Microsoft Word - GBIアジア doc

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - GBIアジア20150320.doc"

Transcription

1 March 20, 年 度 インド 国 家 予 算 の 特 徴 : 待 ったなしの 予 算 2. タイ: 外 国 人 事 業 法 の 正 しい 理 解 (1) 3. 経 済 産 業 トピックス 4. 主 要 各 国 の 経 済 指 標 年 度 インド 国 家 予 算 の 特 徴 : 待 ったなしの 予 算 2 月 末 日 は 毎 年 インドの 国 家 予 算 の 発 表 日 である 今 年 は 土 曜 日 に 当 たったが 予 算 発 表 日 であることか ら 株 式 市 場 も 臨 時 で 開 き 実 質 的 にモディ 政 権 初 の 予 算 となる 年 度 インド 国 家 予 算 発 表 にイン ド 内 外 の 注 目 が 集 まった 予 算 はモディ 政 権 の 改 革 政 策 に 新 機 軸 が 出 てくるのではとの 期 待 もあり 1991 年 インドが 経 済 開 放 に 大 きく 舵 をとった 時 のそれに 匹 敵 する 予 算 となるとの 見 方 もあった しかし 蓋 を 開 けてみると 年 度 予 算 はモディ 政 権 の 政 策 に 基 づき 優 先 付 けされた 実 務 的 な 予 算 の 内 容 となっている 一 言 で 述 べると 経 済 成 長 の 回 復 と 国 家 の 安 全 を 重 視 した 予 算 と 言 うことがで きるのではないか では 年 度 予 算 について 政 策 面 と 予 算 配 分 面 からいくつかの 特 徴 を 見 ていきたい まず 政 策 面 から 第 一 点 目 として 挙 げられるのは 長 年 の 懸 案 事 項 であった 物 品 サービス 税 (GST)の 実 施 について 2016 年 4 月 1 日 から 実 施 することを 明 言 したことだ 各 州 まちまちの 税 体 制 が 統 一 され インドに 初 めての 共 同 市 場 を 生 みだすことになる これは 税 制 の 簡 素 化 のみならず 海 外 投 資 家 にとり 投 資 環 境 の 大 幅 な 改 善 に 繋 がる モディ 政 権 が 掲 げる インドでのビジネスのし 易 さへの 改 善 に 直 結 する 二 点 目 に 挙 げたいのは インド 準 備 銀 行 (RBI)と 金 融 政 策 フレームワークについての 合 意 がなされた ことである この 合 意 では 成 長 目 標 を 考 慮 しながら 金 融 政 策 運 営 に 消 費 者 物 価 指 数 をベースとしたイ ンフレターゲットを 採 用 し 物 価 安 定 を 図 ることを 政 策 の 主 たる 目 的 とする そして 政 策 のフレームワー クは RBI によって 運 営 されることで 合 意 を 見 たと 明 言 した 今 回 の 予 算 でのインフレターゲットは 6% 以 下 に 抑 えることを 目 標 とするとしている これを 受 けて RBI 総 裁 は 3 月 2 日 に 政 府 との 金 融 政 策 フレー ムワークに 関 するアグリーメントを 公 表 した この 契 約 では 今 後 RBI によって 金 融 政 策 が 運 営 されて いくことになるが インフレについては 中 央 政 府 も 同 じ 船 に 乗 り 協 力 することを 明 らかにしたもので こ の 合 意 の 意 義 は 大 きい この 合 意 に 伴 い 金 融 政 策 委 員 会 を 設 けるためインド 準 備 銀 行 法 の 改 正 が 今 後 進 め られていくことになる 金 融 政 策 委 員 会 の 内 容 構 成 等 については 政 府 と RBI との 協 議 を 待 つことにな るが 金 融 政 策 委 員 会 そのものの 設 置 は 確 実 であり 合 議 制 による 透 明 性 の 高 い 金 融 政 策 運 営 が 行 われる 1

2 ことは 画 期 的 な 出 来 事 である 三 点 目 に 挙 げたいことは インド 独 立 75 周 年 にあたる 2022 年 に 向 けて 長 期 的 に 取 り 組 むべき 政 策 ビ ジョンを 述 べていることだ 単 年 度 のテーマを 取 り 扱 う 予 算 案 としてはこのような 長 期 プランを 詳 しく 述 べることは 異 例 だろうが モディ 政 権 の 政 権 政 策 ビジョンを 今 回 の 予 算 案 の 中 に 入 れ 込 むことで 今 年 の 予 算 案 が 長 期 ビジョンのスタートラインであることを 国 民 にアピールした 事 実 予 算 ではその 政 策 に 沿 った 予 算 配 分 が 見 られる 政 策 ビジョンの 概 要 は 以 下 のとおりだが 政 策 課 題 には 貧 困 層 やインフラ 開 発 の 恩 恵 をインド 全 土 へ 広 げたいというモディ 政 権 の 考 えを 滲 ませて ともすれば 中 産 階 級 ないし 産 業 界 に 重 きを 置 くと 見 られているモディ 政 権 が 弱 い 者 への 配 慮 を 最 も 重 視 しており 産 業 政 策 振 興 の 最 終 目 的 は 貧 困 の 撲 滅 であるということを 訴 えているのであろう これは 独 立 記 念 日 の 演 説 から 一 貫 したモディの スタンスだ 2022 年 に 向 けての 政 策 ビジョン 項 目 説 明 1. 家 族 がひとつ 屋 根 の 下 に 住 宅 の 供 給 都 市 部 20 万 農 村 部 40 万 の 住 宅 供 給 2. ベーシックファシリテイの 24 時 間 供 給 体 制 電 気 飲 料 水 トイレ 道 路 へのコネクショ ンを 作 る 3. 雇 用 機 会 生 計 を 立 てられる 家 庭 少 なくとも 家 族 の 中 で 最 低 一 人 に 雇 用 機 会 を 作 る 4. 貧 困 を 減 らす 我 々の 多 くの 政 策 はここにフォーカスされ る 5. 全 家 庭 に 電 力 供 給 凡 そ 2 万 村 ある 無 電 化 村 落 を 解 消 する オフグリットによるソーラー 電 力 も 含 む 6. 道 路 コネクションがない 全 国 178 千 の 村 を 舗 装 道 路 で 結 ぶ 現 在 工 事 中 10 万 Km に 新 たに 10 万 Km の 建 設 7. 健 康 な 生 活 環 境 実 現 医 療 サービスの 無 医 村 解 消 充 実 8. 普 通 教 育 向 上 スキル 教 育 5km に1 校 中 学 既 存 校 のアップグレード 9. 農 業 の 生 産 性 改 善 リーズナブルな 価 格 の 実 現 灌 漑 地 区 の 拡 大 効 率 的 灌 漑 システム 導 入 アグロベースの 産 業 構 築 農 村 の 収 入 の 増 加 10. 全 国 に 通 信 が 通 じるようにする 11. 若 者 の 雇 用 創 出 Skill India, Make in India プログラムの 究 極 の 目 的 である 12. アントレプレナーシップの 奨 励 求 職 者 から 雇 用 を 創 出 する 側 への 転 換 とも なる 13. 北 東 インドの 開 発 最 も 遅 れた 地 域 の 開 発 促 進 2

3 次 に 予 算 配 分 から 見 た 特 徴 を 見 てみたい 今 回 の 予 算 規 模 は 前 年 度 比 +5.7% 増 加 している 非 計 画 歳 出 及 び 計 画 歳 出 共 に 資 本 勘 定 の 歳 出 の 増 額 率 が 大 きい ( 資 料 1の 項 目 番 号 参 照 なお 予 算 の 計 画 歳 出 非 計 画 歳 出 並 びに 資 本 勘 定 歳 出 Revenue 勘 定 歳 出 の 意 味 は 同 資 料 の 脚 注 を 参 照 頂 きたいが 国 防 を 除 き 計 画 歳 出 がほぼ 事 業 関 連 の 支 出 と 見 なしうる) 非 計 画 歳 出 における 資 本 勘 定 支 出 は 前 年 度 比 +16.2% 増 額 要 因 は 殆 どが 国 防 装 備 関 連 の 支 出 増 によ るもの 国 防 関 連 資 本 勘 定 支 出 は 合 計 9,777.6 億 ルピー 前 年 度 比 +17.6% 増 となっている( 資 料 7 1 項 目 番 号 3. 及 び 年 度 の 欄 参 照 ) 一 方 計 画 歳 出 の 資 本 勘 定 支 出 は 前 年 度 比 +33.9%となっているが 実 額 での 最 大 のセクターは 鉄 道 で 4,000 億 ルピー 次 いで 道 路 だ 道 路 は 前 年 度 比 増 加 額 が 最 大 の+1,801.7 億 ルピーとなっている イ ンフラ 関 連 では 他 に 都 市 開 発 通 信 原 子 力 の 増 加 が 目 に 付 く( 資 料 4. 参 照 ) ジェイトレー 財 務 相 は 今 年 度 予 算 発 表 においてインフラ 関 連 投 資 へ 7,000 億 ルピー 充 てること 表 明 した 前 政 権 は インフラ 開 発 が 最 優 先 課 題 でありこれを 民 間 投 資 に 頼 る PPP 方 式 で 推 進 しようとしてきたが 実 効 が 上 がらなかっ た これを 踏 まえて 政 府 のイニシアチブによる 投 資 を 増 やすことで 民 間 の 投 資 も 復 活 させたいとの 考 え からの 予 算 配 分 である インフラについては この 他 に 年 間 で 2,000 億 ルピーの 資 金 を 投 入 する 国 家 イン フラ 投 資 ファンド(National Investment and Infrastructure Fund :NIIF)を 設 置 するという NIIF は 鉄 道 金 融 公 社 などインフラ 金 融 専 門 機 関 への 資 金 支 援 を 行 う 役 目 だ またジェイトレー 財 務 相 は 鉄 道 道 路 灌 漑 分 野 でのプロジェクトのための 資 金 調 達 手 段 としてインフラボンド 免 税 債 の 発 行 を 許 容 したいと も 述 べている そして 懸 案 事 項 として PPP 方 式 の 見 直 しを 行 い PPP をさらに 発 展 させ 活 発 化 させたい と 述 べた 年 度 の 経 済 成 長 を 今 回 予 算 では 8-8.5%においており インフラ 開 発 は 経 済 成 長 達 成 への 大 きな 牽 引 車 という 位 置 づけだ 政 府 の 投 資 資 金 の 増 額 に 伴 ってジェイトレー 財 務 相 は 財 政 赤 字 の 対 GDP 比 目 標 の 3% 達 成 時 期 を 2017 年 から 一 年 間 後 ろ 倒 しにした そして 新 たな 目 標 として 年 度 3.9% 年 度 3.5% 年 度 3.0%とすると 表 明 した これは 世 界 の 格 付 機 関 の 批 判 の 的 となったが インド 国 内 では 理 解 されて いる RBI も 政 府 の 財 政 規 律 順 守 の 推 移 を 見 守 っていくとの 姿 勢 で 一 定 の 理 解 を 示 している 補 助 金 予 算 削 減 は インド 政 府 にとって 永 年 の 課 題 だが 今 回 予 算 では 原 油 価 格 の 下 落 によって 石 油 関 連 の 補 助 金 が 半 減 3,027 億 ルピー 減 少 した ただ 他 の 大 きな 補 助 金 項 目 である 肥 料 食 料 などは 増 加 し ている 補 助 金 予 算 は 原 油 価 格 下 落 に 頼 り 全 体 で 2,288 億 ルピー 減 少 したが 政 策 は 実 質 的 に 不 変 となった ( 資 料 3. 参 照 ) このことは 海 外 の 格 付 機 関 やメディアから 前 政 権 と 姿 勢 が 変 わっていないとの 批 判 を 受 けている 計 画 歳 出 の Revenue 勘 定 歳 出 では 教 育 医 療 農 村 部 の 電 力 普 及 などへ 手 厚 く 配 分 している( 資 料 5. 参 照 ) これは 前 述 した 2022 年 に 向 けた 長 期 政 策 ビジョンにも 沿 った 予 算 配 分 となっている また 科 学 技 術 振 興 のため 科 学 技 術 省 や 宇 宙 省 への 予 算 も 増 やしている 大 国 への 仲 間 入 りを 図 りたいとの 思 いが ある 3

