<4D F736F F D A819A819A DC BB8DEC E492AC8AC28BAB8AEE967B8C7689E695F18D908F915F88F38DFC A2E646F63>

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D208740819A819A819A32358160208DC59056208160208267323490BB8DEC92868146909095E492AC8AC28BAB8AEE967B8C7689E695F18D908F915F88F38DFC9770816A2E646F63>"

Transcription

1 平 成 24 年 度 瑞 穂 町 基 本 計 画 進 捗 状 況 報 告 瑞 穂 町 住 民 部 課

2

3 瑞 穂 町 基 本 計 画 の 概 要 瑞 穂 町 基 本 条 例 は 保 全 等 について 基 本 理 念 を 定 め 瑞 穂 町 の の 保 全 等 に 関 する 施 策 を 総 合 的 かつ 計 画 的 に 推 進 し 現 在 から 将 来 にわたり 町 民 が 健 康 で 安 全 かつ 快 適 に 暮 らすことができる 循 環 型 社 会 を 構 築 し 自 然 と 共 生 した 良 好 な を 確 保 することを 目 的 として 平 成 19 年 4 月 に 施 行 しました 瑞 穂 町 基 本 条 例 の 基 本 理 念 1 保 全 等 は 町 民 が 健 康 で 安 全 かつ 快 適 に 暮 らすことができる 良 好 な 環 境 を 確 保 し これを 将 来 の 世 代 へ 継 承 していくことを 目 的 として 行 われなけれ ばならない 2 の 保 全 等 は 人 と 自 然 が 共 生 し への 負 荷 の 少 ない 持 続 的 発 展 が 可 能 なまちづくりを 目 的 として すべての 者 の 積 極 的 な 取 組 と 相 互 の 協 力 によ って 行 われなければならない 3 地 球 の 保 全 は 地 域 の が 地 球 全 体 の に 深 くかかわっていること から すべての 日 常 生 活 及 び 事 業 活 動 において 積 極 的 に 推 進 されなければ ならない 瑞 穂 町 基 本 計 画 は この 瑞 穂 町 基 本 条 例 の 第 7 条 の 規 定 により 基 本 理 念 を 具 体 化 し の 保 全 等 に 関 する 施 策 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 推 進 を 図 るため 平 成 21 年 3 月 に 策 定 しました 本 計 画 は 公 募 等 による 町 民 の 皆 さんや 農 工 商 業 からの 選 出 者 学 識 経 験 者 により 組 織 された 瑞 穂 町 審 議 会 の 中 で 議 論 を 重 ねてきました また アン ケート 調 査 や 意 見 提 言 をもとに 策 定 されました 計 画 を 着 実 に 実 行 するため 町 の 実 施 施 策 等 に 関 する 年 次 報 告 を 作 成 し 環 境 基 本 計 画 進 捗 状 況 報 告 として 公 表 しま 町 民 事 業 者 については 行 動 の 実 施 状 況 等 の 把 握 のために 毎 年 の に 関 するイベント 等 への 参 加 数 ( 全 町 一 斉 清 掃 フリーマーケット 等 )について 確 認 し 省 エネ 行 動 等 の 実 施 状 況 に 関 し ては 適 宜 必 要 箇 所 の 見 直 しを 実 施 し 把 握 していきま 1

4 基 本 目 標 と 施 策 体 系 図 基 本 目 標 望 ましい 像 基 本 方 針 さわやかな 空 気 豊 かな 大 地 み んなが 安 心 して 暮 らすことのでき るまちを 創 るために 1.きれいな 空 気 を 創 っていくために 自 動 車 排 出 ガスによる 負 荷 を 低 減 していきます 固 定 発 生 源 からの 負 荷 を 低 減 していきます 悪 臭 を 防 止 していきます 調 査 監 視 体 制 を 充 実 し 情 報 を 提 供 していきます 自 然 と ふ れ あ い 安 心 し て 暮 ら せ る ま ち み ず ほ 豊 かな 緑 多 様 な 生 き 物 みんな が 共 存 できるまちを 創 るために 歴 史 と 文 化 を 大 切 にし みんなが 楽 しく 暮 らせるまちを 創 るために 地 域 から 地 球 へ みんなで 地 球 を 守 っていくまちを 創 るために みんなで 考 え みんなで 行 動 する まちを 創 るために 2.きれいな 水 を 創 っていくために 水 を 汚 す 物 質 の 排 出 を 防 止 していきます 水 循 環 を 健 全 化 していきます 流 域 自 治 体 等 と 連 携 し 良 好 な 水 を 創 っていきます 調 査 監 視 体 制 を 充 実 し 情 報 を 提 供 していきます 3. 不 快 な 騒 音 や 振 動 をなくしていくために 騒 音 振 動 の 発 生 を 防 止 していきます 騒 音 を 調 査 し 情 報 を 提 供 していきます 4. 清 らかな 大 地 を 守 っていくために 土 壌 汚 染 の 防 止 対 策 を 推 進 していきます 地 盤 沈 下 の 防 止 対 策 を 推 進 していきます 汚 染 状 況 を 調 査 し 情 報 を 提 供 していきます 5. 様 々な 公 害 を 防 いでいくために 有 害 化 学 物 質 による 汚 染 を 防 止 していきます 光 害 を 防 止 していきます 6. 豊 かな 緑 を 守 り 育 てていくために 緑 地 を 保 全 し 育 成 していきます 農 地 を 保 全 していきます 緑 を 守 り 育 てるための 住 民 活 動 を 推 進 していきます 7. 多 様 な 生 き 物 を 守 り 育 てていくために 生 き 物 に 棲 みやすい づくりを 進 めていきます 生 物 の 生 息 状 況 についての 情 報 を 提 供 していきます 8. 水 辺 を 守 り 育 てていくために 水 辺 を 保 全 していきます 親 しめる 水 辺 を 創 出 していきます 9. 美 しい 景 観 のまちを 創 っていくために 瑞 穂 の 特 性 を 活 かした 景 観 づくりを 進 めていきます 景 観 についての 意 識 向 上 を 図 っていきます 10. 人 にやさしいまちを 創 っていくために 人 にやさしいまちづくりを 進 めていきます 憩 いのあるまちづくりを 進 めていきます 11. 安 心 して 暮 らせるまちを 創 っていくために 安 全 なまちづくりを 進 めていきます 災 害 時 対 策 を 充 実 していきます 横 田 基 地 対 策 を 進 めていきます 12. 地 球 温 暖 化 を 防 止 するために 温 室 効 果 ガスの 発 生 削 減 に 取 り 組 んでいきます 省 エネルギーに 取 り 組 んでいきます 新 エネルギーの 利 用 に 取 り 組 んでいきます 13. 地 球 問 題 へ 取 り 組 むために フロン 等 の 適 正 処 理 及 び 使 用 抑 制 を 進 めていきます 地 球 問 題 に 関 する 情 報 を 提 供 していきます 14.ごみを 減 らすために 家 庭 から 出 るごみを 減 らします 事 業 者 が 排 出 するごみを 減 らします 町 全 体 のごみを 減 らします 不 法 投 棄 不 適 正 排 出 を 防 止 していきます ごみの 適 正 処 理 に 関 する 情 報 を 提 供 していきます 15. 資 源 を 再 利 用 するために ごみの 分 別 を 徹 底 していきます 資 源 の 再 利 用 を 進 めていきます に 配 慮 した 製 品 の 利 用 を 進 めていきます 16.みんなで 学 び 協 力 していくために 教 育 学 習 を 進 めていきます に 関 する 様 々な 情 報 を 提 供 していきます 様 々な 活 動 を 支 援 していきます 2

5 瑞 穂 町 基 本 計 画 重 点 プロジェクト 進 捗 状 況 さわやかな 空 気 清 らかな 大 地 みんなが 安 心 して 暮 らすことの できるまちを 創 るために 公 用 車 の 低 公 害 車 率 ( 低 燃 費 車 を 含 む)100%を 達 成 しま 庁 用 自 動 車 は 11 年 を 経 過 した 車 両 を 買 替 え 対 象 とし に 配 慮 したハイブリッド 車 への 転 換 や 普 通 車 から 軽 自 動 車 等 への 買 替 えをすすめていま H24 低 公 害 車 導 入 状 況 10.0% 平 成 24 年 度 東 京 都 指 定 低 公 害 車 の 導 入 率 は 10.0%で( 平 成 23 年 度 7.0%) ( 平 成 24 年 度 自 動 車 管 理 実 績 報 告 書 より) 調 査 ( 大 気 水 質 )を 継 続 して 実 施 し 結 果 を 公 表 していきま 平 成 24 年 度 の 大 気 調 査 は 以 下 の 日 程 で 行 いました 1 回 目 : 平 成 24 年 8 月 7 日 ~8 月 14 日 2 回 目 : 平 成 25 年 2 月 5 日 ~2 月 12 日 導 入 非 導 入 平 成 24 年 度 の 河 川 水 質 調 査 は 残 堀 川 で 年 4 回 ( 平 成 24 年 6 月 8 月 10 月 12 月 ) 不 老 川 で 毎 月 実 施 しました ( 但 し 平 成 24 年 8 月 9 月 10 月 11 月 平 成 25 年 1 月 3 月 は 水 量 不 足 のた め 欠 測 ) 平 成 24 年 度 の 大 気 調 査 結 果 と 河 川 水 質 調 査 結 果 ( 残 堀 川 不 老 川 )は 平 成 24 年 度 事 務 報 告 書 等 に 公 表 しま 大 気 調 査 結 果 : 資 料 編 82ページ 参 照 河 川 水 質 調 査 結 果 : 資 料 編 83ページ~84ページ 参 照 残 堀 川 の 水 質 調 査 結 果 は 残 堀 川 水 質 調 査 会 ( 瑞 穂 町 武 蔵 村 山 市 及 び 立 川 市 )において 水 質 調 査 結 果 と 水 生 生 物 調 査 結 果 をまとめ 残 堀 川 合 同 要 望 書 とあわせて 東 京 都 に 提 出 しました 3

6 公 共 下 水 道 の 整 備 を 推 進 していきま( 目 標 : 整 備 率 93%) 平 成 24 年 度 末 下 水 道 整 備 状 況 による 整 備 率 は 91.5%になりました ( 平 成 23 年 度 は 91.2%) 下 水 道 の 整 備 にあたり 補 助 金 の 要 望 起 債 の 借 入 手 続 きを 行 い 工 事 の 推 進 を 図 っていま 受 益 者 負 担 金 制 度 に 基 づき 公 共 下 水 道 等 の 工 事 費 の 一 部 負 担 ( 受 益 者 負 担 金 )を 委 託 業 者 と 共 に 適 正 な 調 査 を 行 い 負 担 金 の 賦 課 徴 収 を 行 っていま 下 水 道 整 備 状 況 94% 92% 90% 88% 86% 93.0% 91.2% 91.5% 89.3% 89.8% 90.2% 88.3% 87.1% 目 標 平 成 18 年 度 平 成 19 年 度 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 84% 目 標 平 成 18 年 度 平 成 19 年 度 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 4

7 豊 かな 緑 多 様 な 生 き 物 みんなが 共 存 できるまちを 創 るために 花 植 え 運 動 を 積 極 的 に 展 開 し 瑞 穂 の 町 並 みに 花 を 咲 かせま 春 と 秋 にベコニア 等 の 苗 を 町 内 会 等 に 配 布 し 玉 林 寺 公 園 などに 植 えていただきました 街 路 樹 の 剪 定 は 業 者 に 年 間 委 託 を 行 っていま すが 町 内 の 小 学 生 が 緑 道 町 道 の 植 栽 公 園 の 花 植 えに 参 加 して いただきました 春 ホ ーチュラカ マリーコ ールト ヘ コ ニア 日 々 草 小 学 校 による 実 施 状 況 小 学 校 名 学 年 人 数 ( 人 ) 苗 数 ( 本 ) 実 施 時 期 一 小 5 年 二 小 3 年 三 小 栽 培 委 員 会 春 四 小 3 年 五 小 1 年 一 小 5 年 二 小 3 年 三 小 栽 培 委 員 会 秋 四 小 3 年 五 小 2 年 計 508 2,880 秋 ヒ オラ 町 内 の 自 然 保 護 団 体 等 との 連 携 により これからも 様 々な 生 き 物 の 情 報 をとりまと め 公 表 していきま 平 成 24 年 4 月 より 第 5 小 学 校 裏 の 山 林 地 内 の 動 植 物 調 査 を 瑞 穂 町 自 然 科 学 同 好 会 に 委 託 して 実 施 し 中 間 報 告 書 を まとめました この 動 植 物 調 査 をもとに 平 成 25 年 3 月 に 自 然 観 察 会 を 実 施 しました 平 成 24 年 7 月 動 植 物 調 査 平 成 25 年 3 月 自 然 観 察 会 5

8 水 生 生 物 調 査 を 実 施 し 結 果 を 公 表 していきま 平 成 24 年 6 月 に 残 堀 川 水 質 調 査 会 ( 瑞 穂 町 武 蔵 村 山 市 及 び 立 川 市 ) において 残 堀 川 の 水 生 生 物 の 生 息 状 況 を 把 握 するとともに 生 物 学 的 水 質 判 定 等 を 行 い 残 堀 川 の 河 川 を 保 全 するための 資 料 としまし た 残 堀 川 の 水 生 生 物 調 査 結 果 は 残 堀 川 水 質 調 査 会 ( 瑞 穂 町 武 蔵 村 山 市 及 び 立 川 市 )において 水 質 調 査 結 果 と 水 生 生 物 調 査 結 果 をまとめ 残 堀 川 合 同 要 望 書 とあわせて 東 京 都 に 提 出 しました 平 成 24 年 度 の 調 査 結 果 は 平 成 24 年 度 事 務 報 告 書 等 に 公 表 しま ( 資 料 編 85ページ 参 照 ) 6

9 歴 史 と 文 化 を 大 切 にし みんなが 楽 しく 暮 らせるまちを 創 るために 公 共 施 設 の 新 設 改 築 の 際 にはユニバーサルデザインを 取 り 入 れていきま 平 成 24 年 度 は 若 草 公 園 に だれでもトイレを 設 置 し バリアフリーにしました 若 草 公 園 だれでもトイレ 街 路 灯 のデザインや 町 の 特 性 に 応 じた 街 路 樹 の 選 定 等 により 個 性 ある 道 路 整 備 を 進 めま 都 市 計 画 道 路 の 建 設 にあたっては 横 断 面 構 成 等 を 検 討 する 中 で 配 慮 して いきま リーダー 講 習 会 の 実 施 や 資 機 材 の 助 成 等 により 自 主 防 災 組 織 の 育 成 強 化 を 進 めていきま 普 通 救 命 講 習 (AEDの 取 扱 いなど)を 取 り 入 れた 防 災 リーダー 講 習 会 を 実 施 しました ( 平 成 23 年 度 参 加 者 57 名 平 成 24 年 度 参 加 者 33 名 ) 平 成 24 年 度 町 内 に40ある 自 主 防 災 組 織 へ ヘルメット 及 び 腕 章 を 配 布 しました 武 蔵 野 自 衛 消 防 隊 へ 作 業 服 や 資 機 材 を 貸 与 していま 瑞 穂 町 自 主 防 災 組 織 連 絡 協 議 会 を 通 じ 自 主 防 災 組 織 の 育 成 強 化 に 取 り 組 んでいま 野 山 北 六 道 山 公 園 整 備 事 業 にあたり 都 への 要 望 により 2 箇 所 防 火 水 槽 が 整 備 されました 7

10 地 域 から 地 球 へ みんなで 地 球 を 守 っていくまちを 創 るために 瑞 穂 町 地 球 温 暖 化 対 策 実 行 計 画 の 策 定 推 進 を 通 じ 町 の 事 務 事 業 から 排 出 す る 温 室 効 果 ガスの 削 減 に 取 り 組 んでいきま 瑞 穂 町 地 球 温 暖 化 対 策 実 行 計 画 は 平 成 23 年 度 に 策 定 をし 平 成 24 年 度 は 第 1 回 温 暖 化 対 策 実 行 計 画 策 定 推 進 会 議 を 開 催 しました ( 平 成 25 年 2 月 4 日 開 催 ) 町 役 場 の 事 務 事 業 から 排 出 する 温 室 効 果 ガスの 削 減 に 効 果 的 な 取 り 組 みを 研 究 しま 国 及 び 都 の 地 球 温 暖 化 対 策 報 告 書 制 度 を 通 じて 各 施 設 の 二 酸 化 炭 素 排 出 量 及 び 取 組 可 能 な 地 球 温 暖 化 対 策 を 把 握 していきま ごみの 減 量 をさらに 推 進 し 町 民 1 人 あたり 一 日 の 家 庭 ごみの 排 出 量 670 グラムを 目 指 しま( 目 標 :670 グラム おおよそ みかん7 個 分 に 相 当 しま) 平 成 24 年 度 町 民 1 人 あたり 一 日 の 家 庭 ごみの 排 出 量 は922グラムでし た ( 平 成 23 年 度 918グラム) 前 年 に 比 べ 4グラム 増 となりましたが 引 き 続 きごみの 減 量 を 推 進 していきま 排 出 量 g 目 標 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 平 成 24 年 11 月 に みずほエコパーク フリーマーケット 及 び 啓 発 事 業 を 実 施 し に 関 するパネル 展 示 放 射 線 測 定 実 演 スズメのお 宿 の 巣 箱 作 りを 行 いました ( 来 場 者 約 500 人 ) スズメのお 宿 の 巣 箱 作 り 8

11 みずほエコパークにて みずほ フリーマーケット( 年 間 8 回 ) を 開 催 し ごみの 排 出 抑 制 や 再 利 用 の 取 組 定 着 を 図 りまし た ( 平 成 23 年 度 は7 回 ) フリーマッケット 及 び 啓 発 事 業 ノー(NO)レジ 袋 マイバッグ 運 動 を 推 進 し ごみの 減 量 に 対 する 町 民 の 意 識 を 啓 発 しました 協 定 締 結 事 業 者 へ 啓 発 ポスターの 掲 示 と 声 かけ 運 動 の 協 力 をお 願 いしました 町 内 16 事 業 者 とレジ 袋 の 削 減 及 びマイバッグ 持 参 促 進 に 関 する 協 定 を 結 んでいま 広 報 みずほやホームページ 等 を 通 じ 毎 月 ごみの 減 量 やリサイクルを 啓 発 する 記 事 と 不 用 品 の 交 換 (ゆずります ゆずってください) 記 事 を 掲 載 し 情 報 を 提 供 しました 不 用 品 の 年 間 成 立 件 数 は 33 件 中 16 件 でした (23 年 度 39 件 中 20 件 成 立 ) 9

12 みんなで 考 え みんなで 行 動 するまちを 創 るために みずほリサイクルプラザの 見 学 や 職 場 体 験 農 業 体 験 等 様 々な 学 習 の 機 会 を 用 意 していきま 平 成 24 年 度 は のぞみ 幼 稚 園 第 一 小 学 校 瑞 穂 中 学 校 等 170 名 のリサイクルプラザの 見 学 者 がありました また 瑞 穂 第 二 中 学 校 の 職 場 体 験 を 通 じて ごみの 分 別 の 大 切 さを 学 んでもらいました 農 業 委 員 会 主 催 により 平 成 24 年 11 月 には 長 岡 地 区 の 農 業 施 設 を 歩 いて 見 学 し 収 穫 体 験 もできる 農 ウォーク を 12 月 には 高 根 地 区 不 耕 作 地 で 地 元 子 ども 会 育 成 会 と 共 に 小 麦 まき の 体 験 をしました 7 月 の 日 曜 日 にエコパークにて 親 子 を 対 象 とした 自 然 観 察 を 行 いま した 出 前 講 座 やボランティア 登 録 の 充 実 アドバイザーや 専 門 家 と 町 民 との 間 のコーデ ィネーター 等 により についての 情 報 を 町 民 事 業 者 町 が 共 有 できる 仕 組 み を 構 築 していきま 総 合 人 材 リストと 生 涯 学 習 まちづくり 出 前 講 座 を 社 会 教 育 課 で 一 括 運 営 し 町 民 の 学 習 活 動 を 支 援 していきま 生 涯 学 習 推 進 団 体 へのPRやホームページへの 掲 載 により 町 民 への 情 報 提 供 をしていきま 町 内 のコミュニティセンターへ 出 前 講 座 登 録 者 リストを 設 置 しました 人 材 リスト 登 録 者 数 と 件 数 は 43 名 56 件 で 10

13 平 成 24 年 度 町 の 施 策 進 捗 状 況 望 ましい 像 (2ページ 参 照 )の 実 現 に 向 けた 基 本 方 針 の 下 町 の 取 り 組 む 施 策 の 進 捗 状 況 について 報 告 します 大 項 目 実 施 済 み 実 施 中 未 実 施 合 計 達 成 率 1.きれいな 空 気 を 創 っていくために % 2.きれいな 水 を 創 っていくために % 3. 不 快 な 騒 音 や 振 動 をなくしていくために % 4. 清 らかな 大 地 を 守 っていくために % 5. 様 々な 公 害 を 防 いでいくために % 6. 豊 かな 緑 を 守 り 育 てていくために % 7. 多 様 な 生 き 物 を 守 り 育 てていくために % 8. 水 辺 を 守 り 育 てていくために % 9. 美 しい 景 観 のまちを 創 っていくために % 10. 人 にやさしいまちを 創 っていくために % 11. 安 心 して 暮 らせるまちを 創 っていくために % 12. 地 球 温 暖 化 を 防 止 するために % 13. 地 球 問 題 へ 取 り 組 むために % 14.ごみを 減 らすために % 15. 資 源 を 再 利 用 するために % 16.みんなで 学 び 協 力 していくために % 合 計 % 同 一 施 策 に 複 数 の 課 の 回 答 がある 場 合 重 複 して 集 計 実 施 状 況 34 件 8.4% 59 件 14.5% 314 件 77.1% 実 施 済 み 実 施 中 未 実 施 11

