2 6 海 の 産 業 の 発 展 分 化 海 洋 海 運 国 家 ( 都 市 ) 専 業 造 船 所 職 人 技 術 者 工 業 化 西 欧 型 造 船 所 造 船 学 造 船 産 業 造 船 海 運 貿 易 産 業 革 命 総 合 重 工 業 大 手 造 船 所 型 造 船 所 海 運 業 製

Size: px
Start display at page:

Download "2 6 海 の 産 業 の 発 展 分 化 海 洋 海 運 国 家 ( 都 市 ) 専 業 造 船 所 職 人 技 術 者 工 業 化 西 欧 型 造 船 所 造 船 学 造 船 産 業 造 船 海 運 貿 易 産 業 革 命 総 合 重 工 業 大 手 造 船 所 型 造 船 所 海 運 業 製"

Transcription

1 第 1 回 海 上 交 通 システム 研 究 会 MTS 講 演 使 用 Power Point スライド 岡 本 洋 色 抜 き 文 字 サイズ 拡 大 を 含 め 一 部 修 正 四 角 枠 内 数 値 は 発 表 順 番 1 駒 事 後 追 加 1 3 海 事 分 野 の 発 達 史 主 として 戦 後 の 技 術 と 経 営 のマクロトレント を 考 える 第 1 回 海 上 交 通 システム 研 究 会 28(H2) 神 戸 大 学 海 事 科 学 部 岡 本 洋 Kシニア(( 社 ) 船 舶 海 洋 工 学 ) 巨 大 コンテナ 船 EMMA MAERSK 神 戸 港 入 港 岡 本 洋 デンマク 建 造 1.1~1.4 万 TEU 4 GT 千 8 百 万 終 戦 海 事 壊 滅 1 3 柴 田 康 彦 氏 撮 影 2 28 年 11 月 世 界 の 海 事 の 現 況 5 未 曾 有 の 好 況 ( 半 年 前 までは) 海 運 造 船 界 は 空 前 の 活 況 中 国 を 中 心 にした 荷 動 きは 活 発 船 社 は 船 腹 不 足 各 社 は 船 腹 大 拡 張 計 画 造 船 受 注 は 満 杯 状 態 一 方 で21 年 問 題 などのバ ブル 懸 念 世 界 金 融 危 機 急 迫 する 景 気 後 退 27 年 6 月 サブプイムロン 問 題 28 年 9 月 に 始 まる 金 融 危 機 海 事 先 行 き 不 確 定 波 乱 要 素 今 作 られている 船 は 戦 後 からの 経 過 は 国 際 セキュリティイ 海 上 荷 動 き 港 湾 国 際 ロジステック 海 事 の 円 環 海 運 世 界 経 済 為 替 環 境 戦 後 の 海 事 世 界 の 概 観 計 画 造 船 造 船 疑 獄 54 海 運 集 約 63 帝 国 海 軍 の 遺 産 復 興 立 ち 上 がり 期 イキ リスの 衰 退 成 長 発 展 期 奇 跡 の 復 興 西 欧 Japan as No.1 海 事 をめぐる 要 素 1 Offshore Energy 開 発 生 産 海 洋 機 器 造 船 エネルギ 環 境 停 滞 再 発 展 期 1948 個 人 軌 跡 造 船 設 計 研 究 開 発 船 型 試 験 顧 問 ホ ランティア 英 国 を 抜 いて 建 造 量 世 界 第 1 位 に 戦 後 復 興 は 造 船 から 船 腹 量 世 界 第 一 位 に の 進 水 量 が 世 界 の 5 %に 達 す オイルショック と 不 況 構 造 不 況 苦 節 の 急 速 な 台 頭 2 年 に を 捉 える 海 運 造 船 未 曾 有 の 好 況 MTS 1988~ 2 5 金 融 国 危 発 機 4 28

2 2 6 海 の 産 業 の 発 展 分 化 海 洋 海 運 国 家 ( 都 市 ) 専 業 造 船 所 職 人 技 術 者 工 業 化 西 欧 型 造 船 所 造 船 学 造 船 産 業 造 船 海 運 貿 易 産 業 革 命 総 合 重 工 業 大 手 造 船 所 型 造 船 所 海 運 業 製 鉄 所 海 事 をめぐる 要 素 その2 貿 易 業 海 賊 海 軍 コングロマリット 型 企 業 6 7 造 船 業 造 船 工 学 システム 工 学 開 設 建 発 計 造 研 造 船 海 運 業 の 主 要 な 要 素 CAD,CAM NC 究 基 生 産 システム 詳 立 一 本 細 産 て 品 設 設 設 計 管 計 計 組 理 み 水 槽 試 験 運 行 (デ ッ キ 機 関 他 ) 海 事 をめぐる 要 素 その3 海 運 業 保 船 修 理 キャリヤ ( 港 湾 ) 管 理 配 員 集 荷 配 達 ロジス ティック 7 8 世 界 商 船 隊 の 発 展 The Evolution of Some Merchant Fleets 185~191 ~198 英 国 産 業 革 命 176~ ~ M13 太 平 洋 戦 争 第 2 次 世 界 大 戦 第 1 次 世 界 大 戦 英 国 国 リヘ リア 百 万 GT 便 宜 置 籍 船 影 響 キ リシャ 主 要 船 社 の 設 立 主 要 造 船 所 の 設 立 石 川 島 / 播 磨 商 船 隊 GTの 推 移 明 治 5~ 昭 和 33 と 船 社 造 船 所 の 設 立 郵 船 大 阪 商 船 三 菱 造 船 所 川 崎 造 船 所 川 崎 汽 船 第 一 次 世 界 大 戦 世 界 経 済 恐 慌 69 第 二 次 世 支 界 那 大 那 戦 事 134 終 戦 万 GT 千 8 百 万 GT の 復 興 立 ち 上 がり 期 終 戦 イキ リス 世 界 新 造 船 建 造 量 推 移 と 海 事 のメインイベント 成 長 発 展 期 西 欧 停 滞 再 発 展 期 英 国 の 進 水 の 急 速 な 台 頭 を 抜 いて 世 量 が 世 界 の 2 年 に を 捉 える 界 第 1 位 に 5 %に 達 す 1 11 造 船 太 平 本 洋 戦 の 争 戦 終 戦 後 の 躍 本 進 造 と 英 船 国 の 躍 凋 進 落 6 % 英 進 水 量 進 水 量 世 界 セヤ 世 界 % 4 % イギリス イギリス % 2 % 英 国 を 抜 いて 世 界 一 に の 台 頭 百 国 別 英 進 水 進 量 水 量 GT 万 GT イギリス 岡 本 洋 国 内 全 産 業 にしめる に 占 める 造 船 の 割 割 合 合 造 全 船 製 1 % 輸 出 額 ヘ ス ヘ ス 業 造 の業 比 に 5 付 加 付 価 加 価 値 額 ヘ ス 率 閉 め る 業 出 1 出 荷 額 の 全 産 業 に 対 占 する める 比 率 に 荷 占 額 % め で 自 動 車 産 業 る の 5 比 全 造 船 業 率 製 造 岡 本 洋 % % 13 世 界 の 新 造 船 建 造 量 推 移 1955~26 百 万 GT 太 平 洋 戦 争 終 戦 1945 年 万 GT 5, 世 界 積 上 げ 表 示 19 世 界 全 体 オイル ショック にC.Upされた 後 中 国 の 追 い 上 げも 急 AWES 中 韓 本 韓 国 中 国

3 14 世 界 新 造 船 受 注 量 の 推 移 1957~26 8 百 万 GT 本 欧 州 AWES 百 万 GT 5 韓 中 世 界 ( 積 み 上 げ 表 示 ) 英 韓 進 水 セヤ 推 移 と 為 替 変 動 5 進 水 ベス 世 界 セヤの 推 移 英 国 の 繁 栄 と 衰 退 韓 の 興 隆 英 国 世 界 の 5% 1 億 5 韓 中 中 国 韓 国 海 上 輸 送 量 百 万 トン 全 製 造 業 に 対 する 造 船 賃 金 の 比 率 世 界 荷 動 き 船 腹 量 推 移 1985~25 世 界 海 上 輸 送 量 独 伊 仏 世 界 船 腹 量 タンカ 内 数 フィンランド 国 船 腹 量 百 万 DWTon 年 2,112 万 GT 年 6,961 万 GT 1958 年 11,83 万 GT 矢 印 世 界 主 要 国 船 腹 量 比 率 推 移 189~1958 年 19 年 191 年 英 2,89 万 GT 英 4,188 万 GT 英 英 英 便 宜 国 籍 船 1939 年 6,944 万 GT 英 戦 前 世 界 第 3 位 第 二 次 世 界 大 戦 海 運 壊 滅 192 年 5,728 万 GT 英 1948 年 8,29 万 GT 英 = 急 拡 大 英 = 衰 退 17

4 18 世 界 の 中 の 造 船 海 運 セヤ 25 年 は 商 船 隊 トン 数 建 造 量 にみあったプレゼンス 発 言 力 を 海 事 の 国 際 政 治 舞 台 で 発 揮 しているか??? 主 要 海 運 国 ( 実 質 船 主 国 別 ) その 他 24% 計 7 億 71 万 GT ギリシャ 14.7% アジア28.9% 13.6% ドイツ6.9% 台 湾 1 % ポラ 2 % sドイツ 3% 中 国 14% 主 要 造 船 国 計 4,697 万 GT アジア86 % 37% 35% 18 LUIS25 より 国 土 交 通 省 海 事 局 作 成 % 世 界 商 船 船 腹 量 順 位 の 現 状 27 年 GTベス 船 籍 ベス ギ リ シ ン ガ 香 港 パナマ 21.7% マ シ ャ ル 27 年 リベリア パ ナ マ 14.2% 世 界 一 位 ギリシャ と 並 ぶ 英 3-5% 大 きく 後 退 実 質 支 配 船 主 ベス 第 一 位 14.2% ギリシャ 13.3% 船 籍 船 極 端 に 少 ない デ 英 韓 ノル 中 独 造 工 28.1による デ デ たた 英 国 3.% 国 4.6% 19

5 21 商 船 隊 のDW.Ton と 隻 数 推 移 ~25 DW.Ton 万 ト ン 外 国 用 船 DW 隻 数 船 籍 DW 隻 数 隻 数 海 運 集 約 6 社 体 制 へ 昭 和 39 年,1964 郵 船 (M18,1885) 大 阪 商 船 (M17),1884 三 井 船 舶 (S17,1942)(S39,1964) 大 阪 商 船 三 井 船 舶 川 崎 汽 船 (T8,1919) 飯 野 海 運 大 洋 海 運 山 下 汽 船 新 汽 船 (S39,1964) 山 下 新 ナビックス (H1,1989) 東 商 船 大 同 海 運 (S39,1964)ジャパンライ 昭 和 海 運 (H1,1998) 外 航 三 社 の 経 営 は 絶 好 調 24 NYK,MOL 経 常 益 3 千 億 円 台 へ 急 増 27 年 通 期 経 常 利 益 三 社 合 計 5,63 億 円 予 想 国 内 経 常 利 益 ランク 三 社 とも 1 位 以 内 商 船 三 井 2,8 億 円 郵 船 船 1,8 億 円 川 汽 1,3 億 円 26 3, , 千 億 円 永 年 の 利 益 低 位 企 業 から 躍 進 23 税 引 き 後 利 益 推 移 外 航 大 手 合 計 億 円 ) 年 社 数 税 引 益 計 64~ ~11 ~85 6 2~-2 ~ 99 6~4 224~-365 戦 後 約 5 年 間 外 航 大 手 合 計 でも 利 益 は 低 位 低 迷 24 年 から 急 増 船 社 の 総 合 物 流 経 営 指 向 郵 船 ( 株 )の 実 績 1985 年 と25 年 の 対 比 1985 年 2 年 後 25 年 27 世 界 のタンカの 大 型 化 198 年 55 万 DWに ずんぐり 化 (L/B 小 Cb 大 ) 海 上 輸 送 部 門 75.% 総 売 上 高 1 兆,132 億 円 総 売 上 高 1 兆 9,29 億 円 DWTon L/B DW Happy Gian t 55.8 万 DW 住 重 総 売 上 高 1.9 倍 のなかで 海 上 輸 送 部 門 比 率 は 75% 62.6%(-13ホ イント) に 低 下 海 上 輸 送 部 門 62.6% 25 郵 船 社 史 創 立 百 周 年 からの2 年 より L/B / Cb 7.7 / / / /.84 実 船 の 例 28 戦 後 溶 接 率 推 移 全 国 1 % 主 技 術 導 入 期 要 造 船 平 均 溶 接 率 自 動 化 率 溶 接 化 率 専 用 化 率 自 動 化 率 31 千 億 円 / 社 世 界 造 船 所 の 売 上 高 億 円 25 年 3 社 欧 州 2 社 三 菱 重 工 現 代 三 浦 現 代 三 湖 今 治 造 船 2, 億 円 クラブ 1, 億 円 クラブ 28 現 代 三 星 大 宇 フィンカンチェリ アカ ユニハ サル STX 常 石 韓 進 IHIMU 大 連 新 来 島 川 崎 三 井 江 南 ハン 東 26 中 岡 華 本 等 31

