欠 席 議 員 ( 0 名 ) 不 応 招 議 員 に 同 じ 説 明 のため 出 席 した 者 の 職 氏 名 町 長 齋 藤 邦 男 副 町 長 齋 藤 貞 総 務 課 長 菊 池 秀 治 税 務 課 長 日 下 初 夫 企 画 財 政 課 長 町 民 生 活 課 長 森 忠 則 岡 元 継 男

Size: px
Start display at page:

Download "欠 席 議 員 ( 0 名 ) 不 応 招 議 員 に 同 じ 説 明 のため 出 席 した 者 の 職 氏 名 町 長 齋 藤 邦 男 副 町 長 齋 藤 貞 総 務 課 長 菊 池 秀 治 税 務 課 長 日 下 初 夫 企 画 財 政 課 長 町 民 生 活 課 長 森 忠 則 岡 元 継 男"

Transcription

1 平 成 20 年 6 月 第 10 回 亘 理 町 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 3 号 ) 平 成 20 年 6 月 11 日 第 10 回 亘 理 町 議 会 定 例 会 は 亘 理 町 議 会 議 事 堂 に 招 集 された 応 招 議 員 (20 名 ) 1 番 小 野 一 雄 2 番 熊 澤 勇 3 番 鞠 子 幸 則 4 番 相 澤 久 美 子 5 番 渡 邉 健 一 6 番 髙 野 孝 一 7 番 宍 戸 秀 正 8 番 安 藤 美 重 子 9 番 鈴 木 高 行 10 番 平 間 竹 夫 11 番 佐 藤 ア ヤ 12 番 佐 藤 實 13 番 山 本 久 人 14 番 熊 田 芳 子 15 番 安 田 重 行 16 番 永 浜 紀 次 17 番 高 野 進 18 番 島 田 金 一 19 番 安 細 隆 之 20 番 岩 佐 信 一 不 応 招 委 員 ( 0 名 ) 出 席 議 員 (20 名 ) 応 招 議 員 に 同 じ -80-

2 欠 席 議 員 ( 0 名 ) 不 応 招 議 員 に 同 じ 説 明 のため 出 席 した 者 の 職 氏 名 町 長 齋 藤 邦 男 副 町 長 齋 藤 貞 総 務 課 長 菊 池 秀 治 税 務 課 長 日 下 初 夫 企 画 財 政 課 長 町 民 生 活 課 長 森 忠 則 岡 元 継 男 保 健 福 祉 課 長 佐 藤 仁 志 産 業 観 光 課 長 東 常 太 郎 都 市 建 設 課 長 古 積 敏 男 上 下 水 道 課 長 清 野 博 文 会 計 管 理 者 兼 会 計 課 長 水 野 孝 一 わたり 温 泉 鳥 の 海 所 長 作 間 行 雄 教 育 長 鈴 木 光 範 学 務 課 長 齋 藤 良 一 生 涯 学 習 課 長 遠 藤 敏 夫 農 業 委 員 会 事 務 局 長 東 常 太 郎 代 表 監 査 委 員 齋 藤 功 事 務 局 より 出 席 した 者 の 職 氏 名 事 務 局 長 佐 藤 正 司 庶 務 班 長 牛 坂 昌 浩 書 記 佐 藤 義 行 議 事 日 程 第 3 号 議 事 日 程 表 末 尾 掲 載 本 日 の 会 議 に 付 した 案 件 -81-

3 日 程 第 1 会 議 録 署 名 議 員 の 指 名 日 程 第 2 一 般 質 問 午 前 9 時 58 分 開 議 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) これより 本 日 の 会 議 を 開 きます 本 日 の 議 事 日 程 は お 手 元 に 配 付 したとおりであります 日 程 第 1 会 議 録 署 名 議 員 の 指 名 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 日 程 第 1 会 議 録 署 名 議 員 の 指 名 を 行 います 会 議 録 署 名 議 員 は 会 議 規 則 第 110 条 の 規 定 により 18 番 島 田 金 一 議 員 19 番 安 細 隆 之 議 員 を 指 名 いたします 日 程 第 2 一 般 質 問 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 日 程 第 2 一 般 質 問 を 行 います 昨 日 に 引 き 続 き 質 問 を 継 続 いたします 通 告 者 は お 手 元 に 配 付 してあるとおりであります 順 次 発 言 を 許 します 1 番 小 野 一 雄 議 員 登 壇 1 番 小 野 一 雄 君 登 壇 1 番 ( 小 野 一 雄 君 ) 1 番 小 野 一 雄 であります 私 は 4 月 30 日 に 発 生 をいたしました 仙 南 仙 塩 広 域 水 道 の 漏 水 事 故 につい て また わたり 温 泉 鳥 の 海 の 休 業 に 関 しまして 2 点 について 町 当 局 の 考 え 方 をお 伺 いしたいと 思 います まず 1 点 目 の 仙 南 仙 塩 広 域 水 道 漏 水 事 故 でありますが この 関 係 につきま しては 6 月 5 日 の 町 長 の 行 政 報 告 にもありましたように 概 要 についてはるる 理 解 をしたところであります そしてまた けさほどこれらにかかわる 諸 経 費 に ついては けさほど 補 正 予 算 こういったものをいただきまして おおむね 中 身 -82-

4 について 金 額 的 には 見 させていただきました 私 なりにいろいろ 疑 問 点 がありま したので 情 報 収 集 を 兼 ねながら 幾 つかの 問 題 点 についてご 質 問 をしていきたい と 思 います まず 1 点 目 の 今 回 の 漏 水 復 旧 事 故 は 設 備 を 管 理 所 有 しております 県 が 負 担 すべきだというふうに 考 えておりますが その 負 担 額 は 幾 らになるのか そしてま た 町 当 局 亘 理 町 の 負 担 はあるのかどうか そこをまずお 伺 いしたいと 思 いま す 答 弁 をお 願 いします 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) お 答 えいたします 今 回 の 漏 水 事 故 については 前 の 行 政 報 告 で 申 し 上 げたとおり 亘 理 地 区 吉 田 地 区 の 町 民 の 方 々に 大 変 ご 迷 惑 をいたしたところでございます おかげさまで 大 きなその 後 のトラブルもなく 終 了 したことに 対 しましても 行 政 報 告 で 報 告 をさせていただいたところでございます そこで ただいま 小 野 議 員 さんからお 話 しのとおり 仙 南 仙 塩 広 域 水 道 その ものの 漏 水 については 県 管 理 の 送 水 管 でございますので 復 旧 工 事 費 について は 県 で 負 担 すべきものであると 考 えております また 復 旧 工 事 費 そのものについては 現 在 県 の 方 で 設 計 などを 行 いながら 事 業 費 の 確 定 が 出 るものと 思 いますけれども 現 時 点 で 聞 いたところによります と 約 復 旧 費 に1 億 円 ぐらいかかるということが 言 われております この 復 旧 経 費 に 伴 います 町 の 負 担 金 は 請 求 はないものと 思 っておるところでございます 以 上 でございます 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 小 野 一 雄 議 員 1 番 ( 小 野 一 雄 君 ) 今 町 長 の 答 弁 の 中 で 当 然 設 備 管 理 を 保 有 する 県 が 負 担 すべき であって 亘 理 町 としては 考 えていないということでありますから かなり 現 場 の 状 況 を 見 ますると 1 億 円 ぐらいかかって 当 然 なのかなというふうに 考 えられま す ぜひその 方 向 で ひとつ 県 の 方 に 対 しての 要 請 申 請 をお 願 いしていただき たい このように 思 うわけであります 関 連 でありますが 一 番 のこの 水 道 事 故 の 原 因 は 広 報 でも 掲 載 してあります とおり 水 道 管 の 排 泥 弁 要 するに 泥 抜 き 装 置 があるんですね その 泥 抜 き 装 置 -83-

5 と 装 置 をつなぐパイプ 可 倒 管 といいますか 曲 がるやつですね これからずれ が 生 じて 水 漏 れがしたと 私 なりにこの 現 場 を 見 ながら そしてまた これらに 類 する 調 査 をさせていた だきました まず 管 理 監 督 官 庁 であります 宮 城 県 の 企 業 局 公 営 事 業 課 でありま すが この 施 設 管 理 班 がここの 保 全 管 理 こういったものを 一 切 合 切 行 っている ということであります そしてまた 事 故 点 は 南 長 谷 の 今 回 の 事 故 点 は 地 上 から 下 に 深 さ7メートル の 箇 所 において 発 生 をした そして 状 況 が 時 期 が 悪 かったために 言 うなれ ば 田 植 えの 時 期 と 重 なって 近 くにある 用 水 路 に 水 が 満 杯 で そしてまた 周 辺 の 水 田 を 借 り 上 げて 土 砂 を 持 って そして 重 機 の 搬 入 こういったものをやったが ために 膨 大 な 費 用 がかかったと このように 考 えられます そしてまた 今 度 水 道 管 でありますが 白 石 の 南 部 山 浄 水 場 海 抜 200メートル のところから 亘 理 町 山 元 町 においては 延 長 キロが50キロメートルということ であります そしてまた これが 松 島 七 ケ 浜 方 面 にいって そこから 途 中 から 名 取 岩 沼 こういったものが 運 用 をしておるんだというところでありました そして 問 題 のその 排 泥 弁 ですね 簡 単 に 言 いますと 泥 抜 きですね これは32 カ 所 もあるというんですよ 白 石 と 山 元 町 の 間 に32カ 所 あるんだと 今 回 はその1 カ 所 にすぎない こういうことであります したがいまして 通 常 は 設 置 場 所 はグラウンドから 地 面 から3ないし4メ ートルのところに 布 設 するのが 標 準 なんだと これは 水 道 施 設 設 計 趣 旨 に 基 づい て 県 の 方 ではこの 基 準 に 基 づいて 設 備 をしております たまたま 今 回 の 事 故 点 は 近 くに 用 水 路 があるものですから ずっと 下 をえぐって 横 断 しなくちゃなら ないということで かなり 圧 がかかって その 密 着 部 分 にずれが 生 じて 漏 水 した と 考 えられるということであります そこで 一 つお 伺 いしたいのは 2 番 に 関 連 しますが 2 番 目 に 移 りますが こ の 種 の 設 備 事 故 は 今 後 も 発 生 が 予 測 されると 思 われます 町 として 宮 城 県 の 方 に どのような 再 発 予 防 策 を 上 申 したのか 答 弁 をお 願 いしたいと 思 います 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) 水 道 管 の 老 朽 化 そして 軟 弱 地 盤 による 沈 下 等 により 今 後 も 事 -84-

6 故 発 生 が 予 想 されることから 県 企 業 局 に 対 しまして 点 検 の 強 化 さらには 不 断 水 工 法 の 資 材 の 確 保 やバイパス 管 の 埋 設 工 事 などを 要 望 しております しかし このバイパス 管 の 埋 設 については 工 事 費 が 高 額 になり そういたし ますと 関 係 する 市 町 村 17 市 町 村 でございますけれども 受 水 費 にはね 返 りが くるということから やはり 点 検 強 化 をぜひ 強 力 にやっていただきたい さらに は 今 後 構 成 する17 市 町 村 ともお 互 いに 連 携 をとりながら この 漏 水 の 事 故 にな らないようにということで 要 望 しておるところでございます なお 今 回 の 漏 水 した 場 所 についても 私 3 回 ほど 行 ってみたわけですけれど も 岩 沼 市 と 柴 田 町 の 境 なわけです 水 路 境 そこで 水 路 そのものはもともと 狭 かったようでございます 水 道 管 布 設 後 に 湛 水 防 除 ということで あの 水 路 を 拡 幅 したという 地 元 の 農 家 の 方 に 聞 いておるところでございます それらの 影 響 があるかどうかはこれからの 県 の 方 の 調 査 で 十 分 わかるかと 思 い ますけれども そういう あの 当 時 は 代 かきしていた 方 々にどういう 状 態 だった というのは 私 現 地 で まさか 県 の 方 々に 聞 くわけにいきませんので 代 かきした ところに 聞 いたところ 後 で 水 路 湛 水 防 除 のために 拡 幅 工 事 もやっておるとい うことも 言 われておりますので なおそういう 状 況 だったということで 今 後 と もやはり 今 申 されたとおり 山 元 間 についても32カ 所 の 排 泥 弁 があるという ことで 今 後 それらの 点 検 強 化 をしてもらいたい その 場 合 については 聞 くところによって 県 独 自 と 委 託 工 事 業 者 に 委 託 をし て 点 検 しておるということでございますけれども できるだけ 年 数 をかけないで 年 に1 回 あるいは2 年 に 一 遍 とかそういう 方 法 でやっていただきたいと 思 って おります 以 上 でございます 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 小 野 一 雄 議 員 1 番 ( 小 野 一 雄 君 ) 今 町 長 から 県 の 方 には 要 請 しているんだということであります が 関 連 といいますか 先 ほどの 水 道 バルブの 弁 の 耐 用 年 数 といいますか 期 待 寿 命 といいますか どのくらいもつのかなということを 問 い 合 わせてみました ら 40 年 を 見 ておるんだと 今 回 の 事 故 は 経 年 18 年 でこういったものが 出 てし まったということであります いずれにしても この 種 の 事 故 による 被 害 こういったものが 膨 大 な 額 になる -85-

7 ものですから 我 々 町 民 としてもこのしわ 寄 せが 町 に 降 りかかってこないような 施 策 といいますか そのためにも やっぱり 未 然 に 防 止 するのが 一 番 だというふ うに 考 えます そこで 今 対 策 いろいろ 町 長 の 方 からあったわけですが 私 なりにもいろい ろ 聞 いてみました 同 じような 考 えでありますが なかなかバイパスをつくると いうルートに 施 策 については 難 しいのかなと ただ やっぱり 県 の 答 弁 であり ますから 答 えでありますから 私 にはこんな 話 をしてくれました 市 民 町 民 に 迷 惑 をかけないような 工 法 で 今 後 は 災 害 復 旧 をしたい 言 うなれば 水 道 をとめ ないで 多 少 の 漏 れは 承 知 の 上 でやっていきたい 今 その 検 討 をしているんだ と これが1 点 目 であります 2 点 目 は 町 長 の 答 弁 にもありましたように 水 道 管 路 のパトロールの 強 化 と いうことで 南 部 山 の 浄 水 場 等 については 直 営 で 県 の 職 員 が 直 接 点 検 見 回 り をしておるんだと あと 途 中 の 管 路 ですね 途 中 については 部 外 委 託 でやってい ますということなので こういった あともう 一 つは この 中 央 監 視 室 がありま して そこで 大 量 の 水 が 漏 水 といいますか 流 れた 場 合 にわかるようになって いるということで この 辺 の 監 視 の 強 化 もやっていきますということでありまし た そして 3 点 目 は カルテの 管 理 ということで ちょっと 専 門 用 語 になるのか なと 思 いますが 言 うなれば 履 歴 カードをつくって このバルブについては 何 年 何 月 に 設 備 をして こういう 事 故 があった 一 つ 一 つ 経 歴 管 理 をしながら 今 後 のメンテナンス こういったものに 活 用 していきたい こういった3 点 について 私 なりに 対 策 を 聞 いたところでありました 次 に 移 りたいと 思 います (3)の 今 回 町 内 で12カ 所 の 応 急 給 水 箇 所 を 設 置 したわけでありますが こ の 根 拠 についてひとつ 答 弁 をお 願 いしたいと 思 います 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) ただいまの3 点 目 の12カ 所 の 根 拠 という 前 に ただいま 県 の 企 業 局 にお 尋 ねをし 回 答 の 内 容 についても 事 故 後 におきまして 県 の 企 業 局 の 管 理 者 並 びに 技 術 参 事 が 参 りまして 今 後 の 対 応 ということで そういう 小 野 議 員 さ -86-

8 んに 回 答 したような 内 容 で 亘 理 町 にも 報 告 があったわけでございます 今 後 その ような 方 針 に 基 づきまして 二 度 とそのような 漏 水 事 故 のないようにということ で 強 く 要 請 をいたしたところでございます そこで 3 点 目 の 応 急 給 水 所 を12カ 所 とした 根 拠 は 何 かということでございま すけれども まず 応 急 給 水 所 につきましては 応 援 給 水 車 に 限 りがあるというこ とでございます さらには ご 案 内 のとおり 医 療 機 関 そして 高 齢 者 施 設 にも 運 搬 給 水 が 必 要 であることから 人 口 割 や 給 水 車 の 配 置 場 所 そして 駐 車 場 を 考 慮 しながら 1 給 水 所 給 水 車 2 台 ということで 配 置 をし これらを 前 提 におおむね 選 挙 の 投 票 所 単 位 の12カ 所 を 選 定 したところでございます また 給 水 場 所 につきましても 投 票 所 もしくはその 周 辺 とするなど わかり やすい 場 所 に 選 定 いたしました なお 人 口 密 集 地 にも 給 水 所 を 設 けてほしいと の 要 望 や 給 水 所 が 遠 いとのご 意 見 もありましたので 今 後 の 参 考 にさせていただ きたいと 思 っております 今 回 の 場 合 は 断 水 までの 時 間 があり 事 前 に 応 援 給 水 車 の 確 保 がある 程 度 で きましたが 実 際 緊 急 災 害 の 場 合 は 今 回 よりも 給 水 箇 所 が 限 定 されることが 予 想 されると 思 います 今 回 は ご 案 内 のとおり15 市 町 村 から33 台 の 給 水 車 配 備 をさせていただいたわけでございます これらについては ご 案 内 のとおり 仙 南 4 市 9 町 そして 岩 沼 石 巻 地 方 の 広 域 企 業 団 そして 南 三 陸 女 川 本 吉 気 仙 沼 という 各 市 町 村 からの 応 援 があ ったわけでございますけれども 地 震 で 大 きな 災 害 がありますと そういう 関 係 する 市 町 村 の 応 援 はできないと 県 外 からの 要 請 になるのではなかろうかと 思 っ ておりますので 今 回 は 最 大 限 12カ 所 ということで 対 応 させていただいたとい うことでご 理 解 をいただきたいと 思 います 以 上 でございます 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 小 野 一 雄 議 員 1 番 ( 小 野 一 雄 君 ) 給 水 車 の 関 連 と 選 挙 の 投 票 所 単 位 に 設 置 をしたということであ りますが この 関 係 については 5 月 3 日 の 町 内 の 全 行 政 区 長 会 議 この 中 でも ご 理 解 されたのかなというふうに 思 っております この 中 で 水 の 関 係 でありま すから 我 田 引 水 的 にうちの 行 政 区 に 持 ってこいと つけてくれというような 要 望 等 はあったんでしょうか お 願 いします -87-

9 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) 大 畑 南 北 あるいは 長 瀞 開 墾 場 そのものについては 直 接 給 水 所 を 設 置 していただきたいという 要 望 はございませんでした 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 小 野 一 雄 議 員 1 番 ( 小 野 一 雄 君 ) 次 の 質 問 にも 関 連 するんでありますが 私 思 うには 今 回 の 給 水 所 の 設 置 については ある 程 度 予 告 だという 点 があるわけでありますが ただ ずっと 私 なりにも 亘 理 の 一 部 吉 田 東 部 地 区 ずっと 巡 回 させていただきました 何 か 設 置 場 所 をもう 少 し 工 夫 したらよかったのかなという 点 がありました 言 う なれば 職 員 の 方 あるいは 応 援 をいただいた 方 々が 本 当 に 何 もないところに いすに 座 って 待 機 をしている 何 かもう 少 し 休 憩 所 といいますか 集 落 センター とか 公 民 館 とか 公 会 堂 とか そういったあるところに 設 置 をした 方 がよかったの かなと 例 えば 悠 里 館 とか 吉 田 保 育 所 とか この 辺 はちょっともう 少 し 工 夫 した 方 が よかったのではないかなというふうに 感 じたところでありますが いかがでしょ うか 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) ただいまの 給 水 所 の 関 係 でございます 悠 里 館 そのものについて は 駅 東 周 辺 ということで 悠 里 館 の 広 場 あるいは 吉 田 保 育 所 といいますと 長 瀞 小 学 校 の 西 のグラウンドの 長 瀞 小 学 校 の 敷 地 に 吉 田 保 育 所 にも 設 置 しておる と そして 改 善 センターにも 設 置 していると できるだけ 公 の 施 設 のある 場 所 に そして 駐 車 場 が 確 保 できる そして 皆 さんがすぐあそこに 給 水 所 があるとい うことで 設 定 させていただいたということでございます 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 小 野 一 雄 議 員 1 番 ( 小 野 一 雄 君 ) 了 解 いたしました じゃあ 4 点 目 に 移 りたいと 思 いますが 今 回 の 給 水 時 間 が 午 前 6 時 から 午 後 9 時 までの 延 べにして15 時 間 余 りにも 長 く 職 員 の 労 働 時 間 といいますか 勤 務 時 間 といいますか 時 間 外 手 当 こういったものをもう 少 し 考 えて 短 縮 を 図 るべきではなかろうかというふうに 考 えたところでありますが ちょっとその 辺 について 町 長 の 考 えを 伺 いたいと 思 います -88-

10 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) 第 4 点 目 の 件 でございますけれども 給 水 時 間 が 午 前 6 時 から 午 後 9 時 までと 長 時 間 にわたりまして 職 員 初 め 関 係 の 方 々の 従 事 者 の 方 々には 大 変 ご 苦 労 をおかけいたしたところでございます 断 水 が3 日 間 の 長 期 にわたるということから そして 町 民 の 方 々が 町 外 に 勤 務 の 方 が 多 いことから 勤 務 前 や 勤 務 後 も 給 水 を 受 けられるよう 町 民 の 方 々の 利 便 性 生 活 優 先 を 第 一 に 考 慮 いたしたところでございます また 給 水 時 間 につきましては 常 時 の 通 常 ですね 常 時 の 配 水 実 績 から 水 道 水 の 使 用 料 の 多 い 時 間 帯 で 設 定 をしております なお 今 回 の 給 水 活 動 の 時 間 帯 の 利 用 者 数 を 把 握 しておりますので ただいま ちょっと 申 し 上 げますと 第 1 日 目 は くみ 置 きが 多 かったということで 給 水 に 来 た 方 が771 件 でございます そして 2 日 目 が やはりトイレとかいろいろ 飲 み 水 が 少 ないということで 2,661 件 そして 最 後 の10 日 には2,104 件 となっております そこで 時 間 帯 そのものについては6 時 から9 時 まで 9 時 から3 時 間 12 時 まで 3 時 間 刻 みで 統 計 をとっておるわけでございます そこで 初 日 の6 時 から9 時 までの 件 数 で 申 し 上 げますと 72 件 9.3% そし て6 時 から9 時 中 をおり 抜 きまして 午 後 6 時 から9 時 までですと 771 件 で 41.1% 合 わせますと 午 前 6 時 から9 時 と 午 後 6 時 から9 時 で 約 50%が 給 水 に 来 ていると 50.4% そして 2 日 目 午 前 6 時 から9 時 までの 間 については1,023 件 午 後 6 時 から 9 時 までの 間 には2,661 人 合 わせますと63.6%の 方 々が 朝 と 夕 方 に 来 ておると そして 最 終 日 の10 日 については 午 前 6 時 から9 時 までについては699 名 そ して 夕 方 については2,104 名 ということで 合 わせまして36.7%になっておると いうことから やはりこの 水 の 使 用 時 間 は 朝 御 飯 を 炊 く 前 あるいはいろいろ な 準 備 のために 朝 6 時 から9 時 まで 使 う 夕 方 については お 父 さん あるいは 息 子 さんが 来 てから 給 水 に 行 くというようなことで 朝 6 時 から 夕 方 の9 時 と 今 までの 通 常 の 給 水 する 時 間 量 の 問 題 を 加 味 して 午 前 6 時 から9 時 までにした ということで ございます 以 上 でございます -89-

