(Microsoft Word - DRC2010\224N\225\361.doc)

Size: px
Start display at page:

Download "(Microsoft Word - DRC2010\224N\225\361.doc)"

Transcription

1 は し が き DRC 年 報 は 今 年 で 14 回 目 の 発 刊 で あり 昨 年 度 と 同 様 に 和 文 版 の み の 刊 行 と い た し ま す が 前 半 部 は 緊 急 性 の 高 い テ ー マ について 1 ペ ー ジ 提 言 を 後 半 部 は こ れ ま で 同 様 に 各 分 野 に 亘 っ て 所 信 見 解 情 報 紹 介 な ど を 掲 載 し て います な お 各 テ ー マ は 執 筆 者 の 自 主 的 選 択 に よりそれぞれ 別 個 に 選 定 さ れ 内 容 は 全 て 個 人 の 見 解 に 基 づ く も ので 本 財 団 と し て の 統 一 見 解 で は な い こ と を お 断 り し て お き ま す 皆 様 の さ ら な る ご 討 議 を お 待 ち し て お り ます 平 成 22 年 12 月 1 日 財 団 法 人 デ ィ フ ェ ン ス リ サ ー チ セ ン タ ー 会 長 上 田 愛 彦

2 目 次 Ⅰ : 1 ペ ー ジ 提 言 1~10 1. 情 報 の 本 質 的 有 効 活 用 を 強 化 す る た め に 2. 増 大 す る サ イ バ ー 脅 威 に 備 え よ 3. 大 規 模 防 衛 シ ス テ ム 取 得 プ ロ ブ ラ ム の 価 格 上 昇 原 因 分 析 4. 日 本 の 根 本 問 題 国 論 分 裂 に つ い て 5. 中 国 の 潜 水 艇 開 発 に 思 う 6. 我 が 国 の 造 艦 産 業 基 盤 の 危 機 7. 我 が 国 周 辺 の 対 中 軍 事 環 境 の 劇 的 変 化 8. 武 器 輸 出 三 原 則 の 見 直 し を 9. 尖 閣 沖 漁 船 衝 突 事 件 の 教 訓 専 守 防 衛 は 紛 争 を 誘 発 す る 10. 新 防 衛 大 綱 の 考 察 Ⅱ : 安 全 保 障 に 係 わ る 所 論 こ れ か ら の 安 全 保 障 戦 略 11 ( 財 )DRC 理 事 長 上 田 愛 彦 米 陸 軍 の 弾 薬 の 安 全 性 向 上 施 策 に つ い て 15 ( 財 )DRC 研 究 委 員 池 田 純 一 我 が 国 の と る べ き 海 洋 戦 略 21 ( 財 )DRC 研 究 委 員 伊 藤 和 雄 サ イ バ ー 戦 そ の 概 要 と 動 向 29 ( 財 )DRC 研 究 委 員 伊 東 寛 我 が 国 の 防 衛 取 得 調 達 改 革 は ど う あ る べ きか 35 ( 財 )DRC 研 究 委 員 稲 垣 連 也 ロ シ ア の 軍 備 近 代 化 の 目 指 す も の 45 ( 財 )DRC 研 究 委 員 江 口 博 保 取 得 改 革 と TRL 56 ( 財 )DRC 研 究 委 員 神 野 喜 久 夫 我 が 国 が 確 保 す べ き 防 衛 能 力 64 ( 財 )DRC 研 究 委 員 小 林 一 雅 我 が 国 周 辺 の 対 中 軍 事 環 境 の 劇 的 変 化 と そ の 対 応 74 ( 財 )DRC 研 究 委 員 五 味 睦 佳 武 器 輸 出 三 原 則 の 見 直 し を 84 ( 財 )DRC 研 究 委 員 新 治 毅 洋 上 発 進 の 宇 宙 船 は 実 現 可 能 か 92 ( 財 )DRC 研 究 委 員 杉 山 徹 宗 安 全 保 障 の 観 点 か ら 見 た 日 米 中 関 係 の 一 考 察 102 ( 財 )DRC 研 究 委 員 高 山 雅 司 中 国 と そ の 科 学 技 術 と い う 鏡 に 映 し た 日 本 の 将 来 107 ( 財 )DRC 研 究 委 員 玉 眞 哲 雄 3 カ 国 間 の 国 民 感 情 の 計 量 分 析 的 手 法 による 一 考 察 114 ( 財 )DRC 研 究 委 員 三 谷 孝 幸 財 団 法 人 デ ィ フ ェ ン ス リサーチ センターの 概 要 124

3 情 報 の 本 質 的 有 効 活 用 を 強 化 す る た め に ( 財 )DRC 理 事 長 上 田 愛 彦 日 本 も 情 報 化 時 代 に 入 っ て 久 し い が 単 に 情 報 の 交 換 蓄 積 点 検 と い っ た 手 続 き 等 を 重 点 的 に 考 え る の みではなく 必 要 な 情 報 を 有 効 に 活 用 し て 公 共 の 役 に 立 つ こ と を 本 質 的 に 推 進 し て ゆ く べきことは 論 ず る ま で もない 問 題 は 本 来 情 報 の も つ 基 本 的 な 役 割 り と そ れ ら が 導 く であろう 新 た な 対 応 が ややもするとその 情 報 をとり 巻 く 事 務 管 理 あ る い は と り 敢 え ず の 煩 わ し さ や 小 さ な 悪 い 影 響 等 が 予 想 さ れ る と 情 報 そ の も の が も つ 重 要 な 原 動 力 は 忘 れ 去 ら れ る か 故 意 に ねじ 曲 げ ら れ あ る べ き 姿 か ら 全 く か け 離 れ た 様 相 を 呈 す る こ と をどう 防 ぐ か と い う こ とである これらは 一 種 の 情 報 操 作 で あ り 国 家 の 運 命 に か か わ る 事 態 と な れ ば 厳 し く 糾 弾 さ れ な け れ ば な ら ないことである しか し 表 に 出 て き た 結 果 を 見 た だ け で は そ れ 以 前 に 何 が あ っ た の か すら 分 ら な い で す ん で し ま う こ と が 多 い の ではなかろうか こ う し た 事 態 を 防 ぐ ためには 多 数 の 情 報 の 流 れ を 予 め 作 り 競 う ことによりできるだ け 真 な る 姿 あ る べ き 方 向 が 平 均 値 と し て 浮 き 出 て く る こ と を 期 待 す る 方 法 が あ る で あ ろ う マ ス コ ミ 報 道 などで 内 外 の 各 社 が そ れぞれ 正 し い と 考 え る 情 報 を 適 切 な 方 法 で 表 現 す る こ と な ど は こ の 典 型 例 で あ る し か し 単 一 の チ ヤ ネ ル の 中 で 起 る 情 報 の 流 れ に つ い て は い つ も 正 し く 処 理 評 価 さ れ て 妥 当 な 結 果 に 到 達 し て いるとは 限 ら な い 途 中 で 止 る か 消 さ れ るか 故 意 に 遅 く さ せ られるか 極 端 な 場 合 は 反 転 さ せ ら れ る か い ろ い ろ な 場 合 が 考 えられるが いずれにしても その 情 報 の 流 れ 本 質 的 な 活 用 を 止 め よ う と す る 動 き に ついては 第 3 者 に よ る 監 視 点 検 逆 方 向 から 溯 っ て の 照 合 等 何 等 か の チ ェ ッ ク 体 制 を 確 立 し て お く こ と が 重 要 で あ る ま た 国 家 と し て 必 要 な 場 合 に は 当 然 の こ と な が ら 秘 密 扱 い と す る 情 報 を 指 定 し な け れ ば な ら な い 反 対 に 個 人 の プ ラ イ バ シ ィ 保 護 の た め 表 面 に 出 さ ない 情 報 や 逆 に プ ラ イ バ シ ィ 保 護 に 隠 れ て 公 共 の た め に 有 用 な 情 報 が 全 く 出 て こ な い 等 目 に 見 え に く い 情 報 を め ぐ る 取 り 扱 い 論 争 は 数 限 り な く あ る が 要 は 利 害 が 対 立 す る 場 合 国 家 と し て 常 識 的 な 評 価 や 取 り 扱 い 基 準 を そ の 都 度 具 体 的 に 確 定 し 国 民 に 周 知 する 必 要 が あ ろ う こ う し た 情 報 面 で の 外 国 か ら の 攻 撃 ( サ イバー 攻 撃 ) を 含 め しっかりした 対 応 策 を と る こ と は 今 後 益 々 重 要 と な り つ つ あ り 目 に 見 え な い 戦 い に 積 極 的 に 挑 戦 し て ゆ く こ と が 求 め ら れ て い る 1

4 増 大 す る サ イ バ ー 脅 威 に 備 え よ ( 財 )DRC 研 究 委 員 伊 東 寛 最 近 各 種 の シ ス テ ム 故 障 ト ラ ブ ル が 多 発 し て い る 鉄 道 の 突 然 の ダ イ ヤ の 乱 れ や 航 空 管 制 シ ス テ ム の システムエラーによるトラブル そのほかにもあまり 公 表 は さ れ て は い な い が 産 業 界 においても 同 様 の シ ス テム 故 障 ト ラ ブ ル が 発 生 し て い る も ち ろ ん 社 会 で コ ンピューターやネットワークを 使 用 す る 機 会 が 加 速 度 的 に 増 え て き て い る の だ か ら こ れらの 障 害 は 予 期 さ れ ていたと 言 う こ と も 可 能 で あ る が 果 た し て そ う な のであろうか か つ て 冷 戦 時 代 に 東 京 急 行 と い う も のがあった ソビエト 連 邦 の 航 空 機 が 定 期 的 に 南 下 し て き て 東 京 付 近 で ユ ー タ ー ン し て 帰 っ て い く 事 象 で あ る この 行 動 の 目 的 は わ が 国 の 防 空 体 制 の 調 査 特 に 対 空 監 視 レ ーダー 等 の 技 術 諸 元 の 収 集 で あ っ た 平 時 の 間 に 収 集 さ れ た こ れ らのデータは 有 事 の 際 に 日 本 の レ ー ダ ー に 対 するジャミングをかけ る た め の 基 礎 資 料 等 として 使 わ れ る 予 定 で あったと 考 え ら れ て い る こ う し て み る と 現 在 日 本 の 各 地 で 発 生 しているシステム 故 障 トラブルのいくつ か は 某 国 ( 特 に ロ シ アをさしているわけではない)が 行 っ て い る サイバー 上 の 東 京 急 行 の 可 能 性 が あ る の で はないかと 危 惧 す る と ころである 現 在 こ れ ら の シ ス テム 故 障 等 に 関 し て その 実 態 は 十 分 に 公 表 されていない ま ず 現 場 レ ベ ル で ( 例 え ば)ウイルスに 感 染 し たということを 上 に 報 告 す る と 自 分 の 不 注 意 で あ る と 怒 ら れ る の ではないかという 人 間 的 な 事 情 が あ り 次 に その 報 告 が ト ッ プ ま で い っ た と し て も 会 社 の シ ス テ ム が ハ ッ カーに 侵 入 さ れ て い た と 公 表 す る こ と は 会 社 の 信 用 度 を 落 と し 株 価 に 影 響 を 与 え る か も しれないと トップがそれを 伏 せ よ う と す る 体 質 も あ る か も し れ ない こ う し て 貴 重 な 被 害 情 報 が 幅 広 く 共 有 さ れないために 社 会 に 危 機 感 が 醸 成 さ れ る こ と も な く 積 極 的 な 対 策 も 採 ら れ て い な いというのが 現 状 で あ ったとしたら それは 寒 心 す べ き こ と と 言 わねばならない 従 っ て 政 府 が 今 後 取 る べ き 具 体 的 な 方 策 のひとつとして これらのシステム 事 故 ト ラ ブ ル を し か る べ きところに 届 け 出 る 仕 組 み そ れ も 強 制 的 な ものを 作 る こ と が あ る と 考 え る つ ま り これらのシステム 事 故 障 害 等 を サ イ バ ー 上 の 法 定 伝 染 病 に 指 定 す る と い う こ と で あ る 届 け ら れ た 情 報 は そ の 精 粗 等 を 審 査 さ れ て 処 置 対 策 が 実 施 さ れ 必 要 が あ れ ば こ れ を 広 く 公 開 し て 社 会 に 警 報 を 発 す る の で あ る ほ か に も サ イ バ ー 関 連 の 法 律 を さ ら に 整 備 し て い く 必 要 が あ ろ う た と え て 言 え ば そ れ ら は サ イ バ ー 建 築 基 準 法 で あ り サ イ バー 道 路 交 通 法 と 呼 ぶ ようなものになるはず で あ る 今 後 政 府 関 係 機 関 等 す べ て が 広 く 危 機 感 を 共 有 し 一 日 も 早 く 必 要 な 法 律 整 備 が な さ れ て 日 本 が 安 心 安 全 な サ イ バ ー 社 会 と なることを 願 っ て や ま ない 2

5 大 規 模 防 衛 シ ス テム 取 得 プ ロ ブ ラ ム の 価 格 上 昇 原 因 分 析 - 米 国 防 省 の 主 要 兵 器 シ ス テ ム の 取 得 で 当 初 計 画 よ り 価 格 が 大 幅 に 上 昇 し ス ケ ジ ュ ー ル が 遅 延 し て い る 原 因 の 分 析 報 告 か ら 我 が 国 の 事 情 を 考 察 す る - ( 財 )DRC 研 究 委 員 稲 垣 連 也 米 国 防 省 は 主 要 兵 器 シ ス テ ム の 取 得 に お い て 当 初 計 画 に 比 し 取 得 価 格 の 大 幅 上 昇 と 取 得 ス ケ ジ ュ ー ル の 遅 延 に 悩 ま さ れ て い る 多 少 誇 張 気 味 な る も 米 国 会 計 検 査 院 GAO は こ こ 数 年 そ の 悪 い 状 況 を 指 摘 報 告 し て お り GAO SP では 96 の プ ロ グ ラ ムで 当 初 か ら の 全 取 得 コ スト 増 が 25% 当 初 予 定 能 力 の 納 入 平 均 遅 延 が 22 カ 月 と 報 告 し て い る 米 国 の IDA (Institute of Defense Analyses)は 米 国 防 省 の 依 頼 を 受 け 過 去 10 年 の 国 防 省 の 主 な 11 の 兵 器 シ ス テ ム 取 得 に ついて 公 式 記 録 調 査 及 び 関 係 者 等 と の イ ン タ ー ビ ュ ー を 通 じ そ の 取 得 価 格 増 等 問 題 点 の 原 因 分 析 を 行 い 将 来 の プ ロ グ ラ ム に 向 け て の 勧 告 を 行 っ て い る(IDA Paper P-5341: 本 文 は ネ ッ ト 上 に 公 開 ) 本 来 つ ら い は ず で 口 に し た く な い 問 題 点 ( 特 に 管 理 の 失 敗 事 項 等 )を 聞 き だ し 複 数 の ケ ー ス を 分 析 し て ま と め る に は 相 当 な 努 力 が 必 要 で あ っ た と 考 え ら れ る が そ う し た 分 析 を 行 い 公 表 す る 姿 勢 に 感 服 さ せ ら れ る これらの 調 査 で の 判 明 事 項 と 勧 告 は 極 め て 貴 重 な も の な の で 我 が 国 の 大 型 防 衛 シ ステム 取 得 調 達 に 参 考 になる 点 を 中 心 に 紹 介 し 考 察 を 加 え て み る 共 通 的 に 判 明 し た 問 題 点 と し て は 管 理 視 認 性 と 管 理 の 方 向 づ け 及 び 管 理 監 督 の 不 十 分 さ 並 び に プ ロ グ ラム 計 画 当 初 の プ ロ グ ラム 定 義 と コ ス ト 推 定 における 一 般 的 な 不 十 分 さ( 要 求 設 定 問 題 技 術 未 成 熟 性 シ ス テ ム エ ン ジ ニ ア リ ン グ 特 に 初 期 の そ れ の 不 十 分 さ 不 合 理 な ス ケ ジ ュール 圧 縮 要 請 )と が 指 摘 さ れ て い る こ れ ら に 問 題 点 分 析 に 基 づ き 勧 告 が な さ れているが その 内 容 のうち 我 が 国 の ケ ー ス に も 適 合 し 今 後 の 参 考 に な る と 思 わ れ る ものには 次 の よ う な 事 項 が あ る 防 衛 取 得 上 級 幹 部 の 管 理 監 督 方 法 の 改 善 防 衛 取 得 プ ロ グ ラムの 要 求 を 設 定 す る ための 解 析 的 基 盤 を 強 化 す る こ と ま た 主 な 範 囲 変 更 に 際 し て は プログラム 名 称 を 変 え 再 開 始 す る こ と が 大 切 である シ ス テ ム エ ン ジ ニ ア リ ン グ の 技 術 的 監 督 の 強 化 ( コ ス ト 独 立 改 善 解 析 CAIG グ ル ー プ に 類 似 し た シ ス テ ムエンジニアリング 改 善 グ ル ー プ SEIG 創 設 ) 我 が 国 で は ま ずシステムエンジニアリング 体 制 を 確 立 し プログラムの 早 期 段 階 に 適 用 す る の が ま ず 第 1 段 階 で あ ろ う 政 府 の リ ソ ー ス 投 入 ( 特 に 予 算 ) 制 限 を 考 慮 し た プ ロ グ ラ ム の 入 手 可 能 性 評 価 の 強 化 非 効 果 的 な あ る いは 誤 っ た 改 革 を 避 け ること 改 革 内 容 の 提 案 に 対 し て は 2-3 の 適 切 な プ ロ グ ラ ム で 試 験 的 な 管 理 適 用 が 必 要 としている このことは 我 が 国 で も よ く あ る も の で 特 に ソ フトウエアの 管 理 等 に おいて 頷 か さ れ る も の がある そ の ほ か 契 約 者 選 択 に 業 者 の 実 績 資 格 を 重 視 す る の 勧 告 が あ る が これは 我 が 国 へ の 適 用 に は 各 種 の 問 題 があるとみられるものの その 主 旨 は 参 考 と なろう こ れ ら の 分 析 は 決 し て 過 去 の 失 敗 を 糾 弾 す るものではなく 教 訓 として 将 来 の プ ロ グ ラ ム/プ ロ ジ ェ ク ト に 活 か そ う と す る も の であり 特 に 我 が 国 で は 建 前 優 先 で 失 敗 を 隠 そ う と す る 風 潮 が あ り こ う し た デ ー タ や 教 訓 の 集 積 に 向 け て の 取 得 文 化 改 革 が 望 ま れ る 3

