2 エペソ2:20 黙 示 22:18,19 イザヤ8:20 ルカ16:29,31 ガラテヤ1:8,9 Ⅱテモテ3:15,16 第 二 問 2を 見 よ (*) * Ⅱテモテ3:15,16,17が 正 しい(1648 年 版 より) 内 は 英 語 版 が 聖 書 が 直 接 引 用 されていたため

Size: px
Start display at page:

Download "2 エペソ2:20 黙 示 22:18,19 イザヤ8:20 ルカ16:29,31 ガラテヤ1:8,9 Ⅱテモテ3:15,16 第 二 問 2を 見 よ (*) * Ⅱテモテ3:15,16,17が 正 しい(1648 年 版 より) 内 は 英 語 版 が 聖 書 が 直 接 引 用 されていたため"

Transcription

1 ウェストミンスター 大 教 理 問 答 書 ウェストミンスター 信 仰 基 準 日 本 基 督 改 革 派 教 会 大 会 出 版 委 員 会 編,1994, 新 教 出 版 社 1963 年 訳 日 本 基 督 改 革 派 教 会 信 条 翻 訳 委 員 会 * 聖 書 の 表 記 は 口 語 訳 聖 書 で 表 記 しています 新 共 同 訳 訳 聖 書 で 異 なる 部 分 は 括 弧 内 に 表 記 しています *コメントは 編 者 ( 辻 幸 宏 )が 個 人 的 に 付 加 したもので 本 文 にはありません なお 1648 年 版 とは "THE WESTMINSTER STANDARDS An Original Facsimile by The Assenbly of Divines"(ISBN X)の 本 文 のことです * 訂 正 履 歴 問 87 証 拠 聖 句 3 Ⅰコリント15:21-13 Ⅰコリント15:21-23 私 の 編 集 ミスでした お 詫 びして 訂 正 致 します 問 90 証 拠 聖 句 3 Ⅰコリント6:23 Ⅰコリント6:2,3 同 上 ( ) 問 90 証 拠 聖 句 2 マタイ10:31 マタイ10:32 私 の 編 集 ミスでした お 詫 びして 訂 正 いたします( ) 1 序 説 人 生 と 聖 書 1 人 生 の 目 的 問 1 人 間 のおもな 最 高 の 目 的 は 何 であるか 答 人 間 のおもな 最 高 の 目 的 は 神 の 栄 光 をあらわし(1) 永 遠 に 神 を 全 く 喜 ぶことである( 2) 1 ロマ11:36 Ⅰコリント10:31 2 詩 73:24-28 ヨハネ17: 神 を 知 る 道 としての 聖 書 問 2 神 の 存 在 は どのようにしてわかるか 答 人 間 のうちの 本 性 の 光 そのものと 神 のみわざが 神 の 存 在 を 明 らかに 示 す(1) しかし 神 のみ 言 葉 とみたまのみが 人 間 の 救 いのために 十 分 に また 有 効 に 神 を 啓 示 する(2) 1 ロマ1:19,20 詩 19:1-3(2-4) 行 伝 17:28 2 Ⅰコリント2:9,10 Ⅱテモテ3:15-17 イザヤ59:21 3 聖 書 とは 何 か 問 3 神 のみ 言 葉 とは 何 であるか 答 旧 新 約 聖 書 が 神 のみ 言 葉 (1) 信 仰 と 服 従 のただ 一 つの 規 準 である(2) 1 Ⅱテモテ3:16 Ⅱペテロ1:

2 2 エペソ2:20 黙 示 22:18,19 イザヤ8:20 ルカ16:29,31 ガラテヤ1:8,9 Ⅱテモテ3:15,16 第 二 問 2を 見 よ (*) * Ⅱテモテ3:15,16,17が 正 しい(1648 年 版 より) 内 は 英 語 版 が 聖 書 が 直 接 引 用 されていたため 記 されていたが ここでは 必 要 ない 問 4 聖 書 が 神 のみ 言 葉 であるということは どのようにしてわかるか 答 聖 書 は その 威 厳 (1)と 純 正 さ(2) すべての 栄 光 を 神 に 帰 する(3) 全 部 分 の 一 致 (4)と 全 体 の 視 野 罪 人 に 罪 を 自 覚 させ 回 心 させ 信 者 を 慰 め 強 くして 救 いにいたらせる(5) その 光 と 力 によって 自 ら 神 のみ 言 葉 であることを 示 す しかし 聖 書 によって 聖 書 と 共 に 人 間 の 心 のうちにあかしされる 神 のみたまのみが それが 神 の 真 のみ 言 葉 であることを 十 分 に 納 得 させ ることができる 1 ホセア8:12 Ⅰコリント2: 詩 119: 詩 12:6(7) 119:140 3 行 伝 10:43 26:22 4 ロマ3: 行 伝 18:28 ヘブル4:12 ヤコブ1:18 詩 19:7-9 ロマ15:4 行 伝 20:32 6 ヨハネ16:13 14 Ⅰヨハネ2:20 27 ヨハネ20:31 問 5 聖 書 はおもに 何 を 教 えるか 答 聖 書 はおもに 人 間 が 神 について 何 を 信 じなければならないか また 神 が 人 間 に 求 められ る 義 務 は 何 であるか を 教 える(1) 1 Ⅱテモテ1:13 2 信 仰 篇 ( 使 徒 信 条 ) 人 間 は 神 について 何 を 信 じなければならないか 1 総 説 問 6 聖 書 は 神 について 何 を 知 らせるか 答 聖 書 は 神 とはどのような 方 であるか(1) 神 における 人 格 (2) 神 の 聖 定 (3) また 聖 定 の 遂 行 (4)を 知 らせる 1 ヘブル11:6 2 Ⅰヨハネ5:17(*) *Ⅰヨハネ5:7が 正 しい 3 行 伝 15: 行 伝 4: 神 と 三 位 一 体 問 7 神 は どのような 方 であるか 答 神 は 霊 であり(1) 存 在 (2) 栄 光 (3) 祝 福 (4) 完 全 (5) において 自 存 無 限 充 足 (6) 永 遠 - 2 -

3 (7) 不 変 (8) 知 り 尽 せない(9) どこにもおられる(10) 全 能 (11) 全 知 (12) 最 も 賢 く(13) 最 もきよく(14) 最 も 正 しく(15) 最 もあわれみあり 恵 みあり 怒 ることおそく いつくしみとま こととの 豊 かな 方 (16)である 1 ヨハネ4:24 2 出 エジプト3:14 ヤコブ11:7-9(*) *ヨブ11:7-9が 正 しい 3 行 伝 7:2 4 Ⅰテモテ6:15 5 マタイ5:48 6 創 世 17:1 7 詩 90:2 8 マラキ3:6 ヤコブ1:17 9 列 王 上 8:27 10 詩 139: 黙 示 4:8 12 ヘブル4:13 詩 147:5 13 ロマ16:27 14 イザヤ6:3 黙 示 15:4 15 申 命 32:4 16 出 エジプト34:6 問 8 ひとりの 神 のほかにも 神 々があるか 答 ひとりの 神 のみがおられる それは 生 けるまことの 神 である(1) 1 申 命 6:4 Ⅰコリント8:4 6 エレミヤ10:10 問 9 神 には いくつの 人 格 があるか 答 神 には 三 つの 人 格 がある それは 父 と 子 と 聖 霊 であって これらの 三 つは 人 格 的 固 有 性 によって 区 別 されるけれども 本 質 において 同 一 であり 力 と 栄 光 において 同 等 な ひとり の まことの 永 遠 の 神 である(1) 1 Ⅰヨハネ5:7 マタイ3: :19 Ⅱコリント13:14(*) ヨハネ10:30 * 欽 定 訳 が Ⅱコリント13:14であり 日 本 語 訳 ではⅡコリント13:13 問 10 神 の 三 人 格 の 人 格 的 固 有 性 は 何 であるか 答 子 を 生 むことは 父 に 固 有 であり(1) 父 から 生 まれることは 子 に 固 有 であり(2) 永 遠 か ら 父 と 子 から 出 ることは 聖 霊 に 固 有 である(3) 1 ヘブル1: ヨハネ1: ヨハネ15:26 ガラテヤ4:6 問 11 子 と 聖 霊 が 父 と 等 しい 神 であることは どのようにしてわかるか 答 聖 書 が 神 のみに 固 有 であるみ 名 (1) 属 性 (2) みわざ(3) 礼 拝 を(4) 子 と 聖 霊 に 帰 し て 彼 らが 父 と 等 しい 神 であることを 表 わしている 1 イザヤ6:3 5 8 (ヨハネ12:41 行 伝 28:25と 比 較 )(*) - 3 -

4 Ⅰヨハネ5:20 行 伝 5:3 4 *ヨハネ6:3,5,8をヨハネ12:41 行 伝 28:25と 比 較 2 ヨハネ1:1 イザヤ9:6 ヨハネ2:24 25 Ⅰコリント2: コロサイ1:16 創 世 1:2 4 マタイ28:19 Ⅱコリント13:14(*) * 欽 定 訳 が Ⅱコリント13:14であり 日 本 語 訳 ではⅡコリント13:13 3 神 の 聖 定 問 12 神 の 聖 定 とは 何 であるか 答 神 の 聖 定 とは 神 のみ 旨 の 計 画 (1)の 賢 く 自 由 な きよい 決 定 であり それによって 神 は 永 遠 から ご 自 身 の 栄 光 のために なにごとによらず 時 間 の 中 に 起 こってくるすべてのこと (2) 特 に み 使 と 人 間 に 関 することを 不 変 に 予 定 された 1 エペソ1:11 ロマ11:33 9: エペソ1:4 11 ロマ9:22 23 詩 33:11 問 13 神 は み 使 と 人 間 について 特 に 何 を 聖 定 されたか 答 神 は 永 遠 不 変 の 聖 定 によって 彼 の 全 くの 愛 から その 栄 光 ある 恵 みがたたえられるた め 定 められた 時 に 現 わされるように あるみ 使 を 栄 光 に 選 び(1) またキリストにあって ある 人 間 を 永 遠 の 生 命 と それへの 手 段 に 選 ばれた(2) また 彼 の 主 権 的 み 力 と (それによってみ 心 のままに 愛 顧 を 施 したり 差 控 えたりなさる)ご 自 身 のみ 旨 の 測 り 知 れない 計 画 に 従 って そ の 正 義 の 栄 光 がたたえられるように 残 りの 者 を 見 捨 て 彼 らの 罪 に 対 して 加 えられる 恥 と 怒 り にあらかじめ 定 められた(3) 1 Ⅰテモテ5:21 2 エペソ1:4-6 Ⅱテサロニケ2: ロマ9: マタイ11:25 26 Ⅱテモテ2:20 ユダ4 Ⅰペテロ2:8 問 14 神 は どのようにその 聖 定 を 実 行 されるか 答 神 は その 誤 ることのない 予 知 と ご 自 身 のみ 旨 の 自 由 で 不 変 な 計 画 に 従 い 創 造 と 摂 理 のわざにおいて その 聖 定 を 実 行 される(1) 1 エペソ1:11 4 創 造 問 15 創 造 のわざとは 何 であるか 答 創 造 のわざとは 神 がはじめに その 力 あるみ 言 葉 によって 無 から 世 界 とその 中 にある すべてのものを ご 自 身 のために 六 日 間 に すべてはなはだ 良 く 造 られたことである(1) 1 [ 創 世 1 章 ](*) ヘブル11:3 箴 言 16:4 * 括 弧 は 不 要 - 4 -

5 問 16 神 は どのようにみ 使 を 創 造 されたか 答 神 は すべてのみ 使 を(1) 死 ぬことなく(2) きよく(3) 知 識 においてすぐれ(4) 力 におい て 強 い(5) 霊 (6)として 神 の 命 令 を 実 行 し み 名 を 賛 美 し(7) しかも 変 化 しうるように(8) 造 られた 1 コロサイ1:16 2 マタイ22:30 3 マタイ25:31 4 サムエル 下 14:17 マタイ24:36 5 Ⅱテサロニケ1:7 6 詩 104:4 7 詩 103: Ⅱペテロ2:4 問 17 神 は どのように 人 間 を 創 造 されたか 答 神 は 他 のすべての 被 造 物 を 造 られたのちに 人 間 を 男 と 女 に 創 造 された(1) すなわち 男 の 体 を 土 のちりから(2) 女 を 男 の 肋 骨 から 形 づくり(3) 彼 らに 生 ける 理 性 のある 不 死 の 霊 魂 を 賦 与 し(4) 知 識 (5)と 義 と 聖 (6)とにおいてご 自 身 の 形 にかたどり(7) 彼 らの 心 にしるされ た 神 の 律 法 と(8) それを 成 就 する 力 とともに(9) 被 造 物 を 治 める 権 を 与 え(10) しかも 堕 落 しう るものに(11) 造 られた 1 創 世 1:27 2 創 世 2:7 3 創 世 2:22 4 創 世 2:7(ヨブ35:11 伝 道 12:7 マタイ10:28 ルカ23:43と 比 較 )(*) * 創 世 2:7を ヨブ35:11 伝 道 12:7 マタイ10:28 ルカ23:43と 比 較 5 コロサイ3:10 6 エペソ4:24 7 創 世 1:27 8 ロマ2: 伝 道 7:29 10 創 世 1:28 11 創 世 3:6 伝 道 7:29 5 摂 理 問 18 神 の 摂 理 のわざとは 何 であるか 答 神 の 摂 理 のわざとは すべての 被 造 物 に 対 する 神 の 最 もきよい(1) 賢 い(2) 力 強 い 保 持 (3) と 統 治 (4)であり 全 被 造 物 とその 全 行 動 (5)を ご 自 身 の 栄 光 のために(6) 秩 序 づけられること である 1 詩 145:17 2 詩 104:24 イザヤ28:29 3 ヘブル1:3 4 詩 103:19 5 マタイ10:29-31 創 世 45:7-5 -

6 6 ロマ11:36 イザヤ63:14 問 19 み 使 に 対 する 神 の 摂 理 とは 何 であるか 答 神 はその 摂 理 によって ご 自 身 の 栄 光 のために あるみ 使 らが 自 ら 好 んで 回 復 できない ほどに 罪 と 滅 びに 陥 ること(1)を 許 し そのことと 彼 らのすべての 罪 を 限 定 し 配 置 された(2) ま た 残 りのみ 使 らを 聖 潔 と 幸 福 とに 確 立 された(3) そして み 心 のままに 彼 らすべてを 神 の 力 あわれみ 正 義 を 行 なうのに(4) 用 いられる(5) 1 ユダ6 Ⅱペテロ2:4 ヘブル12:16 ヨハネ8:44 2 ヨブ1:12 マタイ8:31 3 Ⅰテモテ5:21 マルコ8:38 ヘブル12:22 4 列 王 下 19:35 ヘブル1:14 5 詩 104:4 問 20 創 造 されたままの 状 態 の 人 間 に 対 する 神 の 摂 理 は 何 であったか 答 創 造 されたままの 状 態 の 人 間 に 対 する 神 の 摂 理 は 彼 を 楽 園 に 置 き それを 耕 すことを 命 じ 地 の 実 を 食 べる 自 由 を 与 え(1) 被 造 物 を 彼 の 支 配 下 におき(2) 彼 の 助 けのために 結 婚 を 定 め(3) 彼 にご 自 身 との 交 わりを 与 え(4) 安 息 日 を 制 定 し(5) 個 人 的 な 完 全 な 不 断 の 服 従 を 条 件 として 彼 と 命 の 契 約 を 立 て(6) 命 の 木 をその 保 証 とし(7) 死 を 罰 則 として 善 悪 を 知 る 木 から 取 って 食 べることを 禁 じられた(8)ことであった 1 創 世 2: 創 世 1:28 3 創 世 2:18 4 創 世 1: :8 5 創 世 2:3 6 ガラテヤ3:12 ロマ10:5 7 創 世 2:9 8 創 世 2:17 6 人 間 の 罪 と 罰 問 21 人 間 は 神 が 最 初 に 彼 を 創 造 されたその 状 態 を 続 けたか 答 わたしたちの 始 祖 は 彼 ら 自 身 の 意 志 の 自 由 にまかされていて サタンの 誘 惑 により 禁 じられた 木 の 実 を 食 べて 神 の 命 令 にそむき それによって 彼 らが 創 造 された 無 罪 の 状 態 から 堕 落 した(1) 1 創 世 3: 伝 道 7:29 Ⅱコリント11:3 問 22 全 人 類 は その 最 初 の 違 反 において 堕 落 したか 答 公 人 としてのアダムと 結 ばれた 契 約 は 彼 自 身 だけでなく 彼 の 子 孫 のためにも 結 ばれて いて 普 通 の 出 生 によって 彼 から 出 る 全 人 類 は(1) その 最 初 の 違 反 において 彼 にあって 罪 を 犯 し 彼 と 共 に 堕 落 した(2) 1 行 伝 17:26-6 -

7 2 創 世 2:16 17(ロマ5:12-20 Ⅰコリント15:21 22と 比 較 )(*) * 創 世 2:16 17をロマ5:12-20 Ⅰコリント15:21 22と 比 較 問 23 堕 落 は 人 類 をどのような 状 態 にしたか 答 堕 落 は 人 類 を 罪 と 悲 惨 の 状 態 にした 1 ロマ5:12 3:23(*) * RCJ 訳 のロマ3:28は 間 違 い 問 24 罪 とは 何 であるか 答 罪 とは 理 性 的 被 造 者 に 規 準 として 与 えられた 神 のどの 律 法 にでも 少 しでもかなわない こと またそれを 犯 すことである(1) 1 Ⅰヨハネ3:4 ガラテヤ3:10 12 問 25 人 間 が 堕 落 したその 状 態 の 罪 性 は どの 点 にあるか 答 人 間 が 堕 落 したその 状 態 の 罪 性 とは アダムの 最 初 の 罪 のとがと(1) 彼 が 創 造 されたその 義 を 失 っていることと それによって 彼 が 霊 的 に 善 であるすべてのものに 全 く 嫌 気 がさし 不 能 となり 逆 らうものとなり すべての 悪 に 全 く それも 絶 えず 傾 いている 本 性 の 腐 敗 であ る(2) これは 普 通 に 原 罪 と 呼 ばれ すべての 現 実 の 違 反 がそれから 生 ずるのである(3) 1 ロマ5: ロマ3:10-20(*) エペソ2:1-3 ロマ5:6 8:7 8 創 世 6:5 * RCJ 訳 のロマ3:10-19は 間 違 い 3 ヤコブ1:14 15 マタイ15:19 問 26 原 罪 は どのようにしてわたしたちの 始 祖 からその 子 孫 に 伝 えられるか 答 原 罪 は わたしたちの 始 祖 からその 子 孫 に 自 然 的 出 生 によって 伝 えられる それゆえ に この 仕 方 で 彼 らから 生 まれ 出 るすべての 者 に 罪 のうちにはらまれ また 生 まれるのである (1) 1 詩 51:5(7) ヨブ14:4 15:14 ヨハネ3:6 問 27 堕 落 は 人 類 にどのような 悲 惨 をもたらしたか 答 堕 落 は 人 類 に 神 との 交 わりの 喪 失 と(1) 神 の 憤 りとのろいとをもたらした それゆえ に わたしたちは 生 まれながらにして 怒 りの 子 (2) サタンの 奴 隷 であり(3) この 世 と 来 世 とにお けるすべての 刑 罰 を 正 当 に 受 けるのである(4) 1 創 世 3: エペソ2:2 3 3 Ⅱテモテ2:26 4 創 世 2:17 哀 歌 3:39 ロマ6:23 マタイ25:41 46 ユダ7 問 28 この 世 における 罪 の 刑 罰 とは 何 であるか 答 この 世 における 罪 の 刑 罰 とは 内 的 には 心 の 硬 化 (1) 正 しからぬ 思 い(2) 迷 わす 力 (3) - 7 -