6 兆 円 船 型 技 術 の 発 展 と 試 験 水 槽 の 建 設 露 戦 争 第 Ⅰ 次 大 戦 満 州 事 変 1931 太 平 洋 戦 争 朝 鮮 動 乱 船 型 開 発 の 高 ま りと 成 果 の 発 展 Tanker 大 型 化 造 波 抵 抗 理 論 第 一 次 石 油 ショック 第 二 次 石 油 ショック 国 内 試 験 水 槽 の 増 設 26 主 要 水 槽 新 船 型 と 船 型 学 国 内 26 共 同 研 究 建 造 量 1 千 万 GT 1. 欧 州 の 造 船 所 建 造 量 は1/3でも 売 り 上 げでは 同 等 建 造 GT 欧 売 上 額 韓 欧 3 建 造 船 単 価 の 世 界 比 較 24 年 1 トン(CGT)あたりの 万 円 中 国 ヨロッパ 平 均 は 欧 に 比 して 単 価 が 安 い 平 均 して 半 分 以 下 大 府 大 山 本 直 人 フィンランド 〇 万 円 /GT 3 大 府 大 山 本 直 人 32 中 手 造 船 所 の 台 頭 今 治 造 船 所 33 専 業 造 船 所 の 発 展 本 社. 今 治 工 場 166 x 28m 211 x 43m 西 条 工 場 42 x 89m 丸 亀 工 場 27 x x 57 m 今 治 造 船 所 M34(1911) 創 業 S17(1942) 一 円 の 造 船 所 を 統 合 して 今 治 造 船 所 S46(1971). 丸 亀 工 場 完 成 以 降 西 条 工 場 新 設 と 合 併 により 拡 大 幸 陽 船 渠 378 x x 56 新 笠 戸 修 繕 用 153.6x21.2 / 227x37 / 255x5 しまなみ 2 x 34 あいえす 178 x 3 岩 城 215 x

7 34 円 の 対 ドル レトの 変 遷 1973~26 年 35 我 が 國 の 港 湾 のフィダ 港 化 3 2 円 ドル 名 目 レト 基 幹 航 路 基 幹 航 路 フィタ 航 抜 航 フィ 路 タ ホ ト 化 完 全 フィタ ホ ト 化 物 流 コストの 上 昇 完 全 フィタ ホ ト 化 時 の 影 響 輸 入 価 格 の 上 昇 輸 出 価 格 上 昇 製 品 国 際 競 争 力 低 下 食 料 品 % せんい % 輸 送 機 械 +4.7% 輸 出 額 - 3~4 兆 円 非 効 率 な 港 湾 東 京 横 浜 の 割 合 料 金 が 高 い 料 金 の 高 さ 東 京 =1 東 京 横 浜 航 路 数 の 減 少 ~23 東 京 港 1 高 雄 港 65 釜 山 64 アジア 諸 国 全 体 の 航 路 数 従 って 航 路 数 が 減 る 時 間 が 掛 かる 約 2.4 シンカ ホ ル 24 時 間 以 内 2 以 内 リドタイムの 長 い 港 湾 コ ン テ ナ 取 り 扱 い 量 億 TEU / 年 世 界 地 域 別 コンテナ 年 取 り 扱 量 第 Ⅲ 世 代 第 Ⅳ 世 代 第 Ⅴ 世 代 世 界 NYK 社 史 より コンテナ 船 大 型 化 の 変 遷 EmmaMaersk 11,-14,5 TEU * 全 長 397.7m, 18,92 Hp テ ンマク オテ ンセ 造 船 所 39 大 型 クルズ 客 船 の 発 展 と 巨 大 化 29 年 には22 万 GT L= m 旅 客 5,4 人 の 大 型 船 舶 が 就 航 予 定 * 重 量 ベス 11, TEU スペス ベス 14,5 TEU 建 造 年 KANRIN Nov.25 引 用 して 作 成 岡 本 38洋 () 写 真 は 特 異 な 船 尾 部 の1.9 万 GT 型 ゴルデ んプリンセス 号 このほかに 現 在 15.8 万 GTクラス のクルザ 等 を 含 め カニバル クルズ 社 計 24 隻 ロヤル カリビアン インタナショナル 社 計 22 隻 ( 上 記 22 万 GT1 隻 を 含 む)などの 大 型 船 が 就 航 中 39 4 LNG 船 による への 輸 送 増 加 世 界 LNG 貿 易 の3/4を 占 める 輸 入 国 に 外 国 建 造 LNG 船 による 輸 入 開 始 1969(S44) 年 から 1983(S58) 年 まで27 隻 の 理 由 は CIF 契 約 産 ガス 国 意 向 高 価 な 船 価 ( 約 3 億 円 / 隻 ) 41 専 用 船 の 船 体 中 央 断 面 形 状 鉱 石 運 搬 船 国 内 建 造 LNG 船 による 開 始 第 1 次 石 油 危 機 後 安 定 供 給 の 必 要 性 公 共 性 高 度 技 術 船 への 進 出 認 識 海 員 組 合 のLNG 船 対 象 除 外 などから 機 運 たかまる 1983(S58) 年 イント ネシア ハ タ ック 増 量 計 画 (FOB 契 約 )2 年 契 約 大 量 輸 送 船 舶 の 専 用 船 化 大 型 化 船 型 の 分 化 効 率 化 コンテナ 船 LNG 船 自 動 車 専 用 運 搬 船 国 内 三 社 によるMoss 型 LNG 船 建 造 川 崎 で 国 内 第 1 船 (1979 年 ) 以 後 三 菱 川 崎 三 井 3 社 体 制 4 41

8 42 LNG 船 世 界 建 造 隻 数 推 移 25 隻 ディゼル 主 機 の 低 回 転 化 と 燃 費 の 向 上 ゴラ スピリツト 号 最 初 の LNG 船 ( 川 重 ) 球 形 タンク モス 方 式 総 隻 数 15 メンブレン GTTNo.96 方 式 メンブレン GTTMarkⅢ 方 式 GTT : ガスドランス 21 ポト テクニガス 社 42 創 生 期 西 暦 年 現 在 から 117 g / BHP / hr 代 へ 最 近 1 年 間 造 船 売 上 比 較 1997~ 27 年 欧 韓 中 4ケ 国 16, million EUR 欧 州 欧 中 国 44 技 術 革 新 の 展 望 物 流 造 船 工 業 会 28 年 社 会 要 請 制 約 1, 省 エネ 韓 中 海 洋 追 加 欧 州 は を 上 回 る は 25 年 より を 追 い 越 す 中 国 は に 迫 る CESA27/8 より 海 事 世 界 の 主 役 の 交 代 1. 英 国 パックス ブリタニカの 凋 落 2. 国 パックス アメリカナの 影 響 力 増 大 第 二 次 世 界 大 戦 後 3. の 躍 進 31 CESA 27/8 Annual Report より ギリシャ 船 主 の 躍 進 と 新 陳 代 謝 4. 中 国 の 台 頭 5. 英 の 依 然 強 いソフト 力 支 配 力 45 新 分 野 国 海 事 から 見 えるもの 1. 生 産 力 第 二 次 世 界 大 戦 における 集 中 大 量 建 造 の 実 績 ( 戦 時 標 船 セ ネラルタ イナミックス 社 LNG 船 連 続 建 造 ) 2. 世 界 の 海 の 支 配 戦 時 補 給 ソ 連 援 助 に 見 せた 世 界 規 模 の 海 の 支 配 3. 新 規 システム 開 発 実 績 コンテナ 船 LNG 船 の 開 発 のシステム 開 発 力 4. 自 由 競 争 造 船 からの 転 進 運 賃 同 盟 オフ ン コンファレンス 船 社 のM&A 5. 世 界 支 配 力 USCG( コトカカ ト )の OKが 無 いと 前 に 進 まない 事 が 多 い ご 清 聴 有 難 うございました 海 事 に 幸 あれ 縦 割 りを 廃 し 横 断 的 に 国 益 を 目 指 す 海 洋 基 本 法 の 実 行 に 期 待 終 47 岡 本 洋

