<4D F736F F D2091E63789F1926E88E6836F83588CF092CA8A8890AB89BB835A837E B8D E2E646F63>

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E63789F1926E88E6836F83588CF092CA8A8890AB89BB835A837E8369815B8D758989985E2E646F63>"

Transcription

1 1. 基 調 講 演 くらしを 支 えまちを 楽 しくするバス 路 線 をみんなでつくりませんか? 加 藤 博 和 名 古 屋 大 学 大 学 院 環 境 学 研 究 科 准 教 授 名 古 屋 大 学 環 境 学 研 究 科 の 加 藤 といいます 遠 いところへお 招 きいただいて 本 当 にあり がたいと 思 っています 仕 事 も 名 古 屋 中 心 でやっていますので 本 日 は 吉 田 先 生 が 三 沢 や 八 戸 でかなりしっかり 仕 事 をされていて 恐 らく 吉 田 先 生 の 意 図 としては この 地 域 を きちんと 見 て 名 古 屋 で 仕 事 をやれという 意 味 だと 思 います タイトルですが くらしを 支 えまちを 楽 しくするバス 路 線 をみんなでつくりませんか? という 明 るめのタイトルにし ました 今 日 は 青 森 空 港 を 出 まして 青 森 駅 までシャトルバス それから 野 辺 地 まで 青 い 森 鉄 道 ここまでは 良 かったのです 野 辺 地 駅 で 降 りてバスのりばに 行 きますと タイトルと 全 く 真 反 対 の 楽 しげさが 全 くないという 状 態 です ここから 三 本 木 営 業 所 行 きのバスに 乗 りま した ずっと 貸 切 で 走 ってきまして 途 中 から 3 人 おばあさんが 乗 ってきまして 十 和 田 市 駅 で 降 りました するとそこもこういう 調 子 なのです どうですか これ くらしを 支 え まちを 楽 しく 過 ごそうと 全 く 真 反 対 私 が 最 初 にというか 今 日 これだけでもいいのです けれど 皆 さんにお 伝 えしたいと 思 ったのは こんなことでいいのかということです 私 は 十 和 田 市 駅 から 十 和 田 市 中 央 まで 歩 いている 間 に 機 関 車 トーマスを 思 い 出 しました ご 存 じですか 機 関 車 トーマス トーマスの 口 ぐせは 何 なのかというと 失 敗 ばかりしてい ますが 僕 は 役 に 立 つ 機 関 車 になりたい といつも 言 っています 公 共 交 通 は みんなそ う 思 っているのではないですか 役 に 立 ちたい それが 何 ですか これは 全 然 応 えてい ないではないですか こんなので はっきり 言 ってもう 話 にならないと 思 います 誰 が 使 うのですか こんなことで 役 に 立 たないのではないですか 何 年 か 後 に 私 はきっとまた 来 るでしょう その 時 まだこの 調 子 だったら 本 当 に 怒 りま す これは しゃれにならないです やっぱりこういうところから 改 めていかないと も う 話 にならないと 思 います 一 昨 日 は 新 潟 にいたのです 9 月 4 日 から 6 日 で 佐 渡 で 研 究 室 合 宿 があったのですが 私 はちょっと 遅 れて 5 日 の 午 後 に 入 ることにしまして 5 日 の 午 前 中 は 新 潟 の 中 心 部 で 朝 6 時 から 起 きだしてうろうろしていました 新 潟 BRT と 呼 ばれるものを 見 るためにで す 1 / 57

2 これについて 皆 さん 聞 いておられますか 今 日 行 くといいですよ 無 料 です IC カード のシステムが 不 具 合 がありまして 昨 日 と 今 日 は 無 料 で お 金 を 取 らないで 走 っています これは 極 めて 賢 明 で そういうところで 変 なトラブルがあるよりは もう 無 料 にしたほう がいい これは 間 違 いないでしょう それから 乗 り 継 ぎを 前 提 とするシステムになった ので 乗 り 継 ぎする 上 に 運 賃 収 受 でややこしいと 大 変 なので 運 賃 収 受 はしないで ある 種 の 実 験 としてやるのもいいのではないのかと 思 います ただ 私 は 新 潟 に 4 日 の 夕 方 に 入 りました 4 日 の 新 潟 のバスと 5 日 の 新 潟 のバスに 乗 っ たわけです そうしたら 4 日 の 夜 何 本 かバスに 乗 りましたけれど 明 日 から 変 わるとい う 雰 囲 気 が 全 くないのです 今 まで 何 十 年 やってきたものが 明 日 から 変 わるのに 考 えられ ない ほぼ 何 の 告 知 もないのです 私 が 新 潟 駅 から 乗 ったバスで これは 明 日 から 乗 り 換 えになるバスというのがありました 運 転 手 が 何 か 言 ったらいいと 思 うのです 明 日 から 乗 り 換 えになって ちょっと 申 し 訳 ないですがよろしく とか しかし 何 もないのです これも 考 えられないと 思 いました BRT と 言 っていますが 新 潟 の 取 組 は 具 体 的 には 連 節 バスを 入 れたりとか 幹 線 と 支 線 にネットワークを 分 けまして 幹 線 は 幹 線 なり 支 線 は 支 線 なりのサービスの 提 供 をする ということで 効 率 化 するというものです これ 自 体 は 日 本 がいろいろな 都 市 でやろうとし ていること あるいはやってきたことの 一 つの 応 用 例 であると 考 えています 少 し 具 体 的 に 楽 しいまちとかそういうことの 前 に 基 本 的 な 条 件 として 今 やはり 日 本 の 中 では 無 駄 にバスがたくさん 走 っていることがあるというのは 間 違 いないわけです 確 かに 9 月 4 日 の 夜 の 新 潟 を 見 ても 空 バスがどんどん 走 っています どうしてかというと 郊 外 のい ろいろなところに 行 き 先 があって でも 都 市 部 は 同 じところを 通 るので 結 局 みんながら がら だけれど 乗 っている 人 は 郊 外 まで 行 くので 便 利 ですからバス 会 社 にとっては 非 常 に 非 効 率 ということです これだと 経 営 ができない そのため 補 助 金 がたくさん 必 要 にな ります だから 今 回 のことをやっているわけで これ 自 体 は 決 して 悪 いことではありませ ん 以 前 は とにかくバスを 走 らせるというのがいいという 時 代 がありました 例 えば 九 州 のほうの 大 きなバス 会 社 で 10 年 ほど 前 に 私 は 講 演 させていただいたことがあります 講 演 後 幹 部 の 方 とお 話 ししたときにおっしゃったのが 本 当 に 忘 れられないのです うちはと にかくどれだけバスが 並 んでるかが 勝 負 です 並 べていないと 買 ってくれないから よく 分 かります 露 出 することが 大 事 だけれど あまりに 並 びすぎなのです 今 となってみ 2 / 57

3 たら たくさんバスを 走 らせてもそれに 見 合 う 利 用 がない あるいは 走 らせるにも 金 がか かるということで なかなかできなくなってきました つまり 今 はどうすれば 少 ないバス でたくさんの 方 に 使 っていただけるかということが 大 事 になってきます だけれど 実 際 に 皆 さんがやっていることというのは たくさんの 方 に 使 っていただけないところは 切 る という そっちをやっているのではないですかということなのです 本 当 は たくさんの 方 にどう 使 っていただけるかということを 考 えなければいけない その 方 法 がよく 分 から ないので たくさんの 方 に 使 っていただけないところはやめようねという 方 向 にいってし まっています これがやむを 得 ないとしても 乗 り 継 ぎというのが 非 常 に 大 事 になるわけ で 今 回 その 肝 となるところの IC カード つまり 乗 り 継 ぎ 割 引 をできるようにする ここ がダウンしているということなので 本 当 に 痛 いところを 突 かれたということです しか し IC カードがどうとか 言 う 以 前 に そもそもお 客 様 を 見 た 再 編 と 言 えるのかどうかとい うところから 考 え 直 さなければいけないのではないでしょうか つまりそれは 再 編 する 前 日 の 夜 の 段 階 で 何 ら 説 明 がないとか あるいは 停 留 所 の 掲 示 を 見 ても 意 味 が 全 く 分 から ないとか そんなことで 変 えました 乗 ってください 何 とかバスを 守 らなければいけ ないので 迷 惑 掛 けますけれどお 願 いします なんて 頼 んで 誰 が 使 ってくれるかという ことです 公 共 交 通 だからいいだけで 普 通 の 商 品 だったらアウトでしょう だから あっ てはならないなということを 強 く 思 っています ちょうど 図 らずも 今 日 三 沢 でこのような 機 会 を 得 られましたので 非 常 に 今 強 くそういう 気 持 ちを 持 っているということをお 話 し した 次 第 です もう 少 しだけ 暗 い 話 をします これは 昨 年 の 11 月 に あるバス 会 社 が 出 したプレスリリー スになります 要 するに 廃 止 減 便 をさせていただきますというのが 書 いてあるのです が 理 由 が 燃 料 費 が 高 くなりました 運 転 手 が 足 りません 車 両 にお 金 がかかります だからやめさせてもらいたいという そういうプレスリリースなのです 私 はこれを 見 た ときにも 本 当 に 衝 撃 を 受 けました 今 までのバスの 廃 止 とか 減 便 の 告 知 というのは モータリゼーションが 進 みました 過 疎 化 が 進 みました 高 校 生 も 少 なくなりました 利 用 が 少 なくなったのでやめさせてもら います ということだったのが 今 や 供 給 側 の 都 合 です 供 給 できないのでやめさせてく ださいという 時 代 になってきたということです もちろん なぜ 供 給 できなくなったかと いうと 儲 からなくなったからということがあるわけです つまり 今 は そう 簡 単 にバス サービスは 買 ってもらえません では 買 ってもらおうといろいろ 考 えようと 思 っても 買 っ 3 / 57

4 てもらえるようなサービスを 作 り 出 す 仕 組 みやノウハウが 不 足 しています あるいは 考 え る 人 がいないのです 買 ってもらえないとやる 気 も 出 ません どうでしょう? 今 日 私 が 野 辺 地 で 乗 ったバスの 運 転 手 は 私 が 乗 ったことでやる 気 を 出 してくれたかな 私 が 乗 ら なかったら ずっと 誰 も 乗 っていなかったわけです 乗 ってくれて 良 かったなと 思 ってく れたらいいのですけれど そんなことが 毎 日 続 いていたら やる 気 もなくなりますよね だからサービスも 劣 化 します さっきの 駅 前 のああいう 風 景 になるわけです そんなやる 気 が 出 ないような 職 場 に お 金 をもらって 誰 が 働 きたいと 思 うのでしょうか 国 土 交 通 省 も いろいろ 運 転 手 確 保 とか 言 っていますけれど その 根 本 をやらなければ 働 く 人 などい ないです だからやはり 魅 力 的 な 路 線 バスを 作 り 出 すということをやっていかなければ 運 転 手 だって 集 まるはずがない あるいは 給 料 だって 出 せないのです バスの 後 方 部 に バス タクシー 乗 務 員 募 集 なんて 出 していますけれど これだって 当 たり 前 にやっていますよね でも 最 悪 でしょう こんなのを 出 して 誰 が 来 ます?ここ に 告 知 するのは 自 社 商 品 の 宣 伝 であるとか あるいはもし 運 転 手 を 確 保 したいのであれ ば 嘘 でもいいので 業 務 拡 張 のため と 書 いたらどうですか 最 近 真 に 受 けて 拡 張 するわけでもないのに 業 務 拡 張 のため という 広 告 を 出 す 事 業 者 も 出 てきました 大 型 二 種 免 許 を 取 っている 方 は ここに 運 転 手 募 集 が 出 ている 会 社 は 労 働 条 件 が 悪 い 会 社 だよ と 考 えているわけです 年 中 出 している 会 社 は 非 常 に 悪 い 会 社 だということを 思 ってい るわけです だから 絶 対 ここに 出 してはいけないのです ここには 自 社 商 品 の 宣 伝 を 出 さ なければいけないのです 最 近 はそこを 飛 び 越 えて バス 運 転 手 募 集 ではなく 地 域 を 支 えませんかと 募 集 している 事 業 者 も 出 てきています 確 かにバスの 運 転 は 地 域 を 支 える 仕 事 ですが そうすると 応 募 が 倍 とか 3 倍 ぐらいになるらしいです そうなのです バスの 運 転 あるいはバス 会 社 というのは 地 域 を 支 える 仕 事 なのです ただ 運 転 する 会 社 ではな いのです ただ 本 当 に そう 言 えるのかどうかということです これがバス 活 性 化 委 員 会 のミッションだと 考 えています 加 藤 先 生 そんなこと 言 うけど うまくいかないんです よ 今 まで 1 回 もそんなにうまくいったことないじゃないですか とおっしゃる 方 がたく さんおられます それはそうです そう 簡 単 ではありません どうしてもこの 業 界 には 成 功 体 験 が 必 要 です 暗 い 話 ばかりで 待 遇 も 悪 い 企 業 に 若 者 が 入 るわけがありません 運 転 手 不 足 解 消 は 前 を 向 く 業 界 にならないとできません 利 用 が 減 るほど 税 金 が 還 付 さ れる 補 助 をたくさんもらえるように 路 線 をいじる という 負 け 犬 根 性 で こんなことで 存 続 するわけながないのです どう 脱 却 するか?そのときに 例 えば 高 校 生 や 大 学 生 の 定 4 / 57

5 期 券 を 全 線 定 期 にして かなり 安 くするという 大 胆 な 政 策 を 西 鉄 が 取 ることで 九 州 全 体 のバス 利 用 者 数 が 西 鉄 も 含 め 全 部 のバス 利 用 者 数 が ずーっと 減 少 だったのが 増 加 に 転 じたのです 西 鉄 だけの 増 加 ではないです 九 州 全 体 の 増 加 になった このエコルカード という 成 功 例 があります 十 勝 バスの 話 は 有 名 ですが 戸 別 訪 問 セグメント 別 案 内 パンフ パック 販 売 で 顧 客 を 掘 り 起 こす お 客 さんはそのへんにいるはずなのに 何 も 訴 求 してなかった きちんと うちの 商 品 が 何 なのかと うちの 商 品 を 使 って 何 ができるかという 宣 伝 をすれば お 客 さ んは 来 てくれます それを 地 道 にやったことで こちらも 30 年 ぶりの 増 加 になったのです それと 福 島 交 通 のように 会 社 に 通 う 方 に 使 っていただくために 本 人 に 言 うよりも 当 然 会 社 のお 金 で 定 期 券 は 買 っているわけですから 会 社 に 言 ったほうがいい では 大 口 割 引 をやったらどうかと そこにどんどん 営 業 したらどうかということをやったことで 増 益 をはたして ベアを 実 現 したのです バス 会 社 でベアというのは とんと 聞 かない 言 葉 だっ たわけですが 言 っては 悪 いですけれど 福 島 交 通 でベアですよ やればできるのです それから これは 名 前 を 出 してほしくないというので 出 しませんけれど ある 会 社 は ずーっとここ 三 十 何 年 利 用 者 数 が 減 少 そしてそこで 自 治 体 と 一 緒 になってやったこと で ある 路 線 が 増 客 しました そのときに その 増 客 の 結 果 を 見 て 初 めて 前 年 比 100 パー セント 以 上 というのを 見 たという 今 まで 前 年 98 とか 97 とかしか 見 たことなかったのが 初 めて 3 ケタの 数 字 を 見 た できるんだねと 素 で 感 動 したという あるバス 会 社 の 役 員 これは 普 通 の 会 社 から 見 ると 考 えられないほどレベルの 低 い 話 ですけれど これでもバス 会 社 にとっては 成 功 体 験 なのです そして 今 この 会 社 は 生 まれ 変 わったように 頑 張 って います でもこの 地 域 も 成 功 体 験 があるではないですか 八 戸 の この 共 同 運 行 これは 本 数 は 減 らしたのに 利 用 が 増 やせたという 最 もバス 会 社 にとってはありがたいことです よね でも 利 用 者 にとってもっとありがたかったので 利 用 が 増 えたわけです つまり 頭 を 使 って 路 線 を 立 て 直 せば まだまだ 訴 求 できる 余 地 はあるということです それを 身 をもっ て 示 した 例 だと 思 います これをみんなが 全 国 で 競 ってやれば 十 分 余 地 はあるはずです これからも 利 用 を 増 や していける あるいは 皆 さんにもう 1 回 バスを 見 直 していただける 余 地 は 十 分 どころか 十 二 分 に 十 五 分 にもあると 思 っています ということで 前 置 きが 長 いのですけれど 本 日 ご 一 緒 に 考 えていただきたいことというのは どうすればバスを 含 めた 地 域 公 共 交 通 が 息 を 吹 き 返 す そして 事 業 が 息 を 吹 き 返 す そして 活 き 活 きとしたものになるのかというこ 5 / 57

6 とを 皆 さんで 考 えてみたい そのためには バスや 公 共 交 通 事 業 者 が 地 域 や 利 用 者 にあり がたがっていただけて 地 域 を 持 続 的 に 支 える 公 共 交 通 網 サービスを 実 現 できる そう いう 会 社 になるということが 大 切 です そして 地 域 住 民 の 皆 さんに 人 ごとではないんだ と きっとこの 地 域 でも あるいは 全 国 いたるところでそうだと 思 うのですが 勝 手 にやっ ている 地 域 の 住 民 の 皆 さんは バスなんか 勝 手 に 走 っていて われわれは 何 言 ったって 関 係 ないと 思 っている 方 がほとんどだと 思 うのです そうではなくて われわれが 何 かや れば 言 えば 変 わるのだということを 思 ってもらうのです そして 自 治 体 には まさに 機 関 車 トーマスです きちんと 公 共 交 通 の 役 に 立 つように 生 かしていくための 構 想 戦 略 戦 術 ここをきちんと 磨 いていただく そして 事 業 者 には 後 でお 話 ししますが 企 画 提 案 サービス 力 をつけていただく これらを 束 ねるキーワードが これも 後 で 説 明 しま すが 現 場 起 点 一 所 懸 命 適 材 適 所 という 三 つです 小 さくていいので さっきの 成 功 体 験 一 歩 踏 み 出 す そして 事 業 者 が 元 気 になってほしい そうなればきっと 人 が 集 まって どんどん 明 るくなっていけるはず このプラスの 回 転 にどう 転 換 するかという ことが 私 の 一 番 の 願 いというか ミッションだと 考 えています これは 北 海 道 のある 市 の 駅 前 バスのりばです 駅 からバスに 乗 ろうとすると 何 か 迷 路 のようで 案 内 板 がいろいろあるんです いっぱいあるんですけれど どれを 見 てもさっぱ り 分 かりません これなどバス 停 は 右 だと 書 いてあるのに 左 前 方 に 見 えているのですよ 行 きたいじゃないですか で みんな 横 切 って 行 くから バリケードを 築 いてどんどん 行 けなくしたという こういう 人 間 の 心 理 を 全 く 考 えていない 駅 とかバスターミナルを 作 り 出 してしまうのです 全 くおもてなしのかけらもないようなバスサービスだなということ になります すなわち 供 給 者 目 線 なのです 要 するに バス 交 通 は 全 国 の 大 半 の 地 域 で 一 見 さんお 断 りということです それほど 不 便 でないのに 知 られていない 分 かってもら えていないという 場 合 が 結 構 あります あるいは でもどこでも 行 ける 自 家 用 車 と 違 って 公 共 交 通 は 特 定 の 時 間 や 行 先 しか 利 用 できない ただこれというのは 逆 に 特 定 の 行 先 とか あるいは 時 間 には 非 常 に 便 利 ではないのという 考 えも 出 てきます だから なぜそういう 時 間 にそういう 場 所 に 走 らせるかということを 使 いたい 人 にきち んと 分 かってもらえれば 使 ってもらえるはずなのに そのへんを 漫 然 と 宣 伝 しているのか していないのか 分 からない とにかく 走 っているよとか 時 刻 表 見 てもさっぱり 意 味 が 分 かりません こんなのを 使 っているのだったら レンタカーの 予 約 をしたほうがマシだね という 話 になってしまいます 使 えない 人 は 結 構 いるはずです だから 使 い 方 が 分 かるよ 6 / 57

7 うにするということは 非 常 に 重 要 で 十 勝 バスの 社 長 の 路 線 バスは 不 便 ではなく 不 安 と いうのは 非 常 に 名 言 であって はっきり 言 って 多 くのところでわざと 分 かりにくく 見 せて いるのではないのかなと 思 えるほど 分 かりにくいのです 逆 に 言 えば そうたいして 金 をかけなくてもやれることはいっぱいあるし それさえもやっていないのです だから それぐらいまずやりません?ここからやり 直 さないと そのときに 全 国 的 に MM をやると かバスマップを 作 るとか いつもそれなのですけれど それは 必 要 ですか? 停 留 所 の 時 刻 表 もまともに 読 めないのに そんなのをやって 何 か 意 味 があるんですか 私 はまず 停 留 所 の 時 刻 表 をどうやって 見 やすくするかということから 始 めるべきだと 思 います だから そういうことから 始 めない 人 というのは バスに 乗 ったことがない 人 でしょう 使 ったこ とがないから 分 からないのです バスについては 配 布 物 掲 示 車 両 LED 表 示 車 内 案 内 ウェブサイト 案 内 所 系 統 図 時 刻 表 のりば 案 内 系 統 番 号 愛 称 経 由 行 先 いろいろな 要 素 があるのです けれど これらがばらばらだから 分 からないということが 結 構 あるのです 三 沢 の 場 合 は そこをかなりやっておられるわけです ただ 少 しくどいかなという ちょっとそこまで 盛 ると 情 報 が 多 すぎて なかなか 分 からないなというのはありますが 不 足 しているという のよりはずっといいのかなという 気 がします それから 路 線 をいじらないでダイヤをい じらないで 分 からせようとしても 元 が 複 雑 だから 分 からないというのもあります これ は 案 内 を 考 えると 認 識 できるのです 案 内 しようとしても 複 雑 で 案 内 できない つまりこ れは 普 通 の 方 に 使 っていただく 以 前 に 分 かっていただくことができない だったら ま ず 分 かっていただくために 分 かる 路 線 に 変 えるべきではないかというのが 出 てきます これが 路 線 再 編 の 大 事 なポイントです だから 新 潟 の 場 合 も ある 特 定 の 幹 線 の 部 分 に 乗 客 や 需 要 集 中 しているので そこを 分 かりやすくしましょうというコンセプトでやっているわけです そこは 非 常 に 評 価 できる ところなのです 分 かりやすい 案 内 にしないと 使 ってもらえない しかし 何 を 案 内 すべき か 分 かっていないのかも これが 実 態 なのかなという 気 がします つまり 今 の 路 線 の 中 で 乗 っておられる 方 がいますので そういう 方 はその 時 間 にそこへ 行 きたいという 需 要 があるわけです そういう 方 々に ちょっと 30 分 早 めてもいいかとか 言 ったときに 30 分 早 めて 何 するの? と 言 われて それはよく 考 えていません というのが 現 実 なのでは ないでしょうか あるいは 30 分 早 めて こういう 人 に 乗 ってもらいたいのですと 言 っても 実 はそういう 人 たちに その 心 は 伝 わりません だから 実 際 に 変 えても 乗 ってくれません 7 / 57

