〔論 文〕

Size: px
Start display at page:

Download "〔論 文〕"

Transcription

1 経 営 志 林 第 48 巻 2 号 2011 年 7 月 61 研 究 ノート 世 界 の 航 空 機 産 業 企 業 間 関 係 に 関 する 序 論 的 考 察 (1) 洞 口 治 夫 / 行 本 勢 基 / 神 原 浩 年 はじめに 1. 航 空 機 生 産 の 特 徴 2. エンジン 生 産 メーカーの 特 徴 ( 以 上, 本 号 ) 3. MRO ビジネス 4. 理 論 的 考 察 おわりに はじめに ボーイングとエアバスという 二 つの 会 社 が, 世 界 の 大 型 民 間 旅 客 機 生 産 をリードしている 二 つの 会 社 を 複 占 的 な 競 争 モデルの 具 体 例 とみ なすことも 可 能 かもしれない 航 空 機 産 業 を 自 動 車 産 業 と 比 較 したときには, どのような 知 見 が 得 られるであろうか 本 研 究 において 我 々が 着 目 した 大 きな 違 いは, 大 型 民 間 旅 客 機 生 産 を 行 う 2 社 がジェットエンジンを 生 産 していない, ということにある 自 動 車 産 業 においてトヨタ やホンダがハイブリッドエンジンや 燃 料 電 池 自 動 車 を 開 発 しないとすれば, 自 動 車 メーカーとし てのアイデンティティを 失 うかもしれない し かし, 航 空 機 産 業 では, そうではない 世 界 の 大 型 航 空 機 用 ジェットエンジン 生 産 は, アメリカの GE (General Electric), UTC (United Technologies Corporation) 傘 下 の P&W (プラッ ト アンド ウィットニー, Pratt & Whitney), イ ギリスのロールスロイス (Rolls-Royce), フラン ス のサフ ラン (Safran) グル ープの スネ クマ (Snecma) という 主 要 4 社 によって 行 われてい る ボーイングやエアバスの 大 型 旅 客 機 にとり つけるエンジンを 選 択 して 購 入 するのは, 航 空 機 の 機 体 を 購 入 する 顧 客, すなわち 航 空 会 社 で ある たとえば, ルフトハンザや 全 日 空, デル タ 航 空 やエミレーツ, あるいは 格 安 航 空 会 社 (Low Cost Carriers) が 航 空 機 を 購 入 するときに, エンジン 生 産 メーカーの 製 品 を 選 択 するのであ る 航 空 機 のエンジンは, 自 動 車 であれば 外 販 されているオプション 装 備 品 と 同 じ 扱 いをされ ていることになる いくつかの 疑 問 が 浮 かぶ 第 一 に, 航 空 機 メーカーがエンジン 生 産 を 行 う ことなく, 顧 客 を 獲 得 していられるのはなぜなの だろうか その 理 由 が 明 確 であるとすれば, 自 動 車 メーカーもエンジン 生 産 を 行 うことなく 顧 客 を 維 持 できるのだろうか もしも, 自 動 車 メーカ ーではそれができないとしたら, 航 空 機 と 自 動 車 の 生 産 の 特 徴 を 分 けている 理 由 は 何 だろうか 第 二 に, 顧 客 である 航 空 会 社 は, 何 を 基 準 に 航 空 機 を 選 択 し, 何 を 基 準 にエンジンを 選 択 す るのだろうか エンジンの 選 択 は, 航 空 会 社 に とってどのような 都 合 で 決 定 されているのだろ うか 航 空 会 社 にとって, なんらかの 外 的 な 力 によって 決 定 されているのだろうか 第 三 に, 航 空 機 メーカーとジェットエンジン メーカーは, ある 種 の 企 業 間 関 係 を 構 築 してい ることになるが, その 経 済 学 的 な 説 明 は 可 能 だ ろうか 自 動 車 の 一 次 サプライヤーと 組 み 立 て メーカーとの 関 係 を 説 明 してきた 従 来 の 研 究 は, 航 空 機 メーカーとジェットエンジンメーカーと の 関 係 を 説 明 するうえでも, 有 効 なものといえ るのだろうか 以 下, 本 稿 第 1 節 では 大 型 旅 客 機 生 産 を 中 心 とした 航 空 機 生 産 の 特 徴 をまとめる 特 に, エ アバスにおける 部 品 調 達 の 特 徴 についてのイン タビュー 結 果 をまとめる 第 2 節 では 世 界 の 主 要 エンジンメーカーの 特 徴 を 紹 介 したうえで, 日 本 のエンジン 生 産 メーカーでのインタビュー

2 62 世 界 の 航 空 機 産 業 企 業 間 関 係 に 関 する 序 論 的 考 察 (1) 調 査 の 結 果 をまとめる 第 3 節 ではメンテナン ス リペア アンド オーバーホール (Maintenance, Repair, and Overhaul) の 略 称 である MRO ビジネ スを 紹 介 する 第 4 節 では, 企 業 間 関 係 につい ての 既 存 の 経 済 理 論 と 航 空 機 産 業 で 観 察 された 事 実 とを 対 照 させることにより, 従 来 の 企 業 間 関 係 の 理 論 において 欠 落 してきた 論 点 を 指 摘 す る また, 以 上 の 作 業 を 通 じて, 今 後 の 研 究 課 題 を 浮 き 彫 りにしたい 1. 航 空 機 生 産 の 特 徴 1-1. 生 産 概 況 日 本 航 空 機 開 発 協 会 (2009a) が 発 表 してい るデータによれば, 世 界 の 主 要 な 航 空 機 生 産 は, アメリカ, 欧 州, カナダ, ブラジルの 4 地 域 に 集 約 化 されている 各 地 域 の 機 体 メーカー 別 に 売 上 高 の 推 移 をまとめたのが 第 1-1 図 であり, 民 間 航 空 機 と 軍 用 機 を 合 わせた 機 体 売 上 高 の 数 値 を 示 している 2007 年 の 売 上 高 では, 第 1 位 がアメリカのボーイング (Boeing) であり, 第 2 位 にフランスのエアバス (Airbus SAS) を 傘 下 にもつ EADS グループ, 以 下, ロッキード マ ーチン (Lockheed Martin), ノースロップ グラ マン (Northrop Grumman) という 順 になる 1) 2008 年 になるとボーイングの 売 上 高 が 大 幅 に 落 ち 込 む 一 方 で, エアバスの 売 上 高 が 伸 び 続 けている ことが 分 かる 第 1 位 と 第 2 位 の 順 位 が 逆 転 し ている 以 下 に 続 くロッキード マーチン, レ イセオン (Raytheon) も 前 年 度 よりも 売 上 高 を 減 少 させており, アメリカに 立 地 している 各 航 空 機 メーカーは, 2008 年 9 月 に 発 生 したリーマ ンショックの 影 響 を 直 接 的 に 受 けた 可 能 性 が 高 いと 考 えられる ロッキード マーチンは, 1932 年 に 設 立 され たアメリカの 軍 用 機 専 門 メーカーであり, F16 戦 闘 機 や F117 戦 闘 機 (ステルス 戦 闘 機 ), F2 戦 闘 機 などを 主 に 生 産 している 2) 第 1-1 表 は, 戦 闘 機, ヘリコプター, ビジネスジェット 機 を 生 産 している 主 なメーカーの2001 年 から2009 年 までの 納 入 機 数 を 示 したものである この 表 に よれば, ロッキード マーチンは, 2009 年 には 合 計 で47 機 の 戦 闘 機, 輸 送 機 を 納 入 しているが, 2004 年 の111 機 と 比 べると 半 分 以 下 になってい ることが 分 かる 第 1-1 表 のデータは, 2009 年 やデータの 欠 落 した 年 を 除 き, 全 て F-16 戦 闘 機, C-130J 輸 送 機, F-22 戦 闘 機 の 各 納 入 機 数 の 合 計 を 示 している 2009 年 におけるロッキー ド マーチンのデータには, F-22 戦 闘 機 の 納 入 機 数 が 非 公 表 のため 含 まれておらず, 減 少 幅 が さらに 大 きくなったと 考 えられる テキストロン (Textron) は, 織 物 会 社 として 設 立 されたが, 第 二 次 世 界 大 戦 中 にパラシュー トの 生 産 に 乗 り 出 した 戦 後 は, ベル ヘリコ プター (Bell Helicopter) の 買 収 を 通 じて, 軍 用 を 中 心 としたヘリコプターの 生 産 を 開 始 してい る テキストンは, 1992 年 にセスナ エアクラ フト (Cessna Aircraft) を 買 収 して, ビジネスジ ェット 機 の 生 産 にも 乗 り 出 している 3) 第 1-1 表 におけるテキストロンのデータは, 買 収 した ベル ヘリコプターとセスナ エアクラフトの 双 方 の 納 入 機 数 を 示 している この 表 を 見 れば 明 らかなように, 2001 年 以 降, ヘリコプターの 納 入 機 数 は, 基 本 的 に 増 加 傾 向 にあり, 2009 年 には141 機 のヘリコプターを 生 産, 納 入 してい る 対 照 的 に, ビジネスジェット 機 の 納 入 機 数 は, 2001 年 以 降, 増 減 を 繰 り 返 しており, 2009 年 の 納 入 機 数 は, 2001 年 の1,209 機 から741 機 へと 大 幅 に 減 少 した ノースロップ グラマン (Northrop Grumman) もアメリカの 軍 用 機 専 門 メ ーカーではあるが, 戦 闘 機 の 他, イージス 艦 や 原 子 力 空 母, 原 子 力 潜 水 艦 なども 生 産 している 4) レイセオンは, 統 合 型 の 防 衛 システム, ミサ イルシステム, 空 輸 システムを 手 掛 ける 軍 用 機 メーカーであり, 民 間 航 空 機 分 野 との 関 連 はほ とんど 見 られない 5) ただし, 2006 年 まで 現 在 の ホーカー ビーチクラフト (Hawker Beechcraft) を 子 会 社 化 しており, ビジネス 機, 小 型 練 習 機 な どの 生 産 を 行 っていた したがって, 第 1-1 図 におけるレイセオンの 売 上 高 は, 2007 年 以 降, 新 会 社 であるホーカー ビーチクラフトの 業 績 を 示 していることになる 同 様 に, 第 1-1 表 におけるレイセオンのデータは, 子 会 社 であっ たホーカー ビーチクラフトの 納 入 機 数 を 示 し ており, 2008 年 には441 機, 2009 年 には309 機 の ビジネスジェット 機 を 生 産, 納 入 している

3 経 営 志 林 第 48 巻 2 号 2011 年 7 月 63 第 1-1 図 主 要 航 空 機 メーカーの 売 上 高 億 円 90,000 80,000 70,000 60,000 50,000 40,000 30,000 20,000 EADS Boeing Lockheed Martin Airbus SAS BAE Systems Nothrop Grumann Finmeccnica Group Bombardier Textron Embraer Saab Group Raytheon 10, ( 出 所 ) 財 団 法 人 日 本 航 空 機 開 発 協 会 (2009a) を 基 に 筆 者 作 成 年 第 1-1 表 主 な 戦 闘 機 ヘリコプター ビジネスジェット 機 メーカーの 納 入 機 数 ロッキード マーチン テキストロン (ベル ヘリコプター) テキストロン (セスナ エアクラフト) レイセオン 2001 年 114 1, 年 年 年 年 107 1, 年 , 年 , 年 , 年 ( 注 1 ) - は, 引 用 元 のデータの 欠 落 を 示 す ( 注 2 ) 2009 年 のロッキード マーチンのデータは, F-22 戦 闘 機 のデータが 公 表 されていないため, F-16 戦 闘 機, C-130J 輸 送 機 の 納 入 機 数 を 合 計 した 数 値 になっている その 他 の 年 は, 全 て F-16 戦 闘 機, C-130J 輸 送 機, F-22 戦 闘 機 の 合 計 値 を 示 している ( 注 3 ) テキストロンのデータは, それぞれ 買 収 した 子 会 社 別 に 示 している ( 注 4 ) レイセオンのデータは, ホーカー ビーチクラフト (Hawker Beechcraft) の 納 入 機 数 を 示 して いる ( 出 所 ) 財 団 法 人 日 本 航 空 機 開 発 協 会 (2009b), Ⅸ-26ページの 納 入 機 数, Ⅸ-30ページの 航 空 機 主 要 製 品 : 納 入 機 数, Ⅸ-33ページの 主 要 製 品 : 納 入 機 数 民 間 用, Ⅸ-34ページの 主 要 製 品 : 納 入 機 数 民 間 用 を 基 に 筆 者 作 成

4 64 世 界 の 航 空 機 産 業 企 業 間 関 係 に 関 する 序 論 的 考 察 (1) EADS グループは, フランスのエアロスパシ アル マトラ (Aerospatiale Matra), ドイツの DASA, そしてスペインの CASA の 三 社 によっ て2000 年 7 月 に 発 足 した エアバスは 当 初, フ ランスとドイツの 企 業 連 合 として 発 足 したが, 2001 年 7 月 にイギリスの BAE Systems と EADS との 合 弁 会 社 として 統 合 され, 社 名 をエアバス SAS (Airbus SAS) へと 変 更 した 新 会 社 に 資 産 が 継 承 されている 6) その 後, 2006 年 9 月 に BAE Systems がエアバス SAS の 全 株 式 を EADS グル ープへ 売 却 した 7) したがって, エアバス SAS は EADS グループ ( 本 社 オランダ) の 一 部 門 として 位 置 付 けられており, EADS グループの 民 間 航 空 機 生 産 を 担 当 している 第 1-1 図 の EADS グループの 売 上 高 には, エアバスのほか に 軍 用 機 生 産 による 売 上 高 も 含 まれており, 連 結 決 算 の 対 象 となっているエアバス 単 体 の 売 上 高 と 重 複 している 点 に 注 意 が 必 要 である BAE Systems は, 現 在, サーブ (Saab) グルー プに 出 資 しながら, 防 衛 用 の 航 空 機, システム などを 生 産 している サーブグループでは, 1999 年 までリージョナルジェット 機 が 生 産 され ていたが, 2000 年 以 降, 生 産 を 中 止 し, 航 空 機 の 部 品 やシステム 生 産 に 特 化 している 8) フィ ンメカニカ (Finmeccnica) グループは, イタリ ア ローマに 本 社 を 置 くコングロマリットであ り, 傘 下 に 航 空 機 のアレニア エアロノーティ カ (Alenia Aeronautica), ATR インテグレイテッ ド (ATR Integrated), エアマッチ (Aermacchi) などの 子 会 社 があり, ヘリコプターや 宇 宙 航 空 関 連 の 企 業 も 保 有 している 9) 中 小 型 機 を 生 産 するボンバルディア (Bombardier) やブラジルのエンブラエル (Embraer) も, 1997 年 以 降, その 売 上 高 を 飛 躍 的 に 伸 ばしてき た 特 に, エンブラエルの 売 上 高 は1997 年 の924 億 円 から2008 年 には6,557 億 円 へと 7 倍 以 上 の 伸 びを 示 している ボンバルディアも, 日 本 円 換 算 で 1997 年 の7,435 億 円 から2008 年 の 2 兆 411 億 円 へと 売 上 高 を 倍 増 させている 同 期 間 のボーイングは, 売 上 高 7 兆 円 前 後 で 乱 高 下 を 繰 り 返 していたので あり, 為 替 レートの 影 響 を 考 慮 しても, エンブラ エル, ボンバルディアとは 非 常 に 対 照 的 である 第 1-2 図 主 要 航 空 機 メーカーの 従 業 員 数 人 250, , , ,000 50,000 Boeing Lockheed Martin Nothrop Grumann EADS BAE Systems Finmeccnica Group Airbus SAS Textron Bombardier Embraer Saab Group Raytheon 年 ( 出 所 ) 財 団 法 人 日 本 航 空 機 開 発 協 会 (2009a) を 基 に 筆 者 作 成

