”ƒ.pdf

Size: px
Start display at page:

Download "”ƒ.pdf"

Transcription

1

2 研 究 授 業 参 観 の 授 業 実 践 志 向 性 への 影 響 算 数 の 公 開 授 業 研 究 会 参 加 などをダミー 変 数 とした 重 回 帰 分 析 正 田 良 1. 学 生 が 教 育 現 場 に 触 れること 昨 今 では 主 には 教 育 学 部 や 文 学 部 教 育 学 科 の 学 生 が 教 育 支 援 ボランティア などの 形 や 授 業 の 一 環 としての 観 察 などで 教 育 現 場 に 入 りこむ 機 会 が 増 えて 来 ている また サークルの 活 動 の 一 環 として 子 ども 会 での 運 営 補 助 などの 形 で 子 ど もと 触 れることもある 授 業 の 一 環 として 教 室 に 入 りこむ 場 合 その 活 動 は 緒 についたばかりであって 受 け 入 れる 小 学 校 中 学 校 の 教 師 と 大 学 での 科 目 担 当 者 との 個 人 的 な 繋 がりによ るものが 多 く 受 け 入 れ 側 の 教 師 の 転 任 などで その 継 続 が 左 右 されることもある また 学 生 にどのような 経 験 をさせるのか 授 業 のビデオ 記 録 をとって 授 業 分 析 をする 授 業 の 観 察 記 録 を 学 生 が 行 なって その 観 察 から 学 生 には 提 示 されてはいない 学 習 指 導 案 を 再 現 する 学 生 たちが 比 較 的 長 期 間 かけて 作 った 学 習 指 導 案 を 受 け 入 れ 側 の 教 師 に 提 案 して 受 け 入 れ 側 の 教 師 が それを 学 級 の 子 どもに 合 わせてアレンジした 形 で 実 施 する 学 生 が 投 げ 込 みの 授 業 を 行 なう 学 生 が 現 職 の 教 師 が 行 なっている 授 業 の 研 究 会 などに 参 加 をする 普 通 に 行 なわれているものに 比 べて 短 期 間 で 行 なわれる 教 育 実 習 など 形 態 は 様 々ではある これらの 効 果 に 関 して 実 証 的 な 研 究 があまりみられない 2. 学 生 の 教 職 指 向 性 既 に 他 の 論 考 (1) で 学 生 の 教 職 指 向 性 は 教 育 実 習 の 前 後 で 大 きく 変 化 する 即 ち 教 育 実 習 によって 教 職 指 向 性 が 有 意 に 強 まることを 指 摘 した それは 第 1 に 1

3 東 京 の 私 立 大 学 では 都 の 取 扱 要 綱 によって 4 年 生 にならないと 公 立 学 校 での 教 育 実 習 は 行 なえないが それ 以 外 の 国 立 大 学 などでは 3 年 生 実 習 が 行 なえ その 経 験 で 教 職 指 向 性 が 高 まること 第 2 には 逆 に 東 京 の 私 立 大 学 では 4 年 生 で 初 めて 教 育 実 習 を 行 なう 場 合 既 に 就 職 を 内 定 させたり 教 職 以 外 の 就 職 活 動 を 積 極 的 に 始 めていたりしている 時 期 なので その 教 職 指 向 性 の 変 化 は 進 路 選 択 の 後 悔 といっ た 形 でしか 表 れにくいことを 指 摘 したものであった また 教 育 に 関 連 する 諸 経 験 によって 学 生 の 不 安 の 変 化 については 下 記 の 2 点 において 5% 有 意 の 回 帰 係 数 が 見 られた 教 育 実 践 研 究 によって 教 材 に 関 する 不 安 が 増 している 学 校 の 先 生 に 対 する 不 安 は 教 育 ボランティアで 軽 減 している これらのことから 比 較 的 早 い 時 期 からの 教 育 実 習 で 経 験 することの 代 替 とな りうる 経 験 を 学 生 に 提 供 することが 学 生 の 教 職 指 向 性 を 高 めるために 必 要 なこと そして 諸 活 動 のそれぞれに 関 しては どのような 学 生 の 不 安 に 対 して 有 効 に 働 く か 限 定 的 な 効 果 として その 特 質 を 見 極 めるべきことが 指 摘 できよう 3. 模 擬 授 業 を 中 心 とした 科 目 と 教 職 指 向 性 教 材 の 面 白 さを 見 いだして 授 業 化 するかに 集 中 できるように という 意 図 で 初 等 教 員 養 成 のための 科 目 教 科 教 育 法 算 数 を 行 なっている (2) その 特 徴 は (1) 教 材 の 面 白 さに 集 中 させるために 学 習 指 導 案 の 分 量 をB 4 版 1 枚 に 限 る (2) 模 擬 授 業 のビデオ 記 録 と 比 較 するために 学 習 指 導 案 に 時 間 配 分 を 明 記 させる の 2 点 である 2005 年 度 と 2006 年 度 の 2 回 にわたって その 前 後 での 教 職 指 向 性 の 変 化 を 調 べた ここでの 教 職 指 向 性 は 質 問 項 目 を 少 なくした 質 問 紙 によるものである そ の 1 年 目 (2005 年 度 )の 結 果 については 既 に 別 に 報 告 を 為 している (3) ので そ の 概 略 のみを 再 掲 しよう それぞれの 問 への 回 答 について 対 応 のあるデータについての 差 の 検 定 を 両 側 検 定 で 行 なったところ 教 科 教 育 法 算 数 履 修 の 前 後 では 統 計 的 に 有 意 な 差 異 は 認 め られなかった 2

4 研 究 授 業 参 観 の 授 業 実 践 志 向 性 への 影 響 11. 模 擬 授 業 をしたり 学 習 指 導 案 を 書 いたりする 機 会 がもっとあればいいと 思 う を 総 合 評 価 とみなし これを 目 的 変 数 として 問 1 から 問 10 までのそれぞれを 説 明 変 数 とする 重 回 帰 分 析 を 行 ったところ 1) 10. 模 擬 授 業 や 授 業 をすることは 楽 しみだ と 5. 授 業 を 構 想 することは 創 造 的 な 作 業 だ がプラスに 1% 有 意 2) 1. 教 科 書 などをみて 授 業 をあれこれ 構 想 することは 楽 しい がプラスに 5% 有 意 3) 6. 授 業 プリントを 作 る 作 業 は 楽 しい では マイナスに 5% 有 意 となった 4) 2. 教 職 に 魅 力 を 感 じる 3.この 世 の 中 は 授 業 に 関 する 情 報 を いろいろな 本 で 調 べることが 可 能 だ 4. 現 職 の 先 生 が 授 業 について 交 流 している 研 究 会 に 出 てみたいと 思 う 7. 学 習 指 導 案 を 作 る 作 業 は 楽 しい に 関 しては 有 意 な 関 係 はない という 結 果 となった 2006 年 度 の 質 問 紙 を 資 料 Aとして 末 尾 に 示 す ここでは 2005 年 度 の 質 問 に 加 え サークルの 所 属 と 教 育 ボランティアの 経 験 の 有 無 教 科 教 育 法 算 数 での 模 擬 授 業 の 授 業 者 の 経 験 についての 有 無 を 聞 いた また 2006 年 度 は 2005 年 度 は 準 備 不 足 で 踏 み 切 れなかった 公 開 授 業 研 究 会 への 参 加 を 義 務 付 けた これは 下 記 の 3 つの 公 開 授 業 研 究 会 を 示 し そのうちの 1 つ 以 上 に 必 ず 参 加 することとした 当 初 は 上 の 2 つのみであったが どちらにも 参 加 で きない 学 生 もあったので う)も 追 加 で 指 定 した あ) 新 算 数 教 育 研 究 会 の 全 国 研 究 ( 川 崎 ) 大 会 として 2006 年 11 月 11 日 に 神 奈 川 県 川 崎 市 立 日 吉 小 学 校 で 行 なわれた 公 開 授 業 研 究 会 い)2007 年 2 月 3 日 に 行 なわれる 和 光 鶴 川 小 学 校 の 公 開 授 業 研 究 会 う)2006 年 12 月 2 日 に 行 なわれた 成 城 学 園 初 等 学 校 の 第 34 回 教 育 改 造 研 究 会 履 修 前 の 調 査 は 2006 年 9 月 に 履 修 後 の 調 査 は 2007 年 1 月 に 行 なっているので あ)う)に 参 加 した 学 生 は 授 業 研 究 会 に 参 加 済 みなのに 対 して い)へ 参 加 する 学 生 は 調 査 の 時 点 では 公 開 授 業 研 究 会 へ 未 参 加 の 状 態 にある この 違 いをあとでデ ータ 化 して 扱 う 3

5 4. 質 問 紙 調 査 の 結 果 4.1 履 修 前 と 履 修 後 の 変 化 両 方 の 時 期 に 質 問 紙 に 答 えることができた 学 生 は 2006 年 度 の 場 合 54 人 であった 問 1 から 問 11 までの 項 目 について 履 修 前 の 平 均 履 修 後 の 平 均 その 両 者 の 差 の (4) 検 定 のp 値 を 表 1 に 記 した 表 1: 履 修 前 後 の 変 化 時 期 / 問 履 修 前 履 修 後 差 の 検 定 年 度 に 比 べて 2006 年 度 は 有 意 な 変 化 を 示 した 問 が 多 い 有 意 差 がどちらの 年 度 でも 無 かった 問 いは 2. 教 職 に 魅 力 を 感 じる 3. この 世 の 中 は 授 業 に 関 する 情 報 を いろいろな 本 で 調 べることが 可 能 だ 4. 現 職 の 先 生 が 授 業 について 交 流 している 研 究 会 に 出 てみたいと 思 う 8. 学 習 指 導 案 を 作 ることに 関 しては いろいろと 制 約 があると 思 う 9. 模 擬 授 業 とか 授 業 をする 場 面 ではあがってしまう(あがってしまいそう) であった 3.と 4.に 関 して 直 接 対 応 する 活 動 が 履 修 中 には 行 なわれていない また 2.に 影 響 するほどの 変 化 ではなかった 有 意 にプラスに 変 化 した 問 は 1. 教 科 書 などをみて 授 業 をあれこれ 構 想 することは 楽 しい 5. 授 業 を 構 想 することは 創 造 的 な 作 業 だ 6. 授 業 プリントを 作 る 作 業 は 楽 しい 7. 学 習 指 導 案 を 作 る 作 業 は 楽 しい 10. 模 擬 授 業 や 授 業 をすることは 楽 しみだ 11. 模 擬 授 業 をしたり 学 習 指 導 案 を 書 いたりする 機 会 がもっとあればいいと 思 う であった 模 擬 授 業 や 学 習 指 導 案 プリント 作 り への 関 心 意 欲 が 高 まっ ていることがわかる 4

6 研 究 授 業 参 観 の 授 業 実 践 志 向 性 への 影 響 4.2 受 講 者 の 属 性 による 因 子 得 点 の 違 い それぞれの 履 修 者 に 関 して ( 履 修 後 の 回 答 )-( 履 修 前 の 回 答 )を 問 1 から 問 11 に 関 して 計 算 した この 11 種 のデータに 関 して 主 因 子 法 バリマックス 回 転 の 因 子 分 (5) 析 を 行 なった 固 有 値 が 1 を 超 えた 因 子 は 1 つしかなく その 固 有 値 は 3.25 寄 与 率 は 0.65 であった なお 質 問 項 目 を 11 項 目 に 少 なくした 教 職 指 向 性 を 2006 年 の 108 のサンプ ルで 因 子 分 析 した 結 果 因 子 1 の 固 有 値 は 3.85 第 2 のものは 0.57 であった また 因 子 負 荷 量 などは 表 2 に 記 した 結 果 となった 11 の 項 目 全 体 としては 教 職 指 向 性 を 調 べるものであったが 因 子 得 点 を 用 いることによって の 3 問 の 寄 与 を 相 対 的 に 弱 めたことになる 表 2: 因 子 数 を 1 としたときの 因 子 負 荷 量 など 共 通 因 子 独 自 性 因 子 1 問 問 問 問 問 問 問 問 問 問 問 表 3: 因 子 得 点 を 目 的 変 数 とする 重 回 帰 分 析 回 帰 係 数 p 値 定 数 項 サークルA サークルB サークルC サークルD 教 ボラ 前 教 ボラ 後 指 導 案 の 採 用 授 業 者 の 経 験 研 究 会 への 参 加 これらの 3 問 は 自 分 が 授 業 をすると きの 不 安 ( 問 9)や 学 習 指 導 案 を 書 くときの 制 約 ( 問 8) 図 書 からの 情 報 ( 問 3)に 関 わるものあった 逆 に 相 対 的 に 言 って 人 の 授 業 実 践 を 実 際 に 見 に 行 くことに 関 わる 質 問 には 因 子 負 荷 量 が 高 い 因 子 と 言 える そこで 以 下 こ の 因 子 得 点 が 表 す 概 念 を 授 業 実 践 志 向 性 と 称 することとする この 因 子 得 点 を 目 的 変 数 とし 履 修 者 の 属 性 を 説 明 変 数 とする 重 回 帰 分 析 の 結 果 を 表 3 へ 記 す 表 3 の 左 端 の 見 出 しは 説 明 変 数 の リストで それぞれ 履 修 者 の 経 験 所 属 の 有 無 を 1(あり) 0(なし)であ らわしたダミー 変 数 である なお 教 ボラ 前 は 履 修 前 に 教 育 支 援 ボラ 5

7 ンティアの 経 験 があった 教 ボラ 後 は 履 修 後 の 時 点 で 教 育 支 援 ボランティア の 経 験 がある を 意 味 している 危 険 率 5%で 有 意 な 回 帰 係 数 は 研 究 会 への 参 加 のみであった 4.3 履 修 者 の 特 性 による 各 問 の 変 化 前 項 までは 履 修 前 のデータと 履 修 後 のデータとを 対 にして 同 じ 履 修 者 のデー タとして 扱 った ここでは 履 修 の 前 と 後 とを 説 明 変 数 の 1 つとして 扱 って 問 1 ~ 11 のそれぞれを 目 的 変 数 とする 重 回 帰 分 析 を 試 みる つまり 4.1 では 履 修 の 効 果 を 指 摘 したが それと 同 じ 時 期 に 他 の 経 験 を 履 修 者 が 行 なっているので それらの 効 果 なのか 履 修 それ 自 体 の 効 果 なのかをより 判 然 とさせてみたい 履 修 表 4: 各 問 に 効 果 を 持 つ 履 修 者 の 属 性 Q 1 Q 2 Q 3 Q 4 Q 5 Q 6 Q 7 Q 8 Q 9 Q 10 Q 11 サークルA ** サークルB ** * ** ** サークルC ** サークルD 教 ボラ 指 導 案 授 業 者 ** 研 究 会 * 教 科 書 職 魅 力 本 情 報 現 職 創 造 プリント 指 導 案 制 約 あがる 授 業 機 会 重 回 帰 分 析 の 危 険 率 5%で 回 帰 係 数 の 推 定 範 囲 に 0 を 含 まないものを 表 3 に * で 1% 有 意 を ** で 表 わした サークルBのデータ 数 は 2 つまり 該 当 の 履 修 者 は 1 人 だけであった そのためサークルに 所 属 することによる 特 徴 なのか その 履 修 者 個 人 の 特 徴 なのか 判 然 としない 表 4 から 読 み 取 れることを 箇 条 書 きの 形 で 記 そう (1) 公 開 授 業 研 究 会 に 参 加 することで 学 習 指 導 案 を 作 ることは 楽 しいと 思 うよう になる (2)サークルA B Cに 所 属 する 履 修 者 は プリント 作 りを 楽 しいと 思 う (3) 模 擬 授 業 で 授 業 者 を 担 当 した 履 修 者 は 授 業 などであがる という 不 安 を 軽 減 させた 6

8 研 究 授 業 参 観 の 授 業 実 践 志 向 性 への 影 響 5.レポートの 記 述 などから 5.1 公 開 授 業 研 究 会 の 感 想 公 開 授 業 研 究 会 の 感 想 を 電 子 掲 示 板 へ 書 き 込 みように 指 示 した これは 他 の 学 生 の 感 想 も 見 ること 並 びに 私 も 返 信 を 書 き 込 むことによって フィードバック の 効 果 を 狙 ったものでもあった SG さんは ボランティアで 授 業 を 見 させて 頂 く 機 会 はありますが 指 導 案 をも らって 授 業 を 見 させて 頂 き その 後 先 生 の 思 いを 聞 くことができたのは 初 めてです 本 当 にいい 経 験 になりました と 公 開 授 業 研 究 会 が 教 育 支 援 ボランティアによる 経 験 とは 異 なる 収 穫 をもたらすことを 指 摘 している YG さんは 改 めて 算 数 のおもしろさが 分 かった 気 がしました 夏 坂 先 生 は 今 回 掛 け 算 について 子 どもたちに 解 説 をした 時 間 は 少 なくとも 5 分 以 内 であったと 思 い ます 子 どもにどう 考 えさせるかがとても 上 手 で 最 後 までゲームをしている 感 覚 で した 指 導 案 にも 工 夫 が 一 目 瞭 然 に 示 されていて 時 間 をかけるところ 省 くところ のメリハリなどもとても 勉 強 になりました / 教 員 はある 意 味 教 えるのではなくて 理 解 する 手 助 けをする 事 がよいのだと 気 付 きました 他 の 先 生 方 の 授 業 も 観 ました 失 礼 ですが 説 明 解 説 の 多 い 授 業 はどれも 子 どもたちの 集 中 力 が 欠 けている 気 がしま した と 独 特 の 鋭 い 感 受 性 で 授 業 に 向 き 合 った KK さんは 次 のように 教 法 算 数 での 学 びと 積 極 的 に 結 びつけた 参 加 を 行 なった 私 は 今 教 法 算 数 で 4 年 生 の 指 導 案 や 授 業 展 開 授 業 プリントの 作 成 を 考 えているの で 現 場 の 先 生 方 はどのような 授 業 の 進 め 方 をして プリントをどういう 時 に 使 って いるのか 興 味 がありました まず 冊 子 に 書 かれていた 指 導 案 をみて 授 業 の 展 開 がこ の 指 導 案 をみればすぐにわかるなということを 第 一 に 感 じました 私 の 書 いた 指 導 案 は 板 書 計 画 が 別 になっているのでどういう 過 程 かが 読 みとりにくいことに 気 がつきま した また 授 業 を 参 観 して 驚 いたことは 多 くの 先 生 方 があらかじめ 貼 るものを 用 意 して 問 題 や 絵 などを 書 かなくても 進 められるように 工 夫 していたことです 私 が 小 学 生 の 頃 は ほとんど 先 生 が 板 書 したものをノートに 写 すというものだったので 貼 り 物 が 多 くてびっくりしました 7

9 5.2 期 末 のレポートの 記 述 から この 科 目 のレポートの 一 部 として この 科 目 で 得 たことの 概 略 の 記 述 と 感 想 の 記 述 を 求 めた 記 名 式 の 回 答 であるので 率 直 な 記 述 が 得 られにくい 傾 向 にあるか もしれない しかし 得 たこと を どのような 観 点 でとらえているかは 注 目 に 値 すると 思 われる SW さんは 各 場 面 に 応 じて 自 分 の 関 わりについて 述 べている ( 指 導 案 を) 初 めて 本 格 的 に 書 いた へき 地 教 育 研 究 会 で 書 いたことがあった あの 時 書 いた 指 導 案 とは 違 う 部 分 が 多 く 散 々 苦 戦 して 作 成 したのに 違 うことを 書 いていたなぁと 少 し 落 ち 込 んだ と 今 回 の 学 習 指 導 案 創 りに 関 する 特 徴 である 1) 教 材 の 面 白 さを 見 いだして 授 業 化 するか 2) 時 間 配 分 の 特 異 性 と 特 に 1)の 難 しさに 触 れている また それから 班 での 活 動 が 多 く このような 活 動 でみんながどういう 風 に 考 えているのかがよくわかった 普 段 このような 授 業 がないのでとても 新 鮮 だった 私 ももっと 意 見 を 言 わなきゃと 必 死 だったのをよく 覚 えている と 班 活 動 の 意 義 についても 触 れ 模 擬 授 業 に 入 って からは 毎 回 の 授 業 で 前 よりさらに 自 分 のダメさを 実 感 させられた 授 業 を 見 ても そうだが 特 に 思 ったのは 検 討 会 である みんなの 発 言 力 のすごさだ 私 は 思 った ことはあっても 自 信 が 無 くてなかなか 発 言 できなかった 自 信 と 言 うか 発 言 する 勇 気 がないのだ と 個 人 - 班 - 受 講 者 全 体 という 場 の 大 きさの 変 化 の 中 で 発 言 することに 積 極 性 が 持 てない 自 分 に 向 き 合 っている そして 教 法 算 数 の 授 業 を 通 して 教 師 になるという 意 識 自 覚 が 高 まった ことを 学 んだことを 生 かせていけるように 努 力 していこう という 決 意 で 記 述 を 締 めくく った ND さんも 学 習 指 導 案 を 作 成 することに 触 れている 冒 頭 に 半 年 間 学 んできて 思 ったことは 教 材 研 究 が 大 切 であるということである この 教 法 算 数 で 実 際 本 格 的 に 指 導 案 を 作 ってみた どこに 重 点 を 置 いていいのかわからず 作 った 指 導 案 はもちろん 先 生 にみっちり 直 された 私 は 半 年 間 で 教 科 書 から 何 を 伝 え 子 ども たちに 教 えればいいのか これを 学 んだ 気 がする と 記 し 教 科 書 を 最 初 から 使 って 授 業 を 展 開 するのではなく ある 程 度 導 入 で 子 どもたちに 印 象 を 強 く 持 たせ 8

