< 最 初 にインタビュー> 今 回 の 韓 国 取 材 の 目 的 4 月 21 日 から 24 日 の4 日 間 韓 国 の 電 子 政 府 を 取 材 してきました 韓 国 は 電 子 政 府 の 国 民 利 用 率 が 60%にものぼり 世 界 最 先 端 の 電 子 政 府 国 家 を 形

Size: px
Start display at page:

Download "< 最 初 にインタビュー> 今 回 の 韓 国 取 材 の 目 的 4 月 21 日 から 24 日 の4 日 間 韓 国 の 電 子 政 府 を 取 材 してきました 韓 国 は 電 子 政 府 の 国 民 利 用 率 が 60%にものぼり 世 界 最 先 端 の 電 子 政 府 国 家 を 形"

Transcription

1 行 政 革 命 待 ったなし! 国 民 本 位 の 電 子 政 府 住 民 本 位 の 電 子 自 治 体 をつくる 韓 国 訪 問 レポートと 東 大 での 討 論 市 民 にとって 安 全 で 安 心 な 情 報 社 会 をつくることをテーマに 4 月 21 日 から 24 日 までの 日 程 で 韓 国 へ 取 材 に 行 きました 私 はこれまでにシンガポール フィンランド スウェーデン 米 国 英 国 に 取 材 したほか 今 回 東 大 先 端 研 慶 應 義 塾 SFCや 藤 沢 市 横 須 賀 市 東 京 国 税 局 横 浜 中 税 務 署 県 等 に 取 材 連 携 しなが ら 準 備 を 進 めました 韓 国 では 4 日 間 の 滞 在 中 に 高 齢 者 を 中 心 にインターネットを 利 用 する 市 民 や 行 政 機 関 と 交 流 しながら 電 子 政 府 の 課 題 を 見 つめまし た 日 本 を 元 気 にするために 横 浜 で 安 心 してだれもが 暮 らせる 情 報 社 会 にすることが 目 的 です お 会 いした 方 々は 韓 国 行 政 安 全 部 崔 斗 鎮 局 長 韓 国 選 挙 研 修 院 高 選 圭 教 授 韓 国 国 税 庁 劉 在 哲 課 長 韓 国 行 政 安 全 部 崔 博 士 延 世 大 学 社 会 福 祉 学 部 崔 教 授 また 訪 問 先 は デジタル 図 書 館 ポリコゲ 情 報 化 村 韓 国 福 祉 協 会 高 齢 者 PC 教 室 ソウル 市 江 南 区 役 所 韓 国 行 政 安 全 部 です 1

2 < 最 初 にインタビュー> 今 回 の 韓 国 取 材 の 目 的 4 月 21 日 から 24 日 の4 日 間 韓 国 の 電 子 政 府 を 取 材 してきました 韓 国 は 電 子 政 府 の 国 民 利 用 率 が 60%にものぼり 世 界 最 先 端 の 電 子 政 府 国 家 を 形 成 しています 私 は 行 政 機 関 のみならず 高 齢 者 を 中 心 にインターネットを 利 用 する 市 民 と 交 流 しながら そんな 電 子 政 府 の 課 題 をみつめました 横 浜 で 誰 でも 安 心 して 暮 らせる 情 報 社 会 にすることが 目 的 です 韓 国 では 特 に 高 齢 の 利 用 者 ほど 満 足 度 が 高 い 急 激 に 高 齢 化 する 韓 国 では 医 療 や 介 護 成 年 後 見 に 必 要 な 行 政 間 の 連 携 や 生 活 支 援 に 必 須 の 社 会 基 盤 として 電 子 政 府 をすすめてきました 普 及 のため 税 控 除 や 無 料 パソコン 教 室 などを 実 施 していま す またIT 化 から 取 り 残 されがちな 農 漁 村 380ヵ 所 に 政 府 の 援 助 でパソコンや 情 報 網 を 整 備 した 情 報 化 村 を 作 りました 私 が 訪 れたポリコゲ 村 では ネットなどを 駆 使 してスローライフツアーを 販 売 し 来 訪 者 が100 倍 収 入 が4 倍 に 増 加 高 齢 者 の 自 立 への 意 欲 に 圧 倒 されました 情 報 革 命 の 源 離 れて 暮 らす 家 族 への 愛 が 多 くを 教 えました 駅 のタッチパネルに 触 れるだけで 目 的 地 へのバス 乗 り 場 が 表 示 され 無 料 電 話 が 使 える 情 報 端 末 の 設 置 やデジタル 図 書 館 の 整 備 飲 食 や 買 物 と 直 結 した 電 子 納 税 など 生 活 の 隅 々まで 電 子 化 が 進 んでいます 電 子 投 票 システムは 地 下 鉄 の 駅 や 遊 園 地 など 全 国 50 00ヵ 所 に 移 動 投 票 所 を 設 置 し 大 統 領 予 備 選 挙 に 実 用 化 されています 自 治 体 もサービス 向 上 とコスト 削 減 例 えば55 万 人 が 住 むソウル 市 の 江 南 区 は 市 民 本 位 のあたたかい 情 報 都 市 をめざす と 掲 げ 電 子 自 治 体 を 推 進 しています 2002 年 から 自 宅 でも 駅 でも 病 院 でも 各 種 証 明 書 を 365 日 24 時 間 自 動 発 行 できるようシステムを 作 り 上 げ デジタルテレビを 使 った 電 子 政 府 で 区 政 への 市 民 参 加 とサービスを 行 い 区 議 会 も 区 の 幹 部 会 議 もネットで 実 況 生 中 継 を 実 施 してきました その 結 果 時 間 のかかる 文 書 決 裁 は 廃 止 23%の 人 員 と 29 億 円 の 行 政 コスト 削 減 区 役 所 往 復 などの 住 民 負 担 年 間 23 億 円 節 減 行 政 への 市 民 参 加 と 透 明 性 の 向 上 などを 実 現 60 カ 国 から 訪 問 を 受 け 先 進 事 例 として 参 考 とされています 日 本 と 比 べるとその 差 は 歴 然 3 4 月 の 横 浜 の 区 役 所 の 混 雑 ぶりは 相 変 わらずですし GW 空 けの 銀 行 窓 口 の 長 蛇 の 列 にはうんざ りした 人 も 多 いはずです 日 本 の 電 子 政 府 といえば 2002 年 にスタートした 住 基 ネットですが 住 民 本 位 の 利 便 性 向 上 や 役 所 業 務 の 生 産 性 向 上 に 結 びついていません また 自 治 体 間 で 共 通 する 事 務 に 別 々の 仕 様 のシステム 非 効 率 で 著 作 権 まで 業 者 丸 投 げのコストの 塊 に 風 穴 をあけないと 住 民 本 位 は 実 現 しません 氾 濫 する 危 険 情 報 をこえて 安 心 安 全 なシステムを 作 ることが 急 務 です 市 民 の 皆 さんが これならいいね と 実 感 できるこ と 子 どもから 高 齢 者 まで 安 心 して 利 用 できること 利 用 者 本 位 の 便 利 なシステムを 作 り 上 げる 自 治 体 版 情 報 革 命 は 待 ったなしです 2

3 <そして 東 大 へ> 5 月 19 日 東 京 大 学 では これから 我 が 国 で 国 民 本 位 の 電 子 政 府 電 子 自 治 体 をどう 進 めていくかについて 話 し 合 うシンポジウムが 開 催 されました 雨 にもかかわらずとてもたくさんの 人 々が 来 場 された 中 で 私 は 先 月 の 韓 国 取 材 を 報 告 し 後 半 のパネル 討 論 に 登 壇 して 高 齢 者 に 優 しい 住 民 本 位 の 行 政 革 命 を 強 く 訴 えました お 世 話 になりました あとは 実 践 あるのみ 横 浜 で 神 奈 川 で 住 民 本 位 の 行 政 革 命 に 突 き 進 んでまいります 関 係 の 皆 様 に 心 から 感 謝 申 し 上 げます 以 下 はそのプログラムです これから( 超 高 齢 社 会 )の 電 子 政 府 電 子 自 治 体 を 考 えるシンポジウム 先 行 する 韓 国 の 行 政 改 革 日 本 がめざす 国 民 本 位 の 電 子 行 政 東 京 大 学 安 田 講 堂 来 場 者 485 名 参 加 費 無 料 プログラム 10:30 (30 分 ) 開 会 講 演 電 子 行 政 が 創 る 新 しい 日 本 中 央 大 学 研 究 開 発 機 構 教 授 特 定 非 営 利 活 動 法 人 中 央 コリドー 情 報 通 信 研 究 所 理 事 長 辻 井 重 男 11:00~12:00 (60 分 ) 電 子 行 政 は 暮 らしや 仕 事 をどう 変 えたのか? 韓 国 電 子 行 政 取 材 班 ポリッコゲ 情 報 化 村 ソウル 市 江 南 区 役 所 ( 電 子 投 票 等 ) デジタル 図 書 館 政 府 企 業 が 支 援 するPC 教 室 他 取 材 報 告 進 行 神 奈 川 県 議 会 議 員 松 崎 淳 編 集 報 告 若 宮 正 子 (メロウ 倶 楽 部 ) 特 別 ゲスト 韓 国 選 挙 研 修 院 教 授 高 選 圭 ( 電 子 選 挙 専 門 家 ) 昼 食 休 憩 12:00~13:00 13:00~13:30 (30 分 ) 講 演 国 民 に 温 かく 便 利 な 韓 国 の 電 子 行 政 サービス 講 師 イーコーポレーションドットジェーピー 代 表 廉 宗 淳 13:30~14:15 (45 分 ) 講 演 減 税 しても 税 収 が 増 える! 韓 国 のe-Tax 講 師 大 韓 民 国 国 税 庁 電 算 情 報 管 理 官 室 電 算 企 画 課 長 劉 在 哲 14:15~14:45 (30 分 ) 講 演 新 たな 情 報 通 信 技 術 戦 略 について 講 師 内 閣 官 房 情 報 通 信 技 術 (IT) 担 当 室 内 閣 参 事 官 小 宮 義 則 3

4 14:45~15:10 (25 分 ) これからの 電 子 自 治 体 講 師 総 務 省 地 域 力 創 造 グループ 地 域 情 報 政 策 室 室 長 高 地 圭 輔 15:10~15:40 (30 分 ) フラッシュトーク 電 子 政 府 への 期 待 本 音 の 要 望 発 言 者 ひとり 暮 らし 高 齢 世 代 の 立 場 から 若 宮 正 子 (メロウ 倶 楽 部 ) 在 宅 介 護 歴 18 年 目 の 団 塊 世 代 の 立 場 から 大 島 眞 理 子 ( 老 テク 研 究 会 ) 仕 事 と 子 育 てにがんばる 若 い 世 代 の 立 場 から 岡 耕 平 ( 東 京 大 学 ) 今 年 の 確 定 申 告 の 時 期 (1 月 ~3 月 )に 電 子 税 申 告 e-tax 及 び 電 子 政 府 についての 高 齢 者 の 生 の 意 見 提 言 を 聞 いた 記 録 として メロウ 倶 楽 部 掲 示 板 に 寄 せられたシニア 世 代 の 本 音 をご 紹 介 します 休 憩 10 分 15:50~16:00 (10 分 ) 来 賓 挨 拶 総 務 省 副 大 臣 内 藤 正 光 16:00~17:20 パネル 討 論 (80 分 ) これからの 日 本 の 電 子 政 府 電 子 自 治 体 を 考 える パネリスト( 音 順 ) 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 代 表 取 締 役 副 社 長 宇 治 則 孝 衆 議 院 議 員 財 務 金 融 委 員 会 理 事 岸 本 周 平 日 本 経 済 新 聞 産 業 部 編 集 委 員 兼 論 説 委 員 関 口 和 一 神 奈 川 県 議 会 議 員 松 崎 淳 イーコーポレーションドットジェーピー 代 表 廉 宗 淳 モデレーター IT 戦 略 本 部 電 子 政 府 評 価 委 員 会 座 長 東 京 大 学 大 学 院 情 報 学 環 教 授 須 藤 修 17:20 閉 会 挨 拶 特 定 非 営 利 活 動 法 人 中 央 コリドー 情 報 通 信 研 究 所 事 務 局 長 北 村 彰 啓 司 会 近 藤 則 子 韓 国 語 木 太 久 千 宏 (メロウ 倶 楽 部 ) 主 催 : 特 定 非 営 利 活 動 法 人 中 央 コリドー 情 報 通 信 研 究 所 協 賛 : 情 報 通 信 月 間 推 進 協 議 会 電 気 通 信 普 及 財 団 中 央 大 学 研 究 開 発 機 構 協 力 : 東 京 大 学 先 端 科 学 技 術 研 究 センター 中 邑 研 究 室 東 京 大 学 高 齢 社 会 総 合 研 究 機 構 メロウ 倶 楽 部 老 テク 研 究 会 ICS 研 究 会 4

