親が勇気をもって子育てするということ

Size: px
Start display at page:

Download "親が勇気をもって子育てするということ"

Transcription

1 京 都 市 子 育 て 支 援 総 合 センターこどもみらい 館 平 成 27 年 度 第 1 回 共 同 機 構 研 修 会 共 同 機 構 研 修 会 養 護 の 働 き と 教 育 の 働 き は 交 叉 している ~ 子 どもの 心 を 育 てるために~ 講 師 鯨 岡 峻 中 京 大 学 客 員 教 授 1.はじめに これまで 育 てる 営 み とは 本 来,どのような ものかについて 考 えてきました この4 月 から 子 ども 子 育 て に 関 わる 新 制 度 が 発 足 し, 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 に 移 行 するのかどうか, 保 育 園 ( 所 )でも 幼 稚 園 でも 頭 を 悩 ましているとこ ろでしょう しかし,この 新 制 度 は 本 当 に 子 ど もの 最 善 の 利 益 を 考 えた 結 果 の 改 革 だったのか, それとも 就 労 支 援 や 学 力 向 上 という 大 人 たちの 願 いをベースに 目 指 された 改 革 だったのか, 疑 問 に 思 われることが 多 々あります そういう 状 況 の 中 で,もう 一 度, 子 どもを 育 てるということはど ういうことなのか, 何 が 育 てることに 欠 かせない のか, 一 人 前 の 大 人 になるとはどういうことなの かを 改 めて 考 えてみる 必 要 があると 思 われまし た 今 回 の 講 演 の 中 身 は,そのような 私 の 現 状 に 対 する 焦 りにも 似 た 思 いから 用 意 されたもので す 皆 さんも, 今 置 かれている 厳 しい 状 況 を 睨 み ながら, 子 どもを 目 の 前 にしたときにどのように 対 応 するのが 子 どものためなのか, 子 どもは 将 来 一 人 前 になるためには,どういう 心 を 身 に 付 けな ければならないのかを, 一 緒 に 考 えていただけれ ばと 思 います 2. 育 てる 営 みとはなにか 私 は 保 育 なのか, 教 育 なのか(あるいは 幼 児 教 育 なのか 学 校 教 育 なのか)という 議 論 の 前 に, 子 どもは 育 てられて 育 つ という 最 も 素 朴 な 発 想 に 立 って, 子 どもの 発 達 の 問 題, 子 育 ての 問 題 を 考 えてきました 子 どもという 存 在 は, 大 人 の 育 てる という 営 みがなければ 育 つことが 難 しい 存 在 です これは 乳 幼 児 に 限 らず, 一 人 前 になるま での 子 ども 時 代 に 一 貫 して 必 要 なものと 考 えて よいでしょう いまでこそ, 保 育 園 だ, 幼 稚 園 だ, 認 定 こども 園 だと, 保 育 の 場 を 巡 る 騒 がしい 状 況 があります が,そうした 場 が 子 どもに 用 意 される 以 前 から, 子 どもは 生 まれると 周 りの 大 人 たちに 育 てられ 育 って 一 人 前 になってきていたはずです そのと き,その 育 てる という 営 みはどのような 中 身 から 成 り 立 っていたのでしょうか 歴 史 的 にそれ を 明 らかにすることは 難 しいのですが,しかし 今 のように, 早 くから 何 かを 教 えて 力 をつけること に 奔 走 していたわけでなかったことは 確 かでし ょう その 育 てる 営 みの 中 身 を 考 えたときに 行 き 着 いたのが, 養 護 の 働 き と 教 育 の 働 き で した (1) 養 護 の 働 き 子 どもは あなたは 大 事 だよ あなたのこと を 愛 しているよ というように, 周 りから 肯 定 的 に 受 け 止 めてもらうこと, 言 い 換 えれば, 周 りの 大 人 から 肯 定 的 な 思 いを 伝 えてもらうことが 不 可 欠 な 存 在 です それが 子 どもにとっては 元 気 の 源, 自 分 が 愛 される 値 打 ちのある 存 在 であるとい う 意 味 での 自 己 肯 定 感 の 出 所 です つまり, 周 りの 大 人 から 思 いを 受 け 止 めてもらう, 存 在 を 認 めてもらう, 存 在 を 喜 んでもらう, 愛 してもら うことを 不 可 欠 にしているのが 子 どもだという ことです その 逆 に, 周 りの 大 人 に 思 いを 否 定 さ れ, 見 捨 てられたり, 馬 鹿 にされたり, 無 視 され たりするとき, 子 どもがどれほど 意 気 消 沈 し, 元 気 をなくし, 呆 然 とするかは, 保 育 の 場 の 子 ども の 様 子 からも 分 かるはずです 私 はこのような 大 人 の 子 どもの 存 在 を 尊 重 す る 姿 勢, 愛 しているという 思 い, 大 事 だという 思 いなどを 総 称 して 養 護 の 働 き と 呼 んできまし た

2 (2) 教 育 の 働 き 育 てる という 営 みは, 上 に 述 べた 養 護 の 働 き に 尽 きるものではありません やはり 太 古 の 昔 から, 大 人 は 未 来 の 大 人 である 子 どもに 対 し て,いま 大 人 である 自 分 たちがしていることをす ることができるように, 様 々に 誘 い, 促 し, 手 ほ どきし,ときには 教 えるという 働 きかけをし,ま たいけないことをしたときに, 叱 ったり, 禁 止 や 制 止 を 加 えたりして 育 ててきました それが 広 い 意 味 での 教 育 の 働 き であったと 思 います 排 泄 のしつけにせよ, 衣 服 の 着 脱 にせよ, 子 どもは 周 りの 人 のすることを 見 て 自 ら 取 り 込 む 面 を 持 ちながらも, 大 人 がまずそれをやってみせ,それ に 子 どもが 興 味 を 持 って,という 流 れで 子 どもの 成 長 を 促 そうとしてきたのでしょう 実 際, 自 分 は 愛 されている, 大 事 にされている, 自 分 は 大 事 なのだという 自 己 肯 定 感 を 背 景 に, 意 欲 と 興 味 を 持 ち 始 めた 子 どもは, 周 りの 大 人 のす ることを 取 り 込 み, 自 分 もやってみたい,やって 見 ようと 思 うようになります これが まねぶ ( 学 ぶ の 意 味 )です そして 子 どものこの ま ねぶ 姿 勢 を 見 極 めながら, 大 人 が 自 分 の 願 って いる 行 為 に 向 けて 誘 ったり, 促 したりするのが 教 育 の 働 き ですが,その まねぶ 姿 勢 が 生 まれるには 養 護 の 働 き が 欠 かせません 安 心 感 を 抱 き 自 己 肯 定 感 を 持 てない 子 どもは まね ぶ 気 持 になれないからです そうしてみると, 教 育 の 働 き は 養 護 の 働 き と 切 り 離 せない ことが 分 かると 思 います (3) 育 てる 営 みは 養 護 の 働 き と 教 育 の 働 き からなる こうして, 太 古 の 昔 から, 育 てる という 営 みは 養 護 の 働 き と 教 育 の 働 き が 切 り 分 け られないかたちであったことが 考 えられます 私 は 就 学 前 の 育 てる 営 みは, 家 庭 の 場 では 養 育 と, 保 育 の 場 では 保 育 と 呼 ぶのがもっと もふさわしいのではないかと 考 えてきました 育 てる 営 みに 含 まれる 存 在 を 慈 しみ 喜 び 包 む 面 ( ありのまま を 肯 定 する 養 護 の 働 き )と, 大 人 に 一 歩 一 歩 近 づくための 面 ( ありのまま を 乗 り 越 えて 新 しいものを 身 に 着 ける 教 育 の 働 き )の 両 面 は, 互 いに 相 容 れない 面 (ありのま まを 肯 定 しつつ,ありのままを 乗 り 越 える(あり のままを 否 定 する)という 両 義 的 な 二 面 )をもち ながら,まさに 切 り 離 されないかたちで 子 どもに 振 り 向 けられます そしてそれが 子 どもを 育 て る ことになるのです 3. 養 護 の 働 き と 教 育 の 働 き は 保 育 の 営 みの 中 で 交 叉 している 養 護 の 働 き と 教 育 の 働 き はどのような 関 係 にあるのでしょうか 両 者 は 単 に 相 互 に 影 響 を 及 ぼしあっているだけではなく,あるいは, 今 は 養 護 の 働 き 次 は 教 育 の 働 き と 二 つの 働 きが 単 に 前 後 して 子 どもに 振 り 向 けられている わけでもありません 養 護 の 働 き を 振 り 向 け るときには 既 に 教 育 の 働 きがそこから 滲 み 出 て いたり,もっぱら 教 育 の 働 き を 向 けているよ うに 見 えて, 実 は 養 護 の 働 き が 暗 黙 裡 にそれ を 下 支 えしていたり,という 意 味 で, 二 つの 働 き は 切 り 分 けられないものなのです これを 具 体 例 に 即 して 考 えてみましょう エピソード1 Dちゃんは 水 道 の 所 に 座 り 込 みコップをひっく り 返 してコップの 底 に 水 を 当 て 跳 ね 返 る 様 子 を 眺 めて 楽 しんでいた あらら,やってるなぁ と 思 った 私 は Dちゃ~ん と 呼 んでみた こちらを 向 いたDちゃんの 表 情 は 私 と 目 が 合 うと 一 瞬 で 曇 り, 叱 られる と 思 った 様 子 が 伺 えた そこで 私 はとっさに 笑 顔 になって コップぴかぴかなっ た? と 明 るく 聞 いてみると, 曇 った 表 情 が 一 変 し, え~ と 笑 顔 に 変 わる ぴかぴかなったら 帰 っ てきてね と 伝 えると,すぐに 水 道 を 止 めて 足 取 り も 軽 く 帰 ってきた これは 接 面 で 何 が 起 こっているかをもっとも よく 表 している 部 分 です 水 遊 びをしている 光 景 が 目 に 飛 び 込 んできたとき, 書 き 手 は あらら, やってるなぁ と 思 ったとあります それは, そ こで 何 しているの! と 強 い 教 育 の 働 き を 振 り 向 ける 可 能 性 ( 多 くの 保 育 の 場 では 当 然 のよう にかけられる 言 葉 )がある 点 からすれば, 今 の 事

3 態 のあるがままをまずは 受 け 止 めようとする 能 動 を 含 みながら( 養 護 の 働 き ),その 裏 に そ れはいいのかな? という 否 定 的 な 思 い( 教 育 の 働 き )が 一 部 匂 わされています そしてそれ は Dちゃ~ん という 呼 びかけに 引 き 継 がれま すが,そこには 既 に 先 生 の 中 で だめよ という 禁 止 や 制 止 の 教 育 の 働 き が 作 動 しつつあるこ とが 匂 わされています それが 接 面 から 伝 わるの で,Dちゃんの 表 情 は 一 瞬 で 曇 り, 叱 られる と 思 ったのでしょう それに 気 づいた 先 生 は, D ちゃ~ん と 呼 んだときの 表 情 や 声 のトーンに 込 められていた 禁 止 の 意 味 合 いを 消 すために,とっ さに 笑 顔 になり, 明 るいトーンで コップぴかぴ かになった? とその 事 態 を 半 ば 肯 定 するような 言 葉 をかけた( 養 護 の 働 き)のでした ここには 養 護 の 働 き と 教 育 の 働 き が 切 り 分 けられないと 述 べてきたことが 凝 縮 されて 現 れています 養 護 の 働 き にすでに 教 育 の 働 き が 忍 び 込 み, 教 育 の 働 き の 強 さを 緩 和 するために 養 護 の 働 き をそこに 引 き 込 むとい う 捻 じれた 事 態 です 同 じようなことをもう 一 つ のエピソードで 確 かめてみましょう エピソード2 通 級 指 導 教 室 に 通 っていた 子 どもたちと 担 当 の 先 生 が 教 育 展 を 見 に 行 ったこの 日,R 男 くんは 道 を 歩 きながらE 男 くんがフウの 実 を 見 つけた のに 自 分 が 見 つけられなかったことが 悔 しくて, ことあるごとにE 男 くんに 当 たっていました そ れを 先 生 が 間 に 入 ってこれまでは 何 とか 抑 えて いましたが, 先 生 の 堪 忍 袋 が 限 界 に 来 た 頃 に 生 ま れたエピソードです 昼 食 のときである フウの 実 の 件 があって,ベン チにたまたま 隣 り 合 わせたE 男 さんが 気 に 入 らな く,R 男 さんはぐいっ,ぐいっとE 男 さんを 横 に 押 す 形 でベンチから 落 とそうとしていた 私 は もう, Rくん,いい 加 減 と 怒 鳴 り 声 をあげかけ,じっ とR 男 さんの 顔 を 見 ると,とてもしょんぼりとした 顔 をして 私 を 見 上 げてきた その 目 が, 自 分 も 引 っ 込 みがつかず 自 分 をもてあましていると 訴 えてい るように 見 え, 私 は もう,Rくんたら とRく んを 抱 きしめておでこにチュッをした するとR 男 さんは 嫌 いなのにキスするな! と 言 いながら 私 にしがみついてきた それからはR 男 さんの 身 体 か らとげとげしさがなくなり, 一 緒 に 食 べたおやつの アイスクリームの 甘 さがじんわり 染 みた E 男 くんに 苛 立 ちをぶつけるR 男 くんの 思 い を 懸 命 に 受 け 止 めて 対 応 してきた 先 生 でしたが, 遂 に 堪 忍 袋 の 緒 が 切 れて, もう,Rくんは! と 怒 りの 混 じった 制 止 の 言 葉 をかけようとしま した そのとき, 先 生 にはR 男 くんのしょんぼり とした 表 情 が 目 に 入 り,それが 自 分 でもひっこ みがつかない と 訴 えているように 見 えます そ れはまさにその 接 面 の 当 事 者 にしか 分 からない, 情 動 の 動 きから 感 知 される 部 分 です(それをこれ までは 間 主 観 的 に 分 かる と 表 現 してきました) そこで 強 い 制 止 という 教 育 の 働 き を 振 り 向 け る 直 前 に, もう,Rくんたら と 抱 きし めておでこにキスをする 養 護 の 働 き に 切 り 替 わったのです これまでR 男 くんに 関 わってくる 中 で,K 先 生 にはR 男 くんに 対 して いつも,す でに 根 源 的 な 配 慮 性 を 働 かせてきており,それ が 潜 在 的 な 養 護 の 働 き として 機 能 していたか らこそ,その 瞬 間 の 切 り 替 えがなされたのでしょ う R 男 くんは,その 先 生 の 優 しい 養 護 の 働 き が 嬉 しいという 気 持 ちと, 一 瞬 怖 い 顔 をした 先 生 の 表 情 に, 先 生 に 叱 られる,でも 叱 られても 仕 方 がない と 思 っていた 気 持 ちとが 自 分 の 内 部 で 入 り 混 じります そこから, 嫌 いなのに,キス するな! という 言 葉 が 紡 がれる 一 方 で, 先 生 に しがみつくという 言 葉 と 裏 腹 な 行 為 が 生 まれた のでしょう この 言 葉 とその 行 為 には,R 男 くん のそのような 複 雑 な 思 いが 見 事 なまでに 浮 き 出 ています その 複 雑 な 思 いは,まさにこの 接 面 の 当 事 者 だからこそ,それを 把 握 することができ, またそれをエピソードに 描 いたからこそ, 私 たち 読 み 手 もその 複 雑 な 思 いが 了 解 できるのです こ のエピソードなどを 見 ると,どこまでが 養 護 の 働 き であり,どこからが 教 育 の 働 き である というように, 簡 単 には 切 り 分 けられない 事 情 が よくわかります それほどに, 接 面 で 生 じている 情 動 の 動 きは 微 妙 で,それに 導 かれて 言 葉 や 行 為 が 紡 がれ, 行 動 的 対 応 が 導 かれているのです

