が 見 つからず よって 競 技 を 終 了 無 くした2 番 機 は 製 作 にはかなり 時 間 が 掛 かっている(1 年 位 ) ので 残 念 だが 仕 方 なし 1 番 機 は 手 元 に 残 ったので 来 シーズン 又 使 えます 結 局 順 位 は5 位 で した 1 番 機 の 重 り

Size: px
Start display at page:

Download "が 見 つからず よって 競 技 を 終 了 無 くした2 番 機 は 製 作 にはかなり 時 間 が 掛 かっている(1 年 位 ) ので 残 念 だが 仕 方 なし 1 番 機 は 手 元 に 残 ったので 来 シーズン 又 使 えます 結 局 順 位 は5 位 で した 1 番 機 の 重 り"

Transcription

1 模 型 飛 行 機 クラブ 会 報 Launchers 2011 年 7-8 月 号 2011 年 記 録 会 は8 月 21 日 ( 日 )HLGちびた 号 PLGともにグリーンパークです 2011 年 記 録 会 は9 月 18 日 ( 日 )HLGは 吉 見 公 園 PLGはグリーンパークです 今 年 の 夏 も 昨 年 と 同 じような 酷 暑 の 予 感 でしたが 7 月 末 から 涼 しい 日 が 続 いて 昨 年 と 比 べるとま だましかなといったこの 頃 3 年 前 から 日 除 けのゴーヤを 育 てて 現 在 は 蔓 が2 階 まで 延 びて 素 晴 らし い 日 陰 を 提 供 してくれます ゴーヤの 美 しい 緑 は 見 る 目 にも 楽 しく おまけに 実 も 沢 山 なるので 卵 と 炒 め 物 にするとビールに 最 高 です 夏 もあと 少 し 年 を 取 ると 夏 は 涼 しい 方 がイイ 記 録 会 報 告 /6 月 記 録 会 HLG/PLG /7 月 記 録 会 報 告 5 新 潟 ランチャーズ 合 宿 報 告 お 知 らせ 6まったけ 大 会 案 内 7 朱 鷺 大 会 案 内 8FF 日 本 選 手 権 大 会 案 内 9アジア 選 手 権 の 提 案 吉 岡 FFサロン 10 公 園 用 HLG-Bその 後 雑 談 天 国 11MRJの 紹 介 12ホンダジェットの 紹 介 13 哨 戒 機 P1 14 準 国 産 機 B 国 産 戦 闘 機 心 神 16 日 本 の 空 母? 編 集 雑 記 年 6 記 録 会 の 報 告 (HLG/CLG) 6 月 HLG 記 録 会 報 告 1 久 保 平 尾 6 月 記 録 会 で 吉 見 に 行 くとスゴイ 草!! しかも 前 日 の 雨 でビショビショでカッパがないとシャツま で 濡 れる 飛 行 場 です スバラシイ そして 原 っぱ 内 の 道 路 も 草 で 覆 い 隠 されて 地 面 が 見 えない コワ イのでひとまずずらりと 路 上 駐 車 です そんな 状 態 でもキチガイ ランチャーは 練 習 中 こんなコトで 日 本 はイイのか? なんて 事 を 言 いながら 本 人 も 練 習 開 始 で 濡 れます 練 習 が 終 わる 頃 には 道 路 上 駐 車 はマズかろうと おそる 恐 る 草 道 に 移 動 離 れて 見 ると 草 の 中 に 車 の 屋 根 が 見 える 程 度 で これだと 目 立 たなくてイイ 今 日 は 体 力 が 要 りそうな 飛 行 場 です 朝 は 気 流 が 良 く 投 げればマックスと 楽 観 していたら 競 技 開 始 と 同 時 に 一 転 どう 投 げてもデサーマ ルで 1 分 飛 ぶ 機 体 が30 秒 程 度 でスイスイと 降 りている さてみんなはどんなぐわいか 相 沢 さん 野 中 さんと 吉 岡 さんを 見 ると 昔 の 機 体 稲 葉 君 は 今 日 も 小 型 機 別 世 界 の 浩 ちゃんは 新 しそうな 機 体 を 椅 子 の 上 にゴロゴロ 並 べてる 久 保 さゃんは 大 きな 機 体 2 機 斉 パパはよくわからん 石 井 満 ちゃんも 新 作 っぽいが と 言 った 観 察 をしながら 朝 飯 です 最 近 FF 仲 間 が 集 まる 場 所 がなくなったので ランチャーズ 記 録 会 にあわせて 遊 びに 来 る 人 がちょ くチョクいる 当 然 ながら 歓 迎 である この 日 もゴムの 松 尾 さん 枝 さん 少 し 遅 れて 松 岡 さん 内 海 さ ん 津 田 さんが 高 度 測 定 器 を 持 って 来 ていたので HLGの 高 度 を 測 って 貰 った 浩 ちゃんが40m 野 中 さん 満 ちゃんが35m その 他 は30m 近 辺 かそれ 以 下 の 様 である やはり 回 転 投 げが 出 来 ない と 落 ちこぼれになりそうだ ( 平 尾 ) * 朝 5 時 半 起 き 6 時 出 発 現 地 7 時 半 着 2 番 機 の 調 整 をするも 途 中 で デサマの 設 定 ミスで 飛 ばし 過 ぎで 池 へ 紛 失 背 丈 以 上 高 い 葦 を 掻 き 分 けて 回 収 を 試 みるも トゲの 有 る 草 で 体 のあっち こっち 傷 だらけとなり 足 はつりそうになるし 池 の 中 入 っていけないし で 回 収 断 念 良 く 飛 ぶ 機 体 だったなあ 競 技 の 方 は 1 番 機 で3マックス 取 ったところで ノーズの 重 りが 紛 失 していた 探 した -1-

2 が 見 つからず よって 競 技 を 終 了 無 くした2 番 機 は 製 作 にはかなり 時 間 が 掛 かっている(1 年 位 ) ので 残 念 だが 仕 方 なし 1 番 機 は 手 元 に 残 ったので 来 シーズン 又 使 えます 結 局 順 位 は5 位 で した 1 番 機 の 重 り 紛 失 が 無 ければもうちょっと 上 位 に 行 けたかも 2 番 機 のデサの 不 調 による 紛 失 も 1 番 機 のノーズウエイトの 脱 落 紛 失 も 私 の 準 備 不 足 しかし 取 り 敢 えず 良 く 飛 んでくれたので 良 かった 良 かった あとはメンテナンスとパワーだな 中 高 校 生 の 見 学 グループに 私 のスイーペッティーをプレゼントする 会 長 が 熱 心 に 御 指 導 してい ました 流 石 です 私 は 競 技 の 方 で 手 一 杯 でした すみません 未 来 のランチャーズ 会 員 を 育 てるの も 大 切 な 事 です 又 会 費 払 うのも 忘 れていました 今 度 払 います 回 収 の 疲 れと 蒸 し 暑 さで 体 力 消 耗 の 為 競 技 終 了 後 早 めの 退 散 となり 失 礼 しました ロベさんの 車 と 私 の 車 に 見 学 グループの 彼 らを 分 乗 させて バス 停 まで 送 る クロベさん 流 石 最 近 の 中 高 校 正 は 話 をしてみると 案 外 真 面 目 なので 関 心 した 頑 張 って 欲 しい さて 私 は 1 番 機 のみになっ てしまったので のんびりと 来 シーズン 用 の 機 体 の 計 画 でも 練 りましょうか?バルサ 機 にするか スタ イロ 機 にするか?スパンをN 中 さん 級 に 大 きくするか? 夢 は 膨 らみます 久 々にフリーフライトの 大 型 機 を 広 い 場 所 で 飛 ばすことができたので 疲 れたが 気 分 は 最 高 ( 久 保 ) 6 月 HLG 記 録 6 月 19 日 吉 見 公 園 晴 27 度 0~3m 60 秒 マックス5/10 投 NO 選 手 名 R1 R2 R3 R4 R5 R6 R7 R8 R9 10 計 F1 F2,3 総 計 1 斉 藤 浩 /90120/ 石 井 満 /90120/ 野 中 正 治 吉 岡 潤 一 郎 久 保 晃 英 相 沢 泰 男 吉 田 利 徳 三 俣 豊 平 尾 寿 康 斉 藤 勝 夫 稲 葉 元 月 PLG 記 録 会 報 告 2 河 田 参 加 者 8 人 45 秒 MAX.6/10で 行 いました 何 時 ものボヤキで 周 りを 安 心 させて 終 わってみ ればただ 一 人 6max.で 斉 藤 さんが 優 勝 しました 2 位 は5max.で1 秒 落 ちのボヤカナイ 工 藤 さん 3 位 は2 秒 落 ちで 原 さんと 初 参 加 の 道 山 さんでした 45 秒 MAX.と6max./10 射 がボーダーライン のように 思 えますが みんなでこのラインをクリアしましょう 出 来 ます ( 河 田 ) 45 秒 マックス6/10 投 とは 中 々 難 しい 競 技 ですね グリーンパーク45 秒 マックスを6 回 出 すのは 名 人 級 でしょう で でもこれで 河 田 さんが6 位 とは 実 力?? もっとも1 秒 差 で4 人 が 並 んでいるのは キビシイ 勝 負 ですね 新 人 もちらほら 見 えているようなので 期 待 しています 6 月 PLG 記 録 6 月 19 日 グリーンパーク 曇 り 27 度 1~3m 45 秒 MAX6/10 投 NO 氏 名 小 計 F1 F2 総 計 1 斉 藤 竹 彦 工 藤 陽 久 道 山 鶴 二 原 国 光 三 辺 勇 司

3 6 河 田 健 吉 本 凌 一 橋 本 守 正 年 7 月 録 会 の 結 果 (HLG/CLG) 7 月 HLG 記 録 会 報 告 3 平 尾 1 年 ぶりの 杉 並 のグリーンパークで なんだか 懐 かしい 感 じで 五 日 市 街 道 を 走 る と 言 っても 最 近 は 怪 鳥 に 乗 せてもらうので 気 楽 な 道 中 である グリーンパークに 近 づくと 記 憶 が 不 確 な 事 に 気 づく 7 時 15 分 ころには 現 地 到 着 着 いてみると 芝 地 の 半 分 が 養 生 中 で 使 えません 且 つ 野 球 場 の 方 も 大 事 な 試 合 とかで 機 体 が 入 るとお 目 玉 を 食 らう 等 々 今 日 の 記 録 会 は 難 しそう 初 めは 場 所 決 めが 出 来 ずにウロウロしてから 朝 食 である 飯 を 食 いながら 今 日 は 参 加 者 が 少 ないな だが しだいに 選 手 が 集 まってきたので 今 日 の 勝 負 はと 顔 ぶれを 見 ると 強 敵 が 全 滅 チャンスありか 等 々ブツブツ 言 いながら 練 習 を 見 ていると 皆 さん 高 度 が 低 い これはいけるなと 期 待 はふくらむが 年 齢 が 邪 魔 す るよな 競 技 が 始 まってみると 結 構 沢 山 の 参 加 者 で 感 謝 まだまだランチャーズは 元 気 でやれる さて 朝 各 選 手 を 見 ての 印 象 石 井 満 氏 は 土 日 の 連 チャンでお 疲 れの 様 子 三 田 さんに 代 わって 元 気 印 の 吉 岡 さんも 何 か 変 だ 怪 鳥 は 新 型 機 の 調 整 で 今 日 はダメかな 久 しぶりの 井 村 選 手 はまだ まだ 高 度 がある 早 朝 到 着 組 みの 三 俣 君 は 綺 麗 な 上 昇 だが 今 1つの 感 じ 久 しぶりの 池 田 君 この 日 はまだ 声 が 出 てなかった まだランチャーズを 辞 めてなかった 大 八 木 君 は 久 しぶりすぎて 不 調 のマ マ 地 元 組 みでは 下 手 投 げの 今 関 氏 やや 横 手 投 げに 変 わってきたようだ 派 手 なウエアーの 星 野 君 は 良 くはわからなかった 小 林 さんは 紙 での 挑 戦 のようで 不 利 だろうな 今 回 初 めて 参 加 の 仙 台 の 西 島 君 ヒコーキ 学 生 の 様 だがチッチャナ 紙 飛 行 機 を 難 しい 振 り 投 げで 上 手 く 飛 ばしていた 来 ただ けで 不 参 加 組 みでは 岡 田 さん 片 岡 君 それと 久 しぶりに 顔 を 見 せてくれた 石 井 英 夫 氏 まだまだ 元 気 印 で 大 丈 夫 だ 皆 さん ご 協 力 有 り 難 うございました 競 技 場 の 半 分 が 芝 の 張 り 替 えて 使 えないので 精 神 的 にはハンディがある 又 球 技 場 の 方 は 大 事 な 試 合 とのことで ヒコーキは 絶 対 入 れるな 入 れると 失 格!!!とキタ 等 々で 競 技 の 方 は 全 員 が 気 を 使 ってか 出 だしは 平 尾 がトップ 全 体 でも 前 半 のマックスは6/70と 少 ない 後 半 ななってもマッ クスは 少 なく5/70と 混 戦 のママで オールマックスの 選 手 はなしで 細 かく 点 数 を 稼 いだ 選 手 の 勝 ちとなった 優 勝 は1マックス174 秒 の 星 野 選 手 2 位 は2マックス172 秒 の 梅 酢 選 手 3 位 に3マック スを 出 しながら 今 1つ 記 録 が 伸 びなかった 大 八 木 選 手 4 位 にヤットコおっつけた 平 尾 5 位 に 下 手 投 げの 今 関 選 手 やはり 下 手 投 げはイイのかな 以 下 タイムが 小 差 でずらりといった 有 様 でした 選 手 全 員 暑 い 中 よくやるわ 競 技 の 後 久 々に 遊 びに 来 た 石 井 英 夫 氏 とダベリングで ヒコーキの 話 以 外 の 豊 富 な 話 題 で 盛 り 上 がり 楽 しい1 日 でした 7 月 HLG 記 録 7 月 17 日 クリーンパーク 晴 30 度 1~3m 40 秒 マックス5/10 投 NO 選 手 名 R1 R2 R3 R4 R5 R6 R7 R8 R9 R10 合 計 F 1 F 2 総 計 1 星 野 聡 梅 津 和 則 大 八 木 重 則 平 尾 寿 康 今 関 健 一 三 俣 豊 井 村 真 三 池 田 昇 吉 田 利 徳