6 日 本 の 根 本 問 題 国 論 分 裂 に つ い て ( 財 )DRC 研 究 委 員 小 河 内 敏 朗 1. 日 本 を 守 勢 に 立 た せ る 要 因 ( 1 ) 国 際 政 治 の 中 で 日 本 の 反 応 を 鈍 ら せ 必 要 以 上 に 守 勢 に 立 た せ て き た 根 本 要 因 は 国 論 の 分 裂 で あ る (2)そ の 引 き 金 と な る 主 要 な 問 題 は 防 衛 安 全 保 障 歴 史 に か か わ る 問 題 で あ り 議 論 が 収 斂 し て い く 兆 しはない ( 3 ) 困 難 で あっても 次 の 世 代 の た め に 達 成 し な け れ ば な ら な い 妥 協 で き な い 明 確 な 国 家 目 標 が な い こ と が 広 い 意 味 で の 国 論 分 裂 を 助 長 し 国 力 と 国 民 エ ネルギーの 結 集 を 妨 げ ている ( 4 )こ う し た 状 況 は 日 本 経 済 の 再 建 に と っ て も 大 き な 障 害 と な る が 日 本 の 安 全 と 防 衛 に と っ て は 致 命 的 で あ る 2. 国 論 分 裂 の 事 例 ( 1 ) 国 内 最 重 要 課 題 で あ る 憲 法 改 正 新 憲 法 制 定 に 関 す る 議 論 が 進 展 せ ず 改 憲 か 護 憲 か を め ぐ っ て 国 論 は 二 分 さ れ い る ( 2 ) 日 本 の 安 全 と 防 衛 に 直 結 す る 在 日 米 軍 基 地 の 必 要 性 に つ い ても 長 期 に わ た る 国 論 の 分 裂 が み ら れ る ( 3 ) 日 本 人 の 宗 教 精 神 文 化 と か か わ る 靖 国 問 題 に つ い て も 閣 僚 が 参 拝 す べ き か 否 か で 国 論 は 分 裂 し て い る ( 4 ) 最 近 の 事 例 と し て 領 土 問 題 へ の 対 処 に つ い て よ り 強 硬 と よ り 穏 便 の 二 方 向 へ の 国 論 分 裂 が よ り 大 き くなる 兆 し が み ら れ る ( 5 )さ ら に 日 本 経 済 の 再 建 に つ い ても 供 給 サ イ ド 重 視 か 社 会 福 祉 重 視 か で 国 論 は 分 裂 し て い る 3. 国 論 分 裂 の 背 景 ( 1 ) 民 主 的 な 議 論 を 行 う 場 ( 国 会 )が ありながら 単 な る 意 見 のぶつけ 合 い に 終 始 し 本 来 の 機 能 が 十 分 発 揮 さ れ て い な い ( 2 )どこに 脅 威 が あ り そ れが 日 本 の 防 衛 と ど う か か わ っ て く る かがわかりにくい ( 3 ) 日 本 人 の 宗 教 観 が よ く 理 解 さ れ て い な い こ と と 戦 争 の 歴 史 に 対 す る 歴 史 観 の 違 い が 存 在 し て い る ( 4 ) 領 土 領 海 へ の 具 体 的 な 侵 犯 が あ っ た 場 合 ど こ ま で 言 い 返 し ど こ ま で 主 権 行 使 を 徹 底 す る こ と が 得 策 な の か に つ い て の 読 み と 計 算 に 違 い が あ る ( 5 ) 世 論 を リ ー ド す る メ デ ィ ア が 事 実 上 そ れ ぞ れ が 選 好 する 政 治 的 立 場 を 支 援 するに 至 っ て い る ( 6 ) 経 済 財 政 面 か ら 国 と し て と り 得 る 手 段 に 大 き な 制 約 が あ る 4. 停 滞 か 新 た な 出 発 か ( 1 ) 難 問 を 突 き つけられると 国 論 が 分 裂 す る パ タ ー ン を 繰 り 返 す の で は 日 本 の 安 全 と 国 益 を 効 果 的 に 守 っていくことはできない ( 2 ) 議 論 の 多 様 性 を 国 の エ ネ ル ギ ー に 転 換 さ せ て い く 政 治 の リ ー ダ ー シ ッ プ の 不 足 が 今 日 の 日 本 の 停 滞 の 根 源 に あ る ( 3 ) 不 確 実 性 に 満 ち た 時 代 に 適 合 し 同 時 に 日 本 を 再 生 さ せ る 魅 力 的 な 国 家 目 標 を 設 定 す る 国 民 的 合 意 達 成 が 新 た な 出 発 点 と なる ( 4 )そ の た め に 今 日 本 人 が 為 す べ き こ と は 自 ら に 信 を 置 け る 自 己 を 回 復 し 日 本 の 価 値 を 再 認 識 す る こ と で あ る 如 何 な る 事 態 に 直 面 し て も 右 往 左 往 し な い 精 神 的 バ ッ ク ボ ー ン を も つ と い う こ とで も あ る 4

7 中 国 の 潜 水 艇 開 発 に 思 う ( 財 )DRC 研 究 委 員 神 野 喜 久 夫 8 月 27 日 付 の 人 民 網 は 中 国 が 独 自 の 潜 水 艇 を 開 発 し 潜 水 実 験 に 成 功 し た こ と を 伝 え た 深 度 3500 メ ートル 以 上 の 有 人 潜 水 艇 を 開 発 で き る 国 と し ては 米 仏 ロ シ ア 日 本 に 続 き 世 界 で 5 番 目 と な る 潜 水 艇 開 発 は 表 向 き 石 油 天 然 ガ ス 鉱 物 な ど 海 底 資 源 の 探 査 と し て い る が その 戦 略 的 価 値 は 高 く 加 え て 軍 事 転 用 の 可 能 性 も 想 定 さ れ る 1 潜 水 艇 の 概 要 中 国 科 学 技 術 と 国 家 海 洋 局 が 独 自 に 設 計 開 発 し た 初 の 有 人 潜 水 艇 蚊 竜 号 は 今 年 5 下 旬 か ら 南 シ ナ 海 において 計 1 7 回 に の ぼる 潜 水 実 験 を 行 い 最 大 深 度 3759 メ ー ト ル ( 世 界 の 海 洋 平 均 深 度 は 3682 メ ー ト ル) 海 中 で の 作 業 時 間 は 9 時 間 3 分 に 達 し た と さ れ る 蚊 竜 号 は 海 中 で 静 止 し な が ら 目 標 物 の 位 置 測 定 海 底 地 形 測 定 が で き 最 新 の 音 響 通 信 や 高 速 画 像 伝 送 を 用 い 水 中 ア ー ム により 海 底 に 五 星 紅 旗 を 立 て る 実 験 も な さ れ た 模 様 細 部 の 能 力 は 不 明 で あ る が 設 計 上 の 潜 水 深 度 は 7000 メートルとされ 成 功 す れ ば わ が 国 の 深 海 潜 水 艇 し ん か い 6500 を 凌 ぎ 世 界 一 と な る 見 込 み 2 潜 水 艇 の 戦 略 的 意 味 合 い 蚊 竜 号 の 開 発 目 的 は 1 海 山 海 嶺 熱 水 噴 出 孔 な ど の 複 雑 な 海 底 地 形 に お け る 様 々 な 科 学 調 査 2 深 海 に お け る 海 底 資 源 探 査 高 精 度 な 海 底 地 形 測 量 不 審 物 の 調 査 と 捕 獲 3 水 中 機 器 の 配 置 海 底 ケ ー ブ ル や パ イ プ ラ インの 検 査 4 そ の 他 の 海 底 探 査 お よび 引 揚 げ な ど の 複 雑 な 作 業 の 実 施 な ど の 主 と し て 科 学 的 平 和 的 な 利 用 を 強 調 し て い る し か し な がら この 潜 水 能 力 を 用 い れ ば 全 世 界 の 海 底 の う ち 99.8%の 探 索 が 可 能 と さ れ 宇 宙 開 発 と 同 様 中 国 台 頭 の 重 要 な 象 徴 の み な ら ず 資 源 戦 略 軍 事 戦 略 的 に 看 過 で き な い 能 力 と な る で あ ろ う (1) 西 太 平 洋 の わ が 国 排 他 的 経 済 水 域 (EEZ) 内 に は レ ア ア ー ス な ど の 海 底 資 源 が 豊 富 に 埋 蔵 し て い る と 見 積 もられており 自 由 な 調 査 開 発 等 を 実 施 で きる 能 力 は 垂 涎 の 的 ( 2) 中 国 海 軍 の 第 二 列 島 線 戦 略 実 現 の た め 空 母 や 潜 水 艦 活 動 に 必 要 な 海 水 温 分 布 や 塩 分 濃 度 潮 流 海 底 地 形 と い っ た デ ータを 隠 密 裏 に 収 集 可 能 と な り 海 上 優 勢 獲 得 に 寄 与 (3) 海 底 の 通 信 ケ ーブルなどに 接 近 し 盗 聴 装 置 の 設 置 破 壊 工 作 な ど が 可 能 (4) 沖 ノ 鳥 島 は 重 要 な 戦 略 拠 点 の ひ と つ であるが 10 年 ス パ ン の 長 期 的 な 海 中 破 壊 工 作 に よ り 岩 礁 を 海 面 下 に 葬 り 去 る な ど 島 嶼 の 破 壊 工 作 の 可 能 性 も 否 定 で き な い 昨 今 東 シ ナ 海 や 西 太 平 洋 お け る 中 国 艦 艇 などの 活 動 の 頻 発 化 に 伴 い わ が 国 の 航 空 機 や 巡 視 艇 が そ の 都 度 警 戒 監 視 を 行 っ て い るようであるが 近 い 将 来 に お け る 潜 水 艇 の 活 動 を 勘 案 し 海 中 センサーネットワークなどによる 常 続 的 な 警 戒 監 視 態 勢 を 強 化 す る 必 要 が あ ろ う 5

8 我 が 国 の 造 艦 産 業 基 盤 の 危 機 ( 財 )DRC 研 究 委 員 幸 島 博 美 防 衛 省 に 設 け ら れ た 新 た な 時 代 の 安 全 保 障 と 防 衛 力 に 関 す る 懇 談 会 が 22 年 8 月 に 防 衛 力 を 支 え る 基 盤 整 備 に お け る 物 的 基 盤 と し て の 防 衛 生 産 技 術 基 盤 を め ぐ る 行 き 詰 ま り 打 破 の た め の 提 言 が 国 内 で 維 持 す べ き 生 産 技 術 分 野 に つ い て 官 民 が 共 通 の 認 識 を 持 ち 選 択 と 集 中 を 進 め る 必 要 が あ る と し て 政 府 が 防 衛 産 業 技 術 戦 略 を 示 す べ き で あ る と 報 告 し て い る さ ら に 21 年 7 月 の 経 団 連 の 我 が 国 の 防 衛 産 業 政 策 の 確 立 に 向 け た 提 言 で 防 衛 産 業 の 現 状 環 境 の 変 化 防 衛 技 術 生 産 基 盤 の 意 義 な ど の ほ か 適 正 予 算 の 確 保 と 重 要 分 野 へ の 集 中 投 資 を 提 言 し て い るが それ 自 体 は 従 来 防 衛 予 算 の ひ っ 迫 の 度 ご と に 関 係 部 署 関 係 企 業 が 十 分 認 識 し て 適 切 か つ 大 変 な 苦 労 の 末 対 応 が な さ れ て 曲 が り な り に も 凌 い で きたところではある しかし 新 た な 時 代 を 意 識 し た 防 衛 大 綱 の 見 直 し 新 中 期 防 で 改 革 を 進 め よ う と す る 今 日 い わ ば ス タ ー ト 時 点 す で に 大 き な 障 壁 を 見 据 え て の 現 状 打 破 すなわちこのままでは 到 底 凌 げ な い と い う 認 識 に 立 っ た 提 言 な の だから 従 来 に 増 し て 難 しいのである しかも 海 洋 先 進 国 家 で あ る 我 が 国 の 安 全 保 障 の 根 幹 を 成 す べ き 艦 艇 部 隊 の 整 備 を 進 め る う え で 昨 今 の 造 艦 基 盤 の 揺 ら ぎ や 弱 体 化 は 大 変 危 険 な 状 況 を 呈 し つ つ あ ることに 懸 念 す る の で ある すなわち 国 内 で 維 持 す べ き 分 野 と してもはや 選 択 さ れ て いないのではなかろうか( あ る い は さ れ な い ) さ れ て い る ( あ る い はされる)としても 潜 水 艦 や 掃 海 艇 の よ う に 特 集 と 見 ら れ が ち な 分 野 に と ど ま る の で は なかろうかという 危 惧 すら 持 つ の で あ る い みじくも 昨 今 の 造 艦 ペ ー ス に 見 ら れ る よ う な 08 や 16 中 期 防 で も 生 起 し た よ う な 年 間 1 隻 程 度 の 建 造 を 下 回 る こ と が 恒 常 的 に なることが 今 後 も 容 易 に 予 想 さ れ る と 同 時 に ペースの 低 下 自 体 は 艦 艇 の 大 型 化 や 高 額 化 も 影 響 す る の で 一 概 に 言 え な い 点 は あ る も のの 造 艦 支 え て き た 企 業 ( 供 給 ) と 必 要 な 艦 種 と 隻 数 ( 需 要 ) の 均 衡 の 破 た ん に よ る 基 盤 の 崩 壊 が す で に 現 実 的 に 始 ま っ て い る という 認 識 が あ る か ら である しかも 艦 艇 建 造 所 と い う 企 業 単 位 の 捉 え 方 も さ る こ と ながら 艦 艇 固 有 の 特 殊 な 材 料 の 製 造 加 工 技 術 を 支 え て き た 設 備 や 技 能 工 の 散 逸 消 滅 あ る い は 撤 退 新 しい 装 備 品 の 研 究 開 発 を 自 主 的 に 提 供 し て く れ て い た 中 小 企 業 の 努 力 の 減 退 な ど 艦 艇 の 質 や 能 力 に 与 え る 影 響 は 無 視 で き な い 状 況 に 至 っ て い る し す でに 致 命 的 様 相 を 呈 し ているいくつかの 具 体 例 も 見 え 始 め て い る の で あ る し た が っ て 今 後 選 択 と 集 中 が 避 け ら れ な い 方 向 性 であるならば 選 択 の 際 の 単 位 区 分 は ただ 単 に 大 企 業 に と ど まらず コアとなる 技 術 ( 技 能 を 含 む ) や 設 備 原 材 料 に ま で 微 細 に 注 視 し 企 業 の 規 模 や 体 力 に も 留 意 し つ つ 近 年 の 過 度 で 無 意 味 な 受 注 競 争 原 理 の 適 用 を 早 急 に 排 除 す べ きであり むしろ 保 護 するぐらいの 方 策 を 採 っ て こ そ 報 告 書 に あ る 官 民 が 共 通 の 認 識 を 持 ち と い う 前 提 が 確 保 で き る と 考 え る す な わ ち 保 護 と 育 成 維 持 と 向 上 と いう 点 で 実 効 的 成 果 が 期 待 で き る よ う な 我 が 国 の 安 全 保 障 に 欠 か すことのできない 防 衛 産 業 技 術 戦 略 を 示 し ての 実 行 し か も 多 く が 国 産 で あ る 造 艦 基 盤 が 危 機 に あ る が ゆ え の 配 意 が 必 要 だ と 考 え るのである 6

9 我 が 国 周 辺 の 対 中 軍 事 環 境 の 劇 的 変 化 ( 財 )DRC 研 究 委 員 五 味 睦 佳 周 知 の と お り 最 近 の 中 国 の 経 済 力 軍 事 力 の 増 強 は 目 を 見 張 るものがある 米 国 国 家 情 報 会 議 (NIC) によれば 中 国 は 2025 年 ま で に 世 界 第 2 の 経 済 大 国 に な る と 予 想 し 日 本 の 内 閣 府 でも 2030 年 に は 米 国 を 抜 き 世 界 の GDP の 23%( 米 国 は 17%) を 占 め る と 予 想 し て い る 軍 事 力 に つ い て も 公 表 国 防 費 の 規 模 は 過 去 5 年 間 で 5 倍 以 上 過 去 20 年 間 で 約 18 倍 と 驚 異 的 な 増 強 で 7 月 28 日 米 国 議 会 調 査 局 は 中 国 は 2015 年 か ら 5 年 間 で 6 万 ト ンから 7 万 ト ン の 空 母 を 6 隻 建 造 す る と 報 告 し て い る 空 母 の み な ら ず 対 衛 星 兵 器 電 子 戦 サ イ バ ー 戦 統 合 防 空 シ ス テ ム 弾 道 巡 航 ミ サ イ ル 高 性 能 戦 闘 爆 撃 機 UAV 潜 水 艦 機 雷 戦 等 の 総 合 的 分 野 で の 増 強 は 西 太 平 洋 の 軍 事 バ ラ ン ス を 中 国 優 位 に し つつある 他 方 リ ー マ ン ブ ラ ザーの 破 綻 イ ラ ク アフガンの 戦 費 の 増 大 等 に よ る 米 国 の 経 済 力 軍 事 力 の 低 下 は 著 し い 米 海 軍 も 建 艦 計 画 に 苦 し ん で お り 質 的 に 落 と し て 数 を 確 保 し た と し て も 2025 年 ごろには 現 在 の 280 か ら 230 程 度 に 減 少 す るのではないかと 懸 念 さ れ て い る 更 に 劇 的 変 化 は 米 国 が 戦 後 60 年 間 絶 対 的 な 軍 事 的 優 位 の 根 幹 と し て き た 空 母 か ら の 陸 上 へ の 戦 力 投 射 作 戦 が 中 国 の 空 母 攻 撃 用 中 距 離 弾 道 弾 ミ サ イ ル DF- 21D が 早 晩 実 線 配 備 さ れ ることにより 著 し く 制 約 さ れ る こ と で あ る 即 ち こ の ミ サ イ ル が 存 在 す る 限 り 空 母 は 作 戦 海 域 に 近 づ く こ と は 極 め て 困 難 と な り 緒 戦 に お い て 対 中 国 作 戦 の 主 役 か ら は ず さ れ ることになる 米 国 は ロシアとの 中 距 離 核 兵 器 制 限 条 約 に よ り 射 程 500km か ら 5500km の 弾 道 ミ サ イ ル は 保 有 で き な い 空 母 が 中 国 の 沿 岸 に 近 接 し こ れ ら の 中 距 離 ミ サ イルを 無 力 化 す る こ と が 出 来 た 時 期 は そ れ ほどの 脅 威 で は な か っ た し か し 緒 戦 に お いて 空 母 の 機 動 打 撃 力 が 期 待 で き な い 状 況 で は 中 国 の 陸 上 攻 撃 用 を 含 む こ れ ら 中 距 離 弾 道 ミ サ イ ル は 嘉 手 納 岩 国 横 須 賀 さ ら にはグアム 等 に 前 方 展 開 し て い る 米 軍 基 地 への 重 大 な 脅 威 と な る このような 深 刻 な 状 況 に 鑑 み ゲ ー ツ 長 官 が 今 年 5 月 3 日 海 軍 協 会 で 空 母 を 中 心 と す る 海 軍 戦 略 を 見 直 す と ともに 空 軍 と 海 軍 が 協 力 し 革 新 的 な 統 合 作 戦 Joint Air-Sea Battle Concept を 策 定 す る こ と の 必 要 性 を 説 い た こ れ を 受 け て 海 軍 作 戦 部 長 及 び 空 軍 参 謀 長 は 現 在 こ れ の 作 業 を 実 施 し て い る 先 般 著 名 な シ ン ク タ ン ク CSBA は こ れ の た た き 台 と し て Air-Sea Battle を 発 刊 し た こ れ は 対 中 国 の 作 戦 計 画 で は な く て 緒 戦 に おける 空 母 の 有 用 性 が 減 少 し 戦 略 バ ラ ン ス が 著 し く 中 国 優 位 に 傾 く の を 空 軍 と 海 軍 が 密 接 に 協 力 す る こ と に よ り い か に 相 殺 ( Off Set) し バ ラ ン ス を 保 ち 中 国 と の 紛 争 を 抑 止 す る こ と に あ る と し て い る 抑 止 に 失 敗 し た 場 合 こ れ が 有 効 に 機 能 す る た め に は 緒 戦 に お い て 前 方 展 開 の 米 軍 は 中 国 の 中 距 離 弾 道 ミ サ イ ル の 攻 撃 に 耐 え て こ れ を 凌 ぎ 反 撃 に 転 じ る が そのためには 基 地 の 分 散 抗 堪 化 等 日 本 の 同 盟 国 と し て の 協 力 支 援 が 必 要 不 可 欠 と し ている 前 方 展 開 の 米 軍 の 先 制 攻 撃 に 対 す る 脆 弱 性 は 劇 的 に 増 加 しつつある 日 本 が 今 の よ う な 腰 の 定 ま ら な い い い 加 減 な 対 応 を し て い る な らば 西 太 平 洋 の 軍 事 バ ラ ン ス は 中 国 優 位 に 展 開 し や が て 米 国 は 西 太 平 洋 か ら 撤 退 す る こ と に な り 日 米 同 盟 の 解 消 日 本 の 中 国 の 属 国 化 と い う 悪 夢 が 現 実 の も の と な る 今 回 の 尖 閣 諸 島 問 題 を 契 機 に 我 が 国 の 安 全 保 障 論 議 を 更 に 実 の あ る も の に し な け ればならない 7

