ケイン号の反乱に学ぶ安全衛生

Size: px
Start display at page:

Download "ケイン号の反乱に学ぶ安全衛生"

Transcription

1 サイトトップ 映 画 と 労 働 安 全 2016 年 06 月 04 日 ケイン 号 の 反 乱 に 学 ぶ 労 働 安 全 衛 生 目 的 意 識 を 持 っている 組 織 の 強 み と 労 働 安 全 衛 生 法 改 正 元 厚 労 省 化 学 物 質 対 策 課 化 学 物 質 国 際 動 向 分 析 官 柳 川 行 雄 内 容 1 ケイン 号 の 反 乱 について 現 実 に 即 した 変 化 のできない 組 織... 2 (1) 目 的 がないと 組 織 は 腐 る... 2 (2) 旧 日 本 軍 も 同 様 だった... 3 (3) 現 代 の 企 業 はどうなのか U ボート 側 の 取 組 み 組 織 における 制 度 改 善 の 成 否... 7 (1)ケイン 号 の 新 艦 長 のやり 方... 7 (2) 現 代 の 企 業 での 例 安 全 衛 生 のシステム 導 入 のために (1)トップはシステムの 中 身 を 理 解 せよ (2)システムの 目 的 と 意 義 を 明 らかにせよ (3) 具 体 的 な 方 法 を 示 せ (4)PDCAサイクルを 確 実 に 回 せ (5) 本 当 に 役 に 立 つことをした 者 を 評 価 せよ 最 後 に ケイン 号 の 反 乱 について ケイン 号 の 反 乱 はハーマン ウォークの 同 名 小 説 を 映 画 化 したものであり 実 際 に 起 きた 事 件 ではない 映 画 化 のための 撮 影 にあたって 米 国 海 軍 では 反 乱 は

2 起 きたことがないという 理 由 で 一 時 海 軍 が 協 力 を 渋 ったという 話 が 残 ってい る 反 乱 という 言 葉 に 敏 感 に 反 応 したようだ 結 局 映 画 の 冒 頭 に 説 明 文 を 挿 入 することで 折 り 合 いをつけることとなった ところで 数 年 前 に 中 国 へ 行 ったとき 北 京 のホテルで 何 の 気 なしにテレビを 点 けたらこの 映 画 を 上 映 していた さしもの 中 国 でもアメリカのことなら 反 乱 を 扱 った 映 画 も 問 題 にならないらしい さて 私 自 身 は 小 説 の 方 を 学 生 時 代 に 読 んでおり 映 画 化 されたと 聞 いて 観 てみたいものだと 思 っていたのだが なかなか 機 会 がなく 地 方 局 に 単 身 赴 任 し ていたときにツタヤでみかけてようやく 観 ることができたものである 原 作 はかなりの 長 編 なのだが 映 画 は 原 作 をかなり 省 略 している 主 人 公 キー スのアナポリス 海 軍 兵 学 校 時 代 のエピソードは 卒 業 式 以 外 は 省 略 されている が 本 稿 では この 省 略 された 部 分 の 話 から 始 めたい 2 現 実 に 即 した 変 化 のできない 組 織 キースは 兵 学 校 に 入 学 したとき いくつかの 失 敗 をしてマイナスキングとい うニックネームをつけられてしまう その 後 奮 起 して 優 等 生 となるのだが 授 業 中 に 教 官 から 潜 水 艦 はどのように 運 用 するべきかとの 質 問 を 受 けるシーンが ある 兵 学 校 の 使 用 しているテキストには 潜 水 艦 は 航 続 距 離 が 短 いので 沿 岸 で の 使 用 に 適 している との 趣 旨 の 記 述 があることをキースは 知 っていた しかし 当 時 アメリカの 西 海 岸 では ドイツから 遠 洋 を 航 行 してきた U ボート( 潜 水 艦 )が 出 没 して 通 商 破 壊 戦 を 行 っていたのである キースは 米 国 の 西 海 岸 に U ボートが 出 没 していることを 指 摘 するが 教 官 は 納 得 しない そこで テキストに 書 かれている 通 りの 回 答 をすると 教 官 は 満 足 するのである (1) 目 的 がないと 組 織 は 腐 る どこの 国 の 軍 隊 でも 平 和 な 時 代 には 形 式 主 義 や 官 僚 主 義 がはびこるもので ある 実 を 言 えば この 当 時 の 米 国 とドイツの 軍 隊 は 日 本 や 英 国 フランス ソ 連 などに 比 較 すればかなりよい 状 況 だった また キースが 兵 学 校 にいた 頃 は すでに 日 独 との 戦 争 にも 突 入 していた それでも このような 状 況 があったの だろう

3 なにしろ 平 時 の 軍 隊 では 成 果 主 義 をとることは 困 難 である 成 果 主 義 という のは 目 的 ( 利 益 の 確 保 など)があって 初 めて 成 り 立 つものだが 戦 争 をしてい なければ 目 的 など 存 在 し 得 ないのである かくして 如 才 ない 者 や 事 務 能 力 のあ る 者 人 間 関 係 をうまく 築 くことができる 者 が 出 世 することになる こうなると 世 の 中 の 変 化 に 合 わせて 自 らの 組 織 を 変 えてゆこうなどとは 誰 も 思 わなくな る ルーチンワークをしている 方 が 楽 だし 自 らの 組 織 を 変 えることなど やる 気 のない 組 織 の 中 では かえって 組 織 の 和 を 乱 すやっかいな 人 物 と 評 価 される ことになりかねないからだ 人 事 評 価 制 度 を 導 入 して( 第 二 次 大 戦 当 時 の 米 国 海 軍 も 導 入 していた) 各 自 に 目 的 を 設 定 させても 目 的 のための 目 的 評 価 のための 評 価 になってしまいが ちである もちろん 一 般 論 としては 人 事 評 価 制 度 そのものは 組 織 の 活 性 化 に 有 効 なものである しかし 目 的 の 無 い 組 織 では 形 式 主 義 に 陥 りやすいのであ る そして 実 際 にそうなると 被 評 価 者 の 納 得 性 が 得 られないようになってし まい かえって 組 織 の 活 力 や 職 員 のやる 気 が 削 がれたりする 頑 張 っても 頑 張 ら なくても 正 しく 評 価 されないと 思 えば 人 間 はやる 気 をなくすものなのだ 平 時 の 軍 隊 というものはまさにそのような 弊 害 の 出 やすい 組 織 なのである かくして 潜 水 艦 は 沿 岸 で 使 用 するものという 固 定 観 念 (と 兵 学 校 のテキスト 類 の 記 述 )は 実 際 に 西 海 岸 でドイツの U ボートに 自 国 や 友 好 国 の 商 船 を 破 壊 されるようになっても 誰 も 変 えようとはしなかったのである 面 倒 だということもあったのかもしれないが 教 条 主 義 に 陥 っていた 面 もあ ろう 教 科 書 に 書 かれていることを 金 科 玉 条 のごとく 扱 って 現 実 との 違 い を 認 識 しようともしなかったのである (2) 旧 日 本 軍 も 同 様 だった 当 時 の 日 本 軍 も 決 して 例 外 ではない 真 珠 湾 を 攻 撃 した 南 雲 部 隊 が 旧 式 の 軍 艦 だけを 沈 めて 燃 料 タンク 群 や 修 理 工 廠 などを 攻 撃 しなかったこと 真 珠 湾 に 空 母 がいないことが 分 かったときに 索 敵 機 を 飛 ばして 空 母 を 探 そうともしなか ったことなどもその 表 れである 大 艦 巨 砲 主 義 の 残 存 があって 補 給 の 重 要 性 や 航 空 機 の 重 要 性 に 本 当 には 気 付 いていなかったのであろう そもそも 日 本 軍 の 沈 めた 大 型 艦 は その 後 アリゾナを 除 いてすべて 引 き 上 げ られてしまった そして 損 傷 が 激 しくてスクラップにされた1 隻 を 除 いて す べて 戦 線 に 復 帰 することになる つまり 損 害 はそれほどでもなかったのだ こ れも 修 理 工 廠 を 破 壊 しておかなかったことが 一 因 である また 当 時 は 米 国 でも 大 型 タンカーは 開 発 されておらず 大 量 の 燃 料 をそう 簡

4 単 に 運 ぶことはできなかった このため 燃 料 タンク 群 を 破 壊 しておけば その 後 の 米 国 海 軍 の 動 きはかなり 制 約 されたはずである この 点 について 当 時 の 軍 艦 の 燃 料 は 重 油 であり 航 空 機 でタンクを 攻 撃 しても 炎 上 させることは 不 可 能 で さしたる 効 果 はなかったはずだという 説 もある しかし 片 っ 端 から 爆 弾 でタン クを 破 壊 して 湾 内 へ 大 量 の 重 油 を 流 出 させれば 軍 港 としての 機 能 をマヒさせ ることもできたはずである そもそも 南 雲 は 真 珠 湾 攻 撃 の 本 当 の 目 的 を 知 らなかったのである 山 本 が 南 雲 に 真 珠 湾 攻 撃 の 意 味 を 明 確 には 伝 えていなかったのだ 山 本 のねらいは 米 国 の 空 母 部 隊 を 壊 滅 させることだったのだが 南 雲 との 関 係 がそれほどよくな く 山 本 の 人 間 的 な 問 題 で 人 間 関 係 のよくない 人 間 に 対 してきちんと 話 をする ことをしないのである むしろ 南 雲 は 軍 令 部 から 連 合 艦 隊 を 無 傷 で 戻 すように 言 われていた つまり 第 二 次 攻 撃 をしなかったのは 軍 令 部 からの 指 示 に 忠 実 に 従 ったという 見 方 もで きるわけで 目 的 が 不 明 確 なままでは 最 初 から 成 功 などおぼつかなかったので ある 南 雲 が 第 二 次 攻 撃 をしなかったことについて 山 本 は 不 満 だったといわれる が それなら 最 初 から 目 的 を 共 有 しておくべきだったろう 歴 史 にイフは 許 され ないが 湾 内 に 空 母 がいないことが 分 かれば ただちに 索 敵 機 を 出 すようにと 指 示 しておけば 当 日 の 米 軍 空 母 の 位 置 関 係 から 発 見 できた 可 能 性 は 高 かったと 思 われるのだ また 彼 我 のパイロットの 能 力 差 から 考 えれば 発 見 後 にただち に 攻 撃 をしかければ 勝 算 はかなりあったはずである 当 時 米 国 は( 形 の 上 では) 中 立 国 だったし 国 民 世 論 は 戦 争 に 参 加 すること を 拒 んでいた 最 後 まで 参 戦 しなかった 可 能 性 もないわけではない それなのに 真 珠 湾 を 攻 撃 して 旧 式 の 軍 艦 を 沈 め それと 引 き 換 えに 米 国 を 戦 争 に 引 き 込 む という 最 悪 の 結 果 を 生 じたのである すなわち 真 珠 湾 攻 撃 は 戦 略 的 には 失 敗 で あったし 戦 果 も 軍 事 的 には 意 味 のあるものではなかったのである ところが 軍 令 部 は 真 珠 湾 攻 撃 について 大 戦 果 だと 国 民 に 発 表 した さした る 戦 果 を 挙 げることもなく 米 国 を 戦 争 に 巻 き 込 むという 大 失 態 を 主 導 した 山 本 が 国 民 的 英 雄 となってしまったのだ かくして 真 珠 湾 の 失 敗 について 反 省 されることもなく また 山 本 も 責 任 を とらされることもなく 連 合 艦 隊 司 令 長 官 の 地 位 にとどまるのである こうして この 無 能 な 人 物 はミッドウェイでさらなる 失 態 を 重 ねることとなる

