城 県 63 名 秋 田 県 32 名 山 形 県 47 名 福 島 県 45 名 茨 城 県 09 名 栃 木 県 79 名 群 馬 県 84 名 埼 玉 県 300 名 千 葉

More information

document

document 満 足 度 調 査 集 計 表 特 別 養 護 老 人 ホーム 仙 人 の 里 長 期 入 所 家 族 回 答 人 数 30 名 調 査 期 間 : 平 成 26 年 6 月 16 日 ~6 月 30 日 問 1. 施 設 内 は 清 潔 ですか?( 玄 関 居 室 ホール 廊 下 トイレなど) 清 潔 27 名 普 通 3 名 汚 い0 名 どちらとも 言 えない0 名 未 記 入 0 名 新 しい

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6323689F190528B6389EF81408B638E96985E817948508CF68A4A9770817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6323689F190528B6389EF81408B638E96985E817948508CF68A4A9770817A2E646F63> 第 26 回 明 石 市 放 置 自 転 車 対 策 審 議 会 議 事 録 開 会 午 後 2:30 それでは さっそく 議 事 に 入 ります 本 日 の 議 題 は お 手 元 の 会 議 次 第 にありますように 報 告 事 項 3 件 です 審 議 事 項 はありません それでは 事 務 局 から 報 告 事 項 1について 説 明 願 います 事 務 局 A 報 告 事 項 の1 駅 別

More information

会議録

会議録 第 4 回 秦 野 市 公 立 幼 稚 園 あり 方 検 討 委 員 会 1 日 時 平 成 24 年 2 月 7 日 ( 火 ) 午 前 10 時 ~ 正 午 2 場 所 秦 野 市 役 所 本 庁 舎 3 階 3A 会 議 室 3 出 席 委 員 逢 坂 委 員 小 林 委 員 佐 藤 委 員 佐 々 木 委 員 桐 山 委 員 横 尾 委 員 大 澤 委 員 梅 原 委 員 野 々 山 委 員

More information

参加各市配布資料(東村山市)

参加各市配布資料(東村山市) 1 東 村 山 市 の 紹 介 東 村 山 市 は 東 京 都 の 北 西 部 荒 川 から 多 摩 川 にかけて 広 がる 武 蔵 野 台 地 の ほぼ 中 央 にあります 行 政 区 画 で 言 うと 北 は 狭 山 丘 陵 柳 瀬 川 によって 所 沢 市 に 東 から 南 東 は 清 瀬 市 東 久 留 米 市 南 は 小 平 市 西 は 東 大 和 市 に 接 して います 当 市 は 東

More information

Taro-『光と風と音の世界』阿字観

Taro-『光と風と音の世界』阿字観 - 1/5 - 光 と 風 と 音 の 世 界 ー 阿 字 観 実 修 についての 報 告 書 ー 平 成 4 年 4 月 教 学 部 提 出 教 化 研 究 員 川 上 修 詮 はじめに 仏 さまの 教 えは 人 生 は 苦 である というところから 始 まりました どう すればその 苦 しみから 逃 れられるのでしょうか それを 解 決 することが 一 生 を 安 楽 に 過 ごし 成 仏 するための

More information

平成14年4月22日

平成14年4月22日 地 盤 品 質 判 定 士 通 信 40 地 盤 品 質 判 定 士, 地 盤 品 質 判 定 士 補,ならびに 判 定 士 協 議 会 関 係 者 の 皆 様 へ 地 盤 品 質 判 定 士 による 熊 本 地 震 地 盤 災 害 現 地 調 査 速 報 平 成 28 年 4 月 14 日 ( 前 震 )と 16 日 ( 本 震 )の 地 震 によって, 熊 本 から 大 分 にかけての 広 い

More information

西 日 本 新 聞 ( 平 成 24 年 7 月 16 日 ) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) 当 社 は 沖 端 川 決 壊 により 社 屋 70cm ~ 160 cm 浸

西 日 本 新 聞 ( 平 成 24 年 7 月 16 日 ) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) 当 社 は 沖 端 川 決 壊 により 社 屋 70cm ~ 160 cm 浸 西 日 本 新 聞 ( 平 成 24 年 7 月 14 日 夕 刊 ) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) 平 成 24 年 7 月 対 馬 海 峡 付 近 に 停 滞 した 梅 雨 前 線 は 11 日 から 14 日 にかけて 九 州 北 部 に 激 しい 雨 をもたらした 柳 川 市 では4 日 間 に 415mmの 降 水 量 を 記 録 特

More information

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近 爪 痕 残 列 言 海 首 都 懸 念 振 返 太 平 洋 ピ 海 米 ユ 想 海 溝 周 辺 海 溝 型 首 都 海 振 返 2 6 三 陸 沖 源 マ グ チ 9 0 栗 7 茨 6 範 囲 揺 観 太 平 洋 沿 岸 沿 岸 晃 望 台 口 粟 野 弱 観 置 置 軽 傷 永 野 翌 前 及 ぼ 宅 困 鉄 ッ 7 校 武 鉄 乗 客 67 夜 過 ガ ソ 蛇 列 製 油 操 止 車 両 優

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

Taro kyogikaigijiroku

Taro kyogikaigijiroku 石 巻 警 察 署 協 議 会 議 事 録 要 旨 協 議 会 名 開 催 日 時 開 催 場 所 宮 城 県 石 巻 警 察 署 協 議 会 平 成 26 年 12 月 19 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 から 午 後 3 時 30 分 まで 宮 城 県 石 巻 警 察 署 会 議 室 出 席 者 等 1 協 議 会 以 下 7 名 2 警 察 署 側 署 以 下 12 名 議 事 概

More information

女を自分にベッタリ依存させる方法

女を自分にベッタリ依存させる方法 こんにちは 古 賀 です あなたは 好 きな 女 性 気 になる 女 性 に 依 存 されたいと 思 いますか? あなた 無 しじゃ 生 きられない と 言 われて ベッタリ 依 存 され 頼 りまくられたいと 思 いますか? まあ 人 によってはウザイと 言 う 人 もいるかもしれませんが ほとんどの 男 性 が 気 になる 女 性 か ら 依 存 されたいと 思 っているのではないかと 思 います

More information

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に 各 務 原 の 歴 史 (1) 各 務 原 飛 行 場 について 大 正 3 年 (1914)6 月 第 一 次 世 界 大 戦 が 勃 発 し 西 欧 諸 国 の 航 空 兵 力 が 戦 況 を 有 利 な ものにしていました そんな 様 子 に 刺 激 されたわが 国 の 陸 軍 中 央 部 は 航 空 兵 力 の 強 化 を 考 え 航 空 部 隊 の 新 設 を 命 令 しました そして 大