4 金 額 は 小 さいが 経 済 協 力 予 算 について 触 れておきたい 今 回 予 算 では 経 済 協 力 関 連 予 算 は 総 額 910 億 ルピーで 前 年 度 比 +26%と 大 幅 に 増 やしている( 資 料 6-1) 経 済 協 力 対 象 国 別 に 見 るとブータン 向 け が+129 億 ルピーと 他 国 を 圧 倒 している( 資 料 6-2) これはブータン 向 けの 計 画 歳 出 が 増 えたことに 尽 きるが その 内 容 は モディ 首 相 が 就 任 後 初 の 外 遊 先 として 訪 問 した 際 に 合 意 したブータンとインドの 合 弁 による 水 力 発 電 所 建 設 促 進 と 新 たなプロジェクトに 関 連 するものだ 600Mw 級 のコーロンチュ 水 力 プ ロジェクトや 総 計 2,120MW の 4 水 力 発 電 プロジェクトが 進 められることになっている これらプロジェ クトからの 電 力 はインドへ 輸 出 され ブータン 経 済 開 発 の 支 えとなるものだが 地 政 学 上 の 政 策 とも 関 連 す る 経 済 協 力 予 算 配 分 国 はブータンが 31%で 一 位 次 いでアフガニスタン スリランカ ネパールの 順 となっており 今 回 予 算 で 増 額 された 国 はブータン 以 外 ではネパール ミヤンマー バングラデシュ モル デイブ 等 となっている いずれもが モディイ 首 相 が 力 を 入 れている 近 隣 外 交 展 開 の 中 で 関 係 の 強 化 を 図 りたい 国 である 最 後 に 歳 入 について 触 れたい 歳 入 の 実 額 で 最 大 のものは 税 収 であるが 歳 出 が 前 年 度 比 5.7%と 増 え る 中 で 税 収 の 伸 びは 前 年 度 比 +1.4%に 留 まっている それをカバーするため 今 回 予 算 では 資 本 収 入 財 源 を 大 きく 増 やすことになっている( 資 料 1) 資 本 収 入 は 前 年 度 比 +14.6%の 63,590 億 ルピー それを 財 源 別 にみると 大 きく 増 やすのは 国 営 企 業 等 の 政 府 保 有 株 式 の 売 却 によるもの 今 回 予 算 では 総 額 6,950 億 ルピー 前 年 度 比 162%も 増 やす 計 画 だ また 借 り 入 れについても 前 年 度 比 +2.9% 増 の 総 額 54,360.8 億 ルピ ーとなっている( 資 料 2) 国 有 企 業 株 式 売 却 と 借 り 入 れを 少 し 増 やすことでまずは 成 長 を 軌 道 に 乗 せる ための 資 金 供 出 をおこない 成 長 を 軌 道 に 乗 せたところで 税 収 を 上 げていくというのが 今 回 の 予 算 の 発 想 であろう ただ 企 業 活 動 の 活 発 化 を 支 援 する 観 点 から 法 人 所 得 税 を 今 後 4 年 間 で 現 行 の 30%から 25% へ 減 額 すると 発 表 しているので 来 年 スタートする 予 定 の GST などで 効 率 的 に 税 収 増 を 図 っていきたい 意 向 のように 見 える 以 上 から 今 回 の 予 算 は 厳 しい 財 政 事 情 の 中 成 長 と 国 防 そして 経 済 協 力 に 重 きを 置 き 加 えて 2022 年 に 向 けた 長 期 政 策 ビジョンの 初 年 度 を 踏 まえた 予 算 配 分 を 行 った 予 算 であると 言 えよう 今 回 予 算 発 表 直 後 の 3 月 4 日 に ラグラム ラジャン RBI 総 裁 は 臨 時 の 金 融 政 策 会 合 を 開 き 政 策 金 利 を 0.25% 引 き 下 げ 7.5%にすることを 発 表 した これは 前 回 同 様 に 定 期 のバイマンスリー 金 融 政 策 会 合 とは 別 の 臨 時 のタイミングでの 金 利 引 き 下 げ 2 度 目 のサプライズであったが RBI 総 裁 としては 前 から 消 費 者 物 価 には 落 ち 着 きを 見 せていたことから 引 き 下 げの 環 境 は 整 ってきたが 予 算 案 を 見 た 上 で 引 き 下 げを 決 めるとの 判 断 があったものと 思 われる 事 実 引 き 下 げに 際 して ラジャン 総 裁 は そのステー トメントの 中 で 金 融 政 策 フレームワークの 合 意 により 政 府 と RBI の 間 で RBI が 明 確 なインフレターゲ ットを 設 定 するということが 明 確 にされた このことで 政 府 と RBI が 共 通 の 目 標 を 持 ち 財 政 政 策 と 金 融 政 策 が 補 完 関 係 に 立 って 運 営 されていくということが 明 確 にされた また 政 府 の 財 政 赤 字 目 標 達 成 の 後 ろ 倒 しは( 補 助 金 支 出 をインフラ 開 発 への 支 出 へシフトするなど) 財 政 赤 字 調 整 の 質 的 改 善 へのコミッ トメントが 目 標 達 成 の 遅 れを 償 っている と 述 べている ラジャン 総 裁 は 金 融 政 策 フレームワーク 合 意 の 意 義 を 高 く 評 価 し 今 回 予 算 における 財 政 赤 字 目 標 達 成 の 後 ろ 倒 しの 事 情 についても 一 定 の 理 解 を 示 し た したがって 今 回 引 き 下 げは RBI が 今 回 予 算 を 援 護 射 撃 したとも 受 け 止 めることができるだろう ま た 株 式 市 場 も 予 算 発 表 後 に 株 価 を 上 げ 代 表 的 株 価 指 数 である Sensex は 安 定 的 に 上 昇 したことから 市 場 も 今 回 予 算 を 支 持 したと 言 える 4

5 現 在 開 催 中 の 予 算 国 会 では 土 地 法 の 改 正 など 改 革 に 重 要 な 法 案 がかけられている その 趨 勢 は 依 然 と して 不 透 明 な 政 治 情 勢 の 中 に 紛 れているが 改 革 に 向 けた 多 くの 困 難 を 乗 り 切 らないことには インフラ 開 発 は 大 きな 前 進 が 期 待 できなくなる そのことは 取 りも 直 さず インフラ 開 発 をテコにインドの 経 済 成 長 回 復 をかけた 予 算 の 実 行 を 困 難 にさせることを 意 味 する 今 回 の 予 算 は 税 制 や 金 融 政 策 制 度 などで 大 きな 展 開 を 見 せた 予 算 ではあるが 何 よりも 予 算 実 行 が 一 番 重 要 である モディ 首 相 のさらなる 実 行 力 が 問 われる 予 算 だ 今 回 の 予 算 は インドにとって 飛 躍 への 大 きなチャンスでもあるが インド 経 済 の 起 死 回 生 を 賭 けた 土 俵 際 待 ったなしの 予 算 でもある 記 事 提 供 :インド 経 済 研 究 所 理 事 主 任 研 究 員 菅 谷 弘 一 般 財 団 法 人 インド 経 済 研 究 所 :2006 年 4 月 創 設 早 稲 田 大 学 インド 経 済 研 究 所 を 引 き 継 ぎ 2010 年 4 月 に 設 立 元 財 務 官 榊 原 英 資 が 理 事 長 を 務 め 日 印 経 済 関 係 の 強 化 を 目 的 とする 研 究 活 動 講 演 活 動 等 の 他 会 員 企 業 に 経 済 産 業 など 幅 広 く 情 報 提 供 投 資 相 談 を 行 っている 筆 者 プロフィール:1971 年 東 京 銀 行 ( 現 三 菱 東 京 UFJ 銀 行 ) 入 行 1997 年 から 4 年 間 上 海 勤 務 2008 年 から 2 年 間 インド 三 菱 UFJ 証 券 会 長 を 務 める 2010 年 より 現 職 (2014 年 3 月 12 日 作 成 ) ( 予 算 案 の 概 要 資 料 については 次 ページ 以 降 ご 参 照 ) 5

6 ( 資 料 1) 予 算 概 要 ( 財 務 省 予 算 資 料 から 作 成 ) 単 位 : 億 ルピー 項 目 A 年 度 B 年 度 C 年 度 D 年 度 案 E. 前 年 度 比 増 増 減 比 率 ( 実 績 ) 原 案 修 正 減 (%) ( 実 績 見 込 み) ( 実 績 見 込 み) (D-C) (E C) 1. 歳 入 101, , , , , 税 収 ( 中 央 政 府 分 のネッ 81, , , , , ト) 3. 非 税 収 19, , , , 資 本 収 入 54, , , , , 借 換 え 1, ,052,7 1, , その 他 受 取 り 2, , , , , 借 入 等 50, , , , , 歳 入 合 計 155, , , , , 非 計 画 歳 出 110, , , , , ( 同 上 9. 非 計 画 歳 出 のう (101,904.0) (111,460.9) (112,189.7) (120,602.7) (+8,413.0) (+7.5) ち Revenue 勘 定 ) 11. 金 利 支 払 37, , , , , 資 本 勘 定 8, , , , , 計 画 歳 出 45, , , , Revenue 勘 定 35, , , , , 資 本 勘 定 10, , , , , 歳 出 合 計 (9+13) 155, , , , , Revenue 勘 定 (10+14) 137, , , , , ( 同 上 17.Revenue 勘 定 (12,941.8) (16,810.4) (13,189.8) (11,055.1) (-2,134.) (-16.1) のうち Capital assets 造 成 向 けグラント) 19. 資 本 勘 定 (12+15) 18, , , , , 歳 入 赤 字 (17-1) 35, , , , , Effective 歳 入 22, , , , , 赤 字 (20-18) 22. 財 政 赤 字 50, , , , , {16-(1+5+6)} (4.4%) (4.1%) (4.1%) (3.9%) ( ) 内 は 対 GDP 比 23. 基 礎 的 財 政 収 支 赤 字 12, , , , (22-11) 注 1) 計 画 画 歳 出 (Plan Expenditure)とは 関 係 閣 僚 とかつては 計 画 委 員 会 が 協 議 して 決 定 した 支 出 6

7 注 2.) 非 計 画 歳 出 (Non -Plan Expenditure)とは 金 利 支 払 い 補 助 金 ( 食 料 肥 料 など) 公 務 員 給 与 公 務 員 年 金 公 的 サービスなどの 支 出 注 3)Revenue 勘 定 歳 出 とは 資 産 の 形 成 を 伴 わないあるいは 債 務 の 減 少 が 伴 わないようなものへの 支 出 を 指 す 典 型 が 給 与 過 去 債 務 の 金 利 の 支 払 い 補 助 金 年 金 などである 注 4) 資 本 勘 定 (Capital Account)とは 資 産 の 買 い 取 り 例 えば 建 物 土 地 などの 不 動 産 の 取 得 とか 株 式 への 投 資 州 政 府 等 への 貸 付 など 支 出 の 結 果 資 産 を 形 成 する 支 出 を 指 す 非 計 画 歳 出 における 資 本 勘 定 支 出 のお もなものには 国 防 用 資 産 取 得 や 公 営 企 業 に 対 する 貸 付 州 政 府 に 対 する 貸 付 外 国 政 府 に 対 する 貸 付 な どがある ( 資 料 2) 資 本 収 入 の 主 な 項 目 別 金 額 ( 財 務 省 予 算 資 料 から 作 成 ) 単 位 : 億 ルピー 年 度 予 算 年 度 予 算 原 案 年 度 修 正 予 算 年 度 予 算 案 前 年 度 比 増 減 (%)は 増 減 率 資 本 収 入 Net 総 額 (=1+3+8) 54, , , , ,103.8 ( +14.6%) 1. Non-Debt 4, , , , ,801.7 (+90%) 2. (うち 国 営 企 業 株 式 売 却 ) ( 2,436.2) ( 5,842.5 ) ( 2,635.3 ) ( 6,950.0 ) +4,314.7 ( %) 3. 借 入 ネット 52, , , , ,530.9 (+2.9%) 4. ( 借 り 入 れネッ トのうち 市 場 借 46, , , , (+0.7%) 入 ) 5. ( 借 り 入 れネッ トのう 短 期 借 入 ) 6. ( 借 り 入 れネッ トのうち 対 外 借 , , , ,050.7 (-40.1%) , (+15.1%) 入 ) 7. ( 対 外 借 入 ネッ トのうち 日 本 ) ( ) ( ) ( ) ( ) (+41.8%) 8. その 他 -1, , , , ,771.2 注 ) 注 )その 他 の 中 で 金 額 の 大 きな 変 動 要 因 は 州 Provident Funds 以 外 のファンドからの 収 入 鉄 道 関 連 6ファンド の 組 み 戻 しによるなど 財 務 処 理 上 のもののようである 7

8 ( 資 料 3) 主 要 補 助 金 予 算 ( 財 務 省 予 算 資 料 から 作 成 ) 単 位 : 億 ルピー 項 目 年 度 修 正 予 算 年 度 予 算 案 前 年 度 比 増 減 1. 肥 料 補 助 金 3 種 計 7, , 食 料 補 助 金 12, , 石 油 補 助 金 6, , , 金 利 補 填 ( 注 1) 1, , その 他 の 補 助 金 ( 注 2) 総 合 計 26, , ,288.1 注 1) 金 利 補 助 金 の 大 宗 は 農 民 向 け 短 期 貸 付 の 金 利 補 助 で 年 度 は 総 額 1,300 ルピーと 輸 出 促 進 のための 銀 行 への 補 助 金 同 億 ルピー 注 2)その 他 補 助 金 で 一 番 大 きいものは 砂 糖 業 への 金 融 支 援 スキームの 補 助 金 年 度 は 80 億 ルピー ( 資 料 4) 計 画 歳 出 (Plan Expenditure)の 資 本 勘 定 において 年 度 予 算 上 位 10 の 産 業 セクター ( 財 務 省 予 算 資 料 から 作 成 ) 単 位 : 億 ルピー 項 目 年 度 予 年 度 予 年 度 年 度 予 前 年 度 増 減 算 算 原 案 修 正 予 算 算 案 1. 鉄 道 2, , , , 道 路 1, , , , , 金 融 サービ 1, , ス 4. 都 市 開 発 内 務 省 関 連 原 子 力 宇 宙 外 務 省 関 連 テレコム 民 間 航 空 電 力 注 1) 内 務 省 の Plan 支 出 増 加 要 因 には 警 察 署 建 設 国 境 治 安 維 持 警 官 宿 舎 また 新 たに41 億 ルピーのサイク ロンリスク 軽 減 プロジェクト 費 用 が 計 上 された 結 果 注 2) 外 務 省 の 計 画 歳 出 増 加 の 要 因 はブータン 向 け 借 款 が 前 年 度 比 124 億 ルピー 増 加 したことによる 計 画 歳 出 であるので 他 省 庁 が 関 与 している これは 電 力 省 が 関 係 している 水 力 発 電 建 設 プロジェクトに 伴 うもの 8

