CONTENTS ごあいさつ 2 財 団 法 人 の 概 要 3 役 員 評 議 員 名 簿 6 平 成 27 年 度 財 団 の 事 業 報 告 7 Ⅰ 公 益 事 業 第 1 章 助 成 事 業 関 係 1 スポ-ツ 活 動 に 対 する 助 成 7 2 活 動 に 対 する 助 成 7 第 2

Size: px
Start display at page:

Download "CONTENTS ごあいさつ 2 財 団 法 人 の 概 要 3 役 員 評 議 員 名 簿 6 平 成 27 年 度 財 団 の 事 業 報 告 7 Ⅰ 公 益 事 業 第 1 章 助 成 事 業 関 係 1 スポ-ツ 活 動 に 対 する 助 成 7 2 活 動 に 対 する 助 成 7 第 2"

Transcription

1

2 CONTENTS ごあいさつ 2 財 団 法 人 の 概 要 3 役 員 評 議 員 名 簿 6 平 成 27 年 度 財 団 の 事 業 報 告 7 Ⅰ 公 益 事 業 第 1 章 助 成 事 業 関 係 1 スポ-ツ 活 動 に 対 する 助 成 7 2 活 動 に 対 する 助 成 7 第 2 章 表 彰 事 業 関 係 1 マルセン 大 9 2 マルセン 9 贈 呈 式 11 受 者 からのひとこと 1 マルセン 大 隠 﨑 隆 一 12 2 マルセン 荒 島 夕 理 13 井 上 全 悠 14 原 田 裕 成 15 日 本 雄 也 16 丸 本 大 翔 17 3 マルセン 粟 利 郷 太 刀 踊 保 存 会 岡 山 県 重 要 無 形 民 俗 財 18 小 野 耕 石 19 河 本 昭 政 2 藤 本 理 恵 子 21 森 上 光 月 22 守 屋 剛 志 23 ホットコーナー 誇 るべき 和 歌 山 国 体 11 位 24 誕 生 から 3 年 新 しい 連 携 や 展 開 に 期 待 膨 らむ 26 第 3 章 イベントの 開 催 1 スポ-ツ 第 4 章 広 報 啓 発 育 成 事 業 29 Ⅱ 財 団 の 活 動 法 人 管 理 31 参 考 活 動 助 成 事 業 広 報 実 績 のまとめ 記 載 例 (1) 33 (2) 34 資 料 事 業 の 記 録 助 成 表 彰 イベント 後 援 等 35 平 成 26 年 度 収 支 計 算 書 41 貸 借 対 照 表 42 表 紙 写 真 / 隠 﨑 隆 一 氏 緋 襷 変 わり 花 器 裏 表 紙 写 真 / 森 上 光 月 氏 改 組 新 第 1 回 日 展 特 選 梅 の 花 彩 雲 1

3 Ⅰ 概 要 財 団 法 人 の 概 要 マルセン 振 興 財 団 は 岡 山 県 の の 振 興 発 展 と 県 民 の 皆 さまが 健 康 で 豊 かな 心 をもって 生 活 できる 環 境 社 会 の 実 現 を 願 い 平 成 16 年 2 月 に 設 立 平 成 25 年 4 月 1 日 をもって 公 益 財 団 法 人 へ 移 行 新 たな 歩 みを 開 始 し3 年 目 を 迎 えました この 度 平 成 27 年 度 当 財 団 活 動 の 記 録 といたしまして 公 益 事 業 と 財 団 の 活 動 等 を 収 録 した マルセン 第 12 号 の 発 刊 の 運 びとなりま した どうぞご 高 覧 のうえご 指 摘 を 賜 れば 幸 いに 存 じます ご 協 力 を 賜 り ました 関 係 各 位 に 心 より 厚 く 御 礼 申 し 上 げます 今 後 とも 地 域 の 皆 さまの 活 動 に 貢 献 できますよう 一 層 の 努 力 を 重 ねてまいりますので 引 き 続 きご 指 導 及 びご 支 援 を 賜 りま すようお 願 い 申 し 上 げます 平 成 28 年 3 月 ごあいさつ 公 益 財 団 法 人 マルセン 振 興 財 団 理 事 長 千 原 多 美 子 財 団 法 人 マルセンスポ-ツ 振 興 財 団 は 平 成 16 年 2 月 2 日 付 けで 設 立 その 後 国 における 公 益 法 人 制 度 の 抜 本 改 革 として 制 定 された 公 益 法 人 制 度 改 革 に 係 る3 法 が 平 成 18 年 6 月 2 日 に 公 布 平 成 2 年 12 月 1 日 施 行 新 たな 公 益 法 人 制 度 に 移 行 平 成 25 年 4 月 1 日 公 益 財 団 法 人 マルセン 振 興 財 団 として 移 行 登 記 新 たに 歩 み 始 めました 当 財 団 は 定 款 第 3 条 で その 目 的 を 岡 山 県 のスポ-ツ の 振 興 発 展 を 支 援 するとともに 県 民 が 健 康 で 豊 かな 心 を 持 って 生 活 できる 環 境 社 会 の 実 現 に 寄 与 する と 規 定 し その 目 的 達 成 のため 次 の5 項 目 1 スポ-ツ 活 動 に 対 する 助 成 2 スポ-ツ 活 動 に 対 する 表 彰 3 スポ-ツ に 関 するイベントの 開 催 4 スポ-ツ に 関 する 広 報 啓 発 育 成 事 業 5 その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 を 定 め 積 極 的 に 活 動 しております Ⅱ 沿 革 ( 概 要 ) 平 成 16 年 2 月 27 日 財 団 設 立 岡 山 市 富 町 二 丁 目 4 番 4 号 に 事 務 所 を 設 置 平 成 16 年 3 月 26 日 初 代 理 事 長 に 千 原 多 美 子 就 任 平 成 16 年 12 月 14 日 第 1 回 マルセンスポ-ツ 表 彰 式 及 びスポ-ツ 活 動 助 成 金 交 付 式 の 開 催 平 成 16 年 12 月 23 日 第 1 回 スポ-ツイベント 協 賛 第 23 回 山 陽 女 子 ロードレース 大 会 平 成 17 年 2 月 28 日 晴 れの 国 おかやま 国 体 へ 助 成 2 回 目 平 成 17 年 7 月 14 日 平 成 17 年 3 月 11 日 第 1 回 イベント 岡 山 フィルハ-モニック 管 弦 楽 団 第 26 回 定 期 演 奏 会 チケット プレゼントの 実 施 平 成 18 年 1 月 13 日 財 団 のロゴマ-クの 選 考 決 定 平 成 18 年 4 月 1 日 公 益 法 人 指 導 監 督 担 当 課 の 変 更 により 岡 山 県 教 育 委 員 会 から 岡 山 県 知 事 所 管 となる コミュニティライブラリ-の 設 置 ( 岡 山 市 駅 前 岡 山 会 館 1 階 ) 平 成 18 年 8 月 4 日 晴 れの 国 おかやま 国 体 写 真 展 あの 感 動 をもう 一 度! 表 彰 者 紹 介 コーナー 映 像 コ-ナ-の 設 置 平 成 18 年 11 月 3 日 川 島 基 ピアノリサイタルの 開 催 岡 山 県 立 美 術 館 ホール 平 成 19 年 11 月 2 日 第 19 回 全 国 生 涯 学 習 フェスティバル まなびピア27 岡 山 生 涯 学 習 見 本 市 に 出 展 展 示 ブース 受 者 の 写 真 高 橋 大 輔 選 手 のコスチューム 等 展 示 平 成 2 年 3 月 8 日 マルセン 少 年 サッカー 教 室 の 開 催 ( 岡 山 湯 郷 ベル) 会 場 岡 山 ドーム 平 成 2 年 11 月 9 日 おかやま 学 びフェスタ28 マルセンバルーンアート 教 室 の 開 催 平 成 2 年 12 月 1 日 新 公 益 法 人 制 度 改 革 3 法 が 施 行 され 特 例 民 法 法 人 となる 平 成 21 年 2 月 25 日 マルセン 写 真 コンテスト 入 選 作 品 展 岡 山 天 満 屋 地 下 タウン アートスペース において 開 催 (3 月 2 日 まで) 平 成 21 年 3 月 8 日 マルセン 少 年 陸 上 競 技 教 室 の 開 催 岡 山 県 陸 上 競 技 場 補 助 グランド 平 成 21 年 6 月 24 日 第 25 回 国 民 祭 おかやま21への 助 成 金 贈 呈 2 回 目 平 成 22 年 5 月 13 日 平 成 21 年 7 月 17 日 岡 山 市 北 区 駅 前 町 一 丁 目 2 番 4 号 へ 事 務 所 を 移 転 平 成 21 年 8 月 6 日 マルセン 写 真 コンテスト 入 絵 はがき のプレゼント 平 成 21 年 1 月 18 日 マルセン 少 年 バレーボール 教 室 の 開 催 ( 岡 山 シーガルズ) 平 成 22 年 1 月 13 日 の 振 興 についての 論 文 入 者 表 彰 式 の 開 催 2 3

4 平 成 22 年 3 月 5 日 悠 久 への 回 帰 髙 橋 秀 展 チケットプレゼントの 実 施 平 成 22 年 8 月 5 日 マルセン 小 学 生 ソフトボール 教 室 in 岡 山 ドーム の 開 催 ( 平 林 金 属 女 子 ソフトボール 部 ) 平 成 22 年 8 月 12 日 新 田 佳 浩 氏 ( 大 ) 理 事 長 へ 表 敬 訪 問 平 成 23 年 7 月 8 日 新 公 益 法 人 制 度 移 行 に 伴 う 最 初 の 評 議 員 の 選 任 方 法 の 認 可 平 成 23 年 11 月 3 日 川 島 基 & 松 本 和 将 ~スーパーピアノデュオリサイタル~ 演 奏 会 の 開 催 平 成 24 年 3 月 4 日 成 通 グループ ( 財 )マルセン 振 興 財 団 PRESENTS 東 北 楽 天 ゴールデンイーグルス 野 球 教 室 の 開 催 平 成 24 年 3 月 1 日 212 プロ 野 球 オープン 戦 チケットプレゼント 平 成 24 年 9 月 15 ~ 16 日 山 陽 新 聞 レデースカップ チケットプレゼント 平 成 24 年 9 月 21 日 公 益 法 人 認 定 に 向 けて 移 行 認 定 申 請 書 を 県 知 事 あて 提 出 平 成 24 年 1 月 5 日 前 橋 汀 子 ヴァイオリンリサイタル チケットプレゼント 平 成 24 年 11 月 11 日 第 2 回 航 空 フェア フライトシュミレータによる 航 空 教 室 の 開 催 東 北 楽 天 ゴールデンイーグルス 野 球 教 室 の 開 催 平 成 25 年 2 月 9 ~ 1 日 3 月 2 3 日 バレーボール V プレミアリーグ チケットプレゼント 平 成 25 年 3 月 9 日 人 形 浄 瑠 璃 文 楽 チケットプレゼント 平 成 25 年 3 月 18 日 移 行 認 定 許 可 ( 岡 山 県 知 事 ) 平 成 25 年 4 月 1 日 公 益 財 団 法 人 マルセン 振 興 財 団 と 改 称 平 成 25 年 6 月 26 日 平 成 25 年 度 理 事 会 及 び 評 議 員 会 において 収 益 事 業 の 廃 止 及 び 定 款 の 一 部 変 更 案 並 びに 定 款 変 更 申 請 を 承 認 岡 山 県 のつどい 第 1 回 美 作 国 建 国 13 年 ~ 津 山 洋 学 知 は 海 より 来 たる~ 平 成 25 年 7 月 2 日 講 師 臼 井 洋 輔 氏 下 山 純 正 氏 同 2 回 目 9 月 19 日 日 本 から 始 まった 柔 道 講 師 古 賀 稔 彦 氏 平 成 25 年 8 月 日 創 立 1 周 年 記 念 展 表 彰 者 色 紙 展 及 び 自 然 と 遊 ぶ 写 真 展 の 開 催 平 成 25 年 1 月 24 日 第 1 回 マルセン 表 彰 式 及 び 活 動 助 成 金 贈 呈 式 の 開 催 並 びに 歴 代 表 彰 者 等 との 懇 親 会 平 成 25 年 12 月 6 日 定 款 変 更 認 定 ( 収 益 事 業 の 廃 止 )( 岡 山 県 知 事 )12 月 2 日 登 記 完 了 平 成 26 年 3 月 2 日 成 通 グループ マルセン 財 団 PRESENTS 楽 天 イーグルス 野 球 教 室 開 催 平 成 26 年 5 月 1 日 第 1 回 沙 美 アートフェストへ 協 賛 ( 今 回 で 休 止 ) 平 成 26 年 6 月 4 日 ホームページをリニューアル 平 成 26 年 8 月 7 日 第 11 回 マルセン 表 彰 式 及 び 活 動 助 成 金 贈 呈 式 の 開 催 平 成 26 年 8 月 7 日 岡 山 県 のつどい( 岡 山 県 連 盟 との 共 催 )の 開 催 川 島 基 氏 によるお 話 とピアノ 演 奏 平 成 26 年 9 月 8 日 山 陽 新 聞 レディースカップ 入 場 券 プレゼント 財 団 新 CM 放 映 開 始 平 成 26 年 9 月 15 日 マルセンバスケットボール 教 室 の 開 催 ( 共 催 高 松 ファイブアローズ) 主 管 岡 山 県 中 学 生 バスケットボール 連 盟 マルセン 親 子 写 真 教 室 の 開 催 岡 山 市 龍 の 口 グリーンシャワーの 森 平 成 26 年 9 月 27 日 講 師 : 第 1 回 マルセン 受 の 難 波 由 城 雄 氏 撮 影 作 品 選 考 後 ホームページで 入 入 選 作 の 発 表 平 成 26 年 1 月 1 日 池 田 綱 政 公 3 年 遠 諱 記 念 事 業 護 国 山 曹 源 寺 展 へ 協 賛 県 立 博 物 館 平 成 26 年 11 月 16 日 第 33 回 山 陽 女 子 ロードレース 大 会 ( 協 賛 ) 岡 山 市 内 平 成 27 年 3 月 25 日 公 益 認 定 委 員 会 職 員 による 立 ち 入 り 検 査 平 成 27 年 3 月 吉 日 広 報 誌 マルセン 11 号 の 発 刊 平 成 27 年 5 月 28 日 選 考 委 員 会 の 開 催 平 成 27 年 6 月 4 日 定 期 監 査 の 実 施 平 成 27 年 6 月 9 日 平 成 27 年 度 第 1 回 定 時 理 事 会 の 開 催 議 題 平 成 26 年 度 事 業 報 告 及 び 収 支 計 算 書 類 について 他 平 成 27 年 8 月 1 日 ~ 11 日 職 員 杉 本 瞳 高 体 連 ソフトテニス 専 門 部 強 化 事 業 の 講 師 として 派 遣 平 成 27 年 8 月 17 日 18 日 マルセン 子 どもスケート 教 室 の 開 催 会 場 ヘルスピア 倉 敷 アイスアリーナ 講 師 佐 々 木 美 行 氏 ゲストスケータ 無 良 崇 人 平 成 27 年 8 月 26 日 第 12 回 マルセン 表 彰 式 及 び 活 動 助 成 金 贈 呈 式 の 開 催 会 場 ホテルグランヴィア 岡 山 平 成 27 年 9 月 28 日 山 陽 放 送 ラジオ おかやま 元 気 応 援 団! 215 昼 からどーだい! に 関 係 7 団 体 関 係 14 団 体 計 21 団 体 が 出 演 ( 毎 週 月 曜 日 の 12 回 ) 平 成 27 年 12 月 23 日 第 44 回 山 陽 女 子 ロードレース 大 会 ( 協 賛 ) 岡 山 市 内 平 成 27 年 12 月 25 日 再 興 1 回 院 展 チケットプレゼントの 実 施 1 組 (2 名 ) 平 成 28 年 2 月 5 日 第 3 回 倉 敷 音 楽 祭 チケットプレゼント 3 月 12 日 5 組 (1 枚 ) 平 成 28 年 3 月 2 日 選 考 委 員 会 の 開 催 平 成 28 年 3 月 19 日 ファイブアローズ 岡 山 ジップアリーナ 開 催 TKbjl リーグ バスケットボール 試 合 高 松 ファイブフローズ VS 金 沢 武 士 団 の 共 催 及 びチケットプレゼント 平 成 28 年 3 月 29 日 平 成 27 年 度 第 2 回 定 時 理 事 会 及 び 第 3 回 臨 時 評 議 員 会 の 開 催 平 成 28 年 3 月 吉 日 広 報 誌 マルセン 12 号 の 発 刊 4 5

