<4D F736F F D F8C668DDA8CB48D A D825082ED82AA8D9182F082DF82AE82E995BA8AED8B5A8F708FEE95F18AC7979D82CC8F9496E291E85F95BD90AC F944E93785F2E646F63>

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D208267826F8C668DDA8CB48D6582618272826A825182502D825082ED82AA8D9182F082DF82AE82E995BA8AED8B5A8F708FEE95F18AC7979D82CC8F9496E291E85F95BD90AC8251824F944E93785F2E646F63>"

Transcription

1 BSK 第 21-1 号 わが 国 をめぐる 兵 器 技 術 情 報 管 理 の 諸 問 題 ( 平 成 20 年 度 ) ( 平 和 安 全 保 障 研 究 所 の 調 査 研 究 成 果 報 告 ) 平 成 21 年 3 月 財 団 法 人 防 衛 調 達 基 盤 整 備 協 会 R

2

3 発 刊 にあたって 我 が 国 の 周 辺 諸 国 の 中 には 好 調 な 経 済 を 背 景 に 軍 備 を 強 化 して 大 国 復 興 を 図 ろう としている 国 驚 異 的 な 経 済 成 長 を 背 景 に 科 学 技 術 大 国 化 ひいては 軍 事 大 国 化 を 目 指 そうとしている 国 経 済 の 破 綻 を 省 みず 核 兵 器 保 有 国 となって 小 国 の 活 路 を 見 出 そう としている 国 など 強 大 な 軍 事 力 によって 冷 戦 後 の 米 国 一 極 化 に 抗 しうる 国 づくりを 目 指 している 国 々が 存 在 しております これら 諸 国 の 軍 備 の 近 代 化 は 量 から 質 への 転 換 すなわち 装 備 品 のハイテク 化 を 狙 ったものでありますが 最 近 の 軍 事 技 術 の 近 代 化 は 情 報 化 時 代 を 支 配 する 軍 民 両 用 技 術 によってもたらされたものであり 民 需 部 門 の 遅 れているこれらの 諸 国 において は 民 需 から 兵 器 技 術 に 移 転 するものがないという 問 題 が 内 在 しております そこで 国 家 を 挙 げて 意 図 的 に 兵 器 技 術 及 び 兵 器 技 術 に 転 用 可 能 な 汎 用 技 術 を 合 法 及 び 違 法 の 両 手 段 をもって 獲 得 しようとするわけです 本 調 査 研 究 は 我 が 国 周 辺 諸 国 がどのような 兵 器 の 開 発 及 び 取 得 に 努 力 し これに 伴 って 先 進 科 学 技 術 の 流 出 がどのように 行 われているのか 平 成 及 び19 年 度 に 引 続 きその 具 体 的 な 実 例 と 対 処 すべき 課 題 を 提 言 しております 平 成 20 年 度 においては 第 2 章 で 新 たに ロシア 中 国 の 兵 器 技 術 の 要 素 別 の 評 価 を 行 い 我 が 国 が 守 るべき 技 術 の 軍 事 的 意 義 を 明 らかにするとともに 第 3 章 で 秘 密 保 護 新 法 特 許 非 公 開 制 度 など 我 が 国 の 法 令 整 備 の 取 り 組 みについて 述 べております また 注 目 すべき 新 たな 事 例 として 第 4 章 で レーザー 核 融 合 の 研 究 会 を 取 り 上 げ 研 究 者 の 学 術 交 流 の 場 などにおいて 合 法 的 に 技 術 情 報 が 流 出 する 懸 念 について 警 鐘 を 鳴 らしております 各 企 業 等 においては セキュリティ 機 器 の 導 入 により 保 全 の 効 果 は 格 段 に 高 まって きておりますが 保 全 の 強 化 は 機 器 による 強 化 と 同 時 に 社 員 一 人 一 人 の 保 全 意 識 の 高 揚 が 不 可 決 であります 保 全 意 識 を 高 揚 する 施 策 については 第 5 章 で 検 討 してお りますが 当 財 団 発 行 の 効 果 的 な 意 識 向 上 促 進 の 取 り 組 み 方 をご 参 照 ください 本 報 告 書 が 防 衛 関 係 企 業 はじめ 各 種 企 業 防 衛 省 自 衛 隊 の 種 々の 情 報 漏 洩 の 防 止 対 策 教 育 などにご 活 用 いただければ 幸 いと 存 じます 平 成 21 年 3 月 財 団 法 人 防 衛 調 達 基 盤 整 備 協 会 理 事 長 宇 田 川 新 一

4

5 目 次 第 1 章 技 術 情 報 管 理 への 脅 威 となる 注 目 事 項 大 国 化 宣 言 の 実 現 に 邁 進 するロシア... 1 (1)メドベージェフ 新 体 制 下 においてもプーチン 首 相 (シロビキ 派 ) が 権 力 基 盤 を 維 持... 1 (2) 軍 備 強 化 に 邁 進 するロシア 3 2. 軍 備 強 化 に 邁 進 する 中 国 7 (1) 中 国 の 国 防 費 世 界 第 3 位 に 7 (2) 宇 宙 核 戦 力 サイバー 攻 撃 海 空 軍 の 増 強 8 (3) 技 術 情 報 収 集 活 動 は 益 々 活 発 化 第 三 国 経 由 で 汎 用 機 器 の 入 手 を 図 る 北 朝 鮮 北 朝 鮮 イラン シリアの 核 開 発 問 題 活 発 化 するサイバー 攻 撃 に 米 欧 が 連 携 して 防 衛 センター を 創 設 先 端 科 学 技 術 を 有 する 外 国 企 業 の 買 収 を 図 るロシア 中 国 18 (1)ロシアの 企 業 買 収 の 動 向 18 (2) 中 国 政 府 系 ファンドが 安 保 企 業 の 買 収 の 動 き 我 が 国 の 秘 密 保 護 法 等 の 整 備 にかかわる 動 向 22 第 2 章 日 本 周 辺 における 兵 器 及 び 兵 器 技 術 情 報 の 移 転 の 事 例 と 特 徴 点 日 本 周 辺 における 通 常 兵 器 及 び 兵 器 技 術 情 報 移 転 の 実 態 23 (1) 国 際 的 な 通 常 兵 器 輸 出 入 の 全 般 状 況 23 (2)ロシア 製 兵 器 ( 技 術 )の 輸 出 状 況 24 (3)アジア 諸 国 の 兵 器 の 輸 入 の 状 況 27 (4) 中 国 の 兵 器 輸 出 の 状 況 30 2.ロシアの 軍 備 近 代 化 の 状 況 32 (1)ロシアの 国 力 及 び 軍 事 力 概 観 32 (2)ロシアの 兵 器 産 業 の 統 合 化 33 (3) 各 種 兵 器 の 近 代 化 の 状 況 34 1

6 (4)ロシア 軍 の 近 代 化 の 方 向 性 中 国 の 最 近 における 軍 備 の 近 代 化 44 (1) 戦 略 兵 器 45 (2) 陸 上 兵 器 46 (3) 海 上 兵 器 46 (4) 航 空 兵 器 47 4.ロシア 中 国 の 兵 器 技 術 の 要 素 別 の 評 価 48 (1)ロシア 中 国 の 軍 近 代 化 に 関 わる 技 術 上 の 重 視 事 項 48 (2) 各 種 兵 器 の 兵 器 技 術 から 見 たロシア 中 国 の 弱 点 49 (3) 過 去 の 不 正 輸 出 及 び 技 術 漏 洩 事 案 50 (4)ロシア( 中 国 )が 欲 する 日 本 の 技 術 の 軍 事 的 意 義 50 第 3 章 兵 器 及 び 兵 器 技 術 情 報 の 移 転 に 関 する 国 際 取 決 めと 国 内 法 の 整 備 北 朝 鮮 の 核 開 発 凍 結 問 題 55 (1) 米 朝 協 議 とアメリカの 譲 歩 55 (2)テロ 支 援 国 家 指 定 解 除 問 題 56 (3)テロ 支 援 国 家 指 定 解 除 の 北 朝 鮮 への 効 果 58 (4) 核 計 画 検 証 と 資 料 採 取 文 書 明 記 問 題 59 (5) 北 朝 鮮 のウラン 濃 縮 と 違 法 輸 出 60 2.イランの 核 開 発 と 北 朝 鮮 62 (1)イランのウラン 濃 縮 問 題 62 (2)ミサイル 発 射 実 験 後 を 絶 たない 核 の 拡 散 問 題 65 (1) 空 爆 されたシリアの 原 子 炉 の 謎 65 (2) 北 朝 鮮 イラン シリアの 連 携 66 (3)アメリカの 大 量 破 壊 兵 器 拡 散 規 制 対 象 企 業 67 (4)ロシアの 核 廃 棄 物 処 理 問 題 輸 出 管 理 の 状 況 と 国 内 法 の 整 備 状 況 69 (1) 輸 出 規 制 に 対 する 違 反 事 例 69 2

7 (2) 平 成 21 年 制 定 を 目 指 す 秘 密 保 護 新 法 の 動 向 71 (3) 平 成 21 年 制 定 を 目 指 す 特 許 非 公 開 制 度 の 動 向 74 (4) 武 器 輸 出 三 原 則 の 緩 和 状 況 75 第 4 章 兵 器 及 び 兵 器 技 術 に 関 する 情 報 活 動 概 況 我 が 国 における 状 況 78 (1) 概 況 78 (2) 諜 報 事 件 等 の 工 作 事 例 79 (3) 不 正 輸 出 事 件 第 三 国 経 由 で 我 が 国 の 汎 用 機 械 等 の 入 手 を 図 る 北 朝 鮮 84 (4) 合 法 的 に 流 出 する 懸 念 のある 事 例 米 国 における 中 国 のスパイ 活 動 事 例 86 (1)ボーイング 社 の 中 国 系 元 技 師 によるスパイ 事 件 86 (2) 米 国 防 総 省 分 析 官 のスパイ 事 件 87 (3) 米 パワー バラゴン 社 の 事 例 ( 判 決 ) 活 発 なハッカー 攻 撃 89 (1) 社 会 インフラの IT 化 に 伴 いハッカー 攻 撃 の 価 値 は 増 大 化 89 (2)2008 年 に 生 起 した 主 要 なハッカー 攻 撃 事 例 90 第 5 章 今 後 の 課 題 と 提 言 保 全 体 制 の 整 備 95 (1) 保 全 関 連 の 法 の 整 備 95 (2) 国 としての 保 全 機 構 の 構 築 と 関 連 省 庁 企 業 及 び 大 学 研 究 機 関 との 連 携 体 制 の 確 立 97 (3) 秘 密 等 に 携 わる 者 の 適 格 性 の 確 認 制 度 の 確 立 97 (4) 入 札 制 度 の 再 検 討 個 人 の 保 全 意 識 の 高 揚 100 (1) 保 全 の 基 本 は 個 人 の 保 全 意 識 にある 100 (2) 保 全 は 個 々 人 の 力 の 結 集 と 報 告 通 報 にある 100 3

8 4

9 第 1 章 技 術 情 報 管 理 への 脅 威 となる 注 目 事 項 1. 大 国 化 宣 言 の 実 現 に 邁 進 するロシア (1)メドベージェフ 新 体 制 下 においてもプーチン 首 相 (シロビキ 派 )が 権 力 基 盤 を 維 持 ア.プーチン 色 の 強 い 閣 僚 大 統 領 府 人 事 と 議 会 を 完 全 掌 握 メドベージェフ 大 統 領 が 就 任 し 翌 日 プーチン 前 大 統 領 が 首 相 に 就 任 した が 実 質 的 な 主 導 権 は 武 力 保 安 系 省 庁 出 身 者 らシロビキ( 武 闘 派 )を 牛 耳 るプーチン 首 相 が 握 っている 状 況 にあり メドベージェフ 大 統 領 はプーチン 大 統 領 の 路 線 を 忠 実 に 踏 襲 して 行 くものと 見 られている プーチン 首 相 が 引 き 続 き 実 質 的 権 力 を 維 持 していると 見 られる 背 景 には 次 のような 点 が 指 摘 されている 1プーチン 氏 は 首 相 ポストとともに 与 党 統 一 ロシア 党 首 の 肩 書 を 持 ち 同 党 の 議 席 は 下 院 ( 定 数 450)の7 割 親 プーチン 政 党 を 含 めると9 割 近 くの 議 席 を 独 占 憲 法 改 正 や 大 統 領 弾 劾 を 発 議 できる 巨 大 与 党 を 通 して 下 院 を 完 全 に 支 配 している 行 政 と 立 法 の 二 つの 権 限 を 行 使 すれば 自 ら 強 化 した 大 統 領 の 権 威 を 今 度 は 脅 かすことさえ 可 能 で 大 統 領 が 首 相 を 解 任 する 可 能 性 は 皆 無 ( 露 科 学 アカデミー クリシュタノフスカヤ 氏 ) の 状 況 で 加 えてプーチン 氏 周 辺 はシロビキの 重 鎮 など 古 くからの 側 近 で 固 められており 政 治 の 中 枢 は 首 相 府 に 移 っていると 見 られる 2 外 交 や 安 全 保 障 は 大 統 領 の 専 管 事 項 となっているが プーチン 首 相 は 08 年 5 月 に フランスを 訪 問 した 際 ロシアと 欧 州 連 合 (EU)は 新 たな 基 本 条 約 に 関 する 交 渉 を 早 期 に 始 める などと 大 統 領 専 管 事 項 である 外 交 安 全 保 障 をも 掌 握 する 意 欲 を 滲 ませている 99 年 から 駐 米 大 使 を 務 めている 外 務 省 の 重 鎮 ユーリー ウシャコフ 氏 を 首 相 の 官 房 副 長 官 に 登 用 したが これはプーチン 首 相 が 外 交 政 策 に 関 与 するために 呼 び 戻 したと 見 られ ている また プーチン 首 相 は 全 閣 僚 を 集 める 閣 議 を 月 一 度 に 減 らし 代 わりに7 人 の 副 首 相 と 主 要 7 閣 僚 を 集 めた 幹 部 会 を 毎 週 開 き この 幹 部 会 には 大 統 領 が 直 接 指 揮 をする 外 相 や 国 防 相 も 出 席 し 大 統 領 不 在 の 席 で プーチン 首 相 が 報 告 を 受 けている 3 世 論 調 査 機 関 レバダ センター が5 月 中 旬 に 行 った 調 査 では 大 統 領 は 首 相 の 管 理 下 にある と 回 答 した 人 は 75%に 達 し 国 民 自 身 が プーチン 氏 が 実 権 を 握 る 状 況 に 1

10 変 わりはない と 認 めており メドベージェフ 新 大 統 領 をしのぐ 圧 倒 的 な 国 民 の 支 持 を 受 けている 4プーチン 首 相 の 絶 大 な 影 響 力 が 露 骨 に 出 たのは 閣 僚 大 統 領 府 人 事 で プーチン 大 統 領 時 に 大 統 領 府 長 官 であったセルゲイ ソビャニン 氏 (49)と 副 長 官 であったイーゴリ セチン 氏 (47)が 副 首 相 に 就 任 した セチン 氏 は 石 油 大 手 ユコス 解 体 で 主 導 的 な 役 割 を 果 たしたことで 知 られる 治 安 機 関 出 身 者 (シロビキ)のボスで 同 氏 と 疎 遠 であったメ ドベージェフ 氏 は その 手 法 にも 批 判 的 である 首 相 副 首 相 を 除 く 17 閣 僚 の 内 12 人 は 留 任 か 横 滑 りで プーチン 人 脈 は 温 存 された 一 方 大 統 領 府 には プーチン 政 権 の 強 権 体 制 を 理 論 的 に 支 えたウラジスラフ スルコ フ 氏 (43)が 第 1 副 長 官 に 昇 格 し 注 目 されたが プーチン 氏 がクレムリンの 監 視 役 と して 残 したともいわれている 大 統 領 の 補 佐 官 や 顧 問 も 多 くが 留 任 7つの 管 区 毎 に 置 かれた 大 統 領 全 権 代 表 も6 人 が 残 り プーチン 氏 による 包 囲 網 が 張 り 巡 らされた 状 況 である 1 ( 注 1)シロビキ: 旧 ソ 連 ロシアの 軍 治 安 情 報 機 関 の 職 員 や 出 身 者 を 指 す 情 報 機 関 で ある 連 邦 保 安 局 (FSB) 長 官 を 務 めたプーチン 前 大 統 領 の 時 代 に 行 政 や 大 企 業 に 送 り 込 まれ た 幹 部 達 が 各 組 織 の 中 枢 を 押 えた ( 注 2) プーチン 大 統 領 は 国 家 指 導 部 を 集 めて 初 の 公 開 国 家 評 議 会 開 いた 際 20 年 までの 国 家 発 展 計 画 を 発 表 し 08 年 5 月 の 退 陣 後 も 国 政 の 舵 取 りに 携 わるとの 強 い 姿 勢 を 示 し た 本 会 議 には 次 期 大 統 領 のメドベージェフ 第 1 副 首 相 も 他 の 閣 僚 らと 出 席 したが プーチン 大 統 領 だけが 演 説 し プーチン 計 画 を 訴 え 大 統 領 退 任 後 も 国 政 に 密 接 に 関 与 してゆく 姿 勢 を 示 していた 2 イ. 露 大 統 領 任 期 延 長 法 案 に 大 統 領 が 署 名 メドベージエフ 大 統 領 は 年 次 教 書 演 説 で 安 定 した 職 務 遂 行 のために 大 統 領 任 期 を 現 行 4 年 から6 年 に 延 長 すべきだ と 憲 法 改 正 を 提 案 したが 11 月 19 日 にはロ シア 下 院 が 大 統 領 の 提 案 から1 週 間 あまりというスピード 審 議 で 承 認 した 改 正 法 案 の 骨 子 は 大 統 領 と 下 院 議 員 の 任 期 を 現 行 の4 年 から 大 統 領 は6 年 に 下 院 議 員 は5 年 に 延 長 するというもので その 後 上 院 と 各 地 方 議 会 に 回 されいずれも 異 例 のスピードで 可 決 さ れ 12 月 30 日 ロシア 大 統 領 府 はメドベージェフ 大 統 領 が 憲 法 改 正 案 に 署 名 したと 発 表 し 1 産 経 読 売 産 経

