Microsoft Word - 第8回世田谷フォーラムパネルデスカッション採録

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 第8回世田谷フォーラムパネルデスカッション採録"

Transcription

1 第 8 回 世 田 谷 フォーラム パネルディスカッション 少 子 化 子 育 て 対 策 待 ったなし 司 会 鈴 木 淑 夫 ( 世 田 谷 フォーラム 代 表 ) パネラー 泉 健 太 ( 内 閣 府 少 子 化 担 当 大 臣 政 務 官 ) 田 中 喜 美 子 ( 育 児 研 究 家 ) 山 口 拓 ( 東 京 都 議 ) 田 中 優 子 ( 世 田 谷 区 議 ) 1. 政 府 内 閣 府 から 少 子 化 担 当 大 臣 政 務 官 泉 健 太 氏 の 発 言 泉 議 員 : 今 新 しい 政 権 の 下 で 内 閣 大 臣 政 務 官 として 活 動 させていただいています 泉 健 太 と 申 します 私 自 身 は 京 都 の 衆 議 院 議 員 で 隣 が 前 原 誠 司 さんや 山 井 和 則 さん 選 挙 区 で すけども 京 都 の 伏 見 区 特 に 歴 史 的 に 申 しますと 天 王 山 の 戦 いというのがありまして その 天 王 山 がある 場 所 であったり あるいは 全 国 の 商 売 の 神 様 である 伏 見 稲 荷 大 社 がある ところです まあ 鳥 羽 伏 見 の 戦 いなんというのもありましたけれども そういった 地 域 か ら 衆 議 院 議 員 として 三 期 目 でございます この 政 権 は 割 かし 分 かり 易 くて 大 体 政 務 官 クラスが 三 期 生 副 大 臣 クラスが4 期 生 というような 形 で 運 用 されておりまして それだけで 鈴 木 先 生 が 現 役 でおられれば 大 1

2 臣 になられていたというふうに 思 いますけれども 今 日 こうした 場 所 にお 招 きいただき ありがとうございます 今 日 は 少 子 化 対 策 ということで 先 ほど 田 中 先 生 のお 話 を 後 半 だけ お 伺 いしておりま したけれども 私 が 言 いたいことは まったく 同 じようなことを 言 っていただいたのか なと いう 風 に 思 います 私 は 現 在 35 歳 でして 昭 和 49 年 生 まれです 第 二 次 ベビー ブームのギリギリ 最 後 の 時 代 に 生 まれたということになります 今 の 日 本 というのは ま さに 我 々 世 代 が 40 歳 になるまでに 何 とか 少 子 化 対 策 に 手 を 打 たなくてはいけない と 今 更 ながらに 言 われているのですね しかし 本 当 は 我 々 世 代 が 20 代 の 後 半 に 差 し 掛 かった 時 に やっておかなければいけなかった それができずに 10 年 間 遅 れていると 私 は 見 ております 正 直 言 いまして 我 々 世 代 の 女 性 たちが 今 から 出 産 をするということは ハイリスク という 確 実 について 回 ります 本 来 女 性 は 結 婚 適 齢 期 これは 男 性 も 同 じですが 結 婚 適 齢 期 があり 出 産 適 齢 期 があるわけでして 先 ほどの 田 中 先 生 のお 話 しにもあったかもし れませんが 私 は 日 本 の 社 会 が 政 治 経 済 両 面 で 若 い 人 たちに 対 して 出 産 や 結 婚 をさ せないようなシステムを 作 ってきてしまったということが ひとつ 言 えるのではないかと 思 います 考 えてみますと 以 前 は 学 生 結 婚 なんというのも 大 学 生 同 士 であった 時 代 がある 今 は 確 かにそういう 方 々も 中 にはいるでしょうけれども ほとんどは 大 学 生 活 を 送 って 3 年 生 ぐらいで みんな 同 じ 格 好 をして 長 蛇 の 列 を 作 って 就 職 活 動 をすると この 就 職 活 動 についても この 不 景 気 の 中 で およそ 個 々の 人 間 性 を 否 定 されるような 面 接 数 そし てそこからも 入 社 できないという 前 に 面 接 を 断 られるというような 経 験 をするわけです それは 人 生 の 将 来 的 な 励 みになるとは 思 いますが 実 は 我 々の 時 代 も 就 職 氷 河 期 と 言 われ ておりましたけれども サーフティネットがない 最 終 的 に 就 職 もできないという 状 況 に 晒 される 若 者 が 増 えてきた 残 念 ながらこの 若 者 たちの 就 職 率 というものは 非 常 に 低 い そして 結 婚 出 産 においても 当 たり 前 ですが 生 活 していけないうことになりまして 非 常 に( 結 婚 出 産 の 率 も) 低 くなっているわけです 一 方 で じゃあ 就 職 できた 若 者 は どうなっているかというと おなじように 今 度 は 長 時 間 労 働 に 晒 されるわけですね 圧 倒 的 な 長 時 間 労 働 です この 日 本 余 り 労 働 時 間 規 制 もまだそうきつくない 実 際 にはサービス 残 業 をやらされているという 状 況 がありまし て 20 代 ではへとへとになるまで 働 かされる 要 はまったく 働 けない 若 者 ともの 凄 く 働 かされる 若 者 と この 両 方 とも 恋 愛 の 機 会 結 婚 の 機 会 が 減 少 していると 今 の 日 本 の 状 況 だと 思 います そして 漸 く 何 とか30 代 ぐらいになった 時 結 婚 をとぼちぼち 考 える ということで 今 の 結 婚 年 齢 になっていくと しかしそこから 出 産 が 始 まるというのでは 2

3 さっき 言 ったようにリスクが 高 い 出 産 が 待 っていると 言 うことで 総 じてこの 国 は 少 子 化 に 向 かっているというように 思 います そしてまさに 首 都 圏 の 問 題 でもありますが 子 どもを 産 もうと 夫 婦 で 決 意 決 断 をした 後 の 環 境 を 見 てみると やはり 非 常 に 子 どもを 育 て 辛 い 環 境 がそこに 横 たわっているのだ と まあ 待 機 児 童 の 問 題 しかり 犯 罪 の 問 題 しかり ということです 特 に 待 機 児 童 の 問 題 は おそらく0 作 戦 と 今 までの 政 権 は 言 ってきましたけれども これは 不 可 能 だと 考 えています 潜 在 的 なニーズも 含 めて 言 えば 2.5 万 人 と 言 われていますが 潜 在 的 な ものを 含 めると 実 際 には30 万 人 から100 万 人 の 待 機 児 童 がいるという 話 まで 実 はあ りまして 待 機 児 童 を0にするということは 難 しいですね しかしかといって 手 を 拱 い ていることはできないので とにかく 拠 点 を 増 やす そして 多 様 性 を 持 たせるということ が 大 事 で 今 までの 数 十 年 間 変 わっていない 規 制 にがんじがらめになった 保 育 所 幼 稚 園 という 考 え 方 だけでは 受 け 皿 になり 得 ないという 風 に 思 います それは 保 育 ママという 風 になるべき 小 規 模 の 保 育 形 態 を 考 えていくことや 幼 稚 園 保 育 園 にも 良 い 意 味 での 規 制 緩 和 をはかる そして 拠 点 を 増 やすことが 求 められているという 風 に 思 います 今 いる 子 どもたちを 大 事 にしなければ やはり 次 に 生 まれてくる 子 どもたちの 数 も 増 え ないと 私 は 思 っていまして まあその 意 味 でも 今 日 も 長 妻 さん 原 口 さん 菅 さん 辺 りが やり 合 いをしていますけれども 子 ども 手 当 という 問 題 があります 私 たち 政 権 党 といた しましては 子 ども 手 当 というのは 大 きくこの 国 の 子 育 てに 国 民 の 注 目 を 集 めて 底 上 げしていく 政 策 という 意 味 では 非 常 にインパクトのあるものですが いわゆる 子 ども 手 当 だけで 完 結 するものではなくて それと 同 時 にそれに 付 随 する 環 境 整 備 をしていく ことが 大 事 なのだと 思 っています そして 政 治 の 側 のもうひとつの 責 任 としては 特 に 厚 生 労 働 省 と 文 部 科 学 省 縦 割 り が 非 常 に 弊 害 をもたらしていると 思 っていますので 子 育 てを 一 手 に 支 援 できる また 財 源 もひとつの 出 所 から 出 せるような 省 庁 再 編 による 子 ども 家 庭 省 というものが 実 現 できれ ばいいと これは 少 し 時 間 がかかるかもしれませんが そういうことも 考 えています 以 上 で 私 からの 最 初 の 発 言 とさせていただきます 鈴 木 : 泉 さんありがとうございました では 次 に 山 口 都 議 おねがいします 2. 東 京 都 議 ( 世 田 谷 区 選 出 ) 山 口 拓 氏 の 発 言 山 口 都 議 :ご 紹 介 いただきました 民 主 党 の 都 議 会 議 員 山 口 拓 でございます 私 もただいま 7 歳 になる 娘 と9ヶ 月 になる 男 の 子 の 子 育 てをしながら 都 議 会 議 員 をしている 者 でござ 3

4 いますので まさにこの 少 子 化 の 問 題 また 子 育 てをしていくことが 東 京 においては 特 に 大 変 であるということを 実 感 をしている 一 人 でもあります 今 泉 先 生 からお 話 しがあ りましたように 少 子 化 というものは さまざまな 要 因 が 複 合 的 に 絡 み 合 って 起 こって いる 社 会 現 象 のひとつであるという 認 識 の 下 に 考 えると 単 に 子 育 てをし 易 い 環 境 を 整 え ていくのか また 安 心 をして 産 める 育 てることができるといった 社 会 を 作 り 上 げていく のか まあこういったことが 大 きな 解 決 の 基 礎 と 私 は 思 っております 当 然 のことながら 東 京 都 をはじめとする 都 道 府 県 はそういったところを 主 眼 に 置 き またこれからお 話 しがあると 思 いますが さらに 細 かな 政 策 をもって ひとつひとつの 課 題 の 実 現 にかかっていくようになると 思 います それでは 東 京 都 はどういう 風 にしていく のかというと それぞれに 足 りないところを 十 分 にケアしていく また 広 域 自 治 体 とし て それぞれの 区 町 村 が 実 現 をしたいと 思 っている それぞれの 町 に 必 要 としている 政 策 をどのようにサポートしていくのか 実 現 をするための 予 算 だったり 人 であったり 環 境 であったり というものをどのように 整 えていくかのが 東 京 都 の 大 切 な 役 割 なわけで ありです やはり 何 といっても この 大 きな 三 つの 柱 になってくるのが 東 京 都 が3ヶ 年 をかけて 実 現 に 向 けて 取 り 組 んでいるわけですが ひとつは 子 育 てと 仕 事 が 両 立 できる 雇 用 環 境 の 整 備 をすること ふたつ 目 は 多 様 な 保 育 サービスの 実 現 これは 競 い 合 いによっ て 大 都 市 東 京 に 見 合 ったサービスを 拡 充 して 待 機 児 童 5 千 人 を 解 消 すること 三 つ 目 は 社 会 全 体 で 子 育 てをして 子 どもを 暖 かく 見 守 ることによって 子 どもを 育 てやすい 環 境 を 作 って 支 援 をしていくということです この 大 きな 三 つの 目 標 を 掲 げて 今 東 京 都 は 取 り 組 んでおります さて 私 の 下 の 子 どもは 二 月 生 まれでございますので 0 歳 から 保 育 園 に 子 どもを 預 ける のは 大 変 困 難 です 非 常 に 厳 しい 状 況 があります 実 際 子 育 てをしていると 保 育 園 と 一 概 に 言 っても どこに 預 けられるのか あるいはできないのか 実 際 子 どもをもって 育 てていかないと 分 からないことが たくさんあるわけなのです どうしても 土 日 は 保 育 園 はお 休 みになってしまうので 商 店 街 に 行 くと 働 くお 父 さんお 母 さんも ほとんどが 共 働 きですから こういった 人 たちは 一 番 忙 しい 土 日 に 子 どもを 預 けることができなかっ たり 私 のところの 子 どものように2 月 生 まれの 子 どもですと 半 年 間 預 けられるはずの 0 歳 児 の 保 育 サービスを 受 けることができなかったり まあ 細 かいと 言 われている 子 育 て の 環 境 のサービスが まだまだ 見 落 としている 部 分 がたくさんあります 実 際 子 どもを 生 まれるまでの 環 境 ですが 私 の 一 人 目 の 子 どもが 生 まれるまで 三 年 かか りました 不 妊 治 療 というものを 受 けていましたが 不 妊 治 療 という 言 葉 を 私 は 余 り 好 き ではありませんが 妊 活 と 夫 婦 で 呼 んでいました 婚 活 ではないですけれども ふ たりで 励 まし 合 いながら 病 院 に 通 っていましたが まあこういう 風 に 社 会 的 に 子 ども 4

5 が 増 えないことが 暗 いこと 子 どもができないことが 大 変 なことではなくて みんなでど うやったら 子 どもを 生 み 育 てることができるのかということを 考 えていかなければなら ないと 思 います 私 には 長 女 と 長 男 の 他 にもうひとり 子 どもがいたのですが 病 気 で 亡 くしました 生 まれてくるまでの 間 に お 腹 で 障 害 をもってしまって 出 産 と 同 時 に 亡 くなってしまった のですが やはりその 時 も お 腹 にいる 子 ども 見 てくれる 病 院 というのが 本 当 に 少 なか った こういった 安 心 して 子 どもを 産 まれてくるまでの 環 境 というものも もう 少 し 日 本 全 体 で 取 り 組 んで 行 かなければいけないというように 思 っております 以 上 です ありが とうございました 鈴 木 :どうもありがとうございました それでは 最 後 に 田 中 優 子 区 議 おねがいします 3. 世 田 谷 区 議 田 中 優 子 氏 の 発 言 田 中 優 子 区 議 :みなさまこんばんわ 地 元 世 田 谷 で 区 議 会 議 員 をさせていただいておりま す 田 中 優 子 です 本 日 は 田 中 喜 美 子 さんのお 話 しを 伺 って まさに 私 そのものだったと いうように 伺 いました というのは 今 18 歳 の 男 の 子 の 母 親 なのですけど 何 とか 保 育 園 には 預 けられましたが 私 の 議 員 になる 前 の 仕 事 は 時 間 が 大 変 不 規 則 で 早 朝 のレッス ンあり お 勤 め 帰 りの 方 が 立 ち 寄 って 語 学 をならうというカルチャースクールでの 仕 事 もあり 昼 間 は 日 本 語 学 校 タイ 語 の 講 師 としてフルに 仕 事 をしておりまして 保 育 園 の 時 間 が 間 に 合 わない 状 況 だったのですね そこで 夫 と 夫 が 迎 えにいくのも もちろん 間 に 合 わないので 友 達 とか 同 じマンションの 近 所 の 方 とか 二 重 三 重 の 保 育 で 何 とか 乗 り 切 ってきたという 経 緯 があります まあこれは 一 人 でこりごり というような 心 境 の 子 育 てを 経 験 いたしました それは 私 だけではなくて 夫 の 方 が もうころごり という 状 況 になって 一 緒 に 朝 順 番 に 子 どもを 保 育 所 に 送 ったり それから 友 達 の 家 に 迎 えに 行 ったりということを 夫 も やっていましたので こんなに 大 変 では 二 人 目 はとても 無 理 という 言 葉 が 彼 の 方 からも 出 てくるような そんな 状 況 がございました それで 縁 あって 区 議 会 議 員 にという 話 が ありまして 参 画 させていただいているのですけれども 私 の 原 点 は やはり 子 育 てがた いへんだった 仕 事 となかなか 両 立 できない 多 くの 仲 間 がいるということで 子 育 て 支 援 を 何 とかしたい という 思 いが 強 くて 政 治 の 世 界 に 入 りました もうひとつ 思 ったのは まず 仕 事 を 持 つ 女 性 にとっては 保 育 園 保 育 所 今 本 当 に 待 機 児 童 問 題 がたいへんなのですけれども それと 同 時 に 私 は 一 年 間 は 専 業 主 婦 で 一 年 間 仕 事 を 休 んで 子 どもを 見 ていたんですけれども 保 育 所 に 預 けながらの 子 育 てもたいへんな 5

