<4D F736F F D F64935F816B955C8E86816C816996F088F589EF CC89EF A2E444F43>

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2032378F64935F816B955C8E86816C816996F088F589EF8145915391CC89EF9770816A2E444F43>"

Transcription

1 平 成 27 年 度 東 京 都 予 算 編 成 にかかる 重 点 要 望 事 項 東 京 都 市 長 会

2

3 重 点 要 望 事 項 目 次 1 多 摩 地 域 を 個 性 活 力 魅 力 ある 自 立 都 市 圏 とするための 施 策 の 推 進 1 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 円 滑 導 入 のための 支 援 3 3 地 方 分 権 の 推 進 における 都 の 支 援 年 の 東 京 の 実 現 6 5 市 町 村 総 合 交 付 金 制 度 等 総 合 的 財 政 補 完 の 充 実 強 化 年 東 京 オリンピック パラリンピック 競 技 大 会 をオール 東 京 として 開 催 するための 施 策 の 推 進 13 7 業 務 核 都 市 及 び 核 都 市 等 の 育 成 整 備 14 8 公 共 施 設 等 修 繕 保 全 計 画 への 支 援 15 9 自 然 災 害 に 対 する 防 災 体 制 の 確 立 防 災 事 業 の 充 実 と 財 政 措 置 等 の 確 立 安 全 安 心 まちづくりの 取 り 組 みに 対 する 支 援 措 置 の 充 実 横 田 基 地 等 周 辺 の 生 活 環 境 整 備 騒 音 対 策 等 の 推 進 新 地 方 公 会 計 制 度 の 整 備 促 進 における 都 の 支 援 子 育 て 環 境 の 充 実 私 立 幼 稚 園 等 園 児 保 護 者 に 対 する 補 助 制 度 の 再 構 築 及 び 拡 充 等 公 立 学 校 施 設 の 改 築 改 修 及 び 増 築 に 対 する 補 助 制 度 の 創 設 及 び 拡 充 特 別 支 援 教 育 推 進 に 向 けた 支 援 東 京 都 帰 宅 困 難 者 対 策 条 例 施 行 に 伴 う 災 害 時 に 学 校 に 留 め 置 く 児 童 生 徒 用 の 備 蓄 物 資 整 備 に 係 る 補 助 制 度 の 創 設 学 校 施 設 等 の 非 構 造 部 材 の 耐 震 化 に 伴 う 補 助 制 度 の 拡 充 介 護 保 険 制 度 に 係 る 市 町 村 への 支 援 策 の 充 実 高 齢 者 保 健 福 祉 に 係 る 各 種 施 策 の 充 実 33

4 22 地 域 密 着 型 サービスに 係 る 補 助 の 充 実 障 害 者 総 合 支 援 法 施 行 後 の 福 祉 施 策 について 医 療 保 険 制 度 の 一 本 化 について 国 の 公 費 負 担 割 合 拡 大 について がん 検 診 支 援 対 象 の 拡 充 医 療 保 健 政 策 区 市 町 村 包 括 補 助 事 業 の 充 実 予 防 接 種 等 における 支 援 の 確 立 公 立 病 院 に 対 する 補 助 制 度 の 充 実 医 師 及 び 看 護 師 確 保 のための 施 策 の 充 実 地 下 水 及 び 土 壌 大 気 等 の 汚 染 対 策 の 充 実 地 球 温 暖 化 対 策 における 省 エネルギー 新 エネルギー 対 策 への 財 政 支 援 等 の 充 実 廃 棄 物 処 理 施 設 等 の 整 備 及 び 再 資 源 化 推 進 事 業 への 財 政 支 援 等 の 充 実 緑 の 保 全 に 対 する 施 策 の 充 実 流 域 下 水 道 事 業 の 促 進 と 財 政 援 助 拡 大 生 産 者 責 任 の 強 化 について 経 済 危 機 に 対 応 する 雇 用 就 業 機 会 の 創 出 について 商 店 街 活 性 化 事 業 の 拡 充 連 続 立 体 交 差 事 業 等 の 鉄 道 整 備 と 駅 周 辺 の 総 合 的 なまちづくりの 推 進 多 摩 都 市 モノレールの 整 備 推 進 と 新 たな 公 共 交 通 システムの 検 討 及 び 輸 送 サービスの 向 上 多 摩 の 広 域 的 な 道 路 ネットワークの 形 成 に 資 する 総 合 的 一 体 的 な 道 路 整 備 の 促 進 市 街 地 開 発 事 業 にかかる 補 助 制 度 の 充 実 61

5 1 多 摩 地 域 を 個 性 活 力 魅 力 ある 自 立 都 市 圏 とするための 施 策 の 推 進 多 摩 地 域 の 振 興 にあたっては 自 然 と 共 生 し 地 域 特 性 を 生 かしながら 多 摩 を 活 力 と 魅 力 に 満 ちた 自 立 都 市 圏 として 形 成 していくことが 重 要 である しかし 大 規 模 事 業 所 の 相 次 ぐ 撤 退 や 人 口 減 少 局 面 の 到 来 等 多 摩 地 域 を 取 り 巻 く 社 会 経 済 環 境 は 大 きく 変 化 し 大 きな 課 題 として 顕 在 化 してきている 一 方 で 多 摩 地 域 は 先 端 技 術 産 業 や 数 多 くの 大 学 研 究 機 関 の 集 積 豊 かな 自 然 環 境 などを 活 かした 特 色 ある 都 市 づくりが 可 能 な 地 域 であり 多 摩 の 持 つポテンシャルを 従 来 とは 違 った 視 点 で 捉 え 新 たな 将 来 像 を 策 定 し これから 進 むべき 方 向 を 明 らかにする ことが 求 められている こうしたことを 踏 まえ 都 においては 新 たな 多 摩 のビジョン で 示 した 目 指 すべき 多 摩 の 姿 の 実 現 に 向 け 平 成 26 年 3 月 に 新 たな 多 摩 のビジョン 行 動 戦 略 を 策 定 している この 行 動 戦 略 を 推 進 するにあたっては 市 町 村 はもとより 民 間 企 業 やNPO 等 の 地 域 の 形 成 発 展 を 担 う 多 様 な 主 体 とも 十 分 な 連 携 を 行 うとともに 共 通 認 識 の 醸 成 を 図 り 多 摩 振 興 の 取 り 組 みを 積 極 的 に 推 進 されたい 以 上 のことを 踏 まえ 以 下 の 事 項 について 施 策 の 実 施 にあたっては 適 切 な 進 捗 管 理 を 行 うとともに 取 り 組 みに 地 域 格 差 が 生 じないように 留 意 されたい 1 新 たな 財 政 的 支 援 の 創 設 について 多 摩 の 魅 力 発 信 支 援 補 助 金 が 26 年 度 に 創 設 され 市 町 村 が 域 外 の 住 民 に 向 けて 魅 力 を 発 信 する 取 り 組 みについて 事 業 費 が 補 助 されることとなった これにとどまらず 新 たな 多 摩 のビジョン 行 動 戦 略 に 基 づき 市 町 村 が 実 施 主 体 となる 事 業 については これまでの 事 業 補 助 金 にかえて 市 町 村 の 裁 量 により 柔 軟 な 活 用 ができる 交 付 金 等 地 域 の 実 情 に 即 した 取 り 組 みが 講 じられるような 財 政 的 な 枠 組 みを 創 設 されたい 2 立 川 広 域 防 災 基 地 は 南 関 東 地 域 の 防 災 拠 点 であり 災 害 発 生 時 の 中 継 集 積 拠 点 とし て 位 置 付 けられており 広 域 防 災 基 地 へのアクセス 性 を 高 めるため 多 摩 川 対 岸 の 中 央 高 速 自 動 車 道 国 道 16 号 線 並 びに 20 号 線 バイパス 甲 州 街 道 及 び 五 日 市 街 道 へ 通 じる 路 線 について 27 年 度 末 までに 策 定 予 定 の 次 期 事 業 計 画 に 掲 載 し 整 備 を 推 進 されたい 3 24 年 11 月 に 東 京 都 地 域 防 災 計 画 が 修 正 され 25 年 5 月 には 多 摩 島 しょ 地 域 の 特 性 を 踏 まえ 都 と 市 町 村 が 連 携 した 取 り 組 みを 進 めるため 多 摩 島 しょ 地 域 の 防 災 対 策 が 策 定 された ついては 計 画 に 基 づき 災 害 に 強 い 街 づくりの 推 進 と 地 域 防 災 対 策 の 更 なる 強 化 を 積 極 的 に 推 進 するとともに 地 域 特 性 を 勘 案 した 市 町 村 の 取 り 組 みへの 支 援 を 図 られたい - 1 -

6 4 多 摩 地 域 における 有 形 無 形 の 伝 統 文 化 の 保 全 に 対 する 支 援 を 講 じるとともに 多 摩 の 魅 力 を 増 進 するための 文 化 振 興 策 を 推 進 されたい - 2 -

7 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 円 滑 導 入 のための 支 援 社 会 保 障 税 番 号 制 度 は すべての 国 民 や 法 人 が 対 象 となることから 円 滑 な 導 入 のた めには 施 行 までの 間 に 国 民 等 に 対 する 十 分 な 周 知 を 行 い 理 解 を 得 ることが 不 可 欠 で ある しかしながら ホームページやポスターといった 一 部 の 情 報 ツールを 活 用 するのみで 国 民 の 実 生 活 がどの 様 に 変 わるのか 十 分 な 周 知 が 図 られていない また 市 町 村 においては 法 定 受 託 事 務 として 広 範 な 業 務 を 担 うこととなり 制 度 導 入 までの 間 において セキュリティー 対 策 を 含 め 万 全 の 準 備 を 行 う 必 要 がある これらのことから 以 下 の 事 項 について 国 に 対 して 働 きかけるとともに 都 において も 市 町 村 への 迅 速 な 情 報 提 供 や 技 術 支 援 を 講 じる 体 制 を 確 立 されたい 1 本 制 度 の 利 用 範 囲 は 社 会 保 障 分 野 税 分 野 災 害 対 策 分 野 と 多 岐 にわたり すべて の 国 民 や 法 人 が 対 象 となることから 制 度 に 対 する 誤 解 や 導 入 に 当 たって 混 乱 が 生 じる ことのないよう 引 き 続 き 責 任 を 持 って 十 分 な 周 知 を 行 うよう 国 に 働 きかけられたい 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 導 入 や 運 営 等 に 関 し 補 助 制 度 を 示 しているところではある が 補 助 上 限 額 を 設 けず 市 町 村 において 新 たな 財 政 負 担 が 生 じないよう 国 の 責 任 に おいて 万 全 の 財 政 措 置 を 講 じられたい 財 政 措 置 にあたっては 地 方 交 付 税 によらず すべての 市 町 村 に 措 置 がされるよう 国 に 対 し 強 く 要 望 されたい 3 都 事 務 処 理 特 例 条 例 に 基 づき 市 町 村 が 処 理 することとした 事 務 において 社 会 保 障 税 番 号 制 度 にかかわる 事 務 について 早 期 に 対 象 事 務 を 整 理 し 市 町 村 の 事 務 に 影 響 する 範 囲 やシステム 仕 様 等 を 示 すとともに 都 の 責 任 において 財 政 措 置 を 講 じられたい 4 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 指 針 については 平 成 26 年 4 月 に 公 表 及 び 施 行 され 主 務 省 令 については 同 年 9 月 に 一 部 公 布 されたところである しかし 主 務 省 令 等 の 公 表 など は 当 初 のスケジュールよりも 大 きく 遅 れている 今 後 は 当 初 スケジュールに 沿 った 進 行 管 理 を 行 うとともに 市 町 村 の 準 備 作 業 にも 影 響 が 生 じないよう 制 度 の 詳 細 等 必 要 な 情 報 を 遅 滞 なく 示 すよう 国 へ 働 きかけられたい 特 に 準 備 に 時 間 を 要 するシステム の 詳 細 な 仕 様 等 については 国 の 責 任 において 早 期 に 示 すとともに 技 術 的 な 支 援 体 制 の 確 立 を 図 られたい また 都 においても 技 術 的 支 援 体 制 の 確 立 を 図 られたい 5 制 度 の 運 営 にあたって 市 町 村 の 窓 口 における 業 務 フローの 標 準 化 をはかるためのマ ニュアル 等 を 国 の 責 任 において 早 期 に 示 すよう 要 望 されたい - 3 -

8 3 地 方 分 権 の 推 進 における 都 の 支 援 真 の 地 方 分 権 を 推 進 する 上 での 重 要 な 課 題 は 国 と 地 方 の 役 割 分 担 の 明 確 化 である このことは 広 域 自 治 体 である 都 と 基 礎 自 治 体 である 市 町 村 の 関 係 にもあてはまる 地 方 分 権 改 革 にあっては 事 務 事 業 の 権 限 と これに 見 合 った 財 源 の 大 幅 な 移 譲 により 地 方 の 実 情 に 即 した 各 種 政 策 を その 地 域 の 責 任 と 判 断 で 実 施 することが 必 要 である 都 においては 真 の 地 方 分 権 改 革 の 実 現 に 向 け 国 と 地 方 の 役 割 分 担 の 明 確 化 と 地 域 が 必 要 なサービスを 確 実 に 提 供 するための 確 固 たる 税 財 源 の 移 譲 が 実 現 するよう 引 き 続 き 市 町 村 と 連 携 して 国 への 働 きかけを 実 施 されたい 更 に 条 例 による 事 務 処 理 特 例 により 移 譲 する 事 務 の 提 案 に 当 たっては 市 側 の 意 向 を 十 分 尊 重 されたい また 市 側 が 移 譲 を 望 む 場 合 の 提 案 協 議 方 法 等 について ルー ルづくりを 図 られたい 1 都 から 国 への 働 きかけについて (1) 真 の 地 方 分 権 改 革 の 実 現 に 向 け 国 と 地 方 の 役 割 分 担 の 明 確 化 を 図 るとともに 地 方 が 担 う 事 務 と 責 任 に 見 合 う 税 財 源 配 分 として 当 面 税 源 移 譲 による 国 と 地 方 の 税 源 配 分 5:5 の 実 現 を 図 ることにより 地 方 の 財 政 自 主 権 を 拡 充 されたい また 地 方 自 治 体 が 行 う 住 民 生 活 に 直 結 した 行 政 サービスの 財 政 需 要 の 急 増 と 多 様 化 に 迅 速 かつ 的 確 に 対 応 できるよう 一 般 財 源 を 確 保 するため 税 源 の 偏 在 性 が 小 さ く 税 収 が 安 定 的 な 地 方 税 体 系 の 構 築 及 び 課 税 自 主 権 の 拡 大 を 図 られたい (2) 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 るための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 第 4 次 一 括 法 )の 施 行 にあたっては 地 方 分 権 改 革 を 着 実 に 推 進 す る 観 点 から 以 下 のことに 留 意 されたい 1 第 4 次 一 括 法 に 盛 り 込 まれた 事 項 にとどまらず 権 限 移 譲 については 今 後 も 地 方 の 意 見 を 十 分 に 聞 いて 反 映 させていくとともに 条 例 委 任 による 従 うべき 基 準 の 原 則 排 除 など 国 の 関 与 の 更 なる 縮 減 を 図 られたい 2 第 4 次 一 括 法 により 市 町 村 に 移 譲 される 事 務 に 係 る 財 源 措 置 は これまでのよう な 地 方 交 付 税 措 置 によらず すべての 地 方 自 治 体 に 対 し 必 要 な 財 源 が 措 置 できる 方 策 を 講 じられたい 3 地 方 自 治 体 が 条 例 化 などに 向 けて 十 分 な 時 間 的 余 裕 を 持 って 検 討 等 が 行 えるよ う 早 めの 情 報 提 供 など 適 切 な 措 置 を 講 じられたい (3) 国 の 平 成 26 年 度 税 制 改 正 では 東 京 都 及 び 東 京 都 市 区 町 村 の 強 い 反 対 にもかかわら ず 地 方 間 の 税 源 の 偏 在 性 を 是 正 するとして 法 人 住 民 税 の 一 部 国 税 化 が 決 定 された - 4 -

