< A815B88EA D E9E82CDCBDEC3DEB593E CABCB0C48BB389C895CA82E093FC97CD E786C73>

Size: px
Start display at page:

Download "<4832328372836683498389834383758389838A815B88EA9797288D5890568E9E82CDCBDEC3DEB593E09765814195CABCB0C48BB389C895CA82E093FC97CD21212950444697702E786C73>"

Transcription

1 ビデオライブラリー H23 年 度 1 社 会 修 学 旅 行 事 前 研 究 京 都 Ⅰ 近 畿 編 (1) 15 小 中 Ⅰ 歴 史 に 生 きる = 人 と 社 会 = 京 都 の 起 源 室 町 の 名 刹 秀 吉 の 京 都 改 造 江 戸 と 明 治 二 つの 大 工 事 現 代 の 素 顔 2 社 会 修 学 旅 行 事 前 研 究 京 都 Ⅱ 近 畿 編 (2) 15 小 中 Ⅱ 暮 らしの 四 季 = 生 活 と 文 化 = 秋 ( 伝 統 工 芸 と 西 陣 織 ) 冬 (すぐき 漬 けと 京 野 菜 ) 春 ( 京 都 路 上 ウォッチング) 夏 ( 祇 園 祭 りと 大 文 字 焼 き) 3 社 会 修 学 旅 行 事 前 研 究 奈 良 Ⅰ 近 畿 編 (3) 15 小 中 Ⅰ 平 城 京 はいま = 町 と 寺 院 = 平 城 京 の 設 立 と 天 平 文 化 平 城 京 と 現 在 の 奈 良 4 社 会 修 学 旅 行 事 前 研 究 奈 良 Ⅱ 近 畿 編 (4) 15 小 中 Ⅱ 古 代 のなぞ = 古 墳 と 石 造 物 = 大 和 路 の 古 墳 飛 鳥 の 石 造 物 いかるがの 里 5 社 会 クルマのできるまで *2 本 あり 16 小 商 品 企 画 風 景 2.イメーシ スケッチ クレイモテ ルなどによるテ サ イン 検 討 3.コンヒ ュータを 使 った 各 種 の 解 析 シミュレーション 4. 各 種 実 車 走 行 実 験 5. 部 品 や 鋼 材 の 納 品 風 景 6.エンシ ンの 生 産 工 程 7.フ レス 車 体 組 立 など 最 終 検 査 の 各 工 程 8.トレーラーや 車 両 運 搬 専 用 船 への 積 み 込 み 風 景 6 図 工 木 でつくる 20 小 図 工 版 画 をつくろう 21 小 道 徳 1 枚 の 新 聞 ( 責 任 ) 20 小 道 徳 あそびたいなあ 18 小 体 の 悪 い 子 に 対 してひどいことを 言 っても 平 気 だった ゆういち が 自 転 車 でころんでけがを したことにより 周 りの 子 の 親 切 のありがたさ 不 自 由 になることの 切 なさを 知 り 人 への 感 謝 の 気 持 ちを 持 てるようになると 同 時 に 体 の 悪 い 子 に 対 しても 理 解 を 深 めていく 物 語 集 団 登 校 に 遅 れた 子 に 上 級 生 がかばんを 持 たせる 罰 を 与 えている 集 合 に 遅 れた 理 10 道 徳 かばん 持 ち 19 小 由 を 知 った 少 女 が 自 分 たちもわざと 遅 れ その 罰 の 不 当 性 を 上 級 生 に 訴 えていく 様 子 を 描 く 京 浜 工 業 地 帯 を 舞 台 に 公 害 という 化 け 物 を 遠 景 にしながら 天 衣 無 縫 の 少 年 と 小 児 ぜん 11 その 他 ともだち( 劇 映 画 ) 86 小 そくの 少 女 との 交 流 を 通 じて 友 情 と 生 命 の 尊 さを 追 求 し みずみずしい 子 供 の 心 に 映 し 出 さ れた 現 代 の 歪 みをあなた 自 身 に 問 いかける 感 動 のドラマ 遊 びや 鳥 に 心 をひかれる 子 どもの 姿 や 学 校 で 家 庭 で 勉 強 に 追 いまくられる 子 どもの 姿 を 通 12 その 他 アフリカの 烏 ( 劇 映 画 ) 86 小 して 教 育 の 原 点 にせまる 作 品 東 京 から 北 国 の 海 へ みどりの 風 に 銀 輪 が 光 る! 貴 重 な 体 験 をとおして 自 立 にめざめゆく 13 その 他 走 れトマト にっぽん 横 断 300キロ( 劇 映 画 ) 95 小 子 どもたちを 描 いた 笑 いと 涙 の 感 動 作! 14 道 徳 尊 敬 する 父 20 小 その 他 大 地 の 冬 のなかまたち( 劇 映 画 ) 65 小 好 意 と 憎 悪 のチグハグな 気 持 の 中 でサブの 鉄 拳 が 飛 ぶ 離 農 や 出 稼 ぎに 象 徴 される 北 海 道 開 拓 農 民 の 現 実 と 鉱 山 閉 鎖 による 厳 しい 生 活 にもめげず 大 地 にガッチリ 根 をはって 明 るくたく ましく 生 きる 子 供 達 の 友 情 を 通 じて 自 立 心 と 協 調 の 精 神 の 大 切 さを 伝 える 作 品 アメリカ カリフォルニア 州 ロサンセ ルスの 近 くの 町 トーレンス この 町 に 親 の 転 勤 でやってきた 友 子 は ヘ ニ ンシュラ ヘリテッシ スクール5 年 生 のクラスに 編 入 する 11 才 の 少 女 の 目 を 通 して 見 たアメリカ アメリカ 人 の 16 道 徳 転 入 生 ( 国 際 理 解 ) 20 小 生 活 は 彼 女 にとって 驚 きや 当 惑 感 心 の 連 続 であった 彼 女 のアメリカでの 学 校 生 活 を 中 心 に アメリカ 人 の 子 供 達 の 様 子 などを 克 明 に 迫 っていく 班 の 共 同 研 究 が 少 しも 進 まない 原 因 を 探 ってみたら 班 長 と 班 員 との 間 に 色 々な 言 い 分 が 17 道 徳 班 長 の 命 令 とみんなのいい 分 20 小 出 て 来 た あるクラスのトラブルを 通 して 権 利 と 義 務 について 考 えます 舞 台 回 しとして 2 人 の 悪 魔 が 登 場 基 本 的 な 生 活 習 慣 を 身 につけた5 年 生 の 姉 いろいろ 問 18 健 康 わたしの 一 日 (1) 学 校 に 行 くまで 13 小 題 のあるやんちゃな2 年 生 の 弟 が 設 定 されている きちんとした 姉 の 生 活 リズムに 対 して 弟 のいいかげんであわただしい 生 活 ぶりが 映 し 出 されて それをナレーターが 訂 正 していく 19 健 康 わたしの 一 日 (2) 学 校 に 行 ったら 13 小 舞 台 回 しとして 2 人 の 悪 魔 が 登 場 する 悪 魔 たちの 目 を 引 いたのは 弟 の 教 室 での 子 供 た ちの 姿 勢 とくに 弟 の 姿 勢 の 悪 さが 悪 魔 たちを 喜 ばせる それをナレーターが 訂 正 し 正 しい 姿 勢 の 大 切 なわけを 解 説 する

2 健 康 安 全 の 保 持 家 庭 での 役 割 分 担 家 族 のだんらん 充 実 した 生 活 とは? 学 校 から 帰 っ 20 健 康 わたしの 一 日 (3) 家 に 帰 ったら 13 小 てから 夜 寝 るまでの 正 しい 生 活 のリズムについて 楽 しく 分 かりやすく 解 説 している 様 々な 言 動 による 誘 いに 対 処 するための 正 しい 判 断 適 切 な 態 度 身 の 守 り 方 などについて 21 安 全 見 知 らぬ 人 のさそい 20 小 考 えさせ 危 険 から 身 を 防 ぐにはどうしたらよいかという 心 構 えを 育 成 していく 生 え 変 わらない 歯 生 まれてはじめて 萌 出 する 乳 歯 や 六 歳 臼 歯 など 永 久 歯 について 説 いて 24 健 康 歯 の 健 康 (1) 生 え 変 わらない 歯 15 小 いる そして 歯 のはたらき 歯 の 役 目 虫 歯 の 予 防 など 私 たちの 歯 がもついろいろな 問 題 を 取 り 上 げる 25 健 康 歯 の 健 康 (2) 歯 そうのうろう 12 小 歯 ぐきの 病 気 歯 そうのうろうは 症 状 が 進 行 すると 骨 が 吸 収 され 歯 がグラグラになってしま う かかっている 人 たちの 年 令 層 をみると 小 中 学 生 から 始 まり 高 校 生 成 人 老 年 と 次 第 に 増 えている 歯 そうのうろうの 症 例 を 捉 え 予 防 と 歯 周 疾 患 に 対 する 処 置 を 提 示 する 26 健 康 歯 の 健 康 (3) 5つのステップ 19 小 虫 歯 予 防 の 具 体 的 な 方 法 手 段 を 5つのステッフ に 分 け 紹 介 第 一 ステッフ は 歯 の 定 期 検 査 第 二 ステッフ はフッ 素 添 付 などの 予 防 処 置 第 三 ステッフ は 早 期 治 療 第 四 ステッフ は 毎 日 の 歯 みが きとおやつの 与 え 方 第 五 ステッフ はバランスのとれた 食 事 ステッフ ごとに 構 成 してある 27 健 康 歯 の 健 康 (4) 648O ムシバゼロ 18 小 虫 歯 をつくる 菌 の 発 生 虫 歯 を 予 防 するための 歯 の 知 識 等 を 説 明 している 28 健 康 歯 の 健 康 (5) さようならむし 歯 21 小 日 本 人 が 持 つ 虫 歯 の 数 はたいへん 多 く 特 に 小 学 校 児 童 の 虫 歯 罹 患 率 が 高 い 歯 の 保 健 に 対 する 関 心 と 知 識 を 高 めることを 目 的 に 製 作 された かむことの 大 切 さや 永 久 歯 の 重 要 性 を 説 く また 虫 歯 の 症 例 や 将 来 虫 歯 が 大 きな 障 害 になる 可 能 性 があることを 語 っている 29 健 康 歯 の 健 康 (6) 知 っておきたい 歯 の 健 康 20 小 口 腔 衛 生 について 幅 広 く 歯 の 健 康 の 大 切 なこと を 理 解 できるように 制 作 されたもの 歯 の 生 え 方 から 虫 歯 の 予 防 歯 の 上 手 なみがき 方 虫 歯 の 進 行 と 早 期 治 療 など 歯 の 健 康 管 理 に 重 要 と 思 われる 点 を 映 像 化 してある 二 次 性 徴 の 発 現 と そのしくみの 初 歩 的 な 知 識 を 学 習 し 大 人 への 準 備 が 始 まったこと 発 達 には 個 人 差 があることを 知 らせて 不 安 や 悩 みを 取 り 除 くと 共 に 大 人 への 準 備 を 受 容 できる 30 性 性 教 育 (1) おとなになるということ 13 小 態 度 を 育 てるねらい (1) 変 化 するからだ (2)ホルモンの 働 き (3) 内 分 泌 器 官 (4) 体 つきを 考 える (5) 早 く 始 まる 産 むための 準 備 発 育 の 個 人 差 (6) 大 切 な 自 分 らしさ 31 性 性 教 育 (2) 男 の 子 と 女 の 子 の 体 のしくみ 13 小 性 性 教 育 (3) 生 命 の 誕 生 13 小 性 性 教 育 (4) 好 きということ 13 小 思 春 期 にさしかかった 児 童 に 性 器 の 構 造 とその 働 きを 大 まかに 理 解 させ 男 性 又 は 女 性 とし ての 自 分 の 性 の 認 識 ( 性 自 認 )を 確 かにし 同 時 に 異 性 の 性 器 も 理 解 することで 相 互 に 性 を 尊 重 する 心 情 や 態 度 を 養 うねらい (1) 女 性 の 体 の 中 の 器 官 (2) 月 経 のしくみとその 意 味 (3) 月 経 の 周 期 と 生 活 (4) 男 性 の 体 の 中 の 器 官 (5) 精 子 と 精 液 と 射 精 (6) 初 めての 射 精 人 間 は 他 の 哺 乳 類 と 同 様 赤 ちゃんを 母 体 の 中 で 育 て この 世 に 産 み 出 す 全 ての 人 の 生 命 が 父 母 によって 与 えられ2つとないものであるという 事 実 を 知 り 生 命 を 尊 重 する 心 情 と 態 度 を 育 てる (1) 生 命 はどのようにして 誕 生 するか (2) 精 子 と 卵 の 出 合 い (3) 受 精 のしくみのいろいろ (4) 女 性 の 体 に 送 り 込 まれる 精 子 と 受 精 卵 (5) 子 宮 の 中 で 育 つ 赤 ちゃんとその 誕 生 (6) 受 け 継 がれる 生 命 特 定 の 異 性 を 好 きになるのは 本 能 の 働 きによるが それをコントロールする 大 脳 の 新 皮 質 の 働 き もある 男 女 の 人 間 関 係 には 同 じ 働 きを 持 つ 相 手 のことを 思 いやる 心 情 と 態 度 が 必 要 であ ることを 学 ぶ (1) 人 を 好 きになるとは? (2) 生 きていくためには 食 べなくてはならない (3) 大 脳 の 新 しい 皮 質 と 古 い 皮 質 (4)お 菓 子 が 好 きと 人 間 が 好 きとの 違 い (5) 本 能 によって 求 めあう 男 女 (6) 相 手 の 心 を 思 いやる 新 しい 皮 質 34 性 ふしぎシリース (1) おとうさん おかあさん 15 小 導 入 なぜ 動 物 にはオスとメスがいるのか *おとうさんはなにをする 人? *あかちゃんはど こから? *あかちゃんはこうしてできる *あかちゃんのはじまりは? *おなかのなかでどう 育 つのかな? *どこからうまれてくるのかな? 35 性 ふしぎシリース (2) 先 生 のあかちゃん 15 小 * 赤 ちゃんはどこからきたのかな? *どうやっておなかの 中 に 入 ったのかな? *どんなふうに そだつのかな? *おとうさんは なにをしてくれるのかな? *どこからうまれてくるのかな?

3 36 性 ふしぎシリース (3) あかちゃんのはじまりは? 15 小 * 子 どもとおとなはどこがちがう? *どうしてわたしがうまれたの? *どうやってがったいさせ るのか? *おなかの 中 でどうそだつの? *あかちゃんはどこからうまれてくるのかな? *お とうさんはどうしましたか 37 性 ふしぎシリース (4) 女 の 子 男 の 子 15 小 *なぜ 女 子 の 方 が 成 長 が 早 いの? * 男 と 女 のからだはなぜちがうの? * 二 次 性 徴 *なぜ 胸 や おしりが 大 きくなるの? *なぜ 生 理 になるの? * 男 子 には 生 理 はないの? * 夢 精 *ヘ ニスはな ぜたつの? *ヘ ニスの 皮 がめくれるのはなぜ? * 復 習 * 初 潮 の 年 齢 ク ラフ * 精 通 の 年 齢 ク ラフ 38 性 ふしぎシリース (5) いっしょに 学 ぼう 初 潮 教 育 15 小 * 性 腺 刺 激 ホルモンと 二 次 性 徴 * 女 性 ホルモン * 男 性 ホルモン * 声 変 わり * 乳 房 の 発 達 * 男 子 の 性 器 と 性 機 能 * 精 子 * 夢 精 * 勃 起 * 女 子 の 性 器 と 性 機 能 * 卵 子 * 初 潮 * 月 経 の 手 当 て * 手 当 ての 練 習 *タンポンの 実 験 * 復 習 39 性 ふしぎシリース (6) こころのふしぎ 15 小 * 好 きな 子 がいると なぜ 意 地 悪 をしたくなるのか? * 好 きな 子 にあうと なぜ 目 をそらしてし まうのか? *こころはどこにあるのでしょう? * 心 臓 から 大 脳 へ * 大 脳 の 働 き *なぜスカー トめくりをしたくなるのか? *なぜ 悪 い 心 といい 心 があるのか? 40 性 ふしぎシリース (7) あかちゃんがうまれる 話 15 小 *おとなとこどもの 体 の 違 いは? *なぜ オッパイが 大 きくなるのか? *なぜ こしが 大 きくな るのか? * 男 性 器 * 精 子 * 女 性 器 * 卵 子 * 受 精 * 胎 児 の 成 長 *あかちゃんはどこから 生 まれるのか? * 生 まれたら へその 緒 はどうなるか? * 結 婚 するのはどうして? 41 交 通 あんぜん(1) どうろをあるくとき 7 小 * 安 全 な 登 下 校 ( 広 がり 歩 きの 危 険 ふざけ 歩 きの 危 険 通 学 路 を 通 る 右 側 を 正 しく 歩 く 曲 がり 角 での 安 全 確 認 ) 42 交 通 あんぜん(2) どうろをわたるとき 7 小 * 信 号 機 のある 道 路 の 横 断 ( 信 号 の 確 認 信 号 1 回 待 ち 信 号 機 のない 道 路 の 横 断 とびだ し 斜 め 横 断 左 右 の 安 全 確 認 ) * 歩 道 橋 の 利 用 44 交 通 あんぜん(4) あめのひのあるきかた 7 小 * 雨 の 日 の 歩 行 の 危 険 (かさのさし 方 道 路 の 歩 き 方 服 装 と 持 ち 物 雨 の 日 と 車 広 がり 歩 き 視 界 ) * 雨 あがりの 危 険 (かさのいたずら 水 溜 りの 遊 び) 45 交 通 あんぜん(5) じてんしゃにのるとき 9 小 *ブレーキの 点 検 をする * 錠 は 乗 るときに 母 親 から 借 りるという 約 束 をする * 自 転 車 に 乗 る 前 の 態 度 * 自 転 車 の 安 全 な 乗 り 方 46 交 通 あんぜん(6) くるまにちかよらない 9 小 * 自 動 車 の 死 角 ( 子 どもの 遊 びの 危 険 死 角 実 験 ) * 自 動 車 の 制 動 (とびだしの 危 険 制 動 距 離 実 験 ) * 自 動 車 の 内 輪 差 ( 交 差 点 の 危 険 内 輪 差 実 験 ) 47 交 通 あんぜん(7) ふみきりをわたるとき 8 小 * 踏 切 での 待 ち 方 渡 り 方 ( 待 つ 位 置 態 度 いろいろな 踏 切 電 車 の 風 圧 渡 るときの 安 全 確 認 ) * 線 路 内 での 遊 びと 危 険 ( 線 路 歩 き 線 路 でのいたずら) 48 交 通 あんぜん(8) くるまののりおり 8 小 * 車 の 待 ち 方 と 乗 車 のし 方 ( 並 んで 待 つ ふざけと 割 り 込 み) * 車 中 のルールとマナー( 正 しい 座 り 方 優 先 席 車 中 の 立 ち 歩 き 運 転 手 への 話 しかけ) * 降 車 後 の 危 険 ( 車 の 直 前 横 断 ) 交 通 ルールを 守 らない 子 どもを 見 つけては 事 故 を 起 こして 喜 んでいる 悪 魔 に やさしい 坂 本 49 交 通 こうつうじことんでいけ 18 小 新 兵 おじさんが おまわりさんになって 戦 いをいどむ 人 気 アニメ ト ラコ ン ホ ール のキャラクターによる 交 通 安 全 教 育 映 画 友 だちのフ ルマの 誕 生 日 に 招 か 50 交 通 ドラゴンボール 悟 空 の 交 通 安 全 15 小 れ 西 の 都 へ 向 った 孫 悟 空 が その 途 中 で 色 々な 出 来 事 にあいながら 交 通 ルールを 学 んでいく 51 交 通 安 全 教 室 (1) 自 転 車 の 正 しい 乗 り 方 12 小 交 通 安 全 教 室 (2) 自 動 車 と 歩 行 者 12 小 交 通 たけし 君 の 交 通 安 全 日 記 20 小 * 乗 る 前 の 約 束 ( 安 全 点 検 と 手 入 れ 行 先 帰 宅 時 刻 の 約 束 ) * 乗 車 のきまり( 左 側 からの 乗 り 降 り 左 側 走 行 交 差 点 の 一 時 停 止 ) * 危 険 な 乗 り 方 ( 二 人 乗 り 前 の 自 転 車 へのツラレ 心 理 左 折 車 への 注 意 並 列 走 行 ) * 交 差 点 の 渡 り 方 ( 安 全 な 右 折 方 法 ) * 車 歩 道 の 走 行 ( 車 道 側 の 走 行 歩 行 者 優 先 ) * 自 転 車 の 置 き 方 * 運 転 者 の 安 全 への 配 慮 (スタートと 安 全 確 認 道 路 での 遊 びの 危 険 運 転 者 から 見 えない 場 所 とび 出 しの 危 険 歩 行 者 保 護 運 転 者 同 士 の 譲 り 合 い 踏 切 と 一 時 停 止 ドア 開 閉 時 の 危 険 ) * 自 動 車 の 死 角 (ミラーの 視 野 と 役 割 ) * 自 動 車 の 安 全 走 行 ( 道 路 標 識 と 交 通 規 制 夜 間 の 危 険 ) 子 供 の 交 通 安 全 教 育 は 理 屈 より 体 で 覚 えることも 大 切 である ここでは 各 個 人 が 体 験 したで あろうような 種 々のケースを ある 子 供 をドキュメント 的 にとらえながら 交 通 安 全 の 基 本 をわ が 身 として 感 じ 取 れるよう 意 図 している