5 経 営 志 林 第 48 巻 2 号 2011 年 7 月 65 次 に, 各 航 空 機 メーカーの 従 業 員 数 を 概 観 す る 第 1-2 図 は, 1997 年 から2008 年 までの 従 業 員 数 の 推 移 を 示 したものである ボーイング, ロッキード マーチンのグラフを 見 ると 減 少 か ら 横 ばいへの 推 移 が 見 られる また, 多 くの 航 空 機 メーカーは2000 年 代 の 従 業 員 数 が 横 ばいで あったことがわかる 1997 年 を 基 準 とすれば, ボーイングの 従 業 員 減 少 は 著 しく, 1997 年 の 238,000 名 から2008 年 の162,200 名 へと10 年 間 で 約 75,000 名 以 上 の 従 業 員 が 削 減 されている そ の 一 方 で, エアバス=EADS, エンブラエルで は, 従 業 員 数 が 同 期 間 で 微 増 しており, 売 上 高 の 推 移 との 関 連 性 が 考 えられる 世 界 の 民 間 航 空 機 の 生 産 をリードしているボ ーイングとエアバスという 2 つの 会 社 に 注 目 して, 過 去 の 受 注 機 数 と 納 入 機 数 を 比 較 し, 若 干 の 検 討 を 加 える 第 1-3 図 は, 両 社 のホームページで 利 用 可 能 となっているデータに 基 づいた 受 注 実 績 の 推 移 である ボーイングについては, 1958 年 から2009 年 までの52 年 間, 一 方, エアバスについ ては, 1974 年 から2009 年 までの36 年 間 の 受 注 推 移 を 示 した 但 し, 買 収 によって 獲 得 した 旧 マクド ネル ダグラス 社 製 の 航 空 機 はデータから 除 外 し た それらは, DC-8, DC-9, DC-10, MD-80, MD-90, MD-11 の 6 タイプの 航 空 機 モデルである 旧 マクドネル ダグラス 社 製 の 航 空 機 の 生 産 およ び 販 売 は, 2001 年 にルフトハンザ カーゴへ 2 機 の MD-11 を 納 入 したのを 最 後 に 終 了 している 10) 第 1-3 図 より, 両 社 の 受 注 実 績 が 類 似 した 傾 向 を 示 していることがわかる 11) 1990 年 代 ま ではボーイングの 受 注 実 績 がエアバスを 上 回 っ ていたが, 2000 年 代 に 入 ると, 両 社 の 受 注 機 数 は 拮 抗 しているものの, エアバスの 方 がわずか に 優 勢 であったことが 観 察 できる 2000 年 から2009 年 までの10 年 間 について 両 社 の 受 注 機 数 と 出 荷 機 数 の 推 移 を 示 したのが 第 1-4 図 である 2000 年 から2009 年 までの10 年 間 におけるボーイングとエアバスの 年 度 別 航 空 機 受 注 数 量 の 相 関 係 数 は0.9525であり, 両 社 の 受 注 するタイミングには 極 めて 高 い 相 関 がある 12) 第 1-3 図 ボーイング 対 エアバス 民 間 航 空 機 の 受 注 実 績 受 注 数 (( 台 機 )) 1,600 1,400 1,200 1, Airbus Boeing 年 ( 出 所 ) ボーイングのホームページ (http://active.boeing.com/commercial/orders/index.cfm) およびエア バスのホームページ (http://www.airbus.com/en/corporate/orders_and_deliveries) の 公 表 データを 基 に 筆 者 作 成

6 66 世 界 の 航 空 機 産 業 企 業 間 関 係 に 関 する 序 論 的 考 察 (1) 第 1-4 図 ボーイング 対 エアバス 最 近 10 年 間 の 受 注 および 出 荷 実 績 受 注 数 出 荷 数 (( 台 機 )) 1,600 1,400 1,200 1, Airbus Orders Boeing Orders Airbus Deliveries Boeing Deliveries ( 出 所 ) ボーイングのホームページ (http://active.boeing.com/commercial/orders/index.cfm) およびエア バスのホームページ (http://www.airbus.com/en/corporate/orders_and_deliveries) の 公 表 データを 基 に 筆 者 作 成 受 注 機 数 については, 2000 年 と2006 年 以 外 は エアバスがボーイングを 凌 駕 しており, 出 荷 実 績 についても, 2003 年 以 降 は 僅 差 ではあるが, エアバスがボーイングを 超 えている この10 年 間 の 合 計 受 注 機 数 は, ボーイングの5,906 機 に 対 して, エアバスは6,452 機 であった 出 荷 実 績 はボーイングの3,940 機 に 対 して, エアバス は3,810 機 となっており, 通 算 すればボーイン グの 出 荷 実 績 が 多 いものの, 拮 抗 している 航 空 旅 客 機 は, 受 注 残 を 積 み 増 しながら, 出 荷 し ていく 業 態 である, といえる 2000 年 から2009 年 の10 年 間 の 受 注 機 数 におい ては, エアバスがボーイングを 上 回 っているこ とが 観 察 されたが, 航 空 機 の 機 体 のサイズ 別 で は, どちらが 優 勢 なのであろうか 第 1-5 図 では, 航 空 機 業 界 で 一 般 的 に 使 用 されているナ ローボディ (narrow-body) 機 とワイドボディ (wide-body) 機 に 区 分 して 受 注 機 数 を 比 較 した 13) 第 1-5 図 は, 2000 年 から2009 年 までの10 年 間 を 対 象 としている ナローボディ 機 については, 2004 年 以 降, 2006 年 を 除 いてエアバスがボーイン グの 受 注 実 績 を 上 回 っている ボーイングのナロ ーボディ 機 は, ベストセラーの B737 であり, エア バス 側 では, A320 とその 派 生 機 種 である A321 およ び A318 と A319 が 同 じカテゴリーに 相 当 する 次 に, ワイドボディ 機 については, 2007 年 以 降, エアバスはボーイングを 上 回 る 受 注 数 を 記 録 し たことが 観 察 できる ボーイングのワイドボデ ィ 機 は B777 と B787 が 主 力 で, B747 と B767 もこ れに 該 当 する 一 方 でエアバス 側 は, A330 と A340 のグループを 中 心 に 超 大 型 旅 客 機 である A380 と 次 世 代 の A350 がこれに 該 当 する B787 は 全 日 本 空 輸 から2004 年 に55 機 の 発 注 があり, そ の 納 入 計 画 は 3 年 余 り 遅 延 したが, 2011 年 夏 には 第 1 号 機 が 全 日 本 空 輸 に 納 入 される 予 定 である 全 日 本 空 輸 には2011 年 度 に14 機, 12 年 度 に10 機 納 入 される 予 定 となっている 14) 2010 年 11 月 の 新 聞 報 道 によると, A350 の 納 入 予 定 は2013 年 度 下 期 で あり, ボーイングの 大 型 機 B787 には 約 850 機 の 受 注, A350 には 約 570 機 の 受 注 があるという 15)

7 経 営 志 林 第 48 巻 2 号 2011 年 7 月 67 第 1-5 図 ボーイング 対 エアバス 2000 年 代 の 機 体 サイズ 別 受 注 実 績 受 注 数 (( 機 台 )) 1, Airbus narrow-body Boeing narrow-body Airbus wide-body Boeing wide-body ( 出 所 ) ボーイングのホームページ (http://active.boeing.com/commercial/orders/index.cfm) およびエア バスのホームページ (http://www.airbus.com/en/corporate/orders_and_deliveries) の 公 表 データを 基 に 筆 者 作 成 1-2. エアバスのサプライヤー 集 約 過 程 本 項 では, エアバスへのインタビューと 同 社 から 提 示 された 一 次 資 料 に 基 づき, エアバスの 調 達 分 野 に 焦 点 を 当 てて, 同 社 によるサプライ ヤーの 集 約 過 程 を 考 察 する 16) 最 初 に, エアバ スのサプライヤー 集 約 戦 略 に 触 れ, そこから 調 達 部 門 へ 展 開 されている 任 務 を 観 察 する その 観 察 を 通 じて, どのようにして 同 社 のサプライ ヤーが 集 約 されてきたのかを 解 明 する 筆 者 らがエアバスへのインタビュー 調 査 を 行 った2009 年 11 月 5 日 当 時, エアバスは2005 年 か ら 新 たに 設 定 したサプライヤー 集 約 戦 略 を 遂 行 している 過 程 であった インタビューに 回 答 し たのはエアバスのエアロストラクチャー 分 野 の 調 達 部 門 担 当 者 であったが, 彼 女 によれば, サ プライヤー 集 約 の 目 的 は, 航 空 機 のアーキテク ト アンド インテグレーター (Architect and Integrator) になるため, コア ビジネスに 集 中 するためである 17) エアバスがアーキテクト アンド インテグレーターであるためには, 同 社 が 所 有 する 技 能 をデザインと 組 立 に 集 中 する 必 要 があると 述 べていた 18) エアバスが 各 事 業 部 門 を 統 合 (integrate) してデザインと 組 立 を 遂 行 する 際 に, 調 達 (procurement) 部 門 には 2 つの 責 務 がある 19) 具 体 的 には, 低 コストの 国 においてアメリカドル 決 済 で 取 引 を 遂 行 し, サ プライヤーから 大 きな 業 務 分 担 (ワーク パッ ケージ 20) ) について, グローバルな 代 金 決 済 の ポジションを 得 ることである 21) これは, 欧 州 という 垣 根 を 超 えて, アメリカドル 決 済 による 取 引 を 実 現 できる 国 を 選 び 出 し, 低 コストで 主 要 部 品 の 外 部 委 託 を 行 うことを 意 味 する 過 去 においては, 作 るか 買 うか (Make or Buy) と いう 意 思 決 定 は, エアバスの 事 業 本 部 によって 行 われ, 主 に 欧 州 地 域 内 で 外 部 調 達 されてきた のである 22) また, 低 コスト 化 への 重 要 な 方 策 の 1 つとし て, エアバスは, 内 部 コストを 削 減 するために,

8 68 世 界 の 航 空 機 産 業 企 業 間 関 係 に 関 する 序 論 的 考 察 (1) 規 模 の 小 さいサプライヤーの 数 を 減 らすことに 着 手 した 23) ここでの 対 象 となるサプライヤー は 直 接 エアバスに 製 品 やサービスを 提 供 するテ ィア 1 (First Tier) という 階 層 に 属 するサプラ イヤーである 24) サプライヤーを 集 約 するなか, 一 方 で, 精 選 されたサプライヤーとの 取 引 を 継 続 するが, このようなサプライヤーをプリファ ード サプライヤー (preferred supplier) と 呼 ん でいる 25) エアバスの 調 達 部 門 は 取 り 扱 う 製 品 分 野 によ って, エアロストラクチャー (aerostructure), 材 料 (materials), エクイップメント システム &サポート (equipment, systems and support), 推 進 システム (propulsion systems), 客 室 (cabin), 一 般 調 達 (general procurement) の 6 つに 分 かれ ている 26) 本 項 では, エアロストラクチャー 分 野 について, サプライヤーの 集 約 という 視 点 か ら, エアバスの 調 達 部 門 の 活 動 を 概 観 する 2006 年 当 時 は, エアバスのフランスにおける エアロストラクチャー 分 野 に 該 当 するティア 1 のサプライヤーの 数 は123 社 であったが, 2009 年 には34 社 に 集 約 された そして, 次 のターゲ ットとしては, 2011 年 までにさらに 6 社 減 らし て28 社 にすることである 27) エアバスが 実 施 してきたサプライヤー 数 の 削 減 の 方 法 は, エアバスのスタッフがティア 1 の サプライヤーに 足 を 運 び, 現 状 では 取 引 継 続 が 困 難 である ことを 伝 えたうえで, 解 決 策 を 提 示 する, というものである 28) その 解 決 策 と いうのは, 当 該 サプライヤーのグループ 企 業 の 再 編, あるいは, 当 該 サプライヤーによる 他 の サプライヤーの 買 収 である 29) つまり, エアバ スが, 2 社 以 上 のサプライヤーの 合 併, ないし 買 収 による 統 合 を 解 決 策 として 提 示 するのであ る これは, エアバスを 中 心 とした 部 品 調 達 グ ループ 内 で, サプライヤー 企 業 がお 互 いに 協 力 して 航 空 ビジネスを 発 展 させる 機 会 であるため, エアバスの 提 示 に 対 して, サプライヤー 側 もあ からさまに No とは 言 わないのだという 30) サプライヤーのグループ 再 編 の 例 としては, 金 属 板 を 専 門 とする 企 業 と 機 械 加 工 を 専 門 とす る 企 業 との 間 で, お 互 いの 得 意 な 分 野 で 自 社 が 不 足 している 部 分 を 補 完 し, エアバスの 要 求 を 満 足 させる 部 品 を 提 供 する, という 事 例 が 挙 げ られる 31) この 2 社 が 統 合 した 結 果, エアバス では, 金 属 板 や 加 工 に 関 わる 諸 部 品 をそれぞれ 発 注 する 必 要 はなくなり, 代 金 決 済 の 口 座 も 減 るわけである こうして, 専 門 の 分 野 が 異 なる 複 数 の 補 完 関 係 のあるサプライヤーの 活 動 を 統 合 することによって, エアバスから 見 た 場 合, サプライヤーの 数 は 減 少 するのである 我 々のインタビューでは, サプライヤーの 数 を 減 らす 戦 略 によって 調 達 のリスクが 生 まれる ことはないのか, を 尋 ねた すなわち, サプラ イヤーの 数 を 減 らす 前 には 複 数 社 から 調 達 を 行 っていた 部 品 について, サプライヤーを 統 合 し たのちには 1 社 のみに 依 存 しなければならない 事 態 が 発 生 する 場 合 には, サプライヤーの 側 に 価 格 支 配 力 が 強 くなり, 独 自 開 発 のインセンテ ィブがなくなり, 工 場 の 操 業 が 停 止 した 場 合 に は 部 品 の 調 達 ができなくなる, といった 調 達 リ スクを 発 生 させる 可 能 性 がある この 質 問 に 対 しては, エアバスは, この 調 達 リスクとサプラ イヤー 数 の 減 少 のレベルとの 間 のバランスを 考 慮 しながら, 費 用 の 削 減 効 果 に 重 点 を 置 いてい る, という 回 答 であった 32) 費 用 の 削 減 とは, 調 達 部 門 や 技 術 部 門 の 仕 事 を 減 少 させることで ある 33) つまり, 123 社 と28 社 とでは, サプライ ヤーとの 取 引 に 対 する 効 率 がまったく 異 なる, という 34) この 点 については, サプライヤーか ら 提 供 される 部 品 に 対 してエアバスが 与 える 評 価 や 認 定, サプライヤーとの 契 約 や 価 格 交 渉, 部 品 の 品 質 やサプライヤーの 行 動 を 監 視 する 費 用 などに 大 きな 差 があると 解 釈 できる 冒 頭 に 述 べたように, エアバスのサプライヤ ー 集 約 戦 略 は, 航 空 機 のデザインと 組 立 に 集 中 することによって, 航 空 機 のアーキテクト ア ンド インテグレーターになることであるが, その 背 後 には, Go Low Cost ( 低 コストの 追 求 ), Go USD (アメリカドルの 獲 得 ) 35), そし て Go Global (グローバル 化 の 推 進 ) という 3 つのキーワードが 隠 されている 36) エアバスは, 部 品 調 達 においても 常 にボーイングを 意 識 して おり, ボーイングよりも 低 コストを 実 現 するこ とによって, 航 空 機 業 界 での 競 争 を 優 位 に 進 め ようとしている 従 って, 同 社 の 調 達 部 門 も 強

