自 動 車 諸 税 の 見 直 し 平 成 9 年 月 日 に 自 動 車 取 得 税 を 廃 止 するとともに 自 動 車 税 及 び 軽 自 動 車 税 において 環 境 性 能 割 を 新 たに 導 入 することとされた 環 境 性 能 割 の 税 収 規 模 は 自 動 車 取 得 税 に

Size: px
Start display at page:

Download "自 動 車 諸 税 の 見 直 し 平 成 9 年 月 日 に 自 動 車 取 得 税 を 廃 止 するとともに 自 動 車 税 及 び 軽 自 動 車 税 において 環 境 性 能 割 を 新 たに 導 入 することとされた 環 境 性 能 割 の 税 収 規 模 は 自 動 車 取 得 税 に"

Transcription

1 平 成 8 年 度 国 の 施 策 制 度 予 算 に 関 する 提 案 重 点 的 提 案 に 係 る 主 な 措 置 状 況 について 神 奈 川 県 では 平 成 7 年 6 月 に 平 成 8 年 度 国 の 施 策 制 度 予 算 に 関 する 提 案 を 公 表 後 これまで 関 係 府 省 等 に 対 し 提 案 活 動 を 行 ってきました このたび 重 点 的 提 案 0 事 項 の 主 な 措 置 状 況 ( 平 成 8 年 月 日 現 在 )を 取 り まとめましたので お 知 らせします 提 案 事 項 名 及 び 項 目 名 等 地 方 分 権 改 革 の 着 実 な 推 進 () 平 成 7 年 月 に 平 成 7 年 の 地 方 からの 提 案 等 に 関 する 対 応 方 針 が 閣 議 決 定 され 提 案 募 集 方 式 による 地 方 からの 事 務 権 限 の 移 譲 等 に 関 する 提 案 の 一 部 について 対 応 を 図 ることとされた 事 務 権 限 の 移 譲 及 び 規 制 緩 和 の 更 なる 推 進 () 提 案 募 集 方 式 による 平 成 6 年 度 の 提 案 のうち 引 き 続 き 検 討 を 進 め ること とされたものについても 実 現 する 方 向 で 検 討 が 進 められた 結 果 その 一 部 について 対 応 を 図 ることとされた また 平 成 6 年 度 に 実 現 できなかったもの とされ 平 成 7 年 度 に 情 勢 の 変 化 を 踏 まえ 再 度 の 提 案 を 行 ったものの 一 部 についても 対 応 を 図 るこ ととされた 地 方 自 治 制 度 の 抜 本 的 な 改 革 () 提 案 募 集 方 式 以 外 に 国 が 主 体 となった 地 方 分 権 改 革 の 推 進 に 向 け た 具 体 的 な 取 組 は 行 われていない 地 方 自 治 法 の 抜 本 改 正 については 具 体 的 な 検 討 は 行 われていない 地 方 税 財 政 制 度 ( 財 政 関 係 )の 改 革 臨 時 財 政 対 策 債 の 廃 止 と 地 方 交 付 税 総 額 の 確 保 平 成 8 年 度 の 地 方 交 付 税 総 額 は 地 方 税 が 増 収 となる 中 前 年 度 とほ ぼ 同 程 度 の 額 が 確 保 され 臨 時 財 政 対 策 債 の 発 行 額 は 抑 制 されたもの の 地 方 の 財 源 不 足 は 解 消 されておらず 臨 時 財 政 対 策 債 も 存 続 してい る なお 財 政 力 の 高 い 自 治 体 に 過 度 に 配 分 されている 臨 時 財 政 対 策 債 は 平 成 7 年 度 の 算 定 で 本 来 地 方 交 付 税 で 措 置 される 額 に 占 める 割 合 の 更 なる 見 直 しがなされ その 結 果 本 県 の 配 分 率 は 7.7%( 平 成 6 年 度 ) から59.5%( 平 成 7 年 度 )に 低 下 した 国 庫 補 助 金 及 び 交 付 金 の 廃 止 と 基 金 事 業 の 改 善 国 と 地 方 の 財 政 負 担 の 適 正 化 本 県 の 提 案 する 国 庫 補 助 金 の 廃 止 及 び 所 要 額 の 全 額 税 源 移 譲 は 実 現 していない また 基 金 事 業 については 一 部 事 業 において 改 善 されたものもあるが 依 然 として 要 件 の 見 直 しや 運 用 改 善 が 行 われていない 事 業 がある 国 直 轄 事 業 負 担 金 は 廃 止 されていない また 地 方 超 過 負 担 も 依 然 として 解 消 されていない 地 方 税 財 政 制 度 ( 税 制 関 係 )の 改 革 地 方 の 仕 事 量 に 見 合 う 税 源 確 保 のた めの 税 源 移 譲 等 の 実 現 地 方 法 人 税 及 び 地 方 法 人 特 別 税 の 地 方 税 への 復 元 平 成 8 年 度 税 制 改 正 大 綱 では 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 を 実 現 する ため 消 費 税 率 0%への 引 上 げを 平 成 9 年 月 に 確 実 に 実 施 するとされ ている なお 所 得 税 から 住 民 税 への 更 なる 税 源 移 譲 は いまだ 実 現 していな い 地 方 法 人 特 別 税 については 平 成 9 年 月 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 から 廃 止 し 法 人 事 業 税 に 復 元 されることとなった 一 方 地 方 法 人 税 については 平 成 9 年 月 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 から 拡 大 されることとなった 具 体 的 には 法 人 住 民 税 法 人 税 割 の 税 率 を 都 道 府 県 市 町 村 合 わせて5.9% 引 き 下 げるとともに 地 方 法 人 税 の 税 率 を 当 該 引 下 げ 分 相 当 引 き 上 げ その 税 収 全 額 を 地 方 交 付 税 原 資 にする こととされた 法 人 実 効 税 率 引 下 げに 当 たっての 代 替 財 源 の 確 保 法 人 事 業 税 における 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 租 税 特 別 措 置 の 見 直 し 減 価 償 却 の 見 直 しなどの 制 度 改 正 により 財 源 を 確 保 した 上 で 法 人 実 効 税 率 を 平 成 8 年 度 に9.97%に 平 成 0 年 度 に9.7%に 引 き 下 げることとさ れた /0

2 自 動 車 諸 税 の 見 直 し 平 成 9 年 月 日 に 自 動 車 取 得 税 を 廃 止 するとともに 自 動 車 税 及 び 軽 自 動 車 税 において 環 境 性 能 割 を 新 たに 導 入 することとされた 環 境 性 能 割 の 税 収 規 模 は 自 動 車 取 得 税 に 比 べて00 億 円 程 度 少 ない と 見 込 まれており 自 動 車 取 得 税 廃 止 に 係 るすべての 代 替 財 源 は 確 保 さ れていない また 平 成 7 年 度 末 までとなっていた 自 動 車 税 のグリーン 化 特 例 ( 軽 課 ) について 基 準 の 切 り 替 えと 重 点 化 を 行 った 上 で 年 間 延 長 された 5 課 税 自 主 権 の 拡 大 地 方 の 課 税 自 主 権 の 拡 大 を 制 度 的 に 保 障 するための 抜 本 的 な 見 直 し に 向 けた 具 体 的 な 動 きはない 分 散 型 エネルギーシステムの 構 築 () 蓄 電 池 にかかる 技 術 開 発 予 算 は 前 年 より 縮 小 し 発 電 した 電 気 の 住 宅 等 における 自 家 消 費 促 進 支 援 策 については 措 置 されていない 地 域 的 な 偏 在 が 少 ない 太 陽 光 発 電 の 一 層 の 普 及 拡 大 () 固 定 価 格 買 取 制 度 における 有 機 系 薄 膜 太 陽 電 池 の 設 備 認 定 基 準 は 定 められていない 自 家 消 費 を 対 象 とする 設 備 設 置 支 援 事 業 は 計 上 され たものの 補 助 率 等 の 変 更 はない () 固 定 価 格 買 取 制 度 において 設 備 規 模 による 買 取 価 格 の 別 区 分 化 に ついては 措 置 されていない () 屋 根 の 賃 借 権 について 第 三 者 に 対 抗 できるような 法 整 備 等 は 措 置 さ れていない 水 素 社 会 の 実 現 に 向 けた 燃 料 電 池 自 動 車 の 普 及 促 進 燃 料 電 池 自 動 車 の 公 共 交 通 への 集 中 的 な 導 入 や 災 害 時 に 非 常 用 電 源 として 活 用 するモデルケース 等 の 創 出 を 目 的 とした 車 両 費 用 と 当 該 導 入 に 必 要 な 水 素 インフラの 整 備 や 外 部 給 電 のためのインフラ 整 備 費 用 等 に 対 するパッケージ 的 な 支 援 策 は 新 たに 措 置 されていない エネルギーの 地 産 地 消 に 向 けた 基 盤 整 備 等 の 促 進 エネルギーの 地 産 地 消 に 向 けた 基 盤 整 備 支 援 事 業 については 予 算 計 上 されたが 託 送 料 金 については 低 圧 向 け 料 金 が 新 設 されたものの 高 額 で あり 料 金 の 低 減 化 が 図 られているとはいえない 5 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 地 球 温 暖 化 対 策 計 画 の 早 期 策 定 等 平 成 8 年 5 月 日 の 地 球 温 暖 化 対 策 推 進 本 部 において 地 球 温 暖 化 対 策 計 画 について 閣 議 決 定 された また 地 方 公 共 団 体 実 行 計 画 の 実 施 に 当 たって 必 要 な 財 源 措 置 につ いて 6 微 小 粒 子 状 物 質 (PM.5) 対 策 の 推 進 ガソリンベーパー 対 策 の 推 進 平 成 7 年 月 の 中 央 環 境 審 議 会 の 今 後 の 自 動 車 排 出 ガス 低 減 対 策 の あり 方 について( 第 十 二 次 答 申 ) を 受 け 国 は 燃 料 蒸 発 ガス 低 減 対 策 の 導 入 について 検 討 しているが 旧 式 ディーゼル 車 の 使 用 禁 止 など 対 策 強 化 旧 式 ディーゼル 車 の 使 用 の 禁 止 については 未 措 置 新 車 の 転 換 に 係 る 支 援 措 置 については 国 土 交 通 省 が CNG 及 びハイ ブリッドトラック バスの 購 入 改 造 に 対 する 一 定 の 補 助 を 継 続 している また 環 境 省 は 国 土 交 通 省 連 携 事 業 として 中 小 トラック 運 送 事 業 者 を 対 象 に 燃 費 性 能 の 高 い 環 境 対 応 車 への 買 い 替 えに 対 する 補 助 を 継 続 して いる さらに 環 境 省 では 国 土 交 通 省 及 び 経 済 産 業 省 連 携 事 業 として トラッ ク バス 所 有 事 業 者 を 対 象 に 環 境 対 応 大 型 車 (HV EV CNG FCV) 購 入 に 対 する 補 助 を 新 たに 実 施 する ( 環 境 省 事 業 はCO 削 減 が 目 的 だが 結 果 的 に 大 気 環 境 の 改 善 にも 資 す る) /0