6 んですが 専 業 で 子 育 てをする1 年 の 方 が もっと 辛 かった そういう 経 験 があります マンション 暮 らしで 近 くにちょっと 見 てくれる 昔 だったら 近 所 のおばさんがいたのです けれども そういう 地 域 性 もなく 公 園 デビュー という 言 葉 もありましたが 子 どもを 連 れて 公 園 に 行 っても みんなグループになっていて なかなか 入 れないのですね それ で 公 園 に 行 っても 孤 独 だし 雨 が 降 った 時 なんて どこに 行 ったらいいのだろうって 一 日 中 狭 いマンションの 密 室 で 母 子 しかいない 状 況 で 今 日 一 日 どうやって 過 ごしたらいいの というような 辛 い 子 育 てを 経 験 しました ホントは 楽 しいのですけどね でも 辛 いのです そういう 経 験 がありましたので 議 会 に 入 って 一 番 初 めに 質 問 したのは 保 育 所 増 や すことももちろん 当 然 のことながら 専 業 で 子 育 てをしているお 母 さんにホンの 一 時 でい いから 預 かってくれる 場 所 を 仕 事 をしていなくても 理 由 を 問 わないで 預 かってくれ る 時 間 を 作 って 欲 しいという 質 問 でした その 当 時 は 11 年 前 なのですが 世 田 谷 区 で は とんでもないと 保 育 園 作 るのだってたいへんなのに 在 宅 で 専 業 で 子 育 てをしている 人 の 子 どもを 預 かりですかと いぶかるようなホントにそういう 雰 囲 気 だったんですけど あれから11 年 経 ちまして 今 では 世 田 谷 区 は 子 育 てステーション というのができま して 理 由 を 問 わない 一 時 預 かり 保 育 制 度 というものが 展 開 されています そこまでやっ と 時 代 が 追 い 付 いてきたという 風 に 私 もうれしく 思 っているのですが それでもまだまだ 育 児 ノイローゼとか 虐 待 の 問 題 もありますし 足 りないところが 悪 循 環 なところがあ るなと 日 々 実 感 しています それからちょっと 世 田 谷 区 のことをお 話 ししますと 世 田 谷 区 というのは 東 京 一 子 育 てがし 易 い 街 と 謳 っていたのですが 待 機 児 童 全 国 ワースト2でしたか まあ 人 口 が 多 い こともあるのですが どこが 子 育 てし 易 いのだ ということで 毎 日 のように 私 のところ へ 来 年 の 保 育 所 の 申 込 みの 〆 切 が 迫 っておりまして 悲 痛 な 叫 びが 毎 日 のように 届 いて います まあこのままでは 仕 事 が 続 けられない 保 育 園 入 れない どうしてくれるのだ どこが 日 本 一 子 育 てし 易 いのだ とお 叱 りと 悲 鳴 が 届 いているのですが やはり 子 育 てし 易 いという 印 象 ですか イメージは 産 後 のケアとか 発 達 障 害 の 相 談 は 全 国 で 初 めてとか やっているのですけども どうしても 子 育 てし 易 いイコール 保 育 所 に 入 れることだと 思 う のですね ですからその 部 分 に 関 しては 六 年 間 の 計 画 で2 千 人 以 上 増 やす 計 画 がありま す 今 年 度 来 年 度 だけでも 2 千 人 です 頑 張 ってはいるのですが 作 っても 作 っても 潜 在 的 にどんどん 出 てきまして また 不 況 もあって 足 りないという 状 況 があります そんな 中 で 区 だけではとてもできないので 国 都 の 施 策 を どううまく 繋 げてやっていくか というのが 今 後 の 課 題 だと 思 います また 子 育 てという 意 味 では お 母 さんたちが 孤 独 にならないような 生 きる 力 をもった 子 どもに 育 てあげて 子 どもの 不 登 校 でお 父 さんもお 母 さんも 悩 むようなことのないよう に 私 たちも 考 えていきたいと 思 っております 以 上 です 6

7 4.2つの 論 点 就 労 環 境 の 問 題 と 社 会 的 基 盤 の 未 整 備 の 問 題 と 文 化 の 違 い 鈴 木 :ありがとうございました 色 々な 観 点 がでました 司 会 者 の 方 から 独 断 と 偏 見 で 論 点 を 整 理 させていただくと 大 きくふたつの 論 点 が 出 たと 思 います ひとつは 泉 さんが 言 われた 就 職 できない あるいは 就 職 しても 長 時 間 労 働 で 経 済 的 に 苦 しい だから30 代 に 結 婚 をするという 現 実 の 労 働 状 況 のことです もうひとつは 保 育 サービスというか 待 機 児 童 の 問 題 が その 典 型 ですが 社 会 全 体 で 子 どもを 育 てるという 保 育 サービスの 供 給 体 制 ができていないために 子 育 て 世 代 が 苦 しむという 社 会 基 盤 の 問 題 があるように 思 いま す その 為 に 基 調 講 演 で 田 中 喜 美 子 さんが 言 われたように 子 育 てはもうコロゴリだ という 言 葉 がぴったりくる 社 会 状 況 になっているのだと 思 います それで 田 中 喜 美 子 さ んにご 発 言 いただきたいのですが その 前 に 田 中 さんに 質 問 の 形 で お 話 ししますので それも 含 めて 三 人 の 政 治 家 の 意 見 を 聞 きながら 感 じたことをお 話 しいただきたいと 思 い ます 私 の 田 中 さんへの 質 問 はですね スウェーデンとかアメリカとかでも 経 済 格 差 が 生 じ て 若 者 が 結 婚 できない 育 てられない というような 問 題 が 同 じように 起 きてきたは ずですね ところが 日 本 は 親 の 家 に 居 候 をしている だもんだから 結 婚 できるまで 結 婚 しない どんどん 晩 婚 化 している そのうちに 本 当 に 一 生 結 婚 しないで 親 といっしょに 暮 らしている 男 女 がどんどん 増 えてきている 日 本 ですね ところがアメリカやスウェーデン では 成 人 したら 親 元 を 離 れますから 大 学 卒 業 して 就 職 して 親 元 から 通 っているなんて のは 異 常 な 現 象 です みんな 独 立 するわけですね 独 立 してそういう 文 化 をもった 国 で はですね 同 じ 問 題 が 起 きた 時 に 何 が 始 まったかというと 俺 一 人 じゃ 食 えないや と 助 け 合 えば 家 賃 にしろ 電 気 代 にしろ 節 約 すれば 生 活 できるじゃないかと 一 緒 に 暮 らそう むしろ 結 婚 しようと 子 育 ても 一 緒 にしようという 方 向 へ 動 いたんですね さあ このふ たつの 違 いについて 田 中 喜 美 子 さんの 専 門 のお 立 場 からのご 意 見 をいただきたいのです が 私 はどうも 田 中 さんの 言 葉 を 借 りると 男 女 共 同 参 画 というのが 日 本 では できない 男 女 共 同 参 画 でやるのだって いう 文 化 が 根 付 いているところではですね 若 者 の 所 得 が 減 ったら 男 と 女 が 助 け 合 うのです さっき 区 議 の 田 中 優 子 さんが 言 われたように 専 業 主 婦 孤 独 と しかしスウェーデンとかアメリカでは お 互 い 助 け 合 うのですよ 今 度 は 私 が 何 人 か 面 倒 見 ましょう とかね それは 女 性 だけではなく 男 性 もです どうもその 辺 に 文 化 の 違 いのようなものがあって こんなに 少 子 化 問 題 が 進 んでいるのじゃないのか という 気 もするんです 親 のところで 住 んで 独 立 していないから もしかすると 田 中 喜 美 子 さんがおっしゃたよ うに 0 歳 児 の 時 から 自 立 心 がついていないから それが 文 化 としてあるのかもしれま せん 色 々 申 しましたが それでは 田 中 さん おねがいします 7

8 5. 田 中 喜 美 子 氏 の 見 解 田 中 喜 美 子 : 色 々 面 白 い 指 摘 というか 私 自 身 も 思 うところのあるたくさん 出 てきて う れしく 思 います で 今 おっしゃった 中 で お 答 えできるかなと 思 うのは 日 本 の 子 ども と 親 の 関 係 なのですが これは 確 かに 世 界 的 に 見 ると 不 思 議 な 依 存 関 係 というのがある ことは 確 かです ですからいつまでも 子 どもは 親 のスネをカジって 母 親 に 甘 えて 家 にい るという 男 の 子 がいます 統 計 があまりないので 私 には 分 からないのですが 諸 外 国 に 比 べれば きっと 多 いと 思 うのですね で その 中 で 何 が 起 こって 来 るか 親 子 の 関 係 の 中 で 何 が 起 こるかと 言 えば それこそ 学 問 の 対 象 として とても 面 白 いと 思 うのですが 母 親 と 男 の 子 の 関 係 というものも 本 を 正 せば 妻 と 夫 の 関 係 なのですね 夫 については 私 がいろいろ 何 百 という 家 庭 のケースを 見 ていて 基 本 的 に 日 本 の 男 は 家 庭 から 逃 走 しています 逃 亡 していると 言 ってもいいかもしれない なるたけ 逃 げていくのですね 妻 に 向 かって 家 庭 はお 前 に 任 せたよ と 言 って みんなですね こ の 関 係 で 非 常 に 不 思 議 なことには 妻 に 財 布 を 渡 してしまう 今 や 銀 行 の 通 帳 を 妻 に 渡 す こういう 夫 のいる 国 は 世 界 の 中 でも 日 本 だけで 珍 しいことだと 思 います これもどの くらいのパーセントの 夫 が 妻 に 財 布 を 渡 しているというデータがないのですが アメリカ とスウェーデンと 日 本 と 比 べてみたら 面 白 いでしょうね ともかく 日 本 の 男 は 妻 に 財 布 を 渡 しています これは 不 思 議 な 現 象 なのですね これ は 平 安 朝 の 辺 りからずっと 続 いている 現 象 なのです 財 産 というのは 女 を 通 じて 次 の 世 代 に 伝 わっていくというのが 日 本 のやり 方 で 女 なしでは 夜 が 明 けぬ 国 が 日 本 だったので す で そのことを 私 たちは 忘 れておりますけれども それが 明 治 維 新 以 来 欧 米 風 の 法 的 な 制 度 も 入 ってきて 女 は 虐 げられてきたようにみんな 思 っているのですが 実 はそう ではなくて 日 本 女 が 非 常 に 威 張 っていた 国 なのです 今 やそれが 先 祖 返 りしてきたので はないかと 思 っています あまり 文 化 的 な 言 いませんけれども 女 がデンと 座 っていて そこに 男 の 子 がくっついていて その 男 の 子 は 自 立 できないで 異 性 を 掴 まえるのも な かなかできない という 形 の 悪 循 環 があるのではないかと 思 います でもこんなこと 長 い こと 話 してもしょうがないけど まあそういう 事 実 があるということですね その 中 で 子 育 てを 一 緒 にしようぜ というような 男 がいない 子 どもが 産 まれると 夫 は これで 妻 は 子 どもの 方 をむいている と 俺 は 自 由 なのだ という 形 で 家 庭 から 男 が 逃 亡 する という 形 が 私 が ワイフ を 通 じて 見 てきた 日 本 の 現 実 の 家 庭 の 姿 です ところが 最 近 この 傾 向 がだいぶ 変 わってきました 男 性 が 子 育 てに 関 わろうとしてい る 非 常 に 良 くなってきています 私 はその 意 味 では 希 望 を 持 っています ただですね 8

9 男 がつまり 父 親 が 子 育 てに 関 わる 時 の 関 わり 方 なのですけど ちょっと 待 ってくれ ここ はちょっと 違 うよ という 部 分 が 多 すぎる それはどういう 事 かというと 男 性 がつまり 父 親 が 第 二 の 母 親 になってしまうのです こういう 関 わり 方 は 絶 対 にダメなのですね 男 と 女 は 違 う こんなことを 申 し 上 げると フェミニストの 方 から 叱 られそうですが 男 と 女 は 違 うと 私 は 思 っています でその 中 で 子 どもに 対 する 構 えというか 関 わり 方 も 男 は 女 親 と 同 じように 細 々し た 世 話 をやいたり 寒 いじゃないか と 服 を 羽 織 ったり おむつを 替 えたり もちろんお むつ 替 えるのは 悪 くはないのですけど そういう 関 わりが 男 親 の 義 務 のすべてである とは 思 ったらダメです そうじゃないのです 男 の 役 割 というのはですね これ 以 上 は 申 しませんが そういう 男 親 が 増 えていくという 傾 向 が この 頃 急 に 強 くなってきた だ から 男 女 共 同 参 画 社 会 といっても 子 育 てに 関 しては 女 と 男 が 同 じような 姿 勢 で 子 ども と 向 き 合 ったら 子 どもに 対 する 過 保 護 や 過 干 渉 は ますます 増 幅 されていく だからそ れはダメなのだということを 申 し 上 げたいと 思 います まあそういうところで 日 本 の 男 性 よ 頑 張 って 欲 しい 日 本 の 男 性 は 世 界 にも 珍 しい 特 殊 な 状 況 にあります ここにお 座 りいただいている3 人 の 男 性 がいらっしゃいますけども この 方 達 は 日 本 の 男 性 の 代 表 ではないと 思 います 非 常 に 珍 しい 特 に 上 等 の 男 性 ばっかり です ( 笑 い) 日 本 男 性 論 というのは 随 分 書 かれていると 思 いますが フェミニストの 側 からの 男 性 論 も 書 かれていいのではなかと 思 います 6.3 歳 までの 保 育 歴 がある 子 は 不 登 校 児 が 少 ない?という 統 計 について 最 後 にひとつだけ 申 し 上 げたいのは 子 どもの 時 に 保 育 園 に 預 けるのは 3 歳 まで 母 親 の 手 で 育 てる 子 どもほど 情 緒 の 安 定 した 人 間 になるんだという 錯 覚 がみなさんお 持 ちじゃ ないかと 思 うんです 皆 さんだけではなく 日 本 の 大 半 の 人 がそう 思 っています でこの 点 に 関 して 是 非 申 し 上 げたいのは 徳 島 大 学 のデータで これは1973 年 のデータなの ですけども 3 歳 までの 保 育 歴 のある 子 どもは 不 登 校 になる 率 が 非 常 に 少 ない という データがあるのです でこれは 私 が 女 性 のデータブックの 中 で 発 見 したデータなのです けども これと 同 じような 調 査 をしてくれた 団 体 やデータがありますか 聞 いても どこ もないのです で 徳 島 大 学 だけなのですね でこれが 不 思 議 なことで ここには 議 員 さん もいらっしゃいますので 是 非 統 計 を 取 ってみて 欲 しいと 思 います 三 歳 までの 保 育 歴 が ある 子 どもが 成 長 してどうなったか 何 か 悪 いことばっかり 言 われているような 気 がしま す これは 私 の 偏 見 かも 知 れません だからそうじゃなくて3 歳 までに 集 団 の 中 で 育 った 子 どもがどういう 形 で 逞 しく 育 っていくか というプラスの 面 をね もっと 発 見 するため に 恐 れないで 不 登 校 の 子 どもたちの 社 会 的 背 景 にある 子 育 てを 研 究 していただくという そういう 道 筋 の 付 け 方 をしていただけないかなと 思 うわけなのです 9

10 子 どもを 自 分 の 手 で 育 てたいという 母 親 の 望 みというのは 大 きいし そしてだからこ そ 良 く 育 つのだというこの 先 入 観 念 も 大 きいのですね でこれについて しっかりした 学 問 的 な 裏 付 けが 必 要 だと 思 います 何 かの 時 に こうしたことを 思 い 出 していただいて こんなことを 言 っている 田 中 喜 美 子 という 人 がいましたよ 何 て 言 っていただくと うれ しく 思 います 鈴 木 : 田 中 喜 美 子 先 生 の 本 は 受 付 に 出 ていますが 私 は2 冊 しか 読 んでないのですが 非 常 に 強 調 しておられることは 0 歳 児 のところで 泣 いたらほいほいと 甘 やかしたら 自 立 心 のないわがままな 子 どもになってしまう まあその 延 長 線 上 ですね つまり3 歳 児 ま での 間 に 保 育 所 に 入 って 集 団 の 中 でトレーニングを 受 けた 子 の 方 が 自 立 心 のあるしっかり した 大 人 になるということです さあ ここで 二 人 のレベルの 高 い 若 いパパですが 二 人 ともちゃんと 子 育 てもやっておられるようなのですが 今 の 田 中 喜 美 子 さんの 発 言 につい て どう 思 ったか お 聞 きしたいと 思 います では 泉 さんから どうぞ 7. 泉 家 の 子 育 て 泉 : 今 我 が 家 は 5 歳 3 歳 1 歳 で 3 人 の 子 どもがおります 上 が 幼 稚 園 に 行 ってい ますけれども 私 は 実 は 幼 稚 園 にもどこにも 行 っていないです 珍 しかったかもしれない ですね おそらく 国 などが さっき 田 中 先 生 が 言 われた 調 査 などをしないのは レッテル 貼 りに なるのを 多 少 気 を 使 っているのではないかと 思 います 要 は 色 んな 子 がいていい 保 育 園 に 行 く 子 行 かない 子 またその 結 果 行 く 行 かないで 将 来 が 決 まってしまうような 観 念 が 広 まってしまうのを 考 えて (そんな 調 査 が)やられていないのかな と 思 います でも 考 えてみれば 私 の 場 合 は 5 人 兄 弟 の 末 っ 子 で 行 かなくても 集 団 が 家 庭 にあった のですね 僕 自 身 集 団 の 中 で 生 活 していくということの 意 味 は 変 わらないのではないか と 思 います そういう 意 味 では 田 中 優 子 区 議 と 同 じようにマンションで 私 の 妻 も 子 ども 暮 らしてい る ともすれば 友 達 もいない 話 し 相 手 がいない 環 境 になる そうすると 本 当 に 母 子 の 密 着 度 が 強 くなるのと 精 神 衛 生 上 良 くないと 思 いますよね やはり 人 間 会 話 しなければ いけない 子 どもとは 会 話 しなければ これは 虐 待 にも 通 じます そういう 意 味 で 集 団 の 中 で 育 つことは 大 切 であると 思 います 今 新 しい 政 権 で 政 策 を 作 らせていただいているのですが 来 年 年 明 けくらいには 子 10