4 10 石 井 満 小 林 雅 文 相 沢 泰 男 西 島 一 樹 吉 岡 潤 一 郎 月 PLG 記 録 会 報 告 4 工 藤 梅 雨 が 明 け 夏 本 番 の 中 での 記 録 会 でした 暑 さのための 休 養 や 孫 の 世 話 などで5 人 の 参 加 とい う 寂 しい 記 録 会 でした 最 近 の 記 録 会 の 定 番 となった 45MAX 6/10でスタートしましたが 皆 が 乱 気 流 で 記 録 が 伸 びない 中 河 田 さんがMAXを 重 ね 4MAX 優 勝 でした 競 技 終 了 後 に 石 井 先 生 から 翼 型 についてコッソリと 講 義 を 受 けました 8 月 のCHIBITA-GO 大 会 で 松 戸 旋 風 を 吹 かせることがで きるでしょうか? 以 上 工 藤 PLGの 皆 様 とは 数 ヶ 月 ぶりにお 会 いしました 倉 田 さん 佐 藤 さん 相 変 わらずお 元 気?なよう で まだまだ 寿 命 を 延 ばしてください この 日 はHLGで 書 いたように 半 分 の 芝 地 が 使 用 不 能 でやりに くかったでしょうが 小 さなPLGを 上 手 く 飛 ばして 7 月 PLG 記 録 4 月 17 日 グリーンパーク 晴 30 度 1~3m 45 秒 MAX 6/10 投 NO 氏 名 小 計 F1 F2 総 計 1 河 田 健 工 藤 陽 久 吉 本 凌 一 原 国 光 勝 山 彊 年 新 潟 夏 季 合 宿 の 報 告 5 平 尾 新 潟 FFC 丸 山 今 年 4 月 の 国 際 級 新 潟 大 会 は 東 日 本 大 地 震 で 中 止 ついで 今 回 の 夏 季 合 宿 前 日 7 年 ぶり の 集 中 豪 雨 で 県 内 あちこちに 避 難 勧 告 が 出 る 有 様 で 結 局 関 越 は30 日 深 夜 に 不 通 となりまし た 我 々も 磐 越 廻 りで 行 く 予 定 だ したが 大 震 災 の 影 響 による 山 崩 れによる 道 路 閉 鎖 や 浸 水 の 報 道 に 大 事 を 取 って 急 遽 中 止 とし ました しかし 当 日 現 地 にこん なに 沢 山 の 人 が 集 まったのは みんな 命 がけで 遊 んでいると 言 うことでヒコーキの 凄 さを 見 せつ けてくれます それにしても 色 々 なヒコーキが 写 ってるな と 言 うことで 私 は 今 年 まだ 新 潟 に 行 っていませんので 残 るは 朱 鷺 大 会 で す 何 とかこれまでの 鬱 憤 をはらすべく 盛 大 に 楽 しみたいと 考 えます 天 気 よ 頼 むで 平 尾 * 日 までの 天 気 予 報 では29 日 の 午 後 からは 天 気 も 回 復 に 向 い30 31 日 は 曇 り との 事 で -4-

5 した 会 場 である 安 田 テクノタウン 辺 りはそのような 感 じでした 一 方 県 内 全 域 では 豪 雨 がやまず あちこちで 川 が 氾 濫 大 変 な 状 況 となり29 日 夜 遅 くには 高 速 ( 関 越 道 )も 一 部 通 交 止 めに この 時 点 ではすでにお 知 らせする 術 もなく 結 果 として 何 人 かの 方 達 にご 迷 惑 を 掛 けてしまいました 明 けて30 日 AM8:00 会 場 の 安 田 テクノタウンは 予 定 通 りの 曇 り 無 風 路 面 はカラカラ 絶 好 の 飛 行 日 和 関 東 からお 出 で 下 さった( 早 めに 出 た または 回 り 道 で)まつおかさん よしおかさんを 交 え F/F Uコン R/C(HLG) おしゃべりと 続 き 午 後 5 時 過 ぎに 宿 へ 22:00 頃 就 寝 31 日 AM6:00 台 風 一 過 のような 快 晴 空 気 も 澄 んで 爽 やか が 風 強 し(3~5m) 7:00 頃 よ り 競 技 開 始 (CLG(30 秒 ) CLG(30 秒 ) HLG-B(60 秒 ) L/P(60 秒 )のトータル180 秒 狙 い タイムの 割 り 振 り 機 体 サイズ ゴムの 量 は 自 由 ) が 強 風 のためまるで 競 技 にならず 5 時 間 12 :00 過 ぎまで 待 つもますます 強 くなるばかり 仕 方 なく12:30 競 技 不 成 立 で 打 ち 切 り 解 散 遠 路 お 越 し 頂 いたまつおかさん よしおかさんには 厚 くお 礼 申 しあげます これに 懲 りず 次 回 もま たぜひお 出 で 下 さい 以 上 新 潟 FFC 丸 山 お 知 らせ 2011 年 秋 季 大 会 ( 松 茸 大 会 ) 案 内 6 開 催 年 月 日 2011 年 9 月 25 日 ( 日 )AM7 時 30 分 受 付 競 技 8 時 45 分 ~11 時 45 分 主 催 中 部 フリーフライトクラブ 場 所 三 重 県 鈴 鹿 市 池 田 町 タンボ 参 加 費 1 種 目 2000 円 中 学 生 以 下 は 無 料 2 種 目 のエントリーも 参 加 費 は 同 じ 但 し ダブル 入 賞 時 の 副 賞 は 上 位 成 績 の1つのみ 種 目 1 中 型 混 合 級 ( 小 型 国 内 級 及 びミニ 国 際 級 ) 2 小 型 混 合 級 (スパン30cm 以 下 ゴム10g 以 下 ならOK) 3HLG(A B) 競 技 方 法 等 * 中 型 混 合 級 は2 分 マックス 5ラウンド * 小 型 混 合 級 は 第 1ラウンドは3 回 までに1 分 をクリアーしたらOK 第 2ラウンド は2 回 までに2 分 クリアー 他 はフライオフ *HLGは1 分 マックス10ラウンド 中 の 上 位 5 投 を 計 測 そ の 他 気 象 条 件 によりラウンド 数 マックス 数 を 変 更 することあり 競 技 中 の 事 故 等 については 参 加 選 手 各 自 で 対 応 する 天 候 等 の 理 由 により ラウンド 数 を 変 更 することがある 作 業 中 の 農 家 の 方 々には こちらから 積 極 的 に 挨 拶 してください デサマには 必 ず 火 縄 落 下 防 止 装 置 をつけてください 連 絡 先 中 型 吉 川 強 佐 藤 宏 彦 吉 田 潤 小 型 竹 内 栄 重 鈴 木 勝 HLG 掛 山 吉 行 第 2 回 HLG 競 技 会 ( 朱 鷺 カップ) 案 内 開 催 年 月 日 : 2011 年 10 月 16 日 ( 日 ) 午 前 8 時 受 付 開 始 8 時 30 分 競 技 開 始 1 時 終 了 主 催 : 新 潟 FFC 場 所 : 新 潟 市 笠 巻 たんぼ(4 月 のフリーフライト 国 際 級 競 技 会 開 催 地 ) 参 加 費 : 参 加 費 2000 円 2 種 目 円 子 供 は 無 料 種 目 : 1HLG-A( 手 投 げグライダー) 2HLG-B( 手 投 げグライダー) 競 技 方 法 等 : 19 時 ~11 時 30 分 の 間 に60 秒 MAXで10 回 飛 行 うち5 回 の 合 計 211 時 30 分 から 決 勝 飛 行 3 機 体 数 は5 機 まで 受 付 で 確 認 個 別 識 別 記 号 ( 名 前 など)を 記 入 のこと -5-7

6 4 詳 細 な 競 技 の 方 法 はミーティングで 発 表 します 5DTの 火 縄 線 香 等 落 下 防 止 機 構 を 装 備 していること( 機 体 検 査 あり) 64 競 技 中 の 事 故 等 は 競 技 者 の 自 己 責 任 でお 願 いいたします 6 風 向 き 等 で 競 技 の 中 断 の 指 示 には 直 ちに 飛 行 を 停 止 すること HLG-A 翼 幅 360mm 以 上 ( 翼 長 重 量 制 限 なし) HLG-B 翼 幅 160mm 以 上 360mm 以 下 ( 紙 HLGも 可 能 ) そ の 他 : 笠 巻 田 んぼから5kmほどの 所 にビジネス 旅 館 アーバンIN 黒 崎 があり 1 泊 5 千 円 以 内 (4800 円?)です 会 場 には 駐 車 場 トイレあり 注 意 事 項 : 当 日 受 付 等 参 加 者 同 伴 者 はご 協 力 ください 現 地 にゴミ 箱 はないので 各 自 持 ち 帰 りください 競 技 スポットでしは 喫 煙 特 に 吸 殻 やゴミの 投 げ 捨 て 厳 禁 大 会 役 員 等 : 大 会 委 員 長 細 海 修 ( 新 潟 FFC) 大 会 競 技 委 員 長 笠 井 修 一 ( 新 潟 FFC) 競 技 委 員 細 海 ( 兄 ) 吉 田 利 徳 平 成 23 年 度 模 型 航 空 FF F1A,B,C 日 本 選 手 権 要 綱 ( 予 定 参 考 ) 8 主 催 日 本 模 型 航 空 連 盟 日 本 航 空 協 会 公 認 期 日 平 成 23(2011) 年 11 月 3 日 ( 木 ) 4( 金 ) 5( 土 ) 6 日 ( 日 ) 会 場 千 葉 県 旭 市 干 潟 町 万 歳 種 目 フリーフライトF1A,F1B,F1C 規 定 FAIスポーツ 規 定 に 準 拠 参 加 資 格 日 本 国 籍 を 有 する 選 手 権 期 間 中 有 効 の 模 型 飛 行 士 登 録 者 役 員 選 手 権 委 員 長 日 本 模 型 航 空 連 盟 会 長 落 合 一 夫 競 技 委 員 長 吉 田 利 徳 競 技 副 委 員 長 坂 巻 敏 雄 (A 担 当 ) 和 田 光 信 (B 担 当 ) 谷 塚 正 実 (C 担 当 ) 陪 審 員 日 本 模 型 航 空 連 盟 会 長 落 合 一 夫 他 に 競 技 役 員 申 込 方 法 所 定 の 申 込 書 ( 郵 便 振 替 用 紙 )に 必 要 事 項 を 記 入 し 期 日 までに 参 加 費 と 宿 泊 を 振 り 込 む いったん 納 入 した 参 加 費 と 宿 泊 費 は 理 由 の 如 何 を 問 わず 返 却 しない 締 切 日 平 成 23 年 9 月 2 日 ( 金 )( 消 印 有 効 ) 参 加 費 円 (1 種 目 ) 宿 泊 等 原 則 として 宿 泊 場 所 は 自 由 但 し11 月 3 日 の 受 付 開 会 式 ミーティングに 出 席 の こと 宿 舎 斡 旋 を 希 望 する 者 は 申 込 書 に 斡 旋 の 要 否 を 記 載 する(1 泊 円 ) 斡 旋 宿 舎 のさか 望 洋 荘 千 葉 県 匝 瑳 市 野 手 TEL 食 事 斡 旋 する 宿 舎 での 夕 食 は 宿 泊 費 に 含 まれる 同 伴 者 同 伴 者 の 宿 泊 斡 旋 も(1 泊 円 ) 申 込 用 紙 に 記 載 の 事 参 加 受 理 参 加 申 込 をした 会 員 には 受 理 書 を 送 付 する. 選 手 は 受 付 時 間 内 に 本 部 ( 宿 舎 )に 参 加 受 理 書 機 体 仕 様 書 を 提 出 すること 受 付 11 月 3 日 ( 木 )16 時 ~17 時 30 分 の 時 間 内 に 宿 舎 本 部 に 必 要 書 類 を 提 出 する 都 合 により 時 間 内 到 着 が 出 来 ない 場 合 は 予 め 連 絡 する また 下 記 機 体 検 査 等 を 希 望 する 選 手 は 受 付 時 にその 旨 申 し 出 る 機 体 検 査 主 催 者 は 機 体 仕 様 書 に 基 づき 機 体 の 仕 様 確 認 と 模 型 飛 行 士 登 録 番 号 を 確 認 す る 原 則 として 競 技 前 の 機 体 検 査 は 行 わない 別 途 F1Aについては 曳 航 索 F1 Bについてはゴム 重 量 について 検 査 を 行 うことがある また 選 手 が 希 望 した 場 合 は 機 体 検 査 を 行 う 但 し 競 技 中 随 時 抜 取 り 検 査 を 行 う 不 合 格 の 場 合 それ 以 前 の 記 録 は 全 て 無 効 となる 選 手 の 責 務 選 手 は 他 種 目 の 役 員 をする 不 可 能 な 場 合 には 代 理 人 を 立 て 参 加 申 込 書 に 記 入 する 役 員 としての 業 務 を 怠 った 場 合 および 本 要 綱 に 正 当 な 理 由 なく 違 反 した -6-

7 場 合 は 当 該 選 手 の 競 技 記 録 の 一 部 または 全 部 を 取 り 消 すことがある 競 技 方 法 競 技 は2011 年 有 効 のFAIスポーツ 規 定 に 準 拠 した 公 式 飛 行 と 決 勝 飛 行 を 行 い 選 手 権 者 および 順 位 を 決 定 する 天 候 などの 状 況 によって 競 技 を 延 期 または 中 止 することがある 延 期 の 場 合 は 追 って 発 表 する 損 害 賠 償 人 畜 土 地 建 物 その 他 の 物 件 に 対 し 競 技 その 他 により 損 害 を 与 え 賠 償 が 必 要 な 場 合 は 当 該 選 手 が 全 額 を 負 担 する 日 程 11 月 3 日 ( 金 )16~17 時 受 付 17 時 半 開 会 式 およびミーティンク,18 時 ~ 夕 食 11 月 4 日 ( 土 )F1Bの 競 技 7:00-13:55 FO1-14:30~ FO2-15:10~ 11 月 5 日 ( 日 )F1ACの 競 技 7:00-13:55 FO1-14:30~FO2-15:10~ 11 月 6 日 ( 日 )F1ACの 競 技 7:00-13:55 FO1-14:30~FO2-15:10~ 競 技 終 了 後 閉 会 式 参 考 日 の 出 6:04/ 日 の 入 り 16:42 連 絡 先 事 務 局 又 はFF 委 員 会 事 務 局 田 久 保 潤 一 ( 携 帯 ) アジア 選 手 権 の 芽 生 え 9 吉 岡 靖 夫 7 月 29 日 から8 月 6 日 までモンゴルで 開 催 されたアジアで 初 めてのフリーフライトのワールドカッ プ 競 技 会 に 金 川 さんと 参 加 しました. 参 加 国 は 地 元 モンゴルに 日 本, 韓 国, 北 朝 鮮, 中 国 それにロシ アの6カ 国 で 100 名 以 上 のエントリーでした. 目 立 ったのはモンゴルの 選 手 でここ 数 年 間 で 飛 躍 的 に 技 術 が 向 上 したことです.それに 皆 が 協 力 しあって 競 技 を 盛 り 上 げていました.たとえば 自 国 の 選 手 の 機 体 が 下 降 してくると 手 の 空 いている 人 は 機 体 の 下 から 扇 いで 少 しでも 滞 空 時 間 を 伸 ばす 努 力 を 惜 しみません.さて 期 間 中, 日 本 でもお 馴 染 みのガンゾリックさんが 音 頭 をとってロシアを 除 く5カ 国 のリーダー 格 の 人 々が 集 まり,このワールドカップをランクアップしてアジア 選 手 権 を 開 催 出 来 ないか との 打 診 がありました.これについて 開 催 を 否 定 する 意 見 はなく, 各 国 に 持 ち 帰 り 検 討 して 集 約 した 結 果 を 持 ち 寄 ることになりました. 大 陸 選 手 権 は4カ 国 の 参 加 で 成 立, 自 国 の 航 空 団 体, 日 本 なら 航 空 協 会 が 選 手 を 派 遣 して 個 人 順 位 とチーム 順 位 を 競 います. 開 催 年 は 世 界 選 手 権 の 開 かれない 年 に 開 催 出 来 ます. 開 催 は 日 本, 韓 国, 北 朝 鮮 では 広 い 場 所 がない 等 の 理 由 により 不 可 能 でしょう. 従 って,モンゴルか 中 国 での 開 催 しか 考 えられません. この 件 に 関 して 皆 さんのご 意 見 をお 聞 かせ 下 さい. 私 が 心 配 しているのは,もし 具 体 化 して 開 催 に 至 った 場 合,はたして 日 本 から 出 場 を 希 望 する 選 手 がいるかということです. 世 界 選 手 権 には 希 望 者 が 多 いのに,アジア 選 手 権 にはソッポを 向 いているのでは,いささか 問 題 です. モンゴルは 空 路 4 時 間 ほどです. 会 場 は 海 抜 1500mですから 空 気 が 薄 く 滑 空 に 影 響 があることは 事 実 です.でもこれは 全 選 手 にとって 同 じです. 食 事 を 心 配 されますが 問 題 ありません, 羊 ばかりで はありません. 日 本 食 もあります.ワールドカップは 来 年 も 開 催 の 予 定 です. 多 くの 日 本 選 手 が 参 加 さ れるのを 希 望 します.( 以 上 吉 岡 靖 夫 ) 最 近 日 本 のFF 界 は 沈 滞 気 味 で 特 に 関 東 では 日 本 選 手 権 以 外 中 型 大 型 機 の 競 技 会 がありませ ん 競 技 会 がないと 仲 間 の 集 まりも 減 って 機 体 の 開 発 どころか 飛 ばすノウハウも 尻 すぼみになって しまいます 関 東 にはFFクラブが7つ 以 上 ありますし その 会 員 も200 人 を 超 えているでしょう 模 型 飛 行 機 の 普 及 等 々を 叫 ぶ 以 前 に まず 競 技 会 を 開 催 し その 競 技 会 に 各 クラブの 会 員 が 参 加 すれ ば 盛 大 な 競 技 会 になる 筈 です 競 技 会 の 開 催 とクラブ 員 の 全 員 参 加 が 実 現 すれば 模 型 飛 行 機 の 普 及 は 進 みます まず ヒコーキを 好 きな 人 が 根 気 よくヒコーキを 飛 ばせば 新 人 は 自 ずから 集 ま ってきます 但 し 継 続 こそが 大 切 で 最 低 10 年 は 頑 張 らないとFF 界 の 隆 盛 は 実 現 できません ヒコ ーキが 好 きな 皆 さんの 奮 起 を 期 待 しています 頑 張 りましょう -7-

