<4D F736F F D208A778D5A95D682E882558C8E8D8682BB82CC82502E646F63>

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D208A778D5A95D682E882558C8E8D8682BB82CC82502E646F63>"

Transcription

1 2011 年 6 月 6 日 校 長 山 下 道 明 ボンジュール マ メール より その1 聖 母 の 子 どもの 一 人 ひとりが 家 族 のため 友 のために また 社 会 において 真 理 の 中 に 人 々の 心 を 結 ぶ 平 和 の 天 使 でありますように ( 創 立 者 メール マリー クロチルド リチュニエの 言 葉 ) 本 学 院 の 設 立 母 体 である ヌヴェール 愛 徳 およびキリスト 教 的 教 育 修 道 会 は 1680 年 にフランス 中 部 のヌヴェール 市 近 郊 に 設 立 されました この 修 道 会 は 神 は 愛 である の 標 語 をもって あらゆる 種 類 の 物 的 精 神 的 貧 しさに 苦 しむ 人 々への 奉 仕 特 に 子 女 の 教 育 と 成 し 得 る 限 りの 愛 徳 の 仕 事 に 献 身 するこ とを 目 的 としました 20 世 紀 初 頭 にはこの 修 道 会 から 神 の 愛 を 伝 えるため 7 人 の 修 道 女 がフランスより 来 日 しました その 中 の1 人 メール マリー クロチルド リチュニエは 愛 の 学 校 を 設 立 すること 以 上 に 尊 いことが 他 に 何 かあるでしょうか あなたたちは 理 性 と 神 の 恵 みのすすめにしたがって 神 両 親 隣 人 自 分 自 身 に 対 してなすべきつとめを 果 たすように 子 どもたちに 教 えなさい という 想 い すなわち 愛 と 奉 仕 の 精 神 のもと 1923 年 大 阪 玉 造 の 地 に 聖 母 マリアのみ 名 をいただいて 聖 母 女 学 院 を 設 立 しました 校 長 室 前 :Holy News より 創 立 記 念 日 ミサ 6 月 3 日 ( 金 ) 創 立 記 念 を 祝 う 御 ミサが 行 われました 同 窓 会 長 の 杉 本 様 をはじめ 同 窓 生 の 方 退 職 さ れた 先 生 ヌベール 愛 徳 修 道 会 のシスター 眞 隅 シスター 小 川 もお 越 しくださいました 司 式 はカトリック 伏 見 教 会 のエルメル ディマルクト 神 父 さまです 学 校 創 立 当 時 をスライドで 見 た 後 ミサが 始 まりました 全 校 生 徒 が 集 うとどうしても 騒 然 としてしまいます 集 まったときは 少 しざわついていましたが すぐに 静 かになり おごそかな 雰 囲 気 の 中 での 御 ミサでした 聖 歌 を 歌 う 声 もとてもよく 響 いていました 途 中 神 父 様 から 祝 福 をいただく 場 面 では 多 くの 生 徒 が 希 望 し 少 しざわざわしてしまいましたが 祝 福 が 終 わる とまた 静 粛 になり とてもいい 御 ミサを 与 ることができました ミサの 後 シスター 小 川 英 子 さまから 本 校 の 創 立 当 時 のお 話 を 伺 いました シスター 小 川 は 前 田 教 頭 が 高 校 Ⅰ 年 生 のときの 校 長 先 生 です 京 都 聖 母 の 初 代 校 長 レヴェランド メール マリー クロチルド リチュニエ 第 2 代 校 長 メール サ ン ジャン ドーレ 第 3 代 校 長 メール ベルナデッタ ゴーテ また メール マリー クロチルド 菅 野 私 たちの 学 校 を 苦 労 に 苦 労 を 重 ね 作 り 上 げてこられた 方 々 当 時 の 逸 話 も 交 えながらお 話 しをしてくだ さいました 過 去 を 振 り 返 ることは 将 来 を 新 しく 築 いていく 責 任 を 負 うことである ともおっしゃいました 私 たち が 創 立 当 時 を 思 い 起 こし その 様 子 を 伺 うことは 私 たちの 学 校 がさらに 発 展 するための 大 きな 責 任 を 負 うことなのですね シスター 小 川 ありがとうございました この 京 都 聖 母 学 院 中 高 が 益 々 発 展 してい くように 生 徒 たちとともに 頑 張 って 参 ります 対 香 里 定 期 戦 6 月 3 日 ( 金 ) 午 後 から 大 阪 聖 母 女 学 院 中 高 で 対 香 里 定 期 戦 が 行 われました ソフトテニス 部 バスケットボール 部 バドミントン 部 バレーボール 部 の4つのクラブが 中 高 別 に 勝 敗 を 競 います どのクラブも どの 試 合 も 見 たいのですが 同 時 にいくつかの 試 合 が 行 われているので あっちへ 行 ったり こっちへ 行 ったり 応 援 に 来 た 先 生 も 同 じようにウロウロしています それにしても 生 徒 たちのいきいきとしていること クラブでは しかも 試 合 ではこんなに 生 き 生 きと しているのですね 保 護 者 の 皆 さまにもぜひご 覧 いただきたかったな と 思 いました 高 校 バレーボール 部 と 高 校 バスケットボール 部 は 試 合 が 終 了 した 生 徒 などが 集 まり 大 声 援 の 中 での 試 合 となりました 高 校 バレーボール 部 第 1セットはとったうえでの 第 2セット かなりの 接 戦 となり 会 場 はとても 盛 り 上 がりました 大 声 援 を 受 けながらプレーする 選 手 たちの 緊 張 と 気 迫 が 伝 わっています それにしても カッコいい しかも 一 生 懸 命 本 当 にカッコいい 高 校 バスケットボール 部 の 試 合 は 今 回 の 定 期 戦 最 後 の 試 合 となりました こちらも 大 声 援 の 中 での 試 合 です 接 戦 でしたが 選 手 や 監 督 の 西 村 教 諭 は 冷 静 です 状 況 をしっかりと 判 断 しながらのプレー を 心 がけていたようです 勝 っても 負 けても 一 生 懸 命 な 生 徒 たち そして 生 徒 たちを 見 守 る 顧 問 そこには 京 都 も 大 阪 も 差 がなく 本 当 に 素 晴 らしい 光 景 です すべての 生 徒 が こんな 生 き 生 きとした 学 校 生 活 を 送 れるようにしていかね ばならない 改 めて 思 いました 定 期 戦 来 年 は 京 都 です 保 護 者 の 方 もぜひ 応 援 にいらっしゃってください

2 対 香 里 定 期 戦 結 果 ソフトテニス 部 中 学 京 都 4-1 大 阪 ソフトテニス 部 高 校 京 都 1-4 大 阪 バスケットボール 部 中 学 京 都 大 阪 バスケットボール 部 高 校 京 都 大 阪 バドミントン 部 中 高 京 都 2-3 大 阪 バレーボール 部 中 学 京 都 1-2 大 阪 バレーボール 部 高 校 京 都 2-0 大 阪 なお 当 日 は 両 校 の 生 徒 会 執 行 部 の 生 徒 も 交 流 をしました 学 校 見 学 や 情 報 交 換 などをし 有 意 義 な 一 日 だったとのことです 両 校 の 生 徒 会 活 動 が 益 々 盛 んになればいいですね そして 定 期 戦 以 外 にも 互 い に 交 流 できる 行 事 などがあればいいと 思 います 新 体 操 部 インターハイ 出 場 決 定 6 月 4 日 ( 土 ) 向 日 市 市 民 体 育 館 で 京 都 府 新 体 操 競 技 春 季 選 手 権 大 会 が 行 われました 保 護 者 の 方 や 卒 業 生 が 大 勢 見 守 るなか 本 校 の 新 体 操 部 は 素 晴 らしい 演 技 を 披 露 みごと 優 勝 し 夏 に 青 森 で 行 われる 全 国 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 (インターハイ)へ3 年 連 続 の 出 場 が 決 定 しました 新 体 操 は 見 ている 方 も 本 当 に 緊 張 します わずか 数 分 の 演 技 ですが その 数 分 間 のために 彼 女 たち はこれまでにどれだけの 時 間 と 想 いをかけてきたことか 演 技 では 一 瞬 たりとも 気 を 抜 けません 自 分 の 演 技 に 集 中 しながら 他 の4 人 の 動 きにも 注 意 を 払 い 続 けなければなりません ミスは 許 されない 精 神 的 にかなり 過 酷 な 競 技 です 専 門 的 に 見 るとまだまだという 面 もあるのでしょうが 私 から 見 ると 申 し 分 の 無 い 素 晴 らしい 演 技 でした 新 体 操 部 のみんな おめでとう 保 護 者 の 皆 さま おめでとうございます 6 月 6 日 ( 月 ) 朝 さっそくみんなで 南 門 まで 挨 拶 にきてくれました インターハイ 出 場 チーム 私 の 方 が 緊 張 してしまいました これからが 大 変 かとは 思 いますが さらに 健 闘 してくれることを 期 待 していま す 頑 張 ってください 放 課 後 英 会 話 教 室 楽 しみながら 英 語 に 触 れる 時 間 をふやそう できるだけたくさん 英 語 で 話 すチャンスがもてるよ! をモットーにして 平 日 の 放 課 後 英 会 話 教 室 を 開 講 しています 場 所 は 選 択 教 室 南 1 ( 時 々 移 動 しま すが ) 毎 時 間 英 語 科 の 教 員 が2 人 待 機 申 込 みは 不 要 当 然 無 料 です 主 な 内 容 としては テーマを 決 めたフリートーキング アメリカの 手 話 (English Sign Language) 時 事 英 語 や 短 いビデオ 英 語 のマンガやゲーム 英 検 の 問 題 や TOEIC の 問 題 など 国 際 化 が 進 む 社 会 の 中 で 英 語 はこれからの 時 代 で 活 躍 する 生 徒 たちには 欠 かせないものです 高 い 授 業 料 を 払 い 学 外 の 英 会 話 教 室 に 行 かなくても 大 丈 夫 放 課 後 英 会 話 教 室 でバッチリ 英 語 力 がアップしますよ 夏 服 です 登 校 時 など 肌 寒 く 感 じる 日 もありますが 本 日 6 月 6 日 ( 月 )より 夏 制 服 での 登 校 となります 本 校 の 夏 服 は 清 楚 な 感 じのするすっきりしたものです 生 徒 にはきちんと 着 て 欲 しいと 思 います 寒 い 場 合 はカー ディガンなどで 調 節 してもらいたいのですが それでも 寒 い 場 合 は お 嬢 様 から 教 員 にお 伝 えくだされば 個 々に 対 応 させていただきます 学 力 推 移 調 査 中 学 の3 学 年 には 学 力 推 移 調 査 の 結 果 が 返 却 される 頃 かと 思 います 学 力 推 移 調 査 とは ベネッセコ ーポレーションが 行 っている 中 高 一 貫 校 むけの 実 力 テストです 試 験 範 囲 も 中 高 一 貫 校 を 意 識 して 先 取 りをされたものになっています 全 国 で 多 くの 中 高 一 貫 校 が 受 験 その 中 で 好 成 績 を 収 めるのはなかなか 難 しい 中 学 3 年 間 継 続 して 受 験 していきますので 保 護 者 の 皆 さまには お 嬢 様 の 成 績 が 上 昇 している のか 下 降 ぎみなのかを 確 認 していただければ と 思 います また 学 力 推 移 調 査 では 学 習 習 慣 や 意 識 調 査 などのアンケートも 同 時 に 実 施 されます あわせてご 確 認 いただければ お 嬢 様 の 学 習 に 対 する 意 識 な どと 成 績 の 関 係 もご 確 認 いただけると 思 います 第 20 回 記 念 いのちの 講 演 会 人 の 心 に 花 一 輪 人 の 心 に 花 一 輪 努 力 の 上 の 心 棒 に 花 が 咲 く 桂 小 金 冶 氏 先 にご 案 内 をしておりますように 上 記 講 演 会 が 行 われます 7 月 3 日 ( 日 )14 時 京 都 産 業 会 館 です 主 催 は 京 都 小 さな 生 命 を 考 える 懇 談 会 京 都 小 さな 生 命 を 守 る 母 親 の 会 ( 円 ブリオ 京 都 ) NPO 法 人 円 ブリオ 基 金 センター は 中 絶 される 胎 児 の 命 を 救 いたいと 1993 年 に 創 設 経 済 的 な 理 由 で 出 産 をためらうケースには 金 銭 的 援 助 を 行 い これまで 200 人 以 上 の 赤 ちゃんが 誕 生 しているとのこ とで 本 校 も 募 金 や 生 徒 への 啓 蒙 活 動 をし 協 力 をしています 今 回 の 東 日 本 大 震 災 で 被 災 した 妊 婦 の 方 か らの 支 援 要 請 も 相 次 いでいるそうです 5 月 3 日 付 産 経 新 聞 には 次 のようにありました センターには 震 災 直 後 からたくさんの 相 談 が 寄 せられた 夫 の 収 入 が 震 災 で 激 減 し 出 産 費 用 がない 震 災 で 夫 の 仕 事 がなくなったが 出 産 一 時 金 の 給 付 が 受 けられるのか といった 内 容 だ 状 況 を 聞 き 取 り 検 診 費 用 や 出 産 費 用 で 緊 急 に 資 金 が 必 要 と 判 断 したケースには 翌 日 に 銀 行 口 座 に 振 り 込 むなど 迅 速 な 対 応 を 行 い 3 月 17 日 から4 月 28 日 までに 計 300 万 円 44 人 の 出 産 を 援 助 着 の 身 着 のままで 批 難 し ほとんど 書 類 もなく 電 話 のみで 早 急 に 対 応 していただけ 助 かりました 避 難 先 の 病 院 を 紹 介 してもら い 到 着 してすぐに 受 診 間 一 発 で 命 が 助 かりました などの 感 謝 の 声 が 寄 せられている 講 演 会 参 加 ご 希 望 の 方 は 6 月 18 日 までに 申 込 書 を 担 任 までご 提 出 ください 先 日 の 朝 礼 で 中 学 2 年 梅 組 瀬 口 純 華 さんの 表 彰 を 行 いました 素 晴 らしい おめでとう 第 38 回 近 畿 馬 術 競 技 大 会 障 害 飛 越 競 技 の 部 第 八 位 [ 入 賞 ] 第 10 回 水 口 ホースショー 4 月 29 日 実 施 第 五 位 5 月 1 日 実 施 第 五 位 6 月 の 行 事 予 定 6 月 3 日 ( 金 ) 創 立 記 念 ミサ 香 里 定 期 戦 6 月 7 日 ( 火 ) 高 Ⅲ 進 研 マーク 模 試 6 月 8 日 ( 水 ) 塾 の 先 生 方 対 象 入 試 説 明 会 6 月 9 日 ( 木 ) 高 ⅢGテック(1 2 時 間 目 ) 6 月 10 日 ( 金 ) 漢 字 検 定 ( 放 課 後 ) 6 月 11 日 ( 土 ) 保 護 者 学 年 委 員 会 (11 時 ~) 私 立 中 高 連 保 護 者 会 連 合 会 春 季 定 例 総 会 ( 京 都 私 学 会 館 ) 6 月 12 日 ( 日 ) 英 検 第 1 回 1 次 試 験 ( 校 内 実 施 ) 6 月 15 日 ( 水 ) 合 唱 コンクール( 京 都 会 館 ) 6 月 19 日 ( 日 ) 私 学 フェア(みやこメッセ) 6 月 21 日 ( 火 ) 中 学 3 年 保 護 者 懇 談 会 6 月 22 日 ( 土 ) 中 学 1 年 あしなが 学 生 募 金 講 演 会 高 校 Ⅱ 年 大 学 別 進 路 説 明 会 6 月 23 日 ( 木 ) 中 学 1 年 2 年 保 護 者 懇 談 会 中 学 3 年 大 学 訪 問 6 月 25 日 ( 土 ) 保 護 者 会 総 会 高 Ⅲ 進 研 小 論 文 テスト 第 1 回 オープンスクール