11 ども 子 育 てビジョン というものを 昔 の 少 子 化 対 策 大 綱 に 当 たるものを 作 ることに なっているのですけれども 今 は 男 女 共 同 参 画 と ワーク ライフ バランス と 少 子 化 対 策 という 三 つをほぼ 一 緒 に 考 えなくてはいけないという 思 いが 日 に 日 に 強 くなっ ています その 一 方 で 男 女 共 同 参 画 といっても かなり 世 代 的 に 差 があって 今 世 の 中 で 意 志 決 定 ができる 世 代 の 方 の 感 覚 と 若 い 世 代 の 感 覚 では 相 当 違 うなと いう 風 に 思 います 先 ほど 山 口 先 生 からもお 話 しがあったのですが 若 い 世 代 は 当 たり 前 のように 子 育 てに 参 加 する そこで 気 を 付 けなければいけないのは どう 父 性 を 保 つかということです およ そ 我 々の 世 代 は 鍵 っ 子 世 代 でもありますから 父 性 を 持 てない 世 代 でもあるのですね 父 親 が 家 に 給 料 を 現 金 で 持 って 帰 るという 知 らない 世 代 でもあるわけです いつの 間 にか 通 帳 に 振 り 込 まれている いつの 間 にか お 母 さんが 使 っていて お 父 さんの 役 割 が 小 さ くなっている 家 庭 で 育 った 世 代 が 今 大 人 になって 子 育 てをしている その 意 味 で 父 性 の 継 承 というものをどうしていくか もしかしたら 奥 さんの 方 に 父 性 があって さらに 旦 那 さんの 方 に 母 性 があるかもしれません でもどのみち 家 庭 には 父 性 と 母 性 が 大 事 なの だと いうことだと 思 います そこをどう 作 っていくかとことを お 話 しを 聞 いていて 感 じました 鈴 木 :ありがとうございました では 山 口 さん 8. 少 子 化 で 余 った 学 校 のスペースを 地 域 で 活 用 する 提 案 山 口 : 以 下 同 文 と 言 いたいところですが そうもいかないでしょうから 申 し 上 げますと 子 育 てができる 環 境 というものは たいへん 重 要 だと 思 います もちろん 家 庭 もそうでし ょうけれども 今 お 話 しをしていて たいへん 感 じたのは 子 育 てをできる 環 境 を 親 が 選 べない 保 育 園 に 預 けられるか どうかが 必 死 で 自 分 が 子 どもを 通 わせたいと 思 う 保 育 園 が 選 べるかどうか 預 けられればラッキーのような そんな 環 境 に ある 中 におい て 子 育 ての 選 択 の 幅 が 極 めて 少 なくなってしまっているのは 大 きな 課 題 だと 思 いま す 例 になるか 分 かりませんが 私 は 区 議 会 議 員 時 代 から 田 中 優 子 さんとは 同 期 で 区 議 会 議 員 になったのですが その 時 代 から 言 っていたのは ある 施 設 を 有 効 活 用 することによ って 例 えば 保 育 園 だったり 幼 稚 園 だったり 十 分 に 転 用 はできるのではないかと 思 いま す 議 会 でも 再 三 言 ってきたわけですが 小 学 生 中 学 生 が 減 っているのだったら 小 学 校 の 中 に 保 育 園 を 作 る あるいは 高 齢 者 の 方 々のデーホームのような 施 設 を 作 る そう すると 学 校 の 中 に ひとつの 小 さな 社 会 ができる で 給 食 の 時 間 は 保 育 園 の 子 どもが 高 齢 者 の 方 々とみんなで 一 緒 に 食 事 をする お 箸 の 持 ち 方 は 親 でなくても 地 域 の 方 が 教 11

12 えてくれるのじゃないかと 思 います 校 庭 でサッカーボールをける 時 に こんなに 強 くけ ったら あそこで 散 歩 している 子 に 当 たるのじゃないかなと ちょっとした 気 遣 いもでき る 階 段 を 登 っているおじいちゃんおばあちゃんがいれば 手 を 差 し 伸 べて 登 るかもしれ ない 小 さい 子 どもたちが 帰 る 時 には バイバイと 言 って 配 慮 ができるかもしれない ま あそういった 新 しい 物 事 の 見 方 による 小 さな 社 会 改 革 というものを 構 築 していくのか 子 どもにとってみると 学 びの 場 は 道 徳 とか 情 操 教 育 を 与 えられる 環 境 作 りと 教 育 への 施 策 というものを 平 衡 して 考 えていく ことがイイのかなと 田 中 先 生 のお 話 しを 聞 い ていて 思 いました 鈴 木 : 田 中 優 子 さん おねがいします 9. 田 中 優 子 さんの 発 言 若 い 世 代 は 男 女 で 子 育 てを 共 同 で 行 う 文 化 が 芽 生 えている 田 中 優 子 : 喜 美 子 先 生 おっしゃっていた 父 性 の 問 題 ですが その 言 葉 でいうとちょっと 誤 解 を 受 けてしまう 可 能 性 もあるのかなと 思 います つまり 父 性 の 復 権 を 語 っておられる 方 々は 男 女 共 同 参 画 の 概 念 を 否 定 して 子 育 ては 女 がやればいい 男 は 働 いて その 稼 ぎをもってくる で 家 庭 のこと 育 児 のことは 一 切 心 配 しないで 社 会 で 戦 える そうい う 男 性 優 位 の 社 会 つまり 高 度 経 済 成 長 の 時 代 は それで 来 たのだと 思 うのですが その 過 去 回 帰 のような 人 たちが 父 性 の 復 権 という 言 葉 を 使 っていらっしゃるで ちょっと 私 はそういうところに 反 応 してしまうのですが けっしてそうではないということで 皆 さ んには 考 えていただきたいなと 思 っています 家 庭 ではお 父 さんもお 母 さんも それぞれの 役 割 があって 両 方 が いっしょに 子 育 て をできる 環 境 が 私 たちの 世 代 にはほとんどない 状 況 でした 山 口 拓 さんなんかの 世 代 に なると 私 とは 15 年 ぐらいの 開 きがあるのですが 新 しい 若 い 世 代 だと 思 いますが 子 育 てには 自 分 たちも 関 わりたいし 自 然 に 一 緒 に 育 てようという 気 持 ちがあって いいの かもしれない また 世 の 中 が 不 況 ということもあって 残 業 で 家 庭 を 顧 みる 機 会 がないと いう 考 え 方 をしている 人 も 中 にはいるのでしょうけれども それが 減 っているのかもしれ ない そういうことで 子 育 てに 関 われるようになっているのかもしれない そこで 注 意 す べきは 父 親 としての 役 割 を 大 事 にしてね ということなのですが 私 たちの 時 代 は うち の 場 合 は 妻 も 仕 事 を 持 っているということで 一 緒 に 子 育 てをやらなければいけないと 夫 は 思 って 一 緒 にやってきて 男 女 共 同 参 画 夫 と 私 は 言 ってきたのですが なかなか 同 世 代 の 間 では 良 く 協 力 してくれるねとか 偉 いねとか 言 うのですよ ウチの 夫 のこ とをですね 夫 の 会 社 の 上 司 たちも お 前 は( 子 育 てをやって)なんて 偉 いのだ と 言 わ れちゃって 私 からみれば 当 然 じゃないと 思 うことが 夫 はみんなから 偉 い と 言 わ れて そう 思 って( 笑 い) 私 は 随 分 男 性 と 女 性 というか 日 本 の 社 会 の 意 識 が 根 深 い 性 別 役 割 分 業 の 固 定 観 念 のようなものを 思 いました 12

13 それともうひとつは 3 歳 までは 母 親 の 手 でというものは 3 歳 児 神 話 と 言 われてい ますが 相 変 わらずそれは 神 話 ではなく 子 育 ての 基 本 だと 深 く 信 じてらっしゃる 方 が いるのが 日 本 社 会 だと 思 いました だから 仕 事 に 復 帰 するに 当 たって 保 育 園 に 預 けると 言 ったら 何 て 可 哀 想 なの と 多 くの 人 に 言 われました ですが 私 は 仕 事 を 続 けなければ と 自 分 の 生 活 もありますし 人 生 設 計 でもあるので 子 どもは 小 さい 時 から 集 団 の 中 で 育 てた 方 がいい それから 一 人 の 母 親 が 密 着 しているのじゃなくて 多 くの 大 人 に 関 わってもらって 色 んな 人 に 会 って 愛 情 を 注 いでもらって 育 てた 方 がいいと 言 うの は それこそ ワイフ という 投 稿 雑 誌 で 田 中 喜 美 子 さんがやってらした 色 んな 勉 強 の 中 で 私 はそこが 開 眼 したところだったんですが 何 としても 保 育 園 で 育 てたいと 強 く 思 ったんです それで 本 当 に 正 解 だったと 思 います あのまま 一 年 間 は 育 児 休 業 というか 仕 事 じゃなくて 母 乳 だったので とても 仕 事 に 行 けなかったので しっかり 一 年 間 は 子 どもを 育 てたのですが あのままであれば 私 も 育 児 ノイローゼになっていただろうし カワイイという 余 裕 がなくて 虐 待 もしてい たかもしれないと 思 うぐらい やっぱり 育 児 というのはたいへんなのです もちろんゆ とりを 持 って カワイイなと 思 って 育 てておられるお 母 様 方 もたくさんいらっしゃるとは 思 いますが でも 私 のようなタイプもたくさんいると 思 うので 保 育 園 に 預 けて 自 分 も 一 所 懸 命 に 仕 事 をやったという 自 負 もあります ですので このような 子 育 てをしたい 人 の ためにも 待 機 児 童 をなくす 環 境 整 備 をしていくのは 政 治 の 役 割 だろうと 思 っておりま す 鈴 木 : 体 験 に 裏 付 けられていて 説 得 力 のある 発 言 でした 貴 重 なご 意 見 だと 思 います ところでさっき 泉 さんの 言 われたこれからの 政 策 としてはね 男 女 共 同 参 画 とワーク ラ イフ バランス 子 育 ての 三 つの 問 題 が ひとつの 繋 がった 問 題 ではないかという 認 識 で すが 本 当 にその 通 りだと 思 います さっき 田 中 喜 美 子 さんが 言 われた 子 どもができると 男 は 逃 げてしまう ということで すが 逃 げてしまう 理 由 を 敢 えて 男 の 方 から 言 えば ワーク ライフ バランス が 取 れ ていないから 逃 げてしまう という 結 果 になっているのだと 思 うのですが 女 性 の 立 場 からすると 男 女 共 同 参 画 の 意 識 が 元 々ないから 逃 げちゃうということになっていると いうことになるわけですね 今 まではね そこで さっきの 三 つを 三 位 一 体 で 考 えて 行 け ば 解 決 の 糸 口 がみつかるかもしれない 非 常 に 面 白 いと 思 って 聞 きました いかがですか 田 中 喜 美 子 先 生 もうひとつ 父 性 の 話 は 少 し 分 かりにくかったと 思 う のですが 遠 慮 なく もっと 突 っ 込 んだ 話 をお 聞 かせください それをおっしゃっていた だけると 後 の 三 人 の 皆 さんも そうかと 思 うかもしれませんし ボクはっちょっとと 言 13

14 うかもしれませんが これ 非 常 に 大 事 なところだと 思 います 田 中 喜 美 子 :ホンネを 吐 きますと 物 議 を 醸 すかもしれません ( 笑 い)こういう 公 の 場 で いいのでしょうか 私 の 思 っていることを 申 し 上 げるのは 非 常 に 憚 られるのですけど 勇 気 を 出 して 申 し 上 げますと 最 近 男 性 に 対 する 評 価 がですね どんどんどんどん 下 がっ ていくんですね それで 自 分 でも 困 っているのですけども それは 夫 が 定 年 になって 家 にいるようになったからではないかと 思 うのです ここで 夫 のことをあげつらうのも 何 かあまりにも 憚 られるのですけど たいへんに 幸 福 な 人 で 今 83 歳 なのですけど 80 歳 まで 仕 事 を 持 っていた 人 なのです それでホントの 意 味 で 家 に 帰 ってきて 私 と 向 き 合 った 時 に 女 性 がよく 口 にする 言 葉 ですが この 人 こんなに 何 もできない 人 だったのか と 思 ったのです というのは 私 も 新 たなる 発 見 をであって これはそういう 訓 練 を 受 け てないし そういうところに 全 然 関 わってなかったから 昔 の 男 というのは 鈴 木 先 生 みたいなそんな 立 派 な 男 性 は 別 として 歴 史 的 に 男 性 を 見 ますと 例 えばアメリカのオバ マ 大 統 領 はいいのですよね でブッシュ 大 統 領 は どうだったか 歴 史 的 に 見 ると 相 手 の 国 を 侵 略 したり 酷 い 目 に 遭 わせたり 暴 力 を 振 るったり ということをしてきた こ れは 国 家 だけではなく 家 庭 内 も 同 じなのだけど いつも 男 なのですよね それは 男 の 方 が 力 が 強 いから そういう 形 で 権 力 を 握 ったということがあるので 権 力 の 座 に 就 いた 時 に それを 暴 力 的 な 形 で 利 用 しない 人 間 というのは 非 常 に 偉 い 人 で なかなかいな いものだ と 思 います だから 女 性 がね そういう 立 場 になっても イギリスのエリザベス 女 王 なんて 人 もいま したね ビクトリア 女 王 もいます エリザベス 女 王 の 治 世 は よく 治 まっていました 日 本 でもですね 歴 史 的 に 女 王 というのは 一 応 いました それでまあ ホントの 意 味 で 権 力 握 ったら 女 もどうなるか 例 えば 中 国 の 西 太 后 というもの 凄 い 政 治 をしたと 言 われて いて あんまり 一 概 に 言 ってはいけないけど 良 いこともしているけど 悪 いこともして いるのは 圧 倒 的 に 男 が 多 いのです これは 偏 頗 (へんぱ)な 意 見 だと 思 って 普 段 は 言 わないようにしているのですが 今 までの 社 会 では 実 際 としてそうだったのですね 女 が これからの 時 代 に 伸 びていく 当 然 のことです で 何 故 伸 びるかというと もう 男 の 持 っ ている 筋 肉 の 力 が 必 要 なくなったからなのですね 男 が 権 力 を 握 ったのは 力 が 強 かった からなのです 今 までの 社 会 では だけど もうそれがいらなくなった 色 んな 戦 争 でも ボタンひとつでできる 世 になった それだったら 女 だってできるわけで そこのところ で 男 女 の 力 関 係 が 本 質 的 に 変 わってくるわけですね だから これは 男 が 偉 いのか 女 が 偉 いのか 男 がダメなのか 女 がダメなのか 私 が 言 っているのは 偏 波 でバカな 理 論 なので あんまり 言 いたくないのですけど 私 は 基 本 的 にですね 動 物 の 世 界 を 見 てい ても 男 の 方 が 闘 争 的 だと 思 います これは 多 分 メスを 争 い 強 いオスとして 自 分 の 精 子 を 残 すためにメスを 獲 得 しなければならないという 本 能 から 多 分 男 の 暴 力 性 という 14

15 ものは 来 ているのではないかと 思 います だからそれはおそらく 自 然 なことなのだと 思 い ますが その 為 にどんな 大 きな 悲 劇 が 起 こっているかということを 考 えなくてはいけない 10. 田 中 喜 美 子 さん 日 本 は 女 性 的 文 化 の 国 相 変 わらず 戦 争 が 世 界 中 で 起 きていますね こないだまで イラクで 戦 争 がありまし て これはオバマ 政 権 でも 受 け 継 いでいるわけですね だから 日 本 は そういう 形 の 男 の 国 であってはいけない 女 ならでは 夜 も 明 けぬ 国 日 本 そういう 国 に 私 は 日 本 をしたい と 思 います 日 本 というのは 昔 から 女 性 的 な 国 なのです 日 本 の 文 化 は 非 常 に 女 性 的 で す それでそれは 悪 いことではなかったのです 日 本 にとって 非 常 に 平 和 な 国 でした しかも 文 化 程 度 の 高 い 国 でした で 日 本 は これからどういう 国 にあろうとするのか ど ういう 国 であるべきなのか という 根 本 のことを 考 えなければダメだと 思 います その 前 に 男 性 文 化 女 性 文 化 ということが かなりクローズアップされて 国 民 の 検 証 の 対 象 になる 日 が 遠 からず 来 るのではないかと 思 います 大 体 私 はスタンスとして 男 に 対 して 批 判 的 であったのですけど それはウチの 亭 主 を みていると 余 りにも 能 力 がないのでびっくりしちゃって ええ こんなに 何 もできな い 人 だったの と 思 って それはやらせようとしなかった 私 も 悪 かったのですけど 何 でもできちゃうのですものね 今 の 社 会 というのは 女 の 手 もほとんどいらないほどです よね 今 に 私 は 日 本 では 家 庭 でもお 料 理 もしなくなってしまうのではと 思 っています 今 もう 洋 服 を 縫 ったり 着 物 を 縫 ったり 一 切 しません でもこれは 百 年 前 にはしてい ましたね で 女 性 の 日 常 生 活 から 裁 縫 (ソーイング)ということはなくなってしまいまし た そのうち 食 べる(イーテング)ということも 同 じようになって 後 百 年 ぐらいすると え 家 の 中 でお 料 理 してたの? という 時 代 が 来 ると 思 います これは 本 当 に 危 険 な 事 なのですね 人 間 がこれからどういうことに 成 っていくかと 言 うことで とっても 危 険 な 部 分 がある と 思 いますので 特 に 政 治 に 携 わる 方 達 には よく 考 えて 欲 しいと 思 いますし 私 たち 女 性 も そういう 現 実 を 考 えながら 家 庭 を 作 り 子 育 てをしなければならないと 思 います 以 上 男 の 人 に 対 しては 私 は 評 価 は 低 いです ( 笑 い)つまり 男 の 権 力 は 暴 力 の 上 にあ ります それがひとつ それから 男 というのは どうも 頭 の 作 りがどこかおかしいので はないかと 思 っているのです 前 は 女 の 脳 みそは 足 りないと 言 われていました 脳 幹 の 具 合 がね 女 は 違 うのだと だから 女 はバカなのだと ところが 私 は 最 近 どうも 男 は 頭 がおかしいのではないかと いうように 思 ってきたのです ( 拍 手 ) 酷 いことばっかり 言 っ てすみません 鈴 木 : 子 育 て 少 子 化 との 父 性 の 結 びつきのこと もう 少 しお 話 しください 田 中 さんの 15