9 地 方 税 は 地 域 のサービス 需 要 に 見 合 った 税 収 の 確 保 という 応 益 負 担 の 考 えに 基 づく 地 方 固 有 の 税 源 である 中 でも 法 人 住 民 税 や 償 却 資 産 課 税 については 産 業 振 興 や 企 業 誘 致 の 取 り 組 みなど 各 自 治 体 の 長 年 の 努 力 の 成 果 として 獲 得 した 貴 重 な 自 主 財 源 であって 自 治 体 間 の 税 収 のバランスや 国 の 政 策 実 現 の 手 段 として 制 度 変 更 されるべきものではない また 現 在 法 人 実 効 税 率 について 引 き 下 げが 検 討 されているが 法 人 税 収 の6 割 は 地 方 交 付 税 の 原 資 分 を 含 めて 地 方 に 配 分 されることから 税 率 の 引 き 下 げは 行 政 サービスの 低 下 を 招 く 問 題 となるため その 代 替 財 源 の 確 保 が 不 可 欠 である このような 地 方 行 財 政 や 自 治 体 の 運 営 等 に 大 きな 影 響 を 及 ぼす 事 項 については 国 が 一 方 的 に 方 針 を 決 定 するのではなく 自 治 体 の 意 見 に 耳 を 傾 け 事 前 に 国 と 地 方 の 協 議 の 場 などにおいて 十 分 な 協 議 を 行 ったうえで 決 定 されたい (4) 地 方 交 付 税 については 地 方 自 治 体 が 直 面 している 医 療 介 護 子 育 て 等 社 会 保 障 などの 経 常 的 行 政 サービスや 道 路 橋 りょう 学 校 等 の 改 修 費 用 の 増 大 等 の 財 政 需 要 を 的 確 に 地 方 財 政 計 画 に 反 映 させ 歳 出 特 別 枠 及 び 別 枠 加 算 を 堅 持 したうえで 必 要 な 地 方 交 付 税 総 額 を 確 保 し 地 方 交 付 税 の 持 つ 財 源 調 整 と 財 源 保 障 の 両 機 能 を 強 化 されたい また 消 費 税 率 の 引 き 上 げや 地 方 法 人 税 の 創 設 をしてもなお 生 じる 地 方 交 付 税 の 不 足 分 については 28 年 度 まで 制 度 が 継 続 されることになった 臨 時 財 政 対 策 債 による ことなく 地 方 交 付 税 の 法 定 率 の 引 き 上 げなど 交 付 税 制 度 の 抜 本 的 な 見 直 しにより 対 応 されたい 2 都 の 支 援 について 国 庫 補 助 負 担 金 等 の 廃 止 に 伴 う 各 省 庁 の 動 向 については 都 の 関 係 局 から 市 町 村 の 所 管 部 に 迅 速 かつ 的 確 に 情 報 提 供 されたい また 制 度 の 改 正 により 仮 に 国 の 補 助 負 担 率 の 引 き 下 げが 行 われた 場 合 には 市 町 村 負 担 が 従 来 よりも 過 大 になることから 都 民 サービスの 低 下 につながらぬよう 適 切 な 支 援 を 講 じられたい 3 条 例 による 事 務 処 理 特 例 について 市 町 村 側 が 事 務 権 限 移 譲 を 希 望 する 場 合 の 提 案 協 議 方 法 にかかる 手 続 きについ ては 引 き 続 き 検 討 調 整 を 行 い 市 町 村 の 意 見 を 踏 まえたうえで 早 期 に 規 定 等 の 整 備 を 図 られたい - 5 -

10 年 の 東 京 の 実 現 2020 年 の 東 京 の 実 現 にあたっては 関 連 する 各 種 計 画 について 市 町 村 の 意 見 を 反 映 して 実 施 するとともに 進 捗 状 況 に 関 する 情 報 を 提 供 されたい また 事 業 の 実 施 後 につ いても その 成 果 を 検 証 し 市 町 村 に 新 たな 財 政 負 担 が 生 じないよう 十 分 に 配 慮 されたい なお 次 期 計 画 である 東 京 都 長 期 ビジョン( 仮 称 ) においては 本 要 望 事 項 を 十 分 に 勘 案 し 策 定 されたい 1 公 共 施 設 等 の 耐 震 化 及 び 緊 急 輸 送 道 路 沿 道 建 築 物 の 耐 震 化 (1) 小 中 学 校 は 災 害 発 生 時 には 児 童 生 徒 の 安 全 を 確 保 するばかりでなく 地 域 の 避 難 所 として 重 要 な 機 能 を 果 たす 役 割 を 担 っていることから 改 築 や 耐 震 化 改 修 等 に 関 す る 補 助 制 度 を 充 実 されたい 併 せて 保 育 園 や 児 童 館 学 童 クラブ 地 域 センターな どの 公 共 施 設 のほか 廃 校 施 設 を 利 用 し 普 通 財 産 として 活 用 している 施 設 で 学 校 と 同 様 に 地 域 の 避 難 所 に 指 定 している 施 設 などについては 建 て 替 えを 含 め 耐 震 化 工 事 について 財 政 支 援 を 実 施 されたい また 平 成 25 年 度 に 創 設 された 非 構 造 部 材 の 耐 震 化 工 事 に 対 する 補 助 制 度 の 充 実 を 図 るとともに 子 供 の 安 全 を 守 るためには 補 助 対 象 を 限 定 することなく 保 育 園 など の 公 共 施 設 についても 小 中 学 校 と 同 様 に 公 共 施 設 等 の 耐 震 化 の 補 助 制 度 として 財 政 支 援 を 実 施 されたい (2) 災 害 発 生 時 には 緊 急 輸 送 道 路 の 確 保 が 不 可 欠 である このため 緊 急 輸 送 道 路 沿 道 建 築 物 の 耐 震 化 に 向 けて 現 在 の 財 政 支 援 の 継 続 及 び 更 なる 財 政 支 援 の 充 実 を 図 ら れたい また 国 に 対 しても 財 政 支 援 を 要 請 されたい (3) 震 災 時 におけるライフラインとしての 飲 料 水 を 確 保 するため 水 道 管 の 耐 震 化 の 整 備 と 緊 急 時 の 給 水 に 係 る 計 画 に 基 づく 整 備 を 早 急 に 推 進 されたい 1 古 くなった 水 道 管 や 継 手 を 耐 震 性 の 高 い 材 質 に 取 り 換 えるなど 早 急 な 整 備 充 実 を 図 られたい 特 に 震 災 時 に 重 要 となる 避 難 所 までの 管 路 を 早 急 に 耐 震 化 された い 2 都 の 水 道 事 業 へ 未 統 合 の 市 では 厳 しい 財 政 状 況 のもと 独 自 財 源 によって 事 業 を 行 っている このため 耐 震 化 に 対 する 補 助 要 件 を 緩 和 するよう 働 きかけられた い 3 震 災 による 長 期 断 水 等 を 想 定 し 多 摩 地 域 の 給 水 人 口 に 対 応 した 給 水 車 の 配 備 等 を 更 に 拡 充 し 安 全 な 飲 料 水 の 供 給 について 対 応 策 を 講 じられたい - 6 -

11 4 多 摩 地 区 の 上 水 道 用 地 下 水 の 積 極 的 な 活 用 と 取 水 井 戸 の 維 持 管 理 の 充 実 を 継 続 し 安 全 な 飲 用 水 の 広 域 的 な 確 保 を 図 られたい 5 地 下 水 割 合 の 維 持 拡 大 と 取 水 停 止 時 の 地 下 水 による 給 水 が 可 能 となるよう 運 用 の 整 備 を 図 られたい 2 避 難 行 動 要 支 援 者 対 策 について 避 難 行 動 要 支 援 者 対 策 として 共 助 の 仕 組 みを 構 築 するためには 名 簿 の 更 新 や 個 別 計 画 を 見 直 すなどの 業 務 が 必 要 となる 特 に 25 年 度 に 改 正 した 災 害 対 策 基 本 法 により 義 務 付 けられた 避 難 行 動 要 支 援 者 の 名 簿 作 成 については 継 続 した 管 理 運 営 が 必 要 となる ことから 長 期 にわたる 財 政 支 援 を 図 られたい 3 都 市 型 水 害 に 対 する 安 全 性 確 保 都 市 化 の 進 展 に 伴 い 宅 地 開 発 と 道 路 の 舗 装 化 が 進 んだ 結 果 本 来 自 然 が 有 する 保 水 機 能 が 損 なわれ 中 小 河 川 では 増 水 し 氾 濫 する 危 険 性 が 増 している 昨 今 では 全 国 各 地 で 記 録 的 豪 雨 が 頻 発 していることから 水 害 の 脅 威 から 流 域 住 民 の 生 命 と 財 産 を 守 る ために 中 小 河 川 の 早 期 改 修 整 備 はもとより 雨 水 貯 留 浸 透 事 業 等 の 都 市 型 水 害 対 策 を 充 実 推 進 されたい あわせて 雨 水 管 の 整 備 や 老 朽 化 対 策 に 対 して 財 政 支 援 の 充 実 を 図 られたい 4 土 砂 災 害 対 策 の 更 なる 推 進 と 身 近 な 緑 の 保 全 土 砂 災 害 警 戒 区 域 の 指 定 区 域 の 中 には 住 宅 地 開 発 がなされている 一 方 で 貴 重 な 緑 が 残 っている 多 摩 川 由 来 の 崖 線 も 含 まれており 崖 線 の 緑 を 保 全 しつつ がけ 崩 れ 防 止 対 策 を 行 う 必 要 がある そのため 都 と 関 係 市 町 村 が 連 携 して 国 の 関 係 機 関 との 調 整 を 図 り 開 発 と 保 全 が 一 体 となった 取 り 組 みができるよう 技 術 及 び 財 政 支 援 を 図 られたい 5 いつ 起 きるかもしれない 危 機 への 備 え 東 日 本 大 震 災 や 近 隣 諸 国 に 端 を 発 する 鳥 インフルエンザ PM2.5のように 市 町 村 単 位 での 対 応 が 困 難 となるような 予 期 できない 危 機 への 対 応 が 相 次 いでいる このような 事 態 が 発 生 した 場 合 広 域 での 対 策 が 有 効 であることから 都 の 主 導 によ る 市 町 村 と 連 携 した 迅 速 な 対 応 と 物 資 や 人 員 を 支 援 し 情 報 を 共 有 する 体 制 の 構 築 をさ れたい 6 再 生 可 能 エネルギーの 利 用 拡 大 東 日 本 大 震 災 に 伴 う 原 子 力 発 電 所 の 事 故 を 発 端 として 再 生 可 能 エネルギー 利 用 拡 大 が 求 められている そのため 都 にあっては 市 町 村 が 公 共 施 設 に 再 生 可 能 エネルギー 施 設 を 導 入 する 際 に 技 術 支 援 に 加 え 財 政 支 援 も 図 られたい また 再 生 可 能 エネル ギーの 非 常 用 電 源 確 保 への 活 用 という 観 点 から 公 共 施 設 への 蓄 電 池 の 導 入 推 進 に 向 け た 積 極 的 な 支 援 を 図 られたい - 7 -

12 7 環 境 負 荷 の 少 ない 地 域 づくりに 向 けた 施 策 展 開 (1) 低 公 害 車 低 燃 費 車 の 導 入 や 生 ごみを 活 用 したバイオマスエネルギー 太 陽 エネ ルギー 等 の 活 用 公 共 施 設 の 高 気 密 高 断 熱 化 等 による 地 域 における 省 エネルギー 新 エネルギー 施 策 の 展 開 など 低 炭 素 で 高 効 率 な 自 立 分 散 型 エネルギー 社 会 を 創 出 する ための 積 極 的 な 展 開 を 図 られたい また 自 転 車 は 環 境 に 与 える 負 荷 の 少 ない 移 動 手 段 であり 交 通 ネットワークの 一 環 となるよう 関 連 施 策 の 充 実 などの 取 り 組 みに 対 する 積 極 的 な 支 援 を 引 き 続 き 図 られ たい 特 に 自 転 車 と 歩 行 者 の 安 全 に 配 慮 した 自 転 車 専 用 道 については 都 道 におい て 早 期 に 整 備 を 推 進 するとともに 市 道 における 整 備 のための 財 政 支 援 を 図 られたい あわせて 市 町 村 が 行 う 駐 輪 場 整 備 等 に 対 しては 積 極 的 な 支 援 を 図 られたい (2) 24 年 12 月 に 施 行 された 都 市 の 低 炭 素 化 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 市 にお ける 低 炭 素 まちづくり 計 画 の 策 定 に 対 し 引 き 続 き 支 援 を 図 られたい 8 新 たな 緑 の 創 出 に 対 する 支 援 と 緑 の 保 全 に 対 する 施 策 の 充 実 新 たな 緑 の 創 出 のため 公 共 民 間 を 問 わず 施 設 の 屋 上 壁 面 等 の 緑 化 公 立 小 中 学 校 の 校 庭 の 芝 生 化 を 推 進 されたい 特 に 芝 生 整 備 後 の 維 持 管 理 に 対 する 支 援 を 充 実 さ れたい また 無 電 柱 化 は 緑 のネットワークと 一 体 的 に 推 進 する 必 要 があることから 都 道 における 速 やかな 事 業 の 促 進 と 市 町 村 道 における 無 電 柱 化 事 業 推 進 のための 財 政 支 援 を 一 層 図 られたい 9 交 通 インフラ 並 びに 都 市 計 画 道 路 の 整 備 促 進 (1) 多 摩 地 域 が 都 市 間 相 互 の 連 携 強 化 による 自 立 的 な 都 市 圏 の 形 成 に 向 けて 発 展 してい くためには 都 市 基 盤 の 整 備 が 課 題 となる このため 交 通 インフラの 確 保 について 早 急 に 対 応 を 図 られたい 都 市 間 の 連 携 を 図 る 基 幹 的 システムである 多 摩 都 市 モノレールの 次 期 整 備 路 線 に 位 置 付 けられている 箱 根 ヶ 崎 方 面 への 延 伸 について 早 期 実 現 に 向 け 事 業 化 を 図 られ たい あわせて 多 摩 センターから 町 田 及 び 八 王 子 方 面 への 延 伸 についても 市 街 化 の 進 行 により 計 画 の 具 体 化 が 困 難 にならないよう 早 期 整 備 を 進 められたい また 運 輸 政 策 審 議 会 第 18 号 答 申 に 示 された 小 田 急 多 摩 線 などの 延 伸 や 鉄 道 の 連 続 立 体 化 複 々 線 化 線 増 事 業 の 整 備 促 進 を 図 ることにより 都 市 基 盤 整 備 を 進 め 多 摩 の 持 続 的 発 展 の 基 礎 づくりを 推 進 されたい (2) 多 摩 地 域 の 道 路 ネットワークの 整 備 については 多 摩 地 域 の 南 北 主 要 5 路 線 や 東 西 主 要 4 路 線 などの 幹 線 道 路 について 沿 道 環 境 に 配 慮 しつつ 積 極 的 な 整 備 促 進 を 図 られたい また 多 摩 地 域 における 都 市 計 画 道 路 の 整 備 方 針 ( 第 三 次 事 業 化 計 画 ) で 示 された 都 施 行 路 線 についても 着 実 な 整 備 を 図 られたい なお 都 施 行 路 線 以 外 の 区 間 においても 協 力 支 援 などの 措 置 を 講 じられたい - 8 -

13 10 広 域 的 な 産 業 拠 点 の 育 成 多 摩 地 域 を 広 域 的 な 産 業 拠 点 として 育 成 するためには それぞれの 地 域 特 性 を 生 かし た 産 産 産 学 産 金 の 連 携 が 不 可 欠 である ついては これらの 連 携 を 強 化 するために 都 有 地 活 用 等 による 多 摩 地 域 に 数 多 く 立 地 するものづくり 中 小 企 業 と 大 学 等 の 中 核 機 能 を 担 う 産 業 交 流 拠 点 の 整 備 に 向 けて 積 極 的 な 支 援 と 早 急 な 実 現 を 図 られたい また より 実 効 的 な 多 摩 地 域 への 企 業 の 立 地 促 進 のため 企 業 誘 致 奨 励 金 制 度 の 創 設 等 による 支 援 を 講 じられたい 11 環 境 問 題 交 通 問 題 に 配 慮 した 郊 外 型 広 域 物 流 拠 点 の 形 成 多 摩 地 域 での 物 流 機 能 の 拡 大 強 化 は 地 域 の 経 済 社 会 文 化 の 発 展 物 流 コスト の 低 減 交 通 渋 滞 の 緩 和 や 生 活 環 境 の 改 善 に 大 きく 寄 与 するものと 考 えられる 一 方 既 に 中 央 道 や 圏 央 道 のインターチェンジ 付 近 においては 物 流 企 業 の 進 出 による 新 たな 環 境 問 題 交 通 問 題 の 発 生 が 危 惧 されている ついては 多 摩 地 域 の 環 境 問 題 や 交 通 問 題 を 配 慮 した 物 流 拠 点 形 成 の 早 期 実 現 に 向 け 都 として 主 導 的 な 役 割 を 担 い 積 極 的 な 推 進 及 び 支 援 を 図 られたい 12 保 育 サービス 創 出 による 待 機 児 童 の 解 消 都 は 24 年 度 からの3 年 間 で 保 育 サービス 利 用 児 童 数 を2 万 4 千 人 分 増 加 させる としている 27 年 度 からは 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 が 本 格 施 行 されるが 幼 稚 園 保 育 所 の 認 定 こども 園 への 移 行 支 援 など 市 町 村 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 で 定 める 取 り 組 みへの 支 援 を 積 極 的 に 講 じられたい 保 育 所 の 整 備 については 国 有 地 の 活 用 など 国 による 支 援 に 加 え 未 利 用 の 都 有 地 についても 有 効 活 用 を 図 られたい また 都 独 自 の 制 度 である 認 証 保 育 所 については 新 制 度 施 行 後 もその 特 色 を 活 かし た 制 度 設 計 の 継 続 をされたい さらに 保 育 士 の 更 なる 処 遇 改 善 への 支 援 と 人 材 確 保 策 を 講 じられたい 13 地 域 のスポーツ 活 動 の 支 援 2020 年 オリンピック パラリンピック 競 技 大 会 東 京 開 催 決 定 を 契 機 に 地 域 のスポー ツ 活 動 が 高 まることが 期 待 される 中 子 どもの 体 力 運 動 能 力 の 向 上 誰 もが 生 涯 にわ たってスポーツに 親 しみ 身 近 にスポーツを 楽 しむことができるハード ソフト 両 面 の 環 境 づくりが 求 められている 特 にオリンピック パラリンピック 競 技 大 会 出 場 を 目 指 す 青 少 年 たちの 環 境 整 備 には 積 極 的 な 支 援 が 必 要 である ついては 多 摩 地 域 において 新 たなスポーツ 施 設 の 整 備 及 び 第 2 種 公 認 陸 上 競 技 場 などの 既 存 施 設 の 機 能 高 度 化 のための 大 規 模 改 修 に 対 し 財 政 支 援 を 図 るとともに 引 き 続 き 国 に 対 して 国 庫 補 助 の 充 実 を 要 望 されたい また 総 合 型 地 域 スポーツクラブ 等 の 設 立 運 営 に 対 しての 継 続 的 な 支 援 を 図 られた - 9 -

