首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース PBL 演 習 成 果 報 告 書 年 度 PBL 演 習 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 1

Size: px
Start display at page:

Download "首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース PBL 演 習 成 果 報 告 書 2014 2014 年 度 PBL 演 習 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 1"

Transcription

1 東 京 23 区 における 新 たな 観 光 資 源 の 発 掘 と 観 光 コース ガイドツールの 作 成 PBL 演 習 成 果 報 告 書 2014 P B L 演 習 成 果 報 告 書 2014 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース

2 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース PBL 演 習 成 果 報 告 書 年 度 PBL 演 習 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 1

3 目 次 03.はじめに 年 度 PBL 演 習 目 的 概 要 19. 前 期 課 題 成 果 物 43. 後 期 課 題 成 果 物 86. 授 業 風 景 写 真 2

4 はじめに 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコースとは 従 来 の 観 光 学 に 地 理 学 生 態 学 などの 理 学 的 手 法 や 交 通 計 画 都 市 計 画 歴 史 的 遺 産 の 保 存 や 活 用 などの 都 市 工 学 的 手 法 また 観 光 地 の 新 たな 魅 力 の 発 掘 やその 発 信 など 情 報 学 の 手 法 を 導 入 し 新 しい 観 光 科 学 を 学 び とも に 築 き 上 げていくことを 目 標 としたコースである 工 学 系 のアプローチによる 文 化 ツーリズム 領 域 と 理 学 系 のアプ ローチによる 自 然 ツーリズム 領 域 を 二 本 の 柱 とし その 間 を 観 光 政 策 情 報 領 域 がつなぐという 構 成 になっている 本 コースでは 既 存 の 学 問 体 系 にとらわれることなく 企 業 NPO 行 政 などの 幅 広 い 分 野 に 渡 って 実 践 的 に 行 動 で きる 人 材 育 成 を 理 念 に 掲 げている 2014 年 度 PBL 演 習 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 3

5 Introduction Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session PBL 演 習 とは PBL とは Project Based Learning の 略 で 一 つのプロジェ クトに 取 り 組 むことによって 現 地 や 資 料 から 情 報 を 収 集 する 能 力 適 切 な 手 法 を 用 いて 情 報 を 分 析 する 能 力 プロジェクトの 内 容 この 演 習 において 通 年 で 取 り 組 むプロジェクトは 公 益 財 団 法 人 特 別 区 協 議 会 ( ) の 依 頼 に 基 づく 依 頼 内 容 は 複 数 の 区 に 跨 がる 新 しい 観 光 コースを 提 案 すること そ の 認 知 度 を 高 めるための 情 報 発 信 方 法 を 提 案 することで ある 独 創 的 な 視 点 から 新 しい 可 能 性 を 秘 めた 観 光 資 源 を 見 出 し それらにコンセプトやストーリーを 与 え 結 びつけることで 新 しい 観 光 コースやルートを 提 案 し そ れがどのような 客 層 に 興 味 を 持 ってもらえるかを 考 え グループで 意 見 交 換 をして 一 つの 課 題 に 取 り 組 む 能 力 新 しいアイディアを 膨 らませて 他 人 に 適 切 に 伝 える 能 力 などを 習 得 する 演 習 形 式 の 教 育 プログラムである る さらに その 観 光 コースやルートに 誘 導 するための 情 報 発 信 方 法 や 魅 力 の 維 持 向 上 のための 空 間 改 善 方 法 の 提 案 を 行 う このように 複 数 の 段 階 を 経 ながら 通 年 で 観 光 計 画 を 提 案 していく 演 習 である 特 別 区 協 議 会 とは 特 別 区 の 事 務 事 業 の 支 援 に 関 する 事 業 を 行 い 特 別 区 の 連 携 及 び 円 滑 な 自 治 の 運 営 とその 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とした 公 益 財 団 法 人 である 教 育 目 標 本 演 習 では 以 下 のような 教 育 目 標 を 設 定 している 1. 地 域 資 源 の 理 解 文 献 や 統 計 データに 基 づく 歴 史 背 景 や 地 域 特 性 の 理 解 現 地 調 査 を 通 じた 効 果 的 な 情 報 収 集 方 法 の 習 得 2. 対 顧 客 戦 略 の 策 定 調 査 結 果 とデータ 分 析 に 基 づく 適 切 なターゲットの 設 定 3. 観 光 に 導 く 仕 掛 けの 設 定 ターゲットに 応 じた 観 光 資 源 の 取 捨 選 択 とコンセプト 設 定 ターゲットとコンセプトにあわせた 情 報 発 信 方 法 の 検 討 4. 観 光 振 興 地 域 振 興 に 向 けた 計 画 立 案 の 実 践 コンセプトや 情 報 発 信 方 法 を 踏 まえた 現 状 把 握 と 課 題 抽 出 ( 情 報 発 信 ) 地 域 の 魅 力 の 維 持 向 上 のための 空 間 改 善 方 法 の 提 案 ( 空 間 計 画 デザイン ) 短 期 から 長 期 まで 複 数 の 時 間 スケールでの 計 画 立 案 5.プレゼンテーション 能 力 の 涵 養 現 状 把 握 に 基 づく 企 画 提 案 の 適 切 なプレゼンテーション 4

6 フェーズ 2014 PBL 全 体 課 題 書 最 初 から フェーズ 依 頼 内 容 に 対 する 完 全 な 提 案 を 求 めることは 困 基 づく 観 光 コース 提 案 を 目 指 す 後 期 は 具 体 的 な 観 光 拠 難 であるため 最 初 から 一 年 依 間 頼 をフェーズと 内 容 に 対 する 呼 完 ぶ 全 複 な 数 提 の 案 段 を 階 求 に めることは 分 点 を 困 設 難 定 であるため し 観 光 圏 という 一 年 間 圏 をフェーズと 域 を 見 据 えて やや 長 期 的 けて 演 習 呼 を ぶ 進 複 行 していく 数 の 段 階 に 各 分 フェーズには けて 演 習 を 進 到 行 達 していく 目 標 が 設 各 フェーズには な 視 点 で 調 査 到 や 達 分 目 析 標 によるコンセプト が 設 定 され その 設 目 定 に 基 づくハー 標 は 次 のフェーズの 基 礎 資 料 や 前 提 条 件 となるよう 設 計 されている 定 され その 目 標 は 次 のフェーズの 基 礎 資 料 や 前 提 条 件 ド 面 ソフト 面 双 方 の 計 画 やデザイン 提 案 を 交 えた 将 来 となるよう 設 計 されている 構 想 と 計 画 立 案 を 目 指 す 後 期 のやや 長 期 的 な 視 点 にお 前 期 は 情 報 収 集 を 通 じた 対 象 地 の 精 確 な 理 解 と 現 状 に 基 づく 観 光 コース 提 案 を 目 指 す 後 ー いては 東 京 オリンピックが 開 催 される 予 定 の 2020 年 を 期 は 定 量 的 な 分 析 による 対 象 地 の 相 対 的 な 評 価 を 行 い やや 長 期 的 な 視 点 で 対 象 地 の 強 みを 前 期 は 情 活 報 用 収 しつつ 集 を 通 じた 弱 みを 対 象 改 地 善 の する 精 確 提 な 案 理 を 解 交 と えた 現 将 状 来 に 構 想 と 一 計 つの 画 立 計 案 画 を 目 目 標 指 年 す 次 と 後 想 期 定 のやや する 長 期 的 な 視 点 においては 東 京 オリンピックが 開 催 される 予 定 の 2020 年 を 一 つの 計 画 目 標 年 次 と 想 定 する 前 期 後 期 第 南 大 沢 ツアー フェーズ 南 大 沢 ツアーで 発 見 した 潜 在 的 観 光 資 源 とその 視 点 既 存 資 源 の 抽 出 による 地 域 特 性 の 理 解 とイメージの 醸 成 第 ガイドブックなどで 紹 介 済 みの 既 存 資 源 を 収 集 して 地 域 の 特 色 を 把 握 フェーズ 特 徴 的 であると 感 じた 観 光 資 源 の 写 真 を 収 集 して 地 域 のイメージの 醸 成 既 存 資 源 の 分 類 や 分 布 から 読 み 解 く 地 域 特 性 の 理 解 地 域 特 性 の 背 景 の 考 察 に 基 づく 潜 在 的 誘 客 層 の 検 討 第 歴 史 的 背 景 や 地 理 的 要 因 の 考 察 から 強 調 すべき 資 源 や 不 足 する 魅 力 を 抽 出 フェーズ 既 存 資 源 分 布 や 地 域 特 性 の 理 解 に 基 づく 誘 客 できる 対 象 者 像 の 設 定 地 域 特 性 のテーマ 設 定 と 想 定 客 層 を 踏 まえたコンセプト 設 定 の 提 案 第 既 存 資 源 の 分 布 と 地 域 の 特 徴 に 基 づくテーマ 設 定 と 想 定 客 層 を 総 合 した フェーズ コンセプト 設 定 荒 川 流 域 観 光 圏 の 設 定 第 現 地 調 査 や 地 域 分 析 を 通 じた 客 層 の 設 定 フェーズ 荒 川 流 域 観 光 圏 のコンセプトと 実 現 方 法 の 提 示 観 光 圏 の 拠 点 と 周 遊 のアイディアの 検 討 と 整 理 荒 川 流 域 観 光 圏 の 計 画 デザイン 第 拠 点 施 設 や 景 観 などの 空 間 整 備 及 び 交 通 インフラなどのハード 面 の 計 画 フェーズ 誘 客 回 遊 促 進 地 域 の 盛 り 上 げに 資 するソフト 面 の 仕 掛 けのデザイン 成 績 評 価 の 方 法 本 科 目 は 演 習 形 式 のため 成 績 評 価 は 試 験 によらず 以 下 のように 行 う 個 人 に 対 して 課 せられた 課 題 や 個 人 が 分 担 する 課 題 は 個 人 単 位 で 評 価 を 付 ける 班 に 対 して 課 せられた 課 題 は 班 単 位 で 評 価 を 付 け それが 班 員 共 通 の 評 価 となる 成 績 は 出 席 状 況 提 出 物 発 表 を 総 合 して 評 価 する 提 出 物 は 分 析 あるいは 提 案 内 容 の 完 成 度 や 読 みやすさを 評 価 項 目 とする 発 表 は 内 容 の 完 成 度 のほか 話 し 方 の 分 かりやすさ 時 間 厳 守 などを 評 価 項 目 とする 成 績 評 価 の 方 法 本 科 目 は 演 習 形 式 のため 成 績 評 価 は 試 験 によらず 以 下 のように 行 う 個 人 に 対 して 課 せられた 課 題 や 個 人 が 分 担 する 課 題 は 個 人 単 位 で 評 価 を 付 ける 班 に 対 して 課 せられた 課 題 は 班 単 位 で 評 価 を 付 け それが 班 員 共 通 の 評 価 となる 成 績 は 出 席 状 況 提 出 物 発 表 を 総 合 して 評 価 する 提 出 物 は 分 析 あるいは 提 案 内 容 の 完 成 度 や 読 みやすさを 評 価 項 目 とする 発 表 は 内 容 の 完 成 度 のほか 話 し 方 の 分 かりやすさ 時 間 厳 守 などを 評 価 項 目 とする 年 度 PBL 演 習 目 的 概 要 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 5

7 Introduction Introduction 1st Half Year 2nd Half Year 対 象 区 本 年 度 の 演 習 では 中 央 区 台 東 区 文 京 区 荒 川 区 墨 田 区 江 東 区 江 戸 川 区 葛 飾 区 足 立 区 の 9 区 を 対 象 地 とする 文 京 区 を 例 外 とすれば 概 ね 山 手 線 よりも 東 側 の 地 域 であ り 北 側 は 埼 玉 県 東 側 は 千 葉 県 と 隣 接 している ー 本 演 習 は 3 年 目 である 初 年 度 は 23 区 北 西 部 昨 年 度 は 南 西 部 を 対 象 としており 本 年 度 で 23 区 全 体 での 提 案 が 完 成 する Class in Session 前 期 スケジュール レクチャー 現 地 個 人 現 地 引 率 あり 発 表 チェック * 作 業 フェーズ 日 程 4 限 14:40~16:10 5 限 16:20~17:50 04/08 13 時 自 然 ツーリズム 実 験 説 明 南 大 沢 ツアー 第 1 04/10 各 自 で 区 役 所 や 観 光 協 会 でパンフ 入 手 04/17 1 南 大 沢 で 発 見 した 潜 在 資 源 と 視 点 既 存 資 源 プロット 課 題 説 明 04/24 * 既 存 資 源 の 概 観 と 特 徴 把 握 * 既 存 資 源 プロットと 写 真 の 対 応 付 け 第 2 05/08 2 既 存 資 源 と 地 域 特 性 * 地 域 特 性 の 背 景 の 考 察 各 種 資 料 からの 地 域 特 性 の 読 み 解 き ( 歴 史 背 景 地 形 要 因 居 住 者 属 性 ) 05/10 各 自 で 現 地 調 査 土 曜 日 第 3 05/15 * 地 域 特 性 から 見 る 強 みと 弱 み 05/22 3 地 域 特 性 の 背 景 要 因 と 強 み 弱 み * 班 分 け ヒアリング インタビューの 方 法 * 担 当 地 区 のヒアリング 項 目 検 討 05/29 *6 月 12 日 までに 各 班 で 自 治 体 や 観 光 協 会 にヒアリングを 設 定 06/05 * 資 源 または 地 域 別 の 入 り 込 み 客 数 やその 客 層 の 調 査 06/12 テーマ 設 定 のポイント * 調 査 結 果 の 集 約 と 整 理 06/19 * 誘 致 可 能 な 客 層 とテーマ 設 定 の 検 討 第 4 06/26 テーマ 設 定 の 方 針 チェック * 客 層 とテーマ 設 定 の 決 定 07/03 *テーマと 客 層 に 合 った 情 報 発 信 方 法 07/10 * 発 表 準 備 07/24 4 地 域 特 性 ターゲット テーマ 講 評 後 期 に 向 けて 現 地 調 査 夏 休 み 中 各 班 の 提 案 を 実 際 に 体 験 して 相 互 評 価 6

8 2014 PBL 1 南 大 沢 ツアー 1 本 フェーズのねらい 観 光 資 源 といえば 全 国 的 に 有 名 な 娯 楽 施 設 や 大 規 模 商 業 施 設 あるいは 歴 史 的 な 町 並 みなどを 想 像 するかもしれ ない では それらを 持 たない 地 域 は 観 光 地 となりえな いのだろうか?ところが 実 際 には 都 道 府 県 市 町 村 な ど 様 々な 単 位 で 各 種 観 光 ガイドパンフレットが 刊 行 さ れ 観 光 コースが 設 定 されている その 中 で 紹 介 され ている 観 光 資 源 は 必 ずしも 有 名 なものではなく 場 合 によってはそれらの 観 光 資 源 に 対 して 魅 力 を 感 じたり 興 味 を 抱 いたりできないかもしれない しかし 個 人 型 旅 行 が 盛 んになり 価 値 観 が 多 様 化 している 現 代 では 多 様 な 視 点 で 観 光 資 源 の 発 掘 や 発 信 が 行 われている 極 端 にい えばどんなものでも 観 光 資 源 になりうるといえる この フェーズでは 身 近 な 地 域 の 中 から 観 光 資 源 となりうる 候 補 を 探 し 出 す 独 自 の 視 点 を 養 うと 同 時 に 他 人 が 発 見 した 観 光 資 源 候 補 を 知 ることで 観 光 資 源 を 探 す 視 点 が 多 様 であることを 理 解 する ー 2 南 大 沢 ツアーの 概 要 これから 多 目 的 室 を 出 発 し 南 大 沢 および 多 摩 境 地 区 を 見 学 する その 途 中 で 各 教 員 が 各 自 の 視 点 で 観 光 資 源 と 自 分 なりに 観 光 資 源 として 捉 えることができそうなもの を 発 見 してほしい ツアー 中 に 気 になるものがあった 場 合 は その 場 でメモを 取 り 可 能 ならば 写 真 撮 影 してお くことが 望 ましい ツアーのコース 図 や 周 辺 地 図 も 配 布 するので メモした 地 点 を 書 き 込 むと 良 い ー 3 成 果 物 と 発 表 本 課 題 の 発 表 は 4 月 17 日 に 行 う 各 自 が 南 大 沢 ツアー の 途 中 で 発 見 した 観 光 資 源 となりうるものについて そ れが 何 であるか どのような 視 点 から 観 光 資 源 となりう ると 考 えたかを A2 用 紙 1 枚 ( 横 向 き ) にまとめて 口 頭 発 表 する 用 紙 は 生 協 で 入 手 可 能 なので 各 自 で 用 意 する 成 果 物 の A2 用 紙 は 発 表 後 に 提 出 する 1 人 の 発 表 時 間 は 3 分 とする A2 用 紙 には 当 該 観 光 資 源 候 補 のスケッ チを 描 くとともに その 観 光 資 源 の 内 容 や 魅 力 を 紹 介 す る 簡 単 な 説 明 文 とタイトル ( キャッチコピー ) をつける 富 士 山 を 探 せ! 南 大 沢 周 辺 は 丘 陵 地 帯 で 高 い 住 宅 も 多 いので あまり 多 くの 場 所 から 富 士 山 は 見 えないが 意 外 な 場 所 から 急 に 姿 を 現 すことも! 山 並 みに 隠 れた 富 士 山 市 街 地 越 しに 見 る 富 士 山 いろいろな 富 士 山 を 探 してみよう して 捉 えることができると 思 うものや 観 光 を 考 える 上 で 重 要 だと 思 う 要 素 について 解 説 していく 南 大 沢 ツアー では 観 光 資 源 発 掘 のための 多 様 な 視 点 を 理 解 しつつ 南 大 沢 ツアーマップ 小 山 内 裏 公 園 ベルコリーヌ 南 大 沢 首 都 大 学 東 京 多 摩 境 駅 南 大 沢 駅 2014 年 度 PBL 演 習 目 的 概 要 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 7

9 Introduction Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session 2014 PBL 2 既 存 資 源 プロット 1 本 フェーズのねらい 観 光 資 源 の 発 掘 を 試 みるとき 対 象 地 域 に 対 する 十 分 な 知 識 があるとは 限 らない 実 際 に 皆 さんは 今 回 の 演 習 の 対 象 区 について どれほど 知 っているだろうか? 本 フェーズでは 対 象 地 域 に 関 する 様 々な 情 報 を 収 集 し それらを 整 理 することで 対 象 地 域 を 精 確 に 理 解 し 地 域 に 対 するイメージを 抱 くことを 目 的 とする ー 2 資 料 収 集 対 象 区 でどのような 観 光 資 源 が 発 掘 紹 介 されているの だろうか?まずは 既 存 のガイドブックやパンフレットあ るいはウェブサイトなどを 通 じて 現 状 で 紹 介 されてい る 観 光 資 源 の 情 報 を 収 集 する ー 4 月 24 日 の 演 習 時 間 までに 各 自 で 時 間 を 作 り 担 当 す る 区 においてガイドブックやパンフレットを 入 手 して 来 よう 区 役 所 観 光 協 会 観 光 案 内 所 のほか 多 くの 人 が 行 き 交 う 鉄 道 駅 やバスターミナルでも 入 手 できること が 多 い 1 つだけではなく 複 数 種 類 の 情 報 源 を 集 めてく る 大 学 図 書 館 やコース 資 料 室 にある 書 籍 そしてウェ ブサイトも 活 用 してほしい ただし 必 ず 1 点 は 現 地 でしか 入 手 できない 資 料 を 含 めること ー 3 各 情 報 源 の 概 観 資 料 を 集 めたら まずはそれらの 中 身 を 読 む 同 時 に 複 数 の 資 料 を 比 べてみる どの 資 料 でも 共 通 して 紹 介 され る 観 光 資 源 特 定 のテーマに 絞 って 制 作 されたパンフ レットやモデルコース 今 までのイメージと 異 なる 一 面 が 紹 介 された 資 料 などを 見 出 せると 思 われる ー 次 に 資 料 に 掲 載 されている 観 光 資 源 をグループ 分 けする ための 分 類 軸 を 考 える 寺 社 仏 閣 遊 歩 道 公 園 など 観 光 資 源 の 特 性 や 内 容 に 関 する 分 類 軸 江 戸 戦 前 最 新 など 関 連 する 時 代 に 応 じた 分 類 軸 見 学 飲 食 散 策 など 実 際 の 観 光 行 動 に 対 応 させた 分 類 軸 などが 考 えられる これらを 適 宜 組 み 合 わせながら 対 象 区 内 の 観 光 資 源 を 適 切 に 分 類 できる 軸 の 組 み 合 わせを 考 えよう 特 定 の 正 解 はないので 担 当 区 にあったも のを 各 自 で 考 えよう これらの 作 業 を 通 じて 自 身 の 担 当 区 の 中 で どのような 分 類 に 該 当 するどれくらい 資 源 が 存 在 するのか 全 体 像 をつかむことができる ー 4 既 存 資 源 のプロット 担 当 区 内 の 観 光 資 源 の 全 体 像 が 見 えてきたら 再 度 集 め てきた 資 料 を 眺 めて 紹 介 すべき 観 光 資 源 を 取 捨 選 択 す る 集 めてきた 情 報 源 に 掲 載 された 観 光 資 源 を 各 自 に 配 布 した 白 地 図 にプロットすると 同 時 に 特 に 紹 介 すべき 観 光 資 源 については 写 真 やスケッチなど 現 地 のイメージ を 伝 える 画 像 を 用 意 する ー 白 地 図 には 収 集 した 資 料 に 記 載 されている 観 光 資 源 を 書 き 入 れる 博 物 館 や 寺 社 などは 点 をうち 遊 歩 道 や 並 木 道 などは 線 を 引 き 広 い 公 園 や 商 業 集 積 地 などはその 範 囲 を 囲 むようにする 概 観 の 段 階 で 考 えた 分 類 軸 にあわ せて 色 分 けすると 見 やすい 書 き 入 れた 観 光 資 源 のプ ロットには 番 号 をつけ 白 地 図 とは 別 に 番 号 と 観 光 資 源 の 名 称 分 類 出 典 資 料 の 対 応 表 を A4 用 紙 ( 縦 向 き ) に 作 成 する 対 応 表 は 手 書 きでもパソコンで 作 成 しても 良 い ー 全 体 を 眺 めて 感 じ 取 った 対 象 区 のイメージに 合 致 するも のや 特 に 強 調 したいものは 既 存 資 源 をプロットした 白 地 図 に 写 真 を 貼 り 付 けて 実 際 のイメージを 感 じ 取 れるよ うに 工 夫 する 写 真 は 収 集 した 資 料 に 記 載 されているも のをカメラで 撮 影 してパソコンに 取 り 込 むか インター ネットの 画 像 検 索 を 利 用 しても 良 い ただし これは 演 習 の 補 助 的 な 資 料 であることから 許 容 される 手 法 であ り 正 式 な 報 告 書 や 提 案 書 の 場 合 は 引 用 や 借 用 ではなく 自 分 で 撮 影 した 写 真 を 使 用 するか 使 用 に 際 して 撮 影 者 の 許 諾 をとること 8

10 源 をプロットした 白 地 図 に 写 真 を 貼 り 付 けて 実 際 のイメージを 感 じ 取 れるように 工 夫 する 写 真 は 収 集 した 資 料 に 記 載 されているものをカメラで 撮 影 してパソコンに 取 り 込 むか イン ターネットの 画 像 検 索 を 利 用 しても 良 い ただし これは 演 習 の 補 助 的 な 資 料 であることか ら 許 容 される 手 法 であり 正 式 な 報 告 書 や 提 案 書 の 場 合 は 引 用 や 借 用 ではなく 自 分 で 撮 影 し た 写 真 を 使 用 するか 使 用 に 際 して 撮 影 者 の 許 諾 をとること 担 当 区 一 覧 担 当 区 一 覧 するため 同 一 区 の 担 当 者 同 士 で 観 光 資 源 の 分 類 軸 や 発 既 存 資 源 源 プロットを プロットを 担 当 担 する 当 する 区 は 区 下 は 記 下 の 記 通 の りの 通 りの 割 り 割 当 て り 当 てとする なお できるだけ 表 内 容 の 意 見 交 換 はしないこと 個 々 人 情 の 報 源 となる 資 料 は 共 とする なお できるだけ 独 自 の 視 点 を 大 切 にするため 個 々 人 の 同 独 一 自 区 の 視 担 点 当 を 者 大 同 切 士 にで 観 光 有 資 しても 源 の 分 良 類 いが 軸 や 必 発 ず 表 自 内 分 容 だけのものを の 意 見 交 含 めること 換 はしないこと 情 報 源 となる 資 料 は 共 有 しても 良 いが 必 ず 自 分 だけのものを 含 めること 中 央 区 服 部 陽 太 鞠 山 彩 実 台 東 区 太 田 彩 菜 須 﨑 良 太 文 京 区 賀 佳 惠 鍋 島 和 弘 荒 川 区 田 中 健 太 永 見 楓 墨 田 区 齋 藤 朱 莉 宮 坂 涼 江 東 区 阪 本 一 石 田 中 瑞 木 江 戸 川 区 日 比 谷 佳 乃 山 下 直 弥 葛 飾 区 岩 木 勇 太 三 富 ちさと 足 立 区 大 塚 伊 織 真 田 愛 里 竹 本 佳 文 成 果 物 と 発 表 本 課 題 の 発 表 は 5 月 8 日 に 行 う それまでに 白 地 図 へ の 既 存 資 源 プロットと 対 応 表 およびスライドショーを 完 成 させる いずれも 成 果 の 面 に 記 名 すること ー 既 存 資 源 プロットは 配 付 した 各 区 の 白 地 図 に 収 集 した ガイドブックなどに 記 載 されている 観 光 資 源 を 書 き 込 ん だものである 担 当 区 の 特 徴 把 握 やイメージ 醸 成 に 特 に 寄 与 すると 思 うものは 写 真 やスケッチを 貼 り 付 ける ー 既 存 資 源 プロットの 番 号 対 応 表 は A4 用 紙 ( 縦 方 向 ) と する 発 表 はスライドショーで 行 う ipad を 用 いるのでスラ イドの 一 部 分 を 拡 大 操 作 することができる ipad では 再 生 できないので アニメーション 機 能 は 用 いないこと アニメーションを 用 いたい 場 合 は 前 後 の 状 況 を 別 々の スライドとして 作 成 することで 実 現 できる なお スラ イドショーのほかに 既 存 資 源 プロットの 現 物 ( 白 地 図 ) は 手 に 持 ちながら 説 明 できるので 既 存 資 源 プロットの 全 域 をスライドショーに 含 める 必 要 は 必 ずしもなく 発 表 で 特 に 言 及 する 部 分 をスライドショーに 含 ませると 良 い 発 表 には 既 存 資 源 プロットを 通 じた 既 存 資 源 の 種 類 や 分 布 の 特 徴 写 真 を 紹 介 した 観 光 資 源 を 概 観 した 地 域 の 特 徴 の 説 明 を 含 める 1 人 の 発 表 時 間 は 3 分 とする 既 存 資 源 の 対 応 表 No 名 称 分 類 出 典 1 神 社 江 戸 るるぶ 2 ** 公 園 戦 後 区 ウェブ 3 博 物 館 江 戸 区 公 式 4 商 店 街 戦 後 電 鉄 FP 2014 年 度 PBL 演 習 目 的 概 要 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 9