9 経 営 志 林 第 48 巻 2 号 2011 年 7 月 69 烈 なコストプレッシャーを 受 けて, 各 サプライ ヤーの 得 意 分 野 を 生 かしたサプライヤー グル ープの 再 編 により, 合 理 的 なサプライ ネット ワークを 実 現 しようとしている, と 解 釈 できる エアバスによると, 新 規 で 近 距 離 用 航 空 機 を 開 発 するには, 1,000 億 ユーロの 費 用 がかかるとい う 37) この 膨 大 な 金 額 をいかにサプライヤーと 分 担 していくかが, 航 空 機 メーカーにとっての 大 きな 課 題 のように 思 われる 日 本 の 部 品 サプ ライヤーがエアバスの 製 造 プロセスに 参 画 する 場 合 にも, 同 様 の 背 景 があると 考 えられる 2. エンジン 生 産 メーカーの 特 徴 2-1. 世 界 のエンジンメーカー 航 空 機 のエンジンは, アメリカ, イギリス, フランスに 立 地 する 主 要 4 社 が 著 名 である GE 傘 下 にはエイビエーション (Aviation) と 呼 ばれる 航 空 エンジン 事 業 部 門 があり, 業 界 全 体 で 第 1 位 の 売 上 高, 営 業 利 益 を 誇 る 2008 年 の 同 社 の 売 上 高 は, 約 1 兆 9,800 億 円, 営 業 利 益 は 3,808 億 円 となっている UTC 傘 下 の P&W (プ ラット アンド ウィットニー, Pratt & Whitney) が 第 2 位, ロールスロイスのエアロスペース (Aerospace) 部 門 が 第 3 位, そして, フランス サフラングループのスネクマ (Snecma) が 第 4 位 と 続 いている 1996 年 から2008 年 までの 主 要 4 社 の 売 上 高 の 推 移 を 示 したのが 第 2-1 図 で ある 主 要 4 社 いずれも10 年 間 で 売 上 高 を 順 調 に 伸 ばしてきたが, 2008 年 にはその 成 長 が 鈍 化, あるいは 低 下 している 航 空 機 メーカーの 業 績 悪 化 の 影 響 を 受 けたものと 考 えられる 注 目 さ れる 点 は, GE 傘 下 の 航 空 エンジン 事 業 (Aviation) 部 門 の 売 上 高 が1996 年 以 降, 徐 々に 他 社 の 業 績 を 上 回 り 始 めたことである 業 界 全 体 の 構 造, つまり, 主 要 4 社 の 序 列 がこの10 年 間 で 固 定 化 していることが 分 かる 第 2-1 図 主 要 航 空 機 エンジンメーカーの 売 上 高 億 円 21,000 19,000 17,000 15,000 13,000 11,000 Aviation(GE) P&W(UTC) Aerospace(RR) SNECMA(Safran) 9,000 7,000 5,000 3, 年 ( 出 所 ) 財 団 法 人 日 本 航 空 機 開 発 協 会 (2009a) を 基 に 筆 者 作 成

10 70 世 界 の 航 空 機 産 業 企 業 間 関 係 に 関 する 序 論 的 考 察 (1) 次 に, GE を 除 く 主 要 航 空 機 エンジンメーカー 3 社 の 従 業 員 数 を 概 観 する 第 2-2 図 によれ ば, 各 社 共 に20,000 名 から30,000 名 で 推 移 して おり, UTC 傘 下 の P&W, サフラン 傘 下 のスネク マの 両 社 は, 従 業 員 数 を 徐 々に 増 やしてきてい る ただし, ロールスロイス 傘 下 のエアロスペ ースは, この 期 間 で 増 減 を 繰 り 返 しながら, 1997 年 の 水 準 に 戻 っていることが 分 かる 前 節 で 触 れた 航 空 機 メーカーの 従 業 員 数 の 推 移 と 比 べると, それほど 大 幅 な 変 動 は 見 られず, 比 較 的, 安 定 しているといえる 第 2-2 図 主 要 航 空 機 エンジンメーカーの 従 業 員 数 ( 出 所 ) 財 団 法 人 日 本 航 空 機 開 発 協 会 (2009a) を 基 に 筆 者 作 成 2-2. 日 本 のエンジンメーカー 日 本 の 主 要 な 航 空 宇 宙 関 連 メーカーとしては, 三 菱 重 工 業, 川 崎 重 工 業, 富 士 重 工 業, 新 明 和 工 業, IHI ( 旧 : 石 川 島 播 磨 重 工 業 ) の 5 社 が 挙 げ られる 38) 主 要 5 社 の 中 でも 三 菱 重 工 業 の 航 空 宇 宙 関 連 部 門 が 占 める 割 合 は 高 く, 世 界 全 体 の 売 上 高 ランキングにおいても 第 24 位 となっ ている 下 記 の 第 2-1 表 によれば, 三 菱 重 工 業 の2009 年 度 の 売 上 高 は5,002 億 円 であり, 同 社 に 続 いて, IHI ( 同 売 上 高 2,810 億 円 ), 川 崎 重 工 業 (1,888 億 円 ), 富 士 重 工 業 (932 億 円 ), 新 明 和 工 業 (228 億 円 ) の 順 になっている 以 下 では, 株 式 会 社 IHI を 取 り 上 げる 同 社 は 日 本 での 航 空 エンジンのトップメーカーであ る 同 社 への 訪 問 調 査 で 得 られたインタビュー データ, 並 びに 一 次 資 料 に 基 づきながら, 日 本 の 航 空 機 関 連 メーカーと 機 体 メーカー, エンジ ンメーカーとの 関 係 について 考 察 する 39) IHI に 対 するインタビュー 調 査 によれば, 世 界 市 場 に 対 する 航 空 機 エンジンの 国 内 生 産 高, お よ び 比 率 は 3,948 億 円, IHI が そ の う ち の 68.7%のシェアを 確 保 しており, 川 崎 重 工, 三 菱 重 工 が 続 いている しかし, グローバル 市 場 を 見 てみると, IHI のシェアは3.7%で 世 界 第 7 位 であり, GE, ロールスロイス, P&W の 三 社 が 全 体 の 約 7 割 を 占 めていることになる グロー バルな 市 場 シェア 自 体 に 格 差 はあるが, 業 界 全 体 としては 右 肩 上 がりで 成 長 しているという

11 経 営 志 林 第 48 巻 2 号 2011 年 7 月 71 第 2-1 表 日 本 の 航 空 宇 宙 機 器 関 係 メーカーの 概 要 (2009 年 度 ) 三 菱 重 工 業 (MHI) IHI 川 崎 重 工 業 (KHI) 富 士 重 工 業 新 明 和 工 業 売 上 高 ( 億 円 ) 5,002 2,810 1, 正 規 従 業 員 数 ( 年 度 末, 人 ) 設 備 規 模 ( 帳 簿 価 額 : 百 万 円 ) 9,679 5,422 5,269 2, ,268 35,584 41,884 15,158 5,682 面 積 ( 千 m2) 1, 工 場 大 江 工 場 飛 島 工 場 小 牧 南 工 場 小 牧 北 工 場 江 波 工 場 瑞 穂 工 場 呉 第 二 工 場 相 馬 工 場 岐 阜 工 場 名 古 屋 第 一 工 場 名 古 屋 第 二 工 場 明 石 工 場 西 神 工 場 宇 都 宮 製 作 所 半 田 工 場 甲 南 工 場 徳 島 分 工 場 ( 注 ) 各 社 の 面 積 は, MHI 以 外, 全 て 土 地 面 積 を 指 している MHI のみ, 建 物 及 び 構 造 物 の 面 積 が 区 分 されていた ため, そちらを 記 載 した ( 出 所 ) 各 社 の2009 年 度 有 価 証 券 報 告 書 を 基 に 筆 者 作 成 IHI の 航 空 宇 宙 事 業 本 部 の2008 年 の 売 上 高 は 3,123 億 円 であり, 従 業 員 数 は 約 2,960 名 となっ ている 40) 航 空 機 エンジンのシェアが82.1%と なっており, 宇 宙 開 発, 防 衛 機 器 システムと 続 いている 航 空 機 エンジンの50% 強 が 民 間 向 け となる 防 衛 省 向 けの F110, F100 などのエン ジンはライセンス ( 技 術 供 与 ) 生 産 であるが, F3 は 国 産 機 種 である 防 衛 省 向 け, 民 間 機 向 けともに 生 産 だけではなく, オーバーホールも 担 当 している エンジンは, 基 本 的 にファン, 圧 縮 機, 燃 焼 器, タービンで 構 成 されている IHI ではそれらの 要 素 部 品 が 製 造 されている 上 記 の 第 2-1 表 で 示 したように, 航 空 宇 宙 事 業 本 部 の 国 内 工 場 は 合 計 で 4 つあり, 瑞 穂 工 場 ( 横 田 基 地 に 隣 接 ), 呉 第 二 工 場, 相 馬 第 一 工 場, 相 馬 第 二 工 場 で 構 成 されている 瑞 穂 工 場 では, ジェットエンジン, ガスタービンの 組 立, 運 転, 及 び 修 理 整 備 が 行 われている 呉 第 二 工 場 では, フレーム 等 の 大 型 部 品 やディスク, シ ャフトなどの 部 品 が 製 造 されている 呉 第 一 工 場 は 船 舶 部 門 に 属 しており, 近 年, IHIMU とし て 分 社 化 している 相 馬 第 一 工 場 では, 圧 縮 機, タービンの 翼 部 品, 第 二 工 場 では 中 小 型 部 品, 宇 宙 開 発 関 連 部 品 の 製 造 が 行 われている 2-3. 航 空 機 エンジンの 開 発 航 空 機 用 エンジン 事 業 の 特 徴 は, 大 きく 分 け て 二 つある 一 つは, 高 付 加 価 値 で 幅 広 い 高 度 技 術 が 必 要 ということである 41) 例 えば, ジェットエンジンの 作 動 環 境 における 基 本 サイ クルは, 圧 力 と 体 積 の 二 軸 で 捉 えられ, 最 高 圧 力 40~50 気 圧, 最 高 温 度 摂 氏 1,500 度 に 達 する 飛 行 高 度 は10,000メートル, 機 速 はマッハ 1 を 想 定 している エンジンは, 基 本 的 にファン, 圧 縮 機, 燃 焼 器, タービンによって 構 成 されて おり, それぞれの 部 分 において 高 温, 高 圧, 高 精 度 といった 過 酷 な 作 動 環 境 に 耐 えうるよう 高 度 な 技 術 が 求 められる 同 時 に, 航 空 機 エンジ ンの 開 発 には 安 全 性 重 視 の 考 え 方 から, 先 端 的 技 術 であっても, 十 分 実 証 された 技 術 を 使 用 し ていく 領 域 であると 考 えられている 実 績 によ って 承 認 され, 信 用 されている 技 術 しか 採 用 さ れないという 42) もう 一 つの 特 徴 は, 開 発 リスク 事 業 リスク が 極 めて 大 きい ということである こうした エンジンの 開 発 には, 初 期 概 念 が 提 示 されてか ら, エンジンプロジェクトが 開 始 されるまでに 一 定 の 期 間 がある エンジンプロジェクトが 開 始 された 時 期 を 0 年 とカウントすると, 約 4 年 後 にエンジンの 型 式 が 承 認, 5 年 後 に 初 めて 運 航 開 始 となる 型 式 承 認 がエンジンの 完 成 時 点 と 捉 えられている 43) 運 航 開 始 後 に, 初 めてエンジンが 使 用 される ことになり, 開 発 投 資 の 回 収 時 期 に 入 る その

12 72 世 界 の 航 空 機 産 業 企 業 間 関 係 に 関 する 序 論 的 考 察 (1) ため, 新 規 のエンジン 開 発 に 関 しては, 最 大 出 費 期 間 が 8 年 から10 年 になり, 累 積 の 損 益 分 岐 点 に 到 達 するのが, 運 航 の 開 始 から12 年 後, あ るいは16 年 後 となってしまう ただし, 新 規 エ ンジンの 開 発 の 後, 派 生 型 の 開 発 も 行 われてお り, その 累 積 損 失 の 解 消 は 早 く, 約 10 年 程 度 と なっている こうした 派 生 型 のエンジン 開 発 は, デリバティブ (Derivative) とも 呼 ばれており, 航 空 機 の 機 体 メーカー, あるいは, その 顧 客 で ある 航 空 会 社 の 要 望 に 従 って 変 更 されるもので あるという 44) したがって, エンジンの 開 発 は 基 本 的 に 4 年 程 度 であるが, 型 式 自 体 は20 年 から30 年, 継 続 する 長 期 間, 携 わるプロジェクトであると 共 に 開 発 費 用 もかさむため, 合 弁 事 業 や 共 同 開 発 方 式 が 増 えてきたといえる 燃 費 の 向 上 が 近 年 では 最 も 要 求 されるポイントであり, より 高 度 で 幅 広 い 技 術 の 応 用 が 必 要 となってきている エンジンの 共 同 開 発 方 式 には, いくつかの 形 態 があるが, その 代 表 的 なものとしては 略 称 で RSP と 呼 ばれている, リスク 収 入 分 割 パート ナーシップ (Risk & Revenue Sharing Partnership) 方 式 がある 同 方 式 では, エンジン 開 発 費 用 を 分 担 し, それに 見 合 った 収 益 を 主 要 エンジンメ ーカーとエンジン 部 品 メーカーが 共 有 している 航 空 機 エンジンのインテグレーション 作 業 は, OEM メーカー, 例 えば GE を 中 心 として 行 われ る 上 記 した RSP の 場 合, ある 程 度 事 前 に 開 発 費 用 や 分 担 内 容 を 確 定 し, プロジェクトを 進 め ていく 45) プロジェクトの 開 始 から 様 々な 議 論 があり, 必 要 に 応 じて IHI 社 員 が OEM メーカーへ 出 向 く という 46) プロジェクト 開 始 時 に, エンジン 全 体 の 構 造 と 各 部 品 のインターフェースの 概 略 が 決 められるのが 一 般 的 である RSP の 他 には, プログラムパートナー (ジョイントベンチャ ー) と 呼 ばれる 参 画 形 態 がある この 場 合, RSP よりも 更 に 深 く 開 発 プロジェクトに 関 与 し ている 47) 第 2-2 表 は, 日 本 航 空 機 開 発 協 会 (2009a) に 掲 載 されたエンジンの 機 種 別 に 見 た 主 要 エン ジンメーカーの 開 発 プロジェクトへの 参 画 状 況 をまとめたものである GE90 以 下, CF34 に 至 るまでの 7 つのプロジェクトは, エンジンの 機 種 名 ごとに 分 けられている この 表 にまとめら れた 全 てのエンジン 開 発 プロジェクトは, 基 本 的 に 欧 米 の 主 要 なエンジンメーカー 3 社 のうち のいずれかによって 主 導 されたものであった それは, 多 くのエンジン 機 種 名 の 先 頭 に 企 業 名 が 付 されていることでも 確 認 することが 出 来 る 例 えば, GE90, GEnx, CF34 は GE が, TRENT700 / 800, 1000 は ロ ー ル ス ロ イ ス が, PW4000 は UTC 傘 下 のプラット アンド ウィットニー (Pratt & Whitney) がそれぞれ 主 導 したプロジェ クトを 示 している GEnx や TRENT1000 は, ボ ーイングの 最 新 型 航 空 機 である B787 に 搭 載 さ れる 予 定 のエンジンであり, 相 対 的 に 新 しい 開 発 プロジェクトであるといえる ただし, 後 述 するように, 中 型 の V2500 エンジンは, 英 国 ロ ールロイス, 米 国 P&W, 日 本 3 社 など 5 カ 国 7 社 の 共 同 開 発 であった 第 2-2 表 の 網 かけ 部 分 は, 各 エンジンの 開 発 プロジェクトに 参 画 している 企 業 を 表 してい る 世 界 の 主 要 なエンジンメーカーは, GE, ロ ールスロイス, UTC 傘 下 のプラット アンド ウィットニー (Pratt & Whitney) の 3 社 であり, 日 本 企 業 としては 三 菱 重 工 業 (MHI), IHI, 川 崎 重 工 業 (KHI) が 挙 げられる この 網 かけ 部 分 を 見 れば 明 らかなように, 日 本 の 主 要 なエンジ ンメーカーは, 各 エンジンのプログラムにリス ク 収 入 分 割 パートナーシップ (RSP), あるいは プログラムパートナー (PP), サブコンストラ クター (SC) のいずれかの 形 態 で 参 画 してきた つまり, 日 本 の 主 要 なエンジンメーカーが 主 導 する 開 発 プロジェクトはこれまで 存 在 しなかっ たことが 分 かる IHI は, 民 間 エンジン 開 発 に1970 年 代 に 行 わ れた 旧 通 産 省 のプロジェクト FJR710 エンジン の 開 発 から 参 画 し 始 めた 48) 飛 鳥 (STOL) と 呼 ばれる 機 体 に 搭 載 されたが, 基 本 的 には 実 験, 学 習 段 階 であり, 商 業 化 されていなかった そ の 後, 1983 年 から V2500 ファミリーの 開 発 が 始 まった 英 国 ロールロイス, 米 国 P&W, 日 本 3 社 など 5 カ 国 7 社 の 共 同 開 発 であり, IHI はファ ンモジュールの 組 立 と 低 圧 シャフトを 担 当 した V2500 ファミリーは, 累 計 生 産 台 数 が2009 年 9