More information

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考 職 場 体 験 学 習 11 月 11 日 ( 水 )~13 日 ( 金 ) 2 年 生 が3 日 間 の 職 場 体 験 学 習 に 行 って 来 ました 本 校 では 本 人 の 希 望 する 職 場 を 体 験 できるように 時 間 と 労 力 をかけて 各 事 業 所 を 選 定 し 依 頼 しています 自 分 の 一 番 興 味 のある 職 場 での 仕 事 を 体 験 できるの で 皆

More information

足 利 赤 十 字 病 院 釜 石 市 での 救 護 活 動 ( 釜 石 市 鈴 子 広 場 を 拠 点 とした 救 護 現 場 )

足 利 赤 十 字 病 院 釜 石 市 での 救 護 活 動 ( 釜 石 市 鈴 子 広 場 を 拠 点 とした 救 護 現 場 ) 足 利 赤 十 字 病 院 石 巻 市 での 救 護 活 動 ( 発 災 超 急 性 期 最 前 線 での 救 護 活 動 ) 足 利 赤 十 字 病 院 釜 石 市 での 救 護 活 動 ( 釜 石 市 鈴 子 広 場 を 拠 点 とした 救 護 現 場 ) 足 利 赤 十 字 病 院 福 島 県 での 救 護 活 動 ( 会 津 若 松 市 での 巡 回 診 療 ) 福 島 市 あづま 総 合

More information

例 会 で 扇 風 機 だけの 対 応 でよいのかという 質 問 がありました 教 室 内 の 温 度 の 検 証 を 積 極 的 に 行 うべきではないかということも 求 められています これらに 対 応 するため 当 委 員 会 を 設 置 しました ご 意 見 をいただきたいと 思 います 次

例 会 で 扇 風 機 だけの 対 応 でよいのかという 質 問 がありました 教 室 内 の 温 度 の 検 証 を 積 極 的 に 行 うべきではないかということも 求 められています これらに 対 応 するため 当 委 員 会 を 設 置 しました ご 意 見 をいただきたいと 思 います 次 平 成 26 年 度 第 1 回 八 千 代 市 公 立 小 中 学 校 暑 さ 対 策 検 討 委 員 会 会 議 録 期 日 平 成 26 年 7 月 30 日 ( 水 ) 開 会 午 後 2 時 閉 会 午 後 3 時 35 分 場 所 八 千 代 市 市 民 会 館 2 階 第 6 会 議 室 出 席 者 八 千 代 市 長 秋 葉 就 一 委 員 長 小 林 伸 夫 ( 教 育 次 長 )

More information

Microsoft Word - sennsyuu mennkyojyou 1.doc

Microsoft Word - sennsyuu mennkyojyou 1.doc 私 たち 養 護 教 諭 の 職 務 は 時 代 と 共 にかたちを 変 え,そのニーズに 応 えようと 学 ぶべき 研 修 内 容 も 変 化 してきました 県 内 には, 幅 広 い 年 齢 層 の 養 護 教 諭 が 勤 務 していますが,その 職 務 への 期 待 は 年 齢 に 関 係 ありません 静 岡 県 内 には, 与 えられた 研 修 だけでなく 自 ら 進 んで 資 質 向 上

More information

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧 5. 各 種 被 災 者 支 援 ⑴ 奄 美 市 市 では 奄 美 豪 雨 災 害 発 生 時 に 被 災 地 での 救 助 救 援 活 動 等 を 実 施 した そして 災 害 発 生 時 の 混 乱 した 状 況 が 収 拾 してからは, 被 災 者 に 災 害 前 の 生 活 をいち 早 く 取 り 戻 してもらうよう 早 期 の 復 旧 復 興 を 目 指 し 各 種 支 援 策 を 実 施

More information

はじめに 神 奈 川 県 児 童 相 談 所 では 平 成 6 年 3 月 より 神 奈 川 県 児 童 相 談 所 における 性 的 虐 待 調 査 報 告 書 を3 年 ごとに 発 行 し 今 回 第 3 回 の 調 査 報 告 書 をまとめることとなりました 初 回 は 平 成 2 年 度 か

はじめに 神 奈 川 県 児 童 相 談 所 では 平 成 6 年 3 月 より 神 奈 川 県 児 童 相 談 所 における 性 的 虐 待 調 査 報 告 書 を3 年 ごとに 発 行 し 今 回 第 3 回 の 調 査 報 告 書 をまとめることとなりました 初 回 は 平 成 2 年 度 か 神 奈 川 県 児 童 相 談 所 における 性 的 虐 待 調 査 報 告 書 ( 第 3 回 ) 平 成 22 年 3 月 神 奈 川 県 中 央 児 童 相 談 所 はじめに 神 奈 川 県 児 童 相 談 所 では 平 成 6 年 3 月 より 神 奈 川 県 児 童 相 談 所 における 性 的 虐 待 調 査 報 告 書 を3 年 ごとに 発 行 し 今 回 第 3 回 の 調 査 報

More information

1 署 長 挨 拶 署 長 から 春 の 異 動 で 出 席 幹 部 が4 人 入 れ 替 わりました 先 日 の 熊 本 地 震 の 応 援 に 愛 知 県 警 察 からも 広 域 緊 急 援 助 隊 が 派 遣 されました 本 日 は 大 規 模 災 害 対 策 として 皆 さんの 忌 憚 のな

1 署 長 挨 拶 署 長 から 春 の 異 動 で 出 席 幹 部 が4 人 入 れ 替 わりました 先 日 の 熊 本 地 震 の 応 援 に 愛 知 県 警 察 からも 広 域 緊 急 援 助 隊 が 派 遣 されました 本 日 は 大 規 模 災 害 対 策 として 皆 さんの 忌 憚 のな 議 事 録 会 議 名 平 成 28 年 第 2 回 一 宮 警 察 署 協 議 会 ( 定 例 会 ) 日 時 場 所 平 成 28 年 4 月 26 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 00 分 までの 間 一 宮 警 察 署 講 堂 1 委 員 高 間 正 道 会 長 杉 本 昇 副 会 長 岩 田 武 志 委 員 小 川 典 子 委 員 大 塚 良 雄 委 員 川

More information

新 学 習 指 導 要 領 って?? 2011 年 度 から 学 習 指 導 要 領 が 変 わり 今 までの ゆとり 教 育 から 生 きる 力 へと 変 更 をしました ではいったい 何 が1 番 変 わったかと 言 うと 学 校 での 指 導 方 法 が 変 わりました ゆとり 教 育 上 限