3 常 時 監 視 の 精 度 向 上 と 国 民 への 注 意 喚 起 の 的 確 な 実 施 粒 子 状 物 質 の 環 境 基 準 の 一 本 化 平 成 5 年 月 に 環 境 省 が 公 表 した PM.5に 関 する 総 合 的 な 取 組 ( 政 策 パッケージ) において PM.5の 現 象 解 明 と 削 減 に 向 けた 対 策 検 討 を 進 めることとしており 平 成 8 年 度 の 重 点 施 策 として PM.5に 係 るモニ タリングの 充 実 発 生 源 生 成 機 構 の 把 握 等 を 進 めるとしている( 平 成 6 年 度 からの 継 続 ) また PM.5と 密 接 に 関 連 する 光 化 学 オキシダントも 含 めた 総 合 的 な 対 策 を 推 進 することが 盛 り 込 まれたが PM.5 濃 度 の 正 確 な 把 握 をするための 測 定 精 度 等 については 特 段 の 措 置 は 講 じられてい ない また 政 策 パッケージにおいて 国 内 外 の 知 見 の 充 実 に 向 けた 調 査 研 究 を 進 め その 結 果 を 暫 定 指 針 の 見 直 し 等 に 活 用 していくことが 示 されたが 実 施 スケジュール 等 は 明 らかにされておらず 高 齢 者 等 感 受 性 の 高 い 者 への 対 応 は 暫 定 指 針 に 盛 り 込 まれていない 7 大 規 模 災 害 対 策 の 推 進 () 箱 根 地 域 への 特 別 な 枠 組 みでの 支 援 大 規 模 地 震 対 策 の 着 実 な 推 進 と 情 報 提 供 () 大 涌 谷 周 辺 における 火 山 活 動 に 関 する セーフティネット 保 証 号 の 早 期 発 動 については 箱 根 町 の 実 施 した 宿 泊 施 設 等 への 影 響 調 査 を 踏 まえ 平 成 7 年 7 月 日 に 国 に 対 して 速 やかに セーフティネット 保 証 号 の 発 動 を 要 請 したところ 国 は 即 日 箱 根 町 を 指 定 地 域 として 発 動 するこ とを 決 定 し 7 月 日 付 け 官 報 にて 告 示 された また 小 田 原 市 真 鶴 町 及 び 湯 河 原 町 についても 8 月 8 日 付 け 官 報 に て 告 示 され 指 定 地 域 に 追 加 された () 雇 用 保 険 失 業 給 付 については 箱 根 地 域 ( 大 涌 谷 周 辺 )における 警 戒 区 域 内 の 事 業 所 と 避 難 指 示 の 対 象 事 業 所 の 一 時 離 職 者 に 対 し 特 例 的 に 支 給 することとされ 特 例 対 象 者 は 離 職 の 日 前 年 間 に 被 保 険 者 期 間 が 6か 月 以 上 で 支 給 可 能 となること 倒 産 解 雇 等 による 離 職 者 と 同 等 の 手 厚 い 給 付 日 数 となることとなった また ハローワーク 小 田 原 の 主 催 により 箱 根 地 域 の 事 業 所 の 出 展 を 含 む 就 職 面 接 会 が 開 催 されている 緊 急 雇 用 創 出 基 金 事 業 については 平 成 7 年 度 をもって 終 了 となった 内 閣 府 において 首 都 直 下 地 震 及 び 南 海 トラフ 地 震 等 の 大 規 模 地 震 の 発 生 に 備 えて 帰 宅 困 難 者 対 策 や 市 街 地 火 災 対 策 等 の 個 別 の 防 災 対 策 について 検 討 を 行 うための 予 算 措 置 がされた しかしながら 具 体 的 な 対 策 を 推 進 するためには これらの 検 討 結 果 に ついて 今 後 の 十 分 な 情 報 提 供 が 必 要 である 地 震 観 測 体 制 及 び 地 震 予 知 研 究 体 制 の 確 立 石 油 コンビナート 地 域 の 防 災 対 策 の 強 化 経 済 産 業 省 の 平 成 7 年 度 補 正 予 算 及 び 平 成 8 年 度 当 初 予 算 において 製 油 所 等 における 強 靭 化 への 支 援 を 行 う 石 油 コンビナート 事 業 再 編 強 靱 化 等 推 進 事 業 や 高 圧 ガス 設 備 の 耐 震 補 強 支 援 事 業 等 について 措 置 がさ れた しかしながら 事 業 者 による 産 業 保 安 の 取 組 等 への 支 援 については 新 た な 措 置 はない 5 原 子 力 災 害 に 関 す る 対 策 の 整 備 /0

