目 次 新 春 のごあいさつ( 岡 崎 法 人 会 会 長 ) 1 年 頭 のごあいさつ( 国 税 局 課 税 第 二 部 長 ) 2 新 年 のごあいさつ( 岡 崎 税 務 署 長 ) 3 受 賞 4 公 益 法 人 制 度 改 革 への 対 応 について 4 支 部 役 員 全 体 会 議 税

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 新 春 のごあいさつ( 岡 崎 法 人 会 会 長 ) 1 年 頭 のごあいさつ( 国 税 局 課 税 第 二 部 長 ) 2 新 年 のごあいさつ( 岡 崎 税 務 署 長 ) 3 受 賞 4 公 益 法 人 制 度 改 革 への 対 応 について 4 支 部 役 員 全 体 会 議 税"

Transcription

1 OKAZAKI 岡 崎 法 人 会 だより HOJINKAI Vol.208 社 団 法 人 岡 崎 法 人 会

2 目 次 新 春 のごあいさつ( 岡 崎 法 人 会 会 長 ) 1 年 頭 のごあいさつ( 国 税 局 課 税 第 二 部 長 ) 2 新 年 のごあいさつ( 岡 崎 税 務 署 長 ) 3 受 賞 4 公 益 法 人 制 度 改 革 への 対 応 について 4 支 部 役 員 全 体 会 議 税 に 関 する 提 言 秋 の 講 演 会 5 税 務 署 コーナー 6 11 岡 崎 市 役 所 第 16 回 会 員 親 睦 ボウリング 大 会 14 支 部 コーナー 青 年 部 会 コーナー 女 性 部 会 コーナー 25 新 会 員 の 紹 介 26 法 人 会 のうごき 27 研 修 会 役 員 さんの 所 得 税 確 定 申 告 実 務 研 修 会 日 時 平 成 25 年 1 月 23 日 ( 水 ) 午 後 2 時 会 場 岡 崎 商 工 会 議 所 中 ホール(2 階 ) 会 議 予 定 正 副 支 部 長 会 議 日 時 平 成 25 年 2 月 15 日 ( 金 ) 会 場 岡 崎 ニューグランド 決 算 期 別 研 修 会 日 時 平 成 25 年 3 月 中 旬 会 場 岡 崎 商 工 会 議 所 正 副 会 長 常 任 理 事 会 日 時 平 成 25 年 4 月 17 日 ( 水 ) 予 定 会 場 岡 崎 商 工 会 議 所 理 事 会 日 時 平 成 25 年 4 月 23 日 ( 火 ) 予 定 会 場 岡 崎 商 工 会 議 所 講 演 会 等 小 学 生 の 作 文 表 彰 日 時 平 成 25 年 2 月 24 日 ( 日 ) 会 場 岡 崎 商 工 会 議 所 大 ホール 女 性 部 会 通 常 総 会 日 時 平 成 25 年 5 月 14 日 ( 火 ) 会 場 岡 崎 ニューグランド 青 年 部 会 通 常 総 会 日 時 平 成 25 年 5 月 17 日 ( 金 ) 会 場 岡 崎 ニューグランド 通 常 総 会 日 時 平 成 25 年 5 月 24 日 ( 金 ) 会 場 岡 崎 商 工 会 議 所 大 ホール 理 事 会 日 時 平 成 25 年 5 月 24 日 ( 金 ) 会 場 岡 崎 商 工 会 議 所 大 ホール 表 紙 岡 崎 城 写 真 提 供 : 岡 崎 市 役 所 観 光 課 提 供

3 新 春 の ご あ い さ つ 社 団 法 人 岡 崎 法 人 会 会 長 大 林 市 郎 平 成 25 年 の 新 春 を 迎 え 謹 んで 新 年 のごあい さつを 申 し 上 げます 日 頃 は 法 人 会 活 動 に 対 し 役 員 会 員 の 皆 様 の 深 いご 理 解 とご 協 力 を 頂 き まして 誠 にありがとうございます また 税 務 ご 当 局 並 びに 関 係 団 体 の 方 々には 本 会 の 運 営 につきまして 何 かとご 指 導 賜 りまし て 誠 にありがとうございます 当 法 人 会 は 平 成 25 年 4 月 1 日 に 一 般 社 団 法 人 に 移 行 登 記 し 一 般 社 団 法 人 となりますが 愛 知 県 法 人 会 連 合 会 の20 単 位 法 人 会 のうち 半 数 が 公 益 社 団 法 人 へ 移 行 または 申 請 しており 当 法 人 会 も 会 員 皆 様 のご 理 解 とご 協 力 が 得 られるな ど 環 境 が 整 えば 公 益 社 団 法 人 への 移 行 を 目 指 す こととなります 今 年 度 も 本 会 青 年 部 会 女 性 部 会 各 支 部 の 皆 様 には 引 き 続 きe-Taxの 普 及 定 着 に 積 極 的 な 取 り 組 みと 社 会 貢 献 活 動 を 重 視 した 活 動 を 実 施 していただいており 順 調 に 推 移 してお ります 租 税 教 育 活 動 の 一 つに 毎 年 市 内 全 小 学 校 6 年 生 を 対 象 にした 租 税 教 室 の 開 催 と 税 に 関 する 作 文 の 募 集 を 市 内 全 小 学 校 にお 願 いし 優 秀 作 品 の 表 彰 を 行 なっております 平 成 24 年 度 はそのうち5 校 16クラスに 講 師 派 遣 を 予 定 し ております 毎 年 応 募 作 品 が 増 加 しており23 年 度 は3,798 作 品 の 応 募 があり 優 秀 作 品 が 多 く 作 文 選 考 には 大 変 ご 苦 労 していると 聞 いており ます また 女 性 部 会 は8 月 に20 周 年 式 典 の 予 定 があり 女 性 の 立 場 で 法 人 会 を 盛 り 上 げてい ただけることを 楽 しみにしております さて 昨 年 を 振 り 返 ってみますと わが 国 経 済 は 年 初 から 年 央 にかけて 東 日 本 大 震 災 の 復 興 関 連 需 要 が 増 加 するもとで 弱 い 外 需 を 補 って 景 気 の 回 復 を 下 支 えしてきました しかしなが ら 欧 州 債 務 問 題 が 長 期 化 する 中 夏 場 以 降 は 日 中 情 勢 の 悪 化 を 受 けた 現 地 法 人 の 活 動 低 下 によ る 需 要 急 減 や エコカー 補 助 金 の 終 了 による 反 動 などが 輸 出 や 生 産 活 動 にブレーキをかけ 景 気 の 縮 小 要 因 として 顕 在 化 してきました 国 内 においては 中 小 企 業 は 依 然 として 厳 しい 経 営 環 境 に 置 かれているうえ 少 子 高 齢 化 社 会 の 進 展 やそれに 伴 う 人 口 減 少 により 国 内 需 要 のさら なる 減 少 が 懸 念 されております 今 後 も 厳 しい 経 済 情 勢 が 続 くものと 思 われま すが 当 地 は 非 常 に 産 業 集 積 が 厚 く 元 気 な 愛 知 ものづくり 愛 知 をリードしてきた 地 で もあり これまでの 蓄 積 を 活 かしつつ さらな る 技 術 革 新 を 行 うなど 将 来 を 見 据 えた 布 石 を 打 ち この 荒 波 を 乗 り 越 えていかれることを 期 待 するところであります 末 筆 ではございますが 本 年 が 皆 様 方 にとり まして 幸 多 き 素 晴 らしい 年 となりますことを 祈 念 致 しまして 新 春 のご 挨 拶 とさせていただき ます 1

4 年 頭 の ご あ い さ つ 名 古 屋 国 税 局 課 税 第 二 部 長 野 々 村 元 次 平 成 25 年 の 年 頭 に 当 たり 謹 んで 新 年 のごあい さつを 申 し 上 げます 社 団 法 人 岡 崎 法 人 会 会 員 の 皆 様 には 日 頃 か ら 税 務 行 政 につきまして 格 別 の 御 理 解 と 御 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて 昨 年 の 我 が 国 の 経 済 情 勢 を 振 り 返 ります と 前 半 には 東 日 本 大 震 災 の 復 興 需 要 の 顕 在 化 などを 背 景 とした 企 業 の 業 況 感 に 改 善 がみられた ものの 後 半 には 中 国 を 中 心 とした 海 外 経 済 の 減 速 等 の 影 響 により 実 質 経 済 成 長 率 が3 四 半 期 ぶ りに 減 少 に 転 ずるなど 企 業 マインド 悪 化 の 兆 しも 見 受 けられました 今 後 海 外 経 済 の 状 況 が 改 善 するにつれ 景 気 回 復 へ 向 かうことが 期 待 されますが 対 外 経 済 環 境 を 巡 る 不 確 実 性 は 高 く 先 行 きは 依 然 不 透 明 な 状 況 にあると 言 われています 一 方 経 済 以 外 の 面 に 目 を 向 けますと 三 重 県 出 身 で 国 民 栄 誉 賞 を 受 賞 されたレスリングの 吉 田 沙 保 里 選 手 を 始 めとした 日 本 人 選 手 のロンドンオ リンピックにおける 活 躍 や 未 来 に 大 きな 希 望 を 与 えるiPS 細 胞 を 研 究 されている 京 都 大 学 の 山 中 教 授 がノーベル 医 学 生 理 学 賞 を 受 賞 されるなど 私 たちに 大 きな 活 力 を 与 えてくれた 明 るい 出 来 事 もありました このような 中 で 迎 える 新 しい 年 が 会 員 企 業 の 皆 様 にとって 希 望 の 多 い 充 実 した 年 となりますこと を 祈 念 いたしますとともに 貴 法 人 会 が 引 き 続 き 魅 力 ある 事 業 活 動 を 展 開 されますことを 御 期 待 申 し 上 げます ところで 私 どもに 課 せられた 使 命 は 納 税 者 の 自 発 的 な 納 税 義 務 の 履 行 を 適 正 かつ 円 滑 に 実 現 する ことであり 国 民 の 皆 様 からの 理 解 と 信 頼 を 得 ることが 重 要 であると 考 えております このため 第 一 に 納 税 者 の 皆 様 が 申 告 納 税 を 簡 単 便 利 スムーズ に 行 っていただけ るよう サービスの 充 実 に 努 めています 中 でも e-tax( 国 税 電 子 申 告 納 税 システム) は 納 税 者 の 皆 様 にとって 申 告 納 税 の 利 便 性 の 向 上 に 寄 与 するものであるとともに 私 どもにとって 業 務 コストの 効 率 化 に 資 するものであることから 更 な るe-Taxの 普 及 及 び 定 着 に 積 極 的 に 取 り 組 んでい るところです 貴 法 人 会 の 会 員 の 皆 様 におかれましては 御 自 身 の 利 用 はもとより e-taxの 普 及 定 着 に 向 けた 会 を 挙 げての 取 組 に 積 極 的 に 参 画 いただいてお り 厚 く 御 礼 を 申 し 上 げます 第 二 に 納 税 者 の 権 利 利 益 の 保 護 を 図 りつつ 悪 質 な 納 税 者 に 厳 正 な 態 度 で 臨 むなど 適 正 な 調 査 徴 収 に 努 めています なお 本 年 1 月 からは 調 査 手 続 の 透 明 性 と 納 税 者 の 予 見 可 能 性 を 高 めるなどの 観 点 から 国 税 通 則 法 に 定 められた 税 務 調 査 手 続 に 基 づき 調 査 を 実 施 するとともに 全 ての 不 利 益 処 分 及 び 申 請 に 対 する 拒 否 処 分 について 理 由 附 記 を 行 うことと なりました 私 どもは この 法 改 正 の 趣 旨 内 容 をきちんと 踏 まえ 適 正 かつ 円 滑 な 執 行 に 取 り 組 んでいく 所 存 でございます 誠 実 な 納 税 者 の 団 体 である 法 人 会 の 皆 様 方 に は 税 務 行 政 のよき 理 解 者 として 引 き 続 きお 力 添 えを 賜 りますようお 願 い 申 し 上 げます 最 後 になりますが 社 団 法 人 岡 崎 法 人 会 の 更 な る 御 発 展 と 会 員 の 皆 様 の 御 健 勝 並 びに 事 業 の ますますの 御 繁 栄 を 祈 念 いたしまして 年 頭 のご あいさつといたします 2

5 新 年 の ご あ い さ つ 岡 崎 税 務 署 長 森 永 良 雄 平 成 25 年 の 新 春 を 迎 え 社 団 法 人 岡 崎 法 人 会 の 会 員 の 皆 様 に 謹 んで 新 年 のごあいさつを 申 し 上 げます 会 員 の 皆 様 には 日 ごろから 税 務 行 政 に 対 し まして 深 いご 理 解 と 格 別 のご 協 力 を 賜 り 心 か らお 礼 申 し 上 げます 岡 崎 法 人 会 におかれましては 地 域 社 会 に 密 着 した 支 部 活 動 を 通 じて 正 しい 税 知 識 の 普 及 と 納 税 道 義 の 高 揚 に 多 大 なお 力 添 えを 頂 き 歴 代 会 長 をはじめとする 役 員 様 方 のお 骨 折 りに より 多 岐 の 分 野 にわたる 事 業 活 動 に 取 り 組 ま れ 着 実 に 成 果 を 挙 げておられます 特 に 国 税 庁 が 最 重 要 課 題 としているe-Tax の 普 及 定 着 に 当 たりましては 貴 法 人 会 が 自 ら 作 成 された 漫 画 松 平 社 長 の e-tax ものが たり により e-tax 利 用 への 垣 根 を 低 くし 会 員 企 業 様 の 利 用 を 大 幅 に 促 進 され また こ の 漫 画 につきましては その 内 容 の 分 かり 易 さ から 他 の 法 人 会 においても 広 報 資 料 として 活 用 されるなど 貴 法 人 会 の 着 眼 点 先 見 性 の 素 晴 らしさに 驚 かされる 次 第 であります さらに ダイレクト 納 付 の 普 及 につきまして は 一 昨 年 より 地 元 信 用 金 庫 での 取 扱 いが 可 能 になったことから 各 種 説 明 会 の 広 報 普 及 活 動 に 力 をいれていただき その 利 用 申 込 みに ついては 名 古 屋 国 税 局 管 内 でも 群 をぬいてい る 状 況 になっております 今 後 は このダイレクト 納 付 の 利 用 につい ても 積 極 的 な 活 用 をお 願 いするとともに e-taxの 利 用 全 般 につきまして なにとぞ 継 続 拡 大 へのご 協 力 をお 願 いいたします さて 間 もなく 所 得 税 等 の 確 定 申 告 の 時 期 を 迎 えますが 国 税 庁 ホームページの 確 定 申 告 書 等 作 成 コーナーから e-taxをご 利 用 していた だければ 1 計 算 誤 りのない 申 告 書 の 作 成 が 可 能 2 確 定 申 告 期 間 中 は24 時 間 利 用 が 可 能 3 税 務 署 や 金 融 機 関 の 窓 口 に 赴 くことなく 自 宅 や 事 務 所 に 居 ながらにして 申 告 が 可 能 になるな ど e-taxならではのメリットを 受 けることが できますので 是 非 とも 確 定 申 告 の 際 にも e-tax として 会 員 企 業 の 役 員 様 をはじめ 社 員 の 方 々に ご 利 用 をアピールしていただけ ますよう 重 ねてお 願 いいたします 結 びに 当 たりまして 新 しい 年 が 社 団 法 人 岡 崎 法 人 会 並 びに 会 員 の 皆 様 のますますのご 発 展 と 事 業 のご 繁 栄 の 年 となりますよう 心 からお 祈 り 申 し 上 げまして 新 年 のごあいさつといたし ます 3

6 受 賞 納 税 表 彰 式 社 団 法 人 岡 崎 法 人 会 岡 崎 税 務 署 長 表 彰 受 彰 者 ( 敬 称 略 ) 倉 田 長 秀 岡 崎 法 人 会 前 田 シゲ 子 岡 崎 納 税 貯 蓄 組 合 連 合 会 浅 井 宏 悦 岡 崎 税 務 署 管 内 青 色 申 告 会 田 中 暉 登 岡 崎 法 人 会 尾 崎 正 彦 岡 崎 酒 類 行 政 連 絡 協 議 会 岡 崎 税 務 署 管 内 税 務 協 議 会 長 表 彰 受 彰 者 野 田 篤 文 岡 崎 法 人 会 山 﨑 勉 岡 崎 法 人 会 牧 久 岡 崎 法 人 会 鍋 田 洋 司 岡 崎 税 務 署 管 内 青 色 申 告 会 草 野 瞳 岡 崎 間 税 会 小 泉 素 子 岡 崎 法 人 会 財 務 大 臣 表 彰 受 彰 者 田 口 竜 也 岡 崎 間 税 会 国 税 庁 長 官 表 彰 受 彰 者 岡 田 吉 春 岡 崎 税 務 署 管 内 青 色 申 告 会 名 古 屋 国 税 局 長 表 彰 受 彰 者 丹 羽 良 治 岡 崎 法 人 会 公 益 法 人 制 度 改 革 への 対 応 について 移 行 状 況 について( 平 成 24 年 12 月 5 日 現 在 ) 1. 全 国 の 単 位 会 の 対 応 状 況 (442 単 位 法 人 会 ) 公 益 一 般 移 行 済 みの 会 137 会 移 行 済 みの 会 6 会 認 定 を 受 けた 会 72 会 申 請 中 の 会 115 会 平 成 24 年 度 申 請 予 定 会 59 会 平 成 24 年 度 申 請 ( 予 定 を 含 む) 53 会 計 383 会 計 59 会 2. 県 単 位 会 の 状 況 (20 単 位 法 人 会 ) 公 益 9 会 一 般 11 会 移 行 済 みの 会 2 会 岡 崎 名 古 屋 東 名 古 屋 西 昭 和 熱 田 名 古 屋 小 牧 中 川 瀬 戸 旭 津 島 半 田 東 三 河 新 城 認 定 を 受 けた 会 7 会 千 種 名 古 屋 北 名 古 屋 中 村 一 宮 刈 谷 西 尾 豊 田 当 法 人 会 は 平 成 25 年 4 月 1 日 に 一 般 社 団 法 人 へ 移 行 となりますが 全 法 連 県 連 より やむ を 得 ず 一 旦 一 般 に 移 行 する 単 位 法 人 会 についても 今 後 公 益 移 行 に 向 け 努 力 を との 指 導 を 受 け ております ご 理 解 とご 協 力 をお 願 いします 4