9 ( 資 料 5) 計 画 歳 出 (Plan Expenditure)の Revenue 勘 定 において 年 度 予 算 上 位 10 の 省 庁 ( 財 務 省 予 算 資 料 から 作 成 ) 単 位 : 億 ルピー 項 目 年 度 予 算 年 度 予 算 年 度 修 正 予 算 年 度 予 算 案 前 年 度 増 減 ( )は% 原 案 1. 人 材 開 発 省 1, , , , (16.6) 高 等 教 育 2. 経 済 関 係 省 (0.2) 3. 道 路 省 , , (-31.0) 4. 電 力 省 (35.3) 5. 農 業 省 1, (9.6) 6. 健 康 福 祉 省 2, (17.9) 7. 科 学 技 術 省 (35.7) 8. 通 信 省 (12.0) 9. 中 小 企 業 省 (4.4) 10. 宇 宙 省 (23.1) 注 1) 人 材 開 発 省 高 等 教 育 部 門 の 増 額 要 因 は IIT 及 び IIM を 新 しく 設 置 するための 費 用 100 億 ルピー 経 常 ほか 学 生 への 学 費 補 助 57 億 ルピー 増 額 などによる 注 2) 道 路 省 の 減 額 は 主 として Express way の 保 守 点 検 を 州 政 府 機 関 に 委 ねたことによる 注 3) 電 力 省 の 増 加 要 因 は 農 村 部 電 力 普 及 関 連 費 用 432 億 ルピーを 計 上 したことによる 注 4) 農 業 省 の 増 加 要 因 の 主 なものは 全 ての 農 民 が 農 業 用 水 にアクセスできるよう 農 業 用 水 の 供 給 サプライと 感 慨 のネットワーク 拡 充 を 図 るための Pradhan Mantri Krishi Sinchai Yajana(PMKSY)プログラム 関 連 費 用 を 100 億 ルピー 計 上 した また 土 壌 改 良 肥 料 関 連 で National Agriculture Development Scheme に 基 づく 41 億 ルピー 予 算 増 額 がなされ 事 が 特 記 される 注 5) 健 康 福 祉 省 の 増 加 要 因 は 主 にインド 医 科 大 学 (AIIMS)タイプの 病 院 と 教 育 機 関 を 設 置 するための 費 用 を 123 億 ルピー 計 上 したことによる 注 6) 科 学 技 術 省 の 増 加 要 因 は 様 々なプロジェクトで 増 えている 特 に 先 進 技 術 R&D や 気 候 温 暖 化 への 取 り 組 みなどが 挙 げられる 注 7) 宇 宙 省 は 通 信 衛 星 GSAT, 情 報 衛 星 INSAT などの 衛 星 打 ち 上 げ 計 画 に 伴 う 費 用 増 額 である 9

10 ( 資 料 6-1)インド 国 家 予 算 経 済 協 力 予 算 国 別 状 況 ( 非 計 画 計 画 歳 出 合 算 額 ベース) ( 財 務 省 予 算 資 料 から 作 成 ) ( 億 ルピー) ( 資 料 6-2)インド 国 家 予 算 経 済 協 力 予 算 のうち 計 画 歳 出 予 算 推 移 ( 財 務 省 予 算 資 料 から 作 成 ) ( 億 ルピー) 10

11 ( 資 料 7-1) 国 防 関 連 予 算 推 移 ( 財 務 省 予 算 資 料 から 作 成 ) 単 位 : 億 ルピー 項 目 年 度 予 算 年 度 予 算 年 度 予 算 年 度 予 前 年 度 増 減 原 案 修 正 算 案 Plan Non-Plan Plan Non-Plan Plan Non-Plan Plan Non-Plan Plan Non-Plan 1. 国 防 - 5, , , , Civilian 関 係 計 2. Revenue - 4, , , , 勘 定 3. 資 本 勘 定 4. 国 防 サー - 20, , , , ,435.7 ビス 計 5. Revenue - 12, , , , ,173.4 勘 定 6. 資 本 勘 - 7, , , , ,262.3 定 7. 総 計 (1+4) 25, , , , ,336.8 注 1) 網 掛 けの 部 分 3.の 資 本 勘 定 が 軍 事 施 設 等 6.の 資 本 勘 定 がいわゆる 軍 装 備 調 達 や 軍 関 連 の 建 設 に 関 わ る 支 出 注 2) 3.の 資 本 勘 定 の 年 度 予 算 の 列 で Plan 歳 出 の Revenue 勘 定 5 億 ルピーは Civilian 関 係 国 防 予 算 の 項 目 なので 北 東 インド 関 係 の 非 軍 事 的 人 員 の 人 件 費 などの 費 用 支 出 資 本 勘 定 40 億 ルピーは 軍 民 供 用 の 道 路 橋 など 建 設 向 け 支 出 と 考 えられる 内 務 省 等 関 連 省 庁 との 協 議 により 予 算 に 盛 り 込 まれた ため Plan の 項 目 に 計 上 されたものと 推 測 する 注 3) 4.の 国 防 サービスは 陸 海 空 三 軍 の 人 件 費 (Revenue 勘 定 )と 装 備 に 関 わる 支 出 ( 資 本 勘 定 )の 合 計 ( 資 料 7-2) 国 防 予 算 歳 出 勘 定 別 の 予 算 額 推 移 ( 財 務 省 予 算 資 料 から 作 成 ) ( 億 ルピー) 注 ) 上 記 表 の 国 防 予 算 全 体 を Revenue 勘 定 と 資 本 勘 定 に 分 けて 推 移 をみたグラフ 11

12 2. タイ: 外 国 人 事 業 法 の 正 しい 理 解 (1) 概 要 外 資 企 業 がタイで 事 業 を 行 う 場 合 確 実 に 理 解 しておかなければならない 法 律 が 外 国 人 事 業 法 です この 法 律 によって 各 企 業 は 現 在 の 株 主 構 成 資 本 構 成 業 態 になっています 外 国 人 事 業 法 と 会 社 の 構 造 の 理 解 は 前 任 者 から 後 任 者 への 重 要 な 引 き 継 ぎ 事 項 の 一 つです 正 しく 引 き 継 がれていない 会 社 はい つの 間 にか 違 法 状 態 になっていることが 多 いのです 今 月 から 数 回 にわたり 外 国 人 事 業 法 を 解 説 しま す 私 は 以 前 から 日 系 企 業 ないし 外 資 企 業 がタイで 事 業 を 行 うに 当 たり まず 確 実 に 理 解 しておかなけれ ばならない 最 重 要 の 法 律 は 外 国 人 事 業 法 (FOREIGN BUSINESS ACT B.E.2542(1999))だと 説 明 して います この 法 律 があることによって 各 企 業 は 現 在 の 株 主 構 成 資 本 構 成 業 態 になっています そして 外 国 人 事 業 法 とタイの 現 地 法 人 がなぜ 現 在 その 資 本 構 成 株 主 構 成 になっているのかということは 前 任 者 から 後 任 者 に 必 ず 引 き 継 がなければならない 事 項 であると 思 っています 外 国 人 事 業 法 は 外 資 企 業 にとって よく 理 解 しておかなければ 容 易 に 違 法 状 態 に 陥 ることになりかね ない 落 とし 穴 のような 法 律 です 今 回 から 数 回 にわたり ぜひ 理 解 してほしい 外 国 人 事 業 法 について 解 説 します 1. 外 国 人 事 業 法 とは? 外 国 人 事 業 法 は 外 国 人 が 行 ってはならない 規 制 事 業 を 規 定 している これが 外 国 人 事 業 法 の 定 義 です 押 さえなければならないポイントは 以 下 の 2 点 です (1) 外 国 人 事 業 法 において 外 国 人 とは 何 か (2) 外 国 人 が 行 ってはならない 規 制 事 業 とはどのような 事 業 か 2. 外 国 人 事 業 法 上 の 外 国 人 とは? 外 国 人 事 業 法 上 の 外 国 人 は 一 般 的 に タイ 人 外 国 人 といわれる タイ 国 籍 法 ( 以 下 国 籍 法 ) 上 の 外 国 人 とはその 範 囲 が 異 なります 外 国 人 事 業 法 は タイの 地 場 産 業 を 外 資 から 守 るために 制 定 された 法 律 ですから 国 籍 法 上 の 外 国 人 だけでなく 資 本 の 半 分 以 上 が 外 資 の 法 人 も 外 国 人 に 含 めてい ます タイの 法 律 に 基 づいて 設 立 された 法 人 は 国 籍 法 上 は 外 資 の 多 寡 に 関 係 なく タイ 人 ですが 外 国 人 事 業 法 上 資 本 の 半 分 以 上 が 外 資 の 法 人 は たとえタイの 法 律 に 基 づき 設 立 された 法 人 であっても 外 国 人 として 取 り 扱 われます 外 国 人 事 業 法 上 の 外 国 人 の 定 義 はおおむね 以 下 の 通 りです (1) タイ 国 籍 を 有 しない 個 人 (2) 外 国 の 法 律 で 設 立 された 法 人 12

13 (3) 資 本 の 半 分 以 上 を(1)または(2)が 所 有 するタイの 法 律 で 設 立 された 法 人 (4) 資 本 の 半 分 以 上 を(1)または(2)または(3)が 所 有 するタイの 法 律 で 設 立 された 法 人 つまり 資 本 の 半 分 以 上 が 外 資 の 会 社 は 外 国 人 事 業 法 上 の 外 国 人 である と 理 解 すればいいと 思 います 3. 外 国 人 が 行 ってはならない 規 制 事 業 とは? 外 国 人 事 業 法 は 外 国 人 が 行 ってはならない 規 制 事 業 を 以 下 のリスト 1 2 および 3 に 分 類 して 列 挙 し ています (リスト 1) 外 国 人 が 従 事 することが 絶 対 に 認 められない 事 業 であり 農 林 水 産 業 骨 董 (こっとう) 品 売 買 不 動 産 売 買 など 9 種 類 の 事 業 がリストアップされている (リスト 2) 国 家 の 安 全 保 障 タイの 伝 統 的 芸 術 文 化 自 然 環 境 を 守 るために 内 閣 の 承 認 の 下 商 務 大 臣 から 許 可 を 取 得 しない 限 り 外 国 人 が 従 事 することができない 事 業 であり 武 器 製 造 タイ 美 術 民 芸 品 製 造 タイ シルク 製 造 製 糖 業 製 塩 業 など 13 種 類 の 事 業 がリストアップされている 現 行 の 外 国 人 事 業 法 が 1999 年 に 制 定 されてから 今 日 まで 内 閣 の 承 認 を 受 け 商 務 大 臣 から 許 可 を 取 得 した 例 がないため 実 質 的 に 門 戸 が 閉 ざされた 事 業 である (リスト 3) 外 国 人 との 競 争 力 がまだ 不 十 分 なために 保 護 される 事 業 で 競 争 力 が 認 識 された 後 に 外 国 人 に 開 放 され るべき 事 業 であり 商 品 の 小 売 業 卸 売 業 各 種 サービス 業 など 21 種 類 の 事 業 がリストアップされてい る リスト 3 の 事 業 は 外 国 人 事 業 委 員 会 の 承 認 に 基 づき 商 務 省 事 業 開 発 局 長 から 許 可 を 取 得 した 場 合 外 国 人 でも 事 業 に 従 事 できる 以 上 が 外 国 人 事 業 法 において 外 国 人 が 従 事 してはならない 規 制 事 業 であるが ここで 理 解 しなければな らないのは リスト の 具 体 的 内 容 ではなく これらのリストにない 事 業 すなわち 外 国 人 が 従 事 できる 事 業 とは 何 か ということです 規 制 事 業 にリストアップされていない 事 業 は 法 律 に 記 載 されて いない 事 業 であるため タイの 外 資 規 制 の 過 去 の 歴 史 を 知 らないとその 事 業 に 従 事 できるか 否 かの 答 えが 出 ません 答 えだけを 言 うと 外 国 人 が 従 事 できる 事 業 は 以 下 の 二 つの 事 業 だけです (1) リスト に 含 まれない 工 業 製 品 の 製 造 販 売 (2) 各 種 商 品 の 輸 出 1999 年 に 制 定 された 現 行 の 外 国 人 事 業 法 以 前 は 外 資 規 制 の 基 本 法 として 革 命 団 布 告 第 281 号 ( 通 称 仏 歴 2515 年 外 国 人 事 業 規 制 法 )が 存 在 しており 薬 の 製 造 販 売 電 球 の 製 造 販 売 文 房 具 製 造 販 売 など 特 定 製 品 の 製 造 販 売 だけでなく 商 品 の 輸 出 が 規 制 事 業 にリストアップされていました 13