4 4. 育 てる 営 みは 接 面 で 把 握 されるものに 基 づいている 水 道 の 水 遊 びの 例 で, 先 生 が 口 にした Dちゃ ~ん! コップ,ピカピカになった? コップ, ピカピカになったら 帰 ってきてね という 言 葉 は, まさに 養 護 の 働 き と 教 育 の 働 き の 捻 じれ た 関 係 の 中 から 紡 がれたとしか 言 いようがあり ません また 嫌 いなのにキスするな の 例 で, 先 生 の もう,Rくん,いい 加 減 もう, Rくんたら の 発 言 も 同 様 です そのよう な 両 義 的 な 働 きは, 子 どもと 保 育 者 で 創 る 接 面 で 保 育 者 が 子 どもの 思 いを 敏 感 にキャッチして いるからこそ 生 まれるものです 前 者 の 例 では しまった というDちゃんの 思 い, 後 者 の 例 で は ひっこみがつかない というRくんの 思 いが 接 面 から 先 生 に 感 じ 取 られたから, 次 の 対 応 が 紡 がれたのです そこから 考 えると, 保 育 者 が 子 どもとのあいだ に 接 面 をつくること,その 接 面 から 子 どもの 心 の 動 きを 敏 感 にキャッチすることが, 丁 寧 な 対 応 を 導 く 鍵 であることが 分 かると 思 います そこで, 以 下 に 接 面 に 言 及 してみます (1) 接 面 接 面 とはこういうものだと 最 初 から 定 義 す ることは 難 しいので,まずは 接 面 が 問 題 になる 場 面 を 大 まかにスケッチしてみたいと 思 います エピソード3 いま,3 歳 児 の 午 睡 の 部 屋 で,なかなか 寝 付 けな いBちゃんを 担 任 の 先 生 が 背 中 をとんとんして 寝 かせています Bちゃんが 眠 れば 全 員 入 眠 という 状 況 で, 少 し 離 れたところで 寝 ていると 思 っていたA くんがむっくり 上 半 身 を 起 こし, 保 育 者 にまなざし を 送 ってきます そのAくんと 目 が 合 った 担 任 の 保 育 者 は,そこにAくんの 先 生,きて,ぼくもとん とんして という 思 いが 掴 めたので, わかったよ, Bちゃんが 寝 たら 行 ってあげるからね,もうちょっ と 待 っててね という 思 いで 無 言 のまま 頷 いてみせ ると,それがAくんにも 分 かったようです この 場 面 で,Aくんも 担 任 の 保 育 者 も 一 言 も 言 葉 を 発 していません しかし, 担 任 はAくんの 思 いが 掴 めたので 頷 き,Aくんも 担 任 の 思 いが 掴 め たので 上 半 身 を 起 こしたままで 先 生 が 来 るのを 待 つことができました 今 の 例 からも 分 かるように, 気 持 ちを 向 け 合 う 人 と 人 のあいだには 独 特 の 空 間, 雰 囲 気 が 生 まれ ます 例 えば, 母 親 が 子 どもを 可 愛 いと 思 って 関 わるときにそこに 生 まれる 独 特 の 雰 囲 気,あるい は 保 育 者 が 子 どもの 気 持 ちに 寄 り 添 ったときに そこに 生 まれる 二 人 の 間 の 独 特 の 空 間,さらには 臨 床 家 と 患 者 のあいだに 生 まれる 独 特 の 雰 囲 気 などがそれです それこそが 人 が 人 を 分 かるとい う 出 来 事 が 生 まれてくる 基 盤 をなしています そのような 人 と 人 のあいだに 成 り 立 つ 独 特 の 空 間 や 雰 囲 気 をさしあたり 接 面 と 呼 んでみま しょう そうするとそれは 単 なる 二 者 間 の 物 理 的 な 空 間 という 意 味 での あいだ とは 異 なるもの だということが 分 かるはずです そうした 独 特 の 空 間 や 雰 囲 気 が 生 まれるのは(つまりそこに 接 面 が 生 まれるのは), 少 なくとも 一 方 が 他 方 に 志 向 を 向 けてそこに 関 係 を 作 り 出 そうとしてい るからでしょう 上 に 独 特 の 空 間 や 雰 囲 気 と 述 べたことは, 必 ず しも 常 にポジティブな 内 容 を 指 しているとは 限 りません 例 えば,ある 子 どもの 意 図 を 掴 もうと その 子 に 寄 り 添 おうとしても,その 子 から 跳 ね 返 されるような 力 を 感 じ 取 らされたり, 逆 にこちら が 積 極 的 に 働 きかけると 壊 れてしまいそうな 危 うさを 感 じて,これ 以 上 関 わることがためらわれ たりというように,こちらの 意 図 と 相 手 の 思 いが うまく 絡 み 合 わない 場 合 にも,そこには 独 特 の 空 間 や 雰 囲 気 が 生 まれます( 自 閉 症 スペクトラムの 子 どもに 関 わるときにその 接 面 からそのような 雰 囲 気 が 感 じられることがあります) このよう に, 肯 定 的 な 内 容 であるか 否 定 的 な 内 容 であるか の 如 何 を 問 わず, 人 と 人 がつくる 空 間 や 場 に 独 特 の 雰 囲 気 が 生 まれ,そこで 人 は 何 かをそこから 感 じ 取 っています それが 人 の 生 にとって 極 めて 重 要 な 意 味 をもち,そこでの 経 験 が 日 々の 生 活 に 彩 を 添 えているはずです こうした 独 特 の 空 間 や 雰 囲 気 を 差 し 当 たりは 接 面 という 言 葉 で 包 含 で

5 きないかと 思 うのです (2) 接 面 では 何 が 生 じているか 接 面 では 様 々なことが 起 こっています 例 えば, 母 親 の 温 かく 優 しい 情 の 動 きが 幼 児 を 包 み 込 み, その 子 の 中 に 嬉 しい 気 持 ちが 湧 きたちます 観 察 している 私 には 母 の 優 しい 情 の 動 きも, 子 どもの 嬉 しい 気 持 ちも,そのようなものとして 伝 わって きます 母 と 子 の 接 面 ではこのような 肯 定 的 な 情 動 が 行 き 交 う 場 面 もあれば, 激 しい 怒 りから 語 気 鋭 い 言 葉 が 発 せられ,それによって 子 どもが 縮 み 上 がる 場 合 のように, 両 者 のあいだに 負 の 情 動 が 行 き 交 う 場 合 もあるでしょう このように, 接 面 ではまさに 人 の 喜 怒 哀 楽 に 関 わる 情 動 が 行 き 交 っています そして 一 方 の 情 動 の 動 きは 他 方 へと 容 易 に 浸 透 し,しかもそれが 双 方 において 交 叉 す ることによって,さらなる 情 動 の 動 きに 転 化 して いくこともあるはずです そうした 情 動 の 動 きは, 嬉 しい, 楽 しい, 悲 し い, 腹 立 たしいといった 喜 怒 哀 楽 に 関 わる 情 動 の 動 きばかりでなく, 広 義 の 情 動, 私 が 力 動 感 とよ ぶ,ワクワク 感,ドキドキ 感,イライラ 感,ムズ ムズ 感,ガックリ 感,しっとり 感, 昂 揚 感, 安 心 感, 期 待 感 など, 実 に 多 様 な 情 動 の 動 きもそこに 含 めて 考 えてよいと 思 います そうした 狭 義, 広 義 の 情 動 の 動 きが, 一 方 が 他 方 の 気 持 ちを 分 か る ということの 基 盤 をなしていることは,これ までの 著 書 でも 繰 り 返 し 論 じてきたところです 間 身 体 的 に 響 き 合 う と 語 ってきたことも, 同 じ 内 容 を 言 い 当 てようとしたものでした こうした 接 面 を 通 して 感 じ 取 られてくるもの を 基 盤 に, 母 親 や 保 育 者 は 子 どもの こうしたい こうしたくない こうしてほしい という 思 いを 掴 み,それをまずは 受 け 止 めて,それに 応 じ たり, 受 け 止 めても 応 じなかったりして,その 後 の 対 応 を 紡 ぎ 出 していきます つまり, 接 面 では 子 どもの 言 動 だけでなく,その 言 動 の 基 になった 情 動 の 動 きがその 接 面 を 通 して 当 事 者 に 把 握 さ れてきます こうしたことは, 子 どもと 保 育 者 と のあいだでも, 子 どもと 教 師 の 間 でも, 患 者 と 看 護 師 の 間 でも,さらには 恋 人 同 士 の 間 でも, 夫 婦 の 間 でも, 友 人 同 士 の 間 でも, 要 するにありとあ らゆる 人 と 人 のあいだで 起 こっているはずです そうしてみると, 従 来, 相 手 の 気 持 ちが 掴 め た 相 手 の 気 持 ちが 身 に 染 みて 分 かった こち らの 気 持 ちが 相 手 に 伝 わった というふうに 語 ら れてきことは, 接 面 を 通 して 力 動 感 が 相 互 に 相 手 に 浸 透 するという 事 情 を 言 葉 にしたものだとい うことが 分 かります ですからそれらはみな 対 人 関 係 の 展 開 を 左 右 する 大 きな 意 味,というよりも むしろ 対 人 関 係 を 動 かして 行 く 原 動 力 といって もよいものです 5. 心 を 育 てる 上 には 養 護 の 働 き ばかりで なく 教 育 の 働 き も 重 要 である これまで 私 は,いまの 保 育 や 学 校 教 育 に 見 られ る 力 を, 力 を という 流 れは, 教 育 の 働 き を 偏 重 し 養 護 の 働 き をないがしろにするとこ ろから 導 かれたものだという 考 え 方 が 強 かった ためか, 教 育 の 働 き をネガティブなトーンで 語 ることが 多 く, 正 しい 意 味 での 教 育 の 働 き の 重 要 性 をややもすれば 指 摘 し 損 ねてきた 感 が ありました 本 当 は 本 来 の 教 育 の 働 き が, 教 え 込 む という 本 来 のそれとは 異 質 なものになっ ているという 議 論 をし,その 上 で,その 歪 められ た 教 え 込 む 教 育 を 批 判 しなければならなかっ たのに, 教 育 の 働 き そのものに 問 題 があるか のような 議 論 になってしまっていた 部 分 があり ました (1) 育 てる 営 みの 両 義 性 子 どもの 思 いと 育 てる 大 人 の 思 いがぶつかる ようになる 幼 児 期 前 期 以 降 (18カ 月 以 降 ), 大 人 の 対 応 は 微 妙 に 捻 じれてきます そこに 子 ども の 思 いを 受 け 止 め 認 め つつ, 大 人 の 願 うと ころに 向 かって 教 え 導 く 必 要 が 生 まれます 大 人 の 一 方 的 な 教 え 導 く は, 子 どもを 主 体 として 育 てることに 成 功 しません それはいまの 学 校 教 育 の 教 え 込 んで 育 てる 強 権 的 な 姿 勢 が, 結 局 は 子 ども 本 来 の 主 体 としての 心 ( 私 の 言 い 方 で 言 えば, 私 は 私 と 言 える 心 と, 私 は 私 たち と 言 える 心 の 二 面 )を 育 てることに 失 敗 し, 学 力 は 身 に 付 けさせたかもしれないけれども, 一 人 前 の 大 人 に 育 てそこなっている 現 状 を 見 れば 明 ら