10 研 究 授 業 参 観 の 授 業 実 践 志 向 性 への 影 響 ること みんなの 模 擬 授 業 でもそうだが 初 めから 教 科 書 を 開 いて 授 業 展 開 をする ところはなかった ある 程 度 導 入 で 子 どもたちの 注 目 を 集 める 授 業 展 開 をするとこ ろが 多 かった 実 際 その 授 業 の 方 が 子 どもたちも 授 業 に 集 中 しやすいと 思 う 算 数 は 難 しい 概 念 も 簡 単 に 教 えなくてはならない ここが 難 しいところだなと 思 う と 教 材 を 自 分 なりに 消 化 することで 面 白 さを 見 だして 授 業 化 ができること さ らには 覚 えるところを 丁 寧 にやったからといって 子 どもたちの 学 習 効 果 は 上 がらない 演 習 応 用 が 大 切 だと 思 った また どこがこの 教 科 書 の 中 で 一 番 教 え たいところなのか そこを 見 極 める 力 をこれからもつけて 行 きたい と 授 業 展 開 の 具 体 に 近 付 けた 学 びについて 記 した KW さんは 算 数 という 教 科 に 対 する 考 え 方 である 文 系 としてきた 私 は 数 学 に 苦 手 意 識 を 持 っている だからなのか 算 数 を 教 えることが こんなにも 工 夫 のしが いがあり 教 わる 方 も また 教 える 方 も 楽 しめる 教 科 だとは 思 わなかった と 授 業 創 りの 楽 しさの 発 見 について 記 した そのきっかけについては この 授 業 の 一 環 と して 行 った 新 川 崎 の 大 会 での 衝 撃 と 何 より 学 年 ごとの 班 に 分 かれて 一 つの 授 業 を 作 り 上 げるといった 経 験 があったからである と 公 開 授 業 研 究 会 への 参 加 と 班 活 動 とを 指 摘 した MN さんは KW さんとは 違 って 数 学 が 好 きな 立 場 から 次 のように 記 した 日 吉 小 学 校 に 訪 問 させて 戴 いたことです 私 は 算 数 の 教 え 方 というものがまだ 漠 然 としかわかりませんでした どうしたらただ 公 式 を 教 えるだけの 先 生 にならないの か どうしたら 児 童 を 授 業 の 中 に 引 きこめるのか 数 学 が 好 きだからこそ 知 りた い 部 分 でもありました と KW さんと 同 様 に 優 れた 実 践 に 触 れたことの 影 響 を 指 摘 している また 私 たちの 班 は 何 回 もみんなで 集 まり 話 し 合 いを 繰 り 返 しました そのとき 教 育 学 専 攻 の 3 年 生 がいろいろなアドバイスをして 下 さったの で とても 勉 強 になりました 本 番 は KW さんが 堂 々とやっていてとても 感 動 し たし 私 もあんな 授 業 ができるようになりたいと 感 じました と 班 活 動 について も 触 れている 即 ち 対 照 的 な 立 場 ながらも 結 局 KWさんと 共 通 性 の 高 い 指 摘 をし た 9

11 6.まとめと 今 後 の 課 題 昨 今 実 践 的 指 導 力 などという 言 葉 が 取 りざたされている スローガンとして は 効 果 的 であるが それがどのような 概 念 か 定 義 をはっきりさせないまま その ムードだけで 議 論 が 行 われることも 多 いように 思 われる 今 回 は 11 の 項 目 による 質 問 紙 で 教 職 志 向 性 が 被 験 者 のどのような 属 性 によって 影 響 を 受 けるか 議 論 を 試 みたが この 質 問 紙 で 調 べることができる 概 念 は むしろ 授 業 実 践 志 向 性 で あることがわかった 恐 らくは 概 括 的 な 概 念 として 提 案 されている 実 践 的 指 導 力 を このような 作 業 は 実 証 的 に 他 の 下 位 概 念 に 交 通 整 理 する 作 業 のひとつのステ ップとして 位 置 付 けることができよう このような 実 践 的 指 導 力 の 概 念 整 理 は 今 後 の 課 題 としたい 公 開 授 業 研 究 会 で 学 習 指 導 案 を 配 布 されて 授 業 のあとでの 協 議 会 にも 参 加 で きる 経 験 を 持 った 履 修 者 は 学 習 指 導 案 を 作 ることなどによって 授 業 を 構 想 するこ とに 興 味 関 心 をより 強 く 持 つようになった 算 数 の 具 体 的 な 教 材 と 出 会 うこと プリント 作 り 学 習 指 導 案 作 り 模 擬 授 業 の 一 連 の 活 動 は 昨 年 度 も 行 った また サークルなどで 子 どもとの 接 触 のある 学 生 もいる しかし 具 体 的 な 算 数 の 授 業 教 材 を 子 どもが 取 り 組 んでいる 様 子 授 業 に 対 する 感 動 を 参 観 者 として 共 感 するよ うな 経 験 は 公 開 研 究 授 業 でのみ 得 られることである 同 じ 教 室 にいるという 点 では 教 育 支 援 ボランティアの 立 場 を 経 験 した 学 生 もいる しかし 学 習 指 導 案 などの 形 で 授 業 の 創 造 者 としての 立 場 を 共 有 することはあまりないだろう この 違 いが サ ークルの 所 属 や 教 育 支 援 ボランティアの 経 験 との 関 係 が 統 計 的 には 顕 著 ではないの に 公 開 授 業 研 究 会 への 参 加 の 有 無 が 統 計 的 に 顕 著 な 差 異 を 学 習 指 導 案 を 作 るの は 楽 しい という 設 問 への 反 応 でみられたことの 理 由 として 説 明 となるだろう 実 際 に 参 観 者 として 授 業 を 見 聞 きし それの 学 習 指 導 案 や 協 議 会 への 参 加 によって 授 業 を 創 造 することの 魅 力 的 をよりよく 意 識 することができるようになったことと 思 われる 一 般 に 対 応 のあるデータの 平 均 の 差 の 検 定 は 対 応 のないデータに 比 べて 鋭 敏 になる 個 々の 学 生 での 変 化 をみれば 対 応 のないデータでは 顕 著 にはならなかっ たが 履 修 の 前 と 後 とで 2006 年 度 では 統 計 的 に 有 意 となった その 有 意 となった 質 10

12 研 究 授 業 参 観 の 授 業 実 践 志 向 性 への 影 響 問 項 目 からそのプロセスを 想 像 するならば 公 開 授 業 研 究 会 への 参 加 によって 算 数 の 授 業 を 構 想 することの 楽 しさを 知 った 公 開 授 業 研 究 会 あ) の 開 催 の 直 後 に 班 活 動 で 模 擬 授 業 作 りが 始 まったことも あって 構 想 することの 楽 しさを 知 った 学 生 が 班 活 動 への 動 機 付 けに 関 して リードする 役 割 を 持 ち プリント 作 りや 学 習 指 導 案 作 り 教 具 作 りに 昨 年 度 に 比 較 してより 積 極 的 な 活 動 を 組 織 しえるようになっていた その 結 果 半 年 間 の 履 修 を 通 じて 1. 教 科 書 などをみて 授 業 をあれこれ 構 想 することは 楽 しい 5. 授 業 を 構 想 することは 創 造 的 な 作 業 だ 6. 授 業 プリントを 作 る 作 業 は 楽 しい 7. 学 習 指 導 案 を 作 る 作 業 は 楽 しい 10. 模 擬 授 業 や 授 業 をすることは 楽 しみだ 11. 模 擬 授 業 をしたり 学 習 指 導 案 を 書 いたりする 機 会 がもっとあればいいと 思 う と 思 えるようになった と 解 釈 することができるだろう つまり いっしょに 子 どもといるだけ 算 数 の 教 材 を 大 学 生 の 立 場 で 触 れるだけでは 得 られない 経 験 を 学 生 は 公 開 授 業 研 究 会 で 得 ることができた しかし 質 問 のきめ 細 かさや データ 数 に 関 して 必 ずしも 十 分 で はないので 今 回 の 調 査 ではこのプロセスの 詳 細 に 関 して 統 計 的 な 立 証 ができるま でには 及 んではいない だが 今 後 の 教 育 実 践 研 究 を 含 めた 教 員 養 成 の 在 り 方 とし て 参 観 させる 授 業 は 優 れた 教 育 実 践 である 当 該 の 授 業 の 学 習 指 導 案 が 事 前 に 配 布 される 授 業 後 の 協 議 会 に 学 生 を 参 加 させる 参 観 後 の 学 部 での 活 動 に 班 活 動 などの 形 で 有 機 的 に 役 立 ちうるものとする という 諸 点 によって 授 業 創 りが 創 造 的 なおもしろいものであって 教 職 への 魅 力 を 感 じ 学 生 の 教 職 指 向 性 をより 高 めていく 可 能 性 が 示 唆 される そうした 活 動 を 提 案 していきたい 11

13 ( 付 記 ) 日 本 教 師 教 育 学 会 第 17 回 研 究 大 会 ( 鳴 門 教 育 大 学 :2007 年 9 月 日 ) 自 由 研 究 発 表 で 初 等 教 育 教 員 養 成 での 研 究 授 業 参 観 の 影 響 算 数 の 公 開 授 業 研 究 会 参 加 などをダミ ー 変 数 とした 重 回 帰 分 析 として 発 表 した 本 稿 は この 発 表 に 発 表 当 日 に 得 られたご 意 見 を 参 考 に 加 筆 修 正 したものである 特 に 鳴 門 教 育 大 学 の 小 野 由 美 子 先 生 から 概 念 整 理 について 貴 重 な 示 唆 を 戴 いたことを 記 し 謝 意 を 表 したい 注 (1) 正 田 良 菱 刈 晃 夫 教 職 指 向 性 に 関 する 質 問 紙 の 開 発 国 士 舘 大 学 文 学 部 人 文 学 会 紀 要 第 38 号 2005 (2) 正 田 良 ( 編 著 ) 算 数 数 学 って 怖 くない 成 文 堂 2007 (3) 正 田 良 算 数 に 関 する 模 擬 授 業 評 価 票 の 作 製 初 等 教 育 論 集 第 8 号 国 士 舘 大 学 初 等 教 育 学 会 2007 (4) 両 者 の 母 集 団 の 平 均 値 が 同 じであると 仮 定 した 場 合 に このような 対 応 のある 標 本 の 平 均 の 差 が 生 ずる 確 率 ( 両 側 t 検 定 ) MS-Excel のワークシート 関 数 ttest( 履 修 前 のデータの 範 囲 履 修 後 のデータの 範 囲,2,1) を 用 いて 計 算 した (5) 統 計 ソフト Stat-Partner を 用 いて そのデフォルトの 指 定 で 処 理 を 行 なった 本 文 中 に 記 した 以 外 では 共 通 性 の 初 期 値 は SMC が 条 件 となっている 資 料 A: 教 職 指 向 性 に 関 する 質 問 紙 次 のいくつかの 文 章 (1 ~ 11)はどれくらいあなたにあてはまりますか 7: 他 に 類 を 見 ないほど 当 てはまる 6: 当 てはまる / 5:ややあてはまる / 4:どちらとも 言 えない 3:どちらかというとやや 反 対 である / 2:むしろ 正 反 対 である 1: 他 に 類 を 見 ないほど 正 反 対 だ の 7 段 階 で 答 えて 下 さい なお 回 答 は 右 下 の 回 答 欄 へ 記 して 下 さい なお この 調 査 は 今 後 の 講 義 の 進 展 等 による 変 化 を 調 べるために シールなどの 情 報 も 入 力 しますが 統 計 的 な 処 理 をするので 匿 名 性 は 保 たれます もちろんこの 回 答 によって 成 績 等 に 関 する 差 別 をしません 12

14 研 究 授 業 参 観 の 授 業 実 践 志 向 性 への 影 響 1. 教 科 書 などをみて 授 業 をあれこれ 構 想 することは 楽 しい 2. 教 職 に 魅 力 を 感 じる 3. この 世 の 中 は 授 業 に 関 する 情 報 を いろいろな 本 で 調 べることが 可 能 だ 4. 現 職 の 先 生 が 授 業 について 交 流 している 研 究 会 に 出 てみたいと 思 う 5. 授 業 を 構 想 することは 創 造 的 な 作 業 だ 6. 授 業 プリントを 作 る 作 業 は 楽 しい 7. 学 習 指 導 案 を 作 る 作 業 は 楽 しい 8. 学 習 指 導 案 を 作 ることに 関 しては いろいろと 制 約 があると 思 う 9. 模 擬 授 業 とか 授 業 をする 場 面 ではあがってしまう(あがってしまいそう) 10. 模 擬 授 業 や 授 業 をすることは 楽 しみだ 11. 模 擬 授 業 をしたり 学 習 指 導 案 を 書 いたりする 機 会 がもっとあればいいと 思 う 12. 入 学 した 年 度 の 西 暦 の 下 1 桁 (2 年 生 は 4 3 年 生 は 3) 13 ~ 15 学 生 番 号 の 下 3 桁 を 左 から 順 に 記 して 下 さい ( 履 修 前 に 行 なった 問 16)サークルへの 所 属 に 関 する 質 問 ( 履 修 後 に 行 なった 問 16) 16. この 教 法 算 数 で 4: 授 業 者 (T.T. と 含 む)を 自 分 の 授 業 案 で 経 験 3: 人 の 指 導 案 で 経 験 2: 人 に 自 分 の 指 導 案 をやらせた 1: どちらでもない 17. ( 両 方 の 質 問 紙 に 共 通 ) 小 学 校 中 学 校 での 教 育 ボランティアの 経 験 があれば 1 無 ければ0を 記 して 下 さい 回 答 欄 :(16.17.の 回 答 欄 を 手 書 きで 印 刷 原 稿 に 補 った)

15 センス オブ ワンダーを 育 む 道 徳 教 育 に 向 けて モラリティ 道 徳 性 の 生 物 学 的 基 礎 づけから 菱 刈 晃 夫 はじめに 生 きる 力 再 生 のためには センス オブ ワンダー = 神 秘 さや 不 思 議 さに 目 を 見 はる 感 性 が 不 可 欠 であることは すでに 指 摘 した 1) これは 海 洋 生 物 学 者 レ イチェル カーソンの 言 葉 であった 再 確 認 しておこう 子 どもたちの 世 界 は いつも 生 き 生 きとして 新 鮮 で 美 しく 驚 きと 感 激 にみちあふ れています わたしたちの 多 くは 大 人 になるまえに 澄 みきった 洞 察 力 や 美 しいも の 畏 敬 すべきものへの 直 感 力 をにぶらせ あるときはまったく 失 ってしまいます 2) こうした 感 性 を 大 人 になっても 持 ち 続 けられなら わたしたちはどれほど 幸 せであろ う この 感 性 は やがて 大 人 になるとやってくる 倦 怠 と 幻 滅 わたしたちが 自 然 という 力 の 源 泉 から 遠 ざかること つまらない 人 工 的 なものに 夢 中 になることなどに 対 す る かわらぬ 解 毒 剤 になるのです 3) 先 の 拙 稿 では 特 別 活 動 のなかで このセンスをいかに 育 むのかについて 簡 単 な 考 察 を 試 みた 小 論 では 派 生 して 道 徳 教 育 がもつ 課 題 について 触 れてみたい さて このセンスは カーソンのいうように 自 然 という 力 の 源 泉 に 位 置 している つまり 人 間 も 他 の 動 物 や 植 物 などと 変 わらない 生 物 の 一 種 として 本 来 この 自 然 の なかに 深 く 根 づいている わたしたちは 人 間 独 自 の 人 間 圏 4) を 近 年 あまりに も 急 速 に 発 展 させ 過 ぎてしまったため 往 々にしてこのことを 忘 れがちである そし て 人 工 的 なもの に 夢 中 になってしまいがちである その 最 たるものは 経 済 的 14

16 センス オブ ワンダーを 育 む 道 徳 教 育 に 向 けて 効 率 や 儲 けなど 5) だが 翻 って 見 れば わたしたち 人 間 も 長 い 進 化 の 過 程 を 経 て チンパンジーか らあるとき 袂 を 分 かち 現 在 に 至 る いわば 一 匹 の 人 間 6) である わたしたち 一 人 ひとり(あるいは 一 匹 )のなかには 今 に 至 るまでの 生 物 進 化 のプロセスが 確 実 に 刻 印 されている 進 化 論 を 全 否 定 する 立 場 でない 限 り もはやこのことはある 程 度 受 け 容 れられた 事 実 であろう すると センス オブ ワンダーもまた 本 来 この 生 物 という 自 然 のなかに 根 ざし ているとはいえないであろうか 確 かに 自 己 意 識 と 言 語 を 持 つ 人 間 だけが これをこう 表 現 しえるのみである 人 間 はイマジネーションを 駆 使 して 古 今 東 西 鳥 であれ 虫 であれ 森 であれ 花 であれ すべての 存 在 が この 世 界 の 美 しさに 感 激 し これを 賛 美 している と 芸 術 や 文 学 や 宗 教 そして 哲 学 を 通 じて( 彼 らになりかわって) 表 現 してきた 7) 豊 かな 想 像 力 を 働 かせて 世 界 を 眺 めれば いかにも 生 き 物 はすべて 生 きて 在 ることへの 歓 びの 賛 歌 を 歌 っているように 思 えないこともない カーソンは 海 洋 生 物 学 者 として 海 辺 に 生 きる 生 き 物 から こうしたささやきや 歌 を 聞 きとったに 違 いない わたしたち 皆 が 詩 人 になる 必 要 がある といいたいわけではない センス オブ ワンダーが 生 き 物 としての 人 間 のなかに 生 来 的 に 具 わる 可 能 性 について 考 えてみた いのである しかも このセンス オブ ワンダーは 人 間 にとってのみ 問 題 となる 道 徳 性 の 根 幹 に 位 置 するのではなかろうか つまり モラル センス( 道 徳 感 覚 )と も 通 底 しているのでは もちろん 学 習 指 導 要 領 にも このことは 道 徳 の 内 容 の 視 点 3 主 として 自 然 や 崇 高 なものとのかかわりに 関 すること として 明 示 されている いくつか 取 り 上 げ てみよう 8) 身 近 な 自 然 に 親 しみ 動 植 物 に 優 しい 心 で 接 する 美 しいものに 触 れ すがすがしい 心 をもつ 自 然 のすばらしさや 不 思 議 さを 知 り 自 然 や 動 植 物 を 大 切 にする 美 しいものや 気 高 いものに 感 動 する 心 をもつ 生 命 がかけがえのないものであることを 知 り 自 他 の 生 命 を 尊 重 する 15