8 FF 文 化 サロン 公 園 用 HLG-Bのその 後 10 平 尾 前 回 の5mm 削 ぎ 上 げ 翼 の 成 功 に 気 をよくしてより 高 度 を 稼 げるのではないかと 考 え 翼 断 面 は 相 似 の 翼 厚 4mmの 機 体 を 作 ってみました 現 在 まだ 調 整 中 ですが 薄 翼 にした にも 関 わらず 見 た 感 じ 高 度 が 変 わりません しかも 翼 の 強 度 不 足 なのか 他 の 原 因 なのかわかりませんが 5mm 厚 翼 より も 投 げ 出 し 角 度 に 敏 感 な 様 です このあたりが 機 体 の 作 りに 敏 感 なHLGの 難 しさでしょうか 競 技 機 としては 翼 厚 5mmの 方 が 強 度 的 に 安 心 ですし 手 離 れが 良 いので 競 技 では 使 いやすいのです 又 高 度 も 石 井 満 氏 の 言 う 様 に 厚 翼 だから 不 利 とは 思 えず かえって 高 く 上 がっているようなのです HLG-B 軽 量 な5mm 厚 バルサが 入 手 困 難 な 場 合 は4mm 厚 バル サで 強 度 的 には 比 重 の 重 い(と 言 っても0.12~0.15 程 度 )バルサを 使 えば 良 く その 場 合 は 堅 い 分 翼 断 面 が 正 確 に 出 来 ると 思 えばイイのですが この 翼 厚 差 による 機 体 の 重 量 差 は3g 程 ですが 滑 空 性 能 もどっこいです ところが4mm 厚 翼 の 場 合 1mmのフラップ 翼 と1.5mmとで 比 較 ところ 高 度 では1mmフラップ 翼 の 方 が 上 がっているようです こうなると 翼 厚 4mmと5mmで 下 面 フラップの 量 を 変 えることによっ て ほぼ 互 角 と 言 えそうなのです さて さて 困 りました しかし どうしてもどちらかに 決 めるとなると 上 昇 の 安 定 性 から5mm 厚 が 推 薦 と 言 えるでしょう 雑 談 天 国 三 菱 MRJ 11 まとめ 平 尾 MRJとは 三 菱 航 空 機 が 開 発 中 の100 人 乗 り 未 満 の 小 型 旅 客 機 の 事 で 最 近 関 心 が 集 まっている ので 調 べて 見 ました ついでにホンダジェットも 調 べましたが こちらと 比 べて 三 菱 は 面 白 い 記 事 がな く 困 りました 国 産 には 他 に3 種 類 あったのでさらに 追 加 しました さて MRJは 写 真 を 見 ても 他 社 の 旅 客 機 と とどこが 違 うのか 解 らないし この 飛 行 機 どうも 面 白 みに 欠 けるようで この 記 事 面 白 くないこ とを 予 告 しておきます MRJは 三 菱 重 工 業 により 開 発 中 の 地 方 都 市 間 を 結 ぶ 民 間 ジェット 旅 客 機 のことで Mits ubishiregionaljetの 略 です 同 社 は2008 年 4 月 航 空 機 事 業 専 門 の 子 会 社 三 菱 航 空 機 を 設 立 し 2013 年 のMRJ 就 航 を 目 指 して 開 発 を 進 めている MRJは 日 本 にとって 悲 願 であ る40 年 ぶりの 国 産 旅 客 機 です この 機 種 は 航 空 大 手 のボーイングやエアバ スのラインナップには 無 く 中 小 新 興 メーカーに 参 入 の 余 地 があり 注 目 を 浴 びています 現 在 はカナ -8-

9 ダのボンバルディアとブラジルのエンブラエルの 二 社 が 先 行 して 市 場 をほぼ 独 占 し それを 狙 ってロ シアと 中 国 が 計 画 を 進 めており さらに 日 本 の 三 菱 が 続 こうとしています このMRJは 燃 費 性 能 などが 評 価 され 2010 年 12 月 に 米 航 空 会 社 トランス ステーツ ホールディ ングスが100 機 の 購 入 を 正 式 決 定 した 国 土 の 広 い 欧 米 や 島 嶼 (とうしょ) 部 の 多 い 東 南 アジアでは 地 域 間 輸 送 のニーズが 高 く 今 後 引 き 合 いは 強 まりそうだ 但 し MRJはまだ 実 機 のない ペーパー プレーン だけに 商 談 で 機 体 性 能 や 保 守 管 理 体 制 を 具 体 的 に 提 示 できないので 競 合 他 社 に 受 注 をさらわれたケースもある 今 後 いかにビジネスプランを 具 体 化 し 訴 求 力 を 向 上 させるかが 課 題 三 菱 航 空 機 は2010 年 6 月 全 日 本 空 輸 から25 機 ( 確 定 15 機 オプション10 機 ) 同 12 月 にはトラ ンス 社 から100 機 ( 確 定 50 オプション50)と 計 125 機 のMRJを 正 式 受 注 した また2011 年 6 月 香 港 の 会 社 から5 機 発 注 があった 最 近 アジア2010 年 2 月 1 日 名 古 屋 市 内 のホテルで 三 菱 航 空 機 が 主 催 したパーティーで トランス 社 のリチャード リーチ 社 長 は 低 燃 費 低 騒 音 低 排 出 ガスの 革 新 的 なジェット 機 運 航 コストの 低 減 に 非 常 に 期 待 している とMRJを 手 放 しで 絶 賛 し 次 にチャンスが あればまた 買 いたい と 追 加 購 入 まで 示 唆 した 三 菱 航 空 機 は 2026 年 までの 小 型 ジェット 機 需 要 を 5000 機 超 と 予 測 しており 江 川 豪 雄 社 長 は 今 後 20 年 間 で 最 低 でも( 世 界 需 要 の5 分 の1にあたる) 1000 機 のシェアは 取 る と 意 気 込 む なお MRJの 採 算 ラインは400 機 が 必 要 とされている 今 年 東 日 本 大 震 災 があったがMRJは 関 連 企 業 の 大 半 が 東 海 地 域 に 集 中 していたので 現 時 点 で 生 産 に 大 きな 影 響 は 出 ていない 平 成 26 年 春 の1 号 機 納 入 に 向 け 工 程 はほぼ 計 画 通 りに 進 ん でおり 24 年 夏 には 初 飛 行 を 行 う 見 通 しである 明 るい 話 題 で 日 本 を 力 づけたい と 意 気 込 む 三 菱 航 空 機 では5 月 にも 欧 州 に 販 売 拠 点 を 設 け 海 外 での 受 注 を 強 化 する 計 画 で 江 川 社 長 は 欧 州 米 国 アジアでの 受 注 に 全 力 をあげる と 述 べた 外 寸 法 (m) エンジン 推 力 (kn) kN 2 最 大 離 陸 重 量 (kg)39,600~ 40,200 最 大 着 陸 重 量 (kg)38,500~ 36,200 航 続 距 離 ( 定 員 時 K m)1,610~ 3,330 巡 航 速 度 マッハ 0.78 離 陸 滑 走 距 離 (m)1,460~ 1,650 着 陸 滑 走 距 離 (m)1,450~ 1,390 価 格 30~40 億 円 ホンダジェット 量 産 型 初 飛 行 に 成 功 12 まとめ 平 尾 操 業 当 時 より 航 空 事 業 への 参 入 を 夢 に 描 いてきたHondaは モビリティ 分 野 の 新 たな 挑 戦 として 1986 年 より 小 型 ジェット 機 の 研 究 を 開 始 した 1993 年 には 世 界 初 の 全 複 合 材 製 ビジネスジェット 実 験 機 MH02の 初 飛 行 に 成 功 その 後 も 自 社 製 ターボファンエンジンの 開 発 と 並 行 して 翼 や 胴 体 な どにHonda 独 自 のテクノロジーを 盛 り 込 んだ 低 燃 費 で 高 効 率 な 機 体 の 研 究 開 発 を 進 めてきた そし て 従 来 機 と 比 較 して 燃 費 キャビンの 広 さを 格 段 に 向 上 させた 新 しいコンセプトの 小 型 ビジネスジェ ット 機 HondaJet を 開 発 した 世 界 的 にも 前 例 が 少 ない 自 社 製 機 体 と 自 社 製 エンジン(Honda 製 ター ボファンエンジンHF118を 搭 載 )の 組 み 合 わせによるビジネスジェット 機 は2003 年 12 月 に 米 国 において 初 飛 行 に 成 功 した 2006 年 10 月 18 日 Honda 全 額 出 資 の 航 空 機 事 業 子 会 社 ホンダ エアクラフト カンパニーは フロリダ 州 で 開 催 された 航 空 ショーにおいて HondaJet の 受 注 を 開 始 3 日 間 で100 機 を 超 えるオーダーを 獲 得 した デリバリー 開 始 は2012 年 の 予 定 で いよいよHondaが 米 国 の 空 を 飛 びはじ めます HondaJet は エンジンを 主 翼 上 面 の 最 適 位 置 に 配 置 するというユニークな -9-

10 形 態 を 採 用 することで 高 速 飛 行 時 の 造 波 抵 抗 を 低 減 させ 巡 航 効 率 を 高 めています また このレイ アウトにより 胴 体 内 のエンジン 支 持 構 造 を 廃 することで 従 来 の 機 体 に 比 べ 胴 体 内 容 積 を 大 幅 に 拡 大 しました ノーズなどの 三 次 元 曲 面 にはハ ニカムサンドウィッチパネル 構 造 を ストレ ートな 胴 体 中 央 部 には 軽 くて 丈 夫 なスティ フンド( 強 化 )パネル 構 造 を 組 み 合 わせた 新 しいカーボン 複 合 材 の 一 体 成 型 様 式 を 開 発 小 型 軽 量 でありながら クラス 最 大 のキ ャビンを 実 現 しました 広 々としたキャビン は ひとクラス 上 のビジネスジェット 機 よりも 足 元 にゆとりのある 設 計 で コックピット2 席 +キャビン5 席 の7 人 乗 り 胴 体 後 部 の 荷 物 室 は 約 1,614リッター 前 部 にも 約 255リッ ターの 荷 物 室 を 確 保 しています 主 翼 には 独 自 開 発 した 自 然 層 流 翼 設 計 を 採 用 空 気 抵 抗 を 大 き く 低 減 さらに 胴 体 の 先 端 形 状 を 工 夫 し ここでも 自 然 層 流 を 実 現 させるなど 随 所 に 空 気 抵 抗 低 減 の 技 術 が 盛 り 込 まれています HondaJet は 米 国 での 販 売 に 加 え 2008 年 にはカナダ メキシコ さらには 欧 州 への 販 売 網 を 拡 大 し 受 注 を 開 始 しています 2010 年 12 月 20 日 には 量 産 型 初 号 機 の 初 飛 行 に 成 功 しました また 2011 年 3 月 11 日 には 量 産 型 初 号 機 の 飛 行 試 験 で 目 標 性 能 値 である 最 高 速 度 778kmを 上 回 る 時 速 約 787kmを 記 録 しました 今 後 も 必 要 な 認 定 飛 行 地 上 試 験 を 実 施 し 2012 年 のデリバリー 開 始 に 向 けて 米 国 連 邦 航 空 局 (FAA)および 欧 州 航 空 安 全 局 (EASA)の 型 式 認 定 取 得 の 作 業 を 進 めて いきます ( 以 上 ホンダホームページからの) 標 準 仕 様 で 365 万 ドル(4 億 3800 万 円 )と VLJ(ベリーライトジェット= 超 小 型 ビジネスジェット)と しては 最 高 価 格 帯 に 属 するホンダの 新 型 ビジネスジェット ホンダジェット 低 価 格 で 知 られる 双 発 ビ ジネスジェット エクリプス 500 の 2.4 倍 というプライスタグにもかかわらず 初 期 受 注 は 好 調 です ホンダジェットが 評 価 を 受 けているポイントは 同 クラスの 機 体 に 比 べて3 割 向 上 しているという 燃 費 エンジン 搭 載 法 の 工 夫 による 機 内 騒 音 の 低 さと 室 内 空 間 の 広 さ 低 排 出 ガスなどがある アメリカ の 自 動 車 業 界 ではトヨタ プリウス ホンダ シビックハイブリッド などのハイブリッド 車 が 大 人 気 だ が ハイブリッド 車 の 持 つ 低 燃 費 低 排 出 ガス 低 騒 音 といった 特 性 は 空 に 上 がっても 付 加 価 値 と して 認 められることを 見 せつけた 格 好 だ ホンダジェットの 公 称 スペックは 以 下 の 通 り 全 長 12.5m 全 幅 12.2m 全 高 4.1m 最 大 離 陸 重 量 4,173kg 最 大 巡 航 速 度 778km/h 大 巡 航 高 度 1 万 2,500m 航 続 距 離 2,037km 標 準 定 員 6 名 ( 操 縦 者 2+ 乗 客 4) 性 能 で 際 立 っているのはリッター 3km 近 い 燃 費 と 最 大 巡 航 速 度 とくに 速 度 はサイテーション マス タング (630km/h) エクリプス500(695km/h) エンブラエル フェノン 100 (704km/h)など 同 ク ラスの 競 合 モデルに 対 して 格 段 に 優 速 で 商 用 旅 客 機 のボーイング 737 に 近 い 井 元 康 一 郎 次 期 哨 戒 機 P1 13 まとめ 平 尾 哨 戒 機 とは 国 防 のために 主 として 日 本 周 辺 海 域 を 哨 戒 する 航 空 機 を 言 う これまではアメリカが 開 発 したP3Cを 使 ってきたが 耐 用 年 数 もせまり 次 期 哨 戒 機 は2001 年 国 産 で 進 めることに 決 定 した 2008 年 に4 機 が 発 注 されて 現 在 試 験 飛 行 が 続 けられている P1は 情 報 収 集 及 び 処 理 能 力 攻 撃 能 力 では 世 界 最 高 の 性 能 である ところが2011 年 夏 になってテスト 中 のP1にひび 割 れが 見 つか った 問 題 で 北 沢 防 衛 相 は2 日 の 閣 議 後 の 記 者 会 見 で 補 強 対 策 を 施 し 改 修 する と 述 べ 原 因 究 明 と 対 応 策 を 急 ぐ 考 えを 示 した(2011 年 8 月 読 売 新 聞 ) 防 衛 省 は2010 年 11 月 P1を 今 後 5 年 間 で 約 10 機 調 達 する 方 針 を 固 めた 現 役 のP3C 哨 戒 機 -10-