11 Introduction Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session 2014 PBL 3 地 域 特 性 の 背 景 把 握 と 客 層 設 定 1 本 フェーズのねらい 第 2 フェーズ 既 存 資 源 プロット では 担 当 区 にお ける 既 存 観 光 資 源 の 種 類 や 分 布 をもとに 担 当 区 の 特 徴 的 なイメージを 抽 出 した 本 フェーズでは そのイメー ジがどのような 背 景 や 要 因 に 基 づくのかを 考 えることを 通 じて 担 当 区 に 呼 び 込 むことができそうな 客 層 の 検 討 に 応 用 する あわせて 想 定 される 客 層 を 誘 致 するため に 強 みとなる 地 域 の 魅 力 や 資 源 および 弱 みとなる 改 善 点 や 課 題 の 抽 出 を 試 みる ー 2 地 域 特 性 の 背 景 や 要 因 を 読 み 解 くための 関 連 資 料 地 域 の 歴 史 的 背 景 に 関 しては 区 史 地 誌 歴 史 書 など に 記 載 されているほか 過 去 の 地 形 図 や 古 地 図 と 現 在 の 地 図 を 比 較 することでも 有 用 な 情 報 を 得 ることができ る 寺 社 や 石 碑 などの 由 緒 地 名 の 由 来 土 地 利 用 の 変 遷 などを 調 べてみよう 現 状 については 地 形 図 から 標 高 や 大 まかな 土 地 利 用 が 読 み 取 れる 植 生 図 からも 土 地 利 用 が 読 み 取 れる 公 園 が 多 い 店 が 多 いなど 土 地 利 用 上 の 特 性 は 景 観 における 重 要 な 要 素 であるため 地 域 に 対 するイメージの 醸 成 を 左 右 する 同 じ 建 物 でも その 高 さ 道 幅 との 関 係 街 路 樹 や 庭 木 などの 多 さや 種 類 に よっても 地 域 に 対 するイメージは 変 化 する 地 域 に 居 住 する 住 民 の 人 口 や 年 齢 および 世 帯 構 成 については 国 勢 調 査 によって 詳 細 に 調 査 されている 観 光 客 に 関 する 情 報 は 区 レベルで 宿 泊 者 数 に 関 する 統 計 データは 存 在 するも のの より 詳 細 な 地 区 レベルの 情 報 や 宿 泊 を 伴 わない 日 帰 り 観 光 客 の 情 報 を 統 計 データから 把 握 することは 一 般 には 困 難 なので 現 地 調 査 や 関 係 者 への 聞 き 取 りが 必 要 となる 場 面 もある これについては 第 4 フェーズで 実 践 する ー 3 想 定 されうる 客 層 担 当 区 に 呼 び 込 むことができそうな 客 層 は 地 域 特 性 やそ の 背 景 要 因 を 踏 まえて 設 定 していくと 良 い 例 えば 以 下 のようなものが 考 えられる 第 4 フェーズでは 各 自 の 担 当 区 と 隣 接 する 区 を 含 めた やや 広 域 の 対 象 地 区 を 設 定 して 客 層 について 班 で 検 討 していくので 複 数 の 客 層 を 候 補 として 挙 げておくと 良 い 日 本 伝 統 文 化 下 町 文 化 の 発 信 日 本 の 伝 統 文 化 に 興 味 を 持 つ 欧 米 系 外 国 人 観 光 客 2020 年 開 催 の 東 京 オリンピック パラリンピックで 訪 日 する 外 国 人 観 光 客 休 日 の 気 軽 な 外 出 先 や 退 職 後 の 余 暇 生 活 の 場 の 提 供 当 該 地 域 を 通 過 する 路 線 を 頻 繁 に 利 用 する 通 勤 通 学 客 地 域 に 居 住 する 高 齢 者 大 規 模 公 園 と 河 川 や 親 水 緑 道 の 連 携 と 活 用 地 域 住 民 ( 親 子 連 れ 高 齢 者 ) 水 害 防 火 対 策 学 習 を 兼 ねた 近 隣 小 中 学 生 の 地 域 学 習 滞 在 中 にスポーツを 楽 しむ 外 国 人 観 光 客 区 旧 街 道 の 面 影 ~ 江 戸 の 内 と 外 との 交 錯 ~ 名 称 説 明 写 真 名 称 説 明 写 真 名 称 説 明 写 真 10

12 4 地 域 の 強 みと 弱 み 一 定 の 客 層 を 絞 り 込 んだら 担 当 区 の 現 状 をその 客 層 の 目 線 で 眺 めてみよう その 客 層 からの 興 味 や 関 心 を 特 に 集 められそうなものは 担 当 区 の 観 光 を 振 興 していく 上 で 強 みとなる 魅 力 や 資 源 であるといえる 一 方 で 少 なから ず 物 足 りない 点 も 見 つけられる 見 るべき 観 光 スポット の 数 それらの 位 置 関 係 や 移 動 のための 交 通 手 段 観 光 スポット 周 辺 の 景 観 や 雰 囲 気 観 光 スポットに 関 する 情 報 量 や 入 手 方 法 など 様 々な 課 題 や 改 善 点 が 弱 みとして 浮 かび 上 がる すぐに 改 善 できるとは 限 らないものの これらの 弱 点 を 把 握 しておくことは 以 後 の 計 画 や 提 案 に とって 重 要 である ー 5 成 果 物 と 発 表 本 課 題 の 発 表 は 5 月 22 日 に 行 う 第 2 フェーズでの 発 表 の 発 展 として その 地 域 特 性 がどのような 歴 史 的 背 景 や 地 理 的 要 因 によって 形 成 されたものなのかを 発 表 す る 歴 史 書 や 地 図 などの 資 料 から 読 み 取 った 情 報 各 種 統 計 データを 根 拠 として 示 しながら 歴 史 的 背 景 や 地 理 的 要 因 を 説 明 し あわせて 現 地 調 査 で 見 出 したことを データや 写 真 などで 付 け 加 える また それを 踏 まえて 誘 客 が 見 込 まれる 客 層 について 検 討 する これらの 内 容 を A1 版 ポスター 縦 方 向 1 枚 に 各 内 容 の 配 置 や 文 字 の 大 きさなど 見 やすさに 留 意 してレイアウトし ポスター の 前 に 立 って 発 表 する 1 人 の 発 表 時 間 は 5 分 とする ー ポスターは 前 日 までに 各 自 で 印 刷 を 済 ませて 発 表 日 5 月 22 日 の 演 習 開 始 時 に 持 参 し 指 示 されたパネルに 掲 出 すること パネルの 枚 数 は 限 られているので 開 始 時 点 で 全 員 が 掲 出 を 指 示 されているわけではない また パ ネルと 画 鋲 は 用 意 されている ー 2014 年 度 PBL 演 習 目 的 概 要 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 11

13 Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session Introduction 2014 PBL 4 誘 客 のコンセプトとテーマ 設 定 1 本 フェーズのねらい 第 3 フェーズまでに 担 当 区 の 地 域 特 性 とその 背 景 や 要 因 についての 理 解 を 深 めてきた 本 フェーズでは 複 数 の 区 にまたがる 対 象 地 区 を 設 定 するので これまでの 成 果 をもとに 地 域 特 性 や 背 景 要 因 を 再 構 成 して 対 象 地 域 を 宣 伝 するためのテーマを 導 出 する また 興 味 を 持 ってその 地 区 に 訪 問 してくれそうな 客 層 を 想 定 する あわせて 観 光 関 連 統 計 観 光 計 画 などの 資 料 や 現 地 調 査 で 入 手 した 情 報 をもとに 班 での 読 み 解 きと 各 区 の 計 画 や 現 状 とを 比 較 する 年 齢 層 性 別 国 籍 観 光 のグ ループ 構 成 など 具 体 性 をもって 検 討 していくことで 地 域 内 の 何 を 誰 に 向 かって いつ どのようにアピール していくべきなのかの 戦 略 および 計 画 を 立 てることがで き 効 果 的 かつ 効 率 的 な 誘 客 を 図 ることができるように なる ー 2 班 分 けと 対 象 地 区 の 一 覧 本 フェーズより 後 期 の 最 終 目 標 である 計 画 提 案 まで は 班 を 組 んで 作 業 を 進 行 する ただし 班 全 体 での 議 論 や 作 業 のほか 個 々 人 で 分 担 する 調 査 や 作 業 なども 存 在 する 班 ごとに 主 として 担 当 する 対 象 地 区 を 下 記 のよ うに 割 り 当 てる いずれも 複 数 の 区 にまたがるように 設 定 されている なお 地 図 に 示 した 範 囲 は 目 安 であり この 外 側 にある 観 光 資 源 を 提 案 する 観 光 コースに 含 んだ り 提 案 するルートがこの 外 側 に 出 たりすることは 妨 げ ない 各 班 の 進 捗 状 況 や 構 成 員 の 都 合 に 応 じて 演 習 時 間 外 に 議 論 や 現 地 見 学 の 時 間 を 自 由 に 設 けて 良 い ー 主 として 担 当 する 対 象 地 区 を 下 記 のように 割 り 当 設 定 されている なお 地 図 に 示 した 範 囲 は 目 安 で る 観 光 コースに 含 んだり 提 案 するルートがこの 外 進 捗 状 況 や 構 成 員 の 都 合 に 応 じて 演 習 時 間 外 に 議 班 対 象 地 区 班 員 東 武 伊 勢 崎 線 を 中 心 に 岩 木 勇 太 A 埼 玉 県 境 ~TX 線 の 範 囲 竹 本 佳 文 JR 常 磐 線 を 中 心 に 太 田 彩 菜 B TX 線 ~ 京 成 線 の 範 囲 田 中 健 太 JR 総 武 線 を 中 心 に 齋 藤 朱 莉 C 京 成 線 ~ 都 営 新 宿 線 の 範 囲 服 部 陽 太 東 京 メトロ 東 西 線 を 中 心 に 阪 本 一 石 D 都 営 新 宿 線 ~ 東 京 湾 の 範 囲 鞠 山 彩 実

14 2014 PBL 4 誘 客 のコンセプトとテーマ 設 定 課 題 書 2014PBL 4 誘 客 のコンセプトとテーマ 設 定 A B C D 2014 年 度 PBL 演 習 目 的 概 要 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース

15 Introduction Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session 3 資 料 収 集 や 聞 き 取 り 調 査 による 情 報 収 集 第 3 フェーズまでの 情 報 の 整 理 をもとにテーマ 設 定 や 客 層 の 想 定 を 進 めていくのと 同 時 に 現 状 ではどのよう な 客 層 が 対 象 地 区 を 訪 問 しているのかを 把 握 することは 大 いに 参 考 となる 観 光 関 連 統 計 資 料 を 参 照 することで 主 要 な 施 設 の 訪 問 客 数 域 内 の 宿 泊 客 数 などの 概 略 を 把 握 することができる また 観 光 計 画 が 策 定 されている 区 においては これを 参 照 することで 観 光 の 拠 点 と 位 置 づけられる 観 光 資 源 や 区 として 積 極 的 に 発 信 していき たい 観 光 資 源 を 把 握 することができる これらの 資 料 を もとに 情 報 収 集 を 行 う 一 方 で 性 別 や 年 齢 層 国 籍 グループ 構 成 など 観 光 客 の 詳 細 な 情 報 を 対 象 地 区 内 の 観 光 資 源 ごとに 知 ることは 困 難 である この 場 合 は 現 地 調 査 によって 目 測 で 客 層 を 把 握 するほか 対 象 地 区 を 含 む 区 の 観 光 担 当 部 署 観 光 協 会 主 要 駅 の 観 光 案 内 所 など 観 光 客 の 増 減 や 属 性 を 把 握 していると 考 えられる 場 所 で 聞 き 取 り 調 査 を 行 う これらの 場 所 の 中 には 直 接 的 ある いは 間 接 的 に 観 光 客 と 向 き 合 っているため 交 通 機 関 と 氏 名 なぜ 聞 き 取 り 調 査 をしたいかの 理 由 と 主 な 質 問 項 目 を 伝 える 協 力 が 得 られそうなときは 候 補 日 をい くつか 挙 げて 日 程 を 調 整 する 必 要 に 応 じて 特 別 区 協 議 会 から 相 手 先 を 紹 介 していただけるのでぜひ 教 員 を 通 じ て 特 別 区 協 議 会 の 協 力 も 得 てほしい ー 4 成 果 物 と 発 表 本 フェーズの 発 表 は 7 月 24 日 に 行 う 成 果 物 および 発 表 内 容 は 本 フェーズに 限 定 せず 前 期 を 通 じた 成 果 物 および 発 表 とする 発 表 内 容 には 第 2 ~ 第 4 フェーズ を 含 めること 具 体 的 には 対 象 地 区 内 の 観 光 資 源 の 分 類 や 空 間 的 分 布 の 特 徴 それらに 関 連 する 地 理 的 要 因 や 歴 史 的 背 景 資 料 収 集 や 現 地 調 査 における 現 状 把 握 の 結 果 これらを 勘 案 した 対 象 地 区 におけるテーマ 設 定 や 想 定 される 客 層 これに 対 応 するモデルコースである 成 果 物 は 上 記 をまとめた 企 画 書 と 発 表 用 のパワーポイント とする 各 班 で 発 表 15 分 質 疑 10 分 とする なお 7 月 3 日 にテーマ 設 定 方 針 を 確 認 するための 中 間 チェッ に 関 する 質 問 が 多 い ある 観 光 資 源 から 別 のある 観 光 資 源 までの 行 き 方 をよく 質 問 される など 統 計 資 料 など では 把 握 しきれない 貴 重 な 情 報 が 得 られる 可 能 性 もあ る 統 計 資 料 や 観 光 計 画 などをもとに 効 果 的 に 必 要 な 情 報 を 収 集 できそうな 聞 き 取 り 先 を 洗 い 出 すと 同 時 に 質 問 項 目 を 取 捨 選 択 しておく ー 聞 き 取 り 調 査 をお 願 いするときは こちらの 所 属 や 学 年 クを 行 う 教 員 が 各 班 を 巡 回 してテーマ 設 定 の 基 礎 資 料 となる 地 域 特 性 や 背 景 要 因 を 確 認 するので 説 明 でき る 資 料 を 用 意 しておくこと ただし 中 間 チェックのた めの 資 料 を 別 途 用 意 あるいは 再 構 成 する 必 要 はなく 各 班 で 議 論 する 際 に 用 いた 資 料 やメモをチェックの 際 に 参 照 できるよう 用 意 してあれば 良 い また 教 員 が 巡 回 して きていない 間 は 各 班 で 議 論 や 作 業 を 継 続 していて 良 い ー 後 期 スケジュール 14

16 2014 年 度 PBL 演 習 目 的 概 要 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 15

17 Introduction Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session 2014 PBL 後 期 課 題 荒 川 流 域 観 光 圏 後 期 の 観 光 科 学 PBL 演 習 は 観 光 振 興 に 資 する 都 市 地 域 の 計 画 手 法 を 学 ぶ 観 光 庁 では 平 成 20 年 より 自 然 歴 史 文 化 等 に おいて 密 接 な 関 係 のある 観 光 地 を 一 体 とした 区 域 を 観 光 圏 とし 区 域 内 の 関 係 者 が 連 携 し 地 域 の 幅 広 い 観 光 資 源 を 活 用 した 魅 力 ある 観 光 地 域 づくりを 促 進 して いる 一 方 日 本 では 歴 史 的 に 流 域 圏 が 一 つの 生 活 経 済 文 化 の 圏 域 として 発 展 してきた 経 緯 がある 流 域 と は 河 川 に 水 が 流 れ 込 む 範 囲 という 環 境 的 な 空 間 単 位 であ るが 陸 上 の 交 通 網 が 発 達 する 近 代 以 前 河 川 は 山 とと もに 人 の 行 き 来 を 制 限 する 物 理 的 な 境 界 であると 同 時 に 交 通 流 通 の 主 要 動 線 であり 流 域 内 に 集 約 された 上 流 の 村 から 下 流 の 町 徒 歩 による 日 常 的 な 生 活 圏 域 ( 集 落 村 )の 人 や 物 の 交 流 は その 流 域 の 風 土 に 根 付 いた 独 自 の 産 業 や 文 化 を 発 展 させてきた 江 戸 明 治 期 において 隅 田 川 中 川 とこれにつなが る 運 河 は 東 京 の 交 通 と 物 流 を 支 える 動 脈 であり 都 市 と 都 市 近 郊 を 区 分 しながらも 物 質 循 環 という 一 つの 圏 域 を 形 成 し また 墨 堤 の 桜 や 両 国 橋 から 社 寺 や 邸 宅 の 庭 園 など 水 辺 の 景 観 や 水 にまつわる 名 所 行 楽 地 を 核 とし て 下 町 の 文 化 が 発 展 してきた 一 方 洪 水 から 守 るた めのインフラとして 1930 年 に 完 成 した 人 工 河 川 である 現 在 の 荒 川 は 河 川 が 主 要 な 交 通 動 線 としての 役 を 失 っ た 後 の 流 れである それまでの 地 域 の 文 脈 とは 関 係 がな く 人 やものをつなぎ 文 化 を 育 むものとしての 拠 点 が 形 成 される 機 会 がないまま 84 年 の 時 が 経 過 している そこで 本 課 題 では 東 京 都 区 部 の 行 政 区 を 越 えた 観 光 の 圏 域 として 荒 川 を 中 心 とした 地 域 のつながりを 見 い だし 観 光 圏 としての 将 来 像 を 構 想 すること その 拠 点 となる 空 間 及 び 拠 点 形 成 や 周 遊 の 実 現 に 向 けたプロ グラムを 計 画 デザインすることを 目 標 とする ー 1 課 題 の 概 要 テーマ: 荒 川 流 域 観 光 圏 の 構 想 と 計 画 デザイン ー 対 象 地 本 課 題 では 以 下 を 荒 川 流 域 観 光 圏 の 拠 点 の 候 補 と して 設 定 する 観 光 圏 の 対 象 範 囲 はこれを 中 心 とした1 日 の 周 遊 範 囲 を 各 班 で 設 定 するものとする また 観 光 圏 の 範 囲 は 2つ 以 上 の 特 別 区 を 含 むこと 荒 川 ( 荒 川 放 水 路 )をまたぐ 範 囲 で 設 定 とすることを 条 件 とする 拠 点 A : 東 大 島 駅 旧 中 川 川 の 駅 周 辺 拠 点 B : ボートレース 江 戸 川 ー 提 案 内 容 観 光 圏 構 想 図 (コンセプトと 実 現 方 針 ) プロジェクト( 拠 点 周 遊 のソフト ハードの 計 画 と デザイン) ー ターゲット 観 光 圏 に 対 する 主 なターゲットを 設 定 し 企 画 をすす めること 前 期 に 検 討 した 各 班 のターゲットを 参 考 にし てもかまわないが 拠 点 や 観 光 圏 としての 特 徴 や 収 益 性 を 考 慮 し 修 正 を 図 ることが 必 要 である 16

18 2 各 フェーズ 内 容 ー 1)フェーズ5 調 査 分 析 : 荒 川 流 域 観 光 圏 の 設 定 ( 発 表 :11/14) 現 地 調 査 や 地 域 分 析 を 通 じて 荒 川 流 域 の 地 域 の 成 り 立 ち や 現 況 の 特 徴 を 把 握 したうえでターゲットを 設 定 し 荒 川 を 軸 とした 観 光 圏 のコンセプトと 実 現 方 針 を 提 示 し これに 基 づいて 観 光 圏 の 拠 点 と 周 遊 のアイディ アを 検 討 し 観 光 地 域 づくりを 進 めるための 要 素 として 整 理 する ー 成 果 物 形 式 :A1 用 紙 ポスター それぞれについて 適 切 な スケールの 図 面 と 文 章 補 足 資 料 にて 作 成 すること 1 観 光 圏 のコンセプト ( 表 紙 タイトル 構 想 策 定 の 視 点 ) 2 地 域 分 析 ( 個 人 ) 3ポテンシャル ( 現 況 と 可 能 性 課 題 / 現 行 計 画 との 関 係 ) 観 光 圏 構 想 a. 荒 川 観 光 圏 構 想 図 ( 基 本 的 な 考 え 方 と 実 現 方 針 ) b. プロジェクト( 拠 点 周 遊 のアイディアと 位 置 付 け) ー 2)フェーズ 6 計 画 : 荒 川 流 域 観 光 圏 の 計 画 デザイン ( 発 表 12/25 内 部 2/13 最 終 ) 第 5フェーズのプロジェクトのアイディアについて 空 間 や 交 通 インフラなどのハード 仕 掛 け(ソフト)の 計 画 デザインを 行 う 拠 点 周 遊 に 関 する 作 業 の 内 容 考 え 方 は 以 下 に 示 す プロジェクトの 計 画 デザインは 個 人 ベースでの 作 業 となるが あくまでも フェーズ5で 提 示 した4 観 光 圏 構 想 を 実 現 するためのプロジェクトであ り それぞれが 連 携 するものとすることが 前 提 となる ー 拠 点 : 観 光 圏 の 拠 点 施 設 について 機 能 と 規 模 周 辺 地 域 との 関 係 を 含 めた 敷 地 計 画 拠 点 としてのアクセス 性 運 営 の 手 法 と 事 業 性 の 評 価 に 基 づいて 提 案 する 周 遊 : 観 光 圏 を 周 遊 するためのモビリティーを 考 える 新 たな 移 動 手 段 や 観 光 資 源 の 導 入 を 検 討 する 場 合 には その 事 業 性 についても 評 価 した 上 で 提 案 する ー ー ー 成 果 物 形 式 :A1 用 紙 ポスター それぞれに 適 切 なスケールの 図 面 を 作 成 すること 4 観 光 圏 構 想 c. 荒 川 観 光 圏 将 来 像 : 各 プロジェクトの 連 鎖 と 圏 内 および 圏 外 からの 人 ものの 動 き a. b. についても 必 要 に 応 じて 修 正 を 行 う 5プロジェクトの 計 画 デザイン ( 個 人 ) 観 光 拠 点 コンセプト アクセスと 観 光 圏 における 位 置 付 け (1: 1,500) 敷 地 計 画 建 物 利 用 計 画 (1:500) プログラム 事 業 性 の 試 算 イメージスケッチ 周 遊 モビリティーネットワーク 図 (1:20,000) プログラム ネットワーク 全 体 あるいは 各 主 要 観 光 対 象 でのハード ソフトの 提 案 モビリティーとプログラム 事 業 性 の 試 算 各 交 通 機 関 の 運 行 や 制 度 とそのキャパシティ イメージスケッチ ー 3 成 績 の 基 準 演 習 の 参 加 状 況 ショートプレゼンテーションも 含 めた 発 表 課 題 の 提 出 中 間 発 表 最 終 発 表 与 えられた 課 題 に 対 し 適 切 な 根 拠 と 論 理 的 なつなが りを 持 った 提 案 となっているか 相 手 ( 特 別 協 議 会 その 他 関 係 者 )に 伝 わるよう 適 切 な 表 現 がされているか( 図 面 やスケッチ ダイヤグラ ム ポスターレイアウトなど) 最 終 発 表 はコンペ 形 式 とし 投 票 で 教 員 チームに 選 ば れたグループのメンバーには 追 加 点 がある 4 演 習 の 目 標 調 査 分 析 : 広 域 的 に 地 域 の 特 色 とその 成 り 立 ちを 調 査 し 分 析 する 手 法 を 学 ぶ 計 画 : 観 光 対 象 としての( 潜 在 的 ) 魅 力 を 整 理 し 地 域 の 特 色 を 活 かすための 計 画 と 実 現 のための 制 度 運 営 マネジメントの 考 え 方 について 学 ぶ 情 報 発 信 : 地 域 の 魅 力 を 地 図 化 し 効 果 的 に 伝 え 地 域 へ の 来 訪 や 周 遊 を 促 す 動 機 付 けを 行 う 手 法 を 習 得 する 2014 年 度 PBL 演 習 目 的 概 要 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 17

19 Introduction Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session 班 編 成 ー 前 期 演 習 Team A 岩 木 勇 太 真 田 愛 里 須 崎 良 太 竹 本 佳 文 永 見 楓 ( 担 当 教 員 : 倉 田 岡 村 TA: 中 塚 ) Team B 太 田 彩 菜 大 塚 伊 織 賀 佳 惠 田 中 健 太 三 富 ちさと ( 担 当 教 員 : 沼 田 相 TA: 小 川 ) Team C 齋 藤 朱 莉 田 中 瑞 木 鍋 島 和 弘 服 部 陽 太 山 下 直 弥 ( 担 当 教 員 : 直 井 片 桐 TA: 山 本 中 川 ) Team D 阪 本 一 石 日 比 谷 佳 乃 鞠 山 彩 実 宮 坂 涼 ( 担 当 教 員 : 川 原 伊 ヶ 崎 TA: 江 崎 ) 班 編 成 ー 後 期 演 習 Team 1 須 崎 良 太 永 見 楓 太 田 彩 菜 日 比 谷 佳 乃 山 下 直 弥 ( 担 当 教 員 : 直 井 岡 村 TA: 中 川 ) Team 2 岩 木 勇 太 三 富 ちさと 齋 藤 朱 莉 宮 坂 涼 ( 担 当 教 員 : 清 水 沼 田 相 TA: 山 本 ) Team 3 大 塚 伊 織 田 中 瑞 木 服 部 陽 太 鞠 山 彩 実 ( 担 当 教 員 : 川 原 杉 本 TA: 小 川 江 崎 ) Team 4 真 田 愛 里 竹 本 佳 文 田 中 健 太 阪 本 一 石 ( 担 当 教 員 : 倉 田 片 桐 TA: 中 塚 ) 18

20 前 期 演 習 成 果 物 Team A: COOL すぎる JAPAN ー 日 本 人 になろうー Team B: かぞくが 好 きな 家 族 になろう ー 週 末 家 族 デートー Team C: 4 区 横 断! 食 から 学 ぶ 江 戸 野 菜 マスターへの 道 - 歴 史 ある 新 鮮 野 菜 とサイクリングで 身 も 心 も 美 しくー Team D: レンズの 先 の 新 しい 臨 海 部 2014 年 度 PBL 演 習 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 19

21 Works Team A Team B Team C Team D Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session まずはこの 写 真 をご 覧 下 さい WINTER Template 対 象 地 域 Template ADACHI ARAKAWA TAITO 01 Team A; Yoshifumi Takemoto Ryota Susaki Airi Sanada Yuta Iwaki Kaede Nagami 03 この 三 区 が メイン! 面 白 くない 対 象 地 域 2~ 交 通 河 川 ~ 舎 人 ライナー 都 電 荒 川 線 あらかわ 遊 園 WINTER Template 日 暮 里 谷 中 西 新 井 大 師 北 千 住 02 ありふれた 光 景 ですよね~ 私 たち 班 はこんな 地 域 を 担 当 しています! 04 東 武 スカイツリー ライン 荒 川 出 典 :http://www.freemap.jp/item/tokyo/tokyo.html 地 域 の 特 徴 05 観 光 地 化 されていない 生 活 感 漂 う 町 地 域 の 特 徴 2 一 戸 建 ての 世 帯 核 家 族 世 帯 が 多 い 06 日 本 の 縮 図 古 い 街 並 み 路 地 平 成 17 年 国 勢 調 査 より 作 成 そこで 07 ターゲット 08 日 本 人 にとってはありふれた 光 景 ゲストハウスに 宿 泊 している 外 国 人 にとっては魅 力 的 な 風 景 ではないのか?? 20

22 Team A Team B Team C Team D ターゲット 設 定 の 要 因 09 ターゲット 設 定 の 要 因 10 なぜ 欧 米 の 外 国 人?? なぜゲストハウスに 泊 まっている 欧 米 人?? 欧 米 外 国 人 は 日 本 の 生 活 文 化 に 密 着 した 観 光 に 興 味 がある!! JTB 総 合 研 究 所 /japan-guide.com 共 同 調 査 訪 日 外 国 人 旅 行 者 の 行 動 ~ 自 慢 したい 日 本 の 街 や 文 化 ~ より ゲストハウスの 分 布 地 域 別 ゲストハウス 宿 泊 者 対 象 地 域 にはゲストハウスが 多 い 宿 泊 者 の 多 くは 欧 米 人!! ゲストハウス 澤 の 屋 資 料 より 典 型 的 な 住 宅 街 生 活 感 漂 う 11 日 常 的 な 風 景 12 よく 見 る 風 景 生 活 文 化 に 強 い 関 心 観 光 における 本 物 志 向 生 活 空 間 に 密 着 した 観 光 に 興 味 あり 日 本 人 には 日 常 的 な 風 景 が 外 国 人 には 魅 力 的!! コンセプト 13 ルート 概 要 Ⅰ 14 ガイドブックには のっていない ルート 概 要 Ⅱ 15 1 足 立 市 場 04 業 者 が 使 う 本 物 の 市 場 早 朝 からあくせくと 働 く 日 本 人 ( 主 におじさん) を 見 ることができる! 市 場 で 朝 食 マグロ 丼 寿 司 etc 2014 年 度 PBL 演 習 前 期 演 習 成 果 物 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 21

