Microsoft Word - 正平協第九回公開講演会2007年1月

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 正平協第九回公開講演会2007年1月"

Transcription

1 正 義 と 平 和 協 議 会 第 九 回 公 開 講 演 会 正 義 を 行 い 慈 しみを 愛 し へりくだって 神 と 共 に 歩 む 2007 年 1 月 13 日 ( 土 ) 目 白 聖 公 会 司 祭 香 山 洋 人 なに しゅ み ま え で 6 何 をもって わたしは 主 の 御 前 に 出 で たか かみ いと 高 き 神 にぬかずくべきか や つ ささ もの 焼 き 尽 くす 献 げ 物 として とうさい こ う し み ま え で 当 歳 の 子 牛 をもって 御 前 に 出 るべきか しゅ よろこ 7 主 は 喜 ばれるだろうか いくせん お ひつじ いくまん あぶら なが 幾 千 の 雄 羊 幾 万 の 油 の 流 れを とが つぐな ちょうし わが 咎 を 償 うために 長 子 を じ ぶ ん つみ たい み 自 分 の 罪 のために 胎 の 実 をささげるべきか ひと なに ぜん 8 人 よ 何 が 善 であり しゅ なに まえ もと 主 が 何 をお 前 に 求 めておられるかは まえ つ お 前 に 告 げられている せ い ぎ おこな いつく あい 正 義 を 行 い 慈 しみを 愛 し かみ とも あゆ へりくだって 神 と 共 に 歩 むこと これである (ミカ 書 6 章 6~8 節 新 共 同 訳 ) 0 はじめに 2005 年 6 月 聖 公 会 神 学 院 を 会 場 に 東 京 教 区 正 義 と 平 和 協 議 会 の 一 日 研 修 が 行 われた その 時 の 資 料 の 末 尾 に 正 義 と 平 和 協 議 会 の 姿 勢 について という 拙 文 を 付 した 今 回 それを 読 み 直 したが 再 読 に 耐 えない 内 容 に 意 気 消 沈 したものの 今 日 ここでお 話 すべき 内 容 はほとんどそこ に 書 かれている 気 がする また 世 界 の 聖 公 会 が 何 を 大 切 にする 教 会 なのか そして 日 本 聖 公 会 は 東 京 教 区 は 何 を 大 切 にする 教 会 なのか 正 義 平 和 人 権 などをキーワードとした 諸 文 書 を 調 べる ことで 浮 かび 上 がらせたいというあの 時 の 作 業 についても さらに 時 間 をかけて 完 成 させる 必 要 が あるとはいえ 18 ヶ 月 後 の 今 全 く 新 しい 何 かが 浮 かんでくるわけではなかった そこで 今 回 は ドナル ドールの 霊 性 と 正 義 という 本 を 軸 にミカ 書 6 章 のみ 言 葉 を 黙 想 しな がら 正 義 について 学 びなおしてみようと 思 う 実 はこの 作 業 も 2000 年 に 行 われた 祈 りの 花 束 (ナザレ 修 女 会 )の 黙 想 を 下 敷 きに 発 展 させてみたにすぎない Ⅰ.キリスト 者 にとっての 正 義 平 和 とは 正 義 という 言 葉 には 抵 抗 がある という 人 は 少 なくない 最 も 正 しい 戦 争 よりも 最 も 不 正 な 平 和 を とはローマの 哲 学 者 キケロの 言 葉 だそうだが 大 東 亜 共 栄 圏 の 新 たな 構 築 へと 向 かう 社 会 に 暮 らしながらアメリカのイラク 攻 撃 を 目 の 当 たりにした 我 々には 説 得 力 のある 言 葉 かもしれな い だから 正 義 などという 唯 一 の 基 準 は 支 配 者 の 言 語 であって 押 し 付 けがましく 暴 力 的 だと 1

2 いう 批 判 が 可 能 だ こういう 相 対 主 義 はわからなくもない いわゆる 人 権 外 交 にしても 実 は 自 国 の 利 益 を 主 張 しているのに 正 義 の 見 方 顔 をして 悪 を 懲 らしめているようで こうした 現 実 を 知 れば 知 るほど 正 義 とか 人 権 という 言 葉 には 嫌 気 が 差 してくる しかしこれは 逃 げだと 思 う もはや 普 遍 的 なものなどないというポストモダン 的 な 立 場 は 政 治 的 理 念 や 宗 教 などの 大 きな 物 語 を 拒 んで ローカルな 価 値 個 々の 物 語 を 大 事 にしようとしたのだが これでは 結 局 アメリカのよ うな 擬 似 帝 国 や 巨 大 資 本 の 力 には 対 抗 できないのではないだろうか それが 逃 げであるだけならい いが それはもう 一 つの 力 への 意 思 である という 批 判 は 傾 聴 の 価 値 がある 法 哲 学 者 井 上 達 夫 は 普 遍 の 再 生 ( 岩 波 書 店 2003 年 )の 中 で 普 遍 性 や 正 義 を 否 定 する 脱 構 築 に 疲 弊 し 結 局 は 天 皇 の 戦 争 責 任 を 不 問 に 付 し アメリカの 覇 権 主 義 の 前 に 敗 北 していく 知 識 人 たちの 姿 を 批 判 し もう 一 つの 覇 権 主 義 に 発 展 しかねないこうした 脱 普 遍 主 義 に 代 わって 内 発 的 普 遍 主 義 を 唱 えている 今 回 正 義 の 問 題 を 正 面 から 扱 った 著 作 としてすでに 古 典 的 評 価 を 得 ている 共 生 の 作 法 ( 創 文 社 1986 年 )の 再 読 も 試 みたが 井 上 の 法 哲 学 的 議 論 はあまりに 難 解 で 十 分 理 解 して いるとはいいがたい しかし 生 半 可 な 了 解 であることを 恐 れずにいえば 現 代 世 界 は 正 義 平 和 人 権 といった 普 遍 的 概 念 を 放 棄 することで 結 局 は 地 域 的 平 和 の 世 界 化 一 極 覇 権 主 義 を 容 認 し てきた 今 こそ 国 家 を 相 対 化 し 覇 権 主 義 を 抑 制 し かつ 多 元 性 を 担 保 する 新 たな 普 遍 主 義 的 価 値 が 必 要 であり それは 可 能 だと 井 上 はいっている と 思 う 国 際 的 資 本 の 発 達 によって 世 界 はひとつの 市 場 ひとつの 地 域 となった いわゆるグローバル 化 の 到 来 だ しかし 旧 約 聖 書 時 代 の 中 近 東 諸 国 家 の 関 係 に あるいは 古 代 ローマ 帝 国 のあり 方 にす でにグローバル 化 とその 中 で 生 きるための 知 恵 が 先 取 りされていた という 理 解 があるらしい 初 期 のキリスト 教 が 地 中 海 世 界 に 広 がっていく 過 程 が まさにローマ 帝 国 によって 完 成 されていた 越 境 の 原 理 に 便 乗 したプロセス グローバル 化 のプロセスであった 境 界 があるところには 他 者 が 存 在 する 他 者 よそ 者 客 人 マレビト これらの 人 々は 自 分 たちの 伝 統 や 文 化 とは 異 なっ た 価 値 観 で 生 きる 人 々だ 人 間 はこれらの 人 々に 対 して 敬 して 遠 ざけるか 差 別 して 排 除 するか あるいは 共 生 して 新 たな 伝 統 と 文 化 を 創 造 するか いずれかの 態 度 を 迫 られてきた 周 囲 にどのよ うな 圧 力 があったにせよ 初 代 教 会 は 脱 イスラエルの 道 を 選 択 することで イエス=キリスト 告 白 という 唯 一 の 価 値 を 頼 りに 他 者 との 関 係 を 積 極 的 に 受 け 止 めて 共 生 を 実 現 する 新 しい 価 値 すなわ ち 神 の 国 の 実 現 という 壮 大 な 実 験 を 開 始 した 共 生 のために 必 要 なもの それは 地 域 的 な 伝 統 や 文 化 に 裏 打 ちされた 狭 い 価 値 観 ではなく 誰 に でも 共 感 できる 原 則 普 遍 的 なルールだ 帝 国 は 軍 事 力 や 経 済 力 を 背 景 にして 地 域 的 な 価 値 を 普 遍 化 しようとする しかし 真 の 共 生 は 特 定 の 伝 統 や 文 化 によってではなく 誰 にでも 共 感 できる 価 値 によるネットワークの 構 築 であり そこで 想 定 される 普 遍 的 概 念 が 正 義 の 概 念 だ 帝 国 は 自 らの 価 値 の 実 現 を 正 義 と 呼 び 帝 国 への 服 従 を 幸 福 と 呼 ぶ しかし 神 の 国 はそうした 帝 国 的 正 義 の 概 念 を 転 覆 する ある 意 味 で 正 義 とはグローバル 化 した 世 界 における 最 低 限 の 共 通 理 解 グローバル ミニマムと いえるかもしれない そして 平 和 とは そのような 正 義 が 実 現 し 人 々の 尊 厳 が 最 大 限 尊 重 されてい る 状 態 グローバル ミニマムが 保 たれている 状 態 を 指 している しかし すべての 人 が 納 得 でき る 状 態 としての 平 和 は ヘブライ 語 シャロームの 語 源 とは 反 するが 完 全 な 状 態 ではありえ ない 帝 国 の 作 り 出 す 平 和 は 弱 者 の 忍 耐 を 要 求 する しかし 神 の 国 の 使 信 がもたらす 平 和 はすべて の 人 ことに 力 ある 人 々に 一 定 の 忍 耐 を 要 求 するはずだ 平 和 のために 忍 耐 すること 他 者 との 共 生 のために 自 分 の 欲 求 を 制 限 することは 自 己 犠 牲 であって 欲 望 のままに 生 きるわがままな 人 間 2

3 利 己 的 な 人 間 にとって これはとうてい 耐 えられない 状 態 といえるだろう 正 義 の 理 念 に 忠 実 であり 平 和 を 維 持 するための 自 己 犠 牲 を 受 け 入 れるために 人 間 には 一 定 の 成 熟 度 が 求 められている しかし そのように 成 熟 した 人 間 になることは 不 可 能 なほど 困 難 だ 正 義 とは 実 にやっかいな 言 葉 だ 人 間 はそれぞれ 全 く 異 なった 物 語 の 中 を 生 きているし 一 つ 一 つの 物 語 に 誠 実 であろうとすればするほど こちらを 立 てればあちらが 立 たない という 現 実 の 前 で 我 々は 立 ち 往 生 してしまう 特 に 力 のある 者 たちは 自 分 の 得 ている 特 権 を 行 使 するために 忍 耐 し ない 権 利 自 分 の 主 張 を 通 す 権 利 を 行 使 したくなる だから 正 義 のための 自 己 犠 牲 忍 耐 を 引 き 受 け 続 けることは 容 易 ではない これは 実 に 容 易 ではない ということを 我 々は 肝 に 銘 じておく 必 要 がある 神 の 国 の 使 信 に 基 づく 正 義 と 平 和 は 自 分 の 弱 さを 認 めつつ 他 者 との 共 存 のために 忍 耐 することを 含 んでいる これは 自 己 犠 牲 であり 十 字 架 を 甘 受 することであり 復 活 にのみ 希 望 を 託 すような 営 みだ このことに 無 頓 着 な 人 間 が 軽 々と 語 り 行 動 する 正 義 のことを 我 々は 安 価 な 正 義 と 呼 ぶことにしよう それはまやかしの 正 義 であり 実 現 しても 平 和 をもたらさない 正 義 だ 人 間 ならではの 現 実 ともいえる 葛 藤 や 緊 張 を 軽 く 見 た 安 価 な 正 義 は 常 に 存 在 してきた しか しもう 一 つのやっかいな 正 義 は 権 力 が 主 張 する 偽 装 された 正 義 だ 王 皇 帝 帝 王 天 皇 将 軍 などといった 存 在 が 発 揮 しようとした 現 実 の 政 治 的 権 力 の 試 みは みな 正 義 に 基 づいていた が それら 偽 装 された 正 義 によって 真 の 平 和 が 実 現 されることはなかった そこで 生 み 出 され た 平 和 はローカルな 平 和 (pax romana)でありグローバルなものではなかった そして 我 々にとっ ての 問 題 は 神 の 名 による 正 義 も 多 くの 場 合 安 価 なそして 偽 装 された 正 義 であり それらは 決 して 平 和 をもたらさないということだ 正 義 は 異 質 な 他 者 との 出 会 いを 繰 り 返 してきた 人 間 が 普 遍 的 に 共 有 可 能 な 理 想 として 追 求 されてきた しかし 人 間 の 歴 史 において 宗 教 がはたして 来 た 役 割 は 正 義 の 追 求 に 関 しては 残 念 ながら 否 定 的 なものだった 時 に 宗 教 は 正 義 に 反 し 人 権 を 蹂 躙 し 平 和 を 破 壊 してきた 宗 教 は 地 域 的 境 界 が 無 くなりつつある 世 界 にあって 地 域 を 越 えた 新 たな 境 界 を 作 り 出 し 維 持 することができる 最 後 の 大 きな 物 語 のひとつだ これらの 中 でキリスト 教 が 作 り 出 した 境 界 の 役 割 は 大 きく その 責 任 は 重 い このことを 自 覚 しない 限 り キリスト 教 はいつ までも 自 己 満 足 的 な 安 価 な 正 義 を 再 生 産 し 続 けてしまうはずだ それは 説 得 力 がないばかりで なく 実 に 有 害 だ しかしグローバル 化 した 状 況 の 中 で 他 者 と 共 に 生 きる 道 を 選 択 しないこと は 不 可 能 だ 我 々はすでに 他 者 と 共 に 生 きている それを 自 覚 してもしなくても Ⅱ. 霊 性 (spirituality)をめぐって 正 義 と 平 和 はキリスト 教 だけの 主 張 ではない むしろ 宗 教 的 信 念 は 正 義 の 実 現 と 平 和 の 維 持 を 妨 げる 境 界 を 生 み 出 しかねない 危 険 性 を 持 っている もともと 信 仰 は 目 に 見 えない 何 かだが それ が 生 み 出 す 伝 統 や 習 慣 は 目 に 見 えるものとして 人 々の 生 活 に 影 響 を 及 ぼしているし キリスト 教 も 地 域 ごとに 独 自 のスタイルを 生 み 出 している 目 に 見 えない 信 仰 が いつの 間 にか 目 に 見 えない コード(code 暗 号 規 則 ) と 化 して 巨 大 な 境 界 を 生 み 出 し 他 者 を 排 除 する そのコードは 仲 間 内 の 結 束 を 生 み 出 すと 同 時 によそ 者 を 峻 別 する 暗 号 と 化 す メンバー 同 士 ではもはや 説 明 を 必 要 と しない 伝 統 や 慣 習 は 目 に 見 えない 暗 号 のようなものだ しかし 境 界 が 無 く 誰 でも 参 加 可 能 な 世 界 の 原 則 は どうすればいいのか という 方 法 が 常 に 公 開 されているということにある その 方 法 を 理 解 し 受 け 入 れることができれば 誰 でも 参 加 可 能 になる 世 界 本 来 キリスト 教 はそうした 場 暗 3