11 は 今 後 5 年 間 で 約 20 機 の 退 役 が 見 込 まれて いるが 同 省 は 退 役 を10 機 程 度 にとどめて 耐 用 年 数 を 延 ばす 国 の 財 政 難 で 新 規 調 達 が 限 られるなか 同 省 は 日 本 近 海 での 活 動 を 強 める 中 国 海 軍 を 念 頭 に 監 視 強 化 を 目 指 す 考 えだ 自 衛 隊 関 係 者 によるとジェットエンジン 搭 載 のP1は プロペラ 機 のP3Cの 約 1.3 倍 の 速 度 で 飛 行 し10 時 間 以 上 の 哨 戒 飛 行 も 可 能 より 高 い 高 度 で 運 用 でき 気 象 条 件 に 左 右 されないきめ 細 かな 探 知 が 期 待 できる とい う 防 衛 省 は 調 達 にかかる 費 用 を 約 2000 億 円 と 見 込 む 一 方 1981 年 に 導 入 が 始 まった 後 方 のP3CとP-1 P3Cは3 月 現 在 改 良 型 も 含 め94 機 が 現 役 で 活 動 中 である 海 自 はP3Cで 毎 日 北 海 道 の 周 辺 海 域 や 日 本 海 東 シナ 海 で 監 視 飛 行 し 中 国 が 掘 削 に 踏 み 切 った 可 能 性 が 高 い 東 シナ 海 のガス 田 白 樺 を 毎 日 撮 影 し 現 状 を 政 府 関 係 者 に 伝 えているが 老 朽 化 は 否 めず 昨 年 3 月 から 順 次 退 役 が 始 まった 防 衛 省 は 今 後 5 年 間 で 約 20 機 の P3Cの 引 退 を 見 込 んでいたが 国 の 財 政 難 から 同 数 のP1を 購 入 するのは 困 難 と 判 断 した そこで 数 年 間 の 延 命 措 置 を 施 すことで 退 役 させるP3Cの 数 を 購 入 するP1と 同 数 にとどめる 苦 肉 の 策 を とることにした 樋 岡 徹 也 坂 口 裕 彦 川 崎 P1は2007 年 9 月 岐 阜 基 地 にて 初 飛 行 した 航 空 自 衛 隊 の 次 期 輸 送 機 C-2と 開 発 リソース 及 び 部 品 を 共 有 することで 開 発 費 及 び 取 得 費 の 抑 制 を 図 ることを 開 発 目 標 の 一 つとしている なお 本 邦 において 開 発 された 航 空 機 としては 兄 弟 分 のC-2に 次 いで2 番 目 に 離 陸 重 量 が 重 い 機 体 で もある P1はターボファン4 発 という 哨 戒 機 としては 例 の 無 い 構 成 である 主 翼 はオーソドックスな 後 退 角 付 きのテーパー 翼 で フルスパンの 前 縁 スラットとシングルファウラーフラップを 装 備 する 主 翼 面 積 はおよそ 170 平 方 メートルで P3Cと 同 程 度 の 翼 面 荷 重 値 を 得 ている 一 方 で 広 い 翼 面 積 は 抗 力 の 増 大 を 招 くが P1は 胴 体 幅 をP3C 並 みに 絞 り 込 むことでトータルの 抗 力 増 大 を 抑 制 している なお 主 翼 構 造 の 外 側 1/3 程 度 がC-2と 共 用 部 品 になっており 翼 端 のESMセンサや 航 法 灯 など も 共 通 化 される 機 首 下 部 にはSH-60K 哨 戒 ヘリコプターと 同 様 に 赤 外 線 探 査 装 置 (FLIR)ターレッ トを 持 つが 普 段 は 機 首 内 に 格 納 されており 使 用 時 に 機 外 へ 出 す ソノブイ 発 射 口 は 機 体 下 面 主 脚 の 後 部 にあり 海 面 に 投 下 した 複 数 のソノブイの 音 響 や 高 性 能 レーダーなどからの 情 報 を 一 元 処 理 し 潜 水 艦 や 不 審 船 を 探 知 する 戦 闘 指 揮 システムに 人 工 知 能 を 搭 載 する また 胴 体 下 面 には 敵 味 方 識 別 装 置 (IFF)アンテナをはじめ 通 信 航 法 ソノブイ 電 波 受 信 用 のアンテナが 設 置 されてい る 武 装 は P-3C 同 様 に 機 首 の 下 部 に 格 納 庫 (いわゆる 爆 弾 倉 )を 持 ち 対 潜 爆 弾 ( 航 空 爆 雷 ) 魚 雷 を 投 下 できる 主 翼 の 下 にはいくつかのハードポイントが 設 置 されており 最 大 8 発 の 対 艦 ミサイル などを 装 備 できる また 機 首 前 方 及 び 側 面 にはHPS-106レーダーシステムの 空 中 線 部 が 配 置 されて おり 後 部 のものと 合 せて4 枚 の 固 定 式 空 中 線 により 全 周 視 程 を 有 している 操 縦 系 統 はセンサー 類 や 精 密 電 子 機 器 との 干 渉 を 避 ける 為 に 光 ファイバーを 使 用 したフライ バイ ライト(FBL) 方 式 で 海 自 において 装 備 評 価 試 験 機 UP-3Cで 実 験 を 繰 り 返 したものである FBLの 採 用 は 実 用 機 としては 世 界 初 の 試 みであり 配 線 の 軽 量 化 消 費 電 力 の 低 減 もはかられる 飛 行 性 能 はP-3Cから 大 きく 向 上 して 巡 航 速 度 が 速 くなることによる 作 戦 空 域 到 達 時 間 の 短 縮 単 位 時 間 当 たりの 哨 戒 面 積 の 向 上 が 見 込 まれ 防 衛 省 は 機 体 数 が 削 減 されても 哨 戒 能 力 は 落 ちないとみている 防 衛 省 装 備 施 設 本 部 はP-1のライフサイクルコストを 2 兆 2,850 億 円 と 見 積 もっている 見 積 もり 条 件 は 調 達 機 数 を 約 70 機 運 用 期 間 を 約 20 年 と 仮 定 しており 1 機 当 りでは 約 326 億 円 となる 機 体 概 要 全 長 :38.0m 全 幅 :35.4m 全 高 :12.1m エンジン:F 離 陸 重 量 :79.7t 離 陸 定 格 推 力 :6,100kg 4 巡 航 速 度 :830km/h 戦 闘 航 続 距 離 : 約 8,000km -11-

12 出 典 Jane'sAltheWorld'sAircraft ウイッキペデイア 川 崎 重 工 広 報 等 準 国 産 機 ボーイング 787 ドリームライナー 14 まとめ 平 尾 日 本 と 縁 が 深 く 準 国 産 機 とも 呼 ばれる 次 世 代 中 型 旅 客 機 ボーイング787 型 機 が2011 年 夏 世 界 に 先 駆 けて 日 本 でデビューする 機 体 部 品 の35% 以 上 を 日 本 メーカー 勢 が 手 掛 け 全 日 空 (AN A)が1 号 機 引 き 渡 しを 受 けるローンチカスタマーとして 協 力 している 炭 素 繊 維 複 合 材 の 多 用 で 燃 費 を 従 来 の 中 型 機 に 比 べ20% 削 減 でき 省 エネ 時 代 にもぴったり 乗 り 心 地 もぐっと 良 くなった 全 日 空 (ANA)は22 日 ボーイング 社 の 新 型 ジェット 旅 客 機 787(B787)を 世 界 で 初 めて 導 入 す ることを 記 念 して 初 号 と 第 2 号 は 特 別 塗 装 機 とすることを 発 表 した 特 別 塗 装 のデザインは 胴 体 の 前 方 に 大 きく787と 記 し 後 方 には 藍 色 の 地 に 同 社 のブランドコンセプトを 表 現 する 白 の3 本 の 線 を 交 差 させている * B787 実 は メイド イン ジャパン の 旅 客 機 当 然 シアトルのボーイング 社 工 場 で 生 産 された 訳 だから メイド イン USA なのだが 実 は 機 体 の5 割 がカーボン 繊 維 を 使 った 素 材 その100%が 日 本 で 生 産 されている これにより 従 来 の 同 形 機 に 比 べ 重 量 が30% 軽 くなり その 分 燃 費 も 向 上 した 操 縦 室 の 制 御 システムの 半 分 以 上 は 日 本 製 更 には 機 体 の 内 装 も 殆 どが 日 本 製 素 材 と 正 に メイド イン ジャパン の 旅 客 機 であると 言 える 国 産 初 のジェット 旅 客 機 は 現 在 三 菱 航 空 機 が 生 産 する MRJ と 言 われるが 実 質 は787が 戦 後 日 本 初 のジェット 旅 客 機 だとも 言 え るのだ 日 本 のハイテクなし にこの 旅 客 機 は 誕 生 しなか ったはずだ 軽 くなり 燃 料 を 食 わない ので 航 続 距 離 も 伸 び 約 2 倍 の 燃 料 タンクを 備 えたジ ャンボ 機 (400 席 以 上 )とほ ぼ 同 等 の 約 キロを 飛 ぶことが 出 来 る このた め 従 来 の 主 力 中 型 機 届 か なかったニューヨーク ロン ドンなど 欧 米 路 線 にノンストップ 就 航 が 可 能 になる 主 翼 は 三 菱 重 工 胴 体 前 方 は 川 崎 重 工 が 製 造 するなど 機 内 設 備 ではトイレに TOTO のウォッシュレットが 採 用 され 全 クラスに 設 置 される 機 体 の 窓 は 外 がよく 見 えるように767より3 割 ほど 大 きく 設 計 された スライド 式 日 除 けのかわりに ボタン1つで 色 の 変 えられる 電 子 カーテン も 採 用 されている 今 年 5 月 末 までの 注 文 数 は835 機 に 上 がっている 旅 客 機 としては 空 前 のベストセラー となる 見 通 しで 日 本 の 技 術 を 満 載 した 機 体 が 世 界 の 空 を 席 巻 する 日 は 近 い ( 以 上 読 売 新 聞 より) 787ファミリーは 3 機 種 から 成 り 基 本 型 の 型 機 は 座 席 数 210~ 250 席 航 続 距 離 は 7,65 0~ 8,200 海 里 (14,200~ 15,200km) ストレッチ 型 の 型 機 は それぞれ 250~ 290 席 8,0 00~ 8,500 海 里 (14,800~ 15,750km)の 性 能 を 有 します 3 機 種 目 となる787-3 型 機 は 座 席 数 29 0~ 330 席 最 大 航 続 距 離 は 2,500~ 3,050 海 里 (4,600~ 5,650km)となる 予 定 です 787-8:1 億 8,520 万 USドル(2010 年 ) 787-9:2 億 1,810 万 USドル(2010 年 ) ウイッキペディア ANA 毎 日 時 時 トセットコム ボーイングのボームページより -12-

13 次 期 国 産 戦 闘 機 心 神 防 衛 省 技 術 研 究 本 部 から 転 載 他 15 平 尾 日 本 の 空 を 守 るための 国 産 ステルス 戦 闘 機 の 実 証 機 心 神 の 開 発 がいよいよ 本 格 化 へ 研 究 開 発 を 進 めた 上 で2011 年 度 中 に 実 証 機 が 初 飛 行 する 予 定 主 力 戦 闘 機 として 導 入 されるかどうかは 未 定 ですし 本 機 で 開 発 が 進 めばアメリカからの 圧 力 ( 横 やり)が 増 してくることや ヨーロッパとの 共 同 開 発 になる 可 能 性 も 充 分 にある 機 体 の 主 契 約 企 業 三 菱 重 工 業 エンジンの 主 契 約 企 業 IH I (XF5-1)は 共 に 日 本 を 代 表 する 企 業 であり 日 本 の 軍 事 産 業 総 力 戦 である 心 神 は 国 産 の 機 体 に 国 産 のエンジンを 搭 載 した 純 国 産 ステルス 戦 闘 機 機 体 を 完 成 させて 実 証 機 の 飛 行 テストをし その 後 武 器 を 搭 載 して 戦 闘 機 としての 飛 行 テストをする 今 の 所 は2017 年 か ら18 年 頃 の 実 用 化 を 目 指 す 方 針 で 現 在 の 仕 様 はあくまでもテスト 機 であり 経 費 節 減 のために 機 体 は 小 型 で ですでに1/5モデル 機 の 飛 行 が 完 了 している 心 神 に 搭 載 する 電 子 機 器 で 特 徴 的 ものとしては 機 体 に 張 り 付 ける 薄 いレーダーであ るスマートスキンセンサが 採 用 されたことである これは19 98 年 ( 平 成 10 年 ) 度 から200 3 年 ( 平 成 15 年 ) 度 まで 行 わ れた コンフォーマル レーダ システムの 研 究 の 成 果 を 基 に 開 発 されており 2006 年 ( 平 成 18 年 ) 度 から 軽 量 高 強 度 な 新 複 合 材 の 胴 体 構 造 への 適 用 に 関 する 将 来 小 型 航 空 機 への 適 用 技 術 に 関 す る 研 究 (スマートスキン 機 体 構 造 の 研 究 試 作 ) が 開 始 された 2010 年 ( 平 成 22 年 ) 度 にかけて 試 作 2011 年 ( 平 成 23 年 ) 度 の 完 了 を 予 定 している * 現 在 心 神 の 位 置 づけはテスト 機 であるが F22が 入 手 不 可 能 F35の 配 備 も 大 幅 に 遅 れそう で それを 勘 案 すれば 心 神 とその 後 の 実 用 機 の 開 発 に10 年 を 要 したとしても 実 機 の 調 達 可 能 時 期 は 制 空 型 JSFと 然 程 変 わらなくなる 可 能 性 があります 勿 論 制 空 戦 闘 機 の 開 発 経 験 の 深 い 米 国 が 開 発 した 機 体 と 比 べ 日 本 が 開 発 する 制 空 戦 闘 機 性 能 は 劣 るとしても アビオニクス 電 子 兵 装 で 若 干 上 まわる(F2と 同 様 に) 可 能 性 があります 日 本 での 開 発 が 制 空 任 務 に 特 化 したもので ユー ザーも 航 空 自 衛 隊 のみと 技 術 開 発 以 外 の 要 素 は 比 較 的 単 純 なプロジェクトになる 事 また 過 去 の 国 内 開 発 では 予 算 開 発 期 間 でも 米 国 型 開 発 の 様 に 膨 らむ 事 もなく 概 ね 予 定 範 囲 内 で 収 まっている 事 を 勘 案 すれば 費 用 対 効 果 等 受 け 入 れ 十 分 実 用 になる 可 能 性 が 高 いのです 全 長 :14.174m 全 幅 :9.099m 全 高 :4.514m 離 陸 重 量 :8t エンジン:IHIXF5-1(アフターバ ーナー 推 力 約 5t) 2 注 : 後 半 の 部 分 はhtp://ysaki777.iza.ne.jp/blog/より 転 載 ヘリコプター 空 母 ひゅうが 型 護 衛 艦 16 まとめ 平 尾 突 然 毛 色 の 異 なる 記 事 ですがご 勘 弁 を これを 載 せた 理 由 は 中 国 空 母 騒 動 が 原 因 です この 空 母 は 中 国 がデタラメを 言 ってロシアから 第 三 国 経 由 で 娯 楽 施 設 に 使 うと 言 って 輸 入 し 空 母 として 仕 立 て 直 したもので 現 在 は 艦 載 機 がないが5 年 後 は? で 日 本 はどうするの? と 言 うことで 調 べて 見 ると 日 本 にも 素 性 の 怪 しい 護 衛 艦 が 存 在 するので それの 紹 介 である 1. 概 要 ひゅうが 型 護 衛 艦 は 多 数 の 哨 戒 ヘリコプターを 同 時 に 運 用 できる 広 大 な 全 通 甲 板 が 特 -13-