5 < 韓 国 取 材 班 レポート> 1 地 下 鉄 のシステムはとてもエコ 地 下 鉄 の 切 符 はカード 式 なのですが 券 売 機 はタッチパネルで1 回 か 複 数 かを 選 択 して 1 回 限 りの カードは 返 却 すると 保 証 金 (50 円 )が 戻 ってくるしくみです リサイクルが 徹 底 しています 紙 の 切 符 は 全 廃 されました 駅 構 内 の 情 報 端 末 は 大 きな 画 面 の 地 図 (グーグルマップ)に 周 辺 の 施 設 案 内 があり タッチパ ネルで 検 索 できます 電 話 番 号 も 表 示 され 傍 らの 電 話 機 は 5 分 間 無 料 で 使 えます 地 図 はタッチすれば 拡 大 されて 目 的 地 に 近 い 出 口 がわかるだけでなくどの 路 線 バスに 乗 ればいいか も 一 発 で 表 示 されます 2 デジタル 図 書 館 の 親 切 なこと 日 本 にはまだないデジタル 図 書 館 をソウル 市 で 訪 問 しました 1 億 冊 の 電 子 書 籍 が 無 料 で 閲 覧 できる 図 書 館 に 外 国 人 むけのいろいろなキーボードが 用 意 されていました 障 害 者 の 支 援 機 器 つきの 部 屋 もあり サポートのスタッフもいました 利 用 登 録 すれば いつでも どこからでもアクセスできる 学 術 論 文 などは 大 学 間 を 横 断 して 検 索 が 可 能 です デジタル 図 書 館 ですから PCがあればどこからでも アクセスできるのですが 著 作 権 の 関 係 で ここでしか 閲 覧 できない 電 子 書 籍 もあるそうです 3 面 マルチモニターや 55インチモニターで 読 む 原 寸 の 新 聞 もあります タッチパネルで い くつでも 新 聞 を 読 めて 記 事 を 選 べば 文 字 の 拡 大 も 自 在 辞 書 ともリンクしています 5

6 3 ポリコゲ 情 報 化 村 の 人 たちの 温 かさ 心 のひろさ 韓 国 では 全 国 380 か 所 に 情 報 化 村 をつくり 高 齢 者 を 中 心 にITに 対 応 するための 応 援 をしています 1ヶ 所 あたり 3 千 万 の 支 援 金 のうち 1000 万 で 建 てたというパソコン 教 室 棟 がありました 村 の 高 齢 者 のために 最 初 のITレッスンは 都 会 の 家 族 特 に 孫 とのビデオチャットとのことで す 大 人 気 で 高 齢 者 むけの 英 語 教 室 もいっしょに 開 催 して 一 気 に 全 国 と そして 世 界 とつなが る 醍 醐 味 を 味 わえるようになりました 村 のマネジメントにもPCを 活 用 し 情 報 化 で 来 訪 者 が 100 倍 収 入 は 4 倍 になったということで 自 分 たちの 成 功 を 特 色 ある 産 品 を 生 産 する 周 辺 の 村 にも 広 げていこうとしています この 情 報 化 村 では ITを 通 して 興 味 を 持 って 訪 れた 人 々に アルマイトの 食 器 に 麦 ごはんと 野 菜 と 目 玉 焼 きの 質 素 なビビンパとマッコリを 自 分 でよそって みんなでいただき 昔 ながらのもち つきや 石 臼 での 豆 腐 つくりを 体 験 してもらいます 新 しい 難 しいことではなく 自 分 たちがやってきた 質 素 でスローかつ 健 康 的 な 暮 らしを 都 会 の 人 にICTという 新 しい 方 法 で 提 供 することが 喜 ばれています 成 功 のカギとなったのは 政 府 から 派 遣 された 若 い 女 性 指 導 員 です とてもやさしそうで いきいき として 素 敵 でした 日 本 でも00ふるさと 村 とか 各 地 で 修 学 旅 行 等 の 体 験 学 習 コースとして 同 様 の 活 動 は 実 施 され ていますし 施 設 (ハコもの)は 日 本 の 方 が もっとずっと 立 派 です ポリコゲ 村 の 施 設 は 質 素 でも 国 から 若 くて 美 人 で 優 秀 な 指 導 員 を 派 遣 されたことで 高 齢 者 たちが プライドを 持 って 取 り 組 んでいること 国 からの 支 援 がある 選 ばれた 村 という 誇 りや 熱 意 が 違 うなあと 思 いました 自 分 たちでやっていこう 稼 いで 自 立 しようという 意 欲 に 圧 倒 さ れる 思 いがしました コンクリートから 人 へ というのは こういうことなのでしょう 日 本 の 上 級 キャリア 公 務 員 が 地 方 の 税 務 署 や 郵 便 局 のトップとしていくのとどこが 違 うかという と 日 本 は (これから) 偉 くなる 人 ( 若 殿 様 )の 体 験 として 地 方 にいく 失 礼 があっては 大 変 とい うものです それに 比 べ 韓 国 は 偉 い 人 ではないが 自 分 たちを 助 けてくれる 有 能 な 人 が 自 分 た ちの 自 立 を 支 援 するために 国 からきてくれた うれしい 頑 張 ろうとなるのです 情 報 化 村 の 情 報 まとめ 1 情 報 化 村 事 業 の 目 的 農 漁 村 のインターネットネットワークを 段 階 的 に 発 展 させるのが 目 的 都 市 との 情 報 格 差 を 減 らし 地 域 特 性 を 生 かして 発 展 モデルを 開 発 する 住 民 の 生 活 の 質 向 上 と 経 済 的 な 自 立 をはかる 6

7 2 政 府 が 推 進 する 事 業 の 概 要 情 報 インフラ パソコン 情 報 センターを 政 府 が 提 供 情 報 化 村 サイト=インビル 電 子 商 取 引 サイト=インビルショッピング ツアー インビル などの 情 報 コンテンツも 政 府 が 構 築 運 営 情 報 化 指 導 者 を 育 成 住 民 の 情 報 化 教 育 を 政 府 が 実 施 情 報 化 村 ごとに 運 営 委 員 会 と 支 援 協 議 会 を 設 立 し 自 立 的 運 営 へ 橋 渡 し 3 自 治 体 の 関 わりと 村 の 自 立 自 治 体 は 情 報 の 利 用 環 境 を 整 え 地 域 コンテンツを 作 り 情 報 化 教 育 と 現 場 への 支 援 を 実 施 するなど 自 主 的 に 事 業 を 構 築 する 情 報 化 村 自 身 は 自 ら 運 営 委 員 会 を 構 成 し 運 営 に 当 たるとともに 情 報 センターを 管 理 運 営 し 収 益 モデルを 開 発 するほか 住 民 参 加 を 促 す インビルの 各 サイト 村 のホームページ 物 産 観 光 など 村 ごとの 詳 細 な 紹 介 インビルニュース 住 民 が 記 者 となり 地 域 ニュースを 提 供 インビルショッピング 産 品 を 直 取 引 するサイトで 所 得 向 上 の 役 割 ツアー インビル=インビル 体 験 独 自 の 観 光 商 品 であり 新 たな 収 益 モデル コミュニティ 同 好 会 やブログ チャット メッセンジャーの 機 能 出 会 いの 場 情 報 チャンネル 生 活 情 報 農 水 産 業 情 報 高 齢 者 向 けホームページ PC 教 室 4 情 報 化 村 が 示 す 先 進 モデル 都 市 と 農 村 の 情 報 格 差 解 消 と 住 民 の 生 活 の 質 所 得 向 上 を 連 携 させた 先 進 事 例 日 本 中 国 をはじめフランス スウェーデンなど 80 カ 国 2000 人 が 訪 問 GPS 技 術 や 移 動 型 パソコンを 活 用 し 無 線 インターネット 環 境 でサービス 展 開 5 情 報 化 村 の 現 状 2001 年 に 24 の 情 報 化 村 からスタート 現 在 385 か 所 25 万 人 に 達 する 情 報 化 村 となった 地 域 ではパソコン 普 及 率 が 21%から 67%へと 増 加 し インターネット 加 入 率 も9%から 65%へと 高 まった 意 思 決 定 や 映 画 鑑 賞 などを 通 じ 共 同 体 としての 意 識 が 高 まっている 情 報 化 村 サイト=インビルを 通 じた 農 水 産 物 の 売 上 は 2003 年 に 比 べて 7.5 倍 ツアー インビルの 売 上 も 17 倍 と 村 の 所 得 が 向 上 地 域 経 済 は 活 性 化 6 情 報 化 村 の 未 来 政 府 は 情 報 化 村 を 成 功 事 例 と 位 置 付 け 長 期 的 なビジョンに 基 づきより 安 定 的 体 系 的 に 事 業 推 進 する 意 向 自 治 体 の 努 力 とコンサルティング リーダーと 運 営 専 門 家 の 育 成 を 行 い 情 報 化 村 をパワー アップして 自 立 への 道 筋 をつける 7

8 より 多 くの 農 漁 村 が 情 報 化 に 参 加 できるようにする 海 外 向 け 広 報 に 積 極 活 用 する 4 韓 国 高 齢 者 福 祉 協 会 の 新 老 人 文 化 運 動 は パワフル! 小 さな 役 所 はPC 教 室 に 公 務 員 はPC 教 室 講 師 と 民 生 児 童 委 員 に?! マイクロソフトの 社 会 貢 献 活 動 として 行 われている ICTで 高 齢 者 を 消 費 者 から 生 産 者 へ とい うPC 教 室 は 企 業 が 延 世 大 学 社 会 福 祉 学 部 の 助 言 と 仲 介 で 福 祉 協 会 に 寄 付 をし そのお 金 で 民 間 のPC 教 室 が 運 営 しています 福 祉 協 会 の 高 齢 者 ネットワークと 連 携 しながら 行 っている 産 学 民 の 協 働 事 業 です 67 歳,68 歳 と 60 代 後 半 で 大 変 アクティブな 高 齢 者 たちのネット 起 業 など 働 いて 稼 い で 自 立 する ことを 支 援 しています 実 際 にこの 教 室 で 学 んだことを 活 かしてインターネットモ ールに 出 店 するなど 第 二 の 人 生 をスタートさせた 方 々や 後 に 続 けと 熱 心 に 学 ぶ 人 たちにお 会 いし ました 若 々しい 方 々はみな 笑 顔 がとても 素 敵 で 輝 いていました 米 国 でも 同 様 で 米 国 ではソフトバンクの 孫 さんによれば 労 働 者 の25%が 在 宅 ワーカーだそう ですが その 多 くがシニアと 女 性 世 界 共 通 です シニアから 衝 撃 の 事 実 を 教 えてもらいました 韓 国 の 自 治 体 は 日 本 のような 江 戸 時 代 から 続 く 藩 の 歴 史 や 伝 統 の 上 にはありません 情 報 革 命 で 電 子 行 政 が 進 化 したので いなかの 小 さな 役 場 は 不 要 になり 住 民 センターとして P C 教 室 になり 公 務 員 の 仕 事 はPC 教 室 の 講 師 であり 住 民 からニーズの 高 い 福 祉 サービスの 提 供 者 へと 移 動 になったそうです ひとり 暮 らしのお 年 寄 りの 家 を 1 日 1 回 訪 問 するなど 困 っている 人 たちを 見 守 り 支 援 し 地 域 のつながりを 支 える 福 祉 の 充 実 こそが 地 方 公 務 員 の 仕 事 になりました 5 江 南 区 役 所 のテレビを 使 った 電 子 行 政 の 新 ビジネスモデル ソウル 市 の 江 南 区 は 人 口 65 万 人 の 自 治 体 ですがここでは 住 民 サービスをデジタルテレビで 行 って います 区 役 所 は 電 子 行 政 情 報 を 提 供 し ケーブルテレビ 会 社 は セットトップボックスにつける 専 用 リ モコンに 電 子 行 政 というボタンをつけ 双 方 向 の 行 政 サービスを 実 験 とはいえ 実 施 中 です 区 民 は 電 子 行 政 ボタンを 押 せば 暮 らしに 役 立 つ 情 報 を 知 ることができ 各 種 証 明 書 も 自 宅 で 発 行 で き ショッピングもできます 8

9 自 治 体 の 費 用 負 担 はなく ケーブルテレビ 会 社 は お 買 い 物 情 報 など 地 域 情 報 提 供 で 収 益 をあげら れます 市 民 は 自 宅 で 行 政 サービスが 利 用 でき 買 い 物 もできて 便 利 です 地 域 のお 店 も 売 上 が 増 えてうれしいとのことで 日 本 でもできそうです また 自 治 体 で 行 っている 高 齢 者 向 けの 無 料 PC 教 室 は 民 業 圧 迫 との 批 判 も 当 然 ありましたが PCを 使 えないと こちらがいくら 良 い 電 子 行 政 サービスをつくっても 利 用 してもらえない 特 に 弱 い 立 場 にいる 高 齢 者 こそ PCを 使 えるとメリットがあるということで 今 でも 無 料 で 実 施 して いるとのことです 江 南 区 役 所 の 情 報 まとめ 年 現 在 の 概 況 ソウル 市 の 東 南 人 口 22 万 世 帯 55 万 人 区 役 所 職 員 1387 人 予 算 462 億 円 2 電 子 自 治 体 推 進 の 背 景 迅 速 正 確 便 利 な 行 政 サービスの 提 供 で 住 民 の 負 担 を 最 小 化 主 要 な 施 策 事 業 を 市 民 が 決 定 する 双 方 向 の 行 政 実 現 行 政 の 効 率 化 と 透 明 化 3 電 子 自 治 体 実 現 へのステップ 区 の 業 務 を 仕 分 けし 電 子 化 可 能 なものを 洗 い 出 す インフラを 構 築 し 専 門 部 署 を 新 設 情 報 化 教 育 とセキュリティ 強 化 標 準 化 や 制 度 不 備 等 で 情 報 化 に 干 渉 する 国 に 制 度 法 律 改 正 を 逆 提 案 住 民 本 位 の 満 足 度 評 価 を 行 いサービスを 拡 充 国 内 外 のIT 博 覧 会 に 参 加 し 新 技 術 導 入 行 政 への 市 民 参 加 には 区 議 会 が 中 高 年 への 情 報 化 教 育 には 民 間 教 育 機 関 が 反 発 したが 実 演 や 説 得 協 議 により 合 意 形 成 情 報 化 分 野 の 専 門 家 で 推 進 委 員 会 をつくり 委 員 会 で 技 術 的 に 検 証 された 事 業 のみ 推 進 初 期 の 市 民 利 用 は 低 調 だったので 実 際 に 体 験 してもらい 景 品 提 供 など 行 った 4 電 子 自 治 体 の 成 果 人 員 削 減 95 年 1792 人 から 1387 人 へ 405 人 23%の 純 減 29 億 円 の 行 政 コスト 削 減 区 役 所 往 復 などの 住 民 負 担 年 間 23 億 円 節 減 区 役 所 関 連 でのコストは 9 割 解 消 行 政 への 市 民 参 加 と 透 明 性 向 上 文 書 決 裁 の 99.7%を 電 子 化 しリアルタイムの 住 民 サービスにつなげた 既 存 企 業 の 事 業 が 活 性 化 企 業 誘 致 も 進 み 新 規 雇 用 が 生 まれた 9