4 号 ( 因 習 )のない 世 界 を 目 指 していたはずだった しかし 結 果 としてキリスト 教 によって 形 成 さ れた 教 会 は 目 に 見 えないコードに 支 配 された 閉 ざされた 社 会 無 形 の 伝 統 や 因 習 に 縛 られ た 地 域 社 会 だった これらはすべて 人 間 の 弱 さによって 作 られた 歴 史 であり 現 実 だ だから 我 々はそれをただ 批 判 し て 見 せるのではなく こうした 現 実 を 認 定 し 行 き 詰 まりを 実 感 したうえで そこから 突 破 するこ とに 意 を 注 ごう ここでは そうした 行 き 詰 まりから 解 き 放 たれるための 力 脱 出 するエネルギー の 源 を 自 らの 中 に 持 とうとする 営 みの 総 体 を 霊 性 spirituality という 言 葉 で 表 現 してみたい 1 悪 しき 霊 性 主 義 Spiritualism ここではペルーのカトリック 神 学 者 解 放 の 神 学 の 提 唱 者 として 有 名 なグスタボ グティエレ スを 参 考 にしながら 霊 性 とは 何 かについて 学 んでみたい Well,25-28 キリスト 教 の 霊 性 の 中 世 的 伝 統 は 修 道 生 活 を 模 範 として 形 成 されてきた そのため 真 の 霊 的 生 活 は 特 別 な 環 境 の 中 で しかも 専 門 家 ( 修 道 者 )によってのみ 可 能 であり 信 徒 の 霊 性 もこれを 理 想 として 語 られることとなる このような 修 道 院 的 霊 性 の 特 徴 は fuga mundi( 世 からの 逃 避 ) であり 言 い 換 えれば エリート 主 義 でもある 福 音 書 に 登 場 する 信 仰 厚 き 人 々( 律 法 学 者 フ ァリサイ 派 )も 律 法 遵 守 が 可 能 な 環 境 に 生 きるエリートたちだった しかし 初 期 修 道 院 運 動 の 霊 性 のキーワードは 殉 教 だったという キリスト 教 が 権 力 機 構 化 する 以 前 修 道 生 活 とは 終 末 に 備 える 生 き 方 の 模 範 であり それは 同 時 に 常 に 殉 教 に 備 えるライフスタイルを 意 味 していた 個 人 的 な 霊 性 志 向 は 内 的 生 活 といわれ そこでは 個 人 の 意 向 意 図 が 重 視 され 行 動 に ついては それがもたらす 結 果 や 効 果 ではなく 意 図 によって 評 価 された グティエレスはこう した 傾 向 を 悪 しき 霊 性 主 義 と 呼 ぶ それは 聖 書 の 持 つ 社 会 的 歴 史 的 意 味 合 いを 内 面 化 す るフィルターとなってしまう このフィルターを 通 すことで たとえば 金 持 ちとラザロの 物 語 (ルカによる 福 音 書 16 章 19 節 以 下 )は 富 める 者 と 貧 しい 者 の 物 語 ではなく おごれる 者 と 謙 遜 な 者 の 関 係 に 転 化 されてしまう ここでは 謙 遜 な 金 持 ち も おごれる 貧 者 も 可 能 とな る エリート 主 義 や 個 人 主 義 と 結 びついた 霊 性 は 現 実 からの 逃 避 出 来 事 の 抽 象 化 を 促 進 させる ここからは イエスに 従 う という 命 題 は 内 面 化 され 抽 象 化 される この 霊 性 からは 連 帯 協 働 と いった 共 同 体 としての 解 放 への 取 り 組 みは 生 まれてこない 2 分 裂 した 霊 性 本 来 修 道 院 的 霊 的 生 活 は 祈 りと 活 動 の 合 一 を 生 み 出 してきたはずだ 祈 るように 働 き 働 く ように 祈 る という 理 想 像 は 現 代 に 継 承 される 修 道 院 運 動 が 生 み 出 した 精 華 だ 6 世 紀 ヌルシア のベネディクトゥスは 自 らの 共 同 体 運 動 の 発 足 に 際 し 清 貧 従 順 貞 潔 を 誓 う 戒 律 を 作 り ora et labora( 祈 り 働 け)をモットーにモンテカッシーノに 最 初 の 修 道 会 を 設 立 した しかしキリス ト 者 の 生 活 においては いわゆる 霊 的 生 活 と 社 会 奉 仕 祈 りと 活 動 は 二 つの 極 をなしている ora et labora はエリート 的 霊 性 個 人 的 霊 性 によってしか 実 践 不 可 能 なのだろうか 他 者 は 私 たちが 神 に 到 達 するための 道 であるが 神 との 関 係 は 他 者 と 出 会 い 真 の 交 わりを 持 つための 前 提 条 件 である Well,172 グティエレスはこのようにいうことで キリスト 教 信 仰 における 隣 人 と 神 の 不 可 分 性 を 述 べている 同 時 に 彼 は 隣 人 は 神 とより 近 いものとなるための 一 つの 機 会 道 具 ではない ~ 人 間 を 目 的 とした 人 間 の 愛 こそが キリストと 真 に 出 会 う 唯 一 の 道 で 4

5 ある TL,208 とも 述 べている キリスト 者 にとって 神 への 到 達 が 目 標 ではないし キリスト 抜 きの 人 間 愛 も 不 可 能 だ とグティエレスは 語 る 我 々はどちらか 一 方 を 選 ぶことはできない 神 を 愛 することが 隣 人 を 愛 することであり 隣 人 を 愛 することが 神 を 愛 すること これがペルーのリマ でスラムの 青 年 たちとともに 生 きてきたカトリック 司 祭 グティエレスが 到 達 したキリスト 教 の 霊 性 の 原 則 だ 確 かにマタイ 福 音 書 25 章 の 諸 国 民 への 裁 き はこのことをいっている しかしここで 誤 解 して はならないのは キリスト 者 は 神 に 奉 仕 するため 便 宜 的 に 最 も 小 さいものの 一 人 に 仕 えるの ではないということだ 隣 人 は 神 に 近 づくための 手 段 道 具 ではない また 神 は 我 々が 行 う 最 も 小 さいもの への 善 行 に 対 するご 褒 美 として それを 神 ご 自 身 への 奉 仕 として 換 算 してやろ うというのではない 最 も 小 さいものの 一 人 とは 神 ご 自 身 であり この 神 の 他 に 我 々が 仕 えるべ き 神 はいない これを 兄 弟 のサクラメント と 呼 んだ 神 学 者 がいるが(イヴ コンガール) カト リック 神 学 において 聖 別 されたパンがキリストの 身 体 それ 自 体 であるように 貧 しい 隣 人 はキリス ト 自 身 だという もちろん 宗 教 と 無 縁 の 人 々にとって 人 間 愛 の 前 提 に 神 は 無 用 だ だから 最 も 小 さいものの 一 人 に 奉 仕 をすることは ただそれだけですばらしいことであり それは 信 仰 の 有 無 に 関 わらず 誰 もがなすべき 普 遍 的 価 値 だといえるだろう にも 関 わらずキリスト 者 は それが 神 ご 自 身 への 奉 仕 であるというメッセージを 無 視 できない たしかに キリスト 抜 きの 人 間 愛 は 不 可 能 だ という 主 張 はキリスト 教 信 仰 から 発 せられた 信 仰 告 白 であり キリスト 者 の 霊 性 の 根 底 に 関 わる 問 題 だ も し 我 々が 神 との 関 係 抜 きで 最 も 小 さいものの 一 人 への 奉 仕 を 実 践 したいと 願 うなら それは 自 ら 信 仰 を 内 面 化 し 抽 象 化 した 悪 しき 霊 性 主 義 になってしまうことになる 正 義 の 実 践 は 誰 もがなすべき 普 遍 的 な 行 為 であり 信 仰 があるから 正 義 の 実 践 ができるのではな い ただ 我 々は 隣 人 との 関 係 を 神 抜 きには 考 えられない 信 仰 にすでに 入 っている だから 我 々は もっとも 小 さなものの 一 人 との 出 会 いを 神 との 関 係 抜 きには 受 け 止 められないのだ 神 を 抜 きに 語 れば 我 々も 人 間 愛 だけを 中 心 とした 真 円 形 の 正 義 愛 平 和 を 語 りうるだろうし 逆 に 神 だけを 中 心 とした 純 粋 な 信 仰 を 語 りうるかもしれない しかし 我 々は 神 と 人 間 という 二 つの 中 心 を 備 えた 楕 円 を 真 理 とし どちらをも 無 視 しないこと それらは 分 かちがたく 一 体 であり しかし 決 し て 混 同 されはしないのだと 力 説 してきたはずだ こうした 緊 張 関 係 を 放 棄 した 正 義 とか 愛 とか そ こから 生 み 出 される 平 和 は 真 実 ではない と 私 たちは 信 じているはずだ 普 遍 的 概 念 としての 正 義 は 同 時 に 公 平 さを 意 味 している しかし 神 の 国 の 使 信 としての 正 義 は 我 々が 期 待 する 公 正 さではなく 貧 しいもののために 実 現 される 公 正 さだ これは 機 会 の 平 等 ではなく 結 果 の 平 等 といってもいいだろう 富 める 人 が 空 腹 のまま 追 い 返 されないかぎり 飢 えた 人 がよいもので 満 たされることはない(ルカによる 福 音 書 1 章 53 節 ) 3 統 一 された 霊 性 霊 性 とは 厳 密 な 根 本 的 意 味 としては 霊 の 支 配 のことである ~(また) 霊 性 に 導 かれた ある 具 体 的 な 福 音 を 生 きる 道 である 主 の 前 で 全 ての 人 と 連 帯 して 主 と 共 に 人 々の 前 で 決 然 と 生 きることである そ れは 強 烈 な 霊 的 体 験 から 生 じるもので ~ある 人 々は 解 放 の 過 程 への 参 加 の 結 果 として この 体 験 を 生 きはじめている TL,211 解 放 の 霊 性 は 隣 人 すなわち 抑 圧 されている 人 々 搾 取 されている 社 会 階 級 軽 蔑 される 人 種 支 配 さ れる 国 に 対 する 回 心 を 中 心 とするであろう 我 々の 神 への 回 心 とは この 隣 人 への 回 心 を 含 むものなの 5

6 である 福 音 的 回 心 は 実 際 あらゆる 霊 性 の 試 金 石 なのである 回 心 とは 我 々 自 身 の 根 本 的 変 革 を 意 味 する TL,212 グティエレスは 隣 人 への 回 心 という 言 葉 を 使 う TL,197 もし 神 との 関 係 が 隣 人 との 関 係 と 不 可 分 であるならば 我 々は 隣 人 に 向 かって 回 心 することで 真 の 回 心 ( 神 への 帰 還 和 解 )へと 一 歩 を 踏 み 出 すに 違 いない そして 隣 人 への 回 心 とは 連 帯 して 生 きる ということだ かつてマ ニラの 小 さなスラムで カトリックの 修 道 者 がコーディネートする 聖 書 の 会 に 出 たことがある ご みの 山 から 換 金 できるものを 探 し 生 計 を 立 てる 人 々の 輪 の 中 に ペプシ に 勤 務 する 金 持 ちが 加 わ っていた 貧 しい 人 々のために 献 金 したいというこの 信 心 深 い 男 に 対 し 修 道 者 は まず 彼 らの 信 仰 と 知 恵 に 学 びなさいと 促 したという 時 間 と 空 間 を 共 有 することで 真 の 回 心 と 連 帯 が 生 まれてく る それが 富 める 者 の 解 放 ( 救 い)に 不 可 欠 なプロセスだから とその 修 道 者 は 語 っていた 霊 性 とは 自 分 自 身 のもっとも 深 い 部 分 神 との 出 会 いの 場 自 分 自 身 を 形 成 し 動 かすもの 燃 え 尽 きな い 心 尽 きない 井 戸 正 義 のために 闘 う 精 神 自 分 の 心 はらわた 我 々が はらわた で 感 じること それは 優 れて 深 く 人 間 的 な 体 験 であり 神 が 私 たちの 生 に 現 れているこ とを 知 るよい 機 会 を 与 えてくれる 神 の 私 への 現 れは 人 間 的 なものである そして 私 がより 深 い 人 間 性 を 身 につければ 神 の 手 は 容 易 に 私 に 触 れる 人 は<はらわた>から 動 かされるような 体 験 において 最 も 人 間 的 であるということは すで に 述 べてきた このように 定 義 した 上 であえてこういおう < 神 は はらわたにおられる> 以 上 Dorr 41 はらわた という 言 葉 から 連 想 される 福 音 書 の 記 事 を 読 んでみよう そのころまた 群 衆 が 大 勢 いて 何 も 食 べる 物 がなかったので イエスは 弟 子 たちを 呼 び 寄 せて 言 われた 群 衆 がかわいそうだ もう 三 日 もわたしと 一 緒 にいるのに 食 べ 物 がない 空 腹 のまま 家 に 帰 らせると 途 中 で 疲 れきってしまうだろう 中 には 遠 くから 来 ている 者 もいる 弟 子 たちは 答 えた こんな 人 里 離 れた 所 で いったいどこからパンを 手 に 入 れて これだけの 人 に 十 分 食 べさせることができるでしょうか イエス が パンは 幾 つあるか とお 尋 ねになると 弟 子 たちは 七 つあります と 言 った そこで イエスは 地 面 に 座 るように 群 衆 に 命 じ 七 つのパンを 取 り 感 謝 の 祈 りを 唱 えてこれを 裂 き 人 々に 配 るようにと 弟 子 たちに お 渡 しになった 弟 子 たちは 群 衆 に 配 った また 小 さい 魚 が 少 しあったので 賛 美 の 祈 りを 唱 えて それ も 配 るようにと 言 われた 人 々は 食 べて 満 腹 したが 残 ったパンの 屑 を 集 めると 七 篭 になった およそ 四 千 人 の 人 がいた イエスは 彼 らを 解 散 させられた (マルコによる 福 音 書 8 章 1~9 節 新 共 同 訳 ) c.f. かわいそうだ と 訳 される splagchnizomai スプラングニゾマイ は 通 常 憐 れむ と 訳 される 直 訳 的 には 内 臓 が 動 く ヘブライ 人 にとって 内 蔵 は 怒 り 愛 痛 み 同 情 共 感 などの 感 性 が 宿 る 場 所 だった 日 本 語 では 胸 はら に 該 当 する これと 異 なるのが 知 的 な 理 解 の 座 である 頭 だ はらわたが 煮 えくり 返 る という 言 葉 がある これは 抑 えようのない 怒 りを 表 現 する 言 葉 だ 本 田 哲 郎 は 怒 り こそが 隣 人 愛 の 原 点 であり 連 帯 の 動 機 だと 語 る(この 点 はのちに 述 べる) 自 分 自 身 も 痛 むような 共 感 ( 共 苦 compassion)こそが 人 間 を 根 底 から 突 き 動 かす 本 田 は 群 集 が かわいそうだ を この 民 衆 に はらわたをつき 動 かされる と 訳 している マルコ( 及 び 並 行 個 所 のマタイ 15 章 )の 四 千 人 の 給 食 は イエスは 憐 れんで という 福 音 記 者 の 言 葉 としてではなく 福 音 書 中 唯 一 イエス 自 身 の 台 詞 として かわいそうだ(スプラングニ 6