5 真 珠 湾 での 失 敗 を 避 けるためには まず 真 珠 湾 攻 撃 の 前 に 関 係 者 が 目 的 を 共 有 し その 目 的 を 達 成 するためには 何 をするべきかを 民 間 人 の 専 門 家 も 含 めて 徹 底 的 に 検 討 しておくべきであった 湾 内 に 空 母 がいないことも 考 えられるの だからそのときの 対 応 や また 第 二 次 攻 撃 で 優 先 して 破 壊 すべき 目 標 を 定 めて いれば 真 珠 湾 での 失 敗 は 防 げた 可 能 性 があるのである また 少 なくとも 事 後 にきちんと 攻 撃 の 成 果 が 戦 争 遂 行 という 大 目 的 に とってどのような 効 果 があったのか さらに 効 果 を 上 げるためにはどうすれば よかったか 失 敗 を 繰 り 返 さないためにはどうすればよかったかについて 検 討 していれば その 後 の 珊 瑚 海 海 戦 やミッドウェイ 海 戦 の 状 況 は 大 きく 異 なって いたはずだ (3) 現 代 の 企 業 はどうなのか ある 意 味 で 労 働 災 害 の 減 少 した 企 業 の 安 全 衛 生 部 門 というのは 平 時 の 軍 隊 と 似 たような 面 があることは 否 定 できない どうすれば 労 働 災 害 が 減 少 できる かという 目 的 をもって 工 夫 や 努 力 をしても 評 価 されにくいのである 結 果 が 数 値 として 表 れないからだ よく 年 間 にわずか 数 件 程 度 の 不 休 災 害 の 発 生 件 数 や 数 年 に1 回 程 度 発 生 す る 休 業 災 害 を 分 析 して 災 害 が 増 えたとか 減 ったとか 評 価 している 企 業 があるが もちろんそんなことには 何 の 意 味 もない 災 害 が 増 えたときの 職 員 の 意 識 付 けのためというならともかく 数 件 程 度 の 不 休 災 害 では 件 数 は 偶 然 によ って 左 右 され 努 力 したからといってどうなるものでもない 努 力 してもどうな るものでもない 数 値 で 評 価 されれば 組 織 はやる 気 をなくすのである 不 休 災 害 を 問 題 にしなければならないのは 以 下 の2つのケースくらいに 限 られる めったに 発 生 しないような 不 休 災 害 についてまで 気 にする 必 要 はない のである 同 種 の 災 害 が 作 業 に 伴 って 繰 り 返 して 発 生 する 恐 れがある 場 合 ( 例 :バ リのある 材 料 を 素 手 で 取 り 扱 って 怪 我 をする 濡 れた 床 で 作 業 していてこ ろんでけがをするなど) 重 大 な 災 害 が 発 生 する 可 能 性 があったが たまたま 不 休 災 害 となったにす ぎない 場 合 ( 例 : 高 所 から 落 ちかけて 近 くのロープにつかまり かるく 腕 に 痛 みを 感 じたような 場 合 ) 実 を 言 えば このような 現 場 の 目 的 意 識 の 希 薄 さや それに 必 然 的 に 伴 う 能 力 の 低 下 などに 対 応 するために 考 えられたのが 労 働 安 全 衛 生 マネジメントシス

6 テムやリスクアセスメントの 各 種 のシステムなのである つまり 誰 が 行 っても 同 じような 効 果 が 出 るようにマニュアル 化 をし 全 体 的 なシステム 化 をしたわ けである その 意 味 で マネジメントシステムやリスクアセスメントの 各 種 のシステム というのは 必 要 悪 という 面 がある やらなくてもよければそれに 越 したこと はないが 現 状 を 考 えるとやらざるを 得 ないというものなのである もちろん 実 際 のマネジメントシステムやリスクアセスメントなどの 各 種 の システムは いつ 誰 が 実 施 しても 同 じ 効 果 が 出 るようなところまではいってい ない そのため 目 的 意 識 もなく 形 式 主 義 に 陥 って マネジメントのためのマネ ジメント リスクアセスメントのためのリスクアセスメントになってしまうと 何 の 役 にも 立 たないことになってしまうのだが これを 役 に 立 つシステムとするには 少 なくとも 自 社 において 発 生 する 恐 れ のある 労 働 災 害 の 未 然 防 止 という 目 的 を 立 て それを 予 見 しかつ 結 果 を 回 避 す るためにはどのようにすべきかを 組 織 的 に 検 討 した 上 で 現 場 が 納 得 できる 形 で 示 さなければならない 現 場 が 本 音 では 納 得 できていなければ 形 だけ 整 えて も 成 功 することはないと 思 った 方 がよい また 本 当 に 効 果 的 な 活 動 をする 部 署 があればきちんと 検 証 したうえで その 部 署 や 功 労 者 を 評 価 顕 彰 することも 必 要 である 厚 生 労 働 省 がマネジメントシステムやリスク 評 価 の 指 針 を 示 しているのだか らというので その 内 容 の 意 味 や 目 的 も 理 解 せずに とにかくその 通 りにやって みようというのでは 効 果 が 上 がらないばかりか 弊 害 さえ 出 るということを 理 解 するべきであろう 3 U ボート 側 の 取 組 み さて いささか 話 が 横 道 に 逸 れた 元 に 戻 そう 沿 岸 で 使 用 するべきものとさ れた 潜 水 艦 (U ボート)で ドイツの 艦 員 たちはどうやって 大 西 洋 を 横 断 し ア メリカ 西 海 岸 まで 活 動 範 囲 を 広 げたのだろうか この 辺 の 事 情 は 原 作 にも 書 かれていないが 実 は かなりのルール 違 反 が 行 わ れていたのである 艦 長 たちは U ボートのありとあらゆる 隙 間 に 燃 料 を 積 み 込 んだ 中 には 魚 雷 発 射 管 の 中 にまで 燃 料 を 積 んだ 猛 者 がいたという だが 実 を 言 えば このようなことは 禁 止 されていたのである 全 体 の 重 量 が 増 して 危 険 で あるし 魚 雷 発 射 管 の 中 にまで 燃 料 を 積 み 込 んだのでは 駆 逐 艦 に 襲 われたとき に 速 やかな 反 撃 ができにくくなる

7 U ボート 艦 隊 の 司 令 は 米 国 へ 赴 く U ボートの 燃 費 がやたらによいことに 気 づいていた 表 向 きは 燃 料 を 規 定 通 りに 積 んでいるのだから いくら 航 行 しても 燃 料 がなくならないわけである だが 彼 らは U ボート 艦 長 たちのやる 気 を 削 ぐような 愚 かなことはしなかった U ボートの 艦 長 や 乗 組 員 は 自 分 たちがやろうとしていることの 意 味 を 理 解 していた 近 代 戦 においては 通 商 破 壊 戦 がきわめて 重 要 であること 商 船 は 世 界 中 のどこで 沈 めても 戦 争 行 為 への 効 果 は 同 じであり 護 衛 の 薄 い 地 域 を 狙 うの が 効 果 的 であることを である 戦 場 で 10 輌 の 戦 車 を 破 壊 するよりも 戦 場 へ 100 輌 の 戦 車 を 運 ぶことができ なくすることの 方 がはるかに 効 果 的 である また 米 国 西 海 岸 で 船 舶 を 沈 めれば 米 国 は 欧 州 向 けの 船 舶 を 米 国 内 向 けに 振 り 替 えざるを 得 なくなり 結 局 は 欧 州 での 戦 闘 を 有 利 にすることができるのである だからこそ その 時 点 で 護 衛 の 薄 い 米 国 西 海 岸 で 攻 撃 するための 必 死 の 努 力 が 行 われていたわけである 枢 軸 国 の 戦 争 目 的 が 正 義 にかなっていたかどうかはともかく 目 的 意 識 をも って その 目 的 のために 邁 進 しようとするとき 組 織 はその 本 来 の 強 みを 発 揮 す るのである もちろん 現 代 の 工 場 では 目 的 意 識 を 持 って 創 意 工 夫 でルール 違 反 を 犯 すこ となどは 許 されることではない しかし 当 時 は 戦 時 だったのである このよう な 場 合 に 危 険 を 冒 すことは 平 時 とは 異 なった 評 価 がされるべきことは 当 然 で ある 4 組 織 における 制 度 改 善 の 成 否 (1)ケイン 号 の 新 艦 長 のやり 方 さて 話 を 映 画 まで 戻 そう キースがケイン 号 に 赴 任 したとき 彼 には 艦 内 の 乗 組 員 の 規 律 ( 服 装 や 態 度 )がかなり 乱 れていると 感 じられた これは 艦 長 の ド ブリースが 結 果 を 出 しさえすれば 形 には 拘 らないという 人 物 だったからで

8 ある なにしろキースが 最 初 にド ブリースに 会 ったとき この 艦 長 は 素 っ 裸 で 執 務 していたほどなのである さすがに 映 画 では 腰 にタオルらしきものを 巻 い てはいたが キースはこのためド ブリースと 対 立 する 実 はド ブリースは 乗 組 員 には 慕 われていたのだが キースにはその 理 由 も 理 解 できなかった やがて ド ブリースから 艦 長 の 交 代 があると 聞 いてキースは 喜 んだ ハンフ リー ボガートが 演 じる 新 艦 長 のクイーグが 赴 任 してくると この 新 艦 長 は 艦 内 の 乱 れた 規 律 を 徹 底 的 に 正 そうとした 当 然 ながらそれまでのやり 方 に 慣 れ た 乗 組 員 は 反 発 する そして 形 だけの 服 従 をするようになってしまった クイ ーグにもそれは 分 かるから 自 分 が 馬 鹿 にされていると 感 じるのか 異 常 なまで に 乗 組 員 の 規 律 に 拘 りはじめ 乗 組 員 と 対 立 を 深 刻 化 させてゆく この 対 立 が 決 定 的 になるのが 海 兵 隊 の 上 陸 支 援 の 任 務 に 際 してクイーグが 臆 病 な 態 度 をとったときである 士 官 たちさえ 陰 ではクイーグを 侮 るようにな ってしまい 副 長 のマリクを 除 くと 誰 もクイーグを 擁 護 しなくなる さらに 一 部 の 士 官 たちはクイーグが 精 神 的 に 異 常 をきたしていると 疑 い 始 める そのよ うな 中 クイーグの 行 動 はますます 異 常 なものになっていった もちろん 一 般 論 としてはクイーグが 着 任 の 直 後 に 行 おうとしたこと= 服 装 の 乱 れに 関 する 規 律 の 回 復 は 間 違 っていたわけではない しかし あまりにも 性 急 すぎた ズボンからシャツの 裾 を 出 している 乗 組 員 を 士 官 たちの 前 でどな りつけたり 事 前 に 警 告 することもなくいきなり 罰 ( 上 陸 禁 止 )を 与 えたりする ようなことをするのだ 現 代 の 日 本 の 企 業 ならハラスメントといわれそうだが もちろん 当 時 の 軍 隊 ではそんなことは 問 題 にもならない しかし このことが 艦 長 と 士 官 たちとの 間 の 意 思 疎 通 に 問 題 をもたらしたのである そしてそのことが 反 乱 の 誘 因 とな ってゆくのである 規 律 の 改 善 は 必 要 だったかもしれないが( 副 長 のマリクもこの 艦 は 異 常 だと 言 っている) しかし その 必 要 性 を 理 解 させずに 形 だけ 無 理 やりに 直 そうと してもうまくはいかないのである その 意 味 では 艦 の 本 当 の 目 的 が 何 かを 理 解 したうえで 乗 組 員 に 納 得 させて 必 要 なことだけをさせたド ブリースの 方 が 艦 長 としては 適 任 だったのである もちろん 現 代 の 企 業 で 安 全 パトロールが 入 ったら クイーグの 方 がはるかに 好 成 績 の 評 価 を 受 けるだろうが