8 今 まで 乗 っていた 人 は 乗 らない だからいなくなってしまうのです それで 再 編 はうまく いかない こういうことが 多 いのではないかと 思 うのです 案 内 は これは 私 も 少 し 関 与 した 京 都 駅 の 北 口 烏 丸 口 の 例 ですが 京 都 は 非 常 にバスが 分 かりにくかったわけですけれど 少 なくともこういう 統 一 案 内 板 が 必 要 ということで どこののりばで どこの 系 統 で 何 分 に 出 るかということがスパッと 分 かるようなものを 一 番 前 に 置 く しかも だいたいバスの 行 先 というのは ターミナルかど 田 舎 かどちらか であると ど 田 舎 は 示 してもそこへ 行 く 人 はいないので 訴 求 力 がありません それよりも 途 中 の 行 きたいところを 表 示 したほうがいいのです 京 都 の 場 合 は 金 閣 寺 だとか 清 水 寺 だとかそういうところがあるわけで そういうところを 中 心 に 表 示 をするということを 昔 からやっていますけれど 特 に 強 調 してやることにしたということです それに 合 わせて こういった 地 図 や あるいはこの 表 示 こういうものを 全 部 統 一 した それで きちんと のりばまでたどっていくとたどり 着 けるという お 客 様 目 線 での 見 直 しをやったというこ となのです 京 都 は 路 線 が 膨 大 で お 客 様 もすごくたくさんいるし かなり 金 をかけてこ れをやられました なんと 驚 いたことに 方 向 幕 に 戻 したという これは 驚 きでした だ けれどそれは 利 用 者 にとって 分 かりやすいのであったら そちらのほうがいいというお 考 えの 下 にやられたのであって それで 実 際 に 分 かりやすくもなったので 決 して 間 違 っ た 方 向 ではないのかなと 思 うのです 京 都 はこれをやっただけでも 多 くの 方 が 京 都 のバスって 変 わったね とおっしゃって いるのです 多 くの 路 線 は 変 わっていないのに 見 せ 方 を 変 えただけで 京 都 のバス ちょっ と 変 わったよ という 話 が 出 ているわけです でも 本 当 はそれだけではなく もっと 根 本 的 に 変 えていかないといけないのかもしれません そのためには いつも 言 っているので すが 現 場 を 見 て 固 定 観 念 に 囚 われず 現 場 を 変 える まずは 一 体 この 路 線 というのは 誰 が 使 うのだろう 俺 がこの 路 線 をいじっていいとなったら 一 体 誰 に 使 ってほしいのか を 考 えるのです だとしたら 何 分 に 設 定 したらいいのだろう どういうふうに 停 留 所 を 置 けばいいのだろう どういうふうに 経 由 したらいいのだろう そういうことでいろいろ と 考 える 中 で 今 までの 固 定 観 念 に 囚 われない 新 しいデザインが 出 てくるのです それと 今 と 同 じ 調 子 で どこを 変 えたらいいのか いや ここを 取 ってしまうと これは 難 しい から やっぱりここは 動 かせないよね だけどこっちはできるんじゃない?そういうこと を 自 分 の 中 でも 考 えて いろいろな 人 と 議 論 しながら 作 っていく これが 大 事 だと 思 いま す そのポイントが 二 つです 一 つが お 客 様 や 地 域 のニーズに 応 えるコンテンツ 見 か 8 / 57

9 けでなく 本 当 のニーズは 何 なのか それから 安 全 は 当 然 大 事 です コミュニティバスなど で けちってたくさん 乗 るところをまわろうとしたために 運 転 手 がとんでもなく 息 切 れ してしまった あるいは これではお 話 にならないというふうに 指 導 を 受 けて 本 数 を 減 らさなければならなくなった こういうのが 最 近 相 次 いでいます そんなことでは 運 転 手 が 居 つくわけではない どんどんどこかへ 行 ってしまいます 安 全 を 大 前 提 にして 移 動 サービスを 通 じて 地 域 に 利 益 をもたらせるにはどうしたらいいのか ここを 考 えなけれ ばいけません そして お 客 様 や 地 域 に 選 んでいただけるサービスというのは 何 なのでしょうか その ポイントは 利 用 者 が 運 賃 払 っていただけるかどうか 自 治 体 地 域 に 補 助 金 や 負 担 金 を 払 っていただけるかどうか この 補 助 金 とか 負 担 金 というのは 今 まで 赤 字 をカバーする というのがそうでしたけれど これは 運 賃 の 一 つとして 考 えるべきでしょう 自 治 体 や 地 域 にとって その 路 線 が 必 要 であれば 乗 らない 人 も 含 めてそのバスにお 金 を 払 わなけれ ばならない だから 乗 らないけれど 運 賃 だという この 発 想 でなければいけないのです そうではなくて あのバスがなくなったら 困 るから とにかく 赤 字 補 填 という こういう 発 想 はやめなければいけません 今 までそれをやり 続 けてきたから 路 線 がずっと 延 命 し てきてしまったのです 改 善 ではなく ずっと 延 命 してきたという これが 現 状 なのです 日 本 の 場 合 は 多 くの 地 域 でバス 会 社 は 独 占 ですので あるいは 鉄 道 会 社 も 独 占 ですの で これができる 事 業 者 は 残 っていけるのだけれど そういう 事 業 者 や それをサポート できる 自 治 体 がある 地 域 も 残 っていける これが 1 対 1 だという 選 べないというところ がもどかしいけれど 逆 の 言 い 方 をすれば 事 業 者 と 自 治 体 が 心 を 合 わせてやれば パー トナーシップ いろいろな 困 難 を 乗 り 越 えて より 良 い 公 共 交 通 網 を 作 りだしていける 可 能 性 があるということを 意 味 していると 思 います 今 この 話 をしたのですけれど 実 は この 考 えが 改 正 地 域 公 共 交 通 活 性 化 再 生 法 における 地 域 公 共 交 通 再 編 実 施 計 画 の 考 え 方 なのです どうも 運 輸 局 が 再 編 実 施 計 画 の 説 明 をされると 全 然 そういう 説 明 をされない のですけれど 私 自 身 は 作 るほうに 関 わっていましたから 再 編 実 施 計 画 というのは 何 な のかと 言 ったら ここなのです 自 治 体 と 事 業 者 が 心 を 合 わせて 公 共 交 通 をどうしていっ たらこの 地 域 が 便 利 になって 魅 力 的 になるかを 考 えて 納 得 できて そこで 協 定 を 結 べる そういうところであったら 国 としては いろいろ 恩 典 を 与 えますよという そういうシ ステムを 作 り 出 せば じゃあやってみようか 今 までいろいろけんかもあったけど 心 を 合 わせてやってみようかという 自 治 体 や 事 業 者 が 増 えてくるのではないか これが 地 域 公 9 / 57

10 共 交 通 再 編 実 施 計 画 の 考 え 方 ですから ぜひそれをやってほしいです 先 日 岐 阜 市 が 第 一 号 認 定 を 受 けました 私 は 岐 阜 県 飛 騨 市 を 担 当 していまして まも なく 認 定 を 受 けるところです どちらも 今 まで 散 々けんかがありましたけれど 最 終 的 に は 地 域 を 良 くしていくためには やはりお 互 いが 腹 を 割 って 話 をして 公 共 交 通 を 良 くし ていくために 協 力 して 頑 張 っていかなければいけないという 納 得 をして それで 計 画 を 作 って 認 定 を 受 けます これはもし 皆 さんもそういうきっかけであるとすれば 網 計 画 は 当 たり 前 ですけれど 再 編 実 施 計 画 もやっていただけるといいなと 思 います そのためにどうすれば くるり と 変 えることができるのかということなのですけれど 四 つのポイントがあります 一 つは 一 体 バスに 乗 るのはなぜか この 付 加 価 値 を 認 識 す る 必 要 があるということです 今 モータリゼーションの 社 会 なので 普 通 に 動 くと 言 っ たら 車 に 乗 るわけです そこをあえてバスに 乗 るのはなぜなのか どうしたら 車 より 付 加 価 値 が 出 せるのか ここを 追 求 しなければいけないのです ここで 諦 める 人 がいるわけで す そんな 車 に 勝 てるわけがない しかしそうでもないのです みんな 100 パーセント 車 が 好 きで 乗 っているわけでもないのです 他 の 手 段 と 比 べて 何 が 強 みかという 差 別 化 を 考 えないといけないのです だけれど みんながそれを 受 け 入 れてくれるわけではないので す 例 えば 20 代 女 性 だったら 受 け 入 れてくれるとか 60 代 男 性 だったら 受 け 入 れてくれる とか こういう 顧 客 の 特 定 をしなければいけません そして 四 つの P というのがあるそう で 商 品 価 格 販 促 販 路 この 四 つをどういうふうにアレンジするかということです この 四 つのポイントについては マーケティングの 教 科 書 の 一 番 最 初 ぐらいに 書 いてあ ることの 受 け 売 りです 今 までで 一 番 そういうふうに 近 づいたのは コミュニティバスです コミュニティバス というのは 企 画 運 営 と 運 行 を 分 離 する つまり 採 算 に 囚 われないような 企 画 づくりが できるのです 公 共 交 通 というのは 赤 字 でも 仕 方 がない 利 用 者 からの 運 賃 だけではなか なか 運 営 できません これは 世 界 的 には 常 識 です 日 本 では そうではなかったですけれ ど お 客 様 あるいは 地 域 の 皆 さんにありがたがっていただけるためにどういうコンテンツ でなければいけないかを 企 画 することと 企 画 された 路 線 をどういうふうにうまく 運 行 す るかということを 一 緒 に 考 えるとなかなか 難 しいのです だからこれを 分 けたのです 分 けることによって やはり 採 算 を 考 えるとできないような 新 しい 基 本 コンテンツの 設 定 ができ それによって 地 域 にあった わかりやすく て 使 いやすい 公 共 交 通 が 実 現 し た これがムーバスであった ただ ムーバスというのは 人 口 密 度 が 平 方 キロで 2 万 人 10 / 57

11 を 超 えるような 多 分 青 森 県 内 ではそんなところは 全 くない 愛 知 県 でもそんなところは ほとんどありません という 非 常 に 特 殊 なところでできたものなので このコンテンツも 極 めて この 地 域 に 特 有 のものに 過 ぎません ところがこれが 皆 さんが 見 に 行 くと う ちでもこの 同 じような 小 さいバスを 入 れようとか 循 環 バスをやろうとか 100 円 バスをや ろうというふうに 形 だけ 真 似 るという まさにサルマネを 日 本 中 でやってしまいました このサルマネというのは 非 常 に 問 題 で 結 局 これも 地 域 を 良 くしようとか もっとたくさ んの 方 に 利 用 していただこうという 視 点 が 全 く 抜 けているのです ここでいいのがあった これうちでやればうまくいくのではないかという 非 常 に 上 滑 りな 考 え 方 で 入 れてしまっ ているのです 最 近 は コミュニティバスに 人 があまり 乗 らない 減 ってきたということ で デマンド 交 通 にされるところが 多 いのですが デマンドでもサルマネをやっています しかもコミュニティバスは 利 用 が 少 ないと 収 入 が 減 ってくるとか 利 用 者 数 が 減 って くるとか すぐ 分 かるのですけれど デマンドは 利 用 が 少 ないと 支 出 も 少 ないので 露 見 しない 私 は ある 自 治 体 の 担 当 者 に 言 われたことがあります 先 生 は 公 共 交 通 利 用 促 進 と 言 われるのですけれど 迷 惑 です デマンド 交 通 をたくさん 使 われたら 補 助 金 がたく さんいるので 困 ってしまうのです やめてもらえませんかと 言 われたことがあります ふ ざけていると 思 うのですけれど だけれどそこの 自 治 体 は やっぱり 何 で 公 共 交 通 を 作 っ てどうしてたくさんの 方 に 外 で 出 ていただきたいかということを 全 く 考 えていないという ことです 出 たいのに 出 てこられない 人 もいるから 仕 方 なく 補 助 金 を 出 してやってると いう そういうレベルの 発 想 しかないのです きっとその 自 治 体 は 非 常 に 悲 しいことだ と 思 います だけれど 当 然 たくさんの 方 に 利 用 されたら それはデマンドでも 補 助 金 どんどん 上 がっ ていきますね だから そこでどうやったらそのたくさんの 方 がもっと 束 になって 乗 って いただけるかというのが 乗 り 合 いです これをデザインするということが 必 要 になってく るのです これこそ 自 治 体 がやらなければいけないことでしょう? みんなばらばらに 動 くのだったら 政 策 でも 何 でもないではないですか そういう 人 たちは どうやったら 束 になるのか これをやるのが 政 策 でしょ? 実 はこれって 国 土 交 通 省 が 言 っているコン パクト&ネットワークではないですか できるだけ 束 になって 住 んでいただき できるだ け 束 になって 動 いていただくにはどうしたらいいのでしょう 1990 年 ぐらいまでは 成 長 していたからみんなもばらばらでも 良 かったのです 今 は 人 口 は 減 少 し 資 源 もなく エネルギーだってないのです CO2 だって 出 してはいけない 11 / 57

12 そういうときはどうしたらいいかと 言 ったら もう 少 し 固 まらなければいけない 時 代 で しょ となったら そのために 何 ができるかという 一 つの 確 信 は まさに 乗 り 合 いです なのに どうしてデマンドをやろうという 話 が 出 てくるのかということです デマンドは やむを 得 ずやることなのです そして コミバスのもう 一 つの 弊 害 だったのは 市 町 村 が 丸 抱 えすることで 住 民 事 業 者 がモラルハザードになるということです 市 がやってくれ るからいいんだ あるいは 市 がやってくれるからこっちにもまわしてもらわないと 困 ると 事 業 者 は そんなところにまわしたってお 客 さんいないからやめたいと 言 えましたが 市 はなかなか 言 えません だから どんどんと 野 放 図 に 路 線 がぐちゃぐちゃと 入 って 結 果 的 に この 路 線 もう 不 便 で 乗 らない というのが そこらじゅうにできあがるのです そして そんなのではバスは 駄 目 だということでデマンドになるという これは 公 共 交 通 で 地 域 を 幸 せにしようというのとは 全 く 真 反 対 の 方 向 です 総 合 病 院 乗 り 入 れは 路 線 バス 勝 利 の 方 程 式 これをやったら 利 用 が 増 えるから 私 もた くさんやってきました 今 日 も 野 辺 地 で 野 辺 地 病 院 を 見 てきました 病 院 は 各 地 を 訪 れ たらだいたい 見 に 行 きます のりばはどこにあるのかとか 病 院 の 中 で 案 内 をやっている かどうか そういうことを 見 ます これは 公 共 交 通 を 作 るのに 基 本 です ですけれど 本 当 にこれは 勝 利 の 方 程 式 なのでしょうかという 問 いかけです だって 病 院 というのは 行 きたくない 場 所 ではないですか 皆 さん 病 院 へ 行 きたいですか 行 きたくないところへ 連 れて 行 くバスが 幸 せをつくり 出 すバスなのでしょうか とてもそうは 言 えないでしょ う でも 高 齢 者 は 病 院 しか 行 くところがない あるいはみんな 病 院 に 集 まっているから 病 院 が 楽 しい 場 所 なのです 病 院 でこそ みんなと 話 ができるからです そこを 実 は われ われは バスを 病 院 に 集 中 させることで 強 いてしまっているのです 一 方 で 商 店 街 のほうから 大 型 店 ばかりに 入 れてないで 商 店 街 にもバスを 入 れてよ と 頼 まれることがあります これは 本 当 にいいことなのでしょうか 商 店 街 が 頑 張 ってく れなければ お 客 さんは 来 ませんよね 商 店 街 が 盛 り 上 がってきたら われわれが 入 れさ せてくれというのでないと あるいは どうせ 入 れるのだったら 商 店 街 と 一 緒 になって 商 店 街 を 盛 り 上 げる 政 策 をやりましょう 分 かった やろうよ こういうところでないと 入 れる 気 にならないです つまり 公 共 交 通 は 集 まれる 場 所 あるいは 集 まってほしい 場 所 とセットであるべきなのです 私 は 総 合 病 院 が 一 番 のターミナルになるような 地 域 と いうのは そういう 楽 しい 場 所 がない 地 域 だから 非 常 に 悲 しい 地 域 だなというふうに 考 えています ある 自 治 体 は 病 院 の 手 前 に 生 涯 学 習 センターと 温 水 プールがあります こ 12 / 57

13 れはいいですね 病 院 へ 行 く 人 は 本 当 に 病 気 の 人 だけ 手 前 の 生 涯 学 習 センターや 温 水 プー ルは 座 席 もいっぱいある 場 所 そこでほとんどおじいさんおばあさんは 降 りていただけま す そうするとどうなるかというと 医 療 費 が 確 実 に 減 ります 高 齢 の 方 は 必 ずどこか 悪 いので 病 院 へ 行 ったら 医 療 費 を 使 われます それが 使 われなくなります しかも 生 涯 学 習 や 温 水 プールなどで 元 気 になっていただける 元 気 になったらまた 街 へ 展 開 していただ けると いいことづくめではないですか その 市 は そういうことを 意 図 的 にやっているわけです そこの 病 院 が 私 立 なのでかも しれません 市 立 病 院 だとやっぱり 入 れなければいけないという あるいは 入 れてどんど ん 来 てほしいというところがあありますけれど そこは 私 立 だから そこまで 市 のコミュ ニティバスに 優 遇 しなくていいというところがあるみたいです だけれど こういうこと というのはすごく 大 事 だと 思 いませんか あるいはこういうものをつくり 出 すということ と バスをつくり 出 すというのを 一 体 的 にやるということです これもバスツアーだとか あるいはバスパックの 考 え 方 と 同 じです どういうところへみんなが 行 きたいのか それ とバスをどう 組 み 合 わせるか だから 普 通 の 乗 合 バスも 同 じなのです それによって お でかけ が 楽 しくなり おでかけを 楽 しくするためには さらに その 最 寄 の 停 留 所 は 施 設 になるべく 近 く あるいは 施 設 に 入 ったり 出 たりするときに 安 全 で 渋 滞 にも 巻 き 込 まれ ない つまり 自 家 用 車 の 駐 車 の 動 線 とはなるべく 切 り 離 したところになければいけない でも 便 利 なところとなると 施 設 を 作 るときからそういう 場 所 を 確 保 しておかなければい けません ですから 施 設 がどういうふうに 作 られるかを 早 期 にチェックしておかないと 本 当 にいいバスは 作 れないということになります 逆 に 自 宅 最 寄 の 停 留 所 は よくフリー 乗 降 だとかデマンドにするということの 理 由 として 停 留 所 が 遠 いとおっしゃるのですけ れど 停 留 所 自 体 が 待 ちやすければ 別 に 停 留 所 まで 歩 いてきて そこで 待 っていて い ろいろしゃべっていたら むしろバスが 来 ると いやちょっとバス 早 すぎるよ という 人 だって 出 てくるのです つまり 停 留 所 が 憩 いの 場 になれるかどうかということです 憩 いの 場 であれば みんな 歩 いてきます 物 理 的 に 歩 けないところはしょうがないですけれ ど だから フリー 乗 降 がいいかというと そうでもないと 思 っています いろいろ 言 ってきたのですけれど ターゲットを 明 確 にすること 基 本 コンテンツを 磨 き 上 げる 基 本 コンテンツを 説 明 していなかったですね 系 統 ダイヤ 乗 降 施 設 車 両 この 四 つです お 値 打 ち って 分 かりますか 名 古 屋 弁 という 説 もありますが 値 段 の 割 にはすごくいいもの こんないいのにその 値 段?という そんな 安 いの?これがお 値 13 / 57

14 打 ちと 名 古 屋 は 言 います お 値 打 ちと 思 わせるのです 名 古 屋 人 の 好 きな 言 葉 です お 値 打 ちというのは 運 賃 設 定 こんなに 便 利 なのに この 値 段 でいいの?とどうやって 思 わせ るかということです そしてさらに 分 かりやすく おしゃれで 心 に 響 く これがバスは あまりできていないでしょう 皆 さん 道 端 の 停 留 所 で 待 っていたらどうですか すごく 劣 等 感 を 感 じるでしょう 車 でどんどんびゅんびゅん 走 っていく 人 がたくさんいて みん な 見 るわけです 何 やってるのかな あのおじさん と 時 々 どうしたの? 乗 せてい くよ と いや 俺 はバス 乗 りたいから 待 ってるんだ と いや バスいつ 来 るか 分 か らないから 乗 っていけばいいじゃない 別 に 頼 んでもいないのに 乗 せてくれるという 人 も いる それくらい 哀 れみを 持 たれているわけです こんな 劣 等 感 を 持 たせていいのかと そうではない あの 人 バス 待 ってる うらやましいね どうやったらそれを 思 わせられ るか こういうところに 知 恵 を 絞 らなければ バス 産 業 なんて 発 展 するはずがないでしょ う 自 治 体 とか 国 が 支 援 するというのは そういう 余 裕 ができるということです バス 事 業 は 全 部 赤 字 なので そんな 余 裕 がないわけでしょう?そんなことに 頭 を 使 っている 暇 が あったら 別 のことを 考 えたほうがいいということだから よけいに 新 しい 発 想 が 出 てこ ない だけれどそこに 自 治 体 や 国 や あるいは 住 民 の 皆 さんが 協 力 していただけることで それで 今 までにない 新 しい 発 想 が 出 てくるでしょう? それが 一 所 懸 命 なのです つ まり 公 共 交 通 を 良 くし それを 使 って 地 域 を 良 くしていくために それに 関 連 する 地 域 住 民 や 利 用 者 や 交 通 事 業 者 や 沿 線 企 業 や 自 治 体 そしてこの 後 ろに 国 のバックアップが ある 訳 です それがあって その 人 たちが 人 金 心 口 このどれかなら 出 せるでしょう?やる 気 があれば 俺 は 金 はないけど このバス 大 事 だと そう 思 う 心 だけは 持 っているよ 心 だ けでも 持 ってもらえればいいではないですか 今 地 域 で このバス 大 事 だから 何 とか しなきゃいけない と 思 ってくれる 人 が 本 当 の 意 味 でどのくらいいますか ないよりあっ たほうがいいと 思 う 人 はいても ないと 駄 目 なんだと そのために 俺 は 何 かできることな いかと 思 ってくれる 人 はどのくらいいるのでしょうか できれば 口 を 出 し 金 を 出 し そ れから 手 を 出 してくれる 人 がいてくれるほうがいいです だから やり 方 はさまざまなの です なおかつ 大 事 なのは みんな 対 等 であることなのです 今 あるバスというのは 実 は 事 業 者 がリードしている 路 線 バスと 市 町 村 がリードしているコミュニティバスの 二 種 類 でしょう?だから 駄 目 なのです 市 町 村 だけでも 事 業 者 だけでもうまくいかないのです バスはみんなで 支 えないとうまくいかないのです その 例 をお 見 せします 14 / 57