7 ゾマイ) が 登 場 する 個 所 だ(そしてこの 個 所 は 日 本 聖 公 会 の 聖 書 日 課 では 一 度 も 主 日 祝 日 の 聖 餐 式 においては 登 場 しない) これはイエスの 切 なる 訴 えだ ここでは 君 たちが 養 え というような 弟 子 教 育 の 意 図 (マルコ6 章 他 )は 消 されている 飢 えた 群 集 を 見 たイエスは あまりにひどい! と 思 う そしてそれを 自 分 の 心 の 中 で 内 的 ( 私 的 )に 思 い 巡 らせるのではなく 仲 間 を 呼 び 寄 せて ひ どすぎる! といって 怒 りに 震 える 思 いを 吐 露 する そしてわずかな 資 源 ( 七 つのパンとわずか な 小 魚 )で 目 の 前 の 圧 倒 的 な 現 実 に 立 ち 向 かおうとした ドールによれば 霊 性 とは 個 人 的 信 心 ではなく 存 在 の 全 領 域 に 関 わるものであり この 世 から の 救 い ではなく この 世 の 救 い に 向 かう 姿 勢 のことだ それは 現 実 からの 逃 避 ではなく 現 実 へと 参 与 することを 意 味 している 彼 は カトリック 詩 人 シャルル ペギーの 詩 を 引 用 する ひとりで 救 われるな みんなで 救 われよ 神 のみ 前 には 大 挙 していでよ Ⅲ. 霊 性 の 三 つの 側 面 -ドナル ドールとともに- 人 よ 何 が 善 であり 主 が 何 をお 前 に 求 めておられるかはお 前 に 告 げられている 正 義 を 行 い 慈 しみを 愛 し へりくだって 神 と 共 に 歩 むこと これである (ミカ 書 6 章 8 節 ) < 諸 訳 の 比 較 > * 正 義 を 行 い 慈 しみを 愛 し へりくだって 神 と 共 に 歩 むこと これである ( 新 共 同 訳 ) *ただ 公 義 を 行 い 慈 しみを 愛 し へりくだってあなたの 神 と 共 に 歩 むことではないか ( 口 語 訳 ) * 公 義 を 行 い 慈 しみを 愛 し 心 してあなたの 神 と 共 に 歩 むことである ( 岩 波 版 鈴 木 佳 秀 訳 ) *Only to act justly, to love loyalty, to walk humbly with your God.(REV) *Only to this, to act justly, to love tenderly, and to walk humbly with your God.(JB) * 正 義 を 実 践 すること 快 く 恵 みに 報 いること( 絶 えず 愛 を 好 んで 行 うこと) 心 して 神 と 共 に 生 きていくこと ( 韓 国 共 同 翻 訳 ) *Achtet auf das Recht, erweist einander Gutes, tut nichits ohne euren Gott.(die Bibel in heutigen Deutsch) 正 義 と 慈 悲 の 実 践 そしてへりくだった 生 き 方 預 言 者 ミカが 示 す 神 のめぐみに 対 する 人 間 の 応 答 の 三 要 素 は のちにマタイによって 正 義 慈 悲 誠 実 ( 新 共 同 訳 )の 三 要 素 に(23 章 23 節 ) ルカによって 正 義 の 実 行 と 神 への 愛 の 二 要 素 に(11 章 42 節 ) 改 定 された c.f.マタイ 23 章 を 口 語 訳 は 公 平 あわれみ 誠 実 韓 国 共 同 翻 訳 は 正 義 慈 悲 信 義 佐 藤 研 訳 ( 岩 波 版 )は さばきと 憐 れみと 信 頼 英 語 訳 のほとんどは justice, mercy, faith (faithfulness) ミカ 書 の 新 共 同 訳 へりくだって に 該 当 するヘブライ 語 tsana は 謙 遜 さ へりくだり だが 七 十 人 訳 はこれを 神 と 共 に 歩 む 備 えをすること とし マタイはその 部 分 を pistis( 信 仰 信 頼 ) とした 新 共 同 訳 が pistis を 誠 実 と 訳 す 根 拠 は 不 明 本 田 訳 は 該 当 個 所 を 解 放 のための 裁 き 痛 みを 共 感 すること 信 頼 を 持 ってあゆみを 起 こすこと として いる 本 田 は pistis をすべて 信 頼 を 持 ってあゆみを 起 こす と 実 践 を 含 めた 意 味 として 訳 して いる ルカ 11 章 を 口 語 訳 は 義 と 神 に 対 する 愛 と 韓 国 共 同 翻 訳 は 正 義 を 行 うことと 神 を 愛 す 7

8 ること 佐 藤 研 訳 ( 岩 波 版 )は さばきと 神 の 愛 と KJV などは judgment and the love of God RSV などは justice and the love of God 本 田 は 低 みからの 裁 きと 神 を 大 切 にす ること としている 本 田 は krisis ( 裁 き 批 判 語 源 的 には 分 離 識 別 判 断 )を 低 み からの 裁 き と 訳 している 以 下 ドナル ドールの 霊 性 と 正 義 を 手 引 きにしながら 霊 性 の 三 つの 側 面 について 考 えてみ よう 1.へりくだって 神 と 共 に 歩 む( 自 分 自 身 の 宗 教 的 回 心 )intra-personal *walk humbly with your God. (REV) * 心 してあなたの 神 と 共 に 歩 むことである ( 岩 波 版 鈴 木 佳 秀 訳 ) * 心 して 神 と 共 に 生 きていくこと( 韓 国 共 同 翻 訳 ) *tut nichits ohne euren Gott.( 神 なしに 何 事 もするな)(BHD) 我 々はそれぞれ 深 く 個 人 的 な 宗 教 的 回 心 に 招 かれている この 回 心 は あるいは 突 然 の あるいは 段 階 的 なものであるというより いくつかの 劇 的 な 突 き 抜 ける 体 験 (break-through)をともなって ゆっくりした 成 長 をとげる ~ 本 当 に 問 題 なのは 回 心 の 過 程 よりも その 結 果 である Dorr,22 神 の 摂 理 を 感 じ 取 ることは 神 が 私 を 個 人 として 愛 してくださるという 認 識 から 始 まるものには 違 いないが そこで 終 わってしまうものではない そこで 終 わってしまえば 宗 教 的 回 心 も 個 人 の 信 仰 も 全 て 神 と 私 自 身 との 純 粋 に 私 的 な 事 柄 に 還 元 されてしまう Dorr,23 自 分 自 身 の 中 には 神 の 摂 理 を 感 じ 取 る 心 の 土 台 としてのある 種 の 平 和 と 心 の 平 安 が 不 可 欠 で あり これは 祈 りの 積 み 重 ねによって 生 み 出 される へりくだり である キリスト 者 はこのよう な 平 安 への 強 い 憧 れを 持 ちながら 生 きている しかし 平 安 への 強 い 欲 求 は 他 者 ( 外 界 世 界 )との 断 絶 (= 修 道 院 的 霊 性 )への 誘 惑 となりかねない しかし 自 分 自 身 の 宗 教 的 回 心 つま り 神 なしには 生 きていけない という 体 験 は 自 分 の 生 き 方 行 動 計 画 や 方 向 と イエスの 生 涯 との 一 致 と 不 一 致 を 見 極 めるための 重 要 な 原 点 ( 座 標 軸 )となる 鈴 木 佳 秀 によれば へりくだっ て という 訳 はウルガタ 訳 の 影 響 によって 箴 言 2:2 と 共 に へりくだって と 訳 されてきた 伝 統 が あるが 原 意 については 諸 説 あり 最 近 は 思 慮 深 く 熟 慮 して などが 提 唱 されているという 箴 言 2:2 は 新 共 同 訳 では 心 を 向 けて とされている 神 とともに 歩 む とは 心 して 歩 むことで あり あなたの 神 だけに 心 を 向 けて 歩 むことであり み 心 が 何 であるかを 熟 慮 して 歩 むことだ そ れは 我 々にとって イエスを 道 しるべとして 歩 むこと イエスの 道 を 歩 むこと イエスとともに 旅 することだ 2 慈 しみを 愛 す( 自 分 自 身 の 道 徳 的 回 心 )inter-personal *erweist einander Gutes= 互 いに 善 を 示 す( 示 し 合 う) 現 代 ドイツ 語 訳 はあえて 互 いに 善 を 示 す 行 う と 意 訳 している ここでいわれている 慈 しみ という 概 念 は 関 係 性 を 前 提 としたもの つまり そこには 他 者 の 存 在 があり 互 いに(einander) 慈 しむ 愛 し 合 うという 関 係 性 が 重 要 だ 慈 しみを 愛 する とは 自 分 自 身 の 道 徳 的 な 回 心 を 意 味 す る inter-personal な 戒 めだ そして 道 徳 的 な 回 心 は 他 者 との 出 会 いのための 条 件 であり 他 者 と の 出 会 いだけが 道 徳 的 回 心 を 可 能 とする 8

9 道 徳 的 に 回 心 した 人 は 他 者 に 心 から 関 心 を 抱 くようになり 他 者 の 話 しを 聴 く 人 となる 他 者 を 信 頼 し 自 分 をゆだね 自 分 を 相 手 に 開 くこと しかし 他 者 に 自 分 を 開 くことは 危 険 を 犯 す 行 為 に 他 ならない 従 って 道 徳 的 回 心 は 進 んで 危 険 を 冒 す 覚 悟 を 意 味 している 道 徳 的 回 心 とは 誠 実 であること 共 にいる 能 力 を 持 つこと 道 徳 的 な 回 心 を 経 たものだけが 慈 しみ 深 く 愛 する ことが 可 能 となり 霊 性 の inter-personal な 側 面 を 保 持 し 得 る 連 帯 の 条 件 としての 回 心 についてグティエレスは 次 のように 言 っている 隣 人 への 回 心 とは 隣 人 の 内 なる 神 への 回 心 でもある TL,215 自 分 の 罪 を 認 めることは 断 ち 切 った 友 情 を 取 り 戻 したいという 望 みを 意 味 し 許 しと 和 解 へと 人 間 を 導 く Well,152 ( 貧 しい 人 々への 奉 仕 は) 自 分 自 身 を 与 える 愛 の 業 であって ただ 義 務 を 果 たすということではない それ は 貧 しい 人 々の 世 界 に 関 わり 不 正 や 欠 乏 に 苦 しむ 人 々との 真 の 友 情 の 絆 で 結 ばれていなければ 実 現 の 難 しい 具 体 的 で 真 実 な 愛 の 業 である 連 帯 は 抽 象 的 な 貧 しい 人 々とではなく 血 の 通 った 生 身 の 人 間 との 結 びつきであり 愛 と 友 情 そしてやさしさがなければ 連 帯 の 真 の 行 動 はありえない ~ 真 の 愛 は 対 等 な 人 間 関 係 においてのみ 存 在 する Well, 正 義 を 行 う( 政 治 的 回 心 )commitment *act justly= 正 しく 行 う 正 義 =ミシュパート(シャファト)は 裁 く 正 しく 治 める といった 社 会 的 正 義 公 正 を 意 味 する 言 葉 (これに 対 しツェダカー/ツァダクは 自 動 詞 的 な 正 しくあること 正 しさ という 概 念 ) 正 義 (ミシュパート)を 行 う 正 しく 行 うというのは personal な 領 域 を 越 えた 公 的 領 域 における 道 徳 性 を 意 味 している 公 的 な すなわち 政 治 経 済 などあらゆる 次 元 で 公 正 な 関 係 を 構 築 する こと このことは 不 公 正 不 正 義 の 現 実 の 中 での 個 々 人 の 道 徳 的 な 回 心 を 前 提 とする そして 道 徳 的 回 心 によって 人 は 連 帯 可 能 な 存 在 となる これが 政 治 的 回 心 だ 政 治 的 回 心 はミシュ パート( 社 会 正 義 )をもたらすために 闘 う 正 義 を 行 うことは 自 分 自 身 の 生 き 方 であると 同 時 に 共 同 体 の 姿 でなければならない そのことを 呼 びかけるのが 預 言 者 であり 預 言 者 的 霊 性 とは 人 々を 励 まして 今 ある 秩 序 に 立 ち 向 かわせ 社 会 正 義 の 要 求 する 根 源 的 な 変 革 を 求 めさせるもの Dorr,23 だ イエスは 洗 礼 者 ヨハネとともに 預 言 者 の 系 譜 に 立 っていた 教 会 の 働 きは 王 的 祭 司 的 預 言 者 的 三 重 の 職 務 といわれている 個 人 的 な 道 徳 を 公 共 性 の 領 域 に 適 応 させるための 励 ましが 教 会 に 求 められている 正 義 を 行 うとは 正 しく 行 うこと 正 しく 生 きることでもある 我 々はあらゆる 次 元 で 何 かを 行 い ながら 生 きているが それを 正 しく 行 うことができないでいる 正 しく 行 うとは 正 しい 基 準 に 照 らして 行 うことであり 私 的 な 価 値 同 族 的 な 価 値 (ローカルな 正 義 )を 相 対 化 することを 意 味 している 我 々の 基 準 はイエス キリストであり 神 の 国 の 使 信 だ 我 々はそれを 理 念 的 に あるい は 最 大 限 の 想 像 力 を 動 員 して 行 おうとするが それだけでは 自 分 の 居 場 所 を 変 えることなく 視 線 だけを 変 更 するだけだ 正 しく 行 う ためには 視 点 を 改 めること すなわち 回 心 (meta-noia) が 必 要 となる 回 心 とは 内 心 の 作 業 ではない 回 心 は 自 分 の 考 え 方 を 変 えるのではなく 自 分 の 立 ち 居 地 を 変 えること ものの 見 方 を 変 えるのではなく 自 分 の 居 場 所 を 変 えることだ 回 心 とは 視 線 の 変 更 ではなく 視 座 の 変 更 を 意 味 している だから 本 田 は metanoia を 低 みからの 見 直 し と 訳 している 9