14 目 次 瑞 穂 町 基 本 計 画 の 概 要 1 基 本 目 標 と 施 策 体 系 図 2 瑞 穂 町 基 本 計 画 重 点 プロジェクト 進 捗 状 況 3 平 成 24 年 度 町 の 施 策 進 捗 状 況 きれいな 空 気 を 創 っていくために きれいな 水 を 創 っていくために 不 快 な 騒 音 や 振 動 をなくしていくために 清 らかな 大 地 を 守 っていくために 様 々な 公 害 を 防 いでいくために 豊 かな 緑 を 守 り 育 てていくために 多 様 な 生 き 物 を 守 り 育 てていくために 水 辺 を 守 り 育 てていくために 美 しい 景 観 のまちを 創 っていくために 人 にやさしいまちを 創 っていくために 安 心 して 暮 らせるまちを 創 っていくために 地 球 温 暖 化 を 防 止 するために 地 球 問 題 へ 取 り 組 むために ごみを 減 らすために 資 源 を 再 利 用 するために みんなで 学 び 協 力 していくために 74 資 料 編 80 全 町 一 斉 清 掃 実 施 状 況 80 フリーマーケット 実 施 状 況 80 監 視 事 業 81 大 気 調 査 実 施 結 果 82 水 質 検 査 実 施 結 果 83 残 堀 川 水 生 生 物 調 査 結 果 85 太 陽 光 発 電 設 備 の 公 共 施 設 等 導 入 状 況 86

15 1.きれいな 空 気 を 創 っていくために - - 自 動 車 排 出 ガスによる 負 荷 を 低 減 していきます - - 低 公 害 車 等 の 導 入 と 普 及 の 促 進 公 用 車 の 更 新 時 には ハイブリッド 車 や 電 気 自 管 財 管 財 動 車 等 の 低 公 害 車 または 排 気 量 の 小 さな 車 両 へ 転 換 していきま 特 別 な 利 用 以 外 の 車 両 は すべて 小 排 庁 用 自 動 車 運 営 委 員 会 で 議 論 を 重 気 量 車 ( 軽 自 動 車 )に 転 換 していまま ね 積 極 的 に 低 公 害 車 へ 転 換 していき た ハイブリッド 車 も 徐 々に 増 加 し 現 在 6 ままた 燃 料 補 給 所 の 設 置 状 況 に 台 で( 総 数 割 合 は 約 6%で) 注 視 し 電 気 自 動 車 等 低 公 害 車 の 導 入 も 検 討 していきま 急 速 充 電 スタンドは 青 梅 市 八 王 子 市 昭 島 市 など 瑞 穂 町 周 辺 自 治 体 の みに 設 置 されている 状 況 のため 電 気 自 動 車 の 導 入 は 検 討 段 階 にとどま りま 都 等 車 両 の 低 公 害 車 化 を 推 進 する 関 係 機 関 との 連 携 のもと 広 報 みずほやホームページ 等 に より 町 民 事 業 者 の 意 識 を 啓 発 し 低 公 害 車 の 普 及 促 進 に 努 めていきま 都 の 自 動 車 低 公 害 化 促 進 資 金 の お 知 らせを 産 業 課 の 窓 口 に 配 置 しま した 今 後 も 継 続 して 周 知 していきま 国 や 都 の 補 助 金 や 減 税 規 制 等 の 情 報 収 集 と 連 携 が 必 要 で エコドライブの 推 進 広 報 みずほやホームページ 等 により 町 民 事 業 者 へエコドライブの 推 進 を 啓 発 していきま エコドライブのチラシを 窓 口 に 配 置 し 今 後 も 継 続 して 周 知 していきま ました 広 報 みずほの 平 成 24 年 12 月 号 に 家 庭 でできる 温 暖 化 対 策 の 取 組 とし て 関 連 記 事 を 掲 載 しました みずほエコパークフリーマーケット 及 び 啓 発 事 業 ( 平 成 24 年 11 月 18 日 )にて パネル 展 示 を 行 いました エコドライブの 一 環 として 広 報 みずほやホー ムページ 等 により 町 民 事 業 者 に 対 して 不 必 要 なアイドリングをしない 等 を 啓 発 していきま エコドライブのチラシを 窓 口 に 配 置 し 今 後 も 継 続 して 周 知 していきま ました 広 報 みずほの 平 成 24 年 12 月 号 に 家 庭 でできる 温 暖 化 対 策 の 取 組 とし て 関 連 記 事 を 掲 載 しました みずほエコパークフリーマーケット 及 び 啓 発 事 業 ( 平 成 24 年 11 月 18 日 )にて パネル 展 示 を 行 いました 国 や 都 と 連 携 し 事 業 者 に 対 する 業 務 用 車 両 の 適 正 な 運 用 大 型 車 両 の 運 転 者 へ にやさ しい 運 転 等 を 啓 発 していきま 委 託 契 約 の 仕 様 書 にディーゼル 車 規 制 適 合 車 の 使 用 など 法 令 遵 守 を 明 記 していま 町 商 工 会 と 加 入 事 業 主 へのPRに ついて 協 議 していきま より 多 くの 事 業 者 に 啓 発 していくに は 国 や 都 との 連 携 が 重 要 で 12 実 施 状 況 欄 の 凡 例 : 実 施 済 み : 実 施 中 : 未 実 施

16 自 動 車 交 通 量 の 抑 制 交 通 渋 滞 の 解 消 広 報 みずほやホームページ 等 により 町 民 事 業 者 に 対 し 通 勤 時 の 徒 歩 や 自 転 車 の 利 用 自 動 車 通 勤 における 相 乗 りの 促 進 等 を 啓 発 してい きま 節 電 に 関 するリーフレットを 窓 口 や 図 書 館 などの 公 共 施 設 に 配 置 しました みずほフリーマケット 及 び 啓 発 事 業 ( 平 成 24 年 11 月 18 日 )にて パネル 展 示 を 行 いました 広 報 みずほの 平 成 24 年 12 月 号 に 家 庭 でできる 温 暖 化 対 策 の 取 組 として 関 連 記 事 を 掲 載 しました 今 後 も 継 続 して 周 知 していきま より 多 くの 事 業 者 に 啓 発 していくに は 国 や 都 との 連 携 が 重 要 で 町 は 率 先 し 通 勤 時 のノーカーデーの 実 施 に 取 り 組 んでいきま 総 務 課 と 協 議 して 導 入 に 取 り 組 んでい きま 広 報 みずほやホームページ 等 により 事 業 者 に 対 し 通 勤 時 のノーカーデーの 実 施 を 啓 発 して いきま 広 報 みずほやホームページ 等 にて 啓 発 するとともに 商 工 会 と 協 議 し 事 業 主 への 周 知 に 取 り 組 んでいきま より 多 くの 事 業 者 に 啓 発 していくに は 国 や 都 との 連 携 が 重 要 で 交 通 渋 滞 の 解 消 を 図 るため 町 道 の 体 系 的 整 備 により 生 活 道 路 と 幹 線 道 路 のネットワーク 化 を 図 っていきま 建 設 土 木 町 内 会 地 権 者 からの 要 望 により 道 路 の 拡 幅 工 事 を 実 施 していま 周 辺 住 民 の 安 全 で 快 適 な 通 行 の 確 保 と 生 活 の 向 上 に 寄 与 していま 生 活 道 路 の 整 備 に 伴 う 円 滑 な 用 地 取 得 は 地 権 者 の 理 解 と 協 力 が 不 可 欠 で また 道 路 整 備 は 住 民 の 生 活 の 向 上 はもとより 交 通 の 円 滑 化 の 確 保 のために 整 備 は 必 要 不 可 欠 で 今 後 も 要 望 により 効 率 的 に 整 備 を 推 進 していきま 要 望 による 拡 幅 改 修 事 業 を 進 めて きました 生 活 道 路 の 拡 幅 改 修 は 周 辺 住 民 の 安 全 で 快 適 な 通 行 の 確 保 と 生 活 の 向 上 に 向 け 重 要 な 事 業 でしかしながら 事 業 には 土 地 所 有 者 の 理 解 と 協 力 が 必 要 であり 交 渉 には 時 間 を 要 していま ボトルネック 箇 所 については 右 折 レーンを 整 備 し 交 通 渋 滞 の 解 消 に 努 めていきま 建 設 土 木 平 成 18 年 度 に1 箇 所 実 施 しました 交 差 点 付 近 の 用 地 を 買 収 し 交 差 点 の 拡 幅 改 修 をしました 用 地 取 得 には 地 権 者 の 理 解 と 協 力 が 不 可 欠 でまた 道 路 整 備 は 住 民 の 生 活 の 向 上 はもとより 交 通 の 円 滑 化 の 確 保 のために 整 備 は 不 可 欠 で 今 後 も 順 次 整 備 推 進 していきま 事 業 には 土 地 所 有 者 の 理 解 と 協 力 が 必 要 であり 交 渉 には 時 間 を 要 し ていま 交 通 の 流 れが 適 正 化 するよう 警 察 署 等 関 係 機 関 へ 働 きかけていきま 地 域 安 全 ( 交 通 防 犯 ) 交 通 の 円 滑 化 を 図 るため 交 通 規 制 や 警 察 署 と 連 携 し 実 施 しま 信 号 サイクルの 調 整 等 を 警 察 署 等 に 働 きかけていきま 工 場 事 業 所 等 への 出 入 り 車 両 の 路 上 駐 車 が 著 しい 場 合 は その 防 止 を 指 導 していきま 地 域 安 全 ( 交 通 防 犯 ) 路 上 駐 車 等 の 状 況 を 把 握 した 場 合 警 察 署 と 連 携 し 実 施 しま は 警 察 署 に 通 報 しの 上 指 導 警 告 取 締 りを 要 請 しま 13 実 施 状 況 欄 の 凡 例 : 実 施 済 み : 実 施 中 : 未 実 施

17 公 共 交 通 機 関 の 整 備 と 利 用 促 進 モノレールの 延 伸 やバス 路 線 の 拡 充 等 公 共 秘 書 広 報 渉 外 交 通 機 関 の 整 備 促 進 を 要 請 していきま モノレール 延 伸 については 町 と 議 会 に おいて 毎 年 東 京 都 に 対 し 要 望 活 動 を 実 施 するとともに 延 伸 予 定 自 治 体 と 協 働 し 要 請 活 動 を 実 施 していま バス 路 線 の 拡 充 については 箱 根 ケ 崎 駅 広 場 整 備 にあわせ 事 業 者 に 働 きかけま 今 後 も 町 及 び 議 会 による 要 望 活 動 のほか 関 係 各 市 との 連 携 を 図 りつ つ 効 果 的 な 活 動 を 行 いま 民 間 事 業 者 の 経 営 判 断 によるもので あるため 粘 り 強 い 要 望 が 重 要 で 公 共 のバスへの 低 公 害 車 の 導 入 を 要 請 してい きま 秘 書 広 報 渉 外 国 土 交 通 省 において 低 公 害 車 の 導 入 が 定 められていることから 当 該 規 定 の 遵 守 を 求 めるもので バス 会 社 においては 国 土 交 通 省 の 規 定 を 遵 守 しているものと 承 知 し ており 現 時 点 において 町 として 特 段 の 活 動 を 行 う 必 要 は 認 められない が 今 後 仮 に 規 定 に 違 反 しているこ とが 認 められたならば 適 切 に 対 応 し ていきたい としていま 広 報 みずほやホームページ 等 により 町 民 事 業 者 に 対 し マイカー 通 勤 からバス 等 の 公 共 交 通 機 関 の 利 用 へ 転 換 するよう 啓 発 していきま 広 報 みずほの 平 成 24 年 12 月 号 に 家 今 後 も 継 続 して 周 知 していきま 庭 でできる 温 暖 化 対 策 の 取 組 として 関 連 記 事 を 掲 載 しました みずほフリーマケット 及 び 啓 発 事 業 ( 平 成 24 年 11 月 18 日 )にて パネル 展 示 を 行 いました 14 実 施 状 況 欄 の 凡 例 : 実 施 済 み : 実 施 中 : 未 実 施

18 固 定 発 生 源 からの 負 荷 を 低 減 していきます - - 工 場 事 業 所 等 からの 排 出 削 減 対 策 の 推 進 都 と 連 携 し 関 係 法 令 等 に 基 づき 排 出 ガスに 関 する 規 制 指 導 を 継 続 して 実 施 していきま 工 事 等 から 排 出 される 煙 や 臭 気 等 に 対 する 苦 情 について 多 摩 事 務 所 と 連 携 して 指 導 しました 今 後 も 都 と 連 携 し 対 応 していきま 都 と 連 携 し 事 業 者 に 対 して 公 害 防 止 施 設 や 公 害 防 止 技 術 の 導 入 を 啓 発 していきま 住 民 の 要 望 により 事 業 者 に 改 善 協 力 を 求 めました 多 摩 事 務 所 と 事 業 所 の 立 ち 入 り 調 査 に 同 行 しました 住 民 の 苦 情 等 により 事 業 者 に 改 善 協 力 を 求 めていきま 多 摩 事 務 所 との 連 携 が 重 要 で 町 民 事 業 者 に 対 し ごみの 排 出 量 そのものを 削 減 するよう 啓 発 し ごみ 処 理 施 設 からの 汚 染 物 資 の 飛 散 等 を 軽 減 していきま 清 掃 大 規 模 事 業 所 を 対 象 に ごみの 排 出 量 を 減 らすよう 廃 棄 物 減 量 及 び 再 利 用 に 関 する 計 画 書 を 提 出 させていま 一 般 廃 棄 物 処 分 業 許 可 業 者 に 対 して 随 時 立 入 調 査 等 を 行 っていま 提 出 された 計 画 を 遵 守 するよう 継 続 的 に 指 導 していきま 必 要 に 応 じて 東 京 都 や 関 係 機 関 と も 連 携 して 調 査 指 導 を 行 っていきま 町 内 の 大 規 模 事 業 所 を 正 確 に 把 握 し 漏 れなく 計 画 書 を 提 出 させること が 課 題 で 町 が 許 可 するごみ 処 理 施 設 につい ては 一 般 廃 棄 物 処 理 基 本 計 画 に 基 づき 新 規 の 許 可 は 行 いません 既 存 施 設 を 適 切 に 監 視 し 指 導 していくこ とが 課 題 で 家 庭 からの 排 出 削 減 対 策 の 推 進 広 報 みずほやホームページ 等 により 町 民 に 対 してごみの 自 家 焼 却 や 野 焼 き 等 による 大 気 へ の 影 響 を 知 らせ これを 行 わないよう 啓 発 してい きま パトロールによる 発 見 や 住 民 通 報 で 現 場 に 急 行 し 消 火 を 促 しました ごみの 焼 却 は 都 の 条 例 で 禁 止 されて いる 事 を 指 導 したり 協 力 を 求 めまし た 都 作 成 の 不 正 焼 却 禁 止 のチラシを 野 焼 きの 現 場 に 持 参 し 配 布 しました 畑 の 焼 却 については 産 業 課 に 農 業 病 害 虫 駆 除 に 基 づく 焼 却 届 を 提 出 す るように 求 めました ごみの 不 正 焼 却 は 一 時 期 より 減 少 しているものの 発 生 していま 今 後 も 啓 発 活 動 を 継 続 していきま 多 摩 事 務 所 警 察 署 消 防 署 との 連 携 が 必 要 で ごみの 自 家 焼 却 や 野 焼 きの 禁 止 を 徹 底 するた め パトロール 等 によりこれを 確 認 した 場 合 は 適 切 に 指 導 していきま パトロールによる 発 見 や 住 民 通 報 で 現 場 に 急 行 し 消 火 を 促 しました ごみの 焼 却 は 都 の 条 例 で 禁 止 されて いる 事 を 指 導 したり 協 力 を 求 めまし た 都 作 成 の 不 正 焼 却 禁 止 のチラシを 野 焼 きの 現 場 に 持 参 し 配 布 しました 畑 については 産 業 課 に 農 業 病 害 虫 駆 除 に 基 づく 焼 却 届 を 提 出 するよう に 求 めました ごみの 不 正 焼 却 は 一 時 期 より 減 少 しているものの 発 生 していま 今 後 も 啓 発 活 動 を 継 続 していきま 多 摩 事 務 所 警 察 署 消 防 署 との 連 携 が 必 要 で 15 実 施 状 況 欄 の 凡 例 : 実 施 済 み : 実 施 中 : 未 実 施

19 悪 臭 を 防 止 していきます - - 発 生 源 対 策 の 推 進 指 導 の 強 化 都 と 連 携 し 工 場 事 業 所 等 の 悪 臭 発 生 源 の 監 視 を 行 っていくとともに 悪 臭 発 生 防 止 を 指 導 していきま パトロールによる 監 視 を 継 続 して 今 後 も 継 続 して 都 と 連 携 し 監 視 し いま ていきま 都 と 連 携 し 事 業 所 に 改 善 を 指 導 しま した 住 民 の 苦 情 に 対 応 し 事 業 者 に 協 力 を 求 めました 都 等 と 連 携 し 農 家 等 の 堆 肥 の 生 成 または 利 産 業 用 時 に 発 生 する 悪 臭 の 防 止 を 指 導 していきま 農 政 東 京 都 ( 産 業 労 働 局 農 業 振 興 事 務 所 西 多 摩 農 業 改 良 普 及 センター)に より 対 象 となる 農 家 に 対 し 指 導 を 実 施 していま 苦 情 発 生 時 には 課 と 連 携 し 適 切 な 指 導 を 実 施 していま 継 続 して 指 導 を 行 うよう 都 へ 働 きか けるとともに 連 携 を 図 りま 農 業 振 興 地 域 内 での 苦 情 について は 農 業 振 興 の 観 点 から 周 辺 住 民 の 理 解 を 得 る 必 要 もありま 広 報 みずほやホームページ 等 により ペットの 排 泄 物 は 飼 い 主 が 責 任 を 持 って 片 付 ける 等 のマ ナーの 向 上 を 周 知 していきま 集 合 注 射 のとき 犬 の 登 録 や 狂 犬 病 予 今 後 も 継 続 して 周 知 していきま 防 注 射 済 票 交 付 時 にマナー 向 上 パンフ レットを 配 布 しました ふん 尿 被 害 の 相 談 者 に 犬 型 看 板 を 提 供 しました 広 報 みずほの 平 成 24 年 10 月 号 に 飼 い 主 のマナー 向 上 の 記 事 を 掲 載 しまし た 広 報 みずほの 平 成 24 年 5 月 号 平 成 2 5 年 2 月 号 に 猫 の 飼 い 主 への 記 事 を 掲 載 しました 調 査 監 視 体 制 を 充 実 し 情 報 を 提 供 していきます - - 大 気 調 査 の 充 実 大 気 調 査 を 継 続 して 実 施 していきま 平 成 24 年 度 は 以 下 の 日 程 で 調 査 を 行 いました 1 回 目 : 平 成 24 年 8 月 7 日 ~8 月 14 日 2 回 目 : 平 成 25 年 2 月 5 日 ~2 月 12 日 平 成 25 年 度 も 継 続 して 実 施 してい きま 大 気 調 査 費 用 が 高 価 で 西 多 摩 衛 生 組 合 でのごみ 焼 却 による 有 害 化 学 物 質 の 発 生 状 況 を 監 視 していきま 清 掃 西 多 摩 衛 生 組 合 では 公 害 防 止 協 定 及 今 後 も 継 続 して 測 定 し 監 視 を 続 け び 関 係 法 令 に 基 づいて 大 気 中 のダイオ ていきま キシン 類 測 定 や 排 出 ガス 測 定 等 を 実 施 し ていま 測 定 の 結 果 を 西 多 摩 衛 生 組 合 及 び 町 の 広 報 やホームページ 等 でお 知 ら せしていま 東 日 本 大 震 災 に 伴 う 災 害 廃 棄 物 受 け 入 れ 後 は 飛 灰 中 の 放 射 性 セシウム 濃 度 や 排 ガス 中 の 放 射 性 セシウ ム 濃 度 敷 地 境 界 線 の 空 間 線 量 率 を 測 定 し 同 様 にお 知 らせしていま 周 辺 住 民 等 に 対 して 測 定 結 果 を 正 確 に 説 明 し 過 剰 な 不 安 を 与 えない ことが 課 題 で 16 実 施 状 況 欄 の 凡 例 : 実 施 済 み : 実 施 中 : 未 実 施