10 武 器 輸 出 三 原 則 の 見 直 し を ( 財 )DRC 研 究 委 員 新 治 毅 自 衛 隊 の 装 備 品 は 用 途 が 限 ら れ 特 殊 な 設 備 や 高 度 な 技 術 が 要 求 さ れ 品 質 管 理 が 厳 し く 求 め ら れ る な どといった 特 徴 が あ る このため 市 販 性 に 乏 し く 競 争 契 約 に な じ ま な い も の が 多 く また 製 造 に は 武 器 等 製 造 法 や 航 空 機 製 造 事 業 法 な ど に よ る 許 可 を 必 要 と さ れ る も のもあり 製 造 が で き る のは 特 定 の 企 業 に 限 ら れる また 自 衛 隊 の 装 備 品 を 扱 う 企 業 は 欧 米 の 巨 大 な 防 衛 産 業 と 異 な り 多 角 経 営 の 一 部 門 と し て 民 間 の 技 術 を 活 用 し て 装 備 品 の 開 発 生 産 を 行 っ ている 場 合 が 多 く そ の 産 業 規 模 は 大 き く な い ま た 海 外 で は 輸 出 を 行 う こ と に よ り 量 産 効 果 で 価 格 を 低 く 抑 えることができるが 日 本 で は 武 器 輸 出 3 原 則 に よ り 輸 出 が 制 限 さ れ て い る 為 に 市 場 は 防 衛 庁 だ け で 少 量 生 産 と な り 価 格 が 割 高 になる このように 我 が 国 は 武 器 輸 出 3 原 則 に よ り 武 器 技 術 を 厳 し く 識 別 し て 国 外 へ の 移 転 を 米 国 以 外 は 禁 止 す る と い う 世 界 に は その 例 を み な い 技 術 管 理 を 行 な っ て い る 兵 器 輸 出 を 悪 と す る な ら 良 い 国 を 探 す こ と は 難 し い 永 世 中 立 国 オ ー ス トリ ア の 武 器 輸 出 額 は 独 裁 国 家 の 北 朝 鮮 や リ ビアよりも 数 倍 か ら 十 数 倍 と い わ れ る 同 じ く 永 世 中 立 国 ス イ ス も 武 器 輸 出 国 で あ る 人 権 に は こ と の ほ か う るさいフランスもドイ ツ も E U が89 年 の 天 安 門 事 件 を 契 機 に 実 施 し て い る 対 中 武 器 禁 輸 政 策 を 解 禁 し た く て ウ ズ ウ ズ し て い る そ し て 韓 国 で は 2008 年 の 軍 事 関 連 輸 出 が 初 め て 10 億 ド ル を 突 破 07 年 に 比 べ22% も 増 えた 中 で も 契 約 競 争 で ド イ ツ を 破 り ト ル コ に 技 術 提 供 し た 戦 車 黒 ヒ ョ ウ の 存 在 は ひ と 際 注 目 さ れ た 戦 車 の 技 術 輸 出 は 初 めてのことである 今 年 の 輸 出 対 象 国 は 伝 統 的 に 強 か っ た 中 東 北 米 か ら 中 南 米 ア フ リ カ へ と 拡 大 2007 年 の46カ 国 か ら 昨 年 は58カ 国 へ と 増 え て い る 我 が 国 も 今 後 財 政 的 制 約 か ら 防 衛 関 連 予 算 の 大 幅 な 伸 び は 見 こ め な い こ と 同 盟 国 な ど か ら の 共 同 開 発 生 産 の 要 請 が 強 いこと このままでは 欧 米 と の 技 術 格 差 の 拡 大 が 懸 念 さ れ る こと 韓 国 な ど の 周 辺 諸 国 も 欧 米 と の 共 同 開 発 を 始 め た こ と 新 た な 脅 威 に 対 応 す る 装 備 品 を 時 間 的 制 約 か ら 輸 入 に 頼 ら ざ る を 得 ない 傾 向 が 増 加 し つ つ あ る こ と 等 と し た 現 状 を 踏 ま え 防 衛 生 産 技 術 基 盤 を 維 持 し ていくためには 将 来 の 我 が 国 の 防 衛 に 必 要 な 分 野 に 重 点 的 に 投 資 し 同 盟 国 と の 連 携 を 進 め る 上 で 障 害 に な っ て い る も の を 取 り 除 く 必 要 が あ る ひ と り 我 が 国 が 取 り 残 さ れ ないためにも 世 界 の 最 先 端 技 術 へ の ア ク セスや 我 が 国 の 技 術 レ ベルの 向 上 防 衛 技 術 生 産 基 盤 の 維 持 強 化 日 米 同 盟 関 係 の 強 化 イ ン タ ー オ ペ ラ ビリティの 確 保 な ど を 考 え れ ば 時 代 に 合 わ な く な っ た 武 器 輸 出 3 原 則 の 見 直 し が 必 要 と 考 え ら れ る 8

11 尖 閣 沖 漁 船 衝 突 事 件 の 教 訓 専 守 防 衛 は 紛 争 を 誘 発 す る ( 財 )DRC 研 究 委 員 古 澤 忠 彦 平 成 22 年 9 月 7 日 に 起 こ っ た 尖 閣 諸 島 周 辺 海 域 に お け る 海 上 保 安 庁 巡 視 船 に 対 す る 中 国 漁 船 の 衝 突 に よ る 明 白 な 公 務 執 行 妨 害 船 長 逮 捕 事 件 は 日 中 間 の 領 土 問 題 を 背 景 に し て い る だ け に 従 来 に な い 緊 張 を も た ら した 教 訓 を 云 々 す る に は 未 だ 事 実 関 係 が 不 明 確 な 部 分 が あ り 時 期 尚 早 の 感 は ぬ ぐ え な い が 報 道 等 の 資 料 を 元 に し て 独 断 と 偏 見 を 持 っ て 分 析 を 試 み た 1 わ が 国 の 領 域 国 境 へ の 関 心 と 政 策 を 堅 持 す る こ と 尖 閣 の 問 題 は 1970 年 代 に 突 然 生 じ た 懸 案 であり この 種 事 態 の 生 起 の 可 能 性 を 示 唆 し て い た そ れ に も かかわらずわが 国 は 周 辺 国 と の 友 好 関 係 と 経 済 的 利 益 に 埋 没 し て 海 洋 政 策 の 策 定 と 国 境 離 島 問 題 の リ ス ク を 忌 避 し て き た 海 洋 の 自 由 の 堅 持 と 海 洋 領 域 の 適 切 な 管 理 は 海 洋 国 家 日 本 の 立 国 の 条 件 であり 国 益 の 基 本 で あることを 教 育 社 会 生 活 政 治 の 場 で 常 に 強 い 関 心 を 持 ち 続 け るためにも 領 域 警 備 法 等 の 法 的 整 備 が 必 要 で あ る 2 国 家 主 権 の 意 識 と 外 交 の 主 導 権 を 失 っ た こ と わ が 国 は 法 に 基 づ い て 不 法 行 為 の 船 長 と 漁 船 を 拘 束 し な が ら 理 由 も な く 途 中 か ら 国 家 主 権 と 外 交 主 導 権 を 放 棄 し て し ま っ た 国 境 離 島 も わ が 国 国 土 国 益 で あ る こ と の 法 的 根 拠 を 明 確 に し 法 執 行 の 体 制 と 政 治 的 意 思 の 具 体 化 と 整 合 を 図 る べ き で あ っ た 一 旦 放 棄 し た 主 権 は 取 り 戻 せ な い し 力 で 奪 われた 国 土 を 取 り 戻 す には 大 量 の 血 を 流 す こ と を 覚 悟 し な け れ ば ならない 3 中 国 が 領 土 問 題 を 紛 争 化 し た こ と わ が 国 は 明 明 白 白 に 日 本 の 領 土 で あ る 尖 閣 諸 島 に つ い て は 日 中 間 に 領 土 問 題 は 存 在 し な い と し て き た しかし 中 国 は 尖 閣 諸 島 を 紛 争 問 題 化 に し て し まった 国 連 海 洋 法 条 約 は 多 く の 曖 昧 性 を 持 っ て い る そ の 曖 昧 な 間 隙 を 突 い て 中 国 が 海 洋 国 土 の 拡 張 覇 権 を 求 め あ え て 紛 争 を 仕 掛 け て で も 権 益 を 確 保 す る 国 柄 で あ る こ と を 肝 に 銘 じ て お く べ き で あ る 4 常 に 国 内 お よ び 国 際 間 に 認 知 さ せ る 努 力 が 必 要 で あ る こ と 船 長 の 突 然 の 釈 放 以 降 の 情 報 戦 心 理 戦 に わが 国 は 自 沈 し た 後 半 中 国 も 愛 国 無 罪 デ モ と 強 引 な 横 車 外 交 を 批 難 す る 国 際 世 論 に 自 沈 し た 共 に 三 戦 ( 世 論 戦 心 理 戦 法 律 戦 ) に わ が 国 は 無 策 で 中 国 は 策 に 溺 れ て 失 敗 し た と 言 え る 国 内 と 国 際 社 会 の 健 全 な 理 解 と 強 固 な 支 援 を 得 る た め に は 適 時 適 切 な 情 報 公 開 と 説 明 責 任 が 重 要 で あ る 5 領 域 国 境 を 守 る に は 力 が 必 要 で あ る こ と 領 域 国 境 及 び 主 権 を 守 る の は 結 局 意 思 と 力 で あ る 危 機 に 対 処 し た の は 現 場 に 頑 張 る 海 上 警 備 力 で あり 政 治 の 指 導 力 で はなかった むしろ 政 治 の 失 態 が 今 後 の リ ス ク を 大 き く し た 主 権 を 断 固 守 る た め に は 情 報 海 上 警 備 力 防 衛 力 と 日 米 同 盟 の 実 効 性 が 不 可 欠 で あ る 今 回 の 事 案 は 中 国 漁 船 が 不 法 な 乱 暴 狼 藉 を 働 い て も 日 本 が 撃 っ て 来 な い と い う 確 信 に よ る も の で あ る 国 の 主 権 国 益 を 専 守 防 衛 で 守 る こ と は 返 っ て 紛 争 を 誘 う こ と に な る 9

12 新 防 衛 大 綱 の 考 察 ( 財 )DRC 研 究 委 員 安 村 勇 徳 民 主 党 政 権 の 下 で 2010 年 12 月 予 定 より 1 年 遅 れ で あ る が ようやく 新 し い 防 衛 計 画 の 大 綱 が 決 定 さ れ た 1976 年 に 防 衛 大 綱 が 策 定 さ れ て 以 来 6 年 ぶ り 3 回 目 の 改 定 で あ る 新 大 綱 は 76 大 綱 が 掲 げ た 防 衛 力 整 備 の 基 本 指 針 の 基 盤 的 防 衛 力 構 想 を 動 的 防 衛 力 に 転 換 す る 方 針 を 打 ち 出 し 冷 戦 の 残 滓 を 排 除 大 き な 時 代 の 変 化 に 即 し た 適 切 な 政 策 転 換 で あ る と 自 画 自 賛 し ているが 正 に 噴 飯 も のである 独 立 国 と し て 必 要 最 小 限 の 防 衛 力 を 保 有 し 日 本 全 国 如 何 な る 所 で あ ろ う と も 多 様 な 脅 威 や 事 態 に 機 動 的 に 対 処 す る こ と に は 今 も 昔 も い さ さ か も 変 わりがないはずである 07 大 綱 や 16 大 綱 の 見 直 し で 冷 戦 時 代 の 北 方 重 視 の 部 隊 配 置 か ら 全 国 均 等 な 部 隊 配 置 に シ フ ト し た の は 広 域 流 動 化 す る 脅 威 に 対 応 す る た め に 他 な らない さらに 動 的 防 衛 力 は 多 様 な 脅 威 や 事 態 に 機 動 的 に 対 処 す る 能 力 を 重 視 し ミサイル テロなど 新 た な 脅 威 へ の 対 応 や 国 際 平 和 協 力 活 動 への 参 加 な ど 多 様 化 した 任 務 へ の 対 応 の た め と 言 う が こ れ ら は 全 て こ れ ま で の 大 綱 見 直 し で 既 に 読 み 込 み 済 み の こ と で あ る 問 題 な の は 今 回 の 大 綱 見 直 し が 相 も 変 ら ぬ 陸 海 空 で 小 さ な パ イ を ど う 切 り 分 け る か と 言 う 財 務 当 局 主 導 の 論 議 に 終 始 し た こ と で あ る 尖 閣 列 島 や 北 方 領 土 更 に 朝 鮮 半 島 情 勢 の 急 変 な ど わ が 国 の 主 権 安 全 保 障 に 重 大 な 影 響 を 及 ぼ す 事 態 が 多 発 す る 中 で わ が 国 の 防 衛 を ど う す べ き か 基 本 的 な 課 題 に つ い て 論 議 さ れ る べ き で あ る 最 新 鋭 と ま で は 必 ず しも 言 え な い な が ら も 近 代 軍 に ふ さ わ し い 兵 器 を 装 備 し 訓 練 精 到 な 陸 海 空 自 衛 隊 を わ が 国 の 安 全 保 障 の 切 り 札 と し て ど う 使 う の か 使 え る の か ( 国 家 主 権 を 守 る た めに 軍 事 力 を ど の よ う に 使 う の か ) を 明 ら かにする 必 要 が あ る 今 回 注 目 さ れ た 南 西 諸 島 の 防 衛 強 化 を 例 に 取 る と 離 島 防 衛 に 僅 か ば か り ( 例 え ば 1 個 連 隊 戦 闘 団 程 度 ) の 陸 上 兵 力 を 配 備 し て みたところで 太 平 洋 戦 争 の ガ ダ ル カ ナ ル の 戦 例 を 見 る ま で も な く 本 土 か ら 遠 く は な れ て 孤 立 し 守 れ る は ず が ない 小 規 模 な 事 態 に 海 空 戦 力 を 投 入 し て も 本 格 的 な 紛 争 へ の 拡 大 の 決 意 な く し て は 短 期 間 で 決 定 的 な 勝 利 を 収 め る だ け の 戦 力 集 中 は 不 可 能 で あ る 非 国 家 の 武 力 組 織 を 相 手 に す る の と は 異 な り 核 兵 器 や 戦 略 ミ サイル 兵 器 を 装 備 す る 国 と の 武 力 対 決 は 例 え 限 定 的 な も の で あ っ て も 全 面 戦 争 へ 移 行 し て も 勝 利 で き る 見 込 み と 決 意 が な け れ ば 避 け ざ る を 得 な い の は 自 明 で あ る 更 に 防 衛 費 の 増 額 を 声 高 に 叫 ん で み て も 現 在 の 国 内 経 済 財 政 事 情 で は な い も の ね だ り と な ろ う で あるなら 政 権 交 代 も あったことでもあり 国 防 の 基 本 に 立 ち 返 っ た 見 直 し を す べ き で ある 例 え ば コ ン ク リートから 人 へ と 言 うのであれば 戦 車 大 砲 か ら 人 へ を 断 行 し 1 万 人 の 若 者 を 陸 海 空 士 と し て 緊 急 募 集 採 用 す る く ら い の 施 策 が 欲 し い も のである 小 さ な パ イ の 切 り 方 を 替 え て 多 少 の 海 空 戦 力 を 増 強 し た 程 度 で は 前 述 の よ うに とても 尖 閣 諸 島 を 力 で 守 る こ と は で き ない この 際 兵 器 購 入 中 心 の 陸 海 空 のシェア 争 い に 終 止 符 を 打 ち 米 百 俵 の 古 事 に 倣 い 国 を 守 る と は 如 何 な る こ と か 国 家 と し て の 決 意 の 程 を 国 の 内 外 に 示 す ことこそ 肝 要 で あ ろ う 戦 車 大 砲 は 5~10 年 で 増 産 で き る が 人 を 育 て る に は 10~20 年 以 上 か か る の で あ る 10

