未来青雲Vol.1 Ver.1.0

Size: px
Start display at page:

Download "未来青雲Vol.1 Ver.1.0"

Transcription

1 平 成 1 9 年 1 1 月 1 1 日 発 行

2 P. 0 2 は じ め に P. 0 3 小 説 P. 2 9 特 集? ト ロ イ メ ラ イ 企 画 管 理 者 に 聞 い て み た P. 3 3 ボ イ ス ド ラ マ ヒ ー ロ ー は 彼 女 の 笑 顔 を 守 る P. 3 6 Ta l k w i t h Z e r o! 第 1 回 P. 3 8 広 告 P. 3 9 ボ イ ス ド ラ マ P. 4 4 特 集! 甘 い の と 辛 い の 灰 宵 姫 薇 の 文 テ ク 講 座 アンソロジー P. 4 6 短 編 集 P. 5 3 ア ン ケ ー ト P. 5 4 ス タ ッ フ 募 集 P. 5 5 制 作 ス タ ッ フ 一 覧 P. 5 6 広 告 1

3 は じ め に 本 誌 未 来 青 雲 を 読 む に あ た っ て 数 点 ほ ど 確 認 を さ せ て い た だ き ま す 本 誌 は 企 画 サ イ ト 0 ( ゼ ロ ) か ら 始 め よ う! の 提 供 で 制 作 さ れ て お り 以 降 の 文 章 絵 音 声 な ど の 創 作 物 は す べ て 制 作 者 の 権 利 物 で あ り 制 作 者 本 人 以 外 の 承 諾 な し に 無 断 転 載 な ど を し な い よ う お 願 い 申 し 上 げ ま す バ ッ ク ナ ン バ ー に つ い て は 次 号 の 発 行 に 伴 い 別 館 保 管 サ イ ト に て 公 開 を 予 定 し て お り ま す ゆ え 本 誌 を コ ピ ー し て 再 配 布 す る こ と は 全 面 禁 止 を し て お り ま す ス タ ッ フ ま た は 関 係 者 に 限 り 個 人 サ イ ト で の 配 布 を 許 可 す る こ と も で き ま す 配 布 を 行 い た い 場 合 は ご 連 絡 く だ さ い 紹 介 等 に て 本 誌 を 部 分 的 に コ ピ ー し た い 場 合 な ど は 企 画 管 理 者 の と こ ろ ま で 連 絡 を お 願 い し ま す 連 絡 先 は 巻 末 に 記 載 さ れ て い ま す 発 表 形 式 が あ ま り に 特 殊 な た め バ ー ジ ョ ン を 度 々 変 え る 必 要 性 が 生 じ 読 者 の 方 々 に は 再 ダ ウ ン ロ ー ド の 手 間 を 取 ら せ て し ま う 事 に な り ま す が 何 卒 ご 了 承 く だ さ い 総 合 管 理 : 些 亦 管 理 代 行 : 翠 河 さ え き きょうじ 暁 蒔 みどりかわこう は く 洸 伯 2

4 著者 きりゅう 3 みかげ 絵師 しらたま深影

5 トロイメライ 外 套 の ほ と ん ど 届 か な い 真 夜 中 の 住 宅 街 の 路 地 で マ ン ホ ー ル 程 の 大 き さ の 円 形 が 淡 い 青 色 の 光 と な っ て 迸 り 魔 法 陣 の よ う な 紋 様 が 地 面 に 描 き 出 さ れ る そ の 中 か ら 白 と 黒 と い う 対 と な っ た 一 組 の 猫 が 吹 き 上 げ ら れ る よ う に 浮 か び 上 が る も う 一 度 確 認 す る け ど 再 び 門 が 開 く の は 明 日 の 正 午 ち ょ う ど 説 明 し て い る 暇 な ど な い か ら そ れ ま で に 水 で も 何 で も い い 見 つ け 出 し 次 第 向 こ う へ と 通 過 で き る 場 所 へ と 連 れ て 来 る 事 透 き 通 る よ う な 凛 と し た 女 性 の 声 で 白 猫 が 黒 猫 に 告 げ る し か も 話 し て い る 言 葉 は 人 語 で あ る あ あ わ か っ て い る 黒 猫 は 男 性 の 声 で そ れ に 頷 い た そ し て 二 匹 は 再 び 顔 を 見 合 わ せ 頷 き あ う と 一 目 散 に 反 対 方 向 へ と 疾 風 の 如 く 駆 け 出 し た 彼 等 が 一 瞬 に し て 闇 夜 へ と 消 え て い く と 路 地 裏 に は 何 の 変 哲 も な い い つ も 通 り の 静 寂 が 戻 っ て い た * 翌 日 正 午 に は 僅 か に 足 り な い 時 分 ど こ に で も あ る あ り ふ れ た 学 校 校 舎 の 屋 上 で 一 組 の 男 女 が 向 き 合 っ て い た 片 や 衝 撃 を 受 け た よ う に 呆 け て い る 十 五 六 歳 の 茶 色 混 じ り の セ ミ ロ ン グ の 少 女 片 や ど こ か 気 ま ず そ う に し て い る 同 じ く 十 五 六 歳 の 若 干 の ク セ ッ 毛 と 釣 り 目 が 印 象 的 な 黒 髪 の 少 年 高 い 柵 が 張 り 巡 ら さ れ て い る た め 誰 も が 立 ち 入 り 自 由 で あ る 屋 上 に 誰 も い な い の は 現 在 夏 休 み で あ る た め だ 学 校 に 来 る の は 部 活 や 文 化 祭 に 向 け て の 準 備 を し て い る 生 徒 達 そ れ を 監 督 す る 先 生 く ら い な も の で し か も 登 校 時 間 は 皆 バ ラ バ ラ で あ る そ の た め お 昼 時 に な る と 自 然 と 人 が 集 ま る 屋 上 も 今 は 誰 も い な い さ や か 悪 い な そ う い う こ と だ か ら 4

6 少 年 は 気 ま ず そ う に 少 女 さ や か の 横 を 通 り 過 ぎ る と 階 下 へ と 繋 が る 扉 を 開 き 下 り て い く 遠 ざ か っ て い く 足 音 を 聴 き な が ら も さ や か は 言 葉 が 出 な い だ が 不 条 理 だ と い う 怒 り だ け が 募 り 強 く 手 を 握 り 締 め 少 年 の 姿 を 追 う よ う に 階 下 へ と 振 り 返 る まさひと 正 人 の バ カ ー! さ や か は 握 り 締 め た 拳 を そ の ま ま に 振 り 返 り 憤 り を ぶ つ け る よ う に 叫 ん だ 声 は 閑 散 と し た 学 校 の 屋 上 で 木 霊 し た そ の 後 ま っ す ぐ 教 室 に 戻 る 気 が 起 き ず ほ と ん ど 人 の 居 な い 廊 下 を さ や か は 底 が 抜 け る の で は な い か と 思 え る ほ ど 乱 雑 に 踏 み 鳴 ら す そ れ ほ ど ま で に 腹 を 立 て て い た な に よ な に よ な に よ! 囁 く よ う だ っ た 声 が 徐 々 に 語 尾 の 強 い も の と な っ て い く 正 人 の バ カ 私 も 気 持 ち も 無 視 し て さ や か は 僅 か に 涙 ぐ む 気 持 ち が 乱 れ て い る と は い え こ こ は 学 校 の 構 内 だ と い う こ と を 頭 の 片 隅 で わ か っ て い る の か 恥 ら う よ う に 目 を 擦 る そ ん な と き 制 服 の 内 ポ ケ ッ ト に 入 れ て い た 携 帯 の 着 信 音 が 鳴 り 響 く そ の 曲 の 着 信 音 か ら し て そ れ が 同 じ ク ラ ス の 友 人 の も の だ と わ か る 携 帯 を 開 い て メ ー ル 内 容 を 確 認 す ゆきさき る さ や か の 目 に 飛 び 込 ん で き た の は ま た 雪 咲 君 と ケ ン カ し た の? さ や ち ゃ ん の 声 が 教 室 ま で 響 い て た よ と い う 文 面 だ っ た そ れ を 見 る や さ や か は 怒 り と 憤 り と 寂 寥 と が 一 気 に 押 し 寄 せ て 哀 し く な っ た ( ケ ン カ じ ゃ な い の 愛 想 つ か さ れ て 別 れ 話 切 り 出 さ れ ち ゃ っ た ん だ よ ) 表 示 画 面 を 見 つ め な が ら ま た も や 滲 み 出 て く る 涙 を 堪 え 携 帯 を 強 く 握 り 締 め た 高 校 生 と な っ て 同 じ ク ラ ス の と な り 初 め て 顔 を 合 わ せ た さ や か と 正 人 は 性 別 を 越 え て 不 思 議 と 馬 が 合 っ た そ の た め に 喧 嘩 や か ら か い 言 葉 の 掛 け 合 い は 日 常 茶 飯 事 そ の う ち さ や か の 中 で 正 人 に 対 す る 恋 心 が 芽 生 え 彼 女 の 方 か ら 告 白 し 正 人 は 簡 単 に 承 諾 し た 付 き 合 い 始 め て 約 三 ヶ 月 相 変 わ ら ず 喧 嘩 は 健 在 だ っ た そ れ に 対 す る 冷 や か し が 必 ず と 言 っ て い い ほ ど 入 る の も ま た い つ も の 日 常 だ っ た ク ラ ス の ほ と ん ど が 知 る ほ ど に 公 認 の 仲 だ っ た の だ 5

7 ( 今 回 も そ れ だ っ た ら ど れ だ け 良 か っ た だ ろ う ) 少 な く と も 昨 日 ま で は 正 人 と の 仲 は い つ も 通 り だ っ た た め 別 れ 話 を 切 り 出 さ れ た の だ と い う こ と を い ま だ 信 じ き れ ず に い る 夏 休 み 中 だ と い う の に そ う と 言 い 切 れ る の は 文 化 祭 の 出 し 物 が 演 劇 と 決 ま っ た た め 休 み を 返 上 し て の 準 備 と な り で き る 限 り ク ラ ス 全 員 が そ の 準 備 に 当 た ら な け れ ば な ら な か っ た 必 然 的 に 正 人 と さ や か は 毎 日 学 校 で 顔 を 合 わ せ る こ と に な っ た そ の 時 の 正 人 の 態 度 は い つ も と 変 わ り が な か っ た 別 れ 話 を 聞 か さ れ て 尚 い や だ か ら こ そ そ れ が 信 じ ら れ な い け れ ど 今 目 に し て い る 友 人 か ら の メ ー ル は 正 人 と の 話 が 現 実 に あ っ た の だ と い う こ と を 物 語 っ て い る で な け れ ば 屋 上 で い く ら 喧 嘩 と は い え 場 所 を わ き ま え ず に 響 き 渡 る ほ ど の 大 声 を 出 す 真 似 は し な い と 思 う あ の 話 は 本 当 に あ っ た こ と な ん だ そ の こ と が さ や か の 胸 の 中 で 徐 々 に 沁 み 渡 る 屋 上 で の 正 人 と の 遣 り 取 り が 否 応 な く 何 度 も リ ピ ー ト さ れ る そ れ 以 外 は 今 の さ や か に は 何 も 考 え る こ と が で き な か っ た そ の う ち に 未 だ に 眼 前 で 握 り 締 め て い た 携 帯 に つ け て い る ス ト ラ ッ プ の 一 つ に 目 が 移 る 青 空 色 の マ ー ブ ル 模 様 の イ ル カ 型 ス ト ラ ッ プ で あ る そ れ は 正 人 と 二 人 き り で 遊 園 地 に 遊 び に 行 っ た と き お ね だ り し て 買 っ て 貰 っ た も の だ っ た 最 初 で 最 後 の プ レ ゼ ン ト さ や か は 三 ヶ 月 間 と は い え 正 人 と 付 き 合 っ て い た 日 々 を 思 い 出 し そ の ス ト ラ ッ プ を 外 し て 廊 下 に 叩 き つ け る と も は や 堪 え き れ ず ポ ロ ポ ロ と 涙 を 零 し た そ れ を 己 の 手 で 拭 っ て い く バ カ 正 人 の バ カ こ ん な ん じ ゃ 友 達 に も 戻 れ な い じ ゃ な い 常 な ら ば 大 勢 居 る 人 通 り も 休 み の た め に 無 く さ や か の 言 葉 に 反 応 し て く れ る 正 人 も 慰 め て く れ る 誰 か も い な か っ た に ゃ あ そ ん な と き か 細 く 小 さ い は ず の 鳴 声 が ま る で 直 接 脳 内 に 響 き 渡 る か の よ う に さ や か の 耳 に 届 い た 涙 目 の ま ま 視 線 を 向 け る と 黒 猫 が さ や か を 両 眼 で し っ か り と 捕 ら え 凝 視 し て い る 見 開 か れ た 黒 猫 の 眼 差 し は 利 発 で す べ て の 物 事 を 見 据 え て い る と い う よ う な 印 象 を 受 け る 6

8 7

9 そ の 黒 猫 が 廊 下 へ と 叩 き 付 け た イ ル カ の ス ト ラ ッ プ を ひ ょ い と 銜 え る と 踵 を 返 し 一 目 散 に 駆 け 出 し た さ や か は 一 瞬 思 考 が つ い て い か ず 泣 く こ と さ え 忘 れ て そ の 様 を 呆 然 と 見 守 る こ と し か で き な か っ た け れ ど ス ト ラ ッ プ を 持 っ て い か れ た の だ と い う 事 を 思 い 直 し 黒 猫 の 後 を 追 い か け る い く ら 別 れ た と は い え 唯 一 の 想 い 出 の 品 を 簡 単 に は 失 い た く な か っ た 目 の 端 に 映 る 黒 猫 を 追 い 掛 け て い く と 教 室 の 一 つ に 入 っ て い く ( よ し こ れ で 追 い 詰 め ら れ る ) さ や か は で き る 限 り 素 早 く 教 室 内 に 入 り 逃 げ ら れ な い よ う に 扉 を 閉 め た そ こ は 机 一 つ に つ き 一 台 ず つ パ ソ コ ン が 置 か れ て い る 情 報 科 の 授 業 と し て 使 わ れ て い る 教 室 だ っ た 捜 す に は ち ょ っ と 厄 介 だ な と 思 い つ つ も さ や か は 更 に 一 歩 踏 み 出 し た 刹 那 教 室 内 に あ る パ ソ コ ン 全 部 が 一 斉 に 電 源 が 入 り 画 面 が 明 る く 表 示 さ れ る な な に! 突 然 の 出 来 事 に さ や か は 思 わ ず 驚 き の 声 を 上 げ る 何 度 か 情 報 科 の 教 室 に 出 入 り し た こ と は あ る が こ の よ う な 現 象 は た だ の 一 度 も な か っ た 誰 も な に も 触 れ て は い な い パ ソ コ ン が 勝 手 に 起 動 す る な ど 常 識 的 に 有 り 得 な い し か も さ や か の 位 置 か ら 見 て 取 れ る 表 示 画 面 す べ て に は 授 業 で 見 る も の と は ま っ た く 異 な る ま る で 漫 画 か 小 説 ま た は ゲ ー ム 内 に で も 出 て く る よ う な フ ァ ン タ ジ ッ ク な 映 像 が 映 し 出 さ れ て い る 尚 且 つ Welcome in the new field of activity と い う 文 字 が 表 示 さ れ て い る な に よ こ れ 一 体 な ん な の? 起 こ り 得 る は ず の な い 現 状 に 戸 惑 い 困 惑 す る さ や か の 背 後 黒 板 と 教 卓 の あ る 教 室 の 正 面 部 分 に あ た る 場 所 で な に か が 飛 び 乗 る よ う な 軽 い 音 が し た 振 り 返 る と 教 卓 の 上 に 乗 せ ら れ て い る パ ソ コ ン の 四 角 い テ レ ビ 型 液 晶 の 上 に 先 程 の 黒 猫 が イ ル カ の ス ト ラ ッ プ を 銜 え た ま ま 立 っ て い た 最 初 に 現 れ た と き の よ う に な に も か も を 見 透 か す よ う な 眼 差 し と 共 に そ れ ほ ど ま で に こ れ は 大 事 な 物 ら し い 返 し て ほ し け れ ば 私 と 共 に 来 て は く れ な い か い や 汝 の 意 思 な ど 関 係 な い 是 非 と も 来 て も ら わ な け れ ば 困 る 8

10 黒 猫 は イ ル カ の ス ト ラ ッ プ を 脇 に 置 い て 黒 猫 は 厳 か に 言 い 放 つ さ や か は 今 ま で に な い く ら い の 衝 撃 で 目 を 見 開 い た け れ ど 同 時 に こ れ は 誰 か の 性 質 の 悪 い 悪 戯 で は な い か と 思 い ふ い に 頭 に 血 が 上 る わ け わ か ん な い 正 人 に フ ラ れ た と 思 っ た ら 今 度 は 喋 る 猫? 一 体 な ん の 冗 談 よ 猫 と 言 う な 私 の 名 は フ ュ ー レ 漆 黒 の 誘 い 人 で あ り 番 人 の 一 人 フ ュ ー レ だ 汝 は 選 ば れ し 者 の 末 裔 だ 是 非 と も 来 て も ら う 喋 る 猫 呼 ば わ り さ れ た こ と が 癪 に 障 っ た ら し く 黒 猫 フ ュ ー レ は 僅 か に 眉 間 に 皺 を 寄 せ 眉 を 吊 り 上 げ る け れ ど さ や か と し て は そ れ は お 構 い な し だ っ た な に 言 っ て る の よ そ ん な こ と よ り そ の 携 帯 ス ト ラ ッ プ 返 し て よ! 感 情 の 高 が 外 れ た の か 半 ば 腹 立 た し げ に フ ュ ー レ の も と へ と 歩 み 寄 る と 液 晶 画 面 の 上 に あ る ス ト ラ ッ プ を 両 手 で 強 引 に 掴 ん だ そ の 瞬 間 フ ュ ー レ は 教 室 に 掛 か っ て い る 時 計 を 見 上 げ る 時 間 だ 黒 猫 の 発 言 と 時 計 の 針 が 正 午 を 差 し た と 同 時 に さ や か が 近 付 い た パ ソ コ ン の 液 晶 画 面 だ け が 金 色 に 発 光 し 一 瞬 教 室 全 体 を 覆 い つ く す そ の 隙 を 見 逃 さ ず フ ュ ー レ は さ や か の 背 中 を 押 す よ う に 飛 び 乗 っ た す る と ス ト ラ ッ プ を 掴 む た め に 前 の め り に な っ て い た さ や か の 体 は バ ラ ン ス を 崩 し パ ソ コ ン へ と ぶ つ か り そ う に な る だ が 当 た り 前 の 常 識 が 通 用 す る こ と な く さ や か の 体 が ま る で 水 面 下 へ と 潜 る よ う に パ ソ コ ン の 中 へ と 沈 ん で い く あ っ と 思 っ た と き に は も は や 遅 か っ た ス ト ラ ッ プ を 握 り 締 め た ま ま さ や か は 完 全 に パ ソ コ ン 画 面 の 中 へ と 吸 い 込 ま れ て し ま っ た 後 だ っ た の で あ る * さ や か 達 が パ ソ コ ン の 中 へ と 吸 い 込 ま れ る 少 し 前 校 舎 か ら い く ら か 離 れ て 建 て ら れ て い る プ ー ル の 飛 び 込 み 台 の 上 で 正 人 が 白 猫 と 共 に 浴 槽 に 張 ら れ た 水 を 眺 め て い た プ ー ル に は 彼 等 以 外 誰 も い な い プ ー ル 脇 の 通 路 が 濡 れ て い な い た め に 水 泳 部 は ま だ 来 て い な い の だ と 知 れ る 9