10 c.f.グティエレスによれば 回 心 とは 貧 しく 抑 圧 される 者 の 解 放 の 過 程 に 自 ら 関 わること 明 快 に 現 実 的 に 具 体 的 に 関 わることである 漠 然 と 賛 成 して 関 わるばかりでなく 状 況 分 析 と 行 動 戦 略 を 練 って 関 わることである TL,212 公 的 領 域 における 回 心 は 社 会 の 仕 組 みに 対 する 理 解 と 参 与 を 意 味 する この 回 心 が 真 実 なもの かどうかは 貧 しい 人 抑 圧 されている 人 弱 い 立 場 に 置 かれている 人 の 権 利 を 守 り 尊 重 している か 否 かによって 知 られる Dorr,33 へりくだって 神 と 共 に 歩 む ( 宗 教 的 回 心 個 人 的 領 域 ):これなくしては 偽 りの 神 の 支 配 から 自 由 になれない( 偽 りの 神 = 野 望 貪 欲 不 安 疑 い ) 慈 しみを 愛 する ( 道 徳 的 回 心 対 人 的 領 域 ):これなくしては 隣 人 から 信 頼 されない 人 間 心 を 閉 ざした 人 間 不 誠 実 で 頼 りない 不 忠 実 な 人 間 のままである 正 義 を 行 う ( 政 治 的 回 心 社 会 的 領 域 ):これなくしては 神 への 信 仰 が 個 人 的 対 人 的 な 領 域 のものにとどまってしまい 神 は 歴 史 と 全 世 界 の 主 であるという 福 音 のメッセージを 証 し することが 出 来 ない キリスト 者 の 生 とは 神 の 救 いの 業 に 対 する 応 答 を 生 きること( 何 をもって 私 は 主 のみ 前 に 出 て いと 高 き 神 にぬかずくべきか ミカ 6:6) 偽 りの 神 ( 利 己 心 )から 自 由 な 者 として 隣 人 に 心 を 開 いて 連 帯 し 正 義 の 実 践 を 通 して 神 が 歴 史 と 世 界 の 主 であることを 証 しする という 三 つの 領 域 三 つの 側 面 をバランスよく 保 つことが 霊 性 の 課 題 となる アイルランド 出 身 のカトリック 神 学 者 ドナル ドールの 霊 性 と 正 義 ( 原 著 1984 年 邦 訳 1989 年 )は 大 変 すぐれた 著 作 だ イエズス 会 社 会 司 牧 センターによる 日 本 語 訳 のきっかけは フィリピ ンの 無 血 革 命 に 際 して 重 要 な 役 割 を 果 たしたクラベール 司 教 の 紹 介 だったという 聖 公 会 において も 霊 性 と 正 義 は 社 会 正 義 に 関 する 決 議 が 集 中 した ランベス88 とそれに 先 立 つACC 会 議 の 中 で 参 考 文 献 としてあげられている ドールはアフリカでの 司 牧 活 動 とラテンアメリカでの 調 査 を 背 景 としてこの 本 を 書 いたという ドールはこの 外 にも 宣 教 論 などについて 多 くの 本 を 書 いて いて カトリックに 限 らず 世 界 の 教 会 に 影 響 を 与 えている 彼 は 西 欧 の 神 学 者 である 自 分 が 非 西 欧 で 働 く 経 験 を 通 して 西 欧 神 学 のゆがみを 是 正 しなければならないという 発 見 をしたという その 意 味 ではアジアの 教 会 にとって 示 唆 に 富 む 指 摘 が 多 い たとえばそのひとつが 神 の 摂 理 が 宿 命 論 や 逃 避 論 になってしまうことだ 宿 命 論 は 無 責 任 さを 肯 定 する 人 間 には 何 の 責 任 はなくすべ ては 神 の 御 心 だということで 人 は 現 実 から 逃 避 する 信 仰 深 い 人 は 神 の 摂 理 を 大 事 にする 傾 向 が ある それが 自 分 を 神 に 明 け 渡 す 心 であればいいが 宿 命 論 や 逃 げの 論 理 になってはいけないと 思 う しかしドールは 現 実 から 逃 げずにしっかりと 絶 望 すること そして 神 の 介 入 を 切 に 祈 ること が 必 要 だという これが 貧 しい 人 々とともにする 祈 り である 霊 性 と 正 義 は 神 学 理 論 の 書 で はなく 実 践 的 な 手 引 きの 要 素 も 含 んでいる 開 発 教 育 教 会 の 構 造 改 革 など 実 践 的 な 側 面 につ いてもやはり 示 唆 に 富 む 指 摘 は 多 い c.f.アルバート ノーランは 宿 命 論 こそが 信 仰 の 正 反 対 の 言 葉 であり ほとんどの 人 がほとんどの 時 間 抱 いている 態 度 だという たとえば それについては 何 もできないよ 世 界 を 変 えるなん てできないさ 実 際 的 に 現 実 的 にならなければダメだよ 希 望 なんてない 陽 の 下 に 新 し いことは 何 もない 現 実 は 受 け 入 れるしかない という 言 葉 としてあらわれる そして これらは 神 の 力 をほんとうに 信 じてはいない 人 たちの 言 明 である 彼 らは 神 が 約 束 されたことを 本 当 10

11 に 希 望 してはいないのだ ノーラン,51 先 に 紹 介 したように ドールの 主 張 のポイントは 宗 教 道 徳 政 治 それぞれの 領 域 における... 回 心 の 重 要 性 と それぞれのバランス の 重 要 性 だ こうした 着 眼 点 はいかにもカトリック 神 学 的 だ し 実 際 彼 は 教 皇 庁 正 義 と 平 和 委 員 会 の 顧 問 も 務 めた 人 物 だ こうしたバランス 感 覚 は 多 くの 人 の 共 感 を 呼 ぶに 違 いないが どこか 歯 がゆいところがないわけでもない グティエレスは 同 じミ カ 書 6 章 を 取 り 上 げながら to act justly=to participate in creating a just society to love tenderly=responsible action to walk humbly with God=a grace-filled life ( 正 義 を 行 うこと= 公 正 な 社 会 創 造 への 参 与 慈 しみ 深 く 愛 すること= 責 任 ある 行 動 神 とともにへりくだって 歩 むこと=めぐみに 満 ちた 生 活 ) という 解 釈 を 示 しているという Brown,124 神 の 救 いの 業 に 対 する 応 答 を 生 きるとは すなわち 宗 教 的 道 徳 的 政 治 的 という 異 なった 三 つの 次 元 における 回 心 であると 受 け 止 めるドールに 対 して 公 正 な 社 会 の 創 造 に 参 与 し そこで 責 任 ある 行 動 をとって 生 きることは なんとめぐみに 満 ちたことだろうか と 一 つの 生 き 方 として 受 け 止 めるグティエレスの 霊 性 に より 魅 力 を 感 じるのは 私 だけだろうか Ⅳ. 本 田 哲 郎 社 会 活 動 の 霊 性 (スピリチュアリティ) ここで 本 田 哲 郎 の 意 見 を 改 めて 紹 介 したい カトリック 神 父 でフランシスコ 会 に 属 する 聖 書 学 者 である 本 田 は フランシスコ 会 聖 書 研 究 所 や 日 本 管 区 長 などを 経 たのち 大 阪 の 釜 ヶ 崎 で 日 雇 い 労 働 者 支 援 の 働 きを 行 いながら 聖 書 学 者 としての 発 言 を 続 けている その 中 心 的 メッセージに 触 れるためには 彼 の 新 約 聖 書 私 訳 小 さくされた 人 々のための 福 音 - 四 福 音 書 および 使 徒 言 行 録 - にあたるのが 一 番 いいが ここでは 朝 日 新 聞 の 書 評 でも 絶 賛 され いまや 一 般 読 者 をも 獲 得 した 釜 ヶ 崎 と 福 音 から 社 会 活 動 の 霊 性 (スピリチュアリティ) の 内 容 を 紹 介 する 釜 ヶ 崎 192 以 下 まず 前 提 として 本 田 は 聖 書 は 神 感 inspiration の 書 であるが それはギリシャ 語 原 典 を 読 む 場 合 にのみ 当 てはまるのであり 解 釈 の 結 果 である 翻 訳 がすべて 神 からのメッセージ とはい えないという 立 場 に 立 っている だからといって 原 典 を 読 めないと 聖 書 は 分 からないというエリー ト 主 義 ではなく 本 田 自 身 が 学 んできたことをベースに 小 さくされた 人 々のための 福 音 として 聖 書 翻 訳 をやり 直 した そこで 彼 は 原 著 者 の 言 わんとするところを 忠 実 に 訳 出 する 作 業 を 試 みたの だが その 最 重 要 なのは 翻 訳 者 が 神 の 視 点 視 座 をどれくらい 共 有 できるかだという 神 の 視 点 に 立 つとは 一 番 下 にいる 人 々を 通 して 救 いと 解 放 がもたらされることを 受 け 入 れることだ そ のことを 受 け 入 れた 上 で 聖 書 を 翻 訳 し その 視 点 から 聖 書 を 読 むならば 我 々の 日 々のなすべきこ とはおのずと 見 えてくるはずだ という 福 音,

12 社 会 活 動 の 霊 性 は 南 アフリカのカトリック 神 学 者 アルバート ノーランの 講 演 を 下 敷 きに 本 田 自 身 の 経 験 を 踏 まえて 書 かれたものだのという この 中 で 本 田 は 貧 しい 人 々との 連 帯 とは.. 自 分 自 身 も 貧 しくなることではないと 主 張 する( 自 分 も 貧 しくなる というのはフランチェスコに 代 表 される 修 道 院 的 霊 性 と 言 えるだろう) そうしたところでこの 社 会 に 貧 しい 人 が 一 人 増 えるだけ だ 必 要 なのは 貧 しくされている 彼 ら 自 身 の 願 いと 判 断 と 行 動 の 選 択 に 信 頼 して その 実 現 のために 連 帯 したり 協 力 すること であり そのために 持 っているものを 捨 てるのではなく 持 っているものを 有 効 に 活 用 することこそが 重 要 だという 本 田 が 提 案 する 連 帯 へのステップは 1 痛 みの 共 感 から 救 援 活 動 へ 2 救 援 活 動 の 行 きづまりから 構 造 悪 の 認 識 へ- 怒 りの 体 験 3 社 会 的 政 治 的 行 動 へ- 構 造 悪 と 闘 う 貧 しい 人 たちの 力 4 単 純 な 貧 者 賛 美 から 真 の 連 帯 へ の 四 つだ 救 援 活 動 のなかに 善 意 にのみ 支 えられた ほどこし 分 かち 合 い 中 心 の 活 動 が 含 まれ ている 救 援 活 動 は 基 本 的 に 焼 け 石 に 水 だ これは 釜 ヶ 崎 での 16 年 間 の 体 験 が 語 らせた 言 葉 だ ろう 我 々の 霊 性 にとって 重 要 なのは 善 意 に 満 ちた 分 かち 合 い ではどうにもならない 現 実 その 現 実 の 前 に 憤 ること 怒 ること 自 分 のわがままからくる 威 圧 的 な 怒 りではなく 痛 みの 共 有 から 湧 き 上 がる 解 放 を 求 める 怒 りの 自 覚 であり この 怒 りが 社 会 正 義 を 実 践 するエネルギーだと 言 う 怒 りはしいたげられた 者 への 共 感 であり 同 時 に 富 める 者 や 権 力 者 に 回 心 (メタノイア)を 促 す 熱 い 思 いであり これが 聖 書 の 語 る キリストの 怒 り だ そして 我 々が 正 義 に 反 する 社 会 の 仕 組 みと それを 平 気 で 受 け 入 れる 自 分 たち 自 身 に 怒 りを 向 けるとき 我 々にはキリストの 思 いを 共 有 するための 道 が 開 かれる c.f.この 点 に 関 してグティエレスは 聖 書 の 中 で 貧 しさは 人 間 の 尊 厳 に 逆 らう 従 って 神 の 意 思 に 反 する 恥 ずべき 状 況 とされている と 述 べ ヘブライ 聖 書 における 困 窮 した 弱 い 身 をか がめた 哀 れなな どの 語 群 には すでに 反 抗 の 意 がほのめかされている これらのことばは 単 なる 描 写 に 留 まらず 一 つの 立 場 を 示 している この 立 場 は 貧 しさに 対 する 力 強 い 拒 絶 に おいて 明 確 にされる 貧 しさの 描 写 にただよう 雰 囲 気 は 一 種 の 義 憤 である と 述 べている TL,291 本 田 の 社 会 正 義 のための 霊 性 論 の 主 眼 は 小 さくされた 人 々 が 解 放 の 主 体 であるという 点 だ (もちろんこのことはグティエレスにとっても あるいは 韓 国 の 民 衆 神 学 にとっても 中 心 的 テーマ だ) 彼 らは 社 会 的 弱 者 だが 弱 い 立 場 に 追 いやられた 人 々であって 実 際 に 弱 い 人 間 ではない そし て 本 田 は 我 々 中 流 以 上 のキリスト 者 は 聖 職 者 を 含 め 教 える 立 場 ではなく 学 ぶ 立 場 だと 強 調 する 社 会 構 造 によって 抑 圧 されている 人 々こそ その 構 造 の 矛 盾 を 突 き 変 革 するための 洞 察 力 に 富 ん でいる そして 真 の 連 帯 のためには 我 々が 陥 りがちな 弱 者 賛 美 を 克 服 する 必 要 がある 彼 らは 神 の 国 のさきがけとして 選 ばれた 民 だが それは 彼 らが 貧 しいからであって 正 しいからではない もちろん 富 める 者 も 貧 しい 者 も 等 しく 過 ちを 犯 すが そのタイプが 違 う だから 大 切 なのは 両 者 で は 発 想 や 選 択 基 準 が 違 うということであり だから 我 々は 貧 しくされた 人 々の 感 性 に 学 ぶ 必 要 があ るのだと 機 会 があれば 釜 ヶ 崎 と 福 音 を 直 接 読 んでいただきたいが ここでは 社 会 活 動 の 霊 性 の 最 後 の 部 分 を 紹 介 する これらは 一 人 ひとりが 行 動 を 起 こし 実 践 する 中 で 体 得 していくことかもしれません ~わたし たちはみんな このプロセスのどこかにいるはずです ある 人 たちは 自 分 のずっと 先 を 歩 んでおり 12

13 ある 人 たちはこの 霊 性 のあゆみを 始 めたばかりかもしれません ~しかし 後 からくる 人 たちの 戸 惑 いや 疑 問 は 自 分 も 通 ってきた 道 です 理 解 できるはずです そして この 福 音 のあゆみに 伴 う 苦 し みこそ わたしたちが 霊 的 に 成 長 していくしるしであると 正 しく 評 価 することもできるはずです わ たしたちは 互 いに 非 難 したり 反 発 したりすべきではありません 福 音 による 社 会 活 動 すなわち 正 義 と 平 和 と 喜 び のために 道 を 歩 もうとするわたしたちみんなに 必 要 なことは 互 いに 受 容 し 励 ま し 支 えあうことであり このプロセスのどの 段 階 にあろうとも わたしたちが 貧 しくされている 人 たち との 関 わりを 大 事 にしているかぎり 彼 らを 通 してはたらく 同 じ 聖 霊 に 導 かれていることを 認 め 合 うこ とができるのです 信 仰 とは イエス キリストが 身 をもって 告 げた 福 音 に 信 頼 してあゆみを 起 こす ことです やってみて できたところまでが 自 分 の 信 仰 なのだと イエスは 示 唆 しているように 思 いま す 釜 ヶ 崎,228 Ⅴ. 教 会 が 行 う 正 義 の 実 践 平 和 の 実 現 一 昨 年 の 資 料 に 付 された 文 章 でもそうであったように ここでもあらためて 自 分 自 身 の 内 面 をさ らけ 出 すつもりで 戯 画 を 描 いてみたい 我 々の 教 会 には 天 皇 靖 国 憲 法 など 政 治 的 課 題 を 扱 うことに 反 対 する 意 見 がある しかしこのことを 考 える 前 に ほとんどの 場 合 教 会 がこれらの 課 題 について 行 っていることは 問 題 の 指 摘 や 反 対 意 思 の 表 明 反 対 運 動 への 連 帯 の 表 明 であって それほど 深 刻 な 政 治 活 動 ではない にもかかわらず 反 対 者 は これらの 課 題 が 教 会 の 中 に 持 ち 込 まれることに 異 を 唱 えている おそらく ある 人 は 天 皇 に 親 しみを 感 じ 天 皇 制 をよいものと 信 任 し 靖 国 神 社 の 必 要 性 を 認 識 し 場 合 によっては 国 家 護 持 を 支 持 し 自 主 憲 法 制 定 国 軍 の 創 設 さらには 核 武 装 を 願 っている そして そのような 人 々は 自 分 自 身 の 信 念 や 立 場 と 教 会 が 発 する 声 明 などとの 立 場 が 異 なることで 居 心 地 の 悪 さを 感 じている さらには 正 義 だ 平 和 だと いう 言 葉 が 教 会 内 に 登 場 するたびに 自 分 自 身 のそうした 立 場 が 教 会 によって 公 に 非 難 されている と 受 け 止 め それに 対 する 異 議 を 申 し 立 てている 自 分 もクリスチャンの 一 人 であり そういった 信 念 を 持 った 一 信 者 であり そのことを 認 めてもらわない 限 り 信 仰 生 活 を 維 持 できないと あるい は 教 会 (この 場 合 は 日 本 聖 公 会 東 京 教 区 )が 議 論 の 分 かれる 政 治 的 課 題 に 触 れることは 反 対 意 見 を 持 っている 人 々の 神 経 を 逆 なですることであって 自 分 自 身 はそれを 容 認 するとしても それ によって 教 会 の 評 判 が 落 ちてしまっては 新 たな 入 信 者 の 獲 得 ( 伝 道 )の 妨 げになることを 心 配 して いるのかもしれない 政 治 と 宗 教 については 触 れてはいけない というのはパーティートークのマナーだそうだ これ に 野 球 やサッカーの 話 題 もご 法 度 に 違 いない これらは 主 義 主 張 信 念 信 仰 贔 屓 に 関 わる 内 容 なのでどうしても 対 立 が 生 じてしまうから 社 交 的 会 話 には 不 向 きなのだ だから 自 己 紹 介 の 後 は 極 力 論 争 を 生 まない 話 題 たとえば 天 気 とか 最 近 見 た 映 画 とか 家 族 のことなどがふさわしい に 違 いない そこはお 互 いがいい 雰 囲 気 を 作 り 上 げるために 最 大 限 の 努 力 をする 場 社 交 の 場 だか らだ 教 会 内 でも 同 じことが 言 えるかもしれない 政 治 や 信 仰 をテーマに 会 話 を 交 わそうとすると 立 場 が 違 うとか 裁 いているとか せっかくのいい 雰 囲 気 が 壊 れてしまう 危 険 性 がある だからと りあえず 政 治 や 信 仰 については 牧 師 が 説 教 時 間 内 に 限 って 一 方 的 に 語 ることが 無 難 であり 信 徒 は 政 治 や 信 仰 について 語 りたい 時 には 公 にではなく 牧 師 に 向 かってのみ 語 ることが 安 全 策 だと 感 じて いる かもしれない 教 会 は 政 治 に 関 わるべきではない ここには 政 治 に 対 する 嫌 悪 感 と 誤 解 がある 嫌 悪 感 の 13