11 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 小 野 一 雄 議 員 1 番 ( 小 野 一 雄 君 ) 今 の 答 弁 の 中 で 朝 晩 が 利 用 者 が 多 いんだと 十 分 理 解 をしたと ころでありますが 職 員 の 勤 務 体 系 といいますか 休 憩 時 間 を 含 めてどのよう に 例 えば 交 代 制 にして 休 んだのかですね その 辺 をちょっとお 聞 きしたいと 思 います ぶっ 通 し 朝 の6 時 から21 時 まで 働 いたのかどうか あるいは 交 代 したの かどうかお 尋 ねしたいと 思 います 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) 職 員 そのものについては 朝 6 時 といっても5 時 半 に 出 勤 してそ の 現 場 に 行 く 夜 9 時 まで 勤 務 してもやはり 帰 ってくると9 時 半 になると 職 員 の 形 態 によって 応 援 部 隊 あるいは 水 道 事 業 所 については 継 続 的 に3 日 間 朝 5 時 半 から9 時 半 まで 継 続 して 働 いていただいた ただ 職 員 の 応 援 部 隊 につい ては 職 務 の 内 容 によっては 途 中 でお 互 いに 連 携 をしながら 交 代 制 でやったと いうことでございます これもやはり 上 下 水 道 課 の 職 員 は 大 変 だったと 思 いますけれども 町 民 が 安 心 して 給 水 できる 体 制 すなわち 災 害 復 旧 のためですので 時 間 延 長 しても 頑 張 っ ていただかなければならないということで 私 からも 叱 咤 激 励 をしながら 勤 務 さ せていただいたところでございます 以 上 でございます 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 小 野 一 雄 議 員 1 番 ( 小 野 一 雄 君 ) 本 当 に 担 当 の 職 員 は 朝 から 夜 までぶっ 続 けで 給 水 活 動 に 従 事 した と 本 当 にご 苦 労 だったなというふうに 思 います しかし やっぱり 今 回 の 事 故 は ある 程 度 計 画 的 に 実 施 したわけでありますから もう 少 し 後 ほど 関 連 して 質 問 いたしますが 人 件 費 の 面 そういった 部 分 も 考 えながらやった 方 がいいの ではないのかなというふうに 思 っているところであります そこで 私 は 歩 いてみて この 朝 夕 がかなりボリュームがありました 大 体 50% 以 上 で 朝 夕 があって 昼 間 の 時 間 帯 が 中 抜 けになっているんですよね やっ ぱりこういったところも 少 し 例 えばこの 種 の 事 故 が 発 生 して 同 じような 体 制 を 組 むんであれば 今 回 の 事 故 を 参 考 にしながら 次 回 の 取 り 組 みに 生 かしていただ きたい このように 思 うわけであります 次 に 移 りますが 今 回 の 断 水 による 影 響 といいますか 例 えば 人 的 に 死 傷 した -90-

12 方 あるいは 物 的 にいろいろなハレーションが 出 てきたのかなと 聞 いております が その 辺 をお 尋 ねしたいと 思 います 簡 単 に 言 いますと けがしたり 病 気 にな ったりした 人 いたのかと まず 人 的 については そしてまた 物 的 については いろいろありましたよね そういった 部 分 をひとつお 尋 ねしたいと 思 います 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) 今 回 の 断 水 につきましては 高 屋 地 区 を 除 く 亘 理 地 区 世 帯 数 で 4,185 世 帯 でございます そして 人 口 といたしまして1 万 2,570 人 吉 田 地 区 で は 世 帯 数 で2,565 世 帯 人 口 にして8,316 人 合 わせまして 全 体 といたしまして 6,750 世 帯 人 口 にいたしまして2 万 886 人 の 方 々が 影 響 を 受 けたところでござい ます 大 変 申 しわけなく 思 っておるところでございます そこで この 断 水 による 町 民 の 方 々に 病 気 とかそういう 事 故 があったのかとい うことでございますけれども それらの 内 容 については 報 告 がないということ すなわち 水 がなくなると 日 射 病 とかいろいろ 脱 水 症 状 を 起 こすという 形 があろ うかと 思 いますけれども それらは 直 接 町 の 方 には 苦 情 などは 来 ていないという のが 現 時 点 での 内 容 ということでございます そして 今 回 の 断 水 に 伴 いまして 被 害 状 況 ということでございますけれど も ご 案 内 のとおり 愛 宕 山 に 愛 宕 配 水 場 があるわけでございます その 配 水 場 のタンクのオーバーフローによりましてのり 面 崩 壊 の 被 害 がありました これに ついては 応 急 処 置 を 実 施 し 現 在 は 完 了 済 みとなっておるところでございます 以 上 でございます 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 小 野 一 雄 議 員 1 番 ( 小 野 一 雄 君 ) 幸 いにけが 人 とかそういったものはなかったということでありま す 大 変 喜 ばしいなと 思 います ただ 残 念 なのは 物 的 な 部 分 で 愛 宕 山 の 配 水 場 における 事 故 ですね 今 お 話 しありましたように 土 砂 のり 面 が 崩 れて 鹿 島 川 水 路 というんですか あそこは ダムがありますけれどもね あそこにずっと 流 失 したんですね 私 も 現 地 写 真 撮 ってまいりましたけれども このけさほどい ただいたこの 災 害 復 旧 費 の 中 で あの 辺 の 土 砂 崩 壊 の 工 事 費 これは 膨 大 な 費 用 になるなというふうに 私 なりに 見 てきたんでありますが ここの 仮 復 旧 ですね ブルーシートかけて 雨 降 っても 流 れないようにしてありますけれども 本 復 旧 は -91-

13 いつごろやる 予 定 なのかちょっとお 尋 ねしたいと 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) 今 回 ののり 面 崩 壊 につきましては ご 案 内 のとおり 仮 設 というこ とで 大 きな 被 害 にならないということで ブルーシートをかけながら 対 応 して いると そして 下 流 側 の 水 路 そのものについては 県 管 理 の 水 路 でございま す 鹿 島 川 水 路 と 申 します そこで これらの 事 業 費 そのものについては あ す あさっての 補 正 予 算 水 道 事 業 会 計 の 中 で 予 算 措 置 をさせていただいておる ところでございます おおむねのり 面 崩 壊 については 約 410 万 円 ほど そのほかに 個 人 の 土 地 所 有 なものですから それと 流 木 があったということで それらの 流 木 の 補 償 ということで10 万 円 ほど 計 上 させていただいておるところでございま す 以 上 でございます 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 小 野 一 雄 議 員 1 番 ( 小 野 一 雄 君 ) 中 身 については 理 解 したんですが 今 仮 設 だと 仮 復 旧 ですよ ね 言 うなれば これから 梅 雨 時 を 迎 える これはかなりのいろいろな 雨 水 雨 が 予 想 されるということで 早 く 復 旧 しておかないと2 次 災 害 こういったもの がまた 発 生 する 可 能 性 が 十 分 に 考 えられるということで 今 質 問 したのは 本 復 旧 工 事 はいつごろにやるんですかという 質 問 をした 時 期 について 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) 13 日 の 予 算 議 決 をいただいた 後 に すぐに 設 計 に 入 りまして そ して やはり 梅 雨 時 でございますので 梅 雨 明 けに 工 事 現 場 に 入 るようになろう かと 思 います できるだけ 早 く 災 害 復 旧 をし 二 度 と 大 きな 災 害 にならないよう に 完 了 したいと 思 っておるところでございます 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 小 野 一 雄 議 員 1 番 ( 小 野 一 雄 君 ) 了 解 いたしました この 愛 宕 配 水 機 場 のオーバーフローについ て 行 政 報 告 では360トンのオーバーフローがあって あのような 事 故 があったん だと ちょっとこの 本 当 に 簡 単 に360トンと 言 いますけれども 我 々 一 般 家 庭 に おいては 大 変 な 額 だなと 8 万 円 近 くの 水 道 料 にして 金 が 流 れてしまったと こ う 言 わざるを 得 ないと 思 います したがって そこで やはりなぜ 起 きたのかということをいろいろ 県 の 方 にお -92-

14 尋 ねをしました そうしたら やっぱりこの 辺 が 県 と 町 のメンテの 関 係 あるの かなというふうに 私 なりに 思 ったところであります 言 うなれば このくらいの 許 容 量 があるからどんどん どんどんタンクに 水 を 注 ぎ 込 んだと そうしたらど んどんあふれてしまったということで やはり 管 理 監 督 のあのタンクについては 町 亘 理 町 の 財 産 というふうに 聞 いておりますから 関 連 する 所 管 課 のパトロー ルの 強 化 といいますか こういったものを 逢 隈 それから 亘 理 吉 田 と3カ 所 に 配 水 場 があるわけでありますから この 辺 の 管 理 を 今 後 ひとつ 再 検 討 する 必 要 が あるんではないかなというふうに 思 いますが どうですか 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) 通 常 愛 宕 沢 配 水 機 場 の 送 水 は 自 動 でやっておるわけでございま す それが 今 回 3 日 間 断 水 するということから 県 の 方 で 満 杯 に メーターの 水 位 よりも 上 げて 満 杯 にして 対 応 したいということで 手 動 でやったそうでござ いますけれども その 内 容 が 現 場 との 連 絡 調 整 がいかなかったということでござ います これらの 内 容 については 今 後 やはりそういう 自 動 でやる 場 合 と それで 災 害 が 起 きた 場 合 手 動 に 切 りかえた 場 合 についての 連 絡 調 整 をお 願 いしたいと こ れについては 今 後 亘 理 町 と 県 の 企 業 局 とお 互 い 連 携 をしながら こういうオー バーフローして360トンというおいしい 水 を 流 したと そして 災 害 が 起 きたとい うことのないように 今 後 連 絡 調 整 をしながら 二 度 と 事 故 のないようにいたし たいと 思 っておるところでございます 以 上 でございます 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 小 野 一 雄 議 員 1 番 ( 小 野 一 雄 君 ) 次 に 移 りたいと 思 います 6 番 の 町 の 応 急 給 水 作 業 の 経 費 は 幾 らかということで 人 件 費 を 含 めた 総 額 は 幾 らですかという 質 問 でありますが まず この 関 係 については けさほど 資 料 をいただいたんですが ちょっとわかりにくい 部 分 がありますので 町 長 の 方 か らひとつ 説 明 をお 願 いしたいと 思 います 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) 今 回 の 応 援 給 水 に 伴 います 経 費 については まずもって 日 本 水 道 協 会 の 宮 城 県 支 部 災 害 時 応 援 協 定 に 伴 います 経 費 は 人 件 費 の 時 間 外 手 当 そし -93-

15 て 旅 費 そして 気 仙 沼 本 吉 南 三 陸 町 とか 石 巻 からのそれらの 高 速 代 そし て 燃 料 代 等 で 約 315 万 円 そのほかに 自 衛 隊 要 請 に 伴 います 経 費 については 自 衛 隊 さんは 時 間 外 とかそういうのは 必 要 ないと あくまでも 船 岡 から 亘 理 まで 来 る のの 燃 料 代 だけということで 約 10 万 円 そして 協 力 民 間 事 業 所 の 応 援 給 水 に 伴 います 経 費 は やはり 民 間 でございますので 給 水 車 車 両 等 の 借 り 上 げ そし て 協 力 者 の 日 当 代 等 で 約 250 万 円 そして 町 職 員 の 各 課 協 力 職 員 の 時 間 外 手 当 で 210 万 円 そして 担 当 課 であります 上 下 水 道 課 職 員 の 時 間 外 勤 務 手 当 等 で 約 210 万 円 さらに 浄 水 場 の 運 転 管 理 これは 民 間 に 委 託 しておりますけれども その 委 託 料 が 約 40 万 円 そのほかに 応 援 従 事 者 の 食 費 宿 泊 費 給 水 活 動 燃 料 費 給 水 ポリ 袋 購 入 代 等 の 消 耗 品 費 で 約 265 万 円 総 額 で 約 1,300 万 円 の 経 費 を 見 込 んで おるところでございます 以 上 でございます 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 小 野 一 雄 議 員 1 番 ( 小 野 一 雄 君 ) 好 き 好 んで 発 生 したわけでもありませんけれども 本 当 に 亘 理 町 の 影 響 が 余 計 な 金 が1,300 万 円 も 出 たということですよね 本 当 に 大 変 な 額 だな というふうに 思 っております 平 成 20 年 度 の 予 算 案 については3 月 に 承 認 になったわけでありますが 災 害 復 旧 費 見 ますとたったの3,000 円 なんですね 亘 理 町 の 平 成 20 年 度 の 災 害 復 旧 費 は 3,000 円 一 つは 農 林 関 係 が2,000 円 土 木 関 係 が1,000 円 この 辺 ちょっと 私 も まだ1 年 生 で 理 解 しにくかったんでありますが もう 少 し 他 の 町 村 を 見 ますと よそが 云 々だから 亘 理 町 もこうせいということではありませんけれども やはり 3,000 円 というのはおかしいんじゃないかなと もう 少 し 次 年 度 あたりは 災 害 に 備 えてある 程 度 の 金 額 を 予 算 化 すべきではないのかなというふうに 思 った 次 第 であ りますが その 点 はいかがですか 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) これらについては 一 般 会 計 を 初 めとする 災 害 復 旧 費 農 林 土 木 で もそのような 予 算 措 置 をさせておくと それらについては 財 政 用 語 ではまくら 金 とも 言 うし 名 目 予 算 とも 言 うわけでございますけれども 災 害 があった 場 合 についてそれらの 事 業 費 を 組 むための 予 算 設 定 をしておくということで 災 害 を 予 想 した 額 を 計 上 すべきではないと 私 は 思 っております と 申 しますのは 今 回 -94-

16 の 災 害 そのものについても 例 えば100 万 円 組 んでいても1,200 万 円 新 たに 組 む そういうことでなく やはり 災 害 が 出 た 場 合 についての 目 の 設 定 あるいは 節 の 設 定 とかいうことでの 予 算 措 置 をさせていただいたところでございます 以 上 で ございます 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 小 野 議 員 6 番 の 通 告 からちょっと 予 算 の 関 係 ですので 外 れま したので 今 後 は 気 をつけていただきます 小 野 一 雄 議 員 1 番 ( 小 野 一 雄 君 ) 次 に 移 りたいと 思 いますが 7 番 目 です 今 回 は 14 市 町 村 協 会 を 含 めて15 市 町 村 になるのかなと 思 いますが 各 市 町 村 から 応 援 をいただいて 給 水 作 業 をやって 無 事 に 終 了 したということでありますが その 後 の 関 係 につ いては 例 えばどのように 整 理 をしたのか 各 市 町 村 に 対 してどのような 対 応 を したのか ここをちょっと 伺 いたいと 思 います 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) 今 回 断 水 したのは 木 金 土 曜 日 ということでございました そ こで やはり 給 水 された 市 町 村 については 月 曜 日 から5 月 12 日 13 日 の 両 日 で すけれども 私 と 総 務 課 長 本 来 上 下 水 道 課 長 も 同 行 すべきではありますけれど も やはり 災 害 復 旧 の 整 理 いろいろな 整 理 があったものですから 私 と 総 務 課 長 が 参 ったわけでございます 12 日 については まずもってお 隣 の 岩 沼 市 に 行 き さらには 石 巻 地 方 広 域 水 道 企 業 団 これは 石 巻 と 東 松 島 市 が 一 緒 にやっておると そして 女 川 町 さらに は 南 三 陸 町 本 吉 町 そして 気 仙 沼 に 参 ったわけでございます 結 構 気 仙 沼 まで 行 くと1 日 400キロメートルぐらいの 距 離 があったようでございます 次 の 日 については 仙 南 の2 市 9 町 そして 最 後 には 自 衛 隊 さんの 方 に 御 礼 を 兼 ねた 内 容 そして 今 回 の 経 費 についてはこの 協 定 に 基 づく 内 容 でよろしく ということでお 願 いしたところでございます そういうことで 各 市 町 村 も 大 変 だったねということで お 互 いさまですということで 本 当 に 慰 めの 言 葉 もいた だいたところでございます 以 上 でございます 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 小 野 一 雄 議 員 1 番 ( 小 野 一 雄 君 ) 本 当 に 応 援 いただいた 市 町 村 には 御 礼 を 申 し 上 げておきたいと 思 いますが 私 は 先 ほどの 町 長 の 説 明 の 中 で いろいろな 各 市 町 村 から 応 援 いた -95-

17 だいたお 金 このくらいかかったと 本 来 自 治 体 同 士 で 相 互 応 援 体 制 といいます か 災 害 時 における 相 互 援 助 体 制 といいますか こういった 協 定 があるのかどう かまず 聞 きたいと 思 います 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) 17 市 町 村 の 構 成 による 応 援 協 定 そのものについては 県 企 業 局 とも 協 定 を 締 結 しております 以 上 でございます 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 小 野 一 雄 議 員 1 番 ( 小 野 一 雄 君 ) 協 定 は 結 んであるということでありますが 結 んであるならば こういった 人 件 費 とか 燃 料 代 こういったものはお 互 いに 各 自 治 体 で 持 つよう にすべきだというふうに 私 は 考 えるわけでありますが その 点 いかがでしょう か 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) 今 回 の 場 合 17 市 町 村 の 中 で 亘 理 山 元 名 取 の1 市 2 町 だけ の 応 援 をちょうだいしたわけでございます そういう 中 で 17 市 町 村 そのものの 人 件 費 そのもの 経 費 については やはりお 互 いに 応 援 を 受 けた 市 町 村 が 人 件 費 等 については 支 払 うべきだと 思 っております それが 全 域 には 例 えば 山 元 町 さ んでありますと 県 外 からも 名 取 さんも 県 外 からも 来 ていると その 場 合 との 県 内 の17の 市 町 村 と 例 えば 仙 北 の 方 々は 協 定 はあってもやは りこの17 市 町 村 の 構 成 仙 南 仙 塩 の 水 道 事 業 ではないということで やはり 協 定 そのものはあっても それらの 経 費 については その 応 援 をもらった 市 町 村 が 負 担 すべきではなかろうかと 思 っておるところで これらの 内 容 についても 今 後 この 協 定 の 中 で 17 市 町 村 の 構 成 する 市 町 村 と 県 の 企 業 局 とお 互 いにさらにこ ういう 事 故 があったものですから その 辺 の 内 容 も 具 体 化 すべきではなかろうか ということで 近 日 中 に 担 当 者 会 議 が 開 催 される 予 定 になっておるようでござい ます 以 上 でございます 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 小 野 一 雄 議 員 1 番 ( 小 野 一 雄 君 ) ぜひとも 私 は 災 害 が 起 きた 自 治 体 はかなりの 膨 大 な 被 害 をこう むるわけですね 膨 大 な 費 用 を 出 費 するわけですよね さらにまた 応 援 費 用 とい いますか そういったものを 出 すということであれば やはりこの 辺 は 再 考 する -96-

18 必 要 があるのではないかと ぜひ 県 との 打 ち 合 わせがあるということであります から その 辺 を 意 にくんでその 会 議 に 臨 んでいただきたいと このように 思 うわ けであります 次 に 移 りたいと 思 います 2 番 のわたり 温 泉 鳥 の 海 の 休 業 についてでありますが わたり 温 泉 鳥 の 海 は 2 月 6 日 の 開 業 以 来 初 めて2 日 間 の 休 業 をしたわけでありますが その 理 由 と いいますか どうして 休 業 したのか そしてまた その 内 容 はどうだったのかと いうことをお 尋 ねしたいと 思 います 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) ただいまのわたり 温 泉 鳥 の 海 の 休 業 の 件 でございますけれども 5 月 12 日 13 日 の2 日 間 臨 時 に 休 館 いたしました まずはその 理 由 についてお 答 えをいたします ご 案 内 のとおり 当 施 設 は 2 月 6 日 オープン 以 来 臨 時 休 館 日 までの3カ 月 間 で 約 8 万 人 以 上 の 方 々に 本 わたり 温 泉 鳥 の 海 をご 利 用 いただきました これだ けの 人 が 利 用 いただきますと 施 設 内 の 至 るところに 汚 れや 傷 あるいはほこり などが 想 像 以 上 のものとなっておりましたので 館 内 の 清 掃 及 び 点 検 等 を 行 わな ければならないために 臨 時 に2 日 間 の 臨 時 休 館 日 を 設 けた 次 第 でございます 続 きまして 臨 時 休 館 日 に 実 施 した 主 な 作 業 内 容 についてお 答 えいたします 一 つ 目 は これから 暖 かくなる 季 節 を 迎 えるため レジオネラ 菌 対 策 といたし まして 源 泉 貯 湯 槽 お 湯 をためる 槽 ですね 源 泉 貯 湯 槽 2 槽 の 清 掃 並 びに 温 泉 配 管 の 点 検 と 清 掃 を 行 いました この 作 業 に 伴 い 温 泉 の 使 用 を 一 時 とめること もありましたので わたり 温 泉 健 康 センターも 同 日 休 館 とさせていただいたとこ ろでございます 二 つ 目 といたしましては 館 内 の 点 検 等 でございます こちらにつきましては やはり3カ 月 間 営 業 を 行 い 利 用 者 にとってよりよい 利 便 性 が 高 くかつ 優 しい 施 設 でありますとともに 管 理 運 営 する 側 にとって 管 理 しやすいということを 前 提 に 不 具 合 のあった 部 分 を 調 整 いたしました 不 都 合 な 部 分 を 調 整 いたしました このほかにも 全 館 のワックスがけや 細 部 までの 清 掃 畳 ふき ガラスの 清 掃 自 動 販 売 機 の 移 設 在 庫 品 の 棚 卸 しなど 特 にお 客 -97-