11 本 当 に い い の ね 白 猫 が 正 人 を 見 上 げ な が ら 人 語 で 訊 ね る 正 人 は ま っ た く 驚 い て い な い 様 子 で 頷 い た 言 っ た だ ろ 覚 悟 は で き て い る だ か ら あ い つ と も 今 日 限 り 縁 を 切 っ て き た ん だ 正 人 の 言 う あ い つ と は さ や か の 事 で あ る 彼 女 の 事 を 心 配 す る 気 持 ち と 巻 き 込 み た く な い と い う 想 い が 見 え 隠 れ し な が ら も 決 意 の 固 ま っ て い る 表 情 の 正 人 に 白 猫 は 確 認 す る よ う に 頷 い た 可 哀 想 だ と 思 う け ど 説 明 し て い る 時 間 が な い も の ね そ れ が 一 番 か も し れ な い そ う い う こ と だ か ら 手 早 く 頼 む よ ハ ー レ ン わ か っ て い る わ け れ ど 門 が 開 く ま で も う 少 し 待 っ て ち ょ う だ い ハ ー レ ン と 呼 ば れ た 白 猫 は 目 を 堪 え な が ら 水 の 張 ら れ た プ ー ル を 見 つ め る そ し て 水 の 奥 底 で 何 か が 光 り 始 め た こ と を 見 て 取 っ た 来 た 門 が 開 く わ よ 言 う が 早 い か 水 面 全 体 が 金 色 に 光 り 始 め 正 人 と ハ ー レ ン は 躊 躇 い も な く 地 を 蹴 っ た さ や か 達 と 同 じ よ う に 彼 等 も ま た 水 面 の 中 へ と 吸 い 込 ま れ る よ う に 消 え て い た そ の 痕 跡 は 瞬 時 に 跡 形 も な く 消 滅 し た * 非 常 識 な 事 柄 に 対 し て 思 考 が 働 き そ れ に 反 応 す る よ り も 早 く パ ソ コ ン の 中 へ 吸 い 込 ま れ た か と 思 う と 視 界 が 開 け る と 同 時 に バ ラ ン ス を 崩 し て 座 り 込 む 道 中 に 青 紫 緑 と い っ た 様 々 な 色 彩 が 渦 巻 い た 景 色 が 広 が っ て い た よ う な 気 が す る が パ ニ ッ ク 状 態 に 陥 っ て い る さ や か に は 眺 め て い る 余 裕 も な く ほ ん の 僅 か に し か 感 じ ら れ な か っ た 視 界 が 開 け た 場 所 は パ ソ コ ン の 液 晶 画 面 に 映 っ て い た フ ァ ン タ ジ ッ ク な 世 界 で は な く 大 き な 機 械 が 目 の 前 に あ っ た 機 械 と い っ て も パ ソ コ ン で は な く 大 小 の 無 数 の コ ー ド や チ ュ ー ナ が 室 内 の 中 央 に あ る 一 見 大 木 の よ う な 大 き さ の 機 械 の 塔 に 繋 げ ら れ て い る 機 械 の 塔 の 周 り に は コ ン ビ ニ に あ る F T M の よ う な 液 晶 画 面 と 手 元 に は キ ー ボ ー ド の よ う な 操 作 器 具 が 七 八 台 ほ ど 備 え 付 け ら れ て い る 室 内 の 広 さ は 体 育 館 程 は あ り そ う 10

12 な の だ が 様 々 な 機 械 が 散 乱 と し て い て 想 像 以 上 に 狭 く 感 じ る 一 体 こ こ は ど こ な の よ! 数 瞬 呆 気 に 取 ら れ て 声 が 出 な か っ た も の の 先 程 ま で 学 校 の 情 報 科 の 教 室 に 居 た は ず だ と い う の に な に が ど う な っ て こ の よ う な 場 所 に 来 た の か が わ か ら ず 大 声 を 張 り 上 げ た い や ど の よ う に し て 来 た の か は わ か っ て い る わ か っ て は い る が そ れ に 思 考 が 追 い つ か な い こ れ は 夢 な の だ と 思 い た い が た め に 大 声 を 張 り 上 げ た の だ が 効 果 は ま る で な か っ た こ の 現 状 に さ や か は 思 わ ず 泣 き そ う に な る 気 落 ち し て い る 場 合 で は な い 私 達 に は 時 間 が な い の だ す ぐ に メ イ ン コ ン ピ ュ ー タ ー に 照 合 を だ か ら あ ん た は 一 体 な ん な の よ こ こ は ど こ? 本 当 に な ん な の よ こ れ は タ イ ル 式 の 真 白 な 床 に 座 り 込 ん で い た さ や か は フ ュ ー レ の 言 葉 を 遮 り 項 垂 れ る よ う に し て 両 手 を 地 面 に つ け た そ の 手 に は 正 人 か ら 貰 っ た ス ト ラ ッ プ が 握 ら れ て い る そ の た め に 正 人 の 顔 を 思 い 出 し た が 不 意 に 物 悲 し く な っ た 学 校 の 屋 上 で の 出 来 事 か ら ま だ 数 刻 し か 時 間 は 流 れ て い な い の で あ る 正 人 無 意 識 に さ や か の 口 か ら 正 人 の 名 前 が 零 れ 落 ち る 項 垂 れ て い る 頭 上 で な に か が 発 光 し た の だ が さ や か は 気 に も 留 め ら れ な い ほ ど に 散 漫 し て い た さ や か? 信 じ ら れ ず に け れ ど 確 認 す る よ う に 放 つ 聞 き 憶 え の あ る 歳 若 い 男 性 の 声 に さ や か は 目 を 見 開 い た そ し て 両 手 を 床 に 置 い た ま ま お ず お ず と 頭 上 を 見 上 げ る す る と そ こ に は 思 い 焦 が れ 会 い た い と 思 っ て い た 正 人 の 姿 が あ っ た 正 人 に と っ て も こ の こ と は 意 外 そ の も の だ っ た よ う で さ や か の 姿 を 目 に し 愕 き を 隠 せ ず に 硬 直 し て い る ま さ と 正 人 一 体 こ こ で な に し て る の よ お 前 こ そ 一 体 ど う し て! そ う か こ い つ が ハ ー レ ン の 言 っ て い た も う 一 人 の 協 力 者 で 血 縁 の 者 か ま っ た く 皮 肉 な も ん だ な よ り に よ っ て 選 ば れ た の が お 前 な ん て こ れ じ ゃ あ 何 の た め に 縁 を 切 っ て き た の か わ か り ゃ し な い と 正 人 は 気 ま ず そ う に 頭 を 掻 き な が ら 口 篭 る 11

13 さ や か は 意 味 あ り げ な 正 人 の 言 葉 を 聞 き 咎 め 即 座 に 立 ち 上 が る と 詰 め 寄 っ た な に よ そ れ な に か 知 っ て る の 大 体 こ こ は ど こ? お 静 か に な さ い 私 達 に は 時 間 が な い の 急 が な け れ ば こ こ が 消 滅 し て し ま う の 放 っ て お く と 滾 々 と 話 し 続 け そ う な さ や か に 白 猫 の ハ ー レ ン が 余 談 を 許 さ ぬ 表 情 で 制 し た 黒 猫 フ ュ ー レ も そ れ に 頷 く そ の 通 り だ 二 人 共 ど れ で も 構 わ ぬ か ら 画 面 に 手 を か ざ せ も し 誤 り で 無 け れ ば 照 合 認 知 さ れ る は ず だ そ う だ っ た な ハ ー レ ン と フ ュ ー レ に 同 意 し た 正 人 は 間 近 に あ っ た モ ニ タ ー 画 面 に 言 わ れ た 通 り に 手 を か ざ す す る と ピ ー ッ と 高 い 電 子 音 が す る と 女 性 と も 男 性 と も 聞 き 取 れ る 合 成 さ れ た 機 械 音 が 続 く 蒼 龍 ノ 血 族 縁 ノ 者 ト 認 証 判 別 致 シ マ シ タ ロ ッ ク 解 除 シ マ ス 蒼 龍 の 血 族 縁 の 者? な に ど う い う こ と? い い か ら さ っ さ と 手 を か ざ せ 正 人 は 強 引 に さ や か の 襟 首 を 掴 む と 先 程 ま で 己 が 立 っ て い た モ ニ タ ー 画 面 の 前 へ と 立 た せ る だ が な に も 知 ら ず に 来 た だ け に 一 向 に 状 況 を 掴 み き れ ず さ や か の 表 情 は 不 安 げ だ ね え 本 当 に こ れ 大 丈 夫 な の? さ っ き 俺 が か ざ し た と き の 反 応 見 て な か っ た の か よ 暗 に 大 丈 夫 だ と 伝 え な が ら 憮 然 と さ や か を 横 目 で 一 瞥 す る そ れ を 見 る や 不 安 な が ら も よ う や く さ や か は お ず お ず と モ ニ タ ー 画 面 に 手 を か ざ し た はくどう 白 桐 ノ 血 族 縁 ノ 者 ト 認 証 判 別 致 シ マ シ タ ロ ッ ク 解 除 シ マ ス そ れ が 言 い 終 わ る か 終 わ ら な い か と い う 刹 那 さ や か が 手 を か ざ し て い る 画 面 か ら 放 電 し た よ う な 光 が 迸 る そ れ は 金 色 の 光 で は な く 現 在 の 場 所 に 来 る 途 中 で 見 た 様 々 な 色 が 組 み 合 わ さ っ た よ う な 不 思 議 な も の だ っ た 他 の 誰 も が 声 を 出 せ ぬ ま ま に 驚 愕 の 表 情 を 画 面 に 手 を か ざ し て い る さ や か へ と 向 け る だ が 一 番 驚 い て い る こ と は さ や か の 腕 が 画 面 の 中 へ と 引 っ 張 ら れ 吸 い 込 ま れ な が ら 半 透 明 に な っ て い る こ と だ っ た さ や か は 得 体 の 知 れ な い 何 か に よ っ て 引 き ず り 込 ま れ そ う に な る 腕 を 引 き 戻 そ う と 抗 い 12

14 13

15 な が ら 泣 き そ う な 顔 で 正 人 達 が い る 後 方 へ と 振 り 返 る そ し て 正 人 の 名 を 呼 び な が ら 助 け を 求 め る べ く 手 を 伸 ば す け れ ど 体 全 体 が 消 え か か っ て い る た め か 動 か し た 口 か ら は 声 と な っ て 発 せ ら れ る こ と は な か っ た 伸 ば し た 手 も あ る 一 定 か ら 出 さ な い よ う に 張 り 巡 ら さ れ た 膜 の よ う な 迸 る 光 が そ こ へ と よ り 一 層 強 さ を 増 し て 遮 ら れ た さ や か! と ん で も な い 状 況 を 目 の 当 た り に し て 咄 嗟 に 次 の 行 動 に 移 れ ず に い た 正 人 は よ う や く こ れ は 只 事 で は な い と い う 意 識 が 全 身 に 行 き 渡 り さ や か へ と 手 を 伸 ば す け れ ど 迸 る 光 に 邪 魔 さ れ た 上 電 流 を 受 け た よ う な 痛 み に 襲 わ れ る そ の た め 痛 み か ら 逃 れ る た め に 反 射 的 に 手 を 己 の と こ ろ へ と 引 き 戻 す だ が そ の 間 に も さ や か の 体 の 透 明 度 は 増 し ほ と ん ど 消 え か か っ て い る な ん と も し 難 い 恐 怖 に 襲 わ れ 助 け て と 言 わ ん ば か り の 表 情 で さ や か は 正 人 の 名 を 呼 び 続 け て い る の だ が そ れ は 正 人 に 届 く ど こ ろ か さ や か に さ え 自 身 の 声 は 聞 こ え ず 辺 り の 景 色 が 薄 ら い で い く そ の 中 で 正 人 が 普 段 見 せ な い 切 羽 詰 っ た 表 情 で 何 事 か を 言 い 駆 け 寄 る 姿 が 目 に 映 る そ れ が 最 後 だ っ た も は や そ こ に は さ や か の 姿 は な か っ た の で あ る そ の と き さ や か の 持 っ て い た 携 帯 ス ト ラ ッ プ が 床 に 落 ち て 跳 ね る と 雅 跡 の 足 元 へ と 転 が り 止 ま る 正 人 は 片 膝 を つ い て そ れ を 拾 い 上 げ る そ し て 沈 痛 な 想 い で 力 強 く 握 り 締 め た ハ ー レ ン は フ ュ ー レ へ と 視 線 を 送 る 促 す ハ ー レ ン の 意 図 を わ か っ て い る よ う で さ や か が 消 え た こ と に よ っ て だ い ぶ 薄 れ て い る 不 思 議 な 光 へ と フ ュ ー レ は 何 度 も 体 当 た り す り 抜 け る と 画 面 の 上 へ と 降 り 立 っ た す る と フ ュ ー レ の 姿 は 瞬 時 に 消 え た 同 時 に 先 程 ま で 残 っ て い た 不 思 議 な 光 も 完 全 に 消 え 失 せ た そ れ を 驚 い た よ う に 正 人 は 見 つ め て い た そ う と は 知 ら な い さ や か は 乳 白 色 の 水 の 中 で 溺 れ る よ う に 沈 み 込 ん で い く 感 覚 を 抱 き な が ら も が く 事 さ え で き ず に 意 識 が 遠 の い て い く ( 誰 か 助 け て 正 人 ) さ っ き ま で す ぐ 傍 に い た の に ど う し て 来 て く れ な い の? そ れ を 物 悲 し く 思 い な が ら 意 識 は 遮 断 さ れ 目 の 前 が 真 っ 暗 に な っ た ど れ く ら い 経 っ た の だ ろ う 水 中 に い る よ う な 感 覚 は 既 に な く 誰 か が 近 く に い る よ う に 感 じ た 何 か 14

16 を 話 し て い る よ う な 声 も 聴 こ え る よ う な 気 が す る 君 目 を 醒 ま し て 早 く 起 き る ん だ 聞 き 覚 え の な い 少 年 の 声 が す る 誰 か と 話 を し て い る と 思 っ て い た 声 の 主 は 他 の 誰 で も な く 自 分 に 向 け ら れ て い る の だ と さ や か は 夢 現 の 状 態 で 眠 っ て い る 意 識 下 で 思 っ た 早 く 起 き る ん だ で な い と こ の ま ま で は 僕 等 は 危 険 だ よ 少 年 は な か な か 起 き そ う に な い さ や か の 肩 を 半 ば 強 引 に 揺 ら す そ れ に よ っ て さ や か は 夢 の 世 界 か ら 現 実 へ と 完 全 に 引 き 戻 さ れ た い た ぞ こ っ ち だ! 剣 呑 と し た 少 な く と も 友 好 的 に は 聞 こ え な い 声 が 慌 し い 幾 つ も の 足 音 と 共 に 辺 り に 響 く そ れ が 誰 の も の で 一 体 誰 に 向 け ら れ た も の か わ か ら な い ま ま さ や か は 腕 を 捕 ま れ 強 引 に 促 さ れ る 寝 起 き と い う こ と も あ っ て な に が な ん だ か わ か ら ぬ 内 に さ や か は そ れ か ら 逃 げ る よ う に 走 る 羽 目 に な っ た そ の 際 さ や か の 眼 前 を 淡 い ブ ロ ン ド の 髪 が な び く 逃 げ た ぞ 追 え! 絶 対 に 逃 が す な! 複 数 の 声 が い く つ も 追 い か け て く る 理 由 は わ か ら な い が 怒 声 を 張 り 上 げ て い る 彼 等 が 自 分 達 を 追 い 掛 け て い る の だ と い う こ と だ け は 知 る こ と が で き た さ や か は 頭 の 中 を? で 一 杯 に し な が ら 走 る し か な か っ た 手 を 引 い て い る ブ ロ ン ド の 髪 の 人 物 の 背 中 を 見 や り な が ら そ れ か ら ど れ く ら い 走 っ た だ ろ う か 追 い 掛 け て く る 者 達 か ら 逃 れ る た め に 右 往 左 往 走 っ て い た 二 人 は よ う や く そ れ ら か ら 解 放 さ れ た 散 々 走 ら さ れ た さ や か は 追 手 も 促 さ れ る ま ま に 引 き 連 れ ら れ た 相 手 も ど う で も 良 い ほ ど に 疲 れ 果 て 肩 で 息 を し て 座 り 込 む も う な に が ど う な っ て る の よ 説 明 を 求 め よ う に も 息 つ く 暇 も な い ほ ど に 次 々 と 変 わ る 状 況 に さ や か は 思 わ ず 悪 態 を つ く 無 理 に 引 っ 張 り 回 し て ご め ん ね で も あ の ま ま あ そ こ に 居 て は 僕 も 君 も 危 な か っ た ん だ よ さ や か は 一 緒 に 逃 げ 回 っ て い た 人 が 居 た の だ と 改 め て 思 い 出 し 驚 い て 顔 を 上 げ た 15

17 肩 に 掛 か る か 掛 か ら な い か と い う ほ ど の 長 さ の 淡 い ブ ロ ン ド の 髪 と サ フ ァ イ ア の よ う な 鮮 や か な 碧 眼 を 持 ち 合 わ せ た さ や か と 同 じ 年 頃 の 端 正 な 少 年 だ っ た 服 装 は 洋 服 で も 和 服 で も な く 今 ま で 見 た こ と も な い も の だ っ た そ の 彼 は さ や か へ と 申 し 訳 な さ そ う に 小 さ く 笑 み を 浮 か べ て い る そ れ っ て ど う い う こ と? さ や か は 容 姿 端 麗 な 美 少 年 に 少 し ば か り ド ギ マ ギ し な が ら も 問 い か け ず に は い ら れ な か っ た な ぜ な ら 今 の 状 況 を 先 程 の 出 来 事 を 少 し も 把 握 し て い な か っ た た め だ な ら 単 刀 直 入 に 聞 く け ど 君 こ こ の 世 界 の 住 人 で は な い で し ょ う? こ こ の 世 界? 彼 の 問 い 掛 け の 意 図 が 掴 め ず さ や か は 軽 く 首 を 傾 け た あ と そ こ で よ う や く 辺 り を 見 渡 し た 緑 豊 か で 広 大 な 草 原 の 上 に 転 々 と 木 々 が 見 て 取 れ る さ や か 達 が い る 場 所 も 木 々 の う ち の 一 つ だ 空 は 青 の 絵 の 具 を 零 し た か の よ う な 鮮 や か な 色 合 い で 薄 い 雲 が 緩 や か に 流 れ て い る 更 に よ く 見 て み る と 花 や 木 等 の 植 物 は 似 て い る が 細 か い 部 分 は ま っ た く 違 う 空 の 色 も さ や か の 知 っ て い る も の で は な い こ こ ど こ? 自 分 の 知 ら な い 景 色 に さ や か は 愕 き を 隠 せ な い こ の 場 所 に 来 る 直 前 は コ ー ド 等 が 何 本 も 取 り 付 け ら れ た 無 造 作 に 機 械 の あ る 部 屋 に 居 た の だ や は り そ う な ん だ ね こ の 世 界 は 見 て の 通 り 君 の 居 た 所 と は ま っ た く 異 な る 場 所 な ん だ そ し て そ こ か ら 来 た 者 は 災 厄 を も た ら す と 伝 え ら れ て い る ん だ 災 厄? さ や か は 彼 が 指 し て い る 言 葉 の 意 味 を 掴 み か ね 反 問 す る な に が 災 厄 な の か ピ ン と 来 な い 平 和 を 乱 す と さ れ て い る 災 厄 こ の 世 界 に 住 む 人 達 に と っ て 君 は そ の 一 人 な ん だ よ だ か ら 見 つ け 次 第 災 厄 を も た ら す 原 因 を 知 る た め 牢 に 繋 ぎ 最 悪 殺 さ れ て し ま う ん だ も ち ろ ん そ れ を 匿 っ た 者 も 同 罪 な ん だ そ う な っ た 仲 間 達 を こ の 目 で 沢 山 見 て き た の だ と 彼 は 僅 か に 表 情 に 影 を 落 と し な が ら 語 る 16