3 2011 年 6 月 13 日 校 長 山 下 道 明 疲 れた 者 重 荷 を 負 う 者 は だれでもわたしのもとに 来 なさい 休 ませてあげよう わたしは 柔 和 で 謙 遜 なものだから (マタイ 11.28) 愛 する 者 たち 互 いに 愛 し 合 いましょう 愛 は 神 から 出 るもので 愛 する 者 は 皆 神 から 生 まれ 神 を 知 っているからです (ヨハネの 手 紙 1.14 章 7~16 節 ) イエスの 御 心 の 月 伝 統 的 に 教 会 は 6 月 を イエスのみ 心 の 月 として イエスのみ 心 に 対 する 信 心 を 勧 めてきました み 心 の 信 心 は 古 く 中 世 期 にまでさかのぼりますが 全 教 会 の 祝 日 として 定 められたのは 1856 年 です この 祭 日 の 目 的 は イエスのみ 心 に 表 される 神 の 愛 を 思 い 起 こすと 共 に イエスの 無 限 の 愛 のしるしで ある み 心 をたたえることです イエスには 人 間 一 人 ひとりを 真 実 に 愛 する 心 がある しかも その 重 荷 労 苦 を 支 え 解 決 していく 力 が あります すべての 人 をみつめ 包 み 愛 する 心 それを 支 える 力 がイエスにはあるのです つきることの ない 愛 の 豊 かさと 生 命 力 それがイエスの 人 格 の 神 秘 となって 生 きているのです イエスはいつの 時 代 の 人 々にとっても 希 望 であり 力 であり 光 であることの 原 点 です そして 信 仰 と はこうしたイエスのみ 心 から 力 と 光 をくみとる 心 なのです イエスのみ 心 私 たちがいっそう 深 くあなたを 愛 することができますように イエスのみ 心 の 祝 日 で 読 ま れる 朗 読 から 抜 き 出 したとてもよい 部 分 が 上 の2つです 校 長 室 前 :Holy News より いよいよ 合 唱 コンクールです その2 今 週 の 水 曜 日 6 月 15 日 ( 水 ) 待 ちに 待 った 合 唱 コンクールです 当 然 高 校 Ⅲ 年 生 にとっては 最 後 の 合 唱 コンクール この 日 のために 今 どのクラスも 練 習 に 懸 命 です 朝 8 時 前 にはほとんどの 生 徒 が 登 校 し ています 早 朝 練 習 ですね さて 当 日 9 時 までに 京 都 会 館 へ 行 くことはできません 集 合 時 間 と 集 合 場 所 は 各 クラスで 決 めます 中 学 1 年 生 や 遠 方 から 来 る 生 徒 などは なかなかたどり 着 かない 場 合 もあり みんながとても 心 配 します 頑 張 って 来 てください 9 時 10 分 に 会 館 入 り 口 が 開 きます ただ 客 室 内 には 10 時 20 分 まで 入 ることはで きません 生 徒 たちは 本 番 前 の 練 習 のため ロビー 内 でいい 場 所 を 確 保 しようとします 入 り 口 が 開 くと 会 館 内 に 急 いで 入 るクラス 悠 々と 入 っていくクラス あるいは 会 館 の 中 には 入 らず 外 で 練 習 するクラス まちまちですが いずれにしても 限 られたスペースでの 練 習 なので 大 変 です 雨 天 の 場 合 はさらに 大 変 高 校 生 は 午 後 の 発 表 なので 少 し 余 裕 がありますが 中 学 は 本 番 前 の 最 後 の 練 習 見 守 る 担 任 もドキドキです 練 習 できるのは 今 日 と 明 日 そして 本 番 直 前 時 間 はあとわずか クラスみんなで 団 結 して 最 高 のス テージにしてください 頑 張 ってくださいね 学 年 別 事 前 発 表 会 ( 聴 きあい 会 ) 他 のクラスでき 具 合 はとても 気 になるところです 教 員 も 生 徒 と 同 じ 組 は 上 手 らしいで という 声 も 職 員 室 では 耳 にします 本 番 数 日 前 に 学 年 ごとに 聴 きあい 会 を 行 い 自 分 たちのクラスの 完 成 度 と 他 のクラスの 状 態 を 確 認 し あいます 先 週 の 水 曜 日 6 月 8 日 ( 水 )7 時 間 目 に 中 3 高 Ⅲそれぞれの 聴 きあい 会 がありました 中 学 3 年 生 は まだまだこれから でも あと 一 週 間 あるから 大 丈 夫 かな という 印 象 でした ここから グ~ンと 伸 びてくると 思 います あれは 本 気 と 違 うし 中 学 3 年 生 の 生 徒 が 私 に 言 ってくれました ハハハ その 言 葉 信 用 して しっ かり 期 待 していますよ 高 校 Ⅲ 年 生 は さすがです この 学 年 は 昨 年 度 高 校 Ⅱ 年 生 で 最 優 秀 賞 をとった 学 年 どのクラスも 上 手 です 全 校 で 唯 一 音 楽 の 授 業 のないのが 高 Ⅲ 梅 組 でも 他 のクラスと 比 べてまったく 遜 色 ありま せん あの 子 ら ここまでようやった あと 一 週 間 まだまだ 伸 びるよ 担 任 の 田 中 教 諭 は 私 に 言 ってま した 翌 日 6 月 9 日 ( 木 )の 放 課 後 中 2 高 Ⅱの 番 です 中 2はやはりまだまだこれからです 残 っ ている 時 間 は 限 られています 集 中 してしっかりと 頑 張 れ~ 高 Ⅱは 貫 禄 があります 上 手 です 今 年 も 去 年 のようにこの 学 年 から 最 優 秀 がでるのかな と 思 いなが ら 聴 いていました 中 1と 高 Ⅰは 本 日 6 月 13 日 ( 月 )の 放 課 後 です 残 念 ながら 出 張 なので 聴 けません 本 番 の 楽 しみにとっておきます こうやって ああだこうだ 言 いながら 夢 中 に 過 ごせる 時 間 が 一 番 幸 せな 時 間 なのですね 始 まってしま えば 本 番 はあっというまです きのうでもなく 明 日 でもなく 大 切 なのは 今 今 のこの 時 間 この 瞬 間 を 大 切 にしてほしいと 思 います 合 唱 コンクール 最 優 秀 クラス この 10 年 中 学 最 優 秀 クラス 高 校 最 優 秀 クラス 2001 年 度 第 17 回 2002 年 度 第 18 回 2003 年 度 第 19 回 2004 年 度 第 20 回 2005 年 度 第 21 回 2006 年 度 第 22 回 2007 年 度 第 23 回 2008 年 度 第 24 回 2009 年 度 第 25 回 2010 年 度 第 26 回 2011 年 度 第 27 回 3 百 合 エトピリカ 3 藤 ともしびを 高 くかかげて 3 菊 親 知 らず 子 知 らず 3 桜 名 づけられた 葉 3 梅 木 琴 3 藤 親 知 らず 子 知 らず 3 梅 土 の 歌 より 大 地 讃 頌 3 桜 土 の 歌 より 大 地 讃 頌 3 藤 狩 人 アレン 3 菊 木 琴 3 百 合 組 曲 時 の 女 神 より あなたへ? Ⅲ 梅 停 電 小 僧 Ⅱ 梅 アジア より 神 々が 跳 ぶ Ⅲ 梅 組 曲 地 球 に 寄 り 添 って よりセンスオブワンダー Ⅲ 菊 田 の 草 取 り 唄 Ⅲ 梅 信 じる Ⅲ 藤 秘 密 の 花 より 道 化 服 を 着 た 死 Ⅲ 梅 組 曲 獅 子 の 子 幻 想 より 都 の 春 Ⅲ 桜 組 曲 美 しい 訣 れの 朝 より お 母 さん Ⅲ 桜 Gloria Ⅱ 菊 秘 密 の 花 より 道 化 服 を 着 た 死? 過 去 10 年 を 振 り 返 ってみると 受 賞 曲 はまちまちですね 高 校 Ⅱ 年 生 が 高 校 最 優 秀 賞 をとった 年 が2 回 それに 比 べ 中 学 はずっと 中 学 3 年 生 ただ 今 年 もそのようになるかはやってみないとわかりません 2004 年 度 の 中 学 は 最 優 秀 クラスが2クラスあったのですね 最 優 秀 クラスを 選 ぶのはすごく 難 しいようで す 特 に 高 校 の 方 は 甲 乙 つけがたい 状 態 したがって 数 年 前 から 中 学 の 採 点 は 本 校 の 教 員 がしますが 高 校 の 方 は 専 門 の 方 にお 願 いしています 数 学 科 の 清 水 教 諭 や 四 方 教 諭 も 最 優 秀 クラスを 経 験 しています また 教 育 実 習 生 も 何 人 かは 毎 年 いくつものドラマがあったのでしょうね 今 年 は 各 クラスでどんなドラマが 生 まれるのでしょうか 楽 しみです

4 表 彰 です 新 体 操 部 団 体 第 64 回 京 都 府 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 新 体 操 女 子 団 体 競 技 選 手 権 優 勝 平 成 23 年 度 京 都 府 体 操 競 技 新 体 操 春 季 選 手 権 大 会 新 体 操 女 子 第 1 位 新 体 操 部 個 人 高 校 Ⅲ 年 菊 組 松 本 沙 久 良 さん 第 64 回 京 都 府 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 新 体 操 三 年 生 の 部 個 人 競 技 選 手 権 第 三 位 クラブ 第 三 位 ボール 第 三 位 高 校 Ⅲ 年 菊 組 山 田 賀 奈 子 さん 第 64 回 京 都 府 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 新 体 操 三 年 生 の 部 個 人 競 技 選 手 権 第 四 位 平 成 23 年 度 京 都 府 体 操 競 技 新 体 操 春 季 選 手 権 大 会 個 人 競 技 選 手 権 第 六 位 高 校 Ⅲ 年 菊 組 横 山 玲 奈 さん 第 64 回 京 都 府 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 新 体 操 三 年 生 の 部 個 人 競 技 選 手 権 第 五 位 高 校 Ⅱ 年 菊 組 共 田 茉 里 さん 第 64 回 京 都 府 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 新 体 操 二 年 生 の 部 個 人 競 技 選 手 権 第 二 位 ボール 第 一 位 クラブ 第 三 位 平 成 23 年 度 京 都 府 体 操 競 技 新 体 操 春 季 選 手 権 大 会 個 人 競 技 選 手 権 第 五 位 高 校 Ⅱ 年 菊 組 笹 沼 美 徳 さん 2011 年 度 関 西 選 手 権 水 泳 競 技 大 会 フリーコンビネーション 第 2 位 中 学 ソフトテニス 部 対 大 阪 女 学 院 中 高 定 期 戦 優 勝 高 校 バスケットボール 部 優 勝 高 校 バレーボール 部 優 勝 保 護 者 学 年 委 員 会 6 月 11 日 ( 土 )11 時 より 保 護 者 学 年 委 員 の 皆 さまにお 集 まりいただきました 学 年 委 員 をお 引 き 受 け くださり 誠 にありがとうございます 御 礼 申 し 上 げます 学 年 委 員 会 には 評 議 員 のみなさまも 同 席 くださり 学 年 ごとにお 話 をしていただきました 途 中 学 年 主 任 や 担 任 も 適 宜 加 わりました ( 授 業 の 関 係 で 失 礼 をさせていただいた 担 任 もおります) 学 校 は 保 護 者 の 皆 さまなしには 成 り 立 ちません 忌 憚 なきご 意 見 をどんどんおっしゃってくだされば と 思 います また 学 年 委 員 の 皆 さまにはご 無 理 をお 願 いすることがあるかもしれませんが 一 年 間 ど うぞよろしくお 願 いいたします 高 校 生 まゆまろバンド 選 抜 メンバー 決 定 秋 に 京 都 で 行 われる 第 26 回 国 民 文 化 祭 2011 吹 奏 楽 の 祭 典 に 出 演 する 選 抜 バンドのメンバーに 選 考 の 結 果 本 校 から 次 の4 名 の 生 徒 が 選 ばれました 今 後 10 回 ほどの 練 習 会 があり 11 月 3 日 の 本 番 を 迎 えるそうです 校 内 の 活 動 当 然 勉 強 もあり いろいろと 大 変 でしょうが 他 の 学 校 の 人 たちと 交 流 を することはとってもいい 経 験 になるはずです 頑 張 ってくださいね 高 Ⅲ 菊 組 中 村 教 子 さん(ホルン) 高 Ⅰ 藤 組 小 谷 優 樹 さん(コントラバス) 高 Ⅰ 菊 組 新 谷 美 歩 さん(クラリネット) 高 Ⅰ 梅 組 川 上 悠 奈 さん(トロンボーン) ランチタイム ミニコンサート 教 育 実 習 生 熊 谷 綾 乃 さんの 昼 休 みミニコンサート があります 6 月 16 日 ( 木 )13 時 ~ 夏 の 思 い 出 浜 辺 の 歌 Vaghissima sembianza かぎりなく 優 雅 な 絵 姿 I PURITANI Qui la voe sua soave 歌 劇 清 教 徒 より あなたの 優 しい 声 が 抜 粋 などを 披 露 してく れるそうです 熊 谷 さんは 本 校 特 設 理 系 コース( 以 前 ありました)から 同 志 社 女 子 大 学 生 活 科 学 部 食 物 栄 養 学 科 へ 進 学 その 後 同 志 社 女 子 大 学 学 芸 学 部 音 楽 科 演 奏 専 攻 声 楽 コースへ 転 学 現 在 学 生 生 活 を 送 りながら 多 方 面 で 活 躍 中 です かつては 本 校 の 合 唱 コンクールでも 高 校 最 優 秀 クラスの 指 揮 をしてくれました 素 直 でまじめ 人 の 気 持 ちをしっかりとよみとれ 思 いやりあふれるとっても 優 しい 生 徒 でした 教 育 実 習 最 後 の 一 週 間 5 月 30 日 からの 教 育 実 習 もいよいよ 最 後 の 週 となりました 慣 れない 教 員 経 験 ですが それなりに 頑 張 っているようです ほとんどが 本 校 の 卒 業 生 最 後 までしっかり 頑 張 ってくれることでしょう 授 業 など では 不 十 分 な 点 も 多 々あり 生 徒 たちには 適 切 な 対 応 ができていないかもしれませんが どうぞご 理 解 く ださいますようお 願 い 申 し 上 げます 塾 の 先 生 方 への 学 校 説 明 会 6 月 8 日 ( 水 ) 塾 の 先 生 方 への 学 校 説 明 会 を 実 施 しました 生 徒 が 中 学 入 学 前 や 高 校 入 学 前 にお 世 話 に なった 先 生 方 大 勢 の 先 生 がお 越 しくださいました 校 内 見 学 ではちょうど 休 み 時 間 にかかり 生 徒 たち はみんな 気 持 ちよく 挨 拶 してくれたようです 塾 の 先 生 に 限 らず 様 々な 方 に 学 校 を 知 っていただきたい と 思 います とても いい 学 校 だということを 知 っていただきたい 今 回 塾 の 先 生 には 生 徒 たちがこんなに 生 き 生 きとしている 学 校 だということを 知 っていただけた と 思 います 新 体 操 部 壮 行 会 6 月 12 日 ( 日 ) 新 体 操 部 のインターハイ 出 場 壮 行 会 が 本 校 の 体 育 館 で 行 われました 保 護 者 の 方 や 卒 業 生 が 見 守 る 中 部 員 たちはインターハイ 出 場 を 決 めた 演 技 を 披 露 してくれました 何 度 見 ても 見 ている 方 も 緊 張 します 特 に 今 回 はすぐそばで 見 ることができたので 選 手 の 息 づかいまで 聞 こえるようでした 毎 日 朝 早 くから さらに 昼 休 みも 放 課 後 も 練 習 に 励 む 部 員 たち 本 当 に 頭 が 下 がります また その 部 員 たちを 支 えてくださる 保 護 者 の 皆 さま いつもありがとうございます 今 年 のインターハイは 青 森 です 震 災 で 大 きな 傷 を 負 った 東 北 でのインターハイ 自 分 たちが 一 生 懸 命 練 習 に 打 ち 込 めることに 感 謝 し 頑 張 ってまいります キャプテンの 松 本 さんは 力 強 く 言 ってくれました まだまだこれからが 大 変 でしょうが 全 力 で 頑 張 ってください

5 合 唱 コンクールが 終 了 しました 2011 年 6 月 20 日 校 長 山 下 道 明 6 月 15 日 ( 水 )それぞれのいろいろな 思 いが 交 錯 する 中 今 年 度 の 合 唱 コンクールは 終 了 しました う れし 涙 悔 し 涙 いずれにせよ みんなで 懸 命 に 頑 張 った 時 間 と 思 いはかけがえのないものとなったはず また クラスのみんなで 歌 った 曲 は 中 学 高 校 時 代 の 淡 く 懐 かしい 思 い 出 とともに 生 涯 にわたり 心 の 中 で 響 き 続 けることでしょう 生 徒 たちには そんな 素 敵 な 財 産 をしっかりと 胸 にしまって また 新 しい 目 標 に 向 かって 歩 んでいって 欲 しいと 思 います 合 唱 コンクール 本 当 に 素 晴 らしかった とともに 聖 母 の 生 徒 たち 本 当 に 素 晴 らしいと 思 います 保 護 者 のみなさまも 京 都 会 館 までお 越 しくださり 誠 にありがとうございました 私 学 フェア 6 月 19 日 ( 日 ) 私 学 フェア が 岡 崎 のみやこめっせでありました 京 都 の 私 立 中 学 や 高 等 学 校 の 受 験 を 考 えている 児 童 や 生 徒 に 教 員 や 生 徒 が 直 接 自 校 をアピールする 催 しです 会 場 は 朝 から 熱 気 むんむん 受 験 生 の 熱 意 が 伝 わります 生 徒 会 執 行 部 の 生 徒 も 参 加 学 校 のアピールをしてくれました ありがとう また 各 校 の 自 慢 クラブを 披 露 するコーナーもあり 我 が 校 はダンス 部 が 出 演 してくれました カワイー! 声 援 の 中 16 名 の 部 員 が 堂 々の 演 技 を 披 露 催 し 物 のトリをかっこよくきめてくれました ダンス 部 のみんなありがとう みんなが 学 校 のいいところをアピールしてくれています 本 当 にありがとう 中 3 大 学 訪 問 高 Ⅱ 大 学 別 説 明 会 6 月 23 日 ( 木 ) 中 学 3 年 生 は 大 学 を 訪 問 します 高 校 生 が 大 学 訪 問 をするのはよくあることですが 本 校 では 中 高 一 貫 校 の 利 点 を 活 かし 中 学 3 年 生 での 大 学 訪 問 です 漠 然 と 大 学 のイメージをつかみ 将 来 に 向 け て 少 しずつ 考 えていくきっかけにして 欲 しいと 思 います Ⅰ 類 Ⅱ 類 の 生 徒 は 同 志 社 女 子 大 学 京 田 辺 キャ ンパス Ⅲ 類 の 生 徒 は 京 都 大 学 を 訪 問 何 かをつかみとって 帰 ってきてください 一 方 高 校 Ⅱ 年 生 には 6 月 22 日 ( 水 ) 校 内 で 大 学 別 の 進 路 説 明 会 があります いろんな 大 学 の 方 が 来 ら れそれぞれの 大 学 をアピールされます 高 校 Ⅱ 年 生 は そろそろ 自 分 の 方 向 を 決 めていかねばならない 時 期 大 学 について 具 体 的 に 知 ることが 将 来 を 決 めていく 大 きなヒントになれば と 思 います 中 学 保 護 者 懇 談 会 中 学 3 年 生 は6 月 21 日 ( 火 ) 中 学 1 年 生 2 年 生 は6 月 23 日 ( 木 ) 保 護 者 会 をさせていただきます 突 然 のご 案 内 で 失 礼 をいたしましたが 多 数 のご 出 席 をお 待 ちしております また いずれの 学 年 も6 時 間 目 が 授 業 参 観 でございます こちらの 方 もぜひよろしくお 願 いいたします その3 神 は その 独 り 子 をお 与 えになったほどに 世 を 愛 された 独 り 子 を 信 じる 者 が 一 人 も 滅 びないで 永 遠 の 命 を 得 るためである 神 が 御 子 を 世 に 遣 わされたのは 世 を 裁 くためではなく 御 子 によって 世 が 救 われるためである 御 子 を 信 じる 者 は 裁 かれない 信 じない 者 は 既 に 裁 かれている 神 の 独 り 子 の 名 を 信 じていないからである (ヨハネによる 福 音 書 3 章 16~18 節 ) 教 育 実 習 終 了 教 育 実 習 が 終 了 しました 生 徒 にはとっても 温 かく 接 してもらったと 実 習 生 はみんな 感 謝 しておりま した 彼 女 たちの これからの 活 躍 を 祈 ります 生 徒 に 一 言 ずつ 言 葉 をもらっています 国 語 科 角 井 貴 乃 人 間 到 る 処 に 青 山 あり (ジンカンイタルトコロニセイザンアリ) 故 郷 を 出 て 大 いに 活 躍 すべきである 私 は 聖 母 から 巣 立 つ 日 に この 言 葉 を 担 任 の 先 生 から 頂 戴 しました 実 習 生 として 聖 母 から2 度 目 の 巣 立 ちを 迎 え た 今 今 度 は 私 から 生 徒 のみなさんにこの 言 葉 を 贈 ろうと 思 います あなたの 心 はあなただけのもの 自 分 と 向 き 合 い 認 め 信 じ のびのびと 自 らの 道 を 開 拓 していってください 社 会 科 永 田 真 祐 子 何 かに 挑 戦 することは 結 果 がどうであっても 無 駄 になることはありません 学 生 生 活 を 大 いに 楽 しんでください 社 会 科 藤 本 千 草 3 週 間 という 短 い 期 間 でしたが みなさんにと 過 ごしたこの 実 習 期 間 は 本 当 にかけがえのないものとなりました ありがとうございます また どこかでみかけた 時 には 気 軽 に 声 をかけてくださいね 社 会 科 吉 川 公 惠 過 去 を 変 えることはできませんが 未 来 を 変 えることはできます 今 この 一 瞬 を 大 切 にしてください 数 学 科 藤 本 佳 音 みなさんと 過 ごした3 週 間 とても 楽 しく 充 実 していました 本 当 にありがとうございました 今 しかできないこ とを 全 力 でやりきって 充 実 した 学 校 生 活 を 送 ってください 数 学 科 村 田 由 佳 3 週 間 たくさんの 生 徒 さんと 関 われて 本 当 に 楽 しかったです 皆 の 笑 顔 は 素 敵 でした これからも 毎 日 を 大 切 に 過 ご してください また 学 院 祭 に 遊 びに 来 ようと 思 うので 見 かけたら 声 をかけてください ありがとうございました 理 科 伊 豆 蔵 麻 友 今 という 時 間 を 精 一 杯 生 きてください 聖 母 学 院 で 過 ごす 学 校 生 活 は 自 分 にとって 全 てプラスになるものばかりだ と 思 います 勉 強 部 活 動 遊 び すべてにおいて 全 力 で 取 り 組 んでください 応 援 しています 音 楽 科 熊 谷 綾 乃 Vielen Dank.ありがとうございました Alles Gute! すべての 良 いことがみなさんの 上 にありますように 保 健 体 育 科 久 保 田 麻 衣 保 健 室 での 実 習 と 体 育 の 教 育 実 習 計 6 週 間 本 当 にありがとうございます 体 育 祭 合 唱 コンクール 創 立 記 念 ミサ と 聖 母 の 行 事 にたくさん 参 加 でき 毎 日 がとても 楽 しい 日 々でした みなさんには 今 聖 母 学 院 で 送 る 一 日 一 日 を 大 切 にして 欲 しいと 思 います 体 育 の 授 業 は 元 気 に! 楽 しく! 頑 張 りましょう 素 敵 な 聖 母 ライフを 送 ってください 美 術 科 大 長 めぐみ 3 週 間 という 短 い 間 でしたが 本 当 にありがとうございました 辛 い 事 がたくさんあると 思 います どんなときでも できないことは 悪 いことではないです それに 立 ち 向 かうことの 方 が 大 切 だと 思 います そのことをヒントに 学 校 生 活 を 送 ってください 書 道 科 美 代 紀 子 楽 しまずして 何 の 人 生 ぞや 吉 川 英 治 私 はこの 言 葉 が 大 好 きです 人 生 を 楽 しむ 為 には 今 何 をするべきか を 時 々 考 えてみてください 英 語 科 松 井 宏 夏 生 徒 さん 達 は 天 使 のように 素 直 で 純 粋 です しかし 生 きていくなかで 辛 い 事 があったり 逃 げ 出 したくなるとき が 来 ると 思 います そんな 時 は 悲 しみを 知 った 分 優 しくなれる という 言 葉 を 頭 に 浮 かべてみてください 英 語 科 松 尾 瑤 子 縁 と 書 いて 出 会 うよろこび これから 出 会 う 人 友 人 家 族 一 つひとつの 出 会 いを 大 切 にしてください 英 語 科 辻 本 麻 紀 聖 母 学 院 での6 年 間 は 私 にとって 最 高 の 思 い 出 です みなさんも 一 日 一 日 を 大 切 にしてください そして 素 晴 らしい 友 人 や 先 生 方 とともに あなたの 夢 に 向 かって 努 力 してください