17 美 しいものに 感 動 する 心 や 人 間 の 力 を 越 えたものに 対 する 畏 敬 の 念 をもつ すべては 今 わたしたち 一 人 ひとりが ここにこうして 生 きて 在 ることの 不 思 議 さと 有 り 難 さへの 感 動 から 始 まる そこに 自 他 の 生 命 の 尊 重 が 育 つ センス オブ ワン ダーには 他 者 を 含 めたわたしたち 自 身 の 存 在 への 気 づき (あるいは 自 覚 や 目 覚 め ) も 含 まれている それは 人 間 が 他 の 生 物 と 同 様 に この 地 球 上 で 共 存 していくことを 可 能 にする 感 性 でもある 地 球 温 暖 化 を 想 起 するまでもなく この 気 づきを 忘 れた 人 間 圏 の 肥 大 は 反 転 して 現 代 わたしたち 人 間 自 身 の 生 存 の 危 機 へとつながっている 今 一 度 できるだけ 多 くの 人 々が センス オブ ワンダーを 再 生 させねばならない そして 教 育 においては これを 育 む 努 力 をしなければならない 本 稿 では こうした 一 匹 の 生 き 物 としての 人 間 の 人 間 性 を 証 するモラリティの 生 物 学 的 基 礎 をめぐって とくに 社 会 生 物 学 の 知 見 を まず 簡 単 に 整 理 してみたい が こうした 道 徳 のいわゆる 自 然 主 義 的 基 礎 づけという 試 みは すでに 宗 教 や 哲 学 の 方 面 からも 表 現 を 変 えて 古 来 なされてきている よって まずはこの 点 について 簡 単 に 押 さえておこう 1 節 センス オブ ワンダーの 所 在 としてのからだ あるいは 心 受 動 意 識 について 生 命 がかけがえのないものであることを 知 り 自 他 の 生 命 を 尊 重 する というの は まさに 人 間 ならではの 道 徳 の 基 本 であろう 人 間 だけがこうした 気 づきを 自 覚 で き また 逆 に これとは 正 反 対 の 行 動 をとることもできる 生 命 のかけがえのなさに 対 するワンダーのセンスから 他 者 に 対 する 愛 の 働 きも 生 まれてくる しかし なか なかこうした 気 づきには 至 らない ともかく 神 秘 さや 不 思 議 さの 気 づきは わたしたちのからだ そして 心 によって 感 じられるクオリアである ちなみに クオリアとは 私 たちが 針 に 刺 されたとき に 痛 いと 感 じたり うれしいときに 幸 せだと 感 じたりする 心 の 質 感 のことである 意 識 の 現 象 的 な 側 面 のこと と 言 い 換 えてもいい 9) わたしたちは 生 きている 限 り こうしたクオリアの 連 鎖 に 浸 り 続 けることになる 16

18 センス オブ ワンダーを 育 む 道 徳 教 育 に 向 けて もちろん 今 わたしは こう 感 じている と 意 識 した 途 端 それは というク オリア だと 言 葉 で 表 現 することも 可 能 であるが しかし たいていは 意 識 すること なく わたしたちはある 種 の 気 分 や 情 動 や 感 情 の 状 態 に すでに 無 意 識 的 にとらえら れてしまっている 10) いわば 心 や 意 識 には からだや 無 意 識 が 先 立 ち わたしたちは 近 代 的 な 人 間 観 が 主 張 するほど 自 律 的 に 生 きているわけではない 我 思 う ゆえ に 我 在 り ではなく 我 在 り ゆえに 我 思 う のほうが むしろ 現 実 に 即 している といえよう 厳 密 な 自 律 は フィクションである 仏 教 には こういう 言 葉 がある ブッダは こう 教 えたという ものごとは 心 にもとづき 心 を 主 とし 心 によってつくり 出 される 11) わたしたちは 日 常 生 活 で 確 かにあとから 振 り 返 ってみれば わたしは こう 思 う から こうした のだ と 理 由 づけすることが 多 い そう 思 う 心 が 原 因 となって あ る 行 為 が 生 じた というふうに しかし これはすべてには 当 てはまらない むしろ 実 際 は その 逆 なぜかしらそ う 行 為 してしまったあとで そう 思 ったからだ そう 心 が 命 じたからだ と 理 由 づけ をしたがるのである 3 節 で 取 り 上 げるが わたしたちの 日 常 は それほど 自 律 的 か つ 意 識 的 に 営 まれているわけではない よって ここでの 心 とは きわめて 心 もとない 心 でしかない ブッダは この 点 に ついて こうも 述 べている 心 は 動 揺 し ざわめき 護 り 難 く 制 し 難 い 英 知 ある 人 はこれを 直 くする 弓 師 が 矢 の 弦 を 直 くするように 12) 心 は 捉 え 難 く 軽 々とざわめき 欲 するがままにおもむく その 心 をおさめるこ とは 善 いことである 心 をおさめたならば 安 楽 をもたらす 13) からだのなかにある 心 否 むしろからだと 一 体 の 心 は いわくいいがたくすでにか らだによって 規 定 されてしまっている その 結 果 心 は 知 らぬ 間 に 動 揺 し ざわめく 17

19 とらえ 難 く いつしか 欲 のままに 動 かされている 心 は わたしの 主 人 でも 中 央 でも 司 令 官 でもない だからこそ その 心 をおさめられる 人 がいれば その 人 は 英 知 ある 人 と 呼 ばれるというのである その 努 力 と 克 己 をブッダは 教 えているといえるが 出 発 点 は 心 の 心 もとなさであることに 注 意 したい だからこそ の 勧 めといえよう 前 野 隆 司 によれば これは 受 動 意 識 仮 説 といわれている 次 の 4 点 に 集 約 され るというので 引 用 しておこう 14) (1) 無 意 識 というシステムは 意 識 によるトップダウン 的 な 決 定 に 従 って 仕 事 をする 追 従 的 なシステムではない むしろ 部 分 部 分 のモジュールが 独 立 し てそれぞれの 得 意 な 情 報 処 理 を 同 時 におこなう 超 並 列 計 算 機 である 四 方 八 方 のモジュールから 湧 き 上 がってきたさまざまな 自 律 分 散 的 情 報 処 理 結 果 のう ち 特 に 目 立 つもの(たとえば 発 火 頻 度 が 高 い 神 経 集 団 が 生 成 した 情 報 )が 民 主 的 に 選 び 出 されて 意 識 に 転 送 される (2) 一 方 意 識 という 機 能 は 脳 の 重 要 事 項 の 決 定 を 一 手 に 担 うリーダーではない むしろ 無 意 識 的 情 報 処 理 の 結 果 を 受 け 取 って あたかも 自 分 が 注 意 を 向 けて 自 分 の 自 由 意 志 でおこなったことであるかのように 幻 想 体 験 し その 体 験 結 果 をエピソード 記 憶 に 転 送 するだけの 受 動 的 追 従 的 な 機 能 を 担 うシステムで ある また 意 識 体 験 は 小 びとたちの 並 列 的 な 体 験 よりも 単 純 で 直 列 的 である (3)つまり 心 は 民 主 主 義 社 会 のようなボトムアップなシステムである (4)そして 意 識 の 現 象 的 な 側 面 は 幻 想 のようなものである 要 するに わたしたちの 心 とか 意 識 とか 自 我 とかいわれる 中 心 は からだ 全 体 からの ボトムアップによる 結 果 なのであって 決 してその 逆 ではないということである つ まり 心 や 意 識 や 自 我 がボトムダウンにからだを 支 配 したり 制 御 したりは 実 はでき ないことを 示 している 15) もちろん たとえば 今 このページをめくろうとしてペー ジをめくる といった 自 由 意 志 を 否 定 するわけではない ふだん 何 気 なく 生 きている 18

20 センス オブ ワンダーを 育 む 道 徳 教 育 に 向 けて 日 常 現 実 を 振 り 返 ろうとしているだけである が これはいわれてみればしごく 当 たり 前 のことである 何 事 も 心 がいちいち 指 令 を 出 して この 心 から 実 行 許 可 の 捺 印 をえなければ 行 動 できないといったことになれば わたしたちは 身 動 きできなくなってしまうに 違 いない わたしたちが 歩 くという 動 作 を いちいち 意 識 したら いかに 滑 稽 なものとなるか また 3 節 で 取 り 上 げるとしよう 前 野 は こうした 受 動 意 識 の 宗 教 的 哲 学 的 伝 統 を 手 短 に 紹 介 している 16) たとえば ヒュームのいう 知 覚 の 束 という 考 えも 興 味 深 い 詳 しくは 稿 を 改 めて 取 り 上 げ ることにするが 簡 単 に 触 れておこう 私 たち 人 間 はいかなる 時 も 知 覚 なしには 自 分 自 身 を 決 してとらえることができな い 心 とは いわば たくさんの 知 覚 がめまぐるしく 登 場 し 続 ける 劇 場 のよう なものである つまり 人 間 の 心 とは 思 いもよらない 速 さで 繰 り 返 される 知 覚 の 束 にすぎない 17) わたしたちのクオリアは そしてそう 反 省 しているわたしという 自 我 は 決 して 実 体 としてあるわけではない あるのは 心 の 臓 器 を 含 むただこのからだだけ そしてこ のからだのなかの 自 動 的 な 物 理 的 現 象 として 快 楽 や 苦 痛 や 感 動 や 感 情 や 情 念 とい った 一 連 の 印 象 全 体 18) があるだけである あとから 反 省 して 言 葉 で 表 現 してみれば これらを 指 して 心 理 的 諸 情 態 だとか クオリアだとかいっているだけである そして 時 がくれば このからだも 消 える まさに 色 即 是 空 空 即 是 色 ではないか 19) このように 見 てくると センス オブ ワンダーにおける 感 性 は こうしたからだ に 根 づく 受 動 的 な 作 用 であることが 明 らかとなる 物 理 的 な まるで 自 動 機 械 のよう な 生 物 に 進 化 の 過 程 において やはり 必 要 かつ 有 益 であったからこそ 身 につけられ た 感 覚 なのかもしれない 社 会 生 物 学 の 観 点 から 次 に 探 ってみよう 2 節 社 会 生 物 学 から 見 た 道 徳 性 いうまでもなく E.O. ウィルソンは 社 会 生 物 学 の 大 著 により その 名 を 知 られ る 20 世 紀 を 代 表 する 昆 虫 学 者 生 態 学 者 進 化 学 者 である 20) 人 間 の 本 性 につい 19

21 て も 大 いに 話 題 となり いわゆる 社 会 生 物 学 論 争 を 引 き 起 こした 21) しかし 効 果 的 な 教 育 を 望 み 調 和 と 創 造 性 のある 社 会 を 実 現 しようというなら 人 間 とい う 種 の 生 物 学 的 な 起 源 を 理 解 しないわけにはゆきません 22) という 言 葉 には たい へん 惹 きつけられる 人 文 社 会 諸 科 学 は 物 理 学 抜 きの 天 文 学 化 学 抜 きの 生 物 学 そして 代 数 抜 きの 数 学 のようなもので 表 面 的 な 現 象 の 単 なる 部 分 的 な 記 載 の 域 にと どまってしまう 23) というのは 的 を 射 ているといえよう 知 の 挑 戦 24) では 科 学 的 知 性 と 文 化 的 知 性 の 統 合 を 企 てているが とりわけ 教 育 学 においては こうした 知 の 統 合 は 推 進 させられていかねばならないであろう 小 論 も その 微 々たる 端 緒 で ある ともかく ウィルソンによれば ヒトという 種 は 神 の 被 造 物 ではなく 遺 伝 的 偶 然 と 環 境 のもたらす 必 然 の 産 物 25) であり 種 の 起 源 の 問 題 に 神 を 介 入 させるのは もはや 無 理 なこと 26) である こうした 立 場 や 見 方 に 対 しては 先 のさまざまな 論 争 があるが それはさておき ウィルソンらによる 社 会 生 物 学 から 見 た 道 徳 性 につい て 一 瞥 しておきたい まずは 生 物 という 存 在 をどうとらえるか どんな 生 物 も その 遺 伝 的 歴 史 によって 形 成 された 諸 規 範 を 超 越 する 目 的 などとい うものを 持 ってはおらず 人 間 もその 例 外 ではないということである もちろん 生 物 が 物 質 的 知 能 的 進 歩 の 大 きな 可 能 性 を 持 つことはありうるだろう しかし 内 在 的 な 目 的 を 所 持 したり あるいは 当 面 の 環 境 を 超 越 した 何 らかの 要 因 によって 進 路 の 誘 導 を 受 けるなどということが 生 物 に 起 こるはずはなく さらに 分 子 的 な 構 造 の 故 に 生 物 が 自 動 的 に 何 らかの 進 化 上 の 目 標 に 向 かって 前 進 するなどというこ ともありえないのである 27) ウィルソンは 徹 底 した 経 験 主 義 に 立 つため 道 徳 の 指 針 を 人 間 精 神 の 外 に 存 在 す る 28) とはとらえない 道 徳 はあくまでも 人 間 精 神 の 考 安 物 である つまり 神 といった 超 越 者 を 立 てることは 一 切 しない 人 間 の 精 神 といっても それはこの 物 理 的 からだのなかに とりわけ 脳 という 心 を 生 み 出 す 臓 器 を 道 具 として 機 能 しているの であって これが 物 理 的 なプロセスから 逃 れることなど 不 可 能 である そして あり 20

22 センス オブ ワンダーを 育 む 道 徳 教 育 に 向 けて とあらゆる 物 質 や 生 命 の 進 化 には とくに 定 められた 目 標 や 目 的 といったものはな く それはむしろただ 変 化 と 呼 ばれるほうがふさわしい 29) たとえばキリスト 教 的 な 見 方 をここに 少 しでも 持 ち 込 めば すべてはある 目 的 に 向 かって 進 歩 するなどとい いたくなるわけであるが ウィルソンはそうした 立 場 にはいない 30) これは ポスト モダンの 哲 学 者 リオタールにも 共 通 する 見 方 である 歴 史 に 明 確 な 目 的 や 到 達 点 など 存 在 しない 人 間 は 歴 史 の 中 でただ 意 味 もなく 増 殖 してきただけであり 人 々の 歴 史 や 個 人 の 一 生 に あらかじめ 定 められた 目 的 はない したがって 存 在 するのは 小 さな 個 人 個 人 の 一 生 という 物 語 だけである 31) 先 に 見 た 受 動 意 識 仮 説 によれば わたしというクオリア = 意 識 の 現 象 的 側 面 は 幻 想 のようなものである ただ 人 間 だけが ありがたいことに この 存 在 をモニタ ーできる 心 を 獲 得 することができた 本 来 は 空 であるのに これを 色 つま り 存 在 として 認 識 させてもらえたという 何 という 有 り 難 さ(だが ここに 幻 想 に しがみつく 執 着 と 死 への 恐 怖 も 生 じることになる) 32) なのに 人 間 はなんて 愚 か なのであろう 本 質 的 な 目 的 のない 人 生 を 他 者 との 競 争 のために 消 費 した 後 に 死 んでいく 33) 意 味 もない 増 殖 が 今 にも 拍 車 がかかり やがては 増 殖 しえない 状 態 が 近 づきつつある といったところが 現 在 であろうか さて ともかく 人 間 を 超 越 した 神 といった 存 在 を 一 切 前 提 しないところから 心 や 道 徳 性 の 問 題 に 取 り 組 んでみよう というのが 社 会 生 物 学 からのアプローチであ る ちなみに 宗 教 を 信 じるかどうかは 分 かる 次 元 の 話 ではない 宗 教 はあく までも 納 得 する 次 元 の 話 である 34) 個 人 が 自 分 の 一 生 という 物 語 を 納 得 する 上 で 活 用 すべきものであり やたら 他 人 に 押 し 付 けるべき 時 代 では もはやあるまい では このようなクオリアを 生 み 出 す 脳 は なぜ 存 在 するのだろう そして 心 は さらに 道 徳 性 は ウィルソンは こう 述 べる 脳 というものが 存 在 するのは それを 構 築 せしめる 遺 伝 子 群 の 生 存 と 増 殖 にとって 脳 自 体 が 促 進 的 効 果 を 示 すからなのだということである 人 間 の 心 というものも 21

23 生 存 と 繁 殖 のための 一 つの 装 置 なのであり 理 性 とは そのような 装 置 が 行 使 する 各 種 の 技 術 のうちの 一 つにすぎないのである 35) かつて ショーペンハウアーは 人 間 存 在 の 根 源 に 生 への 盲 目 的 な 意 志 を 見 たが わたしたちは 生 き 物 として 確 かに 生 き 続 けたい という 本 性 だけを 有 しているの かもしれない ただ 人 間 だけがそれに 止 まらず つまりパンのみ 生 きるにあらず ロゴス 言 葉 ( 知 性 )による 意 味 を 見 出 そうとする が ウィルソンはいう 知 性 というものは 原 子 の 理 解 を 目 的 として 作 り 上 げられたものでもなければ ま してや 知 性 自 体 を 理 解 するために 作 り 出 されたものでもない それは 人 間 の 遺 伝 子 の 生 存 を 促 進 させるためにこそ 作 り 上 げられたものだといえるのである 36) 今 ここでこのようなことを 書 いたり 読 んだりして 考 えていることそのものが 実 は 知 性 本 来 の 目 的 ではないということ すなわち まさにこうした 知 性 の 使 用 はスコレー ( 暇 )においてなされるものであり これが 哲 学 であり 学 問 だということかもしれ ない ただし 脳 や 心 や 知 性 や 理 性 とは 第 一 に 生 存 のための 装 置 であることを 確 認 して おこう すると 生 存 したいと 欲 する 生 物 としての 人 間 は 当 然 のことながら 養 育 に 向 かおうとする 37) 人 間 というものは ヒトという 種 を 特 徴 づけているあらゆる 衝 動 機 知 愛 情 自 尊 心 怒 り 希 望 そして 気 づかいのすべてを 傾 けて 結 局 のところは 同 じ 人 生 のサイクルを 子 孫 たちが 繰 り 返 してゆくのを 確 実 に 手 助 けしようとするものなので ある 自 省 的 な 人 々はそれに 気 づいているのである 38) この 手 助 け が 養 育 であり 教 育 である ただ この 手 助 けはただ 生 存 そのものが 第 一 目 的 であり これを 超 えた 目 的 を 有 しているわけではない 宗 教 や 哲 学 さらに 教 育 思 想 と 呼 ばれてきたものなら これに 加 えてさまざまな( 立 派 な) 意 味 づけや( 壮 大 な) 方 向 づけを 行 おうと 試 みるであろうが ウィルソンは 次 のように 断 言 する 22

24 センス オブ ワンダーを 育 む 道 徳 教 育 に 向 けて 我 々には 特 別 の 目 的 地 など 無 いということなのだ ヒトという 種 には それ 自 体 の 生 物 学 的 本 性 から 独 立 した 目 的 など 備 わってはいないのである 39) ゆえに 信 仰 ( 神 やイデアなど)もまた 生 存 を 促 進 するための 機 構 40) である 逆 に 生 存 をおびやかす 機 構 ともなりうる 信 仰 でもあるが わたしたちはひたすら 生 きよ う としているだけの 一 匹 のただの 生 き 物 である この 上 なく 高 貴 な 諸 々の 衝 動 も 詳 しく 調 べてゆくと 実 は 生 物 学 的 行 為 に 姿 を 変 えてしまうもののようである 41) ヒューマン ライフ 納 得 するかどうかは 別 として 社 会 生 物 学 から 見 た 人 生 とも わたしたちは 正 面 から 向 き 合 う 必 要 があろう すると 次 に 道 徳 性 は こうした 生 物 としての 人 間 のどこに 位 置 づくのであろうか ウィルソンは こう 述 べる 人 間 というものに 一 段 と 真 実 に 近 い 定 義 を 与 えた 上 で 新 しい 道 徳 を 探 究 するため には 人 間 の 内 面 に 目 を 向 けて 心 という 機 構 を 解 剖 し その 進 化 史 を 改 めて 辿 って みる 必 要 があるのである 42) これは 次 節 で 取 り 上 げることとするが 重 要 なのは この 認 識 である 我 々の 脳 の 中 には 複 数 の 生 得 的 な 検 閲 装 置 および 動 機 付 け 装 置 があって これら が 我 々の 倫 理 的 諸 前 提 に 無 意 識 のうちに大 きな 影 響 を 加 えているということ そ して 道 徳 性 は それら 諸 装 置 を 足 がかりとして 本 能 として 進 化 したのだという ことである もしもこの 推 察 が 当 たっていれば あらゆる 倫 理 的 主 張 や 多 くの 政 治 的 行 為 の 源 泉 となっている 人 間 的 な 諸 価 値 の 起 源 や 意 味 自 体 が 遠 からず 科 学 的 研 究 の 対 象 となるだろう 43) 23