13 こ れ か ら の 安 全 保 障 戦 略 技 術 開 発 力 の 再 興 ( 財 )DRC 理 事 長 上 田 愛 彦 1. 科 学 と 技 術 力 こ れ ま で 日 本 の 技 術 力 は 世 界 的 に も 高 い 水 準 に あ り 経 済 を 牽 引 する 原 動 力 と な っ て い た が 世 の 中 全 体 が 急 速 に 進 歩 し 特 に 開 発 途 上 国 の 追 い 上 げが 激 し く な る に つ れ て そ の ま ま の 状 態 を 維 持 し て い る だ け では 相 対 的 に 遅 れ を と ることになり かつ て の 隆 盛 に も 陰 り が 見 え は じ め て き て い る 事 業 仕 分 け に よ る 予 算 の 中 断 等 も こ れ に 追 い 打 ち を か け て い る 場 合 が あ る こ こ で 技 術 力 と い う 漠 然 と し た 概 念 を 少 し 堀 り 下 げ て み る と 新 たな 現 象 新 し い 材 料 を 見 出 す 科 学 力 と 密 接 な 関 係 が あ り 我 が 国 に は 目 に 見 え に くい 分 野 を 含 め 科 学 力 は 幅 広 い 研 究 の 成 果 と し て 数 多 く 存 在 していると 考 え ら れ る 問 題 は こ れ ら 日 本 人 の 頭 脳 に よ る 科 学 の 成 果 が そ の す べ て とは 言 い 難 い が 次 な る ステップにおいて 社 会 の 役 に 立 つ 技 術 的 産 物 へ と 進 み 経 済 的 効 果 あ る い は 国 家 の 安 全 を 確 保 す る こ と 等 に 十 二 分 に 活 用 さ れているかというと 必 ず し も 効 果 的 に 役 立 っているとは 言 え な い 面 が あ る す な わ ち 科 学 か ら 技 術 へ の 移 行 そ の も の が 本 質 的 に 100% 期 待 で き な い こ と を 念 頭 に 置 い て も 尚 か つ 日 本 の 場 合 科 学 か ら 技 術 へ の 橋 渡 し は 十 分 で は な い 科 学 の 成 果 を 技 術 的 に 実 用 化 の 域 へ と 持 ち こ む 能 力 を こ こ で は 技 術 開 発 力 と 定 義 し 今 の 日 本 に お い て こ の 技 術 開 発 力 こ そ が 低 迷 し て い る と し た な ら どのような 考 え 方 方 法 で こ れ を 再 興 す る こ と が で き る か を 論 ず る こ と が 本 論 の 目 的 と す る と こ ろ で あ る 現 在 日 本 に は 基 礎 的 な 科 学 を 志 す 人 の 数 は 多 く ま た 多 く の 貴 重 な 効 果 が 得 ら れ 古 く か ら の 工 業 基 盤 により 多 数 の 技 術 製 品 や 技 術 シ ス テ ム を 生 み 出 し て い る が 場 合 に よ り 技 術 開 発 力 ま たはこれらにかかわる 資 金 不 足 製 品 に 関 す る 法 制 面 で の 各 種 制 約 あ る い は 軍 事 的 アレルギー 等 か ら 日 本 国 内 で の た め ら い に より 折 角 の 科 学 成 果 を 他 国 に 横 取 り さ れ 廻 り 廻 っ て 結 局 日 本 が 髙 い 買 物 を し た り 効 果 的 な 防 衛 シ ス テ ム の 構 築 が 手 遅 れとなり 他 国 の 脅 威 にさらされたりすることになってはいない か 科 学 成 果 が あ り 工 業 基 盤 の あ る 日 本 にとって 技 術 開 発 力 の 向 上 改 善 強 化 は 喫 緊 の 課 題 で あ り もってゆき 方 に よ っ て は 平 時 に お け る 国 家 の 安 全 保 障 目 に 見 え な い 戦 略 的 抑 止 力 を 発 揮 す る た め の 最 大 の 手 段 と な り 得 る も の で ある すなわち 装 備 と し て 防 衛 力 の 充 実 に 直 接 寄 与 す る こ と の ほか わが 国 が 平 時 か らこうした 技 術 立 国 と し て の 強 大 な 技 術 能 力 を 日 本 人 の 手 に よ り 保 持 し 活 用 し て い ること 自 体 が 近 隣 諸 国 に 対 し 事 を 荒 立 てることなく 自 ら も 役 に 立 つ 技 術 的 抑 止 力 を 常 続 的 に 発 揮 す る こ と に な る と 考 え ら れる 技 術 開 発 力 を 具 体 的 にどのように 向 上 強 化 し て ゆ く の か こ こ でいくつかの 問 題 点 に 分 け て 考 え て み る 11

14 2. 技 術 開 発 力 強 化 の た め の 要 因 技 術 開 発 力 を 私 企 業 と し て 利 益 増 大 の ために 高 め よ う と す る ことは 当 然 の こ と で あ り こ れ も ま た 広 い 意 味 で 国 家 に 貢 献 す る ところ 大 な る も の が あ ることは 過 去 の 例 か ら み て 当 然 の こ と である ただし 私 企 業 の 立 場 か ら は 統 合 的 長 期 的 に 利 益 の な い こ と に 手 を 出 す こ とは 不 可 能 で あ り 国 家 と し て そ こ に 問 題 を 押 し つ け て い る だ け で は 抑 止 力 の 考 え 方 は 生 ま れ て く る 筈 が ない 科 学 は 新 し い 現 象 新 し い 材 料 を 見 出 す こ と に 意 義 が あ り これに 意 欲 を 燃 や す 人 々 が 日 本 に 沢 山 お られることは まず 大 き な 財 産 で あ る これらを 国 家 の た め どのように 活 用 し 必 要 により 民 間 に も 還 元 し て ゆ く か と い う こ とを 考 え 実 行 し て ゆ くためには 先 ず 第 1 に 技 術 開 発 力 の 再 興 を 国 家 戦 略 と し て ど の ように 位 置 付 け 必 要 により 法 整 備 を ど の よ うに 考 え る か が 最 高 レ ベ ル の 重 要 問 題 で ある す ぐ に と い っ て も 無 理 な こ と は 先 ず 委 員 会 を 2 種 類 立 ち 上 げ て 論 議 す る こ と が 早 道 で あ る 2 つ と は 上 位 監 査 と 実 務 の 2 つ ではなく 同 位 の 2 つ で あ り 強 い て 言 え ば 官 主 体 と 民 一 部 民 主 体 と 官 一 部 の 2 つ であり 異 な る 方 向 か ら 論 議 す る こ と で 内 容 を 高 め 日 本 と し ての 方 向 を 本 質 的 に 論 じ 確 実 に す る こ と が 重 要 で あ る 要 因 の 第 2 は 方 向 を 定 め た な ら 最 初 は 小 さくとも(10 人 位 ) 中 立 公 正 な 組 織 を 立 ち 上 げ 国 家 予 算 を 投 じて 独 自 の 調 査 活 動 を 行 う こ と で あ る 人 選 は 科 学 の 多 方 面 応 用 の 多 機 能 に わ た る が 最 初 は 特 定 の 部 門 で あ っ て も 技 術 開 発 に 結 び つ く 可 能 性 の 大 き い も の が よ い 調 査 活 動 の 範 囲 は 国 内 を 主 体 と す る が 外 国 も 浅 く 広 く 調 査 し 参 考 と す べ き で あ る 調 査 の 間 に も 応 用 に 関 す る 閃 き は 重 要 で あ るが 特 定 の 科 学 事 象 材 料 に 深 入 り し す ぎ る と 広 く 応 用 域 を 見 出 す こ と が 困 難 と なる 場 合 が あ る 日 本 ではこうした 中 間 層 が 重 要 な 立 場 で あ る にも 拘 ら ず 所 謂 専 門 家 か ら は ず さ れ て 冷 遇 さ れ る ケ ー ス が 多 い 技 術 開 発 力 強 化 の 要 因 そ の 3 は 科 学 の 応 用 例 を い ち 早 く 実 用 化 に 結 び つ け る た め の 実 証 実 験 と そ れ に 基 ず く 見 通 し 採 算 性 を 示 すところまで 短 期 間 に 実 行 す る こ と で あ り こ れ も 調 査 し 考 え 出 した 人 間 が 一 貫 し て 行 う 以 外 に 方 法 は な い 極 端 に 言 え ば こ れ ら を 場 合 に よ り 1 人 で 短 期 間 ( 数 ヶ 月 間 )にこなし 実 用 化 の メ ド を 立 て る と こ ろ ま で も っ て ゆ く こ と の で き る 幅 広 い 見 識 を も つ 人 材 を 専 門 毎 に ど の よ う に 集 め る か が 問 題 で あ る 理 想 像 は 際 限 な い が 現 実 に 中 立 機 関 と し て 走 り 出 す た め に は こ れ ま で に 幅 広 い 知 識 と 経 験 そして 自 ら が 実 行 力 を 備 え る こ と が 必 要 で あ ることからどうして も 年 長 者 場 合 に よ り 定 年 退 職 者 の 中 か ら 選 び 出 す 必 要 が あ る この 場 合 大 事 な こ と は 特 定 の 政 治 家 特 定 の 企 業 と 関 係 が 深 く その 代 表 と な る こ とは 避 け な け れ ば な ら な い 3. 技 術 開 発 力 の 強 化 を 阻 む も の と そ の 対 策 利 害 が 対 立 す る ところに 前 進 は な い 官 民 と も 在 来 の も の を 維 持 し よ う と し て 新 し い も の は 敬 遠 さ れ が ちである 12

15 新 し い シ ス テ ム を 導 入 し よ う と す れ ば 現 在 の 日 本 で は 先 ず 予 算 面 で む づ か し い 場 合 が 多 い よ っ て 技 術 開 発 力 の 強 化 は 安 全 保 障 の 戦 略 的 抑 止 力 に つ な がるとしても 防 衛 の 狭 い 分 野 で は む づ か し く 民 間 を 含 む 広 く 社 会 全 体 を み て 応 用 分 野 を 定 め る 必 要 が あ る そ の 中 に 防 衛 に かかわるものもあればそうではないものがあってもよい 場 合 に よ る と 防 衛 の 使 用 条 件 を 主 体 に 考 え 出 し た も の が 民 間 で 広 く 利 用 で き る ケ ー ス が 多 々 あ る と 考 え れ れ る この 場 合 は 中 立 機 関 に よ り 考 え 出 さ れ た ものが 民 間 で の 実 用 品 製 造 競 争 に な る こ よはむしろ 当 然 の こ と と 考 え ら れ る つ ま り 競 争 原 理 は 製 造 実 用 化 の た め の 資 金 投 入 決 心 時 間 実 用 化 時 間 良 い 意 味 で の 広 告 宣 伝 理 解 の 早 さ の す べ て に わ た り 作 用 し 結 果 と し て 前 進 力 が 強 化 さ れ る こ と に なる 技 術 開 発 力 を 阻 む 第 2 の 要 因 は 古 い 時 代 の 法 的 規 制 で あ り 折 角 効 率 の 良 い も の が で き る と 考 え て も そ れ ま で に 古 い 法 規 制 を の り り 越 え る た め に 費 や さ れ る 無 駄 な 労 力 が 多 く 前 進 し な い こ と が 多 い 日 本 で は 法 規 制 を 直 す こ と は 大 変 む づかしいことであり 例 え ば 例 外 規 定 を 特 定 の 期 間 定 め 実 証 的 な 社 会 実 験 を 行 う 機 会 を 作 り 出 す こ と 等 が 早 道 の 一 案 で あ る 科 学 の あ る 分 野 に 精 通 した 人 は 専 門 家 で あ る ために 余 り 応 用 の こ と に は 関 心 が な い 場 合 が あ る あ る い は 良 く 分 か っ て い る た め まだ 早 い と か 不 十 分 で あ る と か ネ ガ ディブな 考 え 方 で 臨 む 場 合 が あ る の で 少 し 冒 険 的 な 発 想 で 初 期 の 実 証 実 験 等 を 行 っ てみることが 必 要 で あ る 仮 に 予 算 を と っ て こうしたことを 始 め る と 評 価 体 制 が 悪 い と 良 い 結 果 が 出 な く ても 何 と か 継 続 し て や らなくてはいけない 場 合 に よ る と 時 間 を かけて 少 し づ つ 後 退 し て 終 了 と す る こ と を 考 えることになる 不 具 合 は あ り の ま ま 報 告 し 無 駄 な 労 力 と 時 間 の 浪 費 場 合 に よ る と 資 金 の 損 失 を 防 ぐ た め 提 案 し た が 実 証 実 験 に よ り 否 定 さ れ ても 何 等 担 当 者 の 責 任 ではないとする 雰 囲 気 作 り が 重 要 で あ る 事 実 自 然 の 原 理 は 過 酷 で あ り 10 件 の 実 証 実 験 が あ っ た と し て こ の 内 1 件 が 成 功 と なることはむしろ 良 い 方 で あ る と 考 え ら れ る こ れ が 仮 り に 予 算 を 僅 か で も と っ て 実 証 実 験 し た と な る と う まくゆかない 場 合 の 後 始 末 は 大 変 で あ り これが 開 発 力 を 阻 む 大 きな 要 因 と な っ て い る よって 実 証 実 験 は 少 人 数 の 短 期 決 戦 型 で 第 3 者 に よ る 公 正 な 評 価 機 能 を 独 立 さ せ な ければならない 実 験 の 主 導 者 に は 成 否 にかかわらずその 労 に 報 い な け れ ば な ら な い これもまた 第 4 者 に よ る 公 正 な 監 督 が 必 要 と な る で あ ろ う 4. 人 材 の 養 成 技 術 開 発 の 強 化 に は 内 容 そ の も の の ほ か 様 々 な 阻 害 要 因 が か らんでおり 直 ち に 実 行 す る と し て も 最 初 は 少 数 精 鋭 専 従 制 に よ り 短 期 集 中 型 でゆくか 既 に そ の よ う な 考 え 方 を も っ ている 先 駆 者 型 で 実 際 面 の 開 拓 に 着 手 す る こ とが 重 要 で あ る 場 合 に よ り こ れ ら の 人 々が 指 導 者 と な り 順 次 人 の 養 成 制 度 の 拡 充 を は か る こ と が 必 要 で あ る 先 述 し た 如 く 多 く の 阻 害 要 因 を 乗 り 越 え か つ 中 身 の 充 実 し た も の で 1/ 10 程 度 の 確 率 で 成 果 を 生 み 出 す こ と は 並 大 抵 の こ と で は な い し か し 今 日 の 日 本 に と っ て 技 術 開 発 力 の 強 化 は 国 運 を 左 右 す る 重 大 事 で あ る 人 材 の 養 成 は ま ず 少 数 の 候 補 者 選 び か ら 始 ま り 次 に 短 期 集 中 (2 週 間 位 ) で 取 り 敢 え ず の 前 進 を は か る 必 要 が あ る こ れ ら に 人 が 中 核 と な り 実 際 に 調 査 計 画 実 行 を 6 ヶ 月 程 度 を 目 途 に 実 施 し 13

16 中 途 成 果 を 得 て 次 の 人 材 養 成 に 役 立 て る 方 式 が 実 際 的 で あ る 場 合 に よ り 企 業 か ら 人 を 募 り 夜 間 塾 を 開 催 し て 最 初 の 突 破 口 を 開 き 人 材 養 成 も 併 せ て 検 討 す る こ と に な ろ う こ の 場 合 は 調 査 の た めの 研 究 会 兼 打 合 せ 会 兼 人 材 養 成 と い う 方 式 で 出 発 す る こ と に な ろ う 本 財 団 に おいて 一 部 実 行 し て い る 夜 間 塾 は そ の 実 験 的 前 座 と 考 え ら れ る も の で あ る 5. 結 言 以 上 こ れ か ら の 日 本 の 安 全 保 障 戦 略 に 占 め る 科 学 技 術 力 特 に 科 学 か ら 実 用 化 へ の 技 術 開 発 力 の 強 化 方 法 に つ き 具 体 的 考 察 を 試 み た が 実 際 の 応 用 面 は 多 岐 に わ た り 既 に 実 行 さ れ て い る も のも 多 数 あ る 現 状 に おいて 日 本 の 得 意 な 分 野 は こ れ ま た 細 分 化 す れ ば 数 限 り な く 出 てくるであろうが 概 観 して 電 機 機 械 情 報 化 学 等 の 各 分 野 で 重 要 な と な る 部 品 ま たは 完 成 品 で も シ ス テ ムの 重 要 部 分 を し め る ものが 多 い こ れ か ら は そ の 基 礎 と な る 科 学 の 成 果 工 業 基 盤 の 保 持 海 外 情 報 に よ るヒント 生 涯 を か け て こ れ ら に 一 貫 し て 取 り 組 む 人 材 等 多 く の 要 素 が 織 り な す 総 合 成 果 が 実 用 化 へ と 進 む 道 で あ る 日 本 人 に よ る 基 礎 科 学 の 成 果 は 数 多 く こ れらを 防 衛 目 的 の み な らず 広 い 視 野 で 社 会 の 安 全 社 会 の 実 用 のために 役 立 て る 技 術 開 発 の 強 化 が 重 要 で あ り その 行 き 着 く 先 は 千 差 万 別 多 く あ ってしかるべきであるが 中 で も こ れ か ら は 広 い 意 味 で の 安 全 保 障 防 衛 宇 宙 開 発 情 報 関 連 医 療 等 へ の 応 用 が 世 界 的 に 多 く なるものと 考 え ら れ る 日 本 の 安 全 保 障 を 日 本 人 の 手 に よ り 直 接 間 接 を 問 わ ず 充 実 さ せ て ゆ く た め 技 術 力 は 目 に 見 え な い 大 き な 抑 止 力 を 築 く も の で あ り 日 本 が 無 制 限 に 取 り 得 る 重 要 な 国 策 で あ る と 確 信 し て や ま な いものである 14

17 米 陸 軍 の 弾 薬 の 安 全 性 向 上 施 策 に つ い て ( 財 )DRC 研 究 委 員 池 田 純 一 1. 弾 薬 の 鈍 感 ( IM: Insensitive Munition) 化 艦 船 や 戦 闘 車 両 に 搭 載 し て い る 弾 薬 は 敵 の 攻 撃 に 対 す る 最 大 の 脆 弱 部 と な る 敵 の 攻 撃 に よ り 搭 載 弾 薬 が 燃 焼 爆 発 す れ ば 艦 艇 の 大 破 沈 没 戦 闘 車 両 の 破 壊 を 免 れ る こ と は で き な い 艦 船 の 場 合 弾 薬 の 搭 載 区 画 を 被 弾 し に く い 箇 所 に お く 装 甲 防 護 を 強 化 す る 火 災 鎮 火 の た め 緊 急 注 水 装 置 を 設 け る 程 度 の 誘 爆 防 止 策 し か 従 来 な か った そのため 第 2 次 世 界 大 戦 に お い て 多 数 の 艦 船 が 搭 載 弾 薬 の 誘 爆 に よ り 失 わ れ た 第 2 次 世 界 大 戦 後 も 火 災 な ど の 事 故 か ら 搭 載 弾 薬 に 誘 爆 し て 大 被 害 を 受 け た 事 例 が 発 生 し て い る 図 表 1 は 第 2 次 世 界 大 戦 後 発 生 し た 弾 薬 類 に よ る 米 空 母 の 大 事 故 を リ ス ト ア ッ プ し た も の である たとえば 1967 年 に 起 き た フ ォ レ ス タルの 事 故 は 航 空 機 搭 載 し た 5 インチロ ケット 弾 の 暴 発 に よ り 発 生 し た 火 災 に よ り フ ラ イトデッキ 上 の 航 空 機 に 搭 載 し た 爆 弾 が 誘 爆 修 理 に 半 年 近 く を 要 す る 大 損 害 を 受 け た 図 表 1 米 海 軍 空 母 の 弾 薬 事 故 1) 艦 名 発 生 年 月 被 害 の 概 要 空 母 死 亡 / 負 傷 航 空 機 破 損 損 害 額 ( 百 万 ドル) CV-34 オリスカニ / CV-59 フォレスタル / CVN-65 エンタープライズ / CVN-68 ニミッツ / 従 来 弾 薬 類 の 貯 蔵, 輸 送, 使 用, 廃 棄 に 至 る 全 ラ イ フ サ イ ク ル における 安 全 な 取 扱 に 関 し て は 落 下 試 験 振 動 試 験 温 度 サ イ クル 試 験 な ど 各 種 の 環 境 試 験 に よ り 安 全 性 の 評 価 方 法 が 確 立 さ れ てきたが さらに 火 災 や 戦 場 に お け る 銃 砲 撃 など 実 際 の 運 用 に お い て 遭 遇 す る 外 部 か ら の 各 種 衝 撃 に 対 す る 弾 薬 類 の 安 全 性 に つ い て の 検 討 が な さ れ 弾 薬 類 の 鈍 感 化 と そ の 評 価 方 法 が 検 討 さ れ た し か し な が ら 弾 薬 類 に 使 用 さ れ る 火 薬 は 本 来 熱 や 物 理 的 衝 撃 な ど に よ り 急 激 な 反 応 を 起 こ す 性 質 を 有 し ており 火 災 の 熱 や 弾 丸 破 片 の 弾 着 に よ る 衝 撃 な ど に 対 し 爆 轟 な ど の 激 し い 反 応 を 引 き 起 こ さ な い 特 別 な さ く 薬 発 射 薬 推 進 薬 などの 開 発 が 必 要 と な っ た こ の よ う な 弾 薬 は 当 初 LOVA(Low Vulnerability Ammunition: 低 脆 弱 性 弾 薬 )な ど と も 呼 ば れ た が 現 在 で は IM(Insensitive Munition: 鈍 感 化 弾 薬 )に 統 一 さ れ て い る 15