10 韓 国 最 先 端 江 南 区 の 電 子 自 治 体 システムは 60 カ 国 から 訪 問 を 受 け 佐 賀 県 佐 賀 市 市 川 市 ゴールドコースト 市 台 北 市 などに 直 接 輸 出 または 参 考 となる 先 進 事 例 として 導 入 年 から 全 国 初 の 電 子 申 請 閲 覧 システム 自 宅 パソコンで 申 請 しプリンタさえあれば 365 日 24 時 間 即 印 刷 発 行 される 対 象 は 土 地 建 物 の 各 種 証 明 書 など 9 種 類 2004 年 には 国 を 動 かし 全 国 で 導 入 へ 6 各 種 証 明 の 24 時 間 自 動 発 行 機 43 種 類 の 証 明 書 類 を 365 日 24 時 間 発 行 するミニ 区 役 所 区 内 65 か 所 に 設 置 駅 コンビニ 病 院 銀 行 デパートなど 43 種 類 は 住 民 票 戸 籍 謄 抄 本 納 税 医 療 福 祉 の 証 明 自 動 車 登 録 証 明 など 毎 日 1500 件 の 利 用 年 間 55 万 件 の 証 明 書 発 行 住 民 負 担 節 減 とニーズ 即 応 で 満 足 度 向 上 7 インターネット 届 出 納 付 登 録 2009 年 4 月 から 転 入 届 など 225 種 類 の 届 出 が 区 役 所 に 行 かずに 行 える 銀 行 に 行 かずに 住 民 税 納 付 その 額 339 億 円 に 達 する 自 動 車 駐 車 違 反 の 反 則 金 も 年 間 2 万 件 がインターネット 納 付 自 動 車 登 録 や 自 動 車 税 もインターネットで 行 える 8 住 民 の 意 思 を 反 映 させ 区 の 政 策 決 定 を 透 明 公 正 にする 手 段 区 の 電 子 メールリストに 登 録 している 住 民 29 万 人 ホームページ 会 員 は 19 万 人 主 要 な 政 策 を 決 める 時 には 住 民 が 参 加 し 意 見 を 反 映 させる 仕 組 み 事 例 ; 防 犯 対 策 に 人 通 りの 少 ない 路 地 に 防 犯 カメラを 設 置 する 案 の 住 民 の 議 論 と 意 見 募 集 をイ ンターネットで 行 い 82%が 賛 成 して 設 置 した 結 果 犯 罪 が 40% 減 少 区 議 会 はインターネットで 実 況 中 継 もちろん 議 事 録 もネット 上 に 公 開 区 の 幹 部 会 議 も 毎 週 インターネット 実 況 中 継 年 に 電 子 図 書 館 区 内 27 か 所 に 小 学 校 の 空 き 教 室 を 利 用 した 電 子 図 書 館 を 開 設 し 36 万 冊 の 電 子 本 を 置 く 区 内 外 を 問 わず 全 国 の 1669 の 小 学 校 にオンラインで 提 供 122 万 人 31 万 冊 利 用 10 住 民 のための 情 報 学 習 小 学 校 空 き 教 室 や 町 内 会 館 地 区 センターなど 区 内 21 か 所 で 初 級 から 中 級 のコンピュータと 英 語 の 無 料 教 室 97 年 から 現 在 まで 46 万 人 が 受 講 障 害 者 に 対 しては 自 宅 訪 問 による 学 習 を 提 供 目 的 は 世 代 間 の 情 報 格 差 解 消 と 年 配 の 方 のコンピュータ 活 用 支 援 10

11 11 紙 のない 区 役 所 を 実 現 文 書 決 裁 を 電 子 化 し 文 書 保 存 スペースを 10 分 の 1 以 下 にした 不 動 産 や 税 など 71 種 類 の 行 政 情 報 を 共 有 化 現 場 と 区 役 所 をモバイル 端 末 で 結 んで 事 務 処 理 を 迅 速 化 年 からテレビ 電 子 政 府 サービス 2006 年 から 区 内 10 万 世 帯 のケーブルテレビで 行 政 サービスを 提 供 自 宅 で 住 民 票 などの 発 行 税 金 の 納 付 生 涯 学 習 区 の 行 政 への 意 見 反 映 13 住 民 福 祉 安 全 システムの 開 発 と 実 用 化 一 人 暮 らしの 高 齢 者 の 自 宅 から 応 急 状 況 を 知 らせる 情 報 システム 子 どもなどの 位 置 情 報 を 把 握 しパトカーが 緊 急 時 に 駆 けつけるシステム 遠 隔 聴 診 器 と 映 像 音 声 でリアルタイムで 診 療 するシステム 区 内 に 522 台 の 防 犯 カメラを 設 置 し 24 時 間 防 犯 監 視 するモニターシステム 14 グリーン IT その1 炭 素 マイレージシステム 温 室 ガス 10 kg= 電 気 23kwh 減 らすと 1 ポイント=40 円 の 褒 賞 金 住 所 とお 客 様 番 号 でエネルギー 使 用 量 がリアルタイムで 自 動 確 認 できる 区 内 世 帯 の 半 分 企 業 3000 社 が 加 入 褒 賞 金 総 額 は 年 間 約 3000 万 円 で 節 減 効 果 は 13 億 円 15 グリーン IT その2 自 転 車 無 人 貸 与 システム 駅 学 校 集 合 住 宅 周 辺 など 区 内 250 か 所 に 10 から 20 台 合 計 3000 台 を 配 置 会 員 になるとカードがもらえて 利 用 時 に 機 械 で 読 み 取 り 30 分 無 料 16 グリーン IT その3 PC のリサイクルシステム 企 業 や 個 人 から 中 古 パソコンの 寄 付 区 役 所 が 収 集 し 必 要 な 整 備 をする 低 所 得 の 世 帯 や 障 害 者 に 配 付 17 ユビキタスって 何? 市 民 本 位 のあたたかい 情 報 都 市 をめざす 江 南 区 の 明 確 なビジョン 方 向 性 行 政 情 報 化 で 個 々の 区 民 へのオーダーメイド 行 政 サービスを 実 現 生 活 情 報 化 で 区 民 の 生 活 の 質 を 向 上 させる 産 業 情 報 化 で 地 域 経 済 を 活 性 化 11

12 6 政 府 行 政 安 全 部 電 子 行 政 の 目 的 は 業 務 プロセスの 改 革 国 民 サービスの 向 上 税 金 に 関 する 透 明 性 といろいろあ るが とりわけ 行 政 の 透 明 化 が 可 能 になった という 幹 部 の 言 葉 が 印 象 に 残 りました 国 民 は 自 分 たちが 払 った 税 金 で 政 府 が 何 をしているのか どんなことにお 金 を 使 っているのか 知 って 参 加 する 政 治 家 の 活 動 を 正 しく 評 価 できる 良 い 政 治 家 を 選 ぶことができる 良 い 政 策 を 支 援 できる そのための 議 論 もできることが 大 事 です また 韓 国 の 行 政 は 国 民 が 申 請 して 初 めて 動 く 申 請 主 義 を 全 廃 し 一 人 ひとりの 国 民 に 対 し て 手 当 の 受 給 や 申 請 の 締 め 切 りなどを 行 政 からあらかじめお 知 らせする プッシュ 型 に 改 めた そんな 発 想 と 姿 勢 の 大 転 換 があってはじめてこのような 仕 組 みの 変 化 が 起 きているのです 韓 国 では 国 民 の 電 子 政 府 利 用 率 が 60%と 過 半 数 に 達 し 満 足 度 は 高 齢 者 ほど 高 いとのことですが これからの 課 題 として 携 帯 電 話 や 双 方 向 テレビでの 電 子 政 府 の 実 現 を 挙 げていました 7 電 子 投 票 システム 電 子 投 票 はもともと 2012 年 の 国 会 議 員 選 挙 での 在 宅 投 票 を 目 標 に 取 組 んできたもので いまは 地 下 鉄 の 駅 や 遊 園 地 など 全 国 5000 か 所 に 移 動 投 票 所 を 設 置 して 政 党 の 予 備 選 挙 に 使 う 段 階 にまで 来 て います すでに 学 校 の 生 徒 会 町 内 会 長 選 びに 至 るまでこれまでに 2639 回 利 用 されており モバイ ル 投 票 も 病 院 や 老 人 ホームでの 投 票 も 可 能 とのことです 本 人 確 認 は 13 ケタの 住 民 登 録 番 号 により ます 実 際 に 投 票 システムをみせていただきました とても 簡 単 で 便 利 なシステムで 将 来 はこうなる だろうなあと 思 いました 2002 年 の 大 統 領 選 挙 やその 後 の 政 治 エピソードをうかがい 韓 国 の 政 治 がICTで 劇 的 に 変 わったことがよくわかりました 選 挙 人 確 認 端 末 右 奥 が 本 人 カード 情 報 を 読 み 取 る 装 置 選 挙 人 確 認 端 末 投 票 端 末 画 面 音 声 ガイドあり 12

13 候 補 者 選 び 選 挙 機 器 はこれだけ 8 電 子 申 告 と 現 金 領 収 証 制 度 韓 国 では 電 子 申 告 が 急 速 に 普 及 しました これは 韓 国 においては IT インフラが 整 っていたことと 税 務 代 理 人 である 税 務 士 の 積 極 的 な 協 力 が 挙 げられるようです 電 子 申 告 を 行 った 場 合 納 税 者 本 人 に 所 得 税 または 法 人 税 の 場 合 は 2 万 ウォン 消 費 税 の 場 合 は 1 万 ウォンの 税 額 控 除 が 受 けられるようにし ました 更 に 税 務 代 理 人 が 電 子 申 告 をした 場 合 には 納 税 者 1 人 当 たり 4 万 ウォン(ただし 年 間 300 万 ウォンを 限 度 税 務 士 法 人 は 800 万 ウォンを 限 度 )というインセンティブをつけました 韓 国 国 税 庁 が 発 行 している 国 税 統 計 年 報 (2008 年 )によると 年 度 別 科 目 別 の 電 子 申 告 比 率 の 推 移 は 法 人 税 が 2004 年 には 92.7%だったのが 2007 年 には 96.9%に 増 え 所 得 税 は 43.5%が 80.1%に 消 費 税 も 49.9%から 76.9%へと 大 幅 に 増 えました 電 子 申 告 制 度 の 他 に IT 関 連 インフラを 活 用 した 韓 国 の 納 税 基 盤 整 備 の 特 徴 的 なものとして 現 金 領 収 証 制 度 が 挙 げられます 今 回 の 訪 問 ではこの 仕 組 みを 作 った 韓 国 国 税 庁 の 課 長 さんにお 会 いしました 韓 国 のお 店 では 消 費 者 が 商 品 購 入 時 に 現 金 領 収 証 カード クレジットカード 携 帯 電 話 番 号 住 民 登 録 番 号 のどれかを 提 示 することにより 現 金 領 収 証 が 発 行 されます この 決 済 内 容 が 現 金 領 収 証 管 理 業 者 を 通 じて 自 動 的 に 国 税 庁 に 通 知 され 国 税 庁 では 現 金 取 引 内 容 を 把 握 管 理 できる 制 度 です この 制 度 は 2005 年 1 月 から 施 行 され 現 在 では 現 金 決 済 にも 適 用 されています そして 現 金 領 収 証 対 象 加 盟 店 の 加 盟 率 は 2009 年 6 月 末 現 在 94.1%に 達 しています 現 金 領 収 証 制 度 の 普 及 でより 効 率 的 に 虚 偽 の 税 金 計 算 を 摘 発 できるようになったということで 消 費 税 申 告 も 簡 略 化 されました 13