8 心 情 のかたくな(4) 良 心 の 恐 怖 (5) 恥 ずべき 情 欲 (6)であり 外 的 には わたしたちのために 被 造 物 に 下 された 神 ののろい(7) また わたしたちの 体 名 声 身 分 関 係 職 業 においてわたし たちに 降 りかかる 他 のすべての 害 悪 (8) また 死 そのものである(9) 1 エペソ4:18 2 ロマ1:28 3 Ⅱテサロニケ2:11 4 ロマ2:5 5 イザヤ33:14 創 世 4:13 マタイ27:4 6 ロマ1:26 7 創 世 3:17 8 申 命 28:15-68(*) *RCJ 訳 の 申 命 28:15-18は 間 違 い 9 ロマ6:21 23 問 29 来 世 における 罪 の 刑 罰 とは 何 であるか 答 来 世 における 罪 の 刑 罰 とは 楽 しい 神 のご 臨 在 からの 永 久 的 隔 離 と 永 遠 に 地 獄 の 火 の 中 で 間 断 なく 受 ける 魂 と 体 との 最 も 悲 痛 な 苦 悶 である(1) 1 Ⅱテサロニケ1:9 マルコ9: (*) ルカ16:24 * RCJ 訳 のマルコ9:43,44,46,48は 間 違 い 7 神 の 救 い 問 30 神 は 全 人 類 を 罪 と 悲 惨 の 状 態 のうちに 滅 びるままにしておかれるか 答 神 はすべての 人 を 普 通 にわざの 契 約 (1)と 呼 ばれる 最 初 の 契 約 の 違 反 によって 陥 った 罪 と 悲 惨 の 状 態 のうちに 滅 びるままにしておかれず(2) その 全 くの 愛 とあわれみのゆえに 選 民 をそ こから 救 い 出 し 普 通 に 恵 みの 契 約 と 呼 ばれる 第 二 の 契 約 によって 救 いの 状 態 に 入 れられる( 3) 1 ガラテヤ3: Ⅰテサロニケ5:9 3 テトス3:4-7 ガラテヤ3:21 ロマ3:20-22 問 31 恵 みの 契 約 は だれと 結 ばれたか 答 恵 みの 契 約 は 第 二 のアダムとしてのキリスト また 彼 にあって 彼 の 子 孫 としてのすべ ての 選 民 と 結 ばれた(1) 1 ガラテヤ3:16 [ロマ5:15-21](*) イザヤ53:10 11 * RCJ 訳 の 括 弧 は 不 要 問 32 神 の 恵 みは 第 二 の 契 約 のうちに どのように 現 われているか 答 神 の 恵 みは 第 二 の 契 約 のうちに 次 のように 現 われている すなわち 神 は 罪 人 に 価 なしに 仲 保 者 と(1) 彼 による 命 と 救 いと(2)を 備 え 提 供 される また 彼 らを 彼 に 関 係 づける 条 件 として 信 仰 を 要 求 しながらも(3) すべての 選 民 に 聖 霊 (4)を 約 束 し 与 えて 他 のすべての 救 いの 恵 みと 共 に(5) その 信 仰 を 彼 らのうちに 造 り 出 させ(6) また 彼 らの 信 仰 (7)と 神 への 感 謝 (8) との 真 実 の 証 拠 であり 神 が 救 いのために 指 定 された 道 (9)でもあるすべての 清 い 従 順 (10)を 可 能 - 8 -

9 ならしめる 1 創 世 3:15 イザヤ42:6 ヨハネ6:27 2 Ⅰヨハネ5: ヨハネ3:16 1:12 4 箴 言 1:23 5 ガラテヤ5:22,23 6 Ⅱコリント4:13 7 ヤコブ2: Ⅱコリント5: エペソ2:18(*) *エペソ2:10が 正 しい 10 エゼキエル36:27 問 33 恵 みの 契 約 は 常 に 同 じやり 方 で 施 行 されたか 答 恵 みの 契 約 は 常 に 同 じやり 方 で 施 行 されたのではなく 旧 約 の 下 での 施 行 は 新 約 の 下 で のそれとは 違 っていた(1) 1 Ⅱコリント3:6-9 問 34 恵 みの 契 約 は 旧 約 の 下 では どのようにして 施 行 されたか 答 恵 みの 契 約 は 旧 約 の 下 では 約 束 (1) 預 言 (2) いけにえ(3) 割 礼 (4) 過 越 (5) その 他 の 型 や 規 定 によって 施 行 された それはみな やがて 来 たるべきキリストを 予 兆 したものであ り 選 民 を 約 束 のメシヤを 信 ずる 信 仰 に 教 育 するのに その 時 代 のために 十 分 であった(6) 彼 ら も 当 時 このメシヤによって 完 全 な 罪 のゆるしと 永 遠 の 救 いをえていた(7) 1 ロマ15:8 2 行 伝 3: ヘブル10:1 4 ロマ4:11 5 Ⅰコリント5:7 6 [ヘブル8,9,10 章 ](*) 11:13 * 括 弧 は 不 要 7 ガラテヤ3: 問 35 恵 みの 契 約 は 新 約 の 下 では どのようにして 施 行 されたか 答 本 体 であるキリストが 現 われた 新 約 の 下 では この 同 じ 恵 みの 契 約 は 昔 も 今 も み 言 葉 の 宣 教 (1)と 洗 礼 (2)と 主 の 晩 餐 (3)の 礼 典 の 執 行 によって 施 行 されねばならない ここでは 恵 みと 救 いが 一 層 完 全 明 確 効 果 的 に 万 国 民 に 提 供 されている(4) 1 マルコ16:15 2 マタイ28: Ⅰコリント11: Ⅱコリント3:6-18 ヘブル8: マタイ28:19 等 (*) * 等 は 不 要 8 仲 保 者 - 9 -

10 問 36 恵 みの 契 約 の 仲 保 者 は だれであるか 答 恵 みの 契 約 の 唯 一 の 仲 保 者 は 主 イエス キリストである(1) 彼 は 神 の 永 遠 のみ 子 み 父 と 同 質 同 等 でありながら(2) 時 満 ちて 人 となられた(3) それで 昔 も 今 も 引 き 続 き 永 遠 に 二 つ の 完 全 な 異 なった 性 質 と 一 つの 人 格 をもつ 神 にして 人 であられる(4) 1 Ⅰテモテ2:5 2 ヨハネ1: :30 ピリピ2:6 3 ガラテヤ4:4 4 ルカ1:35 ロマ9:5 コロサイ2:9 ヘブル7:24 25 問 37 キリストは どのようにして 神 のみ 子 でありながら 人 となられたか 答 神 のみ 子 キリストは 聖 霊 の 力 により 処 女 マリヤの 本 質 をとって 彼 女 の 胎 に 宿 り 彼 女 から 生 まれて(1) 真 実 の 体 と 理 性 的 霊 魂 をとることによって(2) 人 となられた しかも 罪 がな かった(3) 1 ルカ1: (*) *RCJ 訳 は ガラテヤ4:4が 抜 けている 2 ヨハネ1:14 マタイ26:38 3 ヘブル4:15 7:26 問 38 仲 保 者 は なぜ 神 でなくてはならなかったのか 答 仲 保 者 は 人 間 の 本 性 を 神 の 無 限 の 怒 りと 死 の 力 の 下 に 沈 み 切 らぬように 支 え 防 ぐため( 1) ご 自 身 の 苦 難 と 服 従 と 執 成 しを 価 値 あり 効 果 あるものとするため(2) また 神 の 正 義 を 満 足 さ せ(3) 神 の 好 意 を 獲 得 し(4) 特 選 の 民 を 買 いとり(5) 彼 らにみたまを 与 え(6) 彼 らのすべての 敵 を 征 服 し(7) 彼 らを 永 遠 の 救 いに 導 くために(8) 神 でなくてはならなかったのである 1 行 伝 2:24 25 ロマ1:4 (ロマ4:25と 比 較 )(*) ヘブル9:14 *ロマ1:4とロマ4:25を 比 較 2 行 伝 20:28 ヘブル9:14 7: ロマ3: エペソ1:6 マタイ3:17 5 テトス2: ガラテヤ4:6 7 ルカ1: ヘブル5:8 9 9:11-15(*) *1648 年 版 は 9:11-16と 表 記 されている 問 39 仲 保 者 は なぜ 人 でなくてはならなかったのか 答 仲 保 者 は わたしたちの 本 性 を 向 上 させ(1) わたしたちのために 人 間 性 において 律 法 へ の 服 従 をなしとげ(2) 苦 しみを 受 け 執 成 しをなし(3) わたしたちの 弱 さを 思 いやるために( 4) また わたしたちが 神 の 子 たる 身 分 を 授 けられ(5) 慰 められ はばかることなく 恵 みのみ 座 に 近 づくために(6) 人 でなくてはならなかったのである 1 ヘブル2:16 2 ガラテヤ4:4 3 ヘブル2:14 7: ヘブル4:15 5 ガラテヤ4:5-10 -

11 6 ヘブル4:16 問 40 仲 保 者 は なぜ 一 人 格 において 神 でも 人 でもなければならなかったのか 答 神 と 人 を 和 解 させる 仲 保 者 は それぞれの 性 質 の 固 有 のわざが 全 人 格 のわざとして わた したちのために 受 け 入 れられ(1) また わたしたちからより 頼 まれるために 自 ら 神 でも 人 でも あり しかも 一 人 格 においてそうでなければならなかったのである(2) 1 マタイ1: :17 ヘブル9:14 2 Ⅰペテロ2:6 問 41 わたしたちの 仲 保 者 は なぜイエスと 名 づけられたのか 答 わたしたちの 仲 保 者 がイエスと 名 づけられたのは ご 自 分 の 民 をそのもろもろの 罪 から 救 うからであった(1) 1 マタイ1:21 問 42 わたしたちの 仲 保 者 は なぜキリストと 名 づけられたのか 答 わたしたちの 仲 保 者 がキリストと 名 づけられたのは 聖 霊 を 限 りなく 注 がれて(1) 低 い 状 態 においても 高 い 状 態 においても その 教 会 の 預 言 者 (2) 祭 司 (3) 王 (4)の 職 務 を 果 たすために 聖 別 され すべての 権 威 と 力 を 完 全 に 与 えられたからである(5) 1 ヨハネ3:34 詩 45:7 2 行 伝 3:21 22 ルカ4: ヘブル5:5-7 4:14,15 4 詩 2:6 マタイ21:5 イザヤ9:6 7 ピリピ2: ヨハネ6:27 マタイ28:18-20 問 43 キリストは どのようにして 預 言 者 の 職 務 を 果 たされるか 答 キリストは すべての 時 代 に 彼 のみたまとみ 言 葉 によって(1) いろいろの 施 行 方 法 で( 2) 教 会 員 の 建 徳 と 救 いについてのすべての 事 柄 において(3) 神 のあますところのないみ 旨 (4)を 教 会 に 示 す(5)ことによって 預 言 者 の 職 務 を 果 たされる 1 Ⅰペテロ1: ヘブル1:1 2 3 行 伝 20:32 エペソ4:11-13 ヨハネ20:31 4 ヨハネ15:15 5 ヨハネ1:18 問 44 キリストは どのようにして 祭 司 の 職 務 を 果 たされるか 答 キリストは ご 自 身 を 傷 のないいけにえとして 一 度 だけ 神 にささげて(1) 彼 の 民 の 罪 のた めの 和 解 となる(2)ことにより また 彼 らのために 絶 えず 執 成 しをする(3)ことによって 祭 司 の 職 務 を 果 たされる 1 ヘブル9: ヘブル2:17 3 ヘブル7:

12 問 45 キリストは どのようにして 王 の 職 務 を 果 たされるか 答 キリストは 世 から 一 つの 民 をご 自 身 のもとに 召 し 出 すこと(1) 彼 が 彼 らを 可 見 的 に 支 配 する(2) 手 段 である 役 員 (3)と 律 法 (4)と 戒 規 とを 彼 らに 与 えることにより その 選 民 に 救 いの 恵 み を 授 けること(5) 彼 らの 服 従 に 報 いること(6) 彼 らを 罪 のために 正 すこと(7) 彼 らのすべての 誘 惑 と 苦 難 の 下 で 彼 らを 守 り 支 えること(8) 彼 らのすべての 敵 を 抑 制 し 征 服 すること(9) ご 自 身 の 栄 光 (10)と 彼 らの 益 (11)のためにすべての 事 柄 を 力 強 く 統 御 することにより また 神 を 認 め ず 福 音 に 従 わないその 他 の 人 々に 報 復 する(12)ことによって 王 の 職 務 を 果 たされる 1 行 伝 15:14-16 イザヤ55:4 5 創 世 49:10 詩 110:3 2 マタイ18:17 18 Ⅰコリント5:4 5 3 エペソ4:11 12 Ⅰコリント12:28 4 イザヤ32:22 5 行 伝 5:31 6 黙 示 22:12 2:10 7 黙 示 3:19 8 イザヤ63:9 9 Ⅰコリント15:25 詩 110 篇 10 ロマ14: ロマ8:28 12 Ⅱテサロニケ1:8 9 詩 2:8 9 問 46 キリストの 低 い 状 態 とは 何 であったか 答 キリストの 低 い 状 態 とは 彼 がわたしたちのために 自 らその 栄 光 をむなしくし 胎 に 宿 ら れたこと 出 生 生 涯 死 において またその 死 後 も 復 活 まで 自 分 の 上 にしもべの 形 をとっ た あのいやしい 状 態 であった(1) 1 ピリピ2:6-8 ルカ1:31 Ⅱコリント8:9 行 伝 2:24 問 47 キリストは 胎 に 宿 られたことと 出 生 において どのようにしてご 自 身 を 低 くされた か 答 キリストは 胎 に 宿 られたことと 出 生 において 彼 は 全 くの 永 遠 からみ 父 のふところにい る 神 のみ 子 でありながら 時 満 ちて 低 い 身 分 の 女 によって 成 り 彼 女 から 生 まれ そして 普 通 以 上 の 屈 辱 的 ないろいろな 境 遇 をすごす 人 の 子 となることをよしとされたことによって ご 自 身 を 低 くされた(1) 1 ヨハネ1:14 18 ガラテヤ4:4 ルカ2:7 問 48 キリストは その 生 涯 において どのようにしてご 自 身 を 低 くされたか 答 キリストは その 生 涯 において 律 法 に 服 従 して(1) それを 完 全 に 成 就 した(2)ことによ り また 人 間 性 に 共 通 なものであれ 特 に 彼 のあの 低 い 状 態 に 伴 うものであれ(3) この 世 のはず かしめ(4) サタンの 誘 惑 (5) 肉 の 弱 さと 戦 うことによって ご 自 身 を 低 くされた 1 ガラテヤ4:4 2 マタイ5:17 ロマ5:19 3 ヘブル2: :15 イザヤ52:

13 4 詩 22:6 ヘブル12:2 3 5 マタイ4:1-12 ルカ4:13 問 49 キリストは その 死 において どのようにしてご 自 身 を 低 くされたか 答 キリストは その 死 において ユダに 裏 切 られ(1) 弟 子 たちに 捨 てられ(2) 世 から 軽 べつ 拒 絶 され(3) ピラトによって 罪 に 定 められ 迫 害 者 たちに 虐 待 された(4) 後 また 死 の 恐 れや 暗 黒 の 力 と 戦 い 神 のみ 怒 りの 重 さを 感 じ 耐 えた(5) 後 罪 のための 供 え 物 として(6) 十 字 架 の 苦 しい 恥 ずかしい のろわれた 死 を 耐 え 忍 んでその 命 を 捨 てた(7)ことによって ご 自 身 を 低 くさ れた 1 マタイ27:4 2 マタイ26:56 3 イザヤ53:2 3 4 マタイ27:26-50 ヨハネ19:34 5 ルカ22:44 マタイ27:46 6 イザヤ53:10 7 ピリピ2:8 ヘブル12:2 ガラテヤ3:13 問 50 キリストの 死 後 の 低 い 状 態 は どの 点 にあったか 答 キリストの 死 後 の 低 い 状 態 は 彼 が 葬 られたこと(1)と 三 日 目 まで 死 者 の 状 態 にあって 死 の 力 の 下 にとどまっていたこと(2) すなわち 陰 府 に 下 った という 言 葉 で 従 来 表 明 されていたこ とであった 1 Ⅰコリント15:3 4 2 詩 16:10 行 伝 2: (*) ロマ6:9 マタイ12:40 * 詩 16:10を 行 伝 2: と 比 較 のこと 問 51 キリストの 高 い 状 態 とは 何 であったか 答 キリストの 高 い 状 態 は 彼 の 復 活 (1) 昇 天 (2) み 父 の 右 に 座 していること(3) 世 をさばく ための 再 臨 (4)を 含 んでいる 1 Ⅰコリント15:4 2 マルコ16:19 3 エペソ1:20 4 行 伝 1:11 17:31 問 52 キリストは その 復 活 において どのようにして 高 くされたか 答 キリストは その 復 活 において 次 のように 高 くされた すなわち キリストは 死 において 朽 ち 果 てず( 彼 が 死 に 支 配 されているはずはなかったからである(1)) 彼 が 受 難 したのと 全 く 同 じ 本 質 的 属 性 をもったままの(2)(しかしこの 生 涯 に 属 する 死 滅 性 や 他 の 共 通 の 弱 さはもたない) 体 が 真 実 に 彼 の 霊 魂 に 結 合 されて(3) ご 自 身 の 力 により 三 日 目 に 死 人 の 中 から 甦 えられた (4) そのことによって 彼 は ご 自 分 を 神 の 子 であり(5) 神 の 義 を 満 足 させており(6) 死 と 死 の 力 をもつ 者 とに 打 ち 勝 っており(7) また 生 者 と 死 者 の 主 である と 宣 言 された(8) 彼 はこれら すべてのことを その 教 会 の 首 (かしら)(9)としての 公 人 (10)として 教 会 員 を 義 とし(1 1) 恵 みに 生 かし(12) 敵 から 守 り(13) また 彼 らが 終 りの 日 に 死 人 の 中 から 復 活 することを 保 証 する(14)ために なされたのである