6 新 体 操 部 近 畿 大 会 出 場 6 月 19 日 ( 日 ) 向 日 市 市 民 体 育 館 で 新 体 操 部 の 近 畿 大 会 がありました いずれも 府 県 を 勝 ち 抜 いてき た 代 表 すばらしい 演 技 の 連 続 です 我 が 校 の 新 体 操 部 も 堂 々の 演 技 を 見 せてくれました 次 はインター ハイ 大 変 でしょうが 活 躍 できる 幸 せをしっかりとかみしめ 頑 張 ってくださいね 合 唱 コンクール 結 果 と 講 評 ( 中 学 の 部 ) 最 優 秀 賞 : 中 2 梅 組 混 声 のための 合 唱 組 曲 時 の 女 神 より あなたへ~ 旅 立 ちによるメッセージ 優 秀 賞 : 中 3 桜 組 混 声 のための 合 唱 組 曲 時 の 女 神 より あなたへ~ 旅 立 ちによるメッセージ 中 1 学 年 賞 : 中 1 梅 組 手 紙 1 中 1 菊 組 旅 立 ちの 日 に 明 るく 声 はきれいで 素 直 な 声 でユニゾンはそろっていた ただ 強 弱 はなくクレッシェンドにならず ま た 高 音 部 の 声 がでなく 低 音 部 が 地 声 となったのは 残 念 2 中 2 菊 組 混 声 のための 合 唱 組 曲 時 の 女 神 より あなたへ~ 旅 立 ちによるメッセージ 出 だしはきれいでメロディー 部 分 はよく 声 が 出 ていた 全 体 に 音 程 の 乱 れが 気 になった 高 音 部 の 声 が 小 さ くのびが 欲 しい 3 声 がきれいなときはバランスもよくまとまっていたがラストの 音 のはずれは 惜 しかった 3 中 3 藤 組 虹 出 だしのユニゾンはきまりきれい ハーモニーは 美 しいがもう 少 し 強 弱 が 欲 しかった よく 落 ち 着 いて 表 現 できた 音 程 がしっかりとれて 完 成 度 が 高 い もう 少 し 明 るく 表 情 の 変 化 があればよい テンポが 良 い 指 揮 者 の 動 きに 皆 のって 一 体 感 が 伝 わった 4 中 3 菊 組 混 声 合 唱 組 曲 土 の 歌 より 大 地 讃 頌 声 がとてもよく 出 て 気 持 ちもとてもまとまっていた ただ テンポが 速 すぎ 音 程 も 不 確 かとなってしま ったのが 残 念 である ソプラノは 指 揮 の 動 きにあわせていた 今 後 は 声 のバランスを 考 えてみよう 5 中 1 梅 組 手 紙 始 めから 声 がしっかりよくでて 歌 詞 もはっきり 聞 こえ 強 弱 もついていた ソプラノが 少 し 力 んだが い い 色 は 出 せた 発 声 が 良 く 難 曲 をよく 仕 上 げた ハーモニーもよかった 6 中 2 藤 組 YELL 後 半 は 声 が 出 てきたが 全 体 に 小 さかった アルトのパートソロはきれい 最 初 の 出 だしの 高 音 部 がつらそ うだった 歌 詞 がはっきり 聞 こえなかったのが 残 念 だった 7 中 1 桜 組 COSMOS ていねいに 歌 え よく 声 がでていたが ただ 声 がかたいので のびが 欲 しい よくまとめていたが 単 調 で もう 少 し 強 弱 の 工 夫 が 望 まれる メゾやアルトは 少 し 地 声 が 目 立 った 8 中 3 梅 組 信 じる きれいにまとめていた 地 雷 の 激 しさはよかったが 言 葉 の 持 つエネルギーの 表 現 が 望 まれる 音 も 安 定 し ていたが 後 半 うわずり バランスくずれ 音 程 が 悪 くなったのが 残 念 声 の 強 弱 声 の 伸 びがもう 少 し 欲 しい 9 中 2 桜 組 春 に 素 直 な 声 で まとまっていた 時 々 音 程 が 乱 れ ことばがはっきりしなくなり またメゾ アルトに 地 声 が 目 立 ったのが 残 念 気 持 ちがもう 少 しこめられたらよかった 10 中 1 藤 組 この 星 に 生 まれて 素 直 できれいな 声 である だんだん 速 くなりすべりだしたが 後 半 安 定 してきてよかった アルトの 地 声 が 目 立 ち ソプラノの 言 葉 がはっきり 聞 こえなかったのが 惜 しまれる 壇 上 にのぼってもモゾモゾしていた 生 徒 が 数 名 いたのが 残 念 である 11 中 2 梅 組 混 声 のための 合 唱 組 曲 時 の 女 神 より あなたへ~ 旅 立 ちによるメッセージ 声 の 出 がよく 出 だしの3 声 もよかった ソプラノも 無 理 なく 表 情 がでていた メリハリもつけ 集 中 でき た 少 しテンポが 速 くなりすぎ 言 葉 がわかりにくく 音 程 が 定 まらなくなったのが 惜 しい 12 中 3 桜 組 混 声 のための 合 唱 組 曲 時 の 女 神 より あなたへ~ 旅 立 ちによるメッセージ 声 量 があり 力 も 充 分 にあり 表 現 もできた 言 葉 を 大 切 にしている ただ ラストの 音 程 と 高 音 がのびき らなかったのは 残 念 だった 合 唱 コンクール 結 果 と 講 評 ( 高 校 の 部 ) 最 優 秀 賞 : 高 Ⅲ 藤 組 女 声 合 唱 とピアノのための 組 曲 獅 子 の 子 幻 想 より 都 の 春 優 秀 賞 : 高 Ⅲ 菊 組 女 性 合 唱 組 曲 美 しい 詠 決 の 朝 より お 母 さん 高 Ⅰ 学 年 賞 : 高 Ⅰ 梅 組 さくら 高 Ⅱ 学 年 賞 : 高 Ⅱ 桜 組 青 春 譜 1 高 Ⅲ 梅 組 ア カペラ 女 性 合 唱 曲 集 絵 の 中 の 季 節 より 古 い 絵 指 揮 の 表 現 と 歌 い 手 の 表 現 がよくあっている アルトが 特 に 安 定 していた 盛 り 上 がりがもう 少 しあっても よかった 2 高 Ⅱ 藤 組 予 感 明 るく 素 直 な 声 タイミングがよくそろっていて 言 葉 がよくわかった 盛 り 上 がりも 頑 張 っていた もう 少 し 表 現 力 が 欲 しい 3 高 Ⅰ 桜 組 女 声 合 唱 とピアノのための 四 つのノヴェレッテ 少 女 追 想 より 猫 難 しい 曲 をよく 歌 っている 声 に 安 定 感 がある 言 葉 もよくわかり 素 晴 らしい さらにその 意 味 が 伝 わるよ うに 工 夫 する 顔 の 表 現 が 少 ない 4 高 Ⅲ 桜 組 春 は 来 ぬ 歌 い 方 につやがあっていい 言 葉 がよくわかる 音 が 不 安 定 になりそうでも 皆 で 支 えあって 修 正 している どのパートもしっかり 聞 こえた いい 感 覚 がクラスに 現 われている 5 高 Ⅰ 梅 組 さくら 表 現 の 新 鮮 さは 伝 わる 言 葉 をはっきり 発 音 しようとする 気 も 伝 わる は はよくわかった ただ 声 が 息 も れするのが 残 念 6 高 Ⅱ 桜 組 青 春 譜 丁 寧 に 歌 っていて 好 感 がもてる 強 弱 のつけ 方 も 楽 譜 の 読 みこみをしっかりしていていい 盛 り 上 がりも 感 動 した ただ 少 し 声 がこもってしまうのが 惜 しい 7 高 Ⅰ 菊 組 言 葉 にすれば 一 緒 に 息 を 吸 うタイミングがそろっていたので 気 持 ちよく 聞 ける クラスはまとまってはいるけど もう 少 しfや 気 持 ちがでてくるとよいと 思 う 8 高 Ⅱ 梅 組 さくら 指 揮 をよく 見 てあわせている 場 面 を 歌 いわけているのは いいと 思 う もう 少 し 熱 い 気 持 ちが 声 にのって くると 音 程 もよくなりよかったと 思 う 9 高 Ⅲ 藤 組 女 声 合 唱 とピアノのための 組 曲 獅 子 の 子 幻 想 より 都 の 春 この 曲 を 選 ぶだけで 素 晴 らしい 言 葉 もよくわかりタイミングもそろっている むつかしい 拍 子 もなんなく こなし 聞 いていてとても 楽 しかった 強 弱 特 にpがきれいだった 10 高 Ⅰ 藤 組 地 球 に 寄 り 添 って より 瞳 の 宇 宙 -COSMOS IN MY EYES 言 葉 を 大 切 にしていた 指 揮 がのびのびとしていて それが 声 にも 伝 わっていていい 気 持 ちを 出 すのでは なく 伝 えようとしよう 時 々 声 がつまるので これからしっかり 学 んでください 11 高 Ⅱ 菊 組 秘 密 の 花 より 道 化 服 を 着 た 死 難 しい 曲 にチャレンジはすばらしい ちょっとテンポが 速 く 言 葉 がわからなくなってしまうのが 惜 しい 曲 の 内 面 の 表 現 は 難 しい 12 高 Ⅲ 菊 組 女 性 合 唱 組 曲 美 しい 詠 決 の 朝 より お 母 さん 一 つの 世 界 ができている そろっていて 気 持 ちよい ピアノも 指 揮 も 一 体 となって 響 いてくる ただ 表 現 が 単 調 になって もっとドラマティックに 声 も 変 えたい お 詫 びと 訂 正 6 月 号 その2 において 特 設 理 系 コースに 関 して 誤 った 記 述 をしてしまいました 特 設 理 系 コースは 2003 年 に 設 置 京 都 大 学 理 学 部 や 京 都 府 立 医 科 大 学 医 学 部 など 理 系 難 関 大 学 に 多 くの 合 格 者 を 出 してきま した 現 在 の 高 校 Ⅲ 年 生 梅 組 が 特 設 理 系 コース 最 後 のクラスで 高 校 Ⅱ 年 生 からは 名 称 をⅢ 類 と 変 えてお ります ここにお 詫 びし 訂 正 をいたします 申 し 訳 ありませんでした 高 校 Ⅲ 年 生 には 大 いに 頑 張 っても らい 確 固 たる 結 果 を 残 し 高 Ⅱにつなげていって 欲 しいと 思 います ぜひ 頑 張 ってください