14 ひゅうが 型 護 衛 艦 ひゅうがの 巨 大 な 滑 走 路? 巨 大 な 昇 降 機 と 格 納 庫 -14- 徴 である ヘリコプターの 運 用 能 力 に 加 えて 対 潜 対 空 ミサ イルを 発 射 できる 垂 直 発 射 シ ステムと ATECS( 新 戦 闘 指 揮 システム)や 強 化 型 MOFシス テム 等 の 新 開 発 のC4Iシステ ムを 採 用 したことにより 強 力 な 対 潜 対 空 戦 闘 能 力 と 艦 隊 の 旗 艦 として 使 用 できる 高 度 な 指 揮 統 制 能 力 を 兼 ね 備 えて いる またその 巨 大 な 船 体 に よる 強 力 な 輸 送 能 力 とヘリコプ ターを 生 かして 今 回 も 災 害 派 遣 などの 人 道 支 援 任 務 にも 活 躍 した 本 型 は 従 来 の 軽 空 母 や 強 襲 揚 陸 艦 の 一 部 をも 上 回 るほど 巨 大 な 船 体 を 持 つこ とから 事 実 上 のヘリ 空 母 として 言 及 される ことが 多 いが 海 上 自 衛 隊 は 本 型 を ヘリコ プター 搭 載 護 衛 艦 (DDH) に 種 別 し 巨 大 な 船 体 を 生 かしたソナー 等 を 艦 首 に 備 え て 対 潜 戦 に 特 化 している また ハリアー のようなSTOVL 型 の 戦 闘 機 を 運 用 する 軽 空 母 と 比 較 されるが 防 衛 省 は 本 型 での 固 定 翼 機 の 運 用 についてはいかなる 発 表 もし ていない 2. 船 体 基 準 排 水 量 は 歴 代 自 衛 艦 で 最 大 の 13, 950トンとなった 満 載 排 水 量 は 推 定 で 19, 000トンとされ イタリア 海 軍 の ジュゼッペ ガリバルディ やスペイン 海 軍 の プリンシ ペ デ アストゥリアス タイ 王 国 海 軍 の チャ クリ ナルエベト などの 軽 空 母 と 同 等 か 上 回 っている 船 型 装 備 も 従 来 の 駆 逐 艦 護 衛 艦 と 異 なるが 海 上 自 衛 隊 では ヘリコプター (H)による 潜 水 艦 駆 逐 (DD)を 任 務 とするた め ヘリコプター 搭 載 護 衛 艦 (DDH)と 分 類 し ている Mk41VLSから 発 射 する 艦 対 空 ミサイ ルを 主 な 装 備 として 速 射 砲 は 持 たず 単 艦 で の 戦 闘 は 考 慮 されていない しかし MH-53E の 全 備 重 量 は 33.3トンにおよび ハリアー I などの 戦 闘 機 を 凌 駕 するものとなっている 艦 橋 構 造 物 は 右 舷 に 寄 せられ 艦 首 から 艦 尾 ま で 全 通 した 上 甲 板 ( 全 通 甲 板 )は 飛 行 甲 板 を 兼 ね ヘリコプター3 機 の 同 時 発 着 艦 を 可 能

15 としている 現 在 同 型 艦 は ひゅうが と いせ の2 艦 があり 2010 年 予 算 が 認 められたので いずれ は3 艦 になる * みなさん この 護 衛 艦 をどう 思 われます? 少 しいじってハリアーやオスプレイを 載 せると 小 型 空 母 として 使 用 可 能 ですし これが 日 本 にとって 良 いことなのか 悪 いことなのか 下 手 なことを 言 うとマ ークされそうで 心 配 です しかし 国 土 を 護 るのは 政 府 国 民 の 勤 めですので ひゅうが 基 準 排 水 量 13,950トン 満 載 排 水 量 19,000トン( 推 定 ) 全 長 197m 全 幅 33m ガスタービン 4 基 (100,000PS) 2 軸 推 進 最 大 速 30ノット 乗 員 約 340~ 360 名 主 な 兵 装 高 性 能 20mm 機 関 砲 2 基 12.7mm 機 銃 M27 基 Mk41VLS:16セル(ESSM VLA) 1 基 短 魚 雷 3 連 装 発 射 管 2 基 ヘリ 搭 載 容 量 11 機 ヘリ 搭 載 定 数 哨 戒 ヘリコプター 3 機 参 考 までに 本 艦 と 比 較 される 空 母 を 列 記 した 1 中 国 の 空 母 満 載 排 水 量 58,900t 全 長 305.0m 全 幅 35.5m 蒸 気 タービン 4 基 (8 万 馬 力 ) 速 力 29kts 航 続 距 離 19,500km/10kts 乗 1,690 名 中 国 ではやはり 日 本 の 海 軍 力 の 動 向 は 気 になるようだ 中 国 人 を 憤 らせるのは 日 本 の 防 衛 省 が 中 国 の 海 上 での 頻 繁 な 活 動 を 建 艦 の 理 由 に 挙 げていることだ これはインドが 中 国 の 脅 威 を 口 実 に 核 実 験 を 実 施 したのとほぼ 同 じだ とし 歴 史 を 見 ても 日 本 は 安 全 に 非 ず を 口 実 に 西 太 平 洋 で 最 大 の 艦 隊 を 作 っていた と 指 摘 する そして 準 空 母 計 画 は 日 本 が 追 及 する 大 海 軍 の 夢 の 縮 図 に 過 ぎない 日 本 は 世 界 でも 早 い 時 期 に 空 母 の 研 究 開 発 に 取 り 組 んだ 国 の 一 つで 1922 年 から 建 造 を 開 始 し 第 二 次 大 戦 終 結 まで25 隻 を 造 った これはいかなる 東 アジアの 国 もはるかに 超 えるこ とのできない 記 録 だ と 人 民 日 報 系 の 国 際 問 題 専 門 紙 環 球 時 報 2 イタリーのジュゼッペ ガリバルディ 軽 空 母 排 水 量 :10,000t 満 載 :13,850t 全 長 180.2m 全 幅 33.4m( 飛 行 甲 板 全 幅 :30m) 2 軸 推 進 ガスタービンエンジン 4 基 速 力 30kt 航 続 距 離 20kt/7,000nmi 乗 員 550 人 搭 載 機 ハリアー I 16 機 またはSH-3 D 18 機 搭 載 数 : 格 納 庫 12 機 露 天 係 止 12 機 3 プリンシペ デ アストゥリアスはスペインの 航 空 母 艦 ( 軽 空 母 ) スキージャンプ 甲 板 を 有 する 排 水 量 建 造 排 水 量 :13,400t 基 準 排 水 量 :15,912t 満 載 排 水 量 :17,190t 全 長 195.9m 飛 行 甲 板 175.3m 全 幅 32m 1 軸 推 進 GELM2500ガスタービン2 基 速 力 27ノット 航 続 距 離 6,500 海 里 /20ノット 乗 員 605 名 司 令 部 60 名 航 空 要 員 145 名 搭 載 機 ハリアー Iプラス 12 機 SH-3 AB 機 4 チャクリ ナルエベトはタイ 王 国 海 軍 の 航 空 母 艦 ( 軽 空 母 ) タイ 海 軍 初 の 航 空 母 艦 であり STO VL 空 母 である 公 式 艦 種 は 外 洋 哨 戒 ヘリコプター 母 艦 排 水 量 基 準 :10,000t 満 載 :11,485t 全 長 182.6m 全 幅 22.5m 2 軸 推 進 速 力 26ノット 乗 員 455 名 + 航 空 要 員 146 名 搭 載 機 AV-8Sマタドール 6 機 5 ヴィクラマーディティヤは インド 海 軍 の 航 空 母 艦 ロシア 海 軍 の 重 航 空 巡 洋 艦 アドミラル ゴル シコフを 取 得 し 改 装 した 艦 である 満 載 45,000トン 全 長 273.1m 全 幅 53.0m 蒸 気 タービン(180,000hp)4 基 4 軸 速 力 最 大 32ノット 航 続 距 離 18ノット 航 続 距 離 7,000 海 里 乗 員 1612 名 搭 載 機 MiG-29K 16 機 Ka-31 6 機 アジアの 他 の 国 は 空 母 を 所 有 していない 編 集 雑 記 17 平 尾 * 世 界 女 子 サッカー 大 会 でなでしこジャパンが 優 勝 した 凄 すぎる 決 勝 でアメリカに2 回 も 先 制 さ れながら その 度 に 追 いついて 同 点 決 勝 となりPK 戦 で 快 勝 チビな 日 本 の 女 の 子 が 走 り 回 って 見 事 な 優 勝 である テレビで 何 度 見 ても 飽 きない 画 面 である 日 本 女 子 サッカーの 世 界 ランクは4 位 なの でこれは 決 して 奇 跡 などではなく いずれ 到 達 する 結 果 であった しかし 見 事 ミゴトである ニュースで 言 っていたが 主 将 の 沢 の 年 収 ですらわずか360 万 円 だという だから 選 手 のほとんどは アルバイトをして 生 活 費 を 稼 いでの 選 手 生 活 だという しかも たとえ 優 勝 たらもらえる 報 奨 金 は 男 -15-

16 子 の1/10 分 ので 選 手 全 体 で300 万 円 が 相 場 だとは なんという 日 本 の 非 常 識 原 発 先 進 国 日 本 が 言 ってあきれる 何 とかせーヨ 女 子 サッカーは 世 界 全 体 で 見 るとチームが 存 在 するのは 先 進 国 の 一 部 みで 後 進 国 ではほとんどの 女 子 スポーツは 存 在 しないのである 社 会 の 偏 見 というか 女 性 の 地 位 は 人 類 の 次 とか 人 間 の 次 に 利 口 なのは 女 等 々と 言 われるのは 当 然 なのである しかし 現 実 の 我 が 家 では 亭 主 の 地 位 は 人 類 の 次 だが * 千 葉 からでは 交 通 費 がかかるので7 8 年 ぶりに 新 宿 東 急 ハンズに 行 ってきた 結 論 から 言 うと あこがれの 東 急 ハンズも 様 変 わりでガックリだった まず 模 型 飛 行 機 が 置 いていない 道 具 材 料 自 転 車 鞄 の 高 級 品 が 壊 滅 した 珍 しい 小 物 電 気 部 品 や 不 思 議 なキットもなくなった 全 体 に 平 凡 な 物 のばかりで 東 急 ハンズ 独 特 の 品 揃 えは 影 も 形 もない バルサも 調 べたが 置 いてある 種 類 と 数 が 少 ない また 昔 良 く 買 いに 行 ったカーボンパイプは7φが2100 円 5φ1750 円 もする こんなに 高 く ては 年 金 生 活 者 には 買 えない これで 又 東 京 の 魅 力 が1つ 減 った * 今 回 はプリンターの 話 です 6 月 号 の 印 刷 には 往 生 しました Tさんの 原 稿 は 写 真 が 大 部 分 ま やってみようと 印 刷 にかかると1 頁 5 分 もかかる 10 年 前 のプリンターなので 遅 いのは 覚 悟 の 上 なの ですが これだけ 印 刷 時 間 が 長 いと 様 々なトラブルが 発 生 します このままでは80 部 で7 時 間 かかり ます しかも 印 刷 中 にメカトラやインク 切 れが 発 生 するので 目 が 離 せません これはカナワンと 夜 間 印 刷 にしたのですが メカトラが 気 になってチェックが 必 要 で 眠 れません 結 局 1500 枚 印 刷 するのに3 日 かかりバテた 次 号 から1 頁 あたりの 写 真 部 分 は50% 以 下 にしたい 又 トラブルが 発 生 すると 予 備 の 器 械 と 交 換 です しかし 器 械 によってどうしても 色 の 調 子 変 わり それを 調 整 すると 時 間 がかか るのでいじらず 印 刷 しました * さて 印 刷 が 終 わってから さらなるトラブルに 備 えて 壊 れたプリンターをバラし 部 品 取 りにかかり ました 器 械 はキャノン ピクサス550iです 今 の 印 刷 機 械 は 経 費 節 減 のために ボディーはビスナ シでプラスティックの 嵌 め 込 みです そこでケースの 切 れ 目 をチェックしながら 長 時 間 かけてカバーを バラした 次 は 内 部 メカの 分 解 ですが すでにブロック 交 換 方 式 なので 部 品 がバラバラにはなりませ ん やっとの 事 で 印 刷 ヘッドを 取 り 出 したが 何 故 かケーブルや 駆 動 ベルトが 付 いたままです そこで インターネットでチェック しかしメーカーはこの 手 の 解 説 は 皆 無 ですから 気 長 にマニアの 投 稿 をチ ェックしると やはり 出 来 る 人 がいるんですね 丁 寧 な 説 明 文 とカラー 写 真 入 りでパーツ 補 修 の 方 法 が 載 ってました それを 見 るといとも 簡 単 に 印 刷 ヘッドを 外 しています そこで 器 械 をよく 見 直 すと た しかに 簡 単 に 印 刷 ヘッドが 外 れます 次 は 古 いインクが 詰 まっているのでバラした 印 刷 ヘッドをエタノ ールで 洗 います しかし スンナリとはインクの 通 りが 良 くならないので1 晩 エタノールに 浸 けました その 結 果 2ヶのヘッドは 色 調 は 完 全 ではありませんがそこそこの 色 なのでひとまずOKとした 次 に 気 づいたのは プリンタートラブルのほとんどは 印 刷 ヘッドなので ここさえ 交 換 すれば 印 刷 はOKな のです 最 も 古 い 器 械 (BJS600)のヘッドはエタノール 漬 け4 晩 目 でも 通 りが 悪 いがもう 少 し 頑 張 り ます 100 円 インクを 使 うには この 様 な 苦 労 があることをご 承 知 おきください * 暑 い 中 やっとの 事 で 今 回 の 会 報 の 印 刷 にかかりました ここでトラブルです カラー 印 刷 が 途 中 からおかしくなるのです プリンターを 取 り 替 えても 同 様 のエラーが 発 生 します そこでパソコンの 印 刷 関 係 ソフトを 削 除 して 入 れ 替 えてみました これで 多 少 は 良 くなったものの20 枚 ぐらい 印 刷 する とる 色 がおかしくなります 結 局 諦 めてモノクロ 印 刷 に 変 更 しました ご 勘 弁 ください しかし モノクロ 印 刷 でも 枚 数 が 多 くなると 印 刷 が 変 になります 困 ったものですが 原 因 が 不 明 な のでこの 号 はこのまま 進 めて 次 号 からは 印 刷 専 用 機 を 購 入 するなり 対 策 を 考 えます その 場 合 の 問 題 はインク 代 の 高 騰 です 100 円 インクを 使 える 機 種 があるのかどうか これからインターネット 等 を 駆 使 して 調 べます それでも 上 手 く 行 かない 場 合 は 諦 めてモノクロ 印 刷 にするしかありません -16-