14 1 行 伝 2: ルカ24:39 3 ロマ6:9 黙 示 1:18 4 ヨハネ10:18 5 ロマ1:4 6 ロマ8:34 7 ヘブル2:14 8 ロマ14:9 9 エペソ1: コロサイ1:18 10 Ⅰコリント15: ロマ4:25 12 エペソ2:1 5:6 コロサイ2:12 13 Ⅰコリント15: Ⅰコリント15:20 問 53 キリストは その 昇 天 において どのように 高 くされたか 答 キリストは その 昇 天 において 次 のように 高 くされた すなわち 復 活 の 後 たびたび 使 徒 たちに 現 われて 交 わり 彼 らに 神 の 国 にかかわることを 語 り(1) 万 国 民 に 福 音 を 宣 べ 伝 える べき 命 令 を 与 え(2) 復 活 後 四 十 日 たって 人 間 性 において わたしたちの 首 (かしら)として (3) 敵 に 打 ち 勝 って(4) 可 見 的 に 最 高 の 天 にのぼられた そこで 人 々のために 賜 物 を 受 け(5) そ こへわたしたちの 心 をひき 上 げ(6) わたしたちのために 場 所 を 用 意 する(7)ためである 彼 ご 自 身 今 そこにおられ 世 の 終 りの 再 臨 までい 続 けられる(8) 1 行 伝 1:2 3 2 マタイ28: ヘブル6:20 4 エペソ4:8 5 行 伝 1:9-11 エペソ4:10 詩 68:18(19) 6 コロサイ3:1 2 7 ヨハネ14:3 8 行 伝 3:21 問 54 キリストは 神 の 右 に 座 していることにおいて どのようにして 高 くされているか 答 キリストは 神 の 右 に 座 していることにおいて 次 のように 高 くされている すなわち 彼 は 神 人 として 満 ちあふれる 喜 び(1) 栄 光 (2) また 天 地 のすべてのものを 治 める 権 威 (3)を もって 父 なる 神 の 最 高 の 愛 顧 に 入 れられ(4) 彼 の 教 会 を 集 め 守 り 彼 らの 敵 を 征 服 し その 役 員 と 民 に 賜 物 と 恵 みを 与 え(5) また 彼 らのために 執 り 成 される(6) 1 行 伝 2:28( 詩 16:11と 比 較 )(*) * 行 伝 2:28と 詩 16:11を 比 較 2 ヨハネ17:5 3 エペソ1:22 Ⅰペテロ3:22 4 ピリピ2:9 5 エペソ4:10-12 詩 110 篇 6 ロマ8:

15 問 55 キリストは どのようにして 執 り 成 されるか 答 キリストは 次 のようにして 執 り 成 される すなわち 地 上 での 彼 の 従 順 と 犠 牲 のいさお しによって(1) わたしたちの 性 質 において 絶 えず 天 にいますみ 父 の 前 に 出 ること(2) そのいさお しをすべての 信 者 に 適 用 するという 彼 のみ 心 を 宣 言 すること(3) 彼 らに 対 するすべての 訴 えに 答 えること(4) 彼 らのために 日 ごとの 失 敗 にもかかわらず 平 和 な 良 心 (5)と はばかることなく 恵 みのみ 座 に 近 づくこと(6)と 彼 ら 自 身 (7)とその 奉 仕 (8)が 受 け 入 れられることを 獲 得 して 下 さる ことによってである 1 ヘブル1:3 2 ヘブル9: ヨハネ3:16 17: ロマ8: ロマ5:1 2 Ⅰヨハネ2:1 2 6 ヘブル4:16 7 エペソ1:6 8 Ⅰペテロ2:5 問 56 キリストは 世 をさばくための 再 臨 において どのようにして 高 くされるか 答 キリストは 世 をさばくための 再 臨 において 次 のように 高 くされる すなわち よこしま な 人 々によって 不 正 にさばかれ 罪 に 定 められた(1) 彼 が 終 りの 日 に 大 いなる 力 をもち(2) ご 自 身 とみ 父 との 栄 光 の 全 き 現 われをもって 聖 なるすべてのみ 使 たちと 共 に(3) 叫 びと 天 使 のか しらの 声 と 神 のラッパの 鳴 り 響 くうちに(4) 義 をもってこの 世 界 をさばくために(5) 再 臨 される 1 行 伝 3: マタイ24:30 3 ルカ9:26 マタイ25:31 4 Ⅰテサロニケ4:16 5 行 伝 17:31 問 57 キリストは 彼 の 仲 保 によって どのような 利 益 を 獲 得 されたか 答 キリストは 彼 の 仲 保 によって あがない(1)と 恵 みの 契 約 の 他 のすべての 利 益 (2)とを 獲 得 された 1 ヘブル9:12 2 Ⅱコリント1:20 9 贖 罪 の 適 用 問 58 わたしたちは どのようにして キリストが 獲 得 された 利 益 にあずかる 者 とされるよう になるか 答 わたしたちは キリストが 獲 得 された 利 益 を わたしたちに 適 用 されることによって(1) それにあずかる 者 とされる それは 特 に 聖 霊 なる 神 のみわざである(2) 1 ヨハネ1: テトス3:

16 1 外 的 召 命 と 可 見 教 会 問 59 だれが キリストのあがないにあずかる 者 とされるか 答 あがないは キリストがそれを 買 いとられたすべての 人 々に 確 実 に 適 用 され 有 効 に 伝 達 される(1) 彼 らは 時 が 来 て 聖 霊 により 福 音 に 従 って キリストを 信 じることができるよ うにされる(2) 1 エペソ1:13,14 ヨハネ6:37,39 10:15,16 2 エペソ2:8 Ⅱコリント4:13 問 60 福 音 を 聞 いたことがなく 従 ってイエス キリストを 知 らず 彼 を 信 じない 人 々は 本 性 の 光 による 彼 らの 生 活 によって 救 われることができるか 答 福 音 を 聞 いたことがなく(1) イエス キリストを 知 らず(2) 彼 を 信 じない 人 々は 本 性 の 光 (3)や 自 分 の 告 白 するその 宗 教 のおきて(4)に 従 って 生 活 を 形 成 するのに どれほど 熱 心 であっ ても 救 われることはできない(5) また キリストおひとりのほか 他 の 何 物 にも 彼 らの 救 いは ない(6) キリストはその 体 なる 教 会 のみの 救 い 主 であられる(7) 1 ロマ10:14 2 Ⅱテサロニケ1:8,9 エペソ2:12 ヨハネ1: Ⅰコリント1: ヨハネ4:22 ロマ9:31,32 ピリピ3:4-9 5 ヨハネ8:24 マルコ16:16 6 行 伝 4:12 7 エペソ5:23 問 61 福 音 を 聞 き 教 会 生 活 をする 者 は みな 救 われるか 答 福 音 を 聞 き 見 える 教 会 の 生 活 をする 者 が みな 救 われるのではない ただ 見 えない 教 会 の 真 の 会 員 である 者 のみが 救 われる(1) 1 ヨハネ12:38-40 ロマ9:6 マタイ22:14 7:21 ロマ11:7 問 62 見 える 教 会 とは 何 であるか 答 見 える 教 会 とは 世 のすべての 時 代 すべての 場 所 にあって 真 の 宗 教 を 告 白 するすべて の 者 と(1) 彼 らの 子 供 たち(2)とから 成 る 一 つの 社 会 である 1 Ⅰコリント1:2 12:13 ロマ15:9-12 黙 示 7:9 詩 2:8 22:27-31(28-32) 45:17(18) マタイ28:19 20 イザヤ59:21 2 Ⅰコリント7:14 行 伝 2:39 ロマ11:16 創 世 17:7 問 63 見 える 教 会 の 特 別 な 特 権 とは 何 であるか 答 見 える 教 会 は 神 の 特 別 な 配 慮 と 統 治 の 下 にあること(1) すべての 敵 の 反 抗 にもかかわら ず すべての 時 代 に 保 護 され 保 存 されること(2) 聖 徒 の 交 わりと 救 いの 普 通 の 手 段 (3)と だ れでもキリストを 信 ずる 者 は 救 われ(4) 彼 にくる 者 は 一 人 も 除 外 されないということ(5)を 証 しす

17 る 福 音 の 奉 仕 における 全 会 員 へのキリストによる 恵 みの 提 供 とを 受 けることの 特 権 をもってい る 1 イザヤ4:5 6 Ⅰテモテ4:10 2 詩 115 篇 イザヤ31:4,5 ゼカリヤ12:2-4,8,9 3 行 伝 2:39,42 4 詩 147:19,20 ロマ9:4 エペソ4:11,12 マルコ16:15,16 5 ヨハネ6:37 問 64 見 えない 教 会 とは 何 であるか 答 見 えない 教 会 とは 首 (かしら)なるキリストの 下 に 過 去 現 在 未 来 を 通 して 一 つ に 集 められる 選 民 の 全 員 である(1) 1 エペソ1:10,22,23 ヨハネ10:16 11:52 2 不 可 見 教 会 と 聖 霊 の 恵 み 問 65 見 えない 教 会 の 会 員 は キリストによって どんな 特 別 の 利 益 を 受 けるか 答 見 えない 教 会 の 会 員 は キリストによって 恵 みと 栄 光 とにおいて 彼 との 結 合 と 交 わりを 受 ける(1) 1 ヨハネ17:21 エペソ2:5,6 ヨハネ17:24 問 66 選 民 がえるキリストとの 結 合 とは 何 であるか 答 選 民 がえるキリストとの 結 合 とは 神 の 恵 みのみわざであって(1) それによって 彼 らは 首 (かしら)であり 夫 であるキリストに 霊 的 に 神 秘 的 に しかも 現 実 に 分 離 できないよう に 結 合 されるのである(2) それは 彼 らの 有 効 召 命 においてなされる(3) 1 エペソ1:22 2:6-8 2 Ⅰコリント6:17 ヨハネ10:28 エペソ5:23,30 3 Ⅰペテロ5:10 Ⅰコリント1:9 問 67 有 効 召 命 とは 何 であるか 答 有 効 召 命 とは 神 の 全 能 の 力 と 恵 みのみわざであって(1) それによって 神 は( 選 民 に 対 す る 自 由 な 特 別 な 愛 からであって 神 をその 方 へ 動 かす 彼 らのうちにある 何 ものからでもない)( 2) よしとせられる 時 に み 言 葉 とみたまによって イエス キリストヘ 彼 らを 招 き 寄 せ(3) 彼 らの 心 を 救 うように 啓 蒙 し(4) 彼 らの 意 志 を 新 たにして 力 強 く 決 定 し(5) このようにして 彼 ら が( 自 ら 罪 によって 死 んだ 者 だけれども) 彼 の 召 命 に 自 由 に 答 え そこに 提 供 され 伝 達 される 恵 みを 受 け 奉 じることを 欲 し またできるようにされるのである(6) 1 ヨハネ5:25 エペソ1:18-20 Ⅱテモテ1:8,9 2 テトス3:4,5 エペソ2:4,5,7-9 ロマ9:11 3 Ⅱコリント5:20(Ⅱコリント6:1 2と 比 較 ) ヨハネ6:44 Ⅱテサロニケ2:13,14 4 行 伝 26:18 Ⅰコリント2:10,12 5 エゼキエル11:19 36:26,27 ヨハネ6:45 6 エペソ2:5 ピリピ2:13 申 命 30:6-17 -

18 問 68 選 民 のみが 有 効 に 召 命 されるのか 答 すべての 選 民 そして 選 民 のみが 有 効 に 召 命 される(1) 他 の 者 でも み 言 葉 の 奉 仕 に よって 外 的 に 召 命 され(2) みたまのある 程 度 の 一 般 的 働 きをうけられるし またしばしばうける けれども(3) 彼 らは 提 供 された 恵 みを 故 意 に 無 視 し 軽 蔑 するために 彼 らの 不 信 仰 の 中 に 当 然 捨 ておかれて 決 して 真 実 にイエス キリストにくることをしないのである(4) 1 行 伝 13:48 2 マタイ22:14 3 マタイ7:22 13:20,21 ヘブル6:4-6(*) * ヘブル6:4-5が 正 しい 4 ヨハネ12:38-40 行 伝 28:25-27 ヨハネ6:6465 詩 81:1112 問 69 見 えない 教 会 の 会 員 がキリストともつ 恵 みの 交 わりとは 何 であるか 答 見 えない 教 会 の 会 員 がキリストともつ 恵 みの 交 わりとは 彼 らが 義 とされること(1) 子 と されること(2) 聖 とされること またその 他 この 世 でキリストとの 結 合 を 示 すすべてのものにお いて(3) キリストの 仲 保 の 力 にあずかることである 1 ロマ8:30 2 エペソ1:5 3 Ⅰコリント1:30 問 70 義 とされることとは 何 であるか 答 義 とされることとは 罪 人 に 対 して 価 なしに 与 えられる 神 の 恵 みの 行 為 であって(1) 神 は それによって 彼 らのすべての 罪 をゆるし 彼 らの 人 格 をみ 前 に 義 として 受 け 認 められる(2) そ れは 彼 らのうちに 生 じたり 彼 らによってなされる 何 かのためではなく(3) ただ 神 によって 彼 らに 転 嫁 され またただ 信 仰 によって 受 けられる(4)キリストの 完 全 な 服 従 と 十 分 な 賠 償 のためで ある(5) 1 ロマ3:22,24,25(*) ロマ4:5(**) * ロマ3:23-25が 正 しい ** 松 谷 好 明 訳 にはなし 2 Ⅱコリント5:19,21 ロマ3:22,24,25,27,28 3 テトス3:5,7 エペソ1:7 4 行 伝 10:43 ガラテヤ2:16 ピリピ3:9 4 ロマ5:17-19 ロマ4:6-8 問 71 義 とされることは どのようにして 価 なしに 与 えられる 神 の 恵 みの 行 為 なのか 答 キリストは 義 とされる 者 のために その 服 従 と 死 によって 神 の 義 に 対 してふさわしく 真 実 で 十 分 な 賠 償 をされたけれども(1) しかし 神 は 彼 らから 要 求 したはずの 賠 償 を 保 証 人 から 受 け しかもこの 保 証 人 として 神 ご 自 身 のひとり 子 を 備 えて(2) 彼 の 義 を 彼 らに 転 嫁 し(3) 彼 らを 義 とするためには それもまた 神 の 賜 物 (4)である 信 仰 以 外 の 何 ものをも 彼 らからは 要 求 なさ らない(5)のだから 彼 らが 義 とされることは 彼 らにとって 価 なしに 与 えられる 恵 みによるの である(6) 1 ロマ5:8-10,19 2 Ⅰテモテ2:5 6 ヘブル10:10 マタイ20:28 ダニエル9:24,

19 イザヤ53:4-6,10-12 ヘブル7:22 ロマ8:32 Ⅰペテロ1:18,19 3 Ⅱコリント5:21 4 エペソ2:8 5 ロマ3:24,25 6 エペソ1:7 問 72 義 とする 信 仰 とは 何 であるか 答 義 とする 信 仰 とは 神 のみ 霊 (1)とみ 言 葉 (2)とによって 罪 人 の 心 情 に 働 く 一 つの 救 いの 恵 み である(3) それによって 彼 は 自 分 の 罪 と 悲 惨 について また 失 われた 状 態 から 回 復 する 力 が 自 らの 中 にも 他 のすべての 被 造 物 の 中 にもないことについて 確 信 させられ(4) 福 音 の 約 束 の 真 理 に 同 意 するのみではなく(5) 罪 のゆるしのため(6) また 救 いのために 神 のみ 前 に 自 分 の 人 格 を 義 として 受 け 認 められるために(7) 福 音 の 中 に 提 示 されているキリストとその 義 を 受 け 入 れ より 頼 むのである 1 Ⅱコリント4:13 エペソ1: ロマ10: ヘブル10:39 4 行 伝 2:37 16:30 ヨハネ16:8,9 ロマ5:6 エペソ2:1 行 伝 4:12 5 エペソ1:13 6 ヨハネ1:12 行 伝 16:31 10:43 7 ピリピ3:9 行 伝 15:11 問 73 信 仰 は どのようにして 罪 人 を 神 のみ 前 に 義 とするか 答 信 仰 が 罪 人 を 神 のみ 前 に 義 とするのは 信 仰 に 常 に 伴 う 他 の 恵 みのゆえにでもなく 信 仰 の 実 である 善 行 のゆえにでもなく(1) また 信 仰 の 恵 みとか 信 仰 による 何 らかの 行 為 とかが 彼 を 義 とするために 彼 に 転 嫁 されるというのでもなく(2) 信 仰 は 罪 人 がキリストとその 義 とを 受 け 適 用 される 手 段 だからにすぎない(3) 1 ガラテヤ3:11 ロマ3:28 2 ロマ4:5(ロマ10:10と 比 較 )(*) * ロマ4:5とロマ10:10を 比 較 3 ヨハネ1:12 ピリピ3:9 ガラテヤ2:16 問 74 子 とすることとは 何 であるか 答 子 とすることとは 神 のひとり 子 イエス キリストにおいて またキリストのゆえに(1) 価 なしに 与 えられる 神 の 恵 みの 行 為 であって(2) それによって 義 とされた 者 はみな 神 の 子 の 数 に 入 れられ(3) み 名 を 記 され(4) 神 のみ 子 の 霊 を 与 えられ(5) 父 としての 神 の 保 護 と 配 慮 の 下 に 置 かれ(6) 神 の 子 の 自 由 と 特 権 をことごとく 許 され すべての 約 束 をつぐ 者 また 栄 光 の 中 にキリストと 共 同 の 相 続 人 とされるのである(7) 1 エペソ1:5 ガラテヤ4:4,5 2 Ⅰヨハネ3:1 3 ヨハネ1:12 4 Ⅱコリント6:18 黙 示 3:12 5 ガラテヤ4:6 6 詩 103:13 箴 言 14:26 マタイ6:

20 7 ヘブル6:12 ロマ8:17 問 75 聖 とすることとは 何 であるか 答 聖 とすることとは 神 の 恵 みのみわざであって それによって きよくなるようにと 神 が 世 の 造 られる 前 から 選 んでおられた 者 たちが 時 至 って キリストの 死 と 復 活 を 彼 らに 適 用 する(1) みたまの 力 強 い 働 きにより(2) 神 の 形 に 従 い 全 人 を 新 たにされる(3) それは 命 に 至 る 悔 改 めの 種 と 他 のすべての 救 いの 恵 みを 彼 らの 心 に 入 れ(4) 彼 らがますます 罪 に 死 に 新 しい 命 に 生 き かえって 行 くように(5) これらの 恵 みをかき 立 て 増 し 加 え 強 めるのである(6) 1 ロマ6:4-6 2 エペソ1:4 Ⅰコリント6:11 Ⅱテサロニケ2:13 3 エペソ4:23,24 4 行 伝 11:18 Ⅰヨハネ3:9 5 ロマ6:4,6,14 ガラテヤ5:24 6 ユダ20 ヘブル6:11,12 エペソ3:16-19 コロサイ1:10,11 問 76 命 に 至 る 悔 改 めとは 何 であるか 答 命 に 至 る 悔 改 めとは 神 のみたま(1)とみ 言 葉 (2)によって 罪 人 の 心 情 に 働 く 一 つの 救 いの 恵 みである(3) それによって 彼 は 自 分 の 罪 について その 危 険 さばかりでなく(4) その 汚 らわし さやいとわしさを 知 り 自 覚 し(5) また 後 悔 している 者 へのキリストにある 神 のあわれみをも 悟 っ て(6) 大 いに 罪 を 悲 しみ(7) 憎 む(8)ので 全 くそれを 捨 てて 神 に 帰 り(9) 新 しい 服 従 の 道 をいつ も 神 と 共 に 歩 むように 目 差 し 努 力 するのである(10) 1 ゼカリヤ12:10 2 行 伝 11:18,20,21 3 Ⅱテモテ2:25 4 エゼキエル18:28,30,32 ルカ15:17,18 ホセア2:6,7(2:8,9) 5 エゼキエル36:31 イザヤ30:22 6 ヨエル2:12,13 7 エレミヤ31:18,19 8 Ⅱコリント7:11 9 行 伝 26:18(*) エゼキエル14:6 列 王 上 8:47,48 * 1648 年 版 の26:28は 誤 植 10 詩 119:6,59,128 ルカ1:6 列 王 下 23:25 問 77 義 とすることと 聖 とすることとは どこが 違 っているか 答 聖 とすることは 義 とすることと 分 かつことのできないように 結 合 しているが(1) それで も 次 の 点 で 違 っている 義 とすることにおいて 神 はキリストの 義 を 転 嫁 するのであるが(2) 聖 とすることにおいては みたまが 恵 みを 注 いで それを 用 いることができるようにする(3) 前 者 では 罪 がゆるされるのであるが(4) 後 者 では 罪 が 征 服 される(5) 一 方 は すべての 信 者 を 神 の 報 復 的 怒 りから 一 様 に 解 放 するのであり しかもこの 世 でそれを 完 全 になし 決 して 彼 らが 罪 に 定 められないようにする(6) ところが 他 方 は すべての 人 に 同 様 にでなく(7) まただれの 場 合 でも この 世 では 完 成 しないで(8) ただ 完 成 へと 成 長 するのである(9) 1 Ⅰコリント6:11 1:30 2 ロマ4:6,8-20 -

21 3 エゼキエル36:27 4 ロマ3:24,25 5 ロマ6:6,14 6 ロマ8:33,34 7 Ⅰヨハネ2:12-14 ヘブル5: Ⅰヨハネ1:8,10 9 Ⅱコリント7:1(*) ピリピ3:12-14 * 1658 年 版 による 1648 年 版 の7:2は 誤 り 問 78 信 者 の 聖 とされることの 未 完 成 は どこからくるのであるか 答 信 者 の 聖 とされることの 未 完 成 は 彼 らのすべての 部 分 に 宿 っている 罪 の 残 根 と みたま に 反 する 肉 の 絶 えざる 欲 情 とからくる それによって 彼 らは しばしば 誘 惑 に 迷 わされ 多 くの 罪 に 陥 り(1) あらゆる 彼 らの 霊 的 奉 仕 において 妨 げられ(2) 彼 らの 最 上 のわざでさえも 神 の み 前 には 不 完 全 であり 汚 れたものである(3) 1 ロマ7:18,23 マルコ14:66-72 ガラテヤ2:11,12 2 ヘブル12:1 3 イザヤ64:6(64:5) 出 エジプト28:38 問 79 真 の 信 者 は その 未 完 成 や 多 くの 誘 惑 と 罪 に 襲 われることによって 恵 みの 状 態 から 落 ちることはないだろうか 答 真 の 信 者 は 神 の 変 わらぬ 愛 と(1) 彼 らに 堅 忍 を 与 えるという 聖 定 と 契 約 (2) 彼 らをキリ ストから 引 き 離 すことのできぬ 結 合 (3) 彼 らのためのキリストの 絶 えざる 執 成 し(4) また 彼 らの うちに 宿 るみたまと 神 の 種 によって(5) 恵 みの 状 態 から 全 く あるいは 最 後 的 に 落 ちるなどとい うようなことはありえないばかりか(6) 神 のみ 力 によって 信 仰 により 救 いに 至 るまで 守 られ る(7) 1 エレミヤ31:3 2 Ⅱテモテ2:19 ヘブル13:20,21 サムエル 下 23:5 3 Ⅰコリント1:8,9 4 ヘブル7:25 ルカ22:32 5 Ⅰヨハネ3:9 2:27 6 エレミヤ32:40 ヨハネ10:28 7 Ⅰペテロ1:5 問 80 真 の 信 者 は 恵 みの 状 態 にあること およびその 状 態 で 救 いに 至 るまで 保 たれるという ことを 間 違 いなく 確 信 できるか 答 真 実 にキリストを 信 じ そのみ 前 に 全 き 良 心 をもって 歩 むことを 務 めるほどの 者 は(1) 特 別 な 啓 示 がなくても 神 の 約 束 の 真 理 に 基 づく 信 仰 により また 命 の 約 束 が 与 えられたそれら の 恵 みを 自 分 のうちでわきまえることができるようにし(2) 彼 らの 霊 と 共 に 彼 らが 神 の 子 であ ることを 証 しする(3)ところのみたまによって 彼 らが 恵 みの 状 態 にあり またその 状 態 で 救 いに 至 るまで 保 たれることを 間 違 いなく 確 信 される(4) 1 Ⅰヨハネ2:3 2 Ⅰコリント2:12 Ⅰヨハネ3:14,18,19,21,24 4:13,16 ヘブル6:11,12 3 ロマ8:

22 4 Ⅰヨハネ5:13 問 81 すべての 真 の 信 者 は いつでも 彼 らが 現 に 恵 みの 状 態 にあり 救 われるのだというこ とを 確 信 しているか 答 恵 みと 救 いの 確 信 は 信 仰 の 本 質 ではないので(1) 真 の 信 者 もそれをえるまでには 長 い 間 かかるかもしれない(2) また それを 与 えられてからでも 種 々の 病 的 不 安 や 罪 や 誘 惑 や 一 時 的 な 遺 棄 によって 弱 められ とぎれたりすることはあろうが(3) 神 のみたまの 臨 在 と 支 えなし に 捨 ておかれることはないので 全 き 絶 望 に 沈 むことからは 守 られる(4) 1 エペソ1:13 2 イザヤ50:10 詩 88 篇 3 詩 77:1-12(77:2-13) 雅 歌 5:2,3,6 詩 51:8,12(51:10,14) 31:22(31:23) 22:1(22:2) 4 Ⅰヨハネ3:9 ヨブ13:15 詩 73:15,23 イザヤ54:7-10 問 82 見 えない 教 会 の 会 員 がキリストと 共 にもつ 栄 光 における 交 わりとは 何 であるか 答 見 えない 教 会 の 会 員 がキリストと 共 にもつ 栄 光 における 交 わりとは この 世 にあり(1) 死 の 直 後 からあり(2) そしてついに 復 活 と 審 判 の 日 に 完 成 されるものである(3) 1 Ⅱコリント3:18 2 ルカ23:43 3 Ⅰテサロニケ4:17 問 83 見 えない 教 会 の 会 員 がこの 世 で 享 受 する キリストと 共 にもつ 栄 光 における 交 わりと は 何 であるか 答 見 えない 教 会 の 会 員 は 首 (かしら)なるキリストの 肢 体 であり それゆえ 彼 にあって 彼 が 完 全 に 所 有 しておられる 栄 光 に 関 与 しているので この 世 で キリストと 共 なる 栄 光 の 初 穂 を 分 有 している(1) またその 保 証 として 神 の 愛 の 自 覚 (2) 良 心 の 平 和 聖 霊 による 喜 び 栄 光 の 望 みを 享 受 する(3) 反 対 に 神 の 報 復 的 み 怒 りの 自 覚 良 心 の 恐 れ 審 判 の 恐 るべき 予 想 が 悪 人 たちにとって 死 後 受 ける 苦 痛 の 始 まりであるのと 同 様 である(4) 1 エペソ2:5 6 2 ロマ5:5(Ⅱコリント1:22と 比 較 )(*) * ロマ5:5を2コリント1:22と 比 較 3 ロマ5:1,2 14:17 4 創 世 4:13 マタイ27:4 ヘブル10:27 ロマ2:9 マルコ9:44 10 死 と 終 末 問 84 すべての 人 が 死 ぬか 答 死 は 罪 が 支 払 う 報 酬 として 威 嚇 されているので(1) 一 度 だけ 死 ぬことがすべての 人 に 定 まっている(2) それは すべての 人 が 罪 を 犯 したからである(3) 1 ロマ6:23 2 ヘブル9:

23 3 ロマ5:12 問 85 死 が 罪 の 支 払 う 報 酬 であるのなら なぜ 義 人 は そのすべての 罪 がキリストにおいて 許 されているのに 死 から 解 放 されていないのか 答 義 人 は 終 りの 日 に 死 そのものから 解 放 されるし 死 にあっても 死 のとげとのろいから 解 放 されている(1) それゆえ 彼 らは 死 にはするが それは 神 の 愛 から 出 るのであって(2) 罪 と 悲 惨 から 彼 らを 全 く 自 由 にするため(3) また 栄 光 におけるさらに 深 いキリストとの 交 わりを 可 能 にするためであり 彼 らは 死 に 際 して それにはいるのである(4) 1 Ⅰコリント15:26,55,57(*) ヘブル2:15 * Ⅰコリント15:26,56が 正 しい 2 イザヤ57:1,2 列 王 下 22:20 3 黙 示 14:13 エペソ5:27 4 ルカ23:43 ピリピ1:23 問 86 見 えない 教 会 の 会 員 が 死 の 直 後 に 享 受 する 栄 光 におけるキリストとの 交 わりとは 何 であるか 答 見 えない 教 会 の 会 員 が 死 の 直 後 に 享 受 する キリストと 共 にもつ 栄 光 における 交 わりと は 次 のことにある すなわち 彼 らの 魂 は その 時 全 く 聖 くされて(1) 最 高 の 天 に 受 け 入 れられ (2) そこで 光 と 栄 光 のうちにいます 神 のみ 顔 を 仰 ぎ(3) 彼 らの 体 の 完 全 なあがないを 待 ってい る(4) その 体 は 死 にあってもなお 続 いてキリストに 結 合 され(5) 終 りの 日 に 彼 らの 魂 に 再 び 結 合 されるまで(6) 床 にあるようにその 墓 に 休 息 する(7) これと 反 対 に 悪 人 の 魂 は その 死 の 時 に 地 獄 に 投 げ 入 れられ そこで 激 しい 苦 痛 と 全 くの 暗 黒 の 中 にとどまり また 彼 らの 体 は 大 いなる 日 の 復 活 と 審 判 まで 獄 屋 にあるように 閉 じ 込 められる(8) 1 ヘブル12:23 2 Ⅱコリント5:1,6,8 ピリピ1:23( 行 伝 3:21 エペソ4:10と 比 較 )(*) * ピリピ1:23を 行 伝 3:21 エペソ4:10と 比 較 3 Ⅰヨハネ3:2 Ⅰコリント13:12 4 ロマ8:23 詩 16:9(*) * 1658 年 版 による 1648 年 版 の19:6は 誤 り 5 Ⅰテサロニケ4:14 6 ヨブ19:26,27 7 イザヤ57:2 8 ルカ16:23,24 行 伝 1:25 ユダ6,7 問 87 復 活 について わたしたちは 何 を 信 じなければならないか 答 わたしたちは 次 の 点 を 信 じなければならない すなわち 終 りの 日 には 正 しい 者 も 正 しくない 者 も 同 様 に 一 般 的 な 死 人 の 復 活 がある(1) その 時 生 きながらえている 人 々は 一 瞬 に して 変 えられる また 死 人 については 墓 に 置 かれた 同 じ 体 が その 時 再 び 永 遠 にその 魂 に 結 合 されて キリストのみ 力 によって よみがえらせられる(2) 正 しい 者 の 体 は キリストのみたま により また 彼 らの 首 (かしら)であるキリストの 復 活 の 力 によって 強 いもの 霊 のもの 朽 ちないものによみがえらせられ キリストの 栄 光 の 体 に 似 たものとされる(3) また 悪 人 の 体 は 彼 らにそむかれた 審 判 者 キリストによって 恥 辱 によみがえらせられる(4) 1 行 伝 24:

24 2 Ⅰコリント15:51-53 Ⅰテサロニケ4:15-17 ヨハネ5:28,29 3 Ⅰコリント15:21-23,42-44 ピリピ3:21 4 ヨハネ5:27-29 マタイ25:33 問 88 復 活 後 直 ちに 何 が 続 くか 答 復 活 後 直 ちに み 使 と 人 間 への 一 般 的 な また 最 後 の 審 判 が 続 く(1) その 日 その 時 を だ れも 知 らない それは すべての 人 が 目 をさまして 祈 り 主 の 来 臨 のために 常 に 備 えをするため である(2) 1 Ⅱペテロ2:4 ユダ6,7,14,15 マタイ25:46 2 マタイ24:36,42,44 ルカ21:35,36 問 89 審 判 の 日 に 悪 人 には 何 がなされるか 答 審 判 の 日 に 悪 人 は キリストの 左 側 に 置 かれ(1) 明 白 な 証 拠 と 彼 ら 自 身 の 良 心 の 十 分 な 納 得 に 基 づいて(2) 彼 らに 対 して 判 決 された 恐 ろしいが 正 当 な 定 罪 の 宣 告 を 受 け(3) そこで 神 の 好 意 あるみ 前 と キリスト 聖 徒 全 天 使 の 栄 光 に 輝 く 交 わりとから 捨 てられ 地 獄 に 投 げ 入 れ られて 永 遠 に 悪 魔 とその 使 たちと 共 に 体 と 魂 との 両 方 の 言 い 尽 しえない 苦 痛 をもって 罰 せ られる(4) 1 マタイ25:33 2 ロマ2:15,16 3 マタイ25: ルカ16:26 Ⅱテサロニケ1:8,9 問 90 審 判 の 日 に 義 人 には 何 がなされるか 答 審 判 の 日 に 義 人 は 雲 に 包 まれてキリストのもとに 引 き 上 げられて(1) キリストの 右 側 に 置 かれ そこで 公 に 受 け 入 れられ 無 罪 を 宣 言 されて(2) 捨 てられたみ 使 や 人 間 をキリストと 共 に さばき(3) また 天 に 受 け 入 れられる(4) そこで 彼 らは 完 全 永 遠 にすべての 罪 と 悲 惨 から 解 放 され(5) 考 えも 及 ばぬ 喜 びに 満 たされ(6) 体 と 魂 の 両 方 において 無 数 の 聖 徒 やみ 使 と 共 にな ることにおいて(7) 特 に 父 なる 神 と 主 イエス キリストと 聖 霊 を 永 遠 に 直 接 見 て 喜 ぶことにおい て 完 全 に 聖 (きよ)く 幸 いにされる(8) これこそ 見 えない 教 会 の 会 員 が 復 活 と 審 判 の 日 に 栄 光 のうちにキリストと 共 に 享 受 する 十 全 で 十 分 な 交 わりである 1 Ⅰテサロニケ4:17 2 マタイ25:33 10:32 3 Ⅰコリント6:2,3 4 マタイ25:34,46 5 エペソ5:27 黙 示 14:13 6 詩 16:11 7 ヘブル12:22,23 8 Ⅰヨハネ3:2 Ⅰコリント13:12 Ⅰテサロニケ4:17,18 3 生 活 篇

25 聖 書 が 主 に 神 について 信 ずるよう わたしたちに 教 えているところを 見 たので 次 に 聖 書 が 人 間 の 義 務 として 求 めるところを 考 察 する 1 十 誡 問 91 神 が 人 間 に 求 められる 義 務 は 何 であるか 答 神 が 人 間 に 求 められる 義 務 は 啓 示 されたみ 心 に 服 従 することである(1) 1 ロマ12:1,2 ミカ6:8 サムエル 上 15:22 問 92 神 は 人 間 に 服 従 の 規 準 として 最 初 何 を 啓 示 されたか 答 無 罪 の 状 態 のアダムに またアダムにおいて 全 人 類 に 啓 示 された 服 従 の 規 準 は 善 悪 を 知 る 木 の 実 を 食 べてはならないという 特 別 な 命 令 の 外 には 道 徳 律 法 であった(1) 1 創 世 1:26,27 ロマ2:14,15 10:5 創 世 2:17 問 93 道 徳 律 法 とは 何 であるか 答 道 徳 律 法 とは 身 も 魂 も 人 間 全 体 の 状 態 と 性 向 において(1) また 神 と 人 とに 負 うている 聖 と 義 のすべての 義 務 の 遂 行 において(2) それに 対 する 人 格 的 な 完 全 な 不 断 の 一 致 服 従 を 各 人 に 命 じ 拘 束 し またそれを 守 れば 命 を 与 えることを 約 束 し 破 れば 死 を 報 いると 威 嚇 している(3) 人 類 に 対 する 神 のみ 心 の 宣 言 である 1 申 命 5:1-3,31,33(*) ルカ10:26,27 ガラテヤ3:10 Ⅰテサロニケ5:23 * 松 谷 訳 は 申 命 5:1,21,32,33とする 1648 年 版 が 読 みずらくなっている 2 ルカ1:75 行 伝 24:16 3 ロマ10:5 ガラテヤ3:10,12 問 94 道 徳 律 法 は 堕 落 以 後 の 人 間 にとっても 何 かの 効 用 があるか 答 堕 落 以 後 だれも 道 徳 律 法 によって 義 と 命 に 至 ることはできないとはいえ(1) それには すべての 人 間 に 共 通 な 大 きな 効 用 があると 同 様 に 再 生 しない 者 または 再 生 した 者 に それぞれ 特 有 の 大 きな 効 用 がある(2) 1 ロマ8:3 ガラテヤ2:16 2 Ⅰテモテ1:8 問 95 道 徳 律 法 は すべての 人 間 に どのような 効 用 があるか 答 道 徳 律 法 は すべての 人 間 に 次 のような 効 用 がある すなわち 彼 らに 神 のきよい 性 質 とみ 心 と(1) それらに 従 って 歩 むよう 彼 らを 拘 束 する 義 務 とを 教 え(2) それを 守 れない 彼 らの 無 能 力 と 性 質 心 情 生 活 の 罪 深 い 汚 れとを 悟 らせ(3) 彼 らを 罪 と 悲 惨 の 自 覚 においてへり くだらせ(4) またそれによって 彼 らに キリストを 必 要 としていることと(5) その 服 従 の 完 全 性 を 一 層 明 らかに 認 めさせるのである(6) 1 レビ11:44,45 20:7,8 ロマ7:12 2 ミカ6:8 ヤコブ2:10,11 3 詩 19:11,12 ロマ3:20 7:7 4 ロマ3:9,