20 大 気 に 関 する 情 報 の 提 供 大 気 に 関 する 測 定 データを 継 続 して 公 表 してい きま 広 報 みずほの 平 成 24 年 6 月 号 に 平 成 2 都 の 大 気 常 時 観 測 データも 利 用 し 3 年 度 の 調 査 結 果 を 公 表 しました 広 く 情 報 提 供 していきま 都 に 報 告 しました ( 平 成 23 年 度 の 大 気 調 査 結 果 ) 平 成 24 年 については 事 務 報 告 書 に 記 載 しました 広 報 みずほやホームページ 等 により 自 動 車 排 出 ガスによる への 影 響 等 の 情 報 を 町 民 事 業 者 へ 提 供 していきま 広 報 みずほの 平 成 24 年 12 月 号 に 家 庭 今 後 も 継 続 して 周 知 していきま でできる 温 暖 化 対 策 の 取 組 として 関 連 記 事 を 掲 載 しました みずほフリーマケット 及 び 啓 発 事 業 ( 平 成 24 年 11 月 18 日 )にて パネル 展 示 を 行 いました 国 や 都 と 連 携 し トラック 等 から 発 生 する 粉 じん 等 に 関 する 情 報 を 提 供 していきま 平 成 24 年 度 は 事 例 がありませんでし た 発 生 した 場 合 は 個 別 相 談 による 対 応 は 早 急 に 行 い 都 と 連 携 していき ままた 国 や 都 の 情 報 を 収 集 し 広 報 手 段 を 研 究 し 情 報 提 供 に 努 め ていきま 17 実 施 状 況 欄 の 凡 例 : 実 施 済 み : 実 施 中 : 未 実 施

21 2.きれいな 水 を 創 っていくために - - 水 を 汚 す 物 質 の 排 出 を 防 止 していきます - - 家 庭 からの 排 出 負 荷 削 減 対 策 の 推 進 公 共 下 水 道 整 備 を 推 進 していきま 都 市 計 画 下 水 道 公 共 下 水 道 計 画 に 基 づき 整 備 を 進 め ました 引 き 続 き 整 備 を 進 めま 公 共 下 水 道 の 整 備 済 み 区 域 においては 各 家 庭 の 下 水 道 への 接 続 状 況 を 確 認 していくととも に 下 水 道 への 接 続 を 促 進 していきま 都 市 計 画 下 水 道 未 接 続 の 家 庭 に 水 洗 化 を 勧 める 通 知 を 発 送 しました 今 後 とも 接 続 を 促 進 しま 下 水 道 未 整 備 地 域 においては 合 併 処 理 浄 化 槽 の 設 置 を 促 進 するとともに 浄 化 槽 の 適 正 な 管 理 を 啓 発 していきま 清 掃 浄 化 槽 清 掃 業 許 可 業 者 により 適 正 に 該 当 する 一 般 家 庭 や 事 業 所 が 存 在 す 浄 化 槽 の 清 掃 を 行 っていま る 間 は 継 続 していく 必 要 がありま 浄 化 槽 清 掃 により 発 生 した 汚 泥 はリサイ クルプラザに 貯 留 後 委 託 業 者 により 適 正 に 処 分 していま 該 当 する 世 帯 や 事 業 所 を 正 確 に 把 握 するため 清 掃 業 者 や 関 係 機 関 と 連 携 していくことが 課 題 で 油 等 処 理 しにくいものは 下 水 道 や 浄 化 槽 へ 流 さないよう 広 報 みずほやホームページ 等 を 利 用 して 啓 発 していきま 広 報 みずほの 平 成 24 年 6 月 号 のご み 減 量 リサイクル 特 集 号 に 河 川 の 水 質 向 上 に 協 力 を 呼 びかける 記 事 を 掲 載 しました 今 後 も 住 民 に 協 力 を 求 めながら 継 続 していきま 都 市 計 画 下 水 道 広 報 及 びホームページに 掲 載 しまし た 今 後 も 啓 発 に 努 めま 工 場 事 業 所 等 からの 排 出 負 荷 削 減 対 策 の 推 進 都 と 連 携 し 工 場 事 業 所 等 へ 水 質 汚 濁 防 止 に ついて 指 導 啓 発 していきま 都 市 計 画 下 水 道 不 老 川 の 水 質 汚 濁 について 多 摩 環 今 後 も 継 続 して 多 摩 事 務 所 と 境 事 務 所 と 連 携 し 立 ち 入 り 調 査 を 実 の 情 報 交 換 と 連 携 に 努 めま 施 水 質 汚 濁 防 止 に 努 めました ( 平 成 21 年 度 ) 定 期 的 に 汚 水 桝 からの 水 質 検 査 を し 水 質 汚 濁 防 止 について 啓 発 しまし た 継 続 して 水 質 検 査 を 実 施 しま 18 実 施 状 況 欄 の 凡 例 : 実 施 済 み : 実 施 中 : 未 実 施

22 都 と 連 携 し 工 場 排 水 等 の 水 質 を 確 認 していく とともに 基 準 以 上 の 排 水 が 出 ている 場 合 は 改 善 を 指 導 していきま 定 期 的 に 水 質 検 査 を 実 施 しました 水 質 調 査 を 継 続 していきま 不 老 川 の 水 質 汚 濁 について 多 摩 環 広 報 等 を 通 じてPR 指 導 を 行 ってい 境 事 務 所 と 連 携 し 立 ち 入 り 調 査 を 実 きま 施 水 質 汚 濁 防 止 に 努 めました ( 平 成 関 連 する 事 案 が 発 生 した 場 合 は 21 年 度 ) 都 と 連 携 し 当 該 事 業 者 に 対 して 指 導 しま 都 市 計 画 下 水 道 水 質 検 査 を 実 施 しました 水 質 検 査 を 継 続 していきま 都 と 連 携 し 建 設 作 業 等 に 伴 って 排 出 される 汚 水 等 についても 水 質 汚 濁 防 止 対 策 を 徹 底 する よう 指 導 していきま 水 循 環 を 健 全 化 していきます - - 関 連 する 事 案 が 発 生 した 場 合 は 都 と 連 携 し 当 該 事 業 者 に 対 して 指 導 していきま 都 と 連 携 していく 仕 組 作 りが 課 題 で 健 全 な 水 循 環 の 保 全 回 復 の 推 進 保 水 機 能 を 確 保 するため 狭 山 丘 陵 の 雑 木 林 の 保 全 を 東 京 都 へ 継 続 して 働 きかけていきま 建 設 公 園 野 山 北 六 道 山 公 園 管 理 運 営 協 議 会 ( 年 4 回 )において 公 園 の 維 持 管 理 につ いて 意 見 を 述 べていま 保 水 浸 透 機 能 を 有 する 樹 林 や 農 地 等 の 保 全 に 取 り 組 んでいきま 課 としては 担 当 課 への 関 連 情 報 の 提 供 と 取 り 組 みへの 協 力 と いう 形 で 携 わりま 産 業 農 政 農 業 振 興 地 域 整 備 計 画 により 農 地 を 保 全 していま 今 後 も 農 業 振 興 地 域 として 農 地 を 保 全 すべき 地 域 と 土 地 基 盤 整 備 を 必 要 とされる 地 域 との 調 整 が 必 要 で あると 思 われま 国 や 都 との 連 絡 調 整 や 連 携 が 必 要 で 建 設 公 園 保 存 樹 林 地 として 指 定 を 行 っていま 平 成 23 年 度 実 績 として 保 存 樹 木 33 本 保 存 屋 敷 林 19か 所 保 存 樹 林 地 42 か 所 211,579m2 指 定 を 行 い 奨 励 金 2,558,500 円 を 支 出 しました 継 続 して 行 いま 相 続 や 売 買 で 指 定 解 除 が 発 生 して いる 状 況 で 指 定 箇 所 の 増 加 をしていかなけれ ばなりません 保 存 樹 林 地 の 公 有 地 化 を 検 討 して いきま 町 民 事 業 者 に 対 し 保 水 浸 透 機 能 の 高 い 樹 林 や 農 地 等 の 保 全 を 啓 発 していきま 産 業 農 政 農 業 振 興 基 本 計 画 策 定 に 伴 う 基 本 調 査 を 実 施 し 現 状 を 把 握 しま 地 域 により 保 水 浸 透 機 能 が 乏 しい 地 域 があるのではないかと 思 われま 流 域 自 治 体 等 と 連 携 し 良 好 な 水 を 創 っていきます - - 残 堀 川 における 連 携 実 施 状 況 欄 の 凡 例 : 実 施 済 み : 実 施 中 : 未 実 施

23 残 堀 川 水 質 調 査 会 の 定 例 会 に 参 加 し 流 域 の 自 治 体 と 連 携 を 図 っていきま 瑞 穂 町 立 川 市 武 蔵 村 山 市 で 残 堀 川 水 質 調 査 会 の 定 例 会 に 参 加 し 連 携 を 図 っていま 今 後 も 情 報 を 共 有 し 連 携 して 残 堀 川 の 水 質 向 上 のための 活 動 を 継 続 し ていきま 残 堀 川 水 質 調 査 会 において 汚 染 源 や 水 質 改 善 施 策 等 についての 情 報 交 換 を 実 施 していきま 調 査 結 果 を 情 報 交 換 し 報 告 書 を 作 成 し 都 へ 要 望 書 を 提 出 しました 今 年 度 も 残 堀 川 水 質 調 査 会 にて 情 報 交 換 し 平 成 25 年 5 月 に 要 望 書 を 提 出 しま 不 老 川 における 連 携 不 老 川 流 域 対 策 推 進 協 議 会 や 不 老 川 清 流 ル ネッサンスⅡ 地 域 協 議 会 へ 参 加 し 流 域 の 自 治 体 と 連 携 を 図 っていきま 建 設 課 を 通 じて 不 老 川 清 流 ルネッ サンスⅡ 地 域 協 議 会 のモニタリングア ンケートに 回 答 していま 今 後 も 不 老 川 の 水 質 調 査 を 継 続 し て 連 携 情 報 交 換 していきま 調 査 監 視 体 制 を 充 実 し 情 報 を 提 供 していきます - - 水 質 等 の 調 査 監 視 体 制 の 充 実 必 要 に 応 じて 都 等 と 連 携 し 残 堀 川 や 不 老 川 等 の 監 視 連 絡 体 制 を 充 実 していくとともに 水 質 異 常 事 故 時 にも 速 やかに 対 応 の 取 れる 体 制 を 構 築 していきま 水 質 異 常 事 故 の 緊 急 連 絡 体 制 を 確 認 しました 緊 急 水 質 調 査 体 制 の 構 築 を 関 係 各 課 と 調 整 しま 緊 急 水 質 調 査 キットを 配 置 しました 都 や 関 係 各 課 との 連 携 体 制 が 重 要 で 建 設 管 理 町 内 会 による 河 川 清 掃 を 行 っていま 今 後 も 継 続 して 実 施 していきま 東 京 都 や 関 係 各 課 との 連 携 が 必 要 で 都 市 計 画 下 水 道 都 及 び 東 京 都 市 町 村 との 緊 急 連 絡 体 制 を 作 っていま 引 き 続 き 連 携 していきま 河 川 の 水 質 水 量 及 び 水 生 生 物 調 査 を 継 続 し て 実 施 していきま 残 堀 川 水 質 調 査 を 年 4 回 実 施 してい 今 後 も 継 続 していきま ま ( 月 ) 残 堀 川 水 生 生 物 調 査 を 6 月 に 実 施 し ていま 不 老 川 水 質 調 査 を 年 12 回 実 施 して いま( 月 は 水 量 不 足 のため 欠 測 にしました ) 学 習 の 機 会 等 を 利 用 し 町 内 における 湧 水 調 査 の 実 施 に 取 り 組 んでいきま 他 市 の 実 施 状 況 を 調 べ 効 果 的 な 実 施 方 法 を 研 究 しま 20 実 施 状 況 欄 の 凡 例 : 実 施 済 み : 実 施 中 : 未 実 施

24 水 質 等 に 関 する 情 報 の 提 供 河 川 の 水 質 水 量 水 生 生 物 に 関 する 測 定 データを 継 続 して 公 表 していきま 3. 不 快 な 騒 音 や 振 動 をなくしていくために - - 騒 音 振 動 の 発 生 を 防 止 していきます - - 自 動 車 交 通 騒 音 防 止 対 策 の 推 進 広 報 みずほやホームページ 等 により 町 民 事 業 者 へ 自 動 車 利 用 をできるだけ 控 えることや 不 正 改 造 車 の 使 用 禁 止 アイドリングストップの 実 施 を 啓 発 していきま 都 に 不 老 川 と 残 堀 川 の 水 質 調 査 結 果 今 後 も 継 続 して 公 表 していきま と 残 堀 川 の 水 生 生 物 調 査 結 果 を 報 告 していま 不 老 川 清 流 ルネッサンスⅡに 平 成 23 年 度 の 調 査 結 果 を 報 告 しました 平 成 24 年 度 については 事 務 報 告 書 に 記 載 しました 広 報 みずほの 平 成 24 年 度 12 月 号 に 家 今 後 も 継 続 して 周 知 していきま 庭 でできる 温 暖 化 対 策 の 取 組 として 関 連 記 事 を 掲 載 しました みずほフリーマケット 及 び 啓 発 事 業 ( 平 成 24 年 11 月 18 日 )にて パネル 展 示 を 行 いました 交 通 安 全 講 習 会 や2 輪 ストップ 作 戦 等 を 通 じ 交 通 マナー 教 育 を 実 施 していきま 地 域 安 全 ( 交 通 防 犯 ) 各 種 交 通 安 全 キャンペーンを 通 じ 騒 音 防 止 対 策 を 実 施 しま 東 京 都 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 推 進 していきま 浮 上 防 止 型 マンホールの 設 置 等 により 道 路 騒 音 を 防 止 していきま 建 設 管 理 現 在 下 水 道 マンホールは 浮 上 防 止 騒 音 の 発 生 を 軽 減 できる 低 騒 音 舗 型 になっていま 装 等 を 検 討 していきま 騒 音 等 がある 場 合 は 都 市 計 画 課 と 調 整 を 図 っていま 騒 音 振 動 は 舗 装 の 継 ぎ 目 や 劣 化 ひび 割 れでも 発 生 していま 維 持 補 修 で 対 応 しているものの す べてを 改 善 できるわけではありませ ん 都 市 計 画 下 水 道 古 いマンホール 蓋 の 交 換 をしました 順 次 マンホール 蓋 を 交 換 していきま 横 田 基 地 の 騒 音 防 止 対 策 の 推 進 周 辺 市 と 連 携 して 国 や 米 軍 に 対 し 米 空 母 艦 秘 書 広 報 渉 外 載 機 の 離 着 陸 訓 練 の 中 止 を 要 請 していきま 米 空 母 艦 載 機 の 離 着 陸 訓 練 及 び 横 田 所 今 後 も 関 係 各 市 との 連 携 を 図 り 効 属 以 外 の 部 隊 による 訓 練 の 計 画 が 公 表 さ 果 的 な 活 動 を 行 いま れる 都 度 横 田 基 地 関 係 自 治 体 と 連 携 し て 防 衛 省 及 び 在 日 米 軍 に 対 し 要 望 活 動 を 実 施 していま 21 実 施 状 況 欄 の 凡 例 : 実 施 済 み : 実 施 中 : 未 実 施

25 周 辺 市 と 連 携 して 国 や 米 軍 に 対 し 航 空 機 騒 音 の 防 止 対 策 の 実 施 を 要 請 していきま 秘 書 広 報 渉 外 毎 年 防 衛 省 に 対 する 要 望 活 動 を 町 と 議 会 で 実 施 するとともに 横 田 基 地 関 係 自 治 体 と 連 携 して 実 施 していま 今 後 も 機 会 を 捉 え 町 及 び 議 会 によ る 活 動 のほか 関 係 各 市 との 連 携 を 図 り 効 果 的 な 活 動 を 行 いま 工 場 事 業 所 等 からの 騒 音 振 動 防 止 対 策 の 推 進 都 と 連 携 し 東 京 都 確 保 条 例 上 騒 音 振 動 の 規 制 対 象 となる 工 場 指 定 作 業 所 等 の 監 視 を 継 続 し 関 連 法 令 等 に 基 づき 防 止 対 策 を 指 導 していきま 住 民 からの 要 望 により 都 と 連 携 し 指 導 監 視 を 行 っていま 今 後 も 多 摩 事 務 所 と 連 携 して いきま 都 と 連 携 し 建 設 解 体 工 事 等 を 実 施 する 際 は 低 騒 音 低 振 動 タイプの 機 械 の 使 用 や 騒 音 振 動 の 軽 減 粉 じんの 発 生 防 止 対 策 等 を 指 導 し ていきま 解 体 工 事 の 連 絡 があった 際 には 届 出 書 の 確 認 ( 都 の 建 築 指 導 三 課 へ 提 出 )と 近 隣 住 民 への 配 慮 をお 願 いし ていま 継 続 して 取 り 組 みま 地 区 計 画 を 利 用 した 規 制 誘 導 を 行 っていくとと もに 土 地 利 用 に 適 正 な 制 限 を 設 けていきま 都 市 計 画 計 画 多 摩 事 務 所 と 連 携 していきま 地 区 計 画 はまちづくりの 施 策 を 定 め るものであり 騒 音 振 動 の 規 制 は 環 境 施 策 による 条 例 等 で 対 応 すべきも のと 考 えられままた 瑞 穂 町 宅 地 開 発 等 指 導 要 綱 には 騒 音 振 動 に 対 する 具 体 的 指 導 は 謳 っていませ ん 鉄 道 からの 騒 音 振 動 防 止 対 策 の 推 進 協 議 会 等 を 通 じ 低 騒 音 型 車 両 の 使 用 やロン グレール 化 による 鉄 道 からの 騒 音 振 動 の 防 止 を 引 き 続 き 要 請 していきま 秘 書 広 報 渉 外 協 議 会 の 一 員 として JR 東 日 本 に 対 し 所 要 の 要 望 活 動 を 実 施 していきま 今 後 とも 機 会 を 捉 え 協 議 会 とし て 関 係 各 所 に 要 望 活 動 を 実 施 して いきま 近 隣 騒 音 及 び 生 活 騒 音 防 止 対 策 の 推 進 都 と 連 携 し 広 報 みずほやホームページ 等 に より 近 隣 騒 音 の 防 止 を 啓 発 していきま 広 報 みずほ の8 月 号 に 生 活 騒 音 に 対 する 啓 発 の 記 事 を 掲 載 しました 今 後 も 継 続 して 周 知 していきま 騒 音 を 調 査 し 情 報 を 提 供 していきます - - 航 空 機 騒 音 の 測 定 情 報 の 提 供 役 場 屋 上 等 で 実 施 している 航 空 機 騒 音 の24 時 秘 書 広 報 間 測 定 を 継 続 していきま 渉 外 航 空 機 騒 音 に 係 る 基 準 に 適 合 し ているか 否 かの 確 認 を 目 的 として 役 場 屋 上 及 び 飛 行 経 路 直 下 の 民 家 にお いて 航 空 機 騒 音 の 常 時 測 定 を 実 施 し ていま 今 後 とも 常 時 測 定 を 実 施 し 国 等 への 要 望 活 動 の 資 としま 航 空 機 騒 音 の 調 査 結 果 について 広 報 みずほ やホームページによる 報 告 を 継 続 していきま 秘 書 広 報 渉 外 3か 月 に 一 度 広 報 みずほに 測 定 結 果 を 今 後 とも 引 き 続 き 測 定 結 果 報 告 を 掲 載 するとともに ホームページで 毎 月 測 継 続 しま 定 結 果 を 公 開 していま 測 定 機 器 に 故 障 等 発 生 しないよう 定 期 的 メンテナンスが 重 要 で 22 実 施 状 況 欄 の 凡 例 : 実 施 済 み : 実 施 中 : 未 実 施