14 原 因 は 政 治 家 たちがろくなことをしていないからだし 誤 解 の 原 因 は 政 治 的 という 日 本 語 の 用 法 にある 三 省 堂 の 大 辞 林 では 広 義 には 諸 権 力 諸 集 団 の 間 に 生 じる 利 害 の 対 立 などを 調 整 統 合 することにもいう と 書 いてある しかし 自 分 の 利 益 を 実 現 するためにこそこそと 根 回 しをする そんな 姿 を 政 治 的 という 本 来 の 意 味 は 利 害 の 対 立 を 調 整 することらしいが どう せ 人 間 は 自 分 の 利 益 のために 立 ち 回 るのだから 政 治 的 動 きは 卑 怯 な 行 為 だという 感 じがあるに 違 い ない だから 小 学 校 で 習 ったような 民 主 主 義 的 手 続 き 意 見 の 表 明 とか それに 対 する 反 対 の 表 明 とか そういうことも 政 治 的 と 命 名 された 瞬 間 潔 くないこと 俗 っぽいこと 利 己 的 なこと 力 まかせの 暴 力 という 悪 いイメージで 塗 り 固 められてしまうのかもしれない このような 状 況 が 実 際 にあるとして そんな 中 で 正 義 平 和 人 権 をテーマに 語 ることそれ 自 体 が 闘 いのようになってしまう たとえそれがただ 単 に 総 会 決 議 を 報 告 したり 問 題 の 指 摘 をしたり 反 対 の 意 思 を 表 明 したり 何 かの 運 動 への 連 帯 を 表 明 したり 署 名 を 求 めたり 祈 りを 求 めたりす る 行 動 であっても それがなにか 特 別 で 深 刻 な 政 治 的 活 動 であるかのような 気 がしてしまう しか し 本 来 不 正 な 現 実 の 中 で 真 に 正 義 を 求 めて 闘 うということはこの 程 度 のことではなく より 深 刻 な 自 己 犠 牲 を 覚 悟 しなければならないはずだ だから 教 会 が 行 っていること 管 区 の 正 義 と 平 和 委 員 会 や 東 京 の 正 義 と 平 和 協 議 会 が 行 っていることは 正 義 と 平 和 のための 闘 いなどではなく そうし た 働 きを 紹 介 したり 課 題 に 注 意 を 喚 起 したり 連 帯 を 呼 びかける 程 度 のことに 過 ぎない もちろ ん 大 して 政 治 的 活 動 でもない 私 たちの 多 くはまだ 罪 と 闘 って 血 を 流 すまで 抵 抗 したことはない(ヘ ブライ 人 への 手 紙 12 章 4 節 ) 教 会 が 行 っている 正 義 や 平 和 に 関 する 活 動 のほとんどは 牧 会 の 領 域 に 関 わることがらだ つまり 教 会 が 直 接 社 会 変 革 のために 実 力 を 行 使 したり 法 改 正 のために 国 会 や 地 方 議 会 に 圧 力 をかけたり 投 票 行 動 に 影 響 力 を 発 揮 できるのはごく 限 られた 地 域 での 話 しだ もし 日 本 のような 社 会 において 教 会 が 正 義 や 平 和 に 関 して 実 行 力 を 発 揮 しようと 思 えば 教 会 が 社 会 的 に 一 目 置 かれている 必 要 が ある 道 徳 的 に 秀 でた 集 団 である 彼 らのいうことには 耳 を 傾 ける 必 要 がある と 世 間 が 認 めるよう な 存 在 でなければならない もしそれが 望 めないとすれば 教 会 はメンバー 一 人 一 人 が 正 義 や 平 和 を 実 現 するための 活 動 にまい 進 することを 期 待 するしかない これが 教 会 として 行 えるもっとも 有 効 な 正 義 と 平 和 に 関 わる 実 践 であり これは 牧 会 の 領 域 に 関 わることがらだ 本 田 神 父 が 言 うよう に 共 感 とボランティア 活 動 憤 り そして 具 体 的 な 政 治 活 動 と 連 帯 といったプロセスはメンバー 一 人 一 人 が 体 験 することだ しかし 教 会 は そのように 生 きるメンバーを 励 ましたり その 中 で 生 じる 徒 労 感 を 共 有 してともに 祈 ったり 教 会 としてできうるかぎりの 協 力 をすることはできるはず だ たとえば 募 金 を 集 めるとか 署 名 に 協 力 するとか ボランティアを 募 るとか 集 会 やデモへの 参 加 を 呼 びかけるとか そうすることで 共 感 の 輪 を 広 げることができるかもしれない あるいはそ のメンバーの 取 り 組 みが 間 違 った 方 向 に 進 んでいたり 愛 の 心 を 失 っているようであればそれを 回 復 するための 助 言 を 行 うことも 教 会 にできる 働 きかもしれない メンバーの 一 人 が 心 を 砕 いているものに 目 を 向 け ともに 痛 みを 分 かち 合 い ともに 祈 り 助 言 を 惜 しまないこと これはまさに 牧 者 の 務 めだろうし それが 福 音 にとって 重 要 な 正 義 や 平 和 に 関 する 働 きであるとすれば なおさら 教 会 はこのことに 力 を 注 ぐ 必 要 があるはずだ こうした 関 係 を 作 り 上 げるために 必 要 なことは 信 頼 関 係 だろう 正 義 や 平 和 のために 働 くのは 教 会 本 来 の 務 めであ り 公 正 な 社 会 の 創 造 に 参 与 し そこで 責 任 ある 行 動 をとって 生 きることは なんとめぐみに 満 ち たことだろうか とメンバー 一 人 一 人 に 語 りかけること 教 会 がなすべき 基 本 的 なことがらとして 14

15 の 牧 会 が 正 義 と 平 和 の 実 現 へと 結 びつくことを 確 かめておく 必 要 がある 正 義 人 権 平 和 を 主 張 する 人 は それが 正 しいことであり 教 会 にとって 大 事 にすべきことが らであることを 十 分 承 知 の 上 で 正 しく 語 ることになる しかし 正 義 や 平 和 を 求 めるその 人 自 身 が 正 しかったり 平 和 の 使 徒 だったりするとは 限 らない だから 教 会 の 中 で 正 義 や 平 和 を 語 る 際 に 少 なからず 生 じる 不 協 和 音 は 語 り 手 と 聞 き 手 双 方 に 存 在 する 誤 解 に 基 づいているかもしれない しかし 重 要 なことは 語 っていることが 正 しいかどうかではない 人 は 誰 でも 自 分 が 正 しくないこと を 承 知 しているし 心 のどこかでは 世 界 の 不 正 義 貧 困 や 犯 罪 に 胸 を 痛 め 罪 の 意 識 を 感 じている 誠 実 なキリスト 者 であればその 程 度 は 強 くなるはずだ そうであればなおさら 正 しい ことが 語 られると 自 分 が 責 められているのかもしれない という 気 分 にならないだろうか そして 語 る 側 は そうした 刺 激 を 与 えることを 承 知 の 上 でアジテーションを 行 うことはないだろうか しかし 良 心 に 訴 える 手 法 の 効 果 はあやふやだ 正 義 を 語 る 人 間 自 身 どこかで 良 心 への 訴 え を 経 験 し 回 心 へのあゆみを 始 めた 者 のひとりに 違 いない しかしその 時 の 訴 えの 真 実 さは 訴 えの 正 しさではなく 訴 える 人 その 事 件 現 場 の 真 実 さではなかっただろうか 我 々が 簡 単 にそれに 取 って 代 わることができるとは 思 えない 真 実 を 語 っているのは 我 々ではなく 貧 しくされた 人 々 小 さくされた 人 々 虐 げられた 人 々 飢 え 渇 いた 人 々だ それは 現 代 における 十 字 架 事 件 の 現 場 で あり 我 々はそれを 目 撃 し 証 言 しているに 過 ぎないのではないだろうか そして 我 々に 可 能 なこと は そうした 人 々や 事 件 と 出 会 い はらわたをつき 動 かされた のだということを 自 分 自 身 のこ とがらとして 誠 実 にへりくだって 語 ることではないかと 思 う 牧 会 という 言 葉 は 信 徒 の 世 話 をする という 意 味 では 終 わらない 人 間 を 人 間 として 大 切 にす ること 人 間 の 中 の 人 間 であったイエス キリストへの 信 仰 にふさわしい 態 度 に 違 いない 神 への 愛 は 隣 人 愛 と 切 り 離 せないものである というだけでは 十 分 ではない 神 への 愛 は 隣 人 愛 を 通 してでなければ 表 されないことを 付 け 加 えなければならない そればかりか 神 は 隣 人 の 内 にあっ て 愛 されるのである LT,206 ヨハネの 手 紙 を 下 敷 きにしたグティエレスのこの 言 葉 を 文 字 通 り 受 け 止 めるならば これまで 多 くの 場 合 教 会 は 神 の 愛 し 方 を 誤 ってきたことを 反 省 しなければな らないかもしれない 霊 性 という 言 葉 の 本 義 は 全 体 的 holistic ということだ 政 治 的 経 済 的 宗 教 的 などすべての 次 元 をまとめた 状 態 について 注 意 を 喚 起 しようということが 霊 性 という 言 葉 を 使 うことの 本 当 の 意 味 だろう 修 道 院 や 祈 りの 集 い 宗 教 的 に 美 的 に 研 ぎ 澄 まされた 場 面 だけが 霊 的 なのではな い 我 々が 自 分 自 身 と 隣 人 とを 能 力 や 用 途 ごとの 部 品 単 位 で 切 り 刻 むことなく 全 体 として 受 け 止 めてみようと 思 うセンスそのものが 霊 的 であり 何 より 自 分 自 身 が 大 地 に 深 く 根 をおろしている 感 覚 を 自 覚 し そこから 被 造 物 の 尊 厳 を 感 知 する 営 みが 霊 的 なことだと 思 う 我 々の 理 想 は 正 義 を 行 い 慈 しみを 愛 し へりくだって 神 と 共 に 歩 む ことだ そして 公 正 な 社 会 の 創 造 に 参 与 し そこで 責 任 ある 行 動 をとって 生 きることは なんとめぐみに 満 ちたことだろうか と 心 底 実 感 し そのことを 分 かち 合 える 仲 間 をひとりでも 多 く 見 出 したい 参 考 文 献 ドナル ドール 時 代 が 求 めるキリスト 者 の 生 き 方 (イエズス 会 社 会 司 牧 センター 訳 女 子 パウロ 会

16 年 )( 原 題 :Spirituality and Justice) Dorr グスタボ グティエレス 解 放 の 神 学 ( 関 望 山 田 経 三 訳 岩 波 書 店 1985 年 ) TL グスタボ グティエレス 解 放 の 地 平 を 目 指 して (カトリック 正 義 と 平 和 協 議 会 訳 新 教 出 版 社 1985 年 )( 英 題 :We drink from our own wells) Well 本 田 哲 郎 小 さくされた 人 々のための 福 音 ( 新 世 社 2001 年 ) 福 音 本 田 哲 郎 釜 ヶ 崎 と 福 音 ( 岩 波 書 店 2006 年 ) 釜 ヶ 崎 R.M.Brown, Spirituality and Liberation, Overcoming the great fallacy, The Westminster press, Brown アルバート ノーラン キリスト 教 以 前 のイエス ( 篠 崎 榮 訳 新 世 社 1994 年 ) ノーラン 16

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D> 学 科 共 通 科 目 (2009 年 度 ) 比 較 思 想 研 究 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 における 善 と 悪 第 13 回 (その1) 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 と 日 本 の 仏 教 特 に 親 鸞 において 善 と 悪 がどう 扱 われてい るかを 論 じる 3.1キリスト 教 における 善 と 悪 キリスト 教 では 善 悪 の 基 準

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63> 地 域 空 間 における 景 観 利 益 - 国 立 市 マンション 事 件 東 京 地 裁 判 決 をめぐって 本 ファイルは 地 域 政 策 あすの 三 重 No.9(2003.7)28-33 頁 に 掲 載 して いただいた 拙 稿 の 草 稿 段 階 のものです 公 表 に 当 たり 若 干 の 修 正 を 加 えていま すので 本 草 稿 の 無 断 引 用 はご 遠 慮 下 さい 引 用

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc 在 日 コリアンの 相 続 処 理 を 巡 る 実 務 上 の 諸 問 題 2015 年 10 月 4 日 弁 護 士 李 春 熙 第 1 はじめに 1 在 日 コリアンの 相 続 は 植 民 地 と 分 断 の 時 代 を 生 きた 彼 ら/ 彼 女 らの 歴 史 の 縮 図 2 在 日 コリアンの 相 続 事 件 の 特 徴 (1) 日 本 韓 国 朝 鮮 のそれぞれの 法 律 が 適 用 される

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと 1989 1991 1993 1995 1997 1999 2001 2003 2005 2007 2009 2011 2013 論 説 混 迷 する 中 東 の 行 方 を 探 る: 難 民 問 題 解 決 のカギは? 滝 澤 三 郎 東 洋 英 和 女 学 院 大 学 大 学 院 客 員 教 授 国 連 UNHCR 協 会 理 事 長 1 始 めに 2015 年 の 難 民 と 難 民 申 請

More information

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc 2006.4.29 台 湾 における 憲 法 と 市 民 社 会 陳 志 明 本 報 告 では まず 台 湾 における 憲 法 の 変 遷 とその 歴 史 的 社 会 的 背 景 をたどった 上 で 憲 法 と 市 民 社 会 との 関 わり そして 東 アジア 規 模 での 課 題 について 考 える Ⅰ 蒋 介 石 蒋 経 国 政 権 期 1. 中 華 民 国 憲 法 の 制 定 台 湾 の 憲