25 わたしたちのからだに とりわけ 心 を 生 み 出 す 臓 器 としての 脳 において 無 意 識 の うちに 自 動 的 に 大 きな 影 響 を 及 ぼしているさまざまな 機 能 これらの 上 に 道 徳 性 は 本 能 として 進 化 してきたということ ここから 始 めよう 生 物 学 では 道 徳 性 を ( 簡 単 にいえば) 自 分 の 欲 することをめざす 行 為 が 他 者 の 欲 求 や 利 益 を 妨 げるとき どのようにして 自 己 抑 制 するかということ 44) ととらえる つまり 利 己 主 義 的 行 動 ではなく 利 他 主 義 的 行 動 である ひたすら 生 きたい と する 生 物 にとって そのための 欲 求 を 一 時 的 にせよ 抑 制 することは 自 己 以 外 の 生 き 物 の 利 益 を 優 先 することになる 本 来 自 己 の 生 存 のことしかない 生 物 において こ うした 利 他 行 為 は なぜ 進 化 してきたのか ウィルソンが 示 唆 したその 後 の 研 究 は 今 日 ますます 進 んでいる 45) いましばらくウィルソンの 見 方 について 確 認 しておこう 彼 は 人 間 の 道 徳 や 倫 理 が からだや 脳 や 心 のなかに 無 意 識 的 なメカニズムとし て 進 化 の 過 程 において 埋 め 込 まれているととらえる よって こうした 問 題 に 古 来 言 葉 を 費 やしてきた 哲 学 者 にしても 結 局 のところは 彼 ら 自 身 の 個 人 的 な 感 情 的 反 応 を 頼 りに 判 断 を 下 しているのであり その 作 業 はあたかも 姿 を 見 せない 祭 司 のお 告 げ を 頼 りにしているようなもの 46) であり 一 般 人 と 何 ら 変 わるところがないという では この 祭 司 はどこにいるのだろうか この 祭 司 は 脳 の 感 情 中 枢 の 奥 深 い 場 所 おそらくは 大 脳 辺 縁 系 の 一 部 に 住 みつい ている ( 中 略 ) 人 間 の 情 緒 的 反 応 や これらを 基 礎 とするより 一 般 的 な 倫 理 的 行 為 は 数 千 世 代 にわたって 働 いてきた 自 然 選 択 によって かなりの 程 度 までプログ ラムされているのである 科 学 が 取 り 組 むべき 課 題 は このプログラムが 人 間 にど のくらいの 強 さの 制 約 を 加 えているかを 測 定 し 脳 内 にあってその 制 約 を 生 ぜしめ ている 原 因 を 究 明 し さらに 心 というものの 進 化 史 を 再 構 成 することによって そ ういった 制 約 の 意 義 を 解 読 することである 47) しかし これは 自 らに 備 わった 生 物 学 的 特 性 を 頼 りとした 自 動 操 縦 法 をやめて 生 物 学 的 知 識 にもとづいた 手 動 操 縦 に 切 り 換 えねばならないということ 48) を あ る 程 度 意 味 することになろう 実 際 現 代 において これほど 道 徳 や 倫 理 さらに 教 育 の 在 り 方 や 方 法 が 問 題 化 しているのは 自 然 に 根 ざすプログラムが 自 明 ではなくな 24

26 センス オブ ワンダーを 育 む 道 徳 教 育 に 向 けて りつつあり この 機 能 を 十 分 に 発 達 させる 余 裕 もないまま 社 会 や 文 明 が 急 速 に 変 化 していることによろう もはや 自 動 操 縦 では 危 険 な いわば 人 類 の 手 動 離 着 陸 領 域 に 入 ってしまった このような 不 自 然 な 時 代 だからこそ とくに 道 徳 教 育 に 携 わる 者 に とっては 脳 内 の 検 閲 装 置 および 動 機 付 け 装 置 のうち 我 々はいったいどれに 従 い またどれを 抑 制 あるいは 昇 華 すべきなのか 49) について できるだけ 最 新 の 見 識 を えておくことは 必 要 だと 思 われる しかも そういった 諸 装 置 は 人 間 性 のまさに 核 心 に 位 置 する 情 緒 的 指 針 である 50) センス オブ ワンダーにせよ モラル セ ンスにせよ 先 の 拙 稿 や 本 稿 でもいちばんの 問 題 にしているのは こうしたセンス 感 性 や 感 覚 つまり 情 緒 的 指 針 の 重 要 性 の 再 認 識 と 正 しい 位 置 づけ そして 教 育 である 混 迷 する 人 間 社 会 や 教 育 界 において この 作 業 は 不 可 欠 であろう が これはかなり 困 難 なことでもある この 研 究 を 推 し 進 めるためには 自 然 科 学 を 社 会 人 文 科 学 に 統 合 することを 目 指 しながら 人 間 の 本 性 を 自 然 科 学 の 対 象 として 研 究 する 以 外 に 手 はない 51) 人 間 の 本 性 の 分 析 に 関 する 重 要 な 発 展 の 第 一 歩 は 心 理 学 や 人 類 学 社 会 学 経 済 学 など 各 種 の 人 文 社 会 科 学 と 生 物 学 の 結 合 という 形 をとるだろう 二 つの 文 化 が 互 いに 相 手 側 の 領 域 に 十 分 目 を 向 けるようになったのはごく 最 近 のことで ある 52) とりわけ 教 育 学 は 今 後 こうした 知 の 統 合 のさなかで 研 究 を 発 展 させていく 必 要 があ ろう さて できるだけまちがいを 避 けながら 道 徳 や 倫 理 の 手 動 操 縦 にチェンジするた めには 生 物 学 的 特 性 を 頼 りとする 自 動 操 縦 の 仕 組 みを 解 明 しておかなければならな い もちろん その 試 みはまだ 始 まったばかりである しかも ふだんの 自 動 操 縦 を すべてやめる 必 要 もない むしろ わたしたちの 生 物 としての 自 動 操 縦 がうまく 機 能 することを 期 待 し これを 育 みながら 破 綻 が 見 られる 箇 所 を 手 動 操 縦 できるよう うまい 手 だてを 考 えていかなければならない これが なかでも 道 徳 教 育 に 与 えられ た 最 大 の 課 題 である 道 徳 や 倫 理 の 自 動 操 縦 法 の 一 端 を 明 らかにするため 最 新 の 脳 25

27 科 学 からの 見 解 を 次 に 確 認 してみよう 3 節 脳 のなかの 道 徳 脳 神 経 科 学 者 のガザニガは 脳 のなかの 倫 理 脳 倫 理 学 序 説 で こう 述 べている つまり 重 要 なポイントは 人 間 という 生 物 に 生 得 の 道 徳 感 が 備 わっているのか もし 備 わっているなら 私 たちはその 存 在 を 認 めてなおかつそれに 従 うことができ るのか である 人 を 殺 してはいけないのは 人 を 殺 してはいけないからであって 神 やアッラーやブッダがそう 言 ったからではないのだ 53) 倫 理 や 道 徳 を 神 といった 超 自 然 的 な 存 在 に 基 礎 づけるのではなく あくまでもこの わたしのからだという 自 然 に 基 礎 づけること それは からだの 一 部 であり 倫 理 や 道 徳 の 大 部 分 にかかわる 脳 という 自 然 に これらを 位 置 づけることを 意 味 する こう した 試 みは 決 して 現 代 に 始 まるのではない 54) が 今 日 では 人 間 のからだを 含 み 込 んだ 自 然 科 学 の 目 ざましい 発 達 により 日 々 新 しい 見 解 が 明 らかにされてきてい る その 一 端 を 確 認 しておきたい 人 間 には 生 れながらに 道 徳 感 が 備 わっていて 基 本 的 な 能 力 のひとつとして 善 悪 の 判 断 ができるという 見 解 は 最 近 までは 根 拠 もないまま 主 張 されるか 人 間 行 動 の 分 析 に 基 づいて 論 じられることが 多 く 生 物 学 的 な 実 証 に 基 づく 議 論 は 少 な かった 55) 先 に 触 れたように 道 徳 哲 学 の 歴 史 を 振 り 返 れば その 当 時 のあらゆる 知 を 駆 使 して 道 徳 の 基 礎 づけを 試 みた 例 はいくつもある 現 代 では それがより 自 然 科 学 的 に 実 証 的 に 証 明 されつつあるといったところか 56) 善 悪 にかかわる 判 断 が 脳 活 動 で 説 明 できると 思 わせる 研 究 が このところ 次 々と 発 表 されている 通 常 は 感 情 の 情 報 を 処 理 する 脳 領 域 が ある 特 定 の 道 徳 的 判 断 を 下 26

28 センス オブ ワンダーを 育 む 道 徳 教 育 に 向 けて すときにだけ 活 動 するのもわかった 善 悪 の 判 断 とはどういう 性 質 のものか また その 判 断 が 一 致 したり 違 ったりするのはなぜかについて 数 世 紀 にわたり 激 しい 議 論 が 続 けられてきたが その 問 題 が 今 現 代 の 脳 画 像 技 術 で 速 やかに 疑 いようもな く 解 決 されようとしている 57) 実 に 恐 ろしい 時 代 が 近 づきつつあるのも 事 実 であるが 58) それはさておき 感 情 と 道 徳 がきわめて 密 接 な 関 係 にあることに 注 目 しておきたい まさにモラル センスは 感 情 や 直 感 に 根 ざすとの 見 方 である こうした 見 方 は 道 徳 哲 学 史 でも 古 来 見 受 けら れてきた 59) 最 新 の 脳 科 学 は これを 支 持 しようとしているかのようだ 最 新 の 研 究 からすると 人 が 道 徳 的 信 念 に 従 って 行 動 しようとするのは 善 悪 の 判 断 が 求 められる 問 題 を 検 討 しているときにその 人 の 感 情 にかかわる 脳 領 域 が 活 性 化 したからと 見 られる 一 方 同 等 の 判 断 が 求 められる 問 題 に 直 面 しても 行 動 しない と 判 断 するのは 感 情 の 領 域 が 活 性 化 しないからだ これは 人 間 の 知 識 の 驚 くべ き 進 歩 である 脳 の 自 動 的 な 反 応 を 見 れば どのような 道 徳 的 判 断 が 下 されるかを 予 測 できる 可 能 性 が 開 けたのだ 60) 感 情 と 道 徳 をめぐる 問 題 についてはすでに 論 じたので 61) ここでは 補 足 を 試 みたい ガザニガは 道 徳 哲 学 の 三 つのサンプルを 取 り 上 げている その 三 つとは 功 利 主 義 義 務 論 徳 倫 理 であり それぞれジョン ステュアート ミル イマヌエル カント アリストテレスが 唱 えた 62) これらに おのおの 三 つの 脳 領 域 が 対 応 するという 整 理 してみよう 1 功 利 主 義 J.S. ミル 最 大 多 数 の 最 大 幸 福 を 生 み 出 す 行 為 が 正 しい 最 終 的 な 結 果 に 注 目 前 頭 前 野 大 脳 辺 縁 系 感 覚 野 2 義 務 論 I. カント 行 為 の 結 果 で 善 悪 を 判 断 するのではなく 動 機 の 善 し 悪 しを 重 視 理 想 的 な 結 果 を 得 るよりも 他 人 の 権 利 を 侵 害 しないことのほう 27

29 が 重 要 前 頭 葉 3 徳 倫 理 アリストテレス 徳 を 修 めて 悪 を 避 けることを 求 める すべての 脳 領 域 を 適 切 に 連 携 させながら 働 かせる もちろん 単 純 化 されすぎてはいるが 明 快 に 考 えようとする 上 では よい 示 唆 を 与 え てくれよう さらに 善 悪 の 認 知 に 関 する 研 究 の 三 つのテーマがあるという 63) これも 整 理 し ておこう 1 道 徳 的 感 情 行 為 の 動 機 となるもの 主 に 脳 幹 と 大 脳 辺 縁 系 によって 生 み 出 さ れる 性 欲 や 飲 食 欲 などの 基 本 的 欲 求 をつかさどる 場 所 2 心 の 理 論 他 者 に 対 して 適 切 な 反 応 をするために 相 手 が 何 を 考 えているかを 推 測 する 能 力 社 会 規 範 にかなった 行 動 をとるうえでの 指 針 であり 善 悪 の 判 断 に 欠 かせない 能 力 ミラーニューロン 眼 窩 前 頭 皮 質 扁 桃 体 の 内 側 部 上 側 頭 溝 3 抽 象 的 な 道 徳 思 考 さまざまな 脳 内 システムの 関 与 いずれも 大 切 であるが とりわけ 道 徳 教 育 においては まず 道 徳 的 感 情 が 出 発 点 に なるのではなかろうか しかも これは 性 欲 や 食 欲 など 生 物 としての 基 本 的 欲 求 と 同 根 である つまり 道 徳 的 感 情 は 生 き 物 としての 一 匹 の 人 間 が 生 存 に 役 立 つものとして 進 化 の 過 程 で 身 につけた 本 能 に 近 いものなのかもしれない こう 見 ると やはりモラル センスは 生 物 学 的 な 自 然 のなかに 基 礎 をもつといえそうである 道 徳 教 育 は これをどう 活 性 化 するのであろうか 次 に 心 の 理 論 に 基 づく 共 感 や 想 像 力 を 道 徳 教 育 はどう 育 もうとするのであろうか 最 終 的 に こうして 道 徳 をめぐっ て 考 えることを 含 め 抽 象 的 な 道 徳 思 考 に 向 けて 道 徳 教 育 に 何 ができるのであろうか 道 徳 教 育 には 以 上 のような 課 題 が 見 出 されるわけであるが とりわけ1のテーマを ここでは 強 調 しておきたい それは ガザニガの 次 の 見 解 にもよる これがいちばん 重 要 なのだが 善 悪 の 判 断 について 自 分 の 選 択 の 理 由 を 明 確 に 28

30 センス オブ ワンダーを 育 む 道 徳 教 育 に 向 けて 説 明 できた 者 はひとりもいなかった つまり 道 徳 上 の 難 問 に 答 えるときには 全 人 類 に 共 通 する 無 意 識 のメカニズムが 働 いているように 思 える 64) 繰 り 返 すように 道 徳 的 判 断 は そのほとんどが 自 動 操 縦 によってなされている ロゴス 理 屈 はそのあとだ 善 悪 の 判 断 はほとんどが 直 感 に 基 づいている ひとつの 状 況 や 意 見 に 接 したとき 私 たちはそれに 対 して 何 かを 感 じ なぜそう 感 じたのかを 説 明 する 理 屈 を 組 み 立 て る 簡 単 に 言 えば 人 間 は 状 況 に 対 して 自 動 的 に 反 応 している 脳 が 反 応 を 生 み 出 しているのだ その 反 応 を 感 じたとき 私 たちは 自 分 が 絶 対 の 真 実 に 従 って 反 応 し ていると 信 じるに 至 る 65) しかも 進 化 は 個 人 ではなく 集 団 を 救 う 集 団 を 救 えば 個 人 も 救 われるかららしい そのため 私 たちは 何 らかの 方 法 で 無 意 識 のうちに 人 の 心 を 読 むようになった 66) 前 節 で 触 れた 利 他 行 為 も ここに 位 置 づけられるであろう わたしたちの 利 己 的 遺 伝 子 は 集 団 あるいは 人 類 の 存 続 において 自 己 を 保 存 しようと 試 みるのである 67) さて さまざまな 知 見 がぞくぞく 明 らかになりつつある 現 代 この 分 野 においても 何 が 正 しいのかは まだ 明 らかにはなっていない 古 今 東 西 の 道 徳 哲 学 の 知 恵 を 裏 づ ける 自 然 科 学 的 知 識 が 日 進 月 歩 で 増 殖 しているといった 状 況 である ただ 次 のこ とだけは 確 かだ とガザニガはいう 人 間 が 生 きる 指 針 にしているらしき 善 悪 の 真 理 は 私 たちとは 切 り 離 された 独 立 し たルールとして 存 在 していて 人 はそれを 学 び それに 従 っているのだろうか そ れともそのルールは 脳 が 自 らに 組 み 込 まれたシステムを 使 って 他 者 に 共 感 し そ れによって 相 手 の 行 動 を 予 測 して しかるべく 対 応 した 結 果 として 生 まれたものな のか どちらが 正 しいにせよ ひとつ 確 かなことがある ルールは 間 違 いなく 存 在 するということだ 68) 現 代 の 脳 神 経 倫 理 学 は 人 類 共 通 の 倫 理 が 存 在 するという 立 場 に 立 って その 倫 理 29

31 を 理 解 し 定 義 する 努 力 をしなければならない 69) 人 間 は 何 かを 何 らかの 自 然 の 秩 序 を 信 じたがる 生 き 物 だ その 秩 序 をどのように 特 徴 づけるべきかを 考 える 手 助 けをすることが 現 代 科 学 の 務 めである 70) もちろん 道 徳 教 育 も この 成 果 を 積 極 的 に 取 り 込 んでいかなければならない 以 上 道 徳 性 を 生 物 としての 自 然 のなかに 位 置 づけ そして 解 明 しようと 試 みるに つれ この 自 動 操 縦 の 巧 妙 な 装 置 に わたしたちは 目 を 見 はらざるをえない まずは わたしたち 自 身 が わたしという 人 間 の 自 然 に 驚 嘆 すること そこには 人 間 ならではの 道 徳 性 に 対 する 驚 嘆 も 必 然 的 に 惹 起 させられるであろう つまるところ 人 間 のモラリティ およびその 探 求 と 教 育 は 人 間 による 人 間 自 然 へのセンス オブ ワンダーによって 初 めて 覚 醒 させられる しかも この 感 性 は 理 屈 よりさらに 深 く 生 物 としての 感 情 に 根 ざしているのである おわりに センス オブ ワンダーが わたしたち 自 身 の 存 在 そのものに 対 する 驚 きから 発 す ること しかも その 生 物 としての 存 在 にはモラリティが あたかも 自 動 装 置 のよう にして 組 み 込 まれていること 道 徳 教 育 は まずはこのようなわたしたちの 生 に 対 す るセンス オブ ワンダーを 育 むという 課 題 をもつ ところで 事 実 命 題 である から 規 範 命 題 すべし は 導 けないとし べし を ある に 基 礎 づけようとすることを 自 然 主 義 的 誤 謬 とする 説 もある 71) ドーキ ンスの 利 己 的 遺 伝 によれば 純 粋 で 私 欲 のない 利 他 主 義 は 自 然 界 に 安 住 の 地 のない そして 世 界 の 全 史 を 通 じてかつて 存 在 したためしのないもの 72) である 生 物 としての である と すべし は 区 別 されなければならない が これに 関 して 周 知 のようにドーキンスは 人 間 の 遺 伝 子 (gene)に 加 えて ミーム(meme)という 新 しい 自 己 複 製 子 を 提 唱 する 新 登 場 のスープは 人 間 の 文 化 というスープである 新 登 場 の 自 己 複 製 子 にも 名 30

32 センス オブ ワンダーを 育 む 道 徳 教 育 に 向 けて 4 4 前 が 必 要 だ 文 化 伝 達 の 単 位 あるいは 模 倣 の 単 位 という 概 念 を 伝 える 名 詞 であ る 73) ギリシア 語 のミメーシス( 模 倣 )からミーム ジーンにちなんだネーミングである わたしたちは 死 後 に 遺 伝 子 とミームしか 残 すことができない われわれは 遺 伝 子 を 伝 えるためにつくられた 遺 伝 子 機 械 である しかし 遺 伝 子 機 械 としてのわれわれは 三 世 代 もたてば 忘 れ 去 られてしまうだろう 74) が わたしたちには 模 倣 能 力 をもつ 脳 がある そこに ミームは 増 殖 し 進 化 し 続 け ていく すると 次 のようになる 少 なくともわれわれには 単 なる 目 先 の 利 己 的 利 益 より むしろ 長 期 的 な 利 己 的 利 益 のほうを 促 進 させるくらいの 知 的 能 力 はある ( 中 略 ) 私 たちには 私 たちを 生 み 出 した 利 己 的 遺 伝 子 に 反 抗 し さらにもし 必 要 なら 私 たちを 教 化 した 利 己 的 ミー ムにも 反 抗 する 力 がある ( 中 略 )われわれは 遺 伝 子 機 械 として 組 立 てられ ミー ム 機 械 として 教 化 されてきた しかしわれわれには これらの 創 造 者 にはむかう 力 がある この 地 上 で 唯 一 われわれだけが 利 己 的 な 自 己 複 製 子 たちの 専 制 支 配 に 反 逆 できるのである 75) ドーキンスは われわれの 遺 伝 子 は われわれに 利 己 的 であるよう 指 示 するが わ れわれは 必 ずしも 一 生 涯 遺 伝 子 に 従 うよう 強 制 されているわけではない 76) という ここに 人 間 の 自 由 が そして 教 育 の 可 能 性 が 残 されている 倫 理 や 道 徳 を 徹 底 して 自 然 化 (あるいは 生 物 学 化 )することをめぐる 議 論 はさまざ まである 77) が 工 学 の 基 礎 として 物 理 学 があるのと 同 様 に 倫 理 学 の 基 礎 に 生 物 学 があるのはむしろ 当 然 ではないか 78) 自 然 哲 学 と 道 徳 哲 学 がまだ 密 接 に 関 係 していた 時 代 には 道 徳 を 自 然 のプロセスのなかに 位 置 づけようとする 試 みがなされていた 79) わたしたち 一 匹 の 人 間 は 生 物 としてどこまでも 利 己 的 である しかし そこ には 単 なる 利 己 性 を 超 える 可 能 性 も 含 まれている である から すべし は 導 き 31

