日 本 の 安 全 保 障 政 策 の 根 幹 で 自 民 党 政 権 がしばしば 強 調 する 日 米 同 盟 の 基 礎 とされる 日 米 安 保 条 約 ( 日 本 国 とアメリカ 合 衆 国 との 間 の 相 互 協 力 及 び 安 全 保 障 条 約 )は 実 は 最 初 から 正 当 性

Size: px
Start display at page:

Download "日 本 の 安 全 保 障 政 策 の 根 幹 で 自 民 党 政 権 がしばしば 強 調 する 日 米 同 盟 の 基 礎 とされる 日 米 安 保 条 約 ( 日 本 国 とアメリカ 合 衆 国 との 間 の 相 互 協 力 及 び 安 全 保 障 条 約 )は 実 は 最 初 から 正 当 性"

Transcription

1 ようやく 全 体 が 見 えてきた 米 国 による 日 本 支 配 の 巧 妙 な 方 法 2010 年 02 月 15 日 山 崎 康 彦 敗 戦 後 の 日 本 は1951 年 のサンフランシスコ 対 日 講 話 条 約 でGHQの 占 領 を 終 わらせ 文 字 通 り 独 立 国 家 になったと 教 科 書 には 書 かれています しかしながら1951 年 以 降 も 日 本 にうわべの 独 立 国 家 の 体 裁 を 与 えながら 首 相 任 命 権 と 軍 事 と 情 報 を 握 った 米 国 支 配 層 CIAは 日 米 安 保 条 約 を 法 的 根 拠 にして 米 国 植 民 地 日 本 を 支 配 されている と 感 じさせない 巧 みな 方 法 で 支 配 してきたのです 日 本 国 民 の 富 と 財 産 は 米 国 支 配 層 CIAと 日 本 人 エージェント 達 に 奪 われ 日 本 国 民 の 自 由 と 平 和 と 人 権 は 侵 害 毀 損 されてきたのです 米 国 支 配 層 CIAによって 育 成 され 送 り 込 まれた 日 本 人 エージェントは 国 益 よりも 米 国 の 利 益 を 最 優 先 した 政 策 を 彼 らに 決 定 実 行 させてきたのです 小 泉 首 相 が 米 国 支 配 層 CIAの 指 示 で 大 手 マスコミを 総 動 員 して 年 に 強 行 した 小 泉 竹 中 構 造 改 革 は 当 初 国 民 の 熱 狂 的 な 支 持 を 受 けましたが 結 局 のところ 社 会 格 差 と 貧 困 と 荒 廃 しかもた らさなかったことを 国 民 ははっきり 理 解 したのです 従 順 で 我 慢 強 い 日 本 国 民 も 小 泉 改 革 に 騙 されたことに 気 がつき 昨 年 8 月 30 日 の 総 選 挙 で 政 権 交 代 を 選 択 し 戦 後 55 年 間 続 いた 自 民 党 独 裁 体 制 を 終 わらせて 鳩 山 民 主 党 政 権 を 誕 生 させたのです 敗 戦 後 65 年 間 日 本 国 民 をうまく 騙 して 植 民 地 支 配 してきた 米 国 支 配 層 CIAと 日 本 人 エージェント は 民 主 党 による 政 権 交 代 でこれまでのすべての 利 権 が 無 に 帰 する 危 険 に 直 面 したのです 米 国 支 配 層 CIAと 直 結 する 東 京 地 検 特 捜 部 は 鳩 山 首 相 と 小 沢 幹 事 長 個 人 の 政 治 資 金 疑 惑 をでっち あげて 謎 の 市 民 団 体 に 刑 事 告 発 させ 強 制 捜 査 を 強 行 し 追 い 落 しにかかったのです 米 国 支 配 層 CIAと 直 結 する 大 手 マスコミは 検 察 からリークされた 嘘 の 捜 査 情 報 を 垂 れ 流 して 大 本 営 発 表 世 論 を 作 るのに 必 至 でしたが ここ3-4 年 急 速 に 浸 透 したインターネットを 使 った 草 の 根 ネット 世 論 が 広 範 囲 に 浸 透 した 結 果 大 本 営 発 表 世 論 の 嘘 を 見 破 ったのです 検 察 による 小 沢 幹 事 長 失 脚 と 鳩 山 政 権 転 覆 の 策 謀 は 小 沢 幹 事 長 不 起 訴 で 検 察 の 全 面 敗 北 で 終 わりましたが 東 京 地 検 特 捜 部 は 小 沢 幹 事 長 の 刑 事 訴 追 を 断 念 していません また 自 民 党 公 明 党 みんなの 党 日 本 共 産 党 は 検 察 と 連 動 して 鳩 山 民 主 党 政 権 攻 撃 を 一 層 強 めています 今 我 々がしなければならないことは 日 本 社 会 に 根 深 く 浸 透 している 米 国 支 配 層 CIAの 日 本 人 エージェ ントをあぶり 出 し 彼 らの 正 体 を 暴 露 して 責 任 をとらせ 全 員 を 駆 逐 することです 米 国 支 配 層 CIAの 日 本 人 エージェント (1) 反 共 右 翼 政 治 家 岸 信 介 佐 藤 栄 作 安 倍 晋 三 日 米 安 保 条 約 批 准 自 動 延 長 真 保 守 関 連 記 事 米 諜 報 員 だった 岸 首 相 の 安 保 無 効 訴 訟 始 まる 1

2 日 本 の 安 全 保 障 政 策 の 根 幹 で 自 民 党 政 権 がしばしば 強 調 する 日 米 同 盟 の 基 礎 とされる 日 米 安 保 条 約 ( 日 本 国 とアメリカ 合 衆 国 との 間 の 相 互 協 力 及 び 安 全 保 障 条 約 )は 実 は 最 初 から 正 当 性 のない 無 効 条 約 だった 事 実 を 皆 さんはご 存 じでしょうか? 私 たちは 日 米 安 保 条 約 は 無 効 であることを 確 認 し 損 害 賠 償 を 支 払 え とする 民 事 訴 訟 を 東 京 地 裁 に 起 こし ています 最 近 開 かれたその 第 1 回 口 頭 弁 論 は わ ずか3 分 で 閉 廷 されました 法 廷 での 裁 判 官 たちの 言 動 からすると 次 回 弁 論 で 結 審 し 請 求 棄 却 の 判 決 が 出 されるのはみえみえです マスコミはこのような 裁 判 が 行 われている 事 実 すら 報 道 しようとはしません JanJan 読 者 の 皆 さんを 通 し て 広 く 国 民 の 皆 様 にこの 裁 判 を 知 っていただきたいと 思 います すぐ 結 審 棄 却 を と 求 める 被 告 の 国 この 口 頭 弁 論 は3 月 4 日 東 京 地 裁 631 号 法 廷 で 開 かれました 日 米 安 保 条 約 無 効 訴 訟 の 会 代 表 の 長 岩 均 氏 ( 九 条 改 憲 阻 止 の 会 )を 原 告 とし 筆 者 も 原 告 と 同 じ 選 定 当 事 者 選 定 人 の 一 人 として 弁 論 に 臨 みま した 傍 聴 席 はほぼ 満 席 でした 公 判 では 裁 判 長 が 長 岩 氏 と 被 告 の 国 が 提 出 した 準 備 書 面 をそれぞれ 確 認 しました さらに 裁 判 長 が 何 か 付 け 加 えることがあるか 原 告 と 被 告 に 質 問 する と 被 告 ( 国 ) 側 から 終 結 を 求 める 申 し 立 てがされま した つまり 今 回 1 回 限 りで 結 審 してほしい とのことです これに 対 し 当 然 原 告 は 異 議 を 申 し 立 てま した 裁 判 長 は 左 右 の 陪 席 裁 判 官 と 何 やら 協 議 した 後 原 告 は 他 に 主 張 することがあるのか と さも 迷 惑 そう な 口 調 で 原 告 に 聞 き 返 し 原 告 が あります と 食 い 下 がった 結 果 では 1 回 続 行 します と 宣 言 次 回 公 判 期 日 を4 月 22 日 と 決 めて 閉 廷 が 宣 告 されました この 間 約 3 分 傍 聴 のためにわざわざ 仕 事 を 休 み 朝 早 く 起 きて 遠 路 はるばる 東 京 地 裁 まで 来 られた 方 は 事 情 が 全 くわからないまま 終 わってしまい 裁 判 官 に 小 馬 鹿 にされたような 印 象 を 持 った と 言 われました 傍 聴 席 からは 裁 判 官 席 に 向 かって しっかりやれよ! と 罵 声 が 飛 んだほどです この 裁 判 は 最 初 から 結 論 が 決 まっている 紛 れもない 出 来 レースです 出 される 判 決 はおそらく 棄 却 でしょう 被 告 ( 国 )の 指 定 代 理 人 で 出 廷 した 法 務 省 法 務 局 の6 名 は 日 米 安 保 条 約 の 無 効 確 認 が 求 められ 国 に 賠 償 請 求 されている 重 大 な 裁 判 という 緊 張 感 がまるであり ませんでした 裁 判 官 のほうも 同 じ 時 刻 に 消 費 者 金 融 の 債 権 取 立 てなど 他 の4 件 の 民 事 訴 訟 と 一 緒 に 短 時 間 に 片 付 ける 案 件 のような 扱 いをしました エージェント 岸 首 相 が 結 んだ 安 保 条 約 は 無 効 が 根 拠 今 の 日 米 安 保 条 約 は 旧 条 約 を 改 定 する 形 で1960 年 1 月 に 当 時 の 岸 信 介 首 相 が 署 名 締 結 し 同 年 6 月 に 国 会 で 強 行 採 決 して 批 准 しました この 訴 訟 は 改 定 された( 新 ) 安 保 条 約 の 無 効 を 確 認 して 締 結 前 の 状 態 に 戻 し 国 は 精 神 的 苦 痛 を 与 えた 国 民 に 対 し 賠 償 金 7 万 円 を 支 払 うよう 求 めています 訴 状 は2 月 2 日 に 東 京 地 裁 民 亊 部 で 受 理 されました この 日 米 安 保 条 約 無 効 確 認 訴 訟 は 以 下 の3 点 で 大 変 ユニークな 訴 訟 です 第 1 点 は 当 時 の 岸 信 介 首 相 が 米 国 CIAに 買 収 されてエージェントとなっていた 事 実 が 証 明 され 彼 が 署 名 した 日 米 安 保 条 約 の 正 当 性 が 根 本 から 崩 れたことです 2