More information

2010年度聖学院大学卒業礼拝説教「勇気を出しなさい」

2010年度聖学院大学卒業礼拝説教「勇気を出しなさい」 2011 年 3 月 17 日 ( 木 ) 聖 学 院 大 学 卒 業 礼 拝 勇 気 を 出 しなさい ヨハネによる 福 音 書 16:29-33 大 学 チャプレン 菊 地 順 (この 説 教 は 3 月 17 日 の 卒 業 礼 拝 のために 準 備 したものです しかし 3 月 11 日 に 起 こった 東 北 関 東 大 震 災 のため 卒 業 礼 拝 が 中 止 となり お 話 しすることができませんでした

More information

キェルケゴール研究

キェルケゴール研究 新 キェルケゴール 研 究 第 13 号 109 須 藤 孝 也 キルケゴールと キリスト 教 界 書 評 米 沢 一 孝 今 年 2015 年 は セーレン キルケゴール *1 の 没 後 160 年 である 彼 は 近 現 代 の 思 想 家 に 分 類 されるが もはや 現 代 の 思 想 家 ではない 彼 の 生 きた 現 代 すなわち19 世 紀 前 半 から 中 葉 と 我 々が 生 きる21

More information

レデンプトリスチン修道会・第三会『贖い主信徒の会』会報 ~夏~ 

レデンプトリスチン修道会・第三会『贖い主信徒の会』会報 ~夏~  聖 母 マリアの 栄 光 * 注 レデンプトール 会 の 創 立 者 聖 アルフォンソが 残 した 数 多 くの 書 物 の 中 で 聖 母 マリアの 栄 光 は 代 表 的 な 書 物 の 一 つです 聖 アルフォンソほど 聖 母 マリアを 告 げ 知 らせ すべての 人 にその 栄 光 を 伝 えた 聖 人 は いないのではないでしょうか それは 彼 が 聖 母 マリアを 通 して 自 らの 罪

More information

経 済 利 益 追 求 至 上 主 義 が 今 日 国 際 社 会 で 批 判 を 受 けています これと 表 裏 一 体 の 関 係 を なしているのが 国 内 における 生 産 企 業 重 視 の 政 治 行 政 経 済 体 制 です 本 来 政 治 経 済 も 機 構 制 度 も 生 活 者

経 済 利 益 追 求 至 上 主 義 が 今 日 国 際 社 会 で 批 判 を 受 けています これと 表 裏 一 体 の 関 係 を なしているのが 国 内 における 生 産 企 業 重 視 の 政 治 行 政 経 済 体 制 です 本 来 政 治 経 済 も 機 構 制 度 も 生 活 者 公 明 党 綱 領 一 生 命 生 活 生 存 の 人 間 主 義 公 明 党 は 生 命 生 活 生 存 を 最 大 に 尊 重 する 人 間 主 義 を 貫 き 人 間 人 類 の 幸 福 追 求 を 目 的 とする 開 かれた 国 民 政 党 です 人 類 史 的 転 換 期 と 呼 ばれる 二 十 世 紀 から 二 十 一 世 紀 への 時 代 の 大 転 機 に 立 って 今 日 の 状

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

4 月 2 日 例 の 記 事 が 出 た 日 です ある 空 港 では 大 変 だったそうです A 大 学 別 科 ( 実 際 は 実 名 )のベトナム 人 留 学 生 百 数 十 名 とB 日 本 語 学 校 ( 同 )のベ トナム 人 留 学 生 7 80 人 が1 階 の 出 口 でひしめき

4 月 2 日 例 の 記 事 が 出 た 日 です ある 空 港 では 大 変 だったそうです A 大 学 別 科 ( 実 際 は 実 名 )のベトナム 人 留 学 生 百 数 十 名 とB 日 本 語 学 校 ( 同 )のベ トナム 人 留 学 生 7 80 人 が1 階 の 出 口 でひしめき 留 学 生 通 信 53 号 一 般 社 団 法 人 全 国 日 本 語 学 校 連 合 会 2015 年 4 月 8 日 慎 重 さ 求 められる 日 本 語 学 校 設 置 基 準 の 緩 和 文 部 科 学 省 法 務 省 とも 基 準 緩 和 を 否 定 官 民 協 力 してこそ 留 学 生 30 万 人 計 画 は 立 派 に 達 成 できる 波 紋 呼 んだ 産 経 新 聞 の 一 本

More information

(1) 処 女 降 誕 (2)イエスの 歴 史 性 (3) 福 音 の 3 要 素 (4)イエスの 死 後 の 状 態 (5) 昇 天 (6) 再 臨 * 今 回 は (4)イエスの 死 後 の 状 態 を 取 り 上 げる * 死 んでから 復 活 までの 3 日 間 をどのように 過 ごされたの

(1) 処 女 降 誕 (2)イエスの 歴 史 性 (3) 福 音 の 3 要 素 (4)イエスの 死 後 の 状 態 (5) 昇 天 (6) 再 臨 * 今 回 は (4)イエスの 死 後 の 状 態 を 取 り 上 げる * 死 んでから 復 活 までの 3 日 間 をどのように 過 ごされたの キリストの 使 徒 たちが 伝 えたこと(8) 使 徒 信 条 とは 子 なる 神 (4) 使 徒 信 条 我 は 天 地 の 造 り 主 全 能 の 父 なる 神 を 信 ず 我 はその 独 り 子 我 らの 主 イエス キリストを 信 ず 主 は 聖 霊 によりてやどり 処 女 マリヤより 生 れ ポンテオ ピラトのもとに 苦 しみを 受 け 十 字 架 につけられ 死 にて 葬 られ 陰 府

More information

fence2.indd

fence2.indd 2 3 久 仁 彦 / 5 8 阪 市 パ ソ セ チ 基 践 遊 士 情 緒 最 限 組 織 枯 渇 発 創 造 続 2 龍 谷 談 室 ウ セ 8 龍 谷 ウ セ グ 課 程 講 兼 職 国 際 ァ 席 己 性 3 2 月 龍 谷 退 職 在 デ 研 究 普 及 注 日 講 客 参 加 験 ぐ 即 興 演 独 創 即 興 演 芸 術 面 演 客 > 久 仁 彦 久 仁 彦 2 8 月 末 阪 應

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

Taro-外国人研修生意見書(弁連)

Taro-外国人研修生意見書(弁連) 外 国 人 研 修 技 能 実 習 制 度 の 法 改 正 に 対 する 意 見 書 2009 年 2 月 9 日 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 殿 法 務 大 臣 森 英 介 殿 外 務 大 臣 中 曽 根 弘 文 殿 厚 生 労 働 大 臣 舛 添 要 一 殿 経 済 産 業 大 臣 二 階 俊 博 殿 国 土 交 通 大 臣 金 子 一 義 殿 外 国 人 研 修 生 問 題 弁 護

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

アは 一 つ というアジア 主 義 は ヨーロッパを 模 倣 した 近 代 日 本 に 対 してで あり 侵 略 主 義 ではなく 抵 抗 の 言 葉 である 岡 倉 の アジア 主 義 を 引 き 受 けて 竹 内 好 は 大 東 亜 戦 争 を 対 英 米 戦 争 を 帝 国 主 義 間 戦 争

アは 一 つ というアジア 主 義 は ヨーロッパを 模 倣 した 近 代 日 本 に 対 してで あり 侵 略 主 義 ではなく 抵 抗 の 言 葉 である 岡 倉 の アジア 主 義 を 引 き 受 けて 竹 内 好 は 大 東 亜 戦 争 を 対 英 米 戦 争 を 帝 国 主 義 間 戦 争 第 31 回 高 畠 ゼミOB OG 会 読 書 会 松 本 健 一 著 日 本 のナショナリズム 2011.3.19 報 告 : 櫛 野 幸 孝 島 嶼 国 家 の 日 本 は 海 洋 によって 囲 まれ 守 られてきた そのため 島 国 の 内 部 を 平 和 で 豊 かで 安 定 した 状 態 に 保 つことが 巧 みである 外 の 世 界 が 秩 序 を 変 えたときには それに 応 じて

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

この 説 に 信 憑 性 があるかないか わたしにはよく 分 かりませんが 語 呂 が 良 いし 昔 の 親 父 は 確 かにおっかないところがあったから そこに 収 まるまでに 何 らかのいきさつがあ ったとしても 親 父 に 定 着 していったのでしょうか 一 昔 か 二 昔 前 には 子 ども

この 説 に 信 憑 性 があるかないか わたしにはよく 分 かりませんが 語 呂 が 良 いし 昔 の 親 父 は 確 かにおっかないところがあったから そこに 収 まるまでに 何 らかのいきさつがあ ったとしても 親 父 に 定 着 していったのでしょうか 一 昔 か 二 昔 前 には 子 ども 聖 霊 降 臨 後 第 16 主 日 ( 特 定 22) 説 教 2011/10/2 聖 マタイ 福 音 書 第 21 章 33 節 ~43 節 於 : 聖 パウロ 教 会 司 祭 山 口 千 寿 地 震 雷 火 事 親 父 という 諺 をお 聞 きになったことがあると 思 います 怖 いもの 恐 ろしく 感 じられるものを 順 番 に 上 げたのだと 思 います わたしたちも3 月 11 日 の

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

判例からみる中国における補正の制限について

判例からみる中国における補正の制限について 海 外 知 財 の 現 場 23 平 成 25 年 2 月 20 日 掲 載 判 例 からみる 中 国 における 新 規 事 項 追 加 の 判 断 基 準 について 中 国 弁 理 士 呉 学 鋒 中 国 特 許 法 及 び 実 施 細 則 には 出 願 後 の 特 許 出 願 書 類 の 補 正 についての 規 定 が 設 けられ 補 正 ができる 範 囲 を 定 めている 特 許 法 第 33

More information

( 続 紙 1 ) 京 都 大 学 博 士 ( 人 間 環 境 学 ) 氏 名 橋 本 周 子 論 文 題 目 グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 フランス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( 論 文 内 容 の 要 旨 ) 本 論 文 は 18 世 紀

( 続 紙 1 ) 京 都 大 学 博 士 ( 人 間 環 境 学 ) 氏 名 橋 本 周 子 論 文 題 目 グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 フランス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( 論 文 内 容 の 要 旨 ) 本 論 文 は 18 世 紀 Title グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 : フラ ンス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( Abstract_ 要 旨 ) Author(s) 橋 本, 周 子 Citation Kyoto University ( 京 都 大 学 ) Issue Date 2012-09-24 URL http://hdl.handle.net/2433/161026

More information

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領 中 学 教 科 書 7 社 の 比 較 調 査 調 査 対 象 教 科 書 ( ) 内 は 略 称 育 鵬 社 ( 育 鵬 ) 帝 国 書 院 ( 帝 国 ) 教 育 出 版 社 ( 教 出 ) 東 京 書 籍 ( 東 書 ) 清 水 書 院 ( 清 水 ) 日 本 文 教 出 版 社 自 由 社 ( 自 由 ) ( 日 文 ) 教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本

More information

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇 第 1 回 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 雇 用 やパートタイム 雇 用 の 制 度 について の 解 説 平 成 27 年 7 月 24 日 高 知 会 館 講 師 / 経 営 法 曹 会 議 所 属 弁 護 士 石 井 妙 子 氏 Ⅰ 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 契 約 1 定 年 後 再 雇 用 制 度 概 要 (1) 定 年 後,65 歳 までの 雇 用 確

More information

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より 保 守 主 義 の 哲 学 --- 桜 宮 高 校 事 件 に 観 る 橋 下 徹 の 白 紙 (リセット) 思 想 の 危 険 な 本 質 についての 考 察 --- まず 産 経 新 聞 記 事 からの 抜 粋 市 教 委 入 試 可 否 21 日 に 判 断 妥 協 案 も 浮 上 橋 下 市 長 は 在 校 生 に 直 接 説 明 へ ( 産 経 新 聞 2013.1.20 22:12) 大

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し 整 理 解 雇 の 実 務 労 務 管 理 Ⅰ 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 1. 整 理 解 雇 の 効 果 2. 整 理 解 雇 の 問 題 点 Ⅱ 整 理 解 雇 の 実 施 手 順 1. 解 雇 基 準 の 決 定 2. 解 雇 実 施 の 発 表 3. 解 雇 者 の 人 選 4. 解 雇 の 予 告 5. 解 雇 辞 令 の 交 付 Ⅲ 労 働 組 合 との 関 係 1.

More information

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象 比 例 大 激 戦 9 条 守 れの1 票 共 産 党 へ 改 憲 問 題 が 大 争 点 に しんぶん 赤 旗 2016 年 7 月 6 日 ( 水 ) 投 票 日 まで4 日 となった 参 院 選 は 比 例 代 表 も 選 挙 区 も 大 激 戦 大 接 戦 のまま 最 終 盤 に 入 り 安 保 法 制 = 戦 争 法 の 廃 止 と 憲 法 9 条 改 悪 が 大 争 点 に 浮 上 憲

More information

(ACT0436K06616W)

(ACT0436K06616W) 十 字 架 上 の 叫 び [ 受 難 物 語 講 解 第 25 回 ] マルコの 福 音 書 15 章 33~34 節 熊 谷 徹 2014 年 4 月 6 日 ( 第 1 主 日 ) 序 十 字 架 上 の 七 つの 言 葉 ; 1 紀 元 30 年 4 月 7 日 金 曜 日 主 イエスは 十 字 架 につけられた 時 刻 は 25 節 にあるように 午 前 9 時 であった その 日 主 イエスは

More information

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2>

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2> 赤 ちゃんポスト と 匿 名 出 産 についての 法 的 検 討 平 成 18 年 12 月 弁 護 士 由 井 照 二 熊 本 市 の 病 院 で 提 案 された 赤 ちゃんポスト 設 置 問 題 と これに 関 連 する 匿 名 出 産 についての 法 律 問 題 の 検 討 内 容 を 以 下 のとおり 検 討 いたします 1はじめに 1この 検 討 書 は いわゆる 赤 ちゃんポスト との

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

人権ポケットブックシリーズ④性的少数者と人権

人権ポケットブックシリーズ④性的少数者と人権 J 04 1 2 3 4 4 1 世 の 中 には 男 と 女 しか いない? 性 的 指 向 には いろいろな 形 があります 異 性 を 愛 す る 人 だけではなく 同 性 愛 や 両 性 愛 の 人 もいます また 性 の 自 己 認 識 こころの 性 と 生 物 学 的 な 性 か らだの 性 が 違 うと 感 じて さまざまな 葛 藤 が 生 じる 性 同 一 性 障 害 の 人 々もいます

More information

スライド 1

スライド 1 勤 務 地 限 定 職 種 限 定 に 関 わる 判 例 資 料 2 1 エールフランス 事 件 ( 東 京 高 判 昭 49.8.28) 雇 用 契 約 において 配 置 場 所 が 明 定 されている 場 合 には 使 用 者 は 当 該 労 働 者 の 同 意 なくしてこれを 配 転 できないのを 本 則 とすべき 東 京 ベースの 合 意 に 反 して 為 した 本 件 配 転 命 令 つき