6 かでしょう ですから, 子 どもを 育 てるというこ とが,まさにこの 微 妙 なねじれを 伴 った 両 義 的 な 対 応 によって 営 まれるものだということに 早 く 立 ち 返 り, 本 来 の 教 育 の 働 き を 歪 められた 教 え 込 む 教 育 と 混 同 しないところに 行 き 着 かなけ ればなりません たとえば, それはいけない と 禁 止 や 制 止 を 加 えるときや, 叱 るときなどがこの 一 文 の 伝 え ること の 中 身 です それが 教 育 の 働 き であ ることはすでに 示 してきたとおりです しかし, それが 一 方 通 行 のかたちで, 大 人 から 子 どもへと 上 から 目 線 で 強 引 に 子 どもに 突 きつけられると, 子 どもは 自 分 の 行 為 を 禁 止 された, 制 止 された, あるいは 叱 られたと 取 るよりも, 自 分 の 存 在 その ものが 否 定 されたと 受 け 取 ります ですから 行 為 の 上 では 大 人 に 従 い, 大 人 の 意 向 はそれで 果 たさ れたかに 見 えても, 子 どもの 心 の 中 では, 自 分 の 思 いが 分 かってもらえなかったという 納 得 でき ない 不 満 が 渦 巻 き, 力 に 従 わせられた 屈 辱 が 怒 り となり,しかもそれを 抑 えなければならないとい う 腹 立 ちが 湧 き 起 ります これは 子 どもが 主 体 で あることを 否 定 された 状 況 であり,これは 本 来 の 育 てる 営 みではありません 子 どもに 禁 止 や 制 止 が 示 されるとき,それは 自 分 の 行 為 に 向 けら れたものであって, 自 分 の 存 在 が 否 定 されたので はないという 確 信 が 子 どもに 得 られるかたちで, その 禁 止 や 制 止 が 示 されることが 大 切 です ここで, 教 育 の 働 き の 中 でも, 特 に 叱 る や 禁 止 や 制 止 を 大 人 が 実 際 にどのように 示 す かが,ポイントになってくることが 分 かります (2) 叱 る ことの 難 しさ 以 下 に 示 すのは, こんな 保 育 園, 出 ていった る! というエピソードの 一 部 を 抜 粋 したもので す このエピソードには 叱 るという 教 育 の 働 き の 難 しさが 端 的 に 表 れています エピソード4 朝 のお 集 まりのとき,Sくん(5 歳 児 )は, 自 分 の 隣 に 座 った4 歳 児 のKくんがアニメのキャラク ターのついたワッペンを 手 に 持 っているのに 気 づ き, 見 せろ と 声 をかけると 強 引 にそれを 取 り 上 げようとした Kくんが 体 をよじって 取 られまいと すると,SくんはKくんの 頭 をパシーンと 叩 き, 立 ち 上 がってKくんのお 腹 を 蹴 り 上 げた 大 声 で 泣 き 出 すKくん あまりの 仕 打 ちに, 私 はSくんの 思 い を 受 け 止 めるよりも 先 に, どうしてそうするの! そんな 暴 力, 許 さへん! と 強 く 怒 鳴 ってしまった くるっと 振 り 返 って 私 を 見 たSくんの 目 が 怒 りに 燃 えている しまったと 思 ったときはすでに 遅 く, Sくんは こんな 保 育 園, 出 ていったる! と 肩 を 怒 らせて 泣 きべそをかき, 部 屋 を 出 て 行 こうとした 私 はSくんを 必 死 で 抱 きとめて, 出 て 行 ったらあ かん Sくんはこのクラスの 大 事 な 子 どもや! と 伝 えた 泣 き 叫 び, 私 の 腕 の 中 で 暴 れながらも, 抱 きしめているうちに 少 し 落 ち 着 き, 恨 めしそうな 顔 を 私 に 向 けて, 先 生 のおらんときに,おれ, 死 ん だるしな と 言 った 私 とSくんのやりとりを 他 の 子 どもたちが 不 安 そうに 見 ていたので, みんな, 朝 の 会 やのにごめ んな,いま 先 生,みんなに 大 事 な 話 をしたいんや と 子 どもたちに 声 をかけた そしてSくんを 抱 き 止 めたまま, 子 どもたちに みんなSくんのことどう 思 った? と 訊 いてみた 子 どもたちは, Sくん がKちゃんを 叩 いたんは,やっぱりあかんと 思 う そやけど,Sくんはやさしいところもいっぱいあ る Sくんは 大 事 なぞう 組 の 友 達 や 朝 も 一 緒 に 遊 んでて,めちゃ 面 白 かったし,またSくんと 遊 びたい 出 て 行 ったらあかん,ここにいて と 口 々 に 言 う 私 が 心 配 しているのとは 裏 腹 に, 子 どもた ちはSくんを 大 事 に 思 う 気 持 ちを 次 々に 伝 えてく れた 私 は 涙 が 出 るほど 嬉 しかったが,ふと 気 がつ くと,Sくんが 私 の 体 にしがみつくようにしている そこで, 子 どもたちにお 礼 を 言 って, Sくんが 先 生 に 話 があるみたいやし, 今 日 は 朝 の 会 は 終 わりに して,みんな 先 にお 外 で 遊 んでてくれる? と 声 を かけた 子 どもたちが 園 庭 に 出 て 室 内 で 二 人 きりになる と,Sくんは あのな,うちでしばかれてばっかり やねん うち 出 て 行 って, 反 省 して 来 いって,いつ もいうねん 出 て 行 って 泣 いたら 怒 られるし, 静 か に 反 省 したら, 家 に 入 れてくれるんや と 話 し 出 し た 私 は そうやったんか,Sくん,しんどい 思 い してたんやな と 言 ってSくんを 抱 きしめた 先

7 生 はSくんのこと 大 好 きや, 先 生, 何 が 嫌 いかしっ てるか? と 言 うと, 人 を 叩 いたり, 蹴 ったり, 悪 いことすることやろ? とSくん そして 遊 び に 行 く と 立 ち 上 がると, Kちゃんにごめんいう てくるわ と 言 って 走 って 園 庭 に 向 かった 書 き 手 の 書 いた< 背 景 >も< 考 察 >も 割 愛 し ているので,エピソード 記 述 全 体 がどうなってい るのかと 疑 問 に 思 われるかもしれませんが,いま ここでこのエピソードを 取 り 上 げるのは, 叱 る という 教 育 の 働 き がいかに 養 護 の 働 き と 結 びつけられる 必 要 があるのかを 考 えたいから です あまりにひどい 暴 力 に,まずは 子 どもの 思 いを 受 け 止 めて( 養 護 の 働 き ),それから 保 育 者 の 願 いを 返 す( 教 育 の 働 き )という 保 育 の 基 本 の 手 順 を 守 ることができず, 強 い 調 子 で 叱 りつけ てしまいました あまりに 酷 い 暴 力 だったので, 保 育 者 にとって,やはりこれはやむを 得 ない 対 応 だったかもしれません ところで 書 き 手 のT 先 生 は, 家 庭 的 な 難 しい 問 題 を 抱 えたSくんに 対 して,これまでできるだけ 強 く 叱 りつけないで,Sくんの 思 いを 受 け 止 めて 対 応 してきていました ですから,Sくんにとっ てT 先 生 は 母 親 以 上 に 大 事 な 大 人 でした その 先 生 に 強 く 叱 られたとき,Sくんの 気 持 ちはどうだ ったでしょうか 単 に 叱 られたことへの 腹 立 ちば かりではなかったはずです その 怒 り 狂 う 気 持 ち と, 出 ていこうとする 行 為 の 裏 側 で,Sくんには 先 生 に 引 き 止 めてほしい, 出 ていかないでと 言 っ てほしいという 気 持 ちがあったに 違 いありませ ん 他 方 で,いつもは 優 しいT 先 生 がこんなに 怒 っている,ぼくはいけないことをした,いけない 子 になったという 思 いも 動 いていたに 違 いあり ません そこに 出 ていったらあかん,Sくんは 大 事 なクラスの 子 どもや! という 先 生 の 必 死 の 言 葉 と 強 く 抱 きかかえる 行 為 (Sくんの 存 在 を 認 める 養 護 の 働 き )が 返 ってきます それがい まのSくんにとってどれほど 嬉 しいことだった でしょうか その 気 持 ちから, 次 には 先 生 の 腕 の 中 で 大 人 しくなり, 先 生 の 体 にしがみつくという 行 為 になったのです SくんとT 先 生 の 接 面 ではおそらく 激 しい 情 動 の 動 きが 行 き 交 っていたに 違 いありません 手 順 を 前 後 して 強 い 教 育 の 働 き を 示 してしまっ たけれども,それは 一 瞬 のことで,すぐさま 先 生 の 養 護 の 働 き が 立 ち 上 がって, 抱 き 止 める 行 為 になり, Sくんは 大 事 なクラスの 子 ども と いうSくんを 肯 定 する 言 葉 が 紡 がれます このと き, 叱 った 怖 い 先 生 と, 受 け 止 めて 肯 定 してくれ る 優 しい 先 生 がSくんの 中 で 二 重 になりますが, 二 人 きりになって,いつもの 穏 やかで 優 しい 先 生 に 戻 ったことが 分 かったSくんは,ようやくほっ として, 家 の 様 子 を 話 し 出 します それは,いけ ないことをしてしまったのに,それでも 先 生 はや はり 優 しい 先 生 だったというふうにして, 先 生 へ の 信 頼 感 がそれまで 以 上 に 強 められた 結 果 でし ょう そして 最 後 に 蹴 った 相 手 のKくんに 自 分 か ら 謝 りに 行 くことができたのも,T 先 生 への 信 頼 感 が 甦 ることを 通 して,それと 連 動 して 働 くSく んの 自 己 肯 定 感 (ぼくは 大 事 にしてもらえるよい 子 という 確 信 )が 立 ち 上 がったからでしょう (3) 優 しい 保 育 者 として 生 き 残 ること 先 のエピソードには,ウィニコットが 叱 る 場 面 で 母 親 は 怒 り 狂 ってはならず, 優 しい 母 親 とし て 生 き 残 らなければならない と 言 っていたこと が, 文 字 通 りのかたちで 立 ち 現 われています T 先 生 は 強 く 叱 ったけれども 優 しい 保 育 者 として 生 き 残 った から,Sくんの 揺 らぎかけた 信 頼 感 と 自 己 肯 定 感 が 一 段 と 強 化 されて 立 ち 上 がるこ とができたのです いま,すぐにキレる 子,あるいは,このエピソ ードのSくんのように,まだ 幼 い 子 どもがここま で 暴 力 を 振 るうのかと 唖 然 とさせられるような 子 が,いろいろな 場 面 で 取 り 上 げられます その ような 子 どもが 増 えていることは 確 かです こう した 現 実 を 前 にしたとき, 子 どもがいけないこ とをしたときに 強 く 叱 るのは 当 然, 白 黒 をはっき りさせて 強 く 規 範 を 示 さなければ 子 どもは 善 悪 が 分 からない 子 に 育 つ,とよく 言 われます し かし,ただ 大 人 が 強 い 力 を 示 す 形 で 一 方 通 行 の 力 の 規 範 を 示 せば, 子 どもの 心 に 残 るのは 大 人 の 力 で 抑 え 込 まれた 不 満 と 叱 る 大 人 への 恨 みの 感 情

8 だけで,そこから 規 範 意 識 は 決 して 育 ちません (4) 教 育 の 働 き が 実 効 をもつのは, 養 護 の 働 き と 結 びつくときである 叱 る 際 の 叱 り 方, 規 範 を 教 える 際 の 教 え 方 など, 教 育 の 働 き というとすぐさま 教 え 方 や 指 導 の 仕 方 など, 目 に 見 える 次 元 でものを 考 えようとする 傾 向 が 強 くありますが,これまで の 議 論 からも 分 かるように, 教 え 方 というよりも, その 教 育 の 働 き を 子 どもに 示 す 際 の 大 人 の 養 護 の 働 き の 示 し 方,つまり, 大 人 の 心 の 動 か し 方 が 問 題 なのだということが 分 かると 思 いま す たしかに, 自 分 の 子 どもが 人 の 嫌 がることをし ていても, 平 気 で 見 逃 して 素 知 らぬ 顔 をする 保 護 者 がいます そしてそれをまわりの 保 護 者 が 指 摘 すると,それに 腹 を 立 てて 注 意 をした 他 の 保 護 者 を 非 難 する 保 護 者 も 目 立 つようになりました こ うした 心 無 い 保 護 者 の 動 きは, 私 は 私 たち と いう 主 体 のもつべき 一 方 の 心 (もう 一 方 は 私 は 私 の 心 )が 育 たないままに 大 人 になり, 社 会 通 念 や 規 範 意 識 が 共 有 されなくなってきたことも 大 きな 要 因 の 一 つでしょう しかしその 逆 に, 真 正 面 から 強 く 規 範 を 示 して, 有 無 を 言 わさず 大 人 の 考 えに 従 わせ, 監 視 する 目 で 子 どもを 見 るとい う, 養 護 の 働 き を 忘 れたままの 強 権 的 な 教 育 の 働 き,つまり 本 来 の 育 てる 営 みに 含 ま れる 教 育 の 働 き から 逸 脱 したそれを 教 育 の 働 き と 信 じて 子 どもに 振 り 向 ける 保 護 者 や 教 師 が 大 勢 いるという 問 題 がもう 一 つです 前 者 は 教 育 の 働 き が 乏 しいだけでなく, 養 護 の 働 き も 十 分 でないことが 多 く, 要 するに 育 てる 営 みそのものが 希 薄 になっている 場 合 だと 言 わなければなりません これに 対 して 後 者 は, 一 見, 育 てる 営 みは 真 剣 になされているよう に 見 えますが,しかしそこには 強 権 的 な 教 え 込 み を 本 来 の 教 育 の 働 き と 錯 覚 するという 大 きな 考 え 違 いがあるので, 正 しい 意 味 での 育 てる 営 みとして 機 能 していません 両 者 とも, 養 護 の 働 き と 教 育 の 働 き が 両 義 的 に 結 びつくかたちで 育 てる 営 みがある ということから 大 きく 逸 脱 していることは 明 ら かでしょう そうしたことを 念 頭 において,これ までの 保 育 や 家 庭 での 養 育 を 振 り 返 ることがで きればと 考 えています 共 同 機 構 研 修 会 第 1 回 平 成 27 年 4 月 24 日 於 : 京 都 市 子 育 て 支 援 総 合 センターこどもみらい 館

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き 第 6 章 1. 各 種 診 断 はどのように 行 うか 児 童 相 談 所 における 子 ども 虐 待 対 応 は 専 門 的 な 科 学 的 知 見 に 基 づき 問 題 の 本 質 背 景 を 分 析 す ることにより 合 理 的 客 観 的 見 地 から 個 々の 事 例 につ の 過 程 が 診 断 であり 診 断 には 児 童 福 祉 司 による 社 会 診 断 児 童 心 理 司 による

More information

7 情緒障害

7 情緒障害 Ⅶ 情 緒 障 害 情 緒 障 害 と は, 状 況 に 合 わ な い 感 情 気 分 が 持 続 し, 不 適 切 な 行 動 が 引 き 起 こ さ れ, そ れ ら を 自 分 の 意 思 で は コ ン ト ロ ー ル で き な い こ と が 継 続 し, 学 校 生 活 や 社 会 生 活 に 適 応 で き な くな る 状 態 を い う 1 情 緒 障 害 の ある 子 供 の