9 (2) 現 代 の 企 業 での 例 目 的 は 正 しくても 組 織 の 反 感 を 買 う 恐 れのあることは いきなり 命 じるので はなく その 必 要 性 を 相 手 に 理 解 させなければ 形 だけは 導 入 されるが 実 質 的 には 効 果 が 上 がらないのだ よくある 深 刻 な 例 が 人 事 評 価 制 度 と 成 果 主 義 である 人 事 部 長 や 総 務 部 長 ク ラスの 管 理 職 が 人 事 評 価 制 度 や 成 果 主 義 を 導 入 しようとする うまく 機 能 すれ ばよいのだが 失 敗 するケースが 実 に 多 い 制 度 の 必 要 性 や 有 効 性 を 組 織 に 理 解 させないまま 早 急 に 導 入 しようとするから 実 態 は 評 価 のための 評 価 になって しまうのである また 導 入 にあたって 恰 好 だけは 評 価 制 度 の 研 修 をするのだが 一 般 的 な 知 識 だけで 具 体 性 のある 研 修 になっていないから 評 価 の 方 法 や 目 的 が 組 織 内 に 浸 透 していかないのである 結 果 的 に 形 式 的 な 評 価 をするようになる こうなる と 頑 張 ってもボスは 評 価 してくれない ということになり 形 式 的 な 成 果 だけ を 挙 げようとするかやる 気 をなくしてしまうことになる また 人 単 位 や 部 署 単 位 で 短 期 間 の 成 果 について 評 価 しようとするから 情 報 の 抱 え 込 みなどセクト 主 義 の 問 題 が 起 きる なにもわざわざ 競 争 相 手 の 他 部 署 に 貴 重 な 情 報 を 与 えることはないだろう さらに 長 期 的 な 思 考 の 欠 如 なども 起 こりやすくなる とにかく 今 期 だけ 成 果 が 上 がれば 後 のことなど 知 ったこと ではない 若 い 連 中 を 教 育 しても 評 価 されるわけではない ということになる わけだ 最 大 の 問 題 は トップが 形 式 的 な 成 果 だけを 見 て わが 社 はうまくいっている と 思 い 込 むことである こうなると 組 織 は 活 力 を 失 ってしまう 安 全 衛 生 マネジメントシステムも 形 だけ 導 入 しても 効 果 はないばかりか 弊 害 が 出 るだけなのだが 現 実 にこうした 弊 害 はよく 起 きているので 注 意 しなけ ればならない 導 入 しようとする 安 全 衛 生 の 担 当 者 はその 目 的 も 意 味 も 解 って いるのかもしれないが 現 場 にその 必 要 性 や 有 効 性 さらには 目 的 を 理 解 させる ことは 簡 単 ではない そこで 手 っ 取 り 早 く 形 だけ 導 入 しようとして 失 敗 するこ とになるのだ 導 入 される 側 の 現 場 の 方 は 内 心 は 意 味 のないことをさせる と 思 ってはい るが 組 織 としての 命 令 なので 形 だけは 服 従 する そして 形 だけは 成 果 も 上 がるのである 例 えばリスクアセスメントの 実 施 率 が %になった リスク

10 レベルが まで 下 がったなどという 成 果 である なぜなら 成 果 を 出 し ておけば 人 事 評 価 をする 上 司 の 覚 えがめでたくなるし 数 字 を 出 すだけなら 簡 単 だからだ だが 実 際 には リスクアセスメントそのものがどこまで 効 果 的 に 行 われているかなど 分 かったものではないのである その 気 になれば リスクレベルを 下 げやすいリスクだけをリスクアセスメン トの 対 象 に 取 り 上 げることも 可 能 だし 対 策 を 立 てた 後 のリスクレベルが 下 が ったことにするなど どのようにもできるのだ そしてここでもトップが 形 の 上 での 成 績 だけを 見 て 満 足 するようだとことは 深 刻 になる こうなってくると 労 働 災 害 の 防 止 など 覚 束 ないばかりか 組 織 そ のものがじわじわと 腐 り 始 めるのだ 5 安 全 衛 生 のシステム 導 入 のために (1)トップはシステムの 中 身 を 理 解 せよ これを 防 ぐためには 安 全 衛 生 管 理 について トップが 内 容 を 理 解 するように しなければならない もちろん 細 かなことまで 理 解 する 必 要 はないが 安 全 衛 生 のことは 難 しいから 君 にまかせるよ では まかされた 君 の 方 は トッ プが 安 全 衛 生 について 重 視 しておらず その 重 視 していないことを 担 当 させら れたと 感 じてしまう これではだめなのだ 例 えば リスクアセスメントを 導 入 するのであれば 担 当 者 に 対 して リスク アセスメントとは 具 体 的 に 何 をしようとするのかを 聴 くのである リスクを 洗 い 出 して その 大 きさを 評 価 するのだとの 答 えがあったとしても 具 体 的 にどう するのかが 分 からなければさらに 尋 ねるべきである ある 程 度 納 得 できる 回 答 があるまで 尋 ねるのである もし 簡 潔 で 納 得 できる 回 答 が 返 ってこないようなら うまくいっていると は 思 わないことだ 複 雑 な 方 法 なので 詳 細 な 説 明 は 難 しいのですが な どという 答 えが 返 ってきたら まずうまくいっていないと 思 った 方 がよい 説 明 もできないような 複 雑 な 方 法 が 現 場 に 浸 透 するわけがない また 本 人 が 理 解 し ていないのでそのように 説 明 している 可 能 性 もある そんなときは いついつまでに 分 かるように 報 告 してくれ といって 納 得 で きるまで 説 明 させるべきだ 聴 くまでもなく 分 かるようなことは 別 だが 少 なく

11 とも 新 しいシステムを 導 入 しようというときに その 仕 事 を 部 下 にまかせるの であれば トップとしては 自 分 に 納 得 できるように 説 明 させることが 最 低 の 条 件 である 説 明 もしないような 部 下 に 仕 事 をまかせてはいけないことは 当 然 な のである (2)システムの 目 的 と 意 義 を 明 らかにせよ さらに 組 織 に 対 して なぜそのシステムを 導 入 し どのような 効 果 を 上 げる ことを 期 待 しているのかを 明 確 に 示 すことである 幸 か 不 幸 か 現 時 点 では 個 々 の 企 業 における 労 働 災 害 の 発 生 件 数 はきわめて 低 いため 目 的 を 示 しにくいこ とは 事 実 である だからといって 何 かが 起 こればマイナス 評 価 を 受 けるが 何 も なければ 評 価 されないというのでは 安 全 衛 生 担 当 者 はやる 気 をなくしてしま う 目 標 を 示 すにあたっては 以 下 のことが 重 要 である 安 全 衛 生 管 理 活 動 における 目 標 の 要 件 1 目 標 は 実 質 的 なものであること 2 現 場 が 努 力 することによって 達 成 することが 可 能 で かつできるだけ 偶 然 に 左 右 されないものであること 3 形 式 的 な 件 数 主 義 であってはならないこと 3についていえば 件 数 だけを 目 標 として 示 すと 現 場 は 形 だけの 件 数 を 挙 げ て 成 果 としてしまうからだ ある 企 業 で 提 案 制 度 が1 人 当 たり 月 に 数 百 件 という 例 があった もちろん 役 に 立 っていないのだが 当 事 者 たちは 満 足 しているのである 詳 しく 提 案 の 内 容 を 見 ると 掃 除 機 を 買 ったので どこそこの 床 にテープで 印 をして 置 くべき 場 所 を 決 めるとよいというようなものばかりで しかもテープ をガムテープに 変 えたり どこそこの 場 所 を 変 えたりして 何 件 となく 出 してく るのである もちろん 中 身 がこんなものだとは 判 っているから 上 司 も 提 案 の 中 身 を 見 ようとはしない また 提 案 をする 側 もまともな 提 案 を 出 しても 見 ても らえないことが 分 かっているので 本 気 で 提 案 を 出 したりはしない つまり 実 質 的 にみれば 提 案 制 度 はないのと 同 じである いや まともな 提 案 をしたくてもできないというストレスがたまるだけ ない 方 がましかもしれ ない

12 (3) 具 体 的 な 方 法 を 示 せ 次 に 組 織 として システムに 関 しての 具 体 的 な 手 法 を 示 すことである 例 え ば リスクアセスメントについていえば 厚 生 労 働 省 の 指 針 に 書 いてあるからそ れを 使 うというのではなく 担 当 者 や 現 場 が 以 下 のように 思 えるから 使 うとい うものでなければならない リスクアセスメント 手 法 の 要 件 トップ 担 当 者 現 場 のすべてが 1 その 目 的 必 要 性 を 真 に 理 解 することができること 2 これなら 確 かに 役 に 立 つ と 思 えるようなものであること 3 これなら マンパワーの 面 からも 能 力 の 面 からも 実 施 可 能 である と 思 えるようなものであること 確 かに このようなシステムを 作 ることは 難 しい しかし 出 来 合 いのやり 方 を 権 威 のある 方 法 だというだけで 内 容 について 納 得 もしていないのに 形 だけ 導 入 するというのでは 成 果 も 形 だけのものになってしまうことが 多 いので ある そして 自 ら 作 ったシステムが 現 場 で 理 解 されないようなら 理 解 され るようにしなければならない なお 出 来 合 いのシステムを 用 いることが 常 によくないと 言 っているのでは ない ただ 使 うのであればそのシステムの 原 理 を 理 解 したうえで メリットと デメリットを 十 分 に 分 かったうえで 使 うことである それを 理 解 せずに 用 いる と かえって 危 険 を 呼 び 込 むことになりかねないからである (4)PDCAサイクルを 確 実 に 回 せ もちろん 目 標 とやり 方 を 示 しただけでは 足 りない 確 実 にPDCAを 回 すこ とにより 会 社 にとって 役 に 立 っていること コストに 見 合 う 利 益 が 出 ているこ とを 確 認 しなければならない また よりよい 方 法 がないかを 常 に 検 討 しなけれ ばならない そうでなければ 自 己 満 足 に 過 ぎないからだ もちろん ここにいう 利 益 とは 会 計 上 の 利 益 だけではない モラールの 向 上 や 災 害 リスクの 低 下 など 目 に 見 えないような 利 益 も 含 めて 考 えるべきである

