<4D F736F F D208FBC967B8E7396AF918D8D4B959F DC58F49838C837C815B83672E646F63>

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D208FBC967B8E7396AF918D8D4B959F83768389839381518DC58F49838C837C815B83672E646F63>"

Transcription

1 幸 福 論 先 進 国 ブータンより 学 ぶ 松 本 市 における 松 本 市 民 総 幸 福 (GMCH)プラン Gross Matsumoto Citizens Happiness Plan

2 の1 を5 げ2006 幸 福 松 量 本 (GNH)という 政 経 塾 では 今 後 の 指 国 標 家 や 取 地 り 域 組 のあるべき みに 興 姿 を 模 索 している 中 で ブータン 王 国 における 国 民 総 はしがき 本 た に 住 む 私 たち 市 民 が 幸 福 になることは 誰 もが 味 を 望 持 むことであり その ち 数 回 の 勉 強 会 幸 を 福 開 度 催 を して 高 める 参 りました そして 必 要 性 を 知 りまし 松 統 しかしいかにその 一 した 定 義 や 観 点 幸 を 福 見 を 出 すことの 実 現 していくかは 難 しさも 難 同 題 時 に 勉 強 することができました 幸 福 に 対 定 義 や 価 私 値 たちの 観 の 違 生 いなどより 認 上 識 主 も 義 の 得 中 ることもできました 置 かれ 経 済 的 に 豊 かになることに 主 題 がおかれ 幸 福 を 実 現 や 体 感 出 来 ないという 活 が 経 共 済 通 至 で が ぜひ ご この 私 たちなりの 非 常 に 難 一 しい 読 いただき 松 課 本 題 市 に 民 今 対 総 後 し 幸 の 私 福 地 プラン をまとめてみました たちの 方 都 市 英 における 知 を 集 め 各 種 時 課 には 題 解 様 決 々なディスカッションを への 稚 拙 礎 なる になれば 部 分 もあろうかと 幸 いです 繰 り 思 返 います すこと い 最 時 後 期 に 今 勉 回 強 の 会 に 勉 参 強 加 会 に 頂 いた 賛 同 いただき 松 本 政 経 講 塾 の 師 を 塾 快 生 に く 感 引 謝 き 申 受 し けた 上 松 げます 本 市 役 所 の 井 上 様 また 年 末 年 始 の 忙 し 場 ブータン に や 端 を 全 発 体 王 する 主 国 義 中 は 的 な 急 国 の 伝 速 な 進 統 を 出 近 で 維 代 領 持 化 ( しようとする 土 欧 米 化 割 )のなかで を 事 政 実 治 上 に 喪 世 失 近 界 して 代 的 化 な 内 の 注 陸 速 目 の 度 が 農 をコントロールしながら 集 村 まっています 部 に 強 い 影 響 を 受 けた 政 文 治 化 的 大 立 革 命 革 新 的 な 面 年 以 降 の 国 王 権 限 の 縮 小 を 挙 げる 事 ができます 行 政 の 実 権 の 返 上 と 国 政 家 元 首 への 専 念 を 基 本 として 国 民 議 会 に 国 王 不 信 任 決 議 の 権 利 を 付 与 し 国 王 定 年 制 を 提 案 閣 僚 任 ました また 権 の を 実 放 権 を 棄 し 担 う 国 首 会 急 相 議 速 員 職 な による を 近 設 代 立 化 無 し を 記 憂 各 名 い 閣 信 僚 任 急 が 投 ぎ 任 票 過 として ぎない 年 の 開 輪 任 番 期 を 制 で 主 首 年 眼 相 に とした を 定 担 め 当 自 するというシステムを 内 然 閣 環 を 境 刷 の 新 保 しまた また 護 を 進 めていま 導 入 行 し としては 1998 は す 総 選 に 挙 譲 が 位 実 し ジグミ ケサル ナムゲル ワンチュクが 施 歳 で 即 位 したジグミ シンゲ ワンチュクが 年 に 退 位 することを 発 表 していましたが 代 国 王 永 に らく 即 位 国 王 予 の 定 座 を 繰 り 上 月 年 に年 化 日 に 初 伝 の 代 統 成 国 的 文 王 服 憲 は 法 過 典 激 が な 公 近 布 代 され 化 や 外 名 部 実 文 ともに 化 の 過 立 度 憲 の 君 流 主 入 国 を へと 嫌 い 移 行 伝 しました 統 的 工 法 による 建 物 の 建 築 のルール として16 装 の にあり 2005 されました 2008 民 強 総 制 幸 福 世 量 )の 界 的 な 提 国 唱 の 等 判 を 断 実 基 施 準 しています となっているGNPに 代 しました わるGNH(Gross Ⅰ.ブータンの 勉 強 会 より 1 回 目 第 月 Happiness: 国 期 1 第 5 年 7 18 National

3 当 民 日 総 幸 福 度 )の 年 国 ブータン 月 に 静 岡 総 人 合 々は 研 究 本 機 当 構 に 幸 主 せか?というレポートの 任 研 究 員 鈴 木 法 之 氏 の 発 紹 表 介 した をしました 調 査 内 容 国 的 ブータン 国 な 民 豊 総 かさも 幸 福 度 とはGross National Happiness (GNH) の 訳 であり 物 質 的 な 豊 かさだけでなく 精 神 は2010 第 4 尺 代 度 に 入 れた 幸 福 度 を 表 す 考 え 方 です 4 国 王 :ジグミ シンゲ ワンチュク 氏 が 国 民 総 生 産 (Gross NationalProduct: をもとに GNH( 代 わる 概 ブータン 念 として 王 提 国 ではGNHの 唱 したそうです 増 大 を 国 開 発 政 策 の 理 念 として 打 ち 出 しているそうです GNP) に 現 ( で 内 在 推 閣 移 府 我 しているそうです ) が によれば 国 の 有 効 求 人 々の 倍 率 生 は 1963 活 満 足 年 度 の 調 関 査 して 開 始 以 満 来 足 の している 最 低 水 準 となっています との 回 答 は 全 体 の1 国 民 割 程 活 度 選 と 好 低 度 水 調 準 査 一 方 王 が 提 ブータン 唱 したGNH 王 国 は ( 国 民 ヒマラヤの 総 幸 福 度 ) 麓 の に 概 位 念 置 が し インドや 世 界 から 注 目 中 されています 国 といった 大 国 GNP に 挟 ( まれた 国 民 総 小 生 国 産 ですが ) の 概 念 前 ことができる 代 わるものとして 環 境 位 づくりを 置 付 けられ 目 指 しているところに 経 済 的 な 豊 かさのみを 特 徴 があります 追 い 求 めるのではなく ブータンにおける 個 人 が 国 幸 勢 せを 調 査 感 では じるに 国 重 て 要 民 課 の9 地 題 域 といえるでしょう 割 の 以 活 上 性 が 化 と 幸 住 せ 民 の と 幸 回 福 答 増 したという 大 を 図 っていくことは 調 査 結 果 もあるそうです 地 方 分 権 が 進 時 む 代 地 の 方 変 自 革 治 期 体 にある の 役 割 日 として 本 におい 最 活 ブータン か 全 般 ( 希 に 望 国 満 度 内 足 ) で していますか の2 行 った 点 について 住 民 アンケート ( 満 満 足 足 度 度 調 ) では 査 では 世 の 中 満 103 は 足 次 名 第 ( ( に 満 都 暮 足 市 らしよい している + まあ 部 68 名 方 農 向 村 に 部 向 35 かっていると 満 名 足 ) している )と 中 あなたは 思 います 生 したとされている 人 の 割 合 は86.4%です かつて ブータンの 国 勢 調 査 において9 割 以 上 の 人 々が 幸 せ と 回 ちなみに 日 本 では 内 容 国 に 民 近 生 い 活 結 選 果 好 が 度 得 調 られたことになります 査 (2008)で 同 様 の 質 問 がされているが 満 足 と 回 答 した 人 答 ータンでは ります の 割 合 は55.9%です ただし ( 図 1) 61.2%であったのに 純 粋 対 に し 満 日 足 本 している では 10.3%であり と 回 答 した 人 大 だけの きく 差 結 が 果 開 を いていることが 比 較 してみると 分 かブ 2

4 一 す 都 市 方 部 純 では44.1%と ブータンの 粋 に 満 足 集 している 計 低 結 くなっています 果 を 都 と 市 回 部 答 と した 農 ( 図 村 人 2) 部 の に 割 分 合 類 を してみると 見 農 満 村 足 部 度 では94.3%であったのに の 傾 向 に 大 きな 違 いが 見 対 らま し ばそうである ) 次 に 希 望 度 では と 回 答 暮 した らしよい 人 の 割 方 合 向 は72.8%です に 向 かっていると 日 思 本 う でも ( 国 全 民 くそうである 生 活 選 好 度 調 査 + (2008) どちらかといえ で 同 様 の 質 希 問 だし がされていますが 全 くそうである 暮 らしよい と 回 答 した 方 人 向 に だけの 向 かっていると 結 果 を 比 較 してみると 思 う と 回 答 ブータンでは した 人 の 割 合 は10.2%です た 難 望 な を 状 感 況 じているのに にあることが 対 分 し かります 日 本 では ( 図 3) わずか0.7%となり 今 の 日 本 希 望 を 持 つことが 48.5%と 非 半 常 数 に が困 3

5 れます 市 しかし 部 では33.8%となっています ブータンの 全 くそうである 集 計 結 果 と を 回 都 答 ( 図 市 した 4) 部 と 人 農 の 村 割 部 合 に を 分 見 類 してみると 農 村 部 では77.1%であったのに ここでも 傾 向 に 大 きな 違 いが 対 し 見 ら都 住 と 村 比 民 アンケート べ 満 足 度 調 査 希 はサンプル 望 度 ともに 数 高 等 いことがわかります の 制 約 があるため 厳 一 密 方 な で 比 較 はできませんが ブータンでは 国 内 においても 都 市 部 日 と 本 ります 部 では 大 きな 違 いが 出 ていることが 明 らかです この 要 因 についての 関 係 機 関 のコメントが 次 にな農 展 関 らかになったという 係 だけでは 機 関 では 貧 困 GNHの 問 題 導 そこで 環 入 境 経 破 緯 壊 として 物 質 文 的 化 な 喪 ブータンでは 豊 失 かさだけでなく を 解 消 できず 先 進 国 必 の 精 ずしも 経 神 験 的 モデル な 国 豊 民 かさも の 幸 等 せに を 尺 研 度 直 究 に 結 した 入 しないことが れた 結 果 幸 経 福 済 度 明 発 をベースにGNHの としては 1 健 全 概 な 念 経 を 済 導 発 入 展 し と 開 国 発 民 の 2 幸 文 せを 化 の 目 保 指 護 す と 取 振 組 興 を 始 3 めることとしたようです 環 境 の 保 全 と 持 続 的 な 利 用 具 体 4よい 的 な 政 統 策 治 の4つを 柱 として 進 めているようです ( 表 1) 4

6 医 ことができ しかも 築 様 療 式 費 で の 統 無 一 料 され 化 に 関 無 国 しては 料 民 です 多 外 くはそれを 国 また 人 であってもパスポートを 伝 統 誇 文 りと 化 の 感 面 じていることが では 人 見 々が せることなく 民 窺 族 えます 衣 装 を 医 着 用 師 の し 診 察 街 と 並 投 みも 薬 を 伝 受 統 ける 的 建 森 を 図 林 の ることが 伐 採 制 限 や 民 の 世 幸 界 初 福 の 度 禁 を 向 煙 国 上 させるという 家 といった 国 高 民 に い 視 対 点 する から 義 務 実 や 施 制 されているようで 限 も 自 然 環 境 や 生 そのような 活 環 境 の 保 政 全 ブータン 推 し 進 める 国 王 を 国 民 が 尊 敬 している 雰 囲 気 が 感 じられます 策 で 幸 福 量 政 を 府 測 でGNHを るものではなく 推 進 する 組 政 織 府 である として 国 家 民 計 の 画 幸 委 福 員 を 会 増 によれば 大 するために GNHはGNPのように 何 をすべきか 考 え 定 量 検 的 討 な する 数 字 から ためのものだという 一 させようとしているようです 般 的 国 な 民 経 の 済 幸 福 社 に 会 関 指 わる 標 を 指 補 数 うものとして を 測 定 し それによって GNHインデックス 政 策 決 定 ( 国 者 民 が 総 国 幸 民 福 の 指 状 数 況 ) を 確 を 認 導 し 入 し 政 策 様 に 々な 反 映 面 近 差 一 が 年 出 始 首 めているため 都 ティンプーを その 中 心 流 に れをGNHの 経 済 開 発 や 取 情 組 報 で 化 良 が い 進 方 展 向 し に 進 ブータン めていく 国 方 内 針 でも のようです 都 市 部 と 農 村 部 では 格 である ドゥック 方 ブータン 西 派 部 が にあるプナカ 国 教 であり その 県 では 思 想 ブータンでは をベースに 地 大 域 乗 社 仏 会 教 や であるチベット 家 族 のつながりを 仏 教 大 カギュ 切 にしていると 派 の 支 派 いるようです いいます ブータン GNHにおいても 家 族 や 地 域 との 関 わりの 合 いを 測 るものとして コミュニティの 活 力 を 指 標 として 本 ことです 人 が 皆 政 忙 府 しそうで によると 余 裕 日 がなく 本 の 生 活 人 満 と 足 人 度 のつながりが がブータンと 欠 比 けてしまっていることを 較 低 いと 考 えられることについては 要 因 ではないかとの 日 ブータン 人 ごとの あたり5 特 国 徴 時 立 年 研 間 齢 の 究 層 所 面 の は2 談 違 を いを 行 年 い 8000 ごとに 把 握 します 聞 き 人 取 のデータを り 国 調 内 査 総 を 生 実 集 産 施 めるそうです これを (GDP)が し 人 個 口 人 67 消 万 費 人 や のうち 設 備 数 投 値 資 化 合 から して 計 72 成 歴 り 項 立 年 目 変 つように の 化 指 や 標 地 に1 域 GNHは 3. 心 健 理 康 的 幸 福 教 文 育 6.コミュニティー 環 化 7. 境 良 生 自 い 分 活 水 の 統 準 時 治 間 の 使 い 方 5