14 い あわせて 東 京 都 ジュニアアスリート トップアスリート 発 掘 育 成 事 業 について 多 摩 地 域 からオリンピック パラリンピック 競 技 大 会 へ 出 場 する 選 手 を 多 数 輩 出 できる よう 多 摩 地 域 を 拠 点 とした 新 たな 事 業 の 展 開 や 対 象 競 技 を 拡 充 するなどの 人 材 育 成 等 について 継 続 的 な 支 援 を 図 られたい

15 5 市 町 村 総 合 交 付 金 制 度 等 総 合 的 財 政 補 完 の 充 実 強 化 市 町 村 の 行 政 水 準 の 向 上 公 共 施 設 の 整 備 促 進 等 を 図 り 震 災 対 策 ごみ 減 量 リサイ クル 推 進 少 子 高 齢 化 対 策 等 の 緊 急 課 題 に 対 する 市 町 村 の 財 政 負 担 に 対 応 するため 財 政 補 完 制 度 について 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい また 地 方 自 治 法 第 213 条 において 規 定 されている 繰 越 明 許 はもとより 事 故 繰 越 制 度 も 含 め 市 町 村 総 合 交 付 金 都 区 市 町 村 振 興 基 金 の 繰 越 制 度 の 創 設 を 図 られたい 1 市 町 村 総 合 交 付 金 制 度 は 市 町 村 の 行 政 水 準 の 向 上 と 住 民 福 祉 の 増 進 を 図 る 目 的 で 創 設 されたもので 市 町 村 財 政 にとっては 重 要 な 財 政 補 完 をなすものである 国 の 経 済 状 況 は 緩 やかに 回 復 しているとあるが 市 町 村 においては 引 き 続 ききわめ て 厳 しい 財 政 状 況 が 続 いており 行 財 政 改 革 の 積 極 的 な 推 進 により 経 営 健 全 化 に 努 めて いるところであるが 特 別 区 との 間 でさまざまな 施 策 の 差 が 生 じている このようなこ とから 引 き 続 き 長 期 安 定 的 な 財 源 の 確 保 に 向 けて より 一 層 総 合 的 財 政 補 完 の 増 額 を 図 られたい (1) 市 町 村 への 配 分 にあたっては 市 町 村 の 自 主 性 特 殊 性 を 尊 重 するとともに 市 町 村 と 十 分 協 議 し 個 別 事 情 がより 的 確 に 反 映 できるよう 努 められたい (2) 基 盤 強 化 分 45% 振 興 支 援 分 55%という 構 成 割 合 については 年 度 ごとの 社 会 経 済 情 勢 等 により 基 盤 強 化 分 と 振 興 支 援 分 の 配 分 割 合 を 柔 軟 に 調 整 できる 制 度 とされた い (3) まちづくり 振 興 割 は 市 町 村 の 公 共 施 設 整 備 に 要 する 経 費 の 財 源 補 完 制 度 として 設 けられ 市 町 村 が 公 共 施 設 整 備 を 図 るうえで 大 きな 役 割 を 果 たしている 少 子 高 齢 化 都 市 劣 化 への 対 応 や 防 災 の 観 点 などからも 公 共 施 設 のあり 方 についての 検 討 が 進 められている 状 況 の 中 総 量 の 圧 縮 や 多 機 能 化 複 合 化 による 有 効 活 用 地 域 や 人 口 特 性 に 応 じた 機 能 の 再 配 置 が 求 められている 今 後 公 共 施 設 の 統 廃 合 等 の 見 直 しを 進 めるにあたり より 一 層 の 市 の 財 政 負 担 が 見 込 まれることから 公 共 用 地 取 得 事 業 や 施 設 の 解 体 費 用 についても 対 象 とするよう 適 用 事 業 の 拡 大 を 図 られたい なお 算 定 にあたっては 10 月 以 降 の 事 業 追 加 や 変 更 について 引 き 続 き 柔 軟 に 対 応 されたい (4) 経 営 努 力 割 については これまで 取 り 組 んできた 経 過 成 果 を 踏 まえ 市 町 村 にお ける 行 財 政 改 革 の 一 層 の 推 進 につながるよう 各 市 の 取 り 組 みが 公 平 に 反 映 されるよ うな 算 定 方 法 の 確 立 及 び 算 定 式 の 公 表 や 問 題 点 の 明 確 化 等 具 体 的 な 説 明 を 行 われた い (5) 特 別 事 情 割 については 今 後 扶 助 費 等 の 増 加 が 見 込 まれることから 対 象 事 業 の

16 拡 大 を 図 るとともに 市 町 村 の 個 別 事 情 をより 広 範 囲 に 反 映 できるよう 努 められたい (6) 各 種 事 業 実 施 にあたり 相 応 の 事 由 により 事 業 の 繰 越 をせざるをえない 事 態 が 発 生 する この 場 合 現 行 の 制 度 では 市 町 村 総 合 交 付 金 の 繰 越 は 認 められていないこと から 一 般 財 源 での 措 置 に 切 り 替 えるほかなく 計 画 的 な 財 政 運 営 を 行 う 上 で 大 き な 障 害 となっている 特 に 市 町 村 土 木 補 助 については 繰 越 制 度 が 採 られていること からも 市 町 村 総 合 交 付 金 についても 市 町 村 個 別 事 情 もあることから 早 期 に 実 情 に 見 合 った 措 置 を 講 じられたい 2 区 市 町 村 振 興 基 金 制 度 は 区 市 町 村 及 び 公 営 企 業 の 公 共 施 設 整 備 事 業 の 財 源 として 国 の 地 方 債 制 度 を 補 完 し 公 共 の 福 祉 増 進 に 大 きな 役 割 を 果 たしている 都 は 振 興 基 金 制 度 の 拡 大 条 件 緩 和 等 を 進 めてきているが 以 下 のとおり 改 善 に 努 め られたい また 国 に 対 し 地 方 債 制 度 における 改 善 を 働 きかけられたい (1) 対 象 事 業 の 更 なる 弾 力 化 を 図 るとともに 投 資 的 事 業 を 考 慮 した 貸 付 額 の 確 保 に 努 められたい (2) 特 別 利 率 貸 付 の 対 象 の 拡 大 について 引 き 続 き 努 められたい また 借 換 えについて は 平 成 20 年 度 に 一 定 利 率 以 上 の 借 入 れを 対 象 に 実 施 されたところであるが 高 利 なものを 対 象 に 再 度 実 施 されたい (3) 任 意 の 繰 上 償 還 を 積 極 的 に 認 められたい また 繰 上 償 還 や 借 換 えについて 財 政 力 指 数 等 の 要 件 撤 廃 を 図 られたい また 国 に 対 し 地 方 債 の 補 償 金 免 除 繰 上 償 還 の 制 度 の 実 施 について 働 きかけられたい (4) 各 種 事 業 実 施 にあたり 相 応 の 事 由 により 事 業 の 繰 越 をせざるをえない 事 態 が 発 生 しても 現 行 の 制 度 では 区 市 町 村 振 興 基 金 の 繰 越 は 認 められていないことから 一 般 財 源 での 措 置 に 切 り 替 えるほかなく 計 画 的 な 財 政 運 営 を 行 ううえで 大 きな 障 害 とな っている 計 画 的 な 財 政 運 営 を 行 うためにも 区 市 町 村 振 興 基 金 についても 繰 越 制 度 等 実 情 に 見 合 った 措 置 を 講 じられたい

17 年 東 京 オリンピック パラリンピック 競 技 大 会 をオール 東 京 として 開 催 する ための 施 策 の 推 進 2020 年 東 京 オリンピック パラリンピック 競 技 大 会 の 開 催 に 向 けて オール 東 京 で 取 り 組 むという 方 向 性 のもと 全 ての 市 町 村 が 大 会 開 催 に 主 体 的 に 取 り 組 めるよう 事 前 キャ ンプ 地 及 び 開 催 期 間 中 の 練 習 会 場 の 招 致 をはじめ 必 要 な 措 置 を 講 じられたい 年 東 京 オリンピック パラリンピック 競 技 大 会 はコンパクトな 運 営 を 行 うことと されている ついては 多 摩 地 域 も 2020 年 東 京 オリンピック パラリンピック 競 技 大 会 の 一 翼 を 担 い オール 東 京 で 一 体 となり 史 上 最 高 のオリンピック パラリンピック を 実 現 し 国 際 交 流 や 地 域 振 興 を 図 るために 事 前 キャンプ 地 及 び 開 催 期 間 中 の 練 習 会 場 を 優 先 的 に 招 致 できるよう 関 係 各 方 面 への 働 きかけ 等 を 強 力 に 進 められたい 2 大 会 開 催 に 向 け 文 化 産 業 教 育 交 通 等 のあらゆる 分 野 において 行 政 オリン ピック パラリンピック 組 織 委 員 会 企 業 民 間 団 体 等 が 連 携 して 取 り 組 むことが 必 要 である また すべての 都 民 が 大 会 に 積 極 的 に 関 わりを 持 つことで オリンピックとパ ラリンピックの 価 値 を 次 世 代 に 受 け 継 ぐという 理 念 が 可 能 となる ついては 子 ども 達 やスポーツ 団 体 をはじめとしたあらゆる 市 民 団 体 が 大 会 とのかかわりを 持 つため ア スリート 育 成 の 場 としての 施 設 整 備 や 大 会 開 催 に 伴 う 宿 泊 者 を 迎 え 入 れるための 環 境 整 備 など 多 摩 地 域 としての 役 割 を 担 っていく 取 り 組 みに 対 して 必 要 な 支 援 を 図 られた い 年 の 開 催 に 向 けては 東 京 都 と 市 区 町 村 がオール 東 京 での 連 携 の 場 を 設 け 東 京 都 内 での 気 運 醸 成 を 高 めていくこととしている 連 携 の 取 り 組 みを 効 果 的 で 実 効 性 の 高 いものにしていくためには 多 摩 地 域 における 推 進 拠 点 が 必 要 となる また 今 後 ボランティア 活 動 等 様 々な 主 体 的 な 役 割 を 担 う 市 民 や 市 町 村 の 情 報 交 換 及 び 意 見 調 整 を 行 う 場 としての 交 流 拠 点 も 必 要 である このため 拠 点 としての 東 京 自 治 会 館 の 活 用 を 検 討 されたい

18 7 業 務 核 都 市 及 び 核 都 市 等 の 育 成 整 備 多 摩 地 域 の 広 域 的 発 展 を 図 り 都 市 の 自 立 性 を 高 めるためには 首 都 圏 整 備 計 画 におけ る 業 務 核 都 市 の 整 備 が 不 可 欠 である 近 年 の 少 子 高 齢 化 人 口 減 少 社 会 の 到 来 等 の 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 を 踏 まえ 地 域 特 性 ポテンシャルを 生 かした 業 務 核 都 市 の 育 成 整 備 を 図 り 自 立 性 の 高 い 地 域 を 形 成 すること は 多 摩 地 域 のバランスの 取 れた 発 展 による 魅 力 ある 経 済 活 力 に 満 ちた 都 市 圏 の 再 生 のた めにも 重 要 な 課 題 である ついては 業 務 核 都 市 及 び 核 都 市 等 の 育 成 整 備 のため 次 の 事 項 について 特 段 の 措 置 を 講 じられたい 1 平 成 21 年 8 月 策 定 の 多 摩 の 拠 点 整 備 基 本 計 画 にもとづき 核 都 市 の 育 成 整 備 に 向 けて 具 体 的 な 支 援 策 や 事 業 実 施 の 促 進 を 図 られたい 更 に 業 務 核 都 市 基 本 構 想 に 定 めた 中 核 的 施 設 や 業 務 核 都 市 形 成 のための 道 路 交 通 網 等 都 市 基 盤 整 備 の 早 期 事 業 化 早 期 完 成 に 向 けて 整 備 拠 点 内 にある 都 有 地 の 積 極 的 な 活 用 をはじめとした 諸 施 策 の 推 進 を 図 られたい 2 広 く 多 摩 地 域 の 都 市 の 魅 力 と 活 力 を 向 上 させるため 業 務 核 都 市 及 び 核 都 市 等 を 中 心 として 職 と 住 とのバランスの 取 れた 自 立 性 の 高 い 拠 点 の 育 成 整 備 と それに 必 要 とな る 基 盤 整 備 等 について 多 角 的 な 支 援 を 図 られたい 3 20 年 5 月 に 都 が 策 定 した 東 京 都 西 南 部 の 流 通 業 務 施 設 に 関 する 整 備 方 針 では 圏 央 道 八 王 子 西 インターチェンジと 圏 央 道 青 梅 インターチェンジの 周 辺 地 区 を 物 流 拠 点 の 候 補 地 として 位 置 づけている 他 県 の 圏 央 道 インターチェンジ 周 辺 では 圏 央 道 の 整 備 効 果 をまちづくりに 波 及 させ るため 県 が 主 体 となって 先 端 技 術 産 業 をはじめとした 企 業 誘 致 や 物 流 機 能 の 導 入 に 対 し 積 極 的 な 支 援 を 実 施 している 現 在 八 王 子 市 と 青 梅 市 は 都 が 位 置 づけた 東 京 西 南 部 物 流 拠 点 を 実 現 できるよう 土 地 区 画 整 理 組 合 設 立 認 可 取 得 に 向 け 地 元 と 調 整 を 進 めている 東 京 西 南 部 物 流 拠 点 整 備 事 業 は 多 摩 全 体 への 経 済 活 力 の 向 上 にもつながるものであ ることから 都 がけん 引 役 となって 事 業 の 早 期 実 現 に 向 けて 積 極 的 に 推 進 されたい 4 多 摩 地 域 は IT 産 業 に 代 表 される 多 くの 先 進 的 な 技 術 をもつ 多 くの 企 業 が 存 在 する 首 都 東 京 の 国 際 競 争 力 を 高 めるには 区 部 を 中 心 とした 業 務 商 業 機 能 のみならず 多 摩 地 域 に 存 在 するこれらの 企 業 の 持 つ 機 能 を 有 効 に 活 用 する 必 要 がある このことから 国 家 戦 略 特 区 の 検 討 にあたっては 多 摩 地 域 の 産 業 の 特 性 を 生 かすよ う 積 極 的 に 取 り 組 まれたい

19 8 公 共 施 設 等 修 繕 保 全 計 画 への 支 援 公 共 施 設 や 道 路 橋 りょうなどの 多 くは 高 度 成 長 期 を 中 心 とした 1960 年 代 から 70 年 代 にかけて 整 備 され 築 後 40 年 以 上 経 過 するものが 急 増 している 施 設 等 の 維 持 更 新 の ための 費 用 が 集 中 的 に 必 要 となることは 明 らかであり 既 に 多 くの 自 治 体 で ストック マネジメントにより 公 共 施 設 等 の 長 寿 命 化 や 効 率 的 な 運 用 管 理 更 新 を 図 り 財 政 負 担 を 軽 減 する 取 り 組 みが 始 まっている 国 においては 平 成 25 年 11 月 に インフラ 長 寿 命 化 基 本 計 画 が 決 定 され 各 市 町 村 においても 必 要 に 応 じてこれに 基 づく 行 動 計 画 及 び 個 別 施 設 計 画 の 策 定 が 求 められてい るところである 都 では 20 年 から 大 規 模 施 設 等 の 改 築 改 修 に 関 する 実 施 方 針 により 取 り 組 みを 行 っているところから 国 の 動 向 と 歩 調 を 合 わせ そのノウハウを 活 かし 各 市 がストック マネジメントを 取 り 入 れた 公 共 施 設 等 の 修 繕 保 全 計 画 を 策 定 する 際 の 技 術 支 援 を 充 実 さ れたい また 国 では 公 共 施 設 等 総 合 管 理 計 画 の 作 成 に 要 する 経 費 についての 特 別 交 付 税 によ る 財 政 措 置 や 公 共 施 設 等 の 除 去 に 係 る 経 費 についての 地 方 債 の 特 例 措 置 を 講 じるとしてい るが 都 においても 公 共 施 設 等 の 大 規 模 修 繕 等 を 推 進 するための 財 政 措 置 を 講 じられたい 更 には 各 市 の 計 画 に 基 づく 事 業 実 施 に 対 し 小 中 学 校 等 耐 震 化 事 業 国 体 競 技 施 設 整 備 事 業 が 一 定 の 成 果 を 得 たことを 鑑 み 東 京 都 区 市 町 村 振 興 基 金 の 特 別 利 率 の 適 用 対 象 に 新 たに 公 共 施 設 再 配 置 事 業 を 加 えるなどの 財 政 支 援 を 講 じられたい