More information

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の 大 津 家 庭 裁 判 所 委 員 会 議 事 録 1 日 時 平 成 20 年 10 月 17 日 ( 金 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 30 分 まで 2 場 所 大 津 家 庭 裁 判 所 本 館 大 会 議 室 3 出 席 者 ( 委 員 ) 五 十 音 順 敬 称 略 飯 田 喜 信, 小 川 素 子, 國 松 完 二, 甲 津 貴 央, 酒 井 康 夫, 十 倉 良

More information

君 聞 着 捨 周 見 黒 埋 尽 所 華 彩 心 陣 取 げ 楽 見 浮 酷 浮 酷 光 景 君 顔 走 回 私 振 回 彼 ク ム ド メ カ 彼 教 室 寂

君 聞 着 捨 周 見 黒 埋 尽 所 華 彩 心 陣 取 げ 楽 見 浮 酷 浮 酷 光 景 君 顔 走 回 私 振 回 彼 ク ム ド メ カ 彼 教 室 寂 君 聞 着 捨 周 見 黒 埋 尽 所 華 彩 心 陣 取 げ 楽 見 浮 酷 浮 酷 光 景 君 顔 走 回 私 振 回 彼 ク ム ド メ カ 彼 教 室 寂 む 雰 囲 製 作 者 英 語 授 業 習 訳 堅 苦 役 割 メ カ ム ド ク ッ シ ャ 面 白 自 発 想 ぼ 今 度 空 読 今 入 付 会 主 導 権 握 題 換 タ ミ ン グ 全 次 第 天 然 周 来 楽 百 倍 百 倍

More information

20 年 7 月 に これから 10 年 の 基 本 計 画 を 策 定 したばかりです その 総 合 計 画 の 体 系 が 前 提 になると 思 うが そこのつくりによって 我 々の 評 価 のやり 方 も 書 き 方 も 変 ってくる 評 価 と 計 画 を 上 手 い 具 合 につなげる 必

20 年 7 月 に これから 10 年 の 基 本 計 画 を 策 定 したばかりです その 総 合 計 画 の 体 系 が 前 提 になると 思 うが そこのつくりによって 我 々の 評 価 のやり 方 も 書 き 方 も 変 ってくる 評 価 と 計 画 を 上 手 い 具 合 につなげる 必 平 成 20 年 度 第 1 回 行 革 推 進 委 員 会 会 議 録 日 時 / 平 成 20 年 9 月 16 日 ( 火 ) 午 後 3 時 ~4 時 40 分 場 所 / 文 化 会 館 3 階 中 会 議 室 出 席 者 / 北 大 路 会 長 和 田 副 会 長 淡 路 委 員 加 藤 委 員 宮 﨑 委 員 下 川 委 員 仲 澤 委 員 根 津 委 員 の 全 8 名 が 出 席

More information

Microsoft Word - 文書1.doc

Microsoft Word - 文書1.doc 有 給 休 暇 労 働 基 準 法 第 39 条 子 どもの 学 校 の 都 合 で 休 むことがあるのですが その 時 はお 給 料 が 出 ません パートには 有 給 休 暇 はな い と 会 社 からは 言 われています パートタイム 労 働 者 にも 有 給 休 暇 はあります (ただし とれない 場 合 もあります ) パートタイム 労 働 者 にも フルタイム 労 働 者 と 同 じように

More information

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc)

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc) 一 時 特 定 保 育 の 役 割 とその 課 題 児 童 学 研 究 科 児 童 学 専 攻 06-0632 0632 石 川 三 千 代 1. 研 究 の 動 機 と 目 的 少 子 化 は 1990( 平 成 2) 年 の 1.57 ショックから 大 きな 社 会 問 題 として 取 り 上 げられる ようになった 国 はエンゼルプラン 1994( 平 成 6) 年 新 エンゼルプラン 1999(

More information

第 3 章 催 眠 術 初 体 験 私 は どうしても 自 分 自 身 で 催 眠 術 を 体 験 してみたいと 思 いました そして HP で 検 索 して ある 催 眠 心 療 所 に 行 くことにしました ドキドキしながら 扉 を 開 けると いかにも 催 眠 術 をやっているような 姿 をし

第 3 章 催 眠 術 初 体 験 私 は どうしても 自 分 自 身 で 催 眠 術 を 体 験 してみたいと 思 いました そして HP で 検 索 して ある 催 眠 心 療 所 に 行 くことにしました ドキドキしながら 扉 を 開 けると いかにも 催 眠 術 をやっているような 姿 をし 催 眠 術 師 物 語 ~ 催 眠 術 師 への 道 ~ この 物 語 は 私 自 身 が 催 眠 術 に 出 会 って 催 眠 術 師 の 道 に 進 むまでの 出 来 事 を 書 いたも のです 第 1 章 催 眠 術 との 出 会 い 催 眠 術 この 言 葉 が 私 の 頭 の 中 に 突 然 浮 かんできました まるで 頭 に 電 気 が 走 ったような 感 じで いつもと 違 う 感 覚

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203283968C8E96DA8EBF96E282D682CC89F1939A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203283968C8E96DA8EBF96E282D682CC89F1939A2E646F63> 2 ヶ 月 目 のまとめ: 質 問 への 回 答 より 抜 粋 ================================================== その3:もっと 知 りたいことや 疑 問 点 質 問 など 前 半 部 分 で 変 化 への 恐 怖 という 感 情 が 挑 戦 しなくていい 方 法 を 色 々と 探 し 出 す ということを 言 われていましたが 1か 月 目 のテ

More information

2.2 書 物 との 出 会 い 書 物 との 出 会 いは ひとそれぞれです 絵 本 マンガ 本 文 学 書 教 科 書 さまざまな 形 で 目 に 触 れ ときに 心 に 触 れていきます こう 考 えると 書 物 に 触 れない 触 れたことがない 人 はい ないのではないでしょうか 好 むと

2.2 書 物 との 出 会 い 書 物 との 出 会 いは ひとそれぞれです 絵 本 マンガ 本 文 学 書 教 科 書 さまざまな 形 で 目 に 触 れ ときに 心 に 触 れていきます こう 考 えると 書 物 に 触 れない 触 れたことがない 人 はい ないのではないでしょうか 好 むと 第 2 章 本 ( 書 物 )が 果 たす 役 割 と 公 共 図 書 館 の 必 要 性 2.1 書 物 ( 書 き 物 )は 人 生 の 役 に 立 つのか 人 生 において 書 物 ( 書 き 物 )との 出 会 いは 何 の 役 に 立 つか まず この 大 命 題 について 考 えを 巡 らせることから 検 討 委 員 会 報 告 は 始 めます 世 の 中 には 様 々な 書 物 が 存

More information

1 叱 れない 角 界 親 方 の 特 集 記 事 が 物 語 るもの 1 日 本 経 済 新 聞 の 特 集 記 事 2007 年 12 月 5 日 から 日 本 経 済 新 聞 がスポーツ 面 で 国 技 揺 れる と 題 する 特 集 記 事 を 始 めました 国 技 とは もちろん 大 相

1 叱 れない 角 界 親 方 の 特 集 記 事 が 物 語 るもの 1 日 本 経 済 新 聞 の 特 集 記 事 2007 年 12 月 5 日 から 日 本 経 済 新 聞 がスポーツ 面 で 国 技 揺 れる と 題 する 特 集 記 事 を 始 めました 国 技 とは もちろん 大 相 忘 れられたか 叱 られる 効 用 事 業 成 長 に 欠 かせない 人 材 の 自 己 革 新 従 業 員 の 成 長 なしに 事 業 の 成 長 はあり 得 ない! 本 レポートの 内 容 1 叱 れない 角 界 親 方 の 特 集 記 事 が 物 語 るもの 1ヘ ーシ 2 今 だからこそ 思 い 出 したい 叱 られる 効 用 2ヘ ーシ 3 結 局 やはり 叱 れなかった A 社 の 社

More information

いじめはいつから 存 在 するようになったのでしょうか? 昔 から 確 かにそうかもしれません ガキ 大 将 が 弱 い 者 に 対 して 暴 行 を 加 える クラス 全 員 でひとりにおかしなあだ 名 をつけ からかう このようなことは 確 かに 昔 から 存 在 しました では いじめ 自 殺

いじめはいつから 存 在 するようになったのでしょうか? 昔 から 確 かにそうかもしれません ガキ 大 将 が 弱 い 者 に 対 して 暴 行 を 加 える クラス 全 員 でひとりにおかしなあだ 名 をつけ からかう このようなことは 確 かに 昔 から 存 在 しました では いじめ 自 殺 若 者 のゆくえ 岩 手 県 の 中 学 生 が 自 殺 教 師 との 交 換 ノートには 自 殺 の 暗 示 今 週 火 曜 日 のニュースです 教 師 はいじめに 気 付 けたはずだ!なぜ 自 殺 の SOS に 気 付 かなかったんだ 世 間 の 声 です 世 間 を 騒 がすいじめ 自 殺 問 題 このようなニュースはもはや 珍 しいものではありません あなたは いじめ に 関 わったことがありますか?

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

(Microsoft Word - \212\256\220\254\224\305)

(Microsoft Word - \212\256\220\254\224\305) 演 習 Ⅰ 安 立 先 生 母 子 関 係 が 女 子 大 生 の 友 人 関 係 に 及 ぼす 影 響 C 班 問 題 私 たちには 生 まれた 瞬 間 から 母 親 の 存 在 がある 母 親 は 遺 伝 的 発 達 的 に 最 も 近 く 互 いに 依 存 し 合 う 関 係 であり 共 生 関 係 が 続 きやすい 乳 児 は 生 後 まもなく 第 一 次 養 育 者 に 対 し 特 別 な

More information

精神症状を持つ認知症高齢者のための初期対応プログラム(案)

精神症状を持つ認知症高齢者のための初期対応プログラム(案) 1. 暴 言 暴 力 暴 言 暴 力 は 老 人 福 祉 施 設 などで 働 くケアワーカーにとって 最 も 対 忚 に 苦 慮 する 問 題 の 一 つです 老 人 福 祉 施 設 に 入 所 する 認 知 症 高 齢 者 のう ち 約 1 割 が 暴 力 を 振 るったり 暴 言 を 吐 いたりするという 報 告 もあり 暴 言 暴 力 の 頻 度 は 小 さくありません ケアワーカーと 他 の

More information

Microsoft Word - 2 目次&背表紙.doc

Microsoft Word - 2 目次&背表紙.doc この 章 では もしも こういう 状 況 になったら 練 馬 区 にどのよう な 影 響 を 及 ぼすのでしょうか? ということを3つのテーマでご 紹 介 します 1 もしも 練 馬 区 が 普 通 地 方 公 共 団 体 だったら? 現 在 私 たち 練 馬 区 をはじめとする 23 区 は 特 別 地 方 公 共 団 体 と 呼 ばれ 市 に 準 ずる 基 礎 的 な 地 方 公 共 団 体 として

More information

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 (1) 中 国 と 韓 国 との 関 係 ~ 要 旨 ~ 今 年 は 戦 後 70 年 にあたる 安 部 首 相 が 発 表 しようとしている 談 話 に 対 し 中 国 や 韓 国 からさまざまな 意 見 や 注 文 が 出 ている 確 かにどこの 国 にも 歴 史 を 解 釈 する 権 利 はあるが 公 権 力 の 厳 しい 統 制 によって 自 由 な 発

More information

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc 幼 児 教 育 のあり 方 と 適 正 配 置 についての 基 本 方 針 平 成 21 年 9 月 橿 原 市 橿 原 市 教 育 委 員 会 はじめに 2 1. 公 立 幼 稚 園 保 育 所 の 現 状 課 題 3 2. 幼 児 教 育 のあり 方 についての 基 本 的 な 考 え 方 3 (1) 幼 稚 園 保 育 所 の 役 割 1 幼 稚 園 の 役 割 2 保 育 所 の 役 割 (2)

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 ( 委 員 会 の 目 的 ) 第 1 条 虐 待 防 止 委 員 会 は 利 用 者 の 安 全 と 人 権 保 護 の 観 点 から 適 正 な 支 援 が 実 施 され 利 用 者 の 自 立 と 社 会 参 加 のための 支 援 を 妨 げることの

虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 ( 委 員 会 の 目 的 ) 第 1 条 虐 待 防 止 委 員 会 は 利 用 者 の 安 全 と 人 権 保 護 の 観 点 から 適 正 な 支 援 が 実 施 され 利 用 者 の 自 立 と 社 会 参 加 のための 支 援 を 妨 げることの 虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 社 会 福 祉 法 人 共 生 会 虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 ( 委 員 会 の 目 的 ) 第 1 条 虐 待 防 止 委 員 会 は 利 用 者 の 安 全 と 人 権 保 護 の 観 点 から 適 正 な 支 援 が 実 施 され 利 用 者 の 自 立 と 社 会 参 加 のための 支 援 を 妨 げることのないよう 必 要 に

More information

○大津の事案に学ぶこと

○大津の事案に学ぶこと 協 議 事 項 1 平 成 24 年 7 月 24 日 教 育 総 務 課 小 中 学 校 課 特 別 支 援 教 育 課 高 等 学 校 課 いじめ 問 題 への 対 応 について 資 料 1 大 津 市 の 事 案 から 学 ぶべきもの 資 料 2 福 岡 県 いじめ 問 題 総 合 対 策 ( 抜 粋 ) 資 料 3 定 例 記 者 会 見 における 大 津 市 のいじめ 自 殺 問 題 に

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 20 日 ( 金 ) 午 後 3 時 15 分 ~ 午 後 4 時 50 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 教 育 長 青 木 洋 委 員 ( 教 育 長 職 務 代 理 者 ) 藤 田 義 嗣 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 土 井 真 一 1 開 会 教