11 た 任 期 延 長 は 現 在 の 大 統 領 と 下 院 議 員 には 通 用 されない ことから メドベージエフ 大 統 領 の 在 任 中 に 選 挙 を 実 施 し プーチン 氏 が 大 統 領 に 返 り 咲 くというプーチン 首 相 の 大 統 領 再 登 板 に 向 けた 動 きとの 観 測 が 広 まっている ロシアでは 今 年 5 月 にメドベージェフ 氏 に 政 権 を 譲 ったプーチン 氏 が 大 統 領 として 再 登 板 するとの 見 方 が 当 初 からあり 憲 法 改 正 の 動 きはその 布 石 とも 見 られ 12 年 の 任 期 満 了 前 にメドベージェフ 氏 がプーチン 氏 に 政 権 を 返 上 する 可 能 性 も 指 摘 されている この 改 正 によって 次 期 大 統 領 の 任 期 は 再 選 された 場 合 12 年 まで 伸 び プーチン 首 相 が 大 統 領 に 復 帰 し 長 期 政 権 を 目 指 す 布 石 と 見 られている 一 方 改 正 に 下 院 議 員 の 任 期 延 長 が 盛 り 込 まれたことで 逆 にプーチン 氏 が 議 会 に 重 心 を 移 す 兆 候 とも 見 られている 統 一 ロシアは 下 院 で7 割 もの 議 席 を 占 め 憲 法 改 正 や 大 統 領 の 弾 劾 手 続 きも 単 独 で 行 える 絶 大 な 力 を 有 する 旧 ソ 連 国 家 保 安 委 員 会 (KGB) 出 身 の プーチン 氏 は 元 々 情 報 機 関 には 強 い 影 響 力 を 持 っているだけに 最 大 与 党 統 一 ロシアを 通 じて 大 統 領 権 限 を 議 会 に 移 していけば 国 を 意 のままに 操 った ソ 連 共 産 党 書 記 長 型 の 支 配 体 制 へ 移 行 することも 可 能 である いずれにしても メドベージエフ 氏 が 大 統 領 就 任 したが 依 然 としてプーチン 氏 が 政 権 運 営 の 主 導 権 を 握 っている 実 情 が 露 呈 した 状 況 を 示 している 3 (2) 軍 備 強 化 に 邁 進 するロシア プーチン 前 大 統 領 が 2006 年 年 次 教 書 で 強 い 軍 隊 があれば 外 圧 をはね 返 せる と 大 国 構 築 を 宣 言 し 軍 備 の 拡 張 計 画 (2007~2015)に 乗 りだし メドベージェフ 大 統 領 の 下 で も 着 々と 進 められ 最 優 先 目 標 として5 年 以 内 に 戦 略 核 3 本 柱 ( 移 動 式 の 大 陸 間 弾 道 ミサ イル(ICBM) トーポリM 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイル(SLBM) プラバ 新 型 戦 略 爆 撃 機 を 配 備 )の 近 代 化 に 力 点 をおき 米 国 のミサイル 防 衛 (MD)システムの 配 備 計 画 に 対 抗 し てロシア 独 自 の 宇 宙 防 衛 システムの 構 築 を 目 指 している すでに 米 MD 網 を 突 破 可 能 な 新 型 の 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイル(SLBM) プラバ の 量 産 開 始 を 宣 言 し 米 露 の MD 対 決 が 鮮 明 になってきた この 大 国 構 築 宣 言 の 実 行 にあたって 重 要 な 事 項 は1 情 報 機 関 による 先 進 国 の 先 端 技 3 産 経 読 売

12 術 の 情 報 収 集 2 先 端 技 術 を 有 する 先 進 国 の 企 業 買 収 であるとして 力 を 入 れていると ころから この 二 つの 動 向 について 注 目 する 必 要 がある ア. 情 報 活 動 の 強 化 技 術 情 報 収 集 に 関 してもプーチン 大 統 領 は 06 年 5 月 の 大 統 領 教 書 の 中 で 国 の 経 済 は 主 として 科 学 と 技 術 の 優 位 によって 決 まる ロシアは 先 進 レベルから 数 10 年 単 位 で 立 ち 後 れ ている と 自 ら 認 めると 共 に 自 国 産 業 の 弱 点 を 克 服 するためには 国 家 は 国 外 での 最 新 技 術 の 取 得 にも 協 力 しなければならない と 述 べ 外 資 が 有 する 先 端 科 学 技 術 や 企 業 管 理 のノウハウを 国 家 の 指 導 により 国 内 企 業 に 取 り 込 ませることであるとして 情 報 機 関 に 対 して 最 新 技 術 情 報 の 収 集 強 化 を 命 じたが 08 年 2 月 に 20 年 までの 国 家 中 長 期 科 学 技 術 発 展 計 画 を 発 表 した その 中 で ロシアは 世 界 の 技 術 大 国 にならなければならない と 強 調 していることから 今 後 ロシア 情 報 機 関 による 収 集 活 動 が 活 発 化 することは 必 至 で あり 十 分 な 警 戒 が 必 要 となろう 4 特 に ソ 連 崩 壊 後 KGB の 解 体 情 報 機 関 の 冬 の 時 代 に 旧 KGB 員 の 多 くは 情 報 機 関 に 見 切 りを 付 け 政 財 界 IT 企 業 警 備 業 界 マスコミ 通 信 社 海 外 企 業 等 のコンサルタン ト 等 々あらゆる 方 面 に 活 路 を 見 出 し 転 身 を 図 ったが プーチン 大 統 領 が 就 任 するや 情 報 機 関 を 強 化 各 界 に 拡 大 した 旧 KGB 員 及 び 特 にソ 連 崩 壊 後 海 外 に 移 住 した 情 報 機 関 員 との ネットを 再 構 築 するなど その 情 報 ネットは 旧 KGB を 遙 かにしのぐほど 強 化 拡 大 されて きている 中 でも IT 企 業 についてはセキュリティ 技 術 を 以 て 各 国 の 企 業 との 関 係 を 強 化 し 情 報 収 集 やセキュリティ 面 での 弱 点 を 把 握 しようとしている 点 には 特 段 の 注 意 が 必 要 であろう イ.メドベージェフ 大 統 領 軍 事 大 国 復 活 を 強 調 引 き 続 き 軍 備 強 化 を 強 調 資 源 価 格 の 高 騰 などで 国 庫 が 潤 ったロシアは 経 済 成 長 を 背 景 に 軍 備 強 化 計 画 (2007 ~2015) に 基 づき 急 速 な 軍 備 の 近 代 化 を 進 めているが その 動 きはロシア 経 済 にかげりを 見 せてきた 中 においても 大 統 領 は 今 後 経 済 的 困 難 が 予 想 されても 軍 の 拡 大 強 化 は 続 行 する 旨 強 調 大 国 意 識 を 強 めるロシアは 一 段 と 軍 事 力 を 重 視 しており プーチン 政 権 が 始 めた 軍 の 近 代 化 は メドベージェフ 政 権 下 で 加 速 するものと 見 られ 軍 備 の 強 化 は 国 家 の 優 先 課 題 として 遂 行 する 姿 勢 に 変 化 はない 状 況 である ロシアは ソ 連 末 期 以 来 17 年 ぶりとなる 大 規 模 軍 事 パレードをモスクワの 赤 4 治 安 フォーラム 07.2 月 号 ロシア 問 題 研 究 会 立 花 書 房 産 経

13 の 広 場 で 実 施 核 戦 略 の 柱 である 大 陸 間 弾 道 弾 (ICBM) 戦 車 装 甲 車 など 主 力 兵 器 とと もにスホイ 27 戦 闘 機 TU 160 戦 略 爆 撃 機 など 30 機 以 上 が 参 加 した 席 上 就 任 直 後 の メドベージェフ 大 統 領 は 国 力 とともにロシアの 国 防 力 は 強 まっている と 軍 事 大 国 の 復 活 を 強 調 した ( 注 )プーチン 前 政 権 による 装 備 計 画 では 07~15 年 の 期 間 で 総 額 約 5 兆 ルーブル( 約 22 兆 円 )をかけて 兵 器 全 体 の 45%を 更 新 する 毎 年 の 国 防 予 算 の 半 分 近 くを 装 備 費 に 充 てるが 07 年 国 防 予 算 は 約 8400 億 ルーブル( 約 3 兆 8000 億 円 )と 01 年 比 で 約 4 倍 増 となった この 計 画 で 90 年 代 に 米 国 に 大 きく 後 れを 取 った 兵 器 開 発 の 立 て 直 しを 図 り 最 新 の 科 学 技 術 の 粋 を 集 めた 兵 器 を 配 備 し 軍 の 技 術 革 新 を 実 現 するとしている (ア) 新 たな 核 戦 力 の 開 発 を 最 優 先 し 2020 年 までに 核 抑 止 を 強 化 する 方 針 に 一 部 遅 れも ロシアが 特 に 重 視 しているのは 米 国 との 核 戦 力 の 均 衡 であり 米 国 が 配 備 を 計 画 するミ サイル 防 衛 網 (MD)システムを 無 力 化 すべく 新 たな 核 戦 力 の 開 発 を 意 図 して 戦 略 ロケ ット 軍 の 大 陸 間 弾 道 弾 (ICBM) 及 び 原 子 力 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイル(SLBM)の 発 射 実 験 を 繰 返 している 5 月 15 日 メドベージェフ 新 大 統 領 は 初 めての 地 方 視 察 で ICBM の 発 射 基 地 を 訪 れ 核 戦 力 ヘの 重 点 的 な 予 算 配 分 を 明 言 したのを 始 め 9 月 26 日 には 宇 宙 防 衛 網 の 構 築 や 巡 航 ミサイル 搭 載 可 能 な 原 子 力 潜 水 艦 の 建 造 などにより 20 年 までに 核 抑 止 力 を 強 化 する 方 針 を 明 らかにしていたが 12 月 23 日 ロシア 海 軍 が 行 った SLBM プラバ の 発 射 実 験 が 失 敗 し 09 年 に 予 定 されていた 生 産 開 始 は 大 幅 に 遅 れるものと 見 られている 5 ( 注 1)ポポフキン 国 防 次 官 は 10 月 2 日 付 国 防 省 機 関 紙 上 で 核 兵 器 を 搭 載 できる 多 弾 頭 の 新 型 大 陸 間 弾 道 ミサイル(ICBM)を 09 年 に 配 備 したいとの 考 えを 示 した ( 注 2)ロシアのイワノフ 副 首 相 は 12 月 1 日 の 政 府 幹 部 会 で 米 国 のミサイル 防 衛 に 対 抗 す るために 開 発 を 進 めている 核 兵 器 搭 載 可 能 な 多 弾 頭 の 新 型 大 陸 間 弾 道 ミサイル プラバ の 生 産 が 09 年 開 始 されると 報 告 した 6 (イ)プーチン 首 相 露 国 防 費 の 27% 増 を 言 明 9 月 16 日 プーチン 首 相 は 09 年 の 国 防 安 全 保 障 費 に2 兆 4000 億 ルーブル( 約 9 兆 9000 億 円 ) 支 出 すると 言 明 今 年 比 27% 増 額 する 方 針 を 表 明 した グルジアのサアカ シビリ 政 権 を 支 援 する 北 大 西 洋 条 約 機 構 (NATO) 諸 国 への 対 抗 意 識 が 背 景 にある 5 産 経 産 経

14 関 連 省 庁 のテロ 対 策 費 なども 含 まれ 単 純 比 較 はできないものの 08 年 比 10% 増 と 公 表 していた 09 年 の 国 防 省 予 算 の 伸 びを 大 きく 上 回 る 上 方 修 正 の 大 義 名 分 となったのがグルジア 紛 争 で メドベージェフ 大 統 領 は グルジア が( 停 戦 後 も) 再 軍 備 を 続 けている と 非 難 国 防 会 議 で 新 兵 器 の 開 発 や 軍 装 備 の 拡 充 を 指 示 していた これを 受 けてイワノフ 副 首 相 が 09 年 の 軍 治 安 機 関 の 兵 器 調 達 に 過 去 最 高 の 1 兆 2000 億 ルーブル( 約 4 兆 9700 億 円 )を 費 やす 方 針 を 示 した 増 額 分 の 使 い 道 は 明 らかにされておらず 南 オセチアやアブハジアでの 軍 駐 留 の 長 期 化 を 念 頭 に 置 いた 予 算 措 置 の 可 能 性 も 指 摘 されているが ロシアが 最 も 警 戒 しているのはミサイル 防 衛 の 東 欧 配 備 を 推 進 する 米 国 への 対 抗 措 置 を 強 化 しているものと 見 られる 7 (ウ) 海 軍 の 増 強 ロシア 軍 は 核 戦 略 の 増 強 とともに 大 洋 海 軍 復 活 を 目 指 し 海 軍 の 戦 力 強 化 にも 乗 り 出 し 特 に 空 母 の 建 造 を 計 画 していることが 注 目 される 1 新 システムの 空 母 建 造 計 画 ロシアのビソツキー 海 軍 総 司 令 官 は 海 軍 の 日 に 2012 年 から5,6 隻 の 空 母 の 建 造 に 着 手 する と 述 べ 建 造 される 空 母 については 衛 星 や 空 軍 と 密 接 に 連 携 した 新 システムによる 空 母 戦 闘 群 になる と 強 調 太 平 洋 艦 隊 と 北 方 艦 隊 に 集 中 配 備 して 米 国 に 対 抗 する 考 えを 示 唆 した 8 2 潜 水 艦 の 増 強 ロシア 海 軍 は 太 平 洋 艦 隊 にこの 1 年 間 に 戦 術 潜 水 艦 8 隻 を 増 強 し 着 々と 米 国 に 抗 し うる 体 制 の 構 築 を 図 っている 太 平 洋 艦 隊 の 弾 道 ミサイル 搭 載 原 子 力 潜 水 艦 (SSBN)は4 隻 巡 航 ミサイル 搭 載 型 などの 原 潜 (SSN/SSGN)が 10 隻 ディーゼル 電 気 推 進 対 潜 潜 水 艦 (SSK)は9 隻 で 計 23 隻 だった SSBN の 増 減 はなく 中 国 や 周 辺 国 を 対 象 にする 戦 術 潜 水 艦 SSN/SSGN が 1 隻 減 ったものの SSK は 新 たに9 隻 が 配 置 された (ロシア 海 軍 は 北 方 バルト 黒 海 太 平 洋 の4 艦 隊 とカスピ 小 艦 隊 などで 構 成 されており 太 平 洋 艦 隊 は 黒 海 艦 隊 に 次 いで 強 力 な 艦 隊 ) 9 (エ) 兵 器 部 門 における 技 術 の 低 下 の 兆 候 プーチン 前 大 統 領 は 就 任 以 来 大 国 ロシアの 復 興 を 図 るため 戦 略 物 資 を 始 め 戦 略 産 業 分 7 産 経 産 経 産 経 英 国 国 際 戦 略 研 究 所 ミリタリバランス

15 野 での 国 営 企 業 の 設 立 に 乗 り 出 し 06 年 に 航 空 機 製 造 6 社 を 統 合 国 営 企 業 統 一 航 空 機 製 造 会 社 の 設 立 を 皮 切 りに 造 船 分 野 でも 統 合 国 営 企 業 を 創 設 これら 国 策 分 野 を 起 爆 剤 にして 製 造 業 の 復 活 を 図 ってきたが 政 府 の 大 号 令 とは 裏 腹 に 現 実 は 厳 しさを 増 してい る 戦 略 核 兵 器 部 門 では 07 年 来 2 種 類 の 新 型 大 陸 間 弾 道 弾 や 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルの 実 験 に 成 功 戦 略 核 兵 器 開 発 は 順 調 に 進 んでいると 見 られていたが 12 月 23 日 ロシア 海 軍 が 行 った 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイル(SLBM) プラバ の 発 射 実 験 が 失 敗 に 終 わり 09 年 に 予 定 されていた 生 産 開 始 と 実 戦 配 備 に 大 幅 な 遅 れが 予 想 され 戦 略 兵 器 部 門 においても 技 術 の 低 下 が 認 められている 一 方 通 常 兵 器 部 門 においても 今 年 に 入 りロシアが 力 を 入 れている 兵 器 製 造 など 軍 需 産 業 分 野 で ロシアが 契 約 内 容 を 守 らないことや 製 品 の 質 の 問 題 などにより 外 国 からの 契 約 破 棄 や 製 品 突 き 返 しといった 異 常 事 態 が 相 次 ぎ 通 常 兵 器 部 門 の 技 術 開 発 の 遅 れも 指 摘 されている 露 コンサルティング 大 手 フィンエクスペルチザ のミカエリヤン 社 長 は 軍 需 産 業 は 最 も 閉 ざされた 分 野 であり ソ 連 時 代 の 商 法 を 引 きずり 物 価 上 昇 の 可 能 性 など 考 慮 せ ずに 破 格 値 で 受 注 してきたことが 問 題 だ 労 働 生 産 性 の 低 さも 考 えれば もはやロシアの 製 造 業 に 価 格 上 の 優 位 はない と 指 摘 露 紙 の 独 立 新 聞 は 軍 需 産 業 での 技 術 者 不 足 と 設 備 老 朽 化 製 造 能 力 を 超 えた 受 注 といった 問 題 点 に 加 え もはや 第 三 世 界 でも 単 純 な 武 器 ではなく ( 高 度 な) 偵 察 攻 撃 複 合 武 器 が 求 められている とロシアとの 認 識 のズレを 指 摘 している 軍 備 強 化 に 邁 進 する 中 国 (1) 中 国 の 国 防 費 世 界 第 3 位 に スウェーデンのストックフォルム 国 際 平 和 研 究 所 (SIPRI)は 6 月 9 日 2008 年 度 版 の 年 鑑 を 発 表 その 中 で 中 国 の 軍 事 費 が 07 年 前 年 比 88 億 ドル(1 ドル=105 円 ) 増 の 583 億 ドルとなり フランスを 抜 いて 初 めて 世 界 3 位 となった 発 表 によると 中 国 の 軍 事 費 は 過 去 10 年 間 で 約 3 倍 に 膨 れ 上 がったが 経 済 規 模 がそれ 以 上 に 拡 大 したため 対 国 内 総 生 産 比 (GDP)では 2.1%にとどまっている 同 国 の 武 器 輸 入 額 は 世 界 全 体 の 12%を 10 産 経

16 占 め 世 界 第 1 位 を 占 めている (2) 宇 宙 核 戦 力 サイバー 攻 撃 海 空 軍 の 増 強 ア. 宇 宙 大 国 に 邁 進 する 中 国 (ア) 神 舟 7 号 初 の 船 外 遊 泳 中 国 は 有 人 宇 宙 船 神 舟 7 号 の 打 ち 上 げに 成 功 神 舟 7 号 は 予 定 の 飛 行 計 画 を 終 え 28 日 にモンゴル 自 治 区 の 草 原 に 着 陸 した 今 回 は 計 画 中 の 宇 宙 ステーシ ョン 建 設 につなげるための 飛 行 士 による 初 の 船 外 宇 宙 遊 泳 実 験 で 05 年 の 有 人 飛 行 船 神 舟 6 号 07 年 の 月 探 査 衛 星 嫦 娥 1 号 の 打 ち 上 げに 続 く 重 要 な 国 家 プロジェクトと なっていた 中 国 は 同 ステーション 建 設 のために 欠 かせない 新 世 代 の 大 型 運 搬 ロケット 長 征 5 号 の 開 発 を 急 ピッチで 進 めている 近 い 将 来 20 トン 程 度 の 小 型 宇 宙 ステーションを 建 設 す る 方 針 で 海 南 島 に 宇 宙 ステーション 用 の 打 ち 上 げ 施 設 の 建 設 を 決 定 している 中 国 は 07 年 1 月 に 弾 道 ミサイルによる 気 象 衛 星 の 破 壊 実 験 を 実 施 するなど その 宇 宙 開 発 に 脅 威 論 が 高 まっているが 中 国 は 脅 威 論 を 打 ち 消 そうと 宇 宙 空 間 の 平 和 利 用 を 強 調 し ている 中 国 は 08 年 だけで 10 基 前 後 の 衛 星 を 打 ち 上 げ 07 年 までに 設 計 製 造 した 衛 星 は 計 88 基 に 上 る 宇 宙 技 術 研 究 院 は 中 国 の 宇 宙 技 術 は 新 たな 段 階 衛 星 の 製 造 に 要 する 時 間 は 短 縮 され 国 産 衛 星 の 精 度 は 向 上 し 寿 命 も 延 びた と 自 信 を 見 せている 国 家 中 長 期 科 学 技 術 発 展 計 画 で 今 世 紀 半 ばまでに 世 界 の 科 学 技 術 強 国 となるための 基 礎 を 築 く とする 国 家 目 標 と 米 国 に 抗 しうる 一 極 を 成 すとの 長 期 目 標 に 向 かっているが 2 月 に 米 国 で 摘 発 されたスパイ 事 件 で 世 界 最 大 の デルタⅣ 型 ロケット やスペースシ ャトル 関 連 情 報 の 収 集 を 行 っていたことなどが 示 すように 自 国 の 技 術 のみではこれらの 目 標 達 成 も 困 難 なことから 米 国 のみならず 我 が 国 の 宇 宙 関 連 技 術 に 対 する 情 報 活 動 が 活 発 化 するものと 見 られる 11 (イ) 中 国 独 自 の GPS を 構 築 予 定 中 国 国 営 新 華 社 通 信 によると 中 国 は 自 主 開 発 の 衛 星 利 用 測 位 システム(GPS) 北 斗 で 稼 働 する 衛 星 を 今 後 約 1 年 間 に 12 基 の 打 ち 上 げを 計 画 しており 最 終 的 には 30 基 以 上 もの 衛 星 による GPS を 構 築 する 予 定 である 11 産 経