26 5 ガラテヤ3:21,22 6 ロマ10:4 問 96 道 徳 律 法 は 再 生 しない 者 にとって どのような 特 有 の 効 用 があるか 答 道 徳 律 法 は 再 生 しない 者 にとって 次 の 効 用 がある すなわち 来 たるべき 神 のみ 怒 り からのがれるように 彼 らの 良 心 を 呼 びさまし(1) 彼 らをキリストに 追 いやる(2) あるいは 彼 ら が 罪 の 状 態 と 習 慣 を 続 けるならば 彼 らを 弁 解 の 余 地 なき 者 とし(3) 罪 ののろいにまかせる( 4) 1 Ⅰテモテ1:9,10 2 ガラテヤ3:24 3 ロマ1:20(ロマ2:15と 比 較 )(*) * ロマ1:20とロマ2:15を 比 較 4 ガラテヤ3:10 問 97 道 徳 律 法 は 再 生 した 者 にとって どのような 特 有 の 効 用 があるか 答 再 生 してキリストを 信 ずる 者 たちは わざの 契 約 としての 道 徳 律 法 から 解 放 されており( 1) 従 って それによって 義 とされもせず(2) 罪 に 定 められもしない(3)とはいえ すべての 人 間 と 彼 らとに 共 通 な 道 徳 律 法 の 一 般 的 効 用 の 外 に 次 のような 特 有 の 効 用 がある すなわち 彼 ら の 代 りに また 彼 らの 益 のために キリストが 律 法 を 成 就 し 律 法 ののろいを 受 けられたことの ゆえに 彼 らがどれほど 多 くキリストに 負 うているかを 示 し(4) またそれによって 彼 らを 一 層 の 感 謝 にかり 立 て(5) 彼 らの 服 従 の 規 準 としての 道 徳 律 法 に 自 分 をかなわせるよう 一 層 意 を 用 い ることにおいて その 感 謝 を 表 わさせる(6) 1 ロマ6:14 7:4,6 ガラテヤ4:4,5 2 ロマ3:20 3 ガラテヤ5:23 ロマ8:1 4 ロマ7:24,25 ガラテヤ3:13,14 ロマ8:3,4 5 ルカ1:68,69,74,75 コロサイ1: ロマ7:22 12:2 テトス2:11-14 問 98 道 徳 律 法 は どこに 要 約 的 に 包 含 されているか 答 道 徳 律 法 は 十 誡 のうちに 要 約 的 に 包 含 されている これは シナイ 山 で 神 のみ 声 によっ て 申 し 渡 され 神 によって 二 枚 の 石 の 板 に 書 きつけられ(1) 出 エジプト 記 第 二 〇 章 に 記 録 されて いる その 初 めの 四 つの 戒 めは 神 に 対 するわたしたちの 義 務 を ほかの 六 つの 戒 めは 人 に 対 するわたしたちの 義 務 を 含 んでいる(2) 1 申 命 10:4 出 エジプト34:1-4 2 マタイ22:37-40 問 99 十 誡 の 正 しい 理 解 のためには どのような 規 則 が 守 られなければならないか 答 十 誡 の 正 しい 理 解 のためには 次 の 規 則 が 守 られなければならない すなわち 1 律 法 は 完 全 であり 全 人 においてその 義 に 全 く 一 致 し またいつまでも 完 全 な 服 従 をす るように すべての 人 間 を 拘 束 する 従 って すべての 義 務 に 対 する 最 高 度 の 完 全 さを 要 求 し

27 またすべての 罪 の 最 少 度 をも 禁 ずる(1) 1 詩 19:7(8) ヤコブ2:10 マタイ5: 律 法 は 霊 的 であり 従 って 言 葉 わざ 挙 動 と 同 様 に 理 性 意 志 感 情 霊 魂 の 他 のあ らゆる 働 きにも 及 ぶ(1) 1 ロマ7:14 申 命 6:5 マタイ22:37-39と 比 較 せよ (*)(**) * 申 命 6:5とマタイ22:37-39と 比 較 ** マタイ5:21,22,27,28, 同 一 のことが さまざまの 関 係 で いくつかの 戒 めの 中 に 命 じられ あるいは 禁 じられて いる 1 コロサイ3:5 アモス8:5 箴 言 1:9 Ⅰテモテ6:10 4 義 務 が 命 じられている 場 合 には 反 対 の 罪 が 禁 じられており(1) また 罪 が 禁 じられている 場 合 には 反 対 の 義 務 が 命 じられている(2) そのように 約 束 が 付 加 されている 場 合 には 反 対 の 威 嚇 が 含 まれており(3) また 威 嚇 が 付 加 されている 場 合 には 反 対 の 約 束 が 含 まれている( 4) 1 イザヤ58:13 申 命 6:13 マタイ4:9,10 マタイ15:4-6と 比 較 せよ (*) * 申 命 6:13とマタイ4:9,10を 比 較 マタイ15:4-6 2 マタイ5:21-24(**) エペソ4:28 ** マタイ5:21-25が 正 しい 3 出 エジプト20:12( 箴 言 30:17と 比 較 )(***) *** 出 エジプト20:12と 箴 言 30:17を 比 較 4 エレミヤ18:7,8 出 エジプト20:7( 詩 15:1,4,5 24:4,5と 比 較 ) (****) **** 出 エジプト20:7を 詩 15:1,4,5と 詩 24:4,5とを 比 較 5 神 が 禁 じられることは してよい 時 はない(1) 神 が 命 じられることは いつでもわたし たちの 義 務 である(2) しかし すべての 特 殊 な 義 務 は いつでもしなけわばならないのではない (3) 1 ヨブ13:7,8 ロマ3:8 ヨブ36:21 ヘブル11:25 2 申 命 4:8,9 3 マタイ12:7 6 一 つの 罪 あるいは 義 務 のもとに 同 じ 種 類 のすべての 罪 あるいは 義 務 が そのすべての 原 因 手 段 機 会 その 情 況 それへの 挑 発 と 共 に 禁 じられ あるいは 命 じられている(1) 1 マタイ5:21,22,27,28 15:4-6 ヘブル10:24,25 Ⅰテサロニケ5:22 ユダ23 ガラテヤ5:26(*) コロサイ3:21 * ガラテヤ5:16が 正 しい 1648 年 版 の 印 刷 が 読 みにくいことから 生 じたエラー 7 わたしたち 自 身 に 対 して 禁 じられ あるいは 命 じられていることは 他 の 人 々が 彼 らの 立 場 の 義 務 に 従 ってそれを 避 け あるいは 実 行 することができるように わたしたちの 立 場 から 努 力 しなければならない(1) 1 出 エジプト20:10 レビ19:17 創 世 18:19 ヨシュア24:5 申 命 6:6,7 8 他 の 人 々に 命 じられることにおいては わたしたちは 自 分 の 立 場 と 職 分 に 従 って 彼 らの 助 けとならなければならない(1) また 他 の 人 々に 禁 じられていることにおいては わたしたち

28 は 彼 らに 加 わらないように 用 心 しなければならない(2) 1 Ⅱコリント1:24 2 Ⅰテモテ5:22 エペソ5:11 問 100 十 誡 においてわたしたちは どのような 特 別 な 事 柄 を 考 えなければならないか 答 わたしたちは 十 誡 において 序 言 戒 めそのものの 内 容 それを 一 層 強 く 主 張 するため に そのあるものに 付 加 されているいくつかの 理 由 を 考 えなければならない 問 101 十 誡 の 序 言 は 何 であるか 答 十 誡 の 序 言 は わたしはあなたの 神 主 であって あなたをエジプトの 地 奴 隷 の 家 から 導 き 出 した 者 である というみ 言 葉 に 含 まれている(1) ここで 神 は 次 のようにその 主 権 をお 示 し になる すなわち 神 はエホバ 永 遠 不 変 全 能 の 神 (2) 自 律 自 存 し(3) すべてのみ 言 葉 (4) とみわざ(5)に 存 在 を 与 える 者 また 昔 のイスラエルにとってのように すべての 神 の 民 にとって の 契 約 の 神 (6) 彼 らをエジプトの 奴 隷 の 鎖 から 導 き 出 されたように 霊 的 隷 属 から 救 い 出 される 神 であり(7) 従 ってわたしたちは 彼 をわたしたちのただひとりの 神 として そのすべての 戒 め を 守 らなければならないのである(8) 1 出 エジプト20:2 2 イザヤ44:6 3 出 エジプト3:14 4 出 エジプト6:3 5 行 伝 17:24,28 6 創 世 17:7(ロマ3:29と 比 較 )(*) * 創 世 17:7とローマ3:29を 比 較 7 ルカ1:74,75 8 Ⅰペテロ1:15-18 レビ18:30 19:37 問 102 神 に 対 するわたしたちの 義 務 を 含 む 四 つの 戒 めの 要 約 は 何 であるか 答 神 に 対 するわたしたちの 義 務 を 含 む 四 つの 戒 めの 要 約 は 心 をつくし 精 神 をつくし 力 をつくし 思 いをつくして 主 なるわたしたちの 神 を 愛 することである(1) 1 ルカ10:27 問 103 第 一 戒 は 何 であるか 答 第 一 戒 は あなたは わたしのほかに(またに わたしの 前 に) なにものをも 神 としては ならない である(1) 1 出 エジプト20:3 問 104 第 一 戒 で 求 められている 義 務 は 何 であるか 答 第 一 戒 で 求 められている 義 務 は 次 の 通 りである すなわち 神 が 唯 一 のまことの 神 わ たしたちの 神 であることを 知 り 認 めること(1) それにふさわしく 神 を 礼 拝 し 栄 光 を 帰 すること であって(2) それは 神 を 心 に 留 め(3) 深 く 思 い(4) 覚 え(5) 大 いに 尊 び(6) 敬 い(7) たたえ (8) 選 び(9) 愛 し(10) 慕 い(11) 恐 れること(12) 神 を 信 ずることで(13) 神 に 信 頼 し(14) 望

29 み(15) 喜 び(16) 楽 しむこと(17) 神 のために 熱 心 になること(18) 神 を 呼 んですべての 賛 美 と 感 謝 をささげ(19) 全 人 において 全 き 服 従 をささげること(20) 神 に 喜 ばれるよう すべてのこ とに 注 意 し(21) 何 事 によらず 神 にそむくことのある 時 は 心 を 痛 めること(22) また 神 と 共 に へりくだって 歩 むことによる(23) 1 歴 代 上 28:9 申 命 26:17 イザヤ43:10 エレミヤ14:22 2 詩 95:6,7 マタイ4:10 詩 29:2 3 マラキ3:16 4 詩 63:6(7) 5 伝 道 12:1 6 詩 71:19 7 マラキ1:6 8 イザヤ45:23 9 ヨシュア24:15,22 10 申 命 6:5 11 詩 73:25 12 イザヤ8:13 13 出 エジプト14:31 14 イザヤ26:4 15 詩 130:7 16 詩 37:4 17 詩 32:11 18 ロマ12:11( 民 数 25:11と 比 較 )(*) * ロマ12:11と 民 数 25:11を 比 較 19 ピリピ4:6 20 エレミヤ7:23 ヤコブ4:7 21 Ⅰヨハネ3:22 22 エレミヤ31:18 詩 119:15(*) * 1658 年 版 は15を136に 変 更 以 後 の 版 は136となる 23 ミカ6:8 問 105 第 一 戒 で 禁 じられている 罪 は 何 であるか 答 第 一 戒 で 禁 じられている 罪 は 次 の 通 りである すなわち 神 を 否 定 したり 神 を 持 たな い 無 神 論 (1) 一 つ 以 上 の 多 くの 神 々を またはまことの 神 と 同 時 に あるいはその 代 りに 他 の 神 を 持 ち 礼 拝 する 偶 像 礼 拝 (2) 神 を 神 として また 自 分 の 神 として 持 たず 証 ししないこと( 3) この 戒 めで 求 められている 神 に 対 する 何 らかの 義 務 を 省 いたり 無 視 すること(4) 神 につい ての 無 知 (5) 忘 却 (6) 誤 解 (7) 謬 見 (8) ふさわしくない 悪 い 考 え(9) 神 の 神 秘 に 対 する 無 謀 で 物 好 きなせんさく(10) すべての 卑 俗 (11) 神 への 憎 しみ(12) 自 己 愛 (13) 自 己 追 求 (14) その 他 すべての 無 軌 道 不 節 制 に 知 情 意 を 外 のものに 向 けて 全 体 的 または 部 分 的 に 神 からそらすこと (15) むなしい 軽 率 (16) 不 信 仰 (17) 異 端 (18) 誤 信 (19) 不 信 頼 (20) 絶 望 (21) 審 判 に 対 し 性 こりせず(22) 不 感 症 であること(23) かたくなな 心 (24) 高 慢 (25) 自 惚 れ(26) 肉 的 安 心 (27) 神 を 試 みること(28) 不 正 手 段 の 利 用 (29) 正 当 な 手 段 そのものに 信 頼 し 切 ること(30) 肉 の 楽 しみと 喜 び(31) 汚 れた 盲 目 な 無 分 別 な 熱 心 (32) 神 のことについてのなまぬるさ(33)と 冷 淡 (34) 神 からの 離 反 と 背 教 (35) 聖 人 天 使 その 他 の 被 造 物 に 祈 ったり 宗 教 的 礼 拝 をささ げること(36) すべて 悪 魔 と 同 盟 したり 相 談 したり(37) その 指 図 に 耳 をかすこと(38) 人 間 た ちを 自 分 の 信 仰 や 良 心 の 主 とすること(39) 神 とその 戒 めを 軽 蔑 すること(40) 神 のみたまを 拒

30 み 嘆 かせること(41) 神 の 配 剤 に 不 満 を 持 ち 忍 耐 せず 神 がわたしたちの 上 に 下 される 災 い のゆえに 愚 かにも 神 を 非 難 すること(42) わたしたちがそうであり それを 持 っており それを することができるどんな 善 いことの 賞 賛 であれ それを 運 命 (43)や 偶 像 (44)や 自 分 自 身 や(45) そ の 他 どんな 被 造 物 にでも 帰 すること(46)である 1 詩 14:1 エペソ2:12 2 エレミヤ2:27,28(Ⅰテサロニケ1:9と 比 較 )(*) * エレミヤ2:27,28と1テサロニケ1:9を 比 較 3 詩 81:11(12) 4 イザヤ43: エレミヤ4:22 ホセア4:1,6 6 エレミヤ2:32 7 行 伝 17:23,29 8 イザヤ40:18 9 詩 50:21 10 申 命 29:29(28) 11 テトス1:16 ヘブル12:16 12 ロマ1:30 13 Ⅱテモテ3:2 14 ピリピ2:21 15 Ⅰヨハネ2:15,16 サムエル 上 2:29 コロサイ3:2,5 16 Ⅰヨハネ4:1 17 (*) ヘブル3:12 * RCJ 訳 は 申 命 9:6,24が 抜 けている 1648 年 版 の 申 命 10:6,24は 間 違 い 18 ガラテヤ5:20(*) テトス3:10 * 1648 年 版 の5:21は 間 違 い 19 行 伝 26:9 20 詩 78:22 21 創 世 4:13 22 エレミヤ5:3 23 イザヤ42:25 24 ロマ2:5 25 エレミヤ13:15 26 詩 19:13(14) 27 ゼパニヤ1:12 28 マタイ4:7 29 ロマ3:8 30 エレミヤ17:5 31 Ⅱテモテ3:4 32 ガラテヤ4:17 ヨハネ16:2 ロマ10:2 ルカ9:54,55 33 黙 示 3:16 34 黙 示 3:1 35 エゼキエル14:5 イザヤ1:4,5 36 ロマ10:13,14 ホセア4:12 行 伝 10:25,26 黙 示 19:10 マタイ4:10 コロサイ2:18 ロマ1:25 37 レビ20:6 サムエル 上 28:7,11( 歴 代 上 10:13,14と 比 較 )(*) * サムエル 上 28:7,11と 歴 代 上 10:13,14を 比 較

31 38 行 伝 5:3 39 Ⅱコリント1:24 マタイ23:9 40 申 命 32:15 サムエル 下 12:9 箴 言 13:13 41 行 伝 7:51 エペソ4:30 42 詩 73:2,3,13-15,22(*) ヨブ1:22 * 詩 73:2,3,14,15,22が 正 しい 43 サムエル 上 6: ダニエル5:23 45 申 命 8:17 ダニエル4:30(27 46 ハバクク1:16 問 106 第 一 戒 の わたしの 前 に という 言 葉 で わたしたちは 特 に 何 を 教 えられるか 答 第 一 戒 の わたしの 前 に または わたしの 顔 の 前 に という 言 葉 は わたしたちに 次 のこ とを 教 える すなわち すべてのことを 見 ておられる 神 は 他 のどのような 神 をでも 持 つことの 罪 に 特 別 に 目 を 注 ぎ それをはなはだしく 嫌 っておられること だからこれが 最 も 無 礼 に 神 の み 怒 りを 挑 発 するものとして この 罪 を 思 いとどまらせ 憎 ませ(1) また わたしたちが 神 への 奉 仕 においてすることは 何 でも 神 のみ 前 であるかのようにするよう 説 得 するための 論 証 となる ことである(2) 1 エゼキエル8:5,6-18(*) 詩 44:20,21(21,22) * エゼキエル8: 歴 代 上 28:9 問 107 第 二 戒 は 何 であるか 答 第 二 戒 は あなたは 自 分 のために 刻 んだ 像 を 造 ってはならない 上 は 天 にあるもの 下 は 地 にあるもの また 地 の 下 の 水 のなかにあるものの どんな 形 をも 造 ってはならない それに ひれ 伏 してはならない それに 仕 えてはならない あなたの 神 主 であるわたしは ねたむ 神 で あるから わたしを 憎 むものには 父 の 罪 を 子 に 報 いて 三 四 代 に 及 ぼし わたしを 愛 し わた しの 求 めを 守 るものには 恵 みを 施 して 千 代 に 至 るであろう である(1) 1 出 エジプト20:4-6 問 108 第 二 戒 で 求 められている 義 務 は 何 であるか 答 第 二 戒 で 求 められている 義 務 は 次 の 通 りである すなわち 神 がみ 言 葉 のうちに 定 めら れたすべての 宗 教 的 礼 拝 と 規 定 を 純 粋 完 全 に 受 け 入 れ 守 り 保 つこと(1) 特 にキリストのみ 名 による 祈 りと 感 謝 (2) み 言 葉 の 朗 読 説 教 傾 聴 (3) 礼 典 の 執 行 と 受 領 (4) 教 会 政 治 と 戒 規 (5) 教 職 とその 維 持 (6) 宗 教 的 断 食 (7) 神 のみ 名 による 誓 約 (8) 神 への 誓 願 (9) すべての 偽 り の 礼 拝 を 非 難 憎 悪 反 対 すること(10) 各 自 の 地 位 と 職 責 に 応 じて 偽 りの 礼 拝 とすべての 偶 像 礼 拝 の 記 念 物 を 除 くことである(11) 1 申 命 32:46,47 マタイ28:20 行 伝 2:42 Ⅰテモテ6:13,14 2 ピリピ4:6 エペソ5:20 3 申 命 17:18,19 行 伝 15:21 Ⅱテモテ4:2 ヤコブ1:21,22 行 伝 10:33 4 マタイ28:19 Ⅰコリント11: マタイ18: :19 Ⅰコリント5 章 12:28 6 エペソ4:11,12 Ⅰテモテ5:17,18(*)