13 また C については 決 められたことが 決 められたとおりに 行 われている か だけをチェックするのではない これだけをチェックしていたのでは シス テムに 欠 陥 があった 場 合 は 欠 陥 を 維 持 するだけである そうならないようにす るためには 決 められたことが 本 当 に 役 に 立 っているのか をチェックする 必 要 があるのだ ここを 間 違 えてはいけない また 現 場 が 本 当 にシステムの 必 要 性 と 有 効 性 について 納 得 しているかもチ ェックした 方 がよい 現 場 の 忠 誠 心 を 図 るためではない 現 場 の 納 得 性 が 得 られ ていないと システムが 有 効 に 動 かないからだ ただ 納 得 しているか と 聞 いてみても YES としか 回 答 は 返 ってこない 会 社 の 作 ったシステムに 現 場 が 納 得 していないとしても そのことを 引 き 出 すのは 簡 単 ではないということ は 理 解 しておいた 方 がよい 当 社 のシステムはアンケートの 結 果 現 場 の 納 得 度 が90%です などと 言 ってみても 意 味 はないのである たんに 本 当 のこと がいいにくい 雰 囲 気 だけなのかもしれないからだ (5) 本 当 に 役 に 立 つことをした 者 を 評 価 せよ また リスクアセスメントについてのツールを 用 いたとしても シナリオ 抽 出 やリスク 評 価 については いつ 誰 が 行 っても 同 じ 結 果 が 出 る などというもので はない これはファストフード 店 のマニュアルではないのだ 内 容 を 理 解 してよい 結 果 を 出 した 職 員 も 形 だけ 実 施 して 意 味 のない 結 果 を 出 した 職 員 も 人 事 評 価 制 度 の 中 で 同 じように 実 施 した という 評 価 がされる だけというのでは 誰 も 真 剣 に 取 り 組 まなくなる この 評 価 もなかなか 難 しいが リスクアセスメントのシナリオ 抽 出 について 言 えば 係 の がこのようなシナリオを 発 見 したとして 発 表 することな ど 様 々なことが 考 えられる 6 最 後 に 安 全 衛 生 管 理 システムのみならず 新 たなシステムを 効 果 的 に 動 かすために は 決 まりごとを 作 って 決 められたとおりに 組 織 が 動 いているかをチェック する だけではだめなのだ 組 織 を 作 っているのは 人 間 であり たんに 決 められ たとおりに 動 けと 言 われても 効 果 は 出 にくいのである

14 目 的 を 共 有 して その 目 的 を 達 成 するために 組 織 の 心 を 一 つにすること そし てそのための 納 得 できる 手 段 を 示 すこと トップの 役 割 はまさにそこにあるの だ ケイン 号 のド ブリース 艦 長 とクイーグ 艦 長 の 違 いは そのことができたかど うかの 違 いなのである

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 北 神 塾 第 五 講 世 界 の 中 の 日 本 日 本 の 外 交 安 全 保 障 防 衛 方 針 2 平 成 26 年 9 月 12 日 北 神 圭 朗 1 中 国 の 軍 事 戦 略 1. 中 国 の 軍 事 費 はすでに 日 本 の 3 倍 を 超 えた しかも 単 純 に 経 済 成 長 に 合 わせて 軍 備 拡 張 が 行 われているのではなく 確 固 たる 長 期 戦 略 に 基

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに 尖 閣 問 題 で 武 力 紛 争 が 起 こったら 石 垣 島 はどうなるか 2015 年 9 月 14 日 FB に 投 稿 石 垣 市 新 川 在 住 笹 尾 哲 夫 最 近 自 衛 隊 は 尖 閣 紛 争 をどう 戦 うか ( 西 村 金 一 岩 切 成 夫 末 次 富 美 雄 共 著 祥 伝 社 新 書 2014 年 刊 )という 本 を 読 みました 西 村 さんは 元 防 衛 省 自

More information

大 きく 分 けて 1.アメリカ 軍 への 兵 たん 支 援 ( 派 兵 恒 久 法 重 要 影 響 事 態 法 ( 改 定 )) これらは 周 辺 事 態 法 を 地 球 規 模 にするものであり 2. 戦 乱 が 続 く 地 域 での 治 安 活 動 ( 改 定 PKO 法 ) 駆 けつけ 警

大 きく 分 けて 1.アメリカ 軍 への 兵 たん 支 援 ( 派 兵 恒 久 法 重 要 影 響 事 態 法 ( 改 定 )) これらは 周 辺 事 態 法 を 地 球 規 模 にするものであり 2. 戦 乱 が 続 く 地 域 での 治 安 活 動 ( 改 定 PKO 法 ) 駆 けつけ 警 ご 異 議 なしと 認 め よって 本 案 は 原 案 の 通 り 可 決 する 事 に 決 定 いたしました 日 程 第 19 請 願 第 1 号 日 本 を 海 外 で 戦 争 する 国 にする 立 法 案 の 廃 案 へ の 意 見 書 の 提 出 を 求 める 請 願 書 を 議 題 といたし これより 先 ほどの 委 員 長 報 告 に 対 する 質 疑 を 開 始 いたし ( 質 疑 なし

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464>

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464> 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 昭 和 51 年 10 月 29 日 昭 和 51 年 10 月 29 日 国 防 会 議 決 定 閣 議 決 定 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める 別 紙 防 衛 計 画 の 大 綱 一. 目 的 及 び 趣 旨 わが 国 が 憲 法 上 許 される

More information

震 から1946 年 の 地 震 まで9 回 知 られている 684 年 には 日 本 書 紀 にも 記 載 され 道 後 温 泉 の 湧 出 が 止 まったとある 1605 年 1707 年 185 4 年 1946 年 とそれぞれ 揺 れの 程 度 や 津 波 の 高 さが 分 かっている 17

震 から1946 年 の 地 震 まで9 回 知 られている 684 年 には 日 本 書 紀 にも 記 載 され 道 後 温 泉 の 湧 出 が 止 まったとある 1605 年 1707 年 185 4 年 1946 年 とそれぞれ 揺 れの 程 度 や 津 波 の 高 さが 分 かっている 17 原 発 廃 炉 に 向 けて 2012 年 7 月 28 日 ( 土 ) 原 水 爆 禁 止 四 国 大 会 於 高 松 市 伊 方 原 発 をとめる 会 事 務 局 長 草 薙 順 一 はじめに 原 発 稼 働 は 人 の 生 存 を 脅 かし 環 境 を 破 壊 し 倫 理 的 に 許 されない 犯 罪 行 為 である 危 険 な 原 発 稼 働 を 誰 のために 何 のために 稼 働 するのか?

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

Microsoft Word - 博論要旨3.doc

Microsoft Word - 博論要旨3.doc 戦 時 経 済 体 制 の 構 想 と 展 開 -アジア 太 平 洋 戦 争 の 経 済 思 想 史 的 分 析 - ( 要 旨 ) 荒 川 憲 一 序 章 問 題 意 識 と 視 角 - 戦 時 経 済 体 制 と 合 理 性 - 本 研 究 の 目 的 は 戦 時 経 済 思 想 を 考 えることである ここでいう 戦 時 経 済 とは 政 府 が 戦 争 を 遂 行 するために 市 場 に 統

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378> 自 衛 隊 の 対 テロ 戦 (テロ 対 策 )の 現 状 と 課 題 ( 概 要 ) 樋 口 譲 次 1 テロリズム(テロ)の 定 義 アメリカ 陸 軍 の 研 究 (1988 年 )によれば これまで テロリズム(テロ)には1 00 以 上 の 定 義 付 けが 行 われており 普 遍 的 に 認 められたテロリズムの 定 義 はない と されている その 前 提 の 上 で 一 般 的 に テロとは

More information

檜皮の確保と檜皮採取者の育成

檜皮の確保と檜皮採取者の育成 檜 皮 の 確 保 と 檜 皮 採 取 者 の 育 成 岡 山 理 科 大 学 江 面 嗣 人 1.はじめに 文 化 財 建 造 物 の 檜 皮 葺 の 建 物 は 現 在 788 棟 ( 平 成 19 年 末 現 在 )が 国 の 重 要 文 化 財 に 指 定 されている これは 指 定 された 重 要 文 化 財 建 造 物 の 約 18.8パーセントにあたり 重 要 文 化 財 建 造 物

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83748346835883675F92F18CBE967B95B6814589FC92F994C55B315D205F8F43959C8DCF82DD5F2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83748346835883675F92F18CBE967B95B6814589FC92F994C55B315D205F8F43959C8DCF82DD5F2E646F6378> マニフェストをどう 読 むべきか - 国 民 の 問 いかける 力 こそが 政 策 をつくる- はじめに 東 京 財 団 研 究 員 政 策 プロデューサー 亀 井 善 太 郎 / 佐 藤 孝 弘 / 冨 田 清 行 本 提 言 は 眼 前 に 迫 る 国 政 選 挙 を 迎 えるにあたって 日 本 国 民 一 人 一 人 がマニフェストを 読 む 際 念 頭 におくべき 考 え 方 をまとめたものである

More information

26 福選改 第 6 号

26 福選改 第 6 号 写 26 福 選 改 第 6 号 平 成 27 年 3 月 27 日 福 島 市 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 黒 澤 勝 利 様 福 島 市 選 挙 事 務 改 善 委 員 会 委 員 長 委 員 長 職 務 代 理 者 伊 藤 宏 之 小 島 勇 人 委 員 坂 井 道 夫 委 員 宍 戸 俊 夫 福 島 市 における 選 挙 事 務 の 改 善 について( 答 申 ) 平 成 27

More information

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして 第 9 章 日 本 の 海 洋 安 全 保 障 政 策 カントリー プロファイル 小 谷 哲 男 1. 海 洋 法 の 解 釈 (1) 領 海 における 無 害 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 1996 年 に 国 連 海 洋 法 条 約 を 批 准 した 後 同 条 約 による 海 域 の 区 分 に 応 じて 領 海 及 び 接 続 水 域 に 関 する 法 律 ( 領 海 法

More information

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472 抜 錨! ロコモコ 注 意 項 P D F ル ハ メ ル 掲 載 作 品 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 2 年 月 4 日 オ ア 最 西 軍 基 地 サ ド 島 基 地 へ 上 陸 制 圧 作 支 援 参 加 級 番 数 回 渡 航 隊 攻 飽 和 攻 轟 間