26 4. 清 らかな 大 地 を 守 っていくために - - 土 壌 汚 染 の 防 止 対 策 を 推 進 していきます - - 有 害 化 学 物 質 による 汚 染 の 防 止 有 害 化 学 物 質 等 による 土 壌 汚 染 を 未 然 に 防 止 するため 都 と 連 携 し 事 業 者 への 防 止 指 導 を 行 っていきま 該 当 する 案 件 が 発 生 した 場 合 に 対 応 しま 都 と 連 携 し 事 業 者 に 対 し 有 害 化 学 物 質 や 有 害 廃 棄 物 の 排 出 抑 制 を 働 きかけていきま 情 報 収 集 に 努 め 有 効 な 手 段 を 研 究 しま 保 全 型 農 業 農 薬 の 適 正 使 用 の 推 進 農 業 者 団 体 と 連 携 し 有 機 栽 培 や 減 農 薬 栽 培 等 安 全 で 安 心 な 人 と にやさしい 保 全 型 農 業 を 推 進 していきま 産 業 農 政 現 在 減 農 薬 の 野 菜 や 茶 の 生 産 に 取 り 組 んでいる 農 家 が 存 在 しま 今 後 も 都 と 連 携 を 図 り 有 機 栽 培 や 保 全 型 農 業 を 推 進 するには 減 農 薬 栽 培 等 安 全 で 安 心 な 人 と 環 ある 程 度 経 費 や 時 間 等 がかかるの 境 にやさしい 保 全 型 農 業 を 推 進 で 農 家 の 方 の 理 解 を 得 る 必 要 があり していきま ま 畜 産 農 家 の 堆 肥 の 情 報 を 発 信 する 等 に やさしい 農 業 を 推 進 していくため 堆 肥 づくりと 流 通 システムづくりを 推 進 してきま 産 業 農 政 家 畜 排 せつ 物 法 に 基 づき 東 京 都 農 業 振 興 事 務 所 が 取 り 組 んでいま( 家 畜 排 せつ 物 法 に 基 づく 定 期 調 査 の 実 施 ) 家 畜 排 せつ 法 に 基 づき 土 壌 汚 染 の 防 止 対 策 を 図 りま 畜 産 農 家 の 取 組 は 第 一 であるが 周 辺 住 民 の 理 解 等 を 得 ることが 必 要 となる 場 合 もありま エコファーマーや 特 別 栽 培 制 度 により 農 薬 や 産 業 化 学 肥 料 等 の 適 正 使 用 使 用 量 の 削 減 に 取 り 組 んでいま 農 政 エコファーマーや 特 別 栽 培 制 度 によ り 農 薬 や 化 学 肥 料 等 の 適 正 使 用 使 用 量 の 削 減 に 取 り 組 んでいる 農 家 がい ま エコファーマーや 特 別 栽 培 制 度 を 周 知 し 取 り 組 む 農 家 を 増 やしていく 必 要 がありま 農 家 ( 生 産 者 )への 啓 発 とともに 理 解 を 得 ることが 重 要 で 都 等 と 連 携 し 農 薬 の 適 切 な 使 用 を 指 導 してい きま 産 業 農 政 東 京 都 農 業 振 興 事 務 所 の 農 薬 安 全 対 策 と 連 携 を 図 り 取 り 組 んでいきま 引 き 続 き 東 京 都 農 業 振 興 事 務 所 の 農 薬 安 全 対 策 と 連 携 を 図 り 取 り 組 んでいま 公 園 や 街 路 樹 等 では できるだけ 害 虫 駆 除 薬 品 等 の 使 用 量 を 削 減 していきま 建 設 公 園 年 間 を 通 じて 害 虫 駆 除 を 行 うのではな く 現 地 を 確 認 し 害 虫 の 発 生 がひどく 住 民 の 方 に 多 大 な 御 迷 惑 をおかけする 場 合 には 止 むを 得 ず 散 布 を 行 っていま 継 続 して 行 いま 人 がいない 時 間 の 早 朝 に 行 わなく てはなりません 23 実 施 状 況 欄 の 凡 例 : 実 施 済 み : 実 施 中 : 未 実 施

27 地 盤 沈 下 の 防 止 対 策 を 推 進 していきます - - 地 下 水 揚 水 規 制 の 指 導 都 と 連 携 し 関 連 法 令 等 に 基 づき 地 下 水 揚 水 規 制 等 の 指 導 を 継 続 していきま 事 業 所 から 地 下 水 使 用 の 相 談 があ り 多 摩 事 務 所 を 案 内 しました ( 平 成 22 年 度 ) 今 後 も 関 係 課 都 と 連 携 して 対 応 しま 地 下 水 涵 養 の 実 施 公 共 施 設 を 整 備 する 際 には 歩 道 や 駐 車 場 等 各 課 各 係 の 路 面 における 浸 透 性 舗 装 の 利 用 に 取 り 組 んで いきま 管 財 管 財 公 共 施 設 建 設 等 の 新 規 事 業 において 今 後 も 継 続 していきま 浸 透 性 舗 装 の 強 度 不 足 が 課 題 で は 浸 透 性 舗 装 等 の 設 計 取 組 を 行 ってい ま 地 域 地 域 町 民 会 館 等 地 区 会 館 改 修 工 事 の 際 地 区 会 館 等 の 施 設 本 体 は 改 修 がほ には 極 力 浸 透 性 舗 装 の 利 用 に 取 り 組 ぼ 完 了 しつつあるが 駐 車 場 等 舗 装 みましたが 駐 車 場 等 舗 装 を 改 修 する 部 分 の 全 面 改 修 は 行 っていません 機 会 がありません 北 関 東 防 衛 局 との 調 整 が 必 要 で 清 掃 エコパーク 駐 車 場 増 設 部 に 集 水 桝 を3 か 所 設 置 しました エコパーク 北 門 改 修 工 事 では 浸 透 性 のインターロッキングブロックを 設 置 しま 高 齢 高 齢 高 齢 者 福 祉 センター 寿 楽 シルバー 路 面 整 備 の 必 要 な 箇 所 について ワークプラザの 駐 車 場 について 浸 透 性 随 時 浸 透 性 舗 装 の 利 用 を 図 りま 舗 装 を 採 用 していま また 新 築 される 施 設 の 敷 地 につい ても 浸 透 性 舗 装 を 施 す 予 定 で 健 康 健 康 公 共 施 設 を 整 備 する 際 は 歩 道 や 駐 車 場 等 の 路 面 に 於 ける 浸 透 性 舗 装 利 用 を 図 りま 建 設 管 理 集 水 桝 浸 透 人 孔 など 浸 透 構 造 にし て 地 下 に 涵 養 していま 目 詰 まりなどにより 能 力 低 下 など 維 持 管 理 に 課 題 がありま 24 実 施 状 況 欄 の 凡 例 : 実 施 済 み : 実 施 中 : 未 実 施

28 社 会 教 育 推 進 平 成 22 年 度 に 町 営 第 二 グランドの 第 今 後 も 整 備 する 際 には に 応 じ 二 駐 車 場 について 浸 透 性 のアスファ た 方 法 を 取 り 入 れていきま ルト 舗 装 を 行 ないました 平 成 23 年 度 は 長 岡 いこいの 広 場 に て, 地 下 水 を 汚 染 しないための 排 水 処 理 の 施 設 を 設 置 しました ( 汚 水 を 微 生 物 分 解 によってろ 過 蒸 発 処 理 するも ので) 汚 染 状 況 を 調 査 し 情 報 を 提 供 していきます - - 汚 染 状 況 の 調 査 情 報 の 提 供 必 要 に 応 じて 都 と 連 携 し 土 壌 汚 染 状 況 を 把 握 するための 調 査 を 実 施 していきま 調 査 案 件 が 発 生 した 場 合 に 都 と 連 携 して 対 応 しま 今 後 も 調 査 案 件 が 発 生 した 場 合 に 都 と 連 携 して 対 応 しま 25 実 施 状 況 欄 の 凡 例 : 実 施 済 み : 実 施 中 : 未 実 施

29 必 要 に 応 じて 都 と 連 携 し 土 壌 汚 染 の 調 査 結 果 の 情 報 を 提 供 していきま 調 査 案 件 が 発 生 した 場 合 に 都 と 連 携 して 対 応 しま 今 後 も 調 査 案 件 が 発 生 した 場 合 に 都 と 連 携 して 対 応 しま 5. 様 々な 公 害 を 防 いでいくために - - 有 害 化 学 物 質 による 汚 染 を 防 止 していきます - - 工 場 事 業 所 から 排 出 される 有 害 化 学 物 質 の 抑 制 都 と 連 携 し 事 業 活 動 により 排 出 される 有 害 化 学 物 質 等 の 抑 制 を 指 導 していきま 清 掃 所 管 する 工 場 等 において 有 害 物 質 が 排 出 された 事 例 が 無 いため 未 実 施 で 該 当 事 由 が 発 生 した 場 合 は 関 係 機 関 と 連 携 して 抑 制 を 指 導 していき ま 排 出 事 業 者 を 特 定 することが 課 題 で ダイオキシン 類 に 関 する 最 新 データを 収 集 し 都 と 連 携 して 発 生 の 可 能 性 のある 工 場 事 業 所 に 対 して 発 生 防 止 対 策 を 指 導 していきま 都 と 足 並 みをそろえて 対 応 していき ま 内 分 泌 攪 乱 物 質 ( ホルモン) 等 健 康 影 響 が 疑 わしい 物 質 について 都 と 連 携 し 工 場 事 業 所 に 対 して 使 用 抑 制 を 啓 発 指 導 していきま 都 と 足 並 みをそろえて 対 応 していき ま 公 共 施 設 では 安 全 性 に 問 題 のある 有 害 化 学 物 質 等 を 含 む 製 品 は 使 用 しません 情 報 収 集 に 努 め 公 共 施 設 建 設 予 定 の 課 へ 働 きかけま 管 財 管 財 庁 舎 管 理 という 面 では 修 繕 や 工 事 を 行 う 上 で 設 計 段 階 から 使 用 材 料 や 処 理 方 法 を 細 かく 指 示 していま 今 後 も 継 続 して 実 施 していきま 有 害 化 学 物 質 に 関 する 情 報 の 収 集 と 提 供 有 害 化 学 物 質 等 に 関 する 最 新 の 情 報 を 収 集 し 広 報 みずほやホームページ 等 により 町 民 事 業 者 へ 提 供 していきま PM2.5の 関 東 の 状 況 をリアルタイムで 今 後 国 や 都 の 情 報 を 集 めて 広 く 確 認 できるよう 2 月 に 都 局 の 情 報 を 情 報 提 供 を 行 いま ホームページに 載 せました 26 実 施 状 況 欄 の 凡 例 : 実 施 済 み : 実 施 中 : 未 実 施

30 光 害 を 防 止 していきます - - 光 害 防 止 対 策 の 推 進 街 路 灯 は 光 害 防 止 の 観 点 も 含 め 色 や 照 度 建 設 管 理 を 検 討 していきま 周 辺 への 迷 光 防 止 のため 基 準 に 合 わせ フ ルカットオフ 照 明 具 への 転 換 等 に 取 り 組 んでいき ま 公 共 施 設 では 街 路 灯 等 を 除 き 施 設 利 用 時 間 終 了 後 の 消 灯 を 徹 底 していきま 建 設 各 課 管 財 地 域 管 理 各 係 管 財 地 域 道 路 照 明 灯 は 東 京 都 の 基 準 に 沿 った 照 明 を 使 用 していま 道 路 照 明 灯 は 東 京 都 の 基 準 に 沿 った 照 明 を 使 用 していま 道 路 パトロールにより 暗 い 箇 所 につ いては 順 次 交 換 等 を 行 っていきま 道 路 パトロールにより 暗 い 箇 所 につ いては 順 次 交 換 等 を 行 っていきま 関 係 課 へ 働 きかけま 財 政 面 もあるため 必 要 に 応 じて 対 応 することになりま 事 務 室 の 照 明 も 個 々にプルスイッチ 今 後 も 継 続 していきま を 設 置 し 使 用 しないときの 消 灯 を 行 っ ていま 施 設 の 外 灯 等 についてもタイマーを 設 置 し 夏 冬 時 間 での 点 灯 時 間 を 調 整 していま 地 区 会 館 使 用 者 の 責 任 において 使 用 後 の 消 灯 確 認 をチェック 表 にて 確 認 しま 引 き 続 き 地 区 会 館 使 用 者 には 不 必 要 な 光 の 点 灯 をしないよう 呼 びかけ ていま 家 に 灯 りが 差 し 込 む 等 光 害 に 対 す る 対 策 も 必 要 家 に 灯 りが 差 し 込 む 等 光 害 に 対 す る 対 策 も 必 要 地 域 安 全 箱 根 ケ 崎 駅 東 西 自 由 通 路 内 トイレ 内 照 明 をセンサー 式 を 設 置 していま 照 明 設 備 の 適 正 配 置 を 行 ないま 地 域 地 域 施 設 武 蔵 野 コミセン 1 館 内 照 明 灯 を 間 引 き 今 後 も 継 続 して 節 電 に 努 めていきま ホール 使 用 の 場 合 冷 暖 房 の 節 電 ました 2 冷 暖 房 の 設 定 温 度 遵 守 しまし た 3 利 用 者 に 節 電 の 呼 び 掛 けをしまし た 4エアタオルを 不 使 用 にしました 元 狭 山 コミセン 1~4に 加 えて 5エレ ベーターの 利 用 を 控 えました 長 岡 コミセン 1~4に 加 えて 5エレ ベーターの 利 用 を 控 えました 6モミの 木 のイルミネーションは 節 電 タイプを 採 用 し ました を 呼 び 掛 けても 一 部 に 応 じて 貰 えな い 利 用 者 ( 団 体 )がいま 清 掃 リサイクルプラザでは 施 設 利 用 者 ( 見 学 者 等 )がいない 場 合 通 常 業 務 に 支 障 を 及 ぼさない 程 度 で 消 灯 を 徹 底 していま 今 後 も 継 続 していきま 職 員 のみならず 委 託 業 者 にも 周 知 して 施 設 全 体 で 徹 底 することが 課 題 で 福 祉 福 祉 ふれあいセンターの 外 灯 については タ 継 続 して 実 施 していきま イマーを 設 置 し 点 灯 時 間 を 調 整 していま さらに 使 用 していない 部 屋 等 の 消 灯 を 実 施 していま 27 実 施 状 況 欄 の 凡 例 : 実 施 済 み : 実 施 中 : 未 実 施

31 高 齢 高 齢 施 設 の 指 定 管 理 者 に 対 し 照 明 灯 の こまめな 消 灯 を 徹 底 するよう 指 導 して いま 継 続 して 指 導 に 努 めま 健 康 健 康 保 健 センターでは 街 路 灯 等 を 除 き 施 設 利 用 時 間 終 了 後 の 消 灯 の 徹 底 を 図 りました 継 続 して 実 施 しま 建 設 公 園 公 園 灯 において タイマーを 設 置 し 16 時 30 分 から22 時 までの 点 灯 を 行 っていま 都 市 計 画 下 水 道 駒 形 汚 水 ポンプ 場 の 街 路 灯 は 必 要 以 上 に 点 灯 しないようにしました 引 き 続 き 必 要 以 上 の 街 路 灯 は 点 灯 しないようにしま 教 育 庶 務 光 害 防 止 の 観 点 ではなく 節 電 を 進 めるため 使 用 していない 教 室 等 の 消 灯 を 実 施 していま 引 き 続 き 進 めていきま 消 灯 をすすめるために 引 き 続 き 教 職 員 の 理 解 を 得 ながら 進 めていく 必 要 がありま 指 導 指 導 残 業 時 間 帯 等 人 が 少 ない 時 は 必 要 な 電 灯 以 外 は 消 していま 継 続 して 取 り 組 みま 社 会 教 育 推 進 街 灯 にタイマーや 照 度 のセンサーを 設 置 し 消 灯 に 努 めていま 継 続 して 取 り 組 みま 図 書 館 図 書 館 事 務 室 蛍 光 灯 は 使 用 しないときの 消 灯 を 行 っています 外 施 設 外 灯 等 については 夏 冬 時 間 で の 点 灯 時 間 を 調 整 していま 施 設 利 用 時 間 終 了 後 の 消 灯 を 徹 底 して いま 今 後 も 継 続 していきま 図 書 館 郷 土 資 料 館 郷 土 資 料 館 展 示 室 の 利 用 時 間 終 了 後 の 消 灯 に 努 めていま 継 続 して 利 用 時 間 終 了 後 の 消 灯 に 努 めていきま 光 害 に 関 する 情 報 の 提 供 夜 間 照 明 による 農 作 物 への 影 響 に 関 する 情 報 を 把 握 し 広 報 みずほやホームページ 等 により 町 民 事 業 者 へ 提 供 していきま 必 要 に 応 じてPRしていきま 防 犯 や 交 通 面 の 有 効 性 もあるた め 慎 重 に 対 応 していきま 28 実 施 状 況 欄 の 凡 例 : 実 施 済 み : 実 施 中 : 未 実 施

32 広 報 みずほやホームページ 等 により 光 害 対 策 ガイドライン 推 奨 の 照 明 器 具 についての 情 報 を 町 民 事 業 者 へ 紹 介 していきま 秘 書 広 報 広 報 未 実 施 のため 記 入 なし 横 田 基 地 関 係 自 治 体 と 連 携 して 防 衛 省 及 び 在 日 米 軍 に 対 し 要 望 活 動 を 実 施 しました 渉 外 係 からの 情 報 提 供 を 受 け 光 本 調 査 項 目 については 渉 外 係 5- 害 対 策 ガイドライン 推 奨 の 照 明 器 具 2-1-1と 内 容 が 重 複 しているため 渉 について 広 報 紙 やホームページに 外 係 の 回 答 を 併 せて 記 述 しました 掲 載 していきま 今 後 も 機 会 を 捉 え 関 係 各 市 との 連 携 を 図 りま 6. 豊 かな 緑 を 守 り 育 てていくために - - 緑 地 を 保 全 し 育 成 していきます - - 保 存 樹 木 保 存 樹 林 の 指 定 保 全 市 街 地 の 貴 重 な 緑 を 保 全 するため 保 存 樹 林 建 設 公 園 地 や 保 存 樹 木 の 指 定 助 成 を 継 続 していきま 保 存 樹 林 地 として 指 定 を 行 っていま 平 成 23 年 度 実 績 として 保 存 樹 木 33 本 保 存 屋 敷 林 19か 所 保 存 樹 林 地 42 か 所 211,579m2 指 定 を 行 い 奨 励 金 2,558,500 円 を 支 出 しました 継 続 して 行 いま 相 続 や 売 買 で 指 定 解 除 が 発 生 して いる 状 況 で 指 定 箇 所 の 増 加 をしていかなけれ ばなりません 保 存 樹 林 地 の 公 有 地 化 を 検 討 して いきま 樹 林 地 の 保 護 のため 緑 の 基 金 の 活 用 等 に 取 り 組 んでいきま 建 設 公 園 23 年 度 に 取 得 した 元 狭 山 神 社 南 側 の 保 存 樹 林 地 6,269m2 及 び 狭 山 池 緑 地 内 の 8,735m2の 下 草 刈 りを 実 施 し 緑 の 保 全 を 行 いました 継 続 して 行 いま 地 権 者 の 理 解 や 協 力 が 不 可 欠 で 企 画 財 政 平 成 24 年 度 は 9 月 補 正 予 算 で5,000 万 円 を 新 たに 積 立 てることができまし た 今 年 度 末 で 緑 の 基 金 残 額 が 約 8,000 万 円 になる 予 定 で 樹 林 地 の 保 護 に 有 効 に 活 用 しま 会 計 会 計 緑 の 基 金 の 適 正 な 管 理 と 安 全 かつ 確 実 な 運 用 を 行 っていま 緑 の 基 金 を 財 源 とした 事 業 への 基 金 取 崩 し 等 の 事 務 手 続 きを 行 っていま 例 年 のとおり 29 実 施 状 況 欄 の 凡 例 : 実 施 済 み : 実 施 中 : 未 実 施

33 公 園 による 緑 地 の 保 全 育 成 土 地 区 画 整 理 事 業 の 実 施 区 域 の 樹 林 地 等 建 設 公 園 は 公 園 としての 保 全 に 取 り 組 んでいきま 都 市 計 画 区 画 保 全 について 要 望 しま 現 在 施 行 中 の 区 画 整 理 事 業 につい ては 公 園 の 設 置 により 緑 地 保 全 を 図 りままた 今 後 予 定 される 区 画 整 理 事 業 については 植 林 地 等 が あった 場 合 には 保 全 を 図 るよう 検 討 していきま 緑 地 公 園 の 少 ない 地 区 等 の 偏 りを 解 消 する ため 既 存 公 園 の 拡 充 やポケットパークを 整 備 し ていきま 建 設 公 園 かたくりの 里 北 側 の 宅 地 開 発 による 公 園 を 取 得 しました 継 続 的 に 取 得 及 び 整 備 を 行 ってい きま 用 地 取 得 は 地 権 者 の 理 解 や 協 力 が 不 可 欠 で 町 民 の 協 力 も 得 て 町 民 が 身 近 に 緑 とふれあ える 場 として 公 園 内 へ 花 木 等 を 植 栽 していきま 建 設 公 園 春 と 秋 にビオラなどの 花 苗 を 配 布 し 玉 林 寺 公 園 などに 町 内 会 等 で 花 植 え を 行 っていま 継 続 して 行 いま 各 種 補 助 により 公 園 を 整 備 していきま 建 設 公 園 街 路 樹 や 生 垣 等 の 整 備 既 存 の 街 路 樹 を 適 正 に 維 持 管 理 していくととも に 街 路 樹 の 間 への 花 植 え 等 を 実 施 していきま 建 設 管 理 街 路 樹 は 大 きく 育 ちすぎないもの 維 持 管 理 のしやすいものを 選 定 していきま 建 設 管 理 公 園 用 地 取 得 に 防 衛 省 の 補 助 金 を 活 用 継 続 していきま していま だれでもトイレの 整 備 に 東 京 都 の 地 域 福 祉 推 進 区 市 町 村 包 括 補 助 事 業 補 助 金 を 活 用 していま 街 路 樹 の 剪 定 は 年 間 委 託 で 行 っていま 継 続 して 実 施 していきま 必 要 であれば 見 直 しを 行 いま 街 路 マスへの 花 植 えを 住 民 の 方 や 学 校 の 児 童 により 年 数 回 実 施 していま 平 成 22 年 度 ~23 年 度 にかけ 町 道 3 号 線 ( 役 場 通 り)の 街 路 樹 を トウカエデ からハナミズキに 植 え 替 えました 今 後 も 現 場 の 状 況 等 を 見 ながら 維 持 管 理 のしやすいものを 選 定 してい きま 街 路 樹 が 成 長 すると 道 路 上 へはみ 出 すことが 多 くなるため 今 後 は 維 持 管 理 のしやすいものを 選 定 していくこ とが 必 要 街 路 樹 が 成 長 すると 道 路 上 へはみ 出 すことが 多 くなるため 今 後 は 維 持 管 理 のしやすいものを 選 定 していくこ とが 必 要 都 市 計 画 区 画 殿 ケ 谷 土 地 区 画 整 理 地 区 は 既 に 完 駅 西 土 地 区 画 整 理 地 区 について 成 し 供 用 開 始 されている 都 市 計 画 道 路 は これから 街 路 樹 を 設 置 しまそ については 街 路 樹 を 植 えていますが の 際 には 将 来 管 理 者 と 協 議 しなが ハナミズキや 白 樫 等 維 持 管 理 のしやす ら 維 持 管 理 のしやすいものを 選 定 し いものにしていま ていきま 30 実 施 状 況 欄 の 凡 例 : 実 施 済 み : 実 施 中 : 未 実 施