4 8 基 地 対 策 の 推 進 基 地 の 整 理 縮 小 返 還 の 早 期 実 現 平 成 8 年 5 月 に 在 日 米 軍 再 編 最 終 報 告 において 合 意 された 相 模 総 合 補 給 廠 の 一 部 返 還 等 に 関 する 事 業 費 が 予 算 措 置 された 厚 木 基 地 空 母 艦 載 機 の 移 駐 等 の 確 実 な 実 現 平 成 8 年 5 月 に 在 日 米 軍 再 編 最 終 報 告 において 合 意 された 空 母 艦 載 機 の 移 駐 に 関 する 事 業 費 が 予 算 措 置 された 基 地 周 辺 対 策 の 充 実 強 化 防 衛 施 設 と 周 辺 地 域 の 調 和 や 地 域 振 興 等 を 図 るための 事 業 費 が 予 算 措 置 された 日 米 地 位 協 定 の 見 直 しと 環 境 補 足 協 定 の 早 期 締 結 平 成 7 年 9 月 日 米 地 位 協 定 を 補 足 する 環 境 補 足 協 定 の 署 名 がな された 5 原 子 力 艦 の 事 故 に よる 原 子 力 災 害 対 策 の 充 実 国 が 平 成 7 年 月 6 日 に 原 子 力 艦 の 原 子 力 災 害 対 策 マニュアル 検 証 に 係 る 作 業 委 員 会 を 設 置 し 原 子 力 艦 の 原 子 力 災 害 対 策 マニュアル の 検 証 を 開 始 した 平 成 7 年 月 0 日 には 作 業 委 員 会 の 検 証 を 踏 まえ 本 マニュアルを 一 部 改 訂 し 原 子 力 艦 の 災 害 時 の 通 報 基 準 と 判 断 基 準 を 見 直 した また 平 成 8 年 月 0 日 作 業 委 員 会 における 原 子 力 艦 の 災 害 時 の 応 急 対 応 範 囲 の 検 証 の 見 解 が 示 されたが マニュアルの 改 訂 には 至 っていない その 他 防 災 資 機 材 の 整 備 等 は 措 置 されていない 9 成 長 戦 略 の 実 現 に 向 けた 特 区 制 度 等 の 充 実 健 康 医 療 戦 略 等 の 関 連 施 策 との 連 携 強 化 国 家 戦 略 特 区 等 に おけるプロジェクト 推 進 の 加 速 化 健 康 医 療 戦 略 推 進 本 部 決 定 された 健 康 医 療 戦 略 の 実 行 状 況 と 今 後 の 取 組 方 針 05 や 平 和 と 健 康 のための 基 本 方 針 において 県 の 取 組 が 記 載 されたことや 本 部 のもとに 開 催 されている 次 世 代 ICT 基 盤 協 議 会 等 と 県 が 進 める 事 業 が 連 動 して 取 り 組 まれるなど 一 定 の 連 携 は 図 られて いるが 財 政 支 援 は 行 われていない 平 成 7 年 度 は これまで 本 県 が 規 制 改 革 を 求 めてきた 国 家 戦 略 特 別 区 域 限 定 保 育 士 事 業 家 事 支 援 外 国 人 受 入 事 業 が7 月 の 臨 時 国 会 で 改 正 国 家 戦 略 特 区 法 で 実 現 し これらについて 東 京 圏 国 家 戦 略 特 別 区 域 会 議 で 計 画 認 定 を 受 けた また 横 浜 市 立 大 学 附 属 病 院 が 県 内 で 初 めて 臨 床 研 究 中 核 病 院 と 同 水 準 の 医 療 機 関 の 判 定 を 受 け 保 険 外 併 用 療 養 の 特 例 に 関 する 計 画 認 定 を 受 けた さらに 県 内 の 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 都 市 公 園 占 有 保 育 所 等 施 設 設 置 事 業 や 県 内 の 農 業 活 性 化 に 向 けた 地 域 農 畜 産 物 利 用 促 事 業 につ いても 計 画 認 定 を 受 けた なお 平 成 6 年 度 中 に 病 床 規 制 に 関 する 医 療 法 の 特 例 の 計 画 認 定 を 受 けた 県 内 の 医 療 機 関 では 特 区 を 活 用 した 施 設 整 備 が 完 了 し 既 に 世 界 最 高 水 準 の 高 度 医 療 の 提 供 が 始 まっている そのほか ヘルスケア ニューフロンティアの 取 組 を 加 速 するために これ までに 追 加 提 案 した 規 制 改 革 事 項 等 についても 国 家 戦 略 特 区 WGにおい て 議 論 が 進 められている また 総 合 特 区 については プロジェクトの 推 進 上 必 要 な 措 置 について 関 係 府 省 と 協 議 を 行 い 活 用 している 総 合 特 区 推 進 調 整 費 の 柔 軟 な 運 用 平 成 8 年 度 当 初 予 算 において 昨 年 同 様 に 総 合 特 区 推 進 調 整 費 が 盛 り 込 まれたが 本 県 の 提 案 する 直 接 交 付 制 度 は 創 設 されていない また 複 数 年 利 用 についても 可 能 となっていない /0

5 0 経 済 雇 用 対 策 の 推 進 総 合 的 かつ 一 貫 し た 中 小 企 業 支 援 の 仕 組 みの 構 築 地 方 分 権 改 革 に 関 する 平 成 7 年 月 日 閣 議 決 定 平 成 7 年 の 地 方 か らの 提 案 等 に 関 する 対 応 方 針 において 次 の 措 置 を 講 じることとされた 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 ワンストップ 総 合 支 援 事 業 により 整 備 されるよ ろず 支 援 拠 点 については 国 と 都 道 府 県 の 連 携 強 化 を 図 るため 都 道 府 県 及 び 都 道 府 県 が 独 自 に 行 う 支 援 事 業 の 実 施 主 体 と 国 が 行 うよろず 支 援 拠 点 の 定 期 的 な 意 見 交 換 の 仕 組 みを 平 成 8 年 度 中 に 構 築 する 中 小 企 業 再 生 支 援 協 議 会 が 行 う 中 小 企 業 再 生 支 援 業 務 については 都 道 府 県 の 個 別 中 小 企 業 に 係 る 経 営 改 善 支 援 との 連 携 強 化 を 図 るため 地 域 の 実 情 に 応 じて 都 道 府 県 及 び 都 道 府 県 が 独 自 に 行 う 支 援 事 業 の 実 施 主 体 との 間 で 中 小 企 業 支 援 ネットワーク 会 議 等 も 活 用 しつつ 互 いの 施 策 や 案 件 当 該 協 議 会 から 関 係 支 援 機 関 への 申 し 送 り 状 況 等 の 情 報 共 有 をより 一 層 促 進 するよう 当 該 協 議 会 に 平 成 7 年 度 中 に 通 知 する 障 害 者 雇 用 対 策 の 充 実 強 化 中 小 企 業 が 共 同 で 障 害 者 雇 用 を 目 的 とした 企 業 を 設 立 し その 出 資 割 合 に 応 じて 出 資 企 業 の 雇 用 率 に 反 映 できる 制 度 の 構 築 について 具 体 的 な 措 置 は 講 じられていない 精 神 障 害 者 雇 用 に 対 する 理 解 促 進 策 の 充 実 について 具 体 的 な 措 置 は 講 じられていない ロボット 新 戦 略 の 早 期 実 現 都 市 農 業 の 推 進 都 市 農 業 と 関 連 す る 税 制 度 の 見 直 し 都 市 部 におけるス マート 農 業 の 取 組 強 化 TPPなどの 経 済 連 携 に 伴 う 畜 産 業 へ の 経 営 安 定 対 策 の 構 築 医 療 介 護 における 提 供 体 制 の 推 進 新 戦 略 の 推 進 組 織 ロボット 革 命 イニシアティブ 協 議 会 ( 知 事 も 参 与 とし て 参 画 )が 平 成 7 年 5 月 に 設 立 され ロボットの 利 活 用 推 進 方 策 等 の 検 討 が 行 われているほか 平 成 7 年 月 には 経 済 産 業 省 がロボット 国 際 競 技 大 会 の 実 行 委 員 会 を 発 足 させるなど ロボット 新 戦 略 の 早 期 実 現 に 向 け た 取 組 が 進 んでいる また 昨 年 月 から 無 人 飛 行 型 ロボット(ドローン)の 規 制 が 開 始 された が 産 業 振 興 への 過 度 な 制 約 となる 規 制 とはなっておらず 産 業 界 でもむ しろ 今 回 の 規 制 を 歓 迎 する 声 があがっている 実 際 の 規 制 改 革 はこれからであるが 本 県 も 国 の 検 討 に 引 き 続 き 参 画 し 新 戦 略 の 早 期 実 現 を 目 指 していく 平 成 7 年 月 5 日 国 により 総 合 的 なTPP 関 連 政 策 大 綱 が 発 表 さ れ 畜 産 酪 農 の 体 質 強 化 策 の 推 進 のほか 既 存 の 肉 用 牛 及 び 養 豚 の 経 営 安 定 対 策 について TPP 協 定 発 効 にあわせて 制 度 の 充 実 や 法 制 化 を 行 うことが 示 された 医 療 介 護 総 合 確 保 推 進 法 に 基 づく 事 業 の 恒 久 的 な 措 置 地 域 の 実 情 を 踏 まえた 弾 力 的 な 運 用 を 可 能 とするなど 都 道 府 県 の 裁 量 範 囲 拡 大 のための 抜 本 的 な 見 直 しに 向 けた 具 体 的 な 動 きはない ICTを 用 いた 医 療 情 報 及 び 健 診 データ 等 の 利 活 用 の 促 進 電 子 お 薬 手 帳 の 利 用 について 平 成 8 年 月 から 診 療 報 酬 の 対 象 となっ た 風 しん 対 策 の 強 化 風 しんの 抗 体 検 査 については 国 庫 補 助 事 業 として 8 年 度 も 予 算 措 置 さ れたが 地 方 自 治 体 が 取 り 組 む 風 しん 対 策 に 係 る 財 政 措 置 はされていな い WHO 推 奨 ワクチン の 定 期 接 種 化 WHO 推 奨 ワクチンのうち B 型 肝 炎 に 係 る 予 防 接 種 は 平 成 8 年 0 月 か ら 定 期 接 種 化 されることとなった 5/0

6 保 健 医 療 福 祉 を 担 う 人 材 の 確 保 定 着 医 師 確 保 対 策 の 推 進 看 護 職 員 確 保 対 策 の 推 進 5 福 祉 介 護 職 員 確 保 対 策 の 推 進 介 護 サービスにお けるインセンティブ の 構 築 救 急 救 命 士 の 知 識 や 技 能 の 活 用 福 祉 介 護 を 担 う 人 材 ごとの 機 能 役 割 の 明 確 化 やそれを 裏 付 ける 教 育 養 成 体 系 が 整 備 されるまでには 至 っていない 6/0