23 Works Team A Team B Team C Team D Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session 1 足 立 市 場 足 立 市 場 が 外 国 人 に なぜうけると 考 えるか? マグロの 解 体 魚 有 2ラジオ 体 操 誰 もができる 国 民 的 な 体 操 主 に 高 齢 者 小 学 生 の 生 活 文 化 空 間 コミカルな 音 楽 に 合 わせて 踊 る 日 本 人 の 姿 は 外 国 人 にとって 新 鮮 さらに 参 加 することで 鮪 早 朝 に 行 われる マグロのセリ アジア 的 な 日 本 外 国 人 にとって 新 鮮 な 風 景 04 そこらに 転 がるマグロ 04 ~ 場 所 ~ 千 住 3 丁 目 氷 川 神 社 千 住 旭 町 公 園 千 住 仲 町 氷 川 神 社 より 深 い 日 本 を 体 験 することができる 1 足 立 市 場 さらに! 似 た 雰 囲 気 の 築 地 市 場 は 平 成 年 に 移 転 ( 予 定 ) 今 後 とも 都 内 で 魚 市 場 の 雰 囲 気 が 残 るのは 足 立 だけ! 3 千 住 宿 商 店 街 路 地 が 網 目 のように 広 がって いる 千 住 界 隈 を 散 策 空 いている 商 店 街 商 店 のおじちゃん おばちゃんと ゆったり 交 流! ~オプションプラン~ 銭 湯 で 学 生 服 の 貸 し 出 しを 行 い 一 日 中 制 服 で 観 光 04 築 地 でのマグロ 競 り 見 学 は 非 常 に 人 気 だが タクシーで 午 前 時 頃 に ゲストハウスを 出 なければならない 公 共 交 通 機 関 で 行 けてゆったり 見 れるのは 足 立 だけ! 足 立 市 場 のアドバンテージ 04 朝 の 北 千 住 駅 クレイジーな 通 勤 ラッシュ 日 本 のサラリーマンの 過 酷 さと 鉄 道 技 術 の 凄 さを 知 る 雰 囲 気 が 盛 り 上 がる!! 4 給 食 ( 足 立 区 役 所 ) 04 4 給 食 ( 足 立 区 役 所 ) 04 足 立 区 といったら 給 食!! レストランからの 景 色 足 立 区 の 給 食 が 話 題 となり 本 も 出 版 された 日 本 一 おいしい 給 食 を 政 策 目 標 として 掲 げ おいしい 給 食 作 りに 取 り 組 んでいる! 日 本 に 根 付 いた 独 特 の 給 食 文 化 を 体 験 学 生 生 活 の 番 の 楽 しみを 味 わう! 5 西 新 井 大 師 04 5 西 新 井 大 師 04 日 本 人 の 心 の 拠 り 所 地 域 のシンボル 的 存 在 手 作 り だんご 手 で 磨 く 信 仰 心 和 の 心 = 手 日 本 人 の 細 かい 手 しごと 手 焼 き せんべい 22

24 Team A Team B Team C Team D 6 舎 人 ライナー 04 7 都 電 荒 川 線 & 荒 川 区 04 技 術 の 塊 ハイテクの 象 徴 レトロなムードを 感 じる 路 面 電 車 さらに 世 代 を 問 わず 楽 しめる! 生 活 空 間 を 一 望 できる 周 りの 何 気 ない 風 景 を 乗 りながら 楽 しめる 外 国 人 には 興 味 深 い 風 景 外 国 人 にウケる!! 7 都 電 荒 川 線 & 荒 川 区 04 8 谷 中 銀 座 商 店 街 04 駄 菓 子 屋 昔 ながらの 雰 囲 気 が ある 店 が 点 在 する 優 しいおばちゃんとの 交 流 日 本 の 子 供 の 文 化 を 体 験 もんじゃ 月 島 に 勝 るとも 劣 らない! もんじゃなら 荒 川 に!! 日 本 のどこか 懐 かしい 雰 囲 気 を 味 わえる 商 店 街 フレンドリーな 人 が 多 く 地 元 の 人 たちとの 交 流 もある 昭 和 の 雰 囲 気 を 体 験 する 夕 方 一 番 お 客 さんが 多 く 商 店 街 が 輝 く 時 間 帯 8 谷 中 銀 座 商 店 街 それだけではなく 猫 をコンセプトにした 新 しくおしゃれなお 店 が 多 い 04 9 銭 湯 銭 湯 とは 04 昔 ながらの 日 本 臭 いような 日 本 人 が 多 数 存 在 ざ 日 本 人 の 温 床 古 くからの 文 化 と 新 しい 文 化 の 融 合 人 間 の 生 活 文 化 と 猫 の 生 活 文 化 の 融 合 COOL & KAWAII JAPAN!! 脱 衣 所 浴 場 で 繰 り 広 げられる 地 元 民 同 士 の 交 流 に 巻 き 込 まれていく 9 銭 湯 04 10HOME VISIT 04 銭 湯 という 日 本 固 有 の 文 化 + 重 厚 な 宮 造 り 様 式 の 建 物 + でかでかと 描 かれた = これぞ 日 本 ~オプションプラン~ 借 りた 制 服 をここで 返 却 を 利 用 した 民 家 でのホームビジット 日 本 人 の 生 活 文 化 を 知 る 究 極 の 手 段 日 本 人 の 家 庭 で 交 流 しつつ 晩 ごはんをいただく 2014 年 度 PBL 演 習 前 期 演 習 成 果 物 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 23

25 Works Team A Team B Team C Team D Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session 10HOME VISIT なぜ 私 たちのエリアで ホームビジット?? 一 軒 家 に 住 む 核 家 族 が 多 い 平 均 的 な 日 本 人 の 生 活 を 体 験 できる!! 番 外 編 ~ 派 生 ルート~ 舎 人 公 園 で ピクニック! 荒 川 河 川 敷 で 草 野 球 観 戦! 34 マンガ 喫 茶 マンガや アニメが 好 きな 人 上 野 浅 草 スカイツリー 定 番 スポット 日 本 初 訪 問 の 人 36 < 参 考 > railstation.net JTB 総 合 研 究 所 /japan-guide.com 共 同 調 査 訪 日 外 国 人 旅 行 者 の 行 動 ~ 自 慢 したい 日 本 の 街 や 文 化 ~ ゲストハウス 澤 の 屋 資 料 24

26 Team A Team B Team C Team D 私 たちの 対 象 地 区 足 立 区 かぞくが 好 きな 家 族 になろう ~ 週 末 家 族 デート~ 文 京 区 荒 川 区 台 東 区 葛 飾 区 B 班 太 田 彩 菜 大 塚 伊 織 賀 佳 惠 田 中 健 太 三 富 ちさと Aコース 親 子 私 たちの 対 象 地 区 の 特 徴 三 ノ 輪 橋 駅 水 元 公 園 住 宅 街 水 資 源 の 多 い 土 地 住 宅 街 が 多 く 人 々が 楽 しめる 自 然 公 園 がある 三 ノ 輪 橋 商 店 街 金 町 駅 春 日 駅 本 郷 三 丁 目 駅 坂 ダッシュ 忍 不 池 上 野 駅 上 野 公 園 (バス) Bコース 孫 + 祖 父 母 人 々の 生 活 感 があふれる JTB 観 光 資 源 台 帳 B 級 以 上 千 駄 木 駅 銭 湯 土 手 寺 文 人 ゆかりの 地 地 形 的 に 坂 が 多 い 浅 草 上 野 など 有 名 な 観 光 地 全 体 として 有 名 な 観 光 資 源 が 少 ない 本 郷 三 丁 目 駅 文 人 バトル 北 千 住 駅 遠 くから 人 を 呼 びにくい 対 象 地 区 の 人 の 特 徴 対 象 地 区 の 人 の 特 徴 23 区 内 核 家 族 世 帯 の 割 合 23 区 内 高 齢 者 夫 婦 世 帯 の 割 合 親 子 が 多 い 高 齢 者 だけで 住 む 割 合 も 多 い 対 象 地 区 その 近 辺 に 住 む 親 子 をターゲットに! 対 象 地 区 に 住 む 高 齢 者 と 遊 びに 来 る 孫 をターゲットに! 本 提 案 の 着 眼 非 日 常 旅 行 年 に 数 回 日 常 に 近 い 非 日 常 性 日 常 生 活 毎 日 日 常 に 近 い 非 日 常 性 は 会 話 のネタとなる 2014 年 度 PBL 演 習 前 期 演 習 成 果 物 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 25

27 Works Team A Team B Team C Team D Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session 乖 離 減 少 もっと 家 族 の 会 話 を 増 やしたい! Aコース 増 加 減 少 親 子 ターゲット 首 都 圏 に 住 む 小 学 生 とその 親 内 閣 府 アンケート 平 成 19 年 度 版 国 民 生 活 白 書 より 日 常 に 近 い 非 日 常 性 親 子 の 会 話 コミュニケー ション 不 足 を 補 いたい Aコース 親 子 VSパパ ときどきママ ねらい 親 子 で 競 うことによって 1 親 は 子 供 の 成 長 を 見 ることができる 2 子 供 は 競 争 物 に 燃 える 会 話 のネタを 提 供 するコース 特 に 親 子 の 核 家 族 高 齢 者 が 多 い ここの 人 をちょっと お 出 かけさせたい 楽 しめる!! その 上 で 観 光 資 源 を 使 って 会 話 を 増 やすきっかけをつくる * 親 子 の 思 い 出 作 りを 手 助 けしたい Aコース 親 子 三 ノ 輪 橋 駅 三 ノ 輪 橋 商 店 街 延 長 : 約 km 所 要 時 間 : 時 間 交 通 手 段 : 徒 歩 都 営 バス 東 京 メトロ 日 比 谷 線 常 磐 線 京 成 バス 水 元 公 園 金 町 駅 Aコース 親 子 時 間 1 坂 ダッシュ( 文 京 区 ) 2 不 忍 池 ( 台 東 区 ) 11:00 3 三 ノ 輪 橋 商 店 街 ( 荒 川 区 ) 13:00 4 水 元 公 園 ( 葛 飾 区 ) 移 動 手 段 10:00 着 10:00スタート (30 分 ) 10:30 発 バス 上 都 徒 歩 分 11:00 着 (1 時 間 ) 12:00 発 日 比 谷 線 徒 歩 分 12:30 着 (1 時 間 ) 都 電 荒 川 線 千 代 田 線 13:30 発 バス 金 徒 歩 分 14:30 着 (2 時 間 半 ) JR 金 町, 京 成 金 町 17:00 14:30 発 到 着 春 日 駅 本 郷 三 丁 目 駅 坂 ダッシュ 不 忍 池 上 野 駅 上 野 公 園 (バス) 1 坂 ダッシュ( 文 京 区 ) 坂 ダッシュとは 坂 の 下 から 親 子 が 並 んで 競 争 しながら 坂 の 頂 上 に 向 かって 走 ること! 日 常 性 坂 非 日 常 性 坂 を 競 争 しながら 走 ること 未 知 の 坂 の 行 く 先 頂 上 からの 眺 め 1 坂 ダッシュ( 文 京 区 ) 文 京 区 には 名 の 付 く 坂 だけでも 23 区 内 最 多 の126 坂 存 在! なぜ 文 京 区 の 坂 なのか?! 近 距 離 内 で 多 くの 坂 を 楽 しめる 坂 を 囲 む 低 層 の 建 物 が 多 いこと 26

28 Team A Team B Team C Team D 坂 の 途 中 に 交 差 点 がない = 車 の 飛 び 出 しを 心 配 しなくてよい ガードレールで 車 道 と 歩 道 が 区 切 られていない 坂 = 親 子 が 並 んで 走 れる! 一 定 の 長 さがあり 斜 度 7 以 上 ある 坂 = 疲 れすぎずに 競 争 ができる! +α 趣 のある 路 地 坂 ダッシュに 向 かう 途 中 入 り 組 んだ 路 地 新 坂 今 回 提 案 するのは 新 坂 ( 長 さ60m 平 均 斜 度 10 ) 胸 突 坂 ( 長 さ80m 平 均 斜 度 8 ) 胸 突 坂 2 不 忍 池 ( 台 東 区 ) 蓮 を 見 る! + 蓮 遊 び 23 区 内 の 蓮 が 生 えている 公 園 は6つのみ! その 中 でも 不 忍 池 の 蓮 の 魅 力 を 蓮 の 量 見 える 景 色 の 違 いから 検 証 公 園 533,981.19m2 不 忍 池 111,776m2 2 不 忍 池 ( 台 東 区 ) 日 常 性 建 物 に 囲 まれた 都 心 の 公 園 非 日 常 性 どこよりも 密 に 茂 る 蓮 180 度 見 渡 せる 空 間 を 持 っているのは 不 忍 池 だけ! +α 蓮 遊 び もともとお 酒 を 飲 む ぞうびはい 象 鼻 杯 お 酒 ジュース 親 子 で 楽 しめる 資 源 に! 3 三 ノ 輪 橋 商 店 街 ( 荒 川 区 ) ママとお 買 い 物 勝 負!! 費 用 や 時 間 に 制 限 がある 中 で いかに 上 手 にお 買 い 物 ができるか ママとパパ+ 子 供 チームで 競 う!!! 蓮 の 葉 を 使 って 蓮 シャワー ちなみに 日 本 蓮 学 会 2014 年 7 月 22 日 ( 火 ) 不 忍 池 で 早 朝 観 蓮 会 開 催 された 日 常 性 お 買 い 物 非 日 常 性 昔 ながらの 商 店 街 家 族 で 競 うこと ママとお 買 い 物 勝 負!! 買 い 物 中 の 相 談 お 互 いに 何 を 買 ったか 見 せ 合 う 会 話 のきっかけに ママ すごーい! なに 買 ったー? お 買 い 物 勝 負 には 三 ノ 輪 橋 商 店 街!! その 理 由 は 店 舗 数 の 多 さ と 業 種 の 充 実 商 店 街 の 店 舗 数 23 区 平 均 (H22):63.3 店 舗 1 三 ノ 輪 橋 (H26):90 店 舗 2 商 店 街 で 不 足 している 業 種 鮮 魚 店 精 肉 店 青 果 物 店 の 生 鮮 3 品 1 三 ノ 輪 橋 にはそろっている 1 東 京 都 産 業 労 働 局 平 成 22 年 度 東 京 都 商 店 街 実 態 調 査 アンケート 調 査 2 ジョイフル 三 ノ 輪 ホームページ 2014 年 度 PBL 演 習 前 期 演 習 成 果 物 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 27

29 Works Team A Team B Team C Team D Introduction 1st Half Year 2nd Half Year +α におい 鼻 をつくぬか 漬 け 味 噌 コロッケ 建 物 が 視 界 に 入 らない 理 由 周 囲 が 大 場 川 に 囲 まれており 対 岸 と 距 離 がある 4 水 元 公 園 ( 葛 飾 区 ) 23 区 最 大 の 水 郷 公 園 日 常 性 都 内 の 公 園 であること 非 日 常 性 180 度 見 渡 しても 自 然 で 建 物 が 視 界 に 入 らない 公 園 虫 取 り 水 遊 び サイクリング キャッチボール レジャーを 満 喫 できる Class in Session ポプラ 並 木 やメタセコイヤなどの 高 い 木 々が 公 園 を 囲 み 周 囲 の 建 物 が 視 界 に 入 るのを 防 いでいる Bコース 孫 + 祖 父 母 100m : 木 々の 分 布 大 場 川 ターゲット 首 都 圏 在 住 の 幼 稚 園 児 ~ 小 学 生 今 回 の 対 象 地 区 在 住 の 祖 父 母 Bコース 孫 + 祖 父 母 延 長 : 約 km 所 要 時 間 : 時 間 交 通 手 段 : 徒 歩 都 営 大 江 戸 線 つくばエクスプレス Bコース: 孫 + 祖 父 母 時 間 移 動 手 段 千 駄 木 駅 本 郷 三 丁 目 駅 銭 湯 土 手 1 文 人 バトル( 文 京 区 ) 2 土 手 ( 足 立 区 ) 3 銭 湯 ( 足 立 区 ) 10:00 着 (2 時 間 ) 12:00 発 千 代 田 線 + 徒 歩 分 13:00 着 (2 時 間 半 ) 15:30 発 徒 歩 20 分 16:00 着 (1 時 間 ) 17:00 発 JR, 東 武, 東 京 メトロ 北 千 住 駅 文 人 バトル 北 千 住 駅 1 文 人 バトル( 文 京 区 ) 近 代 文 学 の 時 代 に 生 きた 文 人 56 人! ( 森 鴎 外 樋 口 一 葉 など) 石 碑 建 物 などのゆかりのものが 残 る 文 人 上 記 の 半 数 以 上! 文 京 区 ホーム より これほど 文 学 の 物 があるのは 文 京 区 だけ! 1 文 人 バトル( 文 京 区 ) * 子 供 が 興 味 を 抱 く 文 人 の 面 白 いエピソード 例 夏 目 漱 石 の 家 の 猫 の 名 前 は ねこ 樋 口 一 葉 は 作 家 生 活 は14ヶ 月 あまりだった 森 鴎 外 が 子 供 の 名 前 にキラキラネームを 付 けていた この 話 を 祖 父 母 が 知 っている おじいちゃん おばあちゃんすごい! 物 知 り! 会 話 が 生 まれる 28

30 Team A Team B Team C Team D 1 文 人 バトル( 文 京 区 ) 千 駄 木 エリア 本 郷 三 丁 目 エリア 東 大 エリア 森 鴎 外 夏 目 漱 石 江 戸 川 乱 歩 樋 口 一 葉 坪 内 逍 遥 ボス2 菊 富 士 ホテル 跡 ラスボス ボス1 2 土 手 ( 足 立 区 ) 草 花 を 使 った 遊 びを 教 わる ( 例 ) 段 ボールを 敷 いて 土 手 の 坂 をすべる シロツメクサの 王 冠 オオバコ 相 撲 教 わりながら 会 話 が 弾 む 北 千 住 付 近 の 荒 川 土 手 日 常 性 遊 ぶこと 非 日 常 性 土 手 いつもはしない 遊 び のんびり 安 全 に 遊 べる 土 手 は 荒 川 だけ!! 東 京 で 広 い 河 川 敷 のある 土 手 は 江 戸 川 荒 川 多 摩 川 の3つ その 中 でも 北 千 住 付 近 の 荒 川 土 手 は 3 銭 湯 ( 足 立 区 ) 土 手 からの 帰 り 道 で 銭 湯 に 入 る! 日 常 性 子 どもの 年 齢 に 関 わらず 入 浴 は コミュ 二 ケーションの 場 として 使 用 される 1 鉄 道 の 駅 から 歩 いていける 2 土 手 の 一 番 高 い 部 分 が 交 通 の 多 い 道 路 と 離 れている 安 全 会 話 が 聞 こえやすい 3 土 手 の 尾 根 部 分 にサイクリング マラソンコースがない 子 供 が 土 手 の 斜 面 を 滑 るときに 安 全 である 非 日 常 性 祖 父 母 とお 風 呂 並 んで 体 を 洗 えること 一 日 共 に 過 ごした 思 い 出 を 振 り 返 る お 風 呂 のマナーを 学 ぶ 子 供 と 一 緒 に 入 浴 する 理 由 のトップは コミュニケーションのため 2007 年 東 京 ガス 調 べ 3 銭 湯 ( 足 立 区 ) 北 千 住 駅 周 辺 の 銭 湯 である 理 由 土 手 と 北 千 住 駅 からの 徒 歩 圏 内 個 性 のある 銭 湯 Aコース 親 子 北 千 住 駅 周 辺 に 銭 湯 8 軒 タカラ 湯 金 の 湯 会 話 のネタ を 提 供 するコース タカラ 湯 : 毎 日 ちがう 薬 湯 縁 側 日 本 庭 園 が 中 にある ニコニコの 湯 大 黒 湯 Bコース 孫 + 祖 父 母 梅 の 湯 美 登 湯 大 黒 湯 : キングオブ 銭 湯 正 面 に 鳳 凰 の 彫 り 物 天 井 に 花 鳥 風 月 の 絵 が104 枚 旭 湯 大 和 湯 参 考 文 献 朝 日 新 聞 いらすとや 旅 なび! 佐 原 上 野 恩 賜 公 園 福 井 新 聞 ジョイフル 三 ノ 輪 東 京 都 商 店 街 実 態 調 査 報 告 書 商 店 街 実 態 調 査 報 告 書 公 益 財 団 法 人 東 京 都 公 園 協 会 水 郷 佐 原 水 生 植 物 園 坂 学 会 Keep Green & Blue ナチュラルスタイル カフェ Pim おいしい 生 活 MR.コールマンの 挑 戦 日 記 Marco 自 転 車 タイヤショップ HatenaFotolife 江 東 ズボラーズ Papyrus 文 京 区 平 成 19 年 度 版 国 民 生 活 白 書 東 京 ガス ArcGIS Open Street Map ありがとうございました 2014 年 度 PBL 演 習 前 期 演 習 成 果 物 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 29

31 Works Team A Team B Team C Team D Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session 区 縦 横 断! 食 から 学 ぶ 江 戸 野 菜 マスターへの 道 歴 史 ある 新 鮮 野 菜 とサイクリングで 身 も 心 も 美 しく もくじ 1. 対 象 地 域 内 の 現 況 現 在 の 観 光 状 況 江 戸 川 区 江 戸 野 菜 の 発 見 班 齋 藤 朱 莉 田 中 瑞 木 鍋 島 和 弘 服 部 陽 太 山 下 直 弥 3. 観 光 ルート 観 光 ルートのコンセプト 観 光 ルートの 提 案 まとめ 江 戸 野 菜 の 魅 力 江 戸 野 菜 について 東 向 島 の 寺 島 なす 亀 戸 の 亀 戸 大 根 江 戸 川 の 小 松 菜 もくじ 1. 対 象 地 域 内 の 現 況 現 在 の 観 光 状 況 江 戸 川 区 江 戸 野 菜 の 発 見 3. 観 光 ルート 観 光 ルートのコンセプト 観 光 ルートの 提 案 まとめ 現 在 の 観 光 状 況 江 戸 野 菜 の 魅 力 江 戸 野 菜 について 東 向 島 の 寺 島 なす 亀 戸 の 亀 戸 大 根 江 戸 川 の 小 松 菜 私 たちが 担 当 した 地 域 は 中 央 区 墨 田 区 江 東 区 江 戸 川 区 の 総 武 線 沿 線 沿 い 現 在 の 観 光 状 況 中 川 総 武 線 現 在 の 観 光 状 況 ( 中 央 区 ) 葛 飾 区 台 東 区 千 代 田 区 日 本 橋 中 央 区 スカイツリー 墨 田 区 亀 戸 両 国 江 東 区 江 戸 川 区 室 町 隅 田 川 荒 川 新 中 川 都 営 新 宿 線 旧 江 戸 川 日 本 橋 高 島 屋 日 本 橋 人 形 町 現 在 の 観 光 状 況 ( 墨 田 区 ) 現 在 の 観 光 状 況 ( 江 東 区 ) 清 澄 庭 園 両 国 国 技 館 芭 蕉 稲 荷 神 社 両 国 江 戸 東 京 博 物 館 東 京 スカイツリータウン 木 場 公 園 亀 戸 天 神 社 30

32 Team A Team B Team C Team D 現 在 の 観 光 状 況 ( 江 戸 川 区 ) 江 戸 川 区 しかし 江 戸 川 区 には たくさんの 親 水 緑 道 がある! 健 康 の 道 とも 言 われる 船 宿 や 名 手 屋 敷 など 観 光 資 源 はあるが 特 に 目 立 って 観 光 に 力 を 入 れている という 印 象 はなかった 興 農 親 水 緑 道 本 郷 用 水 親 水 緑 道 石 で 囲 まれた 川 植 えられた 木 や 植 物 典 型 的 な 親 水 緑 道! 江 戸 川 区 ( 特 徴 的 な 親 水 緑 道 ) 江 戸 川 区 (サイクリングがしやすい 街!) 直 接 水 と 親 しむことができる! 子 ども 達 の 遊 び 場! サイクリングロードあり! レンタサイクル 日 円 流 堀 親 水 はなのみち 車 道 : 歩 道 が 1:1! スタイリッシュな 川 の 先 に 不 思 議 なオブジェが ギャップのある 緑 道! 鹿 本 親 水 緑 道 放 置 自 転 車 ゴミの 無 い 道 歩 行 者 自 転 車 に 優 しい 街! サイクリングで 楽 に 運 動 江 戸 川 区 ( 小 松 菜 ) 江 戸 野 菜 の 発 見 江 戸 川 区 にも 江 戸 野 菜 という 観 光 資 源 を 発 見! 江 戸 川 の 小 松 菜 を 使 った 給 食 多 く 点 在 している 小 松 菜 グルメ 店 江 戸 川 区 の 小 松 菜 を 活 かしたい 他 の 区 にも 江 戸 野 菜 があるのでは? 小 松 菜 直 売 場 小 松 菜 を 活 かしたイベント 江 戸 野 菜 の 発 見 もくじ 江 戸 野 菜 江 戸 川 区 には 小 松 菜 江 東 区 には 亀 戸 大 根 墨 田 区 には 寺 島 茄 子 1. 対 象 地 域 内 の 現 況 1.1 現 在 の 観 光 状 況 1.2 江 戸 川 区 1.3 江 戸 野 菜 の 発 見 2. 江 戸 野 菜 の 魅 力 2.1 江 戸 野 菜 について 2.2 東 向 島 の 寺 島 なす 2.3 亀 戸 の 亀 戸 大 根 2.4 江 戸 川 の 小 松 菜 3. 観 光 ルート 3.1 観 光 ルートのコンセプト 3.2 観 光 ルートの 提 案 3.3 まとめ 2014 年 度 PBL 演 習 前 期 演 習 成 果 物 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 31

33 Works Team A Team B Team C Team D Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session 練 馬 大 根 大 蔵 大 根 江 戸 野 菜 について 千 住 ネギ 馬 込 半 白 胡 瓜 品 川 カブ 江 戸 野 菜 について 亀 戸 大 根 砂 村 三 寸 人 参 砂 村 茄 子 砂 村 ネギ だんだん 農 地 が 宅 地 化 される 金 町 小 カブ 小 松 菜 寺 島 茄 子 谷 中 生 姜 江 戸 野 菜 の 多 くは 姿 を 消 してしまった 練 馬 大 根 大 蔵 大 根 江 戸 江 戸 と 江 戸 野 菜 生 産 地 の 関 係 100 万 人 都 市 消 費 地 江 戸 野 菜 について 農 産 物 水 運 ( 運 河 網 ) 下 肥 江 戸 野 菜 について 千 住 ネギ 郊 外 現 在 の 中 央 区 千 代 田 区 港 区 以 外 生 産 地 金 町 小 カブ 小 松 菜 寺 島 茄 子 谷 中 生 姜 現 在 は 復 活 活 動 なども 行 われ 約 種 類 が 生 産 されている 馬 込 半 白 胡 瓜 品 川 カブ 亀 戸 大 根 砂 村 三 寸 人 参 砂 村 茄 子 砂 村 ネギ 東 向 島 の 寺 島 なす 亀 戸 の 亀 戸 大 根 特 徴 江 戸 時 代 に 寺 島 村 ( 現 在 の 墨 田 区 東 向 島 近 辺 )で 栽 培 されていた 墨 田 川 上 流 から 運 ばれてくる 肥 沃 な 土 壌 に 恵 まれた 地 域 として ナスの 生 産 に 適 していた ほかの 茄 子 と 比 べ 小 ぶりで 茄 子 特 有 の 香 りが 強 いのが 特 徴 効 果 アントシアニンが 豊 富 で 抗 酸 化 の 作 用 があるとともに 目 の 疲 労 を 改 善 体 を 冷 やす 効 果 がある 現 在 寺 島 なす 復 活 プロジェクトが 進 行 中 関 東 大 震 災 以 降 幻 のナスとなっていたがジーンバンクに 種 が 保 存 してある ことが 発 覚 東 向 島 駅 前 や 白 鬚 神 社 拝 殿 前 で 栽 培 されている 八 百 屋 では 実 際 に 寺 島 なすを 販 売 その 他 グッズ 化 や 近 所 の 料 理 屋 で 使 用 されている 特 徴 江 戸 末 期 年 頃 から 昭 和 始 め 頃 まで 亀 戸 の 香 取 神 社 周 辺 を 中 心 に 栽 培 されていた 宅 地 化 が 進 んだ 大 正 時 代 の 終 わり 頃 から 徐 々に 栽 培 が 減 り 今 では 幻 の 大 根 とされる 効 果 普 通 の 大 根 の 倍 のビタミン 体 や 肌 の 免 疫 力 を 高 め 丈 夫 な 皮 膚 や 血 管 を 形 成 する! 消 化 を 助 ける 成 分 が 豊 富 で 肌 の 老 化 を 遅 らせる 効 果 もある 現 在 亀 戸 で 生 産 はされていないが 江 戸 川 区 で 栽 培 され 直 売 所 で 買 うことができる 亀 戸 にある 升 本 では 契 約 農 家 で 栽 培 した 亀 戸 大 根 を 使 った 亀 戸 大 根 あさり 鍋 などの 料 理 を 提 供 している 江 戸 川 区 の 小 松 菜 もくじ 特 徴 徳 川 代 将 軍 吉 宗 が 現 在 の 江 戸 川 区 小 松 川 付 近 を 鷹 狩 で 訪 れた 際 自 生 していた 青 菜 をすまし 汁 に 入 れて 食 べたら 好 評 であり 小 松 川 という 地 名 から 小 松 菜 と 名 付 けた 江 戸 川 区 の 小 松 菜 は 潮 風 の 影 響 でミネラルが 豊 富 になる 効 果 食 物 繊 維 が 豊 富 で 便 秘 の 改 善 によい 大 腸 がん 糖 尿 病 の 予 防 に 効 果 的!! 1. 対 象 地 域 内 の 現 況 1.1 現 在 の 観 光 状 況 1.2 江 戸 川 区 2. 江 戸 野 菜 の 魅 力 2.1 江 戸 野 菜 について 2.2 東 向 島 の 寺 島 なす 2.3 亀 戸 の 亀 戸 大 根 2.4 江 戸 川 の 小 松 菜 現 在 江 戸 川 区 の 小 松 菜 の 収 穫 量 はトン 全 国 市 区 町 村 別 に 見 ると 横 浜 市 と 第 位 を 争 う 3. 観 光 ルート 3.1 観 光 ルートのコンセプト 3.2 観 光 ルートの 提 案 3.3 まとめ 32