15 兵 庫 の 全 但 バスという 会 社 があります そこの 神 鍋 線 というバスがあります 2007 年 9 月 にこの 会 社 が 路 線 バスをほとんどやめさせてくださいと そういうところにまで 追 い 込 まれました 1 年 間 議 論 して 3 割 をやめることにしました そのときにこの 神 鍋 線 という のは 市 内 の 路 線 なので 市 の 補 助 路 線 として 存 続 ということにしたのですが なんと 朝 7 時 台 の 便 を 切 りました 他 にまわしたのです どうしてかと 言 うと もうこの 朝 7 時 台 の 便 は 高 校 生 は 乗 っていなかったのです だから 切 って 良 かったのです 他 にまわしたので す だけれど 高 校 生 が 乗 っていなかったではなく これで 高 校 生 が 乗 れなくなったように なったのです 高 校 生 さえも 乗 れないこの 路 線 が 存 続 するはずがないでしょう?これは 3 年 経 って 全 く 利 用 が 出 ません 市 が 補 助 しているのに ここで 市 はどうしたかというと もうやれないからやめますと 普 通 は 言 うところが もう 運 賃 200 円 でいいと それ 以 上 取 らない 実 は 全 部 乗 ると 600 円 ぐらいするのです それを 200 円 以 上 取 らないことにした のです その 上 7 時 台 ももう 1 回 やりますと だけれどこれを 2 年 半 やって 利 用 が 出 てこ なかったら 本 当 にやりませんという 宣 言 をしました 2 年 半 待 って 良 かったですね 半 年 でやめると 言 っていたのを 2 年 住 民 とか 沿 線 の 施 設 に だからいろいろやってください とお 願 いをしました この 3 年 間 で 利 用 者 が 3 割 増 高 校 生 が 0 から 40 人 です 要 するに 手 当 たりしだいに 中 学 卒 業 する 生 徒 をみんな 乗 せていったという 感 じです 運 行 補 助 は 運 賃 を 下 げているので 利 用 者 が 増 えても 年 間 100 万 円 増 えました ですがこの 路 線 は 小 中 学 生 の 通 学 も 使 っていたので そっちの 定 期 券 が 安 くなっているので これは 300 万 減 で なんと 補 助 金 は 減 ったということになりました これはまた 都 合 がいい 話 です 利 用 が 増 えて 補 助 金 が 減 ると 最 高 ですね しかもわれわれのように 一 般 客 が 行 っても 200 円 上 限 なのです 3 年 経 ちまして あと 3 年 間 実 験 するらしいです まだ 本 格 にならないのです やっぱりまだ 不 安 ですよね これで 本 格 とやったら 気 が 緩 むかもしれないということで これから 3 年 また 実 験 やりますということです これで この 全 但 バスさんは 大 きく 変 わっ たと 思 っています つまり このときには どうせバスを 走 らせたって 誰 も 乗 っていない ではないか もううちの 会 社 なんてあってもなくても 関 係 ないという そういう 思 いがあっ たのです だったらやめたらいい だけれど それをやめたらうちの 会 社 はどういう 意 味 があるの か ところがこういうことを 市 役 所 やあるいは 地 域 の 皆 さん 施 設 の 皆 さんとやることに よって すごく 盛 り 上 がったわけです ただ 事 業 者 にとっては ほとんど 収 入 は 増 えて いないですよね 結 局 補 助 金 で 補 填 しているから ほとんど 増 えていません ただ 事 業 15 / 57

16 者 から 見 たら こんなことをやるのは 面 倒 かもしれないけれど やったから 儲 かったわけ でもないんだけれど 地 域 や 自 治 体 とともに 取 り 組 むことで 地 域 を 良 くできる ここの 地 域 は 盛 り 上 がっているではないか そして 自 分 でバスで 通 学 できる 地 域 である はっき り 言 ってバスで 通 学 できないような 地 域 というのは どんどんファミリー 層 の 人 口 は 減 る でしょう だから 衰 退 の 一 途 です だけれど 自 分 で 通 える 足 があれば いてくれるでしょ う? だからこれはすごく 大 事 なことなのです 地 域 にとっても 役 に 立 つということがで きた これが 路 線 バスの 醍 醐 味 です そんな 儲 かるものではないけれど すごく 地 域 が 盛 り 上 がる これをやらなければいけないのです まさに 全 但 バスはこれで 転 換 したのです 俺 たちがやらなければいけないのはこれなのだと だから 今 生 まれ 変 わってやられてい ます こんなのを 出 しまして これもおもしろいと 思 っています 通 学 通 勤 エックス 便 と ぼちぼち 便 という これ 何 なのかと 言 うと 通 学 通 勤 は 早 く 行 きたいので 停 留 所 は 少 な く バイパスとかを 通 って 短 絡 している ぼちぼち 便 は 高 齢 の 方 が 家 に 近 い 停 留 所 でな ければいけないので 旧 道 を 通 って 停 留 所 が 多 いのだけれど 確 実 に 病 院 とか 施 設 のほう へ 行 っていただけると この 二 つが 走 らせられるようになったのです それぞれ 満 員 なの です 路 線 バスでこれができるのです コミュニティバスではないのです 同 じようなことがもう 一 個 あっちは 田 舎 でしたがこっちは 都 会 です 市 川 市 といった ら 東 京 のすぐ 隣 です この 柏 井 線 という 京 成 の 路 線 です こちらもすごく 歴 史 のある 50 年 以 上 走 っている 路 線 ですけれど 利 用 が 減 ってきたので 京 成 が 減 便 されました そう したら 地 域 の 皆 さんが 怒 ってしまって NPO を 作 りまして もう 京 成 の 路 線 はやめさせて NPO でバスを 走 らせるから それをやろうという 運 動 が 起 こってしまったのです これは 大 変 です 市 が 入 って 市 とその 団 体 と 事 業 者 である 京 成 で 場 をもちまして 何 とかなら ないかと どうにかうまくできないかという 話 をしたのです 結 果 として この 団 体 の 皆 さんがいろいろな 協 力 をするという 条 件 で 増 便 をしよう 補 助 は 市 が 出 していこうという ことをやったのです ところがこれがおもしろいのです これをやると 決 めたときに 地 域 公 共 交 通 活 性 化 再 生 法 ができまして 連 携 計 画 の 仕 組 みができて 総 合 事 業 という 支 援 制 度 ができた だったらこの 協 議 組 織 を 法 定 協 議 会 にして 作 ったこの 計 画 を 連 携 計 画 に したら 補 助 が 半 分 もらえて 得 だと さっと 移 行 したわけです それで 結 果 どうなったか と 言 いますと 大 幅 に 増 客 して 補 助 不 要 になりました これは 何 かというと もともとこ の 路 線 は 自 治 体 から 見 れば まあ 何 もしなくても 走 っているよねと 感 じる 事 業 者 はどん どんお 客 さんが 減 ってきてやれない 住 民 は 何 でやめるんだと そういうふうに 三 つの 16 / 57

17 心 が 全 部 ばらばらだったわけです 最 初 は 大 げんかだったらしいです それはそうでしょ うね だって 京 成 バスをやめさせて 新 しく NPO で 走 らせると 言 っていたぐらいですから 大 げんか 話 し 合 いにもなっていなかった ところが 今 は 酒 を 一 緒 に 飲 めるようになって きたと 同 志 になってきたと 言 うのです それはそうですね こういう 結 果 を 出 せたので すから それが 国 の 支 援 でできたという これがまた 格 好 いいではないですか みんながやりた いことが 全 部 合 わさって この 一 つの 路 線 がすごくいい 形 で 生 まれ 変 わるということに なって みんなハッピーになったのです これも 路 線 バスですよ コミュニティバスでは ないです そのため 皆 さんに あと 少 しだけこういうふうにやってほしいというのを 言 い ます 例 えば 地 域 公 共 交 通 会 議 というのがあるでしょう 地 域 公 共 交 通 会 議 というのは デマ ンドとかコミバスとかのための 会 議 だと 思 っていませんか とんでもないです 地 域 公 共 交 通 会 議 というのは 一 般 乗 合 なら 何 でも 議 論 できる 場 なのです 私 などから 見 ると 一 般 乗 合 なら 何 でも 議 論 できるのに どうしてコミバスとかデマンドしかやらないのかなと 不 思 議 でたまりません コミバスと 路 線 バスは 何 ら 変 わりはないでしょう? 生 活 のた めに 利 用 している 路 線 だと なのにどうして 地 域 公 共 交 通 会 議 になるとコミバスしかやら ないのでしょう 意 味 がさっぱり 分 からないです でも 少 し 理 由 が 分 かるのです 運 輸 局 がそうやって 説 明 をしているからです コミバスとかデマンドは 地 域 公 共 交 通 会 議 で 認 定 されないとできないですよ つまり 運 賃 をかなり 下 げたり あるいは 路 線 不 定 期 区 域 運 行 といった 許 可 を 得 るためには 地 域 公 共 交 通 会 議 で 協 議 が 調 わなければいけないか ら そのために 開 いてくださいと 運 輸 局 が 市 町 村 に 言 っているからです それを 市 町 村 は ああ この 会 議 はコミバス デマンドのためなんだと 思 ってやっているのです だけれど 法 律 を 見 ると そんなこと 一 切 書 いていないです 一 般 乗 合 路 線 なら 全 部 いいのです 同 様 に 活 性 化 再 生 法 の 法 定 協 議 会 もそうなのです 法 定 協 があって 連 携 計 画 網 形 成 計 画 それから 特 定 事 業 新 地 域 事 業 とありますけれど これらは 何 を 考 えているかというと 全 てのモードを 扱 いましょうということです 全 てのモードどころか DMV だとか IMTS だとか 水 陸 両 用 車 こんなのも 全 部 扱 おうねと こういう 協 議 会 なのです なのに 実 際 に 総 合 事 業 でやったところの 9 割 がコミバス 三 セク 鉄 道 でした そういうふうに 皆 さんが 制 度 があるのに 全 然 活 用 してこられなかったというのが 実 態 なのです 確 かに 地 域 公 共 交 通 活 性 化 再 生 法 が 昨 年 11 月 施 行 して やれることが 増 えました でも 17 / 57

18 改 正 前 に 皆 さんがどのぐらいやっておられたかといったら 私 から 言 わせれば 2 割 も 使 っ ていないです 改 正 前 の 法 律 でさえも 新 しい 法 律 になって どれだけ 使 いまわせます? 皆 さん 使 い 倒 してほしいなと 思 っています 私 はこの 改 正 に 関 わった 人 間 ですから 当 然 100 パーセント 使 います こんな 便 利 なものはないので でも これも 間 違 えてはいけ ません 使 うことを 目 的 にしてはいけません あくまでも 目 的 は 地 域 公 共 交 通 バス 交 通 を 盛 り 上 げることによって 地 域 を 良 くすることですから そのために 使 えるのだった ら 使 うということであって 時 には 反 することもあります これは 制 度 的 な 問 題 です そ れは 使 わなくていいし そのときは 私 にも 言 ってください 加 藤 がいろいろ 偉 そうなこと を 言 ってるけど 使 い 勝 手 悪 いじゃないかと 言 っていただいたら 私 も 使 いやすくするよ うに 何 とか 頑 張 ります そうやって 制 度 を 盛 り 上 げて 公 共 交 通 も 良 くして 地 域 も 盛 り 上 げていきましょう そういう 気 持 ちがなかったら 良 くはなっていかないと 思 います いろいろ 言 いましたけれど あと 二 つだけです これもテストに 出 ますので 五 つの 鉄 則 大 きくは 答 えは 現 場 にある 現 場 にしかないことなのですけれど 現 場 は 行 かれて いない 方 も 多 いと 思 いますので この 五 つのキーワードを 言 います 一 つ 目 が 目 的 の 明 確 化 なんで 公 共 交 通 をやるの? 一 体 これによって 何 を 得 ようとしているのかということ を 明 確 にします 二 つ 目 は 適 材 適 所 言 い 方 を 変 えるとサルマネは 駄 目 ということです 三 つ 目 は 一 所 懸 命 これはこの 後 のパネルディスカッションのテーマにもなることです けれど 多 くの 関 わっている 方 がフラットに 意 見 を 言 い 合 って 決 まったことはどんどん やっていこうという 体 制 です つまりお 願 いから 参 画 自 立 への 転 換 です そして 組 織 化 ばらばらでは 駄 目 で 地 域 もあるいはいろいろな 主 体 もうまく 組 み 合 わせてやっていこう あるいは 自 治 体 間 などもそうですね そして 改 善 多 くのコミュニティバスの 出 発 式 を 見 てきましたけれど 準 備 に 一 生 懸 命 やっているのですが 出 発 式 が 終 わると 自 治 体 の 皆 さんとか 事 業 者 の 皆 さんはどこかへ 行 ってしまって 取 り 残 された 私 が 全 く 全 然 関 係 なく てマニアで 乗 りに 行 っているだけなのに これどうやって 使 ったらいいですかねとか お 金 どこに 入 れたらいいんですかね 降 りるときどうしたらいいですかねと 聞 かれて 答 えな ければならない みんなそんなことさえも 知 らないのです お 金 は 運 賃 箱 に 入 れるんだよ お 釣 り 出 ないからちゃんと 先 にこっちで 両 替 してねとか 降 りたいときにはここボタン 押 すんだよとか それさえも 知 らない 人 たちが 今 たくさんいるわけです バスは 何 十 年 も 乗 っ たことがない 車 掌 さんがいるときから 乗 ったことがありませんというお 年 寄 りがいっぱ いいるのです そういう 人 たちに 教 えていく 分 かっていただく そこをやるためには 18 / 57

19 出 発 式 もいいですけれど その 後 が 大 事 でしょう そんなことをやらないで 利 用 が 出 な いって 出 ないに 決 まっています だから 運 行 が 始 まってからきちんと 改 善 していくとい う 五 つ 目 これも 非 常 に 大 事 です そして こういったことをおさえながら みんなの 思 いで 地 域 公 共 交 通 を 地 域 の 手 に 取 り 戻 して 役 に 立 つものに 変 えていこうということで 住 民 の 皆 さんにこの 地 域 では お でかけができる そして 暮 らしていける そこそこ 充 実 できるという 環 境 づくり 自 治 体 はこの 地 域 が 豊 かで 魅 力 的 人 口 減 少 がそんなに 起 こらない できれば 増 える どんどん 来 てくれるというそういう 思 い 事 業 者 さんは 自 分 たちがバスを 走 らせて そのことに よって その 地 域 が 豊 かになるという そういう 存 在 意 義 を 感 じることができ 収 益 も 出 るという 事 業 運 営 運 転 手 は 後 ろを 振 り 向 いてもお 客 さんがいない 俺 は 一 体 何 をやっ ているのだろうと そういうことではなく たくさんの 方 がわいわいと 乗 り 合 っていただ いて やりがいが 出 て 苦 しくないという 仕 事 場 これらを 全 部 実 現 することができるの は みんなが 安 心 して 住 み 続 けられる 持 続 可 能 な 地 域 を 支 えうる みんなが 利 用 したくな る 持 続 可 能 な 公 共 交 通 をみんなで 守 り 育 てる 体 制 そのためにも 現 場 を 見 る 現 場 を 見 ることが 今 日 多 く 集 まっておられる 自 治 体 の 担 当 者 の 方 事 業 者 の 皆 さんのよりどころで す そして 意 見 を 言 って 議 論 をして 取 り 組 みに 参 加 をして 強 化 をすることで 改 善 を 進 めていける 場 づくりを 公 開 の 場 で 行 うのです 誰 の 指 図 を 受 けることもなく 人 任 せにも せず できる 範 囲 で しかし 賢 くうまく 制 度 を 使 いこなして 行 動 をする それは まず 現 場 であなたが 動 くことから 始 まります どうですか 体 がうずうずしてきました?して ますよね?もう 現 場 へ 行 きたくなったでしょう?なっていないですか 皆 さんが 今 体 うずうずしていただけていたら 私 の 話 術 も 通 じたかなと 思 っています もしまだ 不 足 な 方 は この 後 パネルディスカッションを 聞 いていただいて なんていうのは 吉 田 先 生 に 失 礼 ですね もっとうずうずするために 聞 いていただいて ぜひ 今 日 から 動 けるようにし ていただけるといいなと 願 っています 19 / 57

20 2.パネルディスカッション バスから 考 えるまちづくりのチャレンジ ~ 多 様 な 主 体 の 連 携 をどうデザインするか~ パネリスト: 加 藤 博 和 伊 地 知 恭 右 白 石 鉄 右 エ 門 山 形 徹 岩 織 香 奈 子 コーディネーター: 吉 田 樹 名 古 屋 大 学 大 学 院 環 境 学 研 究 科 准 教 授 特 定 非 営 利 活 動 法 人 まちもびデザイン 事 務 局 長 十 和 田 観 光 電 鉄 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 星 野 リゾート 青 森 屋 支 配 人 三 沢 市 政 策 財 政 部 政 策 調 整 課 交 通 政 策 係 長 福 島 大 学 経 済 経 営 学 類 准 教 授 吉 田 氏 :それでは パネルディスカッションを 進 めさせていただきたいと 思 います 先 ほ どの 加 藤 先 生 からもご 講 話 をいただきましたけれども バス 事 業 者 だけでもない 行 政 だけでもない そういった 中 で いろいろな 主 体 がパートナーシップを 組 ん でいきながら どうやっておでかけしやすい 環 境 を 作 っていくことができるのか それがおそらく 一 つのポイントだというわけなのです では 具 体 的 に 最 初 の 一 歩 をどう 進 めていけばいいのでしょうか 実 は 私 も あちこちで 現 場 に 関 わらせ ていただいていますし 今 日 皆 様 にお 越 しいただいているこの 三 沢 も アドバイ ザーという 形 で 関 わらせていただいてきている 経 緯 もあるのですが 私 自 身 も 悩 みながら そしていろいろ 積 み 上 げながらここまで 来 ているというところがあり ます 今 日 は この 三 沢 地 域 あるいは 八 戸 を 含 めてということになりますけれど も この 地 方 で 地 域 交 通 あるいは 交 通 から 考 えるまちづくりといった 面 で 関 わっ ておられる 皆 様 にご 登 壇 をいただき 議 論 を 深 めてまいりたいと 思 っております それでまず 私 のパワーポイントがいきなり 出 てきていますけれど 趣 旨 説 明 も 含 めながら 少 しお 話 をするところから 皮 切 りにスタートをさせていただきたい と 思 っております タイトルが バスから 考 えるまちづくりのチャレンジ~ 多 様 な 主 体 の 連 携 をどうデザインするか~ 今 日 のタイトルでございますけれども こちらに 東 北 運 輸 局 地 域 公 共 交 通 東 北 仕 事 人 という 名 称 が 書 かれてございま す 最 初 にそれを 宣 伝 しておかなければいけないのですが 一 応 これは 東 北 運 輸 局 の 中 で これは 地 域 交 通 に 関 わっている 学 識 者 有 識 者 だけではなく NPO 交 通 事 業 者 の 皆 さん あるいは 行 政 の 担 当 の 皆 さんなども 加 わっていきながら 東 北 6 20 / 57

21 県 の 地 域 交 通 をどう 良 くしていくかと その 牽 引 役 となっていくような 仕 事 人 の 組 織 というところがこれでございまして 私 自 身 もメンバーとしてお 手 伝 いさせ ていただいております さて 今 日 の 残 り 約 2 時 間 弱 でございますけれども 皆 様 と 一 緒 に 考 えていきたいことがあります くらしの 足 とここに 書 いてありま すけれども 今 日 は 地 域 のバス 交 通 を 中 心 に 語 っているわけですが くらしの 足 となるようなバスというのは なぜ 必 要 なのでしょうか なぜバスを 中 心 とした 交 通 政 策 というものを 私 たちが 考 えていかなければいけないのかということは やっぱり 私 たちの 頭 に 常 に 入 れておかなければいけませんし 議 論 を 深 めていか なければいけないことだと 思 っています 特 にこの 三 沢 もそうなのですが 地 方 都 市 の 乗 合 バス 事 業 というのは 基 本 的 に 不 採 算 です だから 公 的 支 援 を 投 じな がらやっていくとしているわけですが そこまでして なぜ 維 持 をしていかなけ ればいけないのでしょうか やっぱりここに 私 たちは よどみなく 答 えなければ いけません そして 加 藤 先 生 がよくご 講 演 の 中 でも つくり 守 り 育 てる というキーワードを 掲 げてらっしゃることも 多 いわけでありますが では くら しの 足 となるバスというのは 誰 が 作 って 守 って 育 てていくのでしょうか 交 通 事 業 者 このエリアで 言 えば 十 和 田 観 光 電 鉄 が 中 心 ですけれども 例 えば 十 鉄 の 取 り 組 みだけで 十 分 と 言 えるのでしょうか 行 政 三 沢 市 ですけれども 公 的 支 援 を 投 じればはたして 十 分 と 言 えるのでしょうか そこに 地 域 ですとか いろ いろな 利 用 者 さん それから 地 元 で 営 みをしている 皆 さん どういうふうに 関 わっ ていけばいいのでしょうか そのあたりを 今 日 は 考 えていきたいと 思 います 二 つ 目 が あえて 今 日 はバスから 考 えるまちづくりとチャレンジというテーマ 課 題 になっておりますけれども そもそもバスとまちづくりの 接 点 とは 一 体 何 なの だろうかというところも 少 し 考 えておきたいと 思 います バスは 高 齢 者 や 高 校 生 が 使 うもの 私 は 福 島 大 学 に 勤 務 をしております 最 近 わが 大 学 もようやくと 言 いますか 場 内 の 駐 車 場 代 が 有 料 化 されるという 議 論 が 出 てまいりまして そ れで では 職 員 何 人 に 影 響 があるんだという 話 だったのですが 私 は 構 内 乗 入 申 請 をしていません ずっと 公 共 交 通 で 通 っているのです そういう 私 と 同 じよう な 人 は 全 500 人 の 職 員 の 中 で ごく 少 数 しかいないのです みんな 車 をあてに して 過 ごしているのです 変 わったやつだと 私 はよく 言 われるのですが 公 共 交 通 は 高 校 生 や 高 齢 者 とか 免 許 を 持 っておられないような 方 が 使 うものだという 21 / 57

22 ふうにどうしても 固 定 観 念 が 働 くし マイカーがあるからバスは 必 要 ないという ふうに 思 っている 市 民 の 皆 さんも 非 常 に 多 いし 最 近 は 例 えば 移 動 販 売 がある から バスなんかとりあえずいいよね でもこんな 発 想 では バスだけではなく て 私 はまちも 廃 れると 思 っていますし だからこそ 何 をしても 使 われないと いうふうに 思 われがちな 公 共 交 通 からどう 脱 却 を 図 るべきなのでしょうか その ために 一 歩 を 踏 み 出 すためには どういう 知 恵 が 必 要 なのでしょうか そこも 今 日 のディスカッションの 中 で 考 えていきたいと 思 っています 先 ほど 加 藤 先 生 のお 話 の 中 で 佐 渡 市 というキーワードが 出 てまいりましたが 私 も 昨 年 度 まで 新 潟 県 の 佐 渡 市 の 公 共 交 通 活 性 化 協 議 会 のアドバイザーを 務 めて おりました その 中 で なぜあなたはバスを 利 用 しないんだとアンケートで 尋 ね ました 自 分 で 運 転 をするというのは 分 かるのですが そもそも 外 出 しない で きないという 回 答 が 結 構 いるのです 島 ですから 非 常 に 高 齢 化 率 も 高 いです 人 口 5 万 9,000 人 の 島 なのですが 高 齢 化 率 は 4 割 を 超 えています その 中 で 車 を 持 っている 人 も 含 めて 10 年 後 を 想 定 してもらうときに 外 出 に 対 して 大 きな 不 安 を 感 じている 人 が 不 安 を 感 じていない 人 よりも 卓 越 しているわけです つま りこうして 交 通 すること おでかけすることに 躊 躇 するというのは はたして ご 本 人 の 積 極 的 な 選 択 なのでしょうか そして 外 出 しにくい 環 境 というのは 社 会 が 作 ってしまっているのではないでしょうか そしてこういう 交 通 おでかけ に 対 する 不 安 が 高 い 地 域 というのは 特 に 今 日 は 三 沢 という 小 規 模 自 治 体 を 取 り 上 げるわけですけれども 将 来 も 生 き 残 っていけるのでしょうか やっぱりそう いう 尺 度 で 地 域 の 公 共 交 通 をどう 良 くしていくのかということを 考 えていかなけ ればいけないだろうと 思 っています その 中 で 出 てきたのが 交 通 政 策 基 本 法 だっ たわけです ここには 生 活 という 言 葉 と 交 流 という 言 葉 が 書 かれています 生 活 を 支 えるバスとは 一 体 何 なのでしょうか それは 日 常 のくらしの 中 で 使 える とい うことです だから 走 っていることそのものが 直 ちに 大 事 だというわけではなく て それを 使 うことによってどんな 活 動 目 的 が 達 成 することができるのでしょう か 例 えば 買 い 物 に 行 ける 学 校 に 行 ける 医 者 に 行 ける お 風 呂 に 行 けるでも いいでしょう 例 えばそういったような 活 動 目 的 がどれだけ 活 性 できる 品 質 を 確 保 しているか そういう 尺 度 で 考 えなければいけませんし そして 人 々がお 22 / 57