9 補 足 説 明 MTS 第 百 回 例 会 講 演 海 事 分 野 の 発 達 史 主 として 戦 後 の 技 術 と 経 営 のマクロトレンドを 考 える MTS 幹 事 K シニア 岡 本 洋 当 配 布 のレジメ(A4X6 頁 )に 一 部 加 筆 と 講 演 で 発 表 の Power Point の 補 足 説 明 文 中 囲 み 数 字 または() 内 数 字 は P.Point のスライド No.を 示 す 1. 戦 後 海 事 世 界 の 概 観 未 曾 有 の 好 況 から 急 迫 する 景 気 後 退 へ 2~11 戦 後 海 事 のマクロトレンドを 世 界 的 に 見 れば 戦 後 6 年 の 経 済 規 模 の 飛 躍 的 拡 大 に 伴 う 海 運 造 船 の 大 膨 張 である その 過 程 で 中 東 の 政 治 不 安 定 に 起 因 するオイルショックが 海 事 の 世 界 にドラマチックな 影 響 を 与 えた ソ 冷 戦 の 終 結 世 界 経 済 のグロバル 化 により 世 界 船 社 の M&A は 進 展 した 大 量 消 費 大 量 輸 送 は 海 事 世 界 に 大 型 専 用 船 時 代 を もたらした 戦 前 世 界 を 支 配 した 英 の 海 運 造 船 のハドは 衰 退 して 消 滅 に 近 く 矮 小 化 したが ソフト 化 の 世 界 で 隠 然 たる 支 配 力 を 維 持 している 中 国 の 改 革 開 放 による 発 展 と 国 の 大 量 消 費 は 現 在 の 未 曾 有 の 海 事 好 況 となり 長 らくの 低 利 益 体 質 を 塗 り 替 え て わが 国 外 航 大 手 は 空 前 の 利 益 を 計 上 している 造 船 も 世 界 的 に 船 台 は 満 杯 状 態 が 続 き 投 機 的 とも 考 えられる 発 注 新 造 船 所 の 建 設 も 中 国 を 中 心 に 進 んでいる こ の 過 程 で 戦 前 世 界 3 位 に 達 していたわが 国 の 船 腹 量 は 戦 後 壊 滅 的 な 状 態 から 驚 異 の 復 興 を 成 し 遂 げた 戦 後 24 年 1969 年 に 世 界 第 一 位 となり 現 在 も 実 質 支 配 船 腹 量 は 世 界 第 一 位 であるし 造 船 はそれよりは 早 く 戦 後 11 年 で 1956 年 に 英 国 を 抜 いて 進 水 量 世 界 第 一 位 となった 以 後 2 年 に 新 興 にキャッチアップされるまでそれを 持 続 した 特 筆 すべき 成 果 といえる このような 海 事 世 界 の 発 展 は 567の 各 要 素 に 分 け て 考 えられる ここでは 外 航 海 運 航 洋 商 船 の 造 船 を 主 体 に 考 える 翻 って 昨 年 らい の 国 発 の 経 済 変 調 は 今 年 28 年 9 月 に 至 って 一 挙 に 世 界 金 融 危 機 に 突 き 進 みつつあ る 今 まさに 世 界 海 事 は 金 融 経 済 の 基 盤 から 大 きく 揺 らぐトレンドの 転 換 点 にある 以 下 には 各 要 素 の 内 容 に 立 ち 入 るよりも トレンドに 重 点 を 置 いて 考 える 2. 太 平 洋 戦 争 における 船 腹 の 喪 失 量 と 新 造 量 の 推 移 戦 中 ( ) 期 間 の 船 腹 喪 失 / 新 造 連 合 国 対 比 単 位 万 GT 新 造 増 加 計 減 少 計 差 し 引 き 合 計 1941 戦 前 まで 連 合 国 同 4,2. 2, , 海 運 船 舶 の 国 富 被 害 率 船 舶 =8.6 % 壊 滅 に 近 い 外 航 可 能 船 舶 僅 か 2.3 商 船 隊 戦 時 補 償 うちきり 約 9 万 トン 喪 失 に 対 する 戦 時 補 償 25 億 円 ( 当 時 )は 無 残 にも 打 ち 切 られた 一 般 の 戦 災 当 時 の 国 力 から 無 理 も 無 かろうが 欧 船 社 は 手 厚 い 補 償 をうけ 戦 後 のスタトに 於 いて 大 きなハンデとなる 戦 時 補 償 打 ち 切 り の 相 殺 と 外 航 船 腹 復 興 を 目 指 した 政 府 支 援 の 計 画 造 船 に 実 行 に 繋 がってゆく 2.4 戦 時 新 造 船 建 造 で 連 合 国 に 大 きくおくれを 取 る 連 合 国 側 は 損 失 も 3 倍 近 く 多 いが 新 造 量 に 至 っては 4,2/35 万 GT と 約 1 倍 両 者 とも 余 りに 差 は 大 きい 結 局 彼 ら が 船 腹 純 増 2 千 万 GT を 達 成 したのに 比 べ わが 国 は 逆 に 約 49 万 Ton を 減 らし 輸 送 補 給 能 力 を 失 った 約 3 年 半 の 戦 時 中 に 35 万 トンの 商 船 しか 建 造 できなかったわが 国 の 体 制 国 力 については ここ 数 年 来 年 間 約 1 千 万 GT 強 を 建 造 して 世 界 トップにあ る 我 が 国 としては 考 えさせられる 残 念 な 数 字 である 今 でこそ 英 の 建 造 量 に 誰 も 関 心 はないが この 期 間 の 特 に 国 の 大 量 建 造 の 集 中 力 の 実 績 は 正 にすごい 後 に 呉 NBC 造 船 所 にてその 実 態 に 触 れることになる 特 に 国 の 戦 時 標 準 船 の 大 量 建 造 は 圧 倒 的 な 成 果 その 中 に NBC 造 船 所 があった 3. 国 の 戦 時 中 の 造 船 にみる 教 訓 (28) 3.1 ( 甘 利 昮 一 195 年 6 月 出 発 英 15 ケ 所 の 造 船 所 見 学 の 欧 視 察 報 告 から) 当 時 の 船 舶 局 長 甘 利 氏 は 戦 後 5 年 の 時 期 に 異 例 の 海 外 3ケ 月 長 期 調 査 を 実 施 国 は 戦 時 中 に 海 軍 工 廠 8 ケ 所 民 間 造 船 24 ケ 所 (1 万 人 ) 戦 時 中 99 ケ 所 (17 万 人 ) 民 間

10 船 5,6 万 トン 建 造 内 4,16 万 トンは 新 設 造 船 所 で 建 造 マスプロ 建 造 戦 後 は 一 転 して 13 万 人 にと 工 業 力 の 実 力 選 択 と 集 中 柔 軟 な 変 化 などで 成 果 リバティ 船 (1.7 万 DW) 建 造 1931 年 (S6)~1945 年 (S2)=4,5 隻 17 造 船 所 にて 戦 後 2, 隻 が 係 留 ( 予 備 船 隊 ) 戦 時 中 の 建 造 にて 脆 性 破 壊 による 重 大 事 故 約 13 件 溶 接 率 国 9~95% 英 国 85% に 対 し (7%?) 甘 利 氏 の 結 論 国 の 優 位 1 造 船 所 の 規 模 大 2 雇 用 形 態 の 柔 軟 性 保 障 制 度 3.2 国 戦 時 中 の 成 功 事 例 独 創 的 な 企 業 家 たち 1).ヘンリ カイザ 氏 ( )によるリバティ 船 の 大 量 建 造 土 木 業 界 のたたき 上 げの 彼 は 1933 年 シアトルとタコマに 造 船 所 を 創 設 大 量 生 産 手 法 と 溶 接 を 採 用 しリバティ 船 小 型 空 母 その 他 艦 船 1,4 隻 以 上 を 建 造 良 好 な 労 使 関 係 の 構 築 に 手 腕 を 発 揮 従 業 員 の 健 康 管 理 部 門 を 設 置 するなどした 2).NBC 造 船 所 ラドウィック 社 長 の 合 理 経 営 戦 後 は 呉 造 船 所 へ NBC(National Bulk Carriers Co.)のオナ 社 長 で 小 学 校 卒 だけながら 国 一 の 富 豪 タ ニエル K ラドウィック (1897~1992)は 1944 年 徹 底 的 に 合 理 化 した 連 続 建 造 でタ ンカを 建 造 業 績 をあげて 貢 献 戦 後 の 呉 海 軍 工 廠 の 施 設 を 1 年 間 借 り 受 け 自 社 船 を 建 造 (1952~ 62) この 間 NBC 呉 造 船 所 となる ここの 実 質 責 任 者 に 播 磨 造 船 から 技 術 部 長 にヘッドハンティングされたのが 後 の IHI 社 長 (NTT 初 代 社 長 会 長 )の 真 藤 恒 (191~23) 旧 海 軍 技 術 者 を 中 心 に 国 の 生 産 方 式 の 先 進 性 に 驚 くと 共 に これを 陵 駕 する 合 理 化 生 産 方 式 を 追 求 1962 年 に 呉 造 船 に 更 に 呉 造 船 所 播 磨 造 船 呉 IHI となる その 技 術 は 造 船 の 共 有 のものとなり 戦 後 の 造 船 の 発 展 の 大 きな 要 素 となる 4. の 海 運 造 船 の 復 興 発 展 過 程 世 界 1 位 へ 建 造 量 昭 和 31(1956) 年 支 配 船 腹 量 昭 和 44(1969) 年 船 腹 量 英 国 の 世 界 比 率 % 運 輸 省 資 料 (189~1958 年 は 松 尾 ) 年 英 国 % 国 年 には は 英 国 を 抜 いているので 前 年 の 1969 年 に 抜 いて 世 界 一 の 船 腹 量 と なった( 山 下 幸 夫 )たとされる 英 国 の 往 年 の 名 門 船 社 は 競 争 力 と 経 営 の 努 力 を 打 ち 切 り 売 却 ちなみに 建 造 量 は 28.1 時 点 にて 共 に1% 以 下 大 きな 変 化 のトレンド 4.2 建 造 量 石 油 ショック 直 後 1,699 万 GT の 最 大 を 記 録 以 後 急 落 の 低 迷 期 を 経 て 回 復 21 世 紀 に 入 っ て 尚 1,2 万 ト ン 以 上 を 続 け て いる( 右 表 ) 4.3 考 察 年 万 GT 1, , , , , ,752.5 世 界 比 万 GT 1, , , , , ,59.3 世 界 比 ). の 戦 時 被 害 まさに 壊 滅 的 損 失 も 多 いが 商 船 の 新 造 に 最 後 に 海 軍 が 管 理 の 全 権 を 握 ったが 技 術 人 材 物 資 源 を 集 中 できなかった その 点 国 の 生 産 管 理 は 優 れていた には 戦 時 標 準 船 の 船 種 設 計 の 標 準 化 資 材 調 達 現 場 管 理 などの 混 乱 が 見 られた 然 し 大 和 建 造 に 象 徴 される 技 術 の 深 堀 り 建 造 へのシステム 工 学 的 管 理 と 人 材 また 川 南 造 船 所 に 代 表 される 民 間 技 術 遺 産 の 系 譜 は 見 逃 せない 2). 国 の 戦 中 の 新 造 建 造 の 技 術 生 産 力 は 極 めて 高 く 物 量 選 択 集 中 生 産 管 理 技 術 の 上 で 総 合 的 にみて 進 んでいた 独 創 的 な 企 業 家 の 出 現 と 成 果 があった 溶 接 の 脆 性 破 壊 一 品 毎 の 見 積 もりデタによる 生 産 工 程 管 理 などの 技 術 内 容 が 戦 後 に 判 明 学 ぶ 点 が 多 く これを 乗 り 越 える 努 力 と 挑 戦 から 造 船 は 更 に 発 展 した

11 4). 世 界 の 頂 点 に 向 けての 躍 進 の 要 因 経 営 技 術 の 効 率 化 の 改 善 政 策 輸 出 助 成 政 策 利 子 補 給 計 画 造 船 海 運 集 約 造 船 規 制 勧 告 等 造 船 技 術 海 軍 人 脈 造 船 学 会 造 波 抵 抗 理 論 国 内 共 同 研 究 構 造 研 究 会 電 算 化 生 産 技 術 鋼 材 改 良 溶 接 破 壊 研 究 生 産 管 理 専 用 船 化 大 型 化 等 5). 追 われる 立 場 世 界 トップになった 時 から 追 われる 立 場 に 198 年 後 半 からは 海 運 造 船 への 参 入 障 壁 は 比 較 的 低 くなる 中 国 の 猛 追 同 政 府 援 助 造 船 技 術 拡 散 トレンド 造 船 で 劣 位 となった 欧 州 の 関 連 組 織 人 材 は 造 船 技 術 の 成 熟 化 と 相 俟 って 技 術 拡 散 の 底 流 となる 新 興 国 による 参 入 とドラスチックな 攻 撃 的 経 営 新 興 国 の 国 策 助 成 船 級 協 会 のコンサルタント 指 導 我 が 国 の 造 船 設 備 規 制 などの 要 因 と 重 なる 海 運 便 宜 置 籍 船 増 加 による TaxHeaven の 享 受 は 船 社 体 質 の 弱 体 化 積 み 取 り 比 率 の 低 下 税 制 の 国 際 マッチング 努 力 船 員 問 題 総 合 物 流 企 業 への 発 展 先 進 海 運 国 の 海 運 助 成 との 国 際 競 争 力 などの 問 題 に 直 面 することとなった 6) 収 益 性 社 会 的 評 価 など 海 運 (23) (24) 戦 前 第 一 次 大 戦 戦 時 のブムには 船 成 金 戦 後 はスエズブ ムなどを 経 験 していたとしても 大 きく 変 動 する 運 賃 指 数 動 向 為 替 レトと 新 興 勢 力 の 参 入 に 影 響 される 度 合 いは 大 きく 戦 後 5 年 間 利 益 は 低 位 に 低 迷 していた が( 植 村 ) 企 業 改 革 と 中 国 ファクタにより 24 年 より 急 増 した 然 し 尚 海 外 諸 国 の 海 運 優 遇 政 策 との 間 に 劣 位 の 差 がありハンデとなっている 造 船 (29) (3) (31) ( 追 加 ) 戦 後 復 興 は 造 船 から 始 まり 外 貨 獲 得 の 花 形 として また 世 界 を 制 覇 した 社 会 的 評 価 は 高 かったが412 オイルショック 後 以 降 概 して 世 界 トップの 産 業 の 割 りには 次 第 に 評 価 は 低 位 世 界 の 4%に 近 い 第 一 位 の 建 造 量 に 比 して 売 上 高 は 建 造 量 低 位 の 欧 州 に 劣 る 低 船 価 船 の 過 当 競 争 大 量 建 造 体 質 傾 向 5. 英 国 の 造 船 所 英 国 造 船 海 運 の 衰 退 は 2 世 紀 の 海 事 の 主 要 トレンド グラスゴウ クライド 川 河 畔 に 密 集 した 造 船 所 をはじめ ブリテン 島 に 長 く 繁 栄 を 続 けた 造 船 所 は 21 世 紀 までには すべて 消 えうせ 現 在 は 軍 艦 ( 原 子 力 潜 水 艦 など)を 主 体 とした3 箇 所 のみ 現 在 はすべ て BAE Systems- 軍 事 航 空 宇 宙 コングロマリツトの 組 織 下 にある 即 ち BAE Systems Govan,Scotstoun,Barrow in Furness 5.2 英 国 の 海 事 ソフト 力 への 転 進 世 界 の 海 事 情 報 仲 介 金 融 保 険 国 際 機 関 教 育 ( 造 船 は 尚 5 大 学 あり)にかたちを 変 えて 世 界 に 強 い 影 響 力 と 組 織 を 維 持 6. 欧 州 造 船 界 (29) (3) 高 船 価 船 実 績 と 新 興 造 船 国 を 含 めた 造 船 リダ 志 向 ヨロッパ 造 船 連 合 CESA,Community of European Shipyards Association の 活 躍 少 なくともこの 1 年 CESA は に 比 して 建 造 量 は 約 1/2~1/3 だが 売 り 上 げは を 上 回 る 高 船 価 による 21 世 紀 は 欧 州 造 船 の 時 代 と 志 向 し 215 年 に 造 船 世 界 トップを 目 指 す Leadership 215 を 標 榜 して 共 同 して 具 体 的 に 健 闘 している 7. 国 の 海 運 と 海 事 支 配 力 技 術 開 発 の 大 きな 潜 在 力 (45) (46) 7.1 商 船 隊 の 両 大 戦 勝 利 貢 献 から 戦 後 の 外 航 撤 退 第 一 次 大 戦 第 二 次 大 戦 とも 連 合 国 の 勝 利 は 商 船 隊 に 負 う とも 言 われる 第 二 次 世 界 大 戦 における 圧 倒 的 な 軍 事 力 背 景 とした 商 船 ( 戦 時 標 準 船 など)の 勢 力 は 戦 後 次 第 に 低 下 USL(United States Line)の 倒 産 ( ) Sealand 社 のメルスク 社 (デン マク)への 被 買 収 により 支 配 船 腹 の 国 際 比 率 は 28.1 時 点 で 英 国 と 同 等 の 4.% 事 実 上 の 撤 退 状 況 7.2 国 の 予 備 船 隊 (National Defense Reserver Fleet) 年 隻 数 2,277 2, 1, 戦 時 標 準 船 は 戦 後 一 部 は 戦 時 の 協 力 度 合 いに 応 じてノルウエイ ギリシャ 船