7 す ブータンの 正 の9つの 構 成 要 場 素 合 があるそうです GDPで は 計 測 できない 項 目 の 代 表 例 として 心 理 的 幸 福 が 挙 げられま 寛 満 容 足 負 慈 の 愛 2. 怒 不 り 満 感 情 が 場 3. を 嫉 心 の 人 に 妬 が 抱 怒 いた っているか 頻 度 を 地 域 慈 別 に 愛 に 聞 満 き ちているのか 国 民 の 感 情 を 示 一 す 目 地 でわかるといいます 図 を 作 っているそうです どの 地 域 のどんな 立 これまでの いった しかし 経 済 日 成 本 長 は ばかりを 国 全 体 追 で 求 経 したため 済 成 長 という 量 目 生 標 産 を システムによる 共 有 し 一 丸 となってその 大 量 消 費 大 量 目 廃 標 棄 を が 達 習 成 慣 しました らも 問 題 も 生 じてきました 社 会 全 体 の 調 和 の 取 れた 発 展 目 指 すためには 経 済 成 長 を 重 視 化 しなが すると す 識 環 時 境 代 や の 伝 転 統 換 文 点 化 にある 保 全 今 なども こそ 含 経 めて 済 成 大 長 所 は 高 幸 所 せの から 一 施 つの 策 を 要 検 素 討 に し 過 ぎないことを 規 制 や 義 務 を 行 課 政 がはっきりと すことも 重 要 認 で が 重 する 要 必 になってくると 要 があります 思 います そして 幸 行 福 政 度 が に 施 対 策 する を 検 施 討 策 する の 貢 判 献 断 度 基 を 準 分 に 析 することによって 住 民 の 幸 福 度 を 取 り 経 入 済 れること 性 や 効 家 率 一 性 族 方 を のつながりを 重 人 視 々の した 幸 従 福 来 奨 度 の 励 を 行 していることが 高 政 める 評 価 要 では 素 には 見 られない 大 様 きな 々なものがありますが 役 新 割 しい を 果 視 たしていると 点 で 施 策 の ブータンでは 展 考 開 えられています が 可 能 になるでしょう 地 域 コミュニティや 日 本 でも 平 成 いて 19 とと 年 相 版 関 国 関 民 係 生 があると 活 白 書 において 報 告 されています 人 が 家 族 家 地 族 域 と 会 過 社 ごす とつながりを 時 間 や 隣 近 持 所 つことは 職 場 の 人 と 生 活 行 満 き 足 来 度 する を 頻 高 めるこ 仕 生 活 満 足 度 との 関 係 を 統 計 的 に 分 析 したところ 家 族 と 一 緒 に 過 ごす 時 間 が 長 い 人 隣 近 度 所 を や用 希 事 関 係 の 人 と 行 き 来 が 多 い 人 ほど 生 活 満 足 度 が 高 い 傾 向 にあったそうです れます 政 薄 が 化 可 が 能 なところから 進 む 家 族 のつながりや 制 度 化 や 地 法 域 制 コミュニティを 化 を 図 ることで 再 社 生 会 させることは 全 体 の 機 運 を 簡 高 単 めることにつながると なことではないですが 考 えら行 地 業 の 域 顕 コミュニティの 彰 制 度 を 拡 充 することも 再 生 に 寄 与 必 する 要 でしょう 活 動 を 増 やすため そのような 地 域 取 と 組 企 を 業 通 のマッチングの じて 人 々が 家 仕 族 組 みや 地 域 地 域 会 貢 社 献 との 企 を つながりを ャルキャピタル( 資 本 資 源 大 としてとらえたもの) 切 にする 社 会 関 価 係 値 資 観 本 が 社 信 会 頼 として 全 関 体 係 に 規 地 根 範 域 付 力 相 いていくに 互 基 扶 礎 助 となっていくでしょう 人 違 的 いないでしょう ネットワークなど そして 人 や 組 それはソーシ 織 のつながり 住 すると 地 民 方 が 自 希 考 治 望 えられる 体 と は 幸 福 行 を 政 家 感 の じられる 族 判 のつながり 断 基 準 成 の 熟 中 した 心 地 に 域 社 コミュニティの 会 住 の 民 実 の 幸 福 度 再 を 生 取 り を 入 政 れるとともに 策 の 重 点 目 標 に 生 位 活 置 満 付 足 けることで 度 に 寄 与 6 現 につなげていくことができるでしょう

8 第 講 師 : 松 本 市 こども 部 こども 福 祉 課 相 談 支 援 担 当 井 上 直 紀 氏 上 ションを 直 2 回 紀 氏 目 の をお 勉 招 強 きして 会 では JICA- 実 際 に 国 現 際 地 協 で 力 体 機 感 構 された から 卓 生 球 の 声 指 をお 導 で2009 聞 かせ 年 頂 に6ヶ くとともに 月 間 ブータンに 塾 生 とのディスカッ 滞 在 した 井 2 回 行 いました 目 国 魚 語 はゾンカ 語 ですが 学 校 の 授 業 はほとんど 英 語 で 行 われています 食 事 は 仏 教 国 であるために 肉 ブータンについて になっています 院 は )の 殆 ど 周 食 辺 は 全 てマニ 周 り( 月 右 は 回 肉 り)になっています 無 し 月 ) 但 し 味 付 けはどれも 国 の 収 入 辛 約 いです 信 仰 によりチョルテン( 寺 医 療 費 教 育 費 はすべて 無 料 です 環 境 資 源 保 護 の 為 ライフライン( 割 は 水 力 発 電 (インドへ 道 路 電 輸 気 出 等 ) 国 はあまり 保 整 備 していないので550kmはなれた 町 へ 行 日 間 かけてバス 移 動 します また 鳥 の べません (2 6 ています 民 護 の 97%が 為 電 幸 線 せと が 張 感 られていません じていますが 国 の 考 えとしては3%の 幸 せと 思 わない 人 を 何 とかしようと 努 力 し 4 代 のネパール 現 在 国 の 抱 系 えている 住 民 の 移 問 民 題 問 としては 題 ( 当 時 地 球 各 温 国 暖 化 による 氷 河 湖 (ブータンの 湖 決 壊 して 町 が くのに5 ているのではないかと 王 は 説 得 に 当 たったが 推 結 察 局 されます 住 民 側 が 受 け 入 れなかった ただ この から 批 判 された 移 問 民 題 により )がありましたが 現 在 の 国 政 が 当 維 時 持 の 出 国 来 国 さないためです ブータンにおいてなぜGNPではなく GNHなのかという を 同 じ 道 を 歩 んだ 隣 国 為 ( にインドに 中 国 インド)があまりに 入 ってしまった という 大 きいため 事 点 象 については も 隣 要 の 因 国 となっています シッキムは 先 進 国 他 と 国 同 を じ 受 過 ちを け 入 れ 繰 先 り 進 返 国 民 総 幸 福 量 (GNH)なのか ブータン 私 たちは 幸 国 福 立 を 研 求 究 めて 所 所 日 長 々 である カルマ ウラ 生 活 をするのではなく 氏 の 言 葉 さまざまな 関 係 とのつながりを 改 善 していくこと ことによって によって 幸 福 は 自 然 に 生 まれる 洪 水 による 被 害 を 受 けていることと 若 者 の 仕 事 がないことです 1990 年 7

9 す だから ブータン == 仏 教 からの 人 の 自 影 然 響 だと 保 全 意 考 識 えます( はどこからくるのですか? モモ(ブータンでいう 治 安 がすごく 良 いです 輪 廻 転 生 ) 国 民 は 悪 いことをしたら 生 まれ 変 われないと 信 じていま 肉 を 入 れることもありますが 餃 子 )の 中 身 主 は 何 色 ですか? 殺 生 をしないということで 増 え 続 けている 々な 野 野 良 菜 犬 を の 入 対 れています 捕 殺 去 勢 は 現 在 も 行 っていないようです 最 近 は 捕 策 獲 は して 何 かとっていますか? 学 校 授 業 での 言 は 何 ですか? 遠 方 に 放 すことをしているらしいです ゴミの ==パッカー 国 語 は ゾンカ 始 末 はどうしていますか? 語 で 教 えています その 他 は 全 て 英 語 での 授 業 になります ==( 国 旗 の 龍 の 車 意 で 味 収 を 集 教 えてください? 焼 却 施 設 で 処 理 しています で ベット 語 文 の 献 方 より) 言 で 龍 龍 は ドゥルック(Druk の 地 として 知 られていることを 雷 龍 の 意 )と 暗 示 呼 しています ばれるものであり それはブータンがチ (オレンジ)を 富 を 象 徴 しています 象 徴 しています 背 景 は 二 つの 色 分 けられており それぞれ 世 龍 俗 の 爪 君 についているのは 主 政 治 ( 黄 色 )と 仏 宝 石 教 行 97%の == 物 質 的 国 にはそうでもないが 民 が 幸 せを 感 じていると 精 神 的 実 にはそう 際 に 行 ってみて 思 います 客 観 仏 的 教 にそう 的 にお 思 金 いますか? い けないと 信 じています その 精 神 から 障 がい 者 は 前 世 で 悪 いことをした 人 は 間 現 として 世 のみで 見 来 るあまり 世 には 良 持 くな って ブータンの == 風 潮 もあります 平 均 月 収 はどの 位 ですか? ブータンの 国 民 日 には 本 円 仏 で 教 による 施 円 しの 位 です 精 神 で 但 全 し ての 殆 どが 物 を 自 周 給 りの 自 足 人 で 間 生 に 活 分 出 け 来 与 るので お えるという 金 習 は 慣 余 があります り 必 要 ありません ブータンに 隣 のインドが 一 番 の 一 支 番 の 援 国 支 は 援 日 国 本 です それ ですか? == 観 光 旅 行 で 行 けますか? 故 に 貨 幣 価 値 も 単 位 は 違 うが 同 じです ブータンにプールはありますか? が 制 行 限 されます) けますが 面 白 現 くないと 在 旅 行 思 会 社 います( への 観 住 光 むのには の 問 い 合 良 いですが 倍 になっているそうです 観 光 資 源 もなく ガイドがついて 行 動 関 == 無 いです 体 育 というものが 無 いので 殆 どの 人 が 泳 げません 夏 に 川 遊 びをする 程 度 です 抜 が しては 無 いです) 高 差 があり 長 野 県 の 気 候 によく 似 ています 食 生 活 では 魚 は 殆 ど 食 べません ( 海 魚 に わせが50 ==います 肉 魚 を 食 べないで 米 は 沢 山 太 ありますし った 人 はいますか? 野 菜 は 油 料 理 が 多 い 為 だと 思 います す 肉 屋 回 以 の 外 肉 に 食 薬 局 駄 月 菓 がありますが 子 屋 八 百 屋 肉 もあります 屋 はありますか? ブータンに 行 くきっかけは 何 ですか? 基 本 的 に 自 営 農 家 の 方 が 兼 業 で 行 っているようで 8 塾 生 からの 質 問 0~5000mと 標 年 2 約 6000

10 の50 ブータンに ータンであったことがきっかけ 国 際 行 協 力 機 後 構 で 変 活 化 動 したことはありますか? をしたいとずっと 試 験 を 経 て 行 くことができました 願 っていて 短 期 活 動 卓 球 指 導 の 募 集 がたまたまブ いませんでした == ただ 日 個 本 人 は 的 住 にはブータン み 難 い 国 だと 人 感 のように じました ただ 輪 廻 転 生 を 少 信 し じていませんし ブータンでの 間 違 った 発 展 の 仕 方 をしてしまった 生 活 が 感 幸 があります せだとは 思 ==JICA- ブータンへ 行 ってみたくなりました GNHは 幸 せを 考 えるきっかけになりました 国 良 塾 教 い 王 生 育 の が 規 律 来 日 が して 良 関 い 心 環 をもちましたが 境 を 生 むと 観 光 はどうかと 思 いました 生 の 声 が 聞 けて かったです 感 医 想 日 本 療 が 年 無 前 料 と なのはすごいと 同 じ 感 じがしました 思 いました 現 在 の のんびりとした 他 の 発 展 途 上 国 もそうなってくれば 生 活 環 境 と 重 なり 良 改 いと めて 思 自 いました 3%の を 感 じました 幸 せを 感 じない 国 民 は 海 外 を 知 りすぎたせいではないかと 感 じました これからインターネッ 分 の 幸 せ トでの 国 写 民 真 が の 情 素 子 報 晴 ども 流 らしいと 入 達 をとめることは の 綺 感 麗 じました な 瞳 がとても 出 来 ないので 印 象 的 でした 今 後 が 本 課 当 題 の ではないかと 幸 せを 考 えるきっかけになりました 感 9

11 荒 川 区 では 平 成 19 年 の 荒 川 区 都 市 構 想 の 中 で 20 年 後 の 将 来 像 を 幸 福 実 感 都 市 あらかわ 合 と (GAH=グロス アラカワ ハッピネス)のコンセプトを Ⅱ. 研 定 究 め 所 活 他 の 動 をしています その 発 都 足 市 と 共 事 に 一 環 として 区 民 の 幸 福 度 を 高 める 平 成 荒 21 川 区 年 民 に 総 一 幸 般 福 財 度 団 法 人 荒 川 区 自 治 総 例 研 研 究 プロジェクトをスタートさせています 究 ( 荒 川 区 の 事 例 より) の を 調 抜 その 粋 査 レポートを しています ご 初 段 として 紹 平 介 成 いたします なおレポート 了 18 承 ください 年 以 降 に 調 査 している 内 で 特 荒 に 川 松 区 本 政 政 世 経 論 調 塾 で 査 興 がまとめた 味 を 引 く 議 論 幸 になったもの 福 について 1. 幸 福 な 生 活 に 必 要 なこと 幸 福 な 幸 生 福 な 活 には 生 活 必 に 必 要 不 要 なこと について 可 欠 という 結 果 が 上 見 位 て 4 取 項 れます 目 のグラフです 多 くの 市 民 が 健 康 であること が 2. 幸 福 度 及 び 暮 らし の5 項 目 に 対 する 満 足 度 の 経 年 変 化 に 思 健 われます 康 に 対 し 反 幸 面 福 になるためには 生 活 の 余 裕 という 必 要 な 点 条 では 件 ですが 満 足 度 現 が 状 得 では られていないように 健 康 に 対 する 満 思 足 われます 度 は 高 いよう 10

12 3. 幸 福 度 の 年 代 依 存 症 から50 でも 年 同 代 様 別 に 代 な 結 にかけて 幸 果 福 が に 表 感 れ じる 幸 中 福 状 間 度 況 年 は を 齢 調 下 層 査 がる の したところ 幸 傾 福 向 度 が 見 低 受 いようです いわゆるU 若 けれます これはイギリスやアメリカ ロシアなど い 世 代 と70 歳 以 上 の 字 高 形 齢 の な 年 世 代 依 では 存 症 高 と く 30 呼 ばれて 代 います 育 幸 特 費 福 にその などの 感 を 実 金 感 要 因 銭 出 的 はレポートには 来 負 ていないのではないでしょうか? 担 などがのしかかり 言 及 されていませんが いわゆる 経 済 的 余 裕 が 少 なくなる 子 育 分 て ( 世 大 代 学 と に 呼 子 ばれる どもを 年 行 代 かせるなど) であり 教 4. 同 居 世 代 の 人 数 依 存 性 11

13 は が 同 満 居 足 人 度 と が 幸 低 福 いことです 度 の 相 関 関 係 孤 を 独 調 感 べた などが 非 常 に 要 興 因 味 と 深 言 いデータです まず えるでしょう 2 人 言 よりはそれ えることは 以 上 一 の 人 世 暮 代 らし で 現 幸 在 福 感 の は 問 感 題 じられますが として 一 人 暮 らし の 極 端 な 差 高 異 齢 はないかもしれません 者 の 方 々に きちんとしたフォロー 体 制 が 敷 く 必 要 があるこ 数 の 方 う くのか とを 松 手 本 法 政 は 経 異 塾 なりますが 内 で 話 しが 出 間 ました 違 いなく 複 数 孤 で 独 生 感 活 を できる 感 じないような 施 設 へ 入 所 頂 施 くのか それとも 策 が 喫 緊 なる 課 地 題 といえましょ 域 で 支 えてい 5. 幸 福 度 との 相 関 関 係 12

14 したグラフです 健 健 康 との 繋 がり 地 域 活 動 や 行 事 への 参 加 社 会 への 貢 献 との 幸 福 度 の 相 関 関 係 を 示 家 地 康 族 健 家 康 族 であればあるほど との 関 係 が 良 好 であれば 満 足 度 は 満 高 足 度 い 社 域 活 動 積 極 的 に 参 加 した 方 が 満 足 度 は 高 は い 高 い という 会 への 結 貢 果 ですが 献 積 皆 様 極 的 はどのようにお に 貢 献 した 方 感 が じでしょうか? 満 足 度 は 高 い た 私 たちは 至 極 当 然 の 結 果 であり 今 更 調 査 しなくても 判 断 できるのではという 意 見 が 多 数 を 占 めまし て 康 またこのレポートで 報 である 告 されています しかし 若 者 に 仕 事 が 荒 無 い ことは 川 区 が 健 行 康 っている 体 幸 である せなのでしょうか? 施 高 策 齢 では 健 康 と 子 育 て についての 活 動 や 指 針 につい 13 者 の 一 人 暮 らし は 果 たして 幸 せなのでしょうか? 健