冊子19 表紙

冊子19 表紙 三 菱 重 工 を 分 析 す る 19 三 菱 重 工 の 戦 闘 機 生 産 目 次 1 戦 闘 機 生 産 の 再 開 2 三 菱 重 工 が 生 産 している 戦 闘 機 3 三 菱 重 工 における 戦 闘 機 生 産 の 事 業 戦 略 4 自 衛 隊 の 軍 用 機 の 生 産 と 輸 入 1 2 5 7 2015 年 6 月 この 冊 子 は 三 菱 重 工 を 分 析 する のブログから

More information

艦これ世界にやってきた ID:90520

艦これ世界にやってきた ID:90520 零 注 意 項 P D F フ ァ ハ 掲 品 自 動 的 P D F 化 小 説 ハ 運 営 断 P D F フ ァ 及 び 品 引 範 囲 超 形 改 変 再 配 布 販 売 禁 怪 エ 手 引 般 話 不 定 期 更 新 ネ タ 浮 投 稿 次 第 話 第 話 8 第 話 ω ` ) へ テ キ ビ ス 飲 落 着 欲 済 仏 顔 謝 許 私 怪 エ 君 葉 表 み 感 殺 伐 気 持 忘 欲

More information

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 ) I 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 )について 平 成 12 年 12 月 15 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 12 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 13 年 度 から 平 成 17 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

<5461726F2D303392868AFA9668897197CD90AE94F58C7689E62E6A7464>

<5461726F2D303392868AFA9668897197CD90AE94F58C7689E62E6A7464> 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 3 年 度 ~ 平 成 7 年 度 )について 平 成 2 年 12 月 20 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 3 年 度 から 平 成 7 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 3 年 度 以 降 の 防 衛 計 画 の 基 本 的 考 え 方 について ( 平 成 2 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031333131313193C195F181458A438FE38EA9897191E082CC8B7E93EF94F28D7392F855532D322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031333131313193C195F181458A438FE38EA9897191E082CC8B7E93EF94F28D7392F855532D322E646F63> 海 上 自 衛 隊 の 救 難 飛 行 艇 US-2 ~ 引 き 継 がれてきた 技 術 と 将 来 展 望 ~ 取 材 執 筆 : 秋 元 一 峰 海 洋 政 策 研 究 財 団 海 洋 グループ 主 任 研 究 員 髙 田 祐 子 海 洋 政 策 研 究 財 団 海 技 グループ 海 事 チーム 員 2013 年 6 月 21 日 に 太 平 洋 上 で 遭 難 したヨット エオラス 号 に 乗

More information

untitled

untitled 防 衛 省 自 衛 隊 : 防 衛 省 開 発 航 空 機 の 民 間 転 用 に 関 する 検 討 会 開 催 要 綱 http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/meeting/kaihatsukokuki/kaisai/kaisai.html 1/1 ページ PDFページ 1/7 2010/04/25 文 字 サイズ よくある 質 問 サイトマップ 検 索 詳

More information

 パラオ基地物語 ID:45749

 パラオ基地物語 ID:45749 注 意 事 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ト ラ オ 物 語 作 者 名 香 夢 学 生 青 年 軍 少 佐! ラ オ 運 営 娘 常 楽 島 人 々 生 活 助 物 語 学 生 自 分 自 分 司 令

More information

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応 抜 粋 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について

More information

空母いぶき、抜錨 ID:78106

空母いぶき、抜錨 ID:78106 抜 錨 響 鳴 響 鬼 注 意 項 P F フ ァ ハ メ 掲 中 品 動 的 P F 化 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P F フ ァ 及 び 品 引 範 囲 超 形 転 改 変 再 配 布 販 売 禁 平 和 訪 始 暗 雲 立 込 突 如 絡 不 能 率 向 待 受 予 想 不 能 物 全 道 誕 生 名 武 力 使 平 和 的 解 決? 敵 棲?? 起 未 待 受? 抜 錨 次 抜 錨

More information

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして 第 9 章 日 本 の 海 洋 安 全 保 障 政 策 カントリー プロファイル 小 谷 哲 男 1. 海 洋 法 の 解 釈 (1) 領 海 における 無 害 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 1996 年 に 国 連 海 洋 法 条 約 を 批 准 した 後 同 条 約 による 海 域 の 区 分 に 応 じて 領 海 及 び 接 続 水 域 に 関 する 法 律 ( 領 海 法

More information

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 ta73 注 意 項 P D F メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 一 命 捨 生 変 不 死 身? 体 加 減 色 々 1 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 目 次 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 朝 起 夜 寝 成 数 年 後 晩

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

資料6:事前分析表

資料6:事前分析表 第 6 回 防 衛 省 政 策 評 価 に 関 する 有 識 者 会 議 資 料 (4.8.0) 資 料 6 目 標 管 理 型 の 政 策 評 価 ( 事 前 分 析 表 ) 平 成 4 年 事 前 分 析 表 (FU 変 更 試 作 案 ) 8 月 7 日 調 整 達 成 手 段 は4 年 レビュー 時 点 平 成 4 年 実 施 施 策 に 係 る 事 前 分 析 表 ( 防 衛 省 4( 施

More information

2 初 めて 統 合 任 務 部 隊 が 編 成 された 阪 神 淡 路 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 2005 年 3 月 に 統 合 幕 僚 監 部 が 新 編 され これを 契 機 に 自 衛 隊 の 運 用 は 統 合 運 用 を 基 本 とされてい たが 統 合 任 務 部 隊

2 初 めて 統 合 任 務 部 隊 が 編 成 された 阪 神 淡 路 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 2005 年 3 月 に 統 合 幕 僚 監 部 が 新 編 され これを 契 機 に 自 衛 隊 の 運 用 は 統 合 運 用 を 基 本 とされてい たが 統 合 任 務 部 隊 東 日 本 大 地 震 に 対 する 海 上 自 衛 隊 の 活 動 状 況 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 一 帯 を 震 源 地 とするマグニチュー ド 9.0 の 大 地 震 が 発 生 した 発 災 から 約 3 時 間 後 に 自 衛 隊 に 対 して 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 命 令 が 発 出 され 翌 々 日

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464>

< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464> 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 8 年 度 ~ 平 成 12 年 度 )について 平 成 7 年 12 月 14 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 7 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 8 年 度 から 平 成 12 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 8 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱

More information

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472 抜 錨! ロコモコ 注 意 項 P D F ル ハ メ ル 掲 載 作 品 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 2 年 月 4 日 オ ア 最 西 軍 基 地 サ ド 島 基 地 へ 上 陸 制 圧 作 支 援 参 加 級 番 数 回 渡 航 隊 攻 飽 和 攻 轟 間

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

佐賀空港への陸自ティルト・ローター機の配備について

佐賀空港への陸自ティルト・ローター機の配備について 平 成 26 年 9 月 防 衛 省 佐 賀 空 港 への 陸 自 ティルト ローター 機 の 配 備 について 佐 賀 空 港 への 配 備 について 今 後 のティルト ローター 機 の 運 用 に 際 して 同 機 の 配 備 先 につ いて 九 州 地 方 を 中 心 に 部 隊 運 用 の 実 効 性 強 化 日 米 協 力 の 強 化 配 備 のための 十 分 な 地 積 の 確 保 市

More information

Microsoft Word - 280720 ピンナップ(お知らせ)【エンバーゴ差替え】

Microsoft Word - 280720 ピンナップ(お知らせ)【エンバーゴ差替え】 (お 知 らせ) 28.8.31 防 衛 装 備 庁 取 得 戦 略 計 画 の 策 定 について 防 衛 装 備 庁 では 平 成 27 年 11 月 にプロジェクト 管 理 重 点 対 象 装 備 品 (プ ロジェクト マネージャー 及 び 統 合 プロジェクト チームを 置 いて 重 点 的 にプ ロジェクト 管 理 を 実 施 する 装 備 品 )として 選 定 した12 品 目 の 装 備

More information

防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を 推

防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を 推 平 成 28 年 度 防 衛 関 係 予 算 のポイント 平 成 27 年 12 月 堀 内 主 計 官 防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」 山 崎 志 郎 8 経 済 総 動 員 体 制 の 経 済 構 造 歴 史 学 研 究 会 日 本 史 研 究 会 編,2005 日 本 史 講 座 第 9 巻 近 代 の 転 換 報 告 者 : 松 岡 美 根 子 2006.04.29(SAT) 筆 者 : 山 崎 志 郎 ( 教 授 )1957 年 生 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 経 営 学 系 経 営 学 コース 社 会

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加)

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加) 防 衛 省 自 衛 隊 の 警 戒 監 視 態 勢 について 平 成 6 年 11 月 防 衛 省 警 戒 監 視 活 動 海 上 自 衛 隊 は P-3C 哨 戒 機 により 北 海 道 の 周 辺 海 域 日 本 海 並 びに 東 シナ 海 を 航 行 する 船 舶 などの 状 況 を それ ぞれの 海 域 において 監 視 している 航 空 自 衛 隊 においても レーダーサイトによる 常 時

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

Microsoft Word - 20130308071.docx

Microsoft Word - 20130308071.docx 平 成 25 年 度 防 衛 関 係 費 の 概 要 11 年 ぶりに 増 額 された 防 衛 予 算 くつぬぎ 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 沓 脱 かずひと いまい 和 人 今 井 かずまさ 和 昌 はじめに 平 成 25 年 1 月 29 日 平 成 25 年 度 予 算 政 府 案 が 閣 議 決 定 され 防 衛 関 係 費 として 対 前 年 度 比 0.8%(400 億 円

More information

3 基地の沿革

3 基地の沿革 基 地 の 沿 革 昭 1 20. 2 2 2 2 2 30. 3 3 3 3 3 3 3 40. 4 4 4 4 4 4 1 1 1 旧 陸 軍 飛 行 第 5 連 隊 ( 立 川 ) 附 属 多 摩 飛 行 場 として 設 置 当 時 の 滑 走 路 は 1,300m 米 軍 ( 第 一 騎 兵 師 団 一 個 中 隊 )が 進 駐 し 旧 陸 軍 の 施 設 を 接 収 第 3 爆 撃 飛 行

More information

図 表 1 防 関 係 費 予 算 のポイント( 概 要 ) 28 年 度 の 防 関 係 費 は 5 兆 541 億 円 (+1.5%) 中 期 防 対 象 経 費 は 4 兆 8,607 億 円 (+0.8%) 中 期 防 対 象 経 費 については 中 期 防 力 整 備 計 画 に 沿 って

図 表 1 防 関 係 費 予 算 のポイント( 概 要 ) 28 年 度 の 防 関 係 費 は 5 兆 541 億 円 (+1.5%) 中 期 防 対 象 経 費 は 4 兆 8,607 億 円 (+0.8%) 中 期 防 対 象 経 費 については 中 期 防 力 整 備 計 画 に 沿 って 平 成 28 年 度 防 関 係 費 について 主 計 局 主 計 官 堀 内 斉 1.はじめに 平 成 28 年 度 の 防 関 係 費 については 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 計 画 の 大 綱 について 及 び 中 期 防 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について ( 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会

More information

平成24年度 政策評価等の実施状況及びこれらの結果の政策への反映状況に関する報告 20_防衛省(個表)

平成24年度 政策評価等の実施状況及びこれらの結果の政策への反映状況に関する報告 20_防衛省(個表) 防 衛 省 表 20-4 防 衛 省 における 政 策 評 価 の 結 果 及 びこれらの 政 策 への 反 映 状 況 ( 個 表 ) 政 策 ごとの 評 価 結 果 については 総 務 省 ホームページ(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/seisaku_n/portal/index.htm l)を 参 照 されたい また 政 策 評 価 の 結

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082698268826882602E92868D9182CC8376838C835B8393835881698DC58F498CB48D65816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082698268826882602E92868D9182CC8376838C835B8393835881698DC58F498CB48D65816A2E646F63> 第 二 章 軍 事 科 学 技 術 中 国 は 装 備 の 近 代 化 を 急 いでいる ロシアからの 最 新 鋭 兵 器 を 次 々に 買 い 世 界 最 大 の 兵 器 輸 入 国 になった 中 国 は 軍 事 力 の 矛 先 について 台 湾 独 立 阻 止 と 海 洋 権 益 の 保 護 を 挙 げている だが ICBM や SLBM など 戦 略 兵 器 の 開 発 能 力 強 化 も 同

More information

大 臣 官 房 企 画 評 価 課 活 動 指 標 名 / 年 度 実 績 評 価 事 業 概 要 説 明 書 -2 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 1 活 動 実 績 (H20については 補 正 予 算 後 ベース) 単 位 当 りコスト (

大 臣 官 房 企 画 評 価 課 活 動 指 標 名 / 年 度 実 績 評 価 事 業 概 要 説 明 書 -2 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 1 活 動 実 績 (H20については 補 正 予 算 後 ベース) 単 位 当 りコスト ( 事 業 開 始 年 度 大 臣 官 房 企 画 評 価 課 事 業 概 要 説 明 書 -1 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 根 拠 法 改 革 会 議 報 告 書 (20.7.15) 1 実 施 方 法 ( 該 当 項 目 にチェッ ク)) 直 接 実 施 業 務 委 託 補 助 金 貸 付 その 他 上 記 実 施 方 法 が 業 務 委

More information

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに 尖 閣 問 題 で 武 力 紛 争 が 起 こったら 石 垣 島 はどうなるか 2015 年 9 月 14 日 FB に 投 稿 石 垣 市 新 川 在 住 笹 尾 哲 夫 最 近 自 衛 隊 は 尖 閣 紛 争 をどう 戦 うか ( 西 村 金 一 岩 切 成 夫 末 次 富 美 雄 共 著 祥 伝 社 新 書 2014 年 刊 )という 本 を 読 みました 西 村 さんは 元 防 衛 省 自

More information

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 YAMAGA 2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 志 望 験 難 突 破 ぱ 格 小 当 小 右 柔 部 所 属 怪 我 柔 練 習 休

More information

銀杏52.indd

銀杏52.indd 病 院 だより No.53 1 愛 知 県 厚 生 農 業 協 同 組 合 連 合 会 愛 知 県 稲 沢 市 祖 父 江 町 本 甲 拾 町 野 7 番 地 TEL(0587)97-2131 FAX(0587)97-3633 から 望 む 祖 父 江 町 伊 吹 山 2 病 院 だより No.53 動 脈 硬 化 の 早 期 診 断 と 評 価 について ~ 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 など 突

More information

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の

More information

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転 102 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 平 成 月 始 史 談 目 オ ラ ヒ リ 掲 載 六 月 号 九 治 氏 オ ラ ヒ リ 掲 載 界 彩 登 頂 正 敏 氏 氏 日 協 理 区 評 議 評 議 務 所 理 議 長 締 役 要 職 務 平 成 第 ベ 章 平 成 七 月 旭 日 双 光 章 章 界 表 重 鎮 論 点 伺 歩 み 界 歩 み 号 掲 載 明 治 創 創 七 老 舗 動