12 主 にも 安 く 払 い 下 げられ 残 りは 政 府 保 有 ( 冷 戦 時 以 後 も) 7.2 冷 戦 時 以 降 海 運 冷 戦 時 は 主 に 大 海 軍 に 主 力 が 置 かれ 商 船 には 必 ずしも 注 力 が 少 な かった 199 年 以 降 国 商 船 隊 の 経 営 は 厳 しく 海 運 助 成 策 も 効 果 が 少 なかった 国 際 貨 物 輸 送 能 力 は 商 業 分 野 6,446 万 トンの 約 1%に 過 ぎない 国 最 大 のオ ペレタは 国 政 府 シリフト 社 の 7 隻 を 含 め 万 トン 商 業 用 外 航 輸 送 能 力 の 57% 強 7.3 海 運 セキュリティ 助 成 実 質 的 に 外 航 商 船 隊 が 激 減 した 国 にとって 重 要 な 海 上 輸 送 のセキュリティ 対 策 は 有 事 の 際 の 予 備 船 隊 と 共 に 制 度 としてあるの は 次 のとおり (1)1996 年 海 事 安 全 保 障 法 により 設 定 された 海 事 安 全 保 障 プログラム MSP 割 高 な 国 籍 船 の 運 航 費 を 相 殺 する 1 年 間 の 助 成 プログラムは 運 航 差 額 助 成 (2)その 後 ODS プログラムにかわり 1 億 ドル/ 年 を 47 隻 に 支 給 VISA Voluntary International Sea Lift Agreement 有 事 の 際 弾 薬 軍 事 貨 物 の 輸 送 に 国 防 総 省 が 確 実 に 民 間 のインタモダル 輸 送 力 を 確 保 できるようにしたもの で 国 籍 民 間 乾 貨 物 船 腹 の 8% 35 社 19 隻 が 加 盟 シランド 社 のメルスク 社 への M&A にはこれを 前 提 とした 政 府 許 可 があるものと 思 われる 8. ギリシャ 船 主 と 国 便 宜 置 籍 船 ギリシャ 船 主 は 第 1 次 世 界 大 戦 後 の 海 運 不 況 に 中 古 船 を 買 いあさり 大 きな 収 益 を 得 た それに 逞 しい 商 魂 第 2 次 世 界 大 戦 中 から 後 には ギリシャ 海 運 資 本 は 主 に 国 に 移 る 一 部 は 英 国 へ 膨 大 な 軍 需 輸 送 に 協 力 戦 後 復 興 ブムにもうまく 適 応 リ ベリヤ パナマへの 便 宜 置 籍 船 を 利 用 戦 後 約 1 年 の 1959(S34) 年 時 点 でギリシャ 系 船 主 支 配 の 船 腹 は 1,35 万 GT( 約 全 世 界 の 1/1 を 支 配 ) 支 配 船 腹 量 で 世 界 のトッ プを と 争 う 国 資 本 と 深 く 結 びつく 便 宜 置 籍 船 は 国 の 国 益 に 合 致 する 8.2 ギリシャ 船 主 の 躍 進 と 活 力 の 海 運 集 約 ギリシャ 船 主 の 戦 後 12 年 時 点 の 国 内 における 上 位 5 位 ランキングは 次 のとおり 1957 年 時 点 グルプ 名 支 配 船 腹 量 単 位 万 GT ( 松 尾 による) グ ラ ン ド リ ス ニ ア ル コ ス 111 ク ル ク ン デ ス 72.8 オナシス 71.7 リバノス 世 紀 にはいってギリシャ 船 主 はその 支 配 船 腹 で 躍 進 してトップ グルプにあるが 特 筆 すべきはその 新 陳 代 謝 である 5 年 後 の 現 在 では 往 年 の 有 名 船 主 グルプは 世 代 交 代 した 新 興 船 主 に 取 って 代 わられている 28 年 現 在 のランキング 単 位 万 DWton (コンパス 28.9 による) クリテンナビゲション/マランガス 913 カディフ ドライシップス 875 ツァコス フアミリ 664 ダイナコム グルプ 591 マルマラス ナビゲション 58 レスティス グルプ 49 と 続 く 然 し 良 く 知 られた 往 年 の 船 社 は 尚 健 在 としても トップテンのランキン グからは 名 前 はなく 激 しい 世 代 交 代 競 争 社 会 の 様 子 がみてとれる 9. の 計 画 造 船 と 海 運 集 約 4 (22) 9.1 戦 時 補 償 カットと 英 比 較 では 保 険 戦 時 保 険 の 戦 時 補 償 打 ち 切 り(82 社 で 25 億 円 ) 海 運 会 社 は 蓄 積 資 本 の 殆 どを 失 った 欧 船 主 は 伝 統 と 蓄 積 資 本 は 完 全 に 保 護 された 即 ち 英 国 では 2 億 7 千 万 ポンド 更 に 新 造 船 の 差 額 補 助 と 政 府 船 の 払 い 下 げ 国 では 戦 時 の 協 力 と 船 腹 喪 失 とに 応 じて ノルウエイ ギリシャ 船 主 にも 政 府 船 の 半 額 払 い 下 げ これによりわが 国 では 国 際 海 運 への 復 帰 に 立 ち 遅 れた 9.2 計 画 造 船 財 務 的 にゼロからの 復 興 に 対 して 政 府 の 融 資 による の 丸 船 隊 復 興 事 業 が 計 画 造 船 1942(S22) 年 ~199(H2) 年 政 府 出 資 の 船 舶 公 団 7% 融 資 民 間

13 銀 行 3% 融 資 資 金 なしに 船 舶 の 建 造 可 能 な 船 主 助 成 政 策 が 実 行 された その 結 果 船 主 の 政 界 への 不 健 全 な 献 金 工 作 を 誘 発 した 9.3 造 船 疑 獄 と 計 画 造 船 のマイナス 面 から 集 約 へのながれ 4 飯 野 海 運 俣 野 健 輔 社 長 が 中 心 になり 2.7 億 円 の 工 作 資 金 が 政 界 に 流 れた 山 下 汽 船 立 造 船 の 各 社 長 飯 野 海 運 副 社 長 などが 逮 捕 された 以 後 計 画 造 船 の 船 主 選 定 は 均 等 主 義 に 陥 る 護 送 船 団 的 助 成 となる 1964(S39) 年 に 戦 後 乱 立 した 海 運 会 社 による 過 当 競 争 国 際 競 争 力 はさらに 低 下 した この 対 策 として グルプ 船 腹 量 >1 万 DWTon をめどに6グルプへの 集 約 が 法 律 を 施 行 しておこなわれた そ の 後 1989(S64) 年 のナビックス( 山 下 新 +ジャパンライン) 1998(H1) 年 の 昭 和 海 運 の 郵 船 への 合 併 で M&A が 進 み 大 阪 商 船 三 井 郵 船 川 崎 汽 船 による 外 航 大 手 3 社 体 制 となって 定 着 している 然 し でもギリシャに 見 られるように 新 規 の 船 社 が 勃 興 するような 活 力 ある 業 界 の 発 展 が 望 まれる 1. LNG 船 技 術 開 発 (4) (41) (42) ( 主 として 糸 山 による) 1.1 技 術 の 開 発 ポイントは -162 の 低 温 貯 蔵 防 熱 方 式 と 施 行 技 術 熱 応 力 設 計 耐 スロッシング 設 計 耐 低 温 金 属 材 料 溶 接 技 術 などで その 高 い 技 術 ハドルから 世 紀 の 船 ともされる LNG 船 開 発 に 最 初 に 挑 戦 したのは 国 である 1.2 初 期 の 事 件 1944 年 LNG 流 出 市 街 大 火 災 事 故 国 クリフ ラント で 4,3m 3 二 重 殻 球 形 タンクの 事 故 1954 年 LNG 船 就 航 するも 内 部 防 熱 バルサ 材 の 噴 破 により 失 敗 ミシシッピ 河 川 LNG バジ メタン 号 就 航 然 し 1.3 英 連 合 による 開 発 LNG 船 開 発 は 国 シカゴに 始 まり 英 国 政 府 官 民 の 参 入 より 共 同 研 究 が 始 まる コンチ 社 となり 実 船 建 造 にいたる 以 下 は 複 雑 な 会 社 の 設 立 離 合 経 過 の 概 要 執 念 熱 意 の 一 端 がうかがえる 1) 英 連 合 開 発 会 社 変 遷 は シカゴストックヤド 社 + コンチネンタルオ イル 社 ( )] コンストック 社 英 政 府 ( 大 西 洋 横 断 L=1m 5,1m 3 LNG 船 9.5 億 円 出 資 ) (シェル コンチネンタルオイル コンストック 社 コン チ 社 LNG 船 建 造 は フィンドン メタプリンセス 号 など 2 1 ) フランス(1) ノルウエイ 特 許 ガスオシャン 社 テクニガス 社 2 2 ) フランス(2) メタントランスポト 社 ガストランスポト 社 LNG 船 建 造 ポラアラスカ 号 ゼネラルダイナミック 造 船 所 ( )=1 隻 2 1 と2 2 合 併 薄 板 (メンブレンタンク 方 式 )=GTTNo.96 GTT マクⅢ 3)ノルウエイ モス 社 球 形 Al 独 立 タンク 方 式 三 菱 三 井 川 崎 造 船. 4) のタンク 方 式 我 が 国 ではモス 方 式 の 球 形 Al 独 立 タンク 方 式 が 主 流 で 建 造 さ れているが 基 本 システムの 開 発 実 用 が 確 認 されたあとに ライセンスを 受 けての 建 造 又 他 に IHI 開 発 の SPB 方 式 ( 方 形 独 立 タンク)あり 近 年 近 年 中 国 でモス 方 式 以 外 のメンブレン 方 式 も 建 造 される 1.4 問 題 点 1) 開 発 執 念 大 事 故 失 敗 を 乗 り 越 えて LNG 船 自 体 及 び 輸 送 システムの 新 規 開 発 は 巨 額 の 関 連 投 資 を 伴 うプロゼクトであるが 戦 前 より 天 然 ガスを 使 用 していた 英 欧 州 にはその 開 発 にかける 熱 意 と 執 念 があった 然 し 残 念 ながら にはこの 巨 大 開 発 を 推 進 するだけの 産 官 学 の 要 請 組 織 力 熱 意 がなかったと 言 えよう 2) 実 船 建 造 への 展 開 技 術 わが 国 で モス 方 式 船 建 造 にあたって 基 本 図 の 供 与 以 後 の 設 計 建 造 技 術 の 展 開 には 溶 接 防 熱 工 事 などの 多 くの 苦 労 が 必 要 であった LNG 船 建 造 開 始 の 技 術 的 障 壁 は 近 年 においては LNG 船 技 術 の 商 品 化 傾 向 な どによりかなり 低 くなつた