15 順 に 私 注 たちは 目 をしました その 松 本 市 民 が 幸 条 福 件 になるためには は 絶 対 的 ではなく 複 数 相 対 の 条 的 であることは 件 があることを 重 々 知 承 りました そしてその 知 していますが あえて 優 先 優 順 位 した 位 を 付 けて 行 政 や 私 たち 自 身 の 生 活 の 中 で 実 際 に 即 座 に 行 われなければならない 施 策 を 考 えてみま 先 14

16 紹 ここでブータン 介 します 国 立 研 究 所 所 長 である カルマ ウラが 国 民 総 幸 福 量 (GNH)について 次 のように Ⅲ. 松 本 市 民 を 幸 せにする 条 件 ブータンの 人 と 人 との 一 人 関 ではあえりえない 平 係 均 の 所 中 得 でしか は 日 本 幸 の1/50 福 はありえない でも 人 々の 表 情 は 穏 やか その 考 という えは 仏 事 教 は 仏 に 教 根 的 ざしている 自 人 との 関 係 においてあるから に 言 えば 悟 りを 他 の 得 人 る が 事 不 に 幸 近 な い 分 を だけが 追 求 する 幸 福 事 である には 責 事 任 はあり が 伴 う 得 ない 状 況 にある 中 で それは 幸 先 福 は 単 私 独 たちの ではあり いにかかっている それを ず 自 分 目 自 指 身 す の 事 行 が 動 大 得 切 を ないから 変 だと えて 思 行 います 良 かなければなりません い 関 係 を 作 るには 欧 確 しかしそれは 米 かにそれは 的 な 考 えでは 社 仏 会 教 的 から 生 進 活 歩 言 が わせれば 良 には くなれば 違 いないでしょう 非 常 人 に は 低 幸 いレベルの 福 になれるといいます 食 決 べる 事 に 困 らないとか 人 権 を 犯 しませんというような 話 もっと してみんなが 上 を 目 指 して 幸 福 行 になるとは く 必 要 がある 思 わない 事 だけでは そのためには 他 何 人 をもって の 幸 せがなければ 社 会 人 の と 進 人 歩 の 自 を 関 分 計 係 の るのかと を 幸 改 せもないのですから 善 して 言 えば 行 く 事 が 重 要 人 間 関 係 の 改 善 こそ 進 歩 の 尺 度 にすべきだと 思 っています 15

17 いと ろうし お ブータン 断 言 しています 国 金 立 持 研 ちの 究 所 一 確 所 人 かに 長 暮 である カルマ ウラは らし も 先 ほど 問 幸 題 福 視 感 したように 感 じられないかもしれない 人 健 との 康 な 関 一 係 人 を 暮 らしの 基 軸 にしない 老 人 は 幸 せを せ はあり 感 じないだ 得 な ていく そこで この 視 点 の 幸 抽 福 になるために 出 は 難 しく 人 によって 必 要 な 条 感 件 覚 を 的 政 な 経 差 塾 異 の はあるかもしれません しかし 中 で 協 議 してみました 優 先 順 位 を 決 定 し 以 上 で 重 要 な 要 素 になると 思 います そこで 考 える 際 に 出 た 内 容 を 少 し 紹 介 してみましょう わってきます 前 半 講 分 演 会 でコップに 水 がない のか 半 分 水 がある 半 分 も 話 水 を があるのか という 聞 いたことがあります その 気 持 ちの 持 半 ちようで 分 の 水 を ります しかし 例 えば 遭 難 に 遭 い 喉 がからからの 状 態 では 水 はダイヤよりも 物 貴 の 重 捉 なものとな え 方 は 変 非 幸 福 とは 置 普 かれた 段 の 生 状 活 況 では によって 半 分 の 何 水 通 しかないと りも 捉 え 方 思 が ってしまいます 違 ってくるため 普 遍 的 なものの 定 義 が 塾 常 に 難 しいことと 思 われます 葉 役 生 割 の を 自 感 一 分 じる 人 は にお 不 場 自 ができれば 父 由 さんが であるが 障 害 不 ( 幸 全 とは 盲 ではない です )を 感 じないのです 持 った 方 がいました そのお 障 害 を 持 ったとしても 父 さんの 社 非 会 常 の に 一 印 員 象 としての 的 な 言 なるのではという また 人 間 の 持 つ に 際 限 が 無 いと 仮 定 した 場 合 常 に 何 かを 望 み 満 足 や 幸 福 を 得 られない 状 況 に 例 話 も 出 ました そしてその えばブランドのバッグが 欲 求 によって 次 しいと から 次 思 へと い 購 高 入 価 した しかしさらに なブランド 品 を 購 入 高 し 級 続 なバッグが ける 欲 しくなる 国 を 人 や 間 地 域 を 持 富 つ ませる 物 品 の 構 購 入 造 も 理 解 しています しかし 意 欲 が 悪 いといっているのではありません 反 面 欲 がつきない ことで いつまで 購 買 意 欲 が 経 済 経 を ても 活 性 幸 化 福 し 現 感 じられないということはないでしょうか? 在 の 企 業 経 営 でも 同 じ 事 が 言 えます 3 近 は 江 者 が 顧 商 人 全 客 の に て 言 良 嘘 葉 い の に 状 情 三 態 報 方 になることで は 良 流 しという す 取 引 格 健 先 全 言 に があります お な 無 繁 理 栄 難 が 題 出 を 来 言 るというものです しかし いコストを 客 様 良 し 下 取 げることばかりを 引 先 良 し 自 今 分 の 良 企 考 しの 業 える 経 営 行 に 冷 われています 自 社 血 なる の 社 施 員 のリストラに 策 を 行 近 江 う 企 商 人 業 が 勤 聞 しみ 後 けば を 絶 解 ちません 恥 雇 ずかしい を 繰 り 返 社 話 す など です 会 影 響 力 の 自 社 大 や きい 経 大 営 企 者 自 業 でさえ 身 の 利 益 平 追 然 求 と の 為 他 者 人 の 間 利 の 益 欲 を 求 奪 は ってみたり 誰 もが 保 有 し 社 満 会 足 的 を に 得 許 ることで されない 16 幸 事 せになります しかし が 行 われたり または 際 地 限 球 なく 自 体 欲 を 求 崩 を 壊 求 へ めることで 導 きます

18 第 即 一 そこでその ち 歩 私 なのかもしれません たちは 欲 求 の 限 度 を 定 め それを 超 えた 状 態 を 幸 福 であると 認 識 する 活 動 が 幸 福 論 の 限 度 の 定 義 付 けや 条 件 を 考 えてみました 必 平 要 和 条 であること( 件 誰 もが 戦 望 争 み や 国 叶 内 わないと 紛 争 などが 不 幸 無 になってしまう い) 条 件 生 家 庭 きるのに や 周 辺 適 の 人 々と 環 良 境 であること( 好 な 関 係 であること( 大 気 汚 染 や 家 極 庭 端 が な 愛 で 大 気 溢 変 れる 動 ) 仕 自 事 由 が であること( 出 来 ること(きちんとした 職 業 の 自 由 思 収 想 入 の があること) 自 由 ) 地 域 で 支 え 合 う) 十 健 分 康 条 であること( 件 誰 もが 望 大 むが 病 無 く 少 年 々 齢 我 と 慢 共 や に 物 起 の こる 捉 え 病 方 気 を 変 受 えることで け 入 れる 心 幸 せにもなる 自 然 治 癒 力 条 件 子 経 どもを 済 的 に 裕 健 福 全 であること( に 育 てる( 心 普 と 段 体 の が 健 生 全 活 が に 育 出 つ 来 るだけの 環 境 過 経 度 な 済 受 的 余 験 などからの 力 ) 脱 却 ) 幸 福 福 度 を 勝 ち 得 るための 体 系 図 だと 感 じる 個 条 件 地 々の 域 的 努 施 力 策 健 康 経 済 的 余 裕 子 育 て 個 地 々の 域 的 努 施 力 策 人 との 繋 がり( 絆 ) 働 く( 労 働 による 収 入 ) 国 家 的 施 策 家 族 地 域 働 く 環 境 作 り 作 いう り 幸 視 出 福 点 すことは になるための で 国 政 難 によって しいと 条 件 思 得 の 基 います る 底 幸 にある 福 戦 の 国 自 平 条 体 和 件 のように と 言 えるでしょう 地 自 域 由 ごとの などは 戦 争 個 や 人 紛 の 争 努 が 力 無 や い 小 現 さな 在 では 基 礎 日 自 本 治 国 体 で 人 との 繋 がり( 絆 ) や 働 く( 労 働 による 収 入 ) は 国 政 による 施 策 であることも 間 違 い 無 いの と 平 和 環 境 自 由 となります ですが 基 礎 自 同 治 時 体 に などの 十 分 小 条 さな 件 として 行 政 ユニットでも 定 義 した 17 健 康 支 や 援 が 可 経 能 済 であり また 的 余 裕 個 子 々 育 人 て は の 努 力 人 も との 重 要 繋 なもの がり

19 てきます また ( 絆 働 ) や き 収 入 を 働 得 く( 子 ることで いざ 育 労 てにはお 働 による 金 収 病 がかかります 入 気 ) と になったときに 密 接 にリンクしていきます 医 者 に 掛 かることも 出 来 ます 経 済 的 余 裕 も 生 まれ 18

20 からです 松 日 本 で 政 一 経 番 塾 の 住 みたい 中 で 日 町 本 にしていくことで で 一 番 住 みたい 町 松 本 松 市 本 民 を が 幸 目 せを 指 そうという 感 じることが 意 見 出 にまとまりました 来 るのであるという 結 論 Ⅳ. 松 本 市 民 を 幸 せにする 施 策 そこで 上 記 でまとめた 条 件 に づき 各 施 策 を 考 察 してみました 人 人 暮 との 繋 がりの 中 で 一 番 の 基 軸 となるのが 家 族 の 絆 です アンケートにもありました 通 りに 一 一 らしは 楽 な 生 活 ですが 決 して 幸 せを 感 じるものではありません (1) 社 人 会 暮 的 らしから 人 な との 施 策 複 数 での 住 居 空 間 繋 として がり( 喫 緊 絆 な ) 課 題 は 一 人 暮 らしの 高 齢 者 の 方 々です に いざ ますます 病 気 になったときに 高 齢 化 が 進 む 社 知 会 の らせる 中 で 方 老 法 人 もなければ 福 祉 の 集 合 住 気 宅 に 系 留 の めてくれる 施 設 の 構 築 人 は もいない 幸 せ 作 状 りにとって 況 です 非 常 核 重 要 な 施 策 といえます 女 家 性 族 の から 社 会 世 進 帯 出 住 や 宅 経 へ 済 的 理 由 より 今 や 共 稼 ぎの 家 庭 は 当 たり 前 になってきました 昔 以 そのことで 前 鍵 っ 子 という どもが 進 言 んではいけない 葉 がありましたが 道 に 向 子 かうこともありえます どもが 家 に 帰 ってきたときに 誰 もいない た 体 の で 日 複 取 本 数 り は 世 組 複 帯 んでいました また 数 の 世 住 帯 居 での の 構 居 築 住 は が 当 家 年 たり 族 老 内 いていく 前 の であり 絆 を 深 祖 めていく 父 子 母 育 を ては 支 上 えていくのも 両 で 親 重 だけでなく 要 な 施 策 と 家 言 族 祖 えます 全 父 体 母 で 兄 行 弟 われていまし 即 ち 家 族 全 す 深 くする そんなイベントが また 政 地 内 域 で の 行 絆 われるイベントも 構 築 も 人 の 幸 福 には 果 高 たして 額 欠 かつ かせません しかし 行 市 われているのでしょうか? 民 全 体 へのものであり 今 地 域 活 動 費 はどんどん 用 の 割 には 希 薄 人 と になっていま 人 との 絆 を になっています 地 昔 域 から 行 事 子 の どもの 活 性 化 地 私 域 の 町 行 内 事 ではついに である 青 山 様 青 (ぼんぼん) や 山 様 (ぼんぼん) が 三 九 行 郎 われなくなりました 子 どもの 数 の 減 少 と 共 に 下 火 への です また 数 各 千 地 万 にある を 超 えるようなイベントも 公 民 館 も 立 派 な 建 物 否 がありますが 定 はしませんが 私 たち 地 子 域 における 育 て 世 代 昔 ではほとんど から 脈 々と 続 縁 く の 遠 行 い 事 など 施 設 町 内 支 活 援 動 にも の 活 予 性 算 化 や 考 えを 振 り 向 けるべきと 考 えます む 区 町 のレポートにあった 必 内 要 があると 活 動 に 積 思 極 的 います に 通 参 りです 加 することで 町 内 活 社 動 会 の 貢 推 献 の 経 験 を 得 て それによる 幸 せを 感 じることは 荒 川 19 進 ということにもっと 目 を 向 けて 各 種 施 策 に 取 り 組

21 康 ある しかし 本 にこんな 事 が 書 かれていました 人 は 健 康 でないから かないのではない 働 かないから 健 我 にならないのだ が 松 現 本 在 政 は 経 塾 にも 失 即 業 率 ち 大 人 の 学 増 にとって 生 加 が や 勉 若 学 年 に 層 働 来 く( の ていますが 就 特 職 難 に 喜 など びをもって 暗 働 い きたくても 話 題 が 働 く) ことは 殆 どです 働 く 先 が 大 無 変 いという 重 要 です 彼 らの 悲 鳴 は (2) 働 く( 労 働 による 収 入 ) す 一 人 また の 社 職 会 業 人 安 として 定 所 へ 逃 行 げてはいけない くと 人 が 溢 れています 課 題 と 考 特 えます に 地 方 都 市 では 働 く 先 がなく 厳 しい 状 況 でもありま 自 民 給 間 自 企 足 業 型 と まちづくり 行 政 がタッグを 組 んで 働 くという 機 会 創 出 をしていかなくてはいけないと 考 えます うな ス という 農 意 産 味 物 が の 言 込 分 葉 められています ブータンの 野 もあります これは では 地 産 地 消 という 地 域 言 の 葉 資 幸 があります また 産 福 を 度 地 域 施 の 策 人 にも 々が 少 作 自 し り 給 広 自 い 地 足 分 域 という 野 の で コミュニティビジネ 人 々で 概 消 念 費 があります する そのよ 医 そこで 食 住 自 分 給 野 自 に 足 活 型 路 まちづくり を あり 推 進 し 雇 用 の 創 出 を 図 ることを 目 指 していこうと 考 えました なチャンスがあるのです も 売 私 れない たちの 時 普 代 段 と の 言 生 われる 活 には 所 物 が 以 です しかし 溢 れ 欲 しい 自 物 分 をみつけるにも たちの 足 もとを 大 見 変 な てみると ビジネスの 時 代 となりました 物 中 を には 作 様 って々 食 では そこで 住 が 人 重 が 要 生 であると きていく 考 中 案 で しました 昔 から 言 われている 衣 服 が 重 要 でないというわけではありませんが 衣 食 住 に 注 目 してみました 現 現 代 在 は の 日 医 本 医 療 費 の 増 大 は 鰻 登 りです 医 療 産 業 は 間 違 いなく 伸 びるビジネスです また 医 療 食 産 料 業 や エネルギー に 創 出 のために 地 域 行 関 政 しても が 取 り 外 組 国 む からの 意 義 や 輸 将 入 来 に 頼 向 って けた 私 価 たちの 値 は 非 生 常 活 にあると は 成 り 立 考 ちます えます す 億 ところで 人 を 突 破 しました まもなく90 今 後 の 世 界 状 況 を 見 てみると 20 億 人 になると 数 予 年 想 前 され ほぼ は 人 口 40 間 違 億 いないデータとも 人 と 言 われたのが 言 われていま 現 在 は70 要 私 が たちの 増 せば 生 当 活 然 に 価 絶 格 対 はつり 必 要 上 である がります また 食 料 や エネルギー は 現 在 は 円 高 で 安 く 外 将 国 来 の 資 他 材 国 を との 購 入 取 できますが り 合 いになり 円 高 が需 ります 反 給 転 与 し 円 が 伸 安 になれば び 悩 む( 逆 に 今 下 よりもずっと がる) 中 で 高 生 い 活 価 コストは 格 で 購 入 上 しなければなりません 昇 し ますます 私 たちの 生 活 に 余 裕 はなくな 将 伐 このように 来 材 の をバイオマスエネルギーに 生 活 に 考 向 けて えていくと 準 備 していくかが 外 国 変 に えて 頼 る 大 国 変 家 食 重 の30% 料 要 や エネルギー をいかに になってきます オーストリアでは 程 度 のエネルギー 資 源 に 自 充 国 てているとも で 森 生 林 産 整 し 備 に 私 聞 出 たちの きま る 間 とができるのかもしれません す 新 しい 水 力 雇 風 用 は 力 などの 新 しいビジネスだけではなく 自 然 エネルギーも 松 本 豊 富 です 20 既 存 のビジネスを 調 査 研 究 することで 創 出 するこ