14 1999 年 制 定 の 外 国 人 事 業 法 の 規 制 事 業 リストからは 多 くの 工 業 製 品 の 製 造 販 売 が 消 えるとともに 各 種 商 品 の 輸 出 が 削 除 されました これによって 日 系 企 業 が 取 り 扱 うほとんどの 製 品 の 製 造 販 売 が 外 国 人 でも 従 事 できる 製 品 の 製 造 販 売 となり 各 種 商 品 の 輸 出 も 外 国 人 が 従 事 できる 事 業 となりました 外 国 人 でもできるのは 製 品 の 製 造 販 売 と 商 品 の 輸 出 だけであり その 他 の 事 業 は 一 切 禁 じられてい る これが 外 国 人 事 業 法 の 原 則 です その 他 の 事 業 とは 以 下 のように 理 解 してください (1) 商 品 売 買 ( 商 品 とは 他 者 が 製 造 した 物 品 ) (2) あらゆるサービスの 提 供 資 本 の 半 分 以 上 が 外 資 の 会 社 ( 外 国 人 )は タイ 国 内 で 商 品 売 買 またはサービス 提 供 を 行 うことが 禁 じられている これも 外 国 人 事 業 法 の 原 則 です 4. 例 外 に 関 する 解 説 外 国 人 事 業 法 は 外 資 企 業 がタイに 進 出 する 場 合 に 最 初 に 理 解 しなければならない 外 資 規 制 に 関 する 法 律 です 外 国 人 事 業 法 においては 資 本 の 半 分 以 上 が 外 資 の 会 社 は 外 国 人 と 定 義 付 けられ 原 則 的 にタイ 国 内 で 一 切 の 商 業 ( 商 品 売 買 )とサービスに 従 事 することが 禁 じられます ところが この 外 国 人 事 業 法 には 例 外 が 組 み 込 まれています 外 国 人 のままで 商 業 またはサービス を 行 いたい 場 合 には それらの 例 外 を 適 用 するしかありません 例 外 を 適 用 してもできない 事 業 がある 場 合 には いやが 上 にも 外 国 人 としての 事 業 を 諦 め 資 本 の 過 半 数 をタイ 資 本 として 事 業 を 行 うしかありま せん 例 外 を 適 用 できるかどうかが 外 国 人 ( 外 資 )ステータスを 維 持 できるか 否 かの 分 かれ 道 なのです 外 国 人 事 業 法 で 規 定 される 例 外 外 国 人 事 業 法 には 以 下 の 例 外 が 組 み 込 まれています 外 国 人 事 業 法 上 の 例 外 1. 規 制 業 種 リスト 3 に 組 み 込 まれた 例 外 2. 第 8 条 に 基 づく 外 国 人 事 業 許 可 3. 投 資 奨 励 法 に 基 づくタイ 投 資 委 員 会 (BOARD OF INVESTMENT:BOI) 奨 励 事 業 ( 第 12 条 ) 4. 工 業 団 地 公 団 法 に 基 づく 認 可 事 業 ( 第 12 条 ) 5. 条 約 などに 基 づく 規 制 の 解 除 ( 第 10 条 ) これら 五 つのタイプの 例 外 について それぞれ 解 説 したいと 思 います 14

15 (1) 規 制 業 種 リスト 3 に 組 み 込 まれた 例 外 外 国 人 事 業 法 に 添 付 される リスト 3 に 記 載 されている 業 種 は 外 国 人 事 業 委 員 会 の 承 認 に 基 づき 商 務 省 事 業 開 発 局 長 から 許 可 を 取 得 した 場 合 外 国 人 でも 事 業 に 従 事 できる 業 種 です この リスト 3 を 見 ると 業 種 名 だけでなく 取 引 形 態 や 規 模 についての 記 述 がある ことに 気 付 きます リスト 3 には 取 引 形 態 や 規 模 によっては 規 制 業 種 から 除 外 される 以 下 のような 業 種 があります( 抜 粋 要 約 ) 1 資 本 5 億 バーツ 以 上 を 伴 う 高 い 技 術 力 を 要 する 公 共 施 設 輸 送 手 段 の 建 設 2 証 券 発 行 物 品 金 融 商 品 証 券 の 先 物 取 引 に 関 する 仲 介 代 理 3 製 造 またはサービス 提 供 のために 必 要 な 関 係 会 社 間 で 行 う 物 品 売 買 サービスの 仲 介 代 理 4 資 本 1 億 バーツ 以 上 を 伴 う 国 際 取 引 に 関 する 仲 介 代 理 5 資 本 1 億 バーツ 以 上 を 伴 う 物 品 の 小 売 り 6 資 本 1 億 バーツ 以 上 を 伴 う 物 品 の 卸 売 り ( 注 ) 1 億 バーツ 以 上 の 資 本 を 伴 う と 記 載 されている 各 事 業 については それぞれの 事 業 に 1 億 バーツ 以 上 の 資 本 を 有 していることが 要 求 され 1 億 バーツの 資 本 があれば 三 つの 例 外 を 適 用 できるわけではないことに 注 意 してください ここで 資 本 に 関 する 説 明 を 補 足 します 上 記 の 資 本 とは 外 国 人 事 業 法 では 最 低 資 本 (MINIMUM CAPITAL)と 規 定 されてお り 以 下 の 意 味 や 解 釈 が 付 されています 最 低 資 本 とは 外 国 人 がタイ 法 人 の 場 合 その 法 人 の 資 本 外 国 人 が 外 国 法 人 である 場 合 そ の 法 人 がタイに 持 ち 込 んだ 外 貨 を 指 す また 資 本 とは 非 公 開 株 式 会 社 の 場 合 その 会 社 の 登 記 資 本 公 開 株 式 会 社 の 場 合 その 会 社 の 払 込 資 本 を 指 す この 規 定 に 関 して 以 下 の 二 つの 解 釈 の 変 遷 がありました 1 外 国 人 事 業 法 が 施 行 された 1999 年 においては 非 公 開 株 式 会 社 の 場 合 登 記 資 本 が 1 億 バー ツ 払 込 資 本 がその 25% 以 上 であれば 1 億 バーツ 以 上 の 資 本 の 例 外 が 適 用 できる という 解 釈 でしたが 現 在 は 非 公 開 株 式 会 社 の 場 合 も 払 込 資 本 を 1 億 バーツ 以 上 有 している 場 合 に 1 億 バーツ 以 上 の 資 本 の 例 外 が 適 用 できる という 解 釈 に 変 わっています 2 外 国 人 事 業 法 が 施 行 された 1999 年 においては どのような 目 的 で 投 下 された 資 本 であっても 1 億 バーツの 資 本 が 登 記 されていれば 1 億 バーツ 以 上 の 資 本 の 例 外 が 適 用 できる という 解 釈 でしたが 現 在 は 外 国 人 事 業 法 または 他 の 法 律 で 要 求 される 資 本 を 除 いた 資 本 が 1 億 バ ーツ 投 下 されていないと 1 億 バーツ 以 上 の 資 本 の 例 外 が 適 用 できない という 解 釈 に 変 わ っています 現 在 の 解 釈 に 従 えば 例 えば BOI の 奨 励 事 業 のために 3 億 バーツの 資 本 を 投 下 している 場 合 その 3 億 バーツの 資 本 によって 1 億 バーツ 以 上 の 資 本 の 例 外 は 適 用 できず 15

16 新 たに 1 億 バーツ 以 上 の 資 本 を 投 下 しない 限 り 例 外 は 適 用 できません (2) 第 8 条 に 基 づく 外 国 人 事 業 許 可 前 述 の 通 り 外 国 人 事 業 法 に 添 付 される リスト 3 に 記 載 されている 業 種 は 外 国 人 事 業 委 員 会 の 承 認 に 基 づき 商 務 省 事 業 開 発 局 長 から 許 可 を 取 得 した 場 合 外 国 人 でも 事 業 に 従 事 できる 業 種 であり 同 法 第 8 条 に 基 づき 商 務 省 事 業 開 発 局 長 から 許 可 ( 外 国 人 事 業 許 可 :FOREIGN BUSINESS LICENSE:FBL)を 取 得 した 事 業 については 外 国 人 のステータスのままで 従 事 するこ とが 認 められます 外 国 人 事 業 許 可 は 関 係 会 社 間 取 引 に 限 定 される 場 合 など 内 国 産 業 に 悪 影 響 を 与 えないことが 明 らかな 事 業 について 取 得 できます (3) 投 資 奨 励 法 に 基 づく BOI 奨 励 事 業 ( 第 12 条 ) 投 資 奨 励 法 に 基 づき 設 置 されている BOI から 奨 励 事 業 に 関 して 奨 励 を 認 可 された 場 合 たとえ その 奨 励 事 業 が 外 国 人 事 業 法 上 の 規 制 業 種 に 該 当 する 場 合 でも その 規 制 が 解 除 され 外 国 人 で もその 事 業 に 従 事 することができます ただし BOI から 認 可 を 受 けて 規 制 事 業 に 従 事 する 場 合 には 外 国 人 事 業 法 第 12 条 に 基 づき 外 国 人 事 業 登 録 手 続 きを 行 う 必 要 があります (4) 工 業 団 地 公 団 法 に 基 づく 認 可 事 業 ( 第 12 条 ) 工 業 団 地 法 に 基 づき 設 置 されている 工 業 団 地 公 団 (INDUSTRIAL ESTATE AUTHORITY OF THAILAND:IEAT)は 工 業 団 地 内 の 土 地 に 関 して 外 国 人 の 所 有 を 許 可 する 権 限 および 工 業 団 地 の 土 地 を 所 有 し 輸 出 に 関 わる 事 業 あるいは 商 取 引 を 行 うことについて 認 可 する 権 限 が 与 え られています 工 業 団 地 公 団 から 輸 出 に 関 わる 事 業 あるいは 商 取 引 を 行 うことについて 認 可 を 得 た 場 合 には 外 国 人 であってもその 事 業 や 商 取 引 に 従 事 することが 認 められます ただし 工 業 団 地 公 団 から 認 可 を 受 けて 規 制 事 業 に 従 事 する 場 合 には 外 国 人 事 業 法 第 12 条 に 基 づき 外 国 人 事 業 登 録 手 続 きを 行 う 必 要 があります (5) 条 約 などに 基 づく 規 制 の 解 除 ( 第 10 条 ) 政 府 プロジェクトなどの 場 合 タイ 政 府 は 臨 時 的 に 外 国 人 が 規 制 事 業 を 行 うことについて 許 可 す ることがあります また 自 由 貿 易 協 定 (FREE TRADE AGREEMENT:FTA)などの 条 約 によっ て 外 国 人 事 業 法 上 の 規 制 が 解 除 されるケースがあります 外 国 人 事 業 法 第 10 条 には 条 約 で 外 国 人 が 規 制 事 業 に 従 事 することが 認 められている 場 合 には 当 該 条 約 に 従 う 旨 が 規 定 されています 記 事 提 供 :MOTHER BRAIN(Thailand)CO,LTD. (2014 年 11 月 3 日 /2014 年 12 月 1 日 作 成 ) 16

17 3. 経 済 産 業 トピックス (1) 経 済 インド 予 算 案 発 表 2016 年 4 月 GST 導 入 2 月 28 日 インドのジャイトリー 財 務 相 は 2015/16 年 度 予 算 案 を 国 会 に 提 出 した 2016 年 4 月 より 物 品 サービス 税 (GST)を 導 入 する また サービス 税 を 12.36%から 14%に 引 き 上 げる 他 法 人 税 を 4 年 間 で 現 在 の 30%から 5% 引 下 げ 25%にする 歳 出 では 道 路 鉄 道 港 湾 などのインフラ 整 備 を 重 視 している (2) 産 業 自 動 車 産 業 インド タイ インドネシアの 国 内 自 動 車 販 売 台 数 及 び 前 年 同 期 比 増 減 率 の 推 移 ( 台 %) 年 次 月 次 2012 年 2013 年 2014 年 2015 年 1 月 2015 年 2 月 台 数 増 減 率 台 数 増 減 率 台 数 増 減 率 台 数 増 減 率 台 数 増 減 率 インド 2,770, ,551, , タイ 1,436, ,330, インドネシア 1,116, ,229, , ( 注 )インドは 国 内 乗 用 車 販 売 台 数 タイ インドネシアは 乗 用 車 及 び 商 用 車 の 国 内 販 売 台 数 合 計 ( 出 所 ) 各 国 業 界 団 体 資 料 より 三 菱 東 京 UFJ 銀 行 国 際 業 務 部 作 成 1 インド:2 月 の 国 内 乗 用 車 販 売 台 数 は 前 年 同 月 比 6.2% 増 インド 自 動 車 工 業 会 (SIAM)が 発 表 した 2 月 の 国 内 乗 用 車 販 売 台 数 は 23 万 1,165 台 前 年 同 月 比 6.2% 増 4 ヵ 月 連 続 で 前 年 同 月 を 上 回 っている 自 動 車 メーカー 各 社 の 積 極 的 な 新 車 投 入 消 費 者 心 理 の 改 善 に 加 え 中 銀 の 利 下 げにより 今 後 自 動 車 ローン 金 利 が 低 下 する 可 能 性 があるこ とは 今 後 の 販 売 に 追 い 風 となると 見 られている 2 タイ:1 月 の 国 内 自 動 車 販 売 台 数 は 前 年 同 月 比 12.8% 減 タイ 自 動 車 産 業 協 会 (TAIA)が 発 表 した 2015 年 1 月 のタイの 国 内 自 動 車 販 売 台 数 は 5 万 9,721 台 前 年 比 12.8% 減 少 した 依 然 減 少 が 続 いているが 減 少 の 幅 は 2014 年 12 月 比 8.6 ポイント 縮 小 車 種 別 では 乗 用 車 の 販 売 台 数 が 2 万 3,405 台 前 年 比 11.4% 減 とマイナス 幅 が 減 少 して きている 3 インドネシア:2 月 の 国 内 自 動 車 販 売 台 数 は 前 年 同 月 比 20% 減 インドネシア 自 動 車 協 会 (Gaikindo)が 発 表 した 2015 年 2 月 のインドネシアの 国 内 自 動 車 販 売 台 数 は 8 万 9,450 台 前 年 比 20% 減 少 した 2 ヵ 月 ぶりの 9 万 台 割 れ 昨 年 の 軽 油 ガソリンの 値 上 げの 影 響 により 4 ヵ 月 連 続 で 10 万 台 を 下 回 った 17