34 生 垣 助 成 制 度 を 町 民 が 積 極 的 に 活 用 できる 建 設 よう 広 報 みずほやホームページ 等 により 周 知 して いくとともに 生 垣 による 緑 化 を 普 及 啓 発 していき ま 公 園 広 報 及 びHPで 周 知 に 取 り 組 んでいま また 産 業 祭 苗 木 配 布 会 場 にて 展 示 啓 発 をしました ( 実 績 延 長 5m 補 助 額 33,000 円 ) 継 続 して 行 いま 公 共 施 設 や 民 間 施 設 における 緑 地 の 保 全 育 成 公 共 施 設 を 整 備 するにあたっては 屋 上 緑 化 や 壁 建 設 公 園 面 緑 化 に 取 り 組 んでいきま 庁 舎 にゴーヤやアサガオを 植 え みどり のカーテンを 設 置 しました 継 続 して 行 いま 開 発 行 為 や 工 場 倉 庫 事 業 所 等 を 建 築 する 際 に 都 市 計 画 は 瑞 穂 町 宅 地 開 発 等 指 導 要 綱 の 規 定 に 基 づき 一 定 の 緑 地 を 確 保 するよう 指 導 していきま 計 画 瑞 穂 町 宅 地 開 発 等 指 導 要 綱 により 開 継 続 して 指 導 していきま 発 の 種 類 面 積 に 応 じて 必 要 な 緑 地 確 保 及 び 保 全 を 指 導 していま 都 と 連 携 し 工 場 事 業 所 等 の 建 設 の 際 には 既 存 の 緑 の 保 全 や 新 たな 緑 の 創 造 のための 緑 化 協 定 等 の 締 結 を 働 きかけていきま 都 市 計 画 産 業 まつりでの 花 や 苗 の 無 料 配 布 等 を 通 じ 町 建 設 民 事 業 者 町 が 一 体 となった 緑 化 事 業 を 推 進 してい きま 計 画 公 園 産 業 まつり2 日 間 で 苗 木 の 無 料 配 布 を 行 いました 石 楠 花 160 本 沈 丁 花 60 本 キンシバイ 60 本 はなかいどう60 本 オリーブ60 本 温 州 みかん200 本 パンジー1000 組 (3 鉢 入 ) ブルーベリー 400 本 及 び 農 芸 高 校 よりブルーベリー2 00 本 を 配 布 しました 瑞 穂 町 宅 地 開 発 等 指 導 要 綱 に 基 づき 指 導 していきま 瑞 穂 町 景 観 基 本 計 画 の 施 策 展 開 の 中 で 検 討 していきま 継 続 して 行 いま 長 蛇 の 列 により 近 所 への 迷 惑 や 交 通 車 両 との 事 故 発 生 に 苦 慮 していま 学 校 の 校 庭 の 芝 生 化 の 可 能 性 を 研 究 していきま 教 育 庶 務 第 五 小 学 校 の 校 庭 芝 生 化 工 事 が 完 了 し ました また 校 庭 利 用 団 体 PTA 学 校 による 維 持 管 理 組 織 が 立 ち 上 げられまし た 第 二 小 学 校 の 校 長 副 校 長 教 員 PTA 代 表 校 庭 利 用 団 体 (ソフトボール 野 球 ) 及 び 長 岡 地 区 町 内 会 代 表 等 との 会 議 を 重 ね レイアウト 芝 種 が 決 定 しました 第 二 小 学 校 につきましては 維 持 管 理 組 織 と 共 同 で 芝 生 の 維 持 管 理 を 進 めていきま 第 二 小 学 校 につきましては 平 成 2 4 年 度 工 事 に 向 け 関 係 者 と 協 議 を 重 ね 進 めていきま 計 画 的 な 芝 生 化 校 の 選 定 が 必 要 と なりままた 校 庭 芝 生 化 後 の 維 持 管 理 に 係 る 費 用 等 についての 更 な る 研 究 が 必 要 で 狭 山 丘 陵 の 雑 木 林 の 保 全 東 京 都 の 丘 陵 地 景 観 基 本 軸 に 指 定 されている 狭 山 丘 陵 の 雑 木 林 の 保 全 を 東 京 都 へ 継 続 して 働 き かけていきま 建 設 公 園 野 山 北 六 道 山 公 園 管 理 運 営 協 議 会 継 続 して 行 いま 年 3 回 において 公 園 の 維 持 管 理 につい て 意 見 を 述 べていま 31 実 施 状 況 欄 の 凡 例 : 実 施 済 み : 実 施 中 : 未 実 施

35 農 地 を 保 全 していきます - - 農 地 の 保 全 地 元 農 業 の 活 性 化 遊 休 農 地 の 解 消 を 図 るため 景 観 機 能 防 災 機 能 保 水 機 能 等 多 面 的 な 機 能 を 考 慮 して 農 地 を 保 全 していきま 産 業 農 政 農 業 振 興 地 域 整 備 計 画 により 農 地 を 保 全 していま 今 後 も 農 業 振 興 地 域 として 農 地 を 保 全 すべき 地 域 と 土 地 基 盤 整 備 を 必 要 とされる 地 域 との 調 整 が 必 要 で 国 や 都 との 連 絡 調 整 や 連 携 が 必 要 で 農 業 体 験 や 農 業 学 習 への 遊 休 農 地 の 利 用 に 取 り 組 んでいきま 産 業 農 政 農 業 委 員 会 による 不 耕 作 地 解 消 事 業 の 一 環 として 子 供 会 等 に 呼 びかけ 小 麦 の 種 まきと 収 穫 体 験 を 実 施 していま 今 後 も 農 業 体 験 や 農 業 学 習 への 遊 休 農 地 の 利 用 に 取 り 組 んでいきま 都 の 補 助 事 業 の 利 用 により 農 業 経 営 の 近 代 化 を 産 業 促 進 していきま 農 政 都 市 農 業 経 営 パワーアップ 事 業 ( 平 成 2 2 年 度 ~ 平 成 25 年 度 ) 今 後 も 引 き 続 き 東 京 都 の 補 助 事 業 制 度 のPR 等 を 行 い 毎 年 申 請 者 が 出 るよう 情 報 提 供 をしていきま 東 京 都 の 補 助 事 業 制 度 の 内 容 にも よりますが 補 助 を 活 用 するよう 農 協 や 認 定 農 業 者 等 に 投 げかけても な かなか 申 請 する 農 業 者 が 出 てこない 現 状 がありま 農 業 振 興 や 観 光 振 興 等 に 繋 がる 地 域 特 産 物 の 開 発 と 育 成 に 取 り 組 んでいきま 産 業 農 政 今 年 度 より 瑞 穂 町 ブランド 特 産 品 の 開 発 について 取 り 組 んでいま ブランド 特 産 品 として 確 立 するに は ある 程 度 中 期 的 な 視 点 に 立 った 検 討 が 必 要 と 思 われま ブランド 特 産 品 開 発 から 製 造 流 通 販 売 までのことまで 検 討 していく 必 要 がありま やる 気 のある 人 を 発 掘 することが 重 要 で 商 工 会 と 連 携 を 図 る 必 要 がありま 町 の 特 性 を 活 かした 農 業 の 推 進 や 流 通 販 売 体 制 づくりを 推 進 していきま 産 業 農 政 農 業 者 団 体 の 懇 談 会 を 開 催 していきま 農 業 委 員 会 を 中 心 に 農 業 者 団 体 間 での 情 報 の 共 有 化 を 図 りま 流 通 販 売 体 制 づくりを 推 進 するに は JAをはじめ 各 農 業 団 体 と 連 携 し 検 討 していく 必 要 があると 思 われま 町 の 行 事 や 農 畜 産 物 直 売 所 等 での 農 産 物 の 販 売 や 周 知 を 支 援 していきま 産 業 農 政 町 行 事 ( 残 堀 川 ウォーキング 産 業 まつ り フリーマーケット 等 )での 農 産 物 等 の 販 売 を 行 っていま 今 後 も 町 行 事 ( 残 堀 川 ウォーキン グ 産 業 まつり)での 農 産 物 販 売 を 行 うとともに 農 畜 産 物 直 売 所 (ふれっ しゅはうす) 等 での 農 産 物 の 販 売 や 周 知 を 支 援 していきま 学 校 給 食 組 合 との 契 約 栽 培 の 実 施 等 を 踏 まえ そ の 他 の 施 設 での 地 元 生 産 物 の 利 用 にも 取 り 組 んで いきま 産 業 農 政 学 校 給 食 組 合 へ 野 菜 (キャベツ コマツ ナ 等 )を 供 給 していま 今 後 も 野 菜 農 家 と 学 校 給 食 組 合 と の 契 約 栽 培 を 継 続 していきま 野 菜 は 天 候 や 気 象 状 況 により 収 穫 量 や 出 来 が 左 右 されま 32 実 施 状 況 欄 の 凡 例 : 実 施 済 み : 実 施 中 : 未 実 施

36 農 業 の 担 い 手 の 確 保 農 業 後 継 者 の 育 成 と 新 たな 農 業 後 継 者 を 確 保 す 産 業 農 政 るための づくりを 促 進 していきま 人 農 地 プランを 策 定 し 新 規 就 農 者 の 定 着 を 図 りま 人 農 地 プランに 位 置 付 けられた 新 農 業 の 担 い 手 確 保 は 一 番 の 課 題 で 規 就 農 者 等 に 遊 休 農 地 を 集 積 してい あり 新 規 就 農 者 を 含 めた 農 業 で 生 きま 活 できる 制 度 (しくみ)づくりが 大 きな 問 題 で 認 定 農 業 者 との 意 見 交 換 を 実 施 し 経 営 改 善 計 画 の 達 成 のための 支 援 を 行 っていくとともに 新 たな 認 定 農 業 者 を 発 掘 していきま 産 業 農 政 認 定 農 業 者 との 意 見 交 換 会 や 認 定 農 業 者 を 対 象 に 講 演 会 を 実 施 していまま た 経 営 改 善 計 画 の 達 成 のための 支 援 と ともに 新 たな 認 定 農 業 者 を 発 掘 していま 認 定 農 業 者 との 意 見 交 換 を 実 施 し 経 営 改 善 計 画 の 達 成 のための 支 援 を 行 っていくとともに 新 たな 認 定 農 業 者 を 発 掘 していきま 認 定 農 業 者 のメリット 等 をPRし ひ とりでも 多 くの 認 定 農 業 者 を 増 やす 必 要 がありま 既 存 の 生 産 者 組 織 のスムーズな 運 営 や 新 たな 組 織 づくりを 支 援 していきま 産 業 農 政 瑞 穂 町 農 畜 産 物 直 売 所 への 支 援 を 行 っていま 引 き 続 き 瑞 穂 町 農 畜 産 物 直 売 所 への 支 援 を 行 っていきま 自 助 努 力 を 促 しながら 支 援 の 方 法 を 検 討 していくことも 今 後 は 必 要 で 今 後 の 新 しい 農 業 の 担 い 手 として 新 規 就 農 者 への 支 援 に 取 り 組 んでいきま 産 業 農 政 東 京 都 農 業 会 議 と 連 携 を 図 り 新 規 就 農 者 の 受 け 入 れを 行 っていまま た 農 業 経 営 基 盤 強 化 促 進 法 に 基 づく 農 地 利 用 集 積 計 画 により 新 規 就 農 者 が 農 地 を 借 用 できるようにして 就 農 で きる の 支 援 を 実 施 していま 今 後 も 東 京 都 農 業 会 議 等 と 連 携 を 新 規 就 農 者 への 理 解 と 協 力 体 制 づ 図 り 新 規 就 農 者 の 受 け 入 れや 相 談 くりが 重 要 となっていくと 思 われま を 行 っていきま 援 農 ボランティア 制 度 を 研 究 し 農 業 に 興 味 を 持 つ 住 民 による 援 農 ボランティアを 育 成 していき ま 産 業 農 政 東 京 都 農 業 会 議 等 と 調 整 し ボラン ボランティアを 受 け 入 れる 体 制 が ティアを 受 け 入 れる 体 制 を 整 えていき 整 っていない ま 33 実 施 状 況 欄 の 凡 例 : 実 施 済 み : 実 施 中 : 未 実 施

37 緑 を 守 り 育 てるための 住 民 活 動 を 推 進 していきます - - 緑 に 関 する 調 査 研 究 自 然 観 察 会 等 の 実 施 緑 や 生 息 する 生 物 について 自 然 保 護 団 体 の メンバーとの 情 報 交 換 や 調 査 研 究 を 進 めていき ま 建 設 公 園 野 山 北 六 道 山 公 園 管 理 運 営 協 議 会 継 続 して 行 いま ( 年 3 回 )において 公 園 の 維 持 管 理 につ いて 意 見 を 述 べていま 自 然 とふれ 合 う 機 会 として 様 々な 事 業 を 実 施 していきま 建 設 公 園 小 学 生 により 春 と 秋 にビオラなどの 花 苗 を 公 園 や 道 路 植 栽 マス 等 に 花 植 え を 行 っていま 継 続 して 行 いま 社 会 教 育 社 会 教 育 体 育 推 進 狭 山 丘 陵 ウォーキング 町 民 の 健 康 体 力 づくりを 進 め さくら まつりのイベントと 同 時 に 実 施 すること で より 多 くの 町 民 に 対 しウォーキング 事 業 の 普 及 啓 発 を 図 りまさくらま つりのイベントのひとつとして 同 日 に 開 催 していま 開 催 日 : 毎 年 4 月 対 象 : 全 町 民 会 場 : 狭 山 丘 陵 継 続 して 事 業 を 実 施 していきま 継 続 して 事 業 を 実 施 していきま 残 堀 川 ふれあいウオーキング 残 堀 川 ふれあいイベントのひとつとして 残 堀 川 ふれあいウオーキング を 実 施 していまコースは 役 場 から 狭 山 丘 陵 残 堀 川 を 経 て 狭 山 池 をゴールと し 自 然 とふれあい 残 堀 川 を 理 解 して もらいま 開 催 日 : 毎 年 5 月 対 放 象 課 全 後 町 子 民 ども 教 室 自 然 観 察 自 然 に 関 する 企 画 を 継 続 して 取 り 組 平 日 に 行 っている 普 段 の 放 課 後 子 ども みま 教 室 とは 別 に, 親 子 を 対 象 に 募 集 をし ました 7 月 の 日 曜 日 にエコパークに て, 動 植 物 に 詳 しい 町 職 員 の 協 力 に よって 自 然 観 察 を 行 いました 保 存 樹 林 等 を 中 心 に 自 然 観 察 会 の 開 催 に 取 り 組 んでいきま 建 設 公 園 樹 林 地 を 取 得 したましたが 現 時 点 で は まだ 整 備 が 行 き 届 いておらず 今 後 の 整 備 計 画 も 含 め 方 法 など 総 合 的 に 検 討 したいと 思 いま 34 実 施 状 況 欄 の 凡 例 : 実 施 済 み : 実 施 中 : 未 実 施

38 住 民 参 加 による 緑 地 の 保 全 小 学 生 の 授 業 の 一 環 として 花 植 え 運 動 の 実 建 設 公 園 施 を 要 請 していきま 春 と 秋 に 小 学 生 による 緑 道 町 道 植 栽 桝 公 園 に 花 植 えを 行 っていま 第 一 小 学 校 5 年 生 第 二 小 学 校 3 年 生 第 三 小 学 校 栽 培 委 員 会 第 四 小 学 校 3 年 生 第 五 小 学 校 4 年 生 で 実 施 し ていま 継 続 して 行 いま 町 民 事 業 者 と 連 携 し 花 植 え 運 動 を 継 続 して いきま 建 設 公 園 春 と 秋 にビオラなどの 花 苗 を 配 布 し 玉 林 寺 公 園 などに 町 内 会 や 個 人 で 花 植 えを 行 っていま 継 続 して 行 いま 高 校 生 による 六 道 山 公 園 の 草 取 りや 清 掃 を 支 援 していきま 建 設 公 園 農 芸 高 校 生 徒 により 六 道 山 公 園 の 草 取 り 清 掃 活 動 を 授 業 の 一 環 として 行 っていま 継 続 して 行 いま 町 民 町 内 会 自 治 会 社 会 福 祉 協 議 会 等 の 建 設 協 力 を 得 て 公 園 を 効 率 的 に 適 切 に 維 持 管 理 し ていきま 公 園 公 園 や 緑 地 の 管 理 を 年 間 委 託 して いま 自 治 会 町 内 会 子 供 会 育 成 会 寿 会 社 会 福 祉 法 人 あかつきコロニーに 年 間 委 託 していま 継 続 して 行 いま 高 齢 化 により 維 持 管 理 が 困 難 なた め 契 約 解 除 が 発 生 していま 町 民 事 業 者 緑 地 の 所 有 者 が 維 持 管 理 しや 建 設 すい 制 度 として ボランティア 活 動 により 維 持 管 理 していきま 公 園 平 成 24 年 度 個 人 29 名 法 人 2 法 人 継 続 して 行 いま 団 体 4 団 体 総 勢 212 名 の 登 録 があり 公 園 の 清 掃 やゴミ 拾 いのボランティア 活 動 を 行 っていま 35 実 施 状 況 欄 の 凡 例 : 実 施 済 み : 実 施 中 : 未 実 施

39 7. 多 様 な 生 き 物 を 守 り 育 てていくために - - 生 き 物 に 棲 みやすい づくりを 進 めていきます - - 棲 み 良 い づくりの 推 進 町 内 の 自 然 保 護 団 体 等 野 生 生 物 に 関 する 専 図 書 館 郷 土 資 料 館 門 家 からのアドバイスをとり 入 れ 野 生 生 物 の 生 息 を 保 全 していきま 平 成 24 年 4 月 より 第 1 期 調 査 として 平 成 25 年 3 月 末 には 第 1 期 調 査 報 第 五 小 学 校 裏 の 山 林 等 の 動 植 物 調 査 告 書 が 完 成 予 定 で 調 査 結 果 を 基 を 瑞 穂 町 自 然 科 学 同 好 会 に 委 託 し 実 に 学 校 側 に 対 しより 有 効 な 山 林 等 施 していまこの 山 林 地 等 は 学 校 の 利 用 について 提 言 していく 予 定 で でも 活 用 されていま 児 童 が 活 用 す る 山 林 等 に どのような 動 植 物 が 生 息 しているかを 目 的 に 山 林 地 等 の 生 物 保 護 などの 実 態 と 問 題 点 を 調 査 中 で 都 と 連 携 し 北 狭 山 谷 ( 高 根 ッ 田 んぼ) 等 生 き 物 が 棲 みやすい を 保 全 していきま 建 設 公 園 野 山 北 六 道 山 公 園 管 理 運 営 協 議 会 継 続 して 行 いま 年 3 回 において 公 園 の 維 持 管 理 につい て 意 見 を 述 べていま 生 物 の 生 息 状 況 についての 情 報 を 提 供 していきます - - 情 報 の 収 集 残 堀 川 の 水 生 生 物 調 査 を 継 続 して 実 施 してい きま 平 成 24 年 6 月 8 日 に 瑞 穂 町 武 蔵 来 年 度 も 継 続 実 施 予 定 で 村 山 市 及 び 立 川 市 と 合 同 にて 残 堀 川 の 水 生 生 物 の 生 息 状 況 を 把 握 するとと もに 生 物 学 的 水 質 判 定 等 を 行 い 残 堀 川 の 河 川 を 保 全 するための 資 料 としました 町 内 の 自 然 保 護 団 体 等 の 協 力 を 得 て 動 植 物 の 生 息 状 況 を 把 握 していきま 町 内 のタヌキ ハクビシン 等 の 野 生 動 物 の 死 体 回 収 状 況 をみずほ 自 然 科 学 同 好 会 に 報 告 をしていま 郷 土 資 料 館 自 然 保 護 団 体 と 連 携 して 町 内 の 状 況 を 把 握 していきま 図 書 館 郷 土 資 料 館 平 成 23 年 4 月 より 第 三 小 学 校 学 校 林 内 の 動 植 物 調 査 を 瑞 穂 町 自 然 科 学 同 好 会 に 委 託 し 実 施 しており 児 童 が 活 用 する 学 校 林 に どのような 動 植 物 が 生 息 しているかを 目 的 に 学 校 林 内 の 生 物 保 護 などの 実 態 と 問 題 点 を 調 査 しました 平 成 24 年 3 月 末 には 報 告 書 が 完 成 しました 36 実 施 状 況 欄 の 凡 例 : 実 施 済 み : 実 施 中 : 未 実 施