新 学 習 指 導 要 領 って?? 2011 年 度 から 学 習 指 導 要 領 が 変 わり 今 までの ゆとり 教 育 から 生 きる 力 へと 変 更 をしました ではいったい 何 が1 番 変 わったかと 言 うと 学 校 での 指 導 方 法 が 変 わりました ゆとり 教 育 上 限 IB 早 稲 田 六 高 台 校 小 学 生 を 持 つ 親 子 さん 向 け お 悩 み 解 決 団 お 悩 み 相 談 mail: ib-rokkodai@ib-group.jp 担 当 伊 藤 実 はどうなの? いまさら 聞 けない?? 初 めてだから 不 安?? 実 は 塾 ってどうなの?? 実 は 学 校 の 授 業 ってどうなの?? 誰 にも 聞 けない 悩 みなどを 簡 単 にまとめてみました

More information

超ヒントプレミア091111

超ヒントプレミア091111 こんにちは すずりょうこと 鈴 木 領 一 です 番 組 すずりょうの ビジネスの 超 ヒント! プレミアム のご 案 内 をさせていただき ます ( 最 後 に 一 万 円 相 当 のプレゼントのご 案 内 がございます) この 番 組 のタイトルをご 覧 になられて 初 めて 目 にするキーワードがあったと 思 います ビジネスの 超 ヒント! というキーワードです この 意 味 をまず 解 説

More information

Taro-下関署(確定版).jtd

Taro-下関署(確定版).jtd 平 成 2 6 年 度 第 2 回 下 関 警 察 署 協 議 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 26 年 8 月 7 日 ( 木 ) 午 後 3 時 から 午 後 4 時 45 分 まで 開 催 場 所 下 関 市 細 江 町 2 丁 目 3 番 8 号 下 関 警 察 署 5 階 講 堂 出 席 者 福 井 会 長 林 副 会 長 児 玉 委 員 松 村 委 員 松 浦 委 員 藤 原 委

More information

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾 少 子 高 齢 化 社 会 に 向 けての 地 震 防 災 分 野 の 課 題 1. 地 震 防 災 で 少 子 化 が 問 題 になってくると 考 えられる 段 階 2. 都 市 密 集 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 3. 中 山 間 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 4. 海 岸 における 津 波 による 被 災 および 対 応 に 関 して 東 京 電

More information

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・ 伊 勢 原 市 子 ども 若 者 育 成 支 援 指 針 < 概 要 版 > ~ 子 ども 若 者 が 夢 に 向 かって 自 立 しながら 成 長 するまち いせはら~ 平 成 27 年 4 月 伊 勢 原 市 1 指 針 策 定 の 経 緯 近 年 少 子 化 核 家 族 化 情 報 化 経 済 情 勢 などの 影 響 を 受 け 子 ども 若 者 を 取 り 巻 く 環 境 は 大 きく 様

More information

年 の 事 そ し て 1592 年 か ら 始 ま っ た 7 年 間 の 戦 争 で こ う 考 え る と 日 韓 関 係 が 崩 れ た の は わ ず か な 期 間 で す 2300 年 の 間 韓 国 と 日 本 が 敵 対 関 係 だ っ た の は た っ た の 100 年 なの

年 の 事 そ し て 1592 年 か ら 始 ま っ た 7 年 間 の 戦 争 で こ う 考 え る と 日 韓 関 係 が 崩 れ た の は わ ず か な 期 間 で す 2300 年 の 間 韓 国 と 日 本 が 敵 対 関 係 だ っ た の は た っ た の 100 年 なの 日 本 と 韓 国 協 力 するためには 金 俊 佑 ( 韓 国 ) 私 は 幼 い こ ろ 日 本 に 住 ん で い ま し た ま だ 小 さ か っ た の で 記 憶 は 断 片 的 に し か あ り ませんが 日 本 に 対 しての 印 象 だけははっきりと 残 っています とても 暖 かくて かつ 穏 やかな 良 いイメージです 周 辺 に 公 園 が 多 く 自 然 が 身 近 に

More information

「別にいいけど俺の話しじゃ勉強になんねえぞ」

「別にいいけど俺の話しじゃ勉強になんねえぞ」 ハーレーに 乗 った 美 容 師 ~ 背 中 に 名 前 を 刻 み 込 んで~ 別 にいいけど 俺 の 話 じゃ 勉 強 になんねえよ! むっ とした 態 度 でした ヘアーデザインアース 坂 井 健 司 代 表 です 私 と 同 じ 位 の 年 齢 でしょうか 上 下 デニムで 今 風 のファッション 美 容 師 らし い 短 髪 のオシャレな 髪 型 ギョロッ とした 目 最 初 の 印 象

More information

( 資 料 )

( 資 料 ) 読 書 活 動 の 推 進 に 向 けた 取 り 組 み ~ 学 校 図 書 館 支 援 員 の 有 効 活 用 ~ 越 前 市 王 子 保 小 学 校 本 年 度 より 学 校 図 書 館 支 援 事 業 として 本 校 に 毎 週 月 曜 日 と1 3 5 週 の 木 曜 日 に 図 書 支 援 員 を 迎 えることになった 本 校 の 支 援 員 さんは 図 書 ボ ランティアとしての 経 歴

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

1 安 全 報 告 書 2010 年 熊 本 電 気 鉄 道 株 式 会 社 1. 利 用 者 はじめ 地 元 の 皆 様 へ 弊 社 の 鉄 道 事 業 に 対 して 日 頃 よりご 利 用 並 びにご 理 解 を 頂 きまして 厚 く 御 礼 申 し 上 げ ます 弊 社 は 鉄 道 を 基 軸 とする 交 通 事 業 の 展 開 が 基 本 方 針 でありますが 平 成 20 年 度 から 7 年

More information

Microsoft Word - 白糖06.doc

Microsoft Word - 白糖06.doc 1 続 づ 役 職 差 障 明 気 悪 名 名 乗 訛 隠 我 咎 追 鹿 児 聞 身 構 持 脱 身 妻 伴 追 手 怖 急 甦 随 過 去 警 戒 少 戻 身 緊 張 走 誤 解 膝 進 奴 捕 帰 手 助 体 罪 犯 持 出 固 物 持 出 物 尋 事 関 見 濁 相 手 探 笑 顔 凍 見 逃 目 鋭 注 視 何 食 顔 装 話 続 づ 隈 奄 美 豪 族 男 当 盛 喜 名 改 関 良 助