7 去 る10 月 3 日 岡 崎 ニューグランドホテルにお いて 岡 崎 税 務 署 森 永 署 長 今 枝 副 署 長 はじめ 大 同 生 命 保 険 AIU 保 険 アフラックの 幹 部 の 皆 様 をご 来 賓 にお 迎 えして 開 催 されました 大 林 法 人 会 長 のあいさつに 続 いて 今 枝 副 署 長 よりごあいさつを 頂 戴 しました その 後 大 林 会 長 が 議 長 となり 議 題 に 入 りました 志 賀 組 織 委 員 長 より 会 員 増 強 について 説 明 が あり 続 いて 支 部 役 員 代 表 から 支 部 活 動 報 告 及 び 今 後 の 活 動 計 画 について 発 表 がありまし た 事 務 局 からは 一 般 社 団 法 人 移 行 までの 説 明 e-tax 推 進 委 員 長 岡 崎 税 務 署 より 電 子 申 告 推 進 について 説 明 がありました 終 了 後 講 師 に 森 永 岡 崎 税 務 署 長 をお 迎 えし 私 が 皆 様 に 期 待 すること と 題 してご 講 話 をいただきまし た 税 に 関 する 提 言 法 人 会 は 税 に 関 する 提 言 を 国 地 方 団 体 に 行 っています 提 言 活 動 は 法 人 税 の 引 き 下 げ などをはじめ 同 族 会 社 の 保 留 金 課 税 制 度 の 抜 本 的 見 直 し 事 業 承 継 に 関 する 税 の 創 設 など 中 小 企 業 の 活 性 化 に 資 する 税 制 の 構 築 に 寄 与 し ています ( 内 田 岡 崎 市 長 に 提 言 書 を 渡 す 大 林 会 長 ) 秋 の 講 演 会 去 る 10 月 12 日 ( 金 ) 秋 の 講 演 会 が 岡 崎 商 工 会 議 所 大 ホールにて 開 催 されました 講 師 にTBSテレビ 報 道 局 開 設 専 門 記 者 室 長 の 杉 尾 秀 哉 氏 をお 招 きして 報 道 の 現 場 から これからの 日 本 を 考 える と 題 しての 講 演 を 会 員 及 び 一 般 の 皆 さんあわせて 約 130 名 の 方 が 聞 き 入 りました テレビで 見 るより 愛 想 よく 対 応 していただき 好 評 でありました 5

8 税務署コーナー 6

9 税 務 署 コーナー 7

10 税 務 署 コーナー 8

11 9 税 務 署 コーナー

12 税 務 署 コーナー 10

13 11 税 務 署 コーナー

14 岡 崎 市 役 所 12

15 岡 崎 市 役 所 13

16 11 月 8 日 ( 木 ) 午 後 6 時 30 分 から サンボ ウルにおいて 30チーム120 名 の 皆 さんの 参 加 を 得 て 会 員 親 睦 ボウリング 大 会 が 開 催 さ れました 会 員 企 業 の 従 業 員 の 皆 さんの 親 睦 と 福 利 厚 生 を 目 的 とし 多 くの 方 々にご 参 加 ご 協 力 いただきありがとうございました 団 体 戦 男 女 個 人 戦 に 各 優 勝 された 企 業 お よび 個 人 の 皆 さんおめでとうございます また 飛 賞 に 入 った 日 ごろの 行 いの 良 い 皆 さん 来 年 は 実 力 で 優 勝 できるよう 少 し 練 習 してください 団 体 戦 優 勝 丸 栄 工 業 2 位 中 部 乳 業 3 位 ライトサポート 個 人 戦 男 子 優 勝 内 田 勝 美 個 人 戦 女 子 優 勝 水 野 美 恵 子 2 位 柴 田 悠 生 2 位 松 尾 夕 起 子 3 位 水 野 隆 治 3 位 橋 本 久 江 電 子 申 告 実 務 研 修 会 去 る11 月 9 日 岡 崎 情 報 開 発 センターにて e-tax 実 務 研 修 会 が 開 催 されました 講 師 に は 東 海 税 理 士 会 岡 崎 支 部 の 畝 部 支 部 長 はじめ 多 くの 税 理 士 の 方 にご 協 力 いただきました 説 明 を 真 剣 に 聞 く 経 理 担 当 者 の 皆 さん 14

17 支 部 コーナー 甲 山 支 部 視 察 研 修 会 9 月 4 日 この 度 甲 山 支 部 視 察 研 修 会 が9 月 4 日 ( 火 ) に 総 勢 33 名 の 参 加 で 行 われました 本 年 は 国 立 印 刷 局 彦 根 工 場 見 学 を 主 体 に 近 江 国 への 旅 です 日 ごろ 有 難 く 使 っている 紙 幣 暮 らしを 支 え る 舞 台 裏 への 潜 入 です まずは 資 料 展 示 室 にて 事 業 内 容 や 効 率 的 な 生 産 方 法 等 をビデオ 鑑 賞 で 理 解 した 後 製 造 工 場 に 入 り 見 学 用 廊 下 からガ ラス 越 しに 見 学 します 大 判 用 紙 に 刷 り 上 り お 札 のサイズに 断 裁 されるのですが 偽 造 防 止 等 の 高 度 な 技 術 に 驚 くとともに お 土 産 でサン プルを と 願 いつつも 当 然 叶 わぬ 夢 で 工 場 を 後 にしました 昼 食 は 明 治 2 年 創 業 の 名 店 やす 井 にて 初 秋 の 香 り 豊 かな 料 理 で 身 も 心 も 癒 され 午 後 は 彦 根 キャッスルロードにて 思 い 思 いに 散 策 で す 随 所 で 人 気 キャラクターひこにゃんと 招 き 猫 がいて 招 福 猫 児 の 町 並 みを 楽 しみました 最 後 は 日 牟 禮 ヴィレッジで 買 い 物 ツアーで す バームクーヘンの クラブハリエ と 和 菓 子 の たねや は 平 日 にも 関 わらず 大 行 列 でし た ちょうど 前 月 にテレビ 番 組 カンブリア 宮 殿 で 社 長 山 本 昌 仁 氏 の 出 演 があり 非 常 に 興 味 深 く 拝 見 したばかりでしたが 和 菓 子 の 老 舗 が 洋 菓 子 で 大 ブレイク 人 気 の 秘 密 は 何 の ことない 素 朴 な 美 味 しさにある 様 です 菓 子 市 場 が 縮 小 する 中 増 収 増 益 を 続 けており その 原 動 力 はたねや 独 自 の 商 いの 道 との 事 新 しい ものに 挑 み しかも 真 似 されることすら 拒 まな い 真 似 されてなんぼ 今 に 生 きる 近 江 商 人 魂 の 真 髄 に 触 れました 今 回 の 見 学 会 コース テーマが 偶 然 にも マ ネー 繋 がり で マネー 招 き 猫 真 似 と 非 常 に 印 象 的 な 内 容 でした 貨 幣 (マネー)は 経 済 学 上 価 値 の 尺 度 交 換 の 媒 介 価 値 の 保 蔵 の 機 能 を 持 つモノであり その お 金 が 作 られる 製 造 現 場 を 見 学 し 高 度 な 技 術 と 効 率 的 な 生 産 方 法 を 知 ることでお 金 のありがたみ を 再 認 識 し 今 後 の 事 業 に 活 かすべく 興 味 深 い 見 学 研 修 会 となりました 甲 山 支 部 副 支 部 長 中 根 健 竜 海 支 部 健 康 研 修 会 9 月 5 日 9 月 5 日 ( 水 ) 岡 崎 商 工 会 議 所 中 ホールにお いて 竜 海 支 部 主 催 ヘルシー 中 高 年 教 室 第 10 弾 が 開 催 されました 今 年 は もう10 年 長 生 きする 為 に をテーマに 岡 崎 市 内 はもとより 県 内 外 で 調 剤 薬 局 を 経 営 しておられる 薬 剤 師 の 神 尾 昌 夫 先 生 のお 話 をうかがいました 薬 の 種 類 飲 み 方 漢 方 の 考 え 方 専 門 知 識 のお 話 で ありながらとても 身 近 に 感 じたのは 先 生 のお 人 柄 でしょうか 薬 剤 師 さんのお 話 は 普 段 あ まり 聞 く 機 会 がなく 目 線 が 変 わりとても 新 鮮 でした にんじん1 本 りんご1 個 レモン2 分 の1 個 をジューサーにかけて 作 る にんじんジュース を 毎 日 コップ1 杯 飲 む からだの 免 疫 力 を 強 くする もう10 年 長 生 きする 為 のなるほどと 思 うお 話 をた くさん 聞 くことができました そして 恒 例 となったヘルシー 弁 当 は 岡 崎 中 央 魚 市 場 魚 光 本 店 さんから 献 立 の 説 明 を 受 けながら 美 味 し くいただきました ヘルシー 中 高 年 教 室 は 多 数 の 会 員 事 業 所 の 皆 さん 地 域 の 皆 さんにご 参 加 をいただきながら 年 を 追 うごとに 充 実 し た 事 業 になって 参 りました 皆 さん 来 年 も 元 気 にこの 教 室 でお 会 いしましょうね 竜 海 支 部 副 支 部 長 鬼 武 孝 江 15

18 支 部 コーナー 城 北 甲 山 支 部 健 康 研 修 会 9 月 12 日 岡 崎 法 人 会 城 北 支 部 による 健 康 講 座 は 毎 回 楽 しみに 参 加 させていただいています 私 の 暮 らす 八 帖 町 の 方 々も 市 内 の 町 バスに 揺 られ てお 互 いに 誘 い 合 いながら 一 緒 に 行 くことが 年 間 行 事 として 定 着 しつつあります 今 回 は 特 に 関 心 の 高 い 生 活 習 慣 病 がテー マでした また 市 内 大 門 で 開 業 されている 整 形 外 科 医 院 の 中 西 先 生 が 講 師 だったこともあり 多 くの 参 加 者 でにぎわいました 話 題 はたくさんありましたが その 中 でも: 1) 長 寿 は 大 切 なことであるが 健 康 でありな がら 長 寿 な 生 命 を 全 うすることが 重 要 2) 市 販 には 補 助 食 品 も 数 多 くあるが 医 師 は 安 全 と 効 能 が 証 明 されたもののみを 患 者 に お 渡 しします 3) 日 光 浴 は 全 身 で 浴 びなくても 手 の 甲 だけ でも 充 分 効 果 があります 等 々のご 説 明 が 印 象 に 残 っています 日 々の 生 活 に 是 非 参 考 にします 私 が 特 に 注 目 したことは 中 西 先 生 のお 人 柄 でした 自 治 医 大 を 卒 業 され 佐 久 島 や 東 栄 町 等 の 僻 地 診 療 所 での 地 域 医 療 に 専 念 されてこら れた 経 験 が 中 西 先 生 の 温 かみを 伝 えていただき ました 講 演 終 了 後 に 矢 継 ぎ 早 の 質 問 も 上 がり 健 康 な 方 々がたくさんご 参 加 されたことがよく わかりました 有 難 うございました 来 年 度 の 健 康 講 座 も 是 非 楽 しみにします 城 北 支 部 副 支 部 長 浅 井 信 太 郎 矢 作 支 部 心 肺 蘇 生 法 研 修 会 9 月 21 日 この 度 は AED 講 習 会 にお 招 き 有 難 うござ いました 初 めてだったのと 廻 りの 方 が 年 配 の 方 が 多 く 緊 張 しましたが 講 師 の 消 防 の 方 た ちが 優 しく 丁 寧 に 教 えて 下 さったり 周 囲 の 方 たちも 面 白 い 人 が 多 く 凄 く 充 実 した 講 習 会 で した AEDは 昔 自 動 車 学 校 で 少 し 学 んだだ けでしたので 今 回 の 講 習 会 でしっかり 学 ぶこ とが 出 来 ましたので 良 かったです 実 際 AE Dを 使 う 機 会 なんてあってはならない 事 です が もし 使 わなければいけない 事 があれば 率 先 してAEDを 使 っていきたいと 思 います も し またこういう 機 会 がありましたら 講 習 会 に 参 加 させて 頂 きたいと 思 います 有 難 うござ いました 矢 作 支 部 栄 屋 乳 業 株 式 会 社 青 木 拓 也 16

19 支 部 コーナー 美 川 東 部 福 岡 支 部 合 同 講 演 会 10 月 3 日 ありがとう! 自 衛 隊! 東 日 本 大 震 災 における 自 衛 隊 の 救 援 活 動 講 演 会 が10 月 3 日 ( 水 ) 大 平 市 民 センターにて 美 川 東 部 福 岡 支 部 主 催 で 開 催 されま した 100 名 余 の 参 加 者 で 会 場 は 満 席 で 皆 さ んの 関 心 の 高 さを 感 じておりました 講 師 は 自 衛 隊 愛 知 地 方 協 力 本 部 岡 崎 出 張 所 所 長 の1 等 陸 尉 渡 幸 男 氏 です 被 災 地 での 困 難 な 状 況 体 験 を 通 じてのお 話 です 自 衛 隊 の 活 動 は 我 が 国 の 防 衛 災 害 派 遣 国 際 貢 献 活 動 を 改 めて 知 る 私 たちは 自 衛 隊 の 存 在 は 知 って はいるが 活 動 にはほとんど 無 関 心 で 災 害 時 に 存 在 を 再 認 識 する 程 度 ではないでしょうか 東 日 本 大 震 災 での 自 衛 隊 の 活 動 についてはテ レビ 等 からの 報 道 で 救 援 活 動 を 行 っていること は 理 解 をしているが 実 際 に 生 の 報 告 を 拝 聴 し ていると いかに 困 難 な 状 況 下 を 最 前 線 で 黙 々 と 活 動 する 姿 に 感 動 を 覚 え 目 頭 が 熱 くなる 思 いです 被 害 の 甚 大 さも 改 めて 知 らされた 思 い ではなかったでしょうか 亡 くなられた 方 々の 遺 体 処 理 行 方 不 明 者 の 捜 索 がれきの 撤 去 困 難 なことが 任 務 の 自 衛 隊 ともう1つの 役 目 に 生 活 支 援 として 給 食 支 援 給 水 支 援 野 外 診 療 野 外 風 呂 支 援 があり 私 も 現 地 の 避 難 所 で 給 食 の 提 供 やグランドに 野 外 風 呂 のテントが 設 営 さ れ 野 外 風 呂 への 送 迎 をしていることに 出 会 い ました また 全 国 から 自 衛 隊 が 被 災 地 へ 向 かう 車 の 列 にも 何 度 も 出 会 い その 時 のことを 思 い 出 しておりました また 慰 問 所 での 自 衛 隊 コン サートも 数 多 く 開 催 され 被 災 者 の 心 を 癒 してい ます 講 演 の 中 で 私 が 一 番 驚 いたことは 14 時 46 分 に 地 震 発 生 豊 川 連 隊 本 部 では14 時 48 分 に 指 揮 所 開 設 15 時 2 分 には 空 自 現 地 偵 察 をしている 素 早 い 行 動 は 日 ごろからの 訓 練 図 上 訓 練 (DIG) からでしょうか 自 衛 隊 さんありが とう! これから も よ ろ し く お 願 いしますね の 思 いです 講 演 が 終 了 後 参 加 者 の 自 主 防 災 会 役 員 からぜ ひ 町 内 会 住 民 に 講 演 依 頼 の 打 ち 合 わせをお 願 いして いる 姿 がありまし た 野 外 風 呂 のテント 設 置 風 景 美 川 支 部 副 支 部 長 太 田 貴 代 子 美 川 東 部 支 部 視 察 研 修 会 10 月 16 日 今 回 私 は 初 めて 岡 崎 法 人 会 の 視 察 に 参 加 さ せて 頂 きました 視 察 で 私 が 一 番 心 に 残 ってい るところが 天 竜 二 俣 駅 です 天 竜 二 俣 駅 では 貯 水 タンク 転 車 台 鉄 道 歴 史 館 を 見 学 しまし た 貯 水 タンクは 蒸 気 機 関 車 時 代 から 使 用 さ れているということに 驚 きました 現 在 も 鉄 道 車 両 の 洗 車 につかわれていると 聞 きました 東 日 本 大 震 災 以 降 節 水 や 節 電 が 叫 ばれている 時 代 ですが 雨 水 を 再 利 用 して 節 水 していること にとても 感 激 しました 私 自 身 も 日 常 生 活 にお いて 水 を 無 駄 遣 いをしてしまいがちなので 普 段 から 気 をつけなければと 再 認 識 することがで きました 他 にもヤマハのピアノ 工 場 を 見 学 さ せて 頂 きましたが 創 業 者 の 苦 労 話 を 聞 き 現 代 人 が 昔 の 人 に 比 べて 楽 をしているか 現 代 人 である 私 達 が 昔 よりも 色 々な 面 で 何 不 自 由 なく 過 すことが 出 来 ていることを 幸 せに 思 わなけれ ばいけないと 改 めて 考 えさせられました この 視 察 で 日 本 の 歴 史 に 触 れさせて 頂 き 初 心 に 返 ることができ 観 てきたこと 感 じたことを これからの 人 生 に 生 かしていけたらと 思 います 東 部 支 部 豊 川 信 用 金 庫 本 宿 支 店 蟹 井 勝 也 17