16 男 性 論 とどうのように 結 びつくのですか 11. 子 育 て 欲 求 が 満 たされないと 泣 く 子 に 育 てないことから 始 めよう 田 中 喜 美 子 : 良 い 質 問 をいただきました 閃 きました 子 育 てによって そういう 男 を 作 らないことです 女 性 の 世 界 もちゃんと 理 解 できる 男 だけど 弱 々しくて すぐにビービ ー 泣 く 男 の 子 ではなくて 本 当 の 男 らしさというのは 私 はあると 理 想 を 抱 いているので すが 本 当 の 男 らしさとはなんだろう 本 当 の 女 らしさってなんだろう そこで 一 番 良 い 形 は 自 分 の 子 どもを 育 てる それはどういう 風 にしたらいいかというと その 理 想 を 念 頭 において 育 てるということだと 思 います 男 だから とほいほい 甘 やかしていたら ダメです 不 登 校 になる 子 どもというのは 男 がほとんどなのです それは 完 全 に 女 が そのように 育 てているからなのです とてもこれは 難 しいことですけれども 男 の 子 は 非 常 に 育 てにくいです 女 の 子 は 元 気 いっぱい 男 の 子 はへなへな それでしょちゅう 閉 じこもりになってしまう 今 引 きこもりが 百 万 人 いる でそれもほとんどが 男 と 言 われて います これは 完 全 にどっかおかしいです それは 母 親 の 育 て 方 に 原 因 があると 私 は 思 います 鈴 木 : 分 かりました 子 育 て 問 題 と 結 びつきましたね でいよいよ 時 間 もなくなってきま したので まとめに 入 りたいと 思 いますが 最 後 に 少 子 化 問 題 子 育 て 問 題 に これだけ は 言 っておきたいということを 述 べていただきます 田 中 喜 美 子 : 鈴 木 先 生 さっき 男 性 に 悪 い 事 ばかり 言 ったので 最 後 に 一 言 云 わせていた だきたいのは 今 日 鈴 木 先 生 を 含 めて ここに 列 席 された 御 三 方 の 男 性 の 意 見 を 伺 ってい て ああ 日 本 の 男 も 良 くなってきたのだ という 印 象 を 持 ちました ( 笑 い)これは 本 当 で す これから 大 丈 夫 なんだ こういう 男 性 の 方 々が 増 えてくれば 大 丈 夫 なんだと 思 います その 意 を 強 くしました 12. 山 口 拓 さん 田 中 優 子 さん 少 子 化 対 策 も 地 域 主 権 で 進 めることが 大 事 山 口 : 最 後 に 泉 先 生 にまとめていただく 前 に 地 方 議 員 である 私 が 思 うことは 細 かな 子 育 てに 関 わる 政 策 というのは 私 たち 地 方 の 議 会 に 任 せていただいた 方 が それぞれの 地 域 特 性 に 合 わせて 施 策 の 展 開 ができるので 任 せていただいた 方 が いいと 思 ってい ます 国 に 立 てていただきたいのは 統 一 した 対 応 が 必 要 な 施 策 については 当 然 国 が 統 一 的 な 方 針 を 打 ち 出 していただきたいと 言 うことと あとは 地 方 の 努 力 をしっかりと 援 護 する 仕 組 みだとか 財 源 の 確 保 に 国 には 是 非 努 めていただきたいと 思 います 今 児 童 手 当 の 拡 充 だとか 医 療 の 充 実 だとか 税 制 の 見 直 しだとか 教 育 費 の 軽 減 だと か さまざまな 課 題 を 民 主 党 も 提 案 をし 国 の 柱 として 立 てていただいている 最 中 だとは 16

17 思 いますが 何 と 言 っても 少 子 化 の 問 題 は 何 が 原 因 なのかということも 大 事 なので すが それをどのように 解 決 していくのか 少 子 高 齢 化 という 問 題 が 少 し 先 行 している ので 高 齢 化 の 問 題 と 少 子 化 が 合 わせて 考 えられがちですが 人 口 の 問 題 として 考 えれば 社 会 保 障 を 構 築 するために 少 子 化 問 題 を 考 えれば どこにゴールを 向 けて 進 んでいくのか 少 子 化 問 題 に 取 り 組 む 先 進 国 というのは 必 ず 明 確 な 目 標 を 持 って 取 り 組 まれているわ けでありますから 日 本 も 早 く その 目 標 というものをうち 立 てて 進 んで 行 って 欲 しい と 思 います そうすれば 少 子 化 問 題 解 決 に 向 け 地 方 議 員 である 私 たちも 動 きやすい 環 境 が 整 うのではと 思 います 田 中 優 子 : 今 日 は 政 府 から 泉 大 臣 政 務 官 に 来 ていただいたので お 忙 しいところありがと うございました 是 非 とも 地 方 は 地 方 でその 実 態 に 合 わせて 頑 張 るので 国 の 方 は 大 本 のところ つまりそれから 福 祉 の 意 味 では 全 国 どこに 行 っても この 福 祉 を 受 けられると いう 最 低 ラインというものが 必 要 だと 思 いますが 保 育 所 のようなものが いろいろな 規 制 でやりにくいという 部 分 は 是 非 とも 緩 和 していただいて 財 源 も 地 方 に 移 譲 していただ き 今 日 の 地 方 の 現 場 では 悲 鳴 が 毎 日 届 いているということも 分 かっていただければと 思 います 以 上 私 のまとめの 言 葉 とさせていただきます 13. 泉 さん 少 子 化 子 育 て 対 策 も 地 方 分 権 にチェンジします!! 泉 : 別 に 政 府 を 代 表 して 発 言 するつもりはないのですが 地 方 分 権 のお 話 しがでました 子 ども 手 当 もそうですし 保 育 所 の 基 準 もそうなのですが 今 官 僚 達 がよく 言 うのは こ んなものを 地 方 に 任 せたら 酷 いことになりますよ ということです まあ 世 田 谷 のよう な 自 治 体 であればいいかもしれませんが 官 僚 は どこどこの 自 治 体 では せっかく 地 方 にお 金 を 渡 したら 別 なことの 使 われてしまった というようなことです でも そんなことを 言 っているから 地 方 分 権 がずっとできて 来 なかったわけでして ど っかで エイヤ- と 権 限 と 財 源 を 渡 さないと いつまで 立 っても 地 方 分 権 なんて で きっこないのです できないところだけを 見 て 私 たちがあります となる でそれでや って 来 たのかというと やれてこなかったわけですから まさにそこは 柔 軟 な 予 算 と 権 限 を 自 治 体 に 渡 していくというのは 私 たちも 同 じ 考 えです 今 政 府 の 中 で 官 僚 たちと 戦 っ ているというのが 今 の 状 況 だということをご 理 解 いただきたいと 思 います 鈴 木 先 生 がアメリカとスウェーデンのお 話 しをされて アメリカとスウェーデンでは 出 生 率 が 上 がっているということですが その 前 に 田 中 喜 美 子 先 生 が この 不 況 下 でも 女 性 の 就 職 率 は なかなか 堅 調 な 動 きを 見 せているというお 話 しもありました 私 も 同 じ 説 明 を 別 の 方 から 受 けまして 不 況 のこの 時 代 に 煽 りを 喰 っているのは 男 性 なんですね 煽 り を 喰 っているという 表 現 はおかしな 言 い 方 ですが 実 は 男 性 の 雇 用 そのものが 高 コスト 17

18 体 質 であったと だから 不 況 下 では 維 持 できない いうこともあって 実 はアメリカなん かでは 不 況 の 時 に 女 性 の 社 会 進 出 が 進 んでいるということで 日 本 も 不 況 だ 不 況 だ 辛 い 辛 いと 言 っている 一 方 で ここはまさに 社 会 を 変 えていくチャンスでもあると い うことなのだと 思 います ですからこういう 時 にこそ 世 の 中 に 出 て 成 長 性 をしっかりと 確 保 していくことで さらにこの 日 本 は 女 性 の 社 会 進 出 が 進 んで 行 くということになる と 思 います 一 方 では 女 性 が 男 性 の 社 会 に 近 づいていくのが 本 来 の 意 味 の 男 女 共 同 参 画 ではないと 思 うのですね そういう 追 いかける(キャッチアップ)のが 男 女 共 同 参 画 ではなくて あくまで 男 性 も 女 性 も それぞれの 個 人 の 持 つ 特 性 が 活 かされる 社 会 になればいいということだと 思 いますので 男 性 ももっと 家 庭 進 出 するべきだと 思 います で 家 庭 で 育 児 をした 男 性 が 場 合 によっては 会 社 の 中 で 評 価 されるような 風 になっていい のではないかと 思 います 14. 泉 さん 企 業 にも 男 女 共 同 参 画 の 文 化 を 根 付 かせる 施 策 の 検 討 今 実 は 福 島 大 臣 と 構 想 を 練 っているのは 日 本 ではちょこちょこあるのだそうですけ ども 公 共 事 業 の 入 札 要 件 なんかですね その 会 社 が どれだけ 男 女 共 同 参 画 対 策 をや っているか どれだけ 子 育 て 支 援 をやっているか いうことを 入 札 要 件 にしようという 考 え 方 があって そのことを 国 でも 考 えていこうじゃないか という 話 もあるのですね や っぱりこういうことも 含 めて 今 までにない 新 しい 観 点 に 立 って 新 しいことをやる 新 し い 政 権 では 今 までの ワクを 越 えたものを 色 んな 意 味 でできるのではないかと 思 いま すので 是 非 進 めていきたいかなと 思 っております 本 日 はどうもありがとうございまし た 鈴 木 :ありがとうございました 政 治 家 のお 三 人 には 政 治 家 としての 姿 勢 それから 個 人 的 な 子 育 ての 経 験 を 踏 まえてたいへん 貴 重 な 意 見 をお 話 しいただきました ありがとうご ざいました ( 了 採 録 佐 藤 弘 弥 ) 18

Microsoft Word - 【公開用】13 振り返り.doc

Microsoft Word - 【公開用】13 振り返り.doc 発 言 をそのまま 書 き 起 こしたデータを 基 に 個 人 情 報 に 関 する 部 分 を 削 除 し 文 意 が 通 るように 修 正 を 行 っています 振 り 返 り アンケート 記 入 ( 総 合 F) それでは アンケートをお 書 きください そして アンケートの 中 で ここが 一 番 重 要 だというところには 下 線 などを 引 いていただいて 結 構 です 最 後 にまた 30

More information

かなというふうなことで 少 しよくその 辺 全 体 像 を 考 えながら 関 係 省 庁 と 協 力 して 検 討 してみてくださいということをお 願 いしたという そんなところです だから 今 はまだ 具 体 的 にどうするかという どうすべきなのかというところまでは まだ 申 し 上 げておりま

かなというふうなことで 少 しよくその 辺 全 体 像 を 考 えながら 関 係 省 庁 と 協 力 して 検 討 してみてくださいということをお 願 いしたという そんなところです だから 今 はまだ 具 体 的 にどうするかという どうすべきなのかというところまでは まだ 申 し 上 げておりま 原 子 力 規 制 委 員 会 記 者 会 見 録 日 時 : 平 成 27 年 11 月 25 日 ( 水 )14:30~ 場 所 : 原 子 力 規 制 委 員 会 庁 舎 記 者 会 見 室 対 応 : 田 中 委 員 長 < 質 疑 応 答 > 司 会 それでは 定 刻 になりましたので ただ 今 から 原 子 力 規 制 委 員 会 の 定 例 会 見 を 始 めたいと 思 います 早 速

More information

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ 平 成 28 年 度 中 小 企 業 振 興 会 議 第 1 回 会 議 議 事 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 案 件 及 び 議 事 議 事 要 旨 平 成 28 年 6 月 7 日 ( 火 ) 午 後 2 時 から 午 後 3 時 20 分 館 林 市 役 所 502 会 議 室 振 興 会 議 委 員 : 笠 原 委 員 多 田 委 員 三 田 委 員 仁 田 委 員 伊 藤 委 員 藤

More information

しては 一 般 職 員 の 期 末 勤 勉 手 当 を 今 年 度 国 の 人 事 院 勧 告 を 考 慮 して0.15 月 分 引 き 上 げる 議 案 を 出 す 予 定 です 今 回 の 諮 問 案 は 一 般 職 員 の 引 き 上 げを 考 慮 して 同 月 分 特 別 職 についても 引

しては 一 般 職 員 の 期 末 勤 勉 手 当 を 今 年 度 国 の 人 事 院 勧 告 を 考 慮 して0.15 月 分 引 き 上 げる 議 案 を 出 す 予 定 です 今 回 の 諮 問 案 は 一 般 職 員 の 引 き 上 げを 考 慮 して 同 月 分 特 別 職 についても 引 平 成 26 年 度 我 孫 子 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 概 要 1. 会 議 名 称 我 孫 子 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 2. 開 催 日 時 平 成 26 年 11 月 6 日 ( 木 ) 午 前 9 時 から 3. 場 所 議 事 堂 第 一 委 員 会 室 4. 出 席 者 委 員 米 澤 会 長 飯 田 委 員 中 尾 委 員 寺 本 委 員 石 﨑 委 員

More information

○大津の事案に学ぶこと

○大津の事案に学ぶこと 協 議 事 項 1 平 成 24 年 7 月 24 日 教 育 総 務 課 小 中 学 校 課 特 別 支 援 教 育 課 高 等 学 校 課 いじめ 問 題 への 対 応 について 資 料 1 大 津 市 の 事 案 から 学 ぶべきもの 資 料 2 福 岡 県 いじめ 問 題 総 合 対 策 ( 抜 粋 ) 資 料 3 定 例 記 者 会 見 における 大 津 市 のいじめ 自 殺 問 題 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2033835A83628356838783933295F18D903181698D828E52816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2033835A83628356838783933295F18D903181698D828E52816A> 第 2 セッション 第 1 報 告 留 学 生 に 対 する 英 語 による 日 本 法 教 育 - 刑 事 法 を 中 心 に- 京 都 大 学 : 高 山 佳 奈 子 < 高 山 > 京 都 大 学 の 高 山 でございます 私 のほうもパワーポイントとかコンピュータとか 準 備 し ていなくて この3ページのレジュメだけで 発 表 をさせていただきます 後 の 櫻 田 先 生 の 資 料 が

More information

平 成 27 年 4 月 定 例 東 温 市 教 育 委 員 会 会 議 録 開 会 の 日 時 及 び 場 所 平 成 27 年 4 月 22 日 ( 水 ) 午 前 10 時 15 分 東 温 市 庁 舎 4 階 405 会 議 室 議 事 に 出 席 した 委 員 教 育 長 職 務 代 行 者 菅 原 正 夫 委 員 遠 富 英 子 委 員 大 政 美 智 子 委 員 本 田 隆 彦 議

More information

平成16年度 北広島市水道事業再評価審議委員会

平成16年度 北広島市水道事業再評価審議委員会 平 成 23 年 度 第 5 回 北 広 島 市 水 道 事 業 経 営 審 議 会 日 時 平 成 24 年 2 月 3 日 ( 金 ) 午 後 6 時 00 分 場 所 本 庁 舎 2 階 会 議 室 審 議 会 出 席 者 審 議 委 員 伊 藤 委 員 秋 穂 委 員 野 部 委 員 橋 本 委 員 三 好 委 員 和 田 委 員 金 子 委 員 10 名 中 8 名 出 席 事 務 局 深

More information

具 体 的 には 救 急 医 療 の 充 実 など 喫 緊 の 課 題 に 対 応 するため 急 性 期 を 中 心 とする 入 院 医 療 に 優 先 的 かつ 重 点 的 に 配 分 するとともに 急 性 期 後 の 受 け 皿 としての 後 方 病 床 在 宅 療 養 の 機 能 を 強 化

具 体 的 には 救 急 医 療 の 充 実 など 喫 緊 の 課 題 に 対 応 するため 急 性 期 を 中 心 とする 入 院 医 療 に 優 先 的 かつ 重 点 的 に 配 分 するとともに 急 性 期 後 の 受 け 皿 としての 後 方 病 床 在 宅 療 養 の 機 能 を 強 化 報 告 1 診 療 報 酬 改 定 と 国 保 問 題 小 澤 勇 治 ( 栃 木 県 民 主 医 療 機 関 連 合 会 ) はじめに 栃 木 県 民 主 医 療 機 関 連 合 会 事 務 局 長 の 小 澤 でございます 略 称 で 言 いますと 民 医 連 という 言 葉 をお 聞 きなったこともあろうかと 思 います 栃 木 県 では 医 療 生 協 法 人 の 診 療 所 や 介 護 事