4 危 ない 目 にあった 仲 良 し 三 人 組 共 に 交 通 ルールは 熟 知 しているつもりだったが 自 動 車 に 54 交 通 交 通 事 故 にあわないために 18 小 同 乗 して 歩 行 者 の 様 子 を 観 察 し いかに 実 践 していなかったかに 気 がついた 小 学 校 5 年 生 の 良 治 君 が 車 と 衝 突 し 3ヶ 月 の 重 症 をおった このことで 婦 警 さんを 招 いて 交 55 交 通 自 転 車 事 故 ゼロヘの 誓 い 21 小 通 問 題 を 話 し 合 い 各 自 の 事 故 寸 前 の 体 験 を 通 じて 交 通 ルールの 大 切 さを 再 確 認 する 火 災 のとき そのようすを 知 って 先 生 の 指 示 に 従 い 安 全 な 行 動 をする 火 事 のこわさ(やけど 56 安 全 学 校 防 災 シリーズ(1) 火 事 とひなん 15 小 煙 にまかれる)をある 程 度 理 解 させ 日 頃 の 心 掛 けを 喚 起 させる 57 安 全 学 校 防 災 シリーズ(2) 火 事 そのとき 君 は 15 小 いろいろな 場 合 ( 学 校 家 庭 修 学 旅 行 )の 避 難 の 仕 方 について 示 し 防 災 施 設 設 備 の 配 置 場 所 や 機 能 を 知 らせる 燃 焼 ( 火 熱 ガス 煙 )のメカニズムを 示 し 適 切 な 行 動 と 原 理 を 教 える 地 震 にともなう 危 険 ( 倒 れる 物 落 下 する 物 出 火 )を 知 り ふだんからの 心 の 準 備 と 訓 練 が 大 58 安 全 学 校 防 災 シリーズ(3) 大 地 震 の 恐 怖 15 小 切 であることを 教 える 学 校 や 家 庭 道 路 歩 行 中 の 避 難 の 仕 方 と 安 全 な 行 動 の 仕 方 を 示 す 東 京 の 表 玄 関 ( 東 京 駅 警 視 庁 交 通 管 制 センター) 東 京 の 展 望 ( 東 京 タワー サンシャイン60) 江 戸 の 面 影 60 社 会 修 学 旅 行 事 前 研 究 関 東 編 (1) 東 京 Ⅰ 15 小 中 ( 皇 居 ) 首 都 の 景 観 ( 国 会 議 事 堂 霞 ヶ 関 官 庁 街 など) 赤 坂 未 来 都 市 (アークヒルス ) ウォーターフロント リ ホ ート( 野 鳥 の 森 公 園 中 央 防 波 堤 埋 め 立 て 地 ) 明 日 の 東 京 ( 新 宿 超 高 層 ヒ ル 新 都 庁 シティホール 模 型 ) 61 社 会 修 学 旅 行 事 前 研 究 関 東 編 (2) 東 京 Ⅱ 15 小 中 浅 草 ( 浅 草 寺 ほおずき 市 ) 上 野 ( 寛 永 寺 上 野 動 物 園 国 立 科 学 博 物 館 ) 神 田 ( 神 保 町 古 本 屋 街 秋 葉 原 ) 日 本 橋 ( 道 路 元 標 東 京 証 券 取 引 所 ) 銀 座 ( 銀 座 通 り) 赤 坂 見 附 ( 赤 坂 夜 景 ) 表 参 道 ( 竹 下 通 り 原 宿 駅 ) 渋 谷 (NHK 放 送 センター 公 園 通 り) 62 社 会 修 学 旅 行 事 前 研 究 関 東 編 (3) 日 光 15 小 中 華 厳 滝 と 中 禅 寺 湖 日 光 の 玄 関 口 ( 日 光 杉 並 区 神 橋 ) 二 社 一 寺 ( 二 荒 山 神 社 輪 王 寺 東 照 宮 の 陽 明 門 ほか) 都 市 観 光 日 光 と 人 々のくらし( 文 化 財 の 修 復 工 芸 品 日 光 茶 道 具 ) 奥 日 光 の 自 然 ( 戦 場 ガ 原 の 高 山 植 物 湯 元 温 泉 金 精 峠 ) 63 社 会 修 学 旅 行 事 前 研 究 関 東 編 (4) 鎌 倉 15 小 中 鶴 岡 八 幡 宮 と 鎌 倉 の 地 形 ( 段 葛 舞 殿 隠 れ 銀 杏 若 宮 大 路 ) 史 跡 をめぐって( 百 八 や ぐら 永 福 寺 跡 和 賀 江 島 ) 鎌 倉 仏 教 ( 建 長 寺 円 覚 寺 ) 文 化 財 を 守 る( 覚 園 寺 発 掘 調 査 と 出 土 した 文 化 財 ) 江 ノ 電 に 乗 って( 長 谷 駅 長 谷 大 仏 七 里 ヶ 浜 ) 色 の 三 要 素 を 主 とした 配 色 や 明 度 彩 度 色 相 関 係 色 彩 感 情 面 積 や 配 置 機 能 などを 中 67 美 術 配 色 18 中 心 とした 配 色 について 描 く 68 美 術 立 体 構 成 の 基 礎 22 中 すぐれた 立 体 構 成 の 感 覚 を 育 てるための 学 習 活 動 を 色 々 紹 介 しながら 生 徒 の 立 体 の 形 や 作 り 方 への 興 味 と 関 心 を 深 め 美 しい 立 体 への 製 作 意 欲 を 高 めさせる 69 情 報 情 報 基 礎 (1) 情 報 の 種 類 活 用 処 理 の 仕 方 20 中 情 報 情 報 基 礎 (2) コンピュータの 特 徴 ( 歴 史 ) 20 中 情 報 情 報 基 礎 (3) コンピュータの5 大 機 能 20 中 情 報 情 報 基 礎 (4) 社 会 の 中 のコンピュータ 20 中 情 報 情 報 基 礎 (5) 日 常 生 活 の 中 のコンピュータ 20 中 新 聞 社 での 情 報 処 理 や テレヒ 局 などでの 情 報 の 種 類 や 働 き 情 報 処 理 の 種 類 印 刷 情 報 源 観 察 情 報 源 人 的 情 報 源 について 情 報 収 集 のホ イント コンヒ ュータが 情 報 処 理 にあ たっている 活 用 の 様 子 コンヒ ュータの 発 達 と 歴 史 中 国 から 伝 来 したソロハ ンから 計 算 尺 やハ スカルの 歯 車 式 加 算 機 について コンヒ ュータが ハ ンチカート を 利 用 する 様 になったこと コンヒ ュータの 誕 生 マーク1 コンヒ ュータの 発 達 段 階 第 一 世 代 から 第 五 世 代 までと その 使 用 する 電 子 部 品 を 紹 介 コンピュータの 構 成 と 情 報 処 理 機 能 コンピュータの 入 力 出 力 演 算 記 憶 制 御 の 五 大 機 能 と 装 置 について 理 解 五 大 機 能 を 絵 と 実 物 を 対 比 させ 理 解 ハードウェア とソフトウェアの 関 係 について パソコンの 操 作 の 基 本 について 銀 行 の 現 金 自 動 支 払 機 を 中 心 に 社 会 の 中 のコンヒ ュータの 機 能 と 役 割 コンヒ ュータの 入 力 出 力 演 算 記 憶 演 算 の 五 大 機 能 と 社 会 の 中 での 利 用 状 況 会 社 研 究 所 での 設 計 や 工 場 でのFA 化 による 組 み 立 てをするロホ ット 等 コンヒ ュータの 様 々な 利 用 状 況 マイクロコンヒ ュータの 日 常 生 活 での 利 用 マイクロフ ロセッサ(MPU)の 働 きについて CPU 集 積 回 路 LSI MPU(4ヒ ット 8ヒ ット) 等 から 理 解 マイクロコンヒ ュータの 利 用 について 電 子 レンシ エアコン 冷 蔵 庫 などを 知 らせる マイクロコンヒ ュタの 利 用 から ホームセキュリティ への 流 れ

5 74 情 報 情 報 基 礎 (6) コンピュータの 発 達 と 利 用 20 中 情 報 情 報 基 礎 (7) 技 術 と 人 とのかかわり 20 中 情 報 情 報 基 礎 (8) 情 報 化 とこれからの 社 会 20 中 道 徳 SOSから 笑 顔 へ ~いじめ 登 校 拒 否 から 自 立 を 待 つ 60 中 道 徳 いじめ 中 学 生 激 論 ドラマ 45 中 道 徳 許 すないじめ 26 中 ハ ーソナルコンヒ ュータの 発 達 の 歩 みと 利 用 について マイクロフ ロセッサの 発 達 の 歩 み 素 子 の 発 達 と 集 積 回 路 の 開 発 アメリカからの8ヒ ット 機 と 国 産 の8ヒ ット 機 ハート について ソフトウェ アについて ハ ーソナルコンヒ ュータのシステム 利 用 コンヒ ュータをつくる 人 達 ソフトウェアをつくる 人 達 コンヒ ュータを 専 門 的 に 利 用 する 人 達 につ いて コンヒ ュータができるまで コンヒ ュータの 生 産 に 携 わる 人 達 についてインタヒ ュー 方 式 ソフトウェアの 開 発 についてインタヒ ュー 方 式 FA について 自 動 翻 訳 システムやシステムエンシ ニア メテ ィアの 発 達 による 情 報 化 とこれからの 社 会 について 衛 星 放 送 通 信 衛 星 ヒ テ オテックス ハ ソコン 通 信 光 ファイハ トロン など これからの 情 報 化 社 会 に 対 する 心 構 え コンヒ ュータセキュリティ 著 作 権 コンヒ ュータ 犯 罪 コンヒ ュータウィルス コンヒ ュータの 故 障 など 各 構 成 のタイトル * 子 どもにまかせる * 一 人 ひとりの 個 性 を 育 む *いじめはなくせる * 今 学 校 は * 学 校 に 行 かないでも 生 きられる * 家 庭 は 子 どもの 心 の 基 地 * 子 どもは 自 立 し 歩 み 歌 いはじめる *どんな 子 どもでも 必 ず 立 ち 直 れる あるクラスの 生 徒 どうしの 討 論 を 通 して いじめの 底 にある 心 の 問 題 に 迫 る いじめられる 辛 さ いじめる 側 の 苛 立 ち その 本 音 をぶつけあうことの 中 から 中 学 生 たちがクラスメートひと りひとりが 持 つ 命 の 重 さに 気 づく 過 程 を 描 き 話 し 合 うこと 理 解 し 合 うことの 大 切 さを 訴 える 中 学 の 同 級 生 がいじめにあっているのを 見 ていた 少 女 が 自 分 もいじめにあうが そのいじめ に 負 けることなく 立 ち 向 かい クラスの 全 員 の 協 力 によりいじめをなくしていく 様 子 を 描 く 80 その 他 私 たちの 体 験 学 習 (ボランティア 活 動 ) 25 中 クラブ 活 動 にボランティアをとりいれ 成 果 をあげている 実 例 を 描 き ふつうの 知 識 学 習 では 得 られない 他 人 のために 働 く 喜 び 等 体 験 学 習 のすばらしさを 示 す 最 近 の 中 学 生 の 的 特 徴 といわれる 無 気 力 無 関 心 シラケやイジメ 彼 らの 心 にひそむ 81 道 徳 中 学 生 はどういきるか 19 中 不 安 や 悩 み 願 いなどを 描 きながら 中 学 生 はどう 生 きて 行 くべきかを 考 える 82 生 徒 指 導 たばこと 健 康 20 中 たばこの 健 康 への 悪 影 響 について 科 学 的 にわかりやすく 解 説 し 特 に 未 成 年 への 喫 煙 防 止 を 訴 える シンナーの 有 害 性 を 訴 えてきたが 各 取 締 法 の 網 目 をぬって 新 しい 有 機 溶 剤 をみつけては 吸 引 83 生 徒 指 導 シンナ-の 害 20 中 し 健 康 を 害 するだけではなく 急 性 中 毒 死 や 事 故 死 自 殺 や 障 害 事 件 があとを 断 たない この ような 状 況 をふまえ 特 に 脳 の 萎 縮 がおきて 神 経 障 害 をもたらす 恐 しさを 強 調 している 84 生 徒 指 導 シンナーは 君 を 滅 ぼす 24 中 シンナーを 吸 う 一 人 の 中 学 生 を 主 人 公 に シンナー 乱 用 が 本 人 の 心 や 体 を 侵 すだけでなく 家 族 や 周 囲 の 人 達 までも 苦 しみや 悲 しみに 巻 き 込 んでいくことを ドラマ 構 成 で 描 いている 肺 がん 一 酸 化 炭 素 やニコチンによる 虚 血 性 心 疾 患 妊 婦 の 胎 児 への 影 響 等 新 しい 問 題 を 85 生 徒 指 導 タバコ - 健 康 への 影 響 - 26 中 含 め タバコが 人 間 の 健 康 に 与 える 恐 るべき 影 響 を 視 覚 的 に 明 らかにする The 思 春 期 1 86 性 22 中 * 乳 房 のはたらきについて * 月 経 のしくみと 初 経 について * 月 経 時 の 痛 みの 原 因 と 解 決 策 そんなに 悩 まなくてもいいのに * 男 性 の 性 衝 動 * 二 次 性 徴 ( 外 性 器 の 成 長 内 性 器 の 構 造 射 精 夢 精 ホルモンの 働 き 異 性 への 関 心 包 茎 ) * 性 衝 動 とコ 87 性 The 思 春 期 2 僕 のオトナヘの 歩 み 25 中 ントロール( 精 子 の 働 き 妊 娠 のメカニス ム フラストレーション マスターヘ ーション 女 性 との 交 際 ) * 恋 の 悩 み( 交 際 の 申 し 込 み 摂 度 ある 交 際 もし 子 供 ができたとしたら 失 恋 の 痛 み) * 大 人 への 成 長 ( オトナになるヒント) 88 性 こんにちは!13 才 (1) 思 春 期 20 中 からだの 成 長 と 心 の 成 長 について 生 徒 にインタヒ ューしながら 進 められていく 授 業 を 収 録 89 性 こんにちは!13 才 (2) いのちの 歴 史 20 中 生 命 の 始 まり( 性 交 と 受 精 妊 娠 と 出 産 ) 人 類 の 歴 史 愛 すること 生 きること の 流 れで 構 成 地 震 による 災 害 の 恐 ろしさを コンヒ ュータを 使 用 して 視 聴 覚 的 に 解 明 し 被 害 を 最 小 限 に 防 ぐ 心 90 安 全 グラッときたらどうする 26 中 構 えを 教 える 91 その 他 知 のデジタルアーカイブ 事 業 山 とくらし 山 と 産 業 地 域 文 化 や 地 域 の 生 活 による 知 恵 の 伝 承 また 学 校 教 育 での 地 域 資 料 活 用 のために 地 域 資 料 を 体 系 的 にテ シ タル アーカイフ 化 を 進 めている この 山 とくらし はその 一 つで 山 と 産 業 山 と 文 化 山 とあそぶ 山 を 育 てる の4 部 から 構 成