23 でかけをするというのは まさに 交 流 ということですから 交 流 を 生 み 出 す 道 具 装 置 として 地 域 の 公 共 交 通 というのを 考 えていかなければなりません である とすれば この 生 活 を 守 り 交 流 言 ってしまえばおでかけの 機 会 を 作 る 実 は まちづくりの 接 点 というのは そういうところにあると 私 は 思 っていますけれど も それを 牽 引 する 役 割 として 地 域 交 通 政 策 は 考 えていかなければいけないだろ うと 思 っています しかしながら ずっと 右 肩 下 がりというグラフが 出 てきている 中 で 非 常 に 悪 循 環 がわが 国 の 場 合 ずっと 続 いてきたわけです つまり 広 く 浅 くネットワーク を 残 してきて 何 とか 維 持 してきたのです だけれど 加 藤 先 生 の 今 日 のご 講 話 に もあったように 事 業 者 単 独 では 考 える 限 界 というところがだんだん 見 えてきて いるところもあるわけです そうした 中 で では 一 体 誰 が 地 域 の 公 共 交 通 を 支 え るのだろうか ここにも 市 町 村 のところに 事 業 者 頼 み or 行 政 丸 抱 え と 書 い てありますが コミバス デマンドはどちらかというと 行 政 が 丸 抱 えする そう いう 構 造 ですし それから 補 助 路 線 を 含 めて 事 業 者 さんが 例 えば 十 和 田 観 光 電 鉄 という 名 前 で 運 行 しているものについては なるべく 十 鉄 頑 張 ってください 事 業 者 頼 みにしてしまうのです そして 逆 に 言 うと 事 業 者 は 補 助 金 を 受 ける もらう 申 請 するという 関 係 はあるのかもしれないけれども 一 方 に 投 資 をする ことができるところまでの 体 力 がだんだん 失 われてきているのです では 地 域 市 民 あるいは 交 通 以 外 の 事 業 者 の 皆 さんはどうしているのでしょうか 多 分 こう いった 場 面 に 関 与 する 余 地 というものが ほとんどないわけです でも 何 とか 地 域 の 交 通 を 良 くしていこうという 思 いがあるから 例 えば 今 日 も 70 名 あまりの 皆 さんがこの 場 にお 集 まりいただいているわけです だけれども 誰 しもが 能 動 的 にそこに 対 して 関 与 できているわけではないのです しかもこの 三 者 というのが どういう 役 割 責 任 分 担 を 担 っていけばいいのかというところがはっきりとして いません 実 はそれが 大 きな 問 題 だったのです これは 皆 さんのお 手 元 の 資 料 になくて たまたま 加 藤 先 生 のお 話 を 聞 きながらパ ソコンを 探 していたら 7 年 前 に 私 が 三 沢 に 初 めて 来 たときのパワーポイントが 見 つかりました これは 三 沢 の 駅 前 です 今 日 もたくさんの 方 が 特 に 12 時 35 分 発 の 駅 シャトル 線 にご 乗 車 いただきましたけれども 例 えばこれ 11 時 34 分 に 三 沢 駅 を 出 る 当 時 の 十 和 田 観 光 電 鉄 の 路 線 バスです これはこの 市 役 所 公 会 堂 前 こ 23 / 57

24 の 周 辺 に 来 ることができます お 客 さんは 誰 もいなかったのです ところが 従 来 走 っていた 三 沢 の 100 円 バスは 1 分 後 に 来 るのですが 20 人 のお 客 さんが 出 て 立 ち 席 になっているのです だからほぼ 1 分 違 いで 同 じほうに 向 かっていくバス というものがあるのです だから 先 ほどの 加 藤 先 生 の 議 論 を 借 りれば 乗 務 員 不 足 や 車 両 更 新 これは 7 年 前 だとそんなに 話 題 になってこなかったかもしれませ ん でも 今 となっては 1 分 おきで 同 じ 方 向 に 来 るというのは 非 常 に 非 効 率 な 話 で すし 一 方 で 市 民 の 皆 さんにとってみたら 路 線 バスが 必 要 だよという 図 式 では なくて 100 円 バスが 必 要 だよという 図 式 だったのです ではこういうことをどう 打 破 していけば 良 くなっていくのでしょうか 実 はそれが 私 が 7 年 ぐらい 前 だ と 思 いますが 最 初 に 三 沢 に 来 させていただいたときの 大 きな 課 題 として 考 えて いたことです そうした 中 のところで では 具 体 的 に 三 沢 ではこの 何 年 間 どう いう 形 で 取 り 組 んできたのかというところを まずは 岩 織 さんからお 話 しいただ ければと 思 います 岩 織 氏 : 三 沢 市 政 策 調 整 課 の 岩 織 と 申 します まずはご 説 明 に 入 る 前 に このたびは 当 市 の 取 り 組 みを 紹 介 する 機 会 を 与 えていただきまして 大 変 ありがとうございます この 場 をお 借 りして 事 務 局 をはじめ 関 係 者 の 皆 様 方 にお 礼 申 し 上 げたいと 思 い ます それでは 私 のほうから 三 沢 市 のコミュニティバス みーばす における これまでの 取 り 組 みについてご 紹 介 させていただきます 三 沢 市 では 中 心 市 街 地 に 立 地 していた 市 立 三 沢 病 院 が 郊 外 へ 移 転 するのを 機 に 平 成 22 年 3 月 に 三 沢 市 地 域 公 共 交 通 総 合 連 携 計 画 を 策 定 しました この 計 画 では 市 立 三 沢 病 院 の 移 転 に 伴 うアクセス 確 保 や 市 内 公 共 交 通 相 互 の 結 節 機 能 の 強 化 中 心 市 街 地 活 性 化 への 対 応 など 地 域 固 有 の 課 題 解 消 とともに 計 画 に 掲 げる 基 本 理 念 まちづくりを 支 え 市 民 に 愛 され 信 頼 される 公 共 交 通 の 実 現 へ 向 けて 地 域 主 体 の 参 画 協 働 のもと 三 沢 市 における 地 域 公 共 交 通 の 活 性 化 および 再 生 を 総 合 的 かつ 一 体 的 に 推 進 するための 各 種 取 り 組 みをまとめていま す 利 用 促 進 の 取 り 組 みは この 連 携 計 画 に 掲 げた 六 つのプロジェクト 便 利 に なる 新 公 共 交 通 バスシステムプロジェクト デマンド 型 サービス 等 調 査 検 討 プ ロジェクト 市 民 に 愛 されるわかりやすいバス 交 通 プロジェクト 利 用 者 にや さしい 利 用 環 境 整 備 プロジェクト 手 軽 に 利 用 できるバス 料 金 プロジェクト 協 24 / 57

25 働 によるバス 利 用 促 進 プロジェクト に 沿 った 形 で 進 めてまいりました 本 日 は 主 なものを 紹 介 させていただきたいと 思 います まず 便 利 になる 新 公 共 交 通 バスシステムプロジェクト として 従 来 の 100 円 バスと 路 線 バスを 再 編 し 新 しいコミュニティバスの 導 入 を 図 るため 平 成 22 年 11 月 から 実 証 運 行 を 開 始 しました 利 用 状 況 や 地 域 住 民 の 意 見 を 反 映 させながら 3 回 に 渡 り 路 線 ダイヤ 等 の 改 正 を 行 い 平 成 24 年 4 月 から 本 格 運 行 へと 移 行 しております 平 成 22 年 度 以 降 みーばす の 利 用 者 は 微 増 ではありますが 増 加 傾 向 で 推 移 しており 夏 期 よりも 冬 期 の 利 用 者 数 が 多 いといった 状 況 になっ ております 次 に 市 民 に 愛 されるわかりやすいバス 交 通 プロジェクト では バスの 路 線 図 および 時 刻 表 が 一 体 となった 公 共 交 通 ガイドを 作 成 し 市 内 主 要 施 設 への 設 置 市 ホームページでの 情 報 提 供 バス 車 内 への 設 置 等 により 幅 広 く 周 知 しております また 異 なる 運 賃 体 系 を 利 用 者 へ 分 かりやすく 伝 えるため 車 両 方 向 幕 にかめとうさぎの 二 種 類 のピクトグラムを 採 用 したほか コミュニティ バスの 愛 称 とラッピングデザインを 公 募 し 親 しみやすさを 目 指 してきました 利 用 者 にやさしい 利 用 環 境 整 備 プロジェクト としましては 冬 期 の 積 雪 など バス 遅 延 の 影 響 に 対 して 利 用 者 への 適 切 な 運 行 情 報 提 供 を 目 的 にあしあとラン プを 設 置 しており これまでに 市 役 所 公 会 堂 前 ミスビードルドーム 三 沢 駅 前 の 3 カ 所 のバス 停 に 設 置 しており 利 用 者 の 多 いバス 停 から 優 先 して 整 備 を 進 め ています また 利 用 者 が 多 く 冬 期 の 厳 しいバス 待 ち 環 境 が 懸 念 されていた 市 立 三 沢 病 院 へは 待 合 室 に 大 型 モニターを 設 置 しております どちらもシンプルで 分 かりや すいと 利 用 者 に 大 変 好 評 であります 現 在 は 中 心 市 街 地 にある 商 業 施 設 スカイプ ラザ 内 に あしあとランプモニターを 増 設 する 作 業 を 進 めておりまして 年 内 に は 設 置 されることとなっております ここでは 3 カ 所 のバス 停 情 報 をモニターお よび 音 声 案 内 でお 知 らせすることにしておりまして 商 業 施 設 と 連 携 した 新 たな 取 り 組 みの 一 つであると 考 えております さらにバス 停 の 改 修 につきましては 第 一 弾 として ひまわり 部 分 の 統 一 化 を 図 り 第 二 弾 として 時 刻 表 の 表 示 を 改 良 し これまでにはなかったコミュニティバスの 路 線 図 を 掲 示 することとしました これによりまして バスの 時 刻 だけではなく どの 路 線 に 乗 ればどこまで 行 ける のかという 情 報 を 知 ることが 可 能 になりました その 他 にも 近 年 では モビリ 25 / 57

26 ティ マネジメントに 力 を 入 れており 以 前 より 問 題 になっていた 市 北 部 地 区 と 市 街 地 100 円 区 間 との 運 賃 格 差 是 正 策 として 北 浜 木 崎 野 線 オトクな 2 枚 きっぷ という 企 画 乗 車 券 の 販 売 や 乗 り 方 案 内 リーフレットの 作 成 小 学 校 での 乗 り 方 教 室 の 開 催 公 共 交 通 利 用 促 進 イベントとして 市 内 で 開 催 されたグルメイベント でのコミュニティバスのブースの 出 展 や バスの 体 験 乗 車 会 の 実 施 等 広 く 市 民 に 知 ってもらうための 取 り 組 みを 進 めております また コミュニティバスでは ございませんけれども 利 用 者 増 が 急 務 となっている 三 沢 空 港 と 八 戸 市 をつなぐ 空 港 連 絡 バスについては 星 野 リゾート 青 森 屋 をはじめ 十 和 田 観 光 電 鉄 とか さまざまの 方 のご 協 力 により バスの 往 復 運 賃 と 入 浴 料 それにランチがセット になり 通 常 よりも 大 変 お 得 な 日 帰 り 温 泉 バスパックを 企 画 することができまして 空 港 利 用 者 以 外 の 方 におでかけの 機 会 を 提 案 する 大 変 良 い 企 画 ができたと 考 えて おります このパックですが 昨 年 度 は 平 成 27 年 1 月 5 日 から 3 月 31 日 までの 販 売 でしたが 販 売 終 了 後 にも 数 件 の 問 い 合 わせがあったと 伺 っております ま た 本 年 度 は 平 成 28 年 1 月 5 日 から 6 月 30 日 までの 半 年 間 で 販 売 することも 決 定 しておりまして 昨 年 よりも 多 くの 方 々に 利 用 していただくために 頑 張 りたい と 思 っております 今 後 の 取 り 組 みとしまして 当 市 では 三 沢 市 地 域 公 共 交 通 網 形 成 計 画 策 定 に 向 けた 業 務 を 進 めております 平 成 22 年 に 三 沢 市 地 域 公 共 交 通 総 合 連 携 計 画 を 策 定 し 計 画 に 基 づいて 事 業 を 実 施 してまいりましたが 達 成 することができなかっ た 問 題 点 さらに 計 画 策 定 から 5 年 が 経 過 し 市 を 取 り 巻 く 環 境 やライフスタイ ルの 変 化 により 新 たな 問 題 点 や 課 題 も 出 てきていると 思 いますので まずは 利 用 実 態 や 市 民 の 意 向 を 把 握 した 上 で 将 来 にわたって 持 続 可 能 な 乗 ってもらえ る 公 共 交 通 を 目 指 して 計 画 を 策 定 してまいりたいと 考 えております 最 後 に い ろいろとご 説 明 してまいりましたが 当 市 の 取 り 組 みとしては 一 度 に 大 きなこ とはやっていないのですけれども 一 歩 ずつこつこつとできることから 少 しずつ 積 み 重 ねてきたことが 今 につながっているのではないかなと 思 います 今 後 も 市 民 のおでかけの 足 としての 公 共 交 通 を 守 るために 多 様 な 主 体 と 連 携 し まち づくりを 支 え 市 民 に 愛 され 信 頼 される 公 共 交 通 を 目 指 して 進 んでいけたらと 思 っております 26 / 57

27 吉 田 氏 :ありがとうございました それでは 引 き 続 きまして 十 和 田 観 光 電 鉄 として 今 度 はどういう 現 状 あるいは 活 性 化 に 向 け 取 り 組 みをされているかというところに ついて ご 発 表 いただきたいと 思 っております 白 石 氏 : 本 日 はこのような 機 会 をいただきまして なかなか 大 変 なこの 乗 合 事 業 者 ではあ るのですけれども 現 状 と 取 り 組 み それと 今 後 についてご 説 明 させていただき ます 最 初 に わが 会 社 の 状 況 創 業 からのことにはなりますけれども 大 正 3 年 の 6 月 に 鉄 道 から 始 まった 会 社 です そういうことでずっと 来 まして 大 正 15 年 旅 客 自 動 車 運 行 等 々を 経 まして バス 運 行 に 関 しましては 約 90 年 間 という 状 況 になります 平 成 22 年 から 三 沢 市 様 の 市 立 病 院 新 設 に 伴 いまして コミュニ ティバスの 運 行 を 開 始 いたしました 24 年 度 3 月 末 には 当 社 鉄 道 を 終 了 と 同 時 に 翌 日 24 年 4 月 1 日 から 十 和 田 ~ 三 沢 間 鉄 道 代 替 バスを 運 行 しております 乗 合 バスにつきましては 十 和 田 市 を 拠 点 に 十 和 田 ~ 三 沢 十 和 田 ~ 八 戸 十 和 田 市 ~ 青 森 等 々を 幹 線 として あとは その 他 路 線 バス 高 速 バス 三 沢 市 様 のコミュニティバス おいらせ 町 民 バスな どを 運 行 いたしております 26 年 度 では 156 万 6,000 の 輸 送 実 績 がございます これは 1 日 平 均 4,000 人 そのうち 先 ほど 156 万 6,000 の 話 させていただきまし たけれども 定 期 券 が 79 万 その 他 77 万 この 定 期 券 はほぼ 学 生 さんという 感 じで 捉 えておりますので やはり 十 和 田 観 光 電 鉄 の 主 たる 部 分 の 一 角 として 通 学 生 の 足 を 担 っていると そんな 状 況 でございます 次 に 乗 合 バスの 輸 送 人 員 お 客 様 の 数 です これも 昭 和 45 年 に 比 べますと だい たい 平 成 26 年 度 は 当 時 の 13 パーセントの 利 用 となっております 自 家 用 車 の 普 及 とか いろいろな 要 因 はありますけれども いずこの 世 界 も 利 用 者 減 少 には 歯 止 めがかかっておりません そういう 状 況 です それから 先 ほど 先 生 の 基 調 講 演 の 中 にも バス 乗 務 員 の 不 足 これは 全 国 的 にあります 私 どもの 会 社 の 乗 合 バ スの 乗 務 員 の 50 歳 以 上 の 年 齢 の 者 が 全 体 の 80 パーセントを 超 えています こう いう 現 状 の 中 で 将 来 本 当 に 乗 務 員 を 確 保 する これ 事 業 者 各 社 の 悩 みです そ ういうこともありまして 二 種 免 許 を 取 る 助 成 金 例 えば 自 動 車 学 校 に 行 く 総 額 費 用 の 50 パーセントを 会 社 でもつですとか 来 年 あたりから 新 卒 者 21 歳 普 通 免 許 を 取 ると 21 歳 3 年 経 過 するとまた 二 種 を 学 校 に 行 って 教 習 を 受 けられると 27 / 57

28 3 年 後 です 高 校 であれば 3 年 後 専 門 学 校 であれば 1 年 後 と もうそろそろそう いう 時 代 に 入 ってきたのかなと 考 えています 実 際 に 現 場 を 預 かっていると こ の 乗 務 員 不 足 に 関 しては 非 常 に 今 後 の 事 業 の 運 営 そのものを 左 右 する 状 況 に なっております 50 歳 以 上 の 乗 務 員 が 私 どもの 会 社 でも 全 体 の 80 パーセントに なっているということなのです 次 に 最 近 の 路 線 バスの 活 性 化 対 策 活 性 化 の 部 分 として 比 較 的 土 曜 日 曜 枝 線 のほうが 休 みの 路 線 がありますので 三 沢 市 とイオンモール 下 田 要 するに 土 曜 日 曜 は 人 が 移 動 する 場 所 に 片 道 300 円 バスの 三 沢 市 とイオンモールのバスを 昨 年 9 月 から 運 行 しております それから 三 沢 市 八 戸 市 の 協 力 を 得 まして 八 戸 ~ 三 沢 空 港 線 のバスを 青 森 屋 の 日 帰 り 温 泉 パック それから 八 戸 市 などの 協 力 をいた だきまして 八 戸 から 十 和 田 市 の 現 代 美 術 館 バスパックなど 現 在 実 施 しており ます さて ここからが 本 題 になろうかと 思 います 乗 合 バス これは 私 会 社 もそう ですけれども 考 えというのは もう 公 共 物 であるのですと 公 共 物 であるとい う 認 識 を 関 連 する 方 々には 持 っていただくこと 例 えば 学 校 であると 病 院 であ りますと バスというのも やはり 公 共 物 であると 例 えばバスに 乗 って 子 ども さんたちは 学 校 を 往 復 します バスに 乗 って 年 配 者 は 病 院 に 行 くんですと そう いうことを 考 えれば 学 校 とか 病 院 とか 公 民 館 銀 行 郵 便 局 も 含 めて バスの 立 ち 位 置 というのは あくまでももう 公 共 物 という 捉 え 方 考 え 方 をしないと なかなか 存 続 については 難 しいのではないかと 考 えています これは 当 然 地 域 自 治 体 それから 事 業 者 も 含 めてそのような 気 持 ちにならないと 維 持 存 続 は できません 特 に 地 方 同 じエリアにあっても その 住 民 が 減 少 して 限 界 集 落 の 部 分 はもうそこまで 来 ております 結 びです 地 域 の 方 々 それから 実 際 に 乗 られる 方 々が 要 するにバスが 必 要 な んですと 声 を 出 していかないと なかなかまわりが 反 応 してこない ですからバ スを 必 要 であることを 訴 えて まずは 今 そこに 住 んでいらっしゃる 方 々が バス を 使 っていただくと そうすることによって 地 域 の 大 事 な 足 が 残 ってゆく そ ういうことになります これには 当 然 役 割 分 担 等 も 必 要 になります バス 事 業 者 は まずいろいろ 幹 線 の 部 分 は 確 保 しつつ 近 隣 から 直 近 の 幹 線 のバス 停 まで 一 部 地 元 の 企 業 法 人 等 も 含 めて そういう 有 償 の 交 通 事 業 者 というのでしょう 28 / 57

29 か そのような 感 じでバス 事 業 者 地 域 住 民 がいろいろ 役 割 を 分 担 していかない と 難 しいのではないかと 思 っています 本 当 に 繰 り 返 しになりますけれども わ れわれバス 事 業 者 は 過 去 からいろいろ 事 業 運 営 のために 費 用 削 減 をして いろ いろな 部 分 で 企 業 努 力 は 今 後 も 惜 しみません 自 治 体 それから 地 元 地 域 の 方 々と 連 携 をして さらには 役 割 をおたがいに 分 担 しあって 今 後 この 路 線 地 域 公 共 交 通 を 存 続 させていければという 思 いでございます 吉 田 氏 :ありがとうございました バスは 公 共 物 だという 認 識 を 持 っていただきたいとい うところとか あるいは 地 域 の 皆 さん 利 用 者 の 皆 さんがバスが 必 要 だよと 声 を 上 げてもらいたいというところをお 話 しいただきましたが そのために 事 業 者 と して 何 の 仕 掛 けができるのかというところが 一 つ 論 点 になってくるというところ もあるかと 思 います そこはまた 後 ほど 加 藤 先 生 にもお 話 をお 伺 いしながら ま た 議 論 を 深 めていきたいというふうに 思 っています それでは 引 き 続 きまして 今 度 は 交 通 以 外 の 事 業 者 のお 立 場 というところ 先 ほどから 出 てきています 八 戸 ~ 三 沢 空 港 線 を 活 用 したバスパックというところで もご 協 力 をいただいているわけでありますが 星 野 リゾート 青 森 屋 から 山 形 支 配 人 にお 越 しいただいていますので ご 報 告 いただきたいと 思 います 山 形 氏 : 皆 さん こんにちは 星 野 リゾートの 山 形 と 申 します このたび 私 ども 星 野 リ ゾート 青 森 屋 では 自 社 で 緑 ナンバーのバスを 保 有 しておりまして それを 利 用 して 県 内 の 四 季 折 々をお 客 様 に 体 感 していただくために 自 分 たちでバスツアー を 企 画 して 運 営 しています これからざっくりですけれども 四 季 折 々でやって いるバスツアーをご 説 明 させていただきたいと 思 います まずは 春 夏 期 ということで 八 甲 田 の 雪 の 回 廊 と 酸 ヶ 湯 温 泉 ツアーとい うことで 八 甲 田 の 雪 の 回 廊 をご 覧 いただく あとは 先 生 からお 話 があったよう に 酸 ヶ 湯 というのは 最 近 降 雪 量 が 日 本 一 だということで 非 常 にもてはやされ ているので そこに 関 しては 非 常 にお 客 様 の 食 いつきというのでしょうか そ ういうところがいいということで こちらのほうに 関 しては 4 月 の 1 日 から 4 月 の 24 日 まで 毎 日 運 行 ということで 工 程 的 には 8 時 に 出 て 12 時 半 には 青 森 屋 に 帰 ってくるという 行 程 こちらが 一 つ 春 のツアーということで 開 催 しております 29 / 57