7 健 康 寿 命 日 本 一 の 推 進 未 病 を 治 す 健 康 長 寿 社 会 の 実 現 及 び 医 食 農 同 源 の 推 進 健 康 医 療 戦 略 ( 平 成 6 年 7 月 策 定 )に 地 方 の 先 駆 的 な 取 組 として 未 病 産 業 の 創 出 が 健 康 医 療 戦 略 の 実 行 状 況 と 今 後 の 取 組 方 針 05 ( 平 成 7 年 7 月 決 定 )には 健 康 未 病 産 業 をはじめとした 健 康 長 寿 社 会 の 形 成 に 資 する 新 たな 産 業 活 動 の 創 出 といった 本 県 の 取 組 が 紹 介 されたが 未 病 について 国 の 医 療 戦 略 などの 施 策 に 具 体 に 盛 り 込 ま れているところは 見 受 けられない 農 林 水 産 省 の 平 成 8 年 度 予 算 に 世 界 初 となる 機 能 性 農 産 物 を 認 めた 機 能 性 表 示 食 品 制 度 を 活 用 して 健 康 関 連 の 食 市 場 を 開 拓 するため 制 度 活 用 ノウハウ 等 の 情 報 提 供 や 自 主 的 ガイドラインの 整 備 支 援 など 食 産 業 が 機 能 性 表 示 食 品 制 度 等 を 活 用 しやすい 環 境 整 備 を 支 援 するとともに 地 域 の 食 の 健 康 ブランドづくりや 新 たな 食 環 境 ( 機 能 性 表 示 食 品 制 度 やスマ イルケア 食 等 )に 対 応 した 食 育 の 推 進 に 関 する 取 組 を 支 援 する 新 規 事 業 健 康 な 食 生 活 を 支 える 地 域 産 業 づくり 推 進 事 業 が 措 置 されている 健 康 に 関 する 各 種 データの 提 供 平 成 7 年 月 日 に 平 成 5 年 の 都 道 府 県 別 健 康 寿 命 の 提 供 があった など 健 康 に 関 するデータの 定 期 的 な 提 供 は 行 われているが 市 町 村 別 のデータ 提 供 は 標 準 化 死 亡 比 など 限 定 的 である () 平 成 8 年 月 の 診 療 報 酬 改 定 において 一 部 の 症 例 について 重 粒 子 線 によるがん 治 療 の 保 険 適 用 が 認 められた 大 半 の 重 粒 子 線 によるがん 治 療 については 先 進 医 療 が 継 続 されることとなった () 平 成 8 年 度 予 算 では がん 検 診 推 進 事 業 が 終 了 し 大 腸 がん 検 診 のクーポン 券 配 布 等 の 補 助 が 廃 止 された 新 たなステージに 入 ったがん 検 診 の 総 合 支 援 事 業 において 子 宮 頸 がん 乳 がん 大 腸 がん 胃 が ん 肺 がんのすべてで 個 別 の 受 診 勧 奨 再 勧 奨 を 推 進 することについて 充 実 が 図 られた 子 宮 頸 がん 及 び 乳 がん 検 診 のクーポン 券 配 布 等 に 対 す る 補 助 及 び 要 精 検 者 への 再 勧 奨 の 経 費 に 対 する 補 助 は 継 続 となった し かし 補 助 率 は 市 町 村 / 国 /であるが 基 準 額 が 設 けられており 実 際 の 市 町 村 の 負 担 は 補 助 率 よりも 大 きい がん 対 策 の 充 実 強 化 () 職 域 におけるがん 検 診 の 受 診 促 進 に 向 けた 仕 組 みの 構 築 について がん 対 策 加 速 化 プラン において 保 険 者 によるがん 検 診 の 実 態 把 握 ガ イドラインの 策 定 各 保 険 者 の 取 組 事 例 の 公 表 精 検 受 診 率 等 の 目 標 設 定 及 び 検 診 対 象 者 保 険 者 に 対 するインセンティブ ディスインセンティブ の 導 入 等 といった 具 体 策 が 盛 り 込 まれた 西 洋 医 学 と 東 洋 医 学 の 連 携 () 厚 生 労 働 省 や 内 閣 官 房 の 局 長 級 で 構 成 する 受 動 喫 煙 防 止 対 策 強 化 検 討 チーム において 法 的 措 置 も 含 めて 受 動 喫 煙 防 止 の 強 化 を 議 論 することとなったが 本 県 が 求 める 法 制 度 の 整 備 には 至 っていない (5) 地 域 がん 診 療 病 院 小 児 がん 拠 点 病 院 については 診 療 報 酬 の 加 算 が 新 設 されたが その 他 拠 点 病 院 等 の 機 能 強 化 や 診 療 報 酬 の 充 実 につい て (6) 平 成 8 年 度 予 算 の 都 道 府 県 健 康 対 策 推 進 事 業 で 都 道 府 県 の 体 制 整 備 に 係 る 経 費 の 補 助 は 継 続 され 補 助 率 は 都 道 府 県 / 国 /であ る また がん 登 録 推 進 事 業 において がん 登 録 情 報 の 届 出 に 当 たっ て 医 療 機 関 と 都 道 府 県 をネットワークでつなぎ オンラインで 情 報 を 届 出 できるシステムを 構 築 するための 予 算 が 計 上 された ( 国 立 がん 研 究 セン ターへの 委 託 ) 西 洋 医 学 と 東 洋 医 学 の 連 携 などの 研 究 については 平 成 6 年 度 の 厚 生 労 働 科 学 研 究 委 託 事 業 として 統 合 医 療 ( 近 代 西 洋 医 学 と 相 補 ( 補 完 ) 代 替 療 法 や 伝 統 医 学 等 を 組 合 わせて 行 う 療 法 )に 係 る 医 療 の 質 向 上 科 学 的 根 拠 収 集 研 究 事 業 が 公 募 採 択 され 平 成 8 年 度 予 算 においても 引 き 続 き 予 算 措 置 されている 漢 方 診 療 に 係 る 診 療 報 酬 の 充 実 については 平 成 8 年 月 の 診 療 報 酬 改 定 において 実 施 されていない 7/0

8 5 障 害 福 祉 制 度 等 の 見 直 し 障 害 福 祉 サービス 及 び 介 護 サービス の 費 用 負 担 の 見 直 し 障 害 者 総 合 支 援 法 施 行 後 年 後 の 見 直 しに 当 たっての 検 討 ( 平 成 7 年 月 日 社 会 保 障 審 議 会 障 害 者 部 会 報 告 書 )においても 触 れられておら ず 障 害 福 祉 施 策 に 係 る 超 過 負 担 の 解 消 平 成 5 年 度 に 地 域 生 活 支 援 事 業 に 統 合 された 障 害 支 援 区 分 認 定 等 事 務 については 地 方 交 付 税 措 置 とする 方 向 が 示 されて 対 象 事 業 から 外 され る 一 方 地 域 生 活 支 援 事 業 費 補 助 金 の 平 成 8 年 度 予 算 額 は 平 成 7 年 度 と 同 額 となった しかし 事 業 費 の 伸 びや 任 意 事 業 の 新 規 追 加 拡 充 を 考 慮 すると 市 町 村 の 超 過 負 担 解 消 には 至 らない 小 児 ひとり 親 重 度 障 害 者 医 療 費 助 成 制 度 の 創 設 ( 但 し 地 方 創 生 交 付 金 を 活 用 した 医 療 費 助 成 については 国 庫 負 担 金 の 減 額 措 置 の 対 象 外 とされた ) 6 高 齢 福 祉 制 度 の 見 直 し 中 長 期 的 な 視 点 に 立 った 介 護 保 険 制 度 の 見 直 し 介 護 保 険 の 号 保 険 料 について 低 所 得 者 の 軽 減 強 化 の 完 全 実 施 が 平 成 9 年 月 に 先 送 りされるなど 不 十 分 な 措 置 となっている 特 別 養 護 老 人 ホー ムへの 入 所 に 係 る 低 所 得 者 対 策 の 強 化 介 護 ロボットの 介 護 保 険 適 用 平 成 7 年 月 に 決 定 された 国 の ロボット 新 戦 略 には これまで 年 ごと に 行 われていた 適 用 見 直 しの 手 続 が 随 時 受 付 随 時 決 定 となるなど 手 続 面 では 一 歩 前 進 したが 実 際 の 介 護 ロボットへの 保 険 適 用 案 件 はまだ 少 なく 不 十 分 総 合 的 な 認 知 症 対 策 の 充 実 強 化 新 オレンジプランを 踏 まえ 一 定 の 予 算 措 置 が 講 じられた 8/0