20 9 自 然 災 害 に 対 する 防 災 体 制 の 確 立 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 や 被 害 想 定 の 見 直 しを 基 に 地 震 など 大 規 模 な 災 害 時 及 び 風 水 害 や 雪 害 など 突 発 的 な 災 害 時 に 対 応 できる 行 政 区 域 を 越 えた 広 域 的 な 災 害 協 力 体 制 の 早 期 構 築 を 検 討 されたい 1 帰 宅 困 難 者 対 策 について (1) 帰 宅 者 の 多 くが 鉄 道 各 線 の 駅 周 辺 に 集 中 することによる 混 乱 を 未 然 に 防 ぐため 速 やかに 支 援 施 設 へ 誘 導 できる 体 制 を 整 える 必 要 がある 主 要 駅 沿 線 自 治 体 が 所 有 する 公 共 施 設 を 災 害 有 事 に 提 供 する 体 制 を 整 え 帰 宅 支 援 マップを 作 成 するなど 公 共 交 通 機 関 利 用 者 への 更 なる 安 心 確 保 に 努 められたい (2) 都 では 帰 宅 困 難 者 の 一 時 滞 在 施 設 として 大 規 模 集 客 施 設 等 へ 協 力 要 請 を 進 めて いるが 帰 宅 困 難 者 が 集 中 する 幹 線 道 路 沿 いにおいて 受 け 入 れ 可 能 な 施 設 がない 地 域 では 帰 宅 困 難 者 の 滞 留 が 想 定 されるため 公 的 な 一 時 滞 在 施 設 等 の 整 備 に 努 められ たい また 災 害 時 帰 宅 支 援 ステーション の 拡 充 と 積 極 的 なPRに 努 められたい (3) 東 京 都 地 域 防 災 計 画 において 帰 宅 困 難 者 一 時 滞 在 施 設 として 指 定 している 都 が 所 有 管 理 する 施 設 を 増 やすとともに 職 員 体 制 の 強 化 及 び 教 育 施 設 における 帰 宅 困 難 者 への 支 援 体 制 の 構 築 を 確 立 されたい (4) 東 京 都 民 間 一 時 滞 在 施 設 備 蓄 品 購 入 費 用 補 助 事 業 において 補 助 要 件 として3 日 分 の 備 蓄 を 求 めているが 施 設 によっては3 日 分 の 備 蓄 が 困 難 である さらなる 一 時 滞 在 施 設 の 拡 大 のため 補 助 要 件 の 緩 和 を 図 られたい 2 災 害 時 緊 急 対 応 情 報 の 提 供 について 被 災 による 非 常 時 においては 基 礎 自 治 体 が 入 手 できる 情 報 に 限 度 がある このため 広 域 的 観 点 から 都 が 信 頼 性 の 高 い 情 報 を 提 供 するなど 混 乱 を 回 避 する 手 段 について 体 制 の 更 なる 強 化 を 検 討 されたい 3 広 域 的 な 連 携 体 制 の 更 なる 強 化 について 平 成 24 年 4 月 に 発 表 された 東 京 都 防 災 会 議 による 首 都 直 下 地 震 の 被 害 想 定 の 見 直 し では 地 震 の 危 険 性 が 高 まっている 可 能 性 があるとされている 立 川 断 層 帯 地 震 が 新 たに 被 害 想 定 に 加 わった 多 摩 地 域 がこれまで 以 上 に 大 規 模 な 被 害 想 定 に 見 直 されたこと 並 びに 多 摩 地 域 特 有 の 土 砂 災 害 等 風 水 害 や 大 雪 による 被 害 への 対 応 も 必 要 なことから 多 摩 地 域 と 区 部 と 都 の 連 携 体 制 を 更 に 強 化 されたい

21 4 大 雪 降 雪 後 の 孤 立 集 落 対 策 及 び 市 民 生 活 早 期 回 復 のための 支 援 について 26 年 2 月 に 降 った 大 雪 では 多 摩 西 部 の 山 間 部 において 孤 立 集 落 が 多 数 発 生 し 住 民 の 生 命 の 安 全 確 保 が 問 題 となった また 除 雪 能 力 を 大 幅 に 上 回 る 積 雪 となったことか ら 道 路 交 通 や 公 共 交 通 の 回 復 に 時 間 を 要 し 1 週 間 以 上 にわたり 市 民 生 活 に 大 きな 混 乱 をきたした このような 事 態 が 発 生 した 際 迅 速 に 対 応 し 早 期 に 住 民 生 命 の 安 全 確 保 および 市 民 生 活 の 早 期 回 復 を 図 れるよう 大 雪 時 の 支 援 対 策 強 化 を 検 討 されたい

22 10 防 災 事 業 の 充 実 と 財 政 措 置 等 の 確 立 東 日 本 大 震 災 や 平 成 24 年 4 月 に 発 表 された 首 都 直 下 地 震 による 被 害 想 定 の 見 直 しによ り 防 災 事 業 の 重 要 性 が 高 まっているところから 防 災 事 業 の 充 実 及 び 積 極 的 な 措 置 を 図 られたい 1 ヘリポートや 備 蓄 倉 庫 等 防 災 施 設 の 充 実 に 努 められたい 緊 急 時 や 災 害 時 に 孤 立 する 恐 れがある 地 域 での 救 助 活 動 や 山 林 火 災 の 消 火 活 動 のた め 災 害 対 策 用 ヘリポートの 設 置 が 必 要 であることから 整 備 促 進 に 努 められたい また 被 害 想 定 の 見 直 しにより 備 蓄 物 資 をより 多 く 同 時 に 分 散 して 保 管 しなければな らない 状 況 が 想 定 されるため 都 において 備 蓄 物 資 の 保 管 場 所 を 積 極 的 に 確 保 されたい 2 市 町 村 は 災 害 発 生 時 等 における 住 民 への 情 報 伝 達 手 段 の 一 つとして 防 災 行 政 無 線 を 整 備 しているが 地 理 的 地 形 的 要 件 によって すべての 住 民 に 伝 達 内 容 を 伝 えること が 困 難 な 状 況 となっている この 解 決 に 向 けて 防 災 メール 等 の 新 たな 情 報 伝 達 システ ムを 開 発 するなど 各 自 治 体 で 情 報 伝 達 を 行 える 体 制 の 支 援 を 引 き 続 き 図 られたい 3 消 防 団 自 主 防 災 組 織 が 使 用 する 施 設 等 や 総 合 防 災 訓 練 自 主 防 災 組 織 の 育 成 に 対 する 財 政 措 置 を 拡 充 されたい 東 日 本 大 震 災 を 受 けて 補 助 事 業 等 も 複 雑 化 していることから 国 や 各 種 団 体 の 助 成 制 度 に 変 更 が 生 じた 場 合 については 市 町 村 に 対 し 引 き 続 き 速 やかな 情 報 提 供 をされたい 4 公 共 建 築 物 は 災 害 発 生 時 に 避 難 所 や 支 援 物 資 の 保 管 等 を 行 う 重 要 な 施 設 となることか ら 耐 震 改 修 並 びに 非 構 造 部 材 の 耐 震 化 について 積 極 的 な 支 援 を 図 られたい 5 ヘリサイン( 公 共 施 設 名 称 の 屋 上 表 示 ) 整 備 促 進 に 向 け 補 助 制 度 を 創 設 されたい 6 市 町 村 が 地 域 防 災 計 画 を 修 正 する 際 の 事 前 調 査 等 に 対 する 助 成 制 度 を 創 設 されたい 7 指 定 避 難 場 所 への 防 災 備 蓄 品 の 購 入 について 地 方 交 付 税 の 算 定 基 礎 の 充 実 を 引 き 続 き 国 へ 働 きかけられたい また 都 による 補 助 制 度 を 創 設 されたい 8 災 害 発 生 後 の 被 災 者 の 生 活 再 建 支 援 を 迅 速 かつ 円 滑 に 行 うため 各 市 町 村 における り 災 証 明 発 行 システム( 被 災 者 生 活 再 建 支 援 システム) の 導 入 に 向 けて その 費 用 につ いて 財 政 支 援 を 図 るとともに 都 は 国 に 対 し 補 助 制 度 の 創 設 を 働 きかけられたい

23 11 安 全 安 心 まちづくりの 取 り 組 みに 対 する 支 援 措 置 の 充 実 400 万 人 の 人 々が 暮 らす 多 摩 地 域 の 安 全 安 心 な 生 活 を 維 持 するため 犯 罪 防 止 対 策 や 交 通 安 全 対 策 等 に 対 する 支 援 措 置 を 講 じられたい 1 新 たな 市 街 地 が 形 成 され 大 規 模 店 舗 やマンションの 建 設 など 土 地 利 用 が 多 様 化 する 中 多 摩 地 域 における 治 安 対 策 として 警 察 署 交 番 等 を 増 設 するとともに 交 番 の 警 察 官 の 常 駐 化 を 図 られたい また 駅 周 辺 地 域 の 環 境 浄 化 のための 住 民 地 域 団 体 等 の パトロールへの 警 察 官 の 同 行 など 周 辺 住 民 の 安 全 安 心 な 生 活 が 確 保 できるよう 治 安 対 策 活 動 の 推 進 を 図 られたい 2 児 童 生 徒 が 安 心 して 学 校 生 活 を 送 れる 環 境 を 整 えるための 市 町 村 の 施 策 や それを 支 える 市 民 活 動 と 連 携 した 警 察 官 の 巡 回 等 による 取 り 組 みを 強 化 されたい 3 犯 罪 被 害 者 を 支 援 するための 総 合 相 談 窓 口 を 新 宿 区 の 被 害 者 支 援 都 民 センターだけで はなく 多 摩 地 域 にも 早 急 に 開 設 し 支 援 の 充 実 を 図 られたい また 市 町 村 職 員 向 け の 研 修 の 実 施 や 都 の 相 談 員 の 派 遣 による 市 の 相 談 窓 口 業 務 に 対 する 技 術 支 援 等 身 近 で きめ 細 かな 支 援 を 推 進 されたい 4 地 域 や 商 店 街 などに 設 置 される 防 犯 カメラは 設 置 地 域 で 発 生 した 事 件 のみならず 広 域 的 な 捜 査 活 動 にも 大 きな 効 果 をあげている ついては 都 の 補 助 事 業 を 活 用 して 地 域 団 体 が 設 置 した 防 犯 カメラ 設 置 後 の 維 持 経 費 に 対 する 補 助 制 度 を 創 設 するなど 継 続 的 な 支 援 を 図 られたい 5 安 全 で 安 心 な 繁 華 街 の 形 成 について 居 酒 屋 等 を 含 む 客 引 きの 悪 質 なつきまといを 防 止 するため 各 市 町 村 が 実 施 するパトロール 活 動 等 への 連 携 を 強 化 されたい 6 現 在 被 害 が 拡 大 している 高 齢 者 に 対 する 母 さん 助 けて 詐 欺 の 対 策 のための 人 員 増 を 図 るなど 安 全 安 心 のための 警 察 機 能 の 更 なる 強 化 を 図 られたい また 迷 惑 電 話 チェッカーや 自 動 通 話 録 音 機 などの 機 器 を 高 齢 者 宅 に 設 置 できるよう 対 策 を 図 られ たい

24 12 横 田 基 地 等 周 辺 の 生 活 環 境 整 備 騒 音 対 策 等 の 推 進 横 田 基 地 等 の 周 辺 自 治 体 のまちづくり 等 に 係 る 援 助 多 摩 サービス 補 助 施 設 の 返 還 及 び 共 同 利 用 の 促 進 航 空 機 騒 音 調 査 騒 音 対 策 の 充 実 並 びに 生 活 環 境 整 備 等 の 施 策 を 講 じら れたい 1 横 田 基 地 周 辺 自 治 体 のまちづくり 等 に 係 る 援 助 施 策 横 田 基 地 は 市 街 化 された 住 宅 密 集 地 にあり また 周 辺 自 治 体 の 行 政 区 域 を 分 断 する 形 で 広 大 な 面 積 を 占 めており これまで 周 辺 自 治 体 が 航 空 機 騒 音 等 により まちづく りや 生 活 環 境 面 で 受 けてきた 影 響 は 計 り 知 れないものがある また 在 日 米 軍 再 編 や 航 空 自 衛 隊 航 空 総 隊 司 令 部 移 転 に 係 る 横 田 基 地 の 態 様 の 変 化 は 基 地 周 辺 自 治 体 に 多 大 な 影 響 を 及 ぼすものである ついては 都 において 基 地 対 策 の 一 環 として 周 辺 自 治 体 のまちづくりの 支 援 に 一 層 努 めるとともに 周 辺 自 治 体 と 連 携 し 情 報 の 入 手 と 提 供 に 努 められたい 2 航 空 自 衛 隊 航 空 総 隊 司 令 部 の 横 田 基 地 移 転 米 軍 再 編 に 伴 い 航 空 自 衛 隊 航 空 総 隊 司 令 部 の 横 田 基 地 への 移 転 が 平 成 24 年 3 月 26 日 に 完 了 し 運 用 が 開 始 されている 航 空 機 の 飛 来 については 周 辺 の 平 穏 な 生 活 に 配 慮 し 必 要 最 小 限 の 飛 行 に 止 めるよう 働 きかけられたい また 航 空 自 衛 隊 航 空 総 隊 司 令 部 の 運 用 及 び 基 地 の 運 営 に 際 しては 周 辺 住 民 の 不 安 及 び 基 地 周 辺 環 境 への 影 響 を 最 小 限 に 止 めるため 適 時 適 切 な 情 報 提 供 に 努 めるとともに 基 地 機 能 を 強 化 しないよう 働 きかけられたい 3 垂 直 離 着 陸 輸 送 機 オスプレイへの 対 応 オスプレイについては 安 全 性 に 大 きな 懸 念 があることから 現 段 階 においては 基 地 周 辺 自 治 体 と 連 携 して 引 き 続 き 国 及 び 米 国 に 対 し 正 確 な 情 報 提 供 に 努 めるよう 働 き かけていくこと また 周 辺 自 治 体 や 住 民 に 対 する 十 分 な 説 明 責 任 を 果 たすとともに 横 田 基 地 への 飛 来 や 配 備 を 行 うことがないよう 働 きかけられたい 4 多 摩 サービス 補 助 施 設 の 返 還 及 び 共 同 利 用 の 促 進 多 摩 サービス 補 助 施 設 は 米 軍 のゴルフ 場 やキャンプ 等 野 外 レクリエーション 施 設 と して 利 用 されている 永 年 にわたり 地 元 としては 全 面 返 還 を 求 めてきたところである が 未 だ 実 現 には 至 らず 施 設 の 一 部 利 用 が 認 められているものの ごく 限 られたもの となっている ついては 同 施 設 返 還 に 向 けた 取 り 組 みを 強 化 するとともに 返 還 まで の 当 面 の 対 応 として 利 用 の 要 件 緩 和 と 米 軍 との 更 なる 共 同 利 用 が 可 能 となるよう 都 において 関 係 機 関 に 対 し 強 く 要 請 されたい