More information

いことなどから 翌 月 イスタンブール 日 本 人 会 からの 依 頼 でトルコの 建 築 に 詳 しい 私 が 30 分 ほどのセミナーを 行 いました また 2011 年 の 東 日 本 大 震 災 後 の 6 月 頃 イスタンブー ル 日 本 人 会 にてトルコ 事 情 に 添 ったセミナーを

いことなどから 翌 月 イスタンブール 日 本 人 会 からの 依 頼 でトルコの 建 築 に 詳 しい 私 が 30 分 ほどのセミナーを 行 いました また 2011 年 の 東 日 本 大 震 災 後 の 6 月 頃 イスタンブー ル 日 本 人 会 にてトルコ 事 情 に 添 ったセミナーを 森 脇 義 則 さん 森 脇 義 則 さん(Mr. Yoshinori Moriwaki) 北 海 道 出 身 1990 年 から 株 式 会 社 間 組 ( 現 株 式 会 社 安 藤 間 ) トルコ 建 築 作 業 所 勤 務 2008 年 から 同 社 トルコ 営 業 所 &イスタンブル プロジェクトオフィス 代 表 森 脇 氏 の Facebook https://www.facebook.com/yoshinori.moriwaki

More information

< 目 次 > 1. ボランティア 活 動 の 心 構 え 2. 支 援 ボランティア 登 録 から 現 地 派 遣 まで 2-1. 要 項 の 確 認 と 情 報 の 収 集 2-2. 業 務 支 援 ボランティアへの 参 加 登 録 2-3. 登 録 者 への 派 遣 要 請 情 報 の 配 信

< 目 次 > 1. ボランティア 活 動 の 心 構 え 2. 支 援 ボランティア 登 録 から 現 地 派 遣 まで 2-1. 要 項 の 確 認 と 情 報 の 収 集 2-2. 業 務 支 援 ボランティアへの 参 加 登 録 2-3. 登 録 者 への 派 遣 要 請 情 報 の 配 信 災 害 時 透 析 業 務 支 援 ボランティア 活 動 マニュアル ver.1.10 2014 年 6 月 公 益 社 団 法 人 日 本 臨 床 工 学 技 士 会 災 害 対 策 委 員 会 < 目 次 > 1. ボランティア 活 動 の 心 構 え 2. 支 援 ボランティア 登 録 から 現 地 派 遣 まで 2-1. 要 項 の 確 認 と 情 報 の 収 集 2-2. 業 務 支 援

More information

様 工 作 プラン( 専 属 担 当 者 : 神 崎 ) 事 前 調 査 結 果 /2 週 間 で 計 6 回 の 調 査 を 行 った 結 果 これまでご 報 告 したよう に 対 象 者 の 行 動 パターン 及 び 性 格 や 人 間 性 また 第 二 対 象 者 との 関 係 について も

様 工 作 プラン( 専 属 担 当 者 : 神 崎 ) 事 前 調 査 結 果 /2 週 間 で 計 6 回 の 調 査 を 行 った 結 果 これまでご 報 告 したよう に 対 象 者 の 行 動 パターン 及 び 性 格 や 人 間 性 また 第 二 対 象 者 との 関 係 について も 様 工 作 プラン 1. アクアグローバルサポート( 以 下 甲 )は 依 頼 者 様 ( 以 下 乙 )の 全 ての 個 人 情 報 ( 調 査 内 容 姓 名 住 所 等 )の 守 秘 義 務 を 確 実 に 履 行 致 します 2. 甲 は 乙 の 工 作 プラン 書 の 運 用 で 生 じた 如 何 なる 事 態 に 関 しても 一 切 の 責 任 を 負 いません 又 乙 は 運 用 において

More information

1 はじめに いじめほど 残 酷 で 恐 ろしくて 無 意 味 な 行 為 は 他 には 存 在 しないのではないか いじ めが 起 これば 被 害 者 には 心 に 大 きな 傷 を 残 し 加 害 者 は 被 害 者 の 苦 しみや 痛 みをずっと 背 負 っていかなければならなくなる いじめの

1 はじめに いじめほど 残 酷 で 恐 ろしくて 無 意 味 な 行 為 は 他 には 存 在 しないのではないか いじ めが 起 これば 被 害 者 には 心 に 大 きな 傷 を 残 し 加 害 者 は 被 害 者 の 苦 しみや 痛 みをずっと 背 負 っていかなければならなくなる いじめの いじめを 無 くす 為 に ~ 現 代 いじめについて 考 える~ 群 馬 県 立 太 田 女 子 高 等 学 校 1 年 菊 田 未 来 目 次 1 はじめに 2 現 代 いじめの 特 徴 (1)いじめっこは 存 在 しない!? (2) 仲 良 しグループの 中 でのいじめ 3 いじめをなくすために 私 たちにできること (1) 依 存 心 をなくす (2) 趣 味 を 見 つける 4 いじめをなくすために

More information

人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動

人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動 3. 事 故 けが 等 の 実 態 と 特 徴 交 通 事 故 の 実 態 と 特 徴 < 発 生 件 数 の 推 移 > 交 通 事 故 の 推 移 をみると 発 生 件 数 と 負 傷 者 数 は 連 動 しており 2008 年 にいったん 減 少 しましたが その 後 再 び 増 加 し 2010 年 から 2012 年 にかけては 減 少 傾 向 にあります 人 口 10 万 人 あたりの

More information

無料レポート

無料レポート 下 手 したら 一 生 童 貞! モテない 男 の 致 命 的 な3 つのマインド 田 代 涼 平 < 著 作 権 について> このレポートの 著 作 権 は 田 代 涼 平 にあります 無 断 転 載 転 売 はご 遠 慮 下 さい モテない 男 性 の3つの 致 命 的 なマインド モテる 男 性 とモテない 男 性 世 の 中 には 多 数 のモテる 男 性 とモテない 男 性 がいま す 同

More information

セッション 2 Part.2 / ポスターセッション に 多 かったです 過 去 1 年 間 に 休 業 している 方 は 50 人 以 下 の 会 社 で はいませんでした ということで 501 人 以 上 の 会 社 だと1 年 間 に1 人 以 上 は 出 ますというお 答 えでした ポスター

セッション 2 Part.2 / ポスターセッション に 多 かったです 過 去 1 年 間 に 休 業 している 方 は 50 人 以 下 の 会 社 で はいませんでした ということで 501 人 以 上 の 会 社 だと1 年 間 に1 人 以 上 は 出 ますというお 答 えでした ポスター 平 成 22 年 度 一 般 公 募 演 題 がん 患 者 が 治 療 を 受 けながら 仕 事 を 継 続 するためのサポートと 再 就 職 のためのサポートについて 横 浜 市 立 大 学 医 学 部 社 会 予 防 医 学 特 任 講 師 川 上 ちひろ ポスター 1 がん 患 者 がすごく 増 えていること ポスター 1 と 20 歳 代 以 降 の 死 亡 原 因 は 第 1 位 ががん