17 中 国 は 北 斗 のために 既 に5 基 の 衛 星 を 打 ち 上 げており 30 基 以 上 の 衛 星 を 稼 働 させ れば 地 球 全 体 をカバーでき 米 国 の GPS に 質 量 ともに 匹 敵 する 測 定 精 度 となる 可 能 性 が 高 く 北 斗 の 整 備 によって GPS でも 中 国 が 米 国 の 一 極 支 配 を 崩 しつつある 12 (ウ) 火 星 及 び 月 面 探 査 衛 星 発 射 計 画 中 国 紙 広 州 日 報 ( 電 子 版 )によれば 中 国 で 宇 宙 技 術 開 発 に 携 わる 国 有 企 業 中 国 航 天 科 技 集 団 の 関 係 者 は 11 月 2 日 中 国 が 09 年 9 月 に 火 星 探 査 衛 星 を 打 ち 上 げる 計 画 を 明 らかにした ロシアのロケットを 使 い 打 ち 上 げ 10 年 8 月 ごろに 火 星 上 空 の 軌 道 に 到 達 する 予 定 という 中 露 両 国 は 07 年 3 月 火 星 の 共 同 探 査 で 合 意 しており 中 国 の 小 型 衛 星 とロシアの 探 査 機 を 同 時 に 打 ち 上 げ 小 型 衛 星 が 火 星 周 辺 の 宇 宙 空 間 で 探 査 す るとともに 探 査 機 が 火 星 の 衛 星 に 着 陸 して 地 表 のサンプルを 採 取 する 予 定 である また 13 年 には 中 国 が 開 発 中 の 新 型 ロケット 長 征 5 号 を 使 い 月 面 探 査 機 を 打 ち 上 げる 計 画 も 明 らかにした 13 イ. 核 戦 力 の 増 強 とサイバー 攻 撃 の 強 化 米 国 防 総 省 のジェームズ シン 次 官 補 (アジア 太 平 洋 安 全 保 障 問 題 担 当 )は 下 院 軍 事 委 員 会 公 聴 会 で 中 国 の 安 全 保 障 状 況 について 証 言 し 中 国 が 軍 事 態 勢 を 不 透 明 に したまま 米 国 本 土 を 攻 撃 できる 核 戦 力 の 増 強 やサイバー 攻 撃 の 強 化 などを 続 けていると 懸 念 を 表 明 した シン 次 官 補 は 米 国 政 府 が 中 国 との 安 保 関 係 でも 建 設 的 な 関 与 を 保 ちながらも 中 国 の 実 際 の 軍 事 動 向 に 懸 念 を 抱 いているとして 中 国 側 は1 実 際 の 軍 事 費 の 半 分 以 下 の 額 しか 公 表 せず 不 透 明 な 軍 事 態 勢 を 変 えていない(08 年 の 公 表 額 は 580 億 ト ルだが 外 国 からの 新 鋭 兵 器 調 達 核 戦 力 の 研 究 開 発 軍 事 汎 用 技 術 の 開 発 などの 費 用 を 含 めておらず 実 際 の 軍 事 費 は 年 間 1390 億 ト ルにも 達 する)2 核 非 核 両 面 での 各 種 兵 器 を 大 幅 に 増 強 している( 米 国 本 土 に 届 く 大 陸 間 弾 道 核 ミサイルの DF31 の 性 能 をあげ 基 数 を 増 す 一 方 潜 水 艦 の 増 強 や 空 母 の 開 発 を 進 めている)3 軍 のソフト ハード 両 面 での 能 力 増 強 を 進 め とくに 人 事 の 改 善 や 訓 練 の 強 化 を 図 っている( 軍 の 指 揮 系 統 兵 站 通 信 などのシステムと 要 員 の 強 化 により 事 実 上 の 臨 戦 態 勢 を 固 めている)4 宇 宙 軍 事 化 サイバー 攻 撃 の 能 力 増 強 などに より 通 常 の 規 範 を 逸 脱 する 非 対 称 作 戦 を 構 想 している( 米 国 の 国 防 総 省 を 含 む 政 府 機 関 や 12 産 経 産 経

18 防 衛 関 連 の 研 究 所 のコンピューター システムに 中 国 内 部 からのサイバー 攻 撃 がかけられ すでに 侵 入 されている)-ことなどを 証 言 した シン 次 官 補 は 中 国 側 のこうした 活 発 で 野 心 的 な 軍 事 強 化 策 の 結 果 1 台 湾 と 中 国 の 軍 事 力 比 較 が 中 国 側 に 有 利 に 大 きく 傾 き 始 めた2アジア 地 域 の 駐 留 米 軍 と 米 国 の 同 盟 諸 国 の 軍 隊 が 脅 威 と 危 険 にさらされる3 中 国 にとって 軍 事 力 強 化 により 対 外 戦 略 のオプションが 増 した-ことなどを 指 摘 し 米 側 も 対 抗 策 が 必 要 だと 強 調 し その 対 抗 策 としては 米 国 が1 情 報 収 集 能 力 を 高 め 中 国 側 の 軍 事 面 での 能 力 や 意 図 をより 正 確 に 知 る2 米 軍 も 装 備 の 改 善 などにより 能 力 を 高 める3アジアの 同 盟 諸 国 との 補 完 や 協 力 を 強 める4 中 国 軍 との 関 与 の 幅 を 広 げる などという 方 針 を 明 らかにした 14 ウ. 中 国 太 平 洋 分 割 管 理 を 米 に 提 案 海 上 覇 権 に 露 骨 な 野 心 を 示 す 米 太 平 洋 軍 ( 司 令 部 ホノルル)のキーティング 司 令 官 ( 海 軍 大 将 )は 昨 年 5 月 に 中 国 を 訪 問 した 際 会 談 した 中 国 海 軍 幹 部 から ハワイを 基 点 として 米 中 が 太 平 洋 の 東 西 を 分 割 管 理 する 構 想 を 提 案 されたことを 上 院 軍 事 委 員 会 の 公 聴 会 で 証 言 した 同 司 令 官 はこの 戦 略 構 想 について 中 国 は 影 響 が 及 ぶ 範 囲 の 拡 大 を 欲 している とし て 警 戒 感 を 示 した キーティング 司 令 官 によると この 海 軍 幹 部 は われわれ( 中 国 )が 航 空 母 艦 を 保 有 し た 場 合 として ハワイ 以 東 を 米 国 が ハワイ 以 西 を 中 国 が 管 理 することで 合 意 を 図 れ ないか と 打 診 したという 同 司 令 官 は 冗 談 だとしても 人 民 解 放 軍 の 戦 略 構 想 を 示 す ものだ との 解 釈 を 示 し 中 国 の 軍 事 対 外 政 策 について きわめて 注 意 深 く 監 視 してい る と 語 った 15 ( 注 1) 中 国 軍 幹 部 による 太 平 洋 の 東 西 分 割 提 案 は 07 年 8 月 に 米 紙 ワシントン タイムズ が 米 軍 関 係 者 の 話 として 報 じていた キーティング 司 令 官 は 提 案 者 を 明 らかにしていないが 司 令 官 就 任 後 初 の 訪 中 だった 07 年 5 月 に 中 国 海 軍 では 呉 勝 利 司 令 官 と 会 談 している 米 側 は 提 案 を 拒 絶 したとしているが 同 紙 は 情 報 機 関 を 含 む 米 政 府 内 の 親 中 派 内 でこの 提 案 に 前 向 きな 姿 勢 を 示 す 向 きもあったとしている 中 国 海 軍 は 原 潜 を 含 む 潜 水 艦 の 活 動 をここ 数 年 日 本 や 台 湾 米 領 グァムの 近 海 など 西 太 平 洋 海 域 で 活 発 化 させており ハワイ 以 西 との 線 引 きは 中 国 が 従 来 の 国 防 圏 とし ていた 沖 縄 以 西 を 大 きく 踏 み 出 す 野 心 的 な 構 想 といえる 14 産 経 産 経 ,14 10

19 ( 注 2) 太 平 洋 の 分 割 支 配 構 想 :コンドミニアム( 共 同 管 理 )は 少 なくとも 90 年 代 以 降 中 国 側 が 折 に 触 れて 米 国 側 に 持 ちかけていたもので 太 平 洋 の 秩 序 を 米 中 で 分 割 し 覇 権 を 共 有 する 戦 略 的 狙 い 海 軍 力 に 関 しては 原 潜 を 含 む 潜 水 艦 戦 力 が 米 軍 をしのぐ 勢 いにあり 従 来 の 防 衛 圏 は 沖 縄 以 西 であり 今 般 はハワイ 以 西 と 大 きく 踏 み 出 している 点 が 注 目 される ( 注 3) 分 割 管 理 提 案 に 関 して 情 報 機 関 を 含 む 米 政 府 内 の 親 中 派 内 でこの 提 案 に 前 向 きな 姿 勢 を 示 す 向 きもあった としているが 中 国 は 日 本 に 対 しても 政 治 家 を 通 じた 防 衛 省 への 接 近 や 中 国 政 経 懇 談 会 防 衛 交 流 を 通 じて-1 中 政 懇 を 通 じた OB の 活 用 2OB の 人 脈 を 利 用 して 現 職 に 拡 大 3 留 学 生 を 通 じた 工 作 により 親 中 派 の 拡 大 - 等 をはかり 自 衛 隊 OB や 現 職 自 衛 官 の 中 に 親 中 派 勢 力 の 育 成 拡 大 や 戦 略 面 での 意 見 の 対 立 を 狙 い 内 部 分 裂 を 図 る 等 の 工 作 を 行 っ てくるものと 見 られる エ. 空 母 艦 隊 建 造 を 開 始 か 軍 当 局 初 の 公 式 発 言 従 来 から 空 母 建 造 の 動 きが 取 り 沙 汰 されてきたが 付 けの 香 港 紙 サウスチ ャイナ モーニングポストは 上 海 の 軍 事 専 門 家 が 今 年 に 入 ってから 空 母 艦 隊 を 構 成 す る 艦 艇 の 建 造 現 場 を 訪 れ 担 当 将 校 の 説 明 を 受 けた との 証 言 を 伝 えた この 証 言 によれ ば 建 造 中 の 空 母 はディーゼルエンジンによる 通 常 推 進 型 で 米 国 の 原 子 力 空 母 よりは 規 模 が 小 さく 搭 載 機 は 60 機 程 度 4 年 後 には 就 役 し 海 賊 行 為 が 相 次 いでいる 南 シナ 海 を 管 轄 する 南 海 艦 隊 に 配 属 され 中 国 の 原 油 輸 送 ルートを 警 護 する 任 務 に 当 たる 戦 闘 群 を 構 成 する 空 母 と 支 援 艦 艇 は 上 海 大 連 天 津 の3か 所 の 造 船 施 設 で 建 造 されている 模 様 という 中 国 国 防 省 の 報 道 官 は 国 産 空 母 の 建 造 について 空 母 は 国 家 の 総 合 力 の 体 現 であり 海 軍 の 具 体 的 な 要 求 と 表 明 軍 当 局 者 として 公 の 場 で 初 めて 確 認 した 建 造 は 09 年 から 本 格 化 するものと 見 られ 大 連 で 改 修 している 旧 ソ 連 空 母 ワリャーグ (5 万 8500 トン)を 練 習 空 母 として 就 役 させ その 経 験 を 踏 まえて 2 隻 の 中 型 空 母 (4 ~6 万 トン 級 )を 建 造 し 計 3 隻 体 制 で 運 用 する 予 定 艦 載 機 はロシアの 戦 闘 機 スホイ 27 を 艦 載 機 に 改 良 した 33 型 機 を 予 定 パイロットらはウクライナで 訓 練 を 受 けた 上 で 既 に 地 上 模 型 での 発 着 訓 練 を 開 始 している 駐 中 国 ロシア 大 使 は 中 国 週 刊 誌 のインタビューで 軍 事 技 術 協 力 は 中 露 戦 略 協 力 パートナー 関 係 の 重 要 なその 一 つ とし 中 国 の 空 母 建 造 にロシアは 協 力 する 用 意 があ ると 語 った ( 注 ) 中 国 国 防 省 外 事 弁 公 室 の 銭 利 華 主 任 も 11 月 17 日 付 の 英 紙 フィナンシャル タイムズの 11

20 インタビューに 対 し 空 母 開 発 をほのめかす 発 言 をしている 16 (3) 技 術 情 報 収 集 活 動 は 益 々 活 発 化 ア. 米 国 下 院 司 法 委 員 会 で 中 国 の 対 米 スパイ 活 動 は 最 も 攻 勢 的 で 米 国 軍 事 関 連 技 術 への 主 要 な 脅 威 と 位 置 づけ 米 国 下 院 司 法 委 員 会 の 小 委 員 会 が 開 いた 米 国 に 対 するスパイ 活 動 に 関 する 公 聴 会 で 米 中 関 係 研 究 の 議 会 諮 問 委 員 会 代 表 は 中 国 による 米 国 軍 事 関 連 技 術 を 盗 むス パイ 活 動 が 米 国 の 安 全 保 障 技 術 への 主 要 な 脅 威 であり その 活 動 は 各 国 中 でも 最 も 攻 勢 的 だと 証 言 した 本 公 聴 会 では ブッシュ 政 権 の 高 官 や 民 間 専 門 家 が 証 言 を 行 ったが 米 国 に 対 するスパ イ 活 動 一 般 とそれに 対 する 防 止 策 についての 各 証 言 の 中 で 議 会 政 策 諮 問 機 関 の 米 中 経 済 安 保 調 査 委 員 会 のラリー ウォーツエル 委 員 長 は 中 国 の 対 米 スパイ 活 動 を 米 国 に 対 す る 各 国 の 同 活 動 でも 最 も 攻 勢 的 で 米 国 軍 事 関 連 技 術 への 主 要 な 脅 威 として 位 置 づけ その 実 態 を 明 らかにした 同 委 員 長 は 自 らが 米 陸 軍 の 中 国 専 門 家 として 長 年 中 国 の 諜 報 スパイ 活 動 を 専 門 に 研 究 してきた 経 歴 を 基 に 1 中 国 は 86 年 3 月 に 863 計 画 と 呼 ぶ 高 度 技 術 の 総 合 的 開 発 計 画 を 決 め バイオ 宇 宙 レーザー 情 報 オートメーションなど の 技 術 を 外 部 から 取 得 することを 国 家 政 策 として 決 めた 2その 一 環 として 制 限 された 外 国 の 技 術 は 産 業 スパイなど 秘 密 や 違 法 の 手 段 でも 取 得 する 方 針 が 決 められ 実 行 されてい る 3 米 側 は 中 国 のその 種 のスパイ 活 動 にかかわる 国 家 機 関 として 国 家 安 全 部 人 民 解 放 軍 諜 報 部 など 少 なくとも7 組 織 を 認 定 している などと 証 言 した 同 委 員 長 はこうして 取 得 した 高 度 技 術 が 中 国 軍 の 近 代 化 を 推 進 していると 強 調 し 最 近 の 具 体 例 として 06 年 にカリフォルニア 州 で 有 罪 判 決 を 受 けた 中 国 系 一 家 5 人 のケー スをあげ 高 度 技 術 の 訓 練 を 受 けた 同 5 人 が 米 側 の 官 民 の 軍 事 関 連 技 術 を 違 法 に 取 得 して 中 国 の 広 州 の 中 山 大 学 研 究 所 を 経 由 して 中 国 当 局 に 送 っていた 実 態 を 明 らかにした 同 委 員 長 はこの 一 家 が 中 国 当 局 から 特 に 優 先 取 得 を 指 令 されていた 項 目 として 1 海 上 電 磁 傍 受 システム 2 宇 宙 発 射 磁 気 浮 揚 台 3 電 磁 砲 システム 4 潜 水 艦 魚 雷 5 空 母 電 子 システム6 水 上 ジェット 推 進 7 潜 水 艦 推 進 8 核 攻 撃 防 衛 技 術 9 米 海 軍 次 世 代 駆 逐 16 産 経 読 売 関 連 記 事 :19 年 度 研 究 報 告 書 p9~10 12

21 艦 -などを 指 摘 した 同 委 員 長 は 中 国 のこうしたスパイ 活 動 への 対 策 として 司 法 立 法 の 両 面 で 取 り 締 まりを 強 化 することを 訴 えた 17 イ. 米 中 国 の 軍 事 機 密 スパイ 事 件 2 件 を 同 時 摘 発 米 国 内 での 中 国 のスパイ 活 動 が 依 然 として 活 発 なことを 裏 付 けるように 米 連 邦 捜 査 局 (FBI)は 中 国 による 米 国 の 軍 事 機 密 スパイ 事 件 2 件 を 同 時 に 摘 発 し 買 収 され た 国 防 総 省 の 分 析 官 1 人 を 含 む 計 4 人 を 逮 捕 した このうち ボーイング 社 の 中 国 系 元 技 師 が 関 与 した 事 件 では 同 社 が 開 発 した 超 大 型 ロ ケット デルタⅣ 型 や スペースシャトルなど 米 国 の 宇 宙 航 空 技 術 に 関 する 情 報 も 中 国 に 引 き 渡 されていた これらの 事 件 は 国 防 関 連 企 業 に 勤 務 する 中 国 人 中 国 系 米 国 人 を 見 つけ 出 し 中 国 に 招 待 して 協 力 を 要 請 ( 強 制 )してスパイに 仕 立 て 上 げる 中 国 の 典 型 的 パ ターンを 示 している ( 第 4 章 で 詳 述 ) ウ. 合 法 非 合 法 的 手 段 を 併 用 し 汎 用 軍 用 技 術 の 収 集 を 図 る 中 国 の 収 集 活 動 (ア) 米 国 防 総 省 年 次 報 告 米 国 防 総 省 は 年 次 報 告 中 国 の 軍 事 力 2008 を 公 表 したが その 中 で 中 国 の 技 術 情 報 活 動 は 合 法 非 合 法 的 な 商 業 活 動 により 両 用 ( 汎 用 )と 軍 用 の 技 術 を 海 外 から 取 得 するための 組 織 的 な 努 力 を 継 続 しており 中 国 の 積 極 的 で 広 範 なスパイ 活 動 は 米 国 の 技 術 に 対 する 最 大 の 脅 威 であると 評 価 した また IT 化 軍 隊 を 目 指 している 中 国 にとってソフ トウェア 集 積 回 路 コンピューター 電 子 製 品 半 導 体 電 気 通 信 機 器 及 び 情 報 セキ ュリテイシステムのような 両 用 技 術 は 決 定 的 に 重 要 で 00 年 から 06 年 までの 間 に 米 国 移 民 関 税 執 行 局 (ICE)が 調 査 した 中 国 への 違 法 な 輸 出 は 400 件 に 上 ることを 明 らかにしてい る そして 中 国 が 外 国 の 技 術 に 最 も 重 く 依 存 し 続 けている 緊 要 な 分 野 は 誘 導 制 御 システ ム タービンエンジン 技 術 及 び 精 密 機 械 器 具 や 進 んだ 診 断 装 置 や 対 話 装 置 のような 能 力 向 上 技 術 高 速 タイピングに 重 要 な 応 用 と 処 理 コンピューター 利 用 設 計 / 製 造 (CAD/CAM) 等 の 技 術 であると 指 摘 している また 将 来 の 展 望 として 中 国 の 中 長 期 科 学 技 術 発 展 計 画 (2006~2020 年 )の 中 国 の 科 学 技 術 の 焦 点 について 軍 事 応 用 を 含 む 基 礎 研 究 最 先 端 技 術 緊 要 な 分 野 と 優 先 課 題 及 び 主 要 な 特 定 項 目 という 表 現 で 規 定 しそれぞれの 技 術 について 明 らかにしている 17 産 経