18 ち ょ っ と 待 っ て 平 和 を 乱 す っ て 言 わ れ た っ て 私 は な に も し て な い の よ そ れ に ど う や っ て そ れ を 判 別 す る の そ の 話 が 本 当 な ら ど う し て 私 を 助 け た り し た の よ 彼 の 意 図 す る と こ ろ が わ か ら ず 無 造 作 に 立 ち 上 が り 詰 問 す る そ う だ っ た ご め ん 逆 に 君 の 不 安 を 煽 る 真 似 を し て し ま っ た ね 今 回 の よ う な こ と 僕 も 一 度 経 験 し て い る ん だ よ 僕 の 名 は ク ラ ウ ス = ケ ル ビ ィ ン 君 と 同 じ 世 界 か ら 来 た 者 な ん だ 自 ら の 名 を 語 る 彼 の 先 程 は 違 う 柔 ら か に 微 笑 む そ の 様 は さ や か の 混 乱 に も 似 た 気 持 ち を 落 ち 着 か せ る に は 充 分 な も の が あ っ た * 光 と 闇 が 混 同 し あ い 反 発 し あ う 不 思 議 な 空 間 を 眉 間 に し わ を 寄 せ て 焦 燥 >し て い る 一 匹 の 黒 猫 フ ュ ー レ が 地 を 這 う よ う な 素 早 さ で 道 無 き 道 を 突 き 進 ん で い く す る と 目 の 前 に 一 点 の 小 さ な 輝 き が 見 え 始 め た そ れ に 近 付 い て い く と 光 は 徐 々 に 大 き く な り 辺 り の 不 思 議 な 空 間 も 白 み 始 め ト ン ネ ル を 抜 け る 瞬 間 の よ う に 発 光 し 始 め た そ れ を 抜 け よ う と し た 刹 那 行 く 手 を 遮 る よ う に 忽 然 と 霧 の よ う な 靄 が 現 れ 更 に は 一 つ の 影 が 悠 々 と 歩 み よ り フ ュ ー レ の 前 に 立 ち は だ か る 造 形 は フ ュ ー レ と 同 じ 獣 で あ る 違 う 所 と い え ば 瞳 も 体 毛 も 藍 に は 満 た な い が 青 よ り は 深 み の あ る 蒼 で あ る 頑 固 た る 眼 差 し を 向 け る 蒼 の 猫 を フ ュ ー レ は 腹 立 た し げ に 見 つ め る ユ ー フ ォ ル ス 我 々 を 裏 切 っ て お い て よ く 顔 を 出 せ た も の だ な 俺 は 誰 も 裏 切 っ て は い な い す べ て は あ の 方 の 望 む ま ま に 今 に も 噛 み 付 き そ う な ほ ど に 激 怒 し て い る フ ュ ー レ と は 対 照 的 に ユ ー フ ォ ル ス と い う 名 の 蒼 い 猫 は 水 の よ う に 静 か に 氷 の よ う に 冷 や や か に 淡 々 と 語 る よ く 言 え た も の だ な そ こ を ど い て も ら お う か さ や か ま で も 汝 達 の 毒 牙 に 掛 け る わ け に は い か ん の だ! そ れ は 出 来 か ね る 俺 の 与 え ら れ た 命 令 は 貴 様 の 行 く 手 を 遮 る こ と 今 白 桐 の 者 と 会 わ せ る わ け に は い か ん ユ ー フ ォ ル ス は 先 程 よ り も 霧 を 濃 く し フ ュ ー レ の 視 界 を 遮 る と 果 敢 に 向 か っ て い く 17

19 ユ ー フ ォ ル ス! 咆 哮 を 上 げ る と フ ュ ー レ も ま た ユ ー フ ォ ル ス へ と 刃 の 如 き 眼 差 し で 向 か っ て い く の だ っ た * 何 故 こ の 世 界 の 人 達 に 向 こ う か ら 来 た 世 界 の 者 だ と わ か る の か 理 由 は 二 つ あ る 一 つ は 服 装 二 つ は 向 こ う と こ ち ら を 繋 ぐ 光 の 柱 が 現 れ る と い う こ と 光 の 柱 が 降 り 立 っ た 先 に は 必 ず と 言 っ て 良 い ほ ど に 渡 っ て き た 者 が 居 る の だ と い う だ が さ や か は 隠 す ど こ ろ か 露 骨 に 眉 を ひ そ め 半 眼 で 自 分 と 同 じ 年 頃 の ク ラ ウ ス を 睨 み 上 げ る 彼 の 話 は 信 じ る に 値 す る も の な の だ ろ う が こ の 状 態 で の い や こ の 状 況 下 だ か ら こ そ 完 全 に は 信 用 で き な か っ た い き な り こ ん な 話 を さ れ て す ぐ に は 信 用 で き な い の も 無 理 は な い よ け れ ど 君 の 知 っ て い る 現 実 と か け 離 れ た こ の 場 所 に こ う し て 居 る の も ま た 事 実 そ う だ ろ う と 問 い 掛 け る か の よ う な 物 言 い に さ や か は 否 定 で き ず に 小 さ く 唸 る な ら 証 拠 と な る 証 言 も し よ う か こ こ に 来 る 前 は 操 作 す る 機 械 が 数 台 と コ ー ド が 無 数 に あ り 更 に そ こ に 来 る 以 前 は 人 の 言 葉 を 話 す 猫 に 会 っ た だ ろ う? ど う し て わ か る の? さ や か は 的 確 に 指 摘 さ れ 驚 い て 目 を 見 開 い た ク ラ ウ ス は 僅 か に 苦 笑 す る 言 っ た だ ろ う 僕 も 君 と 同 じ 世 界 か ら 来 た ん だ っ て だ か ら 君 の 身 の 上 に 起 こ っ た こ と も こ れ か ら 起 こ る こ と も 僕 は わ か る こ こ か ら が 本 題 だ と い う よ う に ク ラ ウ ス は 真 剣 な 眼 差 し で さ や か の 両 肩 を 掴 ん だ ク ラ ウ ス に そ の 意 図 は な い の だ と し て も 近 づ け ら れ た 端 正 な 顔 に さ や か は 軽 く 頬 を 染 め た け れ ど そ れ は す ぐ に 打 ち 消 さ れ る こ と に な る い い か い 無 事 に 帰 り た い な ら 話 の で き る あ の 猫 を 信 用 し て は い け な い よ 何 故 な ら 僕 は 一 度 彼 等 に 生 贄 に さ れ そ う に な っ た の だ か ら い け に え 生 贄! 一 度 頭 の 中 で そ の 言 葉 を 反 芻 す る も の の 意 味 を 掴 み 取 る こ と に 時 間 が 掛 か り そ れ を 18

20 認 識 す る と 声 を 荒 げ た ク ラ ウ ス は 頷 く そ う 生 贄 だ だ か ら 絶 対 に 信 用 し て は い け な い 耳 を 傾 け て は い け な い 直 前 に 気 づ い て 僕 は 命 辛 々 逃 げ 出 せ た け ど 僕 ら の 同 胞 は 何 人 も 儀 式 の 生 贄 に さ れ た そ れ ほ ど 彼 等 は 言 葉 巧 み な ん だ よ 今 も そ れ を 思 い 出 す と 恐 ろ し い の か ク ラ ウ ス は さ や か の 両 肩 を 掴 ん だ ま ま 身 震 い す る 間 近 で 見 て い た さ や か は 両 肩 に 置 か れ た 手 か ら 伝 わ っ て く る 震 え と 瞳 の 中 で 揺 ら ぐ 畏 怖 や 恐 怖 に よ っ て 感 化 さ れ 目 を 逸 ら す こ と が で き な か っ た じ ゃ あ ど う や っ て 逃 げ れ ば い い の? こ の 世 界 の 人 達 に は 災 厄 と 言 わ れ て こ こ へ 連 れ て 来 た 猫 達 に ど う に か し て も ら お う に も 生 贄 に さ れ ち ゃ う ん で し ょ 安 心 し て こ こ か ら 北 東 に 行 け ば エ ト ワ ー ル 王 国 が あ る ん だ そ こ に 僕 や 君 と 同 じ 境 遇 に 陥 っ た 人 達 が 集 ま る ア ジ ト が あ る 誰 も そ ん な 目 立 つ と こ ろ に 災 厄 と 呼 ぶ 僕 ら が 居 る な ん て 思 っ て い な い そ こ で 皆 帰 る 方 法 を 探 し て い る た だ し 僕 は 一 緒 に 行 け な い そ こ へ は 君 一 人 で 行 く ん だ そ こ へ 行 け ば 当 面 は 大 丈 夫 だ と 北 東 を 指 し な が ら ク ラ ウ ス は 説 明 し た が 当 惑 し た の は さ や か で あ る て っ き り 一 緒 に 来 て く れ る も の だ と 思 っ て い た の だ 一 緒 に 来 て く れ な い の? 残 念 だ け ど 僕 は 任 務 の 途 中 な ん だ 君 み た い な こ ち ら 側 へ 来 た 同 胞 を 捜 し て ア ジ ト の 場 所 を 教 え る こ と 出 会 う た び に ア ジ ト に 帰 っ て は そ の 間 に 他 の 誰 か が 手 遅 れ に な る か も し れ な い い い ね と 宥 め す か す よ う に ク ラ ウ ス は 柔 ら か な 笑 み を 浮 か べ る さ や か は そ の 笑 顔 に 心 な し か 安 堵 し 若 干 の 平 静 さ を 取 り 戻 す こ と が で き た そ し て 同 じ よ う に 人 語 を 解 す 不 思 議 な 猫 に 導 か れ て や っ て 来 た 正 人 の 事 を 思 い 出 し た し か も な に か を 知 っ て い る よ う な 態 度 で こ ち ら 側 に 来 た 人 な ら も う 一 人 知 っ て ま す 私 の 知 り 合 い な ん で す こ こ に 来 る 一 つ 前 の 変 な 機 械 が ご ち ゃ ご ち ゃ し て い る と こ ろ で 白 猫 と 一 緒 に 行 動 し て ま し た な に か 私 の 知 ら な い 事 を 知 っ て る み た い で し た 教 え な い と こ の こ と を 正 人 に 教 え な い と ク ラ ウ ス の 笑 顔 に よ っ て 落 ち 着 き を 取 り 戻 し た も の の 正 人 の 事 を 思 い 出 し た 途 端 ま 19

21 る で 吹 き 溜 ま り の よ う に 不 安 と 焦 燥 感 と が 溢 れ 出 し な ん と か し な く て は と い う 想 い が 止 ま ら な い そ の た め 今 度 は さ や か が ク ラ ウ ス を 急 か す よ う に 肩 を 揺 ら す 番 だ っ た 残 念 だ け ど 行 こ う に も そ こ に は 僕 ら は 行 け な い ん だ そ れ に 既 に な に か し ら 吹 き 込 ま れ て い る の だ と し た ら 僕 ら の も と へ と 引 き 入 れ る の は 難 し い よ 申 し 訳 な さ そ う に 軽 く 首 を 振 る ク ラ ウ ス だ が さ や か は ク ラ ウ ス の 頬 を 平 手 打 ち で 叩 く と 非 難 の 声 を 上 げ た な に よ! 帰 る 方 法 探 し て る っ て あ な た さ っ き 言 っ た ば か り じ ゃ な い 協 力 し て く れ な い の な ら 私 一 人 で も 戻 る か ら さ や か は 憤 慨 し な が ら 踵 を 返 す 突 然 頬 を 叩 か れ 唖 然 と し て い た ク ラ ウ ス だ っ た が 一 瞬 悔 し そ う に 唇 を 一 文 字 に し た あ と さ や か の 手 を 掴 む そ の 表 情 は ま さ に 人 の 良 さ そ う な そ れ で い て 心 底 さ や か を 心 配 し て い る と い っ た も の だ っ た そ の 正 人 っ て 人 が 君 に と っ て 大 切 な 存 在 だ っ て い う の は わ か っ た け れ ど ど う や っ て こ こ に 来 た か も わ か ら な い 君 が あ そ こ に 戻 る っ て 言 う の 行 く っ た ら 行 く の 放 っ て お け な い も ん も っ と も な 正 論 を 痛 感 し な が ら も 感 情 が そ れ を 許 さ ず さ や か は 今 に も 泣 き そ う な 顔 で 歪 め た わ か っ た な ん と か で き る よ う 努 力 し よ う そ れ に そ こ へ の 行 き 方 さ え わ か れ ば 危 険 度 が 高 い 分 そ れ と 同 じ く ら い 僕 ら も 帰 れ る 確 率 が 高 く な る か も し れ な い 本 当 に? 僕 ら は 皆 一 度 そ こ を 通 っ た の だ か ら と 励 ま し に も 似 た ク ラ ウ ス の 言 葉 に さ や か の 表 情 は 和 ら い だ 聞 き 間 違 い で は な い よ と で も 言 う よ う に ク ラ ウ ス は し っ か り と 頷 い た 僕 は 自 分 と 同 じ よ う に 各 地 に 散 っ て 帰 る 方 法 を 探 し て い る 仲 間 達 の 所 へ と 行 っ て ど う に か 行 け る よ う に 模 索 し て み る 君 は や は り ア ジ ト に 行 っ て こ の こ と を 報 せ て ほ し い で も 大 丈 夫 君 が そ の 人 の こ と を 心 配 な の は わ か る け ど 今 は 僕 達 に 任 せ て ほ し い そ れ に 手 は 少 し で も 多 い 方 が 良 い か ら ね さ や か は な ぜ か そ の 笑 顔 に 逆 ら う こ と が で き ず 渋 々 な が ら も 承 諾 し た 20

22 よ う し そ れ じ ゃ あ こ の ペ ン ダ ン ト を つ け る と い い こ れ は 僕 達 メ ン バ ー の 目 印 だ そ れ に そ の 格 好 で は 向 こ う の 世 界 か ら 来 た と い う こ と が 知 れ て し ま う ね ク ラ ウ ス は 黒 い 紐 を 通 し た 鳥 を 模 っ た 銀 色 の ペ ン ダ ン ト を さ や か の 首 に 通 す と 更 に は 自 分 の 羽 織 っ て い た 若 草 色 の 上 着 を 学 生 服 の 上 か ら 着 せ 茶 色 に 霞 ん だ マ ン ト を 腰 に 巻 き つ け る そ し て ズ ボ ン の ポ ケ ッ ト か ら 数 枚 の コ イ ン を 出 し て 手 渡 し た 若 い 女 の 子 に こ ん な 格 好 さ せ て ご め ん ね こ れ は こ ち ら の お 金 だ か ら こ れ で 新 し く 服 を 買 う と い い よ あ り が と う さ っ き は 叩 い た り し て ご め ん な さ い さ や か は お 金 を 握 り 締 め る と 感 謝 の 気 持 ち と 申 し 訳 な さ で 俯 い た 気 に し な く て い い よ そ れ よ り も 急 ご う の ん び り す れ ば す る 分 正 人 く ん の 身 が 危 な い 促 す ク ラ ウ ス に よ っ て さ や か は そ う だ っ た と 頷 く 教 え ら れ た 方 角 へ と エ ト ワ ー ル 王 国 へ と 向 か お う と し た 矢 先 ク ラ ウ ス は 何 か を 思 い 出 し た か の よ う に 呼 び 止 め る エ ト ワ ー ル 王 国 へ 着 い た ら 酒 場 へ 行 く と い い そ こ で 君 と 同 じ ペ ン ダ ン ト を し た 人 に そ れ を 見 せ る こ と と も う 一 つ 合 言 葉 も 必 要 な ん だ 中 に は 強 引 に ペ ン ダ ン ト を 奪 う 人 同 じ よ う な ペ ン ダ ン ト を 持 っ て い る 人 が い る た め そ の 用 心 の た め だ と い う 合 言 葉? ト ロ イ メ ラ イ 意 味 は 羽 ば た く 世 界 こ の 世 界 を 飛 び 越 え て 元 の 世 界 に 戻 れ る よ う に と 全 員 で 考 え た 言 葉 だ ト ロ イ メ ラ イ う ん わ か っ た 私 一 人 で も な ん と か 辿 り 着 い て こ の こ と を 連 絡 す る そ し て 正 人 を 絶 対 取 り 返 す わ さ や か は 胸 元 で 拳 を 握 り 締 め 意 気 込 ん だ そ の 意 気 だ よ さ や か う ん あ り が と う 今 度 こ そ 踵 を 返 す と さ や か は 北 東 へ と 歩 き 出 し た そ の 姿 を 薄 ら ぐ ま で 見 て い た ク ラ ウ ス は 先 程 ま で の 優 し げ で 柔 ら か な 笑 み で は な く 陰 険 で 相 手 を 見 下 す よ う な 卑 下 す る 笑 み を 口 元 に 薄 く 浮 か べ た そ の 彼 の 下 へ と 一 匹 の 21