40 緑 や 生 息 する 生 物 について 自 然 保 護 団 体 の メンバーとの 情 報 交 換 や 調 査 研 究 を 進 めていき ま 建 設 公 園 野 山 北 六 道 山 公 園 管 理 運 営 協 議 会 継 続 して 行 いま ( 年 3 回 )において 公 園 の 維 持 管 理 につ いて 意 見 を 述 べていま 情 報 の 提 供 動 植 物 の 生 息 状 況 等 を 瑞 穂 の 動 植 物 や 瑞 穂 の 自 然 等 としてとりまとめ 町 内 に 生 息 する 動 植 物 の 情 報 を 提 供 していきま 図 書 館 郷 土 資 料 館 平 成 25 年 3 月 には 第 1 期 調 査 報 告 書 が 完 了 しました 報 告 書 が 納 品 され しだい 郷 土 資 料 館 の 図 書 コーナーに 配 置 して 利 用 者 に 閲 覧 できるように する 予 定 で 図 書 館 や 町 政 資 料 室 学 校 などに も 配 布 予 定 で ミドリガメやその 他 の 生 物 の 展 示 等 により 外 建 設 来 種 や 生 態 系 を 乱 す 恐 れのある 生 物 についての 情 報 を 提 供 していくとともに 自 然 の 生 態 系 回 復 を 図 ることの 重 要 性 を 啓 発 してきま 公 園 狭 山 池 や 桜 沢 の 池 のミドリ 亀 を 捕 獲 適 時 捕 獲 をしていきま し 他 の 場 所 に 移 設 し 飼 育 していま 自 然 を 観 察 し 理 解 を 深 める 機 会 を 増 やすた め 自 然 観 察 会 の 実 施 に 取 り 組 んでいきま 関 係 課 と 情 報 交 換 しながら 実 施 に 向 けて 働 きかけていきま 図 書 館 郷 土 資 料 館 平 成 24 年 4 月 より 第 1 期 調 査 として 自 然 観 察 会 を 平 成 25 年 3 月 23 日 第 五 小 学 校 裏 の 山 林 等 地 内 の 動 植 物 に 実 施 しました 調 査 を 瑞 穂 町 自 然 科 学 同 好 会 に 委 託 し 実 施 している 途 中 ですが 平 成 25 年 3 月 23 日 に 自 然 観 察 会 を 実 施 しまし た 講 座 開 催 による 人 材 の 育 成 や 瑞 穂 町 総 合 人 材 リストへの 登 録 等 を 進 め 自 然 学 習 に 関 するアドバイザーを 町 民 事 業 者 へ 紹 介 していき ま 社 会 教 育 推 進 情 報 収 集 していきま 住 民 の 自 主 自 立 活 動 によるまちづく 事 業 をPRし 活 用 が 図 れるよう 努 りを 実 現 するため 瑞 穂 町 における 人 めま 材 情 報 を 収 集 して 総 合 人 材 リストを 作 成 し 団 体 地 域 のサークル 活 動 に 利 用 してもらいまスカイホール 及 び ホームページにてリストの 閲 覧 をするこ とができま 37 実 施 状 況 欄 の 凡 例 : 実 施 済 み : 実 施 中 : 未 実 施

41 8. 水 辺 を 守 り 育 てていくために - - 水 辺 を 保 全 していきます - - 水 辺 の 保 全 残 堀 川 水 質 調 査 会 を 通 じ 残 堀 川 の 保 全 を 都 へ 要 請 していきま 平 成 24 年 5 月 に 残 堀 川 水 質 調 査 会 今 後 も 継 続 して 実 施 しま で 水 質 調 査 と 生 物 調 査 の 結 果 を 残 堀 川 水 質 調 査 会 合 同 要 望 書 とともに 多 摩 事 務 所 北 多 摩 北 部 建 設 事 務 所 西 多 摩 建 設 事 務 所 に 提 出 しまし た 都 市 計 画 計 画 平 成 20 年 度 に 東 京 都 による 低 水 路 改 修 工 事 が 完 成 しました 野 鳥 や 水 生 生 物 に 配 慮 した 工 夫 がなされ 残 堀 川 の 保 全 に 役 立 っていま 維 持 管 理 については 都 で 継 続 して いくよう 要 請 しま 狭 山 池 等 その 他 の 水 辺 も 保 全 していきま 建 設 公 園 水 緑 と 観 光 を 繋 ぐ 回 廊 計 画 に 基 づき 事 業 を 進 めて 行 きま 継 続 して 行 いま 長 期 の 計 画 になりま 河 川 敷 清 掃 の 町 内 会 への 委 託 等 水 辺 の 保 全 活 動 を 支 援 していきま 建 設 管 理 残 堀 川 外 河 川 について 町 内 会 に 除 草 清 掃 委 託 を 行 っていま 残 堀 川 年 3 回 その 他 河 川 年 2 回 行 っていま 継 続 して 実 施 していきま 必 要 であれば 見 直 しを 行 いま 水 量 の 確 保 水 質 の 保 全 残 堀 川 に 年 間 を 通 じて 安 定 して 水 が 流 れるよ う 残 堀 川 水 質 調 査 会 を 通 じて 要 請 していきま 平 成 24 年 5 月 に 残 堀 川 水 質 調 査 会 で 水 質 調 査 と 生 物 調 査 の 結 果 を 残 堀 川 調 査 書 としてまとめ 残 堀 川 水 質 調 査 会 合 同 要 望 書 とともに 多 摩 事 務 所 北 多 摩 北 部 建 設 事 務 所 西 多 摩 建 設 事 務 所 に 提 出 しまし た 今 後 も 継 続 して 実 施 しま 38 実 施 状 況 欄 の 凡 例 : 実 施 済 み : 実 施 中 : 未 実 施

42 狭 山 池 の 水 量 の 安 定 化 に 取 り 組 んでいきま 建 設 公 園 平 成 20 年 度 に 狭 山 池 の 堰 を 設 置 し 事 業 終 了 で 水 量 の 維 持 をはかりました 平 成 20 年 度 に 平 成 21 年 度 に 池 の 浚 渫 工 事 を 行 い 水 質 の 改 善 をしまし た 平 成 21 年 度 には 水 量 の 確 保 のた め 上 流 丸 池 に 防 災 用 非 常 井 戸 を 設 置 しました 狭 山 池 の 浚 渫 を 行 い 池 の 水 質 浄 化 良 好 な 水 辺 の 創 出 を 進 めていきま 建 設 公 園 平 成 20 年 度 あめんぼうの 池 筥 の 池 一 部 の 浚 渫 を 実 施 しました 平 成 21 年 度 ふなっこの 池 筥 の 池 残 り 調 練 橋 から 丸 池 までの 浚 渫 を 行 いました 事 業 終 了 で 河 川 の 水 質 を 保 全 向 上 するため 公 共 下 水 道 整 備 を 推 進 していくとともに 公 共 下 水 道 への 接 続 を 啓 発 していきま 合 併 処 理 浄 化 槽 補 助 申 請 者 へ 供 用 開 始 後 は 公 共 下 水 道 へ 接 続 するよう に 啓 発 しました 今 後 も 関 係 課 窓 口 にて 啓 発 を 継 続 していきま 都 市 計 画 下 水 道 広 報 及 びホームページに 掲 載 しまし た 今 後 も 啓 発 に 努 めま 公 共 下 水 道 が 整 備 されない 地 域 においては 合 併 処 理 浄 化 槽 の 設 置 を 啓 発 していきま 河 川 の 水 質 を 保 全 し 快 適 な 生 活 環 境 を 維 持 するため 合 併 浄 化 槽 の 設 置 事 業 補 助 制 度 を 継 続 し 広 報 していま 10 月 1 日 の 浄 化 槽 の 日 にあわせ 浄 化 槽 を 利 用 する 方 に 浄 化 槽 の 保 守 点 検 清 掃 法 定 検 査 の 義 務 につい て 広 報 みずほに 掲 載 していま 今 後 も 継 続 して 周 知 していきま 単 独 処 理 浄 化 槽 世 帯 数 :314 世 帯 ( 平 成 25 年 3 月 末 ) 保 水 機 能 の 確 保 保 水 機 能 を 確 保 するため 狭 山 丘 陵 の 雑 木 林 の 保 全 を 東 京 都 へ 継 続 して 働 きかけていきま 建 設 公 園 野 山 北 六 道 山 公 園 管 理 運 営 協 議 会 継 続 して 行 いま ( 年 3 回 )において 公 園 の 維 持 管 理 につ いて 意 見 を 述 べていま 39 実 施 状 況 欄 の 凡 例 : 実 施 済 み : 実 施 中 : 未 実 施

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136> 第 基 本 方 針 2 快 適 でうるおいのあるまちづくり 復 興 計 画 にかかわる 施 策 を 含 むもの 施 策 施 策 の 展 開 1 環 境 保 全 対 策 の 充 実 2 循 環 型 社 会 の 構 築 1 住 み 良 い 環 境 の 確 保 2 きれいなまちづくりの 推 進 3 省 エネルギー 新 エネルギーの 促 進 4 保 安 林 の 整 備 5 海 岸 浸 食 対 策 1 廃 棄

More information

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道 新 規 / 継 続 継 続 管 渠 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 管 理 課 (0)934-963 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 不 管 渠 下 水 道 法 要 綱 等 5-6 下 水 道 整 備 個 別 計 画 下 水 道 中 期 ビジョン あかし 下 水 道 計 画 ガイド 委 託 指 定 管 理

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

平 成 1 8 年 度 事 務 報 告 書 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 233 条 第 5 項 の 規 定 に 基 づき 平 成 18 年 度 における 各 部 門 の 主 要 な 施 策 の 成 果 を 報 告 します 平 成 1 9 年 9 月 6 日

平 成 1 8 年 度 事 務 報 告 書 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 233 条 第 5 項 の 規 定 に 基 づき 平 成 18 年 度 における 各 部 門 の 主 要 な 施 策 の 成 果 を 報 告 します 平 成 1 9 年 9 月 6 日 平 成 1 8 年 度 事 務 報 告 書 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 233 条 第 5 項 の 規 定 に 基 づき 平 成 18 年 度 における 各 部 門 の 主 要 な 施 策 の 成 果 を 報 告 します 平 成 1 9 年 9 月 6 日 瑞 穂 町 長 石 塚 幸 右 衛 門 -1- 平 成 1 8 年 度 施 政 方

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青 森 秋 田 岩 手 )3 県 の 中 央 部 に 位 置 してい ます 管 内 の 主 な 道 路 は 八 戸 自 動 車 道 国 道 4 号 340 号 及 び

管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青 森 秋 田 岩 手 )3 県 の 中 央 部 に 位 置 してい ます 管 内 の 主 な 道 路 は 八 戸 自 動 車 道 国 道 4 号 340 号 及 び 平 成 27 年 度 業 務 概 要 県 北 広 域 振 興 局 土 木 部 二 戸 土 木 センター 二 戸 市 浄 法 寺 町 天 台 寺 軽 米 町 フォリストパーク 二 戸 市 馬 仙 峡 九 戸 村 折 爪 五 滝 一 戸 町 御 所 野 縄 文 公 園 管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青

More information

第 3 章 住 生 活 基 本 計 画 1. 町 民 への 住 まい 住 環 境 に 関 する 意 向 把 握 2. 住 まい 住 環 境 に 関 する 現 況 と 課 題 展 開 方 向 3. 住 宅 施 策 の 体 系 と 推 進 施 策 1. 町 民 への 住 まい 住 環 境 に 関 する 意 向 把 握 (1) 一 般 世 帯 向 けアンケート 調 査 結 果 住 まい 住 環 境 に

More information

2 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 1. 概 況 総 務 省 の 人 口 推 計 並 びに 厚 生 労 働 省 の 人 口 動 態 統 計 によると 2007 年 以 降 人 口 減 少 社 会 となっていますが その 中 でも 65 歳 から 74 歳 までの 前 期 高 齢 者 の 比 率 と 75 歳 以 上 の 後 期 高 齢 者 の 絶 対 数 がまもなく 入 れ 替 わる 更 なる

More information

総務部元気宣言

総務部元気宣言 福 井 新 々 元 気 宣 言 推 進 に 関 する 政 策 合 意 私 は 知 事 の 政 策 スタッフとして 福 井 県 民 の 将 来 ビジョン に 基 づき 福 井 新 々 元 気 宣 言 の 元 気 な 産 業 元 気 な 社 会 元 気 な 県 土 元 気 な 県 政 に 掲 げられた 政 策 等 を 実 現 するため 県 民 の 理 解 と 参 加 を 得 な がら 責 任 を 持 って

More information

新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 ( 以 下 火 葬 場 という )において 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 とその 範 囲 は この 指 定 管 理 仕 様 書 に 基 づきます 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 新 庄 市 火 葬 場 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条

新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 ( 以 下 火 葬 場 という )において 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 とその 範 囲 は この 指 定 管 理 仕 様 書 に 基 づきます 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 新 庄 市 火 葬 場 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条 新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 指 定 管 理 仕 様 書 平 成 27 年 新 庄 市 新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 ( 以 下 火 葬 場 という )において 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 とその 範 囲 は この 指 定 管 理 仕 様 書 に 基 づきます 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 新 庄 市 火 葬 場 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条 例 に

More information

議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,79

議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,79 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,796,000 千 円 と 定 め る 2 歳

More information

ウ その 他 の 浴 場 ( 個 室 付 浴 場 ) 照 明 換 気 等 構 造 設 備 衛 生 管 理 及 び 風 紀 などの 指 導 施 設 数 延 監 視 件 数 違 反 施 設 数 処 分 件 数 警 告 書 交 付 件 数 163 335 10 1 5 エ 苦 情 処 理 等 種 別 件

ウ その 他 の 浴 場 ( 個 室 付 浴 場 ) 照 明 換 気 等 構 造 設 備 衛 生 管 理 及 び 風 紀 などの 指 導 施 設 数 延 監 視 件 数 違 反 施 設 数 処 分 件 数 警 告 書 交 付 件 数 163 335 10 1 5 エ 苦 情 処 理 等 種 別 件 イ 理 化 学 細 菌 学 的 検 査 等 1 理 容 所 美 容 所 暖 房 期 及 び 冷 房 期 における 作 業 所 内 の 空 気 検 査 ( 一 酸 化 炭 素 二 酸 化 炭 素 )を 実 施 し 換 気 方 法 について 改 善 指 導 し 事 故 防 止 に 努 めている 2 テトラクロロエチレン 使 用 クリーニング 所 ドライ 溶 剤 の 安 全 な 取 り 扱 いのため テトラクロロエチレン

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

銚子市斎場

銚子市斎場 銚 子 市 斎 場 指 定 管 理 仕 様 書 平 成 25 年 7 月 銚 子 市 目 次 1 趣 旨 2 2 対 象 施 設 の 概 要 2 3 火 葬 状 況 2 4 斎 場 の 管 理 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 2 5 施 設 の 管 理 基 準 3 6 危 機 管 理 体 制 3 7 個 人 情 報 の 保 護 と 情 報 公 開 3 8 指 定 管 理 者 が 行 う 業

More information

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街 第 4 章 地 区 別 構 想 地 区 別 構 想 は 市 民 による 地 区 まちづくり 会 議 を 開 催 し 望 ましい 将 来 の 姿 にするための 話 し 合 いの 中 で 出 された 地 区 の 課 題 や 必 要 な 提 案 等 をもとに きめ 細 かなまちづくりの 将 来 像 を 描 いていま 1. 地 区 区 分 区 分 については 地 区 の 形 成 過 程 特 性 や 課 題

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

神栖市児童館指定管理業務仕様書

神栖市児童館指定管理業務仕様書 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 8 月 茨 城 県 神 栖 市 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 児 童 館 等 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は, 募 集 要 項 のほかこの 仕 様 書 による 第 1 管 理 運 営 の 基 本 方 針 児 童 館 は, 地 域 児 童 の 健

More information

< E A E096BE816A82AB82DF97D52B92CA8FED95AA2E786C73>

< E A E096BE816A82AB82DF97D52B92CA8FED95AA2E786C73> 平 成 21 年 度 3 月 補 正 予 算 の 概 要 平 成 21 年 度 3 月 補 正 予 算 ( ) 会 計 名 補 正 前 の 額 通 常 分 補 正 額 き め 細 か な 計 補 正 後 の 額 前 年 度 同 期 比 一 般 会 計 ( 第 8 号 ) 54,617,600 1,446,638 621,062 2,067,700 56,685,300 2.0% 特 別 会 計 37,519,857

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

(Microsoft Word - \201\237110603\226\242\227\210\214v\211\346\210\304\201iHPup\201j)

(Microsoft Word - \201\237110603\226\242\227\210\214v\211\346\210\304\201iHPup\201j) 美 しいまちをつくる 益 子 町 は 美 しい 里 山 風 景 や 水 辺 環 境 また 多 様 な 動 植 物 など 豊 かな 自 然 に 恵 まれたま ちです しかし 私 たちの 生 活 の 利 便 性 が 向 上 する 一 方 で 水 や 空 気 は 汚 れ また 多 くのご みが 発 生 する 社 会 になり 環 境 にも 少 なからず 悪 影 響 が 出 てきています 私 たちは ふるさとの

More information

Untitled

Untitled 2 27 2 3601-1 28 2 26 R( 2 248 514 2514 建 築 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 : 南 方 熊 楠 記 念 館 ( 旧 館 ) 耐 震 改 修 工 事 設 計 業 務 2 計 画 施 設 概 要 本 業 務 の 対 象 となる 施 設 ( 以 下 対 象 施 設 という )の 概 要 は 次 のとおりとする

More information

目 次 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 1 2 計 画 施 設 概 要 1 3 特 記 仕 様 書 の 適 用 1 4 業 務 区 分 1 5 履 行 期 間 1 6 設 計 与 条 件 1 7 設 計 概 要 2 第 2 章 業 務 仕 様 1 設 計 業 務 の 内 容 及 び

目 次 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 1 2 計 画 施 設 概 要 1 3 特 記 仕 様 書 の 適 用 1 4 業 務 区 分 1 5 履 行 期 間 1 6 設 計 与 条 件 1 7 設 計 概 要 2 第 2 章 業 務 仕 様 1 設 計 業 務 の 内 容 及 び 建 築 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 平 成 28 年 5 月 那 智 勝 浦 町 目 次 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 1 2 計 画 施 設 概 要 1 3 特 記 仕 様 書 の 適 用 1 4 業 務 区 分 1 5 履 行 期 間 1 6 設 計 与 条 件 1 7 設 計 概 要 2 第 2 章 業 務 仕 様 1 設 計 業 務 の 内 容 及 び 範

More information

福島第一原発事故による放射性物質の除染等について

福島第一原発事故による放射性物質の除染等について 玉 川 村 除 染 実 施 計 画 < 第 2 版 > 平 成 24 年 7 月 13 日 玉 川 村 改 正 の 履 歴 年 月 日 内 容 備 考 平 成 24 年 2 月 10 日 玉 川 村 除 染 計 画 第 1 版 の 策 定 内 閣 府 除 染 に 関 する 緊 急 実 施 基 本 方 針 に 基 づく 除 染 計 画 平 成 24 年 7 月 13 日 玉 川 村 除 染 実 施 計

More information

目 次 1 はじめに P1 2 手 引 きの 見 方 P1 3 各 補 助 金 の 取 り 扱 い P2 4 申 請 等 の 仕 方 (1) 交 付 申 請 の 前 に P4 (2) 交 付 申 請 をするとき P5 補 助 事 業 の 実 施 前 でも 補 助 金 を 交 付 します( 概 算 交

目 次 1 はじめに P1 2 手 引 きの 見 方 P1 3 各 補 助 金 の 取 り 扱 い P2 4 申 請 等 の 仕 方 (1) 交 付 申 請 の 前 に P4 (2) 交 付 申 請 をするとき P5 補 助 事 業 の 実 施 前 でも 補 助 金 を 交 付 します( 概 算 交 補 助 金 事 務 の 手 引 き ( 補 助 金 を 申 請 する 団 体 等 の 皆 さんへ) 平 成 27 年 4 月 藤 岡 市 目 次 1 はじめに P1 2 手 引 きの 見 方 P1 3 各 補 助 金 の 取 り 扱 い P2 4 申 請 等 の 仕 方 (1) 交 付 申 請 の 前 に P4 (2) 交 付 申 請 をするとき P5 補 助 事 業 の 実 施 前 でも 補 助

More information

◇◆県営住宅◇◆

◇◆県営住宅◇◆ 知 っておきたい!! 住 宅 制 度 ~ 公 営 住 宅 等 を 借 りたい 貸 したい 方 へ~ ~ 融 資 を 受 けたい 方 へ~ ~ 建 物 の 改 造 改 築 を 考 えている 方 へ~ 新 座 市 都 市 整 備 部 まちづくり 計 画 課 住 宅 制 度 のご 案 内 公 営 住 宅 等 を 借 りたい 方 貸 したい 方 県 営 住 宅 1 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 3 UR

More information

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 衛 生 管 理 センター 適 正 管 理 計 画 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 アルミニウム 及 びその 化 合 物 TKフロック 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の

More information

被 災 企 業 等 への 支 援 策 の 充 実 について 被 災 企 業 の 支 援 策 について 復 興 計 画 の 遅 れや 人 件 費 資 材 不 足 等 の 現 状 に 配 慮 し グループ 補 助 金 制 度 の 継 続 や 運 用 の 改 善 等 を 国 に 強 く 求 めると 共 に