5 役 員 役 職 名 理 事 長 常 務 理 事 理 事 監 事 役 員 評 議 員 名 簿 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 氏 名 会 社 名 千 原 多 美 子 成 通 取 締 役 千 原 秀 則 センインターナショナル 代 表 取 締 役 社 長 加 計 孝 太 郎 学 校 法 人 加 計 学 園 理 事 長 川 﨑 誠 治 学 校 法 人 川 崎 学 園 理 事 長 越 宗 孝 昌 山 陽 新 聞 社 代 表 取 締 役 会 長 吉 岡 洋 介 ( 公 財 )ワコー 振 興 財 団 理 事 長 衣 笠 和 孜 岡 山 療 護 センター センター 長 信 朝 寛 岡 山 県 元 審 議 監 五 十 音 順 敬 称 略 Ⅰ 公 益 事 業 第 1 章 平 成 27 年 度 事 業 報 告 助 成 事 業 関 係 岡 山 県 内 において の 振 興 及 び 発 展 に 寄 与 するため 下 記 の 諸 事 業 に 助 成 を 行 いました 1 活 動 に 対 する 助 成 ( 応 募 数 /15 件 採 用 件 数 /7 件 ) 番 号 団 体 名 活 動 名 活 動 目 的 ( 内 容 ) 1 2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 岡 山 県 自 閉 症 児 を 育 てる 会 倉 敷 フィギュア スケーティング クアブ 平 成 27 年 度 自 閉 症 児 のための 水 泳 教 室 強 化 練 習 及 び イベントを 通 じて の 普 及 活 動 OSKクラブの 協 力 を 得 て 年 間 11 回 (8 月 を 除 く)の 自 閉 症 者 のための 水 泳 教 室 を 実 施 した 自 閉 症 の 特 性 に 配 慮 し コ ースは 水 慣 れコースからある 程 度 泳 げる 子 供 までコースに 分 けてなるべく 言 葉 よりも 実 際 にお 手 本 をみせるなど 視 覚 的 に 分 か るような 形 で 指 導 を 行 った コーチは ボランティアで 長 く 自 閉 症 児 の 指 導 に 当 たっていただいているコーチとOSKのスイミング コーチにお 願 いして できるだけ 毎 回 同 じメンバーで 行 うようにした はじめての 場 面 を 苦 手 とする 子 供 たちが 多 いのが 自 閉 症 の 特 徴 の 一 つであるが 逆 に 一 度 経 験 したことと 同 じ 流 れで 行 うことには 安 心 して 取 り 組 めるのも 自 閉 症 の 特 徴 の 一 つである 毎 回 それぞれに 合 わせたコースで 同 じ 流 れで 水 泳 教 室 を 行 うことで プールは 楽 しい と 水 泳 を 楽 しんで 最 後 まで 教 室 に 通 ってきて くれた 最 終 回 の3 月 2 日 には ご 褒 美 のお 菓 子 を 配 って みんなで 卒 業 のお 祝 いをする 予 定 である 自 閉 症 と 言 っても 知 的 に 遅 れのない 高 機 能 な 子 どもたちから 知 的 に 重 度 な 成 年 まで とても 幅 広 い 生 徒 たちの 水 泳 教 室 であったが 理 解 のあるコーチに 恵 まれ またOSKクラブでは プールを 水 泳 教 室 の 貸 切 で 使 用 させていただいたため みんな 穏 やかに 水 泳 を 楽 しむこ とができた 運 動 不 足 になりがちな 自 閉 症 の 思 春 期 青 年 期 にも ずっと 楽 しめる 趣 味 の 一 つになってくれたと 思 う 元 全 日 本 フィギュアスケート 選 手 権 大 会 優 勝 者 を 特 別 コーチとしてお 招 きし 全 ての 基 本 となるスケーティングの 指 導 を 仰 ぎ 更 に 各 選 手 のフリープログラムについて 技 術 的 なチェックを 行 い 選 手 の 技 術 向 上 を 図 りました また 選 手 も 親 も 一 緒 にな って 特 別 コーチに 対 して ひごろの 練 習 方 法 や 注 意 する 点 など 疑 問 点 の 解 消 も 図 ることができました 倉 敷 フィギュアスケー ティングクラブのブログにも 掲 載 しましたが 先 のスケートヒロシマ216では4 級 5 級 ノービスクラスなどで 上 位 の 成 績 を 収 める ことができました 合 宿 で 培 ったノウハウをいかに 日 頃 の 練 習 で 継 続 できるかが その 後 の 選 手 の 成 長 に 大 きく 関 わることと 思 います これからも 親 も 一 緒 になって 選 手 を 支 えて 頑 張 っていきたいと 思 います 評 議 員 役 職 名 評 議 員 氏 名 石 井 正 人 馬 越 績 川 端 英 男 北 尾 好 昭 千 原 行 喜 中 川 洋 一 中 静 敬 一 郎 野 﨑 誠 二 原 憲 一 平 松 掟 会 社 名 岡 山 エフエム 放 送 代 表 取 締 役 社 長 馬 越 績 税 理 士 事 務 所 所 長 テレビせとうち 代 表 取 締 役 社 長 瀬 戸 内 海 放 送 常 勤 顧 問 成 通 代 表 取 締 役 社 長 西 日 本 放 送 株 式 会 社 岡 山 本 社 中 国 総 支 社 支 社 長 岡 山 放 送 代 表 取 締 役 社 長 岡 山 ネットワーク 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 山 陽 放 送 代 表 取 締 役 社 長 平 松 弁 護 士 事 務 所 ( 元 日 本 弁 護 士 連 合 会 副 会 長 ) 3 神 根 っ 子 くらぶ 4 玉 野 リトルシニア 野 球 協 会 5 チーム マスカッツ 6 富 山 キャンプ 7 巻 末 に 記 載 例 北 房 サッカークラブ 少 年 団 児 童 クラブの 保 育 活 動 地 域 公 民 館 活 動 第 19 回 玉 野 市 長 旗 杯 野 球 大 会 総 社 市 教 室 ( 体 操 ) 中 学 生 バスケット ボール 交 流 大 会 サッカー 競 技 活 動 平 成 2 年 1 月 備 前 市 放 課 後 児 童 クラブ 神 根 っ 子 くらぶ 設 立 以 来 地 域 公 民 館 を 一 年 通 して 利 用 させて 頂 き 地 域 の 方 々と 交 流 を 深 め 児 童 クラブの 活 動 を 行 ってきた 今 回 の 助 成 を 受 けて 卓 球 台 を 整 備 することができ 児 童 クラブの 活 動 日 平 日 長 期 休 み( 春 夏 冬 休 み) 土 曜 日 保 育 学 校 振 替 日 においての 活 動 の 一 つに 卓 球 を 取 り 入 れることができた また 公 民 館 活 動 の 一 つとして 地 域 の 方 々による 卓 球 クラブの 設 立 ができ 交 流 の 場 のコンテンツが 加 わることになる さる 夏 休 みの8 月 7 日 紅 葉 会 館 において 児 童 クラブの 子 どもたち 地 域 の 方 々との 卓 球 大 会 がされた クラブ 児 童 12 名 中 学 生 ボランティア3 名 アルバイト2 名 指 導 員 2 名 地 域 の 方 8 名 計 28 名 勝 残 り 式 トーナメントで 行 い 小 学 生 と7 代 女 性 の 戦 いでは 勝 てると 思 っていた 小 学 生 が 負 けて 口 惜 しい 思 いをしたり 勝 ちあがるたびに サーブが 上 達 し 達 成 感 を 大 いに 感 じたりと 熱 い 戦 いが 繰 り 広 げられました 平 成 27 年 8 月 1 日 ~2 日 玉 野 総 合 運 動 公 園 野 球 場 陸 上 競 技 場 を 会 場 に 第 19 回 玉 野 市 長 杯 争 奪 野 球 大 会 を 開 催 関 西 中 四 国 か ら1チーム 選 手 226 人 指 導 者 保 護 者 の 方 々が 集 い 炎 天 下 の 中 2 会 場 2ブロックに 分 かれトーナメント 方 式 で 開 催 し 伊 予 三 島 シニアチームが 優 勝 し 玉 野 チームは 準 優 勝 でした 今 年 度 は 玉 野 チームは 関 西 大 会 秋 季 春 季 大 会 に 出 場 できたことで 参 加 した 数 チームは 交 流 会 や 他 の 大 会 で 顔 を 合 わせたこともあって 再 会 を 歓 び お 互 いの 成 長 を 肌 で 感 じていました また 指 導 者 や 保 護 者 においても 交 流 を 深 め 活 発 な 意 見 交 換 ができました 申 請 した 時 点 では 2 3 年 生 が1 名 で 試 合 ができるギリギリの 状 態 でしたが 4 月 新 入 団 が16 名 入 り 合 わせて26 名 で 活 動 してきました その 中 で 野 球 の 技 術 はもちろんのこと 先 輩 指 導 者 に 対 するマナー 保 護 者 に 対 する 感 謝 の 気 持 ちなどを 伝 えてきました 大 会 開 催 を 継 続 するには 幾 多 の 課 題 もありますが 子 どもた ちが 楽 しみにしている 大 会 なので 今 年 以 上 の 結 果 を 残 すことを 目 標 に 邁 進 します 平 成 27 年 7 月 から 平 成 28 年 2 月 まで 総 社 市 教 室 ( 体 操 )でスラックラインの 指 導 を 行 いました 今 年 はマルセン 財 団 の 助 成 制 度 でエレファントストラックラインズのスラックラックを 使 用 しての 指 導 です 両 サイドにマットを 敷 いて 小 学 生 なら 一 人 で 乗 り 降 りできる 高 さです 高 さの 恐 怖 心 がなくなり 自 発 的 に 挑 戦 してくれました 子 供 と 視 線 を 合 わせることでコミュニケーションを 取 りやすくなり 楽 しみながら 指 導 することも 出 来 ました 富 山 中 学 校 体 育 館 にて 富 山 中 上 道 中 操 山 中 操 南 中 岡 輝 中 備 前 中 中 山 中 東 山 中 の 合 計 8チームが 集 まり 大 会 形 式 でバ スケットの 試 合 を 行 った 各 チーム5 試 合 程 度 の 試 合 をこなした 試 合 は 岡 輝 中 学 校 が 優 勝 し 操 山 忠 学 校 が 準 優 勝 で 終 わった マルセン 財 団 からの 助 成 金 を 使 い ショットクロックを 準 備 し 試 合 の 運 営 に 使 用 した 各 チームの 指 導 者 にマルセン 財 団 からの 助 成 事 業 によって 運 営 できていることを 周 知 し 作 成 したチラシを 配 布 した 各 チームの 生 徒 は TO(ショットクロックオペレー)の 機 器 を 実 際 に 使 用 することができたため 貴 重 な 経 験 となり ルールの 理 解 と 競 技 力 の 向 上 が 図 れた 指 導 者 も 審 判 をする 際 に 正 式 なショットクロックのルールで 行 うことができ 審 判 のレベル 向 上 にも 寄 与 した 大 会 当 日 のアナウンス 及 び チラシで 財 団 名 の 公 表 をした 助 成 金 を 受 け サッカーゴール ラインカーを 購 入 させていただきました 以 前 は 団 の 備 品 がなく 他 のチームを 練 習 試 合 に 招 待 することもできませんでしたが 助 成 金 のおかげで 他 のサッカーチームを 招 待 できるようになりました 普 段 の 練 習 でも 高 学 年 中 学 年 と 別 れて 行 っていますが 今 までは どちらかが 仮 のゴールを 使 っていましたが どちらも 使 用 で きるようになりました また 親 子 でトレーニングや 試 合 を 行 いサッカーを 楽 しんでいます 藤 田 土 義 成 通 相 談 役 五 十 音 順 敬 称 略 2 活 動 に 対 する 助 成 ( 応 募 数 /66 件 採 用 件 数 /15 件 ) 顧 問 役 職 名 顧 問 氏 名 伊 東 香 織 大 森 雅 夫 倉 敷 市 長 岡 山 市 長 所 属 五 十 音 順 敬 称 略 番 号 団 体 名 活 動 名 活 動 目 的 ( 内 容 ) 1 公 益 財 団 法 人 岡 山 シンフォニー ホール 2 岡 山 歴 史 研 究 会 岡 山 フィルハーモニック 管 弦 楽 団 第 49 回 定 期 演 奏 会 東 日 本 大 震 災 心 の 復 興 祈 念 コンサート ドイツ レクイエム 冊 子 岡 山 県 歴 史 関 連 団 体 一 覧 の 作 成 及 び 活 用 本 事 業 は 指 揮 ハンスイェルク シェレンベルガー( 岡 フィル 首 席 指 揮 者 ) ソプラノ/ 秦 茂 子 バス/ドミニク ヴェルナー 合 唱 / 岡 山 バッハカンタータ 協 会 盛 岡 バッハ カンタータ フェライン 仙 台 宗 教 音 楽 合 唱 団 山 饗 アマデウスコア オーケストラ/ 岡 山 フィルハー モニック 管 弦 楽 団 であるアルチュール オネゲル 作 曲 交 響 曲 第 3 番 礼 拝 ( 岡 山 公 演 のみ) ヨハネス ブラームス 作 曲 ドイツレクイエ ム を 演 奏 した 本 事 業 は 岡 山 盛 岡 仙 台 山 形 の4 都 市 のコンサートホールが 連 携 して 実 施 したが 助 成 を 受 けた 事 により 演 奏 を 通 じて 東 北 の 皆 様 に 生 きる 活 力 を 与 えたいという 出 演 者 全 員 の 強 い 思 いを 伝 えることができた すべての 会 場 において 全 力 で 活 き 活 きとした 演 奏 を 披 露 したことにより 観 客 を 魅 了 し 聴 衆 からは 指 揮 者 ソリスト 合 唱 オーケストラ 聴 衆 がこんなに 一 体 となった 演 奏 会 は 初 めてだ 等 賛 の 声 が 多 く 聞 かれた 岡 山 盛 岡 仙 台 山 形 の4 都 市 で 演 奏 会 を 開 催 することにより 各 地 の 劇 場 音 楽 堂 等 との 交 流 が 図 られ また 様 々な 意 見 交 換 により 深 い 絆 を 形 成 することができた この 公 演 を 通 して 地 域 に 質 の 高 い 音 楽 を 提 供 するとともに 地 域 の のレベルの 向 上 にも 大 きく 貢 献 した また 本 演 奏 会 の 実 施 により 岡 山 唯 一 のプロオーケストラ 岡 フィル の 存 在 をアピールし 観 客 層 を 広 げることができた 岡 山 県 下 には すでに 数 多 くの 歴 史 関 係 団 体 が 精 力 的 に 活 動 され 実 績 を 上 げておられる しかし 岡 山 県 下 の 歴 史 に 関 わる 団 体 の 情 報 データをまとめたものはこれまでなかった 岡 山 歴 史 研 究 会 は 多 くの 歴 史 研 究 ( 愛 好 ) 家 団 体 等 関 係 者 の 参 加 によって 平 成 22 年 1 月 に 設 立 された 設 立 当 初 県 内 を 網 羅 した 歴 史 関 連 団 体 を 調 査 し 岡 山 県 歴 史 関 連 団 体 一 覧 の 必 要 性 が 各 人 各 界 からの 強 い 要 望 もあって 第 一 次 調 査 ( 平 成 24 年 3 月 ~ 平 成 25 年 8 月 )を 実 施 した 62 団 体 がリストアップされ 引 き 続 き 第 二 次 調 査 ( 平 成 25 年 9 月 ~ 平 成 26 年 8 月 )を 実 施 その 結 果 を 合 わせ 計 152 団 体 となり 県 下 27 全 市 町 村 全 部 をほぼ 網 羅 することができた と 考 えている 平 成 26 年 度 中 に 岡 山 県 歴 史 関 連 団 体 一 覧 の 編 集 作 業 を 実 施 今 年 度 は 冊 子 の 整 除 または 追 加 し 印 刷 製 本 を 行 った 出 来 上 がった 資 料 は 調 査 協 力 団 体 や 県 内 図 書 館 自 治 体 全 国 歴 史 研 究 会 等 96 冊 余 を 配 布 した これにより 歴 史 関 係 者 の 相 互 の 情 報 交 換 ネットワークの 拡 大 更 には 会 員 の 増 員 講 演 会 イベント 等 の 案 内 広 報 にも 役 立 つものと 考 えられる しかし ながら 今 後 は 連 絡 事 務 所 等 個 人 宅 の 場 合 は 個 人 情 報 保 護 の 観 点 から 公 にできない 風 潮 があり このような 名 簿 の 作 成 が 困 難 に なるものと 危 惧 している 6 7

6 番 号 団 体 名 活 動 名 活 動 目 的 ( 内 容 ) 3 倉 敷 市 合 唱 連 盟 4 心 のひだ きびの 美 術 実 行 委 員 会 5 就 実 森 の 学 校 6 セ イ アート, プロジェクト 実 行 委 員 会 7 田 賀 屋 狂 言 会 巻 末 に 記 載 例 なぎ 山 麓 アート クラフトホリディ 実 行 委 員 会 ヴォーカル グループ アルゴナウティ 特 定 非 営 利 活 動 法 人 体 験 ネット 西 大 寺 子 ど も 劇 場 松 尾 山 松 本 寺 理 性 院 学 術 総 合 調 査 委 員 会 真 庭 市 立 久 世 図 書 館 みゅーじかる 劇 団 きんちゃい 座 ミルフィーユ ブラスクインテット やかげ 夏 の 行 灯 まつり 実 行 委 員 会 第 4 回 記 念 倉 敷 合 唱 フェス ティバル 第 2 回 総 社 市 芸 術 祭 215 心 のひだ きびの 美 術 - 遠 との 共 鳴 - ESD( 持 続 可 能 な 社 会 のための 教 育 )に 資 す る 里 山 再 生 活 動 SEI 備 前 遊 観 2 水 物 語 - 備 前 ホタル を 作 ろう! ワ ー ク ショップ 廃 曲 になった 狂 言 を 復 活 し 鑑 する 会 なぎ 山 麓 アート クラフトホリディ ヴォーカル グループ アルゴナウティ オペラコンサート 設 立 3 周 年 記 念 公 演 鳥 の 劇 場 すてきな 三 にん ぐみ 松 尾 山 松 本 寺 理 性 院 学 術 総 合 調 査 報 告 書 の 編 集 と 出 版 事 業 伝 承 のわらべうた ~ 人 育 てのうた~ 環 境 ミュージカルを 介 した 岡 山 県 内 児 童 並 びにその 保 護 者 を 対 象 とした 教 育 活 動 ミルフィーユ ブラスクインテット シリーズコンサート やかげ 夏 の 行 灯 まつり と 矢 掛 小 唄 おどり 倉 敷 市 合 唱 連 盟 では 例 年 開 催 の 合 唱 フェスティバル が 今 年 度 第 4 回 を 迎 えるのを 記 念 して 連 盟 傘 下 の 合 唱 団 と 市 内 外 の 合 唱 愛 好 家 に 呼 びかけ 女 声 男 声 混 声 の3つの 記 念 合 唱 団 を 編 成 し 第 4 回 記 念 倉 敷 合 唱 フェスティバル を 企 画 開 催 した 混 声 合 唱 には 関 西 合 唱 会 の 雄 清 原 浩 斗 氏 ( 関 西 合 唱 連 盟 理 事 長 大 阪 府 合 唱 連 盟 理 事 長 )を 指 揮 者 に 迎 え 氏 の 指 導 のもとに 練 り 上 げた 筑 後 川 を 演 奏 した 女 声 合 唱 男 声 合 唱 は 地 元 の 経 験 豊 かな 指 導 者 のもとに 新 しい 感 覚 の 同 声 組 曲 を 演 奏 した 加 えて 倉 敷 少 年 少 女 合 唱 団 は 上 級 生 団 員 を 中 心 に 充 実 した 歌 声 を 響 かせ 従 来 とはひと 味 違 う 倉 敷 合 唱 フェスティバル が 実 現 できた このフェスティバルのために 女 声 男 声 混 声 の 合 唱 団 をそれぞれ 一 箇 所 に 集 め 合 同 練 習 を 行 う 機 会 を 次 の 通 り4 回 に 分 け 実 施 した 第 1 回 11 月 7 日 倉 敷 市 玉 島 センターホール 練 習 室 第 2 回 12 月 13 日 倉 敷 市 民 会 館 練 習 室 及 び 芸 文 館 ア イシアター 第 3 回 1 月 17 日 倉 敷 市 民 会 館 大 会 議 室 練 習 室 第 4 回 2 月 14 日 倉 敷 市 民 会 館 大 会 議 室 練 習 室 参 加 者 は 倉 敷 少 年 少 女 合 唱 団 約 7 名 記 念 女 声 合 唱 団 約 1 名 記 念 男 性 合 唱 団 約 3 名 記 念 混 声 合 唱 団 約 18 名 合 計 延 べ38 名 であり こ のうち 約 3 名 が 倉 敷 市 合 唱 連 盟 外 からの 参 加 者 であった 聴 衆 からは 好 評 で 特 にアンコールで 最 期 に 聴 衆 と 共 に 歌 った 故 郷 は 会 場 全 体 を 暖 かい 雰 囲 気 に 包 み 大 好 評 であった 画 聖 雪 舟 ゆかりの 古 刹 宝 福 禅 寺 の 山 門 及 び 方 丈 庫 裏 その 他 の 室 内 全 域 を 使 用 して 大 規 模 な 美 術 展 覧 会 を 開 催 した 総 社 にゆかりのある8 名 の 作 家 ( 浅 野 有 紀 岡 部 玄 樫 尾 聡 美 草 間 喆 有 雄 甲 田 千 晴 児 玉 知 己 佐 藤 朋 子 島 田 清 徳 )により 場 との 共 鳴 作 家 間 の 共 存 見 て 下 さる 方 々との 共 振 の 実 現 を 通 して 魂 の 贈 与 の 場 の 立 ち 上 げを 目 指 して 行 われた 浅 野 は 絹 本 作 品 5 点 岡 部 は 流 木 による 立 体 6 点 樫 尾 はテキスタイル 作 品 の 対 策 1 点 と 他 1 点 草 間 はテキスタイル 作 品 ( 国 際 コンペ 入 作 )1 点 甲 田 は 木 彫 作 品 2 点 と 他 1 点 児 玉 は 掛 け 軸 1 点 と 絵 画 作 品 大 作 1 点 他 3 点 佐 藤 は 絵 画 作 品 7 点 島 田 は 布 による 立 体 作 品 でインスタレーション 以 上 8 名 の 作 品 で 禅 寺 の 室 内 全 域 を 構 成 した 特 別 プログラムとして 5 月 3 日 4 日 アーチストトー ク 5 月 9 日 中 ムラサトコ コンサート 5 月 1 日 岸 本 和 明 ( 奈 義 町 現 代 美 術 館 長 )によるギャリ トークが 開 催 され 総 入 場 者 数 1998 名 を 得 て おおむね 好 評 であった 特 別 プログラムも 各 5 余 名 の 参 加 者 があった 課 題 としては 伝 統 的 建 造 物 での 展 示 は 見 慣 れ た 美 術 館 での 展 示 とは 更 なる 工 夫 の 余 地 を 痛 感 した 里 山 の 荒 廃 が 憂 慮 されるようになって 久 しい 本 活 動 は 就 実 学 園 が 所 有 する 山 林 を 就 実 森 の 学 校 として 生 徒 学 生 とともに 整 備 し ESD( 持 続 可 能 な 社 会 のための 教 育 )プログラムを 開 発 することを 目 的 とする 就 実 学 園 は 昭 和 46 年 から 岡 山 市 中 区 今 谷 に 山 林 を 所 有 しているが 管 理 が 不 十 分 で 周 辺 に 迷 惑 をかけるようになり 山 林 の 整 備 をする 必 要 が 生 じた 平 成 23 年 調 査 の 結 果 竹 林 の 拡 大 が 著 しいこと 一 方 で 予 想 以 上 に 豊 かな 植 生 が 残 っていること また 校 地 内 に8 世 紀 後 半 の 古 墳 が22 基 もあること も 判 明 した この 恵 まれた 自 然 や 遺 産 を 生 きた 教 材 として 利 用 するため 活 動 を 始 めた 活 動 は 生 徒 学 生 や 一 般 の 方 に 里 山 の 良 さを 知 ってもらう 事 業 里 山 調 査 里 山 整 備 里 山 活 用 の4 分 野 に 分 けて 実 施 している 調 査 の 中 心 は 古 墳 調 査 で 古 墳 の 整 備 案 内 板 の 設 置 などを 進 めている 今 年 度 は 年 間 事 業 のうち 助 成 を 受 けて 春 のコンサート 及 び 古 墳 の 保 護 活 動 が 充 実 し たものとなりました 岡 山 県 備 前 市 における 市 政 1 周 年 記 念 事 業 の 中 で 地 域 資 源 ( 水 景 備 前 焼 粘 土 ) 等 を 生 かし 市 民 参 加 行 事 のフェス ティバルなどの 行 政 主 催 の 行 事 に ワークショップとして 併 設 し 開 催 備 前 市 において よく 行 われる 備 前 焼 土 ねり と 異 なり アー ト 作 品 に 展 開 することを お 知 らせしながら 創 作 に 参 加 していただく 主 に 小 ~ 中 学 生 の 子 どもさんの 参 加 となり 今 回 の 展 示 に は 焼 成 が 間 に 合 わないが 次 回 のアートイベント 開 催 のため 準 備 と 継 続 的 開 催 を 図 る 作 品 備 前 ホタル のおもり と 備 前 風 鈴 として 地 域 資 源 である 風 景 ( 景 観 )から 水 土 風 と 五 感 で 感 じながら 創 作 に 参 加 し ワークショップでは アート 作 品 の 一 部 と して 加 わり 共 同 制 作 した 作 品 が 備 前 市 内 を 彩 り 展 示 されることを 期 待 され 楽 しんでいただきました 岡 山 においても 能 狂 言 の 講 演 は 年 間 数 回 ではあるが 行 われているが 東 京 大 阪 京 都 などに 行 かなければ 見 ることのできな い 演 目 も 多 いのが 現 状 である 田 賀 屋 狂 言 会 は これまで 大 曲 や 稀 曲 岡 山 が 題 材 になった 演 目 などを 岡 山 に 居 ながらにして 能 狂 言 の 奥 深 さを 知 っていただける 企 画 に 取 り 組 んできたところである 昨 年 明 治 維 新 により 廃 曲 となった 狂 言 の 一 つ 察 化 (さっ か) を 復 活 上 演 したところ 大 変 な 好 評 を 得 再 演 を 求 める 声 があった このため 本 年 は 察 化 同 様 に 廃 曲 になった 狂 言 樋 の 酒 (ひのさけ) 犬 山 伏 (いぬやまぶし) 二 曲 の 復 活 に 取 り 組 み 上 演 することで 狂 言 がいかに 古 くて 新 しいかえお 知 っていただこう とするものである 今 回 動 員 数 が 2を 切 り 更 に 多 くの 市 民 の 理 解 を 得 る 努 力 が 必 要 であるが 岡 山 大 学 文 学 部 の 学 生 を 対 象 にワークショップ 当 日 の 小 中 学 生 親 子 招 待 など 実 施 し これからのファンの 増 強 にも 努 力 した 会 場 内 では 助 成 団 体 名 を 数 度 アナウンスした 事 前 PRでは 新 聞 の 他 山 陽 放 送 でも 生 放 送 ができた 5 月 2 3 日 の2 日 間 にわたり 奈 義 町 現 代 美 術 館 前 でワークショップを 中 心 としたイベントを 開 催 した 来 場 者 数 約 2 千 名 体 験 者 数 延 べ36 名 作 家 数 21 名 18ブースが 出 展 し 地 域 住 民 有 志 による 特 産 物 を 使 用 した 飲 食 ブース6 店 も 賑 わいを 添 えた 広 報 活 動 として 各 種 チラシ 総 数 9 部 を 発 行 し 各 作 家 の 顧 客 へ 送 付 の 他 町 広 報 誌 への 折 り 込 み 付 近 地 域 の 飲 食 店 宿 泊 レ ジャー 施 設 など 店 舗 に 設 置 配 布 した また FM 岡 山 エフエム 津 山 などラジオ 放 送 の 番 組 内 で 取 り 扱 われ 山 陽 新 聞 など 二 誌 で も 取 り 上 げられ 後 日 の 地 域 ケーブルテレビで 映 像 により 当 日 の 様 子 が 放 映 された 8mの 大 型 看 板 のほかのぼり 旗 2 本 など 作 成 し 視 覚 的 効 果 の 高 い 広 報 効 果 を 発 揮 した 当 日 の 安 全 確 保 として 駐 車 場 出 入 りに 交 通 誘 導 警 備 員 を 配 置 し 事 故 なく 閉 幕 できた 多 くの 来 場 者 にアート クラフトの 楽 しさを 広 めることができた また 作 家 同 士 の 交 流 も 図 れ 今 後 の 活 動 に 弾 みができたことも 大 きな 収 穫 であった 平 成 25 年 1 月 初 回 打 ち 合 わせ 会 議 において 演 奏 演 目 実 施 時 期 本 番 会 場 練 習 会 場 等 について 検 討 した フィガロの 結 婚 魔 笛 愛 の 妙 薬 を 抜 粋 で 演 奏 することと 決 定 し 演 出 家 ピアニスト 稽 古 ピアニストを 依 頼 抜 粋 する 部 分 キャスティングなど も 十 分 検 討 したうえで 26 年 5 月 から 本 格 的 に 音 楽 稽 古 を 開 始 した 毎 月 数 回 の 合 わせ 練 習 また 本 番 までに 演 出 家 に 参 加 してい ただいての 立 ち 稽 古 を 数 か 月 おきに 合 計 15 回 行 った 練 習 は 岡 山 市 内 の 公 民 館 数 か 所 を 会 場 として 利 用 した また 照 明 舞 台 監 督 衣 装 も 専 門 家 に 依 頼 し 練 習 と 平 行 して 打 ち 合 わせを 行 った カットする 部 分 のストーリーを 埋 めるための 解 説 方 法 や 演 技 の 中 での 動 き 立 ち 位 置 セリフなどの 工 夫 も 検 討 しながら 練 習 を 重 ねた さらに 本 番 に 向 けて 詳 細 な 打 ち 合 わせ 確 認 を 練 習 後 や 別 途 期 日 を 設 けて 行 った 平 成 27 年 8 月 16 日 岡 山 市 民 ホールで 公 演 を 行 った 5 名 近 い 入 場 者 があり 観 客 からは ストーリーの 面 白 さがわかった 演 出 が 楽 しかった 演 技 と 音 楽 とが 一 体 となって 迫 力 があった 等 々の 感 想 があり 総 合 芸 術 と してのオペラを 披 露 できたものと 考 える この 経 験 を 今 後 の 活 動 に 生 かしていきたい 子 どもたちに 豊 かな 創 造 性 と 未 来 を 切 り 拓 くたくましい 力 を! と 母 親 たちによって 設 立 された 西 大 寺 子 ども 劇 場 は 親 世 代 か らその 子 供 世 代 へとバトンを 繋 いでいる 質 の 高 い 舞 台 鑑 会 の 定 例 実 施 はたくさんの 親 子 に 芸 術 感 動 体 験 を 届 けてきた 3 周 年 記 念 誌 鳥 の 劇 場 すてきな 三 にんぐみ 公 演 は 観 客 と 舞 台 が 一 体 となってせりあがり いままでの 歴 史 を 結 集 したよう な 素 晴 らしい 公 演 だった また 芸 術 監 督 中 島 諒 人 氏 による 演 劇 部 中 高 校 生 22 人 に 向 けての 演 劇 ワークショップはとても 興 味 深 く 参 加 した 学 生 たち にとって 貴 重 な 学 習 の 場 となった 平 成 25 年 4 月 1 日 付 で 学 術 総 合 調 査 委 員 会 調 査 委 員 : 根 木 修 ( 文 学 博 士 ) 久 安 勝 士 ( 京 都 修 復 技 術 ) 土 井 道 弘 ( 就 実 大 学 教 授 )ら を 立 ち 上 げ 平 成 年 度 の2か 年 にわたり 総 合 的 な 学 術 調 査 を 実 施 した 平 成 27 年 度 は 調 査 で 判 明 した 成 果 を 周 知 する 講 演 会 を5 月 6 日 と8 月 2 日 の2 回 松 本 寺 客 殿 で 開 いた 講 演 会 では マルセン 振 興 財 団 の 助 成 による 事 業 であることを 紹 介 した さらに 学 術 報 告 書 とリーフレットを 作 成 し マルセン 振 興 財 団 からの 助 成 であると 明 記 した 真 庭 市 内 の 近 隣 市 内 で 活 動 する 読 み 聞 かせ 読 書 ボランティアに 向 けての 講 座 井 上 美 鈴 先 生 をお 迎 えして 伝 承 のわらべうたと 現 代 わたしたちがしているわらべうたが 変 化 している わらべうたというと 幼 い 子 どもに 向 けた 遊 び だと 思 いがちだが 1 歳 から13 歳 まで 年 齢 に 合 ったわらべうたがあり また そのわらべうたには 全 ての 人 生 を 力 強 く 生 きていく 要 素 が 含 まれていた その 子 が 意 味 が 分 かるそれなりの 年 齢 になれば 今 まで 遊 んでいたわらべうたには こんな 意 味 があっ たと 説 明 してあげる 例 えば にらめっこ には 相 手 の 目 をしっかり 見 て 悪 い 人 かどうか 見 分 ける 力 を 付 ける じゃんけん の 勝 負 には 勝 つという 意 地 を 育 てる 参 加 された 方 は 口 々に とてもいい 会 だった またこのような 会 に 参 加 したい と 言 われた 以 上 の 状 況 から 子 どもの 心 を 豊 かにし 歌 っている 本 人 の 心 も 豊 かにしてくれる わらべうたや 手 遊 びを 学 ぶことにより 読 み 聞 かせの 幅 を 広 げ 読 み 聞 かせをし てもらった 子 どもたちの 読 書 推 進 にも 役 立 てる また 近 年 では 介 護 施 設 への 読 み 聞 かせも 増 えており 老 人 の 方 々とのコミニュ ケーションにも 繋 がる これからも 活 動 を 続 けていきたい 平 成 27 年 4 月 29 日 に 衆 楽 園 迎 賓 館 において 山 北 3 区 町 内 会 総 会 が 同 年 6 月 14 日 にアルネ 津 山 において 親 子 エコフェスタ215が 同 年 1 月 24 日 に 津 山 サンヒルズにおいて 津 山 小 麦 &ショウガ 祭 が 行 われ それぞれの 場 において 申 請 活 動 である214 年 度 に 津 山 市 環 境 事 業 所 が 公 募 製 作 した3R 教 育 用 キャラクター エコくのいち3R を 主 人 公 とした 環 境 劇 を 上 演 した 観 客 は 各 回 それぞれ1 余 名 であり いずれも 好 評 の 内 に 公 演 を 終 えた また 平 成 27 年 8 月 24 日 から 同 年 11 月 にかけて 環 境 教 育 内 容 を 含 む 番 組 をテレ ビ 津 山 と 連 携 して 製 作 し 放 映 した 番 組 はDVD 化 され 津 山 市 低 炭 素 都 市 推 進 室 の 仲 介 で 津 山 市 の 全 小 中 学 校 に 配 布 された ま た 平 成 28 年 1 月 25 日 より 地 産 地 消 実 施 によるフードマイレージの 圧 縮 を 訴 える 番 組 も 制 作 し 現 在 も 放 映 中 である 事 業 中 止 宿 場 町 矢 掛 には 秋 の 大 名 行 列 春 の 流 しびな などの 名 物 催 しがあるが 夏 のイベントとして 瓦 屋 根 白 壁 格 子 窓 の 家 並 み にふさわしい 吊 り 行 灯 と6 年 ぶりに 復 活 させた 矢 掛 小 唄 おどり を 新 しい 名 物 として 育 てていきたい 多 くの 方 の 訪 問 を 迎 える ためには 広 報 活 動 が 大 切 であると 考 えており 行 灯 まつり の 吊 り 行 灯 の 追 加 製 作 ( 昨 年 1 個 本 年 15 個 ) 小 唄 おどり の 衣 装 の 追 加 製 作 ( 昨 年 3 枚 本 年 5 枚 )の 費 用 に 充 当 させていただき 一 段 と 内 容 を 拡 大 充 実 させることができました 昨 年 より 一 段 と 充 実 吊 り 行 灯 小 唄 おどり となり 大 勢 の 観 客 カメラマンから 喝 さいを 浴 びました 来 年 度 も 更 なる 充 実 拡 大 を 図 り 新 しい 矢 掛 の 名 物 催 しに 育 て 地 域 の 活 性 化 を 図 りたい 第 2 章 表 彰 事 業 関 係 ❶ マルセン 大 平 成 26 年 度 における 活 動 において 国 際 大 会 全 国 大 会 等 で 特 に 優 秀 な 成 績 業 績 を 収 めた 個 人 又 は 団 体 並 びに 活 動 において の 振 興 に 著 しく 貢 献 した 個 人 又 は 団 体 を 表 彰 しました マルセン 大 隠 﨑 隆 一 工 芸 備 前 焼 県 外 出 身 で 2 代 目 3 代 目 が 輩 出 されない 作 家 にとって 良 い 備 前 土 の 入 手 が 困 難 な 中 で 山 土 なども 使 用 した 従 来 の 備 前 焼 にな かった 造 形 感 覚 の 作 品 として 注 目 されている また 備 前 焼 では 不 可 能 だと 思 われるような 新 しい 造 形 への 制 作 力 には 目 を 見 張 るものがあり 公 募 展 出 品 個 展 開 催 には 常 に 新 しい 形 が 生 まれ 目 の 離 せない 作 家 として 内 外 から 一 目 置 かれる 存 在 である 各 種 公 募 展 での 入 選 入 国 内 外 での 個 展 招 待 出 品 は 枚 挙 に 暇 がないほど 一 窯 業 地 一 種 類 の 陶 磁 器 に 同 時 に2 人 の 例 はないが 近 年 他 窯 で 設 定 された 作 家 と 比 較 しても 決 して 遜 色 がない 岡 山 県 民 の 誇 りである マルセン 大 の 該 当 者 なし ❷ マルセン 平 成 26 年 度 活 動 において 優 秀 な 成 績 を 収 めた 個 人 団 体 又 はの 振 興 に 貢 献 した 個 人 団 体 並 びに の 振 興 に 貢 献 した 個 人 団 体 を 表 彰 しました マルセン 荒 島 夕 理 陸 上 競 技 平 成 23 年 岡 山 市 立 吉 備 中 学 校 へ 入 学 し 2 年 生 時 に4mリレーで 全 国 中 学 校 大 会 優 勝 メンバーとなり 3 年 生 時 は 1m 障 害 で 同 大 会 7 位 入 4m ハードルは 高 校 1 年 生 のシーズン 終 盤 から 本 格 的 に 取 り 組 み 始 め 森 定 照 広 監 督 の 下 で 急 速 に 力 をつけ た 高 校 最 後 のシーズンは 再 びの 全 国 3 冠 と2 年 以 上 破 られていない 日 本 高 校 記 録 (57 秒 65)の 更 新 を 目 標 に 掲 げる 井 上 全 悠 卓 球 競 技 1 歳 未 満 の 時 に 交 通 事 故 により 両 下 肢 障 害 となる 小 学 校 の 時 に 卓 球 に 出 会 い 中 学 高 校 と 金 光 学 園 卓 球 部 ( 一 般 )において 活 躍 平 成 26 年 に 行 われた 214アジアパラ 競 技 大 会 では 7クラス 個 人 において 銅 メダル 団 体 においても6 ~ 7クラスで 銅 メダ ルを 獲 得 今 年 2 月 には 岡 山 県 トップアスリート 栄 誉 を 受 している 原 田 裕 成 自 転 車 競 技 浅 口 市 金 光 中 学 校 卒 業 後 岡 山 県 立 水 島 工 業 高 等 学 校 へ 入 学 し 自 転 車 競 技 を 始 める 3 年 生 時 のインターハイでは 3キロ 個 人 追 い 抜 き ロードレースにて3 位 入 平 成 26 年 に 行 われた 第 83 回 全 日 本 自 転 車 競 技 選 手 権 大 会 トラックレースにおいて 男 子 エリートスクラッチ(15Km) 優 勝 男 子 マディソン(25Km) 優 勝 日 本 雄 也 水 泳 競 技 競 泳 南 関 東 インターハイの 競 泳 平 泳 ぎ2mで 優 勝 し 岡 山 勢 男 子 として 初 の 頂 点 に 立 った その 後 の1mも 制 し 岡 山 勢 では 1966 年 に 女 子 自 由 形 で 2 種 目 制 覇 した 木 原 光 知 子 氏 ( 山 陽 女 子 高 校 故 人 ) 以 来 となるインターハイ2 冠 の 偉 業 を 果 たした 2m 決 勝 は 驚 異 的 なラストスパートで 逆 転 1m 決 勝 では 先 行 逃 げ 切 り 勝 ちと 展 開 を 自 在 に 操 れる 巧 みさも 光 った 小 学 生 6 年 生 時 から 指 導 を 受 ける 南 條 正 行 コーチ(アクロポート= 岡 山 市 )の 下 力 強 いキックと 伸 びやかなストロークを 身 につけ 才 能 が 開 花 昨 夏 米 ハワイで 行 われた ジュニアパンパシフィック 大 会 では 1mで 4 位 入 を 果 たした 卒 業 後 は 近 畿 大 学 に 進 み 五 輪 出 場 を 目 指 す 丸 本 大 翔 ウエイトリフティング 競 技 男 子 15キロ 級 で 全 国 高 校 選 抜 南 関 東 インターハイ 長 崎 国 体 の 高 校 3 冠 を 達 成 岡 山 県 勢 では4 人 目 の 快 挙 で 2 年 生 での 達 成 は 初 めて 中 学 校 時 代 はソフトテニス 部 だったが 高 校 入 学 を 機 に 親 戚 の 薦 めも あって 重 量 挙 げに 転 向 した 今 年 1 月 に 倉 敷 市 で 行 われた 中 国 高 校 選 抜 大 会 では スナッチで 日 本 高 校 新 記 録 の 141キロをマーク し 潜 在 能 力 の 高 さを 再 び 証 明 した 重 量 級 の 選 手 に 多 いパワーだけに 頼 ったスタイルではなく 天 性 の 柔 軟 性 と 正 確 なフォーム が 躍 進 の 原 動 力 高 校 生 最 後 の 1 年 は 岡 山 県 勢 初 の 全 国 6 冠 達 成 と ジャーク トータルでも 日 本 高 校 新 の 樹 立 を 狙 う ( 昨 年 から 選 抜 大 会 インターハイ 国 体 と 高 校 3 冠 に 続 き 見 事 215わかやま 国 体 にて 絶 対 王 者 として6 冠 達 成 ) 8 9