23 蒼 の 猫 が ま る で 転 移 し て き た か の よ う に 突 如 と し て 姿 を 現 し た そ っ ち は ど う だ っ た ん だ い? ユ ー フ ォ ル ス 無 事 に 縛 り 付 け て き た 暫 く は 動 け ま い 蒼 い 猫 で あ る ユ ー フ ォ ル ス の 言 葉 を 聞 く や ク ラ ウ ス は 無 邪 気 と も 邪 気 と も と れ る 表 情 で ク ス ク ス と 軽 く 声 を 上 げ て 笑 っ た こ れ で 白 桐 一 族 で あ る さ や か と 言 う 女 が ペ ン ダ ン ト を 外 さ な い 限 り い く ら 契 約 と 絆 が あ ろ う が 探 し 当 て る こ と は 難 し い だ ろ う ま っ た く 愚 か な 女 だ よ ト ロ イ メ ラ イ の 本 当 の 意 味 も 知 ら ず 名 乗 っ て い な い 自 分 の 名 を 言 わ れ て 平 然 と し て い ら れ る な ん て ね 心 底 可 笑 し い と ク ラ ウ ス は 依 然 と し て 笑 っ て い る け ど 自 分 は 賢 い の だ と 過 信 し す か し た 誰 か さ ん よ り は 多 少 愚 か な ほ う が 駒 と し て は 扱 い や す い 問 題 は も う 一 人 の 正 人 と か い う 男 の 方 だ な 彼 は 既 に な に か し ら を ハ ー レ ン か ら 聞 い て い る ら し い そ う な る と 少 々 厄 介 だ な と 思 い つ つ も 面 白 い と も 思 う ク ラ ウ ス と し て は す べ て が 順 調 に 行 き 過 ぎ て 張 り 合 い が な い の は つ ま ら な い の で あ る そ う な る と 宣 戦 布 告 を し て お く の も 一 興 だ ね 何 か 言 い た い こ と が あ る の な ら 言 っ て も 良 い ん だ よ ユ ー フ ォ ル ス 若 干 の 笑 み を 浮 か べ た ま ま そ の 眼 差 し は 鋭 く 無 言 の ユ ー フ ォ ル ス へ と 向 け ら れ る そ ん な 瞳 を 向 け ら れ て も ユ ー フ ォ ル ス の 寡 黙 な 態 度 は 変 わ ら な い い い え い つ ま で も あ な た の お 傍 に 居 て 何 処 ま で も 着 い て い き ま す 殊 勝 な こ と 言 っ て く れ る よ ね 嬉 し い よ 忘 れ な い で よ ね そ の 言 葉 ク ラ ウ ス は 忌 み 物 で も 見 る か の よ う な 侮 蔑 の 眼 差 し で 口 元 を 歪 め な が ら 吐 き 捨 て た そ し て な に も な い 虚 空 に 手 を か ざ す と そ こ か ら 円 形 の 光 が 迸 っ た * 機 械 が ひ し め き 合 う 部 屋 の 中 を 忙 し な く 一 頻 り 歩 き 回 っ た あ と 正 人 は 拳 を 壁 に 打 ち つ け た そ の 音 が 室 内 に 響 き 渡 る ま だ か ハ ー レ ン さ や か が 連 れ て 行 か れ た 世 界 に 繋 が ら な い の か! 22

24 そ う 焦 っ た と こ ろ で ど う に か な る も の で も な い で し ょ う 対 照 的 に 落 ち 着 き 払 っ て い る 白 猫 ハ ー レ ン は 液 晶 画 面 に 乗 っ て ボ タ ン を 押 し な が ら 操 作 し て い る わ か っ て る わ か っ て は い る け ど 俺 も あ の 黒 猫 み た い に 無 理 に で も あ れ を 通 り 抜 け て い た ら さ や か が 消 え て し ま う 際 取 り 巻 い て い た 不 思 議 な 光 を 思 い 出 し な が ら 悔 し そ う に 噛 み 締 め る 無 理 に 通 り 抜 け な く て 正 解 だ っ た わ よ も し ロ ッ ク の 掛 か っ た 状 態 で 通 り 抜 け よ う と し て い た ら 只 で は す ま な か っ た わ 例 え 通 り 抜 け ら れ た と し て も フ ュ ー レ が い な け れ ば 彼 女 の 居 場 所 は わ か ら な い だ か ら こ そ の 契 約 絆 な の 代 々 受 け 継 が れ て き た 八 つ の 血 統 に は そ れ ぞ れ 色 違 い の 人 語 を 解 す 八 つ の 猫 が い る 初 代 と 契 約 を 交 わ し 見 え な い 糸 で 繋 が れ た 絆 が 生 ま れ た そ の 絆 故 に 顔 も 会 わ せ た こ と の な い 血 統 の 者 を 判 別 し 捜 し 出 す こ と が で き る だ が 初 代 血 統 の 者 が 亡 く な っ た 際 後 継 者 達 に 着 い て 行 く こ と は な く こ の 場 所 で 眠 り に 着 い た の だ と い う そ の 理 由 ま で は 聞 く こ と が で き な か っ た が こ ち ら に 来 る 際 に ハ ー レ ン か ら 聞 い た こ と だ そ の た め 正 人 は 返 す 言 葉 が 見 つ か ら な い 歯 痒 い 思 い を す る し か な か っ た そ れ に し て も な ん だ っ て さ や か な ん だ 手 の 平 に 自 分 の 爪 が 喰 い こ み そ う な 程 に 正 人 は 拳 を 強 く 握 り 締 め る 手 を 伸 ば し 助 け を 求 め て い た さ や か の 手 を 取 れ な か っ た こ と が そ れ ほ ど ま で に 悔 や ま れ る 出 会 っ た と き の 反 応 か ら 察 す る に 何 一 つ こ ち ら の 事 を 知 ら な い の で し ょ う ね だ か ら こ そ 付 け 入 る に は 充 分 と い う こ と に な る の だ と 思 う わ 前 知 識 を 一 つ も 知 ら な け れ ば そ れ ら を 捏 造 し 伝 え た と し て も 否 定 す る 材 料 は な に も な い 信 用 す る し か で き な い だ ろ う 元 い た 世 界 と は 明 ら か に 異 な る 場 所 な ら 尚 更 で あ る と い う こ と は フ ュ ー レ と か い う 黒 猫 が さ や か を こ ち ら に 連 れ て 来 た の は 説 明 す る 暇 も な い 程 の 直 前 だ っ た っ て こ と か こ ん な こ と な ら ハ ー レ ン か ら 事 情 を 聞 か さ れ た と き に あ い つ に 説 明 し て お く ん だ っ た 言 い な が ら 正 人 は 一 人 納 得 し 苦 悶 す る け れ ど 正 人 で さ え 一 通 り の こ と は ハ ー レ 23

25 24

26 ン か ら 聞 か さ れ た も の の そ れ ほ ど 多 く の 事 を 知 っ て い る 訳 で は な い そ の 一 つ と し て 血 統 の 者 と ハ ー レ ン や フ ュ ー レ 等 の 八 匹 の 猫 だ け が こ の 場 に あ る 機 械 を 操 作 で き る の だ と 言 う が さ や か が 連 れ て 行 か れ た の だ と い う の に そ の 場 所 を 特 定 し 道 を 開 こ う と し て い る ハ ー レ ン を 手 を 拱 い て み て い る こ と し か で き な い こ と が そ の 証 拠 で あ る こ ん な 時 に な に も で き な い 自 分 が 苛 立 た し い や あ こ ん に ち は 雪 咲 正 人 く ん 正 人 の 目 の 前 の な に も な い 空 間 に テ レ ビ の 電 源 を 入 れ た と き の よ う に 映 像 が 映 し 出 さ れ る 目 を 凝 ら す と 後 ろ の 壁 が 見 え る ほ ど の 薄 さ で あ る そ の 科 学 力 も そ う だ が 映 像 に 映 し 出 さ れ た 淡 い 金 髪 と 碧 眼 の 同 じ 年 頃 の 少 年 の 姿 に 正 人 は 愕 き の あ ま り 目 を 見 開 い た ク ラ ウ ス = ケ ル ビ ィ ン や は り 君 は 僕 の 事 を 聞 か さ れ て い た ん だ ね け れ ど ど う し て 君 の 名 前 を 知 っ て い る の か と 言 い た げ だ よ ね 呟 く 正 人 に ク ラ ウ ス は 穏 や か に 微 笑 む 簡 単 な こ と だ よ 君 は 蒼 龍 の 者 あ の 馬 鹿 な 女 は 白 桐 の 者 と し て 照 合 認 証 さ れ た の だ ろ う? そ う す れ ば 名 乗 ら ず と も 勝 手 に 名 前 年 齢 性 別 ま で も が 認 証 さ れ る 八 つ の れいれい 血 統 の 一 人 で あ る 零 黎 の 者 で あ る 僕 も そ れ を 見 る こ と が で き る か ら 知 っ て い て 不 思 議 じ ゃ な い よ あ の 女 は そ の こ と に も そ れ 以 前 の こ と に も 気 づ か な か っ た み た い だ け ど 鈍 臭 い に も 程 が あ る よ ね と ク ラ ウ ス は 無 邪 気 に 笑 う 正 人 は 聞 き 捨 て な ら ず 眉 を 反 り 上 げ た 馬 鹿 な 女 っ て さ や か の こ と か す ぐ に そ の 名 が 出 て く る と い う こ と は ど う や ら 君 も あ の 女 の こ と を 馬 鹿 で 愚 か な 女 だ っ て 思 っ て い る よ う だ ね 純 粋 な ま で の 無 邪 気 さ と 放 た れ る 言 葉 が あ ま り に も 不 釣 合 い で 正 人 の 胸 に 妙 な 違 和 感 を 憶 え さ せ る 怖 い と い う の が 一 番 適 切 か も し れ な い そ れ よ り も さ や か は ど こ だ さ や か を 返 せ! い い よ 会 わ せ て あ げ る 返 し て あ げ る 無 事 に 見 つ け 出 せ た ら の 話 だ け ど ね ユ ー フ ォ ル ス 25

27 了 解 し た 姿 は 見 え な い が 画 面 の 中 か ら ク ラ ウ ス と は 別 の 声 が 発 せ ら れ る 刹 那 ハ ー レ ン が い る 場 所 か ら さ や か が 吸 い 込 ま れ た と き の よ う な 光 が 柱 と な っ て 現 れ る こ れ で 白 桐 の 者 が 行 っ た 道 が 開 か れ た よ 難 易 度 の 設 定 君 達 に 合 わ せ て 低 め に 設 定 し て あ げ た け ど あ ま り 簡 単 に リ タ イ ア し な い で よ ね そ れ じ ゃ あ 面 白 く な い か ら さ と ク ラ ウ ス は 微 笑 み な が ら 続 け る ユ ー フ ォ ル ス そ こ に 居 る の で し ょ う 私 達 は 契 約 を 交 わ し た け れ ど 必 ず し も そ の 血 統 の 者 に 縛 ら れ る 存 在 で は な い わ 対 当 で も あ る の よ そ の 者 が 道 を 踏 み 外 し そ う な 場 合 諌 め 止 め る 権 利 さ え あ る わ だ か ら 協 力 し て ば か り で は な く や め さ せ て ほ し い と ハ ー レ ン は 懇 願 す る が 画 面 向 こ う か ら の 返 答 は な い 残 念 だ っ た ね ど う や ら ユ ー フ ァ ル ス は 君 と 話 を し た く な い ら し い さ て そ れ よ り も 早 く 君 も こ っ ち へ 来 る と い い 重 要 人 キ ャ ラ の 一 人 と し て 登 録 し て い る ん だ か ら ゲ ー ム が 始 ま ら な い よ 言 わ れ な く て も 行 っ て や る さ! そ う あ り が と う さ や か は エ ト ワ ー ル 王 国 に 向 か っ て い る よ 果 た し て 無 事 に 会 え る か な ク ラ ウ ス は か か っ て 来 い よ と 言 わ ん ば か り の 挑 発 的 な 鋭 い 眼 光 と 悪 辣 な 笑 み を 浮 か べ た ま ま 映 像 は シ ャ ッ ト ダ ウ ン さ れ た 正 人 は 消 え た 映 像 の あ っ た 虚 空 を 睨 み つ け る よ う に 見 据 え て い た そ し て 道 と し て 開 か れ た ハ ー レ ン の い る 光 の 柱 が 立 っ て い る 機 械 の 前 ま で 歩 み 寄 る 本 当 に 行 く 気 な の? こ ち ら 側 の こ と や 操 作 方 法 の 熟 練 値 か ら い っ て ク ラ ウ ス の 方 が 上 よ 罠 を 張 っ て い な い と も 限 ら な い わ ハ ー レ ン は 決 意 を 露 に し て い る 正 人 を 諭 す だ が そ れ を 聞 い て も 尚 正 人 は 頑 と し て 首 を 横 に 振 ら な い こ の ま ま こ こ に 居 て も な に も 変 わ ら な い の な ら 行 く に 決 ま っ て る さ そ れ に そ こ に さ や か が 居 る ん だ ろ い つ も な ら 何 処 に い て も 居 場 所 を 察 知 し 連 絡 の 取 り 合 え る 一 人 で あ る 同 胞 の フ ュ ー 26

28 レ の 反 応 が 微 弱 だ か ら 確 証 は な い わ 居 た と し て も 白 桐 の 少 女 を 見 つ け 出 す の は 困 難 よ そ れ は ユ ー フ ォ ル ス も 同 じ だ け れ ど と ハ ー レ ン は 続 け た 微 弱 で も 反 応 が あ る っ て こ と は い る か も っ て こ と だ ろ そ れ に こ こ で 引 い た ら 来 た 意 味 が な い 乗 っ て や る さ こ の ゲ ー ム そ し て 必 ず 止 め て や る 意 気 込 む と 正 人 は 光 の 柱 の 中 へ と 一 歩 を 踏 み 出 し た 一 抹 の 頼 も し さ と 感 謝 の 念 と 呆 れ た 想 い を 胸 に ハ ー レ ン も そ れ に 続 い た の で あ る 27

29 あとがき SF 風 味 の ゲ ー ム 感 覚 フ ァ ン タ ジ ー と い う 感 じ で 描 か せ て 頂 こ う と 思 っ て い ま す 本 当 は 短 編 完 結 予 定 だ っ た の で す が 短 い 話 に ま と め る の は 苦 手 な の か 中 編 も し く は 長 編 に な り そ う で す ま だ 創 作 途 中 で す が 思 い 描 い て い る 結 末 に 書 き 上 げ ら れ る よ う 頑 張 り た い と 思 い ま す の で 最 後 ま で お 付 き 合 い 頂 け る と 嬉 し い で す き り ゅ う 28

30 ~ 1 0 月 某 日 月 曜 日 昼 下 が り の 某 フ ァ ー ス ト フ ー ド 店 で の 会 話 ( 一 部 省 略 ) ~ イ ン タ ビ ュ ア ー F( 以 下 F):さ て 未 来 青 雲 第 1 号 が 発 行 と い う こ と で そ の お 気 持 ち は ど う で し ょ う か? た ぶ ん 知 ら な い 人 の 方 が 多 い と 思 う の で 自 己 紹 介 込 み で お 願 い し ま す 総 合 管 理 人 さ え き きょうじ 些 亦 暁 蒔 ( 以 下 S): な っ ま っ た く ま た お 前 か F: は い だ か ら 早 く 質 問 に 答 え て く だ さ い S: 長 く な り そ う な ら 行 っ て 来 い 5 分 後 F: と り あ え ず 最 初 の 質 問 あ な た は 誰 で す か? S: 何 を 素 っ 頓 狂 な 質 問 を し て い る 聞 く ま で も な い だ ろ う 0(ゼ ロ )か ら 始 め よ う! の 総 合 管 理 人 些 亦 だ F: ど う せ ほ と ん ど の 人 は 知 ら な い で し ょ う? 名 義 上 し か 存 在 し な い 幽 霊 み た い な も ん で す か ら や は り こ こ は 聞 い て お く べ き か と 思 い ま し て ね S: 失 礼 な 奴 だ つ く づ く 思 う が 何 故 お 前 は こ ん な こ と を し て い る 正 規 の ス タ ッ フ で も な い と い う の に そ れ に 名 義 上 で は な い ち ゃ ん と 働 い て い る みどりかわ F: へ ぇ そ う で し た か で も 仕 切 っ て る の は 翠 河 君 だ よ ね? HP 更 新 や 手 帳 ス タ ッ フ へ の 連 絡 も ほ と ん ど 翠 河 君 一 人 で や っ て る よ う だ か ら ね い っ た い 何 を し て い る ん で す? あ な た は S: ぐ っ こ こ ま で 私 を 追 い 詰 め て 何 を す る つ も り だ! 目 的 は 何 だ! 29

31 F: ふ ふ ふ 聞 く と こ ろ に よ る と 最 終 決 定 権 は あ な た が 握 っ て い る そ う で す ね そ れ に 何 か 営 利 的 な 企 み が あ る そ う じ ゃ な い で す か い っ た い こ の サ ー ク ル を ど う す る つ も り で す か? S: な 何 故 そ れ を F: 私 は こ の サ ー ク ル の こ と な ら 一 介 の ス タ ッ フ よ り 多 く の 情 報 を 掴 ん で い ま す か ら S: つ く づ く 謎 の 多 い や つ だ な お 前 は F: あ な た も 素 性 を 隠 し て い る で は な い で す か こ こ ま で サ ー ク ル を 大 き く 成 長 さ せ た の は 翠 河 君 だ と い う の に さ も 自 分 が 成 し 遂 げ た よ う に 言 い ふ ら す の は 酷 い と 思 い ま す け ど S: む っ そ ん な 言 い 方 は し て い な い F: い え し て い ま し た 聞 い て ま わ っ た の で す か ら 間 違 い あ り ま せ ん 何 人 も が 首 を 縦 に 振 り ま し た よ S: 違 う! も し や 弱 み を 握 っ て い る な? そ う で も し な け れ ば 首 を 縦 に 振 る は ず が -そ の 後 無 駄 な 会 話 が 約 2 ペ ー ジ 続 い て い た の で 都 合 上 省 略 - F: う ~ ん そ ろ そ ろ 時 間 か な? S: そ う か 終 わ り か ふ む コ ー ヒ ー も す っ か り 冷 め て し ま っ た F: い や 続 け る よ 何 を 言 っ て る ん で す? ま だ 本 題 を 聞 い て な い じ ゃ な い で す か S: 何? じ ゃ あ お 前 の 言 う 時 間 と は 何 だ? F: い え 気 に な さ ら ず 録 画 し て い ま す か ら 30

32 S: 暇 人 め お 前 の 日 常 生 活 は ど う な っ て い る か 見 て み た い も の だ F: そ れ は あ な た も で し ょ う? 今 日 は 月 曜 日 本 来 は こ こ に い る べ き で は な い の で は? S: 読 者 に は わ か っ て い る は ず だ F: さ ぁ? わ か っ て く れ る ん で す か ね? S: そ れ で 本 題 と は 何 だ? お 前 は 前 置 き が 長 す ぎ る か ら 困 る F: な ん だ っ け? そ う そ う 未 来 青 雲 第 1 号 が 発 行 に な っ て 心 境 は ど う か っ て こ と を 聞 き た か っ た で ど う で す か? S: ど う? と 言 わ れ て も な そ れ に そ の 質 問 は 会 っ た 時 に 聞 い た よ う な 気 が し な い で も な い ま ぁ 率 直 に 言 う と あ ま り 実 感 が な い の だ が F: や っ ぱ り 殆 ど 顔 を 出 さ な い か ら そ う な る ん で す よ S: む っ だ が 第 1 号 と い う の は ま だ ま だ 出 発 点 に 過 ぎ な い 実 感 が わ か な い の は そ の せ い も あ る 今 や ス タ ッ フ 数 は 軽 く 5 0 人 を 越 え て い る 今 後 の 進 展 に も 大 い に 期 待 し た い F: 今 日 初 め て ま と も な 話 を 聞 い た よ う な 気 が し ま す ね 確 か に 今 後 の 進 展 に は 期 待 が で き そ う で す 常 時 ス タ ッ フ を 募 集 し て い る 点 が 未 だ に 衰 え な い 理 由 で も あ る の で は な い か と 思 い ま す ね い え 寧 ろ 衰 え る 原 因 に 一 役 買 っ て い る の で は? き 届 き で 荒 廃 す る と 聞 き ま す が 肥 大 化 す る と 管 理 不 行 S: 確 か に そ う い う 話 は 偶 に 聞 く 実 際 発 足 当 初 は そ れ に 陥 っ て い た か ら な F: 所 謂 壁 に ぶ つ か っ た と 言 う こ と で す ね? S: そ う だ な そ の 時 に 代 理 を 立 て た こ と が 救 い と な っ た な 31