More information

苦情・相談

苦情・相談 苦 情 相 談 報 告 (かなおか 保 育 園 ) 平 成 25 年 度 時 期 申 出 人 苦 情 相 談 の 内 容 対 応 及 び 結 果 医 師 の 指 示 により 薬 を 不 十 分 な 説 明 で 不 快 にさせた 事 につ 預 けていたが 年 度 が 替 わ いて 主 任 が 謝 罪 する る 為 に 一 度 返 された 薬 の 乳 幼 児 期 は 成 長 が 著 しく 体 調 も 変

More information

<30322D B95D293998E9197BF D38CA991CE899E955C B95D A816A2E786C73>

<30322D B95D293998E9197BF D38CA991CE899E955C B95D A816A2E786C73> 資 料 2-5 岩 手 県 地 域 防 災 対 策 見 直 し 素 案 に 係 るパブリック コメント 意 見 件 数 及 び 対 応 状 況 1 意 見 件 数 受 付 方 法 人 数 ( 人 機 ) 意 見 件 数 ( 件 ) 県 民 市 町 村 防 災 係 機 計 県 民 市 町 村 防 災 係 機 計 郵 便 ( 持 参 を 含 む) 0 0 ファクシミリ 1 2 2 5 1 4 2 7 電

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

気 になる 生 徒 の 実 態 把 握 をすることは より 良 い 支 援 に 向 けた 第 一 歩 です また 今 まで 先 生 方 が 気 づかなかった 生 徒 の 困 り 感 を 明 らかにする 上 でも 実 態 把 握 の 観 点 を 設 定 して 調 べることは 大 事 なことです しかし 実 態 把 握 の 結 果 が 一 人 歩 き してしまったり レッテル 貼 りにつながってしまうおそれも

More information

Microsoft Word - marathon.doc

Microsoft Word - marathon.doc 2007 年 2 月 18 日 に 第 1 回 東 京 マラソンが 開 催 されました いろいろなメディアで 取 り 上 げられていたのでご 存 知 の 方 は 多 いと 思 います 通 常 は 走 ることのできない 都 心 の 車 道 を 封 鎖 し 注 目 度 の 高 かったこのイベントに 参 加 され 見 事 42.195 キロを 完 走 された 方 の 貴 重 な 体 験 談 を 聞 くことができたのでご

More information

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的 第 1 回 沼 津 市 総 合 教 育 会 議 議 事 録 〇 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 26 日 ( 木 曜 日 )15 時 00 分 ~16 時 00 分 〇 開 催 場 所 沼 津 市 立 第 四 小 学 校 多 目 的 ホール 〇 出 席 者 市 長 栗 原 裕 康 教 育 長 服 部 裕 美 子 教 育 委 員 三 好 勝 晴 教 育 委 員 土 屋 葉 子 教 育 委 員

More information

28

28 日 本 赤 十 字 社 27 28 日 本 赤 十 字 社 との 活 動 について 明 治 学 院 が 横 浜 にヘボン 塾 を 開 いてから 150 年 に 当 たる 2013 年 は 赤 十 字 の 歴 史 においても 五 人 委 員 会 が 誕 生 し 赤 十 字 規 約 赤 十 字 の 標 章 が 決 められた 節 目 の 年 でもあった 4 月 5 日 には 日 本 赤 十 字 社 明 治

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

これからの 私 三 雲 中 学 校 柔 道 部 大 西 亜 虹 全 国 大 会 はスポーツをやっている 人 にとって, 憧 れの 舞 台 です 私 が 小 学 5 年 生 の 時 に, 三 重 県 のサンアリーナで 中 学 生 の 全 国 大 会 がありま した 体 の 大 きさももちろんですが,ス

これからの 私 三 雲 中 学 校 柔 道 部 大 西 亜 虹 全 国 大 会 はスポーツをやっている 人 にとって, 憧 れの 舞 台 です 私 が 小 学 5 年 生 の 時 に, 三 重 県 のサンアリーナで 中 学 生 の 全 国 大 会 がありま した 体 の 大 きさももちろんですが,ス 中 体 連 を 通 じて 学 んだこと 四 日 市 市 立 三 滝 中 学 校 柔 道 部 川 村 幸 穂 私 たちは 昨 年 の 中 体 連 県 大 会 の 準 決 勝 では 接 戦 の 末 に 負 けてしまい 目 標 だ った 全 国 大 会 出 場 を 逃 しとても 悔 しい 思 いをしました それから 次 の 夏 の 中 体 連 ではいい 結 果 が 出 せるように 必 死 に 練 習 に

More information

事 項 に 関 する 指 針 ( 以 下 配 慮 指 針 ) を 勘 案 しつつ, 周 辺 の 生 活 環 境 保 持 の 観 点 から 意 見 を 有 する 場 合 は, 設 置 者 に 対 し 届 出 日 から 8 ヶ 月 以 内 に 意 見 を 述 べる 生 活 環 境 に 配 慮 され 意

事 項 に 関 する 指 針 ( 以 下 配 慮 指 針 ) を 勘 案 しつつ, 周 辺 の 生 活 環 境 保 持 の 観 点 から 意 見 を 有 する 場 合 は, 設 置 者 に 対 し 届 出 日 から 8 ヶ 月 以 内 に 意 見 を 述 べる 生 活 環 境 に 配 慮 され 意 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 法 の 現 状 と 課 題 解 析 事 業 部 環 境 解 析 部 石 原 一 史 1. は じ め に 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 法 ( 以 下 大 店 立 地 法 ) は, 大 規 模 小 売 店 舗 法 ( 以 下 大 店 法 に 変 わ る 法 律 として 平 成 12 年 6 月 1 日 に 施 行 された 大 店 法 は, 近 隣 の 中 小

More information

熊本市戸建木造住宅耐震改修事業

熊本市戸建木造住宅耐震改修事業 平 成 28 年 度 戸 建 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 利 用 の 手 引 き ( 市 民 向 け) 熊 本 市 戸 建 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 強 計 画 設 計 耐 震 改 修 工 事 目 次 耐 震 診 断 から 耐 震 改 修 までの 流 れ p 1 補 強 計 画 設 計 補 助 制 度 利 用 について p 2 耐 震 改 修 工 事 補 助 制 度 利