9 7 持 続 可 能 な 国 民 健 康 保 険 制 度 の 構 築 財 政 基 盤 の 確 立 国 は 平 成 8 年 度 予 算 において 県 が 設 置 する 財 政 安 定 化 基 金 に 追 加 積 立 を 行 うため 00 億 円 を 措 置 しているが 県 の 市 町 村 の 法 定 外 繰 入 が 解 消 されるだけの 財 政 支 援 は 行 われていない 市 町 村 のインセン ティブが 発 揮 できる 仕 組 みの 構 築 8 子 ども 子 育 て 応 援 社 会 の 推 進 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 の 円 滑 な 実 施 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 の 円 滑 な 実 施 については 平 成 8 年 度 当 初 予 算 では 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 必 要 な 兆 円 から0.7 兆 円 ベースが 確 保 されたが 財 源 措 置 するとされている0. 兆 円 ベースの 財 源 確 保 につい ては 具 体 的 方 針 が 示 されていない 新 制 度 の 子 育 て 当 事 者 事 業 者 等 に 対 する 広 報 周 知 については シン ボルマークが 決 められ なるほどBOOK の 改 訂 などが 行 われたが 十 分 とは 言 えない また 研 修 に 係 る 財 源 は 一 部 措 置 されたものの 研 修 実 施 にあたっては 十 分 とは 言 えない 子 どもの 貧 困 対 策 の 推 進 ひとり 親 家 庭 等 への 支 援 については 平 成 7 年 度 に 打 ち 出 された ひとり 親 家 庭 多 子 世 帯 等 自 立 応 援 プロジェクト に 基 づき 児 童 扶 養 手 当 の 第 子 及 び 第 子 への 支 給 額 増 額 等 により 一 部 措 置 された 9 拉 致 問 題 の 早 期 解 決 拉 致 問 題 の 全 容 解 明 と 拉 致 被 害 者 等 の 早 期 帰 国 の 実 現 ()~() (5) 政 府 は 平 成 5 年 月 に 全 閣 僚 をメンバーとした 拉 致 問 題 対 策 本 部 を 発 足 させ 拉 致 被 害 者 としての 認 定 の 有 無 にかかわらず 全 ての 拉 致 被 害 者 の 安 全 確 保 及 び 即 時 帰 国 拉 致 に 関 する 真 相 究 明 拉 致 実 行 犯 の 引 渡 しに 向 け 全 力 を 尽 くしていると 表 明 している また 平 成 6 年 5 月 に 行 われた 日 朝 政 府 間 協 議 に 基 づき 7 月 には 北 朝 鮮 において 全 ての 日 本 人 に 関 する 調 査 を 行 う 特 別 調 査 委 員 会 が 設 置 されたが 初 回 の 報 告 すら 行 われてないまま 今 年 月 には 解 体 が 表 明 されるなど 依 然 として 拉 致 問 題 の 全 容 解 明 と 拉 致 被 害 者 等 の 早 期 帰 国 は 実 現 していない なお 北 朝 鮮 当 局 によって 拉 致 された 被 害 者 等 の 支 援 に 関 する 法 律 の 改 正 に 基 づき 拉 致 被 害 者 が 帰 国 した 場 合 の 支 援 策 が 強 化 されたが 特 定 失 踪 者 が 帰 国 した 場 合 にも 速 やかに 認 定 するなど 支 援 策 が 受 けられるよ うにすることが 必 要 である () 国 は 地 方 自 治 体 と 連 携 し 拉 致 問 題 の 理 解 促 進 に 取 り 組 んでいる が 拉 致 問 題 の 風 化 防 止 に 向 け 継 続 した 取 組 が 必 要 である 9/0

10 0 広 域 交 通 ネットワークの 整 備 促 進 () 国 直 轄 事 業 の 自 動 車 専 用 道 路 など 幹 線 道 路 網 については 本 県 配 分 額 が 示 され 予 算 措 置 されている 横 浜 湘 南 道 路 及 び 高 速 横 浜 環 状 南 線 については 平 成 7 年 0 月 日 に 土 地 収 用 法 に 基 づく 事 業 認 定 が 告 示 され 事 業 が 着 実 に 進 められている 東 京 五 輪 とその 先 を 見 据 えた 幹 線 道 路 網 の 整 備 と 活 用 () 渋 滞 対 策 については 平 成 7 年 月 8 日 に 開 催 された 第 回 神 奈 川 県 東 名 軸 渋 滞 ボトルネック 検 討 ワーキンググループにおいて 東 名 高 速 道 路 の 大 和 トンネル 付 近 の 渋 滞 対 策 案 が 示 され また 中 央 自 動 車 道 の 小 仏 トンネル 付 近 の 渋 滞 対 策 が 平 成 7 年 8 月 5 日 事 業 認 可 されるなど 事 業 が 着 実 に 進 められている スマートICについては ( 仮 称 ) 横 須 賀 PAスマートIC 及 び( 仮 称 ) 秦 野 SAス マートICは 平 成 7 年 7 月 日 に 連 結 許 可 を 受 け 予 算 措 置 されている 道 の 駅 については 県 内 で8 年 ぶり 番 目 となる 道 の 駅 清 川 が 平 成 7 年 月 日 に 開 所 するとともに 重 点 道 の 駅 候 補 に 選 定 された 道 の 駅 ( 仮 称 )サザン 茅 ヶ 崎 について 予 算 措 置 されている () 首 都 圏 の 高 速 道 路 料 金 については 平 成 8 年 月 に これまで 路 線 や 区 間 によりばらつきのあった 料 金 体 系 から 対 距 離 制 を 基 本 とした 利 用 重 視 の 料 金 体 系 へ 移 行 した 橋 梁 トンネル 等 道 路 施 設 の 老 朽 化 防 災 対 策 道 路 施 設 の 老 朽 化 対 策 等 については 国 土 交 通 省 の 社 会 資 本 整 備 審 議 会 等 で 検 討 されており 道 路 関 係 予 算 ( 防 災 安 全 交 付 金 )については 本 県 配 分 額 が 示 され 一 部 予 算 措 置 されている ()リニア 中 央 新 幹 線 については 平 成 6 年 0 月 に 品 川 名 古 屋 間 の 工 事 実 施 計 画 が 認 可 されたことにより 沿 線 各 地 で 事 業 が 進 められている また 駅 周 辺 のまちづくりに 関 する 地 方 自 治 体 への 財 政 支 援 に 向 けた 制 度 の 拡 充 等 はされていない 鉄 道 網 の 整 備 促 進 () 駅 舎 整 備 への 地 元 自 治 体 の 負 担 を 軽 減 する 制 度 は 創 設 されていな い また 確 実 な 予 算 措 置 を 講 じることについても 現 時 点 では 措 置 され ていない () 相 鉄 いずみ 野 線 の 延 伸 東 海 道 貨 物 支 線 の 貨 客 併 用 化 小 田 急 多 摩 線 の 延 伸 などについて 東 京 圏 における 今 後 の 都 市 鉄 道 のあり 方 につい て の 答 申 に 盛 り 込 まれた 相 模 線 の 複 線 化 については 輸 送 サービスの 改 善 が 盛 り 込 まれた また 既 存 路 線 の 延 伸 などによる 鉄 道 ネットワーク の 形 成 に 資 する 事 業 を 対 象 とした 制 度 の 拡 充 等 はされていない 0/0

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

スライド 1

スライド 1 元 気 な 日 本 復 活 予 算 5つのポイント メリハリ/ 従 来 型 の 配 分 を 大 胆 に 組 み 替 えます 拡 充 社 会 保 障 5% 増 科 学 研 究 費 補 助 金 3 割 増 重 点 化 別 枠 で 成 長 と 雇 用 に 重 点 化 見 直 し 公 共 事 業 を 実 質 5% 削 減 税 制 措 置 法 人 減 税 ( 以 降 別 枠 関 連 予 算 は と 表 示 )

More information

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構 2016( 平 成 28) 年 度 税 制 改 正 大 綱 決 定 2016.1.15 ~ 収 益 力 ある 企 業 の 投 資 や 賃 金 の 引 き 上 げ 促 進! 本 年 度 の 税 制 改 正 大 綱 について この 度 政 府 は 2016 年 度 税 制 改 正 の 関 連 法 案 を 閣 議 決 定 しました(2015.12.24) 3 月 末 までの 成 立 を 目 指 します 本

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版 平 成 2 7 年 度 税 制 改 正 の 概 要 ( 厚 生 労 働 省 関 係 ) 平 成 27 年 1 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> P.1 < 雇 用 就 労 の 促 進 > P.1 < 健 康 医 療 関 係 > P.2 < 医 療 保 険 関 係 > P.5 < 介 護 社 会 福 祉 関 係 > P.6 < 年 金 関 係 等 > P.7 < 生 活 衛

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

平成23年度税制改正について

平成23年度税制改正について 日 医 発 第 896 号 ( 年 税 48) 平 成 2 2 年 1 2 月 2 2 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 原 中 勝 征 平 成 23 年 度 税 制 改 正 について 去 る12 月 16 日 平 成 23 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されまし た の で 平 成 23 年 度 税 制 改 正 についてご 報 告 申 し 上 げます

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が 福 島 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 23 年 度 (23 年 度 末 ) 人 1,991,865 2,231,214,824 A 5,986,441 275,881,976 B 人 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

平 成 20 年 度

平 成 20 年 度 議 案 第 9 号 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 の 認 定 について 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 は 別 冊 決 算 書 のとおりであるので 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 233 条 第 3 項 の 規 定 により 滋 賀

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

Microsoft Word - 19年度3(70-104)修.doc

Microsoft Word - 19年度3(70-104)修.doc 3. 地 方 率 等 推 移 一 覧 表 -1- 区 分 昭 和 25 年 昭 和 26 年 昭 和 27 年 均 等 割 標 準 率 400~ 800 円 制 限 率 500~1,000 円 所 得 割 第 1 課 方 式 ( 所 得 ) 制 限 率 100 分 18 制 限 率 100 分 20 第 2 課 方 式 制 限 率 100 分 20 第 3 課 方 式 制 限 率 100 分 20