19 様 がいないときにしかできないよう 作 業 を 行 ったということです 今 後 につきましても お 客 様 の 立 場 に 立 って 利 用 しやすい 施 設 の 管 理 運 営 に 努 めてまいりたいと 思 っておるところでございます 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 小 野 一 雄 議 員 1 番 ( 小 野 一 雄 君 ) 2 日 間 の 点 検 内 容 について 理 解 をさせていただきました 大 変 ご 苦 労 さまでございましたと 申 し 上 げておきたいと 思 います 私 は 普 通 館 内 のいろいろなホテルとか 旅 館 あるいはショッピングセンタ ー こういった 箇 所 は こういう 休 業 日 に 何 をやるかと こういったものもやる のでありますが 肝 心 な 消 防 法 の 関 係 であります 消 火 訓 練 とか こういったも のをやるわけですよね 今 回 はこういったものはやったのかどうかお 尋 ねしたい と 思 います 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) 今 回 の2 日 間 の 休 業 日 については 消 火 訓 練 は 行 わなかったんで すけれども 12 月 1 日 から2 月 6 日 までの 間 にいろいろ 消 火 活 動 の 訓 練 は 従 業 員 全 員 で 消 防 署 の 指 導 を 受 けながら 消 火 栓 の 使 い 方 万 が 一 火 災 があった 場 合 の 活 動 方 法 については 消 防 署 の 職 員 を 指 導 員 として 訓 練 をしておるところでご ざいます やはりこれからも 安 全 安 心 ができるようなわたり 温 泉 に そして 町 民 はもちろんのこと 来 館 者 の 方 々に 喜 ばれ そして 親 しまれるわたり 温 泉 鳥 の 海 にしてまいりたいと 思 っております なお 先 ほどの2 日 間 の 休 館 日 の 中 に 言 っていなかったんですけれども す なわち 周 辺 の 整 備 舗 装 整 備 もしてなかった さらには 東 川 原 の 公 園 の 芝 はり もやっておらなかったと そういうことで やはり 西 風 東 風 の 際 に 開 館 の 中 に 砂 ぼこりが 入 ったということ そして 窓 が 随 分 砂 ぼこりになっている そし て ふいてもだめなので 全 面 的 に 清 掃 しなければならないと 今 回 はおかげさ まで 舗 装 工 事 そして 芝 はりも 終 わったということから 2 日 間 をやらせてもら ったということでご 理 解 願 いたいと 思 います 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 小 野 一 雄 議 員 1 番 ( 小 野 一 雄 君 ) 今 後 の 休 業 日 といいますか こういったものについては 考 えてい るのかどうか ちょっとお 尋 ねしたいと 思 います -98-

20 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) やはり 今 後 もこういう 親 しまれる 温 泉 ということでございますの で その 状 態 を 見 ながら できるだけ 平 日 を 利 用 した 例 えば 土 日 祝 日 です とお 客 様 が 来 るということから 平 日 を 利 用 した 休 館 もあり 得 るのではなかろう かと 思 います やはりきれいなわたり 温 泉 にいたしたいと 思 っております 以 上 でございます 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 小 野 一 雄 議 員 1 番 ( 小 野 一 雄 君 ) このわたり 温 泉 を 含 めて 私 の 質 問 の 中 で 最 後 になりますけれ ども 今 やっぱり 世 論 から 厳 しく 求 められているのは 何 なのかということであり ますが やはりコンプライアンスだと 思 うんですね どうか 設 備 面 については 法 令 遵 守 こういったものを 重 く 受 けとめていただきたいなと そしてまた わた り 温 泉 鳥 の 海 昨 日 も 関 連 質 問 あったわけでありますけれども 営 業 面 において は ことしはいろいろ 連 結 元 年 だというふうに 言 われております こういったも のも 肝 に 銘 じて ひとつ 町 当 局 我 々 議 員 としても 一 生 懸 命 頑 張 っていきたい このように 思 うわけであります これで 私 の 質 問 を 終 わりたいと 思 います 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) これをもって 小 野 一 雄 議 員 の 質 問 を 終 結 いたします この 際 暫 時 休 憩 をいたします 再 開 は11 時 10 分 といたします 午 前 10 時 58 分 休 憩 午 前 11 時 10 分 再 開 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 休 憩 前 に 引 き 続 き 会 議 を 開 きます 一 般 質 問 を 行 います 13 番 山 本 久 人 議 員 登 壇 13 番 山 本 久 人 君 登 壇 13 番 ( 山 本 久 人 君 ) 13 番 山 本 久 人 です 今 議 会 に 提 案 されている 国 民 健 康 保 険 税 の 引 き 上 げについて 質 問 させていただ きます 昨 年 5 月 にも 臨 時 議 会 が 開 かれまして 前 年 度 の 医 療 費 がかかり 過 ぎた 医 療 分 も 介 護 分 も 基 金 から 繰 り 出 したら 基 金 の 残 高 が 足 りなくなったと 国 保 税 の 値 上 -99-

21 げをしたいということで 滞 納 額 が 相 当 額 あるにもかかわらず 滞 納 整 理 もなかなか 厳 しいということで 国 保 税 の 引 き 上 げを 承 認 したわけですが 今 年 も 先 月 5 月 27 日 の 全 員 協 議 会 で 保 健 福 祉 課 長 と 鈴 木 班 長 から 国 保 税 の 引 き 上 げの 提 案 がなされま した 今 回 の 引 き 上 げについては 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 に 絡 んだ 引 き 上 げということ で 詳 細 な 資 料 とご 説 明 をいただいたのですが 内 容 がとても 複 雑 で 一 度 には 理 解 できませんでした 現 時 点 でも 理 解 できているとは 言 いかねると 思 うんです けれども 何 回 か 保 健 福 祉 課 に 足 を 運 んで 課 長 以 下 職 員 の 方 に 大 変 お 世 話 にな ったにもかかわらず このような 一 般 質 問 をするのは 大 変 心 苦 しいのですが 私 を 含 め 亘 理 町 の 国 保 加 入 者 が 今 回 の 値 上 げの 背 景 を 理 解 する 助 けになれば と 思 い 質 問 させていただきます まず 初 めに 昨 年 に 引 き 続 き 国 民 健 康 保 険 税 の 引 き 上 げが 提 案 されています が 今 年 度 は 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 のスタートによって 国 保 税 の 被 保 険 者 も 構 成 が 大 分 変 わっているということで どのようになったのかお 伺 いいたします 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) 国 民 健 康 保 険 の 被 保 険 者 につきましては ご 案 内 のとおり 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 への 移 行 そして 退 職 者 医 療 制 度 の 廃 止 による 退 職 被 保 険 者 から 一 般 被 保 険 者 への 移 行 などにより 大 きく 制 度 的 に 変 わっておるところでござい ます ご 案 内 のとおり 平 成 19 年 4 月 1 日 現 在 の 被 保 険 者 数 は 一 般 被 保 険 者 数 が1 万 708 人 さらに 退 職 被 保 険 者 が2,727 人 の 合 わせまして1 万 3,435 人 でありま す 本 年 4 月 1 日 現 在 では 一 般 被 保 険 者 で9,627 人 で 退 職 被 保 険 者 で678 人 の 1 万 306 人 となっております 被 保 険 者 数 では 3,129 名 の 減 世 帯 数 で1,013 世 帯 の 減 となっておるところでございます 以 上 でございます 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 山 本 久 人 議 員 13 番 ( 山 本 久 人 君 ) このように 人 数 にして 国 保 の 加 入 世 帯 が1,000 世 帯 減 と 加 入 者 数 が3,000 人 減 ということで 前 回 の 値 上 げの 場 合 には 加 入 者 数 はそれほど 変 化 は なかったと 今 回 平 成 20 年 度 の 値 上 げというのは 加 入 者 数 が 大 分 下 がったもの だということで 次 の 質 問 に 移 らせていただきます -100-

22 昨 年 の 引 き 上 げ 時 保 健 福 祉 課 の 説 明 では 課 税 所 得 金 額 200 万 円 以 下 が 全 世 帯 の83.3%との 説 明 でありましたが 今 回 はどのように 変 わっているのかお 伺 いい たします 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) 所 得 階 層 については 昨 年 度 は83.3%ということでございました けれども 今 年 に 入 りまして82.42%で 被 保 険 者 数 では7,676 人 世 帯 数 で4,182 世 帯 となっております 以 上 でございます 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 山 本 久 人 議 員 13 番 ( 山 本 久 人 君 ) つまり (1)の 質 問 で 加 入 者 数 は 大 幅 に 減 ったと 今 の (2)の 質 問 の 方 では 所 得 構 成 は 大 きくは 異 なっていないという 理 解 でよろし いでしょうか 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) そういうことでございます よろしいです 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 山 本 久 人 議 員 13 番 ( 山 本 久 人 君 ) それで 去 年 の 資 料 によりますと 課 税 所 得 国 保 の 構 成 メンバ ーといいますか 加 入 者 の 形 態 が 私 どものような 自 営 業 や 農 業 漁 業 そして パート アルバイト そして 派 遣 労 働 者 さらには 無 職 ということで 去 年 のい ただいた 資 料 で 見 ますと 課 税 所 得 金 額 がゼロという 割 合 が3 割 を 超 えている と 32.6%もあるということで 今 年 も 保 健 福 祉 課 長 さんの 方 からいただいた 資 料 によると やっぱり 世 帯 数 で 見 ると 課 税 所 得 ゼロの 構 成 メンバーが 世 帯 数 の 33% 近 くということで ほとんど 構 成 は 変 わっていないと 所 得 に 限 って メン バーは 大 きく 変 わっているんですけれども メンバーが 大 きく 減 少 されて 所 得 の 方 は 所 得 構 成 自 体 はそれほどの 変 化 がないというふうに 理 解 してよろしいで しょうか 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) そのとおりでございます 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 山 本 久 人 議 員 13 番 ( 山 本 久 人 君 ) この 少 ない 前 回 よりも3,000 人 少 ない 前 回 というのは 去 年 まで の 国 保 の 加 入 者 ですけれども 前 回 から 見 て 今 年 は3,000 人 少 ないよと 世 帯 数 も -101-

23 1,000 世 帯 少 ない この 少 ない 人 数 しかも 所 得 構 成 は 相 変 わらず 低 い いわゆ るマスコミなどで 余 り 好 きな 言 葉 ではありませんけれども ワーキングプアに 近 いような 状 態 の 人 の 集 まりと 課 税 総 額 私 調 べてみたんですけれども 課 税 総 額 例 えば3 割 近 く 人 数 が 減 ったんだったら 課 税 総 額 も3 割 ぐらい 減 ってもおかしくないと 思 ったんですけれ ども 平 成 19 年 度 の 課 税 総 額 が10 億 3,000 万 円 だったと ところが 今 年 度 は こ れは 収 納 率 100% 調 定 額 というんでしょうか 一 応 課 税 は10 億 3,000 万 円 だった と ところが 平 成 20 年 度 はそこから3 割 減 って7 億 円 ぐらいに 落 ち 着 けば だれ も 値 上 がりという 災 いといいますか そういうものをこうむらないで 済 むんです けれども ところが 平 成 20 年 度 は 課 税 総 額 が9 億 5,000 万 円 納 めなくてはならな いと つまり1 割 も 減 ってないんですね 納 めるべき つまり3 割 も 3 割 まで いかないですけれども 3,000 人 も 減 った 1,000 世 帯 も 減 ったよと だけれど も 納 めるべきトータルが1 億 円 も 減 っていないと この 状 況 これはもちろん 福 祉 課 長 を 初 め 役 場 の 職 員 が 考 えたことでも 何 で もなくて これは 国 の 制 度 ですから 役 場 はこれに 従 わなければならないという んですけれども これ 非 常 に 過 酷 前 回 の 値 上 げは 自 分 たちの 医 療 分 が 町 長 が よくお 話 しになる3カ 月 で2,500 万 円 使 ったとか そういう 自 分 たちの 医 療 分 の 中 でいっぱい 高 額 の 医 療 の 方 があったからやむなく 値 上 げに 踏 み 切 ったよと とこ ろが 今 回 のはちょっとこれひどいんじゃないかと 保 険 制 度 というのは 相 互 扶 助 を 原 点 として 成 り 立 っていると つまりお 金 持 ちも 所 得 のない 人 も 一 緒 に 集 めて お 金 のある 人 はその 所 得 に 応 じて ない 人 はな い 人 なりにと ところが 国 保 の 場 合 は もう 最 初 からそういう 何 といいますか ど こにも 入 れなかった 人 が 国 保 に 入 ってしまうという これも 国 の 制 度 なので これ 以 上 議 論 はいたしませんけれども 非 常 に 私 自 身 町 の 議 会 でこういうことを 言 っ ても 話 にならないんですけれども 憤 りといいますか 違 和 感 を 感 じます 次 の 質 問 に 移 らせていただきます 今 回 の 提 案 の 内 訳 を 見 ますと 1 世 帯 当 たり 平 均 で これも 保 健 福 祉 課 長 さん 初 め 福 祉 課 の 方 が 出 していただいた 数 字 なんですけれども 医 療 分 去 年 までは -102-

24 医 療 分 と 介 護 分 と 二 つに 国 保 が 分 かれていた 医 療 分 が2 万 4,700 円 引 き 下 げ こ れ 多 分 後 期 高 齢 者 が 移 行 した 分 医 療 分 が 引 き 下 がるのかなと 私 単 純 に 考 えてい るんですけれども そして 介 護 分 は 変 わらないと 実 際 には 介 護 費 は 値 上 げせざ るを 得 ないような 状 況 に 近 いんですけれども 今 回 に 限 っては 介 護 分 は 変 えてい ない ところが 新 たに 後 期 高 齢 者 支 援 金 という 項 目 が 加 わりまして これは 昨 年 ま では 老 人 保 健 拠 出 金 ということで 医 療 分 の 中 に 含 まれていたものが 今 回 新 たに 後 期 高 齢 者 を 支 援 すると 名 目 実 際 に 支 援 するしないはわからないですけ れども 名 目 上 そういう 項 目 で4 万 4,600 円 の 引 き 上 げといいますか 新 たに4 万 4,600 円 というのがついてきたと ということで 医 療 分 が2 万 5,000 円 ぐらい 下 がったのにもかかわらず 後 期 高 齢 者 支 援 金 で4 万 5,000 円 上 がる 全 体 として2 万 円 の 引 き 上 げ これ1 世 帯 当 た りの 平 均 です 特 に 均 等 割 と 資 産 割 に 多 くウエートがかかっていますので 例 えば 加 入 者 が 多 い 世 帯 ほどこの 値 上 げ 分 は 大 きくなると または 固 定 資 産 税 が 高 い 方 は 非 常 に 厳 しい 状 況 になるということです そういった 値 上 げをして これも 本 当 に 保 健 福 祉 課 さんからいただいた 資 料 で 本 当 に 申 しわけないんですけれども 基 金 残 高 が 当 初 平 成 20 年 度 見 込 み 当 初 というのは 今 だと 思 うんですけれども 1 億 1,700 万 円 1 億 1,800 万 円 ぐらいあ る 基 金 残 高 が 年 度 末 には1 億 円 を 割 って8,600 万 円 ぐらいに かえって 減 ってし まうと 値 上 げをしているのに じゃあ これやっぱりある 程 度 基 金 残 高 というのは 急 な 出 費 に 備 えて3カ 月 分 ぐらい 見 ておかなくちゃないんだよと やっぱり 課 長 さんに 教 えていただいた んですけれども これも 本 当 に 亘 理 町 の 役 場 の 方 ではなるべく 町 民 に 負 担 がかか らないように 基 金 ぎりぎりのところでやっていらっしゃる それはわかるんです けれども この 状 況 だとまた 来 年 も 去 年 も 値 上 げだったよ 去 年 は 医 療 分 だよ と 今 年 は 後 期 高 齢 者 の 制 度 発 足 によって 何 か 加 入 者 が 減 って1 人 分 の 負 担 割 が 増 えるよと 来 年 は 基 金 が 減 るからまた 値 上 げなんじゃないかと 来 年 のことは 全 然 わからないですね 毎 日 のように 本 当 に 自 民 党 は 沖 縄 の 県 議 選 で 負 けて 毎 日 のように 見 直 し 見 直 し 見 直 しで きのう 町 長 の 方 も 答 弁 され -103-

25 ていましたけれども 国 の 方 に 振 り 回 されて 役 場 の 方 は 大 変 困 っていると シス テムの 改 修 から 何 から 全 額 国 の 補 助 でやるわけじゃないよと これは 本 当 にどこに 怒 りをぶつけていいのか 総 選 挙 で 判 断 するしかないのか ということだと 思 うんですけれども 非 常 に 国 保 の 加 入 者 の 怒 りというのは 相 当 なものだと 思 うんです この3 番 の 質 問 に 戻 りますけれども 来 年 度 末 の 基 金 残 高 は 当 初 の 残 高 を 割 り 込 み 余 裕 のない 状 況 に 陥 りますと 実 態 としては 後 期 高 齢 者 を 支 援 したくな いという 話 ではないんです 後 期 高 齢 者 も 支 援 しなくちゃない だけれども 支 援 するなら 同 じ 低 所 得 者 ばかり 集 めたようなところで 支 援 する どっちかといっ たら この 国 保 の 入 っている 大 部 分 の 階 層 というのは 支 援 する 側 に 立 てるのか と 支 援 する 余 裕 なんてあるのと 結 局 後 期 高 齢 者 支 援 金 という 名 目 が 新 たに 今 回 登 場 したことから でも 町 民 納 得 して おれ じいちゃん ばあちゃん 助 けるために 後 期 高 齢 者 支 援 金 払 うよ と 2 万 円 上 がってもしょうがないよと これみんなが 納 得 しているんだったら いいんですけれども どうなんでしょうかということで 実 際 にこれ 余 裕 がある のかないのか 町 長 答 弁 お 願 いいたします 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) きのうも 同 僚 議 員 の 質 問 にもお 答 えしたところでございますけれ ども この 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 そのものについても 現 在 国 の 方 でもいろいろ と 議 論 されておるところでございます 今 日 明 日 あたりにはそれらの 内 容 があ る 程 度 の 決 着 がつくのかなという 感 じをいたしておるわけでございます そして この 社 会 保 障 費 そのものについても 聖 域 なき 減 額 ということで 1 年 に2,200 億 円 減 額 すると 言 われておるわけでございます そういう 骨 太 の 方 針 に 基 づいて 国 の 方 で 社 会 保 障 費 そして この 後 期 高 齢 者 の 制 度 を 立 ち 上 げたと それに 対 しまして 75 歳 以 上 と その 分 け 方 が 変 でないのか そしてまた この 国 民 健 康 保 険 税 そのものについては 今 山 本 議 員 さんが 言 われたように 自 由 業 であると 農 業 商 業 工 業 さらには ご 案 内 のとおりバ ブルがはじけましてリストラされた 方 あるいは 会 社 が 倒 産 して それに 伴 いま して 国 民 健 康 保 険 に 入 ったと -104-

26 そういたしますと やはり 所 得 そのものが 先 ほど 来 言 われております 課 税 標 準 額 でゼロの 世 帯 が30%を 超 える 割 合 になっておる しかし 国 民 健 康 保 険 税 そ のものについては 今 さら 申 し 上 げるまでもなく 医 療 給 付 費 を 税 で 賄 う これ が 目 的 税 の 使 命 でございます そういう 中 で 今 回 この 国 民 健 康 保 険 税 の 値 上 げをせざるを 得 ないというの は やはり 国 の 制 度 そのもの そして 一 番 低 所 得 階 層 にあると 思 われます 国 民 健 康 保 険 加 入 者 それらについても やはり 抜 本 的 に 国 の 制 度 改 革 をしてもらわ ないと 町 といたしましては これに 対 します 一 般 会 計 からの 繰 り 出 し 云 々という 考 え 方 もありますけれども そういうことまでやりますと 本 来 の 目 的 税 を あ るいは 一 般 会 計 にも 圧 迫 するということで これらの 内 容 等 についてはいろいろ と 国 の 方 に 要 望 もしているし 請 願 もしておると さらには ご 案 内 のとおり 健 診 特 定 健 診 の 導 入 もされておるわけでござい ます 健 診 率 亘 理 町 におきましては 約 32%くらいの 健 診 率 でございますけれど も 国 の 方 の 基 準 では 5 年 後 でございますけれども 65%を 超 えないとペナルテ ィー すなわち 補 助 金 のカットというような 制 度 も 出 ておるわけでございます と いうことは 二 重 の 町 としては 板 挟 みになっておるという 感 があるわけでござい ます そういうことで 今 後 やはり 町 民 の 方 々には 町 のこの 議 会 の 議 決 をいただき ましたら あす あさっての 議 決 詳 細 に 詳 しくわかるように 掲 載 したいと その 場 合 に 余 り 数 字 を 使 いながら だれでも 見 ればわかるような 広 報 等 にし 掲 載 し てまいりたいと 思 っておるところでございます 以 上 でございます 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 山 本 久 人 議 員 13 番 ( 山 本 久 人 君 ) 本 当 に 値 上 げというのは 結 局 町 民 は 何 でこんなに 上 がるのとい うのがほとんどだと 思 うんです 中 の 数 字 何 でこういうふうに 上 がるのなん て 私 も 去 年 までそういう 状 態 だったものですから そして 健 診 の 話 今 出 ましたけれども 今 年 度 から 特 定 健 診 が 始 まるという ことで 私 も 久 しぶりにきのう 健 診 を 受 けてまいりまして 7 時 20 分 に 行 った ら 結 構 おじいちゃん おばあちゃん たくさんいらっしゃいまして これは 余 談 ですけれども -105-

27 やっぱり 町 全 体 としてこういうふうに 医 療 費 といいますか 国 保 の 話 ですけれ ども こういうふうに 値 上 げが 続 くような 続 く 可 能 性 があるんであれば もう ちょっと 医 療 費 かからないような 施 策 やっぱりこれは 本 当 に 今 年 度 始 まる 特 定 健 診 に 本 当 に 期 待 して 私 らも 町 民 を 誘 いながらどんどん 健 診 に 行 こうよという ことで 医 療 費 削 減 に 努 力 したいと 思 うんですけれども 最 後 の 質 問 に 入 らせて いただきます これも 保 健 福 祉 課 の 説 明 で これ 以 上 国 保 の 収 納 率 が 低 下 すると 交 付 金 が 国 県 からの 交 付 金 だと 思 うんですけれども 5% 減 額 されて 先 ほど 健 診 で 町 長 が5 年 後 65%を 超 えないとペナルティー 加 えられるよというのと 同 じように これもまたペナルティーということなんですけれども 私 心 配 するのは 今 回 の 引 き 上 げによって 平 均 すると1 世 帯 当 たり2 万 円 ぐらいの 引 き 上 げですけれど も いろいろな 事 情 によって やっぱり 収 納 率 の 維 持 が 困 難 になってくるのでは ないのかと 私 は 思 われるのですけれども その 点 町 長 どのようにお 考 えなのかお 伺 いします 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) 収 納 率 については 国 で 示 している 内 容 については 88% 以 上 か ら90% 未 満 の 場 合 については 調 整 交 付 金 が5% 減 額 すると 言 われております ち なみに 亘 理 町 の 収 納 率 そのものについては 平 成 18 年 度 におきましては93.68%で ございます 前 年 度 すなわち 平 成 17 年 度 よりは1% 増 ということでございま す しかし 本 年 度 の 平 成 20 年 度 については 収 納 率 の 低 下 が やはり 山 本 議 員 さんが 言 われたように 税 の 増 額 によってこの93%を 維 持 することは 困 難 ではな かろうかと 思 っております そういう 中 ではございますけれども 平 成 14 年 度 から 納 税 勧 奨 員 ということで 4 名 嘱 託 職 員 を 張 りつけ 毎 日 のように 滞 納 者 に 対 しまして 個 別 訪 問 をしながら 徴 収 そして 確 約 書 そういう 手 続 をとりながらやっておりますけれども いかん せん 先 ほど 来 申 されたように 所 得 階 層 が 低 い さらには 収 入 がないと それ らについても やはり 本 来 ですと 所 得 がなければ 課 税 できないんですけれども 国 保 税 の 趣 旨 からいって 世 帯 割 あるいは 人 口 割 あるいは 土 地 がありますと 資 産 割 というような 制 度 的 な 背 景 もございますので これらについても そういう -106-