18 2. IM 化 の 手 法 と 評 価 方 法 ( 1 ) IM 化 の 手 法 弾 薬 類 の IM 化 ( 鈍 感 化 ) の 手 法 と し て 以 下 の 3 点 が あ る 1 弾 薬 類 に 使 用 す る 火 薬 類 の 鈍 感 化 2 弾 薬 類 の 構 造 改 良 3 弾 薬 類 の 梱 包 容 器 の 改 良 こ の う ち 2 は 火 薬 類 の 反 応 に よ り 生 成 さ れたガスを 逃 し 内 部 圧 力 上 昇 を 緩 和 し て 反 応 の 進 行 抑 制 を 図 る 方 法 で あ り 3 は 2 の 反 応 抑 制 に 加 え 耐 熱 材 や 衝 撃 緩 和 材 を 付 加 し て 内 部 の 弾 薬 に 加 わる 熱 や 物 理 衝 撃 の 緩 和 を 図 る も の で あ る こ の 手 法 の 中 で 弾 薬 類 の 鈍 感 化 に も っ と も 効 果 が あ る の が 火 薬 類 の 鈍 感 化 で あ る そ の た め 当 初 の IM 化 の 努 力 は 火 薬 類 の 鈍 感 化 特 に 最 も 激 し い 反 応 (Detonation: 爆 轟 ) を 起 こ す さ く 薬 の 鈍 感 化 に 傾 注 さ れ た さ く 薬 は と し て は TNT や TNT に RDX HMX な ど の 高 性 能 な 爆 薬 や ア ル ミ な ど の 金 属 粉 末 を 混 合 し た も の が 使 用 さ れ て い る こ れ に 対 し さ く 薬 の 鈍 感 化 の た め RDX HMX な ど の 高 性 能 な 爆 薬 を 熱 や 物 理 的 衝 撃 を 緩 和 す る バ イ ン ダ ー で 固 め る PBX (Plastic Bonded Explosive) が 開 発 さ れた PBX は 1960 年 代 以 降 用 途 に 応 じ 多 数 の 種 類 が 開 発 さ れ 主 と し て ミ サ イ ル 弾 頭 などに 使 用 さ れ た た だ し PBX は 特 殊 な バ イ ン ダ ー な ど 高 価 な 材 料 を 使 用 し 製 造 工 程 も 複 雑 な た め 在 来 の TNT や TNT 系 混 合 爆 薬 に 比 べ 極 め て 高 価 と い う 重 大 な 欠 点 を 有 し て い る ( 2 ) IM の 評 価 方 法 米 国 は 1982 年 海 軍 非 核 兵 器 の た め の 危 険 性 評 価 試 験 (DOD-STD-2105)を 発 簡 IM 性 能 評 価 の た め の 試 験 方 法 を 規 定 し た こ れ は 1991 年 弾 薬 類 全 般 を 対 象 と し た 非 核 弾 薬 類 の た め の 危 険 性 評 価 試 験 (MIL-STD-2105A)に 発 展 そ の 後 2 回 の 修 正 を 経 て 現 在 Revision C と なっている 一 方 1990 年 代 に 入 り NATO も IM 化 に 関 す る 検 討 を 行 い 1998 年 STANAG 4439 IM の 導 入 評 価 試 験 規 定 を 発 簡 し た そ の 後 IM 性 能 に 関 す る 評 価 規 定 は STANAG に 統 合 さ れ MIL-STD-2105 も Revision C に 至 り STANAG を 引 用 す る よ う に な っ た こ の STANAG に 規 定 さ れ る 最 新 の IM 性 能 評 価 方 法 お よ び 評 価 要 領 を 図 表 2 に 示 す こ の IM 性 能 評 価 の ための 試 験 方 法 は 実 戦 環 境 下 で 弾 薬 類 が 曝 される 脅 威 で あ る 車 両 航 空 機 の 燃 料 火 災 近 傍 に お け る 火 災 小 火 器 の 銃 撃 砲 弾 等 の 破 裂 隣 接 弾 薬 の 起 爆 対 戦 車 ロ ケ ット 弾 等 に よ る 攻 撃 を それぞれ 模 擬 し た 6 種 の 試 験 か ら な る こ れ ら の 試 験 は フ ァ ー ス ト ク ッ ク オ フ (FCO : Fast Cook-off) 試 験 ス ロ ー ク ッ ク オ フ (SCO:Slow Cook-off) 試 験 銃 撃 感 度 (BI:Bullet Impact) 試 験 破 片 感 度 (FI:Fragment Impact) 試 験 殉 爆 (SD:Sympathetic Detonation) 試 験 お よ び ジ ェ ッ ト 感 度 (SCJ:Shaped Charge Jet) 試 験 で あ る こ れ ら の 試 験 に お い て 供 試 弾 薬 の 反 応 は 激 し い 方 か ら Type I(Detonation: 爆 轟 ) か ら Type VI(No Reaction: 無 反 応 ) ま での 6 段 階 に 区 分 さ れ る このうち Type III ( Explosion: 爆 発 ) が 火 薬 類 の 反 応 に よ る 内 部 圧 力 上 昇 で 弾 体 な ど の 容 器 が 大 破 片 と な っ て 飛 散 す る も の で あ り Type II ( Partial Detonation : 部 分 爆 轟 ) Type I 16

19 (Detonation: 爆 轟 )は さ く 薬 ( 爆 薬 )が 一 部 分 あ る い は 全 部 本 来 の 反 応 ( 爆 轟 )を 引 き 起 こ し 弾 体 は 細 か い 破 片 と な っ て 飛 散 す る 状 況 を 表 す ま たロケットモータなど の 場 合 推 進 薬 の 反 応 に よ り 推 力 を 発 生 す る 場 合 Type IV に 区 分 される IM と 評 価 さ れ る た めには FCO SCO BI FI の 各 試 験 で は Type IV(Deflagration: 爆 燃 ) 以 下 SD お よ び SCJ 試 験 で は Class III(Explosion: 爆 発 ) 以 下 で あ る こ と が 要 求 さ れ て い る 図 表 2 IM 性 能 評 価 の た め の 試 験 方 法 お よび 評 価 要 領 2) ( 3 ) IM 化 の 状 況 米 海 軍 は 1970 年 代 後 半 よ り ミ サ イ ル を 中 心 と し て 艦 載 弾 薬 の IM 化 を 推 進 し 艦 船 搭 載 用 は ほ ぼ IM 化 をしたが 備 蓄 用 特 に 多 数 残 っ て い る 砲 弾 に ついては 在 来 の ま ま の よ う で あ る ま た 正 常 作 動 し た 場 合 所 望 の 性 能 を 維 持 し て こ れら IM 性 能 要 求 を 全 て 満 足 さ せ る こ と は 極 め て 難 し い た め 完 全 な IM 化 を 実 現 し た 弾 薬 は な い そ の た め 被 弾 等 に よ る 火 災 か ら 弾 薬 類 の 誘 爆 が 発 生 する 例 が 多 い こ と か ら 対 火 炎 性 ( 対 火 災 ) 対 衝 撃 性 ( 対 銃 撃 対 破 片 ) を 重 視 し た 弾 薬 を IM と し て い る 模 様 で あ る 一 方 陸 上 用 弾 薬 の IM 化 に つ い て は 新 規 開 発 弾 種 に つ い て IM 化 が 考 慮 さ れ て は い る も の の 実 際 に 配 備 さ れ て い る 弾 薬 に ついては ミサイルを 除 き 殆 ど 進 ん で い な い の が 現 状 で あ る こ れは 大 量 に 必 要 と な る 砲 弾 特 に 野 戦 砲 弾 迫 撃 砲 弾 を IM 化 す る に は IM 用 の PBX は あ ま り に も 高 価 で あり また PBX の 大 量 生 産 の た め の 大 規 模 な 設 備 投 資 が 必 要 と な るためと 言 え る 3. 米 陸 軍 に お け る 弾 薬 IM 化 の 動 き 17

20 ( 1 ) 陸 上 用 弾 薬 IM 化 の 必 要 性 2001 年 9 月 同 時 多 発 テ ロ 以 降 テ ロ と の 戦 い で ア フ ガ ニ ス タ ン 侵 攻 イ ラ ク 侵 攻 後 の 米 軍 や NATO 軍 な ど 有 志 連 合 が 直 面 し た のは 正 面 き っ て の 戦 いを 避 け る ゲ リ ラ 戦 で あ り 特 に 脆 弱 な 輸 送 車 両 に 対 す る 小 火 器 対 戦 車 ロ ケ ッ ト や IED(Improvised Explosive Device) 地 雷 を 用 い た 待 ち 伏 せ 攻 撃 に 晒 さ れ 多 く の 犠 牲 を 出 し た そ の た め 一 般 車 両 に つ い て も 付 加 装 甲 な ど に よ り 対 小 火 器 対 地 雷 の 防 護 力 強 化 が 図 ら れ 更 に は (Mine Resistant Ambush MRAP Protection armored vehicle ) の よ う な 汎 用 装 甲 車 両 が 大 量 に 投 入 さ れ る よ う に な っ た し か し な が ら 大 型 の IED に よ る 攻 撃 を 受 け た 車 輌 に 砲 弾 な ど が 搭 載 さ れ て い た 場 合 弾 薬 が 誘 爆 し 人 員 車 輌 を 損 耗 す る 事 態 が 多 発 し た ( 図 表 3) 3) こ の よ う な 戦 訓 よ り 各 国 陸 軍 特 に 米 陸 軍 は 砲 弾 類 の IM 化 に 真 剣 に 取 り 組 ま ざ る を 得 なくなった そ こ で ま ず 砲 兵 中 隊 に 装 備 し 最 も 大 量 に 使 用 す る 60mm 迫 撃 砲 用 り ゅ う 弾 の IM 化 を 早 急 に 実 施 し 装 備 化 を 図 る こ と と な っ た ( 2 ) 60mm 迫 撃 砲 用 り ゅ う 弾 の IM 化 大 量 生 産 が 必 要 な 野 戦 砲 迫 撃 砲 用 弾 薬 で は 前 述 し た よ う に 従 来 の PBX を 使 用 し た IM 化 は 価 格 的 に も 製 造 設 備 的 に も 適 用 で き な い そ こ で 米 陸 軍 は 1980 年 代 か ら TNT に 代 わる 対 衝 撃 感 度 が 良 好 で 既 存 の 製 造 設 備 を 使 用 で きる IM 用 の 爆 薬 に つ いて 検 討 を 行 っ て き た そ こ で 60mm 迫 撃 砲 用 り ゅ う 弾 M720 の さく 薬 (TNT と RDX の 混 合 爆 薬 Comp.B) を IM 性 能 は 十 分 と は 言 え な い が 比 較 的 安 価 で す ぐ 使 用 可 能 な PAX-21(PAX:Picatinny Arsenal Explosive) に 変 更 す る こ と と し た た だ し こ れ だ け では IM 性 能 を 十 分 期 待 で き な い た め 弾 体 内 部 の さ く 薬 の 反 応 に よ る ガ ス 圧 力 で 信 管 が 離 脱 し さ く 薬 の 反 応 を 緩 和 す る た め 加 熱 される 溶 け る プ ラ ス チ ッ ク 製 信 管 ア ダ プ タ ーや 耐 熱 コ ー テ ィ ン グ を 施 し た 弾 丸 格 納 容 器 など IM 化 実 現 の た め 多 く の 変 更 が 行 わ れ た ( 図 表 4) 図 表 3 IED 攻 撃 により 弾 薬 が 誘 爆 した 車 輌 大 型 IEDによる 攻 撃 を 受 け 搭 載 していた 発 射 装 薬 が 激 しく 燃 焼 し 車 輌 から9ft 以 内 の 人 員 が 受 傷 すると 共 に この 火 炎 により 車 内 の 155mmりゅう 弾 が 爆 発 車 輌 は 全 損 した ま た PAX-21 は 元 々 のさく 薬 Comp.B よ り 威 力 的 に 劣 る た め 通 常 の 鋼 製 弾 体 よ り 破 片 生 成 効 率 の 良 い HF-1(High Fragment 鋼 )を 弾 体 に 使 用 し 在 来 弾 と 同 等 の 威 力 を 確 保 し た な お M720A1/M768 は 装 着 す る 信 管 が 異 な る だ け で 他 は 全 く 同 一 で あ る こ う し て 作 成 さ れ た 60mm 迫 撃 砲 用 り ゅ う 弾 M720A1/M768 は 熱 及 び 衝 撃 に 対 し 燃 焼 (type V)~ 爆 発 (type III)で 収 ま っ て お り 在 来 の M720 り ゅ う 弾 が 殆 ど 爆 轟 す る(Type 18

21 I/II)の に 較 べ IM 性 能 は 大 幅 に 向 上 し た ( 図 表 5) 4) 図 表 4 60mm 迫 撃 砲 用 り ゅ う 弾 の IM 化 要 領 4) 60mm 迫 撃 砲 用 M720A1/M768 りゅう 弾 IM 化 の 方 策 さく 薬 Comp.BをPAX-21に 変 更 信 管 伝 爆 薬 Comp.A5をPBXN-5に 変 更 プラスチックの 信 管 アダプターの 採 用 弾 丸 格 納 容 器 (PA124) - 耐 熱 コーティング -ファイバー 容 器 を 延 長 し 容 器 内 で 信 管 を 離 脱 可 能 とする た だ し 本 来 燃 焼 以 下 で な け れ ば な ら な い ス ロ ー ク ッ ク オ フ や 破 片 感 度 で 爆 燃 や 爆 発 の 態 様 を 示 す な ど IM 性 能 と し て 決 し て 満 足 で き る も の で は な か った し か し な が ら 米 陸 軍 としては 早 急 に 部 隊 に 配 備 す る 必 要 が あ っ た た め 暫 定 的 に M720A1/M768 を 採 用 し 2006 年 量 産 に 移 行 2007 年 部 隊 配 備 を 開 始 し た な お 価 格 的 に は 在 来 さ く 薬 が $6~8/1 ポ ン ドに 対 し PAX-21 が $10~12/1 ポ ン ド と 安 価 と は い え 倍 近 い 価 格 と な っ た ( 3 ) IM 化 の 効 果 図 表 5 60mm 迫 撃 砲 用 りゅう 弾 M720(Comp.B) とM720A1/M768(PAX-21)のIM 性 能 比 較 60mm 迫 撃 砲 用 IM りゅう 弾 開 発 担 当 の 米 陸 軍 ARDEC( 装 備 研 究 開 発 技 術 セ ン タ ー ) は IM 化 の 効 果 の 典 型 例 を 紹 介 し IM の 有 効 性 を 部 内 外 に 喧 伝 し て い る ( 図 表 6) 2009 年 9 月 12 日 車 室 に 人 員 7 名 60mm 迫 撃 砲 弾 (M768)16 発 を 搭 載 し て 任 務 遂 行 中 で あ っ た 汎 用 装 甲 車 MRAP(Mine Resistant Ambush Protection armored vehicle)に 対 し 強 力 な IED 攻 撃 が 仕 掛 け ら れた そ の 結 果 MRAP のエンジンルームは 大 破 燃 料 タ ン ク が 破 損 し て 火 災 が 発 生 車 室 は 火 炎 に 包 ま れ た 図 表 6 弾 薬 IM 化 の 効 果 5) 回 収 されたMRAP 火 災 鎮 火 後 の 車 内 回 収 した 弾 丸 信 管 は 外 れ 弾 体 内 部 のさく 薬 は 燃 焼 内 部 のさく 薬 が 燃 焼 した M768 弾 体 19

22 し か し な が ら IM 化 さ れ た り ゅ う 弾 M768 は 火 炎 の 熱 に よ り 信 管 が 外 れ 弾 体 内 部 の さ く 薬 は 爆 発 せ ず 燃 焼 す る に 止 ま っ た そのため 搭 乗 し て い た 人 員 は 負 傷 こ そ し た が 全 員 生 還 す る こ と が できたというものである これがもし 在 来 のりゅう 弾 で あ る な ら ば 当 然 火 災 に よ り 弾 薬 が 誘 爆 し 搭 乗 し て いた 人 員 は 全 員 犠 牲 と なったものと 考 え ら れ る こ と か ら 弾 薬 の IM 化 に よ る 人 的 損 害 軽 減 の 効 果 は 十 分 期 待 できるものと 言 え る 4. 今 後 の 動 向 米 陸 軍 は PAX-21 を 使 用 し た M720A1/M768 の IM 性 能 が 不 満 足 で あ る こ と を 承 知 し て お り 81mm 120mm 迫 撃 砲 用 り ゅ う 弾 の へ 適 用 す る 予 定 は なく あ く ま で も 暫 定 的 な も の と し て い る こ の 60mm 迫 撃 砲 弾 の ほ か 120mm 迫 撃 砲 用 と し て HBU88B(I-RDX を 使 用 し た PBX) を 使 用 し た IM り ゅ う 弾 が あ る が 未 だ 量 産 に 移 行 し て い な い 米 陸 軍 は 現 在 の 生 産 設 備 を 使 用 で き る 溶 填 型 式 で 価 格 的 に も 性 能 的 に も 在 来 の TNT ( 野 戦 砲 弾 薬 用 さ く 薬 ) Comp.B( 迫 撃 砲 用 さ く 薬 )に 匹 敵 し PBX 並 の IM 性 能 を 有 す る IM さ く 薬 開 発 計 画 と し て IMX 計 画 を 推 進 し て い る 今 ま で の 開 発 の 結 果 威 力 な ど さ く 薬 と し ての 性 能 お よ び IM 性 能 的 に は 1555mm り ゅ う 弾 砲 用 り ゅ う 弾 M795( さ く 薬 TNT)お よ び 60mm~120mm 迫 撃 砲 用 り ゅ う 弾 ( さ く 薬 Comp.B) の さ く 薬 を 代 替 で き る よ うな IM さ く 薬 候 補 (IMX-101 IMX-104)は 出 現 し て お り 2011 乃 至 2012 年 度 よ り 公 式 試 験 に 入 る 予 定 と ア ナウンスされているが 当 初 計 画 か ら 2 年 も 遅 延 し て お り 予 定 ど おり 進 む か 疑 問 が あ る ま た こ の IMX 計 画 は 厳 し い 性 能 的 要 求 と 価 格 的 に 在 来 さ く 薬 と 同 程 度 と い う の は そ れ 以 上 に 厳 し い ハ ードルがあり 人 的 損 害 の 軽 減 と い う 現 在 の 米 陸 軍 に お け る 錦 の 御 旗 が あ っ て も 陸 軍 の 主 力 弾 種 総 入 れ 替 え と も 言 え る こ の 壮 大 な 事 業 を 推 し 進 め る の は 相 当 な 困 難 を 伴 う の で は な い か と 思 わ れ る 参 考 文 献 1) 弾 道 学 研 究 会 編 火 器 弾 薬 技 術 ハ ン ド ブ ック( 改 訂 版 ) ( 財 ) 防 衛 技 術 協 会 )Matthew Beyard, IM Staff Specialist, OSD(AT&L)/PSA/LW&M, U.S. INSENSITIVE MUNITIONS POLICY UPDATE, NDIA IM/EM Meeting )Patrick Touzé, MSIAC,"IM Overview",2009I M&EM Technology Symposium 4)Bernie Halls TSO, MSIAC,"Insensitive Munitions State of the Art", 43 rd ANNUAL ARMAMENT SYSTEMS: GUN & MISSILE SYSTEMS CONFERENCE & EXHIBITION, April )Jeffrey Smith et al, "IM in the Field - Experience of Reduced Sensitivity Mortar Cartridges to Actual Combat Threat Stimuli", 2010 IM&EM Technology Symposium, October