3 条 約 を 起 案 し 署 名 した 総 理 大 臣 が 条 約 相 手 国 のエージェントだったとは 日 本 国 史 上 前 代 未 聞 の 国 辱 行 為 で す 条 約 に 正 当 性 はなく 無 効 であることは 明 白 ではありませんか それを 正 面 から 問 い 正 す 裁 判 が 戦 後 初 めて 国 民 の 側 から 提 起 されたのは 画 期 的 なことだと 思 います 第 2 点 は 今 回 の 訴 訟 は 弁 護 士 に 訴 訟 代 理 してもらうのではなく 原 告 個 人 が 主 人 公 である 本 人 訴 訟 である ことです それも 裁 判 所 も 初 めてのような 選 定 人 が 選 定 当 事 者 を 選 ぶという 全 く 新 しい 選 定 当 事 者 方 式 の 裁 判 となっている 点 です 選 定 当 事 者 方 式 のメリットは 裁 判 費 用 が 格 段 に 安 く 済 むことと 選 定 人 と 選 定 当 事 者 を 数 多 く 集 め て 裁 判 を 一 緒 に 闘 うことが 出 来 る 点 です デメリットは 強 大 な 権 力 を 持 つ 国 を 相 手 に 法 律 の 専 門 家 ではない 素 人 が 裁 判 の 主 役 となるので 準 備 書 面 などの 煩 雑 な 訴 訟 書 類 を 作 成 する 知 識 や 技 術 や 時 間 やエネルギーが 十 分 確 保 できるか 否 かの 点 です この 点 はそのつど 支 援 してくれる 弁 護 士 さんに 相 談 してサポートしていただいています 第 3 点 は 新 しく 分 かったことですが この 条 約 は10 年 後 の1970 年 に 佐 藤 栄 作 内 閣 によって 多 くの 国 民 の 反 対 を 押 し 切 って 自 動 延 長 されました それ 以 降 は 実 は1 年 ごとに 延 長 されていたのです しかし 政 府 は 国 会 に 条 約 延 長 の 是 非 を 問 うこともなく 野 党 も 問 題 にせず マスコミも 一 切 報 道 せず 要 するに 国 民 は 一 切 知 らされない 中 で 政 府 によって 勝 手 に 延 長 されてきたのです 今 日 まで38 年 間 事 実 上 の 無 期 限 条 約 化 されてきた その 事 実 が 暴 露 されたことです 1971 年 以 降 毎 年 条 約 の 有 効 期 限 が 切 れる 前 に 一 方 の 当 事 国 から 条 約 破 棄 通 告 がされなければ 条 約 は 自 動 的 に 延 長 され 一 方 の 当 事 国 から 条 約 破 棄 通 告 があれば1 年 後 に 破 棄 されることになっているのです( 条 約 第 10 条 ) 外 務 省 日 米 安 保 条 約 課 は 毎 年 省 内 で 検 討 し アメリカ 側 と 協 議 して 延 長 を 繰 り 返 してきたと 言 います 日 本 にとって 最 も 重 要 な 条 約 の 延 長 問 題 を 政 府 の1 窓 口 機 関 に 過 ぎない 外 務 省 が 秘 密 裏 に 自 動 延 長 させ ていました これだけでも すでに 憲 法 違 反 の 条 約 です NYタイムズのピュリッツァー 賞 記 者 が 調 査 報 道 私 たちが 日 米 安 保 は 無 効 だと 主 張 するのは つい 最 近 知 った 事 実 に 基 づいています 岸 信 介 氏 は 実 はCI Aのエージェントであり 米 国 の 利 益 のために 働 いて 多 額 の 報 酬 を 得 ていたことが ニューヨークタイム ズのティム ワイナー 記 者 の 著 作 Legacy of Ashes( 灰 の 遺 産 ),The History of the CIA で 暴 露 されたの です 邦 訳 版 も CIA 秘 録 ( 上 下 ) として08 年 11 月 に 文 藝 春 秋 社 から 出 版 されました ワイナー 記 者 は30 年 以 上 にわたりCIAや 国 防 総 省 などの 情 報 を 専 門 に 調 査 報 道 してきた 記 者 で 国 防 総 省 CIAの 秘 密 予 算 を 暴 露 報 道 した 業 績 で1988 年 のピュリッツァー 賞 を 受 けています 同 記 者 は2007 年 に 公 開 された 日 本 占 領 中 のマッカーサーの 諜 報 活 動 を 詳 述 しているCIA 文 書 を 含 む 5 万 点 に 上 る 機 密 解 除 文 書 を 解 読 しました 10 人 の 元 長 官 を 含 む300 人 以 上 のインタビューをベースに すべて 実 名 証 言 で 昨 年 出 版 したのが Legacy of Ashes です 同 書 ではまた 岸 氏 の 実 弟 である 佐 藤 栄 作 元 首 相 も 米 国 に 対 し 共 産 主 義 と 戦 うため アメリカの 財 政 援 助 を 願 い 出 ていた 事 実 も 同 様 に 暴 露 されています 岸 佐 藤 兄 弟 に 見 るような 日 本 の 対 米 従 属 を 決 定 的 にした 日 米 安 保 の 無 効 を 確 認 し 条 約 締 結 以 前 の 状 態 に 戻 すことが 出 来 れば 日 本 は 真 の 独 立 国 として 平 和 憲 法 を 武 器 に 戦 争 や 貧 困 がない 平 和 で 平 等 な 世 界 を 作 リ 出 せる 国 になるのです 第 2 回 公 判 は4 月 22 日 午 前 10 時 15 分 に 同 じ631 号 法 廷 で 開 かれます 非 常 に 重 要 な 裁 判 となります 3

4 ので 多 くの 方 の 傍 聴 をお 願 いいたします 戦 後 日 本 の 歴 史 を 書 き 換 えるほどの 重 要 性 と 衝 撃 性 を 持 つ 日 米 安 保 条 約 無 効 訴 訟 に 最 大 限 の 注 意 を 払 っていただきたいと 思 います (2) 新 自 由 主 義 政 治 家 自 民 党 清 和 会 ( 中 曽 根 森 小 泉 ) プラザ 合 意 平 成 バブル 破 裂 日 米 構 造 協 議 対 日 要 求 小 泉 純 一 郎 小 泉 竹 中 構 造 改 革 中 間 層 の 貧 困 化 大 格 差 社 会 デフレスパイラル 関 連 記 事 オムニバス 経 世 会 と 清 和 会 私 は 大 手 マスコミが 絶 対 報 道 しないような 隠 された 情 報 を 知 るために 投 稿 記 事 掲 示 板 阿 修 羅 をよく 見 ま す 特 に 拍 手 ランキング のページは 拍 手 が 多 い 順 に 記 事 がランキングされていますので 大 変 見 やすくなっています 今 ランキングが 高 い 記 事 の 多 くは 東 京 地 検 特 捜 部 による 小 沢 民 主 党 幹 事 長 に 対 する 異 常 とも 言 える 国 策 捜 査 への 批 判 記 事 です そ の 中 で 特 に 注 目 し た の は 1 月 3 日 の 投 稿 記 事 東 京 地 犬 特 捜 部 のコメント 欄 に 書 き 込 まれた 経 世 会 ( 旧 田 中 派 ) VS 清 和 会 の 記 述 でした 東 京 地 検 特 捜 部 がこれまで 摘 発 し 失 脚 させた 主 な 自 民 党 政 治 家 の 名 前 を 列 挙 したリストですが すべて 田 中 角 栄 元 首 相 の 流 れを 汲 む 経 世 会 の 政 治 家 たちなのです 対 照 的 に 岸 信 介 元 首 相 の 流 れを 汲 む 清 和 会 の 政 治 家 たちは 誰 一 人 として 摘 発 されず 全 員 が 安 泰 なの です 以 下 のリストをご 覧 ください(* の 項 目 は 私 が 原 文 に 追 加 したものです) 経 世 会 ( 旧 田 中 派 ) VS 清 和 会 ( 田 中 派 ) 田 中 角 栄 逮 捕 ロッキード 事 件 ( 東 京 地 検 特 捜 部 ) ( 経 世 会 ) 竹 下 登 失 脚 リクルート 事 件 ( 東 京 地 検 特 捜 部 ) ( 経 世 会 ) 金 丸 信 失 脚 逮 捕 佐 川 急 便 献 金 脱 税 ( 東 京 地 検 特 捜 部 & 国 税 ) ( 経 世 会 ) 中 村 喜 四 郎 逮 捕 ゼネコン 汚 職 ( 東 京 地 検 特 捜 部 ) ( 経 世 会 ) 小 渕 恵 三 ( 急 死 )( ミステリー) ( 経 世 会 ) 鈴 木 宗 男 逮 捕 斡 旋 収 賄 ( 東 京 地 検 特 捜 部 ) ( 経 世 会 ) 橋 本 龍 太 郎 議 員 辞 職 日 歯 連 贈 賄 事 件 ( 東 京 地 検 特 捜 部 ) ( 経 世 会 ) 小 沢 一 郎 西 松 不 正 献 金 事 件 ( 東 京 地 検 特 捜 部 ) ( 経 世 会 ) 二 階 俊 博 西 松 不 正 献 金 事 件 ( 東 京 地 検 特 捜 部 ) ( 清 和 会 ) 岸 信 介 安 泰 ( 清 和 会 ) 佐 藤 栄 作 安 泰 * ( 清 和 会 ) 福 田 赳 夫 安 泰 4

5 ( 中 曽 根 派 ) 中 曽 根 康 弘 安 泰 * ( 清 和 会 ) 森 喜 朗 安 泰 ( 清 和 会 ) 三 塚 博 安 泰 ( 清 和 会 ) 塩 川 正 十 郎 安 泰 ( 清 和 会 ) 小 泉 純 一 郎 安 泰 * ( 民 間 ) 竹 中 平 蔵 安 泰 * ( 清 和 会 ) 尾 身 幸 次 安 泰 ( 清 和 会 ) 安 部 晋 太 郎 安 泰 * ( 清 和 会 ) 福 田 康 夫 安 泰 * ( 麻 生 派 ) 麻 生 太 郎 安 泰 * ( 清 和 会 ) 中 川 秀 直 安 泰 * ( 清 和 会 ) 町 村 信 孝 安 泰 * なぜこれほどまでに 露 骨 に 色 分 けされているのでしょうか? それは 清 和 会 をつくった 岸 信 介 元 首 相 と 経 世 会 をつくったの 田 中 角 栄 元 首 相 がとった 米 国 との 関 係 の 違 いに 根 本 原 因 があると 思 われます 清 和 会 の 岸 信 介 元 首 相 と 米 国 との 関 係 は 対 等 や 従 属 どころの 話 ではなく 彼 はCIAに 金 で 雇 われた 米 国 の 利 益 代 理 人 =エージェントだったのです このことは 日 本 の 大 手 マスコミは 一 切 報 道 しませんが 岸 信 介 元 首 相 がCIAに 雇 われたエージェントであ ったことは 情 報 公 開 された 米 国 務 省 資 料 や 米 公 文 書 館 資 料 ですでに 証 明 されていることです ピューリッツア 賞 受 賞 のティム ワイナー ニューヨークタイムズ 記 者 が 書 いた CIA 秘 録 上 ( 文 藝 春 秋 社 )の 第 12 章 自 民 党 への 秘 密 献 金 に 詳 しく 書 かれていますのでぜひお 読 みください 他 方 経 世 会 をつくった 田 中 角 栄 元 首 相 は 1972 年 夏 電 撃 的 に 中 国 を 訪 問 して 日 中 国 交 正 常 化 を 実 現 しました また 米 石 油 メジャーの 独 占 支 配 に 抗 し 日 本 独 自 のエネルギーや 資 源 の 確 保 に 向 けて 積 極 的 に 日 の 丸 外 交 を 展 開 したのです 同 じ 時 期 米 中 国 交 正 常 化 を 秘 密 裏 に 計 画 していたニクソン 米 大 統 領 の 特 別 補 佐 官 キッシンジャーは 田 中 角 栄 に 先 を 越 されたことに 烈 火 のごとく 怒 り ジャップは 最 悪 の 裏 切 り 者 と 口 汚 くののしったと 解 禁 さ れた 米 公 文 書 に 書 かれています ジャップは 最 悪 の 裏 切 り 者 72 年 にキッシンジャー 氏 共 同 通 信 2006/5/26 (http://www.asyura2.com/0601/senkyo22/msg/475.html 阿 修 羅 掲 示 板 より) 結 論 戦 後 の 日 本 は 見 かけは 独 立 国 ですが 実 体 は 米 国 の 植 民 地 そのものであり 続 けてきました 日 本 人 が 営 々として 築 いてきた 富 は 米 国 と 日 本 人 エージェントに 収 奪 され 続 けてきたのです 日 本 人 の 生 活 は 破 壊 され 人 権 は 侵 害 され 続 けてきたのです 米 国 は 米 国 の 利 益 を 第 一 に 考 える 清 和 会 系 の 政 治 家 を 代 々 日 本 の 首 相 に 据 えてきました 田 中 角 栄 氏 などのように 米 国 の 意 向 にそわない 経 世 会 系 の 政 治 家 が 国 民 の 広 範 な 支 持 で 首 相 となり 反 米 的 な 独 自 政 策 を 実 行 し 始 めたとたん 米 国 はCIAや 公 安 警 察 が 集 めた 個 人 秘 密 情 報 を 基 にして 東 京 地 検 特 5