7 2011 年 6 月 27 日 校 長 山 下 道 明 その4 わたしたちも 数 は 多 いが キリストに 結 ばれて 一 つの 体 を 形 づくっており 各 自 は 互 いに 部 分 なのです 私 たちは 与 えられた 恵 みによってそれぞれ 異 なった 賜 物 を 持 っていますから 予 言 の 賜 物 を 受 けていれば 信 仰 に 応 じて 予 言 し 奉 仕 の 賜 物 を 受 けていれば 奉 仕 に 専 念 しなさい また 教 える 人 は 教 えに 勧 める 人 は 勧 めに 精 を 出 しなさい 施 しをする 人 は 惜 しまず 施 し 指 導 する 人 は 熱 心 に 指 導 し 慈 善 を 行 う 人 は 快 く 行 いなさい ( 新 共 同 ローマ 12:5-8) 生 徒 の 感 想 です あしなが 学 生 募 金 という 言 葉 は 知 っていたけど 詳 しいことはぜんぜん 知 りませんでした 話 しを 聞 いてよくわかりまし た あしなが 学 生 さんが 遺 児 だということを 聞 いてびっくりしました 自 分 があしなが 学 生 さんの 立 場 だったら 悲 しくてすごくしんどいだろうなと 思 いました 私 もできるかぎり 協 力 したい です 私 は 幸 せに 暮 らしているので そのお 礼 として 精 一 杯 努 力 しようと 思 います 今 日 直 接 聞 いて 本 当 に 講 演 にきていたあしなが 学 生 さんや 世 界 中 の 人 たちがかわいそうだと 思 いました 家 に 帰 ってネットで 調 べて 本 格 的 に 協 力 していこうと 思 います 今 日 来 てくれた 二 人 に 親 を 亡 くしたときの 思 い 出 を 聞 いて 本 当 に 命 を 大 切 にしなければならないと 思 いました あしな が 育 英 会 で 働 いているお 二 人 が 私 たちに 親 を 亡 くした 時 のことを 思 い 出 しながら 話 してくれて 話 すのは 辛 いのかな と 思 いました あしなが 学 生 募 金 は 小 学 生 のときによく 見 かけて 学 生 さんがやっていました あまり 募 金 しているようではなかった ので 頑 張 ってほしいな と 思 って 見 ていました 今 年 の3 月 11 日 におきた 東 日 本 大 震 災 で 被 災 した 子 どもたちで 親 がい なくなってしまった 子 どもたちに みんなで 募 金 をして 協 力 したいと 思 い 私 がどれだけ 恵 まれているかをとても 感 じ ました 中 学 1 年 生 とても 純 粋 ですね 今 のこの 気 持 ちを 忘 れずにいてください 正 しいことは 堂 々と 正 しいと 言 え また 自 分 の 考 えをしっかりと 言 える 人 になってください 始 業 式 以 来 いろいろな 行 事 があり あわただしく 過 ぎてきた1 学 期 ですが あと 10 日 ほどで 期 末 考 査 を 向 かえ 1 学 期 の 締 めくくりの 時 期 になってまいりました 生 徒 たちには ここで 腰 を 落 ち 着 けてしっかりと 学 習 に 取 り 組 んでもらいたいと 思 います 6 月 29 日 ( 水 )には 期 末 考 査 の 時 間 割 が 発 表 されます 期 末 考 査 は 高 校 生 は7 月 6 日 ( 水 )から 中 学 生 は 翌 7 月 7 日 ( 木 )からです 期 末 考 査 後 13 日 ( 水 ) 14 日 ( 木 )の 二 日 間 をテスト 返 却 の 日 と 設 定 してお ります 12 日 ( 火 ) 15 日 ( 金 ) 16 日 ( 土 )は 自 宅 学 習 日 です (ただし 高 Ⅰ 高 Ⅱは 12 日 ( 火 )に 模 試 が あります) そして 19 日 ( 火 )は 大 掃 除 20 日 ( 水 )が 終 業 式 あっというまに 夏 休 みになります 一 方 高 校 生 には7 月 15 日 ( 金 )から 進 路 講 習 が 始 まります また 中 学 生 には 中 学 夏 期 講 習 があります 中 学 夏 期 講 習 の 目 的 は1 学 期 の 学 習 内 容 の 定 着 です 希 望 者 が 対 象 ですが 例 年 ほとんどの 生 徒 が 申 し 込 んで います ただ なんとなく 申 し 込 んだ とか 親 が 言 うから 友 達 が 申 し 込 んだから などの 理 由 で 申 し 込 む 生 徒 もいるようです そのような 生 徒 は 学 習 意 欲 も 低 く ただ 教 室 に 座 っているだけのことが 多 いと 聞 き ます 私 たちの 指 導 力 不 足 も 否 めませんが 夏 休 み しかも 暑 い 中 わざわざ 登 校 するわけです 明 確 な 目 的 意 識 をもって 申 し 込 んで 欲 しいと 思 います 中 1 対 象 あしなが 学 生 募 金 講 演 会 6 月 22 日 ( 水 )7 時 間 目 中 学 1 年 生 に あしなが 学 生 募 金 についての 講 演 会 がありました 大 学 生 の 方 が 2 名 ( 男 女 各 1 名 )お 見 えになり ご 自 身 の 経 験 を 交 えながらあしなが 学 生 募 金 の 大 切 さをお 話 くださいまし た 小 さい 頃 にご 両 親 を 亡 くされ とても 辛 く 苦 しい 思 いをし 精 神 的 にも 金 銭 的 にも 大 変 な 苦 労 を 重 ねてき た 今 あしなが 学 生 募 金 の 支 援 により こうして 大 学 生 活 を 送 ることができている お 二 人 ともそのような お 話 を 中 学 1 年 生 にもよくわかるようにしてくださいました とても 辛 い 経 験 をされたはずなのに 明 るく 話 される 表 情 には ご 自 身 の 生 き 方 に 対 する 自 信 のようなものが 伺 え 力 強 さを 感 じました あしなが 学 生 募 金 については ホームページに 次 のようにありまます あしなが 学 生 募 金 は 遺 児 の 奨 学 金 を 支 援 し 40 年 の 歴 史 を 持 つ 募 金 活 動 です 毎 年 春 と 秋 に4 日 間 全 国 約 200 ヶ 所 で 実 施 し 年 間 約 3 億 円 のご 寄 付 を 頂 いております その 原 動 力 は ボランティアスタッフ の 学 生 のみなさんです あしなが 学 生 募 金 へのご 寄 付 は ボランティアスタッフの 活 躍 と 街 頭 の 方 の 温 かいお 気 持 ちに 支 えられています 3 種 類 の 自 習 教 室 次 の3 種 類 の 自 習 教 室 が 設 定 されています 試 験 まであと 少 し 有 効 に 利 用 して 欲 しいと 思 います 試 験 前 自 習 教 室 試 験 1 週 間 前 になるとクラブ 活 動 もなくなり 放 課 後 の 時 間 が 有 効 に 使 えるようになります 当 然 すぐに 帰 宅 して 机 に 向 かえばいいわけですが なかなかうまくいきません そんなときは 放 課 後 自 習 教 室 を 利 用 しましょう 多 目 的 教 室 (または 視 聴 覚 教 室 )を 18 時 まで 自 習 室 として 開 放 しています 広 い 静 かな 部 屋 で 落 ち 着 いて 勉 強 ができます 放 課 後 自 習 教 室 これは 試 験 前 だけでなく 平 日 はいつも 利 用 できます 18 時 から 19 時 50 分 まで ふだんは 参 加 者 が 20 人 前 後 ですので 図 書 館 を 使 用 しています 試 験 直 前 になると 生 徒 の 人 数 が 急 増 多 目 的 教 室 や 視 聴 覚 教 室 などに 場 所 を 変 えます 図 書 館 のいごごちの 良 さからか 図 書 館 で 自 習 がしたい と 言 う 生 徒 も 多 いのですが 人 数 が 増 え 図 書 館 では 入 りきれず 仕 方 なく 移 動 します 考 査 前 休 日 自 習 教 室 定 期 考 査 前 の 日 曜 日 は 休 日 自 習 教 室 を 設 定 しています 本 当 は 家 で 落 ち 着 いて 自 分 のペースで 勉 強 し て 欲 しいのですが 実 際 はなかなかうまくいかないとのこと 家 ではいろんなものが 邪 魔 をするので すね メール マンガ テレビ 音 楽 そこで 学 校 へ 登 校 して 勉 強 する 生 徒 毎 回 100 名 前 後 で す もともと 多 目 的 教 室 だけを 使 用 していたのですが 最 近 は 視 聴 覚 教 室 さらには 第 2 多 目 的 教 室 まで 利 用 します 8 時 30 から 16 時 40 分 まで 50 分 が8 回 まさしく 精 神 力 との 闘 いです 今 回 は 7 月 3 日 ( 日 )です 保 護 者 会 総 会 が 開 催 されました 6 月 25 日 ( 土 )11 時 半 から 小 学 校 の 多 目 的 教 室 にて 保 護 者 会 総 会 が 開 催 されました 中 高 からも 多 数 ご 出 席 くださいまして 誠 にありがとうございました 2010 年 度 の 収 支 決 算 報 告 と 2011 年 度 の 事 業 計 画 ならびに 予 算 案 の 承 認 などが 審 議 されました また 総 会 後 後 援 会 総 会 もありました いずれも 私 たちの 学 校 を 支 え てくださっている 大 切 な 会 です ありがとうございます 感 謝 申 し 上 げます 今 後 ともご 指 導 を 賜 りますよう よろしくお 願 い 申 し 上 げます

8 中 学 3 年 生 が 大 学 を 訪 問 しました 6 月 23 日 ( 木 ) 中 学 3 年 生 は 大 学 を 訪 問 しました Ⅰ 類 とⅡ 類 の 生 徒 は 同 志 社 女 子 大 学 京 田 辺 キャンパス Ⅲ 類 の 生 徒 は 京 都 大 学 です それぞれ 現 役 の 大 学 生 にキャンパスを 案 内 してもらったり 食 堂?で 昼 食 をと ったり 大 学 生 気 分 を 少 しだけ 味 わったそうです もっと 見 たい 授 業 を 受 けているところが 見 たかった との 声 もあり 有 意 義 な 一 日 を 過 ごしたよう です 中 学 3 年 生 の 今 から 大 学 のことを 真 剣 に 考 えるにはまだまだ 早 いと 思 いますが やがては 将 来 について 考 えねばなりません しかも 私 たちの 頃 に 比 べて はるかに 早 く 考 えていく 必 要 があります 将 来 について 考 える 今 回 の 訪 問 が その 一 助 になれば と 思 います 生 徒 の 感 想 です 話 を 聞 いていると 自 由 な 感 じで 自 分 の 好 きなことができるというところにとても 魅 力 を 感 じました その 反 面 自 分 で 決 めたことには 責 任 を 持 って 行 動 しないといけない 部 分 がありますが それも 大 人 になるために 経 験 しな いといけないことだと 思 います 訪 問 してみて 大 学 というのはとても 楽 しく 自 分 の 好 きなことができる 場 所 だと いうことが 分 かったので これから 頑 張 って 勉 強 していきたいです 京 大 に 行 く 気 なんて 全 くなかったし 考 えたこともありませんでした なぜなら 京 大 は 宇 宙 人 みたいな 人 しか 入 れないのに 中 3で 勉 強 ができないなら 絶 対 無 理 に 決 まってると 思 っていたからです たしかに 今 の 成 績 では 120% 夢 のような 話 ですが 今 回 京 大 生 から 90%の 京 大 生 は 努 力 してきた 人 で 中 学 高 校 で 成 績 がすご く 悪 かったけども その 後 頑 張 って 京 大 に 入 った 人 もいるという 事 を 聞 いて 私 も 今 から 死 ぬ 気 でがんばったら 行 けるかなあと 少 しだけ 身 近 に 感 じ 勉 強 する 気 になれました 高 校 Ⅱ 年 生 大 学 説 明 会 6 月 22 日 ( 水 )の5 6 時 間 目 高 校 Ⅱ 年 生 を 対 象 に 大 学 別 進 路 説 明 会 を 実 施 しました 次 の 各 大 学 の 方 が 来 られ それぞれの 大 学 について 説 明 をしてくださいました 参 加 大 学 : 京 都 教 育 大 学 京 都 工 芸 繊 維 大 学 奈 良 女 子 大 学 大 阪 医 科 大 学 同 志 社 大 学 立 命 館 大 学 関 西 学 院 大 学 京 都 産 業 大 学 龍 谷 大 学 近 畿 大 学 同 志 社 女 子 大 学 学 部 学 科 の 紹 介 および 特 色 入 試 の 方 法 就 職 について 取 得 資 格 大 学 の 環 境 他 大 学 との 違 いなど お 話 は 多 岐 にわたります 生 徒 には 事 前 にどの 大 学 のお 話 を 聞 きたいかアンケート 調 査 をします 全 員 が 聞 きたい 大 学 になるとは 限 りません ただ 聞 きたいとは 思 わなかった 大 学 のお 話 でも 聞 くと 新 しい 発 見 があ るようです 生 徒 の 感 想 からいくつかをひろってみました 奈 良 女 子 大 学 少 人 数 制 で 楽 しそうな 雰 囲 気 36 個 も 資 格 がとれてすごい 学 校 の 中 に 重 要 文 化 財 である 記 念 館 があるのに 驚 いた 学 校 の 周 りの 環 境 がとてもきれいでたくさん 鹿 もいて 女 子 校 なので 今 と 同 じような 感 じでいやすい そんなに 大 きくな く 学 生 も 少 ないのでみんなと 仲 良 くなれるような 気 がする 京 都 工 芸 繊 維 大 学 科 学 と 芸 術 が 合 わさった 大 学 を 目 標 としているらしくユニークで 面 白 そうな 大 学 普 通 に 大 学 に 通 うのではなく 本 当 の 意 味 で 自 分 の 実 力 がつきそう 一 番 驚 いたのは デザイン 経 営 工 学 過 程 は 芸 術 大 学 ではないのにデザインを 学 ぶとい うこと 見 た 目 だけでなく 使 いやすさや 楽 しさも 取 り 入 れた 勉 強 をしているそうです 大 阪 医 科 大 学 大 阪 医 科 大 学 は 臨 床 医 を 育 てるのが 主 で 研 究 医 になりたいのであれば 旧 帝 大 に 行 った 方 が 良 いそうです 奨 学 金 は 色 々 組 み 合 わせれば 払 わなければいけない 金 額 の 半 分 で 済 むそうです しかも それは 研 修 医 中 に 払 える 額 だそうです 金 銭 的 な 面 で 私 学 は 避 けようかと 思 っていたので 考 えを 改 めました 立 命 館 大 学 生 徒 の 要 望 で 空 き 時 間 に 集 まれる 施 設 ができたらしくとても 良 い 大 学 だなと 思 った クラブ サークルが 500 以 上 ある のも 魅 力 的 だと 思 う 人 が 多 いのは 人 気 があるということだが あまり 人 が 多 いのは 好 きではないので 少 し 残 念 だ 薬 学 部 は 入 学 定 員 100 名 に 対 し 30 名 以 上 の 教 員 が 指 導 にあたる 少 人 数 の 教 育 体 制 ですごいと 思 った 同 志 社 大 学 就 職 率 が 96.1%で 就 職 した 後 の 満 足 度 も 高 いということを 知 りました グローバル コミュニケーション 学 部 に 興 味 を 持 ちました 2 年 次 に 必 ず 留 学 しなければならないというのが 魅 力 的 でした また 留 学 制 度 にも 関 心 を 持 ちました 派 遣 留 学 制 度 では 30 カ 国 122 大 学 と 学 生 交 換 協 定 を 締 結 していることに 驚 きました 同 志 社 女 子 大 学 女 子 大 なので 女 の 子 のために 施 設 が 設 計 されているところがあると 知 った 社 会 システム 学 科 のように 他 キャンパス で 授 業 を 受 けられるのはいい 実 習 も 多 いみたいなので 楽 しそうだ 学 校 は 綺 麗 だしパフェコンテストもあり 行 ってみ たい 海 外 留 学 のサポートがしっかりしている 同 志 社 系 列 は 英 語 力 が 必 要 だということがわかった また 次 のような 感 想 もありました 大 学 の 勉 強 と 高 校 の 勉 強 との 違 いなども 教 えてもらい たとえ 大 学 に 合 格 しても やらされる 勉 強 をしていてもまっ たく 意 味 はなく 自 分 からの 勉 強 自 立 した 学 習 者 にならないと 大 学 に 入 ってからまったく 通 用 しないということが わかりました また 自 分 の 行 きたい 学 部 学 科 を 名 前 だけで 勘 違 いや 思 い 込 みをし 決 めるのではなく しっかりと 自 分 で 調 べることも 重 要 だと 思 いました 目 標 がしっかり 決 まれば それに 向 けて 努 力 もしやすくなり 学 部 を 調 べるのにももっと 細 かく 調 べられると 思 うの で まずはいろんな 大 学 を 視 野 に 入 れ 将 来 の 目 標 をしっかり 決 めていこうと 思 います 大 学 別 説 明 会 大 いに 参 考 になったようです 次 は 自 分 の 目 で 確 かめに ぜひ 大 学 を 訪 問 してください 円 ブリオ 基 金 の 呼 びかけ 高 校 3 年 生 専 修 選 択 で 福 祉 実 践 の 授 業 を 受 けている 生 徒 が 描 いてくれたポスターです 南 館 3 階 西 館 への 廊 下 に 掲 示 しております 生 徒 たちは 終 礼 時 に 各 教 室 を 訪 ね 募 金 を 呼 びかけてくれました オープンスクール 学 校 説 明 会 がありました 6 月 25 日 ( 土 ) 小 学 生 と 中 学 生 を 対 象 にそれぞれ オープンスクール 学 校 説 明 会 を 行 いました 小 学 生 対 象 は 午 前 と 午 後 の2 回 実 施 しました 午 前 は 授 業 体 験 小 学 生 が 中 1から 中 3のいくつかのクラスに 入 って 在 校 生 とともに 授 業 を 受 け その 様 子 を 保 護 者 の 方 がご 覧 になる まさしく 生 徒 のありのままの 様 子 を 見 ていただくという 企 画 です 午 後 はク ラブ 体 験 でした こちらもいろんなクラブ 活 動 に 小 学 生 が 参 加 保 護 者 がご 覧 になります ( 参 加 された 方 も あったようです) 一 方 中 学 生 対 象 は 説 明 会 のあと 授 業 見 学 でした いずれにしても 普 段 のありのままの 生 徒 の 様 子 を 見 ていただくというものですが 生 徒 達 はきちんと 対 応 してくれました 本 校 の 生 徒 は 本 当 にいい 生 徒 ばかり です 生 徒 会 執 行 部 のみんな 授 業 クラブを 一 緒 に 体 験 してくれたみんな ありがとう 来 てくださった 児 童 や 生 徒 保 護 者 の 方 はとても 満 足 して 帰 られたことと 思 います 本 当 にありがとう

飾 区 子 ども 子 育 て 支 援 ニーズ 調 査 報 告 書 - 学 童 保 育 クラブ 利 用 等 に 関 する 調 査 - 平 成 26 年 3 月 飾 区 目 次 Ⅰ. 調 査 概 要 1 1. 調 査 目 的 1 2. 調 査 対 象 1 3. 調 査 方 法 1 4. 調 査 期 間 1 5. 回 収 状 況 1 6. 集 計 値 や 図 表 の 表 記 について 1 Ⅱ. 調 査

More information

3月31日をもちまして無事定年退職となりました

3月31日をもちまして無事定年退職となりました 4 月 16 日 ( 金 ) 離 任 式 退 職 異 動 された 先 生 主 事 さん 方 か らメッセージをいただきました 3 月 31 日 をもちまして 無 事 定 年 退 職 とな りました 25 日 最 後 の 授 業 には お 母 様 方 が かけつけてくださり 子 どもたちと 共 に 涙 ぐんでいただいたことを 有 難 く 終 生 忘 れません 皆 様 方 からもらった 花 束 が 枯

More information

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考 職 場 体 験 学 習 11 月 11 日 ( 水 )~13 日 ( 金 ) 2 年 生 が3 日 間 の 職 場 体 験 学 習 に 行 って 来 ました 本 校 では 本 人 の 希 望 する 職 場 を 体 験 できるように 時 間 と 労 力 をかけて 各 事 業 所 を 選 定 し 依 頼 しています 自 分 の 一 番 興 味 のある 職 場 での 仕 事 を 体 験 できるの で 皆

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

春季部報(2015).xlsx

春季部報(2015).xlsx 日 立 北 高 校 野 球 部 部 報 ~ 春 季 大 会 新 入 部 員 紹 介 ~ 我 々 日 立 北 高 校 野 球 部 は 夏 の 大 会 でベスト4 以 上 の 結 果 を 残 すことを 目 標 としていま す 秋 季 大 会 で 味 わった 屈 辱 を 春 季 大 会 にぶつけるべく 冬 の 厳 しい 練 習 や 千 葉 遠 征 を 乗 り 越 えてきました そして 迎 えた 春 季 大

More information

県租推協インフォメーション

県租推協インフォメーション 和 歌 山 租 推 協 だより 平 成 25 年 2 月 発 行 ~ 第 91 号 ~ 発 行 和 歌 山 市 租 税 教 育 推 進 協 議 会 ( 事 務 局 ) 和 歌 山 税 務 署 総 務 課 内 073(424)2131 ~ は じ め に ~ 関 係 各 位 におかれましては 平 素 から 当 協 議 会 の 運 営 とりわけ 児 童 生 徒 等 に 対 する 租 税 教 育 の 推

More information

たが 今 後 自 分 次 第 で 変 われると 言 うことを 感 じました 今 日 の 話 しも 興 味 深 かったのですが 石 川 教 授 の 個 人 的 な 経 験 など 思 ったことなど そういうの も 聞 きたいです 貴 重 なお 話 を 聞 かしてもらえたと 思 います 学 生 の 時 は

たが 今 後 自 分 次 第 で 変 われると 言 うことを 感 じました 今 日 の 話 しも 興 味 深 かったのですが 石 川 教 授 の 個 人 的 な 経 験 など 思 ったことなど そういうの も 聞 きたいです 貴 重 なお 話 を 聞 かしてもらえたと 思 います 学 生 の 時 は 2010 年 度 7 月 22 日 神 戸 夙 川 学 院 大 学 石 川 和 則 客 員 教 授 講 義 アンケート 結 果 2010 年 7 月 22 日 石 川 和 則 の 講 義 を 聴 講 した 学 生 に 対 してアンケートを 配 布 質 問 項 目 は1あなたは 何 回 生 ですか? ( 選 択 制 ) 2 講 義 評 価 (5 段 階 ) 3 次 回 講 義 で 聴 きたい 内 容