14 < 韓 国 電 子 政 府 実 現 と 輸 出 の 歩 み 参 考 資 料 > 韓 国 が 成 長 戦 略 と 自 国 での 電 子 政 府 の 実 現 と 技 術 向 上 が 互 いに 響 きあう 関 係 のもとで 人 材 な ど 諸 課 題 をどのように 解 決 してきたのか 以 下 にはソウル 発 の 聯 合 ニュースをもとに 最 近 の 歩 みをまとめた こうしてみると 韓 国 が 国 内 で の 電 子 政 府 実 現 と 海 外 輸 出 の 歩 みを 同 時 に 着 実 に 進 め 世 界 との 相 互 依 存 を 深 める 道 を 光 の 道 として 深 化 させていることがよくわかる ここ10 年 停 滞 を 深 め 机 上 の 国 家 戦 略 に 終 始 してきた 私 たちの 日 本 に 対 する 示 唆 に 富 んでいる 07 年 9 月 国 内 電 子 政 府 システムの 海 外 進 出 活 性 化 を 支 援 するため 政 府 官 庁 支 援 機 関 ソフトウェアメーカー で 構 成 された 民 間 合 同 受 注 支 援 団 が ベトナムとインドネシアに 派 遣 される 情 報 通 信 部 が 17 日 に 明 ら かにした 支 援 団 には 情 報 通 信 部 を 中 心 に 海 洋 水 産 部 特 許 庁 ソウル 市 韓 国 ソフトウェア 振 興 院 韓 国 輸 出 入 銀 行 LGCNS 現 代 情 報 技 術 ポスデータ KL-Net などから 23 人 が 派 遣 される 2003 年 以 降 の 電 子 政 府 システム 受 注 支 援 を 目 的 に 海 外 に 派 遣 された 事 例 のうち 最 大 規 模 となる 情 報 通 信 部 は 5 月 に 電 子 政 府 システム 6 大 戦 略 分 野 を 選 定 し 輸 出 品 目 別 の 特 長 分 析 や 世 界 30 カ 国 余 り での 市 場 調 査 を 行 い 海 外 進 出 支 援 計 画 を 策 定 した これに 基 づき 東 南 アジア 諸 国 のなかでも 公 共 部 門 の 情 報 化 市 場 の 成 長 が 著 しく 韓 国 企 業 の 進 出 の 可 能 性 も 高 いベトナムとインドネシアを 対 象 国 に 決 定 した 支 援 団 は 両 国 で 妥 当 性 調 査 コンサルティング 着 手 報 告 会 を 開 催 し 妥 当 性 調 査 が 終 了 した 課 題 の 後 続 事 業 について 協 議 するなど 多 彩 な 活 動 を 展 開 する 計 画 だ 情 報 通 信 部 は 東 南 アジアへの 派 遣 を 皮 切 りに 中 南 米 アフリカなどにも 年 内 に 支 援 団 を 派 遣 したい 考 えだ 電 子 政 府 システム 進 出 地 域 を 新 興 市 場 に 拡 大 するとともに 世 界 銀 行 など 国 際 開 発 銀 行 との 協 力 事 業 の 開 拓 に 向 けた 説 明 会 なども 並 行 して 行 い 海 外 進 出 財 源 を 有 償 無 償 の 公 的 援 助 中 心 から 国 際 資 金 にまで 拡 大 できるよう 支 援 する 支 援 団 は 16 日 から 19 日 までベトナム ホーチミン 19 日 から 21 日 までインドネシア ジャカルタで 活 動 し 22 日 に 帰 国 する 08 年 5 月 サムスン SDS が 日 本 の 電 子 政 府 構 築 事 業 に 順 調 に 進 出 している 同 社 が 25 日 に 明 らかにしたところによると 先 に 佐 賀 県 佐 賀 市 などの 電 子 政 府 事 業 を 成 功 裏 に 終 えたの に 続 き 沖 縄 県 浦 添 市 電 子 政 府 構 築 事 業 にも 参 入 する 予 定 だ 日 本 の IT サービス 企 業 側 から 事 業 パート ナーとしての 参 入 要 請 があったもので これまでの 日 本 での 事 業 例 が 高 く 評 価 されたと 同 社 は 話 して いる 浦 添 市 電 子 政 府 事 業 は 今 年 から 2 年 間 かけ 1000 万 ドル 規 模 で 進 められる サムスン SDS は 今 後 も 日 本 の 地 方 自 治 体 から 事 業 参 入 の 提 案 が 相 次 ぐものと 期 待 している 日 本 の 企 業 からも 企 業 資 源 計 画 (ERP)やサプライチェーン マネジメント(SCM)などの 分 野 で 共 同 事 業 参 入 の 要 請 を 受 けているという 14

15 09 年 3 月 知 識 経 済 部 とキルギスの 運 輸 通 信 省 は 10 日 電 子 政 府 協 力 に 向 けた 了 解 覚 書 (MOU)を 締 結 する 知 識 経 済 部 が 9 日 に 明 らかにした 韓 国 は 電 子 政 府 専 門 コンサルタントを 派 遣 し キルギスに 適 した 電 子 政 府 総 合 計 画 を 現 地 の 専 門 家 と 共 同 で 策 定 する キルギスは 公 務 員 を 韓 国 に 送 り 電 子 政 府 構 築 例 を 視 察 することになる キルギスは IT 発 展 戦 略 を 立 てた 2002 年 以 降 IT 基 盤 を 拡 充 しており 電 子 政 府 をはじめ 社 会 資 本 関 連 の IT システム 構 築 などの 分 野 で 両 国 の 互 恵 的 協 力 事 業 が 拡 大 されるものと 期 待 されている 韓 国 政 府 はこれまでにインドネシア モンゴル セネガルなど 7 カ 国 を 対 象 に 電 子 政 府 マスタープラン 策 定 を 支 援 してきた 10 年 1 月 国 連 の 2010 年 度 国 連 電 子 政 府 評 価 で 韓 国 は 電 子 政 府 準 備 度 とオンライン 参 加 度 を 示 す 指 数 で 初 めて 世 界 トップと 評 価 された 行 政 安 全 部 が 14 日 先 ごろ 国 連 が 発 表 した 評 価 内 容 を 明 らかにした 国 連 はグローバル 電 子 政 府 協 力 の 推 進 と 国 家 競 争 力 強 化 の 誘 導 を 目 的 に 国 連 加 盟 国 190 カ 国 余 りを 対 象 とし 電 子 政 府 発 展 水 準 の 比 較 調 査 を 2002 年 から 隔 年 で 実 施 している 韓 国 は 2008 年 度 の 評 価 で 電 子 政 府 準 備 は 6 位 オンライン 参 加 は 2 位 だった この 間 韓 国 がグロー バル 電 子 政 府 を 実 質 的 にリードしていける 推 進 力 を 確 保 したと 解 釈 できる 2010 年 度 の 電 子 政 府 準 備 度 は 韓 国 に 次 いで 米 国 が 2 位 以 下 カナダ 英 国 ニュージーランド ノ ルウェー デンマーク オーストラリア スペイン フランスが 上 位 10 位 に 入 った オンライン 参 加 度 は 韓 国 だけが 満 点 でトップで オーストラリア スペイン ニュージーランド 英 国 日 本 米 国 カ ナダ エストニア シンガポールの 順 だった 行 政 安 全 部 はこの 結 果 について 李 明 博 (イ ミョンバク) 政 権 の 国 家 情 報 化 ビジョン 戦 略 策 定 国 家 情 報 化 基 本 法 の 全 面 改 正 コントロールタワー 確 立 などの 政 策 的 な 努 力 に 力 を 得 た 部 分 が 大 きいと 説 明 した 10 年 3 月 韓 国 と 日 本 が 近 く 電 子 政 府 の 協 力 と 技 術 交 流 に 関 する 了 解 覚 書 (MOU)を 締 結 する 見 通 しだ 政 府 筋 が 9 日 原 口 一 博 総 務 相 が 今 月 下 旬 に 訪 韓 し 行 政 安 全 部 と MOU を 締 結 するものと 承 知 している と 伝 えた MOU には 電 子 政 府 システムの 管 理 と 技 術 交 流 移 転 人 材 交 流 などが 盛 り 込 まれると 伝 えられ た 行 政 安 全 部 は 2008 年 11 月 には 日 本 の 地 方 公 共 団 体 と 情 報 化 協 力 に 関 する MOU を 締 結 した 10 年 3 月 日 本 の 原 口 一 博 総 務 相 ら 公 務 員 16 人 が 22 日 韓 国 の 電 子 政 府 システムを 見 学 するため ソウル 江 南 区 庁 を 訪 問 する 同 区 が 21 日 明 らかにした 原 口 総 務 相 一 行 は 家 庭 の 双 方 向 テレビでも 各 種 書 類 の 発 給 を 受 けられるテレビ 電 子 政 府 サービスやイ ンターネット 修 学 能 力 放 送 局 ( 大 学 入 試 を 控 えた 受 験 生 向 けの 放 送 )などを 視 察 し 江 南 区 の 電 子 政 府 15

16 広 報 映 像 物 を 視 聴 する 予 定 だ 区 関 係 者 は 韓 日 間 の 電 子 政 府 協 力 と 技 術 交 流 に 対 する 了 解 覚 書 (MOU) 締 結 のため 訪 韓 した 原 口 総 務 相 一 行 は 電 子 政 府 構 築 に 成 功 したと 評 価 されている 江 南 区 から 学 ぶことを 望 んでいると 話 した 一 方 原 口 総 務 相 は 21 日 午 後 韓 国 の 農 漁 村 情 報 化 マウル( 集 落 )を 見 学 するため 京 畿 道 楊 平 郡 を 訪 れた 京 畿 道 から 行 政 安 全 部 の 情 報 化 マウル 政 策 の 説 明 を 受 け もちつきなど 伝 統 文 化 も 体 験 した 原 口 総 務 相 は 情 報 化 マウルを 通 じ 電 子 政 府 の 高 いレベルと 超 高 速 通 信 ネットワークインフラの 優 秀 性 を 現 場 で 直 接 確 認 できたとし 日 本 の 農 村 情 報 化 事 業 推 進 に 大 きく 役 立 つだろうと 述 べた 10 年 3 月 韓 国 と 日 本 が 電 子 政 府 分 野 で 相 互 協 力 を 強 化 する 行 政 安 全 部 は 22 日 姜 秉 圭 (カン ビョンギュ) 第 2 次 官 と 日 本 から 訪 韓 中 の 原 口 一 博 総 務 相 が 電 子 政 府 相 互 協 力 に 関 する 了 解 覚 書 を 結 ぶことで 合 意 したと 明 らかにした これにより 国 連 の 評 価 で 世 界 トップとされる 韓 国 の 電 子 政 府 システムが 日 本 政 府 の 省 庁 自 治 体 に 輸 出 される 道 が 開 けることにな る 原 口 総 務 相 はこの 席 で 訪 韓 の 最 大 の 目 的 は 韓 国 の 電 子 政 府 システムの 具 体 的 な 内 容 を 体 験 すること だと 述 べた これに 対 し 姜 次 官 は 韓 国 の IT サービス 企 業 は 世 界 最 高 水 準 の 技 術 力 と 数 カ 国 で 電 子 政 府 を 構 築 した 経 験 を 持 つ と 説 明 原 口 総 務 相 の 訪 韓 を 機 に 韓 国 の IT サービス 企 業 が 日 本 の 電 子 政 府 構 築 事 業 に 参 画 できるよう 支 援 を 求 めた ことしは 日 本 の 次 世 代 IC カードシステム 研 究 会 や 総 務 省 の 情 報 化 担 当 者 が 韓 国 の 関 係 官 庁 を 訪 れるなど 日 本 側 関 係 者 の 訪 韓 が 続 いている 10 年 3 月 知 識 経 済 部 は 30 日 IT 政 策 諮 問 団 発 足 会 議 を 開 き 韓 国 が IT 分 野 で 世 界 中 心 国 に 跳 躍 するためのこ としの 主 要 政 策 方 向 と 推 進 計 画 を 明 らかにした IT 産 業 政 策 方 向 としては 変 化 の 先 取 り IT 融 合 で 新 市 場 創 出 成 長 潜 在 力 拡 充 疎 通 の 活 性 化 の 4 大 中 核 戦 略 が 提 示 された 知 識 経 済 部 は 来 月 の 3D( 三 次 元 ) 産 業 発 展 戦 略 と 製 薬 プラス IT 融 合 発 展 戦 略 の 発 表 を 皮 切 り に 上 半 期 中 に 半 導 体 コリア 第 2 跳 躍 戦 略 (5 月 ) 2 次 電 池 産 業 発 展 総 合 対 策 (6 月 ) IT 融 合 拡 散 戦 略 (6 月 ) IT/ソフトウエア 規 制 慣 行 改 善 対 策 (6 月 )を 相 次 ぎ 発 表 する 計 画 だ この 日 発 足 した IT 政 策 諮 問 団 は 大 統 領 IT 特 別 補 佐 官 や 知 識 経 済 部 放 送 通 信 委 員 会 など 関 係 官 庁 の 局 長 クラスが 出 席 する 定 例 交 流 会 を 隔 月 で 開 き IT 政 策 の 方 向 に 関 する 意 見 を 開 陳 する 諮 問 団 は かつ て IT 政 策 構 築 に 参 加 した 中 核 関 係 者 と 関 連 企 業 代 表 ら 20 人 余 りで 構 成 された 知 識 経 済 部 はこの 日 4 大 中 核 戦 略 の 履 行 に 向 けた 具 体 的 な 日 程 も 公 開 した まず モバイル 3D など IT 産 業 の 枠 を 根 本 的 に 再 編 する 技 術 に 官 民 が 先 制 的 に 対 応 できるよう 主 要 分 野 別 IT トレンド アウ トルック( 見 通 し) を 作 成 する 予 定 だ 来 月 までに 自 動 車 ロボット 機 械 国 防 造 船 など 10 大 戦 略 産 業 別 IT 融 合 課 題 を 発 掘 し 基 幹 技 術 を 開 発 するフォーラムを 発 足 させ 6 月 には IT 融 合 拡 散 戦 略 を 立 てる 計 画 だ また 産 業 方 向 を 見 通 し 16