22 や 年 退 金 職 問 後 題 の も 年 雇 金 用 問 によって 題 も 国 家 解 財 決 しかし 消 費 税 増 税 など 国 家 全 体 政 が において 暗 くなる 非 話 が 常 に 続 重 きます 要 な となっています 受 給 年 齢 の 引 き 上 げの 話 そして 働 くことの 視 点 を 変 出 え 来 新 る しい 高 齢 施 者 は 策 働 打 いてもらう ち 出 せば 年 金 の 問 題 も 解 消 するかもしれません という 本 当 は 考 元 収 気 えです 入 な という 私 たちの 朝 起 形 きると で 世 年 代 金 が を 行 早 わなければならないことかもしれません 得 い る 時 間 から 道 を 掃 除 したり 資 源 回 収 をする 々を 見 ます り その 施 配 策 働 であります く 方 姿 々でも を 見 社 ると 会 荒 貢 廃 年 献 した 配 が の 出 農 皆 来 地 様 しかも が ももっともっと 問 題 収 になっています 入 の 得 られる 働 きたい と 仕 事 農 をいかに 地 をレンタルし 感 じてしまいます 創 出 するかが 年 配 の 重 方 要 々に な 課 意 欲 題 であ 的 に 自 農 年 治 産 金 体 物 への 生 の 問 産 権 に 題 は 勤 限 移 しんでもらうなども 国 家 譲 を が 預 努 めるべきという かる 問 題 ですが 一 つの 考 松 施 えも 本 策 政 出 かもしれません 経 ました 塾 では 地 方 都 市 に 各 種 施 策 を 移 管 し 県 や 基 礎 松 本 市 では 積 極 的 に 健 康 というキーワードで 市 政 が 行 われています 他 の 基 礎 自 治 体 と 遜 色 ない が いやそれ 以 上 の 各 種 施 策 が 進 み 健 康 面 では 先 進 的 な 基 礎 自 治 体 といえるでしょう る( 問 題 視 すべきは 増 大 に 歯 止 健 めがかからない 康 を 得 るためには コスト もかかるということです 状 況 です またその 多 くを 高 齢 者 医 療 が 占 めています 前 段 でも 記 載 健 しました 康 にな (3) 健 康 すます 病 生 気 活 を が 治 苦 す) ことは しくなることも 大 変 重 事 要 実 なことです しかし 医 療 費 の 抑 制 消 はまったなしの 費 税 アップや 社 課 会 題 保 であると 障 費 の 増 考 額 えます によって ま と た 考 中 医 えます 国 療 費 のことわざに が 増 大 しない 医 食 療 同 制 源 度 というものがあります など 様 々な 施 策 を 考 え 予 人 防 間 医 にとって 学 の 推 進 真 や の 自 健 康 然 治 実 癒 現 力 に のアップ ま 向 かうべき 比 松 ますます 本 シリコンバレー 高 度 化 する 計 医 画 療 ( 医 特 療 効 面 薬 ) 病 べ 院 日 などが 本 では 連 携 医 し 療 分 新 野 薬 の 開 研 発 究 を 開 発 めているとも の は 開 決 発 して や 先 優 端 位 聞 医 であるとは きます 療 機 器 の 製 研 言 薬 えません 究 業 は 界 膨 では 大 な 他 特 費 国 許 用 では が が 発 製 重 生 薬 要 します 会 であり どの 社 と 外 大 国 学 と ないくらい くらいの また 多 くの 新 薬 高 先 ( 齢 特 進 化 国 許 社 )を は 会 高 に 保 齢 突 化 有 入 が しているかが しています 進 んでいきます 企 高 業 齢 の 者 中 生 医 国 き 療 では 残 や りの 高 齢 一 条 者 人 件 福 っ となります 祉 子 に 政 対 策 する により 対 策 は 他 先 の 進 国 に 全 類 ての をみ 喫 ある 緊 大 なる 自 都 問 市 然 に です また 題 となりましょう 囲 まれ ストレス 東 京 と 大 阪 無 の く 二 研 大 究 都 に 市 没 にも 頭 できる 三 時 間 信 程 州 度 松 で 本 移 は 動 できるため 企 業 や 大 学 の 交 研 通 の 究 機 便 の 関 にとって 良 き 場 所 魅 でも力 追 あります 工 い 場 込 まれました 誘 致 では 様 々な 今 後 要 は 因 によって 研 究 機 関 空 洞 の 誘 化 が 致 が 発 大 生 21 切 します になってくるのです 現 に 多 くの 精 密 機 械 工 場 が 無 くなり 廃 業 に

23 題 きつけられています 誰 です アメリカの もが 多 くの 収 入 模 を 一 倣 得 部 をしてきたわが て の 高 贅 額 沢 所 をしたいと 得 者 と 国 多 日 くの 本 考 その えるものです しかし 低 所 模 得 範 者 であったアメリカは アメリカ 経 今 済 注 のお 視 すべきは 金 が 格 一 差 部 という の 格 高 差 額 という 問 所 題 得 を 者 問 突 に (4) 経 済 的 余 裕 した 集 昭 中 することに 和 の 頃 多 くの 怒 りを 日 本 感 人 じ デモも は 中 流 階 級 多 と 発 しています 幸 映 画 オールウェイズ で 映 し 出 される 言 われました 人 々の 方 が 隣 を 今 ほどの 見 ても 裕 自 福 分 な たちと 生 活 ではありませんが 同 じ 生 活 をしていま 皆 差 せだったかもしれません 富 一 の 無 生 い ことなどありませんが 懸 命 働 いても 生 活 保 護 で 得 る 収 互 入 助 より の 低 精 いなどの 神 の 中 で 報 道 自 もありました もちろん 分 さえよければ という 社 会 考 ですので えから 脱 却 格 ているのが める 人 もそうでない 人 も 助 け 合 う 社 会 作 りをしていかねばなりません そしてそのような 価 値 観 を し得 倫 理 道 徳 日 力 本 の 人 教 であると 育 = 考 えます 長 野 再 興 きものは せん 以 前 私 より が 長 野 受 県 験 は をしたころは 教 育 県 と 呼 ばれていました しかし 全 国 の 中 で 二 番 目 に 学 低 力 い 検 状 査 態 などは でした 決 して 今 後 誇 教 れるものではありま 育 の 中 で 重 要 視 すべ がありました 前 に 東 京 人 大 学 間 出 教 身 育 であり のIT 企 業 倫 の 経 理 道 営 者 徳 力 がテレビを 教 育 であると 賑 わし そして 考 えます 社 会 的 背 信 行 為 で 逮 捕 されたこと の PFドラッカーは が 輩 出 頭 され が 良 社 新 い すなわちテストの 会 しい 活 性 産 業 化 には や 商 起 品 業 を 家 作 が り 点 必 出 をとれることが 要 し である と 社 会 的 進 歩 訴 教 えました を 育 進 の めています しかし 目 指 すところでしょうか? 経 済 活 動 の 中 残 では 念 ながら 多 く ろにいるのが などが 起 業 欠 家 けていれば その 教 育 残 は 念 です 日 本 の 学 従 校 業 では 員 だけでなく 行 われません 社 会 的 会 も 社 悪 の 影 代 響 表 を となる 及 ぼします そういう 者 にもし 人 徳 や 人 物 は 思 至 いやり るとこ をおかしくしてしまいます そしてその 水 幸 の 福 話 をしました ものの 論 を 考 えていく 上 で 見 実 方 で は 非 幸 常 せ にも に 影 重 響 要 力 且 が 感 つ 大 じ 不 きい 可 不 欠 者 幸 なことが が にも 民 間 感 の じます 倫 企 理 業 道 であれば 徳 不 力 自 です コップの 然 なる 社 長 欲 であり 求 はすべて 中 起 の に 業 また 就 家 いた です 官 僚 人 が 公 様 務 々な 員 や 問 学 題 校 を の 発 先 生 生 させています これは などのトラブルの 話 国 も 家 後 運 をたちません 営 をしている 議 公 職 員 であり でも 同 じような 公 僕 である 報 職 道 が業 うか? されています 今 日 本 国 をおかしくしている 家 百 年 の 計 即 ち 正 しい 幸 福 国 感 家 の や 得 地 られない 域 づくりには 現 象 は 教 倫 育 理 は 道 欠 徳 かせないファクターなのです 力 の 欠 如 からではないでしょ らでしょうか? そのような ふと 不 思 援 議 に 助 もなく 思 子 うことがあります ども 立 手 派 当 に という 子 どもを 手 私 育 当 も てていました をちょっと 三 人 の 子 どもがいます 前 まで 頂 いていました しかし 子 育 てにはお 金 がかかります だか 私 の 両 親 の 時 代 は (5) 子 育 て 22

24 中 の もちろん に 置 かれ 人 私 をけ 両 落 親 としても の 世 代 (80 良 い 歳 大 )の 学 に 子 入 育 ることをゴールに てが 正 しいというつもりはありません 設 定 され 猪 突 猛 進 に 進 んだのが 受 験 戦 争 という 私 たち 金 しかしなぜ 世 代 です 今 の 少 時 子 代 化 よりもっとお なのでしょうか? 金 がかかる 子 育 時 てをしやすい 代 かもしれません 税 金 が が 使 投 われてきましたが 与 されました 日 本 全 の くの 出 生 効 率 果 は がありません 下 がる 一 方 です 子 育 て 支 環 援 境 という 作 りということで 名 目 で 各 種 施 国 設 では が 建 多 ちました 額 の 補 助 あった は30 過 疎 人 化 の 学 級 進 を む 導 村 入 では し 一 中 学 人 生 一 人 まで にきめ 医 療 細 費 無 かい 料 と 教 育 訴 を えても 訴 えています しかし 若 い 世 代 の 流 出 空 は き 止 教 められません 室 があり 三 クラス 学 校 の 10 学 年 年 後 が 20 二 クラスになるなど 年 後 は 生 産 人 口 が 減 り その 今 後 ますます 不 足 分 子 を どもの 埋 めるために 数 が 減 ります れません ヨーロッパのように 移 民 に 関 し 容 認 をしています 安 い 労 働 力 の 進 出 で 私 たちの 子 どもはますます 国 政 に 関 わるどの 雇 用 に 苦 党 しむかもし も 海 外 から という 私 達 響 き の 良 いキャッチフレーズに 犯 罪 が 増 え 踊 らされ 安 全 だった 国 の 日 本 当 が の 崩 課 れていくかもしれません 題 に 何 ら 取 り 組 みしていないように 子 育 て 支 援 人 には 思 われます は 口 世 減 界 少 の を 潮 当 流 たり は 前 に 増 思 加 うこと もちろん 発 展 途 上 各 の 国 で 国 人 です 口 を 反 増 面 やす です 先 進 国 維 今 の 持 後 多 する 90 くは 施 億 少 策 子 は 突 高 破 形 齢 を は 化 間 変 となり 違 えておこなわれています しかし いない 人 事 口 実 が と 減 言 少 えましょう すると 予 想 されています 増 加 特 効 する 薬 は 国 々 見 ったとも つかりません ヨーロッパでは に 直 面 しています 格 差 は 広 がり 早 くより 治 安 が 人 悪 口 くなるなど あるレポートでは 維 持 のため 移 民 政 策 を 進 めていますが 移 民 政 策 様 は 々な 失 敗 問 だ題 したことのない わが 国 言 日 われています しいか 本 では 出 全 来 ての 事 です 都 道 過 府 去 県 に で 類 人 のない 口 減 少 事 が 例 始 なので マニュアルも まりました 日 本 のいや 無 世 く どのような 界 の 歴 史 の 中 で 施 経 策 験 が の ただ 誰 言 えることは もが 予 想 や 想 地 定 球 が 規 出 模 来 から ません 考 えて 先 進 国 が 人 口 減 少 をすることは 神 の 手 であり も 正 問 うこれ 以 上 人 間 は 増 えてはいけないと 言 っているように 思 えてなりません うに 題 子 は どもを 結 多 婚 く しない 生 何 む ということは 人 生 若 むのか 者 育 てるのかは 国 家 が 語 るものでは 各 家 庭 の 事 無 情 いのかもしれません によるものが 大 きいと 問 思 題 います にすべきは 戦 時 結 中 のよ 婚 し 仮 ない 者 もいるでしょう しかし 若 者 の 増 加 です もちろん 今 回 のレポートにあるように 収 入 面 などの 生 活 の 不 安 一 から 人 暮 結 らし では 婚 をしたくても 幸 せになれないという 結 婚 できない 若 民 説 全 で てが 言 えば 幸 せになるように 積 極 的 に 家 族 進 を めて 持 ち 行 かなくてはいけないと 幸 せは 人 との 繋 がりで 思 初 います めて 得 られることを 提 唱 し 松 本 市 23