23 我 が 国 の 海 洋 勢 力 の 結 集 と 挑 戦 我 が 国 の と る べ き 海 洋 戦 略 ( 財 )DRC 研 究 委 員 伊 藤 和 雄 目 次 は じ め に 1 我 が 国 の 海 洋 を 巡 る 諸 情 勢 (1) 海 洋 の 総 合 管 理 (2) 海 洋 の 安 全 保 障 (3) 海 洋 資 源 海 洋 環 境 等 2 周 辺 諸 国 の 海 洋 戦 略 (1) 米 国 の 海 洋 戦 略 (2) 中 国 の 海 洋 戦 略 (3) そ の 他 の 諸 国 の 海 洋 政 策 を 巡 る 動 向 3 我 が 国 の 海 洋 戦 略 (1) 日 米 同 盟 を 基 軸 と し た 防 衛 体 制 と 国 際 間 協 調 体 制 の 構 築 (2) 我 が 国 海 洋 勢 力 の 結 集 と 実 運 用 へ の 挑 戦 (3) 海 洋 権 益 の 確 保 と 海 洋 情 報 の 適 正 管 理 4 海 洋 戦 略 実 践 の ための 施 策 (1) 国 家 と し て 推 進 す べ き 事 項 (2) 海 洋 勢 力 と し て 推 進 す べ き 事 項 (3) 海 上 自 衛 隊 と して 実 施 す べ き 事 項 お わ り に は じ め に 昨 今 の 諸 情 勢 を 踏 ま え 今 我 が 国 が と る べ き 海 洋 戦 略 に つ い て 私 論 を 披 瀝 し た い 海 洋 戦 略 策 定 に 当 た っては 本 来 上 層 に 国 家 戦 略 が あ り こ れ に 基 づ き 海 洋 に 関 す る 戦 略 論 を 展 開 す る の が 標 準 的 思 考 の 姿 で あろう しかし 現 状 では 何 を も っ て 我 が 国 の 国 家 戦 略 と す る のか 特 に 安 全 保 障 に 関 し て は 憲 法 専 守 防 衛 非 核 三 原 則 集 団 的 自 衛 権 な ど の 法 的 政 治 的 制 約 の 下 で あるべき 国 家 戦 略 を 見 出 す の は 難 し く ま し て や 海 洋 国 家 と して 歩 む べ き 国 家 像 も 見 え て こ な い し た が っ て 本 論 で はこれら 制 約 要 因 を 背 景 と し て 考 慮 す る も の の 海 洋 立 国 を 目 指 す と す る 国 家 戦 略 を 見 据 え 我 が 国 の 海 洋 を 巡 る 国 際 情 勢 を 展 望 しつつ 我 が 国 が と る べ き 海 洋 戦 略 に つ い て 論 述 し て み た い 1. 我 が 国 の 海 洋 を 巡 る 諸 情 勢 ( 1 ) 海 洋 の 総 合 管 理 1994 年 に 発 効 し た 第 3 次 国 連 海 洋 法 条 約 は 海 の 憲 法 と も いうべき 壮 大 な 法 典 で あ る 我 が 国 は 発 効 か ら 2 年 遅 れ 1996 年 に 批 准 し た こ れ により 領 海 大 陸 棚 排 他 的 経 済 水 域 (EEZ) な ど が 規 定 さ れ る と と も に 世 界 全 体 の 持 続 的 発 展 を 目 指 し 人 類 の 海 洋 利 用 に 関 するあらゆる 活 動 が 規 定 さ れ た ま た 1992 年 の 地 球 サ ミ ッ ト で 採 択 さ れ た 環 境 と 開 発 に 関 す る 行 動 計 画 ( ア ジ ェ ン 21

24 ダ 21) に よ り 海 洋 の 環 境 開 発 に 関 す る 国 際 間 の 政 策 的 枠 組 みが 定 め ら れ た 世 界 の 海 洋 の 秩 序 は そ のパラダイムを 海 洋 の 自 由 か ら 海 洋 の 管 理 へ シ フ ト さ せ た の で あ る 国 連 海 洋 法 条 約 の 締 結 により 我 が 国 が 管 理 する 海 域 は 世 界 第 6 位 447 万 平 方 キロメ ートルの 海 域 に 広 がった 国 民 1 人 当 た り 領 土 の 面 積 当 た り 世 界 で 最 も 長 い 海 岸 線 を 有 す る 国 と な っ た 我 が 国 と し て 今 後 法 的 性 格 の 異 な る 領 海 大 陸 棚 及 び EEZ を ど の よ う に 管 理 す るのか あるいは 海 洋 に 関 す る 諸 問 題 の 解 決 に 如 何 に 取 り 組 む か 基 本 的 姿 勢 を 国 内 外 に 示 す 必 要 性 に 迫 ら れ ているといえる ( 2 ) 海 洋 の 安 全 保 障 海 洋 の 安 全 保 障 とは 狭 義 の 意 味 で は 国 防 と 同 義 語 と し て 用 い ら れ る 場 合 も あ る が こ こ で は 包 括 的 に 捉 え て 我 が 国 が 有 す る 海 洋 権 益 を 護 るとともに より 積 極 的 に 海 洋 を 安 全 に 利 用 し 得 る 状 態 を 維 持 す ることと 意 味 づ け る 海 洋 の 安 全 保 障 の 内 最 も 重 要 な の は 我 が 国 の 領 土 の 保 全 で あり 領 域 の 警 備 で あ る 領 域 の 警 備 に は 領 土 領 海 領 空 の 警 備 の ほ か EEZ に お ける 国 際 法 に 基 づ く 海 洋 権 益 保 全 の た め の 警 備 も 含 ま れ る EEZ は 領 海 基 線 か ら 200 海 里 ま で 設 定 で き る 国 連 海 洋 法 条 約 で は 互 い に EEZ が 重 な る 場 合 の 境 界 線 は 関 係 国 の 合 意 到 達 の 努 力 に よ る と さ れ て い る し た が っ て 我 が 国 と 隣 接 し 基 線 間 が 400 海 里 に 満 た な い ロ シ ア 中 国 韓 国 北 朝 鮮 及 び 台 湾 と の 管 轄 海 域 の 境 界 に つ い て は 関 係 国 で 協 議 す る 必 要 が あ る も の の いずれの 国 と も 完 全 な 合 意 は 得 ら れ て い な い 加 え て 我 が 国 に は 不 法 占 拠 さ れ て い る 北 方 四 島 及 び 竹 島 に 係 わ る 領 土 問 題 付 近 で 海 底 油 田 の 存 在 が 公 表 さ れ た 以 降 中 国 と 台 湾 が 領 有 を 主 張 し て いる 尖 閣 諸 島 の 問 題 も 抱 え て い る さ ら に は 中 国 が 島 と 認 め て いない 沖 ノ 鳥 島 に 関 す る 懸 案 も あ る も し 同 島 が 島 と 認 め ら れ なければ 同 島 を 基 点 とした 大 陸 棚 も EEZ も 認 め ら れ な い ま た 不 審 船 工 作 船 事 案 も 頻 繁 に 生 起 し ている 平 成 11 年 の 能 登 半 島 沖 不 審 船 事 案 平 成 13 年 の 九 州 南 西 海 域 工 作 船 事 案 も 記 憶 に 新 し い 多 く の 未 解 決 拉 致 事 件 も 北 朝 鮮 の 工 作 船 が 我 が 国 周 辺 海 域 を 自 由 に 徘 徊 潜 入 で き た 証 左 であり 結 果 的 に は 我 が 国 の 領 域 警 備 に 不 備 が あ っ た と 認 め ざ る を 得 な い 領 土 の 保 全 領 域 警 備 に 関 し て は 国 の 主 権 に 係 わ る 問 題 と し て 捉 え 国 と し て 確 固 た る 意 志 を 示 し 対 策 を 講 じ な け れ ば な ら な い ( 3 ) 海 洋 資 源 の 確 保 と 海 洋 環 境 の 維 持 海 洋 に は 多 く の 資 源 が 存 在 し て い る 日 本 近 海 は 世 界 で 最 も 豊 かな 漁 場 の ひ と つ で あ る 海 底 に は マ ンガン 団 塊 コ バ ル ト リッチ クラスト 鉱 床 海 底 熱 水 鉱 床 な ど 鉱 物 資 源 も 豊 富 で あ る 特 に 近 年 注 目 さ れ る の は メ タ ン ハ イ ド レ ー ト( 炭 化 水 素 ガ ス ) で あ る 天 然 ガ ス 換 算 で 日 本 で 消 費 さ れ る 約 100 年 分 の 埋 蔵 量 があるといわれている 海 水 そ れ 自 体 も 豊 か な 資 源 で あ る 淡 水 化 技 術 の 発 達 に よ り 真 水 の 生 産 価 格 を 大 幅 に 減 少 さ せ る こ と が で きる 塩 は 古 代 か ら 価 値 の 変 わ ら な い 重 要 な 物 質 で あ る 海 中 に は 金 を は じ め 多 く の 非 生 物 資 源 も 含 ま れ ている 他 方 風 力 潮 力 波 力 海 洋 温 度 差 を 利 用 し た 発 電 さらにはメガフロートによる 空 港 洋 上 基 地 の 建 設 な ど 海 洋 の 利 用 法 は 様 々 で あ る ま さに 海 は 我 々 の 将 来 の 展 望 に 期 待 を 抱 か せ てくれる 宝 庫 な の で あ る こ れ ら の 海 洋 資 源 を 適 正 に 管 理 す る た めにも 新 た な 海 洋 戦 略 に 基 づ く 海 洋 政 策 の 22

25 推 進 が 求 め ら れ て い る 海 洋 環 境 問 題 は そ の 対 策 に 一 刻 の 猶 予 も 許 さ れ な い 産 業 の 集 積 化 沿 岸 部 の 埋 め 立 て が 進 み 産 業 生 活 排 水 廃 棄 物 が 河 川 海 域 へ 排 出 さ れ 環 境 の 劣 化 や 環 境 汚 染 を 引 き 起 こ し て い る 地 球 温 暖 化 は 人 類 の 将 来 を 左 右 す る ほ ど の 大 き な 問 題 で あ り 特 に 温 暖 化 に よ る 海 面 の 上 昇 は 深 刻 な 問 題 で ある 人 口 の 急 増 と 化 石 燃 料 な ど の 消 費 動 向 が 根 底 に あ る 過 剰 漁 獲 過 剰 保 護 に 起 因 する 海 洋 生 物 の 生 態 系 破 壊 に 関 する 問 題 もある これらの 海 洋 環 境 に 関 する 問 題 は 地 球 全 体 の 問 題 と し て 認 識 さ れなければならない 我 が 国 に は 先 進 国 のリーダーとして 海 洋 環 境 問 題 の 解 決 に 先 導 的 に 取 り 組 む よ う 期 待 さ れ て い る そ の 他 海 上 交 通 の 安 全 海 上 輸 送 の 確 保 海 洋 科 学 技 術 に 関 す る 研 究 開 発 の 推 進 津 波 高 潮 な ど の 自 然 災 害 対 処 な ど 海 洋 を 巡 る 多 く の 課 題 が あ る また 今 後 大 き く 懸 念 さ れ る の は 海 賊 海 上 テ ロ 問 題 で あ る こ の よ う な 情 勢 下 で 我 が 国 に は 国 家 の 理 念 に 基 づ く 総 合 的 海 洋 政 策 を 策 定 し 具 体 的 行 動 計 画 を 推 進 する 必 要 性 に 迫 ら れ て いる 2. 周 辺 諸 国 の 海 洋 戦 略 こ こ で は 我 が 国 の 安 全 保 障 に 関 す る 海 洋 戦 略 に 強 い 影 響 を 与 え ると 思 わ れ る 米 国 と 中 国 の 海 洋 戦 略 を 中 心 に そ の 動 向 を 概 観 してみたい ( 1 ) 米 国 の 海 洋 戦 略 米 国 の 海 洋 戦 略 は 国 家 安 全 保 障 戦 略 の 枠 組 み の 中 で 策 定 さ れ る 海 洋 に 関 す る 戦 略 文 書 の 中 で 注 目 さ れ るのは 2007 年 に 発 表 さ れ た 21 世 紀 のシーパワーに 向 けた 協 調 戦 略 ( 新 海 洋 戦 略 ) で あ る 新 海 洋 戦 略 は 米 国 の 海 軍 海 兵 隊 及 び 沿 岸 警 備 隊 の 3 つ の 海 洋 部 隊 に よ っ て 共 同 で 策 定 さ れ た 初 め て の 統 合 海 洋 戦 略 で あ る 新 海 洋 戦 略 の 前 提 と なる 情 勢 認 識 と し て 世 界 貿 易 の 9 割 が 海 洋 圏 域 で 行 われており 海 上 交 通 路 と 陸 上 の 支 援 イン フ ラ は 世 界 経 済 の 生 命 線 と な っ て い る 海 洋 資 源 を 巡 る 紛 争 の 蓋 然 性 が 増 し グローバル 化 による 多 種 多 様 な 主 体 が 出 現 し 大 量 破 壊 兵 器 大 規 模 自 然 災 害 犯 罪 等 新 たな 脅 威 も 出 現 し て い る も は や ど の 国 も 単 独 で は 海 洋 の 安 全 の 確 保 は 難 し く 国 家 非 政 府 組 織 国 際 機 関 民 間 が 共 同 で 対 処 し な け れ ば な ら な い な ど を あ げ て い る こ う し た 情 勢 認 識 に 基 づ き 新 海 洋 戦 略 が 示 し て い る 最 大 の 特 徴 は 国 内 外 の 連 携 を 重 要 視 し て い る こ と である すなわち 米 国 国 内 で 海 洋 部 隊 の 統 合 を 深 化 さ せ る と と も に 国 際 的 な 連 携 も 推 進 す る と し て い る GMP 構 想 (Global Maritime Partnerships Initiative)と 表 現 しているもので 他 国 の 海 軍 法 執 行 機 関 海 運 業 界 等 と 継 ぎ 目 の な い 連 携 を 深 め る と し ている また 前 海 洋 戦 略 (1986 年 ) が ソ 連 と 戦 う こ と を 想 定 し た 攻 撃 的 で か つ 抑 止 に 重 点 を 置 い た 戦 略 で あ っ た が 新 海 洋 戦 略 で は 特 定 の 脅 威 を 想 定 す る の で は なく テロや 海 賊 行 為 大 規 模 災 害 と い っ た 様 々 な 脅 威 の 顕 在 化 紛 争 化 を 他 国 と 共 同 で 防 止 す る こ と に 重 点 を 置 い て い る の も 特 徴 である そ の 他 新 海 洋 戦 略 で は 海 上 戦 と い う ハ ー ド パ ワ ー と 経 済 活 動 の 保 護 促 進 人 道 支 援 災 害 救 援 といった ソフトパワー を 同 等 に 位 置 付 け さらに 注 目 す べ き は 増 強 を 続 け る 中 国 海 軍 力 へ の 懸 念 の 表 現 を 避 け む し ろ 中 国 に 対 し 共 通 の 利 益 の た 23

26 め に 応 分 の 負 担 を 求 め GMP 構 想 へ の 参 加 を 打 診 し て い る ま さに 21 世 紀 に 向 け た 協 調 戦 略 で あ る ( 2 ) 中 国 の 海 洋 戦 略 中 国 は 海 洋 に 進 出 するという 一 貫 した 国 家 党 の 戦 略 が 根 本 にある 中 国 人 民 解 放 軍 海 軍 は 沿 岸 防 衛 型 海 軍 から 近 海 防 衛 型 海 軍 に 転 換 した 近 海 とは 渤 海 黄 海 東 シナ 海 及 び 南 シナ 海 で いわゆる 第 1 列 島 線 の 内 側 海 域 を 指 す ものである 列 島 線 内 の 海 域 を 内 海 化 す る こ とで 海 洋 海 底 資 源 を 専 有 で き シ ー レ ー ン の 管 制 も 可 能 に な る 次 に 目 指 す の は 小 笠 原 か ら グ ア ム 島 に 至 る 第 2 列 島 線 へ 向 け た 活 動 範 囲 の 拡 大 で あ る 最 近 の 中 国 海 軍 の 増 強 と 近 代 化 は 目 覚 し い す で に 空 母 の 建 造 を 始 め て お り しかも 観 光 用 と し て 購 入 し た 旧 ソ 連 海 軍 の 空 母 を 訓 練 用 の 空 母 に 改 修 し て い る 中 国 が 海 洋 権 益 確 保 へ 向 け 空 母 を 保 有 する 意 味 合 いは 大 きい 輸 入 石 油 の 大 部 分 は 中 東 や ア フ リ カ か ら で あ り 米 海 軍 の 影 響 下 に あ る イ ン ド 洋 を 通 る 軍 内 部 には 台 湾 有 事 の 際 は 米 軍 に シーレーンを 封 鎖 される との 疑 念 が 根 強 い ベ ト ナ ム フ ィ リ ピ ン な ど の 国 と の 南 沙 諸 島 領 有 権 を 巡 っ て は 戦 闘 機 の 航 続 距 離 制 限 に 関 す る 問 題 を 空 母 が 解 決 で き る シーパワーを 背 景 に 周 辺 諸 国 と の 交 渉 を 優 位 に 進 め る 意 図 が あ る の は 明 ら か で あ る 海 南 島 三 亜 に 秘 密 潜 水 艦 地 下 基 地 を 造 り 原 子 力 潜 水 艦 が こ の 基 地 を 利 用 し 活 動 して い る 大 陸 間 弾 道 弾 ミ サ イ ル の 推 進 ロ ケ ッ トを 母 体 と し た 衛 星 破 壊 衛 星 を 打 ち 上 げ る な ど 宇 宙 軍 事 力 増 強 にも 強 い 姿 勢 を 示 し て いる 今 後 も プ ロ フ ェ ッショナル 化 遠 洋 活 動 能 力 の 向 上 へ 向 け た 中 国 海 軍 の 近 代 化 が 一 層 進 む と 見 積 も ら れ る 中 国 の 領 海 法 に は 台 湾 南 シ ナ 海 東 シ ナ 海 に 点 在 す る 島 嶼 を 自 国 の 領 土 と 規 定 し 我 が 国 の 尖 閣 諸 島 や 南 シ ナ 海 の 島 嶼 の 名 称 も 自 国 領 域 と し て 明 記 さ れ て い る し か も 領 海 及 び 接 続 海 域 に 許 可 な く 進 入 する 外 国 の 軍 艦 を 排 除 し 追 跡 す る 権 限 を 中 国 軍 の 艦 艇 航 空 機 に 付 与 す る と い う 異 例 の 法 律 で あ る 要 す る に 紛 争 地 域 を 含 む 海 域 を 中 国 領 海 と 勝 手 に 見 な し 人 民 解 放 軍 に 中 国 領 海 を 防 衛 す る 任 務 を 与 え た の で あ る 国 際 法 を 無 視 し 国 内 法 で 軍 事 力 の 行 使 に お 墨 付 き を 与 え た こ の 法 律 は 我 が 国 に と っ て 好 ま し く は な いのは 当 然 で あ る し かしながら 中 国 が 領 土 周 辺 国 と の 海 域 の 境 界 線 海 洋 権 益 確 保 に 関 し て 国 家 と してどう 対 峙 す る の か 国 家 の 意 思 は 顕 示 さ れ て い る 3 年 程 前 中 国 高 官 が 米 国 高 官 に 太 平 洋 を 2 分 し 分 割 管 理 を 提 案 し た と 伝 え ら れ た 15 世 紀 ロ ー マ 教 皇 が 世 界 の 海 を ス ペ インとポルトガルに 分 割 支 配 さ せ た 史 実 を 彷 彿 さ せ る ( 3 ) そ の 他 の 諸 国 の 海 洋 政 策 を 巡 る 動 向 ロ シ ア の 軍 事 力 復 興 も 無 視 で き な い ソ 連 崩 壊 後 戦 力 の 縮 小 沈 滞 化 が み ら れ た が 近 年 は 抱 負 な エ ネ ルギー 資 源 を 背 景 に 急 速 に 軍 の 再 編 成 近 代 化 が 進 ん で い る 我 が 国 と の EEZ 境 界 付 近 で の 日 本 漁 船 取 り 締 まりも 厳 し さ を 増 し て いる 北 朝 鮮 か ら の ミ サ イ ル 攻 撃 は 明 日 生 起 し て も 不 思 議 で は な い オーストラリアは 領 有 権 が 認 め ら れ て い な い は ず の 南 極 大 陸 を 基 点 と し た EEZ を 設 定 し 外 国 漁 船 を 締 め 出 し て い る 注 視 す べ き は 韓 国 で あ る 1996 年 国 連 海 洋 法 条 約 を 批 准 すると 同 じ 年 に 海 洋 政 策 の 主 管 庁 として 海 洋 水 産 部 を 設 立 し た 部 と あ る が 我 が 国 の 省 に 相 当 す る 24