6 捜 部 に 国 策 捜 査 を 指 示 するのです 日 本 の 大 手 マスコミはCIAの 支 配 下 にありますので 東 京 地 検 特 捜 部 の 国 策 捜 査 に 全 面 協 力 し 世 論 誘 導 して 何 も 知 らない 国 民 をだますのです 現 在 進 行 中 の 東 京 地 検 特 捜 部 による 小 沢 民 主 党 幹 事 長 に 対 する 異 常 とも 言 える 国 策 捜 査 の 背 景 には 米 国 と 日 本 人 エージェントの 小 沢 つぶし と 民 主 党 政 権 転 覆 によって 新 たな 日 本 の 支 配 体 制 を 確 立 す る 明 確 な 意 思 があると 思 われます 私 たちが 今 なすべきことは 米 国 と 日 本 人 エージェントたちが 死 に 物 狂 いで 仕 掛 けている 小 沢 つぶし 民 主 党 政 権 転 覆 新 たな 日 本 支 配 体 制 確 立 の 意 図 を 見 抜 き 大 手 マスコミの 世 論 誘 導 にだまされ ずに 東 京 地 検 特 捜 部 の 国 策 捜 査 を 批 判 してつぶすことです 私 たちが 今 なすべきことは せっかく 政 権 交 代 を 実 現 したのですから 民 主 党 政 権 を 米 国 と 日 本 人 エージェ ントたちの 謀 略 から 守 り 戦 争 と 謀 略 と 人 権 侵 害 の 国 = 米 国 から 一 刻 も 早 く 日 本 が 独 立 するようにすべきです 私 たちが 今 なすべきことは 日 米 安 保 条 約 を 即 時 に 破 棄 して 日 本 の 国 土 から 米 軍 基 地 を 全 面 撤 去 させる ことです 私 たちが 今 なすべきことは 日 本 の 国 益 ではなく 米 国 と 自 己 の 利 益 を 第 一 に 考 え 謀 略 に 加 担 する 日 本 人 エージェントを 特 定 して 彼 ら の 責 任 を 徹 底 的 に 追 及 することです (3) 大 手 マスコミ 正 力 松 太 郎 渡 辺 恒 雄 電 通 立 花 隆 読 売 新 聞 日 本 TV 原 子 力 利 権 一 億 総 白 痴 化 作 戦 (3S) 大 手 マスコミ 大 本 営 発 表 世 論 関 連 記 事 オムニバス 大 手 マスコミはなぜ 謎 の 市 民 団 体 の 実 態 を 報 道 しないのか? 小 沢 民 主 党 幹 事 長 の 陸 山 会 土 地 購 入 資 金 をめぐる 東 京 地 検 特 捜 部 による 強 制 捜 査 の 口 火 を 切 ったのは 世 論 を 正 す 会 と 真 実 を 求 める 会 という 市 民 団 体 が 東 京 地 検 特 捜 部 に 提 出 した 刑 事 告 発 でした 小 沢 民 主 党 幹 事 長 への 二 度 の 刑 事 告 発 と 強 制 捜 査 最 初 は 2009 年 11 月 4 日 に 小 沢 一 郎 民 主 党 幹 事 長 の 資 金 管 理 団 体 陸 山 会 が2004 年 に 約 3 億 万 円 で 土 地 を 購 入 したにもかかわらず 土 地 の 所 有 権 移 転 登 記 をした2005 年 の 政 治 資 金 収 支 報 告 書 に 記 載 していた 問 題 で 世 論 を 正 す 会 という 市 民 団 体 が 陸 山 会 の 事 務 担 当 だった 小 沢 氏 の 元 秘 書 の 民 主 党 石 川 知 裕 衆 院 議 員 と 陸 山 会 の 元 会 計 責 任 者 で 小 沢 氏 の 公 設 第 1 秘 書 大 久 保 隆 規 被 告 らを 東 京 地 検 特 捜 部 に 刑 事 告 発 したことでした 2 度 目 は 2010 年 1 月 21 日 に 小 沢 一 郎 民 主 党 幹 事 長 の 資 金 管 理 団 体 陸 山 会 が 土 地 の 購 入 原 資 4 億 円 を 政 治 資 金 収 支 報 告 書 に 記 載 しなかった 件 で 真 実 を 求 める 会 という 市 民 団 体 が 小 沢 氏 と 秘 書 らに 対 する 政 治 資 金 規 正 法 違 反 ( 虚 偽 記 載 ) 容 疑 などで 東 京 地 検 特 捜 部 に 刑 事 告 発 したことです どちらも 記 載 忘 れ 記 載 ミス で 訂 正 すれば 済 むことをあたかも 政 治 資 金 規 正 法 虚 偽 記 載 の 重 大 犯 罪 のようにでっちあげて 刑 事 告 発 したのです 6

7 鳩 山 首 相 への 刑 事 告 発 と 強 制 捜 査 また 鳩 山 民 主 党 代 表 ( 当 時 )の 個 人 献 金 虚 偽 記 載 問 題 で 東 京 地 検 特 捜 部 による 強 制 捜 査 の 口 火 を 切 った のも 鳩 山 由 紀 夫 を 告 訴 する 会 という 市 民 団 体 が 東 京 地 検 特 捜 部 に 提 出 した 刑 事 告 発 でした 鳩 山 由 紀 夫 を 告 訴 する 会 という 市 民 団 体 が 2009 年 7 月 3 日 に 民 主 党 鳩 山 代 表 の 政 治 資 金 管 理 団 体 の 収 支 報 告 書 に 故 人 や 献 金 していない 人 の 名 義 が 記 載 されていた 問 題 で 鳩 山 代 表 と 会 計 責 任 者 らを 政 治 資 金 規 正 法 違 反 ( 虚 偽 記 載 など) 容 疑 で 告 発 状 を 東 京 地 検 特 捜 部 に 提 出 してからです 不 思 議 なのは 部 外 者 である 市 民 団 体 が 内 部 情 報 である 故 人 や 献 金 していない 人 の 名 義 が 記 載 されていた 事 実 を 何 故 詳 細 に 知 っていたのかです 鳩 山 首 相 側 近 に 内 部 通 報 者 がいて 検 察 警 察 に 情 報 を 上 げ 検 察 がこの 市 民 団 体 にリークしたとしか 思 えな いような 事 態 です 大 手 マスコミはこの 辺 のからくりも 十 分 知 っていても 報 道 しないのでしょう 正 体 不 明 の 市 民 団 体 さらに 不 思 議 なことは 刑 事 告 発 した3つの 市 民 団 体 に 関 して 代 表 者 名 も 団 体 設 立 の 目 的 も 事 務 所 の 住 所 も 活 動 経 歴 も 一 切 公 表 も 報 道 もされていないことです 実 績 のある 普 通 の 市 民 団 体 であれば ホームページなどで 代 表 者 名 や 事 務 所 住 所 や 活 動 内 容 を 公 開 している はずですが これら3つの 市 民 団 体 はホームページもなく 正 体 不 明 の 謎 の 市 民 団 体 なのです これだけ 大 きな 事 件 に 発 展 したのに 告 発 した 当 事 者 の 市 民 団 体 が 正 体 不 明 とはいったいどうなっているの でしょうか? 大 手 マスコミは 当 然 ながら 市 民 団 体 の 正 体 を 知 っていますが 検 察 と 市 民 団 体 側 双 方 から 公 表 厳 禁 を 言 い 渡 されていて もしも 報 道 したら あらゆる 手 段 で 報 復 する と 脅 かされて 恐 怖 のあまり 報 道 しないのでし ょう 日 本 の 大 手 マスコミのレベルはその 程 度 なのです 同 じ 日 に 告 発 した 自 民 党 政 治 家 への 違 法 献 金 容 疑 はボツ 鳩 山 由 紀 夫 を 告 訴 する 会 が 刑 事 告 発 した 同 じ 日 2009 年 7 月 3 日 に 作 家 の 宮 崎 学 氏 は 西 松 建 設 がダ ミーの 政 治 団 体 経 由 で 自 民 党 の 林 幹 雄 国 家 公 安 委 員 長 が 代 表 を 務 める 政 党 支 部 と 藤 井 孝 男 元 運 輸 相 の 資 金 管 理 団 体 に 各 100 万 円 の 寄 付 をしたとして 西 松 建 設 元 社 長 国 沢 幹 雄 被 告 を 政 治 資 金 法 違 反 ( 第 三 者 名 義 寄 付 ) 容 疑 で 東 京 地 検 特 捜 部 に 告 発 しています 鳩 山 首 相 への 告 発 は 即 刻 受 理 されて 強 制 捜 査 を 開 始 したのに 同 じ 日 に 同 じ 自 民 党 政 治 家 への 違 法 献 金 容 疑 で 告 発 した 件 は 未 だ 強 制 捜 査 に 乗 り 出 す 気 配 もなく 完 全 にボツにされています この 差 は 一 体 どこからくるのでしょうか? 市 民 団 体 と 在 特 会 との 関 係 Twitter で 重 要 な 情 報 が 届 きました 7