30 続 きまして こちらは 八 戸 うみねこツアー という 行 程 でして こちらは 蕪 島 というのも 最 近 非 常 に 有 名 になってきているところと あとは 種 差 海 岸 も 国 立 公 園 にもなりまして こちらのほうの 部 分 も 散 策 していただく あとは うみねこ という 響 きがありまして 近 場 に 遊 覧 船 その 他 があって うみねこにかっぱえび せんをあげると うみねこが 寄 ってくるみたいな そういう 遊 覧 船 の 部 分 もつけ ているツアーでございまして こちらは 9 月 30 日 で 一 旦 終 了 しています 続 きましてこちらは 奥 入 瀬 渓 流 という 自 然 を 切 り 口 にしましたツアーでござい まして こちらは 私 どもの 姉 妹 施 設 奥 入 瀬 渓 流 ホテルのほうにバスで 移 動 して いただいて そちらで 奥 入 瀬 渓 流 を 散 策 してまた 帰 ってくるというツアーでござ いまして こちらはもう 4 月 25 日 から 11 月 23 日 の 奥 入 瀬 渓 流 ホテルがクローズ してしまうのですが そちらのほうのところまでやっているツアーです こちら も 奥 入 瀬 の 渓 流 を 散 策 していただくということで 自 然 を 体 感 していただくとい うツアーで こちらも 好 評 を 博 しているツアーでございます 続 いて 冬 の 季 節 で す 冬 は ストーブ 列 車 と 立 佞 武 多 の 館 ツアーというツアーをやっており ました これは 12 月 2 日 から 次 の 年 の 3 月 31 日 まで 毎 週 火 木 土 ということ で こちらも 皆 さんご 存 じのとおり ストーブ 列 車 に 乗 って するめを 焼 いて ちょっと 日 本 酒 を 飲 んだりというツアーです それから 今 有 名 になってきたのは 立 佞 武 多 もありまして こちらのほうの 1 時 間 ほどいろいろな 館 内 説 明 を 受 けて 帰 ってくるというところでございました 立 佞 武 多 から 青 森 屋 に 戻 ってくるとい う 行 程 でございます 続 いてこちらは 八 甲 田 樹 氷 ツアーというツアーでござ いまして こちらのほうは ご 覧 のように 八 甲 田 にはブナの 有 名 な 樹 氷 がたくさ んありまして そちらのほうを 体 感 いただくということで 八 甲 田 ロープウェー と 酸 ヶ 湯 温 泉 さんとからめた 形 で 運 用 をしております それで 昼 食 は 八 甲 田 ホテ ルさんでとるということで 夕 方 にはまた 青 森 屋 に 帰 ってくるのですが こちら も 一 日 だいたい 40 人 ぐらいは 参 加 されるツアーでございます そちらのほうは 毎 週 月 水 金 ということで これは 来 年 の 1 月 5 日 からなのですが 3 月 31 日 まで やっているバスツアーでございます 続 いてもう 一 つ 先 ほどは 奥 入 瀬 渓 流 ツアー という 形 でやっていたのですが これの 冬 バージョンの 奥 入 瀬 渓 流 ツアー という 形 でやっております これは 毎 日 やっています これは 9 時 に 出 て 1 時 に 帰 ってくるという 形 のツアーです 30 / 57

31 三 沢 市 さんとタイアップ 企 画 ということで 日 帰 り 温 泉 バスパックということで 私 どもの 温 泉 とお 食 事 が 付 いたパック これを 1 月 5 日 から 3 月 31 日 まで 行 って おりました 先 ほどお 話 があったように また 来 年 度 も 行 うことでこちらは 企 画 している 最 中 ということでございます あとはもう 一 つ 三 沢 市 様 とタイアップ をしている 企 画 が 三 沢 アメリカンバーを 巡 るバスツアーということで 私 ども のお 食 事 を 終 わったお 客 様 がバスで 三 沢 の 米 駐 屯 地 とかのようなアメリカンバー と 言 われているところがあるのですが そちらのほうに 行 って アメリカの 方 異 文 化 の 方 々との 交 流 をしていくという 形 のツアーも これ 今 もまだやっており ます これは 毎 週 水 木 金 土 日 ということで 出 発 で 私 どもでやっておりま す それから 期 間 限 定 ということで 今 の 下 北 のワインのほうが 非 常 にシードル ワインで 有 名 になったので そちらのほうも 私 どものほうで 行 って あと 尻 屋 崎 のほうの 寒 立 馬 を 見 て 帰 ってくるというツアーも これも 期 間 限 定 ですがやって おりました あともう 一 つ シードルといったりんごでできた 発 泡 性 のワインがあるのですが これも 非 常 に 有 名 になってきていましたので そちらのほうを 巡 るツアーという ことで 弘 前 のりんご 園 に 行 った 後 に 青 森 市 内 にバスで 行 ってそれで 青 森 屋 に 帰 ってくるというツアーも 行 っておりました 最 終 的 に 言 いたいのは 青 森 県 の 優 位 性 というのを 考 えたときに 何 が 切 り 口 と してあるのかなと 先 ほど 加 藤 先 生 のほうからもいろいろありましたが 例 えば 古 代 遺 跡 であったり 伝 統 芸 能 であったり 夏 祭 りであったり 工 芸 品 あとは 自 然 普 通 の 自 然 もありますし 温 泉 もあるし 郷 土 料 理 もありますし 三 方 が 海 に 囲 まれているという 青 森 県 自 体 の 特 異 性 もありますし あとは 私 が 今 お 話 し しているような 方 言 という 言 葉 もあると 思 うのですが この 魅 力 をいかにそうい うふうなバスツアーに 関 して 取 り 入 れていくのかが 私 どものバスツアーを 組 む 上 で 非 常 に 重 要 なことなのだなというふうに 思 っております ですから 私 ども はまず 利 用 してもらうために 先 ほどからお 話 ししているところです 事 業 者 といってもわれわれ 観 光 事 業 者 ですので 宿 泊 者 の 方 限 定 にはなってしま うのですが このような 形 で 現 在 行 っています 吉 田 氏 :ありがとうございました 最 後 のほう 青 森 県 で 優 位 性 というのは 何 なのか 私 31 / 57

32 も 特 に 八 戸 の 仕 事 をして 12 年 になるのですが たまに 言 われるのが 何 もないと ころでしょう?と 言 われることもあります いやいや 結 構 おもしろいところもあ るのかなというところが 私 も 12 年 来 ていていつも 感 じるところではあるのですが そういう 魅 力 と 今 青 森 屋 からご 紹 介 いただいたのは そのバスパックのような ものもあり 一 方 でいわゆる 募 集 型 企 画 旅 行 としてやっているものというところ も 含 めてお 話 をいただいていますので 例 えばそういうところと 今 回 テーマに なっているような 路 線 バス あるいはもっと 広 げる 地 域 鉄 道 といったようなとこ ろというのは どういうふうな 形 でタイアップできるどうかというあたりのとこ ろも 後 ほどディスカッションのところで 少 し 深 めていけるとおもしろいと 思 い ながらお 聞 きしました それでは 今 までのご 発 表 などをお 聞 きになっていく 中 で 続 いて 伊 地 知 さんにお 伺 いしたいと 思 うのですが 伊 地 知 さんご 自 身 も 後 ほどご 説 明 いただきますけれ ども 八 戸 を 拠 点 に 活 動 をされていまして ご 本 人 は 実 は 北 海 道 にも 拠 点 がおあ りなのですけれども その 中 でモビリティ マネジメントですとか あるいはバ スパックですとか そういったところに 多 数 関 わっておられます 伊 地 知 さん 今 までの 三 沢 市 の 取 り 組 み あるいは 十 鉄 や 星 野 リゾートの 取 り 組 みなどを 伺 い になっていて ご 感 想 でもいいですし コメントでもいいですし 一 言 いただけ ますでしょうか 伊 地 知 氏 :NPO 法 人 まちもびデザインの 伊 地 知 と 申 します 今 吉 田 先 生 のご 紹 介 にもあ りましたとおり 私 は 普 段 は 北 海 道 の 札 幌 におりまして ある 会 社 に 勤 めている わけなのですが 八 戸 のほうにこの NPO の 法 人 を 2 年 ほど 前 に 立 ち 上 げまして そちらで 事 務 局 として 携 わらせてもいただいているという 中 で この NPO に 限 ら ず いろいろな 北 海 道 であったり 青 森 県 内 の MM 等 々 公 共 交 通 計 画 などをお 手 伝 いさせていただく 機 会 が 多 かったのですが 本 日 は 加 藤 先 生 のお 話 を 皮 切 りに 三 沢 市 や 十 鉄 そして 星 野 リゾートからお 話 をいただいて おそらく 連 携 という ところに 一 つ 今 日 の 大 きなポイントがあろうかと 思 っているのですが 連 携 をし たときに 先 ほど 加 藤 先 生 のお 話 の 中 にもありましたが 事 業 者 の 心 に 火 が 点 いた 点 火 した 瞬 間 というか 点 火 するような 取 り 組 みがあって そこから 事 業 者 のあ り 方 振 る 舞 いが 変 わってきたというようなお 話 もあったかと 思 います 32 / 57

33 実 際 に 例 えば 三 沢 市 あるいは 十 鉄 そして 星 野 リゾートはまた 少 しお 立 場 が 変 わってくるのかもしれませんが こういった 移 動 とかいうものに 関 して 魅 力 と 移 動 をセットにするという それに 限 らずいろいろな 連 携 自 分 のところ 以 外 の 人 との 連 携 というのは 例 えば 市 民 だったり 商 店 街 だったり 何 かしらの 施 設 だったりいろいろあろうかと 思 うのですが そういった 方 々との 連 携 というとこ ろで 自 分 たちの 心 に 火 が 点 いた 瞬 間 とか それをきっかけに 各 担 当 者 を 誰 か 一 人 でもいいかと 思 うのですけれど その 方 の 振 る 舞 い 方 が 少 し 変 わってきたとか そんなものがもしあれば 連 携 の 具 体 例 と 一 緒 にお 教 えいただければ また 皆 さ んの 参 考 にも 一 つなるのかなというところで ご 質 問 とさせていただきます 吉 田 氏 :ありがとうございました これは 質 問 というところでも 承 りました これは 十 鉄 にお 話 しいただいたほうがいいですね 白 石 氏 : 連 携 には 民 民 同 士 の 連 携 とか 官 民 その 他 事 業 者 もいろいろあろうかと 思 いま す 加 藤 先 生 の 一 番 最 初 のスライドに 今 日 か 昨 日 来 ましたと この 風 景 は 何 な んだと お 話 にならないというあの 画 面 がでまして 私 は 心 臓 が 止 まりそうにな りました 実 際 問 題 として 先 生 がご 覧 になったあの 風 景 が 今 の 私 の 会 社 の 現 状 かもしれません 普 段 は 私 も 毎 日 あの 風 景 を 自 宅 から 実 は 通 勤 しているので す さしても 気 にも 留 めないというのが 現 状 です たまに 来 る 方 初 めての 方 が え? 何 これ こんなところってあるの? と バス 停 の 名 前 が 十 和 田 市 駅 で も 駅 ってどこなの?と そんな 雰 囲 気 なんかないんでしょう やっぱりそのあた りも 含 めて 私 のところの 会 社 の 現 状 かと 思 います 本 題 の 質 問 連 携 ですけれ ども やっぱりそのあたりも 含 めて 事 業 者 単 独 での 部 分 の 限 界 というのはあり ます これはかねてから 事 業 者 のほうもいろいろ 会 社 を 本 来 の 姿 にするべき 政 策 をやってきていますけれども さっきの 加 藤 先 生 のお 話 の 中 で やっぱり 中 にい るばかりではなくて まわりのほうからいろいろ バス 停 それから 行 先 デジタ ルの 方 向 幕 ではないけれども 昔 式 の 方 向 幕 で 行 先 が 分 かればいいよねと そう いうことになると やっぱり 維 持 するためには まず 利 用 する 方 々とのコミュニ ケーション さっき 言 いました 自 治 体 とそれから 地 域 住 民 に 本 当 に 使 ってもらえ るのか 使 いたいバスであるのかも 含 めて 関 係 者 のコミュニケーション これ 33 / 57

34 が 次 に 進 む 一 歩 かなと 多 分 小 さいコミュニティからだと 思 います 部 落 の 集 会 とかそういうものから 集 まって 本 当 にそこにいる 人 たちがバスって 本 当 に 必 要 なの?と ただ バスがなかなか 中 心 街 から 端 っこまで 行 けない 部 分 があります ので 先 ほど 私 が 申 しましたとおり ある 程 度 の 役 割 分 担 は 必 要 かなとそういう ことはあります そのあたりの 連 携 する 前 の 地 域 とのいろいろな 話 し 合 いがまず 必 要 かと 思 います 吉 田 氏 :ありがとうございました やっぱりコミュニケーションをとっていくことが 連 携 を 深 めていくところの 第 一 歩 その 前 提 として 交 通 事 業 者 単 独 でやりきれない 部 分 もやっぱりあるのだというお 話 もあったかと 思 います 一 方 で 先 ほど 公 共 物 としてバスは 考 えるべきではないか あるいはその 過 程 の 中 で 今 度 はバスが 必 要 なんだよというところを 利 用 者 があげていってもらう 必 要 があるのではない かというお 話 をいただきました そういうところも 含 めて 加 藤 先 生 やっぱり 何 をしていかなければいけないの かご 意 見 ありますか 加 藤 氏 :バスが 公 共 物 かどうかというのは 僕 はやっぱり 決 まりきったものではないと 思 っ ています 公 共 物 であるバスと 単 に 勝 手 によく 分 からないけれど 走 っているバ スというのがあります これは 先 日 も 別 の 講 演 をしたときに 申 しましたが 実 は 日 本 のほとんどのバスは 公 共 物 ではありません 勝 手 に 走 っているものなのです これは 民 営 のバスでもそうだし コミュニティバスでもそうなのです 本 当 に 皆 さんが 必 要 としていて あるいは 必 要 だからちゃんと 残 って 欲 しいと 本 当 に 意 味 で 思 っているバスというのは 本 当 に 少 ないと 思 っています そうでなくて 漫 然 と 使 っている あるいは 漫 然 と 走 っているというのが 多 いです これは 本 当 に 公 共 物 としてのバスといえるようにするということが 大 事 で そのためには 事 業 者 のご 努 力 だけでも 駄 目 ですし あるいは 自 治 体 がいろいろ 知 恵 を 絞 るだけでも 駄 目 ですし 住 民 の 皆 さんもそういう 広 い 気 持 ちはないわけなので そのご 意 見 だ けでもできません やっぱりみんなが 意 見 をきちんと 言 い 合 って その 中 で 公 共 物 としてのバスというのは 何 なのかということを 考 えて そういうふうに 変 えて いくということが 必 要 です その 場 が 協 議 会 であるとか 地 域 公 共 交 通 会 議 であ 34 / 57

<4D6963726F736F667420576F7264202D2033835A83628356838783933295F18D903181698D828E52816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2033835A83628356838783933295F18D903181698D828E52816A> 第 2 セッション 第 1 報 告 留 学 生 に 対 する 英 語 による 日 本 法 教 育 - 刑 事 法 を 中 心 に- 京 都 大 学 : 高 山 佳 奈 子 < 高 山 > 京 都 大 学 の 高 山 でございます 私 のほうもパワーポイントとかコンピュータとか 準 備 し ていなくて この3ページのレジュメだけで 発 表 をさせていただきます 後 の 櫻 田 先 生 の 資 料 が

More information

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ 平 成 28 年 度 中 小 企 業 振 興 会 議 第 1 回 会 議 議 事 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 案 件 及 び 議 事 議 事 要 旨 平 成 28 年 6 月 7 日 ( 火 ) 午 後 2 時 から 午 後 3 時 20 分 館 林 市 役 所 502 会 議 室 振 興 会 議 委 員 : 笠 原 委 員 多 田 委 員 三 田 委 員 仁 田 委 員 伊 藤 委 員 藤

More information

Microsoft Word - 【公開用】13 振り返り.doc

Microsoft Word - 【公開用】13 振り返り.doc 発 言 をそのまま 書 き 起 こしたデータを 基 に 個 人 情 報 に 関 する 部 分 を 削 除 し 文 意 が 通 るように 修 正 を 行 っています 振 り 返 り アンケート 記 入 ( 総 合 F) それでは アンケートをお 書 きください そして アンケートの 中 で ここが 一 番 重 要 だというところには 下 線 などを 引 いていただいて 結 構 です 最 後 にまた 30

More information

セッション 2 Part.2 / ポスターセッション に 多 かったです 過 去 1 年 間 に 休 業 している 方 は 50 人 以 下 の 会 社 で はいませんでした ということで 501 人 以 上 の 会 社 だと1 年 間 に1 人 以 上 は 出 ますというお 答 えでした ポスター

セッション 2 Part.2 / ポスターセッション に 多 かったです 過 去 1 年 間 に 休 業 している 方 は 50 人 以 下 の 会 社 で はいませんでした ということで 501 人 以 上 の 会 社 だと1 年 間 に1 人 以 上 は 出 ますというお 答 えでした ポスター 平 成 22 年 度 一 般 公 募 演 題 がん 患 者 が 治 療 を 受 けながら 仕 事 を 継 続 するためのサポートと 再 就 職 のためのサポートについて 横 浜 市 立 大 学 医 学 部 社 会 予 防 医 学 特 任 講 師 川 上 ちひろ ポスター 1 がん 患 者 がすごく 増 えていること ポスター 1 と 20 歳 代 以 降 の 死 亡 原 因 は 第 1 位 ががん

More information

04siryou2.xdw

04siryou2.xdw 資 料 2 在 校 時 間 の 記 録 把 握 の 現 況 について 1 県 立 学 校 の 場 合 平 成 22 年 度 から 別 添 様 式 1により 各 教 員 に 記 録 するよう 通 知 している 自 己 申 告 制 2 公 立 小 中 学 校 の 場 合 上 記 の 県 の 通 知 文 を 参 考 として 市 町 村 教 育 委 員 会 に 周 知 するともに 適 正 な 在 校 時 間

More information

かなというふうなことで 少 しよくその 辺 全 体 像 を 考 えながら 関 係 省 庁 と 協 力 して 検 討 してみてくださいということをお 願 いしたという そんなところです だから 今 はまだ 具 体 的 にどうするかという どうすべきなのかというところまでは まだ 申 し 上 げておりま

かなというふうなことで 少 しよくその 辺 全 体 像 を 考 えながら 関 係 省 庁 と 協 力 して 検 討 してみてくださいということをお 願 いしたという そんなところです だから 今 はまだ 具 体 的 にどうするかという どうすべきなのかというところまでは まだ 申 し 上 げておりま 原 子 力 規 制 委 員 会 記 者 会 見 録 日 時 : 平 成 27 年 11 月 25 日 ( 水 )14:30~ 場 所 : 原 子 力 規 制 委 員 会 庁 舎 記 者 会 見 室 対 応 : 田 中 委 員 長 < 質 疑 応 答 > 司 会 それでは 定 刻 になりましたので ただ 今 から 原 子 力 規 制 委 員 会 の 定 例 会 見 を 始 めたいと 思 います 早 速

More information

しては 一 般 職 員 の 期 末 勤 勉 手 当 を 今 年 度 国 の 人 事 院 勧 告 を 考 慮 して0.15 月 分 引 き 上 げる 議 案 を 出 す 予 定 です 今 回 の 諮 問 案 は 一 般 職 員 の 引 き 上 げを 考 慮 して 同 月 分 特 別 職 についても 引

しては 一 般 職 員 の 期 末 勤 勉 手 当 を 今 年 度 国 の 人 事 院 勧 告 を 考 慮 して0.15 月 分 引 き 上 げる 議 案 を 出 す 予 定 です 今 回 の 諮 問 案 は 一 般 職 員 の 引 き 上 げを 考 慮 して 同 月 分 特 別 職 についても 引 平 成 26 年 度 我 孫 子 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 概 要 1. 会 議 名 称 我 孫 子 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 2. 開 催 日 時 平 成 26 年 11 月 6 日 ( 木 ) 午 前 9 時 から 3. 場 所 議 事 堂 第 一 委 員 会 室 4. 出 席 者 委 員 米 澤 会 長 飯 田 委 員 中 尾 委 員 寺 本 委 員 石 﨑 委 員

More information

Microsoft Word - ☆第31回事業評価監視委員会議事録_最終_ .docx

Microsoft Word - ☆第31回事業評価監視委員会議事録_最終_ .docx ---------------------------------------- 再 評 価 4. 広 域 河 川 改 修 事 業 大 谷 川 ---------------------------------------- 議 長 午 後 の 審 議 を 再 開 いたします 今 回 は 再 評 価 4 番 の 広 域 河 川 改 修 事 業 大 谷 川 について 説 明 をお 願 いいたします 河

More information

平成27年第08回会議記録(抜粋)

平成27年第08回会議記録(抜粋) 平 成 27 年 第 8 回 定 例 教 育 委 員 会 平 成 27 年 8 月 27 日 ( 木 曜 日 ) 開 会 午 前 10 時 00 分 閉 会 午 前 10 時 38 分 議 事 日 程 日 程 第 1 会 期 の 決 定 日 程 第 2 会 議 録 署 名 委 員 の 指 名 日 程 第 3 報 告 第 45 号 諸 般 の 報 告 日 程 第 4 報 告 第 46 号 浦 幌 町

More information

平 成 27 年 駒 ヶ 根 市 教 育 委 員 会 第 10 回 臨 時 会 会 議 録 駒 ヶ 根 市 教 育 委 員 会 平 成 27 年 駒 ヶ 根 市 教 育 委 員 会 第 10 回 臨 時 会 議 事 日 程 告 示 年 月 日 平 成 27 年 7 月 22 日 開 催 年 月 日 平 成 27 年 7 月 29 日 ( 水 曜 日 ) 開 催 場 所 JA 上 伊 那 アイパルいなん4

More information

Ⅳ 出 席 者 名 簿 1. 委 員 (7 名 中 6 名 出 席 ) ( 敬 称 略 ) 氏 名 現 職 名 出 欠 菊 地 永 祐 東 北 大 学 名 誉 教 授 出 寺 島 洋 子 一 級 建 築 士 ( 株 ) 寺 島 建 築 設 計 事 務 所 代 表 取 締 役 出 富 澤 秀 行 弁