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

永田3.indd

永田3.indd 課 19 課 永 田 尚 西 学 社 会 安 学 准 教 授 じ 金 福 島 子 電 所 併 岩 手 宮 城 福 島 青 森 茨 城 栃 木 千 葉 京 区 適 受 言 特 津 波 受 岩 手 宮 城 例 外 元 々 他 他 野 ん 歴 史 代 前 登 録 模 然 下 各 編 駆 20 態 手 足 意 味 良 他 野 類 近 小 模 治 済 側 面 治 垂 直 同 じ レ ベ ル 性 則 考 注 目

More information

001-014.indd

001-014.indd 0 0 6 版 始 バ ブ 日 本 取 巻 済 向 伴 市 変 化 対 応 0 0 8 版 0 0 版 0 版 ご 改 重 ね 回 第 5 弾 版 0 版 バ ブ 異 功 97 コ セ 見 開 ペ タ 97 項 目 説 明 将 来 次 視 野 入 ど ざ 状 況 ビ ネ パ ソ 皆 役 立 月 ダ ボ 議 参 加 竹 平 蔵 慶 應 義 塾 学 教 授 六 本 木 ヒ ズ 月 末 開 催 セ ミ ナ

More information

x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置 ふ び 取 込 謝 流 ノ 注 近 無 視 規 模 関 無 数 恩 恵 与 活 枯 渇 源 再 排 廃 棄 吸 収 サ 謝 流 規 模 答 重 指 標 サ

x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置 ふ び 取 込 謝 流 ノ 注 近 無 視 規 模 関 無 数 恩 恵 与 活 枯 渇 源 再 排 廃 棄 吸 収 サ 謝 流 規 模 答 重 指 標 サ ix 序 ハ E 序 ケ ネ ボ ィ み 述! 基 公 ノ 皆 訊 a 正 確 何 b 在 c d 優 先 事 項 考 教 科 扱 ず 思 際 b c d 三 扱 ず a 満 足 答 示 欠 落 埋 貢 献 昔 者 ち 外 言 事 鑑 み 報 告 政 府 格 x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc 茨 城 県 域 に お け る 自 治 体 職 員 情 報 共 有 シ ス テ ム の 構 築 ~ つ な が っ ぺ! い ば ら き ~ 平 成 2 4 年 度 行 政 課 題 研 究 講 座 第 3 班 笠 間 市 行 政 経 営 課 主 事 石 塚 貴 則 筑 西 市 生 涯 学 習 課 主 事 齋 川 亮 つ く ば み ら い 市 税 務 課 主 事 井 砂 浩 次 茨 城 県 企 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63> 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 会 議 記 録 平 成 21 年 4 月 23 日 ( 木 ) 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 概 要 Ⅰ 日 時 平 成 2 1 年 4 月 2 3 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 Ⅱ 場 所 都 道 府 県 会 館 1 階 1 0 1 大 会 議 室 Ⅲ 会 議 次 第 1 開 会 2 座

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

 パラオ基地物語 ID:45749

 パラオ基地物語 ID:45749 注 意 事 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ト ラ オ 物 語 作 者 名 香 夢 学 生 青 年 軍 少 佐! ラ オ 運 営 娘 常 楽 島 人 々 生 活 助 物 語 学 生 自 分 自 分 司 令

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守 躍 原 口 調 査 役 割 答 5% 答 % 好 答 特 分 英 植 メ 税 満 独 争 起 ボ パ 件 徴 E a

歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守 躍 原 口 調 査 役 割 答 5% 答 % 好 答 特 分 英 植 メ 税 満 独 争 起 ボ パ 件 徴 E a 特別企画 渡部 恒雄 違答 連邦 口調査 京財団研究 歴史敗 歴史敗由 2010 月 失歴史残敗喫 能 怒 満 答 移 答視 雇用 医療 ガニ争 順 ズ 1938来敗 74 失 3 別 ぞ 割合 信任 7 Vol. 4 歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真 平 成 23 年 1 月 10 日 受 付 要 旨 ド イ ツ で は 日 本 に お け

会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真 平 成 23 年 1 月 10 日 受 付 要 旨 ド イ ツ で は 日 本 に お け ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 会 津 大 学 短 期 大 学 部 産 業 情 報 学 科 石 光 真 会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 北 神 塾 第 五 講 世 界 の 中 の 日 本 日 本 の 外 交 安 全 保 障 防 衛 方 針 2 平 成 26 年 9 月 12 日 北 神 圭 朗 1 中 国 の 軍 事 戦 略 1. 中 国 の 軍 事 費 はすでに 日 本 の 3 倍 を 超 えた しかも 単 純 に 経 済 成 長 に 合 わせて 軍 備 拡 張 が 行 われているのではなく 確 固 たる 長 期 戦 略 に 基

More information

P01.AI

P01.AI グ 紹 介 ブ No. 号 0 0 般 予 算 歳 算 剰 余 繰 越 普 通 交 税 交 増 ほ 経 済 交 復 旧 庫 支 増 歳 職 期 異 職 給 与 道 整 備 交 増 配 分 橋 梁 寿 命 道 舗 追 加 火 水 槽 領 漁 港 増 陸 競 技 レ 整 備 図 書 館 テ 更 ほ 8 豪 雨 農 林 土 木 復 旧 追 加 歳 歳 億 増 予 算 総 9 億 ギ ヨ ァ 管 ぎ 験 農

More information

..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 因 均 引 荷 デ 換 友 好 向 循 尽 態 系 災 布 具 数 値 掲 ヘ シ 背 景 帰 観 察 回 締 驚 拒 否 脳 談 マ 領 官 僚 座 司 仰 何 座 Mark Lynas, How do I kno w hi na wrecked t he

..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 因 均 引 荷 デ 換 友 好 向 循 尽 態 系 災 布 具 数 値 掲 ヘ シ 背 景 帰 観 察 回 締 驚 拒 否 脳 談 マ 領 官 僚 座 司 仰 何 座 Mark Lynas, How do I kno w hi na wrecked t he ..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 6 代 害 病 頻 石 油 危 舞 活 課 基 閣 域 属 品 残 留 土 壌 絶 模 倍 グ ロ 歴 史 程 複 雑 活 服 維 6 略 換 次 循 促 G D 単 省 酸 硫 黄 び 農 森 林 被 覆 概 次 小 康 ゆ 突 握 伊 藤 忠 評 論 石 田 暖 析 説 命 初 8 億 満 億 6 億 億 突 急 浪 ヘ シ 概 模 左 右 所 迫 広 卒

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472 抜 錨! ロコモコ 注 意 項 P D F ル ハ メ ル 掲 載 作 品 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 2 年 月 4 日 オ ア 最 西 軍 基 地 サ ド 島 基 地 へ 上 陸 制 圧 作 支 援 参 加 級 番 数 回 渡 航 隊 攻 飽 和 攻 轟 間

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

服務規律確保のための取組事例集(H27.9)

服務規律確保のための取組事例集(H27.9) 服 務 規 律 確 保 のための 取 組 事 例 集 平 成 27 年 9 月 群 馬 県 教 育 委 員 会 学 校 人 事 課 1 体 罰 2 個 人 情 報 の 盗 難 3 交 通 違 反 4 交 通 死 亡 事 故 5 飲 酒 運 転 6 校 務 用 パソコンの 目 的 外 使 用 7 Web 上 の 信 用 失 墜 行 為 8 不 適 切 なインターネット スマートフォンの 使 用 9 児

More information

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転 102 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 平 成 月 始 史 談 目 オ ラ ヒ リ 掲 載 六 月 号 九 治 氏 オ ラ ヒ リ 掲 載 界 彩 登 頂 正 敏 氏 氏 日 協 理 区 評 議 評 議 務 所 理 議 長 締 役 要 職 務 平 成 第 ベ 章 平 成 七 月 旭 日 双 光 章 章 界 表 重 鎮 論 点 伺 歩 み 界 歩 み 号 掲 載 明 治 創 創 七 老 舗 動

More information

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04 HR News Letter 2011 年 4 月 号 平 澤 国 際 社 労 士 事 務 所 東 京 都 港 区 芝 大 門 1-3-5 山 田 ビル 3 階 TEL 03-5402-8491 http://www.jp-hrpayroll.com/ ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

提案説明

提案説明 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 [ 2 8. 2. 12( 金 ) AM10:00] 本 日 こ こ に 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 を 招 集 い た し ま し た と こ ろ 議 員 の 皆 様 方 に は お そ ろ い で ご 出 席 を い た だ き 厚 く 御 礼 を 申 し あ げ ま す さ て

More information

Taro-H27第15回(定例会)会

Taro-H27第15回(定例会)会 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 1 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 8 年 3 月 2 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 2 1 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 京 谷 和 幸 佐 藤 眞 理 井 出 元 3 出 席 職

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築 優 秀 賞 電 子 マネーと 企 業 ポイントの 新 たな 交 換 システムの 構 築 明 治 大 学 商 学 部 角 野 充 笹 島 康 平 末 吉 紘 季 鈴 木 奈 穂 美 ( 応 募 論 文 の 要 約 ) 近 年 様 々 な 電 子 マ ネ ー や 企 業 ポ イ ン ト が 登 場 し て き て い る が そ れ ら 相 互 間 で の 交 換 性 に は 強 い 制 約 が あ る

More information

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方 平 成 23 年 度 春 季 セ ミ ナー 大 会 地 域 金 融 機 関 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 1 2 文 責 者 日 本 大 学 経 済 学 部 証 券 研 究 会 1 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀

More information

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材 PISA 型 読 解 力 向 上 へ 授 業 改 善 説 明 的 文 章 取 組 み 通 熊 本 市 立 壺 川 小 学 校 佐 藤 俊 幸 目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有

More information

艦これ世界にやってきた ID:90520

艦これ世界にやってきた ID:90520 零 注 意 項 P D F フ ァ ハ 掲 品 自 動 的 P D F 化 小 説 ハ 運 営 断 P D F フ ァ 及 び 品 引 範 囲 超 形 改 変 再 配 布 販 売 禁 怪 エ 手 引 般 話 不 定 期 更 新 ネ タ 浮 投 稿 次 第 話 第 話 8 第 話 ω ` ) へ テ キ ビ ス 飲 落 着 欲 済 仏 顔 謝 許 私 怪 エ 君 葉 表 み 感 殺 伐 気 持 忘 欲

More information

南九州市○○○施設指定管理者募集要項

南九州市○○○施設指定管理者募集要項 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 ( 以 下 放 牧 場 と い う )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は, こ の 仕 様 書 に よ る も の と する 1 趣 旨 本 仕 様 書 は, 指 定 管 理 者 が 行 う 放 牧 場 の 業 務 内 容 及 び 履 行

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援 パ レ 団 展 望 示 運 道 示 C T S 章 習 料 章 粋 像 根 歴 史 ざ 閣 造 次 チ ャ レ 唱 億 総 躍 兼 チ ャ レ 是 掃 述 画 視 建 害 調 査 慣 習 公 表 織 三 式 採 I L 際 踏 府 映 建 委 薦 貴 族 建 ぽ 歯 措 加 承 認 降 図 退 ド ド 是 常 流 ぜ ぜ ざ ざ 表 側 閣 僚 公 歴 然 蔵 岩 盤 直 難 習 料 狙 障 配 番

More information

会議顛末書

会議顛末書 件 名 第 6 次 総 合 計 画 策 定 に 関 す る 第 1 回 市 民 懇 談 会 ( 長 山 中 学 校 区 ) 年 月 日 平 成 2 2 年 1 1 月 2 1 日 ( 日 ) 時 間 午 後 1 時 0 0 分 ~2 時 4 5 分 場 所 松 葉 地 区 公 民 館 市 民 3 8 名 ( 男 性 3 2 名 女 性 6 名 ) 出 席 者 川 村 企 画 財 務 部 長 企 画

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

目 次 は じ め に... 3 第 1 章 先 行 研 究 の サ ー ベ イ... 4 第 2 章 金 融 リ テ ラ シ ー 金 融 教 育 の 必 要 性... 8 第 1 節 金 融 リ テ ラ シ ー と は... 8 第 2 節 金 融 教 育 の 目 的 現 状... 第 3 章 各

目 次 は じ め に... 3 第 1 章 先 行 研 究 の サ ー ベ イ... 4 第 2 章 金 融 リ テ ラ シ ー 金 融 教 育 の 必 要 性... 8 第 1 節 金 融 リ テ ラ シ ー と は... 8 第 2 節 金 融 教 育 の 目 的 現 状... 第 3 章 各 平 成 27 年 度 証 券 ゼ ミ ナ ー ル 大 会 第 1 テ ー マ A ブ ロ ッ ク 日 本 において 今 後 必 要 とされる 金 融 リテラシーについて 1 2 和 歌 山 大 学 簗 田 ゼ ミ ナ ー ル ( A 班 ) 1 目 次 は じ め に... 3 第 1 章 先 行 研 究 の サ ー ベ イ... 4 第 2 章 金 融 リ テ ラ シ ー 金 融 教 育 の 必

More information

(Microsoft Word - \216\213\222\256\212o\214\264\215e.doc)

(Microsoft Word - \216\213\222\256\212o\214\264\215e.doc) S D B(SchoolDataBase)に よ る データ( 教 務 事 務 保 健 ) 処 理 の 一 元 化 宇 部 市 立 黒 石 中 学 校 教 諭 小 柴 成 吾 1 は じ め に S D B (SchoolDataBase) 構 想 の 最 初 の 芽 生 え は お よ そ 1 9 8 0 年 代 前 半 で 第 一 世 代 S D B 1 は 生 徒 氏 名 住 所 定 期 テ

More information

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd ァ メ 専 門 返 運 用 困 相 談 先 世 メ 実 情 違 理 店 専 門 実 際 保 険 理 店 務 仕 事 拠 相 談 保 険 話 後 絶 何 隠 ァ 変 3 多 仕 事 柄 搾 4 程 度 従 員 抱 経 営 者 低 賃 労 働 者 ゆ ワ キ グ ア 高 校 卒 後 飲 食 店 勤 職 場 環 境 ひ ( ブ 企 ) 4 心 身 壊 退 職 ざ 退 職 後 近 無 職 活 送 ハ ワ 通

More information

平成13年度 光市文化センター事業計画 (案)

平成13年度 光市文化センター事業計画 (案) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 光 市 文 化 振 興 財 団 光 市 文 化 セ ン タ ー 事 業 計 画 光 市 文 化 セ ン タ ー は 光 市 の 特 色 を 踏 ま え な が ら 歴 史 芸 術 科 学 な ど の 文 化 活 動 の 普 及 発 展 に 尽 く し て きた 27 年 度 も 教 育 や 文 化 の 充 実 発 展 に 寄 与 す

More information

Vol. 5 6 む ね 5 途 技 術 水 準 勘 検 討 修 正 福 田 麻 生 作 業 8 麻 生 織 有 者 談 勝 俣 ポ 唆 経 再 検 討 鳩 山 足 末 予 計 画 整 計 画 先 延 談 織 改 鳩 山 位 置 付 困 難 鳩 山 普 天 移 問 題 ぐ 膠 着 ち ゃ 状 況 打

Vol. 5 6 む ね 5 途 技 術 水 準 勘 検 討 修 正 福 田 麻 生 作 業 8 麻 生 織 有 者 談 勝 俣 ポ 唆 経 再 検 討 鳩 山 足 末 予 計 画 整 計 画 先 延 談 織 改 鳩 山 位 置 付 困 難 鳩 山 普 天 移 問 題 ぐ 膠 着 ち ゃ 状 況 打 集 考 想 神 謙 慶應義塾学准教授 混 格有 略文家 評価針 巻 指針文 整標水準今 計画 以 役割任務兵装 2010 決 2009歴史 位置付明求 略反映せ 文存総 付公式文望 府体包括 経緯 治導試 略 NSS 領府 転換初 4ご QDR 2004 決 想 来針 官邸官房心整 省比 7 Vol. 5 6 む ね 5 途 技 術 水 準 勘 検 討 修 正 福 田 麻 生 作 業 8 麻 生 織

More information

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 終 二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 003 夏 暑 過 ぎ 去 秋 気 配 空 見 上 げ 立 空 青 澄 み 切 風 心 良 ひ ガ イ ガ ウ ン タ 手 目 見 恐 怖 感 悲 痛 思 風 景 福 島 県 飯 館 村 美 然 眺 半 深 絶 望 突 落 3 11 経 過 未 復 旧 復 興

More information

はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年

はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年 はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年 の i P S 細 胞 の 作 製 法 発 な ど 画 期 的 な 研 究 成 果 が 次 々 と