8 ( 以 下 引 用 です) 小 沢 一 郎 を 告 発 した 市 民 団 体 と 在 特 会 の 桜 井 誠 氏 博 士 の 独 り 言 の 島 津 義 広 氏 が 検 察 審 査 会 へ 小 沢 氏 不 起 訴 不 当 の 審 査 申 し 立 てをしたそうです ( 引 用 終 わり) もしもこの 情 報 が 事 実 であれば これまでバラバラだった 断 片 が 一 本 の 糸 でつながっていることがわかりま す 1つは 3つの 謎 の 市 民 団 体 と 桜 井 誠 氏 ( 在 特 会 代 表 )との 関 係 です 小 沢 一 郎 幹 事 長 を 告 発 した 市 民 団 体 真 実 を 求 める 会 と 桜 井 誠 氏 ( 在 特 会 代 表 )が 検 察 審 査 会 に 不 起 訴 不 服 申 立 てを 一 緒 に 行 ったのですから 真 実 を 求 める 会 と 桜 井 誠 氏 は 特 別 な 関 係 があることが 分 かり ます 3つの 市 民 団 体 鳩 山 由 紀 夫 を 告 訴 する 会 世 論 を 正 す 会 真 実 を 求 める 会 はそれぞれ 鳩 山 民 主 党 代 表 ( 当 時 )と 小 沢 民 主 党 幹 事 長 をターゲットにして 東 京 地 検 特 捜 部 に 刑 事 告 発 しており 告 発 はすぐに 受 理 され てその 後 の 強 制 捜 査 の 口 火 を 切 っています 3つの 市 民 団 体 の 基 本 情 報 が 一 切 公 開 されず 報 道 もされず 一 切 不 明 である 点 及 び 名 称 が 非 常 に 似 ている 点 から 考 えますと これら3つの 市 民 団 体 は 東 京 地 検 特 捜 部 に 刑 事 告 発 するためだけに 促 成 に 作 られた 運 動 実 績 のない 偽 装 市 民 団 体 だということが 推 測 されます 真 実 を 求 める 会 と 桜 井 誠 氏 が 特 別 な 関 係 である 以 上 3つの 市 民 団 体 と 桜 井 誠 氏 及 び 在 特 会 と の 間 には 特 別 な 関 係 があることは 容 易 に 推 測 されます おそらく3つの 市 民 団 体 を 仕 切 っているのは 桜 井 誠 氏 だと 推 測 されます 2つ 目 は 在 特 会 と 検 察 警 察 との 関 係 です 在 特 会 はここ1 年 程 排 外 主 義 をむき 出 しにして 全 国 で 暴 力 的 な 直 接 行 動 を 繰 り 広 げていますが 検 察 警 察 が 彼 らの 暴 力 行 為 を 取 り 締 まったことはありません 在 特 会 は 市 民 団 体 が 開 催 する 従 軍 慰 安 婦 問 題 の 展 示 会 場 に 押 しかけ 無 理 やり 中 止 に 追 い 込 んだり( 東 京 都 三 鷹 市 ) ネットジャーナリストのリチャード コシミズ 氏 の 池 袋 の 事 務 所 と 自 宅 にデモで 攻 撃 したり(2 009 年 10 月 1 日 ) 京 都 の 朝 鮮 初 級 学 校 に 押 しかけて 在 日 特 権 粉 砕 などとマイクでがなり 立 てて 生 徒 教 員 保 護 者 に 脅 迫 脅 しを 繰 り 返 しました(2009 年 12 月 4 日 ) これら 一 連 の 在 特 会 の 暴 力 行 為 に 対 し 検 察 警 察 は 傍 観 して 彼 らのするままに 任 せて 暴 力 行 為 や 脅 迫 罪 や 威 力 妨 害 罪 容 疑 で 逮 捕 も 強 制 捜 査 も 訴 追 もしていません このことは 在 特 会 と 検 察 検 察 とのあいだに 特 別 な 関 係 があることが 推 測 されます 3つ 目 は 検 察 と 在 特 会 桜 井 誠 氏 との 関 係 です 在 特 会 の 暴 力 的 な 排 外 主 義 運 動 を 容 認 して 取 り 締 まらない 検 察 警 察 は 当 然 ながら 在 特 会 代 表 の 桜 井 誠 氏 を 特 別 扱 い にしています 検 察 は 在 特 会 の 排 外 主 義 右 翼 運 動 を 容 認 する 代 わりに 鳩 山 民 主 党 政 権 転 覆 のための 偽 装 市 民 団 体 を 作 らせて 捜 査 情 報 をリークして 鳩 山 首 相 の 献 金 問 題 と 小 沢 幹 事 長 の 西 松 建 設 不 正 献 金 問 題 と 越 山 会 土 地 購 入 資 金 問 題 をでっちあげて 刑 事 告 発 をさせ 強 制 捜 査 の 口 実 づくりをさせたのだと 推 測 されま す 8

9 今 回 の 一 連 の 検 察 と 大 手 マスコミの 異 常 な 行 動 は 政 権 転 覆 を 目 的 とした 司 法 クーデター だと 思 っていま したが 実 は 検 察 と 大 手 マスコミに 在 特 会 が 加 わった より 大 掛 かりな クーデター だったことが 分 か ります おそらく 検 察 と 在 特 会 と 大 手 マスコミの 背 後 には 自 民 党 清 和 会 公 明 党 創 価 学 会 特 権 官 僚 財 界 統 一 教 会 右 翼 暴 力 団 と 米 国 支 配 層 CIAが 深 く 関 与 してものと 推 測 されます (4) 宗 教 団 体 と 右 翼 暴 力 団 笹 川 良 一 児 玉 誉 士 夫 池 田 大 作 統 一 教 会 競 艇 利 権 創 価 学 会 公 明 党 産 廃 利 権 右 翼 暴 力 団 麻 薬 覚 醒 剤 日 本 財 団 日 本 会 議 在 特 会 下 からのファシズム 関 連 記 事 オムニバス 今 の 日 本 はナチスが 登 場 した1930 年 代 のドイツに 似 ている 今 の 日 本 は 上 からのファシズム ( 検 察 警 察 国 税 )と 下 からのファシズム ( 在 特 会 などの 排 外 主 義 偽 装 市 民 運 動 )とが 大 手 マスコミを 介 して 一 体 化 してきている 感 じです これは 年 代 のワインマール 憲 法 下 のドイツと 似 た 状 況 になっています 当 時 のドイツは 第 一 次 世 界 大 戦 の 敗 戦 国 としてイギリスやフランスなどの 戦 勝 国 から 莫 大 な 賠 償 金 の 支 払 に 苦 しんでいました ヒトラーのナチス 党 は ドイツ の 不 幸 はユダヤ 人 が 富 を 収 奪 しているからだ と 嘘 と デマを 流 して ユダヤ 人 排 斥 の 直 接 行 動 を 起 し 下 からのファシズム を 組 織 したのです 昨 年 来 在 特 会 ( 在 日 特 権 を 許 さない 会 )が 在 日 朝 鮮 人 や 在 日 中 国 人 をターゲットにして 在 日 特 権 を 剥 奪 しろ! 外 国 人 に 参 政 権 を 与 えるな! 在 日 は 還 れ! と 全 国 各 地 で 暴 力 的 な 街 頭 行 動 を 繰 り 広 げています 在 特 会 の 在 日 外 国 人 排 斥 直 接 行 動 とドイツ ナチス 党 の ユダヤ 人 排 斥 直 接 行 動 はどちらも 組 織 された 下 からのファシズム 運 動 であり 検 察 警 察 が 容 認 保 護 している 点 で 共 通 しています 当 時 のヒットラー ナチス 党 を 財 政 支 援 していたのは ドイツの 軍 需 産 業 とドイツ 保 守 層 及 び 戦 争 特 需 目 当 てのロスチャイルドとロックフェラーのユダヤ 金 融 資 本 でした 在 特 会 や 主 権 回 復 を 目 指 す 会 や 日 本 を 護 る 市 民 の 会 などの 排 外 主 義 偽 装 市 民 運 動 団 体 を 直 接 財 政 的 に 支 援 しているのは 統 一 協 会 や 日 本 財 団 ( 笹 川 財 団 )や 日 本 会 議 などの 反 共 右 翼 組 織 と 推 測 されます その 背 後 に 隠 れて 見 えないところで 指 令 を 出 しているのは 米 国 支 配 層 (ユダヤ 金 融 資 本 CIA)と 日 本 の 旧 支 配 層 ( 自 民 党 清 和 会 検 察 警 察 官 僚 大 手 マスコミ)だと 推 測 されます 米 日 支 配 層 は 小 沢 民 主 党 幹 事 長 が 明 治 以 来 の 官 僚 支 配 と 戦 後 の 自 民 党 独 裁 と 対 米 従 属 を 根 本 から 変 革 す る 革 命 家 だということに 大 変 な 危 機 感 を 持 ち 東 京 地 検 特 捜 部 を 使 って 彼 の 政 治 生 命 の 抹 殺 いを 狙 った 検 察 クーデター を 起 こさせましたが 大 失 敗 に 終 わりました 今 回 小 沢 民 主 党 幹 事 長 がもし 検 察 に 起 訴 され 政 治 生 命 が 絶 たれていたらならば 政 権 基 盤 の 弱 い 鳩 山 民 主 党 政 権 は 早 晩 四 分 五 裂 して 今 年 の7 月 に 予 定 される 参 議 院 選 挙 での 大 敗 北 は 必 至 だったろうと 思 われます その 場 合 衆 議 院 と 参 議 院 のねじれ 現 象 が 再 び 起 こり 国 会 審 理 に 時 間 と 労 力 をとられた 民 主 党 は 政 権 公 約 を 実 現 出 来 ず 急 速 に 国 民 の 支 持 を 失 う 事 態 に 陥 ったと 推 測 されます 危 ないところで 日 本 の 民 主 主 義 は 救 われましたが 米 日 支 配 層 はこれで 諦 めることなく 検 察 警 察 国 税 と 大 手 マスコミを 総 動 員 して 小 沢 幹 事 長 と 鳩 山 政 権 への 攻 撃 を 強 めてくることと 思 われます 世 界 に 冠 たる 民 主 的 なワインマール 憲 法 を 掲 げた 年 代 のドイツで なぜドイツ 国 民 はヒ 9

10 ットラー ナチス 党 の 政 権 奪 取 を 許 してしまったのか この 敗 北 の 歴 史 を 総 括 しなければなりません 世 界 に 冠 たる 平 和 憲 法 と 戦 後 日 本 国 民 が 培 ってきた 主 権 在 民 民 主 主 義 法 治 主 義 人 権 尊 重 が 米 日 支 配 層 とファシスト 達 に 攻 撃 されている 今 主 権 者 国 民 レジスタンス 戦 線 に 結 集 して 総 力 をあげて 戦 わね ばなりません (5) 超 法 規 国 家 権 力 地 検 特 捜 部 警 察 国 税 田 中 角 栄 失 脚 (ロッキード 事 件 ) 1 15 検 察 クーデター 小 沢 幹 事 長 失 脚 攻 撃 ( 陸 山 会 資 金 事 件 ) 鳩 山 民 主 党 政 権 転 覆 攻 撃 上 からのファシズム 関 連 記 事 オムニバス ここに 来 て 東 京 地 検 特 捜 部 の 全 面 敗 北 は 決 定 的 です 現 在 発 売 中 の 週 刊 朝 日 1 月 22 日 最 新 号 に 小 沢 VS 検 察 最 終 戦 争 のタイトルの 特 集 記 事 が 載 って います その 記 事 によりますと 小 沢 一 郎 民 主 党 幹 事 長 の 政 治 資 金 団 体 陸 山 会 が2004 年 10 月 に3 億 4 千 万 円 で 購 入 した 世 田 谷 の 土 地 の 購 入 資 金 4 億 円 は 銀 行 からの 融 資 が 間 に 合 わなくて 小 沢 氏 が 一 時 的 に 妻 の 和 子 さんから 借 りて 用 立 てした 金 であった ことが 小 沢 氏 周 辺 の 証 言 で 判 明 したとのことです 記 事 によりますと 妻 和 子 さんは 新 潟 の 中 堅 ゼネコン 福 田 組 の 前 会 長 の 娘 で 大 株 主 であり 鳩 山 首 相 の 母 安 子 さんほどではないが 大 金 持 ちであり 4 億 円 の 用 立 ては 特 に 問 題 はなかったとのことです 東 京 地 検 特 捜 部 は 陸 山 会 による 世 田 谷 の 土 地 の 購 入 資 金 4 億 円 の 原 資 は 小 沢 一 郎 民 主 党 幹 事 長 がゼネ コンから 受 託 した 闇 献 金 であり 強 制 捜 査 の 対 象 になる との 筋 書 きを 立 てていましたが その 前 提 が 全 面 崩 壊 したのです 東 京 地 検 特 捜 部 は 強 制 捜 査 前 から 大 手 マスコミに 嘘 の 情 報 をリークして 小 沢 一 郎 は 金 権 政 治 家 で 悪 質 で ある との 世 論 誘 導 を 狙 ってきましたが これで 全 面 敗 北 は 決 定 的 です 記 事 の 中 では 他 のいくつかの 重 要 な 証 言 が 紹 介 されています 1) 検 察 の 現 場 レベルは 言 うまでもなく 上 層 部 も 多 少 無 理 スジ でも 小 沢 に 肉 薄 したい できれば 議 員 辞 職 まで 持 っていきたいという 意 向 です ( 情 報 誌 インサイドライン 歳 川 隆 雄 編 集 長 ) 2) 特 に 強 硬 なのが 佐 久 間 達 哉 東 京 地 検 特 捜 部 長 谷 川 恒 太 東 京 地 検 次 席 検 事 大 鶴 基 成 最 高 検 検 事 の 縦 ラインです ( 情 報 誌 インサイドライン 歳 川 隆 雄 編 集 長 ) 3) いま 検 察 が 絶 対 阻 止 したいのは 検 事 総 長 人 事 に 手 を 突 っ 込 まれること 樋 渡 利 秋 検 事 総 長 は65 歳 定 年 までという 定 年 規 定 に 従 い 任 期 満 了 前 の 今 夏 にも 勇 退 するはずですが その 後 任 に 大 林 東 京 高 検 検 事 長 に きちんとバトンタッチすることが 最 大 の 関 心 事 なのです その 障 害 になることは あらゆる 手 段 を 使 って 取 り 除 こうとする 検 察 の 狙 いはズバリ 今 夏 の 参 議 院 選 挙 での 民 主 過 半 数 阻 止 ですよ 10