33 F: そ れ が 責 任 逃 れ の 序 章? S: 人 が せ っ か く 良 い 話 を し て い る の に 脇 道 に 逸 ら そ う と す る な ま ぁ 確 か に そ う 思 っ て い る ス タ ッ フ も い る だ ろ う こ ん な 時 ぐ ら い し か 顔 を 出 さ な い 管 理 者 だ か ら な F: 遂 に あ な た の 口 か ら そ の 言 葉 が 聞 け る と は 認 め ま し た ね? 私 は し か と 聞 き ま し た よ S: ま た ネ タ か 何 か に 使 お う と し て い る な ま っ た く ど う で も い い だ ろ う が そ れ よ り 手 帳 の 他 に 手 元 に あ る そ の 紙 束 は 何 だ? F: あ ぁ こ れ で す か? 実 は で す ね 私 の 調 査 に よ る と サ ン プ ル 版 を 読 ん だ 約 8 割 が た の 方 が こ の 企 画 に あ ま り 好 色 を 示 し て い な い と い う こ と が わ か り ま し て S: 何 っ? 私 も 知 ら な い 情 報 を 何 故 お 前 が! ま ぁ 今 回 は い い と し て ど う 言 う こ と だ? F: は い こ の 調 査 資 料 に よ る と 今 後 の サ ー ク ル の 展 開 に 肥 大 化 お よ び レ ベ ル 低 下 が 見 込 ま れ る と の こ と と 管 理 層 に 及 ぶ 過 剰 負 荷 と 各 ス タ ッ フ の 消 極 化 が 進 む 可 能 性 が あ り ま す そ れ に 加 え 一 部 の 独 占 状 態 を 生 む こ と と 制 作 期 間 の 不 鮮 明 お よ び 制 作 不 備 に よ る 見 る 側 の 減 少 が 一 番 問 題 か と S: 今 ま で に な い 深 刻 な 状 態 と い う こ と だ な ふ む こ れ は 対 策 を 練 る 必 要 が あ る な よ し 今 後 対 策 本 部 を 設 置 し て こ の 状 況 を 打 開 す る 方 法 を 編 み 出 し て い こ う で は な い か そ う と 決 ま れ ば 早 速 人 員 確 保 だ F こ の 件 お 前 な ら ど う 対 処 す る? F: そ う で す ね ま ず は お っ と そ ろ そ ろ 時 間 の よ う で す S: 何? こ れ か ら だ と 言 う の に F: 仕 方 あ り ま せ ん 与 え ら れ る 時 間 に は 限 り が あ り ま す そ の 中 で ど う 工 面 す る か も あ な た に 与 え ら れ た 責 務 で す よ? S: ふ ん っ わ か っ て は い る 年 内 に は 何 と か す る さ で は こ こ ま で だ な 終 32

34 33

35 脚 本 扉 絵 ロ ゴ : ヒ ロ & 亥 崎 : グ リ ー ン : さ の や い ざ き うりゅう 雨 龍 い な み れ い ら りょっかよう 音 声 編 集 : さ の や & 伊 波 玲 藍 & 緑 夏 葉 にしかわまこと 主 人 公 西 川 誠 は ヒ ー ロ ー に な り た い 高 校 生 み し ま ゆ み え た ま た ま 見 つ け た ヒ ロ イ ン の 三 島 由 美 恵 が 屋 上 か ら 飛 び 降 り よ う と し て い る の を 発 見 し て 助 け る 西 川 は い じ め で 悩 む 彼 女 を 支 え た い と 思 っ て 試 行 錯 誤 す る の だ っ た 前 編 A パ ー ト ダ ウ ン ロ ー ド ( 0 2 : 1 0 ) B パ ー ト ダ ウ ン ロ ー ド ( 0 2 : 5 0 ) 34

36 出 演 者 主 人 公 にしかわまこと はなまいさくや 西 川 誠 ( C V : 華 舞 咲 彌 ) ヒ ロ イ ン み し ま ゆ み え お う つ き あ き 三 島 由 美 恵 ( C V : 桜 月 秋 姫 ) あ さ だ さ つ き たちばなりん 浅 田 五 月 ( C V : 立 花 琳 ) さいとうこう じ すい 斉 藤 浩 次 ( C V : 彗 ) は や て 担 任 の 先 生 女 生 徒 A 女 生 徒 B( C V: 疾 風 ) 使 用 B G M デ イ ド リ ー ム ゴ ー ス ト, R a m i n e, S A M F r e e M u s i c 使 用 効 果 音 零 式 改. c o m, ザ マ ッ チ メ イ カ ァ ズ, W E B W A V E L I B 零 式 マ テ リ ア ル, H a n a c x 35

37 ロ ゴ : さ の や こ れ は た だ 台 本 に 沿 っ た 音 声 を 繋 げ た も の で は な く で き る だ け 声 の 自 由 を 表 現 す る た め に ス タ ッ フ 複 数 人 に よ る ラ ジ オ 風 フ リ ー ト ー ク 企 画 で す T a l k w i t h Z e r o! 第 1 回 P a r t 1 ダ ウ ン ロ ー ド ( 2 1 : 5 5 ) 使 用 B G M I v y M a z e 36

38 出 演 者 P a r t 1 パ ー ソ ナ リ テ ィ ー の ら : ク ロ ノ 野 良 ア シ ス タ ン ト : 翠 河 みどりかわこうはく 洸 伯 ゲ ス ト お お え けいすけ : 大 江 敬 輔 はなまい さ く や 華 舞 咲 彌 みずさき 水 崎 れ な サ ウ ン ド エ デ ィ タ ー : さ の や C M サ イ ト 名 : ち い さ な 魔 王 の お は な し 使 用 音 楽 素 材 : M e n u e t 使 用 効 果 音 素 材 : 零 式 改. c o m ザ マ ッ チ メ イ カ ァ ズ 音 人 37

39 - 広 告 - - 広 告 - 私 達 の 想 いを 載 せて 異 世 界 ファンタジー 小 説 トロイメライ シリアスラブストーリーボイドラ ヒーローは 彼 女 の 笑 顔 を 守 る 喧 嘩 と 爆 弾 ファンタジー 甘 いのと 辛 いの その 他 アンソロジー スタッフ 同 士 の 企 画 談 話 裏 話 等 盛 りだくさんのWeb 誌! 是 非 見 ていってください 前 は 前 は 仲 良 くしてくれた でしょ? 育 江 は 中 学 一 年 生 の 時 に 仲 の 良 かった 子 に 嫌 がらせを 受 けて 以 来 人 を 信 じられなくなってしまい 悩 みを 一 人 で 溜 め 込 むようになる 人 を 信 じることが 出 来 ず 人 間 不 信 になってしまう どんなに 優 しくされても しても また 裏 切 られるんじゃないかと そこで 出 会 った 明 るい 女 の 子 との 短 編 友 情 ストーリー! 企 画 * 瀬 島 さゆら 様 ( 瀬 島 様 は 0(ゼロ)から 始 めよう! のボイスアクトレスもされています) 38

40 脚 本 は る い ち : さ の や 春 一 音 声 編 集 : さ の や ロ ゴ 挿 絵 : さ の や : さ の や 依 頼 を 受 け て と あ る 村 へ と や っ て き た 何 で も 屋 の 少 年 フ ァ ウ ト そ の 村 の は ず れ に は 爆 弾 作 り が 趣 味 の 変 わ っ た 人 物 が 2 名 住 ん で お り さ さ い な 事 で ケ ン カ を し て は 村 人 を 困 ら せ て い る と い う 2 人 の ケ ン カ を 止 め よ う と 村 は ず れ に 向 か っ た フ ァ ウ ト は 成 仏 で き な い 幽 霊 に と り 憑 か れ そ れ が 更 に 事 態 を や や こ し く 前 編 ダ ウ ン ロ ー ド ( 1 4 : 4 6 ) 後 編 近 日 公 開 予 定 ( 0 0 : 0 0 ) 使 用 音 楽 効 果 音 O L D W O O D S H U T, S E N T I V E, L i b e r t y M u s i c R o o m ザ マ ッ チ メ イ カ ァ ズ, S O U N D L I B R A R Y, 音 人, W E B W A V E L I B 39

41 40

42 くう フ ァ ウ ト ( C V : 空 ゆ た ) 何 で も 屋 の 少 年 爆 弾 マ ニ ア 2 人 の ケ ン カ を 仲 裁 し に 来 た コ メ ン ト ボ イ ス たちばなりん 琳 ) テ ィ ア ラ ( C V : 立 花 飴 型 爆 弾 を 作 っ て い る 甘 党 少 女 わ が ま ま っ 子 キ ン グ と 仲 が 悪 い コ メ ン ト ボ イ ス おうつき あ き 幽 霊 少 年 ( C V : 桜 月 秋 姫 ) 事 故 で 死 ん だ 少 年 フ ァ ウ ト に と り つ く すい キ ン グ ( C V : 彗 ) コ メ ン ト ボ イ ス 唐 辛 子 爆 弾 を 作 っ て い る 辛 党 青 年 い つ も 無 表 情 テ ィ ア ラ と 仲 が 悪 い コ メ ン ト ボ イ ス か れ は 村 人 ( C V : 枯 葉 ) フ ァ ウ ト に 爆 弾 コ ン ビ の ケ ン カ の 仲 裁 を 依 頼 す る コ メ ン ト ボ イ ス 41

43 42

44 43

45 か よ い き 灰 宵 姫 薇 ら の 文 テク 講 座 Vol.1(? どうも 皆 さん 初 めまして ひっそり 物 書 きの 灰 宵 姫 薇 と 言 います このコーナーでは 私 灰 宵 による 文 章 の 各 種 テクについての 講 義 を 載 せていきます 初 心 者 だけど ついて 勉 強 したよ だから 後 は 実 戦 あるのみ! な 方 に 向 けた 内 容 です 書 き 方 を 学 ばないで 書 こうと 思 っている 方 は 一 通 り 学 ばれてからの 参 照 をおすすめします つまり 脱 初 心 者 用 であります 私 自 身 物 書 きを 初 めて 三 年 の 若 造 ですが 出 来 る 限 り 私 の 知 っている 事 は 書 いていこうと 思 います あと これはシナリオライターさんに 宛 てるものですので ゲームシナリオ ライトノベル 総 合 的 な 作 法 覚 えておいた 方 が 良 い 事 等 がメインになります このコーナーが 万 一 続 くのなら 嬉 しいものです 続 くように 頑 張 って 書 きますので 宜 しくお 願 いし 講 義.1 ゲームシナリオとノベルの 違 い まずはこれです ネットでライターをやっているとどうしても 小 説 と 台 本 を 同 じものとして すが それは 間 違 い そして これの 恐 ろしい 所 は と 言 いますと 違 う 物 として 捉 えているつもりになっている 事 です これは 怖 いです つまりは 小 説 を 書 いた 事 があるから 小 説 の 仕 事 依 頼 だけじゃなくて 台 本 の 依 頼 か っていう 認 識 です これはいざ 依 頼 を 受 けてみるとクライアントの 期 待 に 応 えられないという 結 果 に 終 わります まぁク が ここではわかりやすいように ADVゲームのシナリオとライトノベルの 違 いを 説 明 します まず 小 説 だとキャラが 登 場 した 時 や 風 景 や 建 物 の 描 写 がありますね ちょっと 例 を 書 いてみます ページの 都 合 上 少 ししか 書 きませんが 彼 女 の 名 前 は 僕 の 幼 なじみであり 大 切 な 友 達 だ 又 は 彼 女 は その 身 に 纏 った 怖 気 すら 催 す 漆 黒 のコートをいつも 着 ている 眩 い 光 に 目 を 開 いてみると そこは 現 実 感 の 欠 片 も 無 いただっ 広 い 大 草 原 だった そこは 僕 の 自 宅 から 歩 いて 数 分 の 場 所 で コンビニもスーパーも 何 もない 殺 風 景 な 路 地 裏 だ とかです これは 小 説 の 場 合 ですね でもADVゲームでこうはいかないのはお 分 かりでしょう ADVゲームで 上 記 の 表 現 をするならば CH: _( 表 情 ) 彼 女 の 名 前 は 僕 の 幼 なじみであり 大 切 な 友 達 だ * 表 示 アウト (P.NO) 44

46 どうです? なんとなく 分 かりましたでしょうか? そうです 指 定 が 入 りましたね これはADVゲームに 必 要 な 画 面 指 定 と 呼 ばれるものです 創 作 仕 事 ではここまで 本 格 的 にやる 例 は 少 ないですが 覚 えておく 事 に 損 はないかと 思 います 創 作 仕 事 だとクライアント 側 がすでにプロットや 設 定 を 組 んでいる 事 が 多 いので 実 際 はライターが シナリオを 書 くだけの 事 が 多 いようです スクリプト 打 ちさんが 画 面 を 全 部 任 される 事 が 多 いようですし つまりは 上 記 の 事 が 役 に 立 つのは 将 来 シナリオライターを 目 指 している 方 だけ と すいません! なんだか 役 に 立 ちそうで 立 ちませんね では 次 の 講 義 に 移 ります 講 義.2 作 法 の 差 これは 重 要 なのではないかと 思 います ではわかりやすいように 各 種 文 章 を 作 法 の 厳 しい 順 にまとめてみましょう ライトノベル> 小 説 > 台 本 >ゲームシナリオ 大 体 こんな 感 じですね これを 読 んでいる 方 は 作 法 の 勉 強 もされたのだと 思 いますので 多 分 お 分 かりか では これも 例 にして 書 いてみましょう お 題 は 嘘 だろ 嘘 だって 言 ってくれよ!! です それでは 早 速 いってみましょう! ラノベの 場 合 / 嘘 だろ 嘘 だって 言 ってくれよ!! 小 説 の 場 合 / 嘘 だろ 嘘 だって 言 ってくれよ! 台 本 の 場 合 / 嘘 だろ 嘘 だって 言 ってくれよ!!! GSの 場 合 / 嘘 だろ 嘘 だって 言 ってくれよ!! とりあえず 解 説 しますね ラノベは 作 法 が 厳 しいのでこう 書 くしかないです 工 夫 は 出 来 るのでしょうが 小 説 の 場 合 は 三 点 リーダーの 数 にあまり 厳 しくはないのでこういった 事 も 出 来 ます 台 本 の 場 合 はCVさんにそのキャラを 演 じてもらう 際 の 感 情 を 表 す 必 要 があるため! や? の 感 もあまり 問 題 はないようです ゲームシナリオの 場 合 中 グロが 重 要 な 役 目 を 帯 びます なぜなら 表 示 速 度 があるからです これを 用 いれば そこの 部 分 だけ 表 示 速 度 を 下 げて ピピピピピ と 表 示 されるはずの 所 を ピッ 事 ができ より 時 間 の 経 過 を 表 せます ページがもうないので 今 回 はここで 終 わりにしたいと 思 います 次 回 があれば その 時 にお 会 いしましょう! では! 灰 45

47 ス ト ーリ ー 紡 が れ て ゆ く 小 さ な 物 語 伝 わ る 思 い 伝 わ ら な い 思 い そ れ ら は 小 さ な も の で あ っ た と し て も す べ て は 何 か に つ な が っ て い る 今 思 い を 届 け る あ な た に ア ン ソ ロ ジ ー 目 次 プ リ マ ヴ ェ ー ラ P. 4 7 ~ 4 9 p r i m a v e r a ひいらぎ た か し 柊 孝 史 すいらくきょうとをる P. 5 0 ~ 5 2 S n o w P r o m i s e 水 洛 景 亮 46

48 プ リ マ ヴ ェ ー ラ primavera 著 者 : ひいらぎ 柊 たかし 孝 史 今 日 も 空 は 蒼 く 澄 み 切 っていた 暖 かくて 心 地 よい 風 が やわらかな 春 の 香 りを 運 んでくれる ひらひら ひらひら 舞 い 散 る 桜 を 眺 めながら うたた 寝 でもしたい 気 分 だ ここはそんな 場 所 くすのき まこと 楠 木 真 琴 にとってそこは 何 よりもかけがえのない 場 所 だった そう この 夕 ヶ 丘 学 園 において 唯 一 の 安 らげる 場 所 だった ** 夕 ヶ 丘 学 園 の4 階 から 続 く 蛍 光 灯 の 明 かりも 太 陽 の 光 も 差 し 込 まない 薄 暗 い 階 段 カギ の 壊 れた 古 びたドア 真 琴 はいつもと 同 じように そのドアを 開 けた 暖 かくて 心 地 よい 風 と 蒼 く 澄 みきった 空 が 出 迎 えてくれる ただ いつもと 違 ったのは 先 客 がいたことだ あれ~ お 客 さんだー! 黒 くて 長 い 髪 に 大 きな 黒 い 瞳 にぱにぱと 笑 うその 少 女 は 離 れていても 可 愛 いと 素 直 に 思 えた 唖 然 としている 真 琴 に 向 かって 明 るい 声 で 呼 んできた おーい こんなとこで 何 してるの~? もしかして 迷 子? え いや あんたこそ 何 してるんだよ? もう 授 業 始 まってるよ それくらい 知 ってるよ~ まあ 自 主 休 学 中 ってやつです それはつまり サボり? ピンポーン! 正 解 人 差 し 指 を 天 に 向 け 少 しも 悪 く 思 っていないような 笑 顔 で 答 えてくる 真 琴 にはその 笑 顔 で 心 のそこから 癒 されるような 気 分 がした 47

49 んじゃ 俺 は 帰 るわ えぇ~ ちょっと 待 ってよー! 少 しくらいお 話 しようよ~ 猛 ダッシュで 追 いかけてきた 彼 女 は 真 琴 の 袖 を 引 っ 張 って 離 さない いや でも 授 業 始 まってるし 何 言 ってんのさ 君 だってぶっちぎりでサボろうとしてたくせに~ このままでは どうあっても 逃 がしてはくれないらしい いや これから 行 こうと 思 ってたんだ だからあんた 一 人 で 陽 乃 え? つきむら ひ の 私 月 村 陽 乃 陽 乃 って 呼 んで 君 は? 楠 木 真 琴 楠 木 真 琴 真 琴 君 か~ よろしくね! そう 言 って 陽 乃 と 名 乗 った 少 女 と 過 ごすことになってしまった ** そっか~ 空 が 好 きなんだねー! それでいつもここにきてるの? コンクリートの 段 差 に 座 った 真 琴 の 隣 に ちょこんと 座 った 陽 乃 真 琴 の 話 に 大 きなリアクションで 返 してくる まあ 大 抵 は もちろん 単 位 は 落 とさない 程 度 に 授 業 も 出 てる 真 琴 も 久 しぶりにたくさんのことを 話 した 空 のこと 屋 上 のこと 進 路 のこと 自 分 のこと いっぱいいっぱい 話 した そのたび 陽 乃 は 楽 しそうに 聞 いてくれる それで 陽 乃 は? どうしてここにきたの? 私 は 今 日 ここに 転 校 してきたんだ は? さすがに 驚 いた 今 日 転 校 してきたばかりの 生 徒 が こうして 真 琴 とサボっているのだ て 転 校 してきたって いいのこんなことしてて!? うん 大 丈 夫 大 丈 夫! 48