13 経 営 志 林 第 48 巻 2 号 2011 年 7 月 73 エンジン 機 種 名 GE90 第 2-2 表 主 要 なエンジン 開 発 プロジェクトへの 参 画 搭 載 機 GE RR 企 業 名 UTC (P&W) MHI IHI KHI RSP TRENT700 / 800 RSP RSP PW4000 RSP SC RSP GEnx B787 RSP RSP TRENT1000 B787 RSP RSP V2500 PP PP PP CF34 RSP RSP ( 注 1 ) GE はゼネラル エレクトリック, RR はロールスロイス, UTC はユナイテッド テクノロジー ズ コーポレーション ( 事 業 部 門 としてはプラット アンド ウィットニー, Pratt & Whitney), B はボーイング, KHI は 川 崎 重 工 業, MHI は 三 菱 重 工 業 をそれぞれ 示 している ( 注 2 ) 表 中 の 網 掛 部 分 は, 各 エンジンの 開 発 プロジェクトに 参 画 した 企 業 を 示 している ( 注 3 ) 日 本 企 業 の 網 掛 部 分 には, プロジェクトへの 参 画 形 態 によって RSP, PP, SC のいずれかが 表 記 されているが, それぞれリスク 収 入 分 割 パートナーシップ (Risk & Revenue Sharing Partnership), プログラムパートナー, サブコンストラクターを 指 している ( 注 4 ) 搭 載 機 については, 出 所 データ 上 の 制 約 のため, 一 部 分 のみ 記 載 している ( 出 所 ) 財 団 法 人 日 本 航 空 機 開 発 協 会 (2009a), Ⅷ-27ページより 引 用 ただし, エンジンメーカー 別 ではなくエンジン 機 種 別 に 掲 載 した なお, GEnx および CF34 については IHI からのインタビュ ー 調 査 ノートを 確 認 したときの 返 信 資 料 による 月 末 時 点 で 約 4,000 台 に 達 しており, 機 体 でい えば 約 2,000 機 に 搭 載 された 計 算 となる 5,000 台 がエンジン 販 売 の 一 つの 成 功 基 準 であること を 考 えると, V2500 ファミリーは 上 位 に 位 置 す るといえよう 49) その 後, GE90, CF34 といった 超 大 型, あるいは 小 型 のエンジンが 開 発 される ようになり, 現 在 は, GEnx のエンジンが 開 発 段 階 にあるという 中 型 の V2500 エンジンの 後, IHI は, GE を 中 心 としたエンジン 開 発 プロジェ クトに RSP として 参 画 するようになった 50) ここで, インタビュー 調 査 と 財 団 法 人 日 本 航 空 機 開 発 協 会 のデータを 踏 まえて 若 干 の 考 察 を 加 える IHI を 含 む 日 本 のエンジンメーカーに とって 中 型 エンジンである V2500 への 開 発 参 画 は, 航 空 機 のエンジン 開 発, 製 造 に 本 格 的 に 携 わるという 意 味 で 画 期 的 な 出 来 事 であった 先 述 したように, 日 本 のエンジンメーカーが 主 導 するエンジン 開 発 プロジェクトはこれまで 存 在 していなかったが, V2500 プロジェクト 以 降, 表 に 取 り 上 げられたような 主 要 プロジェクトに は 常 に 参 画 してきた 特 に, 参 画 形 態 は 様 々で はあるが, 第 2-2 表 の 網 かけ 部 分 で 示 されて いるように, IHI が 最 も 多 くのエンジンプロジェ クトに 関 与 してきたことが 分 かる さらに, V2500 エンジン 開 発 はロールスロイス, P&W と 共 同 で 行 なわれたが, 三 菱 重 工 業 (MHI) や 川 崎 重 工 業 (KHI) と 比 較 すると, IHI はその 後, GE 主 導 のエンジン 開 発 プロジェクトに 参 画 す る 傾 向 にある また, インタビュー 調 査 の 結 果 によれば, 機 体 メーカーとエンジンメーカーの 関 係 は 従 属 関 係 にはなく 独 立 した 関 係 にあり, 各 エンジンメ ーカーは, ボーイングとエアバスの 各 機 体 に 搭 載 が 可 能 になるようにエンジン 開 発 を 行 なう 150 席 以 上 の 中 大 型 機 になると, 例 外 はあるも のの 基 本 的 には 機 体 に 対 して 複 数 のエンジンが フィットするように 開 発 されている 51) こうし た 事 実 は, 機 体 メーカーとエンジンメーカーが 統 合 されておらず, 垂 直 的 に 分 離 した 企 業 間 関 係 を 構 築 していることを 裏 付 けるものといえ る < 以 下, つづく>

14 74 世 界 の 航 空 機 産 業 企 業 間 関 係 に 関 する 序 論 的 考 察 (1) 注 1) 第 1-1 図 では, EADS グ ルー プ とエ アバ ス (Airbus SAS) を 別 々に 示 しているが, 前 者 は 連 結 決 算 において 後 者 の 売 り 上 げを 含 んでいる 2) ここでの 記 述 は, 財 団 法 人 日 本 航 空 機 開 発 協 会 (2009b), Ⅸ-25ページの (3) 社 歴 とⅨ-26ペ ージの (7) 航 空 機 主 要 製 品 に 基 づく 3) 以 上 の 記 述 は, 財 団 法 人 日 本 航 空 機 開 発 協 会 (2009b), Ⅸ-31ページの (4) 社 歴 に 基 づく 4) 財 団 法 人 日 本 航 空 機 開 発 協 会 (2009b), Ⅸ-28ペ ージの (7) 事 業 部 門 に 基 づく 5) Raytheon の 2009 年 の ア ニ ュ ア ル レ ポ ー ト (http://media.corporate-ir.net/media_files/irol/84/8 4193/Raytheon_AR_2009/pdf/Raytheon_AR_09_Full_R eport.pdf) に 基 づく 6) SAS は, Société par Actions Simplifiée の 略 であり, 日 本 語 では, 単 純 型 株 式 資 本 会 社 と 訳 される 詳 しくは, 財 団 法 人 日 本 航 空 機 開 発 協 会 (2009b) の Ⅸ-38ページを 参 照 されたい 7) エアバスの 詳 細 な 歴 史 については, 同 社 の 日 本 語 版 ホームページ (http://www.airbusjapan.com/ corporate-information/history/) を 参 照 した 8) 財 団 法 人 日 本 航 空 機 開 発 協 会 (2009b), Ⅸ-43ペ ージの (4) 社 歴 とⅨ-54ページの (3) 概 況 に 基 づく 9) 財 団 法 人 日 本 航 空 機 開 発 協 会 (2009b), Ⅸ-51ペ ージの (3) フィンメカニカ グループ に 基 づ く 10) 最 終 納 入 年 については, ボーイングのホームペ ージ (http://active.boeing.com/commercial/orders/ index.cfm) を 参 照 した また, MD-11 の 生 産 は 2001 年 2 月 に 終 了 した (http://www.boeing.com/ commercial/md-11family/index.html を 参 照 ) 11) ミクロ 経 済 学 には, 古 典 的 な 複 占 モデルが 解 説 されている 数 量 競 争 であればクールノー 競 争, 価 格 競 争 ではベルトラン 競 争, 先 発 者 後 発 者 の 区 別 があるときにはシュタッケルベルグ 競 争 のモ デルと 呼 ばれる ボーイングとエアバスの 場 合 に, 受 注 実 績 が 極 めて 類 似 した 水 準 を 示 している 理 由 として 想 定 可 能 なのは, 両 社 が 相 手 先 企 業 の 受 注 実 績 を 観 察 して, それを 経 営 目 標 に 組 み 入 れてい るという 可 能 性 である その 場 合, クールノー モ デ ル で 想 定 さ れ て い る よ う に 推 測 的 変 動 (conjectural variation) はゼロではないと 想 定 され る シュタッケルベルグの 競 争 モデルのように, 先 発 者 と 後 発 者 がいながらも, ボーイングとエア バスがお 互 いを 先 発 後 発 として 反 復 計 算 を 繰 り 返 し, 収 束 した 結 果 が 年 あたりの 受 注 実 績 の 均 衡 になっている, という 可 能 性 もある クールノー 競 争 の 拡 張 については 洞 口 (2009) 第 7 章 を 参 照 されたい 12) 次 に, ボーイングの2000 年 から2009 年 の10 年 間 の 年 度 別 受 注 数 データとエアバスの1999 年 から 2008 年 の 年 度 別 受 注 数 データを 対 比 させて 相 関 係 数 を 計 測 すると0.3615であった 逆 に, エアバス の2000 年 から2009 年 の10 年 間 の 年 度 別 受 注 数 デー タとボーイングの1999 年 から2008 年 の 年 度 別 受 注 数 データを 対 比 させて 相 関 係 数 を 計 測 すると が 得 られた つまり, エアバスは, ボーイ ングが 前 年 度 に 受 注 した 数 量 との 相 関 が 高 く, そ の 逆 の 場 合 に 相 関 は 低 かった 0.36から0.55への 相 関 係 数 の 増 加 が 無 視 できない 意 味 を 持 つとすれ ば, エアバスはボーイングの 残 余 需 要 の 影 響 を 受 けて 受 注 数 量 を 変 化 させている, という 可 能 性 が ある 13) 一 般 的 に 客 室 に 通 路 を 1 本 保 有 する 機 体 をナロ ーボディ 機, 2 本 保 有 する 機 体 をワイドボディ 機 という 詳 しくは, 山 崎 (2008) の134ページ, あ るいは 山 崎 (2010) の62ページを 参 照 されたい 14) 2011 年 4 月 20 日, 日 経 産 業 新 聞, 12ページ, 最 新 鋭 旅 客 機 787, パイロット 訓 練 を 開 始, 全 日 空, 年 度 内 に80 人 養 成 15) 2010 年 11 月 19 日, 日 経 産 業 新 聞, 14ページ, エアバス, 次 世 代 機 を 早 期 投 入, A 年 下 期 引 き 渡 し, 受 注 積 み 上 げ 狙 う 16) エアバスへのインタビュー 調 査 は, 2009 年 11 月 5 日 ( 午 前 ), フランス トゥールーズ 市 内 のエアロ スペース ヴァレー アソシエーション (Aerospace Valley Association) への 訪 問 時, 約 1 時 間 (11:-00 ~12:00) 実 施 された インタビューは, 洞 口, 行 本, 神 原 の 3 名 によってエアバスのエアロストラ クチャー 分 野 の 調 達 部 門 担 当 者 に 対 して 行 われ た 17) エアバスへのインタビュー 調 査 (2009 年 11 月 5 日 ) での 訪 問 記 録 に 基 づく また, エアバスのホ ー ム ペ ー ジ (http://www.airbus.com/presscentre/ pressreleases/press-release-detail/detail/eadsairbus -completes-its-aerostructures-strategy/press-releas es/news-browse/5/) で 閲 覧 した2009 年 1 月 6 日 付 のプレスリリースには, イギリスにあるエアバス の 翼 用 部 品 組 立 製 造 部 門 が GKN エアロスペース (GKN Aerospace) 社 に 売 却 されたこと, その 売 却 によってエアバスのエアロストラクチャー 部 門 の 再 構 築 が 終 了 したことが 記 載 されている このプ レスリリースによれば, エアバスは, キャビンや 翼 などの 部 品 工 場 を 売 却 し, 強 固 なサプライヤ ー ネットワークを 構 築 することによって, コ ア ビジネスである 航 空 機 のアーキテクト アン ド インテグレーターに 集 中 することが 理 由 とし