34 Team A Team B Team C Team D 観 光 ルートのコンセプト 歴 史 ある 新 鮮 野 菜 とサイクリングで 身 も 心 も 美 しく 観 光 ルートのコンセプト アクティブに 江 戸 野 菜 のルーツを 探 ってもらう! 区 をまたがる 広 いコースで 自 転 車 も 使 い 江 戸 野 菜 ゆかりの 地 を 巡 る 江 戸 野 菜 に 愛 着 興 味 を 持 ってもらう! 実 際 に 江 戸 野 菜 を 食 べ ゆかりの 地 を 訪 れ 歴 史 また 現 在 の 取 り 組 みを 知 ってもらう ツアーを 通 じて 食 生 活 に 気 を 配 ってもらう! 江 戸 野 菜 の 効 用 を 知 り 改 めて 自 分 自 身 の 食 生 活 について 考 えてもらう 身 も 心 も 元 気 になってほしい! 美 味 しい 物 を 食 べ サイクリングで 心 地 よい 風 を 感 じてもらう 観 光 ルートのコンセプト ターゲット 食 べることが 好 きな 人 江 戸 の 文 化 に 興 味 がある 人 楽 しみながら 新 しい 知 識 を 得 たい 人 自 分 が 食 べる 物 の 生 産 地 や 生 産 者 が 気 になる 人 観 光 ルートの 提 案 全 体 のルート 寺 島 なすエリア 電 車 で 分 亀 戸 大 根 エリア 電 車 で 分 小 松 菜 エリア 電 車 で 分 自 転 車 で 時 間 半 代 ~ 代 の 働 く 女 性 や 主 婦 上 記 が 当 てはまれば 性 別 年 齢 問 わず 楽 しめる! 日 本 橋 エリア 延 長 : 所 要 時 間 : 時 間 交 通 手 段 : 電 車 江 戸 川 区 内 はレンタサイクルを 利 用 出 発 地 点 : 東 向 島 駅 墨 田 区 終 着 地 点 : 日 本 橋 駅 中 央 区 訪 問 : 墨 田 区 東 向 島 ~ 江 東 区 亀 戸 ~ 江 戸 川 区 平 井 篠 崎 ~ 中 央 区 日 本 橋 東 向 島 寺 島 なす 観 光 ルートコンセプト 寺 島 なす 発 祥 の 地 へ 行 き 寺 島 なすの 歴 史 について 知 る 現 在 の 状 況 ( 寺 島 なす 復 活 プロジェクト)について 知 る 寺 島 なすを 使 用 したグルメを 味 わう N 観 光 ルートの 提 案 ( 東 向 島 寺 島 なすルート) 寺 島 なす 取 扱 い 店 舗 大 喜 寺 島 なす プランター 栽 培 ひまわり 白 鬚 神 社 一 哲 大 喜 ( 駅 前 店 ) 富 夢 富 夢 東 向 向 島 百 花 園 島 駅 寺 島 なす 関 連 所 100m 観 光 ルートの 提 案 ( 東 向 島 寺 島 なすルート) 寺 島 なす 関 連 所 白 鬚 神 社 観 光 ルートの 提 案 ( 東 向 島 寺 島 なすルート) 寺 島 なす 復 活 プロジェクト 東 向 島 駅 前 (プランター 栽 培 ) 2014 年 度 PBL 演 習 前 期 演 習 成 果 物 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 33

35 Works Team A Team B Team C Team D Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session 観 光 ルートの 提 案 ( 東 向 島 寺 島 なすルート) 寺 島 なすが 使 われている 店 パン 工 房 富 夢 富 夢 (リストランテ ) 階 では 寺 島 なすを 使 ったパン 階 では 寺 島 なすを 使 ったイタリアンが 提 供 されている 寺 島 なすトッピングもんじゃ などの 寺 島 なすを 使 用 し た 料 理 を 提 供 している 観 光 ルートの 提 案 ( 亀 戸 大 根 ルート) 徒 歩 分 香 取 神 社 升 本 徒 歩 分 徒 歩 分 大 喜 時 期 ( 夏 場 )になると 寺 島 なすを 販 売 地 元 民 に 人 気! 菓 子 遍 路 一 哲 茄 子 型 の 最 中 皮 の 中 に つぶあんと 寺 島 なすの 自 家 製 甘 露 煮 を 入 れた 最 中 なすがままに を 販 売 亀 戸 で 亀 戸 大 根 観 光 ルートコンセプト 亀 戸 大 根 栽 培 の 中 心 地 へ 行 き 亀 戸 大 根 の 歴 史 について 知 る 亀 戸 大 根 を 使 用 したグルメを 味 わう 観 光 ルートの 提 案 ( 亀 戸 大 根 ルート) 升 本 明 治 年 の 創 業 の 老 舗 現 在 亀 戸 大 根 を 契 約 農 家 で 栽 培 し 亀 戸 大 根 あさり 鍋 をはじめ 様 々な 亀 戸 大 根 料 理 を 楽 しむことができる 亀 戸 駅 平 井 駅 観 光 ルートの 提 案 ( 亀 戸 大 根 ルート) 香 取 神 社 香 取 神 社 は 昔 亀 戸 大 根 栽 培 の 中 心 地 であった 平 成 年 栽 培 の 発 祥 を 記 念 して 立 てられた 亀 戸 大 根 之 碑 がある 江 戸 川 の 小 松 菜 観 光 ルートコンセプト 小 松 菜 関 連 施 設 に 行 き 小 松 菜 について 知 る 小 松 菜 の 直 売 所 グルメスポットを 巡 り 江 戸 川 区 産 の 小 松 菜 を 味 わう 江 戸 川 区 の 街 を 自 転 車 で 走 ることで 身 も 心 も 元 気 に 観 光 ルートの 提 案 ( 江 戸 川 小 松 菜 ルート) 観 光 ルートの 提 案 ( 江 戸 川 小 松 菜 ルート) 小 松 川 橋 小 松 菜 グルメの 店 チェックポイント 親 水 緑 道 親 水 公 園 4つのチェックポイントを 通 り 江 戸 川 区 内 に 多 く 点 在 している 小 松 菜 グルメスポットに 立 ち 寄 ってもらう 34

36 Team A Team B Team C Team D 観 光 ルートの 提 案 ( 江 戸 川 小 松 菜 ルート) 観 光 ルートの 提 案 ( 江 戸 川 小 松 菜 ルート) 小 松 川 境 川 親 水 公 園 小 松 菜 神 社 ( 厄 除 香 取 神 社 ) 小 松 菜 の 名 付 け 親 である 徳 川 吉 宗 の 接 待 を 行 ったのが 当 時 の 香 取 神 社 の 神 主 であった そこから 香 取 神 社 が 小 松 菜 にゆかりのある 神 社 となった 小 松 菜 ゆかりの 里 の 石 碑 小 松 菜 産 土 神 の 石 碑 小 松 菜 屋 敷 には こまつなさま の 石 像 がある 観 光 ルートの 提 案 ( 江 戸 川 小 松 菜 ルート) 観 光 ルートの 提 案 ( 江 戸 川 小 松 菜 ルート) 木 村 農 園 直 売 所 鹿 骨 新 橋 取 れたて 新 鮮 野 菜 をその 場 で 買 うことができる 小 松 菜 亀 戸 大 根 : 月 ~ 月 月 ~ 月 じゃがいも: 月 ~ 月 きゅうり: 月 ~ 月 空 豆 : 月 トマト 枝 豆 いんげん にんじん: 月 ~ 月 観 光 ルートの 提 案 ( 江 戸 川 小 松 菜 ルート) 本 郷 用 水 親 水 緑 道 観 光 ルートの 提 案 ( 江 戸 川 小 松 菜 ルート) 小 松 菜 グルメスポット 観 光 ルートの 提 案 ( 日 本 橋 ルート) 日 本 橋 で 江 戸 野 菜 料 理 観 光 徒 歩 分 日 本 橋 駅 電 車 分 ルートコンセプト 旅 を 締 めくくる 江 戸 野 菜 料 理 を 味 わう 静 かな 料 亭 で 今 日 の 旅 を 振 り 返 る 日 本 橋 ゆかり 篠 崎 駅 2014 年 度 PBL 演 習 前 期 演 習 成 果 物 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 35

37 Works Team A Team B Team C Team D Introduction 1st Half Year 2nd Half Year 観 光 ルートの 提 案 ( 日 本 橋 ルート) 日 本 橋 ゆかり 昭 和 10 年 創 業 の 名 門 老 舗 割 烹 江 戸 の 伝 統 野 菜 を 見 直 す というテーマで 江 戸 野 菜 を 使 った 料 理 を 提 供 している 画 像 はイメージです まとめ アクティブに 江 戸 野 菜 のルーツを 探 ってきた 旅 最 後 に 落 ち 着 いた 老 舗 割 烹 日 本 橋 ゆかり で 今 日 の 旅 をゆっくり 振 り 返 ってもらいたい! 江 戸 野 菜 への 興 味 愛 着 感 じてほしい この 旅 を 通 じて 食 生 活 に 気 を 配 り これからも 身 も 心 も 元 気 な 生 活 を 送 ろう! という 意 識 が 芽 生 えることを 期 待 Class in Session 36

38 Team A Team B Team C Team D MEMBER 宮 坂 涼 阪 本 一 石 鞠 山 彩 実 日 比 谷 佳 乃 ADVISER 川 原 晋 伊 ケ 﨑 健 大 杉 本 興 運 江 崎 貴 昭 発 表 の 流 れ 対 象 地 区 について 全 体 のテーマ 設 定 いいね!,ふぁぼ 量 産 コース 脱!ファッション 一 眼 コース まとめ 対 象 地 区 有 名 スポット 銀 座 日 本 橋 築 地 江 戸 川 区 中 央 区 江 東 区 ららぽーと 豊 洲 お 台 場 有 明 コロシアム 隅 田 川 ビックサイト 葛 西 臨 海 公 園 0 4km 11 階 建 て 以 上 の 共 同 住 宅 の 分 布 0 2km 色 が 濃 いほど 多 い 都 市 計 画 図 ( 用 途 地 域 等 指 定 図 ) 臨 海 部 に 豊 富 な 工 業 準 工 業 域 国 勢 調 査 GIS 平 成 22 年 ( 調 査 日 2010 年 10 月 1 日 ) 大 河 川 沿 いに 大 型 マンションが 多 い 23 区 における 公 園 面 積 と 総 数 総 公 園 面 積 合 計 (m2) 順 位 公 園 面 積 順 位 割 合 % 公 園 総 数 一 つ 当 たり の 公 園 面 積 (m2) 順 位 中 央 区 615,487 9 位 位 位 江 東 区 4,292,891 4 位 位 位 江 戸 川 区 7,661,898 1 位 位 位 3 区 の 資 源 隅 田 川 荒 川 東 京 湾 の 水 辺 埋 立 地 だからこその 土 地 の 広 がり 高 層 ビル 大 型 建 造 物 これらはどんな 観 光 資 源 になるでしょうか? 東 京 都 都 市 公 園 等 区 市 町 村 別 面 積 人 口 割 比 率 表 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 大 型 公 園 が 多 い 2014 年 度 PBL 演 習 前 期 演 習 成 果 物 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 37

39 Works Team A Team B Team C Team D Introduction 1st Half Year 2nd Half Year 発 表 の 流 れ 対 象 地 区 について 全 体 のテーマ 設 定 コース 案 1 コース 案 2 まとめ あなたは 何 気 なく 写 真 を 撮 っていませんか? Class in Session 周 りと 同 じ 様 な 写 真 ばかりSNS にアップしていませんか? あなたの 一 眼 レフ ただの 飾 りになってませんか? 撮 るときに 少 し 意 識 することで 写 真 は 変 わります! 今 回 の2つのおおまかなルート スマートフォンユーザー ネタ 写 真 が 撮 れる 一 眼 レフユーザー 本 格 写 真 が 撮 れる 0 2km 発 表 の 流 れ 対 象 地 区 について 全 体 のテーマ 設 定 いいね!,ふぁぼ 量 産 コース 脱!ファッション 一 眼 コース まとめ TARGET SNSで 自 慢 したがりの 若 者 グループ 38

40 Team A Team B Team C Team D こんなネタ 写 真 を 東 京 で 撮 りませんか? ネタ 写 真 の 撮 り 方 の 分 類 撮 り 方 ガリバー 撮 り アリス 撮 り ワープ 撮 り ものボケ 撮 り 撮 り ガリバー 撮 り ガリバー 撮 りとは 人 を 巨 人 に 見 立 て まるでミニチュア の 世 界 にいるような 写 真 を 撮 る アリス 撮 り アリス 撮 りとは ガリバー 撮 りの 逆 で 自 分 がミニチュア になったような 写 真 を 撮 る ポイント ポイント FOR 撮 る 人 FOR 撮 る 人 カメラを 写 る 人 から 近 づけよ カメラを 写 る 人 から 遠 ざけよ おすすめスポット おすすめスポット 松 尾 芭 蕉 庭 園 からの 清 州 橋 東 京 ベイサイドホテル 隅 田 川 沿 いからの 水 上 バス ワープ 撮 り ワープ 撮 りとは 漫 画 の 世 界 や 過 去 にタイムスリップ したような 写 真 を 撮 る ものボケ 撮 り ものボケ 撮 りとは 既 存 のものを 使 って 別 のものに 見 立 てて 撮 る ポイント FOR 写 る 人 ワープした 世 界 にいるかのように ポイント FOR 写 る 人 芸 人 になりきれ 感 じよ おすすめスポット 毎 週 末 に 有 明 エリアで 開 催 されるコスプレの イベントがある おすすめスポット 松 尾 芭 蕉 庭 園 駐 車 場 からのパレットタウン 大 観 覧 車 葛 西 臨 海 公 園 駅 前 の 噴 水 水 の 広 場 公 園 葛 西 海 浜 公 園 から 江 東 区 清 掃 工 場 の 煙 突 怪 獣 公 園 10:00 SASUKE 撮 り SASUKE 撮 りとは 体 を 張 ってあたかもSASUKEのステー ジに 挑 んでるかのような 写 真 を 撮 る 11:50 大 江 戸 線 10:50 ゆりかもめ 13:30 ポイント FOR 写 る 人 16:00 全 力 で 勝 負 せよ 15:30 14:00 20:30 おすすめスポット 佃 島 砲 台 ゆりかもめ 国 際 展 示 場 清 砂 橋 りんかい 線 18:30 凡 例 徒 歩 自 転 車 電 車 2014 年 度 PBL 演 習 前 期 演 習 成 果 物 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 39

41 Works Team A Team B Team C Team D Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session 臨 海 部 は 工 場 や 大 型 マンションな どの 巨 大 建 築 が 多 い 撮 り をする には 絶 好 のエリアである 0 2km 埋 立 地 が 多 いた め 土 地 が 広 く 視 領 域 が 確 保 され やすい 失 敗 作 対 象 地 区 について 全 体 のテーマ 設 定 いいね!,ふぁぼ 量 産 コース 脱!ファッション 一 眼 コース まとめ 失 敗 を 何 回 もして 撮 れる 写 真 がある 最 後 には 撮 るポイント 撮 る 角 度 が 見 えてくる それを 探 すのが 楽 しい 発 表 の 流 れ TARGET 一 眼 レフを 買 ったまま ただのアクセサリーに してしまっている 人 一 眼 レフの 撮 影 機 能 って? 被 写 界 深 度 が 調 節 できる ボケを 活 かした 写 真 を 撮 ることができる ピントを 全 面 にあてることができる 被 写 体 に 寄 れる 場 所 花 壇 や 動 植 物 を 見 ることができる 大 型 公 園 一 眼 レフの 撮 影 機 能 って? 測 光 モードが 変 えられる 明 暗 差 のあるところで 写 真 を 撮 ることができる 水 景 夜 景 40

42 Team A Team B Team C Team D 一 眼 レフの 撮 影 機 能 って? シャッター 速 度 が 調 節 できる 流 れ 軌 跡 がある 写 真 を 撮 ることができる 水 景 夜 景 一 眼 レフの 撮 影 機 能 って? AF 機 能 が 優 れている 動 きがあるものを 撮 ることができる 動 物 を 見 ることができる 大 型 公 園 電 車 一 眼 レフの 撮 影 機 能 って? レンズが 替 えられる ex) ズームレンズ 広 角 レンズ 遠 景 を 撮 ることができる 水 辺 や 森 林 ランドマーク 機 能 + 構 図 = 本 格 写 真 額 縁 構 図 水 平 2 分 割 葛 西 臨 海 公 園 クリスタルビュー 東 京 水 辺 ラインより 3 分 割 ( 横 ) 3 分 割 ( 縦 ) 葛 西 臨 海 公 園 佃 公 園 2014 年 度 PBL 演 習 前 期 演 習 成 果 物 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 41

43 Works Team A Team B Team C Team D Introduction 1st Half Year 2nd Half Year 対 角 線 構 図 放 射 構 図 東 京 水 辺 ラインより 対 象 構 図 葛 西 臨 海 公 園 ダイヤと 花 の 大 観 覧 車 Class in Session 曲 線 構 図 東 京 ビッグサイト 清 澄 庭 園 ~タイムテーブル ルート 案 内 ~ 17:30 佃 公 園 18:30 17:20 FINISH 20:00 豊 洲 START 13:00 葛 西 臨 海 公 園 晴 海 ふ 頭 公 園 15:50 15:00 お 台 場 ゆりかもめ 0 2km 0 2km 凡 例 徒 歩 船 電 車 自 転 車 臨 海 部 は 水 を 使 った 写 真 が 撮 れる 公 園 が 多 い 全 体 まとめ レンズを 通 して 見 ることによっ てまちはより 魅 力 的 な 世 界 に 変 わる カメラの 練 習 をするには 絶 好 のエリ アである 水 辺 に 散 らばるきらめきを 探 し に 行 きませんか? 42

44 後 期 演 習 成 果 物 Team 1: おいでよ!! あらかわ 村 -あなたがあらかわ 村 にくるだけで 地 球 はちょっとうれしくなるー Team 2: TOKYO アイランド ー 12 の 島 からなる 観 光 圏 ー Team 3: 荒 川 妖 怪 開 化 - 妖 怪 散 歩 観 光 圏 ー Team 4: 荒 川 交 差 天 - 新 しいものが 生 まれる 場 所 ー 2014 年 度 PBL 演 習 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 43

45 Works Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session 1 班 : 太 田 彩 菜 須 崎 良 太 永 見 楓 日 比 谷 佳 乃 山 下 直 弥 2014 年 度 後 期 PBL 1 班 おいでよ!!あらかわ 村 ~あなたがあらかわ 村 にくるだけで 地 球 はちょっとうれしくなる~ 地 域 の 要 らない もの 地 域 の 残 したい もの 銭 湯 商 店 街 農 園 ゴミ 地 域 資 源 あらかわ 村 でまとめて 解 決! 44

46 Team 1 Team 2 Team 3 Team 年 度 後 期 PBL 1 班 おいでよ!!あらかわ 村 地 域 分 析 墨 田 区 江 東 区 江 戸 川 区 の 地 域 資 源 の 特 徴 商 店 街 墨 田 区 : 区 件 ある うちの 件 ものづくり やアートの 拠 点 観 光 に も 特 化 した 商 店 街 江 東 区 : 区 件 ある うちの 件 嗅 覚 味 覚 視 覚 聴 覚 触 覚 の 五 感 を 満 たす 空 間 の 演 出 で 賑 わう 商 店 街 江 戸 川 区 : 区 件 あ るうちの 件 総 武 線 の 駅 前 に 代 表 される 歴 史 の 古 い 商 店 街 と 新 設 駅 や 団 地 の 周 りにできた 新 しい 商 店 街 の 新 旧 つの 商 店 街 銭 湯 墨 田 区 : 区 件 ある うちの 件 足 踏 風 呂 座 風 呂 うたせ 超 音 波 風 呂 薬 湯 等 さまざま な 風 呂 が 楽 しめ 下 町 見 物 の 途 中 に 気 軽 に 寄 れる 江 東 区 : 区 件 ある うちの 件 古 い 門 構 え をしている 銭 湯 と 観 られる 銭 湯 が 多 い 江 戸 川 区 : 区 件 あ るうちの 件 大 田 区 に 次 いで 区 の 中 で 番 目 に 銭 湯 が 多 い 区 水 に 囲 まれた 地 域 で 昔 から 水 に 親 しんできた 地 域 なの で 銭 湯 にも 親 しみがある https://www.city.edogawa.tokyo.jp/s an_jigyosya/nogyo_suisan/noen/kum innoen/index.html 1km 廃 財 皮 革 木 工 ウレタン メッキ 紙 ガラ ス 繊 維 ゴム プラスチック 金 属 こ れらどの 業 種 でも 必 ず 製 造 過 程 で 発 生 して しまう 廃 材 をに 活 かしていくことは できないか そんな 思 いから 墨 田 区 では 配 財 プロジェクト という 活 動 が 行 われ ている 万 華 鏡 やカプセルはんこ 等 廃 材 を 活 かして 作 りながら 産 業 やについて 学 ぶ 機 会 になっている 農 園 江 戸 川 区 : 区 ヶ 所 あるうちのヶ 所 全 体 の 分 のも 占 めている 栽 培 から 収 穫 までを 楽 しめる 自 家 栽 培 が 出 来 たり 農 家 の 方 から 教 わって 野 菜 作 りを 体 験 したり することも 出 来 る 農 業 について 学 ぶきっ かけにもなる 体 験 農 園 で 収 穫 された 作 物 の 例 として じゃがいも 枝 豆 さつまい も 小 松 菜 はっさく 等 がある あらかわ 村 には 活 用 すべき 地 域 資 源 が 多 く 存 在! 年 度 PBL 演 習 後 期 演 習 成 果 物 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 45

47 Works Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session 2014 年 度 後 期 PBL 1 班 おいでよ!!あらかわ 村 下 町 情 緒 あふれる 地 域 資 源 を 残 しつつ 都 市 の 課 題 (=ごみリサイクル 問 題 )を 観 光 を 通 して 解 決 していくことはできないだろうか 3つのRを 手 段 に 観 光 客 がこの 観 光 圏 で 生 活 することで 不 要 になった 資 源 を 生 かして 地 域 を 活 かす 循 環 型 観 光 圏 あらかわ 村 の 提 案 です コンセプト 資 源 サイクル 率 お 惣 菜 を 買 うことは 各 家 庭 で 作 ることより 銭 湯 に 行 くことは 各 家 庭 でお 湯 を 沸 かすより 古 着 をあらかわ 村 民 の 目 印 にして 廃 油 をエネルギーにあらかわ 村 を 灯 して 工 場 廃 材 を 配 財 として 万 華 鏡 を 作 って 食 品 廃 棄 物 を 畑 の 肥 料 にして スチー ル 缶 89% アルミ 缶 93% ガラス 瓶 97% ペット ボトル 72% 古 紙 64% あらかわ 村 の 観 光 資 源 古 着 10% 廃 油 9% 生 ゴミ 47% 家 庭 でのリサイクルが 必 要 な 3 大 資 源 の 日 本 の 現 状 古 着 年 間 200 万 トンの 服 が 捨 て られている 古 着 の 多 くが アジアに 輸 出 されているも のの 需 要 と 供 給 のバランス がおかしい 廃 油 食 用 廃 油 は 業 務 用 35 万 t 家 庭 用 60 万 t まだ 本 格 的 な 取 り 組 みが されてない 生 ゴミ 日 本 は 食 糧 無 駄 捨 て 大 国 年 間 5500 万 tの 食 糧 を 輸 入 しながら1800 万 tも 捨 てて る このうち 半 分 以 上 にあ たる1000 万 tが 家 庭 から 3 46

48 Team 1 Team 2 Team 3 Team 年 度 後 期 PBL 1 班 おいでよ!!あらかわ 村 実 現 目 標 人 口 万 人 を 越 える 大 都 市 東 京 そんな 東 京 の 最 大 の 資 源 は ゴミ あらかわ 村 は に 環 境 先 進 都 市 東 京 を 目 指 すための 実 験 地 域 としての 位 置 づけ 観 光 で ゴミ 地 域 資 源 のシステムを 確 立 させ 年 に 東 京 都 区 部 に 資 源 サイクルシステムを 広 げ 将 来 的 には 北 欧 と 並 ぶ 環 境 先 進 都 市 を 目 指 す ターゲット 年 環 境 問 題 に 関 心 のある 人 家 族 連 れ 学 生 etc 東 京 観 光 のついでに 環 境 教 育 パッケージ 姉 妹 都 市 交 流 修 学 旅 行 社 会 化 見 学 姉 妹 都 市 グラズサック 市 : 墨 田 区 ウィーン 市 : 墨 田 区 サレー 市 : 江 東 区 マシリー 市 : 墨 田 区 ゴスフォード 市 : 江 戸 川 区 経 営 システム 事 例 若 狭 美 浜 キャンプ 場 1 区 画 2000 円 貸 しテント 2000 円 BBQセット 1300 円 1 人 あたり 料 金 駐 車 料 金 1000 円 平 日 土 日 祝 日 参 加 費 500 円 キャンプ(1 泊 ) 1000 円 1500 円 BBQ 500 円 合 計 2000 円 2500 円 キャンプしないことも 可 能 集 客 見 込 み 年 間 万 人 の 集 客 を 見 込 む! 事 例 サクラホステル 浅 草 ドミトリー:2940 円 ~ 事 例 福 岡 ローマン 渓 谷 オートキャンプ 場 サイト 数 60 営 業 日 数 275 日 利 用 者 数 人 年 度 PBL 演 習 後 期 演 習 成 果 物 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 47

49 Works Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session 全 体 構 想 2014 年 度 後 期 PBL 1 班 おいでよ!!あらかわ 村 5 48

50 Team 1 Team 2 Team 3 Team 年 度 後 期 PBL 1 班 おいでよ!!あらかわ 村 1 家 庭 でゴミを 出 す 産 業 廃 棄 物 収 集 運 搬 業 者 廃 油 を 回 収 し リサイクルする 地 域 の 中 小 企 業 2ステーションに 持 っていく 渡 辺 油 脂 工 業 3 資 源 化 する 現 在 の 廃 油 ステーションに 全 ヶ 所 のECOステーションを 配 置 その 後 各 収 集 所 へ 運 搬 川 の 駅 古 着 廃 油 生 ゴミ ファッショ ンショー 石 鹸 肥 料 ECOステーションMAP 農 園 農 園 スカーフ 銭 湯 電 気 野 菜 あらかわ 村 に 必 要 なもの 地 域 資 源 商 店 街 廃 油 から 発 電 の 事 例 あらかわ 村 民 の 目 印 首 に 頭 に 手 首 に みんなで 咲 かせよう ~ 冬 の 桜 ~ エネルギーの 地 産 地 消 を 実 現 ご 家 庭 や 飲 食 店 などか ら 出 る 廃 食 油 を バイオディーゼル 燃 料 にリサイクル 自 家 発 電 でイルミ ネーションを 点 灯 して います 年 度 PBL 演 習 後 期 演 習 成 果 物 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 49