More information

<5461726F2D979D9573907382C881758CF696B188F5836F836283568393834F>

<5461726F2D979D9573907382C881758CF696B188F5836F836283568393834F> 理 不 尽 な 公 務 員 バッシング に 対 して 反 論 します 2012 年 1 月 全 労 働 省 労 働 組 合 多 くのメディアが 連 日 のように 公 務 員 バッシング を 続 けています 日 本 社 会 が 抱 える 諸 問 題 は すべて 公 務 員 のせいと 言 わんばかりの 論 調 も 少 なくあ りません もとより 多 様 なメディアが 公 務 や 公 務 員 を 厳 しく

More information

Microsoft Word - 第4回会議録(公開用)

Microsoft Word - 第4回会議録(公開用) 平 成 26 年 度 第 4 回 鳴 門 市 児 童 福 祉 審 議 会 会 議 概 要 日 時 平 成 26 年 10 月 30 日 ( 木 ) 午 後 2 時 ~ 場 所 本 庁 舎 3 階 会 議 室 出 席 者 委 員 14 名 関 係 課 事 務 局 職 員 12 名 欠 席 委 員 2 名 議 事 1 開 会 2 議 事 (1) 利 用 調 整 の 取 り 扱 いについて 利 用 調 整

More information

任意売却体験記

任意売却体験記 任 意 売 却 体 験 記 Chapter 1 任 意 売 却 とは? 任 意 売 却 という 言 葉 がだいぶ 浸 透 してきたようです 実 際 この 言 葉 と 債 務 整 理 などを 組 み 合 わせて ネット 上 で 検 索 すると 任 意 売 却 をビジネスにするところが 大 変 多 いことに 驚 きます 私 は 不 動 産 業 に 従 事 しているわけではありませんので 自 らの 債 務

More information

についての 報 告 を 行 っています WHO は 想 定 は 過 大 評 価 になるかもしれないが 過 小 評 価 よりも 良 い として 事 故 後 15 年 では 1 歳 女 児 の 甲 状 腺 がんが 浪 江 町 で0 004%か ら0 037%へと 約 9 倍 飯 舘 村 で6 倍 になる

についての 報 告 を 行 っています WHO は 想 定 は 過 大 評 価 になるかもしれないが 過 小 評 価 よりも 良 い として 事 故 後 15 年 では 1 歳 女 児 の 甲 状 腺 がんが 浪 江 町 で0 004%か ら0 037%へと 約 9 倍 飯 舘 村 で6 倍 になる (スライド1) 私 は 愛 澤 卓 見 と 言 います 福 島 県 の 飯 舘 村 から 来 ました 飯 舘 村 は 私 の 故 郷 であり 2011 年 3 月 11 日 震 災 当 時 において 住 んでいた 場 所 であり( 生 活 の 場 であり) 仕 事 ( 職 場 ) のある 場 所 でもありました 皆 さんにとって 飯 舘 村 は 今 回 の 原 発 事 故 と それに 伴 う 様 々な

More information

女を自分にベッタリ依存させる方法

女を自分にベッタリ依存させる方法 こんにちは 古 賀 です あなたは 好 きな 女 性 気 になる 女 性 に 依 存 されたいと 思 いますか? あなた 無 しじゃ 生 きられない と 言 われて ベッタリ 依 存 され 頼 りまくられたいと 思 いますか? まあ 人 によってはウザイと 言 う 人 もいるかもしれませんが ほとんどの 男 性 が 気 になる 女 性 か ら 依 存 されたいと 思 っているのではないかと 思 います

More information

○西村委員長

○西村委員長 平 成 27 年 度 精 華 町 いじめ 防 止 対 策 推 進 委 員 会 議 事 要 旨 1 開 会 平 成 27 年 7 月 17 日 ( 金 ) 午 後 2 時 30 分 閉 会 平 成 27 年 7 月 17 日 ( 金 ) 午 後 4 時 20 分 2 出 席 委 員 桶 谷 委 員 長 草 地 委 員 桑 原 委 員 岩 井 委 員 ( 欠 席 委 員 なし) 3 出 席 事 務 局

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

た また 2 年 ほど 前 から 交 通 課 のおまわりさんと 一 緒 に 高 齢 者 宅 を 回 っ て 警 察 からの 話 を 各 家 庭 にしているので 高 齢 者 に 対 する 浸 透 はしてい ると 思 う ( 警 察 ) 地 元 に 密 着 しているのは 民 生 委 員 であるので 先

た また 2 年 ほど 前 から 交 通 課 のおまわりさんと 一 緒 に 高 齢 者 宅 を 回 っ て 警 察 からの 話 を 各 家 庭 にしているので 高 齢 者 に 対 する 浸 透 はしてい ると 思 う ( 警 察 ) 地 元 に 密 着 しているのは 民 生 委 員 であるので 先 会 議 録 平 成 26 年 7 月 30 日 作 成 平 成 30 年 3 月 末 日 廃 棄 会 議 名 京 都 府 東 山 警 察 署 協 議 会 ( 第 1 回 ) 開 催 日 平 成 26 年 6 月 27 日 ( 金 曜 日 ) 時 間 午 後 2 時 から 午 後 4 時 05 分 までの 間 (125 分 ) 場 所 京 都 府 東 山 警 察 署 出 席 者 宮 野 会 長 加 藤

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3236944E937891E63189F1934A90818E7389EE8CEC95DB8CAF895E89638BA68B6389EF8B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3236944E937891E63189F1934A90818E7389EE8CEC95DB8CAF895E89638BA68B6389EF8B638E96985E> 平 成 26 年 度 第 1 回 笛 吹 市 介 護 保 険 運 営 協 議 会 会 議 録 開 催 日 時 : 平 成 26 年 6 月 16 日 ( 月 )13:30~15:00 出 席 者 : 委 員 13 名 欠 席 1 名 事 務 局 :11 名 ( 保 健 福 祉 部 長 介 護 保 険 課 高 齢 福 祉 課 ) 傍 聴 者 なし 1. 開 会 2. 委 嘱 状 交 付 3. 市 長

More information

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx 要 旨 本 論 文 の 目 的 は, 日 本 企 業 の 人 材 マネジメントとしての 育 児 期 従 業 員 に 対 する 両 立 支 援 施 策 とその 運 用 が, 育 児 期 の 女 性 正 社 員 の 定 着 と 動 機 づけにもつ 影 響 とそのメカニズムに ついて 理 論 的 に 考 察 し, 実 証 を 行 うことにある. 本 論 での 両 立 支 援 施 策 は, 主 に, 従 業

More information

箕 面 市 廃 棄 物 の 発 生 抑 制 資 源 化 適 正 処 理 等 に 関 する 条 例 の 一 部 改 正 ( 素 案 ) に 対 する 意 見 募 集 (パブリックコメント)の 実 施 結 果 番 号 ご 意 見 等 ご 意 見 に 対 する 市 の 考 え 方 1 賛 成 持 ち 去

箕 面 市 廃 棄 物 の 発 生 抑 制 資 源 化 適 正 処 理 等 に 関 する 条 例 の 一 部 改 正 ( 素 案 ) に 対 する 意 見 募 集 (パブリックコメント)の 実 施 結 果 番 号 ご 意 見 等 ご 意 見 に 対 する 市 の 考 え 方 1 賛 成 持 ち 去 みどりと 子 どもを 育 むまち 箕 面 市 平 成 22 年 11 月 9 日 環 境 整 備 課 空 き 缶 等 の 持 ち 去 り 禁 止 にかかる 条 例 改 正 (1) 検 討 の 経 過 について 8 月 16 日 罰 則 付 きでの 資 源 物 の 無 断 持 ち 去 り 禁 止 の 条 例 化 に 向 け 検 察 庁 と 協 議 を 開 始 9 月 24 日 パブリックコメント 実

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BC9938C9841964D918D8D8791E58A778354837D815B8358834E815B838B8140838C837C815B83672E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BC9938C9841964D918D8D8791E58A778354837D815B8358834E815B838B8140838C837C815B83672E646F6378> 極 東 連 邦 総 合 大 学 サマースクール 報 告 書 はじまり ~ 極 東 連 邦 総 合 大 学 サマースクールでつかんだもの~ 新 潟 大 学 人 文 学 部 2 年 塩 澤 大 地 平 成 25 年 8 月 6 日 から 8 月 24 日 までの 約 3 週 間 私 はロシアのウラジオストクにある 極 東 連 邦 総 合 大 学 のサマースクールに 参 加 した 昨 年 度 ロシア 語

More information

この 説 に 信 憑 性 があるかないか わたしにはよく 分 かりませんが 語 呂 が 良 いし 昔 の 親 父 は 確 かにおっかないところがあったから そこに 収 まるまでに 何 らかのいきさつがあ ったとしても 親 父 に 定 着 していったのでしょうか 一 昔 か 二 昔 前 には 子 ども

この 説 に 信 憑 性 があるかないか わたしにはよく 分 かりませんが 語 呂 が 良 いし 昔 の 親 父 は 確 かにおっかないところがあったから そこに 収 まるまでに 何 らかのいきさつがあ ったとしても 親 父 に 定 着 していったのでしょうか 一 昔 か 二 昔 前 には 子 ども 聖 霊 降 臨 後 第 16 主 日 ( 特 定 22) 説 教 2011/10/2 聖 マタイ 福 音 書 第 21 章 33 節 ~43 節 於 : 聖 パウロ 教 会 司 祭 山 口 千 寿 地 震 雷 火 事 親 父 という 諺 をお 聞 きになったことがあると 思 います 怖 いもの 恐 ろしく 感 じられるものを 順 番 に 上 げたのだと 思 います わたしたちも3 月 11 日 の

More information

(案)3

(案)3 平 成 25 年 度 第 10 回 阿 波 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 阿 波 市 教 育 委 員 会 平 成 25 年 度 第 10 回 阿 波 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 日 時 平 成 26 年 2 月 28 日 ( 金 ) 開 会 午 後 1 時 00 分 閉 会 午 後 2 時 40 分 2 場 所 吉 野 支 所 2 階 会 議 室 3 出 席

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 40 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 委 員 長 藤 田 義 嗣 委 員 ( 委 員 長 職 務 代 理 者 ) 土 井 真 一 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 ( 教 育 長 ) 河 原

More information

暗闇の裁き

暗闇の裁き 暗 闇 の 裁 き Ⅰ 橘 龍 悟 生 あ る も の は や が て 死 に 直 面 し 滅 び 消 え 去 っ て し ま う ど ん な に 逃 れ よ う と し て も そ れ は 確 実 に 目 の 前 に や っ て く る そ し て そ れ が つ い に 私 の 目 の 前 に こ の 私 の 目 の 前 に 現 れ た の だ 死 に た く な い よ う と 叫 ん で み

More information

第2回地区卓話集会 一問一答形式

第2回地区卓話集会 一問一答形式 平 成 24 年 度 第 1 回 北 下 町 地 区 卓 話 集 会 まとめ( 要 点 筆 記 ) 日 時 平 成 24 年 9 月 1 日 ( 土 )10:00~11:30 会 場 北 下 町 福 祉 館 参 加 人 数 33 名 中 﨑 町 長 政 策 総 務 部 長 町 民 福 祉 部 長 スポーツ 健 康 課 長 福 祉 課 長 町 民 課 長 町 出 席 者 スポーツ 健 康 課 副 課

More information

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的 第 1 回 沼 津 市 総 合 教 育 会 議 議 事 録 〇 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 26 日 ( 木 曜 日 )15 時 00 分 ~16 時 00 分 〇 開 催 場 所 沼 津 市 立 第 四 小 学 校 多 目 的 ホール 〇 出 席 者 市 長 栗 原 裕 康 教 育 長 服 部 裕 美 子 教 育 委 員 三 好 勝 晴 教 育 委 員 土 屋 葉 子 教 育 委 員

More information

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc NPOって 何? 平 成 25 年 10 月 浜 松 市 市 民 部 市 民 協 働 地 域 政 策 課 目 次 Q 1 NPOって 何? 2 Q 2 非 営 利 とはどういうことですか? 2 Q 3 NGOとの 違 いは? 3 Q 4 NPOとボランティアとの 違 いは? 3 Q 5 NPOで 働 いて 給 料 をもらえますか? 4 Q 6 町 内 会 や 自 治 会 との 違 いは? 4 Q 7

More information

Microsoft Word - (280609_230企画政策課案)平成28年第2回定例会.docx

Microsoft Word - (280609_230企画政策課案)平成28年第2回定例会.docx 平 成 28 年 第 2 回 定 例 会 (スタートアップ 新 宿 ) 代 表 質 問 ( 要 旨 ) 一 問 一 答 最 初 の 質 問 は 公 民 連 携 についてです 新 宿 区 では 平 成 28 年 3 月 に 新 宿 区 施 設 白 書 を 作 成 しました また 5 月 22 日 には 公 共 施 設 フォーラムが 開 催 され 東 洋 大 学 PPP 研 究 センター 長 の 根 本

More information

ます 仕 事 をすればするほど 仕 事 が 増 えます 家 に 着 いたら リラックスの 代 わりに 他 に しなければならないことをします 結 果 は やあ 今 日 は 忙 しかったね 疲 れた! と 言 います イギリスと 日 本 はそうだと 思 います しかし マラウイは 違 います 日 本

ます 仕 事 をすればするほど 仕 事 が 増 えます 家 に 着 いたら リラックスの 代 わりに 他 に しなければならないことをします 結 果 は やあ 今 日 は 忙 しかったね 疲 れた! と 言 います イギリスと 日 本 はそうだと 思 います しかし マラウイは 違 います 日 本 私 の 目 から 見 る 日 本 と 外 国 クレア サマーズ 私 の 目 は38 年 の 間 に 様 々な 文 化 を 見 ましたが 私 はまだ 世 界 の 新 人 だと 思 います イギ リスで 生 まれ 育 ちましたが 大 人 になってからはほとんど 外 国 に 住 んでいます 日 本 は 一 番 長 いですが アフリカのマラウイという 国 にも 住 んだことがあります チャンスがあれば 旅

More information

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 議 事 録 招 集 期 日 平 成 28 年 2 月 12 日 ( 金 ) 場 所 市 役 所 7 階 第 5 室 開 2 月 12 日 午 後 2 時 00 分 遠 藤 英 樹 閉 2 月 12 日 午 後 3 時 25 分 遠 藤 英 樹 遠 藤 英 樹 代 理 早 舩 直 彦 出 席 状 況 駒 﨑 繁 夫 出 欠 石 塚 京 子 出 欠 谷