15 経 営 志 林 第 48 巻 2 号 2011 年 7 月 75 て 掲 げられている 18) エアバスへのインタビュー 調 査 (2009 年 11 月 5 日 ) での 訪 問 記 録 に 基 づく 19) 同 上 20) ここでのパッケージというのは, 航 空 機 の 組 立 時, 直 接 他 の 部 品 やインターフェースとなる 部 分 と 組 み 合 わせて 使 用 できる 一 群 の 部 品 ないしは 一 連 の 業 務 などを 意 味 する 本 インタビューにおい ては, 発 注 先 への 注 文 量 ないし 業 務 分 担 に 相 当 す る 言 葉 として, パッケージ (package), またはワー ク パッケージ (work package) という 用 語 が 頻 繁 に 使 用 されていた 21) エアバスへのインタビュー 調 査 (2009 年 11 月 5 日 ) での 訪 問 記 録 に 基 づく 2008 年 9 月 19 日 付 け 日 経 産 業 新 聞, 4 ページには, エアバス, 英 工 場 を 売 却, GKN に, 部 品 生 産 は 継 続 という 見 出 しでエアバスは, 受 注 数 は 順 調 に 推 移 しているも のの, ユーロ 高 のあおりを 受 けて 同 社 の 収 益 は 伸 び 悩 んでいること, ヨーロッパ 域 内 では 他 にも 工 場 売 却 交 渉 を 進 めているが 難 航 していることが 指 摘 されている 22) エアバスへのインタビュー 調 査 (2009 年 11 月 5 日 ) での 訪 問 記 録 に 基 づく なお, 週 刊 エコノミ スト 毎 日 新 聞 社, 第 86 巻 第 24 号 (2008 年 4 月 22 日 号, 42-45ページ) に 掲 載 されているワイドイ ンタビュー, 航 空 機 製 造 はグローバルなビジネ スだ によれば, エアバス ジャパンのフクシマ 社 長 ( 現 取 締 役 会 長 ) は, エアバスにとって 米 国 企 業 は, 年 間 に 約 80 億 ドル 分 の 部 品 を 供 給 してく れる 最 大 のサプライヤーです と 述 べており, 調 達 のグローバル 化 に 触 れている 23) エアバスへのインタビュー 調 査 (2009 年 11 月 5 日 ) での 訪 問 記 録 に 基 づく 2006 年 11 月 7 日 付 け 日 本 経 済 新 聞 夕 刊, 3 ページには, エアバス, リストラ 策, 部 品 調 達 先 6 分 の 1 に 広 告 費 3 割 削 減 という 見 出 しでエアバスが, 超 大 型 旅 客 機 である A380 の 生 産 の 遅 延 による 費 用 増 のため, 部 品 調 達 などの 取 引 先 を 現 在 の 約 三 千 社 から 六 分 の 一 の 約 五 百 社 に 減 らす ことを 発 表 したこと が 報 じられている 24) エアバスへのインタビュー 調 査 (2009 年 11 月 5 日 ) での 訪 問 記 録 に 基 づく サプライチェーンマ ネジメント 戦 略 を 扱 うブログであるサプライ エ クセレンス (Supply Excellence) の WEB (http:// 上 の2006 年 11 月 14 日 付 けの 記 事 によれば, 当 時 の EADS の 調 達 戦 略 担 当 副 社 長 (Vice President of Sourcing Strategy) であったマシアス グラモラ (Matthias Gramolla) 氏 は, 我 々の 意 図 は, サプライヤーを 業 界 や 当 社 のサプライチェーンから 追 い 出 すこと ではない しかし, 我 々は, システムや 機 材 など のサプライヤーをさらに 絞 り 込 み, それらのサプ ライヤーに 焦 点 を 当 てていきたい そして, ティ ア 1 に 属 するサプライヤーには, 全 体 的 な 体 系 や 自 分 たちをサポートするサブ ティア (sub-tier) のサプライヤーのマネジメントを 行 ってほしい と 述 べている 25) エアバスへのインタビュー 調 査 (2009 年 11 月 5 日 ) での 訪 問 記 録 に 基 づく 26) エ ア バス のホ ーム ペー ジ (http://www.airbus. com/fileadmin/media_gallery/files/supply world/pro curement-organisation-major-suppliers_ pdf# search='airbus Procurement Organization and Major Suppliers') で 利 用 可 能 となっている Procurement Organization and Major Suppliers (November, 2010) によれば, 2009 年 に 調 達 部 門 は 本 文 で 述 べられて いる 6 つの 分 野 に 再 編 された エアロストラクチ ャー 分 野 は 機 体 の 胴 体 や 翼 など 機 体 回 りの 大 きな 部 品, 材 料 分 野 はアルミニウムやチタンなどの 材 料, エクイップメント システム&サポート 分 野 は 電 気 システムやフライト コントロール シス テムなどのシステム 関 係, 推 進 システム 分 野 はエ ンジンやナセルなどの 周 辺 部 品, 客 室 分 野 はシー トや 照 明 などの 客 室 内 の 部 品, 一 般 調 達 分 野 は 情 報 技 術 や 投 資 やファシリティー マネジメントな どの 幅 広 い 業 務 を 取 り 扱 う 27) エアバスへのインタビュー 調 査 (2009 年 11 月 5 日 ) での 訪 問 記 録 に 基 づく インタビューに 際 し て, 口 頭 では2006 年 当 時 のエアバス フランスに おけるエアロストラクチャー 分 野 に 該 当 するティ ア 1 のサプライヤーは120 社 との 説 明 であったが, インタビュー 時 に 提 示 された 同 社 のパワーポイン ト 資 料 には123 社 と 記 載 されていたため, 本 稿 で は123 社 のほうを 採 用 した 28) エアバスへのインタビュー 調 査 (2009 年 11 月 5 日 ) での 訪 問 記 録 に 基 づく 29) 同 上 また, サプライヤーの 集 約 過 程 において, ティア 1 のサプライヤーが, 関 連 する 他 のサプラ イヤーとの 分 業 関 係 を 通 じて, ティア 2 に 位 置 付 けられるようになり, その 結 果 としてエアバスか らみたサプライヤー 数 が 削 減 されることになった 青 木 (2008) では, エアバスによる パワー 8 プ ログラム が2007 年 から 始 められたと 指 摘 されて おり, その 経 営 革 新 プログラムの 中 でサプライヤ ーの 集 約 化 が 行 われたという 30) エアバスへのインタビュー 調 査 (2009 年 11 月 5 日 ) での 訪 問 記 録 に 基 づく 31) 同 上 32) 同 上

16 76 世 界 の 航 空 機 産 業 企 業 間 関 係 に 関 する 序 論 的 考 察 (1) 33) 同 上 34) 同 上 35) アメリカドルによる 決 済 を 増 やすことを 意 味 す る 36) この 3 つのキーワードは, エアバスへのインタ ビュー 調 査 (2009 年 11 月 5 日 ) 時 に 提 示 された 同 社 のパワーポイント 資 料 に 基 づく 37) エアバスへのインタビュー 調 査 (2009 年 11 月 5 日 ) での 訪 問 記 録 に 基 づく 38) ただし, 周 知 の 通 り, 三 菱 重 工 業 は2008 年 に 三 菱 航 空 機 株 式 会 社 を 合 弁 出 資 により 設 立 し, リージョナルジェット 機 (MRJ) の 製 造 販 売 業 務 を 開 始 している 三 菱 航 空 機 株 式 会 社 にはトヨタ 自 動 車 も 出 資 しており, 自 動 車 産 業 との 連 携 も 図 られている ちなみに, ホンダは, 独 自 に 航 空 機 事 業 へ 進 出 し, アメリカにおいてホンダ エアク ラフト カンパニーを 設 立 して 小 型 ジェット 機 の 製 造 販 売 を 行 っている MRJ については 三 菱 航 空 機 株 式 会 社 のホームページ (http://www.mrj-japan. com/j/index.html), ホンダジェットについては, ホ ンダのホームページ (http://www.honda.co.jp/jet/) をそれぞれ 参 照 した 39) 株 式 会 社 IHI での 技 術 開 発 担 当 重 役 経 験 者 への インタビュー 調 査 は, 2009 年 12 月 21 日 (16:30~ 18:15) に 行 われた 訪 問 者 は, 洞 口, 行 本, 神 原 の 3 名 であった 40) IHI 全 体 の 売 上 高 は 連 結 ベースで 1 兆 3,880 億 円 であり, 従 業 員 数 は24,348 名 ( 単 独 では7,670 名 ) となっている 国 内 に 9 工 場, 22 支 社 営 業 所, 海 外 に13 事 務 所 がある 2008 年 度 の 売 上 高 ( 連 結 ) に 占 める 航 空 宇 宙 事 業 のシェアは22%であり, 陸 上 部 門 (エネルギー, 社 会 基 盤, 原 動 機 など) に 次 いでいる 41) 株 式 会 社 IHI へのインタビュー 調 査 (2009 年 12 月 21 日 ) での 訪 問 記 録 に 基 づく 42) 同 上 43) 同 上 44) 同 上 45) 同 上, 株 式 会 社 IHI へのインタビュー 調 査 によ れば, RSP の 場 合, 開 発 費 用 の 分 担 を 事 前 に 決 める わけであるが, 事 後 的 にコストがかさむようなこ とがあっても 比 率 を 変 えたりはしない 大 幅 なコ スト 増 加 要 因 があった 場 合 には, その 責 任 メーカ ーが 負 担 することが 基 本 であるが, 別 途 協 議 する こともある 46) 株 式 会 社 IHI へのインタビュー 調 査 (2009 年 12 月 21 日 ) での 訪 問 記 録 に 基 づく 47) 同 上 48) 同 上 49) 同 上 50) 同 上 51) 同 上

航空宇宙事業本部の取り組み

航空宇宙事業本部の取り組み 航 空 エンジン 事 業 のご 紹 介 2014 年 11 月 17 日 航 空 宇 宙 事 業 本 部 取 締 役 常 務 執 行 役 員 航 空 宇 宙 事 業 本 部 長 満 岡 次 郎 航 空 宇 宙 事 業 の 概 要 航 空 宇 宙 防 衛 セグメント 航 空 エンジン 防 衛 エンジン 民 間 航 空 エンジン 防 衛 機 器 システム ロケットシステム 宇 宙 利 用 代 表 満 岡

More information

Ⅰ. 産 業 の 動 き 1. 需 給 動 向 2013 年 度 の 航 空 機 内 需 は 増 加 輸 出 は 今 後 も 堅 調 に 増 加 の 見 通 し 2014 年 度 の 輸 入 は 減 少 2013 年 度 の 航 空 機 内 需 は 2012 年 度 の 大 型 補 正 予 算 執

Ⅰ. 産 業 の 動 き 1. 需 給 動 向 2013 年 度 の 航 空 機 内 需 は 増 加 輸 出 は 今 後 も 堅 調 に 増 加 の 見 通 し 2014 年 度 の 輸 入 は 減 少 2013 年 度 の 航 空 機 内 需 は 2012 年 度 の 大 型 補 正 予 算 執 航 空 機 要 約 2013 年 度 の 航 空 機 内 需 は 防 需 における 改 修 費 及 び 航 空 機 購 入 費 の 増 加 を 主 因 に 通 年 度 において 前 年 度 比 +17.9%で 着 地 2014 年 度 は 民 間 旅 客 機 デリバ リーの 一 巡 により 同 18.3%と 予 想 する 2013 年 度 の 航 空 機 輸 出 は 円 安 による 輸 出 環 境

More information

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産 電 気 通 信 役 務 に 関 する 収 支 の 状 況 その 他 会 計 に 関 する 事 項 ( 電 気 通 信 事 業 法 第 30 条 第 5 項 による) 第 16 期 平 成 2 6 年 4 月 1 日 から 平 成 2 7 年 3 月 31 日 まで 西 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明

More information

冊子19 表紙

冊子19 表紙 三 菱 重 工 を 分 析 す る 19 三 菱 重 工 の 戦 闘 機 生 産 目 次 1 戦 闘 機 生 産 の 再 開 2 三 菱 重 工 が 生 産 している 戦 闘 機 3 三 菱 重 工 における 戦 闘 機 生 産 の 事 業 戦 略 4 自 衛 隊 の 軍 用 機 の 生 産 と 輸 入 1 2 5 7 2015 年 6 月 この 冊 子 は 三 菱 重 工 を 分 析 する のブログから

More information

1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4 第 二 章 中 小 企 業 支 援 政 策 について... 8 第 一 節 中 小 企 業 金 融

1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4 第 二 章 中 小 企 業 支 援 政 策 について... 8 第 一 節 中 小 企 業 金 融 平 成 27 年 度 証 券 ゼミナール 大 会 第 3テーマ Dブロック 中 小 企 業 における 資 金 調 達 について 1 2 30 大 阪 経 済 大 学 樋 口 ゼミナール 野 田 班 1 1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4

More information

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ IFRSに 基 づく 連 結 財 務 諸 表 の 開 示 例 2016 年 3 月 31 日 金 融 庁 目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱

More information

Microsoft Word - 05.doc

Microsoft Word - 05.doc DEIM2009 E3-2 地 理 的 情 報 を 考 慮 したウェブ 画 像 検 索 方 法 の 提 案 和 田 修 平 井 上 潮 東 京 電 機 大 学 工 学 部 情 報 通 信 工 学 科 101-8457 東 京 都 千 代 田 区 神 田 錦 町 2-2 E-mail: 05kc116@ed.cck.dendai.ac.jp, inoue@c.dendai.ac.jp あらまし 近 年,ウェブ

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353190BB91A28BC682CC8A438A4F90B68E5983568374836782C697418F6F82CC8D82957489C189BF926C89BB2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353190BB91A28BC682CC8A438A4F90B68E5983568374836782C697418F6F82CC8D82957489C189BF926C89BB2E70707478> 今 月 のトピックス No.251-1(216 年 3 月 17 日 ) (21 年 =1) 95Q2 98Q2 14 実 質 実 効 為 替 レート( 右 目 盛 ) 12 1 8 製 造 業 の 海 外 生 産 シフトと 輸 出 の 高 付 加 価 値 化 1.リーマンショック 以 降 の 日 本 の 輸 出 の 弱 さの 背 景 には 構 造 的 要 因 日 本 の 輸 出 を 数 量 ベースでみると

More information

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書 平 成 26 年 度 文 部 科 学 省 委 託 調 査 研 究 者 等 の 業 績 に 関 する 評 価 に 関 する 調 査 分 析 報 告 書 平 成 27 年 3 月 本 報 告 書 は 文 部 科 学 省 の 平 成 26 年 度 研 究 開 発 評 価 推 進 調 査 委 託 事 業 による 委 託 業 務 として 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 が 実 施 した 平 成 26

More information

買ってはいけない!? 外国人が大量に買った株

買ってはいけない!? 外国人が大量に買った株 Report Ⅰ 買 ってはいけない!? 外 国 人 が 大 量 に 買 った 株 金 融 研 究 部 主 任 研 究 員 井 出 真 吾 side@nli-research.co.jp 1 はじめに 日 本 の 株 式 市 場 で 外 国 人 の 存 在 感 が 増 している そのせいもあるのか 2013 年 3 月 期 の 決 算 発 表 が 本 格 化 した 頃 から 外 国 人 が 大 量

More information

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方 平 成 23 年 度 春 季 セ ミ ナー 大 会 地 域 金 融 機 関 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 1 2 文 責 者 日 本 大 学 経 済 学 部 証 券 研 究 会 1 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20966889718FC88A4A94AD8D718BF38B4082CC96AF8AD4935D977082C98AD682B782E98C9F93A289EF82C682E882DC82C682DF816988C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20966889718FC88A4A94AD8D718BF38B4082CC96AF8AD4935D977082C98AD682B782E98C9F93A289EF82C682E882DC82C682DF816988C4816A2E646F63> 防 衛 省 開 発 航 空 機 の 民 間 転 用 に 関 する 検 討 会 取 りまとめ ( 案 ) 平 成 22 年 月 目 次 1. 防 衛 省 開 発 航 空 機 の 民 間 転 用 の 背 景 2 (1) 我 が 国 防 衛 生 産 技 術 基 盤 を 取 りまく 環 境 の 変 化 (2) 国 内 に 防 衛 生 産 技 術 基 盤 を 保 持 する 意 義 (3) 防 衛 省 開 発

More information

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 2004 年 11 月 26 日 発 行 地 方 税 の 国 際 比 較 ~ 三 位 一 体 の 改 革 の 税 源 移 譲 に 向 けての 留 意 点 ~ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 はじめに 地 方 税 財 政 における 三 位 一 体 の 改 革 の 具 体 像 を 固 める

More information

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc 茨 城 県 域 に お け る 自 治 体 職 員 情 報 共 有 シ ス テ ム の 構 築 ~ つ な が っ ぺ! い ば ら き ~ 平 成 2 4 年 度 行 政 課 題 研 究 講 座 第 3 班 笠 間 市 行 政 経 営 課 主 事 石 塚 貴 則 筑 西 市 生 涯 学 習 課 主 事 齋 川 亮 つ く ば み ら い 市 税 務 課 主 事 井 砂 浩 次 茨 城 県 企 業

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真 平 成 23 年 1 月 10 日 受 付 要 旨 ド イ ツ で は 日 本 に お け

会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真 平 成 23 年 1 月 10 日 受 付 要 旨 ド イ ツ で は 日 本 に お け ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 会 津 大 学 短 期 大 学 部 産 業 情 報 学 科 石 光 真 会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真

More information

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築 優 秀 賞 電 子 マネーと 企 業 ポイントの 新 たな 交 換 システムの 構 築 明 治 大 学 商 学 部 角 野 充 笹 島 康 平 末 吉 紘 季 鈴 木 奈 穂 美 ( 応 募 論 文 の 要 約 ) 近 年 様 々 な 電 子 マ ネ ー や 企 業 ポ イ ン ト が 登 場 し て き て い る が そ れ ら 相 互 間 で の 交 換 性 に は 強 い 制 約 が あ る

More information

5. 4. 4 ノ イ ズ の 限 度 ノ イ ズ レ ベ ル の 測 定 は 競 技 に 先 立 っ て な る べ く 公 式 練 習 日 の 間 に 行 う こ と を 推 奨 す る ノ イ ズ レ ベ ル は ヘ リ コ プ タ ー が 直 径 2 m の サ ー ク ル の 中 心 上

5. 4. 4 ノ イ ズ の 限 度 ノ イ ズ レ ベ ル の 測 定 は 競 技 に 先 立 っ て な る べ く 公 式 練 習 日 の 間 に 行 う こ と を 推 奨 す る ノ イ ズ レ ベ ル は ヘ リ コ プ タ ー が 直 径 2 m の サ ー ク ル の 中 心 上 ( 訳 小 森 一 郎 ) 2010 F A I F 3 C 競 技 ル ー ル 2 0 1 0 年 版 ( 適 用 開 始 2010.1) 5. 4 ク ラ ス F 3 C ラ ジ オ コ ン ト ロ ー ル ヘ リ コ プ タ ー 5. 4. 1 ラ ジ オ コ ン ト ロ ー ル ヘ リ コ プ タ ー の 定 義 ヘ リ コ プ タ ー と は 名 目 的 垂 直 軸 ( 1 本 ま た は