7 第 2 章 表 彰 事 業 関 係 マルセン 粟 利 郷 太 刀 踊 保 存 会 岡 山 県 重 要 無 形 民 俗 財 伝 統 芸 能 同 保 存 会 では 毎 年 1 月 に 瀬 戸 内 市 邑 久 町 土 井 八 幡 宮 牛 窓 町 粟 利 郷 天 神 社 において 奉 納 神 事 を 行 っている 地 元 の 少 女 が 太 刀 となぎなたを 持 ち 軽 快 なリズムと 歌 に 合 わせて 踊 るもので 本 来 は1 歳 の 少 女 4 人 で 踊 りをしていたが 近 年 の 少 子 化 にともない 現 在 では 男 子 を 踊 り 子 に 加 えて 踊 り 活 動 を 行 っている 平 成 14 年 には 岡 山 を 代 表 して 中 国 四 国 ブロッ ク 民 俗 芸 能 大 会 に 出 演 し 太 刀 踊 りの 魅 力 を 県 外 の 多 くの 人 に 広 め 平 成 19 年 には おかやま 子 ども 民 俗 芸 能 大 会 に 出 演 し 県 内 の 多 くの 人 々をも 魅 了 した また 平 成 26 年 に 開 催 した 岡 山 県 民 俗 芸 能 大 会 にも 出 演 し 民 俗 芸 能 の 保 存 伝 承 普 及 啓 発 活 動 に 積 極 的 に 取 り 組 んでおり その 活 動 は 県 内 伝 統 芸 能 の 模 範 となり 今 後 の 益 々の 活 躍 が 期 待 される 小 野 耕 石 美 術 版 画 平 成 26 年 12 月 絵 画 写 真 など 若 手 平 面 美 術 家 の 登 竜 門 とされるVOCA 展 215で 最 高 であるVOCA を 受 岡 山 県 での 活 動 は 27 年 以 降 アートプロジェクト 犬 島 時 間 に 参 加 また 第 3 回 岡 山 県 新 進 美 術 家 育 成 I 氏 奨 励 を 受 215 年 には イオンモール 岡 山 内 のアートスペース アーツハレマチ に 作 品 展 示 している 書 きしるされた 資 料 は 足 を 運 んで 写 真 にとり 推 敲 された 貴 重 な 郷 土 の 歴 史 資 料 である 河 本 昭 政 美 術 洋 画 改 組 新 第 1 回 日 展 第 二 科 ( 洋 画 )にて ソファでくつろぐ 女 性 を 大 きな 空 間 の 中 に 収 めた 女 が 初 の 特 選 に 選 ばれた モデル の 妻 と 二 人 三 脚 で 描 き 続 けて35 年 いわゆる 美 人 画 的 要 素 や 衣 服 の 表 面 的 な 猫 写 などにはこだわらず 女 性 の 本 質 的 な 美 しさ 内 面 的 な 情 趣 をじっくり 描 き 出 した 佳 作 であり 今 後 の 活 躍 にも 期 待 がふくらむ 贈 呈 式 と き: 平 成 27 年 8 月 26 日 ( 水 ) 午 前 11 時 より ところ:ホテルグランヴィア 岡 山 フェニックス 式 次 第 :1 開 式 5 特 別 受 者 あいさつ 2 あいさつ 6 助 成 金 贈 呈 藤 本 理 恵 子 美 術 日 本 画 改 組 新 第 1 回 日 展 第 一 科 ( 日 本 画 )にて 池 田 動 物 園 で 取 材 したアメリカバイソンをモチーフに 選 んだ バイソンの 森 にて が 初 の 特 選 に 選 ばれた 座 り 込 んだアメリカバイソンのもこもこした 毛 を 森 に 見 立 て 色 鮮 やかなインコを 遊 ばせた 画 面 は 幻 想 味 豊 か 作 者 は 後 楽 園 の 丹 頂 鶴 を 初 め 動 物 を 題 材 に 温 かな 命 の 鼓 動 を 伝 える 作 風 を 続 けてきたが 今 後 も 動 物 シリーズの 展 開 に 期 待 がもたれる 森 上 光 月 美 術 書 道 改 祖 新 第 1 回 日 展 第 五 科 ( 書 )にて 古 筆 の 品 格 を 追 及 した 端 正 な 書 で 古 今 和 歌 集 3 首 を 表 現 した 梅 の 花 が 初 の 特 選 に 選 ばれた 審 査 では 自 然 な 運 筆 の 呼 吸 で 立 体 的 に 形 成 された 紙 面 澄 明 感 漂 う 和 様 美 が 巧 みに 表 現 された と 称 賛 され 今 後 の 発 展 にも 期 待 できる 守 屋 剛 志 音 楽 ヴァイオリン 幼 少 より ヴァイオリンの 天 才 少 年 と 多 くの 人 々から 認 められた 存 在 でしたが 自 己 の 才 能 に 溺 れず 現 在 は 益 々 技 術 力 の 高 まりを 感 じ その 上 その 音 楽 性 の 深 さと 高 貴 な 音 色 は 聴 いた 人 全 てに 感 動 を 呼 び 起 こします 近 年 はソロ 活 動 と 共 にクアルテット( 四 重 奏 団 )を 組 み その 第 一 奏 者 として 世 界 的 な 演 奏 活 動 をして 214 年 にはベルリンのコンクールで 第 3 位 又 ニューヨークのヤング コンサート アーティストオーディションにて 第 2 位 その 上 特 筆 すべきはオランダのオルランド 国 際 室 内 コンクールにて 優 勝 併 せて 聴 衆 を 受 しました この 事 はとてつもない 快 挙 です 岡 山 県 が 誇 るヴァイオリン 演 奏 者 であり 今 後 益 々 世 界 的 に 為 って 行 く 人 物 と 期 待 がもたれる 3 来 賓 祝 辞 4 表 彰 状 及 び 副 贈 呈 7 助 成 団 体 代 表 あいさつ 8 閉 式 1 11

8 受 者 からのひとこと マルセン 大 工 芸 備 前 焼 隠 﨑 隆 一 マルセン 陸 上 競 技 荒 島 夕 理 この 度 の 思 いもよらぬマルセン 大 は 備 前 の 土 に 触 れた39 年 間 を 充 分 に 思 い 返 させていただき 感 謝 しています 岡 山 の 地 で 備 前 焼 という に 触 れたのは 何 かの 縁 か 運 なのか 計 り 知 れませんが 修 行 に 入 った 当 初 は 目 の 前 には 土 しかなく 岡 山 の も 気 候 風 土 も 知 る 由 がなく 予 期 せぬ 出 来 事 の 日 々でした ようやくここに 来 て 少 し 振 り 返 ると 信 念 らしきものが 見 えた 気 がしています 築 窯 独 立 して 約 3 年 創 作 衝 動 の 原 点 は 生 まれ 育 った 五 島 列 島 の 自 然 を 備 前 陶 土 の 物 質 性 に 据 えて 壮 美 なイメージを 重 ねていたのかも しれない 当 初 より 外 来 者 は 近 未 来 的 な 造 形 作 品 を 入 手 可 能 な 土 で 制 作 する 使 命 は 自 覚 していました 焼 き 物 は 縄 文 弥 生 時 代 から 続 いてい る 日 本 の です 無 釉 焼 締 の 備 前 は1 年 の 歴 史 がありますが 備 前 焼 を 支 える 田 土 の 減 少 は 近 代 備 前 には 痛 手 です 近 年 は 廃 棄 処 分 されている 土 も 使 い 情 趣 と 緊 張 感 のある 作 品 を 意 識 しています 人 間 の 血 や 肉 も 大 地 に 還 るのに クズ 土 という 表 現 はしたくない オブ ジェよりも 実 用 を 意 識 するのは 土 に 生 かされている ことを 実 感 したい からだと 思 う これは 自 然 に 囲 まれ 人 が 少 ない 地 域 で 育 った 影 響 かも 知 れません 土 の 秘 める 力 を 引 き 出 そうとする 作 風 は 当 初 は 批 判 も 浴 びましたが それらは 大 切 な 糧 に 成 っています 備 前 の 気 候 風 土 歴 史 があったから こそ 今 の 形 に 繋 がっている 事 はしっかり 認 識 し 感 謝 しなければなりませ ん 作 っているというより 生 まれ 来 るものに 手 を 添 えているにすぎない そ の 添 え 方 が 作 家 の 個 性 で 土 が 形 を 変 え そしてまた 土 に 還 って 行 く 日 常 生 活 がその 一 部 になり 空 腹 感 を 満 たす 感 じで 土 に 触 れていたい 受 は もっとど ん ど ん や っ て よ と 受 け 止 め 名 誉 や 権 威 名 品 や 名 作 よりも 自 分 の 思 いを 大 切 にする 人 材 が 残 るような 事 に 手 助 け 出 来 ればと 思 っています この 度 は マルセン という 栄 誉 ある をいただき 大 変 光 栄 に 思 います 私 は 小 さいころから 走 ることが 大 好 きで 小 学 校 4 年 生 の 時 に 陸 上 競 技 を 始 めました 中 学 3 年 生 の 時 には1mHで 全 国 大 会 7 位 入 をす ることができました 高 校 に 入 学 し 1 年 目 は 個 人 種 目 でインターハイに 出 場 することはできませんでしたが 4 4mRのメンバーの 一 人 としてイ ンターハイという 舞 台 で 走 らせてもらい 来 年 は 自 分 の 種 目 でもここで 走 り 勝 負 したいと 思 いました 2 年 生 になり 4mHを 本 格 的 に 始 めました 初 めはうまくいかなかったハードル 間 の 歩 数 も 普 通 の 人 より1 歩 2 歩 少 ない 15 歩 という 歩 数 で 試 してみたところ スムーズに 速 く 走 れるようになり ました 待 ちに 待 ったインターハイは 驚 くほど 調 子 がよく 優 勝 という 結 果 も 本 当 に 信 じられませんでした それから 走 る 度 に 自 信 もついてきて その 後 の 日 本 ユース 国 体 も 優 勝 することができました そして 今 シーズンに 向 けて 自 己 記 録 を 更 新 するために 冬 季 練 習 で 新 しい 取 り 組 みをしっか りやってきました しかし 3 年 生 になり いよいよシーズンインという 時 に 自 分 の 不 注 意 で 怪 我 をしてしまいました 思 うように 治 らず ようやく 走 れるよ うになってからもなかなか 自 分 の 走 りが 戻 らなくて 不 安 な 日 々が 続 きまし たが インターハイは 何 とか 故 障 も 治 り ベストな 状 態 で 臨 むことができま した 結 果 優 勝 はできませんでしたが もらったメダルはとても 嬉 しかっ たです 調 子 も 戻 り 優 勝 を 狙 った 国 体 そして 日 本 ジュニアは どちらも2 位 という 結 果 でした 勝 負 の 世 界 の 厳 しさを 感 じた 今 シーズンでした こ の 経 験 を 糧 に 次 につなげていきたいです この 3 年 間 を 生 かし この 先 も 精 進 して 22 年 の 東 京 オリンピックを 目 指 して 頑 張 りたいと 思 います 感 動 に 出 会 い た い 夢 に 向 か っ て 12 13