Ⅳ 出 席 者 名 簿 1. 委 員 (7 名 中 6 名 出 席 ) ( 敬 称 略 ) 氏 名 現 職 名 出 欠 菊 地 永 祐 東 北 大 学 名 誉 教 授 出 寺 島 洋 子 一 級 建 築 士 ( 株 ) 寺 島 建 築 設 計 事 務 所 代 表 取 締 役 出 富 澤 秀 行 弁 宮 城 県 土 地 利 用 審 査 会 Ⅰ 日 時 : 平 成 26 年 11 月 19 日 ( 水 ) 午 前 10 時 30 分 から 午 前 11 時 40 分 まで Ⅱ 場 所 : 宮 城 県 行 政 庁 舎 第 二 会 議 室 (11 階 ) Ⅲ 次 第 1 開 会 2 あいさつ 3 議 事 ( 報 告 事 項 ) (1) 最 近 の 土 地 取 引 動 向 について (2) 最 近 の

More information

第19回規制改革会議 記者会見録

第19回規制改革会議 記者会見録 1. 日 時 : 平 成 25 年 10 月 31 日 ( 木 )18:55~19:17 2. 場 所 : 合 同 庁 舎 4 号 館 2 階 220 会 議 室 司 会 それでは 大 変 お 待 たせいたしました 規 制 改 革 会 議 の 模 様 につきまして 岡 議 長 から 御 説 明 いたします 質 疑 応 答 はまとめてお 願 いいたします それでは 議 長 よろしくお 願 いいたします

More information

<593A5C8AE989E68C575C8CF689638AE98BC690528B6389EF5C3232944E93785C91E63389F18C8B89CA5C91E68E4F89F189EF8B63985E2E646F63>

<593A5C8AE989E68C575C8CF689638AE98BC690528B6389EF5C3232944E93785C91E63389F18C8B89CA5C91E68E4F89F189EF8B63985E2E646F63> 平 成 22 年 9 月 7 日 午 後 1 時 30 分 苫 小 牧 市 役 所 北 庁 舎 3 階 会 議 室 にて 開 催 開 会 苫 小 牧 市 公 営 企 業 調 査 審 議 会 ( 委 員 20 名 中 13 名 出 席 条 例 による 審 議 会 開 催 の 定 足 数 を 満 た している ) 審 議 松 原 会 長 それでは 8 月 24 日 及 び31 日 に 引 き 続 きまして

More information

7. 報 告 事 項 (1) 地 域 公 共 交 通 会 議 規 約 等 について 8. 議 題 (1) 役 員 選 出 について (2) 平 成 27 年 度 予 算 について (3) 地 域 公 共 交 通 網 形 成 計 画 策 定 支 援 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザ

7. 報 告 事 項 (1) 地 域 公 共 交 通 会 議 規 約 等 について 8. 議 題 (1) 役 員 選 出 について (2) 平 成 27 年 度 予 算 について (3) 地 域 公 共 交 通 網 形 成 計 画 策 定 支 援 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザ 平 成 27 年 度 第 1 回 周 南 市 地 域 公 共 交 通 会 議 議 事 録 1. 日 時 平 成 27 年 6 月 18 日 10 時 00 分 ~10 時 55 分 2. 場 所 周 南 市 文 化 会 館 3 階 展 示 室 3. 出 席 委 員 :16 名 団 体 名 周 南 市 環 境 生 活 部 長 中 国 運 輸 局 山 口 運 輸 支 局 防 長 交 通 株 式 会 社

More information

(Microsoft Word - 01_\201\233\225\\\216\206\225\224\225\252\202P.doc)

(Microsoft Word - 01_\201\233\225\\\216\206\225\224\225\252\202P.doc) 筑 西 市 議 会 経 済 土 木 委 員 会 会 議 録 ( 平 成 27 年 第 2 回 定 例 会 ) 筑 西 市 議 会 経 済 土 木 委 員 会 会 議 録 1 日 時 平 成 27 年 6 月 16 日 ( 火 ) 開 会 : 午 前 10 時 00 分 閉 会 : 午 前 10 時 21 分 2 場 所 全 員 協 議 会 室 3 審 査 案 件 議 案 第 52 号 筑 西 市 営

More information

会  議  録

会  議  録 会 議 録 会 議 名 開 催 日 時 開 催 場 所 出 席 者 協 議 案 件 平 成 27 年 度 第 1 回 丸 亀 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 協 議 会 平 成 27 年 5 月 22 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 丸 亀 市 立 中 央 図 書 館 会 議 室 出 席 山 本 茂 喜 溝 渕 由 美 子 山 中 洋 子 田 瀬 成 和 篠 原 美 喜 深 井

More information

きたいと 思 います 5. 議 事 (1) 水 道 料 金 改 定 について 事 務 局 により 説 明 ( 資 料 3) 2 ページの 平 成 29 年 度 の 措 置 というのがよく 理 解 できないんですが 29 年 度 に( 料 金 を)43% 増 額 改 定 したらこうなりますというグラフ

きたいと 思 います 5. 議 事 (1) 水 道 料 金 改 定 について 事 務 局 により 説 明 ( 資 料 3) 2 ページの 平 成 29 年 度 の 措 置 というのがよく 理 解 できないんですが 29 年 度 に( 料 金 を)43% 増 額 改 定 したらこうなりますというグラフ 第 2 回 安 来 市 水 道 事 業 運 営 審 議 会 議 事 録 日 時 平 成 28 年 1 月 18 日 ( 月 ) 10:00~ 場 所 安 来 市 中 央 交 流 センター 2 階 第 6 会 議 室 1. 会 議 成 立 報 告 2. 諮 問 3. 市 長 挨 拶 4. 会 長 挨 拶 5. 議 事 (1) 前 回 ( 第 1 回 ) 質 問 事 項 に 対 する 回 答 について

More information

Microsoft Word - 記者会見要旨

Microsoft Word - 記者会見要旨 会 見 要 旨 大 学 病 院 の 建 設 に 関 する 協 定 調 印 式 1 日 時 平 成 26 年 5 月 29 日 ( 木 曜 日 ) 午 前 11 時 ~ 2 場 所 市 役 所 東 庁 舎 2 階 大 会 議 室 3 内 容 大 学 病 院 の 建 設 に 関 する 協 定 調 印 式 4 調 印 5 出 席 者 岡 崎 市 長 内 田 康 宏 学 校 法 人 藤 田 学 園 理 事

More information

( 岐 阜 商 業 高 等 学 校 ) (4) 報 第 5 号 岐 阜 市 立 学 校 等 の 体 育 施 設 の 開 放 に 関 する 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 の 制 定 について( 市 民 体 育 課 ) (5) 第 34 号 議 案 岐 阜 市 教 育 委 員 会 の 附

( 岐 阜 商 業 高 等 学 校 ) (4) 報 第 5 号 岐 阜 市 立 学 校 等 の 体 育 施 設 の 開 放 に 関 する 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 の 制 定 について( 市 民 体 育 課 ) (5) 第 34 号 議 案 岐 阜 市 教 育 委 員 会 の 附 平 成 26 年 第 6 回 岐 阜 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 日 時 平 成 26 年 4 月 25 日 ( 金 曜 日 ) 午 前 9 時 30 分 2 場 所 中 央 青 少 年 会 館 研 修 室 1 3 出 席 委 員 後 藤 委 員 長 矢 島 委 員 中 島 委 員 小 野 木 委 員 早 川 教 育 長 4 説 明 のために 出 席 した 事 務 局 の 職

More information

第 1 号

第 1 号 日 程 第 3 議 案 第 47 号 開 成 町 家 庭 的 保 育 事 業 等 の 設 備 及 び 運 営 に 関 する 基 準 を 定 める 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 制 定 することについてを 議 題 といたします 提 案 理 由 を 町 長 に 求 めます 町 長 町 長 ( 府 川 裕 一 ) 提 案 理 由 児 童 福 祉 施 設 最 低 基 準 の 一 部 を

More information

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 議 事 録 招 集 期 日 平 成 28 年 2 月 12 日 ( 金 ) 場 所 市 役 所 7 階 第 5 室 開 2 月 12 日 午 後 2 時 00 分 遠 藤 英 樹 閉 2 月 12 日 午 後 3 時 25 分 遠 藤 英 樹 遠 藤 英 樹 代 理 早 舩 直 彦 出 席 状 況 駒 﨑 繁 夫 出 欠 石 塚 京 子 出 欠 谷

More information

ICレコーダー

ICレコーダー 会 議 名 開 催 日 時 開 催 場 所 平 成 26 年 度 第 3 回 港 区 指 定 管 理 者 選 定 委 員 会 平 成 26 年 7 月 28 日 ( 月 曜 日 ) 午 前 9 時 30 分 から 午 前 11 時 まで 区 役 所 4 階 庁 議 室 ( 出 席 者 ) 委 員 田 中 副 区 長 ( ) 杉 本 企 画 経 営 部 長 ( 副 ) 渡 邊 総 務 部 長 ( 副

More information

「第五回中心市街地活性化基本計画策定委員会」議事録

「第五回中心市街地活性化基本計画策定委員会」議事録 第 6 回 中 心 市 街 地 活 性 化 基 本 計 画 策 定 会 ( 議 事 録 要 約 ) 議 事 録 ( 要 約 ) 日 時 平 成 20 年 7 月 10 日 ( 木 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 場 所 一 宮 市 役 所 一 宮 庁 舎 2 階 第 2 会 室 1 開 会 ( 挨 拶 ) 暑 い 中 ご 苦 労 様 です 今 朝 の 新 聞 によりますと 豊 田 市 の 中 心

More information

【Kei式】法律争訟物語(1_行政法編)

【Kei式】法律争訟物語(1_行政法編) Kei 式 法 律 争 訟 物 語 (1. 行 政 法 編 ) 第 1~2 話 法 律 争 訟 物 語 (1. 行 政 法 編 - 全 14 話 ) 前 書 き: この 物 語 は 行 政 法 の 中 でも 行 政 手 続 法 行 政 不 服 審 査 法 行 政 事 件 訴 訟 法 を 中 心 に 行 政 争 訟 の 流 れを 楽 し んでお 読 みになれるようつくられた 物 です 問 題 集 を

More information

中野区 教育委員会

中野区 教育委員会 中 野 区 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 24 年 第 15 回 定 例 会 開 会 日 平 成 24 年 5 月 11 日 ( 金 ) 場 所 中 野 区 教 育 委 員 会 室 開 会 午 前 10 時 01 分 閉 会 午 前 10 時 20 分 出 席 委 員 (3 名 ) 中 野 区 教 育 委 員 会 委 員 長 高 木 明 郎 中 野 区 教 育 委 員 会 委 員 長 職

More information

平 成 27 年 4 月 定 例 東 温 市 教 育 委 員 会 会 議 録 開 会 の 日 時 及 び 場 所 平 成 27 年 4 月 22 日 ( 水 ) 午 前 10 時 15 分 東 温 市 庁 舎 4 階 405 会 議 室 議 事 に 出 席 した 委 員 教 育 長 職 務 代 行 者 菅 原 正 夫 委 員 遠 富 英 子 委 員 大 政 美 智 子 委 員 本 田 隆 彦 議

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6323689F190528B6389EF81408B638E96985E817948508CF68A4A9770817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6323689F190528B6389EF81408B638E96985E817948508CF68A4A9770817A2E646F63> 第 26 回 明 石 市 放 置 自 転 車 対 策 審 議 会 議 事 録 開 会 午 後 2:30 それでは さっそく 議 事 に 入 ります 本 日 の 議 題 は お 手 元 の 会 議 次 第 にありますように 報 告 事 項 3 件 です 審 議 事 項 はありません それでは 事 務 局 から 報 告 事 項 1について 説 明 願 います 事 務 局 A 報 告 事 項 の1 駅 別

More information

それでは、平成25年3月の定例記者会見を始めたいと思います

それでは、平成25年3月の定例記者会見を始めたいと思います 1. 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 対 応 について 記 者 府 内 のこどもルームについてです あれは 結 局 形 はまだ 定 まってないけ れども 今 後 またああいう 場 所 をこのあたりに 設 けるというお 考 えでよろしい ですか 市 長 今 ホルトホールだと 遠 いという 意 見 もあると 思 いますので どうしたら いいか 今 ある 場 所 に 再 開 することも 含 めて

More information

にどうなるかというときに 30 代 40 代 を 含 んで 教 育 会 として 家 庭 教 育 講 座 を やっていかなければならない そのため2つに 分 けている 確 かに 素 直 に 考 えたらそうであるが 特 に0 歳 児 の 親 は 核 家 族 化 になって 子 育 てに 悩 んで 地 域

にどうなるかというときに 30 代 40 代 を 含 んで 教 育 会 として 家 庭 教 育 講 座 を やっていかなければならない そのため2つに 分 けている 確 かに 素 直 に 考 えたらそうであるが 特 に0 歳 児 の 親 は 核 家 族 化 になって 子 育 てに 悩 んで 地 域 No5 0 歳 期 教 育 親 子 教 室 事 業 家 庭 教 育 講 座 事 業 ( 資 料 に 基 づき 事 業 説 明 ) 0 歳 期 教 育 は 1 講 座 30 人 で6 回 開 催 となっている 単 純 に 計 算 したら180 人 になる が 目 標 値 300というのはどのような 數 か 今 年 は50 人 くらい 申 し 込 みがあっているが 6 回 全 部 の 方 や1 回 だけしかでられないと

More information

ÿþ

ÿþ 蟹 江 町 議 会 総 務 民 生 常 任 委 員 会 会 議 録 招 集 日 時 招 集 場 所 出 席 委 員 欠 席 委 員 会 議 事 件 説 明 の た め 出 席 し た 者 職 務 の た め 出 席 し た 者 付 託 事 件 平 成 2 6 年 3 月 1 0 日 ( 月 ) 午 前 9 時 蟹 江 町 役 場 3 階 協 議 会 室 委 員 長 吉 田 正 昭 副 委 員 長 佐

More information

平成16年度 北広島市水道事業再評価審議委員会

平成16年度 北広島市水道事業再評価審議委員会 平 成 23 年 度 第 5 回 北 広 島 市 水 道 事 業 経 営 審 議 会 日 時 平 成 24 年 2 月 3 日 ( 金 ) 午 後 6 時 00 分 場 所 本 庁 舎 2 階 会 議 室 審 議 会 出 席 者 審 議 委 員 伊 藤 委 員 秋 穂 委 員 野 部 委 員 橋 本 委 員 三 好 委 員 和 田 委 員 金 子 委 員 10 名 中 8 名 出 席 事 務 局 深

More information

会議録

会議録 第 4 回 秦 野 市 公 立 幼 稚 園 あり 方 検 討 委 員 会 1 日 時 平 成 24 年 2 月 7 日 ( 火 ) 午 前 10 時 ~ 正 午 2 場 所 秦 野 市 役 所 本 庁 舎 3 階 3A 会 議 室 3 出 席 委 員 逢 坂 委 員 小 林 委 員 佐 藤 委 員 佐 々 木 委 員 桐 山 委 員 横 尾 委 員 大 澤 委 員 梅 原 委 員 野 々 山 委 員

More information

なか

なか 民 生 福 祉 常 任 委 員 会 記 録 平 成 26 年 6 月 9 日 開 催 日 平 成 26 年 6 月 9 日 開 催 場 所 第 1 委 員 会 室 開 会 散 会 時 間 午 前 11 時 20 分 ~ 午 前 11 時 33 分 出 席 委 員 委 員 長 下 瀬 俊 夫 副 委 員 長 矢 田 松 夫 委 員 石 田 清 廉 委 員 岩 本 信 子 委 員 小 野 泰 委 員 三

More information

おそらくこれを 読 んでいるあなたなら もしかすると 既 にご 承 知 のことだったかもしれません これからお 伝 えする 私 のメッセージは あなたに 最 適 な 税 理 士 を 探 すもっとも 適 切 な 答 えを 導 き 出 せるかもしれません 5 分 だけ 私 に 時 間 を 下 さいますか

おそらくこれを 読 んでいるあなたなら もしかすると 既 にご 承 知 のことだったかもしれません これからお 伝 えする 私 のメッセージは あなたに 最 適 な 税 理 士 を 探 すもっとも 適 切 な 答 えを 導 き 出 せるかもしれません 5 分 だけ 私 に 時 間 を 下 さいますか 失 敗 しない 税 理 士 の 見 つけ 方 を 知 りたい 人 は 他 にいませんか? 副 業 で 稼 いでいるサラリーマン 個 人 事 業 主 が 安 心 してインターネットに 強 い 税 理 士 を 探 す 最 適 な 方 法 を 今 からあなたにすべてお 話 しします あなたにひとつだけ 重 要 な 質 問 をします もしあなたがサラリーマンあるいは 個 人 事 業 主 で 事 業 を 始

More information

3 認 定 こども 園 制 度 化 のメリット O 大 臣 政 務 官 ( 有 村 治 子 君 ) 今 般 の 認 定 こども 園 の 制 度 化 によっては ( 中 略 ) 保 護 者 が 就 労 の 有 無 によっても 子 供 が 施 設 を 変 わる 必 要 がない 一 貫 した 教 育 保

3 認 定 こども 園 制 度 化 のメリット O 大 臣 政 務 官 ( 有 村 治 子 君 ) 今 般 の 認 定 こども 園 の 制 度 化 によっては ( 中 略 ) 保 護 者 が 就 労 の 有 無 によっても 子 供 が 施 設 を 変 わる 必 要 がない 一 貫 した 教 育 保 就 学 前 の 子 どもに 関 する 教 育 保 育 等 の 総 合 的 な 提 供 の 推 進 に 関 する 法 律 国 会 会 議 録 抜 粋 圃 1 法 律 の 提 案 理 由 及 び 概 要 0 国 務 大 臣 ( 小 坂 憲 次 君 )このたび 政 府 から 提 出 いたしました 就 学 前 の 子 どもに 関 する 教 育 保 育 等 の 総 合 的 な 提 供 の 推 進 に 関 する

More information

・日程第5 会議録署名委員の指名

・日程第5 会議録署名委員の指名 平 成 26 年 7 月 臨 時 会 議 平 成 26 年 度 第 2 回 みどり 市 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 26 年 7 月 22 日 みどり 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 度 第 2 回 みどり 市 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 招 集 日 時 : 平 成 26 年 7 月 22 日 ( 火 ) 午 後 1 時 30 分 から 招 集 場 所 :みどり

More information

議 会 運 営 委 員 会 会 議 録 1 調 査 事 件 (1)JR 只 見 線 の 早 期 全 線 復 旧 を 求 める 意 見 書 の 提 出 について (2) 平 成 25 年 第 4 回 魚 沼 市 議 会 定 例 会 について (3) 閉 会 中 の 所 管 事 務 調 査 について (

議 会 運 営 委 員 会 会 議 録 1 調 査 事 件 (1)JR 只 見 線 の 早 期 全 線 復 旧 を 求 める 意 見 書 の 提 出 について (2) 平 成 25 年 第 4 回 魚 沼 市 議 会 定 例 会 について (3) 閉 会 中 の 所 管 事 務 調 査 について ( 平 成 25 年 11 月 28 日 魚 沼 市 議 会 議 長 浅 井 守 雄 様 議 会 運 営 委 員 会 委 員 長 遠 藤 徳 一 議 会 運 営 委 員 会 調 査 報 告 書 本 委 員 会 は 所 管 事 務 について 下 記 のとおり 調 査 したので 魚 沼 市 議 会 会 議 規 則 第 110 条 の 規 定 により 報 告 します 記 1 調 査 事 件 名 (1) JR

More information

岩村委員長

岩村委員長 平 成 25 年 2 月 八 戸 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 25 年 2 月 25 日 ( 月 ) 午 後 1 時 30 分 2 場 所 市 庁 本 館 3 階 議 会 第 1 委 員 会 室 3 委 員 氏 名 委 員 長 岡 本 潤 子 委 員 長 職 務 代 行 者 小 柴 一 弘 委 員 武 輪 節 子 教 育 長 松 山 隆 豊 4 職 員

More information

どうして2つの 決 算 があるの そもそも 決 算 ってなに 企 業 活 動 は 日 々 儲 けた 損 をした の 繰 り 返 しです 決 算 とは 一 定 期 間 内 の 企 業 活 動 の 成 果 を 取 りまとめ や 損 失 の 額 を 確 定 させることです これによって 一 事 業 年 度

どうして2つの 決 算 があるの そもそも 決 算 ってなに 企 業 活 動 は 日 々 儲 けた 損 をした の 繰 り 返 しです 決 算 とは 一 定 期 間 内 の 企 業 活 動 の 成 果 を 取 りまとめ や 損 失 の 額 を 確 定 させることです これによって 一 事 業 年 度 今 年 の 経 営 リポート は 平 成 23 年 度 の 決 算 今 年 度 の 決 算 結 果 のお 知 らせ 企 業 会 計 のお 財 布 はいくら? 企 業 の 姿 を 見 てみよう 経 営 指 標 で 企 業 を 見 る 今 年 度 の 工 事 のお 知 らせ の6 項 目 についてお 知 らせします どうして2つの 決 算 があるの そもそも 決 算 ってなに 企 業 活 動 は 日 々

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3236944E937891E63189F1934A90818E7389EE8CEC95DB8CAF895E89638BA68B6389EF8B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3236944E937891E63189F1934A90818E7389EE8CEC95DB8CAF895E89638BA68B6389EF8B638E96985E> 平 成 26 年 度 第 1 回 笛 吹 市 介 護 保 険 運 営 協 議 会 会 議 録 開 催 日 時 : 平 成 26 年 6 月 16 日 ( 月 )13:30~15:00 出 席 者 : 委 員 13 名 欠 席 1 名 事 務 局 :11 名 ( 保 健 福 祉 部 長 介 護 保 険 課 高 齢 福 祉 課 ) 傍 聴 者 なし 1. 開 会 2. 委 嘱 状 交 付 3. 市 長

More information

8.11.26日開催による教育委員長の口述書

8.11.26日開催による教育委員長の口述書 高 崎 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 開 会 年 月 日 平 成 27 年 11 月 24 日 午 後 1 時 30 分 閉 会 年 月 日 平 成 27 年 11 月 24 日 午 後 2 時 15 分 会 議 の 場 所 教 育 委 員 会 室 会 議 に 出 席 し た 委 員 委 員 長 横 田 衛 職 務 代 行 者 髙 井 和 雄 委 員 木 村 めぐみ 委 員 乾 宏

More information

平成22年第4回臨時会

平成22年第4回臨時会 平 成 26 年 第 2 回 臨 時 会 総 務 民 生 常 任 委 員 会 会 議 録 期 日 : 平 成 26 年 4 月 16 日 ( 水 ) 場 所 : 大 曲 庁 舎 第 1 委 員 会 室 大 仙 市 議 会 総 務 民 生 常 任 委 員 会 会 議 録 日 時 : 平 成 26 年 4 月 16 日 ( 水 曜 日 ) 午 前 10 時 24 分 ~ 午 前 11 時 09 分 会

More information

第643回三沢市農業委員会総会議事録

第643回三沢市農業委員会総会議事録 第 697 回 三 沢 市 農 業 委 員 会 総 会 議 事 録 1. 開 会 の 日 時 平 成 27 年 2 月 20 日 午 後 1 時 30 分 2. 閉 会 の 日 時 平 成 27 年 2 月 20 日 午 後 2 時 05 分 3. 開 催 の 場 所 三 沢 市 役 所 別 館 4 階 第 1 研 修 室 4. 出 席 した 委 員 の 番 号 及 び 氏 名 1 番 佐 々 木