17 と 中 長 期 発 展 モデルを 提 示 する IT 産 業 発 展 ビジョン 2010 も 9 月 までにまとめる このほか 企 業 ネットワーク 革 新 に IT 役 割 が 拡 大 される 流 れに 合 わせ 研 究 開 発 調 達 物 流 など 企 業 の 5 大 工 程 別 プロセス 革 新 (PI) 戦 略 を 6 月 まで 策 定 する IT 産 業 全 般 にわたり 市 場 でも 影 響 力 が 大 きく 国 民 生 活 と 直 結 する 規 制 改 善 課 題 を 発 掘 するとともに IT/ソフトウエア 規 制 改 善 総 括 委 員 会 を 新 設 し 既 存 の 制 度 が 新 しい IT 技 術 発 展 の 障 害 となる 事 態 を 防 ぐ 方 針 だ 知 識 経 済 部 の 崔 ギョン 煥 (チェ ギョンファン) 長 官 は IT 技 術 は 韓 国 経 済 の 中 核 産 業 として 大 きな 役 割 を 果 たしており 今 後 もこうした 役 割 を 担 っていけるよう 発 展 させるべきだと 話 した 10 年 4 月 文 化 体 育 観 光 部 は 12 日 ゲーム 依 存 の 予 防 と 解 消 策 を 発 表 した 同 部 が 昨 年 から 特 別 班 を 構 成 し 論 議 を 重 ねてきたもので 国 内 ゲーム 産 業 の 80% 以 上 を 占 めるオンラインゲームのやりすぎを 防 ぐための 内 容 が 主 となっている 主 な 対 策 は ゲーム 利 用 時 間 の 制 限 に 向 けた 予 防 的 技 術 措 置 の 導 入 本 人 認 証 の 強 化 を 通 じた 住 民 登 録 番 号 の 盗 用 防 止 効 率 的 なゲーム 利 用 の 指 導 管 理 システム 構 築 など まず ゲーム 利 用 時 間 の 制 限 に 向 けた 予 防 的 技 術 措 置 として 疲 労 度 システム の 導 入 や 青 少 年 のオ ンラインゲーム 深 夜 利 用 制 限 などの 対 策 を 進 める 方 針 だ 疲 労 度 システム は 一 定 時 間 が 過 ぎるとゲームアイテムを 獲 得 する 速 度 が 落 ちるなど ゲームのや りすぎを 防 ぐシステム 現 在 4 つのロールプレイングゲーム(RPG)に 適 用 されており 年 内 に 適 用 対 象 を 国 内 RPG 市 場 の 79%を 占 める 19 のゲームに 拡 大 する 計 画 だ また 深 夜 時 間 シャットダウン と 呼 ばれる 深 夜 のゲーム 利 用 制 限 対 策 で 青 少 年 は 午 前 零 時 以 降 にオ ンラインゲームサイトに 接 続 できないようにする まずは 青 少 年 の 利 用 度 が 高 いオンラインゲーム 3 種 に 適 用 し 対 象 を 順 次 拡 大 する 計 画 だ 住 民 登 録 番 号 の 盗 用 と 関 連 しては ゲーム 利 用 者 の 本 人 認 証 を 定 期 的 に 実 施 するよう ゲーム 業 界 に 要 請 することにした 家 庭 での 効 率 的 なゲーム 利 用 の 指 導 と 管 理 に 向 けては 子 どもが 親 の 住 民 登 録 番 号 を 使 い 加 入 したゲー ムサイトを 親 側 が 確 認 することができるポータルサイトを 構 築 する 予 定 だ このサイトでは 子 ども がゲームサイトだけでなく 青 少 年 有 害 媒 体 物 に 指 定 されているゲームアイテム 仲 介 サイトにも 加 入 した かどうかも 確 認 できる また 両 親 がゲームサイトに 要 請 し 子 どものゲーム 利 用 内 訳 を 確 認 し サイトへの 接 続 を 制 限 する 子 女 ゲーム 利 用 管 理 サービス の 活 性 化 に 向 けた 広 報 活 動 も 強 化 する 同 サービス 適 用 ゲームを 年 内 に 100 以 上 に 拡 大 できるよう ゲーム 業 界 と 引 き 続 き 協 議 する 予 定 だ ゲームアイテムの 現 金 取 引 については 仲 介 業 者 の 責 任 を 強 化 し 業 者 が 違 法 アイテムの 確 認 とモニタ リングを 継 続 的 に 行 うようにする このほか ゲームアイテムの 現 金 取 引 に 対 する 合 理 的 規 律 の 推 進 ゲーム 業 界 による 100 億 ウォン( 約 8 億 4000 万 円 ) 規 模 の ゲーム 文 化 基 金 の 年 内 設 立 ゲーム 過 没 入 対 応 協 議 会 の 運 営 と 市 民 団 体 のモニタリング 支 援 ゲーム 依 存 の 予 防 と 解 消 策 の 実 効 性 確 保 に 向 けた 法 制 度 的 装 置 の 構 築 ゲーム 産 業 の 持 続 成 長 に 向 けた 支 援 拡 大 の 推 進 健 全 なゲーム 文 化 醸 成 と ゲーム 産 業 の 持 続 成 長 基 盤 強 化 なども 重 点 課 題 に 含 まれた 17

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

全 体 状 況 国 連 の 電 子 政 府 に 関 するランキングで わが 国 は11 位 韓 国 は 米 国 に 次 いで 第 2 位 と 世 界 最 高 水 準 にある 特 に 中 央 政 府 と 地 方 自 治 体 を 含 め 行 政 のバックオフィス 系 業 務 の 標 準 化 DB 間 の

全 体 状 況 国 連 の 電 子 政 府 に 関 するランキングで わが 国 は11 位 韓 国 は 米 国 に 次 いで 第 2 位 と 世 界 最 高 水 準 にある 特 に 中 央 政 府 と 地 方 自 治 体 を 含 め 行 政 のバックオフィス 系 業 務 の 標 準 化 DB 間 の 参 考 資 料 21 韓 国 電 子 政 府 について 1 全 体 状 況 国 連 の 電 子 政 府 に 関 するランキングで わが 国 は11 位 韓 国 は 米 国 に 次 いで 第 2 位 と 世 界 最 高 水 準 にある 特 に 中 央 政 府 と 地 方 自 治 体 を 含 め 行 政 のバックオフィス 系 業 務 の 標 準 化 DB 間 の 相 互 連 携 が 相 当 程 度 進

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2094D48D8690A7937882CC93B193FC82CD49544382AA977682E98376838C835B97703230313430333135205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2094D48D8690A7937882CC93B193FC82CD49544382AA977682E98376838C835B97703230313430333135205B8CDD8AB78382815B83685D> 番 号 制 度 の 全 国 導 入 には ITCの 手 助 けが 要 る 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ITコーディネータ 協 会 播 磨 崇 ITコーディネータはIT 経 営 を 実 現 するプロフェッショナルです お 話 の 内 容 はじめに 第 一 章 第 二 章 第 三 章 共 通 番 号 制 度 の 概 要 1. 共 通 番 号 制 度 とは 2. 番 号 制 度 の 必 要 性 とメリット

More information

住 民 基 本 台 帳 カード 住 民 基 本 台 帳 カード( 住 基 カード)は 住 民 基 本 台 帳 に 基 づき 各 市 区 町 村 において 交 付 希 望 者 に 住 民 基 本 台 帳 カード(ICカード)を 交 付 住 民 基 本 台 帳 カード 市 20 年 月 日 まで 有 効

住 民 基 本 台 帳 カード 住 民 基 本 台 帳 カード( 住 基 カード)は 住 民 基 本 台 帳 に 基 づき 各 市 区 町 村 において 交 付 希 望 者 に 住 民 基 本 台 帳 カード(ICカード)を 交 付 住 民 基 本 台 帳 カード 市 20 年 月 日 まで 有 効 マイナンバー 制 度 の 動 向 と 個 人 番 号 カードについて 総 務 省 住 民 制 度 課 住 民 基 本 台 帳 カード 住 民 基 本 台 帳 カード( 住 基 カード)は 住 民 基 本 台 帳 に 基 づき 各 市 区 町 村 において 交 付 希 望 者 に 住 民 基 本 台 帳 カード(ICカード)を 交 付 住 民 基 本 台 帳 カード 市 20 年 月 日 まで 有 効

More information

Contents 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 1 マイナンバーの 目 的 -------------------------------------------------- 01 2 マイナンバーの 概 要 ----------------------------------------

Contents 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 1 マイナンバーの 目 的 -------------------------------------------------- 01 2 マイナンバーの 概 要 ---------------------------------------- 平 成 28 年 より 運 用 開 始 マイナンバー 制 度 の 概 要 と 企 業 に 求 められる 対 応 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 2 法 人 におけるマイナンバー 制 度 3 マイナンバーの 取 扱 いに 関 する 留 意 点 Contents 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 1 マイナンバーの 目 的 --------------------------------------------------

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031363035313048323795E290B3814548323893968F89837C834383938367816994928D9588F38DFC82C582B7816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031363035313048323795E290B3814548323893968F89837C834383938367816994928D9588F38DFC82C582B7816A2E70707478> 中 企 業 規 模 事 業 者 関 係 予 算 税 制 改 正 のポイント 詳 しい 情 報 は ミラサポ の 施 策 マップでご 覧 いただけます ミラサポ 検 索 1. 中 企 業 の 産 性 向 上 を 援 します 1 ものづくり サービスの 新 展 開 (ものづくり 補 助 ) ものづくり 商 業 サービス 新 展 開 援 補 助 1020.5 億 円 < 平 成 27 年 度 補 正 >

More information

第 3 章 住 生 活 基 本 計 画 1. 町 民 への 住 まい 住 環 境 に 関 する 意 向 把 握 2. 住 まい 住 環 境 に 関 する 現 況 と 課 題 展 開 方 向 3. 住 宅 施 策 の 体 系 と 推 進 施 策 1. 町 民 への 住 まい 住 環 境 に 関 する 意 向 把 握 (1) 一 般 世 帯 向 けアンケート 調 査 結 果 住 まい 住 環 境 に

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 観 光 の 現 状 と 政 府 の 取 組 平 成 28 年 2 月 17 日 観 光 庁 長 官 田 村 明 比 古 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 万 人 2000 1900 1800 1700 1600 1973.7 万 人 (47.1% 増 ) 12 月 :177.3 万 人 (43.4% 増 ) 11 月 :164.8 万 人 (41.0% 増 ) 10 月 :182.9

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

平成28年度以降の行政評価局調査テーマ候補についての意見募集結果

平成28年度以降の行政評価局調査テーマ候補についての意見募集結果 平 成 28 年 度 以 降 の 行 政 評 価 局 調 査 テーマ 候 補 についての 意 見 募 集 の 結 果 平 成 28 年 3 月 29 日 総 務 省 行 政 評 価 局 平 成 28 年 度 以 降 の 行 政 評 価 局 調 査 テーマ 候 補 について 平 成 28 年 2 月 2 日 ( 火 )から 同 年 3 月 2 日 ( 水 )までの 間 国 民 の 皆 様 から 広 く

More information

1 ICT 利 活 用 教 育 推 進 の 背 景 と 効 果 < 現 状 ( 事 業 推 進 の 背 景 )> 高 度 情 報 化 社 会 への 対 応 (ICT 機 器 の 整 備 普 及 に 伴 い 教 育 の 情 報 化 は 必 至 ) 学 力 向 上 の 取 組 強 化 ( 全 国 学 力

1 ICT 利 活 用 教 育 推 進 の 背 景 と 効 果 < 現 状 ( 事 業 推 進 の 背 景 )> 高 度 情 報 化 社 会 への 対 応 (ICT 機 器 の 整 備 普 及 に 伴 い 教 育 の 情 報 化 は 必 至 ) 学 力 向 上 の 取 組 強 化 ( 全 国 学 力 平 成 25 年 12 月 佐 賀 県 が 進 める 先 進 的 ICT 利 活 用 教 育 推 進 事 業 の 取 組 状 況 と 学 習 用 パソコン 導 入 の 背 景 (VOL.3) 佐 賀 県 教 育 委 員 会 1 ICT 利 活 用 教 育 推 進 の 背 景 と 効 果 < 現 状 ( 事 業 推 進 の 背 景 )> 高 度 情 報 化 社 会 への 対 応 (ICT 機 器 の

More information

Microsoft PowerPoint - 新市のくらし.ppt

Microsoft PowerPoint - 新市のくらし.ppt 目 次 町 名 字 名 組 織 窓 口 受 付 地 方 税 上 下 水 道 料 金 保 育 主 な 使 用 料 手 数 料 公 営 住 宅 国 民 健 康 保 険 介 護 保 険 児 童 福 祉 乳 幼 児 医 療 高 齢 者 福 祉 障 害 者 福 祉 保 健 衛 生 病 院 P2 P2 P2 P3 P3 P3 P4 P4 P4 P4 P5 P5 P5 P6 P6 交 通 防 犯 P6 広 報 及

More information

デンマーク 住 民 登 録 番 号 10 桁 1968 年 税 務 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 諸 統 計 教 育 等 韓 国 住 民 登 録 番 号 13 桁 1968 年 税 務 社 会 保 険, 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 教 育 等 スウエーデン 住 民 登 録 番