More information

<5461726F2D8EC09148985F95B6816990AF96EC816A82512E6A7464>

<5461726F2D8EC09148985F95B6816990AF96EC816A82512E6A7464> 問 題 解 決 学 習 を 通 して 科 学 的 思 考 力 と 表 現 力 の 育 成 を 図 る 理 科 授 業 ~ 言 語 活 動 を 充 実 させる 授 業 ~ 新 発 田 市 立 第 一 中 学 校 教 諭 星 野 勝 紀 Ⅰ 主 題 設 定 の 理 由 今 までの 実 践 から 私 自 身 のこれまでの 授 業 を 振 り 返 ると 教 師 側 である 程 度 筋 道 を 立 て 発 達

More information

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し 上 毛 かるたのこれから 更 なる 発 展 に 向 けて 田 島 広 大 1.はじめに 私 が 住 む 群 馬 県 には 全 国 に 誇 ることのできる 上 毛 かるた がある 上 毛 かるたは 多 くの 県 民 に 認 知 され 親 しまれている 私 自 身 も 群 馬 で 生 まれ 育 ち 地 域 の 子 ども 会 を 通 じて 上 毛 かるたで 遊 んできた 上 毛 かるたを 通 じて 群 馬

More information

ワークシート 何 が 非 行 なのか? 次 にあげる 行 動 例 を,A= 悪 くないこと,B= 悪 いこと,C= 悪 いことの 中 でも 非 行 ( 犯 罪 )になること に 分 類 してみましょう 行 動 例 1 みんなが 並 んで 待 っている 列 に,こっそりと 割 り 込 む ( ) 2

ワークシート 何 が 非 行 なのか? 次 にあげる 行 動 例 を,A= 悪 くないこと,B= 悪 いこと,C= 悪 いことの 中 でも 非 行 ( 犯 罪 )になること に 分 類 してみましょう 行 動 例 1 みんなが 並 んで 待 っている 列 に,こっそりと 割 り 込 む ( ) 2 知 識 を 身 に 付 けつつ, 自 他 の 理 解 を 深 め, 価 値 観 を 形 成 するエクササイズ 1 ~ 何 が 非 行 なのか? ~ 準 備 ワークシート 何 が 非 行 なのか? フラッシュカード1 非 行 少 年 の 分 類 フラッシュカード2 非 行 後 の 長 いドラマ 振 り 返 り 用 紙 ねらい どのような 行 為 が 非 行 となり, 処 分 の 対 象 となるのかを

More information

学期レポート

学期レポート 月 火 水 木 金 7:00 Eng101A 8:35 ASL103A 11:20 7:00 Eng101A 8:35 ASL103A 11:20 Culture 11:35 11:35 11:50 Education Education 13:30 Reading 189B 15:10 13:10 13:30 Reading 189B 15:10 13:10 13:00 ASL tutor 14:00

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

Taro-『光と風と音の世界』阿字観

Taro-『光と風と音の世界』阿字観 - 1/5 - 光 と 風 と 音 の 世 界 ー 阿 字 観 実 修 についての 報 告 書 ー 平 成 4 年 4 月 教 学 部 提 出 教 化 研 究 員 川 上 修 詮 はじめに 仏 さまの 教 えは 人 生 は 苦 である というところから 始 まりました どう すればその 苦 しみから 逃 れられるのでしょうか それを 解 決 することが 一 生 を 安 楽 に 過 ごし 成 仏 するための

More information

気 になる 生 徒 の 実 態 把 握 をすることは より 良 い 支 援 に 向 けた 第 一 歩 です また 今 まで 先 生 方 が 気 づかなかった 生 徒 の 困 り 感 を 明 らかにする 上 でも 実 態 把 握 の 観 点 を 設 定 して 調 べることは 大 事 なことです しかし 実 態 把 握 の 結 果 が 一 人 歩 き してしまったり レッテル 貼 りにつながってしまうおそれも

More information

「別にいいけど俺の話しじゃ勉強になんねえぞ」

「別にいいけど俺の話しじゃ勉強になんねえぞ」 ハーレーに 乗 った 美 容 師 ~ 背 中 に 名 前 を 刻 み 込 んで~ 別 にいいけど 俺 の 話 じゃ 勉 強 になんねえよ! むっ とした 態 度 でした ヘアーデザインアース 坂 井 健 司 代 表 です 私 と 同 じ 位 の 年 齢 でしょうか 上 下 デニムで 今 風 のファッション 美 容 師 らし い 短 髪 のオシャレな 髪 型 ギョロッ とした 目 最 初 の 印 象

More information

都 市 計 画 1. 用 途 地 域 2. 容 積 率 % ( 前 面 道 路 幅 員 による 容 積 率 低 減 係 数 ) 3. 建 ぺい 率 % 角 地 敷 地 の 項 目 へ 4. 高 さ 制 限 m 高 度 地 区 第 種 5. 防 火 指 定 防 火 地 域 or 準 防 火 地 域 6

都 市 計 画 1. 用 途 地 域 2. 容 積 率 % ( 前 面 道 路 幅 員 による 容 積 率 低 減 係 数 ) 3. 建 ぺい 率 % 角 地 敷 地 の 項 目 へ 4. 高 さ 制 限 m 高 度 地 区 第 種 5. 防 火 指 定 防 火 地 域 or 準 防 火 地 域 6 物 件 所 在 地 :[ 地 番 住 居 表 示 ] 区 町 役 所 調 査 ( 新 宿 区 の 戸 建 用 住 宅 地 ) 役 所 調 査 とは 簡 単 に 言 えば その 土 地 に 家 を 建 てられるかどうか どのくらいの 規 模 の 家 が 建 てられるか を 明 らかにするためのものです 事 業 を 考 えての 不 動 産 の 取 得 なの でしたら その 土 地 でこの 商 売 はできるのか

More information

問題1(75点)

問題1(75点) 平 成 22 年 度 法 科 大 学 院 ( 法 務 研 究 科 ) 入 学 試 験 小 論 文 問 題 紙 B 日 程 平 成 22 年 2 月 27 日 10:00~12:00(120 分 ) (200 点 ) 注 意 事 項 1. 試 験 開 始 の 合 図 があるまで 問 題 を 開 いてはいけない 2. 小 論 文 の 問 題 紙 は 1 ページから 4 ページである 3. 解 答 用 紙

More information

最 近 このノートテイカーさん 元 気 がないけどどうしたんだろう? とか 上 手 く 書 け ないという 気 持 ちがあるから 元 気 がないのか? など その 辺 りまで 気 を 配 り 上 手 く 回 わ せるようになって 欲 しいです 講 義 保 障 には 様 々な 人 達 がかかわります

最 近 このノートテイカーさん 元 気 がないけどどうしたんだろう? とか 上 手 く 書 け ないという 気 持 ちがあるから 元 気 がないのか? など その 辺 りまで 気 を 配 り 上 手 く 回 わ せるようになって 欲 しいです 講 義 保 障 には 様 々な 人 達 がかかわります 講 義 における 聴 覚 障 害 学 生 への 教 育 的 配 慮 について 河 野 純 大 先 生 ( 筑 波 技 術 大 学 准 教 授 ) 1. 講 義 時 の 心 がまえ みんなの 一 歩 ずつの 歩 み 寄 りが 大 切 私 が 言 いたいのはここです 教 員 として 誰 に 向 かって 講 義 していますか? 講 義 にはいろいろな 学 生 が 来 ています そして きこえ ない 学 生

More information

富 田 林 市

富 田 林 市 ファミリー サポート センターを 上 手 に 活 用 するために 援 助 活 動 補 償 保 険 Q&A 富 田 林 市 ファミリー サポート センター 平 成 27 年 6 月 -1- 富 田 林 市 ファミリー サポート センター ファミリー サポート センターは 子 育 てを 援 助 したい 会 員 と 援 助 を 受 けたい 会 員 の 相 互 援 助 の 会 です ファミリー サポート センター

More information

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 1 ゆ 舞 運 命 神 ナタワダ 3 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 音 医 者 芝 居 身

More information

2 参 考 資 料 1 好 きなもの 欲 しいものリスト 組 番 氏 名 ( ) 私 が 本 当 に 好 きなこと 好 きなものとは 何 だろう 10 個 挙 げてみよう 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 私 が 本 当 に 欲 しいものは 何 だろう 10 個 挙 げてみよう 1 2 3

2 参 考 資 料 1 好 きなもの 欲 しいものリスト 組 番 氏 名 ( ) 私 が 本 当 に 好 きなこと 好 きなものとは 何 だろう 10 個 挙 げてみよう 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 私 が 本 当 に 欲 しいものは 何 だろう 10 個 挙 げてみよう 1 2 3 アファメーション( 理 想 の 自 己 イメージの 創 造 ) 高 校 (3 年 ) 1 本 時 の 指 導 ( 本 時 は 第 3 時 ) 第 1 時 夢 と 目 標 第 2 時 夢 (ビジョン)をリスト 化 する 第 3 時 目 標 のビジュアル 化 とアファメーション 化 のコツ (1) ねらい 好 きなもの 欲 しいものリストを 作 成 し それをもとにして 理 想 とする 人 間 像 性

More information

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識 第 4 章 これからの 幼 児 教 育 のあり 方 1. 幼 稚 園 における 教 育 の 方 向 性 (1) 幼 稚 園 における 教 育 のあり 方 1 幼 稚 園 の 役 割 幼 稚 園 は 子 どもが 家 庭 では 体 験 できない 友 達 との 集 団 生 活 を 通 して 教 員 に 支 えられながら 幼 児 期 なりの 豊 かさに 出 会 う 場 です 少 子 化 の 進 行 に 伴

More information

Microsoft Word - str_bt_grundlage2015_07自由に対する罪(1).docx

Microsoft Word - str_bt_grundlage2015_07自由に対する罪(1).docx 刑 法 各 論 の 基 礎 25 個 人 的 法 益 に 対 する 罪 人 の 自 由 に 対 する 罪 (1) 07 行 動 の 自 由 意 思 決 定 の 自 由 法 益 主 体 = 個 人 人 の 生 命 身 体 に 対 する 罪 人 の 自 由 に 対 する 罪 生 活 の 平 穏 に 対 する 罪 (プライバシーに 対 する 罪 ) 名 誉 信 用 に 対 する 罪 財 産 に 対 する

More information

とりわけ このようなし 尿 関 連 施 設 は 慎 重 な 対 応 を 行 うべきであり 電 話 連 絡 で 事 足 りるものでもありません 町 内 会 に 合 意 形 成 を 一 任 するあり 方 は きわめて 問 題 です 現 在 は 施 設 から 約 100m 以 内 に 民 家 があるなど

とりわけ このようなし 尿 関 連 施 設 は 慎 重 な 対 応 を 行 うべきであり 電 話 連 絡 で 事 足 りるものでもありません 町 内 会 に 合 意 形 成 を 一 任 するあり 方 は きわめて 問 題 です 現 在 は 施 設 から 約 100m 以 内 に 民 家 があるなど 環 境 行 政 について 新 浜 し 尿 中 継 施 設 建 設 計 画 についてお 伺 いします 福 山 市 は 現 在 箕 沖 町 に 広 域 的 な し 尿 処 理 の 統 合 施 設 として 汚 泥 再 生 処 理 施 設 を 建 設 しています そして これまで 3 か 所 で 運 営 されていた 新 浜 深 品 新 市 し 尿 処 理 場 を 統 合 し そ れらの 施 設 は し 尿

More information

【共通部分】(修正後11/28②Y反映18:00)

【共通部分】(修正後11/28②Y反映18:00) 介 護 予 防 サービス 支 援 計 画 表 の 記 入 の 仕 方 1. 基 本 的 な 事 項 に 関 する 項 目 群 < NO. 欄 > 利 用 者 のを 記 載 する < 利 用 者 名 欄 > 利 用 者 の 氏 名 を 記 載 する < 認 定 年 月 日 欄 > 要 介 護 認 定 の 結 果 を 受 けた 日 を 記 載 する < 認 定 の 有 効 期 間 欄 > 認 定 の 有

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2094AD924282C68BB388E72091E63489F1338DCE82DC82C582CD95EA82CC8EE882C582C682A282A4905F986228947A957A9770292E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2094AD924282C68BB388E72091E63489F1338DCE82DC82C582CD95EA82CC8EE882C582C682A282A4905F986228947A957A9770292E70707478> トピック 発 達 と 教 育 第 4 回 3 歳 までは 母 親 の 手 で という 神 話 担 当 : 清 水 由 紀 (Yuki SHIMIZU) 1. 愛 着 とは 2. 3. ホスピタリズムとマターナル デプリベーション 4. 愛 着 理 論 と3 歳 児 神 話 5. 愛 着 の 世 代 間 伝 達 愛 着 (attachment)とは Bowlby(1969) 愛 着 とは ( ) 人

More information

そこに在るから

そこに在るから 在 澤 日 菜 子 登 場 物 男 性 3 0 代 半 男 性 2 0 代 半 男 性 4 0 代 初 2 暗 転 虫 木 々 ざ 聞 九 月 旬 東 京 近 郊 腹 午 後 四 過 ぎ 明 転 ふ 姿 男 二 太 木 枝 杖 代 抱 煙 草 持 無 ふ 煙 草 箱 湿 持 来 掴 同 役 立 掴 悪 火 掴 吐 息 悪 風 虫 空 風 3 強 少 何 四 四 半 3 歩 腹 減 足 痛 煙 草 吸

More information

セッション 2 Part.2 / ポスターセッション に 多 かったです 過 去 1 年 間 に 休 業 している 方 は 50 人 以 下 の 会 社 で はいませんでした ということで 501 人 以 上 の 会 社 だと1 年 間 に1 人 以 上 は 出 ますというお 答 えでした ポスター