11 ( 法 務 省 幹 部 ) 検 察 庁 と 検 察 官 は 捜 査 逮 捕 起 訴 権 を 唯 一 許 諾 された 最 高 の 権 力 を 持 っています その 権 力 の 執 行 には 最 大 限 の 注 意 と 慎 重 さが 要 求 されますが 今 の 検 察 庁 と 検 察 官 が 行 っていることは 自 分 たちの 既 得 権 益 を 守 るためには たとえ 法 律 を 犯 してでも 妨 害 するものを 排 除 するという まさに 検 察 ファッショ その も のです 鳩 山 首 相 と 検 察 の 直 接 指 揮 権 者 である 千 葉 法 相 は 民 主 党 政 権 の 全 存 在 を 挙 げて 検 察 の 暴 走 を 直 ち に 止 めさせねばなりません そしてすべての 責 任 者 を 特 定 して 彼 らに 責 任 を 取 らせるべきなのです 戦 後 60 年 以 上 一 度 も 改 革 の 手 が 入 ってこなかった 国 家 の 中 の 国 家 となってしまった 日 本 の 検 察 警 察 司 法 を 今 こそ 国 民 目 線 で 大 改 革 すべきなのです また 検 察 の 暴 走 を 批 判 する 事 もなく 逆 に 検 察 による 世 論 誘 導 に 積 極 的 に 協 力 してデマ 情 報 を 流 してき た 大 手 マスコミにもその 責 任 を 取 らせるべきなのです (6) 新 自 由 主 義 経 営 者 奥 田 トヨタ 相 談 役 御 手 洗 経 団 連 会 規 制 緩 和 民 営 化 派 遣 労 働 解 禁 240 兆 円 の 内 部 留 保 大 量 のワ ーキングプアー デフレスパイラル 関 連 記 事 なぜ 日 本 国 民 は 短 期 間 に 貧 困 化 したのか? GDP( 国 内 総 生 産 )は 一 年 間 に 国 内 で 産 み 出 された 付 加 価 値 の 総 額 でその 国 の 経 済 力 を 示 す 一 つの 指 標 で す GDPを 人 口 で 割 った 数 字 が 国 民 一 人 当 たりGDP でその 国 の 国 民 一 人 が 生 み 出 す 付 加 価 値 を 表 して います ここに1996 年 から2007 年 までの 日 本 国 民 一 人 当 たりGDPの 世 界 順 位 の 表 を 掲 げます 年 世 界 順 位

12 1996 年 の 日 本 の 一 人 当 たりGDP は 世 界 第 3 位 でした 1997 年 は 第 4 位 1998 年 には 第 6 位 まで 下 がりましたが1999 年 第 4 位 2000 年 には 第 3 位 まで 回 復 しました これは1999 年 7 月 に 首 相 と なった 小 渕 政 権 がそれまでの 橋 本 政 権 による 財 政 再 建 の ための 緊 縮 財 政 を 止 めて 積 極 的 な 財 政 出 動 に 転 換 して 景 気 を 回 復 させた 結 果 と 思 われます しかしながら 短 期 政 権 の 森 首 相 の 後 2001 年 に 首 相 となった 小 泉 政 権 の 時 代 は 毎 年 順 位 を 下 げ 続 け20 07 年 には 世 界 第 19 位 と 史 上 最 低 ランクまで 落 ちています 2008 年 の 最 新 統 計 は 未 だ 出 ていませんが おそらく 世 界 第 位 にまで 順 位 を 下 げ 先 進 国 中 最 貧 国 の 一 つになっていると 思 われます 日 本 の 国 民 は 小 泉 政 権 下 の6 年 間 とその 後 の 安 倍 福 田 麻 生 と3 人 の 自 民 党 内 閣 の 間 に 最 貧 国 の 国 民 に 成 り 下 がってしまったのです なぜ 短 期 間 にこのように 急 速 に 貧 困 化 したのか その 原 因 は 小 泉 竹 中 構 造 改 革 の 強 行 なのは 明 らかで す 2001 年 4 月 小 泉 純 一 郎 氏 が 内 閣 総 理 大 臣 となり 竹 中 平 蔵 氏 を 起 用 しマスコミを 総 動 員 して 小 泉 竹 中 構 造 改 革 を 強 行 した 結 果 が 今 の 惨 状 を 招 いたのです 日 本 の 消 費 が 今 おかしくなっている 今 まで 売 れていたものが 極 端 に 売 れなくなっています ファッションや 雑 貨 や 日 用 品 も 日 本 の 消 費 者 は 不 要 不 急 なものは 全 然 買 わなくなっています ファッ ションで 売 れているのはUNIQLOやH&Mなどの 安 く ておしゃれなファストファッションです 日 曜 雑 貨 や 食 品 や 家 具 なども 売 れているのはディスカウン ターの 低 価 格 商 品 です 価 格 競 争 が 一 段 と 激 しくなり 存 亡 の 危 機 に 立 っている 百 貨 店 はもとより スーパーやコンビニも 売 り 上 げを 大 幅 に 落 としています 低 価 格 商 品 への 流 れは 世 界 的 な 傾 向 ですが 日 本 では 極 端 に 出 ています なぜこのような 状 況 になってしまったのかを 考 えますと 一 番 大 きな 原 因 は ここ10 年 で 日 本 人 の 個 人 所 得 が 下 がり 続 けて 可 処 分 所 得 が 激 減 したからだと 思 います 日 本 国 民 が 急 速 に 貧 しくなってしまったのです また 年 金 や 医 療 や 介 護 や 生 活 保 護 や 失 業 対 策 や 労 働 者 保 護 などの いわゆる 社 会 の セーフティーネット がズタズタに 壊 されたために 心 の 余 裕 がなくなり 生 活 を 楽 しめる 人 が 極 端 に 減 ってしまったことも 消 費 不 況 の 大 きな 原 因 だと 思 います 個 人 資 産 はどこに 行 ったのか 激 減 した 個 人 資 産 はどこに 行 ったかの 問 題 ですが 大 手 金 融 機 関 (ゼロ 金 利 政 策 ) 大 手 企 業 経 営 者 ( 非 正 規 雇 用 ) 自 民 党 政 治 家 ( 企 業 献 金 ) 特 権 官 僚 ( 天 下 り) 大 手 マスコミと 広 告 代 理 店 外 資 系 金 融 機 関 ( 円 の キャリートレード 金 融 派 生 商 品 ) 米 国 政 府 ( 米 国 債 )に 合 法 的 に 流 され 配 分 されたのだと 思 います 2001 年 4 月 に 就 任 した 小 泉 純 一 郎 首 相 は 竹 中 平 蔵 現 慶 応 大 学 教 授 を 使 って 小 泉 竹 中 構 造 改 革 の 名 のもとに 規 制 緩 和 官 から 民 へ 小 さな 政 府 自 己 責 任 をスローガンにした いわゆる 米 国 発 の 新 自 由 主 義 経 済 政 策 をマスコミを 総 動 員 して 強 行 しました 当 初 はマスコミの 小 泉 改 革 翼 賛 報 道 で 国 民 の90%が 熱 狂 的 に 支 持 しましたが 8 年 後 の 現 在 支 持 した 国 民 の 多 くは 悲 惨 な 状 況 に 追 い 込 まれています GDPの65%は 個 人 消 費 がつくりだすと 言 われていますが 個 人 消 費 の 主 役 である 個 人 を 貧 困 化 させ 不 安 定 化 させたのですから 消 費 不 況 になるのは 当 たり 前 だと 思 います 12

13 大 企 業 や 政 治 家 や 官 僚 や 米 国 の 利 益 を 最 優 先 にしてきたこれまでの 自 民 党 政 治 に 加 えて 2001 年 から 始 まった 小 泉 竹 中 構 造 改 革 を 強 行 した 結 果 が 今 の 日 本 の 惨 状 をもたらしたと 思 います 安 心 して 生 活 を 楽 しめる 成 熟 社 会 を 目 指 せ 幸 いにもぎりぎりのところで 政 権 交 代 が 起 こり 生 活 が 第 一 を 掲 げる 鳩 山 新 内 閣 が 誕 生 しました これからの 日 本 は 大 企 業 や 政 治 家 や 官 僚 や 大 手 マスコミや 米 国 政 府 や 外 資 系 企 業 など 一 部 の 特 権 階 層 が 社 会 の 主 役 ではなく 一 般 個 人 と 中 小 零 細 企 業 と 地 方 の 人 々が 主 役 となり 年 2-3%の 低 経 済 成 長 でもイタ リアやフランスや 北 欧 諸 国 のように 安 心 して 生 活 を 楽 しめる 成 熟 社 会 を 目 指 すべきだと 思 います 無 駄 を 徹 底 的 に 省 き 税 金 や 保 険 料 や 給 料 が 強 欲 な 政 治 家 や 官 僚 や 経 営 者 や 米 国 政 府 や 外 資 系 金 融 機 関 に 盗 まれることなく 国 民 生 活 と 経 済 の 活 性 化 と 国 際 平 和 のためにのみ 使 われれば そのような 社 会 はすぐにも 実 現 可 能 です 今 必 要 なのは 第 二 の 敗 戦 と 呼 んでもよいほどに 国 民 生 活 に 深 刻 な 被 害 を 与 えた 小 泉 竹 中 構 造 改 革 の 実 態 を 徹 底 的 に 検 証 してその 責 任 者 を 割 り 出 し 彼 らの 責 任 を 明 らかにすべきです 外 国 の 利 益 のために 国 民 生 活 を 破 壊 した 罪 を 創 設 して 処 罰 することです 小 泉 竹 中 構 造 改 革 を 批 判 的 に 総 括 をすることでこのような 詐 欺 的 な 政 治 が 二 度 とおこらないようにし なければなりません 13

スライド 1

スライド 1 2006 2 13 2026 3 2746 1950 4 4758 5 59 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 a 22 b 23 a 24 b 25 a 26 b 27 c 28 29 昭 和 20 年 (1945) 8 月 14.ポツダム 宣 言 受 諾 15. 鈴 木 貫 太 郎 内 閣 総 辞 職 9 月 02.ミズーリ 号 上 で 降

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

Microsoft Word 制裁強化の動きについて

Microsoft Word 制裁強化の動きについて 最 近 における 制 裁 強 化 の 動 きについて 2013.4.23 連 合 会 館 金 東 鶴 1. 制 裁 期 間 を2 年 に 拡 大 し 継 続 決 定 2. 再 入 国 許 可 の 不 許 可 対 象 の 拡 大 3. 高 校 無 償 化 から 制 度 的 に 締 め 出 すための 省 令 改 正 4. 補 助 金 固 定 資 産 税 についても 締 め 付 け 強 化 か!? 1 [