9 マルセン 卓 球 競 技 井 上 全 悠 マルセン 自 転 車 競 技 原 田 裕 成 この 度 はこのような 素 晴 らしい に 選 出 して 頂 き 感 謝 申 し 上 げます ま この 度 は マルセン を 頂 きまして 誠 にありがとうございまし た 心 よりお 礼 申 し 上 げます 現 在 私 は 鹿 児 島 にあります 鹿 屋 体 育 大 学 自 転 車 競 技 部 に 所 属 して おります この 大 学 四 年 間 は 私 にとって 非 常 に 濃 い 四 年 間 だった 事 は 間 違 いありません 現 在 の 活 動 は 七 年 前 自 転 車 競 技 を 始 めたものとはまる で 違 う 環 境 で 活 動 しています 七 年 前 はひたすら 自 転 車 が 好 きで 強 くなりたくて24 時 間 自 転 車 のこ とばかり 考 えていました 今 でもその 気 持 ちは 変 わりません 七 年 間 の 中 で 環 境 は 刻 一 刻 と 変 わっていきます 好 きだという 気 持 ちは 一 切 変 わり ません これからも 変 わる 事 はないと 思 います そして 自 転 車 競 技 を 初 め た 頃 夢 見 ていた 憧 れた 世 界 へ 今 一 歩 を 踏 み 出 そうとしています あの とき 憧 れた 選 手 と 走 れることに 高 揚 感 を 抱 いています 気 がついて 見 れ ば 以 前 の 自 分 が 憧 れたところへ 夢 をまっすぐに 見 続 けると 確 実 に 夢 に 近 づいていけると 言 う 事 を 経 験 的 に 学 ぶことができました 僕 の 夢 は 東 京 オリンピックで 金 メダルを 獲 得 することです!! 簡 単 な 事 ではありませんが 叶 うはずない 事 でもないと 僕 は 思 います そして 一 人 の 力 ではここまで 成 長 する 事 は 当 然 無 理 でした そしてこ れからも 一 人 では 無 理 だと 思 います 誰 かの 力 を 借 りて 支 援 いただき 応 援 いただくことでの 価 値 や 感 動 を 見 いだせると 私 は 思 います だからこそ 今 まで 以 上 に 感 謝 しながら 今 後 も 活 動 していきたいと 思 いま す 自 転 車 競 技 の 発 展 を 心 から 願 っています ( 自 転 車 競 技 鹿 屋 体 育 大 学 総 合 課 程 ) たこれまでの 私 の 活 動 が 評 価 して 頂 けたことを 誠 に 嬉 しく 思 います 今 回 は214 年 に 韓 国 の 仁 川 で 行 われたアジアパラリンピックにおい てシングルスで3 位 という 成 績 を 評 価 して 頂 き この に 選 出 して 頂 けた ことと 思 います これまで 多 くの 国 際 大 会 に 出 場 して 参 りましたが 名 称 振 こ り れ 返 ま っ で て の 卓 球 人 生 を にパラリンピックと 付 く 大 会 には 初 めて 出 場 させて 頂 きました まだアジア ではありますが パラリンピックという 大 会 に 出 場 させて 頂 き このような 成 績 を 残 すことができたことを 誇 りに 思 います そして またこの 舞 台 に 帰 ってきたいと 強 く 思 っているところでございます 現 在 の 私 の 最 終 目 標 は 東 京 パラリンピックにおいての 金 メダル 獲 得 です 大 きいことを 口 にしているとは 思 いますが 目 指 さなければ 掴 み 取 ることは 不 可 能 だと 思 っているからです また 自 分 が 現 役 の 選 手 で 戦 っ ている 間 に 自 国 でパラリンピックが 開 催 されるということも 本 当 に 幸 せに 思 います そのため 4 年 間 の 月 日 をかけて 最 高 の 準 備 をして 活 躍 したい と 思 っております また 私 は 一 流 の 選 手 になることと 同 様 の 思 いで 障 がい 者 卓 球 また 障 がい 者 の 発 展 に 貢 献 したいと 思 っております 現 在 の 日 本 では 障 がい 者 卓 球 また 障 がい 者 共 に 認 知 度 が 低 いと 思 われます そのため 私 は 卓 球 という 競 技 を 通 しながら 少 しでも 多 くの 方 々に 障 が い 者 の 素 晴 らしさを 伝 えていきたいと 思 っております 最 後 になりましたが この 度 のマルセン に 携 わって 下 さった 方 々には 大 変 感 謝 申 し 上 げます 誠 にありがとうございました 振 り 返 っ て 夢 に 向 か っ て 年 を 14 15

10 マルセン 水 泳 競 技 競 泳 日 本 雄 也 マルセン ウエイトリフティング 競 技 丸 本 大 翔 この 度 はマルセン という 栄 誉 ある を 受 させていただき ありがとうございます また 同 時 に 今 まで 以 上 の 結 果 を 残 すために 努 力 していこうという 決 意 を 新 たにしました 私 は 物 心 がつく 前 から 二 人 の 姉 が 水 泳 をしていた 事 もあり 親 に 勧 め られて 水 泳 を 始 めました 小 さい 頃 から 特 別 に 速 く 泳 げるという 事 はな かったですが 小 学 6 年 生 の 時 に 出 会 った 南 條 コーチのもとで 水 泳 の 楽 しさを 知 り 水 泳 を 頑 張 っていこうと 思 いました それからきつい 練 習 に 挫 折 しそうになる 時 もありましたが 私 の 中 で 決 めている やる 前 に 諦 めるな 何 もせずに 結 果 は 出 ない という 言 葉 を 思 い 出 しながらきつい 練 習 も 乗 り 越 えることが 出 来 ました そして 高 校 3 年 生 の 時 1 年 生 の 頃 から 目 標 にしてきた 全 国 高 校 総 体 (インターハイ)で 優 勝 することができました 1 年 生 の 時 はインターハイ 出 場 が 限 界 で 優 勝 は 夢 でしたが 3 年 生 の 時 にそれを 叶 えることができ 本 当 に 嬉 しい 気 持 ち でいっぱいでした また 優 勝 すると 同 時 に 緊 張 した 中 でのレースの 仕 方 や 緊 張 のほぐし 方 などさまざまな 経 験 をつむことができました この 優 勝 や 経 験 は 自 分 一 人 だけで 掴 めたものではなく 両 親 やコーチ 水 泳 部 の 仲 間 たちのおかげで 掴 めたものと 本 当 に 感 謝 しています 今 後 の 抱 負 としては まずは 日 本 の 中 でトップ 選 手 となり 世 界 で 戦 える 力 をつけたいと 思 っています 私 は 平 泳 ぎを 専 門 種 目 としています 日 本 の 平 泳 ぎは 世 界 でもトップクラスなので その 中 でトップクラスの 力 をつけ 日 本 でも 優 勝 争 いをする 選 手 になる 事 を 目 指 しています そして22 年 の 東 京 オリンピックでは 日 本 代 表 とし 世 界 で 戦 える 選 手 となり 活 躍 する 事 を 最 大 の 目 標 に 掲 げ 頑 張 っていきたいと 思 います この 度 はマルセン という 栄 誉 ある を 受 させていただき 大 変 光 栄 に 思 っています 私 自 身 このような をいただけるとは 思 って もいませんでした 思 い 返 せば 2 年 前 の 春 に 水 島 工 業 高 校 に 入 学 し 河 島 監 督 に 声 を かけていただいたことがすべての 始 まりでした ウエイトリフティング 部 に 入 部 した 当 初 は 全 国 大 会 に1 回 くらい 出 場 できればいいなと 思 ってい ました ですが 監 督 の 熱 心 な 指 導 と 同 期 や 先 輩 たちより 重 い 物 を 挙 げ たいという 負 けん 気 で 記 録 を 伸 ばすことができ 全 国 大 会 出 場 が 目 標 だったはずなのに 一 気 に 全 国 優 勝 してしまいました 高 校 日 本 一 という 称 号 に 家 族 や 他 の 人 よりも 驚 いていたのが 自 分 自 身 でした 嬉 しさよりも 信 じられないという 気 持 ちでした ですが 次 の 大 会 から 負 けることがで きないというプレッシャーと 戦 うことになりましたが 家 族 や 監 督 の 支 えも あり インターハイ 国 体 と 優 勝 することができ215 年 1 月 にスナッチ 日 本 高 校 新 記 録 を 樹 立 することができました この 度 は 全 国 三 冠 とスナッチの 高 校 記 録 更 新 を 評 価 していただきま したが 2 年 連 続 の 全 国 三 冠 と 三 種 目 全 ての 高 校 記 録 更 新 への 励 みと なりました 受 させていただいた 喜 びも 加 わり 和 歌 山 国 体 で 六 冠 を 達 成 すると 共 に 三 種 目 で 高 校 新 を 樹 立 できました これらの 結 果 は 自 分 だけの 力 ではなく 監 督 や 家 族 岡 山 県 のスポー ツへの 支 援 のおかげです 本 当 にウエイトリフティングをしていて 良 かっ たと 思 います 今 後 は 大 学 へ 進 学 して 以 前 マルセン を 受 された 田 中 太 郎 さんをはじめとする 日 本 のトップと 戦 い 自 分 をもっと 成 長 させ 世 界 へ 挑 戦 できるよう 努 力 していきたいと 思 います 受 に あ た っ て マ ル セ ン ス ポ ー ツ 受 に あ た っ て マ ル セ ン ス ポ ー ツ 16 17

11 マルセン 伝 統 芸 能 粟 利 郷 太 刀 踊 保 存 会 マルセン 美 術 版 画 小 野 耕 石 このたびマルセン をいただき 大 変 ありがとうございました 当 太 刀 踊 が をいただく 事 に 大 変 驚 いています 当 太 刀 踊 りは 大 変 素 朴 で 地 味 な 踊 りなもので 最 近 のイメージとかけ 離 れその 地 味 さで を いただけたと 自 負 しています そもそもの 始 まりは 今 から13 年 以 上 昔 神 社 建 立 と 計 画 して 西 国 第 一 の 霊 場 たる 宇 佐 八 幡 宮 を 歓 進 することに 決 めて 神 官 二 人 と 氏 子 総 代 が 宇 佐 に 参 拝 し 神 事 を 厳 修 し ご 神 体 を 捧 持 して 瀬 戸 内 海 を 帰 る 途 中 に 大 嵐 にあい 苦 しい 航 海 を 続 けようやく 帰 り 着 いた 時 には 神 官 も 氏 子 総 代 もすっかり 疲 れ 殊 に 空 腹 を 抱 えて 大 弱 りし そこで 村 人 たちは 飯 を 神 前 に 供 えて 疲 れ 果 てた 彼 らを 癒 すために 今 の 小 学 校 4 年 生 ぐらいの 少 女 4 人 が 太 刀 となぎなたに 分 かれ 舞 ったのがきっかけで 今 日 に 至 っていま す 最 初 は 座 舟 のスイタを 清 めて 舞 台 とし 敷 板 を 拍 子 木 様 の 木 片 で 叩 いて 調 子 を 取 り 歌 い 踊 りをしたのが 始 まりです 近 年 は 1 月 第 2 日 曜 日 に 大 土 井 正 八 幡 宮 第 3 日 曜 日 を 粟 利 郷 天 神 社 に 奉 納 する 踊 りが 伝 えら れています しかし 気 がかりな 事 は 少 子 高 齢 化 に 伴 い 当 地 区 でも 踊 り 子 がいなくなる 恐 れが 大 いにあります もともと 伝 統 芸 能 は 地 方 が 多 く 都 市 は 少 ないためどこも 無 形 財 の 存 続 が 危 ぶまれています 当 地 区 も 例 外 ではなく 今 後 踊 りを 存 続 するために 色 々と 考 えを 取 り 入 れて 行 かな ければ 一 度 休 んでしまえば 再 開 は 困 難 だと 思 います 例 えば 地 区 の 大 人 の 人 に 踊 ってもらうとか 嫁 いだ 人 に 踊 ってもらう とか 色 々と 考 えています 今 後 も 末 永 く 伝 統 行 事 を 続 けていきたいと 思 います 会 長 神 宝 正 行 215 年 マルセン をいただく4 年 ほど 前 今 後 の 自 分 の 芸 術 活 動 に 対 する 簡 潔 な 理 念 をノートに 記 している その 一 部 ではあるがここに 残 したいと 思 う 今 表 現 者 である 諸 君 は 自 分 の 持 っている 表 現 手 段 各 々 流 れ 着 い た 場 所 で 自 己 表 現 をしていると 思 うが 自 ら 選 んできた 数 々の 手 札 には 各 々の 持 つ 概 念 というものがある その 手 札 の 持 つ 概 念 の 中 には 物 質 的 な 基 本 観 念 や 技 法 の 持 つ 固 定 概 要 先 人 たちの 建 設 的 な 理 念 と 破 壊 運 動 の 上 に 固 定 化 されようとしている それを 模 倣 することは 芸 を 教 え 込 まれたサル 同 様 の 行 為 に 似 て 人 間 的 な 表 現 であるとは 言 い 難 い つまり 人 間 が 人 間 としての 表 現 行 為 とは 自 分 の 選 び 取 ってきた 手 札 に 自 分 という 手 札 を 加 え その 手 札 の 持 つ 既 成 概 念 を 疑 い こねくり 回 し タダシイともマチガイともつかないものを 正 しい として 表 出 すること 抵 抗 的 な 自 由 と 言 ってもいい そここそに 未 来 の 芸 術 という 意 味 合 い の 持 つ 底 知 れない 可 能 性 をみるのである もちろんここに 書 かれている 芸 術 性 が 評 価 としての 役 割 を 果 たすこと は 難 しい なぜならそれらは 明 らかな 形 として 表 れてくることはなく 表 現 者 はむしろその 事 実 を 隠 そうとするものだからだ しかしその 抵 抗 は 違 和 感 として 表 に 現 れてくる あなたはそのサインを 見 逃 してはいけない 時 代 の 流 れ 小 野 耕 石 の 文 章 ここで 言 う 手 札 とは 自 分 にとっては 版 画 技 法 であり あらゆるものを 選 択 してきた 自 分 である 他 者 への 語 りかけるような 口 調 も 自 分 に 対 する 理 解 不 満 だと 解 釈 すると 人 間 らしい 今 後 まだまだ 人 生 も 変 わって いく どうせ 泥 臭 い 芸 術 家 にしかなれないんだから 精 々 製 作 18 19

12 マルセン 美 術 洋 画 河 本 昭 政 マルセン 美 術 日 本 画 藤 本 理 恵 子 この 度 思 いもかけず 栄 えあるマルセン を 受 いたしました ご 推 薦 頂 きました 上 西 先 生 マルセン 財 団 千 原 理 事 長 を 始 め 関 係 各 位 に 感 謝 申 し 上 げます 広 報 誌 への 寄 稿 のご 依 頼 がありましたので 私 の 制 作 についての 雑 感 を 述 べたいと 思 います 私 は 長 い 間 女 性 像 をモチーフにして 制 作 してきました 最 初 の 頃 は 画 面 に 人 物 をどう 入 れるかと 言 うことだけを 考 え 存 在 感 を 求 めて 描 いて きました 今 でもその 気 持 ちは 強 いのですが 最 近 になって 少 しずつある 空 間 の 中 にどう 美 しく 存 在 させるかという 意 識 が 強 くなってきました そし て そういう 意 識 が 強 くなってくればくるほど 私 の 本 当 のモチーフは 女 性 像 自 体 ではなく 対 象 に 当 たっている 光 とそれによってできている 陰 の 美 しいグラデーションなのではないかと 考 えるようになりました 対 象 は 同 じでも 光 の 当 たり 方 陰 の 付 き 方 によって 全 く 違 った 絵 になります 坂 本 繁 二 郎 は 光 こそ 自 然 が 語 りかけてくれることばとさえ 思 いました アトリエの 光 のぐあいは 制 作 する 私 にとって 生 死 をきめる 問 題 です ひと つ ふたつと 窓 を 閉 ざしていくうちに アトリエ 中 の 窓 を 全 部 板 で 打 ちつけ 窓 からはいる 乱 反 射 や 雑 光 を 断 ち 天 窓 からの 純 光 で 仕 事 をするくせが ついてしまいました と 語 っています これは 絵 を 描 く 場 合 何 を 描 くかというより どう 観 るかということのほう が 大 切 だということを 言 っているのだと 思 います これからも 広 い 空 間 のなかに 静 かにひっそりと 存 在 している 対 象 物 の 美 しさを 捉 えるために じっくりと 光 と 陰 のドラマ を 追 求 していきたいと 思 います このたびのマルセン の 受 誠 に 有 難 く 光 栄 に 存 じます 芸 術 には 評 価 の 物 差 しがありません 基 準 があって 無 いようなもので 技 術 的 な 上 手 い 下 手 はある 程 度 分 かりますが 上 手 な 絵 が 必 ずしも 人 に 感 動 をあたえるとは 限 りません 逆 に 稚 拙 な 絵 でも 何 か 心 に 響 いて 印 象 に 残 るものがあります 決 し て 点 数 では 表 せないものですし その 意 味 でも を 頂 くというのは 他 人 から 褒 められたということ 以 上 に 対 外 的 に 認 められたという 事 で 本 当 に 嬉 しく 思 います 私 は 2 年 間 内 弟 子 という 形 で 修 業 して 参 りました その 間 唯 一 個 展 を 発 表 の 場 としておりましたので このような 大 きな というものには 全 く 無 縁 な 所 に 居 たわけです その 後 いろいろな 方 のご 縁 を 得 て 発 表 の 場 を 広 げることができ この 栄 を 頂 くに 至 った 次 第 です 暗 中 模 索 して いた 中 で 先 に 少 し 光 が 見 えたようで 向 かっていく 方 向 は 間 違 っていな いと 背 中 を 押 してもらって 前 へ 進 む 覚 悟 が 出 来 たように 思 います 色 紙 の 指 毫 には 心 という 一 字 を 描 かせていただきました 絵 は 心 を 映 すというか 描 く 者 の 人 間 性 精 神 性 が 現 れます ですから 普 段 から 自 分 を 律 して 心 を 磨 く 努 力 をしていかないといけません 絵 を 描 くという ことは 自 己 表 現 ですが 自 己 満 足 で 終 わらないよう 観 る 人 の 心 に 少 し でも 響 いてもらえる 残 像 として 印 象 に 残 る そんな 絵 が 一 枚 でも 描 けた らなと 思 います これから 先 表 現 方 法 はいろいろ 有 りますし 変 化 していくでしょうが 自 分 の 中 で 1 本 ぶれないもの 心 を 持 っていたいと 思 います 到 達 点 など 無 い 厳 しい 世 界 だと 思 いますが 好 きな 道 これからも 日 々 精 進 して 参 り たいと 思 っています 有 難 うございました 私 の 制 作 受 に あ た っ て マ ル セ ン 文 化 色 紙 心 バイソンの 森 にて 2 21

13 マルセン 美 術 書 道 森 上 光 月 マルセン 音 楽 ヴァイオリン 守 屋 剛 志 この 度 改 組 新 第 一 回 日 展 における 特 選 受 を 受 けて 幸 運 にも 栄 えあ るマルセン を 受 させて 頂 くことが 出 来 身 に 余 る 光 栄 と 存 じてお ります そもそもこの は 郷 土 の 振 興 を 発 展 に 寄 与 することを 目 的 に 県 内 で 功 績 があった 芸 術 関 係 者 に 贈 られる と 認 識 しておりました それ 故 自 分 が 選 ばれるとは 夢 にも 思 っておらず 心 より 感 謝 申 し 上 げる 次 第 でございます 書 の 道 を 志 してから3 数 余 年 ただひたすら 上 手 くなり たい 自 分 の 感 性 を 最 大 限 に 生 かして 自 分 にしか 出 来 ない 仮 名 作 品 が 書 ける 書 道 家 になりたいと 思 って 精 進 して 参 りました 特 選 と 受 した 作 品 は 恩 師 髙 木 聖 鶴 先 生 の 醸 し 出 す 平 安 の 雰 囲 気 に 少 しでも 近 付 きた いと 願 い 私 なりの 作 品 構 成 によりひたすら 書 き 込 んだ 作 品 であり それ が 評 価 されましたことには 無 上 の 喜 びを 感 じました そして 又 この 度 の 受 私 の 生 涯 においても 決 して 忘 れることのできない 褒 で あったと 思 っております これから 後 は 自 らの 修 業 のみならず その 目 的 と 後 輩 を 育 成 し 県 の 振 興 を 担 う 気 持 ちを 胸 の 内 に 秘 めて 創 作 活 動 に 励 み 多 くの 人 々に 仮 名 書 道 のすばらしさ 魅 力 を 伝 えていけたらと 思 っ ております 仮 名 書 道 は 日 本 独 自 の 優 れた 遺 産 であります 日 本 人 に 生 まれ 日 本 の に 携 わり そうすることが 自 分 自 身 をも 磨 き 自 分 の 人 生 を 豊 かにしてくれる それが 更 に 県 の 振 興 の 一 端 を 担 うなら もう 何 も 語 る 必 要 はなくこれからも 一 層 の 精 進 を 続 けて 参 りたいと 思 っており ます 改 めまして この 度 の 受 誠 に 有 難 うございました 心 より 厚 く 御 礼 申 し 上 げます ベルリンの 州 立 絵 画 ギャラリーでボッティチェリ 展 が 開 かれ ほぼ 毎 日 通 いました ボッティチェリの 絵 の 美 しさには 平 安 やすらぎ 慈 愛 の 雰 囲 気 があり これはカタログでは 全 然 伝 わってこないものです こちらの 日 々のコンディションによっても 見 え 方 が 異 なり 絵 も 音 楽 と 同 じように いま の ライヴ なのだと 感 じます 名 画 の 前 へ 立 つと ある 集 中 力 を 求 められます 見 ようとすると 入 って こないものが 見 ようとしないで 委 ねると 吸 い 込 まれるように 時 間 から 抜 け 出 て 思 考 も 止 まります 罠 にかかったネズミのような 固 まった 執 着 と は 逆 の 解 放 された 安 らぎの 広 がりには 癒 されます ぼーっとしているよ うでいて 実 は 宇 宙 の 星 の 数 に 身 を 委 ねるような 集 中 力 もあるように 思 います 最 近 まで 忙 しさや 不 安 を 行 動 もモチベーションにしていましたが いろ いろな 経 験 の 中 で 平 安 へのプロセスを 学 びました ボッティチェリはそれ に 確 信 を 与 えてくれました 身 体 の 中 で 一 番 大 きな 空 間 は 頭 ではなく ボ ディです 入 ったり 出 たりする 空 気 を 感 じ そのたびに 不 安 や 憂 いがキラ キラと 跡 形 もなく 消 えていくイメージのみで この 内 なる 宇 宙 は 濁 るという ことを 知 りません 美 術 館 の 隣 の 協 会 でミサを 聴 いていると 牧 師 さんが 蝋 燭 の 火 を 手 に 言 いました 私 たちは 火 から 来 て 火 に 帰 っていく 一 度 だって 独 りき りだったことはない この 明 かりを 仏 教 では 照 明 (しょうみょう) とい います 最 後 になりましたが マルセン をいただきまして 心 より 御 礼 申 し 上 げます 感 謝 を 忘 れず 明 かりを 少 しでも 灯 せるような 演 奏 活 動 を 続 け ます 受 マ ル セ し ン て 文 化 を 感 謝 の 文 色 紙 平 常 心 22 23