デンマーク 住 民 登 録 番 号 10 桁 1968 年 税 務 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 諸 統 計 教 育 等 韓 国 住 民 登 録 番 号 13 桁 1968 年 税 務 社 会 保 険, 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 教 育 等 スウエーデン 住 民 登 録 番 マイナンバー 制 度 と その 対 策 と 対 応 評 議 員 経 営 労 務 コンサルタント 部 部 長 大 阪 兵 庫 支 部 長 靱 隆 幸 マイナンバーは 国 内 に 住 所 のある 人 に 割 り 当 てられる12 桁 の 番 号 です 制 度 の 開 始 にあたり 個 人 も 企 業 も 準 備 が 要 ります 各 世 帯 には10 月 に 入 るとマイナンバーを 記 載 した 通 知

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031814048323892B789AA8E7396A2978882CC8B4E8BC689C6899E89878E968BC695E28F958BE08CF695E5977697CC202E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031814048323892B789AA8E7396A2978882CC8B4E8BC689C6899E89878E968BC695E28F958BE08CF695E5977697CC202E646F63> 平 成 28 年 度 長 岡 市 未 来 の 起 業 家 応 援 事 業 補 助 金 公 募 要 領 長 岡 市 商 工 部 商 業 振 興 課 1 制 度 の 概 要 長 岡 市 内 への 新 たな 進 出 を 伴 う 起 業 の 促 進 及 び 起 業 後 の 事 業 の 定 着 並 びにこれらによる 地 域 経 済 の 活 性 化 を 図 るため 将 来 的 に 事 業 の 成 長 が 見 込

More information

マイナンバー制度の概要と 最新動向について

マイナンバー制度の概要と 最新動向について マイナンバー 制 度 の 最 新 動 向 について 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 愛 称 :マイナちゃん マイナンバー 制 度 の3つの 主 な 仕 組 み マイナンバー( 個 人 番 号 ) 1 人 に1つの 番 号 12 桁 マイナンバーの 利 用 提 供 安 全 管 理 等 の 取 扱 いは 法 律 により 厳 格 に 規 制 マイナンバーは 法 律 又 は 地 方 公

More information

平 成 2 3 年 度 行 政 監 査 報 告 書 松 江 市 監 査 委 員 監 第 1 2 7 号 平 成 23 年 9 月 5 日 松 江 市 長 松 浦 正 敬 様 松 江 市 議 会 議 長 林 干 城 様 各 行 政 委 員 会 委 員 長 様 松 江 市 監 査 委 員 小 松 原 操 松 江 市 監 査 委 員 児 玉 泰 州 松 江 市 監 査 委 員 加 藤 富 章 行 政 監

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

Taro-委託マニュアル【H27

Taro-委託マニュアル【H27 委 託 業 務 に 係 る 事 務 処 理 マニュアル 平 成 2 5 年 3 月 平 成 2 6 年 2 月 改 定 平 成 2 7 年 4 月 改 定 沖 縄 県 商 工 労 働 部 雇 用 政 策 課 目 次 1 本 マニュアルの 位 置 づけ 1 2 委 託 業 務 について 2 3 人 件 費 に 関 する 経 理 処 理 4 4 謝 金 に 関 する 経 理 処 理 7 5 旅 費 に

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

スライド 1

スライド 1 元 気 な 日 本 復 活 予 算 5つのポイント メリハリ/ 従 来 型 の 配 分 を 大 胆 に 組 み 替 えます 拡 充 社 会 保 障 5% 増 科 学 研 究 費 補 助 金 3 割 増 重 点 化 別 枠 で 成 長 と 雇 用 に 重 点 化 見 直 し 公 共 事 業 を 実 質 5% 削 減 税 制 措 置 法 人 減 税 ( 以 降 別 枠 関 連 予 算 は と 表 示 )

More information

第1節 一般状況

第1節 一般状況 第 2 章 内 政 1 憲 法 韓 国 の 憲 法 は 前 文 及 び 130 の 条 項 と6つの 附 則 で 構 成 され 総 則 国 民 の 権 利 と 義 務 国 会 政 府 法 院 ( 裁 判 所 ) 憲 法 裁 判 所 選 挙 管 理 地 方 自 治 経 済 憲 法 改 正 の 10 章 に 分 かれており 国 民 に 対 する 支 配 権 力 の 分 立 南 北 間 の 平 和 民 主

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

3 境 界 の 確 定 だけでも 先 行 できないか 年 代 から2050 年 代 となる 見 込 み 3 測 量 して 登 記 まで 行 わないと 地 籍 調 査 完 了 とならないが 土 地 所 有 者 による 境 界 の 保 存 は 非 常 に 重 要 となっている 2

3 境 界 の 確 定 だけでも 先 行 できないか 年 代 から2050 年 代 となる 見 込 み 3 測 量 して 登 記 まで 行 わないと 地 籍 調 査 完 了 とならないが 土 地 所 有 者 による 境 界 の 保 存 は 非 常 に 重 要 となっている 2 山 本 芳 昭 議 員 一 般 質 問 答 弁 要 旨. 災 害 防 災 について 災 害 復 旧 工 事 はいつから 誰 が どのように 実 施 されるのか 2 水 路 改 修 はどのような 方 法 でされるのか 3 新 石 見 小 水 力 発 電 所 再 稼 働 の 見 込 みはどう か 4 町 と 自 衛 消 防 はどのように 連 携 されている のか. 二 次 災 害 を 防 ぐ 応 急 工

More information

6 日 ( 月 )13:30~ 生 存 権 裁 判 を 支 える 東 京 連 絡 会 幹 事 会 8 日 ( 水 )14:00~ 中 央 社 保 協 第 11 回 運 営 委 員 会 17:30~ 中 央 社 保 協 第 5 回 組 織 財 政 強 化 委 員 会 9 日 ( 木 )09:30~ 医

6 日 ( 月 )13:30~ 生 存 権 裁 判 を 支 える 東 京 連 絡 会 幹 事 会 8 日 ( 水 )14:00~ 中 央 社 保 協 第 11 回 運 営 委 員 会 17:30~ 中 央 社 保 協 第 5 回 組 織 財 政 強 化 委 員 会 9 日 ( 木 )09:30~ 医 第 46 期 第 3 回 常 任 幹 事 会 報 告 日 時 2016 年 6 月 23 日 ( 木 )13:30~ 会 場 東 京 労 働 会 館 5 階 地 評 会 議 室 出 欠 : 竹 崎 井 手 口 丸 山 岡 村 椎 橋 福 井 西 川 寺 川 相 川 阿 久 津 石 上 小 形 深 沢 西 銘 ( 代 稲 垣 ) 星 杉 山 伊 藤 植 松 佐 々 木 中 村 佐 田 酒 井 水 上

More information

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税 資 料 2 骨 太 方 針 に 向 けて ~ 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を~ 平 成 28 年 4 月 18 日 伊 藤 元 重 榊 原 定 征 高 橋 進 新 浪 剛 史 1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 ( 別 添 1) 事 務 の 内 容 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いプロセスにおけるリスク 対 策 Ⅳ その 他 のリスク 対

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 ( 別 添 1) 事 務 の 内 容 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いプロセスにおけるリスク 対 策 Ⅳ その 他 のリスク 対 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 全 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 12 評 価 書 名 岐 阜 市 国 民 年 金 事 務 全 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 岐 阜 市 は 国 民 年 金 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあた り 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A>

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A> 政 務 活 動 費 制 度 と 運 用 指 針 平 成 25 年 3 月 施 行 平 成 27 年 4 月 改 訂 静 岡 県 議 会 目 次 Ⅰ 政 務 活 動 費 の 制 度 1 制 度 の 目 的 1 2 これまでの 経 緯 1 (1) 制 度 の 創 設 1 (2) 透 明 性 の 確 保 1 (3) 政 務 活 動 費 への 移 行 1 3 政 務 活 動 とは 2 4 根 拠 法 令 等

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

マイナンバー 制 度 の 導 入 趣 旨 番 号 制 度 は 複 数 の 機 関 に 存 在 する 個 人 の 情 報 を 同 一 人 の 情 報 であるということの 確 認 を 行 う ための 基 盤 であり 社 会 保 障 税 制 度 の 効 率 性 透 明 性 を 高 め 国 民 にとって 利

マイナンバー 制 度 の 導 入 趣 旨 番 号 制 度 は 複 数 の 機 関 に 存 在 する 個 人 の 情 報 を 同 一 人 の 情 報 であるということの 確 認 を 行 う ための 基 盤 であり 社 会 保 障 税 制 度 の 効 率 性 透 明 性 を 高 め 国 民 にとって 利 概 要 資 料 愛 称 :マイナちゃん 平 成 27 年 11 月 版 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 内 閣 府 大 臣 官 房 番 号 制 度 担 当 室 マイナンバー 制 度 の 導 入 趣 旨 番 号 制 度 は 複 数 の 機 関 に 存 在 する 個 人 の 情 報 を 同 一 人 の 情 報 であるということの 確 認 を 行 う ための 基 盤 であり 社 会 保

More information

別紙3

別紙3 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 方 針 目 次 1 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 総 括 表 及 び 経 営 方 針 1 2 重 点 的 に 取 り 組 みを 行 う 主 なもの 5 1 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 総 括 表 及 び 経 営 方 針 (1) 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分 け 結 果 ( 市 の 方 針 )に 対 する 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 羽 村 市 企 画 部 企 画 課 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭 県 移 22-1 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 一 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 16~17 4-1 一 覧 表 有 県 移 22-2 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 二 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 18~28 5-1 一 覧 表 有 県 移 22-3 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台

More information

社団法人 青森県宅地建物取引業協会

社団法人 青森県宅地建物取引業協会 公 益 社 団 法 人 青 森 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 自 : 平 成 28 年 4 月 1 日 至 : 平 成 29 年 3 月 31 日 昨 年 の 日 本 経 済 は 2014 年 4 月 の 消 費 税 率 引 上 げや 輸 入 物 価 の 上 昇 等 の 影 響 を 受 けて 景 気 の 回 復 力 に 弱 さがみられた 局 面 もありましたが

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

マイナンバーの今後の行方

マイナンバーの今後の行方 マイナンバーの 今 後 の 行 方 (4 月 16 日 講 演 ) 中 央 大 学 法 科 大 学 院 教 授 東 京 財 団 上 席 研 究 員 森 信 茂 樹 1 マイナンバー 等 分 科 会 中 間 とりまとめ( 平 成 26 年 5 月 20 日 ) 概 要 個 人 番 号 カード 誰 もが 取 得 できる 実 社 会 オンラインの 本 人 確 認 手 段 マイポータル/マイガバメン ト 暮

More information

2 各 府 省 所 管 の 分 野 業 界 団 体 ( 独 立 行 政 法 人 等 含 む)に 対 する 周 知 働 きかけ 等 これまでも 各 府 省 にご 協 力 いただき 業 界 団 体 などを 通 じた 事 業 者 への 周 知 広 報 説 明 会 などを 実 施 してきているが 番 号 の

2 各 府 省 所 管 の 分 野 業 界 団 体 ( 独 立 行 政 法 人 等 含 む)に 対 する 周 知 働 きかけ 等 これまでも 各 府 省 にご 協 力 いただき 業 界 団 体 などを 通 じた 事 業 者 への 周 知 広 報 説 明 会 などを 実 施 してきているが 番 号 の 資 料 2-1 マイナンバー 制 度 の 施 行 に 向 けた 各 府 省 の 協 力 と 準 備 の 徹 底 について 平 成 27 年 9 月 4 日 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 マイナンバー 制 度 の 施 行 に 向 けた 準 備 については 本 年 3 月 27 日 の 本 連 絡 会 議 でも 周 知 依 頼 したところであるが 10 月 からの 個 人 番 号

More information

通 信 販 売 はどのように 利 用 されているのか では こうした 通 信 販 売 を 利 用 して いるのはどのような 人 々なのか 同 じく( 社 ) 日 本 通 信 販 売 協 会 が 全 国 の 消 費 者 を 対 象 に 2008 年 1 2 月 に 行 った 全 国 通 信 販 売 利

通 信 販 売 はどのように 利 用 されているのか では こうした 通 信 販 売 を 利 用 して いるのはどのような 人 々なのか 同 じく( 社 ) 日 本 通 信 販 売 協 会 が 全 国 の 消 費 者 を 対 象 に 2008 年 1 2 月 に 行 った 全 国 通 信 販 売 利 モノが 売 れない 時 代 と 言 われて 久 しくなりますが そんな 中 でも 毎 年 前 年 を 超 える 売 り 上 げを 誇 ってきたのが 通 信 販 売 業 界 です とはいえ すでに 市 場 は 成 熟 し 新 規 顧 客 の 大 幅 な 獲 得 は 難 しく 限 られたパイの 中 で 顧 客 を 取 り 合 っ ている 状 況 となっています そんな 国 内 の 消 費 が 頭 打 ちの

More information

者 にご 連 絡 下 さい 切 替 に 要 する 期 間 は 切 替 日 が 1スマートメーターへの 取 替 工 事 が 必 要 となる 場 合 は 原 則 8 営 業 日 に 2 暦 日 を 加 えた 日 以 降 の 最 初 の 定 例 検 針 日 2 取 替 工 事 が 不 要 である 場 合