More information

大 きく 分 けて 1.アメリカ 軍 への 兵 たん 支 援 ( 派 兵 恒 久 法 重 要 影 響 事 態 法 ( 改 定 )) これらは 周 辺 事 態 法 を 地 球 規 模 にするものであり 2. 戦 乱 が 続 く 地 域 での 治 安 活 動 ( 改 定 PKO 法 ) 駆 けつけ 警

大 きく 分 けて 1.アメリカ 軍 への 兵 たん 支 援 ( 派 兵 恒 久 法 重 要 影 響 事 態 法 ( 改 定 )) これらは 周 辺 事 態 法 を 地 球 規 模 にするものであり 2. 戦 乱 が 続 く 地 域 での 治 安 活 動 ( 改 定 PKO 法 ) 駆 けつけ 警 ご 異 議 なしと 認 め よって 本 案 は 原 案 の 通 り 可 決 する 事 に 決 定 いたしました 日 程 第 19 請 願 第 1 号 日 本 を 海 外 で 戦 争 する 国 にする 立 法 案 の 廃 案 へ の 意 見 書 の 提 出 を 求 める 請 願 書 を 議 題 といたし これより 先 ほどの 委 員 長 報 告 に 対 する 質 疑 を 開 始 いたし ( 質 疑 なし

More information

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日 民 主 党 政 権 の 樹 立 と 崩 壊 - 略 年 表 別 紙 グラフ 参 照 前 史 1986 年 7 月 6 日 第 38 回 衆 院 選 ( 第 14 回 参 院 選 とのダブル 選 挙 )で 中 曽 根 自 民 党 が 圧 勝 1987 年 2 月 中 曽 根 内 閣 は 新 型 間 接 税 売 上 税 ( 5% ) 法 案 を 提 出 5 月 廃 案 に 1988 年 7 月 リクルート

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 )( 可 児 正 樹 長 南 恒 男 西 嶋 尚 文 ) 2012 年 10 月 13 日 東 京 朝 刊 24 頁 010 叙 位 叙 勲 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 ) 瑞 宝 双 光 章 警 察 功 労 ( 可 児 正

危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 )( 可 児 正 樹 長 南 恒 男 西 嶋 尚 文 ) 2012 年 10 月 13 日 東 京 朝 刊 24 頁 010 叙 位 叙 勲 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 ) 瑞 宝 双 光 章 警 察 功 労 ( 可 児 正 東 村 山 に 関 する 新 聞 記 事 INDEX 2012 年 10 月 分 ここに 掲 載 されている 記 事 は 切 り 抜 きをファイルし 中 央 図 書 館 に 保 管 しています 見 出 し 掲 載 日 掲 載 紙 朝 夕 刊 ページ 分 類 更 衣 室 盗 撮 目 的 侵 入 容 疑 で 逮 捕 東 村 山 市 保 育 園 職 員 2012 年 10 月 2 日 朝 日 朝 刊 29

More information

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94 平 成 26 年 2 月 19 日 海 上 保 安 庁 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 取 締 りの 状 況 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 の 送 致 件 数 は, 対 前 年 比 247 件 (3.3%) 減 の 7,21 件 でした 各 種 法 令 別 の 送 致 件 数 については 前 年 と 比 べ 大 きな 状 況 変 化 はありませんが 近 年 増 加 傾 向 にある 漁

More information

日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患 死 亡 病 院 支 際 金 支 払 命 2 審 制 注 務 履 期 待 依 位 援 審 覆 3 棄 却 ⑴

日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患 死 亡 病 院 支 際 金 支 払 命 2 審 制 注 務 履 期 待 依 位 援 審 覆 3 棄 却 ⑴ 概 病 院 医 師 手 術 中 医 療 器 操 患 死 亡 逮 捕 毛 静 岡 秋 魁 以 際 元 医 師 低 死 亡 故 翌 医 療 諸 故 器 操 ミ 器 良 旨 書 所 無 1 医 師 低 請 訴 訟 起 女 子 医 病 院 英 郎 研 究 日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63> 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 調 査 及 び 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 等 支 援 に 関 する 特 別 法 ( 法 律 第 10986 号 2011.8.4 一 部 改 正 2011.8.4 施 行 ) 仮 訳 第 1 条 ( 目 的 ) この 法 は 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 の 真 相 を 究 明 し 歴 史 の 真 実 を 明 らかにするとともに 1965

More information

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年 判 例 時 報 平 成 26 年 6 月 21 日 号 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セ 現 状 と 課 題 ンター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 < 行 政 > 1 件 33 < 民 事 > 6 件 46 < 知 の 財 産 権 > 2 件 100 < 商 事 > 1

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

Microsoft PowerPoint - pre8(検討8)

Microsoft PowerPoint - pre8(検討8) 第 4 回 検 討 委 員 会 資 料 検 討 8 投 票 運 動 平 成 26 年 10 月 16 日 那 珂 市 住 民 投 票 条 例 検 討 委 員 会 1 概 要 投 票 運 動 1 投 票 連 動 に 関 する 規 制 の 内 容 投 票 運 動 の 規 制 は 住 民 投 票 の 署 名 運 動 にも 関 わってくる 高 浜 市 や 逗 子 市 では 投 票 運 動 は 自 由 としつつ

More information

平成21年2月17日

平成21年2月17日 平 成 26 年 12 月 18 日 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 公 益 社 団 法 人 福 岡 中 部 法 人 会 福 岡 地 区 の5 公 益 社 団 法 人 会 は 平 成 28 年 度 の 税 制 改 正 に 関 して 中 小 企 業 に 係 る 税 制 を 中 心 に 下 記 のとおり その 実 現 を 強 く 要 望 します 記 1 重 点 要 望 事 項 1

More information

6 日 ( 月 )13:30~ 生 存 権 裁 判 を 支 える 東 京 連 絡 会 幹 事 会 8 日 ( 水 )14:00~ 中 央 社 保 協 第 11 回 運 営 委 員 会 17:30~ 中 央 社 保 協 第 5 回 組 織 財 政 強 化 委 員 会 9 日 ( 木 )09:30~ 医

6 日 ( 月 )13:30~ 生 存 権 裁 判 を 支 える 東 京 連 絡 会 幹 事 会 8 日 ( 水 )14:00~ 中 央 社 保 協 第 11 回 運 営 委 員 会 17:30~ 中 央 社 保 協 第 5 回 組 織 財 政 強 化 委 員 会 9 日 ( 木 )09:30~ 医 第 46 期 第 3 回 常 任 幹 事 会 報 告 日 時 2016 年 6 月 23 日 ( 木 )13:30~ 会 場 東 京 労 働 会 館 5 階 地 評 会 議 室 出 欠 : 竹 崎 井 手 口 丸 山 岡 村 椎 橋 福 井 西 川 寺 川 相 川 阿 久 津 石 上 小 形 深 沢 西 銘 ( 代 稲 垣 ) 星 杉 山 伊 藤 植 松 佐 々 木 中 村 佐 田 酒 井 水 上

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73%

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73% 自 民 接 戦 1 人 区 を 重 点 民 進 共 産 3 分 の 2 阻 止 を 前 面 参 院 選 最 終 盤 攻 防 朝 日 新 聞 2016 年 7 月 8 日 10 日 投 開 票 の 参 院 選 は 選 挙 戦 の 最 終 盤 を 迎 えている 安 倍 晋 三 首 相 ( 自 民 党 総 裁 ) は7 日 福 島 県 を 遊 説 接 戦 の1 人 区 を 重 点 的 に 回 り 単 独

More information

歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守 躍 原 口 調 査 役 割 答 5% 答 % 好 答 特 分 英 植 メ 税 満 独 争 起 ボ パ 件 徴 E a

歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守 躍 原 口 調 査 役 割 答 5% 答 % 好 答 特 分 英 植 メ 税 満 独 争 起 ボ パ 件 徴 E a 特別企画 渡部 恒雄 違答 連邦 口調査 京財団研究 歴史敗 歴史敗由 2010 月 失歴史残敗喫 能 怒 満 答 移 答視 雇用 医療 ガニ争 順 ズ 1938来敗 74 失 3 別 ぞ 割合 信任 7 Vol. 4 歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象 比 例 大 激 戦 9 条 守 れの1 票 共 産 党 へ 改 憲 問 題 が 大 争 点 に しんぶん 赤 旗 2016 年 7 月 6 日 ( 水 ) 投 票 日 まで4 日 となった 参 院 選 は 比 例 代 表 も 選 挙 区 も 大 激 戦 大 接 戦 のまま 最 終 盤 に 入 り 安 保 法 制 = 戦 争 法 の 廃 止 と 憲 法 9 条 改 悪 が 大 争 点 に 浮 上 憲

More information

コンプライアンス憲章

コンプライアンス憲章 コンプライアンス 憲 章 第 1 条 ( 目 的 ) この 憲 章 は 三 井 ハイテック( 全 三 井 ハイテックグループ 会 社 を 含 む 以 下 同 じ)の 全 て の 役 員 (これに 準 ずるものを 含 む 以 下 同 じ)および 従 業 員 一 人 一 人 が 三 井 ハイテック で 働 く 者 としての 誇 りを 持 ち あらゆる 企 業 活 動 の 場 面 において 関 係 法 令

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状 102 Vol. 津 波 活 打 撃 決 末 戦 例 襲 ェ 網 組 及 び 複 克 服 向 組 待 歯 語 野 モ 騰 計 知 回 救 戦 略 有 性 検 証 編 滝 洋 慶 應 義 塾 学 学 院 法 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 社 社 論 説 副 長 編 編 等 職 著 書 ゲ ム 何 救 舞 台 裏 O U S 103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

障害者虐待防止・対応に関わる法の理解

障害者虐待防止・対応に関わる法の理解 障 害 者 虐 待 防 止 対 応 に 関 わ る 法 の 理 解 H23.12.19 弁 護 士 川 島 志 保 ねらい 1 虐 待 とは 2 障 害 者 虐 待 防 止 法 3 条 何 人 も 障 害 者 に 対 して 虐 待 をしてはならない 3 虐 待 の 関 する 法 律 4 障 害 者 虐 待 防 止 対 応 の 留 意 点 対 応 しない 理 由 を 見 つけるのではなく 1 虐 待

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル 件 暴 力

凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル 件 暴 力 平 成 28 2 月 少 非 行 情 勢 ( 平 成 27 1~12 月 ) 警 察 庁 生 活 安 全 局 少 課 凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203493FA96618CFA90B6944E8BE08AEE8BE02089F08E5582CC8B4C985E208FAC899681409590>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203493FA96618CFA90B6944E8BE08AEE8BE02089F08E5582CC8B4C985E208FAC899681409590> 日 本 紡 績 業 厚 生 年 金 基 金 解 散 の 記 録 岡 山 県 元 ゼンセン 同 盟 正 織 労 組 組 合 長 小 塩 武 日 本 紡 績 業 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 日 紡 基 金 という)を 厚 生 省 は 平 成 6 年 11 月 16 日 付 で 解 散 を 認 可 する 日 紡 基 金 の 解 散 は 19 番 目 業 種 別 では 日 紡 基 金 を 含 めて

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

業 においては 減 産 を 口 実 とした 人 員 削 減 を 加 速 させている 自 動 車 業 界 においては トヨタの2009 年 3 月 期 の 連 結 業 績 予 想 は4500 億 円 減 で 派 遣 期 間 従 業 員 の 削 減 は4100 名 ホンダは1400 億 円 の 損 益