25 の 私 勉 たち 強 会 を 松 中 本 心 政 に 経 行 塾 ってきましたが は 月 2 回 の 勉 強 会 東 を 日 重 本 ねています 大 震 災 のあと 当 初 国 は 家 地 に 域 関 における わる 問 題 課 について 題 や 経 済 取 り 経 営 組 むように について Ⅴ. 終 わりに て なりました と 原 思 子 われるからです 力 エネルギーは 地 域 における 東 必 日 要 問 本 であるか それとも 題 大 と 震 国 災 で 家 における 大 きな 問 必 題 問 となった 題 要 ないか では その 原 市 子 影 民 力 のレベルから 響 の 力 問 は 題 国 私 家 における たちエネルギー 問 題 提 起 問 し 題 の 様 政 方 々な が 自 におい 大 問 きい 自 ようとする 答 を そのあとは 繰 り 返 施 しました 社 策 に 会 保 対 し 障 や 大 きな 福 祉 疑 の 問 符 題 を そして 持 つと 移 共 民 に 問 私 題 たちの について 未 来 行 に ってきました 対 し 明 るさを 感 国 じられなくなった が 進 めた 施 策 や 進 め時 のスタートです その に ブータンは 今 度 のテーマを ブータン について 国 民 を 幸 せにしている または 勉 幸 強 せにしようとする 会 をしようと 決 めました そこでホームページから 時 は 知 り 国 民 得 る 総 情 幸 報 福 で1 度 (GNH)という 回 目 の 勉 強 会 を 単 開 語 催 施 すら しました 策 を 知 進 らない めている 開 催 状 する 況 でした 前 にふらっと 程 度 の 知 識 から 一 人 目 の の 井 男 勉 上 性 さんでした 強 が 会 教 を 室 開 に 催 入 り 無 理 私 を 言 海 い 外 青 実 年 際 協 にブータンを 力 隊 でブータンに 行 った 行 感 ってきました という 想 などを してもらおうということで2 話 松 本 市 役 所 勤 務 回 勉 という 当 初 抽 は1 象 的 回 な のみの 概 念 を 勉 追 強 求 会 で すればするほど 終 わられるはずが 松 本 調 政 べれば 経 塾 のメンバーは 調 べるほど 非 話 常 が に 盛 興 り 味 上 深 がり ついには4 くなり また 幸 回 福 の 全 強 ての 会 を 人 得 て 々が 今 幸 せになることは 回 のレポートを 作 誰 りあげました もが 望 むことです 異 論 のないことです と 千 しかしその 差 万 別 であり その 実 現 にはとてつもない 人 の 置 かれた 状 高 況 いハードルがあるように や 心 持 ち 一 つで 変 わります もしかして 思 います まずは 日 本 幸 人 せ という は 飽 食 の 感 時 覚 代 は ないだろうか?あるいはこれ 言 われるように 物 に 溢 れ 既 幸 せなのではないだろうか?これ 以 上 幸 せを 求 めても 何 も 無 いのでは ありました かしいところがあるのではないだろうか?という 同 時 にこれだけ 物 以 に 上 溢 の れる 幸 せは 社 会 他 の 国 中 の で 人 を 毎 不 年 幸 3 にするのではないだろうか?という 万 人 以 上 の 人 が 自 殺 をする 社 会 はどこかお 考 えも 議 勉 強 会 の 中 でも 心 の 豊 かさ というキーワードが 考 えも 出 てきました この 浮 かびました のようなものであり どのようにすれば 所 に 入 った 頃 より(もしかしてずっと 前 から) 言 われ 続 けたものです 言 今 葉 回 は 2000 は 心 の 豊 かさ とはど 年 の 青 年 会 即 うにレポートを ち 今 も 幸 せを 実 現 でき 未 来 も 実 幸 現 せを 出 来 るかを 得 ることが 記 載 したつもりです そして 出 来 る 永 続 的 なアクションプランになるよ 出 来 るだけ 普 遍 的 き 最 後 にこのレポートをお 作 ってみました 読 みいただいた 各 分 野 の 皆 様 方 にとって 少 しでも 参 考 になり 共 感 を 得 て 頂 会 日 議 本 で 一 番 住 みたい 町 = 松 本 になれば 松 本 政 経 塾 を 運 営 している 私 としても 感 無 量 です 小 北 参 原 加 者 名 修 簿 (( 塾 意 長 見 ) 提 案 者 ) 松 澤 本 大 学 英 俊 学 生 有 志 坂 井 田 金 一 竪 谷 竜 志 水 野 徹 哉 24

26 お 問 い 合 せ

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc)

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc) 一 時 特 定 保 育 の 役 割 とその 課 題 児 童 学 研 究 科 児 童 学 専 攻 06-0632 0632 石 川 三 千 代 1. 研 究 の 動 機 と 目 的 少 子 化 は 1990( 平 成 2) 年 の 1.57 ショックから 大 きな 社 会 問 題 として 取 り 上 げられる ようになった 国 はエンゼルプラン 1994( 平 成 6) 年 新 エンゼルプラン 1999(

More information

スライド 1

スライド 1 調 査 方 法 :インターネットアンケート 調 査 期 間 :2009 年 1 月 23 日 ~2 月 5 日 調 査 対 象 :ぱど 読 者 モニター ぱどめいと 回 答 人 数 614 人 神 奈 川 県 在 住 の 高 校 生 以 下 のお 子 さまをお 持 ちの 20~50 代 の 女 性 未 入 園 ~ 小 学 生 以 下 の 習 い 事 通 塾 幼 稚 園 小 学 校 受 験 などなど

More information

Ⅰはじめに

Ⅰはじめに 日 本 人 は 幸 福 か ~ 幸 福 度 先 進 国 との 比 較 と 日 本 人 の 幸 福 感 について~ 群 馬 県 立 前 橋 女 子 高 等 学 校 2 年 吉 川 綾 乃 Ⅰ はじめに 日 本 人 は 幸 福 か 高 校 生 の 私 にとって 非 常 に 大 きなテーマである 幸 福 かどうか というのは 非 常 に 個 人 的 な 感 覚 であり 年 齢 も 性 別 も 環 境 も

More information

飾 区 子 ども 子 育 て 支 援 ニーズ 調 査 報 告 書 - 学 童 保 育 クラブ 利 用 等 に 関 する 調 査 - 平 成 26 年 3 月 飾 区 目 次 Ⅰ. 調 査 概 要 1 1. 調 査 目 的 1 2. 調 査 対 象 1 3. 調 査 方 法 1 4. 調 査 期 間 1 5. 回 収 状 況 1 6. 集 計 値 や 図 表 の 表 記 について 1 Ⅱ. 調 査

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

箕 面 市 廃 棄 物 の 発 生 抑 制 資 源 化 適 正 処 理 等 に 関 する 条 例 の 一 部 改 正 ( 素 案 ) に 対 する 意 見 募 集 (パブリックコメント)の 実 施 結 果 番 号 ご 意 見 等 ご 意 見 に 対 する 市 の 考 え 方 1 賛 成 持 ち 去

箕 面 市 廃 棄 物 の 発 生 抑 制 資 源 化 適 正 処 理 等 に 関 する 条 例 の 一 部 改 正 ( 素 案 ) に 対 する 意 見 募 集 (パブリックコメント)の 実 施 結 果 番 号 ご 意 見 等 ご 意 見 に 対 する 市 の 考 え 方 1 賛 成 持 ち 去 みどりと 子 どもを 育 むまち 箕 面 市 平 成 22 年 11 月 9 日 環 境 整 備 課 空 き 缶 等 の 持 ち 去 り 禁 止 にかかる 条 例 改 正 (1) 検 討 の 経 過 について 8 月 16 日 罰 則 付 きでの 資 源 物 の 無 断 持 ち 去 り 禁 止 の 条 例 化 に 向 け 検 察 庁 と 協 議 を 開 始 9 月 24 日 パブリックコメント 実

More information

別紙3

別紙3 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 方 針 目 次 1 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 総 括 表 及 び 経 営 方 針 1 2 重 点 的 に 取 り 組 みを 行 う 主 なもの 5 1 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 総 括 表 及 び 経 営 方 針 (1) 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求

More information

<接待ゴルフも仕事のうち?>

<接待ゴルフも仕事のうち?> 8 月 の 税 務 と 労 務 の 手 続 [ 提 出 先 納 付 先 ] 10 日 源 泉 徴 収 税 額 住 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 納 付 [ 郵 便 局 または 銀 行 ] 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 提 出 < 前 月 以 降 に 採 用 した 労 働 者 がいる 場 合 > [ 公 共 職 業 安 定 所 ] 労 働 保 険 一 括 有 期 事 業

More information

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し 上 毛 かるたのこれから 更 なる 発 展 に 向 けて 田 島 広 大 1.はじめに 私 が 住 む 群 馬 県 には 全 国 に 誇 ることのできる 上 毛 かるた がある 上 毛 かるたは 多 くの 県 民 に 認 知 され 親 しまれている 私 自 身 も 群 馬 で 生 まれ 育 ち 地 域 の 子 ども 会 を 通 じて 上 毛 かるたで 遊 んできた 上 毛 かるたを 通 じて 群 馬

More information

資  料3 総理の新提案(美しい星へのいざない「Invitation to 『Cool Earth 50』」~3つの提案、3つの原則~)

資  料3 総理の新提案(美しい星へのいざない「Invitation to 『Cool Earth 50』」~3つの提案、3つの原則~) 美 しい 星 へのいざない Invitation to Cool Earth 50 ~ 3つの 提 案 3つの 原 則 ~ 資 料 3 冒 頭 杉 田 日 本 経 済 新 聞 社 社 長 アジア 各 国 指 導 者 の 皆 様 御 来 賓 の 皆 様 本 日 各 方 面 でアジアを 代 表 する 皆 様 方 の 前 で スピーチをする 機 会 をいただい たことを 誠 にうれしく 思 います 本 日

More information

2012_03

2012_03 報 道 関 係 各 位 2012 年 6 月 11 日 人 と 人 とのつながり( 絆 )に 関 する 調 査 子 ども とのつながりを 大 切 だと 思 う 割 合 9 割 超 配 偶 者 9 割 弱 両 親 8 割 強 近 所 の 人 とのつながりを 大 切 だと 思 う 割 合 約 4 人 に1 人 SNS 上 でのつながり を 大 切 だと 思 う は 約 1 割 職 場 の 人 とのつながりを

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends 経 済 関 連 レポート 孫 への 贈 与 非 課 税 の 潜 在 効 果 と 課 題 発 表 日 :2013 年 2 月 13 日 ( 水 ) ~ 利 用 されるために 必 要 な 制 度 見 直 し~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 熊 野 英 生 ( :03-5221-5223) 今 回 の 緊 急 経 済 対 策 では 祖 父

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63> ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 画 ( 後 期 基 本 計 画 ) 市 民 意 識 調 査 報 告 書 平 成 24 年 3 月 ふじみ 野 市 役 所 総 合 政 策 部 改 革 推 進 室 計 画 評 価 係 調 査 目 次 12 調 査 の 目 概 的 要...1......1 3 集 計 調 方 査 法 結...1 果 の 概 要...............2 12 あなた( 市 の

More information

Microsoft Word - 文書 1

Microsoft Word - 文書 1 若 は 出 世 願 望 がない? の 謎 を 解 く 東 洋 経 済 オンライン 城 幸 司 出 世 という 葉 を 最 近 に 出 したことはありますか? 出 世 して 親 を 喜 ばせたい いい 家 を 買 って 供 を 学 に かせる 分 だけでなく 家 族 も 望 んでいる 希 望 出 世 には 昔 も 今 も 変 わらず そういう 響 きがあります 本 における 出 世 の 歴 史 体 は

More information

のびのび塩竈っ子プラン

のびのび塩竈っ子プラン 第 2 章 子 どもがのびのびと 健 やかに 育 つまち Ⅳ 計 画 の 内 容 ( 第 2 章 ) 第 1 節 多 様 な 生 涯 学 習 の 推 進 現 状 と 課 題 幼 稚 園 の 教 育 幼 稚 園 は 保 育 所 と 並 び 子 どもたちが 集 団 で 生 活 を 経 験 する 最 初 の 場 です 子 どもたち は 家 族 以 外 の 友 だちや 先 生 とのふれあいや 遊 び 体 験

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037>

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037> 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 平 成 27 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は じ め に 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は 自 動 車 の 生 産 販 売 使 用 の 各 段 階 にわたる 総 合 団 体 として クルマ 社 会 の 健 全 な 発 展 に 貢 献 し 持 続 可 能 な 社 会 の

More information

カリキュラム 第 1 回 何 故 まちづくりが 必 要 か?~ まち に 商 店 街 が 必 要 なワケ ~ 流 通 科 学 大 学 商 学 部 特 別 教 授 石 原 武 政 氏 第 2 回 エリアマネジメントを 学 ぶ 熊 本 城 東 マネジメント 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 南

カリキュラム 第 1 回 何 故 まちづくりが 必 要 か?~ まち に 商 店 街 が 必 要 なワケ ~ 流 通 科 学 大 学 商 学 部 特 別 教 授 石 原 武 政 氏 第 2 回 エリアマネジメントを 学 ぶ 熊 本 城 東 マネジメント 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 南 株 式 会 社 全 国 商 店 街 支 援 センター 平 成 27 年 度 商 人 塾 支 援 事 業 ( 事 業 報 告 書 概 要 版 ) 実 施 機 関 : 春 日 井 商 工 会 議 所 ( 愛 知 県 春 日 井 市 ) 参 加 商 店 街 : 鳥 居 松 商 店 街 鳥 居 松 広 小 路 商 店 街 勝 川 駅 東 商 店 街 勝 川 駅 前 通 商 店 街 東 野 商 店 街 高 蔵

More information

ます 仕 事 をすればするほど 仕 事 が 増 えます 家 に 着 いたら リラックスの 代 わりに 他 に しなければならないことをします 結 果 は やあ 今 日 は 忙 しかったね 疲 れた! と 言 います イギリスと 日 本 はそうだと 思 います しかし マラウイは 違 います 日 本

ます 仕 事 をすればするほど 仕 事 が 増 えます 家 に 着 いたら リラックスの 代 わりに 他 に しなければならないことをします 結 果 は やあ 今 日 は 忙 しかったね 疲 れた! と 言 います イギリスと 日 本 はそうだと 思 います しかし マラウイは 違 います 日 本 私 の 目 から 見 る 日 本 と 外 国 クレア サマーズ 私 の 目 は38 年 の 間 に 様 々な 文 化 を 見 ましたが 私 はまだ 世 界 の 新 人 だと 思 います イギ リスで 生 まれ 育 ちましたが 大 人 になってからはほとんど 外 国 に 住 んでいます 日 本 は 一 番 長 いですが アフリカのマラウイという 国 にも 住 んだことがあります チャンスがあれば 旅

More information

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し 整 理 解 雇 の 実 務 労 務 管 理 Ⅰ 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 1. 整 理 解 雇 の 効 果 2. 整 理 解 雇 の 問 題 点 Ⅱ 整 理 解 雇 の 実 施 手 順 1. 解 雇 基 準 の 決 定 2. 解 雇 実 施 の 発 表 3. 解 雇 者 の 人 選 4. 解 雇 の 予 告 5. 解 雇 辞 令 の 交 付 Ⅲ 労 働 組 合 との 関 係 1.