50 その 自 信 がどこからくるのか さっぱりわからなかった でも 何 で? こんなことしてたら 友 達 もできなくなるよ それは 真 琴 自 身 が 一 番 よく 知 っている こんなことしたって ただクラスから 浮 くだけだと いうことを 陽 乃 は 黒 く 長 い 髪 で 顔 を 隠 し 俯 いた 私 ね 人 が 怖 いの 人 が 怖 い? 幼 いころ 両 親 を 亡 くして それ 以 来 そのことでいじめられちゃってね だから 人 が 怖 い の 真 琴 は 黙 って 聞 いた 彼 女 の 辛 辣 な 想 いを でもね 何 度 も 克 服 しようとは 思 ったんだよっ! でも いつも 自 分 から 逃 げてた 今 日 だって 同 じ それで 屋 上 に? 陽 乃 はうなずくとそのまま 黙 りこんでしまった ただ 真 琴 にもその 想 いに 少 しだけ 共 感 できるものがあった 怖 くて 暗 くて 寂 しくて 押 しつぶされそうになるくらい 嫌 な 記 憶 でもね 沈 黙 の 中 先 に 声 をかけたのは 陽 乃 だった でも 今 日 は 素 敵 な 記 念 日 になりそうだよ どうして? 陽 乃 は 空 を 眺 めた 青 く 澄 みきった 春 の 空 を だって 真 琴 君 っていう 友 達 ができたから 空 に 向 かって 笑 った 陽 乃 の 笑 顔 は とても 優 しくて だから 大 切 な 記 念 日 だよ 自 然 と 溢 れてくる 涙 を 真 琴 は 止 められなかった その 涙 は 青 く 澄 みきった 春 の 空 に 輝 いていた 49

51 Snow Promise すいらくきょう 著 者 : 水 洛 景 とをる 亮 それはいつ 頃 のことだったのか 今 ははっきりと 思 い 出 すことができない ただ 母 に 連 れ られて 兎 の 町 に 行 ったことは 何 となくだが 覚 えていた そう 確 か 記 録 的 豪 雪 になったあの 日 ねえ 母 さん 列 車 遅 いね 少 年 は 傍 らに 座 る 母 親 へと 声 をかける うとうとしていたのか 慌 てて 時 間 を 確 認 する こうた そうね お 母 さんちょっと 電 話 してくるから 紘 汰 はここで 待 ってなさい うん 母 親 は 少 年 紘 汰 にそう 言 いつけ 公 衆 電 話 のあるだろうと 思 われる 改 札 口 付 近 へと 向 かっ た どうやら 外 では 今 も 雪 が 降 り 続 けているようだ 三 十 分 ほどして 母 親 は 自 分 の 長 電 話 にあきれもしつつ 妹 との 電 話 を 切 り 紘 汰 の 元 へと 戻 ろうとした さぞ 暇 をもてあましているだろうと 見 てみると いつの 間 にか 見 知 らぬ 少 女 と 話 し 込 んでいた 近 くに 親 の 姿 はない もしかすると 迷 子 だろうかと 思 われたがその 子 の 時 節 見 せる 笑 顔 からその 可 能 性 は 見 受 けられなかった すると 近 くに 住 む 子 供 だろうと 思 い あの 子 達 の 邪 魔 になるまいと 少 し 離 れた 席 に 座 った さん 母 さん? んっ? 母 親 が 目 を 覚 ますとちょうど 列 車 が 駅 に 滑 り 込 んできたところだった 予 定 時 刻 から 約 二 時 間 の 遅 れだった さっ 乗 るわよ そう 言 えばさっきの 子 はどうしたの? ゆ み 夕 美 ちゃんはもう 帰 ったよ? 母 さん 見 てなかったの? ごめんね 見 てなかったわ ほら 急 がないと 乗 り 遅 れるわよ 紘 汰 は 満 足 のいく 答 えを 得 られなかったためか 少 しふてくされているような 様 子 であったが 今 はとにかく 急 ぐべきと 考 えて 行 動 に 移 る すでに 切 符 などは 二 時 間 前 に 準 備 してあるのであ とは 乗 り 込 むだけであった え~ 豪 雪 のため 列 車 の 運 行 が 大 変 遅 れております お 客 様 には 大 変 ご 迷 惑 をおかけします 50

52 が この 駅 であと 三 十 分 ほど 天 候 の 様 子 を 見 るため 停 車 いたします 繰 り 返 します どうやらまだ 出 発 まで 時 間 があるらしい 紘 汰 はそのアナウンスの 意 味 を 理 解 し その 間 に 何 をするかすぐに 決 めて 行 動 にでる 母 さん ちょっと 最 後 尾 まで 行 ってくる すぐ 戻 ってくるのよ 母 親 の 言 葉 を 最 後 まで 聞 いていたのかいないのか すでに 紘 汰 は 走 り 出 していた 実 はさっ き 会 った 夕 美 と 約 束 をしていたのだ もし 列 車 がこの 駅 をでなかったら 最 後 尾 に 来 て そう 言 われていたのだ 初 めて 会 ったというのにそう 簡 単 に 信 じていたのは 何 か 近 いものを 感 じていたのだろう 子 供 というものはそういった 感 覚 が 研 ぎ 澄 まされているという 夕 美 ちゃん? 最 後 尾 に 着 いた 紘 汰 は 近 くのベンチに 腰 掛 けている 夕 美 と 思 しき 少 女 に 声 をかけるが 返 事 は ない その 手 には 何 かが 握 られていた どうしたの? 近 づいた 紘 汰 はそこでその 少 女 が 泣 いていることに 気 がついた まるで 何 かを 我 慢 している ような そんな 泣 き 方 だった 紘 汰 くん? 目 の 前 まで 来 て 初 めて 少 女 夕 美 は 紘 汰 の 存 在 に 気 づく それまで 我 慢 していたが 溢 れ 続 け る 涙 は 紘 汰 が 来 たことによって その 量 を 増 したような 気 がした そして 突 然 紘 汰 に 抱 きつい た ごめんね 本 当 はわたし ここに 来 ちゃいけないって 言 われてたの でも でも どう しても 来 たかった そしたら 紘 汰 くんに 会 えて うれしかったの その 言 葉 に 返 す 事 ができず 紘 汰 は 抱 きつかれたままただ 無 言 で 聞 いていた ただ その 気 持 ちを 察 したのか 目 を 伏 せている ねぇ 紘 汰 くん 口 結 びのおまじないって 知 ってる? 紘 汰 の 体 から 離 れ 目 を 少 し 擦 ってちょっとはにかみながら 話 す 知 らない そうなんだ じゃあ 教 えてあげる そう 言 うと 夕 美 は 一 歩 前 に 踏 み 出 し その 唇 を 紘 汰 に 重 ねる 51

53 えっ? 突 然 のことに 何 が 起 きたのかわからないでいる 紘 汰 に 夕 美 は 笑 顔 で 告 げる 最 後 の 約 束 だよ また 紘 汰 くんがこの 町 に 来 たら またわたしに 会 いに 来 て そう 告 げると 夕 美 は 走 り 去 ってしまった よくわからなくなり ベンチに 腰 掛 け 少 し 考 えていると 母 親 が 迎 えに 来 た 紘 汰 こんなところにいたの? ほら 頭 に 雪 積 もってるじゃない さぁ 行 くわよ 母 親 に 右 手 を 引 かれ 紘 汰 はその 場 を 後 にした いつの 間 にか 左 手 には 小 さなペンダントを 握 っていた 列 車 が 動 き 出 し 紘 汰 は 窓 から 離 れていく 町 を 眺 め 時 節 その 左 手 にあるペンダントを 見 て いた 紘 汰 その 綺 麗 なペンダントどうしたの? もらった 夕 美 ちゃんに? うん 生 半 可 に 返 事 をしつつ また 窓 の 外 を 眺 めていた あの 日 あったことは 覚 えている でもその 少 女 の 顔 はおぼろげで 思 い 出 せそうになかった 紘 汰 さん? はるみ そう 声 をかけてきたのは 母 さんの 妹 の 春 美 さんだった いえ ちょっと 考 えごとを そうですか 今 日 はどういったご 予 定 なんですか? 春 美 さんの 家 に 居 候 をして 数 日 まだ 何 もすることがない ならば 少 し 歩 いてみようか 今 日 は 天 気 もいいですから 少 し 歩 き 回 ってみます わかりました お 腹 が 空 いたら 戻 ってきてくださいね はい この 町 にはまだ 慣 れていない 以 前 の 記 憶 は 幼 少 時 のもので 当 てにならない ならば 自 分 の 目 でそれを 確 かめるしかなかった まだ 果 たしていない あの 約 束 を 52

54 いなみれいら ロ ゴ : 伊 波 玲 藍 よ り よ い も の を 作 る た め の ア ン ケ ー ト 制 作 に 少 し で も 役 立 て る よ う ご 意 見 お 願 い し ま す 回 答 は メ ー ル ま た は ア ン ケ ー ト フ ォ ー ム ( が あ る 場 合 ) か ら お 願 い し ま す メ ー ル は 宛 先 lbfz csc.jp 件 名 未 来 青 雲 Vol.1 ア ン ケ ー Q.1 本 誌 の 率 直 な 感 想 を 以 下 よ り お 選 び く だ さ い A. 良 か っ た B. 悪 か っ た Q.2 Q.1 の 回 答 理 由 を 具 体 的 に お 聞 か せ く だ さ い Q.3 PDF フ ァ イ ル に よ る 公 開 に つ い て 感 想 を 以 下 よ り お 選 び く だ さ い A. こ の ま ま で も い い と 思 う B. 正 直 や め て ほ し い Q.4 Q.3 で B を 選 ん だ 方 は ど の よ う な 公 開 方 法 が 望 ま し い か お 聞 か せ く だ さ い Q.5 次 号 以 降 こ の よ う な 企 画 を や っ て 欲 し い な ど が あ り ま し た ら お 聞 か せ く だ さ い Q.6 最 後 に 何 か 一 言 あ り ま し た ら お 聞 か せ く だ さ い 53

55 54

56 サ ー ク ル 管 理 者 さ え き 些 亦 き ょ う じ 暁 蒔 みどりかわ こ う は く 翠 河 洸 伯 ボ イ ス ア ク タ ー お お え 大 江 け い す け 敬 輔 か れ は 枯 葉 原 稿 編 集 補 佐 さ の や ナ ミ キ 表 紙 裏 表 紙 デ ザ イ ナ ー ロ ゴ デ ザ イ ナ ー さ の や い な み れ い ら 伊 波 玲 藍 さ の や ボ イ ス ア ク ト レ ス お う つ き 桜 月 あ き 秋 姫 く う 空 ゆ た ク ロ ノ 野 良 は な ま い 華 舞 の た ち ば な 立 花 ら すい 彗 り ん 琳 さ く や 咲 彌 は や て 疾 風 み ず さ き 水 崎 れ な シ ナ リ オ ラ イ タ ー い ざ き う り ゅ う 亥 崎 雨 龍 き り ゅ う さ の や す い ら く き ょ う とをる 水 洛 景 亮 は る い ち 春 一 柊 孝 史 ヒ デ グ ラ フ ィ ッ ク デ ザ イ ナ ー グ リ ー ン さ の や み か げ し ら た ま 深 影 サ ウ ン ド エ デ ィ タ ー ス ペ シ ャ ル サ ン ク ス い な み れ い ら 伊 波 玲 藍 さ の や か よ い 灰 宵 か ん ざ き 神 崎 り ょ っ か よ う 緑 夏 葉 き ら F 姫 薇 お と は 音 葉 は る せ 晴 瀬 し ず く 55

57 - 広 告 - - 嘘 広 告 - 56

58 B F Z N G A M Z E 定 価 : 本 体 0 円 + 税 無 0 ( ゼ ロ ) か ら 始 め よ う! C o p y r i g h t ( C ) ( ゼ ロ ) か ら 始 め よ う!, A l l r i g h t s r e s e r v e d.

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 新 レ フ ガ 鎮 府 着 任 正 体 一 体 目 的... 週 1 ~ 回 更 新 1 文 章 量 少 私 友 ニ コ ニ コ 動 画 u p M

More information

寄生獣 ID:47455

寄生獣 ID:47455 寄 獣 daisy 注 意 事 項 P D F フ ァ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 え 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 榊 原 寄 記 憶 受 継 彼 同 種 守 為 知 ず 戦 時 彼 泉 会 目 次 1. 記 憶 1 2. 協 力 5 3.

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 的 P D F 化 小 作 ハ メ 運 営 無 断 P D F ァ イ 及 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 再 配 布 販 売 禁 新 ガ 任 正 的... 週 ~ 回 更 新 文 章 量 私 友 ニ コ ニ コ 画 u p M M D 作 品 許 可 得 小 化 嬉 ( ネ タ バ 可 能 大 ) 次 7 世 門 立

More information

青葉酒

青葉酒 ゅ ふ 懐 忘 不 意 過 ぎ 去 間 切 押 寄 居 屋 夜 受 現 実 世 界 へ 引 戻 酔 忘 頭 理 不 尽 司 笑 来 間 解 決 待 抱 夜 街 歩 軒 寄 帰 探 路 地 少 看 板 掲 げ B a r 字 面 涼 身 体 々 茂 初 夏 吹 抜 吹 足 踏 扉 開 途 端 爽 鼻 び 腔 抜 ふ 甘 酸 ぱ 回 ゃ 席 脚 長 拭 ふ 促 飴 色 カ ウ タ 席 腰 決 声 メ ニ

More information

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版 3 ~ じ ~ 夢 中 理 想 教 体 心 近 づ 方 法 ラ フ ワ 多 般 観 観 取 材 社 会 本 音 伝 取 材 べ 2 万 超 ょ 分 ほ 本 音 知 書 負 同 時 身 恋 愛 経 験 並 外 多 書 恋 愛 書 上 得 意 ジ ャ 興 味 身 近 キ 多 実 体 験 発 端 要 遊 ネ 豊 富 4 趣 味 15 歳 じ 合 コ 3 千 回 以 上 経 験 合 コ 職 種 死 体 洗

More information

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472 抜 錨! ロコモコ 注 意 項 P D F ル ハ メ ル 掲 載 作 品 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 2 年 月 4 日 オ ア 最 西 軍 基 地 サ ド 島 基 地 へ 上 陸 制 圧 作 支 援 参 加 級 番 数 回 渡 航 隊 攻 飽 和 攻 轟 間

More information

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 ろ 頭 ろ 成 功 難 8 9 知 間 蓄 積 ぜ 難 現 代 社 会 抱 問 題 深 地 獄 活

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚 グ グ? 質 問 エ 答 ょ 々 折 闘 与 タ 添 進 エ ネ ギ 注 不 測 ブ 起 関 係 レ ふ む 余 裕 必 死 片 付 多 姿 瞬 好 苦 労 末 ェ 功 グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

君 聞 着 捨 周 見 黒 埋 尽 所 華 彩 心 陣 取 げ 楽 見 浮 酷 浮 酷 光 景 君 顔 走 回 私 振 回 彼 ク ム ド メ カ 彼 教 室 寂

君 聞 着 捨 周 見 黒 埋 尽 所 華 彩 心 陣 取 げ 楽 見 浮 酷 浮 酷 光 景 君 顔 走 回 私 振 回 彼 ク ム ド メ カ 彼 教 室 寂 君 聞 着 捨 周 見 黒 埋 尽 所 華 彩 心 陣 取 げ 楽 見 浮 酷 浮 酷 光 景 君 顔 走 回 私 振 回 彼 ク ム ド メ カ 彼 教 室 寂 む 雰 囲 製 作 者 英 語 授 業 習 訳 堅 苦 役 割 メ カ ム ド ク ッ シ ャ 面 白 自 発 想 ぼ 今 度 空 読 今 入 付 会 主 導 権 握 題 換 タ ミ ン グ 全 次 第 天 然 周 来 楽 百 倍 百 倍

More information

空母いぶき、抜錨 ID:78106

空母いぶき、抜錨 ID:78106 抜 錨 響 鳴 響 鬼 注 意 項 P F フ ァ ハ メ 掲 中 品 動 的 P F 化 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P F フ ァ 及 び 品 引 範 囲 超 形 転 改 変 再 配 布 販 売 禁 平 和 訪 始 暗 雲 立 込 突 如 絡 不 能 率 向 待 受 予 想 不 能 物 全 道 誕 生 名 武 力 使 平 和 的 解 決? 敵 棲?? 起 未 待 受? 抜 錨 次 抜 錨

More information

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 度 担 各 優 秀 及 投 稿 象 部 委 及 委 審 査 厳 正 審 査 経 ( ) 七 ( 四

More information

服務規律確保のための取組事例集(H27.9)

服務規律確保のための取組事例集(H27.9) 服 務 規 律 確 保 のための 取 組 事 例 集 平 成 27 年 9 月 群 馬 県 教 育 委 員 会 学 校 人 事 課 1 体 罰 2 個 人 情 報 の 盗 難 3 交 通 違 反 4 交 通 死 亡 事 故 5 飲 酒 運 転 6 校 務 用 パソコンの 目 的 外 使 用 7 Web 上 の 信 用 失 墜 行 為 8 不 適 切 なインターネット スマートフォンの 使 用 9 児

More information

 パラオ基地物語 ID:45749

 パラオ基地物語 ID:45749 注 意 事 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ト ラ オ 物 語 作 者 名 香 夢 学 生 青 年 軍 少 佐! ラ オ 運 営 娘 常 楽 島 人 々 生 活 助 物 語 学 生 自 分 自 分 司 令

More information

bunko_shinrai_bp_0108.indd

bunko_shinrai_bp_0108.indd 1 2 3 じ じ 誰 法 突 然 質 問? ド キ ッ 多 豊 築 切 理 解 構 築 音 約 〇 年 様 々 グ ロ バ ル 企 業 秘 外 国 エ グ ゼ 4 5 じ 二 エ グ ゼ ア ス タ ( 秘 ) 対 等 ビ ジ ネ ス パ ナ 三 日 在 住 数 年 契 約 赴 任 決 期 ミ ッ ョ 達 成 緊 迫 ね 環 境 三 理 由 心 同 体 げ 聞 深 パ ナ ッ プ 二 三 脚 エ

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

艦これ世界にやってきた ID:90520

艦これ世界にやってきた ID:90520 零 注 意 項 P D F フ ァ ハ 掲 品 自 動 的 P D F 化 小 説 ハ 運 営 断 P D F フ ァ 及 び 品 引 範 囲 超 形 改 変 再 配 布 販 売 禁 怪 エ 手 引 般 話 不 定 期 更 新 ネ タ 浮 投 稿 次 第 話 第 話 8 第 話 ω ` ) へ テ キ ビ ス 飲 落 着 欲 済 仏 顔 謝 許 私 怪 エ 君 葉 表 み 感 殺 伐 気 持 忘 欲

More information

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て 河 辺 い き も の の 森 の 植 物 そ の 3 樹 の 花 河 辺 い き も の の 森 に は 約 100 種 類 の 樹 木 が 生 育 し て い る 整 備 さ れ る 以 前 の 森 は そ の 見 か け 上 の 違 い か ら ケ ヤ キ 林 コ ナ ラ 林 ア ラ カ シ 林 ス ギ 林 竹 林 の 5 種 類 の 林 か ら 成 り 立 つ と さ れ て い た が 手