6 92 その 他 93 その 他 94 その 他 知 のデジタルアーカイブ 事 業 山 とくらし 山 とあそぶ 知 のデジタルアーカイブ 事 業 山 とくらし 山 と 文 化 知 のデジタルアーカイブ 事 業 山 とくらし 山 を 育 てる 地 域 文 化 や 地 域 の 生 活 による 知 恵 の 伝 承 また 学 校 教 育 での 地 域 資 料 活 用 のために 地 域 資 料 を 体 系 的 にテ シ タル アーカイフ 化 を 進 めている この 山 とくらし はその 一 つで 山 と 産 業 山 と 文 化 山 とあそぶ 山 を 育 てる の4 部 から 構 成 地 域 文 化 や 地 域 の 生 活 による 知 恵 の 伝 承 また 学 校 教 育 での 地 域 資 料 活 用 のために 地 域 資 料 を 体 系 的 にテ シ タル アーカイフ 化 を 進 めている この 山 とくらし はその 一 つで 山 と 産 業 山 と 文 化 山 とあそぶ 山 を 育 てる の4 部 から 構 成 地 域 文 化 や 地 域 の 生 活 による 知 恵 の 伝 承 また 学 校 教 育 での 地 域 資 料 活 用 のために 地 域 資 料 を 体 系 的 にテ シ タル アーカイフ 化 を 進 めている この 山 とくらし はその 一 つで 山 と 産 業 山 と 文 化 山 とあそぶ 山 を 育 てる の4 部 から 構 成 95 その 他 白 山 の 四 季 夏 に 輝 く 小 さな 命 ~ 白 山 の 高 山 植 物 ~ 12 白 山 山 頂 部 の 高 山 植 物 の 生 態 や 高 山 帯 の 自 然 を 紹 介 高 校 入 試 の 面 接 がどのような 目 的 形 式 で 行 われ どのような 質 問 が 出 るか 受 験 生 はどう 98 進 路 高 校 入 試 面 接 の 受 け 方 19 中 対 応 したらよいか その 雰 囲 気 とともに 面 接 の 望 ましい 受 け 方 や 態 度 などを 実 感 的 に 描 く 99 進 路 志 望 校 の 選 び 方 - 将 来 の 夢 を 実 現 するために 27 中 進 路 入 試 直 前 準 備 と 試 験 場 での 心 得 23 中 中 学 生 にとって どんな 高 校 を 選 ぶか という 事 は 重 要 な 問 題 であり 将 来 どんな 職 業 に 就 き たいかという 問 題 と 密 接 に 関 係 している この 作 品 は 生 徒 に 将 来 就 きたい 職 業 に 対 する 自 分 の 能 力 や 適 正 を 考 えさせ 社 会 に 出 る 為 の 様 々なコースを 紹 介 する 入 試 2 週 間 前 から 当 日 までの 心 構 えや 必 勝 の 勉 強 法 知 っておきたい 試 験 場 での 心 得 など を 理 解 しやすく 解 説 101 音 楽 やさしい 合 唱 指 揮 法 60 小 中 (1) 指 揮 指 揮 者 指 揮 法 について (2) 夏 の 思 い 出 (3) 踊 ろう 楽 しいホ ーレチケ (4) 森 へ 行 きましょう (5) 附 : 斉 藤 秀 雄 メソート による 指 揮 法 より 102 音 楽 小 学 生 の 合 唱 のための 声 づくりのポイント 40 小 発 声 の 基 本 2. 斉 唱 の 歌 い 方 3. 合 唱 の 導 入 4.リズムにのって 5. 合 唱 のまとめ 103 音 楽 中 学 生 の 声 づくりと 合 唱 [ 合 唱 篇 ] 60 中 合 唱 トレーニンク (1. 輪 唱 シャローム 2.カノン ハレルヤ 3. カテ ンツ ハローハロー 4.4 声 のカテ ンツ 5. 応 答 の 合 唱 こげよマイケル 6. 合 唱 のスキャット 7. 感 情 移 入 の 練 習 かなしみ) 2 歌 いやすい 指 揮 3 楽 しい 合 唱 4 心 のこもった 歌 い 方 104 音 楽 中 学 生 の 声 づくりと 合 唱 [ 声 づくり 篇 ] 60 中 正 しい 姿 勢 2いろいろな 発 声 トレーニンク 3 呼 吸 トレーニンク 4フェイス トレーニンク 5 響 きの 美 しい 発 声 105 英 語 106 英 語 107 英 語 108 英 語 109 英 語 AETとティームティーチンク のためのヒ テ オ(1) 授 業 AETとティームティーチンク のためのヒ テ オ(2) アイデアⅠ AETとティームティーチンク のためのヒ テ オ(3) アイデアⅡ AETとティームティーチンク のためのヒ テ オ(4) アイデアⅢ AETとティームティーチンク のためのヒ テ オ(5) アイデアⅣ 30 中 中 中 中 *Greeting *Warm-up( 日 付 天 気 テレビ 番 組 本 日 の 昼 食 ラジオ 番 組 について 対 話 ) *Review *Introduction of New Sentence Patterns( 新 文 型 導 入 ) *Drill( 新 文 型 の 練 習 ) *New Words *Comprehension of Content( 理 解 ) *Reading Aloud( 音 読 ) *Consolidation *Greeting1 発 展 的 な 対 話 *Greeting2 離 席 して 生 徒 同 士 のあいさつ *Greeting3 生 徒 か らAETへの 質 問 *Warm-up1 動 物 当 てゲーム *Warm-up2 Who am I? *Warm-up3 仲 間 探 し *Warm-up4 スーパーマンへのインタビュー *Warm-up5 早 口 言 葉 *Review1 前 時 の を 身 近 な 話 題 に 結 びつける *Review2 動 物 の 平 均 寿 命 を 比 較 する *Review3 レーカ ンはフ ッシュより 背 が 高 い? *Review4 トランフ カート による 数 くらべ *Review5 絵 を 完 成 させる *Introduction of New Sentence Patterns1( 新 文 型 導 入 ) 一 番 大 きい 犬 は? *Introduction of New Sentence Patterns2( 新 文 型 導 入 ) 一 番 重 いボールは? *Drill1 ( 新 文 型 の 練 習 )ワークシートを 完 成 させる *Drill2 ( 新 文 型 の 練 習 ) 家 族 で 一 番 年 下 の 人 は? *Drill3( 新 文 型 の 練 習 ) 一 番 ~な 人 は? *New Words1 絵 を 用 いた 説 明 *New Words2 具 体 物 を 用 いた 説 明 *New Words3 新 語 を 用 いた 対 話 *Comprehension of Content1 hearingによ る チェック *Reading Aloud1 ク ルーフ 単 位 の 音 読 *Reading Aloud2 発 音 チェックと 英 問 英 答 30 中 *Consolidation1(まとめ) 暗 唱 *Consolidation2(まとめ) クイズ *プランニングと 評 価 ( ティームティーチング 指 導 案 の 形 式 例 評 価 の 観 点 を 表 すカードの 形 式 例 )

7 110 生 徒 指 導 小 学 生 の 問 題 行 動 (1) 低 学 年 25 小 * 登 校 拒 否 ( 小 1 女 子 ) 分 離 不 安 型 * 万 引 き( 小 3 男 子 ) 発 達 過 程 をこなしていない 社 会 性 の 未 発 達 *ボス 的 ないじめっ 子 ( 小 2 男 子 ) 親 の 放 任 欲 求 不 満 のはけ 口 * 遊 べな い 子 ( 小 2 女 子 ) 幼 児 のとき 母 親 から 外 遊 びを 禁 じられたため 社 会 性 が 未 発 達 111 生 徒 指 導 小 学 生 の 問 題 行 動 (2) 高 学 年 25 小 * 登 校 拒 否 ( 小 6 男 子 ) 高 い 要 求 水 準 への 挫 折 神 経 症 的 タイフ * 下 着 盗 み( 小 6 男 子 ) 情 緒 や 社 会 性 の 未 発 達 * 万 引 き( 小 5 女 子 ) 出 来 のよい 兄 との 比 較 による 容 認 欲 求 への 不 満 * 集 団 いじめ( 小 4 男 子 ) 望 ましい 集 団 意 識 の 未 成 熟 地 域 社 会 の 教 育 機 能 の 低 下 112 幼 児 あそびと 友 だち - 社 会 性 を 育 てる- 27 教 職 員 幼 児 は 遊 びや 喧 嘩 を 通 して 自 分 と 同 じ 要 求 や 意 志 をもつ 人 間 がいること 仲 良 く 遊 ぶために 保 護 者 は 相 手 に 譲 らなければならない 場 合 もあることを 覚 えることなどを 示 唆 している 113 幼 児 ひとりでできる - 生 活 習 慣 と 自 立 - 27 教 職 員 人 間 性 の 萌 芽 期 である 幼 児 期 に 親 がどのように 取 り 組 めば 良 いのか 生 活 習 慣 と 自 立 に 保 護 者 焦 点 を 当 てて 指 導 のポイントを 示 唆 114 幼 児 豊 かなこころを - 自 我 のめざめとお 母 さん- 28 教 職 員 幼 児 期 は 人 間 の 基 礎 づくりの 時 期 である その 大 切 な 時 期 に 親 はどうしたら 良 いか という 幼 保 護 者 児 教 育 の 基 本 に 取 り 組 んだ 作 品 115 幼 児 さくらんぼ 坊 や (1) 幼 児 の 全 面 発 達 36 幼 ザリガニ 取 り ウサギ 小 屋 作 り 朝 と 夕 方 の 掃 除 運 動 会 の 練 習 卒 園 式 を 通 して 年 長 組 に なってまもない 五 歳 児 の 成 長 をカメラが 追 います 歩 行 の 確 立 をしたアリサちゃんが 一 歳 児 のクラスの 仲 間 入 りをした 一 歳 児 クラスの 先 輩 たち 116 幼 児 さくらんぼ 坊 や (2) 模 倣 と 自 立 *2 本 あり 39 幼 を 見 習 って スプーンを 使 ったり 鉄 棒 の 太 鼓 橋 に 挑 んだり 一 歳 七 ヶ 月 になると 一 歳 三 ヶ 月 の 新 しい 友 達 が 仲 間 入 り 今 度 はアリサちゃんが 模 倣 される 先 輩 に 117 幼 児 さくらんぼ 坊 や (3) 言 葉 と 自 我 *2 本 あり 48 幼 満 三 歳 になったアリサちゃんと 同 じクラスの 仲 間 たちの 日 常 をおいかける 言 葉 と 自 我 の 三 歳 児 三 歳 八 ヶ 月 になると 仲 間 たちとの 遊 びの 中 でリーダーシップを 発 揮 しはじめる 小 さな 児 や 力 の 弱 い 仲 間 に 対 する 心 のやさしさが 芽 生 えてきたようだ 118 幼 児 さくらんぼ 坊 や (4)4 歳 と 仲 間 *2 本 あり 48 幼 アリサちゃんは 満 四 歳 発 達 に 遅 れのある 仲 間 の 手 をひいたりと 巧 みに 援 助 ができる 新 し く 入 園 したお 友 達 と 二 人 で 遊 んだり 全 員 で 遊 ぶことを 覚 えた 仲 間 たちは 一 見 危 険 とも 思 われるような 遊 びにも 勇 気 をもって 挑 んでいく 119 幼 児 さくらんぼ 坊 や (5)5 歳 と 仲 間 *2 本 あり 47 幼 アリサちゃんは 満 五 歳 保 育 園 を 通 した 生 活 の 中 で アリサちゃんとその 仲 間 たちは あふれ た 意 欲 と 体 力 豊 かな 感 性 と 創 造 力 仲 間 を 思 いやる 心 子 供 らしい 賢 さを 着 実 に 身 につけ 育 ちつつあるようだ 春 夏 秋 冬 の 行 事 の 中 で 成 長 し ルールを 守 った 集 団 遊 びも 120 幼 児 さくらんぼ 坊 や (6) 自 治 と 創 造 *2 本 あり 54 幼 幼 児 期 のしめくくりといえるこの 一 年 を 充 実 したものに という 保 育 者 の 思 いから 新 たな 試 み としてさくらんぼ 保 育 園 隣 接 する 保 育 園 の 年 長 児 の 仲 間 たちは 全 員 一 緒 に 保 育 を 受 けるこ とになった 喧 嘩 で 始 まった 保 育 の 初 日 だったが 卒 園 式 では100 人 の 大 合 唱 が 響 く 121 その 他 岐 阜 市 の 年 中 行 事 お 棚 まつり 初 七 夕 山 の 子 岐 阜 市 内 に 昔 から 伝 わる 年 中 行 事 お 棚 まつり 初 七 夕 山 の 子 の3つの 行 事 は 民 俗 学 的 にも 貴 重 なものと 言 われている しかし 近 年 これらの 伝 統 的 な 行 事 を 伝 えていくことが 困 難 になっている 今 後 の 文 化 財 保 護 の 一 助 となることを 願 い 1990 年 に 行 われたこれらの 行 事 を 撮 影 したビデオ 122 理 科 科 学 の 芽 を 育 てよう ( 科 学 作 品 展 ) 19 小 中 1990 寄 贈 県 政 レポート 第 33 回 科 学 作 品 展 123 情 報 圭 子 先 生 のぱそこん 日 記 25 * パソコンなんか 怖 くない!これからパソコンを 始 める 方 のための 入 門 編 はじめてパソコンが 1990 寄 贈 入 ってきた 学 校 の 先 生 が 試 行 錯 誤 を 繰 り 返 しながらも 短 期 間 のうちにパソコンをマスター する 姿 を 描 いたコメディタッチのドラマ 124 その 他 一 平 君 のクレジット 体 験 - 契 約 とその 心 がまえ- 24 中 1990 寄 贈 クレシ ットの 契 約 のあり 方 やクレシ ットカート の 正 しい 扱 い 方 を 社 会 人 一 年 生 の 一 平 君 とその 幼 友 達 を 主 人 公 とした 簡 単 なト ラマの 中 で 解 説 自 分 の 支 払 い 能 力 支 払 い 総 額 や 支 払 い 期 間 支 払 い 日 の 確 認 連 帯 保 証 人 の 義 務 など 様 々な 留 意 点 を 具 体 的 な 例 により 知 る

8 125 性 ヒューマンセクソロシ ー1 性 交 避 妊 20 中 性 ヒューマンセクソロシ ー2 中 絶 20 中 性 ヒューマンセクソロシ -3 売 買 春 レイプ 20 中 性 ヒューマンセクソロシ -4 ポルノグラフイ 20 中 性 ヒューマンセクソロシ -5 ナンパ 20 中 性 ヒューマンセクソロシ -6 女 のからだ 20 中 性 ヒューマンセクソロシ -7 男 のからだ 20 中 性 ヒューマンセクソロシ -8 男 と 女 の 豊 かなセクシュアリティ 20 中 性 ヒューマンセクソロシ 世 紀 の 主 人 公 たちヘ 20 中 性 135 性 136 英 語 137 英 語 138 英 語 驚 異 の 小 宇 宙 人 体 ~ 生 命 誕 生 ~ より 性 交 受 精 のメカニズム 驚 異 の 小 宇 宙 人 体 ~ 生 命 誕 生 ~ より 避 妊 のメカニズム 児 童 英 語 教 師 のための 指 導 法 ビデオ (1) レッスン 風 景 児 童 英 語 教 師 のための 指 導 法 ビデオ (2) 低 学 年 の 指 導 案 児 童 英 語 教 師 のための 指 導 法 ビデオ (3) 学 年 の 指 導 案 20 中 中 教 師 教 師 教 師 1999 高 校 生 男 女 の 性 交 体 験 が 増 加 している 今 日 性 交 を 語 らずして 性 教 育 とは 言 えなくなって きている このビデオでは 時 代 とともに 表 現 のしかたが 変 わってきている 避 妊 についても くわしく 説 明 性 交 を 自 然 の 性 と 文 化 の 性 に 分 けている 中 絶 に 結 びつけて 否 定 的 抑 制 的 に 語 るのではなく 避 妊 に 結 びつけて 文 化 の 性 を 肯 定 的 に 語 っている 中 絶 を 法 規 と 医 学 上 の 解 説 それに 歴 史 に 少 しふれながら 最 近 の 中 絶 論 争 をアメリカの 例 で 説 明 一 連 の 性 行 動 を 見 てみると 性 交 までは 男 女 で 行 う 行 為 であるが 次 の 妊 娠 中 絶 出 産 哺 育 だけは 女 性 のみにしか 起 こらない 男 女 の 避 妊 の 実 行 の 有 無 と 最 終 的 な 選 択 としての 女 性 にとっての 中 絶 を 認 めるか 認 めないかが 問 題 を 考 える 要 となっている 全 ての 女 性 は 売 春 という 行 為 の 被 害 者 になりうる 可 能 性 があり それに 対 して 男 性 は 買 春 と いう 加 害 行 為 をする 可 能 性 をもった 性 である 売 買 春 を 他 人 事 のように 考 えることのできない 不 幸 な 出 会 い 方 があることを 理 解 させるねらい またビデオには 売 春 問 題 の 第 一 線 で 取 り 組 む 婦 人 相 談 員 が 登 場 し 売 春 を 始 めレイプの 持 つ 問 題 を 語 っている わが 国 では 刑 法 の 規 制 により 男 女 ともにその 性 器 や 性 交 の 実 写 を 表 現 することは 制 約 さ れている しかし 社 会 通 念 や 普 通 人 といった 言 葉 で 判 断 される 部 分 もあり その 解 釈 は 時 代 とともにかわり 極 めて 動 態 である このビデオでは 3か 国 の 青 年 の 見 解 を 紹 介 に 街 頭 などで 男 女 が 誘 いかけてつきあうこのナンパは 売 買 春 のような 金 銭 の 取 引 はな いが 人 を 理 解 し 友 を 選 ぶための 要 素 は 確 かなものとはいえない ビデオではナンパのプロ が どのようにして 少 女 たちを 掌 中 にいれるかを 再 現 している 男 性 と 女 性 はどのようにして 決 定 するのか 人 間 の 男 女 がもともと 同 じ 基 盤 をもった 存 在 だと いうことを 知 り 男 女 の 優 劣 にこだわる 偏 見 をとり 除 く また 性 器 については とくに 女 性 の 認 識 が 弱 い そこで 自 己 の 性 器 を 含 めた 性 自 認 を 確 立 するための 構 成 となっている この 巻 は 別 の 女 のからだ と 対 になってつくられている とくに 女 性 は 男 のからだ につい て 男 性 は 女 のからだ について 学 習 するほどの 情 報 をもちあわせていない そこで ここに 語 られている 性 情 報 は もっとも 基 本 的 なものとして 理 解 しやすいようにまとめてある 生 理 的 な 性 差 だけではなく 生 活 のあらゆる 面 で 表 現 している 性 をセクシュアリティとしたとき その 豊 かさが 顕 著 にみられるスウェーテ ンの 一 端 を 紹 介 中 学 校 での 性 教 育 の 紹 介 スウェーテ ン 性 教 育 協 会 スーハ ーでの 買 物 同 棲 中 の 家 族 街 の 若 者 たちなどの 場 面 をとりあげている 他 の8 巻 で 学 習 したことの 総 括 男 性 と 女 性 の 自 立 と 共 生 をテーマに スウェーデンの 社 会 自 慰 について 中 高 生 の 性 交 について イージーな 男 女 のかかわりについてから 展 開 性 交 受 精 そして 最 初 の 細 胞 分 裂 から280 日 後 の 生 命 誕 生 まで 神 秘 的 で 感 動 的 なドラマ の 数 々を 科 学 的 な 事 実 として 美 しい 映 像 ( 実 写 CG)で 紹 介 中 高 生 にすすめられる 避 妊 方 コンドームについて < 人 体 >のCGと 新 しくつくられたCGによ り 詳 しく 使 用 法 を 説 明 している またさまざまな 避 妊 方 の 紹 介 もされている * 初 めてのレッスン 日 * 英 語 だけのレッスンに 自 然 に 溶 け 込 む 子 供 たち *リス ムにのせて * 子 供 た ちの 表 現 力 * 歌 はともだち * 子 供 たちの 言 いたい 気 持 ち *テーフ の 聞 かせ 方 *ケ ーム 化 の 効 果 * 耳 から 入 れる 文 法 * 自 己 紹 介 *リーテ ィンク への 導 入 (1)(2)(3) *リーテ ィンク への 挑 戦 * 低 学 年 の 指 導 の 基 本 * 発 育 段 階 に 応 じた 指 導 * 先 生 は 聞 かせ 上 手 に * 九 埜 百 合 先 生 の 低 学 年 の 指 導 理 念 * 教 材 を 使 わない 指 導 例 *チラシを 利 用 した 指 導 例 * 身 の 回 りのも のを 利 用 した 指 導 例 *Teacher Talk の 練 習 (1)(2) * 九 埜 百 合 先 生 の 学 年 の 指 導 理 念 * 音 声 重 視 の 指 導 とは *4 技 能 の 指 導 について * 初 期 段 階 でのテープの 聞 かせ 方 の 基 本 * 基 本 構 文 の 指 導 * 子 どもたちが 楽 しむ 対 話 練 習 * 日 本 語 の 効 果 的 な 使 い 方 *しめくくりとしてのWritingの 指 導 *カードを 使 ったゲーム