More information

平 成 28 年 度 教 職 員 一 覧 校 長 𥱋 瀬 一 爾 副 校 長 須 賀 一 輝 1 年 2 年 3 年 学 年 主 任 塩 谷 眞 司 ( 数 学 ) 学 年 主 任 對 馬 智 幸 ( 保 体 ) 学 年 主 任 高 見 賢 一 ( 社 会 ) 1-1 西 田 真 ( 社 会 ) 2

平 成 28 年 度 教 職 員 一 覧 校 長 𥱋 瀬 一 爾 副 校 長 須 賀 一 輝 1 年 2 年 3 年 学 年 主 任 塩 谷 眞 司 ( 数 学 ) 学 年 主 任 對 馬 智 幸 ( 保 体 ) 学 年 主 任 高 見 賢 一 ( 社 会 ) 1-1 西 田 真 ( 社 会 ) 2 平 成 28 年 4 月 22 日 ( 金 曜 日 ) 横 浜 市 立 山 内 中 学 校 横 浜 市 青 葉 区 美 しが 丘 五 丁 目 4 番 地 自 分 を 仲 間 を 積 み 重 ねを 大 切 に! ~ 山 内 中 学 校 平 成 28 年 度 スタート~ 桜 木 にも 新 緑 の 若 葉 が 芽 吹 き 山 内 中 学 校 の 校 庭 にも 若 い 力 が 溢 れています 045(901)0030

More information

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ 北 本 市 いじめ 自 殺 裁 判 最 高 裁 決 定 を 受 けて 原 告 弁 護 団 支 援 団 より 声 明 メッセージ 2014 年 10 月 7 日 A 弁 護 団 声 明 1 2005 年 に 自 殺 した 埼 玉 県 北 本 市 の 中 学 校 1 年 の 女 子 生 徒 ( 当 時 12 歳 )の 両 親 が 市 と 国 に 計 約 7670 万 円 の 損 害 賠 償 を 求 めた

More information

家庭数配布・地域配布(1年生児童数配布)

家庭数配布・地域配布(1年生児童数配布) 家 庭 数 配 付 地 域 配 付 佐 倉 市 立 南 志 津 小 学 校 だより 学 校 教 育 目 標 自 ら 学 び, 心 豊 かでたくましい 児 童 の 育 成 目 指 す 児 童 像 かしこく やさしく たくましく し い の 木 元 気 やる 気 根 気 優 気 児 童 数 1 年 2 年 3 年 4 年 5 年 6 年 しいの 木 合 計 67 57 61 62 54 58 4 363

More information

( 資 料 )

( 資 料 ) 読 書 活 動 の 推 進 に 向 けた 取 り 組 み ~ 学 校 図 書 館 支 援 員 の 有 効 活 用 ~ 越 前 市 王 子 保 小 学 校 本 年 度 より 学 校 図 書 館 支 援 事 業 として 本 校 に 毎 週 月 曜 日 と1 3 5 週 の 木 曜 日 に 図 書 支 援 員 を 迎 えることになった 本 校 の 支 援 員 さんは 図 書 ボ ランティアとしての 経 歴

More information

平成23年度学校評価アンケートの分析

平成23年度学校評価アンケートの分析 平 成 24 年 2 月 17 日 平 成 23 年 度 東 京 都 立 保 谷 高 等 学 校 学 校 運 営 連 絡 協 議 会 学 校 評 価 アンケートの 分 析 評 価 基 準 について A:そう 思 う B:ややそう 思 う C:あまりそう 思 わない D そう 思 わない E:わからない A 及 び Bを 肯 定 的 な 意 見 として 全 体 における 割 合 を%で 表 示 した

More information

目 指 す 学 校 像 の 取 り 組 みについて 校 長 井 村 好 延 光 陰 矢 のごとしと 申 しますが 早 3 月 となり 年 度 末 を 迎 えます 子 供 たちは 次 の 学 年 に 進 級 し 6 年 生 は 中 学 校 へと 進 みます 期 待 に 胸 躍 る 季 節 となりました

目 指 す 学 校 像 の 取 り 組 みについて 校 長 井 村 好 延 光 陰 矢 のごとしと 申 しますが 早 3 月 となり 年 度 末 を 迎 えます 子 供 たちは 次 の 学 年 に 進 級 し 6 年 生 は 中 学 校 へと 進 みます 期 待 に 胸 躍 る 季 節 となりました 自 分 の 目 標 に 向 かって 校 内 持 久 走 記 録 会 浜 松 市 立 気 賀 小 学 校 PTA 発 行 日 平 成 28 年 3 月 17 日 第 107 号 目 指 す 学 校 像 の 取 り 組 みについて 校 長 井 村 好 延 光 陰 矢 のごとしと 申 しますが 早 3 月 となり 年 度 末 を 迎 えます 子 供 たちは 次 の 学 年 に 進 級 し 6 年 生 は

More information

2 東 山 動 植 物 園 春 まつりよいこの 将 棋 大 会 4 月 13 日 の 日 曜 日 に 東 山 動 植 物 園 春 まつりよいこの 将 棋 大 会 が 東 山 公 園 植 物 会 館 で 行 われました 当 日 はくもり 空 で 少 し 肌 寒 い 気 候 でしたが 会 場 には 10

2 東 山 動 植 物 園 春 まつりよいこの 将 棋 大 会 4 月 13 日 の 日 曜 日 に 東 山 動 植 物 園 春 まつりよいこの 将 棋 大 会 が 東 山 公 園 植 物 会 館 で 行 われました 当 日 はくもり 空 で 少 し 肌 寒 い 気 候 でしたが 会 場 には 10 日 本 将 棋 連 盟 2014.5 No.231 顧 問 中 田 章 道 七 段 発 行 責 任 者 大 村 欽 一 1 好 天 に 恵 まれた 岡 崎 将 棋 まつり 第 21 回 を 迎 える 岡 崎 将 棋 まつりが 4 月 27 日 ( 日 ) 岡 崎 城 公 園 にて 開 催 されました 例 年 の 昭 和 の 日 の 開 催 ではありませんでしたが 素 晴 らしい 好 天 に 恵 まれ

More information

document

document 満 足 度 調 査 集 計 表 特 別 養 護 老 人 ホーム 仙 人 の 里 長 期 入 所 家 族 回 答 人 数 30 名 調 査 期 間 : 平 成 26 年 6 月 16 日 ~6 月 30 日 問 1. 施 設 内 は 清 潔 ですか?( 玄 関 居 室 ホール 廊 下 トイレなど) 清 潔 27 名 普 通 3 名 汚 い0 名 どちらとも 言 えない0 名 未 記 入 0 名 新 しい

More information

4 県 立 山 形 北 高 等 校 ( 全 日 制 ) 音 楽 科 音 楽 に 関 しての 幅 広 い 興 味 と 関 心 を 有 し 向 上 心 を 持 って 習 する 生 徒 生 涯 に 渡 って 音 楽 を 愛 好 し 豊 かな 人 間 性 と 確 かな 実 力 を 備 えた 生 徒 明 確

4 県 立 山 形 北 高 等 校 ( 全 日 制 ) 音 楽 科 音 楽 に 関 しての 幅 広 い 興 味 と 関 心 を 有 し 向 上 心 を 持 って 習 する 生 徒 生 涯 に 渡 って 音 楽 を 愛 好 し 豊 かな 人 間 性 と 確 かな 実 力 を 備 えた 生 徒 明 確 2 県 立 山 形 南 高 等 校 ( 全 日 制 ) 理 数 科 理 数 科 の 習 に 対 する 強 い 意 欲 と 理 数 科 に 対 する 興 味 関 心 を 有 するとと もに 数 理 科 英 語 の 習 に 対 する 興 味 関 心 を 有 し 将 来 理 工 系 の 研 究 医 師 等 を 目 指 す 意 識 が 明 確 適 切 で 将 来 さらに 高 度 な 専 門 分 野 の 教

More information

レデンプトリスチン修道会・第三会『贖い主信徒の会』会報 ~夏~ 

レデンプトリスチン修道会・第三会『贖い主信徒の会』会報 ~夏~  聖 母 マリアの 栄 光 * 注 レデンプトール 会 の 創 立 者 聖 アルフォンソが 残 した 数 多 くの 書 物 の 中 で 聖 母 マリアの 栄 光 は 代 表 的 な 書 物 の 一 つです 聖 アルフォンソほど 聖 母 マリアを 告 げ 知 らせ すべての 人 にその 栄 光 を 伝 えた 聖 人 は いないのではないでしょうか それは 彼 が 聖 母 マリアを 通 して 自 らの 罪

More information

1 氏 名 石 川 瑞 穂 入 会 年 度 平 成 26 年 度 明 治 大 学 農 学 部 生 命 科 学 科 所 属 部 署 農 業 対 策 部 地 元 である 栃 木 県 で 就 職 したいと 考 えていました それまで 農 業 に 直 接 携 わったことは 無 かったのですが 実 家 の 周 りの 美 しい 田 園 風 景 が 大 好 き だったことと TPP 等 の 問 題 で 農 業 を 取

More information

(Microsoft Word - \226\362\221\220\202\314\217W\202\242HP\201BH27.docx)

(Microsoft Word - \226\362\221\220\202\314\217W\202\242HP\201BH27.docx) H27.9.3 薬草の集い 恒例の 薬草の集い が開催されました 三鷹駅集合 バスにて薬草園到着 温室 学 薬草園の からの園内紹介 三上先生講演会 昼 三上先生と園内 学 バスにて三鷹駅到着 100 名 を 超 えるご 応 募 の 中 厳 正 なる 抽 選 の 結 果 約 40 名 の 市 民 の 皆 様 と 東 京 都 薬 用 植 物 園 に 行 ってまいりました あいにくの 天 候 が 続 く

More information

本 校 10 年 間 の 歴 史 を 振 り 返 る( 後 半 ) 学 校 だより12 月 号 に 続 き 本 校 開 校 十 周 年 行 事 の 折 の 式 辞 をもとに 本 校 の 歴 史 を 振 り 返 り 本 校 のあゆみを 掲 載 させていただきます 4 高 岡 正 見 校 長 先 生 時

本 校 10 年 間 の 歴 史 を 振 り 返 る( 後 半 ) 学 校 だより12 月 号 に 続 き 本 校 開 校 十 周 年 行 事 の 折 の 式 辞 をもとに 本 校 の 歴 史 を 振 り 返 り 本 校 のあゆみを 掲 載 させていただきます 4 高 岡 正 見 校 長 先 生 時 千 寿 常 東 小 だより1 月 号 第 9 号 平 成 24 年 1 月 10 日 ( 火 ) 発 行 足 立 区 立 千 寿 常 東 小 学 校 長 山 田 誠 平 成 24 年 を 迎 えて 千 寿 常 東 小 学 校 長 山 田 誠 あけましておめでとうございます 昨 年 中 は 本 校 の 教 育 活 動 につきまして 大 変 ご 理 解 とご 協 力 をいただきまして ありがとうござ いました

More information

には 学 院 創 立 記 念 130 周 年 2016 年 には 校 友 会 ( 卒 業 生 の 会 ) 山 桜 会 創 立 100 周 年 追 手 門 学 院 大 学 創 立 50 周 年 を 迎 えることになるのです まさに 周 年 事 業 が 目 白 押 しですね 学 校 は 生 徒 保 護

には 学 院 創 立 記 念 130 周 年 2016 年 には 校 友 会 ( 卒 業 生 の 会 ) 山 桜 会 創 立 100 周 年 追 手 門 学 院 大 学 創 立 50 周 年 を 迎 えることになるのです まさに 周 年 事 業 が 目 白 押 しですね 学 校 は 生 徒 保 護 追 中 通 信 ~ 共 に 高 めあい 共 に 学 ぶ~ 平 成 27 年 4 月 9 日 追 手 門 学 院 中 学 校 第 1 号 春 陽 の 候 保 護 者 の 皆 様 におかれましては 益 々ご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 本 日 新 年 度 の 始 業 式 対 面 式 が 行 われました 第 49 期 生 を 新 1 年 生 として 迎 え 今 年 度 の 中 学 全

More information

平 成 27 年 4 月 定 例 東 温 市 教 育 委 員 会 会 議 録 開 会 の 日 時 及 び 場 所 平 成 27 年 4 月 22 日 ( 水 ) 午 前 10 時 15 分 東 温 市 庁 舎 4 階 405 会 議 室 議 事 に 出 席 した 委 員 教 育 長 職 務 代 行 者 菅 原 正 夫 委 員 遠 富 英 子 委 員 大 政 美 智 子 委 員 本 田 隆 彦 議

More information

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の 大 津 家 庭 裁 判 所 委 員 会 議 事 録 1 日 時 平 成 20 年 10 月 17 日 ( 金 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 30 分 まで 2 場 所 大 津 家 庭 裁 判 所 本 館 大 会 議 室 3 出 席 者 ( 委 員 ) 五 十 音 順 敬 称 略 飯 田 喜 信, 小 川 素 子, 國 松 完 二, 甲 津 貴 央, 酒 井 康 夫, 十 倉 良

More information

Microsoft Word - 会報(第14号).doc

Microsoft Word - 会報(第14号).doc 第 14 号 (2014 年 9 月 15 日 ) 発 行 : 広 島 大 学 マスターズ 広 島 事 務 局 目 次 1. 平 成 26 年 度 ( 第 5 回 ) 総 会 懇 親 会 の 開 催 状 況 について 2. 広 島 大 学 マスターズ( 東 広 島 )の 平 成 26 年 度 総 会 懇 親 会 に 出 席 して 事 務 局 幹 事 松 水 征 夫 3. 第 8 回 広 島 大 学

More information

書 道 篆 刻 5 脩 竹 会 書 の 練 習 活 動 場 所 ふれあい 会 館 活 動 日 時 毎 週 土 曜 日 13:00~16:00 現 会 員 数 成 人 12 人 中 学 生 1 人 対 象 者 市 内 在 住 者 年 齢 は 問 いません 会 費 など 月 2,000 円 ( 会 場

書 道 篆 刻 5 脩 竹 会 書 の 練 習 活 動 場 所 ふれあい 会 館 活 動 日 時 毎 週 土 曜 日 13:00~16:00 現 会 員 数 成 人 12 人 中 学 生 1 人 対 象 者 市 内 在 住 者 年 齢 は 問 いません 会 費 など 月 2,000 円 ( 会 場 25 1 学 習 芸 術 1 歴 史 阿 賀 野 市 立 吉 田 東 伍 記 念 博 物 館 友 の 会 郷 土 の 自 然 文 化 風 土 に 依 拠 した 知 の 巨 人 吉 田 東 伍 が 著 した 事 跡 について 学 び 広 く 人 々 特 に 次 世 代 を 担 う 若 人 に 知 ってもらうよう 努 力 を する 活 動 場 所 阿 賀 野 市 立 吉 田 東 伍 記 念 博 物 館

More information

限 られた 時 間 ではありますが 活 発 なご 議 論 をしていただきますようお 願 いいたし まして 挨 拶 とさせていただきます 3 協 議 調 整 事 項 ⑴ 沼 津 市 教 育 大 綱 の 決 定 について 資 料 2 沼 津 市 教 育 大 綱 ( 案 ) に 関 する 意 見 募 集

限 られた 時 間 ではありますが 活 発 なご 議 論 をしていただきますようお 願 いいたし まして 挨 拶 とさせていただきます 3 協 議 調 整 事 項 ⑴ 沼 津 市 教 育 大 綱 の 決 定 について 資 料 2 沼 津 市 教 育 大 綱 ( 案 ) に 関 する 意 見 募 集 第 4 回 沼 津 市 総 合 教 育 会 議 議 事 録 〇 開 催 日 時 平 成 28 年 2 月 9 日 ( 火 曜 日 )10 時 00 分 ~11 時 30 分 〇 開 催 場 所 水 道 部 庁 舎 3 階 会 議 室 〇 出 席 者 市 長 栗 原 裕 康 教 育 委 員 長 細 沼 早 希 子 委 員 長 職 務 代 理 者 三 好 勝 晴 教 育 委 員 土 屋 葉 子 教 育

More information

Ⅰはじめに

Ⅰはじめに 日 本 人 は 幸 福 か ~ 幸 福 度 先 進 国 との 比 較 と 日 本 人 の 幸 福 感 について~ 群 馬 県 立 前 橋 女 子 高 等 学 校 2 年 吉 川 綾 乃 Ⅰ はじめに 日 本 人 は 幸 福 か 高 校 生 の 私 にとって 非 常 に 大 きなテーマである 幸 福 かどうか というのは 非 常 に 個 人 的 な 感 覚 であり 年 齢 も 性 別 も 環 境 も

More information

1 学 期 の 終 業 式 での 話 題 夏 休 みを 迎 えるにあたって ( 予 定 ) け 健 康 安 全 に 注 意 すること じ 自 分 のことだけではなく 家 族 の 一 員 として 生 活 すること め めあてをもって 学 習 すること 昨 年 からみんなが 続 けている 私 たちにでき

1 学 期 の 終 業 式 での 話 題 夏 休 みを 迎 えるにあたって ( 予 定 ) け 健 康 安 全 に 注 意 すること じ 自 分 のことだけではなく 家 族 の 一 員 として 生 活 すること め めあてをもって 学 習 すること 昨 年 からみんなが 続 けている 私 たちにでき 平 成 24 年 6 月 29 日 千 代 田 区 立 お 茶 の 水 小 学 校 校 長 山 田 茂 利 http://www.ochanomizu-e.ed.jp/ 4 梅 雨 の 晴 れ 間 プールから 子 どもたちの 歓 声 が 聞 こえてきます 過 日 は 学 校 公 開 にご 来 校 賜 りありがとうございました 子 どもたちの 一 日 一 日 の 積 み 重 ねの 様 子 をご 覧 いただけたかと

More information

Taro10-H27 年学校だより4月.号j

Taro10-H27 年学校だより4月.号j 平 成 2 7 年 4 月 1 9 日 ( 日 ) 4 月 号 横 浜 市 立 港 南 中 学 校 233-0004 横 浜 市 港 南 区 港 南 中 央 通 6 番 1 号 0 4 5-8 4 2-2 3 5 5 学 校 教 育 目 標 の よ り よ い 実 現 を 目 指 し て 校 長 上 田 篤 也 平 成 2 7 年 度 が ス タ ー ト し ま し た 2 6 4 名 の 新 入

More information

Principal's Message 未 来 に 挑 戦 する 力 を 聖 望 学 園 での3 年 間 で 受 験 生 の 皆 さんは 大 学 などの 高 等 教 育 機 関 に 進 学 するための 基 本 的 学 力 をつけます そして 学 習 活 動 だけでなく 精 神 的 な 向 上 のため