51 Works Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session Ⅰ 観 光 客 あらかわ 村 ビジターセンターは あらかわ 村 のエコシステムについて 理 解 し てもらい 訪 れた 観 光 客 が 新 たに 村 人 となるための 出 発 点 になることを 目 的 とした 施 設 とする Ⅱ 地 域 住 民 水 彩 テラス~ 憩 ~ 学 ~を 設 けることで 地 域 住 民 と 村 人 が 交 流 できる 場 と 位 置 付 ける また ステーションやマネー 交 換 制 度 を 設 けることで 地 域 住 民 にとっても 気 軽 に 立 ち 寄 れる 場 とする 川 の 駅 イメージ スカイダック 発 着 所 中 洲 へ 向 かう 人 はここからスカ イダックに 乗 り 込 む 混 雑 を 避 けるべく 発 着 所 は 一 方 通 行 とする 2014 年 度 後 期 PBL 1 班 おいでよ!!あらかわ 村 サイクルステーション 中 洲 での 生 活 に 必 要 なものを 取 りに 行 く 際 の 交 通 手 段 である 自 転 車 の 貸 出 場 あらかわマネー 換 金 窓 口 にて 地 域 通 貨 である あらかわマネーに 換 金 地 域 の 方 も 利 用 可 能 村 人 入 門 観 光 客 には 村 人 となるべく あらかわ 村 のエコシステムについての ビデオ 解 説 に 参 加 してもらう また この 場 で 観 光 マップを 受 け 取 る 水 彩 テラス~ 学 ~ エコやリサイクルなど 環 境 についての 本 や 資 料 を 置 き 地 域 の 子 供 たちへの 学 習 の 場 や 地 域 住 民 が 集 まれる 場 となることを 目 指 す イメージ 図 ベンチ 掘 りベンチ 本 棚 6000 坂 のベンチ 水 彩 テラス~ 憩 ~ 地 域 住 民 がふらっと 訪 れ ゆったり 過 ごすことがで きる 場 また あらかわマネーを 使 ってグッズなど お 土 産 を 購 入 できる お 手 洗 いはここ クローク 中 洲 には 一 泊 するために 必 要 な 物 のみ 持 ち 込 むため それ 以 外 の 荷 物 をここで 預 ける ステーション 地 域 住 民 がいらなくなった 古 着 や 廃 油 生 ごみを 提 供 できる 場 提 供 者 はあらかわマネーと 交 換 でき 水 彩 テラスの 売 店 や あらかわ 村 各 地 で 利 用 す ることができる

52 Team 1 Team 2 Team 3 Team 年 度 後 期 PBL 1 班 おいでよ!!あらかわ 村 ナゼナカス? 中 洲 の 特 徴 として 次 の 点 があげられる 水 に 囲 まれており 離 れ 小 島 のような 雰 囲 気 を 持 っている 高 速 道 路 が 通 っているが 極 めて 静 か 利 用 されていない ごみが 至 る 所 にある 近 づきがたい この 特 別 な 空 間 をもっと 活 用 していきたい!! ナカスデザイン 花 道 提 案 特 異 的 な 空 間 を 都 市 の 資 源 を 活 用 したアウトドアスペースにする 食 べるゾーン 調 理 台 竈 焚 火 台 を 置 いておき 火 を 熾 して 調 理 を 行 う 作 ったものを 大 きな テントの 下 で 食 べる スカイダック 発 着 所 客 席 階 段 キャンプゾーン 観 光 客 のあらかわ 村 での 住 居 となる テントは 観 光 客 が 組 み 立 て テントの 床 にヒノ キチップを 敷 き 詰 めて 住 居 が 完 成 となる 夜 になると テント 中 から 廃 油 を 用 いて 明 かり を 灯 し 夜 のナカスをテントが 彩 る 舞 台 交 流 のシカケ 地 域 住 民 と 村 人 との 交 流 を 図 るために 舞 台 を 設 けることでイベントを 行 う 世 界 料 理 コンテスト あらかわ 村 で 集 めてきた 食 材 を 使 って 一 品 料 理 を 作 ってもらう 作 った 料 理 をお 互 いにシェアし 地 域 の 方 に 審 査 してもらうことにより 村 人 の 交 流 を 深 める 古 着 ファッションショー あらかわ 村 で 集 めた 古 着 を 自 分 たちでコーディネートし ファッションショーを 行 う 出 演 者 は 高 架 下 から 入 場 して 花 道 を 通 り 舞 台 でターンし 観 客 は 階 段 から 鑑 賞 する キャンプファイヤー ステージ 前 で 大 きな 焚 火 をし その 周 りを 村 人 で 囲 み 歌 を 歌 い 踊 る 年 度 PBL 演 習 後 期 演 習 成 果 物 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 51

53 Works Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session あらかわ 村 のみで 使 える 地 域 通 貨 リバーの 導 入 この 村 で 生 活 する 際 に 欠 かせないものであり あらかわ 村 の 経 済 はこの あらかわマネーで 回 っている 背 景 あらかわ 村 の 村 民 として 生 活 すること を 意 識 してもらうこと 荒 川 流 域 観 光 圏 を 空 間 的 に 意 識 しても らうこと 観 光 客 と 地 域 とを 結 びつけるためツール 以 上 3つの 理 由 よりこのあらかわマネーと いう 地 域 通 貨 を 導 入 することにした 観 光 客 拠 点 にてあらかわマ ネーに 換 金 する あらかわ 村 で 生 活 する 中 で 様 々なアクション を 起 こすときにこれを 使 いやり 取 りをする あらかわ マネー 受 け 取 る 生 ごみや 廃 油 古 着 を 持 ち 込 む 地 域 住 民 自 宅 にある 古 着 や 廃 油 古 本 などの 資 源 をあら かわマネーと 交 換 銭 湯 や 商 店 街 など 地 域 の 施 設 でこれを 利 用 する ことができる あらかわマネーの 流 れ 観 光 客 現 金 と 換 金 あらかわ 村 事 務 局 あらかわ マネー もらう あらかわ マネー 各 施 設 での 購 入 の 際 使 用 する 商 店 街 などで の 買 い 物 に 利 用 できる 地 域 資 源 商 店 街 農 園 銭 湯 スーパー 電 子 マネー! 2014 年 度 後 期 PBL 1 班 おいでよ!!あらかわ 村 荒 川 マネー ~ 観 光 客 ~ 円 リバー 街 中 の 資 源 を 回 収 してくると あたりリバーで 交 換 できる 追 加 で 換 金 はできるが 持 ち 帰 る ことはできず 有 効 期 限 は 半 年 間 ~ 地 域 住 民 ~ 生 ごみあたりリバー 廃 油 あたりリバー 古 着 あたりリバー 月 に 世 帯 あたり 生 ゴミは 約 50 廃 油 は 約 15も 排 出 している ピッ 各 施 設 に 設 置 されて いる 読 み 取 り 機 に タッチしてマネーの やり 取 りをする 先 行 事 例 アトム 通 貨 全 国 年 ~ 地 域 活 性 化 につながる 活 動 をした 際 に ~ 馬 力 の アトム 通 貨 を 配 布 地 元 商 店 街 で 使 用 でき 商 品 購 入 の 際 に 馬 力 円 相 当 で 使 用 できる エコマネー 京 都 市 年 ~ マイボトルを 使 ったり 衣 料 品 を 持 ち 込 みポイントを 得 る ポイントで 円 の 割 引 券 として 使 える 地 域 住 民 9 52

54 Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 年 度 後 期 1 班 おいでよ!!あらかわ 村 : ビジターセンター 拠 点 あらかわ 村 の 入 り 口 となる 川 の 駅 に 行 き 荷 物 を 預 け 紹 介 ビデオを 見 て 村 人 になる 準 備 をする そして スカイダックに 乗 って 住 居 がある アラカ ワナカス に 出 発!! : 住 居 作 り アラカワナカス 荒 川 ロックゲートをくぐり アラカワナカスに 到 着! 自 分 の 敷 地 に 行 き アラカワナカスにある 住 居 (テン ト)を 作 る : マネーでお 買 い 物 商 商 商 商 商 湯 商 商 湯 商 湯 商 商 商 農 商 商 商 商 湯 農 農 商 湯 農 住 居 を 作 り 終 えると ナカスから 船 に 乗 り 地 域 に 出 向 く 地 域 には 特 徴 のある 商 店 街 や 農 園 銭 湯 が 点 在 しているので あらかわマネーを 使 って 生 活 に 必 要 なものを 手 に 入 れる : 直 火 でクッキング! 地 域 から 集 めてきた 資 源 を 生 かし 料 理 を 作 る 料 理 は 電 気 を 使 うのではなく 自 分 で 火 を 熾 し 焚 火 を 使 って 調 理 を 行 うことで 自 然 を 満 喫 して もらう : あらかわイベント : キラキラ 朝 ごはん あらかわ 村 の 中 心 である アラカワナカス で は 地 域 と 観 光 客 の 交 流 つまり 村 人 の 交 流 を 深 めるために 古 着 ファッションショーや 世 界 料 理 コンテストなどのイベントが 開 かれている また テントの 中 から 廃 油 を 用 いて 明 かりをつ けることでナカスをカラフルに 暖 かく 彩 る 朝 市 が 有 名 なキラキラ 橘 商 店 街! 喫 茶 店 はお 店 の 前 でサンドイッチを 魚 屋 は 海 産 物 を 売 っているので それも 買 うのもよ し 喫 茶 店 にはモーニングセットもあるので それを 頼 むのもよし 年 度 PBL 演 習 後 期 演 習 成 果 物 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 53

55 Works Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session まる まる 岩 木 勇 太 宮 坂 涼 齋 藤 朱 莉 三 富 ちさと 54

56 Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 水 路 が 多 い 開 発 時 期 の 違 いがある 観 光 圏 を 島 に 見 立 てよう 島 ごとに 特 徴 づけ 江 千 住 島 宿 場 町 でひとやすみしよう 昭 立 石 島 のんべえになろう 昭 向 島 路 地 に 迷 い 込 もう 江 本 所 島 お 相 撲 さんに 会 おう 平 井 島 旧 中 川 で 遊 ぼう 昭 亀 戸 島 レトロ 商 店 街 を 散 策 しよう 江 深 川 島 深 川 めしを 食 べよう 現 越 中 島 海 洋 大 で 学 ぼう 明 月 島 もんじゃ 焼 を 食 べよう 砂 町 島 ロックゲートを 通 ろう 現 新 砂 島 砂 町 と 比 較 しよう 現 豊 洲 島 マジックビーチでのんびりしよう 2014 年 度 PBL 演 習 後 期 演 習 成 果 物 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 55

57 Works Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session 水 路 が 多 い 開 発 時 期 の 違 いがある 方 針 島 巡 りの 例 観 光 圏 を 島 に 見 立 てよう 対 象 地 域 には 川 や 運 河 が 多 いため 水 路 で 囲 まれたエリアを 島 に 見 立 て 観 光 圏 全 体 を 諸 島 として 捉 え 島 めぐりという 形 で 周 遊 を 促 す 島 ごとに 特 徴 づけ エリアごとの 特 徴 を 島 の 魅 力 とし 島 をめぐることでそれぞれの 島 の 違 いを 楽 しむことができる 島 ごとの 特 徴 にあわせた でをに~する というテーマを 設 定 し アクティビティを 提 案 する 時 代 の 変 化 を 楽 しむ / 特 定 の 時 代 を 楽 しむ / 食 を 楽 しむ / 水 辺 のアクティビティを 行 う 時 代 の 変 化 を 楽 しむ 向 島 昭 和 にできた 路 地 本 所 島 江 戸 の 町 割 り 月 島 明 治 から 続 くもんじゃ 焼 豊 洲 島 現 代 の 人 工 ビーチ 昭 昭 江 昭 明 現 特 定 の 時 代 を 楽 しむ 亀 戸 島 昭 和 の 商 店 街 向 島 昭 和 にできた 路 地 立 石 島 昭 和 の 雰 囲 気 漂 う 飲 み 屋 56

58 Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 ターゲット 主 に 観 光 圏 外 の 東 京 近 郊 に 住 む 人 気 軽 に 訪 問 可 能 朝 早 くから or 夜 遅 くまで 周 遊 可 能 パスポートによるリピーターになりうる 効 果 観 光 圏 全 体 の 活 性 化 各 エリアを 島 と 見 立 てて 周 遊 型 観 光 を 促 進 知 名 度 が 低 い 観 光 資 源 への 訪 問 促 進 周 遊 により 観 光 圏 の 滞 在 時 間 を 延 長 パスポートの 導 入 でリピーター 獲 得 課 題 交 通 の 不 便 さ 島 めぐりしにくい エリアの 境 界 が 分 かりにくい 島 間 の 移 動 中 に 変 化 を 感 じにくい 対 象 地 域 には 商 店 街 が 多 いが 寂 れているように 感 じられるものがある 観 光 地 としての 活 気 が 足 りない あまり 認 識 されていない 観 光 資 源 がる 観 光 資 源 を 発 掘 しなければ 島 ごとの 特 徴 にならない プロジェクト ようこそプロジェクト 島 のデザインプロジェクト 空 間 的 ぽ さ 入 口 整 備 で 島 に 入 った 感 を 出 す それぞれの 島 のテーマを 感 じさせる こう 移 動 して 島 を 感 じろ プロジェクト 島 っぽさ 特 徴 を 際 立 たせて 統 一 させることで 各 島 の 特 徴 をわかりやすくする 探 検 隊 プロジェクト 内 容 的 ぽ さ 観 光 客 がまるで 島 をめぐっ ていると 感 じることができる 移 動 手 段 を 提 案 する 島 らしいアクティビティを 行 いながら 新 たな 観 光 資 源 を 発 掘 し 定 着 させる 2014 年 度 PBL 演 習 後 期 演 習 成 果 物 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 57

59 Works Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session 凡例 圏外からの人の流れ 島内のメインエリア 川の港 入口整備 川の駅 対比を楽しめる橋 ᵆ水色は水上交通ᵇ 類似テーマを結ぶ橋 ᵆ水色は水上交通ᵇ 58

60 Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 宮 坂 涼 入 り 口 や 境 界 線 拠 点 の 整 備 を 行 い 島 っぽさ を 出 す アイランドサインカントリーサイン それぞれの 島 の 特 徴 や 観 光 資 源 を 表 現 したカントリーサインを 製 作 それらを 島 の 入 り 口 に 設 置 して 島 に 入 ったと 実 感 させる カントリーサインとは 市 町 村 の 境 界 に 設 置 して 道 路 を 通 行 する 人 を 案 内 する 市 町 村 案 内 標 識 と 市 町 村 の シンボルマーク 標 示 を 一 体 としたもの 道 路 のランドマークのひとつとして 設 置 される アイランドサインと 一 緒 にある QRコードを 読 み 取 れば その 島 の 専 用 観 光 サイトにつながる! 北 海 道 のカントリー サインの 例 サンプル 専 用 観 光 サイトは 観 光 施 設 が 提 供 する 情 報 だけでなく 観 光 客 も 口 コミを 書 き 込 める 共 創 サイト になっている パスポートコントロール パスポートの 楽 しみ 方 1スタンプを 集 めて 島 マスターに! 入 島 審 査 の 際 に 押 されるアイランドサインの スタンプを 集 めて 観 光 圏 をコンプリート 2スタンプを 集 めたパスポートを 持 っているとお 得! パスポートを 掲 示 すると 料 金 や 代 金 が 割 り 引 きに なるように 観 光 圏 内 の 観 光 施 設 や 飲 食 店 と 提 携 目 的 パスポートの 内 容 より 楽 しくアクティブに 島 めぐりを 楽 しんでもらうため 他 の 島 に 入 る 際 に 簡 単 には 入 れないようにして 苦 労 して 島 に 入 ったという 達 成 感 を 味 わわせ 島 にいる 実 感 をしてもらう 設 定 するルール 運 営 について パスポートがなければ 島 間 の 移 動 ができない 入 島 審 査 を 受 けなければならない ( 入 島 審 査 アンケート スタンプ ) パスポートコントロールを 行 う 人 員 や 人 件 費 などの 点 から 入 島 審 査 場 の 運 営 は 土 日 祝 日 のみ 割 引 の 対 象 店 との 提 携 や 入 島 審 査 場 の 運 営 を 考 慮 してパスポートの 発 行 300と 想 定 集 めたスタンプの 状 態 に 応 じて 提 携 店 の 割 り 引 きが 受 けられる 仕 組 みになっている! さらに! 観 光 圏 のスタンプ 全 種 類 を3 回 コンプリートする (パスポートをすべてスタンプで 埋 める)と 観 光 圏 内 のレンタサイクルが 無 料 に! 無 料 の 観 光 パスポート 有 料 の 観 光 パスポート 栃 木 パスポート 伊 豆 の 国 観 光 パスポート みえ 旅 パスポート 東 北 パスポート うどん 県 公 式 パスポート 龍 馬 パスポートII おどる 宝 島!パスポート 長 崎 プラチナパスポート 2014 年 度 PBL 演 習 後 期 演 習 成 果 物 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 59

61 Works Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session 宮 坂 涼 川 の 港 川 の 港 観 光 圏 に 入 る 際 にまず 立 ち 寄 ってもらう 拠 点 この 川 の 港 でパスポートを 入 手 することで 観 光 圏 を 周 遊 する ことができる 川 の 港 の 機 能 パスポート 発 行 所 入 島 審 査 場 船 着 場 観 光 案 内 所 レンタサイクルポート お 土 産 屋 飲 食 店 入 島 審 査 場 を 兼 ね 備 えた 道 の 駅 をイメージ 入 り 口 や 境 界 線 拠 点 の 整 備 を 行 い 島 っぽさ を 出 す 動 線 川 の 港 構 想 図 施 設 配 置 のイメージ 動 線 川 の 港 の 設 置 場 所 決 定 の 要 因 大 陸 側 から 橋 を 渡 る 際 の 観 光 圏 側 の 景 色 が 良 い 船 歩 行 者 自 転 車 利 用 者 がアクセスしやすい( 駅 も 遠 くない) 車 でもアクセスしやすい( 平 井 大 橋 ) 河 川 敷 の 土 地 を 利 用 しやすい( 平 井 大 橋 ) 車 の 通 りが 少 ない 橋 も 利 用 したかった( 桜 橋 ) 動 線 川 の 駅 ラフスケッチ 川 の 駅 観 光 圏 内 で 別 の 島 へ 移 動 する 際 に 島 の 入 り 口 にある 小 さい 拠 点 おもに パスポートコントロールを 行 う 入 島 審 査 場 の 役 割 を 果 たす 隣 の 島 に 接 するすべての 橋 の 周 辺 に 川 の 駅 を 設 置 することは 困 難 なので 隣 り 合 う 島 の 境 界 に1つ 置 く したがって 周 遊 者 に 渡 ってもらう 橋 を 限 定 川 の 駅 の 設 置 場 所 に 関 して 境 界 線 が 細 い 水 路 である 島 が 多 いため 新 しく 土 地 を 作 ることが 困 難 したがって 限 定 した 橋 の 周 辺 に 現 在 ある 施 設 を 活 用 ex) 交 番 コンビニ 郵 便 局 駅 など 人 が 常 駐 している 施 設 川 の 駅 の 機 能 入 島 審 査 場 船 着 場 ( 一 部 ) 観 光 案 内 所 レンタサイクルポート( 一 部 ) 60

62 Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 岩 木 勇 太 島 間 の 違 いを 見 せることで 島 っぽさを 出 す 現 状 普 通 に 巡 っただけでは 島 を 感 じにくい 目 的 観 光 客 がより 島 を 巡 っていると 思 えるような 移 動 方 法 ルートの 提 案 方 法 各 島 への 上 陸 感 を 演 出 しやすい 橋 があればその 橋 を 推 奨 移 動 ルート として 設 定 する 適 した 橋 が 無 い 場 合 や 島 同 士 が 地 続 きである 場 所 は 水 上 交 通 を 整 備 して 島 への 上 陸 感 を 演 出 する 迷 路 のように 無 秩 序 な 町 並 みの 向 島 碁 盤 の 目 のように 区 画 が 整 った 本 所 島 はセットでの 訪 問 がおススメ 桜 橋 の 拠 点 から 船 に 乗 って 移 動 することで 観 光 客 が 島 を 意 識 しやすい 千 住 島 には 適 した 橋 が 無 いため 水 上 交 通 を 利 用 して 上 陸 する 川 の 駅 から 見 どころとなる 千 住 宿 までは 距 離 が あるため 拠 点 からのレンタサイクルの 利 用 または 鉄 道 の 利 用 がおススメ 千 住 宿 商 店 街 桜 橋 碁 盤 の 目 迷 路 砂 町 新 砂 木 根 川 橋 呑 んべ 横 丁 平 井 大 橋 ロック ゲート 理 想 的 な 橋 ( 大 きく 他 の 橋 が 近 くに 見 えず 島 から 島 に 渡 った 気 持 ちになれる) 川 の 港 川 の 駅 水 上 交 通 橋 ロックゲートは 是 非 船 で 抜 けたい 古 くから 存 在 した 砂 町 島 と 埋 め 立 てられた 新 砂 島 の 雰 囲 気 の 違 いを 楽 しんで もらうためにセットでの 訪 問 がおススメ しかし 両 島 の 境 界 は 地 続 きであるため 各 島 の 川 の 駅 から 船 を 利 用 する 2014 年 度 PBL 演 習 後 期 演 習 成 果 物 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 61

63 Works Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session 岩 木 勇 太 島 間 の 違 いを 見 せることで 島 っぽさを 出 す 川 の 港 川 の 駅 水 上 交 通 橋 自 転 車 圏 外 からの 人 の 流 れ 62

64 Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 齋 藤 朱 莉 それぞれの 島 の 特 徴 を 活 かして 再 開 発 する SUMOテーマパーク 本 所 島 現 状 : 相 撲 に 関 する 有 名 な 観 光 スポットはあるけれど 相 撲 の 文 化 を 感 じることができる 場 所 が 体 系 的 にまとめられていないので どこに 行 けばいいのか 分 からない 方 法 : 力 士 御 用 達 レストラン(ちゃんこ)や 銭 湯 相 撲 の 文 化 を 感 じられる 場 所 が 載 っているガイドブックを 作 成 し 両 国 駅 や 観 光 案 内 所 に 置 く ガイドブックに 載 せるもの 力 士 御 用 達 の 食 堂 銭 湯 相 撲 を 感 じる 場 所 回 向 院 通 り 沿 いの 力 士 像 駅 周 辺 に 浴 衣 を 着 たちょんまげ 姿 の 力 士 が 出 没 相 撲 部 屋 昭 和 の 飲 み 屋 に 行 立 石 島 現 状 :のんべえ 横 丁 は 雑 然 としていて 少 し 入 りづらい 雰 囲 気 がある 方 法 : 観 光 客 が 入 りやすいように 整 備 する 昭 和 の 居 酒 屋 をコンセプトに エリア 全 体 で 昭 和 30 年 をイメージしたレトロな 雰 囲 気 を 感 じることが できる 外 観 内 装 に 変 更 し 統 一 感 を 持 たせる 各 居 酒 屋 の 入 口 にメニューを 置 いたり エリア 全 体 で 昭 和 のBGMを 流 し のんべえ 横 丁 に 入 りやすい 雰 囲 気 を 作 る 活 気 を 持 たせるために エリアを 拡 大 する 江 戸 時 代 千 住 島 現 状 :かつて 宿 場 町 であったエリアだが 現 在 は 商 店 街 になっている 方 法 :かつての 江 戸 時 代 の 宿 場 町 を 意 識 し ステイできるエリアとして 再 開 発 する 宿 ホテルにこだわり 江 戸 時 代 のホテルライフを 楽 しめるエリアにする 江 戸 時 代 の 宿 泊 体 験 と 現 代 のホテルライフの 快 適 さを 融 合 させる 2014 年 度 PBL 演 習 後 期 演 習 成 果 物 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 63

65 Works Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session 三 富 ちさと 現 状 目 的 方 法 事 例 魅 力 を 発 掘 し 島 っぽさを 出 す 島 っぽいアクティビティが 少 ない 常 には 利 用 できる 観 光 資 源 として 使 われていない 魅 力 がわかりにくく 訪 れてもらいにくい 島 の 観 光 資 源 を 発 掘 し 定 着 させること 複 数 の 島 をめぐる 例 を 示 すことで 他 の 島 もめぐってもらうきっかけを 作 ること 水 や 船 を 活 かした 島 っぽいアクティビティを 取 り 入 れる 休 日 に 今 後 常 設 したいアクティビティを 取 り 入 れたツアーを 行 う 途 中 にまちあるきも 行 い 参 加 者 に 写 真 を 撮 ってもらったりアンケートをとったりすることで 新 たな 資 源 を 発 掘 する 参 加 者 のツアー 代 金 を 割 安 にして 参 加 を 動 機 付 ける 横 浜 市 泉 区 魅 力 発 見 フォトコンテスト 日 常 の 中 で 見 つけた それぞれの 季 節 地 域 の 魅 力 の 写 真 を 募 集 名 古 屋 市 熱 田 区 まちじゅうがイベント あったか!あつた 魅 力 発 見 市 2014 マルシェ( 市 場 )のガイドツアー 海 洋 大 越 中 島 ~ 操 船 シミュレーター 体 験 ~ 大 きな 船 で 移 動 する 気 分 に 島 っぽさ 事 例 神 戸 大 学 や 横 浜 みなと 博 物 館 1 日 限 定 のイベント 将 来 像 最 終 的 には 休 日 は 観 光 客 を 受 け 入 れる 体 制 を 整 えて 予 約 客 以 外 にも 対 応 する 旧 中 平 井 島 ~カヤック 体 験 ~ 水 を 使 ったアクティビティ 島 っぽさ 現 状 カヤック 体 験 は 毎 日 開 催 されているが 6,000 円 前 後 と 手 軽 ではない 運 航 方 法 が 定 まっているので 安 全 で アクティビティに 向 いている 将 来 像 島 めぐりをしている 観 光 客 が 気 軽 に 立 ち 寄 ることができるアクティビティにする 砂 町 島 ~ 水 門 通 過 体 験 ~ 船 で 上 陸 する 島 っぽさ 新 砂 島 知 らない 町 を 探 検 島 っぽさ スカイダック(バス)で 移 動 毎 回 違 う 場 所 で2ヶ 所 くらい 途 中 下 車 をしてまちあるきをする 将 来 像 アンケートや 写 真 から 新 しい 観 光 資 源 を 発 掘 する 現 状 個 人 でも 通 過 することは 可 能 だが イベント 以 外 で 船 を 持 たない 人 が 通 過 する ことは 困 難 将 来 像 イベントではなく 常 設 でロックゲートを 通 過 する 船 を 運 航 させる 64

66 り 恐 の 逸 の 鬼 太 怪 展 Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 荒 川 妖 怪 開 化 ~ 妖 怪 散 歩 観 光 圏 ~ 荒 川 地 域 で 妖 怪 をつかい 地 域 資 源 を 開 化 させる この 観 光 圏 の 見 方 考 え 方 妖 怪 がもつ2つの 側 面 を 使 って 荒 川 地 域 の 資 源 に 光 を 当 てた 観 光 を 生 み 出 す 現 在 の 妖 怪 の 使 われ 方 妖 怪 は2つの 側 面 を 持 つ 集 客 力 なぜ 荒 川 か 1つ 目 は 妖 怪 は 人 々の 戒 め 教 訓 妖 怪 とは 本 来 キャッチーさ 恐 れ 知 恵 を 具 現 化 したという 側 面 怪 奇 物 語 が 多 い 2つ 目 は 妖 怪 のキャッチーで 集 客 力 の 高 いという 側 面 恐 れ 教 訓 知 恵 戒 め 妖 怪 の 出 やすい 空 間 既 存 の 妖 怪 観 光 あり 対 象 地 域 は 妖 怪 の 多 い 江 戸 でも 特 に 妖 怪 怪 奇 物 語 が 多 い また 対 象 地 域 に 小 規 模 であるが 妖 怪 で 街 歩 きをしている 地 区 がある 地 域 と 妖 怪 の 結 び 付 け 方 地 域 固 有 の 妖 怪 直 接 的 に 相 関 間 接 的 に 相 関 荒 川 妖 怪 開 化 目 標 1 妖 怪 を 通 して 地 域 資 源 地 域 の 歴 史 のことを 知 ってもらう 2 先 人 の 知 恵 である 妖 怪 そのものを 知 ってもらう 3 地 域 の 人 と 連 携 をとれた 観 光 圏 づくり 見 せたい 地 域 資 源 見 せたい 地 域 資 源 地 域 の 事 件 から 生 まれた 妖 怪 を 知 ることで 地 域 の 事 件 を 知 る 地 域 の 妖 怪 を 知 るプロセ スで 地 域 資 源 を 知 る プロジェクト2 プロジェクト3 地 域 固 有 ではない 妖 怪 直 接 的 に 相 関 地 域 の 空 間 妖 怪 が 出 そうな 空 間 の 資 源 を 妖 怪 で 見 せる プロジェクト4 プロジェクト5 妖 怪 画 像 は 国 際 日 本 文 化 センター 怪 異 妖 怪 絵 姿 怪 異 妖 怪 画 像 より 引 用 2014 年 度 PBL 演 習 後 期 演 習 成 果 物 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 65