20 支 部 コーナー 城 北 甲 山 支 部 防 犯 研 修 会 10 月 18 日 恒 例 となりました 防 犯 研 修 会 が 身 近 な 犯 罪 から 身 を 守 る 安 心 で 安 全 な 生 活 は 自 分 で 守 ろ う と 題 して 去 る10 月 18 日 午 後 2 時 より 図 書 館 交 流 プラザ(りぶら) 会 議 室 で 支 部 会 員 を 初 め 地 域 の 方 々にご 参 加 いただき 開 催 されま した 10 月 も 半 ばに 差 し 掛 かり ようやく 暑 さ もひと 段 落 といったところですが この 日 は 朝 からの 雨 模 様 ひと 段 落 というより 肌 寒 い 日 となりましたが 大 変 多 くの 方 が 会 場 に 足 を 運 んでくださいました 講 師 には 岡 崎 警 察 署 生 活 安 全 課 課 長 代 理 成 瀬 博 文 警 部 をお 招 きし ご 自 身 の 警 察 活 動 でのエピソードなどを1 時 間 30 分 にわたり 講 演 していただきました 心 を 痛 める 目 を 覆 いたくなるような 犯 罪 の 数 々が 連 日 新 聞 テレビ 報 道 を 賑 わわして います このような 報 道 を 見 聞 きすることで 憂 鬱 な 気 持 ちにさせられることも 少 なくありま せん また 現 代 人 は 豊 かさの 陰 にある 満 た されない 想 いと 不 安 定 で 行 先 の 見 えない 時 代 に 身 を 置 き いつの 間 にか 心 に 隙 間 が 出 来 て しまっているように 感 じます この 隙 間 に 冷 風 が 容 赦 なく 吹 き 込 んできます 犯 罪 はその 隙 を 衝 いてきます その 冷 風 を 防 ぐ 為 に あるいは 隙 間 を 作 らないためにどうしたらよいのか 豊 かさゆえ 物 に 頼 ることばかり 考 えています 一 番 大 事 なことを 忘 れてしまってはいないで しょうか? 今 回 の 研 修 会 では そんな 忘 れてし まったことを 思 い 出 させてくださる 心 温 まる お 話 をご 紹 介 くださいました ご 紹 介 くださっ た 数 々のエピソードでは 随 所 で 思 いやりの 心 絆 という 言 葉 が 出 てきました また 冒 頭 から 自 分 の 住 む 街 生 まれ 育 った 街 を 愛 することが 防 犯 の 第 一 歩 であると 語 られました ややもす れば 身 近 な 犯 罪 から 身 を 守 る 安 心 で 安 全 な 生 活 は 自 分 で 守 ろう のタイトルからかけ 離 れ た 内 容 と 思 われてしまいそうですが 犯 罪 抑 止 には 物 的 要 素 も 必 要 ですが 信 頼 と 愛 情 絆 こ そが 犯 罪 を 起 こさせない 犯 罪 を 呼 び 込 まない 環 境 づくりであるのではないかと 考 えさせられ ました 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 以 来 絆 という 言 葉 をよく 耳 にするようになり ました この 先 どうなるのかと 不 安 を 抱 える 中 互 いに 励 ましあい 助 け 合 い この 危 機 を 乗 り 越 えるために 人 々は 立 ち 上 がっています 豊 か さを 追 い 求 めた 昭 和 30 年 代 40 年 代 には 思 いやる 心 絆 がありました でも 今 はどうでしょうか 今 一 度 人 と 人 とのつながり 助 け 合 う 気 持 ち 絆 ということについて 考 えてみません か 防 犯 の 第 一 歩 は 自 分 の 住 む 街 生 まれた 街 を 愛 することからなのですから 城 北 支 部 副 支 部 長 岡 田 庄 璽 葵 城 北 支 部 市 政 報 告 会 10 月 30 日 平 成 24 年 10 月 30 日 ( 火 ) 午 後 6 時 より 岡 崎 ニューグランドホテルにて 岡 崎 法 人 会 葵 支 部 城 北 支 部 共 催 による 市 政 報 告 会 を 開 催 しました 当 日 は 加 藤 義 幸 議 員 吉 口 二 郎 議 員 簗 瀬 太 議 員 をお 招 きし 昨 今 の 市 政 につい て 講 演 をいただきました 加 藤 議 員 よりは 平 成 23 年 度 の 岡 崎 市 決 算 について 詳 細 なご 説 明 をい ただき 簗 瀬 議 員 より 議 員 立 法 による 防 災 基 本 条 例 についてご 説 明 をいただきました 約 30 名 の 会 員 が 出 席 いたしましたが 会 員 より 伊 賀 川 河 川 敷 の 改 修 について 要 望 の 意 見 がでる 等 活 発 な 意 見 交 換 も 行 われ 有 意 義 な 懇 談 会 になりま した トリプル 選 挙 の 直 後 かつ 市 長 交 代 直 後 で 今 後 の 方 向 性 がまだ 定 かでない 時 期 でもあり 議 員 の 皆 様 も 話 しづらい 様 子 もありましたが 何 か 新 たな 風 が 吹 くような 期 待 感 を 感 じた 報 告 会 であったと 思 います 葵 支 部 副 支 部 長 有 賀 健 18

21 支 部 コーナー 美 川 東 部 支 部 防 犯 研 修 会 11 月 7 日 住 みよい 明 るい 町 は 自 分 たちで 力 を 合 わせ 築 い てゆくにはどうすれば 良 いか その 為 には 何 をす べきか を 岡 崎 警 察 署 生 活 安 全 課 成 瀬 警 部 をお 招 きし 最 近 の 岡 崎 市 内 における 犯 罪 状 況 をお 聞 きしました ひったくり 美 合 東 岡 崎 周 辺 で 帰 宅 途 中 の 女 性 を 狙 う 事 件 が 多 発 しており その 際 引 きず られ 転 倒 し 命 にかかわる 事 件 もある バッグ カバン 等 は 壁 側 に 持 って 歩 く バイク 等 が 近 付 いたら 振 り 返 る 隙 を 見 せないのが 第 一 です 自 転 車 盗 駅 の 駐 輪 場 集 合 住 宅 での 盗 難 が 多 く ほとんどが 施 錠 されていない 青 少 年 は 罪 の 意 識 も 無 く 乗 り 去 る 施 錠 して 管 理 をしっ かりし 未 然 に 犯 罪 を 防 ぐ 努 力 をして 下 さい 侵 入 盗 空 き 巣 忍 び 込 み 居 空 きがあり 岡 崎 は 玄 関 に 施 錠 しない 家 が 多 く 被 害 にあって いる 事 例 が 多 い 施 錠 し できれば 二 重 施 錠 が 有 効 です 犯 人 と 鉢 合 わせしたら 騒 がず 静 かに 相 手 を 確 認 し 立 ち 去 ったら110 番 する 振 り 込 め 詐 欺 年 々 新 手 の 方 法 が 出 ている さ 秋 季 恒 例 の 視 察 見 学 会 を11 月 9 日 に 実 施 致 しま した 当 日 は 男 性 10 名 女 性 20 名 の 計 30 名 の 参 加 があり バスで 大 塚 製 薬 株 式 会 社 袋 井 工 場 をメインに 静 岡 県 に 視 察 見 学 に 行 ってきました 当 日 は 秋 晴 れの 中 バスは 東 名 高 速 の 袋 井 イン ターチェンジを 降 り 高 台 にある 大 塚 製 薬 袋 井 工 場 へ こちらの 工 場 ではお 馴 染 みの ポカリスエット を 中 心 に 製 造 しています 最 初 に 製 造 工 程 環 境 問 題 への 取 り 組 みにつ いて 講 義 を 受 けた 後 ペットボトルの 製 造 から 飲 料 の 充 填 栓 締 め ラベル 貼 付 梱 包 という 一 連 の 製 造 工 程 を 見 学 させていただきました 異 物 混 入 等 を 防 ぐ 徹 底 的 な 衛 生 管 理 新 規 上 市 商 品 の 紹 介 なども 興 味 深 く 見 学 させていただきました が ペットボトルの 軽 量 化 や 再 資 源 化 などの 環 境 て 皆 さんは 騙 されませんか?クイズ 形 式 で 薬 物 の 名 前 の 由 来 について 質 問 があり ほとんど の 人 が 成 瀬 氏 の ひっかけ にひっかかりま した 冷 静 に ゆっくり 判 断 すれば 未 然 に 防 げます 岡 崎 市 は 犯 罪 発 生 件 数 が 全 国 屈 指 交 通 死 亡 事 故 は 全 国 トップ と 非 常 事 態 が 続 いているのが 現 状 です 年 末 に 向 かって 個 人 個 人 が 安 全 安 心 の 町 づくりに 協 力 して 下 さい 今 回 の 講 座 は 参 加 者 の 口 から 警 察 の 人 って 普 通 の 人 なんだねえ の 声 防 犯 意 識 の 高 揚 に 大 いに 役 立 つ 研 修 となりました 美 川 支 部 支 部 長 鈴 置 顯 葵 支 部 視 察 研 修 会 11 月 9 日 保 全 への 取 り 組 みに 大 変 力 を 入 れている 印 象 を 持 ちました 昼 食 は 葛 城 北 の 丸 で 季 節 感 あふれる 食 事 を 和 気 藹 々といただき その 後 新 東 名 浜 松 SA ネ オパーサ 浜 松 でショッピング 最 後 に 浜 松 市 引 佐 にある 井 伊 家 ゆかりの 禅 寺 龍 潭 寺 で 日 本 情 緒 を 十 分 に 堪 能 してから 帰 路 につきました ご 参 加 いただきました 皆 様 に 感 謝 すると 共 に 今 後 も 積 極 的 な 支 部 活 動 へのご 参 加 をお 願 いし 散 会 しました 葵 支 部 役 員 石 川 敏 郎 19

22 支 部 コーナー 岩 津 葵 矢 作 税 務 研 修 会 11 月 13 日 岡 崎 法 人 会 岩 津 支 部 葵 支 部 矢 作 支 部 合 同 の 税 務 研 修 会 がなごみん3 階 ホールで 開 催 され ました 講 師 は 真 摯 な 語 り 口 が 好 評 の 黒 野 晃 司 先 生 で 前 評 判 どおりわかりやすく 相 続 の 基 本 を 丁 寧 に 講 演 されました 特 に 相 続 の 基 礎 知 識 遺 言 の 必 要 性 と 相 続 税 の 計 算 についての 三 点 に 絞 られ 円 満 に 相 続 できるか 納 税 ができるか バ ランス 良 く 節 税 できるかを 考 えさせられました 相 続 時 精 算 課 税 贈 与 制 度 事 業 承 継 税 制 は 上 手 く 活 用 したいものです 最 近 巷 では 一 億 人 総 遺 言 時 代 といわれております 核 家 族 化 高 齢 化 社 会 税 制 改 正 など 私 たちをとりまく 環 境 はめまぐるしく 変 化 し ニーズも 多 様 化 しております 相 続 が 争 続 とならないよう 想 い を 遺 言 という 形 で 残 すこと また 正 しく 税 金 を 納 めることの 重 要 性 を 痛 感 しまし た このような 研 修 会 を 継 続 的 に 開 催 できること を 希 望 します 最 後 にこの 研 修 会 開 催 にあたり 会 場 の 設 営 記 念 品 の 準 備 等 ご 尽 力 いただいた 岡 崎 法 人 会 の 各 支 部 役 員 の 皆 様 に 感 謝 します 岩 津 支 部 副 支 部 長 成 田 憲 治 去 る11 月 14 日 紅 葉 真 っ 盛 りの 京 都 へ 行 きました 今 回 の 視 察 先 は 足 利 家 の 菩 提 寺 等 持 院 そして 良 くご 存 知 の 銀 閣 寺 ( 慈 照 寺 銀 閣 )でした 講 師 に 市 橋 章 男 先 生 (おかざき 塾 歴 史 教 室 主 宰 )を お 迎 えして 事 前 勉 強 会 を 催 し 当 日 は 先 生 にご 同 行 頂 き 車 中 でも 重 ねて 講 義 を 受 けるという 視 察 にふさわしい 充 実 した 研 修 会 でした と 書 きますと 堅 苦 しい 会 で 参 加 意 欲 が 失 せそう ですが 実 際 は 何 気 に 観 光 地 めぐりするのと 違 っ て 事 前 知 識 を 入 れてもらって 現 場 では 市 橋 先 生 の 説 明 付 という 贅 沢 極 まりない 研 修 会 でした 等 持 院 は 観 光 バスが 入 らないという 事 情 から 観 光 客 が 少 なくまさに 穴 場 でした 足 利 代 々 将 軍 の 木 像 と 一 緒 になんと 我 が 岡 崎 の 誇 り 家 康 公 の 木 像 が 並 んでいます 普 段 知 っている 家 康 様 より 若 くてりりしいお 顔 立 ち42 歳 のときに 彫 られたそうで す 竜 海 支 部 視 察 研 修 会 11 月 14 日 昼 食 は 銀 閣 寺 参 道 入 り 口 にある 白 沙 村 荘 で 美 味 しい 京 料 理 を 頂 きました ここは 明 治 大 正 時 代 の 文 人 画 家 橋 本 関 雪 のお 屋 敷 で その 末 裔 の 方 が 懐 石 料 理 を 出 し 記 念 館 も 開 設 しお 屋 敷 の 維 持 に 努 めておられるようです 昼 食 後 は 誰 でも1 度 は 訪 れたことのある 銀 閣 寺 に 修 学 旅 行 の 子 供 達 観 光 客 でここは 溢 れ 返 っ ておりました 偶 然 にも 本 堂 東 求 堂 の 特 別 拝 観 期 間 で2 倍 堪 能 出 来 ました 文 頭 にも 書 きましたが 今 回 行 く 先 々 紅 葉 が 素 晴 らしく 恥 ずかしながら 京 都 出 身 の 私 も 初 めて 京 都 の 紅 葉 を 満 喫 しました 市 橋 先 生 監 修 の 視 察 旅 行 場 所 を 変 えてここ 暫 く 続 きそうです これを 読 んでくださった 方 来 年 は 是 非 ご 参 加 ください 楽 しい 有 意 義 な1 日 が 待 っ ています 竜 海 支 部 役 員 大 竹 いつき 20

23 支 部 コーナー 南 部 支 部 視 察 研 修 会 11 月 20 日 岡 崎 法 人 会 南 部 支 部 の 研 修 事 業 で 岡 崎 市 医 師 会 はるさき 健 診 センター の 見 学 会 を 14 時 から 行 った 本 研 修 会 の 担 当 役 員 なので 司 会 進 行 もさせ ていただいた 司 会 者 始 めのあいさつで 皆 さん 春 咲 の 丘 にようこそ 春 咲 の 丘 には 今 春 開 設 のこの はるさ き 健 診 センター を 始 め 来 春 開 校 の 翔 南 中 学 校 完 成 建 築 中 も 含 めて225 戸 の 住 宅 そして 北 東 の 端 には( 鬼 門 じゃないか)ブラザー 印 刷 もある という まず 職 員 の 保 健 師 さんから 講 義 30 分 題 し て 受 けてよかった 保 健 指 導!! 生 活 習 慣 病 に ついてお 話 をしてもらった 皆 さん 大 興 味 か うなずく 回 数 メモをとる 頻 度 も 高 い 講 義 の 中 で 成 人 の 体 重 が1kg 増 えると ウ エストは1cm 増 えると 知 った 私 は 若 い 時 から 13kg 増 えたから ウエストも13cm 増 えたことになっ ている ナルホド そのあと 20 数 名 が2 班 に 分 かれて 施 設 見 学 キレイで 広 くて ハイセンスな 施 設 皆 さん 興 味 津 々で 見 学 をされていた これで 南 部 支 部 の 地 元 施 設 見 学 シリーズ? も シビックセンター イオン ショッピングセンター ウィング タウン そして 今 回 の はるさき 健 診 セン ター と 続 いている さて 次 はどこを 紹 介 でき るのだろう 楽 しみだ 南 部 支 部 副 支 部 長 岡 田 吉 生 矢 作 支 部 市 政 報 告 会 11 月 22 日 今 年 で6 回 目 となる 地 元 選 出 の 市 議 会 議 員 と の 懇 談 会 が 11 月 22 日 魚 光 本 店 にて 行 われ ました 会 員 総 代 合 わせて40 名 以 上 の 参 加 があ り 各 議 員 から 担 当 分 野 の 報 告 に 続 き 質 疑 応 答 が 活 発 に 行 われました 主 な 項 目 としては 幹 線 道 路 問 題 ( 国 道 1 号 市 道 ) 矢 作 川 の 安 全 と 川 の 中 の 樹 木 の 伐 採 鹿 乗 川 のたん 水 防 除 事 業 西 岡 崎 駅 のエレベーターの 設 置 まちバスの 必 要 性 救 急 車 の 有 料 化 養 豚 業 者 の 臭 い 被 害 等 の 具 体 的 な 問 題 について 意 見 交 換 が 進 みました ま た 農 業 分 野 出 身 の 議 員 がいない 為 研 究 を 重 ねていかないといけない 状 況 であることや 役 所 に 対 しては 書 面 で 申 請 し 書 面 で 回 答 を 頂 かない と 直 ぐに 白 紙 に 戻 ってしまうなどのアドバイスも この 会 ならではの 収 穫 となりました 懇 親 会 に 移 っ てからも 座 敷 での 膝 を 突 き 合 わせての 意 見 交 換 が 熱 心 に 行 われておりました 矢 作 支 部 支 部 長 野 田 篤 文 21

24 支 部 コーナー 六 ツ 美 支 部 六 ツ 美 商 工 会 六 ツ 美 政 治 経 済 研 究 会 合 同 講 演 会 11 月 26 日 今 年 度 の3 団 体 合 同 企 画 の 講 演 会 は 11 月 26 日 にJAあいち 三 河 青 野 支 店 にて 開 催 させていた だきました 地 方 で 暮 らす 私 たちにとりましてテ レビでお 見 かけする 講 師 の 先 生 が すぐ 目 の 前 で 日 本 の 政 治 経 済 文 化 について 最 新 の 情 報 とこれからの 方 向 性 を 示 していただける 機 会 は そんなに 多 い 方 ではありません 今 回 の 経 済 評 論 家 の 三 橋 貴 明 先 生 は 日 本 再 生 の 道 筋 と 財 源 を 探 る と 題 してお 話 をされました ちょうど 総 選 挙 も 間 近 とあって 大 変 忙 しい 毎 日 を 送 ってい る 方 のようです どちらかというと 自 民 党 寄 りの 方 で 日 本 における 経 済 のデフレを 憂 慮 されて いました デフレ 脱 却 のための 政 策 は 私 たちに はピンときませんが 穏 やかなインフレ 誘 導 政 策 のように 感 じました 国 民 が 貯 蓄 ではなく 消 費 に 向 かうことで 内 需 拡 大 企 業 の 投 資 意 欲 増 大 銀 行 融 資 の 増 大 財 政 支 出 の 増 加 などが 相 まっ て 日 本 の 景 気 が 良 くなるというのです 帰 宅 して から 講 師 の 先 生 のブログを 拝 見 すると 日 本 全 国 講 演 に 飛 び 回 りテレビにも 出 演 して デフレ 脱 却 と 日 本 再 生 を 訴 えてみえます これからも こうした 機 会 を 利 用 して 学 習 してまいりたいと 思 います ありがとうございました 六 ツ 美 支 部 支 部 長 小 泉 素 子 幸 田 支 部 額 田 支 部 合 同 役 員 研 修 会 11 月 6 日 幸 田 支 部 主 催 で 額 田 支 部 との 合 同 研 修 会 を 実 施 しました 午 前 中 は 雨 で 新 東 名 高 速 浜 松 SAでは 初 めての 役 員 さんもいて 店 舗 の 設 営 など 今 度 藤 川 宿 に 酒 店 予 定 の 役 員 さんは 参 考 にしていました その 後 霧 の 中 の 静 岡 空 港 を 見 学 し 店 舗 など 規 模 にあった 設 営 で 参 考 に なったとの 意 見 も 聞 かれた 飛 行 機 の 離 着 陸 の 本 数 が 思 っていたより 多 く 驚 きました 11 月 11 日 お 昼 前 から 雨 が 降 り 出 し 気 温 も 下 がり 雪 に 変 わるのではと 思 うくらいのあいにく の 天 気 でした いつ 中 止 の 発 表 があるかと 心 配 していたが 予 定 通 り 最 後 まですべての 行 事 が 無 事 終 えました 額 田 支 部 も 協 賛 し 電 子 申 告 のチラシ 税 に 関 するマンガ 本 を 配 りました また ポップコーン ラムネの 販 売 のお 手 伝 い をしましたが この 天 候 の 中 ラムネは60 本 も 売 れました 解 らないものですね ぬかたふるさとまつり 22