More information

長野県プレスリリース 平成16年7月23日

長野県プレスリリース 平成16年7月23日 長 野 県 ( 県 民 文 化 部 )プレスリリース 平 成 28 年 (2016 年 )3 月 9 日 特 定 商 取 引 に 関 する 法 律 違 反 の 事 業 者 に 対 して 行 政 処 分 ( 業 務 停 止 命 令 3か 月 )を 行 いました 県 は 低 周 波 電 気 マッサージ 組 合 せ 家 庭 用 医 療 機 器 の 訪 問 販 売 を 行 っていた 株 式 会 社 ファインティに

More information

Microsoft Word - 厚生委員会活動報告HP用<所管> 25.6.12.doc

Microsoft Word - 厚生委員会活動報告HP用<所管> 25.6.12.doc 6 月 12 日 に 厚 生 委 員 会 を 開 催 し, 所 管 する 事 務 事 業 の 調 査 を 次 のとおり 行 いました 新 総 社 市 一 般 廃 棄 物 最 終 処 分 場 の 進 捗 状 況 について 平 成 24 年 度 に 基 本 設 計, 地 質 調 査, 地 形 測 量 業 務 を 完 了 し, 現 在, 生 活 環 境 影 響 調 査 業 務 を 実 施 中 の 新 総

More information

<4D F736F F D20945B90C58C8B89CA95F18D90>

<4D F736F F D20945B90C58C8B89CA95F18D90> 平 成 24 年 度 第 2 回 調 布 市 インターネット 市 政 モニターアンケート 調 査 結 果 調 査 名 市 税 の 納 付 や 広 報 の 方 法 について, 新 たな 制 度 を 検 討 するための 意 識 調 査 調 査 期 間 平 成 24 年 11 月 22 日 ( 木 )~12 月 2 日 ( 日 ) 登 録 モニター 数 66 人 回 答 モニター 数 31 人 ( 回 答

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838F815B834E838F834E836C836283679770814620926D82C182C482A882AB82BD82A291DE90458BE081408AE98BC6944E8BE090A793782E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838F815B834E838F834E836C836283679770814620926D82C182C482A882AB82BD82A291DE90458BE081408AE98BC6944E8BE090A793782E646F63> は67.9%と に15,933 退 職 金 制 度 改 革 の 動 向 株 式 会 社 広 島 企 業 年 金 設 計 代 表 取 締 役 石 井 孝 治 知 っておきたい 退 職 金 企 業 年 金 制 度 移 年 以 降, 退 職 一 時 金 制 度 の 改 定 を 行 っている 企 業 が 約 半 分 あります そのうち,ポイント 制 に 率 送 行 を りしているようです した 掛 けます

More information

Microsoft Word - 与謝野町議会平成22年6月定例会_7日目_.doc

Microsoft Word - 与謝野町議会平成22年6月定例会_7日目_.doc 第 32 回 平 成 22 年 6 月 与 謝 野 町 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 7 号 ) 招 集 年 月 日 平 成 22 年 6 月 22 日 開 閉 会 日 時 午 前 9 時 30 分 開 会 ~ 午 前 9 時 45 分 閉 会 招 集 の 場 所 与 謝 野 町 議 会 会 議 場 1. 出 席 議 員 1 番 野 村 生 八 10 番 山 添 藤 真 2 番 和 田 裕

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

すが 私 もそれでいいと 思 います それでは 続 きまして( 仮 称 ) 浦 安 市 協 働 事 業 提 案 制 度 についての 議 題 に 入 りたいと 思 います <( 仮 称 ) 浦 安 市 協 働 事 業 提 案 制 度 について> 協 働 事 業 の 仕 組 み 会 長 : 提 案 制

すが 私 もそれでいいと 思 います それでは 続 きまして( 仮 称 ) 浦 安 市 協 働 事 業 提 案 制 度 についての 議 題 に 入 りたいと 思 います <( 仮 称 ) 浦 安 市 協 働 事 業 提 案 制 度 について> 協 働 事 業 の 仕 組 み 会 長 : 提 案 制 平 成 21 年 度 第 5 回 市 民 参 加 推 進 会 議 議 事 概 要 日 時 : 平 成 22 年 1 月 26 日 ( 火 )18 時 30 分 ~20 時 10 分 場 所 : 文 化 会 館 3 階 第 2 練 習 室 出 席 者 : 奥 村 委 員 大 谷 委 員 金 山 委 員 六 本 木 委 員 城 戸 委 員 杉 村 委 員 横 山 委 員 芦 田 委 員 事 務 局 :

More information

平 成 9 年

平 成 9 年 平 成 2 8 年 高 松 市 教 育 委 員 会 6 月 定 例 会 会 議 録 ( 抄 本 ) 6 月 22 日 ( 水 ) 開 会 6 月 22 日 ( 水 ) 閉 会 出 席 し た 教 育 長 及 び 委 員 教 育 長 藤 本 泰 雄 神 内 仁 委 員 木 場 巳 男 藤 本 英 子 葛 西 優 子 欠 席 し た 教 育 長 及 び 委 員 説 明 のため 会 議 に 出 席 した

More information

議 案 1 件 につきましては 個 人 情 報 を 審 議 するため 非 公 開 といたしたいと 存 じます 御 異 議 はございませんか ( 異 議 なし の 声 あり) 竹 花 会 長 それでは 議 案 1 件 につきましては 非 公 開 といたします 議 案 第 10 号 は 非 公 開 竹

議 案 1 件 につきましては 個 人 情 報 を 審 議 するため 非 公 開 といたしたいと 存 じます 御 異 議 はございませんか ( 異 議 なし の 声 あり) 竹 花 会 長 それでは 議 案 1 件 につきましては 非 公 開 といたします 議 案 第 10 号 は 非 公 開 竹 平 成 27 年 度 第 6 回 茅 ヶ 崎 市 建 築 審 査 会 会 議 録 議 題 議 案 第 10 号 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 同 意 について 報 告 第 8 号 茅 ヶ 崎 市 総 合 設 計 許 可 基 準 の 一 部 改 正 について 日 時 平 成 28 年 2 月 18 日 ( 木 )15 時 00 分 から16 時 05 分 まで 場 所

More information

棚 卸 しした 内 容 を 分 析 して 自 己 アピールにつなげる 昨 今 の 求 人 では ピンポイント になっています これは 派 遣 会 社 ハローワーク 人 材 紹 介 会 社 が 口 をそろえていっています つまり 例 えば アパレルでフランスとのMDをやったことのある 人 で 尚 且

棚 卸 しした 内 容 を 分 析 して 自 己 アピールにつなげる 昨 今 の 求 人 では ピンポイント になっています これは 派 遣 会 社 ハローワーク 人 材 紹 介 会 社 が 口 をそろえていっています つまり 例 えば アパレルでフランスとのMDをやったことのある 人 で 尚 且 就 活 にあたってのポイントをまとめてみました 自 分 のやってきたことを 棚 卸 しする 棚 卸 しした 内 容 を 分 析 して 自 己 アピールにつなげる 履 歴 書 職 務 経 歴 書 を 書 いてみる 応 募 しようとする 業 種 職 種 会 社 を 研 究 する 志 望 動 機 を 書 く 面 接 の 準 備 をする その 他 といったところでしょうか では 自 分 のやってきたことを

More information

第10回 農地部会 議事録

第10回 農地部会 議事録 第 22 回 小 山 市 農 業 委 員 会 農 業 振 興 部 会 議 事 録 第 22 回 小 山 市 農 業 委 員 会 農 業 振 興 部 会 は 平 成 25 年 10 月 25 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 小 山 市 役 所 3 階 会 議 室 4にて 開 催 された 議 事 議 案 第 1 号 農 政 講 演 会 の 講 演 テーマについて 本 日 の 出 席 委 員 は

More information

記 所 は 保 存 年 限 があり 古 いものは 所 有 していない 市 では 過 去 のものも 保 管 しているので よ りいい 保 存 方 法 があれば 検 討 していきたい 会 長 : 滅 失 証 明 に 関 しては 毎 年 現 場 を 見 ていて その 後 滅 失 したものを 現 場 確 認

記 所 は 保 存 年 限 があり 古 いものは 所 有 していない 市 では 過 去 のものも 保 管 しているので よ りいい 保 存 方 法 があれば 検 討 していきたい 会 長 : 滅 失 証 明 に 関 しては 毎 年 現 場 を 見 ていて その 後 滅 失 したものを 現 場 確 認 会 議 録 会 議 の 名 称 開 催 日 時 開 催 場 所 出 席 者 議 題 会 議 資 料 の 名 称 記 録 方 法 西 東 京 市 使 用 料 等 審 議 会 平 成 年 度 第 回 会 議 平 成 年 月 日 ( 木 曜 日 ) 午 後 時 から 時 まで 田 無 庁 舎 階 庁 議 室 委 員 : 小 藤 田 委 員 水 野 委 員 山 田 委 員 米 田 委 員 事 務 局 : 池

More information

市 長 会 見 市 政 報 告 について 6 月 の 定 例 記 者 会 見 では 5 月 以 降 の 変 化 並 びに 6 月 定 例 議 会 に 提 案 する 内 容 について 報 告 します 初 めに 7 月 12 日 の 避 難 指 示 区 域 の 解 除 の 合 意 についてですが 5 月

市 長 会 見 市 政 報 告 について 6 月 の 定 例 記 者 会 見 では 5 月 以 降 の 変 化 並 びに 6 月 定 例 議 会 に 提 案 する 内 容 について 報 告 します 初 めに 7 月 12 日 の 避 難 指 示 区 域 の 解 除 の 合 意 についてですが 5 月 定 例 記 者 会 見 の 概 要 1. 日 時 平 成 28 年 6 月 9 日 ( 木 )10 時 30 分 ~11 時 40 分 2. 場 所 本 庁 舎 3 階 第 一 会 議 室 3. 出 席 者 < 報 道 機 関 > 1 朝 日 新 聞 社 南 相 馬 支 局 ( 南 相 馬 記 者 クラブ 会 員 ) 2 福 島 民 友 新 聞 社 相 双 支 社 ( 南 相 馬 記 者 クラブ 会

More information

私 どもは 1946 年 の 創 業 以 来 ずっと 塚 野 山 に 工 場 がありまして 日 本 国 内 のラケット 関 係 においては 新 潟 県 内 でしか 作 っていないという 状 況 です そんな 中 で バドミントンから 始 まってテニスラケット ゴルフクラブ スノーボード 最 近 はス

私 どもは 1946 年 の 創 業 以 来 ずっと 塚 野 山 に 工 場 がありまして 日 本 国 内 のラケット 関 係 においては 新 潟 県 内 でしか 作 っていないという 状 況 です そんな 中 で バドミントンから 始 まってテニスラケット ゴルフクラブ スノーボード 最 近 はス 長 岡 市 長 記 者 会 見 ( 平 成 27 年 2 月 6 日 ) 日 時 : 平 成 27 年 2 月 6 日 ( 金 曜 日 ) 午 後 1 時 30 分 から 場 所 :アオーレ 長 岡 東 棟 4 階 大 会 議 室 内 容 : 長 岡 市 ヨネックス 共 同 記 者 会 見 西 部 丘 陵 東 地 区 進 出 企 業 第 1 号 が 決 定 ヨネックス 株 式 会 社 と 長 岡 市

More information

現 在 の 北 側 と 南 側 で 車 の 出 入 りは 出 来 るのですが 北 側 が 無 くなるのですよね そうすると 南 側 か らしか 出 る 事 が 出 来 なくて 道 路 に 渋 滞 が 起 きるのではないか 現 庁 舎 では 市 役 所 から 電 話 がかかってきた 時 に 着 信 履

現 在 の 北 側 と 南 側 で 車 の 出 入 りは 出 来 るのですが 北 側 が 無 くなるのですよね そうすると 南 側 か らしか 出 る 事 が 出 来 なくて 道 路 に 渋 滞 が 起 きるのではないか 現 庁 舎 では 市 役 所 から 電 話 がかかってきた 時 に 着 信 履 高 浜 市 役 所 本 庁 舎 整 備 事 業 住 民 説 明 会 での 質 問 及 び 回 答 日 時 平 成 27 年 7 月 31 日 ( 金 ) 午 後 7 時 ~ 午 後 8 時 30 分 会 場 市 役 所 4 階 第 2 会 議 室 参 加 者 44 名 建 物 が 出 来 上 がったら 誰 の 物 になるのか 総 額 いくらになったのか 事 業 の 途 中 で 大 災 害 がきて 建

More information

Microsoft Word - 3.16.doc

Microsoft Word - 3.16.doc 平 成 24 年 3 月 甲 良 町 議 会 定 例 会 会 議 録 平 成 24 年 3 月 16 日 ( 金 曜 日 ) 本 日 の 会 議 に 付 した 事 件 ( 議 事 日 程 ) 第 1 会 議 録 署 名 議 員 の 指 名 第 2 宮 嵜 議 員 の 議 員 辞 職 願 いについて 会 議 に 出 席 した 議 員 (10 名 ) 1 番 阪 東 佐 智 男 2 番 野 瀬 欣 廣

More information

<4D F736F F D F89EF8B63985E837A815B B AAE915391CC816A>

<4D F736F F D F89EF8B63985E837A815B B AAE915391CC816A> 平 成 27 年 度 第 1 回 秦 野 市 建 築 審 査 会 会 議 録 日 時 平 成 27 年 5 月 22 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 3 時 場 所 秦 野 市 役 所 本 庁 舎 4 階 議 会 第 1 会 議 室 出 席 会 長 加 藤 仁 美 職 務 代 理 平 野 義 燿 米 山 君 夫 高 橋 徹 欠 席 安 部 信 三 処 分 庁 長 橋 本 裕 友

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E738366837D83938368835E834E8356815B8EBF8B5E899E939A8F572E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E738366837D83938368835E834E8356815B8EBF8B5E899E939A8F572E646F63> 伊 予 市 デマンドタクシー (スマイル 号 ) Q&A ( 質 疑 応 答 集 ) この 質 疑 応 答 集 は デマンドタクシーの 運 行 に 関 し 疑 問 に 思 いやすい 事 項 を 項 目 ごとに 取 りまとめたものです スマイル 号 の 利 用 にあたりご 活 用 ください 平 成 23 年 9 月 伊 予 市 まちづくり 創 造 課 目 次 1.デマンドタクシーについて 1 2. 利

More information

Taro-H26第1回学校評価運営協議

Taro-H26第1回学校評価運営協議 日 時 : 平 成 26 年 6 月 17 日 ( 火 ) 場 所 : 本 校 大 会 議 室 参 長 校 長 加 委 学 校 評 議 員 2 名 者 員 学 校 関 係 者 評 価 5 名 保 護 者 代 表 2 名 ( 学 校 関 係 者 評 価 1 名 を 含 む) 生 徒 代 表 前 期 生 徒 会 執 行 部 員 4 名 学 校 代 表 3 名 幹 事 副 校 長 教 頭 1 校 長 挨

More information

平成15年 第2回香芝市教育委員会議録

平成15年 第2回香芝市教育委員会議録 平 成 27 年 第 11 回 香 芝 市 教 育 委 員 会 会 議 (10 月 定 例 ) 会 議 録 日 時 平 成 27 年 10 月 20 日 ( 火 ) 午 前 9 時 30 分 より 場 所 香 芝 市 役 所 5 階 委 員 会 室 出 席 者 廣 瀬 裕 司 委 員 ( 職 務 代 理 者 ) 日 高 初 美 委 員 中 木 秀 一 委 員 田 中 貴 治 委 員 石 原 田 明

More information

市長挨拶

市長挨拶 第 63 回 北 見 市 行 政 評 価 委 員 会 会 議 録 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 平 成 27 年 2 月 25 日 ( 水 ) 午 後 2 時 00 分 ~ 午 後 2 時 45 分 北 見 市 役 所 北 2 条 仮 庁 舎 3 階 庁 議 室 行 政 評 価 委 員 : 矢 萩 委 員 長 上 野 副 委 員 長 松 浦 委 員 渡 邊 委 員 事 務 局 : 我 妻 企

More information

事 務 都 合 退 職 というものが 新 設 されました 以 上 概 略 をご 説 明 させていた だきました なお これらの 新 たな 退 職 カテゴリーの 新 設 に 対 しまして 昨 年 中 に 就 職 承 認 申 請 書 の 様 式 を 変 更 することで 対 応 させていただいている とこ

事 務 都 合 退 職 というものが 新 設 されました 以 上 概 略 をご 説 明 させていた だきました なお これらの 新 たな 退 職 カテゴリーの 新 設 に 対 しまして 昨 年 中 に 就 職 承 認 申 請 書 の 様 式 を 変 更 することで 対 応 させていただいている とこ 離 職 者 就 職 審 査 分 科 会 議 事 録 日 時 : 平 成 26 年 3 月 4 日 ( 火 )1000~1200 場 所 : 航 空 幕 僚 監 部 大 会 議 室 出 席 者 :( 分 科 会 委 員 ) 木 村 分 科 会 長 出 合 委 員 椋 田 委 員 森 脇 委 員 ( 防 衛 省 側 ) 大 堀 再 就 職 審 査 室 長 兒 玉 陸 上 幕 僚 監 部 募 集 援 護

More information

活 動 内 容 と 今 後 の 取 組 について 今 回 の 会 議 開 催 前 に 準 備 会 議 を 3 回 開 催 した 中 でこの 会 議 が 取 り 組 む 燃 えるご みの 減 量 化 に 向 けた 活 動 を 6 項 目 決 め これについて 実 践 をしていきます ど の 取 組 み

活 動 内 容 と 今 後 の 取 組 について 今 回 の 会 議 開 催 前 に 準 備 会 議 を 3 回 開 催 した 中 でこの 会 議 が 取 り 組 む 燃 えるご みの 減 量 化 に 向 けた 活 動 を 6 項 目 決 め これについて 実 践 をしていきます ど の 取 組 み 生 駒 市 ごみ 減 量 市 民 会 議 ( 第 1 回 ) 会 議 録 1. 開 催 日 時 平 成 28 年 7 月 29 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 3 時 30 分 2.セイセイビル 404 会 議 室 3. 会 議 次 第 (1) 代 行 の 互 選 について (2) 活 動 内 容 と 今 後 の 取 組 について (3) ごみ 減 量 化 に 向 けて アンケート(

More information

ここの 雰 囲 気 や 自 然 が 失 われてしまうのは 嫌 です 見 方 を 変 えてみると 私 たちも 含 め 地 元 生 は 気 付 いていませんでしたが 四 万 十 町 の 魅 力 はたくさんあります だから 自 然 や 魅 力 が 失 われてしまうようなショッピングモー ルは 要 りません

ここの 雰 囲 気 や 自 然 が 失 われてしまうのは 嫌 です 見 方 を 変 えてみると 私 たちも 含 め 地 元 生 は 気 付 いていませんでしたが 四 万 十 町 の 魅 力 はたくさんあります だから 自 然 や 魅 力 が 失 われてしまうようなショッピングモー ルは 要 りません 3. 今 回 私 たちは 高 知 県 を 元 気 にすることをテーマにアンケートをとりました その 結 果 をもとに 生 徒 会 で 話 し 合 い まとめたものを 今 から 発 表 します アンケートをとった 結 果 問 題 点 で 一 番 多 かった 意 見 が 仕 事 が 少 ない ということで した このことを 話 し 合 ってまとめると 地 元 に 仕 事 はあるけれど 自 分 たちがやりたい

More information

<8E9197BF95D22E786264>

<8E9197BF95D22E786264> 9. 魚 津 市 民 バス 事 業 再 構 築 活 性 化 プログラム 検 討 経 過 説 明 会 9.1 交 通 事 業 者 等 説 明 会 (1) 日 時 平 成 22 年 3 月 1 日 ( 月 ) 午 後 7 時 00 分 ~ 午 後 8 時 30 分 (2) 場 所 新 川 文 化 ホール 104 会 議 室 (1 階 ) (3) 出 席 者 1) 交 通 事 業 者 等 魚 津 交 通

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825089F193B99163967B95DB88E78F8A8E4F8ED28BA68B6389EF81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825089F193B99163967B95DB88E78F8A8E4F8ED28BA68B6389EF81798A6D92E894C5817A2E646F63> 道 祖 本 保 育 所 三 者 協 議 会 ( 第 1 回 ) 会 議 録 1 日 時 平 成 26 年 10 月 11 日 ( 土 ) 午 前 9 時 00 分 から 2 場 所 道 祖 本 保 育 所 3 出 席 者 道 祖 本 保 育 所 保 護 者 26 人 社 会 福 祉 法 人 とよかわ 福 祉 会 理 事 長 他 4 名 保 育 幼 稚 園 課 中 井 課 長 小 西 参 事 北 川

More information

1.みらいくのモデル 授 業 の 流 れ 中 学 校 の 授 業 で 使 用 する 場 合 一 般 的 な 時 間 は 50 分 です 授 業 時 間 は 必 ず 厳 守 してくだ さい 導 入 <5 分 > 自 己 紹 介 及 び 趣 旨 説 明 判 断 フロー 学 習 (PPT 資 料 参 照

1.みらいくのモデル 授 業 の 流 れ 中 学 校 の 授 業 で 使 用 する 場 合 一 般 的 な 時 間 は 50 分 です 授 業 時 間 は 必 ず 厳 守 してくだ さい 導 入 <5 分 > 自 己 紹 介 及 び 趣 旨 説 明 判 断 フロー 学 習 (PPT 資 料 参 照 ~ 親 子 で 選 択! 日 本 の 未 来 ~ みらいく 講 師 マニュアル( 中 学 生 版 ) 公 益 社 団 法 人 日 本 青 年 会 議 所 2014 年 度 国 家 グループ 日 本 の 未 来 選 択 委 員 会 1 1.みらいくのモデル 授 業 の 流 れ 中 学 校 の 授 業 で 使 用 する 場 合 一 般 的 な 時 間 は 50 分 です 授 業 時 間 は 必 ず 厳

More information

Taro-定例教育委員会会議録(会議中)

Taro-定例教育委員会会議録(会議中) 吉 野 川 市 教 育 委 員 会 会 議 録 招 集 年 月 日 平 成 28 年 1 月 28 日 招 集 の 場 所 吉 野 川 市 役 所 東 館 3 階 231 会 議 室 開 閉 会 日 時 開 会 平 成 28 年 1 月 28 日 午 後 2 時 00 分 開 閉 会 日 時 閉 会 平 成 28 年 1 月 28 日 午 後 3 時 19 分 出 席 委 員 委 員 長 笠 江 俊

More information

たが 今 後 自 分 次 第 で 変 われると 言 うことを 感 じました 今 日 の 話 しも 興 味 深 かったのですが 石 川 教 授 の 個 人 的 な 経 験 など 思 ったことなど そういうの も 聞 きたいです 貴 重 なお 話 を 聞 かしてもらえたと 思 います 学 生 の 時 は