25 また 返 還 後 の 使 用 については 貴 重 な 自 然 を 保 全 した 公 園 整 備 等 地 元 市 の 要 望 を 踏 まえて 十 分 に 協 議 されたい 5 航 空 機 騒 音 調 査 及 び 騒 音 対 策 の 充 実 (1) 都 内 及 び 周 辺 基 地 に 配 備 されている 自 衛 隊 機 及 び 米 軍 機 について 航 空 法 で 定 めら れている 最 低 安 全 高 度 が 遵 守 されていないと 思 われる 状 態 が 散 見 されるため 遵 守 す るよう 要 望 されたい また 必 要 があれば 高 度 測 定 等 実 態 調 査 を 実 施 されたい (2) 基 地 の 航 空 機 騒 音 について 騒 音 の 全 容 把 握 に 向 けて 以 下 の 措 置 を 講 じられたい 1 航 空 機 離 発 着 コース 直 下 の 自 治 体 において 都 は 固 定 調 査 分 布 調 査 を 行 い 騒 音 の 実 態 調 査 に 努 められているが 軍 用 機 の 飛 行 コース 飛 行 時 間 は 不 規 則 である ことから 訓 練 時 の 旋 回 飛 行 コースを 含 め 騒 音 の 全 容 把 握 に より 一 層 努 められ たい 2 25 年 4 月 より 航 空 機 騒 音 にかかわる 環 境 基 準 が 現 行 の WECPNL から Lden に 変 更 されたことにより 騒 音 測 定 に 関 する 機 器 の 購 入 及 びリース 料 金 委 託 経 費 等 関 係 市 には 新 たな 費 用 負 担 が 生 じた 更 に Lden の 評 価 にあたり 地 上 騒 音 も 評 価 の 対 象 となったことから 離 着 陸 に 伴 うエンジン 音 とエンジンテストの 音 の 判 別 などが 必 要 となり 職 員 の 業 務 量 が 増 加 している 今 後 も 引 き 続 き 負 担 が 見 込 ま れることから 財 政 支 援 及 び 各 種 助 成 制 度 を 国 に 要 請 されたい 都 においても 市 町 村 が 実 施 する 騒 音 測 定 について 各 種 助 成 制 度 を 創 設 されたい 更 に 騒 音 レベルはこれまでと 変 わらないものの 評 価 値 に 影 響 が 出 ている 場 所 がある 特 に 飛 行 コース 直 下 においては WECPNL の 評 価 値 と Lden の 評 価 値 で 大 き な 差 が 確 認 されている 都 においては 引 き 続 き 固 定 調 査 分 布 調 査 を 行 うことを 要 望 するとともに WECPNL と Lden による 評 価 について その 評 価 の 違 いを 検 証 す るよう 併 せて 国 に 要 請 されたい 3 立 川 基 地 及 び 入 間 基 地 では 航 空 機 による 騒 音 が 常 態 化 している また 厚 木 基 地 には 高 出 力 のスーパーホーネットが 配 備 され 著 しい 騒 音 が 発 生 している つい ては 通 常 コース 以 外 の 旋 回 飛 行 等 を 含 めた 飛 行 実 態 を 十 分 に 把 握 し 騒 音 の 全 容 を 把 握 できるよう 固 定 測 定 点 の 増 設 を 図 られたい 4 航 空 機 騒 音 の 評 価 測 定 は 都 や 関 係 市 町 村 が 実 施 しているが その 評 価 方 法 など にばらつきがみられることから 都 が 中 心 になり 研 修 会 などを 開 催 するとともに 測 定 評 価 に 係 る 助 言 を 行 うよう 努 められたい (3) 住 民 の 安 全 を 確 保 するため 以 下 の 措 置 を 講 じられたい 1 市 街 地 の 中 心 に 存 在 する 立 川 基 地 及 び 朝 霞 基 地 について ヘリコプターの 基 地 間 移 動 時 の 飛 行 経 路 に 偏 りがあるため 飛 行 回 数 が 集 中 する 場 合 の 騒 音 振 動 の 軽 減 を 図 るよう 国 に 要 請 されたい

26 2 厚 木 基 地 は 都 外 に 所 在 していることから 特 に 部 品 落 下 等 の 事 故 や 配 備 情 報 につ いては 市 に 情 報 が 到 達 するまでに 時 間 がかかっているため 都 においては 積 極 的 な 情 報 収 集 に 努 められたい 3 市 街 地 上 空 での 飛 行 訓 練 は 騒 音 被 害 はもとより 大 惨 事 にもつながりかねないた め 航 空 機 やヘリコプターの 低 空 での 訓 練 飛 行 夜 間 飛 行 訓 練 艦 載 機 による 飛 行 訓 練 等 の 中 止 を 引 き 続 き 国 に 強 く 要 請 されたい 4 26 年 までに 完 了 するとされていた 厚 木 飛 行 場 から 岩 国 飛 行 場 への 空 母 艦 載 機 の 移 駐 が 29 年 頃 に 延 期 の 見 込 みとなったが 多 摩 地 域 の 航 空 機 騒 音 の 一 因 となって いることから 一 日 も 早 い 移 駐 の 実 現 を 国 に 要 請 されたい 6 生 活 環 境 整 備 対 策 都 は 基 地 周 辺 自 治 体 の 生 活 環 境 整 備 対 策 を 推 進 するため 今 後 も 関 係 自 治 体 との 連 携 協 議 を 強 化 するとともに 国 に 対 して 国 防 政 策 上 の 対 策 であるという 観 点 に 立 ち 各 種 の 被 害 防 止 対 策 や 財 政 措 置 の 充 実 強 化 について 要 請 されたい 特 に ヘリコプター を 含 む 航 空 機 の 排 ガスによる 環 境 汚 染 調 査 並 びに 航 空 機 騒 音 等 による 基 地 周 辺 住 民 の 健 康 調 査 を 実 施 し 実 態 の 把 握 をされたい また 米 兵 及 び 軍 属 による 事 件 の 再 発 防 止 と 綱 紀 粛 正 の 強 化 について 都 は 各 基 地 司 令 官 に 対 し 引 き 続 き 要 請 されたい

27 13 新 地 方 公 会 計 制 度 の 整 備 促 進 における 都 の 支 援 地 方 分 権 を 推 進 するうえで 現 在 の 地 方 財 政 は 厳 しさが 増 している このような 中 財 政 の 透 明 性 を 高 め 住 民 や 議 会 への 説 明 責 任 を 果 たすとともに 地 方 自 治 体 の 自 立 性 を 高 めるために 新 地 方 公 会 計 制 度 の 導 入 が 進 められてきた 新 地 方 公 会 計 制 度 については 現 在 固 定 資 産 台 帳 整 備 の 困 難 さや 財 政 負 担 の 大 きさな どから 推 進 方 法 や 基 準 のあり 方 等 について 議 論 されているところである 都 においては 各 自 治 体 の 実 情 も 踏 まえ より 有 用 で 有 効 なツールとして 円 滑 な 導 入 が 図 れるよう 市 町 村 と 連 携 して 国 への 働 きかけを 実 施 されたい 1 固 定 資 産 台 帳 の 整 備 や 複 式 簿 記 の 導 入 にあたっては 新 たにシステムを 整 備 し 管 理 していく 必 要 がある 既 存 の 公 有 財 産 台 帳 システム 等 との 連 携 による 運 用 のほか これ らを 一 元 化 したシステム 整 備 に 対 しては 交 付 税 によることなく 必 要 な 財 源 が 措 置 で きる 方 策 を 講 じるよう 国 へ 要 望 されたい 2 新 地 方 公 会 計 制 度 の 導 入 活 用 にあたっては 現 行 の 財 務 書 類 からの 表 示 方 法 の 組 み 換 えなど 複 式 簿 記 等 に 関 する 知 識 とノウハウをもった 人 材 が 必 要 となる ついては 財 政 の 効 率 化 適 正 化 につながる 適 切 な 財 務 書 類 を 作 成 するとともに マネジメントに 有 効 に 活 用 していけるよう 導 入 時 の 人 的 支 援 のほか 導 入 後 の 人 材 育 成 に 関 する 支 援 を 講 じられたい

28 14 子 育 て 環 境 の 充 実 子 どもが 健 やかに 育 ち 親 が 安 心 して 子 どもを 産 み 育 てることができるよう 市 町 村 は 様 々な 子 育 て 環 境 の 充 実 のための 施 策 を 展 開 しているが 積 極 的 な 支 援 策 として 次 の 事 項 について 充 実 強 化 を 図 られたい 1 都 から 国 への 働 きかけについて (1) 国 が 進 める 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 については 消 費 税 の 引 き 上 げにより 確 保 す る 0.7 兆 円 以 外 の 0.3 兆 円 超 の 財 源 を 確 実 に 確 保 し 実 施 すること また 施 設 型 給 付 費 等 の 支 給 に 要 する 費 用 への 交 付 金 の 交 付 等 においては 制 度 や 算 出 法 を 簡 素 化 するなど 事 務 負 担 の 軽 減 を 図 ること (2) 児 童 扶 養 手 当 の 支 給 要 件 の 判 断 における 障 害 認 定 及 び 事 実 婚 についての 明 確 な 判 断 基 準 を 提 示 すること (3) 国 の 医 療 制 度 として 乳 幼 児 及 び 義 務 教 育 就 学 児 医 療 費 助 成 制 度 を 創 設 すること (4) 次 世 代 育 成 支 援 対 策 として 総 合 的 な 子 育 て 環 境 の 充 実 に 対 する 財 政 措 置 の 充 実 強 化 を 図 ること (5) 地 域 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 について 延 長 保 育 や 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 等 を はじめ 対 象 となる 13 事 業 の 補 助 を 一 層 充 実 すること また ファミリー サポート センター 事 業 及 びショートステイ 事 業 については 安 定 的 な 事 業 運 営 という 視 点 から 経 費 の 実 態 に 見 合 った 補 助 額 となるようその 算 定 法 を 見 直 すこと (6) 子 ども 家 庭 支 援 センターを 児 童 福 祉 法 施 行 規 則 第 6 条 に 基 づく 児 童 福 祉 司 の 任 用 資 格 における 指 定 施 設 にすること 2 都 の 支 援 財 政 措 置 について (1) 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 の 実 施 にあたっては 都 における 財 政 支 援 と 技 術 的 支 援 が 不 可 欠 であることから 広 域 調 整 も 含 め 積 極 的 な 対 応 を 図 ること (2) 子 育 て 推 進 交 付 金 総 額 の 増 額 や 子 供 家 庭 支 援 区 市 町 村 包 括 補 助 事 業 における 補 助 率 の 引 上 げなど 積 極 的 な 支 援 策 を 講 じること (3) 相 談 機 能 の 充 実 及 び 児 童 虐 待 への 対 応 強 化 を 図 るため 虐 待 対 策 コーディネーター 及 びワーカーの 配 置 に 係 る 財 政 支 援 については 一 層 の 充 実 を 図 ること (4) 児 童 虐 待 等 に 対 して 迅 速 かつ 組 織 的 に 対 応 するため 児 童 相 談 所 の 職 員 の 増 員 と 機 能 の 更 なる 充 実 強 化 を 図 るとともに 人 口 や 地 域 性 を 踏 まえ 保 健 所 等 を 活 用 した 児 童 相 談 所 機 能 の 強 化 を 図 ること

29 (5) 乳 幼 児 義 務 教 育 就 学 児 医 療 費 助 成 制 度 について 区 部 が 所 得 制 限 を 撤 廃 している 状 況 に 対 して 市 部 では 義 務 教 育 就 学 児 医 療 費 助 成 制 度 において20 市 が 所 得 制 限 を 設 けて おり 同 じ 都 民 でありながら 地 域 間 格 差 が 生 じている この 事 実 に 鑑 み 東 京 都 に 暮 らす 子 どもに 等 しく 福 祉 が 行 き 渡 るよう 都 制 度 による 所 得 制 限 の 撤 廃 及 び 補 助 率 の 引 き 上 げ 等 を 検 討 すること

30 15 私 立 幼 稚 園 等 園 児 保 護 者 に 対 する 補 助 制 度 の 再 構 築 及 び 拡 充 等 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 については 私 立 幼 稚 園 は 新 制 度 に 移 行 するか 引 き 続 き 現 行 の 制 度 とするか 選 択 できるようになっている 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 においては 私 立 幼 稚 園 等 園 児 保 護 者 の 負 担 軽 減 に 係 る 給 付 の 構 造 も 大 きく 変 わることとなる 都 においては 都 内 多 摩 地 域 における 私 立 幼 稚 園 等 の 役 割 の 大 きさを 鑑 み 保 護 者 の 保 育 料 負 担 の 実 状 を 踏 まえた 負 担 軽 減 が 図 られるよう 補 助 制 度 を 再 構 築 されたい また その 際 に 新 たな 市 財 政 負 担 が 発 生 しないよう 適 切 な 財 源 措 置 をされたい

31 16 公 立 学 校 施 設 の 改 築 改 修 及 び 増 築 に 対 する 補 助 制 度 の 創 設 及 び 拡 充 公 立 学 校 施 設 は 今 後 予 想 される 地 震 等 の 大 規 模 災 害 時 においても 児 童 生 徒 の 待 機 場 所 住 民 の 避 難 場 所 として 重 要 な 役 割 を 担 う 施 設 であるが 建 築 以 来 30 年 から 50 年 を 経 過 するものが 多 く 老 朽 化 が 進 んでおり 改 築 改 修 は 喫 緊 の 課 題 となっている また 学 校 施 設 の 長 寿 命 化 及 びバリアフリー 化 改 修 は 重 要 な 課 題 となっている 学 校 施 設 の 改 築 改 修 及 び 増 築 については 国 の 補 助 制 度 はあるものの 都 の 補 助 制 度 がないことから 市 町 村 の 負 担 は 非 常 に 大 きいものがある このことから 次 の 措 置 を 図 られたい 1 国 に 対 して 補 助 対 象 基 本 額 ( 下 限 額 )の 引 き 下 げ 補 助 率 の 拡 大 及 び 補 助 対 象 範 囲 の 拡 充 など 補 助 制 度 を 更 に 充 実 されるよう 要 請 されたい 2 国 の 設 置 工 事 単 価 が 実 勢 工 事 単 価 と 乖 離 していることから 工 事 に 係 る 補 助 単 価 の 引 き 上 げを 要 請 されたい また 単 価 の 引 き 上 げがなされるまで 都 において 補 助 制 度 を 創 設 し 市 町 村 の 費 用 負 担 軽 減 を 図 られたい

32 17 特 別 支 援 教 育 推 進 に 向 けた 支 援 特 別 支 援 教 育 の 推 進 のためには 発 達 障 害 や 臨 床 心 理 等 の 専 門 家 の 協 力 が 不 可 欠 である だけでなく 特 別 支 援 教 育 コーディネーターの 役 割 の 重 要 性 が 増 している また 巡 回 指 導 にあたる 教 員 等 の 配 置 や 学 校 施 設 の 改 修 等 も 必 要 となるが 通 常 学 級 に おいて 障 害 のある 児 童 生 徒 を 支 援 する 特 別 支 援 教 育 支 援 員 を 配 置 する 予 算 を 除 き 専 門 家 や 教 職 員 等 の 人 件 費 学 校 施 設 の 改 修 等 に 係 る 財 政 支 援 がなく 市 町 村 の 単 独 予 算 の 負 担 は 増 大 している このため 次 の 措 置 を 図 られたい 1 都 教 育 委 員 会 は 特 別 支 援 学 校 のセンター 的 機 能 を 充 実 するため 教 員 の 加 配 や 講 師 時 数 の 措 置 を 行 っているが 小 中 学 校 においても 特 別 支 援 教 育 の 充 実 を 図 るため 特 別 支 援 学 校 と 同 様 に 特 別 支 援 教 育 コーディネーターの 専 任 化 を 国 へ 働 きかけるととも に 専 任 の 特 別 支 援 教 育 コーディネーターや 巡 回 指 導 等 のための 教 員 を 配 置 されたい 配 置 されるまでの 間 は 特 別 支 援 教 育 コーディネーターの 指 名 を 受 けた 教 員 の 授 業 時 数 の 軽 減 を 図 られたい 2 発 達 障 害 や 臨 床 心 理 等 の 専 門 家 及 び 巡 回 指 導 等 にあたる 専 門 職 員 を 配 置 されたい 配 置 されるまでの 間 専 門 家 及 び 専 門 職 員 を 市 が 雇 用 する 場 合 にあっては それに 係 る 費 用 について 財 政 支 援 を 図 られたい 特 に 専 門 家 の 支 援 等 に 係 る 経 費 については 平 成 24 年 度 から 国 が 特 別 支 援 教 育 体 制 整 備 の 推 進 事 業 を 創 設 したことから 都 において もこの 制 度 を 活 用 し 市 町 村 への 補 助 を 実 施 されたい 3 特 別 支 援 学 級 の 介 助 員 等 の 配 置 に 係 る 費 用 について 財 政 支 援 を 図 られたい 4 特 別 支 援 教 育 に 必 要 な 学 校 施 設 の 改 修 教 室 の 整 備 及 び 備 品 等 の 購 入 費 用 について 財 政 支 援 を 図 られたい 5 自 閉 症 情 緒 障 害 特 別 支 援 学 級 は 個 々の 児 童 生 徒 によって 指 導 目 標 や 指 導 内 容 方 法 が 異 なることから 十 分 な 指 導 の 実 現 のため 教 員 配 置 定 数 の 見 直 しを 図 られたい

33 18 東 京 都 帰 宅 困 難 者 対 策 条 例 施 行 に 伴 う 災 害 時 に 学 校 に 留 め 置 く 児 童 生 徒 用 の 備 蓄 物 資 整 備 に 係 る 補 助 制 度 の 創 設 平 成 25 年 4 月 に 施 行 された 東 京 都 帰 宅 困 難 者 対 策 条 例 では 事 業 所 に 留 め 置 く 従 業 員 のための 備 蓄 物 資 の 確 保 については 3 日 分 の 水 食 料 その 他 必 要 物 資 の 備 蓄 が 努 力 義 務 となった 都 からの 通 知 では 学 校 に 留 め 置 く 児 童 生 徒 についても 対 応 するよう 求 め られている 都 においては 帰 宅 困 難 者 対 策 として 民 間 の 一 時 滞 在 施 設 に 配 備 する 備 蓄 品 の 購 入 経 費 の 補 助 制 度 はあるものの 学 校 に 留 め 置 く 児 童 生 徒 のための 備 蓄 物 資 に 対 す る 補 助 制 度 がないことから 市 町 村 の 負 担 は 非 常 に 大 きいものがある ついては 市 町 村 を 対 象 とした 補 助 制 度 を 創 設 し 備 蓄 物 資 整 備 に 係 る 財 政 支 援 を 図 られたい