18 Gaikindo は インドネシア 経 済 が 回 復 するまでは 厳 しい 状 況 が 続 くとしているが 2015 年 通 年 の 販 売 台 数 は 120 万 台 程 度 と 昨 年 並 みを 見 込 んでいる ( 台 ) インドネシア: 国 内 自 動 車 販 売 台 数 推 移 140, , ,000 80,000 60,000 40,000 20, ( 出 所 )Gaikindo 18

19 4. 主 要 各 国 の 経 済 指 標 マレーシア 単 位 /2Q 2014/3Q 2014/4Q Dec-14 Jan-15 Feb-15 備 考 実 質 GDP 成 長 率 % 前 年 ( 同 期 ) 比 インフレ 率 % 消 費 者 物 価 指 数 (CPI) 前 年 ( 同 期 ) 比 貿 易 収 支 百 万 米 ドル 22,265 25,266 5,709 5,259 6,317 2,642 経 常 収 支 百 万 米 ドル 12,601 15,146 4,947 2,379 1,804 市 場 金 利 % 銀 行 間 (3カ 月 物 ) 期 末 値 外 国 為 替 相 場 対 米 ドル 期 中 平 均 株 価 1, , , , , , , ,821.2 クアラルンプール 総 合 指 数 期 末 値 ( 出 所 : 三 菱 東 京 UFJ 銀 行 経 済 調 査 室 マレーシア 中 銀 など) タイ 単 位 /2Q 2014/3Q 2014/4Q Dec-14 Jan-15 Feb-15 備 考 実 質 GDP 成 長 率 % 前 年 ( 同 期 ) 比 インフレ 率 % 消 費 者 物 価 指 数 (CPI) 前 年 ( 同 期 ) 比 貿 易 収 支 百 万 米 ドル 6,661 24,582 5,887 4,780 7,636 3,640 1,392 経 常 収 支 百 万 米 ドル -2,452 14, ,815 5,523 2,506 政 策 金 利 % 翌 日 物 レポ 金 利 期 末 値 外 国 為 替 相 場 対 米 ドル 期 中 平 均 株 価 1, , , , , , , ,587.0 SET 指 数 期 末 値 ( 出 所 : 三 菱 東 京 UFJ 銀 行 経 済 調 査 室 タイ 中 央 銀 行 国 家 経 済 社 会 開 発 委 員 会 など) インドネシア 単 位 /2Q 2014/3Q 2014/4Q Dec-14 Jan-15 Feb-15 備 考 実 質 GDP 成 長 率 % 前 年 ( 同 期 ) 比 インフレ 率 % 消 費 者 物 価 指 数 (CPI) 前 年 ( 同 期 ) 比 貿 易 収 支 百 万 米 ドル -4,077-1,886-2, 経 常 収 支 百 万 米 ドル -29,115-26,233-8,939-6,963-6,181 政 策 金 利 % BI 金 利 期 末 値 外 国 為 替 相 場 対 米 ドル 10,449 11,868 11,623 11,764 12,249 12,434 12,579 12,765 期 中 平 均 株 価 4, , , , , , , ,450.3 インドネシア 総 合 指 数 期 末 値 ( 出 所 : 三 菱 東 京 UFJ 銀 行 経 済 調 査 室 インドネシア 中 央 銀 行 など) ベトナム 単 位 /2Q 2014/3Q 2014/4Q Dec-14 Jan-15 Feb-15 備 考 実 質 GDP 成 長 率 % 前 年 ( 同 期 ) 比 インフレ 率 % 消 費 者 物 価 指 数 (CPI) 前 年 ( 同 期 ) 比 貿 易 収 支 百 万 米 ドル 0 1, , 経 常 収 支 百 万 米 ドル 9,471 政 策 金 利 % リファイナンスレート 期 末 値 外 国 為 替 相 場 対 米 ドル 21,030 21,199 21,158 21,218 21,324 21,378 21,365 21,335 期 中 平 均 株 価 VN 指 数 (ホーチミン) 期 末 値 ( 出 所 : 三 菱 東 京 UFJ 銀 行 経 済 調 査 室 ベトナム 統 計 局 中 央 銀 行 IMFなど) フィリピン 単 位 /2Q 2014/3Q 2014/4Q Dec-14 Jan-15 Feb-15 備 考 実 質 GDP 成 長 率 % 前 年 ( 同 期 ) 比 インフレ 率 % 消 費 者 物 価 指 数 (CPI) 前 年 ( 同 期 ) 比 貿 易 収 支 百 万 米 ドル -5,713-2, 経 常 収 支 百 万 米 ドル 10,391 3,004 3,036 市 場 金 利 % TB 期 末 値 外 国 為 替 相 場 対 米 ドル 期 中 平 均 株 価 5, , , , , , , ,730.6 フィリピン 総 合 指 数 期 末 値 ( 出 所 : 三 菱 東 京 UFJ 銀 行 経 済 調 査 室 IMFなど) インド 単 位 2012 年 度 2013 年 度 2014/2Q 2014/3Q 2014/4Q Dec-14 Jan-15 Feb-15 備 考 実 質 GDP 成 長 率 * % 前 年 ( 同 期 ) 比 インフレ 率 % 卸 売 物 価 指 数 (WPI) 前 年 ( 同 期 ) 比 貿 易 収 支 百 万 米 ドル -190, ,817-34,455-39,546-39,303-9,435-8,322 経 常 収 支 百 万 米 ドル -87,843-32,358-7,837-10,103 政 策 金 利 % レポレート 期 末 値 外 国 為 替 相 場 対 米 ドル 期 中 平 均 株 価 18,836 22,386 25,414 26,631 27,499 27,499 29,183 29,362 ムンバイSENSEX 指 数 期 末 値 * 実 質 GDP 成 長 率 は 新 (2011 年 ) 基 準 且 つ 市 場 価 格 ベース ( 作 成 日 :2015 年 3 月 17 日 ) ( 出 所 : 三 菱 東 京 UFJ 銀 行 経 済 調 査 室 RBI 中 央 統 計 局 など) 19

20 ( 編 集 発 行 ) 三 菱 東 京 UFJ 銀 行 国 際 業 務 部 ( 照 会 先 ) 北 村 広 明 ( ): 本 資 料 は 情 報 提 供 を 唯 一 の 目 的 としたものであり 金 融 商 品 の 売 買 や 投 資 などの 勧 誘 を 目 的 としたものではありません 本 資 料 の 中 に 銀 行 取 引 や 同 取 引 に 関 連 する 記 載 がある 場 合 弊 行 がそれらの 取 引 を 応 諾 したこと またそれらの 取 引 の 実 行 を 推 奨 することを 意 味 するものではなく それらの 取 引 の 妥 当 性 や 適 法 性 等 について 保 証 するものでもありません 本 資 料 の 記 述 は 弊 行 内 で 作 成 したものを 含 め 弊 行 の 統 一 された 考 えを 表 明 したものではありません 本 資 料 は 信 頼 できると 思 われる 情 報 に 基 づいて 作 成 されていますが その 正 確 性 信 頼 性 完 全 性 を 保 証 するものではあ りません 最 終 判 断 はご 自 身 で 行 っていただきますようお 願 いいたします 本 資 料 に 基 づく 投 資 決 定 経 営 上 の 判 断 そ の 他 全 ての 行 為 によって 如 何 なる 損 害 を 受 けた 場 合 にも 弊 行 ならびに 原 資 料 提 供 者 は 一 切 の 責 任 を 負 いません 実 際 の 適 用 につきましては 別 途 公 認 会 計 士 税 理 士 弁 護 士 にご 確 認 いただきますようお 願 いいたします 本 資 料 の 知 的 財 産 権 は 全 て 原 資 料 提 供 者 または 株 式 会 社 三 菱 東 京 UFJ 銀 行 に 帰 属 します 本 資 料 の 本 文 の 一 部 または 全 部 について 第 三 者 への 開 示 および 複 製 販 売 その 他 如 何 なる 方 法 においても 第 三 者 への 提 供 を 禁 じます 本 資 料 の 内 容 は 予 告 なく 変 更 される 場 合 があります 20

Ⅰ.インドの 労 働 法 規 -2015 年 賞 与 支 払 ( 改 正 ) 法 概 要 2015 年 12 月 31 日 にインド 大 統 領 によって 承 認 された 2015 年 賞 与 支 払 法 ( 改 正 法 )の 概 要 について 解 説 する はじめに インド 労 働 雇 用 相 は

Ⅰ.インドの 労 働 法 規 -2015 年 賞 与 支 払 ( 改 正 ) 法 概 要 2015 年 12 月 31 日 にインド 大 統 領 によって 承 認 された 2015 年 賞 与 支 払 法 ( 改 正 法 )の 概 要 について 解 説 する はじめに インド 労 働 雇 用 相 は March 25, 2016 Ⅰ.インドの 労 働 法 規 -2015 年 賞 与 支 払 ( 改 正 ) 法 Corporate Catalyst (India) Pvt Ltd 2 Ⅱ.ミャンマー: 会 社 法 改 正 と 新 投 資 法 制 定 などに 関 する 最 新 状 況 森 濱 田 松 本 法 律 事 務 所 弁 護 士 武 川 丈 士 / 弁 護 士 眞 鍋 佳 奈 / 弁 護 士

More information

Ⅰ.タイ 現 地 法 人 における VAT 未 還 付 事 例 (3) 概 要 タイ 現 地 法 人 が 陥 った 付 加 価 値 税 (VAT) 未 還 付 問 題 の 具 体 的 な 事 例 として 前 回 は 申 請 後 の 税 務 調 査 が 終 わらないケースを 前 々 回 は VAT 還

Ⅰ.タイ 現 地 法 人 における VAT 未 還 付 事 例 (3) 概 要 タイ 現 地 法 人 が 陥 った 付 加 価 値 税 (VAT) 未 還 付 問 題 の 具 体 的 な 事 例 として 前 回 は 申 請 後 の 税 務 調 査 が 終 わらないケースを 前 々 回 は VAT 還 March 11, 2016 Ⅰ.タイ 現 地 法 人 における VAT 未 還 付 事 例 (3) 永 峰 バンチキ 会 計 事 務 所 公 認 会 計 士 山 崎 宏 史 2 Ⅱ. 海 外 研 修 中 のベトナム 人 従 業 員 の 個 人 所 得 税 申 告 について I GLOCAL CO.,LTD 5 本 資 料 は 情 報 提 供 を 唯 一 の 目 的 としたものであり 金 融 商 品

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798347834E835A838B94C5817A837D815B83508362836783748348815B834A835881698341835783418E738FEA816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798347834E835A838B94C5817A837D815B83508362836783748348815B834A835881698341835783418E738FEA816A2E70707478> マーケットフォーカス(アジア 市 場 ) 15 年 月 号 各 国 の 実 質 GDP 成 長 率 ( 前 年 同 期 比 )の 推 移 経 済 各 国 の 消 費 者 物 価 指 数 上 昇 率 ( 前 年 同 月 比 )の 推 移 各 国 の 政 策 金 利 の 推 移 ご 参 考 資 料 15 年 月 1 日 1 (11 年 1 1 月 期 ~1 年 1 1 月 期 四 半 期 ) インドネシア

More information

Microsoft Word - 20160407 経済 インド・利下げ.docx

Microsoft Word - 20160407 経済 インド・利下げ.docx グローバル マクロ トピックス 01/ /7 投 資 情 報 部 シニアエコノミスト 折 原 豊 水 インド 中 銀 は 利 下 げ 実 施 底 堅 いルピー インド 準 備 銀 行 は 月 会 合 で 政 策 金 利 (レポ)を0.% 引 き 下 げ.0%に 事 前 の 市 場 予 想 通 りの 結 果 利 下 げの 理 由 として 物 価 見 通 しの 安 定 や 投 資 等 の 弱 含 み 1

More information

216 年 2 月 3 日 1. インドネシア 消 費 者 物 価 上 昇 率 が 6 年 ぶりの 低 水 準 に 止 まるなかで 高 まる 追 加 利 下 げ 期 待 1 月 1 日 インドネシア 中 銀 は 政 策 金 利 であるBIレートを7.%から7.2%へ.2% ポイント 引 き 下 げた