被 災 企 業 等 への 支 援 策 の 充 実 について 被 災 企 業 の 支 援 策 について 復 興 計 画 の 遅 れや 人 件 費 資 材 不 足 等 の 現 状 に 配 慮 し グループ 補 助 金 制 度 の 継 続 や 運 用 の 改 善 等 を 国 に 強 く 求 めると 共 に 被 災 したJR 各 線 の 復 旧 について 被 災 したJR 山 田 線 大 船 渡 線 の 復 旧 については あくまでも 鉄 路 での 復 旧 が 果 たされるよう 関 係 自 治 体 と 共 に 国 やJR 東 日 本 に 対 して 強 く 働 き 掛 けること 復 興 計 画 が 完 了 するまでの 復 興 予 算 の 確 保 について 被 災 自 治 体 が 安 心 して 復 興 に

More information

Microsoft Word - 0300第3章中表紙.doc

Microsoft Word - 0300第3章中表紙.doc 第 3 章 公 共 建 築 物 維 持 保 全 計 画 第 3 章 公 共 建 築 物 維 持 保 全 計 画 1 計 画 の 目 的 と 位 置 付 け 本 計 画 は, 公 共 建 築 物 の 現 状 と 維 持 保 全 の 課 題 を 踏 まえ, 公 共 建 築 物 の 長 寿 命 化 や ライフサイクルコストの 縮 減 を 基 本 に, 安 全 かつ 良 好 な 状 態 で 維 持 保 全

More information

目 次 環 境 方 針 環 境 方 針 行 動 指 針 会 社 概 要 取 組 の 対 象 範 囲 会 社 概 要 認 証 登 録 の 対 象 範 囲 ( 組 織 活 動 ) 3 組 織 図 実 施 体 制 3 組 織 図 実 施 体 制 4 平 成 6 年 度 及 び 中 期 環 境 目 標 と

目 次 環 境 方 針 環 境 方 針 行 動 指 針 会 社 概 要 取 組 の 対 象 範 囲 会 社 概 要 認 証 登 録 の 対 象 範 囲 ( 組 織 活 動 ) 3 組 織 図 実 施 体 制 3 組 織 図 実 施 体 制 4 平 成 6 年 度 及 び 中 期 環 境 目 標 と 平 成 6 年 度 版 梅 田 クリーン 工 業 株 式 会 社 発 行 : 平 成 7 年 7 月 目 次 環 境 方 針 環 境 方 針 行 動 指 針 会 社 概 要 取 組 の 対 象 範 囲 会 社 概 要 認 証 登 録 の 対 象 範 囲 ( 組 織 活 動 ) 3 組 織 図 実 施 体 制 3 組 織 図 実 施 体 制 4 平 成 6 年 度 及 び 中 期 環 境 目 標 と

More information

No. 担 当 工 事 名 工 事 種 別 工 事 場 所 入 札 契 約 の 方 法 19 草 津 川 跡 地 整 備 草 津 川 跡 地 植 栽 工 事 ( 区 間 2) 造 園 北 山 田 町 指 名 競 争 入 札 約 10か 月 間 植 栽 工 一 式 20 交 通 政 策 草 津 駅 東

No. 担 当 工 事 名 工 事 種 別 工 事 場 所 入 札 契 約 の 方 法 19 草 津 川 跡 地 整 備 草 津 川 跡 地 植 栽 工 事 ( 区 間 2) 造 園 北 山 田 町 指 名 競 争 入 札 約 10か 月 間 植 栽 工 一 式 20 交 通 政 策 草 津 駅 東 No. 担 当 工 事 名 工 事 種 別 工 事 場 所 入 札 契 約 の 方 法 1 危 機 管 理 市 内 防 犯 灯 新 設 工 事 電 気 草 津 市 内 一 円 指 名 競 争 入 札 約 6か 月 間 防 犯 灯 (LED 40w)の 設 置 2 総 務 立 体 駐 車 場 外 壁 等 改 修 工 事 防 水 草 津 三 丁 目 指 名 競 争 入 札 約 6か 月 間 鉄 骨 造

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

農用地利用計画の変更について(H26.10一部改正)

農用地利用計画の変更について(H26.10一部改正) 農 用 地 利 用 計 画 の 変 更 マニュアル 平 成 25 年 7 月 策 定 平 成 26 年 4 月 一 部 改 正 平 成 26 年 10 月 一 部 改 正 長 岡 市 農 林 部 農 振 除 外 ( 農 用 地 区 域 からの 除 外 ) 又 は 用 途 変 更 ( 例 : 農 機 具 格 納 庫 等 の 建 築 を 目 的 とし た 農 業 用 施 設 用 地 への 用 途 区 分

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

56 0% 20% 40% 60% 80% 100% 0% 20% 40% 60% 80% 100% 1 町 政 24.7 41.7 12.9 7.9 9.4 5 事 業 の 企 画 検 討 11.6 42.7 22.4 9.8 12.5 2 各 種 計 画 17.0 45.4 17.0 8.3 11.0 6 町 民 の 声 を 聞 く 姿 勢 16.2 34.4 21.3 15.4 9.8

More information

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教 中 野 区 立 小 中 学 校 施 設 整 備 計 画 平 成 26 年 10 月 中 野 区 教 育 委 員 会 目 次 1.はじめに... - 1-2. 学 校 施 設 の 現 状... - 1 - (1) 学 校 施 設 の 現 状... - 1 - (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過... - 2-1 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業... - 2-2 創

More information

120808改正請負契約書(最低価格落札方式)

120808改正請負契約書(最低価格落札方式) 印 紙 契 約 書 ( 案 ) 支 出 負 担 行 為 担 当 官 中 国 四 国 地 方 環 境 事 務 所 総 務 課 長 遠 藤 正 ( 以 下 甲 という ) は ( 以 下 乙 という )と 平 成 25 年 度 五 色 台 ビジターセンター 及 び 自 然 体 験 施 設 定 期 点 検 及 び 保 守 管 理 業 務 ( 以 下 業 務 という )について 次 の 条 項 により 契

More information

17 建 築 開 発 課 18 建 築 開 発 課 19 建 築 開 発 課 20 建 築 開 発 課 21 建 築 開 発 課 22 建 築 開 発 課 23 建 築 開 発 課 加 須 市 立 大 利 根 東 小 学 校 校 舎 大 規 模 改 造 工 (4 工 区 ) 加 須 市 立 大 利

17 建 築 開 発 課 18 建 築 開 発 課 19 建 築 開 発 課 20 建 築 開 発 課 21 建 築 開 発 課 22 建 築 開 発 課 23 建 築 開 発 課 加 須 市 立 大 利 根 東 小 学 校 校 舎 大 規 模 改 造 工 (4 工 区 ) 加 須 市 立 大 利 1 資 源 リサイクル 課 2 資 源 リサイクル 課 2 号 炉 ガス 冷 却 室 出 口 煙 道 ケーシン グ 耐 火 キャスター 交 換 1 2 号 炉 中 央 制 御 室 内 監 視 盤 加 減 算 器 手 動 操 作 盤 等 取 替 加 須 市 馬 内 1,790 番 地 3 機 械 器 具 設 置 器 具 交 換 随 意 契 約 加 須 市 馬 内 1,790 番 地 3 機 械 器 具

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378>

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378> 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 岐 阜 市 の 給 与 定 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 人 件 費 率 年 度 人 08,307 1,9,10 9,07,66 7,1,77 18.8 18.7 ( 注 ) 人

More information

平成24年度市政懇談会 質問および回答の概要

平成24年度市政懇談会 質問および回答の概要 平 成 24 年 度 市 政 懇 談 会 質 問 および 回 答 概 要 < 開 催 : 平 成 24 年 7 月 15 日 ~8 月 26 日 > 羽 生 市 総 務 部 秘 書 広 報 課 羽 生 地 区 観 光 交 流 人 口 100 万 人 について 防 犯 灯 の 設 置 について 市 職 員 研 修 等 について 防 災 について 市 議 会 議 員 の 定 数 について 信 号 機 の

More information

“à’Ł›Û2.ec9

“à’Ł›Û2.ec9 6. 戦 略 プロジェクト 第 四 次 宮 崎 市 総 合 計 画 において より 効 果 的 に 計 画 を 推 進 していくために 戦 略 プロジェクト とし て 優 先 して 取 り 組 む 事 業 を 紹 介 します (1) 次 世 代 を 担 う 人 づくり 戦 略 プロジェクト 1 豊 かな 心 をはぐくむ 教 育 創 造 都 市 づくり 1 教 育 委 員 会 総 務 課 新 学 校

More information

<4D F736F F D B98EE68E7388C C588C C882DC82BF82C382AD82E88AEE967B8C7689E C B95B6816A2E646F63>

<4D F736F F D B98EE68E7388C C588C C882DC82BF82C382AD82E88AEE967B8C7689E C B95B6816A2E646F63> 鳥 取 市 ( 平 成 18 年 6 月 ) 第 1 章 基 本 計 画 策 定 の 趣 旨 1 1. 基 本 計 画 策 定 の 趣 旨 2. 基 本 計 画 の 施 策 対 象 の 範 囲 3. 計 画 期 間 第 2 章 現 状 と 課 題 2 1. 犯 罪 の 現 状 2. 生 活 環 境 の 変 化 3. 課 題 第 3 章 基 本 計 画 推 進 の 基 本 的 な 考 え 方 4 1.

More information

平 成 1 3 年 度

平 成 1 3 年 度 27 豊 建 維 第 33-3 号 平 成 27 年 7 月 31 日 豊 前 市 監 査 委 員 初 山 吉 治 様 豊 前 市 監 査 委 員 鈴 木 正 博 様 豊 前 市 長 後 藤 ( 建 設 課 ) 元 秀 定 期 監 査 等 の 結 果 について( 回 答 ) 平 成 27 年 5 月 に 実 施 されました 定 期 監 査 等 においてご 指 摘 いただきました 事 項 について 下

More information

目 次 はじめに 1 1 行 政 改 革 による 効 果 額 まとめ 2 2 行 政 改 革 の 主 な 成 果 (1) 財 政 構 造 改 革 の 推 進 1 徴 収 率 の 向 上 3 2 その 他 の 財 源 確 保 4 (2) 事 務 事 業 の 整 理 合 理 化 5 (3) 補 助 金

目 次 はじめに 1 1 行 政 改 革 による 効 果 額 まとめ 2 2 行 政 改 革 の 主 な 成 果 (1) 財 政 構 造 改 革 の 推 進 1 徴 収 率 の 向 上 3 2 その 他 の 財 源 確 保 4 (2) 事 務 事 業 の 整 理 合 理 化 5 (3) 補 助 金 豊 岡 市 行 政 改 革 取 組 み 結 果 報 告 書 平 成 18 年 度 ~ 平 成 21 年 度 平 成 22 年 12 月 豊 岡 市 目 次 はじめに 1 1 行 政 改 革 による 効 果 額 まとめ 2 2 行 政 改 革 の 主 な 成 果 (1) 財 政 構 造 改 革 の 推 進 1 徴 収 率 の 向 上 3 2 その 他 の 財 源 確 保 4 (2) 事 務 事 業 の

More information

1. 事 業 所 の 概 要 事 業 所 名 : 有 限 会 社 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター 所 在 地 : 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929 番 地 2 代 表 者 : 取 締 役 社 長 宮 原 敏 也 環 境 管 理 責 任 者 : 総 務 部 環 境 計 量 課 伊

1. 事 業 所 の 概 要 事 業 所 名 : 有 限 会 社 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター 所 在 地 : 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929 番 地 2 代 表 者 : 取 締 役 社 長 宮 原 敏 也 環 境 管 理 責 任 者 : 総 務 部 環 境 計 量 課 伊 地 域 の 環 境 保 全 と 循 環 型 社 会 づくり に 貢 献 します!! NEDO 新 エネルギーフィールドテスト 事 業 浮 遊 外 熱 式 高 カロリーガス 化 システム 設 置 風 景 2009 年 3 月 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929の2 ( 有 ) 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター TEL 0942-83-4069 ( 代 表 ) ホームページアドレス http://www.tosukan.co.jp

More information

分 類 28 年 度 試 算 額 円 項 目 内 容 仕 様 実 頻 度 考 棟 棟 内 外 壁 床 面 窓 ガラス 外 観 点 エネルギー 電 気 水 道 ガス 点 針 記 録 日 誌 作 成 ア 品 イス 机 映 像 装 置 コインロッカー 維 持 各 種 機 械 装 置 空 調 機 運 転 及

分 類 28 年 度 試 算 額 円 項 目 内 容 仕 様 実 頻 度 考 棟 棟 内 外 壁 床 面 窓 ガラス 外 観 点 エネルギー 電 気 水 道 ガス 点 針 記 録 日 誌 作 成 ア 品 イス 机 映 像 装 置 コインロッカー 維 持 各 種 機 械 装 置 空 調 機 運 転 及 仮 称 多 賀 地 区 多 目 的 運 動 場 分 類 天 然 芝 球 技 場 28 年 度 試 算 額 円 項 目 内 容 仕 様 天 然 芝 球 技 場 観 客 席 倉 庫 フェンス 外 観 点 実 頻 度 考 ア 日 常 点 人 工 芝 球 技 場 芝 生 維 持 体 育 器 具 サッカーゴール ベンチ 品 維 持 放 送 機 器 音 響 装 置 を 含 む 弱 電 用 マンホール 点 整 大

More information

◆安全と安心

◆安全と安心 第 6 章 地 域 別 の 環 境 配 慮 宇 土 市 を 分 割 した7 地 区 について,それぞれの 特 性 を 踏 まえた 計 画 の 方 向 性 について, 地 域 別 の 環 境 配 慮 指 針 として 明 らかにします なお, 地 区 区 分 は 上 位 計 画 である 宇 土 市 総 合 計 画 や 関 連 計 画 である 宇 土 市 都 市 計 画 マス タープラン * の 考 え

More information

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3 待 ったなし! 飯 綱 町 ごみ 減 量 化 計 画 (いいづなG30プラン) 平 成 26 年 11 月 飯 綱 町 目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

<5461726F2D8F57978E8BA692E88F9182CC8B4C93FC837D836A83858341838B>

<5461726F2D8F57978E8BA692E88F9182CC8B4C93FC837D836A83858341838B> 農 業 者 用 中 山 間 地 域 等 直 接 支 払 交 付 金 集 落 協 定 書 等 の 書 き 方 記 入 マニュアル 平 成 25 年 5 月 16 日 < 集 落 協 定 を 申 請 する 場 合 > 参 考 様 式 第 6 号 共 通 の 申 請 書 ( 記 入 例 ) 番 号 年 月 日 市 町 村 長 殿 集 落 協 定 代 表 者 氏 名 印 中 山 間 地 域 等 直 接 支

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

gomi

gomi 春 日 井 市 告 示 第 52 号 廃 棄 物 の 処 理 及 び 清 掃 に 関 する 法 律 ( 昭 和 45 年 法 律 第 137 号 以 下 廃 棄 物 処 理 法 という ) 第 6 条 第 1 項 の 規 定 により 平 成 27 年 度 一 般 廃 棄 物 処 理 実 施 計 画 を 定 めたの で 春 日 井 市 廃 棄 物 の 減 量 及 び 適 正 処 理 に 関 する 条

More information

も くじ 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 基 本 的 な 方 針 1 第 3 計 画 期 間 及 び 目 標 2 第 4 連 携 協 働 による 施 策 の 推 進 のための 役 割 2 第 5 山 梨 県 の 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 の 現 況 1 犬 の 飼 養 数

も くじ 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 基 本 的 な 方 針 1 第 3 計 画 期 間 及 び 目 標 2 第 4 連 携 協 働 による 施 策 の 推 進 のための 役 割 2 第 5 山 梨 県 の 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 の 現 況 1 犬 の 飼 養 数 山 梨 県 動 物 愛 護 管 理 推 進 計 画 ( 素 案 ) 平 成 26 年 月 山 梨 県 平 成 20 年 3 月 策 定 平 成 26 年 月 改 正 も くじ 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 基 本 的 な 方 針 1 第 3 計 画 期 間 及 び 目 標 2 第 4 連 携 協 働 による 施 策 の 推 進 のための 役 割 2 第 5 山 梨 県 の 動 物

More information

用 語 解 説 75 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 用 途 地 域 の 指 定 の 変 遷 78 都 市 計 画 図 の 変 遷 80 都 市 計 画 マスタープランの 変 遷 82 参 考 資 料 用 語 解 説 あ 行 ITS NPO Intelligent Transport Systems の 略 で 高 度 道 路 交 通 システムのこと 最 先 端 の 情 報 通 信 技

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092C091DD8ED88C5F96F18F91976C8EAE816990D891D68C5F96F192F78C8B977082518252824F8258824F82505F2E646F632E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092C091DD8ED88C5F96F18F91976C8EAE816990D891D68C5F96F192F78C8B977082518252824F8258824F82505F2E646F632E646F63> 賃 貸 借 契 約 書 貸 主 ( 以 下 甲 という )と 借 主 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 ( 以 下 乙 という )と 入 居 者 ( 東 日 本 大 震 災 により 被 災 した 者 のうち 本 契 約 により 入 居 する 者 以 下 丙 という )とは 別 紙 の(1)に 記 載 する 賃 貸 借 契 約 の 目 的 物 ( 以 下 本 物 件 という )について 居 住

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

目 次 滴 定 のHIRANUMAへようこそ P 1 1 組 織 の 概 要 P 2 2 対 象 範 囲 P 2 3 環 境 方 針 P 3 4 環 境 目 標 P 4 5 環 境 目 標 の 実 績 P 5 6 環 境 活 動 計 画 の 取 組 結 果 と その 評 価 次 年 度 の 取 組

目 次 滴 定 のHIRANUMAへようこそ P 1 1 組 織 の 概 要 P 2 2 対 象 範 囲 P 2 3 環 境 方 針 P 3 4 環 境 目 標 P 4 5 環 境 目 標 の 実 績 P 5 6 環 境 活 動 計 画 の 取 組 結 果 と その 評 価 次 年 度 の 取 組 2015 年 度 対 象 期 間 :2015 年 4 月 ~2016 年 3 月 発 行 :2016 年 5 月 7 日 目 次 滴 定 のHIRANUMAへようこそ P 1 1 組 織 の 概 要 P 2 2 対 象 範 囲 P 2 3 環 境 方 針 P 3 4 環 境 目 標 P 4 5 環 境 目 標 の 実 績 P 5 6 環 境 活 動 計 画 の 取 組 結 果 と その 評 価 次

More information

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 姫 路 市 下 水 道 管 理 センター 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 仕 様 書 は 姫 路 市 が 発 注 するコミュニティ プラント 上 菅 処 理 場 城 山 浄 化 センター 及 びマ

More information

<817990528B6389EF9770817A83518393834C815B8DA188C990A893589399352D318169836083468362834E838A83588367816A2E786C7378>

<817990528B6389EF9770817A83518393834C815B8DA188C990A893589399352D318169836083468362834E838A83588367816A2E786C7378> 1 概 要 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 法 指 針 項 目 チェックリスト 既 存 宅 地 ( 事 業 所 社 宅 跡 地 )にドラッグストアと 衣 料 品 店 を 新 設 する ( 法 第 5 条 第 1 項 ) 2 届 出 の 内 容 届 出 年 月 日 店 舗 設 置 者 小 売 業 者 店 舗 面 積 施 設 の 配 置 施 設 の 運 営 新 設 する 日 平 成 25 年 7 月

More information

4 盛 岡 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 盛 岡 広 域 都 市 計 画 区 域 マスタープラン) 平 成 27 年 3 月 岩 手 県 Ⅰ. 都 市 計 画 の 目 標 Ⅰ-1. 都 市 計 画 区 域 の 名 称 規 模 等 本 方 針 は 盛 岡 広 域 都 市 計 画 区 域 ( 以 下 本 区 域 という )を 対 象 とし

More information

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分 け 結 果 ( 市 の 方 針 )に 対 する 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 羽 村 市 企 画 部 企 画 課 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分

More information

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1 平 成 26 年 度 札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 1 2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 6 4 職 員 の 手 当 の 状 況 8 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 12 6 職 員 数 の 状 況 13 7 公 営 企 業 職 員 の 状 況 (1)

More information

千代田区

千代田区 千 代 田 区 ワンルームマンション 等 建 築 物 に 関 する 指 導 要 綱 良 好 な 近 隣 関 係 及 び 地 域 の 健 全 な 生 活 環 境 の 保 持 向 上 のために 千 代 田 区 ワンルームマンション 等 建 築 物 を 建 築 される 方 へ 千 代 田 区 は 多 様 な 人 々が 住 み 働 き 集 う 心 豊 かなまち 千 代 田 の 実 現 をめざして 景 観 まちづくりを

More information

情報公開事務処理状況(2001年4月分)

情報公開事務処理状況(2001年4月分) 平 成 25 年 度 中 野 区 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 の 運 営 状 況 の 報 告 について 中 野 区 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 第 17 条 の 規 定 により 運 営 状 況 を 報 告 する 中 野 区 長 田 中 大 輔 目 次 平 成 25 年 度 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 の 運 営 状 況 1 公 開 状 況 及 び 公 開 非