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

3 地 方 率 等 推 移 -2- 昭 和 30 年 昭 和 31 年 昭 和 32 年 昭 和 33 年 昭 和 34 年 昭 和 35 年 第 1 課 方 式 率 引 下 標 準 率 100 分 15 制 限 率 第 2 課 方 式 及 び 第 3 課 方 式 について 準 拠 率 を 法 制

3 地 方 率 等 推 移 -2- 昭 和 30 年 昭 和 31 年 昭 和 32 年 昭 和 33 年 昭 和 34 年 昭 和 35 年 第 1 課 方 式 率 引 下 標 準 率 100 分 15 制 限 率 第 2 課 方 式 及 び 第 3 課 方 式 について 準 拠 率 を 法 制 3 地 方 率 等 推 移 -1- 昭 和 25 年 均 等 割 標 準 率 400~1,800 円 制 限 率 500~1,000 円 第 1 課 方 式 ( 所 得 割 ) 制 限 率 100 分 18 制 限 率 100 分 20 第 2 課 方 式 制 限 率 100 分 20 第 3 課 方 式 制 限 率 100 分 20 賦 課 期 日 8 月 1 日 昭 和 26 年 昭 和 27

More information

<483233303389FC90B38347834E835A838B976C8EAE81698E7392AC91BA94C5816A81698F4390B394C5816A2E786C73>

<483233303389FC90B38347834E835A838B976C8EAE81698E7392AC91BA94C5816A81698F4390B394C5816A2E786C73> 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) 22 年 度 千 千 千 68,989 藤 岡 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について A ( 平 成 23 年 度 ) 24,215,785 679,588 3,67,444 B 15.2

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16 普 通 交 付 税 算 定 事 務 の 手 引 きについて 平 成 26 年 12 月 改 訂 岐 阜 県 清 流 の 国 推 進 部 市 町 村 課 税 政 係 目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費

More information

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分 け 結 果 ( 市 の 方 針 )に 対 する 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 羽 村 市 企 画 部 企 画 課 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分

More information

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 先 課 題 推 進 枠 や 地 財 政 計 画 における

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

1 款 市 税 1 項 市 民 税 1 目 個 人 1 現 年 課 税 分 9,317,201 均 等 割 272,608 225,205 47,403 市 民 税 課 調 定 見 込 額 281,040,000 円 収 納 率 97.0%=272,608,800 円 20 歳 以 上 の 人 口

1 款 市 税 1 項 市 民 税 1 目 個 人 1 現 年 課 税 分 9,317,201 均 等 割 272,608 225,205 47,403 市 民 税 課 調 定 見 込 額 281,040,000 円 収 納 率 97.0%=272,608,800 円 20 歳 以 上 の 人 口 一 般 会 計 歳 入 予 算 説 明 書 - 1 - 1 款 市 税 1 項 市 民 税 1 目 個 人 1 現 年 課 税 分 9,317,201 均 等 割 272,608 225,205 47,403 市 民 税 課 調 定 見 込 額 281,040,000 円 収 納 率 97.0%=272,608,800 円 20 歳 以 上 の 人 口 の 伸 びや 均 等 割 が3,000 円 から3,500

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 介 護 保 険 制 度 の 改 正 及 び 介 護 報 酬 改 定 について 神 奈 川 県 平 成 24 年 2 月 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 介 護 保 険 制 度 の 対 応 について 12 13 14 15 16 17 18 19 社 会 保 障 税 一 体 改

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

2. 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

2. 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1. 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 ) (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 平 成 25 年 度 人 件 費 とは 一 般 職 の 給 料 諸 手 当 退 職 手 当 共 済 組 合 負 担 金 公 務 災 害 補 償 費 のほか 市 議 員 等 特 別 職 の 給 料 報 酬 などを 含 みます ( 注 ) 1.

More information

① 公 告 茨 城 県 の 給 与 定 員 管 理 等 の 公 表 茨 城 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 次 のとおり 公 表 する 平 成 25 年 3 月 29 日 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (23 年 度 末 ) 23 年 度 2,973,174 A 1,165,215,035

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information

目 次 はじめに 1. 主 な 事 業 の 成 果 P2 2. 一 般 会 計 の 決 算 状 況 (1) 歳 入 の 状 況 P8 (2) 歳 出 の 状 況 ( 目 的 別 決 算 ) P9 (3) 歳 出 の 状 況 ( 性 質 別 決 算 ) P10 3. 財 政 指 標 等 (1) 財 政

目 次 はじめに 1. 主 な 事 業 の 成 果 P2 2. 一 般 会 計 の 決 算 状 況 (1) 歳 入 の 状 況 P8 (2) 歳 出 の 状 況 ( 目 的 別 決 算 ) P9 (3) 歳 出 の 状 況 ( 性 質 別 決 算 ) P10 3. 財 政 指 標 等 (1) 財 政 わかりやすい 下 関 市 の 決 算 書 ~ 平 成 23 年 度 版 ~ 下 関 市 目 次 はじめに 1. 主 な 事 業 の 成 果 P2 2. 一 般 会 計 の 決 算 状 況 (1) 歳 入 の 状 況 P8 (2) 歳 出 の 状 況 ( 目 的 別 決 算 ) P9 (3) 歳 出 の 状 況 ( 性 質 別 決 算 ) P10 3. 財 政 指 標 等 (1) 財 政 力 指 数

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43 別 紙 3 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 803,072 349,918,053 1,594,508 54,662,625 15.6 15.4

More information

Microsoft PowerPoint - 【速報版】図解 平成26年度税制改正大綱.pptx

Microsoft PowerPoint - 【速報版】図解 平成26年度税制改正大綱.pptx 平 成 26 年 度 税 制 改 正 大 綱 速 報 版 情 報 提 供 税 理 士 法 人 名 南 経 営 広 報 室 平 成 26 年 度 税 制 改 正 の 全 体 像 ~ 主 要 項 目 一 覧 ~ 個 人 所 得 税 高 所 得 層 の 給 与 所 得 控 除 の 上 限 の 引 下 げ ゴルフ 会 員 権 等 の 損 益 通 算 の 廃 止 金 融 証 券 税 制 NISA( 少 額 投

More information

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 い 関 する 行 動 規 範 平 成 27 月 6 月 1 日 制 定 国 立 病 院 機 構 における 研 究 活 動 とり 分 け 公 的 研 究 費 等 ( 注 )は 国 民 の 信 頼 と 負 託 によって 支 えられているものであり その 不 正 使 用 はこれを 大 きく 損

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

被 災 企 業 等 への 支 援 策 の 充 実 について 被 災 企 業 の 支 援 策 について 復 興 計 画 の 遅 れや 人 件 費 資 材 不 足 等 の 現 状 に 配 慮 し グループ 補 助 金 制 度 の 継 続 や 運 用 の 改 善 等 を 国 に 強 く 求 めると 共 に

被 災 企 業 等 への 支 援 策 の 充 実 について 被 災 企 業 の 支 援 策 について 復 興 計 画 の 遅 れや 人 件 費 資 材 不 足 等 の 現 状 に 配 慮 し グループ 補 助 金 制 度 の 継 続 や 運 用 の 改 善 等 を 国 に 強 く 求 めると 共 に 被 災 したJR 各 線 の 復 旧 について 被 災 したJR 山 田 線 大 船 渡 線 の 復 旧 については あくまでも 鉄 路 での 復 旧 が 果 たされるよう 関 係 自 治 体 と 共 に 国 やJR 東 日 本 に 対 して 強 く 働 き 掛 けること 復 興 計 画 が 完 了 するまでの 復 興 予 算 の 確 保 について 被 災 自 治 体 が 安 心 して 復 興 に

More information

Microsoft Word - 01 原稿

Microsoft Word - 01 原稿 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 千 葉 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 26 年 度 普 通 会 計 ( 決 算 額 )に 占 める 件 費 の 状 況 は 次 のとおりです ( 平 成 27 年 度 ) 件 費 の 内 訳 は 教 育 関 係 職 員 ( 市 町 村 立 小 中 学 校 の 教 員 を 含 む)が 67.5% 警 察 関

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303132398F4390B3816A8179967B95B6835A83628367817A48323890C596B18BC78E9696B19841978D20303131392D313130302E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303132398F4390B3816A8179967B95B6835A83628367817A48323890C596B18BC78E9696B19841978D20303131392D313130302E646F6378> 平 成 28 年 1 月 20 日 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 地 方 税 務 行 政 の 運 営 に 当 たっての 留 意 事 項 等 平 成 27 年 12 月 24 日 に 閣 議 決 定 された 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 等 に 関 連 して 現 段 階 における 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 地 方 税 務 行 政 の 運 営 に

More information

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税 資 料 2 骨 太 方 針 に 向 けて ~ 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を~ 平 成 28 年 4 月 18 日 伊 藤 元 重 榊 原 定 征 高 橋 進 新 浪 剛 史 1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63> 平 成 27 年 度 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 財 政 投 融 資 計 画 の 概 要 平 成 27 年 4 月 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 対 策 費 の 予 算 及 び 財 政 投 融 資 計 画 1. 中 小 企 業 対 策 費 27 年 度 予 算 額 ( 注 1) 26 年 度 予 算 額 ( 注 2) 対 前 年 比 政 府 全 体 1,856 億