者 にご 連 絡 下 さい 切 替 に 要 する 期 間 は 切 替 日 が 1スマートメーターへの 取 替 工 事 が 必 要 となる 場 合 は 原 則 8 営 業 日 に 2 暦 日 を 加 えた 日 以 降 の 最 初 の 定 例 検 針 日 2 取 替 工 事 が 不 要 である 場 合 電 力 小 売 全 面 自 由 化 に 関 する 消 費 者 向 けのFAQについて 1. 概 要 項 目 (9 問 ) 以 下 の 内 容 は 詳 細 項 目 から 主 要 なものを 抜 粋 小 売 の 全 面 自 由 化 により 一 般 家 庭 にとって 何 が 変 わるのですか いつから 小 売 の 全 面 自 由 化 が 行 われるのですか 小 売 電 気 事 業 者 を 切 り 替 えるための

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

マイポータル/マイガバメントについて マイナンバー 法 附 則 において 政 府 は 2017 年 1 月 を 目 途 に 1 自 己 の 特 定 個 人 情 報 及 び2その 提 供 記 録 の 確 認 を 行 うことが 出 来 る マイポータル ( 情 報 提 供 等 記 録 開 示 システム)

マイポータル/マイガバメントについて マイナンバー 法 附 則 において 政 府 は 2017 年 1 月 を 目 途 に 1 自 己 の 特 定 個 人 情 報 及 び2その 提 供 記 録 の 確 認 を 行 うことが 出 来 る マイポータル ( 情 報 提 供 等 記 録 開 示 システム) 資 料 3 マイポータル/マイガバメント について 平 成 26 年 3 月 18 日 内 閣 官 房 IT 総 合 戦 略 室 社 会 保 障 改 革 担 当 室 マイポータル/マイガバメントについて マイナンバー 法 附 則 において 政 府 は 2017 年 1 月 を 目 途 に 1 自 己 の 特 定 個 人 情 報 及 び2その 提 供 記 録 の 確 認 を 行 うことが 出 来 る

More information

1 報 告 事 項 担 当 職 員 が 次 の 事 項 について 説 明 を 行 った (1) 宮 崎 県 立 図 書 館 運 営 方 針 等 について (2) 平 成 28 年 度 の 新 規 改 善 事 業 について (3) 図 書 館 評 価 について (4) 平 成 28 年 度 の 事 業

1 報 告 事 項 担 当 職 員 が 次 の 事 項 について 説 明 を 行 った (1) 宮 崎 県 立 図 書 館 運 営 方 針 等 について (2) 平 成 28 年 度 の 新 規 改 善 事 業 について (3) 図 書 館 評 価 について (4) 平 成 28 年 度 の 事 業 平 成 27 年 度 第 3 回 宮 崎 県 立 図 書 館 協 議 会 議 事 録 期 日 平 成 28 年 3 月 23 日 ( 水 ) 午 前 10 時 00 分 から12 時 00 分 まで 場 所 宮 崎 県 立 図 書 館 2 階 研 修 室 委 員 議 長 : 根 岸 裕 孝 委 員 委 員 : 川 邊 英 樹 委 員 ( 副 議 長 ) 足 立 泰 二 委 員 江 田 正 和 委 員

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

2 多 重 債 務 者 対 策 平 成 18 年 12 月 に 改 正 貸 金 業 法 が 成 立 段 階 的 な 施 行 を 経 て 平 成 22 年 6 月 に 完 全 施 行 された 過 剰 な 貸 付 を 抑 制 するための 総 量 規 制 の 導 入 に 伴 い 潜 在 的 な 多 重 債

2 多 重 債 務 者 対 策 平 成 18 年 12 月 に 改 正 貸 金 業 法 が 成 立 段 階 的 な 施 行 を 経 て 平 成 22 年 6 月 に 完 全 施 行 された 過 剰 な 貸 付 を 抑 制 するための 総 量 規 制 の 導 入 に 伴 い 潜 在 的 な 多 重 債 資 料 1 Ⅰ 消 費 者 行 政 の 近 況 1 消 費 生 活 相 談 平 成 21 年 12 月 改 正 の 特 定 商 取 引 法 割 賦 販 売 法 平 成 23 年 1 月 改 正 の 商 品 先 物 取 引 法 などを 視 野 に 消 費 者 からの 相 談 を 受 け 付 け 助 言 あっせんを 行 っている (1) 相 談 件 数 ( 単 位 : 件 ) 年 度 月 4 5 6 7

More information

市民提案型・行政提案型 協働事業提案書

市民提案型・行政提案型 協働事業提案書 第 1 号 様 式 -2 A 事 業 の 名 称 B 提 案 事 業 の 概 要 C 事 業 予 算 ( 概 算 ) 市 民 提 案 型 行 政 提 案 型 協 働 事 業 提 案 書 キーワード: 津 久 井 の 間 伐 材 で 森 林 を 再 生 する 商 品 開 発 および 環 境 学 習 事 業 1. 現 状 課 題 (150 文 字 程 度 ) 全 国 的 に 荒 廃 している 森 林 を

More information

1. 本 工 程 表 目 的 構 造 IT 総 合 戦 略 本 部 では IT 情 報 資 源 利 活 用 で 未 来 を 創 造 する 国 家 ビジョンと して 世 界 最 先 端 IT 国 家 創 造 宣 言 ( 平 成 27 年 6 月 30 日 閣 議 決 定 )( 以 下 創 造 宣 言

1. 本 工 程 表 目 的 構 造 IT 総 合 戦 略 本 部 では IT 情 報 資 源 利 活 用 で 未 来 を 創 造 する 国 家 ビジョンと して 世 界 最 先 端 IT 国 家 創 造 宣 言 ( 平 成 27 年 6 月 30 日 閣 議 決 定 )( 以 下 創 造 宣 言 参 考 資 料 5 世 界 最 先 端 IT 国 家 創 造 宣 言 工 程 表 ( 抄 ) 平 成 25 年 6 月 14 日 決 定 平 成 26 年 6 月 24 日 改 定 平 成 27 年 6 月 30 日 改 定 高 度 情 報 通 信 ネットワーク 社 会 推 進 戦 略 本 部 1 1. 本 工 程 表 目 的 構 造 IT 総 合 戦 略 本 部 では IT 情 報 資 源 利 活

More information

Microsoft Word - wako.doc

Microsoft Word - wako.doc 和 歌 山 工 業 高 等 学 校 施 設 整 備 の 基 本 方 針 平 成 18 年 6 月 和 歌 山 県 教 育 委 員 会 目 次 はじめに 第 1 章 施 設 整 備 の 基 本 理 念 キーワード ものづくり を 中 心 とした 技 術 教 育 と 地 域 産 業 に 貢 献 できる 人 づくり 第 2 章 施 設 設 備 の 基 本 的 な 考 え 方 1 安 全 安 心 な 学 校

More information

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧 5. 各 種 被 災 者 支 援 ⑴ 奄 美 市 市 では 奄 美 豪 雨 災 害 発 生 時 に 被 災 地 での 救 助 救 援 活 動 等 を 実 施 した そして 災 害 発 生 時 の 混 乱 した 状 況 が 収 拾 してからは, 被 災 者 に 災 害 前 の 生 活 をいち 早 く 取 り 戻 してもらうよう 早 期 の 復 旧 復 興 を 目 指 し 各 種 支 援 策 を 実 施

More information

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産 ご 蛇 易 下 呂 式 No. 発 発 : 青 森 県 編 集 : 広 編 集 - 青 森 県 下 北 郡 大 字 易 字 大 川 目 - TEL --(FAX 兼 ) 常 任 総 常 任 大 原 子 力 発 電 般 質 動 編 集 記 般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目

More information

Microsoft Word - 第1回.docx

Microsoft Word - 第1回.docx 会 議 録 会 議 名 開 催 日 時 開 催 場 所 第 1 回 東 浦 町 高 齢 者 福 祉 推 進 協 議 会 平 成 26 年 10 月 7 日 ( 火 ) 午 後 1 時 30 分 から3 時 10 分 東 浦 町 勤 労 福 祉 会 館 2 階 会 議 室 C 出 席 者 吉 田 正 和 氏 安 田 裕 政 氏 近 藤 静 香 氏 戸 田 幸 子 氏 尾 野 大 輔 氏 神 谷 英 一

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 建 設 業 法 令 遵 守 について 平 成 24 年 11 月 28 日 近 畿 地 方 整 備 局 建 政 部 建 設 産 業 課 1 建 設 業 法 の 目 的 と 建 設 業 許 可 について 2 1 の 効 請 仕 力 負 事 を は 生 の ずる 結 当 果 事 に 者 対 の してその 一 方 がある 報 酬 仕 を 事 支 を 払 完 うことを 成 することを 約 することによって

More information

情報公開事務処理状況(2001年4月分)

情報公開事務処理状況(2001年4月分) 平 成 25 年 度 中 野 区 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 の 運 営 状 況 の 報 告 について 中 野 区 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 第 17 条 の 規 定 により 運 営 状 況 を 報 告 する 中 野 区 長 田 中 大 輔 目 次 平 成 25 年 度 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 の 運 営 状 況 1 公 開 状 況 及 び 公 開 非

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

資料6 国の行政機関等における法曹有資格者の採用状況についての調査結果報告(平成27年10月実施分)(法務省提出資料)

資料6 国の行政機関等における法曹有資格者の採用状況についての調査結果報告(平成27年10月実施分)(法務省提出資料) 国 の 行 政 機 関 等 における 法 曹 有 資 格 者 の 採 用 状 況 についての 調 査 結 果 報 告 ( 平 成 27 年 10 月 実 施 分 ) 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 第 1 調 査 の 概 要 目 的 : 国 の 行 政 機 関 等 における 法 曹 有 資 格 者 の 採 用 の 現 状 等 について 調 査 実 施 時 期 : 平 成 27 年 10

More information

目 次 1. 背 景 目 的 1 2. 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 1 (1) 番 号 制 度 の 導 入 趣 旨 1 (2) 個 人 番 号 の 利 用 範 囲 2 (3) 番 号 制 度 の 導 入 スケジュール 3 3. 行 動 計 画 の 策 定 にあたっての 視 点 4

目 次 1. 背 景 目 的 1 2. 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 1 (1) 番 号 制 度 の 導 入 趣 旨 1 (2) 個 人 番 号 の 利 用 範 囲 2 (3) 番 号 制 度 の 導 入 スケジュール 3 3. 行 動 計 画 の 策 定 にあたっての 視 点 4 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 円 滑 な 導 入 及 び 活 用 に 向 けた 行 動 計 画 八 王 子 市 平 成 26 年 4 月 目 次 1. 背 景 目 的 1 2. 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 1 (1) 番 号 制 度 の 導 入 趣 旨 1 (2) 個 人 番 号 の 利 用 範 囲 2 (3) 番 号 制 度 の 導 入 スケジュール 3 3. 行 動

More information

独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 監 査 を 行 う 会 計 監 査 人 の 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 要 領 国 立 研 究 開 発 国 立 環 境 研 究 所 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 によ

独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 監 査 を 行 う 会 計 監 査 人 の 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 要 領 国 立 研 究 開 発 国 立 環 境 研 究 所 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 によ 会 計 監 査 人 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 説 明 書 ( 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 会 計 監 査 人 業 務 ( 平 成 28 年 度 から 平 成 32 年 度 )) 平 成 28 年 9 月 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に

More information

2 昼 食 提 供 食 数 :450 食 ( 平 均 提 供 数 ) 3 定 食 :3 品 目 ( 麺 類 等 除 く) (7) 団 体 又 はその 代 表 者 が 以 下 のいずれかにも 該 当 すること 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 16

2 昼 食 提 供 食 数 :450 食 ( 平 均 提 供 数 ) 3 定 食 :3 品 目 ( 麺 類 等 除 く) (7) 団 体 又 はその 代 表 者 が 以 下 のいずれかにも 該 当 すること 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 16 平 成 28 年 9 月 16 日 文 京 区 役 所 職 員 互 助 会 文 京 区 役 所 職 員 互 助 会 職 員 食 堂 運 営 委 託 プロポーザル 募 集 要 項 1 プロポーザル 選 考 の 目 的 及 びコンセプト 本 要 項 は 文 京 区 役 所 職 員 互 助 会 職 員 食 堂 運 営 委 託 について 最 適 な 事 業 者 の 選 定 を プロポーザ ル 方 式 で 実

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

1. 地 方 税 分 野 における 番 号 制 度 の 利 用 場 面 2

1. 地 方 税 分 野 における 番 号 制 度 の 利 用 場 面 2 目 次 1. 地 方 税 分 野 における 番 号 制 度 の 利 用 場 面 2 2. マイナンバーの 利 用 範 囲 の 拡 大 9 3. マイナポータルの 利 用 14 1 1. 地 方 税 分 野 における 番 号 制 度 の 利 用 場 面 2 地 方 税 分 野 における 番 号 制 度 の 利 用 場 面 1 番 号 を 用 いた 地 方 税 情 報 の 管 理 納 税 義 務 者 等

More information

業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水

業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水 網 走 市 水 道 事 業 検 針 収 納 等 業 務 委 託 業 務 仕 様 書 網 走 市 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水 道

More information

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座 - 高 砂 -- 木 ビ TEL -- FAX -- 編 価 購 読 費 含 輝 築 誇 津 康 歳 J M I U ハ 先 奮 蓮 ハ 築 弱 顧 客 注 屋 台 風 呂 ユ 設 置 築 完 式 作 津 作 ユ 養 ォ 乗 作 ユ 養 積 身 宮 城 石 巻 元 石 巻 高 卒 ハ 就 至 石 巻 家 旧 北 岸 百 震 災 津 波 押 寄 験 築 * 紙 面 * 元 気 面 面 営 面 面 ぶ