67 Works Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session 荒 川 妖 怪 開 化 なぜ 妖 怪 か~ 着 眼 点 と 現 状 分 析 ~ 妖 怪 とは 本 来 目 には 見 えない 恐 れ や 教 訓 戒 め 知 恵 を 形 にしたもの ある 地 域 にしか 出 現 しない 妖 怪 空 間 的 特 徴 が 同 じであれば 違 う 地 域 にも 出 現 する 妖 怪 姿 形 のある 妖 怪 ( 例 : 河 童 鬼 天 狗 ) 怪 異 現 象 と 呼 ばれる 姿 形 のない 妖 怪 ( 例 : 音 匂 い ) 出 現 しやすい 時 間 帯 : 夕 暮 れ 時 ~ 明 け 方 出 現 しやすい 場 所 : 柳 の 木 の 下 や 橋 のたもと なぜ 荒 川 か 対 象 地 域 の 既 存 妖 怪 観 光 妖 怪 さんぽ 妖 怪 ナビゲーターぬらりひょん 打 田 ナビゲーターと 共 にご 当 地 妖 怪 スポット( 主 に 神 社 やお 寺 )を 巡 りながら 地 域 の 妖 怪 を 知 るツアー 文 京 区 編 浅 草 編 以 外 にも 新 宿 区 編 六 本 木 編 など 東 京 全 域 で 行 っている 対 象 地 域 の 妖 怪 民 話 の 分 布 現 在 の 妖 怪 の 使 われ 方 鳥 取 県 境 港 水 木 しげるロード 水 木 しげるが 創 作 した 妖 怪 ゲゲゲの 鬼 太 郎 の ブロンズ 像 の 設 置 や 水 木 しげる 記 念 館 ゲゲゲの 妖 怪 楽 園 というアミューズメント 施 設 妖 怪 神 社 やオリジナルの 妖 怪 検 定 も 行 っている 妖 怪 ウォッチ 2013 年 に 街 中 に 潜 む 妖 怪 と 友 達 になり 敵 と 戦 うゲームソフトとして 販 売 されたが テレビアニメの 放 送 によって 爆 発 的 ヒット ダジャレと 妖 怪 を 組 み 合 わせていたり 子 どもが 親 しみやすい 作 品 着 目 した 地 域 資 源 隅 田 川 妖 怪 絵 巻 NPO 法 人 千 住 すみだ 川 南 千 住 のまちを 歩 いて 妖 怪 がいそうな 場 所 を 探 し 出 し 新 しい 妖 怪 を 考 える 南 千 住 百 物 語 という 地 域 固 有 の 妖 怪 が 実 際 の 土 地 にスマートフォンの 画 面 を 通 して 現 れるアプリを 作 成 し 街 歩 きのツールを 生 み 出 した 妖 怪 まちあるき デジタルハリウッド 大 学 本 所 七 不 思 議 など 墨 田 区 の 民 話 や 会 談 を 聴 き 涼 しさを 感 じるイベント 怪 談 の 夕 べ を 行 う 会 場 までの 道 のりを 街 中 に 点 在 する 妖 怪 スポットを 巡 りながら 散 策 するための スマートフォンアプリ 荒 川 妖 怪 開 化 ~ 妖 怪 散 歩 観 光 圏 ~ 観 光 圏 の 課 題 メジャーではない 観 光 資 源 は 観 光 客 にとって 魅 力 が 少 ないため 訪 れる 人 があまりいない 観 光 圏 の 目 標 観 光 客 にとって 魅 力 的 な 地 域 となり 訪 れる 人 が 増 えることによって 地 域 に 経 済 的 恩 恵 がもたらされる 66

68 Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 荒 川 妖 怪 開 化 観 光 圏 の 全 体 構 成 全 体 構 成 ~ 各 プロジェクトの 役 割 ~ プロジェクト1 妖 怪 館 で 知 識 と 興 味 を 得 て 2~5のプロジェクトを 順 不 同 に 巡 る プロジェクト1 妖 怪 散 歩 への 始 まりの 場 妖 怪 館 出 発 地 点 として 妖 怪 の 基 礎 知 識 興 味 を 得 る 知 れる 妖 怪 は? 地 域 固 有 文 化 全 般 妖 怪 の 何 に 注 目? 教 訓 地 域 資 源 知 れる 度 合 少 ない 深 い 全 体 構 想 図 誰 でもオススメ! キャッチー 多 い 浅 い プロジェクト2 楽 しく 知 ろう! 災 害 妖 怪 ツアー 災 害 に 密 接 な 妖 怪 を 通 して 地 域 の 災 害 を 知 る 知 れる 妖 怪 は? 妖 怪 の 何 に 注 目? 地 域 固 有 教 訓 地 域 資 源 知 れる 度 合 少 ない 深 い プロジェクト3 おじいちゃんと 孫 にオススメ! 下 町 街 歩 き 好 きにオススメ! 町 へ 繰 り 出 せ! 妖 怪 散 歩! 文 化 全 般 キャッチー 多 い 浅 い ARアプリを 使 って 地 域 固 有 の 妖 怪 を 巡 る 知 れる 妖 怪 は? 地 域 固 有 文 化 全 般 妖 怪 の 何 に 注 目? 教 訓 地 域 資 源 知 れる 度 合 少 ない 深 い キャッチー 多 い 浅 い プロジェクト4 カップルにオススメ! 絵 巻 の 中 にワープ 妖 怪 クルーズ 舟 に 乗 って 江 戸 の 妖 怪 そのものを 視 覚 的 に 楽 しむ 知 れる 妖 怪 は? 地 域 固 有 文 化 全 般 妖 怪 の 何 に 注 目? 教 訓 地 域 資 源 知 れる 度 合 少 ない 深 い キャッチー 多 い 浅 い 観 光 圏 の 周 遊 新 たな 移 動 交 通 システムの 提 案 は 行 わず 既 存 の 公 共 交 通 機 関 で 周 遊 してもらう 観 光 圏 形 成 の 過 程 プロジェクト1 プロジェクト2 プロジェクト3 プロジェクト4 プロジェクト5 短 期 アプローチ 拠 点 作 り 街 への 仕 掛 けのほどこし ARポイントを 増 やす 絵 の 装 飾 船 の 整 備 長 屋 のリノベーション プロジェクト5 ほっと 一 息? Yokai Cafe 妖 怪 そのものを 複 合 的 に 楽 しめる( 創 造, 娯 楽 ) 知 れる 妖 怪 は? 中 期 地 域 の 認 知 度 を 上 げる 協 力 店 舗 を 増 やす 地 域 住 民 との 連 携 地 域 との 共 同 企 画 アーティストとの 共 同 地 域 固 有 妖 怪 の 何 に 注 目? 教 訓 地 域 資 源 知 れる 度 合 少 ない 深 い 親 子 にオススメ! 長 期 地 域 ぐるみのイベント 開 催 別 企 画 との 連 動 共 同 対 象 地 域 全 体 での 町 おこし 他 河 川 への 応 用 店 舗 を 他 地 域 にも 増 やす 文 化 全 般 キャッチー 多 い 浅 い 2014 年 度 PBL 演 習 後 期 演 習 成 果 物 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 67

69 Works Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session 荒 川 妖 怪 開 化 現 状 冬 場 は 寂 しく 暗 い 川 の 駅 区 主 催 イベントは 年 3,4 回 訪 れる 人 はスカイダックの 乗 客 家 族 連 れが 多 い 寒 い 時 期 は 利 用 者 が 少 ない 平 日 は 訪 れる 人 がほとんどいないことも 街 灯 が 少 なく 閉 館 時 間 の16 時 以 降 はとても 暗 く 危 ない 目 標 妖 怪 散 歩 への 始 まりの 場 提 案 1 妖 怪 散 歩 への 気 分 を 高 める アプローチづくり A プロジェクト1 妖 怪 散 歩 への 始 まりの 場 妖 怪 館 地 域 側 改 良 場 所 : 東 大 島 駅 ~ 川 の 駅 へ 繋 がる 旧 中 川 の 水 辺 B 誰 でもオススメ! 常 に 人 が 訪 れ 夜 も 明 るく 観 光 客 と 地 元 住 民 が 集 う 場 所 にする A B 妖 怪 散 歩 への 出 発 の 場 所 として 気 分 を 高 め 基 礎 知 識 や 妖 怪 への 興 味 を 得 る Before Before After After 観 光 客 側 旧 中 川 の 川 辺 へ 出 やすい 道 の 整 備! のぼり あんどんで 雰 囲 気 良 く 気 分 が 高 まる! 提 案 2 妖 怪 基 礎 知 識 や 興 味 を 得 る 妖 怪 館 拠 点 づくり 改 良 場 所 : 川 の 駅 の 空 地 C C Before After 妖 怪 館 の 機 能 1 妖 怪 基 礎 知 識 を 紙 芝 居 でゲット! 運 営 主 体 地 域 住 民 古 民 家 風 の 妖 怪 館 が 散 歩 の 拠 点 になる! 川 の 駅 の 機 能 休 憩 所 足 湯 売 店 乗 船 場 妖 怪 館 平 面 図 妖 怪 館 の 機 能 1 妖 怪 基 礎 知 識 2 妖 怪 仮 装 3 提 灯 配 布 4 散 歩 マップ 配 布 2 妖 怪 に 仮 装 しよう! 柳 の 木 の 下 で 妖 怪 なりきり 撮 影 もできる! 3 提 灯 プレゼント! 妖 怪 散 歩 印 の 提 灯 を 参 加 者 にプレゼント 着 ぐるみやメイクは 恥 ずかしいあなた 提 灯 を 持 つだけ 気 分 が 上 がるはず 提 灯 を 目 印 に 商 店 街 でお 得 になる 特 典 も! 駅 に 戻 って 散 歩 スタート! 妖 怪 は 地 域 の 教 訓 や 戒 めを 表 している 柳 の 木 の 下 や 橋 の 下 に 出 やすい という 基 礎 知 識 を 得 ることで これからの 散 歩 を より 興 味 を 持 って 楽 しむことができる 妖 怪 の 着 ぐるみやメイクをすることで 知 識 だけではなく 身 も 心 も 妖 怪 に 染 まる 身 近 に 妖 怪 を 感 じることによって これからの 散 歩 がより 楽 しくなること 間 違 いなし 4 散 歩 マップをゲット! どこに 行 くか 決 めよう 妖 怪 探 しをする? 妖 怪 を 通 して 災 害 を 学 ぶ? 妖 怪 文 化 を 楽 しむ? 担 当 : 田 中 瑞 木 68

70 Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 荒 川 妖 怪 開 化 プロジェクト2 おじいちゃんと 孫 にオススメ! 楽 しく 知 ろう! 災 害 妖 怪 ツアー Part1 コンセプト 妖 怪 災 害 舞 台 となる 地 域 の 結 びつき 方 妖 怪 と 災 害 災 害 と 舞 台 となる 地 域 妖 怪 と 舞 台 となる 地 域 江 戸 時 代 は 恐 れ = 災 害 であった 災 害 への 恐 れ から 生 まれた 妖 怪 が 存 在 するということ 災 害 被 害 が 大 きくなりやすい 場 所 または 災 害 が 起 こりやすい 場 所 を 舞 台 とする その 妖 怪 にまつわる 逸 話 が 存 在 している 地 域 を 舞 台 とする 例 河 童 は 人 々の 水 ( 度 々 起 こった 洪 水 など)への 恐 れとして 生 まれた 例 合 羽 橋 のある 浅 草 近 辺 は 江 戸 時 代 より 隅 田 川 の 洪 水 被 害 を 受 けてきた 例 合 羽 橋 には 河 童 の 恩 返 し と いう 逸 話 がある コンセプト 妖 怪 のご 当 地 災 害 多 発 地 で 妖 怪 を 使 って 災 害 のことを 楽 しく 学 ぶ!! 対 象 地 域 本 プロジェクトの 舞 台 候 補 台 東 区 合 羽 橋 河 童 水 害 合 羽 橋 には 河 童 の 恩 返 し という 逸 話 がある また すでに 河 童 のマス コットキャラクターがいる など 河 童 による 地 域 振 興 を 行 っているので そ れを 強 化 する 詳 細 は 次 のポスターで 墨 田 区 向 島 怪 火 火 災 江 戸 時 代 の 火 災 要 因 は 木 造 家 屋 の 密 集 だった そのため 現 在 でも 木 造 密 集 が 残 ってい る 地 域 を 舞 台 とする 江 東 区 門 前 仲 町 なまず 地 震 安 政 江 戸 地 震 (1855 年 ) 直 後 に 流 行 った 社 会 を 風 刺 する 妖 怪 なまずの 絵 を 用 いる 門 前 仲 町 にある 富 岡 八 幡 宮 の 恵 比 須 社 がなまず 絵 の 舞 台 の1 つになっている 現 状 地 域 の 妖 怪 の 使 われ 方 観 光 客 側 妖 怪 のことを 感 じられる 地 域 もあるが 本 来 の 意 味 である 教 訓 は 分 からない せっかくある 妖 怪 資 源 を 経 済 的 観 光 利 用 しきれていない 地 域 側 目 標 災 害 の 理 解 地 域 振 興 観 光 客 側 妖 怪 を 通 して 災 害 を 知 る という 新 しい 楽 しみ 方 を 提 供 する 妖 怪 を 用 いることで 観 光 客 がまちを 巡 ってもらえるような 地 域 になり 経 済 的 恩 恵 が 得 られるようになる 地 域 側 担 当 : 服 部 陽 太 2014 年 度 PBL 演 習 後 期 演 習 成 果 物 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 69

71 Works Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session 荒 川 妖 怪 開 化 プロジェクト2 楽 しく 知 ろう! 災 害 妖 怪 ツアー Part2 提 案 河 童 ツアー~ 合 羽 橋 を 妖 怪 河 童 のスポットを 巡 り 水 害 のことを 楽 しく 学 べるツアー~ Action1 曹 源 寺 (かっぱ 寺 )で 河 童 伝 承 のお 話 を 聞 く! ねらい 河 童 伝 承 のお 話 を 聞 き 河 童 と 水 害 の 関 わり 妖 怪 河 童 文 化 を 知 る しかけ 曹 源 寺 の 住 職 がお 話 をし お 堂 の 中 も 見 学 させてくれる おじいちゃんと 孫 にオススメ! Action2 合 羽 橋 本 通 りにある 河 童 スポット ( )を 巡 り 水 害 クイズをコンプリート! ねらい 運 営 主 体 地 元 商 店 会 河 童 スポットを 巡 ることで 地 域 の 水 害 が 知 れてしまう しかけ 水 害 クイズは 河 童 スポットにある 河 童 スタンプを 押 して 択 一 式 問 題 を 選 択 各 スポットで 水 害 クイズのヒントを 入 手 イメージ 図 Action3 河 童 名 物 の 店 ( / )を 巡 ろう! 完 成 したクイズは 割 引 手 形 に! ねらい 商 店 街 で 消 費 させることで 地 域 経 済 に 恩 恵 をもたらす 肉 のさがみ 屋 水 害 クイズシート 河 童 スポットイメージ 図 しかけ 河 童 グルメ 河 童 名 物 の 店 で 水 害 クイズの 採 点 を 店 員 が 採 点 完 成 した 水 害 クイズシートは 各 店 で 割 引 手 形 になる 現 在 4 件 しかないので 今 後 新 たに 店 を 増 やす 現 在 ある 河 童 名 物 河 童 ステーキ 河 童 コロッケ かっぱ 飴 かっぱラーメンなど 担 当 : 服 部 陽 太 70

72 Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 荒 川 妖 怪 開 化 プロジェクト3 下 町 街 歩 き 好 きおススメ! 街 に 繰 り 出 せ! 妖 怪 散 歩! 現 状 妖 怪 資 源 は 多 いが 使 いきれていない 看 板 に 文 字 と 絵 が 載 っているだけ または 銅 像 があるだけでめぐる 気 にな らない 空 間 にスマホなどをかざすと スマホ 上 に 何 かが 出 現 するARで 妖 怪 を 出 現 させるNPO 法 人 はあるが 妖 怪 をARで 表 現 しているだけで 地 域 の 魅 力 発 見 や 地 域 を 巻 き 込 めてはいない ARのモデル 目 標 地 域 の 妖 怪 を 知 ってもらい そのプロセスで 魅 力 の 発 見 出 現! 地 域 側 地 域 資 源 魅 力 の 発 見 地 域 の 人 と 連 携 した 観 光 圏 づくり 観 光 客 に 地 域 に 残 る 妖 怪 物 語 怪 奇 物 語 を 妖 怪 街 歩 きで 知 ってもらう 観 光 客 側 提 案 妖 怪 アプリをつかって 妖 怪 散 歩 1ARアプリで 巡 って 楽 しい 妖 怪 出 現 コンテンツを 作 る 2 地 域 住 民 と 連 携 して アプリに 街 の 資 源 魅 力 の 情 報 を 載 せる 12を 連 携 させたアプリで 街 歩 きをして 地 域 の 魅 力 を 知 ってもらう ARで 妖 怪 を 出 現 できる アプリのデザイン( 両 国 を 例 に) 場 所 の 地 域 特 性 ARで 妖 怪 出 現 コンテンツ 作 り 怪 奇 帝 国 リョウゴク ちゃんこ 霧 島 元 大 関 霧 島 が 経 営 する 本 格 ちゃんこな べ 旧 安 田 庭 園 元 は 大 名 屋 敷 だったが 現 在 は 回 遊 式 の 庭 園 となった ARでリアリティの ある 画 像 表 示 頭 に 角 ( 二 本 角 と 一 本 角 のものに 大 別 される) と 巻 き 毛 の 頭 髪 を 具 動 画 による 作 品 の 表 示 1km 回 向 院 猫 の 妖 怪 が 出 現 する 下 ノ 江 は 猫 を 供 養 し た 墓 本 所 七 不 思 議 地 域 に 根 付 く 怪 奇 7つの 物 語 を 巡 る 絵 画 として 作 品 表 示 現 在 地 の 表 示 地 域 の 魅 力 ある スポットの 紹 介 文 字 での 妖 怪 作 品 の 紹 介 地 域 住 民 と 連 携 音 が 鳴 ると お 得! 妖 怪 割 引! 全 品 100 円 引 き! お 店 にスマホを 向 けると 商 品 の 写 真 お 店 の 情 報 お 店 の 人 の 声 をゲット 歩 いているときも 妖 怪 ARスポット とその 周 りの 観 光 資 源 をスマホ に 表 示 させる 提 携 しているお 店 の 割 引 情 報 が! 担 当 : 大 塚 伊 織 2014 年 度 PBL 演 習 後 期 演 習 成 果 物 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 71

73 Works Introduction 1st Half Year 荒 川 妖 怪 開 化 Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 プロジェクト④㻌 絵巻の中にワープ カップルにオススメ 妖怪クルーズ 㻌 現状 新川は観光利用しやすいのに使い切れていない㻌 江戸川区㻌 新川 新川千本桜計画により景観が良い 㻌 㻌 㻌 㻌 コンセプト 江戸情緒溢れる川辺づくり 歴史や文化継承の場 出展 江戸川区㻌 新川千本桜の概要 妖怪は 2nd Half Year 川からの観光はあまり考えられていない 橋の下にでやすい 江戸時代に 妖怪文化が発展した 川の流れがゆるやか㻌 㻌 橋が多い 桜祭りのときだけ和船を流している 空間的特徴を生かし切れていない コンクリートで景観的にいまひとつ 㻌 目標 アミューズメント性のある新しい交通㻌 Class in Session 地域側 㻌 観光として使われていない空間や 交通を妖怪と結びつけて新しい観光を巻き起こす 妖怪絵巻を楽しみながら 見ることができる 観光客側 㻌 提案 新川を妖怪絵巻化㻌 㻌 和船運航㻌㻌 㻌㻌 妖怪クルーズ運航案内 㻌㻌 㻌 乗船 定員 15名 先着順 料金 大人1,000円㻌 子ども500円 時間 14時 20時 所要時間 1時間 船着き場 ①新川西水門広場前 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 船堀駅から徒歩10分 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 ②新川さくら館前 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 船堀駅から徒歩15分 船着場①から平日1時間1本 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 休日1時間2本 横十間川親水公園 江東区 を拠点に活動 している 和船に関する 伝統文化継承の為 乗 船したり操船したり 無 料で体験出来るボラン ティア活動を行う団体 出典 和船友の会㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㼔㼠㼠㼜㻦㻛㻛㼣㼍㼟㼑㼚㻚㼣㼑㼎㻚㼒㼏㻞㻚㼏㼛㼙㻛㻌 新川さくら館 船着き場② 新川西水門広場㻌 船着き場① 下船 妖怪絵巻の見せ方 イメージ 出典 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 護岸全体 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 橋の下 絵巻と同じ目線になるため自分も その中にいるように感じながら 多様な種類の妖怪を見ることができ る仕組み 舟に乗らないと絵巻がよく見えない 仕組み 参考事例 㻌 アニメの祭典 マチ アソビ の㻌 橋の下美術館 徳島県 㻌 出典 夕闇迫る新川の光景㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㼔㼠㼠㼜㻦㻛㻛㼐㼓㻝㻞㻝㻣㻚㼟㼑㼑㼟㼍㼍㻚㼚㼑㼠㻛㼍㼞㼠㼕㼏㼘㼑㻛㻞㻝㻝㻥㻠㻜㻡㻣㻜㻚㼔㼠㼙㼘㻌 㻌 㻌 水面 プロジェクションマッピングを行いナ イトクルーズの魅力を高める仕組み 参考事例 高台寺のライトアップ 京都府 担当 鞠山 彩実 72

74 Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 荒 川 妖 怪 開 化 プロジェクト5 親 子 にオススメ! ほっと 一 息? Yokai Cafe 現 状 大 正 ~ 昭 和 時 代 の 長 屋 が 現 存 している ノスタルジーを 感 じさせる 古 い 下 町 住 民 の 地 元 への 満 足 度 が 高 い 密 度 の 高 いコミュニケーション 外 国 人 観 光 客 も 訪 れる 建 物 の 老 朽 化 空 き 家 の 発 生 住 民 の 高 齢 化 火 災 の 温 床 墨 田 区 京 島 長 屋 は 江 戸 時 代 人 口 100 万 人 の 70%が 住 んでいたといわれる 妖 怪 は 当 時 の 生 活 社 会 背 景 を 表 す 目 標 長 屋 を 使 って 妖 怪 そのものを 知 る 場 地 域 側 観 光 客 が 妖 怪 を 創 造 する 場 長 屋 をリノベーションすることで 長 屋 のマイナス 面 を 改 善 する 提 案 妖 怪 を 創 造 する & 娯 楽 としての 妖 怪 を 楽 しむ Caféでゆったりと 江 戸 の 妖 怪 そのものを 知 ってもらう 自 然 災 害 などを 妖 怪 のせいにし 恐 れの 対 象 として 認 識 されていた 妖 怪 を 江 戸 時 代 の 人 々は 娯 楽 の 対 象 にして 多 くの 妖 怪 を 生 み 出 し 様 々な 方 法 で 妖 怪 文 化 を 楽 しんでいた 娯 楽 としての 妖 怪 を 楽 しむ 場 観 光 客 側 江 戸 時 代 に 妖 怪 が 生 まれた 背 景 を 学 ぶ 現 代 ではどんな 妖 怪 が 生 まれるか? 考 える アイディアをcaféの 運 営 主 体 でもある 美 大 生 やアーティストがイラスト 化 例 :たこ 足 配 線 便 利 だが 見 た 目 が 悪 い 火 事 の 原 因 にもなる 1 江 戸 時 代 に 流 行 していた 妖 怪 カルタや 化 物 すごろくで 遊 ぶ 2 妖 怪 のおもちゃ 絵 であった 錦 絵 を 作 ってみる 3 妖 怪 の 本 を 置 く 4 妖 怪 の 豆 知 識 を 知 る コースターや 店 内 の 壁 天 井 に 書 き 自 然 と 目 に 留 まるようにする Yokai Café イメージ 図 創 造 錦 絵 長 屋 の 間 取 り 図 豆 知 識 カルタ すごろく 担 当 : 鞠 山 彩 実 2014 年 度 PBL 演 習 後 期 演 習 成 果 物 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 73

75 Works Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session 阪 74

76 Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 荒 川 交 差 天 ~ 新 しいものが 生 み 出 される 場 所 ~ 荒 川 交 差 天 新 しいものが 生 まれる 場 所 コンセプト 交 差 によって 生 まれる 新 しいもの を 感 じる 荒 川 下 流 域 では 昔 から 交 通 や 人 モノといった 様 々なものが 東 日 本 から 流 れ 通 過 している 荒 川 交 差 天 では 現 状 この 流 れが 通 過 しているだけの 場 を 流 れの 先 の 地 域 との 交 わり によって 新 しいものが 生 み 出 される 場 とし その 交 差 によって 生 みだされるものを 楽 しめるような 観 光 圏 を 目 指 した アプローチ 1 交 差 の 場 づくり 通 過 する 流 れがすれ 違 う 場 所 を 空 間 整 備 や 新 しい 流 れを 引 き 交 流 の 場 とする 2 意 外 性 の 発 見 見 えてない 意 外 な 各 地 域 からの 物 文 化 人 の 流 れ 由 来 のものを 作 り 見 せる 3 交 流 と 創 造 これまでにない 組 み 合 わせに よって 生 まれる 今 までにない コンテンツを 楽 しむ 担 い 手 と ターゲット 効 果 荒 川 流 域 の 地 域 住 民 地 方 の 人 に 各 プロジェクトに 参 加 してもらい 新 しいものを 生 み 出 すしくみを 担 ってもらう 荒 川 に 親 しみのある 人 創 る ということに 興 味 がある 人 々をターゲットとし 交 流 を 通 じて 新 しいものを 生 み 出 してもらう 高 架 下 などに 代 表 される 未 利 用 地 の 有 効 活 用 環 境 改 善 各 プロジェクトに 関 係 する 地 域 住 民 と 地 方 からの 出 店 者 この 観 光 圏 に 来 る 観 光 客 との 間 での 交 流 を 生 みだす それによって 地 域 内 での 防 犯 面 等 の 改 善 および 地 方 産 品 の 販 路 開 拓 や 交 流 のパイプをつくる プロジェクト 概 要 す れ 違 い 荒 川 交 差 天 プロジェクト 1 交 差 の 場 作 り 2 意 外 性 の 発 見 3 交 流 と 創 造 交 差 Station まちなかの 拠 点 として 交 差 を 体 験 する 場 交 差 展 小 名 木 川 やサテライトと 地 方 の 関 係 性 を 活 かした 情 報 発 信 交 差 転 水 陸 の2つの 視 点 より この 観 光 圏 を 楽 しむ 交 通 ネットワーク 交 差 殿 川 の 駅 の 特 徴 を 活 かした 荒 川 の 歴 史 を 伝 える 拠 点 空 間 改 善 例 : 高 架 下 での 出 店 圏 内 の 交 通 アクセス 向 上 例 :コミュニティサイクル 周 遊 のターミナル 機 能 例 : 圏 全 体 の 情 報 提 供 要 素 の 組 み 合 わせ 例 : 交 差 丼 プロジェクト 荒 川 流 域 につながりの ある 産 品 文 化 の 発 信 例 : 水 上 マーケット 荒 川 放 水 路 の 歴 史 を 見 せる 例 : 河 川 のライトアップ ゲームを 通 した 駅 長 との 交 流 や パーツの 配 布 交 差 をテーマとした イベント 例 : 交 差 コン モビリティの 多 様 性 新 し い も の 2014 年 度 PBL 演 習 後 期 演 習 成 果 物 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 75

77 Works Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session 地 域 分 析 1 歴 史 的 に 交 差 がたくさんあった 76

78 Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 地 域 分 析 2 荒 川 下 流 域 には 交 差 の 数 と 多 様 性 がある 2014 年 度 PBL 演 習 後 期 演 習 成 果 物 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 77