9 139 英 語 140 性 141 性 児 童 英 語 教 師 のための 指 導 法 ビデオ (4) 歌 早 口 ことばの 指 導 案 WHAT'S AIDS? ~エイズをもっとよく 知 ろう~ ( 青 年 向 け) HOW TO PREVENT AIDS ~エイズに 関 する 大 切 なこと~( 向 け) * 歌 の 指 導 *HELLO SONG *SEVEN STEPS *HEAD&SHOULDERS *HICKORY DICKORY 59 教 師 1999 DOCK *ARE YOU SLEEPING? * 命 令 ケ ーム * 早 口 ことばの 指 導 * 早 口 ことば(1)(2)(3)(4) * 手 遊 び *オープニング( 世 界 のエイズ 現 状 を 紹 介 し エイズに 立 ち 向 かう 勇 気 をもつことをアピール) 20 青 年 1994 寄 贈 *LEVEL-1(エイズの 基 礎 知 識 編 ) *LEVEL-2( 予 防 検 査 編 ) *LEVEL-3( 治 療 人 権 編 ) 寄 贈 142 体 育 着 衣 泳 入 門 15 * 1994 寄 贈 143 社 会 アニメ 惑 星 アトン( 税 の 働 き) 30 小 1991 寄 贈 144 社 会 くらしと 産 業 を 支 える 貨 物 輸 送 15 小 ( 高 ) *オーフ ニンク (エイス の 現 状 を テ ータや 街 頭 インタヒ ュー 等 で 紹 介 正 しい 知 識 と 対 処 法 を 知 っていれ ば 怖 いものではないことを 訴 える) *STEP-1 知 る *STEP-2 防 ぐ *STEP-3 暮 らす 着 衣 で 水 に 落 ちたらどうなるか そのときどんな 心 構 えが 大 切 か どのように 泳 いだらよいか どんな 段 階 を 踏 んで 練 習 したらよいか などを 紹 介 (1. 着 衣 泳 が 注 目 される 背 景 と 必 要 性 2. 着 衣 泳 体 験 者 の 声 3. 予 期 せず 水 に 落 ちたときの 人 の 心 理 的 肉 体 的 状 況 4. 体 験 学 習 ) カン 太 は ユーリーに 伴 われて 未 知 の 惑 星 アトンへ そこは 税 金 のない 国 そして 学 校 も 病 院 もない 困 ったときは 王 様 がなんとかしてくれたから ところが 頼 みの 王 様 の 資 金 がなく なってきた そのアトンをブラックホールが 襲 う カン 太 たちの 運 命 は? 運 輸 のうち 貨 物 輸 送 について その 仕 事 やそこで 働 く 人 々の 工 夫 努 力 について 第 5 学 年 向 け 教 材 として 活 用 できるようにやさしく 解 説 したもの 145 情 報 学 校 におけるパソコンの 利 用 30 中 1991 寄 贈 防 火 レポーターの チョウさん が これからの 社 会 に 必 要 な 防 火 知 識 をわかりやすく 紹 介 全 146 安 全 わたしたちの 防 火 35 小 1991 寄 贈 体 が5 部 構 成 となり 楽 しく 防 火 について 学 べる 作 品 複 製 を 禁 ず パソコンソフトの 複 製 は 法 律 で 禁 じられている ある 小 学 校 の 圭 子 先 生 の 学 147 情 報 圭 子 先 生 のぱそこん 日 記 Part2 27 * 1992 寄 贈 級 での 著 作 権 をめぐる 騒 動 を 描 いたほのぼのとしたドラマ 小 学 校 教 員 の 圭 子 先 生 は パソコンを 使 い 始 めて2 年 ワープロソフトや 絵 描 きソフトを 使 って 148 情 報 圭 子 先 生 のぱそこん 日 記 Part3 26 * 授 業 に 活 用 していたが もっと 授 業 で 有 効 に 使 えないか と 考 えている そんな 時 児 童 の 父 親 からデータベースソフトの 活 用 方 法 を 聞 き 読 書 指 導 にデータベースを 利 用 してみる 身 近 な 話 題 をもとに 自 分 とコンピュータとのかかわりを 考 える コンピュータを 個 人 の 日 常 の 149 情 報 コンピュータと 私 25 * 仕 事 に 積 極 的 に 活 用 している 人 を 紹 介 し コンピュータとのかかわりを 語 ってもらう 1970 年 代 に 端 を 発 し 教 育 へのコンピュータ 利 用 の 長 い 歴 史 を 持 つイギリスの 経 験 は これ 150 情 報 イギリスの 教 育 とコンピュータ 28 * からの 日 本 の 教 育 に 大 変 貴 重 な 情 報 となる 現 在 イギリスで コンピュータがどのように 利 用 されているのか その 一 端 を 具 体 的 に 紹 介 する 火 災 に 関 する 正 しい 知 識 技 術 を レホ ーターが 火 災 統 計 や 実 験 をもとに 科 学 的 で 分 かりやす 151 安 全 もしも そのとき 火 災 を 科 学 する 30 中 1991 寄 贈 く 紹 介 している 全 体 は 三 部 構 成 で 火 災 のメカニス ムや 防 災 の 必 要 性 を 効 果 的 に 理 解 し 学 習 できるようになっている (1. 火 災 を 科 学 する 2. 煙 と 有 毒 ガスを 科 学 する 3. 火 災 の 拡 大 を 科 学 する) 岐 阜 県 の 代 表 的 生 物 アユ キ フチョウを 案 内 人 として 県 内 の 環 境 情 報 や 生 活 型 公 害 への 取 組 152 環 境 ふるさとの 環 境 岐 阜 県 21 小 1991 寄 贈 みを 紹 介 またオソ ン 層 の 破 壊 地 球 の 温 暖 化 酸 性 雨 の 地 球 環 境 問 題 についても 解 説 153 環 境 小 学 校 環 境 教 育 3 年 身 近 な 環 境 を 調 べる 30 小 * 町 をきれいに * 自 然 を 探 そう~ 自 然 観 察 マップ 作 り * 耳 をすまして~ 音 マップ 作 り * 昔 をさがそう 154 環 境 小 学 校 環 境 教 育 4 年 住 みよい 環 境 を 見 つめる 30 小 *きれいな 水 を 求 めて *ゴミをへらす 工 夫 * 保 安 林 を 作 った 人 々 * 各 地 の 暮 らしと 環 境 155 環 境 小 学 校 環 境 教 育 5 年 私 たちの 国 土 環 境 を 考 える 30 小 * 自 然 を 生 かす 農 業 * 水 産 資 源 の 保 護 と 利 用 * 公 害 から 生 活 環 境 を 守 る * 森 林 資 源 と 国 土 156 環 境 小 学 校 環 境 教 育 6 年 人 間 の 営 みと 環 境 を 考 える 30 小 * 自 然 と 調 和 したくらし~ 遺 跡 をたずねて * 自 然 と 調 和 したくらし~ 住 まいの 知 恵 * 自 然 が 生 み 出 した 伝 統 工 芸 * 交 通 通 信 の 発 達 と 生 活 環 境 の 変 化 * 生 活 環 境 を 良 くする 政 治 主 なスホ ーツ 種 目 別 におけるストレッチンク について 解 説 さらに 肘 肩 腰 痛 などのスホ ーツ 障 害 予 157 健 康 スホ ーツ 医 科 学 4 ストレッチンク の 理 論 と 実 際 30 * 防 のストレッチンク および 腰 痛 坐 骨 神 経 痛 に 効 果 があるストレッチンク についても 紹 介

10 158 健 康 スホ ーツ 医 科 学 7 運 動 プログラムの 実 際 30 * 健 康 スホ ーツ 医 科 学 8 誤 ったトレーニンク による 障 害 30 * 健 康 スホ ーツ 医 科 学 18 野 球 肘 とテニス 肘 30 * 健 康 スホ ーツ 医 科 学 19 手 のスホ ーツ 傷 害 30 * 健 康 163 健 康 スホ ーツ 医 科 学 20 スホ ーツによる 膝 の 外 傷 と 障 害 スホ ーツ 医 科 学 21 スホ ーツによる 足 部 の 外 傷 と 障 害 30 * * 健 康 スポーツ 医 科 学 23 喘 息 児 と 運 動 30 * 健 康 スホ ーツ 医 科 学 26 ランニング 障 害 30 * 健 康 スホ ーツ 医 科 学 30 身 体 障 害 者 とスポーツ 30 * 性 168 社 会 169 社 会 170 社 会 171 社 会 172 社 会 SO, THAT'S HOW! カナダからの 性 教 育 (アニメ) 新 世 界 紀 行 1 ( 秘 境 編 ) アマゾン 大 紀 行 新 世 界 紀 行 2 ( 秘 境 編 ) ギアナ 高 地 魔 の 山 チマンタ 新 世 界 紀 行 3 ( 秘 境 編 ) 不 思 議 の 島 マダガスカル 新 世 界 紀 行 4 ( 秘 境 編 ) 厳 冬 のバイカル 湖 新 世 界 紀 行 5 ( 秘 境 編 ) 極 北 の 大 河 ユーコン 20 小 中 中 中 中 中 中 スホ ーツ 活 動 中 における 障 害 の 発 生 が 増 えている 発 生 の 原 因 は 大 きく 内 科 的 疾 患 と 整 形 外 科 的 疾 患 に 分 けられる 本 ビデオでは 障 害 が 発 生 した 場 合 どういった 運 動 フ ロク ラムにより 治 療 するかを 内 科 および 整 形 外 科 の 両 面 から 具 体 的 に 述 べている 本 巻 では これまでのスホ ーツ 医 学 特 にハ イオメカニクス( 生 体 力 学 )の 手 法 を 用 いた 研 究 成 果 をも とに 誤 ったトレーニンク による 障 害 について 解 説 し より 有 効 で 安 全 なスホ ーツ 指 導 を 紹 介 肘 の 構 造 障 害 発 生 の 原 因 治 療 法 予 防 対 策 などにつき 詳 しく 述 べている 小 さい 頃 からの 専 門 的 なトレーニンク こそがタイトルへの 道 といった 誤 った 指 導 に 対 し 注 意 を 喚 起 するねらい スポーツによる 手 の 傷 害 の 頻 度 は 高 く 手 の 障 害 も 少 なくない 障 害 突 き 指 Mallet finger PIP 関 節 側 副 靭 帯 断 裂 など スポーツ 外 傷 障 害 のなかで 重 要 なもの 頻 度 の 高 いものについ て 治 療 方 法 を 含 めて 解 説 している 外 傷 は 正 確 な 早 期 診 断 と その 後 のスポーツ 活 動 のための 適 切 なアドバイスが 要 求 される このビデオでは 外 傷 や 障 害 の 正 しい 診 断 法 種 々の 保 存 的 および 観 血 的 治 療 法 スポーツ 復 帰 までのリハビリテーションなどを 解 説 している 足 部 の 障 害 の 代 表 的 なものとして 疲 労 骨 折 有 痛 性 外 頸 骨 種 子 骨 障 害 各 種 原 因 による 踵 部 痛 がある 足 部 の 障 害 の 場 合 もちろんover useによるものも 多 い これらの 傷 害 について のメカニズム 治 療 法 および 予 防 について 述 べた 喘 息 児 が 運 動 すると どのような 病 態 になり 経 過 をとるかを 知 ることは 指 導 上 重 要 なこととい える また 薬 の 上 手 な 使 用 で 運 動 誘 発 性 喘 息 がどのように 予 防 できるかは 学 童 以 上 の 喘 息 患 者 の 日 常 生 活 で 大 切 な 事 である ランニンク 障 害 の 直 接 の 原 因 は 走 り 過 ぎである それに 個 人 的 要 因 としての 年 齢 筋 腱 の 力 と 柔 軟 性 下 肢 のアライメントとランニンク シュース などの 要 因 が 関 与 している 障 害 の 治 療 と 予 防 法 につ いて 平 易 に 解 説 身 体 障 害 者 のスホ ーツには 医 学 的 リハヒ リテーションとして さらには 競 技 スホ ーツ 的 な 分 野 まであ る ここでは 身 体 障 害 者 に 対 するスホ ーツの 概 要 と 医 師 の 役 割 について 解 説 している このヒ テ オは カナタ とテ ンマークの 共 同 制 作 で 科 学 的 にかつ 心 情 的 に 人 間 の 性 を 豊 かに 肯 定 す る 視 点 で 学 べる 作 品 カナタ で 青 少 年 のためのテレヒ フ ロク ラムとしてつくられたアニメ 作 品 だが 性 交 卵 子 精 子 排 卵 月 経 など 豊 富 な を 楽 しみながら 鑑 賞 することができる 地 球 の 酸 素 量 の1/3を 生 み 出 すシ ャンク ルを 流 れる 全 長 6,400キロメートル 河 口 の 幅 400キロメートル 水 量 が 全 世 界 の 淡 水 の1/3に 達 する 大 自 然 は まさに 地 球 サイス のスケールだ 世 界 最 大 の 淡 水 魚 ヒ ラクール ヒ ラニア 大 ナマス 淡 水 イルカなどの 怪 魚 珍 魚 が 潜 む 大 河 をただひたすら 遡 る 南 米 ヘ ネス エラ 南 部 にあるキ アナ 高 地 熱 帯 雨 林 にそびえ 立 つ 岩 山 の 頂 には 太 古 の 世 界 がと り 残 されている 断 崖 に 囲 まれた 荒 々しい 亀 裂 の 走 る 岩 の 迷 路 湧 き 上 がる 霧 と ひっきり なしの 雷 雨 その 中 で 最 大 のチマンタ 山 塊 を 訪 ね 未 開 の 地 に 息 づく 原 始 生 命 の 存 在 を 探 る この 熱 帯 の 孤 島 では 独 自 の 生 態 系 が 観 察 される 天 敵 や 競 争 相 手 が 少 なかったため 動 植 物 は 原 始 的 姿 をとどめているのだ 300 年 前 まで 頭 長 3~5メートルに 達 する 世 界 最 大 の 鳥 エヒ オ ルニスが 生 息 していた 長 さ30cmというその 巨 大 な 卵 の 化 石 を 求 めて 不 思 議 の 島 を 探 索 する 世 界 一 の 透 明 度 と 深 さがあり 全 長 639キロメートルの 湖 の 秘 密 をソ 連 科 学 アカテ ミーの 研 究 調 査 船 で 探 る また 厳 冬 期 のハ イカルの 壮 大 な 氷 の 隆 起 や ハ イカル 湖 でしか 見 られない 厚 さ1.5メートルの 透 明 な 氷 も 紹 介 まるで 水 の 上 に 立 っているような 奇 妙 な 光 景 はマイナス40 度 の 驚 異! ロッキー 山 中 を 源 に 北 極 圏 をかすめ アラスカを 横 断 ヘ ーリンク 海 へ 流 れ 込 む 全 長 3,600キロメートルの 大 河 エスキモー インテ ィアン 金 を 夢 みる 白 人 たちと 北 国 の 動 物 が 過 酷 な 自 然 条 件 で 生 きる 様 を 見 つめる 豊 かな 夏 の 顔 と 厳 しい 冬 の 顔 2つの 表 情 を 持 った 河 の 美 しい 自 然 も 紹 介