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 山 形 県 類 似 団 体 平 均 年 齢 41.4

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 山 形 県 類 似 団 体 平 均 年 齢 41.4 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 平 成 22 年 度 15,874 7,84,77 583,148 1,171,155 16.5 16. (2) 職 員 給

More information

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) ( 計 数 資 料 編 ) 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 計 数 資 料 編 1 歳 入 歳 出 予 算 の 概 要 1 (1) 歳 入 予 算 の 概 要 2 (2) 歳 出 予 算 の 概 要 5 2 計 数 に よ る 予 算 の 概 要 8 ( 参 考 ) 予 算 の 推 移 等 12 3 特 別 会 計 予 算 の 概

More information

新 設 拡 充 又 は 延 長 を 必 要 と す る 理 由 (1) 政 策 目 的 1 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 等 を 踏 まえ 以 下 の 見 直 しを 行 う 自 動 車 税 軽 自 動 車 税 消 費 税 10% 時 点 までにグリーン 化 特 例 の 現 行

新 設 拡 充 又 は 延 長 を 必 要 と す る 理 由 (1) 政 策 目 的 1 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 等 を 踏 まえ 以 下 の 見 直 しを 行 う 自 動 車 税 軽 自 動 車 税 消 費 税 10% 時 点 までにグリーン 化 特 例 の 現 行 平 成 28 年 度 税 制 改 正 ( 租 税 特 別 措 置 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 ) 制 度 名 車 体 課 税 の 抜 本 的 見 直 し ( 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 自 動 車 課 ) 税 目 自 動 車 重 量 税 ( 自 動 車 重 量 税 法 全 文 自 動 車 重 量 税 法 施 行 令 全 文 自 動 車 重 量 税 法 施 行 規 則

More information

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世 平 成 27 年 度 居 住 支 援 全 国 サミット 資 料 1(7) 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 について 平 成 28 年 1 月 25 日 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 地 域 福 祉 課 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 室 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 ホームページ( 厚 生 労 働 省 ) http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000059425.html

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B5489AA8E7382CC8B8B975E814592E888F58AC7979D939982C982C282A282C4816995BD90AC3234944E937894C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B5489AA8E7382CC8B8B975E814592E888F58AC7979D939982C982C282A282C4816995BD90AC3234944E937894C5816A2E646F63> 別 紙 3 亀 岡 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 24 年 度 版 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 92,241 32,809,597 千

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

目 次 セルフメディケーション( 自 主 服 薬 ) 推 進 のためのスイッチOTC 薬 控 除 ( 医 療 費 控 除 の 特 例 ) の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 地 方 公 共 団 体 が 医 学 生 等 に

目 次 セルフメディケーション( 自 主 服 薬 ) 推 進 のためのスイッチOTC 薬 控 除 ( 医 療 費 控 除 の 特 例 ) の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 地 方 公 共 団 体 が 医 学 生 等 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 参 考 資 料 ( 厚 生 労 働 省 関 係 ) 平 成 27 年 12 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション( 自 主 服 薬 ) 推 進 のためのスイッチOTC 薬 控 除 ( 医 療 費 控 除 の 特 例 ) の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 地 方

More information

されていることから 発 電 所 全 体 の 安 全 性 が 総 合 的 に 確 保 されていると 判 断 し 放 射 性 物 質 の 放 出 が 管 理 され 放 射 線 量 が 大 幅 に 抑 えられている というステ ップ2の 目 標 達 成 と 完 了 を 確 認 した また 今 後 使 用

されていることから 発 電 所 全 体 の 安 全 性 が 総 合 的 に 確 保 されていると 判 断 し 放 射 性 物 質 の 放 出 が 管 理 され 放 射 線 量 が 大 幅 に 抑 えられている というステ ップ2の 目 標 達 成 と 完 了 を 確 認 した また 今 後 使 用 ステップ2の 完 了 を 受 けた 警 戒 区 域 及 び 避 難 指 示 区 域 の 見 直 し に 関 する 基 本 的 考 え 方 及 び 今 後 の 検 討 課 題 について 1. はじめに 平 成 23 年 12 月 26 日 原 子 力 災 害 対 策 本 部 ( 警 戒 区 域 及 び 避 難 指 示 区 域 に 関 する 経 緯 及 び 現 状 ) (1) 本 年 3 月 11 日

More information

一 般 会 計 平 成 28 年 度 横 浜 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 横 浜 市 一 般 会 計 歳 入 歳 出 予 算 概 要 1 一 般 会 計 経 費 別 比 較 表 区 分 人 件 費 平 成 28 年 度 平 成 27 年 度 平 成 28 年 度 の 財 源 比 較 そ の 他 の 予 算 額 構 成 比 予 算 額 構 成 比 国 県 支 出 金 市 債 一

More information

法 人 の 県 民 税 利 子 割 交 付 金 均 等 割 均 等 割 額 資 本 金 等 の 額 による 法 人 等 の 区 分 ( 年 額 ) 1,000 万 円 以 下 の 法 人 等 2 万 円 1,000 万 円 を 超 え1 億 円 以 下 である 法 人 5 万 円 1 億 円 を 超

法 人 の 県 民 税 利 子 割 交 付 金 均 等 割 均 等 割 額 資 本 金 等 の 額 による 法 人 等 の 区 分 ( 年 額 ) 1,000 万 円 以 下 の 法 人 等 2 万 円 1,000 万 円 を 超 え1 億 円 以 下 である 法 人 5 万 円 1 億 円 を 超 5 神 奈 川 県 の 県 税 県 税 相 談 神 奈 川 県 の 県 税 県 民 の 声 相 談 室 (かながわ 県 民 センター2 階 神 奈 川 区 鶴 屋 町 2-24-2) 土 日 祝 日 年 末 年 始 (12 月 29 日 ~1 月 日 ) を 除 く 毎 日 ( 午 前 9 時 ~12 時 午 後 1 時 ~4 時 ) 平 成 24 年 度 地 方 財 政 計 画 によると 都 道

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B (21 年 度 末 ) 21 年 度 58,068 22,793,598 272,455 4,911,157 件 費 率 B/A % 21.5 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率 % 24.8 (2) 職

More information

議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,79

議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,79 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,796,000 千 円 と 定 め る 2 歳

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し 税 制 抜 本 改 革 に 伴 う 車 体 課 税 及 び 地 方 法 人 課 税 の 見 直 し 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 総 務 委 員 会 調 査 室 星 友 佳 1.はじめに 平 成 24 年 8 月 社 会 保 障 税 一 体 改 革 の 一 環 として 消 費 税 率 の 引 上 げ 等 を 内 容 とす る 税 制 抜 本 改 革 法 1 が 成 立

More information

2 技 能 労 務 職 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 (A) 清 掃 職 員 51.1 歳 25 人 310,300 円 371,728 円 327,424 円 公 務 員 民 間 参 考 平 均 給 与 月 額 ( 国 比 較 ベース) 対 応 する

2 技 能 労 務 職 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 (A) 清 掃 職 員 51.1 歳 25 人 310,300 円 371,728 円 327,424 円 公 務 員 民 間 参 考 平 均 給 与 月 額 ( 国 比 較 ベース) 対 応 する 1. 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 ) 中 津 川 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 24 年 度 末 ) 歳 出 額 (A) 実 質 収 支 人 件 費 (B) 人 件 費 率 (B/A) ( 参 考 ) 平 成 23 年 度 の 人 件 費 率 平 成 24 年 度 82,514 人 37,448,931

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

資 料 1 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 ( 抜 粋 ) 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 四 消 費 課 税 2 車 体 課 税 の 見 直 し ( 地 方 税 ) (1) 自 動 車 の 廃 止 自 動 車 は 平 成 29 年 3 月 31 日 をもって

資 料 1 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 ( 抜 粋 ) 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 四 消 費 課 税 2 車 体 課 税 の 見 直 し ( 地 方 税 ) (1) 自 動 車 の 廃 止 自 動 車 は 平 成 29 年 3 月 31 日 をもって 平 成 28 年 度 税 制 改 正 結 果 概 要 ( 車 体 課 税 関 係 ) 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 ( 抜 粋 ) 資 料 1 ( 参 考 ) 平 成 28 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 ( 抜 粋 ) < 基 本 的 な 考 え 方 > 資 料 2 ( 参 考 ) 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 ( 抜 粋 ) < 基 本 的 な

More information

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73>

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73> 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 (H6.1.1 現 在 ) A B B/A ( 参 考 ) 4 年 度 の 人 件 費 率 5 年 度 85,650 人 40,99,763 1,445,080 7,48,057 18.1%

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

別紙3

別紙3 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 方 針 目 次 1 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 総 括 表 及 び 経 営 方 針 1 2 重 点 的 に 取 り 組 みを 行 う 主 なもの 5 1 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 総 括 表 及 び 経 営 方 針 (1) 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求