More information

2016年夏のボーナス見通し

2016年夏のボーナス見通し 216 年 4 月 6 日 経 済 レポート 216 年 夏 のボーナス 見 通 し ~ 小 幅 ながらも 2 年 ぶりに 増 加 へ~ 調 査 部 研 究 員 藤 田 隼 平 216 年 夏 の 民 間 企 業 ( 調 査 産 業 計 事 業 所 規 模 人 以 上 )の ボ ー ナ ス は 2 年 ぶりに 増 加 すると 予 測 する 労 働 需 給 がタイトな 中 今 年 の 春 闘 では 基

More information

投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 2016.02.20 < 購 入 換 金 手 数 料 なし> ニッセイ 外 国 株 式 インデックスファンド 追 加 型 投 信 / 海 外 / 株 式 /インデックス 型 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 の 規 定 に 基 づく 目 論 見 書 です

More information

目 次 Ⅰ 研 究 テ ー マ 設 定 理 由 85 Ⅱ 研 究 目 標 85 Ⅲ 研 究 仮 説 86 1 基 本 仮 説 2 作 業 仮 説 Ⅳ 研 究 構 想 図 86 Ⅴ 研 究 内 容 86 1 数 学 的 な 見 方 考 え 方 に つ い て (1) 数 学 的 な 見 方 や 考 え

目 次 Ⅰ 研 究 テ ー マ 設 定 理 由 85 Ⅱ 研 究 目 標 85 Ⅲ 研 究 仮 説 86 1 基 本 仮 説 2 作 業 仮 説 Ⅳ 研 究 構 想 図 86 Ⅴ 研 究 内 容 86 1 数 学 的 な 見 方 考 え 方 に つ い て (1) 数 学 的 な 見 方 や 考 え 数 学 的 な 見 方 や 考 え 方 を 育 む 数 学 的 活 動 の 工 夫 ~ 資 料 の 活 用 領 域 におけるICT 活 用 を 通 して~ 研 究 のキーワード 統 計 的 な 見 方 や 考 え 方 統 計 ソフト stathist 表 計 算 ソ フト Excel 学 び 合 い 那 覇 市 立 首 里 中 学 校 教 諭 山 里 毅 目 次 Ⅰ 研 究 テ ー マ 設 定 理

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

業 績 新 設 住 宅 着 工 戸 数 は 戸 建 を 中 心 に 堅 調 に 推 移 経 営 環 境 解 説 16 年 度 1Q(4 月 ~6 月 )の 新 設 住 宅 着 工 戸 数 ( 総 計 )は 前 年 同 期 比 5% 増 となり 堅 調 に 推 移 している 消 費 税 増 税 (14

業 績 新 設 住 宅 着 工 戸 数 は 戸 建 を 中 心 に 堅 調 に 推 移 経 営 環 境 解 説 16 年 度 1Q(4 月 ~6 月 )の 新 設 住 宅 着 工 戸 数 ( 総 計 )は 前 年 同 期 比 5% 増 となり 堅 調 に 推 移 している 消 費 税 増 税 (14 三 栄 建 築 設 計 (3228 東 証 1 部 ) 2016 年 9 月 30 日 17/8 期 は 7% 営 業 増 益 を 予 想 需 要 は 底 堅 いとみる アップデートレポート ( 株 )QUICK 主 要 指 標 2016/09/28 現 在 株 価 1,151 円 年 初 来 高 値 年 初 来 安 値 発 行 済 株 式 数 1,392 円 (01/04) 996 円 (02/12)

More information

2015年度事業戦略説明会 防衛・宇宙ドメイン説明会

2015年度事業戦略説明会 防衛・宇宙ドメイン説明会 防 衛 宇 宙 ドメイン 説 明 会 2015 年 6 月 8 日 常 務 執 行 役 員 ドメインCEO 防 衛 宇 宙 ドメイン 長 水 谷 久 和 目 次 1. 事 業 概 要 2. 2012 事 業 計 画 総 括 3. 2015 事 業 計 画 4. 個 別 事 業 戦 略 5. まとめ 1 1. 事 業 概 要 2 1-1. 組 織 構 成 代 表 取 締 役 常 務 執 行 役 員 ドメインCEO

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

永田3.indd

永田3.indd 課 19 課 永 田 尚 西 学 社 会 安 学 准 教 授 じ 金 福 島 子 電 所 併 岩 手 宮 城 福 島 青 森 茨 城 栃 木 千 葉 京 区 適 受 言 特 津 波 受 岩 手 宮 城 例 外 元 々 他 他 野 ん 歴 史 代 前 登 録 模 然 下 各 編 駆 20 態 手 足 意 味 良 他 野 類 近 小 模 治 済 側 面 治 垂 直 同 じ レ ベ ル 性 則 考 注 目

More information

札 者 を 決 定 す る 総 合 評 価 方 式 の 工 事 で あ る 3 本 工 事 は 一 定 の 条 件 に 該 当 す る 低 入 札 価 格 調 査 対 象 工 事 業 者 の 入 札 へ の 参 加 を 制 限 す る 等 の 試 行 工 事 で あ る 4 本 工 事 は 低 入

札 者 を 決 定 す る 総 合 評 価 方 式 の 工 事 で あ る 3 本 工 事 は 一 定 の 条 件 に 該 当 す る 低 入 札 価 格 調 査 対 象 工 事 業 者 の 入 札 へ の 参 加 を 制 限 す る 等 の 試 行 工 事 で あ る 4 本 工 事 は 低 入 詳 細 条 件 審 査 型 一 般 競 争 入 札 ( フ レ ッ ク ス 工 期 に よ る 契 約 方 式 ) の 実 施 に 係 る 掲 示 標 記 に つ い て 参 加 を 希 望 す る 者 は 下 記 に よ り 競 争 参 加 資 格 確 認 申 請 書 等 を 提 出 さ れ た く 掲 示 す る な お 本 件 は 競 争 参 加 資 格 確 認 申 請 書 及 び 競 争 参

More information

博士学位論文審査報告書

博士学位論文審査報告書 7 氏 名 佐 藤 逹 男 学 位 の 種 類 博 士 ( 経 済 学 ) 報 告 番 号 甲 第 425 号 学 位 授 与 年 月 日 2016 年 3 月 31 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 ( 昭 和 28 年 4 月 1 日 文 部 省 令 第 9 号 ) 第 4 条 第 1 項 該 当 学 位 論 文 題 目 中 島 飛 行 機 の 産 業 技 術 史 的 研 究 審

More information

(Microsoft Word - \216\213\222\256\212o\214\264\215e.doc)

(Microsoft Word - \216\213\222\256\212o\214\264\215e.doc) S D B(SchoolDataBase)に よ る データ( 教 務 事 務 保 健 ) 処 理 の 一 元 化 宇 部 市 立 黒 石 中 学 校 教 諭 小 柴 成 吾 1 は じ め に S D B (SchoolDataBase) 構 想 の 最 初 の 芽 生 え は お よ そ 1 9 8 0 年 代 前 半 で 第 一 世 代 S D B 1 は 生 徒 氏 名 住 所 定 期 テ

More information

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し わが 国 製 造 業 企 業 の 海 外 事 業 展 開 に 関 する 調 査 報 告 -2013 年 度 海 外 直 接 投 資 アンケート 結 果 ( 第 25 回 )- 2013 年 11 月 国 際 協 力 銀 行 業 務 企 画 室 調 査 課 本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの

More information

次世代RTGS第1期対応実施後の決済動向

次世代RTGS第1期対応実施後の決済動向 9-J- 次 世 代 RTGS 第 期 対 応 実 施 後 の 決 済 動 向 決 済 機 構 局 9 年 5 月 日 本 銀 行 は 8 年 月 に 次 世 代 RTGS 第 期 対 応 を 実 施 した この 間 わが 国 の 金 融 環 境 は 厳 しい 状 態 が 続 いているが そうした 中 にあっても 第 期 対 応 実 施 後 の 日 本 銀 行 金 融 ネットワークシステムは 順 調

More information

Microsoft PowerPoint - カタログ_コンサルタント養成講座(生産管理).ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - カタログ_コンサルタント養成講座(生産管理).ppt [互換モード] 情 報 システム 部 門 向 け コンサルタント 養 成 講 座 ( 生 産 管 理 ) ~アジェンダと 概 要 ~ 2014 年 1 目 次 1 アジェンダ 2 講 師 紹 介 3 講 習 の 概 要 3-1 生 産 管 理 とサプライチェーン 3-2 提 案 書 作 成 のポイント 3-3 システム 要 件 定 義 2 目 次 1 アジェンダ 2 講 師 紹 介 3 講 習 の 概 要 3-1

More information

<819A8F4390B394C58179957393AE8E598C6F8DCF20837D83938356838783938366815B835E8145836A8385815B8358817A81698F5A91EE837D83938356838783938B9F8B8B92B28DB832303136944E94C5816A2E786C7378>

<819A8F4390B394C58179957393AE8E598C6F8DCF20837D83938356838783938366815B835E8145836A8385815B8358817A81698F5A91EE837D83938356838783938B9F8B8B92B28DB832303136944E94C5816A2E786C7378> 報 道 関 係 各 位 2015 年 7 月 27 日 株 式 会 社 市 場 経 済 研 究 所 株 式 会 社 不 動 産 経 済 研 究 所 の 全 国 戸 建 供 給 は35.2 万 戸 大 東 建 託 が 首 位 堅 持 マンションは7.6 万 戸 供 給 トップは 野 村 不 動 産 株 式 会 社 不 動 産 経 済 研 究 所 と 株 式 会 社 市 場 経 済 研 究 所 は7 月

More information

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で みずほインサイト 政 策 2015 年 12 月 18 日 COP21 がパリ 協 定 を 採 択 地 球 温 暖 化 抑 止 に 向 けた 今 後 の 課 題 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 堀 千 珠 03-3591-1304 chizu.hori@mizuho-ri.co.jp 2015 年 11 月 末 からフランスで 開 催 された 気 候 変 動 枠 組 条 約 第 21 回 締

More information

表1_4

表1_4 2010 2 4 9 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 46 50 52 54 55 56 58 70 110 111 113 114 117 118 120 121 124 131 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 1,318 64.6 19 39.2 42 64 747.7

More information

別添2             入札説明書例                      (電子入札用)

別添2             入札説明書例                      (電子入札用) 平 成 26 年 度 地 域 企 業 の 輸 出 促 進 に 関 する 調 査 業 務 委 託 説 明 書 静 岡 県 発 注 の 平 成 26 年 度 地 域 企 業 の 輸 出 促 進 に 関 する 調 査 業 務 委 託 に 係 る 企 画 提 案 方 式 の 手 続 開 始 の 公 告 に 基 づく 契 約 予 定 者 を 特 定 するための 企 画 提 案 書 等 の 提 出 については

More information

もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関 与 先 割 付 手 順 5 4-1. 翌 機 繰 越 と

もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関 与 先 割 付 手 順 5 4-1. 翌 機 繰 越 と 達 人 シ ス テ ム 所 得 税 の 達 人 平 成 26 年 版 東 京 地 方 税 理 士 会 デ ー タ 通 信 協 同 組 合 2015/1/30 もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

「日本における投資信託の現状と課題」

「日本における投資信託の現状と課題」 平 成 27 年 度 証 券 ゼミナール 大 会 第 テーマ B ブロック 日 本 における 投 資 信 託 の 現 状 と 課 題 関 西 大 学 商 学 部 田 村 ゼミナール B( 川 野 班 ) 目 次 はじめに.....2 第 1 章 投 資 信 託 の 概 要... 3 第 1 節 投 資 信 託 とはなにか....3 第 2 節 投 資 信 託 をめぐる 法 制 度... 4 第 3

More information

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 2 8 年 3 月 2 2 日 2 7 小 市 安 第 7 5 7 号 ( 通 則 ) 第 1 条 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 と い う )の 交 付 に つ い て は 市 費 補 助 金 等 の 予 算 執 行 に 関 す る 規 則 ( 昭 和

More information

目 次 序 章 は じ め に 第 一 章 日 本 の 資 産 構 成 第 一 節 資 産 構 成 の 現 状 分 析 問 題 点 p3 p4 第 二 節 貯 蓄 か ら 投 資 へ 第 三 節 資 産 構 成 の 海 外 比 較 第 二 章 家 計 を 取 り 巻 く 環 境 第 三 章 三 世

目 次 序 章 は じ め に 第 一 章 日 本 の 資 産 構 成 第 一 節 資 産 構 成 の 現 状 分 析 問 題 点 p3 p4 第 二 節 貯 蓄 か ら 投 資 へ 第 三 節 資 産 構 成 の 海 外 比 較 第 二 章 家 計 を 取 り 巻 く 環 境 第 三 章 三 世 平 成 26 年 度 証 券 ゼミナール 大 会 第 テーマ 家 計 における 資 産 構 成 の 在 り 方 について 1 2 関 西 学 院 大 学 阿 萬 ゼミナール 藤 原 班 1 目 次 序 章 は じ め に 第 一 章 日 本 の 資 産 構 成 第 一 節 資 産 構 成 の 現 状 分 析 問 題 点 p3 p4 第 二 節 貯 蓄 か ら 投 資 へ 第 三 節 資 産 構 成

More information

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04 HR News Letter 2011 年 4 月 号 平 澤 国 際 社 労 士 事 務 所 東 京 都 港 区 芝 大 門 1-3-5 山 田 ビル 3 階 TEL 03-5402-8491 http://www.jp-hrpayroll.com/ ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

こ の 印 刷 物 は 国 等 に よ る 環 境 物 品 等 の 調 達 の 推 進 等 に 関 す る 法 律 ( グ リ ー ン 購 入 法 ) に 基 づ く 基 本 方 針 の 判 断 の 基 準 を 満 た す 紙 を 使 用 し て い ま す リ サ イ ク ル 適 正 の 表 示

こ の 印 刷 物 は 国 等 に よ る 環 境 物 品 等 の 調 達 の 推 進 等 に 関 す る 法 律 ( グ リ ー ン 購 入 法 ) に 基 づ く 基 本 方 針 の 判 断 の 基 準 を 満 た す 紙 を 使 用 し て い ま す リ サ イ ク ル 適 正 の 表 示 平 成 23 年 度 環 境 経 済 の 政 策 研 究 持 続 可 能 な 発 展 の た め の 新 し い 社 会 経 済 シ ス テ ム の 検 討 と そ れ を 示 す 指 標 群 の 開 発 に 関 す る 研 究 最 終 研 究 報 告 書 平 成 24 年 3 月 京 都 大 学 上 智 大 学 九 州 大 学 農 林 水 産 政 策 研 究 所 名 古 屋 学 院 大 学 こ の

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

目 次 1. サ ッ カ ー ビ ジ ネ ス の 基 礎 知 識 射 場 本 綾 2. 地 域 密 着 が 成 功 の 鍵! 日 本 一 の チ ー ム を つ く る 米 田 真 3. ス ポ ー ツ を 仕 事 に す る! 関 航 4. オ タ ク の 行 動 経 済 学 者 ス ポ ー ツ

目 次 1. サ ッ カ ー ビ ジ ネ ス の 基 礎 知 識 射 場 本 綾 2. 地 域 密 着 が 成 功 の 鍵! 日 本 一 の チ ー ム を つ く る 米 田 真 3. ス ポ ー ツ を 仕 事 に す る! 関 航 4. オ タ ク の 行 動 経 済 学 者 ス ポ ー ツ 2012 年 同 志 社 大 学 スポーツ 健 康 科 学 部 二 宮 ゼミ 3 期 生 スポーツ マネジメント 関 連 図 書 書 評 目 次 1. サ ッ カ ー ビ ジ ネ ス の 基 礎 知 識 射 場 本 綾 2. 地 域 密 着 が 成 功 の 鍵! 日 本 一 の チ ー ム を つ く る 米 田 真 3. ス ポ ー ツ を 仕 事 に す る! 関 航 4. オ タ ク の 行