14 ホ ット コ ー ナ ー 国 体 岡 山 県 選 手 団 誇 る べ き 和 歌 山 国 体 1 1 位 堂 々と 誇 るべき 11 位 だ 215 年 秋 の 和 歌 山 国 体 で 岡 山 県 選 手 団 は 天 皇 杯 順 位 ( 男 女 総 合 成 績 ) 11 位 をマークした 男 女 総 合 優 勝 した5 年 地 元 国 体 以 降 でみると 6 年 兵 庫 と 並 ぶ 最 高 順 位 都 道 府 県 の 競 技 力 指 標 となる 天 皇 杯 順 位 は 人 口 や 企 業 立 地 などの 県 勢 に 比 例 するとされ 1 位 以 内 は 東 京 大 阪 愛 知 などの 大 都 市 圏 ばかり 人 口 2 万 人 を 切 る 岡 山 の 健 闘 ぶりが 光 る 1 月 6 日 国 体 閉 会 式 を 前 にした 和 歌 山 市 紀 三 井 寺 陸 上 競 技 場 で 岡 山 の 選 手 たちが 躍 動 した 陸 上 少 年 男 子 B3メートルで 名 合 治 紀 選 手 ( 倉 敷 高 ) が 爆 発 的 なラストスパートで 初 優 勝 直 後 の 成 年 少 年 女 子 共 通 4メートルリレーでも 1メートル11 秒 台 の4 選 手 が 県 新 記 録 で4 位 入 し 男 女 総 合 得 点 を 点 に 伸 ばした 追 いすがる 兵 庫 県 とわずか7 点 差 で 前 日 からの 天 皇 杯 順 位 11 位 を 死 守 14 年 長 崎 国 体 から 二 つ 順 位 を 上 げた 県 選 手 団 は 閉 会 式 で 感 慨 に 浸 った 掲 げていた 目 標 順 位 は1 位 台 前 半 中 国 ブロッ ク 予 選 の 突 破 率 はこの1 年 間 で 最 低 の46.1%とな り 不 安 とともに 迎 えた 本 大 会 だったが 県 体 育 協 会 が 危 機 感 をばねに 各 競 技 が 力 を 結 集 し 総 合 力 の 高 さを 示 してくれた とたたえるように 予 想 を 上 回 る 好 結 果 となった その 原 動 力 となったのが 少 年 勢 だ 会 期 前 競 技 2 日 目 の9 月 13 日 体 操 少 年 男 子 団 体 で 関 西 高 のメ ンバーが 今 大 会 で 岡 山 勢 初 の 頂 点 に 輝 いたのを 皮 切 りに 馬 術 の 福 岡 珠 緒 ( 就 実 中 )が2 種 目 制 覇 重 量 挙 げ15キロ 級 では 丸 本 大 翔 ( 水 島 工 高 )が 完 全 優 勝 を 飾 るなど 13を 数 えた 岡 山 の 栄 冠 のうち 少 年 勢 は 九 つを 占 めた 特 にソフトボール 少 年 女 子 県 選 抜 の 初 優 勝 は 中 盤 までの 勢 いが 減 速 するかと 思 われたタイミングで 多 くの 競 技 得 点 を 得 ただけに 大 きなインパクトがあった 開 催 県 の 威 信 をかけて 優 勝 を 勝 ち 取 った 地 元 国 体 の 後 天 皇 杯 順 位 が 右 肩 下 がりになるケースが 多 い しかし 岡 山 は 天 皇 杯 を 獲 得 した5 年 以 降 も1 位 台 を 維 持 しており 関 係 者 の 注 目 を 集 めている 山 陽 新 聞 社 運 動 部 では 昨 年 栄 光 の 遺 産 岡 山 国 体 から1 年 を 長 期 連 載 し タイトル 通 り 国 体 が 地 域 に 残 したものについて 検 証 したが 今 回 の 好 成 績 はまさに 遺 産 の 存 在 を 裏 付 けたといえる 競 技 現 場 では 今 も 国 体 に 対 するモチベーション が 維 持 されており 選 手 指 導 者 の 国 体 に 懸 ける 気 持 ちの 強 さと 経 験 値 の 向 上 が 成 績 につながってい る と 県 体 育 協 会 は 分 析 する その 背 景 には 岡 山 国 体 に 向 け 県 が 全 競 技 を 万 遍 なく 強 化 した 点 がある ようだ また 国 体 に 合 わせて 誘 致 発 足 させたバ レーボールの 岡 山 シーガルズ サッカーのファジアー ノ 岡 山 岡 山 湯 郷 ベルなどのトップチームが 地 域 に 定 着 し 熱 が 飛 躍 的 に 高 まったことを 忘 れ てはなるまい 隣 県 広 島 は1996 年 の 地 元 国 体 優 勝 以 降 天 皇 杯 順 位 1 位 台 を 保 ってきたが 昨 年 は21 位 に 終 わ った 地 元 紙 は 検 証 記 事 の 中 で 1 位 台 前 半 を 維 持 する 岡 山 の 事 例 を 取 り 上 げ その 要 因 を 県 体 育 協 会 を 中 心 とした 組 織 力 と 書 いた かつてのスポ ーツ 王 国 広 島 に 取 って 代 わった 岡 山 が 中 国 地 方 ナンバー 1の 地 位 を 維 持 し さらなる 飛 躍 を 図 るに は トップチームの 大 半 を 市 民 クラブが 占 める 特 徴 を とらえた 強 化 体 制 や 中 国 インターハイ 全 国 中 学 校 大 会 を 踏 まえたジュニア 層 の 育 成 システムを す べての 競 技 関 係 者 の 連 携 によって 一 層 堅 固 なもの にすることが 求 められている ( 本 文 写 真 ともに 山 陽 新 聞 社 提 供 ) 開 会 式 で 入 場 行 進 する 県 選 手 団 大 会 最 終 日 に4 位 入 した 陸 上 成 年 少 年 女 子 共 通 4メートルリレーのメンバー 岡 山 勢 の 優 勝 第 1 号 となった 体 操 少 年 男 子 の 関 西 高 ソフトボール 少 年 女 子 で 初 優 勝 し 歓 喜 する 岡 山 県 選 抜 チーム 24 25

15 都 市 岡 山 の 顔 岡 山 カルチャーゾーン 誕 生 から 3 年 新 しい 連 携 や 展 開 に 期 待 膨 らむ 1 月 の 週 末 カルチャー 散 歩 と 決 め 込 んで 家 を 出 た 向 かったのは 岡 山 市 中 心 部 午 前 1 時 半 岡 山 市 立 オリエント 美 術 館 の 地 下 講 堂 にすべりこん だ 年 代 物 の 蓄 音 機 から 温 かみのあるオーケストラ 演 奏 が 流 れてくる 7 年 以 上 前 に 録 音 されたシベ リウス 交 響 曲 第 7 番 フィンランディア レコード 盤 を 返 しては 針 を 替 え 少 しの 中 断 を 挟 みながら1 時 間 余 り 愛 好 者 に 交 じって 耳 を 傾 ける SPレコードコンサート 198 年 代 から 月 1 回 無 料 で 開 かれている 歴 史 ある 音 楽 の 時 間 だ 運 営 に 当 たる 宗 恭 弘 さんと 山 田 敏 弘 さんが 一 発 勝 負 の 吹 き 込 みだから 演 奏 家 の 意 気 込 みが 違 う 面 白 い 音 楽 です と 笑 顔 で 魅 力 を 教 えてくれた さて 次 はどこに 行 こう 施 設 が 集 積 する 岡 山 市 中 心 部 が 岡 山 カル チャーゾーン と 名 付 けられて3 年 になる 215 年 度 は 県 立 博 物 館 に 各 施 設 の 名 品 を 一 堂 にそろ えた 岡 山 カルチャーゾーンの 魅 力 展 岡 山 市 出 身 の 工 業 デザイナー 水 戸 岡 鋭 治 氏 デザインによるロゴ マークの 作 成 など 記 念 行 事 が 続 いた 1985 年 都 市 岡 山 の 顔 に と 岡 山 城 後 楽 園 県 立 博 物 館 オリエント 美 術 館 林 原 美 術 館 夢 二 郷 土 美 術 館 の6 施 設 が 県 市 民 間 の 枠 を 超 えて 連 絡 協 議 会 を 発 足 スタンプラリーの 企 画 や 割 引 券 付 きマップの 作 成 などで 観 光 客 らの 回 遊 性 向 上 に 努 めた その 後 音 楽 ホール 図 書 館 なども 加 わって 現 在 は 半 径 1キロ 圏 内 に12の 施 設 が 集 う 全 国 屈 指 の ゾーンになっている 後 楽 園 や 美 術 館 など 有 料 7 施 設 の 利 用 者 は 214 年 度 約 11 万 人 瀬 戸 大 橋 開 通 に 沸 いた1988 年 の ピーク 時 ( 約 23 万 人 )に 比 べれば 半 減 したものの 24 年 に 開 館 した 県 立 図 書 館 は1 年 連 続 で 入 館 者 数 が1 万 人 を 超 え 14 年 度 県 天 神 山 プラザ(5 年 開 館 )は 約 21 万 人 ルネスホール( 同 ) も 約 5 万 6 人 が 利 用 一 帯 には 映 画 館 のほか ギャラリーも 多 く 観 光 客 だけでなく カルチャーを 楽 しむ 人 が 自 然 に 集 まってくる 午 後 は 画 家 宮 忠 子 さん( 岡 山 市 )の 展 示 を 目 当 てに 県 立 美 術 館 へ 墨 だけを 用 いて 四 季 折 々の 光 と 風 に 揺 れる 岡 山 の 自 然 風 景 を 描 いた 作 品 が 並 ぶ 植 物 の 柔 らかさや 太 陽 のぬくもりが 伝 わってくる お 隣 の 県 天 神 山 プラザに 行 くと ファッションデ ザイナー 山 本 哲 也 さん( 岡 山 市 )の 個 展 会 場 で ダ ンサーによる 魅 惑 的 なパフォーマンスが 繰 り 広 げら れていた 林 原 美 術 館 では 浅 利 尚 民 学 芸 課 長 が ギャラリートーク 中 途 中 から 加 わって 揚 羽 蝶 の 紋 が 優 美 な 装 束 や 調 度 品 から 岡 山 藩 主 池 田 家 草 創 期 に 思 いを 巡 らせた 午 後 4 時 漆 喰 仕 上 げの 広 い 空 間 にピアノの 美 し い 音 色 が 響 く ピアニスト 松 本 和 将 さん( 倉 敷 市 出 身 )のルネスホール 公 演 は ベートーベン プログラ ム ピアノソナタ4 曲 を 表 情 豊 かに 弾 ききると 満 席 の 会 場 から 大 きな 拍 手 が 沸 いた 外 は すっかり 日 が 落 ちて 冷 気 に 包 まれていた でも 心 がじんわりと 温 かい 余 韻 に 浸 れる カルチャー 散 歩 は 帰 路 も また 楽 しい これまでの 広 報 協 力 から 学 芸 員 の 企 画 協 力 へ と 連 携 は 深 まりつつある 県 立 博 物 館 総 括 参 事 の 片 山 明 浩 さん(カルチャーゾーン 連 絡 協 議 会 事 務 局 長 )は この1 年 に 手 応 えを 感 じている カルチャーゾーンの 魅 力 展 では 各 館 の 学 芸 員 が 初 めて 共 同 で 取 り 組 み それぞれの 名 品 を 自 慢 し 合 うトークバトルを 繰 り 広 げた その 後 県 立 美 術 館 とオリエント 美 術 館 は おとなり 美 術 館 と 銘 打 ち 所 蔵 品 1 点 ずつの 交 換 展 示 を 開 始 県 立 博 物 館 と 林 原 美 術 館 の 学 芸 員 2 人 と 一 緒 に2 館 を 巡 るユニ ークな 展 示 解 説 や 各 施 設 のボランティアらの 合 同 講 座 も 実 現 した 片 山 さんは いずれ12 施 設 の 特 長 を 生 かした 岡 山 の 魅 力 展 といった 展 示 企 画 や ボランティア 連 携 に 発 展 していけば と 話 す 岡 山 市 は14 年 都 心 創 生 まちづくり 構 想 を 策 定 し 岡 山 カルチャーゾーンを< 各 施 設 を 有 機 的 につな ぎ 回 遊 できる 空 間 >と 定 義 表 町 なども 含 めた 城 下 町 エリアのまちづくり にぎわいの 創 出 に 乗 り 出 している その 一 環 で16 年 1 11 月 には 国 内 外 の 現 代 芸 術 家 が 集 結 する 県 天 神 山 プラザ 林 原 美 術 館 などを 会 場 に 現 代 アートの 祭 典 岡 山 芸 術 交 流 サミットOkayama Art Summit 216 が 初 開 催 される もっと 面 白 く もっと 魅 力 的 に 31 年 目 の 岡 山 カルチャーゾーン の 新 展 開 に 期 待 が 膨 らむ ( 本 文 写 真 ともに 山 陽 新 聞 社 提 供 ) 後 楽 園 ではお 正 月 鶴 が 優 雅 に 舞 う 今 年 創 立 5 年 を 迎 える 夢 二 郷 土 美 術 館 空 から 見 た 岡 山 カルチャーゾーン 旭 川 の 流 れと 後 楽 園 の 緑 も 美 しい 建 築 家 岡 田 新 一 設 計 の 岡 山 県 立 美 術 館 通 算 3 回 を 超 えたSPレコードコンサート ( 岡 山 市 立 オリエント 美 術 館 ) 山 本 哲 也 展 で 行 われたパフォーマンス ( 岡 山 県 天 神 山 プラザ) ピアニスト 松 本 和 将 さんの 演 奏 会 (ルネスホール) 池 田 家 伝 来 品 などのコレクションを 研 究 する 浅 利 学 芸 課 長 ( 林 原 美 術 館 ) 26 27

16 第 3 章 イベントの 開 催 ( 主 催 共 催 ) 第 4 章 広 報 啓 発 育 成 事 業 1 マルセン 子 どもスケート 教 室 日 時 平 成 27 年 8 月 17 日 ( 月 ) 18 日 ( 火 ) 各 1 時 ~ 11 時 2 分 会 場 ヘルスピア 倉 敷 アイスアリーナ 共 催 倉 敷 市 スケート 協 会 フィギュア 部 後 援 岡 山 県 教 育 委 員 会 倉 敷 市 教 育 委 員 会 岡 山 県 スケート 連 盟 参 加 者 17 日 :49 名 18 日 :39 名 合 計 88 名 講 師 佐 々 木 美 行 先 生 ( 倉 敷 フィギュアスケーテイィング)クラブ 監 督 ゲストスケーター 無 良 崇 人 日 本 スケート 連 盟 特 別 強 化 選 手 ( 所 属 洋 菓 子 のヒロタ) 1 転 び 方 2 立 ち 方 3 前 や 後 ろへ 進 む 基 本 4 楽 しく 滑 ってみよう 競 技 等 及 び 芸 術 性 の 高 い 音 楽 演 劇 等 の 鑑 の 機 会 の 提 供 を 通 じて の 振 興 発 展 に 寄 与 する 1 啓 発 育 成 事 業 ア チケットプレゼント 1 関 係 山 陽 新 聞 レディースカップ チケットプレゼント 平 成 27 年 9 月 19 日 ( 土 )~ 2 日 ( 日 ) 会 場 : 東 児 が 丘 マリンヒルズゴルフクラブ 招 待 者 :2 組 4 名 応 募 :53 通 プロバスケットボール 試 合 高 松 ファイブアローズ 対 金 沢 武 士 団 チケットプレゼント 平 成 28 年 3 月 19 日 ( 土 ) 会 場 : 岡 山 市 ジップアリーナ 招 待 者 :4 組 8 名 応 募 :はがき15 通 メール 25 通 計 4 通 プロバスケットボール 試 合 高 松 ファイブアローズ 対 金 沢 武 士 団 ( 共 催 ) 平 成 28 年 3 月 19 日 ( 土 ) 開 催 :ジップアリーナ 岡 山 ( 岡 山 県 立 体 育 館 ) 開 場 :17: 試 合 開 始 :19:~ 2 ( 公 社 ) 岡 山 県 連 盟 講 演 会 のつどい ( 名 義 共 催 ) 平 成 27 年 9 月 17 日 ( 木 ) 天 神 山 プラザホール 講 演 : アート 文 学 おかやま- 私 を 育 んだ 岡 山 の 講 師 : 作 家 原 田 マハ 第 1 回 日 本 ラブスト-リー 大 第 25 回 山 本 周 五 郎 岡 山 を 舞 台 にした 女 子 高 校 生 の 友 情 を 描 いた でーれーガールズ が 映 画 化 2 関 係 フェルメール 光 の 王 国 展 期 日 : 平 成 27 年 4 月 14 日 ( 火 )~ 5 月 6 日 ( 水 祝 ) 会 場 : 岡 山 シティミュージアム 招 待 者 :4 組 8 名 応 募 :37 通 再 興 第 1 回 院 展 岡 山 展 期 日 : 平 成 28 年 1 月 2 日 ( 土 )~ 1 月 17 日 ( 日 ) 会 場 : 岡 山 天 満 屋 6 階 招 待 者 :1 組 2 名 応 募 :はがき 39 通 FAX 68 通 計 458 通 倉 敷 のヴィルトゥオーゾ ピアノクインテット 期 日 : 平 成 28 年 3 月 12 日 ( 土 ) 会 場 : 倉 敷 市 芸 文 館 ホール 招 待 者 :5 組 1 名 応 募 :はがき15 通 FAX 21 通 計 126 通 イ ホームページを 通 じての 広 報 ウ 機 関 誌 マルセン 12 号 の 発 刊 エ 活 動 助 成 団 体 ラジオ 番 組 への 出 演 RSKラジオ おかやま 元 気 応 援 団!215 パーソナリティ:メイン 奥 富 亮 子 アナウンサー サブ 落 語 家 桂 小 鯛 昼 からどーだい (13: ~ 16:3 放 送 内 ) 期 間 : 平 成 27 年 9 月 28 日 ~ 12 月 14 日 毎 週 月 曜 日 全 12 回 出 演 者 : 平 成 27 年 度 助 成 団 体 対 象 関 係 :7 団 体 関 係 :14 団 体 計 :21 団 体 出 演 井 手 康 人 夢 覚 一 如 28 29

17 第 4 章 広 報 啓 発 育 成 事 業 Ⅱ 財 団 の 活 動 2 協 賛 後 援 事 業 ア 関 係 第 34 回 山 陽 女 子 ロードレース 大 会 ( 協 賛 ) 主 催 : 中 国 陸 上 競 技 協 会 岡 山 県 岡 山 市 岡 山 市 教 育 委 員 会 ( 公 財 ) 岡 山 体 育 協 会 岡 山 市 体 育 協 会 山 陽 新 聞 社 主 管 :( 一 財 ) 岡 山 陸 上 競 技 協 会 期 日 : 平 成 27 年 12 月 23 日 ( 水 祝 ) 開 催 会 場 : 岡 山 市 内 213 に 続 き 今 年 世 界 ハーフマラソン 選 手 権 の 日 本 代 表 選 考 会 出 場 者 数 :ハーフ 12 名 1 km 登 録 13 名 一 般 84 名 スタート イ 関 係 岡 山 カルチャーゾーン3 周 年 記 念 事 業 岡 山 カルチャーゾーンの 魅 力 ( 協 賛 ) 会 場 : 主 会 場 岡 山 県 立 博 物 館 及 び 後 楽 園 を 中 心 としたカルチャーゾーン 一 帯 期 間 :7 月 16 日 ( 水 )~ 9 月 13 日 ( 日 ) 岡 山 県 立 博 物 館 他 入 館 者 数 :6,779 名 関 連 行 事 : 約 6 名 岡 山 県 連 盟 設 立 1 周 年 記 念 天 神 山 プラザ 開 館 1 周 年 記 念 オペラ ファンタジー ヘンゼルとグレーテル ( 協 賛 ) 第 1 回 : 平 成 27 年 1 月 31 日 ( 土 ) 午 後 6 時 3 分 ~ 8 時 3 分 参 加 者 :236 人 第 2 回 : 平 成 27 年 11 月 1 日 ( 日 ) 午 後 3 時 ~ 5 時 参 加 者 :24 人 会 場 : 岡 山 県 天 神 山 プラザホール 倉 魂! 高 校 生 コミック イラストコンクール 215( 協 賛 ) 募 集 : 平 成 27 年 6 月 1 日 ~ 平 成 27 年 8 月 31 日 応 募 数 :416 点 応 募 校 数 :168 校 入 選 52 点 (うち 2 点 受 ) 大 ( 最 優 秀 ) 1 点 アナログ 部 門 優 秀 (1 点 ) デジタル 部 門 優 秀 (1 点 ) 学 長 1 点 ファットウェア 特 別 (1 点 ) アムス 特 別 2 点 佳 作 13 点 会 場 : 倉 敷 市 倉 敷 公 民 館 1F 展 示 室 期 間 : 平 成 27 年 12 月 2 日 ( 水 )~ 6 日 ( 日 ) 大 作 品 法 人 管 理 1 会 議 等 評 議 員 会 ⑴ 臨 時 第 1 回 評 議 員 会 平 成 27 年 6 月 9 日 ( 火 ) 1 平 成 27 年 度 収 支 予 算 書 の 書 式 変 更 について 承 認 ⑵ 書 面 による 定 時 評 議 員 会 平 成 27 年 6 月 24 日 ( 水 ) 同 意 1 平 成 26 年 度 事 業 報 告 及 び 収 支 計 算 報 告 について 2 理 事 任 期 満 了 に 伴 う 次 期 理 事 候 補 者 の 選 任 について ⑶ 書 面 による 臨 時 第 2 回 評 議 員 会 平 成 27 年 7 月 1 日 施 行 7 月 15 日 同 意 1 評 議 員 辞 任 に 伴 う 補 欠 選 任 について ⑷ 臨 時 第 3 回 評 議 員 会 平 成 28 年 3 月 29 日 ( 火 ) 承 認 1 平 成 28 年 度 事 業 計 画 案 について 2 平 成 28 年 度 予 算 案 について 理 事 会 ⑴ 書 面 による 第 1 回 臨 時 理 事 会 平 成 27 年 5 月 13 日 施 行 5 月 22 日 同 意 1 臨 時 評 議 員 会 の 開 催 について 平 成 27 年 6 月 9 日 ( 火 ) ⑵ 第 1 回 定 時 理 事 会 平 成 27 年 6 月 9 日 ( 火 ) 1 平 成 26 年 度 事 業 報 告 及 び 収 支 計 算 報 告 について 承 認 2 平 成 27 年 度 収 支 予 算 書 の 書 式 変 更 について 承 認 3 平 成 27 年 度 マルセン 候 補 者 について 承 認 4 任 期 満 了 に 伴 う 次 期 理 事 候 補 者 の 推 薦 について 承 認 5 顧 問 の 選 任 について 承 認 6 選 考 委 員 の 交 代 について 承 認 7 平 成 27 年 度 書 面 による 定 時 評 議 員 会 の 招 集 について 承 認 ⑶ 書 面 による 第 2 回 臨 時 理 事 会 平 成 27 年 6 月 9 日 ( 火 ) 6 月 24 日 同 意 1 理 事 長 の 選 定 について 2 常 務 理 事 の 選 定 について ⑷ 書 面 による 第 3 回 臨 時 理 事 会 平 成 27 年 7 月 3 日 ( 金 ) 7 月 1 日 同 意 1 評 議 員 辞 任 に 伴 う 補 欠 候 補 者 の 推 薦 について 2 書 面 による 第 2 回 臨 時 評 議 員 会 の 開 催 について ⑸ 書 面 による 第 4 回 臨 時 理 事 会 平 成 28 年 2 月 1 日 ( 月 ) 施 行 2 月 9 日 同 意 1 平 成 27 年 度 臨 時 評 議 員 会 の 開 催 について ⑹ 第 2 回 定 時 理 事 会 平 成 28 年 3 月 29 日 ( 火 ) 1 平 成 28 年 度 事 業 計 画 案 について 承 認 2 平 成 28 年 度 収 支 予 算 案 について 承 認 3 平 成 28 年 度 マルセン 活 動 助 成 事 業 案 について 承 認 3 31

18 活 動 助 成 事 業 広 報 実 績 のまとめ 記 載 例 1 監 査 平 成 27 年 6 月 4 日 ( 木 ) 選 考 委 員 会 ⑴ 表 彰 協 賛 後 援 事 業 平 成 27 年 5 月 28 日 ( 木 ) ⑵ 助 成 協 賛 後 援 事 業 平 成 28 年 3 月 2 日 ( 水 ) 2ホームページの 管 理 リュー ア ル 平 成 23 年 7 月 3 日 新 CM 更 新 平 成 26 年 6 月 4 日 財 団 からのお 知 らせ 財 団 について 表 彰 事 業 について 助 成 事 業 について イベント 事 業 について 広 報 啓 発 育 成 事 業 について メディア/ギャラリー 3 機 関 誌 マルセン 12 号 の 発 刊 財 団 の 事 業 報 告 等 公 益 事 業 財 団 の 活 動 4ラジオ 番 組 への 出 演 ( 再 掲 ) RSKラジオ おかやま 元 気 応 援 団!215 (15:1 ~ 15:2) 期 間 : 平 成 27 年 9 月 28 日 ~ 12 月 14 日 毎 週 月 曜 日 全 12 回 出 演 者 : 関 係 7 団 体 関 係 14 団 体 計 21 団 体 の 出 演 32 33