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203230313130343139938C93FA967B91E5906B8DD08AD698418FEE95F1817990E79774984A8DD08A6D94468DCF817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203230313130343139938C93FA967B91E5906B8DD08AD698418FEE95F1817990E79774984A8DD08A6D94468DCF817A2E646F63> 東 日 本 大 震 災 関 連 情 報 千 葉 労 災 病 院 救 急 集 中 治 療 部 森 脇 龍 太 郎 はじめに 2011.3.11 以 来, 日 本 国 民 は 心 をひとつにして,この 未 曾 有 の 大 災 禍 に 立 ち 向 かっているように 感 じられます. 破 産 寸 前 と 警 鐘 を 鳴 らされながらも, 快 適 な 生 活 を 続 けていくために 借 金 をし 続 けてまでもこのまま

More information

レポートのダウンロードありがとうございます 斉 藤 めいやです 動 画 の 方 はもう 見 てもらえたでしょうか? これからこの 動 画 について 俺 が 解 説 していきます まずこのレポートでは 俺 はボンバーさんの 声 のかけ 方 を 便 宜 上 5つの 基 本 ステップに 分 類 しました

レポートのダウンロードありがとうございます 斉 藤 めいやです 動 画 の 方 はもう 見 てもらえたでしょうか? これからこの 動 画 について 俺 が 解 説 していきます まずこのレポートでは 俺 はボンバーさんの 声 のかけ 方 を 便 宜 上 5つの 基 本 ステップに 分 類 しました ボンバー 功 のナンパ 動 画 解 説 と 斉 藤 めいやの 誰 にでもできる 声 かけのステップ 斉 藤 めいや レポートのダウンロードありがとうございます 斉 藤 めいやです 動 画 の 方 はもう 見 てもらえたでしょうか? これからこの 動 画 について 俺 が 解 説 していきます まずこのレポートでは 俺 はボンバーさんの 声 のかけ 方 を 便 宜 上 5つの 基 本 ステップに 分

More information

研究の計画・方法

研究の計画・方法 外 来 患 者 を 対 象 とした 緩 和 ケアに 関 するニーズ 調 査 報 告 書 大 友 宣 1) 佐 野 かず 江 2) 橋 本 勉 3) 1) 社 会 福 祉 法 人 日 本 医 療 伝 道 会 衣 笠 病 院 内 科 医 長 / 湘 南 国 際 村 クリニック 所 長 2) 社 会 福 祉 法 人 日 本 医 療 伝 道 会 衣 笠 病 院 ケアセンター 所 長 3) 社 会 福 祉 法

More information

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて 学 校 防 災 マニュアル ( 修 正 版 ) 本 マニュアルは 平 成 24 年 3 月 に 全 面 改 定 した 学 校 防 災 マニュアルを 平 成 25 年 3 月 に 修 正 された 目 黒 区 地 域 防 災 計 画 と 整 合 性 を 図 るため 平 成 25 年 6 月 に 一 部 修 正 したものである 平 成 25 年 6 月 目 黒 区 教 育 委 員 会 目 次 災 害 時

More information

前世リーディングと古典西洋占星術で紐解くあなたのカルマ~より幸せな人生にシフトする~

前世リーディングと古典西洋占星術で紐解くあなたのカルマ~より幸せな人生にシフトする~ あなたのカルマ 鑑 定 書 ~ 前 世 の 課 題 を 今 生 で 昇 華 するには? より 幸 せな 人 生 にシフトする 方 法 ~ Ms. Nxxxx.Txxxx N さん こんにちは N さんに 対 する 私 の 印 象 は すごいエネルギッシュな 女 性 だなと 思 いました でもちょっと 疲 れていらっしゃる 感 じで シルバージョーでお 話 を 聞 いていたら そりゃ 疲 れるわと ^^

More information

喜 地 区 と 鷲 宮 地 区 が 水 に 弱 い 傾 向 がありますので 一 級 河 川 の 整 備 等 を 含 めて 杉 戸 県 土 整 備 事 務 所 に 改 修 の 要 望 をしたいと 考 えています また 今 回 のような 雨 が 降 りますと 水 がはけきらずに 溜 まってしまう 傾 向

喜 地 区 と 鷲 宮 地 区 が 水 に 弱 い 傾 向 がありますので 一 級 河 川 の 整 備 等 を 含 めて 杉 戸 県 土 整 備 事 務 所 に 改 修 の 要 望 をしたいと 考 えています また 今 回 のような 雨 が 降 りますと 水 がはけきらずに 溜 まってしまう 傾 向 市 民 懇 談 会 市 民 との 懇 談 概 要 開 催 場 所 久 喜 総 合 文 化 会 館 平 成 23 年 7 月 3 日 ( 日 ) 開 催 日 時 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 12 分 まで 参 加 者 数 42 人 発 言 者 数 9 人 質 問 書 受 理 件 数 7 件 出 席 者 田 中 市 長 牧 副 市 長 吉 田 教 育 長 早 野 総 務 部 長 井

More information

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ 平 成 28 年 度 中 小 企 業 振 興 会 議 第 1 回 会 議 議 事 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 案 件 及 び 議 事 議 事 要 旨 平 成 28 年 6 月 7 日 ( 火 ) 午 後 2 時 から 午 後 3 時 20 分 館 林 市 役 所 502 会 議 室 振 興 会 議 委 員 : 笠 原 委 員 多 田 委 員 三 田 委 員 仁 田 委 員 伊 藤 委 員 藤

More information

長野県プレスリリース 平成16年7月23日

長野県プレスリリース 平成16年7月23日 長 野 県 ( 県 民 文 化 部 )プレスリリース 平 成 28 年 (2016 年 )3 月 9 日 特 定 商 取 引 に 関 する 法 律 違 反 の 事 業 者 に 対 して 行 政 処 分 ( 業 務 停 止 命 令 3か 月 )を 行 いました 県 は 低 周 波 電 気 マッサージ 組 合 せ 家 庭 用 医 療 機 器 の 訪 問 販 売 を 行 っていた 株 式 会 社 ファインティに

More information

Microsoft PowerPoint pptx

Microsoft PowerPoint pptx 2010 年 9 月 15 日 発 行 NO.01 P1 1. トレンドDATA ~ 求 職 者 の 志 向 から 市 場 のトレンドまで 求 人 市 場 の 今 をお 届 けします ~ - 応 募 後 に 一 気 にさめたその 瞬 間 ~ 面 接 キャンセル 採 用 辞 退 を 防 ぐポイント~ ( 01 ) 面 接 キャンセルのタイミングとその 理 由 ( 02 ) 採 用 辞 退 に 至 る