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63> 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 平 成 22 年 12 月 17 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める これに 伴 い 平 成 16 年 12 月 10 日 付 け 閣 議 決 定 平 成 17 年 度 以 降 に 係 る 防 衛

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20966889718FC88A4A94AD8D718BF38B4082CC96AF8AD4935D977082C98AD682B782E98C9F93A289EF82C682E882DC82C682DF816988C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20966889718FC88A4A94AD8D718BF38B4082CC96AF8AD4935D977082C98AD682B782E98C9F93A289EF82C682E882DC82C682DF816988C4816A2E646F63> 防 衛 省 開 発 航 空 機 の 民 間 転 用 に 関 する 検 討 会 取 りまとめ ( 案 ) 平 成 22 年 月 目 次 1. 防 衛 省 開 発 航 空 機 の 民 間 転 用 の 背 景 2 (1) 我 が 国 防 衛 生 産 技 術 基 盤 を 取 りまく 環 境 の 変 化 (2) 国 内 に 防 衛 生 産 技 術 基 盤 を 保 持 する 意 義 (3) 防 衛 省 開 発

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 予 算 事 業 名 担 当 部 局 庁 会 計 区 分 根 拠 法 令 ( 具 体 的 な 条 項 も 記 載 ) 事 業 の 目 的 ( 目 指 す 姿 を 簡 潔 に 3 行 程 度 以 内 ) 巡 視 船 艇 の 整 備 に 関 する 経 費 海 上 保 安 庁 は 海 難 救 助 犯 罪 の 予 防 及 び 鎮 圧 海 上 防 災 海 上 交 通 安 全 海 洋 汚 染 防 止 等 に 係

More information

分 及 びリース 車 両 を 除 く )672 台 を 対 象 とした なお 保 有 状 況 については 平 成 20 年 度 末 現 在 維 持 管 理 経 費 については 平 成 20 年 度 中 の 執 行 経 費 利 用 状 況 等 については 平 成 21 年 4 月 から9 月 末 まで

分 及 びリース 車 両 を 除 く )672 台 を 対 象 とした なお 保 有 状 況 については 平 成 20 年 度 末 現 在 維 持 管 理 経 費 については 平 成 20 年 度 中 の 執 行 経 費 利 用 状 況 等 については 平 成 21 年 4 月 から9 月 末 まで 静 岡 市 報 号 外 静 岡 市 葵 区 追 手 町 5 番 1 号 発 行 所 静 岡 市 役 所 編 集 兼 発 行 人 静 岡 市 長 発 行 日 毎 月 1 日 随 時 監 査 公 表 静 岡 市 監 査 公 表 第 13 号 地 方 自 治 法 第 199 条 第 2 項 の 規 定 による 監 査 を 行 った 結 果 は 次 のとおりである 同 条 第 9 項 の 規 定 により これを

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 24 年 度 防 衛 予 算 案 の 概 要 防 衛 省 注 1: 本 文 中 の 計 数 は 特 に 記 載 のある 場 合 を 除 き 装 備 品 等 の 製 造 等 に 要 する 初 度 費 を 除 く 経 費 を 表 示 している 2: 本 文 中 の 計 数 は 特 に 記 載 のある 場 合 を 除 き 契 約 ベースである 3: 本 文 中 の 青 字 は 新 規 事 業 を

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

冊子21 表紙

冊子21 表紙 三 菱 重 工 を 分 析 す る 21 三 菱 重 工 のミサイル 戦 車 目 次 1 三 菱 重 工 のミサイル 生 産 2 三 菱 重 工 の 戦 車 生 産 1 7 2015 年 7 月 この 冊 子 は 三 菱 重 工 を 分 析 する のブログから 関 係 する 部 分 を 取 り 出 し 再 編 集 して 作 成 しました 日 本 共 産 党 三 菱 重 工 広 製 支 部 の ホームページからダウンロードできますので

More information

(2) 厚 木 基 地 の 沿 革 基 地 の 歴 史 は 1938 年 ( 昭 和 13 年 )に 旧 日 本 海 軍 が 航 空 基 地 として 定 めたこ とから 始 まり 1941 年 ( 昭 和 16 年 )には 帝 都 防 衛 海 軍 基 地 として 使 用 が 開 始 さ れた その

(2) 厚 木 基 地 の 沿 革 基 地 の 歴 史 は 1938 年 ( 昭 和 13 年 )に 旧 日 本 海 軍 が 航 空 基 地 として 定 めたこ とから 始 まり 1941 年 ( 昭 和 16 年 )には 帝 都 防 衛 海 軍 基 地 として 使 用 が 開 始 さ れた その Ⅱ 厚 木 基 地 1. 厚 木 基 地 の 沿 革 と 概 要 (1) 人 口 密 集 地 に 所 在 する 厚 木 基 地 約 507 万 平 方 メートルの 広 大 な 敷 地 を 有 する 厚 木 基 地 は 大 和 市 の 南 西 部 に 位 置 し 本 市 及 び 綾 瀬 市 海 老 名 市 の 3 市 にまたがって 所 在 している 厚 木 基 地 の 滑 走 路 は 本 市 側 にあり

More information

Microsoft Word - H26年度年次報告書(公表版)_2015.04.17

Microsoft Word - H26年度年次報告書(公表版)_2015.04.17 平 成 26 年 度 ライフサイクルコスト 管 理 年 次 報 告 書 装 備 施 設 本 部 平 成 27 年 3 月 30 日 目 次 1 ライフサイクルコスト 管 理 の 目 的 1 2 経 緯 1 3 LCC 管 理 の 体 制 1 4 LCC 算 定 の 方 法 1 5 年 次 報 告 書 の 概 要 2 6 年 次 報 告 書 の 構 成 2 7 昨 年 度 年 次 報 告 書 からLCC

More information

県外行政視察報告(H16)

県外行政視察報告(H16) 基 地 対 策 特 別 委 員 会 行 政 視 察 報 告 平 成 25 年 11 月 29 日 狭 山 市 議 会 議 長 東 山 徹 様 基 地 対 策 特 別 委 員 会 委 員 長 栗 原 武 当 委 員 会 は 下 記 のとおり 北 海 道 千 歳 市 及 び 航 空 自 衛 隊 千 歳 基 地 陸 上 自 衛 隊 東 千 歳 駐 屯 地 の 視 察 をして 参 りましたので その 概 要

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼 辞 令 式 5 土 第 7 号 5 第 7 号 公 財 法 : 横 山 公 樹 坂 総 リ ニ 号 館 8 階 室 辞 令 式 執 88 名 レ ュ 迎 隆 島 由 衣 紹 公 財 隆 ざ 佳 迎 両 親 親 戚 慶 び ば ょ 機 頑 張 公 財 法 個 考 幹 範 囲 広 半 球 範 囲 幹 ひ ぶ パ 曲 伸 ば 他 右 左 捻 比 較 単 純 範 囲 肝 根 指 筋 群 小 弱 限 揃 統

More information

名称

名称 平 成 20 年 度 ライフサイクルコスト 管 理 年 次 報 告 書 装 備 施 設 本 部 平 成 20 年 8 月 27 日 目 次 次 期 固 定 翼 哨 戒 機 P-1 1 装 備 品 の 概 要 2 2 LCCグラフ( 累 積 ) 3 3 LCC 算 定 方 法 及 び 前 提 条 件 等 3 4 CBS 総 括 表 4 5 LCCに 影 響 を 与 えうる 要 因 5 戦 闘 機 F-2

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 北 神 塾 第 五 講 世 界 の 中 の 日 本 日 本 の 外 交 安 全 保 障 防 衛 方 針 2 平 成 26 年 9 月 12 日 北 神 圭 朗 1 中 国 の 軍 事 戦 略 1. 中 国 の 軍 事 費 はすでに 日 本 の 3 倍 を 超 えた しかも 単 純 に 経 済 成 長 に 合 わせて 軍 備 拡 張 が 行 われているのではなく 確 固 たる 長 期 戦 略 に 基

More information

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他 団 編 集 河 暁 -9 河 -5-5 T. -65-885 FAX. -65-894 http://www.nenkin.or.jp/ -mail: koho8@nenkin.or.jp 9--779 購 読,89 税 共 4 郵 物 可.. 5 January Vol.644 4 郵 物 可 毎 5 暮 挙 倍 閣 倍 持 可 喫 緊 党 税 継 倍 閣 憲 初 官 文 科 官 桝 屋 敬 悟

More information

..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 因 均 引 荷 デ 換 友 好 向 循 尽 態 系 災 布 具 数 値 掲 ヘ シ 背 景 帰 観 察 回 締 驚 拒 否 脳 談 マ 領 官 僚 座 司 仰 何 座 Mark Lynas, How do I kno w hi na wrecked t he

..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 因 均 引 荷 デ 換 友 好 向 循 尽 態 系 災 布 具 数 値 掲 ヘ シ 背 景 帰 観 察 回 締 驚 拒 否 脳 談 マ 領 官 僚 座 司 仰 何 座 Mark Lynas, How do I kno w hi na wrecked t he ..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 6 代 害 病 頻 石 油 危 舞 活 課 基 閣 域 属 品 残 留 土 壌 絶 模 倍 グ ロ 歴 史 程 複 雑 活 服 維 6 略 換 次 循 促 G D 単 省 酸 硫 黄 び 農 森 林 被 覆 概 次 小 康 ゆ 突 握 伊 藤 忠 評 論 石 田 暖 析 説 命 初 8 億 満 億 6 億 億 突 急 浪 ヘ シ 概 模 左 右 所 迫 広 卒

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 的 P D F 化 小 作 ハ メ 運 営 無 断 P D F ァ イ 及 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 再 配 布 販 売 禁 新 ガ 任 正 的... 週 ~ 回 更 新 文 章 量 私 友 ニ コ ニ コ 画 u p M M D 作 品 許 可 得 小 化 嬉 ( ネ タ バ 可 能 大 ) 次 7 世 門 立

More information

スライド 1

スライド 1 元 気 な 日 本 復 活 予 算 5つのポイント メリハリ/ 従 来 型 の 配 分 を 大 胆 に 組 み 替 えます 拡 充 社 会 保 障 5% 増 科 学 研 究 費 補 助 金 3 割 増 重 点 化 別 枠 で 成 長 と 雇 用 に 重 点 化 見 直 し 公 共 事 業 を 実 質 5% 削 減 税 制 措 置 法 人 減 税 ( 以 降 別 枠 関 連 予 算 は と 表 示 )

More information

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座 - 高 砂 -- 木 ビ TEL -- FAX -- 編 価 購 読 費 含 輝 築 誇 津 康 歳 J M I U ハ 先 奮 蓮 ハ 築 弱 顧 客 注 屋 台 風 呂 ユ 設 置 築 完 式 作 津 作 ユ 養 ォ 乗 作 ユ 養 積 身 宮 城 石 巻 元 石 巻 高 卒 ハ 就 至 石 巻 家 旧 北 岸 百 震 災 津 波 押 寄 験 築 * 紙 面 * 元 気 面 面 営 面 面 ぶ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63> 資 料 防 衛 省 改 革 会 議 ( 第 2 回 ) 説 明 資 料 平 成 19 年 12 月 防 衛 省 Ⅰ 給 油 量 取 り 違 え 事 案 ( 中 間 報 告 )の 概 要 Ⅱ 過 去 におけるその 他 の 事 案 1 陸 上 自 衛 隊 における 違 法 射 撃 事 案 2 海 上 自 衛 隊 におけるCIWSの 不 時 発 射 事 案 Ⅲ 文 民 統 制 の 徹 底 1 給 油 量

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

捨てられた提督 ID:84353

捨てられた提督 ID:84353 捨 水 野 クルル 注 意 事 項 P D F フ ァ ル ハ メ ル 掲 載 品 自 動 的 P D F 化 小 説 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ ル 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 変 再 配 布 販 売 禁 起 物 語 目 次 話 2 話 4 話 2 0 x x 年 人 類 制 権 奪 誰 奪 最 初 各 国 勇 敢 ち 向 効 段 々 削 突 如 現 脅

More information

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94 平 成 26 年 2 月 19 日 海 上 保 安 庁 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 取 締 りの 状 況 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 の 送 致 件 数 は, 対 前 年 比 247 件 (3.3%) 減 の 7,21 件 でした 各 種 法 令 別 の 送 致 件 数 については 前 年 と 比 べ 大 きな 状 況 変 化 はありませんが 近 年 増 加 傾 向 にある 漁

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 譜 写 真 振 返 五 十 周 ~ 都 常 住 口 突 破 受 信 契 約 突 破 義 務 書 無 償 化 シ 博 覧 幕 常 磐 河 駅 重 衝 突 故 歴 史 的 産 連 続 メ 鉄 腕 映 吉 典 ち ゃ ん 誘 拐 最 黒 四 ダ 完 セ 札 防 止 千 円 札 ケ ネ デ ィ 統 領 暗 殺 さ 潟 等 告 示 さ 所 在 潟 字 金 沢 字 械 務 所 等 置 く 五 章 柏 崎 伊 藤

More information

防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0%

防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0% 平 成 27 年 度 防 衛 関 係 予 算 のポイント 平 成 27 年 1 月 井 口 主 計 官 防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0%の

More information

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477>

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477> 基 地 対 策 関 係 施 策 の 充 実 強 化 に 関 する 要 望 我 々 基 地 を 抱 える 関 係 市 町 村 議 会 は 飛 行 場 にお ける 航 空 機 騒 音 や 墜 落 事 故 演 習 場 における 誤 射 山 火 事 在 日 米 軍 による 事 件 事 故 などが 発 生 して いる 状 況 において 基 地 に 対 する 周 辺 住 民 の 理 解 と 協 力 を 得 るため

More information

永田3.indd

永田3.indd 課 19 課 永 田 尚 西 学 社 会 安 学 准 教 授 じ 金 福 島 子 電 所 併 岩 手 宮 城 福 島 青 森 茨 城 栃 木 千 葉 京 区 適 受 言 特 津 波 受 岩 手 宮 城 例 外 元 々 他 他 野 ん 歴 史 代 前 登 録 模 然 下 各 編 駆 20 態 手 足 意 味 良 他 野 類 近 小 模 治 済 側 面 治 垂 直 同 じ レ ベ ル 性 則 考 注 目

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 新 レ フ ガ 鎮 府 着 任 正 体 一 体 目 的... 週 1 ~ 回 更 新 1 文 章 量 少 私 友 ニ コ ニ コ 動 画 u p M

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 ( 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 ( 第 5 回 ) 議 事 次 第 日 時 : 平 成 28 年 4 月 16 日 ( 土 )11:30~ 場 所 : 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 安 倍 内 閣 総 理 大 臣 挨 拶 2. 丸 川 大 臣 から 原 子 力 発 電 所 の 状 況 報 告

More information

81 第 5 号 2011 直 接 壁 具 垂 逃 板 ゲ ゲ ゲ 鬼 太 郎 ホ ダ T シ ャ ツ 鬼 太 郎 ズ 注 板 普 違 県 智 頭 町 産 智 頭 杉 使 専 用 ポ 七 ポ 消 印 違 消 印 可 愛 消 印 七 ポ 特 別 ポ 届 盆 盆 期 八 霊 在 呼 ぜ 忘 忘 頃 確