Principal's Message 未 来 に 挑 戦 する 力 を 聖 望 学 園 での3 年 間 で 受 験 生 の 皆 さんは 大 学 などの 高 等 教 育 機 関 に 進 学 するための 基 本 的 学 力 をつけます そして 学 習 活 動 だけでなく 精 神 的 な 向 上 のため 2016 年 度 入 試 受 験 ガイド 2016 Examination Guidebook Principal's Message 未 来 に 挑 戦 する 力 を 聖 望 学 園 での3 年 間 で 受 験 生 の 皆 さんは 大 学 などの 高 等 教 育 機 関 に 進 学 するための 基 本 的 学 力 をつけます そして 学 習 活 動 だけでなく 精 神 的 な 向 上 のために キリス

More information

ニュースレター

ニュースレター S-Press 青 陵 Hot Topics 2015 第 2 号 1 S-Press 青 陵 Hot Topics 第 2 号 2015.8.22 オープンスクール 特 集 本 日 の 日 程 9:00~10:00 全 体 行 事 ( 学 校 紹 介 部 活 動 紹 介 ) 生 徒 会 執 行 部 が 中 心 となって 楽 しく 学 校 紹 介 をします また 部 活 動 については 各 部 の

More information

保育所とは

保育所とは 平 成 26 年 度 保 育 所 入 所 のご 案 内 受 付 窓 口 309-1792 笠 間 市 中 央 三 丁 目 2 番 1 号 笠 間 市 役 所 子 ども 福 祉 課 保 育 グループ 0296-77-1101 ( 内 線 164 165) 309-1698 笠 間 市 石 井 717 番 地 笠 間 支 所 福 祉 課 福 祉 グループ 0296-72-1111 ( 内 線 72131)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203291CC918081798E9696B18BC78F4390B3817A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203291CC918081798E9696B18BC78F4390B3817A2E646F6378> 新 体 操 競 技 の 普 及 及 び 競 技 力 向 上 のための 一 考 察 体 操 専 門 部 山 形 城 北 高 等 学 校 大 倉 めぐみ 1. はじめに 新 体 操 とは 13 メートル 四 方 の 演 技 面 の 中 で 徒 手 またはロープ フープ ボール クラブ リボンの 5 種 目 の 手 具 を 使 いながら 音 楽 の 特 性 に 合 った 華 麗 な 動 きと 巧 みな 技

More information

苦情・相談

苦情・相談 苦 情 相 談 報 告 (かなおか 保 育 園 ) 平 成 25 年 度 時 期 申 出 人 苦 情 相 談 の 内 容 対 応 及 び 結 果 医 師 の 指 示 により 薬 を 不 十 分 な 説 明 で 不 快 にさせた 事 につ 預 けていたが 年 度 が 替 わ いて 主 任 が 謝 罪 する る 為 に 一 度 返 された 薬 の 乳 幼 児 期 は 成 長 が 著 しく 体 調 も 変

More information

事 業 概 要 1 趣 旨 子 育 てしやすく 女 性 が 安 心 して 働 くことのできる 環 境 を 整 備 することが 少 子 化 対 策 の 第 一 歩 です また 男 女 共 同 参 画 社 会 の 実 現 を 目 指 す 上 で 最 も 大 切 なことは 女 性 の 立 場 に 立 って

事 業 概 要 1 趣 旨 子 育 てしやすく 女 性 が 安 心 して 働 くことのできる 環 境 を 整 備 することが 少 子 化 対 策 の 第 一 歩 です また 男 女 共 同 参 画 社 会 の 実 現 を 目 指 す 上 で 最 も 大 切 なことは 女 性 の 立 場 に 立 って 町 長 ふれあい 懇 談 会 すこやか 子 育 てミーティング 平 成 26 年 10 月 24 日 ( 土 ) 開 催 実 施 報 告 作 成 境 町 男 女 共 同 参 画 推 進 委 員 会 事 業 概 要 1 趣 旨 子 育 てしやすく 女 性 が 安 心 して 働 くことのできる 環 境 を 整 備 することが 少 子 化 対 策 の 第 一 歩 です また 男 女 共 同 参 画 社 会

More information

本 日 は 委 員 の 皆 様 におかれましては 大 変 お 忙 しい 中 ご 出 席 を 賜 りまして 誠 にありがとうございます 定 刻 となりましたので 只 今 より 平 成 22 年 度 市 原 市 防 災 会 議 を 開 会 させていただきます 本 日 の 進 行 を 務 めさせて 頂 き

本 日 は 委 員 の 皆 様 におかれましては 大 変 お 忙 しい 中 ご 出 席 を 賜 りまして 誠 にありがとうございます 定 刻 となりましたので 只 今 より 平 成 22 年 度 市 原 市 防 災 会 議 を 開 会 させていただきます 本 日 の 進 行 を 務 めさせて 頂 き 平 成 22 年 度 市 原 市 防 災 会 議 会 議 録 1 日 時 平 成 22 年 8 月 2 日 ( 月 )15 時 00 分 から16 時 10 分 2 場 所 市 原 市 市 民 会 館 3 階 大 会 議 室 3 主 席 者 ( 委 員 ) 市 原 市 長 千 葉 海 上 保 安 部 長 職 務 代 理 警 備 救 護 課 長 千 葉 測 候 所 長 関 東 農 政 局 千 葉 農

More information

Microsoft Word - sennsyuu mennkyojyou 1.doc

Microsoft Word - sennsyuu mennkyojyou 1.doc 私 たち 養 護 教 諭 の 職 務 は 時 代 と 共 にかたちを 変 え,そのニーズに 応 えようと 学 ぶべき 研 修 内 容 も 変 化 してきました 県 内 には, 幅 広 い 年 齢 層 の 養 護 教 諭 が 勤 務 していますが,その 職 務 への 期 待 は 年 齢 に 関 係 ありません 静 岡 県 内 には, 与 えられた 研 修 だけでなく 自 ら 進 んで 資 質 向 上

More information

2 入 学 試 験 について (1) 筆 記 用 具 は 何 を 使 用 しますか 新 1 年 生 入 学 試 験 用 の 筆 記 具 はクーピーを 学 校 で 用 意 いたします 転 編 入 学 試 験 は 2B の 鉛 筆 5 本 と 消 しゴム 1 個 を 持 参 してください (2) 行 動

2 入 学 試 験 について (1) 筆 記 用 具 は 何 を 使 用 しますか 新 1 年 生 入 学 試 験 用 の 筆 記 具 はクーピーを 学 校 で 用 意 いたします 転 編 入 学 試 験 は 2B の 鉛 筆 5 本 と 消 しゴム 1 個 を 持 参 してください (2) 行 動 これまでの 本 校 での 学 校 説 明 会 や 各 所 開 催 の 説 明 会 での 質 疑 応 答 個 別 相 談 会 での 相 談 内 容 を Q&A の 形 式 でまとめました 学 校 理 解 のご 参 考 になれば 幸 いです 平 成 27 年 10 月 平 成 28 年 度 江 戸 川 学 園 取 手 小 学 校 説 明 会 Q&A 1 年 間 の 学 費 アフタースクール 代 (1)

More information

(1) 学 校 運 営 について( 教 務 主 任 ) (2) 生 徒 指 導 について( 生 徒 指 導 主 事 ) (3) 進 路 指 導 について( 進 路 指 導 主 事 ) (4) 連 携 型 中 高 一 貫 教 育 の 取 り 組 みについて( 連 携 コーディネータ) (5) 部 活

(1) 学 校 運 営 について( 教 務 主 任 ) (2) 生 徒 指 導 について( 生 徒 指 導 主 事 ) (3) 進 路 指 導 について( 進 路 指 導 主 事 ) (4) 連 携 型 中 高 一 貫 教 育 の 取 り 組 みについて( 連 携 コーディネータ) (5) 部 活 別 紙 様 式 1 学 校 評 議 員 による 会 議 実 施 報 告 書 岐 阜 県 立 八 百 津 高 等 学 校 学 校 長 高 木 久 美 学 校 住 所 加 茂 郡 八 百 津 町 伊 岐 津 志 2803-6 電 話 0574-43-1231 F A X 0574-43-3918 1 会 議 の 名 称 平 成 27 年 度 第 1 回 八 百 津 高 校 を 育 てる 会 学 校 評

More information

Taro-H26第1回学校評価運営協議

Taro-H26第1回学校評価運営協議 日 時 : 平 成 26 年 6 月 17 日 ( 火 ) 場 所 : 本 校 大 会 議 室 参 長 校 長 加 委 学 校 評 議 員 2 名 者 員 学 校 関 係 者 評 価 5 名 保 護 者 代 表 2 名 ( 学 校 関 係 者 評 価 1 名 を 含 む) 生 徒 代 表 前 期 生 徒 会 執 行 部 員 4 名 学 校 代 表 3 名 幹 事 副 校 長 教 頭 1 校 長 挨

More information

<5461726F2D8E518D6C8251834183938350815B83678C8B89CA8169503531>

<5461726F2D8E518D6C8251834183938350815B83678C8B89CA8169503531> ( 参 考 Ⅱ) 千 葉 県 教 育 委 員 会 と 千 葉 大 学 教 育 学 部 との 連 携 事 業 アンケートの 結 果 A 千 葉 大 学 教 育 学 部 との 連 携 による 基 礎 教 養 講 座 受 講 者 アンケート (アンケート 回 収 数 :76 名 ).あなたは 将 来 教 員 になることを 志 望 していますか?. 教 員 になることを 目 指 している(6 名 ). 教

More information

教 職 を 終 えて 保 護 者 地 域 の 皆 様 へ ( 前 拠 点 校 指 導 教 員 濱 田 せつ 子 ) 私 が 小 学 校 の 教 員 に 採 用 されたのは 昭 和 55 年 4 月 1 日 何 も 分 からず ただ 子 ども 達 と 過 ごす 毎 日 が 楽 しくてしかたがありません

教 職 を 終 えて 保 護 者 地 域 の 皆 様 へ ( 前 拠 点 校 指 導 教 員 濱 田 せつ 子 ) 私 が 小 学 校 の 教 員 に 採 用 されたのは 昭 和 55 年 4 月 1 日 何 も 分 からず ただ 子 ども 達 と 過 ごす 毎 日 が 楽 しくてしかたがありません 校 訓 友 愛 めあて 平 岡 東 小 だより 日 本 一 気 持 ちのよいあいさつができる 学 校 に 加 古 川 市 立 平 岡 東 小 学 校 675-0104 加 古 川 市 平 岡 町 土 山 109 TEL (078)943-5886 平 成 24 年 4 月 11 日 発 行 平 成 23 年 度 末 の 教 職 員 の 異 動 について 平 成 23 年 度 末 の 教 職 員 の

More information

2015年12月20日 クリスマス説教、イエスさまの誕生

2015年12月20日 クリスマス説教、イエスさまの誕生 イエスさまの 誕 生 マタイの 福 音 書 1 章 16 節 ~25 節 2015 年 12 月 20 日 ( 日 )クリスマス 礼 拝 説 教 皆 さん クリスマス おめでとうございます 皆 さんは 毎 朝 の NHK 朝 ドラ 朝 が 来 た は ご 覧 になって おられますでしょうか 視 聴 率 およそ25%と 言 われております ので きっと この 中 にも 幾 人 かの 方 々は ご 覧

More information

Taro-学年便り4月8日号

Taro-学年便り4月8日号 那 須 塩 原 市 立 三 島 中 学 校 第 3 学 年 だより Step by Step 2016.4.8 号 文 責 : 小 森 平 成 28 年 度 が 始 まりました 3 年 生 にとっては 中 学 校 生 活 最 後 の 年 になります 今 年 度 が 生 徒 たちにとって 充 実 した 中 身 の 濃 い1 年 になるよう 3 学 年 職 員 一 同 最 善 を 尽 くしてがんばりますので

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

平成24年7月3日

平成24年7月3日 平 成 27 年 11 月 4 日 六 ツ 川 中 学 校 PTA 運 営 委 員 会 第 6 回 運 営 委 員 会 議 事 録 日 時 平 成 27 年 11 月 4 日 ( 水 ) 10:00~ 場 所 PTA 会 議 室 司 会 柳 副 会 長 記 録 盛 田 書 記 出 席 者 32 名 ( 副 校 長, 会 長, 副 会 長 2 名, 書 記 2 名, 会 計, 校 外 1 名, 学 年

More information

平成21年度「聖南中学校 学校だより」                  発行日 平成21年4月15日

平成21年度「聖南中学校 学校だより」                  発行日 平成21年4月15日 平 成 27 年 度 篠 ノ 井 西 中 学 校 学 校 通 信 発 行 日 平 成 27 年 9 月 16 日 第 20 号 (196 号 ) 校 内 版 長 野 市 立 篠 ノ 井 西 中 学 校 電 話 (026)292-0244 FAX (026)292-7880 担 当 : 教 頭 中 山 平 織 り ~ 書 くこと 説 明 すること ~ 9 月 の 技 術 家 庭 科 の 授 業 です

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2014.8.9 懇 親 会 にて 第 4 号 朝 日 塾 中 学 高 等 学 校 / 朝 日 塾 中 等 教 育 学 校 同 窓 生 父 母 の 会 お 問 い 合 わせ 先 709-2136 岡 山 市 北 区 御 津 紙 工 2590 電 話 0867-26-01111 ( 担 当 : 山 内 ) - 1 - 誇 れる 母 校 に 副 校 長 鳥 海 望 美 4 月 の 高 等 部 の 学 習

More information

平 成 28 年 度 事 業 計 画 予 算 27 年 度 見 通 しは5 年 ぶりの 赤 字 決 算 の 予 測 28 年 度 は 納 付 金 減 額 となり 黒 字 予 算 去 る 2 月 16 日 に 開 催 した 第 124 回 組 合 会 にて 平 成 28 年 度 事 業 計 画 及 び

平 成 28 年 度 事 業 計 画 予 算 27 年 度 見 通 しは5 年 ぶりの 赤 字 決 算 の 予 測 28 年 度 は 納 付 金 減 額 となり 黒 字 予 算 去 る 2 月 16 日 に 開 催 した 第 124 回 組 合 会 にて 平 成 28 年 度 事 業 計 画 及 び 第 185 号 日 本 電 子 健 康 保 険 組 合 ホームページアドレス http://www.jeol-kenpo.com/ 3852 3853 日 本 電 子 健 康 保 険 組 合 (042)544-1212 秋 川 渓 谷 就 任 のご 挨 拶 理 事 長 関 敦 司 このたび 日 本 電 子 健 康 保 険 組 合 理 事 会 にて 理 事 長 選 挙 が 行 われ 沢 田 前 理 事

More information

入 学 式 校 歌 斉 唱 記 念 写 真 安 田 先 生 先 導 に 新 入 生 が 退 場 校 歌 斉 唱 担 任 の 安 田 先 生 より 対 面 式 入 学 式 の 翌 日 学 校 での 生 活 や 職 員 を 紹 介 する 対 面 式 を 生 徒 会 の 主 催 で 行 いました 学 校

入 学 式 校 歌 斉 唱 記 念 写 真 安 田 先 生 先 導 に 新 入 生 が 退 場 校 歌 斉 唱 担 任 の 安 田 先 生 より 対 面 式 入 学 式 の 翌 日 学 校 での 生 活 や 職 員 を 紹 介 する 対 面 式 を 生 徒 会 の 主 催 で 行 いました 学 校 三 中 HP http://www14.ocn.ne.jp/~sancyuu/toppage/index.html 日 々のできごとは 校 長 のブログで 三 中 校 報 平 成 26 年 度 第 1 号 大 島 町 立 三 中 学 校 校 長 山 下 博 一 平 成 26 年 4 月 30 日 発 行 電 話 04992(4)0183 FAX 04992(4)1964 E-mail :sancyuu@mint.ocn.ne.jp

More information

アンケート

アンケート 0 年 度 恵 庭 市 英 語 教 育 アンケート( 中 学 生 用 ) このアンケートは 恵 庭 市 の 協 力 を 得 て 北 海 道 文 教 大 学 が 行 うもので 小 中 学 校 の 英 語 教 育 に 少 しでも 役 立 てたいと 考 えています 英 語 についてのみなさんの 正 直 な 思 いや 考 えを 聞 かせてください ご 協 力 をよろしくお 願 いします 0 年 月 0 日

More information

1.みらいくのモデル 授 業 の 流 れ 中 学 校 の 授 業 で 使 用 する 場 合 一 般 的 な 時 間 は 50 分 です 授 業 時 間 は 必 ず 厳 守 してくだ さい 導 入 <5 分 > 自 己 紹 介 及 び 趣 旨 説 明 判 断 フロー 学 習 (PPT 資 料 参 照

1.みらいくのモデル 授 業 の 流 れ 中 学 校 の 授 業 で 使 用 する 場 合 一 般 的 な 時 間 は 50 分 です 授 業 時 間 は 必 ず 厳 守 してくだ さい 導 入 <5 分 > 自 己 紹 介 及 び 趣 旨 説 明 判 断 フロー 学 習 (PPT 資 料 参 照 ~ 親 子 で 選 択! 日 本 の 未 来 ~ みらいく 講 師 マニュアル( 中 学 生 版 ) 公 益 社 団 法 人 日 本 青 年 会 議 所 2014 年 度 国 家 グループ 日 本 の 未 来 選 択 委 員 会 1 1.みらいくのモデル 授 業 の 流 れ 中 学 校 の 授 業 で 使 用 する 場 合 一 般 的 な 時 間 は 50 分 です 授 業 時 間 は 必 ず 厳

More information

クルー 紹 介 男 子 舵 手 付 きフォア 蒼 龍 男 子 ダブルスカル 橘 花 シー シー 名 前 学 部 / 学 年 ト ト 名 前 学 部 / 学 年 S 堀 野 直 樹 工 Ⅱ/2 S 細 川 大 吉 工 Ⅳ/2 3 松 浦 航 工 Ⅰ/3 B 吉 川 基 教 Ⅴ/2 2 五 重 目 賢

クルー 紹 介 男 子 舵 手 付 きフォア 蒼 龍 男 子 ダブルスカル 橘 花 シー シー 名 前 学 部 / 学 年 ト ト 名 前 学 部 / 学 年 S 堀 野 直 樹 工 Ⅱ/2 S 細 川 大 吉 工 Ⅳ/2 3 松 浦 航 工 Ⅰ/3 B 吉 川 基 教 Ⅴ/2 2 五 重 目 賢 みささ 会 報 *** 漕 艇 部 編 *** 平 成 25 年 夏 号 編 集 発 行 広 島 大 学 体 育 会 漕 艇 部 http://hurc.blue.coocan.jp/ hiroshima_rowing@yahoo.co.jp TOPICS 1. 主 将 挨 拶 2. 関 西 選 手 権 レース 案 内 3.クルー 紹 介 4. 朝 日 レガッタ 結 果 5. 新 入 生 勧 誘 結