More information

<4D F736F F D208AE28CA991F28E7389BA908593B992868AFA E646F63>

<4D F736F F D208AE28CA991F28E7389BA908593B992868AFA E646F63> 岩 見 沢 市 下 水 道 中 期 ビジョン 概 要 書 岩 見 沢 市 水 道 部 下 水 道 課 目 次 1 策 定 にあたって... 1 1.1 下 水 道 中 期 ビジョンとは... 1 1.2 上 位 計 画 との 関 連... 3 1.3 計 画 期 間... 6 2 下 水 道 事 業 の 概 要... 6 2.1 下 水 道 事 業 の 概 要... 6 2.2 下 水 道 事 業

More information

Microsoft PowerPoint - 090908 ③検討会資料.ppt

Microsoft PowerPoint - 090908 ③検討会資料.ppt 県 営 住 宅 耐 震 性 確 保 策 等 検 討 委 員 会 ( 第 3 回 ) 1 前 回 宿 題 事 項 ( 土 地 の 利 用 状 況 の 追 加 説 明 等 ) 及 び 事 業 シミュレーションについて 2 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 策 定 について 3 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 の 策 定 について 平 成 21 年 9 月 徳 島 県 県 土 整

More information

<834B8343836883898343839388EA97975F3135313032362E786C73>

<834B8343836883898343839388EA97975F3135313032362E786C73> 住 宅 用 地 敷 地 建 築 凡 例 チェック 区 画 1. 建 築 可 能 な 敷 地 の 最 小 面 積 は120m2 ただし 上 記 に 該 当 しないものの 規 定 の 詳 細 ついては 地 区 計 画 を 参 照 宅 盤 高 さ 1. 宅 地 の 地 盤 高 さを 大 きく 変 更 してはならただし 建 築 工 事 に 伴 う 発 生 土 や 客 土 等 の 敷 きならしによる 地 盤

More information

00政策評価調書【一覧表】

00政策評価調書【一覧表】 平 成 27 年 度 政 策 評 価 調 書 一 覧 表 平 成 27 年 10 月 作 成 政 策 評 価 調 書 一 覧 表 No 所 管 部 所 管 課 室 等 予 算 事 名 個 別 事 名 事 概 要 事 区 事 期 間 決 算 H27 決 算 見 込 H28 予 算 見 込 基 本 柱 政 策 施 策 総 額 総 額 うち 一 般 財 源 総 額 うち 一 般 財 源 目 標 績 達 成

More information

(1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2

(1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2 (1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2 (1) 66 (2) 68 (3) 69 (1) 70 (2) 74 (3) 76 (1) 77 (2) 79 (3) 80 (1) 81 (2) 82 (3)

More information

香川県公共建築物等における県産木材の利用の促進に関する方針

香川県公共建築物等における県産木材の利用の促進に関する方針 香 川 県 公 共 建 築 物 等 における 県 産 木 材 の 利 用 の 促 進 に 関 する 方 針 平 成 24 年 3 月 香 川 県 香 川 県 公 共 建 築 物 等 における 県 産 木 材 の 利 用 の 促 進 に 関 する 方 針 この 方 針 は 公 共 建 築 物 等 における 木 材 の 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 22 年 法 律 第 36

More information

(3) 犯 罪 弱 者 の 安 全 対 策 青 少 年 の 犯 罪 被 害 防 止 と 健 全 育 成 活 動 の 薬 物 などの 犯 罪 や 誘 惑 の 無 い 青 少 年 が 健 やかに 育 つことができる 環 境 づくりを するため 関 係 機 関 等 と 連 携 した 青 少 年 の 育 成

(3) 犯 罪 弱 者 の 安 全 対 策 青 少 年 の 犯 罪 被 害 防 止 と 健 全 育 成 活 動 の 薬 物 などの 犯 罪 や 誘 惑 の 無 い 青 少 年 が 健 やかに 育 つことができる 環 境 づくりを するため 関 係 機 関 等 と 連 携 した 青 少 年 の 育 成 小 金 井 市 防 犯 指 針 に 基 づく 等 について 主 要 な 施 策 1 日 常 生 活 における 安 全 安 心 の 確 保 日 常 生 活 における 体 感 治 安 の 低 下 を 防 ぐために (1) 地 域 防 犯 力 の 向 上 CoCoパトロール 隊 による 地 域 パトロール 青 色 回 転 灯 を 装 備 した 庁 用 車 16 台 から 成 るCoCoパトロール 隊 で

More information

2 設 計 の 進 め 方 2.1 設 計 の 進 め 方 ( 全 般 ) (1) 受 託 者 は 建 築 基 準 法 及 び 建 築 士 法 等 の 法 令 上 の 設 計 者 となるので その 責 任 を 全 うしなければな らない (2) 設 計 は 建 築 基 準 法 及 び 関 係 法 令

2 設 計 の 進 め 方 2.1 設 計 の 進 め 方 ( 全 般 ) (1) 受 託 者 は 建 築 基 準 法 及 び 建 築 士 法 等 の 法 令 上 の 設 計 者 となるので その 責 任 を 全 うしなければな らない (2) 設 計 は 建 築 基 準 法 及 び 関 係 法 令 新 居 浜 市 防 災 拠 点 施 設 建 設 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 この 仕 様 書 は 新 居 浜 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 発 注 する 下 記 の 業 務 に 関 して 受 注 者 が 当 該 業 務 を 履 行 するために 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 1 業 務 概 要 1.1 委 託 業 務 名 新 居 浜 市 防 災 拠 点 施 設

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048825135944E937881408AC28BAB8A8893AE838C837C815B836791BE93638C9A94C28D488BC65B315D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048825135944E937881408AC28BAB8A8893AE838C837C815B836791BE93638C9A94C28D488BC65B315D> 平 成 26 年 6 月 1 日 エコアクション21 環 境 活 動 レポート H25 年 3 月 ~H26 年 2 月 株 式 会 社 太 田 建 板 工 業 427-0104 静 岡 県 島 田 市 井 口 862 番 地 TEL:0547-38-1200 FAX:0547-38-1278 1 目 次 [1] 環 境 方 針 P3 [2] 当 社 の 概 要 P4 [3] 推 進 組 織 役 割

More information

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2 平 成 28 年 4 月 熊 本 地 震 に 係 る 熊 本 市 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 平 成 28 年 6 月 14 日 ( 第 1 版 ) 熊 本 市 1 目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第

More information

概要版

概要版 3 調 査 結 果 1 千 葉 県 の 魅 力 (1) 千 葉 県 への 愛 着 や 誇 り 千 葉 県 に 愛 着 や 誇 りを 感 じている かどうかについて 聞 いたところ 愛 着 や 誇 りを 感 じている (31.7%)と どちらかといえば 愛 着 や 誇 りを 感 じている (48.1%)を 合 わせた 感 じている 計 (79.8%)の 割 合 は 約 8 割 となっている 一 方 で

More information

京 都 議 定 書 のCO2 削 減 目 標 達 成 に 必 要 な 森 林 吸 収 量 を 確 保 するため 森 林 所 有 者 に 再 造 林 など 森 林 の 適 切 な 管 理 を 義 務 付 け 適 切 な 管 理 を 行 った 者 に 対 して 森 林 管 理 直 接 支 払 い 制 度

京 都 議 定 書 のCO2 削 減 目 標 達 成 に 必 要 な 森 林 吸 収 量 を 確 保 するため 森 林 所 有 者 に 再 造 林 など 森 林 の 適 切 な 管 理 を 義 務 付 け 適 切 な 管 理 を 行 った 者 に 対 して 森 林 管 理 直 接 支 払 い 制 度 2008 年 10 月 民 主 党 北 海 道 総 支 部 連 合 会 政 策 調 査 委 員 会 衆 議 院 選 挙 に 係 わる 北 海 道 重 点 政 策 はじめに 第 45 回 衆 議 院 選 挙 の 政 権 公 約 (マニフェスト)は 民 主 党 本 部 が 近 く 発 表 することにな ってい この 衆 議 院 選 挙 に 係 わる 北 海 道 重 点 政 策 は 11 月 にも 想 定

More information

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更 6 花 ハナ ナナカド / 098-69 紋 郡 旭 TEL0588- FAX0588-990 編 集 / 6 剣 ポツ 少 団 キ ジュニアクブ P P 5 遠 紋 P6 P6 7 編 集 P8 ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始

More information

年間行事

年間行事 第 1 章 自 主 防 災 組 織 とは 1. 自 主 防 災 組 織 の 必 要 性 東 海 地 震 を 含 む 南 海 トラフの 巨 大 地 震 等 から 自 分 や 家 族 の 命 を 守 るためには さまざまな 被 害 の 発 生 に 備 え 普 段 から 十 分 な 対 策 を 講 じておかなくてはなりません しかし ひとた び 大 地 震 が 発 生 すると 災 害 の 拡 大 を 防

More information

市 町 村 名 所 管 課 名 連 絡 先 事 制 度 名 概 要 空 き 家 への 適 用 延 岡 市 日 南 市 要 支 援 者 又 は 要 介 護 者 を 対 象 に 住 宅 改 造 に 要 する 費 用 の 一 部 を 助 成 す 介 護 保 険 課 -- 居 宅 介 護 住 宅 改 修 費

市 町 村 名 所 管 課 名 連 絡 先 事 制 度 名 概 要 空 き 家 への 適 用 延 岡 市 日 南 市 要 支 援 者 又 は 要 介 護 者 を 対 象 に 住 宅 改 造 に 要 する 費 用 の 一 部 を 助 成 す 介 護 保 険 課 -- 居 宅 介 護 住 宅 改 修 費 平 成 年 度 市 町 村 住 宅 補 助 制 度 市 町 村 名 所 管 課 名 連 絡 先 事 制 度 名 概 要 宮 崎 市 環 境 保 全 課 太 陽 光 発 電 システム 設 置 費 補 助 金 交 付 要 綱 に 基 づき 補 助 対 象 システムを 設 太 陽 光 発 電 システム 設 -- 置 する 予 定 の 方 に 対 して 太 陽 電 池 モジュールの 公 称 最 大 出 力

More information

Microsoft Word - ★1013[最終版]地区MP本編.doc

Microsoft Word - ★1013[最終版]地区MP本編.doc Ⅳ. 実 現 方 策 ここでは まちづくり 基 本 方 針 に 基 づき 地 区 計 画 の 導 入 を 前 提 に 分 野 別 方 針 を 実 現 し ていくための 方 策 を 明 らかにするとともに 住 民 と 行 政 の 協 働 で 取 り 組 むまちづくりの 進 め 方 と 都 市 計 画 の 見 直 しの 考 え 方 を 示 して います Ⅳ-1 分 野 別 の 実 現 方 策 ここでは

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

目 次 1. 目 的 1 2. 事 業 の 概 要 1 3. 今 年 度 の 申 請 状 況 3 4. 平 成 18 年 度 か ら の 推 移 5 5. 取 組 事 例 7

目 次 1. 目 的 1 2. 事 業 の 概 要 1 3. 今 年 度 の 申 請 状 況 3 4. 平 成 18 年 度 か ら の 推 移 5 5. 取 組 事 例 7 平 成 2 4 年 9 月 唐 津 市 市 民 環 境 部 生 活 環 境 対 策 課 目 次 1. 目 的 1 2. 事 業 の 概 要 1 3. 今 年 度 の 申 請 状 況 3 4. 平 成 18 年 度 か ら の 推 移 5 5. 取 組 事 例 7 1. 目 的 唐 津 市 の 景 観 に 恵 ま れ た 自 然 環 境 を 守 り 次 の 世 代 に 引 き 継 ぐ た め 市 民

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

第 1 回 小 金 井 市 廃 棄 物 減 量 等 推 進 審 議 会 資 料 平 成 27 年 6 月 25 日 平 成 26 年 度 ごみ 処 理 量 及 び 資 源 物 回 収 量 ( 単 位 :t) 種 類 平 成 26 年 度 処 理 量 回 収 量 A 平 成 25 年 度 実 績 処

第 1 回 小 金 井 市 廃 棄 物 減 量 等 推 進 審 議 会 資 料 平 成 27 年 6 月 25 日 平 成 26 年 度 ごみ 処 理 量 及 び 資 源 物 回 収 量 ( 単 位 :t) 種 類 平 成 26 年 度 処 理 量 回 収 量 A 平 成 25 年 度 実 績 処 平 成 27 年 6 月 25 日 平 成 27 年 度 第 1 回 小 金 井 市 廃 棄 物 減 量 等 推 進 審 議 会 次 第 1 開 会 会 長 の 辞 任 と 新 会 長 の 選 任 について 2 報 告 ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑸ 平 成 26 年 度 ごみ 処 理 量 及 び 資 源 物 回 収 量 燃 やすごみの 処 理 量 の 昨 年 度 との 月 別 比 較 について 平 成 26

More information

<3038937996D894EF>

<3038937996D894EF> 土 木 総 務 費 建 設 課 1. 各 種 申 請 状 況 (1) 道 路 占 用 掘 削 に 関 する 申 請 状 況 道 路 法 第 32 条 に 基 づき 道 路 工 作 物 物 件 又 は 施 設 を 設 け 継 続 して 道 路 を 使 用 する 場 合 においては 道 路 管 理 者 の 許 可 を 得 なければならない 平 成 25 年 度 における 申 請 件 数 は 次 のとおりである

More information

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 築 関 連 附 帯 業 務 標 準 人 日 数 39 耐 震 診 断 等 関 連 業 務 料 の 具

More information

目 次 防 犯 活 動 行 動 計 画 (アクションプラン) 策 定 にあたって 2 基 本 方 針 重 点 目 標 3 重 点 目 標 の 事 業 展 開 4 施 策 体 系 目 標 年 次 5 6 情 報 連 携 のあり 方 7 Ⅰ 犯 罪 を 予 防 する 意 識 の 高 揚 9 Ⅱ 犯 罪

目 次 防 犯 活 動 行 動 計 画 (アクションプラン) 策 定 にあたって 2 基 本 方 針 重 点 目 標 3 重 点 目 標 の 事 業 展 開 4 施 策 体 系 目 標 年 次 5 6 情 報 連 携 のあり 方 7 Ⅰ 犯 罪 を 予 防 する 意 識 の 高 揚 9 Ⅱ 犯 罪 第 3 次 みよし 市 防 犯 活 動 行 動 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) 地 域 力 を 高 めて 安 全 で 安 心 して 暮 らせるまち みよし 市 目 次 防 犯 活 動 行 動 計 画 (アクションプラン) 策 定 にあたって 2 基 本 方 針 重 点 目 標 3 重 点 目 標 の 事 業 展 開 4 施 策 体 系 目 標 年 次 5 6 情 報

More information

第 1 章 <目的>

第 1 章 <目的> 市 民 の 安 全 のための 指 針 ( 平 成 24 年 3 月 ) 東 大 和 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 < 目 的 > 2 第 2 章 < 犯 罪 の 起 きにくいまちづくり> 2 第 3 章 < 児 童 等 の 安 全 確 保 > 4 第 4 章 < 民 間 事 業 者 によるまちの 安 全 確 保 > 6 第 5 章 < 高 齢 者 障 がい 者 女 性 の 安 全 確 保 >

More information

(2) 歳 入 ( 一 般 会 計 ) 市 税 は 前 年 度 比 2 億 9,877 万 円 率 にして 3.8%の 減 の 74 億 8,924 万 円 を 見 込 んだ 中 でも 法 人 市 民 税 は 税 率 の 引 き 下 げが 通 年 に 及 ぶことに 加 え 新 興 国 経 済 の 景

(2) 歳 入 ( 一 般 会 計 ) 市 税 は 前 年 度 比 2 億 9,877 万 円 率 にして 3.8%の 減 の 74 億 8,924 万 円 を 見 込 んだ 中 でも 法 人 市 民 税 は 税 率 の 引 き 下 げが 通 年 に 及 ぶことに 加 え 新 興 国 経 済 の 景 定 例 記 者 懇 談 会 資 料 3-1 平 成 28 年 2 月 22 日 政 策 協 働 部 財 政 課 0548-23-0054 平 成 28 年 度 牧 之 原 市 当 初 予 算 案 について 1 当 初 予 算 案 の 総 額 予 算 額 ( 前 年 度 比 伸 び 率 ) 一 般 会 計 ( 歳 入 歳 出 ) 194 億 円 ( 6 億 円 3.0%) 特 別 会 計 ( 歳 入

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

「環境用水の導入」事例集~魅力ある身近な水環境づくりにむけて~

「環境用水の導入」事例集~魅力ある身近な水環境づくりにむけて~ 35 東 京 都 小 金 井 市 ビオトープ 水 路 水 源 導 水 方 法 導 水 箇 所 水 環 境 上 問 題 雨 水 新 設 管 路 動 力 自 然 流 下 河 川 水 路 親 水 性 景 観 東 京 都 ビオトープ 水 路 地 図 中 破 線 枠 は 次 ページ 地 図 範 囲 対 象 地 域 地 域 東 京 都 小 金 井 市 と 小 平 市 境 にあるこ 地 域 は 市 境 を 五 日

More information

- 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域

- 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域 相 模 湖 公 園 の 震 災 時 対 応 の 考 え 方 参 考 資 料 1 - 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 における

More information

研 修 は 年 間 複 数 回 計 画 実 施 すること 研 修 計 画 は 指 定 管 理 者 自 ら 主 催 するもの だけでなく 名 古 屋 市 図 書 館 愛 知 県 図 書 館 日 本 図 書 館 協 会 等 他 の 機 関 団 体 が 主 催 する 研 修 も 積 極 的 に 取 り 入

研 修 は 年 間 複 数 回 計 画 実 施 すること 研 修 計 画 は 指 定 管 理 者 自 ら 主 催 するもの だけでなく 名 古 屋 市 図 書 館 愛 知 県 図 書 館 日 本 図 書 館 協 会 等 他 の 機 関 団 体 が 主 催 する 研 修 も 積 極 的 に 取 り 入 名 古 屋 市 図 書 館 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 本 書 は 名 古 屋 市 図 書 館 指 定 管 理 者 募 集 要 項 に 基 づき 名 古 屋 市 教 育 委 員 会 ( 以 下 委 員 会 という )が 指 定 管 理 者 に 要 求 する 管 理 運 営 業 務 の 基 準 を 示 すものである 第 1 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 図 書

More information

5 市 民 がまちづくりを 楽 しめるまち (2) 市 民 が 自 ら 行 うまちづくり 活 動 を 支 援 します 市 民 協 働 活 動 推 進 事 業 ( 担 当 : 市 民 協 働 課 市 民 協 働 男 女 参 画 係 ) 682 万 円 指 定 管 理 者 による 市 民 活 動 支 援

5 市 民 がまちづくりを 楽 しめるまち (2) 市 民 が 自 ら 行 うまちづくり 活 動 を 支 援 します 市 民 協 働 活 動 推 進 事 業 ( 担 当 : 市 民 協 働 課 市 民 協 働 男 女 参 画 係 ) 682 万 円 指 定 管 理 者 による 市 民 活 動 支 援 5 市 民 がまちづくりを 楽 しめるまち (1) 小 さなコミュニティを 大 切 にした 地 域 づくりを 推 進 します 住 民 自 治 活 動 助 成 事 業 5,979 万 円 市 民 が 創 るくらしたい 栗 原 を 目 指 し 各 地 区 の 自 治 会 やコミュニティ 推 進 協 議 会 の 創 意 工 夫 による 自 立 的 コミュニティ 活 動 を 支 援 するため コミュニティ

More information

行動計画シート(下半期)

行動計画シート(下半期) シート( 下 半 期 ) 行 動 主 体 名 課 室 施 設 長 名 1 組 織 の 使 命 2 現 状 認 識 及 び 中 期 展 望 ( 向 こう3 年 内 ) 3 事 務 改 善 に 関 する 4 接 遇 改 善 に 関 する 5 経 費 節 減 に 関 する 6 上 記 3~5に 対 する 上 半 期 自 己 評 価 7 上 半 期 の 評 価 を 踏 まえ た 下 半 期 の 進 め 方

More information

H25 情 報 公 開 目 録 ( 課 ) 2/22 非 常 勤 職 員 臨 時 職 共 通 員 管 理 (25) 平 成 25 4 月 ~ 平 成 26 3 月 出 勤 簿 H31.4.1 共 通 非 常 勤 職 員 臨 時 職 員 管 理 (25) 勤 務 時 間 報 告 書 H31.4.1 共

H25 情 報 公 開 目 録 ( 課 ) 2/22 非 常 勤 職 員 臨 時 職 共 通 員 管 理 (25) 平 成 25 4 月 ~ 平 成 26 3 月 出 勤 簿 H31.4.1 共 通 非 常 勤 職 員 臨 時 職 員 管 理 (25) 勤 務 時 間 報 告 書 H31.4.1 共 H25 情 報 公 開 目 録 ( 課 ) 1/22 共 通 共 通 全 般 (25) 庁 内 回 覧 通 知 随 時 廃 棄 H26.4.1 共 通 共 通 全 般 (25) 庁 内 照 会 依 頼 回 覧 通 知 随 時 廃 棄 H26.4.1 共 通 共 通 全 般 (25) 広 報 随 時 廃 棄 H26.4.1 共 通 共 通 全 般 (23) 牛 久 市 暮 らしの 便 利 帳 共 通

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information