33 出 せるかどうかは 別 として わたしたちの 意 識 そのものは すでに 何 らかの 価 値 を 無 意 識 的 かつ 自 動 的 に 選 択 してしまっている そこには 自 己 保 存 のためのモラリティ がすでに 作 動 しているのかもしれない 結 局 のところ 倫 理 や 道 徳 とは わたしたち 一 匹 一 匹 の 人 間 が 生 き 続 ける 上 で 発 達 させてきたファンクションであるから この 意 識 の 問 題 に 最 後 にごく 簡 単 に 触 れておきたい やはり 人 間 における 意 識 とは 何 であろうか 意 識 の 機 能 とは 意 識 というものがなければ 自 分 がどのように 感 じているのかということを あな たはいかにして 知 るというのでしょうか それ 4 4 が 意 識 の 機 能 なのです それは( 中 略 ) 本 来 内 観 的 なものであるばかりでなく 本 来 評 価 的 なものでもあります それ は 価 値 を 知 らせるのです それは 私 たちに あるものが 良 い か 悪 い か と いうことを 知 らせるのですが その 知 らせ 方 は 物 事 を 良 いと 感 4 じ 4 させるか 悪 い と 感 4 じ 4 させるか(あるいはその 間 か) ということによっています そのようなこ とのために意 識 感 じはあるのです 80) 意 識 は わたしたち 一 人 ひとりの 生 存 にとって 不 可 欠 の 機 能 であって 古 来 一 連 の 4 4 生 物 価 (biological value)に 深 く 根 ざしています このような 価 値 が 感 じの 本 質 であり そして 意 識 はすなわち感 じなのです 81) 生 きようと 欲 する 一 匹 の 人 間 が その 生 存 にとって 心 地 よく 有 利 な 状 態 を 保 つために 自 己 の 現 在 の 内 的 状 態 と 外 部 状 況 とのあ 4 いだ 4 4 にあって 作 動 する 意 識 意 識 は 自 己 への 気 づき(self-awareness)という 背 景 媒 質 を 基 盤 とした 私 たちのまわりで 起 こっていることへの 気 づきから 成 っている 82) もので しかもそれは 無 意 識 的 に 評 価 的 であり 生 存 という 価 値 ( 生 物 価 )に 否 応 な く 深 く 根 ざしている ゆえに こうした 意 識 によって 語 られる 倫 理 や 道 徳 が 生 物 学 的 な 自 然 を 無 視 することはもはやできないのである 畢 竟 するに 理 屈 よりもさらに 深 い 感 じ あるいは 感 情 に 基 礎 づけられるモラリテ ィ それをどうさらによりよく 育 むのか 人 間 存 在 へのセンス オブ ワンダーを 育 むことから 始 め この 方 策 を 模 索 していかなければならない が この 具 体 的 方 法 に ついては 別 稿 に 譲 るとしよう 83) 32

34 センス オブ ワンダーを 育 む 道 徳 教 育 に 向 けて 注 1) 拙 稿 センス オブ ワンダーを 育 む 特 別 活 動 生 きる 力 再 生 のために ( 人 文 学 会 紀 要 39 号 所 収 2007 年 )を 参 照 されたい 他 にも 上 岡 克 己 他 編 著 レイチェル カーソン (ミ ネルヴァ 書 房 2007 年 )も 参 照 されたい 2) R. カーソン センス オブ ワンダー ( 上 遠 恵 子 訳 新 潮 社 1996 年 ) 23 頁 3) 同 上 4) 松 井 孝 典 宇 宙 人 としての 生 き 方 アストロバイオロジーへの 招 待 ( 岩 波 新 書 2003 年 )な どを 参 照 されたい 5) たとえば 辻 信 一 ゆっくり でいいんだよ (ちくまプリマー 新 書 2006 年 )などを 参 照 さ れたい 6) 正 高 信 男 ヒトはいかにヒトになったか ことば 自 我 知 性 の 誕 生 ( 岩 波 書 店 2006 年 ) 224 頁 を 参 照 されたい 他 にも 同 著 者 による ヒトはなぜヒトをいじめるのか いじめの 起 源 と 芽 生 え ( 講 談 社 ブルーバックス 2007 年 )など 興 味 深 いものが 多 いので 併 せて 参 照 されたい 7) ドイツロマン 主 義 の 文 学 や 哲 学 や 芸 術 など その 最 たるものであろう たとえば 中 井 章 子 ノ ヴァーリスと 自 然 神 秘 思 想 ( 創 文 社 1998 年 )を 参 照 されたい 8) 小 学 校 学 習 指 導 要 領 道 徳 編 ( 平 成 11 年 )の 道 徳 の 内 容 より 9) 前 野 隆 司 脳 の 中 の 私 はなぜ 見 つからないのか? ロボティクス 研 究 者 が 見 た 脳 と 心 の 思 想 史 ( 技 術 評 論 社 2007 年 ) 30 頁 10) たとえば 伊 藤 勝 彦 他 編 情 念 の 哲 学 ( 東 信 堂 1992 年 )に 含 まれた ハイデガーに 関 する ものなど 興 味 深 い 諸 論 考 を 参 照 されたい 11) ブッダの 真 理 のことば 感 興 のことば ( 中 村 元 訳 岩 波 文 庫 1978 年 ) 10 頁 12) 同 前 書 15 頁 13) 同 前 14) 前 野 前 掲 書 頁 15) たとえば 山 田 慶 児 朱 子 の 自 然 学 ( 岩 波 書 店 1978 年 )のなかの ブラックボックスと しての 心 も 参 照 されたい 16) 前 野 前 掲 書 17) 前 野 前 掲 書 128 頁 18) 同 前 19) 色 とはサンスクリット 語 の rūpa ルーパ 形 あるもの の 他 に 変 化 するもの 壊 れるもの という 意 味 がある 玄 侑 宗 久 現 代 語 訳 般 若 心 経 (ちくま 新 書 2006 年 ) 39 頁 以 降 を 参 33

35 照 されたい 20) 一 連 の 進 化 論 的 見 方 については 佐 倉 統 進 化 論 の 挑 戦 ( 角 川 ソフィア 文 庫 2003 年 )など を 参 照 されたい 21) たとえば J. オルコック 社 会 生 物 学 の 勝 利 批 判 者 たちはどこで 誤 ったか ( 長 谷 川 眞 理 子 訳 新 曜 社 2004 年 )などを 参 照 されたい 22) E.O. ウィルソン 人 間 の 本 性 について (ちくま 学 芸 文 庫 1997 年 ) 7 頁 23) 同 前 書 16 頁 24) E.O. ウィルソン 知 の 挑 戦 科 学 的 知 性 と 文 化 的 知 性 の 統 合 ( 山 下 篤 子 訳 角 川 書 店 2002 年 ) 25) ウィルソン 前 掲 人 間 の 本 性 について 15 頁 26) 同 前 書 16 頁 27) 同 前 書 頁 28) ウィルソン 前 掲 知 の 挑 戦 290 頁 29) 拙 稿 からだで 感 じるモラリティに 向 けて 脳 科 学 から 見 た 道 徳 ( 初 等 教 育 論 集 8 号 所 収 2007 年 )も 参 照 されたい 30) ウィルソン 前 掲 知 の 挑 戦 を 参 照 されたい 31) 前 野 前 掲 書 147 頁 32) 同 前 書 を 参 照 されたい 周 知 のとおりヒュームも 指 摘 しているが こうした 死 への 不 安 と 恐 怖 などの 感 情 も 宗 教 の 源 泉 となる 33) 前 野 前 掲 書 149 頁 34) 松 井 孝 典 わかる と 納 得 する 人 はなぜエセ 科 学 にはまるのか (ウェッジ 2007 年 ) や 松 井 孝 典 南 伸 坊 科 学 的 って 何 だ! (ちくまプリマー 新 書 2007 年 )などを 参 照 されたい 35) ウィルソン 前 掲 人 間 の 本 性 について 17 頁 36) 同 前 書 18 頁 37) たとえば 長 谷 川 眞 理 子 生 き 物 をめぐる 4 つの なぜ ( 集 英 社 新 書 2002 年 )を 参 照 されたい 38) ウィルソン 前 掲 人 間 の 本 性 について 18 頁 39) 同 前 書 19 頁 40) 同 前 人 間 生 存 のためのツールとしての 神 やイデア これに 関 しては 木 田 元 反 哲 学 入 門 ( 新 潮 社 2007 年 )105 頁 以 降 を 参 照 されたい 41) 同 前 書 20 頁 42) 同 前 書 21 頁 43) 同 前 書 頁 傍 点 は 引 用 者 による 44) 長 谷 川 前 掲 書 195 頁 34

36 センス オブ ワンダーを 育 む 道 徳 教 育 に 向 けて 45) たとえば R. ライト モラル アニマル( 上 下 ) ( 小 川 敏 子 訳 講 談 社 1995 年 ) M. リ ドレー 徳 の 起 源 他 人 をおもいやる 遺 伝 子 ( 岸 由 二 監 修 翔 泳 社 2000 年 ) F. ヴァール 利 己 的 なサル 他 人 を 思 いやるサル モラルはなぜ 生 まれたのか ( 西 田 利 貞 他 訳 草 思 社 1998 年 ) などを 参 照 されたい 46) ウィルソン 前 掲 人 間 の 本 性 について 23 頁 47) 同 前 48) 同 前 書 24 頁 49) 同 前 50) 同 前 51) 同 前 52) 同 前 書 25 頁 またウィルソン 前 掲 知 の 挑 戦 も 参 照 されたい 53) M.S. ガザニガ 脳 のなかの 倫 理 脳 倫 理 学 序 説 ( 梶 山 あゆみ 訳 紀 伊 国 屋 書 店 2006 年 ) 225 頁 54) たとえば メランヒトンさらにトマージウスといった 哲 学 者 は こうした 先 駆 けのひとりであ ろう 詳 しくは 拙 稿 情 念 と 教 育 ルターとその 周 辺 ( 教 育 思 想 史 学 会 編 近 代 教 育 フォ ーラム 17 号 2008 年 所 収 予 定 )を 参 照 されたい 55) ガザニガ 前 掲 書 225 頁 56) ウィルソンは 知 への 挑 戦 で 私 は 道 徳 論 はすべてのレベルで 自 然 科 学 と 本 質 的 に 統 合 す ると 信 じる (290 頁 ) そして 科 学 のほうは 人 間 の 条 件 に 関 するあらゆる 前 提 を 容 赦 な く 検 証 し やがて 道 徳 感 情 や 宗 教 感 情 の 基 盤 を 発 見 するだろう (323 頁 )と 述 べている ト マージウスも 道 徳 を 自 然 に 基 礎 づけようとしている いろいろ 議 論 があるが たとえば 次 も 参 照 されたい ジャン = ピエール シャンジュー 監 修 倫 理 は 自 然 の 中 に 根 拠 をもつか ( 松 浦 俊 輔 訳 産 業 図 書 1995 年 ) 他 には 次 など Wilson, James Q. The Moral Sense, NY Hauser, Marc D. Moral Minds: How Nature Designed Our Sense of Right and Wrong, NY Joyce R. The Evolution of Morality, Cambridge これらについては 別 稿 で 扱 う 予 定 57) ガザニガ 前 掲 書 227 頁 58) たとえば 下 條 信 輔 サブリミナル マインド 潜 在 的 人 間 観 のゆくえ ( 中 公 新 書 1996 年 ) 同 意 識 とは 何 だろうか 脳 の 来 歴 知 覚 の 錯 誤 ( 講 談 社 現 代 新 書 1999 年 )などを 参 照 されたい 59) Cf. Wilson, Ibid. 60) ガザニガ 前 掲 書 227 頁 61) 前 掲 拙 稿 からだで 感 じるモラリティに 向 けて を 参 照 されたい 62) ガザニガ 前 掲 書 229 頁 35

37 63) 同 前 書 230 頁 64) 同 前 書 233 頁 65) 同 前 66) 同 前 書 234 頁 67) たとえば R. ドーキンス 利 己 的 な 遺 伝 子 ( 日 高 敏 隆 他 訳 紀 伊 国 屋 書 店 2006 年 )を 参 照 されたい 68) ガザニガ 前 掲 書 240 頁 69) 同 前 書 241 頁 70) 同 前 71) たとえば 前 掲 倫 理 は 自 然 の 中 に 根 拠 をもつか や D.C. デネット ダーウィンの 危 険 な 思 想 生 命 の 意 味 と 進 化 ( 山 口 康 司 監 訳 青 土 社 2001 年 )などを 参 照 されたい 72) ドーキンス 前 掲 書 311 頁 73) 同 前 書 296 頁 74) 同 前 書 308 頁 75) 同 前 書 311 頁 76) 同 前 書 4-5 頁 77) デネット 前 掲 書 を 参 照 されたい あるいは M.W. デイヴィズ ダーウィンと 原 理 主 義 ( 藤 田 祐 訳 岩 波 書 店 2006 年 )なども 参 照 されたい 78) 佐 倉 前 掲 進 化 論 の 挑 戦 118 頁 を 参 照 されたい 79) 前 掲 拙 稿 情 念 と 教 育 ルターとその 周 辺 を 参 照 されたい 80) M. ソームズ O. ターンブル 脳 と 心 的 世 界 主 観 的 経 験 のニューロサイエンスへの 招 待 ( 平 尾 和 之 訳 星 和 書 店 2007 年 ) 頁 81) 同 前 書 138 頁 82) 同 前 書 136 頁 83) 本 稿 では そのための 予 備 的 考 察 を 簡 単 に 試 みたに 過 ぎない 別 稿 であらためて 取 り 上 げるが 次 も 紹 介 する 予 定 Robinson,J. Deeper than Reason: Emotion and its Role in Literature, Music, and Art, Oxford Johannes A.van der Ven. Formation of the Moral Self, Grand Rapids なお 人 間 存 在 へのセンス オブ ワンダーをめぐっては 上 田 閑 照 宗 教 哲 学 コレクショ ンⅠ ( 岩 波 現 代 文 庫 2007 年 )も 参 照 されたい 36

38 メランヒトン 邦 訳 ノート(3) 菱 刈 晃 夫 魂 についての 書 (1553 年 ) Liber de anima すでに 1540 年 魂 についての 覚 書 (Commentarius de anima)としてアリストテ レスのDe anima のコメントをメランヒトンはあらわしていたが これは 1553 年 に 魂 についての 書 と 改 題 され 18 世 紀 に 至 るまでドイツの 大 学 における 哲 学 の 教 科 書 として 用 いられた メランヒトンの 人 間 学 ともいいうる 内 容 が 整 理 された 形 でお さめられている 詳 細 については 拙 著 近 代 教 育 思 想 の 源 流 スピリチュアリテ ィと 教 育 ( 成 文 堂 2005 年 ) 頁 を 参 照 されたい 確 実 性 の 判 定 規 範 基 準 について メランヒトンはまず 三 つのものをあげている が 四 つ 目 として 神 の 啓 示 をあげている 点 は やはりルター 学 徒 であることを 示 し ている 一 般 経 験 は みなに 共 通 する 通 常 の 体 験 知 と 等 しい 根 本 原 理 では 神 の 像 (imago Dei) としての 人 間 と その 人 間 に 内 在 する 精 神 への 信 頼 が 寄 せられる 順 序 理 解 は 論 理 的 な 思 考 を 指 す これらは 自 然 の 光 として 人 間 にもとよりそなわる 理 性 によって 展 開 されるが さらに 重 要 なのは 聖 霊 によって 点 火 された 信 仰 の 光 である メランヒトンは 理 性 を 否 定 することなく 理 性 がもつ 積 極 的 な 能 力 と 役 割 を 認 めたうえで 信 仰 のもつ 意 義 を 強 調 してやまない ここにフマニタスを 回 復 スピリチュアリティ 補 完 あるいは 完 成 する 機 能 としての 霊 性 が 示 される 感 性 理 性 霊 性 の 調 和 のとれた 働 きをメランヒトンは 重 視 している こうした 見 方 は いうまでもなく 彼 の 教 育 思 想 のベースにもなっている テキスト ( ラテン 語 ) としては 邦 訳 ノート(1)(2)と 同 様 MSA 第 3 巻 頁 を 用 いた 全 65 頁 からの 部 分 訳 である 次 も 参 照 した Schmidt, G.R.(hrsg.) Philipp Melanchthon. Glaube und Bildung. Stuttgart ss * * * 37

39 ノルマ ところで 弁 証 論 には 確 実 さの 規 範 についていろいろと 示 されている それをギリ クリテリア シア 人 は 真 偽 の 標 識 と 呼 んだ ここではごく 簡 単 に さらにどのように 考 察 するか 知 性 にそなわる 自 然 の 光 とはどのような 種 類 のものか 判 断 の 基 準 とは 何 か 承 認 の 確 かさはどこからくるのか といったことへと 若 い 人 々を 促 していきたい 要 するに 確 実 さの 規 範 には 哲 学 によると 三 つある 一 般 経 験 基 礎 知 識 そして 三 段 論 法 における 順 序 理 解 である エクスペリエンティア ウニベルサーリス 一 般 経 験 とは 感 覚 によって 知 覚 されるものについて 健 康 な 者 はみ な 同 じように 判 断 するということである つまり 火 は 熱 いとか 女 は 子 どもを 産 む といったように 生 き 物 の 生 命 には 感 覚 と 動 作 がある 死 は 生 き 物 を 滅 ぼす 事 実 一 般 経 験 はそうした 知 識 が 確 かなことを 示 す なぜなら もし 行 動 において 反 対 の ことを 経 験 しようと 意 志 するなら 自 然 と 滅 びに 至 るから あたかも 火 は 燃 やすこ とを 否 定 する 者 がいて 手 を 火 のなかに 入 れれば 確 かに 手 は 破 壊 されるのを 感 じ るようなものである したがって 自 然 はこのようにつくられていることを 認 めなけ ればならない つまり 神 の 作 品 とはそうしたものなのである だれもさらに 詳 細 な 事 例 をさがす 必 要 はない すなわち 一 般 経 験 に 対 立 することは 神 自 身 を 攻 撃 する ことであり このように 神 によって 定 められた 秩 序 を 否 定 することであり まるで 女 が 子 どもを 産 むことを 否 定 して 生 きた 人 間 を 彫 刻 してつくりだそうと 努 力 する ようなものである プリンキピア 根 本 原 理 とはわたしたちとともに 生 まれつきのもので 神 によりわたしたちに 埋 セミナ め 込 まれた 個 々の 学 問 の 種 子 である 結 果 そこから 人 生 で 用 いるのに 必 要 な 技 術 が 引 きだされる 数 秩 序 割 合 多 くの 命 題 の 概 念 がこれら 種 子 である 何 か 存 在 するものは あるかないかのどちらかである 全 体 はどんな 方 法 によっても 部 メンス 分 より 大 である 神 は 永 遠 の 精 神 であり 知 恵 あり 賢 く 正 しく 汚 れなく 慈 悲 深 い この 世 界 をつくり ものごとの 秩 序 を 保 ち それに 対 する 違 反 を 罰 する 人 間 の 精 神 はこれに 似 せてつくられた よって 人 間 は 賢 く 正 しく 慈 悲 深 く 汚 れなくあるべきである これらの 規 範 に 従 うとは 正 しく 行 動 することである こ の 規 範 に 背 くとは 神 に 不 快 で 恥 じるべきことをすることである 背 く 者 は 自 らに 罰 をもたらすことになる 弁 証 論 には 根 本 原 理 に 関 する 多 くのことが 述 べられてい 38