28 制 度 的 な 内 容 を 確 保 しながら この 徴 収 率 そのものについては 90% 未 満 になり ますと 先 ほどの 減 額 5%になりますので 絶 対 そのペナルティーをつけられな い 方 法 で 何 らかの 形 で 徴 収 率 の 確 保 に 努 めてまいりたいと 思 っておるところで ございます 以 上 でございます 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 山 本 久 人 議 員 13 番 ( 山 本 久 人 君 ) 私 の 資 料 と 若 干 数 字 がちょっと 異 なるんですけれども 平 成 19 年 度 分 の4 月 末 現 在 の 一 般 医 療 給 付 費 の 収 納 率 が90.2とあるんですけれども これ 5 月 末 の 数 字 出 たか 出 ないかだと 思 うんですけれども もしお 持 ちであればいた だければ なければないでいいんですけれども ちょっと 本 当 にぎりぎりのとこ ろなのかなと 国 保 税 の 場 合 は 今 年 の10 月 から 特 別 徴 収 ということで 65 歳 以 上 の 方 は 年 金 天 引 きということで その 点 若 干 安 心 できる 面 もあるのか ただ 国 の 方 がもう 本 当 に 猫 の 目 のようにころころ ころころ 変 わるような 状 況 で 実 際 どうなるのか 来 年 のことはまるっきり 予 想 もつかないような 状 況 で 収 納 率 の 維 持 どうしても やっぱり とにかく 国 保 の 場 合 は 住 所 を 点 々とする 人 がいると 保 険 料 逃 れかなん かわからないですけれども ちょっとほかの 保 険 の 加 入 者 とはちょっと 構 成 が 違 う ようなところありますので なかなかこの90という 数 字 を 維 持 するのも 本 当 に 口 で 言 うのは 簡 単 ですけれども やっぱり 私 も1 年 議 員 やってみて これは 大 変 なこと なんだなと サラリーマンのように 源 泉 徴 収 で 給 料 天 引 きだったら 話 は 簡 単 だと 思 うんです けれども 実 際 問 題 これ 納 付 書 送 られて 払 わない 人 は 一 向 に 払 わないという のもよく 聞 きますので いろいろ 役 場 の 方 も 大 変 だと 思 うんですけれども この 国 保 の 場 合 は やっぱり 低 所 得 者 が 多 いと それにかかわる 減 免 措 置 というのも 2 割 軽 減 5 割 軽 減 7 割 軽 減 とあるということで その 点 はいいかと 思 うんで すけれども やっぱり 今 度 そうなってくると 国 保 である 程 度 所 得 があると そ の 人 らががんがん 取 られると 役 場 の 課 長 さんほどはお 支 払 いしてないかもしれ ないですけれども 私 なども 何 か 今 年 あたりからかなり 厳 しい 額 になっているよ うでございます 今 後 とも 国 の 制 度 なので 本 当 に 町 がそれをわかりやすく 本 当 は 厚 生 労 働 省 -107-

29 がきちっと 舛 添 大 臣 がきちっと 説 明 すればいいんですけれども 何 だかパフォ ーマンスに 走 ってよくわからない 状 況 なものですから ぜひ 亘 理 町 役 場 は 町 民 にわかりやすい 国 保 であってほしいと 願 って 一 般 質 問 を 終 わらせていただきま す ありがとうございました 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) これをもって 山 本 久 人 議 員 の 質 問 を 終 結 いたします 次 に18 番 島 田 金 一 議 員 登 壇 18 番 島 田 金 一 君 登 壇 18 番 ( 島 田 金 一 君 ) 18 番 島 田 でございます 私 は 食 育 と 学 校 給 食 について また2 問 目 亘 理 町 集 中 改 革 プランの 検 証 に ついて 質 問 をいたします まず 食 育 と 学 校 給 食 について 輸 入 食 品 の 事 故 や 食 糧 自 給 率 食 料 品 等 の 値 上 げなど 食 の 問 題 が 注 目 さ れています そこで 下 記 の 質 問 をいたします 1 番 現 在 学 校 での 食 育 の 取 り 組 みはいかがですか 質 問 いたします 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) 教 育 行 政 に 関 することでございますので 教 育 長 の 方 から 答 弁 い たさせます 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 教 育 長 教 育 長 ( 鈴 木 光 範 君 ) 学 校 教 育 での 食 育 の 取 り 組 みについてですけれども これま で 何 度 か 議 会 でご 質 問 をいただき 回 答 させていただいているところです 近 年 の 食 文 化 の 変 化 に 伴 い 成 長 期 にある 児 童 生 徒 の 偏 った 栄 養 摂 取 朝 食 抜 きなど 食 生 活 に 乱 れや 肥 満 の 増 加 等 が 社 会 問 題 となり 平 成 17 年 に 食 育 基 本 法 が 制 定 されました 各 学 校 におきましては 給 食 の 時 間 はもちろんですけれども 低 学 年 の 生 活 科 それから 高 学 年 家 庭 科 さらには 学 校 給 食 センターの 管 理 栄 養 士 に 各 学 校 に 出 向 いてもらい 学 級 活 動 の 時 間 に 食 育 に 関 する 指 導 を 実 施 しているとこ ろです その 指 導 内 容 は 小 学 校 低 学 年 では 好 き 嫌 いせずに 食 べること 中 学 年 では 地 域 の 作 物 に 関 心 を 持 つこと 高 学 年 では 食 文 化 や 食 品 の 流 通 過 程 を 理 解 する といったことをわかりやすく 教 えているものです -108-

30 この 今 のテーマについては 各 学 校 の 年 間 計 画 を 見 て 各 学 校 いろいろなんで すけれども 総 合 すると 大 体 こういった 感 じかなというところで 今 お 答 えした ところです また 授 業 参 観 においても 肥 満 と 朝 食 抜 き などをテーマとして バラ ンスのとれた 食 事 適 度 な 運 動 十 分 な 休 養 と 睡 眠 という 健 康 3 原 則 を 子 どもたちとその 保 護 者 の 皆 さんにお 話 ししています 今 後 とも 早 寝 早 起 き 朝 ごはん を 中 心 とし 食 育 指 導 を 継 続 充 実 させていきたいと 考 えています 以 上 でございます 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 島 田 金 一 議 員 18 番 ( 島 田 金 一 君 ) 今 現 在 の 取 り 組 みのご 説 明 ございました もちろんご 存 じだと 思 いますが 宮 城 県 食 育 推 進 プランが 出 ております それは 町 全 体 から 地 域 あ と 学 校 もちろん 学 校 ですが それを 含 んだものでございますが その 食 育 プラ ンの 中 に ステージごとにいろいろ 今 教 育 長 がおっしゃいましたが 分 けて おるのは 乳 幼 児 期 1 歳 から5 歳 学 童 期 6 歳 から12 歳 思 春 期 13 歳 から18 歳 となっております 義 務 教 育 でございますと 思 春 期 のうちの13 歳 から15 歳 と いう 形 でございますが 学 校 での 取 り 組 み 今 管 理 栄 養 士 が 各 学 校 でいろいろ 指 導 する あとPTA 関 係 でいろいろなお 話 を 講 習 会 とかをやるという 形 です が 法 律 でできました 栄 養 教 諭 の 配 置 はいかがなっているんですか 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 教 育 長 教 育 長 ( 鈴 木 光 範 君 ) 今 年 の 平 成 20 年 度 の 仙 台 教 育 事 務 所 管 内 では 栄 養 士 も 含 めて なんですけれども 36 人 ということになっています 栄 養 教 員 については ちょ っとわからないですけれども それで 小 学 校 が69 校 仙 台 管 内 で 中 学 校 が39 校 で108 校 あるわけですけれども そのうちに 栄 養 士 も 含 めて36 人 ということで 学 校 の 分 母 にすれば3 分 の1ぐらいの 栄 養 関 係 の 職 員 がいるということで 亘 理 町 も 県 の 栄 養 士 が2 人 と 町 職 員 が1 人 ということで そして 10 校 を3 人 でとい うことになれば 大 体 その 県 と 同 じレベルぐらいの 栄 養 指 導 者 がいるのかなと 思 っているところです 以 上 です 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 島 田 金 一 議 員 18 番 ( 島 田 金 一 君 ) 今 の 亘 理 町 3 人 という 形 で 栄 養 指 導 という 形 ですが 教 育 長 もご -109-

31 存 じだと 思 いますが 栄 養 教 諭 法 律 的 に 誕 生 いたしましたのが 平 成 17 年 度 から でございます それが 全 国 の 統 計 私 の 調 べたところですね 全 国 でまだ 平 成 19 年 度 で900 人 きり 配 置 になっていないというふうな 現 状 でございます そしてま た 宮 城 県 では10 人 ほど まだ 栄 養 教 諭 としては 認 められていないという 現 状 で ございますので 今 小 中 学 校 合 わせて 大 体 650 校 くらい 宮 城 県 にあると 思 いま すが 給 食 やっている 学 校 ですね その 学 校 の10 人 としては 到 底 及 ばないところ でありますので 今 こういう 管 理 栄 養 士 が 代 行 している 状 況 だと 思 います その 中 で 平 成 17 年 ですと 2 年 以 上 短 大 卒 業 した 二 級 栄 養 教 諭 一 級 栄 養 教 諭 が 大 体 ことしから 誕 生 するはずになっております そうすると 配 置 もこと しから ある 程 度 モデル 校 を 中 心 とした 配 置 が 行 われる 予 定 だと 思 いますが そ の 点 の 方 針 はございませんか 県 あたりから 聞 いています 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 教 育 長 教 育 長 ( 鈴 木 光 範 君 ) ただいま 島 田 議 員 さんのおっしゃることで 細 かい 数 字 は 先 ほ ど 仙 台 管 内 の 栄 養 教 師 は4 人 だったかと 思 いますけれども これからの 増 やすこ とについてどのような 方 向 でやっていくかというのは まだ 聞 いておりませんの で お 答 えにならないかと 思 います 申 しわけないです 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 島 田 金 一 議 員 18 番 ( 島 田 金 一 君 ) それは 文 部 科 学 省 とか 県 の 実 際 配 置 するのは 県 のことでござ いますので 県 も 予 算 の 関 係 上 すぐに 取 り 組 むということはなかなか 難 しそう で 平 成 19 年 の 文 部 科 学 省 の 通 達 によって もう 県 の 方 にぜひ 配 置 等 をお 願 いし たいというふうな 通 達 が 出 ているようでございます やっぱり 予 算 の 関 係 で そ れは 随 分 おくれるようなこととなります それでは2 番 目 に 移 りたいと 思 います 地 産 地 消 の 考 えで 今 でもリクエストメニュー 等 取 り 組 んでおりますが 地 元 産 米 の 消 費 拡 大 を 図 るために 米 粉 の 利 用 食 材 の 導 入 はいかがでしょうか ま た つけ 足 しになりますが 地 場 産 品 の 食 材 料 はどういうふうな 考 えでございま すか 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 教 育 長 教 育 長 ( 鈴 木 光 範 君 ) 学 校 給 食 では 昭 和 55 年 2 月 から 米 飯 給 食 を 週 3 回 実 施 し 昭 和 -110-

32 63 年 4 月 からは 月 火 木 金 の 週 4 回 に 増 やし さらに 平 成 17 年 度 からはJ Aみやぎ 亘 理 産 の 米 を 供 給 してもらい 米 の 消 費 拡 大 を 図 っています ご 質 問 のことですが 米 粉 の 利 用 についてですけれども 昨 年 度 には1 回 県 内 産 の 米 を 使 用 した 米 粉 パンの 給 食 を 実 施 しましたが 今 年 度 は 学 期 ごとに6 月 11 月 1 月 の3 回 実 施 する 予 定 になっております そのようにして 少 しでも 消 費 拡 大 を 図 っているところです 以 上 です 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 島 田 金 一 議 員 18 番 ( 島 田 金 一 君 ) 今 亘 理 町 の 現 状 でございますが この 今 1 問 に 言 った 推 進 プラ ンの 中 では こういうことが 書 かれております 学 校 給 食 の 地 域 の 食 材 を 活 用 し 地 域 の 食 材 や 郷 土 料 理 に 触 れる 機 会 をつく る 地 域 で 取 り 組 み 生 産 農 業 体 験 漁 業 体 験 職 場 見 学 等 の 体 験 の 場 や 機 会 を 提 供 する 学 校 給 食 での 地 域 の 食 材 活 用 に 協 力 するというのが 地 域 での 取 り 組 みとなっております そして あともう 一 つは 学 校 での 食 育 の 取 り 組 みに 対 して 協 力 するというふ うに 地 域 ぐるみの 食 育 推 進 になっておりますが 今 小 学 校 で 小 学 校 中 学 校 も 含 めてですが 学 校 農 園 そういうふうな 活 動 をなさっている 学 校 は 何 校 く らいありますか 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 教 育 長 教 育 長 ( 鈴 木 光 範 君 ) 農 園 活 動 では 逢 隈 高 屋 それから 吉 田 長 瀞 と 亘 理 小 学 校 と 荒 浜 小 学 校 は 別 な 活 動 をやっているようですけれども それも 近 くに 田 んぼが 農 家 の 方 から 借 りやすいところ それからあと 子 どもたちが 田 んぼに 比 較 的 短 時 間 で 行 けるところというようなことで 農 協 の 方 から 協 力 をいただいて4 校 で やっているところです あとそのほか そういう 大 々 的 ではないですけれども 亘 理 小 学 校 や 荒 浜 小 学 校 でも 先 日 サツマイモの 苗 を 植 えていたと 亘 理 小 学 校 でも 見 ましたし 荒 浜 小 学 校 でもそういう 活 動 をしているのを 確 かめてきたところです 以 上 です 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 島 田 金 一 議 員 18 番 ( 島 田 金 一 君 ) 総 合 の 時 間 も 少 なくなっているところでございます ぜひ 理 科 の 時 間 とかそういうふうに 活 用 して そういう 先 進 的 な 活 動 をなさっている 学 校 が -111-

33 随 分 多 いと 思 いますので その 点 を 強 化 お 願 いを 申 し 上 げて 次 に 移 ります 続 きまして 3 番 目 になります 給 食 センターの 老 朽 化 のため 移 転 改 築 の 検 討 がなされる 時 期 になっておりま す 公 共 ゾーンに 給 食 センターの 構 想 があります 自 校 方 式 センター 方 式 等 が あります これ 調 べた 結 果 センター 方 式 は 共 同 調 理 場 方 式 という 形 と あと 自 校 方 式 は 単 独 調 理 場 というふうな 名 前 になっておりますので もしよければ 訂 正 をお 願 いします 本 町 独 自 の 調 査 検 討 は 行 われていますか 質 問 します 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 教 育 長 教 育 長 ( 鈴 木 光 範 君 ) 給 食 センターは 昭 和 48 年 9 月 から 小 中 学 校 完 全 給 食 として 調 理 を 開 始 し 本 年 で35 年 を 経 過 します 建 物 はもとより 施 設 設 備 調 理 機 械 器 具 全 般 にわたり 老 朽 化 が 進 んでいるため 保 守 点 検 修 理 を 怠 りなく 機 械 に 無 理 な 負 荷 をかけないように 大 事 に 使 っているのが 現 状 です 早 期 建 てかえ が 好 ましいと 考 えています 質 問 の 自 校 方 式 センター 方 式 がある 調 理 2 種 類 方 法 あるわけです けれども その 調 査 検 討 については 改 まって 正 式 に 検 討 したものではありませ んが 内 部 協 議 での 現 状 維 持 という 考 えをもとに 総 合 発 展 計 画 審 議 会 公 共 ゾ ーン 検 討 委 員 会 に 説 明 し 建 設 構 想 を 了 承 していただいているものです 現 状 維 持 の 理 由 は 各 学 校 の 建 設 スペースの 問 題 安 全 衛 生 の 確 保 効 率 性 そして 経 済 性 を 考 慮 すると 現 状 のセンター 方 式 を 変 える 考 えは 出 てこなかった ということです したがって 現 在 のところ 島 田 議 員 さんがご 指 摘 のとおり 公 共 ゾーンに 給 食 センターを 移 転 する 計 画 にしているものです 以 上 です 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 島 田 金 一 議 員 18 番 ( 島 田 金 一 君 ) 公 共 ゾーンに 移 転 の 計 画 がございますということを 町 長 今 期 の 町 長 ご 当 選 なさってから 給 食 センターを 公 共 ゾーンにというふうなことをいろ いろな 公 の 場 で 説 明 しておりますが これらの 今 議 会 にも 提 案 されております 平 成 19 年 度 の 公 共 ゾーンの 実 施 設 計 の 中 で 繰 越 明 許 がございます それも 含 めてで すが この 公 共 ゾーンに 給 食 センターという 形 は 今 でも 堅 持 の 構 想 でございます -112-

34 か 町 長 にお 聞 きします 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) 公 共 ゾーンの 施 設 そのものについては ご 案 内 のとおり12 万 7,000 平 米 でございます これらの 中 の 整 備 といたしまして 以 前 から 議 会 あるいは 総 合 発 展 計 画 の 中 で 位 置 づけしているのが 保 健 福 祉 センター 役 場 庁 舎 町 民 会 館 そして 町 民 体 育 館 そして 学 校 給 食 センターということの 位 置 づけをしてお るところでございます 以 上 でございます 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 島 田 金 一 議 員 18 番 ( 島 田 金 一 君 ) これは 平 成 19 年 度 の 予 算 で 新 しい 方 式 指 定 プロポーザル 方 式 で 設 計 者 を 特 定 したというふうに 平 成 18 年 度 の 実 施 設 計 執 行 状 況 の 文 書 で 説 明 に なっております それも 踏 まえて 今 の 今 回 5 月 に 名 取 市 の 新 学 校 給 食 共 同 調 理 場 の 建 設 場 所 の 問 題 について 新 聞 報 道 ですが この 場 所 が 土 地 の 用 途 地 域 が 第 一 住 居 地 域 であることから 建 築 基 準 法 上 で 共 同 調 理 場 は 建 築 の 県 の 特 例 許 可 を 認 められなかったと これはどういう 理 由 かというと この 共 同 調 理 場 は 工 場 ということで 住 宅 地 では 活 用 できない 準 工 業 地 域 でのものだということ で 急 遽 本 郷 地 区 に 移 転 の 計 画 になりました その 点 あたりの 町 長 のご 見 解 をお 願 いします 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) 名 取 の 学 校 給 食 センターについての 位 置 づけは 新 聞 に 上 がった とおりだと 思 いますけれども 亘 理 町 の 公 共 ゾーンの 位 置 づけについては 無 指 定 でございますので その 心 配 はないということでございます 以 上 でございま す 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 島 田 金 一 議 員 18 番 ( 島 田 金 一 君 ) 確 かに 無 指 定 でございます でも 今 食 育 プランからなぜ 入 っ たかというと 地 域 の 食 育 をするために 地 産 地 消 それから 地 域 の 人 の 協 力 と いうふうなことが 大 事 になっております 私 としては 今 自 校 方 式 単 独 調 理 場 という 形 の 方 ですね 費 用 の 件 で 相 当 いろいろ 問 題 はあると 思 いますが その 費 用 とか 基 本 方 針 がセンター 方 式 ということで 基 本 方 針 にも 載 っています が 今 からそういうふうな 栄 養 教 諭 また そういう 食 育 というふうな 県 の 方 針 -113-

35 もございますので もちろん 亘 理 町 も 食 育 推 進 プランを 将 来 作 成 するでしょうか ら その 辺 も 踏 まえて もし 検 討 できるんだったら 自 校 方 式 検 討 なさるお 考 え はございませんか 教 育 長 でも 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) 先 ほど 来 教 育 長 から 答 弁 のように 総 合 発 展 計 画 の 中 での 審 議 会 の 中 でも そういう 自 校 方 式 ということが 話 に 出 なかったと そしてまた 自 校 方 式 にしますと 先 ほどお 話 のとおり 管 理 栄 養 士 とかいろいろな 人 件 的 な 問 題 あるいは 建 物 を 建 てる 場 合 については 現 在 の 校 舎 に 使 うわけでない 校 庭 が 狭 隘 になると いろいろな 条 件 があると 思 います そして 地 産 地 消 と 言 われますけれども 現 実 には300 日 ぐらいの 給 食 それを 一 括 して 提 供 できる 亘 理 町 内 ではでき 得 ないということで 仕 入 れをしておる ということでございます 米 については ご 案 内 のとおり 先 ほどのJAさんからの 購 入 はできますけれ ども 例 えば 白 菜 ニンジン トマト それらについて3,400 食 一 気 にやるという ことは 自 校 方 式 にした 場 合 についてもなかなかそれらの 対 応 ができないという ことでございます 以 上 でございます 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 島 田 金 一 議 員 18 番 ( 島 田 金 一 君 ) 自 校 方 式 はなかなか 難 しいと 私 もいろいろ 調 べました あとモ デル 校 あたりも 聞 いてみました そうすると 大 体 1,000 食 くらいの 学 校 では 地 場 の 農 協 から 翌 月 の 青 果 物 の 生 産 プランをもらいまして 栄 養 士 が 生 のものを 使 いたいという 形 でやっております 今 からの 考 えですが 大 きいセンター 方 式 で 調 理 することも 大 切 だと 思 います が 地 域 の 本 当 に 特 徴 のある 食 を 守 るというか 伝 統 とかそういうふうなものと 鮮 度 あと 給 食 ができてから 配 送 になって 食 事 するまでの 時 間 それが 短 時 間 に なると 温 かいままに 食 べられると そういうふうな 利 点 も 考 慮 して 私 として は 自 校 方 式 をぜひ 推 薦 してもらいたいと 考 えております もう 一 度 その 点 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) やはりこれからの 行 政 は 財 政 が 年 々 厳 しくなる やはり 簡 素 化 そして 効 率 的 な 運 営 をせざるを 得 ないと その 場 合 については やはりセンター -114-