14 11. まとめ 主 要 項 目 と 内 臓 する 問 題 点 項 目 のみ (44) (45) (46) (47) 11.1 の 戦 後 世 界 一 への 発 展 (+ 面 ) 計 画 造 船 利 子 補 給 海 運 拡 充 政 策 海 運 集 約 産 官 学 共 同 ヘ スに 造 船 各 要 素 技 術 の 発 展 労 使 環 境 為 替 環 境 ( 面 ) 過 当 競 争 不 況 産 業 色 技 術 の 成 熟 造 船 設 備 規 制 技 術 者 後 継 者 問 題 など 11.2 中 国 の 台 頭 の キャッチアップ(2 年 ) 設 備 大 増 強 積 極 経 営 大 量 建 造 船 腹 過 剰 懸 念 21 年 問 題 バブル 懸 念 海 事 各 社 の 中 国 進 出 11.3 海 事 の 国 際 競 争 GATT,OECD 加 盟 (1963,64 年 ) 自 由 競 争 WTO 大 量 消 費 大 量 輸 送 時 代 専 用 船 化 VLCC(~5 万 DW) コンテナ 船 (>1 万 TEU テ ンマク 他 ) PCC LNG 船 (>2 万 m 3 ) 大 型 クルザ( 22 万 GT) 大 型 高 速 フエリ ( 欧 州 ) 大 手 船 社 の 船 腹 拡 張 計 画 金 融 危 機 の 急 迫 11.5 大 型 海 難 事 故 の 多 発 船 級 協 会 への 不 信 機 能 不 全 環 境 問 題 構 造 安 全 の 規 則 設 計 の 主 導 権 は IMO 国 際 海 事 紀 行 組 織 へ 政 治 的 傾 向 の 増 加 ダブルハル 構 造 塗 装 腐 食 マジン 上 積 み 等 へのながれ 11.6 大 手 船 社 の 総 合 物 流 指 向 海 上 輸 送 収 入 の 比 率 低 下 11.7 造 船 技 術 船 型 上 のトレンド -L 4m(メガ コンテナ 船 ) ずんぐり 船 型 (L/B>7 <6) 球 状 船 首 (バルバスバウ) 低 回 転 大 直 径 プロペラ 省 エネ 装 置 設 計 生 産 など 設 計 生 産 IT 化 3 次 元 CAD 生 産 管 理 技 術 ブロツク 造 自 動 溶 接 造 船 用 厚 板 ハイテン( 超 高 抗 力 鋼 )の 共 同 開 発 脆 性 破 壊 エンジン 関 係 タビン(LNG 船 に 使 用 に 局 限 ) ディゼル(~1 万 馬 力 メガコ ナ 船 ) プロペラ 回 転 数 (~2 <1rpm) 燃 費 重 量 改 善 など ( 終 ) 主 要 参 考 文 献 社 史 関 係 川 崎 重 工 郵 船 hp 各 社 ( 三 井 大 阪 商 船 IHI 立 造 船 他 ) 世 界 制 覇 戦 艦 大 和 の 技 術 遺 産 上 下 前 間 孝 則 講 談 社 2.4 海 事 産 業 研 究 所 戦 後 海 運 造 船 経 営 史 シリズ 経 済 評 論 社 海 運 業 の 労 働 問 題 近 代 的 労 使 関 係 の 先 駆 小 林 正 彬 昭 和 55 技 術 革 新 の 軌 跡 海 運 造 船 の 技 術 と 経 営 高 柳 暁 海 運 造 船 業 と 国 際 市 場 山 下 幸 夫 英 造 船 工 業 視 察 報 告 海 運 号 海 運 松 尾 進 著 高 宮 晋 稲 葉 秀 三 監 修 産 業 シリズ 造 船 技 術 百 年 史 造 船 学 会 LNG 船 開 発 5 年 史 糸 山 直 之 成 山 堂 平 成 ほか 国 の 海 事 国 海 運 業 ( 貨 物 輸 送 )のM&Aに 関 する 調 査 報 告 書 2 年 12 月 ほか 財 団 法 人 シップ アンド オシャン 財 団 財 団 図 書 館 近 代 海 事 年 表 Ⅰ 1853~1972 年 成 山 堂 戦 後 5 年 のわが 国 外 航 海 運 政 策 と 動 向 植 村 保 雄 ( 船 主 協 会 常 務 理 事 ) 平 成 MTS 第 87 回 例 会 講 演 MATRIX No.51 メディアから 見 た 海 運 造 船 横 川 良 二 ( 海 事 プレス 出 版 局 長 ) 平 成 MTS 第 91 回 例 会 講 演 MATRIX No,55 商 船 が 語 る 太 平 洋 戦 争 商 船 三 井 戦 時 船 史 慟 哭 の 海 知 られざる 海 上 交 通 破 壊 戦 浅 井 英 資 ( 財 ) 海 事 広 報 協 会 昭 和 戦 時 体 制 化 の 語 られざる 技 術 者 たち 野 中 季 雄 と 星 子 勇 本 山 総 毅 鳥 影 社 著 者 自 身 関 係 不 都 合 な 海 事 潮 流 造 船 新 時 代 海 運 の 税 制 改 革 と 第 二 船 籍 問 題 をかんがえる 造 船 新 時 代 以 上 MATRIX 及 び 水 槽 試 験 の 変 遷 関 西 造 船 協 会 編 航 跡 平 成 大 府 大 アクティブシニア セミナ 世 界 の 海 船 を 巡 る 事 情 12 回 シリズ 平 成 19 年 1,11,12 月 おわり

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」 山 崎 志 郎 8 経 済 総 動 員 体 制 の 経 済 構 造 歴 史 学 研 究 会 日 本 史 研 究 会 編,2005 日 本 史 講 座 第 9 巻 近 代 の 転 換 報 告 者 : 松 岡 美 根 子 2006.04.29(SAT) 筆 者 : 山 崎 志 郎 ( 教 授 )1957 年 生 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 経 営 学 系 経 営 学 コース 社 会

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 23 年 3 月 期 第 2 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 10 月 29 日 上 場 会 社 名 株 式 会 社 商 船 三 井 上 場 取 引 所 東 大 名 福 コード 番 号 9104 URL http://www.mol.co.jp/ir-j/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 執 行 役 員 ( 氏 名 )

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

<90AE94F590AD97DF874090568B8C81698250814582518FF0816A8169313831323237816A>

<90AE94F590AD97DF874090568B8C81698250814582518FF0816A8169313831323237816A> 1 織 傍 線 今 回 案 現 織 織 目 目 章 章 節 秘 節 参 節 参 節 節 款 房 款 房 款 款 款 款 目 房 目 房 目 目 目 目 節 節 節 節 節 節 款 款 款 款 章 章 章 章 附 則 附 則 章 章 節 秘 秘 秘 節 参 節 参 参 参 参 参 節 節 款 房 款 房 房 房 房 ほ 策 策 運 企 画 運 企 画 装 装 削 削 削 房 房 房 ど 房 ど 印 印

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

永田3.indd

永田3.indd 課 19 課 永 田 尚 西 学 社 会 安 学 准 教 授 じ 金 福 島 子 電 所 併 岩 手 宮 城 福 島 青 森 茨 城 栃 木 千 葉 京 区 適 受 言 特 津 波 受 岩 手 宮 城 例 外 元 々 他 他 野 ん 歴 史 代 前 登 録 模 然 下 各 編 駆 20 態 手 足 意 味 良 他 野 類 近 小 模 治 済 側 面 治 垂 直 同 じ レ ベ ル 性 則 考 注 目

More information

船舶・海洋事業説明会資料

船舶・海洋事業説明会資料 船 舶 海 洋 事 業 説 明 会 2009.6.4 船 舶 海 洋 事 業 本 部 長 飯 島 史 郎 1 目 次 1. 2008 年 度 の 総 括 2. 船 舶 海 洋 事 業 の 近 況 3. 2009 年 度 の 業 績 見 通 し 4. 2009 年 度 対 策 の 骨 子 5. 全 社 緊 急 対 策 チャレンジ09 6. 事 業 戦 略 の 再 構 築 ( 本 部 事 業 方 針 )

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04 HR News Letter 2011 年 4 月 号 平 澤 国 際 社 労 士 事 務 所 東 京 都 港 区 芝 大 門 1-3-5 山 田 ビル 3 階 TEL 03-5402-8491 http://www.jp-hrpayroll.com/ ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

目 次 海 事 産 業 の 構 造 及 び 規 模 1 (1) 外 航 海 運 2 (2) 内 航 海 運 4 (3) 国 内 旅 客 船 事 業 6 (4) 造 船 舶 用 工 業 7 (5) 海 洋 産 業 ( 海 洋 資 源 開 発 海 洋 再 生 エネルギー) 12 (6) エネルギールート

目 次 海 事 産 業 の 構 造 及 び 規 模 1 (1) 外 航 海 運 2 (2) 内 航 海 運 4 (3) 国 内 旅 客 船 事 業 6 (4) 造 船 舶 用 工 業 7 (5) 海 洋 産 業 ( 海 洋 資 源 開 発 海 洋 再 生 エネルギー) 12 (6) エネルギールート 資 料 2-2 各 分 野 の 現 況 及 び 取 組 み Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 目 次 海 事 産 業 の 構 造 及 び 規 模 1 (1) 外 航 海 運 2 (2) 内 航 海 運 4 (3) 国 内 旅 客 船 事 業 6 (4) 造 船 舶 用 工 業 7 (5) 海 洋 産 業 ( 海 洋 資 源

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

001-014.indd

001-014.indd 0 0 6 版 始 バ ブ 日 本 取 巻 済 向 伴 市 変 化 対 応 0 0 8 版 0 0 版 0 版 ご 改 重 ね 回 第 5 弾 版 0 版 バ ブ 異 功 97 コ セ 見 開 ペ タ 97 項 目 説 明 将 来 次 視 野 入 ど ざ 状 況 ビ ネ パ ソ 皆 役 立 月 ダ ボ 議 参 加 竹 平 蔵 慶 應 義 塾 学 教 授 六 本 木 ヒ ズ 月 末 開 催 セ ミ ナ

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 譜 写 真 振 返 五 十 周 ~ 都 常 住 口 突 破 受 信 契 約 突 破 義 務 書 無 償 化 シ 博 覧 幕 常 磐 河 駅 重 衝 突 故 歴 史 的 産 連 続 メ 鉄 腕 映 吉 典 ち ゃ ん 誘 拐 最 黒 四 ダ 完 セ 札 防 止 千 円 札 ケ ネ デ ィ 統 領 暗 殺 さ 潟 等 告 示 さ 所 在 潟 字 金 沢 字 械 務 所 等 置 く 五 章 柏 崎 伊 藤

More information

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転 102 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 平 成 月 始 史 談 目 オ ラ ヒ リ 掲 載 六 月 号 九 治 氏 オ ラ ヒ リ 掲 載 界 彩 登 頂 正 敏 氏 氏 日 協 理 区 評 議 評 議 務 所 理 議 長 締 役 要 職 務 平 成 第 ベ 章 平 成 七 月 旭 日 双 光 章 章 界 表 重 鎮 論 点 伺 歩 み 界 歩 み 号 掲 載 明 治 創 創 七 老 舗 動