11 173 社 会 174 社 会 175 社 会 176 社 会 177 社 会 新 世 界 紀 行 6 ( 失 われた 文 明 ) 地 中 海 大 紀 行 新 世 界 紀 行 7 ( 失 われた 文 明 ) 謎 のエーゲ 海 新 世 界 紀 行 8 ( 失 われた 文 明 ) チグリス ユーフラテス 河 新 世 界 紀 行 9 ( 失 われた 文 明 ) アンデス ナスカの 地 上 絵 新 世 界 紀 行 10 ( 失 われた 文 明 ) マヤ 巨 大 遺 跡 群 47 中 中 中 中 中 健 康 ビデオ 版 目 1 目 ってだいじだね 15 小 現 在 のチュニシ アあたりに 誕 生 した 都 市 カルタコ は 約 5 世 紀 にわたり 地 中 海 貿 易 を 支 配 したが そ の 経 済 的 脅 威 を 恐 れたローマの 侵 略 により 紀 元 前 146 年 17 日 間 にわたり 国 土 全 体 が 燃 え 地 球 上 から 消 滅 した カルタコ の 名 将 ハンニハ ルが 象 軍 団 を 率 いローマに 進 軍 した 軌 跡 をたどる 古 代 キ リシアの 哲 学 者 フ ラトンの 残 した 書 物 に アトランティス という 島 がでてくる 今 世 紀 に 入 り ア トランティスの 存 在 を 裏 付 ける 様 々な 遺 跡 がエーケ 海 の 島 々で 発 見 されている フ ラトンはなぜ 遺 作 の 中 にこの 言 い 伝 えを 書 き 残 したのか 文 明 興 亡 の 壮 大 なト ラマと 哲 人 の 心 をエーケ 海 に 探 る チグリス ユーフラテス 河 にはさまれた 肥 沃 な 三 日 月 地 帯 に6 千 年 前 人 類 のメソポタミア 文 明 が 誕 生 した シュメール バビロン アッシリアなどの 古 代 国 家 の 遺 跡 を 訪 ね 文 明 の 始 ま りを 探 る また イラク 博 物 館 秘 蔵 の 遺 物 の 数 々も 紹 介 しながら 歴 史 にもスポットをあてる ナスカに 残 る 巨 大 地 上 絵 は 数 千 年 前 に 栄 えた 文 明 を 築 いた 人 々によって 描 かれた いくつ かの 地 上 絵 は120メートルにも 達 し 上 空 からでないとわからない この 地 上 絵 と 共 に 土 器 や 装 飾 品 の 出 土 品 と 現 代 のワーケロ( 墓 荒 らし)を 訪 ね ペルーの 天 野 博 物 館 も 紹 介 中 央 アメリカ ユカタン 半 島 の 熱 帯 ジャングルに 生 まれたマヤ 文 明 高 度 に 発 達 した 文 明 で あったが 石 器 を 使 用 し 金 属 を 知 らなかった パレンケにある 宇 宙 人 を 模 したような 絵 や 古 代 の 天 文 台 を 訪 ね 太 陽 暦 もつくった 当 時 の 人 々の 高 度 な 宇 宙 観 を 探 る 目 はどんなふうにつくられているかな?テレビの 見 すぎや 悪 い 姿 勢 は 目 によくないこと 目 に よい 食 品 とよくない 食 品 があることを 教 え 目 を 大 切 にする 生 活 習 慣 を 身 につけさせていく 179 健 康 ビデオ 版 目 2 目 がわるくなるのはなぜ? 15 小 テレビを 見 るときや 本 を 読 むときの 正 しい 姿 勢 視 力 検 査 とめがねの 必 要 性 ハ ランスのとれた 食 生 活 の 大 切 さを 教 え 目 の 病 気 への 注 意 も 強 調 目 に 対 する 配 慮 を 育 てる 近 視 乱 視 遠 視 それぞれどう 見 えるかを 比 較 精 密 な 模 型 で 目 の 構 造 と 見 えるしくみを 解 180 健 康 ビデオ 版 目 3 近 視 乱 視 遠 視 15 小 明 181 性 182 性 183 性 184 性 心 の 性 教 育 1 自 立 ってなんだろう? 広 告 と 性 心 の 性 教 育 2 愛 ってなんだろう? 男 女 交 際 の 動 機 心 の 性 教 育 3 らしさ ってなんだろう? 性 差 別 心 の 性 教 育 4 責 任 ってなんだろう? 避 妊 を 考 える 20 中 経 済 的 自 立 生 活 的 自 立 精 神 的 自 立 性 的 自 立 の 四 つの 自 立 ができて 初 めて 自 立 し た 人 間 といえる この 四 つの 中 の 精 神 的 自 立 (まわりの 情 報 などにまどわされず はっきり した 自 分 の 考 えを 持 つ)について まわりにあふれているマンガや 広 告 などを 素 材 に 考 える 20 中 経 済 的 自 立 生 活 的 自 立 精 神 的 自 立 性 的 自 立 の 四 つの 中 の 性 的 自 立 について はじめてのキスの 動 機 をテーマにしてクラスで 討 論 していく 20 中 中 性 A I D S (エイズ) その 正 体 と 予 防 15 中 性 すばらしい 体 二 次 性 徴 18 小 ( 高 ) 性 健 康 なくらし 47 小 ( 高 ) 経 済 的 自 立 生 活 的 自 立 精 神 的 自 立 性 的 自 立 の 中 の 生 活 的 自 立 について スウェー テ ンの 家 庭 と 日 本 の 家 庭 を 比 較 しながら 考 えていく 子 供 たちが 考 える 女 らしさ 男 らしさ が 生 まれつき 持 っている 特 徴 の 特 性 なのか そうでないのかをケ ームをまじえて 考 えてい き 一 人 の 人 間 が 女 性 性 も 男 性 性 も 持 ち 合 わせてることを 気 づかせていく 授 業 の 様 子 経 済 的 自 立 生 活 的 自 立 精 神 的 自 立 性 的 自 立 の 四 つの 中 の 性 的 自 立 について 学 習 受 精 避 妊 法 などの 説 明 があり 将 来 感 情 に 流 されることなく 対 等 に 避 妊 について 話 しあえる 関 係 性 をつくりあげていける 性 的 自 立 を 諭 す エイス の 原 因 は1 万 分 の1ミリの 小 さなエイス ウイルス 感 染 しても 自 覚 症 状 の 出 る 人 は30ハ ーセント 程 で 患 者 一 人 の 背 後 には100 人 の 感 染 者 が 存 在 するといわれている 治 療 法 や 予 防 ワクチン 開 発 の 見 通 しが 立 たない 現 在 この 病 気 の 性 質 をよく 知 り 拡 大 を 防 ぐことを 目 的 に 作 成 された 1. 壮 大 な 宇 宙 2. 海 水 浴 場 3. 性 腺 刺 激 ホルモンの 図 4. 性 ホルモンと 性 器 発 育 の 図 5. 精 子 6. 勃 起 と 射 精 7. 精 通 8.ある 学 校 の 休 み の 校 庭 9. 女 子 の 全 体 図 10. 胎 児 の 性 の 分 化 の 図 11. 女 子 の 内 性 器 図 12.ある 学 校 のプール 13. 給 食 14. 運 動 する 男 女 先 ず 病 気 やけがに 焦 点 をあて 健 康 の 大 切 さを 理 解 させた 上 で 免 疫 免 疫 不 全 について そして エイズ をとりあげている 人 間 のからだのしくみと 合 わせて 小 学 生 がよくわかるよう に 授 業 を 展 開 している 様 子 を 記 録 したもの

12 188 性 免 疫 とエイズ 22 小 ( 高 ) 特 別 支 援 発 達 心 理 学 編 = 児 童 期 = 1 身 体 運 動 の 発 達 20 * 特 別 支 援 発 達 心 理 学 編 = 児 童 期 = 2 言 語 表 現 の 発 達 20 * 特 別 支 援 発 達 心 理 学 編 = 児 童 期 = 8 社 会 化 の 過 程 20 * 特 別 支 援 発 達 心 理 学 編 = 児 童 期 = 9 遊 びとけんか 20 * 特 別 支 援 発 達 心 理 学 編 = 児 童 期 = 10 集 団 活 動 とリータ ーシッフ 20 * 安 全 火 事 にそなえて 18 小 安 全 いざという 時 こうする ( 緊 急 避 難 ) 16 小 中 進 路 就 職 への 道 30 中 交 通 ストップ ザ 自 転 車 事 故 20 中 人 のからだは 常 に 健 康 を 保 つように 働 いている それが 血 液 の 中 の 働 き 免 疫 である それ に 基 づいて 免 疫 不 全 がどういうことか 小 学 生 が 理 解 しやすいようにアニメーションを 使 い 描 く 就 職 を 控 えた 生 徒 たちへの 情 報 や 心 がまえなどを わかりやすく 映 像 化 (* 迷 いとあこがれ * 方 向 を 探 る * 適 正 方 向 を 知 る * 高 校 生 に 人 気 のある 業 種 * 求 人 票 * 先 輩 の 声 * 調 査 書 *まとめ) 飛 び 出 しや2 人 乗 り 信 号 無 視 など 自 転 車 事 故 の 実 例 を 挙 げ その 原 因 をとらえると 共 に 自 転 車 を 利 用 する 際 の 自 分 でできる 点 検 や 安 全 走 行 のルールやマナーを 分 かりやすく 解 説 198 その 他 先 生 のつうしんぼ ( 劇 映 画 ) 93 小 新 しい 先 生 と 生 徒 との 裸 のつきあい を 笑 いと 感 動 でつづる 珠 玉 の 秀 作 199 性 成 長 する 心 とからだ( 上 )( 下 ) 小 学 校 中 学 年 用 19 小 ( 中 ) ナレーター 女 の 子 と 男 の 子 の 人 形 先 生 のやりとりで 展 開 していく 上 思 いやる 心 家 族 の やくわり 命 の 誕 生 命 のつながり をつたえる 下からだの 成 長 月 経 のしくみ 射 精 のしく み 成 長 の 個 人 差 心 の 成 長 心 を 合 わせる 男 子 と 女 子 の 流 れ 200 性 成 長 する 心 とからだ( 上 )( 下 ) 小 学 校 中 学 年 用 17 小 ( 中 ) ナレーター 女 の 子 と 男 の 子 の 人 形 先 生 のやりとりで 展 開 していく 上 思 いやる 心 家 族 の やくわり 命 の 誕 生 命 のつながり をつたえる 下からだの 成 長 月 経 のしくみ 射 精 のしく み 成 長 の 個 人 差 心 の 成 長 心 を 合 わせる 男 子 と 女 子 の 流 れ WISC-Rの 実 技 技 術 を 指 導 する 人 が その 技 術 を 研 修 する 人 達 の 研 修 に 活 用 するために 201 特 別 支 援 W I S C R 知 能 検 査 研 修 用 ビデオ 42 教 職 員 製 作 されたビデオ 言 語 性 検 査 (V-test) 知 識 類 似 算 数 単 語 理 解 と 動 作 性 検 査 (Ptest) 絵 画 完 成 絵 画 配 列 積 木 模 様 組 合 せ 符 号 で 構 成 されている 日 本 に 初 めてキリスト 教 を 説 き 広 めたイエス ス 会 の 宣 教 師 1506 年 スヘ インに 生 まれ 35 歳 で 東 洋 伝 道 のためイント マラッカへ そこで 出 会 った 薩 摩 藩 士 の 案 内 で 1549 年 日 本 の 地 を 踏 んだ 当 202 その 他 サビエルの 道 35 * 時 西 国 一 の 実 力 者 であった 大 内 義 隆 をたよって 山 口 へ 布 教 の 地 に 大 道 寺 を 与 えられた 彼 は 精 力 的 な 活 動 にのりだす 400 年 を 隔 てた 今 も 尚 彼 の 思 いは 鐘 の 音 となりひびく 日 本 で 初 めての 税 は いつ 頃 で どんなものだったのだろう そしてどのような 歴 史 があるの 203 社 会 日 本 の 税 の 歴 史 (アニメビデオ) 20 中 だろうか 日 本 の 税 の 歴 史 をアニメで 分 かりやすく 描 く 中 学 校 社 会 科 の 教 材 に 最 適 原 題 の エイズ 君 が 知 らなければならないすべて を アカデミー 賞 受 賞 の 女 優 ウーヒ ー コ ール 204 性 ストップ エイズ 25 * ト ハ ーク の 案 内 で 解 説 していく そして 同 じ10 代 のアメリカの 男 女 がメッセーシ を 伝 える 205 性 エイズとたたかう 30 * エイス の 科 学 的 情 報 と 社 会 の 状 況 と 共 生 の 推 進 をメッセーシ として 確 保 している 医 師 の 解 説 だ けでなく 現 実 に 感 染 した 者 や 患 者 や 家 族 が 次 々と 登 場 してくる 迫 力 は 他 に 類 をみない 5 歳 になると 友 達 と 一 緒 に 遊 ぶことが 生 活 の 中 心 になり 様 々なことを 学 んでいく その 時 期 206 幼 児 先 生 ってなあに 五 才 児 の 保 育 を 考 える 22 教 職 員 に 先 生 はどんな 役 割 をとればいいのか 保 育 の 中 で 子 どものありのままの 姿 を 記 録 し 5 歳 児 の 保 育 を 考 える 手 かがりにしてみよう 207 幼 児 きえちゃんのイメージ 保 育 の 記 録 から 21 教 職 員 歳 の 幼 児 の 生 活 を 通 して 自 分 のかかわり 方 を 探 っていく 姿 を 記 録 旺 盛 な 知 的 好 奇 心 を 損 なうことなく 伸 ばしていくために 教 師 は 一 人 一 人 をどのように 受 け 止 め どのように 指 導 す ればいいのか 現 実 の 保 育 の 中 から 考 えてみよう

13 208 幼 児 せんせい せんせい 3 歳 児 の 世 界 21 教 職 員 特 別 支 援 W I S C R 知 能 検 査 研 修 用 ビデオ 42 教 職 員 環 境 ヒコ 太 郎 とオリタンのリバーウォーズ 河 川 保 護 (アニメ) 21 小 1994 寄 贈 幼 稚 園 児 にとって 初 めての 集 団 生 活 その 中 で 彼 らは 何 を 学 び 取 り 身 につけるのか その ときの 教 師 の 役 割 とは?3 歳 児 が 先 生 や 友 達 とふれあいながら 遊 ぶ 姿 にその 答 えを 探 る 3 歳 児 と 先 生 の 生 活 する 姿 をありのままに 記 録 し 幼 稚 園 における 指 導 の 在 り 方 を 考 えてゆく WISC-Rの 実 技 技 術 を 指 導 する 人 が その 技 術 を 研 修 する 人 達 の 研 修 に 活 用 するために 製 作 されたビデオ 言 語 性 検 査 (V-test) 知 識 類 似 算 数 単 語 理 解 と 動 作 性 検 査 (Ptest) 絵 画 完 成 絵 画 配 列 積 木 模 様 組 合 せ 符 号 で 構 成 されている ~Ф ~ 助 けて 誰 か 助 けて~Ф ~ ヒコ 太 郎 とオリタンの 兄 妹 に 突 然 飛 び 込 んできた 川 の 精 からのメッセーシ 地 球 征 服 をねらうタ ークラー 帝 国 から 川 の 精 と 地 球 を 救 うためにヒコ 太 郎 とオリタン の 戦 いが 今 始 まった 211 体 育 学 校 フォークダンス 指 導 のてびき 基 本 編 39 小 中 1993 寄 贈 * 隊 形 * 進 行 方 向 回 転 方 向 *ポジション *ステップ * 主 な 手 足 の 動 作 *キンタ ー ホ ルカ *ク スタフス スコール *エイス オフ タ イヤモント *コロフ チカ *マイム マイム *ハ ーシ ニア リー 212 体 育 学 校 フォークダンス 指 導 のてびき 小 学 校 編 47 小 1993 寄 贈 ル *ちゃらちゃん 踊 り *ソーラン 節 * 八 木 節 *オクラホマ ミクサー *ト ート レフ スカ ホ ルカ *オスロー ワルツ *サ ロート ツー シ アイルス *ミサ ルー *タンコ 213 体 育 学 校 フォークダンス 指 導 のてびき 校 編 寄 贈 ミクサー * 花 笠 音 頭 * 郡 上 踊 り 春 駒 * 佐 渡 おけさ *ばんば 踊 り 豊 かな 心 をもちたくましく 生 きる 子 供 を 育 てる 小 学 校 教 育 編 新 教 育 課 程 に 基 づく 道 徳 教 育 を 学 校 教 育 全 体 の 中 で どのように 取 り 組 んでい 214 道 徳 30 教 師 1993 寄 贈 学 校 教 育 全 体 で 取 り 組 む 道 徳 教 育 小 学 校 くのが 望 ましいか ということを 分 かりやすく 解 説 豊 かな 心 をもちたくましく 生 きる 子 供 を 育 てる(2) 内 面 の 指 導 を 重 視 する 道 徳 主 任 の 先 生 しつけ 的 な 指 導 の 必 要 性 を 説 く 生 活 指 導 の 先 生 ら 215 道 徳 道 徳 教 育 の 充 実 と 年 間 指 導 計 画 31 教 師 1993 寄 贈 小 学 校 が 登 場 し 道 徳 教 育 の 共 通 理 解 や 指 導 計 画 の 重 要 性 を 理 解 できるようにしている 216 道 徳 217 道 徳 218 道 徳 219 道 徳 豊 かな 心 をもちたくましく 生 きる 子 供 を 育 てる(3) 生 き 生 きとした 道 徳 授 業 の 工 夫 小 学 校 豊 かな 心 をもちたくましく 生 きる 子 供 を 育 てる 学 校 教 育 全 体 で 取 り 組 む 道 徳 教 育 中 学 校 豊 かな 心 をもちたくましく 生 きる 子 供 を 育 てる(2) 道 徳 教 育 の 充 実 と 年 間 指 導 計 画 中 学 校 豊 かな 心 をもちたくましく 生 きる 子 供 を 育 てる(3) 生 き 生 きとした 道 徳 授 業 の 工 夫 中 学 校 教 職 経 験 2 年 目 の 教 諭 を 主 人 公 に 子 どもとの 温 かみのある 人 間 関 係 や 子 どもの 立 場 に 立 っ 39 教 師 1993 寄 贈 た 授 業 のあり 方 を 探 っていく 様 をドラマにしている 中 学 校 教 育 編 新 教 育 課 程 に 基 づく 道 徳 教 育 を 学 校 教 育 全 体 の 中 で どのように 取 り 組 んでい 30 教 師 1993 寄 贈 くのが 望 ましいか ということを 分 かりやすく 解 説 さまざまな 葛 藤 を 経 て 成 長 していく 生 徒 の 様 子 を 一 人 の 生 徒 のモノローク で 表 現 し 学 校 の 教 43 教 師 1993 寄 贈 育 活 動 全 体 と 響 き 合 う 道 徳 の 年 間 指 導 計 画 を 模 索 する 教 師 の 真 摯 な 努 力 を 描 いている 教 職 経 験 2 年 目 本 年 度 より 学 級 担 任 となった 井 上 先 生 は 自 らの 指 導 について 振 り 返 り 生 39 教 師 徒 を 心 で 見 ること また 生 徒 の 心 をつかむことの 難 しさを 痛 感 する そして 校 内 の 二 つの 研 究 授 業 の 機 会 に 道 徳 授 業 で 挑 戦 し 生 き 生 きとした 道 徳 授 業 の 工 夫 が 一 層 推 進 される 220 社 会 岐 阜 の 和 傘 岐 阜 市 教 委 作 成 20 小 社 会 岐 阜 市 の 公 園 岐 阜 市 教 委 作 成 18 小 社 会 公 民 館 とその 他 の 公 共 施 設 岐 阜 市 教 委 作 成 32 小 社 会 私 たちのくらしと 新 聞 岐 阜 市 教 委 作 成 18 小 社 会 安 全 なくらしを 守 る 岐 阜 市 教 委 作 成 12 小 社 会 私 たちの 生 活 と 運 輸 岐 阜 市 教 委 作 成 13 小 その 他 自 然 の 家 はぼくらの 宝 島 岐 阜 市 少 年 自 然 の 家 31 * 1994 寄 贈 227 その 他 L00K あっと 長 良 - 長 良 川 水 位 表 示 塔 - 14 * 1994 寄 贈 228 その 他 ハクガン ~ 北 極 からの 旅 を 追 って~ 24 小 北 極 圏 ランケ ル 島 からカリフォルニアへ はるか5000kmを 渡 るハクカ ン この 美 しい 鳥 たちの 群 れは 1994 寄 贈 年 々 規 模 を 小 さくしている 尊 い 命 を 守 るべく 英 知 と 技 術 を 結 集 し 1 年 にわたる 追 跡 調 査 に のぞんだ 母 なる 地 球 を 背 景 にして 感 動 的 なふれあいと 新 しい 発 見 の 記 録 229 福 祉 ろう 者 との 対 話 のために( 手 話 ) (1) 30 * 初 めて 手 話 にふれる 人 々のために 手 話 のあらましを 紹 介 まず 有 名 な 民 話 桃 太 郎 を 身 ぶ 1994 寄 贈 りをまじえた 手 話 で 物 語 る 次 に 手 話 の 語 源 をまじえた 簡 単 な 手 話 を 説 明 また 固 有 名 詞 など で 多 用 される 指 文 字 も 学 ぶ 最 後 によく 知 られた 童 謡 どんぐりころころ の 手 話 歌 もある