36 方 式 の 方 が 効 率 的 でもあり 今 回 の 給 食 センター 建 設 予 定 地 については 亘 理 町 の 真 ん 中 であると 人 間 の 体 で 言 えばへその 部 分 に 当 たるということから 四 方 八 方 配 送 ができるということで 10 分 ないし20 分 で 全 学 校 に 到 着 する 内 容 になっ ているので 現 在 のところはやはり 総 合 発 展 計 画 の 中 で 位 置 づけされた 内 容 で 推 進 を 図 ってまいりたいと 思 っております 以 上 でございます 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 島 田 金 一 議 員 18 番 ( 島 田 金 一 君 ) それから この 自 校 方 式 というのを 防 災 の 方 の 観 点 から 見 ます と センター 方 式 だとそこかもしそういうふうな 大 震 災 とかでやられた 場 合 全 部 の 学 校 がやられるという 可 能 性 は 少 ないと 思 います そうすると もし 自 校 方 式 だと10 校 もあります それだと 地 域 のそういうふうな 防 災 の 救 急 の 食 の 提 供 に も 活 躍 できると 思 いますが その 点 いかがでしょうか 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) それは 災 害 起 きてみないとわかりませんけれども ある 部 分 が 災 害 して 亘 理 町 が 災 害 が 起 きた 荒 浜 が 災 害 がない そういうことは 想 定 してお りませんので その 辺 までは 考 えておりません 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 島 田 金 一 議 員 18 番 ( 島 田 金 一 君 ) いろいろ 財 政 的 なことでもなかなか 方 式 は 変 わらないと 思 います が もし 一 考 あればいろいろな 審 議 会 もしセンターの 正 式 に 建 設 審 議 とか 何 か が 始 まりましたら 一 応 自 校 方 式 も 考 慮 に 入 れてもらいたいと 思 います 次 に 移 ります 次 亘 理 町 集 中 改 革 プランの 検 証 について 亘 理 町 改 革 プランが 平 成 18 年 度 より 実 施 され 行 政 組 織 改 革 が 平 成 18 年 10 月 に 施 行 されました 平 成 19 年 度 決 算 期 で 改 革 プラン2 年 目 組 織 改 革 で1 年 6カ 月 になります そこで 下 記 の 質 問 をいたします 平 成 19 年 度 決 算 の 結 果 を 精 査 して 改 革 プランの 総 合 的 な 検 証 を 行 い 公 表 す る 考 えはおありでございますか 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) 平 成 19 年 度 の 決 算 については 5 月 31 日 で 出 納 整 理 期 間 が 終 了 し たということで 現 在 取 りまとめ 中 ということでご 理 解 願 います -115-

37 また 亘 理 町 行 政 改 革 大 綱 並 びに 亘 理 町 集 中 改 革 プランに 基 づきまして 今 お 話 のとおり 平 成 18 年 度 から 平 成 22 年 度 までの5カ 年 計 画 で 実 施 しておるところ でございます そして ご 案 内 のとおり 平 成 18 年 19 年 の2 年 目 を 終 えようと しておるところでございます そこで 項 目 は 全 体 で221 項 目 でございます 現 在 まで 達 成 しておる 項 目 が89 項 目 がございます そして 継 続 実 施 実 施 済 項 目 が61 項 目 そして 検 討 協 議 作 業 中 が25 項 目 さらに 平 成 20 年 度 以 降 実 施 予 定 あるいは 実 施 の 可 否 の 検 討 が46 項 目 であります そういう 中 で 進 捗 状 況 そのものについては 継 続 と 達 成 と 実 施 済 を 合 わせま して67.9%であり 順 調 に 推 移 していると 思 っております これらについては 広 報 紙 あるいはホームページで 掲 載 してまいりたいと 思 っておるところでござ います 以 上 でございます 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 島 田 金 一 議 員 18 番 ( 島 田 金 一 君 ) 今 町 長 から 達 成 度 67.9%という 形 の 推 進 で 経 緯 しているという ふうなことですが 次 の 安 細 議 員 の 質 問 にも 関 係 しますが 組 織 改 革 の 方 でいい 点 とか 2 番 に 入 る いろいろ 改 正 点 とか 何 かは 気 づいたところは 今 の 段 階 ではありませんか 組 織 改 革 で ( もう1 回 今 何 を 質 問 したんだか の 声 あ り 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 今 の 質 問 を 再 度 島 田 金 一 議 員 18 番 ( 島 田 金 一 君 ) じゃあ この 検 証 の 方 は69%という 形 で ( 67.9% の 声 あり) 67.9%ね はい 次 に 移 ります 基 本 方 針 にある 町 民 との 行 政 情 報 の 公 開 や 情 報 共 有 への 取 り 組 みはどのように 行 われていますか 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) 亘 理 町 の 行 政 改 革 基 本 方 針 については 議 員 さんもご 案 内 のとお り 三 つの 項 目 を 基 本 方 針 として 進 めておるところでございます そういう 中 で 亘 理 町 集 中 改 革 プランの 実 施 計 画 も これも3 項 目 で 重 点 項 目 として58 項 目 これについても 現 在 取 り 組 みを 行 っておるところでございます そういう 中 で ご 案 内 のとおり 亘 理 町 まちづくり 基 本 条 例 につきましては -116-

38 議 員 さんのご 承 認 をいただきまして 4 月 1 日 から 県 内 で 初 めての 条 例 を 制 定 さ せていただいたところでございます その 基 本 については 町 民 と 行 政 そして 議 会 等 との 協 働 のまちづくりということで 計 画 をいたしているわけでございま す このまちづくり 基 本 条 例 に 基 づきまして まちづくり 推 進 委 員 会 を 現 在 町 民 によるところの 募 集 をかけております 6 月 末 今 月 末 までの 募 集 現 在 のとこ ろ2 名 だけなんですので これらについてもぜひ 議 員 の 方 々 ぜひこのまちづく り 推 進 委 員 会 の 方 に 応 募 してもらいたいと 思 っています 町 民 との 協 働 による 基 本 的 な 委 員 会 でございますので それらについてもお 働 きを 願 えればと 思 うとこ ろでございます 町 といたしましても 広 報 紙 あるいはホームページ そして 出 前 講 座 町 民 と の 町 政 教 室 さらには ほっと 通 信 ということでの 行 政 を 町 民 から 直 接 聞 きた いということで 町 長 と 語 る 日 なども 設 定 をしているところでございます これ らについても ぜひ 今 後 とも 推 進 を 図 ってまいりたいと 思 っているところでござ います 以 上 でございます 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 島 田 金 一 議 員 18 番 ( 島 田 金 一 君 ) まちづくり 推 進 委 員 会 候 補 が2 名 ということで ちょっと 残 念 でございます ぜひ 多 くの 方 に 知 らしめて 多 くの 委 員 が 出 るようにしたいと 思 います その 中 で 今 期 事 務 改 善 今 年 度 予 算 平 成 20 年 度 予 算 で 事 務 改 善 の 方 でパ ソコンの 更 新 や 周 辺 機 器 の 導 入 などでこの 予 算 をとっております それが 今 回 更 新 の 時 期 のあったパソコンが 新 しくなりました その 中 で 今 までは 単 独 回 線 でつながっていたパソコンが インターネットに 接 続 されております そこは 進 んだなと 私 も 思 っているんですが これは 計 画 どおりの 考 えでございましたか 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) 担 当 課 長 にその 辺 のパソコンの 機 能 の 問 題 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 企 画 財 政 課 長 企 画 財 政 課 長 ( 森 忠 則 君 ) パソコンの 導 入 計 画 については 当 初 予 定 どおりの 計 画 で もう 導 入 済 みということで 今 推 進 しているところでございます 以 上 で -117-

39 す 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 島 田 金 一 議 員 18 番 ( 島 田 金 一 君 ) 推 進 済 みということで 今 言 ったインターネット 各 台 につなが ったということでもう 少 し 詳 しく 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 企 画 財 政 課 長 企 画 財 政 課 長 ( 森 忠 則 君 ) その 部 分 についても 予 定 どおりインターネットの 方 につな いでおります 以 上 です 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 島 田 金 一 議 員 18 番 ( 島 田 金 一 君 ) そういうふうにつながりますと 今 度 はいろいろな 基 準 を 残 念 ですがつくらなくてはいけなくなります それの 中 には インターネットの 利 用 基 準 とか あと 町 民 等 への 行 政 情 報 提 供 の 適 正 化 に 関 する 基 準 とか ほかの 市 町 村 ですが あと 行 政 内 部 における 電 子 情 報 の 共 有 に 関 する 基 準 と そういうふう な 大 きい 基 準 をテーマとしていろいろ 構 築 をやっております それを 構 築 するた めの 内 部 の 情 報 対 策 推 進 プランとか あと 情 報 対 策 委 員 会 とか 情 報 政 策 委 員 で すか そういうふうな 形 の 組 織 をつくり 上 げることは 考 えてもございませんか 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 企 画 財 政 課 長 企 画 財 政 課 長 ( 森 忠 則 君 ) 現 在 のパソコン あるいはインターネット ホームページ 関 係 では うちの 方 ではセキュリティーポリシー それらの 計 画 がございます し それに 基 づいて 職 員 が 動 くというふうな 状 況 になっております また 外 部 からの 侵 入 については ある 程 度 のウイルス 防 止 の 壁 をつくってお りますので 余 計 なところにいかない 限 りは ほとんどのウイルスは 入 ってきに くいというふうな 状 況 になっております ただ 職 員 がインターネットを 利 用 し て 当 然 いろいろ 情 報 収 集 するわけですけれども それについても 職 員 のプロジ ェクトチームを 通 じながら 研 修 を 行 ってまいりますので その 点 は 新 たな 組 織 立 ち 上 げではなく 今 のところの 行 革 本 部 とか そういうものを 利 用 しながらやっ ていきたいというふうに 思 います 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 島 田 金 一 議 員 18 番 ( 島 田 金 一 君 ) はい わかりました 次 に 移 ります 組 織 改 革 による 職 員 の 意 識 改 革 への 効 果 はどのようなものだったか -118-

40 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) 組 織 改 革 そのものについては ご 案 内 のとおり 平 成 18 年 の10 月 からスタートさせていただいたわけでございます 1 年 9カ 月 を 経 過 しようとい うことになっております この 改 革 に 当 たっては ご 案 内 のとおり 議 会 の 議 決 をいただきまして 組 織 条 例 を 制 定 させていただいておるところでございます 現 在 まで 各 事 務 事 業 そのものについてはスムーズにいっておると 感 じておると ころでございます この 組 織 そのものについては ご 案 内 のとおり 課 長 職 も 若 干 というか 少 なくなり そして 理 事 職 にしたと そして 統 廃 合 をしたというこ とでございます そういうことから 意 識 改 革 そのものについては 要 するに 今 まで 縦 割 り 的 な 内 容 だったのが 横 断 的 な 事 務 事 業 そして 総 合 的 に 班 長 制 度 を 実 施 したという ことで お 互 いにほかの 係 の 仕 事 も 見 えやすく 何 といいますか 透 明 性 ができ るようなスタートになったと 自 負 しているところでございます そして 私 も 日 ごろから 職 員 に 対 しましては 町 民 の 視 点 に 立 った 行 政 サービ スをということで 繰 り 返 しお 願 いをし そしてまた 窓 口 事 務 も 一 本 化 された と 諸 証 明 も 町 民 生 活 課 の 方 になったと そういうことから 町 民 の 方 々からも この 窓 口 については 喜 ばれていると そして カウンターそのものも 低 くして 来 場 者 の 方 々にもいすも 小 さくしてお 互 いの 目 線 でやっているということから 組 織 改 革 そのものについては 成 功 であったと 思 っているところでございます 以 上 でございます 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 島 田 金 一 議 員 18 番 ( 島 田 金 一 君 ) 町 長 の 評 価 は 成 功 であったというふうな 形 だと 思 います 私 は 意 識 の 中 で 今 前 の 質 問 のときも 言 わせてもらいましたが 課 長 クラスは 今 組 織 とすれば 市 で 言 えば 部 長 と 昔 の 二 三 課 を 統 合 している 立 場 でございます ので そういうふうな 視 点 の 広 い 意 味 の 課 長 に 育 ってほしいと 思 いますし ま た 班 長 は 昔 の 副 班 長 とか そういうふうな 係 長 とか あと 課 長 補 佐 の 待 遇 より も 課 長 というふうな 意 識 で 行 動 してもらいたいと 思 います それでは 次 に 移 ります 職 員 の 定 数 管 理 の 適 正 化 計 画 では 採 用 予 定 者 に 対 し 平 成 18 年 度 以 降 目 標 -119-

41 人 数 を 下 回 っておりますが 年 代 人 員 構 成 上 問 題 はございませんか 町 長 ( 齋 藤 邦 男 君 ) 行 政 組 織 のこれらについては 今 3 問 目 であったとおり 平 成 18 年 10 月 から 改 革 をし さらには 逢 隈 児 童 館 の 指 定 管 理 者 の 導 入 そして 事 務 事 業 などの 減 さらにはOA 化 の 推 進 そして 職 員 の 資 質 向 上 ということで 能 力 アップなどから 定 員 適 正 化 計 画 での 平 成 20 年 4 月 1 日 の 職 員 数 より16 名 ほどさ らに 職 員 の 削 減 に 努 めたところでございます 平 成 19 年 と20 年 については 職 員 の 採 用 は 行 いませんでしたが やはり 新 陳 代 謝 というか 職 員 数 そのものだけを 減 らすことがいいのかということになります ので 平 成 20 年 度 では 職 員 採 用 試 験 を 実 施 し 平 成 21 年 4 月 からの 新 規 採 用 を 考 えているところでございます やはり 人 件 費 の 削 減 のために これ 以 上 人 員 削 減 というわけにはまいらないの かなと 思 っているわけでございます 将 来 20 年 30 年 後 を 考 えた 場 合 について は 適 正 な 年 齢 構 成 等 があってもしかるべきではなかろうかということで 平 成 21 年 4 月 1 日 にはある 程 度 の 一 般 職 あるいは 技 術 職 の 職 員 を 採 用 計 画 をいたし たいと 思 っているところでございます 特 に 採 用 を 控 えたことによって ことしの4 月 1 日 現 在 でございますけれど も 18 歳 から25 歳 までの 職 員 が16 名 それに 対 しまして 26 歳 から30 歳 までの 職 員 が33 名 ということで 半 分 になっているということでございます そういうことから 今 後 やはり 採 用 に 当 たりましては 年 齢 構 成 の 年 齢 も 若 干 幅 を 広 くして 優 秀 な 職 員 も 採 用 いたしたいと そのためには 町 内 だけでな く 県 内 はもちろんのこと 受 験 資 格 のある 方 については 全 国 的 に 応 募 されるよ うな 仕 組 みで 採 用 を 実 施 してまいりたいと 思 っているところでございます 以 上 でございます 議 長 ( 岩 佐 信 一 君 ) 島 田 金 一 議 員 18 番 ( 島 田 金 一 君 ) 平 成 18 年 19 年 の 採 用 はなかったと そして 平 成 20 年 採 用 で 平 成 21 年 からという 形 ですが 改 革 プラン 計 画 では 平 成 18 年 度 19 年 度 の 退 職 者 数 あと 平 成 18 年 度 19 年 度 採 用 はしなかったということで 計 画 だと14 名 最 終 平 成 22 年 まで 削 減 という 形 になっていますが それ 以 上 にもう2 年 で16 名 の 削 -120-

平成22年第4回臨時会

平成22年第4回臨時会 平 成 26 年 第 2 回 臨 時 会 総 務 民 生 常 任 委 員 会 会 議 録 期 日 : 平 成 26 年 4 月 16 日 ( 水 ) 場 所 : 大 曲 庁 舎 第 1 委 員 会 室 大 仙 市 議 会 総 務 民 生 常 任 委 員 会 会 議 録 日 時 : 平 成 26 年 4 月 16 日 ( 水 曜 日 ) 午 前 10 時 24 分 ~ 午 前 11 時 09 分 会

More information

ÿþ

ÿþ 蟹 江 町 議 会 総 務 民 生 常 任 委 員 会 会 議 録 招 集 日 時 招 集 場 所 出 席 委 員 欠 席 委 員 会 議 事 件 説 明 の た め 出 席 し た 者 職 務 の た め 出 席 し た 者 付 託 事 件 平 成 2 6 年 3 月 1 0 日 ( 月 ) 午 前 9 時 蟹 江 町 役 場 3 階 協 議 会 室 委 員 長 吉 田 正 昭 副 委 員 長 佐

More information

Microsoft Word - 1日目(5月27日)

Microsoft Word - 1日目(5月27日) 平 成 28 年 第 2 回 潟 上 市 議 会 臨 時 会 会 議 録 開 会 平 成 28 年 5 月 27 日 午 前 10:00 閉 会 午 前 11:06 出 席 議 員 (19 名 ) 1 番 鐙 仁 志 2 番 堀 井 克 見 3 番 佐 々 木 嘉 一 4 番 小 林 悟 5 番 澤 井 昭 二 郎 6 番 藤 原 幸 雄 8 番 藤 原 典 男 9 番 西 村 武 10 番 千 田

More information

04siryou2.xdw

04siryou2.xdw 資 料 2 在 校 時 間 の 記 録 把 握 の 現 況 について 1 県 立 学 校 の 場 合 平 成 22 年 度 から 別 添 様 式 1により 各 教 員 に 記 録 するよう 通 知 している 自 己 申 告 制 2 公 立 小 中 学 校 の 場 合 上 記 の 県 の 通 知 文 を 参 考 として 市 町 村 教 育 委 員 会 に 周 知 するともに 適 正 な 在 校 時 間

More information

第 1 号

第 1 号 日 程 第 3 議 案 第 47 号 開 成 町 家 庭 的 保 育 事 業 等 の 設 備 及 び 運 営 に 関 する 基 準 を 定 める 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 制 定 することについてを 議 題 といたします 提 案 理 由 を 町 長 に 求 めます 町 長 町 長 ( 府 川 裕 一 ) 提 案 理 由 児 童 福 祉 施 設 最 低 基 準 の 一 部 を

More information

議 会 運 営 委 員 会 会 議 録 1 調 査 事 件 (1)JR 只 見 線 の 早 期 全 線 復 旧 を 求 める 意 見 書 の 提 出 について (2) 平 成 25 年 第 4 回 魚 沼 市 議 会 定 例 会 について (3) 閉 会 中 の 所 管 事 務 調 査 について (

議 会 運 営 委 員 会 会 議 録 1 調 査 事 件 (1)JR 只 見 線 の 早 期 全 線 復 旧 を 求 める 意 見 書 の 提 出 について (2) 平 成 25 年 第 4 回 魚 沼 市 議 会 定 例 会 について (3) 閉 会 中 の 所 管 事 務 調 査 について ( 平 成 25 年 11 月 28 日 魚 沼 市 議 会 議 長 浅 井 守 雄 様 議 会 運 営 委 員 会 委 員 長 遠 藤 徳 一 議 会 運 営 委 員 会 調 査 報 告 書 本 委 員 会 は 所 管 事 務 について 下 記 のとおり 調 査 したので 魚 沼 市 議 会 会 議 規 則 第 110 条 の 規 定 により 報 告 します 記 1 調 査 事 件 名 (1) JR

More information

中野区 教育委員会

中野区 教育委員会 中 野 区 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 24 年 第 15 回 定 例 会 開 会 日 平 成 24 年 5 月 11 日 ( 金 ) 場 所 中 野 区 教 育 委 員 会 室 開 会 午 前 10 時 01 分 閉 会 午 前 10 時 20 分 出 席 委 員 (3 名 ) 中 野 区 教 育 委 員 会 委 員 長 高 木 明 郎 中 野 区 教 育 委 員 会 委 員 長 職

More information

12 月 5 日 市 民 大 学 講 座 が 総 合 体 育 館 でございました 舞 の 海 秀 平 さんを 講 師 に 迎 え 400 名 をこえる 方 たちにお 越 しいただきました 12 月 14 日 東 祖 谷 中 学 校 が 学 校 ダンス 発 表 会 で 全 国 大 会 に 行 くことに

12 月 5 日 市 民 大 学 講 座 が 総 合 体 育 館 でございました 舞 の 海 秀 平 さんを 講 師 に 迎 え 400 名 をこえる 方 たちにお 越 しいただきました 12 月 14 日 東 祖 谷 中 学 校 が 学 校 ダンス 発 表 会 で 全 国 大 会 に 行 くことに 平 成 27 年 12 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 (1) 開 会 及 び 閉 会 に 関 する 事 項 平 成 27 年 12 月 24 日 ( 木 ) 三 好 市 教 育 委 員 会 1F 中 会 議 室 開 会 閉 会 午 後 13 時 30 分 午 後 14 時 20 分 (2) 出 席 委 員 の 氏 名 委 員 長 小 松 正 委 員 長 職 務 代 理 者 谷 敏 司

More information

3 認 定 こども 園 制 度 化 のメリット O 大 臣 政 務 官 ( 有 村 治 子 君 ) 今 般 の 認 定 こども 園 の 制 度 化 によっては ( 中 略 ) 保 護 者 が 就 労 の 有 無 によっても 子 供 が 施 設 を 変 わる 必 要 がない 一 貫 した 教 育 保

3 認 定 こども 園 制 度 化 のメリット O 大 臣 政 務 官 ( 有 村 治 子 君 ) 今 般 の 認 定 こども 園 の 制 度 化 によっては ( 中 略 ) 保 護 者 が 就 労 の 有 無 によっても 子 供 が 施 設 を 変 わる 必 要 がない 一 貫 した 教 育 保 就 学 前 の 子 どもに 関 する 教 育 保 育 等 の 総 合 的 な 提 供 の 推 進 に 関 する 法 律 国 会 会 議 録 抜 粋 圃 1 法 律 の 提 案 理 由 及 び 概 要 0 国 務 大 臣 ( 小 坂 憲 次 君 )このたび 政 府 から 提 出 いたしました 就 学 前 の 子 どもに 関 する 教 育 保 育 等 の 総 合 的 な 提 供 の 推 進 に 関 する

More information

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 議 事 録 招 集 期 日 平 成 28 年 2 月 12 日 ( 金 ) 場 所 市 役 所 7 階 第 5 室 開 2 月 12 日 午 後 2 時 00 分 遠 藤 英 樹 閉 2 月 12 日 午 後 3 時 25 分 遠 藤 英 樹 遠 藤 英 樹 代 理 早 舩 直 彦 出 席 状 況 駒 﨑 繁 夫 出 欠 石 塚 京 子 出 欠 谷

More information

Microsoft Word - ☆第31回事業評価監視委員会議事録_最終_ .docx

Microsoft Word - ☆第31回事業評価監視委員会議事録_最終_ .docx ---------------------------------------- 再 評 価 4. 広 域 河 川 改 修 事 業 大 谷 川 ---------------------------------------- 議 長 午 後 の 審 議 を 再 開 いたします 今 回 は 再 評 価 4 番 の 広 域 河 川 改 修 事 業 大 谷 川 について 説 明 をお 願 いいたします 河