25 平 成 25 年 10 月 5 日 岡 崎 税 務 署 村 瀬 法 人 一 統 括 官 を 講 師 にお 迎 えし 税 と 国 際 化 と 題 して 税 務 研 修 会 が 開 催 されました 途 中 4 年 間 の 外 務 省 経 験 談 を 採 り 入 れての 研 修 会 は 今 までの 税 務 研 修 会 と 一 味 違 い 皆 さん 興 味 深 く 聞 き 入 っていました 青 年 部 会 コーナー 去 る10 月 22 日 に 社 会 貢 献 活 動 の 一 つ 小 学 生 の 租 税 教 室 の 講 師 育 成 講 座 を 講 師 に 豊 橋 税 務 署 河 合 税 務 広 報 広 聴 官 にお 願 いして 青 年 部 会 女 性 部 会 より12 名 の 方 がお 忙 しい 中 お 集 まりい ただき 18 時 より 開 催 されました 学 校 との 事 前 打 合 せ 講 師 の 心 構 えなどを 過 去 の 成 功 例 失 敗 例 の 事 例 と マリンとヤマト 不 思 議 な 日 曜 日 のビデオ 一 宮 税 務 署 の 教 室 のビデオによる 実 際 の 進 行 についての 注 意 点 の 説 明 がありました 最 後 に 昨 年 初 めて 講 師 経 験 された 河 合 氏 から 最 初 は 心 配 だったが 終 わっ てみれば 本 当 に 感 激 し 来 年 もぜひやってみた いとの 思 いになること 請 け 合 い と 体 験 談 のお 話 がありました 本 年 度 デビューを 予 定 している3 名 の 方 も 不 安 と 期 待 に 胸 ふくらませていました 去 る11 月 14 日 ( 水 )レストラン 六 本 木 におい て 森 永 署 長 様 と 村 瀬 統 括 官 様 にご 出 席 いただ き 署 長 講 話 会 が 開 催 されました 私 が 皆 様 に 期 待 すること 青 年 部 会 編 と 題 し 私 たち 若 い 世 代 への 期 待 を 込 めた 有 意 義 な 講 話 会 となりました また 講 話 会 後 の 懇 親 会 では 村 瀬 統 括 官 様 に 乾 杯 のご 発 声 をいただき 税 務 署 幹 部 の 皆 様 と 様 々な 話 が 弾 む 大 いに 盛 り 上 がった 楽 しい 会 と なりました 研 修 委 員 長 石 川 敏 郎 岡 崎 税 務 署 長 講 話 会 23

26 青 年 部 会 コーナー 11 月 1 日 ( 木 ) 2 日 ( 金 ) 全 国 青 年 の 集 いが 本 年 は 宮 崎 県 で 開 催 され 岡 崎 法 人 会 青 年 部 8 名 で 参 加 して 参 りました 宮 崎 県 といえば 東 国 原 前 知 事 のコメント ど ぎゃんかせんといかん があまりにも 有 名 ですが その 発 言 の 通 り 全 体 的 に 活 気 がなく 参 加 した 部 員 もタクシーの 運 転 手 に どこの 企 業 がありま すか? と 聞 いたほどであります そして 今 大 会 のスローガン 新 価 値 創 造 も 苦 境 の 中 でも 新 価 値 を 創 造 して 復 興 経 済 成 長 してゆこうという ものでしたが 現 在 の 宮 崎 県 を 見 て 明 日 はわが 県 明 日 はわが 身 と 私 を 始 め 肌 で 感 じた 部 員 も 多 かったのではなかろうかと 思 います 今 回 秋 晴 れの 晴 天 の 中 レンタカーを 借 り 去 年 のお 伊 勢 さん 参 りに 続 き 菊 の 御 紋 の 霧 島 神 宮 などをお 参 りし 温 泉 にも 入 り 大 会 では 岡 崎 法 人 会 青 年 部 が 会 員 増 強 で 表 彰 を 受 けるなど 充 実 した2 日 間 送 る 事 ができました 最 後 に 事 業 にご 協 力 いただきました 皆 様 に 心 より 感 謝 申 しあげます 交 流 委 員 長 山 﨑 勉 会 員 名 太 田 裕 一 郎 法 人 名 株 式 会 社 オーケーエス 所 在 地 岡 崎 市 日 名 南 町 4 12 会 員 名 加 藤 浩 晃 法 人 名 やはぎ 設 備 株 式 会 社 所 在 地 岡 崎 市 矢 作 町 字 竊 樹 会 員 名 兵 藤 晃 一 法 人 名 有 限 会 社 デイサービス 青 空 所 在 地 岡 崎 市 日 名 中 町 18-1 会 員 名 加 藤 盛 和 法 人 名 有 限 会 社 エムアール 所 在 地 岡 崎 市 岡 町 字 南 石 原 1-1 会 員 名 阿 知 和 司 法 人 名 株 式 会 社 阿 知 和 板 金 工 作 所 所 在 地 岡 崎 市 東 明 大 寺 町 会 員 名 野 村 佳 嗣 法 人 名 初 田 防 災 設 備 株 式 会 社 岡 崎 営 業 所 所 在 地 岡 崎 市 矢 作 町 字 金 谷 25-1 会 員 名 後 藤 きよみ 法 人 名 大 同 生 命 保 険 株 式 会 社 所 在 地 岡 崎 市 明 大 寺 町 菩 提 円 13-2 会 員 名 浅 岡 由 実 法 人 名 株 式 会 社 浅 岡 工 務 店 所 在 地 岡 崎 市 明 大 寺 町 字 池 下 29 24

27 女 性 部 会 コーナー 伊 勢 法 人 会 女 性 部 との 情 報 交 換 会 と 川 曳 き 見 学 10 月 16 日 紅 葉 には 少 し 早 いですが すばら しい 秋 晴 れの 日 私 たち 岡 崎 法 人 会 女 性 部 会 は 岡 崎 税 務 署 村 瀬 統 括 官 はじめ 会 員 25 名 で 伊 勢 法 人 会 を 訪 問 いたしました 伊 勢 さんの ことを 聞 いてみましょう 岡 崎 のことを 話 し てみましょう をキャッチフレーズに まず 事 業 内 容 活 動 報 告 をしました 伊 勢 法 人 会 女 性 部 会 は 226 名 の 会 員 とお 聞 きして 大 変 うら やましく 思 いました 情 報 のネットワークをは りめぐらせて 新 しい 企 業 ができたと 聞 くとす ぐに 勧 誘 に 行 くそうです やはり 細 やかな 努 力 が 必 要 なようです その 後 会 場 をおかげ 横 町 すし 久 へ 移 し 意 見 交 換 懇 親 会 川 曳 き 見 学 をしました 川 曳 きは 内 宮 への 奉 納 の お 初 穂 を 川 船 に 載 せ 清 流 五 十 鈴 川 を 水 飛 沫 を 上 げながら 勇 ましく 遡 り 宇 治 橋 から 御 神 域 へ そして 内 宮 五 丈 殿 へと 奉 納 いたします 伊 勢 法 人 会 事 務 局 長 下 村 さんの 唄 う 木 遣 りに 耳 をかた むけ 会 場 は 大 盛 り 上 がりでした 広 報 委 員 加 藤 裕 子 岡 崎 税 務 署 幹 部 との 意 見 交 換 会 紅 葉 が 深 まりつつある11 月 12 日 竜 美 丘 会 館 にて 女 性 部 事 業 委 員 会 の 恒 例 事 業 である 岡 崎 税 務 署 幹 部 の 方 々との 意 見 交 換 会 が 開 催 されまし た 本 年 は 今 最 も 旬 な 話 題 である 国 際 税 務 について 法 人 課 税 第 一 部 門 統 括 官 村 瀬 真 也 様 よりお 話 を 頂 きました BGMにABB Aのダンシングクィーンを 流 しながらプロジェ クターを 使 い 海 外 で 活 躍 する 芸 能 人 や 経 済 人 を 紹 介 村 瀬 統 括 官 自 身 3 年 間 のブラジル 勤 務 経 験 がおありのため グローバルな 話 題 にす んなりと 溶 け 込 めるようお 話 し 下 さいました 近 年 国 際 課 税 を 意 識 し 定 年 後 の 海 外 ロング スティや 企 業 の 海 外 進 出 が 増 えています 所 得 税 や 法 人 税 住 民 税 などの 税 率 が 低 い 国 あるい は 税 金 がない 国 に 移 住 する また 支 店 や 子 会 社 を 設 立 し 税 メリットの 恩 恵 を 受 けようと 考 え るのは 日 本 の 経 済 状 況 の 閉 塞 感 から 致 し 方 な いことかもしれません 国 際 税 務 の 具 体 的 なお 話 までは 時 間 の 都 合 上 お 聞 きできませんでした ので 機 会 があればぜひもっと 詳 しく 勉 強 させ て 頂 きたいと 思 いました 少 し 頭 を 使 った 後 は 一 階 ローレライでメン バーに 岡 崎 市 出 身 者 がいるNNG(ナチュラル ノーブル ガールズ)のステージを 楽 しみ 蛸 のマリネや 魚 介 類 のクリ-ム 煮 込 みの 美 味 しい 料 理 の 会 食 少 しお 酒 も 入 り 和 気 あいあいと 語 らいながら 時 間 を 過 ごしました 大 きなガラ ス 越 しに 乙 川 のせせらぎが 聞 こえそうな 夜 景 を 鑑 賞 しつつ 一 本 締 めにて 閉 会 致 しました 広 報 副 委 員 長 山 本 惠 一 子 25

28 ( 順 不 同 敬 称 略 ) 支 部 名 法 人 名 代 表 者 名 所 在 地 営 業 内 容 甲 山 和 美 石 材 岡 崎 作 業 所 服 部 和 久 岡 崎 市 稲 熊 町 向 畑 77-2 石 材 卸 売 業 山 和 細 井 佳 奈 岡 崎 市 城 北 町 農 業 設 備 設 置 販 売 城 葵 北 成 田 ニット 成 田 佳 嗣 岡 崎 市 柿 田 町 6-11 ニット 製 造 業 太 田 靴 店 太 田 昌 子 岡 崎 市 本 町 通 2-3 不 動 産 賃 貸 三 河 洋 電 早 川 勝 也 岡 崎 市 井 田 新 町 2-2 家 電 小 売 ハヤシエイゼン 林 直 樹 岡 崎 市 松 橋 町 防 水 及 び 止 水 工 事 RINT 石 原 都 子 岡 崎 市 井 田 町 不 動 産 賃 貸 美 川 TCR 東 野 謙 一 岡 崎 市 大 平 町 南 田 潰 25-1 新 聞 専 売 業 ( 中 日 新 聞 ) エクリプラン 鈴 木 康 之 岡 崎 市 上 六 名 人 材 派 遣 阿 知 和 板 金 工 作 所 阿 知 和 司 岡 崎 市 東 明 大 寺 町 建 築 板 金 キャスコム 小 野 克 志 岡 崎 市 明 大 寺 町 衣 下 道 38-1 人 材 派 遣 業 竜 南 矢 岩 北 海 部 作 津 部 エイムマーケティングエージェンシー 志 賀 栄 太 郎 岡 崎 市 明 大 寺 町 大 圦 1-22 飲 食 業 愛 和 藤 田 玲 子 岡 崎 市 明 大 寺 町 踊 山 不 動 産 賃 貸 テッククワトロ 加 藤 芳 正 岡 崎 市 竜 美 南 土 木 工 事 アイビーアイ 揖 斐 秀 之 岡 崎 市 大 西 サンシティ 竜 美 ヶ 丘 Ⅱ701 不 動 産 賃 貸 竜 城 トレーニングセンター 山 本 和 子 岡 崎 市 羽 根 町 大 池 91-3 不 動 産 賃 貸 業 弁 護 士 法 人 OFFICE シンカイ 新 海 聡 岡 崎 市 羽 根 町 東 荒 子 38-1 t.a.sビル2 階 法 律 事 務 所 藤 村 松 山 光 志 岡 崎 市 柱 曙 1 丁 目 6-2 肉 の 卸 売 構 創 舎 李 忠 宇 岡 崎 市 若 松 町 字 東 荒 子 46-1 環 マンション207 建 築 構 造 設 計 アフェクト 末 友 啓 支 岡 崎 市 羽 根 西 クルールコート 岡 崎 不 動 産 管 理 事 業 ビバント 国 井 真 志 岡 崎 市 羽 根 西 訪 問 介 護 ミシマ 産 業 齋 藤 浩 岡 崎 市 戸 崎 新 町 1-1 不 動 産 業 山 中 総 業 乙 守 賢 次 岡 崎 市 渡 町 字 能 光 前 26 板 金 工 事 業 リフォーム 工 事 業 初 田 防 災 設 備 岡 崎 営 業 所 宮 崎 達 夫 岡 崎 市 矢 作 町 字 金 谷 25-1 消 防 防 災 設 備 業 アイシール 窪 田 康 人 岡 崎 市 森 越 町 字 山 王 36-1 障 害 福 祉 サービス 事 業 中 根 精 巧 中 根 二 六 男 岡 崎 市 北 野 町 字 畔 北 78 金 型 成 形 ニチモウ 商 事 石 原 昭 岡 崎 市 橋 目 町 字 割 塚 30 古 紙 回 収 卸 売 業 ( 非 営 ) 花 音 太 田 景 子 岡 崎 市 細 川 町 字 長 原 55-1 障 害 児 通 所 支 援 びゅていさろんなかしま 中 嶋 和 子 岡 崎 市 細 川 町 窪 地 美 容 室 経 営 かね 成 成 瀬 裕 保 岡 崎 市 岩 津 町 新 城 131 魚 屋 CLS 柴 田 泰 正 岡 崎 市 上 里 ハウスクリーニング M&Mコーポレーション 鈴 木 充 岡 崎 市 上 里 飲 食 業 光 商 事 新 美 清 和 岡 崎 市 薮 田 2 丁 目 12-8 浄 化 槽 保 守 点 検 永 谷 農 園 永 谷 準 一 岡 崎 市 大 門 園 芸 〆 縄 東 部 ことぶき 伊 藤 長 年 岡 崎 市 竜 泉 寺 町 塘 ヶ 入 41 ウレタン 加 工 トーヨーレジン 山 本 康 幸 岡 崎 市 下 青 野 町 字 祐 知 66-4 プラスチック 製 造 六 ツ 美 原 価 改 善 成 田 統 計 岡 崎 市 上 三 ツ 木 字 北 稗 田 19-1 輸 出 入 業 小 林 商 事 小 林 克 岡 崎 市 土 井 町 字 炭 焼 17-1 コンビニエンスストア 経 営 幸 田 大 内 インテリア 大 内 英 隆 岡 崎 市 牧 御 堂 町 字 郷 中 3-5 内 装 工 事 業 東 洋 ロジテム 内 田 士 郎 額 田 郡 幸 田 町 大 草 字 馬 場 71-7 運 送 事 業 名 古 屋 造 園 菅 沼 幸 彦 額 田 郡 幸 田 町 荻 字 東 中 6 造 園 業 フラワーショップヤマイチ 長 谷 浩 之 額 田 郡 幸 田 町 菱 池 字 地 蔵 堂 93-3 生 花 小 売 鳶 稲 吉 組 稲 吉 一 元 額 田 郡 幸 田 町 上 六 栗 字 中 切 48-1 建 設 業 26

29 法 人 会 の う ご き 東 部 美 川 福 岡 支 部 主 催 講 演 会 10 月 3 日 青 連 協 情 報 交 換 会 10 月 3 日 支 部 役 員 全 体 会 議 10 月 3 日 岡 崎 税 務 署 長 講 話 10 月 3 日 税 務 連 絡 協 議 会 10 月 4 日 青 年 部 会 税 務 研 修 会 10 月 5 日 租 推 協 租 税 教 室 講 師 育 成 講 座 10 月 9 日 第 29 回 全 国 大 会 ( 北 海 道 大 会 ) 10 月 11 日 秋 の 講 演 会 10 月 12 日 女 性 部 会 情 報 交 換 会 10 月 16 日 東 部 美 川 支 部 視 察 研 修 会 10 月 16 日 甲 山 城 北 支 部 防 犯 研 修 会 10 月 18 日 青 年 女 性 部 会 租 税 教 室 講 師 育 成 講 座 10 月 22 日 女 性 部 会 20 周 年 記 念 事 業 委 員 会 10 月 23 日 e-tax 実 務 研 修 会 打 合 せ 10 月 23 日 第 1 回 法 人 税 実 務 研 修 会 10 月 25 日 女 性 部 会 20 周 年 記 念 事 業 委 員 会 10 月 29 日 葵 城 北 支 部 市 政 報 告 会 10 月 30 日 青 年 部 会 第 26 回 全 国 青 年 の 集 い( 宮 崎 大 会 ) 11 月 2 日 女 性 部 会 事 業 委 員 会 11 月 5 日 幸 田 額 田 支 部 合 同 役 員 研 修 会 11 月 6 日 美 合 東 部 支 部 防 犯 研 修 会 11 月 7 日 葵 支 部 視 察 研 修 会 11 月 9 日 e-tax 実 務 研 修 会 11 月 9 日 額 田 支 部 ぬかた 祭 り 協 賛 11 月 11 日 女 性 部 会 署 幹 部 との 意 見 交 換 会 11 月 12 日 岩 津 葵 矢 作 支 部 合 同 税 務 研 修 会 11 月 13 日 調 査 部 所 管 法 人 合 同 研 修 会 11 月 13 日 青 年 部 会 署 長 講 話 11 月 14 日 竜 海 支 部 視 察 研 修 会 11 月 14 日 南 部 支 部 視 察 研 修 会 11 月 20 日 女 性 部 会 総 務 委 員 会 11 月 20 日 第 2 回 法 人 税 実 務 研 修 会 11 月 20 日 青 年 部 会 租 税 教 室 決 起 大 会 11 月 21 日 矢 作 支 部 市 政 報 告 会 11 月 22 日 六 ツ 美 支 部 講 演 会 11 月 26 日 女 連 協 情 報 交 換 会 11 月 26 日 税 務 連 絡 協 議 会 親 睦 ボウリング 大 会 11 月 26 日 女 性 部 会 役 員 会 12 月 3 日 女 性 部 会 20 周 年 記 念 事 業 委 員 会 12 月 3 日 県 連 運 営 研 究 会 12 月 4 日 決 算 期 別 研 修 会 12 月 12 日 県 連 税 制 講 演 会 12 月 13 日 会 報 封 入 25 年 1 月 15 日 27