セッション 2 Part.2 / ポスターセッション に 多 かったです 過 去 1 年 間 に 休 業 している 方 は 50 人 以 下 の 会 社 で はいませんでした ということで 501 人 以 上 の 会 社 だと1 年 間 に1 人 以 上 は 出 ますというお 答 えでした ポスター 平 成 22 年 度 一 般 公 募 演 題 がん 患 者 が 治 療 を 受 けながら 仕 事 を 継 続 するためのサポートと 再 就 職 のためのサポートについて 横 浜 市 立 大 学 医 学 部 社 会 予 防 医 学 特 任 講 師 川 上 ちひろ ポスター 1 がん 患 者 がすごく 増 えていること ポスター 1 と 20 歳 代 以 降 の 死 亡 原 因 は 第 1 位 ががん

More information

セッション 2 / ポスターセッション ると 主 権 免 責 という 歴 史 があり ポスター 3 ます これは King can do no wrong( 王 は 不 法 をなさない) ということです イギリスは 王 様 のいる 国 ですので 王 様 は 悪 いことはしないのだ 王 様 に 対 し

セッション 2 / ポスターセッション ると 主 権 免 責 という 歴 史 があり ポスター 3 ます これは King can do no wrong( 王 は 不 法 をなさない) ということです イギリスは 王 様 のいる 国 ですので 王 様 は 悪 いことはしないのだ 王 様 に 対 し 助 成 研 究 演 題 - 平 成 23 年 度 国 内 共 同 研 究 (39 歳 以 下 ) 医 薬 品 の 審 査 承 認 行 為 に 対 する 国 の 賠 償 責 任 に 関 する 国 際 比 較 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 法 学 系 助 教 ( 助 成 時 : 東 京 大 学 政 策 ビジョン 研 究 センター 特 任 研 究 員 ) 畑 中 綾 子 ポスター -1

More information

年 の 事 そ し て 1592 年 か ら 始 ま っ た 7 年 間 の 戦 争 で こ う 考 え る と 日 韓 関 係 が 崩 れ た の は わ ず か な 期 間 で す 2300 年 の 間 韓 国 と 日 本 が 敵 対 関 係 だ っ た の は た っ た の 100 年 なの

年 の 事 そ し て 1592 年 か ら 始 ま っ た 7 年 間 の 戦 争 で こ う 考 え る と 日 韓 関 係 が 崩 れ た の は わ ず か な 期 間 で す 2300 年 の 間 韓 国 と 日 本 が 敵 対 関 係 だ っ た の は た っ た の 100 年 なの 日 本 と 韓 国 協 力 するためには 金 俊 佑 ( 韓 国 ) 私 は 幼 い こ ろ 日 本 に 住 ん で い ま し た ま だ 小 さ か っ た の で 記 憶 は 断 片 的 に し か あ り ませんが 日 本 に 対 しての 印 象 だけははっきりと 残 っています とても 暖 かくて かつ 穏 やかな 良 いイメージです 周 辺 に 公 園 が 多 く 自 然 が 身 近 に

More information

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ 北 本 市 いじめ 自 殺 裁 判 最 高 裁 決 定 を 受 けて 原 告 弁 護 団 支 援 団 より 声 明 メッセージ 2014 年 10 月 7 日 A 弁 護 団 声 明 1 2005 年 に 自 殺 した 埼 玉 県 北 本 市 の 中 学 校 1 年 の 女 子 生 徒 ( 当 時 12 歳 )の 両 親 が 市 と 国 に 計 約 7670 万 円 の 損 害 賠 償 を 求 めた

More information

< F31332D ED8A5195F18D908F C8362>

< F31332D ED8A5195F18D908F C8362> T-11 番 要 約 1 被 害 者 伊 藤 維 平 成 8 年 1 月 11 日 生 2 接 種 前 健 康 中 学 校 通 学 バイオリン 剣 道 3 接 種 サーバリックス(2010 年 7 月 31 日 9 月 4 日 2011 年 4 月 16 日 ) 4 経 過 概 要 2010 年 7 月 31 日 9 月 4 日 サーバリックス 接 種 2011 年 4 月 16 日 サーバリックス3

More information

いろいろな 遊 びの 中 で 自 分 なりの 目 的 をもち 試 したり 考 えたり 工 夫 したりしながら 遊 びに 取 り 組 む 梅 雨 期 や 夏 の 生 活 に 興 味 関 心 をもって 生 活 しようとする 4 週 のねらい (6 月 4 週 ) 皆 で 一 緒 に 体 を 動 かして

いろいろな 遊 びの 中 で 自 分 なりの 目 的 をもち 試 したり 考 えたり 工 夫 したりしながら 遊 びに 取 り 組 む 梅 雨 期 や 夏 の 生 活 に 興 味 関 心 をもって 生 活 しようとする 4 週 のねらい (6 月 4 週 ) 皆 で 一 緒 に 体 を 動 かして 5 歳 児 つき 組 保 育 指 導 案 1 研 究 主 題 主 体 的 な 幼 児 を 育 てるための 援 助 のあり 方 ~ 運 動 的 な 遊 びを 通 して~ 2 学 級 の 実 態 ( 男 児 16 名 女 児 19 名 計 35 名 転 入 園 児 1 名 含 む) 全 体 的 な 学 級 の 様 子 比 較 的 穏 やかである スキンシップを 取 りたがる 幼 児 が 多 い 集 まりの

More information

1 今 自 分 の 内 にある 授 業 観 を 見 つめ 直 す 授 業 力 向 上 は 目 標 とする 授 業 像 について 自 分 なりの 言 葉 で 表 現 することから 始 まる 理 想 の 授 業 像 について 新 採 用 教 員 から 中 堅 教 員 までの 経 験 年 数 も 様 々な

1 今 自 分 の 内 にある 授 業 観 を 見 つめ 直 す 授 業 力 向 上 は 目 標 とする 授 業 像 について 自 分 なりの 言 葉 で 表 現 することから 始 まる 理 想 の 授 業 像 について 新 採 用 教 員 から 中 堅 教 員 までの 経 験 年 数 も 様 々な 研 究 ノート 国 語 科 を 中 心 とする 授 業 力 向 上 についての 一 考 察 A Study on the Development of Teacher Competence, Centering on Teaching Japanese Language Arts 吉 田 人 史 YOSHIDA Hitoshi 水 上 義 行 MIZUKAMI Yoshiyuki はじめに 授 業

More information

たL 社 が 某 市 内 業 者 (2 社 )にモニュメントの 製 作 を 依 頼 していた 事 実 がある 審 査 が 行 われる 前 に 製 作 を 依 頼 などということは 常 識 では 考 えられない これはL 社 が すでに 自 社 がもらえる 仕 事 だと 分 かっていたとしか 考 えら

たL 社 が 某 市 内 業 者 (2 社 )にモニュメントの 製 作 を 依 頼 していた 事 実 がある 審 査 が 行 われる 前 に 製 作 を 依 頼 などということは 常 識 では 考 えられない これはL 社 が すでに 自 社 がもらえる 仕 事 だと 分 かっていたとしか 考 えら 燕 市 監 委 告 示 第 8 号 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 以 下 法 という ) 第 242 条 第 1 項 の 規 定 による 請 求 については 同 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査 を 実 施 したので その 結 果 を 別 紙 のとおり 公 表 する 平 成 20 年 10 月 23 日 燕 市 監 査 委 員 齋 藤 稔 同 山 本 一

More information

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生 2012 年 6 月 14 日 森 本 紀 行 資 産 運 用 コラム 厚 生 年 金 基 金 の 脱 退 と 解 散 をめぐる 社 会 問 題 前 回 は 総 合 型 厚 生 年 金 基 金 について 解 散 と 任 意 脱 退 をめぐる 解 き 得 ない 難 問 が 検 討 さ れたのでした 今 回 は 続 編 として その 難 問 が 具 体 的 な 社 会 問 題 化 していることについて

More information

タイトル

タイトル 経 済 トレンド 子 ども 手 当 ての 意 義 を 考 える ~ 拙 速 な 廃 止 は 将 来 の 労 働 力 を 質 量 の 両 面 から 減 少 させることに~ 経 済 調 査 部 柵 山 順 子 ( 要 旨 ) 東 日 本 大 震 災 の 復 興 財 源 案 の 一 つとして 子 ども 手 当 ての 廃 止 が 議 論 されている 子 ども 手 当 て 廃 止 が 様 々な 世 帯 にどのような

More information

はじめに せんてんせいがんけんかすい 先 天 性 眼 瞼 下 垂 という 病 気 について まぶたの 開 かない 新 生 児 に 巡 り 合 ったことはありませんか? 赤 ちゃんのまぶたが 十 分 に 開 かないことは 決 して 珍 しいことではありません 分 娩 時 の 圧 迫 等 の 影 響 で

はじめに せんてんせいがんけんかすい 先 天 性 眼 瞼 下 垂 という 病 気 について まぶたの 開 かない 新 生 児 に 巡 り 合 ったことはありませんか? 赤 ちゃんのまぶたが 十 分 に 開 かないことは 決 して 珍 しいことではありません 分 娩 時 の 圧 迫 等 の 影 響 で 産 科 のスタッフのみなさんへ 贈 る まぶたの 開 かない 赤 ちゃんに 出 会 ったときの 本 特 定 非 営 利 活 動 法 人 眼 瞼 下 垂 の 会 編 ( 監 修 ) 金 子 博 行 帝 京 大 学 医 療 技 術 学 部 視 能 矯 正 学 科 講 師 はじめに せんてんせいがんけんかすい 先 天 性 眼 瞼 下 垂 という 病 気 について まぶたの 開 かない 新 生 児 に 巡

More information

2. 具 体 的 な 実 施 内 容 10 歳 児 は 運 動 遊 び 感 覚 機 能 探 索 操 作 の 項 目 をあげ 形 成 月 齢 を 記 録 する 1 歳 児 からは 入 所 時 /10 月 /2 月 に 項 目 別 に 経 過 記 録 をとる 3 歳 児 から 5 歳 児 は 11 月

2. 具 体 的 な 実 施 内 容 10 歳 児 は 運 動 遊 び 感 覚 機 能 探 索 操 作 の 項 目 をあげ 形 成 月 齢 を 記 録 する 1 歳 児 からは 入 所 時 /10 月 /2 月 に 項 目 別 に 経 過 記 録 をとる 3 歳 児 から 5 歳 児 は 11 月 保 育 計 画 成 果 報 告 書 法 人 名 社 会 福 祉 法 人 清 新 会 施 設 名 あさひ 保 育 園 報 告 者 ( 役 職 ) 坂 口 美 恵 ( 施 設 長 ) 住 所 連 絡 先 福 岡 県 福 岡 市 城 南 区 梅 林 4 丁 目 5-27 092-874-2388 E-mail asa-hi@aqua.ocn.ne.jp タイトル( 保 育 計 画 ) 動 ける 子 ~ 考

More information

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」 これからの 幼 児 教 育 について 幼 児 教 育 保 育 学 科 山 路 純 子 はじめに 本 日 は,これからの 幼 児 教 育 について, 社 会 情 勢 の 変 化 に 対 応 した 法 改 正 の 状 況 を 概 観 しながら 幼 保 一 体 化 の 教 育 を 主 に 取 り 上 げ, 今 後 の 発 展 の 動 向 を 考 えながら, 本 校 のような 養 成 校 の 役 割 などについて

More information

Microsoft Word - NOTES② 月号(宮木).doc

Microsoft Word - NOTES② 月号(宮木).doc 2 電 話 勧 誘 訪 問 販 売 DMに 対 する 生 活 者 意 識 研 究 開 発 室 宮 木 由 貴 子 - 要 旨 - 1 内 閣 府 は 2005 年 に 策 定 された 消 費 者 基 本 計 画 において 消 費 者 が 望 まないのに 勧 誘 を 受 け る いわゆる 不 招 請 勧 誘 について 何 らかの 規 制 に 関 する 一 定 の 結 論 を 得 るとしている こ うした

More information

『教育』をとりまく現状と課題について

『教育』をとりまく現状と課題について 資 料 3 教 育 をとりまく 現 状 と 課 題 1.アンケート 結 果 から 見 た 教 育 をとりまく 現 状 2. 方 向 性 参 考 61 人 の 声 産 業 構 造 審 議 会 基 本 政 策 部 会 2006 年 11 月 17 日 木 幡 美 子 1 アンケート 結 果 から 見 た 教 育 をとりまく 現 状 アンケート 実 施 期 間 2006 年 10 月 13 日 ~31 日

More information

わいわい文庫2_061~065

わいわい文庫2_061~065 活 用 の 幅 を 広 げよう 盲 学 校 での 試 み 視 覚 支 援 学 校 における 実 践 事 例 東 京 都 立 久 我 山 青 光 学 園 視 覚 障 害 教 育 部 門 名 取 恵 津 子 障 害 の 実 態 に 応 じたさまざまな 活 用 の 可 能 性 を 探 る 今 年 度 の 本 校 の 視 覚 障 害 教 育 部 門 の 在 籍 数 は 幼 稚 部 13 名 小 学 部 17

More information

H21 年 度 子 どもの 虐 待 防 止 支 援 員 養 成 講 座 育 児 不 安 や 子 育 てに 悩 む 保 護 者 を 支 援 できる 人 材 を 育 成 するために 支 援 員 養 成 講 座 を 開 きました 初 級 編 ( 一 般 向 け) H21 11/4( 水 ) 場 所 :サン

H21 年 度 子 どもの 虐 待 防 止 支 援 員 養 成 講 座 育 児 不 安 や 子 育 てに 悩 む 保 護 者 を 支 援 できる 人 材 を 育 成 するために 支 援 員 養 成 講 座 を 開 きました 初 級 編 ( 一 般 向 け) H21 11/4( 水 ) 場 所 :サン N P O 法 人 子 どもの 虐 待 防 止 ネットワーク かがわ ニューズレター No.16 ヒューマン リレーションセンター 三 宝 裕 作 (H21 年 度 支 援 員 養 成 講 座 講 師 ) H21 年 度 子 どもの 虐 待 防 止 支 援 員 養 成 講 座 育 児 不 安 や 子 育 てに 悩 む 保 護 者 を 支 援 できる 人 材 を 育 成 するために 支 援 員 養 成