40 メランヒトン 邦 訳 ノート(3) る インテレクトゥス オルディニス 三 つ 目 の 標 識 は 三 段 論 法 における 順 序 理 解 であり 正 しく 部 分 を 組 み 合 わ せることであり 弁 証 論 に 詳 しく 述 べられている ストア 派 の 教 説 ではこれら 三 つ のクリテリアは アイステーシス プロレープシス グノーシスと 名 づけられてい る 経 験 を 理 解 するのに 疑 いがない 場 合 アイステーシスと 呼 ぶ 根 本 原 理 をプロ レープシスと 呼 ぶ したがってグノーシスは 判 断 であり それは 順 序 あるいは 結 論 あるいは 関 連 の 理 解 である パテファクティオ 教 会 には 四 つ 目 の 確 かさの 規 範 がある すなわち 神 の 啓 示 であり これは 明 らかで 間 違 いのない 証 拠 によって 示 される それは 預 言 と 使 徒 の 書 のなかになお も 存 在 する ところで たとえ 人 間 の 精 神 が 自 然 の 光 によって 認 識 されたものと 容 易 かつ 堅 固 に 賛 同 するとしても 同 様 の 首 尾 一 貫 性 でもってすべての 理 性 的 な 被 造 物 は 神 によって 明 らかにされた 見 解 に 賛 同 しなければならない たとえ 自 然 の 光 に は 真 実 であるとも 確 実 であるとも 見 えないにせよ 2 4=8 と 疑 いなく 断 言 するのと 同 様 に 神 は 人 間 を 死 から 生 き 返 らせ 教 会 を 永 遠 の 栄 光 によって 飾 り 罪 人 を 永 遠 の 罰 に 投 ずる とわたしたちは 主 張 しなければならない しかし 多 くのもっとも 無 謀 な 者 たちは 快 楽 主 義 者 やその 他 の 者 のように 神 の 告 げ 知 らせに 反 対 する が 一 部 の 人 間 は 賛 同 し 不 思 議 な 証 拠 によって 動 かされる このなかで 福 音 の 声 を 通 して 聖 霊 はこの 光 に 点 火 する そして 精 神 を 賛 同 する 方 向 へと 向 ける すると 精 神 は 聖 霊 に 従 う 福 音 の 声 をよろこんで 迎 え 入 れ 疑 いに 抵 抗 する 神 によって 明 ら フィデース かにされた 言 葉 をよろこんで 受 け 入 れる この 賛 同 を 信 仰 という これはある 者 た ちおいては 強 固 であるが ある 者 たちにおいては 柔 弱 である 信 仰 を 神 からの 取 る に 足 らない 恵 みであるとわたしたちはいいたくない それは 神 の 秘 密 の 場 所 から 示 されたのであり 自 らをわたしたちに 明 らかにされたのだ この 啓 示 によって 神 が まさに 人 間 に 関 心 をもっていることが 証 明 されたのである よってこの 啓 示 が 人 生 の 第 一 の 光 であってもらいたいし すべての 行 動 と 計 画 を 導 いてもらいたい 信 仰 が 点 火 されるために 毎 日 わたしたちは 神 に 呼 びかけ 啓 示 の 証 拠 に 思 いをめぐら せたい 神 の 恵 みによる 善 きものごとを 認 識 し 賛 美 したいものである 39

41 エドゥアルト シュプランガー 著 教 育 における 意 図 せざる 副 次 作 用 の 法 則 (4) ( 翻 訳 ) 訳 代 表 調 整 : 岩 間 浩 訳 者 はしがき この 書 に 関 する 翻 訳 のいきさつ 等 については 前 の(1)~(3)で 解 説 ずみなので ここでは 省 略 し 直 ちに 第 二 部 に 入 りたい ここではⅥ 人 間 の 固 有 法 則 性 とⅦ 変 化 する 法 則 を 扱 う 残 すところ Ⅷ 教 育 者 への 反 作 用 と 付 論 : 教 育 学 の 学 問 的 性 格 について のみになる 第 Ⅱ 部 Ⅵ 人 間 の 固 有 法 則 性 態 度 決 定 (Stellungnahme)という 言 葉 は 精 神 的 世 界 の 偉 大 な 導 きの 言 葉 を 意 味 している 人 間 を 他 のすべての 存 在 や 事 物 から 区 別 する 固 有 法 則 性 は 受 容 したり 拒 絶 したりする 能 力 である しかしさらに この 能 力 は 義 務 へと 高 まる 態 度 決 定 は 人 間 が 知 的 な 意 味 内 容 を 理 解 することができ 人 間 的 価 値 内 容 を 感 ずることができ そのような 内 容 の 間 で 意 識 的 および 意 図 的 に 決 定 することができるということを 前 提 にしている このことはまさに 人 間 の 核 心 であるので ただちに 次 のように 付 け 加 え てもよい すなわち この 三 つの 規 定 においてすべての 教 育 目 標 も 形 式 上 言 い 表 さ れていると なぜなら それらは 共 に 作 用 することにおいて ひとつの 調 整 体 系 とな るからである その 特 質 はさらに それが 遺 伝 によって 固 定 されているのではなく 自 ずと 規 範 という 意 味 で 機 能 し 始 めるまでは 文 化 共 同 体 において 年 長 の 世 代 に おいてまず 覚 醒 され 調 節 されなければならないということにある 生 成 し 発 達 する 人 間 は 周 囲 の 圧 力 や 衝 撃 によって 動 かされるのではなく 自 己 の 態 度 決 定 に 基 づいて 動 くのであり 意 味 の 知 覚 力 と 意 味 に 導 かれる 意 欲 を 呼 び 覚 ますことがまた 教 育 の 中 心 課 題 になる これを 定 式 化 することは 容 易 であるが 実 行 することは 非 常 にむずかしい これを 実 行 する 近 道 は 人 間 生 活 の 基 礎 構 造 が まず 第 一 に 理 解 されることにある 40

42 A エドゥアルト シュプランガー 著 教 育 における 意 図 せざる 副 次 作 用 の 法 則 (4) 態 度 決 定 は 相 互 の 生 活 においてのみ 学 びうるし 行 なわれうる すべての 共 同 体 に 倫 理 的 精 神 が 働 いている 人 間 は 意 欲 する だけでなく 倫 理 的 義 4 務 ( 当 為 )にも 従 っている カントの 倫 理 学 には わずかな 言 葉 で 片 付 けることの できない ひじょうな 深 さがあるとしても 倫 理 的 義 務 は( 単 にこれをすべしとい うような) 空 虚 な 断 言 的 命 令 ( 定 言 命 題 )にあるのではない 倫 理 的 義 務 は 文 化 の すべての 社 交 形 式 と 専 門 領 域 で 作 用 しているところの それゆえまったく 多 様 な 形 態 で 現 われる 規 範 精 神 として 自 己 を 展 開 し 分 岐 する そのもっともよく 知 られ た 凝 縮 は そのつど 基 準 となる 道 徳 であるが それは 現 代 社 会 では 吟 味 される ことがひように 少 なくなった 現 象 である ( 原 注 1) この 中 心 的 契 機 を 考 慮 すると 教 育 の 本 質 規 定 はいまや 倫 理 的 精 神 における文 化 内 容 への 態 度 決 定 を 呼 び 覚 ますこと となる そのための 手 段 は 因 果 関 係 的 な 種 類 のものではない 今 一 度 繰 り 返 すと 人 間 は 圧 力 や 衝 撃 によっては 動 かされない 人 間 を 形 成 しようとする 者 は 人 間 を 高 めなければならない 意 味 理 解 価 値 の 体 験 及 び 自 己 決 定 とが 共 に 働 いてなされる 態 度 決 定 は 人 が この 三 位 一 体 的 行 動 構 造 へと 成 熟 していることを 前 提 としている 成 熟 した 人 間 は だれしも 人 や 集 団 ( 共 同 体 )や 仕 事 に 直 面 すると たえず 態 度 決 定 を 行 なっている 仕 事 は 確 かに 人 や 集 団 から 離 れてはいるが しかしそれは 同 じく 意 味 の 解 釈 や 価 4 4 値 の 体 験 や 批 判 すなわち 即 座 の 態 度 決 定 を 求 める 精 神 的 内 容 が 含 まれている す べての 教 育 は 意 味 解 釈 や 価 値 評 価 や 規 範 に 照 らした 吟 味 を 促 さなければならない あらゆる 存 在 は こうした 行 為 に 導 かれる 前 に そのような 力 の 発 育 を 可 能 にする 生 物 的 発 達 を 前 提 にしているので まずあらゆる 教 育 は 養 育 保 護 発 達 援 助 な どから 始 まるのである しかしそうしたことすべては すでに 動 物 の 段 階 で 見 られ るものであり 本 来 的 な 人 間 陶 冶 の 前 段 階 に 過 ぎない 新 たなことであり 重 要 なこ とは まさしく 意 味 を 理 解 し 価 値 を 知 覚 し 規 範 を 体 験 する 力 を 引 き 出 すことで ある この 三 つの 束 の 課 題 は 自 律 として あるいは 簡 潔 に 自 由 への 教 育 とし 4 4 て 言 い 表 すことができる 内 面 からの 応 答 こそが 重 要 なのである その 最 初 の 最 も 重 要 な 応 答 は 然 り と 否 なのである 41

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D> 学 科 共 通 科 目 (2009 年 度 ) 比 較 思 想 研 究 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 における 善 と 悪 第 13 回 (その1) 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 と 日 本 の 仏 教 特 に 親 鸞 において 善 と 悪 がどう 扱 われてい るかを 論 じる 3.1キリスト 教 における 善 と 悪 キリスト 教 では 善 悪 の 基 準

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

2012年5月31日 森本紀行 資産運用コラム

2012年5月31日 森本紀行 資産運用コラム 2014 年 8 月 7 日 森 本 紀 行 はこう 見 る JR 九 州 の 経 営 計 画 と 経 営 安 定 基 金 JR 九 州 は つくる 2016 JR 九 州 グループ 中 期 経 営 計 画 というものを 策 定 しています そ の 頂 点 にあるのは 株 式 上 場 です 要 は 2016 年 までに 上 場 企 業 としての 諸 条 件 を 完 備 さ せるための 経 営 計 画

More information

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版)

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版) 広 島 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 35 回 ) 議 事 概 要 第 1 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 16 日 ( 月 ) 午 前 9 時 45 分 第 2 開 催 場 所 広 島 地 方 裁 判 所 第 一 会 議 室 第 3 出 席 者 [ 委 員 ] 江 種 則 貴, 大 久 保 隆 志, 後 藤 友 之, 小 西 洋, 佐 々 木 和 宏, 髙 尾 ひとみ, 平 岡

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63> 地 域 空 間 における 景 観 利 益 - 国 立 市 マンション 事 件 東 京 地 裁 判 決 をめぐって 本 ファイルは 地 域 政 策 あすの 三 重 No.9(2003.7)28-33 頁 に 掲 載 して いただいた 拙 稿 の 草 稿 段 階 のものです 公 表 に 当 たり 若 干 の 修 正 を 加 えていま すので 本 草 稿 の 無 断 引 用 はご 遠 慮 下 さい 引 用

More information

てる 力 であり 他 の 教 科 などの 教 育 課 程 全 体 とのかかわりからとらえる 認 識 は 少 なかった そこで 次 の2 点 から 国 語 力 に 対 する 認 識 の 深 化 を 図 り 実 践 研 究 の 方 向 性 を 確 認 し 合 った ア 文 化 審 議 会 答 申 これか

てる 力 であり 他 の 教 科 などの 教 育 課 程 全 体 とのかかわりからとらえる 認 識 は 少 なかった そこで 次 の2 点 から 国 語 力 に 対 する 認 識 の 深 化 を 図 り 実 践 研 究 の 方 向 性 を 確 認 し 合 った ア 文 化 審 議 会 答 申 これか 中 学 校 Ⅰ はじめに 中 学 校 における 校 内 研 修 は 学 校 や 生 徒 の 実 態 に 即 した 主 題 を 設 定 して 具 体 的 実 践 的 に 行 わ れている しかし 教 科 担 任 制 のため 指 導 分 野 が 限 定 されがちであり 小 学 校 と 比 べて 全 教 師 が 共 通 に 取 り 組 む 課 題 の 範 囲 が 狭 いという 問 題 点 がある そのため

More information

Taro-『光と風と音の世界』阿字観

Taro-『光と風と音の世界』阿字観 - 1/5 - 光 と 風 と 音 の 世 界 ー 阿 字 観 実 修 についての 報 告 書 ー 平 成 4 年 4 月 教 学 部 提 出 教 化 研 究 員 川 上 修 詮 はじめに 仏 さまの 教 えは 人 生 は 苦 である というところから 始 まりました どう すればその 苦 しみから 逃 れられるのでしょうか それを 解 決 することが 一 生 を 安 楽 に 過 ごし 成 仏 するための

More information

西洋教育史演習                               2008/1/17

西洋教育史演習                               2008/1/17 岡 山 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 平 成 19 年 度 修 士 論 文 講 評 会 資 料 2007 年 2 月 18 日 ( 月 ) < 論 文 題 目 > シュプランガー 教 育 学 における 文 化 伝 達 の 哲 学 的 再 考 指 導 教 授 森 川 直 岡 山 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 学 校 教 育 専 攻 18-007 滝 本 大 輔 Ⅰ. 研 究

More information

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx 要 旨 本 論 文 の 目 的 は, 日 本 企 業 の 人 材 マネジメントとしての 育 児 期 従 業 員 に 対 する 両 立 支 援 施 策 とその 運 用 が, 育 児 期 の 女 性 正 社 員 の 定 着 と 動 機 づけにもつ 影 響 とそのメカニズムに ついて 理 論 的 に 考 察 し, 実 証 を 行 うことにある. 本 論 での 両 立 支 援 施 策 は, 主 に, 従 業

More information

Microsoft Word - NOTES② 月号(宮木).doc

Microsoft Word - NOTES② 月号(宮木).doc 2 電 話 勧 誘 訪 問 販 売 DMに 対 する 生 活 者 意 識 研 究 開 発 室 宮 木 由 貴 子 - 要 旨 - 1 内 閣 府 は 2005 年 に 策 定 された 消 費 者 基 本 計 画 において 消 費 者 が 望 まないのに 勧 誘 を 受 け る いわゆる 不 招 請 勧 誘 について 何 らかの 規 制 に 関 する 一 定 の 結 論 を 得 るとしている こ うした

More information

(表紙)

(表紙) リーマンショック 前 後 における 横 浜 市 の 不 動 産 取 引 及 び 不 動 産 競 売 の 動 向 小 林 隆 志 小 林 隆 志 不 動 産 鑑 定 事 務 所 ( 表 紙 ) おはようございます 全 体 会 議 2にご 出 席 いただいた 多 くの 聴 衆 の 前 で 発 表 させてい ただけて 大 変 光 栄 に 存 じます 私 は 日 本 の 不 動 産 鑑 定 士 で 小 林

More information

Microsoft Word - H21高原町教育研究所 研究紀要 _修正済み_.doc

Microsoft Word - H21高原町教育研究所 研究紀要 _修正済み_.doc Ⅰ Ⅱ 研 究 主 題 主 題 設 定 理 由 1 社 会 要 請 教 育 的 課 題 から 表 現 力 向 上 を 目 指 した 学 習 指 導 研 究 ~ 言 語 力 を 高 める 指 導 実 践 を 通 して~ 21 世 紀 は 新 しい 知 識 情 報 技 術 が 政 治 経 済 文 化 をはじめ 社 会 あらゆる 領 域 で 活 動 基 盤 として 飛 躍 的 に 重 要 性 を 増 す

More information

宮 沢 賢 治 は そのわずか4カ 月 前 に( 大 正 11 年 11 月 末 ) 彼 の 作 品 の 最 大 の 理 解 者 であった 妹 トシを 亡 くしている 賢 治 は 妹 の 死 という 深 い 悲 しみに 出 会 い それでも 何 とか 悲 しみを 乗 り 越 え 人 生 を 肯 定

宮 沢 賢 治 は そのわずか4カ 月 前 に( 大 正 11 年 11 月 末 ) 彼 の 作 品 の 最 大 の 理 解 者 であった 妹 トシを 亡 くしている 賢 治 は 妹 の 死 という 深 い 悲 しみに 出 会 い それでも 何 とか 悲 しみを 乗 り 越 え 人 生 を 肯 定 研 究 ノート 読 解 力 を 育 てる 学 習 指 導 の 在 り 方 Guiding Elementary School Students to Develop Reading Competence 吉 田 人 史 水 田 聖 一 YOSHIDA Hitoshi MIZUTA Seiichi はじめに 本 稿 では 文 学 的 文 章 の 読 解 力 を 育 てる 学 習 指 導 の 在 り 方

More information

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E>

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E> 42-00 42 00 審 理 の 終 結 及 び 再 開 1. 審 理 の 終 結 ( 結 審 ) 審 判 長 は 特 許 無 効 審 判 以 外 の 審 判 においては 事 件 が 審 決 をするのに 熟 し たときは 審 理 の 終 結 を 当 事 者 及 び 参 加 人 ( 以 下 単 に 当 事 者 という )に 通 知 し なければならない( 特 1561 実 41 意 52 商 561

More information

運 用 受 託 機 関 従 業 員 年 金 規 約 事 業 主 資 産 管 理 運 用 契 約 掛 金 運 用 指 針 資 産 管 理 運 用 機 関 信 託 会 社 生 命 保 険 会 社 農 業 協 同 組 合 連 合 会 裁 定 裁 定 請 求 退 職 した 従 業 員 ( 受 給 権 者 )

運 用 受 託 機 関 従 業 員 年 金 規 約 事 業 主 資 産 管 理 運 用 契 約 掛 金 運 用 指 針 資 産 管 理 運 用 機 関 信 託 会 社 生 命 保 険 会 社 農 業 協 同 組 合 連 合 会 裁 定 裁 定 請 求 退 職 した 従 業 員 ( 受 給 権 者 ) シリーズ: 規 約 型 確 定 給 付 企 業 年 金 担 当 者 のための 資 産 運 用 入 門 Vol.2 年 金 資 産 運 用 のプロセス 企 業 年 金 の 担 当 者 にとって 資 産 運 用 の 責 任 とはなんでしょうか 仮 に 数 十 億 円 の 年 金 資 産 に 対 して 資 産 運 用 の 結 果 に 対 して 責 任 を 持 てと 言 われると サラリ ー マ ン で あ

More information

第 4 部 プロフェッショナルにとっての 経 済 学 問 題 1: 目 撃 者 の 証 言 はどこまで 信 頼 できるのだろうか? ある 町 で 夜 間 にタクシーによるひき 逃 げ 事 件 が 起 きた 一 人 の 目 撃 者 の 証 言 によると ひき 逃 げ 事 件 を 起 こしたのは 青 色

第 4 部 プロフェッショナルにとっての 経 済 学 問 題 1: 目 撃 者 の 証 言 はどこまで 信 頼 できるのだろうか? ある 町 で 夜 間 にタクシーによるひき 逃 げ 事 件 が 起 きた 一 人 の 目 撃 者 の 証 言 によると ひき 逃 げ 事 件 を 起 こしたのは 青 色 4-5-5 生 き 抜 くための 数 学 統 計 学 番 外 : 生 き 抜 くための 数 学 統 計 学 齊 藤 誠 数 学 や 統 計 学 を 専 門 としない 人 たちの 人 生 にとって 数 学 や 統 計 学 とはどのような 意 味 を 持 つものなのであろうか このような あいまいな 設 問 への 答 えは 人 によってさまざまであろうが 私 であれば 次 のように 答 えるであろう 古

More information

キェルケゴール研究

キェルケゴール研究 新 キェルケゴール 研 究 第 13 号 109 須 藤 孝 也 キルケゴールと キリスト 教 界 書 評 米 沢 一 孝 今 年 2015 年 は セーレン キルケゴール *1 の 没 後 160 年 である 彼 は 近 現 代 の 思 想 家 に 分 類 されるが もはや 現 代 の 思 想 家 ではない 彼 の 生 きた 現 代 すなわち19 世 紀 前 半 から 中 葉 と 我 々が 生 きる21

More information

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A その 他 法 律 2012 年 10 月 5 日 全 13 頁 いまさら 人 には 聞 けない 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )のQ&A 金 融 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では 航 空 法 放 送 法 など 個 別 業 法 による 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )に 関 す る 基 本 的 な 事 項 をQ&A

More information

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477>

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477> 第 20 回 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 平 成 21 年 11 月 24 日 開 催 ) 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 20 回 ) 議 事 概 要 ( 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 事 務 局 ) 第 1 日 時 平 成 21 年 11 月 24 日 ( 火 )15:00~17:00 第 2 場 所 東 京 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 第

More information

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2>

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2> 赤 ちゃんポスト と 匿 名 出 産 についての 法 的 検 討 平 成 18 年 12 月 弁 護 士 由 井 照 二 熊 本 市 の 病 院 で 提 案 された 赤 ちゃんポスト 設 置 問 題 と これに 関 連 する 匿 名 出 産 についての 法 律 問 題 の 検 討 内 容 を 以 下 のとおり 検 討 いたします 1はじめに 1この 検 討 書 は いわゆる 赤 ちゃんポスト との