More information

セッション 2 Part.2 / ポスターセッション に 多 かったです 過 去 1 年 間 に 休 業 している 方 は 50 人 以 下 の 会 社 で はいませんでした ということで 501 人 以 上 の 会 社 だと1 年 間 に1 人 以 上 は 出 ますというお 答 えでした ポスター

セッション 2 Part.2 / ポスターセッション に 多 かったです 過 去 1 年 間 に 休 業 している 方 は 50 人 以 下 の 会 社 で はいませんでした ということで 501 人 以 上 の 会 社 だと1 年 間 に1 人 以 上 は 出 ますというお 答 えでした ポスター 平 成 22 年 度 一 般 公 募 演 題 がん 患 者 が 治 療 を 受 けながら 仕 事 を 継 続 するためのサポートと 再 就 職 のためのサポートについて 横 浜 市 立 大 学 医 学 部 社 会 予 防 医 学 特 任 講 師 川 上 ちひろ ポスター 1 がん 患 者 がすごく 増 えていること ポスター 1 と 20 歳 代 以 降 の 死 亡 原 因 は 第 1 位 ががん

More information

3 認 定 こども 園 制 度 化 のメリット O 大 臣 政 務 官 ( 有 村 治 子 君 ) 今 般 の 認 定 こども 園 の 制 度 化 によっては ( 中 略 ) 保 護 者 が 就 労 の 有 無 によっても 子 供 が 施 設 を 変 わる 必 要 がない 一 貫 した 教 育 保

3 認 定 こども 園 制 度 化 のメリット O 大 臣 政 務 官 ( 有 村 治 子 君 ) 今 般 の 認 定 こども 園 の 制 度 化 によっては ( 中 略 ) 保 護 者 が 就 労 の 有 無 によっても 子 供 が 施 設 を 変 わる 必 要 がない 一 貫 した 教 育 保 就 学 前 の 子 どもに 関 する 教 育 保 育 等 の 総 合 的 な 提 供 の 推 進 に 関 する 法 律 国 会 会 議 録 抜 粋 圃 1 法 律 の 提 案 理 由 及 び 概 要 0 国 務 大 臣 ( 小 坂 憲 次 君 )このたび 政 府 から 提 出 いたしました 就 学 前 の 子 どもに 関 する 教 育 保 育 等 の 総 合 的 な 提 供 の 推 進 に 関 する

More information

04siryou2.xdw

04siryou2.xdw 資 料 2 在 校 時 間 の 記 録 把 握 の 現 況 について 1 県 立 学 校 の 場 合 平 成 22 年 度 から 別 添 様 式 1により 各 教 員 に 記 録 するよう 通 知 している 自 己 申 告 制 2 公 立 小 中 学 校 の 場 合 上 記 の 県 の 通 知 文 を 参 考 として 市 町 村 教 育 委 員 会 に 周 知 するともに 適 正 な 在 校 時 間

More information

Microsoft Word - 第4回会議録(公開用)

Microsoft Word - 第4回会議録(公開用) 平 成 26 年 度 第 4 回 鳴 門 市 児 童 福 祉 審 議 会 会 議 概 要 日 時 平 成 26 年 10 月 30 日 ( 木 ) 午 後 2 時 ~ 場 所 本 庁 舎 3 階 会 議 室 出 席 者 委 員 14 名 関 係 課 事 務 局 職 員 12 名 欠 席 委 員 2 名 議 事 1 開 会 2 議 事 (1) 利 用 調 整 の 取 り 扱 いについて 利 用 調 整

More information

Microsoft Word - ☆第31回事業評価監視委員会議事録_最終_ .docx

Microsoft Word - ☆第31回事業評価監視委員会議事録_最終_ .docx ---------------------------------------- 再 評 価 4. 広 域 河 川 改 修 事 業 大 谷 川 ---------------------------------------- 議 長 午 後 の 審 議 を 再 開 いたします 今 回 は 再 評 価 4 番 の 広 域 河 川 改 修 事 業 大 谷 川 について 説 明 をお 願 いいたします 河

More information

第1回兵庫県後期高齢者医療広域連合情報公開・個人情報保護審査会

第1回兵庫県後期高齢者医療広域連合情報公開・個人情報保護審査会 平 成 24 年 度 第 2 回 兵 庫 県 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 懇 話 会 議 事 録 1 日 時 平 成 24 年 12 月 20 日 ( 木 ) 午 後 2 時 30 分 ~ 午 後 3 時 30 分 2 場 所 兵 庫 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 会 議 室 3 出 席 者 (1) 兵 庫 県 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 懇 話 会 委 員 16

More information

本日はNPO法人アスペの会石川、金沢エルデの会共催事業の「ピア・サポート」にご参加いただきありがとうございました

本日はNPO法人アスペの会石川、金沢エルデの会共催事業の「ピア・サポート」にご参加いただきありがとうございました H27 年 9 月 23 日 開 催 ピアサポート ( 於 ) 金 沢 大 学 角 間 の 里 今 回 のテーマ 高 校 卒 業 と 自 己 受 容 はじめに: 今 回 のテーマに 自 己 受 容 を 取 り 上 げたことについて 知 的 な 遅 れのない 発 達 障 害 を 持 つ 人 の 多 くは 早 ければ 園 児 の 時 に また 遅 くとも 学 業 対 人 関 係 な どが 複 雑 になる

More information

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」 これからの 幼 児 教 育 について 幼 児 教 育 保 育 学 科 山 路 純 子 はじめに 本 日 は,これからの 幼 児 教 育 について, 社 会 情 勢 の 変 化 に 対 応 した 法 改 正 の 状 況 を 概 観 しながら 幼 保 一 体 化 の 教 育 を 主 に 取 り 上 げ, 今 後 の 発 展 の 動 向 を 考 えながら, 本 校 のような 養 成 校 の 役 割 などについて

More information

平成26年度新規採用者並びに人事異動に伴う辞令交付式での理事長挨拶

平成26年度新規採用者並びに人事異動に伴う辞令交付式での理事長挨拶 平 成 26 年 度 新 規 採 用 者 並 びに 人 事 異 動 に 伴 う 辞 令 交 付 式 での 理 事 長 挨 拶 皆 さん お 早 うございます それでは 平 成 26 年 度 新 規 採 用 者 並 びに 人 事 異 動 に 伴 う 辞 令 交 付 式 に 際 しまして 一 言 ご 挨 拶 申 し 上 げます 改 めて 言 うまでもないことではありますが 本 日 を 持 ちまして 平

More information

Microsoft Word - 1日目(5月27日)

Microsoft Word - 1日目(5月27日) 平 成 28 年 第 2 回 潟 上 市 議 会 臨 時 会 会 議 録 開 会 平 成 28 年 5 月 27 日 午 前 10:00 閉 会 午 前 11:06 出 席 議 員 (19 名 ) 1 番 鐙 仁 志 2 番 堀 井 克 見 3 番 佐 々 木 嘉 一 4 番 小 林 悟 5 番 澤 井 昭 二 郎 6 番 藤 原 幸 雄 8 番 藤 原 典 男 9 番 西 村 武 10 番 千 田

More information

第19回規制改革会議 記者会見録

第19回規制改革会議 記者会見録 1. 日 時 : 平 成 25 年 10 月 31 日 ( 木 )18:55~19:17 2. 場 所 : 合 同 庁 舎 4 号 館 2 階 220 会 議 室 司 会 それでは 大 変 お 待 たせいたしました 規 制 改 革 会 議 の 模 様 につきまして 岡 議 長 から 御 説 明 いたします 質 疑 応 答 はまとめてお 願 いいたします それでは 議 長 よろしくお 願 いいたします

More information

岩村委員長

岩村委員長 平 成 25 年 2 月 八 戸 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 25 年 2 月 25 日 ( 月 ) 午 後 1 時 30 分 2 場 所 市 庁 本 館 3 階 議 会 第 1 委 員 会 室 3 委 員 氏 名 委 員 長 岡 本 潤 子 委 員 長 職 務 代 行 者 小 柴 一 弘 委 員 武 輪 節 子 教 育 長 松 山 隆 豊 4 職 員

More information

た 方 が 良 いと 思 います そのモチベーションが 色 々なところに 活 きてくること もありますので ( 他 の 生 徒 を 指 して) 将 来 どんな 職 業 に 就 きたいですか 学 生 : 法 曹 三 者 になりたいです 室 谷 先 生 :それは 何 でですか? 学 生 : 何 となくで

た 方 が 良 いと 思 います そのモチベーションが 色 々なところに 活 きてくること もありますので ( 他 の 生 徒 を 指 して) 将 来 どんな 職 業 に 就 きたいですか 学 生 : 法 曹 三 者 になりたいです 室 谷 先 生 :それは 何 でですか? 学 生 : 何 となくで 2011 年 10 月 20 日 ロイヤリング 講 義 講 師 : 弁 護 士 室 谷 光 一 郎 先 生 文 責 須 藤 勇 人 ジェンダー セクシュアリティの 法 律 問 題 世 の 中 は 法 律 だけで 動 いている 訳 ではないので 色 々なものに 目 を 向 けなけれ ばいけないと 考 えています 法 律 馬 鹿 になってしまうと 経 済 や 社 会 の 状 況 が 読 めなくなってしまいます

More information

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc)

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc) 一 時 特 定 保 育 の 役 割 とその 課 題 児 童 学 研 究 科 児 童 学 専 攻 06-0632 0632 石 川 三 千 代 1. 研 究 の 動 機 と 目 的 少 子 化 は 1990( 平 成 2) 年 の 1.57 ショックから 大 きな 社 会 問 題 として 取 り 上 げられる ようになった 国 はエンゼルプラン 1994( 平 成 6) 年 新 エンゼルプラン 1999(

More information

1.まずは 滞 在 時 間 を 伸 ばす 意 味 を 知 る グーグルは 決 してアフィリエイトサイトを 排 除 することを 目 的 としてはいません 役 に 立 たなくて ゴミのような 不 必 要 なサイトが 上 位 表 示 されてしまうことが グーグルにとって 一 番 不 愉 快 なのです なの

1.まずは 滞 在 時 間 を 伸 ばす 意 味 を 知 る グーグルは 決 してアフィリエイトサイトを 排 除 することを 目 的 としてはいません 役 に 立 たなくて ゴミのような 不 必 要 なサイトが 上 位 表 示 されてしまうことが グーグルにとって 一 番 不 愉 快 なのです なの 滞 在 時 間 を 伸 ばす 方 法 ここで 言 う 滞 在 時 間 とは 平 均 PV 数 を 増 やすという 意 味 合 いも 含 んでいます 滞 在 時 間 が 伸 びればグーグルから 評 価 が 上 がり 上 位 表 示 されやすくなるし PV 数 が 増 加 すれば 当 然 アドセンスをクリックしてくれる 回 数 は 増 えます 少 ないアクセスでできるだけ 多 くの 報 酬 を 得 ていくためには

More information

平成27年第08回会議記録(抜粋)

平成27年第08回会議記録(抜粋) 平 成 27 年 第 8 回 定 例 教 育 委 員 会 平 成 27 年 8 月 27 日 ( 木 曜 日 ) 開 会 午 前 10 時 00 分 閉 会 午 前 10 時 38 分 議 事 日 程 日 程 第 1 会 期 の 決 定 日 程 第 2 会 議 録 署 名 委 員 の 指 名 日 程 第 3 報 告 第 45 号 諸 般 の 報 告 日 程 第 4 報 告 第 46 号 浦 幌 町

More information

平成15年 第2回香芝市教育委員会議録

平成15年 第2回香芝市教育委員会議録 平 成 27 年 第 11 回 香 芝 市 教 育 委 員 会 会 議 (10 月 定 例 ) 会 議 録 日 時 平 成 27 年 10 月 20 日 ( 火 ) 午 前 9 時 30 分 より 場 所 香 芝 市 役 所 5 階 委 員 会 室 出 席 者 廣 瀬 裕 司 委 員 ( 職 務 代 理 者 ) 日 高 初 美 委 員 中 木 秀 一 委 員 田 中 貴 治 委 員 石 原 田 明

More information

1 はじめに いじめほど 残 酷 で 恐 ろしくて 無 意 味 な 行 為 は 他 には 存 在 しないのではないか いじ めが 起 これば 被 害 者 には 心 に 大 きな 傷 を 残 し 加 害 者 は 被 害 者 の 苦 しみや 痛 みをずっと 背 負 っていかなければならなくなる いじめの

1 はじめに いじめほど 残 酷 で 恐 ろしくて 無 意 味 な 行 為 は 他 には 存 在 しないのではないか いじ めが 起 これば 被 害 者 には 心 に 大 きな 傷 を 残 し 加 害 者 は 被 害 者 の 苦 しみや 痛 みをずっと 背 負 っていかなければならなくなる いじめの いじめを 無 くす 為 に ~ 現 代 いじめについて 考 える~ 群 馬 県 立 太 田 女 子 高 等 学 校 1 年 菊 田 未 来 目 次 1 はじめに 2 現 代 いじめの 特 徴 (1)いじめっこは 存 在 しない!? (2) 仲 良 しグループの 中 でのいじめ 3 いじめをなくすために 私 たちにできること (1) 依 存 心 をなくす (2) 趣 味 を 見 つける 4 いじめをなくすために

More information

Microsoft Word - 2 目次&背表紙.doc

Microsoft Word - 2 目次&背表紙.doc この 章 では もしも こういう 状 況 になったら 練 馬 区 にどのよう な 影 響 を 及 ぼすのでしょうか? ということを3つのテーマでご 紹 介 します 1 もしも 練 馬 区 が 普 通 地 方 公 共 団 体 だったら? 現 在 私 たち 練 馬 区 をはじめとする 23 区 は 特 別 地 方 公 共 団 体 と 呼 ばれ 市 に 準 ずる 基 礎 的 な 地 方 公 共 団 体 として

More information

(Microsoft Word - 01_\201\233\225\\\216\206\225\224\225\252\202P.doc)

(Microsoft Word - 01_\201\233\225\\\216\206\225\224\225\252\202P.doc) 筑 西 市 議 会 経 済 土 木 委 員 会 会 議 録 ( 平 成 27 年 第 2 回 定 例 会 ) 筑 西 市 議 会 経 済 土 木 委 員 会 会 議 録 1 日 時 平 成 27 年 6 月 16 日 ( 火 ) 開 会 : 午 前 10 時 00 分 閉 会 : 午 前 10 時 21 分 2 場 所 全 員 協 議 会 室 3 審 査 案 件 議 案 第 52 号 筑 西 市 営

More information

私 どもは 1946 年 の 創 業 以 来 ずっと 塚 野 山 に 工 場 がありまして 日 本 国 内 のラケット 関 係 においては 新 潟 県 内 でしか 作 っていないという 状 況 です そんな 中 で バドミントンから 始 まってテニスラケット ゴルフクラブ スノーボード 最 近 はス

私 どもは 1946 年 の 創 業 以 来 ずっと 塚 野 山 に 工 場 がありまして 日 本 国 内 のラケット 関 係 においては 新 潟 県 内 でしか 作 っていないという 状 況 です そんな 中 で バドミントンから 始 まってテニスラケット ゴルフクラブ スノーボード 最 近 はス 長 岡 市 長 記 者 会 見 ( 平 成 27 年 2 月 6 日 ) 日 時 : 平 成 27 年 2 月 6 日 ( 金 曜 日 ) 午 後 1 時 30 分 から 場 所 :アオーレ 長 岡 東 棟 4 階 大 会 議 室 内 容 : 長 岡 市 ヨネックス 共 同 記 者 会 見 西 部 丘 陵 東 地 区 進 出 企 業 第 1 号 が 決 定 ヨネックス 株 式 会 社 と 長 岡 市

More information

会  議  録

会  議  録 会 議 録 会 議 名 開 催 日 時 開 催 場 所 出 席 者 協 議 案 件 平 成 27 年 度 第 1 回 丸 亀 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 協 議 会 平 成 27 年 5 月 22 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 丸 亀 市 立 中 央 図 書 館 会 議 室 出 席 山 本 茂 喜 溝 渕 由 美 子 山 中 洋 子 田 瀬 成 和 篠 原 美 喜 深 井

More information

市 長

市 長 潟 上 市 総 合 教 育 会 議 会 議 録 開 催 日 時 平 成 27 年 6 月 2 日 ( 火 ) 16 時 00 分 ~16 時 25 分 場 所 潟 上 市 役 所 3 階 会 議 室 31 32 (1) 議 長 の 選 任 について 案 件 (2) 潟 上 市 総 合 教 育 会 議 設 置 要 綱 について (3) 大 綱 の 策 定 について (4)その 他 ( 会 議 構 成

More information

事 務 局 ~ 会 議 成 立 の 報 告 ~ ( 出 席 者 の 報 告 ) ~ 会 議 録 署 名 の 指 名 ~ そ れ で は ま ず 審 査 請 求 人 の 方 か ら こ れ ま で の 書 面 で な さ れ た 主 張 に 関 し 補 足 意 見 がありましたらお 願 いします 座