More information

例 会 報 告 VOL.51 No.34(No.2396) 4 月 23 日 ( 水 ) 晴 れ( 司 会 鈴 木 勝 久 委 員 長 ) 本 例 会 での 主 な 事 項 会 長 挨 拶 外 部 卓 話 ボランティア 団 体 水 海 道 手 の 会 パネルシアターハミング こだま ビ ジ タ ー

例 会 報 告 VOL.51 No.34(No.2396) 4 月 23 日 ( 水 ) 晴 れ( 司 会 鈴 木 勝 久 委 員 長 ) 本 例 会 での 主 な 事 項 会 長 挨 拶 外 部 卓 話 ボランティア 団 体 水 海 道 手 の 会 パネルシアターハミング こだま ビ ジ タ ー RI2820 地 区 2013-2014 年 度 RI 会 長 次 回 例 会 予 定 5 月 14 日 外 部 卓 話 ロン D. バートン 5 月 21 日 外 部 卓 話 VOL.51 No.35( 通 算 No.2397) 2014 年 5 月 7 日 ( 水 ) 例 会 プログラム 点 鐘 君 が 代 ロータリーソング ビジター 紹 介 出 席 報 告 S A A 報 告 諸 報 告 幹

More information

21 日 は 日 中 練 習 ができなかったので ストックホルムまで 観 光 に 行 きました 今 回 訪 れた 高 校 には 日 本 語 のコースがあり 日 本 に 興 味 のある 高 校 生 が 僕 たちの 練 習 を 見 に 来 て いて 休 憩 時 間 に 交 流 をすることができました そ

21 日 は 日 中 練 習 ができなかったので ストックホルムまで 観 光 に 行 きました 今 回 訪 れた 高 校 には 日 本 語 のコースがあり 日 本 に 興 味 のある 高 校 生 が 僕 たちの 練 習 を 見 に 来 て いて 休 憩 時 間 に 交 流 をすることができました そ 海 外 遠 征 2 年 村 越 幸 史 今 回 の 遠 征 には 援 助 をして 下 さった 東 北 大 OB OGの 先 輩 方 自 分 を 代 表 にしてく れたチームメイトのおかげで 参 加 することができました 海 外 遠 征 の2 週 間 は 本 当 に 刺 激 的 な 時 間 で 貴 重 な 体 験 をさせていただいたことをとても 感 謝 しています 今 回 の 遠 征 の 体 験 を

More information

28

28 日 本 赤 十 字 社 27 28 日 本 赤 十 字 社 との 活 動 について 明 治 学 院 が 横 浜 にヘボン 塾 を 開 いてから 150 年 に 当 たる 2013 年 は 赤 十 字 の 歴 史 においても 五 人 委 員 会 が 誕 生 し 赤 十 字 規 約 赤 十 字 の 標 章 が 決 められた 節 目 の 年 でもあった 4 月 5 日 には 日 本 赤 十 字 社 明 治

More information

野村不動産グループ PRESS RELEASE

野村不動産グループ PRESS RELEASE 報 道 関 係 者 各 位 2016 年 3 月 15 日 野 村 不 動 産 アーバンネット 株 式 会 社 定 年 退 職 後 の 夫 婦 の 生 活 意 識 調 査 を 実 施 定 年 したからこそ 住 みかえたくなる 3 つの 理 由 は ~ バリアフリー 子 供 との 近 居 今 の 家 が 広 すぎる ~ 野 村 不 動 産 アーバンネット 株 式 会 社 ( 本 社 : 東 京 都 新

More information

では 皆 さん 最 後 にちょっとだけ 考 えてみてください 最 初 の 心 はどうすれば 変 わると 思 い ますか?きっと これという 正 解 はないと 思 いますよ なぜなら それぞれ 自 分 の 状 況 や 考 えによ って 答 えは 違 うからです 自 分 なりに 一 生 懸 命 に 考

では 皆 さん 最 後 にちょっとだけ 考 えてみてください 最 初 の 心 はどうすれば 変 わると 思 い ますか?きっと これという 正 解 はないと 思 いますよ なぜなら それぞれ 自 分 の 状 況 や 考 えによ って 答 えは 違 うからです 自 分 なりに 一 生 懸 命 に 考 平 成 28 年 5 月 27 日 5 月 号 横 浜 市 立 市 場 中 学 校 校 長 青 木 智 之 電 話 501-4125 言 葉 の 力 と 成 長 副 校 長 小 佐 野 和 人 新 年 度 が 始 まり 約 2か 月 学 校 や 新 クラスには 慣 れましたか? 新 しい 友 達 ができた 人 もいれば 友 だちと 喧 嘩 をしてしまった 人 もいると 思 います そんな1つ1つがみんなにとっては

More information

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的 第 1 回 沼 津 市 総 合 教 育 会 議 議 事 録 〇 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 26 日 ( 木 曜 日 )15 時 00 分 ~16 時 00 分 〇 開 催 場 所 沼 津 市 立 第 四 小 学 校 多 目 的 ホール 〇 出 席 者 市 長 栗 原 裕 康 教 育 長 服 部 裕 美 子 教 育 委 員 三 好 勝 晴 教 育 委 員 土 屋 葉 子 教 育 委 員

More information

8 9 月 の 予 定 12 日 ( 金 ) 17 日 ( 水 ) 19 日 ( 金 ) 22 日 ( 月 ) 26 日 ( 金 ) 8 月 9 月 市 内 4 中 演 奏 会 ( 砺 波 市 文 化 会 館 ) 全 国 中 学 校 選 手 権 大 会 (~25 日 ) 第 1 回 実 力 テスト(

8 9 月 の 予 定 12 日 ( 金 ) 17 日 ( 水 ) 19 日 ( 金 ) 22 日 ( 月 ) 26 日 ( 金 ) 8 月 9 月 市 内 4 中 演 奏 会 ( 砺 波 市 文 化 会 館 ) 全 国 中 学 校 選 手 権 大 会 (~25 日 ) 第 1 回 実 力 テスト( 平 成 23 年 度 出 町 中 学 校 第 3 学 年 学 年 だより 第 4 号 8 月 11 日 発 行 ポジティブシンキング 1, 2 組 副 担 任 鷹 西 謙 成 ある 日 の 朝 テレビ 寺 子 屋 を 放 送 しており 講 師 は 立 花 龍 司 氏 でした 立 花 氏 は 自 分 がファンだった 近 鉄 バファローズ のコンディショニングコーチとして アメリカなど で 広 まっていた

More information

これからの 私 三 雲 中 学 校 柔 道 部 大 西 亜 虹 全 国 大 会 はスポーツをやっている 人 にとって, 憧 れの 舞 台 です 私 が 小 学 5 年 生 の 時 に, 三 重 県 のサンアリーナで 中 学 生 の 全 国 大 会 がありま した 体 の 大 きさももちろんですが,ス

これからの 私 三 雲 中 学 校 柔 道 部 大 西 亜 虹 全 国 大 会 はスポーツをやっている 人 にとって, 憧 れの 舞 台 です 私 が 小 学 5 年 生 の 時 に, 三 重 県 のサンアリーナで 中 学 生 の 全 国 大 会 がありま した 体 の 大 きさももちろんですが,ス 中 体 連 を 通 じて 学 んだこと 四 日 市 市 立 三 滝 中 学 校 柔 道 部 川 村 幸 穂 私 たちは 昨 年 の 中 体 連 県 大 会 の 準 決 勝 では 接 戦 の 末 に 負 けてしまい 目 標 だ った 全 国 大 会 出 場 を 逃 しとても 悔 しい 思 いをしました それから 次 の 夏 の 中 体 連 ではいい 結 果 が 出 せるように 必 死 に 練 習 に

More information

山田副士長 予防課保安係(平成22年採用)

山田副士長 予防課保安係(平成22年採用) 桐 生 市 消 防 本 部 先 輩 インタビュー 星 野 消 防 士 ( 平 成 27 年 度 採 用 ) 高 島 消 防 士 ( 平 成 28 年 度 採 用 ) 樽 川 消 防 士 ( 平 成 28 年 度 採 用 ) 清 水 消 防 士 ( 平 成 25 年 度 採 用 ) 石 原 副 士 長 ( 平 成 22 年 度 採 用 ) 消 防 士 としてやりがいを 感 じることは 現 場 で 活

More information

実 施 内 容 中 学 生 へのお 返 し 2/26( 木 ) 郡 山 市 立 明 健 中 学 校 : メッセージ 色 紙 とサイネリアのプランターの 贈 呈 明 健 中 学 校 では 郡 山 地 区 建 設 業 協 同 組 合 から 除 染 作 業 員 の 二 瓶 重 信 さん 関 雅 人 さん

実 施 内 容 中 学 生 へのお 返 し 2/26( 木 ) 郡 山 市 立 明 健 中 学 校 : メッセージ 色 紙 とサイネリアのプランターの 贈 呈 明 健 中 学 校 では 郡 山 地 区 建 設 業 協 同 組 合 から 除 染 作 業 員 の 二 瓶 重 信 さん 関 雅 人 さん 2015 年 3 月 5 日 ONEふくしま サンクスヘルメット 除 染 作 業 員 からの お 返 し を 後 押 し ONEふくしま 事 務 局 ~ 郡 山 市 立 明 健 中 学 校 薫 小 学 校 橘 小 学 校 にて 除 染 作 業 員 から 心 のこもった お 返 し ~ 福 島 の 再 生 を 目 指 す ONEふくしま では 昨 年 10 月 に 開 催 した サンクスヘルメット 贈

More information

児 童 会 活 動 の 特 質 異 年 齢 集 団 の 児 童 の 自 発 的 自 治 的 な 実 践 活 動 特 質 とした 教 育 活 動 である 3 指 導 計 画 例 ~その 作 成 にあたって~ 組 織 例 ア 児 童 会 活 動 イ 代 表 委 員 会 1 運 営 委 員 会 ( 児 童

児 童 会 活 動 の 特 質 異 年 齢 集 団 の 児 童 の 自 発 的 自 治 的 な 実 践 活 動 特 質 とした 教 育 活 動 である 3 指 導 計 画 例 ~その 作 成 にあたって~ 組 織 例 ア 児 童 会 活 動 イ 代 表 委 員 会 1 運 営 委 員 会 ( 児 童 年 間 指 導 計 画 補 助 資 料 : 指 導 者 用 ハンドブック4( 小 学 校 : 特 別 活 動 ) 特 別 活 動 ハンドブック 小 学 校 児 童 会 活 動 1 目 標 特 別 活 動 の 目 標 加 須 市 教 育 委 員 会 望 ましい 集 団 活 動 を 通 して 心 身 の 調 和 のとれた 発 達 と 個 性 の 伸 長 を 図 り 集 団 の 一 員 としてよりよい 生

More information

会 長 の あ い さ つ 長 野 県 松 本 ろう 学 校 長 葦 澤 正 敏 新 緑 の 候 同 窓 会 の 皆 様 にはお 元 気 でお 過 ごしのこととお 慶 び 申 し 上 げます 松 本 ろう 学 校 を 卒 業 された 皆 様 就 職 進 学 おめでとうござい ます また 松 本 ろう

会 長 の あ い さ つ 長 野 県 松 本 ろう 学 校 長 葦 澤 正 敏 新 緑 の 候 同 窓 会 の 皆 様 にはお 元 気 でお 過 ごしのこととお 慶 び 申 し 上 げます 松 本 ろう 学 校 を 卒 業 された 皆 様 就 職 進 学 おめでとうござい ます また 松 本 ろう 2013 年 (H25 年 )5 月 19 日 ( 日 ) 第 64 号 発 行 長 野 県 松 本 ろう 学 校 同 窓 会 同 窓 会 第 68 回 定 期 総 会 開 催 の 報 告 去 る 3 月 23 日 ( 土 ) 午 前 10 時 より 松 本 市 総 合 社 会 福 祉 センターにて 第 68 回 定 期 総 会 が 開 催 されました 出 席 者 ( 会 員 来 賓 賛 助 会 員

More information

平成15年 第2回香芝市教育委員会議録

平成15年 第2回香芝市教育委員会議録 平 成 27 年 第 11 回 香 芝 市 教 育 委 員 会 会 議 (10 月 定 例 ) 会 議 録 日 時 平 成 27 年 10 月 20 日 ( 火 ) 午 前 9 時 30 分 より 場 所 香 芝 市 役 所 5 階 委 員 会 室 出 席 者 廣 瀬 裕 司 委 員 ( 職 務 代 理 者 ) 日 高 初 美 委 員 中 木 秀 一 委 員 田 中 貴 治 委 員 石 原 田 明

More information

前 期 試 験 日 程 願 書 受 付 平 成 28 年 1 月 12 日 ( ) 13 日 ( 水 ) 午 後 5 時 まで 1 月 14 日 ( 木 ) 午 後 3 時 まで 試 験 日 平 成 28 年 1 月 19 日 ( ) 合 格 発 表 平 成 28 年 1 月 22 日 ( 金 )

前 期 試 験 日 程 願 書 受 付 平 成 28 年 1 月 12 日 ( ) 13 日 ( 水 ) 午 後 5 時 まで 1 月 14 日 ( 木 ) 午 後 3 時 まで 試 験 日 平 成 28 年 1 月 19 日 ( ) 合 格 発 表 平 成 28 年 1 月 22 日 ( 金 ) 前 期 試 験 日 程 願 書 受 付 平 成 28 年 1 月 12 日 ( ) 13 日 ( 水 ) 午 後 5 時 まで 1 月 14 日 ( 木 ) 午 後 3 時 まで 試 験 日 平 成 28 年 1 月 19 日 ( ) 合 格 発 表 平 成 28 年 1 月 22 日 ( 金 ) 専 願 入 学 手 続 締 切 併 願 入 学 手 続 締 切 平 成 28 年 1 月 27 日 (

More information

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」 これからの 幼 児 教 育 について 幼 児 教 育 保 育 学 科 山 路 純 子 はじめに 本 日 は,これからの 幼 児 教 育 について, 社 会 情 勢 の 変 化 に 対 応 した 法 改 正 の 状 況 を 概 観 しながら 幼 保 一 体 化 の 教 育 を 主 に 取 り 上 げ, 今 後 の 発 展 の 動 向 を 考 えながら, 本 校 のような 養 成 校 の 役 割 などについて

More information

みなかみ 美 人 プロジェクト は 8 月 から 11 月 まで 4 回 行 われ 毎 回 テーマに 合 わせて 現 在 活 躍 中 の 講 師 を 招 き みなかみ 町 の 女 性 たちの 美 と 健 康 のさらなる 向 上 に 役 立 ててもらおうと 企 画 したものです 毎 回 講 師 から

みなかみ 美 人 プロジェクト は 8 月 から 11 月 まで 4 回 行 われ 毎 回 テーマに 合 わせて 現 在 活 躍 中 の 講 師 を 招 き みなかみ 町 の 女 性 たちの 美 と 健 康 のさらなる 向 上 に 役 立 ててもらおうと 企 画 したものです 毎 回 講 師 から みなかみ 町 パピネス 計 画 ビューティ&ヘルスタウン プロジェクト みなかみ 美 人 プロジェクト イベントレポート 第 一 回 脳 と 心 のアンチエイジング フランス 式 ほめ 若 返 りのすすめ 講 師 : 高 木 美 也 子 様 実 施 :2013/8/28 みなかみ 町 ハピネス 計 画 ビューティ&ヘルスタウンプロジェクト みなかみ 美 人 プロジェクト 第 1 回 講 演 会 が

More information

平成26年度新規採用者並びに人事異動に伴う辞令交付式での理事長挨拶

平成26年度新規採用者並びに人事異動に伴う辞令交付式での理事長挨拶 平 成 26 年 度 新 規 採 用 者 並 びに 人 事 異 動 に 伴 う 辞 令 交 付 式 での 理 事 長 挨 拶 皆 さん お 早 うございます それでは 平 成 26 年 度 新 規 採 用 者 並 びに 人 事 異 動 に 伴 う 辞 令 交 付 式 に 際 しまして 一 言 ご 挨 拶 申 し 上 げます 改 めて 言 うまでもないことではありますが 本 日 を 持 ちまして 平

More information

モデル「重要事項説明書」

モデル「重要事項説明書」 堀 江 敬 愛 保 育 園 重 要 事 項 説 明 書 保 育 の 提 供 の 開 始 にあたり 当 園 があなたに 説 明 すべき 内 容 は 次 のとおりで す 1 施 設 運 営 主 体 名 称 社 会 福 祉 法 人 智 恩 福 祉 会 所 在 地 茨 木 市 白 川 2 丁 目 13 番 25 号 電 話 番 号 072-665-8615 代 表 者 氏 名 理 事 長 城 谷 星 2 利

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B638E9697768E7C8267826F9770816982518251944E93788C928D4E82CC90589841978D89EF8B63816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B638E9697768E7C8267826F9770816982518251944E93788C928D4E82CC90589841978D89EF8B63816A2E646F63> あいち 健 康 の 森 連 絡 会 議 議 事 要 旨 開 催 日 時 : 平 成 22 年 7 月 14 日 ( 水 ) 午 後 3 時 から 午 後 4 時 30 分 まで 開 催 場 所 :あいち 健 康 プラザ 健 康 宿 泊 館 プラザホール < 主 な 意 見 > 喫 煙 対 策 特 別 事 業 について 最 近 地 域 で 話 題 になっているが 健 康 プラザ と 長 寿 医 療 研

More information

<30325F8A778D5A8FD089EE8E9197BF816989BA966B89EF8FEA816A2E786C7378>

<30325F8A778D5A8FD089EE8E9197BF816989BA966B89EF8FEA816A2E786C7378> 平 成 26 年 度 あおもり 教 育 フォーラム 下 北 会 場 (H26.10.25) 学 校 紹 介 資 料 県 立 田 名 部 高 等 学 校 P1 県 立 大 湊 高 等 学 校 P2 県 立 大 湊 高 等 学 校 川 内 校 舎 P3 県 立 むつ 工 業 高 等 学 校 P4 県 立 大 間 高 等 学 校 P5 各 県 立 高 校 の 概 要 及 び について 県 立 田 名 部

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7182C782E082CC93C78F918A8893AE908490698C7689E6816988C4816A8AAE90AC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7182C782E082CC93C78F918A8893AE908490698C7689E6816988C4816A8AAE90AC2E646F63> 北 海 道 - 当 別 町 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 - 平 成 22(2010) 年 度 ~ 平 成 26(2014) 年 度 ふれあいから 学 びの 輪 へ 当 別 町 教 育 委 員 会 1 当 別 町 の 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 策 定 にあたっての 背 景 2001 年 ( 平 成 13 年 )11 月 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関

More information

生 活 指 導 の 重 点 項 目 生 活 指 導 主 任 佐 藤 隆 弘 今 年 度 も 生 活 指 導 の 重 点 と し て 次 の 項 目 を 設 定 し ま す 1 基 本 的 生 活 習 慣 を 身 に つ け さ せ る 時 間 厳 守 ( 遅 刻 者 を 減 ら す チ ャ イ ム