81 第 5 号 2011 直 接 壁 具 垂 逃 板 ゲ ゲ ゲ 鬼 太 郎 ホ ダ T シ ャ ツ 鬼 太 郎 ズ 注 板 普 違 県 智 頭 町 産 智 頭 杉 使 専 用 ポ 七 ポ 消 印 違 消 印 可 愛 消 印 七 ポ 特 別 ポ 届 盆 盆 期 八 霊 在 呼 ぜ 忘 忘 頃 確 玉 商 コ 金 全 払 戻 信 満 衣 香 ツ ツ 故 信 満 コ 境 港 産 工 賞 選 途 ふ ウ 下 鬼 太 郎 男 尋 県 住 正 直 県 観 光 ポ 詳 有 昨 秋 訪 辿 着 経 営 友 則 返 金 保 証 付 コ 昨 秋 最 訪 境 港 安 商 探 訪 6 81 第 5 号 2011 直 接 壁 具 垂 逃 板 ゲ ゲ ゲ 鬼 太 郎 ホ ダ T シ ャ ツ 鬼 太 郎 ズ 注 板 普

More information

出 力 6,620キロワット (2) 設 備 及 び 性 能 等 ア おおいた おおいたは, 平 成 15 年 9 月 に 進 水 した, 航 行 区 域 を 沿 海 区 域 とする 全 通 二 層 甲 板 型 でバウバ イザー 及 びバウスラスターを 有 する 鋼 製 旅 客 船 兼 自 動 車

出 力 6,620キロワット (2) 設 備 及 び 性 能 等 ア おおいた おおいたは, 平 成 15 年 9 月 に 進 水 した, 航 行 区 域 を 沿 海 区 域 とする 全 通 二 層 甲 板 型 でバウバ イザー 及 びバウスラスターを 有 する 鋼 製 旅 客 船 兼 自 動 車 平 成 20 年 門 審 第 9 号 旅 客 船 おおいた 防 波 堤 衝 突 事 件 言 渡 年 月 日 平 成 20 年 6 月 27 日 審 判 庁 門 司 地 方 海 難 審 判 庁 ( 井 上 卓, 伊 東 由 人, 蓮 池 力 ) 理 事 官 中 井 勤 受 審 人 A 職 名 おおいた 船 長 海 技 免 許 三 級 海 技 士 ( 航 海 ) 受 審 人 B 職 名 おおいた 機 関

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

untitled

untitled 高 収 益 企 業 を 実 現 する 体 質 改 善 と 構 造 改 革 2013 年 11 月 20 日 キヤノン 電 子 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 酒 巻 久 2013 年 11 月 20 日 高 収 益 企 業 を 実 現 する 体 質 改 善 と 構 造 改 革 1. はじめに 2. 低 成 長 下 での 発 展 を 目 指 して 3. 経 営 革 新 とリーダーシップ 4.

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

費 用 現 地 までの 交 通 費, 宿 泊 費 (2 泊 分 ), 現 地 での 船 賃 等 の 諸 費 用 など, 合 わせておよそ 45,000 程 度 の 予 定 ( 例 えば 京 阪 神 まで 夜 行 バスを 使 うなど 安 価 な 方 法 は 各 自 で 考 えてほしい) 説 明 会 2

費 用 現 地 までの 交 通 費, 宿 泊 費 (2 泊 分 ), 現 地 での 船 賃 等 の 諸 費 用 など, 合 わせておよそ 45,000 程 度 の 予 定 ( 例 えば 京 阪 神 まで 夜 行 バスを 使 うなど 安 価 な 方 法 は 各 自 で 考 えてほしい) 説 明 会 2 現 地 研 究 日 生 諸 島 報 告 以 下 に 現 地 研 究 日 生 諸 島 の 実 施 報 告 を 記 す 内 容 は 次 のとおりである 1) 参 加 者 募 集 の 掲 示 用 資 料 2) 参 加 者 のうちの 1 名 一 條 洸 太 君 の 事 後 提 出 レポートの 抜 粋 と そこに 担 当 者 中 俣 の 雑 感 などを 加 えたもの ( 雑 感 は 文 字 ポイントを 落 とし

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

てきた 問 題 点 を 今 一 度 検 討 する 必 要 があるものと 思 われる このような 問 題 意 識 の 下 本 論 は 以 下 のように 展 開 される 道 路 は 本 来 無 料 と 規 定 されているにもかかわらず 高 速 道 路 が 有 料 である 理 由 を 明 らかに するため

てきた 問 題 点 を 今 一 度 検 討 する 必 要 があるものと 思 われる このような 問 題 意 識 の 下 本 論 は 以 下 のように 展 開 される 道 路 は 本 来 無 料 と 規 定 されているにもかかわらず 高 速 道 路 が 有 料 である 理 由 を 明 らかに するため 高 速 道 路 制 度 の 再 検 討 髙 橋 達 目 次 1.はじめに 2. 有 料 道 路 制 公 団 方 式 による 高 速 道 路 整 備 の 背 景 3. 償 還 主 義 4. 料 金 プール 制 5.おわりに 1.はじめに 2005 年 10 月 日 本 道 路 公 団 ( 以 下 道 路 公 団 )をはじめとする 道 路 関 係 四 公 団 の 分 割 民 営 化 が 行 われ ( 独

More information

Taro-外国人研修生意見書(弁連)

Taro-外国人研修生意見書(弁連) 外 国 人 研 修 技 能 実 習 制 度 の 法 改 正 に 対 する 意 見 書 2009 年 2 月 9 日 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 殿 法 務 大 臣 森 英 介 殿 外 務 大 臣 中 曽 根 弘 文 殿 厚 生 労 働 大 臣 舛 添 要 一 殿 経 済 産 業 大 臣 二 階 俊 博 殿 国 土 交 通 大 臣 金 子 一 義 殿 外 国 人 研 修 生 問 題 弁 護

More information

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 ( 骨 子 ) Ⅰ. 概 観 日 米 同 盟 は 日 本 の 安 全 とアジア 太 平 洋 地 域 の 平 和 と 安 定 のために 不 可 欠 な 基 礎 同 盟 に 基 づいた 緊 密 かつ 協 力 的 な 関 係 は 世 界 における 課 題 に 対 処 する 上 で 重 要 な 役 割 を 果 たす 閣 僚 は 役 割 任 務 能 力

More information

2015年度事業戦略説明会 防衛・宇宙ドメイン説明会

2015年度事業戦略説明会 防衛・宇宙ドメイン説明会 防 衛 宇 宙 ドメイン 説 明 会 2015 年 6 月 8 日 常 務 執 行 役 員 ドメインCEO 防 衛 宇 宙 ドメイン 長 水 谷 久 和 目 次 1. 事 業 概 要 2. 2012 事 業 計 画 総 括 3. 2015 事 業 計 画 4. 個 別 事 業 戦 略 5. まとめ 1 1. 事 業 概 要 2 1-1. 組 織 構 成 代 表 取 締 役 常 務 執 行 役 員 ドメインCEO

More information

Microsoft Word - 01 議事次第.docx

Microsoft Word - 01 議事次第.docx 地 方 分 権 の 進 展 に 対 応 した 行 政 の 実 効 性 確 保 のあり 方 に 関 する 検 討 会 ( 第 1 回 ) 議 事 次 第 平 成 24 年 6 月 18 日 ( 月 ) 12:30~14:30 総 務 省 6 階 601 会 議 室 ( 議 事 次 第 ) 1. 開 会 2. 久 元 自 治 行 政 局 長 挨 拶 3. 検 討 会 開 催 要 綱 等 について 4.

More information

2つの世界の艦娘達 ID:79436

2つの世界の艦娘達 ID:79436 世 界 達 AOBA 注 意 項 P F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 的 P F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 断 P F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 国 離 島 地 域 安 確 保 空 潜 陸 闘 可 能 間 着 置 開 発 名 移 型 闘 補 助 着 S G 称 開 発 経 ア メ リ カ 指 導 ハ

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 ( これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (1) 発 生 日 時 平 成 28 年 4 月 16 日 01:25 (2) 震 源 及 び 規 模

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

<3032834183938350815B836782DC82C682DF2E786C73>

<3032834183938350815B836782DC82C682DF2E786C73> 自 動 車 リサイクル 部 品 活 用 に 関 するアンケート 調 査 結 果 一 般 ユーザー 回 答 編 一 般 ユーザー 回 答 者 5,6 名 北 海 道 256 名 青 森 県 4 名 岩 手 県 43 名 宮 城 県 63 名 秋 田 県 32 名 山 形 県 47 名 福 島 県 45 名 茨 城 県 09 名 栃 木 県 79 名 群 馬 県 84 名 埼 玉 県 300 名 千 葉

More information

目 次 第 1 四 半 期 事 前 審 査 案 件 ( 内 部 部 局 ) 周 辺 環 境 整 備 課 大 阪 府 和 泉 市 市 道 山 の 谷 伏 屋 線 道 路 改 修 等 事 業 1 ( 統 合 幕 僚 監 部 ) システム 装 備 課 情 報 通 信 研 究 課 中 央 指 揮 システム(

目 次 第 1 四 半 期 事 前 審 査 案 件 ( 内 部 部 局 ) 周 辺 環 境 整 備 課 大 阪 府 和 泉 市 市 道 山 の 谷 伏 屋 線 道 路 改 修 等 事 業 1 ( 統 合 幕 僚 監 部 ) システム 装 備 課 情 報 通 信 研 究 課 中 央 指 揮 システム( 予 算 執 行 事 前 審 査 等 調 書 ( 平 成 23 年 度 第 1 2 四 半 期 ) 防 衛 省 予 算 監 視 効 率 化 チーム 目 次 第 1 四 半 期 事 前 審 査 案 件 ( 内 部 部 局 ) 周 辺 環 境 整 備 課 大 阪 府 和 泉 市 市 道 山 の 谷 伏 屋 線 道 路 改 修 等 事 業 1 ( 統 合 幕 僚 監 部 ) システム 装 備 課 情 報 通

More information

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地 韓 国 は 日 本 なしには 北 朝 鮮 と 戦 えない それでも 反 日 政 策 を 続 けるのか? 樋 口 譲 次 日 本 は 韓 国 防 衛 の 生 命 線 わが 国 に 在 韓 国 連 軍 後 方 司 令 部 が 置 かれている 事 実 を 知 っている 国 民 は それほど 多 くはないであろう 在 韓 国 連 軍 は 1950 年 6 月 の 朝 鮮 戦 争 勃 発 にともない 国 連

More information

1. 千 歳 市 の 概 要 (1) 人 口 94,820 人 (H27.4.1 現 在 ) (2) 世 帯 数 46,338 世 帯 (H27.4.1 現 在 ) (3) 面 積 594.50km 2 (4) 市 道 延 長 車 道 総 延 長 802.4km(H27.4.1 現 在 ) 車 道

1. 千 歳 市 の 概 要 (1) 人 口 94,820 人 (H27.4.1 現 在 ) (2) 世 帯 数 46,338 世 帯 (H27.4.1 現 在 ) (3) 面 積 594.50km 2 (4) 市 道 延 長 車 道 総 延 長 802.4km(H27.4.1 現 在 ) 車 道 平 成 27 年 度 千 歳 市 の 除 雪 ~パートナーシップ 除 雪 排 雪 支 援 制 度 の 利 用 風 景 ~ 千 歳 市 建 設 部 道 路 管 理 課 1. 千 歳 市 の 概 要 (1) 人 口 94,820 人 (H27.4.1 現 在 ) (2) 世 帯 数 46,338 世 帯 (H27.4.1 現 在 ) (3) 面 積 594.50km 2 (4) 市 道 延 長 車 道

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

<3233313232368DB782B591D682A6835A8362836794C581408A549776503194F78F4390B32E786477>

<3233313232368DB782B591D682A6835A8362836794C581408A549776503194F78F4390B32E786477> 平 成 24 年 度 防 衛 関 係 予 算 のポイント 平 成 23 年 12 月 松 浦 主 計 官 防 衛 関 係 予 算 のポイント 新 防 衛 大 綱 新 中 期 防 に 基 づき 防 衛 力 の 構 造 改 革 を 行 い 動 的 防 衛 力 を 構 築 このため (1) 南 西 地 域 を 含 め 警 戒 監 視 洋 上 哨 戒 防 空 弾 道 ミサイル 対 処 等 の 重 点 整 備

More information

ごあいさつ 埼 玉 県 警 察 本 部 長 貴 志 浩 平 埼 玉 県 警 察 本 部 長 の 貴 志 でございます 公 益 財 団 法 人 埼 玉 県 暴 力 追 放 薬 物 乱 用 防 止 センター 賛 助 会 員 を 始 め 県 民 の 皆 様 には 平 素 から 警 察 活 動 各 般 とり

ごあいさつ 埼 玉 県 警 察 本 部 長 貴 志 浩 平 埼 玉 県 警 察 本 部 長 の 貴 志 でございます 公 益 財 団 法 人 埼 玉 県 暴 力 追 放 薬 物 乱 用 防 止 センター 賛 助 会 員 を 始 め 県 民 の 皆 様 には 平 素 から 警 察 活 動 各 般 とり CONTENTS No.39 2016.May ごあいさつ 埼 玉 県 警 察 本 部 長 貴 志 浩 平 埼 玉 県 警 察 本 部 長 の 貴 志 でございます 公 益 財 団 法 人 埼 玉 県 暴 力 追 放 薬 物 乱 用 防 止 センター 賛 助 会 員 を 始 め 県 民 の 皆 様 には 平 素 から 警 察 活 動 各 般 とりわけ 暴 力 団 排 除 や 薬 物 乱 用 防 止

More information

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73%

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73% 自 民 接 戦 1 人 区 を 重 点 民 進 共 産 3 分 の 2 阻 止 を 前 面 参 院 選 最 終 盤 攻 防 朝 日 新 聞 2016 年 7 月 8 日 10 日 投 開 票 の 参 院 選 は 選 挙 戦 の 最 終 盤 を 迎 えている 安 倍 晋 三 首 相 ( 自 民 党 総 裁 ) は7 日 福 島 県 を 遊 説 接 戦 の1 人 区 を 重 点 的 に 回 り 単 独

More information

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464>

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464> 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 国 土 交 通 省 告 示 第 八 百 六 十 五 号 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 ) 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き に 係 る 経 営 力 向 上 に 関 す る 指 針 を 次 の と お り 定 め た の で 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 公 表 す る 船 舶 産 業 分 野 国 土 交

More information

資料10-1-2 H-ⅡAロケット26号機の打上げに係る飛行安全計画

資料10-1-2 H-ⅡAロケット26号機の打上げに係る飛行安全計画 資 料 10-1-2 H-ⅡAロケット26 号 機 の 打 上 げに 係 る 飛 行 安 全 計 画 平 成 26 年 8 月 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 説 明 者 宇 宙 輸 送 ミッション 本 部 宇 宙 輸 送 安 全 計 画 室 室 長 加 納 康 臣 まえがき 本 計 画 は 人 工 衛 星 等 打 上 げ 基 準 第 4 条 に 基 づき 打 上 げに

More information

r0036.PAG (更新)

r0036.PAG (更新) 号 円 職 委会 URL http:// www.rise-rou-hei.info/wp/ - 京都港区新橋2 8 16 mail:rou_hei_rise@yahoo.co.jp -- 石田ビ4 会費 円 会期購読料 円 服 含雪洗流従 散 G 芝 社 相 昨 整 備 骨 膜 白 妊 娠 幼 児 遺 伝 診 闇 閉 勝 倍 権 統 処 投 万 群 港 ォ 州 デ ゴ 隻 車 両 百 台 投 震

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information