More information

ⅱ 町 内 会 自 治 会 で 独 自 に 作 成 した 場 合 のかかった 費 用 印 刷 代 : 最 低 額 200 円 最 高 額 300,000 円 ( 数 年 ごと) 平 均 約 27,000 円 ( 具 体 的 な 金 額 を 回 答 した 42 団 体 の 平 均 ) その 他 : 用

ⅱ 町 内 会 自 治 会 で 独 自 に 作 成 した 場 合 のかかった 費 用 印 刷 代 : 最 低 額 200 円 最 高 額 300,000 円 ( 数 年 ごと) 平 均 約 27,000 円 ( 具 体 的 な 金 額 を 回 答 した 42 団 体 の 平 均 ) その 他 : 用 名 簿 地 図 作 成 についての 調 査 ( 集 計 結 果 ) 2013 年 6 月 28 日 調 査 時 期 :2013 年 5 月 調 査 目 的 : 平 成 17 年 4 月 の 個 人 情 報 保 護 法 前 面 施 行 により 個 人 情 報 の 意 識 が 高 まり 取 り 組 みも 進 んできたものの 法 の 趣 旨 の 誤 解 から 名 簿 の 作 成 が 中 止 されるなど 過

More information

「再犯社会」が問う高齢社会像-「安全社会」から「安心社会」へ

「再犯社会」が問う高齢社会像-「安全社会」から「安心社会」へ ニッセイ 基 礎 研 究 所 No. 13-3 19 March 214 再 犯 社 会 が 問 う 高 齢 社 会 像 安 全 社 会 から 安 心 社 会 へ 社 会 研 究 部 主 任 研 究 員 土 堤 内 昭 雄 (3)3512-1794 doteuchi@nli-research.co.jp はじめに 213 年 3 月 末 旧 ライブドアの 元 社 長 ホリエモン こと 堀 江 貴 文

More information

Ⅰ 調査の概要

Ⅰ 調査の概要 資 料 6 伊 達 市 地 域 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 向 けた 職 員 意 識 調 査 報 告 書 ( 結 婚 出 産 子 育 て) ( 第 2 版 ) 平 成 2 7 年 5 月 総 合 政 策 課 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 の 目 的... 2 2. 調 査 の 実 施 方 法 等... 2 (1) 調 査 対 象 実 施 方 法... 2 (2) 回

More information

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関 マイナンバー 制 度 について 質 問 をします マイナンバー 社 会 保 障 税 番 号 制 度 は 今 年 10 月 赤 ちゃん からお 年 寄 りまで 住 民 登 録 をしているすべての 人 へ12 桁 法 人 へ は13 桁 の 番 号 が 通 知 され 2016 年 1 月 から 運 用 が 開 始 されます 政 府 はマイナンバーによって 国 民 一 人 ひとりの 社 会 保 障 の 利

More information

H26年度アンケート結果その1(基礎集計編)20141216

H26年度アンケート結果その1(基礎集計編)20141216 平 成 26 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 26 年 12 月 東 村 山 市 - 1 - 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 3 2 調 査 の 設 計... 3 3 回 収 結 果... 3 4 設 問 の 構 成... 3 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基

More information

YACレポート2013.indd

YACレポート2013.indd 税 務 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について YAC 税 理 士 法 人 シニアマネージャー 山 田 晴 康 ( 公 認 会 計 士 ) 自 民 公 明 両 党 は 1 月 24 日 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 決 定 しました 今 回 の 税 制 改 正 では 安 倍 政 権 が 掲 げるデフレ 脱 却 と 景 気 浮 揚 を 税 制 面 から 後 押 しするため

More information

- 1 -

- 1 - 平 成 27 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 27 年 12 月 東 村 山 市 - 1 - 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 3 2 調 査 の 設 計... 3 3 回 収 結 果... 3 4 設 問 の 構 成... 3 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基

More information

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc 幼 児 教 育 のあり 方 と 適 正 配 置 についての 基 本 方 針 平 成 21 年 9 月 橿 原 市 橿 原 市 教 育 委 員 会 はじめに 2 1. 公 立 幼 稚 園 保 育 所 の 現 状 課 題 3 2. 幼 児 教 育 のあり 方 についての 基 本 的 な 考 え 方 3 (1) 幼 稚 園 保 育 所 の 役 割 1 幼 稚 園 の 役 割 2 保 育 所 の 役 割 (2)

More information

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県 平 成 27 年 (2015 年 )2 月 6 日 企 画 振 興 部 総 合 政 策 課 ( 課 長 ) 関 昇 一 郎 ( 担 当 ) 小 池 広 益 平 澤 忍 電 話 :026-235-7014( 直 通 ) 026-232-0111( 代 表 ) 内 線 3718 FAX:026-235-7471 e-mail:seisaku@pref.nagano.lg.jp 人 口 定 着 確 かな

More information

b 稼 働 後 40 年 を 経 過 した 原 発 は 順 次 廃 炉 とし 延 長 を 認 めず 新 設 も 認 めない c 重 要 な 電 源 として 今 後 もリプレイス( 建 て 替 え)や 新 設 が 必 要 d その 他 (その 他 の 場 合 は300 字 以 内 で 具 体 的 にお

b 稼 働 後 40 年 を 経 過 した 原 発 は 順 次 廃 炉 とし 延 長 を 認 めず 新 設 も 認 めない c 重 要 な 電 源 として 今 後 もリプレイス( 建 て 替 え)や 新 設 が 必 要 d その 他 (その 他 の 場 合 は300 字 以 内 で 具 体 的 にお 参 議 院 選 挙 に 向 けた 政 策 アンケート 地 球 温 暖 化 対 策 についてのアンケート 調 査 の 結 果 の 公 開 CASAは7 月 の 参 議 院 選 挙 に 向 け 各 党 に 地 球 温 暖 化 対 策 についてのアンケート 調 査 を 行 い ました アンケートは 公 明 党 おおさか 維 新 の 会 新 党 改 革 日 本 のこころを 大 切 にする 党 に 送 付 し

More information

新 学 習 指 導 要 領 って?? 2011 年 度 から 学 習 指 導 要 領 が 変 わり 今 までの ゆとり 教 育 から 生 きる 力 へと 変 更 をしました ではいったい 何 が1 番 変 わったかと 言 うと 学 校 での 指 導 方 法 が 変 わりました ゆとり 教 育 上 限

新 学 習 指 導 要 領 って?? 2011 年 度 から 学 習 指 導 要 領 が 変 わり 今 までの ゆとり 教 育 から 生 きる 力 へと 変 更 をしました ではいったい 何 が1 番 変 わったかと 言 うと 学 校 での 指 導 方 法 が 変 わりました ゆとり 教 育 上 限 IB 早 稲 田 六 高 台 校 小 学 生 を 持 つ 親 子 さん 向 け お 悩 み 解 決 団 お 悩 み 相 談 mail: ib-rokkodai@ib-group.jp 担 当 伊 藤 実 はどうなの? いまさら 聞 けない?? 初 めてだから 不 安?? 実 は 塾 ってどうなの?? 実 は 学 校 の 授 業 ってどうなの?? 誰 にも 聞 けない 悩 みなどを 簡 単 にまとめてみました

More information

(Microsoft Word - \217A\220E\212\210\223\256\203A\203h\203o\203C\203X)

(Microsoft Word - \217A\220E\212\210\223\256\203A\203h\203o\203C\203X) ここで 紹 介 する 就 職 活 動 アドバイスは 一 般 的 な 就 職 活 動 に 加 えて 行 うと 良 いものを 掲 載 してお ております 基 本 的 な 就 職 活 動 の 準 備 が 出 来 ていなければ 効 果 は 出 ません 一 般 的 な 就 職 活 動 は 行 っているけど 内 定 がもらえ らえない 良 い 結 果 が 出 ない 方 へ 是 非 参 考 にしてもらい らいたい

More information

目 次 はじめに 薬 物 事 件 の 再 発 防 止 を 誓 って 1 頁 Ⅰ. 事 件 の 経 過 概 要 2 頁 Ⅱ. 大 学 の 対 応 3 頁 Ⅲ. 違 法 薬 物 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 4 頁 Ⅳ. 今 後 の 取 り 組 み 7 頁 < 資 料 > 事 件 発 生

目 次 はじめに 薬 物 事 件 の 再 発 防 止 を 誓 って 1 頁 Ⅰ. 事 件 の 経 過 概 要 2 頁 Ⅱ. 大 学 の 対 応 3 頁 Ⅲ. 違 法 薬 物 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 4 頁 Ⅳ. 今 後 の 取 り 組 み 7 頁 < 資 料 > 事 件 発 生 2010 年 に 発 生 した 大 麻 事 件 に 関 する 報 告 書 ( 総 括 ) 2011 年 6 月 西 南 学 院 大 学 薬 物 問 題 等 対 策 委 員 会 目 次 はじめに 薬 物 事 件 の 再 発 防 止 を 誓 って 1 頁 Ⅰ. 事 件 の 経 過 概 要 2 頁 Ⅱ. 大 学 の 対 応 3 頁 Ⅲ. 違 法 薬 物 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 4 頁

More information

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc NPOって 何? 平 成 25 年 10 月 浜 松 市 市 民 部 市 民 協 働 地 域 政 策 課 目 次 Q 1 NPOって 何? 2 Q 2 非 営 利 とはどういうことですか? 2 Q 3 NGOとの 違 いは? 3 Q 4 NPOとボランティアとの 違 いは? 3 Q 5 NPOで 働 いて 給 料 をもらえますか? 4 Q 6 町 内 会 や 自 治 会 との 違 いは? 4 Q 7

More information

Microsoft Word -

Microsoft Word - 結 婚 妊 娠 出 産 育 児 に 関 する 意 識 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 文 京 区 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 1. 調 査 目 的 3 2. 調 査 項 目 3 3. 調 査 設 計 3 4. 回 収 結 果 3 5. 報 告 書 の 見 方 3 Ⅱ 調 査 回 答 者 の 属 5 (1) 7 (2) 年 齢 7 (3) 同 居 者 8 (4) 現 在 の 暮

More information

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73%

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73% 自 民 接 戦 1 人 区 を 重 点 民 進 共 産 3 分 の 2 阻 止 を 前 面 参 院 選 最 終 盤 攻 防 朝 日 新 聞 2016 年 7 月 8 日 10 日 投 開 票 の 参 院 選 は 選 挙 戦 の 最 終 盤 を 迎 えている 安 倍 晋 三 首 相 ( 自 民 党 総 裁 ) は7 日 福 島 県 を 遊 説 接 戦 の1 人 区 を 重 点 的 に 回 り 単 独

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63> 相 模 原 市 -20- 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 仮 設 住 宅 1. 仮 設 住 宅 ( 正 式 名 称 : 応 急 仮 設 住 宅 )とは? 2014.4.28 竹 原 谷 川 野 田 災 害 救 助 法 という 法 律 に 基 づき 被 災 者 に 対 して 供 与 するものであり 1 新 たに 建 設 することによって 提 供 される 住 宅 (プレハブ) 2 民 間 の 賃 貸 住 宅 等 の 借 上 げによって 被 災 者 に 提 供

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204E6F2E37318140938A8D658140938C8B9E9373926D8E969149816932303134816A82C982DD82E9938C8B9E96E291E881408DC58F4994C52E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204E6F2E37318140938A8D658140938C8B9E9373926D8E969149816932303134816A82C982DD82E9938C8B9E96E291E881408DC58F4994C52E646F6378> 21 世 紀 の 日 本 のかたち(71) 東 京 都 知 事 選 (2014)にみる 東 京 問 題 戸 沼 幸 市 < ( 一 財 ) 日 本 開 発 構 想 研 究 所 代 表 理 事 > 1. 脱 原 発 への 問 いかけ 今 月 2014 年 2 月 9 日 に 行 われた 東 京 都 知 事 選 は 21 世 紀 の 日 本 のかたちに 係 って 首 都 である 巨 大 都 市 東 京

More information

集 落 の 入 口 にある 空 き 家 が 放 置 状 態 で 印 象 がよくない 転 出 した 世 帯 の 農 地 の 耕 作 は 親 戚 などで 対 応 しているが 耕 作 放 棄 地 が 出 始 めた 空 き 家 の 負 担 降 雪 後 空 き 家 の 前 は 除 雪 されないので 周 辺 の

集 落 の 入 口 にある 空 き 家 が 放 置 状 態 で 印 象 がよくない 転 出 した 世 帯 の 農 地 の 耕 作 は 親 戚 などで 対 応 しているが 耕 作 放 棄 地 が 出 始 めた 空 き 家 の 負 担 降 雪 後 空 き 家 の 前 は 除 雪 されないので 周 辺 の 3-3 聞 き 取 り 調 査 の 結 果 3-3-1 全 体 集 計 空 き 家 率 が 10%を 超 えた 63 自 治 会 に 聞 き 取 り 調 査 を 依 頼 し このうち 39 自 治 会 に 了 解 をいただき 自 治 会 長 等 の 役 員 に 対 面 調 査 を 実 施 しました 主 な 意 見 は 次 の 通 りです '1( 空 き 家 の 要 因 高 齢 者 の 転 出 死 亡

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203039303532362D3039303630395F8F5A91EE8E918BE081698E918BE08C7689E6816A82C682CD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203039303532362D3039303630395F8F5A91EE8E918BE081698E918BE08C7689E6816A82C682CD2E646F63> 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは 090526 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは その1 昨 日 (090524)は 増 築 の 契 約 に 立 ち 会 うことがありました OB のお 客 様 で 築 13 年 の2 階 建 てのお 住 まいです お 父 様 名 義 の 家 を 娘 様 がローンを 利 用 して2 階 に 一 部 屋 増 築 そのため 屋 根 の 全 面 葺 き

More information

男性にとって“幸せ”とは?-当研究所「男性の幸せに関する意識調査」より-

男性にとって“幸せ”とは?-当研究所「男性の幸せに関する意識調査」より- REPORT 男 性 にとって 幸 せ とは? - 当 研 究 所 男 性 の 幸 せに 関 する 意 識 調 査 より- 高 田 寛 生 活 設 計 研 究 部 主 席 研 究 員 橋 本 千 春 生 活 設 計 研 究 部 研 究 員 要 旨 1. 当 研 究 所 では 12 年 3 月 ~64 歳 の 男 性 を 対 象 に 男 性 の 幸 せに 関 する 意 識 調 査 を 実 施 した なお

More information

民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 以 下 旅 費 法 ) として 制 定 され 数 次 にわ

民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 以 下 旅 費 法 ) として 制 定 され 数 次 にわ 平 成 23 年 度 財 務 省 調 査 民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 23 年 11 月 株 式 会 社 リサーチアンドソリューション 民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費

More information

4 調 査 期 間 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 2015 年 10 月 16 日 ~10 月 19 日 移 住 調 査 : 2015 年 10 月 21 日 ~10 月 23 日 5 有 効 回 答 者 数 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 20,911( 配

4 調 査 期 間 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 2015 年 10 月 16 日 ~10 月 19 日 移 住 調 査 : 2015 年 10 月 21 日 ~10 月 23 日 5 有 効 回 答 者 数 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 20,911( 配 資 料 -2.1 移 住 交 流 定 住 に 関 するアンケート 調 査 結 果 1 目 的 東 北 地 方 への 定 住 の 可 能 性 とその 条 件 また 東 北 地 方 への 来 訪 ( 交 流 )の 可 能 性 とその 条 件 を 探 る 2 調 査 方 法 インターネットによる Web 調 査 ( 株 式 会 社 インテージ) 3 調 査 対 象 インテージモニターを 対 象 1 対 象

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

栃 木 県 不 動 産 市 場 動 向 調 査 (DI) 第 3 回 調 査 結 果 の 公 表 について このたび 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 及 び 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 不 動 産 鑑 定 士 協 会 で 共 同 実 施 している 栃

栃 木 県 不 動 産 市 場 動 向 調 査 (DI) 第 3 回 調 査 結 果 の 公 表 について このたび 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 及 び 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 不 動 産 鑑 定 士 協 会 で 共 同 実 施 している 栃 栃 木 県 不 動 産 市 場 動 向 調 査 (DI) 第 3 回 平 成 26 年 6 月 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 不 動 産 鑑 定 士 協 会 栃 木 県 不 動 産 市 場 動 向 調 査 (DI) 第 3 回 調 査 結 果 の 公 表 について このたび 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 宅 地 建

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

外 部 からの 異 変 発 見 活 動 安 否 確 認 声 かけ イベントの 実 施 圏 域 ( 町 会 ) 鷺 宮 (D-2) 見 守 り 支 えあい 名 簿 の 提 供 有 当 町 会 は 平 成 23 年 度 の 第 1 回 見 守 り 対 象 者 名 簿 の 提 供 を 希 望 された21の

外 部 からの 異 変 発 見 活 動 安 否 確 認 声 かけ イベントの 実 施 圏 域 ( 町 会 ) 鷺 宮 (D-2) 見 守 り 支 えあい 名 簿 の 提 供 有 当 町 会 は 平 成 23 年 度 の 第 1 回 見 守 り 対 象 者 名 簿 の 提 供 を 希 望 された21の 外 部 からの 異 変 発 見 活 動 安 否 確 認 声 かけ イベントの 実 施 町 会 活 動 を 利 用 した 活 動 地 域 情 報 の 把 握 困 りごと 相 談 町 会 自 治 会 ( 地 区 ) 鷺 宮 (D-1) 見 守 り 支 えあい 名 簿 の 提 供 有 当 自 治 会 では 高 齢 者 の 問 題 に 対 応 するために 平 成 10 年 4 月 に 助 け 合 いネットワー