More information

判例からみる中国における補正の制限について

判例からみる中国における補正の制限について 海 外 知 財 の 現 場 23 平 成 25 年 2 月 20 日 掲 載 判 例 からみる 中 国 における 新 規 事 項 追 加 の 判 断 基 準 について 中 国 弁 理 士 呉 学 鋒 中 国 特 許 法 及 び 実 施 細 則 には 出 願 後 の 特 許 出 願 書 類 の 補 正 についての 規 定 が 設 けられ 補 正 ができる 範 囲 を 定 めている 特 許 法 第 33

More information

(Microsoft Word - \203A\203\201\201[\203o\214o\211c\227\235\211\360.doc)

(Microsoft Word - \203A\203\201\201[\203o\214o\211c\227\235\211\360.doc) 1. 経 営 管 理 フレームとしての 基 本 的 な 特 徴 アメーバ 経 営 は 経 営 管 理 の 仕 組 みの 側 面 から 見 ると 時 間 当 り という 利 益 効 率 指 標 を 中 核 に 置 いた 部 門 別 採 算 管 理 手 法 であると 言 える 以 下 にその 重 要 な 特 徴 について 述 べる 1 時 間 当 り という 指 標 時 間 当 り の 求 め 方 は

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

クレーム 回 収 対 応 マニュアル 記 載 項 目 ( 例 ) 1.クレーム 対 応 ( 例 ) 項 目 参 考 (1) (2) (3) (4) クレーム 対 応 責 任 者 の 設 置 クレーム 対 応 方 針 対 応 方 法 回 収 判 断 の 方 法 体 制 クレーム 処 理 経 過 の 記

クレーム 回 収 対 応 マニュアル 記 載 項 目 ( 例 ) 1.クレーム 対 応 ( 例 ) 項 目 参 考 (1) (2) (3) (4) クレーム 対 応 責 任 者 の 設 置 クレーム 対 応 方 針 対 応 方 法 回 収 判 断 の 方 法 体 制 クレーム 処 理 経 過 の 記 参 考 資 料 集 クレーム 回 収 対 応 マニュアル 記 載 項 目 ( 例 ) 1.クレーム 対 応 ( 例 ) 項 目 参 考 (1) (2) (3) (4) クレーム 対 応 責 任 者 の 設 置 クレーム 対 応 方 針 対 応 方 法 回 収 判 断 の 方 法 体 制 クレーム 処 理 経 過 の 記 録 管 理 方 法 ( 参 考 資 料 1)クレーム 対 応 2.(2) 自 主

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 40 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 委 員 長 藤 田 義 嗣 委 員 ( 委 員 長 職 務 代 理 者 ) 土 井 真 一 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 ( 教 育 長 ) 河 原

More information

Microsoft Word - 2 目次&背表紙.doc

Microsoft Word - 2 目次&背表紙.doc この 章 では もしも こういう 状 況 になったら 練 馬 区 にどのよう な 影 響 を 及 ぼすのでしょうか? ということを3つのテーマでご 紹 介 します 1 もしも 練 馬 区 が 普 通 地 方 公 共 団 体 だったら? 現 在 私 たち 練 馬 区 をはじめとする 23 区 は 特 別 地 方 公 共 団 体 と 呼 ばれ 市 に 準 ずる 基 礎 的 な 地 方 公 共 団 体 として

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~ ニッセイ 基 礎 研 究 所 基 礎 研 レポート 2016-02-05 配 偶 者 控 除 見 直 しについて ~ 家 計 の 可 処 分 所 得 への 影 響 ~ 経 済 研 究 部 研 究 員 薮 内 哲 (03)3512-1839 yabuuchi@nli-research.co.jp はじめに 現 在 政 府 は 所 得 税 改 革 に 向 けた 総 点 検 に 着 手 しており とりわけ

More information

序 国 際 育 成 会 連 盟 のグローバル キャンペーン 意 思 決 定 の 権 利 は 個 人 家 族 そ して 地 域 が 意 思 決 定 と 支 援 付 き 意 思 決 定 について 話 し 合 うことを 目 的 としています この 話 し 合 いの 中 身 は 大 小 の 日 常 的 なこ

序 国 際 育 成 会 連 盟 のグローバル キャンペーン 意 思 決 定 の 権 利 は 個 人 家 族 そ して 地 域 が 意 思 決 定 と 支 援 付 き 意 思 決 定 について 話 し 合 うことを 目 的 としています この 話 し 合 いの 中 身 は 大 小 の 日 常 的 なこ 全 日 本 手 をつなぐ 育 成 会 国 際 育 成 会 連 盟 意 思 決 定 の 権 利 国 際 育 成 会 連 盟 グローバル キャンペーン ディスカッション グループ ファシリテーター ガイド 国 際 育 成 会 連 盟 2013 年 4 月 序 国 際 育 成 会 連 盟 のグローバル キャンペーン 意 思 決 定 の 権 利 は 個 人 家 族 そ して 地 域 が 意 思 決 定 と

More information

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の 大 津 家 庭 裁 判 所 委 員 会 議 事 録 1 日 時 平 成 20 年 10 月 17 日 ( 金 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 30 分 まで 2 場 所 大 津 家 庭 裁 判 所 本 館 大 会 議 室 3 出 席 者 ( 委 員 ) 五 十 音 順 敬 称 略 飯 田 喜 信, 小 川 素 子, 國 松 完 二, 甲 津 貴 央, 酒 井 康 夫, 十 倉 良

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2096D891BA8CF5975989898F4B875481698F4390B3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2096D891BA8CF5975989898F4B875481698F4390B3816A2E646F63> 職 業 とコンピテンシー ~ 求 められる 人 間 力 ~ 目 次 1. プロジェクト 選 定 理 由 と 目 的 手 段... 2 2. 関 東 学 園 大 学 におけるコンピテンシー... 3 3. 群 馬 県 太 田 警 察 署... 5 (1) 警 察 組 織 の 概 要... 5 (2) 警 察 署 設 置 の 根 拠 規 定... 6 ア 警 察 組 織 の 設 置 Ⅰ( 警 察 本 部

More information

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 (1) 中 国 と 韓 国 との 関 係 ~ 要 旨 ~ 今 年 は 戦 後 70 年 にあたる 安 部 首 相 が 発 表 しようとしている 談 話 に 対 し 中 国 や 韓 国 からさまざまな 意 見 や 注 文 が 出 ている 確 かにどこの 国 にも 歴 史 を 解 釈 する 権 利 はあるが 公 権 力 の 厳 しい 統 制 によって 自 由 な 発

More information

買ってはいけない!? 外国人が大量に買った株

買ってはいけない!? 外国人が大量に買った株 Report Ⅰ 買 ってはいけない!? 外 国 人 が 大 量 に 買 った 株 金 融 研 究 部 主 任 研 究 員 井 出 真 吾 side@nli-research.co.jp 1 はじめに 日 本 の 株 式 市 場 で 外 国 人 の 存 在 感 が 増 している そのせいもあるのか 2013 年 3 月 期 の 決 算 発 表 が 本 格 化 した 頃 から 外 国 人 が 大 量

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc NPOって 何? 平 成 25 年 10 月 浜 松 市 市 民 部 市 民 協 働 地 域 政 策 課 目 次 Q 1 NPOって 何? 2 Q 2 非 営 利 とはどういうことですか? 2 Q 3 NGOとの 違 いは? 3 Q 4 NPOとボランティアとの 違 いは? 3 Q 5 NPOで 働 いて 給 料 をもらえますか? 4 Q 6 町 内 会 や 自 治 会 との 違 いは? 4 Q 7

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

WAIS-Ⅲの 結 果 1.IQ 群 指 数 IQ( 知 能 指 数 ) 群 指 数 言 語 性 動 作 性 全 検 査 言 語 理 解 知 覚 統 合 作 動 記 憶 処 理 速 度 VIQ PIQ FIQ VC PO WM PS IQ/ 標 準 得 点 78 82 78 80 91 85 66

WAIS-Ⅲの 結 果 1.IQ 群 指 数 IQ( 知 能 指 数 ) 群 指 数 言 語 性 動 作 性 全 検 査 言 語 理 解 知 覚 統 合 作 動 記 憶 処 理 速 度 VIQ PIQ FIQ VC PO WM PS IQ/ 標 準 得 点 78 82 78 80 91 85 66 ADHD を 疑 う 20 歳 代 前 半 性 の WAIS-Ⅲの 結 果 についての 相 談 相 談 内 容 20 歳 代 前 半 の 性 です ADHD を 疑 って 2 年 前 から 精 神 科 に 通 院 しています ADHD をハッキリさせたいので 数 ヶ 月 前 に WAIS-Ⅲを 受 けました 結 果 については 少 し 説 明 をしてもらったのですが いまひとつよく 理 解 できません

More information

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に 第 192 回 産 業 セミナー 社 会 保 障 の 公 的 負 担 現 状 と 課 題 前 川 聡 子 財 政 社 会 保 障 制 度 研 究 班 研 究 員 経 済 学 部 教 授 はじめに 野 田 政 権 発 足 後 社 会 保 障 財 源 の 確 保 を 目 的 とした 消 費 税 増 税 を 実 現 する 方 向 で 議 論 が 着 々 と 進 められている 既 に 消 費 税 ( 国 税

More information

この 説 に 信 憑 性 があるかないか わたしにはよく 分 かりませんが 語 呂 が 良 いし 昔 の 親 父 は 確 かにおっかないところがあったから そこに 収 まるまでに 何 らかのいきさつがあ ったとしても 親 父 に 定 着 していったのでしょうか 一 昔 か 二 昔 前 には 子 ども

この 説 に 信 憑 性 があるかないか わたしにはよく 分 かりませんが 語 呂 が 良 いし 昔 の 親 父 は 確 かにおっかないところがあったから そこに 収 まるまでに 何 らかのいきさつがあ ったとしても 親 父 に 定 着 していったのでしょうか 一 昔 か 二 昔 前 には 子 ども 聖 霊 降 臨 後 第 16 主 日 ( 特 定 22) 説 教 2011/10/2 聖 マタイ 福 音 書 第 21 章 33 節 ~43 節 於 : 聖 パウロ 教 会 司 祭 山 口 千 寿 地 震 雷 火 事 親 父 という 諺 をお 聞 きになったことがあると 思 います 怖 いもの 恐 ろしく 感 じられるものを 順 番 に 上 げたのだと 思 います わたしたちも3 月 11 日 の

More information

「知る前契約」に関するインサイダー見直し

「知る前契約」に関するインサイダー見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 2015 年 9 月 18 日 全 14 頁 知 る 前 契 約 に 関 するインサイダー 見 直 し 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2015 年 9 月 2 日 インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 規 定 に 関 する 内 閣 府 令 及 びガイド ラインの 改 正 が 行 われた 具 体 的 には いわゆる

More information

経 済 利 益 追 求 至 上 主 義 が 今 日 国 際 社 会 で 批 判 を 受 けています これと 表 裏 一 体 の 関 係 を なしているのが 国 内 における 生 産 企 業 重 視 の 政 治 行 政 経 済 体 制 です 本 来 政 治 経 済 も 機 構 制 度 も 生 活 者

経 済 利 益 追 求 至 上 主 義 が 今 日 国 際 社 会 で 批 判 を 受 けています これと 表 裏 一 体 の 関 係 を なしているのが 国 内 における 生 産 企 業 重 視 の 政 治 行 政 経 済 体 制 です 本 来 政 治 経 済 も 機 構 制 度 も 生 活 者 公 明 党 綱 領 一 生 命 生 活 生 存 の 人 間 主 義 公 明 党 は 生 命 生 活 生 存 を 最 大 に 尊 重 する 人 間 主 義 を 貫 き 人 間 人 類 の 幸 福 追 求 を 目 的 とする 開 かれた 国 民 政 党 です 人 類 史 的 転 換 期 と 呼 ばれる 二 十 世 紀 から 二 十 一 世 紀 への 時 代 の 大 転 機 に 立 って 今 日 の 状

More information

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(改訂版)

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(改訂版) 会 社 法 施 行 規 則 及 び 会 社 計 算 規 則 による 株 式 会 社 の 各 種 書 類 のひな 型 ( 改 訂 版 ) 2010 年 12 月 17 日 社 団 法 人 日 本 経 済 団 体 連 合 会 経 済 法 規 委 員 会 企 画 部 会 会 社 法 施 行 規 則 及 び 会 社 計 算 による 株 式 会 社 の 各 種 書 類 のひな 型 ( 改 訂 版 ) 目 次

More information

2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤 氏 の 学 位 論 文 審 査 が 実 施 された まず 周 家 彤 氏 から 本 審 査 の 申 請 の 際 に 提 出 した 履 歴 書 の

2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤 氏 の 学 位 論 文 審 査 が 実 施 された まず 周 家 彤 氏 から 本 審 査 の 申 請 の 際 に 提 出 した 履 歴 書 の 様 式 D 学 位 記 番 号 甲 第 45 号 氏 名 周 家 彤 論 文 題 目 長 春 市 における 満 州 国 旧 祉 群 の 保 存 と 変 遷 学 位 審 査 委 員 主 査 西 尾 林 太 郎 副 査 谷 澤 明 副 査 馬 場 毅 2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

ョン 会 場 には 予 想 を 上 まわる 約 500 名 の 参 加 者 があった このことから 長 期 休 暇 や 労 働 時 間 働 き 方 などに 関 する 労 働 者 や 企 の 関 心 が 高 まってきていることを 実 感 した 本 稿 では 企 にとって 労 働 者 の 仕 事 と 生

ョン 会 場 には 予 想 を 上 まわる 約 500 名 の 参 加 者 があった このことから 長 期 休 暇 や 労 働 時 間 働 き 方 などに 関 する 労 働 者 や 企 の 関 心 が 高 まってきていることを 実 感 した 本 稿 では 企 にとって 労 働 者 の 仕 事 と 生 職 人 生 と 労 働 時 間 をめぐる 諸 課 題 はじめに 井 戸 和 男 いわゆるバブル 経 済 が 崩 壊 し 極 めて 厳 しいグローバルな 競 争 下 において 企 は 生 き 残 りをかけて リ ストラクチャリングを 行 ってきた その 主 な 方 法 の 一 つが 人 件 費 の 抜 本 的 削 減 であった これまで 日 本 型 経 営 といわれた 経 営 のあり 方 を 根 本

More information

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生 2012 年 6 月 14 日 森 本 紀 行 資 産 運 用 コラム 厚 生 年 金 基 金 の 脱 退 と 解 散 をめぐる 社 会 問 題 前 回 は 総 合 型 厚 生 年 金 基 金 について 解 散 と 任 意 脱 退 をめぐる 解 き 得 ない 難 問 が 検 討 さ れたのでした 今 回 は 続 編 として その 難 問 が 具 体 的 な 社 会 問 題 化 していることについて

More information

か 1か 6)に 挿 入 する 答 案 例 は 1 2 4 5 6 判 例 紹 介 7 8の 順 で 基 本 にほぼ 忠 実 に 書 いている 参 考 にしよう (3)あてはめ 結 論 答 案 例 の3を 参 照 あてはめと 結 論 を 明 確 に 分 けて 記 述 決 して 端 折 らない *あて

か 1か 6)に 挿 入 する 答 案 例 は 1 2 4 5 6 判 例 紹 介 7 8の 順 で 基 本 にほぼ 忠 実 に 書 いている 参 考 にしよう (3)あてはめ 結 論 答 案 例 の3を 参 照 あてはめと 結 論 を 明 確 に 分 けて 記 述 決 して 端 折 らない *あて 診 断 テストまでに 記 憶 を 喚 起 しておかねばならない 重 要 知 識 一 覧 表 2014.03.24 中 川 孝 博 テキスト( 赤 池 一 将 = 中 川 孝 博 刑 事 法 入 門 [ 第 2 版 ] )4~6 頁 法 学 の 定 義 は 何 か 法 学 をマスターするために 設 定 した 2 つの 大 目 標 は 何 か 刑 事 訴 訟 法 の 領 域 で 対 立 する 2 つの

More information

( 続 紙 1 ) 京 都 大 学 博 士 ( 人 間 環 境 学 ) 氏 名 橋 本 周 子 論 文 題 目 グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 フランス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( 論 文 内 容 の 要 旨 ) 本 論 文 は 18 世 紀

( 続 紙 1 ) 京 都 大 学 博 士 ( 人 間 環 境 学 ) 氏 名 橋 本 周 子 論 文 題 目 グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 フランス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( 論 文 内 容 の 要 旨 ) 本 論 文 は 18 世 紀 Title グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 : フラ ンス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( Abstract_ 要 旨 ) Author(s) 橋 本, 周 子 Citation Kyoto University ( 京 都 大 学 ) Issue Date 2012-09-24 URL http://hdl.handle.net/2433/161026

More information

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc 2006.4.29 台 湾 における 憲 法 と 市 民 社 会 陳 志 明 本 報 告 では まず 台 湾 における 憲 法 の 変 遷 とその 歴 史 的 社 会 的 背 景 をたどった 上 で 憲 法 と 市 民 社 会 との 関 わり そして 東 アジア 規 模 での 課 題 について 考 える Ⅰ 蒋 介 石 蒋 経 国 政 権 期 1. 中 華 民 国 憲 法 の 制 定 台 湾 の 憲

More information

1 現 代 人 の 空 間 イメージ 1 --- 関 係 としての 空 間 と 広 がりとしての 空 間 空 間 とはどんなものですか と 聞 かれた 時 に 現 代 人 の 多 くがイメージするのは たぶんx y z 軸 からなる 三 次 元 座 標 空 間 であろう この 座 標 空 間 として

1 現 代 人 の 空 間 イメージ 1 --- 関 係 としての 空 間 と 広 がりとしての 空 間 空 間 とはどんなものですか と 聞 かれた 時 に 現 代 人 の 多 くがイメージするのは たぶんx y z 軸 からなる 三 次 元 座 標 空 間 であろう この 座 標 空 間 として * 空 間 のイメージの 変 遷 佐 野 正 博 1 現 代 人 の 空 間 イメージ 1 --- 関 係 としての 空 間 と 広 がりとしての 空 間... 1 2 古 代 における 空 間 論 争 --- 空 虚 の 問 題 をめぐる 争 い... 1 3 近 代 における 空 間 論 争 (1) --- 運 動 記 述 の 相 対 性... 2 4 近 代 における 空 間 論 争 (2)

More information

(Microsoft Word - \212\256\220\254\224\305)

(Microsoft Word - \212\256\220\254\224\305) 演 習 Ⅰ 安 立 先 生 母 子 関 係 が 女 子 大 生 の 友 人 関 係 に 及 ぼす 影 響 C 班 問 題 私 たちには 生 まれた 瞬 間 から 母 親 の 存 在 がある 母 親 は 遺 伝 的 発 達 的 に 最 も 近 く 互 いに 依 存 し 合 う 関 係 であり 共 生 関 係 が 続 きやすい 乳 児 は 生 後 まもなく 第 一 次 養 育 者 に 対 し 特 別 な

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

安 倍 政 権 の 法 人 税 減 税 は 今 回 の 法 人 税 減 税 だけではありません 思 い 出 してください 昨 年 個 人 の 負 担 すなわち 復 興 特 別 所 得 税 は 残 したまま 復 興 特 別 法 人 税 だけを 前 倒 しで 廃 止 しており ここでも 6,453 億

安 倍 政 権 の 法 人 税 減 税 は 今 回 の 法 人 税 減 税 だけではありません 思 い 出 してください 昨 年 個 人 の 負 担 すなわち 復 興 特 別 所 得 税 は 残 したまま 復 興 特 別 法 人 税 だけを 前 倒 しで 廃 止 しており ここでも 6,453 億 平 成 27 年 3 月 25 日 所 得 税 法 等 改 正 案 民 主 党 新 緑 風 会 おだち 源 幸 はじめに 民 主 党 新 緑 風 会 のおだち 源 幸 です 会 派 を 代 表 して 所 得 税 法 等 改 正 案 について 質 問 を 致 します まず 数 字 をあげたいと 思 います 1,200 億 9,784 万 大 変 大 きな 数 字 ですが みなさん 何 の 数 字 かお

More information

審 査 請 求 人 は, 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 に 付 された 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 357 号 に 係 る 事 件 の 証 拠 を 収 集 する 目 的 で 本 件 文 書 を 請 求 した 当 該 事 件 については, 審 査 会 の 結 論

審 査 請 求 人 は, 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 に 付 された 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 357 号 に 係 る 事 件 の 証 拠 を 収 集 する 目 的 で 本 件 文 書 を 請 求 した 当 該 事 件 については, 審 査 会 の 結 論 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 26 年 10 月 24 日 及 び 平 成 27 年 1 月 26 日 ( 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 576 号 及 び 平 成 27 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 28 号 ) 答 申 日 : 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 平 成 27 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 45 号 及 び 同 第 46