More information

Microsoft Word - 20年度(行情)答申第581号.doc

Microsoft Word - 20年度(行情)答申第581号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 20 年 4 月 15 日 ( 平 成 20 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 204 号 ) 答 申 日 : 平 成 21 年 3 月 31 日 ( 平 成 20 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 581 号 ) 事 件 名 : インド 洋 方 面 における 対 米 支 援 用 燃 料 の 供 給 能 力 の 調 査 結 果 につい て の

More information

2 初 めて 統 合 任 務 部 隊 が 編 成 された 阪 神 淡 路 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 2005 年 3 月 に 統 合 幕 僚 監 部 が 新 編 され これを 契 機 に 自 衛 隊 の 運 用 は 統 合 運 用 を 基 本 とされてい たが 統 合 任 務 部 隊

2 初 めて 統 合 任 務 部 隊 が 編 成 された 阪 神 淡 路 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 2005 年 3 月 に 統 合 幕 僚 監 部 が 新 編 され これを 契 機 に 自 衛 隊 の 運 用 は 統 合 運 用 を 基 本 とされてい たが 統 合 任 務 部 隊 東 日 本 大 地 震 に 対 する 海 上 自 衛 隊 の 活 動 状 況 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 一 帯 を 震 源 地 とするマグニチュー ド 9.0 の 大 地 震 が 発 生 した 発 災 から 約 3 時 間 後 に 自 衛 隊 に 対 して 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 命 令 が 発 出 され 翌 々 日

More information

一 方 平 成 18 年 に 行 われた 海 難 審 判 庁 の 裁 決 は 合 計 で 740 件 であったが 裁 決 の 対 象 となった 船 舶 は 1,061 隻 で そのうち 原 因 なし とされた 船 舶 92 隻 を 除 いた 969 隻 の 原 因 総 数 は 1,264 原 因 で

一 方 平 成 18 年 に 行 われた 海 難 審 判 庁 の 裁 決 は 合 計 で 740 件 であったが 裁 決 の 対 象 となった 船 舶 は 1,061 隻 で そのうち 原 因 なし とされた 船 舶 92 隻 を 除 いた 969 隻 の 原 因 総 数 は 1,264 原 因 で 197 東 京 海 上 日 動 リスクコンサルティング( 株 ) 経 営 リスクグループ セイフティコンサルタント 木 村 啓 はじめに 船 舶 の 衝 突 事 故 からの 教 訓 2008 年 2 月 19 日 に 起 きたイージス 艦 あたご と 漁 船 清 徳 丸 の 衝 突 事 故 は 自 衛 艦 の 事 故 とい うだけでなく 運 行 管 理 のずさんさという 点 からも 国 民 から 厳

More information

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き 第 6 章 1. 各 種 診 断 はどのように 行 うか 児 童 相 談 所 における 子 ども 虐 待 対 応 は 専 門 的 な 科 学 的 知 見 に 基 づき 問 題 の 本 質 背 景 を 分 析 す ることにより 合 理 的 客 観 的 見 地 から 個 々の 事 例 につ の 過 程 が 診 断 であり 診 断 には 児 童 福 祉 司 による 社 会 診 断 児 童 心 理 司 による

More information

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に 各 務 原 の 歴 史 (1) 各 務 原 飛 行 場 について 大 正 3 年 (1914)6 月 第 一 次 世 界 大 戦 が 勃 発 し 西 欧 諸 国 の 航 空 兵 力 が 戦 況 を 有 利 な ものにしていました そんな 様 子 に 刺 激 されたわが 国 の 陸 軍 中 央 部 は 航 空 兵 力 の 強 化 を 考 え 航 空 部 隊 の 新 設 を 命 令 しました そして 大

More information

2012年5月31日 森本紀行 資産運用コラム

2012年5月31日 森本紀行 資産運用コラム 2015 年 2 月 5 日 森 本 紀 行 はこう 見 る 保 険 の 未 来 とバンドリングの 高 度 化 生 存 を 付 保 対 象 の 事 故 とした 生 存 保 険 が 年 金 保 険 です そこでは 早 死 にする 人 が 長 生 き する 人 を 助 ける 死 亡 を 付 保 対 象 の 事 故 とした 死 亡 保 険 が 普 通 の 生 命 保 険 です そこでは 長 生 きする 人

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

表 1 データベースの 構 築 県 別 時 系 列 配 列 大 正 12 年 香 川 県 番 号 発 生 日 種 類 氏 名 性 年 齢 発 病 日 決 定 日 転 帰 日 手 段 発 生 地 出 典 T 畜 犬 並 びに 野 犬 取 締 規 則 改 正 香 川 県 令 第 23 号

表 1 データベースの 構 築 県 別 時 系 列 配 列 大 正 12 年 香 川 県 番 号 発 生 日 種 類 氏 名 性 年 齢 発 病 日 決 定 日 転 帰 日 手 段 発 生 地 出 典 T 畜 犬 並 びに 野 犬 取 締 規 則 改 正 香 川 県 令 第 23 号 研 究 ノート 四 国 地 方 の 狂 犬 病 流 行 史 1 唐 仁 原 景 昭 要 約 筆 者 は 日 本 全 国 の 狂 犬 病 流 行 史 の 研 究 を 行 っているが,4 つの 県 を 擁 する 島 に 狂 犬 病 が 上 陸 した 場 合 にどのような 流 行 方 式 をたどり,どの 程 度 の 犠 牲 者 がでた のか,その 時, 防 疫 担 当 の 県 当 局 はどのような 対 応

More information

Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 における 職 員 のコンプライアン ス 違 反 等 に 関 し 4 月 13 日 の 国 土 交 通 大 臣 のご 指 示 を 踏 まえ 外 部 の 弁 護 士 4 名 からな る 調 査 委 員

Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 における 職 員 のコンプライアン ス 違 反 等 に 関 し 4 月 13 日 の 国 土 交 通 大 臣 のご 指 示 を 踏 まえ 外 部 の 弁 護 士 4 名 からな る 調 査 委 員 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 に おける 職 員 のコンプライアンス 違 反 等 に 関 する 報 告 平 成 28 年 7 月 11 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 理 事 長 上 西 郁 夫 Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償

More information

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭 安 全 保 障 法 制 整 備 に 関 するQ&A 平 成 26 年 7 月 自 由 民 主 党 Q1 なぜ 今 憲 法 解 釈 を 見 直 し 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 を 容 認 する 必 要 があるのです か? 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 によらなくても 個 別 的 自 衛 権 や 既 存 の 法 制 度 の 下 での 対 応 が 可 能 ではないですか? A1 国 民 の

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

 パラオ基地物語 ID:45749

 パラオ基地物語 ID:45749 注 意 事 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ト ラ オ 物 語 作 者 名 香 夢 学 生 青 年 軍 少 佐! ラ オ 運 営 娘 常 楽 島 人 々 生 活 助 物 語 学 生 自 分 自 分 司 令

More information

安 保 関 連 法 制 における 自 治 体 や 市 民 の 協 力 - 本 資 料 作 成 の 問 題 意 識 - 安 保 法 制 は 新 法 国 際 平 和 支 援 法 と 既 存 の10の 有 事 関 連 法 の 改 正 を 束 ねた 平 和 安 全 法 制 整 備 法 との2 本 立 てと

安 保 関 連 法 制 における 自 治 体 や 市 民 の 協 力 - 本 資 料 作 成 の 問 題 意 識 - 安 保 法 制 は 新 法 国 際 平 和 支 援 法 と 既 存 の10の 有 事 関 連 法 の 改 正 を 束 ねた 平 和 安 全 法 制 整 備 法 との2 本 立 てと 安 保 有 事 法 制 における 市 や 自 治 体 の 協 と 今 後 の 課 題 新 潟 市 議 会 議 員 中 山 均 ( 緑 の 党 政 策 部 / 自 治 体 議 員 立 憲 ネットワーク) (2015/10/5 最 新 版 ) 連 絡 問 い 合 わせ 先 :nakayama@jca.apc.org 1 安 保 関 連 法 制 における 自 治 体 や 市 民 の 協 力 - 本 資 料

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象 比 例 大 激 戦 9 条 守 れの1 票 共 産 党 へ 改 憲 問 題 が 大 争 点 に しんぶん 赤 旗 2016 年 7 月 6 日 ( 水 ) 投 票 日 まで4 日 となった 参 院 選 は 比 例 代 表 も 選 挙 区 も 大 激 戦 大 接 戦 のまま 最 終 盤 に 入 り 安 保 法 制 = 戦 争 法 の 廃 止 と 憲 法 9 条 改 悪 が 大 争 点 に 浮 上 憲

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

海賊対策の強化に向けた提言

海賊対策の強化に向けた提言 海 賊 対 策 の 強 化 に 向 けた 提 言 2011 年 10 月 18 日 ( 社 ) 日 本 経 済 団 体 連 合 会 ソマリア 沖 アデン 湾 はアジアと 欧 州 を 結 ぶ 海 上 輸 送 の 要 衝 であり 同 海 域 に 出 没 する 海 賊 問 題 への 対 応 は 世 界 各 国 の 海 上 輸 送 の 安 全 の 確 保 にとって 重 要 な 鍵 である そこで NATO(

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し 整 理 解 雇 の 実 務 労 務 管 理 Ⅰ 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 1. 整 理 解 雇 の 効 果 2. 整 理 解 雇 の 問 題 点 Ⅱ 整 理 解 雇 の 実 施 手 順 1. 解 雇 基 準 の 決 定 2. 解 雇 実 施 の 発 表 3. 解 雇 者 の 人 選 4. 解 雇 の 予 告 5. 解 雇 辞 令 の 交 付 Ⅲ 労 働 組 合 との 関 係 1.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

米 艦 防 護 ( 事 例 8 9 12 13)( 続 き) [ 邦 人 への 危 害 ] 憲 法 九 条 のもとで 許 容 されております 自 衛 権 の 発 動 としての 武 力 の 行 使 につきまして は 政 府 は 従 来 から 自 衛 権 発 動 は 三 要 件 に 該 当 する そうい

米 艦 防 護 ( 事 例 8 9 12 13)( 続 き) [ 邦 人 への 危 害 ] 憲 法 九 条 のもとで 許 容 されております 自 衛 権 の 発 動 としての 武 力 の 行 使 につきまして は 政 府 は 従 来 から 自 衛 権 発 動 は 三 要 件 に 該 当 する そうい 米 艦 防 護 ( 事 例 8 9 12 13) 事 例 8~15と 関 連 する 過 去 の 答 弁 [ 自 衛 艦 と 米 艦 が 極 めて 接 近 しているような 場 合 ] 武 力 攻 撃 に 当 たらない 武 器 の 使 用 といたしまして 自 己 等 や 武 器 等 の 防 護 のための 武 器 使 用 の 規 定 こ れはテロ 特 法 の 十 二 条 あるいは 自 衛 隊 法 の 九