19 活 動 助 成 事 業 広 報 実 績 のまとめ 記 載 例 2 DATA 資 料 事 業 の 記 録 1 助 成 の 記 録 第 11 回 交 付 式 (ホテルグランヴィア 岡 山 ) 月 日 区 分 予 算 応 募 数 助 成 数 助 成 額 万 円 13 万 円 21 件 57 件 12 件 14 件 1,119, 円 1,378, 円 合 計 26 件 2,497, 円 累 計 252 件 29,28,313 円 第 1 回 交 付 式 (ホテルグランヴィア 岡 山 ) 月 日 区 分 予 算 応 募 数 助 成 数 助 成 額 万 円 1 万 円 18 件 57 件 13 件 17 件 1,3, 円 1,7, 円 合 計 3 件 3,, 円 累 計 226 件 26,711,313 円 第 9 回 交 付 式 (ホテルグランヴィア 岡 山 ) 月 日 区 分 予 算 応 募 数 万 円 24 件 1 万 円 56 件 助 成 数 1 件 14 件 助 成 額 97, 円 1,4, 円 美 作 国 建 国 13 年 記 念 事 業 実 行 委 員 会 3 万 円 合 計 25 件 2,67, 円 累 計 196 件 23,711,313 円 第 8 回 交 付 式 (ホテルグランヴィア 岡 山 ) 月 日 区 分 予 算 応 募 数 助 成 数 助 成 額 万 円 1 万 円 25 件 46 件 1 件 11 件 986, 円 1,25,628 円 合 計 21 件 2,11,628 円 累 計 171 件 21,41,313 円 第 7 回 交 付 式 (ホテルグランヴィア 岡 山 ) 月 日 区 分 予 算 応 募 数 万 円 11 件 1 万 円 43 件 助 成 数 8 件 13 件 助 成 額 717,2 円 1,26, 円 第 25 回 国 民 祭 おかやま21 1 万 円 合 計 22 件 2,977,2 円 累 計 15 件 19,29,685 円 第 6 回 交 付 式 (ホテルグランヴィア 岡 山 ) 月 日 区 分 予 算 応 募 数 万 円 19 件 1 万 円 42 件 助 成 数 1 件 14 件 助 成 額 959,115 円 1,299, 円 第 25 回 国 民 祭 おかやま21 1 万 円 合 計 25 件 3,258,115 円 累 計 128 件 16,52,665 円 第 5 回 交 付 式 (ホテルグランヴィア 岡 山 ) 月 日 区 分 予 算 応 募 数 万 円 34 件 1 万 円 45 件 助 成 数 1 件 1 件 助 成 額 996,41 円 1,, 円 県 立 総 社 南 高 等 学 校 ダンス 部 保 護 者 会 1 万 円 合 計 21 件 2,996,41 円 累 計 13 件 12,794,55 円 第 4 回 交 付 式 (ホテルグランヴィア 岡 山 ) 月 日 区 分 予 算 応 募 数 助 成 数 助 成 額 万 円 1 万 円 31 件 53 件 1 件 11 件 964,5 円 1,3, 円 合 計 21 件 1,994,5 円 累 計 82 件 9,798,14 円 第 3 回 交 付 式 (ホテルグランヴィア 岡 山 ) 月 日 区 分 予 算 応 募 数 助 成 数 助 成 額 万 円 1 万 円 36 件 27 件 1 件 1 件 97, 円 9 9 2, 円 合 累 計 2 件 1,962, 円 計 61 件 7,83,64 円 第 2 回 交 付 式 (ホテルグランヴィア 岡 山 ) 月 日 区 分 予 算 応 募 数 助 成 数 万 円 34 件 1 件 1 万 円 24 件 1 件 助 成 額 988,64 円 1,, 円 晴 れの 国 おかやま 国 体 1 万 円 合 計 21 件 2,988,64 円 累 計 41 件 5,841,64 円 34 35

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

2 東 山 動 植 物 園 春 まつりよいこの 将 棋 大 会 4 月 13 日 の 日 曜 日 に 東 山 動 植 物 園 春 まつりよいこの 将 棋 大 会 が 東 山 公 園 植 物 会 館 で 行 われました 当 日 はくもり 空 で 少 し 肌 寒 い 気 候 でしたが 会 場 には 10

2 東 山 動 植 物 園 春 まつりよいこの 将 棋 大 会 4 月 13 日 の 日 曜 日 に 東 山 動 植 物 園 春 まつりよいこの 将 棋 大 会 が 東 山 公 園 植 物 会 館 で 行 われました 当 日 はくもり 空 で 少 し 肌 寒 い 気 候 でしたが 会 場 には 10 日 本 将 棋 連 盟 2014.5 No.231 顧 問 中 田 章 道 七 段 発 行 責 任 者 大 村 欽 一 1 好 天 に 恵 まれた 岡 崎 将 棋 まつり 第 21 回 を 迎 える 岡 崎 将 棋 まつりが 4 月 27 日 ( 日 ) 岡 崎 城 公 園 にて 開 催 されました 例 年 の 昭 和 の 日 の 開 催 ではありませんでしたが 素 晴 らしい 好 天 に 恵 まれ

More information

験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬 裕 彦 副 祝 辞 天 恵 美 副 審 告 賠 償 保 険 料 倍 契 率 率 % 収 差 万 余 収 益 運 転 資 借 限 款 改 正 条 資 格 喪 失 費 納 納 更 条

験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬 裕 彦 副 祝 辞 天 恵 美 副 審 告 賠 償 保 険 料 倍 契 率 率 % 収 差 万 余 収 益 運 転 資 借 限 款 改 正 条 資 格 喪 失 費 納 納 更 条 / 公 益 団 法 丸 池 町 書 浜 尚 川 氏 齢 働 No. TEL9 email kochisc@sjc.ne.jp 笑 福 引 々 写 真 ォ 告 他 詳 細 副 祝 辞 職 群 班 設 準 備 ポ 訪 問 記 ポ ユ 紹 ゆぞ 紹 筋 回 紙 館 白 鳳 広 貢 献 験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬

More information

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震 No.168 / / 石 英 雄 栃 荒 2055 番 0285833477 編 集 / 江 光 夫 住 資 源 集 存 新 価 値 造 拠 点 置 徴 ブ 図 ミ ュ 博 物 ブ ズ 3 複 可 相 互 流 愛 称 募 結 果 配 慮 循 型 信 識 恵 循 込 恵 づ 恵 168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港

More information

Taro10-H27 年学校だより4月.号j

Taro10-H27 年学校だより4月.号j 平 成 2 7 年 4 月 1 9 日 ( 日 ) 4 月 号 横 浜 市 立 港 南 中 学 校 233-0004 横 浜 市 港 南 区 港 南 中 央 通 6 番 1 号 0 4 5-8 4 2-2 3 5 5 学 校 教 育 目 標 の よ り よ い 実 現 を 目 指 し て 校 長 上 田 篤 也 平 成 2 7 年 度 が ス タ ー ト し ま し た 2 6 4 名 の 新 入

More information

sekishin2016_1.indd

sekishin2016_1.indd 798 号 発 / 79 平 8 発 所 / 庁 5-6 王 寺 小 宮 9-8 TEL 6677 FAX 667766 E-mail: sekishintok@gmail.com 編 / 井 龍 郎 印 正 定 勤 火 水 木 土 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 力 添 賜 誠 ざ 迎 住 む ぼ 向 懸 命 努 締 締 切 当 曜 火 曜 電 座 渋 滞 当 然 殿

More information

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 揮 帯 共 ふ 輪 広 担 ゆ ぎ 満 誰 気 軽 楽 自 由 集 指 次 重 標 広 護 90 号

More information

38 4. 1 5 代 校 長 佐 藤 猶 造 生 徒 数 2,679 名 4.16 秋 田 市 少 年 保 護 育 成 7.28 全 県 優 勝 男 子 体 操 団 体 徒 手 近 山 王 協 議 設 立 女 子 ソフトボール 江 11.14 創 立 10 周 年 記 念 式 典 10. 東 北

38 4. 1 5 代 校 長 佐 藤 猶 造 生 徒 数 2,679 名 4.16 秋 田 市 少 年 保 護 育 成 7.28 全 県 優 勝 男 子 体 操 団 体 徒 手 近 山 王 協 議 設 立 女 子 ソフトボール 江 11.14 創 立 10 周 年 記 念 式 典 10. 東 北 学 校 の 沿 革 1 学 校 の 規 模 所 在 地 010-0951 秋 田 市 山 王 三 丁 目 1-24( 秋 田 駅 より 西 方 へ 2.2km) 電 話 018-823-8361 FAX 018-823-8363 校 地 面 積 18 520 m2 ( 運 動 場 面 積 8 910 m2) 校 舎 面 積 7 423 m2 ( 屋 内 運 動 場 面 積 1 959 m2) 学 区

More information

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc 47 少 主 公 悲 惨 苦 々 族 ぞ 周 囲 達 悲 癒 募 背 翼 食 物 考 食 心 描 写 療 施 設 情 原 題 解 放 周 囲 愛 情 取 戻 様 描 摂 取 障 害 少 過 去 不 ふ 幸 歴 史 代 抱 様 々 問 題 少 目 向 考 折 精 神 折 精 神 座 右 銘 葉 限 ぎ 楽 辛 苦 方 苦 面 立 心 前 進 無 理 折 限 以 発 揮 結 果 必 対 対 常 づ 葉

More information

Microsoft Word - kaihou1.doc

Microsoft Word - kaihou1.doc 足 立 陸 協 会 報 創 刊 号 2010 年 4 月 11 日 発 行 発 行 者 : 大 兼 茂 子 編 集 者 : 髙 橋 敏 彦 足 立 陸 協 会 報 走 魂 発 刊 に 寄 せて 陸 上 競 技 協 会 は1946 年 創 立 今 年 64 年 目 を 迎 えます 足 立 区 陸 上 60 周 年 記 念 誌 を 開 くと 足 立 区 体 育 協 会 創 立 は1948 年 ( 陸 上

More information

2 119 号 24 7 15 又 計 有 通 通 常 ぱ 使 用 車 対 車 得 税 車 税 減 免 設 減 免 対 象 範 囲 直 24 4 1 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 新 対 象 新 減 免 対 象 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 帳 下 肢 又 移 機

2 119 号 24 7 15 又 計 有 通 通 常 ぱ 使 用 車 対 車 得 税 車 税 減 免 設 減 免 対 象 範 囲 直 24 4 1 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 新 対 象 新 減 免 対 象 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 帳 下 肢 又 移 機 告 収 算 評 理 致 承 認 施 域 緊 密 携 係 機 得 着 執 努 初 針 効 果 げ 基 基 差 別 禁 止 仮 称 ざ 向 態 求 反 映 べ 携 革 望 受 託 精 代 表 資 拡 充 展 浜 崎 情 交 換 売 店 財 貴 重 財 源 確 保 引 続 効 率 発 財 人 戸 井 田 愛 2210844 浜 区 沢 渡 42 電 話 0453118736 FAX 0453166860

More information

Taro-H27第15回(定例会)会

Taro-H27第15回(定例会)会 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 1 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 8 年 3 月 2 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 2 1 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 京 谷 和 幸 佐 藤 眞 理 井 出 元 3 出 席 職

More information

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 鹿 島 鉄 道 跡 専 用 道 走 BRT 平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 誘 致 推 室 努 結 柏 原 運 分 野 統 合 央 笑

More information

Ⅰ 学 校 要 覧

Ⅰ 学 校 要 覧 本 校 の 沿 革 所 在 地 設 立 認 可 開 校 Ⅰ 学 校 要 覧 日 南 市 飫 肥 十 丁 目 番 号 昭 和 年 月 日 昭 和 年 月 日 飫 肥 町 立 飫 肥 中 学 校 として 振 徳 堂 において 開 校 式 を 挙 げる 学 級 数 年 月 日 事 項 昭 昭 昭 昭 昭 昭 昭 昭 0 昭 昭 昭 昭 昭 昭 昭 昭 昭 昭 0 昭 昭 昭 昭 昭 昭 昭 校 舎 再 編

More information

平成21年度 大阪マスターズ陸上競技連盟総会

平成21年度 大阪マスターズ陸上競技連盟総会 平 成 24 年 度 事 業 報 告 について 1. 会 員 の 状 況 (2012 年 12 月 31 日 現 在 ) 種 別 当 期 末 前 期 末 前 期 末 比 増 減 会 員 361 人 350 人 11 人 経 済 的 賛 助 会 員 1 人 3 人 2 人 技 術 的 賛 助 会 員 35 人 30 人 5 人 合 計 397 人 383 人 14 人 2. 事 業 の 実 施 状 況

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

- - 第 号 世 界 交 流 始 7 岩 手 県 審 査 県 帰 途 鑑 銘 勝 角 建 毎 俗 ワ ク 6 7 歳 亡 約 9( 正 茨 城 県 結 城 9( 早 稲 田 学 卒 業 9( 6 第 回 読 売 デパダ 9( 抽 象 幻 想 ( 京 国 近 99( 個 ( 国 院 協 96( マヤ

- - 第 号 世 界 交 流 始 7 岩 手 県 審 査 県 帰 途 鑑 銘 勝 角 建 毎 俗 ワ ク 6 7 歳 亡 約 9( 正 茨 城 県 結 城 9( 早 稲 田 学 卒 業 9( 6 第 回 読 売 デパダ 9( 抽 象 幻 想 ( 京 国 近 99( 個 ( 国 院 協 96( マヤ - - 6 陽 ね じ 特 集 関 戦 ヴ 音 触 発 衛 グ 印 刷 機 使 始 岩 波 映 製 所 製 録 映 佐 久 ダ ム ( 第 部 ( 9 揺 ぶ 建 場 社 派 躍 9 末 マ ヤ 衝 撃 古 降 び び 古 唆 社 へ 問 掛 交 流 最 勲 ギ プ 題 材 情 問 涯 学 習 課 7- 陶 板 レ 命 樹 ( 聖 徳 学 附 属 学 校 ふ 場 縦 6m 横 mぶ 屋 修 勝 角

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

平成23年度事業計画書

平成23年度事業計画書 公 益 財 団 法 人 平 野 政 吉 美 術 財 団 平 成 26 年 度 事 業 報 告 < 総 括 > 平 成 26 年 度 の 事 業 については 当 財 団 の 目 的 に 沿 い 平 野 政 吉 コレクション および 藤 田 嗣 治 作 品 の 展 示 公 開 教 育 普 及 活 動 および 調 査 研 究 を 行 った 秋 田 県 立 美 術 館 の 施 設 管 理 については 指 定

More information

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他 団 編 集 河 暁 -9 河 -5-5 T. -65-885 FAX. -65-894 http://www.nenkin.or.jp/ -mail: koho8@nenkin.or.jp 9--779 購 読,89 税 共 4 郵 物 可.. 5 January Vol.644 4 郵 物 可 毎 5 暮 挙 倍 閣 倍 持 可 喫 緊 党 税 継 倍 閣 憲 初 官 文 科 官 桝 屋 敬 悟

More information

宮 構 央 自 由 通 路 設 置 デ 電 子 広 告 看 板 旅 客 鉄 道 株 社 様 宮 乗 車 数 約 万 全 8 位 誇 北 形 秋 田 越 北 陸 幹 線 接 続 秋 ズ 合 せ ポ 映 像 流 宣 伝 効 果 収 期 宝 有 茅 北 海 道 函 館 森 八 戸 形 舟 形 携 関 演

宮 構 央 自 由 通 路 設 置 デ 電 子 広 告 看 板 旅 客 鉄 道 株 社 様 宮 乗 車 数 約 万 全 8 位 誇 北 形 秋 田 越 北 陸 幹 線 接 続 秋 ズ 合 せ ポ 映 像 流 宣 伝 効 果 収 期 宝 有 茅 北 海 道 函 館 森 八 戸 形 舟 形 携 関 演 . 46 数 :,6 宮 デ 宝 宮 構 央 自 由 通 路 設 置 デ 電 子 広 告 看 板 柱 面 ポ 映 像 流 公 合 せ 関 丸 視 察 宮 歓 迎 受 詳 細 面 48-88 通 番 TEL- FAX-644 E-mail info@tokamachi-cci.or.jp UL http:www.tokamachi-cci.or.jp October 宮 構 央 自 由 通 路 設 置

More information

限 られた 時 間 ではありますが 活 発 なご 議 論 をしていただきますようお 願 いいたし まして 挨 拶 とさせていただきます 3 協 議 調 整 事 項 ⑴ 沼 津 市 教 育 大 綱 の 決 定 について 資 料 2 沼 津 市 教 育 大 綱 ( 案 ) に 関 する 意 見 募 集

限 られた 時 間 ではありますが 活 発 なご 議 論 をしていただきますようお 願 いいたし まして 挨 拶 とさせていただきます 3 協 議 調 整 事 項 ⑴ 沼 津 市 教 育 大 綱 の 決 定 について 資 料 2 沼 津 市 教 育 大 綱 ( 案 ) に 関 する 意 見 募 集 第 4 回 沼 津 市 総 合 教 育 会 議 議 事 録 〇 開 催 日 時 平 成 28 年 2 月 9 日 ( 火 曜 日 )10 時 00 分 ~11 時 30 分 〇 開 催 場 所 水 道 部 庁 舎 3 階 会 議 室 〇 出 席 者 市 長 栗 原 裕 康 教 育 委 員 長 細 沼 早 希 子 委 員 長 職 務 代 理 者 三 好 勝 晴 教 育 委 員 土 屋 葉 子 教 育

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 譜 写 真 振 返 五 十 周 ~ 都 常 住 口 突 破 受 信 契 約 突 破 義 務 書 無 償 化 シ 博 覧 幕 常 磐 河 駅 重 衝 突 故 歴 史 的 産 連 続 メ 鉄 腕 映 吉 典 ち ゃ ん 誘 拐 最 黒 四 ダ 完 セ 札 防 止 千 円 札 ケ ネ デ ィ 統 領 暗 殺 さ 潟 等 告 示 さ 所 在 潟 字 金 沢 字 械 務 所 等 置 く 五 章 柏 崎 伊 藤

More information

50. 3.28 50. 4. 1 50. 4.25 留 萌 管 内 教 育 実 践 表 彰 受 賞 第 6 代 校 長 山 本 忠 雄 22 学 級 編 制 ( 特 学 2) 生 徒 数 844 名 体 育 文 化 活 動 後 援 会 設 立 51. 4. 1 52. 4. 1 53. 4. 1

50. 3.28 50. 4. 1 50. 4.25 留 萌 管 内 教 育 実 践 表 彰 受 賞 第 6 代 校 長 山 本 忠 雄 22 学 級 編 制 ( 特 学 2) 生 徒 数 844 名 体 育 文 化 活 動 後 援 会 設 立 51. 4. 1 52. 4. 1 53. 4. 1 Ⅰ 本 校 の 概 要 1 沿 革 の 概 要 25. 5. 1 25. 5.13 25. 5.13 26. 3.26 26. 4. 1 26. 5. 1 27. 4. 1 27.12.20 28. 4. 1 29. 3.21 29. 4. 1 29.10.22 29.12.20 30. 4. 1 31. 4. 1 32. 4. 1 33. 4. 1 34. 2.20 34. 4. 1 34. 7.

More information

Microsoft Word - 会報(第14号).doc

Microsoft Word - 会報(第14号).doc 第 14 号 (2014 年 9 月 15 日 ) 発 行 : 広 島 大 学 マスターズ 広 島 事 務 局 目 次 1. 平 成 26 年 度 ( 第 5 回 ) 総 会 懇 親 会 の 開 催 状 況 について 2. 広 島 大 学 マスターズ( 東 広 島 )の 平 成 26 年 度 総 会 懇 親 会 に 出 席 して 事 務 局 幹 事 松 水 征 夫 3. 第 8 回 広 島 大 学

More information

松 任 図 書 館 業 称 期 日 容 展 示 西 中 日 記 能 / ~ 傘 /1 西 氏 中 日 記 俳 風 港 原 展 示 火 坂 志 氏 交 流 品 物 展 示 図 書 館 職 員 展 / 里 ~ /10 図 書 館 職 員 面 感 動 図 書 館 職 員 選 展 示 生 物 多 様 性 展

松 任 図 書 館 業 称 期 日 容 展 示 西 中 日 記 能 / ~ 傘 /1 西 氏 中 日 記 俳 風 港 原 展 示 火 坂 志 氏 交 流 品 物 展 示 図 書 館 職 員 展 / 里 ~ /10 図 書 館 職 員 面 感 動 図 書 館 職 員 選 展 示 生 物 多 様 性 展 成 度 主 な 事 業 行 事 市 立 図 書 館 同 事 業 業 称 期 日 容 山 図 書 館 使 調 学 習 ン 書 間 行 特 別 展 示 優 秀 作 品 展 調 学 習 ン 第 回 山 図 書 館 使 調 学 習 ン 作 品 募 第 回 山 図 書 館 使 調 学 習 ン 表 彰 式 図 書 館 芥 川 龍 之 介 賞 賞 谷 希 子 特 別 展 傘 ~ 里 10~11 傘 /1 里 /1~

More information

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の ひ と め で わ か る キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 目 次 キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ キ リ ス ト 教 会 葬 儀 研 究 所 ( CCFI= Christ Church Funeral Institute) は 日 本 に お け る キ リ ス ト 教 信 仰 共 同 体 の 葬 儀 を よ り 豊 か な も の と す る た め に キ リ ス ト 教 諸

More information

Microsoft Word - 03_別添2_推薦要領27'.doc

Microsoft Word - 03_別添2_推薦要領27'.doc ( 別 添 2) エイジレス ライフ 実 践 事 例 及 び 社 会 参 加 活 動 事 例 推 薦 要 領 平 成 2 7 年 1 月 9 日 内 閣 府 政 策 統 括 官 ( 共 生 社 会 政 策 担 当 ) 決 定 1 推 薦 の 対 象 となるエイジレス ライフ 実 践 事 例 の 実 践 者 及 び 社 会 参 加 活 動 事 例 (1)エイジレス ライフ 実 践 事 例 の 実 践

More information

1 平成19年度の事業実績報告

1 平成19年度の事業実績報告 平 成 27 年 度 事 業 報 告 書 平 成 27 年 度 の 事 業 活 動 の 活 動 重 点 は 公 益 社 団 法 人 設 立 の 趣 旨 である 犯 罪 のない 明 るい 社 会 を 理 想 として 県 民 の 防 犯 思 想 を 高 揚 し 防 犯 活 動 並 び に 少 年 の 健 全 な 育 成 風 俗 環 境 浄 化 のための 活 動 等 を 効 果 的 に 推 進 する と

More information

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢 . 月 刊 公 論 八 重 樫 尚 弥 熱 解 説 N P O 法 デ 理 務 政 次 越 頂 役 所 属 エ DeN A 奈 県 民 市 民 愛 程 牧 元 集 ネ デ ョ 親 頂 好 若 観 頂 観 ビ 観 迫 魅 小 観 際 ほ 興 味 坂 輔 愛 猛 騒 ぎ 根 性 基 異 政 次 氏 ( 解 説 ) 7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足

More information

2. 事 業 の 概 要 (1) 主 な 事 業 1 平 成 お 天 守 塾 勝 山 城 清 明 茶 会 日 程 平 成 25 年 4 月 21 日 ( 日 ) 茶 席 券 6,000 円 200 人 ( 内 500 円 は 入 館 料 ) 会 場 蘭 月 の 間 4 階 ホール 2 階 障 壁 画

2. 事 業 の 概 要 (1) 主 な 事 業 1 平 成 お 天 守 塾 勝 山 城 清 明 茶 会 日 程 平 成 25 年 4 月 21 日 ( 日 ) 茶 席 券 6,000 円 200 人 ( 内 500 円 は 入 館 料 ) 会 場 蘭 月 の 間 4 階 ホール 2 階 障 壁 画 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 1.25 年 度 事 業 実 施 の 方 針 昨 年 は 勝 山 城 博 物 館 開 館 20 周 年 の 節 目 の 年 でございました おかげさまで 多 くの 皆 様 方 に 支 えられて 今 日 を 迎 えることができました こと 心 から 御 礼 申 し 上 げます 今 年 は21 年 目 の 船 出 の 年 第 一 歩 を 踏 み 出 すにあたり