32 * 1648 年 版 の5:17,16は 誤 記 7 ヨエル2:12,13 Ⅰコリント7:5 8 申 命 6:13 9 イザヤ19:21 詩 76:11(12) 10 行 伝 17:16,17 詩 16:4 11 申 命 7:5 イザヤ30:22 問 109 第 二 戒 で 禁 じられている 罪 は 何 であるか 答 第 二 戒 で 禁 じられている 罪 は 次 の 通 りである すなわち 神 ご 自 身 によって 定 められた のではないどんな 宗 教 的 礼 拝 でも すべて 案 出 したり(1) 相 談 したり(2) 命 令 したり(3) 使 用 したり(4) とにかく 承 認 する(5)こと 偽 りの 宗 教 を 大 目 にみること(6) 三 位 一 体 の 全 部 につ いても どの 人 格 についても 内 面 的 に 心 の 中 ででも 外 面 的 にどんな 被 造 物 のどんな 種 類 の 像 や 似 姿 ででも 神 の 描 写 をすること(7) すべてそれを 礼 拝 したり(8) それにおいて あるいはそ れによって 神 を 礼 拝 すること(9) どんなものでも 偽 りの 神 を 表 わすものを 作 り(10) すべてそれ を 礼 拝 したり それに 属 する 奉 仕 をすること(11) 自 分 自 身 で 発 明 して 採 用 したにしろ(12) 他 人 からの 伝 承 によって 受 け 継 いだにしろ(13) たとえ 大 昔 からのものだという 名 目 (14) 習 慣 (1 5) 敬 けん(16) 善 意 その 他 どんな 口 実 によるにせよ(17) 神 礼 拝 を 腐 敗 させ(18) それに 対 し て 付 加 または 削 除 する(19) すべての 迷 信 的 考 案 (20) 僧 職 売 買 (21) 聖 物 俗 用 (22) すべて 神 が 定 められた 礼 拝 と 規 定 への 無 視 (23) 軽 蔑 (24) 妨 害 (25) 反 対 (26)である 1 民 数 15:39 2 申 命 13:6-8 3 ホセア5:11 ミカ6:16 4 列 王 上 11:33 12:33(*) * 1648 年 版 では 12:33のみ 1658 年 版 以 降 は 11:33となる 松 谷 訳 は 11:33とする 12:33が 正 しいと 考 えられる 5 申 命 32: 申 命 13:6-12 ゼカリヤ13:2,3 黙 示 2:2,4,15,20(*) 17:12,16,17 * 黙 示 2:2,14,15,20が 正 しい 7 申 命 4:15-19 行 伝 17:29 ロマ1:21-23,25 8 ダニエル3:18 ガラテヤ4:8 9 出 エジプト32:5 10 出 エジプト32:8 11 列 王 上 18:26,28 イザヤ65:11 12 詩 106:39 13 マタイ15:9 14 Ⅰペテロ1:18 15 エレミヤ44:17 16 イザヤ65:3-5 ガラテヤ1:13,14 17 サムエル 上 13:11,12 15:21 18 マラキ1:7,8,14 19 申 命 4:2 20 行 伝 17:22 コロサイ2: 行 伝 8:18 22 ロマ2:22 マラキ3:8 23 出 エジプト4:

33 24 マタイ22:5 マラキ1:7,13 25 マタイ23:13 26 行 伝 13:44,45 Ⅰテサロニケ2:15,16 問 110 第 二 戒 を 一 層 強 く 主 張 するために 付 加 されている 理 由 は 何 であるか 答 第 二 戒 を 一 層 強 く 主 張 するために あなたの 神 主 であるわたしは ねたむ 神 であるから わたしを 憎 むものには 父 の 罪 を 子 に 報 いて 三 四 代 に 及 ぼし わたしを 愛 し わたしの 戒 めを 守 るものには 恵 みを 施 して 千 代 に 至 るであろう という 言 葉 に 含 まれて 付 加 されている 理 由 は(1) 次 の 通 りである すなわち わたしたちの 上 にある 神 の 主 権 と わたしたちのうちにある 神 の 所 有 権 の 外 (2) ご 自 身 への 礼 拝 に 対 する 燃 えるような 熱 心 (3) すべての 偽 りの 礼 拝 を 霊 的 姦 淫 として 執 念 深 く 憤 られること(4) この 求 めを 破 る 者 を 神 を 憎 む 者 と 認 めて 数 代 までも 罰 す ると 威 嚇 すること(5) この 戒 めに 従 う 者 を 神 を 愛 してその 戒 めを 守 る 者 と 認 めて 末 長 くあわれ みを 約 束 するということである 1 出 エジプト20:5,6 2 詩 45:11(12) 黙 示 15:3,4 3 出 エジプト34:13,14 4 Ⅰコリント10:20-22 エレミヤ7:18-20 エゼキエル16:2627 申 命 32: ホセア2:2-4 6 申 命 5:29 問 111 第 三 戒 は 何 であるか 答 第 三 戒 は あなたは あなたの 神 主 の 名 を みだりに 唱 えてはならない 主 は み 名 をみ だりに 唱 えるものを 罰 しないでは 置 かないであろう である(1) 1 出 エジプト20:7 問 112 第 三 戒 で 何 が 求 められているか 答 第 三 戒 が 求 めていることは 次 の 通 りである すなわち 神 のみ 名 称 号 属 性 (1) 規 定 (2) み 言 葉 (3) 礼 典 (4) 祈 り(5) 宣 誓 (6) 誓 願 (7) くじ(8) みわざ(9) その 他 神 がそれに よってご 自 分 を 知 らせようとされるどんなことがあるとしても それらが 思 想 (10)とめい 想 (11) と 言 葉 (12)と 文 書 (13)において きよい 告 白 (14)と 責 任 のある 行 動 (15)とにより 神 の 栄 光 (16)と わたしたち 自 身 (17)や 他 の 人 々の 福 祉 (18)のために きよく 敬 けんに 用 いられることである 1 マタイ6:9 申 命 28:58 詩 29:2 68:4 黙 示 15:3,4 2 マラキ1:14 伝 道 5:1(4:17) 3 詩 138:2 4 Ⅰコリント11:24,25,28,29 5 Ⅰテモテ2:8 6 エレミヤ4:2 7 伝 道 5:2,4-6(5:1,3-5) 8 行 伝 1:24,26 9 ヨブ36:24 10 マラキ3:16 11 詩 8:1,3,4,9(*) * 詩 8 篇 が 正 しい 上 記 の 表 記 となったのは Fee Presbyterian Publications 版

34 で 詩 8:1,3,4,9のみ 聖 句 と 共 に 記 されており 最 後 に 括 弧 書 きで 詩 編 全 体 よ 見 よ となっていることからの 誤 用 だと 考 えられる 12 コロサイ3:17 詩 105:2,5 13 詩 102:18(19) 14 Ⅰペテロ3:15 ミカ4:5 15 ピリピ1:27 16 Ⅰコリント10:31 17 エレミヤ32:39 18 Ⅰペテロ2:12 問 113 第 三 戒 で 禁 じられている 罪 は 何 であるか 答 第 三 戒 で 禁 じられている 罪 は 次 の 通 りである すなわち 求 められているように 神 のみ 名 を 用 いないこと(1) 神 の 称 号 属 性 (2) 規 定 (3) みわざ(4)の 無 知 な(5) 空 しい(6) 不 敬 け んな 汚 らわしい(7) 迷 信 的 な(8) 悪 意 ある 言 及 その 他 の 用 い 方 によってみ 名 を 乱 用 するこ とであって それは 冒 とく(9) 偽 誓 (10) すべての 罪 深 いのろい(11) 宣 誓 (12) 誓 願 (13) く じ(14) 正 しい 場 合 の 宣 誓 や 誓 願 の 破 棄 (15) 不 正 な 事 柄 についてのそれらの 成 就 (16) 神 の 聖 定 (17)と 摂 理 (18)へのつぶやきや 抗 弁 (19) 猟 奇 的 なせんさく(20) 誤 った 適 用 み 言 葉 またはそ の 一 部 でも 卑 しい 冗 談 (21) 猟 奇 的 で 無 益 な 疑 問 空 しいおしゃべり 偽 りの 教 理 の 支 持 (22)の ために 誤 り 解 釈 し(23) 誤 り 適 用 し(24) またはどのような 方 法 ででも 曲 げること(25) み 名 と 被 造 物 と 神 のみ 名 に 含 まれている 何 ものをでも 呪 文 (26) 罪 深 い 欲 望 と 習 慣 (27)のために 誤 用 す ること 神 の 真 理 恵 み 手 段 に 対 する 悪 意 (28) あざけり(29) ののしり(30) またはどのよう な 方 法 ででも 反 対 すること(31) 偽 善 的 に あるいは 悪 い 目 的 に 宗 教 を 告 白 すること(32) 不 快 で(33) 愚 かな(34) 稔 りのない(35) つまずきとなる 歩 み(36)なり 背 教 (37)によって み 名 を 恥 じたり(38) はずかしめることによる 1 マラキ2:2 2 列 王 下 18:30,35 出 エジプト5:2 詩 139:20(*) * 1648 年 版 の139:10は 誤 植 3 詩 50:16,17 4 イザヤ5:12 5 行 伝 17:23 6 箴 言 30:9 7 マラキ1:6,7,12 3:14 8 サムエル 上 4:3,4,5 エレミヤ7:4,910,14,31 コロサイ2: 列 王 下 19:22 レビ24:11 10 ゼカリヤ5:4 8:17 11 サムエル 上 17:43 サムエル 下 16:5 12 エレミヤ5:7 23:10 13 申 命 23:18(19) 行 伝 23:12,14 14 エステル3:7 9:24 詩 22:18(19) 15 詩 24:4 エゼキエル17:16,18,19 16 マルコ6:26 サムエル 上 25:22, ロマ3:5,7 6:1,2(*) * ローマ3:5,7 6:1が 正 しい 18 伝 道 8:11 9:3 詩 39 篇

35 19 ロマ9:14,19,20 20 申 命 29:29(28) 21 イザヤ22:13 エレミヤ23:34,36,38 等 (*) * 等 は 不 要 22 Ⅰテモテ1:4,6,7 6:4,5,20 Ⅱテモテ2:14 テトス3:9 23 マタイ5: エゼキエル13:22 25 Ⅱペテロ3:16 マタイ22: 申 命 18:10-14 行 伝 19:13 27 Ⅱテモテ4:3,4 ロマ13:13,14 列 王 上 21:9,10 ユダ4 28 行 伝 13:45(*) Ⅰヨハネ3:12 * 1648 年 版 の13:16は 誤 記 と 考 えられる 29 詩 1:1 Ⅱペテロ3:3 30 Ⅰペテロ4:4 31 行 伝 13:45,46,50 4:18 19:9 Ⅰテサロニケ2:16 ヘブル10:29 32 Ⅱテモテ3:5 マタイ23:14 6:1,2,5,16 33 詩 73:14,15 34 Ⅰコリント6:5,6 エペソ5: イザヤ5:4 Ⅱペテロ1:8,9 36 ロマ2:23,24 37 ガラテヤ3:1,3 ヘブル6:6 38 マルコ8:38 問 114 第 三 戒 には どんな 理 由 が 付 加 されているか 答 あなたの 神 主 また 主 は み 名 をみだりに 唱 えるものを 罰 しないでは 置 かないであろ う という 言 葉 で 第 三 戒 に 付 加 されている 理 由 は(1) 彼 が 主 またわたしたちの 神 であり 従 ってそのみ 名 が わたしたちによって 汚 されたり どのような 方 法 ででも 誤 用 されてはならな いということ(2) 特 に 彼 はこの 戒 めの 違 反 者 を 放 免 したり 見 逃 すどころか たとえ 多 くの 違 反 者 が 人 々の 非 難 と 刑 罰 を 逃 れようとも(3) 彼 の 正 しいさばきを 逃 れることは 許 されないということ である(4) 1 出 エジプト20:7 2 レビ19:12 3 サムエル 上 2:12,17,22,24(サムエル 上 3:13と 比 較 )(*) * サムエル 上 2:12,17,22,24とサムエル 上 3:13とを 比 較 4 エゼキエル36:21-23 申 命 28:58,59 ゼカリヤ5:2-4 問 115 第 四 戒 は 何 であるか 答 第 四 戒 は 安 息 日 を 覚 えて これを 聖 とせよ 六 日 のあいだ 働 いてあなたのすべてのわざを せよ 七 日 目 はあなたの 神 主 の 安 息 であるから なんのわざをもしてはならない あなたもあ なたのむすこ 娘 しもべ はしため 家 畜 またあなたの 門 のうちにいる 他 国 の 人 もそうであ る 主 は 六 日 のうちに 天 と 地 と 海 と その 中 のすべてのものを 造 って 七 日 目 に 休 まれたから である それで 主 は 安 息 日 を 祝 福 して 聖 とされた である(1) 1 出 エジプト20:

36 問 116 第 四 戒 では 何 が 求 められているか 答 第 四 戒 はすべての 人 々に 神 がそのみ 言 葉 の 中 で 命 じられた 一 定 の 時 すなわち 明 らかに 七 日 のうちの 丸 一 日 を 神 に 対 して 聖 別 すること またはきよく 守 ることを 求 めている それ は 世 の 初 めからキリストの 復 活 までは 週 の 第 七 日 であったが それ 以 後 引 き 続 き 世 の 終 りまで は 週 の 第 一 日 である これがキリスト 教 の 安 息 日 であって(1) 新 約 聖 書 では 主 の 日 と 呼 ばれ る(2) 1 申 命 5:12-14 創 世 2:2,3 Ⅰコリント16:12 行 伝 20:7 マタイ5:17,18 イザヤ56:2,4,6,7 2 黙 示 1:10 問 117 安 息 日 すなわち 主 の 日 は どのように 聖 別 されなければならないか 答 安 息 日 すなわち 主 の 日 は 次 のようにして 聖 別 されなければならない すなわち いつで も 有 罪 であるようなわざからばかりでなく 他 の 日 なら 合 法 的 であるような 世 俗 の 職 や 娯 楽 から さえも(1) 終 日 きよく 休 むことにより(2) また( 止 むをえないわざや 慈 善 のわざに 用 いられる 時 間 を 除 いて(3))その 全 時 間 を 公 的 私 的 礼 拝 の 実 践 に 費 やすことを わたしたちの 喜 びとするこ とによってである(4) その 目 的 のためには わたしたちは 心 の 備 えをし また 一 層 自 由 の 身 でそ の 日 の 義 務 に 当 たれるよう 大 いに 見 通 しと 勤 勉 と 節 度 とをもって 世 俗 の 仕 事 を 処 理 し 適 切 に 手 早 く 片 付 けなければならない(5) 1 出 エジプト16:25-28 ネヘミヤ13:15-22(*) エレミヤ17:21,22 * 1648 年 版 は ネヘミヤ13:15-19,21,22 2 出 エジプト20:8,10 3 マタイ12: イザヤ58:13 ルカ4:16 行 伝 20:7 Ⅰコリント16:1,2 詩 92 篇 (*) イザヤ66:23 レビ23:3 * 詩 92 編 タイトル(92:1)が 正 しい 5 出 エジプト20:8 ルカ23:54,56 出 エジプト16:22,25,26,29 ネヘミヤ13:19 問 118 なぜ 安 息 日 を 守 る 責 任 が 特 に 家 族 の 主 人 や 他 の 上 の 人 に 命 じられているのか 答 安 息 日 を 守 る 責 任 が 特 に 家 族 の 主 人 や 他 の 上 の 人 に 命 じられているのは 彼 らが 安 息 日 を 自 ら 守 ることだけでなく 自 分 の 監 督 下 にあるすべての 者 によって 守 られるよう 注 意 する 義 務 があるから またしばしば 自 分 自 身 の 職 によって 彼 らを 妨 げがちだからである(1) 1 出 エジプト20:10 ヨシュア24:15 ネヘミヤ13:15,17 エレミヤ17:20-22 出 エジ プト23:12 問 119 第 四 戒 で 禁 じられている 罪 は 何 であるか 答 第 四 戒 で 禁 じられている 罪 は 次 の 通 りである すなわち 求 められている 義 務 のすべて の 不 履 行 (1) すべて 不 注 意 不 行 届 き 無 益 にそれらを 行 ない 飽 きること(2) 怠 慢 により またそれ 自 体 で 有 罪 なことを 行 なうことにより(3) また 世 俗 の 職 や 娯 楽 に 関 するすべて 不 必 要 な わざと 言 葉 と 思 いとによって(4) この 日 を 汚 すことすべてである 1 エゼキエル22:26 2 行 伝 20:7,9 エゼキエル33:30-32 アモス8:5 マラキ1:13 3 エゼキエル23:

37 4 エレミヤ17:24,27 イザヤ58:13 問 120 第 四 戒 を 一 層 強 く 主 張 するために 付 加 されている 理 由 は 何 であるか 答 第 四 戒 を 一 層 強 く 主 張 するために 付 加 されている 理 由 は 次 の 事 柄 から 取 られている す なわち 六 日 のあいだ 働 いて あなたのすべてのわざをせよ という 言 葉 において 神 が 七 日 のう ちの 六 日 をわたしたち 自 身 の 用 のために 許 可 し ご 自 身 のためには 一 日 しか 取 り 分 けなさらない この 戒 めの 公 平 さから(1) 神 がその 日 には 特 別 の 所 有 権 を 主 張 されること すなわち 七 日 目 は あなたの 神 主 の 安 息 である ことから(2) 六 日 のうちに 天 と 地 と 海 と その 中 のすべてのもの を 造 って 七 日 目 に 休 まれた 神 の 模 範 から また 神 がこの 日 を 神 礼 拝 用 のきよい 日 として 聖 別 されただけでなく わたしたちが 聖 別 する 時 これがわたしたちに 対 する 祝 福 の 手 段 となるよう 定 め それで 主 は 安 息 日 を 祝 福 して 聖 とされた ことによって 神 がこの 日 の 上 に 置 かれた 祝 福 からである(3) 1 出 エジプト20:9 2 出 エジプト20:10 3 出 エジプト20:11 問 121 なぜ 覚 えよ という 言 葉 が 第 四 戒 の 初 めに 置 かれているのか 答 覚 えよ という 言 葉 が 第 四 戒 の 初 めに 置 かれているのは(1) 次 の 理 由 による すなわ ち 一 部 には それを 覚 えることの 大 きな 利 益 のためであって わたしたちはそのおかげで こ れを 守 る 準 備 において 助 けられるし(2) またこれを 守 るに 当 たって 残 り 全 部 の 戒 めも 一 層 良 く 守 り(3) 宗 教 の 短 い 要 約 を 含 む 創 造 とあがないという 二 大 利 益 についての 感 謝 に 満 ちた 記 憶 を 継 続 させることを 助 けられる(4) また 一 部 には わたしたちがそれを 忘 れやすいからであって( 5) それは このための 自 然 の 光 が 比 較 的 少 ないのに(6) 他 の 時 なら 合 法 的 な 事 柄 におけるわた したちの 自 然 的 な 自 由 を 抑 圧 するから(7) またこれが 七 日 に 一 度 しか 訪 れず 多 くの 世 俗 の 仕 事 が 間 にはいって あまりにしばしばわたしたちの 心 を 奪 い 準 備 のためであれ 聖 別 のためであ れ これについて 考 えることを 妨 げるから(8) またサタンがその 手 先 を 用 いて この 日 の 栄 光 と その 記 憶 さえも 拭 い 去 り 無 宗 教 と 不 敬 けんにおとしいれようと 大 いに 苦 労 しているからであ る(9) 1 出 エジプト20:8 2 出 エジプト16:23 ルカ23:54,56(マルコ15:42と 比 較 )(*) ネヘミヤ13:19 * ルカ23:54,56とマルコ15:42を 比 較 3 詩 92 編 (13,14 節 と 比 較 )(*) エゼキエル20:12,19,20 * 詩 92 編 タイトル(92:1)と92:13,14(14,15)を 比 較 4 創 世 2:2,3 詩 118:22,24( 行 伝 4:10 11と 比 較 )(*) 黙 示 1:10 * 詩 118:22,24と 行 伝 4:10,11を 比 較 5 エゼキエル22:26 6 ネヘミヤ9:14 7 出 エジプト34:21 8 申 命 5:14,15 アモス8:5 9 哀 歌 1:7 エレミヤ17:21-23 ネヘミヤ13:15-23 問 122 人 間 に 対 するわたしたちの 義 務 を 含 む 六 つの 戒 めの 要 約 は 何 であるか 答 人 間 に 対 するわたしたちの 義 務 を 含 む 六 つの 戒 めの 要 約 は 自 分 自 身 のようにわたしたち