More information

Ⅰはじめに

Ⅰはじめに 日 本 人 は 幸 福 か ~ 幸 福 度 先 進 国 との 比 較 と 日 本 人 の 幸 福 感 について~ 群 馬 県 立 前 橋 女 子 高 等 学 校 2 年 吉 川 綾 乃 Ⅰ はじめに 日 本 人 は 幸 福 か 高 校 生 の 私 にとって 非 常 に 大 きなテーマである 幸 福 かどうか というのは 非 常 に 個 人 的 な 感 覚 であり 年 齢 も 性 別 も 環 境 も

More information

Taro-『光と風と音の世界』阿字観

Taro-『光と風と音の世界』阿字観 - 1/5 - 光 と 風 と 音 の 世 界 ー 阿 字 観 実 修 についての 報 告 書 ー 平 成 4 年 4 月 教 学 部 提 出 教 化 研 究 員 川 上 修 詮 はじめに 仏 さまの 教 えは 人 生 は 苦 である というところから 始 まりました どう すればその 苦 しみから 逃 れられるのでしょうか それを 解 決 することが 一 生 を 安 楽 に 過 ごし 成 仏 するための

More information

第6分科会

第6分科会 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 ( 教 育 ) 平 成 23 年 7 月 19 日 自 由 民 主 党 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 はじめに 戦 後 のわが 国 の 教 育 は 教 育 水 準 の 向 上 を 通 じ 経 済 社 会 の 発 展 に 貢 献 してきた その 中 で 自 由 民 主 党 は 左 翼 思 想 に 支 配 された 日 本 教 職 員 組 合 が

More information

B6293AED6BD3007E49256A57005AECC

B6293AED6BD3007E49256A57005AECC 主 文 本 件 仮 処 分 申 請 をいずれも 却 下 する 訴 訟 費 用 は 申 請 人 らの 負 担 とする 事 実 第 一 当 事 者 双 方 の 求 める 裁 判 一 申 請 人 ら 申 請 人 Aが 郵 政 省 岩 手 県 宮 古 郵 便 局 保 険 課 に 勤 務 すること 申 請 人 Bが 同 郵 便 局 庶 務 会 計 課 に 勤 務 すること を 仮 に 定 める 訴 訟 費 用

More information

試験日 平成22年7月  日(木)2時限

試験日 平成22年7月  日(木)2時限 試 験 日 平 成 27 年 月 日 ( ) 時 限 科 目 名 労 働 法 A 担 当 者 三 柴 丈 典 法 律 学 科 2 学 年 以 上 次 の 各 問 いに 対 する 解 答 またはカッコ 内 に 入 る 語 句 として 最 も 適 当 な 選 択 肢 を1つ 選 び 該 当 する 番 号 を 解 答 用 紙 にマークせよ なお 解 答 用 紙 (マークシート)に 解 答 以 外 のことを

More information

2.7~11 節 この 人 たちが 行 ってしまうと イエスは ヨハネについて 群 衆 に 話 しだされた あな たがたは 何 を 見 に 荒 野 に 出 て 行 ったのですか 風 に 揺 れる 葦 ですか でなかったら 何 を 見 に 行 ったのですか 柔 らかい 着 物 を 着 た 人 ですか

2.7~11 節 この 人 たちが 行 ってしまうと イエスは ヨハネについて 群 衆 に 話 しだされた あな たがたは 何 を 見 に 荒 野 に 出 て 行 ったのですか 風 に 揺 れる 葦 ですか でなかったら 何 を 見 に 行 ったのですか 柔 らかい 着 物 を 着 た 人 ですか 057 マタ 11:2~19 ルカ 7:18~35 1.はじめに (1) 文 脈 の 確 認 1イエスのメシア 性 を 示 す 2 つの 奇 跡 * 百 人 隊 長 のしもべの 癒 し( 55) *やもめの 息 子 の 蘇 生 ( 56) 2ヨハネの 弟 子 たちが 2 番 目 の 奇 跡 をヨハネに 知 らせた 3そこでヨハネは 弟 子 たちをイエスのもとに 派 遣 し 質 問 をした (2)A.T.ロバートソンの

More information

2015年12月20日 クリスマス説教、イエスさまの誕生

2015年12月20日 クリスマス説教、イエスさまの誕生 イエスさまの 誕 生 マタイの 福 音 書 1 章 16 節 ~25 節 2015 年 12 月 20 日 ( 日 )クリスマス 礼 拝 説 教 皆 さん クリスマス おめでとうございます 皆 さんは 毎 朝 の NHK 朝 ドラ 朝 が 来 た は ご 覧 になって おられますでしょうか 視 聴 率 およそ25%と 言 われております ので きっと この 中 にも 幾 人 かの 方 々は ご 覧

More information

運 用 受 託 機 関 従 業 員 年 金 規 約 事 業 主 資 産 管 理 運 用 契 約 掛 金 運 用 指 針 資 産 管 理 運 用 機 関 信 託 会 社 生 命 保 険 会 社 農 業 協 同 組 合 連 合 会 裁 定 裁 定 請 求 退 職 した 従 業 員 ( 受 給 権 者 )

運 用 受 託 機 関 従 業 員 年 金 規 約 事 業 主 資 産 管 理 運 用 契 約 掛 金 運 用 指 針 資 産 管 理 運 用 機 関 信 託 会 社 生 命 保 険 会 社 農 業 協 同 組 合 連 合 会 裁 定 裁 定 請 求 退 職 した 従 業 員 ( 受 給 権 者 ) シリーズ: 規 約 型 確 定 給 付 企 業 年 金 担 当 者 のための 資 産 運 用 入 門 Vol.2 年 金 資 産 運 用 のプロセス 企 業 年 金 の 担 当 者 にとって 資 産 運 用 の 責 任 とはなんでしょうか 仮 に 数 十 億 円 の 年 金 資 産 に 対 して 資 産 運 用 の 結 果 に 対 して 責 任 を 持 てと 言 われると サラリ ー マ ン で あ

More information

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1 平 成 27 年 労 働 者 派 遣 法 改 正 法 の 概 要 ~ 平 成 27 年 9 月 30 日 施 行 ~ 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 PL271029 派 需 01 目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推

More information

Microsoft Word - 25_06 「特許安定性」.docx

Microsoft Word - 25_06 「特許安定性」.docx 侵 害 訴 訟 等 における 特 許 の 安 定 性 に 資 する (*) 特 許 制 度 運 用 に 関 する 調 査 研 究 我 が 国 産 業 の 競 争 力 強 化 のため 特 許 権 の 紛 争 処 理 機 能 について 知 的 財 産 紛 争 解 決 システム 全 体 が 適 切 に 機 能 して いるかどうか 検 証 し より 魅 力 ある 制 度 となるように 取 り 組 みを 進

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい 東 北 大 学 消 費 者 法 問 題 研 究 会 2006.4.22. 行 政 による 消 費 者 被 害 救 済 事 業 者 制 裁 を 考 える * 細 川 幸 一 1. 問 題 意 識 消 費 者 問 題 の 解 決 には 消 費 者 自 らが 消 費 者 私 法 を 活 用 し 権 利 利 益 の 回 復 を 図 る 司 法 的 手 段 と 行 政 が 市 場 に 介 入 し 事 業 者

More information

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析 逢 坂 巌 教 学 学 助 教 福 岡 県 学 法 学 卒 学 学 法 学 学 研 究 科 博 士 程 退 同 研 究 科 助 手 経 職 共 著 第 投 票 席 獲 得 圧 通 初 成 就 圧 際 圧 原 因 惑 批 相 次 同 圧 敗 北 声 ャ ズ ム ほ む 反 省 約 丁 寧 紹 型 付 刊 肯 世 界 指 摘 声 押 非 難 歴 史 画 ケ 可 世 紀 型 他 批 渦 巻 状 歴 史 健

More information

序 国 際 育 成 会 連 盟 のグローバル キャンペーン 意 思 決 定 の 権 利 は 個 人 家 族 そ して 地 域 が 意 思 決 定 と 支 援 付 き 意 思 決 定 について 話 し 合 うことを 目 的 としています この 話 し 合 いの 中 身 は 大 小 の 日 常 的 なこ

序 国 際 育 成 会 連 盟 のグローバル キャンペーン 意 思 決 定 の 権 利 は 個 人 家 族 そ して 地 域 が 意 思 決 定 と 支 援 付 き 意 思 決 定 について 話 し 合 うことを 目 的 としています この 話 し 合 いの 中 身 は 大 小 の 日 常 的 なこ 全 日 本 手 をつなぐ 育 成 会 国 際 育 成 会 連 盟 意 思 決 定 の 権 利 国 際 育 成 会 連 盟 グローバル キャンペーン ディスカッション グループ ファシリテーター ガイド 国 際 育 成 会 連 盟 2013 年 4 月 序 国 際 育 成 会 連 盟 のグローバル キャンペーン 意 思 決 定 の 権 利 は 個 人 家 族 そ して 地 域 が 意 思 決 定 と

More information

際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄 積 a 弓 限 更 日 常 横 領 侵 害 制 圧 穏 当 搾 P S 8 3 増 求 傾 衝 呼 保 放 増 闘 争 繰 広 げ 場 p o 乙 節 利

際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄 積 a 弓 限 更 日 常 横 領 侵 害 制 圧 穏 当 搾 P S 8 3 増 求 傾 衝 呼 保 放 増 闘 争 繰 広 げ 場 p o 乙 節 利 公 募 期 序 ー ー 期 視 家 肯 課 中 期 観 際 弘 子 島 ぬ 深 居 達 常 場 興 深 眼 差 極 再 条 件 ん 認 根 p 骨 m m m 仏 新 含 容 易 良 小 尽 士 作 宅 巳 ヨ 庁 2 8 毛 包 括 σ 命 a A 山 門 際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄

More information

か 1か 6)に 挿 入 する 答 案 例 は 1 2 4 5 6 判 例 紹 介 7 8の 順 で 基 本 にほぼ 忠 実 に 書 いている 参 考 にしよう (3)あてはめ 結 論 答 案 例 の3を 参 照 あてはめと 結 論 を 明 確 に 分 けて 記 述 決 して 端 折 らない *あて

か 1か 6)に 挿 入 する 答 案 例 は 1 2 4 5 6 判 例 紹 介 7 8の 順 で 基 本 にほぼ 忠 実 に 書 いている 参 考 にしよう (3)あてはめ 結 論 答 案 例 の3を 参 照 あてはめと 結 論 を 明 確 に 分 けて 記 述 決 して 端 折 らない *あて 診 断 テストまでに 記 憶 を 喚 起 しておかねばならない 重 要 知 識 一 覧 表 2014.03.24 中 川 孝 博 テキスト( 赤 池 一 将 = 中 川 孝 博 刑 事 法 入 門 [ 第 2 版 ] )4~6 頁 法 学 の 定 義 は 何 か 法 学 をマスターするために 設 定 した 2 つの 大 目 標 は 何 か 刑 事 訴 訟 法 の 領 域 で 対 立 する 2 つの

More information

書 評 阿 部 志 郎 岡 本 榮 一 監 修 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 学 会 編 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 の 歴 史 ミネルヴァ 書 房 2014 年 6 月 A5 判 522 頁 5,500 円 ( 税 別 ) * 白 波 瀬 達 也 1. はじめに 本 書 は 日

書 評 阿 部 志 郎 岡 本 榮 一 監 修 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 学 会 編 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 の 歴 史 ミネルヴァ 書 房 2014 年 6 月 A5 判 522 頁 5,500 円 ( 税 別 ) * 白 波 瀬 達 也 1. はじめに 本 書 は 日 Title < 書 評 > 阿 部 志 郎 岡 本 榮 一 監 修 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 学 会 編 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 の 歴 史 Author(s) 白 波 瀬, 達 也 Citation 宗 教 と 社 会 貢 献. 5(1) P.103-P.108 Issue 2015-04 Date Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/11094/51350

More information

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭 安 全 保 障 法 制 整 備 に 関 するQ&A 平 成 26 年 7 月 自 由 民 主 党 Q1 なぜ 今 憲 法 解 釈 を 見 直 し 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 を 容 認 する 必 要 があるのです か? 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 によらなくても 個 別 的 自 衛 権 や 既 存 の 法 制 度 の 下 での 対 応 が 可 能 ではないですか? A1 国 民 の

More information

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の

More information

Microsoft Word - 最終FASD予防憲章1309.doc

Microsoft Word - 最終FASD予防憲章1309.doc FASD 予 防 の 国 際 憲 章 (Fetal Alcohol Spectrum Disorder: 胎 児 性 アルコール 多 様 障 害 ) ( 憲 章 委 員 会 メンバー: 久 繁 哲 徳 翻 訳 ) FASD 予 防 の 第 一 回 国 際 会 議 が カナダのエドモントンで 2013 年 9 月 23 日 ~25 日 に 開 催 された この 会 議 の 参 加 者 により つぎの

More information

チャペル 2011年8月

チャペル 2011年8月 平 和 将 来 希 望 のご 計 画 ~クライストチャーチの 震 災 のこと~ 子 ども 学 科 八 巻 正 治 平 和 将 来 希 望 のご 計 画 主 はこう 言 われる バビロンに 七 十 年 の 時 が 満 ち たなら わたしはあなたたちを 顧 みる わたしは 恵 み の 約 束 を 果 たし あなたたちをこの 地 に 連 れ 戻 す わ たしは あなたたちのために 立 てた 計 画 をよく

More information

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E>

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E> 42-00 42 00 審 理 の 終 結 及 び 再 開 1. 審 理 の 終 結 ( 結 審 ) 審 判 長 は 特 許 無 効 審 判 以 外 の 審 判 においては 事 件 が 審 決 をするのに 熟 し たときは 審 理 の 終 結 を 当 事 者 及 び 参 加 人 ( 以 下 単 に 当 事 者 という )に 通 知 し なければならない( 特 1561 実 41 意 52 商 561

More information

社会科学習指導略案

社会科学習指導略案 第 3 学 年 社 会 科 ( 公 民 的 分 野 ) 学 習 指 導 案 日 時 : 平 成 24 年 9 月 28 日 ( 金 )5 校 時 学 級 : 男 子 9 名 女 子 18 名 計 27 名 指 導 者 : 千 葉 邦 彦 1 単 元 名 第 3 章 わたしたちの 暮 らしと 民 主 政 治 第 2 節 司 法 権 の 独 立 と 裁 判 ( 教 育 出 版 P92~101) 2 単

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

表紙.indd

表紙.indd コミュニティ 通 訳 の つなぐ 行 為 にみる 橋 渡 しとは 三 木 紅 虹 みなみ 市 民 活 動 多 文 化 共 生 ラウンジ コーディネーター NPO 法 人 MICかながわ 中 国 語 医 療 通 訳 はじめに 近 年 各 自 治 体 や 国 際 交 流 協 会 など 民 間 団 体 において コミュニティ 通 訳 が 無 視 できない 存 在 となりつつあるが その 人 材 の 育 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2096D891BA8CF5975989898F4B875481698F4390B3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2096D891BA8CF5975989898F4B875481698F4390B3816A2E646F63> 職 業 とコンピテンシー ~ 求 められる 人 間 力 ~ 目 次 1. プロジェクト 選 定 理 由 と 目 的 手 段... 2 2. 関 東 学 園 大 学 におけるコンピテンシー... 3 3. 群 馬 県 太 田 警 察 署... 5 (1) 警 察 組 織 の 概 要... 5 (2) 警 察 署 設 置 の 根 拠 規 定... 6 ア 警 察 組 織 の 設 置 Ⅰ( 警 察 本 部