More information

Microsoft Word - 昨日見た夢.doc

Microsoft Word - 昨日見た夢.doc 晩 蔵 仁 ひ 昨 夢 流 涙 新 宿 雑 踏 雷 鳴 放 電 球 車 ガ ラ 砕 散 全 裸 少 現 驚 々 少 ビ 影 消 2 家 食 卓 食 武 弟 パ ジ ャ マ 姿 起 武 起 遅 ぞ 無 兄 ブ 着 武 び 間 内 ゆ 楽 む 武 食 終 新 広 げ 武 へ ぇ 昨 西 新 宿 全 裸 性 表 興 味 示 ブ ビ リ モ コ 触 母 ブ 運 少 起 校 新 越 武 武 母 無 駄 無 駄

More information

じ 成 功 必 ず 勘 4 ポ ツ ビ ネ 流 大 切 本 書 手 取 ご ざ 本 運 命 大 変 日 常 活 私 ち 無 意 ち 多 選 択 強 パ 混 み 合 時 列 並 ぶ 初 訪 土 地 食 事 ラ 選 ぶ 夜 番 観 テ ビ 番 組 選 択 論 理 頼 習 慣 身 選 択 正 後 チ ェ ク 5 じ ち 選 択 違 気 違 働 決 断 機 会 増 ば 然 精 度 高 天 才 先 天 鋭 神

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解 低 国 連 内 閣 府 公 機 関 調 査 明 豊 答 簡 単 学 校 入 コ ツ コ ツ 勉 企 業 世 ビ ネ キ 磨 起 3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

untitled

untitled 第 64 号 平 24 10 31 翌 桧 2 (ウェブ 宮 殿 ) 1 御 嶽 登 ( 頂 ) 2 能 機 械 2 夏 例 暑 続 彼 岸 晩 肌 寒 秋 翌 桧 昨 妻 副 訳 振 供 保 育 園 園 保 護 者 妻 保 護 者 色 制 舎 監 母 守 趣 ポ ツ ク ブ ソ ボ サ ク ブ 六 彼 ピ 襲 ナ 団 色 違 付 授 等 視 拡 ヒ 第 福 島 駅 伝 A ム 算 五 度 優 勝

More information

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫 紙 父 早 亡 離 暮 知 ゅ 華 料 預 港 町 飲 屋 帰 章 Ⅰ 落 汁 落 レ 炒 汁 淡 黄 褐 色 ょ 個 太 洋 陸 ソ モ 諸 サ モ 諸 抜 ぬ 太 洋 黄 信 ム 発 食 費 円 料 汁 乱 ぷ 岡 箱 細 腕 歩 姿 浮 闇 野 良 犬 ぬ 匹 牙 岡 落 4 ニ ブ 薪 音 閉 務 室 声 苦 労 5 無 修 士 釘 員 廊 寝 近 進 駐 ゅ 軍 ャ プ パ 工 場 付 属

More information

2 99% 支 配 言 げ 思 視 点 変 症 状 思 当 肌 荒 大 人 ニ ビ 抜 け 毛 冷 症 肩 頭 痛 便 秘 病 院 行 ほ け ツ 不 そ ほ 実 深 関 係 バ 不 忙 現 代 社 会 そ 子 年 々 増 加 言 換 活 化 バ 整 ば そ 不 悩 格 段 改 善 そ け 整 ば

2 99% 支 配 言 げ 思 視 点 変 症 状 思 当 肌 荒 大 人 ニ ビ 抜 け 毛 冷 症 肩 頭 痛 便 秘 病 院 行 ほ け ツ 不 そ ほ 実 深 関 係 バ 不 忙 現 代 社 会 そ 子 年 々 増 加 言 換 活 化 バ 整 ば そ 不 悩 格 段 改 善 そ け 整 ば ボ ヴ ォ ワ ( 思 想 家 ) 人 2 99% 支 配 言 げ 思 視 点 変 症 状 思 当 肌 荒 大 人 ニ ビ 抜 け 毛 冷 症 肩 頭 痛 便 秘 病 院 行 ほ け ツ 不 そ ほ 実 深 関 係 バ 不 忙 現 代 社 会 そ 子 年 々 増 加 言 換 活 化 バ 整 ば そ 不 悩 格 段 改 善 そ け 整 ば ハ 肌 ツ ヤ ツ ヤ 3 じ 髪 瞳 特 有 美 手 入 ケ

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

森田草平_「三四郎」

森田草平_「三四郎」 5 猫 今 数 年 前 最 手 近 周 囲 描 昨 今 周 囲 描 白 主 猫 材 料 取 扱 多 少 相 違 形 式 猫 無 責 任 6 損 益 有 親 炙 ゃ 方 観 察 数 物 猫 二 つ 挙 げ ざ 得 吾 輩 猫 猫 役 勤 福 岡 県 京 都 郡 真 崎 村 小 川 今 み や 年 熊 本 高 等 学 校 卒 業 東 京 文 科 大 学 へ 青 年 間 猫 存 在 無 視 せ 心 使 周

More information

17 1 世 界 訪 チ ャ ヘ ホ 22 2 太 陽 最 高 哀 川 翔 26 3 今 斎 藤 3 4 夕 食 事 ず 褒 食 伊 達 政 宗 34 5 物 知 愛 ね ば ず 物 愛 知 ね ば 西 田 幾 多 郎 37 6 丈 夫 配 休 宗 純 4 7 僕 金 輪 際 二 度 困 葉 吐 高 杉 晋 作 43 8 ワ ワ 宇 宙 息 子 46 9 ピ ク カ バ 持 走 楽 ほ 道 加 藤

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 1 ゆ 舞 運 命 神 ナタワダ 3 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 音 医 者 芝 居 身

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

最強の矛と鉄壁の盾

最強の矛と鉄壁の盾 最 強 矛 鉄 壁 楯 渡 科 由 太 テ ニ シ ャ ナ 数 ゴ ル ィ ガ チ 日 残 人 少 毒 牙 起 娘 背 着 衣 裾 引 翻 支 配 戻 振 返 転 強 烈 平 振 咄 嗟 引 平 勢 殺 転 遠 渾 段 追 鳩 尾 受 腹 押 場 苦 痛 苛 伸 凝 視 祈 奥 広 ソ 眼 現 成 果 得 慟 哭 涙 拭 廊 下 床 殴 打 悔 余 拳 痛 返 胸 切 比 べ バ エ 情 ぃ 眼 メ

More information

2つの世界の艦娘達 ID:79436

2つの世界の艦娘達 ID:79436 世 界 達 AOBA 注 意 項 P F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 的 P F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 断 P F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 国 離 島 地 域 安 確 保 空 潜 陸 闘 可 能 間 着 置 開 発 名 移 型 闘 補 助 着 S G 称 開 発 経 ア メ リ カ 指 導 ハ

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

(Microsoft Word - \215u\213`\216\300\230^)

(Microsoft Word - \215u\213`\216\300\230^) 報 道 ニ ュ - ス の 場 面 ( ア ナ ウ ン サ - を 中 村 様 ) 道 内 の ニ ュ ー ス を お 伝 え し ま す 本 日 8 月 20 日 の 午 後 2 時 ご ろ 札 幌 中 央 高 校 で の 運 動 会 の 入 場 行 進 練 習 中 に 数 名 の 生 徒 が 体 調 不 良 を 訴 え て 救 急 車 で 搬 送 さ れ う ち 1 名 の 生 徒 が 死 亡

More information

G.indd

G.indd ミ ュ ウ 2 3 凝 耳 澄 第 六 研 澄 電 灯 照 央 吐 必 暖 度 右 丸 紙 構 直 英 武 保 訪 ぬ 矮 小 精 神 刻 刻 消 耗 仇 義 務 背 負 孤 独 士 仇 属 全 般 襲 ネ 科 属 世 界 共 通 室 害 虫 小 型 ネ 学 Blattella geamanica. 最 早 記 愉 以 呼 称 遡 突 然 三 暮 忙 最 初 へ 部 活 暗 包 少 街 離 嫌 予

More information

セジ ざ 紹 介 動 跡 嫌 セ 成 長 好 今 フ ダ 数 々 動 提 供 好 転 以 簡 単 少 勇 新 挑 戦 ワド 毎 日 楽 過 新 扉 開 * 付 録 聴 ペャC 紹 介 入 2010 5 月 Body design 代 表 福 田 2 3 巻 末 付 録 C 読 皆 験 C 付 録 用 意 書 専 門 内 後 内 読 後 簡 単 付 属 C ヤ 聴 C 廻 約 20 作 動 毎 日 続

More information

nontravel_0519.indd

nontravel_0519.indd 目 次 序 章 第 章 魅 惑 ネ レ ポ 29 ネ 30 脱 パ 女 世 始 秘 境 惑 星 ぞ 夜 道 故 障 動 ず ソ ロ 踊 伝 統 舞 踊 挑 戦 ョ グ カ 年 越 爆 竹 花 火 死 危 険 ボ ロ ブ ゥ 遺 跡 初 詣 ゃ ぶ 東 南 悲 劇 カ 交 通 事 情 世 渋 滞 ぼ S O S レ & ポ 85 ョ ホ 親 友 訪 ね ポ 建 築 競 争 東 南 建 築 家 腕 試

More information

(Microsoft Word - \216\213\222\256\212o\214\264\215e.doc)

(Microsoft Word - \216\213\222\256\212o\214\264\215e.doc) S D B(SchoolDataBase)に よ る データ( 教 務 事 務 保 健 ) 処 理 の 一 元 化 宇 部 市 立 黒 石 中 学 校 教 諭 小 柴 成 吾 1 は じ め に S D B (SchoolDataBase) 構 想 の 最 初 の 芽 生 え は お よ そ 1 9 8 0 年 代 前 半 で 第 一 世 代 S D B 1 は 生 徒 氏 名 住 所 定 期 テ

More information

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お 保 健 体 育 科 投 動 作 の 習 得 と 投 力 ア ッ プ を 目 指 し た 運 動 の 実 践 と 指 導 の 在 り 方 - 楽 し く 活 動 で き る 場 の 設 定 と 教 材 の 工 夫 を 通 し て - ひ た ち な か 市 立 那 珂 湊 第 二 小 学 校 矢 吹 美 左 子 1 は じ め に ( 1 ) 子 ど も た ち の 日 常 の 遊 び 近 年, 運

More information

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。 平 成 2 7 年 度 柏 市 保 健 衛 生 審 議 会 健 康 増 進 専 門 分 科 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 2 7 年 8 月 2 7 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 2 開 催 場 所 ウ ェ ル ネ ス 柏 4 階 大 会 議 室 3 出 席 者 (1 ) 委 員 小 林 正 之 ( 会 長 ), 佐 藤 紀 子 ( 副 会

More information

艦これ そして彼は提督となった ID:85473

艦これ そして彼は提督となった ID:85473 提 古 水 狂 注 意 事 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 隊 ょ ミ タ 擬 人 化 せ 略 ユ ザ 数 誇 栄 枯 盛 衰 遂 サ ビ 終 了 運 命 日 愛 娘 達 迎 サ ビ 終 了 瞬 目 瞑 生 変 指 揮 鎮

More information

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ 特 集 緑 の カ ー テ ン 最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ っ た り と 張 り 付 い て 競 い 合 う よ う に 天

More information

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 ta73 注 意 項 P D F メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 一 命 捨 生 変 不 死 身? 体 加 減 色 々 1 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 目 次 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 朝 起 夜 寝 成 数 年 後 晩

More information

会議顛末書

会議顛末書 件 名 第 6 次 総 合 計 画 策 定 に 関 す る 第 1 回 市 民 懇 談 会 ( 長 山 中 学 校 区 ) 年 月 日 平 成 2 2 年 1 1 月 2 1 日 ( 日 ) 時 間 午 後 1 時 0 0 分 ~2 時 4 5 分 場 所 松 葉 地 区 公 民 館 市 民 3 8 名 ( 男 性 3 2 名 女 性 6 名 ) 出 席 者 川 村 企 画 財 務 部 長 企 画

More information

102

102 101 二 〇 六 年 度 第 回 国 語 50 < 注 > 開 始 チ ャ ム 冊 子 開 二 題 1 ペ 31ペ 印 刷 三 受 験 番 氏 名 解 用 紙 定 入 四 解 べ 解 用 紙 定 入 102 1 文 章 読 以 下 設 肉 a テ ギ 肉 圧 倒 的 義 足 義 十 魅 力 的 数 多 存 在 ゆ 肉 圧 倒 的 肉 最 精 神 方 出 活 最 活 様 々 例 識 情 考 活 ピ

More information

ことばだより

ことばだより 高 校 十 六 歳 歌 デ ビ ュ テ ビ 番 女 優 ナ シ ョ 楽 曲 供 衣 装 デ ザ ジ ャ ル ご 縁 篠 原 今 芸 能 十 切 ぁ 日 々 歌 唄 好 ラ ヴ 唄 嬉! 緒 歌 詞 景 色 追 験 切 切 届 番 呼 鮮 選 楽 親 近 女 優 演 役 声 音 色 呼 吸 稽 古 ナ シ ョ 響 テ ポ 聞 渡 覚 衣 装 デ ザ 世 界 衣 装 ル キ ワ ド ス ッ フ 共 有

More information

え て 紛 糾 す る こ と も め ず ら し く あ り ま せ ん そ れ く ら い レ ベ ル の 高 い 作 品 が 集 ま る 文 学 賞 な の で す な お 最 終 候 補 作 に 残 っ た 応 募 者 は 最 終 選 考 会 当 日 松 山 市 に 招 待 さ れ 授 賞

え て 紛 糾 す る こ と も め ず ら し く あ り ま せ ん そ れ く ら い レ ベ ル の 高 い 作 品 が 集 ま る 文 学 賞 な の で す な お 最 終 候 補 作 に 残 っ た 応 募 者 は 最 終 選 考 会 当 日 松 山 市 に 招 待 さ れ 授 賞 参 考 資 料 小 説 講 義 坊 っ ち ゃ ん 文 学 賞 を 取 る 方 法 講 師 大 島 一 平 第 一 回 は じ め に 坊 っ ち ゃ ん 文 学 賞 と は 夏 目 漱 石 の 坊 っ ち ゃ ん は 漱 石 が 愛 媛 県 松 山 市 の 中 学 へ 教 師 と し て 赴 任 し た 経 験 か ら 書 い た ユ ー モ ア 小 説 で す 狸 赤 シ ャ ツ 野 だ い こ

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材 PISA 型 読 解 力 向 上 へ 授 業 改 善 説 明 的 文 章 取 組 み 通 熊 本 市 立 壺 川 小 学 校 佐 藤 俊 幸 目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有

More information

001-014.indd

001-014.indd 0 0 6 版 始 バ ブ 日 本 取 巻 済 向 伴 市 変 化 対 応 0 0 8 版 0 0 版 0 版 ご 改 重 ね 回 第 5 弾 版 0 版 バ ブ 異 功 97 コ セ 見 開 ペ タ 97 項 目 説 明 将 来 次 視 野 入 ど ざ 状 況 ビ ネ パ ソ 皆 役 立 月 ダ ボ 議 参 加 竹 平 蔵 慶 應 義 塾 学 教 授 六 本 木 ヒ ズ 月 末 開 催 セ ミ ナ

More information

Taro10-H27 年学校だより4月.号j

Taro10-H27 年学校だより4月.号j 平 成 2 7 年 4 月 1 9 日 ( 日 ) 4 月 号 横 浜 市 立 港 南 中 学 校 233-0004 横 浜 市 港 南 区 港 南 中 央 通 6 番 1 号 0 4 5-8 4 2-2 3 5 5 学 校 教 育 目 標 の よ り よ い 実 現 を 目 指 し て 校 長 上 田 篤 也 平 成 2 7 年 度 が ス タ ー ト し ま し た 2 6 4 名 の 新 入

More information

捨てられた提督 ID:84353

捨てられた提督 ID:84353 捨 水 野 クルル 注 意 事 項 P D F フ ァ ル ハ ー メ ル 掲 載 中 品 自 動 的 P D F 化 小 説 者 ハ ー メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ ル 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 中 達 起 物 語 第 2 話 第 話 目 次 5 第 話 2 0 x x 年 人 類 制 権 奪 誰 奪 最 初 各 国

More information

知 事 あ い さ つ 司 会 お 待 た せ い た し ま し た た だ い ま よ り 知 事 と の タ ウ ン ミ ー テ ィ ン グ を 開 会 い た し ま す 私 は 本 日 の 司 会 を 務 め ま す 新 潟 県 魚 沼 地 域 振 興 局 の 櫻 井 と 申 し ま す

知 事 あ い さ つ 司 会 お 待 た せ い た し ま し た た だ い ま よ り 知 事 と の タ ウ ン ミ ー テ ィ ン グ を 開 会 い た し ま す 私 は 本 日 の 司 会 を 務 め ま す 新 潟 県 魚 沼 地 域 振 興 局 の 櫻 井 と 申 し ま す 平 成 21 年 度 第 4 回 知 事 とのタウンミーティング パネルディスカッション 発 言 録 ~さらなる 観 光 振 興 へつなげるために~ 日 時 平 成 2 1 年 1 2 月 2 1 日 ( 月 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 3 時 3 0 分 会 場 魚 沼 市 地 域 振 興 セ ン タ ー ( 魚 沼 市 吉 田 1 1 4 4 ) 目 次 1 知 事 あ い さ つ 1

More information

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ 3 科 及 び 著 誉 々 科 及 び 著 誉 々 私 ア メ リ カ 合 衆 国 統 領 キ ナ 私 上 席 顧 問 違 ャ キ ャ フ ィ ろ チ キ 共 同 著 私 三 年 前 幸 方 わ 結 果 グ 1 0 0 億 円 企 業 毎 日 楽 送 文 科 省 科 認 定 日 G D P 必 ず 三 倍 ろ 相 川 佳 之 S B C メ デ ィ カ グ C E O 4 何 百 万 ピ レ シ ョ

More information

そこに在るから

そこに在るから 在 澤 日 菜 子 登 場 物 男 性 3 0 代 半 男 性 2 0 代 半 男 性 4 0 代 初 2 暗 転 虫 木 々 ざ 聞 九 月 旬 東 京 近 郊 腹 午 後 四 過 ぎ 明 転 ふ 姿 男 二 太 木 枝 杖 代 抱 煙 草 持 無 ふ 煙 草 箱 湿 持 来 掴 同 役 立 掴 悪 火 掴 吐 息 悪 風 虫 空 風 3 強 少 何 四 四 半 3 歩 腹 減 足 痛 煙 草 吸

More information

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd 母 明 ぼ 仮 扉 横 須 賀 輝 尚 3 面 識 神 田 昌 典 氏 マ ケ 識 勇 気 田 健 氏 物 語 温 気 持 ナ ポ レ オ ヒ 哲 恵 マ ユ モ 溢 五 感 使 数 者 ノ ウ ハ ウ 挙 申 訳 憎 読 増 由 関 係 豊 4 5 信 夢 必 叶 結 局 売 疑 奥 底 周 囲 む ぜ ぜ ジ レ マ 々 普 通 平 凡 キ 識 向 無 平 凡 レ ッ 持 諦 駄 投 葉 丈 夫