More information

手 書 き-1 障 害 者 差 別 解 消 法 を 知 ろう 崔 栄 繁 氏 崔 / 推 進 会 議 は 1 回 の 開 催 が4 時 間 と 政 府 の 会 議 では 珍 しいものでした 障 害 当 事 者 には 精 神 障 害 者 知 的 障 害 者 も 入 り これも 画 期 的 でした 障

手 書 き-1 障 害 者 差 別 解 消 法 を 知 ろう 崔 栄 繁 氏 崔 / 推 進 会 議 は 1 回 の 開 催 が4 時 間 と 政 府 の 会 議 では 珍 しいものでした 障 害 当 事 者 には 精 神 障 害 者 知 的 障 害 者 も 入 り これも 画 期 的 でした 障 実 技 試 験 総 評 手 書 き 採 点 の 基 準 や 合 格 点 はこれまで 同 様 です 内 容 表 記 や 日 本 語 の 使 い 方 文 章 構 成 も 含 めた 総 合 で 70 点 以 上 です 読 みやすさに 関 しては 地 域 による 指 導 や 認 識 の 差 が 非 常 に 大 きく 出 たように 思 われます 養 成 講 座 の 最 初 に 表 記 の 指 導 を 徹 底

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

Ⅱ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 及 び 概 要 1. 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 に 際 し 復 興 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 土 地 について その 土 地 の 測 量

Ⅱ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 及 び 概 要 1. 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 に 際 し 復 興 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 土 地 について その 土 地 の 測 量 Ⅰ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 マニュアルの 目 的 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 の 各 自 治 体 においてこれからの 本 格 的 な 復 興 を 円 滑 に 実 現 するために は 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 にあたり その 計 画 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 調 査 測 量 や 用 地 取 得 等 のため その

More information

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 17 年 10 月 13 日 ( 平 成 17 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 498 号 ) 答 申 日 : 平 成 20 年 1 月 31 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 411 号 ) 事 件 名 : 昭 和 52 年 度 兵 術 年 報 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第 1 審 査

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

Taro-j5_11 観量性理論2016_03.jt

Taro-j5_11 観量性理論2016_03.jt 11 観 量 性 理 論 競 輪 や 競 馬 自 動 車 レース オリンピック 等 で 各 種 競 争 が 行 われている また 人 間 はその 昔 石 や 棒 切 れなどを 投 げて 逃 げる 獲 物 を 捕 まえた これらは 速 度 ( 相 対 的 な 運 動 や 速 さ)を 比 較 しているのであって 速 度 の 比 較 は 我 々の 生 存 生 活 にお ける 必 然 的 な 事 柄 である

More information

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A その 他 法 律 2012 年 10 月 5 日 全 13 頁 いまさら 人 には 聞 けない 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )のQ&A 金 融 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では 航 空 法 放 送 法 など 個 別 業 法 による 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )に 関 す る 基 本 的 な 事 項 をQ&A

More information

防衛省薬物乱用防止月間について(通達)

防衛省薬物乱用防止月間について(通達) 防 人 1 第 4664 号 18.5.12 防 人 計 第 354 号 1 9. 1. 9 長 官 官 房 長 施 設 等 機 関 の 長 各 幕 僚 長 情 報 本 部 長 殿 技 術 研 究 本 部 長 装 備 本 部 長 防 衛 施 設 庁 長 官 事 務 次 官 防 衛 省 薬 物 乱 用 防 止 月 間 について( 通 達 ) 昨 今 の 自 衛 官 による 薬 物 乱 用 の 続 発

More information

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生 2012 年 6 月 14 日 森 本 紀 行 資 産 運 用 コラム 厚 生 年 金 基 金 の 脱 退 と 解 散 をめぐる 社 会 問 題 前 回 は 総 合 型 厚 生 年 金 基 金 について 解 散 と 任 意 脱 退 をめぐる 解 き 得 ない 難 問 が 検 討 さ れたのでした 今 回 は 続 編 として その 難 問 が 具 体 的 な 社 会 問 題 化 していることについて

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

本 来 ここまでのツールを 僕 が 開 発 できていれば 5ステップのコンテンツとして 配 布 したかったのですが とてもじゃないけどこれ 以 上 のクオリティのものは 作 れない という 事 で 今 回 は パンドラ2と 言 うツール そしてパンドラ2に 特 化 した 5ステップ PPC アフィリ

本 来 ここまでのツールを 僕 が 開 発 できていれば 5ステップのコンテンツとして 配 布 したかったのですが とてもじゃないけどこれ 以 上 のクオリティのものは 作 れない という 事 で 今 回 は パンドラ2と 言 うツール そしてパンドラ2に 特 化 した 5ステップ PPC アフィリ 上 田 です 今 回 は 某 ツール と そのツールを 使 ったアフィリエイト 戦 略 について 少 し 紹 介 したいと 思 います 某 ツール というのは ご 存 知 の 方 も 居 るかもしれませんが こちらのツール パンドラ2 http://www.info-trend.net/tyny/20150622231422.html 実 は このパンドラ2というのは 月 額 版 と 言 うものが

More information

税務調査      業種別・狙われるポイント

税務調査      業種別・狙われるポイント 経 営 者 が 最 低 限 知 っておきたい! 役 員 給 与 の 税 務 Ⅲ はじめに 今 回 は 役 員 給 与 のうち 臨 時 的 で 巨 額 な 支 出 がなされる 役 員 退 職 給 与 を 主 に 取 り 上 げてい ます 役 員 退 職 給 与 は 大 きなお 金 を 会 社 からもらえる というメリットだけでなく 中 小 企 業 の 節 税 の 王 道 と 言 われるもので 会 社

More information

みずほ 総 合 研 究 所 コンサルティング 部 主 任 コンサルタント 谷 尾 久 幸 上 席 主 任 コンサルタント 佐 野 暢 彦 当 リポートは 情 報 提 供 のみを

みずほ 総 合 研 究 所 コンサルティング 部 主 任 コンサルタント 谷 尾 久 幸 上 席 主 任 コンサルタント 佐 野 暢 彦 当 リポートは 情 報 提 供 のみを はどのような 管 理 を 行 っているか ~ が 保 有 する 権 限 機 能 調 査 結 果 報 告 ~ 2013 年 5 月 27 日 発 行 みずほ 総 合 研 究 所 コンサルティング 部 主 任 コンサルタント 谷 尾 久 幸 hisayuki.tanio@mizuho-ri.co.jp 上 席 主 任 コンサルタント 佐 野 暢 彦 nobuhiko.sano@mizuho-ri.co.jp

More information

(2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 井 口 さん 方 の 土 蔵 崩 壊 学 校 幼 稚 園 などを 襲 った 恐 怖 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4) 抗 議 要 請 申 し 入 れ 日 本 共 産 党 民 主 団 体 の 調 査 と 要 請 行 動 津 山

(2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 井 口 さん 方 の 土 蔵 崩 壊 学 校 幼 稚 園 などを 襲 った 恐 怖 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4) 抗 議 要 請 申 し 入 れ 日 本 共 産 党 民 主 団 体 の 調 査 と 要 請 行 動 津 山 安 保 破 棄 岡 山 県 実 行 委 員 会 学 習 会 2011 年 10 月 17 日 ( 岡 山 市 勤 労 者 福 祉 センター) 米 軍 機 の 低 空 飛 行 を 許 さないために 中 尾 元 重 1. 低 空 飛 行 の 被 害 とその 後 (1) 全 国 の 低 空 飛 行 (2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63> 資 料 防 衛 省 改 革 会 議 ( 第 2 回 ) 説 明 資 料 平 成 19 年 12 月 防 衛 省 Ⅰ 給 油 量 取 り 違 え 事 案 ( 中 間 報 告 )の 概 要 Ⅱ 過 去 におけるその 他 の 事 案 1 陸 上 自 衛 隊 における 違 法 射 撃 事 案 2 海 上 自 衛 隊 におけるCIWSの 不 時 発 射 事 案 Ⅲ 文 民 統 制 の 徹 底 1 給 油 量

More information

7 情緒障害

7 情緒障害 Ⅶ 情 緒 障 害 情 緒 障 害 と は, 状 況 に 合 わ な い 感 情 気 分 が 持 続 し, 不 適 切 な 行 動 が 引 き 起 こ さ れ, そ れ ら を 自 分 の 意 思 で は コ ン ト ロ ー ル で き な い こ と が 継 続 し, 学 校 生 活 や 社 会 生 活 に 適 応 で き な くな る 状 態 を い う 1 情 緒 障 害 の ある 子 供 の

More information

買ってはいけない!? 外国人が大量に買った株

買ってはいけない!? 外国人が大量に買った株 Report Ⅰ 買 ってはいけない!? 外 国 人 が 大 量 に 買 った 株 金 融 研 究 部 主 任 研 究 員 井 出 真 吾 side@nli-research.co.jp 1 はじめに 日 本 の 株 式 市 場 で 外 国 人 の 存 在 感 が 増 している そのせいもあるのか 2013 年 3 月 期 の 決 算 発 表 が 本 格 化 した 頃 から 外 国 人 が 大 量

More information

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地 韓 国 は 日 本 なしには 北 朝 鮮 と 戦 えない それでも 反 日 政 策 を 続 けるのか? 樋 口 譲 次 日 本 は 韓 国 防 衛 の 生 命 線 わが 国 に 在 韓 国 連 軍 後 方 司 令 部 が 置 かれている 事 実 を 知 っている 国 民 は それほど 多 くはないであろう 在 韓 国 連 軍 は 1950 年 6 月 の 朝 鮮 戦 争 勃 発 にともない 国 連

More information

平成23年12月13日

平成23年12月13日 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 11 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき 地 方 独 立 行 政 法 人 大

More information

判例からみる中国における補正の制限について

判例からみる中国における補正の制限について 海 外 知 財 の 現 場 23 平 成 25 年 2 月 20 日 掲 載 判 例 からみる 中 国 における 新 規 事 項 追 加 の 判 断 基 準 について 中 国 弁 理 士 呉 学 鋒 中 国 特 許 法 及 び 実 施 細 則 には 出 願 後 の 特 許 出 願 書 類 の 補 正 についての 規 定 が 設 けられ 補 正 ができる 範 囲 を 定 めている 特 許 法 第 33

More information

1. 事 業 の 概 要 国 名 :ロシア 連 邦 案 件 名 :ロシア 極 東 退 役 原 子 力 潜 水 艦 解 体 事 業 希 望 の 星 分 野 : 核 軍 縮 環 境 保 全 援 助 形 態 : 資 金 供 与 協 力 金 額 総 計 : 約 58 億 円 (オーストラリア 韓 国 ニュー

1. 事 業 の 概 要 国 名 :ロシア 連 邦 案 件 名 :ロシア 極 東 退 役 原 子 力 潜 水 艦 解 体 事 業 希 望 の 星 分 野 : 核 軍 縮 環 境 保 全 援 助 形 態 : 資 金 供 与 協 力 金 額 総 計 : 約 58 億 円 (オーストラリア 韓 国 ニュー ロシア 極 東 退 役 原 子 力 潜 水 艦 解 体 事 業 希 望 の 星 事 後 評 価 業 務 事 後 評 価 結 果 要 約 2015 年 3 月 25 日 公 益 財 団 法 人 原 子 力 バックエンド 推 進 センタ- 1. 事 業 の 概 要 国 名 :ロシア 連 邦 案 件 名 :ロシア 極 東 退 役 原 子 力 潜 水 艦 解 体 事 業 希 望 の 星 分 野 : 核 軍

More information

会社の規則規程速攻見直し!!