More information

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産 電 気 通 信 役 務 に 関 する 収 支 の 状 況 その 他 会 計 に 関 する 事 項 ( 電 気 通 信 事 業 法 第 30 条 第 5 項 による) 第 16 期 平 成 2 6 年 4 月 1 日 から 平 成 2 7 年 3 月 31 日 まで 西 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63> 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 会 議 記 録 平 成 21 年 4 月 23 日 ( 木 ) 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 概 要 Ⅰ 日 時 平 成 2 1 年 4 月 2 3 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 Ⅱ 場 所 都 道 府 県 会 館 1 階 1 0 1 大 会 議 室 Ⅲ 会 議 次 第 1 開 会 2 座

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

提案説明

提案説明 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 [ 2 8. 2. 12( 金 ) AM10:00] 本 日 こ こ に 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 を 招 集 い た し ま し た と こ ろ 議 員 の 皆 様 方 に は お そ ろ い で ご 出 席 を い た だ き 厚 く 御 礼 を 申 し あ げ ま す さ て

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

史 衣 服 シ リ ズ 巻 じ ぜ? 章 追 追 越 章 別 遷 節 先 産 運 高 節 稈 節 昭 和 造 展 章 図 遷 参 考 情 報 使 情 報 掲 載 覧 表 詳 調 べ 参 考 献 お 5 9 5

史 衣 服 シ リ ズ 巻 じ ぜ? 章 追 追 越 章 別 遷 節 先 産 運 高 節 稈 節 昭 和 造 展 章 図 遷 参 考 情 報 使 情 報 掲 載 覧 表 詳 調 べ 参 考 献 お 5 9 5 衣 服 シ リ ズ 巻 史 株 式 ネ オ テ ク ノ ロ ジ 抜 粋 版 史 衣 服 シ リ ズ 巻 じ ぜ? 章 追 追 越 章 別 遷 節 先 産 運 高 節 稈 節 昭 和 造 展 章 図 遷 参 考 情 報 使 情 報 掲 載 覧 表 詳 調 べ 参 考 献 お 5 9 5 じ 今 ち 産 構 造 エ ネ ル ギ 環 境 問 題 少 高 齢 科 進 歩 様 々 価 値 観 直 東 震 災

More information

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc 茨 城 県 域 に お け る 自 治 体 職 員 情 報 共 有 シ ス テ ム の 構 築 ~ つ な が っ ぺ! い ば ら き ~ 平 成 2 4 年 度 行 政 課 題 研 究 講 座 第 3 班 笠 間 市 行 政 経 営 課 主 事 石 塚 貴 則 筑 西 市 生 涯 学 習 課 主 事 齋 川 亮 つ く ば み ら い 市 税 務 課 主 事 井 砂 浩 次 茨 城 県 企 業

More information

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築 優 秀 賞 電 子 マネーと 企 業 ポイントの 新 たな 交 換 システムの 構 築 明 治 大 学 商 学 部 角 野 充 笹 島 康 平 末 吉 紘 季 鈴 木 奈 穂 美 ( 応 募 論 文 の 要 約 ) 近 年 様 々 な 電 子 マ ネ ー や 企 業 ポ イ ン ト が 登 場 し て き て い る が そ れ ら 相 互 間 で の 交 換 性 に は 強 い 制 約 が あ る

More information

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか?

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか? 日 本 経 済 予 測 Monthly 216 年 6 月 21 日 全 頁 日 本 経 済 見 通 し: 何 故 個 人 消 費 は 低 迷 して いるのか? 国 内 要 因 が 景 気 下 支 え 役 となるが 海 外 発 の 景 気 下 振 れリスクは 残 存 エコノミック インテリジェンス チーム 執 行 役 員 チーフエコノミスト 熊 谷 亮 丸 シニアエコノミスト 長 内 智 エコノミスト

More information

青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下

青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下 青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下 8 12 続 書 籍 版 楽 下 コミッガイア 連 載 時 編 付 後 アップシド 総 集 編 士 郎 正 宗 ハ イパ 掲 載 士 郎 正 宗 自 身 よ 設 定 紹 介 んち 集 文 中 連 載 時

More information

ベ ス 対 処 法 知 じ 改 訂 版 せ ) 大 変 時 代 本 書 オ ジ ナ 版 ニ ュ 世 9 9 8 平 成 0) 十 ひ 昔 以 上 前 支 持 競 争 厳 げ 版 重 ね 理 由 向 減 ず 働 活 安 定 下 降 終 身 雇 前 提 サ 今 個 人 自 営 プ ロ 野 球 選 変 プ

ベ ス 対 処 法 知 じ 改 訂 版 せ ) 大 変 時 代 本 書 オ ジ ナ 版 ニ ュ 世 9 9 8 平 成 0) 十 ひ 昔 以 上 前 支 持 競 争 厳 げ 版 重 ね 理 由 向 減 ず 働 活 安 定 下 降 終 身 雇 前 提 サ 今 個 人 自 営 プ ロ 野 球 選 変 プ ベ ス 対 処 法 知 じ 改 訂 版 せ ) 大 変 時 代 本 書 オ ジ ナ 版 ニ ュ 世 9 9 8 平 成 0) 十 ひ 昔 以 上 前 支 持 競 争 厳 げ 版 重 ね 理 由 向 減 ず 働 活 安 定 下 降 終 身 雇 前 提 サ 今 個 人 自 営 プ ロ 野 球 選 変 プ ロ 野 球 選 成 績 落 ち 軍 行 契 約 更 改 拒 否 要 解 雇 待 サ 場 合 能 力

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 :

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 平 成 28 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 2 月 2 日 上 場 会 社 名 横 河 電 機 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 6841 URL http://www.yokogawa.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 西 島 剛 志 問 合 せ 先

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832352E392E3488EA94CA8EBF96E292CA8D9093E097652081698AAE90AC94C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832352E392E3488EA94CA8EBF96E292CA8D9093E097652081698AAE90AC94C5816A> 平 成 25 年 9 月 市 議 会 定 例 会 一 般 質 問 質 問 す る 議 員 名 及 び 質 問 内 容 個 人 質 問 1 議 員 成 田 芳 雄 ⑴ 都 市 内 ま た は 地 域 内 分 権 制 度 の 創 設 に つ い て こ れ ま で の 一 般 質 問 で の 答 弁 で は 市 民 の 底 力 を 支 援 す る 事 業 は 行 政 と 市 民 あ る い は 市 民

More information

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 平 成 2 8 年 2 月 か ら 適 用 す る 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 表 平 成 2 8 年 1 月 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務

More information

P01.AI

P01.AI グ 紹 介 ブ No. 号 0 0 般 予 算 歳 算 剰 余 繰 越 普 通 交 税 交 増 ほ 経 済 交 復 旧 庫 支 増 歳 職 期 異 職 給 与 道 整 備 交 増 配 分 橋 梁 寿 命 道 舗 追 加 火 水 槽 領 漁 港 増 陸 競 技 レ 整 備 図 書 館 テ 更 ほ 8 豪 雨 農 林 土 木 復 旧 追 加 歳 歳 億 増 予 算 総 9 億 ギ ヨ ァ 管 ぎ 験 農

More information

予 防 防 火 救 急 救 命 弁 論 大 会 一 目 統 計 H26.4.1 管 内 防 火 対 象 物 総 数 1,465 棟 男 鹿 市 889 棟 潟 上 市 ( 旧 天 王 町 区 域 )427 棟 大 潟 村 149 棟 4 階 以 上 防 火 対 象 物 数 最 高 階 数 防 火 管 理 者 選 任 義 務 対 象 物 26 棟 8 階 417 施 設 平 成 2 5 年 度 消

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体 平 成 25 年 度 香 川 県 県 民 経 済 計 算 推 計 結 果 平 成 27 年 12 月 香 川 県 政 策 部 統 計 調 査 課 ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を

More information

57 近 傾 向 項 ウ 旧 来 ロ ダ タ ュ タ 基 委 損 ぞ 生 み 出 該 項 解 釈 題 識 項 何 積 極 義 づ 項 名 ニ ュ 式 対 象 得 委 全 含 項 対 応 関 係 例 F X 頭 及 び 各 種 フ ァ 代 M & A 助 仲 介 仲 介 助 任 契 約 座 助 様 源

57 近 傾 向 項 ウ 旧 来 ロ ダ タ ュ タ 基 委 損 ぞ 生 み 出 該 項 解 釈 題 識 項 何 積 極 義 づ 項 名 ニ ュ 式 対 象 得 委 全 含 項 対 応 関 係 例 F X 頭 及 び 各 種 フ ァ 代 M & A 助 仲 介 仲 介 助 任 契 約 座 助 様 源 5 ュ 5 巻 7 号 季 代 司 じ 御 紹 介 ず 阪 研 究 所 長 時 間 御 説 明 残 時 間 御 質 御 疑 答 ぞ 願 御 紹 介 協 御 依 頼 研 究 結 果 御 報 告 基 づ 最 初 回 御 報 告 趣 旨 申 皆 様 元 ュ メ 配 付 ペ 稿 稿 協 57 近 傾 向 項 ウ 旧 来 ロ ダ タ ュ タ 基 委 損 ぞ 生 み 出 該 項 解 釈 題 識 項 何 積 極

More information

イ ワルドプレミアム Vol.32 cover story 改 ロズアップ 安 よ 新 与 要 員 一 方 遣 続 南 ダ 治 安 悪 化 歯 止 状 況 続 平 和 構 築 実 写 真 アフリカ マリ 行 わ2014 年 5 月 29 デ セレモ ニ 様 子 (EA= ) remium Vol.3

イ ワルドプレミアム Vol.32 cover story 改 ロズアップ 安 よ 新 与 要 員 一 方 遣 続 南 ダ 治 安 悪 化 歯 止 状 況 続 平 和 構 築 実 写 真 アフリカ マリ 行 わ2014 年 5 月 29 デ セレモ ニ 様 子 (EA= ) remium Vol.3 新 代 新 読 む 代 読 む 情 報 情 報 説 説 Vol.32 平 和 構 築 状 課 題 2016/9 400 イ ワルドプレミアム Vol.32 cover story 改 ロズアップ 安 よ 新 与 要 員 一 方 遣 続 南 ダ 治 安 悪 化 歯 止 状 況 続 平 和 構 築 実 写 真 アフリカ マリ 行 わ2014 年 5 月 29 デ セレモ ニ 様 子 (EA= ) remium

More information

例 えば 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 はもとより 貨 物 利 用 運 送 事 業 倉 庫 業 港 湾 運 送 事 業 等 の ように 経 営 するすべての 事 業 をその 種 類 ごとに 記 載 する 8 従 業 員 数 の 欄 は 期 中 の 平 均 従 業 員 を 記 載 する

例 えば 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 はもとより 貨 物 利 用 運 送 事 業 倉 庫 業 港 湾 運 送 事 業 等 の ように 経 営 するすべての 事 業 をその 種 類 ごとに 記 載 する 8 従 業 員 数 の 欄 は 期 中 の 平 均 従 業 員 を 記 載 する (1) 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 報 告 規 則 では 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 の 様 式 及 び 勘 定 科 目 については 定 められていない が この 趣 旨 は 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 法 が 事 業 規 制 の 緩 和 を 目 的 としたことにかんがみ 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 についても 一 般 に 公 開

More information

..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 因 均 引 荷 デ 換 友 好 向 循 尽 態 系 災 布 具 数 値 掲 ヘ シ 背 景 帰 観 察 回 締 驚 拒 否 脳 談 マ 領 官 僚 座 司 仰 何 座 Mark Lynas, How do I kno w hi na wrecked t he