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

fence2.indd

fence2.indd 2 3 久 仁 彦 / 5 8 阪 市 パ ソ セ チ 基 践 遊 士 情 緒 最 限 組 織 枯 渇 発 創 造 続 2 龍 谷 談 室 ウ セ 8 龍 谷 ウ セ グ 課 程 講 兼 職 国 際 ァ 席 己 性 3 2 月 龍 谷 退 職 在 デ 研 究 普 及 注 日 講 客 参 加 験 ぐ 即 興 演 独 創 即 興 演 芸 術 面 演 客 > 久 仁 彦 久 仁 彦 2 8 月 末 阪 應

More information

異世界で「マインクラフト」 ID:24410

異世界で「マインクラフト」 ID:24410 kouji 注 意 事 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 中 品 自 動 的 P D F 化 小 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F ァ 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 起 事 話 ぜ! 付 わ ね お さ わ 頭 ど 転 生 憑 依 じ ゃ 断 じ ね 恐 片 鱗 味 わ ぜ 後 続 編 み 逝 誤 字 非 ず 八 五 次 1 八

More information

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 終 二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 003 夏 暑 過 ぎ 去 秋 気 配 空 見 上 げ 立 空 青 澄 み 切 風 心 良 ひ ガ イ ガ ウ ン タ 手 目 見 恐 怖 感 悲 痛 思 風 景 福 島 県 飯 館 村 美 然 眺 半 深 絶 望 突 落 3 11 経 過 未 復 旧 復 興

More information

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ ん 毎 日 応 募 し て い ま す か? 成 果 は い か が で す か? イ ン タ ー ネ ッ ト で は 毎 日 非 常 に た く さ ん の ホ ー ム ペ ー ジ で 膨 大 な 数 の 懸 賞 プ レ ゼ ン ト が 実 施 さ

は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ ん 毎 日 応 募 し て い ま す か? 成 果 は い か が で す か? イ ン タ ー ネ ッ ト で は 毎 日 非 常 に た く さ ん の ホ ー ム ペ ー ジ で 膨 大 な 数 の 懸 賞 プ レ ゼ ン ト が 実 施 さ 無 料 レポート 懸 賞 プレゼント 超 効 率 的 で 安 全 な 応 募 の 裏 ワザ 懸 賞 プレゼント 当 選 研 究 会 Copyright (C) 2006 Interface All Rights Reserved 許 可 な く 本 書 の 一 部 ま た は 全 部 を 複 製 転 載 す る こ と を 禁 じ ま す - 1 - は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ

More information

1. 研 修 会 参 加 報 告 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 研 修 会 ~ 職 場 力 を 高 め る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ~ 南 九 州 病 院 主 任 理 学 療 法 士 榎 木 大 介 平 成 26 年 7 月 26 日 熊 本 医 療 セ

1. 研 修 会 参 加 報 告 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 研 修 会 ~ 職 場 力 を 高 め る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ~ 南 九 州 病 院 主 任 理 学 療 法 士 榎 木 大 介 平 成 26 年 7 月 26 日 熊 本 医 療 セ 1 7 号 2014.10 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 会 報 誌 1. 研 修 会 参 加 報 告 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 研 修 会 ~ 職 場 力 を 高 め る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ~ 2. 学 会 参 加 報 告 第 49 回 日 本 理 学 療 法 学 術 大 会 in 横 浜 の 学 会 発 表

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63> 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 会 議 記 録 平 成 21 年 4 月 23 日 ( 木 ) 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 概 要 Ⅰ 日 時 平 成 2 1 年 4 月 2 3 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 Ⅱ 場 所 都 道 府 県 会 館 1 階 1 0 1 大 会 議 室 Ⅲ 会 議 次 第 1 開 会 2 座

More information

2 じ 3! 書 手 取 ご ざ お 願 3 ず じ 読 劇 的 変 ヒ 書? 辞 働 誰 何 縛 ず ょ 目 指 流 ビ

2 じ 3! 書 手 取 ご ざ お 願 3 ず じ 読 劇 的 変 ヒ 書? 辞 働 誰 何 縛 ず ょ 目 指 流 ビ 2 じ 3! 書 手 取 ご ざ お 願 3 ず じ 読 劇 的 変 ヒ 書? 辞 働 誰 何 縛 ず ょ 目 指 流 ビ 3 じ 定 義 ざ 言 次 組 織 所 属 ず 独 立 オ ィ モ バ 環 境 駆 使 ど 場 所 就 業 定 好 見 見 辞 独 立 気 楽 街 中 ェ P C 広 げ 作 業 ど 出 勤 彼 当 言 必 ず 言 切 ょ 4 辞 関 係 組 織 頼 ず 力 得 決 簡 単 ょ

More information

2 Prologue 働 一 瞬! 簡 単 仕 プ 今 一 歩 一 基 本 満 足 ワ テ プ ア プ 場 合 状 脱 却 達 早 ろ 考 多 達 悩 解 決 確 効 頭 中 エ チ ョ マ 浮 ゃ 難 働 性 質 知 働 状 態 効 率 勉 強 仕

2 Prologue 働 一 瞬! 簡 単 仕 プ 今 一 歩 一 基 本 満 足 ワ テ プ ア プ 場 合 状 脱 却 達 早 ろ 考 多 達 悩 解 決 確 効 頭 中 エ チ ョ マ 浮 ゃ 難 働 性 質 知 働 状 態 効 率 勉 強 仕 2 Prologue 働 一 瞬! 簡 単 仕 プ 今 一 歩 一 基 本 満 足 ワ テ プ ア プ 場 合 状 脱 却 達 早 ろ 考 多 達 悩 解 決 確 効 頭 中 エ チ ョ マ 浮 ゃ 難 働 性 質 知 働 状 態 効 率 勉 強 仕 3 Prologue げ 悩 解 決 努 不 要?? 驚 ゃ 誰 経 験 代 表 例 一 暗 示 二 酔 ぎ 仕 集 中 昨 家 帰 家 近 汲 湧

More information

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794 茨 邪 昔 BNKN 注 意 事 項 P D F フ ァ イ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 茨 木 霍 娥 取 扱 日 記 初 投 稿 至 ぬ 点 多 々 温 目 や ( 血 涙 ) 茨 邪 昔 目 次 1 茨

More information

艦これ 傍から見てるとみんな可愛い ID:52689

艦これ 傍から見てるとみんな可愛い ID:52689 傍 二 等 市 民 注 意 項 P D F フ ァ ル ハ メ ル 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 ょ 架 空 基 地 チ 兵 士 常 マ 作 者 未 プ レ 目 次 軽 巡 ヤ デ レ ( 仮 ) ワ 軽 巡 眼 帯 0 軽 巡 ヤ

More information

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援 パ レ 団 展 望 示 運 道 示 C T S 章 習 料 章 粋 像 根 歴 史 ざ 閣 造 次 チ ャ レ 唱 億 総 躍 兼 チ ャ レ 是 掃 述 画 視 建 害 調 査 慣 習 公 表 織 三 式 採 I L 際 踏 府 映 建 委 薦 貴 族 建 ぽ 歯 措 加 承 認 降 図 退 ド ド 是 常 流 ぜ ぜ ざ ざ 表 側 閣 僚 公 歴 然 蔵 岩 盤 直 難 習 料 狙 障 配 番

More information

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ )

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ ) 知 多 理 科 同 好 会 広 報 部 会 報 第 29 号 平 成 23 年 11 月 18 日 流 星 今 か ら 1 0 年 前, 2 0 0 1 年 1 1 月 小 学 生 2 年 生 の 息 子 と と も に 夜 中 に 起 き 出 し て, 庭 に シ ー ト を 引 き, 東 の 空 を 見 て い た こ と が あ り ま す 一 つ の 寝 袋 に 二 人 で 潜 り 込 ん

More information

/インタビュー.indd

/インタビュー.indd 未 踏 遂 度 遥 伺 放 送 タ 駆 ホ ム 庭 好 校 映 画 字 幕 翻 訳 訳 戸 奈 津 憧 仕 就 友 誘 春 ホ ム 機 恵 ホ ム 庭 ホ フ ァ 遊 浮 ズ タ 表 職 員 遥 ひ 国 際 ニ ケ シ ョ 部 卒 6 権 高 校 未 踏 0 連 7 位 入 賞 在 普 及 動 幅 広 三 フ ウ 名 古 屋 短 期 客 員 36 05.9 報 遊 魅 器 械 床 運 動 転 高 3

More information

 全裸転生~気が付いたら、フル・フロンタルになっていた~ ID:50002

 全裸転生~気が付いたら、フル・フロンタルになっていた~ ID:50002 注 意 事 項 P D F メ 掲 載 中 品 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 配 布 販 売 禁 裸 転 ~ 付 ~ 者 名 眼 覚 何 ( r y 原 通 器 振 舞 デ 待 明 理 何 辞 木 星 高 跳 び! 運 命 ェ メ 追 流 石! 赤 彗 星! 果 延 び? 転 ノ 力 原 回 避 試 品 士 U C 二

More information

μ’sによるハーレム監禁生活♪ ID:78527

μ’sによるハーレム監禁生活♪ ID:78527 μ sハレム 監 禁 生 活 神 崎 識 注 意 事 項 P D F フ ァ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 μ s 監 禁 坂 井 ( ) 絶 対 抜 異 常 愛 迫!ハ レ ム 思 や μ s 共 通 財 産 色

More information

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd ァ メ 専 門 返 運 用 困 相 談 先 世 メ 実 情 違 理 店 専 門 実 際 保 険 理 店 務 仕 事 拠 相 談 保 険 話 後 絶 何 隠 ァ 変 3 多 仕 事 柄 搾 4 程 度 従 員 抱 経 営 者 低 賃 労 働 者 ゆ ワ キ グ ア 高 校 卒 後 飲 食 店 勤 職 場 環 境 ひ ( ブ 企 ) 4 心 身 壊 退 職 ざ 退 職 後 近 無 職 活 送 ハ ワ 通

More information

001-008_cs4.indd

001-008_cs4.indd 001 じ モ モ 問 目 プ 言 物 儲 む 放 勝 手 無 世 競 山 ほ 与 受 入 側 容 量 限 消 財 布 ヒ モ 相 当 側 戦 略 構 築 効 果 販 狙 魅 力 開 発 価 格 販 チ 用 意 ュ ニ ョ 気 購 起 存 在 特 徴 解 他 違 認 店 頭 足 運 通 販 サ へ セ 購 入 首 尾 成 功 目 達 成 疑 問 提 出 002 世 界 優 安 良 び 購 入 言 残

More information

! ふ 空 普 段 フ 鳥 頭 ゆ 飛 歩 商 店 街 探 商 品 売 即 買 得 例 偶 然 入 験 日 々 計 画 移 べ 想 定 内 想 定 偶 然 通 途 違 物 信 号 ミ 通 止 電 車 遅 延 驚 ぜ 波 調 過 去 在 未 透 視 利 用 波 調 互 波 α 波 θ 波 調 ナ ズ

! ふ 空 普 段 フ 鳥 頭 ゆ 飛 歩 商 店 街 探 商 品 売 即 買 得 例 偶 然 入 験 日 々 計 画 移 べ 想 定 内 想 定 偶 然 通 途 違 物 信 号 ミ 通 止 電 車 遅 延 驚 ぜ 波 調 過 去 在 未 透 視 利 用 波 調 互 波 α 波 θ 波 調 ナ ズ 偶 然 偶 然 居 運 命 高 好 転 臨 床 士 東 京 由 丘 ざ 添 ! ふ 空 普 段 フ 鳥 頭 ゆ 飛 歩 商 店 街 探 商 品 売 即 買 得 例 偶 然 入 験 日 々 計 画 移 べ 想 定 内 想 定 偶 然 通 途 違 物 信 号 ミ 通 止 電 車 遅 延 驚 ぜ 波 調 過 去 在 未 透 視 利 用 波 調 互 波 α 波 θ 波 調 ナ ズ 透 視 親 交 博 士 科

More information

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 集 顔 英 編 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 監 修 目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 富 樫 康 野 亜 紀 建 設 道 務

More information

2 ょ 返 育 在 歴 弁 標 準 語 奇 妙 混 ざ 独 特 語 腹 太 太 奴 ぱ デ ブ 訳 曙 錦 張 息 吐 現 靴 脱 捨 足 裏 角 質 皮 膚 得 白 粉 ポ ロ ポ ロ 零 ょ 靴 捨 ダ メ 靴 物 健 康 証 拠 ダ メ 開 絶 望 洪 水

2 ょ 返 育 在 歴 弁 標 準 語 奇 妙 混 ざ 独 特 語 腹 太 太 奴 ぱ デ ブ 訳 曙 錦 張 息 吐 現 靴 脱 捨 足 裏 角 質 皮 膚 得 白 粉 ポ ロ ポ ロ 零 ょ 靴 捨 ダ メ 靴 物 健 康 証 拠 ダ メ 開 絶 望 洪 水 1 看 取 ( 第 5 ) 田 隆 道 yamada takamichii 第 五 場 排 水 溝 詰 ひ 抜 毛 増 初 づ 夏 忙 ク モ 膜 血 倒 心 過 酷 状 況 月 経 疲 労 軽 減 元 戻 高 予 完 全 外 夏 秋 過 去 冬 抜 毛 減 排 水 溝 詰 モ ズ ク 抜 毛 塊 毎 掃 除 翌 塊 正 視 雨 濡 雛 鳥 髪 物 悲 部 簾 男 髪 歳 三 九 歳 結 婚 比 腹

More information

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩 平 成 2 6 年 第 3 回 府 中 町 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 3 号 ) 1. 開 会 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 2 日 ( 金 ) 2. 招 集 の 場 所 府 中 町 議 会 議 事 堂 3. 開 議 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 7 日 ( 水 ) ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 5 平 成 2 0 年 8 月 2 9 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

捨てられた提督 ID:84353

捨てられた提督 ID:84353 捨 水 野 クルル 注 意 事 項 P D F フ ァ ル ハ メ ル 掲 載 品 自 動 的 P D F 化 小 説 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ ル 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 変 再 配 布 販 売 禁 起 物 語 目 次 話 2 話 4 話 2 0 x x 年 人 類 制 権 奪 誰 奪 最 初 各 国 勇 敢 ち 向 効 段 々 削 突 如 現 脅

More information

NGO イ ン タ ー ン シ ッ プ イ ン タ ー ン の 費 用 の 支 援 な ど 年 間 20 名 3 対 話 の 強 化 外 務 省 と NGO の 会 議 一 般 の 方 の 参 加 可 能 提 起 協 議 会 ( 年 1 回 ) 連 携 推 進 委 員 会 ( 年 間 7 回 ) N

NGO イ ン タ ー ン シ ッ プ イ ン タ ー ン の 費 用 の 支 援 な ど 年 間 20 名 3 対 話 の 強 化 外 務 省 と NGO の 会 議 一 般 の 方 の 参 加 可 能 提 起 協 議 会 ( 年 1 回 ) 連 携 推 進 委 員 会 ( 年 間 7 回 ) N 2013 年 2 月 1 日 公 益 社 団 法 人 日 本 環 境 教 育 フ ォ ー ラ ム 外 務 省 主 催 セ ミ ナ ー 平 成 24 年 度 NGO 研 究 会 国 際 協 力 NGO の フ ァ ン ド レ イ ジ ン グ ~ 資 金 調 達 の 真 髄 を 探 る!~ 1. 日 時 : 2013 年 2 月 1 日 12 時 00 分 ~ 17 時 00 分 2. 場 所 : TKP

More information

新生FF7(凍結) ID:32744

新生FF7(凍結) ID:32744 新 7 凍 結 Safull 注 意 事 項 P D ハ メ 掲 載 品 自 動 的 P D 化 小 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 愛 少 年 神 手 違 本 棚 降 量 マ ニ 下 敷 死! 物 語 少 年 Ⅶ 主 公 転 話 次 0 m o n 転 1 1 t M o n 覚 5 2 n d M o n 会

More information

イ ン チ ー ザ ヴ ィ チ ェ ン ツ ァ ヴ ィ ッ ロ ル バ ( ト レ ビ ゾ 近 郊 ) ヴ ィ ン チ ヴ ェ ル バ ニ ア ヴ ェ ロ ー ナ エ リ チ ェ カ タ ー ニ ャ ( 3 月 ~ 1 0 月 ) ( 1 1 月 ~ 2 月 ) 5 0 ユ ー ロ 以 上 介 護

イ ン チ ー ザ ヴ ィ チ ェ ン ツ ァ ヴ ィ ッ ロ ル バ ( ト レ ビ ゾ 近 郊 ) ヴ ィ ン チ ヴ ェ ル バ ニ ア ヴ ェ ロ ー ナ エ リ チ ェ カ タ ー ニ ャ ( 3 月 ~ 1 0 月 ) ( 1 1 月 ~ 2 月 ) 5 0 ユ ー ロ 以 上 介 護 イタリア 各 都 市 における 滞 在 税 ( 宿 泊 税 )の に 関 して 平 素 は 格 別 の お 引 き 立 て を 賜 り 誠 に 有 難 う ご ざ い ま す こ の 度 2 0 1 1 年 1 月 1 日 よ り ロ ー マ に お い て ご 宿 泊 の お 客 様 を 対 象 に 滞 在 寄 付 金 ( C o n t r i b u t o d i S o g g i o r

More information

円いひっぴい

円いひっぴい 小 田 実 全 集 小 説 第 13 巻 円 ぴ 巻 三 十 三 作 者 目 次 7 4 4 作 者 寸 虫 五 魂 寸 虫 五 投 機 金 儲 惑 打 算 処 世 術 体 験 説 教 ぐ 想 観 念 五 サ ズ 以 小 マ 体 寸 虫 棚 並 世 界 想 全 集 本 想 愛 好 家 文 学 鑑 賞 家 ぞ 嘆 賞 ド エ フ マ ゾ フ 兄 弟 審 問 官 ご 論 寸 虫 五 想 五 観 念 マ

More information

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転 102 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 平 成 月 始 史 談 目 オ ラ ヒ リ 掲 載 六 月 号 九 治 氏 オ ラ ヒ リ 掲 載 界 彩 登 頂 正 敏 氏 氏 日 協 理 区 評 議 評 議 務 所 理 議 長 締 役 要 職 務 平 成 第 ベ 章 平 成 七 月 旭 日 双 光 章 章 界 表 重 鎮 論 点 伺 歩 み 界 歩 み 号 掲 載 明 治 創 創 七 老 舗 動

More information

ガールズ_リリアンド_パンツァー.indd

ガールズ_リリアンド_パンツァー.indd 3 等 入 幾 経 頃 断 即 答 速 否 決 逆 困 志 摩 困 祐 巳 緒 理 私 命 令 眼 詰 有 馬 小 父 極 秘 止 唯 経 験 者 仕 引 受 握 祐 巳 取 喜 処 必 要 返 答 途 多 難 頭 抱 練 習 決 瞬 沙 織 輝 首 傾 眠 有 嬢 校 武 最 近 4 不 議 優 花 里 尋 然 報 ぞ 顔 指 図 星 少 ド ド ぽ 白 状 存 づ ひ ポ ポ 周 斉 葉 耳 傾

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

提案説明

提案説明 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 [ 2 8. 2. 12( 金 ) AM10:00] 本 日 こ こ に 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 を 招 集 い た し ま し た と こ ろ 議 員 の 皆 様 方 に は お そ ろ い で ご 出 席 を い た だ き 厚 く 御 礼 を 申 し あ げ ま す さ て

More information