79 Works Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 Introduction 1st Half Year 2nd Half Year Class in Session 地 域 分 析 3 荒 川 サテライトマップ この 観 光 圏 の 地 域 には 東 日 本 の 各 地 にゆかりをもつ サテライト が 集 まっている 一 方 で 東 日 本 に 限 定 した 各 区 の 友 好 都 市 や 交 流 自 治 体 との 関 わりを 見 ると その 区 と 地 方 とのつながりが 見 えてくる 荒 川 下 流 4 区 友 好 都 市 一 覧 墨 田 区 江 戸 川 区 江 東 区 台 東 区 向 島 百 花 園 江 戸 時 代 の 文 化 文 政 期 (1804~ 1830 年 )に 宮 城 県 出 身 の 骨 董 商 佐 原 鞠 塢 によって 開 設 された 植 物 庭 園 宮 城 県 の 花 である 宮 城 野 ハギが 見 られる 旧 安 田 庭 園 常 陸 国 ( 茨 城 県 ) 笠 間 藩 主 本 庄 因 幡 守 宗 資 により 元 禄 年 間 に 築 造 され たと 伝 えられる 清 澄 庭 園 享 保 年 間 (1716~ 1736 年 )には 現 在 の 千 葉 県 の 下 総 国 関 宿 藩 主 久 世 大 和 守 の 下 屋 敷 と なり 庭 園 が 形 づく られた 友 好 都 市 山 形 県 鶴 岡 市 栃 木 県 鹿 沼 市 山 形 県 鶴 岡 市 岩 手 県 平 泉 町 宮 城 県 大 崎 市 福 島 県 会 津 美 里 町 南 会 津 町 栃 木 県 日 光 市 台 東 区 青 森 県 岩 手 県 秋 田 県 山 形 県 福 島 県 栃 木 県 埼 玉 県 江 東 区 の 交 流 自 治 体 堀 切 菖 蒲 園 室 町 時 代 堀 切 村 の 地 頭 久 保 寺 胤 夫 が 家 臣 に 命 じ 現 在 の 岩 手 県 である 陸 奥 国 郡 山 の 安 積 沼 から 花 菖 蒲 を 取 り 寄 せて 栽 培 を 始 めた 墨 田 区 江 東 区 交 流 都 市 弘 前 市 むつ 市 一 関 市 北 上 市 平 泉 町 宮 古 市 山 田 町 大 槌 町 羽 後 町 大 潟 村 遊 佐 町 川 俣 町 喜 多 方 市 足 利 市 大 田 原 市 小 山 市 秩 父 市 江 戸 川 区 荒 川 交 差 天 新 しいものが 生 まれる 場 所 色 の 凡 例 秋 田 県 山 形 県 青 森 県 岩 手 県 宮 城 県 福 島 県 栃 木 県 群 馬 県 茨 城 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 武 博 物 館 東 武 鉄 道 で 実 際 に 使 われた 蒸 気 電 気 機 関 車 や 電 車 バスの 展 示 埼 玉 県 を 走 る 電 車 バスの 運 転 シミュレータなどを 体 験 香 取 神 社 亀 戸 香 取 勝 運 商 店 街 ともに 千 葉 県 香 取 市 に 由 来 を 持 つ 霊 厳 寺 福 島 県 の 陸 奥 白 河 藩 の 第 3 代 藩 主 で 寛 政 の 改 革 を 行 った 松 平 定 信 の 墓 がある 船 橋 屋 1805 年 ( 文 化 2 年 ) 創 業 のくず 餅 専 門 店 千 葉 県 の 船 橋 出 身 の 勘 助 が 千 葉 県 の 良 質 な 小 麦 粉 から 採 ったデンプンを 乳 酸 発 酵 させた 餅 を 亀 戸 天 神 の 参 拝 客 向 けに 出 したのが 最 初 0 1km 青 森 交 流 ショップ むつ 下 北 青 森 県 のむつ 市 のアンテナショップで 現 地 との 交 流 事 業 を 行 っている 店 舗 荒 川 下 流 域 には 東 日 本 各 地 とのつながりがある 78

80 Team 1 Team 2 Team 3 Team 4 地 域 分 析 4 交 差 の 分 類 とまちとの 関 係 荒 川 交 差 天 新 しいものが 生 まれる 場 所 交 差 分 類 見 える 交 差 実 際 の 空 間 上 で 起 こっている ライン 同 士 の 物 理 的 な 交 わり 亀 戸 四 つ 木 堀 切 楽 しみ 方 交 差 するラインの 行 き 先 に 思 いを はせる 見 えない 交 差 人 モノ 時 の 流 れといった 目 には 見 えないコンテンツ 同 士 の 交 わり 香 取 神 社 向 島 百 花 園 東 武 博 物 館 地 域 資 源 を 交 差 という 新 しい 視 点 から 見 て 楽 しむ 元 々は 繋 がっていた 切 れてしまった 交 わり 旧 新 川 旧 中 川 交 差 の 歴 史 から 地 域 日 本 の 歴 史 を 読 み 解 く インフラの 交 差 サテライトの 資 源 交 差 ヒストリー に 分 類 交 差 とまちの 関 係 ~ 亀 戸 周 辺 を 例 にして~ 亀 戸 亀 戸 水 神 駅 周 辺 の 地 域 はコンパクトに 交 差 が 密 集 している 地 域 である 鉄 道 河 川 道 路 といった 様 々なラインが 縦 横 無 尽 に 通 過 し 物 理 的 な 交 差 を 形 成 していて その 点 を 核 として 交 差 にまつわる 資 源 が 立 地 している まちのなかで 交 差 と 交 差 が 影 響 しあっている サテライトの 資 源 千 葉 からと 埼 玉 からの 道 路 の 交 差 点 の 周 りに おいて 東 日 本 各 地 に 縁 のある 資 源 が 立 地 している 何 気 ない 神 社 や 店 舗 の 数 々が 交 差 の 存 在 に よって 集 積 している インフラの 交 差 鉄 道 道 路 河 川 が 狭 い 範 囲 で 通 過 していて 高 い 交 差 密 度 となっている 交 差 ヒストリー インフラの 交 差 鉄 道 と 道 路 の 連 続 交 差 片 側 3 車 線 の 京 葉 道 路 を 単 線 の 貨 物 線 が 跨 ぐ アンバランスでユニーク な 交 差 となっている 竪 川 は 年 に 起 工 された 運 河 で 現 在 は 暗 渠 化 されている 付 近 の 地 名 には 交 差 があったことを 証 明 する ~ 橋 という 地 名 がいくつも 残 っていて かつては 千 葉 方 面 へ の 重 要 な 参 拝 路 として も 用 いられていた 2014 年 度 PBL 演 習 後 期 演 習 成 果 物 首 都 大 学 東 京 都 市 環 境 学 部 自 然 文 化 ツーリズムコース 79

申 込 地 番 号 に がついている 地 は 優 遇 抽 せんのある 地 です ( 優 遇 資 格 のある なしにかかわらず 申 込 みができます ) 単 身 者 の 方 は 申 込 地 番 号 に と 書 かれている 地 に 申 込 みができます 申 込 地 番 号 専 用 面 積 (m) 千 代

申 込 地 番 号 に がついている 地 は 優 遇 抽 せんのある 地 です ( 優 遇 資 格 のある なしにかかわらず 申 込 みができます ) 単 身 者 の 方 は 申 込 地 番 号 に と 書 かれている 地 に 申 込 みができます 申 込 地 番 号 専 用 面 積 (m) 千 代 世 帯 向 ( 一 般 住 宅 ) 地 一 覧 (500 戸 ) 地 の 特 徴 4 申 込 地 番 号 に がついている 地 には 優 遇 抽 せんがあります ( 資 格 等 については 0 ページをご 覧 ください ) 単 身 者 の 方 は 申 込 地 番 号 が 白 抜 きで と 書 かれており 対 象 が~ 人 3 人 の 地 に 申 込 みができます ほとんどの 地 一 覧 の は 現

More information

中 野 区 新 庁 舎 基 本 計 画 素 案 =33 年 度 竣 工 予 定 中 野 区 第 三 第 十 中 学 校 統 合 新 校 = 今 秋 より 設 計 着 手 東 京 都 標 識 設 置 状 況 =5 月 30 日 ~6 月 3 日 文 京 区 標 識 設 置 状 況 =4 月 5 日 ~

中 野 区 新 庁 舎 基 本 計 画 素 案 =33 年 度 竣 工 予 定 中 野 区 第 三 第 十 中 学 校 統 合 新 校 = 今 秋 より 設 計 着 手 東 京 都 標 識 設 置 状 況 =5 月 30 日 ~6 月 3 日 文 京 区 標 識 設 置 状 況 =4 月 5 日 ~ 平 成 28 年 6 月 28 日 号 ( 第 1464 号 ) 葛 飾 区 東 金 町 1 丁 目 西 地 区 = 隣 接 区 有 地 との 一 体 開 発 も 旧 庁 舎 及 び 公 会 堂 跡 地 = 豊 島 区 建 築 計 画 明 らかに 臨 海 副 都 心 の 土 地 利 用 見 直 し=MICE 国 際 観 光 都 市 豊 洲 地 区 4 1B 街 区 計 画 = 大 和 ハウスが 複

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街 第 4 章 地 区 別 構 想 地 区 別 構 想 は 市 民 による 地 区 まちづくり 会 議 を 開 催 し 望 ましい 将 来 の 姿 にするための 話 し 合 いの 中 で 出 された 地 区 の 課 題 や 必 要 な 提 案 等 をもとに きめ 細 かなまちづくりの 将 来 像 を 描 いていま 1. 地 区 区 分 区 分 については 地 区 の 形 成 過 程 特 性 や 課 題

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816988C4816A925382A28EE888E790AC95F18D908F91303830363033>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816988C4816A925382A28EE888E790AC95F18D908F91303830363033> Ⅱ 地 域 再 生 等 担 い 手 育 成 支 援 セミナー - 11 - 13:00 受 付 13:30 開 会 の 挨 拶 地 域 再 生 と 協 議 会 等 による 取 組 の 課 題 都 市 地 域 レポート 2007 の 趣 旨 と 人 材 育 成 の 今 後 の 課 題 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 企 画 課 14:00 地 域 の 取 組 の 現 状 と 課 題

More information

仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 について 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 基 本 的 事 項 (2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有

仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 について 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 基 本 的 事 項 (2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 都 市 計 画 法 第 6 条 の 2 に 規 定 する 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 25 年 3 月 宮 城 県 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域

More information

Microsoft Word - 1 表紙A

Microsoft Word - 1 表紙A 第 2 章 現 状 の 把 握 2.1 町 内 の 社 会 的 条 件 2.1.1 人 口 と 世 帯 数 瑞 穂 町 の 人 口 の 推 移 を 図 2.1.1(1) 人 口 の 近 隣 地 域 との 比 較 を 図 2.1.1(2) 世 帯 数 の 推 移 を 図 2.1.1(3) 世 帯 数 の 近 隣 地 域 との 比 較 を 図 2.1.1(4)に 示 します 住 民 基 本 台 帳 のデータをみると

More information

< F18D908F91>

< F18D908F91> 金 沢 市 観 光 調 査 結 果 報 告 書 平 成 26 年 (2014) 金 沢 市 経 済 局 営 業 戦 略 部 観 光 交 流 課 はじめに この 報 告 書 は 平 成 26 年 に 金 沢 市 が 行 った 観 光 に 関 する 各 種 調 査 をとりまとめたも のです 本 報 告 書 には 1. 金 沢 市 を 訪 れた 観 光 客 から 旅 行 形 態 や 本 市 の 印 象

More information

(2) 観 光 戦 略 策 定 の 視 点 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 の 策 定 にあたっては 以 下 のような 戦 略 策 定 の 視 点 を 持 って あらためて 酒 田 市 の 観 光 資 源 を 見 直 し 資 源 特 性 を 洗 い 出 すとともに 資 源 の 再 編 集

(2) 観 光 戦 略 策 定 の 視 点 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 の 策 定 にあたっては 以 下 のような 戦 略 策 定 の 視 点 を 持 って あらためて 酒 田 市 の 観 光 資 源 を 見 直 し 資 源 特 性 を 洗 い 出 すとともに 資 源 の 再 編 集 第 3 章 酒 田 市 中 長 期 観 光 戦 略 ( 新 酒 田 物 語 ) 前 章 の 酒 田 市 の 観 光 の 現 状 と 課 題 SWOT 分 析 等 を 受 けて あらためて 酒 田 市 の 観 光 における 課 題 を 整 理 し 課 題 に 対 応 した 戦 略 とするため 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 を 策 定 する (1) 酒 田 市 の 観 光 の 課 題 整

More information

Microsoft Word 会議録【最終】

Microsoft Word 会議録【最終】 平 成 27 年 度 第 1 回 岡 崎 市 図 書 館 交 流 プラザ 運 営 協 議 会 会 議 録 1 日 時 平 成 27 年 8 月 7 日 ( 金 ) 午 前 10 時 ~ 午 前 11 時 35 分 2 会 場 図 書 館 交 流 プラザ 会 議 室 301 3 出 席 委 員 斉 藤 委 員 村 上 委 員 白 井 委 員 渥 美 委 員 浦 部 委 員 森 﨑 委 員 濱 田 委

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF31375F938C8B9E388D8690FC28964C8F4681608F5A8B678AD4298984904C82C98AD682B782E992B28DB82895F18D908F918A54977694C5292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF31375F938C8B9E388D8690FC28964C8F4681608F5A8B678AD4298984904C82C98AD682B782E992B28DB82895F18D908F918A54977694C5292E646F63> 分 回 円 分 回 円 し 鉄 所 道 要 ネットワークに 時 間 短 縮 乗 換 生 回 じる 数 低 効 減 果 果 東 京 メトロ 換 回 東 数 西 の 線 低 減 都 効 営 果 新 がある 宿 線 総 武 緩 行 線 沿 線 等 から 臨 海 部 への 所 要 時 間 の 短 縮 効 4. 4. 性 臨 が 海 向 副 上 都 するなど 心 と 錦 糸 町 東 亀 京 戸 副 都 都 市

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

◆安全と安心

◆安全と安心 第 6 章 地 域 別 の 環 境 配 慮 宇 土 市 を 分 割 した7 地 区 について,それぞれの 特 性 を 踏 まえた 計 画 の 方 向 性 について, 地 域 別 の 環 境 配 慮 指 針 として 明 らかにします なお, 地 区 区 分 は 上 位 計 画 である 宇 土 市 総 合 計 画 や 関 連 計 画 である 宇 土 市 都 市 計 画 マス タープラン * の 考 え

More information

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域 5. 景 観 形 成 及 び 自 然 環 境 保 全 の 方 針 5-1. 景 観 形 成 の 方 針 景 観 形 成 の 方 針 市 街 地 のシンボル 景 観 軸 形 成 や 景 観 拠 点 ゾーンの 景 観 維 持 市 民 との 協 働 による 景 観 形 成 と 自 然 環 境 の 保 全 活 用 市 民 やまちを 訪 れる 人 々が 潤 いや 安 らぎを 感 じるとともに 市 民 の 誇

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825189F189EF8B638E9197BF82512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825189F189EF8B638E9197BF82512E646F63> 資 料 2 広 域 的 課 題 の 整 理 のまとめ 方 等 について 目 次 1. 検 討 の 視 点...1 (1) 広 域 的 課 題 の 整 理 の 目 的...1 (2) 課 題 等 のとりまとめ 方 法...1 (3) 広 域 的 課 題 等 として 整 理 することが 考 えられるもの( 例 )...2 2. 各 市 の 現 況 の 整 理 に 用 いるデータ 指 標 案...3 参

More information

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車 Ⅳ 産 分 類 別 愛 知 県 内 ランキング 表 以 下 事 所 数 及 び 従 者 数 は 必 要 な 事 項 の 数 値 が 得 られた 事 所 を 対 象 として 集 した 表 Ⅳ 1 産 ( 小 分 類 ) 別 事 所 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 事 所 数 構 成 比 (%) 累 (%) 1 専 門 料 理 店 日 本 料 理 店, 焼 肉 店,ラーメン

More information

この 表 は の 住 宅 別 営 繕 工 事 の 予 定 です 掲 載 されている 案 件 が 発 注 されない 場 合 公 表 時 期 内 容 江 東 区 亀 戸 七 丁 目 アパート 耐 震 改 修 9~11 115 戸 第 4 四 半 期 亀 戸 七 丁 目 第 2アパート 屋 上 防 水 4

この 表 は の 住 宅 別 営 繕 工 事 の 予 定 です 掲 載 されている 案 件 が 発 注 されない 場 合 公 表 時 期 内 容 江 東 区 亀 戸 七 丁 目 アパート 耐 震 改 修 9~11 115 戸 第 4 四 半 期 亀 戸 七 丁 目 第 2アパート 屋 上 防 水 4 この 表 は の 住 宅 別 営 繕 工 事 の 予 定 です 掲 載 されている 案 件 が 発 注 されない 場 合 公 表 時 期 内 容 千 代 田 区 飯 田 橋 二 丁 目 アパート 消 火 器 取 替 2 113 戸 第 2 四 半 期 中 央 区 明 石 町 アパート 共 用 灯 改 修 ( 高 層 ) 4 82 戸 第 2 四 半 期 佃 二 丁 目 アパート 給 水 ポンプ8 年

More information

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他 団 編 集 河 暁 -9 河 -5-5 T. -65-885 FAX. -65-894 http://www.nenkin.or.jp/ -mail: koho8@nenkin.or.jp 9--779 購 読,89 税 共 4 郵 物 可.. 5 January Vol.644 4 郵 物 可 毎 5 暮 挙 倍 閣 倍 持 可 喫 緊 党 税 継 倍 閣 憲 初 官 文 科 官 桝 屋 敬 悟

More information

Microsoft Word - ★03一章0414.doc

Microsoft Word - ★03一章0414.doc 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 時 代 の 潮 流 やまちづくりの 現 状 からみた 課 題 を 整 理 し まちづくりの 目 標 と 目 指 す 県 土 の 姿 を 示 します 5 第 1 時 代 の 潮 流 と 課 題 1 人 口 減 少 超 高 齢 社 会 の 同 時 進 行 本 県 の 人 口 は これまで 一 貫 して 増 加 を

More information

概要版

概要版 あま 市 都 市 計 画 マスタープラン( 平 成 24 年 度 策 定 ) 概 要 版 都 市 計 画 マスタープランとは 策 定 の 趣 旨 目 的 都 市 計 画 マスタープラン とは 都 市 計 画 法 第 18 条 の 2 に 規 定 される 市 町 村 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 方 針 を 指 します 都 市 計 画 マスタープラン は 概 ね 次 に 示 す 基 本 的

More information

団 体 名 事 業 名 貸 付 額 団 体 名 事 業 名 貸 付 額 田 柄 第 三 小 学 校 大 規 模 改 造 ( 校 舎 老 朽 ) 199,000 学 園 東 小 学 校 シャッター 改 修 2,500 練 馬 区 田 柄 第 三 小 学 校 大 規 模 改 造 ( 屋 内 運 動 場

団 体 名 事 業 名 貸 付 額 団 体 名 事 業 名 貸 付 額 田 柄 第 三 小 学 校 大 規 模 改 造 ( 校 舎 老 朽 ) 199,000 学 園 東 小 学 校 シャッター 改 修 2,500 練 馬 区 田 柄 第 三 小 学 校 大 規 模 改 造 ( 屋 内 運 動 場 Ⅰ 定 款 に 定 める 事 業 の 実 績 当 協 会 は 東 京 都 内 の 区 市 町 村 の 健 全 な 発 展 を 図 るために 市 町 村 振 興 宝 くじの 収 益 金 等 を 活 用 し 区 市 町 村 の 財 政 支 援 のための 貸 付 事 業 等 区 市 町 村 を 支 援 する 事 業 を 行 い もって 都 民 福 祉 の 増 進 に 資 することを 目 的 とし 度 は

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

Microsoft Word - 表紙目次集_061215案なし_.doc

Microsoft Word - 表紙目次集_061215案なし_.doc 明 治 公 園 マネジメントプラン 明 治 公 園 の 管 理 運 営 整 備 等 の 取 組 み 方 針 平 成 18 年 12 月 東 京 都 建 設 局 191 目 次 Ⅰ 基 本 事 項 193 Ⅱ 現 況 特 性 1 明 治 公 園 の 概 要 194 (1) 現 況 (2) 沿 革 (3) 行 政 計 画 上 の 位 置 づけ (4) 公 園 の 立 地 条 件 2 明 治 公 園 の

More information

(Microsoft PowerPoint - \212\317\214\365\216Y\213\306\(\225\275\220\25427\224NH\202o\227p\) .ppt)

(Microsoft PowerPoint - \212\317\214\365\216Y\213\306\(\225\275\220\25427\224NH\202o\227p\) .ppt) GIFU ECONOMIC AND INDUSTRIAL PROMOTION CENTER 観 光 平 成 27 年 度 担 当 者 : 主 任 調 査 役 堀 邦 裕 報 告 内 容 1 岐 阜 県 の 観 光 の 動 向 2 全 国 から 見 た 岐 阜 県 の 観 光 3 最 近 の 動 向 と 課 題 4 観 光 振 興 等 についての 意 見 要 望 等 5 主 な 観 光 宿 泊 地 の

More information

用 語 解 説 75 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 用 途 地 域 の 指 定 の 変 遷 78 都 市 計 画 図 の 変 遷 80 都 市 計 画 マスタープランの 変 遷 82 参 考 資 料 用 語 解 説 あ 行 ITS NPO Intelligent Transport Systems の 略 で 高 度 道 路 交 通 システムのこと 最 先 端 の 情 報 通 信 技

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

平 成 25 年 度 静 岡 県 における 高 齢 者 生 活 実 態 調 査 ( 第 2 期 ) 報 告 書 平 成 26 年 3 月 静 岡 県 健 康 福 祉 部 医 療 健 康 局 健 康 増 進 課 目 次 Ⅰ 調 査 概 要... 1 Ⅱ 回 答 者 属... 5 Ⅲ 調 査 結 果... 7 1 健 康 状 態 健 康 管 理 について... 7 2 運 動 習 慣 について...

More information

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク 太 田 市 都 市 計 画 道 路 見 直 し 案 平 成 28 年 3 月 太 田 市 目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワークの 検 証

More information

(別表)日本標準産業分類の分類項目と類似業種比準価額計算上の業種目との対比表(平成21年分)

(別表)日本標準産業分類の分類項目と類似業種比準価額計算上の業種目との対比表(平成21年分) ( 別 表 ) 日 本 標 準 産 分 類 の 分 類 項 目 と 類 似 種 比 準 価 額 計 算 上 の 種 目 との 対 比 表 ( 平 成 21 年 分 ) A B C 農, 林 01 農 011 耕 種 農 012 畜 産 農 013 農 ( 園 芸 を 除 く) 014 園 芸 02 林 021 育 林 022 素 材 生 産 023 特 用 林 産 物 生 産 (きのこ 類 の 栽

More information

H27県報別冊表紙

H27県報別冊表紙 平 成 2 7 年 9 月 1 7 日 千 葉 県 報 号 外 特 第 1 号 別 冊 平 成 27 年 基 準 地 の 単 位 面 積 当 たりの 価 格 等 千 葉 県 目 次 千 葉 市 中 央 区 1 酒 々 井 町 62 千 葉 市 花 見 川 区 4 栄 町 63 千 葉 市 稲 毛 区 5 神 崎 町 63 千 葉 市 若 葉 区 7 多 古 町 63 千 葉 市 緑 区 8 東 庄

More information

<819C95F18D908F E6358FCD816A>

<819C95F18D908F E6358FCD816A> 第 5 章 宇 城 市 の 都 市 計 画 の 基 本 方 針 本 章 においては 前 章 で 整 理 した 問 題 や 課 題 を 踏 まえつつ 第 1 次 宇 城 市 総 合 計 画 を 念 頭 に 置 いて まちづくりの 理 念 や 将 来 の 市 街 地 の 規 模 や 都 市 基 盤 整 備 の 必 要 量 の 見 通 しの 前 提 とな る 基 本 目 標 ( 将 来 人 口 フレーム)

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

一般質問通告書

一般質問通告書 一 般 通 告 書 者 1 日 坂 和 久 1 大 賀 広 史 1 松 浪 健 一 郎 1 地 域 防 災 対 策 について 河 川 氾 濫 時 の 避 難 勧 告 等 の 判 断 について 伺 います 水 防 団 活 動 に 対 し 水 防 管 理 団 体 はいかな る 支 援 指 導 等 を 行 っているのか 伺 います 災 害 時 避 難 者 と 共 に 避 難 した 動 物 の 取 扱 い

More information

議 事 4 意 見 交 換 発 言 要 旨 事 務 局 資 料 明 戴 経 緯, 市 考 え 方 明, 内 容 い 質 問 意 見 戴, 意 見 交 換 入 い ン いう ワ 自 体, 通 常 園 都 市 直 訳 い わ 住 宅 政 策 回 対 象 考 え い 地 域 い, 新 ュ ウン 作 住 宅

議 事 4 意 見 交 換 発 言 要 旨 事 務 局 資 料 明 戴 経 緯, 市 考 え 方 明, 内 容 い 質 問 意 見 戴, 意 見 交 換 入 い ン いう ワ 自 体, 通 常 園 都 市 直 訳 い わ 住 宅 政 策 回 対 象 考 え い 地 域 い, 新 ュ ウン 作 住 宅 第 1 回 ガー ンシ ィ 函 館 検 討 懇 話 会 会 議 録 開 催 日 時 日 木 ~ 開 催 場 所 函 館 市 役 所 階 大 会 議 室 出 席 者 委 員 木 村 委 員 長, 菊 池 委 員, 折 谷 委 員, 岡 委 員, 渡 辺 委 員, 松 崎 委 員, 齋 藤 委 員, 高 委 員, 立 委 員 次 第 開 会 函 館 開 建 設 部 路 計 課 坂 路 調 査 官 渡 島

More information

歴史のみちモデル地区

歴史のみちモデル地区 歴 史 のみち 景 観 モデル 地 区 ~ 身 近 にある 歴 史 を 感 じる まち 歩 き に 参 加 しませんか~ 詳 しくは 埼 玉 県 ホームページをご 覧 ください http://www.pref.saitama.lg.jp/a1104/keikan-top/rekimichi-top.html 歴 史 のみちモデル 検 索 中 山 道 蕨 宿 まち 歩 き( 蕨 市 ) 10/ 2 1

More information

1 推 進 構 想 の 目 的 ねりま 未 来 プロジェクト 推 進 構 想 ( 以 下 推 進 構 想 という )は 練 馬 区 基 本 構 想 ( 平 成 21 年 12 月 ) および 練 馬 区 長 期 計 画 ( 平 成 22 年 3 月 ) におい て 定 めた ねりま 未 来 プロジェ

1 推 進 構 想 の 目 的 ねりま 未 来 プロジェクト 推 進 構 想 ( 以 下 推 進 構 想 という )は 練 馬 区 基 本 構 想 ( 平 成 21 年 12 月 ) および 練 馬 区 長 期 計 画 ( 平 成 22 年 3 月 ) におい て 定 めた ねりま 未 来 プロジェ ねりま 未 来 プロジェクト 推 進 構 想 にかかる 平 成 23 年 度 検 討 のまとめ ~ 練 馬 城 址 公 園 の 整 備 にかかる 考 え 方 ~ 1 推 進 構 想 の 目 的 2 頁 2 検 討 の 経 緯 3 頁 3 検 討 にあたっての 基 本 的 考 え 方 6 頁 4 平 成 22 年 度 に 検 討 した 内 容 とその 検 証 9 頁 5 整 備 が 考 えられる 施

More information

目 次 1.はじめに 1 2. 多 摩 川 土 手 の 天 端 の 現 状 1 3. 市 としての 方 向 性 1 4.3つのコンセプトとその 基 本 的 な 考 え 方 2 参 考 資 料 5

目 次 1.はじめに 1 2. 多 摩 川 土 手 の 天 端 の 現 状 1 3. 市 としての 方 向 性 1 4.3つのコンセプトとその 基 本 的 な 考 え 方 2 参 考 資 料 5 狛 江 市 多 摩 川 土 手 の 天 端 の 整 備 に 関 する 考 え 方 狛 江 市 平 成 28 年 3 月 目 次 1.はじめに 1 2. 多 摩 川 土 手 の 天 端 の 現 状 1 3. 市 としての 方 向 性 1 4.3つのコンセプトとその 基 本 的 な 考 え 方 2 参 考 資 料 5 1.はじめに 狛 江 市 では, 多 摩 川 土 手 の 天 端 のあり 方 について

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について ( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 9 月 あ き る 野 市 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について( 中 間 報 告 ) 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 中 間 報 告 1 定 住 促 進 について 1 (1) 今 後 の 人 口 推 移 について 1 図 1: 後 期 基 本 計 画 による 人

More information

宮津再生に向けて!元気な宮津を!