216 年 2 月 3 日 1. インドネシア 消 費 者 物 価 上 昇 率 が 6 年 ぶりの 低 水 準 に 止 まるなかで 高 まる 追 加 利 下 げ 期 待 1 月 1 日 インドネシア 中 銀 は 政 策 金 利 であるBIレートを7.%から7.2%へ.2% ポイント 引 き 下 げた 216 年 2 月 3 日 ASEAN インド 月 報 (216 年 2 月 ) 目 次 ASEAN インドのマクロ 経 済 動 向 インドネシア 1 マレーシア 2 フィリピン 3 シンガポール タイ ベトナム 6 インド 7 アジア 主 要 国 地 域 の 主 要 経 済 指 標 ( 国 地 域 別 ) 8 アジア 主 要 国 地 域 の 主 要 経 済 指 標 比 較 13 経 済 調 査 室

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

以 上 の 通 り ファンダメンタルズの 改 善 を 背 景 にインド 経 済 の 成 長 見 通 しは 引 き 続 き 有 望 です 215 年 7~9 月 期 のGDP ( 国 内 総 生 産 ) 成 長 率 は+7.4%と 引 き 続 き 旺 盛 な 需 要 や 政 府 支 出 の 伸 び 商

以 上 の 通 り ファンダメンタルズの 改 善 を 背 景 にインド 経 済 の 成 長 見 通 しは 引 き 続 き 有 望 です 215 年 7~9 月 期 のGDP ( 国 内 総 生 産 ) 成 長 率 は+7.4%と 引 き 続 き 旺 盛 な 需 要 や 政 府 支 出 の 伸 び 商 216 年 のインド 投 資 展 望 ~ 成 長 見 通 しは 引 き 続 き 強 気 を 維 持 ~ ご 参 考 資 料 216 年 1 月 6 日 世 界 経 済 の 成 長 鈍 化 が 懸 念 され 米 国 が 利 上 げに 踏 み 切 るなかで インドは 依 然 として 魅 力 的 な 投 資 対 象 となっています インドは216 年 も215 年 214 年 の 経 済 成 長 率 を

More information

業 種 別 比 率 (%)* 30 25 20 15 10 5 0 16.2 14.9 11.1 8.8 8.7 7.1 6.5 6.2 3.9 3.3 2.6 1.5 0.4 0.4 0.3 ソフトウェア サーヒ ス 銀 行 エネルキ ー 素 材 医 薬 品 ハ イオテクノロシ ー ライフ サイエ

業 種 別 比 率 (%)* 30 25 20 15 10 5 0 16.2 14.9 11.1 8.8 8.7 7.1 6.5 6.2 3.9 3.3 2.6 1.5 0.4 0.4 0.3 ソフトウェア サーヒ ス 銀 行 エネルキ ー 素 材 医 薬 品 ハ イオテクノロシ ー ライフ サイエ マンスリーレポート 2016 年 6 月 30 日 現 在 ブラックロック インド 株 ファンド 追 加 型 投 信 / 海 外 / 株 式 累 積 投 資 基 準 価 額 および 純 資 産 総 額 の 推 移 ファンドの 目 的 特 色 300 ( 億 円 ) 6,000 信 託 財 産 の 長 期 的 な 成 長 を 目 標 に 運 用 を 行 いま す 250 200 150 100 50

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

産業トピックス

産業トピックス 平 成 2 年 (28 年 )9 月 12 日 ~オリンピック 後 難 度 を 増 す 政 策 運 営 ~ 1. 経 済 動 向 (1)オリンピック 後 の 景 気 後 退 回 避 策 中 国 では 未 だ 実 質 GDP が 二 桁 成 長 ながら 景 気 は 減 速 傾 向 にあり オ リンピックという 節 目 を 経 て 景 気 後 退 に 陥 るのではないかという 危 惧 が 広 がっている

More information

僅 追 加 型 証 券 投 資 信 託 パン パシフィック 外 国 債 券 オープン 約 款 明 治 安 田 アセットマネジメント 株 式 会 社 運 用 の 基 本 方 針 約 款 第 22 条 に 基 づき 委 託 者 の 定 める 運 用 の 基 本 方 針 は 次 のものとします 1. 基 本 方 針 この 投 資 信 託 は 安 定 した 収 益 の 確

More information

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題 奨 学 金 制 度 の 拡 充 とそれに 伴 う 財 政 的 視 点 からの 課 題 予 算 委 員 会 調 査 室 藤 井 亮 二 人 材 こそが 日 本 が 世 界 に 誇 る 最 大 の 資 源 である 平 成 25 年 6 月 14 日 に 閣 議 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 -JAPAN is BACK- の 一 文 である 今 夏 の 参 院 選 において 各 政 党 は 就

More information

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般 2007 年 5 月 18 日 平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ 平 成 18 年 度 決 算 の 概 要 は 次 のとおりです なお 金 額 は 記 載 単 位 未 満 の 端 数 を 切 り 捨 てており 諸 比 率 は 四 捨 五 入 によって 表 示 しています 平 成 18 年 度 トピックス 1. 保 険 料 等 収 入 は 5.5%の 増 加 2. 総 資 産 は 16.2%の

More information

注意点

注意点 タイの 外 国 資 本 規 制 - 外 国 人 事 業 法 の 概 要 と 最 近 の 動 向 KPMG バンコク 事 務 所 藤 井 康 秀 公 認 会 計 士 本 セミナー 資 料 に 含 まれている 情 報 は 法 律 等 の 改 変 により 変 更 される 可 能 性 があり また 当 事 務 所 独 自 の 解 釈 により 作 成 した 部 分 も 含 まれております 従 って 当 内 容

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

はじめに 安 倍 政 権 が 推 進 しているアベノミクスは 第 一 の 矢 である 大 胆 な 金 融 政 策 と 第 二 の 矢 である 機 動 的 な 財 政 政 策 で 景 気 を 浮 揚 させつつデフレからの 脱 却 を 果 たし 第 三 の 矢 である 民 間 投 資 を 喚 起 する

はじめに 安 倍 政 権 が 推 進 しているアベノミクスは 第 一 の 矢 である 大 胆 な 金 融 政 策 と 第 二 の 矢 である 機 動 的 な 財 政 政 策 で 景 気 を 浮 揚 させつつデフレからの 脱 却 を 果 たし 第 三 の 矢 である 民 間 投 資 を 喚 起 する 平 成 27 年 (215 年 )6 月 3 日 NO.215-6 成 長 力 の 底 上 げに 向 け 前 向 きな 変 化 が 現 れてきた 企 業 行 動 要 旨 企 業 行 動 の 前 向 きな 変 化 の 背 景 には 経 常 利 益 が 過 去 最 高 を 更 新 するなど 円 安 基 調 の 定 着 を 受 けた 収 益 環 境 の 全 般 的 な 改 善 がある 円 安 基 調 の

More information

<81794832375F5134817A8376838C8358838A838A815B83588CB48D65939D8D872032303136303532332E786C7378>

<81794832375F5134817A8376838C8358838A838A815B83588CB48D65939D8D872032303136303532332E786C7378> press release 2016 年 5 月 27 日 SBI 生 命 保 険 株 式 会 社 平 成 27 年 度 決 算 ( 案 )について SBI 生 命 保 険 株 式 会 社 ( 本 社 : 東 京 都 新 宿 区 代 表 取 締 役 社 長 : 飯 沼 邦 彦 )は 本 日 平 成 27 年 度 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ~ 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 決 算

More information

断 や 日 本 の 税 務 上 の 判 断 などが 考 慮 されるが 会 計 や 税 務 上 しかるべき 処 理 を 失 念 したことにより 下 記 の ような 問 題 が 発 生 する 可 能 性 がある 子 会 社 において 付 加 価 値 税 (VAT)が 控 除 できない 費 用 が 法 人

断 や 日 本 の 税 務 上 の 判 断 などが 考 慮 されるが 会 計 や 税 務 上 しかるべき 処 理 を 失 念 したことにより 下 記 の ような 問 題 が 発 生 する 可 能 性 がある 子 会 社 において 付 加 価 値 税 (VAT)が 控 除 できない 費 用 が 法 人 February 20, 2015 1 ベトナム: 現 地 法 人 設 立 前 の 親 会 社 立 て 替 え 金 の 取 り 扱 い 2.スリランカの 新 しい 土 地 譲 渡 制 限 法 の 外 資 への 影 響 3.フィリピン: 就 任 4 年 半 を 迎 えるベニグノ アキノ 大 統 領 4. 政 治 経 済 産 業 トピックス 5. 主 要 各 国 の 経 済 指 標 1. ベトナム: 現

More information

平成25年度決算への新会計基準の影響

平成25年度決算への新会計基準の影響 平 成 25 年 度 決 算 への 新 会 計 基 準 の 影 響 枚 方 市 上 下 水 道 局 2015/03/31 新 会 計 基 準 適 用 による 決 算 への 影 響 解 説 目 次 平 成 25 年 度 決 算 の 概 況... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 の 特 徴... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 見 直 しの 概 要... 3 借 入 賅 本 金 制 度

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031362D30322D32342091E63130308AFA2098418C8B928D8B4C955CA58CC295CA928D8B4C955C>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031362D30322D32342091E63130308AFA2098418C8B928D8B4C955CA58CC295CA928D8B4C955C> 第 100 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての 法 令 および 定 款 に 基 づくインターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 平 成 27 年 1 月 1 日 から 平 成 27 年 12 月 31 日 まで) 東 洋 ゴム 工 業 株 式 会 社 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記

More information

表1_4

表1_4 2010 2 4 9 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 46 50 52 54 55 56 58 70 110 111 113 114 117 118 120 121 124 131 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 1,318 64.6 19 39.2 42 64 747.7

More information

Microsoft PowerPoint - sample_ ppt

Microsoft PowerPoint - sample_ ppt 追 加 型 証 券 投 資 信 託 /ファンド オブ ファンズ/ 自 動 継 続 投 資 適 用 080324-CS-6 7エジプト 主 な 投 資 対 象 地 域 1サウジアラビア 8モロッコ 2アラブ 首 長 国 連 邦 (UAE) 9チュニジア 8 9 7 10 11 3 6 5 3クウェート 10ヨルダン 1 2 4 4オマーン 11レバノン 5カタール 6バーレーン 上 記 の 国 への

More information

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度 取 引 先 の 突 然 の 倒 産 もしものときの 資 金 調 達 しっかりサポートします 経 営 セーフティ 共 済 ( 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 ) 制 度 のしおり 平 成 23 年 10 月 経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため

More information

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A その 他 法 律 2012 年 10 月 5 日 全 13 頁 いまさら 人 には 聞 けない 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )のQ&A 金 融 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では 航 空 法 放 送 法 など 個 別 業 法 による 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )に 関 す る 基 本 的 な 事 項 をQ&A

More information

<87408A778D5A9640906C89EF8C768AEE8F8081698267323782A982E782CC90568AEE8F80816A82C982C282A282C42E786C73>

<87408A778D5A9640906C89EF8C768AEE8F8081698267323782A982E782CC90568AEE8F80816A82C982C282A282C42E786C73> 学 校 法 人 会 計 基 準 について ( 平 成 27 年 度 以 降 ) 予 算 と 決 算 の 両 方 を 満 たす 計 算 体 系 の 説 明 学 校 法 人 の 概 要 学 校 法 人 とは 学 校 教 育 法 私 立 学 校 法 の 定 めるところにより 私 立 学 校 の 設 置 を 目 的 に 設 立 された 法 人 です 私 立 学 校 は この 学 校 法 人 によって 設 置

More information

公的年金をスリム化し社会保障費を軽減する英国年金制度

公的年金をスリム化し社会保障費を軽減する英国年金制度 欧 州 経 済 2013 年 12 月 9 日 全 7 頁 公 的 年 金 をスリム 化 し 社 会 保 障 費 を 軽 減 する 英 国 年 金 制 度 物 価 連 動 国 債 の 投 資 へ 傾 斜 する 英 国 年 金 ユーロウェイブ@ 欧 州 経 済 金 融 市 場 Vol.14 ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅 野 泰 夫 研 究 員 沼 知 聡 子 [ 要 約 ] 近 年

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

営業秘密管理指針(案)の概要

営業秘密管理指針(案)の概要 ( 別 紙 1-2) 外 為 法 に 基 づく 対 内 投 資 規 制 の 見 直 しについて ( 参 考 資 料 ) 平 成 1 9 年 6 月 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 外 国 投 資 家 による 対 内 直 接 投 資 が 国 の 安 全 を 損 ない 公 の 秩 序 の 維 持 を 妨 げ 公 衆 の 安 全 の 保 護 に 支 障 を 来 す 等 のおそれがある 場

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

Microsoft Word - 外貨建取引.docx

Microsoft Word - 外貨建取引.docx 外 貨 建 取 引 第 1 回 : 外 貨 建 取 引 と 在 外 支 店 の 換 算 2010.09.02 新 日 本 有 限 責 任 監 査 法 人 公 認 会 計 士 山 岸 聡 はじめに 外 貨 建 取 引 等 会 計 処 理 基 準 ( 以 下 会 計 基 準 )および 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 4 号 外 貨 建 取 引 等 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針

More information

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 )

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 5 事 業 認 定 の 概 要 6 事 業 認 定 とは 何 か 6 都 市 計 画 事 業 の 取