30 28

31

32

平成19年第1回定例

平成19年第1回定例 平 成 21 年 第 1 回 定 例 夕 張 市 議 会 会 議 録 平 成 21 年 3 月 27 日 ( 金 曜 日 ) 午 前 10 時 30 分 開 議 議 事 日 程 第 1 議 案 第 1 号 平 成 21 年 度 夕 張 市 一 般 会 計 予 算 議 案 第 2 号 平 成 21 年 度 夕 張 市 国 民 健 康 保 険 事 業 会 計 予 算 議 案 第 3 号 平 成 21 年

More information

2010 年 1 月 JRA 調 教 師 ( 元 ) 中 尾 銑 治 死 亡 2010 年 1 月 JRA 騎 手 高 山 太 郎 引 退 調 教 助 手 ( 松 山 康 久 厩 舎 ) 2010 年 2 月 JRA 騎 手 佐 藤 聖 也 免 許 取 消 2010 年 2 月 JRA 騎 手 角

2010 年 1 月 JRA 調 教 師 ( 元 ) 中 尾 銑 治 死 亡 2010 年 1 月 JRA 騎 手 高 山 太 郎 引 退 調 教 助 手 ( 松 山 康 久 厩 舎 ) 2010 年 2 月 JRA 騎 手 佐 藤 聖 也 免 許 取 消 2010 年 2 月 JRA 騎 手 角 2008 年 1 月 兵 庫 調 教 師 謝 良 文 死 亡 2008 年 1 月 笠 松 騎 手 吉 井 友 彦 再 デビュー( 騎 手 ) 2008 年 1 月 佐 賀 騎 手 後 藤 孝 廃 業 2008 年 2 月 兵 庫 調 教 師 内 本 英 夫 廃 業 自 己 都 合 2008 年 3 月 愛 知 調 教 師 岩 田 克 己 廃 業 一 身 上 の 都 合 2008 年 2 月 荒 尾

More information

陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 総 務 課 監 理 班 長 を 命 ずる ( 中 央 即 応 集 団 司 令 部 人 事 部 長 ) 1 等 陸 佐 島 守 英 次 陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 会 計 課 会 計 監 査 班 長 を 命 ずる ( 西 部 方 面 総 監 部 総 務 部

陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 総 務 課 監 理 班 長 を 命 ずる ( 中 央 即 応 集 団 司 令 部 人 事 部 長 ) 1 等 陸 佐 島 守 英 次 陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 会 計 課 会 計 監 査 班 長 を 命 ずる ( 西 部 方 面 総 監 部 総 務 部 防 衛 省 発 令 防 衛 研 究 所 主 任 研 究 官 を 命 ずる ( 第 3 高 射 特 科 群 長 ) 1 等 陸 佐 山 口 尚 彦 統 合 幕 僚 監 部 総 務 部 総 務 課 勤 務 を 命 ずる ( 航 空 幕 僚 監 部 監 理 監 察 官 付 ) 2 等 空 佐 泉 山 正 司 統 合 幕 僚 監 部 防 衛 計 画 部 防 衛 課 付 を 命 ずる ( 第 7 高 射 特

More information

平成27年4月1日付け人事異動の概要

平成27年4月1日付け人事異動の概要 平 成 27 年 3 月 25 日 相 模 原 市 発 表 資 料 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 の 概 要 1 人 事 異 動 の 規 模 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 1,541 名 その 他 採 用 245 名 (4 月 2 日 付 け1 名 を 含 む ) ( ): 平 成 26 年 4 月 1 日 付 け 職 階 局 級 部 級 参

More information

Microsoft Word - 20151204定例会(初日).doc

Microsoft Word - 20151204定例会(初日).doc 平 成 27 年 松 茂 町 議 会 第 4 回 定 例 会 会 議 録 第 1 日 目 (12 月 4 日 ) 出 席 議 員 1 番 鎌 田 寛 司 2 番 川 田 修 3 番 板 東 絹 代 4 番 立 井 武 雄 5 番 佐 藤 禎 宏 6 番 森 谷 靖 7 番 原 田 幹 夫 8 番 一 森 敬 司 9 番 藤 枝 善 則 10 番 佐 藤 富 男 11 番 佐 藤 道 昭 12 番 春

More information

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷 1 青 森 市 秋 元 良 幸 二 本 柳 主 高 橋 勇 佐 々 木 芳 春 石 橋 修 豊 川 良 一 成 田 守 俊 吉 川 主 山 田 文 夫 葛 西 金 徳 2 弘 前 市 桜 庭 義 則 岡 本 洋 外 崎 美 智 幸 岩 崎 和 弘 野 口 幸 喜 渋 谷 鉄 五 郎 中 村 慎 二 相 馬 親 志 奈 良 道 明 長 内 力 3 八 戸 市 福 田 馨 田 中 勝 芳 風 張 清 志

More information

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震 No.168 / / 石 英 雄 栃 荒 2055 番 0285833477 編 集 / 江 光 夫 住 資 源 集 存 新 価 値 造 拠 点 置 徴 ブ 図 ミ ュ 博 物 ブ ズ 3 複 可 相 互 流 愛 称 募 結 果 配 慮 循 型 信 識 恵 循 込 恵 づ 恵 168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港

More information

清掃一部事務組合定例会(目次)

清掃一部事務組合定例会(目次) 平 成 27 年 第 2 回 東 京 二 十 三 区 清 掃 一 部 事 務 組 合 議 会 定 例 会 会 議 録 目 次 期 日 1 場 所 1 出 席 議 員 1 欠 席 議 員 1 出 席 説 明 員 1 出 席 議 会 事 務 局 職 員 2 議 事 日 程 2 追 加 議 事 日 程 2 議 員 の 異 動 4 開 会 開 議 4 異 動 議 員 の 仮 議 席 の 指 定 4 日 程

More information

<5461726F2D8376838C835881693233313132318CBB8DDD82C58DEC90AC816A>

<5461726F2D8376838C835881693233313132318CBB8DDD82C58DEC90AC816A> 防 衛 省 発 令 防 衛 大 学 校 訓 練 部 訓 練 課 長 を 命 ずる ( 陸 上 自 衛 隊 幹 部 学 校 主 任 教 官 ) 1 等 陸 佐 佐 藤 末 明 防 衛 大 学 校 教 授 を 命 ずる ( 帯 広 駐 屯 地 業 務 隊 長 ) 1 等 陸 佐 土 生 円 徳 防 衛 医 科 大 学 校 学 生 部 主 任 訓 練 教 官 を 命 ずる ( 陸 上 自 衛 隊 東 北

More information

<5461726F2D95BD90AC3233944E91E6825189F197D58E9E89EF81698F898B63>

<5461726F2D95BD90AC3233944E91E6825189F197D58E9E89EF81698F898B63> 平 成 23 年 第 2 回 今 金 町 議 会 臨 時 会 第 1 号 及 び 第 1 号 の1 平 成 23 年 5 月 9 日 ( 月 ) 〇 第 1 号 - 議 事 日 程 1 仮 議 席 の 指 定 について 2 選 挙 第 1 号 議 長 の 選 挙 について 〇 第 1 号 の1- 議 事 日 程 1 会 議 録 署 名 議 員 の 指 名 について 2 会 期 の 決 定 について

More information

<8199915388F589FC28485094AD928D9770816A2E786C7378>

<8199915388F589FC28485094AD928D9770816A2E786C7378> ニッタン 株 式 会 社 第 1 種 火 災 報 知 システム 専 門 技 術 者 名 簿 1 期 板 谷 敏 行 NK-96-1-0002 吉 井 俊 明 NK-96-1-0037 山 本 博 司 NK-96-1-0077 作 左 部 義 文 NK-96-1-0004 田 中 英 則 NK-96-1-0038 会 沢 潔 NK-96-1-0079 丹 羽 忍 NK-96-1-0006 下 川 雄

More information

統 合 幕 僚 監 部 首 席 法 務 官 付 法 務 班 長 を 命 ずる ( 東 北 方 面 総 監 部 装 備 部 後 方 運 用 課 長 ) 1 等 陸 佐 長 野 晃 統 合 幕 僚 監 部 首 席 後 方 補 給 官 付 後 方 補 給 官 を 命 ずる ( 南 西 航 空 混 成 団

統 合 幕 僚 監 部 首 席 法 務 官 付 法 務 班 長 を 命 ずる ( 東 北 方 面 総 監 部 装 備 部 後 方 運 用 課 長 ) 1 等 陸 佐 長 野 晃 統 合 幕 僚 監 部 首 席 後 方 補 給 官 付 後 方 補 給 官 を 命 ずる ( 南 西 航 空 混 成 団 防 衛 省 発 令 防 衛 大 学 校 訓 練 部 訓 練 課 長 を 命 ずる ( 第 4 地 対 艦 ミサイル 連 隊 長 兼 八 戸 駐 屯 地 司 令 ) 1 等 陸 佐 水 落 嘉 彦 防 衛 大 学 校 教 授 を 命 ずる ( 富 士 教 導 団 副 団 長 ) 1 等 陸 佐 藤 原 修 ( 防 衛 研 究 所 主 任 研 究 官 ) 1 等 海 佐 鈴 木 秀 文 防 衛 研 究

More information

<5461726F2D90BC208BB388CF95F18D908140906C8E9688D993AE81692E6A74>

<5461726F2D90BC208BB388CF95F18D908140906C8E9688D993AE81692E6A74> 報 告 (1) 平 成 22 年 度 末 平 成 23 年 度 初 事 務 局 職 員 等 の 人 事 異 動 について る このことについて 課 長 補 佐 級 及 び 係 長 級 の 人 事 異 動 を 別 紙 のとおり 行 ったので 報 告 す 平 成 23 年 4 月 20 日 新 潟 県 教 育 委 員 会 教 育 長 武 藤 克 己 課 長 補 佐 級 及 び 係 長 級 の 人 事 異

More information

01 表紙・目次

01 表紙・目次 平 成 27 年 松 前 町 議 会 第 4 回 臨 時 会 会 議 録 平 成 27 年 7 月 1 日 開 会 平 成 27 年 7 月 1 日 閉 会 松 前 町 議 会 各 位 会 議 録 の 作 成 にあたっては 誤 りのないよう 留 意 しておりますが 時 間 の 関 係 上 原 稿 校 正 は 初 校 しかできなく 誤 字 脱 字 等 があります ことを 深 くお 詫 び 申 し 上

More information

会 長 の あ い さ つ 長 野 県 松 本 ろう 学 校 長 葦 澤 正 敏 新 緑 の 候 同 窓 会 の 皆 様 にはお 元 気 でお 過 ごしのこととお 慶 び 申 し 上 げます 松 本 ろう 学 校 を 卒 業 された 皆 様 就 職 進 学 おめでとうござい ます また 松 本 ろう

会 長 の あ い さ つ 長 野 県 松 本 ろう 学 校 長 葦 澤 正 敏 新 緑 の 候 同 窓 会 の 皆 様 にはお 元 気 でお 過 ごしのこととお 慶 び 申 し 上 げます 松 本 ろう 学 校 を 卒 業 された 皆 様 就 職 進 学 おめでとうござい ます また 松 本 ろう 2013 年 (H25 年 )5 月 19 日 ( 日 ) 第 64 号 発 行 長 野 県 松 本 ろう 学 校 同 窓 会 同 窓 会 第 68 回 定 期 総 会 開 催 の 報 告 去 る 3 月 23 日 ( 土 ) 午 前 10 時 より 松 本 市 総 合 社 会 福 祉 センターにて 第 68 回 定 期 総 会 が 開 催 されました 出 席 者 ( 会 員 来 賓 賛 助 会 員

More information

市 郡 沿 革 表 徳 島 市 明 治 3 年 明 治 22 年 0 月 日 大 正 5 年 4 月 日 昭 和 3 年 0 月 日 昭 和 2 年 4 月 日 昭 和 2 年 0 月 日 昭 和 26 年 4 月 日 昭 和 30 年 月 日 昭 和 30 年 2 月 日 昭 和 4 年 0 月

市 郡 沿 革 表 徳 島 市 明 治 3 年 明 治 22 年 0 月 日 大 正 5 年 4 月 日 昭 和 3 年 0 月 日 昭 和 2 年 4 月 日 昭 和 2 年 0 月 日 昭 和 26 年 4 月 日 昭 和 30 年 月 日 昭 和 30 年 2 月 日 昭 和 4 年 0 月 付 付 録 録 市 郡 沿 革 表 徳 島 市 明 治 3 年 明 治 22 年 0 月 日 大 正 5 年 4 月 日 昭 和 3 年 0 月 日 昭 和 2 年 4 月 日 昭 和 2 年 0 月 日 昭 和 26 年 4 月 日 昭 和 30 年 月 日 昭 和 30 年 2 月 日 昭 和 4 年 0 月 日 昭 和 42 年 月 日 鳴 門 市 明 治 22 年 0 月 日 昭 和 22

More information

平 成 27 年 期 P.2 国 土 交 通 本 省 土 地 建 設 産 業 局 建 1 日 建 政 部 建 設 産 業 調 整 官 設 市 場 整 備 課 企 画 専 門 官 事 下 岡 壽 1 日 関 東 運 輸 局 埼 玉 運 輸 支 局 次 長 建 政 部 土 地 市 場 監 視 官 事 池

平 成 27 年 期 P.2 国 土 交 通 本 省 土 地 建 設 産 業 局 建 1 日 建 政 部 建 設 産 業 調 整 官 設 市 場 整 備 課 企 画 専 門 官 事 下 岡 壽 1 日 関 東 運 輸 局 埼 玉 運 輸 支 局 次 長 建 政 部 土 地 市 場 監 視 官 事 池 平 成 27 年 期 P.1 1 日 辞 職 総 務 部 総 括 調 整 官 事 関 根 伸 章 1 日 総 務 部 総 括 調 整 官 総 務 部 調 査 官 事 渡 邉 猛 雄 1 日 総 務 部 調 査 官 主 任 監 査 官 事 五 味 田 文 和 1 日 主 任 監 査 官 総 務 部 財 産 管 理 官 事 八 子 康 幸 1 日 総 務 部 財 産 管 理 官 道 路 部 路 政 調

More information

役 員 名 所 属 等 氏 名 ( は 新 任 ) 任 期 平 成 22 年 6 月 16 日 ~ 平 成 24 年 6 月 16 日 現 職 等 会 長 名 誉 会 員 陣 内 孝 雄 全 国 治 水 期 成 同 盟 会 連 合 会 会 長 副 会 長 脇 雅 史 参 議 院 議 員 佐 々 木

役 員 名 所 属 等 氏 名 ( は 新 任 ) 任 期 平 成 22 年 6 月 16 日 ~ 平 成 24 年 6 月 16 日 現 職 等 会 長 名 誉 会 員 陣 内 孝 雄 全 国 治 水 期 成 同 盟 会 連 合 会 会 長 副 会 長 脇 雅 史 参 議 院 議 員 佐 々 木 平 成 22 年 度 事 業 報 告 自 平 成 22 年 4 月 31 日 至 平 成 23 年 3 月 31 日 1. 会 員 の 状 況 区 分 前 年 度 末 数 入 会 数 退 会 数 本 年 度 末 数 正 会 員 47 1 1 47 名 誉 会 員 5 1 0 6 賛 助 会 員 41 1 0 42 計 93 3 1 95 ( 注 ) 1.( )は 内 書 で 大 阪 府 ( 休 会

More information

Taro10-H27 年学校だより4月.号j

Taro10-H27 年学校だより4月.号j 平 成 2 7 年 4 月 1 9 日 ( 日 ) 4 月 号 横 浜 市 立 港 南 中 学 校 233-0004 横 浜 市 港 南 区 港 南 中 央 通 6 番 1 号 0 4 5-8 4 2-2 3 5 5 学 校 教 育 目 標 の よ り よ い 実 現 を 目 指 し て 校 長 上 田 篤 也 平 成 2 7 年 度 が ス タ ー ト し ま し た 2 6 4 名 の 新 入

More information

ギタークラブ 50 周 年 行 事 会 計 報 告 収 入 の 部 支 出 の 部 祝 賀 会 会 費 ( 招 待 者 からの 祝 儀 含 む) 357,000 郵 送 費 46,546 記 念 誌 DVD CD 代 金 3 名 7,300 行 事 費 ( 飲 食 花 手 土 産 事 務 費 他 )

ギタークラブ 50 周 年 行 事 会 計 報 告 収 入 の 部 支 出 の 部 祝 賀 会 会 費 ( 招 待 者 からの 祝 儀 含 む) 357,000 郵 送 費 46,546 記 念 誌 DVD CD 代 金 3 名 7,300 行 事 費 ( 飲 食 花 手 土 産 事 務 費 他 ) 2014 年 5 月 大 東 文 化 大 学 ギタークラブ&OB 会 ホームページ http://www.ic.daito.ac.jp/~ishizaki/ ギタークラブ 創 立 50 周 年 記 念 祝 賀 会 50 周 年 記 念 祝 賀 会 参 加 者 ( 平 成 25 年 6 月 15 日 於 板 橋 キャンパス) 多 数 のOBの 皆 さまとそのご 家 族 にご 出 席 いただきました 太

More information

目 次 (1) 選 挙 運 動 1 選 挙 運 動 の 定 義 政 治 活 動 との 違 い (2) 選 挙 運 動 期 間 1 選 挙 運 動 ができる 期 間 事 前 運 動 とみなされない 行 為 事 前 運 動 にあたるとして 禁 止 されるもの (3) 候 補 者 等 及 び 後 援 団