業 においては 減 産 を 口 実 とした 人 員 削 減 を 加 速 させている 自 動 車 業 界 においては トヨタの2009 年 3 月 期 の 連 結 業 績 予 想 は4500 億 円 減 で 派 遣 期 間 従 業 員 の 削 減 は4100 名 ホンダは1400 億 円 の 損 益 新 自 由 主 義 派 の 詭 弁 を 許 すな! 3 月 1 日 に 放 映 されたテレビ 朝 日 の サンデープロジェクト に 登 場 した 竹 中 平 蔵 元 総 務 省 は アメリカ 型 資 本 主 義 が 破 綻 したのではなく 社 会 民 主 主 義 や 中 国 の 経 済 も 崩 壊 した との 詭 弁 を 弄 して 1980 年 代 から 採 用 されてきた 新 自 由 主 義 経

More information

2 市 町 村 分 都 道 府 県 名 山 形 県 千 葉 県 山 形 市 市 原 市 の 無 福 祉 推 進 部 生 活 福 祉 課 地 域 福 祉 係 主 幹 保 健 福 祉 部 生 活 福 祉 課 主 任 36 22 当 該 職 員 が 公 用 パソ コンを 使 用 し 業 務 に 関 係 の

2 市 町 村 分 都 道 府 県 名 山 形 県 千 葉 県 山 形 市 市 原 市 の 無 福 祉 推 進 部 生 活 福 祉 課 地 域 福 祉 係 主 幹 保 健 福 祉 部 生 活 福 祉 課 主 任 36 22 当 該 職 員 が 公 用 パソ コンを 使 用 し 業 務 に 関 係 の 5. 財 務 関 係 (3) 職 員 の に 関 する 調 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 26 年 3 月 31 日 まで) ア 法 第 243 条 の2によるもの 1 都 道 府 県 分 所 属 部 課 名 等 事 実 関 係 監 査 委 員 による 監 査 関 係 都 道 府 県 名 名 及 び 職 名 し を た 日 又 は 事 実 知 った の 無 の 存 し 団 体

More information

Microsoft Word - str_bt_grundlage2015_07自由に対する罪(1).docx

Microsoft Word - str_bt_grundlage2015_07自由に対する罪(1).docx 刑 法 各 論 の 基 礎 25 個 人 的 法 益 に 対 する 罪 人 の 自 由 に 対 する 罪 (1) 07 行 動 の 自 由 意 思 決 定 の 自 由 法 益 主 体 = 個 人 人 の 生 命 身 体 に 対 する 罪 人 の 自 由 に 対 する 罪 生 活 の 平 穏 に 対 する 罪 (プライバシーに 対 する 罪 ) 名 誉 信 用 に 対 する 罪 財 産 に 対 する

More information

Microsoft Word - 20150609-270609yousei.doc

Microsoft Word - 20150609-270609yousei.doc 福 岡 国 税 局 派 遣 国 税 庁 首 席 監 察 官 福 澤 宏 文 殿 国 税 局 職 員 による 犯 罪 行 為 の 申 し 立 て 及 び 犯 罪 捜 査 の 要 請 平 成 27 年 6 月 3 日 島 根 県 松 江 市 東 本 町 5 丁 目 16 番 地 9 山 根 ビル3 階 株 式 会 社 山 根 総 合 事 務 所 内 山 根 治 税 理 士 事 務 所 税 理 士 山 根

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

民 主 党 大 串 博 志 議 員 ( 衆 院 安 保 特 別 委 員 ) 民 主 党 の 考 え 方 は 安 倍 政 権 が 進 める 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 は 許 さない 恒 久 法 も 周 辺 事 態 法 も 認 めない 拙 速 な 審 議 ではだめだ 過 去 一 つの 法 律

民 主 党 大 串 博 志 議 員 ( 衆 院 安 保 特 別 委 員 ) 民 主 党 の 考 え 方 は 安 倍 政 権 が 進 める 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 は 許 さない 恒 久 法 も 周 辺 事 態 法 も 認 めない 拙 速 な 審 議 ではだめだ 過 去 一 つの 法 律 1000 人 委 員 会 ニュースNo.23 (2015 年 6 月 10 日 号 ) 101-0063 東 京 都 千 代 田 区 神 田 淡 路 町 1-15 塚 崎 ビル3 階 TEL:03-3526-2920 FAX:03-3526-2921 総 がかり 行 動 実 行 委 員 会 国 会 議 員 要 請 行 動 戦 争 をさせない 9 条 壊 すな! 総 が かり 行 動 実 行 委 員

More information

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析 逢 坂 巌 教 学 学 助 教 福 岡 県 学 法 学 卒 学 学 法 学 学 研 究 科 博 士 程 退 同 研 究 科 助 手 経 職 共 著 第 投 票 席 獲 得 圧 通 初 成 就 圧 際 圧 原 因 惑 批 相 次 同 圧 敗 北 声 ャ ズ ム ほ む 反 省 約 丁 寧 紹 型 付 刊 肯 世 界 指 摘 声 押 非 難 歴 史 画 ケ 可 世 紀 型 他 批 渦 巻 状 歴 史 健

More information

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2)

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2) WebMoney 加 盟 店 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は 株 式 会 社 ウェブマネー( 以 下 当 社 という)と WebMoney 加 盟 店 契 約 ( 以 下 加 盟 店 契 約 という)を 締 結 した 加 盟 店 との 契 約 関 係 について 定 めることを 目 的 とします 第 2 条 ( 定 義 ) 本 規 約 において 次 の 用 語 は 以 下 に 規

More information

愛知県公安委員会活動概要

愛知県公安委員会活動概要 定 例 公 安 委 員 会 日 時 : 平 成 20 年 1 月 11 日 9 時 00 分 ~12 時 35 分 出 席 委 員 : 髙 山 委 員 長 大 森 委 員 豊 田 委 員 楠 田 委 員 小 笠 原 委 員 1 全 体 審 議 ( 公 安 委 員 会 会 議 室 ) 案 件 件 名 担 当 部 出 席 者 2 月 の 行 事 予 定 警 務 部 本 部 長 年 末 における 特 別

More information

地震保険普通保険約款

地震保険普通保険約款 地 震 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 ( 建 物 の 場 合 ) 建 物 の 主 要 構 造 部 の 損 害 の 額 が その 建 物 の 保 険 価 額 ( 注 )の3% 以 上 20% 未 満 である 損

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB91E38ED089EF814091E634358D7581408365834C83588367>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB91E38ED089EF814091E634358D7581408365834C83588367> 基 礎 からわかる 現 代 社 会 第 45 講 日 本 の 国 際 貢 献 PKO 国 連 平 和 維 持 活 動 協 力 法 日 本 の PKO 参 加 5 原 則 1 当 事 者 間 の 停 戦 合 意 2 当 事 国 の 合 意 3 中 立 公 平 4 武 器 使 用 は 正 当 防 衛 の 場 合 のみ 5 上 記 1~3の3 原 則 が 崩 れれば 撤 収 か 中 断 PKO 監 視 団

More information

5 長 野 地 裁 H23.3.25 強 盗 殺 人, 死 体 遺 棄 H23.3.25 H24.3.22 ( 東 京 高 裁 ) H24.3.22 6 横 浜 地 裁 H23.6.17 殺 人 H23.6.29 H23.7.4 7 静 岡 地 裁 H23.6.21 殺 人, 死 体 遺 棄, 強

5 長 野 地 裁 H23.3.25 強 盗 殺 人, 死 体 遺 棄 H23.3.25 H24.3.22 ( 東 京 高 裁 ) H24.3.22 6 横 浜 地 裁 H23.6.17 殺 人 H23.6.29 H23.7.4 7 静 岡 地 裁 H23.6.21 殺 人, 死 体 遺 棄, 強 平 成 25 年 5 月 日 :00 以 降 に 報 道 願 います 裁 判 員 裁 判 の 概 況 平 成 25 年 5 月 日 最 高 検 察 庁 公 判 1 裁 判 員 裁 判 対 象 事 件 起 訴 人 員 ( 平 成 25 年 4 月 30 日 現 在 ) 6,025 名 ( 起 訴 件 数 :6,800 件 ) 2 裁 判 員 裁 判 判 決 人 員 ( 平 成 25 年 4 月 30

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

同 原 告 らが 侵 害 された 憲 法 上 の 権 利 についての 憲 法 学 者 内 藤 光 博 専 修 大 学 法 学 部 教 授 の 4 名 の 専 門 家 証 人 の 尋 問 及 び 同 原 告 ら 本 人 尋 問 を 実 施 しました 本 件 訴 訟 においても, 被 告 国 は 事 実

同 原 告 らが 侵 害 された 憲 法 上 の 権 利 についての 憲 法 学 者 内 藤 光 博 専 修 大 学 法 学 部 教 授 の 4 名 の 専 門 家 証 人 の 尋 問 及 び 同 原 告 ら 本 人 尋 問 を 実 施 しました 本 件 訴 訟 においても, 被 告 国 は 事 実 2009 第 一 事 件 2006 年 (ワ) 第 6484 号 謝 罪 及 び 損 害 賠 償 請 求 事 件 原 告 王 子 雄 ほか39 名 被 告 日 本 国 第 二 事 件 2008 年 (ワ) 第 18382 号 謝 罪 及 び 損 害 賠 償 事 件 原 告 呉 及 義 ほか21 名 被 告 日 本 国 意 見 陳 述 書 東 京 地 方 裁 判 所 民 事 第 13 部 御 中 原

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座 - 高 砂 -- 木 ビ TEL -- FAX -- 編 価 購 読 費 含 輝 築 誇 津 康 歳 J M I U ハ 先 奮 蓮 ハ 築 弱 顧 客 注 屋 台 風 呂 ユ 設 置 築 完 式 作 津 作 ユ 養 ォ 乗 作 ユ 養 積 身 宮 城 石 巻 元 石 巻 高 卒 ハ 就 至 石 巻 家 旧 北 岸 百 震 災 津 波 押 寄 験 築 * 紙 面 * 元 気 面 面 営 面 面 ぶ

More information

Taro-外国人研修生意見書(弁連)

Taro-外国人研修生意見書(弁連) 外 国 人 研 修 技 能 実 習 制 度 の 法 改 正 に 対 する 意 見 書 2009 年 2 月 9 日 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 殿 法 務 大 臣 森 英 介 殿 外 務 大 臣 中 曽 根 弘 文 殿 厚 生 労 働 大 臣 舛 添 要 一 殿 経 済 産 業 大 臣 二 階 俊 博 殿 国 土 交 通 大 臣 金 子 一 義 殿 外 国 人 研 修 生 問 題 弁 護

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63> 資 料 防 衛 省 改 革 会 議 ( 第 2 回 ) 説 明 資 料 平 成 19 年 12 月 防 衛 省 Ⅰ 給 油 量 取 り 違 え 事 案 ( 中 間 報 告 )の 概 要 Ⅱ 過 去 におけるその 他 の 事 案 1 陸 上 自 衛 隊 における 違 法 射 撃 事 案 2 海 上 自 衛 隊 におけるCIWSの 不 時 発 射 事 案 Ⅲ 文 民 統 制 の 徹 底 1 給 油 量

More information

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援 パ レ 団 展 望 示 運 道 示 C T S 章 習 料 章 粋 像 根 歴 史 ざ 閣 造 次 チ ャ レ 唱 億 総 躍 兼 チ ャ レ 是 掃 述 画 視 建 害 調 査 慣 習 公 表 織 三 式 採 I L 際 踏 府 映 建 委 薦 貴 族 建 ぽ 歯 措 加 承 認 降 図 退 ド ド 是 常 流 ぜ ぜ ざ ざ 表 側 閣 僚 公 歴 然 蔵 岩 盤 直 難 習 料 狙 障 配 番