34 19 学 校 施 設 等 の 非 構 造 部 材 の 耐 震 化 に 伴 う 補 助 制 度 の 拡 充 東 日 本 大 震 災 では 学 校 施 設 において 構 造 体 の 損 傷 が 軽 微 な 場 合 でも 多 くの 非 構 造 部 材 の 被 害 が 発 生 したことから 災 害 時 に 地 域 の 緊 急 避 難 所 となる 学 校 施 設 の 非 構 造 部 材 へ の 対 策 は 喫 緊 の 課 題 となっている 学 校 における 非 構 造 部 材 の 対 策 としては 天 井 材 照 明 器 具 内 外 装 材 設 備 器 具 等 の 転 落 防 止 窓 ガラスの 飛 散 防 止 などがあげられ 主 体 構 造 以 外 の 広 い 範 囲 の 部 材 が 対 象 と なることから 市 町 村 の 費 用 負 担 は 非 常 に 大 きいものがある 現 在 国 における 学 校 施 設 環 境 改 善 交 付 金 による 防 災 機 能 強 化 事 業 の 補 助 率 は 1/3 であ り また 都 は 平 成 25 年 度 より 補 助 制 度 を 創 設 されたが 今 後 耐 震 化 を 進 めるうえで 都 及 び 国 においては 補 助 対 象 基 本 額 ( 下 限 額 )の 引 き 下 げ 補 助 率 の 引 き 上 げなど 補 助 制 度 の 充 実 を 図 られたい

35 20 介 護 保 険 制 度 に 係 る 市 町 村 への 支 援 策 の 充 実 都 においては 介 護 保 険 制 度 に 係 る 以 下 の 課 題 解 決 等 に 向 けて 市 町 村 と 調 整 し 国 に 対 して 積 極 的 に 働 きかけを 行 うとともに 都 独 自 の 施 策 展 開 を 図 るほか 市 町 村 が 行 う 諸 施 策 について 継 続 的 に 財 政 的 技 術 的 支 援 策 を 講 じられたい 1 都 から 国 への 働 きかけについて (1) 制 度 の 運 営 に 関 する 事 項 1 消 費 税 増 税 に 伴 い 改 定 された 報 酬 について 第 1 号 被 保 険 者 の 財 源 負 担 分 について 国 の 責 任 において 別 途 措 置 すること 2 被 保 険 者 の 範 囲 の 拡 大 及 び 障 害 者 施 策 との 統 合 については 十 分 に 議 論 を 尽 くし 保 険 者 の 意 見 も 反 映 するよう 働 きかけること 3 低 所 得 者 対 策 として 介 護 保 険 料 は 市 町 村 による 弾 力 的 な 所 得 段 階 の 設 定 等 が 認 められているが 低 所 得 者 に 配 慮 した 所 得 段 階 設 定 を 実 施 することにより 保 険 料 が 上 昇 してしまうことへの 対 策 と 利 用 者 負 担 の 軽 減 措 置 を 充 実 させるなど 低 所 得 者 対 策 の 抜 本 的 な 検 討 と 見 直 しを 国 の 責 任 において 実 施 するよう 積 極 的 に 働 き かけること 4 介 護 保 険 料 の 算 定 の 基 礎 が 合 計 所 得 金 額 であるため 分 離 課 税 所 得 に 係 る 特 別 控 除 及 び 損 失 の 繰 越 控 除 適 用 前 の 金 額 を 算 定 の 基 礎 とすることとなっている よって 介 護 保 険 法 施 行 令 を 見 直 し 介 護 保 険 料 の 賦 課 において 分 離 課 税 所 得 に 係 る 特 別 控 除 及 び 損 失 の 繰 越 控 除 を 適 用 し 国 民 健 康 保 険 税 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 との 整 合 性 を 図 ること 5 次 期 介 護 保 険 事 業 計 画 では 介 護 保 険 料 の 地 域 格 差 が 予 測 されるため 市 町 村 間 の 介 護 保 険 料 に 不 均 衡 が 生 じないよう 積 極 的 に 働 きかけること 6 税 制 改 正 を 行 い 保 険 料 の 納 付 方 法 ( 年 金 天 引 きと 口 座 振 替 )による 税 負 担 の 不 均 衡 を 解 決 するよう 積 極 的 に 働 きかけること 7 地 域 包 括 支 援 センターの 地 域 支 援 事 業 に 係 る 経 費 については 地 域 の 実 態 に 見 合 った 適 切 な 人 員 を 確 保 するため 介 護 給 付 費 の2%の 上 限 を 撤 廃 し 必 要 な 費 用 を 国 都 道 府 県 保 険 者 において 負 担 する 仕 組 みに 改 め また 介 護 予 防 支 援 事 業 に 係 る 介 護 報 酬 の 見 直 しを 行 うよう 積 極 的 に 働 きかけること 8 介 護 保 険 サービス 利 用 者 の 通 院 時 の 医 療 機 関 内 での 待 ち 時 間 等 における 介 護 介 助 については 介 護 給 付 側 の 負 担 によることなく 基 本 的 に 院 内 スタッフにより 対 応 されるべきものとして 医 療 関 係 機 関 に 周 知 徹 底 を 図 ること

36 9 高 額 医 療 合 算 介 護 ( 介 護 予 防 )サービス 費 の 時 効 の 取 り 扱 いについて 医 療 保 険 者 と 同 様 に 勧 奨 した 日 を 起 算 日 とするよう 介 護 保 険 者 の 時 効 の 取 り 扱 いを 見 直 す よう 積 極 的 に 働 きかけること 10 次 期 介 護 報 酬 改 定 においては 地 域 区 分 の 設 定 について 事 業 所 の 健 全 な 運 営 介 護 従 事 者 の 処 遇 改 善 を 踏 まえた 適 正 な 単 価 設 定 を 行 うとともに 診 療 報 酬 におけ る 対 象 地 域 の 設 定 の 考 え 方 を 踏 襲 することなく 大 都 市 における 人 件 費 物 件 費 の 高 さなどを 考 慮 し 実 態 に 即 したものとするよう 積 極 的 に 働 きかけること 11 資 格 取 得 後 に 本 来 の 役 割 を 十 分 に 発 揮 することのない 主 任 介 護 支 援 専 門 員 が 散 見 される ついては 主 任 介 護 支 援 専 門 員 のケアマネジメントの 質 の 向 上 を 目 指 すた め 活 動 状 況 等 に 着 目 した 評 価 を 行 うとともに 資 格 取 得 後 に 更 新 制 度 を 導 入 し 更 新 時 には 研 修 受 講 を 義 務 付 けること (2) 財 政 支 援 に 関 する 事 項 1 安 定 的 な 介 護 保 険 事 業 運 営 を 阻 害 しないよう 財 政 調 整 交 付 金 については 国 の 法 定 分 について 確 実 に 交 付 し 法 定 負 担 分 と 別 枠 で 設 置 するよう 積 極 的 に 働 きかけ ること 2 地 域 支 援 事 業 を 円 滑 に 実 施 するため 十 分 な 財 源 を 確 保 するよう 積 極 的 に 働 きか けること 2 都 独 自 の 支 援 策 について (1) 生 計 困 難 者 等 に 対 する 介 護 サービス 利 用 者 負 担 額 軽 減 事 業 については サービス 範 囲 の 拡 大 だけでなく 都 独 自 の 所 得 基 準 等 を 設 け 対 象 者 の 拡 大 を 図 ること (2) 地 域 包 括 支 援 センターの 主 任 介 護 支 援 専 門 員 に 対 する 研 修 会 について 主 催 する 保 険 者 間 で 研 修 のレベル 差 が 生 じないよう 保 険 者 への 支 援 を 図 ること (3) 居 宅 介 護 支 援 事 業 所 等 の 主 任 介 護 支 援 専 門 員 について 資 格 取 得 後 における 資 質 の 維 持 向 上 に 向 け 継 続 的 な 学 習 の 機 会 としての 研 修 会 を 開 催 すること (4) 主 治 医 意 見 書 は 介 護 サービスの 有 無 在 宅 サービスの 上 限 等 に 影 響 を 与 えること から 診 療 経 過 や 処 方 内 容 だけでなく 介 護 の 手 間 の 記 載 を 行 うよう 医 師 会 等 を 通 じ て 注 意 喚 起 を 図 ること (5) 訪 問 介 護 員 は 高 齢 者 介 護 の 現 場 で 介 護 サービスを 提 供 する 第 一 線 の 職 種 で サー ビスの 提 供 だけでなく 他 職 種 各 種 制 度 の 知 識 や 連 絡 調 整 能 力 も 求 められる また 訪 問 介 護 員 は 非 常 勤 の 職 員 が 約 8 割 を 占 めている そこで 現 在 実 施 している 介 護 員 スキルアップ 研 修 の 対 象 者 定 員 の 拡 大 を 図 ること また 訪 問 介 護 員 が 足 りない 状 況 にあるため 人 材 確 保 策 を 講 じること

37 21 高 齢 者 保 健 福 祉 に 係 る 各 種 施 策 の 充 実 介 護 保 険 法 の 改 正 により 新 予 防 給 付 や 地 域 支 援 事 業 等 が 創 設 され 介 護 保 険 制 度 は 介 護 と 介 護 予 防 が 一 体 となった 総 合 的 な 仕 組 みへと 転 換 され 一 貫 性 連 続 性 のある 包 括 的 な 支 援 が 可 能 となった また 地 方 分 権 推 進 の 観 点 から 各 種 高 齢 者 保 健 福 祉 施 策 が 一 般 財 源 化 となったが 一 方 で 様 々な 課 題 も 発 生 している 都 は 課 題 解 決 に 向 け 市 町 村 に 対 する 都 独 自 の 財 政 的 技 術 的 な 支 援 を 図 られたい 1 地 域 福 祉 推 進 区 市 町 村 包 括 補 助 事 業 の 補 助 基 準 額 増 額 補 助 率 引 上 げ 等 一 層 の 充 実 を 図 ること とりわけ 成 年 後 見 活 用 あんしん 生 活 創 造 事 業 については 補 助 基 準 額 を 増 額 し 後 見 人 等 候 補 者 養 成 事 業 の 事 業 促 進 期 間 の 延 長 を 図 ること 2 老 人 クラブ 運 営 費 補 助 金 の 充 実 を 図 ること また 報 告 書 の 様 式 を 活 動 目 的 別 から 経 費 別 へとするなど 高 齢 者 が 記 入 しやすい 様 式 に 変 更 し 報 告 項 目 の 簡 略 化 を 図 るこ と 3 高 齢 者 虐 待 防 止 法 の 推 進 を 図 るため 老 人 福 祉 圏 域 ごとに 高 齢 者 虐 待 防 止 推 進 会 議 を 設 置 するなど 近 隣 市 町 村 との 連 携 等 に 対 するバックアップ 体 制 を 充 実 させ 研 修 を 実 施 するなど 都 全 域 の 総 合 的 な 推 進 体 制 の 拡 充 を 図 ること 4 東 京 都 シルバーパス 事 業 は 都 条 例 にもとづき 都 が 一 般 社 団 法 人 東 京 バス 協 会 を 指 定 団 体 として 指 定 をし 事 業 を 実 施 している 今 後 高 齢 者 がより 円 滑 に 手 続 きができ 市 町 村 の 事 務 負 担 が 軽 減 できるよう 新 規 対 象 者 に 対 し 確 実 に 周 知 するとともに 発 行 の 際 に 必 要 な 所 得 証 明 書 類 について 改 善 を 図 るよう 働 きかけられたい また 一 般 の 定 期 券 と 同 様 に 購 入 日 から1 年 間 の 通 年 対 応 とする 措 置 を 講 じるよう 働 きかけられた い

38 22 地 域 密 着 型 サービスに 係 る 補 助 の 充 実 地 域 密 着 型 サービスである 地 域 密 着 型 特 養 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 及 び 複 合 型 サービ スについては 事 業 を 始 めるにあたっての 土 地 購 入 等 一 定 の 初 期 投 資 に 係 る 負 担 が 大 き くなることが 計 画 どおりに 整 備 が 進 まない 要 因 の 一 つである ついては 国 の 高 齢 者 施 策 である 施 設 から 在 宅 介 護 への 転 換 を 更 に 進 め 地 域 包 括 ケア システムを 円 滑 に 進 めるためにも これらに 対 する 初 期 投 資 設 備 投 資 及 び 維 持 管 理 等 の 補 助 の 増 額 を 講 じられたい

39 23 障 害 者 総 合 支 援 法 施 行 後 の 福 祉 施 策 について 平 成 25 年 度 に 施 行 された 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 ( 障 害 者 総 合 支 援 法 ) のもとでは 障 害 の 有 無 にかかわらず 共 生 する 社 会 へと 前 進 す る 一 方 で 難 病 等 の 方 を 障 害 者 の 定 義 に 加 え 対 象 範 囲 が 拡 大 されるとともに 地 方 分 権 改 革 一 括 法 による 権 限 移 譲 も 加 わり 市 区 町 村 の 役 割 と 財 政 負 担 が 更 に 大 きくなっている 市 区 町 村 の 障 害 福 祉 施 策 の 安 定 的 な 運 営 のため 以 下 のとおり 支 援 を 図 られたい 1 地 域 生 活 支 援 事 業 については 意 思 疎 通 支 援 の 強 化 が 求 められるなど 事 業 メニューが 増 え ていることから 本 来 の 3/4 の 補 助 率 に 近 づけるため 事 業 の 拡 大 に 対 応 した 予 算 を 確 保 するよう 引 き 続 き 国 に 対 して 働 きかけられたい また 必 須 メニューとなっている 移 動 支 援 事 業 については 通 学 等 への 利 用 に 対 し 十 分 に 支 給 されることが 強 く 望 まれている 教 育 を 受 ける 権 利 保 障 に 係 わる 支 援 は 国 の 責 務 として 実 施 すべきであり 新 たな 仕 組 みの 構 築 についても 国 に 働 きかけられたい 2 25 年 度 から 新 設 された 重 度 訪 問 介 護 等 の 利 用 促 進 に 係 る 区 市 町 村 支 援 事 業 におい て 市 区 町 村 に 負 担 が 生 じないよう 更 なる 充 実 や 通 所 施 設 等 整 備 費 補 助 の 日 中 活 動 系 サービス 事 業 所 について 補 助 対 象 を 賃 貸 借 既 存 建 物 の 改 修 だけでなく 新 設 への 拡 大 24 年 度 の 補 助 協 議 申 請 分 をもって 終 了 とされた 障 害 者 施 設 用 地 取 得 費 貸 付 制 度 の 再 検 討 等 市 区 町 村 が 担 いきれない 部 分 を 都 が 補 てんする 制 度 の 継 続 と 拡 充 を 図 られたい 3 相 談 支 援 の 充 実 のため 支 給 決 定 プロセスが 見 直 されたが 相 談 支 援 専 門 員 の 育 成 の 遅 れや 相 談 支 援 事 業 所 の 財 政 面 の 脆 弱 さが 大 きな 課 題 となっているため 26 年 度 末 まで の 制 度 完 成 は 極 めて 難 しい 状 況 にある 都 においては 国 に 対 し 経 過 措 置 の 期 間 延 長 の 検 討 を 求 めるとともに 報 酬 単 価 の 引 き 上 げ 等 事 業 者 が 相 談 支 援 専 門 員 を 安 定 的 に 配 置 できる 仕 組 みに 改 めるよう 働 きかけられたい また 施 設 入 所 者 に 対 する 計 画 相 談 支 援 導 入 を 進 めるため 都 もしくは 都 が 管 理 運 営 を 委 託 している 施 設 運 営 法 人 自 らが 相 談 支 援 事 業 者 の 指 定 を 受 け 都 が 運 営 する 施 設 ( 都 外 施 設 含 む) 入 所 者 への 計 画 相 談 支 援 導 入 に 取 り 組 まれたい

40 24 医 療 保 険 制 度 の 一 本 化 について 各 種 医 療 保 険 制 度 の 負 担 と 給 付 の 公 平 化 を 推 進 するため 全 国 市 長 会 では 医 療 保 険 制 度 の 一 本 化 を 推 進 する 必 要 があるとしている 一 方 平 成 25 年 12 月 5 日 に 成 立 した 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 において 29 年 度 までを 目 途 に 国 保 の 運 営 について 財 政 運 営 をはじめとして 都 道 府 県 が 担 うことを 基 本 としつつ 都 道 府 県 と 市 町 村 において 適 切 に 役 割 を 分 担 するための 方 策 について 検 討 し 必 要 な 措 置 を 講 じることが 盛 り 込 まれた また 財 政 運 営 の 都 道 府 県 化 の 推 進 のため 27 年 度 から 保 険 財 政 共 同 安 定 化 事 業 の 対 象 医 療 費 が レセプト1 件 30 万 円 超 から1 円 以 上 に 拡 大 する 予 定 である 都 においては 保 険 財 政 共 同 安 定 化 事 業 の 具 体 的 な 運 営 手 法 を 明 らかにしながら 円 滑 な 都 道 府 県 化 に 積 極 的 に 取 り 組 まれたい 更 に 最 終 的 に 医 療 保 険 制 度 の 一 本 化 が 図 られ ることを 国 に 対 し 一 層 強 く 働 きかけられたい