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D> 学 科 共 通 科 目 (2009 年 度 ) 比 較 思 想 研 究 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 における 善 と 悪 第 13 回 (その1) 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 と 日 本 の 仏 教 特 に 親 鸞 において 善 と 悪 がどう 扱 われてい るかを 論 じる 3.1キリスト 教 における 善 と 悪 キリスト 教 では 善 悪 の 基 準

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 結 婚 のデザイン 聖 書 が 教 える 結 婚 観 シリーズ パート1 まず 初 めに 聖 書 から 実 際 の 結 婚 の 意 味 と 目 的 を 学 ぶことによって この 世 の 間 違 った 結 婚 観 によって 洗 脳 される ことから 逃 れる 必 要 がある 神 のデザインを 無 視 すると 私 た ちがどれほど 強 がっても 絶 対 に 私 たちが 自 分 たちを 予 期 していた

More information

(1) 処 女 降 誕 (2)イエスの 歴 史 性 (3) 福 音 の 3 要 素 (4)イエスの 死 後 の 状 態 (5) 昇 天 (6) 再 臨 * 今 回 は (4)イエスの 死 後 の 状 態 を 取 り 上 げる * 死 んでから 復 活 までの 3 日 間 をどのように 過 ごされたの

(1) 処 女 降 誕 (2)イエスの 歴 史 性 (3) 福 音 の 3 要 素 (4)イエスの 死 後 の 状 態 (5) 昇 天 (6) 再 臨 * 今 回 は (4)イエスの 死 後 の 状 態 を 取 り 上 げる * 死 んでから 復 活 までの 3 日 間 をどのように 過 ごされたの キリストの 使 徒 たちが 伝 えたこと(8) 使 徒 信 条 とは 子 なる 神 (4) 使 徒 信 条 我 は 天 地 の 造 り 主 全 能 の 父 なる 神 を 信 ず 我 はその 独 り 子 我 らの 主 イエス キリストを 信 ず 主 は 聖 霊 によりてやどり 処 女 マリヤより 生 れ ポンテオ ピラトのもとに 苦 しみを 受 け 十 字 架 につけられ 死 にて 葬 られ 陰 府

More information

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

2.7~11 節 この 人 たちが 行 ってしまうと イエスは ヨハネについて 群 衆 に 話 しだされた あな たがたは 何 を 見 に 荒 野 に 出 て 行 ったのですか 風 に 揺 れる 葦 ですか でなかったら 何 を 見 に 行 ったのですか 柔 らかい 着 物 を 着 た 人 ですか

2.7~11 節 この 人 たちが 行 ってしまうと イエスは ヨハネについて 群 衆 に 話 しだされた あな たがたは 何 を 見 に 荒 野 に 出 て 行 ったのですか 風 に 揺 れる 葦 ですか でなかったら 何 を 見 に 行 ったのですか 柔 らかい 着 物 を 着 た 人 ですか 057 マタ 11:2~19 ルカ 7:18~35 1.はじめに (1) 文 脈 の 確 認 1イエスのメシア 性 を 示 す 2 つの 奇 跡 * 百 人 隊 長 のしもべの 癒 し( 55) *やもめの 息 子 の 蘇 生 ( 56) 2ヨハネの 弟 子 たちが 2 番 目 の 奇 跡 をヨハネに 知 らせた 3そこでヨハネは 弟 子 たちをイエスのもとに 派 遣 し 質 問 をした (2)A.T.ロバートソンの

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

エフエム長崎放送番組基準

エフエム長崎放送番組基準 エフエム 長 崎 放 送 番 組 基 準 株 式 会 社 エフエム 長 崎 は 放 送 事 業 を 通 じて 平 和 な 社 会 の 実 現 と 公 共 の 福 祉 文 化 の 向 上 に 寄 与 し 産 業 と 経 済 の 繁 栄 に 貢 献 する この 自 覚 に 基 づき 民 主 主 義 の 精 神 に 従 い 基 本 的 人 権 と 世 論 を 尊 重 し 言 論 と 表 現 の 自 由 を

More information

第 一 日 今 日 全 人 類 特 にすべての 罪 人 をわたしのもとに 連 れてき て わたしのいつくしみの 海 に 浸 しなさい そうすれば あなた は 失 われた 霊 魂 のために 苦 しい 悲 しみに 沈 んでいるわたしを 慰 め るあろう いつくしみ 深 いイエスよ あなたは 憐 れみとゆ

第 一 日 今 日 全 人 類 特 にすべての 罪 人 をわたしのもとに 連 れてき て わたしのいつくしみの 海 に 浸 しなさい そうすれば あなた は 失 われた 霊 魂 のために 苦 しい 悲 しみに 沈 んでいるわたしを 慰 め るあろう いつくしみ 深 いイエスよ あなたは 憐 れみとゆ イエスよ あなたに 信 頼 します いつくしみの 祭 日 の 前 のノヴェナ 主 イエスは シスター ファウスティナにいつくしみの 祭 日 に 備 えて ノヴェナを 行 なうように 命 じた 時 こう 言 われました この 九 日 間 に あなたがわたしのいつくしみの 泉 に 人 々の 魂 を 連 れてくることを 求 める この 魂 が 人 生 の 苦 難 の 時 特 に 臨 終 の 時 に 必 要

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

レデンプトリスチン修道会・第三会『贖い主信徒の会』会報 ~夏~ 

レデンプトリスチン修道会・第三会『贖い主信徒の会』会報 ~夏~  聖 母 マリアの 栄 光 * 注 レデンプトール 会 の 創 立 者 聖 アルフォンソが 残 した 数 多 くの 書 物 の 中 で 聖 母 マリアの 栄 光 は 代 表 的 な 書 物 の 一 つです 聖 アルフォンソほど 聖 母 マリアを 告 げ 知 らせ すべての 人 にその 栄 光 を 伝 えた 聖 人 は いないのではないでしょうか それは 彼 が 聖 母 マリアを 通 して 自 らの 罪

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

(セクシュアルハラスメントの 禁 止 ) 第 条 性 的 言 動 により 他 の 労 働 者 に 不 利 益 や 不 快 感 を 与 えることや 就 業 環 境 を 害 するようなことをしてはならない 1 職 場 におけるセクシュアルハラスメントを 防 止 するため 事 業 主 は 雇 用 管 理

(セクシュアルハラスメントの 禁 止 ) 第 条 性 的 言 動 により 他 の 労 働 者 に 不 利 益 や 不 快 感 を 与 えることや 就 業 環 境 を 害 するようなことをしてはならない 1 職 場 におけるセクシュアルハラスメントを 防 止 するため 事 業 主 は 雇 用 管 理 5 就 業 規 則 ( 服 務 休 暇 福 利 厚 生 等 ) 関 係 介 護 サービス 事 業 所 施 設 の 事 業 規 模 にかかわらず 職 員 が 安 心 して 働 け る 明 るい 職 場 を 作 ることは すべての 事 業 所 施 設 にとって 重 要 なことです そのためには あらかじめ 就 業 規 則 等 で 労 働 時 間 や 賃 金 をはじめ 人 事 服 務 規 律 など 職 員

More information

<5B959588F35D2C5B8389836283705D2C5B94AB5D82CC918A8CDD8AD68C5782C98AD682B782E98D6C8E40817C825283898362837082C694AB82CD93AF8E9E8AFA2E6169>

<5B959588F35D2C5B8389836283705D2C5B94AB5D82CC918A8CDD8AD68C5782C98AD682B782E98D6C8E40817C825283898362837082C694AB82CD93AF8E9E8AFA2E6169> 封 印 ラッパ 鉢 の 記 述 は 伝 統 的 な 解 釈 として 最 後 の 封 印 で 7 つのラッパが 吹 かれ 最 後 でのラッパで 7 つの 鉢 が 注 がれるという 入 れ 子 構 造 になっていると 言 われてい ますが 先 ず 封 印 は 予 告 編 であることを 確 認 しました 封 印 と ラッパ の 関 連 については はっきりと 聖 句 で 述 べられています ( 啓 示 8:1

More information

学校法人盛岡大学就業規則

学校法人盛岡大学就業規則 学 校 法 人 盛 岡 大 学 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 学 校 法 人 盛 岡 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 の 就 業 に 関 し 基 本 的 な 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 及 びこの 規 則 において 別 に 定 めることとされている 制 度 は すべて 一 体 として 常 に 法

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 )

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 ) 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 16 規 程 第 10 号 平 成 16 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 17 規 程 第 4 号 平 成 17 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 57 号 平 成 19 年 3 月 13 日 平 18 規 程 第 101 号 平 成 19 年 3 月 30 日 平 19 規 程 第 20 号 平 成 19 年 8 月 23 日 平 19 規

More information

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より 保 守 主 義 の 哲 学 --- 桜 宮 高 校 事 件 に 観 る 橋 下 徹 の 白 紙 (リセット) 思 想 の 危 険 な 本 質 についての 考 察 --- まず 産 経 新 聞 記 事 からの 抜 粋 市 教 委 入 試 可 否 21 日 に 判 断 妥 協 案 も 浮 上 橋 下 市 長 は 在 校 生 に 直 接 説 明 へ ( 産 経 新 聞 2013.1.20 22:12) 大

More information

会 社 規 程 PAGE 2 (5) 卒 業 証 明 書, 健 康 診 断 書 1 通 (6)その 他 会 社 が 必 要 と 認 めた 書 類 2. 既 労 働 者 で 選 考 に 合 格 した 者 は 前 項 の 他 に 次 の 書 類 を 提 出 する (1) 源 泉 徴 収 票 ( 給 与,

会 社 規 程 PAGE 2 (5) 卒 業 証 明 書, 健 康 診 断 書 1 通 (6)その 他 会 社 が 必 要 と 認 めた 書 類 2. 既 労 働 者 で 選 考 に 合 格 した 者 は 前 項 の 他 に 次 の 書 類 を 提 出 する (1) 源 泉 徴 収 票 ( 給 与, 会 社 規 程 就 業 規 則 PAGE 1of 11 第 1 条 第 2 条 第 3 条 第 4 条 第 5 条 第 1 章 総 則 目 的 この 規 程 は 会 社 が 営 業 する 事 業 所 に 於 ける 従 業 員 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 める 適 用 範 囲 会 社 が 指 定 する 事 業 所 に 於 いて 勤 務 する 従 業 員 について 適 用 する 但 し 従

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63> 第 1 章 医 療 関 連 の 法 令 遵 守 及 び 職 業 倫 理 1. 医 師 歯 科 医 師 のプロフェショナリズム 我 が 国 では 医 学 の 進 歩 に 伴 い 平 均 寿 命 は 男 性 78 歳 女 性 85 歳 に 達 し 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 の 低 下 妊 産 婦 死 亡 率 の 低 下 心 疾 患 による 年 齢 調 整 死 亡

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

チャペル 2011年8月

チャペル 2011年8月 平 和 将 来 希 望 のご 計 画 ~クライストチャーチの 震 災 のこと~ 子 ども 学 科 八 巻 正 治 平 和 将 来 希 望 のご 計 画 主 はこう 言 われる バビロンに 七 十 年 の 時 が 満 ち たなら わたしはあなたたちを 顧 みる わたしは 恵 み の 約 束 を 果 たし あなたたちをこの 地 に 連 れ 戻 す わ たしは あなたたちのために 立 てた 計 画 をよく

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63> 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 調 査 及 び 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 等 支 援 に 関 する 特 別 法 ( 法 律 第 10986 号 2011.8.4 一 部 改 正 2011.8.4 施 行 ) 仮 訳 第 1 条 ( 目 的 ) この 法 は 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 の 真 相 を 究 明 し 歴 史 の 真 実 を 明 らかにするとともに 1965

More information

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 平 成 26 年 3 月 25 日 ) 改 正 平 26 規 程 第 16 号 平 成 26 年 11 月 28 日 平 26 規 程 第 41 号 平 成 27 年 1 月 28 日 平 26 規 程 第 67 号 平 成 27 年 3 月 31 日 平 27 規 程 第 28 号 平 成 28 年 3 月

More information

放 送 基 準 株 式 会 社 エフエム 鹿 児 島

放 送 基 準 株 式 会 社 エフエム 鹿 児 島 民 放 連 放 送 基 準 条 文 対 照 表 現 新 第 10 章 犯 罪 表 現 第 10 章 犯 罪 表 現 (70) 鉄 砲 刀 剣 類 の 使 用 は 慎 重 にし 殺 傷 の 手 段 については 模 倣 の 動 機 を 与 えないように 注 意 する (70) 銃 砲 刀 剣 類 の 使 用 は 慎 重 にし 殺 傷 の 手 段 については 模 倣 の 動 機 を 与 えないように 注

More information

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 2 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 15 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 36 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 3 号 平 成 20 年 12 月 25 日 20 規 程

More information

暗闇の裁き

暗闇の裁き 暗 闇 の 裁 き Ⅰ 橘 龍 悟 生 あ る も の は や が て 死 に 直 面 し 滅 び 消 え 去 っ て し ま う ど ん な に 逃 れ よ う と し て も そ れ は 確 実 に 目 の 前 に や っ て く る そ し て そ れ が つ い に 私 の 目 の 前 に こ の 私 の 目 の 前 に 現 れ た の だ 死 に た く な い よ う と 叫 ん で み

More information

就 業 規 則

就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 契 約 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 平 成 18 年 4 月 1 日 国 語 研 規 則 第 7 号 改 正 平 成 20 年 2 月 12 日 改 正 平 成 21 年 3 月 10 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 ( 以 下 研 究 所 という )の 業 務

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

厚生労働省

厚生労働省 わが 国 の 自 治 体 立 病 院 の 主 流 は 地 方 公 営 企 業 法 の 財 務 規 定 のみが 適 用 される 一 部 適 用 と なるが 近 年 はこれを 全 部 適 用 とし 企 業 管 理 者 を 設 置 することにより 人 事 労 務 等 をも 委 ねる 手 法 を 採 用 する 事 例 が 段 階 的 に 増 えつつある 下 記 図 1.15 は 経 営 のあり 方 の 差

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の 準 職 員 就 業 規 則 及 び 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 麦 の 子 会 ( 以 下 法 人 という ) 就 業 規 則 第 3 条 の 規 定 に 基 づいて 雇 用 する 準 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 に 定

More information

2015年12月20日 クリスマス説教、イエスさまの誕生

2015年12月20日 クリスマス説教、イエスさまの誕生 イエスさまの 誕 生 マタイの 福 音 書 1 章 16 節 ~25 節 2015 年 12 月 20 日 ( 日 )クリスマス 礼 拝 説 教 皆 さん クリスマス おめでとうございます 皆 さんは 毎 朝 の NHK 朝 ドラ 朝 が 来 た は ご 覧 になって おられますでしょうか 視 聴 率 およそ25%と 言 われております ので きっと この 中 にも 幾 人 かの 方 々は ご 覧

More information

(ACT0436K06616W)

(ACT0436K06616W) 十 字 架 上 の 叫 び [ 受 難 物 語 講 解 第 25 回 ] マルコの 福 音 書 15 章 33~34 節 熊 谷 徹 2014 年 4 月 6 日 ( 第 1 主 日 ) 序 十 字 架 上 の 七 つの 言 葉 ; 1 紀 元 30 年 4 月 7 日 金 曜 日 主 イエスは 十 字 架 につけられた 時 刻 は 25 節 にあるように 午 前 9 時 であった その 日 主 イエスは

More information

天 に 昇 られました その 時 に すべての 支 配 権 威 権 力 主 権 の 上 に イエス 様 の 名 を 置 かれました これら の 支 配 権 威 権 力 主 権 というのは 天 使 の 存 在 です 天 使 の 中 でも 悪 い 堕 落 した 天 使 悪 魔 や 悪 霊 どももこれに

天 に 昇 られました その 時 に すべての 支 配 権 威 権 力 主 権 の 上 に イエス 様 の 名 を 置 かれました これら の 支 配 権 威 権 力 主 権 というのは 天 使 の 存 在 です 天 使 の 中 でも 悪 い 堕 落 した 天 使 悪 魔 や 悪 霊 どももこれに エペソ 2 章 1 10 節 恵 みによる 救 い 1A キリストの 体 (1 章 ) 1B 神 の 国 を 受 け 継 ぐ 者 2B いっさいを 満 たす 方 の 満 ちているところ 2A 罪 からの 救 い 1B よみがえった 者 1-7 2B 神 の 作 品 8-10 本 文 私 たちは 今 日 教 会 とは 何 かについて 学 んでいきたいと 思 います すでに 四 月 エペソ1 章 1 17

More information

NO2―

NO2― パートタイム 労 働 者 就 業 規 則 株 式 会 社 サンリッチ 三 島 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 株 式 会 社 サンリッチ 三 島 ( 以 下 法 人 という )のパートタイム 労 働 者 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 することを 定 めるものである 2 この 規 則 に 定 めない 事 項 については 労 働

More information

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 利 用 請 求 に 対 する 処 分 に 係 る 審 査 基 準 平 成 27 年 2 月 18 日 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 ( 平 成 25 年 香 川 県 条 例 第 5 号 以 下 条 例 という )に 基 づく 特 定 歴 史 公 文 書 等 の 利 用 の 請 求 に 対 する