More information

防災マニュアル 分割1

防災マニュアル 分割1 新 居 浜 特 別 支 援 学 校 防 災 マニュアル - 平 成 4 度 版 - 愛 媛 県 立 新 居 浜 特 別 支 援 学 校 79-004 愛 媛 県 新 居 浜 市 本 郷 丁 目 番 5 号 Tel 0897--6656 Fax 0897-44-5599 目 次 南 海 大 地 震 の 災 害 の 特 性 と 被 害 の 想 定 地 震 発 生 時 の 基 本 的 対 応 地 震 防

More information

Taro-第4回 三条署協議会開催概況【決定】

Taro-第4回 三条署協議会開催概況【決定】 第 4 回 三 条 警 察 署 協 議 会 開 催 概 況 開 催 日 時 平 成 28 年 2 月 25 日 ( 木 ) 午 後 1 時 30 分 から 午 後 3 時 30 分 までの 間 開 催 場 所 三 条 警 察 署 3 階 会 議 室 公 安 委 員 会 小 林 公 安 委 員 1 人 近 藤 会 長 濱 田 副 会 長 青 木 委 員 出 席 者 委 員 刈 屋 委 員 斎 藤 委

More information

てなるべく 早 めにお 示 ししたい 税 制 の 取 扱 いについては 累 進 課 税 にならないよう 国 税 庁 で 協 議 中 であり 喫 緊 に 公 表 できるよう 準 備 しているところ 自 主 的 避 難 等 に 係 る 賠 償 の 実 費 について 定 額 を 超 える 部 分 は 被

てなるべく 早 めにお 示 ししたい 税 制 の 取 扱 いについては 累 進 課 税 にならないよう 国 税 庁 で 協 議 中 であり 喫 緊 に 公 表 できるよう 準 備 しているところ 自 主 的 避 難 等 に 係 る 賠 償 の 実 費 について 定 額 を 超 える 部 分 は 被 福 島 県 原 子 力 損 害 対 策 協 議 会 原 子 力 損 害 賠 償 の 完 全 実 施 に 関 する 緊 急 要 望 要 求 活 動 結 果 概 要 < 関 係 省 庁 政 党 > 日 時 平 成 24 年 11 月 19 日 ( 月 )13:00~15:30 要 望 者 会 長 代 理 村 田 文 雄 ( 福 島 県 副 知 事 代 表 者 会 議 議 長 ) 副 会 長 佐 藤 正

More information

広 範 な 支 援 活 動 を 展 開 した 東 日 本 大 震 災 今 後 も 医 療 支 援 を 継 続 3 月 11 日 東 北 地 方 から 関 東 地 方 にかけての 太 平 洋 側 で 巨 大 地 震 が 発 生 した TMATおよび 徳 洲 会 グループは 仙 台 徳 洲 会 病 院

広 範 な 支 援 活 動 を 展 開 した 東 日 本 大 震 災 今 後 も 医 療 支 援 を 継 続 3 月 11 日 東 北 地 方 から 関 東 地 方 にかけての 太 平 洋 側 で 巨 大 地 震 が 発 生 した TMATおよび 徳 洲 会 グループは 仙 台 徳 洲 会 病 院 東 日 本 緊 急 特 集 大 津 波 にのみ 込 まれた 気 仙 沼 市 震 災 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 では 太 平 洋 沿 岸 を 中 心 に 高 い 津 波 による 甚 大 な 被 害 が 出 た これまでの 死 者 は 余 震 を 含 め 4 月 20 日 現 在 で 12 都 道 県 1 万 4027 人 に 上 る 行 方 不 明 者 は6 県 で

More information

(Microsoft PowerPoint - Ppt0000095.ppt[\223\307\202\335\216\346\202\350\220\352\227p])

(Microsoft PowerPoint - Ppt0000095.ppt[\223\307\202\335\216\346\202\350\220\352\227p]) 相 続 税 贈 与 税 セミナー 用 贈 与 税 早 わかり 資 料 贈 与 税 早 わかりセミナー 目 次 第 1 部 第 2 部 第 3 部 第 4 部 贈 与 税 の 基 礎 知 識 贈 与 税 の 改 正 贈 与 税 のよくある 質 問 贈 与 を 上 手 に 使 う6つのポイント 1 第 1 部 贈 与 税 の 基 礎 知 識 1. 贈 与 とは? 自 分 の 財 産 を 無 償 で 相

More information

Microsoft Word - 平成24年第3回定例会(9月)一般質問1.docx

Microsoft Word - 平成24年第3回定例会(9月)一般質問1.docx 平 成 24 年 第 3 回 定 例 会 (9 月 ) 一 般 質 問 (1) いじめ 問 題 について 1. 発 生 時 の 対 応 議 員 宮 下 裕 美 子 通 告 書 に 従 い 質 問 を 行 います はじめに 午 前 中 の 金 子 議 員 の 質 問 に 対 する 答 弁 で 私 が 通 告 書 に 記 した 内 容 について 一 部 答 弁 されました しかし せっか くの 機 会

More information

1 学 期 の 終 業 式 での 話 題 夏 休 みを 迎 えるにあたって ( 予 定 ) け 健 康 安 全 に 注 意 すること じ 自 分 のことだけではなく 家 族 の 一 員 として 生 活 すること め めあてをもって 学 習 すること 昨 年 からみんなが 続 けている 私 たちにでき

1 学 期 の 終 業 式 での 話 題 夏 休 みを 迎 えるにあたって ( 予 定 ) け 健 康 安 全 に 注 意 すること じ 自 分 のことだけではなく 家 族 の 一 員 として 生 活 すること め めあてをもって 学 習 すること 昨 年 からみんなが 続 けている 私 たちにでき 平 成 24 年 6 月 29 日 千 代 田 区 立 お 茶 の 水 小 学 校 校 長 山 田 茂 利 http://www.ochanomizu-e.ed.jp/ 4 梅 雨 の 晴 れ 間 プールから 子 どもたちの 歓 声 が 聞 こえてきます 過 日 は 学 校 公 開 にご 来 校 賜 りありがとうございました 子 どもたちの 一 日 一 日 の 積 み 重 ねの 様 子 をご 覧 いただけたかと

More information

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 度 担 各 優 秀 及 投 稿 象 部 委 及 委 審 査 厳 正 審 査 経 ( ) 七 ( 四

More information

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc NPOって 何? 平 成 25 年 10 月 浜 松 市 市 民 部 市 民 協 働 地 域 政 策 課 目 次 Q 1 NPOって 何? 2 Q 2 非 営 利 とはどういうことですか? 2 Q 3 NGOとの 違 いは? 3 Q 4 NPOとボランティアとの 違 いは? 3 Q 5 NPOで 働 いて 給 料 をもらえますか? 4 Q 6 町 内 会 や 自 治 会 との 違 いは? 4 Q 7