More information

はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年

はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年 はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年 の i P S 細 胞 の 作 製 法 発 な ど 画 期 的 な 研 究 成 果 が 次 々 と

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

柏市防犯灯LED化事業

柏市防犯灯LED化事業 柏 市 防 犯 灯 LED 化 リース 事 業 募 集 要 領 平 成 27 年 4 柏 市 1 募 集 目 的 本 市 の 防 犯 灯 は, 町 会 自 治 会 区 等 ( 以 下 町 会 等 と い う ) が 維 持 管 理 を し て お り, 平 成 2 6 年 度 末 時 点 で は, 約 3 3, 0 0 0 灯 設 置 さ れ て い る 本 市 は, 省 エ ネ 対 策 や 電 気

More information

会 議 録

会 議 録 会 議 録 会 議 の 名 称 第 1 回 行 田 市 産 業 交 流 拠 点 整 備 基 本 計 画 検 討 委 員 会 開 催 日 時 平 成 28 年 6 月 23 日 ( 木 ) 開 会 : 18 時 30 分 閉 会 :20 時 30 分 開 催 場 所 産 業 文 化 会 館 2 階 2 A 会 議 室 氏 出 席 委 員 名 小 林 乙 三 ( 行 田 市 環 境 経 済 部 長 )

More information

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース みずほインサイト 日 本 経 済 13 年 1 月 7 日 日 本 企 業 のマネーフローに 変 化 は みられるか みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 市 場 調 査 部 金 融 調 査 部 3-3591-18/3-3591-1351 13 年 7~9 月 期 における 日 本 企 業 の 資 金 運 用 ( 資 金 の 使 い 途 )は 大 企 業 では 投 融 資 の 増 加 を 背

More information

経済・物価情勢の展望(2015年10月)

経済・物価情勢の展望(2015年10月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 10 月 ) 2015 年 10 月 30 日 日 本 銀 行 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にかけて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけては 消 費 税 率 引 き 上

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 24 年 9 月 3 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 について 会 計 検 査 を

参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 24 年 9 月 3 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 について 会 計 検 査 を 会 計 検 査 院 法 第 30 条 の3の 規 定 に 基 づく 報 告 書 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 会 計 検 査 の 結 果 について 平 成 24 年 10 月 会 計 検 査 院 参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 24 年 9 月 3 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

調査報告書のご案内

調査報告書のご案内 各 位 平 成 22 年 3 月 25 日 更 生 会 社 株 式 会 社 日 本 航 空 更 生 会 社 株 式 会 社 日 本 航 空 インターナショナル 更 生 会 社 株 式 会 社 ジャルキャピタル 管 財 人 株 式 会 社 企 業 再 生 支 援 機 構 管 財 人 片 山 英 二 調 査 報 告 書 のご 案 内 更 生 会 社 各 社 の 更 生 手 続 につきましては 関 係 者

More information

年 連 続 の 減 少 となっている DM は 3,829 億 円 ( 前 年 比 2.4% 減 で 2 年 ぶりにプラスとなった 前 年 から 再 びマイナスに 転 じた ただ 媒 体 構 成 比 は 6.2%( 同 0.2 ポイント 減 を 占 め 構 成 比 の 順 位 では テレビメディア(

年 連 続 の 減 少 となっている DM は 3,829 億 円 ( 前 年 比 2.4% 減 で 2 年 ぶりにプラスとなった 前 年 から 再 びマイナスに 転 じた ただ 媒 体 構 成 比 は 6.2%( 同 0.2 ポイント 減 を 占 め 構 成 比 の 順 位 では テレビメディア( DM 広 告 の 現 状 と 今 後 の 課 題 DM REPORT 2016-No.3 ~ 広 告 費 統 計 資 料 予 測 データ 広 告 動 態 調 査 からの 一 考 察 ~ 井 上 東 二 郎 本 稿 では 前 々 回 前 回 のレポートに 引 き 続 き 2015 年 のダイレクトメール(DMを 含 めた 国 内 広 告 市 場 の 動 向 について 代 表 的 な 広 告 費 統 計

More information

GSS1607_P052-059.indd

GSS1607_P052-059.indd レポート 証 券 決 済 とブロックチェーン その 可 能 性 と 課 題 みずほ 証 券 グローバル 戦 略 部 村 松 みずほ 銀 行 証 券 部 調 査 チーム 小 野 健 潔 1.はじめに 今 後 の 金 融 のあり 方 に 大 きな 変 革 を 促 す 動 きとして Fintech( 金 融 (Finance)と 技 術 (Technology)を 掛 け 合 わせた 造 語 であり 主

More information

熊 本 市 の 人 口 動 態 の 分 析 及 び 福 岡 市 との 比 較 考 察 を 決 める 要 素 となる 出 生 と 死 亡 に 伴 う 人 口 の 動 きである 自 然 動 態 転 入 転 出 に 伴 う 人 口 の 動 きである 社 会 動 態 の 推 移 を 示 したものである 熊

熊 本 市 の 人 口 動 態 の 分 析 及 び 福 岡 市 との 比 較 考 察 を 決 める 要 素 となる 出 生 と 死 亡 に 伴 う 人 口 の 動 きである 自 然 動 態 転 入 転 出 に 伴 う 人 口 の 動 きである 社 会 動 態 の 推 移 を 示 したものである 熊 熊 本 都 市 政 策 vol.2 (2013) 熊 本 市 の 人 口 動 態 の 分 析 及 び 福 岡 市 との 比 較 考 察 植 木 英 貴 熊 本 市 都 市 政 策 研 究 所 副 所 長 キーワード: 熊 本 都 市 圏 人 口 集 中 人 口 移 動 都 市 の 魅 力 1 はじめに 熊 本 市 は 平 成 20 年 に 富 合 町 平 成 22 年 には 城 南 町 及 び 植

More information

001-014.indd

001-014.indd 0 0 6 版 始 バ ブ 日 本 取 巻 済 向 伴 市 変 化 対 応 0 0 8 版 0 0 版 0 版 ご 改 重 ね 回 第 5 弾 版 0 版 バ ブ 異 功 97 コ セ 見 開 ペ タ 97 項 目 説 明 将 来 次 視 野 入 ど ざ 状 況 ビ ネ パ ソ 皆 役 立 月 ダ ボ 議 参 加 竹 平 蔵 慶 應 義 塾 学 教 授 六 本 木 ヒ ズ 月 末 開 催 セ ミ ナ

More information

住宅に係る消費税の負担軽減の具体化についての要望

住宅に係る消費税の負担軽減の具体化についての要望 宅 に 係 る 消 費 の 負 担 軽 減 の 具 体 化 についての 要 望 ( 説 明 資 料 ) 社 団 法 人 宅 生 産 団 体 連 合 会 社 会 保 障 の 安 定 財 源 の 確 保 等 を 図 る 制 の 抜 本 改 革 を 行 うための 消 費 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 抜 粋 ( 平 成 24 年 3 月 30 日 閣 議 決 定 ) 第 七 条

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

目 次 防 衛 産 業 を 取 り 巻 く 現 状 防 衛 産 業 を 取 り 巻 く 課 題 - 我 が 国 の 防 衛 産 業 の 意 義 - 我 が 国 の 防 衛 産 業 の 実 態 - 我 が 国 の 防 衛 産 業 関 連 予 算 の 動 向 - サプライチェーンリスクの 高 まり -

目 次 防 衛 産 業 を 取 り 巻 く 現 状 防 衛 産 業 を 取 り 巻 く 課 題 - 我 が 国 の 防 衛 産 業 の 意 義 - 我 が 国 の 防 衛 産 業 の 実 態 - 我 が 国 の 防 衛 産 業 関 連 予 算 の 動 向 - サプライチェーンリスクの 高 まり - 資 料 1 防 衛 産 業 に 関 する 取 組 平 成 28 年 6 月 15 日 防 衛 装 備 庁 装 備 政 策 部 目 次 防 衛 産 業 を 取 り 巻 く 現 状 防 衛 産 業 を 取 り 巻 く 課 題 - 我 が 国 の 防 衛 産 業 の 意 義 - 我 が 国 の 防 衛 産 業 の 実 態 - 我 が 国 の 防 衛 産 業 関 連 予 算 の 動 向 - サプライチェーンリスクの

More information

業界トップのCOP4

業界トップのCOP4 空 冷 ヒ ー ト ポ ン プ 式 熱 源 機 ユ ニ バ ー サ ル ス マ ー ト エックス X の 開 発 販 売 に つ い て ~ C O P 6. 3 0 と い う 高 効 率 を 達 成 す る と と も に お 客 さ ま の 様 々 な ニ ー ズ に ス マ ー ト に フ ィ ッ ト ~ 平 成 22 年 7 月 14 日 東 芝 キヤリア 株 式 会 社 東 京 電 力

More information

経済・物価情勢の展望(2015年4月)

経済・物価情勢の展望(2015年4月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2015 年 4 月 30 日 日 本 銀 行 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にか けて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけ ては 消 費 税 率 引 き 上

More information

わが国生命保険会社のバランスシート構造と国債投資

わが国生命保険会社のバランスシート構造と国債投資 日 銀 レビュー -J- わが 国 生 命 会 社 のバランスシート 構 造 と 国 債 投 資 Bank of Japan Review 金 融 機 構 局 菅 和 聖 倉 知 善 行 福 田 善 之 * 西 岡 慎 一 年 月 生 命 会 社 ( 生 )では 長 期 有 を 目 的 とした 国 債 投 資 が 多 い とりわけ 最 近 では 生 の 超 長 期 国 債 有 が 大 きく 増 加

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 2 5 年 度 第 6 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 2 5 年 8 月 3 0 日 ( 金 ) 午 前 1 1 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 住 民 票 の 写 し 等 第 三 者 交 付 に 関 す る 本 人 通 知 制 度 子 育 て き ら き ら カ ー ド の 利 用 が 始 ま り ま す 地 域 支 え 合 い 団 体 の

More information

平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 [ 日 本 基 準 ]( 連 結 ) 平 成 28 年 4 月 27 日 上 場 会 社 名 川 崎 重 工 業 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 名 コード 番 号 7012 (URL ) 代 表 者

平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 [ 日 本 基 準 ]( 連 結 ) 平 成 28 年 4 月 27 日 上 場 会 社 名 川 崎 重 工 業 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 名 コード 番 号 7012 (URL  ) 代 表 者 NO.2016007 2016 年 4 月 27 日 平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 [ 日 本 基 準 ]( 連 結 ) 川 崎 重 工 は 平 成 28 年 3 月 期 決 算 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ~ 平 成 28 年 3 月 31 日 )について つぎのとおりお 知 らせします 連 結 決 算 ( 単 位 : 億 円 ) 前 連 結 会 計 年 度 当 連 結

More information

投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 2016.08.19 < 購 入 換 金 手 数 料 なし> ニッセイ 外 国 債 券 インデックスファンド 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 /インデックス 型 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 の 規 定 に 基 づく 目 論 見 書 です

More information

図 1 キャッシュバランス 型 年 金 と 確 定 給 付 型 年 金 図 2 年 金 債 務 と 割 引 率 の 関 係 年 金 債 務 年 金 債 務 の 増 加 金 利 の 低 下 金 利 ( 割 引 率 ) 最 終 給 与 比 例 方 式 が 一 般 に 普 及 していますが こ の 場 合

図 1 キャッシュバランス 型 年 金 と 確 定 給 付 型 年 金 図 2 年 金 債 務 と 割 引 率 の 関 係 年 金 債 務 年 金 債 務 の 増 加 金 利 の 低 下 金 利 ( 割 引 率 ) 最 終 給 与 比 例 方 式 が 一 般 に 普 及 していますが こ の 場 合 2002.8 キャッシュバランス 型 年 金 制 度 の 導 入 と 資 産 運 用 上 の 課 題 1 年 金 研 究 センター 主 任 研 究 員 藤 林 宏 1. キャッシュバランス 型 年 金 とは 確 定 給 付 企 業 年 金 法 が 2002 年 4 月 より 施 行 され ました 同 法 の 施 行 によって 従 来 は 導 入 が 不 可 能 と 見 られていたキャッシュバランス

More information

<834F838D815B836F838B947A93968A F D706C E786C736D>

<834F838D815B836F838B947A93968A F D706C E786C736D> マニュライフ グローバル 配 当 株 ファンド 商 品 概 要 商 品 分 類 決 算 日 追 加 型 投 信 / 内 外 / 株 式 毎 年 8 月 10 日 ( 休 業 日 の 場 合 は 翌 営 業 日 ) 設 定 日 信 託 期 間 2014 年 11 月 26 日 無 期 限 運 用 実 績 ファンドの 現 況 基 準 価 額 8,682 円 ( 前 月 末 比 -714 円 )

More information

摂 南 経 済 研 究 第 4 巻 第 1 2 号 (2014) 1.はじめに 近 年 プロ 野 球 人 気 の 陰 りが 指 摘 されているが 現 在 でも 数 多 くの 人 が 球 場 に 足 を 運 んでい る 1 観 客 動 員 数 でみると 来 場 客 数 の 公 表 が 実 数 で 行

摂 南 経 済 研 究 第 4 巻 第 1 2 号 (2014) 1.はじめに 近 年 プロ 野 球 人 気 の 陰 りが 指 摘 されているが 現 在 でも 数 多 くの 人 が 球 場 に 足 を 運 んでい る 1 観 客 動 員 数 でみると 来 場 客 数 の 公 表 が 実 数 で 行 摂 南 経 済 研 究 第 4 巻 第 1 2 号 (2014),33-50ページ プロ 野 球 来 場 者 の 飲 食 物 購 買 行 動 に 関 する 考 察 研 究 ノート プロ 野 球 来 場 者 の 飲 食 物 購 買 行 動 に 関 する 考 察 -オリックス バファローズを 事 例 として- 持 永 政 人 西 川 浩 平 The Analysis of Buying Behavior

More information

719000.xls

719000.xls マンスリーレポート 2016 年 8 月 31 日 現 在 みずほインデックス 投 資 戦 略 ファンド( 愛 称 : iパズル) 追 加 型 投 信 / 内 外 / 資 産 複 合 累 積 投 資 基 準 価 額 の 推 移 ( 円 ) 12,000 11,000 ファンドデータ 基 準 価 額 : 10,419 円 純 資 産 総 額 : 41.80 億 円 ファンド 設 定 日 : 2014

More information

われ 企 業 型 DC においては 充 実 した 制 度 になっています しかし ながら 個 人 型 DC に 関 しては 加 入 者 の 数 はさほど 増 えていませ ん これは 半 強 制 的 に 加 入 するようになっている 企 業 型 DC に 対 し 個 人 型 年 金 はあくまでも 自

われ 企 業 型 DC においては 充 実 した 制 度 になっています しかし ながら 個 人 型 DC に 関 しては 加 入 者 の 数 はさほど 増 えていませ ん これは 半 強 制 的 に 加 入 するようになっている 企 業 型 DC に 対 し 個 人 型 年 金 はあくまでも 自 拡 大 する 確 定 拠 出 年 金 ( DC) 制 度 と マイナス 金 利 時 代 の 運 用 1.はじめに 確 定 拠 出 年 金 (DC: Defined Contribution) 制 度 の 改 正 により 60 歳 未 満 であればだれでも DC 制 度 に 加 入 できることになりました 具 体 的 には 企 業 年 金 制 度 があるものの DC 制 度 はない 企 業 に 勤 務