22 基 礎 研 究 : 軍 事 応 用 を 含 む 次 の5つの 分 野 材 料 設 計 と 準 備 極 限 的 な 条 件 下 での 製 造 宇 宙 航 空 機 械 情 報 技 術 開 発 ナノテクノロジーと 応 用 最 先 端 技 術 :1 情 報 技 術 ( 優 先 技 術 は 情 報 認 識 技 術 臨 機 のネットワーク バーチ ャルリアリティ 技 術 以 下 ( ) 内 は 優 先 技 術 )2 新 材 料 (スマート 材 料 と 構 造 高 温 超 電 導 技 術 高 効 率 エネルギー 材 料 技 術 )3 先 端 製 造 技 術 ( 最 先 端 製 造 技 術 情 報 サービス ロボット)4 先 端 エネルギー 技 術 ( 水 素 エネルギーと 燃 料 電 池 技 術 代 替 燃 料 と 進 んだ 移 動 体 技 術 )5 海 洋 技 術 (3 次 元 海 洋 環 境 観 測 技 術 迅 速 多 重 パラメーター 海 洋 フロア 調 査 技 術 深 海 活 動 技 術 )6レーザーと 航 空 宇 宙 技 術 緊 要 な 分 野 と 優 先 課 題 : 中 国 の 防 衛 産 業 界 は 先 端 製 造 技 術 情 報 技 術 及 び 軍 事 技 術 を 求 めており レーダー 宇 宙 対 策 能 力 安 全 な C4ISR スマート 材 料 低 被 視 認 率 技 術 を 特 に 求 めている 主 要 な 特 定 項 目 : 中 国 が 開 発 又 は 独 自 能 力 の 拡 大 を 図 るものとして 中 核 的 電 子 部 品 ハイエンド 共 通 チップとオペレーティングシステムソフトウエア 超 大 規 模 集 積 回 路 製 造 次 世 代 広 帯 域 無 線 移 動 通 信 高 性 能 数 値 制 御 機 械 ツール 大 型 航 空 機 高 解 像 度 人 工 衛 星 18 月 探 査 を 含 む 有 人 飛 行 (イ) 米 国 議 会 米 中 経 済 安 保 調 査 委 員 会 年 次 報 告 で 中 国 の 脅 威 に 対 応 策 を 訴 える 米 中 間 の 経 済 関 係 が 米 国 の 国 家 安 全 保 障 にどう 影 響 するかを 主 題 とする 米 国 議 会 の 超 党 派 政 策 諮 問 機 関 である 米 中 経 済 安 保 調 査 委 員 会 (ラリー ウォーツエル 委 員 長 )は 08 年 度 の 年 次 報 告 書 を 発 表 し 中 国 が 経 済 政 治 軍 事 の 各 面 での 勢 力 拡 大 を 国 際 的 規 範 を 破 る 形 で 進 めている として 米 国 の 議 会 や 政 府 に 対 応 策 をとることを 訴 えるとともに この 調 査 結 果 をもとに 新 たな 民 主 党 主 導 の 連 邦 議 会 上 下 両 院 とオバマ 政 権 に 報 告 し 必 要 な 一 連 の 対 応 策 を 提 言 してゆくとしている 同 調 査 委 員 会 は 年 次 報 告 書 の 中 で 経 済 面 については 中 国 の 国 家 機 構 そのものが 一 般 の 金 融 機 関 を 装 い 米 国 の 国 家 安 全 保 障 を 侵 す 動 きに 出 ることに 重 大 な 懸 念 を 抱 いている ことを 強 調 し 1 政 府 系 ファンドによる 巨 額 資 金 の 運 用 で 本 来 の 商 業 から 離 れた 政 治 軍 事 の 目 的 を 達 成 しようとしている と 国 家 ファンドによる 国 防 関 連 企 業 や 安 全 保 障 上 懸 念 を 有 する 企 業 に 対 する 買 収 について 警 戒 を 示 すとともに 2 航 空 機 製 造 産 業 を 諸 外 国 からの 技 術 の 盗 用 で 育 成 し 米 欧 に 対 抗 しようとしている 3 米 国 や 日 本 の 防 衛 産 業 にお 18 米 国 防 総 省 年 次 報 告 中 国 の 軍 事 力 翻 訳 : 朝 雲 14

23 ける 部 品 などの 供 給 について 日 米 の 防 衛 装 備 のなかで 中 国 製 部 品 を 使 うことによる 供 給 ラ インの 安 全 保 障 に 懸 念 があることを 指 摘 している また 軍 事 や 安 保 の 領 域 では 中 国 が 1 武 器 や 軍 事 技 術 をスーダン ミャンマー イ ランなど 人 権 弾 圧 問 題 を 起 こした 無 法 国 家 群 に 拡 散 している 2ホワイトハウスや 国 防 総 省 オバマ マケイン 両 陣 営 のコンピューター システムに 不 当 に 侵 入 するサイバー 攻 撃 をかけ 今 後 も 攻 撃 を 増 強 する 構 えをみせている 3 宇 宙 の 軍 事 利 用 を 推 進 しており 同 じ 宇 宙 依 存 の 強 い 米 軍 が 大 きな 脅 威 に 直 面 している 4 戦 闘 機 爆 撃 機 潜 水 艦 などの 増 強 を 続 けており 航 空 母 艦 の 建 造 の 動 きを 示 し 東 アジアや 対 台 湾 の 軍 事 バランスを 崩 しているーという 諸 点 を 強 調 している 19 (ウ) 研 究 会 等 を 通 じた 合 法 的 収 集 活 動 技 術 の 流 出 はスパイ 活 動 などの 非 合 法 手 段 によるばかりでなく 研 究 会 や 学 術 交 換 会 議 等 の 合 法 的 手 段 で 或 いは 合 法 的 名 目 を 活 用 した 不 法 な 活 動 によって 流 出 することが 極 めて 多 いことは 99 年 の 中 国 による 米 国 核 スパイ 事 件 に 関 する 米 国 議 会 報 告 書 コックス 報 告 で 詳 細 に 述 べられているが 我 が 国 においても 研 究 交 流 活 動 によって レーザー 関 連 技 術 が 流 出 する 危 険 性 が 改 めて 注 目 された ( 第 4 章 で 詳 述 ) エ. 中 国 外 国 企 業 に IT 機 密 開 示 要 求 中 国 政 府 は 外 国 企 業 に 対 し デジタル 家 電 などの 中 核 となる 製 品 情 報 を 中 国 当 局 に 開 示 するよう 命 ずる IT セキュリティ 製 品 の 強 制 認 証 制 度 を 09 年 5 月 から 導 入 する 方 針 を 明 らかにした この 新 制 度 は 具 体 的 には 対 象 となる 製 品 についてデジタル 家 電 などを 制 御 するソフ トウェアの 設 計 図 である ソースコード の 開 示 を 外 国 企 業 に 強 制 するもので 開 示 を 拒 否 すれば その 製 品 の 対 中 輸 出 や 中 国 での 現 地 生 産 販 売 が 一 切 禁 止 され 対 象 製 品 は 開 示 されたソースコードに 基 づく 試 験 と 認 証 機 関 による 検 査 に 合 格 しないと 中 国 で 製 品 を 販 売 出 来 ないという 国 際 的 に 例 のない 制 度 となっている 強 制 認 証 制 度 の 対 象 としては 非 接 触 IC カード 技 術 や デジタル 複 写 機 コンピ ューター サーバーやコンピューターウイルスの 侵 入 を 防 ぐソフトなどネットワークのセ キュリティ 関 連 の 機 器 やソフトなど 対 象 は 13 品 目 としているが 表 現 があいまいなところ もあり 業 界 の 不 安 をあおっている 19 産 経

24 10 月 6 日 日 本 経 団 連 の 御 手 洗 富 士 夫 会 長 も 会 見 で ソースコードの 開 示 は 裸 になる ということ 反 対 し 続 ける と 強 く 反 発 した 経 済 産 業 省 や 米 通 商 代 表 部 などは 制 度 の 撤 回 を 強 く 求 める 構 えで 深 刻 な 通 商 問 題 に 発 展 する 可 能 性 がある 中 国 政 府 は ソースコードの 開 示 を 求 める 狙 いについて ソフトの 欠 陥 を 狙 ったコンピ ューターウイルスや コンピューターヘの 不 正 侵 入 を 防 ぐためと 説 明 しているが 開 示 内 容 が 中 国 政 府 を 通 じて 中 国 企 業 に 漏 れる 恐 ればかりでなく 日 本 製 デジタル 機 器 のデジタ ル 機 器 の 暗 号 技 術 が 中 国 側 に 筒 抜 けとなり 暗 号 情 報 も 見 破 られやすくなり 中 国 の 諜 報 活 動 などに 利 用 される 安 全 保 障 上 の 懸 念 も 指 摘 されている ( 注 )ソースコードは コンピューター 言 語 で 書 かれたソフトウェアの 設 計 図 企 業 の 重 要 な 知 的 財 産 で 例 えばマイクロソフトは 基 本 ソフト ウィンドウズ のソースコードを 機 密 情 報 として 扱 い 巨 額 の 利 益 につなげた ソースコードが 分 かると ソフトの 欠 陥 を 突 いたウイ ルスの 作 成 などが 容 易 になる IT のセキュリティ 製 品 については 日 米 欧 など 25 カ 国 は 相 互 認 証 制 度 を 採 用 しており 日 本 の 認 証 機 関 で 安 全 性 を 確 認 した 製 品 は そのまま 米 国 でも 安 全 な 製 品 として 販 売 でき る 企 業 が 任 意 で 認 証 を 申 請 する 形 を 取 っているが 認 証 がなくても 販 売 は 可 能 であり 今 回 の 中 国 の 制 度 は 国 際 的 に 例 がない ( 経 済 産 業 省 )ものである 経 産 省 は 詳 しい 規 制 の 内 容 を 照 会 しているが 進 展 はないという 9 月 中 旬 にあった 米 中 商 業 貿 易 委 員 会 でも この 問 題 が 取 り 上 げられたが 中 国 側 は 最 終 的 な 内 容 の 公 表 を 遅 らせると 表 明 するにとどめている 第 三 国 経 由 で 汎 用 機 器 の 入 手 を 図 る 北 朝 鮮 日 本 政 府 は 2006 年 以 来 北 朝 鮮 に 対 して 北 朝 鮮 船 舶 の 入 港 禁 止 などの 経 済 制 裁 を 強 化 し ているが これに 対 して 北 朝 鮮 は 他 国 籍 船 を 利 用 して 日 本 からの 中 古 品 の 輸 入 ルート を 確 保 しているほか 軍 事 転 用 可 能 な 汎 用 品 については 台 湾 中 国 などの 第 三 国 を 経 由 して 不 正 輸 入 する 方 法 に 転 換 している また これまで 日 本 から 不 正 輸 出 する 場 合 殆 どが 在 日 の 北 朝 鮮 系 商 社 が 関 わっていた が 08 年 に 摘 発 された 不 正 輸 出 事 件 2 件 いずれもが 日 本 の 商 社 やメーカーが 輸 出 機 器 の 性 能 を 偽 り 経 産 省 の 許 可 を 受 けずに 不 正 輸 出 を 承 知 で 行 っていたことが 大 きな 特 徴 とな 20 産 経 読 売

25 っており 利 益 優 先 姿 勢 が 指 摘 されている なお 台 湾 を 経 由 する 不 正 輸 出 については 台 湾 当 局 が 独 自 に 対 北 朝 鮮 輸 出 規 制 を 実 施 しているため 台 湾 の 大 手 企 業 は 北 朝 鮮 と 取 引 するリスクを 避 ける 傾 向 にある これま で 不 法 取 引 に 関 与 していたのはいずれもが 中 小 企 業 であることから 輸 出 規 制 品 目 につい て 台 湾 の 中 小 企 業 からの 取 引 打 診 があった 場 合 には 細 部 確 認 をすることが 必 要 と 思 われ る ( 第 3 章 で 詳 述 ) 4. 北 朝 鮮 イラン シリアの 核 開 発 問 題 北 朝 鮮 の 核 開 発 凍 結 問 題 に 対 するアメリカの 姿 勢 は 北 朝 鮮 が 望 むアメリカとの 二 国 間 交 渉 を 拒 否 するとともに 後 戻 りできない 全 ての 核 の 完 全 廃 棄 であったはずである しか しながら アメリカは 米 朝 二 国 間 協 議 に 応 じ 07 年 1 月 にはベルリンで 米 朝 二 国 間 協 議 が 行 われた この 結 果 マカオの 金 融 機 関 バンコ デルタ アジアの 北 朝 鮮 資 金 の 凍 結 が 解 除 され その 後 の 協 議 の 進 展 の 過 程 で アメリカによる テロ 支 援 国 家 指 定 解 除 及 び 敵 国 通 商 法 の 適 用 が 話 し 合 われ しかも 後 戻 りできない 核 廃 絶 が 骨 抜 きになり ウラン 濃 縮 問 題 核 爆 弾 の 保 有 及 び 他 国 への 核 拡 散 などに 対 する 申 告 や 検 証 が 次 々に 反 故 になりつ つある 情 勢 である この 結 果 北 朝 鮮 はアジア 中 東 諸 国 などとの 交 流 や 投 資 の 呼 び 込 みを 積 極 化 させ フランスやエジプトは 既 に 07 年 から 民 間 投 資 を 開 始 している イランは 平 和 目 的 を 掲 げてウラン 濃 縮 に 取 り 組 んでいる 北 朝 鮮 の 核 問 題 には 冷 淡 な 欧 州 諸 国 とりわけ 英 仏 独 三 国 は 国 連 安 保 理 に 働 きかけて 制 裁 強 化 を 図 っている しかしな がらイランに 多 くの 利 権 を 有 するロシアは 国 連 の 制 裁 決 議 に 消 極 的 であり 中 国 もこれに 同 調 している イスラエルにとってはイスラエルの 存 在 を 認 めないイランが 核 兵 器 を 持 つ ことは 国 家 の 生 存 に 関 わる 大 事 である しかしイスラエルがイランに 対 して 強 硬 手 段 を 取 った 場 合 には イランの 支 援 を 受 けるパレスチナのイスラム 主 義 原 理 組 織 ハマスやレバノ ンの 民 兵 組 織 ヒズボラとの 連 携 による 反 撃 の 可 能 性 が 不 気 味 でもある 07 年 9 月 6 日 イスラエル 空 軍 はシリア 領 内 の 北 朝 鮮 の 協 力 によって 建 設 されたプル トニウム 製 造 を 目 的 とした 完 成 間 近 の 原 子 炉 を 破 壊 した シリアの 大 量 破 壊 兵 器 開 発 計 画 に 懸 念 を 示 していたアメリカにとっても 驚 きであったようである この 施 設 はイランや 北 朝 鮮 が 監 視 の 目 を 逃 れるための 場 所 貸 しであったとの 報 道 も 流 されている 国 際 原 子 力 機 関 IAEA は 08 年 6 月 に 立 ち 入 り 調 査 を 実 施 したが 場 所 は 破 壊 現 場 に 限 られていた 北 朝 鮮 イラン 及 びシリアは 核 及 びミサイルの 開 発 で 深 くつながっている 17

26 5. 活 発 化 するサイバー 攻 撃 に 米 欧 が 連 携 して 防 衛 センター を 創 設 2007 年 4 月 から5 月 にかけてロシアからエストニアに 対 してハッカー 攻 撃 が 行 われ 7 月 から9 月 にかけては 中 国 からと 見 られる 攻 撃 が 日 本 台 湾 を 始 め 米 英 仏 独 に 対 して 行 われたが 年 々 増 加 活 発 化 するサイバー 攻 撃 に 対 して 北 大 西 洋 条 約 機 構 (NATO)に 加 盟 する 米 欧 7~9か 国 が サイバーテロを 現 実 の 脅 威 ととらえ 各 国 の 安 全 保 障 にかかわる 問 題 として 情 報 システムを 狙 った 破 壊 行 為 に 対 処 する サイバー 防 衛 セ ンター をエストニアの 首 都 タリンに 合 同 で 創 設 し ブリュッセルの NATO 本 部 と 連 携 して サイバーテロに 関 する 情 報 分 析 や 防 衛 技 術 の 開 発 のほか 加 盟 国 に 対 する 技 術 指 導 の 役 割 を 担 うという 米 国 ドイツなどが 設 立 に 賛 同 しており 各 国 が 運 営 費 を 分 担 する 政 府 や 軍 公 共 機 関 の 情 報 システムなど 国 の 中 枢 基 盤 に 対 する 見 えない 敵 の 攻 撃 に 備 え 相 互 支 援 の 体 制 を 整 えておく 狙 いがある ( 注 )エストニアは 07 年 4 月 から 約 1か 月 間 国 外 からの 集 中 的 なデータ 送 信 などの 攻 撃 にさらされ 金 融 機 関 が 一 時 営 業 停 止 を 余 儀 なくされるなどの 被 害 を 受 けたが これ 以 降 欧 州 におけるサイバーテロ 研 究 の 中 心 地 となっている NATO 本 部 もサイバーテロを 21 世 紀 型 の 脅 威 (デホープスヘッフェル 事 務 総 長 )と 位 置 づ け 加 盟 国 の 防 衛 能 力 強 化 へ 向 けた サイバー 防 衛 戦 略 を 近 く 策 定 する 方 向 で 調 整 を 進 めて いる 先 端 科 学 技 術 を 有 する 外 国 企 業 の 買 収 を 図 るロシア 中 国 (1)ロシアの 企 業 買 収 の 動 向 ア. 外 国 のハイテク 企 業 買 収 強 化 指 示 メドベージエフ 第 1 副 首 相 ( 現 大 統 領 )は ロシア 財 界 トップたちとの 経 済 会 議 の 席 上 外 国 企 業 買 収 は 重 要 課 題 だ 中 国 のように 積 極 的 に 進 めるべきで われわれ もできるはずだ そうすれば 我 が 国 企 業 の 近 代 化 に 不 可 欠 な 製 造 機 械 の 外 国 輸 入 依 存 度 を 下 げるなどの 問 題 を 解 決 できる と 外 国 のハイテク 企 業 を 買 収 するときだ と 述 べ 21 読 売