More information

議 事 協 議 事 項 1 平 成 27 度 高 砂 市 議 会 9 月 定 例 会 提 出 議 案 に 係 る 意 見 の 聴 取

議 事 協 議 事 項 1 平 成 27 度 高 砂 市 議 会 9 月 定 例 会 提 出 議 案 に 係 る 意 見 の 聴 取 平 成 27 年 第 11 回 ( 臨 時 ) 高 砂 市 教 育 委 員 会 会 議 録 ( 要 旨 ) 日 時 平 成 27 年 9 月 3 日 午 後 2 時 30 分 場 所 高 砂 市 役 所 南 庁 舎 2 階 特 別 会 議 室 出 席 委 員 藤 井 委 員 長 衣 笠 委 員 山 名 委 員 吉 田 委 員 圓 尾 教 育 長 出 席 事 務 局 職 員 大 西 教 育 部 長 木

More information

第 2 回 岩 手 中 部 水 道 企 業 団 議 会 臨 時 会 会 議 録 1 開 会 平 成 26 年 8 月 22 日 ( 金 曜 日 ) 午 後 4 時 00 分 2 閉 会 平 成 26 年 8 月 22 日 ( 金 曜 日 ) 午 後 4 時 42 分 3 議 事 日 程 日 時 平

第 2 回 岩 手 中 部 水 道 企 業 団 議 会 臨 時 会 会 議 録 1 開 会 平 成 26 年 8 月 22 日 ( 金 曜 日 ) 午 後 4 時 00 分 2 閉 会 平 成 26 年 8 月 22 日 ( 金 曜 日 ) 午 後 4 時 42 分 3 議 事 日 程 日 時 平 第 2 回 岩 手 中 部 水 道 企 業 団 議 会 臨 時 会 会 議 録 平 成 26 年 8 月 22 日 開 会 平 成 26 年 8 月 22 日 閉 会 岩 手 中 部 水 道 企 業 団 -1- 第 2 回 岩 手 中 部 水 道 企 業 団 議 会 臨 時 会 会 議 録 1 開 会 平 成 26 年 8 月 22 日 ( 金 曜 日 ) 午 後 4 時 00 分 2 閉 会 平

More information

平成15年 第2回香芝市教育委員会議録

平成15年 第2回香芝市教育委員会議録 平 成 27 年 第 11 回 香 芝 市 教 育 委 員 会 会 議 (10 月 定 例 ) 会 議 録 日 時 平 成 27 年 10 月 20 日 ( 火 ) 午 前 9 時 30 分 より 場 所 香 芝 市 役 所 5 階 委 員 会 室 出 席 者 廣 瀬 裕 司 委 員 ( 職 務 代 理 者 ) 日 高 初 美 委 員 中 木 秀 一 委 員 田 中 貴 治 委 員 石 原 田 明

More information

7. 報 告 事 項 (1) 地 域 公 共 交 通 会 議 規 約 等 について 8. 議 題 (1) 役 員 選 出 について (2) 平 成 27 年 度 予 算 について (3) 地 域 公 共 交 通 網 形 成 計 画 策 定 支 援 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザ

7. 報 告 事 項 (1) 地 域 公 共 交 通 会 議 規 約 等 について 8. 議 題 (1) 役 員 選 出 について (2) 平 成 27 年 度 予 算 について (3) 地 域 公 共 交 通 網 形 成 計 画 策 定 支 援 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザ 平 成 27 年 度 第 1 回 周 南 市 地 域 公 共 交 通 会 議 議 事 録 1. 日 時 平 成 27 年 6 月 18 日 10 時 00 分 ~10 時 55 分 2. 場 所 周 南 市 文 化 会 館 3 階 展 示 室 3. 出 席 委 員 :16 名 団 体 名 周 南 市 環 境 生 活 部 長 中 国 運 輸 局 山 口 運 輸 支 局 防 長 交 通 株 式 会 社

More information

多 度 津 町 も 検 討 を 進 めていくべきものであると 考 えますが 仮 に 民 間 委 託 に 移 行 した 場 合 現 在 給 食 センターに 動 務 している 職 員 の 処 遇 についてど うするのでしょうか 2 民 間 委 託 の 委 託 範 囲 をどこまでとする 予 定 でしょうか

多 度 津 町 も 検 討 を 進 めていくべきものであると 考 えますが 仮 に 民 間 委 託 に 移 行 した 場 合 現 在 給 食 センターに 動 務 している 職 員 の 処 遇 についてど うするのでしょうか 2 民 間 委 託 の 委 託 範 囲 をどこまでとする 予 定 でしょうか 議 長 ( 門 瀧 雄 ) これをもって 8 番 古 川 議 員 の 質 問 を 終 わります 次 に 9 番 村 井 勉 君 議 員 ( 村 井 勉 ) 9 番 村 井 勉 です 私 は 2 点 ほど お 伺 いいたします まず 最 初 に 多 度 津 町 学 校 給 食 共 同 調 理 場 の 民 間 委 託 移 行 についてでございま す 先 日 総 務 教 育 常 任 委 員 会 の 視 察

More information

Microsoft Word - 平成25年4月9日都市建設委員会会議記録.doc

Microsoft Word - 平成25年4月9日都市建設委員会会議記録.doc 都 市 建 設 常 任 委 員 会 会 議 記 録 日 時 平 成 25 年 4 月 9 日 ( 火 曜 日 ) 午 前 10 時 1 分 開 議 場 所 水 戸 市 議 会 第 1 委 員 会 室 午 前 10 時 20 分 散 会 付 託 事 件 (1) 所 管 事 務 調 査 1 本 日 の 会 議 に 付 した 事 件 (4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 に 伴 う 役 職 者 紹 介

More information

(Microsoft Word - 01_\201\233\225\\\216\206\225\224\225\252\202P.doc)

(Microsoft Word - 01_\201\233\225\\\216\206\225\224\225\252\202P.doc) 筑 西 市 議 会 経 済 土 木 委 員 会 会 議 録 ( 平 成 27 年 第 2 回 定 例 会 ) 筑 西 市 議 会 経 済 土 木 委 員 会 会 議 録 1 日 時 平 成 27 年 6 月 16 日 ( 火 ) 開 会 : 午 前 10 時 00 分 閉 会 : 午 前 10 時 21 分 2 場 所 全 員 協 議 会 室 3 審 査 案 件 議 案 第 52 号 筑 西 市 営

More information

Microsoft Word - 20151204定例会(初日).doc

Microsoft Word - 20151204定例会(初日).doc 平 成 27 年 松 茂 町 議 会 第 4 回 定 例 会 会 議 録 第 1 日 目 (12 月 4 日 ) 出 席 議 員 1 番 鎌 田 寛 司 2 番 川 田 修 3 番 板 東 絹 代 4 番 立 井 武 雄 5 番 佐 藤 禎 宏 6 番 森 谷 靖 7 番 原 田 幹 夫 8 番 一 森 敬 司 9 番 藤 枝 善 則 10 番 佐 藤 富 男 11 番 佐 藤 道 昭 12 番 春

More information

喜 地 区 と 鷲 宮 地 区 が 水 に 弱 い 傾 向 がありますので 一 級 河 川 の 整 備 等 を 含 めて 杉 戸 県 土 整 備 事 務 所 に 改 修 の 要 望 をしたいと 考 えています また 今 回 のような 雨 が 降 りますと 水 がはけきらずに 溜 まってしまう 傾 向

喜 地 区 と 鷲 宮 地 区 が 水 に 弱 い 傾 向 がありますので 一 級 河 川 の 整 備 等 を 含 めて 杉 戸 県 土 整 備 事 務 所 に 改 修 の 要 望 をしたいと 考 えています また 今 回 のような 雨 が 降 りますと 水 がはけきらずに 溜 まってしまう 傾 向 市 民 懇 談 会 市 民 との 懇 談 概 要 開 催 場 所 久 喜 総 合 文 化 会 館 平 成 23 年 7 月 3 日 ( 日 ) 開 催 日 時 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 12 分 まで 参 加 者 数 42 人 発 言 者 数 9 人 質 問 書 受 理 件 数 7 件 出 席 者 田 中 市 長 牧 副 市 長 吉 田 教 育 長 早 野 総 務 部 長 井

More information

平 成 27 年 駒 ヶ 根 市 教 育 委 員 会 第 10 回 臨 時 会 会 議 録 駒 ヶ 根 市 教 育 委 員 会 平 成 27 年 駒 ヶ 根 市 教 育 委 員 会 第 10 回 臨 時 会 議 事 日 程 告 示 年 月 日 平 成 27 年 7 月 22 日 開 催 年 月 日 平 成 27 年 7 月 29 日 ( 水 曜 日 ) 開 催 場 所 JA 上 伊 那 アイパルいなん4

More information

かなというふうなことで 少 しよくその 辺 全 体 像 を 考 えながら 関 係 省 庁 と 協 力 して 検 討 してみてくださいということをお 願 いしたという そんなところです だから 今 はまだ 具 体 的 にどうするかという どうすべきなのかというところまでは まだ 申 し 上 げておりま

かなというふうなことで 少 しよくその 辺 全 体 像 を 考 えながら 関 係 省 庁 と 協 力 して 検 討 してみてくださいということをお 願 いしたという そんなところです だから 今 はまだ 具 体 的 にどうするかという どうすべきなのかというところまでは まだ 申 し 上 げておりま 原 子 力 規 制 委 員 会 記 者 会 見 録 日 時 : 平 成 27 年 11 月 25 日 ( 水 )14:30~ 場 所 : 原 子 力 規 制 委 員 会 庁 舎 記 者 会 見 室 対 応 : 田 中 委 員 長 < 質 疑 応 答 > 司 会 それでは 定 刻 になりましたので ただ 今 から 原 子 力 規 制 委 員 会 の 定 例 会 見 を 始 めたいと 思 います 早 速

More information

Microsoft Word - 与謝野町議会平成22年6月定例会_7日目_.doc

Microsoft Word - 与謝野町議会平成22年6月定例会_7日目_.doc 第 32 回 平 成 22 年 6 月 与 謝 野 町 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 7 号 ) 招 集 年 月 日 平 成 22 年 6 月 22 日 開 閉 会 日 時 午 前 9 時 30 分 開 会 ~ 午 前 9 時 45 分 閉 会 招 集 の 場 所 与 謝 野 町 議 会 会 議 場 1. 出 席 議 員 1 番 野 村 生 八 10 番 山 添 藤 真 2 番 和 田 裕

More information

 

  平 成 26 年 第 4 回 吉 富 町 議 会 臨 時 会 会 議 録 ( 第 1 号 ) 平 成 26 年 7 月 11 日 ( 金 ) 午 前 10 時 00 分 開 議 日 程 第 1 会 議 録 署 名 議 員 の 指 名 について 日 程 第 2 会 期 の 決 定 について 日 程 第 3 議 案 第 37 号 京 築 広 域 市 町 村 圏 事 務 組 合 規 約 の 変 更 について

More information

Microsoft Word - 記者会見要旨

Microsoft Word - 記者会見要旨 会 見 要 旨 大 学 病 院 の 建 設 に 関 する 協 定 調 印 式 1 日 時 平 成 26 年 5 月 29 日 ( 木 曜 日 ) 午 前 11 時 ~ 2 場 所 市 役 所 東 庁 舎 2 階 大 会 議 室 3 内 容 大 学 病 院 の 建 設 に 関 する 協 定 調 印 式 4 調 印 5 出 席 者 岡 崎 市 長 内 田 康 宏 学 校 法 人 藤 田 学 園 理 事

More information

( 岐 阜 商 業 高 等 学 校 ) (4) 報 第 5 号 岐 阜 市 立 学 校 等 の 体 育 施 設 の 開 放 に 関 する 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 の 制 定 について( 市 民 体 育 課 ) (5) 第 34 号 議 案 岐 阜 市 教 育 委 員 会 の 附

( 岐 阜 商 業 高 等 学 校 ) (4) 報 第 5 号 岐 阜 市 立 学 校 等 の 体 育 施 設 の 開 放 に 関 する 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 の 制 定 について( 市 民 体 育 課 ) (5) 第 34 号 議 案 岐 阜 市 教 育 委 員 会 の 附 平 成 26 年 第 6 回 岐 阜 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 日 時 平 成 26 年 4 月 25 日 ( 金 曜 日 ) 午 前 9 時 30 分 2 場 所 中 央 青 少 年 会 館 研 修 室 1 3 出 席 委 員 後 藤 委 員 長 矢 島 委 員 中 島 委 員 小 野 木 委 員 早 川 教 育 長 4 説 明 のために 出 席 した 事 務 局 の 職

More information

<593A5C8AE989E68C575C8CF689638AE98BC690528B6389EF5C3232944E93785C91E63389F18C8B89CA5C91E68E4F89F189EF8B63985E2E646F63>

<593A5C8AE989E68C575C8CF689638AE98BC690528B6389EF5C3232944E93785C91E63389F18C8B89CA5C91E68E4F89F189EF8B63985E2E646F63> 平 成 22 年 9 月 7 日 午 後 1 時 30 分 苫 小 牧 市 役 所 北 庁 舎 3 階 会 議 室 にて 開 催 開 会 苫 小 牧 市 公 営 企 業 調 査 審 議 会 ( 委 員 20 名 中 13 名 出 席 条 例 による 審 議 会 開 催 の 定 足 数 を 満 た している ) 審 議 松 原 会 長 それでは 8 月 24 日 及 び31 日 に 引 き 続 きまして

More information

平成27年第08回会議記録(抜粋)

平成27年第08回会議記録(抜粋) 平 成 27 年 第 8 回 定 例 教 育 委 員 会 平 成 27 年 8 月 27 日 ( 木 曜 日 ) 開 会 午 前 10 時 00 分 閉 会 午 前 10 時 38 分 議 事 日 程 日 程 第 1 会 期 の 決 定 日 程 第 2 会 議 録 署 名 委 員 の 指 名 日 程 第 3 報 告 第 45 号 諸 般 の 報 告 日 程 第 4 報 告 第 46 号 浦 幌 町

More information

議 案 1 件 につきましては 個 人 情 報 を 審 議 するため 非 公 開 といたしたいと 存 じます 御 異 議 はございませんか ( 異 議 なし の 声 あり) 竹 花 会 長 それでは 議 案 1 件 につきましては 非 公 開 といたします 議 案 第 10 号 は 非 公 開 竹

議 案 1 件 につきましては 個 人 情 報 を 審 議 するため 非 公 開 といたしたいと 存 じます 御 異 議 はございませんか ( 異 議 なし の 声 あり) 竹 花 会 長 それでは 議 案 1 件 につきましては 非 公 開 といたします 議 案 第 10 号 は 非 公 開 竹 平 成 27 年 度 第 6 回 茅 ヶ 崎 市 建 築 審 査 会 会 議 録 議 題 議 案 第 10 号 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 同 意 について 報 告 第 8 号 茅 ヶ 崎 市 総 合 設 計 許 可 基 準 の 一 部 改 正 について 日 時 平 成 28 年 2 月 18 日 ( 木 )15 時 00 分 から16 時 05 分 まで 場 所

More information

農林水産委員会

農林水産委員会 農 林 水 産 委 員 会 会 議 記 録 農 林 水 産 委 員 会 委 員 長 工 藤 勝 博 1 日 時 平 成 26 年 10 月 24 日 ( 金 曜 日 ) 午 後 1 時 20 分 開 会 午 後 1 時 50 分 散 会 2 場 所 第 2 委 員 会 室 3 出 席 委 員 工 藤 勝 博 委 員 長 髙 橋 孝 眞 副 委 員 長 佐 々 木 大 和 委 員 渡 辺 幸 貫 委

More information

・日程第5 会議録署名委員の指名

・日程第5 会議録署名委員の指名 平 成 26 年 7 月 臨 時 会 議 平 成 26 年 度 第 2 回 みどり 市 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 26 年 7 月 22 日 みどり 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 度 第 2 回 みどり 市 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 招 集 日 時 : 平 成 26 年 7 月 22 日 ( 火 ) 午 後 1 時 30 分 から 招 集 場 所 :みどり

More information

余 白

余 白 平 成 27 年 第 2 回 東 洋 町 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 1 号 ) 平 成 27 年 6 月 11 日 ( 木 ) 東 洋 町 議 会 余 白 平 成 27 年 第 2 回 東 洋 町 議 会 定 例 会 会 議 録 招 集 場 所 東 洋 町 役 場 議 会 議 場 開 会 平 成 27 年 6 月 11 日 ( 木 ) 午 前 9 時 00 分 宣 告 出 席 議 員

More information

岩村委員長

岩村委員長 平 成 25 年 2 月 八 戸 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 25 年 2 月 25 日 ( 月 ) 午 後 1 時 30 分 2 場 所 市 庁 本 館 3 階 議 会 第 1 委 員 会 室 3 委 員 氏 名 委 員 長 岡 本 潤 子 委 員 長 職 務 代 行 者 小 柴 一 弘 委 員 武 輪 節 子 教 育 長 松 山 隆 豊 4 職 員

More information

平成17年第5回 吉川市教育委員会会議録

平成17年第5回 吉川市教育委員会会議録 副 本 平 成 28 年 第 7 回 吉 川 市 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 28 年 7 月 28 日 ( 木 ) 吉 川 市 教 委 告 示 第 7 号 平 成 28 年 第 7 回 吉 川 市 教 育 委 員 会 会 議 を 次 のとおり 招 集 する 平 成 28 年 7 月 25 日 吉 川 市 教 育 委 員 会 教 育 長 染 谷 行 宏 1 日 時 平 成 28 年 7

More information

平成18年深谷市教育委員会第4回定例会会議録

平成18年深谷市教育委員会第4回定例会会議録 平 成 28 年 深 谷 市 教 育 委 員 会 第 7 回 定 例 会 会 議 録 深 谷 市 教 育 委 員 会 平 成 28 年 深 谷 市 教 育 委 員 会 第 7 回 定 例 会 日 時 平 成 28 年 7 月 12 日 ( 火 ) 開 会 午 後 3 時 00 分 閉 会 午 後 3 時 55 分 場 所 教 育 庁 舎 3 階 大 会 議 室 出 席 委 員 教 育 長 小 栁 光

More information

第643回三沢市農業委員会総会議事録

第643回三沢市農業委員会総会議事録 第 697 回 三 沢 市 農 業 委 員 会 総 会 議 事 録 1. 開 会 の 日 時 平 成 27 年 2 月 20 日 午 後 1 時 30 分 2. 閉 会 の 日 時 平 成 27 年 2 月 20 日 午 後 2 時 05 分 3. 開 催 の 場 所 三 沢 市 役 所 別 館 4 階 第 1 研 修 室 4. 出 席 した 委 員 の 番 号 及 び 氏 名 1 番 佐 々 木

More information

平成15年3月定例教育委員会会議録

平成15年3月定例教育委員会会議録 平 成 28 年 5 月 平 戸 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 区 分 日 場 時 平 成 28 年 5 月 23 日 ( 月 ) 14 時 00 分 開 会 15 時 15 分 閉 会 所 平 戸 市 役 所 本 庁 4 階 小 会 議 室 出 席 委 員 出 席 者 中 島 善 治 委 員 末 吉 幸 德 委 員 松 本 美 穗 子 委 員 吉 田 あつ 子 委 員 小 川 茂

More information

○大津の事案に学ぶこと

○大津の事案に学ぶこと 協 議 事 項 1 平 成 24 年 7 月 24 日 教 育 総 務 課 小 中 学 校 課 特 別 支 援 教 育 課 高 等 学 校 課 いじめ 問 題 への 対 応 について 資 料 1 大 津 市 の 事 案 から 学 ぶべきもの 資 料 2 福 岡 県 いじめ 問 題 総 合 対 策 ( 抜 粋 ) 資 料 3 定 例 記 者 会 見 における 大 津 市 のいじめ 自 殺 問 題 に

More information

Taro-【確定版】H25第3回分科会

Taro-【確定版】H25第3回分科会 平 成 25 年 度 第 3 回 秋 田 市 社 会 福 祉 審 議 会 児 童 専 門 分 科 会 ( 第 2 回 秋 田 市 子 ども 子 育 て 会 議 ) 会 議 録 1 日 時 平 成 25 年 11 月 25 日 ( 月 ) 午 後 3 時 ~ 午 後 4 時 30 分 2 場 所 サンパル 秋 田 学 習 室 1 3 出 席 者 (1) 委 員 (14 人 ) 柴 田 誠 会 長 佐

More information

平成19年第1回定例

平成19年第1回定例 平 成 21 年 第 1 回 定 例 夕 張 市 議 会 会 議 録 平 成 21 年 3 月 27 日 ( 金 曜 日 ) 午 前 10 時 30 分 開 議 議 事 日 程 第 1 議 案 第 1 号 平 成 21 年 度 夕 張 市 一 般 会 計 予 算 議 案 第 2 号 平 成 21 年 度 夕 張 市 国 民 健 康 保 険 事 業 会 計 予 算 議 案 第 3 号 平 成 21 年

More information

<5461726F2D30382081798E518D6C8254817A92BC8BDF82CC8D9189EF9052>

<5461726F2D30382081798E518D6C8254817A92BC8BDF82CC8D9189EF9052> 築 地 市 場 の 豊 洲 移 転 計 画 に 関 する 直 近 の 国 会 審 議 ( 平 成 23 年 3 月 8 日 衆 議 院 環 境 委 員 会 会 議 録 ( 抜 粋 )) 参 考 5 平 成 二 十 三 年 三 月 八 日 ( 火 曜 日 ) 午 前 九 時 開 議 出 席 委 員 委 員 長 小 沢 鋭 仁 君 理 事 大 谷 信 盛 君 理 事 太 田 和 美 君 理 事 田 島

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2033835A83628356838783933295F18D903181698D828E52816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2033835A83628356838783933295F18D903181698D828E52816A> 第 2 セッション 第 1 報 告 留 学 生 に 対 する 英 語 による 日 本 法 教 育 - 刑 事 法 を 中 心 に- 京 都 大 学 : 高 山 佳 奈 子 < 高 山 > 京 都 大 学 の 高 山 でございます 私 のほうもパワーポイントとかコンピュータとか 準 備 し ていなくて この3ページのレジュメだけで 発 表 をさせていただきます 後 の 櫻 田 先 生 の 資 料 が

More information

Microsoft Word - 230922会議録

Microsoft Word - 230922会議録 平 成 23 年 第 9 回 君 津 市 教 育 委 員 会 会 議 録 日 時 : 平 成 23 年 9 月 22 日 ( 木 ) 午 後 2 時 00 分 場 所 : 議 会 第 4 委 員 会 室 平 成 23 年 第 9 回 君 津 市 教 育 委 員 会 会 議 録 1 日 時 平 成 23 年 9 月 22 日 ( 木 ) 午 後 2 時 00 分 開 会 午 後 2 時 41 分 閉