目 次 (1) 選 挙 運 動 1 選 挙 運 動 の 定 義 政 治 活 動 との 違 い (2) 選 挙 運 動 期 間 1 選 挙 運 動 ができる 期 間 事 前 運 動 とみなされない 行 為 事 前 運 動 にあたるとして 禁 止 されるもの (3) 候 補 者 等 及 び 後 援 団 平 成 28 年 5 月 選 挙 運 動 に 関 す る ル ー ル 和 歌 山 県 選 挙 管 理 委 員 会 電 話 県 庁 代 表 073-432-4111 直 通 073-441-3785 海 草 分 局 073-441-3477 伊 都 分 局 0736-33-4904 日 高 分 局 0738-24-2904 東 牟 婁 分 局 0735-21-9606 那 賀 分 局 0736-61-0005

More information

平 成 24 年 第 1 回 愛 知 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 議 会 臨 時 会 会 議 録 第 1 号 議 事 日 程 平 成 24 年 7 月 27 日 ( 金 曜 日 ) 午 前 10 時 開 議 メルパルク 名 古 屋 2 階 平 安 の 間 第 1 第 2 第 3

平 成 24 年 第 1 回 愛 知 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 議 会 臨 時 会 会 議 録 第 1 号 議 事 日 程 平 成 24 年 7 月 27 日 ( 金 曜 日 ) 午 前 10 時 開 議 メルパルク 名 古 屋 2 階 平 安 の 間 第 1 第 2 第 3 平 成 24 年 第 1 回 臨 時 会 (7 月 ) 愛 知 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 議 会 会 議 録 愛 知 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 議 会 平 成 24 年 第 1 回 愛 知 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 議 会 臨 時 会 会 議 録 第 1 号 議 事 日 程 平 成 24 年 7 月 27 日 ( 金 曜 日 ) 午

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

<5461726F2D8B4C8ED294AD955C8E9197BF2E6A7464>

<5461726F2D8B4C8ED294AD955C8E9197BF2E6A7464> 記 者 発 表 資 料 平 成 21 年 11 月 6 日 国 土 交 通 省 現 場 代 理 人 6 0 名 論 文 2 0 編 を 表 彰! 工 事 安 全 施 工 推 進 大 会 (SAFETY2009) 11 月 11 日 ( 水 ) 開 催 工 事 安 全 施 工 推 進 大 会 実 行 委 員 会 ( 委 員 長 : 青 山 俊 行 東 北 地 方 長 )は 11 月 11 日 ( 水

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

Microsoft Word - 会報(第14号).doc

Microsoft Word - 会報(第14号).doc 第 14 号 (2014 年 9 月 15 日 ) 発 行 : 広 島 大 学 マスターズ 広 島 事 務 局 目 次 1. 平 成 26 年 度 ( 第 5 回 ) 総 会 懇 親 会 の 開 催 状 況 について 2. 広 島 大 学 マスターズ( 東 広 島 )の 平 成 26 年 度 総 会 懇 親 会 に 出 席 して 事 務 局 幹 事 松 水 征 夫 3. 第 8 回 広 島 大 学

More information

平成20年山形村議会第1回定例会

平成20年山形村議会第1回定例会 平 成 28 年 山 形 村 議 会 第 1 回 臨 時 会 議 事 日 程 ( 第 1 号 ) 平 成 28 年 1 月 7 日 ( 木 曜 日 ) 午 前 9 時 30 分 開 会 開 会 宣 告 開 議 宣 告 日 程 第 1 会 議 録 署 名 議 員 の 指 名 日 程 第 2 会 期 の 決 定 自 平 成 28 年 1 月 7 日 (1 日 間 ) 至 平 成 28 年 1 月 7 日

More information

県租推協インフォメーション

県租推協インフォメーション 和 歌 山 租 推 協 だより 平 成 25 年 2 月 発 行 ~ 第 91 号 ~ 発 行 和 歌 山 市 租 税 教 育 推 進 協 議 会 ( 事 務 局 ) 和 歌 山 税 務 署 総 務 課 内 073(424)2131 ~ は じ め に ~ 関 係 各 位 におかれましては 平 素 から 当 協 議 会 の 運 営 とりわけ 児 童 生 徒 等 に 対 する 租 税 教 育 の 推

More information

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

<32303036918D91CC8FDA8DD72E786C73>

<32303036918D91CC8FDA8DD72E786C73> 1R1 2 2-0 3 1R2 7 2-0 8 中 野 誠 2 石 井 諒 3 西 野 純 平 3 石 黒 慶 3 須 藤 雄 太 2 中 村 翔 3 玉 木 祐 介 3 河 野 太 郎 3 S1 今 田 利 希 3 石 渡 達 也 3 S1 見 目 悠 平 2 判 治 康 久 3 S2 藤 崎 勇 樹 3 磯 野 一 宏 3 S2 伊 藤 克 麻 2 尾 張 拓 也 3 1R3 10 2-0 9

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

平成十八年山形県議会十一月定例会会議録 平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十一時二十二分 開会 議事日程第一号  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十時開議 第一   会議録署名議員の指名 第二   会期の決定 第三   平成十七年度山形県一般

平成十八年山形県議会十一月定例会会議録  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十一時二十二分 開会  議事日程第一号  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十時開議 第一   会議録署名議員の指名 第二   会期の決定 第三   平成十七年度山形県一般 山 形 県 議 決 算 特 別 議 録 ( 平 成 二 十 五 年 度 決 算 ) 平 成 二 十 六 年 十 月 八 日 ( 水 曜 日 ) 午 後 三 時 四 十 六 分 開 出 席 ( 四 十 名 ) 草 島 進 一 金 子 敏 明 菊 池 文 昭 石 黒 覚 矢 吹 栄 修 山 科 朝 則 小 松 伸 也 佐 藤 昇 島 津 良 平 渡 辺 ゆ り 子 吉 村 和 武 楳 津 博 士 髙 橋

More information

兵庫県公報(平成27年10月20日 第2741号)

兵庫県公報(平成27年10月20日 第2741号) 兵 庫 県 公 報 火 曜 日 第 2741 号 目 発 行 人 兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 下 山 手 通 5 丁 目 10 番 1 号 毎 週 火 曜 日 及 び 金 曜 日 発 行 その 日 が 休 日 のときはその 翌 日 ( 兵 庫 県 民 の 旗 = 県 旗 ) 次 告 示 ヘ ーシ 地 方 卸 売 市 場 における 卸 売 業 務 の 許 可 ( 消 費 流 通 課 ) 1 土

More information

一般質問通告書

一般質問通告書 一 般 通 告 書 者 1 日 坂 和 久 1 大 賀 広 史 1 松 浪 健 一 郎 1 地 域 防 災 対 策 について 河 川 氾 濫 時 の 避 難 勧 告 等 の 判 断 について 伺 います 水 防 団 活 動 に 対 し 水 防 管 理 団 体 はいかな る 支 援 指 導 等 を 行 っているのか 伺 います 災 害 時 避 難 者 と 共 に 避 難 した 動 物 の 取 扱 い

More information

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要 一 般 社 団 法 人 東 京 都 スポーツ 推 進 委 員 協 議 会 定 款 規 程 集 平 成 28 年 4 月 目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 10 4. 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 12 5. 表 彰 規 程 13 6. 表 彰 要 項 14 7. 事 業 実 施 に 関 する 細 則 15

More information

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他 団 編 集 河 暁 -9 河 -5-5 T. -65-885 FAX. -65-894 http://www.nenkin.or.jp/ -mail: koho8@nenkin.or.jp 9--779 購 読,89 税 共 4 郵 物 可.. 5 January Vol.644 4 郵 物 可 毎 5 暮 挙 倍 閣 倍 持 可 喫 緊 党 税 継 倍 閣 憲 初 官 文 科 官 桝 屋 敬 悟

More information

2 119 号 24 7 15 又 計 有 通 通 常 ぱ 使 用 車 対 車 得 税 車 税 減 免 設 減 免 対 象 範 囲 直 24 4 1 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 新 対 象 新 減 免 対 象 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 帳 下 肢 又 移 機

2 119 号 24 7 15 又 計 有 通 通 常 ぱ 使 用 車 対 車 得 税 車 税 減 免 設 減 免 対 象 範 囲 直 24 4 1 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 新 対 象 新 減 免 対 象 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 帳 下 肢 又 移 機 告 収 算 評 理 致 承 認 施 域 緊 密 携 係 機 得 着 執 努 初 針 効 果 げ 基 基 差 別 禁 止 仮 称 ざ 向 態 求 反 映 べ 携 革 望 受 託 精 代 表 資 拡 充 展 浜 崎 情 交 換 売 店 財 貴 重 財 源 確 保 引 続 効 率 発 財 人 戸 井 田 愛 2210844 浜 区 沢 渡 42 電 話 0453118736 FAX 0453166860

More information

かしわぎ Vol.43

かしわぎ Vol.43 東 京 医 科 大 学 病 院 総 合 相 談 支 援 センターだより 平 成 25 年 7 月 1 日 43 Vol. CONTENTS 小 児 科 就 任 挨 拶 2 脳 神 経 外 科 就 任 挨 拶 2 腎 臓 内 科 就 任 挨 拶 3 高 齢 診 療 科 就 任 挨 拶 3 神 経 内 科 就 任 挨 拶 4 2013 年 ( 平 成 25 年 ) 東 京 医 科 大 学 病 院 市 民

More information

第 7 回 総 会 議 事 録 1 開 催 日 時 平 成 24 年 10 月 17 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 後 4 時 2 開 催 場 所 静 岡 市 役 所 静 岡 庁 舎 新 館 17 階 170 会 議 室 3 出 席 委 員 (42 人 ) 会 長 4 番 海 野 和 美

第 7 回 総 会 議 事 録 1 開 催 日 時 平 成 24 年 10 月 17 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 後 4 時 2 開 催 場 所 静 岡 市 役 所 静 岡 庁 舎 新 館 17 階 170 会 議 室 3 出 席 委 員 (42 人 ) 会 長 4 番 海 野 和 美 平 成 24 年 度 第 7 回 農 業 委 員 会 総 会 議 事 録 静 岡 市 農 業 委 員 会 第 7 回 総 会 議 事 録 1 開 催 日 時 平 成 24 年 10 月 17 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 後 4 時 2 開 催 場 所 静 岡 市 役 所 静 岡 庁 舎 新 館 17 階 170 会 議 室 3 出 席 委 員 (42 人 ) 会 長 4 番 海 野 和

More information

<32303038905F8CCB8C8B89CA485097702E786C73>

<32303038905F8CCB8C8B89CA485097702E786C73> 1 E361 藤 沢 亮 平 0:30:45 00:30:45 2 E114 寺 谷 文 弘 0:31:49 00:31:48 3 E211 吉 田 章 0:31:56 00:31:55 4 E310 竹 村 真 一 0:32:06 00:32:04 5 E138 伊 藤 陽 祐 0:32:26 00:32:24 6 E399 瑞 徳 祥 太 0:32:27 00:32:25 7 E510 宮 本

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

2014年度医療機関・医療関係者等に対する支払い情報

2014年度医療機関・医療関係者等に対する支払い情報 氏 名 医 療 施 設 名 団 体 名 学 会 名 所 属 ( 診 療 科 / 部 課 / 教 室 ) 役 職 名 相 川 竜 一 地 方 独 立 行 政 法 人 桑 名 市 総 合 医 療 センター 桑 名 南 医 療 センター 循 環 器 内 科 副 院 長 青 木 勇 日 本 赤 十 字 社 秋 田 赤 十 字 病 院 循 環 器 青 山 信 和 国 立 大 学 法 人 神 戸 大 学 医 学

More information

験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬 裕 彦 副 祝 辞 天 恵 美 副 審 告 賠 償 保 険 料 倍 契 率 率 % 収 差 万 余 収 益 運 転 資 借 限 款 改 正 条 資 格 喪 失 費 納 納 更 条

験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬 裕 彦 副 祝 辞 天 恵 美 副 審 告 賠 償 保 険 料 倍 契 率 率 % 収 差 万 余 収 益 運 転 資 借 限 款 改 正 条 資 格 喪 失 費 納 納 更 条 / 公 益 団 法 丸 池 町 書 浜 尚 川 氏 齢 働 No. TEL9 email kochisc@sjc.ne.jp 笑 福 引 々 写 真 ォ 告 他 詳 細 副 祝 辞 職 群 班 設 準 備 ポ 訪 問 記 ポ ユ 紹 ゆぞ 紹 筋 回 紙 館 白 鳳 広 貢 献 験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬

More information

1 署 長 挨 拶 署 長 から 春 の 異 動 で 出 席 幹 部 が4 人 入 れ 替 わりました 先 日 の 熊 本 地 震 の 応 援 に 愛 知 県 警 察 からも 広 域 緊 急 援 助 隊 が 派 遣 されました 本 日 は 大 規 模 災 害 対 策 として 皆 さんの 忌 憚 のな

1 署 長 挨 拶 署 長 から 春 の 異 動 で 出 席 幹 部 が4 人 入 れ 替 わりました 先 日 の 熊 本 地 震 の 応 援 に 愛 知 県 警 察 からも 広 域 緊 急 援 助 隊 が 派 遣 されました 本 日 は 大 規 模 災 害 対 策 として 皆 さんの 忌 憚 のな 議 事 録 会 議 名 平 成 28 年 第 2 回 一 宮 警 察 署 協 議 会 ( 定 例 会 ) 日 時 場 所 平 成 28 年 4 月 26 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 00 分 までの 間 一 宮 警 察 署 講 堂 1 委 員 高 間 正 道 会 長 杉 本 昇 副 会 長 岩 田 武 志 委 員 小 川 典 子 委 員 大 塚 良 雄 委 員 川

More information

会 議 を 開 催 し 市 町 村 との 連 携 を 強 化 して 人 口 問 題 に 対 する 取 り 組 み を 始 めました このような 国 県 の 新 たな 動 きにいち 早 く 対 応 するため 本 市 にお きましても 先 月 18 日 私 を 本 部 長 として 安 来 市 人 口 対

会 議 を 開 催 し 市 町 村 との 連 携 を 強 化 して 人 口 問 題 に 対 する 取 り 組 み を 始 めました このような 国 県 の 新 たな 動 きにいち 早 く 対 応 するため 本 市 にお きましても 先 月 18 日 私 を 本 部 長 として 安 来 市 人 口 対 第 70 回 安 来 市 議 会 定 例 会 の 開 会 にあたり 諸 議 案 の 説 明 に 先 立 ち まして 諸 般 の 事 項 についてご 報 告 申 し 上 げます はじめに 先 月 19 日 深 夜 から20 日 未 明 にかけて 広 島 市 を 襲 った 局 地 的 な 豪 雨 は 広 範 囲 にわたり 大 規 模 な 土 石 流 が 発 生 するなど 死 者 行 方 不 明 者 あわせて70

More information

栄光の記録(2)

栄光の記録(2) 全 日 本 教 職 員 バドミントン 選 手 権 大 会 栄 光 の 記 録 第 31 回 1992 年 ( 平 成 4 年 ) 熊 本 県 熊 本 市 8 月 7 日 ~11 日 市 総 合 体 育 館 市 体 育 館 一 般 男 子 単 岩 佐 宣 寿 ( 山 梨 ) 伊 東 幸 男 谷 田 尚 嗣 中 家 友 彦 権 藤 浩 二 鶴 見 和 彦 佐 藤 浩 伊 東 幸 男 ( 兵 庫 ) 堺

More information

sekishin2016_1.indd

sekishin2016_1.indd 798 号 発 / 79 平 8 発 所 / 庁 5-6 王 寺 小 宮 9-8 TEL 6677 FAX 667766 E-mail: sekishintok@gmail.com 編 / 井 龍 郎 印 正 定 勤 火 水 木 土 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 力 添 賜 誠 ざ 迎 住 む ぼ 向 懸 命 努 締 締 切 当 曜 火 曜 電 座 渋 滞 当 然 殿

More information

若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 所 長 若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 高 齢 障 害 支 援 課 長 事 務 取 扱 石 原 信 夫 ( 緑 図 書 館 長 ) 緑 区 副 区 長 緑 区 役 所 地 域 振 興 課 長 事 務 取 扱 飯 田 正 夫 ( 総 務 局

若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 所 長 若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 高 齢 障 害 支 援 課 長 事 務 取 扱 石 原 信 夫 ( 緑 図 書 館 長 ) 緑 区 副 区 長 緑 区 役 所 地 域 振 興 課 長 事 務 取 扱 飯 田 正 夫 ( 総 務 局 人 事 発 令 平 成 28 年 4 月 1 日 付 総 務 局 総 務 部 人 事 課 [ 局 長 級 ] 総 合 政 策 局 長 金 親 芳 彦 ( 市 民 局 長 ) 市 民 局 長 小 池 浩 和 ( 総 務 局 情 報 経 営 部 長 ) 保 健 福 祉 局 次 長 竹 川 幸 夫 ( 財 政 局 税 務 部 長 ) こども 未 来 局 長 山 田 啓 志 ( 総 務 局 市 長 公 室

More information

47 8 二 十 八 ざ 希 満 慶 旧 格 厚 陰 昨 0 周 始 賓 臨 席 無 終 厚 次 代 可 織 英 導 鞭 撻 必 須 願 具 標 強 財 容 強 ず 減 少 傾 頼 為 応 織 必 条 制 約 是 非 相 談 次 費 比 率 直 器 更 配 分 金 直 処 遇 改 善 信 頼 遂 研

47 8 二 十 八 ざ 希 満 慶 旧 格 厚 陰 昨 0 周 始 賓 臨 席 無 終 厚 次 代 可 織 英 導 鞭 撻 必 須 願 具 標 強 財 容 強 ず 減 少 傾 頼 為 応 織 必 条 制 約 是 非 相 談 次 費 比 率 直 器 更 配 分 金 直 処 遇 改 善 信 頼 遂 研 47 8 47 8 公 町 央 -5-5 ワザ TEL084-5 FAX084-505 柿 所 柿 町 原 8- TEL/FAX0857-9 素 晴 底 づ 47 8 二 十 八 ざ 希 満 慶 旧 格 厚 陰 昨 0 周 始 賓 臨 席 無 終 厚 次 代 可 織 英 導 鞭 撻 必 須 願 具 標 強 財 容 強 ず 減 少 傾 頼 為 応 織 必 条 制 約 是 非 相 談 次 費 比 率 直