More information

会議録

会議録 第 4 回 秦 野 市 公 立 幼 稚 園 あり 方 検 討 委 員 会 1 日 時 平 成 24 年 2 月 7 日 ( 火 ) 午 前 10 時 ~ 正 午 2 場 所 秦 野 市 役 所 本 庁 舎 3 階 3A 会 議 室 3 出 席 委 員 逢 坂 委 員 小 林 委 員 佐 藤 委 員 佐 々 木 委 員 桐 山 委 員 横 尾 委 員 大 澤 委 員 梅 原 委 員 野 々 山 委 員

More information

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に 総 務 文 教 常 任 委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 7 月 17 日 焼 津 市 議 会 議 長 石 田 昭 夫 様 総 務 文 教 常 任 委 員 会 報 告 者 池 谷 和 正 下 記 の 通 り 視 察 調 査 を 行 いましたので 概 要 につきましてご 報 告 致 します 1 期 間 : 平 成 25 年 5 月 14 日 ( 火 )~15 日 ( 水 ) 2

More information

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版>

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版> 高 齢 者 等 の 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 に 対 する 賃 貸 人 の 不 安 解 消 に 関 する 調 査 < 概 要 版 > 1. 調 査 目 的 民 間 賃 貸 住 宅 において 賃 貸 人 が 高 齢 者 等 の 入 居 を 制 限 する 実 態 が 見 られ その 理 由 として 家 賃 の 支 払 い 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 等 への 賃 貸 人 の 不 安

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

現 在 は 金 利 が1%と 低 いので 貯 金 だけでは 元 本 がなかなか 増 えませんが それでも 使 わずに 貯 め 続 けることで 大 きなお 金 を 残 すことができます (3) 資 産 造 りの 為 の 投 資 の 法 則 を 持 つ 必 要 がある 貯 まったお 金 を 増 やす 為

現 在 は 金 利 が1%と 低 いので 貯 金 だけでは 元 本 がなかなか 増 えませんが それでも 使 わずに 貯 め 続 けることで 大 きなお 金 を 残 すことができます (3) 資 産 造 りの 為 の 投 資 の 法 則 を 持 つ 必 要 がある 貯 まったお 金 を 増 やす 為 4. 資 産 造 りの 知 恵 と 法 則 (1) 資 産 の 格 差 は 何 故 広 がるのでしょうか? 人 間 の 社 会 では 80%の 所 得 と 資 産 が20%の 人 に 偏 って 集 まり 残 りの 20%を80%の 人 で 分 け 合 う と 言 う 傾 向 があります これを 80 対 20の 法 則 (パ ールの 法 則 )と 言 います 何 故 所 得 が 偏 った 人 に 集

More information

Microsoft Word - 8鶴山2(校正).doc

Microsoft Word - 8鶴山2(校正).doc 子 どもの 遊 びの 実 態 に 関 する 研 究 A Study of Actual Conditions of Children s Play 鶴 山 博 之 TSURUYAMA Hiroyuki 橋 爪 和 夫 1) HASHIZUME Kazuo 中 野 綾 2) NAKANO Aya Ⅰ. 緒 言 子 どもは 遊 びを 経 験 することによってさまざまなことを 学 習 していくといわれている

More information

1リスクへの備え

1リスクへの備え リスクへの 備 え 福 祉 施 設 運 営 は 様 々なリスク 対 応 を 覚 悟 しなければならない 業 務 中 に 負 った 賠 償 責 任 入 所 児 童 が 他 人 に 損 害 を 負 わせた 場 合 施 設 管 理 者 は 損 害 賠 償 金 や 訴 訟 費 用 等 を 法 律 上 負 うべき 事 態 に 見 舞 われる また 財 産 の 損 害 が 生 じる 事 態 もある これらの 事

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

- 56 -

- 56 - 第 3 章 結 果 の 考 察 - 55 - - 56 - 企 画 政 策 部 企 画 政 策 課 今 回 のアンケートでは 移 転 ( 転 入 出 )のきっかけ 移 転 先 の 決 定 に 重 視 したこと 実 際 に 移 転 先 を 決 定 した 理 由 情 報 源 本 市 に 対 する 印 象 の 変 化 などについて 伺 いました ここでは 本 市 の 人 口 動 態 が 近 年 転 出 者

More information

市 長 会 見 市 政 報 告 について 6 月 の 定 例 記 者 会 見 では 5 月 以 降 の 変 化 並 びに 6 月 定 例 議 会 に 提 案 する 内 容 について 報 告 します 初 めに 7 月 12 日 の 避 難 指 示 区 域 の 解 除 の 合 意 についてですが 5 月

市 長 会 見 市 政 報 告 について 6 月 の 定 例 記 者 会 見 では 5 月 以 降 の 変 化 並 びに 6 月 定 例 議 会 に 提 案 する 内 容 について 報 告 します 初 めに 7 月 12 日 の 避 難 指 示 区 域 の 解 除 の 合 意 についてですが 5 月 定 例 記 者 会 見 の 概 要 1. 日 時 平 成 28 年 6 月 9 日 ( 木 )10 時 30 分 ~11 時 40 分 2. 場 所 本 庁 舎 3 階 第 一 会 議 室 3. 出 席 者 < 報 道 機 関 > 1 朝 日 新 聞 社 南 相 馬 支 局 ( 南 相 馬 記 者 クラブ 会 員 ) 2 福 島 民 友 新 聞 社 相 双 支 社 ( 南 相 馬 記 者 クラブ 会

More information

西予市人口ビジョン

西予市人口ビジョン 西 予 市 人 口 ビジョン 28 年 3 月 西 予 市 目 次 西 予 市 のお 財 布 事 情... 1 Ⅰ 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的... 2 Ⅱ 西 予 市 の 人 口 動 向... 2 1. 人 口 推 移... 2 2. 自 然 増 減... 6 3. 社 会 増 減... 10 Ⅲ 西 予 市 の 将 来 人 口 推 計... 12 1. 市 全 体... 12 ア 推

More information

第 3 章 住 生 活 基 本 計 画 1. 町 民 への 住 まい 住 環 境 に 関 する 意 向 把 握 2. 住 まい 住 環 境 に 関 する 現 況 と 課 題 展 開 方 向 3. 住 宅 施 策 の 体 系 と 推 進 施 策 1. 町 民 への 住 まい 住 環 境 に 関 する 意 向 把 握 (1) 一 般 世 帯 向 けアンケート 調 査 結 果 住 まい 住 環 境 に

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 九 度 山 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 九 度 山 町 目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 将 来

More information

2.2 書 物 との 出 会 い 書 物 との 出 会 いは ひとそれぞれです 絵 本 マンガ 本 文 学 書 教 科 書 さまざまな 形 で 目 に 触 れ ときに 心 に 触 れていきます こう 考 えると 書 物 に 触 れない 触 れたことがない 人 はい ないのではないでしょうか 好 むと

2.2 書 物 との 出 会 い 書 物 との 出 会 いは ひとそれぞれです 絵 本 マンガ 本 文 学 書 教 科 書 さまざまな 形 で 目 に 触 れ ときに 心 に 触 れていきます こう 考 えると 書 物 に 触 れない 触 れたことがない 人 はい ないのではないでしょうか 好 むと 第 2 章 本 ( 書 物 )が 果 たす 役 割 と 公 共 図 書 館 の 必 要 性 2.1 書 物 ( 書 き 物 )は 人 生 の 役 に 立 つのか 人 生 において 書 物 ( 書 き 物 )との 出 会 いは 何 の 役 に 立 つか まず この 大 命 題 について 考 えを 巡 らせることから 検 討 委 員 会 報 告 は 始 めます 世 の 中 には 様 々な 書 物 が 存

More information

Microsoft Word - 20120524_ 体裁微修正 中国セミナー第7回講演録ウェブ掲載用(0420).doc

Microsoft Word - 20120524_ 体裁微修正 中国セミナー第7回講演録ウェブ掲載用(0420).doc フォーラム 中 国 ビジネスを 理 解 する シリーズ 第 7 回 (4 月 20 日 ) 講 演 録 第 7 回 中 国 経 済 の 実 情 日 時 :2012 年 4 月 20 日 ( 金 ) 場 所 : 早 稲 田 大 学 日 本 橋 キャンパス ホール 報 告 急 成 長 を 遂 げてきた 中 国 経 済 が 失 速 しつつある 中 国 政 府 は 悪 化 する 財 政 を 立 て 直 すため

More information

Microsoft Word - (280609_230企画政策課案)平成28年第2回定例会.docx

Microsoft Word - (280609_230企画政策課案)平成28年第2回定例会.docx 平 成 28 年 第 2 回 定 例 会 (スタートアップ 新 宿 ) 代 表 質 問 ( 要 旨 ) 一 問 一 答 最 初 の 質 問 は 公 民 連 携 についてです 新 宿 区 では 平 成 28 年 3 月 に 新 宿 区 施 設 白 書 を 作 成 しました また 5 月 22 日 には 公 共 施 設 フォーラムが 開 催 され 東 洋 大 学 PPP 研 究 センター 長 の 根 本

More information

目 次 1. 稚 内 コルサコフ 定 期 航 路 利 用 促 進 合 同 会 議 等 の 出 席 について 1 2.サハリン 南 部 地 震 に 伴 う 災 害 見 舞 及 び 支 援 について 3 3. 稚 内 市 廃 棄 物 最 終 処 分 場 の 供 用 開 始 について 5 4. 食 の 委

目 次 1. 稚 内 コルサコフ 定 期 航 路 利 用 促 進 合 同 会 議 等 の 出 席 について 1 2.サハリン 南 部 地 震 に 伴 う 災 害 見 舞 及 び 支 援 について 3 3. 稚 内 市 廃 棄 物 最 終 処 分 場 の 供 用 開 始 について 5 4. 食 の 委 一 般 行 政 報 告 平 成 19 年 第 6 回 定 例 会 (9 月 ) 目 次 1. 稚 内 コルサコフ 定 期 航 路 利 用 促 進 合 同 会 議 等 の 出 席 について 1 2.サハリン 南 部 地 震 に 伴 う 災 害 見 舞 及 び 支 援 について 3 3. 稚 内 市 廃 棄 物 最 終 処 分 場 の 供 用 開 始 について 5 4. 食 の 委 員 会 及 び 稚

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ 北 本 市 いじめ 自 殺 裁 判 最 高 裁 決 定 を 受 けて 原 告 弁 護 団 支 援 団 より 声 明 メッセージ 2014 年 10 月 7 日 A 弁 護 団 声 明 1 2005 年 に 自 殺 した 埼 玉 県 北 本 市 の 中 学 校 1 年 の 女 子 生 徒 ( 当 時 12 歳 )の 両 親 が 市 と 国 に 計 約 7670 万 円 の 損 害 賠 償 を 求 めた

More information

子 どもへの 思 い ~ 子 どもたちに 対 して 思 うこと 感 じること~ 高 滝 小 学 校 に 寄 付 ( 町 会 全 体 で) 挨 拶 がよくできる 元 気 ハキハキしていて 子 どもらしい すれていない 加 茂 中 学 校 後 援 会 で 寄 付 をしている 学 校 便 りを 町 会 全

子 どもへの 思 い ~ 子 どもたちに 対 して 思 うこと 感 じること~ 高 滝 小 学 校 に 寄 付 ( 町 会 全 体 で) 挨 拶 がよくできる 元 気 ハキハキしていて 子 どもらしい すれていない 加 茂 中 学 校 後 援 会 で 寄 付 をしている 学 校 便 りを 町 会 全 ( 仮 称 ) 次 世 代 育 成 支 援 推 進 条 例 ( 子 ども 条 例 ) 制 定 に 向 けた 地 区 別 懇 話 会 (タウンミーティング) 加 茂 地 区 意 見 等 一 覧 開 催 日 : 平 成 23 年 7 月 22 日 ( 金 ) 会 場 : 加 茂 支 所 会 議 室 子 どもへの 思 い ~ 子 どもたちに 対 して 思 うこと 感 じること~ 高 滝 小 学 校 に 寄

More information

消費税増税先送りに伴う他政策への影響

消費税増税先送りに伴う他政策への影響 税 制 A to Z 2014 年 11 月 21 日 全 13 頁 消 費 税 増 税 先 送 りに 伴 う 他 政 策 への 影 響 住 宅 ローン 減 税 自 動 車 税 制 年 金 制 度 給 付 措 置 などに 影 響 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 安 倍 首 相 は 2014 年 11 月 18 日 に 記 者 会 見 を 行 い 消 費 税 率 の 10%への

More information

川西市市民意識調査(中学生)

川西市市民意識調査(中学生) 川 西 市 市 民 意 識 調 査 ( 中 学 生 ) 調 査 結 果 報 告 書 平 成 23 年 3 月 兵 庫 県 川 西 市 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要...1 1. 調 査 の 目 的... 2 2. 調 査 設 計... 2 3. 回 収 結 果... 2 4. 報 告 書 の 見 方... 3 Ⅱ 調 査 結 果... 5 回 答 者 について... 6 問 3 あなたは 川 西

More information

平成26年度 関市

平成26年度 関市 1 閲 覧 用 2 目 次 1 調 査 の 概 要... 1 (1) 調 査 目 的... 2 (2) 調 査 項 目... 2 (3) 調 査 方 法... 2 (4) 回 収 結 果... 2 (5) 報 告 書 の 見 方... 3 2 調 査 結 果... 5 (1) 回 答 者 の 属 性... 6 (2) 関 市 への 居 住 意 向 につて... 15 (3) 市 の 主 な 施 策

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた 拉 致 被 害 者 等 への 今 後 の 支 援 策 の 在 り 方 について( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 8 月 拉 致 問 題 対 策 本 部 関 係 省 庁 拉 致 問 題 連 絡 会 ( 支 援 幹 事 会 ) 目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2)

More information

平成27年度健康保険委員研修 知っておきたい健康保険のポイント

平成27年度健康保険委員研修  知っておきたい健康保険のポイント 1 目 次 1. 健 康 保 険 証 について(4~6ページ) 2. 交 通 事 故 について(7~9ページ) 3. 出 産 に 関 する 健 康 保 険 の 給 付 について(10~19ページ) 4. 健 康 保 険 の 給 付 に 関 わるよくある 相 談 Q&A(20~23ページ) 5. 退 職 後 の 健 康 保 険 について(24~28ページ) 6. 今 後 の 制 度 改 正 について(29ページ)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837A815B838082D8815B8357814591B28BC690B682A982E782CC83818362835A815B83572E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837A815B838082D8815B8357814591B28BC690B682A982E782CC83818362835A815B83572E646F6378> 平 成 27 年 度 新 入 職 員 募 集 受 付 中 卒 業 生 からのメッセージ 専 修 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 卒 業 勤 続 32 年 支 店 長 : 大 学 を 卒 業 と 同 時 に 都 内 の 信 用 金 庫 へ 就 職 し 1 年 半 お 世 話 になりました 当 時 も 就 職 難 で やっとの 思 いで 就 職 した 信 用 金 庫 でありましたが 親 が 高

More information

概要版

概要版 3 調 査 結 果 1 千 葉 県 の 魅 力 (1) 千 葉 県 への 愛 着 や 誇 り 千 葉 県 に 愛 着 や 誇 りを 感 じている かどうかについて 聞 いたところ 愛 着 や 誇 りを 感 じている (31.7%)と どちらかといえば 愛 着 や 誇 りを 感 じている (48.1%)を 合 わせた 感 じている 計 (79.8%)の 割 合 は 約 8 割 となっている 一 方 で