More information

4 派 遣 者 から 一 言 船 曳 文 洋 先 生 船 曳 先 生 は, 岡 山 市 教 育 委 員 会 から シニア 派 遣 としてコロンバス 日 本 語 補 習 校 の 教 頭 として 派 遣 されます 以 前 はバンコク 日 本 人 学 校 に 勤 務 し ていました 今 回 の 文 科 省

4 派 遣 者 から 一 言 船 曳 文 洋 先 生 船 曳 先 生 は, 岡 山 市 教 育 委 員 会 から シニア 派 遣 としてコロンバス 日 本 語 補 習 校 の 教 頭 として 派 遣 されます 以 前 はバンコク 日 本 人 学 校 に 勤 務 し ていました 今 回 の 文 科 省 平 成 27 年 度 海 外 派 遣 教 員 を 励 ます 集 い 平 成 27 年 2 月 28 日 ( 土 ) 平 成 27 年 2 月 28 日 ( 土 )に 上 記 の 会 が, 岡 山 アークホテル1Fレストラン ラ ペ ーシュ で 開 かれました 岡 山 駅 の 近 くで, 便 利 が 良 く, 貸 し 切 りでも 良 心 的 な 料 金 のた め, 本 会 の 行 事 としておなじみの

More information

保 護 者 有 志 で 夕 食 ( お に ぎ り ゆ で 卵 ) を 炊 き 出 し, 食 し, 夜 は, そ れ ぞ れ の 自 家 用 車 の 中 で 過 ご し た 幸 い に し て 保 護 者 が 迎 え に 来 て い な い 児 童 は な く, 自 家 用 車 の な い 保 護

保 護 者 有 志 で 夕 食 ( お に ぎ り ゆ で 卵 ) を 炊 き 出 し, 食 し, 夜 は, そ れ ぞ れ の 自 家 用 車 の 中 で 過 ご し た 幸 い に し て 保 護 者 が 迎 え に 来 て い な い 児 童 は な く, 自 家 用 車 の な い 保 護 大 震 災 か ら 学 校 再 開, そ し て 正 常 化 に 向 け た 小 原 木 小 学 校 の 取 組 1,はじめに 3 月 1 1 日 の 東 日 本 大 震 災 に よ り, 本 小 学 校 区 内 の 大 沢 舘 只 越 の 3 地 区 の う ち, 大 沢 と 只 越 地 区 が 壊 滅 状 態 と な っ た 全 校 6 7 名 の う ち 家 屋 全 壊 の 家 庭 が 2 1

More information

休 憩 時 間 休 憩 時 間 は 勤 務 時 間 の 途 中 で 自 分 の 時 間 として 自 由 に 利 用 することが 法 律 で 保 障 されている 時 間 です 学 校 職 場 では1 日 45 分 です 勤 務 する 義 務 がないの で 給 与 の 対 象 外 です 仕 事 による 肉 体 的 精 神 的 な 疲 労 を 回 復 するために 労 働 基 準 法 で 決 められています

More information

山田副士長 予防課保安係(平成22年採用)

山田副士長 予防課保安係(平成22年採用) 桐 生 市 消 防 本 部 先 輩 インタビュー 星 野 消 防 士 ( 平 成 27 年 度 採 用 ) 高 島 消 防 士 ( 平 成 28 年 度 採 用 ) 樽 川 消 防 士 ( 平 成 28 年 度 採 用 ) 清 水 消 防 士 ( 平 成 25 年 度 採 用 ) 石 原 副 士 長 ( 平 成 22 年 度 採 用 ) 消 防 士 としてやりがいを 感 じることは 現 場 で 活

More information

アンケート 実 施 概 要 調 査 期 間 : 2014 年 11 月 4 日 ( 火 )~11 月 14 日 ( 金 ) サンプル 数 ( 概 数 ) : 447 人 年 代 別 サンプル 比 : 年 齢 20 代 男 性 51 女 性 53 合 計 代 代

アンケート 実 施 概 要 調 査 期 間 : 2014 年 11 月 4 日 ( 火 )~11 月 14 日 ( 金 ) サンプル 数 ( 概 数 ) : 447 人 年 代 別 サンプル 比 : 年 齢 20 代 男 性 51 女 性 53 合 計 代 代 2014 年 12 月 15 日 *** 2015 年 ( 平 成 27 年 ) *** ビジネスマン OLの 年 賀 状 に 関 するアンケート 調 査 株 式 会 社 パイロットコーポレーション 日 本 独 特 のお 正 月 の 習 慣 として また 普 段 会 えない 人 へのコミュニケ-ション 手 段 として 私 たち 日 本 人 にとって 欠 かすことのできないのが 年 賀 状 のやりとり

More information

表 1 データベースの 構 築 県 別 時 系 列 配 列 大 正 12 年 香 川 県 番 号 発 生 日 種 類 氏 名 性 年 齢 発 病 日 決 定 日 転 帰 日 手 段 発 生 地 出 典 T 畜 犬 並 びに 野 犬 取 締 規 則 改 正 香 川 県 令 第 23 号

表 1 データベースの 構 築 県 別 時 系 列 配 列 大 正 12 年 香 川 県 番 号 発 生 日 種 類 氏 名 性 年 齢 発 病 日 決 定 日 転 帰 日 手 段 発 生 地 出 典 T 畜 犬 並 びに 野 犬 取 締 規 則 改 正 香 川 県 令 第 23 号 研 究 ノート 四 国 地 方 の 狂 犬 病 流 行 史 1 唐 仁 原 景 昭 要 約 筆 者 は 日 本 全 国 の 狂 犬 病 流 行 史 の 研 究 を 行 っているが,4 つの 県 を 擁 する 島 に 狂 犬 病 が 上 陸 した 場 合 にどのような 流 行 方 式 をたどり,どの 程 度 の 犠 牲 者 がでた のか,その 時, 防 疫 担 当 の 県 当 局 はどのような 対 応

More information

<5461726F2D8E518D6C8251834183938350815B83678C8B89CA8169503531>

<5461726F2D8E518D6C8251834183938350815B83678C8B89CA8169503531> ( 参 考 Ⅱ) 千 葉 県 教 育 委 員 会 と 千 葉 大 学 教 育 学 部 との 連 携 事 業 アンケートの 結 果 A 千 葉 大 学 教 育 学 部 との 連 携 による 基 礎 教 養 講 座 受 講 者 アンケート (アンケート 回 収 数 :76 名 ).あなたは 将 来 教 員 になることを 志 望 していますか?. 教 員 になることを 目 指 している(6 名 ). 教

More information