..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 因 均 引 荷 デ 換 友 好 向 循 尽 態 系 災 布 具 数 値 掲 ヘ シ 背 景 帰 観 察 回 締 驚 拒 否 脳 談 マ 領 官 僚 座 司 仰 何 座 Mark Lynas, How do I kno w hi na wrecked t he ..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 6 代 害 病 頻 石 油 危 舞 活 課 基 閣 域 属 品 残 留 土 壌 絶 模 倍 グ ロ 歴 史 程 複 雑 活 服 維 6 略 換 次 循 促 G D 単 省 酸 硫 黄 び 農 森 林 被 覆 概 次 小 康 ゆ 突 握 伊 藤 忠 評 論 石 田 暖 析 説 命 初 8 億 満 億 6 億 億 突 急 浪 ヘ シ 概 模 左 右 所 迫 広 卒

More information

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢 . 月 刊 公 論 八 重 樫 尚 弥 熱 解 説 N P O 法 デ 理 務 政 次 越 頂 役 所 属 エ DeN A 奈 県 民 市 民 愛 程 牧 元 集 ネ デ ョ 親 頂 好 若 観 頂 観 ビ 観 迫 魅 小 観 際 ほ 興 味 坂 輔 愛 猛 騒 ぎ 根 性 基 異 政 次 氏 ( 解 説 ) 7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63> 第 1 編 総 論 第 1 章 市 の 責 務 計 画 の 位 置 づけ 構 成 等 廿 日 市 市 ( 市 長 及 びその 他 の 執 行 機 関 をいう 以 下 市 という )は 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 する 責 務 にかんがみ 国 民 の 保 護 のための 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するため 以 下 のとおり 市 の 責 務 を 明 らかにするとともに

More information

Microsoft Word - 用語の説明.doc

Microsoft Word - 用語の説明.doc 用 語 の 解 説 1 世 帯 に 関 す る 事 項 (1 ) 二 人 以 上 の 世 帯 単 身 世 帯 こ の 調 査 で は 世 帯 を 二 人 以 上 の 世 帯 と 単 身 世 帯 と に 分 け て い る こ の 両 方 を 合 わ せ た も の を 総 世 帯 と い う 二 人 以 上 の 世 帯 と は 住 居 及 び 生 計 を 共 に し て い る 二 人 以 上 の

More information

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd ァ メ 専 門 返 運 用 困 相 談 先 世 メ 実 情 違 理 店 専 門 実 際 保 険 理 店 務 仕 事 拠 相 談 保 険 話 後 絶 何 隠 ァ 変 3 多 仕 事 柄 搾 4 程 度 従 員 抱 経 営 者 低 賃 労 働 者 ゆ ワ キ グ ア 高 校 卒 後 飲 食 店 勤 職 場 環 境 ひ ( ブ 企 ) 4 心 身 壊 退 職 ざ 退 職 後 近 無 職 活 送 ハ ワ 通

More information

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464>

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464> 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 国 土 交 通 省 告 示 第 八 百 六 十 五 号 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 ) 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き に 係 る 経 営 力 向 上 に 関 す る 指 針 を 次 の と お り 定 め た の で 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 公 表 す る 船 舶 産 業 分 野 国 土 交

More information

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472 抜 錨! ロコモコ 注 意 項 P D F ル ハ メ ル 掲 載 作 品 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 2 年 月 4 日 オ ア 最 西 軍 基 地 サ ド 島 基 地 へ 上 陸 制 圧 作 支 援 参 加 級 番 数 回 渡 航 隊 攻 飽 和 攻 轟 間

More information

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚 グ グ? 質 問 エ 答 ょ 々 折 闘 与 タ 添 進 エ ネ ギ 注 不 測 ブ 起 関 係 レ ふ む 余 裕 必 死 片 付 多 姿 瞬 好 苦 労 末 ェ 功 グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚

More information

(Microsoft Word - \201\23202 \214R\215`\214\340260318.docx)

(Microsoft Word - \201\23202 \214R\215`\214\340260318.docx) ふこく 原 始 古 代 2 富 国 強 兵 ぐんこう ひろしま~ 軍 港 呉 中 世 きょうへいとひろしま 近 世 くれ~ 近 代 現 代 ~ 1000 1100 1200 1300 1400 1500 1600 1700 1800 1900 2000( 年 ) 1 呉 港 と は ど の よ う な 港 で し ょ う か? 呉 は, 現 在, 造 船 の 盛 ん な ご 地 えい と し て 知

More information

Microsoft Word - No13.doc

Microsoft Word - No13.doc 海 外 と の 日 本 文 化 日 本 文 学 交 流 史 展 望 伊 井 春 樹 ( 国 文 学 研 究 資 料 館 ) 1 海 外 と の 交 流 始 発 中 国 か ら 日 本 に 文 字 が も た ら さ れ た の は 三 世 紀 か ら 五 世 紀 の 頃 6 世 紀 に な る と 仏 教 も 伝 来 し そ れ ま で の 自 然 崇 拝 と し て 形 成 さ れ て い た 神

More information

集 景 気 復 8 余 優 秀 材 獲 州 商 品 差 既 確 資 コ 嫁 維 選 択 良 横 並 根 残 値 型 底 流 慣 影 響 逃 契 約 務 ズ 背 景 州 北 ツ 紹 訓 練 公 セ ィ 充 達 契 約 仕 勤 務 共 員 際 責 任 待 セ ィ 伴 許 状 況 降 遅 激 グ バ 抗

集 景 気 復 8 余 優 秀 材 獲 州 商 品 差 既 確 資 コ 嫁 維 選 択 良 横 並 根 残 値 型 底 流 慣 影 響 逃 契 約 務 ズ 背 景 州 北 ツ 紹 訓 練 公 セ ィ 充 達 契 約 仕 勤 務 共 員 際 責 任 待 セ ィ 伴 許 状 況 降 遅 激 グ バ 抗 集 景 気 復 7 季 控 関 心 寄 末 次 倍 閣 足 却 ノ ミ 融 円 円 消 着 家 減 却 水 浮 評 脈 昨 官 邸 立 六 興 盛 込 標 供 留 復 ひ 豊 感 将 希 望 従 膝 虚 心 坦 懐 建 述 包 括 共 通 認 速 各 有 当 初 倍 首 相 界 待 言 通 刻 早 貢 献 言 含 例 差 底 例 積 極 針 明 無 雰 気 明 記 小 零 細 績 厳 ろ 多 ろ 少

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037>

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037> 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 平 成 27 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は じ め に 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は 自 動 車 の 生 産 販 売 使 用 の 各 段 階 にわたる 総 合 団 体 として クルマ 社 会 の 健 全 な 発 展 に 貢 献 し 持 続 可 能 な 社 会 の

More information

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し わが 国 製 造 業 企 業 の 海 外 事 業 展 開 に 関 する 調 査 報 告 -2013 年 度 海 外 直 接 投 資 アンケート 結 果 ( 第 25 回 )- 2013 年 11 月 国 際 協 力 銀 行 業 務 企 画 室 調 査 課 本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの

More information

平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 7 月 名 古 屋 商 工 会 議 所 我 が 国 の 経 済 情 勢 は 安 倍 政 権 下 での 金 融 財 政 政 策 が 功 を 奏 し 極 端 な 円 高 水 準 の 是 正 や 株 価 の 上 昇 とともに 本 年 4 月 以 降 の 消 費 増 税 の 影 響 を 吸 収 しつ つ 経 済 再 生 とデフレ

More information

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information

JSA2001/ごあいさつ

JSA2001/ごあいさつ 2007 年 12 月 20 日 海 事 記 者 会 各 位 社 団 法 人 日 本 船 主 協 会 2007 年 海 運 界 10 大 ニュースについて 当 協 会 は 本 年 の 海 運 界 10 大 ニュースを 別 紙 のとおり 選 定 いたしましたので お 知 らせいたします 以 上 本 件 に 関 する 問 い 合 わせ 先 ( 社 ) 日 本 船 主 協 会 総 務 部 (TEL:03-3264-7181

More information

ブ じ じ 失 言 続 間 I T ブ 景 気 浮 揚 チ ャ 波 何 話 各 傾 向 全 体 繁 栄 謳 歌 先 進 景 気 後 退 実 感 数 過 ご 戦 後 数 十 続 党 長 期 権 終 焉 迎 主 党 権 担 東 震 災 機 再 度 党 へ 権 戻 権 劇 的 変 化 見 中 内 口 見 不 況 4 東 震 災 影 響 福 島 原 子 力 発 電 所 放 射 能 汚 染 問 題 み 各

More information

平成○年○月期  決算短信(連結)      平成  年  月  日

平成○年○月期  決算短信(連結)      平成  年  月  日 平 成 20 年 3 月 期 決 算 短 信 平 成 20 年 5 月 12 日 上 場 会 社 名 古 河 スカイ 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 証 一 部 コード 番 号 :5741 URL http://www.furukawa-sky.co.jp/ 代 表 者 代 表 取 締 役 社 長 氏 名 原 正 照 問 合 せ 先 責 任 者 経 理 部 長 氏 名 要 隆 明 TEL:(03)5295-3800(

More information

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 )

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 ) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 君 津 市 民 文 化 ホールの 指 定 管 理 者 として 平 成 26 年 度 より3 年 間 当 財 団 が 君 津 市 より 指 定 を 受 けることとなりました 君 津 から 発 信 する 新 たなる 芸 術 文 化 をミッションとし 自 らが 創 造 し 発 信 できる 芸 術 の 創 作 場 所 であること また 地 域 の 皆 さまに 親 しまれ

More information

x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置 ふ び 取 込 謝 流 ノ 注 近 無 視 規 模 関 無 数 恩 恵 与 活 枯 渇 源 再 排 廃 棄 吸 収 サ 謝 流 規 模 答 重 指 標 サ

x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置 ふ び 取 込 謝 流 ノ 注 近 無 視 規 模 関 無 数 恩 恵 与 活 枯 渇 源 再 排 廃 棄 吸 収 サ 謝 流 規 模 答 重 指 標 サ ix 序 ハ E 序 ケ ネ ボ ィ み 述! 基 公 ノ 皆 訊 a 正 確 何 b 在 c d 優 先 事 項 考 教 科 扱 ず 思 際 b c d 三 扱 ず a 満 足 答 示 欠 落 埋 貢 献 昔 者 ち 外 言 事 鑑 み 報 告 政 府 格 x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置

More information

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学 島 根 大 学 法 文 学 部 1. 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 1-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 1-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 1-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 1-10 分 析 項 目 Ⅴ 進 路 就 職 の

More information

ソマリア沖・アデン湾海賊対処について

ソマリア沖・アデン湾海賊対処について 2010 年 4 年 毎 の 国 防 計 画 見 直 し に つ い て ( JAAGA だ よ り 39 号 2010. 12.14 投 稿 文 ) 織 田 邦 男 1 は じ め に 今 年 2 月 米 国 防 省 は 4 年 毎 の 国 防 計 画 見 直 し ( QDR: Quadrennial Defense Review)( 以 下 QDR ) を 議 会 に 提 出 し た 5 月 に

More information

2011年8月29日

2011年8月29日 各 県 別 海 事 産 業 の 経 済 学 青 森 県 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 日 本 海 事 新 聞 1401 日 本 海 事 センター 企 画 研 究 部 情 報 課 長 奈 良 孝 1. 県 勢 青 森 県 は 日 本 の 本 州 最 北 端 に 位 置 し 北 は 津 軽 海 峡 を 隔 てて 北 海 道 に 相 対 し 東 は 太 平 洋 西 は 日 本 海 に 面 し 南 は 岩

More information

古座川議会.indd

古座川議会.indd 号 平 平 質 疑 応 平 ペジ ペジ 般 質 ペジ 誌 ペジ 評 試 経 終 処 遇 反 映 係 般 試 評 再 コ 縮 図 舗 装 単 契 約 舗 装 舗 装 亀 裂 模 修 繕 守 社 デ 更 調 査 登 録 同 護 各 力 デ 都 修 社 ヘ パ 不 足 ヘ パ 名 U I 相 談 窓 近 隣 べ 起 音 相 談 窓 ふ 相 談 政 針 質 疑 平 初 鳥 獣 食 肉 処 加 催 執 部 初

More information

服務規律確保のための取組事例集(H27.9)