宮津再生に向けて!元気な宮津を! < 報 告 >11 月 海 の 京 都 グルメ 合 戦 ~ 宮 津 浜 町 の 乱 ~ feat. 宮 津 満 腹 祭 について( 要 点 ) 1 前 回 の 課 題 目 標 等 について 前 回 (9 月 )の 課 題 A 級 品 (ほんまもん)の 開 拓 ( 継 続 ) 今 後 も 継 続 して ここでしか 食 べられないものや 独 自 の 提 供 方 法 の 検 討 が 必 要 今 後 も 地

More information

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対 資 料 2 道 内 空 港 活 性 化 ビジョン( 仮 称 ) 策 定 に 関 する 関 係 機 関 団 体 からの 主 な 意 見 ( 新 千 歳 空 港 ) 新 千 歳 空 港 の 課 題 は 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 新 千 歳 空 港 は 日 本 初 の24 時 間 運 用 が 開 始 されているが 深 夜 早 朝 時 間 帯 の 発 着 は1 日 6 枠 に 制 限 欧 米 に

More information

ランキング(2月数値訂正済み)

ランキング(2月数値訂正済み) [ 参 考 資 料 ] 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 ( 確 報 ) 結 果 産 業 小 分 類 都 道 府 県 市 町 村 のランキング 産 業 小 分 類 1 事 業 所 数 ( 県 内 ) 上 位 100 産 業 小 分 類 2 2 従 業 者 数 ( 県 内 ) 上 位 100 産 業 小 分 類 4 都 道 府 県 3 事 業 所 数 産 業 大 分 類 都 道 府

More information

2 緑 の 保 全 大 阪 平 野 の 北 端 に 位 置 し 山 間 部 と 平 野 部 にまたがる 本 市 にとって 豊 かな 自 然 は 本 市 の 良 好 な 住 環 境 を 形 成 する 重 要 な 要 素 の 一 つである したがって これまでも 山 間 部 における 国 定 公 園 特

2 緑 の 保 全 大 阪 平 野 の 北 端 に 位 置 し 山 間 部 と 平 野 部 にまたがる 本 市 にとって 豊 かな 自 然 は 本 市 の 良 好 な 住 環 境 を 形 成 する 重 要 な 要 素 の 一 つである したがって これまでも 山 間 部 における 国 定 公 園 特 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 自 然 とふれあう 緑 豊 かな 健 康 まちづくり 地 域 再 生 計 画 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 箕 面 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 箕 面 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 (1) 地 域 の 現 状 と 課 題 1 本 市 の 概 要 箕 面 市 は 大

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

Taro-26都市計画パンフレット4

Taro-26都市計画パンフレット4 伊 勢 原 都 市 計 画 の 概 要 平 成 26 年 4 月 伊 勢 原 市 目 次 1 人 口 推 移 と 土 地 利 用 (1) 人 口 推 移 2 (2) 人 口 推 移 図 2 (3) 利 用 区 分 別 土 地 利 用 3 (4) 利 用 区 分 別 土 地 利 用 の 推 移 3 2 都 市 計 画 の 体 系 4 3 都 市 計 画 決 定 の 手 続 (1) 都 市 計 画 決

More information

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

昭 和 3 年 (1928) 5 月 東 横 線 神 奈 川 ~ 高 島 5 月 目 黒 蒲 田 電 鉄 が 土 地 分 譲 ( 後 の 高 島 町 ) 間 開 通 会 社 の 田 園 都 市 ( 株 )を 合 併 5 月 目 黒 蒲 田 電 鉄 の 代 表 取 締 役 に 五 島 慶 太 氏 6

昭 和 3 年 (1928) 5 月 東 横 線 神 奈 川 ~ 高 島 5 月 目 黒 蒲 田 電 鉄 が 土 地 分 譲 ( 後 の 高 島 町 ) 間 開 通 会 社 の 田 園 都 市 ( 株 )を 合 併 5 月 目 黒 蒲 田 電 鉄 の 代 表 取 締 役 に 五 島 慶 太 氏 6 No,1 平 成 26 年 11 月 柿 原 智 概 略 五 島 慶 太 氏 (1882~1959)~ 東 急 グループの 総 師 として 辣 腕 をふるった 五 島 慶 太 氏 は 鉄 道 院 出 身 で 鉄 道 事 業 に 携 わったのは 大 正 9 年 (1920) 武 蔵 電 気 鉄 道 ( 後 の 旧 東 京 横 浜 電 鉄 )に 常 務 として 招 かれ たのが 最 初 である 大 正

More information

(差し替え)資料1-2 国有:補足資料

(差し替え)資料1-2 国有:補足資料 補 足 資 料 主 要 庁 舎 の 移 転 再 配 置 計 画 (イメージ) 第 2 期 初 築 地 の 海 洋 情 報 部 を 臨 海 部 に 仮 移 転 (1) 第 2 期 末 東 京 国 税 局 を 築 地 に 移 転 気 象 庁 を 霞 が 関 近 辺 ( 虎 ノ 門 )に 移 転 (2) 25 年 内 閣 府 新 合 同 庁 舎 建 設 (3) 第 3 期 初 大 手 町 を (4) 第

More information

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 網 走 市 統 計 書 平 成 27 年 版 網 走 市 は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 踏 まえ 基 本 的 かつ 総 合 的 な

More information

ÿþ

ÿþ (2) 騒 音 振 動 悪 臭 の 防 止 ア 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 (ア) 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 と 地 域 類 型 指 定 時 の 区 分 地 域 類 型 夜 ( 午 前 6 時 ~ 午 後 10 時 ) ( 午 後 10 時 ~ 午 前 6 時 ) A 55 デシベル 以 下 5 デシベル 以 下 類 型 指 定 地 域 ( 概 要 ) 第 1 種 低 層 住 居

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

環 境 政 策 課 ( 佐 久 間 西 川 ) 電 話 076-220-2301 東 日 本 大 震 災 災 害 廃 棄 物 受 入 れ 終 了 について 東 日 本 大 震 災 により 生 じた 災 害 廃 棄 物 の 広 域 処 理 について 10 月 31 日 をもって 戸 室 新 保 埋 立

環 境 政 策 課 ( 佐 久 間 西 川 ) 電 話 076-220-2301 東 日 本 大 震 災 災 害 廃 棄 物 受 入 れ 終 了 について 東 日 本 大 震 災 により 生 じた 災 害 廃 棄 物 の 広 域 処 理 について 10 月 31 日 をもって 戸 室 新 保 埋 立 平 成 25(2013) 年 11 月 18 日 定 例 記 者 会 見 資 料 生 活 支 援 課 ( 担 当 : 豊 秋 ) 電 話 220-2292 ハローワーク 常 設 窓 口 の 開 設 について 生 活 保 護 受 給 者 等 の 就 労 支 援 をより 効 果 的 かつ 効 率 的 に 実 施 するため 石 川 労 働 局 の 要 請 を 受 けて 市 役 所 本 庁 舎 にハローワーク

More information

57 毛 馬 中 央 公 園 大 阪 市 都 島 区 毛 馬 町 4 丁 目 1 58 毛 馬 北 公 園 大 阪 市 都 島 区 毛 馬 町 4 丁 目 13 59 毛 馬 東 公 園 大 阪 市 都 島 区 毛 馬 町 5 丁 目 5 60 城 北 緑 道 公 園 大 阪 市 都 島 区 毛 馬

57 毛 馬 中 央 公 園 大 阪 市 都 島 区 毛 馬 町 4 丁 目 1 58 毛 馬 北 公 園 大 阪 市 都 島 区 毛 馬 町 4 丁 目 13 59 毛 馬 東 公 園 大 阪 市 都 島 区 毛 馬 町 5 丁 目 5 60 城 北 緑 道 公 園 大 阪 市 都 島 区 毛 馬 1 扇 町 公 園 大 阪 市 北 区 扇 町 1 丁 目 1 2 南 天 満 公 園 大 阪 市 北 区 天 神 橋 1 丁 目 3ほか 3 西 天 満 公 園 大 阪 市 北 区 西 天 満 5 丁 目 7 4 東 天 満 公 園 大 阪 市 北 区 天 満 橋 1 丁 目 7 5 滝 川 公 園 大 阪 市 北 区 天 満 4 丁 目 7 6 菅 北 公 園 大 阪 市 北 区 菅 栄 町 4

More information

平成19年度第1回「オーライ

平成19年度第1回「オーライ 年 間 3 億 人 泊 の 観 光 旅 行 に 農 業 を 浸 透 させる 観 光 地 と 農 業 を 結 ぶ 農 業 観 光 エントリーモデル 開 発 ~ 気 軽 にク リーンツーリス ムに 参 加 できる 宿 泊 プラン 開 発 ~ 株 式 会 社 リクルート 旅 行 カンパニー じゃらんリサーチセンター 2010 年 2 月 16 日 1 はじめに グリーンツーリズムから 農 業 観 光 へ

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 3 市 民 税 Ⅰ 概 要 1 個 人 市 民 税 (1) 個 人 市 民 税 の 概 要 1 月 1 日 現 在 区 内 に 住 所 を 有 する 住 民 が その 地 方 公 共 団 体 に 納 税 する 税 金 であ る 市 民 税 は 県 民 税 とあわせて 住 民 税 と 呼 ばれている 住 民 税 は 市 や 県 の 仕 事 を 行 うために 必 要 な 費 用 を 住 民 が その

More information

2 着 想 点 <プランの 着 想 点 > 私 たちがこの 事 業 を 思 いついたきっかけは 人 々の 地 震 に 対 する 不 安 感 の 高 まりと 対 策 の 実 行 度 とのギャップを 発 見 した 事 であ る そのギャップの 原 因 を 探 るために 私 たちは 以 下 の 定 性 的

2 着 想 点 <プランの 着 想 点 > 私 たちがこの 事 業 を 思 いついたきっかけは 人 々の 地 震 に 対 する 不 安 感 の 高 まりと 対 策 の 実 行 度 とのギャップを 発 見 した 事 であ る そのギャップの 原 因 を 探 るために 私 たちは 以 下 の 定 性 的 1 具 体 的 事 業 内 容 < 背 景 > 今 後 30 年 以 内 に 首 都 東 京 直 下 型 地 震 は 70% 東 海 地 震 は 86%の 確 率 で 起 こると 言 われており 東 京 横 浜 は 災 害 危 険 度 が 世 界 で 最 も 高 い 地 域 となっている ( 添 付 資 料 1 参 照 ) 今 年 に 入 ってからも4 月 に 福 岡 県 西 方 沖 地 震 8 月

More information

H24.11.8 坂 ノ 下 急 傾 斜 地 崩 壊 工 事 高 知 県 幡 多 土 木 事 務 所 H24.10.25 山 のみち 第 13 号 幹 線 林 道 開 設 事 業 中 村 大 正 線 2 工 区 工 事 高 知 県 幡 多 林 業 事 務 所 H24.9.29 海 陸 常 第 09-

H24.11.8 坂 ノ 下 急 傾 斜 地 崩 壊 工 事 高 知 県 幡 多 土 木 事 務 所 H24.10.25 山 のみち 第 13 号 幹 線 林 道 開 設 事 業 中 村 大 正 線 2 工 区 工 事 高 知 県 幡 多 林 業 事 務 所 H24.9.29 海 陸 常 第 09- * 工 事 名 はこちらで 分 かる 範 囲 を 明 記 しており ます H26.11.1 平 成 26 年 度 山 伏 トンネル 取 付 道 路 改 良 工 事 国 土 交 通 省 中 筋 川 総 合 開 発 事 務 所 H26.10.20 道 交 国 防 安 ( 防 災 ) 第 9116-006-1 号 国 道 321 号 防 災 安 全 交 付 金 工 事 高 知 県 幡 多 土 木 事 務

More information

4 寄 付 金 を 活 用 した 主 な 事 業 ヤフオクドームで 黒 田 官 兵 衛 ゆかりの 地 中 津 市 を PR 観 光 マップで 中 津 の 温 泉 やグルメを 紹 介 青 の 洞 門 の 対 岸 にネモフィラを 植 栽 学 校 への 空 調 機 器 整 備 高 齢 者 と 保 育 園

4 寄 付 金 を 活 用 した 主 な 事 業 ヤフオクドームで 黒 田 官 兵 衛 ゆかりの 地 中 津 市 を PR 観 光 マップで 中 津 の 温 泉 やグルメを 紹 介 青 の 洞 門 の 対 岸 にネモフィラを 植 栽 学 校 への 空 調 機 器 整 備 高 齢 者 と 保 育 園 黒 部 市 議 会 総 務 文 教 委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 視 察 期 日 : 平 成 28 年 5 月 17 日 ( 火 ) 19 日 ( 木 ) 視 察 先 :(1) 大 分 県 中 津 市 (ふるさと 応 援 寄 付 金 の 取 り 組 みについて) (2) 福 岡 県 行 橋 市 ( 図 書 館 などの 複 合 施 設 構 想 の 取 り 組 みについて) (3) 福 岡 県

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

平成19年度 食育推進のための実態調査 調査内容(案)

平成19年度 食育推進のための実態調査 調査内容(案) 食 育 推 進 のための 実 態 調 査 票 複 数 回 答 の 記 載 がない 場 合 は あてはまるものを 選 んで1つに をしてください 問 1 あなたの 性 別 を 教 えてください 1 男 性 2 女 性 問 2 あなたの 年 齢 は 次 の 中 からあてはまるものを 選 んでください 1 0~5 歳 2 6~10 歳 3 11 歳 ~15 歳 4 16~19 歳 5 20 歳 代 6 30

More information

<5461726F2DA28BC78DC48F4390B3A331333032323091E5986190EC90CE90EC>

<5461726F2DA28BC78DC48F4390B3A331333032323091E5986190EC90CE90EC> 近 畿 地 方 整 備 局 配 布 平 成 25 年 2 月 25 日 大 和 川 河 川 事 務 所 日 時 14 時 00 分 資 料 配 布 件 名 2 万 人 による 大 和 川 の 大 掃 除 ~ 大 阪 府 と 奈 良 県 で 連 携 し 大 和 川 流 域 を 一 斉 清 掃 します~ 来 る3 月 3 日 ( 日 ) 大 和 川 流 域 で 流 域 住 民 の 方 々の 参 加 による

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

Microsoft Word - 130306_●甲州市甘草活用ビジョン.docx

Microsoft Word - 130306_●甲州市甘草活用ビジョン.docx 地 域 の 歴 史 文 化 資 源 を 活 用 した ~ 甘 草 の 里 づくりビジョン~ 日 本 甘 草 のふるさと 重 要 文 化 財 旧 高 野 家 住 宅 甘 草 屋 敷 と 付 属 の 薬 草 園 で 栽 培 され る 江 戸 時 代 から 伝 わるウラルカンゾウ 平 成 25 年 2 月 甲 州 市 甲 州 市 甘 草 の 里 づくり 研 究 会 1 目 次 第 1 章 計 画 策 定

More information

56 0% 20% 40% 60% 80% 100% 0% 20% 40% 60% 80% 100% 1 町 政 24.7 41.7 12.9 7.9 9.4 5 事 業 の 企 画 検 討 11.6 42.7 22.4 9.8 12.5 2 各 種 計 画 17.0 45.4 17.0 8.3 11.0 6 町 民 の 声 を 聞 く 姿 勢 16.2 34.4 21.3 15.4 9.8

More information

3.1.1 調 査 範 囲 の 設 定 デザインコード 調 査 にあたり まずは 調 査 範 囲 を 設 定 する デザインコードは 概 ね 小 学 校 区 程 度 の 範 囲 の 中 で 共 通 性 が 強 くみられる この ため デザインコードの 調 査 では 整 備 対 象 施 設 の 予 定

3.1.1 調 査 範 囲 の 設 定 デザインコード 調 査 にあたり まずは 調 査 範 囲 を 設 定 する デザインコードは 概 ね 小 学 校 区 程 度 の 範 囲 の 中 で 共 通 性 が 強 くみられる この ため デザインコードの 調 査 では 整 備 対 象 施 設 の 予 定 第 3 章 景 観 配 慮 におけるデザインコード 活 用 の 方 法 3.1 デザインコードの 収 集 ( 調 査 ) デザインコードの 収 集 ( 調 査 )は 以 下 の 手 順 により 実 施 する 1 調 査 範 囲 の 設 定 2 情 報 収 集 3 デザインコードの 収 集 3 デザインコードの 収 集 では 地 図 などから 広 い 対 象 におけるデザインコー ドの 読 み 取 りと

More information

平 成 24 年 度 若 狭 路 観 光 実 態 調 査 業 務 報 告 書 平 成 24 年 1 月 嶺 南 広 域 行 政 組 合 目 次 Ⅰ. 調 査 概 要 ------------------------------------------------- 1 Ⅱ. 調 査 結 果 のまとめ----------------------------------------- 2 1. 若 狭

More information

白 東 村 山 市 転 入 転 出 アンケート 調 査 報 告 書 平 成 年 月 東 村 山 市 経 営 政 策 部 都 市 マーケティング 課 白 目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要 調 査 の 概 要 報 告 書 の 見 方 Ⅱ. 回 答 者 の 属 性 回 答 者 の 属 性 ( 転 入 者 アンケート) 回 答 者 の 属 性 ( 転 出 者 アンケート) 0 Ⅲ. 調 査 結 果 の 分 析.

More information

<91E63489F18E9197BF332E786477>

<91E63489F18E9197BF332E786477> 第 4 回 大 隅 地 域 の 公 立 高 校 の 在 り 方 検 討 委 員 会 ( 資 料 ) 目 次 日 程 1 当 該 高 校 の 在 り 方 案 に 対 する 検 討 委 員 会 意 見 2 各 地 区 検 討 会 からの 当 該 高 校 の 在 り 方 ( 案 ) 鹿 屋 地 区 ( 鹿 屋 市 内 5 校 ) 3 肝 付 地 区 ( 高 山 高 校 ) 4 南 大 隅 錦 江 地 区

More information

<338E9197BF95D25F3031916790442E786477>

<338E9197BF95D25F3031916790442E786477> 第 1 章 組 織 1-1 周 南 市 防 災 会 議 条 例 ( 平 成 15 年 4 月 21 日 条 例 第 15 号 ) 改 正 平 成 17 年 6 月 30 日 条 例 第 34 号 平 成 17 年 6 月 30 日 条 例 第 34 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 16 条 第 6 項

More information

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部 平 成 2 8 年 4 月 1 日 報 道 機 関 各 位 室 蘭 開 発 建 設 部 広 報 官 お 知 ら せ 件 名 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について お 知 らせ 内 容 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について 別 紙 のとおりお

More information

大塚上2009年度報告書

大塚上2009年度報告書 < 市 街 化 調 整 区 域 ( 平 地 部 )における 開 発 の 事 例 > 広 島 市 における 取 組 状 況 : 市 街 化 調 整 区 域 ( 平 地 部 )における 地 区 計 画 ~ 石 内 地 区 石 内 まちづくり 構 想 で 石 内 南 ( 湯 戸 下 沖 ) 生 活 拠 点 としたゾーンは ひろしま 西 風 新 都 都 市 づくり 推 進 プラン では 地 区 拠 点 (

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 22 年 度 交 付 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 22 年 度 交 付 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 5 回 変 更 ) ひ ろ し ま 広 島 と し ん 都 心 ち く 地 区 ひろしまけん 広 島 ひ ろ し ま 県 広 島 し 市 平 成 22 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期

More information

Microsoft Word - 09投票区再編.doc

Microsoft Word - 09投票区再編.doc ( 参 考 ) 投 票 区 の 再 編 等 事 務 の 効 率 化 及 び 経 費 節 減 投 票 立 会 人 の 確 保 等 を 目 的 として 投 票 所 の 統 廃 及 び 投 票 所 閉 鎖 時 刻 の1 時 間 繰 り 上 げ( 各 総 支 所 管 内 の 投 票 区 ) 等 を 議 会 自 治 会 等 での 説 明 パ ブリックコメント 等 を 経 て 平 成 24 年 7 月 29 日

More information

6. 区 域 の 概 要 注 ) 矢 島 都 市 計 画 区 域 には 用 途 地 域 及 び 都 市 計 画 道 路 の 指 定 はありません 5-42

6. 区 域 の 概 要 注 ) 矢 島 都 市 計 画 区 域 には 用 途 地 域 及 び 都 市 計 画 道 路 の 指 定 はありません 5-42 5-4 矢 島 都 市 計 画 区 域 旧 矢 島 町 の 矢 島 都 市 計 画 区 域 約 450ha を 対 象 として 地 区 別 の 検 討 を 行 います 1) 区 域 の 現 況 と 課 題 1 現 況 1. 概 況 由 利 高 原 鉄 道 の 矢 島 駅 を 中 心 に 西 部 の 丘 陵 地 と 北 東 部 の 国 道 108 号 や 子 吉 川 を 外 郭 としてコンパクトな 市

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 乙 部 町 の 魅 力 ある 地 域 資 源 を 活 用 した 産 業 活 性 化 事 業 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 乙 部 町 の

More information

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦 第 1 章 三 浦 市 のすがた 城 ヶ 島 と 三 崎 港 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 市 全 景 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 海 岸 ( 三 浦 市 所 有 ) 江 奈 湾 と 劒 崎 灯 台 ( 三 浦 市 所 有 ) - 1 - 1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

<955C8E86814597A0955C8E862E6169>

<955C8E86814597A0955C8E862E6169> 徳 島 県 の 海 岸 保 全 基 本 計 画 改 定 ( 概 要 版 ) ~ 自 然 と 人 が 息 づく 阿 波 の 海 岸 づくり ~ 徳 島 県 1. 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 法 の 改 正 ( 平 成 11 年 )に 伴 い 美 しく 安 全 で いきい きとした 海 岸 の 継 承 を 基 本 理 念 とする 国 の 定 めた

More information

Microsoft Word - 01 表紙

Microsoft Word - 01 表紙 高 校 生 等 に 対 する 修 学 支 援 制 度 ガイドブック 平 成 27 年 12 月 兵 庫 県 教 育 委 員 会 事 務 局 高 校 教 育 課 目 次 ページ はじめに 1 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 2 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 6 兵 庫 県 内 の 各 市 町 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 25 兵 庫

More information

長崎本線は残されるか~長崎本線期成存続会

長崎本線は残されるか~長崎本線期成存続会 長 崎 本 線 を 守 れ!~ 長 崎 本 線 存 続 期 成 会 中 3 6 H.W. はじめに 別 の 原 稿 でもあったように 九 州 新 幹 線 長 崎 ルートが 開 通 する 際 並 行 在 来 線 となる JR 長 崎 本 線 は 肥 前 鹿 島 ~ 諫 早 間 がJRから 分 離 されて 佐 賀 長 崎 両 県 などが 出 資 す る 新 会 社 によって 運 行 されるという 構 想

More information

掲 将 像 然 笑 寒 寒 埋 容 量 西 託 契 締 港 湾 昭 和 ぶ 独 君 戦 揚 貨 戦 陸 港 貨 圏 舗 舗 -- -- -- -- -- -- 京 宿 西 宿 --

掲 将 像 然 笑  寒 寒 埋 容 量 西 託 契 締 港 湾 昭 和 ぶ 独 君  戦 揚 貨 戦 陸 港 貨 圏 舗 舗 -- -- -- -- -- -- 京 宿 西 宿 -- 標 準 減 村 免 許 盆 環 境 算 己 直 滞 納 康 孫 標 常 欠 努 己 診 越 康 振 存 敬 老 祝 敬 老 祝,,,,, 敬 老 祝 歳 昭 和 米 寿 昭 和 歳 白 寿 歳 密 ュ ニ 拠 点 増 注 緊 率 著 影 響 緊 則 頃 維 持 努 況 オ cc 白 乙 cc 黄 色 甲 cc 従 型 希 望 諸 線 告 皆 移 末 屋 般 執 候 候 案 田 井 砂 宮 馬 己 食

More information

総務部元気宣言

総務部元気宣言 福 井 新 々 元 気 宣 言 推 進 に 関 する 政 策 合 意 私 は 知 事 の 政 策 スタッフとして 福 井 県 民 の 将 来 ビジョン に 基 づき 福 井 新 々 元 気 宣 言 の 元 気 な 産 業 元 気 な 社 会 元 気 な 県 土 元 気 な 県 政 に 掲 げられた 政 策 等 を 実 現 するため 県 民 の 理 解 と 参 加 を 得 な がら 責 任 を 持 って

More information

Microsoft PowerPoint - 140825_各種取組事例(部長指摘版).pptx

Microsoft PowerPoint - 140825_各種取組事例(部長指摘版).pptx (2) 地 域 内 経 済 循 環 の 取 組 あ ま ち ょ う 地 域 内 経 済 循 環 の 取 組 事 例 島 根 県 海 士 町 平 成 23 年 から25 年 の 社 会 増 減 をみると 24 年 25 年 は 転 入 超 過 に 転 じてい る 平 成 20 年 と25 年 の 年 齢 階 層 別 の 人 口 を 比 較 すると 25 歳 から44 歳 の 年 齢 層 ( 平 成 25

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 71 2 節 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 ( 東 京 から 発 信 する 日 本 のみなと 改 革 ) 74 節 東 京 ベイエリア 21 80-69 - 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 湾 整 備 部 計 画 課 湾 計 画 は その 必 要 性 目 的 計 画 事 項 作 成

More information

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

疑 問 東 京 の 外 国 人 旅 行 客 はどんな 所 へ 行 き その 満 足 度 はどうなのか? 森 記 念 財 団 では 2010 年 に 成 田 空 港 にて 訪 日 外 国 人 1,761 人 に 対 し 東 京 圏 でどのような 観 光 をしたか 満 足 度 調 査 を 行 った 近

疑 問 東 京 の 外 国 人 旅 行 客 はどんな 所 へ 行 き その 満 足 度 はどうなのか? 森 記 念 財 団 では 2010 年 に 成 田 空 港 にて 訪 日 外 国 人 1,761 人 に 対 し 東 京 圏 でどのような 観 光 をしたか 満 足 度 調 査 を 行 った 近 東 京 のブランド 力 ~ 世 界 が 憧 れる5つの 魅 力 ~ 概 要 版 この 研 究 報 告 書 は 外 国 人 から 見 た 東 京 の 魅 力 が 何 であるかを 探 り それを 東 京 の 都 市 ブラ ンドとして 世 界 から 認 知 されるための 課 題 と 戦 略 を 研 究 したものである 東 京 の 魅 力 向 上 によって 国 際 競 争 力 を 高 め 東 京 を 訪 問

More information

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類 1 市 町 村 民 所 得 の 概 念 (1) 市 町 村 民 所 得 の 概 念 市 町 村 民 所 得 推 計 は 県 民 経 済 計 算 の 概 念 を 市 町 村 という 行 政 区 域 に 適 用 して 市 町 村 単 位 での 1 年 間 に 生 み 出 された 価 値 ( 付 加 価 値 )を 生 産 分 配 の 二 面 からとらえることにより 市 町 村 経 済 の 規 模 や 産

More information

「(仮称)根津景観形成重点地区」住民説明会

「(仮称)根津景観形成重点地区」住民説明会 参 考 資 料 第 3 号 ( 仮 称 ) 根 津 景 観 形 成 重 点 地 区 住 民 説 明 会 の 結 果 について 1 開 催 概 要 (1) 目 的 景 観 形 成 重 点 地 区 のモデル 地 区 として 選 定 した 根 津 地 区 の 一 部 において 平 成 24 年 度 から 地 区 住 民 との 協 働 による 景 観 づくりの 検 討 を 進 めるため 景 観 形 成 重

More information

<817990528B6389EF9770817A83518393834C815B8DA188C990A893589399352D318169836083468362834E838A83588367816A2E786C7378>

<817990528B6389EF9770817A83518393834C815B8DA188C990A893589399352D318169836083468362834E838A83588367816A2E786C7378> 1 概 要 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 法 指 針 項 目 チェックリスト 既 存 宅 地 ( 事 業 所 社 宅 跡 地 )にドラッグストアと 衣 料 品 店 を 新 設 する ( 法 第 5 条 第 1 項 ) 2 届 出 の 内 容 届 出 年 月 日 店 舗 設 置 者 小 売 業 者 店 舗 面 積 施 設 の 配 置 施 設 の 運 営 新 設 する 日 平 成 25 年 7 月

More information

で 見 直 しが 必 要 です 3 観 光 客 が 楽 しく 回 れる ワークづくりが 必 要 です 市 街 地 ゾーン 内 の 観 光 施 設 をはじめ その 他 の 観 光 拠 点 に 観 光 客 を 誘 導 するための 道 路 ネットワークの 強 化 が 望 まれます 自 動 車 道 に 加

で 見 直 しが 必 要 です 3 観 光 客 が 楽 しく 回 れる ワークづくりが 必 要 です 市 街 地 ゾーン 内 の 観 光 施 設 をはじめ その 他 の 観 光 拠 点 に 観 光 客 を 誘 導 するための 道 路 ネットワークの 強 化 が 望 まれます 自 動 車 道 に 加 4-2. ワークづくりの 方 針 ワークづくりの 方 針 の 構 成 ワークづくり の 課 題 ワークづくり の 方 針 盆 地 地 域 における 基 本 方 針 実 現 に 向 けた 幹 線 道 路 づくりの 取 り 組 み 市 街 地 ゾーンにおける 基 本 方 針 実 現 に 向 けた 幹 線 道 路 補 助 幹 線 道 路 づくりの 取 り 組 み (1) ワークづくりの 課 題 1 中 部

More information

スライド 1

スライド 1 福 島 に 森 のエコシティを 創 出 する CLTにかかわる 現 状 と 課 題 協 力 委 員 パナソニック 株 式 会 社 エコソリューションズ 社 エネマネ 推 進 センター 西 川 弘 記 東 北 には 豊 富 な 森 林 資 源 がある 2 充 実 する 森 林 資 源 ~ 我 が 国 の 森 林 資 源 は 戦 後 植 林 した 人 工 林 を 中 心 に 年 々 増 加 ~ 森 林

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8> 東 大 谷 川 水 系 河 川 整 備 基 本 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 第 1 河 川 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 1 1 河 川 及 び 流 域 の 現 状 1 (1) 河 川 及 び 流 域 の 概 要 1 (2) 治 水 事 業 の 沿 革 と 現 状 1 (3) 河 川 の 利 用 及 び 住 民 との 関 わり 2 (4)

More information