事 務 局 ~ 会 議 成 立 の 報 告 ~ ( 出 席 者 の 報 告 ) ~ 会 議 録 署 名 の 指 名 ~ そ れ で は ま ず 審 査 請 求 人 の 方 か ら こ れ ま で の 書 面 で な さ れ た 主 張 に 関 し 補 足 意 見 がありましたらお 願 いします 座 会 議 録 様 式 第 2 号 会 議 の 名 称 平 成 24 年 度 第 2 回 豊 中 市 開 発 審 査 会 開 催 日 時 開 催 場 所 平 成 24 年 (2012 年 )9 月 3 日 ( 月 ) 14 時 30 分 ~15 時 20 分 生 活 情 報 セ ン タ ー く ら し か ん 3 階 イベントホール 公 開 の 可 否 可 事 務 局 都 市 計 画 推 進 部 都 市

More information

平 成 9 年

平 成 9 年 平 成 2 8 年 高 松 市 教 育 委 員 会 6 月 定 例 会 会 議 録 ( 抄 本 ) 6 月 22 日 ( 水 ) 開 会 6 月 22 日 ( 水 ) 閉 会 出 席 し た 教 育 長 及 び 委 員 教 育 長 藤 本 泰 雄 神 内 仁 委 員 木 場 巳 男 藤 本 英 子 葛 西 優 子 欠 席 し た 教 育 長 及 び 委 員 説 明 のため 会 議 に 出 席 した

More information

( 岐 阜 商 業 高 等 学 校 ) (4) 報 第 5 号 岐 阜 市 立 学 校 等 の 体 育 施 設 の 開 放 に 関 する 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 の 制 定 について( 市 民 体 育 課 ) (5) 第 34 号 議 案 岐 阜 市 教 育 委 員 会 の 附

( 岐 阜 商 業 高 等 学 校 ) (4) 報 第 5 号 岐 阜 市 立 学 校 等 の 体 育 施 設 の 開 放 に 関 する 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 の 制 定 について( 市 民 体 育 課 ) (5) 第 34 号 議 案 岐 阜 市 教 育 委 員 会 の 附 平 成 26 年 第 6 回 岐 阜 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 日 時 平 成 26 年 4 月 25 日 ( 金 曜 日 ) 午 前 9 時 30 分 2 場 所 中 央 青 少 年 会 館 研 修 室 1 3 出 席 委 員 後 藤 委 員 長 矢 島 委 員 中 島 委 員 小 野 木 委 員 早 川 教 育 長 4 説 明 のために 出 席 した 事 務 局 の 職

More information

小次郎講師のトレーダーズバイブル

小次郎講師のトレーダーズバイブル 最 高 レベルのトレード 手 法 をどこよりもわかりやすく! 小 次 郎 講 師 のトレーダーズバイブル 第 70 回 第 11 部 投 資 リテラシーについて その 3 株 主 優 待 で 株 を 選 ぶのをやめよう! 皆 さん こんにちは 小 次 郎 講 師 です こんにちは 助 手 のムサシです おかげさまで 3 月 に 出 版 された 私 の 著 書 がもの 凄 い 勢 いで 売 れている

More information

それでは、平成25年3月の定例記者会見を始めたいと思います

それでは、平成25年3月の定例記者会見を始めたいと思います 1. 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 対 応 について 記 者 府 内 のこどもルームについてです あれは 結 局 形 はまだ 定 まってないけ れども 今 後 またああいう 場 所 をこのあたりに 設 けるというお 考 えでよろしい ですか 市 長 今 ホルトホールだと 遠 いという 意 見 もあると 思 いますので どうしたら いいか 今 ある 場 所 に 再 開 することも 含 めて

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

YACレポート2013.indd

YACレポート2013.indd 税 務 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について YAC 税 理 士 法 人 シニアマネージャー 山 田 晴 康 ( 公 認 会 計 士 ) 自 民 公 明 両 党 は 1 月 24 日 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 決 定 しました 今 回 の 税 制 改 正 では 安 倍 政 権 が 掲 げるデフレ 脱 却 と 景 気 浮 揚 を 税 制 面 から 後 押 しするため

More information

ことになっている 法 律 では 1 国 の 行 政 機 関 や 地 方 公 共 団 体 及 び 民 間 事 業 者 による 障 害 を 理 由 とする 差 別 を 禁 止 すること 2 差 別 を 解 消 するための 取 組 について 政 府 にどうするかとい う 基 本 方 針 を 作 ること 3

ことになっている 法 律 では 1 国 の 行 政 機 関 や 地 方 公 共 団 体 及 び 民 間 事 業 者 による 障 害 を 理 由 とする 差 別 を 禁 止 すること 2 差 別 を 解 消 するための 取 組 について 政 府 にどうするかとい う 基 本 方 針 を 作 ること 3 平 成 27 年 度 堺 市 障 害 者 自 立 支 援 協 議 会 第 4 回 障 害 当 事 者 部 会 日 時 場 所 出 席 者 欠 席 者 ゲスト 参 加 事 務 局 議 事 概 要 平 成 27 年 7 月 22 日 ( 水 ) 14:30~16:30 堺 市 総 合 福 祉 会 館 5 階 第 2 研 修 室 前 田 白 石 丸 野 茅 原 辻 本 乕 田 野 崎 川 渕 松 本 梅

More information

すが 私 もそれでいいと 思 います それでは 続 きまして( 仮 称 ) 浦 安 市 協 働 事 業 提 案 制 度 についての 議 題 に 入 りたいと 思 います <( 仮 称 ) 浦 安 市 協 働 事 業 提 案 制 度 について> 協 働 事 業 の 仕 組 み 会 長 : 提 案 制

すが 私 もそれでいいと 思 います それでは 続 きまして( 仮 称 ) 浦 安 市 協 働 事 業 提 案 制 度 についての 議 題 に 入 りたいと 思 います <( 仮 称 ) 浦 安 市 協 働 事 業 提 案 制 度 について> 協 働 事 業 の 仕 組 み 会 長 : 提 案 制 平 成 21 年 度 第 5 回 市 民 参 加 推 進 会 議 議 事 概 要 日 時 : 平 成 22 年 1 月 26 日 ( 火 )18 時 30 分 ~20 時 10 分 場 所 : 文 化 会 館 3 階 第 2 練 習 室 出 席 者 : 奥 村 委 員 大 谷 委 員 金 山 委 員 六 本 木 委 員 城 戸 委 員 杉 村 委 員 横 山 委 員 芦 田 委 員 事 務 局 :

More information

きたいと 思 います 5. 議 事 (1) 水 道 料 金 改 定 について 事 務 局 により 説 明 ( 資 料 3) 2 ページの 平 成 29 年 度 の 措 置 というのがよく 理 解 できないんですが 29 年 度 に( 料 金 を)43% 増 額 改 定 したらこうなりますというグラフ

きたいと 思 います 5. 議 事 (1) 水 道 料 金 改 定 について 事 務 局 により 説 明 ( 資 料 3) 2 ページの 平 成 29 年 度 の 措 置 というのがよく 理 解 できないんですが 29 年 度 に( 料 金 を)43% 増 額 改 定 したらこうなりますというグラフ 第 2 回 安 来 市 水 道 事 業 運 営 審 議 会 議 事 録 日 時 平 成 28 年 1 月 18 日 ( 月 ) 10:00~ 場 所 安 来 市 中 央 交 流 センター 2 階 第 6 会 議 室 1. 会 議 成 立 報 告 2. 諮 問 3. 市 長 挨 拶 4. 会 長 挨 拶 5. 議 事 (1) 前 回 ( 第 1 回 ) 質 問 事 項 に 対 する 回 答 について

More information

Ⅳ 出 席 者 名 簿 1. 委 員 (7 名 中 6 名 出 席 ) ( 敬 称 略 ) 氏 名 現 職 名 出 欠 菊 地 永 祐 東 北 大 学 名 誉 教 授 出 寺 島 洋 子 一 級 建 築 士 ( 株 ) 寺 島 建 築 設 計 事 務 所 代 表 取 締 役 出 富 澤 秀 行 弁

Ⅳ 出 席 者 名 簿 1. 委 員 (7 名 中 6 名 出 席 ) ( 敬 称 略 ) 氏 名 現 職 名 出 欠 菊 地 永 祐 東 北 大 学 名 誉 教 授 出 寺 島 洋 子 一 級 建 築 士 ( 株 ) 寺 島 建 築 設 計 事 務 所 代 表 取 締 役 出 富 澤 秀 行 弁 宮 城 県 土 地 利 用 審 査 会 Ⅰ 日 時 : 平 成 26 年 11 月 19 日 ( 水 ) 午 前 10 時 30 分 から 午 前 11 時 40 分 まで Ⅱ 場 所 : 宮 城 県 行 政 庁 舎 第 二 会 議 室 (11 階 ) Ⅲ 次 第 1 開 会 2 あいさつ 3 議 事 ( 報 告 事 項 ) (1) 最 近 の 土 地 取 引 動 向 について (2) 最 近 の

More information

・日程第5 会議録署名委員の指名

・日程第5 会議録署名委員の指名 平 成 26 年 7 月 臨 時 会 議 平 成 26 年 度 第 2 回 みどり 市 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 26 年 7 月 22 日 みどり 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 度 第 2 回 みどり 市 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 招 集 日 時 : 平 成 26 年 7 月 22 日 ( 火 ) 午 後 1 時 30 分 から 招 集 場 所 :みどり

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313230363139814090EC8DE88E7392B78B4C8ED289EF8CA9208F438FFC>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313230363139814090EC8DE88E7392B78B4C8ED289EF8CA9208F438FFC> 市 長 記 者 会 見 記 録 日 時 :2012 年 6 月 19 日 ( 木 ) 午 後 2 時 ~ 午 後 2 時 18 分 場 所 : 本 庁 舎 2 階 講 堂 議 題 : 市 政 一 般 < 内 容 > ( 児 童 虐 待 について) 司 会 : ただいまより 定 例 の 市 長 記 者 会 見 を 始 めさせていただきます 本 日 は 市 政 一 般 となっております それでは 幹 事

More information

会議録

会議録 第 4 回 秦 野 市 公 立 幼 稚 園 あり 方 検 討 委 員 会 1 日 時 平 成 24 年 2 月 7 日 ( 火 ) 午 前 10 時 ~ 正 午 2 場 所 秦 野 市 役 所 本 庁 舎 3 階 3A 会 議 室 3 出 席 委 員 逢 坂 委 員 小 林 委 員 佐 藤 委 員 佐 々 木 委 員 桐 山 委 員 横 尾 委 員 大 澤 委 員 梅 原 委 員 野 々 山 委 員

More information

なか

なか 民 生 福 祉 常 任 委 員 会 記 録 平 成 26 年 6 月 9 日 開 催 日 平 成 26 年 6 月 9 日 開 催 場 所 第 1 委 員 会 室 開 会 散 会 時 間 午 前 11 時 20 分 ~ 午 前 11 時 33 分 出 席 委 員 委 員 長 下 瀬 俊 夫 副 委 員 長 矢 田 松 夫 委 員 石 田 清 廉 委 員 岩 本 信 子 委 員 小 野 泰 委 員 三

More information

Microsoft Word - 230922会議録

Microsoft Word - 230922会議録 平 成 23 年 第 9 回 君 津 市 教 育 委 員 会 会 議 録 日 時 : 平 成 23 年 9 月 22 日 ( 木 ) 午 後 2 時 00 分 場 所 : 議 会 第 4 委 員 会 室 平 成 23 年 第 9 回 君 津 市 教 育 委 員 会 会 議 録 1 日 時 平 成 23 年 9 月 22 日 ( 木 ) 午 後 2 時 00 分 開 会 午 後 2 時 41 分 閉

More information

飾 区 子 ども 子 育 て 支 援 ニーズ 調 査 報 告 書 - 学 童 保 育 クラブ 利 用 等 に 関 する 調 査 - 平 成 26 年 3 月 飾 区 目 次 Ⅰ. 調 査 概 要 1 1. 調 査 目 的 1 2. 調 査 対 象 1 3. 調 査 方 法 1 4. 調 査 期 間 1 5. 回 収 状 況 1 6. 集 計 値 や 図 表 の 表 記 について 1 Ⅱ. 調 査

More information

【Kei式】法律争訟物語(1_行政法編)

【Kei式】法律争訟物語(1_行政法編) Kei 式 法 律 争 訟 物 語 (1. 行 政 法 編 ) 第 1~2 話 法 律 争 訟 物 語 (1. 行 政 法 編 - 全 14 話 ) 前 書 き: この 物 語 は 行 政 法 の 中 でも 行 政 手 続 法 行 政 不 服 審 査 法 行 政 事 件 訴 訟 法 を 中 心 に 行 政 争 訟 の 流 れを 楽 し んでお 読 みになれるようつくられた 物 です 問 題 集 を

More information

結 婚 して 相 手 に 満 足 できないときは 離 婚 すればよい 年 代 別 女 性 の 場 合 年 代 が 上 がるにつれて そう 思 う の 割 合 が 低 くなる 傾 向 である 女 性 の 場 合 20 代 では そう 思 う の 割 合 が そう 思 わない を 上 回 るが 30 代

結 婚 して 相 手 に 満 足 できないときは 離 婚 すればよい 年 代 別 女 性 の 場 合 年 代 が 上 がるにつれて そう 思 う の 割 合 が 低 くなる 傾 向 である 女 性 の 場 合 20 代 では そう 思 う の 割 合 が そう 思 わない を 上 回 るが 30 代 ⑶ 結 婚 や 出 産 に 対 する 意 識 1 結 婚 離 婚 出 産 に 対 する 意 識 ( 問 14 ) 全 体 結 婚 は 個 人 の 自 由 であるから 結 婚 してもしなくてもどちらでもよい については そう 思 う (47.5%)が そう 思 わない (26.3%)を 上 回 る 女 性 は 結 婚 したら 自 分 のことよりも 夫 や 子 どもを 中 心 に 生 活 したほうがよい

More information

平成22年第4回臨時会

平成22年第4回臨時会 平 成 26 年 第 2 回 臨 時 会 総 務 民 生 常 任 委 員 会 会 議 録 期 日 : 平 成 26 年 4 月 16 日 ( 水 ) 場 所 : 大 曲 庁 舎 第 1 委 員 会 室 大 仙 市 議 会 総 務 民 生 常 任 委 員 会 会 議 録 日 時 : 平 成 26 年 4 月 16 日 ( 水 曜 日 ) 午 前 10 時 24 分 ~ 午 前 11 時 09 分 会

More information

「別にいいけど俺の話しじゃ勉強になんねえぞ」

「別にいいけど俺の話しじゃ勉強になんねえぞ」 ハーレーに 乗 った 美 容 師 ~ 背 中 に 名 前 を 刻 み 込 んで~ 別 にいいけど 俺 の 話 じゃ 勉 強 になんねえよ! むっ とした 態 度 でした ヘアーデザインアース 坂 井 健 司 代 表 です 私 と 同 じ 位 の 年 齢 でしょうか 上 下 デニムで 今 風 のファッション 美 容 師 らし い 短 髪 のオシャレな 髪 型 ギョロッ とした 目 最 初 の 印 象

More information

「第五回中心市街地活性化基本計画策定委員会」議事録

「第五回中心市街地活性化基本計画策定委員会」議事録 第 6 回 中 心 市 街 地 活 性 化 基 本 計 画 策 定 会 ( 議 事 録 要 約 ) 議 事 録 ( 要 約 ) 日 時 平 成 20 年 7 月 10 日 ( 木 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 場 所 一 宮 市 役 所 一 宮 庁 舎 2 階 第 2 会 室 1 開 会 ( 挨 拶 ) 暑 い 中 ご 苦 労 様 です 今 朝 の 新 聞 によりますと 豊 田 市 の 中 心

More information

平 成 27 年 駒 ヶ 根 市 教 育 委 員 会 第 10 回 臨 時 会 会 議 録 駒 ヶ 根 市 教 育 委 員 会 平 成 27 年 駒 ヶ 根 市 教 育 委 員 会 第 10 回 臨 時 会 議 事 日 程 告 示 年 月 日 平 成 27 年 7 月 22 日 開 催 年 月 日 平 成 27 年 7 月 29 日 ( 水 曜 日 ) 開 催 場 所 JA 上 伊 那 アイパルいなん4

More information

 

  平 成 26 年 第 4 回 吉 富 町 議 会 臨 時 会 会 議 録 ( 第 1 号 ) 平 成 26 年 7 月 11 日 ( 金 ) 午 前 10 時 00 分 開 議 日 程 第 1 会 議 録 署 名 議 員 の 指 名 について 日 程 第 2 会 期 の 決 定 について 日 程 第 3 議 案 第 37 号 京 築 広 域 市 町 村 圏 事 務 組 合 規 約 の 変 更 について

More information

たが 今 後 自 分 次 第 で 変 われると 言 うことを 感 じました 今 日 の 話 しも 興 味 深 かったのですが 石 川 教 授 の 個 人 的 な 経 験 など 思 ったことなど そういうの も 聞 きたいです 貴 重 なお 話 を 聞 かしてもらえたと 思 います 学 生 の 時 は

たが 今 後 自 分 次 第 で 変 われると 言 うことを 感 じました 今 日 の 話 しも 興 味 深 かったのですが 石 川 教 授 の 個 人 的 な 経 験 など 思 ったことなど そういうの も 聞 きたいです 貴 重 なお 話 を 聞 かしてもらえたと 思 います 学 生 の 時 は 2010 年 度 7 月 22 日 神 戸 夙 川 学 院 大 学 石 川 和 則 客 員 教 授 講 義 アンケート 結 果 2010 年 7 月 22 日 石 川 和 則 の 講 義 を 聴 講 した 学 生 に 対 してアンケートを 配 布 質 問 項 目 は1あなたは 何 回 生 ですか? ( 選 択 制 ) 2 講 義 評 価 (5 段 階 ) 3 次 回 講 義 で 聴 きたい 内 容