14 230 福 祉 ろう 者 との 対 話 のために( 手 話 ) (2) 30 * 1994 寄 贈 231 性 ジョナサン 君 といっしょに -エイズとともに 生 きよう- 15 小 性 エイズを 知 ればこわくない 19 小 手 話 通 訳 をめざす 人 々のために 生 きた 手 話 の 映 像 を 使 って 読 みとりの 練 習 をしよう < 内 容 >1. 二 人 のろう 者 の 会 話 2.ろう 者 の 手 話 語 り 3. 伝 統 的 な 手 話 の11 例 4. 手 話 通 訳 の 場 面 生 後 5 日 目 に 輸 血 ( 血 液 製 剤 の 投 与 )をした 時 に エイス ウイルスに 感 染 したシ ョナサン 君 最 先 端 の 治 療 や 薬 剤 のおかげで10 歳 になっても 発 病 せずにいるシ ョナサン 君 のメッセーシ Don't be afraid of me./don't keep it a secret. を 堂 々と 病 気 と 闘 っている 様 子 を 通 して 訴 える *エイス ウイルスが 感 染 するのは * 予 防 接 種 の 様 子 * 免 疫 機 能 の 説 明 *エイス ウイルスがT 細 胞 に 侵 入 する 様 子 * 空 気 に 触 れると 壊 れてしまうエイス ウイルス *エイス ウイルスに 入 りこまれたT 細 胞 の 集 まり *T 細 胞 があるのは *エイス ウイルス 感 染 者 と 患 者 との 違 い *アメリカのエイス ウイルス 感 染 児 童 シ ョナサン 君 233 性 今 まで 住 んでいた 高 地 のテ ンハ ーが エイス ウイルス 感 染 者 のシ ョナサンの 身 体 によくないため 祖 父 エイズとともに 生 きる 25 中 母 の 住 むアイオワ 州 のシ ェファーソンに 引 越 した 彼 がエイス についてわかりやすく 友 達 に 語 り さらに - 少 年 ジョナサンの 日 々- 周 囲 の 大 人 たちの 適 切 な 対 応 が ごく 普 通 の 生 活 からとらえられている 234 性 エイズの 感 染 と 予 防 23 中 エイズという 病 気 を 科 学 的 な 視 点 で 紹 介 するとともに 感 染 の 予 防 をわかりやすく 解 説 * 日 本 のある 中 学 生 との 往 復 書 簡 * 感 染 経 路 *シ ョナサンの 紹 介 * 学 校 に 行 けるようになるま で * 教 師 から 見 たシ ョナサン *エイス に 対 する 見 方 の 変 化 *シ ョナサンを 受 け 入 れるにあたり * 235 性 エイズウイルスに 感 染 した 子 供 と 共 に 学 ぶ 48 教 師 シ ョナサンに 対 する 配 慮 * 衛 生 キットの 紹 介 * 生 徒 が 出 血 した 際 の 手 当 止 血 時 の 注 意 *シ ョナ サンと 友 人 たちとの 関 係 * 町 の 人 たちの 反 応 * 日 本 の 学 校 へのメッセーシ 236 性 性 ってなあに?- 親 と 子 の 性 教 育 - ( 前 編 ) *2 本 あり 25 * 性 性 ってなあに?- 親 と 子 の 性 教 育 - ( 後 編 ) 30 * 性 エイズなんかこわくない 14 小 性 生 と 性 のシンフォニー ~ 生 まれでるために~ 10 小 同 和 新 ちゃんがないた!( 障 害 者 差 別 アニメ) 36 小 同 和 部 落 差 別 のおこりを 考 える 22 中 同 和 部 落 差 別 のおこり 以 前 を 考 える 21 中 同 和 部 落 差 別 解 消 への 歩 みから 考 える 23 中 1994 寄 贈 仲 良 し 三 人 組 がドクターの 教 えを 受 けながら 徐 々に 成 長 していく アニメーションヒ テ オ 構 成 *セックスってなあに * 男 と 女 からだのちがい * 月 経 ってなあに * 射 精 ってなあに 仲 良 し 三 人 組 がドクターの 教 えを 受 けながら 徐 々に 成 長 していく アニメーションビデオ 内 容 構 成 *おとなの 男 と 女 * 妊 娠 と 出 産 *エイズ *チャイルドアビューズ 州 のある 小 学 校 が 舞 台 サッカーに 興 じて 走 り 回 る 男 の 子 が 転 んで 膝 をすりむいてしまう 子 供 は 血 が 流 れたのでエイズになると 泣 いている 最 近 子 供 たちの 間 で エイズ いじめ 遊 びが 流 行 り 始 めていた 先 生 はエイズが 簡 単 に 感 染 するものではない と 優 しく 諭 す 従 来 の 性 教 育 ヒ テ オとは 異 色 の 人 々の 感 性 に 訴 える 作 品 光 と 音 と 線 描 のイラストレーションを 使 ってみごとに 展 開 する 画 面 は 最 初 から 最 後 までひきつける 花 かと 思 うスタートの 絵 は 卵 巣 と 卵 管 采 にかわり 唯 一 リアルな 出 産 のワンカットに 向 けてこのヒ テ オの 展 開 は 高 揚 していく 四 肢 性 マヒの 新 ちゃんは 先 生 や 先 輩 の 激 励 本 人 の 努 力 が 実 って 普 通 小 学 校 に 転 入 出 来 た が まだ 様 々な 障 害 が 横 たわっていた 不 屈 の 頑 張 りと 友 情 が 熱 い 感 度 を 呼 ぶアニメ 同 和 問 題 の 解 決 には 正 しい 知 識 の 提 供 が 大 切 である そこで 埼 玉 県 が 実 施 した 同 和 問 題 意 識 調 査 をもとに 部 落 差 別 の 歴 史 を 古 代 から 中 世 まで 秀 吉 の 全 国 統 一 から 江 戸 幕 末 ま で 明 治 時 代 から 現 代 まで という 三 つに 分 け 同 和 問 題 の 歴 史 的 背 景 を 正 しく 理 解 する 同 和 問 題 の 解 決 には 正 しい 知 識 の 提 供 が 大 切 である そこで 埼 玉 県 が 実 施 した 同 和 問 題 意 識 調 査 をもとに 部 落 差 別 の 歴 史 を 古 代 から 中 世 まで 秀 吉 の 全 国 統 一 から 江 戸 幕 末 ま で 明 治 時 代 から 現 代 まで という 三 つに 分 け 同 和 問 題 の 歴 史 的 背 景 を 正 しく 理 解 する 同 和 問 題 の 解 決 には 正 しい 知 識 の 提 供 が 大 切 である そこで 埼 玉 県 が 実 施 した 同 和 問 題 意 識 調 査 をもとに 部 落 差 別 の 歴 史 を 古 代 から 中 世 まで 秀 吉 の 全 国 統 一 から 江 戸 幕 末 ま で 明 治 時 代 から 現 代 まで という 三 つに 分 け 同 和 問 題 の 歴 史 的 背 景 を 正 しく 理 解 する 244 その 他 カワゲラ のすむ 川 寄 贈 平 成 4 年 度 河 川 整 備 基 金 助 成 事 業 JCリバーネットワーク 活 動 報 告 ものやお 金 を 大 切 にし 正 しい 金 銭 感 覚 を 身 につけさせるために お 金 やカードについて 考 245 その 他 金 銭 教 育 冊 子 を 活 用 している 中 学 校 を 訪 ねて 15 中 1994 寄 贈 え 消 費 生 活 設 計 に 役 立 てようとした 貯 蓄 広 報 中 央 委 員 会 のビデオである

15 経 済 が 豊 かになるにつれて ものやお 金 を 粗 末 に 扱 う 傾 向 がみられ 若 い 人 がクレシ ットカート や ローン 契 約 のトラフ ルに 巻 き 込 まれたりしている 健 全 な 金 銭 感 覚 や 生 活 習 慣 を 養 う 金 銭 教 育 の 246 その 他 金 銭 教 育 ビデオ お 金 とカードの 世 界 55 中 1995 寄 贈 一 環 として 平 成 5 年 に 中 学 生 向 け 金 銭 教 育 冊 子 を 刊 行 その 冊 子 をヘ ースに ト ラマと 人 形 劇 を 組 み 合 わせ お 金 やクレシ ットカートの 知 識 を 興 味 深 く わかり 易 く 学 べるようにしたもの 247 社 会 わたしたちの 国 会 ( 参 議 院 広 報 室 製 作 ) 15 小 同 和 にんげんの 詩 26 * 同 和 問 題 啓 発 用 アニメーション 人 間 は 生 まれながらにして 自 由 平 等 である 部 落 差 別 の 問 題 に 直 面 することになった18 歳 の 少 女 が その 差 別 の 根 源 を 追 い 求 めて 時 空 を 超 えた 旅 をつづ け 現 在 もまかり 通 っている 差 別 がいかにいわれのないものであるかを 明 らかにしていく 250 同 和 ふたりのタロウ 26 * 同 和 教 育 アニメーション 小 学 校 6 年 生 のタロウが 江 戸 時 代 のタロウとともに 江 戸 時 代 へタ イムスリップをし 身 分 制 度 のため いわれのない 差 別 を 体 験 する 江 戸 時 代 の 差 別 の 実 態 を 知 り 現 代 にもどってきたタロウは もう 先 程 までのタロウではなかった 1. 楽 しい 水 遊 び (1) 水 慣 れ (2) めあて をもった 楽 しい 水 遊 び 2. 泳 ぐ 前 に - 呼 吸 と 浮 251 体 育 水 遊 びから 初 歩 のクロールヘ 文 部 省 26 小 1995 寄 贈 く 練 習 - (1) 呼 吸 (2) 浮 く 3.クロール 平 泳 ぎで 泳 いでみよう (1) 初 歩 のクロール (2) 初 歩 の 平 泳 ぎ 4. 効 果 的 な 練 習 のために (1) 補 助 器 具 用 具 の 利 用 252 体 育 1.クロール (1)クロールのイメージをつかむ (2)クロールの 練 習 2. 平 泳 ぎ (1) 平 泳 ぎ 安 定 したフォームのクロール 26 小 1995 寄 贈 のイメージをつかむ (2) 平 泳 ぎの 練 習 3. 安 全 なスタート 4. 意 欲 をもって 取 り 組 むための 平 泳 ぎを 目 指 して 文 部 省 授 業 の 進 め 方 5. 着 衣 での 水 泳 指 導 川 にすむ 魚 のほとんどは 川 をのぼったりくだったりして 暮 らしている 人 が 生 活 していくのに 必 要 なせきやダムも 魚 にはじゃまになることがあるのだ そこで 魚 のための 通 り 道 魚 道 253 理 科 いま 魚 道 を 探 る が 造 られるようになった これは 人 も 魚 も 自 然 の 中 で 平 等 に 暮 らせるようにという 願 いから 生 まれた 知 恵 である 魚 道 のはなしをとおして 川 や 自 然 について 考 えてみよう 254 英 語 This is Gifu City 岐 阜 市 国 際 交 流 推 進 室 20 中 1995 寄 贈 岐 阜 市 紹 介 の 英 語 版 ビデオ 255 理 科 宇 宙 への 限 りなき 夢 * 向 井 千 秋 宇 宙 へ * 宇 宙 開 発 の 歴 史 * 宇 宙 環 境 の 利 用 ( IML-2 第 2 次 国 際 微 小 重 力 30 小 中 1995 寄 贈 ( 向 井 千 秋 の 宇 宙 教 室 ) 1 実 験 室 宇 宙 実 験 の 目 的 と 成 果 宇 宙 からの 天 体 観 測 地 球 観 測 ) * 宇 宙 開 発 の 未 来 256 理 科 宇 宙 で 生 きるための 挑 戦 * 宇 宙 環 境 と 地 球 環 境 の 違 い * 宇 宙 環 境 が 生 命 人 体 に 与 える 影 響 *IML-2 宇 宙 での 生 30 小 中 1995 寄 贈 ( 向 井 千 秋 の 宇 宙 教 室 ) 2 命 科 学 実 験 257 その 他 そろばん 王 国 東 海 歴 史 秘 話 30 * 1995 寄 贈 宝 暦 3 年 夏 高 須 輪 中 瀬 古 村 今 年 こそは 豊 作 と 喜 んでいたが 思 いがけぬ 雨 が 降 り 続 き 堤 防 が 切 れて 大 洪 水 水 害 は 毎 年 のように 村 を 襲 い 人 々を 苦 しめた いよいよ 美 濃 伊 258 その 他 せんぼんまつばら( 長 編 アニメ) 岸 武 雄 原 作 90 小 1995 寄 贈 勢 尾 張 三 国 にまたがる 治 水 工 事 が 始 まり 幕 府 の 監 督 で 薩 摩 の 国 から 千 人 以 上 のお 侍 た ちがやってきた 与 吉 も 幸 助 も 高 い 人 足 賃 がもらえると 聞 いて 喜 んで 出 かけていくが 259 環 境 青 い 炎 の 科 学 ( 暮 らしを 支 えるLPガス) 環 境 青 い 炎 の 科 学 ( 暮 らしを 支 えるLPガス) 21 小 ( 高 ) 中 小 ( 高 ) 中 1995 寄 贈 1995 寄 贈 261 道 徳 いつも 一 緒 に 21 中 小 学 生 中 学 生 の 皆 さんにLPガスに 関 する 知 識 と 正 しい 利 用 の 仕 方 を 学 んでもらうため LP ガスの 炎 を 取 り 上 げている 構 成 *フ ロローク 青 い 炎 は * 第 1 章 僕 の 生 まれは * 第 2 章 変 身 の 秘 密 * 第 3 章 燃 焼 のしくみ * 第 4 章 安 心 快 適 に 使 うために *エヒ ローク 僕 はクリーンなエネルキ ー 小 学 生 中 学 生 の 皆 さんにLPガスに 関 する 知 識 と 正 しい 利 用 の 仕 方 を 学 んでもらうため LP ガスの 炎 を 取 り 上 げている 構 成 *フ ロローク 青 い 炎 は * 第 1 章 僕 の 生 まれは * 第 2 章 変 身 の 秘 密 * 第 3 章 燃 焼 のしくみ * 第 4 章 安 心 快 適 に 使 うために *エヒ ローク 僕 はクリーンなエネルキ ー 真 理 子 とみゆきは 小 学 校 の 頃 から 大 の 仲 良 しで 部 活 も 一 緒 だったが ふとしたことから 二 人 の 心 は 離 ればなれに そういう 二 人 の 心 の 葛 藤 をドラマチックに 描 く 262 道 徳 勇 気 ある 選 択 許 すないじめ 25 中 いじめを 知 りながら 見 ない 振 りをする 多 くの 傍 観 者 結 果 的 にはいじめの 加 担 者 である 偶 然 いじめの 現 場 を 目 撃 した 生 徒 の 悩 みを 通 して いじめ 根 絶 の 糸 口 を 考 えていく 教 材