たが 今 後 自 分 次 第 で 変 われると 言 うことを 感 じました 今 日 の 話 しも 興 味 深 かったのですが 石 川 教 授 の 個 人 的 な 経 験 など 思 ったことなど そういうの も 聞 きたいです 貴 重 なお 話 を 聞 かしてもらえたと 思 います 学 生 の 時 は 2010 年 度 7 月 22 日 神 戸 夙 川 学 院 大 学 石 川 和 則 客 員 教 授 講 義 アンケート 結 果 2010 年 7 月 22 日 石 川 和 則 の 講 義 を 聴 講 した 学 生 に 対 してアンケートを 配 布 質 問 項 目 は1あなたは 何 回 生 ですか? ( 選 択 制 ) 2 講 義 評 価 (5 段 階 ) 3 次 回 講 義 で 聴 きたい 内 容

More information

促 進 質 問 意 見 いかがでしょうか リフォーム 等 の 補 助 を 出 すというのは 効 果 があるのか 疑 問 で 発 生 抑 制 については,セカンドハウス 化 を 優 遇 して 推 進 するなど, 一 歩 踏 み 込 んでいかな いとうまくいかないと 思 いま まず 施 策 Ⅳの 良 質

促 進 質 問 意 見 いかがでしょうか リフォーム 等 の 補 助 を 出 すというのは 効 果 があるのか 疑 問 で 発 生 抑 制 については,セカンドハウス 化 を 優 遇 して 推 進 するなど, 一 歩 踏 み 込 んでいかな いとうまくいかないと 思 いま まず 施 策 Ⅳの 良 質 平 成 28 年 6 月 20 日 平 成 28 年 度 第 1 回 空 家 等 対 策 協 議 会 議 事 録 < 建 築 部 長 挨 拶 > < 委 員 紹 介 > < 事 務 局 挨 拶 > < 議 題 の 協 議 > 早 速 ですけど 議 題 の 方 に 入 っていきたいと 思 いままず 一 番 目 ですけど 空 家 等 対 策 計 画 についてということで,(1) 基 本 方 針 について,

More information

富 田 林 市

富 田 林 市 ファミリー サポート センターを 上 手 に 活 用 するために 援 助 活 動 補 償 保 険 Q&A 富 田 林 市 ファミリー サポート センター 平 成 27 年 6 月 -1- 富 田 林 市 ファミリー サポート センター ファミリー サポート センターは 子 育 てを 援 助 したい 会 員 と 援 助 を 受 けたい 会 員 の 相 互 援 助 の 会 です ファミリー サポート センター

More information

平成26年度新規採用者並びに人事異動に伴う辞令交付式での理事長挨拶

平成26年度新規採用者並びに人事異動に伴う辞令交付式での理事長挨拶 平 成 26 年 度 新 規 採 用 者 並 びに 人 事 異 動 に 伴 う 辞 令 交 付 式 での 理 事 長 挨 拶 皆 さん お 早 うございます それでは 平 成 26 年 度 新 規 採 用 者 並 びに 人 事 異 動 に 伴 う 辞 令 交 付 式 に 際 しまして 一 言 ご 挨 拶 申 し 上 げます 改 めて 言 うまでもないことではありますが 本 日 を 持 ちまして 平

More information

シナリオ

シナリオ 新 潟 市 秋 葉 区 農 業 委 員 会 7 月 定 例 総 会 議 事 録 1 開 催 日 時 平 成 27 年 7 月 31 日 ( 金 ) 午 後 3 時 00 分 から 午 後 4 時 37 分 2 開 催 場 所 秋 葉 区 役 所 401 会 議 室 3 出 席 委 員 (23 人 ) 委 員 1 番 吉 田 信 雄 委 員 2 番 髙 山 直 興 農 政 振 興 部 会 長 職 務

More information

平成12年度 第2回 三好町国民健康保険運営協議会議事録

平成12年度 第2回 三好町国民健康保険運営協議会議事録 平 成 28 年 度 第 1 回 みよし 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 会 議 事 録 日 時 : 平 成 28 年 7 月 27 日 ( 水 ) 午 後 2 時 00 分 から 2 時 47 分 場 所 : 市 役 所 2 階 201 会 議 室 出 席 委 員 : 公 益 代 表 天 石 惇 郎 委 員 野 﨑 又 嗣 委 員 関 谷 諭 美 委 員 島 典 広 委 員 : 医 師

More information

初 心 者 でも! 女 性 でも! 皆 さんが 日 常 的 に 使 っている Amazon ヤフオクといったサイトを 使 い サラリーマンの 副 業 時 代 でも 余 裕 で 月 商 100 万 円 オーバーという 結 果 です! これは 本 当 の 話 です ぶっちゃけ こんな 話 を 聞 いてや

初 心 者 でも! 女 性 でも! 皆 さんが 日 常 的 に 使 っている Amazon ヤフオクといったサイトを 使 い サラリーマンの 副 業 時 代 でも 余 裕 で 月 商 100 万 円 オーバーという 結 果 です! これは 本 当 の 話 です ぶっちゃけ こんな 話 を 聞 いてや 誰 もが 手 にした 事 がある ある 商 材 だけを 販 売 して 月 商 300 万 円 オーバー!しかも 利 益 率 50% 超 え! こんな 夢 のようなノウハウを 公 開 するのですが この 方 法 に 興 味 がある 方 はいませんか? 今 すぐ 申 し 込 み 方 はこちらをクリック! http://www.infocart.jp/a.php?item=55234 まずはこの 結 果

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B638E9697768E7C8267826F9770816982518251944E93788C928D4E82CC90589841978D89EF8B63816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B638E9697768E7C8267826F9770816982518251944E93788C928D4E82CC90589841978D89EF8B63816A2E646F63> あいち 健 康 の 森 連 絡 会 議 議 事 要 旨 開 催 日 時 : 平 成 22 年 7 月 14 日 ( 水 ) 午 後 3 時 から 午 後 4 時 30 分 まで 開 催 場 所 :あいち 健 康 プラザ 健 康 宿 泊 館 プラザホール < 主 な 意 見 > 喫 煙 対 策 特 別 事 業 について 最 近 地 域 で 話 題 になっているが 健 康 プラザ と 長 寿 医 療 研

More information

例 会 で 扇 風 機 だけの 対 応 でよいのかという 質 問 がありました 教 室 内 の 温 度 の 検 証 を 積 極 的 に 行 うべきではないかということも 求 められています これらに 対 応 するため 当 委 員 会 を 設 置 しました ご 意 見 をいただきたいと 思 います 次

例 会 で 扇 風 機 だけの 対 応 でよいのかという 質 問 がありました 教 室 内 の 温 度 の 検 証 を 積 極 的 に 行 うべきではないかということも 求 められています これらに 対 応 するため 当 委 員 会 を 設 置 しました ご 意 見 をいただきたいと 思 います 次 平 成 26 年 度 第 1 回 八 千 代 市 公 立 小 中 学 校 暑 さ 対 策 検 討 委 員 会 会 議 録 期 日 平 成 26 年 7 月 30 日 ( 水 ) 開 会 午 後 2 時 閉 会 午 後 3 時 35 分 場 所 八 千 代 市 市 民 会 館 2 階 第 6 会 議 室 出 席 者 八 千 代 市 長 秋 葉 就 一 委 員 長 小 林 伸 夫 ( 教 育 次 長 )

More information

<4D F736F F D2097B78D7389EF8ED082CC8D5597AA E646F63>

<4D F736F F D2097B78D7389EF8ED082CC8D5597AA E646F63> 旅 行 会 社 の 攻 略 方 法 作 成 : 西 日 本 着 地 型 旅 行 推 進 ネットワーク 1 個 人 客 と 団 体 客 の 違 いを 知 る 皆 さんが 目 指 す 観 光 地 の 姿 は 個 人 メインでしょうか?それとも 団 体 メイン?それとも 両 方 でしょうか? ~ 小 ばなし~ ある 町 のこだわり 豆 腐 屋 さん( 製 造 と 卸 しメインで 普 段 は 小 売 販 売

More information

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」 これからの 幼 児 教 育 について 幼 児 教 育 保 育 学 科 山 路 純 子 はじめに 本 日 は,これからの 幼 児 教 育 について, 社 会 情 勢 の 変 化 に 対 応 した 法 改 正 の 状 況 を 概 観 しながら 幼 保 一 体 化 の 教 育 を 主 に 取 り 上 げ, 今 後 の 発 展 の 動 向 を 考 えながら, 本 校 のような 養 成 校 の 役 割 などについて

More information

Microsoft Word - 230922会議録

Microsoft Word - 230922会議録 平 成 23 年 第 9 回 君 津 市 教 育 委 員 会 会 議 録 日 時 : 平 成 23 年 9 月 22 日 ( 木 ) 午 後 2 時 00 分 場 所 : 議 会 第 4 委 員 会 室 平 成 23 年 第 9 回 君 津 市 教 育 委 員 会 会 議 録 1 日 時 平 成 23 年 9 月 22 日 ( 木 ) 午 後 2 時 00 分 開 会 午 後 2 時 41 分 閉

More information

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し 整 理 解 雇 の 実 務 労 務 管 理 Ⅰ 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 1. 整 理 解 雇 の 効 果 2. 整 理 解 雇 の 問 題 点 Ⅱ 整 理 解 雇 の 実 施 手 順 1. 解 雇 基 準 の 決 定 2. 解 雇 実 施 の 発 表 3. 解 雇 者 の 人 選 4. 解 雇 の 予 告 5. 解 雇 辞 令 の 交 付 Ⅲ 労 働 組 合 との 関 係 1.

More information

議事録

議事録 香 美 町 農 業 委 員 会 総 会 ( 第 4 回 ) 議 事 録 1. 開 催 日 時 平 成 28 年 7 月 22 日 ( 金 ) 9:30~11:30 2. 開 催 場 所 香 美 町 役 場 3 階 大 会 議 室 3. 出 席 委 員 (24 人 ) 会 長 1 番 西 田 英 喜 会 長 職 務 代 理 者 藤 原 敏 和 委 員 3 番 中 川 君 雄 4 番 天 良 敬 次 5

More information

資 料 2-1 円 滑 な 資 金 調 達 のためのQ&A ~ 目 次 ~ 問 1 問 2 問 3 問 4 問 5 問 6 問 7 問 8 問 9 問 10 問 11 問 12 問 13 融 資 申 込 にあたってどういう 準 備 が 必 要 か (1) 融 資 を 断 られた どうすればいいか (

資 料 2-1 円 滑 な 資 金 調 達 のためのQ&A ~ 目 次 ~ 問 1 問 2 問 3 問 4 問 5 問 6 問 7 問 8 問 9 問 10 問 11 問 12 問 13 融 資 申 込 にあたってどういう 準 備 が 必 要 か (1) 融 資 を 断 られた どうすればいいか ( 資 料 2 試 算 表 資 金 繰 り 表 事 業 計 画 書 を 作 成 していない 中 小 企 業 者 向 け 支 援 について 作 成 しない 理 由 必 要 性 を 感 じないから という 企 業 向 け 資 料 2-1 円 滑 な 資 金 調 達 のためのQ&A 作 成 しない 理 由 作 成 方 法 がわからないから という 企 業 向 け 資 料 2-2 お 試 し 試 算 表 お 試

More information

Q: 今 回 南 スーダンは 見 送 ったわけですけれども 今 後 11 月 の11 次 派 遣 隊 というのもあると 思 うのですが 新 しい 駆 け 付 け 警 護 や その 辺 の 任 務 付 与 はどう 考 えていらっしゃるのかということと 今 の 訓 練 の 準 備 状 況 はどうなのでし

Q: 今 回 南 スーダンは 見 送 ったわけですけれども 今 後 11 月 の11 次 派 遣 隊 というのもあると 思 うのですが 新 しい 駆 け 付 け 警 護 や その 辺 の 任 務 付 与 はどう 考 えていらっしゃるのかということと 今 の 訓 練 の 準 備 状 況 はどうなのでし 件 名 : 大 臣 臨 時 会 見 日 時 場 所 平 成 28 年 9 月 16 日 0754~0807 ( 日 本 時 間 ) ウィラードインターコンチネンタ ルホテル2 階 HUGHES ROOM ぶら 下 がり 担 当 大 臣 官 房 広 報 課 備 考 稲 田 大 臣 アメリカ 訪 問 ( 部 隊 視 察 CSIS 講 演 日 米 防 衛 相 会 談 ) 1 発 表 事 項 なし 2 質

More information

市 長

市 長 潟 上 市 総 合 教 育 会 議 会 議 録 開 催 日 時 平 成 27 年 6 月 2 日 ( 火 ) 16 時 00 分 ~16 時 25 分 場 所 潟 上 市 役 所 3 階 会 議 室 31 32 (1) 議 長 の 選 任 について 案 件 (2) 潟 上 市 総 合 教 育 会 議 設 置 要 綱 について (3) 大 綱 の 策 定 について (4)その 他 ( 会 議 構 成

More information

会議録作成要領

会議録作成要領 様 式 第 1 号 会 議 録 会 議 の 名 称 所 沢 市 建 築 審 査 会 開 催 日 時 平 成 19 年 4 月 25 日 ( 水 ) 午 後 3 時 50 分 から 午 後 4 時 30 分 まで 開 催 場 所 所 沢 市 役 所 第 6 会 室 出 席 者 の 氏 名 川 口 雄 市 村 上 逸 郎 大 屋 勇 造 久 我 みよ 欠 席 者 の 氏 名 惠 小 百 合 説 明 者

More information

Q1-25 市 県 民 税 と 所 得 税 の 控 除 額 に 差 があるのはどうしてですか? 回 答 Q1-1 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 う? 質 問 : 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 うのですか? 答 : 個 人 の 市 県 民 税 は 毎 年 1

Q1-25 市 県 民 税 と 所 得 税 の 控 除 額 に 差 があるのはどうしてですか? 回 答 Q1-1 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 う? 質 問 : 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 うのですか? 答 : 個 人 の 市 県 民 税 は 毎 年 1 税 に 関 するQ&A 質 問 と 回 答 1. 個 人 市 県 民 税 編 質 問 一 覧 Q1-1 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 う? Q1-2 死 亡 した 夫 に 市 県 民 税 の 納 税 通 知 書 が 届 きました? Q1-3 昨 年 退 職 時 に 市 県 民 税 を 一 括 して 納 めたのに 納 税 通 知 書 がきましたが? Q1-4 家 屋 敷 課 税

More information

小次郎講師のトレーダーズバイブル

小次郎講師のトレーダーズバイブル 最 高 レベルのトレード 手 法 をどこよりもわかりやすく! 小 次 郎 講 師 のトレーダーズバイブル 第 70 回 第 11 部 投 資 リテラシーについて その 3 株 主 優 待 で 株 を 選 ぶのをやめよう! 皆 さん こんにちは 小 次 郎 講 師 です こんにちは 助 手 のムサシです おかげさまで 3 月 に 出 版 された 私 の 著 書 がもの 凄 い 勢 いで 売 れている

More information

1.まずは 滞 在 時 間 を 伸 ばす 意 味 を 知 る グーグルは 決 してアフィリエイトサイトを 排 除 することを 目 的 としてはいません 役 に 立 たなくて ゴミのような 不 必 要 なサイトが 上 位 表 示 されてしまうことが グーグルにとって 一 番 不 愉 快 なのです なの

1.まずは 滞 在 時 間 を 伸 ばす 意 味 を 知 る グーグルは 決 してアフィリエイトサイトを 排 除 することを 目 的 としてはいません 役 に 立 たなくて ゴミのような 不 必 要 なサイトが 上 位 表 示 されてしまうことが グーグルにとって 一 番 不 愉 快 なのです なの 滞 在 時 間 を 伸 ばす 方 法 ここで 言 う 滞 在 時 間 とは 平 均 PV 数 を 増 やすという 意 味 合 いも 含 んでいます 滞 在 時 間 が 伸 びればグーグルから 評 価 が 上 がり 上 位 表 示 されやすくなるし PV 数 が 増 加 すれば 当 然 アドセンスをクリックしてくれる 回 数 は 増 えます 少 ないアクセスでできるだけ 多 くの 報 酬 を 得 ていくためには

More information

ありますけれども そういったことも 含 めて 私 どももしっかりとこの 関 係 について 対 応 して 参 りたいと 思 いますので 改 めてこの 際 様 々な 意 見 を 頂 戴 したいと 思 います 大 変 暑 い 中 ご 参 集 いただきましたことについて 感 謝 を 申 し 上 げますと 共

ありますけれども そういったことも 含 めて 私 どももしっかりとこの 関 係 について 対 応 して 参 りたいと 思 いますので 改 めてこの 際 様 々な 意 見 を 頂 戴 したいと 思 います 大 変 暑 い 中 ご 参 集 いただきましたことについて 感 謝 を 申 し 上 げますと 共 みなさん こんにちは 本 日 は 各 さんにおかれましては 大 変 お 忙 しい 所 をお 集 まりいただ きまして ありがとうございます ただ 今 より 平 成 26 年 度 座 間 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 会 を 開 催 させてい ただきます 開 催 に 先 立 ちまして 市 長 よりご 挨 拶 申 し 上 げます 市 長 お 暑 い 中 ご 参 集 いただきましてありがとうございます

More information

策 提 案 の 活 動 もしている ご 理 解 をいただきたい 産 業 技 術 短 期 大 学 校 に 関 しては 県 内 の 高 校 生 が 技 術 系 土 木 系 への 進 学 を 希 望 する 際 本 当 は 地 元 に 残 りたいという 希 望 も 多 いと 聞 いている ただ 進 学 先

策 提 案 の 活 動 もしている ご 理 解 をいただきたい 産 業 技 術 短 期 大 学 校 に 関 しては 県 内 の 高 校 生 が 技 術 系 土 木 系 への 進 学 を 希 望 する 際 本 当 は 地 元 に 残 りたいという 希 望 も 多 いと 聞 いている ただ 進 学 先 平 成 27 年 度 第 1 回 山 形 県 公 共 調 達 評 議 委 員 会 審 議 事 項 の 概 要 1 開 催 日 時 : 平 成 27 年 8 月 4 日 ( 火 )10:30~12:00 2 会 場 : 山 形 県 庁 1001 会 議 室 3 出 席 者 : 委 員 五 十 嵐 委 員 楠 委 員 澁 谷 委 員 遠 藤 委 員 新 井 野 委 員 今 井 委 員 髙 橋 委 員 県

More information

Microsoft Word - 第4回会議録(公開用)

Microsoft Word - 第4回会議録(公開用) 平 成 26 年 度 第 4 回 鳴 門 市 児 童 福 祉 審 議 会 会 議 概 要 日 時 平 成 26 年 10 月 30 日 ( 木 ) 午 後 2 時 ~ 場 所 本 庁 舎 3 階 会 議 室 出 席 者 委 員 14 名 関 係 課 事 務 局 職 員 12 名 欠 席 委 員 2 名 議 事 1 開 会 2 議 事 (1) 利 用 調 整 の 取 り 扱 いについて 利 用 調 整

More information

【ファミリーサポートセンター事業:子ども福祉課】

【ファミリーサポートセンター事業:子ども福祉課】 平 成 24 年 度 笠 間 市 行 政 評 価 外 部 評 価 委 員 会 会 議 録 1. 日 時 平 成 24 年 7 月 19 日 ( 木 ) 2. 場 所 笠 間 市 役 所 本 所 2 階 大 会 室 3. 出 席 者 委 員 井 上 操 岡 野 博 之 赤 津 長 弘 大 関 賢 一 中 澤 まさ 横 須 賀 徹 所 管 課 ( 商 工 観 光 課 ) 清 水 課 長, 小 沢 副 参

More information

最 近 このノートテイカーさん 元 気 がないけどどうしたんだろう? とか 上 手 く 書 け ないという 気 持 ちがあるから 元 気 がないのか? など その 辺 りまで 気 を 配 り 上 手 く 回 わ せるようになって 欲 しいです 講 義 保 障 には 様 々な 人 達 がかかわります

最 近 このノートテイカーさん 元 気 がないけどどうしたんだろう? とか 上 手 く 書 け ないという 気 持 ちがあるから 元 気 がないのか? など その 辺 りまで 気 を 配 り 上 手 く 回 わ せるようになって 欲 しいです 講 義 保 障 には 様 々な 人 達 がかかわります 講 義 における 聴 覚 障 害 学 生 への 教 育 的 配 慮 について 河 野 純 大 先 生 ( 筑 波 技 術 大 学 准 教 授 ) 1. 講 義 時 の 心 がまえ みんなの 一 歩 ずつの 歩 み 寄 りが 大 切 私 が 言 いたいのはここです 教 員 として 誰 に 向 かって 講 義 していますか? 講 義 にはいろいろな 学 生 が 来 ています そして きこえ ない 学 生

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313230363139814090EC8DE88E7392B78B4C8ED289EF8CA9208F438FFC>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313230363139814090EC8DE88E7392B78B4C8ED289EF8CA9208F438FFC> 市 長 記 者 会 見 記 録 日 時 :2012 年 6 月 19 日 ( 木 ) 午 後 2 時 ~ 午 後 2 時 18 分 場 所 : 本 庁 舎 2 階 講 堂 議 題 : 市 政 一 般 < 内 容 > ( 児 童 虐 待 について) 司 会 : ただいまより 定 例 の 市 長 記 者 会 見 を 始 めさせていただきます 本 日 は 市 政 一 般 となっております それでは 幹 事

More information

1-(1) 一 般 競 争 入 札 指 名 競 争 入 札 及 び 随 意 契 約 の 執 行 状 況 について 以 前 から 応 札 が1 者 しかないということが 多 いです ね 応 札 者 が 少 ないと 競 争 性 が 担 保 できないので 応 札 数 が 少 ない 案 件 を 調 査 して

1-(1) 一 般 競 争 入 札 指 名 競 争 入 札 及 び 随 意 契 約 の 執 行 状 況 について 以 前 から 応 札 が1 者 しかないということが 多 いです ね 応 札 者 が 少 ないと 競 争 性 が 担 保 できないので 応 札 数 が 少 ない 案 件 を 調 査 して 様 式 第 5 号 平 成 28 年 度 第 1 回 生 駒 市 入 札 監 視 委 員 会 議 事 概 要 書 開 催 日 及 び 場 所 平 成 28 年 7 月 7 日 ( 木 ) 生 駒 市 役 所 3 階 302 会 議 室 委 員 長 委 員 長 代 理 森 豊 永 裕 之 泰 雄 委 員 松 山 治 幸 事 務 局 今 井 総 務 部 長 栗 野 契 約 検 査 課 長 西 田 契 約

More information

本 日 は 委 員 の 皆 様 におかれましては 大 変 お 忙 しい 中 ご 出 席 を 賜 りまして 誠 にありがとうございます 定 刻 となりましたので 只 今 より 平 成 22 年 度 市 原 市 防 災 会 議 を 開 会 させていただきます 本 日 の 進 行 を 務 めさせて 頂 き

本 日 は 委 員 の 皆 様 におかれましては 大 変 お 忙 しい 中 ご 出 席 を 賜 りまして 誠 にありがとうございます 定 刻 となりましたので 只 今 より 平 成 22 年 度 市 原 市 防 災 会 議 を 開 会 させていただきます 本 日 の 進 行 を 務 めさせて 頂 き 平 成 22 年 度 市 原 市 防 災 会 議 会 議 録 1 日 時 平 成 22 年 8 月 2 日 ( 月 )15 時 00 分 から16 時 10 分 2 場 所 市 原 市 市 民 会 館 3 階 大 会 議 室 3 主 席 者 ( 委 員 ) 市 原 市 長 千 葉 海 上 保 安 部 長 職 務 代 理 警 備 救 護 課 長 千 葉 測 候 所 長 関 東 農 政 局 千 葉 農

More information