More information

要 望 項 目 1 景 気 回 復 に 向 けた 諸 施 策 の 実 施 並 びに 環 境 変 化 に 伴 う 中 小 企 業 への 支 援 について 2 仙 台 空 港 における 新 規 路 線 ( 国 内 外 )の 拡 充 とアクセス 鉄 道 の 建 設 促 進 について 3 仙 台 塩 釜 港

要 望 項 目 1 景 気 回 復 に 向 けた 諸 施 策 の 実 施 並 びに 環 境 変 化 に 伴 う 中 小 企 業 への 支 援 について 2 仙 台 空 港 における 新 規 路 線 ( 国 内 外 )の 拡 充 とアクセス 鉄 道 の 建 設 促 進 について 3 仙 台 塩 釜 港 平 成 16 年 9 月 公 明 党 代 表 神 崎 武 法 殿 要 望 書 宮 城 県 商 工 会 議 所 連 合 会 会 長 村 松 巖 要 望 項 目 1 景 気 回 復 に 向 けた 諸 施 策 の 実 施 並 びに 環 境 変 化 に 伴 う 中 小 企 業 への 支 援 について 2 仙 台 空 港 における 新 規 路 線 ( 国 内 外 )の 拡 充 とアクセス 鉄 道 の 建 設

More information

Microsoft Word - MTBB2011_Jap_ FINAL 4Nov2011 _content_1.docx

Microsoft Word - MTBB2011_Jap_ FINAL 4Nov2011 _content_1.docx 1. マレーシアに 新 規 投 資 する 場 合 の 事 業 形 態 日 本 企 業 のマレーシアへの 進 出 形 態 としては 駐 在 員 事 務 所 支 店 現 地 法 人 の 3 つが 考 えら れる 基 本 的 にマレーシア 政 府 は 現 地 法 人 による 外 資 導 入 を 奨 励 している 支 店 及 び 駐 在 員 事 務 所 の 設 置 は 制 限 的 に 認 可 され 認 可

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674> 資 料 3 第 2 回 病 院 等 を 対 象 とするヘルスケアリートの 活 用 に 係 るガイドライン 検 討 委 員 会 THE ASSOCIATION FOR REAL ESTATE SECURITIZATION 投 資 法 人 の 活 動 及 び 資 産 運 用 の 範 囲 等 について 2014 年 10 月 23 日 ( 木 ) 一 般 社 団 法 人 不 動 産 証 券 化 協 会 Jリートの

More information

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 会 計 期 間 第 94 期 第 2 四 半 期 連 結 累 計 期 間 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 9 月 30 日 第 95 期 第 2 四 半 期 連

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 会 計 期 間 第 94 期 第 2 四 半 期 連 結 累 計 期 間 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 9 月 30 日 第 95 期 第 2 四 半 期 連 表 紙 提 出 書 類 根 拠 条 文 金 融 商 品 取 引 法 第 24 条 の4の7 第 1 項 提 出 先 関 東 財 務 局 長 提 出 日 平 成 27 年 11 月 13 日 四 半 期 会 計 期 間 第 95 期 第 2 四 半 期 ( 自 平 成 27 年 7 月 1 日 至 平 成 27 年 9 月 30 日 ) 会 社 名 小 田 急 電 鉄 株 式 会 社 英 訳 名 Odakyu

More information

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標 資 料 1-2 参 考 資 料 ( 財 政 規 律 情 報 公 開 報 酬 給 与 ) 平 成 25 年 4 月 2 日 参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例

More information

untitled

untitled 平 成 22 年 (2010 年 )3 月 1 日 NO.2010-09 韓 国 経 済 プレゼンス 拡 大 の 背 景 韓 国 は グローバル 金 融 危 機 後 世 界 的 にみて 比 較 的 早 い 段 階 で 景 気 が 持 ち 直 した ほか 家 電 や 自 動 車 といった 主 力 製 品 の 世 界 市 場 でのシェア 拡 大 など 躍 進 が 目 立 っ ている 以 下 では 最 近

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押 2011 年 12 月 26 日 米 国 新 規 失 業 保 険 申 請 件 数 は36.4 万 件 に 減 少 08 年 4 月 以 来 の 低 水 準 となった 11 月 の 中 古 住 宅 販 売 件 数 は 前 月 比 で4% 増 を 示 し 10か 月 ぶりの 高 水 準 となった 米 議 会 が 給 与 減 税 の2ヶ 月 延 長 で 合 意 に 達 し オバマ 大 統 領 の 支 持

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

(3) 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 実 行 滞 納 管 理 費 等 に 係 る 債 権 は 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 被 担 保 債 権 となってい るため 債 務 名 義 ( 確 定 判 決 等 )を 取 得 せずとも 先 取 特 権 の

(3) 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 実 行 滞 納 管 理 費 等 に 係 る 債 権 は 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 被 担 保 債 権 となってい るため 債 務 名 義 ( 確 定 判 決 等 )を 取 得 せずとも 先 取 特 権 の 滞 納 管 理 費 等 回 収 のための 管 理 組 合 による 措 置 に 係 るフローチャート( 解 説 ) フローチャートにおける 各 手 順 の 概 要 は つぎのとおりである (1) 督 促 管 理 組 合 は 滞 納 者 に 対 して 滞 納 管 理 費 等 の 支 払 の 督 促 とともに 今 後 も 滞 納 が 継 続 する 場 合 には その 状 況 に 応 じてさらなる 措 置

More information

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい 東 北 大 学 消 費 者 法 問 題 研 究 会 2006.4.22. 行 政 による 消 費 者 被 害 救 済 事 業 者 制 裁 を 考 える * 細 川 幸 一 1. 問 題 意 識 消 費 者 問 題 の 解 決 には 消 費 者 自 らが 消 費 者 私 法 を 活 用 し 権 利 利 益 の 回 復 を 図 る 司 法 的 手 段 と 行 政 が 市 場 に 介 入 し 事 業 者

More information

四半期報告書

四半期報告書 四 半 期 報 告 書 ( 第 44 期 第 3 四 半 期 ) 自 平 成 27 年 10 月 1 日 至 平 成 27 年 12 月 31 日 目 次 表 紙 1 頁 第 一 部 企 業 情 報 2 第 1 企 業 の 概 況 2 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 2 2 事 業 の 内 容 2 第 2 事 業 の 状 況 3 1 事 業 等 のリスク 3 2 経 営 上 の 重

More information

(4) 株 式 利 子 および 配 当 等 の 権 益 性 投 資 所 得 は 所 得 を 分 配 する 企 業 の 所 在 地 に 基 づき 確 定 する; (5) 利 息 所 得 賃 貸 料 所 得 特 許 権 使 用 料 所 得 は これらの 所 得 を 負 担 もしくは 支 払 う 企 業

(4) 株 式 利 子 および 配 当 等 の 権 益 性 投 資 所 得 は 所 得 を 分 配 する 企 業 の 所 在 地 に 基 づき 確 定 する; (5) 利 息 所 得 賃 貸 料 所 得 特 許 権 使 用 料 所 得 は これらの 所 得 を 負 担 もしくは 支 払 う 企 業 中 華 人 民 共 和 国 企 業 所 得 税 法 実 施 条 例 第 1 章 総 則 第 1 条 中 華 人 民 共 和 国 企 業 所 得 税 法 ( 以 下 企 業 所 得 税 法 と 略 称 )の 規 定 に 基 づ き 本 条 例 を 制 定 する 第 2 条 企 業 所 得 税 法 第 1 条 にいう 個 人 独 資 企 業 パートナーシップ 企 業 とは 中 国 の 法 律 行 政 法

More information

https://edits1.pronexus.co.jp/cgi-bin/WebObjects/Edits.woa/67/w

https://edits1.pronexus.co.jp/cgi-bin/WebObjects/Edits.woa/67/w 四 半 期 報 告 書 ( 第 67 期 第 1 四 半 期 ) 自 平 成 20 年 4 月 1 日 至 平 成 20 年 6 月 30 日 丸 八 証 券 株 式 会 社 目 次 表 紙 頁 第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 1 2 事 業 の 内 容 2 3 関 係 会 社 の 状 況 2 4 従 業 員 の 状 況 2 第

More information

は 以 下 のことに 注 意 する 必 要 がある 1 買 収 合 併 関 係 者 は 中 国 の 外 貨 管 理 に 関 する 法 律 に 従 い 遅 滞 なく 外 貨 管 理 機 関 にて 外 貨 の 許 可 登 記 記 録 と 変 更 手 続 をしなければなら ない 2 外 国 投 資 者 が

は 以 下 のことに 注 意 する 必 要 がある 1 買 収 合 併 関 係 者 は 中 国 の 外 貨 管 理 に 関 する 法 律 に 従 い 遅 滞 なく 外 貨 管 理 機 関 にて 外 貨 の 許 可 登 記 記 録 と 変 更 手 続 をしなければなら ない 2 外 国 投 資 者 が 資 本 取 引 2016 年 06 月 30 日 更 新 1. 資 本 取 引 の 外 貨 口 座 の 種 類 国 内 外 貨 口 座 管 理 規 定 (1997 年 10 月 15 日 より 実 施 )により 外 資 企 業 の 中 国 現 地 法 人 の 場 合 外 貨 資 金 は 用 途 に 応 じて 資 本 金 口 座 国 内 外 貨 ローン 専 用 口 座 外 債 専 用 口 座 などで

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 :

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 平 成 28 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 2 月 2 日 上 場 会 社 名 横 河 電 機 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 6841 URL http://www.yokogawa.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 西 島 剛 志 問 合 せ 先

More information

Microsoft Word - ARS413 ミャンマーNLD2015マニュフェスト docx

Microsoft Word - ARS413 ミャンマーNLD2015マニュフェスト docx 平 成 27 年 (2015 年 )11 月 17 日 BTMU Global Business Insight 臨 時 増 刊 号 AREA Report 413 ミャンマー: 国 民 民 主 連 盟 (NLD)マニュフェスト 要 旨 :ミャンマーの 総 選 挙 で 大 勝 した 国 民 民 主 連 盟 の 総 選 挙 マニュフェストを 掲 載 する 2015 年 11 月 8 日 に 実 施 されたミャンマー

More information

P 関 連 政 策 大 綱 平 成 27 年 度 農 林 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 Q.3 海 外 から 大 量 の 食 品 が 輸 入 され 食 の 安 全 や 安 心 が 損 なわれませんか 残 留 農 薬 や 食 品 添 加 物 の 基 準 が 緩 和 されませんか 遺 伝

P 関 連 政 策 大 綱 平 成 27 年 度 農 林 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 Q.3 海 外 から 大 量 の 食 品 が 輸 入 され 食 の 安 全 や 安 心 が 損 なわれませんか 残 留 農 薬 や 食 品 添 加 物 の 基 準 が 緩 和 されませんか 遺 伝 TPPを 巡 る 懸 念 や 不 安 に 関 する Q&A (2015 年 12 月 24 日 作 成 ) Q.1 恩 恵 を 受 けるのは 大 企 業 だけで 地 方 の 中 小 企 業 にはメリットがないの ではないでしょうか A. TPP 協 定 には これまで 海 外 展 開 を 躊 躇 してきた 中 堅 中 小 企 業 にとって もメリットとなる 様 々な 内 容 が 盛 り 込 まれています

More information

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義 コンサルティングレポート 2013 年 10 月 11 日 全 13 頁 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 の 現 状 と 政 策 的 意 義 コンサルティング ソリューション 第 一 部 主 任 コンサルタント 米 川 誠 [ 要 約 ] 本 年 3 月 20 日 阪 神 三 宮 駅 の 全 面 改 良 工 事 が 完 成 した これにより アクセス 性 向 上 乗 り 換 え 時 間 短

More information

IFRS適用後も出荷基準は適用できるのか

IFRS適用後も出荷基準は適用できるのか Legal and Tax Report 2010 年 9 月 27 日 全 9 頁 IFRS 適 用 後 も 出 荷 基 準 は 適 用 できるのか 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 鳥 毛 拓 馬 IFRS 業 種 別 レポート1 収 益 認 識 ( 現 行 IFRS)の 業 種 別 影 響 [ 要 約 ] 現 在 わが 国 の 会 計 基 準 設 定 主 体 である 企 業 会

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

の 割 増 (3) 共 済 年 金 職 域 部 分 (243 万 円 )の 廃 止 と それに 替 わる 年 金 払 い 退 職 給 付 の 新 設 共 済 年 金 の 職 域 部 分 はすでに 2015 年 10 月 に 廃 止 することが 決 定 済 みであるの で 年 金 払 い 退 職 給

の 割 増 (3) 共 済 年 金 職 域 部 分 (243 万 円 )の 廃 止 と それに 替 わる 年 金 払 い 退 職 給 付 の 新 設 共 済 年 金 の 職 域 部 分 はすでに 2015 年 10 月 に 廃 止 することが 決 定 済 みであるの で 年 金 払 い 退 職 給 全 大 教 資 料 No.12-02 2012 年 11 月 退 職 金 の 大 幅 切 り 下 げをさせないための 第 1 次 討 議 資 料 2012 年 11 月 22 日 全 国 大 学 高 専 教 職 員 組 合 中 央 執 行 委 員 会 政 府 は 8 月 7 日 国 家 公 務 員 の 退 職 手 当 を 平 均 402.6 万 円 引 き 下 げること および 独 立 行 政 法