会社の規則規程速攻見直し!! 我 が 社 が ブラック!? 会 社 の 規 則 規 程 速 攻 見 直 し!! < 前 編 >( 前 号 ) 第 1 章 就 業 規 則 の 見 直 しだけで 労 使 トラブルは 防 げるのか 1. 労 使 トラブルを 抱 えた 会 社 の 実 態 2. 就 業 規 則 の 意 味 合 い 3. 就 業 規 則 の 適 正 化 が 労 使 トラブルの 防 止 につながる 4. 実 態 に 即 した

More information

Microsoft Word - …v…„…X.doc

Microsoft Word - …v…„…X.doc 平 成 23 年 3 月 12 日 の 九 州 新 幹 線 鹿 児 島 ルートの 全 線 開 業 から 早 くも4ヶ 月 が 経 過 した 開 業 前 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 の 影 響 で 各 種 イベントも 中 止 されるなど 静 かな 滑 り 出 しで あった 九 州 新 幹 線 だが 7 月 を 迎 えた 現 在 震 災 後 の 自 粛 ムードも 沈 静 化 した 中

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に 総 務 文 教 常 任 委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 7 月 17 日 焼 津 市 議 会 議 長 石 田 昭 夫 様 総 務 文 教 常 任 委 員 会 報 告 者 池 谷 和 正 下 記 の 通 り 視 察 調 査 を 行 いましたので 概 要 につきましてご 報 告 致 します 1 期 間 : 平 成 25 年 5 月 14 日 ( 火 )~15 日 ( 水 ) 2

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9B964082A982E795BD986182C688C0915395DB8FE182F08D6C82A682E9>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9B964082A982E795BD986182C688C0915395DB8FE182F08D6C82A682E9> 憲 法 から 平 和 と 安 全 保 障 を 考 える 日 本 の 未 来 はどうなるか? 関 西 学 院 大 学 法 学 部 長 岡 徹 一 統 幕 内 部 文 書 の 衝 撃 1 ガイドラインこそが 防 衛 当 局 にとっての 最 高 法 規 4.27 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 第 3 次 ガイドライン 合 意 4.29 安 倍 首 相 米 議 会 演 説 安 保 法 制 の

More information

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx むつ 小 川 原 港 BCP 平 成 28 年 3 月 むつ 小 川 原 港 港 湾 機 能 継 続 協 議 会 改 訂 履 歴 改 訂 年 月 改 訂 ページ 改 訂 内 容 H28.3.2 新 規 策 定 目 次 1. 港 湾 機 能 継 続 計 画 策 定 の 必 要 性 1 2. 想 定 地 震 津 波 の 規 模 及 び 回 復 目 標 の 設 定 4 2-1 想 定 地 震 津 波 の

More information

Microsoft Word - 河村豊 灌漑農業と科学・技術の発展 理科教室2002

Microsoft Word - 河村豊 灌漑農業と科学・技術の発展 理科教室2002 理 科 教 室 2002 年 2 月 pp.96-101 連 載 : 科 学 史 から 考 える2 灌 漑 農 業 と 科 学 技 術 の 発 展 河 村 豊 1. 科 学 主 義 の 風 潮 近 年 になって 科 学 研 究 を 経 済 対 策 に 利 用 しようという 動 きに 加 速 がついてきた ようだ.その 事 例 の1つを, 最 近 の 日 本 の 科 学 技 術 政 策 に 見 ることができる.2001

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874681408169938A89659770816A20202094FC8DAA814066696E616C2081698E518D6C8E9197BF82C882B5816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874681408169938A89659770816A20202094FC8DAA814066696E616C2081698E518D6C8E9197BF82C882B5816A2E70707478> E キ E E キ ヤ ノ E Z ノ ン グ 研 究 Z と グ 主 ロー 幹 安 全 バ 美 ル 全 保 戦 略 研 根 慶 保 障 研 究 所 樹 障 所 キヤノングローバル 戦 略 研 究 所 シンポジウム EEZにおける 安 全 保 障 と 産 業 活 動 2011 年 11 月 18 日 新 丸 ビル9Fコンファレンススクエア 基 本 整 理 1 海 の 安 全 保 障 とは 何 か 領

More information

目次

目次 目 次 会 長 あい.2P What is TRPG~TRPG あ?~..3~4P TRPG 紹 記...4~12P 現 代 術 RPG 神 4P ョ RPG...5P RPG 6P ワ 2.0 8P SW SW2.0 方 法...10P 永 い 日 談...11P 編 記...13P 1 会 長 あい 文 書 電 気 通 信 大 学 非 電 源 研 究 会 会 長 S 最 物 私 書 3 間 前

More information

(2) 自 衛 隊 に 対 して 避 難 住 民 の 誘 導 を 要 請 する(P5 P46 P65) 件 について 戦 争 の 世 紀 といわれる20 世 紀 の 人 類 史 において 戦 争 や 紛 争 の 都 度 一 般 民 衆 の 死 者 は 夥 しい 数 にのぼり 第 2 次 世 界 大

(2) 自 衛 隊 に 対 して 避 難 住 民 の 誘 導 を 要 請 する(P5 P46 P65) 件 について 戦 争 の 世 紀 といわれる20 世 紀 の 人 類 史 において 戦 争 や 紛 争 の 都 度 一 般 民 衆 の 死 者 は 夥 しい 数 にのぼり 第 2 次 世 界 大 パブリックコメントに 対 する 回 答 ( 石 狩 市 国 民 保 護 計 画 ) 意 見 の 要 旨 回 答 9 月 発 行 石 狩 市 による 国 民 保 護 計 画 の 素 案 を 一 読 して 二 度 と 再 びそのようなことにはならないと 信 じてきた 戦 争 が すぐそこま で 迫 ってきているような 恐 怖 を 感 じ 子 や 孫 たちの 未 来 に 強 い 不 安 を 覚 えましたので

More information

航空機の防衛生産・技術基盤に必要な論点・視点

航空機の防衛生産・技術基盤に必要な論点・視点 航 空 自 衛 隊 の 戦 闘 機 における 防 衛 生 産 技 術 基 盤 の 役 割 平 成 23 年 1 月 25 日 防 衛 省 航 空 幕 僚 監 部 1 目 次 1 我 が 国 の 航 空 作 戦 における 戦 闘 機 の 役 割 等 2 航 空 自 衛 隊 における 運 用 支 援 の 現 状 3 航 空 自 衛 隊 における 防 衛 生 産 技 術 基 盤 の 役 割 2 1 我 が

More information

Taro-外国人研修生意見書(弁連)

Taro-外国人研修生意見書(弁連) 外 国 人 研 修 技 能 実 習 制 度 の 法 改 正 に 対 する 意 見 書 2009 年 2 月 9 日 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 殿 法 務 大 臣 森 英 介 殿 外 務 大 臣 中 曽 根 弘 文 殿 厚 生 労 働 大 臣 舛 添 要 一 殿 経 済 産 業 大 臣 二 階 俊 博 殿 国 土 交 通 大 臣 金 子 一 義 殿 外 国 人 研 修 生 問 題 弁 護

More information

Oike Library No37.indd

Oike Library No37.indd 財 産 分 与 における 将 来 の 退 職 金 の 取 扱 について 弁 護 士 茶 木 真 理 子 第 1 はじめに 離 婚 の 際 の 財 産 分 与 ( 民 法 766 条 )にあたり 争 点 の 一 つとなるのが 退 職 金 の 取 扱 である 離 婚 時 に 既 に 支 給 を 受 けている 退 職 金 については 賃 金 の 後 払 いと 言 われる 性 格 から 清 算 的 財 産

More information

廣瀬報告原稿

廣瀬報告原稿 現 代 経 済 学 と 自 由 主 義 ~サミュエルソンの 功 罪 を 軸 に~ 福 井 県 立 大 学 廣 瀬 弘 毅 1.はじめに 20 世 紀 以 降 とりわけ 第 2 次 世 界 大 戦 後 の 自 由 主 義 を 巡 る 経 済 学 派 間 の 論 争 は 以 前 の 論 争 と 比 べてどのような 特 徴 があるのだろうか 一 つには 東 西 冷 戦 に 象 徴 されるよう に 時 に

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 予 算 事 業 名 担 当 部 局 庁 会 計 区 分 根 拠 法 令 ( 具 体 的 な 条 項 も 記 載 ) 事 業 の 目 的 ( 目 指 す 姿 を 簡 潔 に 3 行 程 度 以 内 ) 巡 視 船 艇 の 整 備 に 関 する 経 費 海 上 保 安 庁 は 海 難 救 助 犯 罪 の 予 防 及 び 鎮 圧 海 上 防 災 海 上 交 通 安 全 海 洋 汚 染 防 止 等 に 係

More information

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6 豊 橋 市 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 指 針 平 成 27 年 3 月 豊 橋 市 目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2

More information

安 倍 政 権 の 法 人 税 減 税 は 今 回 の 法 人 税 減 税 だけではありません 思 い 出 してください 昨 年 個 人 の 負 担 すなわち 復 興 特 別 所 得 税 は 残 したまま 復 興 特 別 法 人 税 だけを 前 倒 しで 廃 止 しており ここでも 6,453 億

安 倍 政 権 の 法 人 税 減 税 は 今 回 の 法 人 税 減 税 だけではありません 思 い 出 してください 昨 年 個 人 の 負 担 すなわち 復 興 特 別 所 得 税 は 残 したまま 復 興 特 別 法 人 税 だけを 前 倒 しで 廃 止 しており ここでも 6,453 億 平 成 27 年 3 月 25 日 所 得 税 法 等 改 正 案 民 主 党 新 緑 風 会 おだち 源 幸 はじめに 民 主 党 新 緑 風 会 のおだち 源 幸 です 会 派 を 代 表 して 所 得 税 法 等 改 正 案 について 質 問 を 致 します まず 数 字 をあげたいと 思 います 1,200 億 9,784 万 大 変 大 きな 数 字 ですが みなさん 何 の 数 字 かお

More information

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し 上 毛 かるたのこれから 更 なる 発 展 に 向 けて 田 島 広 大 1.はじめに 私 が 住 む 群 馬 県 には 全 国 に 誇 ることのできる 上 毛 かるた がある 上 毛 かるたは 多 くの 県 民 に 認 知 され 親 しまれている 私 自 身 も 群 馬 で 生 まれ 育 ち 地 域 の 子 ども 会 を 通 じて 上 毛 かるたで 遊 んできた 上 毛 かるたを 通 じて 群 馬

More information

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

彼 女 の 一 番 の 弱 点 は 画 像 だ しわやたるみといった 年 齢 を 感 じさせるような 画 像 が 一 番 怖 い ヒラリー 氏 は 自 分 の 弱 点 をごまかすことなく 得 意 な 顔 を 見 せるやり 方 を 取 るだ ろうが 昔 の 彼 女 を 知 っている 有 権 者 に 歳