More information

Microsoft Word - 白糖06.doc

Microsoft Word - 白糖06.doc 1 続 づ 役 職 差 障 明 気 悪 名 名 乗 訛 隠 我 咎 追 鹿 児 聞 身 構 持 脱 身 妻 伴 追 手 怖 急 甦 随 過 去 警 戒 少 戻 身 緊 張 走 誤 解 膝 進 奴 捕 帰 手 助 体 罪 犯 持 出 固 物 持 出 物 尋 事 関 見 濁 相 手 探 笑 顔 凍 見 逃 目 鋭 注 視 何 食 顔 装 話 続 づ 隈 奄 美 豪 族 男 当 盛 喜 名 改 関 良 助

More information

前世リーディングと古典西洋占星術で紐解くあなたのカルマ~より幸せな人生にシフトする~

前世リーディングと古典西洋占星術で紐解くあなたのカルマ~より幸せな人生にシフトする~ あなたのカルマ 鑑 定 書 ~ 前 世 の 課 題 を 今 生 で 昇 華 するには? より 幸 せな 人 生 にシフトする 方 法 ~ Ms. Nxxxx.Txxxx N さん こんにちは N さんに 対 する 私 の 印 象 は すごいエネルギッシュな 女 性 だなと 思 いました でもちょっと 疲 れていらっしゃる 感 じで シルバージョーでお 話 を 聞 いていたら そりゃ 疲 れるわと ^^

More information

(Microsoft Word - \214\244\213\206\215\\\221z.doc)

(Microsoft Word - \214\244\213\206\215\\\221z.doc) 研 究 主 題 対 話 的 コミュニケーション 能 力 を 育 む 教 育 活 動 - 聴 く 力 を 高 める 手 だての 工 夫 を 通 して- 1 主 題 設 定 の 理 由 (1) 現 代 教 育 の 動 向 から 国 際 化 情 報 化 科 学 技 術 の 進 展 環 境 問 題 等 めまぐるしく 変 化 し 先 行 き 不 透 明 な 時 代 が 到 来 しており その 流 れは 今 後

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

学級経営講座-7月 ④通知票(表)・通信簿の作成

学級経営講座-7月 ④通知票(表)・通信簿の作成 若 い 先 生 のための 学 級 経 営 講 座 月 別 編 7 月 4 通 知 表 ( 票 ) 通 信 簿 の 作 成 ~ 学 期 の 学 校 生 活 の 様 子 を 伝 える 連 絡 簿 ~ 埼 玉 県 教 育 局 東 部 教 育 事 務 所 学 期 末 になれば 担 任 教 師 は 当 該 学 期 の 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 学 習 や 生 活 の 状 況 をま とめ 通 知 表

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303594AD8CBE97768E7C81698CF68A4A94C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303594AD8CBE97768E7C81698CF68A4A94C5816A> 平 成 25 年 度 第 2 回 教 育 関 係 者 懇 談 会 発 言 要 旨 ( 教 員 ) 開 催 日 時 : 平 成 25 年 10 月 16 日 ( 水 )10:00~14:50 場 所 : 藤 枝 市 立 西 益 津 小 学 校 参 加 者 藤 枝 市 立 西 益 津 小 学 校 教 職 員 ( 外 国 語 指 導 助 手 ) 藤 枝 市 教 育 会 指 導 主 事 県 教 育 会 教

More information

産婦人科 転職ガイド

産婦人科 転職ガイド 転 職 をお 考 えの 先 生 へ 産 婦 人 科 転 職 ガイド 株 式 会 社 プライオネット ( 本 社 ) 愛 知 県 豊 橋 市 藤 沢 町 141 ロワジールホテル 豊 橋 8F 求 人 フリーダイヤル:0120-480-501 求 人 専 用 メール:sdr info@priornet.info 産 婦 人 科 医 師 求 人 サイト 産 婦 人 科 ドクターズバンク http://www.priornet.info/sanfujinkdr/

More information

相 手 から 提 案 がなければ 避 妊 しない 3 3 相 手 が 真 剣 に 交 際 している 相 手 なら 避 妊 しな い 1 5 6 気 が 向 かなければ 避 妊 しない 1 2 3 回 答 者 数 n=21(うち 男 性 n=2, 女 性 n=19) 毎 回 は 避 妊 しない 理 由

相 手 から 提 案 がなければ 避 妊 しない 3 3 相 手 が 真 剣 に 交 際 している 相 手 なら 避 妊 しな い 1 5 6 気 が 向 かなければ 避 妊 しない 1 2 3 回 答 者 数 n=21(うち 男 性 n=2, 女 性 n=19) 毎 回 は 避 妊 しない 理 由 2013.1 ピルコン 調 査 概 要 10-20 代 の 性 経 験 がある 未 婚 男 女 を 対 象 に 避 妊 の 実 施 状 況 や 意 識 について 明 らかにすることで 今 後 の 避 妊 啓 発 施 策 の 参 考 にすることを 目 的 とし インターネットにてアンケート 調 査 を 行 った 今 回 はその 途 中 経 過 を 報 告 する 調 査 期 間 2012 年 7 月 ~12

More information

仕事が楽しい人File

仕事が楽しい人File 仕 事 が 楽 しい 人 File.60: 山 﨑 弘 さん( 画 家 ) モノを 感 覚 的 に 見 るのではなく 技 術 的 に 観 る 目 を 鍛 えよ 第 60 番 目 の 仕 事 が 楽 しい 人 は 画 家 の 山 﨑 弘 さんです みなさんは 画 家 ( 芸 術 家 )にどんなイメージを 持 っているでしょうか 私 は ベレー 帽 をかぶっている( 手 塚 治 虫 さんからの 印 象

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

15 分 間 我 慢 できたらマシュマロをもう 1 個 あげる 途 中 で 食 べたくなったら ベルを 押 せ ば 食 べられる ことを 伝 え 子 どもを 部 屋 に 1 人 にする 実 験 結 果 は 15 分 待 てた 子 どもは 全 体 の 3 分 の 1 以 下 我 慢 できた 子 は 手

15 分 間 我 慢 できたらマシュマロをもう 1 個 あげる 途 中 で 食 べたくなったら ベルを 押 せ ば 食 べられる ことを 伝 え 子 どもを 部 屋 に 1 人 にする 実 験 結 果 は 15 分 待 てた 子 どもは 全 体 の 3 分 の 1 以 下 我 慢 できた 子 は 手 連 続 講 演 会 東 京 で 学 ぶ 京 大 の 知 シリーズ 15 こころの 未 来 - 私 たちのこころは 何 を 求 めているのか- 第 2 回 自 分 の 意 思 で 決 めるとはどういうことか? 心 理 学 と 脳 科 学 の 視 点 から 京 都 大 学 が 東 京 品 川 の 京 都 大 学 東 京 オフィス で 開 く 連 続 講 演 会 東 京 で 学 ぶ 京 大 の 知 のシリーズ

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 授 業 中 におけるコーディネートの 在 り 方 について 1 コーディネートはなぜ 必 要 なのか 調 査 研 究 チーム (1) 授 業 において 目 指 すべきもの 全 国 学 力 学 習 状 況 調 査 をはじめ 様 々な 調 査 から 本 県 の 子 どもたちに 必 要 なことは 次 の 3つであると 考 えられる そのうち 2 3については 主 に 道 徳 や 特 活 で 取 り 上 げられ

More information

注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD) 1 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 の 概 要 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder)とは 年 齢 あるいは 発 達 に 不 釣 り 合 いな 注 意 力 又

注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD) 1 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 の 概 要 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder)とは 年 齢 あるいは 発 達 に 不 釣 り 合 いな 注 意 力 又 Ⅱ LD ADHD 高 機 能 自 閉 症 等 の 理 解 学 習 障 害 (LD) 1 学 習 障 害 の 概 要 学 習 障 害 (Learning Disabilities)とは 基 本 的 には 全 般 的 な 知 的 発 達 に 遅 れはないのに 聞 く 話 す 読 む 書 く 計 算 する 又 は 推 論 する 能 力 のうち 特 定 のものの 習 得 と 使 用 に 著 し い 困 難

More information

彼 女 の 一 番 の 弱 点 は 画 像 だ しわやたるみといった 年 齢 を 感 じさせるような 画 像 が 一 番 怖 い ヒラリー 氏 は 自 分 の 弱 点 をごまかすことなく 得 意 な 顔 を 見 せるやり 方 を 取 るだ ろうが 昔 の 彼 女 を 知 っている 有 権 者 に 歳

彼 女 の 一 番 の 弱 点 は 画 像 だ しわやたるみといった 年 齢 を 感 じさせるような 画 像 が 一 番 怖 い ヒラリー 氏 は 自 分 の 弱 点 をごまかすことなく 得 意 な 顔 を 見 せるやり 方 を 取 るだ ろうが 昔 の 彼 女 を 知 っている 有 権 者 に 歳 ヒラリー クリントン 氏 出 馬 表 明 ~2016 米 大 統 領 選 ~ 要 旨 ~ ヒラリー クリントン 氏 が2016 年 の 米 国 大 統 領 選 への 立 候 補 を 表 明 した これほど 早 い 時 期 に 立 候 補 を 表 明 した 理 由 の 第 一 は 候 補 者 を 絞 り 込 むプライマリー( 予 備 選 挙 ) がかなり 前 倒 しになっているからだ プライマリーを

More information

1 はじめに いじめほど 残 酷 で 恐 ろしくて 無 意 味 な 行 為 は 他 には 存 在 しないのではないか いじ めが 起 これば 被 害 者 には 心 に 大 きな 傷 を 残 し 加 害 者 は 被 害 者 の 苦 しみや 痛 みをずっと 背 負 っていかなければならなくなる いじめの

1 はじめに いじめほど 残 酷 で 恐 ろしくて 無 意 味 な 行 為 は 他 には 存 在 しないのではないか いじ めが 起 これば 被 害 者 には 心 に 大 きな 傷 を 残 し 加 害 者 は 被 害 者 の 苦 しみや 痛 みをずっと 背 負 っていかなければならなくなる いじめの いじめを 無 くす 為 に ~ 現 代 いじめについて 考 える~ 群 馬 県 立 太 田 女 子 高 等 学 校 1 年 菊 田 未 来 目 次 1 はじめに 2 現 代 いじめの 特 徴 (1)いじめっこは 存 在 しない!? (2) 仲 良 しグループの 中 でのいじめ 3 いじめをなくすために 私 たちにできること (1) 依 存 心 をなくす (2) 趣 味 を 見 つける 4 いじめをなくすために

More information

100% 90% 80% 70% 60% 50% 40% 30% 50 歳 以 上 45~49 40~44 35~39 30~34 25~29 歳 25 歳 未 満 20% 10% 0% 1982 1984 1986 1988 1990 1992 1994 1996 1998 2000 2002 2

100% 90% 80% 70% 60% 50% 40% 30% 50 歳 以 上 45~49 40~44 35~39 30~34 25~29 歳 25 歳 未 満 20% 10% 0% 1982 1984 1986 1988 1990 1992 1994 1996 1998 2000 2002 2 歯 科 技 工 士 問 題 の 改 善 を 目 指 して 第 1 章 歯 科 技 工 士 の 置 かれている 現 状 歯 科 技 工 士 の 置 かれている 現 状 については 過 去 に 資 料 をUPしていますが 注 1 ここでは 新 しいデータを 追 加 し 要 点 を 挙 げてみます 注 1 歯 科 技 工 士 環 境 について http://www.minnanoshika.net/wiki/index.php?%bb%f5%b2%ca%b5%bb%b9%a9%bb%ce%b4%c4%b6%ad%a4%cb%a4%c4%a4%a4%a4%c6

More information

1 日 時 平 成 27 年 10 月 23 日 ( 金 ) 15 時 30 分 から 17 時 30 分 2 場 所 野 木 町 役 場 本 館 2 階 大 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 敬 称 略 ) 真 瀬 宏 子 ( 野 木 町 長 ) 舘 野 本 嗣 ( 野 木 町 副 町 長

1 日 時 平 成 27 年 10 月 23 日 ( 金 ) 15 時 30 分 から 17 時 30 分 2 場 所 野 木 町 役 場 本 館 2 階 大 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 敬 称 略 ) 真 瀬 宏 子 ( 野 木 町 長 ) 舘 野 本 嗣 ( 野 木 町 副 町 長 第 1 回 台 風 18 号 に 伴 う 大 雨 被 害 検 証 委 員 会 ( 平 成 27 年 9 月 関 東 東 北 豪 雨 被 害 検 証 委 員 会 ) 会 議 録 要 旨 野 木 町 総 合 政 策 部 総 務 課 1 日 時 平 成 27 年 10 月 23 日 ( 金 ) 15 時 30 分 から 17 時 30 分 2 場 所 野 木 町 役 場 本 館 2 階 大 会 議 室 3

More information

宮川.pwd

宮川.pwd 人 気 と 行 列 の 経 済 学 モデル 宮 川 栄 一 はじめに 大 学 を 選 択 するときのように, 選 ばないといけないが 各 選 択 肢 の 価 値 がよく 分 からない,という 場 合 がよくあります 神 戸 大 学 への 入 学 を 決 めたとき, この 大 学 にどれだけの 価 値 があるか,よく 分 からなかったのではないでしょう か 旅 行 先 の 見 知 らぬ 場 所 で 食

More information

を 傷 つけることもあった そこで 本 単 元 では 命 の 大 切 さと 男 女 の 平 等 という2 点 を 重 点 的 に 取 り 上 げ 男 女 と いう 性 差 を 取 り 払 い 一 人 の 人 間 として 周 りの 人 間 も 尊 重 し 大 切 にする 心 情 を 育 てたいも のと

を 傷 つけることもあった そこで 本 単 元 では 命 の 大 切 さと 男 女 の 平 等 という2 点 を 重 点 的 に 取 り 上 げ 男 女 と いう 性 差 を 取 り 払 い 一 人 の 人 間 として 周 りの 人 間 も 尊 重 し 大 切 にする 心 情 を 育 てたいも のと 第 6 学 年 学 級 活 動 学 習 指 導 案 日 時 平 成 18 年 11 月 22 日 ( 水 )5 校 時 児 童 6 年 1 組 男 12 名 女 10 名 計 22 名 指 導 者 藤 原 学 1 単 元 名 男 女 の 役 割 について 考 える ~ 自 らしく 生 きる~ 2 単 元 について (1) 児 童 について 児 童 は 明 るく 元 気 で 男 女 仲 よく 協 力

More information