More information

Microsoft Word - ①H20日置市3定目次.doc

Microsoft Word - ①H20日置市3定目次.doc 第 3 回 定 例 会 会 議 録 目 次 第 1 号 (9 月 8 日 )( 月 曜 日 ) 開 会 10 開 議 10 日 程 第 1 会 議 録 署 名 議 員 の 指 名 10 日 程 第 2 会 期 の 決 定 10 日 程 第 3 諸 般 の 報 告 10 日 程 第 4 行 政 報 告 10 宮 路 市 長 報 告 10 日 程 第 5 議 案 第 77 号 日 置 市 報 酬 及 び

More information

事 務 局 ( 中 村 係 長 ) 議 事 に 入 らせていただきます 議 長 でございますが 犯 罪 のない 安 全 で 安 心 なまちづくり 条 例 施 行 規 則 第 3 条 第 5 項 の 規 定 により 会 長 が 議 長 となるとさ れておりますが 本 日 の 議 題 におきまして 会

事 務 局 ( 中 村 係 長 ) 議 事 に 入 らせていただきます 議 長 でございますが 犯 罪 のない 安 全 で 安 心 なまちづくり 条 例 施 行 規 則 第 3 条 第 5 項 の 規 定 により 会 長 が 議 長 となるとさ れておりますが 本 日 の 議 題 におきまして 会 平 成 25 年 度 第 1 回 犯 罪 のない 安 全 で 安 心 なまちづくり 推 進 協 議 会 開 催 日 時 平 成 25 年 11 月 25 日 ( 月 ) 15 時 から 開 催 場 所 君 津 市 役 所 6 階 601 会 議 室 出 席 委 員 栁 井 範 佳 委 員 奈 良 輪 政 五 委 員 榎 本 敏 男 委 員 石 井 武 委 員 岩 本 孝 史 委 員 定 岡 繁 委

More information

平成16年度 北広島市水道事業再評価審議委員会

平成16年度 北広島市水道事業再評価審議委員会 平 成 23 年 度 第 5 回 北 広 島 市 水 道 事 業 経 営 審 議 会 日 時 平 成 24 年 2 月 3 日 ( 金 ) 午 後 6 時 00 分 場 所 本 庁 舎 2 階 会 議 室 審 議 会 出 席 者 審 議 委 員 伊 藤 委 員 秋 穂 委 員 野 部 委 員 橋 本 委 員 三 好 委 員 和 田 委 員 金 子 委 員 10 名 中 8 名 出 席 事 務 局 深

More information

8.11.26日開催による教育委員長の口述書

8.11.26日開催による教育委員長の口述書 高 崎 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 開 会 年 月 日 平 成 27 年 11 月 24 日 午 後 1 時 30 分 閉 会 年 月 日 平 成 27 年 11 月 24 日 午 後 2 時 15 分 会 議 の 場 所 教 育 委 員 会 室 会 議 に 出 席 し た 委 員 委 員 長 横 田 衛 職 務 代 行 者 髙 井 和 雄 委 員 木 村 めぐみ 委 員 乾 宏

More information

ICレコーダー

ICレコーダー 会 議 名 開 催 日 時 開 催 場 所 平 成 26 年 度 第 3 回 港 区 指 定 管 理 者 選 定 委 員 会 平 成 26 年 7 月 28 日 ( 月 曜 日 ) 午 前 9 時 30 分 から 午 前 11 時 まで 区 役 所 4 階 庁 議 室 ( 出 席 者 ) 委 員 田 中 副 区 長 ( ) 杉 本 企 画 経 営 部 長 ( 副 ) 渡 邊 総 務 部 長 ( 副

More information

Ⅳ 出 席 者 名 簿 1. 委 員 (7 名 中 6 名 出 席 ) ( 敬 称 略 ) 氏 名 現 職 名 出 欠 菊 地 永 祐 東 北 大 学 名 誉 教 授 出 寺 島 洋 子 一 級 建 築 士 ( 株 ) 寺 島 建 築 設 計 事 務 所 代 表 取 締 役 出 富 澤 秀 行 弁

Ⅳ 出 席 者 名 簿 1. 委 員 (7 名 中 6 名 出 席 ) ( 敬 称 略 ) 氏 名 現 職 名 出 欠 菊 地 永 祐 東 北 大 学 名 誉 教 授 出 寺 島 洋 子 一 級 建 築 士 ( 株 ) 寺 島 建 築 設 計 事 務 所 代 表 取 締 役 出 富 澤 秀 行 弁 宮 城 県 土 地 利 用 審 査 会 Ⅰ 日 時 : 平 成 26 年 11 月 19 日 ( 水 ) 午 前 10 時 30 分 から 午 前 11 時 40 分 まで Ⅱ 場 所 : 宮 城 県 行 政 庁 舎 第 二 会 議 室 (11 階 ) Ⅲ 次 第 1 開 会 2 あいさつ 3 議 事 ( 報 告 事 項 ) (1) 最 近 の 土 地 取 引 動 向 について (2) 最 近 の

More information

第19回規制改革会議 記者会見録

第19回規制改革会議 記者会見録 1. 日 時 : 平 成 25 年 10 月 31 日 ( 木 )18:55~19:17 2. 場 所 : 合 同 庁 舎 4 号 館 2 階 220 会 議 室 司 会 それでは 大 変 お 待 たせいたしました 規 制 改 革 会 議 の 模 様 につきまして 岡 議 長 から 御 説 明 いたします 質 疑 応 答 はまとめてお 願 いいたします それでは 議 長 よろしくお 願 いいたします

More information

童門冬二講演会「今 鈴木正三にまなぶこと」

童門冬二講演会「今 鈴木正三にまなぶこと」 平 成 25 年 第 2 回 四 條 畷 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 会 会 議 録 平 成 25 年 8 月 9 日 四 條 畷 市 健 康 福 祉 部 保 険 年 金 課 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 会 1 日 時 平 成 25 年 8 月 9 日 ( 金 曜 日 ) 午 後 2 時 00 分 1 場 所 市 役 所 本 館 3 階 委 員 会 室 1 案 件 1)

More information

平 成 28 年 第 4 回 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 開 会 日 時 平 成 28 年 4 月 12 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 場 所 中 央 区 役 所 6 階 会 議 室 出 席 委 員 中 央 区 教 育 委 員 会 島 田 勝 敏 委 員 松 川 昭 義

平 成 28 年 第 4 回 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 開 会 日 時 平 成 28 年 4 月 12 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 場 所 中 央 区 役 所 6 階 会 議 室 出 席 委 員 中 央 区 教 育 委 員 会 島 田 勝 敏 委 員 松 川 昭 義 平 成 28 年 第 4 回 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 平 成 28 年 4 月 12 日 中 央 区 教 育 委 員 会 平 成 28 年 第 4 回 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 開 会 日 時 平 成 28 年 4 月 12 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 場 所 中 央 区 役 所 6 階 会 議 室 出 席 委 員 中 央 区 教 育 委 員 会

More information

01 表紙・目次

01 表紙・目次 平 成 27 年 松 前 町 議 会 第 4 回 臨 時 会 会 議 録 平 成 27 年 7 月 1 日 開 会 平 成 27 年 7 月 1 日 閉 会 松 前 町 議 会 各 位 会 議 録 の 作 成 にあたっては 誤 りのないよう 留 意 しておりますが 時 間 の 関 係 上 原 稿 校 正 は 初 校 しかできなく 誤 字 脱 字 等 があります ことを 深 くお 詫 び 申 し 上

More information

Microsoft Word - 【④HP掲載版】26.7.24 第12回定例教育委員会会議録

Microsoft Word - 【④HP掲載版】26.7.24 第12回定例教育委員会会議録 平 成 26 年 第 12 回 東 京 都 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 日 時 : 平 成 26 年 7 月 24 日 ( 木 ) 午 前 9 時 58 分 場 所 : 教 育 委 員 会 室 平 成 26 年 7 月 24 日 東 京 都 教 育 委 員 会 第 12 回 定 例 会 議 題 1 議 案 第 46 号 議 案 から 第 81 号 議 案 まで 平 成 27 年 度

More information

平 成 27 年 4 月 定 例 東 温 市 教 育 委 員 会 会 議 録 開 会 の 日 時 及 び 場 所 平 成 27 年 4 月 22 日 ( 水 ) 午 前 10 時 15 分 東 温 市 庁 舎 4 階 405 会 議 室 議 事 に 出 席 した 委 員 教 育 長 職 務 代 行 者 菅 原 正 夫 委 員 遠 富 英 子 委 員 大 政 美 智 子 委 員 本 田 隆 彦 議

More information

第 7 回 総 会 議 事 録 1 開 催 日 時 平 成 24 年 10 月 17 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 後 4 時 2 開 催 場 所 静 岡 市 役 所 静 岡 庁 舎 新 館 17 階 170 会 議 室 3 出 席 委 員 (42 人 ) 会 長 4 番 海 野 和 美

第 7 回 総 会 議 事 録 1 開 催 日 時 平 成 24 年 10 月 17 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 後 4 時 2 開 催 場 所 静 岡 市 役 所 静 岡 庁 舎 新 館 17 階 170 会 議 室 3 出 席 委 員 (42 人 ) 会 長 4 番 海 野 和 美 平 成 24 年 度 第 7 回 農 業 委 員 会 総 会 議 事 録 静 岡 市 農 業 委 員 会 第 7 回 総 会 議 事 録 1 開 催 日 時 平 成 24 年 10 月 17 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 後 4 時 2 開 催 場 所 静 岡 市 役 所 静 岡 庁 舎 新 館 17 階 170 会 議 室 3 出 席 委 員 (42 人 ) 会 長 4 番 海 野 和

More information

具 体 的 には 救 急 医 療 の 充 実 など 喫 緊 の 課 題 に 対 応 するため 急 性 期 を 中 心 とする 入 院 医 療 に 優 先 的 かつ 重 点 的 に 配 分 するとともに 急 性 期 後 の 受 け 皿 としての 後 方 病 床 在 宅 療 養 の 機 能 を 強 化

具 体 的 には 救 急 医 療 の 充 実 など 喫 緊 の 課 題 に 対 応 するため 急 性 期 を 中 心 とする 入 院 医 療 に 優 先 的 かつ 重 点 的 に 配 分 するとともに 急 性 期 後 の 受 け 皿 としての 後 方 病 床 在 宅 療 養 の 機 能 を 強 化 報 告 1 診 療 報 酬 改 定 と 国 保 問 題 小 澤 勇 治 ( 栃 木 県 民 主 医 療 機 関 連 合 会 ) はじめに 栃 木 県 民 主 医 療 機 関 連 合 会 事 務 局 長 の 小 澤 でございます 略 称 で 言 いますと 民 医 連 という 言 葉 をお 聞 きなったこともあろうかと 思 います 栃 木 県 では 医 療 生 協 法 人 の 診 療 所 や 介 護 事

More information

平成十八年山形県議会十一月定例会会議録 平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十一時二十二分 開会 議事日程第一号  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十時開議 第一   会議録署名議員の指名 第二   会期の決定 第三   平成十七年度山形県一般

平成十八年山形県議会十一月定例会会議録  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十一時二十二分 開会  議事日程第一号  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十時開議 第一   会議録署名議員の指名 第二   会期の決定 第三   平成十七年度山形県一般 山 形 県 議 決 算 特 別 議 録 ( 平 成 二 十 五 年 度 決 算 ) 平 成 二 十 六 年 十 月 八 日 ( 水 曜 日 ) 午 後 三 時 四 十 六 分 開 出 席 ( 四 十 名 ) 草 島 進 一 金 子 敏 明 菊 池 文 昭 石 黒 覚 矢 吹 栄 修 山 科 朝 則 小 松 伸 也 佐 藤 昇 島 津 良 平 渡 辺 ゆ り 子 吉 村 和 武 楳 津 博 士 髙 橋

More information

( 会 議 の 概 要 ) 皆 さまこんにちは 委 員 の 皆 様 におかれましてはお 忙 しいところ 茅 ヶ 崎 市 立 病 院 運 営 協 議 会 にご 出 席 いただき まして 誠 にありがとうございます また 本 年 もどうぞよろしくお 願 いいたします それでは ただいまから 平 成 27

( 会 議 の 概 要 ) 皆 さまこんにちは 委 員 の 皆 様 におかれましてはお 忙 しいところ 茅 ヶ 崎 市 立 病 院 運 営 協 議 会 にご 出 席 いただき まして 誠 にありがとうございます また 本 年 もどうぞよろしくお 願 いいたします それでは ただいまから 平 成 27 ( 第 6 号 様 式 ) 第 3 回 茅 ヶ 崎 市 立 病 院 運 営 協 議 会 会 議 録 1. 平 成 28 年 度 茅 ヶ 崎 市 病 院 事 業 会 計 予 算 ( 案 )について 議 題 2. 茅 ヶ 崎 市 立 病 院 中 期 経 営 計 画 の 進 捗 状 況 について 3.その 他 日 時 平 成 28 年 2 月 15 日 ( 月 )13:00から 場 所 茅 ヶ 崎 市 立

More information

Microsoft Word - 鷹山.doc

Microsoft Word - 鷹山.doc 平 成 24 年 度 まちづくりミーティングの 質 問 と 回 答 の 要 旨 鷹 山 地 区 :7 月 2 日 ( 月 ) 午 後 7 時 30 分 ~9 時 参 加 者 数 62 人 < 質 問 > Q 文 書 配 布 の 量 をなるべく 減 らそうという 傾 向 があるが 町 報 だけでは 紙 面 が 少 なすぎるのではない か 学 校 だより 等 が 配 布 になるため 情 報 が 得 られる

More information

事 務 都 合 退 職 というものが 新 設 されました 以 上 概 略 をご 説 明 させていた だきました なお これらの 新 たな 退 職 カテゴリーの 新 設 に 対 しまして 昨 年 中 に 就 職 承 認 申 請 書 の 様 式 を 変 更 することで 対 応 させていただいている とこ

事 務 都 合 退 職 というものが 新 設 されました 以 上 概 略 をご 説 明 させていた だきました なお これらの 新 たな 退 職 カテゴリーの 新 設 に 対 しまして 昨 年 中 に 就 職 承 認 申 請 書 の 様 式 を 変 更 することで 対 応 させていただいている とこ 離 職 者 就 職 審 査 分 科 会 議 事 録 日 時 : 平 成 26 年 3 月 4 日 ( 火 )1000~1200 場 所 : 航 空 幕 僚 監 部 大 会 議 室 出 席 者 :( 分 科 会 委 員 ) 木 村 分 科 会 長 出 合 委 員 椋 田 委 員 森 脇 委 員 ( 防 衛 省 側 ) 大 堀 再 就 職 審 査 室 長 兒 玉 陸 上 幕 僚 監 部 募 集 援 護

More information

会議録作成要領

会議録作成要領 様 式 第 1 号 会 議 録 会 議 の 名 称 所 沢 市 建 築 審 査 会 開 催 日 時 平 成 19 年 4 月 25 日 ( 水 ) 午 後 3 時 50 分 から 午 後 4 時 30 分 まで 開 催 場 所 所 沢 市 役 所 第 6 会 室 出 席 者 の 氏 名 川 口 雄 市 村 上 逸 郎 大 屋 勇 造 久 我 みよ 欠 席 者 の 氏 名 惠 小 百 合 説 明 者

More information

それでは、平成25年3月の定例記者会見を始めたいと思います

それでは、平成25年3月の定例記者会見を始めたいと思います 1. 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 対 応 について 記 者 府 内 のこどもルームについてです あれは 結 局 形 はまだ 定 まってないけ れども 今 後 またああいう 場 所 をこのあたりに 設 けるというお 考 えでよろしい ですか 市 長 今 ホルトホールだと 遠 いという 意 見 もあると 思 いますので どうしたら いいか 今 ある 場 所 に 再 開 することも 含 めて

More information

昨 年 の 転 入 者 約 710 人 の 合 計 市 民 税 は 2100 万 円 / 年 ( 山 県 市 分 のみ) この 際 に 市 民 税 につき 特 定 の 人 だけ 違 う 率 にすることは 地 方 税 法 で 禁 止 されているので 市 民 税 に 相 当 する 額 を ( 項 ) 徴

昨 年 の 転 入 者 約 710 人 の 合 計 市 民 税 は 2100 万 円 / 年 ( 山 県 市 分 のみ) この 際 に 市 民 税 につき 特 定 の 人 だけ 違 う 率 にすることは 地 方 税 法 で 禁 止 されているので 市 民 税 に 相 当 する 額 を ( 項 ) 徴 2010 年 12 月 1 日 通 告 15 日 一 般 質 問 山 県 市 議 会 寺 町 知 正 質 問 番 号 1 番 答 弁 者 副 市 長 質 問 事 項 人 口 増 加 若 者 定 住 のために 転 入 市 民 税 新 築 住 宅 減 税 子 育 て 支 援 を 質 問 要 旨 現 在 山 県 市 は 人 口 が 減 少 している 対 処 が 急 務 だ とはいえ 何 をするに も お

More information

平成17年3月橋本市議会定例会会議録(第2号)

平成17年3月橋本市議会定例会会議録(第2号) 平 成 19 年 12 月 橋 本 市 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 1 号 )の2 平 成 19 年 12 月 3 日 ( 月 ) ( 午 前 9 時 31 分 開 議 ) 議 長 ( 中 上 良 隆 君 )これより 日 程 に 入 り 議 長 ( 中 上 良 隆 君 )おはようございま 日 程 第 1 会 議 録 署 名 議 員 の 指 名 を 行 いま ただ 今 の 出 席 議 員

More information

係 団 体 等 に 対 する 教 育 振 興 事 業 補 助 金 について の 提 案 理 由 の 説 明 を させていただきます 3ページをお 開 き 下 さい 木 更 津 市 教 育 振 興 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 に 基 づき 教 育 の 振 興 や 体 育 等 の 振 興 を 図

係 団 体 等 に 対 する 教 育 振 興 事 業 補 助 金 について の 提 案 理 由 の 説 明 を させていただきます 3ページをお 開 き 下 さい 木 更 津 市 教 育 振 興 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 に 基 づき 教 育 の 振 興 や 体 育 等 の 振 興 を 図 木 更 津 市 スポーツ 振 興 審 議 会 議 事 録 会 議 名 木 更 津 市 スポーツ 振 興 審 議 会 開 催 日 時 平 成 20 年 11 月 25 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 ~ 午 後 3 時 10 分 開 催 場 所 木 更 津 市 役 所 4 階 会 議 室 出 席 者 氏 名 委 員 8 名 (9 名 中 ) 佐 久 間 剛 関 口 一 眞 荻 野 敬 次 須

More information

8 事 開 会 13:30 閉 会 13:57 それでは 会 よろしくお 願 いします 定 刻 になりました ただ 今 の 出 席 委 員 は 16 名 であります 農 業 委 員 会 等 に 関 する 法 律 第 21 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づく 在 任 委 員 の 過 半 数 に

8 事 開 会 13:30 閉 会 13:57 それでは 会 よろしくお 願 いします 定 刻 になりました ただ 今 の 出 席 委 員 は 16 名 であります 農 業 委 員 会 等 に 関 する 法 律 第 21 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づく 在 任 委 員 の 過 半 数 に 平 成 26 年 第 4 回 輪 島 市 農 業 委 員 会 定 例 総 会 事 録 1 会 の 日 時 及 び 場 所 (1) 日 時 平 成 26 年 4 月 25 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 から (2) 場 所 輪 島 市 役 所 4 階 第 1 会 室 2 招 集 者 輪 島 市 農 業 委 員 会 会 向 面 正 一 3 会 に 出 欠 席 した 委 員 数 及 び 氏 名

More information

シナリオ

シナリオ 新 潟 市 秋 葉 区 農 業 委 員 会 7 月 定 例 総 会 議 事 録 1 開 催 日 時 平 成 27 年 7 月 31 日 ( 金 ) 午 後 3 時 00 分 から 午 後 4 時 37 分 2 開 催 場 所 秋 葉 区 役 所 401 会 議 室 3 出 席 委 員 (23 人 ) 委 員 1 番 吉 田 信 雄 委 員 2 番 髙 山 直 興 農 政 振 興 部 会 長 職 務

More information

農業委員会農政部会議事進行

農業委員会農政部会議事進行 平 成 27 年 第 3 回 奥 州 市 農 業 委 員 会 総 会 議 事 録 ( 平 成 27 年 5 月 20 日 ) 奥 州 市 農 業 委 員 会 - 0 - 平 成 27 年 第 3 回 奥 州 市 農 業 委 員 会 総 会 議 事 録 平 成 27 年 5 月 20 日 ( 水 ) 午 後 1 時 30 分 奥 州 市 役 所 前 沢 総 合 支 所 401 大 会 議 室 第 1

More information

Microsoft Word - 12-第1回 ★水戸市H24年9月水道事業会計決算特別委■議名・本文.doc

Microsoft Word - 12-第1回 ★水戸市H24年9月水道事業会計決算特別委■議名・本文.doc 第 1 回 水 道 事 業 会 計 決 算 特 別 委 員 会 会 議 記 録 日 時 平 成 24 年 9 月 4 日 ( 火 曜 日 ) 午 後 1 時 36 分 開 議 場 所 水 戸 市 議 会 第 3 委 員 会 室 午 後 2 時 25 分 散 会 付 託 事 件 水 道 事 業 会 計 決 算 に 関 する 事 項 について 1 本 日 の 会 議 に 付 した 事 件 (1) 委 員

More information

平 成 24 年 第 1 回 愛 知 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 議 会 臨 時 会 会 議 録 第 1 号 議 事 日 程 平 成 24 年 7 月 27 日 ( 金 曜 日 ) 午 前 10 時 開 議 メルパルク 名 古 屋 2 階 平 安 の 間 第 1 第 2 第 3

平 成 24 年 第 1 回 愛 知 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 議 会 臨 時 会 会 議 録 第 1 号 議 事 日 程 平 成 24 年 7 月 27 日 ( 金 曜 日 ) 午 前 10 時 開 議 メルパルク 名 古 屋 2 階 平 安 の 間 第 1 第 2 第 3 平 成 24 年 第 1 回 臨 時 会 (7 月 ) 愛 知 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 議 会 会 議 録 愛 知 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 議 会 平 成 24 年 第 1 回 愛 知 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 議 会 臨 時 会 会 議 録 第 1 号 議 事 日 程 平 成 24 年 7 月 27 日 ( 金 曜 日 ) 午

More information

教育委員会定例会会議録

教育委員会定例会会議録 教 育 委 員 会 10 月 定 例 会 会 議 録 日 時 平 成 26 年 10 月 15 日 ( 水 ) 午 後 3 時 00 分 から 午 後 3 時 45 分 まで 場 所 市 役 所 11 階 南 会 議 室 出 席 者 ( 教 育 委 員 ) 奈 良 教 子 職 務 代 行 者 村 山 昌 暢 委 員 吉 川 真 由 美 委 員 湯 澤 晃 佐 藤 博 之 ( 事 務 局 ) 教 育