彼 女 の 一 番 の 弱 点 は 画 像 だ しわやたるみといった 年 齢 を 感 じさせるような 画 像 が 一 番 怖 い ヒラリー 氏 は 自 分 の 弱 点 をごまかすことなく 得 意 な 顔 を 見 せるやり 方 を 取 るだ ろうが 昔 の 彼 女 を 知 っている 有 権 者 に 歳 ヒラリー クリントン 氏 出 馬 表 明 ~2016 米 大 統 領 選 ~ 要 旨 ~ ヒラリー クリントン 氏 が2016 年 の 米 国 大 統 領 選 への 立 候 補 を 表 明 した これほど 早 い 時 期 に 立 候 補 を 表 明 した 理 由 の 第 一 は 候 補 者 を 絞 り 込 むプライマリー( 予 備 選 挙 ) がかなり 前 倒 しになっているからだ プライマリーを

More information

指 揮 活 動 要 綱

指 揮 活 動 要 綱 指 揮 活 動 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 別 に 定 めがあるもののほか 船 橋 市 警 防 活 動 に 関 する 規 程 ( 平 成 6 年 消 防 局 訓 令 第 4 号 ) 第 30 条 第 1 項 第 4 号 及 び 第 34 条 の 規 定 に 基 づき 指 揮 隊 及 び 現 場 最 高 指 揮 者 等 の 任 務 と 活 動 について 必 要 な 事 項 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

< F2D8A778D5A955D89BF82CC8A A778D5A955D89BF82C6>

< F2D8A778D5A955D89BF82CC8A A778D5A955D89BF82C6> 学 校 組 織 実 態 と 課 題 Ⅱ 学 校 組 織 実 態 と 課 題 Ⅰ 章 学 校 評 価 意 義 と 概 要 で 述 べたように, 学 校 評 価 は, 学 校 経 営 運 営 ビジョン を 策 定 することにより, 学 校 組 織 的 な 実 践 と 改 善 営 みをうながします しかし, 実 際 学 校 組 織 において, 目 標 を 定 め, 実 践 し, 振 り 返 り, 改 善

More information

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E>

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E> 42-00 42 00 審 理 の 終 結 及 び 再 開 1. 審 理 の 終 結 ( 結 審 ) 審 判 長 は 特 許 無 効 審 判 以 外 の 審 判 においては 事 件 が 審 決 をするのに 熟 し たときは 審 理 の 終 結 を 当 事 者 及 び 参 加 人 ( 以 下 単 に 当 事 者 という )に 通 知 し なければならない( 特 1561 実 41 意 52 商 561

More information

Microsoft Word - energize letter_201208

Microsoft Word - energize letter_201208 ENERGIZE LETTER 2012 年 8 月 号 今 月 のトピック 税 務 労 務 会 計 平 成 23 年 度 の 消 費 税 の 税 制 改 正 益 税 メリットの 減 少 採 用 時 の 履 歴 書 に 偽 りが 入 社 後 に 判 明 した 場 合 の 企 業 対 応 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 その4 税 務 : 平 成 23 年 度 の 消 費 税

More information

<947A957A8E9197BF2E786C73>

<947A957A8E9197BF2E786C73> 内 部 統 制 に 関 する 動 向 等 参 考 資 料 内 部 統 制 に 関 する 課 題 等 地 方 分 権 改 革 を 進 展 させるためには 住 民 から 信 頼 される 自 治 体 運 営 が 基 本 不 祥 事 件 の 発 生 は 地 方 公 共 団 体 の 組 織 マネジメント 機 能 リスク 対 応 に 問 題 上 記 をふまえた 今 後 の 組 織 マネジメントの 新 たな 視

More information

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書 平 成 26 年 度 文 部 科 学 省 委 託 調 査 研 究 者 等 の 業 績 に 関 する 評 価 に 関 する 調 査 分 析 報 告 書 平 成 27 年 3 月 本 報 告 書 は 文 部 科 学 省 の 平 成 26 年 度 研 究 開 発 評 価 推 進 調 査 委 託 事 業 による 委 託 業 務 として 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 が 実 施 した 平 成 26

More information

司 法 試 験 予 備 試 験 制 度 に 関 する 緊 急 の 提 言 ( 要 旨 ) 法 科 大 学 院 を 中 核 とするプロセスとしての 法 曹 養 成 制 度 は 旧 司 法 試 験 という 点 による 選 抜 を 重 視 した 制 度 の 弊 害 を 克 服 するために 導 入 され 制

司 法 試 験 予 備 試 験 制 度 に 関 する 緊 急 の 提 言 ( 要 旨 ) 法 科 大 学 院 を 中 核 とするプロセスとしての 法 曹 養 成 制 度 は 旧 司 法 試 験 という 点 による 選 抜 を 重 視 した 制 度 の 弊 害 を 克 服 するために 導 入 され 制 法 曹 養 成 制 度 改 革 推 進 会 議 御 中 この 度 司 法 試 験 予 備 試 験 制 度 に 関 する 緊 急 の 提 言 をとりまとめましたので お 届 け 致 します ご 査 収 いただけますと 幸 いです なお この 提 言 は 法 務 大 臣 及 び 文 部 科 学 大 臣 にもお 届 け 致 します 2014 年 6 月 9 日 京 都 大 学 大 学 院 法 学 研 究

More information

手 続 を 被 告 国 に 対 しては 上 記 抹 消 登 記 手 続 の 承 諾 を 求 めた 事 案 である 1 前 提 事 実 ( 争 いのない 事 実 及 び 証 拠 により 容 易 に 認 められる 事 案 ) (1) 当 事 者 等 原 告 ( 大 正 10 年 7 月 10 日 生 )

手 続 を 被 告 国 に 対 しては 上 記 抹 消 登 記 手 続 の 承 諾 を 求 めた 事 案 である 1 前 提 事 実 ( 争 いのない 事 実 及 び 証 拠 により 容 易 に 認 められる 事 案 ) (1) 当 事 者 等 原 告 ( 大 正 10 年 7 月 10 日 生 ) 平 成 22 年 9 月 24 日 判 決 言 渡 同 日 原 本 交 付 裁 判 所 書 記 官 平 成 年 ( ) 第 号 所 有 権 移 転 登 記 抹 消 登 記 手 続 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 22 年 7 月 16 日 判 決 当 事 者 の 表 示 別 紙 当 事 者 目 録 記 載 のとおり 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴

More information

ビジネスと経営資源

ビジネスと経営資源 第 1 章 ビジネスと 企 業 組 織 学 習 目 標 企 業 の 目 的 を 確 認 し 目 的 を 達 成 するための 方 法 を 理 解 する 経 営 資 源 ( 人 モノ 金 )の 意 味 を 具 体 的 に 理 解 する 第 4の 経 営 資 源 としての 経 営 情 報 の 意 味 を 理 解 する ビジネスの 基 本 として お 金 儲 けの 基 本 原 理 を 理 解 する 企 業

More information

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと 1989 1991 1993 1995 1997 1999 2001 2003 2005 2007 2009 2011 2013 論 説 混 迷 する 中 東 の 行 方 を 探 る: 難 民 問 題 解 決 のカギは? 滝 澤 三 郎 東 洋 英 和 女 学 院 大 学 大 学 院 客 員 教 授 国 連 UNHCR 協 会 理 事 長 1 始 めに 2015 年 の 難 民 と 難 民 申 請

More information

まえがき 知 覧 特 攻 平 和 会 館 は 大 東 亜 戦 争 末 期 ( 戦 後 は 太 平 洋 戦 争 ともいう) 昭 和 20 年 3 月 下 旬 から7 月 中 旬 にかけ 沖 縄 で 行 われた 陸 軍 航 空 特 攻 作 戦 に おいて 戦 死 された1,036 名 の 方 々の 遺

まえがき 知 覧 特 攻 平 和 会 館 は 大 東 亜 戦 争 末 期 ( 戦 後 は 太 平 洋 戦 争 ともいう) 昭 和 20 年 3 月 下 旬 から7 月 中 旬 にかけ 沖 縄 で 行 われた 陸 軍 航 空 特 攻 作 戦 に おいて 戦 死 された1,036 名 の 方 々の 遺 1 まえがき 知 覧 特 攻 平 和 会 館 は 大 東 亜 戦 争 末 期 ( 戦 後 は 太 平 洋 戦 争 ともいう) 昭 和 20 年 3 月 下 旬 から7 月 中 旬 にかけ 沖 縄 で 行 われた 陸 軍 航 空 特 攻 作 戦 に おいて 戦 死 された1,036 名 の 方 々の 遺 影 遺 書 手 紙 などを 展 示 してい る 南 九 州 市 の 資 料 館 です 皆 さんには

More information

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 ( 骨 子 ) Ⅰ. 概 観 日 米 同 盟 は 日 本 の 安 全 とアジア 太 平 洋 地 域 の 平 和 と 安 定 のために 不 可 欠 な 基 礎 同 盟 に 基 づいた 緊 密 かつ 協 力 的 な 関 係 は 世 界 における 課 題 に 対 処 する 上 で 重 要 な 役 割 を 果 たす 閣 僚 は 役 割 任 務 能 力

More information

冊子21 表紙

冊子21 表紙 三 菱 重 工 を 分 析 す る 21 三 菱 重 工 のミサイル 戦 車 目 次 1 三 菱 重 工 のミサイル 生 産 2 三 菱 重 工 の 戦 車 生 産 1 7 2015 年 7 月 この 冊 子 は 三 菱 重 工 を 分 析 する のブログから 関 係 する 部 分 を 取 り 出 し 再 編 集 して 作 成 しました 日 本 共 産 党 三 菱 重 工 広 製 支 部 の ホームページからダウンロードできますので

More information

K

K 134 135 です つまり 日 米 安 保 条 約 によって 日 本 が 米 国 の 戦 争 に 巻 き 込 まれる 可 能 性 は 常 にあると 考 えるのが 正 しい 日 米 同 盟 の 評 価 の 在 り 方 と 考 えます そして それが いみじくもそれが 安 倍 総 理 自 らによる 事 例 設 定 となって いるのが 米 国 と 交 戦 中 の 北 朝 鮮 が 日 本 に 武 力 攻

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

Microsoft Word - H21高原町教育研究所 研究紀要 _修正済み_.doc

Microsoft Word - H21高原町教育研究所 研究紀要 _修正済み_.doc Ⅰ Ⅱ 研 究 主 題 主 題 設 定 理 由 1 社 会 要 請 教 育 的 課 題 から 表 現 力 向 上 を 目 指 した 学 習 指 導 研 究 ~ 言 語 力 を 高 める 指 導 実 践 を 通 して~ 21 世 紀 は 新 しい 知 識 情 報 技 術 が 政 治 経 済 文 化 をはじめ 社 会 あらゆる 領 域 で 活 動 基 盤 として 飛 躍 的 に 重 要 性 を 増 す

More information