More information

Microsoft Word - 厚生委員会活動報告HP用<所管> 25.6.12.doc

Microsoft Word - 厚生委員会活動報告HP用<所管> 25.6.12.doc 6 月 12 日 に 厚 生 委 員 会 を 開 催 し, 所 管 する 事 務 事 業 の 調 査 を 次 のとおり 行 いました 新 総 社 市 一 般 廃 棄 物 最 終 処 分 場 の 進 捗 状 況 について 平 成 24 年 度 に 基 本 設 計, 地 質 調 査, 地 形 測 量 業 務 を 完 了 し, 現 在, 生 活 環 境 影 響 調 査 業 務 を 実 施 中 の 新 総

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2096EE8EE732303130303531375F8EE68DDE82F08C7091B182B782D782AB82A981482E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2096EE8EE732303130303531375F8EE68DDE82F08C7091B182B782D782AB82A981482E707074> 取 材 を 継 続 すべきか? - 災 害 取 材 のクロスロード- 矢 守 克 也 京 都 大 学 防 災 研 究 所 災 害 取 材 のクロスロード= 分 かれ 道 第 一 線 の 取 材 活 動 で 直 面 する 厳 しい 判 断 = 分 かれ 道 メディア 報 道 におけるBCP( 業 務 の 継 続 )の 基 盤 防 災 ゲーム クロスロード 阪 神 淡 路 大 震 災 における 自 治

More information

<593A5C8AE989E68C575C8CF689638AE98BC690528B6389EF5C3232944E93785C91E63389F18C8B89CA5C91E68E4F89F189EF8B63985E2E646F63>

<593A5C8AE989E68C575C8CF689638AE98BC690528B6389EF5C3232944E93785C91E63389F18C8B89CA5C91E68E4F89F189EF8B63985E2E646F63> 平 成 22 年 9 月 7 日 午 後 1 時 30 分 苫 小 牧 市 役 所 北 庁 舎 3 階 会 議 室 にて 開 催 開 会 苫 小 牧 市 公 営 企 業 調 査 審 議 会 ( 委 員 20 名 中 13 名 出 席 条 例 による 審 議 会 開 催 の 定 足 数 を 満 た している ) 審 議 松 原 会 長 それでは 8 月 24 日 及 び31 日 に 引 き 続 きまして

More information

Microsoft Word - 記者会見要旨

Microsoft Word - 記者会見要旨 会 見 要 旨 大 学 病 院 の 建 設 に 関 する 協 定 調 印 式 1 日 時 平 成 26 年 5 月 29 日 ( 木 曜 日 ) 午 前 11 時 ~ 2 場 所 市 役 所 東 庁 舎 2 階 大 会 議 室 3 内 容 大 学 病 院 の 建 設 に 関 する 協 定 調 印 式 4 調 印 5 出 席 者 岡 崎 市 長 内 田 康 宏 学 校 法 人 藤 田 学 園 理 事

More information

任意売却体験記

任意売却体験記 任 意 売 却 体 験 記 Chapter 1 任 意 売 却 とは? 任 意 売 却 という 言 葉 がだいぶ 浸 透 してきたようです 実 際 この 言 葉 と 債 務 整 理 などを 組 み 合 わせて ネット 上 で 検 索 すると 任 意 売 却 をビジネスにするところが 大 変 多 いことに 驚 きます 私 は 不 動 産 業 に 従 事 しているわけではありませんので 自 らの 債 務

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825089F193B99163967B95DB88E78F8A8E4F8ED28BA68B6389EF81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825089F193B99163967B95DB88E78F8A8E4F8ED28BA68B6389EF81798A6D92E894C5817A2E646F63> 道 祖 本 保 育 所 三 者 協 議 会 ( 第 1 回 ) 会 議 録 1 日 時 平 成 26 年 10 月 11 日 ( 土 ) 午 前 9 時 00 分 から 2 場 所 道 祖 本 保 育 所 3 出 席 者 道 祖 本 保 育 所 保 護 者 26 人 社 会 福 祉 法 人 とよかわ 福 祉 会 理 事 長 他 4 名 保 育 幼 稚 園 課 中 井 課 長 小 西 参 事 北 川

More information

議 案 1 件 につきましては 個 人 情 報 を 審 議 するため 非 公 開 といたしたいと 存 じます 御 異 議 はございませんか ( 異 議 なし の 声 あり) 竹 花 会 長 それでは 議 案 1 件 につきましては 非 公 開 といたします 議 案 第 10 号 は 非 公 開 竹

議 案 1 件 につきましては 個 人 情 報 を 審 議 するため 非 公 開 といたしたいと 存 じます 御 異 議 はございませんか ( 異 議 なし の 声 あり) 竹 花 会 長 それでは 議 案 1 件 につきましては 非 公 開 といたします 議 案 第 10 号 は 非 公 開 竹 平 成 27 年 度 第 6 回 茅 ヶ 崎 市 建 築 審 査 会 会 議 録 議 題 議 案 第 10 号 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 同 意 について 報 告 第 8 号 茅 ヶ 崎 市 総 合 設 計 許 可 基 準 の 一 部 改 正 について 日 時 平 成 28 年 2 月 18 日 ( 木 )15 時 00 分 から16 時 05 分 まで 場 所

More information

Microsoft Word - 【公式】 林久美子@2015731参議院本会議.docx

Microsoft Word - 【公式】 林久美子@2015731参議院本会議.docx 公 式 林 久 美 子 @2015/7/31 参 議 院 本 会 議 http://youtu.be/vnkgwuoiri8 第 189 回 通 常 国 会 参 議 院 本 会 議 平 成 27 年 7 月 31 日 女 性 の 職 業 生 活 における 活 躍 の 推 進 に 関 する 法 律 案 ( 女 性 活 躍 推 進 法 案 )について 質 疑 を 行 いました 議 事 録 林 久 美 子

More information

彼 女 の 一 番 の 弱 点 は 画 像 だ しわやたるみといった 年 齢 を 感 じさせるような 画 像 が 一 番 怖 い ヒラリー 氏 は 自 分 の 弱 点 をごまかすことなく 得 意 な 顔 を 見 せるやり 方 を 取 るだ ろうが 昔 の 彼 女 を 知 っている 有 権 者 に 歳

彼 女 の 一 番 の 弱 点 は 画 像 だ しわやたるみといった 年 齢 を 感 じさせるような 画 像 が 一 番 怖 い ヒラリー 氏 は 自 分 の 弱 点 をごまかすことなく 得 意 な 顔 を 見 せるやり 方 を 取 るだ ろうが 昔 の 彼 女 を 知 っている 有 権 者 に 歳 ヒラリー クリントン 氏 出 馬 表 明 ~2016 米 大 統 領 選 ~ 要 旨 ~ ヒラリー クリントン 氏 が2016 年 の 米 国 大 統 領 選 への 立 候 補 を 表 明 した これほど 早 い 時 期 に 立 候 補 を 表 明 した 理 由 の 第 一 は 候 補 者 を 絞 り 込 むプライマリー( 予 備 選 挙 ) がかなり 前 倒 しになっているからだ プライマリーを

More information

基本指針骨子

基本指針骨子 資 料 5 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 1 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 含 め 全 ての 子 どもや 子 育 て

More information

2 参 考 資 料 1 好 きなもの 欲 しいものリスト 組 番 氏 名 ( ) 私 が 本 当 に 好 きなこと 好 きなものとは 何 だろう 10 個 挙 げてみよう 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 私 が 本 当 に 欲 しいものは 何 だろう 10 個 挙 げてみよう 1 2 3

2 参 考 資 料 1 好 きなもの 欲 しいものリスト 組 番 氏 名 ( ) 私 が 本 当 に 好 きなこと 好 きなものとは 何 だろう 10 個 挙 げてみよう 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 私 が 本 当 に 欲 しいものは 何 だろう 10 個 挙 げてみよう 1 2 3 アファメーション( 理 想 の 自 己 イメージの 創 造 ) 高 校 (3 年 ) 1 本 時 の 指 導 ( 本 時 は 第 3 時 ) 第 1 時 夢 と 目 標 第 2 時 夢 (ビジョン)をリスト 化 する 第 3 時 目 標 のビジュアル 化 とアファメーション 化 のコツ (1) ねらい 好 きなもの 欲 しいものリストを 作 成 し それをもとにして 理 想 とする 人 間 像 性

More information

ここの 雰 囲 気 や 自 然 が 失 われてしまうのは 嫌 です 見 方 を 変 えてみると 私 たちも 含 め 地 元 生 は 気 付 いていませんでしたが 四 万 十 町 の 魅 力 はたくさんあります だから 自 然 や 魅 力 が 失 われてしまうようなショッピングモー ルは 要 りません

ここの 雰 囲 気 や 自 然 が 失 われてしまうのは 嫌 です 見 方 を 変 えてみると 私 たちも 含 め 地 元 生 は 気 付 いていませんでしたが 四 万 十 町 の 魅 力 はたくさんあります だから 自 然 や 魅 力 が 失 われてしまうようなショッピングモー ルは 要 りません 3. 今 回 私 たちは 高 知 県 を 元 気 にすることをテーマにアンケートをとりました その 結 果 をもとに 生 徒 会 で 話 し 合 い まとめたものを 今 から 発 表 します アンケートをとった 結 果 問 題 点 で 一 番 多 かった 意 見 が 仕 事 が 少 ない ということで した このことを 話 し 合 ってまとめると 地 元 に 仕 事 はあるけれど 自 分 たちがやりたい

More information

第10回 農地部会 議事録

第10回 農地部会 議事録 第 22 回 小 山 市 農 業 委 員 会 農 業 振 興 部 会 議 事 録 第 22 回 小 山 市 農 業 委 員 会 農 業 振 興 部 会 は 平 成 25 年 10 月 25 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 小 山 市 役 所 3 階 会 議 室 4にて 開 催 された 議 事 議 案 第 1 号 農 政 講 演 会 の 講 演 テーマについて 本 日 の 出 席 委 員 は

More information

目 次 1. 我 が 国 の 少 子 化 の 状 況 1 2. 本 市 の 人 口 等 の 状 況 1 3. 本 市 の 教 育 保 育 の 利 用 状 況 7 4. 本 市 の 地 域 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 の 利 用 状 況 等 9 5.アンケート 調 査 の 結 果 からみた

目 次 1. 我 が 国 の 少 子 化 の 状 況 1 2. 本 市 の 人 口 等 の 状 況 1 3. 本 市 の 教 育 保 育 の 利 用 状 況 7 4. 本 市 の 地 域 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 の 利 用 状 況 等 9 5.アンケート 調 査 の 結 果 からみた 資 料 5 加 古 川 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 素 案 ) 加 古 川 市 目 次 1. 我 が 国 の 少 子 化 の 状 況 1 2. 本 市 の 人 口 等 の 状 況 1 3. 本 市 の 教 育 保 育 の 利 用 状 況 7 4. 本 市 の 地 域 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 の 利 用 状 況 等 9 5.アンケート 調 査 の 結 果 からみた

More information

教育委員会定例会会議録

教育委員会定例会会議録 教 育 委 員 会 10 月 定 例 会 会 議 録 日 時 平 成 26 年 10 月 15 日 ( 水 ) 午 後 3 時 00 分 から 午 後 3 時 45 分 まで 場 所 市 役 所 11 階 南 会 議 室 出 席 者 ( 教 育 委 員 ) 奈 良 教 子 職 務 代 行 者 村 山 昌 暢 委 員 吉 川 真 由 美 委 員 湯 澤 晃 佐 藤 博 之 ( 事 務 局 ) 教 育

More information

Taro-定例教育委員会会議録(会議中)

Taro-定例教育委員会会議録(会議中) 吉 野 川 市 教 育 委 員 会 会 議 録 招 集 年 月 日 平 成 28 年 1 月 28 日 招 集 の 場 所 吉 野 川 市 役 所 東 館 3 階 231 会 議 室 開 閉 会 日 時 開 会 平 成 28 年 1 月 28 日 午 後 2 時 00 分 開 閉 会 日 時 閉 会 平 成 28 年 1 月 28 日 午 後 3 時 19 分 出 席 委 員 委 員 長 笠 江 俊

More information

12 月 5 日 市 民 大 学 講 座 が 総 合 体 育 館 でございました 舞 の 海 秀 平 さんを 講 師 に 迎 え 400 名 をこえる 方 たちにお 越 しいただきました 12 月 14 日 東 祖 谷 中 学 校 が 学 校 ダンス 発 表 会 で 全 国 大 会 に 行 くことに

12 月 5 日 市 民 大 学 講 座 が 総 合 体 育 館 でございました 舞 の 海 秀 平 さんを 講 師 に 迎 え 400 名 をこえる 方 たちにお 越 しいただきました 12 月 14 日 東 祖 谷 中 学 校 が 学 校 ダンス 発 表 会 で 全 国 大 会 に 行 くことに 平 成 27 年 12 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 (1) 開 会 及 び 閉 会 に 関 する 事 項 平 成 27 年 12 月 24 日 ( 木 ) 三 好 市 教 育 委 員 会 1F 中 会 議 室 開 会 閉 会 午 後 13 時 30 分 午 後 14 時 20 分 (2) 出 席 委 員 の 氏 名 委 員 長 小 松 正 委 員 長 職 務 代 理 者 谷 敏 司

More information

8 月 19 日 ( 水 ) 県 市 町 村 教 育 委 員 会 研 修 総 会 における 宣 言 要 望 文 起 草 委 員 会 ( 下 村 職 務 代 理 10:30~ 長 野 市 役 所 ) 8 月 19 日 ( 水 ) 総 合 教 育 会 議 (14:00~ 庁 舎 公 室 ) 8 月 27

8 月 19 日 ( 水 ) 県 市 町 村 教 育 委 員 会 研 修 総 会 における 宣 言 要 望 文 起 草 委 員 会 ( 下 村 職 務 代 理 10:30~ 長 野 市 役 所 ) 8 月 19 日 ( 水 ) 総 合 教 育 会 議 (14:00~ 庁 舎 公 室 ) 8 月 27 平 成 27 年 7 月 東 御 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 日 時 平 成 27 年 (2015 年 )7 月 24 日 ( 金 ) 午 前 9 時 30 分 から 午 後 0 時 00 分 まで 2 場 所 中 央 公 民 館 応 接 室 3 議 題 3 議 題 (1) 協 議 ( 審 議 検 討 ) 議 案 第 19 号 就 学 援 助 費 支 給 の 認 定 について

More information

た また 2 年 ほど 前 から 交 通 課 のおまわりさんと 一 緒 に 高 齢 者 宅 を 回 っ て 警 察 からの 話 を 各 家 庭 にしているので 高 齢 者 に 対 する 浸 透 はしてい ると 思 う ( 警 察 ) 地 元 に 密 着 しているのは 民 生 委 員 であるので 先

た また 2 年 ほど 前 から 交 通 課 のおまわりさんと 一 緒 に 高 齢 者 宅 を 回 っ て 警 察 からの 話 を 各 家 庭 にしているので 高 齢 者 に 対 する 浸 透 はしてい ると 思 う ( 警 察 ) 地 元 に 密 着 しているのは 民 生 委 員 であるので 先 会 議 録 平 成 26 年 7 月 30 日 作 成 平 成 30 年 3 月 末 日 廃 棄 会 議 名 京 都 府 東 山 警 察 署 協 議 会 ( 第 1 回 ) 開 催 日 平 成 26 年 6 月 27 日 ( 金 曜 日 ) 時 間 午 後 2 時 から 午 後 4 時 05 分 までの 間 (125 分 ) 場 所 京 都 府 東 山 警 察 署 出 席 者 宮 野 会 長 加 藤

More information

それから すべてがすべてじゃなくて とりあえず 脱 走 と 認 定 した 場 合 をどうするかという ことでやっておりますが 脱 走 と 認 定 できた 場 合 にすべて 通 報 するということについてまずやり たいとは 考 えておりますが なかなか では いつまでにできるんだということを 今 言

それから すべてがすべてじゃなくて とりあえず 脱 走 と 認 定 した 場 合 をどうするかという ことでやっておりますが 脱 走 と 認 定 できた 場 合 にすべて 通 報 するということについてまずやり たいとは 考 えておりますが なかなか では いつまでにできるんだということを 今 言 169- 衆 - 外 務 委 員 会 -5 号 平 成 20 年 04 月 04 日 ( 一 般 質 疑 ) 日 本 共 産 党 の 笠 井 亮 です 去 る 三 月 十 九 日 夜 横 須 賀 市 でタクシー 運 転 手 の 高 橋 正 昭 さんが 殺 害 された 事 件 で 昨 日 四 月 三 日 米 海 軍 のナイジェリア 国 籍 の 一 等 水 兵 が 強 盗 殺 人 の 疑 いで 逮 捕

More information

ガンとして さまざまな 施 策 を 推 進 しているところです 皆 様 の 貴 重 なご 意 見 をいただき これからもご 支 援 ご 協 力 いただきたいと 思 います 本 日 の 委 員 会 につきましては この 後 進 捗 状 況 の 確 認 や 事 業 計 画 についてご 審 議 いただきま