41 25 国 の 公 費 負 担 割 合 拡 大 について 国 民 皆 保 険 体 制 の 中 核 をなす 国 保 にあっては 中 高 年 齢 の 被 保 険 者 が 多 いことなどから 医 療 費 の 増 加 を 招 いている 一 方 高 年 齢 者 や 失 業 者 などの 低 所 得 者 が 多 く 収 入 が 得 られに くいという 構 造 的 な 問 題 を 抱 えている 加 えて 経 済 の 低 迷 が 被 保 険 者 所 得 の 上 昇 を 停 滞 させ より 保 険 税 ( 料 )の 収 入 が 得 られないという 状 況 にある 平 成 29 年 度 までを 目 途 に 国 保 の 運 営 について 財 政 運 営 をはじめとして 都 道 府 県 が 担 うことを 基 本 としつつ 都 道 府 県 と 市 町 村 において 適 切 に 役 割 を 分 担 するための 方 策 に ついて 検 討 し 必 要 な 措 置 を 講 ずることとなった このことにより 都 道 府 県 が 国 保 の 財 政 運 営 を 担 うこととされたとはいえ 国 の 責 任 において 国 保 財 政 の 構 造 的 な 問 題 を 抜 本 的 に 解 決 し 将 来 にわたり 持 続 可 能 な 制 度 とするために 現 行 の 療 養 給 付 費 等 負 担 金 32% 及 び 調 整 交 付 金 9%を 超 えた 割 合 で 公 費 負 担 がなされるよう 国 に 要 望 されたい

42 26 がん 検 診 支 援 対 象 の 拡 充 がん 検 診 については がん 対 策 基 本 法 により 予 防 の 充 実 が 謳 われており 国 が 策 定 した がん 対 策 推 進 基 本 計 画 および 都 が 策 定 した 東 京 都 がん 対 策 推 進 計 画 においては いずれも 五 つのがん( 胃 がん 肺 がん 大 腸 がん 子 宮 頸 がん 乳 がん)の 早 期 発 見 を 推 進 することとしている 市 町 村 ではがんによる 死 亡 率 を 減 少 させるため 健 康 増 進 法 に 基 づく 健 康 増 進 事 業 とし てがん 検 診 を 実 施 しており その 経 費 は 地 方 交 付 税 化 されている また 対 象 となる 五 つ のがん 以 外 のがん 検 診 については 市 民 要 望 の 高 まりを 受 け 状 況 に 応 じて 実 施 している 市 町 村 が 増 加 しているものの 地 方 交 付 税 化 されていないため 財 政 負 担 が 大 きく 市 町 村 単 独 での 対 応 に 限 界 がある ついては がん 予 防 の 取 り 組 みの 強 化 に 向 け 五 つのがん 以 外 のがんについて 早 期 発 見 の 推 進 を 都 の 計 画 に 位 置 づけるとともに 検 診 に 対 する 独 自 の 財 政 支 援 の 充 実 を 図 られ たい

43 27 医 療 保 健 政 策 区 市 町 村 包 括 補 助 事 業 の 充 実 医 療 保 健 政 策 区 市 町 村 包 括 補 助 事 業 は 市 町 村 が 主 体 的 に 実 施 する 医 療 保 健 サービス 事 業 に 対 し 支 援 を 行 い その 向 上 を 目 的 に 実 施 されている 事 業 であり 医 療 保 健 サービ スの 充 実 に 一 定 の 成 果 をあげている しかし 市 町 村 が 担 う 医 療 保 健 サービスは 年 々 多 様 化 していることから 各 分 野 のサ ービスの 充 実 を 主 体 的 に 行 う 市 町 村 を 支 援 するため 補 助 基 準 額 及 び 総 上 限 ポイント 数 の 引 き 上 げなどを 行 い 初 期 救 急 事 業 等 市 町 村 の 実 情 にあった 事 業 を 展 開 できるように 引 き 続 き 医 療 保 健 政 策 区 市 町 村 包 括 補 助 事 業 の 充 実 強 化 及 び 弾 力 的 な 運 用 を 図 られたい

44 28 予 防 接 種 等 における 支 援 の 確 立 感 染 症 に 対 して 集 団 防 疫 や 疾 病 予 防 の 観 点 から 有 効 な 対 策 である 各 種 予 防 接 種 につい て その 実 効 性 の 向 上 のため 国 に 対 し 自 治 体 への 支 援 を 強 く 働 きかけるとともに 都 に おいても 市 町 村 に 対 する 財 政 支 援 の 拡 充 等 希 望 者 が 時 機 を 逸 することなく 接 種 を 受 けら れる 環 境 づくりについて 適 切 な 支 援 策 を 講 じられたい 1 平 成 23 年 5 月 26 日 厚 生 科 学 審 議 会 感 染 症 分 科 会 予 防 接 種 部 会 等 において 広 く 接 種 することがのぞましい とされた7ワクチンのうち 25 年 度 に Hib 感 染 症 小 児 の 肺 炎 球 菌 感 染 症 およびヒトパピローマウイルス 感 染 症 の3つのワクチンが 定 期 予 防 接 種 の 対 象 疾 病 となり 26 年 10 月 に 水 痘 および 成 人 用 肺 炎 球 菌 の2ワクチンも 定 期 予 防 接 種 の 対 象 疾 病 となった ついては 円 滑 な 事 業 実 施 が 出 来 るよう 普 通 交 付 税 の 算 定 基 礎 となる 単 価 の 引 き 上 げなど 一 層 の 財 政 支 援 を 図 るよう 国 に 対 し 働 きかけられたい 2 定 期 予 防 接 種 の 対 象 化 が 予 定 されていないおたふくかぜ B 型 肝 炎 の2ワクチンにつ いても 対 象 とするとともに 地 方 交 付 税 によらずに 実 態 に 応 じた 恒 久 的 な 財 政 措 置 を 講 じるよう 国 に 働 きかけられたい また 都 においても 定 期 予 防 接 種 化 までの 補 完 として 新 たな 助 成 制 度 を 創 設 されたい 3 定 期 予 防 接 種 任 意 予 防 接 種 を 問 わず 各 種 予 防 接 種 ワクチンについて 安 定 的 にワク チン 供 給 が 図 られ また 定 期 予 防 接 種 化 にあたっては 十 分 な 情 報 提 供 と 準 備 期 間 が 与 えられるよう 国 に 働 きかけられたい 4 接 種 ワクチンの 急 増 に 伴 う 複 雑 化 や ワクチンの 安 全 性 への 関 心 の 高 まりに 市 や 医 療 現 場 が 混 乱 なく 適 切 に 対 応 できるよう 特 に 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンについては 客 観 的 データを 基 に 幅 広 い 情 報 を 提 供 するよう 国 に 働 きかけられたい

45 29 公 立 病 院 に 対 する 補 助 制 度 の 充 実 多 摩 島 しょの 市 町 組 合 立 の 病 院 は 都 立 病 院 の 補 完 的 役 割 を 果 たしており 地 域 住 民 の 期 待 に 応 えるべく 救 急 医 療 等 の 医 療 サービスの 一 層 の 充 実 を 図 るとともに 経 営 改 善 の 諸 施 策 を 講 じている しかしながら 平 成 26 年 度 の 診 療 報 酬 改 定 医 療 法 等 関 連 法 令 の 改 正 等 により 医 療 を 取 り 巻 く 状 況 は 大 きく 変 わろうとしており 病 院 経 営 はこれまで 以 上 に 厳 しい 状 況 にある また 救 急 受 入 れ 体 制 の 維 持 や 施 設 整 備 等 も 併 せ 以 前 にも 増 して 医 療 機 関 負 担 が 大 きくなっている ついては 公 立 病 院 の 役 割 と 実 情 に 応 じた 適 正 な 支 援 をするよう 国 に 要 請 するとともに 併 せて 都 単 独 の 補 助 制 度 を 継 続 し 支 援 を 図 るなど 公 立 病 院 における 医 療 サービスの 充 実 等 を 図 るため 次 の 事 項 について 特 段 の 措 置 を 講 じられたい 1 公 立 病 院 運 営 事 業 補 助 制 度 の 充 実 (1) 公 立 病 院 の 地 域 での 役 割 や 経 営 状 況 を 考 慮 し 28 年 度 の 改 定 に 向 けて 病 床 基 礎 額 の 増 額 や 補 助 金 算 定 における 経 営 評 価 指 数 の 適 用 緩 和 を 図 るとともに その 指 数 に 平 均 在 院 日 数 の 短 縮 努 力 を 盛 り 込 むよう 検 討 を 行 い 公 立 病 院 の 運 営 費 に 対 する 補 助 制 度 の 大 幅 な 充 実 を 図 ること (2) 二 次 救 急 医 療 等 の 特 殊 診 療 部 門 運 営 事 業 に 対 する 補 助 基 準 額 については 救 急 車 受 入 れ 実 績 及 び 確 保 病 床 数 等 の 条 件 を 一 律 とせず 地 域 の 実 情 に 応 じた 人 員 配 置 や 設 備 等 を 考 慮 し 個 々の 病 院 の 実 態 に 見 合 ったものとするよう 基 準 の 見 直 しと 増 額 を 図 ること 2 施 設 整 備 事 業 等 に 対 する 補 助 制 度 の 拡 充 (1) 公 立 病 院 施 設 整 備 事 業 費 償 還 補 助 金 の 補 助 率 を 引 き 上 げるとともに 補 助 額 算 出 の ための 基 準 面 積 を 大 幅 に 引 き 上 げること (2) 温 室 効 果 ガス 削 減 のための 施 設 整 備 に 要 する 費 用 の 補 助 制 度 を 創 設 すること (3) 災 害 拠 点 病 院 である 公 立 病 院 としての 役 割 を 果 たすためには 災 害 時 における 医 薬 品 資 機 材 等 の 整 備 は 急 務 となっている そのため 拠 点 病 院 に 対 する 災 害 対 応 配 備 品 等 の 整 備 に 係 る 費 用 補 助 制 度 を 別 枠 で 新 設 するなど 充 実 強 化 を 図 ること 更 に 制 震 免 震 その 他 の 震 災 対 策 措 置 に 係 る 基 準 単 価 補 助 率 を 拡 充 されたい (4) 地 域 における 災 害 医 療 体 制 の 一 層 の 強 化 を 推 進 するためには 市 町 村 と 災 害 拠 点 病 院 との 連 携 協 力 が 不 可 欠 である 特 に 災 害 時 に 設 置 する 緊 急 医 療 救 護 所 は 大 量 の 医 薬 品 が 必 要 となり その 供 給 元 となる 薬 剤 ストックセンターの 役 割 が 重 要 だが 三 多 摩 島 しょ 地 域 では 具 体 的 な 整 備 が 進 んでいない 状 況 である ついては 薬 剤 ストッ

46 クセンター 等 の 設 置 および 運 営 経 費 について 補 助 制 度 を 創 設 されたい 3 救 命 救 急 センター 周 産 期 母 子 医 療 センター 及 び 二 次 救 急 医 療 機 関 等 に 係 る 財 政 支 援 の 見 直 し (1) 救 命 救 急 センター 周 産 期 母 子 医 療 センター 及 び 二 次 救 急 医 療 機 関 等 については 依 然 として 不 採 算 状 態 が 解 消 されていない しかしながら 相 応 の 人 員 と 設 備 を 必 要 としており ついては 公 立 病 院 運 営 事 業 補 助 における 補 助 基 準 の 拡 充 等 を 図 ること 一 方 26 年 度 から 国 が 開 始 する 新 たな 財 政 支 援 制 度 において 救 命 救 急 センター 周 産 期 母 子 医 療 センター 及 び 二 次 救 急 医 療 機 関 等 の 不 採 算 分 野 に 対 する 支 援 を 充 実 し 更 なる 補 助 事 業 の 拡 充 を 図 るよう 国 に 働 きかけること (2) 現 行 の 救 急 医 療 に 関 する 補 助 制 度 に 加 え 東 京 ルールに 恒 常 的 に 参 画 するため 医 師 確 保 や 処 遇 改 善 など 当 該 医 療 機 関 の 救 急 体 制 を 維 持 できるよう 二 次 救 急 医 療 に 関 する 休 日 勤 務 手 当 補 助 の 増 額 等 さらなる 拡 充 を 図 られたい また 東 京 ルールの 地 域 内 調 整 担 当 医 師 確 保 料 の 単 価 の 大 幅 な 引 き 上 げを 図 られた い 4 新 たな 財 政 支 援 制 度 の 着 実 な 実 施 等 (1) 新 たな 財 政 支 援 制 度 の 導 入 にあたり 今 日 の 救 急 医 療 現 場 の 課 題 ( 医 師 不 足 過 剰 勤 務 等 )を 踏 まえ 救 急 医 療 機 関 勤 務 医 師 確 保 事 業 の 対 象 に 救 命 救 急 センターを 加 えるとともに 事 業 対 象 の 休 日 に 土 曜 日 を 加 えるよう 国 に 働 きかけられたい また 都 単 独 の 補 助 制 度 でその 事 業 を 補 完 されたい (2) 医 師 勤 務 環 境 改 善 事 業 について 院 内 保 育 所 の 設 置 や 医 師 事 務 補 助 者 の 配 置 等 各 病 院 の 実 情 に 応 じた 事 業 形 態 とするなどの 充 実 策 を 講 じるよう 国 に 対 し 働 きかける とともに 都 単 独 の 補 助 制 度 でその 事 業 を 補 完 すること 5 今 後 の 医 療 体 制 に 対 応 した 公 立 病 院 の 経 営 改 善 のための 支 援 制 度 の 拡 充 社 会 保 障 制 度 改 革 推 進 法 に 基 づく 医 療 介 護 サービスの 提 供 体 制 改 革 を 進 めるな かで 地 域 包 括 ケアシステムにおける 地 域 医 療 体 制 を 構 築 するため 公 立 病 院 において は 病 院 機 能 の 再 編 成 に 取 組 む 必 要 がある 都 においては こうした 取 組 みに 対 する 支 援 について 病 床 転 換 促 進 支 援 事 業 に 加 え 経 営 改 善 のための 調 査 支 援 事 業 等 の 制 度 を 拡 充 されたい 6 地 域 包 括 ケアシステムにおける 医 療 連 携 の 充 実 に 向 けた 補 助 制 度 の 創 設 地 域 包 括 ケアシステムの 構 築 に 向 け 地 域 完 結 型 医 療 を 推 進 することは 公 立 病 院 の 役 割 である しかし 三 多 摩 地 域 の 公 立 病 院 の 多 くは 急 性 期 治 療 を 終 えた 患 者 の 療 養 型 病 院 や 介 護 老 人 保 健 施 設 等 への 転 院 にあたり 療 養 型 病 院 等 の 不 足 もあり 患 者 の 転 院 等 の 調 整 に 苦 慮 している 都 においては 26 年 7 月 から 転 院 支 援 情 報 システム の 運 用 を 開 始 したが 更 には

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報 災 害 発 生 時 には 職 員 及 び 関 係 機 関 との 間 で 1 現 状 がどうなっているか 2 今 後 の 見 通 しはどうか 3 今 後 何 をするべきか について 状 況 認 識 の 統 一 を 図 ることが 最 も 重 要 である このことを 常 に 心 掛 ければ ほとんどの 課 題 は 解 決 できる 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 1 章 災 害 応 急 活 動 組

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

被 災 企 業 等 への 支 援 策 の 充 実 について 被 災 企 業 の 支 援 策 について 復 興 計 画 の 遅 れや 人 件 費 資 材 不 足 等 の 現 状 に 配 慮 し グループ 補 助 金 制 度 の 継 続 や 運 用 の 改 善 等 を 国 に 強 く 求 めると 共 に

被 災 企 業 等 への 支 援 策 の 充 実 について 被 災 企 業 の 支 援 策 について 復 興 計 画 の 遅 れや 人 件 費 資 材 不 足 等 の 現 状 に 配 慮 し グループ 補 助 金 制 度 の 継 続 や 運 用 の 改 善 等 を 国 に 強 く 求 めると 共 に 被 災 したJR 各 線 の 復 旧 について 被 災 したJR 山 田 線 大 船 渡 線 の 復 旧 については あくまでも 鉄 路 での 復 旧 が 果 たされるよう 関 係 自 治 体 と 共 に 国 やJR 東 日 本 に 対 して 強 く 働 き 掛 けること 復 興 計 画 が 完 了 するまでの 復 興 予 算 の 確 保 について 被 災 自 治 体 が 安 心 して 復 興 に

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書 平 成 24 年 度 国 の 予 算 編 成 に 対 する 東 京 都 の 提 案 要 求 ( 平 成 23 年 11 月 ) 提 案 要 求 先 内 閣 官 房 総 務 省 法 務 省 外 務 省 財 務 省 厚 生 労 働 省 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 環 境 省 防 衛 省 都 所 管 局 知 事 本 局 総 務 局 都 市 整 備 局 環 境 局 福 祉 保 健 局 建 設 局

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

平 成 20 年 度

平 成 20 年 度 議 案 第 9 号 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 の 認 定 について 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 は 別 冊 決 算 書 のとおりであるので 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 233 条 第 3 項 の 規 定 により 滋 賀

More information

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO 今 後 の 幼 児 教 育 の 動 向 と 課 題 子 ども 子 育 て 新 システムと 保 育 の 質 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 小 田 豊 プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63> 相 模 原 市 -20- 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育

More information

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について ( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 9 月 あ き る 野 市 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について( 中 間 報 告 ) 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 中 間 報 告 1 定 住 促 進 について 1 (1) 今 後 の 人 口 推 移 について 1 図 1: 後 期 基 本 計 画 による 人