More information

<4831398CF6955C976C8EAE8140816982DE82C28E73816A2E786C73>

<4831398CF6955C976C8EAE8140816982DE82C28E73816A2E786C73> 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (18 年 度 末 ) むつ 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について A B B/A 17 年 度 の 件 費 率 18 年 度 65,960 32,435,254 2,134,451 5,440,498 16.77 18.00 (2)

More information

【公表資料】28.3.28緊急対策資料

【公表資料】28.3.28緊急対策資料 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 について 平 成 28 年 3 月 28 日 厚 生 労 働 省 待 機 児 童 解 消 までの 緊 急 的 な 取 組 として 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 の 待 機 児 童 数 が50 人 以 上 いる114 市 区 町 村 及 び 待 機 児 童 を 解 消 するために 受 け 皿 拡 大 に 積 極 的

More information

3. 取 引 関 係 の 見 直 し 1 随 意 契 約 の 見 直 し 等 各 独 立 行 政 法 人 は 独 立 行 政 法 人 の 契 約 状 況 の 点 検 見 直 しについて ( 平 成 21 年 11 月 17 日 閣 議 決 定 )に 基 づき 策 定 した 随 意 契 約 等 見 直

3. 取 引 関 係 の 見 直 し 1 随 意 契 約 の 見 直 し 等 各 独 立 行 政 法 人 は 独 立 行 政 法 人 の 契 約 状 況 の 点 検 見 直 しについて ( 平 成 21 年 11 月 17 日 閣 議 決 定 )に 基 づき 策 定 した 随 意 契 約 等 見 直 Ⅲ 資 産 運 営 の 見 直 しについて に 係 るフォローアップ 調 査 様 式 ( 様 式 1) 所 管 府 省 名 厚 生 労 働 省 法 人 名 独 立 行 政 法 人 国 立 健 康 栄 養 研 究 所 ( 平 成 26 年 7 月 1 日 現 在 ) 基 本 方 針 の 記 載 Ⅲ 資 産 運 営 の 見 直 しについて 1. 不 要 資 産 の 国 庫 返 納 国 の 資 産 を 有

More information

平成21年2月17日

平成21年2月17日 平 成 26 年 12 月 18 日 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 公 益 社 団 法 人 福 岡 中 部 法 人 会 福 岡 地 区 の5 公 益 社 団 法 人 会 は 平 成 28 年 度 の 税 制 改 正 に 関 して 中 小 企 業 に 係 る 税 制 を 中 心 に 下 記 のとおり その 実 現 を 強 く 要 望 します 記 1 重 点 要 望 事 項 1

More information

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D>

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D> 能 代 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 ( 参 考 ) 区 分 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 前 年 度 の ( 年 度 末 ) A B B/A 人 件 費 率 20 年 度 人 千 円 千 円 千 円 % % 61,416 23,586,992 339,618

More information

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長 高 速 道 路 の 計 画 的 更 新 と 料 金 徴 収 期 間 の 延 長 道 路 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 村 田 和 彦 1.はじめに 我 が 国 においては 昭 和 30 年 代 に 入 ると 経 済 規 模 の 拡 大 に 伴 い 自 動 車 交 通 が 激 増 し 高 速 交 通 のための 高 規 格 の 道 路 に 対

More information

<95CA8DFB825795C52E656337>

<95CA8DFB825795C52E656337> 1 各 会 当 初 予 算 の 概 要 町 には 一 般 会 のほか 3つの 特 別 会 2つの 企 業 会 があり 平 成 26 年 度 において は 3 月 6 日 開 会 の 第 1 回 定 例 町 議 会 に 提 案 され 3 月 13 日 に 可 決 成 立 しましたので そ の 内 容 をお 知 らせします はじめに 一 般 会 やそれぞれの 会 の 内 容 について 説 明 します 会

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (22 年 度 末 ) A B 22 年 度 1,025,619 539,469,112 4,455,499 151,781,717 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年 度 の 件 費 率 28.1 27.9 (2)

More information

年度経営計画書

年度経営計画書 平 成 23 年 度 経 営 計 画 の 評 価 滋 賀 県 信 用 保 証 協 会 は 公 的 な 保 証 機 関 として 中 小 企 業 者 の 資 金 調 達 の 円 滑 化 を 図 り 中 小 企 業 者 の 健 全 な 育 成 と 地 域 経 済 の 発 展 に 貢 献 してきました 平 成 23 年 度 の 年 度 経 営 計 画 に 対 する 実 施 評 価 は 以 下 のとおりです

More information

Taro-04【まとめ】H28住民負担の軽減

Taro-04【まとめ】H28住民負担の軽減 3. 住 民 負 担 の 軽 減 とサービスの 向 上 事 業 名 軽 減 額 等 内 容 住 民 負 担 の 軽 減 1. 保 育 料 の 据 置 - 保 育 料 を18 年 連 続 で 据 置 ( 市 費 持 ち 出 し 額 1,746,376 千 円 ) 国 の 公 定 価 格 の 増 額 に 伴 い 保 育 料 率 の 引 き 上 げが 避 けられない 中 子 育 て 支 援 の 充 実 や

More information

Microsoft PowerPoint - 【速報】図解・平成27年度税制改正大綱(1月6日時点).pptx

Microsoft PowerPoint - 【速報】図解・平成27年度税制改正大綱(1月6日時点).pptx 図 解 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 速 報 版 税 理 士 法 人 名 南 経 営 平 成 27 年 1 月 6 日 時 点 情 報 平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 全 体 像 ~ 主 要 項 目 一 覧 ~ 個 人 所 得 税 医 療 用 機 器 等 の 特 別 償 却 制 度 の 延 長 縮 減 ふるさと 納 税 制 度 の 拡 充 等 NISA( 少 額 投 資 非

More information

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63>

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63> すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 ( 平 成 29 年 4 月 1 日 ~ 平 成 34 年 3 月 31 日 分 ) 小 林 市 須 木 庁 舎 地 域 振 興 課 1 すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 すきむらんどの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 等 は この 仕 様 書 ( 以 下 本 仕 様 書 と いう)による

More information

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464>

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464> 京 都 府 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 平 成 27 年 12 月 京 都 府 この 報 告 書 は 京 都 府 における 職 員 数 や 給 与 勤 務 条 件 人 件 費 の 状 況 などを 広 く 府 民 の 皆 様 に 公 表 することにより 本 府 の 人 事 行 政 の 透 明 性 をさらに 高 めるとともに その 適 正 な 運 営 を 確 保 するた め 職 員

More information

技術専門委員会

技術専門委員会 資 料 No. 業 務 1-20 自 治 体 業 務 アプリケーションユニット 標 準 仕 様 法 改 正 対 応 状 況 と 留 意 事 項 V2.1 財 団 法 人 全 国 地 域 情 報 化 推 進 協 会 目 次 本 書 の 位 置 づけ 1 1. 業 務 ユニットの 法 改 正 対 応 状 況 および 固 有 の 留 意 事 項 2 2. 法 改 正 への 対 応 の 考 え 方 8 本

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx 平 成 25 年 度 佐 倉 市 決 算 ( 普 通 会 計 )の 概 要 各 地 方 公 共 団 体 は 毎 年 度 決 算 状 況 を 1 枚 のカード( 決 算 カード)にまとめて 公 表 していま す この 決 算 状 況 のまとめは 総 務 省 が 行 う 地 方 財 政 状 況 調 査 の 会 計 区 分 である 普 通 会 計 に より 算 定 されます これは 一 般 会 計 及 び

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2%の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2%の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 平 成 26 年 度 鶴 岡 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 平 成 24 年 度 の 人 件 費 率 平 成 人 % % 25 年 度 134,630

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 最 高 号 給 の 給 料 月 額 243,7 37,8 35

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 最 高 号 給 の 給 料 月 額 243,7 37,8 35 別 紙 1 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 千 千 千 13,86 7,431,661 284,84 1,349,392 18.2 19.8 (2)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031957B92868E7382CC8DE096B18F94955C8169955C8E86816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031957B92868E7382CC8DE096B18F94955C8169955C8E86816A2E646F6378> 府 中 市 の 財 務 諸 表 ( 平 成 2 年 度 決 算 ) 広 島 県 府 中 市 平 成 22 年 3 月 は じ め に 今 日 わが 国 全 体 の 財 政 状 況 は 危 機 的 状 況 にあるといわれる 中 で 公 会 計 について 現 在 の 現 金 主 義 による 財 務 情 報 に 加 え 資 産 債 務 の 現 状 とその 推 移 などの 情 報 を 国 が 示 した 統

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである ( 単 位 : ) 5 級 6 級 職 員 の

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである ( 単 位 : ) 5 級 6 級 職 員 の 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (2 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 平 成 2 年 度 15,628 7,45,811 486,659 1,188,45 16. 16.5 (2) 職 員 給 与

More information

9 政 令 指 定 都 市 平 均 全 国 市 平 均 (5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 民 間 給 与 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 23 年 度 399,

9 政 令 指 定 都 市 平 均 全 国 市 平 均 (5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 民 間 給 与 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 23 年 度 399, の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 715,637 268,79,786 4,138,833 47,61,99 17.5 16.5 (48,651,395)

More information