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63> 第 1 章 医 療 関 連 の 法 令 遵 守 及 び 職 業 倫 理 1. 医 師 歯 科 医 師 のプロフェショナリズム 我 が 国 では 医 学 の 進 歩 に 伴 い 平 均 寿 命 は 男 性 78 歳 女 性 85 歳 に 達 し 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 の 低 下 妊 産 婦 死 亡 率 の 低 下 心 疾 患 による 年 齢 調 整 死 亡

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

資  料3 総理の新提案(美しい星へのいざない「Invitation to 『Cool Earth 50』」~3つの提案、3つの原則~)

資  料3 総理の新提案(美しい星へのいざない「Invitation to 『Cool Earth 50』」~3つの提案、3つの原則~) 美 しい 星 へのいざない Invitation to Cool Earth 50 ~ 3つの 提 案 3つの 原 則 ~ 資 料 3 冒 頭 杉 田 日 本 経 済 新 聞 社 社 長 アジア 各 国 指 導 者 の 皆 様 御 来 賓 の 皆 様 本 日 各 方 面 でアジアを 代 表 する 皆 様 方 の 前 で スピーチをする 機 会 をいただい たことを 誠 にうれしく 思 います 本 日

More information

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx 意 見 書 案 第 7 号 最 低 賃 金 の 改 定 等 に 関 する 意 見 書 日 本 経 済 の 先 行 きについては 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 が 続 く 中 で 緩 やかな 回 復 に 向 かう ことが 期 待 される 一 方 昨 年 11 月 に 国 が 発 表 した 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けて 緊 急 に 実 施 すべき 対 策 では 最 低 賃

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

目 次 はじめに 薬 物 事 件 の 再 発 防 止 を 誓 って 1 頁 Ⅰ. 事 件 の 経 過 概 要 2 頁 Ⅱ. 大 学 の 対 応 3 頁 Ⅲ. 違 法 薬 物 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 4 頁 Ⅳ. 今 後 の 取 り 組 み 7 頁 < 資 料 > 事 件 発 生

目 次 はじめに 薬 物 事 件 の 再 発 防 止 を 誓 って 1 頁 Ⅰ. 事 件 の 経 過 概 要 2 頁 Ⅱ. 大 学 の 対 応 3 頁 Ⅲ. 違 法 薬 物 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 4 頁 Ⅳ. 今 後 の 取 り 組 み 7 頁 < 資 料 > 事 件 発 生 2010 年 に 発 生 した 大 麻 事 件 に 関 する 報 告 書 ( 総 括 ) 2011 年 6 月 西 南 学 院 大 学 薬 物 問 題 等 対 策 委 員 会 目 次 はじめに 薬 物 事 件 の 再 発 防 止 を 誓 って 1 頁 Ⅰ. 事 件 の 経 過 概 要 2 頁 Ⅱ. 大 学 の 対 応 3 頁 Ⅲ. 違 法 薬 物 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 4 頁

More information

07西洋文化史概説(1)-51

07西洋文化史概説(1)-51 第 十 三 講 聖 書 外 典 と 女 性 聖 人 テクラ 主 旨 : 古 代 末 期 における 古 代 的 規 範 の 崩 壊 男 性 からの 女 性 の 自 立 女 性 自 身 が 自 らの 語 りと 聖 人 聖 地 を 持 つ 女 性 の 世 界 の 広 いネットワークの 存 在 :エゲリアの 例 物 語 パターンの 規 則 性 (1) 男 性 原 理 ( 結 婚 性 交 )の 拒 否 男 性

More information

ある 1972 年 に 新 たに 自 ら 制 定 した 憲 法 と 共 にそれまでのセイロンから スリランカへと 名 称 を 変 更 した イギリスでは 憲 法 と 普 通 法 との 間 に 差 異 は 設 けられていないが その 植 民 地 には 差 異 が 設 けられた スリランカは 1802

ある 1972 年 に 新 たに 自 ら 制 定 した 憲 法 と 共 にそれまでのセイロンから スリランカへと 名 称 を 変 更 した イギリスでは 憲 法 と 普 通 法 との 間 に 差 異 は 設 けられていないが その 植 民 地 には 差 異 が 設 けられた スリランカは 1802 スリランカの 憲 法 問 題 L.フェルナンド ** 浅 野 宜 之 訳 ** 1 はじめに スリランカは 憲 法 を 学 ぶ 人 にとって 二 つの 意 味 で 興 味 深 い 国 だと 思 われる 一 つは 19 20の 両 世 紀 の 間 にスリランカは ₅ つの それぞれ 形 式 及 び 内 容 の 面 でかなり 異 な った 憲 法 を 持 っていたということが 挙 げられる その ₅ つの

More information

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 連 合 : 新 谷 信 幸 ( 連 合 総 合 労 働

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

震 から1946 年 の 地 震 まで9 回 知 られている 684 年 には 日 本 書 紀 にも 記 載 され 道 後 温 泉 の 湧 出 が 止 まったとある 1605 年 1707 年 185 4 年 1946 年 とそれぞれ 揺 れの 程 度 や 津 波 の 高 さが 分 かっている 17

震 から1946 年 の 地 震 まで9 回 知 られている 684 年 には 日 本 書 紀 にも 記 載 され 道 後 温 泉 の 湧 出 が 止 まったとある 1605 年 1707 年 185 4 年 1946 年 とそれぞれ 揺 れの 程 度 や 津 波 の 高 さが 分 かっている 17 原 発 廃 炉 に 向 けて 2012 年 7 月 28 日 ( 土 ) 原 水 爆 禁 止 四 国 大 会 於 高 松 市 伊 方 原 発 をとめる 会 事 務 局 長 草 薙 順 一 はじめに 原 発 稼 働 は 人 の 生 存 を 脅 かし 環 境 を 破 壊 し 倫 理 的 に 許 されない 犯 罪 行 為 である 危 険 な 原 発 稼 働 を 誰 のために 何 のために 稼 働 するのか?

More information

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 (1) 中 国 と 韓 国 との 関 係 ~ 要 旨 ~ 今 年 は 戦 後 70 年 にあたる 安 部 首 相 が 発 表 しようとしている 談 話 に 対 し 中 国 や 韓 国 からさまざまな 意 見 や 注 文 が 出 ている 確 かにどこの 国 にも 歴 史 を 解 釈 する 権 利 はあるが 公 権 力 の 厳 しい 統 制 によって 自 由 な 発

More information

<5B959588F35D2C5B8389836283705D2C5B94AB5D82CC918A8CDD8AD68C5782C98AD682B782E98D6C8E40817C825283898362837082C694AB82CD93AF8E9E8AFA2E6169>

<5B959588F35D2C5B8389836283705D2C5B94AB5D82CC918A8CDD8AD68C5782C98AD682B782E98D6C8E40817C825283898362837082C694AB82CD93AF8E9E8AFA2E6169> 封 印 ラッパ 鉢 の 記 述 は 伝 統 的 な 解 釈 として 最 後 の 封 印 で 7 つのラッパが 吹 かれ 最 後 でのラッパで 7 つの 鉢 が 注 がれるという 入 れ 子 構 造 になっていると 言 われてい ますが 先 ず 封 印 は 予 告 編 であることを 確 認 しました 封 印 と ラッパ の 関 連 については はっきりと 聖 句 で 述 べられています ( 啓 示 8:1

More information

「再犯社会」が問う高齢社会像-「安全社会」から「安心社会」へ

「再犯社会」が問う高齢社会像-「安全社会」から「安心社会」へ ニッセイ 基 礎 研 究 所 No. 13-3 19 March 214 再 犯 社 会 が 問 う 高 齢 社 会 像 安 全 社 会 から 安 心 社 会 へ 社 会 研 究 部 主 任 研 究 員 土 堤 内 昭 雄 (3)3512-1794 doteuchi@nli-research.co.jp はじめに 213 年 3 月 末 旧 ライブドアの 元 社 長 ホリエモン こと 堀 江 貴 文

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題 奨 学 金 制 度 の 拡 充 とそれに 伴 う 財 政 的 視 点 からの 課 題 予 算 委 員 会 調 査 室 藤 井 亮 二 人 材 こそが 日 本 が 世 界 に 誇 る 最 大 の 資 源 である 平 成 25 年 6 月 14 日 に 閣 議 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 -JAPAN is BACK- の 一 文 である 今 夏 の 参 院 選 において 各 政 党 は 就

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

年 の 事 そ し て 1592 年 か ら 始 ま っ た 7 年 間 の 戦 争 で こ う 考 え る と 日 韓 関 係 が 崩 れ た の は わ ず か な 期 間 で す 2300 年 の 間 韓 国 と 日 本 が 敵 対 関 係 だ っ た の は た っ た の 100 年 なの

年 の 事 そ し て 1592 年 か ら 始 ま っ た 7 年 間 の 戦 争 で こ う 考 え る と 日 韓 関 係 が 崩 れ た の は わ ず か な 期 間 で す 2300 年 の 間 韓 国 と 日 本 が 敵 対 関 係 だ っ た の は た っ た の 100 年 なの 日 本 と 韓 国 協 力 するためには 金 俊 佑 ( 韓 国 ) 私 は 幼 い こ ろ 日 本 に 住 ん で い ま し た ま だ 小 さ か っ た の で 記 憶 は 断 片 的 に し か あ り ませんが 日 本 に 対 しての 印 象 だけははっきりと 残 っています とても 暖 かくて かつ 穏 やかな 良 いイメージです 周 辺 に 公 園 が 多 く 自 然 が 身 近 に

More information

校生

校生 高 校 生 平 和 大 使 高 校 生 1 万 人 署 名 活 動 実 行 委 員 会 静 岡 ニュース( 第 20 号 ) 422-8067 静 岡 市 駿 河 区 南 町 11-22 静 岡 労 働 会 館 2 階 静 岡 県 平 和 国 民 運 動 センター 気 付 TEL:054-282-4121 FAX:054-284-0191 E-mail :s-heiwa@cy.tnc.ne.jp 被

More information

コーポレートガバナンス報告書(全文)1607.xps

コーポレートガバナンス報告書(全文)1607.xps コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです CDG CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 7 月 4 日 株 式 会 社 CDG 代 表 取 締 役 社 長 大 平 孝 問 合 せ 先 :06-6133-5200 証 券 コード:2487 http://www.cdg.co.jp Ⅰコーポレート

More information

Microsoft Word - 洲崎190号_訂正済み.docx

Microsoft Word - 洲崎190号_訂正済み.docx 保 険 業 法 施 行 規 則 第 234 条 第 1 項 第 4 号 四 保 険 契 約 者 若 しくは 被 保 険 者 又 は 不 特 定 の 者 に 対 して 保 険 契 約 等 に 関 する 事 項 であってその 判 断 に 影 響 を 及 ぼすこととなる 重 要 なものにつき 誤 解 させるおそれのあることを 告 げ 又 は 表 示 する 行 為 Ⅰ 趣 旨 本 号 は 保 険 契 約 等

More information

テストです

テストです 2011 年 ( 平 成 23 年 )2 月 25 日 国 際 的 な 子 の 奪 取 の 民 事 面 に 関 する 条 約 の 批 准 についての 意 見 書 大 阪 弁 護 士 会 会 長 金 子 武 嗣 第 1 趣 旨 政 府 は,ハーグ 国 際 私 法 会 議 において 制 定 された 国 際 的 な 子 の 奪 取 の 民 事 面 に 関 する 条 約 ( 以 下 ハーグ 条 約 という

More information

暗闇の裁き

暗闇の裁き 暗 闇 の 裁 き Ⅰ 橘 龍 悟 生 あ る も の は や が て 死 に 直 面 し 滅 び 消 え 去 っ て し ま う ど ん な に 逃 れ よ う と し て も そ れ は 確 実 に 目 の 前 に や っ て く る そ し て そ れ が つ い に 私 の 目 の 前 に こ の 私 の 目 の 前 に 現 れ た の だ 死 に た く な い よ う と 叫 ん で み

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ 就 業 規 則 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は ( 以 下 会 社 という)の 秩 序 を 維 持 し 業 務 の 円 滑 な 運 営 を 期 すため 社 員 の 就 業 に 関 する 労 働 条 件 および 服 務 規 律 を 定 めたものである 第 2 条 ( 社 員 の 定 義 ) 1. 社 員 とは 会 社 と 雇 用 契 約 を 締 結 した 者 のうち

More information

スライド 1

スライド 1 2006 2 13 2026 3 2746 1950 4 4758 5 59 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 a 22 b 23 a 24 b 25 a 26 b 27 c 28 29 昭 和 20 年 (1945) 8 月 14.ポツダム 宣 言 受 諾 15. 鈴 木 貫 太 郎 内 閣 総 辞 職 9 月 02.ミズーリ 号 上 で 降

More information

エフエム長崎放送番組基準

エフエム長崎放送番組基準 エフエム 長 崎 放 送 番 組 基 準 株 式 会 社 エフエム 長 崎 は 放 送 事 業 を 通 じて 平 和 な 社 会 の 実 現 と 公 共 の 福 祉 文 化 の 向 上 に 寄 与 し 産 業 と 経 済 の 繁 栄 に 貢 献 する この 自 覚 に 基 づき 民 主 主 義 の 精 神 に 従 い 基 本 的 人 権 と 世 論 を 尊 重 し 言 論 と 表 現 の 自 由 を

More information

Microsoft PowerPoint - 2011年9月cajs会議報告公開用

Microsoft PowerPoint - 2011年9月cajs会議報告公開用 政 策 空 間 における 政 党 と 有 権 者 大 学 院 人 文 社 会 科 学 研 究 科 国 際 公 共 政 策 専 攻 竹 中 佳 彦 テーマ 1 政 策 空 間 における 政 党 と 有 権 者 の 位 置 前 回 (7 月 27 日 )の 発 表 の 残 り 2 日 本 人 の 政 党 支 持 前 回 の 報 告 に 対 する 質 疑 政 党 支 持 とは 何 か? だれが 支 持 しているのか?

More information

Microsoft Word - insight0410jp[1]

Microsoft Word - insight0410jp[1] 2008 年 4 月 4 日 イーストヒル ジャパン 株 式 会 社 から ある 上 有 海 名 総 な 合 株 指 ストラテジストはある 数 はせいぜい4000 番 点 組 で でこう 底 打 ちと 言 った 思 ったが まさか 中 国 株 式 市 場 底 は の 今 下 ブルトレンドだろう だ ドル 円 100 割 れ G7 が 介 入 するか の 下 これは に 地 最 獄 近 があるとは 流

More information

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き 第 6 章 1. 各 種 診 断 はどのように 行 うか 児 童 相 談 所 における 子 ども 虐 待 対 応 は 専 門 的 な 科 学 的 知 見 に 基 づき 問 題 の 本 質 背 景 を 分 析 す ることにより 合 理 的 客 観 的 見 地 から 個 々の 事 例 につ の 過 程 が 診 断 であり 診 断 には 児 童 福 祉 司 による 社 会 診 断 児 童 心 理 司 による

More information

< F31322D8CBE D F7582CC905F82C689A42E6A7464>

< F31322D8CBE D F7582CC905F82C689A42E6A7464> 古 代 文 字 資 料 館 発 行 KOTONOHA 11 号 ( 2003 年 10 月 ) 武 丁 時 代 甲 骨 文 にみる 神 と 王 吉 池 孝 一 一 今 から 三 千 数 百 年 前 亀 の 甲 羅 や 牛 の 肩 胛 骨 などに 文 字 が 刻 み 込 まれた 古 代 殷 王 朝 の 甲 骨 文 字 史 料 です 王 もしくはそれに 準 ずる 人 が 農 業 耕 作 や 戦 争 の

More information