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

無 料 化 など あらゆる 政 策 を 見 直 し 選 択 と 集 中 による 大 幅 な 予 算 の 組 み 替 えを 行 うべきである 不 足 する 財 源 は 大 震 災 で 大 きな 影 響 を 受 けているわが 国 経 済 の 動 向 に 十 分 留 意 しつつ 税 制 措 置 により 安

無 料 化 など あらゆる 政 策 を 見 直 し 選 択 と 集 中 による 大 幅 な 予 算 の 組 み 替 えを 行 うべきである 不 足 する 財 源 は 大 震 災 で 大 きな 影 響 を 受 けているわが 国 経 済 の 動 向 に 十 分 留 意 しつつ 税 制 措 置 により 安 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 に 関 する 要 望 平 成 23 年 3 月 31 日 日 本 商 工 会 議 所 去 る3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 巨 大 な 津 波 を 伴 い 沿 海 部 を 壊 滅 的 に 破 壊 するとともに 東 北 から 関 東 にわたる 広 い 範 囲 に 甚 大 な 被 害 をもたらした 地 震 津 波 原 発 事 故

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63> 前 橋 住 生 活 基 本 計 画 概 要 版 平 成 24 年 3 月 前 橋 序 -1 計 画 策 定 の 背 景 目 的 少 子 高 齢 化 が 進 み 価 値 観 やライフスタイルが 多 様 化 する 中 で 人 々が 安 全 に 安 心 して 暮 らし 真 の 豊 かさを 享 受 できる 社 会 を 築 いていくことが 求 められています そうした 中 で 住 宅 施 策 は 住 生 活

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

平成23年度税制改正について

平成23年度税制改正について 日 医 発 第 896 号 ( 年 税 48) 平 成 2 2 年 1 2 月 2 2 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 原 中 勝 征 平 成 23 年 度 税 制 改 正 について 去 る12 月 16 日 平 成 23 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されまし た の で 平 成 23 年 度 税 制 改 正 についてご 報 告 申 し 上 げます

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

目 次 はじめに 1 1 行 政 改 革 による 効 果 額 まとめ 2 2 行 政 改 革 の 主 な 成 果 (1) 財 政 構 造 改 革 の 推 進 1 徴 収 率 の 向 上 3 2 その 他 の 財 源 確 保 4 (2) 事 務 事 業 の 整 理 合 理 化 5 (3) 補 助 金

目 次 はじめに 1 1 行 政 改 革 による 効 果 額 まとめ 2 2 行 政 改 革 の 主 な 成 果 (1) 財 政 構 造 改 革 の 推 進 1 徴 収 率 の 向 上 3 2 その 他 の 財 源 確 保 4 (2) 事 務 事 業 の 整 理 合 理 化 5 (3) 補 助 金 豊 岡 市 行 政 改 革 取 組 み 結 果 報 告 書 平 成 18 年 度 ~ 平 成 21 年 度 平 成 22 年 12 月 豊 岡 市 目 次 はじめに 1 1 行 政 改 革 による 効 果 額 まとめ 2 2 行 政 改 革 の 主 な 成 果 (1) 財 政 構 造 改 革 の 推 進 1 徴 収 率 の 向 上 3 2 その 他 の 財 源 確 保 4 (2) 事 務 事 業 の

More information

地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事

地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事 事 務 引 継 書 新 潟 県 新 潟 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事 項 は 次 のとおりです 1 引 き 継 ぐ 事 務 別

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧 5. 各 種 被 災 者 支 援 ⑴ 奄 美 市 市 では 奄 美 豪 雨 災 害 発 生 時 に 被 災 地 での 救 助 救 援 活 動 等 を 実 施 した そして 災 害 発 生 時 の 混 乱 した 状 況 が 収 拾 してからは, 被 災 者 に 災 害 前 の 生 活 をいち 早 く 取 り 戻 してもらうよう 早 期 の 復 旧 復 興 を 目 指 し 各 種 支 援 策 を 実 施

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 基 本 法 という ) 第 4 2 条 の 規 定 に 基 づき 鹿 部 町 ( 以 下 本 町 という )の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 等 の 災 害 対 策 を

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分 け 結 果 ( 市 の 方 針 )に 対 する 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 羽 村 市 企 画 部 企 画 課 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分

More information

震災予防計画

震災予防計画 第 5 編 第 1 節 概 要 第 5 編 広 域 応 援 編 第 1 節 概 要 1 都 6 県 と 県 境 を 接 する 本 県 は 関 東 の 中 央 に 位 置 し さいたま 新 都 心 には 国 の 行 政 機 関 等 が 集 積 してい5つの 高 速 道 路 と 主 要 国 道 が 縦 横 に 設 けられ 東 北 や 上 信 越 から 首 都 への 玄 関 口 でもあ 首 都 圏 同 時

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

平 成 26 年 度 横 田 基 地 対 策 に 関 する 要 望 書 在 日 米 軍 兼 第 5 空 軍 司 令 部 司 令 官 サルバトーレ A.アンジェレラ 中 将 殿 在 日 米 軍 横 田 基 地 第 374 空 輸 航 空 団 司 令 部 司 令 官 ダグラス C.デラマター 大 佐 殿 平 成 26 年 12 月 11 日 横 田 基 地 に 関 する 東 京 都 と 周 辺 市 町

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が 福 島 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 23 年 度 (23 年 度 末 ) 人 1,991,865 2,231,214,824 A 5,986,441 275,881,976 B 人 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,79

議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,79 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,796,000 千 円 と 定 め る 2 歳

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版 平 成 2 7 年 度 税 制 改 正 の 概 要 ( 厚 生 労 働 省 関 係 ) 平 成 27 年 1 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> P.1 < 雇 用 就 労 の 促 進 > P.1 < 健 康 医 療 関 係 > P.2 < 医 療 保 険 関 係 > P.5 < 介 護 社 会 福 祉 関 係 > P.6 < 年 金 関 係 等 > P.7 < 生 活 衛

More information

Microsoft Word - 基地協211117表紙重点要望.doc

Microsoft Word - 基地協211117表紙重点要望.doc 基 地 対 策 関 係 施 策 の 充 実 強 化 に 関 する 要 望 我 々 基 地 関 係 市 町 村 議 会 は 基 地 に 対 する 周 辺 住 民 の 十 分 な 理 解 と 協 力 を 得 るため 生 活 環 境 の 整 備 や 住 民 福 祉 の 向 上 等 に 鋭 意 努 力 しているところである しかしながら 基 地 関 係 市 町 村 は 基 地 所 在 に 伴 う 特 殊 な

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

は じ め に

は じ め に 第 9 次 庄 内 町 交 通 安 全 計 画 平 成 23 年 度 ~ 平 成 27 年 度 庄 内 町 ま え が き 交 通 安 全 対 策 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 推 進 を 図 るため 交 通 安 全 対 策 基 本 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 110 号 )に 基 づき 国 においては 交 通 安 全 基 本 計 画 を また 山 形 県 および 本 町 においては

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464>

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464> 京 都 府 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 平 成 27 年 12 月 京 都 府 この 報 告 書 は 京 都 府 における 職 員 数 や 給 与 勤 務 条 件 人 件 費 の 状 況 などを 広 く 府 民 の 皆 様 に 公 表 することにより 本 府 の 人 事 行 政 の 透 明 性 をさらに 高 めるとともに その 適 正 な 運 営 を 確 保 するた め 職 員

More information

目  次(秦野市地域防災計画)

目  次(秦野市地域防災計画) 目 次 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 第 1 章 総 則 風 -1 第 1 節 計 画 の 目 的 風 -1 第 2 節 構 成 風 -2 1 災 害 予 防 計 画 風 -2 2 災 害 応 急 対 策 計 画 風 -2 3 災 害 復 旧 復 興 計 画 風 -2 4 特 殊 災 害 対 策 風 -2 第 3 節 防 災 関 係 機 関 の 実 施 責 任 及 び 処 理 すべき 事

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

1 款 市 税 1 項 市 民 税 1 目 個 人 1 現 年 課 税 分 9,317,201 均 等 割 272,608 225,205 47,403 市 民 税 課 調 定 見 込 額 281,040,000 円 収 納 率 97.0%=272,608,800 円 20 歳 以 上 の 人 口

1 款 市 税 1 項 市 民 税 1 目 個 人 1 現 年 課 税 分 9,317,201 均 等 割 272,608 225,205 47,403 市 民 税 課 調 定 見 込 額 281,040,000 円 収 納 率 97.0%=272,608,800 円 20 歳 以 上 の 人 口 一 般 会 計 歳 入 予 算 説 明 書 - 1 - 1 款 市 税 1 項 市 民 税 1 目 個 人 1 現 年 課 税 分 9,317,201 均 等 割 272,608 225,205 47,403 市 民 税 課 調 定 見 込 額 281,040,000 円 収 納 率 97.0%=272,608,800 円 20 歳 以 上 の 人 口 の 伸 びや 均 等 割 が3,000 円 から3,500

More information

目 次 ページ 1. 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 2. 予 算 規 模 1 3. 予 算 総 括 表 2 4. 歳 入 の 状 況 3 5. 市 税 の 状 況 4 6. 目 的 別 の 状 況 5 7. 性 質 別 の 状 況 6 8. 予 算 の 特 徴 7 9. 地 方

目 次 ページ 1. 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 2. 予 算 規 模 1 3. 予 算 総 括 表 2 4. 歳 入 の 状 況 3 5. 市 税 の 状 況 4 6. 目 的 別 の 状 況 5 7. 性 質 別 の 状 況 6 8. 予 算 の 特 徴 7 9. 地 方 平 成 28 年 度 当 初 予 算 日 向 市 目 次 ページ 1. 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 2. 予 算 規 模 1 3. 予 算 総 括 表 2 4. 歳 入 の 状 況 3 5. 市 税 の 状 況 4 6. 目 的 別 の 状 況 5 7. 性 質 別 の 状 況 6 8. 予 算 の 特 徴 7 9. 地 方 債 残 高 の 状 況 9 10. 基 金 の 状

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

スライド 1

スライド 1 元 気 な 日 本 復 活 予 算 5つのポイント メリハリ/ 従 来 型 の 配 分 を 大 胆 に 組 み 替 えます 拡 充 社 会 保 障 5% 増 科 学 研 究 費 補 助 金 3 割 増 重 点 化 別 枠 で 成 長 と 雇 用 に 重 点 化 見 直 し 公 共 事 業 を 実 質 5% 削 減 税 制 措 置 法 人 減 税 ( 以 降 別 枠 関 連 予 算 は と 表 示 )

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

【公表資料】28.3.28緊急対策資料

【公表資料】28.3.28緊急対策資料 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 について 平 成 28 年 3 月 28 日 厚 生 労 働 省 待 機 児 童 解 消 までの 緊 急 的 な 取 組 として 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 の 待 機 児 童 数 が50 人 以 上 いる114 市 区 町 村 及 び 待 機 児 童 を 解 消 するために 受 け 皿 拡 大 に 積 極 的

More information

Microsoft Word - 01 原稿

Microsoft Word - 01 原稿 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 千 葉 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 26 年 度 普 通 会 計 ( 決 算 額 )に 占 める 件 費 の 状 況 は 次 のとおりです ( 平 成 27 年 度 ) 件 費 の 内 訳 は 教 育 関 係 職 員 ( 市 町 村 立 小 中 学 校 の 教 員 を 含 む)が 67.5% 警 察 関

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

社団法人 青森県宅地建物取引業協会

社団法人 青森県宅地建物取引業協会 公 益 社 団 法 人 青 森 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 自 : 平 成 28 年 4 月 1 日 至 : 平 成 29 年 3 月 31 日 昨 年 の 日 本 経 済 は 2014 年 4 月 の 消 費 税 率 引 上 げや 輸 入 物 価 の 上 昇 等 の 影 響 を 受 けて 景 気 の 回 復 力 に 弱 さがみられた 局 面 もありましたが

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

施設整備交付要綱

施設整備交付要綱 東 京 都 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 6 衛 医 対 第 1125 号 17 福 保 医 政 第 165 号 平 成 7 年 2 月 1 日 平 成 17 年 7 月 15 日 7 衛 医 対 第 1186 号 18 福 保 医 政 第 1050 号 平 成 7 年 10 月 25 日 平 成 18 年 12 月 15 日 8 衛 医 計 第 3 1

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378>

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378> 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 岐 阜 市 の 給 与 定 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 人 件 費 率 年 度 人 08,307 1,9,10 9,07,66 7,1,77 18.8 18.7 ( 注 ) 人

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

ーテーション250 組 簡 易 トイレ テント10 組 を 購 入 しました 佐 世 保 市 地 域 防 災 計 画 に 避 難 行 動 要 支 援 者 名 簿 に 掲 載 する 者 の 要 件 等 の 規 定 を 行 いまし た 更 なる 防 災 意 識 の 高 揚 と 防 災 知 識 を 普 及

ーテーション250 組 簡 易 トイレ テント10 組 を 購 入 しました 佐 世 保 市 地 域 防 災 計 画 に 避 難 行 動 要 支 援 者 名 簿 に 掲 載 する 者 の 要 件 等 の 規 定 を 行 いまし た 更 なる 防 災 意 識 の 高 揚 と 防 災 知 識 を 普 及 (2) 安 全 安 心 なまちト 目 的 (めざす 姿 ) あらゆる 災 害 事 故 等 から 市 民 の 貴 重 な 人 命 と 財 産 を 守 ります 戦 略 的 視 点 と 目 標 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 を 踏 まえ 災 害 や 緊 急 事 態 を 想 定 したハード ソフト 両 面 の 防 災 緊 急 対 策 を 講 じるとともに 日 々の 暮 らしにおける 安 全 と 市 民

More information

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 先 課 題 推 進 枠 や 地 財 政 計 画 における

More information

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16 普 通 交 付 税 算 定 事 務 の 手 引 きについて 平 成 26 年 12 月 改 訂 岐 阜 県 清 流 の 国 推 進 部 市 町 村 課 税 政 係 目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費

More information

用 語 解 説 75 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 用 途 地 域 の 指 定 の 変 遷 78 都 市 計 画 図 の 変 遷 80 都 市 計 画 マスタープランの 変 遷 82 参 考 資 料 用 語 解 説 あ 行 ITS NPO Intelligent Transport Systems の 略 で 高 度 道 路 交 通 システムのこと 最 先 端 の 情 報 通 信 技

More information

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制 第 3 章 公 共 施 設 マネジメントの 方 針 1. 現 状 や 課 題 に 関 する 基 本 認 識 上 尾 市 が 置 かれている 人 口 や 財 政 などの 現 状 を 踏 まえると 公 共 施 設 等 をこれまでと 同 じ 規 模 や 手 法 で 整 備 維 持 管 理 していくことは 現 実 的 ではありません 公 共 建 築 物 の 更 新 費 用 予 測 から 建 替 えや 大 規

More information

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他 インフラ 長 寿 命 化 基 本 計 画 平 成 25 年 11 月 インフラ 老 朽 化 対 策 の 推 進 に 関 する 関 係 省 庁 連 絡 会 議 目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割

More information

Microsoft Word - 20130603050.docx

Microsoft Word - 20130603050.docx 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸

More information

【報告】組合要求書回答(総務部).xls

【報告】組合要求書回答(総務部).xls 1 全 職 場 で 共 通 する 要 求 について (1) 15 人 勧 での 地 域 手 当 偏 重 では 私 たちの 生 活 は 実 質 的 に 賃 下 げです 政 府 に 地 域 手 当 廃 止 を 求 め るとともに 生 計 費 ( 地 公 法 第 24 条 第 3 項 ( 均 衡 の 原 則 ))に 考 慮 し 給 与 の 改 善 に 努 めるこ (2) 県 に 準 拠 し 新 幹 線 利

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1 平 成 26 年 度 札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 1 2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 6 4 職 員 の 手 当 の 状 況 8 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 12 6 職 員 数 の 状 況 13 7 公 営 企 業 職 員 の 状 況 (1)

More information

山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 しました 山 村 振 興 法 は 山 村 地 域 における 経 済 力 の 培 養 と 住 民 の 福 祉 の 向 上 を 図 り あわせて 他 地 域 との 格 差 の 是 正 及 び 国 民 経 済 の 発 展 を 図 ること

山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 しました 山 村 振 興 法 は 山 村 地 域 における 経 済 力 の 培 養 と 住 民 の 福 祉 の 向 上 を 図 り あわせて 他 地 域 との 格 差 の 是 正 及 び 国 民 経 済 の 発 展 を 図 ること 山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 のあらまし 平 成 27 年 6 月 農 林 水 産 省 山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 しました 山 村 振 興 法 は 山 村 地 域 における 経 済 力 の 培 養 と 住 民 の 福 祉 の 向 上 を 図 り あわせて 他 地 域 との 格 差 の 是 正 及 び 国 民 経 済 の 発 展

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書

( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書 弥 富 市 自 主 防 災 組 織 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 15 年 3 月 31 日 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 自 主 防 災 組 織 の 結 成 を 推 進 するため 当 該 組 織 が 行 う 活 動 及 び 防 災 資 機 材 等 の 整 備 に 要 する 経 費 について 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 する 補 助 金 に 関 し 必 要

More information