More information

1 今 自 分 の 内 にある 授 業 観 を 見 つめ 直 す 授 業 力 向 上 は 目 標 とする 授 業 像 について 自 分 なりの 言 葉 で 表 現 することから 始 まる 理 想 の 授 業 像 について 新 採 用 教 員 から 中 堅 教 員 までの 経 験 年 数 も 様 々な

1 今 自 分 の 内 にある 授 業 観 を 見 つめ 直 す 授 業 力 向 上 は 目 標 とする 授 業 像 について 自 分 なりの 言 葉 で 表 現 することから 始 まる 理 想 の 授 業 像 について 新 採 用 教 員 から 中 堅 教 員 までの 経 験 年 数 も 様 々な 研 究 ノート 国 語 科 を 中 心 とする 授 業 力 向 上 についての 一 考 察 A Study on the Development of Teacher Competence, Centering on Teaching Japanese Language Arts 吉 田 人 史 YOSHIDA Hitoshi 水 上 義 行 MIZUKAMI Yoshiyuki はじめに 授 業

More information

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成 益 田 市 社 会 教 育 推 進 計 画 益 田 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 2 月 策 定 目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進

More information

の 命 題 従 って 哲 学 とは 何 の 関 係 もないこと これ 以 外 の 何 も 語 らない というものであ る ( 論 考 6.53 奥 雅 博 訳 以 下 同 様 )とか 哲 学 はまさにあらゆることを 立 言 するだ けであって 何 事 も 説 明 せず 何 事 も 推 論 しない (

の 命 題 従 って 哲 学 とは 何 の 関 係 もないこと これ 以 外 の 何 も 語 らない というものであ る ( 論 考 6.53 奥 雅 博 訳 以 下 同 様 )とか 哲 学 はまさにあらゆることを 立 言 するだ けであって 何 事 も 説 明 せず 何 事 も 推 論 しない ( イロニー 的 な 主 体 としてのウィトゲンシュタインについて -WS ウィトゲンシュタイン:その 生 と 思 想 から 受 け 取 りうるもの 提 題 要 旨 - 鬼 界 彰 夫 1.ウィトゲンシュタインから 我 々が 受 け 取 りうるものとしての 哲 学 の 仕 方 ウィトゲンシュタインから 我 々が 受 け 取 りうるもの とは 彼 以 外 からは 受 け 取 ること のできないもの あるいはできそうにないものでなければならないだろう

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information

納品用.indd

納品用.indd 福 島 県 男 女 共 生 センター 公 募 研 究 レポート 福 島 県 男 女 共 生 センターでは 男 女 共 同 参 画 社 会 を 実 現 するうえで 取 り 組 まなければならない さまざまな 課 題 を 把 握 し 解 決 の 方 法 を 探 るため 学 術 的 専 門 研 究 を 行 い 全 国 世 界 に 発 信 する ための 公 募 研 究 を 実 施 しました 平 成 15 16

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

職場でのがん経験者とのコミュニケーション調査報告

職場でのがん経験者とのコミュニケーション調査報告 ~ がんになっても 安 心 して 暮 らせる 社 会 の 実 現 に 向 けて ~ 職 場 でのがん 経 験 者 とのコミュニケーション 調 査 報 告 2013 年 4 月 16 日 アフラック(アメリカンファミリー 生 命 保 険 会 社 日 本 における 代 表 者 社 長 : 外 池 徹 )は 職 場 におけ るがん 経 験 者 と 上 司 同 僚 など 周 囲 とのコミュニケーションに 関

More information

Microsoft Word - 河村豊 灌漑農業と科学・技術の発展 理科教室2002

Microsoft Word - 河村豊 灌漑農業と科学・技術の発展 理科教室2002 理 科 教 室 2002 年 2 月 pp.96-101 連 載 : 科 学 史 から 考 える2 灌 漑 農 業 と 科 学 技 術 の 発 展 河 村 豊 1. 科 学 主 義 の 風 潮 近 年 になって 科 学 研 究 を 経 済 対 策 に 利 用 しようという 動 きに 加 速 がついてきた ようだ.その 事 例 の1つを, 最 近 の 日 本 の 科 学 技 術 政 策 に 見 ることができる.2001

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

農業簿記演習資料

農業簿記演習資料 農 業 経 営 講 座 ( 複 式 簿 記 )テキスト 平 成 18 年 1 月 = はじめに============================= この 講 座 では 簿 記 ソフトで 記 帳 を 始 めることを 前 提 として 複 式 簿 記 ( 以 下 簿 記 )を 学 んでいきます 簿 記 に 関 する 予 備 知 識 を 持 っていただくため 簡 単 なクイズを 用 意 しました ので

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

4 研 究 内 容 (1) 技 術 家 庭 科 で 育 成 したい 資 質 能 力 の 考 察 現 在 わが 国 では 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 少 子 高 齢 化 など 社 会 の 変 化 が 著 しい 少 子 化 については 合 計 特 殊 出 生 率 ( 15 歳 から49

4 研 究 内 容 (1) 技 術 家 庭 科 で 育 成 したい 資 質 能 力 の 考 察 現 在 わが 国 では 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 少 子 高 齢 化 など 社 会 の 変 化 が 著 しい 少 子 化 については 合 計 特 殊 出 生 率 ( 15 歳 から49 生 きる 力 をはぐくむ 家 庭 科 教 育 - 生 活 の 自 立 を 目 指 した 指 導 と 評 価 の 工 夫 - 指 導 主 事 竹 川 春 美 Takegawa Harumi 要 旨 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 高 齢 社 会 の 到 来 など 社 会 の 変 化 が 著 しい このような 社 会 状 況 の 中 で 男 女 を 問 わず 生 活 の 自 立 に 必 要

More information

序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行 ってきたが ベトナム 民 法 2005 年 改 正 法 ( 以 下 現 行 法 )の 立 法 時 と 同 様 に 今 回 の 2015 年 民 法 改 正 に

序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行 ってきたが ベトナム 民 法 2005 年 改 正 法 ( 以 下 現 行 法 )の 立 法 時 と 同 様 に 今 回 の 2015 年 民 法 改 正 に 2015.9.1 2015 年 ベトナム 民 法 改 正 ドラフトに 対 する JICA 民 法 共 同 研 究 会 見 解 (エグゼクティブ サマリー) JICA 法 司 法 制 度 改 革 支 援 プロジェクト(フェーズ 2) 民 法 共 同 研 究 会 序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行

More information

Microsoft Word - 21木育インストラクター・テキスト_HP用・p5~p41_20100315.docx

Microsoft Word - 21木育インストラクター・テキスト_HP用・p5~p41_20100315.docx 1. 木 育 とは 何 か 木 育 は 幼 児 期 から 原 体 験 としての 木 材 との 関 わりを 深 め 豊 かなく らしづくり 社 会 づくり そして 森 づくりに 貢 献 する 市 民 の 育 成 をめざす 活 動 です 例 えば 以 下 に 示 すような 活 動 は 代 表 的 な 木 育 の 活 動 です 木 育 の 活 動 は 非 常 に 多 様 であり そして 学 習 対 象 の

More information

研究計画書(雛型)

研究計画書(雛型) (ver. 2013.02) 研 究 計 画 書 ( 平 成 26 年 8 月 3 日 作 成 ) 研 究 課 題 名 重 症 心 身 障 害 児 を 対 象 とした 保 育 実 施 の 効 果 の 評 価 に 関 する 研 究 研 究 者 代 表 者 ( 主 任 研 究 者 ) 氏 名 : 堀 口 寿 広 所 属 : 精 神 保 健 研 究 所 社 会 精 神 保 健 研 究 部 職 名 : 家

More information

東京都教育庁配布・説明資料

東京都教育庁配布・説明資料 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 基 本 構 想 検 討 委 員 会 中 間 まとめについて 1 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 の 設 置 の 基 本 的 な 考 え 方 4 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 の 設 置 の 基 本 的 な 枠 組 み 理 数 を 中 心 に 世 界 に 伍 して 活 躍 できる 人 間 を 育 成 するため 児 童 生 徒 一 人 一 人 の

More information

写 植 新 聞 印 刷 所 の 写 植 機 械 の 文 字 で 作 った 新 聞 の 呼 称 転 じて 印 刷 所 に 製 版 を 依 頼 し た 新 聞 を 写 植 新 聞 と 総 称 している 手 き ワ ー プ ロ 新 聞 各 新 聞 局 が 手 書 きまたはワープロソフ トを 活 用 して

写 植 新 聞 印 刷 所 の 写 植 機 械 の 文 字 で 作 った 新 聞 の 呼 称 転 じて 印 刷 所 に 製 版 を 依 頼 し た 新 聞 を 写 植 新 聞 と 総 称 している 手 き ワ ー プ ロ 新 聞 各 新 聞 局 が 手 書 きまたはワープロソフ トを 活 用 して 基 本 編 1 新 聞 の 名 称 新 聞 の 各 部 分 にはそれぞれ 名 称 があります これを 理 解 しておくと 編 集 会 議 や 校 正 の 時 など に 生 徒 との 会 話 がスムーズになります ペ ー ジ 数 号 数 ノ ン ブ ル 発 行 年 月 日 リ ー ド 題 字 カコミ 絵 解 き 主 見 出 し 題 字 下 縦 ケイ 線 ヨ セ 1 段 段 ケイ 線 絵 解 き - 1

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 20 日 ( 金 ) 午 後 3 時 15 分 ~ 午 後 4 時 50 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 教 育 長 青 木 洋 委 員 ( 教 育 長 職 務 代 理 者 ) 藤 田 義 嗣 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 土 井 真 一 1 開 会 教

More information

Taro-1407伊藤光子.jtd

Taro-1407伊藤光子.jtd 大 学 院 派 遣 研 修 報 告 書 所 属 校 新 宿 区 立 牛 込 第 一 中 学 校 氏 名 伊 藤 光 子 派 遣 大 学 院 東 京 学 芸 大 学 専 攻 コース 学 校 教 育 専 攻 学 校 教 育 コース 研 究 テーマ 総 合 的 な 学 習 の 時 間 における 教 師 についての 一 考 察 - 伊 那 市 立 伊 那 小 学 校 の 実 践 事 例 を 通 して - Ⅰ

More information

                                14千監第    号

                                14千監第    号 千 葉 市 監 査 委 員 告 示 第 17 号 地 方 自 治 法 ( 昭 和 2 2 年 法 律 第 6 7 号 ) 第 2 4 2 条 第 4 項 の 規 定 に よ り 千 葉 市 職 員 措 置 請 求 (22 千 監 ( 住 ) 第 3 号 ) に 係 る 監 査 の 結 果 を 別 紙 のとおり 公 表 します 平 成 22 年 1 1 月 9 日 千 葉 市 監 査 委 員 古 川

More information

Taro-j5_11 観量性理論2016_03.jt

Taro-j5_11 観量性理論2016_03.jt 11 観 量 性 理 論 競 輪 や 競 馬 自 動 車 レース オリンピック 等 で 各 種 競 争 が 行 われている また 人 間 はその 昔 石 や 棒 切 れなどを 投 げて 逃 げる 獲 物 を 捕 まえた これらは 速 度 ( 相 対 的 な 運 動 や 速 さ)を 比 較 しているのであって 速 度 の 比 較 は 我 々の 生 存 生 活 にお ける 必 然 的 な 事 柄 である

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends 経 済 関 連 レポート 年 金 財 政 をやさしく 解 説 ( 中 編 ) 発 表 日 :2014 年 7 月 7 日 ( 月 ) ~ 所 得 代 替 率 を 基 準 に 使 った 年 金 削 減 ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 熊 野 英 生 ( :03-5221-5223) 財 政 検 証 をみて 戸 惑 うのは 所 得 代

More information

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用 鳥 取 県 大 規 模 店 舗 立 地 誘 導 条 例 ( 平 成 21 年 3 月 27 日 鳥 取 県 条 例 第 5 号 ) 目 次 前 文 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 大 規 模 店 舗 の 立 地 の 誘 導 ( 第 8 条 - 第 17 条 ) 第 3 章 雑 則 ( 第 18 条 - 第 20 条 ) 附 則 本 県 には 都 市 部 はもちろん

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

今 後 の 社 会 保 険 関 係 の 法 改 正 情 報 社 会 保 障 制 度 の 持 続 のために 平 成 28 年 4 月 から 健 康 保 険 の 標 準 報 酬 月 額 と 賞 与 額 の 上 限 額 が 改 定 されます その 他 社 会 保 険 の 法 改 正 動 向 について 解

今 後 の 社 会 保 険 関 係 の 法 改 正 情 報 社 会 保 障 制 度 の 持 続 のために 平 成 28 年 4 月 から 健 康 保 険 の 標 準 報 酬 月 額 と 賞 与 額 の 上 限 額 が 改 定 されます その 他 社 会 保 険 の 法 改 正 動 向 について 解 事 務 所 レポート 2016 年 1 月 号 Jan 2016 1 m 今 後 の 社 会 保 険 関 係 の 法 改 正 情 報 注 目 トピックス 01 今 後 の 社 会 保 険 関 係 の 法 改 正 情 報 社 会 保 障 制 度 の 持 続 のために 平 成 28 年 4 月 から 健 康 保 険 の 標 準 報 酬 月 額 と 賞 与 額 の 上 限 額 が 改 定 されます その

More information

2 参 考 資 料 1 好 きなもの 欲 しいものリスト 組 番 氏 名 ( ) 私 が 本 当 に 好 きなこと 好 きなものとは 何 だろう 10 個 挙 げてみよう 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 私 が 本 当 に 欲 しいものは 何 だろう 10 個 挙 げてみよう 1 2 3

2 参 考 資 料 1 好 きなもの 欲 しいものリスト 組 番 氏 名 ( ) 私 が 本 当 に 好 きなこと 好 きなものとは 何 だろう 10 個 挙 げてみよう 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 私 が 本 当 に 欲 しいものは 何 だろう 10 個 挙 げてみよう 1 2 3 アファメーション( 理 想 の 自 己 イメージの 創 造 ) 高 校 (3 年 ) 1 本 時 の 指 導 ( 本 時 は 第 3 時 ) 第 1 時 夢 と 目 標 第 2 時 夢 (ビジョン)をリスト 化 する 第 3 時 目 標 のビジュアル 化 とアファメーション 化 のコツ (1) ねらい 好 きなもの 欲 しいものリストを 作 成 し それをもとにして 理 想 とする 人 間 像 性

More information

Microsoft PowerPoint - 2011年9月cajs会議報告公開用

Microsoft PowerPoint - 2011年9月cajs会議報告公開用 政 策 空 間 における 政 党 と 有 権 者 大 学 院 人 文 社 会 科 学 研 究 科 国 際 公 共 政 策 専 攻 竹 中 佳 彦 テーマ 1 政 策 空 間 における 政 党 と 有 権 者 の 位 置 前 回 (7 月 27 日 )の 発 表 の 残 り 2 日 本 人 の 政 党 支 持 前 回 の 報 告 に 対 する 質 疑 政 党 支 持 とは 何 か? だれが 支 持 しているのか?

More information

< 1 > 氏 名 沈 しん 国 威 博 士 の 専 攻 分 野 の 名 称 博 土 ( 文 学 ) 学 位 記 番 号 第 τr:::t ミf 学 位 授 与 年 月 日 平 成 5 年 2 月 1 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 l 項 該 当 文 学 研 究 科

< 1 > 氏 名 沈 しん 国 威 博 士 の 専 攻 分 野 の 名 称 博 土 ( 文 学 ) 学 位 記 番 号 第 τr:::t ミf 学 位 授 与 年 月 日 平 成 5 年 2 月 1 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 l 項 該 当 文 学 研 究 科 Title 近 代 における 中 日 語 彙 交 渉 についての 研 究 Author(s) 沈, 国 威 Citation Issue Date Text Version none URL http://hdl.handle.net/11094/29170 DOI Rights Osaka University < 1 > 氏 名 沈 しん 国 威 博 士 の 専 攻 分 野 の 名 称 博 土

More information

10是枝075-080.eca

10是枝075-080.eca 鳴 門 教 育 大 学 授 業 実 践 研 究 - 学 部 大 学 院 の 授 業 改 善 をめざして- 第 15 号 2016 自 ら 学 び 続 ける 児 童 を 支 える 授 業 の 開 発 と 実 践 -- 数 取 りゲームを 題 材 として-- 是 枝 佑 徳 *, 亀 井 光 * *, 亀 谷 直 樹 川 村 俊 貴 *, 黒 田 浩 平 * *, 辻 永 大 地 坪 井 将 史 *,

More information

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 議 事 録 招 集 期 日 平 成 28 年 2 月 12 日 ( 金 ) 場 所 市 役 所 7 階 第 5 室 開 2 月 12 日 午 後 2 時 00 分 遠 藤 英 樹 閉 2 月 12 日 午 後 3 時 25 分 遠 藤 英 樹 遠 藤 英 樹 代 理 早 舩 直 彦 出 席 状 況 駒 﨑 繁 夫 出 欠 石 塚 京 子 出 欠 谷

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 立 教 大 学 経 済 学 部 2014 年 度 スタディサポートプログラム 実 施 報 告 Ⅰ. 実 施 概 要 キャリア 教 育 運 営 委 員 会 実 施 目 的 : 1. 新 入 生 が 高 校 までの 学 び 方 と 大 学 での 学 び 方 の 違 いを 知 り 大 学 での 学 びに 期 待 と 意 欲 を 持 つ 2. 新 入 生 が 経 済 学 部 の 先 輩 の 姿 を 見 て

More information

社会科学習指導略案

社会科学習指導略案 第 3 学 年 社 会 科 ( 公 民 的 分 野 ) 学 習 指 導 案 日 時 : 平 成 24 年 9 月 28 日 ( 金 )5 校 時 学 級 : 男 子 9 名 女 子 18 名 計 27 名 指 導 者 : 千 葉 邦 彦 1 単 元 名 第 3 章 わたしたちの 暮 らしと 民 主 政 治 第 2 節 司 法 権 の 独 立 と 裁 判 ( 教 育 出 版 P92~101) 2 単

More information

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ 北 本 市 いじめ 自 殺 裁 判 最 高 裁 決 定 を 受 けて 原 告 弁 護 団 支 援 団 より 声 明 メッセージ 2014 年 10 月 7 日 A 弁 護 団 声 明 1 2005 年 に 自 殺 した 埼 玉 県 北 本 市 の 中 学 校 1 年 の 女 子 生 徒 ( 当 時 12 歳 )の 両 親 が 市 と 国 に 計 約 7670 万 円 の 損 害 賠 償 を 求 めた

More information

207907_帝京_外国文学論集-6校.indb

207907_帝京_外国文学論集-6校.indb の はじめに の である については 9 (857)11 に の が されており その を うことができる は が に した に する を っ た 1 その に の を かれんとして に し た が されていることを りながら との もあり これ に できなかった は 18 (799)に の として まれ 18 で に し その を ねて に 59 でこの を るが において の の でも った を

More information

手 4 社 の 社 長 4 名 を 招 致 して,その5 人 に30 分 ずつ 質 疑 を 行 う 予 定 で あったところ, a 両 業 界 から1 名 ずつ1 時 間 の 質 疑 を 行 うことになり, b 生 命 保 険 協 会 の 会 長 を 兼 任 していた の 質 疑 時 間 は 当 初

手 4 社 の 社 長 4 名 を 招 致 して,その5 人 に30 分 ずつ 質 疑 を 行 う 予 定 で あったところ, a 両 業 界 から1 名 ずつ1 時 間 の 質 疑 を 行 うことになり, b 生 命 保 険 協 会 の 会 長 を 兼 任 していた の 質 疑 時 間 は 当 初 平 成 23 年 (ワ) 第 21209 号 損 害 賠 償 請 求 事 件 原 告 被 告 渡 邉 光 一 郎 第 2 準 備 書 面 平 成 24 年 3 月 1 日 東 京 地 方 裁 判 所 民 事 第 8 部 合 議 係 御 中 原 告 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 阪 口 徳 雄 同 金 啓 彦 同 大 住 洋 外 14 名 本 書 面 は, 被 告 準 備 書 面 (1)に 対 する

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

Microsoft Word - 8鶴山2(校正).doc

Microsoft Word - 8鶴山2(校正).doc 子 どもの 遊 びの 実 態 に 関 する 研 究 A Study of Actual Conditions of Children s Play 鶴 山 博 之 TSURUYAMA Hiroyuki 橋 爪 和 夫 1) HASHIZUME Kazuo 中 野 綾 2) NAKANO Aya Ⅰ. 緒 言 子 どもは 遊 びを 経 験 することによってさまざまなことを 学 習 していくといわれている

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information