16 掃 除 当 番 を 弱 い 者 に 押 しつけてさぼったり 足 の 不 自 由 な 子 をからかったりしていた 少 年 が 松 263 道 徳 友 だちのきもち 19 小 葉 杖 をつくはめに 陥 った その 体 験 を 通 して 彼 はどういうことを 学 んだか 小 学 生 の 事 故 原 因 で 常 に 大 半 を 占 める 飛 び 出 し 横 断 中 の 事 故 を 中 心 に 色 々な 危 険 事 264 交 通 バット 大 王 の 交 通 安 全 Q&A 21 小 例 を 再 現 しながら 事 故 防 止 法 を 子 どもの 疑 問 に 答 える 方 式 で 描 く 自 分 で 正 しいと 思 っている 乗 り 方 が 実 は 大 変 危 険 な 場 合 がある どこがどう 違 うか 自 転 車 の 265 交 通 ミラクル 太 郎 の 自 転 車 安 全 教 室 20 小 乗 り 手 とドライバーの 視 界 など 映 像 特 性 をフルに 活 用 実 感 的 に 示 す 小 学 生 の 自 転 車 事 故 で 特 に 多 い 飛 び 出 しやスピードの 出 し 過 ぎ 急 な 進 路 変 更 坂 道 での 危 266 交 通 自 転 車 の 安 全 ウォッチング 19 小 険 等 に 焦 点 を 当 て どうすれば 事 故 や 危 険 な 目 にあわないかを 考 える 子 どもたちに 人 気 のある はれぶた シリーズ( 矢 玉 四 郎 作 岩 崎 書 店 )の 則 安 君 とその 仲 間 267 交 通 はれときどきぶた のりやすくんの 交 通 安 全 15 小 に 登 場 してもらい 飛 び 出 しの 怖 さや 交 通 ルールの 大 切 さを 教 える アニメーション 268 健 康 応 急 処 置 の 意 義 と 手 順 10 中 *プロローグ * 応 急 処 置 の 意 義 * 応 急 処 置 を 施 す 前 に * 応 急 処 置 の 手 順 * 心 臓 マッサージ *エピローグ 269 健 康 人 工 呼 吸 と 心 臓 マッサージ 12 中 *プロローグ * 呼 気 吹 きこみ 法 * 心 臓 マッサージ * 気 道 内 異 物 の 除 去 *まとめ 270 健 康 創 傷 とその 処 置 止 血 法 10 中 *プロローグ * 細 菌 感 染 の 防 止 * 止 血 法 * 圧 迫 包 帯 法 ( 直 接 圧 迫 法 ) * 指 圧 止 血 法 ( 間 接 圧 迫 法 ) * 打 撲 の 処 置 271 健 康 包 帯 法 13 中 *プロローグ * 包 帯 の 種 類 * 巻 き 包 帯 を 使 う 方 法 * 三 角 布 * 頬 や 耳 のけが * 胸 背 手 や 足 のけが * 前 腕 の 吊 り * 他 の 包 帯 272 健 康 薬 の 使 い 方 10 中 *プロローグ * 切 り 傷 すり 傷 の 手 当 て * 救 急 箱 * 自 然 治 ゆ 力 * 薬 の 服 用 * 飲 み 合 せ * 保 管 について *まとめ 273 環 境 カワゲラのすむ 川 21 * 1992 平 成 4 年 度 河 川 整 備 基 金 助 成 事 業 JCリバーネットワーク 活 動 報 告 275 社 会 276 理 科 277 理 科 278 理 科 悟 空 の 著 作 権 入 門 企 画 監 修 / 文 化 庁 製 作 / 手 塚 フ ロタ クション 毛 利 衛 宇 宙 で 学 ぶ 理 科 実 験 1ふわっと 快 適 宇 宙 の 生 活 毛 利 衛 宇 宙 で 学 ぶ 理 科 実 験 2 不 思 議 いっぱい 無 重 力 のヒミツ! 毛 利 衛 宇 宙 で 学 ぶ 理 科 実 験 3 世 界 はひとつ 国 境 はありません 23 小 中 小 中 1997 寄 贈 30 小 中 1997 寄 贈 30 小 中 1997 寄 贈 279 性 大 人 になるってどんなこと 30 小 性 ぼく どこから 生 まれてきたの 30 小 性 ゴンはオスでノンはメス ニホンザルの 性 * 481と 同 じビデオ 天 竺 への 冒 険 の 旅 を 終 えた 悟 空 ハッカイ サゴジョウの3 人 は 天 竺 への 冒 険 の 旅 をマンガ 本 にし それを 売 って 生 活 していた ある 日 自 分 達 のマンガがTVで 放 送 されていることを 知 った 悟 空 達 は 著 作 物 を 無 断 で 使 用 している 者 を 探 す 宇 宙 への 旅 にでる 悟 空 たちの 冒 険 を 楽 しみながら 著 作 権 についての 理 解 が 深 まるアニメーションビデオ 宇 宙 船 エンテ ハ ー 号 が 宇 宙 空 間 を 飛 んでいるその 中 で 日 本 人 宇 宙 飛 行 士 毛 利 衛 さんが 行 って いる 様 々な 実 験 の 様 子 や ハ イロット 達 の 様 子 などを 見 る 無 重 力 空 間 では 顔 はむくみ 腕 や 足 は 細 くなる また 日 常 生 活 の 中 では 洗 面 やシャワー 使 用 時 にも 通 常 ではありえない 現 象 が 起 き る 様 子 や 食 事 の 摂 り 方 等 を 楽 しく 説 明 する 毛 利 さんの 理 科 実 験 編 無 重 力 の 宇 宙 船 内 で 人 間 が 自 由 に 泳 げる 訳 や 重 力 とは 何 かについ て 説 明 また 玉 の 実 験 物 質 の 混 合 と 分 離 学 生 参 加 の 宇 宙 実 験 等 について 解 説 宇 宙 船 内 での 生 活 の 様 子 や 疑 問 に 思 っている 事 等 様 々な 実 験 で 立 証 し 宇 宙 の 謎 を 解 いていく スペースシャトル エンデバー 号 から 見 た 地 球 日 本 地 球 の 環 境 変 化 人 間 の 営 み 等 をも とに 地 球 の 未 来 を 予 測 する 男 女 の 体 形 の 変 化 個 人 差 による 不 安 そして 恋 愛 感 情 の 芽 ばえなど 思 春 期 に 誰 もが 体 験 するテ リケートな 問 題 を 丁 寧 に 解 説 した 欧 米 アニメーションヒ テ オ 構 成 *なぜ 私 の 胸 はふくらむ の? *ホ ッキって 何? *どうしてニキヒ ができるの? *マスターヘ ーションって 何? * 月 経 ってどういうこと? *どうして 男 の 子 と 女 の 子 はお 互 いに 好 きになるの? 11ヵ 国 語 に 翻 訳 されたベストセラー 絵 本 "WHERE DID I COME FROM?"をビデオ 化 男 女 の からだの 違 い 両 親 の 愛 情 精 子 が 繰 り 広 げる 決 死 の 大 レース 受 精 の 瞬 間 さらには 胎 児 の 成 長 から 赤 ちゃんの 誕 生 の 喜 びの 日 までが 楽 しいアニメーションで 綴 られている 31 小 1997 いのちの 強 さ 性 の 尊 さ ニホンザルの 生 態 を 通 してみる 性 と 生 命 の 世 界

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

第2章 健康づくりの現状と課題

第2章 健康づくりの現状と課題 第 2 章 吹 田 市 の 現 状 と 課 題 1 吹 田 市 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 について 吹 田 市 の 人 口 は 平 成 16 年 (2004 年 )9 月 30 日 現 在 351, 283 人 です うち 65 歳 以 上 は55,017 人 15 歳 ~64 歳 は244,336 人 15 歳 未 満 は51,930 人 です 高 齢 化 率 は 15.7% 少 子

More information

(p2~7)出前講座メニュー一覧.xls

(p2~7)出前講座メニュー一覧.xls 1 厚 木 市 総 合 計 画 将 来 のまちづくりに 向 けた 総 合 計 画 について 2 厚 木 市 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 につ いて 3 厚 木 市 ってどんなまち 厚 木 市 の 概 要 について 4 これからの 厚 木 市 の 公 共 施 設 の 在 り 方 について 本 市 の 人 口 の 将 来 展 望 や 将 来 にわたって 活 力 あるまちであり 続 ける ための 取

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

sekishin2016_1.indd

sekishin2016_1.indd 798 号 発 / 79 平 8 発 所 / 庁 5-6 王 寺 小 宮 9-8 TEL 6677 FAX 667766 E-mail: sekishintok@gmail.com 編 / 井 龍 郎 印 正 定 勤 火 水 木 土 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 力 添 賜 誠 ざ 迎 住 む ぼ 向 懸 命 努 締 締 切 当 曜 火 曜 電 座 渋 滞 当 然 殿

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd 母 明 ぼ 仮 扉 横 須 賀 輝 尚 3 面 識 神 田 昌 典 氏 マ ケ 識 勇 気 田 健 氏 物 語 温 気 持 ナ ポ レ オ ヒ 哲 恵 マ ユ モ 溢 五 感 使 数 者 ノ ウ ハ ウ 挙 申 訳 憎 読 増 由 関 係 豊 4 5 信 夢 必 叶 結 局 売 疑 奥 底 周 囲 む ぜ ぜ ジ レ マ 々 普 通 平 凡 キ 識 向 無 平 凡 レ ッ 持 諦 駄 投 葉 丈 夫

More information

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc 47 少 主 公 悲 惨 苦 々 族 ぞ 周 囲 達 悲 癒 募 背 翼 食 物 考 食 心 描 写 療 施 設 情 原 題 解 放 周 囲 愛 情 取 戻 様 描 摂 取 障 害 少 過 去 不 ふ 幸 歴 史 代 抱 様 々 問 題 少 目 向 考 折 精 神 折 精 神 座 右 銘 葉 限 ぎ 楽 辛 苦 方 苦 面 立 心 前 進 無 理 折 限 以 発 揮 結 果 必 対 対 常 づ 葉

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

7 情緒障害

7 情緒障害 Ⅶ 情 緒 障 害 情 緒 障 害 と は, 状 況 に 合 わ な い 感 情 気 分 が 持 続 し, 不 適 切 な 行 動 が 引 き 起 こ さ れ, そ れ ら を 自 分 の 意 思 で は コ ン ト ロ ー ル で き な い こ と が 継 続 し, 学 校 生 活 や 社 会 生 活 に 適 応 で き な くな る 状 態 を い う 1 情 緒 障 害 の ある 子 供 の

More information

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 ろ 頭 ろ 成 功 難 8 9 知 間 蓄 積 ぜ 難 現 代 社 会 抱 問 題 深 地 獄 活

More information

文化連情報8月389号.indd

文化連情報8月389号.indd 正 総 合 略 死 臓 器 摘 死 至 ゆ 安 レ バ ボ 取 除 般 従 遷 疎 困 難 特 徴 刺 激 与 ェ ュ 為 促 続 偶 付? 視 線 向 追 右 左 管 膀 胱 挿 声 様 好 音 楽 聴 試 声 録 音 聴 希 望 直 接 般 簡 隅 形 再 驚 ふ 左 伸 首 抱 作 口 ゆ 偶 常 化 情 報 緒 = 種 常 光 濃 厚 報 酬 高 評 与 遅 デ 効 徐 打 費 適 配 部

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて 学 校 防 災 マニュアル ( 修 正 版 ) 本 マニュアルは 平 成 24 年 3 月 に 全 面 改 定 した 学 校 防 災 マニュアルを 平 成 25 年 3 月 に 修 正 された 目 黒 区 地 域 防 災 計 画 と 整 合 性 を 図 るため 平 成 25 年 6 月 に 一 部 修 正 したものである 平 成 25 年 6 月 目 黒 区 教 育 委 員 会 目 次 災 害 時

More information

『環境元年』施策

『環境元年』施策 平 成 26 年 度 予 算 主 要 事 業 抜 粋 単 位 千 円 印 は 新 規 事 業 基 本 目 標 1 魅 力 と 活 力 にあふれるにぎわいのあるまちづくり 観 光 宣 伝 対 策 事 業 イ ン タ ー ネ ッ ト を 活 用 し た 誘 客 宣 伝 パ ン フ レ ッ ト な ど の 印 刷 ポ ス タ ー 観 光 宣 伝 箱 根 駅 伝 で の 誘 客 キ ャ ラ バ ン の 委

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

untitled

untitled nibankan@ r.dion.ne.jp 平 号 鮎 或 粟 容 袷 対 象 定 安 参 加 費 入 庵 持 ち 物 按 申 込 暗 問 粗 ご 辺 チ 収 集 - ご ゼロ ゼ ロ 各 機 電 連 絡 え 西 院 - 恩 -/ 小 新 世 紀 脳 神 経 外 科 - 船 渡 -/ 脳 神 むろ 歯 科 ニッ - 弥 十 郎 -/ 歯 小 歯 石 川 院 - 北 --/ 小 循 消 産 婦

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

<8E968BC695F18D908F912E786C73>

<8E968BC695F18D908F912E786C73> 平 成 7 度 施 設 事 業 報 告 概 要. 法 人 () 経 営 主 体 社 会 福 祉 法 人 白 雪 会 () 所 在 地 千 葉 県 千 葉 市 緑 区 高 田 町 4 番 地 6 (3) 代 表 者 理 事 長 鳥 越 浩 (4) 設 立 月 日 昭 和 54 7 月 日 (5) 設 立 の 目 的 軽 費 老 人 ホーム 設 置 の 為 (6) 役 員 役 職 名 氏 名 職 業 等

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083478393836683428393834F836D815B8367955C8E86>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083478393836683428393834F836D815B8367955C8E86> E nding No te エンディングノート 目 次 - 私 のこと 生 年 月 日 血 液 型 本 籍 地 電 話 携 帯 電 話 メールアト レス 好 きな 食 べ 物 趣 味 好 きなこと 好 きな 場 所 等 ------------------------------- 4 これからしたいこと 行 きたいところ アレルキ ー 病 歴 等 通 院 先 常 用 薬 等 ---------------------------------------

More information

Microsoft Word - 03_別添2_推薦要領27'.doc

Microsoft Word - 03_別添2_推薦要領27'.doc ( 別 添 2) エイジレス ライフ 実 践 事 例 及 び 社 会 参 加 活 動 事 例 推 薦 要 領 平 成 2 7 年 1 月 9 日 内 閣 府 政 策 統 括 官 ( 共 生 社 会 政 策 担 当 ) 決 定 1 推 薦 の 対 象 となるエイジレス ライフ 実 践 事 例 の 実 践 者 及 び 社 会 参 加 活 動 事 例 (1)エイジレス ライフ 実 践 事 例 の 実 践

More information

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73>

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 21 年 度 の 人 件 費 率 264,775 人 89,572,418 千 989,606 千 17,550,569

More information

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ )

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ ) 知 多 理 科 同 好 会 広 報 部 会 報 第 29 号 平 成 23 年 11 月 18 日 流 星 今 か ら 1 0 年 前, 2 0 0 1 年 1 1 月 小 学 生 2 年 生 の 息 子 と と も に 夜 中 に 起 き 出 し て, 庭 に シ ー ト を 引 き, 東 の 空 を 見 て い た こ と が あ り ま す 一 つ の 寝 袋 に 二 人 で 潜 り 込 ん

More information

セジ ざ 紹 介 動 跡 嫌 セ 成 長 好 今 フ ダ 数 々 動 提 供 好 転 以 簡 単 少 勇 新 挑 戦 ワド 毎 日 楽 過 新 扉 開 * 付 録 聴 ペャC 紹 介 入 2010 5 月 Body design 代 表 福 田 2 3 巻 末 付 録 C 読 皆 験 C 付 録 用 意 書 専 門 内 後 内 読 後 簡 単 付 属 C ヤ 聴 C 廻 約 20 作 動 毎 日 続

More information

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫 紙 父 早 亡 離 暮 知 ゅ 華 料 預 港 町 飲 屋 帰 章 Ⅰ 落 汁 落 レ 炒 汁 淡 黄 褐 色 ょ 個 太 洋 陸 ソ モ 諸 サ モ 諸 抜 ぬ 太 洋 黄 信 ム 発 食 費 円 料 汁 乱 ぷ 岡 箱 細 腕 歩 姿 浮 闇 野 良 犬 ぬ 匹 牙 岡 落 4 ニ ブ 薪 音 閉 務 室 声 苦 労 5 無 修 士 釘 員 廊 寝 近 進 駐 ゅ 軍 ャ プ パ 工 場 付 属

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

三条市安全・安心な

三条市安全・安心な 三 条 市 安 全 安 心 な まちづくり 推 進 計 画 ( 案 ) 三 条 市 1 目 次 第 1 章 計 画 の 基 礎 事 項 1 第 1 節 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 節 計 画 の 位 置 付 け 1 第 3 節 計 画 期 間 1 第 4 節 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 犯 罪 の 状 況 2 第 1 節 刑 法 犯 発 生 状 況 2 (1) 刑 法 犯 認

More information

別紙3

別紙3 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 方 針 目 次 1 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 総 括 表 及 び 経 営 方 針 1 2 重 点 的 に 取 り 組 みを 行 う 主 なもの 5 1 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 総 括 表 及 び 経 営 方 針 (1) 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求

More information

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農 2 主 な 用 語 の 説 明 世 帯 世 帯 とは 調 査 基 準 日 現 在 同 一 住 居 又 は 同 一 敷 地 内 の 別 棟 に 居 住 しており かつ 生 計 を 共 にしている 人 ( 世 帯 員 )の 集 まり 又 は 独 立 して 生 計 を 営 む 単 身 者 をいう 世 帯 員 世 帯 員 とは 調 査 基 準 日 現 在 この 世 帯 に 住 んでいる 人 のほか 一 時

More information

掲 将 像 然 笑 寒 寒 埋 容 量 西 託 契 締 港 湾 昭 和 ぶ 独 君 戦 揚 貨 戦 陸 港 貨 圏 舗 舗 -- -- -- -- -- -- 京 宿 西 宿 --

掲 将 像 然 笑  寒 寒 埋 容 量 西 託 契 締 港 湾 昭 和 ぶ 独 君  戦 揚 貨 戦 陸 港 貨 圏 舗 舗 -- -- -- -- -- -- 京 宿 西 宿 -- 標 準 減 村 免 許 盆 環 境 算 己 直 滞 納 康 孫 標 常 欠 努 己 診 越 康 振 存 敬 老 祝 敬 老 祝,,,,, 敬 老 祝 歳 昭 和 米 寿 昭 和 歳 白 寿 歳 密 ュ ニ 拠 点 増 注 緊 率 著 影 響 緊 則 頃 維 持 努 況 オ cc 白 乙 cc 黄 色 甲 cc 従 型 希 望 諸 線 告 皆 移 末 屋 般 執 候 候 案 田 井 砂 宮 馬 己 食

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

ウ その 他 の 浴 場 ( 個 室 付 浴 場 ) 照 明 換 気 等 構 造 設 備 衛 生 管 理 及 び 風 紀 などの 指 導 施 設 数 延 監 視 件 数 違 反 施 設 数 処 分 件 数 警 告 書 交 付 件 数 163 335 10 1 5 エ 苦 情 処 理 等 種 別 件

ウ その 他 の 浴 場 ( 個 室 付 浴 場 ) 照 明 換 気 等 構 造 設 備 衛 生 管 理 及 び 風 紀 などの 指 導 施 設 数 延 監 視 件 数 違 反 施 設 数 処 分 件 数 警 告 書 交 付 件 数 163 335 10 1 5 エ 苦 情 処 理 等 種 別 件 イ 理 化 学 細 菌 学 的 検 査 等 1 理 容 所 美 容 所 暖 房 期 及 び 冷 房 期 における 作 業 所 内 の 空 気 検 査 ( 一 酸 化 炭 素 二 酸 化 炭 素 )を 実 施 し 換 気 方 法 について 改 善 指 導 し 事 故 防 止 に 努 めている 2 テトラクロロエチレン 使 用 クリーニング 所 ドライ 溶 剤 の 安 全 な 取 り 扱 いのため テトラクロロエチレン

More information

概要版

概要版 3 調 査 結 果 1 千 葉 県 の 魅 力 (1) 千 葉 県 への 愛 着 や 誇 り 千 葉 県 に 愛 着 や 誇 りを 感 じている かどうかについて 聞 いたところ 愛 着 や 誇 りを 感 じている (31.7%)と どちらかといえば 愛 着 や 誇 りを 感 じている (48.1%)を 合 わせた 感 じている 計 (79.8%)の 割 合 は 約 8 割 となっている 一 方 で