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

ごあいさつ 埼 玉 県 警 察 本 部 長 貴 志 浩 平 埼 玉 県 警 察 本 部 長 の 貴 志 でございます 公 益 財 団 法 人 埼 玉 県 暴 力 追 放 薬 物 乱 用 防 止 センター 賛 助 会 員 を 始 め 県 民 の 皆 様 には 平 素 から 警 察 活 動 各 般 とり

ごあいさつ 埼 玉 県 警 察 本 部 長 貴 志 浩 平 埼 玉 県 警 察 本 部 長 の 貴 志 でございます 公 益 財 団 法 人 埼 玉 県 暴 力 追 放 薬 物 乱 用 防 止 センター 賛 助 会 員 を 始 め 県 民 の 皆 様 には 平 素 から 警 察 活 動 各 般 とり CONTENTS No.39 2016.May ごあいさつ 埼 玉 県 警 察 本 部 長 貴 志 浩 平 埼 玉 県 警 察 本 部 長 の 貴 志 でございます 公 益 財 団 法 人 埼 玉 県 暴 力 追 放 薬 物 乱 用 防 止 センター 賛 助 会 員 を 始 め 県 民 の 皆 様 には 平 素 から 警 察 活 動 各 般 とりわけ 暴 力 団 排 除 や 薬 物 乱 用 防 止

More information

 伊勢市放置自動車の発生の防止及び適正な処理に関する条例をこ

 伊勢市放置自動車の発生の防止及び適正な処理に関する条例をこ 平 成 21 年 9 月 7 日 伊 勢 市 公 報 第 92 号 伊 勢 市 公 報 第 92 号 平 成 21 年 9 月 7 日 月 曜 日 目 次 頁 規 則 伊 勢 市 職 員 の 時 間 外 勤 務 手 当 の 支 給 割 合 に 関 する 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 2 告 示 道 路 の 供 用 開 始 について 4 選 挙 管 理 委 員 会 告 示 衆 議 院

More information

<819A E589EF8C8B89CA E815B A90AB816A817A2E786C73>

<819A E589EF8C8B89CA E815B A90AB816A817A2E786C73> 1 17176 竹 内 宏 三 重 県 01:21'44" 01:21'38" 51 17312 野 島 義 之 三 重 県 01:34'06" 01:33'42" 2 17053 立 岡 哲 也 愛 知 県 01:22'42" 01:22'35" 52 17606 角 谷 浩 紀 三 重 県 01:34'11" 01:33'49" 3 17178 田 中 悟 三 重 県 01:23'10" 01:23'02"

More information

ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 40 歳 以 上 69 歳 以 下 田 尻 貴 雄 大 阪 府 0:39: :19: :58: 高 田 一 治 広 島 県 0:40: :28:

ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 40 歳 以 上 69 歳 以 下 田 尻 貴 雄 大 阪 府 0:39: :19: :58: 高 田 一 治 広 島 県 0:40: :28: ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 19 歳 以 上 39 歳 以 下 1 118 中 橋 秀 明 香 川 県 0:35:35.17 2 1:30:41.01 4 2:06:16.18 2 124 茶 屋 孝 三 広 島 県 0:44:02.95 10 1:25:27.58 1 2:09:30.53 3 109 久 保 真 一 鳥 取 県 0:39:58.90 6 1:30:10.43

More information

1661号

1661号 No.1661 号 2011 年 11 月 10 日 発 行 職 場 訪 問 場 所 : やつや 物 流 センター ( 玄 関 前 で 集 合 写 真 ) 第 1661 回 例 会 2011.10.27 晴 司 会 度 会 会 員 ロータリーソング 手 に 手 つないで 本 日 の 出 席 状 況 出 席 :29 名 (26 名 ) 中 24 名 92.31% 欠 席 : 大 原 斉 藤 ( 守 )

More information

14 1965( 昭 和 40) 6/19 20 15 1966( 昭 和 41) 6/18 19 16 1967( 昭 和 42) 6/24 25 17 1968( 昭 和 42) 6/15 16 18 1969( 昭 和 43) 6/14 15 19 1970( 昭 和 44) 6/13 14

14 1965( 昭 和 40) 6/19 20 15 1966( 昭 和 41) 6/18 19 16 1967( 昭 和 42) 6/24 25 17 1968( 昭 和 42) 6/15 16 18 1969( 昭 和 43) 6/14 15 19 1970( 昭 和 44) 6/13 14 全 日 本 学 生 柔 道 優 勝 大 会 ( 男 子 ) 赤 字 は オリンピック 世 界 選 手 権 全 日 本 選 手 権 のいずれかで3 位 以 内 に 入 ったことがある 選 手 四 年 連 続 で 優 秀 選 手 に 選 ばれたのは 山 下 泰 裕 正 木 嘉 美 斎 藤 制 剛 棟 田 康 幸 高 井 洋 平 回 日 時 優 勝 準 優 勝 第 3 位 優 秀 選 手 1 1952(

More information

三 品 尚 様 宮 城 県 林 拓 郎 様 - 鎌 田 周 重 様 愛 知 県 日 立 ツール 株 式 会 社 松 江 表 面 改 質 センター 様 - 本 多 晶 二 郎 様 - 松 田 知 枝 美 様 - 高 口 千 鶴 様 福 岡 県 唐 島 田 朋 広 様 神 奈 川 県 里 見 康 様 -

三 品 尚 様 宮 城 県 林 拓 郎 様 - 鎌 田 周 重 様 愛 知 県 日 立 ツール 株 式 会 社 松 江 表 面 改 質 センター 様 - 本 多 晶 二 郎 様 - 松 田 知 枝 美 様 - 高 口 千 鶴 様 福 岡 県 唐 島 田 朋 広 様 神 奈 川 県 里 見 康 様 - 大 森 巌 様 広 島 県 ユウベル 株 式 会 社 様 広 島 県 阿 部 慶 一 様 宮 城 県 清 水 保 様 - 匿 名 様 鳥 取 県 長 内 久 人 様 - 大 橋 道 雄 様 東 京 都 石 本 正 敬 様 - 匿 名 様 鳥 取 県 藤 原 立 嗣 様 - 井 山 恭 明 様 岡 山 県 匿 名 様 宮 城 県 小 久 保 裕 美 様 - 門 田 仁 様 北 海 道 北 垣 一 宏

More information

平 成 23 年 9 月 吉 日 会 員 各 位 会 長 伊 阪 洋 平 成 23 年 度 OB 会 年 度 行 事 ( 見 学 会 )のご 案 内 拝 啓 仲 秋 の 候 ますます 御 健 勝 のこととお 慶 び 申 し 上 げます この 度 主 催 による 下 記 見 学 会 を 開 催 する

平 成 23 年 9 月 吉 日 会 員 各 位 会 長 伊 阪 洋 平 成 23 年 度 OB 会 年 度 行 事 ( 見 学 会 )のご 案 内 拝 啓 仲 秋 の 候 ますます 御 健 勝 のこととお 慶 び 申 し 上 げます この 度 主 催 による 下 記 見 学 会 を 開 催 する 平 成 23 年 9 月 吉 日 会 員 各 位 会 長 伊 阪 洋 送 付 のご 案 内 拝 啓 菊 薫 る 候 ますます 御 健 勝 のこととお 慶 び 申 し 上 げます の 皆 様 には 平 素 は 格 別 のご 厚 誼 にあずかり 厚 く 御 礼 申 し 上 げます この 度 平 成 23 年 度 OB 会 年 度 行 事 として 見 学 会 総 会 懇 親 会 を 開 催 いたしますの

More information

<915391539286959F88E4914994B291E6825083588365815B83578169975C9149838A815B834F816A91678D8782B92E786C73>

<915391539286959F88E4914994B291E6825083588365815B83578169975C9149838A815B834F816A91678D8782B92E786C73> 男 子 団 体 戦 第 1ステージ リーグ 戦 1 A ブロック 1 青 森 山 田 2 天 竜 3 双 葉 勝 敗 順 位 1 青 森 山 田 ( 青 森 県 ) 2 天 竜 ( 静 岡 県 ) 3 双 葉 ( 滋 賀 県 ) B ブロック 1 桐 花 2 相 陽 3 加 津 佐 勝 敗 順 位 1 桐 花 ( 北 海 道 ) 2 相 陽 ( 神 奈 川 県 ) 3 加 津 佐 ( 長 崎 県 )

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

27 今 井 裕 京 都 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 28 入 江 一 浩 京 都 大 学 29 入 江 正 和 近 畿 大 学 30 岩 倉 洋 一 郎 東 京 理 科 大 学 31 位 田 晴 久 宮 崎 大 学 32 植 田 正 九 州 大 学 33 上 田 光 宏 大 阪 府 立

27 今 井 裕 京 都 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 28 入 江 一 浩 京 都 大 学 29 入 江 正 和 近 畿 大 学 30 岩 倉 洋 一 郎 東 京 理 科 大 学 31 位 田 晴 久 宮 崎 大 学 32 植 田 正 九 州 大 学 33 上 田 光 宏 大 阪 府 立 平 成 28 年 度 農 林 水 産 業 食 品 産 業 科 学 技 術 研 究 推 進 事 業 シーズ 創 出 ステージ 1 次 ( 書 面 ) 審 査 評 価 委 員 リスト 評 価 者 名 1 阿 江 教 治 酪 農 学 園 大 学 2 秋 田 修 実 践 女 子 大 学 3 秋 光 和 也 香 川 大 学 4 秋 山 美 展 公 立 大 学 法 人 秋 田 県 立 大 学 5 芦 田 均 神

More information

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定 大 分 県 警 察 継 続 計 画 策 定 について 平 成 2 4 年 1 1 月 1 日 大 通 達 甲 ( 備 ) 第 10 号 大 通 達 甲 ( 警 ) 第 16 号 大 通 達 甲 ( 生 ) 第 13 号 大 通 達 甲 ( 刑 ) 第 15 号 大 通 達 甲 ( 交 ) 第 9 号 大 分 県 警 察 本 部 長 から 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 各 警 察

More information

Microsoft Word - 平成28年2月15日会議録.doc

Microsoft Word - 平成28年2月15日会議録.doc 様 式 第 3 号 ( 第 7 条 関 係 ) 会 議 録 1 附 属 機 関 の 会 議 の 名 称 水 戸 市 新 荘 市 民 センター 運 営 審 議 会 2 開 催 日 時 平 成 28 年 2 月 15 日 ( 月 ) 午 後 1 時 30 分 から 午 後 2 時 45 分 まで 3 開 催 場 所 水 戸 市 新 荘 市 民 センター 大 会 議 室 4 出 席 した 者 の 氏 名

More information

リーディング表

リーディング表 / 1 24 回 数 : ~ 回 1以 上 山 1口 勲 933 294 168 132 99 77 163 108,348,50088,540,000 31.51% 49.52% 戸 2﨑 圭 太 1,665 288 207 160 142 125 7431,185,754,000 809,050,000 17.29% 29.73% 赤 3岡 修 次 646 251 120 85 57 37 96

More information

全員協議会(平成16年9月13日)

全員協議会(平成16年9月13日) 平 成 27 年 1 月 15 日 ( 木 ) 出 席 議 員 (18 名 ) 議 長 道 下 政 博 副 議 長 多 賀 吉 一 1 番 八 十 嶋 孝 司 2 番 西 村 稔 3 番 黒 田 英 世 4 番 荒 井 克 5 番 中 村 一 子 6 番 森 山 時 夫 7 番 角 井 外 喜 雄 8 番 酒 井 義 光 9 番 塩 谷 道 子 11 番 向 正 則 13 番 南 田 孝 是 14

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

人 事 異 動 の 内 容 全 体 の 異 動 者 297 人 ( 対 前 年 50 人 増 ) うち 行 政 事 務 職 の 異 動 173 人 ( 対 前 年 33 人 増 ) 部 長 級 5 人 ( 昇 格 4 人 配 置 異 動 1 人 ) 課 長 級 29 人 ( 昇 格 7 人 配 置

人 事 異 動 の 内 容 全 体 の 異 動 者 297 人 ( 対 前 年 50 人 増 ) うち 行 政 事 務 職 の 異 動 173 人 ( 対 前 年 33 人 増 ) 部 長 級 5 人 ( 昇 格 4 人 配 置 異 動 1 人 ) 課 長 級 29 人 ( 昇 格 7 人 配 置 1 報 道 資 料 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 平 成 27 年 3 月 25 日 京 丹 後 市 役 所 解 禁 日 3 月 26 日 異 動 に 係 る 主 な 概 要 Ⅰ 組 織 機 構 は 従 来 どおり 297 人 の 人 事 異 動 1 組 織 機 構 は 従 来 どおりとし 行 政 事 務 職 での 係 体 制 と 組 織 横 断 的 な 連 携 体 制

More information

平成22年第4回臨時会

平成22年第4回臨時会 平 成 26 年 第 2 回 臨 時 会 総 務 民 生 常 任 委 員 会 会 議 録 期 日 : 平 成 26 年 4 月 16 日 ( 水 ) 場 所 : 大 曲 庁 舎 第 1 委 員 会 室 大 仙 市 議 会 総 務 民 生 常 任 委 員 会 会 議 録 日 時 : 平 成 26 年 4 月 16 日 ( 水 曜 日 ) 午 前 10 時 24 分 ~ 午 前 11 時 09 分 会

More information

程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野

程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野 臨 号.. 写 真 : 玄 7 各 程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野 辰 昇 谷 川 也 副 彦 坂 伸 川 7 作 谷 川 崇 谷 寿

More information

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更 6 花 ハナ ナナカド / 098-69 紋 郡 旭 TEL0588- FAX0588-990 編 集 / 6 剣 ポツ 少 団 キ ジュニアクブ P P 5 遠 紋 P6 P6 7 編 集 P8 ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始

More information

下 水 道 課 長 川 畑 裕 也 高 規 格 幹 線 道 路 対 策 室 主 幹 昇 任 ( 事 務 取 扱 ) 下 水 道 課 施 設 係 長 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 主 幹 ( 兼 ) 下 水 道 課 大 平 下 水 処 理 センター 所 長 高 規 格 幹 線 道

下 水 道 課 長 川 畑 裕 也 高 規 格 幹 線 道 路 対 策 室 主 幹 昇 任 ( 事 務 取 扱 ) 下 水 道 課 施 設 係 長 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 主 幹 ( 兼 ) 下 水 道 課 大 平 下 水 処 理 センター 所 長 高 規 格 幹 線 道 部 長 職 総 務 企 画 部 長 正 木 隆 司 総 務 企 画 部 長 3/31 兼 務 解 除 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 副 室 長 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 副 室 長 ( 兼 )ラグビーワールドカップ 推 進 室 長 産 業 振 興 部 長 似 内 敏 行 産 業 振 興 部 次 長 昇 任 ( 兼 ) 港 湾 振 興 課 長 建 設 部

More information

功 労 表 彰 (1) 自 治 部 門 6 名 ( 敬 称 略 : 順 不 同 ) 甲 田 久 男 上 紺 屋 町 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 され 武 井 純 雄 沢 田 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 さ

功 労 表 彰 (1) 自 治 部 門 6 名 ( 敬 称 略 : 順 不 同 ) 甲 田 久 男 上 紺 屋 町 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 され 武 井 純 雄 沢 田 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 さ 特 別 表 彰 1 名 ( 敬 称 略 ) 金 子 宏 東 京 都 文 京 区 上 田 市 殿 城 出 身 < 学 術 研 究 に 関 する 主 な 功 績 > 長 野 県 上 田 高 等 学 校 を 卒 業 後 東 京 大 学 に 進 学 し 租 税 法 の 研 究 を 重 ねられ 租 税 法 を 独 立 した 法 分 野 に 発 展 させるとともに 地 方 税 法 に おいても 公 正 適 正

More information

2 頁 部 級 退 職 予 定 技 職 平 田 大 登 磯 子 区 福 祉 保 健 センター ( 保 健 事 職 金 子 裕 磯 子 区 福 祉 保 健 センター 担 当 部 ( 保 健 技 職 齋 藤 泉 金 沢 区 副 区 ( 金 沢 区 総 務 部 兼 務 ) 事 職 山 本 敏 昭 緑 区

2 頁 部 級 退 職 予 定 技 職 平 田 大 登 磯 子 区 福 祉 保 健 センター ( 保 健 事 職 金 子 裕 磯 子 区 福 祉 保 健 センター 担 当 部 ( 保 健 技 職 齋 藤 泉 金 沢 区 副 区 ( 金 沢 区 総 務 部 兼 務 ) 事 職 山 本 敏 昭 緑 区 1 頁 区 局 級 退 職 予 定 部 級 退 職 予 定 医 職 蔵 田 英 志 港 南 区 担 当 理 事 ( 福 祉 保 健 センタ ー ) ( 保 健 事 職 濱 陽 太 郎 旭 区 事 職 信 時 正 人 温 暖 化 対 策 統 括 本 部 環 境 未 来 都 市 推 進 担 当 理 事 事 職 岸 村 英 憲 政 策 局 大 学 担 当 理 事 技 職 中 島 徹 也 国 際 局 国 際

More information

新 人 事 異 動 産 業 港 湾 部 次 経 済 部 観 光 振 興 室 主 幹 小 鷹 孝 一 生 活 環 境 部 次 環 境 部 副 参 事 品 田 憲 人 生 活 環 境 部 副 参 事 環 境 部 廃 棄 物 対 策 課 間 渕 博 昭 医 療 保 険 部 次 福 祉 部 次 志 久 旭

新 人 事 異 動 産 業 港 湾 部 次 経 済 部 観 光 振 興 室 主 幹 小 鷹 孝 一 生 活 環 境 部 次 環 境 部 副 参 事 品 田 憲 人 生 活 環 境 部 副 参 事 環 境 部 廃 棄 物 対 策 課 間 渕 博 昭 医 療 保 険 部 次 福 祉 部 次 志 久 旭 人 事 異 動 新 小 樽 市 辞 令 部 ( 職 ) 公 営 企 業 管 理 者 ( 水 道 局 ) 小 樽 病 院 事 務 局 小 軽 米 文 仁 産 業 港 湾 部 港 湾 部 磯 谷 揚 一 生 活 環 境 部 経 済 部 次 小 原 正 徳 生 活 環 境 部 参 事 ( 北 しりべし 広 域 連 合 派 遣 ) 環 境 部 次 五 十 嵐 映 児 医 療 保 険 部 市 民 部 佃 信