More information

Microsoft Word - 3.16.doc

Microsoft Word - 3.16.doc 平 成 24 年 3 月 甲 良 町 議 会 定 例 会 会 議 録 平 成 24 年 3 月 16 日 ( 金 曜 日 ) 本 日 の 会 議 に 付 した 事 件 ( 議 事 日 程 ) 第 1 会 議 録 署 名 議 員 の 指 名 第 2 宮 嵜 議 員 の 議 員 辞 職 願 いについて 会 議 に 出 席 した 議 員 (10 名 ) 1 番 阪 東 佐 智 男 2 番 野 瀬 欣 廣

More information

会議録

会議録 第 4 回 秦 野 市 公 立 幼 稚 園 あり 方 検 討 委 員 会 1 日 時 平 成 24 年 2 月 7 日 ( 火 ) 午 前 10 時 ~ 正 午 2 場 所 秦 野 市 役 所 本 庁 舎 3 階 3A 会 議 室 3 出 席 委 員 逢 坂 委 員 小 林 委 員 佐 藤 委 員 佐 々 木 委 員 桐 山 委 員 横 尾 委 員 大 澤 委 員 梅 原 委 員 野 々 山 委 員

More information

国 交 省 はこれまで 住 民 運 動 の 皆 さんが 崩 落 の 危 険 があると 指 摘 をしても 立 野 ダムの 予 定 地 の 岩 盤 は 十 分 強 度 がある 立 野 ダム 建 設 を 行 う 上 で 特 に 考 慮 する 活 断 層 は 存 在 しない こう 言 ってお りました そし

国 交 省 はこれまで 住 民 運 動 の 皆 さんが 崩 落 の 危 険 があると 指 摘 をしても 立 野 ダムの 予 定 地 の 岩 盤 は 十 分 強 度 がある 立 野 ダム 建 設 を 行 う 上 で 特 に 考 慮 する 活 断 層 は 存 在 しない こう 言 ってお りました そし 平 成 28 年 5 月 10 日 ( 火 曜 日 ) 衆 議 院 国 土 交 通 委 員 会 本 村 ( 伸 ) 委 員 日 本 共 産 党 の 本 村 伸 子 でございます 本 日 も 熊 本 地 震 の 関 連 で 質 問 をさせていただきたいと 思 います 地 震 の 被 害 で 亡 くなられた 方 々に 心 から 哀 悼 の 意 を 申 し 上 げたいと 思 います そして 被 害 に 遭

More information

引 き 下 げを 行 ったところあり 職 員 の 給 与 水 準 は 適 正 であると 考 えており また 定 員 適 正 化 計 画 に 基 づき 全 体 的 な 人 件 費 の 削 減 にも いち 早 く 取 り 組 んでまいりました 以 上 のようなことから 10% 削 減 は 考 えておりま

引 き 下 げを 行 ったところあり 職 員 の 給 与 水 準 は 適 正 であると 考 えており また 定 員 適 正 化 計 画 に 基 づき 全 体 的 な 人 件 費 の 削 減 にも いち 早 く 取 り 組 んでまいりました 以 上 のようなことから 10% 削 減 は 考 えておりま 2010 年 12 月 1 日 通 告 15 日 一 般 質 問 山 県 市 議 会 寺 町 知 正 ( 質 問 と 答 弁 を 並 べ 替 えて 分 かりやすくした 今 回 は 時 間 がたりず 実 質 再 質 問 は 無 し) 質 問 番 号 1 番 答 弁 者 副 市 長 質 問 事 項 人 口 増 加 若 者 定 住 のために 転 入 市 民 税 新 築 住 宅 減 税 子 育 て 支 援

More information

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」 これからの 幼 児 教 育 について 幼 児 教 育 保 育 学 科 山 路 純 子 はじめに 本 日 は,これからの 幼 児 教 育 について, 社 会 情 勢 の 変 化 に 対 応 した 法 改 正 の 状 況 を 概 観 しながら 幼 保 一 体 化 の 教 育 を 主 に 取 り 上 げ, 今 後 の 発 展 の 動 向 を 考 えながら, 本 校 のような 養 成 校 の 役 割 などについて

More information

Microsoft Word - H27.12.07 玄海町(初日).doc

Microsoft Word - H27.12.07 玄海町(初日).doc 平 成 27 年 第 4 回 玄 海 町 議 会 定 例 会 会 議 録 招 集 年 月 日 平 成 27 年 12 月 7 日 ( 月 曜 日 ) 招 集 場 所 玄 海 町 議 会 議 場 開 閉 会 日 時 及 び 宣 告 開 会 平 成 27 年 12 月 7 日 午 前 9 時 00 分 議 長 上 田 利 治 君 散 会 平 成 27 年 12 月 7 日 午 前 10 時 2 分 副

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 40 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 委 員 長 藤 田 義 嗣 委 員 ( 委 員 長 職 務 代 理 者 ) 土 井 真 一 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 ( 教 育 長 ) 河 原

More information

現 在 の 北 側 と 南 側 で 車 の 出 入 りは 出 来 るのですが 北 側 が 無 くなるのですよね そうすると 南 側 か らしか 出 る 事 が 出 来 なくて 道 路 に 渋 滞 が 起 きるのではないか 現 庁 舎 では 市 役 所 から 電 話 がかかってきた 時 に 着 信 履

現 在 の 北 側 と 南 側 で 車 の 出 入 りは 出 来 るのですが 北 側 が 無 くなるのですよね そうすると 南 側 か らしか 出 る 事 が 出 来 なくて 道 路 に 渋 滞 が 起 きるのではないか 現 庁 舎 では 市 役 所 から 電 話 がかかってきた 時 に 着 信 履 高 浜 市 役 所 本 庁 舎 整 備 事 業 住 民 説 明 会 での 質 問 及 び 回 答 日 時 平 成 27 年 7 月 31 日 ( 金 ) 午 後 7 時 ~ 午 後 8 時 30 分 会 場 市 役 所 4 階 第 2 会 議 室 参 加 者 44 名 建 物 が 出 来 上 がったら 誰 の 物 になるのか 総 額 いくらになったのか 事 業 の 途 中 で 大 災 害 がきて 建

More information

総 務 課 長 補 佐 ( 外 川 吉 彦 ) 定 刻 前 ではございますが 皆 様 お 揃 いですので 平 成 25 年 第 3 回 弘 前 市 立 病 院 運 営 審 議 会 を 始 めさせていただきます 開 会 にあたり 葛 西 市 長 よりご 挨 拶 申 し 上 げます 市 長 ( 葛 西

総 務 課 長 補 佐 ( 外 川 吉 彦 ) 定 刻 前 ではございますが 皆 様 お 揃 いですので 平 成 25 年 第 3 回 弘 前 市 立 病 院 運 営 審 議 会 を 始 めさせていただきます 開 会 にあたり 葛 西 市 長 よりご 挨 拶 申 し 上 げます 市 長 ( 葛 西 < 名 称 > < 日 時 > 平 成 25 年 第 3 回 弘 前 市 立 病 院 運 営 審 議 会 平 成 25 年 11 月 14 日 ( 木 ) 午 後 4 時 30 分 から < 場 所 > 弘 前 市 立 病 院 別 館 2 階 指 導 室 1 2 < 次 第 > 1 開 会 2 市 長 挨 拶 3 諮 問 書 交 付 4 会 議 録 署 名 者 指 名 5 案 件 諮 問 第 1 号

More information

目 次 議 会 運 営 委 員 会 理 事 会 の 会 議 記 録 について 3 決 算 特 別 委 員 会 について (1) 設 置 構 成 について 3 (2) 審 査 方 法 日 程 質 疑 持 ち 時 間 について 3 定 例 会 の 日 程 について 4 その 他 (1) 一 般 質 問

目 次 議 会 運 営 委 員 会 理 事 会 の 会 議 記 録 について 3 決 算 特 別 委 員 会 について (1) 設 置 構 成 について 3 (2) 審 査 方 法 日 程 質 疑 持 ち 時 間 について 3 定 例 会 の 日 程 について 4 その 他 (1) 一 般 質 問 議 会 運 営 委 員 会 理 事 会 記 録 平 成 27 年 8 月 3 日 ( 月 ) 杉 並 区 議 会 目 次 議 会 運 営 委 員 会 理 事 会 の 会 議 記 録 について 3 決 算 特 別 委 員 会 について (1) 設 置 構 成 について 3 (2) 審 査 方 法 日 程 質 疑 持 ち 時 間 について 3 定 例 会 の 日 程 について 4 その 他 (1) 一

More information

<4D F736F F D F89EF8B63985E837A815B B AAE915391CC816A>

<4D F736F F D F89EF8B63985E837A815B B AAE915391CC816A> 平 成 27 年 度 第 1 回 秦 野 市 建 築 審 査 会 会 議 録 日 時 平 成 27 年 5 月 22 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 3 時 場 所 秦 野 市 役 所 本 庁 舎 4 階 議 会 第 1 会 議 室 出 席 会 長 加 藤 仁 美 職 務 代 理 平 野 義 燿 米 山 君 夫 高 橋 徹 欠 席 安 部 信 三 処 分 庁 長 橋 本 裕 友

More information

Microsoft Word - ①H19日置市2定目次.doc

Microsoft Word - ①H19日置市2定目次.doc 第 2 回 定 例 会 会 議 録 目 次 第 1 号 (2 月 28 日 )( 水 曜 日 ) 開 会 9 開 議 9 日 程 第 1 会 議 録 署 名 議 員 の 指 名 9 日 程 第 2 会 期 の 決 定 9 日 程 第 3 諸 般 の 報 告 9 日 程 第 4 行 政 報 告 9 宮 路 市 長 報 告 9 日 程 第 5 発 議 第 1 号 日 置 市 議 会 議 員 の 報 酬

More information

きたいと 思 います 5. 議 事 (1) 水 道 料 金 改 定 について 事 務 局 により 説 明 ( 資 料 3) 2 ページの 平 成 29 年 度 の 措 置 というのがよく 理 解 できないんですが 29 年 度 に( 料 金 を)43% 増 額 改 定 したらこうなりますというグラフ

きたいと 思 います 5. 議 事 (1) 水 道 料 金 改 定 について 事 務 局 により 説 明 ( 資 料 3) 2 ページの 平 成 29 年 度 の 措 置 というのがよく 理 解 できないんですが 29 年 度 に( 料 金 を)43% 増 額 改 定 したらこうなりますというグラフ 第 2 回 安 来 市 水 道 事 業 運 営 審 議 会 議 事 録 日 時 平 成 28 年 1 月 18 日 ( 月 ) 10:00~ 場 所 安 来 市 中 央 交 流 センター 2 階 第 6 会 議 室 1. 会 議 成 立 報 告 2. 諮 問 3. 市 長 挨 拶 4. 会 長 挨 拶 5. 議 事 (1) 前 回 ( 第 1 回 ) 質 問 事 項 に 対 する 回 答 について

More information

霞ケ浦町教育委員会会議録

霞ケ浦町教育委員会会議録 かすみがうら 市 教 育 会 10 月 定 例 会 会 議 録 (HP 掲 載 分 ) 1 招 集 期 日 平 成 26 年 10 月 28 日 ( 火 ) 2 招 集 場 所 霞 ヶ 浦 庁 舎 大 会 議 室 3 出 席 田 澤 高 保 中 島 和 彦 飯 村 惠 子 宮 本 雪 代 教 育 長 大 山 隆 雄 4 欠 席 なし 5 以 外 の 出 席 者 教 育 部 長 飯 田 泰 寛 坂 本

More information

【平成16年度第1回佐倉市高齢者保健・福祉・介護計画推進委員会】

【平成16年度第1回佐倉市高齢者保健・福祉・介護計画推進委員会】 平 成 27 年 度 第 1 回 認 知 症 対 策 検 討 会 会 議 録 日 時 : 平 成 27 年 9 月 8 日 ( 火 )19 時 45 分 ~21 時 場 所 : 市 役 所 1 号 館 3 階 会 議 室 委 員 名 簿 ( 敬 称 略 ) 事 務 局 出 席 者 会 長 志 津 雄 一 郎 医 師 福 祉 部 部 長 井 坂 幸 彦 副 会 長 榊 原 隆 次 医 師 健 康 こども

More information

松田町議会 27.12.2    

松田町議会 27.12.2     議 長 それでは 休 憩 を 解 いて 再 開 いたします (10 時 25 分 ) 受 付 番 号 第 3 号 中 野 博 君 の 一 般 質 問 を 許 します 登 壇 願 います 5 番 中 野 それでは 一 般 質 問 をさせていただきます 受 付 番 号 第 3 号 質 問 議 員 第 5 番 中 野 博 件 名 秦 野 峠 林 道 の 観 光 ルート 化 の 進 捗 状 況 を 問 う

More information

米 艦 防 護 ( 事 例 8 9 12 13)( 続 き) [ 邦 人 への 危 害 ] 憲 法 九 条 のもとで 許 容 されております 自 衛 権 の 発 動 としての 武 力 の 行 使 につきまして は 政 府 は 従 来 から 自 衛 権 発 動 は 三 要 件 に 該 当 する そうい

米 艦 防 護 ( 事 例 8 9 12 13)( 続 き) [ 邦 人 への 危 害 ] 憲 法 九 条 のもとで 許 容 されております 自 衛 権 の 発 動 としての 武 力 の 行 使 につきまして は 政 府 は 従 来 から 自 衛 権 発 動 は 三 要 件 に 該 当 する そうい 米 艦 防 護 ( 事 例 8 9 12 13) 事 例 8~15と 関 連 する 過 去 の 答 弁 [ 自 衛 艦 と 米 艦 が 極 めて 接 近 しているような 場 合 ] 武 力 攻 撃 に 当 たらない 武 器 の 使 用 といたしまして 自 己 等 や 武 器 等 の 防 護 のための 武 器 使 用 の 規 定 こ れはテロ 特 法 の 十 二 条 あるいは 自 衛 隊 法 の 九

More information

<82728271827281406E65777320814032312E318C8E8D86>

<82728271827281406E65777320814032312E318C8E8D86> SRS News Sharoushi Samejima News さめじま 社 会 保 険 労 務 士 事 務 所 1 月 号 ( 第 10 号 ) 発 行 日 : 平 成 20 年 12 月 20 日 裁 判 員 制 度 による 休 みは 有 給? 無 給? 企 業 としての 対 応 が 迫 られている 2009 年 5 月 から 始 まる 裁 判 員 制 度 一 般 市 民 が 司 法 に 参

More information

議事録

議事録 香 美 町 農 業 委 員 会 総 会 ( 第 4 回 ) 議 事 録 1. 開 催 日 時 平 成 28 年 7 月 22 日 ( 金 ) 9:30~11:30 2. 開 催 場 所 香 美 町 役 場 3 階 大 会 議 室 3. 出 席 委 員 (24 人 ) 会 長 1 番 西 田 英 喜 会 長 職 務 代 理 者 藤 原 敏 和 委 員 3 番 中 川 君 雄 4 番 天 良 敬 次 5

More information

事 項 につきまして 事 務 局 より 説 明 をお 願 いいたします 諮 問 事 項 (1)の 入 居 者 募 集 方 法 の 変 更 について 説 明 させていただきます 市 営 住 宅 の 入 居 者 募 集 方 法 については 現 在 1 募 集 受 付 をしますが 受 付 方 法 について

事 項 につきまして 事 務 局 より 説 明 をお 願 いいたします 諮 問 事 項 (1)の 入 居 者 募 集 方 法 の 変 更 について 説 明 させていただきます 市 営 住 宅 の 入 居 者 募 集 方 法 については 現 在 1 募 集 受 付 をしますが 受 付 方 法 について 平 成 25 年 度 第 3 回 平 塚 市 営 住 宅 運 営 審 議 会 議 事 録 日 時 平 成 26 年 1 月 28 日 ( 火 ) 午 後 2 時 から3 時 まで 場 所 平 塚 市 東 附 属 庁 舎 A 会 議 室 出 席 者 委 員 越 光 正 壽 委 員 臼 井 一 久 委 員 ( 副 会 長 ) 片 倉 章 博 委 員 鈴 木 亜 紀 子 委 員 平 名 眞 知 子 委 員

More information

先 生 方 が 見 て 伸 ばせるように 積 極 的 に 取 り 組 んでいるのでしょうか 質 問 いたします 2 点 目 高 齢 者 福 祉 について (1) 台 風 や 地 震 津 波 に 対 しての 避 難 訓 練 はどうなって いるか 質 問 いたします 児 童 に 対 しての 避 難 訓

先 生 方 が 見 て 伸 ばせるように 積 極 的 に 取 り 組 んでいるのでしょうか 質 問 いたします 2 点 目 高 齢 者 福 祉 について (1) 台 風 や 地 震 津 波 に 対 しての 避 難 訓 練 はどうなって いるか 質 問 いたします 児 童 に 対 しての 避 難 訓 休 憩 午 後 零 時 3 分 再 開 午 後 1 時 10 分 議 長 ( 日 下 昭 治 ) 休 憩 前 に 引 き 続 き 会 議 を 開 きます 引 き 続 き 一 般 質 問 を 行 います 伊 藤 房 代 議 長 ( 日 下 昭 治 ) 続 いて 伊 藤 房 代 議 員 ご 登 壇 願 います (8 番 伊 藤 房 代 登 壇 ) 8 番 ( 伊 藤 房 代 ) 議 席 番 号 8 番

More information

委員会次第書

委員会次第書 総 務 文 教 常 任 委 員 会 記 録 平 成 27 年 7 月 7 日 ( 火 ) 場 所 : 鳥 栖 市 議 会 第 1 委 員 会 室 平 成 27 年 7 月 7 日 日 程 及 び 付 議 事 件 日 次 月 日 摘 要 案 件 職 員 の 人 事 異 動 について 第 1 日 7 月 7 日 ( 火 ) 学 校 視 察 ( 鳥 栖 市 立 鳥 栖 西 中 学 校 )について 現 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088A490BC8E7392E897E189EF91E682518D86814095BD90AC3234944E82558C8E825793FA2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088A490BC8E7392E897E189EF91E682518D86814095BD90AC3234944E82558C8E825793FA2E646F63> 議 事 日 程 ( 第 2 号 ) 平 成 24 年 6 月 8 日 ( 金 曜 日 ) 午 前 10 時 00 分 開 議 日 程 第 1 議 案 第 31 号 愛 西 市 印 鑑 の 登 録 及 び 証 明 に 関 する 条 例 等 の 一 部 改 正 について 日 程 第 2 議 案 第 32 号 愛 西 市 国 民 健 康 保 険 税 条 例 の 一 部 改 正 について 日 程 第 3 議

More information

Q: 今 回 南 スーダンは 見 送 ったわけですけれども 今 後 11 月 の11 次 派 遣 隊 というのもあると 思 うのですが 新 しい 駆 け 付 け 警 護 や その 辺 の 任 務 付 与 はどう 考 えていらっしゃるのかということと 今 の 訓 練 の 準 備 状 況 はどうなのでし

Q: 今 回 南 スーダンは 見 送 ったわけですけれども 今 後 11 月 の11 次 派 遣 隊 というのもあると 思 うのですが 新 しい 駆 け 付 け 警 護 や その 辺 の 任 務 付 与 はどう 考 えていらっしゃるのかということと 今 の 訓 練 の 準 備 状 況 はどうなのでし 件 名 : 大 臣 臨 時 会 見 日 時 場 所 平 成 28 年 9 月 16 日 0754~0807 ( 日 本 時 間 ) ウィラードインターコンチネンタ ルホテル2 階 HUGHES ROOM ぶら 下 がり 担 当 大 臣 官 房 広 報 課 備 考 稲 田 大 臣 アメリカ 訪 問 ( 部 隊 視 察 CSIS 講 演 日 米 防 衛 相 会 談 ) 1 発 表 事 項 なし 2 質

More information

Microsoft Word - ktr01菊池25年8臨_中0_1.2.doc

Microsoft Word - ktr01菊池25年8臨_中0_1.2.doc 平 成 25 年 第 2 回 臨 時 会 会 議 録 平 成 25 年 第 2 回 菊 池 市 議 会 臨 時 会 会 期 日 程 表 ( 会 期 1 日 間 ) 月 日 曜 日 区 分 日 程 8 月 21 日 水 本 会 議 開 会 宣 告 開 議 会 議 録 署 名 議 員 の 指 名 会 期 の 決 定 市 長 提 出 議 案 上 程 採 決 閉 会 宣 告 - 3 - 平 成 25 年 第

More information

Microsoft Word - 02_H27.05.08 江北町(臨時)初議会

Microsoft Word - 02_H27.05.08 江北町(臨時)初議会 平 成 27 年 第 2 回 江 北 町 議 会 ( 臨 時 会 ) 会 議 録 招 集 年 月 日 平 成 27 年 5 月 8 日 招 集 場 所 江 北 町 議 場 開 散 会 日 時 及 び 宣 言 開 会 閉 会 平 成 2 7 年 5 月 8 日 午 前 9 時 平 成 2 7 年 5 月 8 日 午 後 1 時 35 分 議 長 西 原 好 文 応 ( 不 応 ) 招 議 員 及 び

More information

第10回 農地部会 議事録

第10回 農地部会 議事録 第 22 回 小 山 市 農 業 委 員 会 農 業 振 興 部 会 議 事 録 第 22 回 小 山 市 農 業 委 員 会 農 業 振 興 部 会 は 平 成 25 年 10 月 25 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 小 山 市 役 所 3 階 会 議 室 4にて 開 催 された 議 事 議 案 第 1 号 農 政 講 演 会 の 講 演 テーマについて 本 日 の 出 席 委 員 は

More information

( 議 事 日 程 ) 日 程 第 1 会 議 録 署 名 議 員 の 指 名 日 程 第 2 会 期 の 決 定 日 程 第 3 町 長 提 案 説 明 日 程 第 4 発 議 第 1 号 地 方 自 治 法 第 96 条 第 2 項 の 規 定 による 議 会 の 議 決 すべき 事 件 等 に

( 議 事 日 程 ) 日 程 第 1 会 議 録 署 名 議 員 の 指 名 日 程 第 2 会 期 の 決 定 日 程 第 3 町 長 提 案 説 明 日 程 第 4 発 議 第 1 号 地 方 自 治 法 第 96 条 第 2 項 の 規 定 による 議 会 の 議 決 すべき 事 件 等 に 平 成 25 年 第 1 回 小 山 町 議 会 3 月 定 例 会 会 議 録 平 成 25 年 2 月 22 日 ( 第 1 日 ) 召 集 の 場 所 小 山 町 役 場 議 場 開 会 午 前 10 時 00 分 宣 告 出 席 議 員 1 番 阿 部 司 君 3 番 池 谷 弘 君 4 番 高 畑 博 行 君 5 番 桜 井 光 一 君 6 番 渡 辺 悦 郎 君 7 番 米 山 千 晴

More information