More information

2007年4月10日

2007年4月10日 関 西 大 学 法 科 大 学 院 法 と 社 会 2 法 とメディア 第 2 回 2009 年 10 月 1 日 メディアと 名 誉 プライバシー(その1) 弁 護 士 弁 理 士 近 藤 剛 史 tsuyoshi@kondolaw.jp Ⅰ. 名 誉 に 関 する 法 的 保 護 1 社 会 的 名 誉 民 法 703 条 にいう 名 誉 とは 人 がその 品 性 徳 行 名 声 信 用 等 の

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請 File.4 < 判 決 原 文 > 生 計 を 一 に す る 妻 へ の 税 理 士 報 酬 と 必 要 経 費 - 宮 岡 事 件 - 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 13 年 ( 行 ウ ) 第 423 号 平 成 15 年 7 月 16 日 判 決 ( TAINS 判 例 検 索 Z253-9393 税 務 訴 訟 資 料 253 号 順 号 9393 判 例 時 報 1891 号

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208EB8947382B582C882A2837D83938356838783938AC7979D303632368DC58F492E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208EB8947382B582C882A2837D83938356838783938AC7979D303632368DC58F492E70707478> 失 敗 しないマンション 管 理 ~トラブル 事 例 を 参 考 に~ 講 師 : 福 岡 マンション 問 題 研 究 会 弁 護 士 碇 啓 太 (いかり けいた) 1 講 師 自 己 紹 介 弁 護 士 碇 啓 太 (いかり けいた) 福 岡 県 弁 護 士 会 所 属 松 坂 法 律 事 務 所 810 0042 福 岡 市 中 央 区 赤 坂 1 丁 目 12 番 15 号 読 売 福 岡

More information

r0036.PAG (更新)

r0036.PAG (更新) 号 円 職 委会 URL http:// www.rise-rou-hei.info/wp/ - 京都港区新橋2 8 16 mail:rou_hei_rise@yahoo.co.jp -- 石田ビ4 会費 円 会期購読料 円 服 含雪洗流従 散 G 芝 社 相 昨 整 備 骨 膜 白 妊 娠 幼 児 遺 伝 診 闇 閉 勝 倍 権 統 処 投 万 群 港 ォ 州 デ ゴ 隻 車 両 百 台 投 震

More information

スライド 1

スライド 1 戦 後 内 閣 の 軌 跡 ~ 橋 本 内 閣 について~ 2011/11/8 早 稲 田 大 学 大 学 院 公 共 経 営 研 究 科 小 松 大 祐 1 橋 本 龍 太 郎 氏 の 経 歴 誕 生 ~ 政 治 家 になるまで 初 当 選 ~ 総 理 まで 内 閣 総 理 大 臣 退 陣 後 1937 年 7 月 - 東 京 渋 谷 区 に 大 蔵 官 僚 橋 本 龍 伍 春 の 長 男 として

More information

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ 北 本 市 いじめ 自 殺 裁 判 最 高 裁 決 定 を 受 けて 原 告 弁 護 団 支 援 団 より 声 明 メッセージ 2014 年 10 月 7 日 A 弁 護 団 声 明 1 2005 年 に 自 殺 した 埼 玉 県 北 本 市 の 中 学 校 1 年 の 女 子 生 徒 ( 当 時 12 歳 )の 両 親 が 市 と 国 に 計 約 7670 万 円 の 損 害 賠 償 を 求 めた

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

情 報 漏 えい 事 件 の 概 要 と 再 発 防 止 策 平 成 27 年 11 月 唐 津 市 目 次 1 はじめに 1 2 事 件 の 概 要 2 3 事 件 発 覚 後 の 経 過 5 4 処 分 8 5 前 回 の 事 件 後 の 取 り 組 み 9 6 再 発 防 止 に 向 けた 検 討 13 7 再 発 防 止 に 向 けた 取 り 組 み 15 8 おわりに 19 1 はじめに

More information

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 改 案 旧 照 文 昭 和 1 0 自 治 昭 和 54 安 昭 和 55 昭 和 56 労 働 昭 和 6 昭 和 6 警 察 昭 和 66 運 昭 和 68 大 期 7 併 7 1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 根

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63> 第 1 章 医 療 関 連 の 法 令 遵 守 及 び 職 業 倫 理 1. 医 師 歯 科 医 師 のプロフェショナリズム 我 が 国 では 医 学 の 進 歩 に 伴 い 平 均 寿 命 は 男 性 78 歳 女 性 85 歳 に 達 し 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 の 低 下 妊 産 婦 死 亡 率 の 低 下 心 疾 患 による 年 齢 調 整 死 亡

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378> 自 衛 隊 の 対 テロ 戦 (テロ 対 策 )の 現 状 と 課 題 ( 概 要 ) 樋 口 譲 次 1 テロリズム(テロ)の 定 義 アメリカ 陸 軍 の 研 究 (1988 年 )によれば これまで テロリズム(テロ)には1 00 以 上 の 定 義 付 けが 行 われており 普 遍 的 に 認 められたテロリズムの 定 義 はない と されている その 前 提 の 上 で 一 般 的 に テロとは

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

法律公布のための勅令

法律公布のための勅令 本 省 令 の 日 本 語 訳 及 び 英 文 訳 ( 添 付 の 資 料 及 び 注 釈 を 含 む)は JICA 技 術 協 力 専 門 家 が 業 務 上 作 成 した 成 果 物 を 日 本 の 企 業 個 人 の 皆 様 がカンボジアの 当 該 省 令 を 理 解 するための 参 考 資 料 として 公 開 するものです 法 律 上 の 問 題 に 関 しては 省 令 のクメール 語 原

More information

Microsoft Word - 01 議事次第.docx

Microsoft Word - 01 議事次第.docx 地 方 分 権 の 進 展 に 対 応 した 行 政 の 実 効 性 確 保 のあり 方 に 関 する 検 討 会 ( 第 1 回 ) 議 事 次 第 平 成 24 年 6 月 18 日 ( 月 ) 12:30~14:30 総 務 省 6 階 601 会 議 室 ( 議 事 次 第 ) 1. 開 会 2. 久 元 自 治 行 政 局 長 挨 拶 3. 検 討 会 開 催 要 綱 等 について 4.

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

時系列表

時系列表 濫 訴 ニ 非 ズ 雌 伏 19 年 臥 薪 嘗 胆 16 年 時 系 列 表 1991 年 紛 争 は 園 田 須 崎 の 陰 謀 から 始 まった これに 抗 議 したところ 警 察 が 介 入 して 鑑 識 が 指 紋 検 出 する 騒 動 となり 八 王 子 合 同 法 律 事 務 所 で 相 談 した 1994 年 突 然 に 偽 装 失 踪 した 須 崎 は 暴 力 団 を 使 い 脅

More information

ごあいさつ 埼 玉 県 警 察 本 部 長 貴 志 浩 平 埼 玉 県 警 察 本 部 長 の 貴 志 でございます 公 益 財 団 法 人 埼 玉 県 暴 力 追 放 薬 物 乱 用 防 止 センター 賛 助 会 員 を 始 め 県 民 の 皆 様 には 平 素 から 警 察 活 動 各 般 とり

ごあいさつ 埼 玉 県 警 察 本 部 長 貴 志 浩 平 埼 玉 県 警 察 本 部 長 の 貴 志 でございます 公 益 財 団 法 人 埼 玉 県 暴 力 追 放 薬 物 乱 用 防 止 センター 賛 助 会 員 を 始 め 県 民 の 皆 様 には 平 素 から 警 察 活 動 各 般 とり CONTENTS No.39 2016.May ごあいさつ 埼 玉 県 警 察 本 部 長 貴 志 浩 平 埼 玉 県 警 察 本 部 長 の 貴 志 でございます 公 益 財 団 法 人 埼 玉 県 暴 力 追 放 薬 物 乱 用 防 止 センター 賛 助 会 員 を 始 め 県 民 の 皆 様 には 平 素 から 警 察 活 動 各 般 とりわけ 暴 力 団 排 除 や 薬 物 乱 用 防 止

More information

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 平 成 23 年 度 税 制 改 正 平 成 22 年 度 税 制 改 正 により 平 成 23 年 度 から 適 用 される 措 置 http://www.up-firm.com 1 平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平

More information

博士論文

博士論文 論 文 要 約 伊 関 友 伸 自 治 体 病 院 の 歴 史 住 民 医 療 の 歩 みとこれから ( 三 輪 書 店 ) 本 論 文 は はじめに おわりに のほか 全 7 章 で 構 成 する はじめに は 研 究 の 動 機 研 究 目 的 研 究 の 視 点 などについて 記 述 している 本 論 文 の 主 要 なテーマは 自 治 体 病 院 の 存 在 意 義 である 自 治 体 病

More information

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度 資 料 1-1 年 金 に 関 する 資 料 平 成 23 年 5 月 23 日 厚 生 労 働 省 基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

More information

資 料 1 選 挙 前 の 世 論 調 査 の 例 読 売 新 聞 調 査 日 :2016 年 6 月 3-5 日 電 話 調 査 安 倍 内 閣 支 持 支 持 53 不 支 持 35 その 他 無 回 答 11 政 党 支 持 自 民 党 40 民 進 党 6 公 明 党 3 共 産 党 2 お

資 料 1 選 挙 前 の 世 論 調 査 の 例 読 売 新 聞 調 査 日 :2016 年 6 月 3-5 日 電 話 調 査 安 倍 内 閣 支 持 支 持 53 不 支 持 35 その 他 無 回 答 11 政 党 支 持 自 民 党 40 民 進 党 6 公 明 党 3 共 産 党 2 お 日 野 市 民 自 治 研 究 所 定 例 研 究 会 2016.7.23 第 24 回 参 議 院 議 員 選 挙 の 結 果 を 分 析 する 池 上 洋 通 はじめに 統 計 資 料 を 読 みながら 考 えるということ 表 1 国 会 の 政 党 別 議 席 数 政 党 別 参 議 院 議 席 数 今 回 当 選 非 改 選 公 示 前 衆 議 院 自 民 121 56 65 115 291

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金 日 本 トーター 株 式 会 社 大 宮 西 武 園 競 輪 事 業 所 大 宮 競 輪 場 及 び 西 武 園 競 輪 場 ポイントサービス 利 用 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 会 員 規 約 に 基 づく 事 項 その 他 当 施 設 におけるポイントサービスの 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 め ることを 目 的 とします ( 定 義 )

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

務 局 職 員 務 局 長 宅 道 務 局 長 岡 田 主 任 藤 井 隆 史. 傍 聴 者 議 員 河 謙 治 坊 公 治 簀 戸 利 昭 藤 豊 井 口 勇 藤 原 清 和 森 夫 一 般 報 道. 発 言 概 要 委 員 長 西 田 久 志 君 皆 う い 皆 い い い 総 務 文 教 委

務 局 職 員 務 局 長 宅 道 務 局 長 岡 田 主 任 藤 井 隆 史. 傍 聴 者 議 員 河 謙 治 坊 公 治 簀 戸 利 昭 藤 豊 井 口 勇 藤 原 清 和 森 夫 一 般 報 道. 発 言 概 要 委 員 長 西 田 久 志 君 皆 う い 皆 い い い 総 務 文 教 委 総 務 文 教 委 員 会 会 議 録. 開 催 日 日 開 会 時 閉 会 時. 開 催 場 所 委 員 会. 出 席 委 員 西 田 久 志 大 鳴 郎 西 慎 郎 宅 文 藤 原 浩 宮 地 俊 則 森 金. 席 委 員. 会 議 出 席 者 副 議 長 是 明 員 副 市 長 宅 生 一 総 務 部 長 長 隆 総 務 部 長 川 田 純 士 会 計 管 理 者 笹 井 洋 監 査 委 員

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information