More information

会 議 を 開 催 し 市 町 村 との 連 携 を 強 化 して 人 口 問 題 に 対 する 取 り 組 み を 始 めました このような 国 県 の 新 たな 動 きにいち 早 く 対 応 するため 本 市 にお きましても 先 月 18 日 私 を 本 部 長 として 安 来 市 人 口 対

会 議 を 開 催 し 市 町 村 との 連 携 を 強 化 して 人 口 問 題 に 対 する 取 り 組 み を 始 めました このような 国 県 の 新 たな 動 きにいち 早 く 対 応 するため 本 市 にお きましても 先 月 18 日 私 を 本 部 長 として 安 来 市 人 口 対 第 70 回 安 来 市 議 会 定 例 会 の 開 会 にあたり 諸 議 案 の 説 明 に 先 立 ち まして 諸 般 の 事 項 についてご 報 告 申 し 上 げます はじめに 先 月 19 日 深 夜 から20 日 未 明 にかけて 広 島 市 を 襲 った 局 地 的 な 豪 雨 は 広 範 囲 にわたり 大 規 模 な 土 石 流 が 発 生 するなど 死 者 行 方 不 明 者 あわせて70

More information

9 号 積 極 的 個 々 常 的 信 PR! ょ 号 掲 載 紙 再 現 任 余 過 振 返 想 下 﨑 私 働 係 携 非 常 億 驚 才 才 過 験 豊 富 反 頑 固 勝 束 変 ハ 忙 考 非 常 屋 潤 滑 油 逆 ぎ 悩 最 責 任 厳 応 誤 誤 然 側 誠 意 示 題 送 躍 ょ

9 号 積 極 的 個 々 常 的 信 PR! ょ 号 掲 載 紙 再 現 任 余 過 振 返 想 下 﨑 私 働 係 携 非 常 億 驚 才 才 過 験 豊 富 反 頑 固 勝 束 変 ハ 忙 考 非 常 屋 潤 滑 油 逆 ぎ 悩 最 責 任 厳 応 誤 誤 然 側 誠 意 示 題 送 躍 ょ 9 号 / 公 益 社 団 法 丸 池 町 書 浜 尚 川 氏 齢 元 働 明 社 9 No. TEL9 email kochisc@sjc.ne.jp 下 ォカ 委 教 徒 募 ペジ 照 メ 左 阿 都 築 和 松 古 横 川 列 清 水 ペジ 照 じ 﨑 計 画 キメ 訪 記 教 紹 ゆぞネ! 表 紙 訪 記 楽 脳 常 識 素 直 切 9 号 積 極 的 個 々 常 的 信 PR! ょ 号 掲

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

密 4 ぜ ひ 呼 隣 流 隠 雪 泰 木 ホ 密 秘 ヤ 石 掘 軽 狙 誕 待 流 哲 雄 4 4 館 初 黒 字 4 区 口 抱 規 至 極 簡 単 確 保 9 潤 C V 士 交 際 旅 規 ギ 側 曲 師 舞 台 監 督 掘 送 践 豊 社 項 加 価 値 4 副 職 率 践 堀 園 俳

密 4 ぜ ひ 呼 隣 流 隠 雪 泰 木 ホ 密 秘 ヤ 石 掘 軽 狙 誕 待 流 哲 雄 4 4 館 初 黒 字 4 区 口 抱 規 至 極 簡 単 確 保 9 潤 C V 士 交 際 旅 規 ギ 側 曲 師 舞 台 監 督 掘 送 践 豊 社 項 加 価 値 4 副 職 率 践 堀 園 俳 4 結 策 4 爆 乗 ホ 4 屋 栄 陸 彩 団 劇 毎 結 初 伸 び 悩 握 道 6 投 票 露 9 声 ヤ V ヒ 枚 e g i n n e r ミ 達 数 唱 鍛 努 側 幅 広 支 由 姉 妹 ユ 屋 栄 4 誕 珠 玲 ヒ 動 4 H 天 神 札 幌 H 函 館 三 宮 ざ 憶 測 飛 類 似 ネ❶ 北 区 赤 羽 赤 羽 資 ゼ 所 属 ゼ 専 劇 北 区 赤 羽 館 垢 抜 赤

More information

亀 津 文 化 午 策 南 西 糖 株 式 社 振 興 並 製 糖 終 了 感 謝 デ 製 糖 終 了 感 謝 デ 振 興 絡 協 規 就 激 励 絡 協 規 就 励 階 室 関 席 模 様 へ 米 軍 移 設 反 報 告 鳩 首 相 談 B & G 海 洋 タ 伊 藤 知 事 鳩 首 相 談 報

亀 津 文 化 午 策 南 西 糖 株 式 社 振 興 並 製 糖 終 了 感 謝 デ 製 糖 終 了 感 謝 デ 振 興 絡 協 規 就 激 励 絡 協 規 就 励 階 室 関 席 模 様 へ 米 軍 移 設 反 報 告 鳩 首 相 談 B & G 海 洋 タ 伊 藤 知 事 鳩 首 相 談 報 No. ろ 亀 津 文 化 午 策 南 西 糖 株 式 社 振 興 並 製 糖 終 了 感 謝 デ 製 糖 終 了 感 謝 デ 振 興 絡 協 規 就 激 励 絡 協 規 就 励 階 室 関 席 模 様 へ 米 軍 移 設 反 報 告 鳩 首 相 談 B & G 海 洋 タ 伊 藤 知 事 鳩 首 相 談 報 告 収 穫 面 積 ha 量 干 号 接 近 影 響 策 幸 助 近 田 伸 ハ ベ タ

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

Microsoft PowerPoint - H24FFI通信

Microsoft PowerPoint - H24FFI通信 2012 年 4 月 16 日 第 1 号 4 月 11 日 ( 水 )に 新 入 生 オリエンテーションが 行 われました 農 業 クラブの 説 明 や 三 大 行 事 の 説 明 学 科 紹 介 に 実 習 服 の 紹 介 を 行 いました このプロジェクトは 日 頃 から 学 んでいる 食 や 農 のアイデア やノウハウを 活 かして 被 災 地 を 笑 顔 にしよう!という 高 校 生 の

More information

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座 - 高 砂 -- 木 ビ TEL -- FAX -- 編 価 購 読 費 含 輝 築 誇 津 康 歳 J M I U ハ 先 奮 蓮 ハ 築 弱 顧 客 注 屋 台 風 呂 ユ 設 置 築 完 式 作 津 作 ユ 養 ォ 乗 作 ユ 養 積 身 宮 城 石 巻 元 石 巻 高 卒 ハ 就 至 石 巻 家 旧 北 岸 百 震 災 津 波 押 寄 験 築 * 紙 面 * 元 気 面 面 営 面 面 ぶ

More information

広報かわうえ4月23日号.indd

広報かわうえ4月23日号.indd 総 務 所 No, 37 広 報 2 23 発 土 陽 ざ 桜 花 見 守 2 少 男 5 女 3 8 友 達 遊 ね 見 守 げ 関 連 記 P5 表 紙 P P2 総 務 所 知 P3 P 公 民 米 づ 営 農 通 信 夕 歌 壇 夕 俳 壇 P5 P P7 P8 5 総 グ ラ ウ 津 防 季 実 施 前 辞 令 交 付 伝 達 3 若 者 回 個 隊 規 律 班 器 具 庫 清 掃 車 両

More information

平成17年度事業計画(平成17年4月1日~平成18年3月31日)

平成17年度事業計画(平成17年4月1日~平成18年3月31日) 第 1 号 議 案 : 平 成 26 年 度 事 業 報 告 について 公 益 目 的 事 業 1( 創 造 する 伝 統 賞 の 主 催 ) ( 定 款 第 4 条 第 1 項 第 2 項 ) 助 成 顕 彰 事 業 ( 第 21 回 ) 平 成 27 年 2 月 5 日 の 理 事 会 の 審 議 を 経 て 3 名 に 授 与 した 第 6 回 創 造 する 伝 統 賞 賞 金 各 100 万

More information

47 8 二 十 八 ざ 希 満 慶 旧 格 厚 陰 昨 0 周 始 賓 臨 席 無 終 厚 次 代 可 織 英 導 鞭 撻 必 須 願 具 標 強 財 容 強 ず 減 少 傾 頼 為 応 織 必 条 制 約 是 非 相 談 次 費 比 率 直 器 更 配 分 金 直 処 遇 改 善 信 頼 遂 研

47 8 二 十 八 ざ 希 満 慶 旧 格 厚 陰 昨 0 周 始 賓 臨 席 無 終 厚 次 代 可 織 英 導 鞭 撻 必 須 願 具 標 強 財 容 強 ず 減 少 傾 頼 為 応 織 必 条 制 約 是 非 相 談 次 費 比 率 直 器 更 配 分 金 直 処 遇 改 善 信 頼 遂 研 47 8 47 8 公 町 央 -5-5 ワザ TEL084-5 FAX084-505 柿 所 柿 町 原 8- TEL/FAX0857-9 素 晴 底 づ 47 8 二 十 八 ざ 希 満 慶 旧 格 厚 陰 昨 0 周 始 賓 臨 席 無 終 厚 次 代 可 織 英 導 鞭 撻 必 須 願 具 標 強 財 容 強 ず 減 少 傾 頼 為 応 織 必 条 制 約 是 非 相 談 次 費 比 率 直

More information

Microsoft Word - 平成27年12月 市長提案説明(説明後)

Microsoft Word - 平成27年12月 市長提案説明(説明後) 平 成 27 年 12 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 それでは 12 月 定 例 会 の 開 催 に 当 たり 所 信 の 一 端 を 申 し 述 べるとともに 今 議 会 に 提 案 いたしました 議 案 の 大 要 につきまして 御 説 明 申 し 上 げます 今 年 も 早 いもので 残 すところ1か 月 となりましたが この1 年 を 通 して 岡 崎 を 内 外 に 積 極 的

More information

28 1 1 58 号 ⑵ 謹 祝 詞 清 迎 慶 常 頃 積 極 衷 心 近 巻 脅 威 緊 迫 度 急 速 朝 鮮 核 兵 器 ミ サ イ ル 潜 水 艦 射 弾 道 ミ サ イ ル 射 験 挑 為 施 増 強 近 背 景 沙 諸 埋 洋 由 ぐ セ 諸 尖 閣 諸 度 領 侵 領 侵 犯 施

28 1 1 58 号 ⑵ 謹 祝 詞 清 迎 慶 常 頃 積 極 衷 心 近 巻 脅 威 緊 迫 度 急 速 朝 鮮 核 兵 器 ミ サ イ ル 潜 水 艦 射 弾 道 ミ サ イ ル 射 験 挑 為 施 増 強 近 背 景 沙 諸 埋 洋 由 ぐ セ 諸 尖 閣 諸 度 領 侵 領 侵 犯 施 ⑴ 58 号 28 1 1 58 号 28 1 1 : 印 刷 : 印 刷 工 株 式 遠 石 幡 宮 絵 馬 種 情 報 ホムペジ クセス http://www.y-defense.jp/ 28 1 1 58 号 ⑵ 謹 祝 詞 清 迎 慶 常 頃 積 極 衷 心 近 巻 脅 威 緊 迫 度 急 速 朝 鮮 核 兵 器 ミ サ イ ル 潜 水 艦 射 弾 道 ミ サ イ ル 射 験 挑 為 施 増

More information

男 子 シングルス C Dブロック Cブロック 44 上 野 正 皓 2 篠 ノ 井 45 宮 崎 大 輔 2 中 野 46 平 野 大 3 飯 山 南 47 竹 内 滉 樹 2 須 坂 園 芸 48 田 牧 諒 2 須 坂 49 高 波 紘 大 3 長 野 日 大 50 健 太 1 中 野 西 5

男 子 シングルス C Dブロック Cブロック 44 上 野 正 皓 2 篠 ノ 井 45 宮 崎 大 輔 2 中 野 46 平 野 大 3 飯 山 南 47 竹 内 滉 樹 2 須 坂 園 芸 48 田 牧 諒 2 須 坂 49 高 波 紘 大 3 長 野 日 大 50 健 太 1 中 野 西 5 男 子 シングルス A Bブロック Aブロック 1 長 谷 川 翔 3 須 坂 園 芸 2 大 口 悟 上 田 染 谷 丘 3 善 財 渉 2 長 野 日 大 4 長 井 彰 平 3 上 田 5 小 松 俊 彦 3 須 坂 東 6 秀 憲 3 篠 ノ 井 7 小 野 澤 経 太 1 北 部 8 寺 沢 弘 平 3 上 田 東 9 澤 田 成 3 飯 山 南 10 山 根 秀 太 2 岩 村 田 11

More information

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ 教 学 教 化 専 門 委 員 会 主 査 木 越 渉 宗 祖 親 鸞 聖 人 七 百 五 十 回 御 遠 忌 は 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 し た 東 日 本 大 震 災 に よ り 法 要 の 第 一 期 が 中 止 さ れ 被 災 者 支 援 の つ ど い が 執 り 行 わ れ た こ の 決 定 か ら 御 遠 忌 そ の も の の 意 義 が 様 々 に 問 わ れ

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 )

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 ) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 君 津 市 民 文 化 ホールの 指 定 管 理 者 として 平 成 26 年 度 より3 年 間 当 財 団 が 君 津 市 より 指 定 を 受 けることとなりました 君 津 から 発 信 する 新 たなる 芸 術 文 化 をミッションとし 自 らが 創 造 し 発 信 できる 芸 術 の 創 作 場 所 であること また 地 域 の 皆 さまに 親 しまれ

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

7 随 想 曲 正 市 秀 典 氏 塚 顧 問 不 思 議 縁 重 礎 築 へ 謝 賞 賛 率 常 導 力 折 紙 母 倒 迎 宿 敵 率 極 端 世 臨 ズ 夢 導 移 世 闘 背 持 実 輩 十 朝 通 驚 母 嬉 嬉 付 胴 げ デ ィ ア 讃 黙 称 賛 礎 築 拓 結 実 夢 功 績 改

7 随 想 曲 正 市 秀 典 氏 塚 顧 問 不 思 議 縁 重 礎 築 へ 謝 賞 賛 率 常 導 力 折 紙 母 倒 迎 宿 敵 率 極 端 世 臨 ズ 夢 導 移 世 闘 背 持 実 輩 十 朝 通 驚 母 嬉 嬉 付 胴 げ デ ィ ア 讃 黙 称 賛 礎 築 拓 結 実 夢 功 績 改 6 随 想 晩 尚 ざ 6 喬 村 顧 問 兄 麻 布 獣 医 伊 那 家 畜 保 衛 勤 協 理 科 趣 味 馬 聖 東 阪 市 近 鉄 7 段 ぎ 埋 多 観 客 始 待 リ 斉 唱 基 調 何 百 旗 鳴 龍 蛇 意 包 余 裕 笑 顔 力 翻 弄 狂 縦 横 無 尽 奔 放 展 狭 炸 裂 探 終 へ 慢 突 貫 僧 ピ パ 痛 鋭 刺 取 左 振 ポ 作 敵 集 間 髪 外 展 槙 原 福

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

第 51 回 北 信 越 高 等 学 校 体 育 大 会 第 3 位 中 部 日 本 6 人 制 バレーボール 総 合 男 女 選 手 権 大 会 全 国 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 ベスト16 全 日 本 バレーボール 高 校 選 手 権 大 会 石 川 県 大 会 全 日 本 バレー

第 51 回 北 信 越 高 等 学 校 体 育 大 会 第 3 位 中 部 日 本 6 人 制 バレーボール 総 合 男 女 選 手 権 大 会 全 国 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 ベスト16 全 日 本 バレーボール 高 校 選 手 権 大 会 石 川 県 大 会 全 日 本 バレー 運 動 部 平 成 27 年 度 部 活 動 の 成 績 部 活 動 名 大 会 名 種 目 等 選 手 名 順 位 成 績 陸 上 部 石 川 県 高 校 陸 上 競 技 対 校 選 手 権 大 会 入 賞 なし 石 川 県 高 校 新 人 陸 上 競 技 大 会 入 賞 なし 駅 伝 部 第 68 回 石 川 県 高 等 学 校 陸 上 競 技 対 校 選 手 権 大 会 女 子 800m 馬

More information

書 道 篆 刻 5 脩 竹 会 書 の 練 習 活 動 場 所 ふれあい 会 館 活 動 日 時 毎 週 土 曜 日 13:00~16:00 現 会 員 数 成 人 12 人 中 学 生 1 人 対 象 者 市 内 在 住 者 年 齢 は 問 いません 会 費 など 月 2,000 円 ( 会 場

書 道 篆 刻 5 脩 竹 会 書 の 練 習 活 動 場 所 ふれあい 会 館 活 動 日 時 毎 週 土 曜 日 13:00~16:00 現 会 員 数 成 人 12 人 中 学 生 1 人 対 象 者 市 内 在 住 者 年 齢 は 問 いません 会 費 など 月 2,000 円 ( 会 場 25 1 学 習 芸 術 1 歴 史 阿 賀 野 市 立 吉 田 東 伍 記 念 博 物 館 友 の 会 郷 土 の 自 然 文 化 風 土 に 依 拠 した 知 の 巨 人 吉 田 東 伍 が 著 した 事 跡 について 学 び 広 く 人 々 特 に 次 世 代 を 担 う 若 人 に 知 ってもらうよう 努 力 を する 活 動 場 所 阿 賀 野 市 立 吉 田 東 伍 記 念 博 物 館

More information

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

四 わ か っ た こ と ( 一 ) 志 筑 城 の 歴 史 志 筑 か ら 恋 瀬 川 と 筑 波 山 が 見 え る 景 色 は と て も 美 し く 昔 か ら た く さ ん の 歌 人 が そ の 景 色 や 様 子 を 歌 に し ま し た こ の 歌 を 鑑 賞 し た 多 く

四 わ か っ た こ と ( 一 ) 志 筑 城 の 歴 史 志 筑 か ら 恋 瀬 川 と 筑 波 山 が 見 え る 景 色 は と て も 美 し く 昔 か ら た く さ ん の 歌 人 が そ の 景 色 や 様 子 を 歌 に し ま し た こ の 歌 を 鑑 賞 し た 多 く 調 べて GO! 志 筑 た ん け ん 隊 志 筑 小 4 年 秋 山 遥 浅 野 琴 美 安 達 未 来 石 井 敬 太 市 ノ 澤 翔 一 梅 沢 幸 斗 大 山 陽 人 釜 津 田 優 花 久 保 田 健 太 小 松 崎 永 遠 杉 本 梨 奈 鈴 木 花 佳 冨 田 明 日 香 友 常 瑞 稀 長 澤 龍 人 中 島 綾 香 中 島 唯 沼 田 博 樹 長 谷 川 晴 香 長 谷 川 莉

More information

ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 40 歳 以 上 69 歳 以 下 田 尻 貴 雄 大 阪 府 0:39: :19: :58: 高 田 一 治 広 島 県 0:40: :28:

ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 40 歳 以 上 69 歳 以 下 田 尻 貴 雄 大 阪 府 0:39: :19: :58: 高 田 一 治 広 島 県 0:40: :28: ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 19 歳 以 上 39 歳 以 下 1 118 中 橋 秀 明 香 川 県 0:35:35.17 2 1:30:41.01 4 2:06:16.18 2 124 茶 屋 孝 三 広 島 県 0:44:02.95 10 1:25:27.58 1 2:09:30.53 3 109 久 保 真 一 鳥 取 県 0:39:58.90 6 1:30:10.43

More information

本 日 の 会 見 内 容 1 9 月 度 の 主 な 活 動 報 告 2 9 月 定 例 議 会 の 報 告 3 市 制 60 周 年 表 彰 者 紹 介 について 4 軽 自 動 車 税 の 改 正 について 5 岡 山 県 真 庭 市 との 協 定 締 結 について 6 地 震 防 災 課 か

本 日 の 会 見 内 容 1 9 月 度 の 主 な 活 動 報 告 2 9 月 定 例 議 会 の 報 告 3 市 制 60 周 年 表 彰 者 紹 介 について 4 軽 自 動 車 税 の 改 正 について 5 岡 山 県 真 庭 市 との 協 定 締 結 について 6 地 震 防 災 課 か 平 成 26 年 度 10 月 度 定 例 会 見 月 度 平 成 26 年 10 月 7 日 須 崎 市 長 楠 瀬 耕 作 須 崎 市 高 知 県 本 日 の 会 見 内 容 1 9 月 度 の 主 な 活 動 報 告 2 9 月 定 例 議 会 の 報 告 3 市 制 60 周 年 表 彰 者 紹 介 について 4 軽 自 動 車 税 の 改 正 について 5 岡 山 県 真 庭 市 との 協

More information

P01.AI

P01.AI グ 紹 介 ブ No. 号 0 0 般 予 算 歳 算 剰 余 繰 越 普 通 交 税 交 増 ほ 経 済 交 復 旧 庫 支 増 歳 職 期 異 職 給 与 道 整 備 交 増 配 分 橋 梁 寿 命 道 舗 追 加 火 水 槽 領 漁 港 増 陸 競 技 レ 整 備 図 書 館 テ 更 ほ 8 豪 雨 農 林 土 木 復 旧 追 加 歳 歳 億 増 予 算 総 9 億 ギ ヨ ァ 管 ぎ 験 農

More information

<8251825582BB82CC91BC82CC91E589EF90AC90D1283230313530333031816A94C52091A7908197702E786C7378>

<8251825582BB82CC91BC82CC91E589EF90AC90D1283230313530333031816A94C52091A7908197702E786C7378> 運 動 部 平 成 26 年 度 全 九 州 高 等 学 校 体 育 大 会 予 選 リーグ 1 回 戦 杵 築 1-2 鹿 児 島 実 業 ( 鹿 児 島 ) 2 回 戦 杵 築 4-0 小 禄 ( 沖 縄 ) 剣 道 部 3 回 戦 杵 築 2-2 島 原 ( 長 崎 ) 髙 山 泰 佳 2 回 戦 敗 退 河 内 隼 斗 体 操 部 予 選 通 過 ならず 三 浦 祐 暉 85kg 級 ウエイトリフティング

More information

広川町議会だより15号

広川町議会だより15号 号 / 責 / 樫 原 淳 奈 編 集 / 編 集 / - 和 歌 山 有 田 郡 TEL -- FAX -- ホムペジ 検 索 http://www.town.hirogawa.wakayama.jp/gikai/index.html 催 少 相 撲 室 P~ 連 程 件 賛 可 承 環 境 特 サポ 養 座 環 境 特 梶 原 副 井 豆 P~ 般 奥 井 堀 岡 﨑 野 氏 P 厚 変 更 路

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 2 5 年 度 第 6 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 2 5 年 8 月 3 0 日 ( 金 ) 午 前 1 1 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 住 民 票 の 写 し 等 第 三 者 交 付 に 関 す る 本 人 通 知 制 度 子 育 て き ら き ら カ ー ド の 利 用 が 始 ま り ま す 地 域 支 え 合 い 団 体 の

More information

平 成 27 年 4 月 定 例 東 温 市 教 育 委 員 会 会 議 録 開 会 の 日 時 及 び 場 所 平 成 27 年 4 月 22 日 ( 水 ) 午 前 10 時 15 分 東 温 市 庁 舎 4 階 405 会 議 室 議 事 に 出 席 した 委 員 教 育 長 職 務 代 行 者 菅 原 正 夫 委 員 遠 富 英 子 委 員 大 政 美 智 子 委 員 本 田 隆 彦 議

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 資 料 創 歴 代 氏 名 在 職 期 氏 名 在 職 期 初 代 田 中 敏 夫 昭 和 37 11 1 ~ 昭 和 41 3 31 11 野 博 司 昭 和 63 4 1 ~ 4 3 31 2 熊 沢 源 三 昭 和 41 4 1 ~ 昭 和 43 3 31 12 渡 辺 良 禎 4 4 1 ~ 8 3 31 3 高 野 出 男 昭 和 43 4 1 ~ 昭 和 45 3 31 13 高 桑 利