More information

期 の1 株 当 たりの 利 益 をマイナスすることによって 求 めることができる 下 期 (2014 年 10 月 ~2015 年 3 月 )の1 株 当 たりの 利 益 52 円 (98.5 円 -46.5 円 =52 円 ) よって 下 期 の 利 益 が 多 い 問 5 3 ユーロ 定 期

期 の1 株 当 たりの 利 益 をマイナスすることによって 求 めることができる 下 期 (2014 年 10 月 ~2015 年 3 月 )の1 株 当 たりの 利 益 52 円 (98.5 円 -46.5 円 =52 円 ) よって 下 期 の 利 益 が 多 い 問 5 3 ユーロ 定 期 一 発 合 格!FP 技 能 士 2 級 AFP 完 全 攻 略 実 戦 問 題 集 16-17 年 版 別 冊 FP 技 能 士 2 級 AFP 2016 年 1 月 実 施 試 験 解 答 & 解 説 実 技 試 験 資 産 設 計 提 案 業 務 ( 日 本 FP 協 会 ) 問 題 解 答 解 説 第 1 問 問 1 (ア) (イ) (ウ) (エ) (ア) 適 切 弁 護 士 資 格 を 有

More information

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」 山 崎 志 郎 8 経 済 総 動 員 体 制 の 経 済 構 造 歴 史 学 研 究 会 日 本 史 研 究 会 編,2005 日 本 史 講 座 第 9 巻 近 代 の 転 換 報 告 者 : 松 岡 美 根 子 2006.04.29(SAT) 筆 者 : 山 崎 志 郎 ( 教 授 )1957 年 生 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 経 営 学 系 経 営 学 コース 社 会

More information

Microsoft Word - レポートフォーマット1

Microsoft Word - レポートフォーマット1 NYマーケットレポート(2015 年 3 月 13 日 ) NY 市 場 では 序 盤 に 発 表 された 米 生 産 者 物 価 指 数 が 予 想 外 の 悪 化 となり 4ヵ 月 連 続 のマイナスとなったことや ミシガン 大 学 消 費 者 信 頼 感 指 数 が 昨 年 11 月 以 来 4ヵ 月 ぶりの 低 水 準 となったことを 受 けて 米 経 済 に 対 する 楽 観 的 な 見

More information

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 先 課 題 推 進 枠 や 地 財 政 計 画 における

More information

untitled

untitled 平 成 25 年 (213 年 )9 月 2 日 ローン 減 税 の 拡 充 と 消 費 税 率 引 き 上 げが 着 工 に 与 える 影 響 について 要 旨 214 年 4 月 に 予 定 される 消 費 税 率 引 き 上 げの 最 終 決 定 が いよいよ 1 月 の 初 旬 に 迫 ってきた 消 費 税 率 引 き 上 げは その 前 後 に 発 生 する 駆 け 込 み 需 要 と 反

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要 株 価 引 き 下 げ 対 策 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1. 株 価 引 き 下 げの 目 的 2. 株 式 の 評 価 の 仕 組 み 3. 取 引 相 場 のない 株 式 についての 評 価 方 法 4. 株 価 引 き 下 げの3つの 方 法 Ⅱ 株 価 引 き 下 げのポイント 1. 配 当 金 の 引 き 下 げによる 株 価 引 き

More information

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) : 無 新 規 - 社 ( 社 名 ) 除 外 - 社 ( 社 名 ) (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 計 上 の 見 積 りの 変

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) : 無 新 規 - 社 ( 社 名 ) 除 外 - 社 ( 社 名 ) (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 計 上 の 見 積 りの 変 平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 5 月 13 日 上 場 会 社 名 市 光 工 業 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 7244 URL http://www.ichikoh.com/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) オードバディ アリ 問 合 せ 先 責 任 者 (

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負 [ 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 ] 経 営 者 にも 退 職 金 を ゆとりある 老 後 を 支 える 安 心 の 共 済 です 小 規 模 企 業 共 済 制 度 のしおり 小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 平 成 23 年 度 税 制 改 正 平 成 22 年 度 税 制 改 正 により 平 成 23 年 度 から 適 用 される 措 置 http://www.up-firm.com 1 平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

日経平均と騰落レシオ

日経平均と騰落レシオ 今 さら 人 に 聞 けない!!マレーシアってどんな 国? 1 基 礎 データ 面 積 約 33 万 平 方 キロメートル( 日 本 の 約.9 倍 ) 人 口 約 2995 万 人 (213 年 マレーシア 統 計 局 ) 主 な 都 市 クアラルンプール( 首 都 ) ペナン ジョホールバル コタキナバル 南 シナ 海 をはさんで 東 西 に 分 かれている 左 側 のタイから 南 に 延 び

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

12 理化学研究所

12 理化学研究所 国 立 研 究 開 発 法 人 理 化 学 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 理 化 学 研 究 所 は 長 い 歴 史 を 有 し これまで 世 界 の 第 一 線 にて 研 究 をリー ドしてきたところである

More information

Microsoft Word - 1st quarter 2012_Special Issue_Final

Microsoft Word - 1st quarter 2012_Special Issue_Final 1 2012 年 第 1 四 半 期 特 別 号 タイの 経 済 関 連 政 策 タイ 政 府 による 2012 年 の 経 済 成 長 重 視 政 策 2012 年 のタイ 経 済 は 様 々な 経 済 的 リスクに 直 面 しています 例 として 欧 州 債 務 問 題 による 世 界 経 済 不 安 原 油 価 格 高 騰 昨 年 の 水 害 を 受 けた 工 業 生 産 の 回 復 テンポなどが

More information

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」 中 国 における 地 方 財 政 問 題 と 地 方 債 発 行 の 実 行 可 能 性 についての 研 究 李 建 偉 中 国 国 務 院 発 展 研 究 中 心 マクロ 経 済 研 究 部 副 処 長 1. 中 国 の 地 方 財 政 が 直 面 している 主 要 な 問 題 1.1. 分 税 制 改 革 実 施 後 中 央 と 地 方 における 財 政 管 理 権 と 事 務 処 理 権 の

More information

1. 広 島 市 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口 は 117 万 人 ( 平 成 22 年 国 調 )であり 全 国 11 位 昭 和 3 年 代 に 5 万 人 に 達 し 周 辺 市 町 村 との 合 併 により 市 域 の 拡 大 した 昭 和 6 年 には 1 万 人 を 超 え

1. 広 島 市 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口 は 117 万 人 ( 平 成 22 年 国 調 )であり 全 国 11 位 昭 和 3 年 代 に 5 万 人 に 達 し 周 辺 市 町 村 との 合 併 により 市 域 の 拡 大 した 昭 和 6 年 には 1 万 人 を 超 え 215 年 1 月 株 式 会 社 日 本 政 策 投 資 銀 行 中 国 支 店 株 式 会 社 日 本 経 済 研 究 所 総 務 本 部 経 営 企 画 部 人 口 減 少 時 代 における 広 島 都 市 圏 の 現 状 と 女 性 の 就 業 状 況 < 要 旨 > - 国 勢 調 査 にみる 人 口 動 向 を 中 心 に- 広 島 都 市 圏 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口

More information

1. 消 費 の 低 迷 を 背 景 とした 日 本 経 済 の 停 滞 の 見 方 を 維 持 : 成 長 の 微 修 正 2015 年 度 は 前 年 度 の 落 ち 込 みを 回 復 せ ず 景 気 の 現 状 をみると 2015 年 度 の 実 質 GDP 1 は+0.8%となり 2 年 振

1. 消 費 の 低 迷 を 背 景 とした 日 本 経 済 の 停 滞 の 見 方 を 維 持 : 成 長 の 微 修 正 2015 年 度 は 前 年 度 の 落 ち 込 みを 回 復 せ ず 景 気 の 現 状 をみると 2015 年 度 の 実 質 GDP 1 は+0.8%となり 2 年 振 2016 年 5 月 24 日 新 生 銀 行 金 融 調 査 部 MRFRD-20160004 消 費 の 実 態 は 弱 く 景 気 は 停 滞 との 見 方 を 維 持 ~2016 2017 年 度 の 日 本 経 済 の 見 通 し~ 実 質 GDP の 予 想 2016 年 度 ( 増 税 あり) 0.5% ( 増 税 なし) 0.5% 2017 年 度 ( 増 税 あり) 0.3% (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

給付減額を行った厚生年金基金数

給付減額を行った厚生年金基金数 論 点 3 厚 生 年 金 基 金 制 度 等 の 在 り 方 関 係 資 料 資 料 2-2 代 行 制 度 の 意 義 役 割 と 変 遷 1 1. 代 行 制 度 の 性 格 代 行 制 度 は 公 的 年 金 の 一 部 を 基 金 という 国 以 外 の 者 が 管 理 運 用 する 仕 組 み イギリスの 適 用 除 外 制 度 とは 異 なり 公 的 年 金 としての 性 格 を 持

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

20121213適時開示

20121213適時開示 各 位 2011 年 12 月 13 日 会 社 名 ミ サ ワ ホ ー ム 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 執 行 役 員 竹 中 宣 雄 (コード 番 号 1722 東 証 大 証 名 証 第 1 部 ) 問 合 せ 先 経 営 企 画 部 広 報 IR 担 当 部 長 中 村 孝 (TEL.03-3349-8088) 第 三 者 割 当 増 資 による 優 先 株

More information

Microsoft Word _受益者向けレター.doc

Microsoft Word _受益者向けレター.doc 受 益 者 の 皆 様 へ 2010 年 5 月 10 日 キャピタル インターナショナル 株 式 会 社 基 準 価 額 の 動 向 と 今 後 の 投 資 環 境 について キャピタル 世 界 株 式 ファンド ギリシャの 財 政 悪 化 に 伴 う 信 用 不 安 を 発 端 に 世 界 の 株 式 市 場 が 大 きく 下 落 しています 4 月 27 日 には 大 手 格 付 会 社 がギリシャ

More information

震 災 の 経 済 効 果 2

震 災 の 経 済 効 果 2 東 日 本 大 震 災 からの 経 済 復 興 の 課 題 と 提 言 佐 藤 主 光 一 橋 大 学 1 震 災 の 経 済 効 果 2 震 災 の3つの 影 響 第 1 次 災 害 第 2 次 災 害 第 3 次 災 害 インフラ 住 宅, 工 場 等 の 震 災 の 直 接 的 被 害 内 閣 府 の 試 算 ( 平 成 23 年 3 月 23 日 ) 約 16 兆 円 ~ 最 大 25 兆

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

広 島 高 速 道 路 ネットワーク 広 島 都 市 高 速 道 路 整 備 計 画 路 線 供 用 区 間 凡 例 事 業 中 区 間 暫 定 2 車 線 区 間 整 備 ランプ 公 共 事 業 整 備 区 間 基 本 計 画 路 線 計 画 検 討 路 線 1

広 島 高 速 道 路 ネットワーク 広 島 都 市 高 速 道 路 整 備 計 画 路 線 供 用 区 間 凡 例 事 業 中 区 間 暫 定 2 車 線 区 間 整 備 ランプ 公 共 事 業 整 備 区 間 基 本 計 画 路 線 計 画 検 討 路 線 1 広 島 高 速 道 路 公 社 IR 説 明 資 料 Hiroshima expressway public corporation 2008 年 12 月 広 島 高 速 道 路 公 社 Hiroshima expressway public corporation 広 島 高 速 道 路 ネットワーク 広 島 都 市 高 速 道 路 整 備 計 画 路 線 供 用 区 間 凡 例 事 業 中 区

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

Microsoft Word - 16_2

Microsoft Word - 16_2 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 213 年 8 月 号 ユーロ 圏 中 核 国 に 広 がる 経 済 悪 化 の 影 響 < 要 旨 > 昨 年 9 月 以 降 ユーロ 圏 の 金 融 市 場 は 落 ち 着 いているが 周 縁 国 のみならず 中 核 国 においても 実 体 経 済 の 悪 化 が 長 引 くと 銀 行 の 経 営 状 況 ひいては 金 融 システムの 安 定 性

More information

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc 非 営 利 法 人 委 員 会 研 究 資 料 第 3 号 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 と 展 望 平 成 20 年 9 月 2 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1. 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 認 識 と 問 題 点... 1 (1) 設 立 根 拠 法 令 ごとの 会 計 基 準... 1 (2) 所 轄 庁 の 指 導 監 督 目 的 と 会 計 基 準...

More information

資料6 国の行政機関等における法曹有資格者の採用状況についての調査結果報告(平成27年10月実施分)(法務省提出資料)

資料6 国の行政機関等における法曹有資格者の採用状況についての調査結果報告(平成27年10月実施分)(法務省提出資料) 国 の 行 政 機 関 等 における 法 曹 有 資 格 者 の 採 用 状 況 についての 調 査 結 果 報 告 ( 平 成 27 年 10 月 実 施 分 ) 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 第 1 調 査 の 概 要 目 的 : 国 の 行 政 機 関 等 における 法 曹 有 資 格 者 の 採 用 の 現 状 等 について 調 査 実 施 時 期 : 平 成 27 年 10

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください ~ 平 成 25 年 度 税 制 改 正 ~ 新 しい 事 業 承 継 税 制 の 概 要 平 成 25 年 6 月 1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご

More information