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析 逢 坂 巌 教 学 学 助 教 福 岡 県 学 法 学 卒 学 学 法 学 学 研 究 科 博 士 程 退 同 研 究 科 助 手 経 職 共 著 第 投 票 席 獲 得 圧 通 初 成 就 圧 際 圧 原 因 惑 批 相 次 同 圧 敗 北 声 ャ ズ ム ほ む 反 省 約 丁 寧 紹 型 付 刊 肯 世 界 指 摘 声 押 非 難 歴 史 画 ケ 可 世 紀 型 他 批 渦 巻 状 歴 史 健

More information

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd ァ メ 専 門 返 運 用 困 相 談 先 世 メ 実 情 違 理 店 専 門 実 際 保 険 理 店 務 仕 事 拠 相 談 保 険 話 後 絶 何 隠 ァ 変 3 多 仕 事 柄 搾 4 程 度 従 員 抱 経 営 者 低 賃 労 働 者 ゆ ワ キ グ ア 高 校 卒 後 飲 食 店 勤 職 場 環 境 ひ ( ブ 企 ) 4 心 身 壊 退 職 ざ 退 職 後 近 無 職 活 送 ハ ワ 通

More information

は じ め に

は じ め に 第 9 次 庄 内 町 交 通 安 全 計 画 平 成 23 年 度 ~ 平 成 27 年 度 庄 内 町 ま え が き 交 通 安 全 対 策 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 推 進 を 図 るため 交 通 安 全 対 策 基 本 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 110 号 )に 基 づき 国 においては 交 通 安 全 基 本 計 画 を また 山 形 県 および 本 町 においては

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 譜 写 真 振 返 五 十 周 ~ 都 常 住 口 突 破 受 信 契 約 突 破 義 務 書 無 償 化 シ 博 覧 幕 常 磐 河 駅 重 衝 突 故 歴 史 的 産 連 続 メ 鉄 腕 映 吉 典 ち ゃ ん 誘 拐 最 黒 四 ダ 完 セ 札 防 止 千 円 札 ケ ネ デ ィ 統 領 暗 殺 さ 潟 等 告 示 さ 所 在 潟 字 金 沢 字 械 務 所 等 置 く 五 章 柏 崎 伊 藤

More information

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 YAMAGA 2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 志 望 験 難 突 破 ぱ 格 小 当 小 右 柔 部 所 属 怪 我 柔 練 習 休

More information

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477>

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477> 佐 賀 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 佐 賀 県 県 土 づくり 本 部 建 築 住 宅 課 目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 の 概 要 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 3 2. 計 画 策 定 の 位 置 づけ 3 3. 計 画 の 期 間 4 4. 計 画 の 基 本 構 成 4 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の

More information

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材 PISA 型 読 解 力 向 上 へ 授 業 改 善 説 明 的 文 章 取 組 み 通 熊 本 市 立 壺 川 小 学 校 佐 藤 俊 幸 目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E682518E9F966894C682DC82BF82C382AD82E8908490698C7689E68169916688C4816A8E9197BF95D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E682518E9F966894C682DC82BF82C382AD82E8908490698C7689E68169916688C4816A8E9197BF95D22E646F63> 第 2 次 久 留 米 市 防 犯 まちづくり 推 進 計 画 ( 素 案 ) 資 料 編 犯 罪 の 現 状 と 市 民 の 防 犯 意 識 久 留 米 市 目 次 犯 罪 の 現 状 と 市 民 の 防 犯 意 識 1 犯 罪 の 現 状 P1 2 暴 力 団 の 情 勢 P10 3 少 年 非 行 の 現 状 P12 4 市 民 の 防 犯 意 識 P15 犯 罪 の 現 状 と 市 民 の

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

第 2 節 各 領 域 における と 取 組 み 1 食 育 栄 養 食 生 活 1 朝 食 の 欠 食 者 が 多 い( 重 点 ) 2 野 菜 を 毎 食 摂 る 人 が 少 ない 3 牛 乳 又 は 乳 製 品 を 毎 日 摂 る 人 が 少 ない 4 地 場 産 食 品 を 知 っている 人

第 2 節 各 領 域 における と 取 組 み 1 食 育 栄 養 食 生 活 1 朝 食 の 欠 食 者 が 多 い( 重 点 ) 2 野 菜 を 毎 食 摂 る 人 が 少 ない 3 牛 乳 又 は 乳 製 品 を 毎 日 摂 る 人 が 少 ない 4 地 場 産 食 品 を 知 っている 人 第 3 章 弟 子 屈 町 の 健 康 づくりの 推 進 第 1 節 健 康 づくりの 目 標 町 民 一 人 ひとりが 主 体 的 に 健 康 づくりに 取 り 組 み 健 康 的 な 生 活 習 慣 について 考 えることができるよう 行 動 指 針 として 食 育 栄 養 食 生 活 をはじめ8つの 生 活 習 慣 について わかりやすい 健 康 づくりの 目 標 を 設 定 しています また

More information

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表 北 海 道 青 少 年 健 全 育 成 条 例 ( 昭 和 30 年 4 月 2 日 条 例 第 17 号 ) 沿 革 昭 和 35 年 4 月 27 日 条 例 第 18 号 38 年 3 月 26 日 第 4 号 41 年 4 月 11 日 第 23 号 48 年 4 月 1 日 第 27 号 53 年 3 月 31 日 第 7 号 平 成 2 年 3 月 31 日 第 8 号 4 年 3 月

More information

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支 20160119 版 2016 年 度 メリーポピンズ 稲 城 ルーム 事 業 計 画 書 1 基 本 方 針 保 育 理 念 にんげん 力 を 育 てる にんげん 力 を 身 につけるために 必 要 なあそび 野 外 体 験 を 提 案 実 践 し 自 分 で 考 え 行 動 し てみる 思 考 を 育 みます 二 大 保 育 方 針 1センスオブワンダー 自 然 の 中 に 沢 山 足 を 運

More information

Taro-H28いじめ防止基本方針(大

Taro-H28いじめ防止基本方針(大 平 成 28 年 度 いじめ 防 止 基 本 方 針 柏 市 立 大 津 ケ 丘 中 学 校 目 次 第 1 章 いじめ 防 止 等 のための 対 策 の 基 本 的 な 考 え 方 p1-p2 1 いじめの 定 義 p1 2 いじめの 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 理 念 p1 (1) 基 本 方 針 p1 (2)いじめの 問 題 への 指 導 p2 (3)いじめの 問 題 への

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

英数学館小学校 アドバンストコース

英数学館小学校 アドバンストコース 平 成 28(2016) 年 度 英 数 館 小 校 イマ ジョンクラス 第 4 年 国 語 年 4 年 生 教 科 国 語 週 あたりの 時 間 数 6 時 間 担 当 清 水 克 習 指 導 の 到 達 目 標 使 用 教 科 書 相 手 や 目 的 に 応 じ 調 べたことなどについて 筋 道 をたてて 話 すことや 話 の 中 心 に 気 をつけて 聞 くことができるようになる また 進 んで

More information

八街市耐震改修促進計画

八街市耐震改修促進計画 八 街 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 3 月 八 街 市 目 次 はじめに -------------------------------------------------- 1 第 1. 計 画 策 定 の 主 旨 -------------------------------------- 3 第 2. 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する

More information

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震 平 成 16 年 (2004 年 ) 新 潟 県 中 越 地 震 ( 確 定 報 ) 平 成 21 年 10 月 21 日 ( 水 )10 時 00 分 消 防 庁 1 地 震 の 概 要 震 度 6 弱 以 上 のもの (1) 発 生 日 時 平 成 16 年 10 月 23 日 17 時 56 分 頃 1 震 央 地 名 新 潟 県 中 越 地 方 ( 北 緯 37 度 18 分 東 経 138

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

『チェリー・イングラム』

『チェリー・イングラム』 29 歳 画 像 提 供 プ 1 5 虚 弱 児 立 道 真 珠 婚 旅 転 機 ャ ポ ャ パ 造 涯 仕 脚 危 41 目 幻 滅 古 都 吉 山 京 タ フ ツ 刻 む 種 警 告 誕 75 穂 木 届 種 創 作 ベ 広 清 楚 淫 靡 太 白 偉 太 白 結 ぶ 縁 近 づ 軍 靴 音 117 歴 史 古 江 戸 染 井 吉 登 場 明 治 維 変 救 済 里 染 井 吉 批 判 太 平

More information

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定 大 分 県 警 察 継 続 計 画 策 定 について 平 成 2 4 年 1 1 月 1 日 大 通 達 甲 ( 備 ) 第 10 号 大 通 達 甲 ( 警 ) 第 16 号 大 通 達 甲 ( 生 ) 第 13 号 大 通 達 甲 ( 刑 ) 第 15 号 大 通 達 甲 ( 交 ) 第 9 号 大 分 県 警 察 本 部 長 から 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 各 警 察

More information

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

(Microsoft Word - \230a\223c\217\254\216w\223\261\210\304.docx)

(Microsoft Word - \230a\223c\217\254\216w\223\261\210\304.docx) 第 6 学 年 保 健 学 習 指 導 案 上 越 市 立 和 田 小 学 校 6 年 生 教 室 平 成 3 年 1 月 7 日 ( 木 )5 校 時 授 業 者 養 護 教 諭 御 所 窪 秀 佳 1 単 元 名 病 気 の 予 防 Ⅱ 喫 煙 飲 酒 薬 物 乱 用 と 健 康 単 元 の 目 標 病 気 の 予 防 や 飲 酒 喫 煙 薬 物 の 害 について 関 心 をもち 課 題 をもって

More information

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 の 大 綱 豊 かな 心 と 健 全 な 身 体 を 育 む ふるさと 小 山 の 教 育 2015 年 ( 平 成 27 年 )4 月 栃 木 県 小 山 市 はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な

More information

Microsoft PowerPoint - ⑯由岐中学校.ppt

Microsoft PowerPoint - ⑯由岐中学校.ppt 次 世 代 に 夢 をつなぐ 防 災 カレンダーづくり 徳 島 県 由 岐 町 立 由 岐 中 学 校 大 田 弘 士 徳 島 県 由 岐 町 総 務 課 浜 大 吾 郎 1/21 2006.2.18 第 3 回 防 災 教 育 チャレンジプランワークショップ 防 災 教 育 の 概 要 目 的 生 徒 達 が 防 災 に 関 する 知 識 技 能 を 習 得 し 地 域 の 防 災 上 の 課 題

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63> 搭 乗 者 傷 害 ( 入 通 院 / 一 時 金 ) 特 約 < 用 語 のご 説 明 - 定 義 > この 特 約 において 使 用 される 次 の 用 語 は それぞれ 次 の 定 義 によります (1) 正 規 の 乗 車 装 置 乗 車 人 員 が 動 揺 衝 撃 等 により 転 落 または 転 倒 することなく 安 全 な 乗 車 を 確 保 できる 構 造 を 備 えた 道 路 運 送

More information

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464>

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464> 京 都 府 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 平 成 27 年 12 月 京 都 府 この 報 告 書 は 京 都 府 における 職 員 数 や 給 与 勤 務 条 件 人 件 費 の 状 況 などを 広 く 府 民 の 皆 様 に 公 表 することにより 本 府 の 人 事 行 政 の 透 明 性 をさらに 高 めるとともに その 適 正 な 運 営 を 確 保 するた め 職 員

More information

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。 平 成 2 7 年 度 柏 市 保 健 衛 生 審 議 会 健 康 増 進 専 門 分 科 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 2 7 年 8 月 2 7 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 2 開 催 場 所 ウ ェ ル ネ ス 柏 4 階 大 会 議 室 3 出 席 者 (1 ) 委 員 小 林 正 之 ( 会 長 ), 佐 藤 紀 子 ( 副 会

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

<303493EC8A43836783898374926E906B96688DD091CE8DF4908490698C7689E695D22E786477>

<303493EC8A43836783898374926E906B96688DD091CE8DF4908490698C7689E695D22E786477> 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 編 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 推 進 計 画 の 目 的 1 第 2 防 災 関 係 機 関 が 地 震 発 生 時 の 災 害 応 急 対 策 として 行 う の 大 綱 1 第 2 章 関 係 者 との 連 携 協 力 の 確 保 11 第 1 資 機 材 人 員 等 の 配 備 手 配 11 第 2 他 機 関 に 対 する

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

平成26年試験問題AP-4.indd

平成26年試験問題AP-4.indd a 0 7 0 4 0 0 0 0 a 平 成 26 年 保 育 士 試 験 問 題 児 童 家 庭 福 祉 ( 選 択 式 20 問 ) 指 示 があるまで 開 かないこと 解 答 用 紙 記 入 上 の 注 意 事 項 1 解 答 用 紙 と 受 験 票 の 受 験 番 号 が 同 じであるか カナ 氏 名 科 目 名 を 確 認 し 誤 り がある 場 合 は 手 を 挙 げて 監 督 員 に

More information

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 )

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 ) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 君 津 市 民 文 化 ホールの 指 定 管 理 者 として 平 成 26 年 度 より3 年 間 当 財 団 が 君 津 市 より 指 定 を 受 けることとなりました 君 津 から 発 信 する 新 たなる 芸 術 文 化 をミッションとし 自 らが 創 造 し 発 信 できる 芸 術 の 創 作 場 所 であること また 地 域 の 皆 さまに 親 しまれ

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

12月広報(最終).indd

12月広報(最終).indd 流 封 択 払 請 求 始 々 謝 米 就 農 栽 培 野 菜 L ピ ョ 携 航 空 購 産 観 光 故 郷 超 控 控 治 極 億 突 破 昨 東 京 都 秋 葉 ェ 催 降 東 ニ 謝 祭 謝 趣 旨 賛 封 販 売 促 趣 旨 賛 極 苦 じ 誠 配 更 配 調 整 則 店 店 工 航 空 観 光 振 興 滞 細 魅 信 令 違 反 価 米 季 野 菜 ね ぎ ハ ョ ソ 菓 詰 適 右 記

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦 第 1 章 三 浦 市 のすがた 城 ヶ 島 と 三 崎 港 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 市 全 景 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 海 岸 ( 三 浦 市 所 有 ) 江 奈 湾 と 劒 崎 灯 台 ( 三 浦 市 所 有 ) - 1 - 1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦

More information

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解 低 国 連 内 閣 府 公 機 関 調 査 明 豊 答 簡 単 学 校 入 コ ツ コ ツ 勉 企 業 世 ビ ネ キ 磨 起 3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外

More information

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 集 顔 英 編 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 監 修 目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 富 樫 康 野 亜 紀 建 設 道 務

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

187 家 族 249 家 族 がすべて 315 自 分 の 健 康 家 族 の 健 康 188 平 和 安 定 した 生 活 250 自 分 にかかわる 人 達 316 仕 事 お 金 友 人 189 家 族 251 友 人 両 親 317 家 族 190 自 分 と 家 族 の 命 と 幸 福

187 家 族 249 家 族 がすべて 315 自 分 の 健 康 家 族 の 健 康 188 平 和 安 定 した 生 活 250 自 分 にかかわる 人 達 316 仕 事 お 金 友 人 189 家 族 251 友 人 両 親 317 家 族 190 自 分 と 家 族 の 命 と 幸 福 問 49 あなたにとって 一 番 大 切 と 思 うものは 何 ですか (サンプルNo., 回 答 ) 1 自 分 63 家 族 125 2 家 族 64 命 126 3 両 親 65 家 族 127 身 内 4 家 族 66 命 128 家 族 5 家 族 67 家 族 129 命 6 自 分 の 心 68お 金 130 命 7 家 族 69 健 康 131 環 境 8ペット( 猫 ) 70 健

More information

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近 爪 痕 残 列 言 海 首 都 懸 念 振 返 太 平 洋 ピ 海 米 ユ 想 海 溝 周 辺 海 溝 型 首 都 海 振 返 2 6 三 陸 沖 源 マ グ チ 9 0 栗 7 茨 6 範 囲 揺 観 太 平 洋 沿 岸 沿 岸 晃 望 台 口 粟 野 弱 観 置 置 軽 傷 永 野 翌 前 及 ぼ 宅 困 鉄 ッ 7 校 武 鉄 乗 客 67 夜 過 ガ ソ 蛇 列 製 油 操 止 車 両 優

More information

問題1(75点)

問題1(75点) 平 成 22 年 度 法 科 大 学 院 ( 法 務 研 究 科 ) 入 学 試 験 小 論 文 問 題 紙 B 日 程 平 成 22 年 2 月 27 日 10:00~12:00(120 分 ) (200 点 ) 注 意 事 項 1. 試 験 開 始 の 合 図 があるまで 問 題 を 開 いてはいけない 2. 小 論 文 の 問 題 紙 は 1 ページから 4 ページである 3. 解 答 用 紙

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

H27県薬・振興会貸出用資機材一覧

H27県薬・振興会貸出用資機材一覧 貸 出 用 資 機 材 一 覧 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 種 類 名 称 カテゴリー 所 有 の 場 合 は 会 長 あての 様 式 をご 使 用 ください 薬 の 正 しい 知 識 医 薬 品 ( 株 ) 共 立 映 画 社 一 般 向 20 分 やさしい 薬 の 知 識 VOL.1 薬 とは? 医 薬 品 1996 年 ( 株 ) 医 学 映 像 教 育 セン 24

More information

のびのび塩竈っ子プラン

のびのび塩竈っ子プラン 第 2 章 子 どもがのびのびと 健 やかに 育 つまち Ⅳ 計 画 の 内 容 ( 第 2 章 ) 第 1 節 多 様 な 生 涯 学 習 の 推 進 現 状 と 課 題 幼 稚 園 の 教 育 幼 稚 園 は 保 育 所 と 並 び 子 どもたちが 集 団 で 生 活 を 経 験 する 最 初 の 場 です 子 どもたち は 家 族 以 外 の 友 だちや 先 生 とのふれあいや 遊 び 体 験

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

G.indd

G.indd ミ ュ ウ 2 3 凝 耳 澄 第 六 研 澄 電 灯 照 央 吐 必 暖 度 右 丸 紙 構 直 英 武 保 訪 ぬ 矮 小 精 神 刻 刻 消 耗 仇 義 務 背 負 孤 独 士 仇 属 全 般 襲 ネ 科 属 世 界 共 通 室 害 虫 小 型 ネ 学 Blattella geamanica. 最 早 記 愉 以 呼 称 遡 突 然 三 暮 忙 最 初 へ 部 活 暗 包 少 街 離 嫌 予

More information