ガンとして さまざまな 施 策 を 推 進 しているところです 皆 様 の 貴 重 なご 意 見 をいただき これからもご 支 援 ご 協 力 いただきたいと 思 います 本 日 の 委 員 会 につきましては この 後 進 捗 状 況 の 確 認 や 事 業 計 画 についてご 審 議 いただきま 平 成 27 年 度 第 1 回 男 女 共 同 参 画 を 進 めるパートナーシップ 会 ( 要 点 録 ) 1 開 催 日 時 平 成 27 年 7 月 6 日 ( 月 ) 午 後 3 時 30 分 ~ 午 後 5 時 30 分 2 開 催 場 所 市 役 所 本 庁 舎 5 階 教 育 会 室 3 出 席 者 9 人 (5 人 欠 席 ) 市 民 協 働 部 長 4 人 4 議 事 等 ただ

More information

ICレコーダー

ICレコーダー 会 議 名 開 催 日 時 開 催 場 所 平 成 26 年 度 第 3 回 港 区 指 定 管 理 者 選 定 委 員 会 平 成 26 年 7 月 28 日 ( 月 曜 日 ) 午 前 9 時 30 分 から 午 前 11 時 まで 区 役 所 4 階 庁 議 室 ( 出 席 者 ) 委 員 田 中 副 区 長 ( ) 杉 本 企 画 経 営 部 長 ( 副 ) 渡 邊 総 務 部 長 ( 副

More information

Q: 今 回 南 スーダンは 見 送 ったわけですけれども 今 後 11 月 の11 次 派 遣 隊 というのもあると 思 うのですが 新 しい 駆 け 付 け 警 護 や その 辺 の 任 務 付 与 はどう 考 えていらっしゃるのかということと 今 の 訓 練 の 準 備 状 況 はどうなのでし

Q: 今 回 南 スーダンは 見 送 ったわけですけれども 今 後 11 月 の11 次 派 遣 隊 というのもあると 思 うのですが 新 しい 駆 け 付 け 警 護 や その 辺 の 任 務 付 与 はどう 考 えていらっしゃるのかということと 今 の 訓 練 の 準 備 状 況 はどうなのでし 件 名 : 大 臣 臨 時 会 見 日 時 場 所 平 成 28 年 9 月 16 日 0754~0807 ( 日 本 時 間 ) ウィラードインターコンチネンタ ルホテル2 階 HUGHES ROOM ぶら 下 がり 担 当 大 臣 官 房 広 報 課 備 考 稲 田 大 臣 アメリカ 訪 問 ( 部 隊 視 察 CSIS 講 演 日 米 防 衛 相 会 談 ) 1 発 表 事 項 なし 2 質

More information

シンポジウム「『女性と年金』~女性活躍と出産育児配慮の在り方を求めて~」

シンポジウム「『女性と年金』~女性活躍と出産育児配慮の在り方を求めて~」 シンポジウム 女 性 と 年 金 ~ 女 性 活 躍 と 出 産 育 児 配 慮 の 在 り 方 を 求 めて~ 日 時 : 平 成 27 年 11 月 26 日 ( 木 )14:00~17:00 会 場 : 東 海 大 学 校 友 会 館 海 外 における 女 性 への 年 金 上 の 配 慮 について 丸 山 桂 ( 成 蹊 大 学 経 済 学 部 教 授 ) ただ 今 ご 紹 介 にあずかりました

More information

Microsoft Word - 3.16.doc

Microsoft Word - 3.16.doc 平 成 24 年 3 月 甲 良 町 議 会 定 例 会 会 議 録 平 成 24 年 3 月 16 日 ( 金 曜 日 ) 本 日 の 会 議 に 付 した 事 件 ( 議 事 日 程 ) 第 1 会 議 録 署 名 議 員 の 指 名 第 2 宮 嵜 議 員 の 議 員 辞 職 願 いについて 会 議 に 出 席 した 議 員 (10 名 ) 1 番 阪 東 佐 智 男 2 番 野 瀬 欣 廣

More information

(1) 平成23年度運営概況報告について(説明シナリオ案)

(1) 平成23年度運営概況報告について(説明シナリオ案) 会 議 録 1 会 議 名 平 成 27 年 度 第 2 回 上 越 休 日 夜 間 診 療 所 運 営 委 員 会 2 議 題 ( 公 開 非 公 開 の 別 ) ⑴ 平 成 27 年 度 運 営 状 況 について( 公 開 ) ⑵ 平 成 28 年 度 医 薬 品 の 追 加 配 備 について( 公 開 ) ⑶ 手 数 料 の 改 定 について( 公 開 ) ⑷ その 他 ( 公 開 ) 医 療

More information

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版 育 児 休 業 Q&A 平 成 26 年 改 定 県 立 学 校 版 教 育 人 事 課 目 次 育 児 休 業 の 意 義 目 的 1 Q1 育 児 休 業 の 目 的 は? Q2 育 児 休 業 を 取 得 することによってどういう 効 果 があるの? 育 児 休 業 をすることができる 職 員 2 Q3 誰 でも 育 児 休 業 をすることができるの? Q4 育 児 休 業 中 の 身 分 はどうなるの?

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3236944E937891E63189F1934A90818E7389EE8CEC95DB8CAF895E89638BA68B6389EF8B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3236944E937891E63189F1934A90818E7389EE8CEC95DB8CAF895E89638BA68B6389EF8B638E96985E> 平 成 26 年 度 第 1 回 笛 吹 市 介 護 保 険 運 営 協 議 会 会 議 録 開 催 日 時 : 平 成 26 年 6 月 16 日 ( 月 )13:30~15:00 出 席 者 : 委 員 13 名 欠 席 1 名 事 務 局 :11 名 ( 保 健 福 祉 部 長 介 護 保 険 課 高 齢 福 祉 課 ) 傍 聴 者 なし 1. 開 会 2. 委 嘱 状 交 付 3. 市 長

More information

市 長 会 見 市 政 報 告 について 6 月 の 定 例 記 者 会 見 では 5 月 以 降 の 変 化 並 びに 6 月 定 例 議 会 に 提 案 する 内 容 について 報 告 します 初 めに 7 月 12 日 の 避 難 指 示 区 域 の 解 除 の 合 意 についてですが 5 月

市 長 会 見 市 政 報 告 について 6 月 の 定 例 記 者 会 見 では 5 月 以 降 の 変 化 並 びに 6 月 定 例 議 会 に 提 案 する 内 容 について 報 告 します 初 めに 7 月 12 日 の 避 難 指 示 区 域 の 解 除 の 合 意 についてですが 5 月 定 例 記 者 会 見 の 概 要 1. 日 時 平 成 28 年 6 月 9 日 ( 木 )10 時 30 分 ~11 時 40 分 2. 場 所 本 庁 舎 3 階 第 一 会 議 室 3. 出 席 者 < 報 道 機 関 > 1 朝 日 新 聞 社 南 相 馬 支 局 ( 南 相 馬 記 者 クラブ 会 員 ) 2 福 島 民 友 新 聞 社 相 双 支 社 ( 南 相 馬 記 者 クラブ 会

More information

Microsoft Word - うまれ変われるとしたら理由P16~19

Microsoft Word - うまれ変われるとしたら理由P16~19 生 まれ 変 われるとしたら の 理 由 児 童 生 徒 / 保 護 者 小 学 生 男 子 小 学 生 女 子 記 述 より 1 ぜ っ た い 男 2 ど ち ら か と い え ば 男 3 ぜ っ た い 女 4 ど ち ら か と い え ば 女 5 ど ち ら で もいい 今 のままがいい 今 男 だから 運 動 スポーツができる 赤 ちゃんを 産 みたくない 力 が 強 い 今 女 なので

More information

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版)

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版) 広 島 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 35 回 ) 議 事 概 要 第 1 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 16 日 ( 月 ) 午 前 9 時 45 分 第 2 開 催 場 所 広 島 地 方 裁 判 所 第 一 会 議 室 第 3 出 席 者 [ 委 員 ] 江 種 則 貴, 大 久 保 隆 志, 後 藤 友 之, 小 西 洋, 佐 々 木 和 宏, 髙 尾 ひとみ, 平 岡

More information

2 1.はじめに みなさん はじめまして! 私 は あなたにもできる!!タロット 占 いであなたでも 幸 せになれ る 方 法 を 運 営 している 坂 本 と 申 します このたびは 無 料 レポート すっごいあたる!!タロット 占 いの 5 つのポイント!? を 申 込 いただきましてありがとう

2 1.はじめに みなさん はじめまして! 私 は あなたにもできる!!タロット 占 いであなたでも 幸 せになれ る 方 法 を 運 営 している 坂 本 と 申 します このたびは 無 料 レポート すっごいあたる!!タロット 占 いの 5 つのポイント!? を 申 込 いただきましてありがとう 1 2 1.はじめに みなさん はじめまして! 私 は あなたにもできる!!タロット 占 いであなたでも 幸 せになれ る 方 法 を 運 営 している 坂 本 と 申 します このたびは 無 料 レポート すっごいあたる!!タロット 占 いの 5 つのポイント!? を 申 込 いただきましてありがとうございます 今 占 いはあなたの 生 活 の 一 部 になっているかもしれません そんな 占 いの

More information

第643回三沢市農業委員会総会議事録

第643回三沢市農業委員会総会議事録 第 697 回 三 沢 市 農 業 委 員 会 総 会 議 事 録 1. 開 会 の 日 時 平 成 27 年 2 月 20 日 午 後 1 時 30 分 2. 閉 会 の 日 時 平 成 27 年 2 月 20 日 午 後 2 時 05 分 3. 開 催 の 場 所 三 沢 市 役 所 別 館 4 階 第 1 研 修 室 4. 出 席 した 委 員 の 番 号 及 び 氏 名 1 番 佐 々 木

More information

この 人 なんか 苦 手 だなぁ~ どうしてこの 人 はこんな 人 なんだろ この 人 クソムカツク! 許 せない! あなたもこのような 感 情 を 一 度 や 二 度 は 思 ったことがあるのではないでしょうか? そりゃ 生 きていれば 自 分 と 合 わない 人 と 出 会 うことはあります そ

この 人 なんか 苦 手 だなぁ~ どうしてこの 人 はこんな 人 なんだろ この 人 クソムカツク! 許 せない! あなたもこのような 感 情 を 一 度 や 二 度 は 思 ったことがあるのではないでしょうか? そりゃ 生 きていれば 自 分 と 合 わない 人 と 出 会 うことはあります そ CHRIS OKAZAKI VOICE REPORT 苦 手 な 人 とのコミュニケーションが 上 手 になる 方 法 Speed Coaching Supporter ALIUS この 人 なんか 苦 手 だなぁ~ どうしてこの 人 はこんな 人 なんだろ この 人 クソムカツク! 許 せない! あなたもこのような 感 情 を 一 度 や 二 度 は 思 ったことがあるのではないでしょうか? そりゃ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031362E30362E30372048323891E63189F1918D8D878BB388E789EF8B638B638E96985E81698267826F8CF68A4A9770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031362E30362E30372048323891E63189F1918D8D878BB388E789EF8B638B638E96985E81698267826F8CF68A4A9770816A> 平 成 28 年 度 第 1 回 天 童 市 総 合 教 育 会 議 議 事 録 総 務 部 総 務 課 1 日 時 平 成 28 年 4 月 19 日 ( 火 ) 午 前 9 時 30 分 から 午 前 10 時 20 分 まで 2 場 所 本 庁 舎 3 階 会 議 室 3 出 席 者 (1) 出 席 構 成 員 天 童 市 長 山 本 信 治 教 育 長 相 澤 一 彦 教 育 委 員 佐 藤

More information

Microsoft Word - 与謝野町議会平成22年6月定例会_7日目_.doc

Microsoft Word - 与謝野町議会平成22年6月定例会_7日目_.doc 第 32 回 平 成 22 年 6 月 与 謝 野 町 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 7 号 ) 招 集 年 月 日 平 成 22 年 6 月 22 日 開 閉 会 日 時 午 前 9 時 30 分 開 会 ~ 午 前 9 時 45 分 閉 会 招 集 の 場 所 与 謝 野 町 議 会 会 議 場 1. 出 席 議 員 1 番 野 村 生 八 10 番 山 添 藤 真 2 番 和 田 裕

More information

市 長 あいさつ 自 己 紹 介 会 長 選 出 会 長 に 林 委 員 を 選 出 議 題 (1) 会 議 の 公 開 について 事 務 局 から 会 議 の 公 開 について 概 要 を 説 明 した ( 資 料 3 4 参 照 ) 会 議 の 公 開 について 資 料 3 蕨 市 審 議 会

市 長 あいさつ 自 己 紹 介 会 長 選 出 会 長 に 林 委 員 を 選 出 議 題 (1) 会 議 の 公 開 について 事 務 局 から 会 議 の 公 開 について 概 要 を 説 明 した ( 資 料 3 4 参 照 ) 会 議 の 公 開 について 資 料 3 蕨 市 審 議 会 第 1 回 蕨 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 に 係 る 市 民 懇 談 会 会 議 概 要 日 時 平 成 27 年 8 月 8 日 ( 土 ) 午 前 10:00~ 正 午 場 所 市 役 所 4 階 第 1 委 員 会 室 出 席 者 ( 敬 称 略 ) 委 員 : 林 大 樹 秋 山 滋 雄 岡 本 和 子 長 谷 川 浩 司 鴇 沢 哲 雄 永 沢 映 関 克 己 内 田

More information

Microsoft Word - 速記録140603b.docx

Microsoft Word - 速記録140603b.docx 小 池 晃 君 日 本 共 産 党 の 小 池 晃 です 介 護 保 険 利 用 料 の 問 題 について 質 問 します 法 案 は 所 得 が 一 定 以 上 の 人 について 利 用 料 を 一 割 負 担 から 二 割 負 担 に 引 き 上 げる ど のラインで 二 割 にするかというと 所 得 百 六 十 万 円 年 金 収 入 なら 二 百 八 十 万 円 というこ となんですが これは

More information

著 者 プロフィール 町 田 ゆういち 1976 年 生 まれ 会 社 役 員 27 歳 からイタリア 人 に 恋 愛 人 生 の 手 ほどきを 受 け もてない 人 生 に 終 止 符 を 打 つ 自 己 の 殻 を 破 り 童 貞 卒 業 女 性 を 落 とす ことに 開 眼 し 経 験 人 数

著 者 プロフィール 町 田 ゆういち 1976 年 生 まれ 会 社 役 員 27 歳 からイタリア 人 に 恋 愛 人 生 の 手 ほどきを 受 け もてない 人 生 に 終 止 符 を 打 つ 自 己 の 殻 を 破 り 童 貞 卒 業 女 性 を 落 とす ことに 開 眼 し 経 験 人 数 恋 愛 BASIC 08 人 間 を 洗 脳 する 簡 単 な 方 法 恋 愛 JAPAN& 町 田 ゆういち - 1 著 者 プロフィール 町 田 ゆういち 1976 年 生 まれ 会 社 役 員 27 歳 からイタリア 人 に 恋 愛 人 生 の 手 ほどきを 受 け もてない 人 生 に 終 止 符 を 打 つ 自 己 の 殻 を 破 り 童 貞 卒 業 女 性 を 落 とす ことに 開 眼

More information

スライド 1

スライド 1 調 査 方 法 :インターネットアンケート 調 査 期 間 :2009 年 1 月 23 日 ~2 月 5 日 調 査 対 象 :ぱど 読 者 モニター ぱどめいと 回 答 人 数 614 人 神 奈 川 県 在 住 の 高 校 生 以 下 のお 子 さまをお 持 ちの 20~50 代 の 女 性 未 入 園 ~ 小 学 生 以 下 の 習 い 事 通 塾 幼 稚 園 小 学 校 受 験 などなど

More information

<4D F736F F D F89EF8B63985E837A815B B AAE915391CC816A>

<4D F736F F D F89EF8B63985E837A815B B AAE915391CC816A> 平 成 27 年 度 第 1 回 秦 野 市 建 築 審 査 会 会 議 録 日 時 平 成 27 年 5 月 22 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 3 時 場 所 秦 野 市 役 所 本 庁 舎 4 階 議 会 第 1 会 議 室 出 席 会 長 加 藤 仁 美 職 務 代 理 平 野 義 燿 米 山 君 夫 高 橋 徹 欠 席 安 部 信 三 処 分 庁 長 橋 本 裕 友

More information

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的 第 1 回 沼 津 市 総 合 教 育 会 議 議 事 録 〇 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 26 日 ( 木 曜 日 )15 時 00 分 ~16 時 00 分 〇 開 催 場 所 沼 津 市 立 第 四 小 学 校 多 目 的 ホール 〇 出 席 者 市 長 栗 原 裕 康 教 育 長 服 部 裕 美 子 教 育 委 員 三 好 勝 晴 教 育 委 員 土 屋 葉 子 教 育 委 員

More information

Taro-【確定版】H25第3回分科会

Taro-【確定版】H25第3回分科会 平 成 25 年 度 第 3 回 秋 田 市 社 会 福 祉 審 議 会 児 童 専 門 分 科 会 ( 第 2 回 秋 田 市 子 ども 子 育 て 会 議 ) 会 議 録 1 日 時 平 成 25 年 11 月 25 日 ( 月 ) 午 後 3 時 ~ 午 後 4 時 30 分 2 場 所 サンパル 秋 田 学 習 室 1 3 出 席 者 (1) 委 員 (14 人 ) 柴 田 誠 会 長 佐

More information