27 巨 額 の 国 家 基 金 を 投 資 に 向 ける 姿 勢 を 示 して 財 界 に 対 して 外 国 企 業 の 買 収 に 積 極 攻 勢 に 出 るよう 大 号 令 をかけた ロシアは 遅 れている 製 造 業 を 育 成 し 依 存 体 質 からの 脱 却 を 急 いでいるがこれらに 必 要 な 技 術 を 得 るため 豊 富 な 資 金 をテコに ロシアによる 日 本 の 製 造 業 への M&A は 必 至 ( 三 菱 商 事 幹 部 )との 見 方 が 強 まっている 現 在 ガスプロムの 日 本 進 出 が 取 り 沙 汰 されているが 09 年 春 を 予 定 する サハリン2 の 日 本 向 け LNG( 液 化 天 然 ガス) 供 給 開 始 がガスプロム 進 出 の 契 機 になる とみられてい る 欧 州 ではガスプロムが 現 地 企 業 と 合 弁 で 販 売 会 社 を 設 立 して 川 上 から 川 下 まで 一 貫 した 戦 略 を 基 本 としており 日 本 でも 同 様 の 検 討 を 進 めている 可 能 性 が 高 い これまでのところ ロシアの 関 心 は 戦 略 資 源 関 係 を 重 点 としており これまで 日 本 に 進 出 している 主 な 企 業 ( 外 務 省 調 べ 月 現 在 )は ルサール(ロシア 最 大 のアルミニ ウム 業 ) TENEX( 濃 縮 ウランの 製 造 輸 出 ) アエロフロート(ロシア 航 空 ) アビテル データ(IT セキュリティ 関 連 ) ヒムエクスベルト( 原 子 力 や 環 境 関 連 分 析 器 医 療 機 器 などの 輸 出 入 販 売 ) メトローポル( 金 融 投 資 会 社 ) アルジゲー( 証 券 業 )などで 兵 器 及 び 兵 器 技 術 情 報 に 関 わる 汎 用 機 器 関 連 企 業 はアビテル データ 社 以 外 見 あたらない が 現 在 ロシアが 最 重 点 目 標 としている 大 国 構 築 宣 言 を 推 進 する2 大 方 策 は 情 報 機 関 による 先 端 技 術 の 収 集 と 先 端 技 術 を 保 有 する 外 国 企 業 の 買 収 と 強 調 しているとこ ろから 引 き 続 きその 動 向 が 注 目 される 22 イ. 露 日 本 のナノテクに 触 手 国 策 企 業 が 誘 致 技 術 の 吸 収 狙 う 地 下 資 源 輸 出 に 依 存 する 後 進 的 経 済 からの 脱 却 を 目 指 し 先 進 諸 国 の 技 術 を 吸 収 する 使 命 を 帯 びた 国 策 企 業 ロスナノ ( 社 長 チュバイス 元 第 1 副 首 相 )が 超 微 細 技 術 ナノ テクノロジー に 本 腰 を 入 れようとしていることが 明 らかとなった ロスナノは 07 年 7 月 当 時 のプーチン 大 統 領 の 肝 いりで 設 立 され これまでに 1300 億 ルーブル( 約 4600 億 円 )の 国 家 予 算 を 受 け 技 術 面 の 拠 点 機 能 は 核 開 発 で 知 られるクルチ ャトフ 研 究 所 (モスクワ)が 担 っている 同 社 の 事 業 内 容 は 国 内 外 のナノテク 研 究 プロ ジェクトを 募 集 それに 投 融 資 して 商 品 化 を 支 援 する として 目 下 日 本 通 の 外 交 官 らを 次 々と 引 き 抜 き 幹 部 に 登 用 して 日 本 企 業 に 積 極 的 なアプローチをかけている 副 社 長 ( 対 外 協 力 担 当 )には 北 朝 鮮 をめぐる6カ 国 協 議 の 露 首 席 代 表 を 退 いたロシュ コフ 元 駐 日 大 使 が 就 任 クリフツオフ 元 札 幌 総 領 事 やイワノフ 元 大 阪 総 領 事 が 国 際 担 当 上 22 産 経

28 級 顧 問 に 就 き また 幹 部 には 約 10 年 間 にわたって 在 日 ロシア 大 使 館 に 勤 務 し 対 外 情 報 局 (SVR)の 駐 日 代 表 ( 情 報 筋 )とされていた 人 物 も 含 まれており これらの 陣 容 から 米 国 に 次 ぐナノテク 先 進 国 日 本 重 視 の 姿 勢 は 鮮 明 となっている 更 に 同 社 は 在 露 日 本 大 使 館 に 日 本 企 業 向 けのプレゼンテーションの 開 催 を 要 請 している ロシユコフ 副 社 長 は ロスナノの( 合 弁 事 業 での) 株 式 保 有 は 基 本 的 に 最 大 50%マイナ スー 株 などと 述 べ 戦 略 産 業 で 外 資 排 除 の 進 むロシアとしては 破 格 の 条 件 を 打 ち 出 して いるが 外 国 企 業 には 製 造 過 程 の 少 なくとも 一 部 をロシア 国 内 で 行 う との 制 約 があり 狙 いは 外 国 からの 技 術 移 転 にあることは 明 らかである ナノテクは 10 億 分 の 1 メートル(ナノメートル)の 水 準 で 物 質 を 作 ったり それを 加 工 する 技 術 で IT( 情 報 技 術 )やバイオテクノロジー 新 素 材 開 発 など 将 来 の 成 長 が 期 待 される 分 野 の 基 礎 技 術 となり 民 生 軍 事 両 面 での 幅 広 い 応 用 が 予 測 されている 技 術 であり 各 種 手 段 を 通 じて 関 連 企 業 や 研 究 所 に 接 近 して 我 が 国 のナノテク 技 術 の 収 集 を 図 ってくる ものと 見 られる 23 (2) 中 国 政 府 系 ファンドが 安 保 企 業 の 買 収 の 動 き ア. 米 通 信 機 器 大 手 スリー コムの 買 収 は 米 国 議 会 の 反 対 により 断 念 米 国 の 大 手 通 信 技 術 企 業 スリー コム (3COM) 社 は 米 投 資 ファンドの ペインキャピタル パートナーズ と 中 国 通 信 機 器 大 手 の 華 為 技 術 社 によるスリー コムの 買 収 計 画 を 断 念 したと 発 表 した この 買 収 計 画 は 2007 年 9 月 米 国 防 総 省 コンピューター システムヘのハッカー 侵 入 防 止 装 置 などの 特 殊 技 術 を 有 し 米 軍 の 通 信 機 密 を 守 る 作 業 に 参 加 してきた 同 社 が 米 国 投 資 企 業 のペイン キャピタル パートナーズと 中 国 の 通 信 機 器 製 造 大 手 の 華 為 技 術 社 と 合 併 する 計 画 で 合 意 し その 買 収 計 画 を 推 進 してきたが この 合 併 の 実 態 は 華 為 技 術 と ペイン キャピタルの 両 社 が 合 同 で 3COM を 取 得 するもので 新 たに 登 場 する 合 併 新 企 業 で は 華 為 技 術 が 3COM の 技 術 などを 入 手 出 来 ることになることから 米 国 議 会 下 院 上 院 とも 国 家 安 全 保 障 への 脅 威 になるとして 米 国 議 会 が 強 く 反 対 し また 外 国 投 資 が 米 国 に 国 家 安 全 保 障 に 悪 影 響 を 与 えないかどうかを 調 査 する 政 府 機 関 の 外 国 投 資 委 員 会 (CFIUS)は 3COM での 軍 事 関 連 技 術 の 管 理 などを 中 心 に 特 別 審 査 調 査 を 進 めてきた 産 経 産 経

29 これに 対 して 両 社 は 今 年 に 入 り 計 画 を 変 更 し 華 為 技 術 の 出 資 比 率 を 16.5%にとどめ ることにして 米 外 国 投 資 委 員 会 (CFIUS)に 安 全 保 障 関 連 のソフト 部 門 を 売 却 する 案 を 示 し 認 可 を 求 めていたが 中 国 資 本 の 参 加 は 安 全 保 障 上 の 脅 威 とする 米 議 会 などの 反 対 を 受 け 米 政 府 による 買 収 認 可 を 得 られないと 判 断 し スリー コムの 買 収 を 断 念 した ( 注 ) 中 国 資 本 による 対 米 投 資 では 05 年 に 中 国 海 洋 石 油 (CN00C が 米 石 油 会 社 ユノカル の 買 収 計 画 を 議 会 の 反 対 で 断 念 しかし 中 国 政 府 系 ファンドの 中 国 投 資 有 限 責 任 公 司 (CIC) が 08 年 米 投 資 会 社 ブラックストーンに 30 億 ト ルを 米 証 券 大 手 モルガン スタンレーに 50 億 ト ルをそれぞれ 出 資 するなど 中 国 の 活 発 な 動 きに 対 して プッシュ 大 統 領 は 1 月 CFIUS に よる 外 国 資 本 の 審 査 や 手 続 き 議 会 報 告 などを 明 確 化 させる 行 政 命 令 を 出 した 米 政 府 は 米 経 済 は 海 外 からの 投 資 に 開 いている としているが 外 国 資 本 による 安 全 保 障 上 疑 義 のある 米 国 企 業 の 買 収 の 動 きに 対 しては 共 和 民 主 両 党 とも 警 戒 感 を 強 めている 25 イ. 米 中 経 済 安 保 調 査 委 員 会 が 中 国 の 政 府 系 ファンド による 企 業 買 収 を 警 戒 米 国 議 会 の 超 党 派 政 策 諮 問 機 関 米 中 経 済 安 保 調 査 委 員 会 (ラリー ウォ ーツエル 委 員 長 )は 中 国 の 政 府 系 ファンドの 活 動 が 米 国 の 国 家 安 全 保 障 に 及 ぼす 影 響 につ いての 公 聴 会 を 開 き この 中 で 米 国 議 員 らは 中 国 の 政 府 系 ファンドヘの 懸 念 や 警 戒 を 表 明 した 同 公 聴 会 では 中 国 当 局 が 世 界 最 大 の 対 外 黒 字 を 土 台 に 07 年 に 創 設 した 中 国 投 資 有 限 責 任 公 司 (CIC)が 米 国 への 投 資 を 活 発 にし 単 に 金 融 や 経 済 の 要 因 を 超 えた 安 保 や 軍 事 の 領 域 にも 資 金 を 投 入 する 可 能 性 にどう 対 応 するかが 主 題 となった 証 人 として 発 言 したマーシー カプター 下 院 議 員 ( 民 主 党 )は1 政 府 系 ファンドは 中 国 以 外 の 国 家 にも 存 在 するが 中 国 では 政 府 系 ファンドを 経 済 の 論 理 から 離 れた 対 外 戦 略 の 道 具 にする 可 能 性 が 高 い 2 中 国 政 府 もその 支 配 下 の CIC も 透 明 性 に 欠 け 政 治 や 軍 事 に 絡 む 要 因 が 活 動 の 動 機 になる 場 合 が 多 い という 点 を 強 調 し 米 国 政 府 も 特 別 の 対 応 が 必 要 だと 主 張 した 中 国 の 金 融 制 度 に 詳 しいカルフォルニア 大 学 のピーター ナバロ 教 授 は 中 国 当 局 が CIC を 使 って 米 国 の 港 湾 電 気 通 信 防 衛 という 分 野 の 企 業 をコントロールし 特 に 軍 事 転 用 可 能 な 汎 用 技 術 を 保 持 する 企 業 の 取 得 に 目 標 を 絞 るだろう と 述 べた 米 国 中 小 企 業 の 連 合 組 織 米 国 ビジネス 産 業 評 議 会 教 育 財 団 のアラン トンネルソン 研 究 員 も 中 国 は 真 の 軍 事 経 済 技 術 のスーパーパワーになろうとしており CIC のよ 25 産 経

30 うな 政 府 系 ファンドを 通 じての 資 金 操 作 はそのための 政 治 手 段 となる と 証 言 し CIC に よる 米 国 の 安 全 保 障 関 連 企 業 の 買 収 に 注 意 していくべきだと 警 告 した 26 ウ. 米 中 経 済 安 保 調 査 委 員 会 が 2008 年 度 の 年 次 報 告 書 で 中 国 の 政 府 系 ファンド による 政 治 軍 事 目 的 の 動 きを 警 戒 米 国 議 会 の 米 中 経 済 安 保 調 査 委 員 会 は 08 年 度 の 年 次 報 告 書 を 発 表 し たが その 中 で 中 国 は 人 民 元 の 対 外 貨 レートを 不 当 操 作 で 低 く 設 定 し 外 貨 獲 得 を 拡 大 し ており その 獲 得 した 外 貨 を 元 手 にした 政 府 系 ファンド が 巨 額 資 金 を 運 用 して 本 来 の 商 業 から 離 れた 政 治 軍 事 の 目 的 を 達 成 しようとしていると 中 国 の 国 家 ファンド による 企 業 買 収 等 に 対 して 警 戒 感 を 示 すとともに 既 に 中 国 に 買 収 された 軍 事 ハイテク 企 業 に 兵 器 等 の 部 品 の 供 給 を 頼 ることについて 日 本 の 防 衛 装 備 の 中 で 中 国 製 部 品 を 使 うこ とによる 供 給 ラインの 安 全 保 障 上 の 不 安 があり 米 国 においても 全 く 同 様 の 懸 念 が 広 がっ ていると 強 調 している 我 が 国 の 秘 密 保 護 法 等 の 整 備 にかかわる 動 向 科 学 技 術 の 発 達 に 伴 い 益 々 軍 事 民 事 の 境 界 が 不 明 確 となり 汎 用 技 術 機 器 が 不 正 に 輸 出 される 事 件 の 続 発 デンソー 事 件 で 中 国 人 技 術 者 が 会 社 のデータベースから 13 万 余 件 に 上 るデータを 不 正 にダウンロードし 中 国 に 流 出 させたと 見 られながら 我 が 国 の 法 的 不 備 に よって 不 起 訴 とせざるを 得 なかったのを 始 め 現 行 の 特 許 公 開 制 度 下 においては 厖 大 な 貴 重 な 技 術 情 報 が 海 外 からのアクセスによって 合 法 的 に 流 出 している 状 況 に 鑑 み 06 年 から 経 済 産 業 省 において 我 が 国 における 技 術 情 報 の 保 護 管 理 について 鋭 意 検 討 が 続 けられ 09 年 の 通 常 国 会 で 法 制 化 を 目 指 しており その 成 立 が 期 待 されるところである ( 第 3 章 で 詳 述 ) 26 産 経 産 経

31 第 2 章 日 本 周 辺 における 兵 器 及 び 兵 器 技 術 情 報 の 移 転 の 事 例 と 特 徴 点 本 章 では 例 年 に 引 き 続 き 日 本 周 辺 諸 国 の 兵 器 及 び 兵 器 技 術 の 移 転 の 動 向 についてロシ アの 輸 出 状 況 の 変 調 に 着 目 しつつ 概 観 し 次 いで 今 年 度 の 特 性 から 好 調 な 経 済 力 を 背 景 とするロシア 軍 の 近 代 化 の 実 態 を 具 体 的 に 観 察 し さらに 中 国 軍 の 最 近 における 近 代 化 の 状 況 を 概 観 する その 後 ロシア( 中 国 )の 技 術 レベルについて わが 国 が 優 れていると 判 断 される 技 術 要 素 について 軍 事 的 重 要 性 について 述 べることとする 1. 日 本 周 辺 における 通 常 兵 器 及 び 兵 器 技 術 情 報 移 転 の 実 態 (1) 国 際 的 な 通 常 兵 器 輸 出 入 の 全 般 状 況 表 と 表 は 07 年 度 と 06 年 度 の 兵 器 の 輸 出 額 と 輸 入 額 を 提 示 している 表 世 界 の 兵 器 輸 出 国 の 上 位 10 カ 国 ( 単 位 : 百 万 ドル) 順 位 国 名 アメリカ ロシア ドイツ フラン オラン イギリ イタリア スペイ スウェ 中 国 ス ダ ス ン ーデン 07 年 度 7,454 4,588 3,395 2,690 1,355 1, 年 度 7,821 6,463 2,891 1,586 1, 注 : 11 位 以 下 は カナダ イスラエル 韓 国 スイス ポーランド ウクライナの 順 (SIPRI 年 鑑 から 抜 粋 して 筆 者 作 成 ) アメリカ ロシアの 優 位 は 変 わらないが 欧 州 勢 がこれに 続 き 中 国 が 10 位 に 入 る 欧 州 では 最 近 ドイツが 1 位 を 占 め 主 要 兵 器 の 分 野 でも 輸 出 を 伸 ばしている 表 世 界 の 兵 器 輸 入 国 上 位 10 カ 国 ( 単 位 : 百 万 ドル) 順 位 国 名 ギリシャ 韓 国 中 国 インド UAE ポー トルコ イスラ ヴェネ 南 アフ ランド エル ズエラ リカ 07 年 度 ,807 1,424 1,318 1, 年 度 817 1,527 3,719 1,404 2, , 注 : 11 位 以 下 は パキスタン シンガポール アルジェリア イギリス オーストラリア カナダの 順 である (SIPRI 年 鑑 から 抜 粋 して 筆 者 作 成 ) 07 年 度 の 特 徴 はギリシャと 韓 国 が 突 出 し 中 国 とインドを 抑 えたところにある 23

32 (2)ロシア 製 兵 器 ( 技 術 )の 輸 出 状 況 表 はロシアとアメリカの 兵 器 の 輸 出 額 の 推 移 を 表 にしたものである ロシアは 99 年 からアメリカに 次 ぐ2 位 の 座 を 占 めるようになったが SIPRI2008 に よれば 07 年 においては 2000 年 代 における 最 低 額 を 記 録 したことになっている 表 ロシアと 米 国 の 年 度 別 兵 器 輸 出 額 推 移 ( 単 位 : 億 ドル) 年 度 米 国 ロシア (SIPRI 年 鑑 から 抜 粋 して 筆 者 作 成 ) Janes Defense Weekly によれば Rosoboronexport 社 を 通 じた 輸 出 が 大 半 を 占 め 残 りは 他 の 兵 器 メーカーがパーツやサービス 業 務 を 販 売 したものである また Ros 社 が 抱 えている 受 注 は 総 額 250 億 ドルに 達 している 輸 出 額 の 61% を 航 空 機 ヘリコプタ ーが 占 めており 主 なものとしてはアルジェリアやベネズエラから 受 注 した Su-30MK 64 機 がある そのほか 陸 戦 兵 器 が 21% 防 空 システムが 10% 海 軍 関 連 が 8% という 内 訳 になっている 変 わった 受 注 先 としては NATO 加 盟 国 のギリシアもあり BMP-3 歩 兵 戦 闘 車 を 12 億 ユーロで 調 達 する 計 画 がある 28 ア.ロシアの 通 常 兵 器 輸 出 上 の 問 題 点 ロシア 兵 器 の 輸 出 の 伸 びは このところ 価 格 の 高 騰 で 好 調 を 続 けるエネルギー 資 源 の 輸 出 とともに 依 然 としてロシア 経 済 を 支 える 大 きな 要 因 となっている ところがこれまで ロシア 製 兵 器 の 市 場 は 中 国 が 約 4 割 を 次 いでインドが 全 体 の 約 4 分 の 1 を 占 めていたの に 対 し 最 近 になってこの 傾 向 に 異 変 が 生 じている 具 体 的 にはアルジェリアは2 月 末 に 品 質 に 問 題 があるとして 06 年 に 契 約 した MiG-29 戦 闘 機 15 機 をロシアに 返 品 することで 合 意 し これで 対 露 債 務 を 帳 消 しにできることになった インドとの 間 では 05 年 に 受 注 したディーゼル 潜 水 艦 の 近 代 化 改 修 が 搭 載 された 対 艦 ミサイルが1 発 も 命 中 しなかったために 問 題 となった また 中 古 空 母 の 改 修 では 契 約 額 を 完 工 前 に 使 い 切 り 追 加 支 払 いと 工 期 延 長 を 求 めて 交 渉 が 難 航 している 中 国 とは 05 年 に 契 約 した Il-76 輸 送 機 30 機 と Il-78 空 中 給 油 機 8 機 は ロシア 側 の 製 造 能 力 不 足 で 一 部 しか 納 入 されていない ロシア 側 の 論 評 では ロシアの 軍 需 産 業 が 閉 鎖 された 分 野 であり ソ 連 時 代 の 商 法 で 物 28 Janes Defense Weekly によれば 輸 出 総 額 は 70 億 ドルとなっている 24