More information

平 成 25 年 度 安 全 性 向 上 原 子 力 人 材 育 成 委 託 事 業 国 際 化 人 材 育 成 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 原 子 力 人 材 育 成 セ ン タ ー 要 旨 東 京 電 力 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 以 降 日 本 の 原 子

平 成 25 年 度 安 全 性 向 上 原 子 力 人 材 育 成 委 託 事 業 国 際 化 人 材 育 成 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 原 子 力 人 材 育 成 セ ン タ ー 要 旨 東 京 電 力 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 以 降 日 本 の 原 子 原 子 力 関 係 人 材 育 成 事 業 ( 国 際 化 人 材 育 成 研 修 ) 平 成 25 年 度 安 全 性 向 上 原 子 力 人 材 育 成 委 託 事 業 成 果 報 告 書 平 成 26 年 2 月 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 原 子 力 人 材 育 成 センター 平 成 25 年 度 安 全 性 向 上 原 子 力 人 材 育 成 委 託 事 業 国 際 化 人

More information

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転 102 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 平 成 月 始 史 談 目 オ ラ ヒ リ 掲 載 六 月 号 九 治 氏 オ ラ ヒ リ 掲 載 界 彩 登 頂 正 敏 氏 氏 日 協 理 区 評 議 評 議 務 所 理 議 長 締 役 要 職 務 平 成 第 ベ 章 平 成 七 月 旭 日 双 光 章 章 界 表 重 鎮 論 点 伺 歩 み 界 歩 み 号 掲 載 明 治 創 創 七 老 舗 動

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464>

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464> 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 国 土 交 通 省 告 示 第 八 百 六 十 五 号 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 ) 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き に 係 る 経 営 力 向 上 に 関 す る 指 針 を 次 の と お り 定 め た の で 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 公 表 す る 船 舶 産 業 分 野 国 土 交

More information

私たちの市税

私たちの市税 ❺ 固 定 資 産 税 固 定 資 産 税 は 土 地 家 屋 償 却 資 産 (これらを 固 定 資 産 といいます )を 所 有 している 人 がその 固 定 資 産 の 価 格 を 基 に 算 定 された 税 額 をその 固 定 資 産 の 所 在 する 市 町 村 に 納 める 税 金 です 納 税 義 務 者 毎 年 1 月 1 日 ( 賦 課 期 日 ) 現 在 で 市 内 に 固 定

More information

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に 第 192 回 産 業 セミナー 社 会 保 障 の 公 的 負 担 現 状 と 課 題 前 川 聡 子 財 政 社 会 保 障 制 度 研 究 班 研 究 員 経 済 学 部 教 授 はじめに 野 田 政 権 発 足 後 社 会 保 障 財 源 の 確 保 を 目 的 とした 消 費 税 増 税 を 実 現 する 方 向 で 議 論 が 着 々 と 進 められている 既 に 消 費 税 ( 国 税

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081796A696E6A695F736569646F5F3031817A8ED088F582CC82E282E98B4382F088F882AB8F6F82B7906C8E9690A7937882CC90AE94F55F3131303631332E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081796A696E6A695F736569646F5F3031817A8ED088F582CC82E282E98B4382F088F882AB8F6F82B7906C8E9690A7937882CC90AE94F55F3131303631332E646F63> Ⅰ 人 事 制 度 の 整 備 は 現 状 把 握 から 1. 人 事 制 度 の 類 型 を 理 解 する 2. 人 事 制 度 は5つの 項 目 で 分 析 3. 人 件 費 が 経 営 に 与 える 影 響 4. 個 別 賃 金 の 分 析 を 行 う Ⅲ 基 準 定 義 の 明 確 化 で 社 員 のモチベーションが 向 上 1. 職 能 資 格 職 務 役 割 等 級 フレーム 例 2.

More information

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその 別 紙 2 三 菱 電 機 株 式 会 社 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 24 年 12 月 21 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 1 目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的

More information

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学 島 根 大 学 法 文 学 部 1. 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 1-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 1-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 1-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 1-10 分 析 項 目 Ⅴ 進 路 就 職 の

More information

44-94

44-94 詳 細 条 件 審 査 型 一 般 競 争 入 札 ( 総 合 評 価 方 式 ) の 実 施 に 係 る 掲 示 電 子 入 札 対 象 案 件 標 記 に つ い て 参 加 を 希 望 する 者 は 下 記 に よ り 競 争 参 加 資 格 確 認 申 請 書 等 を 提 出 さ れ た く 掲 示 す る 1 掲 示 日 平 成 28 年 4 月 11 日 ( 月 ) 2 掲 示 責 任

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203230313630353132208C6F8DCF2095C48D912083678389839383768E8182AA8BA49861937D82CC91E5939D97CC8CF395E28E7796BC8A6C93BE82D62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203230313630353132208C6F8DCF2095C48D912083678389839383768E8182AA8BA49861937D82CC91E5939D97CC8CF395E28E7796BC8A6C93BE82D62E646F6378> グローバル マクロ トピックス 2016/ 5/12 投 資 情 報 部 シニアエコノミスト 宮 川 憲 央 トランプ 氏 が 共 和 党 の 大 統 領 候 補 指 名 獲 得 へ ドナルド トランプ 氏 が11 月 の 米 大 統 領 選 挙 における 共 和 党 の 候 補 指 名 獲 得 をほぼ 確 実 に 現 時 点 で 判 明 しているトランプ 氏 の 経 済 政 策 は1 大 規 模

More information

2

2 1 2 3 2014 年 度 上 期 のコマツの 連 結 売 上 高 は 前 年 同 期 比 +1.9% 増 収 の9,425 億 円 営 業 利 益 は 前 年 同 期 比 +15.3% 増 益 の1,256 億 円 となりました 営 業 利 益 率 も+1.5ポ イント 改 善 し 13.3%となりました 純 利 益 は 前 年 同 期 比 1.0% 減 益 の779 億 円 となりました [

More information

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act 航 空 法 施 行 規 則 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 三 十 一 日 運 輸 省 令 第 五 十 六 号 ) 第 一 章 総 則 ( 航 空 保 安 施 設 ) 第 一 条 航 空 法 ( 昭 和 二 十 七 年 法 律 第 二 百 三 十 一 号 以 下 法 という ) 第 二 条 第 五 項 の 規 定 による 航 空 保 安 施 設 は 次 のとおりとする 一 航 空 保 安 無 線

More information

平成○年○月期  決算短信(連結)      平成  年  月  日

平成○年○月期  決算短信(連結)      平成  年  月  日 平 成 20 年 3 月 期 決 算 短 信 平 成 20 年 5 月 12 日 上 場 会 社 名 古 河 スカイ 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 証 一 部 コード 番 号 :5741 URL http://www.furukawa-sky.co.jp/ 代 表 者 代 表 取 締 役 社 長 氏 名 原 正 照 問 合 せ 先 責 任 者 経 理 部 長 氏 名 要 隆 明 TEL:(03)5295-3800(

More information

注 記 事 項 (1) 会 計 方 針 の 変 更 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 修 正 再 表 示 1 会 計 基 準 等 の 改 正 に 伴 う 会 計 方 針 の 変 更 : 無 2 1 以 外 の 会 計 方 針 の 変 更 3 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 4 修 正 再

注 記 事 項 (1) 会 計 方 針 の 変 更 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 修 正 再 表 示 1 会 計 基 準 等 の 改 正 に 伴 う 会 計 方 針 の 変 更 : 無 2 1 以 外 の 会 計 方 針 の 変 更 3 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 4 修 正 再 平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 非 連 結 ) 平 成 28 年 5 月 10 日 上 場 会 社 名 株 式 会 社 大 谷 工 業 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 5939 URL http://www.otanikogyo.com 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 芝 崎 安 宏 問 合 せ 先 責 任 者 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208742208CBB8BB55F8CA48B865F33335F30315F90AD8DF48CA48B8691E58A77894091E58A775F90AD8DF48CA48B8689C82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208742208CBB8BB55F8CA48B865F33335F30315F90AD8DF48CA48B8691E58A77894091E58A775F90AD8DF48CA48B8689C82E646F63> 学 部 研 究 科 等 の 現 況 調 査 表 研 究 平 成 20 年 6 月 政 策 研 究 大 学 院 大 学 目 次 1. 政 策 研 究 科 1-1 政 策 研 究 大 学 院 大 学 政 策 研 究 科 1. 政 策 研 究 科 Ⅰ 政 策 研 究 科 の 研 究 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-3 分 析 項 目 Ⅰ 研 究 活 動 の

More information

目 次 は じ め に... 3 第 1 章 先 行 研 究 の サ ー ベ イ... 4 第 2 章 金 融 リ テ ラ シ ー 金 融 教 育 の 必 要 性... 8 第 1 節 金 融 リ テ ラ シ ー と は... 8 第 2 節 金 融 教 育 の 目 的 現 状... 第 3 章 各

目 次 は じ め に... 3 第 1 章 先 行 研 究 の サ ー ベ イ... 4 第 2 章 金 融 リ テ ラ シ ー 金 融 教 育 の 必 要 性... 8 第 1 節 金 融 リ テ ラ シ ー と は... 8 第 2 節 金 融 教 育 の 目 的 現 状... 第 3 章 各 平 成 27 年 度 証 券 ゼ ミ ナ ー ル 大 会 第 1 テ ー マ A ブ ロ ッ ク 日 本 において 今 後 必 要 とされる 金 融 リテラシーについて 1 2 和 歌 山 大 学 簗 田 ゼ ミ ナ ー ル ( A 班 ) 1 目 次 は じ め に... 3 第 1 章 先 行 研 究 の サ ー ベ イ... 4 第 2 章 金 融 リ テ ラ シ ー 金 融 教 育 の 必

More information

の 実 施 目 的 プログラムの 内 容 方 法 を 整 理 し 中 国 における 教 員 の 課 題 を 示 す 2 中 国 に お け る 教 員 政 策 の 変 容 (1) 1 9 8 0 年 代 に お け る 教 員 の 政 策 1980 年 代 小 中 高 等 学 校 に お い て は

の 実 施 目 的 プログラムの 内 容 方 法 を 整 理 し 中 国 における 教 員 の 課 題 を 示 す 2 中 国 に お け る 教 員 政 策 の 変 容 (1) 1 9 8 0 年 代 に お け る 教 員 の 政 策 1980 年 代 小 中 高 等 学 校 に お い て は 教 員 の 資 質 向 上 に 関 す る 国 際 動 向 中 国 に お け る 教 員 の 現 状 と 課 題 張 揚 ( 北 海 道 大 学 ) 1 はじめに 1980 年 代 に 入 っ て 以 降 中 国 政 府 は 教 育 の 拡 充 発 展 に 努 め た が 教 育 水 準 は 低 迷 し 続 けた 1983 年 教 育 部 は 小 中 高 等 学 校 教 員 陣 の 調 整 整 理

More information

jouhoukyouikubukai

jouhoukyouikubukai 情 報 教 育 部 会 の 取 組 に つ い て 1 は じ め に 旧 各 市 町 で 推 進 し て き た 情 報 教 育 に つ い て の 調 査 研 究 を 行 い 新 生 栃 木 市 の 情 報 教 育 の 方 向 性 を 検 討 す る と と も に 新 規 導 入 情 報 機 器 の 使 用 法 に つ い て の 周 知 を 図 り 各 学 校 で の 効 果 的 な 活 用

More information

イ ン チ ー ザ ヴ ィ チ ェ ン ツ ァ ヴ ィ ッ ロ ル バ ( ト レ ビ ゾ 近 郊 ) ヴ ィ ン チ ヴ ェ ル バ ニ ア ヴ ェ ロ ー ナ エ リ チ ェ カ タ ー ニ ャ ( 3 月 ~ 1 0 月 ) ( 1 1 月 ~ 2 月 ) 5 0 ユ ー ロ 以 上 介 護

イ ン チ ー ザ ヴ ィ チ ェ ン ツ ァ ヴ ィ ッ ロ ル バ ( ト レ ビ ゾ 近 郊 ) ヴ ィ ン チ ヴ ェ ル バ ニ ア ヴ ェ ロ ー ナ エ リ チ ェ カ タ ー ニ ャ ( 3 月 ~ 1 0 月 ) ( 1 1 月 ~ 2 月 ) 5 0 ユ ー ロ 以 上 介 護 イタリア 各 都 市 における 滞 在 税 ( 宿 泊 税 )の に 関 して 平 素 は 格 別 の お 引 き 立 て を 賜 り 誠 に 有 難 う ご ざ い ま す こ の 度 2 0 1 1 年 1 月 1 日 よ り ロ ー マ に お い て ご 宿 泊 の お 客 様 を 対 象 に 滞 在 寄 付 金 ( C o n t r i b u t o d i S o g g i o r

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

南九州市○○○施設指定管理者募集要項

南九州市○○○施設指定管理者募集要項 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 ( 以 下 放 牧 場 と い う )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は, こ の 仕 様 書 に よ る も の と する 1 趣 旨 本 仕 様 書 は, 指 定 管 理 者 が 行 う 放 牧 場 の 業 務 内 容 及 び 履 行

More information

リーマンで 売 上 4 割 減 となるも 医 療 機 器 への 参 入 で 復 活 した 機 械 加 工 業 A 社 の 事 例 まず 関 西 に 拠 点 を 置 く 機 械 加 工 業 A 社 ( 従 業 員 30 名 )の 事 例 です このA 社 は 旋 盤 フライス 研 削 加 工 を 得

リーマンで 売 上 4 割 減 となるも 医 療 機 器 への 参 入 で 復 活 した 機 械 加 工 業 A 社 の 事 例 まず 関 西 に 拠 点 を 置 く 機 械 加 工 業 A 社 ( 従 業 員 30 名 )の 事 例 です このA 社 は 旋 盤 フライス 研 削 加 工 を 得 景 気 が 持 ち 直 してきたように 感 じますが 自 動 車 電 機 IT 業 界 への 依 存 は 危 険! 今 こそ 成 長 する 医 療 機 器 業 界 を 攻 めよう!! 今 国 内 の 自 動 車 業 界 がにわかに 忙 しくなってきました H 社 の 海 外 設 備 部 門 はこの 先 2 年 以 上 仕 事 が 埋 まっており また M 社 では 新 車 種 の 生 産 開 始 に

More information

Microsoft Word - No13.doc

Microsoft Word - No13.doc 海 外 と の 日 本 文 化 日 本 文 学 交 流 史 展 望 伊 井 春 樹 ( 国 文 学 研 究 資 料 館 ) 1 海 外 と の 交 流 始 発 中 国 か ら 日 本 に 文 字 が も た ら さ れ た の は 三 世 紀 か ら 五 世 紀 の 頃 6 世 紀 に な る と 仏 教 も 伝 来 し そ れ ま で の 自 然 崇 拝 と し て 形 成 さ れ て い た 神

More information

ファンドの 目 的 世 界 各 国 の 取 引 所 に 上 場 されている 投 資 信 託 証 券 への 投 資 を 通 じて 世 界 ( 日 本 を 含 みます )の 株 式 債 券 不 動 産 投 資 信 託 (REIT) 商 品 (コモディティ)へ 実 質 的 に 分 散 投 資 を 行 ない

ファンドの 目 的 世 界 各 国 の 取 引 所 に 上 場 されている 投 資 信 託 証 券 への 投 資 を 通 じて 世 界 ( 日 本 を 含 みます )の 株 式 債 券 不 動 産 投 資 信 託 (REIT) 商 品 (コモディティ)へ 実 質 的 に 分 散 投 資 を 行 ない 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 :2015 年 11 月 20 日 楽 天 グローバル バランス ( 安 定 型 / 成 長 型 / 積 極 型 ) ほうじょう ( 愛 称 ) 豊 饒 の 木 追 加 型 投 信 / 内 外 / 資 産 複 合 商 品 分 類 および 属 性 区 分 商 品 分 類 投 資 対 象 資 産 単 位 型 追 加 型 投

More information