More information

も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条

も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条 も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 賠 償 責 任 保 険 対 人 対 物 事 故 により 相 手 方 への 法 律 上 の 損

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

コンプライアンス憲章

コンプライアンス憲章 コンプライアンス 憲 章 第 1 条 ( 目 的 ) この 憲 章 は 三 井 ハイテック( 全 三 井 ハイテックグループ 会 社 を 含 む 以 下 同 じ)の 全 て の 役 員 (これに 準 ずるものを 含 む 以 下 同 じ)および 従 業 員 一 人 一 人 が 三 井 ハイテック で 働 く 者 としての 誇 りを 持 ち あらゆる 企 業 活 動 の 場 面 において 関 係 法 令

More information

<5461726F2D88EA94CA8ED092639640906C817597CF979D8B4B92F681458D73>

<5461726F2D88EA94CA8ED092639640906C817597CF979D8B4B92F681458D73> 倫 理 規 程 行 動 規 範 (2015 年 12 月 4 日 施 行 ) 一 般 社 団 法 人 日 本 損 害 保 険 鑑 定 人 協 会 倫 理 規 程 行 動 規 範 目 次 前 文 : 倫 理 規 程 行 動 規 範 制 定 の 趣 旨 第 1 章 倫 理 綱 領 第 1 条 ( 使 命 ) 1 第 2 条 ( 使 命 の 自 覚 ) 1 第 3 条 ( 信 義 誠 実 ) 1 第 4

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464> 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 3 月 19 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 14 号 改 正 平 成 21 年 2 月 27 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 8 号 改 正 平 成 21 年 7 月 9 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 2

More information

就業規則

就業規則 特 定 非 営 利 活 動 法 人 サイバー キャンパス コンソーシアム TIES 職 員 就 業 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 サイバー キャンパス コンソーシアムTI ES( 以 下 本 法 人 という ) 事 務 局 に 勤 務 する 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ 就 業 規 則 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は ( 以 下 会 社 という)の 秩 序 を 維 持 し 業 務 の 円 滑 な 運 営 を 期 すため 社 員 の 就 業 に 関 する 労 働 条 件 および 服 務 規 律 を 定 めたものである 第 2 条 ( 社 員 の 定 義 ) 1. 社 員 とは 会 社 と 雇 用 契 約 を 締 結 した 者 のうち

More information

B6293AED6BD3007E49256A57005AECC

B6293AED6BD3007E49256A57005AECC 主 文 本 件 仮 処 分 申 請 をいずれも 却 下 する 訴 訟 費 用 は 申 請 人 らの 負 担 とする 事 実 第 一 当 事 者 双 方 の 求 める 裁 判 一 申 請 人 ら 申 請 人 Aが 郵 政 省 岩 手 県 宮 古 郵 便 局 保 険 課 に 勤 務 すること 申 請 人 Bが 同 郵 便 局 庶 務 会 計 課 に 勤 務 すること を 仮 に 定 める 訴 訟 費 用

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

キェルケゴール研究

キェルケゴール研究 新 キェルケゴール 研 究 第 13 号 109 須 藤 孝 也 キルケゴールと キリスト 教 界 書 評 米 沢 一 孝 今 年 2015 年 は セーレン キルケゴール *1 の 没 後 160 年 である 彼 は 近 現 代 の 思 想 家 に 分 類 されるが もはや 現 代 の 思 想 家 ではない 彼 の 生 きた 現 代 すなわち19 世 紀 前 半 から 中 葉 と 我 々が 生 きる21

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要 一 般 社 団 法 人 東 京 都 スポーツ 推 進 委 員 協 議 会 定 款 規 程 集 平 成 28 年 4 月 目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 10 4. 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 12 5. 表 彰 規 程 13 6. 表 彰 要 項 14 7. 事 業 実 施 に 関 する 細 則 15

More information

Microsoft Word - str_bt_grundlage2015_07自由に対する罪(1).docx

Microsoft Word - str_bt_grundlage2015_07自由に対する罪(1).docx 刑 法 各 論 の 基 礎 25 個 人 的 法 益 に 対 する 罪 人 の 自 由 に 対 する 罪 (1) 07 行 動 の 自 由 意 思 決 定 の 自 由 法 益 主 体 = 個 人 人 の 生 命 身 体 に 対 する 罪 人 の 自 由 に 対 する 罪 生 活 の 平 穏 に 対 する 罪 (プライバシーに 対 する 罪 ) 名 誉 信 用 に 対 する 罪 財 産 に 対 する

More information

(Microsoft Word - \202P\203T\203\200\203G\203\21330\217\3156\220\337\201i12\224N\201j.doc)

(Microsoft Word - \202P\203T\203\200\203G\203\21330\217\3156\220\337\201i12\224N\201j.doc) 1サムエル 30 章 6 節 主 にあって 奮 い 立 つ アウトライン 1A 落 胆 する 要 因 1B 成 果 のない 努 力 2B 不 確 実 な 将 来 3B 継 続 的 圧 迫 4B 恐 れ 2A 自 分 への 励 まし 1B 主 への 伺 い 2B 主 への 賛 美 3B 集 会 4B 御 言 葉 の 約 束 3A 他 者 の 励 まし 本 文 サムエル 記 第 一 30 章 6 節 を

More information

父 と 共 に 交 わりの 場 所 に 住 み 兄 弟 たちの 羊 の 群 れを 探 しに 父 によって 遣 わされました あなたがたの 間 では そのような 心 構 えでいなさい それはキリスト イエスのうち にも 見 られるものです キリストは 神 の 御 姿 である 方 なのに 神 のあり 方

父 と 共 に 交 わりの 場 所 に 住 み 兄 弟 たちの 羊 の 群 れを 探 しに 父 によって 遣 わされました あなたがたの 間 では そのような 心 構 えでいなさい それはキリスト イエスのうち にも 見 られるものです キリストは 神 の 御 姿 である 方 なのに 神 のあり 方 うに 王 国 を 再 興 してくださるのですか? ということです バプテスマのヨハネでさえ このことを 理 解 できませんでした すると ヨハネは 弟 子 の 中 からふたりを 呼 び 寄 せて 主 のもとに 送 り おいでに なるはずの 方 は あなたですか それとも 私 たちはほかの 方 を 待 つべきでしょうか と 言 わせた (ルカ7 章 19 節 ) 使 徒 たちでさえも 復 活 の 後

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

この 説 に 信 憑 性 があるかないか わたしにはよく 分 かりませんが 語 呂 が 良 いし 昔 の 親 父 は 確 かにおっかないところがあったから そこに 収 まるまでに 何 らかのいきさつがあ ったとしても 親 父 に 定 着 していったのでしょうか 一 昔 か 二 昔 前 には 子 ども

この 説 に 信 憑 性 があるかないか わたしにはよく 分 かりませんが 語 呂 が 良 いし 昔 の 親 父 は 確 かにおっかないところがあったから そこに 収 まるまでに 何 らかのいきさつがあ ったとしても 親 父 に 定 着 していったのでしょうか 一 昔 か 二 昔 前 には 子 ども 聖 霊 降 臨 後 第 16 主 日 ( 特 定 22) 説 教 2011/10/2 聖 マタイ 福 音 書 第 21 章 33 節 ~43 節 於 : 聖 パウロ 教 会 司 祭 山 口 千 寿 地 震 雷 火 事 親 父 という 諺 をお 聞 きになったことがあると 思 います 怖 いもの 恐 ろしく 感 じられるものを 順 番 に 上 げたのだと 思 います わたしたちも3 月 11 日 の

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

(5) 最 終 学 校 卒 業 証 明 書 ( 又 は 同 見 込 証 明 書 ) (6) 連 帯 保 証 人 の 同 意 書 ( 市 内 在 住 者 及 び 近 隣 の 者 2 名 ) (7)その 他 協 会 が 指 定 するもの( 資 格 証 等 ) 2 前 項 の 提 出 書 類 の 記 載

(5) 最 終 学 校 卒 業 証 明 書 ( 又 は 同 見 込 証 明 書 ) (6) 連 帯 保 証 人 の 同 意 書 ( 市 内 在 住 者 及 び 近 隣 の 者 2 名 ) (7)その 他 協 会 が 指 定 するもの( 資 格 証 等 ) 2 前 項 の 提 出 書 類 の 記 載 公 益 財 団 法 人 黒 石 市 体 育 協 会 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 益 財 団 法 人 黒 石 市 体 育 協 会 ( 以 下 協 会 という ) 定 款 第 3 3 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 協 会 職 員 ( 以 下 職 員 という ) の 就 業 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

障害者虐待防止・対応に関わる法の理解

障害者虐待防止・対応に関わる法の理解 障 害 者 虐 待 防 止 対 応 に 関 わ る 法 の 理 解 H23.12.19 弁 護 士 川 島 志 保 ねらい 1 虐 待 とは 2 障 害 者 虐 待 防 止 法 3 条 何 人 も 障 害 者 に 対 して 虐 待 をしてはならない 3 虐 待 の 関 する 法 律 4 障 害 者 虐 待 防 止 対 応 の 留 意 点 対 応 しない 理 由 を 見 つけるのではなく 1 虐 待

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

(1)セクシュアル ハラスメント セクシャル ハラスメントとは 性 的 な 言 動 や 性 的 欲 求 性 別 により 役 割 を 分 担 すべき とする 意 識 に 基 づく 言 動 等 によって 相 手 方 に 不 快 感 や 不 利 益 を 与 え 就 労 就 学 や 教 育 研 究 課 外

(1)セクシュアル ハラスメント セクシャル ハラスメントとは 性 的 な 言 動 や 性 的 欲 求 性 別 により 役 割 を 分 担 すべき とする 意 識 に 基 づく 言 動 等 によって 相 手 方 に 不 快 感 や 不 利 益 を 与 え 就 労 就 学 や 教 育 研 究 課 外 ハラスメントの 防 止 等 のために 東 京 藝 術 大 学 職 員 及 び 学 生 等 が 認 識 すべき 事 項 についての 指 針 第 1 ハラスメントを 行 わないために 認 識 すべき 事 項 1 ハラスメントについて ハラスメントとは 様 々な 場 面 での 嫌 がらせ いじめ 等 をいう ハラスメントには セクシャル ハラスメント アカデミック ハラスメント パワー ハラスメント 及

More information

て 驚 いた (1)ひとりのパリサイ 人 が イエスを 食 事 に 招 いた 1 食 事 という 動 詞 は アリスタオウ である 2 名 詞 の アリストン は 朝 食 である (2)ルカ 7:36~50 と 似 ている(パリサイ 人 シモンの 家 に 招 かれた) 1 古 代 世 界 では 酒

て 驚 いた (1)ひとりのパリサイ 人 が イエスを 食 事 に 招 いた 1 食 事 という 動 詞 は アリスタオウ である 2 名 詞 の アリストン は 朝 食 である (2)ルカ 7:36~50 と 似 ている(パリサイ 人 シモンの 家 に 招 かれた) 1 古 代 世 界 では 酒 パリサイ 派 の 儀 式 主 義 との 対 ルカ 11:37~54 1.はじめに (1) 文 脈 の 確 認 1 前 回 は ベルゼブル 論 争 の 結 論 が 民 衆 レベルにまで 浸 透 していることを 学 んだ 2 群 衆 は イエスを 試 して 天 からのしるし を 求 めた 3イエスは ヨナのしるし 以 外 は 与 えられないと 答 えた 4さらに イエスのことばは あかり であると 教

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information

(Microsoft Word - \202Q\203T\203\200\203G\203\21317\217\31523\220\337\201i13\224N\201j.doc)

(Microsoft Word - \202Q\203T\203\200\203G\203\21317\217\31523\220\337\201i13\224N\201j.doc) 2サムエル 記 17 章 23 節 愚 かな 賢 人 アウトライン 1A 賢 い 人 がする 愚 かさ 1B 先 見 性 2B 神 の 恵 みの 選 び 2A 自 殺 という 手 段 1B 自 分 自 身 への 限 界 2B 神 への 叫 び 1C 自 分 を 捨 てる 2C 神 の 恵 みを 信 じる 本 文 サムエル 記 第 二 17 章 23 節 を 開 いてください 今 日 の 午 後 16

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

神 の 安 息 にはいるための 約 束 というのは 先 に 読 んだ 3 章 11 節 の 言 葉 です 決 して 彼 らをわたしの 安 息 にはいらせない と 言 われたけれども イスラエルの 民 が 荒 野 で 放 浪 して 死 に 絶 えたために 約 束 の 地 に 入 っ て 安 息 するこ

神 の 安 息 にはいるための 約 束 というのは 先 に 読 んだ 3 章 11 節 の 言 葉 です 決 して 彼 らをわたしの 安 息 にはいらせない と 言 われたけれども イスラエルの 民 が 荒 野 で 放 浪 して 死 に 絶 えたために 約 束 の 地 に 入 っ て 安 息 するこ ヘブル4 章 安 息 に 入 る 1A 安 息 に 入 る 努 力 1-13 1B 残 された 約 束 1-11 1C 霊 的 安 息 1-2 2C 天 的 安 息 3-11 2B 裸 にする 御 言 葉 12-13 2A 折 にかなった 助 け 14-16 本 文 ヘブル 書 4 章 です ヘブル 書 4 章 のテーマは 安 息 に 入 る です この 忙 しく ストレスのある 社 会 の 中 で

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 物 質 材 料 研 究 機 構 定 年 制 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 31 日 18 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 19 年 5 月 8 日 19 規 程 第 33 号 改 正 : 平 成 20 年 2 月 18 日 20 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 29 日 22 規 程 第 22 号 ( 目 的 )

More information

( 勤 務 時 間 の 報 告 ) 第 5 条 派 遣 社 員 は 勤 務 した 日 時 間 について 派 遣 先 において 所 定 の 用 紙 またはシステム にて 出 勤 日 および 勤 務 時 間 の 確 認 を 受 け 所 定 の 期 日 までに 会 社 に 提 出 または 報 告 し なけ

( 勤 務 時 間 の 報 告 ) 第 5 条 派 遣 社 員 は 勤 務 した 日 時 間 について 派 遣 先 において 所 定 の 用 紙 またはシステム にて 出 勤 日 および 勤 務 時 間 の 確 認 を 受 け 所 定 の 期 日 までに 会 社 に 提 出 または 報 告 し なけ 派 遣 ( 契 約 ) 社 員 就 業 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 株 式 会 社 アクト テクニカルサポート( 以 下 会 社 という )の 派 遣 または 契 約 社 員 の 服 務 規 律 労 働 条 件 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めたものである 2 派 遣 社 員 は この 規 則 において 明 示 する 就 業 条 件 などを 遵 守 し

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

<57696E4C A20966B8E D91F5816A F E747874>

<57696E4C A20966B8E D91F5816A F E747874> 信 託 編 第 1 信 託 の 意 味 を 理 解 してしまおう 1 信 託 の 思 想 を 理 解 するところからはじまります 2 登 場 人 物 を 理 解 してください 3 委 任 と 信 託 の 違 い 4 信 託 の 成 立 原 因 5 受 託 種 には 誰 がなれるのだろうか 第 2 信 託 の 課 税 の 原 則 第 3 受 益 者 等 課 税 信 託 の 基 本 的 な 課 税 関

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

試験日 平成22年7月  日(木)2時限

試験日 平成22年7月  日(木)2時限 試 験 日 平 成 27 年 月 日 ( ) 時 限 科 目 名 労 働 法 A 担 当 者 三 柴 丈 典 法 律 学 科 2 学 年 以 上 次 の 各 問 いに 対 する 解 答 またはカッコ 内 に 入 る 語 句 として 最 も 適 当 な 選 択 肢 を1つ 選 び 該 当 する 番 号 を 解 答 用 紙 にマークせよ なお 解 答 用 紙 (マークシート)に 解 答 以 外 のことを

More information

(H25.3HP\214\366\225\\.xls)

(H25.3HP\214\366\225\\.xls) 総 括 の 給 与 定 員 管 理 等 について () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 年 度 23 20,405 6,70,284 79,68 2,422,689 4.5 5.6 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

公立大学法人神戸市外国語大学職員就業規則

公立大学法人神戸市外国語大学職員就業規則 公 立 大 学 法 人 神 戸 市 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 2007 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき, 公 立 大 学 法 人 神 戸 市 外 国 語 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤

More information

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 12 号 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 24 年 12 月 7 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

極悪人の肖像.indd

極悪人の肖像.indd 解 説 真 田 啓 介 訳 255 258 極 肖 像 5 目 次 Portrait of a Scoundrel 1938 by Eden Phillpotts 要 登 場 物 三 長 次 妻 パ 息 メ デ パ 乳 母 ノ マ パ 警 視 庁 警 部 ェ ポ 金 融 ェ デ ポ ェ 娘 ホ ワ ヘ ッ 師 ッ ベ 警 視 庁 任 警 部 序 文 利 己 和 軋 轢 招 反 社 会 徳 違 影 響

More information

<4D F736F F D E8D9197A791E58A C986189CC8E5291E58A778BB F591DE90458EE893968B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D E8D9197A791E58A C986189CC8E5291E58A778BB F591DE90458EE893968B4B92F62E646F63> 国 立 大 学 法 人 和 歌 山 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 法 人 和 歌 山 大 学 規 程 第 37 号 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 19 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 15 年 法 律 第 112 号 以 下 法 人 法 という ) 附 則 第 4 条 の

More information

第1 謝罪・名誉回復について

第1 謝罪・名誉回復について 2012 年 5 月 17 日 厚 生 労 働 大 臣 小 宮 山 洋 子 殿 平 成 24 年 度 ハンセン 病 問 題 対 策 協 議 会 統 一 要 求 書 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 原 告 団 協 議 会 全 国 ハンセン 病 療 養 所 入 所 者 協 議 会 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 弁 護 団 連 絡 会 第 1 謝 罪 名 誉

More information

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 - 1-27.4.1 最 終 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 教 職 員 ( 以 下 教

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 28 号 ) 改 正 平 20.3 機 構 規 程 51 平 21.3 機 構 規 程 111 平 23.3 機 構 規 程 93 平 25.8 機 構 規 程 014 平 27.8 機 構 規 程 22 平 28.3 機

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ 教 学 教 化 専 門 委 員 会 主 査 木 越 渉 宗 祖 親 鸞 聖 人 七 百 五 十 回 御 遠 忌 は 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 し た 東 日 本 大 震 災 に よ り 法 要 の 第 一 期 が 中 止 さ れ 被 災 者 支 援 の つ ど い が 執 り 行 わ れ た こ の 決 定 か ら 御 遠 忌 そ の も の の 意 義 が 様 々 に 問 わ れ

More information

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25 贈 与 税 1. 贈 与 税 とは 贈 与 税 は 個 人 が 個 人 から 財 産 の 贈 与 ( 贈 与 者 の 死 亡 によって 効 力 が 生 ずる 死 因 贈 与 は 相 続 税 の 適 用 となり 除 かれます)を 受 けたときに 課 される 税 金 です 法 人 からの 贈 与 は 贈 与 税 ではなく 所 得 税 ( 一 時 所 得 等 )として 課 税 されます 2. 贈 与 税

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information