33 価 上 昇 の 可 能 性 などを 考 慮 しない 低 価 格 受 注 技 術 者 不 足 設 備 の 老 朽 化 製 造 能 力 を 超 えた 受 注 などに 原 因 があるとして 労 働 生 産 性 の 低 さからもロシア 兵 器 に 価 格 上 の 優 位 は 無 いとまで 評 している 29 次 の 二 つの 事 例 はそれを 裏 付 けている ロシア 中 部 ペルミで9 月 14 日 アエロフロート 航 空 子 会 社 の 運 航 するボーイング 737 型 旅 客 機 が 墜 落 事 故 で 事 故 機 の 整 備 を 担 当 していた ブヌコボ 航 空 機 修 理 工 場 400 が 無 免 許 で 航 空 部 品 を 製 造 し 危 険 物 取 り 扱 いに 関 する 免 許 も 有 さず さらに 別 の 無 免 許 業 者 から 航 空 部 品 の 納 入 を 受 けていたなどが 判 明 した 30 日 本 海 で 試 験 航 海 中 だったロシア 太 平 洋 艦 隊 所 属 の 原 子 力 潜 水 艦 内 で 乗 員 ら 20 人 が 死 亡 した 事 故 が 生 起 した ロシアのメディアによると 艦 内 で 火 災 は 発 生 しなかったが 艦 首 に 近 い 部 分 で 消 火 装 置 が 誤 って 作 動 し 消 火 用 のフロンガスが 艦 内 の 一 部 に 充 満 したとみ られている 死 者 のほかに 21 人 が 入 院 した ロシア 海 軍 は 公 表 していないが ロシア 通 信 はハバロフスク 地 方 コムソモリスク ナアムーレの 造 船 所 で 建 造 され 先 月 から 試 験 航 海 に 出 ていたアクラⅡ 級 原 潜 ネルパ とみられると 報 じている ロシア 海 軍 で 頻 発 する 原 子 力 潜 水 艦 の 事 故 は 軍 事 力 誇 示 に 突 き 進 む 陰 に 兵 員 や 兵 器 の 質 という 根 本 的 な 内 実 が 伴 っていない 実 態 を 改 めて 浮 き 彫 りにしている かつて 太 平 洋 艦 隊 による 放 射 性 廃 棄 物 の 不 法 投 棄 を 告 発 した 同 艦 隊 機 関 紙 元 記 者 のパスコ 氏 は この 事 故 は 乗 員 の 訓 練 不 足 と 潜 水 艦 建 造 における 技 術 技 術 者 が 失 われたことを 示 している と 説 明 軍 事 費 増 大 に もかかわらず 新 原 潜 建 造 に 必 要 なカネは 海 軍 の 現 場 まで 行 き 渡 っていない と 語 る 31 イ.ロシアの 対 中 国 兵 器 輸 出 における 変 化 表 は 07 年 度 におけるロシアが 中 国 への 輸 出 契 約 中 の 兵 器 である 史 上 稀 に 見 る 蜜 月 関 係 といわれた 中 露 関 係 に 軋 みが 出 始 めている ロシアは 中 国 がロシ ア 製 のコピー 兵 器 をパキスタンなど 第 三 国 に 売 り 込 み 攻 勢 をかけていることに 対 し 技 術 流 出 と 輸 出 市 場 のライバルの 出 現 を 懸 念 し 法 的 措 置 をとるなどの 発 言 がある 中 露 の 貿 易 高 は 07 年 400 億 ドルを 超 えたが 安 価 な 中 国 製 品 に 押 されてロシアの 輸 入 29 産 経 新 聞 08 年 3 月 7 日 記 事 から 30 産 経 ニュース 08 年 10 月 13 日 配 信 31 産 経 ニュース 08 年 11 月 10 日 配 信 25

34 超 過 ともなり 中 国 企 業 のロシア 進 出 やロシアのエネルギー 開 発 事 業 等 への 参 入 をめぐっ て ロシア 側 が 強 硬 な 態 度 をとっている また ロシア 兵 器 のコピー 生 産 やライセンス 生 産 で 兵 器 製 造 能 力 を 高 めてきた 中 国 に 対 する 軍 部 内 での 警 戒 感 が 強 くなっている 32 表 年 度 における 中 国 への 兵 器 輸 出 契 約 状 況 分 類 型 式 契 約 年 引 渡 年 数 量 備 考 空 中 早 期 警 戒 機 A-50Mainstay 機 引 き 渡 し 済 み 輸 送 機 Il-76TD 機 引 き 渡 し 済 み 空 中 給 油 機 Il-78M 契 約 中 水 陸 両 用 航 空 機 Be 契 約 中 (ミリタリバランス 及 び SIPRI 年 鑑 から 抜 粋 して 筆 者 作 成 ) ウ.ロシアの 対 インド 関 係 インドとの 兵 器 の 輸 出 契 約 中 の 兵 器 は 表 とおりである 表 年 度 におけるインドへの 兵 器 輸 出 契 約 状 況 分 類 型 式 契 約 年 引 渡 年 数 量 備 考 対 地 攻 撃 機 Su-30MKI 機 引 き 渡 し 済 み 対 地 攻 撃 機 Su-30MKI 契 約 中 航 空 母 艦 Kiev-class 契 約 中 主 力 戦 車 T 両 引 き 渡 し 済 み 潜 水 艦 ( 通 常 動 力 ) Sindhughosh-class 隻 引 き 渡 し 済 み 要 撃 戦 闘 機 MiG-29FulkrumD に 引 渡 し 予 定 要 撃 戦 闘 機 MiG-29Fulkrum 引 渡 し 未 完 多 連 装 ロケット Smerch M BM 9K 引 渡 し 未 定 ミサイルフリゲート Talwar-class 最 終 取 得 年 は 2012 年 巡 航 ミサイル( 潜 水 艦 用 ) Klub-5Novator 取 得 時 期 不 明 註 1; 年 度 ごとの 引 渡 数 量 は 不 明 確 2: 前 年 度 提 示 した 05 年 度 取 得 予 定 の 各 種 ミサイルは 逐 次 取 得 中 とみられる (ミリタリバランス 及 び SIPRI 年 鑑 から 抜 粋 して 筆 者 作 成 ) 減 少 気 味 ではあるもののインドからみればロシアからの 輸 入 は7 割 を 占 めている 前 年 度 からの 継 続 が 大 部 分 であり 07 年 度 に 新 たに 契 約 されたのは 対 地 攻 撃 機 Su-30MKI の 40 機 のみである しかしロシアとインドは 00 年 以 来 毎 年 IRIGC-MTC (India-Russia Inter-Governmental Commission on Military- Technical Cooperation) を 開 催 する 関 係 にあり 08 年 の9 月 にもインドで 開 催 され 双 方 の 国 防 相 が 共 同 議 長 を 務 めた この 会 議 32 産 経 新 聞 08 年 3 月 7 日 記 事 から 26

35 は 地 域 的 世 界 的 な 安 全 確 保 に 向 けた 一 歩 であり 両 国 間 の 戦 略 的 関 係 における 目 標 とな るイベントであるとされ 両 国 間 の 軍 事 的 協 力 は 延 長 されて 2020 年 までと 決 まった ロ シアからは 兵 器 調 達 既 存 兵 器 のアップグレード ロシア 製 兵 器 を 対 象 とするサポート 業 務 ロシア 製 兵 器 のライセンス 生 産 共 同 生 産 共 同 開 発 などの 議 題 が 提 出 され T-90 戦 車 については 310 両 の 完 成 車 輸 入 と 1,000 両 のライセンス 生 産 が 決 まった 33 エ.ロシアのその 他 の 国 への 通 常 兵 器 の 輸 出 状 況 表 はロシアが 前 掲 以 外 のアジア 諸 国 との 輸 出 契 約 中 の 兵 器 を 示 している 表 年 度 中 国 インド 以 外 へのロシアの 兵 器 輸 出 契 約 状 況 国 名 分 類 型 式 契 約 年 引 渡 年 数 量 備 考 ヘリコプター Mi 契 約 のみ 要 撃 戦 闘 機 Su-27/27MK 引 渡 未 完 攻 撃 ヘリコプター Mi-35P 契 約 のみ インドネシア 装 甲 戦 闘 車 BMP-3F 契 約 のみ 潜 水 艦 ( 通 常 動 力 型 ) Kilo or Rada 契 約 のみ 対 艦 ミサイル ASM Package 契 約 のみ 要 撃 戦 闘 機 Su-27/27MK 契 約 のみ ヘリコプター Mi 契 約 のみ ヘリコプター Mi 契 約 のみ 韓 国 練 習 機 Il 機 就 役 マレーシア ヘリコプター Mi-8Hip 契 約 のみ ベ ト ナ ム 哨 戒 艇 ( 近 海 ) Svetlyak-class 隻 就 役 ミサイル フリゲート Gepard-class 契 約 のみ (ミリタリバランスから 抜 粋 して 筆 者 作 成 ) 従 来 はベトナムを 除 けば 欧 米 の 兵 器 で 占 められていた 東 南 アジアに 対 しても ロシアは 輸 出 攻 勢 をかけている ロシアは 兵 器 輸 出 に 際 しバーターを 認 めていることも 成 功 の 要 因 のひとつと 考 えられている インドネシアとの 契 約 が 目 立 つが ヤシ 油 とのバーターとみ られている しかし 配 備 数 に 表 れておらず 取 得 時 期 数 量 ともに 不 明 なものが 多 い その 一 方 で 前 述 のロシアの 状 況 に 乗 じてフランスがアルジェリアにラファール 戦 闘 機 購 入 を 打 診 するなどの 動 きがあり ロシア 離 れの 傾 向 の 後 押 しをしている (3)アジア 諸 国 の 兵 器 の 輸 入 の 状 況 シンガポールで 開 催 されている 海 軍 産 業 の 展 示 会 において アジア 太 平 洋 諸 国 の 海 軍 33 Press Information Bureau India via Defense-Aerospace.com 2008/9/

36 関 連 支 出 が 今 後 10 年 間 で 総 額 1,080 億 ドル( 約 13 兆 円 )に 達 し アメリカの 1,050 億 ド ル 欧 州 の 990 億 ドルを 上 回 る 見 通 しであることが 明 らかにされた 総 支 出 の 27%は 潜 水 艦 に 費 やされ 総 数 は 83 隻 (290 億 ドル)である 最 大 は 中 国 で 原 子 力 弾 道 ミサイル 潜 水 艦 5 隻 攻 撃 型 潜 水 艦 30 隻 が 含 まれている 対 潜 水 艦 兵 器 搭 載 の 水 上 艦 艇 も 151 隻 が 予 定 されているということである 34 表 2-1-7~1-9 はアジア 諸 国 がロシア 以 外 の 国 から 兵 器 の 輸 入 契 約 の 状 況 を 示 している 表 東 アジア 諸 国 の 兵 器 輸 入 契 約 状 況 供 給 国 分 類 型 式 契 約 年 取 得 年 数 量 備 考 韓 国 水 陸 両 用 装 甲 車 AAV-7A 両 就 役 対 地 攻 撃 機 F-15K Eagle 年 20 機 追 加 アメリカ 早 期 警 戒 機 Boeing 年 2 機 取 得? 空 対 地 ミサイル AGM-84L Harpoon 契 約 中 空 対 空 ミサイル AIM-9XSidewinder 契 約 中 同 上 AIM-9MSidewinder 契 約 中 ド イ ツ 潜 水 艦 ( 通 常 動 力 ) KSS-2(Type214) 隻 取 得? 地 対 空 ミサイル Patriot 契 約 中 台 湾 対 戦 車 ミサイル Javelin 取 得 時 期 未 定 アメリカ 要 撃 戦 闘 機 F-16 A/B 機 就 役 水 陸 両 用 装 甲 車 AAV-7A 就 役 未 完 空 対 艦 ミサイル HarpoonBlockⅡ 配 備 済 み (ミリタリバランスから 抜 粋 して 筆 者 作 成 ) 韓 国 の 04 年 度 の 輸 入 額 は 10 億 ドル 弱 であったが 06 年 15 億 ドル 07 年 18 億 ドルと 輸 入 額 は 大 幅 な 伸 びを 示 し( 表 2-1-2) 近 代 化 への 意 欲 が 見 てとれる 米 国 防 総 省 は 08 年 10 月 3 日 台 湾 への 防 衛 目 的 の 兵 器 供 給 を 定 めた 台 湾 関 係 法 に 基 づ き 台 湾 に 対 する 総 額 64 億 6300 万 ドル( 約 6800 億 円 )の 兵 器 売 却 を 明 らかにした 売 却 が 決 まった 兵 器 は 弾 道 ミサイルの 迎 撃 能 力 を 持 つ 地 対 空 ミサイル パトリオット (PAC3)330 発 をはじめ 対 戦 車 ヘリ アパッチ 30 機 対 艦 ミサイル ハープーン 32 発 などとなっている 台 湾 の 要 望 である 通 常 型 潜 水 艦 や 改 良 型 のF16 戦 闘 機 は 米 側 が 正 式 協 議 に 応 じていない 増 強 が 進 む 中 国 の 弾 道 ミサイルへの 迎 撃 能 力 や 台 湾 に 侵 攻 する 上 陸 部 隊 を 水 際 で 阻 止 するための 装 備 強 化 の 必 要 性 とみられている 産 経 新 聞 07 年 5 月 18 日 記 事 35 産 経 ニュース 08 年 10 月 4 日 28

37 表 東 南 アジア 諸 国 の 兵 器 輸 入 契 約 状 況 供 給 国 分 類 型 式 契 約 年 取 得 年 数 量 備 考 ホ ーラント ベ ト ナ ム 輸 送 / 哨 戒 機 PZL M-28 Briza1R 取 得 時 期 未 定 主 力 戦 車 T 就 役 未 完 シ ン ガ ポ ー ル ヘリコプター S-70B Seahawk 最 終 取 得 2010 アメリカ 要 撃 戦 闘 機 F-15SG 年 12 機 追 加 早 期 警 戒 機 Gulfstream 最 終 取 得 10 年 輸 送 機 C-130 Hercules 機 就 役 フランス ミサイルフリゲート Formidable-class 隻 就 役 スウェーテ ン 潜 水 艦 ( 通 常 動 力 ) Vastergotland 契 約 のみ ド イ ツ 主 力 戦 車 Leopard2A 両 就 役 イ ン ド ネ シ ア フランス 装 甲 人 員 輸 送 車 LAV Renault 取 得 時 期 未 定 ホ ーラント 輸 送 / 哨 戒 機 PZL M-28 Skytruk 取 得 状 況 不 明 対 空 レーダー CNPEP radar 取 得 状 況 不 明 哨 戒 艇 NS-935(TypeB-2) 取 得 状 況 不 明 韓 国 ドック 型 揚 陸 艦 Multi-role vessel 契 約 中 オランダ コルベット Sigma-class 隻 就 役 ミ ヤ ン マ ー イ ン ド 哨 戒 機 BN-2 Defender 英 国 機 を 転 売? タ アメリカ レーダー TSP-77 Long 契 約 中 ヘリコプター MH 契 約 中 南 アフリカ 装 甲 車 Reva 取 得 時 期 未 定 オランダ 水 中 観 測 船 Hydrographic Survey 就 役 状 況 不 明 ウクライナ 装 甲 車 BTR-3E 取 得 時 期 未 定 中 国 装 甲 車 WMZ 取 得 時 期 未 定 イ マ レ ー シ ア アメリカ 戦 術 ミサイル Tactical Harpoon BrockⅡ 空 対 空 ミサイル AIM-9M Sidewinder 取 得 状 況 不 明 スペイン 潜 水 艦 ( 通 常 動 力 ) Scorpene-class 取 得 時 期 未 定 ド イ ツ ミサイルフリゲート MEKO A 隻 が 就 航 待 ち レーダー TRM -L3D 契 約 中 ホ ーラント 主 力 戦 車 PT-91M Twardy 両 が 就 役 ブラジル 多 連 装 ロケット AstrosⅡ 基 就 役 欧 州 共 同 輸 送 機 A 最 終 取 得 は2014 (ミリタリバランスから 抜 粋 して 筆 者 作 成 ) 29

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして 第 9 章 日 本 の 海 洋 安 全 保 障 政 策 カントリー プロファイル 小 谷 哲 男 1. 海 洋 法 の 解 釈 (1) 領 海 における 無 害 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 1996 年 に 国 連 海 洋 法 条 約 を 批 准 した 後 同 条 約 による 海 域 の 区 分 に 応 じて 領 海 及 び 接 続 水 域 に 関 する 法 律 ( 領 海 法

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082698268826882602E92868D9182CC8376838C835B8393835881698DC58F498CB48D65816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082698268826882602E92868D9182CC8376838C835B8393835881698DC58F498CB48D65816A2E646F63> 第 二 章 軍 事 科 学 技 術 中 国 は 装 備 の 近 代 化 を 急 いでいる ロシアからの 最 新 鋭 兵 器 を 次 々に 買 い 世 界 最 大 の 兵 器 輸 入 国 になった 中 国 は 軍 事 力 の 矛 先 について 台 湾 独 立 阻 止 と 海 洋 権 益 の 保 護 を 挙 げている だが ICBM や SLBM など 戦 略 兵 器 の 開 発 能 力 強 化 も 同

More information

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 序 章 2015 年 の 東 アジア - 厳 しさを 増 す 戦 略 環 境 - 1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 上 に シリア 領

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63> 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 平 成 22 年 12 月 17 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める これに 伴 い 平 成 16 年 12 月 10 日 付 け 閣 議 決 定 平 成 17 年 度 以 降 に 係 る 防 衛

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378> 自 衛 隊 の 対 テロ 戦 (テロ 対 策 )の 現 状 と 課 題 ( 概 要 ) 樋 口 譲 次 1 テロリズム(テロ)の 定 義 アメリカ 陸 軍 の 研 究 (1988 年 )によれば これまで テロリズム(テロ)には1 00 以 上 の 定 義 付 けが 行 われており 普 遍 的 に 認 められたテロリズムの 定 義 はない と されている その 前 提 の 上 で 一 般 的 に テロとは