More information

歳入金等取扱庁一覧

歳入金等取扱庁一覧 ア 00036256 相 生 税 務 署 国 税 収 納 金 整 理 資 金 678-0055 相 生 市 那 波 本 町 6-1 管 理 運 営 徴 収 部 門 0791(23)0231 ア 00008837 愛 光 女 子 学 園 一 般 会 法 務 省 201-0001 狛 江 市 西 野 川 3-14-6 庶 務 課 0424(480)2178-9 ア 00077445 愛 知 県 一 般

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

2 10 据 社 伸 慮 普 通 税 影 響 源 捻 3 社 多 負 担 税 反 映 込 普 通 税 厳 影 響 額 収 善 同 庫 金 源 振 興 軍 艦 島 針 夜 景 維 軍 艦 島 島 守 護 岸 坑 失 物 復 元 5 28 3 月 緊 急 味 具 夜 景 維 斜 面 街 灯 専 門 家

2 10 据 社 伸 慮 普 通 税 影 響 源 捻 3 社 多 負 担 税 反 映 込 普 通 税 厳 影 響 額 収 善 同 庫 金 源 振 興 軍 艦 島 針 夜 景 維 軍 艦 島 島 守 護 岸 坑 失 物 復 元 5 28 3 月 緊 急 味 具 夜 景 維 斜 面 街 灯 専 門 家 No.149 2015.9.1 掲 載 容 P 2 容 6 7 願 8 2 10 据 社 伸 慮 普 通 税 影 響 源 捻 3 社 多 負 担 税 反 映 込 普 通 税 厳 影 響 額 収 善 同 庫 金 源 振 興 軍 艦 島 針 夜 景 維 軍 艦 島 島 守 護 岸 坑 失 物 復 元 5 28 3 月 緊 急 味 具 夜 景 維 斜 面 街 灯 専 門 家 プ む 視 環 境 節 験 善

More information

余 白

余 白 平 成 27 年 第 2 回 東 洋 町 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 1 号 ) 平 成 27 年 6 月 11 日 ( 木 ) 東 洋 町 議 会 余 白 平 成 27 年 第 2 回 東 洋 町 議 会 定 例 会 会 議 録 招 集 場 所 東 洋 町 役 場 議 会 議 場 開 会 平 成 27 年 6 月 11 日 ( 木 ) 午 前 9 時 00 分 宣 告 出 席 議 員

More information

一般社団法人日本石材産業協会 2010年通常総会 議事録

一般社団法人日本石材産業協会 2010年通常総会 議事録 2010 年 一 般 社 団 法 人 日 本 石 材 産 業 協 会 第 1 回 通 常 総 会 議 事 録 日 時 :2010 年 6 月 10 日 16:00~17:35 場 所 : 東 京 都 立 産 業 貿 易 センター 浜 松 町 館 3 階 第 1 展 示 室 : 瀬 川 賢 孝 ( 岩 手 県 支 部 長 ) 総 会 開 始 ( 瀬 川 ) 定 刻 となりました 開 会 の 辞 を 鳴

More information

Microsoft Word - H27.12.07 玄海町(初日).doc

Microsoft Word - H27.12.07 玄海町(初日).doc 平 成 27 年 第 4 回 玄 海 町 議 会 定 例 会 会 議 録 招 集 年 月 日 平 成 27 年 12 月 7 日 ( 月 曜 日 ) 招 集 場 所 玄 海 町 議 会 議 場 開 閉 会 日 時 及 び 宣 告 開 会 平 成 27 年 12 月 7 日 午 前 9 時 00 分 議 長 上 田 利 治 君 散 会 平 成 27 年 12 月 7 日 午 前 10 時 2 分 副

More information

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 揮 帯 共 ふ 輪 広 担 ゆ ぎ 満 誰 気 軽 楽 自 由 集 指 次 重 標 広 護 90 号

More information

さたま 市 人 事 異 動 緑 区 役 所 区 民 生 活 部 丸 和 明 緑 区 役 所 区 民 生 活 部 参 事 区 民 課 事 務 取 扱 沼 野 克 由 岩 槻 区 役 所 くらし 応 援 室 近 藤 幸 男 ( 課 級 ) 財 政 局 契 約 管 理 部 工 事 検 査 課 高 橋 正

さたま 市 人 事 異 動 緑 区 役 所 区 民 生 活 部 丸 和 明 緑 区 役 所 区 民 生 活 部 参 事 区 民 課 事 務 取 扱 沼 野 克 由 岩 槻 区 役 所 くらし 応 援 室 近 藤 幸 男 ( 課 級 ) 財 政 局 契 約 管 理 部 工 事 検 査 課 高 橋 正 さたま 市 人 事 異 動 平 成 28 年 3 月 31 日 付 け 定 年 退 職 ( 局 級 ) 都 市 戦 略 本 部 大 熊 克 則 都 市 戦 略 本 部 理 事 関 根 清 総 務 局 危 機 管 理 監 中 川 和 彦 財 政 局 阿 部 順 平 市 民 局 榎 本 肇 スポーツ 文 化 局 野 間 薫 スポーツ 文 化 局 理 事 梅 野 佳 代 保 健 福 祉 局 山 本 信 二

More information

11 今 別 町 藤 巻 恵 小 倉 博 喜 鈴 木 学 藤 巻 秀 幸 中 嶋 奈 津 江 木 村 寿 博 蝦 名 佳 之 梅 田 健 一 小 倉 久 人 入 江 寛 松 尾 勢 津 子 12 鯵 ケ 沢 町 斎 藤 郁 子 菊 谷 真 康 井 上 雅 哉 今 朋 浩 木 村 まつ 子 小 山 内

11 今 別 町 藤 巻 恵 小 倉 博 喜 鈴 木 学 藤 巻 秀 幸 中 嶋 奈 津 江 木 村 寿 博 蝦 名 佳 之 梅 田 健 一 小 倉 久 人 入 江 寛 松 尾 勢 津 子 12 鯵 ケ 沢 町 斎 藤 郁 子 菊 谷 真 康 井 上 雅 哉 今 朋 浩 木 村 まつ 子 小 山 内 1 青 森 市 三 上 佳 子 佐 藤 浩 佐 藤 完 治 相 内 英 人 鈴 木 隆 子 飯 田 義 教 千 葉 吾 市 直 江 伸 篤 谷 川 昭 彦 山 口 元 永 井 嘉 奈 子 2 弘 前 市 成 田 真 里 子 大 瀬 毅 阿 部 祐 康 鎌 田 昌 司 木 村 美 津 子 田 中 好 太 郎 大 川 繁 長 内 貴 貴 藤 田 俊 一 小 野 城 歳 東 谷 智 子 3 八 戸 市 本

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

万 人 を 超 え 最 大 数 を 迎 える 三 原 市 敬 老 会 事 業 助 成 交 付 金 要 領 に 基 づき 高 齢 者 に 対 し その 長 寿 を 祝 福 し 敬 老 の 意 を 表 するとともに 市 民 の 敬 老 思 想 の 高 揚 を 図 る ため かつ 高 齢 者 が 自 ら

万 人 を 超 え 最 大 数 を 迎 える 三 原 市 敬 老 会 事 業 助 成 交 付 金 要 領 に 基 づき 高 齢 者 に 対 し その 長 寿 を 祝 福 し 敬 老 の 意 を 表 するとともに 市 民 の 敬 老 思 想 の 高 揚 を 図 る ため かつ 高 齢 者 が 自 ら 平 成 27 年 度 民 生 福 祉 常 任 委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 1. 視 察 日 程 平 成 27 年 5 月 19 日 ( 火 )から 5 月 22 日 ( 金 )まで 2. 視 察 先 及 び 視 察 内 容 (1) 広 島 県 三 原 市 高 齢 者 対 策 について (2) 愛 媛 県 今 治 市 高 齢 者 対 策 について 3. 参 加 者 委 員 長 佐 賀 英

More information

第 63 回 ( 平 成 26 年 度 ) 横 浜 文 化 賞 選 考 委 員 会 日 時 平 成 26 年 8 月 22 日 ( 金 ) 午 後 2 時 ~ 場 所 市 庁 舎 2 階 応 接 室 次 第 1 開 会 2 開 会 あいさつ 横 浜 市 副 市 長 渡 辺 巧 教 3 委 員 紹 介

第 63 回 ( 平 成 26 年 度 ) 横 浜 文 化 賞 選 考 委 員 会 日 時 平 成 26 年 8 月 22 日 ( 金 ) 午 後 2 時 ~ 場 所 市 庁 舎 2 階 応 接 室 次 第 1 開 会 2 開 会 あいさつ 横 浜 市 副 市 長 渡 辺 巧 教 3 委 員 紹 介 第 63 回 ( 平 成 26 年 度 ) 横 浜 文 化 賞 選 考 委 員 会 会 議 録 日 時 平 成 26 年 8 月 22 日 ( 金 )14 時 ~15 時 40 分 開 催 場 所 市 庁 舎 2 階 応 接 室 出 席 者 窪 田 吉 信 委 員 長 並 木 裕 之 副 委 員 長 新 井 鷗 子 委 員 稲 田 奈 緒 美 委 員 逢 坂 恵 理 子 委 員 佐 々 木 謙 二

More information

管 内 情 勢 1. 位 置 気 候 本 市 は 東 京 から 約 100km 関 東 平 野 の 最 東 端 東 経 140 度 50 分 北 緯 35 度 44 分 に 位 置 している 西 は 市 内 宮 原 諸 持 笹 本 の 各 町 をもって 県 内 香 取 郡 東 庄 町 と 接 し 同

管 内 情 勢 1. 位 置 気 候 本 市 は 東 京 から 約 100km 関 東 平 野 の 最 東 端 東 経 140 度 50 分 北 緯 35 度 44 分 に 位 置 している 西 は 市 内 宮 原 諸 持 笹 本 の 各 町 をもって 県 内 香 取 郡 東 庄 町 と 接 し 同 概 要 管 内 情 勢 1. 位 置 気 候 本 市 は 東 京 から 約 100km 関 東 平 野 の 最 東 端 東 経 140 度 50 分 北 緯 35 度 44 分 に 位 置 している 西 は 市 内 宮 原 諸 持 笹 本 の 各 町 をもって 県 内 香 取 郡 東 庄 町 と 接 し 同 じく 市 内 森 戸 小 長 猿 田 茶 畑 白 石 新 八 木 親 田 小 浜 の 各 町

More information

団 体 戦 男 子 団 体 MT 茨 城 熊 本 福 岡 千 葉 島 根 鹿 児 島 宮 崎 北 海 道 神 奈 川 広 島 岐 阜 愛 媛 石 川 東 京 熊 本 愛 媛 愛 知 岩 手 女 子 団 体 WT 東 京 宮 崎 新 潟 神 奈 川 鹿 児 島 千 葉 静 岡 石 川 熊 本 岐 阜 男 子 成 壮 年 団 体 OBT 神 奈 川 愛 媛 広 島 宮 崎 青 森 山 口 長 崎 岡 山

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

( 団 体 名 ) 54 H27.5.6 礒 田 洋 三 滋 賀 県 10,000 住 所 寄 附 金 額 寄 附 者 からのメッセージ 陶 器 に 関 心 があります 本 県 では 信 楽 焼 が 有 名 です また 一 度 機 会 があればお 伺 いしたいと 思 います 少 ない 金 額 ですが

( 団 体 名 ) 54 H27.5.6 礒 田 洋 三 滋 賀 県 10,000 住 所 寄 附 金 額 寄 附 者 からのメッセージ 陶 器 に 関 心 があります 本 県 では 信 楽 焼 が 有 名 です また 一 度 機 会 があればお 伺 いしたいと 思 います 少 ない 金 額 ですが 1 H27.5.1 荒 木 繁 男 福 岡 県 10,000 2 H27.5.1 大 木 郁 子 東 京 都 10,000 3 H27.5.1 山 本 直 也 東 京 都 10,000 4 H27.5.1 小 郷 里 絵 東 京 都 20,000 環 境 保 全 にお 役 立 て 下 さい 5 H27.5.1 戸 上 広 樹 栃 木 県 10,000 6 H27.5.1 佐 々 木 利 也 埼 玉

More information

VOL.582 APRIL 2016 第 57 回 土 地 改 良 功 労 者 表 彰 者 個 人 表 彰 谷 杉 悟 岡 山 市 久 保 田 理 恵 一 宮 土 地 改 良 区 山 本 和 也 岡 山 市 小 山 幸 子 一 宮 吉 備 高 原 土 地 改 良 区 近 成 昌 行 瀬 戸 内 市

VOL.582 APRIL 2016 第 57 回 土 地 改 良 功 労 者 表 彰 者 個 人 表 彰 谷 杉 悟 岡 山 市 久 保 田 理 恵 一 宮 土 地 改 良 区 山 本 和 也 岡 山 市 小 山 幸 子 一 宮 吉 備 高 原 土 地 改 良 区 近 成 昌 行 瀬 戸 内 市 VOL.582 APRIL 2016 岡 山 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 第 59 回 通 常 総 会 並 びに 第 57 回 土 地 改 良 功 労 者 表 彰 式 開 催 2 月 15 日 ( 月 ) 第 59 回 通 常 総 会 並 びに 第 57 回 土 地 改 良 功 労 者 表 彰 式 が 岡 山 プラザホテルにおいて 会 員 来 賓 合 わせて 141 名 の 出

More information

No. 氏 名 年 齢 性 別 居 住 地 記 録 スイムラッフ S 順 ハ イクラッフ B 順 スフ リット 通 過 ランラッフ R 順 男 子 女 子 61 243 長 谷 部 崇 43 男 大 分 県 2:38:55 0:33:19 55 1:16:12 61 1:49:31 52 0:49:

No. 氏 名 年 齢 性 別 居 住 地 記 録 スイムラッフ S 順 ハ イクラッフ B 順 スフ リット 通 過 ランラッフ R 順 男 子 女 子 61 243 長 谷 部 崇 43 男 大 分 県 2:38:55 0:33:19 55 1:16:12 61 1:49:31 52 0:49: No. 氏 名 年 齢 性 別 居 住 地 記 録 スイムラッフ S 順 ハ イクラッフ B 順 スフ リット 通 過 ランラッフ R 順 男 子 女 子 1 63 井 辺 弘 貴 20 男 福 岡 県 2:09:27 0:26:21 4 1:06:37 2 1:32:58 1 0:36:29 2 1 2 2 秦 陽 一 郎 41 男 大 分 県 2:11:28 0:28:15 14 1:06:21

More information

<504446977020513037208E8E919695CE8DB788EA97972E786C73>

<504446977020513037208E8E919695CE8DB788EA97972E786C73> 試 走 偏 差 一 覧 データ 抽 出 条 件 12011 年 4 月 1 日 ~2012 年 3 月 31 日 2 良 走 路 の 成 績 3 妨 害 を 受 けた 競 走 事 故 不 成 立 の 成 績 は 除 く 4 試 走 偏 差 が 0.2 以 上 の 成 績 は 除 く 試 走 偏 差 : 競 走 タイム( 秒 /100m)と 試 走 タイムの 差 ( 競 走 タイム- 試 走 タイム)

More information

一般社団法人大阪府防災通信協会「定款の変更の案」

一般社団法人大阪府防災通信協会「定款の変更の案」 **************************** * * * 定 * * * * * * * **************************** 款 一 般 社 団 法 人 大 阪 府 防 災 通 信 協 会 一 般 社 団 法 人 大 阪 府 防 災 通 信 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 大 阪 府 防 災

More information

週間情報(2824号)

週間情報(2824号) 週 間 情 報 2824 発 行 日 平 成 28 年 6 月 28 日 発 行 所 全 国 消 防 長 会 一 般 財 団 法 人 全 国 消 防 協 会 担 当 企 画 部 企 画 課 電 話 03(3234)1321 両 会 の 動 き 法 制 執 務 研 修 会 を 札 幌 市 において 開 催 全 国 消 防 長 会 全 国 消 防 長 会 は 平 成 28 年 6 月 22 日 ( 水

More information

第2回 恵庭市安全で安心なまちづくり実行委員会 会議録

第2回 恵庭市安全で安心なまちづくり実行委員会 会議録 平 成 25 年 度 第 1 回 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 実 行 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 25 年 6 月 28 日 ( 金 )10:30~11:30 開 催 場 所 恵 庭 市 役 所 3 階 第 2 第 3 委 員 会 室 出 席 者 ( 敬 称 略 順 不 同 ) 会 長 原 田 裕 ( 恵 庭 市 長 ) 副 会 長 鏡 貢 ( 恵 庭 市 交

More information

1963 10/28~31 ( 昭 38) 山 口 田 布 施 中 1964 6/7~10 ( 昭 39) 新 潟 新 潟 高 1965 10/25~28 ( 昭 40) 岐 阜 太 田 中 1966 10/24~27 ( 昭 41) 大 分 佐 伯 鶴 城 高 1967 10/23~26 ( 昭

1963 10/28~31 ( 昭 38) 山 口 田 布 施 中 1964 6/7~10 ( 昭 39) 新 潟 新 潟 高 1965 10/25~28 ( 昭 40) 岐 阜 太 田 中 1966 10/24~27 ( 昭 41) 大 分 佐 伯 鶴 城 高 1967 10/23~26 ( 昭 国 民 体 育 大 会 ( 少 フリースタイル) 歴 代 優 勝 選 手 フライ 級 バンタム 級 フェザー 級 ライト 級 ウエルター 級 ミドル 級 1950 10/28~11/1 大 沢 正 高 井 勝 塚 田 俊 夫 坂 内 弘 中 川 建 蔵 坂 田 隆 男 ( 昭 25) 愛 知 ( 千 葉 ) ( 大 阪 ) 1951 10/27~31 ( 昭 26) 広 島 団 体 戦 の み 実

More information

<91E589EF895E8963>

<91E589EF895E8963> 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 51 35 52 36 53 37 54 38 55 39 56 40 57 41 58 42 59 43 60 44 61 45 62 46 63 47 64 48 65 49 66 50 67 試 合 番 号 BT-1

More information

<90563237944E96968349815B837683938353838B837491E589EF2E786C73>

<90563237944E96968349815B837683938353838B837491E589EF2E786C73> 年 末 オープンゴルフ 大 会 年 末 オープンゴルフ 大 会 優 勝 森 賀 伸 一 郎 38 41 79 13.2 65.8 27 年 12 月 31 日 26 内 田 寛 之 39 39 78 7.2 70.8 27 年 12 月 29 日 準 優 勝 岩 田 規 詮 40 39 79 10.8 68.2 27 年 12 月 27 日 27 泉 田 徹 40 44 84 13.2 70.8 27

More information