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

第1 政務調査費の交付

第1 政務調査費の交付 平 成 25 年 3 月 愛 媛 県 議 会 政 務 活 動 費 のマニュアル 本 マニュアルは 各 議 員 が 政 務 活 動 費 に 係 る 請 求 交 付 充 当 収 支 報 告 書 等 の 提 出 などの 一 連 の 手 続 きを 進 める 際 の 参 考 資 料 である 愛 媛 県 政 務 活 動 費 の 交 付 に 関 する 条 例 が 平 成 24 年 12 月 に 改 正 25 年

More information

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他 団 編 集 河 暁 -9 河 -5-5 T. -65-885 FAX. -65-894 http://www.nenkin.or.jp/ -mail: koho8@nenkin.or.jp 9--779 購 読,89 税 共 4 郵 物 可.. 5 January Vol.644 4 郵 物 可 毎 5 暮 挙 倍 閣 倍 持 可 喫 緊 党 税 継 倍 閣 憲 初 官 文 科 官 桝 屋 敬 悟

More information

Microsoft Word - H27

Microsoft Word - H27 福 祉 教 育 常 任 委 員 会 視 察 研 修 報 告 日 時 : 平 成 27 年 1 月 27 日 ( 火 )~28 日 ( 水 ) 出 席 者 : 松 原 松 井 松 山 植 中 粟 津 菅 沼 議 長 教 育 部 長 議 会 事 務 局 視 察 研 修 先 及 び 目 的 佐 賀 県 武 雄 市 武 雄 市 役 所 ICT 利 活 用 教 育 の 推 進 について 武 雄 図 書 館 図

More information

スライド 1

スライド 1 買 い 物 困 難 対 策 の 方 向 性 と 進 め 方 ( 農 林 水 産 省 平 成 26 年 度 食 料 品 アクセス 改 善 対 策 事 業 実 施 報 告 書 ) 平 成 27 年 3 月 公 益 財 団 法 人 流 通 経 済 研 究 所 102-0074 東 京 都 千 代 田 区 九 段 南 4-8-21 山 脇 ビル10 階 :03-5213-4532 Fax:03-5276-5457

More information

8

8 平 成 28 年 度 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 所 整 備 事 業 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 八 尾 市 地 域 福 祉 部 高 齢 介 護 課 1 0 1. 募 集 の 趣 旨 八 尾 市 ( 以 下 市 という )では 第 6 期 八 尾 市 高 齢 者 保 健 福 祉 計 画 及 び 介 護 保 険 事 業 計 画 ( 以 下 第 6 期 計

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 自 治 体 職 員 のための マイナンバー 弁 護 士 前 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 上 席 政 策 調 査 員 水 町 雅 子 Agenda 第 1 部 番 号 法 の 概 要 番 号 制 度 のしくみ 地 方 公 共 団 体 の 役 割 第 2 部 特 定 個 人 情 報 保 護 第 3 部 条 例 改 正 条 例 改 正 総 論 利 活 用 条 例 保 護 条 例 改 正 1

More information

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5 資 料 3 番 号 制 度 で 何 ができるようになるか 2011 年 1 月 31 日 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 ( 注 )ここで 示 される 利 用 場 面 については 関 係 者 にシステム 対 応 等 の 負 担 を 求 める 可 能 性 があることや 個 人 情 報 等 の 取 扱 い 等 に 特 に 留 意 が 必 要 な 場 合 もあることから 引 き 続 き

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

Microsoft Word - h22_3yosaniinntyouhoukoku.doc

Microsoft Word - h22_3yosaniinntyouhoukoku.doc 平 成 22 年 3 月 18 日 三 田 市 議 会 議 長 檜 田 充 様 予 算 特 別 委 員 会 委 員 長 厚 地 弘 行 予 算 特 別 委 員 会 審 査 報 告 書 本 委 員 会 は 平 成 22 年 3 月 4 日 に 付 託 された 議 案 を 審 査 の 結 果 下 記 のとおり 決 定 した ので 会 議 規 則 第 77 条 の 規 定 により 報 告 します 記 議

More information

概要版

概要版 3 調 査 結 果 1 千 葉 県 の 魅 力 (1) 千 葉 県 への 愛 着 や 誇 り 千 葉 県 に 愛 着 や 誇 りを 感 じている かどうかについて 聞 いたところ 愛 着 や 誇 りを 感 じている (31.7%)と どちらかといえば 愛 着 や 誇 りを 感 じている (48.1%)を 合 わせた 感 じている 計 (79.8%)の 割 合 は 約 8 割 となっている 一 方 で

More information

平成20年3月24日

平成20年3月24日 平 成 28 年 3 月 24 日 本 件 は 次 のとおり 取 り 扱 ってください 解 禁 日 新 聞 3 月 31 日 ( 木 ) 朝 刊 テレビ 3 月 30 日 ( 水 ) 17 時 ラジオ 3 月 30 日 ( 水 ) 17 時 インターネット 3 月 30 日 ( 水 ) 17 時 平 成 28 年 3 月 24 日 総 務 部 県 職 員 の 人 事 異 動 について( 全 体 概

More information

明 な) 4 自 動 車 の 利 用 自 動 車 の 継 続 検 査 ( 車 検 ) 所 有 している 場 合 2 年 に1 回 ( 新 車 購 入 直 後 は3 年 目 ) 約 3,166 万 件 / 年 自 動 車 :2,171 万 件 / 年 軽 自 動 車 :995 万 件 / 年 (H21

明 な) 4 自 動 車 の 利 用 自 動 車 の 継 続 検 査 ( 車 検 ) 所 有 している 場 合 2 年 に1 回 ( 新 車 購 入 直 後 は3 年 目 ) 約 3,166 万 件 / 年 自 動 車 :2,171 万 件 / 年 軽 自 動 車 :995 万 件 / 年 (H21 凡 例 別 添 資 料 1 選 定 基 準 に 関 係 する 項 目 1 以 上 2 年 100 万 以 上 年 1000 万 以 上 3 個 行 政 等 が 関 係 民 間 が 関 係 4 添 付 類 あり ライフイベント 別 主 要 手 続 整 理 表 ( 多 数 あるイベントや 手 続 きの 中 で 主 なもののみ 掲 載 しています また 自 治 体 等 により 内 容 が 異 なる 場 合

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

Taro-外国人研修生意見書(弁連)

Taro-外国人研修生意見書(弁連) 外 国 人 研 修 技 能 実 習 制 度 の 法 改 正 に 対 する 意 見 書 2009 年 2 月 9 日 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 殿 法 務 大 臣 森 英 介 殿 外 務 大 臣 中 曽 根 弘 文 殿 厚 生 労 働 大 臣 舛 添 要 一 殿 経 済 産 業 大 臣 二 階 俊 博 殿 国 土 交 通 大 臣 金 子 一 義 殿 外 国 人 研 修 生 問 題 弁 護

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

Microsoft Word - 【最終】28民間-受験案内_280421

Microsoft Word - 【最終】28民間-受験案内_280421 この 試 験 は 文 化 芸 術 スポーツ 分 野 又 は 地 域 おこし 協 力 隊 等 での 経 験 等 を 活 かし 意 欲 を 持 って 本 県 の 地 方 創 生 元 気 づくりの 展 開 に 向 けた 取 組 に 貢 献 していただけるかた 鳥 取 県 へのIターン Jターン Uターンを 希 望 しているかた 民 間 企 業 等 で 培 った 経 験 を 活 かし 鳥 取 県 職 員 として

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

①宮古島市ふるさと納税業務委託事業公募型プロポーザル実施要領

①宮古島市ふるさと納税業務委託事業公募型プロポーザル実施要領 宮 古 島 市 ふるさと 納 税 寄 附 金 委 託 業 務 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 綱 1. 趣 旨 宮 古 島 市 ( 以 下 本 市 という )では ふるさと 納 税 制 度 を 活 用 し ふるさと 宮 古 島 市 の 役 に 立 ちたい 宮 古 島 市 に 関 心 があり 応 援 したい と 考 えてくださる 方 々 に 対 し 本 市 の PRやふるさと 納 税 寄 附 金

More information

情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 事 業 情 報 開 示 までの 日 数 10 日 9.5 9 8.5 8 7.5 7 9.6 9.4 7.1 6.6 6.4 7 平 成 25 年 度 大 量 請 求 のため 開 示 期 間 延 長 をした 場 合 を 除 く 市 政 情 報 を 迅 速 に

情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 事 業 情 報 開 示 までの 日 数 10 日 9.5 9 8.5 8 7.5 7 9.6 9.4 7.1 6.6 6.4 7 平 成 25 年 度 大 量 請 求 のため 開 示 期 間 延 長 をした 場 合 を 除 く 市 政 情 報 を 迅 速 に 平 成 25 年 6 月 平 成 24 年 度 情 報 公 開 制 度 及 び 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 適 正 な 運 営 計 画 の 推 進 に 当 たって 1 市 民 との 協 働 によるまちづくり 101 適 切 で 効 果 的 な 情 報 の 公 開 政 策 総 務 部 広 報 課 一 般 会 計 市 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 事 業 51010100 府 中

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

88

88 第 4 章 高 齢 者 福 祉 施 策 の 推 進 87 88 第 4 章 高 齢 者 福 祉 施 策 の 推 進 1 自 立 支 援 と 生 活 の 質 の 向 上 (1) 高 齢 者 の 生 活 支 援 施 設 等 の 活 用 生 活 に 関 する 不 安 の 解 消 や 寝 たきりにならないための 予 防 事 業 を 推 進 する 場 として 高 齢 者 の 生 活 支 援 施 設 等 の 活

More information

1 款 市 税 1 項 市 民 税 1 目 個 人 1 現 年 課 税 分 9,317,201 均 等 割 272,608 225,205 47,403 市 民 税 課 調 定 見 込 額 281,040,000 円 収 納 率 97.0%=272,608,800 円 20 歳 以 上 の 人 口

1 款 市 税 1 項 市 民 税 1 目 個 人 1 現 年 課 税 分 9,317,201 均 等 割 272,608 225,205 47,403 市 民 税 課 調 定 見 込 額 281,040,000 円 収 納 率 97.0%=272,608,800 円 20 歳 以 上 の 人 口 一 般 会 計 歳 入 予 算 説 明 書 - 1 - 1 款 市 税 1 項 市 民 税 1 目 個 人 1 現 年 課 税 分 9,317,201 均 等 割 272,608 225,205 47,403 市 民 税 課 調 定 見 込 額 281,040,000 円 収 納 率 97.0%=272,608,800 円 20 歳 以 上 の 人 口 の 伸 びや 均 等 割 が3,000 円 から3,500

More information

Microsoft PowerPoint - 内閣官房説明資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 内閣官房説明資料.pptx マイナンバー 制 度 の 概 要 について 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 内 閣 府 大 臣 官 房 番 号 制 度 担 当 室 内 閣 官 房 説 明 資 料 マイナンバー 制 度 は 行 政 を 効 率 化 し 国 民 の 利 便 性 を 高 め 公 平 公 正 な 社 会 を 実 現 する 社 会 基 盤 です 公 平 公 正 な 社 会 の 実 現 所 得 や 他 の

More information

特定個人情報保護評価書(全項目評価書)

特定個人情報保護評価書(全項目評価書) 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 全 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 3 評 価 書 名 職 業 安 定 行 政 業 務 に 関 する 事 務 全 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 職 業 安 定 行 政 業 務 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 については 全 国 の 都 道 府 県 労 働

More information

2 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 1. 概 況 総 務 省 の 人 口 推 計 並 びに 厚 生 労 働 省 の 人 口 動 態 統 計 によると 2007 年 以 降 人 口 減 少 社 会 となっていますが その 中 でも 65 歳 から 74 歳 までの 前 期 高 齢 者 の 比 率 と 75 歳 以 上 の 後 期 高 齢 者 の 絶 対 数 がまもなく 入 れ 替 わる 更 なる

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

別表(第6条、第8条関係)

別表(第6条、第8条関係) 政 務 活 動 費 の 取 り 扱 いマニュアル 平 成 25 年 4 月 1 日 伊 勢 市 議 会 事 務 局 目 次 1 制 度 の 概 要 1ページ 2 政 務 活 動 費 について 1ページ 3 政 務 活 動 費 交 付 の 根 拠 となる 法 律 条 例 等 について 1ページ 4 政 務 活 動 費 の 交 付 の 概 要 1ページ 5 政 務 活 動 費 の 申 請 から 交 付

More information

28年1定.xdw

28年1定.xdw 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 総 務 委 員 会 委 員 長 報 告 資 料 平 成 28 年 3 月 18 日 総 務 委 員 長 吉 沢 章 子 議 案 第 1 号 川 崎 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 制 定 について * 過 去 の 再 就 職 者 状 況 の 公 表 対 象 年 数 及 び 公 表 開 始 時 期 について 過 去 の 再 就 職 者

More information

     

      平 成 19 年 5 月 18 日 各 位 会 社 名 日 東 富 士 製 粉 株 式 会 社 代 表 者 名 取 締 役 社 長 近 藤 和 威 (コード 番 号 2003 東 証 第 一 部 ) 問 合 せ 先 総 務 部 長 松 本 正 (TEL 03-3553-8781) 当 社 株 式 に 対 する 公 開 買 付 けに 関 する 意 見 表 明 のお 知 らせ 当 社 は 平 成 19

More information