More information

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の 大 津 家 庭 裁 判 所 委 員 会 議 事 録 1 日 時 平 成 20 年 10 月 17 日 ( 金 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 30 分 まで 2 場 所 大 津 家 庭 裁 判 所 本 館 大 会 議 室 3 出 席 者 ( 委 員 ) 五 十 音 順 敬 称 略 飯 田 喜 信, 小 川 素 子, 國 松 完 二, 甲 津 貴 央, 酒 井 康 夫, 十 倉 良

More information

程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野

程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野 臨 号.. 写 真 : 玄 7 各 程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野 辰 昇 谷 川 也 副 彦 坂 伸 川 7 作 谷 川 崇 谷 寿

More information

練 習 艦 しまゆき しらゆき 入 港!! ~ 豊 橋 みなとフェスティバル プレ~ 7 月 16 日 ( 水 )~18 日 ( 金 ) 豊 橋 みなとフェス ティバルのプレイベントとして 豊 橋 市 に 入 港 した 練 習 艦 しまゆき しらゆき を 支 援 しました 豊 橋 市 に 護 衛 艦

練 習 艦 しまゆき しらゆき 入 港!! ~ 豊 橋 みなとフェスティバル プレ~ 7 月 16 日 ( 水 )~18 日 ( 金 ) 豊 橋 みなとフェス ティバルのプレイベントとして 豊 橋 市 に 入 港 した 練 習 艦 しまゆき しらゆき を 支 援 しました 豊 橋 市 に 護 衛 艦 発 行 元 愛 知 地 方 協 力 本 部 募 集 課 454-0003 名 古 屋 市 中 川 区 松 重 町 3-41 TEL 052-331-6266 URL http://www.mod.go.jp/pco/aichi/ Twitter @AICHI_PCO 愛 地 本 something 砕 氷 艦 しらせ 入 港!! ~ 名 古 屋 港 ガーデンふ 頭 ~ 10 月 3 日 ( 金 )

More information

<8251825582BB82CC91BC82CC91E589EF90AC90D1283230313530333031816A94C52091A7908197702E786C7378>

<8251825582BB82CC91BC82CC91E589EF90AC90D1283230313530333031816A94C52091A7908197702E786C7378> 運 動 部 平 成 26 年 度 全 九 州 高 等 学 校 体 育 大 会 予 選 リーグ 1 回 戦 杵 築 1-2 鹿 児 島 実 業 ( 鹿 児 島 ) 2 回 戦 杵 築 4-0 小 禄 ( 沖 縄 ) 剣 道 部 3 回 戦 杵 築 2-2 島 原 ( 長 崎 ) 髙 山 泰 佳 2 回 戦 敗 退 河 内 隼 斗 1 回 戦 敗 退 1 回 戦 敗 退 体 操 部 予 選 通 過 ならず

More information

SEPTEMBE 過 酷 状 況 互 助 消 防 職 員 懸 命 救 救 助 誰 協 姿 底 感 感 謝 耐 ご 負 挑 参 計 計 住 宅 旧 害 盤 盤 直 容 計 割 完 了 初 達 残 割 共 需 況 呈 需 束 据 維 主 導 円 滑 移 不 可 欠 官 街 周 辺 セ 官 雇 確 起 起

SEPTEMBE 過 酷 状 況 互 助 消 防 職 員 懸 命 救 救 助 誰 協 姿 底 感 感 謝 耐 ご 負 挑 参 計 計 住 宅 旧 害 盤 盤 直 容 計 割 完 了 初 達 残 割 共 需 況 呈 需 束 据 維 主 導 円 滑 移 不 可 欠 官 街 周 辺 セ 官 雇 確 起 起 SEPTEMBE V 字 U 字 奥 深 綾 ょ 里 越 喜 浜 急 峻 迫 典 変 富 景 源 恵 農 漁 治 艦 雷 電 注 昭 臨 形 極 導 セ 水 営 水 第 次 黒 潮 親 潮 漁 水 揚 誇 ケ 魚 介 類 水 揚 沿 静 穏 養 殖 漁 営 美 注 例 鳥 Ⅱ 乗 歓 触 変 評 毎 唯 浜 ダ コ 航 私 第 協 働 始 矢 先 弱 m 超 津 波 死 不 害 8 未 曾 害 受

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

談 窓 口 広 報

談 窓 口 広 報 談 窓 口 広 報 情 報 ひ ろ ば Eメ 申 込 方 法 問 土 分 申 込 交 流 セ J R 瑞 浪 駅 前 容 講 演 保 護 児 童 石 原 京 子 氏 富 山 県 里 親 援 機 関 局 里 親 委 託 等 推 進 里 親 里 子 験 発 東 濃 子 談 セ 線 前 文 化 ザ ホ 閉 式 終 了 ブ 発 同 開 催 涯 習 線 施 設 大 徳 原 球 泉 町 敷 島 公 園 野

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx)

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx) 比 較 民 俗 研 究 会 NEWSLETTER 5 2013 年 2 月 発 行 目 次 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) ( 1 2 3 4 5 ) 比 較 民 俗 研 究 2 7 号 の 発 行 ( 6 ) 事 務 局 よ り お 知 ら せ ( 6 ) 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) 第 1 1 4 回 (

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

平 成 4 年 度 広 島 県 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 男 子 学 校 対 抗 戦 結 果 (H4.6. 記 録 花 岡 理 ) 安 古 市 3 福 山 工 業 3 大 竹 3 吉 田 3 廿 日 市 西 0 0 33 盈 進 3 4 呉 工 業 0 3 34 広 陵 0 0 5 修

平 成 4 年 度 広 島 県 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 男 子 学 校 対 抗 戦 結 果 (H4.6. 記 録 花 岡 理 ) 安 古 市 3 福 山 工 業 3 大 竹 3 吉 田 3 廿 日 市 西 0 0 33 盈 進 3 4 呉 工 業 0 3 34 広 陵 0 0 5 修 第 44 回 広 島 県 高 等 学 校 バドミントン 個 人 選 手 権 大 会 兼 第 55 回 中 国 高 等 学 校 バドミントン 選 手 権 大 会 第 65 回 全 国 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 バドミントン 競 技 会 広 島 県 予 選 会 総 合 成 績 男 子 学 校 対 抗 戦 の 部 安 芸 府 中 高 陽 3 国 際 学 院 3 祇 園 北 5 桜 が 丘 5

More information

役 員 名 所 属 等 氏 名 ( は 新 任 ) 任 期 平 成 22 年 6 月 16 日 ~ 平 成 24 年 6 月 16 日 現 職 等 会 長 名 誉 会 員 陣 内 孝 雄 全 国 治 水 期 成 同 盟 会 連 合 会 会 長 副 会 長 脇 雅 史 参 議 院 議 員 佐 々 木

役 員 名 所 属 等 氏 名 ( は 新 任 ) 任 期 平 成 22 年 6 月 16 日 ~ 平 成 24 年 6 月 16 日 現 職 等 会 長 名 誉 会 員 陣 内 孝 雄 全 国 治 水 期 成 同 盟 会 連 合 会 会 長 副 会 長 脇 雅 史 参 議 院 議 員 佐 々 木 平 成 22 年 度 事 業 報 告 自 平 成 22 年 4 月 31 日 至 平 成 23 年 3 月 31 日 1. 会 員 の 状 況 区 分 前 年 度 末 数 入 会 数 退 会 数 本 年 度 末 数 正 会 員 47 1 1 47 名 誉 会 員 5 1 0 6 賛 助 会 員 41 1 0 42 計 93 3 1 95 ( 注 ) 1.( )は 内 書 で 大 阪 府 ( 休 会

More information

目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する 事 業 1 大 学 少 林 寺 拳 法 部

目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する 事 業 1 大 学 少 林 寺 拳 法 部 2015 年 度 事 業 計 画 ( 2 0 1 5. 4. 1 ~ 2016. 3.31) 一 般 財 団 法 人 少 林 寺 拳 法 連 盟 目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する

More information

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 YAMAGA 2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 志 望 験 難 突 破 ぱ 格 小 当 小 右 柔 部 所 属 怪 我 柔 練 習 休

More information

日 程 平 成 26 年 4 月 20 日 ( 日 ) 茶 席 券 6,500 円 200 人 ( 内 500 円 は 入 館 料 ) 会 場 蘭 月 の 間 4 階 ホール 2 階 障 壁 画 前 庭 園 東 屋 開 催 の 趣 旨 毎 年 好 評 を 得 ている 茶 会 清 明 茶 会 も 8

日 程 平 成 26 年 4 月 20 日 ( 日 ) 茶 席 券 6,500 円 200 人 ( 内 500 円 は 入 館 料 ) 会 場 蘭 月 の 間 4 階 ホール 2 階 障 壁 画 前 庭 園 東 屋 開 催 の 趣 旨 毎 年 好 評 を 得 ている 茶 会 清 明 茶 会 も 8 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 1.26 年 度 事 業 実 施 の 方 針 昨 年 は 当 館 の 社 会 に 対 する 真 摯 な 貢 献 度 が 評 価 され 公 益 財 団 法 人 の 認 可 をいただきました そしてまた 一 つ 夢 でもあった 勝 山 市 との 連 携 を 結 ぶ 大 きな 坂 も 乗 り 越 え 今 年 4 月 1 日 より 発 足 の 運 びとなります 今

More information

第 15 回 ジョン 万 次 郎 フェスティバル つづき 万 次 郎 トレール 10 月 4 日 祭 りの 翌 日 は ホイットフィールド 万 次 郎 友 好 協 会 のルーニー 会 長 文 子 さんご 夫 妻 の 案 内 で 万 次 郎 トレール と 呼 ばれる アメリカ 生 活 中 の 万 次

第 15 回 ジョン 万 次 郎 フェスティバル つづき 万 次 郎 トレール 10 月 4 日 祭 りの 翌 日 は ホイットフィールド 万 次 郎 友 好 協 会 のルーニー 会 長 文 子 さんご 夫 妻 の 案 内 で 万 次 郎 トレール と 呼 ばれる アメリカ 生 活 中 の 万 次 土 佐 清 水 市 姉 妹 都 市 友 好 協 会 会 報 ジョン 万 ニュース VOL. 27 土 佐 清 水 市 姉 妹 都 市 友 好 協 会 報 第 27 号 平 成 27 年 11 月 30 日 発 行 : 土 佐 清 水 市 姉 妹 都 市 友 好 協 会 787-0392 高 知 県 土 佐 清 水 市 天 神 町 11 番 2 号 TEL 0880-82-1113 FAX 0880-82-2882

More information

下 水 道 課 長 川 畑 裕 也 高 規 格 幹 線 道 路 対 策 室 主 幹 昇 任 ( 事 務 取 扱 ) 下 水 道 課 施 設 係 長 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 主 幹 ( 兼 ) 下 水 道 課 大 平 下 水 処 理 センター 所 長 高 規 格 幹 線 道

下 水 道 課 長 川 畑 裕 也 高 規 格 幹 線 道 路 対 策 室 主 幹 昇 任 ( 事 務 取 扱 ) 下 水 道 課 施 設 係 長 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 主 幹 ( 兼 ) 下 水 道 課 大 平 下 水 処 理 センター 所 長 高 規 格 幹 線 道 部 長 職 総 務 企 画 部 長 正 木 隆 司 総 務 企 画 部 長 3/31 兼 務 解 除 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 副 室 長 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 副 室 長 ( 兼 )ラグビーワールドカップ 推 進 室 長 産 業 振 興 部 長 似 内 敏 行 産 業 振 興 部 次 長 昇 任 ( 兼 ) 港 湾 振 興 課 長 建 設 部

More information

( 資 料 )

( 資 料 ) 読 書 活 動 の 推 進 に 向 けた 取 り 組 み ~ 学 校 図 書 館 支 援 員 の 有 効 活 用 ~ 越 前 市 王 子 保 小 学 校 本 年 度 より 学 校 図 書 館 支 援 事 業 として 本 校 に 毎 週 月 曜 日 と1 3 5 週 の 木 曜 日 に 図 書 支 援 員 を 迎 えることになった 本 校 の 支 援 員 さんは 図 書 ボ ランティアとしての 経 歴

More information

週間情報(2812号)

週間情報(2812号) 週 間 情 報 2812 発 行 日 平 成 28 年 3 月 22 日 発 行 所 全 国 消 防 長 会 一 般 財 団 法 人 全 国 消 防 協 会 担 当 企 画 部 企 画 課 電 話 03(3234)1321 行 事 消 防 本 部 の 動 き 火 災 予 防 キャンペーンを 実 施 埼 玉 西 部 消 防 局 ( 埼 玉 ) 埼 玉 西 部 消 防 局 所 沢 東 消 防 署 では

More information

蟷ウ謌撰シ托シ募ケエ・匁怦螟ァ轢ャ謌ク逕コ隴ー莨壼ョ壻セ倶シ

蟷ウ謌撰シ托シ募ケエ・匁怦螟ァ轢ャ謌ク逕コ隴ー莨壼ョ壻セ倶シ 平 成 25 年 第 1 回 西 海 市 議 会 定 例 会 市 政 一 般 に 対 する 質 問 一 覧 月 日 通 告 順 登 壇 順 氏 名 頁 1 1 平 井 満 洋 議 員 1 2 2 岩 本 利 雄 議 員 1 3 月 4 日 ( 月 ) 3 3 田 川 正 毅 議 員 1 4 4 朝 長 隆 洋 議 員 2 5 5 浅 田 幸 夫 議 員 3 西 海 市 議 会 1. 平 井 満 洋

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

1.はじめに 平 成 19 年 6 月 に 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 の 一 部 が 改 正 され 各 教 育 委 員 会 においては 毎 年 教 育 行 政 事 務 の 管 理 及 び 執 行 状 況 について 点 検 評 価 を 行 い その 結

1.はじめに 平 成 19 年 6 月 に 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 の 一 部 が 改 正 され 各 教 育 委 員 会 においては 毎 年 教 育 行 政 事 務 の 管 理 及 び 執 行 状 況 について 点 検 評 価 を 行 い その 結 平 成 23 年 度 対 象 榛 東 村 教 育 委 員 会 事 務 点 検 評 価 報 告 書 ( 案 ) 平 成 24 年 9 月 榛 東 村 教 育 委 員 会 1.はじめに 平 成 19 年 6 月 に 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 の 一 部 が 改 正 され 各 教 育 委 員 会 においては 毎 年 教 育 行 政 事 務 の 管 理 及 び

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

   教育委員会定例会(平成23年8月)会議録   

   教育委員会定例会(平成23年8月)会議録    教 育 委 員 会 定 例 会 ( 平 成 24 年 6 月 ) 会 議 録 1. 日 時 平 成 24 年 6 月 7 日 ( 木 )15:00~15:55 2. 場 所 新 居 浜 市 庁 舎 3 階 応 接 会 議 室 3. 出 席 者 委 員 長 三 木 由 紀 子 委 員 伊 藤 嘉 秀 宮 内 文 久 長 野 美 和 子 教 育 長 阿 部 義 澄 事 務 局 長 寺 田 政 則 総 括

More information

大 会 スローガン 栄 光 へ 仲 間 と 紡 ぐ 絆 の 輪 開 会 式 11 月 3 日 ( 土 ) 14 時 30 分 佐 賀 市 立 川 副 体 育 センター 1. 開 式 通 告 2. 優 勝 旗 返 還 3. 高 体 連 会 長 挨 拶 4. 教 育 委 員 会 挨 拶 5. 来 賓 紹

大 会 スローガン 栄 光 へ 仲 間 と 紡 ぐ 絆 の 輪 開 会 式 11 月 3 日 ( 土 ) 14 時 30 分 佐 賀 市 立 川 副 体 育 センター 1. 開 式 通 告 2. 優 勝 旗 返 還 3. 高 体 連 会 長 挨 拶 4. 教 育 委 員 会 挨 拶 5. 来 賓 紹 平 成 24 年 度 佐 賀 県 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 男 子 第 65 回 佐 賀 県 高 等 学 校 駅 伝 競 走 大 会 女 子 第 26 回 佐 賀 県 高 等 学 校 駅 伝 競 走 大 会 実 施 要 項 2012 主 催 佐 賀 県 高 等 学 校 体 育 連 盟 佐 賀 県 教 育 委 員 会 後 援 佐 賀 陸 上 競 技 協 会 西 日 本 新 聞 社 佐 賀

More information

平成13年度 光市文化センター事業計画 (案)

平成13年度 光市文化センター事業計画 (案) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 光 市 文 化 振 興 財 団 光 市 文 化 セ ン タ ー 事 業 計 画 光 市 文 化 セ ン タ ー は 光 市 の 特 色 を 踏 ま え な が ら 歴 史 芸 術 科 学 な ど の 文 化 活 動 の 普 及 発 展 に 尽 く し て きた 27 年 度 も 教 育 や 文 化 の 充 実 発 展 に 寄 与 す

More information

『環境元年』施策

『環境元年』施策 平 成 26 年 度 予 算 主 要 事 業 抜 粋 単 位 千 円 印 は 新 規 事 業 基 本 目 標 1 魅 力 と 活 力 にあふれるにぎわいのあるまちづくり 観 光 宣 伝 対 策 事 業 イ ン タ ー ネ ッ ト を 活 用 し た 誘 客 宣 伝 パ ン フ レ ッ ト な ど の 印 刷 ポ ス タ ー 観 光 宣 伝 箱 根 駅 伝 で の 誘 客 キ ャ ラ バ ン の 委

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

歴史のみちモデル地区

歴史のみちモデル地区 歴 史 のみち 景 観 モデル 地 区 ~ 身 近 にある 歴 史 を 感 じる まち 歩 き に 参 加 しませんか~ 詳 しくは 埼 玉 県 ホームページをご 覧 ください http://www.pref.saitama.lg.jp/a1104/keikan-top/rekimichi-top.html 歴 史 のみちモデル 検 索 中 山 道 蕨 宿 まち 歩 き( 蕨 市 ) 10/ 2 1

More information

若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 所 長 若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 高 齢 障 害 支 援 課 長 事 務 取 扱 石 原 信 夫 ( 緑 図 書 館 長 ) 緑 区 副 区 長 緑 区 役 所 地 域 振 興 課 長 事 務 取 扱 飯 田 正 夫 ( 総 務 局

若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 所 長 若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 高 齢 障 害 支 援 課 長 事 務 取 扱 石 原 信 夫 ( 緑 図 書 館 長 ) 緑 区 副 区 長 緑 区 役 所 地 域 振 興 課 長 事 務 取 扱 飯 田 正 夫 ( 総 務 局 人 事 発 令 平 成 28 年 4 月 1 日 付 総 務 局 総 務 部 人 事 課 [ 局 長 級 ] 総 合 政 策 局 長 金 親 芳 彦 ( 市 民 局 長 ) 市 民 局 長 小 池 浩 和 ( 総 務 局 情 報 経 営 部 長 ) 保 健 福 祉 局 次 長 竹 川 幸 夫 ( 財 政 局 税 務 部 長 ) こども 未 来 局 長 山 田 啓 志 ( 総 務 局 市 長 公 室

More information

7 5 毎 日 24 小 室 いつ 子 さん 大 竹 一 雄 さん(おくやみ) 7 5 読 売 33 展 望 台 用 にベンチ 寄 贈 北 茨 城 特 別 支 援 校 生 徒 ら 製 作 7 5 読 売 32 小 室 いつ 子 さん 大 竹 一 雄 さん(おくやみ) 7 5 常 陽 2 参 院 選

7 5 毎 日 24 小 室 いつ 子 さん 大 竹 一 雄 さん(おくやみ) 7 5 読 売 33 展 望 台 用 にベンチ 寄 贈 北 茨 城 特 別 支 援 校 生 徒 ら 製 作 7 5 読 売 32 小 室 いつ 子 さん 大 竹 一 雄 さん(おくやみ) 7 5 常 陽 2 参 院 選 北 茨 城 市 関 連 新 聞 記 事 目 録 朝 日 茨 城 産 経 常 陽 毎 日 読 売 日 経 日 刊 スポーツ 平 成 25 年 7 月 1 日 ~7 月 31 日 まで 280 北 茨 城 市 立 図 書 館 319-1542 北 茨 城 市 磯 原 町 本 町 1-4-2 TEL 0293(42)1451 FAX 0293(43)4723 全 国 高 等 学 校 野 球 選 手 権 茨

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819D82D382E982B382C6945B90C595D682E8766F6C2E322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819D82D382E982B382C6945B90C595D682E8766F6C2E322E646F63> ふるさと 納 税 便 り vol.2 H23.5 発 行 佐 賀 市 役 所 ふるさと 応 援 寄 附 金 (ふるさと 納 税 )をいただいた 皆 様 へ 新 緑 の 候 皆 様 におかれましてはますますご 清 祥 のこととお 喜 び 申 し 上 げます 皆 様 には 寄 附 金 として 本 市 に 対 して 大 変 温 かいご 支 援 をいただき 誠 にありがとうございまし た このたび ふるさと

More information

2 10 据 社 伸 慮 普 通 税 影 響 源 捻 3 社 多 負 担 税 反 映 込 普 通 税 厳 影 響 額 収 善 同 庫 金 源 振 興 軍 艦 島 針 夜 景 維 軍 艦 島 島 守 護 岸 坑 失 物 復 元 5 28 3 月 緊 急 味 具 夜 景 維 斜 面 街 灯 専 門 家

2 10 据 社 伸 慮 普 通 税 影 響 源 捻 3 社 多 負 担 税 反 映 込 普 通 税 厳 影 響 額 収 善 同 庫 金 源 振 興 軍 艦 島 針 夜 景 維 軍 艦 島 島 守 護 岸 坑 失 物 復 元 5 28 3 月 緊 急 味 具 夜 景 維 斜 面 街 灯 専 門 家 No.149 2015.9.1 掲 載 容 P 2 容 6 7 願 8 2 10 据 社 伸 慮 普 通 税 影 響 源 捻 3 社 多 負 担 税 反 映 込 普 通 税 厳 影 響 額 収 善 同 庫 金 源 振 興 軍 艦 島 針 夜 景 維 軍 艦 島 島 守 護 岸 坑 失 物 復 元 5 28 3 月 緊 急 味 具 夜 景 維 斜 面 街 灯 専 門 家 プ む 視 環 境 節 験 善

More information

<91E63489F18E9197BF332E786477>

<91E63489F18E9197BF332E786477> 第 4 回 大 隅 地 域 の 公 立 高 校 の 在 り 方 検 討 委 員 会 ( 資 料 ) 目 次 日 程 1 当 該 高 校 の 在 り 方 案 に 対 する 検 討 委 員 会 意 見 2 各 地 区 検 討 会 からの 当 該 高 校 の 在 り 方 ( 案 ) 鹿 屋 地 区 ( 鹿 屋 市 内 5 校 ) 3 肝 付 地 区 ( 高 山 高 校 ) 4 南 大 隅 錦 江 地 区

More information

8 9 月 の 予 定 12 日 ( 金 ) 17 日 ( 水 ) 19 日 ( 金 ) 22 日 ( 月 ) 26 日 ( 金 ) 8 月 9 月 市 内 4 中 演 奏 会 ( 砺 波 市 文 化 会 館 ) 全 国 中 学 校 選 手 権 大 会 (~25 日 ) 第 1 回 実 力 テスト(

8 9 月 の 予 定 12 日 ( 金 ) 17 日 ( 水 ) 19 日 ( 金 ) 22 日 ( 月 ) 26 日 ( 金 ) 8 月 9 月 市 内 4 中 演 奏 会 ( 砺 波 市 文 化 会 館 ) 全 国 中 学 校 選 手 権 大 会 (~25 日 ) 第 1 回 実 力 テスト( 平 成 23 年 度 出 町 中 学 校 第 3 学 年 学 年 だより 第 4 号 8 月 11 日 発 行 ポジティブシンキング 1, 2 組 副 担 任 鷹 西 謙 成 ある 日 の 朝 テレビ 寺 子 屋 を 放 送 しており 講 師 は 立 花 龍 司 氏 でした 立 花 氏 は 自 分 がファンだった 近 鉄 バファローズ のコンディショニングコーチとして アメリカなど で 広 まっていた

More information