服務規律確保のための取組事例集(H27.9) 服 務 規 律 確 保 のための 取 組 事 例 集 平 成 27 年 9 月 群 馬 県 教 育 委 員 会 学 校 人 事 課 1 体 罰 2 個 人 情 報 の 盗 難 3 交 通 違 反 4 交 通 死 亡 事 故 5 飲 酒 運 転 6 校 務 用 パソコンの 目 的 外 使 用 7 Web 上 の 信 用 失 墜 行 為 8 不 適 切 なインターネット スマートフォンの 使 用 9 児

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63> 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 平 成 22 年 12 月 17 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める これに 伴 い 平 成 16 年 12 月 10 日 付 け 閣 議 決 定 平 成 17 年 度 以 降 に 係 る 防 衛

More information

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状 102 Vol. 津 波 活 打 撃 決 末 戦 例 襲 ェ 網 組 及 び 複 克 服 向 組 待 歯 語 野 モ 騰 計 知 回 救 戦 略 有 性 検 証 編 滝 洋 慶 應 義 塾 学 学 院 法 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 社 社 論 説 副 長 編 編 等 職 著 書 ゲ ム 何 救 舞 台 裏 O U S 103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み )

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み ) 小 規 模 個 人 再 生 給 与 所 得 者 等 再 生 再 生 手 続 開 始 申 立 書 印 紙 10,000 [ 該 当 す る に を 付 す る か, の よ う に 黒 く 塗 り つ ぶ し て く だ さ い ] 鹿 児 島 地 方 裁 判 所 支 部 御 中 平 成 年 月 日 ふりがな 氏 名 : 申 立 人 生 年 月 日 : 昭 和 平 成 年 月 日 年 齢 : 歳 住

More information

目 次 は じ め に... 3 第 1 章 先 行 研 究 の サ ー ベ イ... 4 第 2 章 金 融 リ テ ラ シ ー 金 融 教 育 の 必 要 性... 8 第 1 節 金 融 リ テ ラ シ ー と は... 8 第 2 節 金 融 教 育 の 目 的 現 状... 第 3 章 各

目 次 は じ め に... 3 第 1 章 先 行 研 究 の サ ー ベ イ... 4 第 2 章 金 融 リ テ ラ シ ー 金 融 教 育 の 必 要 性... 8 第 1 節 金 融 リ テ ラ シ ー と は... 8 第 2 節 金 融 教 育 の 目 的 現 状... 第 3 章 各 平 成 27 年 度 証 券 ゼ ミ ナ ー ル 大 会 第 1 テ ー マ A ブ ロ ッ ク 日 本 において 今 後 必 要 とされる 金 融 リテラシーについて 1 2 和 歌 山 大 学 簗 田 ゼ ミ ナ ー ル ( A 班 ) 1 目 次 は じ め に... 3 第 1 章 先 行 研 究 の サ ー ベ イ... 4 第 2 章 金 融 リ テ ラ シ ー 金 融 教 育 の 必

More information

もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関 与 先 割 付 手 順 5 4-1. 翌 機 繰 越 と

もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関 与 先 割 付 手 順 5 4-1. 翌 機 繰 越 と 達 人 シ ス テ ム 所 得 税 の 達 人 平 成 26 年 版 東 京 地 方 税 理 士 会 デ ー タ 通 信 協 同 組 合 2015/1/30 もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関

More information

会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真 平 成 23 年 1 月 10 日 受 付 要 旨 ド イ ツ で は 日 本 に お け

会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真 平 成 23 年 1 月 10 日 受 付 要 旨 ド イ ツ で は 日 本 に お け ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 会 津 大 学 短 期 大 学 部 産 業 情 報 学 科 石 光 真 会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

「日本における投資信託の現状と課題」

「日本における投資信託の現状と課題」 平 成 27 年 度 証 券 ゼミナール 大 会 第 テーマ B ブロック 日 本 における 投 資 信 託 の 現 状 と 課 題 関 西 大 学 商 学 部 田 村 ゼミナール B( 川 野 班 ) 目 次 はじめに.....2 第 1 章 投 資 信 託 の 概 要... 3 第 1 節 投 資 信 託 とはなにか....3 第 2 節 投 資 信 託 をめぐる 法 制 度... 4 第 3

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

Microsoft Word レポート(最終)

Microsoft Word レポート(最終) 景 気 動 向 指 数 からみる 消 費 税 増 税 後 の 県 内 景 気 < はじめに > 26 4 月 に 消 費 税 が5%から8%へと 引 き 上 げられた 本 県 経 済 は 増 税 直 後 か ら 一 部 で 増 税 に 伴 う 駆 け 込 み 需 要 の 反 動 減 がみられるなど 全 体 として 弱 い 動 きが 続 き 増 税 から2 近 くたった 現 在 においても 直 接 的

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3 待 ったなし! 飯 綱 町 ごみ 減 量 化 計 画 (いいづなG30プラン) 平 成 26 年 11 月 飯 綱 町 目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

まえがき目次.indd

まえがき目次.indd ま え が き 本 書 新 石 油 読 本 は 石 油 製 品 販 売 店 の 皆 さまを 中 心 に 油 田 がどのように 探 鉱 開 発 され 生 産 されて 日 本 に 輸 送 されるのか また 日 本 に 到 着 した 原 油 が 製 品 化 され 給 油 所 で 販 売 されるまでのサプライチェーン 全 般 の 基 礎 知 識 をやさしく 解 説 した 書 籍 が 欲 しい という 要 望

More information

1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4 第 二 章 中 小 企 業 支 援 政 策 について... 8 第 一 節 中 小 企 業 金 融

1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4 第 二 章 中 小 企 業 支 援 政 策 について... 8 第 一 節 中 小 企 業 金 融 平 成 27 年 度 証 券 ゼミナール 大 会 第 3テーマ Dブロック 中 小 企 業 における 資 金 調 達 について 1 2 30 大 阪 経 済 大 学 樋 口 ゼミナール 野 田 班 1 1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4

More information

こ の 印 刷 物 は 国 等 に よ る 環 境 物 品 等 の 調 達 の 推 進 等 に 関 す る 法 律 ( グ リ ー ン 購 入 法 ) に 基 づ く 基 本 方 針 の 判 断 の 基 準 を 満 た す 紙 を 使 用 し て い ま す リ サ イ ク ル 適 正 の 表 示

こ の 印 刷 物 は 国 等 に よ る 環 境 物 品 等 の 調 達 の 推 進 等 に 関 す る 法 律 ( グ リ ー ン 購 入 法 ) に 基 づ く 基 本 方 針 の 判 断 の 基 準 を 満 た す 紙 を 使 用 し て い ま す リ サ イ ク ル 適 正 の 表 示 平 成 23 年 度 環 境 経 済 の 政 策 研 究 持 続 可 能 な 発 展 の た め の 新 し い 社 会 経 済 シ ス テ ム の 検 討 と そ れ を 示 す 指 標 群 の 開 発 に 関 す る 研 究 最 終 研 究 報 告 書 平 成 24 年 3 月 京 都 大 学 上 智 大 学 九 州 大 学 農 林 水 産 政 策 研 究 所 名 古 屋 学 院 大 学 こ の

More information

南九州市○○○施設指定管理者募集要項

南九州市○○○施設指定管理者募集要項 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 ( 以 下 放 牧 場 と い う )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は, こ の 仕 様 書 に よ る も の と する 1 趣 旨 本 仕 様 書 は, 指 定 管 理 者 が 行 う 放 牧 場 の 業 務 内 容 及 び 履 行

More information

海賊対策の強化に向けた提言

海賊対策の強化に向けた提言 海 賊 対 策 の 強 化 に 向 けた 提 言 2011 年 10 月 18 日 ( 社 ) 日 本 経 済 団 体 連 合 会 ソマリア 沖 アデン 湾 はアジアと 欧 州 を 結 ぶ 海 上 輸 送 の 要 衝 であり 同 海 域 に 出 没 する 海 賊 問 題 への 対 応 は 世 界 各 国 の 海 上 輸 送 の 安 全 の 確 保 にとって 重 要 な 鍵 である そこで NATO(

More information

1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 決 定 した 都 道 府 県 別 職 種 別 の 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 一 覧 を 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 に 示 す

1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 決 定 した 都 道 府 県 別 職 種 別 の 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 一 覧 を 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 に 示 す 平 成 28 年 1 月 20 日 土 地 建 設 産 業 局 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 通 省 が 平 成 27 年 10 月 に 実 施 した 公 共 事 業 労 務 費 調 査 に 基 づき 平 成 28 年 2 月 からの 公 共 工 事 の 工 事 費 の 積 算 に 用 いるための

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

使 用 さ れ る 過 酸 化 水 素 の 製 造 施 設 も 設 け ら れ た 2 敗 戦 直 後 の 燃 料 廠 第 一 海 軍 燃 料 廠 で は 敗 戦 と 同 時 に 重 要 書 類 の 焼 却 と 液 体 燃 料 薬 品 類 の 廃 棄 処 分 が 行 わ れ 所 員 た ち の 多

使 用 さ れ る 過 酸 化 水 素 の 製 造 施 設 も 設 け ら れ た 2 敗 戦 直 後 の 燃 料 廠 第 一 海 軍 燃 料 廠 で は 敗 戦 と 同 時 に 重 要 書 類 の 焼 却 と 液 体 燃 料 薬 品 類 の 廃 棄 処 分 が 行 わ れ 所 員 た ち の 多 本 郷 台 の 歴 史 軍 用 地 の 返 還 と 再 開 発 神 奈 川 県 立 柏 陽 高 等 学 校 矢 野 慎 一 は じ め に 2011 年 秋 に 栄 区 役 所 地 域 振 興 課 か ら 栄 の 歴 史 ( 2013 年 3 月 刊 )の 原 稿 執 筆 を 依 頼 さ れ た 与 え ら れ た テ ー マ は 旧 第 一 海 軍 燃 料 廠 の 返 還 で あ っ た 以 前

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応 抜 粋 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について

More information

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請 File.4 < 判 決 原 文 > 生 計 を 一 に す る 妻 へ の 税 理 士 報 酬 と 必 要 経 費 - 宮 岡 事 件 - 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 13 年 ( 行 ウ ) 第 423 号 平 成 15 年 7 月 16 日 判 決 ( TAINS 判 例 検 索 Z253-9393 税 務 訴 訟 資 料 253 号 順 号 9393 判 例 時 報 1891 号

More information

Taro-【222】H23表紙.jtd

Taro-【222】H23表紙.jtd 律 ま 律 律 律 百 号 ま 左 記 ま 記 経 緯 律 以 麻 原 彰 晃 智 津 夫 教 祖 創 始 者 オ ウ ム 真 教 教 義 広 現 目 主 宰 教 義 従 者 以 付 以 ぞ 号 掲 ず 引 続 継 続 聴 上 後 段 付 以 予 根 拠 令 由 陳 述 先 限 陳 述 機 付 与 陳 述 ど 遂 由 示 効 力 1 加 え 中 計 わ 有 管 土 建 延 べ 箇 箇 ち 備 帳 簿

More information

歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守 躍 原 口 調 査 役 割 答 5% 答 % 好 答 特 分 英 植 メ 税 満 独 争 起 ボ パ 件 徴 E a

歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守 躍 原 口 調 査 役 割 答 5% 答 % 好 答 特 分 英 植 メ 税 満 独 争 起 ボ パ 件 徴 E a 特別企画 渡部 恒雄 違答 連邦 口調査 京財団研究 歴史敗 歴史敗由 2010 月 失歴史残敗喫 能 怒 満 答 移 答視 雇用 医療 ガニ争 順 ズ 1938来敗 74 失 3 別 ぞ 割合 信任 7 Vol. 4 歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守

More information

住宅に係る消費税の負担軽減の具体化についての要望

住宅に係る消費税の負担軽減の具体化についての要望 宅 に 係 る 消 費 の 負 担 軽 減 の 具 体 化 についての 要 望 ( 説 明 資 料 ) 社 団 法 人 宅 生 産 団 体 連 合 会 社 会 保 障 の 安 定 財 源 の 確 保 等 を 図 る 制 の 抜 本 改 革 を 行 うための 消 費 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 抜 粋 ( 平 成 24 年 3 月 30 日 閣 議 決 定 ) 第 七 条

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information