More information

調 査 票 の 記 入 Q23 調 査 票 への 記 入 のしかたが 分 からないので どのようにすればよいのですか Q24 病 気 や 怪 我 などで 調 査 票 に 記 入 できないときは どのようにすればよいのですか Q25 住 民 基 本 台 帳 の 情 報 や 税 情 報 があるので 調

調 査 票 の 記 入 Q23 調 査 票 への 記 入 のしかたが 分 からないので どのようにすればよいのですか Q24 病 気 や 怪 我 などで 調 査 票 に 記 入 できないときは どのようにすればよいのですか Q25 住 民 基 本 台 帳 の 情 報 や 税 情 報 があるので 調 国 民 生 活 基 礎 調 査 とは Q1 Q2 Q3 国 民 生 活 基 礎 調 査 は どのような 調 査 なのですか 調 査 を 行 う 必 要 があるのですか どうしても 答 えなければいけないのですか 調 査 の 方 法 Q4 Q5 Q6 国 民 生 活 基 礎 調 査 は どのように 行 われるのですか 調 査 票 はどのように 提 出 するのですか 忙 しいので 郵 送 で 回 答 したいのですが

More information

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477>

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477> 第 20 回 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 平 成 21 年 11 月 24 日 開 催 ) 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 20 回 ) 議 事 概 要 ( 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 事 務 局 ) 第 1 日 時 平 成 21 年 11 月 24 日 ( 火 )15:00~17:00 第 2 場 所 東 京 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 第

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

2 老 朽 化 の 進 行 建 物 の 構 造 だけでなく 気 候 やメンテナンスなど 様 々な 条 件 で 建 物 の 寿 命 は 違 ってきま すが おおよその 目 安 として 築 年 数 が 30 年 を 越 えるものについて 集 計 してみると 延 床 面 積 で 約 43.3%が 老 朽

2 老 朽 化 の 進 行 建 物 の 構 造 だけでなく 気 候 やメンテナンスなど 様 々な 条 件 で 建 物 の 寿 命 は 違 ってきま すが おおよその 目 安 として 築 年 数 が 30 年 を 越 えるものについて 集 計 してみると 延 床 面 積 で 約 43.3%が 老 朽 第 5 章 公 共 施 設 の 課 題 1 維 持 費 用 の 負 担 増 第 4 章 で 見 てきたように 施 設 の 維 持 費 用 は 光 熱 水 費 警 備 や 清 掃 などの 委 託 費 建 物 の 設 備 点 検 費 など 固 定 的 に 支 出 している 費 用 が 多 いことにお 気 づきだと 思 います 実 際 にはさらに 人 件 費 も 要 していますので 固 定 的 費 用 で

More information

Microsoft Word - 文書1.doc

Microsoft Word - 文書1.doc 有 給 休 暇 労 働 基 準 法 第 39 条 子 どもの 学 校 の 都 合 で 休 むことがあるのですが その 時 はお 給 料 が 出 ません パートには 有 給 休 暇 はな い と 会 社 からは 言 われています パートタイム 労 働 者 にも 有 給 休 暇 はあります (ただし とれない 場 合 もあります ) パートタイム 労 働 者 にも フルタイム 労 働 者 と 同 じように

More information

産婦人科 転職ガイド

産婦人科 転職ガイド 転 職 をお 考 えの 先 生 へ 産 婦 人 科 転 職 ガイド 株 式 会 社 プライオネット ( 本 社 ) 愛 知 県 豊 橋 市 藤 沢 町 141 ロワジールホテル 豊 橋 8F 求 人 フリーダイヤル:0120-480-501 求 人 専 用 メール:sdr info@priornet.info 産 婦 人 科 医 師 求 人 サイト 産 婦 人 科 ドクターズバンク http://www.priornet.info/sanfujinkdr/

More information

Taro-230214条例改正想定問答.jtd

Taro-230214条例改正想定問答.jtd 鳥 取 県 青 少 年 健 全 育 成 条 例 一 部 改 正 ( 第 10 次 改 正 ) 想 定 問 答 (H23.2.14 現 在 ) 1 総 論 Q: 条 例 の 改 正 理 由 は? A: この 条 例 には 平 成 22 年 度 末 を 目 途 として この 条 例 の 規 定 及 びその 実 施 状 況 に ついて 検 討 を 加 え その 結 果 に 基 づいて 必 要 な 措 置

More information

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識 第 4 章 これからの 幼 児 教 育 のあり 方 1. 幼 稚 園 における 教 育 の 方 向 性 (1) 幼 稚 園 における 教 育 のあり 方 1 幼 稚 園 の 役 割 幼 稚 園 は 子 どもが 家 庭 では 体 験 できない 友 達 との 集 団 生 活 を 通 して 教 員 に 支 えられながら 幼 児 期 なりの 豊 かさに 出 会 う 場 です 少 子 化 の 進 行 に 伴

More information

市 長

市 長 潟 上 市 総 合 教 育 会 議 会 議 録 開 催 日 時 平 成 27 年 6 月 2 日 ( 火 ) 16 時 00 分 ~16 時 25 分 場 所 潟 上 市 役 所 3 階 会 議 室 31 32 (1) 議 長 の 選 任 について 案 件 (2) 潟 上 市 総 合 教 育 会 議 設 置 要 綱 について (3) 大 綱 の 策 定 について (4)その 他 ( 会 議 構 成

More information

調 査 実 施 の 背 景 毎 年 1 月 から3 月 にかけて 受 験 シーズンを 迎 えます 受 験 生 ご 本 人 も 追 い 込 みで 大 変 な 時 期 ですが 受 験 生 を 支 えるご 両 親 にとっても 冬 の 寒 い 季 節 でもあり お 子 さまの 健 康 管 理 など ご 苦

調 査 実 施 の 背 景 毎 年 1 月 から3 月 にかけて 受 験 シーズンを 迎 えます 受 験 生 ご 本 人 も 追 い 込 みで 大 変 な 時 期 ですが 受 験 生 を 支 えるご 両 親 にとっても 冬 の 寒 い 季 節 でもあり お 子 さまの 健 康 管 理 など ご 苦 2010 年 2 月 中 学 3 年 生 の 受 験 生 を 持 つ 母 親 600 名 に 聞 いた 高 校 受 験 に 関 する 調 査 ~ 受 験 のため 支 出 を 控 えた 費 用 衣 食 住 42.8% レシ ャー 49.3% お 母 さんの 小 遣 い 17.0%~ 第 一 生 命 保 険 相 互 会 社 ( 社 長 斎 藤 勝 利 )のシンクタンク ( 株 ) 第 一 生 命 経 済

More information

(2) 観 光 戦 略 策 定 の 視 点 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 の 策 定 にあたっては 以 下 のような 戦 略 策 定 の 視 点 を 持 って あらためて 酒 田 市 の 観 光 資 源 を 見 直 し 資 源 特 性 を 洗 い 出 すとともに 資 源 の 再 編 集

(2) 観 光 戦 略 策 定 の 視 点 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 の 策 定 にあたっては 以 下 のような 戦 略 策 定 の 視 点 を 持 って あらためて 酒 田 市 の 観 光 資 源 を 見 直 し 資 源 特 性 を 洗 い 出 すとともに 資 源 の 再 編 集 第 3 章 酒 田 市 中 長 期 観 光 戦 略 ( 新 酒 田 物 語 ) 前 章 の 酒 田 市 の 観 光 の 現 状 と 課 題 SWOT 分 析 等 を 受 けて あらためて 酒 田 市 の 観 光 における 課 題 を 整 理 し 課 題 に 対 応 した 戦 略 とするため 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 を 策 定 する (1) 酒 田 市 の 観 光 の 課 題 整

More information

1 氏 名 石 川 瑞 穂 入 会 年 度 平 成 26 年 度 明 治 大 学 農 学 部 生 命 科 学 科 所 属 部 署 農 業 対 策 部 地 元 である 栃 木 県 で 就 職 したいと 考 えていました それまで 農 業 に 直 接 携 わったことは 無 かったのですが 実 家 の 周 りの 美 しい 田 園 風 景 が 大 好 き だったことと TPP 等 の 問 題 で 農 業 を 取

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C6F8CB18ED089EF8A778AEE91628DC58F49838C837C815B836781698352837E8385836A836583422932612E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C6F8CB18ED089EF8A778AEE91628DC58F49838C837C815B836781698352837E8385836A836583422932612E646F6378> 東 日 本 大 震 災 前 後 のコミュニティに 対 する 考 え 方 の 変 化 1. 目 的 東 日 本 大 震 災 により 被 災 した 地 域 ではこれまであった 地 域 ごとのコミュニティが 崩 壊 し 被 災 者 は 新 しい 生 活 を 余 儀 なくされた 自 宅 を 再 建 する 者 や 避 難 していく 者 など そ れぞれが 意 志 決 定 を 行 い 新 しい 環 境 でのコミュニティの

More information

教 育 資 金 一 括 贈 与 の 贈 与 税 非 課 税 措 置 の 創 設 について 主 税 局 税 制 第 一 課 主 税 企 画 官 中 村 英 正 1. 制 度 導 入 の 背 景 経 緯 家 計 資 産 の6 割 を 60 歳 以 上 の 世 代 が 保 有 現 在 家 計 資 産 の

教 育 資 金 一 括 贈 与 の 贈 与 税 非 課 税 措 置 の 創 設 について 主 税 局 税 制 第 一 課 主 税 企 画 官 中 村 英 正 1. 制 度 導 入 の 背 景 経 緯 家 計 資 産 の6 割 を 60 歳 以 上 の 世 代 が 保 有 現 在 家 計 資 産 の 税 制 改 正 法 案 が 成 立 スタートした 教 育 資 金 贈 与 税 非 課 税 制 度 その 目 的 と 運 用 方 法 平 成 25 年 度 税 制 改 正 の 目 玉 政 策 の 一 つである 教 育 資 金 贈 与 の 非 課 税 制 度 が4 月 にスタートした 信 託 銀 行 などが 本 制 度 対 応 の 商 品 を 発 売 し 始 め 孫 の 教 育 費 を 援 助 したい

More information

56 0% 20% 40% 60% 80% 100% 0% 20% 40% 60% 80% 100% 1 町 政 24.7 41.7 12.9 7.9 9.4 5 事 業 の 企 画 検 討 11.6 42.7 22.4 9.8 12.5 2 各 種 計 画 17.0 45.4 17.0 8.3 11.0 6 町 民 の 声 を 聞 く 姿 勢 16.2 34.4 21.3 15.4 9.8

More information

第6分科会

第6分科会 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 ( 教 育 ) 平 成 23 年 7 月 19 日 自 由 民 主 党 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 はじめに 戦 後 のわが 国 の 教 育 は 教 育 水 準 の 向 上 を 通 じ 経 済 社 会 の 発 展 に 貢 献 してきた その 中 で 自 由 民 主 党 は 左 翼 思 想 に 支 配 された 日 本 教 職 員 組 合 が

More information

3 境 界 の 確 定 だけでも 先 行 できないか 年 代 から2050 年 代 となる 見 込 み 3 測 量 して 登 記 まで 行 わないと 地 籍 調 査 完 了 とならないが 土 地 所 有 者 による 境 界 の 保 存 は 非 常 に 重 要 となっている 2

3 境 界 の 確 定 だけでも 先 行 できないか 年 代 から2050 年 代 となる 見 込 み 3 測 量 して 登 記 まで 行 わないと 地 籍 調 査 完 了 とならないが 土 地 所 有 者 による 境 界 の 保 存 は 非 常 に 重 要 となっている 2 山 本 芳 昭 議 員 一 般 質 問 答 弁 要 旨. 災 害 防 災 について 災 害 復 旧 工 事 はいつから 誰 が どのように 実 施 されるのか 2 水 路 改 修 はどのような 方 法 でされるのか 3 新 石 見 小 水 力 発 電 所 再 稼 働 の 見 込 みはどう か 4 町 と 自 衛 消 防 はどのように 連 携 されている のか. 二 次 災 害 を 防 ぐ 応 急 工

More information

てを 行 っていた 状 況 だった 昨 年 の 平 成 27 年 3 月 に 同 市 山 田 町 に 新 たな 焼 却 施 設 の 都 城 クリーンセンターが 稼 働 開 始 し ゴミの 高 温 焼 却 処 理 が 可 能 になったことで 当 初 作 った 計 画 とおりに 発 生 する 熱 を 利

てを 行 っていた 状 況 だった 昨 年 の 平 成 27 年 3 月 に 同 市 山 田 町 に 新 たな 焼 却 施 設 の 都 城 クリーンセンターが 稼 働 開 始 し ゴミの 高 温 焼 却 処 理 が 可 能 になったことで 当 初 作 った 計 画 とおりに 発 生 する 熱 を 利 平 成 27 年 度 第 3 回 宮 崎 県 環 境 審 議 会 の 議 事 録 平 成 28 年 2 月 3 日 審 議 事 項 1 宮 崎 県 環 境 計 画 の 改 定 最 終 案 について 2 平 成 28 年 度 公 共 用 水 域 及 び 地 下 水 の 水 質 測 定 計 画 案 について 報 告 事 項 1 環 境 影 響 評 価 ( 環 境 アセスメント)の 条 例 対 象 事 業

More information

Microsoft Word - NOTES② 月号(宮木).doc

Microsoft Word - NOTES② 月号(宮木).doc 2 電 話 勧 誘 訪 問 販 売 DMに 対 する 生 活 者 意 識 研 究 開 発 室 宮 木 由 貴 子 - 要 旨 - 1 内 閣 府 は 2005 年 に 策 定 された 消 費 者 基 本 計 画 において 消 費 者 が 望 まないのに 勧 誘 を 受 け る いわゆる 不 招 請 勧 誘 について 何 らかの 規 制 に 関 する 一 定 の 結 論 を 得 るとしている こ うした

More information

プレスリリース

プレスリリース 報 道 関 係 者 各 位 2013 年 5 月 23 日 マミーズサミット 全 国 ネット 調 べ 育 児 休 業 三 年 抱 っこし 放 題 ママたちはどう 考 えてる? 緊 急! 育 休 アンケート 結 果 速 報 抱 っこし 放 題 よりも 選 択 し 放 題 の 働 き 方 を!! 携 帯 メルマガ あったかめ~る による 地 域 密 着 子 育 て 情 報 の 発 信 や 子 育 てと

More information

19

19 資 料 編 18 19 1) 村 民 アンケート 調 査 結 果 ( 結 婚 出 産 子 育 て 定 住 移 住 に 関 するアンケート 調 査 ) ( 定 住 移 住 に 関 するアンケート 調 査 ) 1アンケート 概 要 アンケート 実 施 期 間 : 平 成 27 年 11 月 26 日 ~ 平 成 28 年 1 月 15 日 配 布 部 数 800 部 回 答 部 数 :79 部 回 収

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF8251814082DC82BF82C382AD82E882C98AD682B782E9834183938350815B836792B28DB8955B81698E7396AF9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF8251814082DC82BF82C382AD82E882C98AD682B782E9834183938350815B836792B28DB8955B81698E7396AF9770816A2E646F63> ま ち づ く り に 関 す る ア ン ケ ー ト 調 査 平 市 人 口 ン 平 市 合 策 定 のための 市 掟 調 査 アンケート 調 査 へのご のお 願 い 平 市 では 平 成 27 拢 までに 平 市 人 口 ン 平 市 合 を 策 定 することとし 現 在 その 準 備 作 業 を 進 めております 合 は 本 市 が に て る 捯 を 人 口 が 捠 に 進 捯 する 現 在

More information