More information

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 ) I 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 )について 平 成 12 年 12 月 15 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 12 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 13 年 度 から 平 成 17 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛

More information

Microsoft PowerPoint - 日本安全保障貿易学会20100925.ppt

Microsoft PowerPoint - 日本安全保障貿易学会20100925.ppt 日 本 安 全 保 障 貿 易 学 会 第 11 回 研 究 大 会 イランと 国 連 等 の 制 裁 レジーム 2010 年 9 月 25 日 財 団 法 人 日 本 エネルギー 経 済 研 究 所 中 東 研 究 センター 田 中 浩 一 郎 1 本 報 告 の 焦 点 1. イラン 核 問 題 の 系 譜 2. 制 裁 レジームの 狙 い 3. 国 連 安 保 理 制 裁 の 強 化 4. 独

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

海賊対策の強化に向けた提言

海賊対策の強化に向けた提言 海 賊 対 策 の 強 化 に 向 けた 提 言 2011 年 10 月 18 日 ( 社 ) 日 本 経 済 団 体 連 合 会 ソマリア 沖 アデン 湾 はアジアと 欧 州 を 結 ぶ 海 上 輸 送 の 要 衝 であり 同 海 域 に 出 没 する 海 賊 問 題 への 対 応 は 世 界 各 国 の 海 上 輸 送 の 安 全 の 確 保 にとって 重 要 な 鍵 である そこで NATO(

More information

大 臣 官 房 企 画 評 価 課 活 動 指 標 名 / 年 度 実 績 評 価 事 業 概 要 説 明 書 -2 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 1 活 動 実 績 (H20については 補 正 予 算 後 ベース) 単 位 当 りコスト (

大 臣 官 房 企 画 評 価 課 活 動 指 標 名 / 年 度 実 績 評 価 事 業 概 要 説 明 書 -2 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 1 活 動 実 績 (H20については 補 正 予 算 後 ベース) 単 位 当 りコスト ( 事 業 開 始 年 度 大 臣 官 房 企 画 評 価 課 事 業 概 要 説 明 書 -1 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 根 拠 法 改 革 会 議 報 告 書 (20.7.15) 1 実 施 方 法 ( 該 当 項 目 にチェッ ク)) 直 接 実 施 業 務 委 託 補 助 金 貸 付 その 他 上 記 実 施 方 法 が 業 務 委

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

営業秘密管理指針(案)の概要

営業秘密管理指針(案)の概要 ( 別 紙 1-2) 外 為 法 に 基 づく 対 内 投 資 規 制 の 見 直 しについて ( 参 考 資 料 ) 平 成 1 9 年 6 月 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 外 国 投 資 家 による 対 内 直 接 投 資 が 国 の 安 全 を 損 ない 公 の 秩 序 の 維 持 を 妨 げ 公 衆 の 安 全 の 保 護 に 支 障 を 来 す 等 のおそれがある 場

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 北 神 塾 第 五 講 世 界 の 中 の 日 本 日 本 の 外 交 安 全 保 障 防 衛 方 針 2 平 成 26 年 9 月 12 日 北 神 圭 朗 1 中 国 の 軍 事 戦 略 1. 中 国 の 軍 事 費 はすでに 日 本 の 3 倍 を 超 えた しかも 単 純 に 経 済 成 長 に 合 わせて 軍 備 拡 張 が 行 われているのではなく 確 固 たる 長 期 戦 略 に 基

More information

安全保障理事会決議1929(2010)

安全保障理事会決議1929(2010) 安 全 保 障 理 事 会 決 議 1929(2010) 2010 年 6 月 9 日 安 全 保 障 理 事 会 第 6335 回 会 合 にて 採 択 安 全 保 障 理 事 会 は 安 保 理 議 長 声 明 S/PRST/2006/15 および 安 保 理 諸 決 議 1696(2006) 1737(2006) 1747(2007) 1803(2008) 1835(2008)および 1887(2009)を

More information

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応 抜 粋 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

5月8日証言要旨

5月8日証言要旨 5 月 8 日 証 言 要 旨 2006 年 4 月 20 日 明 治 大 学 山 田 朗 Ⅰ 緒 論 戦 争 と 軍 事 を 解 析 す る 基 本 的 視 点 1 戦 争 と 報 道 (1) 戦 争 報 道 の 大 半 は 当 事 者 からの 発 表 であり 情 報 戦 心 理 戦 の 要 素 を 含 ん でいる (2)マスメディアによる 報 道 は 映 像 を 伴 うものであっても 実 態 を

More information

<90AE94F590AD97DF874090568B8C81698250814582518FF0816A8169313831323237816A>

<90AE94F590AD97DF874090568B8C81698250814582518FF0816A8169313831323237816A> 1 織 傍 線 今 回 案 現 織 織 目 目 章 章 節 秘 節 参 節 参 節 節 款 房 款 房 款 款 款 款 目 房 目 房 目 目 目 目 節 節 節 節 節 節 款 款 款 款 章 章 章 章 附 則 附 則 章 章 節 秘 秘 秘 節 参 節 参 参 参 参 参 節 節 款 房 款 房 房 房 房 ほ 策 策 運 企 画 運 企 画 装 装 削 削 削 房 房 房 ど 房 ど 印 印

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 17 年 10 月 13 日 ( 平 成 17 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 498 号 ) 答 申 日 : 平 成 20 年 1 月 31 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 411 号 ) 事 件 名 : 昭 和 52 年 度 兵 術 年 報 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第 1 審 査

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地 韓 国 は 日 本 なしには 北 朝 鮮 と 戦 えない それでも 反 日 政 策 を 続 けるのか? 樋 口 譲 次 日 本 は 韓 国 防 衛 の 生 命 線 わが 国 に 在 韓 国 連 軍 後 方 司 令 部 が 置 かれている 事 実 を 知 っている 国 民 は それほど 多 くはないであろう 在 韓 国 連 軍 は 1950 年 6 月 の 朝 鮮 戦 争 勃 発 にともない 国 連

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63> 資 料 防 衛 省 改 革 会 議 ( 第 2 回 ) 説 明 資 料 平 成 19 年 12 月 防 衛 省 Ⅰ 給 油 量 取 り 違 え 事 案 ( 中 間 報 告 )の 概 要 Ⅱ 過 去 におけるその 他 の 事 案 1 陸 上 自 衛 隊 における 違 法 射 撃 事 案 2 海 上 自 衛 隊 におけるCIWSの 不 時 発 射 事 案 Ⅲ 文 民 統 制 の 徹 底 1 給 油 量

More information

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

冊子21 表紙

冊子21 表紙 三 菱 重 工 を 分 析 す る 21 三 菱 重 工 のミサイル 戦 車 目 次 1 三 菱 重 工 のミサイル 生 産 2 三 菱 重 工 の 戦 車 生 産 1 7 2015 年 7 月 この 冊 子 は 三 菱 重 工 を 分 析 する のブログから 関 係 する 部 分 を 取 り 出 し 再 編 集 して 作 成 しました 日 本 共 産 党 三 菱 重 工 広 製 支 部 の ホームページからダウンロードできますので

More information

国 輸 出 信 用 供 与 国 内 借 入 国 家 予 算 の 3 つから 調 達 される 100 兆 ルピアが 外 国 / 国 内 借 入 か ら 調 達 され 残 りは 国 家 予 算 から 調 達 される 予 定 である TNI の 老 朽 化 した 装 備 を 近 代 化 する ために イン

国 輸 出 信 用 供 与 国 内 借 入 国 家 予 算 の 3 つから 調 達 される 100 兆 ルピアが 外 国 / 国 内 借 入 か ら 調 達 され 残 りは 国 家 予 算 から 調 達 される 予 定 である TNI の 老 朽 化 した 装 備 を 近 代 化 する ために イン インドネシアにおける 軍 需 産 業 の 可 能 性 (Opportunities in Defense Industry in Indonesia) 背 景 過 少 投 資 が 数 十 年 続 いていたが インドネシア 政 府 は 近 年 国 防 強 化 に 関 して 精 力 的 な 努 力 を 見 せている インドネシア 国 軍 (Tentara Nasional Indonesia, TNI)は

More information

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 ( 骨 子 ) Ⅰ. 概 観 日 米 同 盟 は 日 本 の 安 全 とアジア 太 平 洋 地 域 の 平 和 と 安 定 のために 不 可 欠 な 基 礎 同 盟 に 基 づいた 緊 密 かつ 協 力 的 な 関 係 は 世 界 における 課 題 に 対 処 する 上 で 重 要 な 役 割 を 果 たす 閣 僚 は 役 割 任 務 能 力

More information

産業トピックス

産業トピックス 平 成 2 年 (28 年 )9 月 12 日 ~オリンピック 後 難 度 を 増 す 政 策 運 営 ~ 1. 経 済 動 向 (1)オリンピック 後 の 景 気 後 退 回 避 策 中 国 では 未 だ 実 質 GDP が 二 桁 成 長 ながら 景 気 は 減 速 傾 向 にあり オ リンピックという 節 目 を 経 て 景 気 後 退 に 陥 るのではないかという 危 惧 が 広 がっている

More information

..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 因 均 引 荷 デ 換 友 好 向 循 尽 態 系 災 布 具 数 値 掲 ヘ シ 背 景 帰 観 察 回 締 驚 拒 否 脳 談 マ 領 官 僚 座 司 仰 何 座 Mark Lynas, How do I kno w hi na wrecked t he

..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 因 均 引 荷 デ 換 友 好 向 循 尽 態 系 災 布 具 数 値 掲 ヘ シ 背 景 帰 観 察 回 締 驚 拒 否 脳 談 マ 領 官 僚 座 司 仰 何 座 Mark Lynas, How do I kno w hi na wrecked t he ..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 6 代 害 病 頻 石 油 危 舞 活 課 基 閣 域 属 品 残 留 土 壌 絶 模 倍 グ ロ 歴 史 程 複 雑 活 服 維 6 略 換 次 循 促 G D 単 省 酸 硫 黄 び 農 森 林 被 覆 概 次 小 康 ゆ 突 握 伊 藤 忠 評 論 石 田 暖 析 説 命 初 8 億 満 億 6 億 億 突 急 浪 ヘ シ 概 模 左 右 所 迫 広 卒

More information

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに 尖 閣 問 題 で 武 力 紛 争 が 起 こったら 石 垣 島 はどうなるか 2015 年 9 月 14 日 FB に 投 稿 石 垣 市 新 川 在 住 笹 尾 哲 夫 最 近 自 衛 隊 は 尖 閣 紛 争 をどう 戦 うか ( 西 村 金 一 岩 切 成 夫 末 次 富 美 雄 共 著 祥 伝 社 新 書 2014 年 刊 )という 本 を 読 みました 西 村 さんは 元 防 衛 省 自

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 予 算 事 業 名 担 当 部 局 庁 会 計 区 分 根 拠 法 令 ( 具 体 的 な 条 項 も 記 載 ) 事 業 の 目 的 ( 目 指 す 姿 を 簡 潔 に 3 行 程 度 以 内 ) 巡 視 船 艇 の 整 備 に 関 する 経 費 海 上 保 安 庁 は 海 難 救 助 犯 罪 の 予 防 及 び 鎮 圧 海 上 防 災 海 上 交 通 安 全 海 洋 汚 染 防 止 等 に 係

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

例 を 適 用 した 上 で, 平 成 22 年 4 月 26 日 付 け 防 官 文 第 5676 号 によ り 表 紙 部 分 を 全 部 開 示 し, 同 年 12 月 22 日 付 け 防 官 文 第 15726 号 により, 本 件 対 象 文 書 について, 法 5 条 1 号 ないし4

例 を 適 用 した 上 で, 平 成 22 年 4 月 26 日 付 け 防 官 文 第 5676 号 によ り 表 紙 部 分 を 全 部 開 示 し, 同 年 12 月 22 日 付 け 防 官 文 第 15726 号 により, 本 件 対 象 文 書 について, 法 5 条 1 号 ないし4 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 23 年 3 月 31 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 153 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 1 月 17 日 ( 平 成 23 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 422 号 ) 事 件 名 : 陸 上 自 衛 隊 史 ( 平 成 19 年 度 )の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

防衛省薬物乱用防止月間について(通達)

防衛省薬物乱用防止月間について(通達) 防 人 1 第 4664 号 18.5.12 防 人 計 第 354 号 1 9. 1. 9 長 官 官 房 長 施 設 等 機 関 の 長 各 幕 僚 長 情 報 本 部 長 殿 技 術 研 究 本 部 長 装 備 本 部 長 防 衛 施 設 庁 長 官 事 務 次 官 防 衛 省 薬 物 乱 用 防 止 月 間 について( 通 達 ) 昨 今 の 自 衛 官 による 薬 物 乱 用 の 続 発

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464>

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464> 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 昭 和 51 年 10 月 29 日 昭 和 51 年 10 月 29 日 国 防 会 議 決 定 閣 議 決 定 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める 別 紙 防 衛 計 画 の 大 綱 一. 目 的 及 び 趣 旨 わが 国 が 憲 法 上 許 される

More information

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」 山 崎 志 郎 8 経 済 総 動 員 体 制 の 経 済 構 造 歴 史 学 研 究 会 日 本 史 研 究 会 編,2005 日 本 史 講 座 第 9 巻 近 代 の 転 換 報 告 者 : 松 岡 美 根 子 2006.04.29(SAT) 筆 者 : 山 崎 志 郎 ( 教 授 )1957 年 生 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 経 営 学 系 経 営 学 コース 社 会

More information

永田3.indd

永田3.indd 課 19 課 永 田 尚 西 学 社 会 安 学 准 教 授 じ 金 福 島 子 電 所 併 岩 手 宮 城 福 島 青 森 茨 城 栃 木 千 葉 京 区 適 受 言 特 津 波 受 岩 手 宮 城 例 外 元 々 他 他 野 ん 歴 史 代 前 登 録 模 然 下 各 編 駆 20 態 手 足 意 味 良 他 野 類 近 小 模 治 済 側 面 治 垂 直 同 じ レ ベ ル 性 則 考 注 目

More information

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版))

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版)) 広 報 用 資 料 2014 年 度 定 期 航 空 協 会 年 次 総 会 資 料 1 2013 年 度 事 業 報 告 P.1 2 2014 年 度 事 業 方 針 P.10 3 役 員 の 選 任 P.12 2014 年 5 月 23 日 1 2013 年 度 事 業 報 告 定 期 航 空 協 会 規 約 第 3 条 に 示 された 本 会 の 目 的 達 成 のため 2013 年 度 事

More information

差し替え(目次追加ver)12月10日x1a

差し替え(目次追加ver)12月10日x1a 巻 末 資 料 最 近 の 主 要 公 安 動 向 国 際 関 係 主 要 公 安 動 向 1 月 6 日 1 2 月 3 月 3 日 4 月 13 日 5 月 1 我 が 国 の 海 上 保 安 庁 が, 島 根 県 の 隠 岐 島 沖 で 北 朝 鮮 からの 漂 流 船 の 乗 員 3 人 を 発 見, 保 護 した 後, 中 国 大 連 に 出 国 させ, 北 朝 鮮 側 に 引 渡 (9 日

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

【セット】サイバー戦略指針

【セット】サイバー戦略指針 防 衛 省 自 衛 隊 によるサイバー 空 間 の 安 定 的 効 果 的 な 利 用 に 向 けて 平 成 24 年 9 月 防 衛 省 目 次 1. 趣 旨 2. 基 本 認 識 (1)サイバー 空 間 の 意 義 性 格 (2)サイバー 空 間 におけるリスク 1 サイバー 攻 撃 2 その 他 のリスク 3. 基 本 方 針 (1) 防 衛 省 自 衛 隊 の 能 力 態 勢 強 化 (2)

More information

この 場 合 の 合 意 = 日 米 両 政 府 が 単 に 相 手 との 立 場 の 違 いを 知 りながら 黙 っているというだけ でなく そのことが 公 にならないよう 協 力 することに 意 思 の 一 致 があったということ (3) 大 平 ライシャワー 会 談 以 後 (イ) 日 本 は

この 場 合 の 合 意 = 日 米 両 政 府 が 単 に 相 手 との 立 場 の 違 いを 知 りながら 黙 っているというだけ でなく そのことが 公 にならないよう 協 力 することに 意 思 の 一 致 があったということ (3) 大 平 ライシャワー 会 談 以 後 (イ) 日 本 は いわゆる 密 約 問 題 に 関 する 有 識 者 委 員 会 報 告 書 ( 概 要 ) 平 成 22 年 3 月 9 日 序 論 密 約 とは 何 か (1) 狭 義 の 密 約 とは 両 国 間 の 合 意 あるいは 了 解 であって 国 民 に 知 らされて おらず かつ 公 表 されている 合 意 や 了 解 と 異 なる 重 要 な 内 容 ( 追 加 的 に 重 要 な 権 利 や 自

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

冊子19 表紙

冊子19 表紙 三 菱 重 工 を 分 析 す る 19 三 菱 重 工 の 戦 闘 機 生 産 目 次 1 戦 闘 機 生 産 の 再 開 2 三 菱 重 工 が 生 産 している 戦 闘 機 3 三 菱 重 工 における 戦 闘 機 生 産 の 事 業 戦 略 4 自 衛 隊 の 軍 用 機 の 生 産 と 輸 入 1 2 5 7 2015 年 6 月 この 冊 子 は 三 菱 重 工 を 分 析 する のブログから

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

5 AF CC - JAAGA Convention 2014 QDR Speech_J.docx

5 AF CC - JAAGA Convention 2014 QDR Speech_J.docx 皆 様 こんばんは 只 今 ご 紹 介 に 与 りました アンジェレラでございます 米 空 軍 幹 部 達 にとって 名 高 いイベントである 日 米 エアフォース 友 好 協 会 総 会 へお 招 き 頂 きまして まこ とにありがとうございます 素 晴 らしいメンバーの 方 々の 前 で 講 演 する 場 を 設 けてくださった 協 会 会 長 吉 田 元 空 将 にも 感 謝 を 申 し 上

More information

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状 102 Vol. 津 波 活 打 撃 決 末 戦 例 襲 ェ 網 組 及 び 複 克 服 向 組 待 歯 語 野 モ 騰 計 知 回 救 戦 略 有 性 検 証 編 滝 洋 慶 應 義 塾 学 学 院 法 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 社 社 論 説 副 長 編 編 等 職 著 書 ゲ ム 何 救 舞 台 裏 O U S 103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目

More information

会報宇宙2016.indd

会報宇宙2016.indd 山 川 宏 京 都 大 学 教 授 内 閣 府 宇 宙 政 策 委 員 会 委 員 山 川 宏 1.はじめに 2008 年 5 月 に 超 党 派 で 成 立 した 宇 宙 基 本 法 は 宇 宙 開 発 利 用 を 国 家 戦 略 の 一 つと 位 置 付 け 宇 宙 開 発 利 用 に 関 する 施 策 を 総 合 的 かつ 計 画 的 に 推 進 すること を 目 的 としたものです この 宇