More information

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座 - 高 砂 -- 木 ビ TEL -- FAX -- 編 価 購 読 費 含 輝 築 誇 津 康 歳 J M I U ハ 先 奮 蓮 ハ 築 弱 顧 客 注 屋 台 風 呂 ユ 設 置 築 完 式 作 津 作 ユ 養 ォ 乗 作 ユ 養 積 身 宮 城 石 巻 元 石 巻 高 卒 ハ 就 至 石 巻 家 旧 北 岸 百 震 災 津 波 押 寄 験 築 * 紙 面 * 元 気 面 面 営 面 面 ぶ

More information

平 成 28 年 第 1 回 尾 鷲 市 議 会 定 例 会 所 信 表 明 ( 附 提 案 説 明 ) 尾 鷲 市 ( 登 壇 ) 平 成 2 8 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 平 成 2 8 年 度 当 初 予 算 並 び に そ の 他 の 諸 議 案 に つ い て の ご 説 明 に 先 立 ち ま し て 所 信 の 一 端 を 申 し 述 べ 議 員 各 位

More information

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 ta73 注 意 項 P D F メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 一 命 捨 生 変 不 死 身? 体 加 減 色 々 1 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 目 次 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 朝 起 夜 寝 成 数 年 後 晩

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 平 成 2 8 年 2 月 か ら 適 用 す る 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 表 平 成 2 8 年 1 月 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務

More information

会議開催のお知らせ

会議開催のお知らせ 富 津 市 青 少 年 問 題 協 議 会 会 議 録 1 会 議 の 名 称 平 成 27 年 度 富 津 市 青 少 年 問 題 協 議 会 会 議 2 開 催 日 時 平 成 27 年 7 月 15 日 午 後 3 時 0 0 分 ~ 午 後 4 時 45 分 3 開 催 場 所 第 2 委 員 会 室 4 審 議 等 事 項 5 出 席 者 名 6 公 開 又 は 非 公 開 の 別 ( 1

More information

Microsoft Word - No13.doc

Microsoft Word - No13.doc 海 外 と の 日 本 文 化 日 本 文 学 交 流 史 展 望 伊 井 春 樹 ( 国 文 学 研 究 資 料 館 ) 1 海 外 と の 交 流 始 発 中 国 か ら 日 本 に 文 字 が も た ら さ れ た の は 三 世 紀 か ら 五 世 紀 の 頃 6 世 紀 に な る と 仏 教 も 伝 来 し そ れ ま で の 自 然 崇 拝 と し て 形 成 さ れ て い た 神

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 新 レ フ ガ 鎮 府 着 任 正 体 一 体 目 的... 週 1 ~ 回 更 新 1 文 章 量 少 私 友 ニ コ ニ コ 動 画 u p M

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お 保 健 体 育 科 投 動 作 の 習 得 と 投 力 ア ッ プ を 目 指 し た 運 動 の 実 践 と 指 導 の 在 り 方 - 楽 し く 活 動 で き る 場 の 設 定 と 教 材 の 工 夫 を 通 し て - ひ た ち な か 市 立 那 珂 湊 第 二 小 学 校 矢 吹 美 左 子 1 は じ め に ( 1 ) 子 ど も た ち の 日 常 の 遊 び 近 年, 運

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832352E392E3488EA94CA8EBF96E292CA8D9093E097652081698AAE90AC94C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832352E392E3488EA94CA8EBF96E292CA8D9093E097652081698AAE90AC94C5816A> 平 成 25 年 9 月 市 議 会 定 例 会 一 般 質 問 質 問 す る 議 員 名 及 び 質 問 内 容 個 人 質 問 1 議 員 成 田 芳 雄 ⑴ 都 市 内 ま た は 地 域 内 分 権 制 度 の 創 設 に つ い て こ れ ま で の 一 般 質 問 で の 答 弁 で は 市 民 の 底 力 を 支 援 す る 事 業 は 行 政 と 市 民 あ る い は 市 民

More information

国会ニュースNo19.indd

国会ニュースNo19.indd The Diet News ニュ ゆ 参 院 9 広 非 核 則 広 島 祈 念 式 典 非 核 則 触 宣 主 党 代 表 ジ 非 核 則 触 長 崎 式 典 触 何 故 真 伺 併 不 戦 誓 思 尋 ね 広 島 祈 念 式 典 挨 拶 非 核 則 堅 持 当 然 前 我 界 唯 戦 争 被 爆 核 兵 器 界 際 主 導 表 明 我 是 非 核 則 揺 ぎ 戦 争 惨 禍 二 繰 返 ア ノ

More information

jouhoukyouikubukai

jouhoukyouikubukai 情 報 教 育 部 会 の 取 組 に つ い て 1 は じ め に 旧 各 市 町 で 推 進 し て き た 情 報 教 育 に つ い て の 調 査 研 究 を 行 い 新 生 栃 木 市 の 情 報 教 育 の 方 向 性 を 検 討 す る と と も に 新 規 導 入 情 報 機 器 の 使 用 法 に つ い て の 周 知 を 図 り 各 学 校 で の 効 果 的 な 活 用

More information

<90AE94F590AD97DF874090568B8C81698250814582518FF0816A8169313831323237816A>

<90AE94F590AD97DF874090568B8C81698250814582518FF0816A8169313831323237816A> 1 織 傍 線 今 回 案 現 織 織 目 目 章 章 節 秘 節 参 節 参 節 節 款 房 款 房 款 款 款 款 目 房 目 房 目 目 目 目 節 節 節 節 節 節 款 款 款 款 章 章 章 章 附 則 附 則 章 章 節 秘 秘 秘 節 参 節 参 参 参 参 参 節 節 款 房 款 房 房 房 房 ほ 策 策 運 企 画 運 企 画 装 装 削 削 削 房 房 房 ど 房 ど 印 印

More information

1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4 第 二 章 中 小 企 業 支 援 政 策 について... 8 第 一 節 中 小 企 業 金 融

1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4 第 二 章 中 小 企 業 支 援 政 策 について... 8 第 一 節 中 小 企 業 金 融 平 成 27 年 度 証 券 ゼミナール 大 会 第 3テーマ Dブロック 中 小 企 業 における 資 金 調 達 について 1 2 30 大 阪 経 済 大 学 樋 口 ゼミナール 野 田 班 1 1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4

More information

日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患 死 亡 病 院 支 際 金 支 払 命 2 審 制 注 務 履 期 待 依 位 援 審 覆 3 棄 却 ⑴

日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患 死 亡 病 院 支 際 金 支 払 命 2 審 制 注 務 履 期 待 依 位 援 審 覆 3 棄 却 ⑴ 概 病 院 医 師 手 術 中 医 療 器 操 患 死 亡 逮 捕 毛 静 岡 秋 魁 以 際 元 医 師 低 死 亡 故 翌 医 療 諸 故 器 操 ミ 器 良 旨 書 所 無 1 医 師 低 請 訴 訟 起 女 子 医 病 院 英 郎 研 究 日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患

More information

こ の 印 刷 物 は 国 等 に よ る 環 境 物 品 等 の 調 達 の 推 進 等 に 関 す る 法 律 ( グ リ ー ン 購 入 法 ) に 基 づ く 基 本 方 針 の 判 断 の 基 準 を 満 た す 紙 を 使 用 し て い ま す リ サ イ ク ル 適 正 の 表 示

こ の 印 刷 物 は 国 等 に よ る 環 境 物 品 等 の 調 達 の 推 進 等 に 関 す る 法 律 ( グ リ ー ン 購 入 法 ) に 基 づ く 基 本 方 針 の 判 断 の 基 準 を 満 た す 紙 を 使 用 し て い ま す リ サ イ ク ル 適 正 の 表 示 平 成 23 年 度 環 境 経 済 の 政 策 研 究 持 続 可 能 な 発 展 の た め の 新 し い 社 会 経 済 シ ス テ ム の 検 討 と そ れ を 示 す 指 標 群 の 開 発 に 関 す る 研 究 最 終 研 究 報 告 書 平 成 24 年 3 月 京 都 大 学 上 智 大 学 九 州 大 学 農 林 水 産 政 策 研 究 所 名 古 屋 学 院 大 学 こ の

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5 稲 穂 談 恭 6 8 転 換 膨 ゆ 背 景 死 到 迫 二 向 課 話 書 密 着 材 サ マ 谷 工 労 働 ず 差 男 独 舎 努 力 工 営 労 働 独 酒 ぼ 体 貧 困 陥 差 観 点 典 舎 距 離 遠 南 北 5キ ロ 司 : ゆ 9 回 稲 穂 編 集 委 員 子 背 景 膨 続 抑 制 塊 75 歳 5 向 改 革 急 ピ チ 進 舵 切 包 括 ア シ ム づ 続 機 床 削

More information

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の ひ と め で わ か る キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 目 次 キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ キ リ ス ト 教 会 葬 儀 研 究 所 ( CCFI= Christ Church Funeral Institute) は 日 本 に お け る キ リ ス ト 教 信 仰 共 同 体 の 葬 儀 を よ り 豊 か な も の と す る た め に キ リ ス ト 教 諸

More information

会 議 録

会 議 録 会 議 録 会 議 の 名 称 第 1 回 行 田 市 産 業 交 流 拠 点 整 備 基 本 計 画 検 討 委 員 会 開 催 日 時 平 成 28 年 6 月 23 日 ( 木 ) 開 会 : 18 時 30 分 閉 会 :20 時 30 分 開 催 場 所 産 業 文 化 会 館 2 階 2 A 会 議 室 氏 出 席 委 員 名 小 林 乙 三 ( 行 田 市 環 境 経 済 部 長 )

More information

捨てられた提督 ID:84353

捨てられた提督 ID:84353 捨 水 野 クルル 注 意 事 項 P D F フ ァ ル ハ ー メ ル 掲 載 中 品 自 動 的 P D F 化 小 説 者 ハ ー メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ ル 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 中 達 起 物 語 第 2 話 第 話 目 次 5 第 話 2 0 x x 年 人 類 制 権 奪 誰 奪 最 初 各 国

More information

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして 第 9 章 日 本 の 海 洋 安 全 保 障 政 策 カントリー プロファイル 小 谷 哲 男 1. 海 洋 法 の 解 釈 (1) 領 海 における 無 害 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 1996 年 に 国 連 海 洋 法 条 約 を 批 准 した 後 同 条 約 による 海 域 の 区 分 に 応 じて 領 海 及 び 接 続 水 域 に 関 する 法 律 ( 領 海 法

More information

2つの世界の艦娘達 ID:79436

2つの世界の艦娘達 ID:79436 世 界 達 AOBA 注 意 項 P F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 的 P F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 断 P F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 国 離 島 地 域 安 確 保 空 潜 陸 闘 可 能 間 着 置 開 発 名 移 型 闘 補 助 着 S G 称 開 発 経 ア メ リ カ 指 導 ハ

More information

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3 待 ったなし! 飯 綱 町 ごみ 減 量 化 計 画 (いいづなG30プラン) 平 成 26 年 11 月 飯 綱 町 目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標

More information

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 2 8 年 3 月 2 2 日 2 7 小 市 安 第 7 5 7 号 ( 通 則 ) 第 1 条 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 と い う )の 交 付 に つ い て は 市 費 補 助 金 等 の 予 算 執 行 に 関 す る 規 則 ( 昭 和

More information

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ 特 集 緑 の カ ー テ ン 最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ っ た り と 張 り 付 い て 競 い 合 う よ う に 天

More information

Taro-2 ①高校日本史問題例と正答例

Taro-2  ①高校日本史問題例と正答例 高 校 地 歴 専 門 問 題 例 問 題 中 の 一 部 の 図 表 につきましては, 著 作 権 の 問 題 により 公 開 できません 例 1 原 始 古 代 か ら 近 現 代 ま で の 女 性 に 関 わ る, (1)~ (7)の 問 い に 答 え な さ い (1) 女 性 を か た ど っ た と さ れ る 右 の 資 料 を 何 と 呼 ぶ か, 漢 字 で 答 え な さ

More information

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩 平 成 2 6 年 第 3 回 府 中 町 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 3 号 ) 1. 開 会 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 2 日 ( 金 ) 2. 招 集 の 場 所 府 中 町 議 会 議 事 堂 3. 開 議 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 7 日 ( 水 ) ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

More information

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚 グ グ? 質 問 エ 答 ょ 々 折 闘 与 タ 添 進 エ ネ ギ 注 不 測 ブ 起 関 係 レ ふ む 余 裕 必 死 片 付 多 姿 瞬 好 苦 労 末 ェ 功 グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚

More information

ソマリア沖・アデン湾海賊対処について

ソマリア沖・アデン湾海賊対処について 2010 年 4 年 毎 の 国 防 計 画 見 直 し に つ い て ( JAAGA だ よ り 39 号 2010. 12.14 投 稿 文 ) 織 田 邦 男 1 は じ め に 今 年 2 月 米 国 防 省 は 4 年 毎 の 国 防 計 画 見 直 し ( QDR: Quadrennial Defense Review)( 以 下 QDR ) を 議 会 に 提 出 し た 5 月 に

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

2 10 据 社 伸 慮 普 通 税 影 響 源 捻 3 社 多 負 担 税 反 映 込 普 通 税 厳 影 響 額 収 善 同 庫 金 源 振 興 軍 艦 島 針 夜 景 維 軍 艦 島 島 守 護 岸 坑 失 物 復 元 5 28 3 月 緊 急 味 具 夜 景 維 斜 面 街 灯 専 門 家

2 10 据 社 伸 慮 普 通 税 影 響 源 捻 3 社 多 負 担 税 反 映 込 普 通 税 厳 影 響 額 収 善 同 庫 金 源 振 興 軍 艦 島 針 夜 景 維 軍 艦 島 島 守 護 岸 坑 失 物 復 元 5 28 3 月 緊 急 味 具 夜 景 維 斜 面 街 灯 専 門 家 No.149 2015.9.1 掲 載 容 P 2 容 6 7 願 8 2 10 据 社 伸 慮 普 通 税 影 響 源 捻 3 社 多 負 担 税 反 映 込 普 通 税 厳 影 響 額 収 善 同 庫 金 源 振 興 軍 艦 島 針 夜 景 維 軍 艦 島 島 守 護 岸 坑 失 物 復 元 5 28 3 月 緊 急 味 具 夜 景 維 斜 面 街 灯 専 門 家 プ む 視 環 境 節 験 善

More information

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 鹿 島 鉄 道 跡 専 用 道 走 BRT 平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 誘 致 推 室 努 結 柏 原 運 分 野 統 合 央 笑

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

57 世 界 拡 与 状 況 概 観 御 説 明 類 今 回 げ 相 伸 鈍 由 影 響 検 索 多 ヒ 幾 限 保 護 避 仲 介 昇 結 果 端 望 枠 組 収 キ 作 長 図 緩 和 自 由 良 ょ 保 護 別 生 避 へ 応 考 保 護 バ 共 政 策 課 世 界 拡 地 域 別 長 mas

57 世 界 拡 与 状 況 概 観 御 説 明 類 今 回 げ 相 伸 鈍 由 影 響 検 索 多 ヒ 幾 限 保 護 避 仲 介 昇 結 果 端 望 枠 組 収 キ 作 長 図 緩 和 自 由 良 ょ 保 護 別 生 避 へ 応 考 保 護 バ 共 政 策 課 世 界 拡 地 域 別 長 mas 56 ビ 第 55 巻 第 12 号 世 界 拡 与 松 尾 順 介 御 紹 介 ざ 設 ざ 今 世 界 拡 与 話 ぐ 前 ピ 語 違 ペ 綴 状 況 最 近 等 げ 多 耳 実 際 聞 検 索 頻 繁 げ 今 2 ペ 最 初 世 界 伸 話 世 界 拡 絶 最 近 急 速 伸 指 解 57 世 界 拡 与 状 況 概 観 御 説 明 類 今 回 げ 相 伸 鈍 由 影 響 検 索 多 ヒ 幾 限

More information

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。 平 成 2 7 年 度 柏 市 保 健 衛 生 審 議 会 健 康 増 進 専 門 分 科 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 2 7 年 8 月 2 7 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 2 開 催 場 所 ウ ェ ル ネ ス 柏 4 階 大 会 議 室 3 出 席 者 (1 ) 委 員 小 林 正 之 ( 会 長 ), 佐 藤 紀 子 ( 副 会

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information

Microsoft Word - 用語の説明.doc

Microsoft Word - 用語の説明.doc 用 語 の 解 説 1 世 帯 に 関 す る 事 項 (1 ) 二 人 以 上 の 世 帯 単 身 世 帯 こ の 調 査 で は 世 帯 を 二 人 以 上 の 世 帯 と 単 身 世 帯 と に 分 け て い る こ の 両 方 を 合 わ せ た も の を 総 世 帯 と い う 二 人 以 上 の 世 帯 と は 住 居 及 び 生 計 を 共 に し て い る 二 人 以 上 の

More information

001-008_cs4.indd

001-008_cs4.indd 001 じ モ モ 問 目 プ 言 物 儲 む 放 勝 手 無 世 競 山 ほ 与 受 入 側 容 量 限 消 財 布 ヒ モ 相 当 側 戦 略 構 築 効 果 販 狙 魅 力 開 発 価 格 販 チ 用 意 ュ ニ ョ 気 購 起 存 在 特 徴 解 他 違 認 店 頭 足 運 通 販 サ へ セ 購 入 首 尾 成 功 目 達 成 疑 問 提 出 002 世 界 優 安 良 び 購 入 言 残

More information

二 千 六 二 千 六 前 文 総 理 ジ ュ ネ ブ 招 集 二 千 六 二 月 七 日 九 四 回 既 存 勧 告 ま 最 新 特 掲 げ む 本 原 可 む 整 性 文 作 成 希 望 千 九 百 三 強 制 二 九 号 千 九 百 四 八 結 社 由 結 八 七 号 千 九 百 四 九 結 交 渉 九 八 号 千 九 百 五 同 酬 百 号 千 九 百 五 七 強 制 廃 止 百 五 号

More information

虚 血 性 心 疾 患 の 検 討. 臨 床 薬 理 3 1 : 3 1 3-3 1 4, 2 0 0 0. 1 5. 山 科 育 子, 横 山 広 行, 安 武 正 弘, 木 内 要, 高 山 守 正, 清 野 精 彦, 高 野 照 夫, 田 島 廣 之, 隅 崎 達 夫, 池 崎 弘 之, 小

虚 血 性 心 疾 患 の 検 討. 臨 床 薬 理 3 1 : 3 1 3-3 1 4, 2 0 0 0. 1 5. 山 科 育 子, 横 山 広 行, 安 武 正 弘, 木 内 要, 高 山 守 正, 清 野 精 彦, 高 野 照 夫, 田 島 廣 之, 隅 崎 達 夫, 池 崎 弘 之, 小 主 な 和 文 原 著 1. 横 山 広 行, 安 武 正 弘, 福 間 長 知, 今 泉 孝 敬, 斎 藤 勉, 畑 典 武, 高 山 守 正, 宗 像 一 雄, 岸 田 浩, 早 川 弘 一. 急 性 心 筋 梗 塞 の 5 年 心 事 故 発 生 率 と そ の 予 後 規 定 因 子. T h e r R e s 1 2 : 2 1 9-2 2 4, 1 9 9 1. 2. 宗 像 一 雄,

More information

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解 低 国 連 内 閣 府 公 機 関 調 査 明 豊 答 簡 単 学 校 入 コ ツ コ ツ 勉 企 業 世 ビ ネ キ 磨 起 3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外

More information