生 活 指 導 の 重 点 項 目 生 活 指 導 主 任 佐 藤 隆 弘 今 年 度 も 生 活 指 導 の 重 点 と し て 次 の 項 目 を 設 定 し ま す 1 基 本 的 生 活 習 慣 を 身 に つ け さ せ る 時 間 厳 守 ( 遅 刻 者 を 減 ら す チ ャ イ ム 三 亀 だ よ り 本 校 の 教 育 目 標 江 東 区 立 第 三 亀 戸 中 学 校 1. 健 康 でくじけない 人 平 成 24 年 4 月 30 日 発 行 2. 誠 実 で 心 豊 かな 行 動 のできる 人 発 行 人 林 昭 文 3. 大 志 を 持 って 学 習 する 人 新 年 度 順 調 にスタート 校 長 林 昭 文 校 門 の 桜 の 木 々も 華 やかな 満 開 の 季

More information

子 どもへの 思 い ~ 子 どもたちに 対 して 思 うこと 感 じること~ 高 滝 小 学 校 に 寄 付 ( 町 会 全 体 で) 挨 拶 がよくできる 元 気 ハキハキしていて 子 どもらしい すれていない 加 茂 中 学 校 後 援 会 で 寄 付 をしている 学 校 便 りを 町 会 全

子 どもへの 思 い ~ 子 どもたちに 対 して 思 うこと 感 じること~ 高 滝 小 学 校 に 寄 付 ( 町 会 全 体 で) 挨 拶 がよくできる 元 気 ハキハキしていて 子 どもらしい すれていない 加 茂 中 学 校 後 援 会 で 寄 付 をしている 学 校 便 りを 町 会 全 ( 仮 称 ) 次 世 代 育 成 支 援 推 進 条 例 ( 子 ども 条 例 ) 制 定 に 向 けた 地 区 別 懇 話 会 (タウンミーティング) 加 茂 地 区 意 見 等 一 覧 開 催 日 : 平 成 23 年 7 月 22 日 ( 金 ) 会 場 : 加 茂 支 所 会 議 室 子 どもへの 思 い ~ 子 どもたちに 対 して 思 うこと 感 じること~ 高 滝 小 学 校 に 寄

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303594AD8CBE97768E7C81698CF68A4A94C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303594AD8CBE97768E7C81698CF68A4A94C5816A> 平 成 25 年 度 第 2 回 教 育 関 係 者 懇 談 会 発 言 要 旨 ( 教 員 ) 開 催 日 時 : 平 成 25 年 10 月 16 日 ( 水 )10:00~14:50 場 所 : 藤 枝 市 立 西 益 津 小 学 校 参 加 者 藤 枝 市 立 西 益 津 小 学 校 教 職 員 ( 外 国 語 指 導 助 手 ) 藤 枝 市 教 育 会 指 導 主 事 県 教 育 会 教

More information

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc 47 少 主 公 悲 惨 苦 々 族 ぞ 周 囲 達 悲 癒 募 背 翼 食 物 考 食 心 描 写 療 施 設 情 原 題 解 放 周 囲 愛 情 取 戻 様 描 摂 取 障 害 少 過 去 不 ふ 幸 歴 史 代 抱 様 々 問 題 少 目 向 考 折 精 神 折 精 神 座 右 銘 葉 限 ぎ 楽 辛 苦 方 苦 面 立 心 前 進 無 理 折 限 以 発 揮 結 果 必 対 対 常 づ 葉

More information

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支 20160119 版 2016 年 度 メリーポピンズ 稲 城 ルーム 事 業 計 画 書 1 基 本 方 針 保 育 理 念 にんげん 力 を 育 てる にんげん 力 を 身 につけるために 必 要 なあそび 野 外 体 験 を 提 案 実 践 し 自 分 で 考 え 行 動 し てみる 思 考 を 育 みます 二 大 保 育 方 針 1センスオブワンダー 自 然 の 中 に 沢 山 足 を 運

More information

Microsoft Word - 【公開用】13 振り返り.doc

Microsoft Word - 【公開用】13 振り返り.doc 発 言 をそのまま 書 き 起 こしたデータを 基 に 個 人 情 報 に 関 する 部 分 を 削 除 し 文 意 が 通 るように 修 正 を 行 っています 振 り 返 り アンケート 記 入 ( 総 合 F) それでは アンケートをお 書 きください そして アンケートの 中 で ここが 一 番 重 要 だというところには 下 線 などを 引 いていただいて 結 構 です 最 後 にまた 30

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 立 教 大 学 経 済 学 部 2014 年 度 スタディサポートプログラム 実 施 報 告 Ⅰ. 実 施 概 要 キャリア 教 育 運 営 委 員 会 実 施 目 的 : 1. 新 入 生 が 高 校 までの 学 び 方 と 大 学 での 学 び 方 の 違 いを 知 り 大 学 での 学 びに 期 待 と 意 欲 を 持 つ 2. 新 入 生 が 経 済 学 部 の 先 輩 の 姿 を 見 て

More information

Microsoft Word - 読者の広場_I_.doc

Microsoft Word - 読者の広場_I_.doc 核 データニュース,No.102 (2012) 読 者 の 広 場 (I) 吉 田 研 究 室 で 過 ごした 日 々 元 武 蔵 工 業 大 学 吉 田 研 究 室 OB 羽 倉 尚 人 naoto_hagura@hotmail.com 1. 特 別 な 日 東 急 大 井 町 線 尾 山 台 駅 の 改 札 を 出 て 左 に 進 むと ハッピーロード 尾 山 台 という 商 店 街 が 環 八

More information

Microsoft Word - 平成27年12月 市長提案説明(説明後)

Microsoft Word - 平成27年12月 市長提案説明(説明後) 平 成 27 年 12 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 それでは 12 月 定 例 会 の 開 催 に 当 たり 所 信 の 一 端 を 申 し 述 べるとともに 今 議 会 に 提 案 いたしました 議 案 の 大 要 につきまして 御 説 明 申 し 上 げます 今 年 も 早 いもので 残 すところ1か 月 となりましたが この1 年 を 通 して 岡 崎 を 内 外 に 積 極 的

More information

Microsoft Word - うまれ変われるとしたら理由P16~19

Microsoft Word - うまれ変われるとしたら理由P16~19 生 まれ 変 われるとしたら の 理 由 児 童 生 徒 / 保 護 者 小 学 生 男 子 小 学 生 女 子 記 述 より 1 ぜ っ た い 男 2 ど ち ら か と い え ば 男 3 ぜ っ た い 女 4 ど ち ら か と い え ば 女 5 ど ち ら で もいい 今 のままがいい 今 男 だから 運 動 スポーツができる 赤 ちゃんを 産 みたくない 力 が 強 い 今 女 なので

More information

平 成 22 年 度 環 境 カイゼン 実 践 プログラム 成 果 発 表 会 プログラム 15:00~15:10 開 会 挨 拶 人 間 環 境 大 学 副 学 長 片 山 幸 士 15:10~15:40 成 果 発 表 1. 人 間 環 境 大 学 生 によるカイゼン 実 践 と 成 果 発 表

平 成 22 年 度 環 境 カイゼン 実 践 プログラム 成 果 発 表 会 プログラム 15:00~15:10 開 会 挨 拶 人 間 環 境 大 学 副 学 長 片 山 幸 士 15:10~15:40 成 果 発 表 1. 人 間 環 境 大 学 生 によるカイゼン 実 践 と 成 果 発 表 平 成 22 年 11 月 10 日 各 位 人 間 環 境 大 学 学 長 服 部 良 男 ( 公 印 省 略 ) 平 成 22 年 度 環 境 カイゼン 実 践 プログラム 成 果 発 表 会 ならびに 特 別 講 演 会 開 催 のご 案 内 謹 啓 深 冷 の 候 皆 様 におかれましては 益 々ご 盛 栄 のこととお 喜 び 申 し 上 げます 平 素 は 本 学 の 教 育 研 究 に

More information

この 説 に 信 憑 性 があるかないか わたしにはよく 分 かりませんが 語 呂 が 良 いし 昔 の 親 父 は 確 かにおっかないところがあったから そこに 収 まるまでに 何 らかのいきさつがあ ったとしても 親 父 に 定 着 していったのでしょうか 一 昔 か 二 昔 前 には 子 ども

この 説 に 信 憑 性 があるかないか わたしにはよく 分 かりませんが 語 呂 が 良 いし 昔 の 親 父 は 確 かにおっかないところがあったから そこに 収 まるまでに 何 らかのいきさつがあ ったとしても 親 父 に 定 着 していったのでしょうか 一 昔 か 二 昔 前 には 子 ども 聖 霊 降 臨 後 第 16 主 日 ( 特 定 22) 説 教 2011/10/2 聖 マタイ 福 音 書 第 21 章 33 節 ~43 節 於 : 聖 パウロ 教 会 司 祭 山 口 千 寿 地 震 雷 火 事 親 父 という 諺 をお 聞 きになったことがあると 思 います 怖 いもの 恐 ろしく 感 じられるものを 順 番 に 上 げたのだと 思 います わたしたちも3 月 11 日 の

More information

Microsoft Word - ⑤写真付き瀬戸口アーナンダ病院訪問の旅20130325-26報告.docx

Microsoft Word - ⑤写真付き瀬戸口アーナンダ病院訪問の旅20130325-26報告.docx Ananda Hospital を 訪 問 して デリー 日 本 人 会 ボランティアグループ 瀬 戸 口 陽 子 1)アーナンダ 病 院 訪 問 2013 年 3 月 25~26 日 の 1 泊 2 日 にてボランティアグループメンバー3 人 での 訪 問 の 旅 で す アーナンダ 病 院 の 最 寄 り 空 港 は Gorakhpur ゴラクプール 空 港 から 約 50 キロ 車 で 約 1

More information

Microsoft Word - 27入園案内.docx

Microsoft Word - 27入園案内.docx 平 成 27 年 度 (2015 年 度 版 ) 認 定 こども 園 神 立 幼 稚 園 入 園 案 内 315-0054 茨 城 県 かすみがうら 市 稲 吉 二 丁 目 18 番 8 号 TEL 029-831-0328 FAX 029-831-6563 ホームページ http//www.kandatsu.ac.jp メール info@kandatsu.ac.jp 入 園 のご 案 内 お 子

More information

スライド 1

スライド 1 調 査 方 法 :インターネットアンケート 調 査 期 間 :2009 年 1 月 23 日 ~2 月 5 日 調 査 対 象 :ぱど 読 者 モニター ぱどめいと 回 答 人 数 614 人 神 奈 川 県 在 住 の 高 校 生 以 下 のお 子 さまをお 持 ちの 20~50 代 の 女 性 未 入 園 ~ 小 学 生 以 下 の 習 い 事 通 塾 幼 稚 園 小 学 校 受 験 などなど

More information

(Microsoft Word - 5\215\206\220V.doc)

(Microsoft Word - 5\215\206\220V.doc) ごあいさつ 富 山 大 学 人 文 学 部 日 本 語 学 研 究 室 中 井 精 一 ここ 数 年 千 葉 県 佐 原 ( 現 香 取 ) 市 をはじめ 三 重 県 上 野 ( 現 伊 賀 ) 市 奈 良 県 高 取 町 高 知 県 高 知 市 熊 本 県 菊 池 市 といった 日 本 各 地 にある 伝 統 的 な 地 方 都 市 の 言 語 研 究 に 取 り 組 んできた 未 だ 十 分 な

More information

3 家 族 対 抗 でスカベンジャーハント( 英 語 版 ウォークラリー)をしました 他 のグループには 負 けまいと とても 気 合 いが 入 りました 4ALTが3グループに 分 かれ 自 分 の 母 国 について 説 明 を 聞 きました 音 楽 を 聞 いたり ALTの 地 元 の 特 産

3 家 族 対 抗 でスカベンジャーハント( 英 語 版 ウォークラリー)をしました 他 のグループには 負 けまいと とても 気 合 いが 入 りました 4ALTが3グループに 分 かれ 自 分 の 母 国 について 説 明 を 聞 きました 音 楽 を 聞 いたり ALTの 地 元 の 特 産 平 成 21 年 イングリッシュキャンプ( 英 語 サマーセミナー) 8 月 23 日 ( 日 )から25 日 ( 火 )の2 泊 3 日 間 橘 ウインドパークにてイングリッシュキャンプを 行 いました イングリッシュキャンプは 今 年 で13 回 目 になる 行 事 ( 中 高 一 貫 行 事 )です 周 防 大 島 高 等 学 校 の 生 徒 及 び 高 校 近 郊 の 中 学 生 が 英 語

More information

4 すみれが 丘 夏 休 みラジオ 体 操 の 会 すみれが 丘 だより 平 成 26 年 夏 号 (No.9) 発 行 :すみれが 丘 町 内 会 取 材 編 集 : 広 報 部 会 /ホームページ 広 報 誌 編 集 委 員 会 ~ 夏 号 の 内 容 ~ 1. 平 成 26 年 度 総 会 が 開 催 されました 2. 平 成 26 年 度 の 行 事 予 定 3. 専 門 部 会 長 から 4.

More information

(2) 高 等 学 校 教 員 選 考 学 校 種 教 員 の 種 別 教 科 採 用 人 数 国 語 地 理 歴 史 公 民 数 学 理 科 保 健 体 育 芸 術 ( 音 楽 美 術 書 道 ) 高 等 学 校 教 諭 100 名 程 度 高 等 学 校 外 国 語 ( 英 語 ) 農 業 工

(2) 高 等 学 校 教 員 選 考 学 校 種 教 員 の 種 別 教 科 採 用 人 数 国 語 地 理 歴 史 公 民 数 学 理 科 保 健 体 育 芸 術 ( 音 楽 美 術 書 道 ) 高 等 学 校 教 諭 100 名 程 度 高 等 学 校 外 国 語 ( 英 語 ) 農 業 工 平 成 29 年 度 教 員 採 用 選 考 の 概 要 義 務 教 育 課 高 校 教 育 課 特 別 支 援 教 育 課 1 求 める 教 師 像 (1) 長 野 県 の 教 員 の 使 命 任 務 子 どもの 命 と 安 全 を 守 り 夢 や 可 能 性 を 育 む 専 門 性 を 磨 き 人 間 力 を 高 めるために 学 び 続 ける (2)こんな 人 を 求 めています 1 教 育 者

More information

1 2014 年 聖 学 院 大 学 入 学 前 スタートアップ 講 座 目 次 1 カリキュラム 内 容 基 礎 英 語 2 文 系 国 語 表 現 力 基 礎 2 基 礎 数 学 完 成 2 2 その 他 特 別 プログラム 3 3 時 間 割 4 4 費 用 5 5 申 込 み 方 法 5 6 通 学 について 5 受 講 者 の 感 想 を 紹 介 します 6 楽 しく 英 語 講 座 English

More information

4月の園だより

4月の園だより 本 村 幼 稚 園 4 月 の 園 だより 平 成 27 年 4 月 8 日 港 区 立 本 村 幼 稚 園 長 黒 田 泰 正 ***** 輝 く 幼 稚 園 を 目 指 して ***** 園 長 黒 田 泰 正 正 門 の 桜 吹 雪 と 共 に 平 成 27 年 度 の 本 村 幼 稚 園 がスタートしました 私 は 本 村 幼 稚 園 の 園 長 に 着 任 して おかげさまで2 年 目 となりました

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

例 会 で 扇 風 機 だけの 対 応 でよいのかという 質 問 がありました 教 室 内 の 温 度 の 検 証 を 積 極 的 に 行 うべきではないかということも 求 められています これらに 対 応 するため 当 委 員 会 を 設 置 しました ご 意 見 をいただきたいと 思 います 次

例 会 で 扇 風 機 だけの 対 応 でよいのかという 質 問 がありました 教 室 内 の 温 度 の 検 証 を 積 極 的 に 行 うべきではないかということも 求 められています これらに 対 応 するため 当 委 員 会 を 設 置 しました ご 意 見 をいただきたいと 思 います 次 平 成 26 年 度 第 1 回 八 千 代 市 公 立 小 中 学 校 暑 さ 対 策 検 討 委 員 会 会 議 録 期 日 平 成 26 年 7 月 30 日 ( 水 ) 開 会 午 後 2 時 閉 会 午 後 3 時 35 分 場 所 八 千 代 市 市 民 会 館 2 階 第 6 会 議 室 出 席 者 八 千 代 市 長 秋 葉 就 一 委 員 長 小 林 伸 夫 ( 教 育 次 長 )

More information

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連 2 0 1 1 年 4 月 2 0 日 全 建 総 連 支 援 対 策 本 部 ニュース(No.33 全 建 総 連 東 日 本 大 震 災 支 援 対 策 本 部 全 建 総 連 では 4 月 14 日 原 発 事 故 に 起 因 する 様 々な 被 害 を 受 けた 地 域 の 産 業 及 び 住 民 に 対 して 充 分 な 補 償 を 行 うこと 等 を 主 旨 とした 要 請 を 東 京

More information

Evernote

Evernote ス ポ ー ツ 指 導 の 考 え 方 ノートブッ add05 のノートブック 作 成 日 : 2013/02/07 13:43 更 新 日 : 2016/04/15 12:22 場 所 : 香 川 県, 日 本 当 スクールのスポーツ 指 導 の 考 え 方 について 今 般 バドミントンの 田 児 君 桃 田 君 の 問 題 から 発 生 した 一 連 の 騒 動 はバドミ ントン 界 のみならず

More information

10 月 11 日 恒 例 となりました 交 流 会 を 根 室 市 で 開 催 しました 当 支 部 の 総 会 は 釧 路 市 を 会 場 としていることから この 交 流 会 は 釧 路 市 以 外 に 会 員 がお 住 まいの 所 で 会 員 の 相 互 交 流 を 行 っております 根 室

10 月 11 日 恒 例 となりました 交 流 会 を 根 室 市 で 開 催 しました 当 支 部 の 総 会 は 釧 路 市 を 会 場 としていることから この 交 流 会 は 釧 路 市 以 外 に 会 員 がお 住 まいの 所 で 会 員 の 相 互 交 流 を 行 っております 根 室 北 海 道 釧 路 根 室 支 部 支 部 長 : 大 道 光 肇 おおみち こうちょう(S44 仏 仏 教 ) 事 務 局 長 : 戸 田 恭 司 とだ きょうじ (S60 文 歴 史 ) 支 部 内 同 窓 生 数 212 人 平 成 28 年 度 釧 路 根 室 支 部 総 会 のお 知 らせ 日 時 平 成 28 年 7 月 2 日 ( 土 ) 会 場 釧 路 プリンスホテル 釧 路 市 幸

More information