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E63433378D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E63433378D862E646F63> 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 2 1 年 2 月 1 9 日 ( 平 成 2 1 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 1 0 9 号 ) 答 申 日 : 平 成 2 1 年 1 2 月 1 5 日 ( 平 成 2 1 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 4 3 7 号 ) 事 件 名 : 陸 上 自 衛 隊 史 ( 平 成 1 8 年 度 )の 一 部 開 示 決 定 に 関

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

平成24年度 政策評価等の実施状況及びこれらの結果の政策への反映状況に関する報告 20_防衛省(個表)

平成24年度 政策評価等の実施状況及びこれらの結果の政策への反映状況に関する報告 20_防衛省(個表) 防 衛 省 表 20-4 防 衛 省 における 政 策 評 価 の 結 果 及 びこれらの 政 策 への 反 映 状 況 ( 個 表 ) 政 策 ごとの 評 価 結 果 については 総 務 省 ホームページ(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/seisaku_n/portal/index.htm l)を 参 照 されたい また 政 策 評 価 の 結

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと 1989 1991 1993 1995 1997 1999 2001 2003 2005 2007 2009 2011 2013 論 説 混 迷 する 中 東 の 行 方 を 探 る: 難 民 問 題 解 決 のカギは? 滝 澤 三 郎 東 洋 英 和 女 学 院 大 学 大 学 院 客 員 教 授 国 連 UNHCR 協 会 理 事 長 1 始 めに 2015 年 の 難 民 と 難 民 申 請

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464>

< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464> 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 8 年 度 ~ 平 成 12 年 度 )について 平 成 7 年 12 月 14 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 7 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 8 年 度 から 平 成 12 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 8 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱

More information

1. 事 業 の 概 要 国 名 :ロシア 連 邦 案 件 名 :ロシア 極 東 退 役 原 子 力 潜 水 艦 解 体 事 業 希 望 の 星 分 野 : 核 軍 縮 環 境 保 全 援 助 形 態 : 資 金 供 与 協 力 金 額 総 計 : 約 58 億 円 (オーストラリア 韓 国 ニュー

1. 事 業 の 概 要 国 名 :ロシア 連 邦 案 件 名 :ロシア 極 東 退 役 原 子 力 潜 水 艦 解 体 事 業 希 望 の 星 分 野 : 核 軍 縮 環 境 保 全 援 助 形 態 : 資 金 供 与 協 力 金 額 総 計 : 約 58 億 円 (オーストラリア 韓 国 ニュー ロシア 極 東 退 役 原 子 力 潜 水 艦 解 体 事 業 希 望 の 星 事 後 評 価 業 務 事 後 評 価 結 果 要 約 2015 年 3 月 25 日 公 益 財 団 法 人 原 子 力 バックエンド 推 進 センタ- 1. 事 業 の 概 要 国 名 :ロシア 連 邦 案 件 名 :ロシア 極 東 退 役 原 子 力 潜 水 艦 解 体 事 業 希 望 の 星 分 野 : 核 軍

More information

Vol. 5 6 む ね 5 途 技 術 水 準 勘 検 討 修 正 福 田 麻 生 作 業 8 麻 生 織 有 者 談 勝 俣 ポ 唆 経 再 検 討 鳩 山 足 末 予 計 画 整 計 画 先 延 談 織 改 鳩 山 位 置 付 困 難 鳩 山 普 天 移 問 題 ぐ 膠 着 ち ゃ 状 況 打

Vol. 5 6 む ね 5 途 技 術 水 準 勘 検 討 修 正 福 田 麻 生 作 業 8 麻 生 織 有 者 談 勝 俣 ポ 唆 経 再 検 討 鳩 山 足 末 予 計 画 整 計 画 先 延 談 織 改 鳩 山 位 置 付 困 難 鳩 山 普 天 移 問 題 ぐ 膠 着 ち ゃ 状 況 打 集 考 想 神 謙 慶應義塾学准教授 混 格有 略文家 評価針 巻 指針文 整標水準今 計画 以 役割任務兵装 2010 決 2009歴史 位置付明求 略反映せ 文存総 付公式文望 府体包括 経緯 治導試 略 NSS 領府 転換初 4ご QDR 2004 決 想 来針 官邸官房心整 省比 7 Vol. 5 6 む ね 5 途 技 術 水 準 勘 検 討 修 正 福 田 麻 生 作 業 8 麻 生 織

More information

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築 優 秀 賞 電 子 マネーと 企 業 ポイントの 新 たな 交 換 システムの 構 築 明 治 大 学 商 学 部 角 野 充 笹 島 康 平 末 吉 紘 季 鈴 木 奈 穂 美 ( 応 募 論 文 の 要 約 ) 近 年 様 々 な 電 子 マ ネ ー や 企 業 ポ イ ン ト が 登 場 し て き て い る が そ れ ら 相 互 間 で の 交 換 性 に は 強 い 制 約 が あ る

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 24 年 度 防 衛 予 算 案 の 概 要 防 衛 省 注 1: 本 文 中 の 計 数 は 特 に 記 載 のある 場 合 を 除 き 装 備 品 等 の 製 造 等 に 要 する 初 度 費 を 除 く 経 費 を 表 示 している 2: 本 文 中 の 計 数 は 特 に 記 載 のある 場 合 を 除 き 契 約 ベースである 3: 本 文 中 の 青 字 は 新 規 事 業 を

More information

<4D F736F F D A6A8AEB8B4082CC8D7395FB82C689E482AA8D9182D682CC89658BBF2E646F6378>

<4D F736F F D A6A8AEB8B4082CC8D7395FB82C689E482AA8D9182D682CC89658BBF2E646F6378> 平 和 研 所 内 会 議 報 告 ( 概 要 ) 2012 年 5 月 7 日 ( 月 ) 開 催 テーマ: イラン 核 危 機 の 行 方 と 我 が 国 への 影 響 報 告 者 : 大 澤 淳 ( 主 任 研 究 員 ) 概 要 1. 同 時 並 行 的 に 進 行 する 二 つの 危 機 北 朝 鮮 とイラン 本 年 4 月 13 日 北 朝 鮮 は 銀 河 3 号 ロケットと 称 するミサイル

More information

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94 平 成 26 年 2 月 19 日 海 上 保 安 庁 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 取 締 りの 状 況 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 の 送 致 件 数 は, 対 前 年 比 247 件 (3.3%) 減 の 7,21 件 でした 各 種 法 令 別 の 送 致 件 数 については 前 年 と 比 べ 大 きな 状 況 変 化 はありませんが 近 年 増 加 傾 向 にある 漁

More information

直 接 謝 罪 するなど 異 例 の 事 態 となった 2. 本 件 事 故 の 海 難 審 判 及 び 刑 事 裁 判 (1) 主 な 争 点 漁 船 清 徳 丸 の 航 跡 と 護 衛 艦 あたご の 避 航 義 務 注 意 義 務 が 争 点 となった これは あたごの 避 航 義 務 の 有

直 接 謝 罪 するなど 異 例 の 事 態 となった 2. 本 件 事 故 の 海 難 審 判 及 び 刑 事 裁 判 (1) 主 な 争 点 漁 船 清 徳 丸 の 航 跡 と 護 衛 艦 あたご の 避 航 義 務 注 意 義 務 が 争 点 となった これは あたごの 避 航 義 務 の 有 海 難 事 故 調 査 について 海 上 自 衛 隊 護 衛 艦 あたご 漁 船 清 徳 丸 衝 突 事 故 を 例 に 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 日 本 海 事 新 聞 1310 日 本 海 事 センター 企 画 研 究 部 首 席 研 究 員 池 田 敏 郎 ポイント 小 型 船 を 巻 き 込 んだ 海 難 事 故 調 査 は 必 ずしも 容 易 ではない 海 難 審 判 と 刑 事 裁

More information

公 務 員 の 労 働 基 本 権 等 資 料 4 1 労 働 基 本 権 ( 労 働 3 権 )について 憲 法 28 条 で 労 働 者 の 基 本 的 権 利 を 規 定 労 働 基 本 権 は 団 結 権 団 体 交 渉 権 争 議 権 の3つの 権 利 から 構 成 1 団 結 権 勤 労

公 務 員 の 労 働 基 本 権 等 資 料 4 1 労 働 基 本 権 ( 労 働 3 権 )について 憲 法 28 条 で 労 働 者 の 基 本 的 権 利 を 規 定 労 働 基 本 権 は 団 結 権 団 体 交 渉 権 争 議 権 の3つの 権 利 から 構 成 1 団 結 権 勤 労 公 務 員 の 種 類 と 数 公 務 員 は 国 家 公 務 員 が 約 64 万 人 地 方 公 務 員 が 約 286 万 人 大 臣 副 大 臣 大 臣 政 務 官 大 使 公 使 等 ( 約 500 人 ) 給 与 決 定 の 方 法 特 別 職 ( 約 300,000 人 ) 裁 判 官 裁 判 所 職 員 ( 約 26,000 人 ) 人 事 院 勧 告 に 準 じて 措 置 国 会

More information

<5461726F2D303392868AFA9668897197CD90AE94F58C7689E62E6A7464>

<5461726F2D303392868AFA9668897197CD90AE94F58C7689E62E6A7464> 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 3 年 度 ~ 平 成 7 年 度 )について 平 成 2 年 12 月 20 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 3 年 度 から 平 成 7 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 3 年 度 以 降 の 防 衛 計 画 の 基 本 的 考 え 方 について ( 平 成 2 年

More information

賛助会セミナー

賛助会セミナー 金 正 日 総 書 記 死 去 これからの 北 朝 鮮 とその 対 外 関 係 をどう 見 るか ERINA 調 査 研 究 部 長 主 任 研 究 員 三 村 光 弘 金 正 日 総 書 記 死 去 のインパクト ある 意 味 既 定 事 項 織 り 込 み 済 み 2008 年 8 月 にすでに 健 康 異 常 が 報 道 2010 年 5 月 8 月 2011 年 5 月 に 中 国 訪 問

More information

2 初 めて 統 合 任 務 部 隊 が 編 成 された 阪 神 淡 路 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 2005 年 3 月 に 統 合 幕 僚 監 部 が 新 編 され これを 契 機 に 自 衛 隊 の 運 用 は 統 合 運 用 を 基 本 とされてい たが 統 合 任 務 部 隊

2 初 めて 統 合 任 務 部 隊 が 編 成 された 阪 神 淡 路 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 2005 年 3 月 に 統 合 幕 僚 監 部 が 新 編 され これを 契 機 に 自 衛 隊 の 運 用 は 統 合 運 用 を 基 本 とされてい たが 統 合 任 務 部 隊 東 日 本 大 地 震 に 対 する 海 上 自 衛 隊 の 活 動 状 況 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 一 帯 を 震 源 地 とするマグニチュー ド 9.0 の 大 地 震 が 発 生 した 発 災 から 約 3 時 間 後 に 自 衛 隊 に 対 して 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 命 令 が 発 出 され 翌 々 日

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

グローバルな 指 導 力 の 欠 陥 をさらけ 出 した 日 本 は アメリカの 身 勝 手 な 要 求 の 中 身 を 的 確 につかみ 取 り 日 米 同 盟 のもたらす 現 実 的 なメリットを 進 んで 受 け 取 ろうとしている 小 野 寺 防 衛 相 は ヘーゲル 国 防 長 官 との

グローバルな 指 導 力 の 欠 陥 をさらけ 出 した 日 本 は アメリカの 身 勝 手 な 要 求 の 中 身 を 的 確 につかみ 取 り 日 米 同 盟 のもたらす 現 実 的 なメリットを 進 んで 受 け 取 ろうとしている 小 野 寺 防 衛 相 は ヘーゲル 国 防 長 官 との 松 本 地 区 労 組 会 議 データ File 2013 No.54 2014/7/16 松 本 地 区 労 働 組 合 会 議 390-0811 長 野 県 松 本 市 中 央 4-7-22 松 本 市 勤 労 会 館 内 Tel: 0263-33-9513/Fax: 0263-33-6000/Email: ape03602@go.tvm.ne.jp アジア 世 界 は 集 団 的 自 衛 権

More information

意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言

意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言 資 料 3 安 全 保 障 と 防 衛 力 に 関 する 懇 談 会 平 成 21 年 4 月 9 日 北 海 道 千 歳 市 長 山 口 幸 太 郎 意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言 北 海 道 ( 千 歳 市 )と 防 衛 施 設 自 衛 隊 の 係 わり 北 海 道 千 歳 市 大 正

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20966889718FC88A4A94AD8D718BF38B4082CC96AF8AD4935D977082C98AD682B782E98C9F93A289EF82C682E882DC82C682DF816988C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20966889718FC88A4A94AD8D718BF38B4082CC96AF8AD4935D977082C98AD682B782E98C9F93A289EF82C682E882DC82C682DF816988C4816A2E646F63> 防 衛 省 開 発 航 空 機 の 民 間 転 用 に 関 する 検 討 会 取 りまとめ ( 案 ) 平 成 22 年 月 目 次 1. 防 衛 省 開 発 航 空 機 の 民 間 転 用 の 背 景 2 (1) 我 が 国 防 衛 生 産 技 術 基 盤 を 取 りまく 環 境 の 変 化 (2) 国 内 に 防 衛 生 産 技 術 基 盤 を 保 持 する 意 義 (3) 防 衛 省 開 発

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

【短信統合版 2010年11月】

【短信統合版 2010年11月】 アメリカ 暫 定 予 算 法 成 立 2010 年 10 月 1 日 から 2011 会 計 年 度 が 始 まったが 2011 年 度 歳 出 予 算 法 案 が 審 議 中 の ため 2010 年 12 月 3 日 までの 暫 定 予 算 法 が 大 統 領 の 署 名 を 経 て 9 月 30 日 に 成 立 した (P.L.111-242) 暫 定 予 算 法 では 原 則 として 2010

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

図 表 1 防 関 係 費 予 算 のポイント( 概 要 ) 28 年 度 の 防 関 係 費 は 5 兆 541 億 円 (+1.5%) 中 期 防 対 象 経 費 は 4 兆 8,607 億 円 (+0.8%) 中 期 防 対 象 経 費 については 中 期 防 力 整 備 計 画 に 沿 って

図 表 1 防 関 係 費 予 算 のポイント( 概 要 ) 28 年 度 の 防 関 係 費 は 5 兆 541 億 円 (+1.5%) 中 期 防 対 象 経 費 は 4 兆 8,607 億 円 (+0.8%) 中 期 防 対 象 経 費 については 中 期 防 力 整 備 計 画 に 沿 って 平 成 28 年 度 防 関 係 費 について 主 計 局 主 計 官 堀 内 斉 1.はじめに 平 成 28 年 度 の 防 関 係 費 については 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 計 画 の 大 綱 について 及 び 中 期 防 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について ( 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 24 年 9 月 3 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 について 会 計 検 査 を

参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 24 年 9 月 3 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 について 会 計 検 査 を 会 計 検 査 院 法 第 30 条 の3の 規 定 に 基 づく 報 告 書 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 会 計 検 査 の 結 果 について 平 成 24 年 10 月 会 計 検 査 院 参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 24 年 9 月 3 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する

More information

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63>

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63> 防 災 業 務 計 画 平 成 27 年 4 月 西 部 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 防 災 業 務 計 画 の 目 的 第 2 節 防 災 業 務 計 画 の 基 本 構 想 第 3 節 防 災 業 務 計 画 の 運 用 第 2 章 防 災 体 制 の 確 立 2 第 1 節 防 災 体 制 第 2 節 対 策 組 織 の 運 営 第 3 節 災 害 対

More information

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押 2011 年 12 月 26 日 米 国 新 規 失 業 保 険 申 請 件 数 は36.4 万 件 に 減 少 08 年 4 月 以 来 の 低 水 準 となった 11 月 の 中 古 住 宅 販 売 件 数 は 前 月 比 で4% 増 を 示 し 10か 月 ぶりの 高 水 準 となった 米 議 会 が 給 与 減 税 の2ヶ 月 延 長 で 合 意 に 達 し オバマ 大 統 領 の 支 持

More information

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 項 目 平 成 28 年 8 月 金 融 庁 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 金 融 所 得

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加)

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加) 防 衛 省 自 衛 隊 の 警 戒 監 視 態 勢 について 平 成 6 年 11 月 防 衛 省 警 戒 監 視 活 動 海 上 自 衛 隊 は P-3C 哨 戒 機 により 北 海 道 の 周 辺 海 域 日 本 海 並 びに 東 シナ 海 を 航 行 する 船 舶 などの 状 況 を それ ぞれの 海 域 において 監 視 している 航 空 自 衛 隊 においても レーダーサイトによる 常 時

More information

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援 パ レ 団 展 望 示 運 道 示 C T S 章 習 料 章 粋 像 根 歴 史 ざ 閣 造 次 チ ャ レ 唱 億 総 躍 兼 チ ャ レ 是 掃 述 画 視 建 害 調 査 慣 習 公 表 織 三 式 採 I L 際 踏 府 映 建 委 薦 貴 族 建 ぽ 歯 措 加 承 認 降 図 退 ド ド 是 常 流 ぜ ぜ ざ ざ 表 側 閣 僚 公 歴 然 蔵 岩 盤 直 難 習 料 狙 障 配 番

More information

中国の環境汚染と日中環境協力

中国の環境汚染と日中環境協力 2013 年 5 月 1 日 全 6 頁 中 国 の 環 境 汚 染 と 日 中 環 境 協 力 常 務 理 事 金 森 俊 樹 [ 要 約 ] 本 年 初 から 北 京 を 始 めとする 中 国 各 地 で 大 気 中 の PM2.5( 直 径 2.5 マイクロメートル の 微 粒 子 中 国 では 正 式 名 称 として 細 顆 粒 物 と 呼 ぶようになっている)の 値 が 急 上 昇 し 改

More information

南九州市○○○施設指定管理者募集要項

南九州市○○○施設指定管理者募集要項 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 ( 以 下 放 牧 場 と い う )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は, こ の 仕 様 書 に よ る も の と する 1 趣 旨 本 仕 様 書 は, 指 定 管 理 者 が 行 う 放 牧 場 の 業 務 内 容 及 び 履 行

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

防衛産業政策の実行に向けた提言

防衛産業政策の実行に向けた提言 防 衛 産 業 政 策 の 実 行 に 向 けた 提 言 2015 年 9 月 15 日 経 団 連 は 防 衛 生 産 技 術 基 盤 の 強 化 や 装 備 品 の 国 際 共 同 開 発 生 産 の 推 進 に 向 けた 提 言 を 重 ねてきた 昨 年 4 月 に 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 1 が 閣 議 決 定 され てから わが 国 と 欧 米 やアジアの 諸 国 等 との

More information

(2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 井 口 さん 方 の 土 蔵 崩 壊 学 校 幼 稚 園 などを 襲 った 恐 怖 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4) 抗 議 要 請 申 し 入 れ 日 本 共 産 党 民 主 団 体 の 調 査 と 要 請 行 動 津 山

(2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 井 口 さん 方 の 土 蔵 崩 壊 学 校 幼 稚 園 などを 襲 った 恐 怖 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4) 抗 議 要 請 申 し 入 れ 日 本 共 産 党 民 主 団 体 の 調 査 と 要 請 行 動 津 山 安 保 破 棄 岡 山 県 実 行 委 員 会 学 習 会 2011 年 10 月 17 日 ( 岡 山 市 勤 労 者 福 祉 センター) 米 軍 機 の 低 空 飛 行 を 許 さないために 中 尾 元 重 1. 低 空 飛 行 の 被 害 とその 後 (1) 全 国 の 低 空 飛 行 (2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4)

More information