Ⅰ. はじめに グローバル 化 を 進 めるには 郷 に 入 れば 郷 に 従 わなければならない ただ 郷 が 世 界 中 ということになると 相 手 は 非 常 に 多 様 で 常 に 変 容 している 存 在 である グローバル 企 業 は 多 様 性 をどのように 取 り 込 んでいるのか

Size: px
Start display at page:

Download "Ⅰ. はじめに グローバル 化 を 進 めるには 郷 に 入 れば 郷 に 従 わなければならない ただ 郷 が 世 界 中 ということになると 相 手 は 非 常 に 多 様 で 常 に 変 容 している 存 在 である グローバル 企 業 は 多 様 性 をどのように 取 り 込 んでいるのか"

Transcription

1 WHITE PAPER FEBRUARY 2015 グローバルビジネスに 本 気 で 挑 戦 するために 第 2 回 グローバル 化 のチャンスを 結 果 に 変 えるために BY DHR INTERNATIONAL TOKYO OFFICE 0

2 Ⅰ. はじめに グローバル 化 を 進 めるには 郷 に 入 れば 郷 に 従 わなければならない ただ 郷 が 世 界 中 ということになると 相 手 は 非 常 に 多 様 で 常 に 変 容 している 存 在 である グローバル 企 業 は 多 様 性 をどのように 取 り 込 んでいるのか DHR International (DHR) の グローバルビジネスに 本 気 で 挑 戦 するために のシリーズ 第 1 回 リーダー 人 材 確 保 に 待 ったなし ではグローバル 化 のためのリーダー 人 材 の 育 成 確 保 に 関 するインタビューを 通 してさまざまなことが 確 認 できた たとえば 経 営 のグローバ ル 化 を 最 優 先 事 項 として 取 り 組 んでいる 企 業 が 多 く 存 在 していること そしてリーダー 人 材 育 成 確 保 の 面 で 柔 軟 に 対 応 する 企 業 が 増 えていること などである 多 くの 日 本 企 業 では その 海 外 事 業 の 経 営 陣 には 古 くから 日 本 の 本 社 から 生 え 抜 きの 人 材 を 駐 在 員 として 派 遣 してきた だが 最 近 は 必 ずしもそうでなく 必 要 に 応 じて 現 地 のローカ ル 人 材 を 社 外 から 採 用 したり 本 社 でグローバル 人 材 をグローバルビジネスの 責 任 者 として 中 途 採 用 したり あるいは 現 地 に 派 遣 したりするケースが 多 くなっている これはグローバ ル 化 を 図 る 企 業 にとっては 最 初 の 一 手 であり 今 後 海 外 ビジネスのギアアップはこれらリー ダー 人 材 の 活 用 にかかっているといえるだろう リーダー 人 材 の 確 保 が 海 外 戦 略 の 入 り 口 だとすると このチャンスを 生 かすために 次 に 打 つ べき 一 手 は 何 か グローバル 化 は 多 様 化 と 背 中 合 わせであるとして これをどうやって 原 動 力 に 変 えていくのか ダイバーシティ インクルージョンなどをキーワードに グローバル 化 を 見 据 えた 経 営 の 心 構 えや 工 夫 に 関 するDHRのインタビューも 織 り 交 ぜて 考 察 してみたい 1

3 II. 乗 り 越 えるべき 日 本 的 なメンタリティ まず 日 本 企 業 のメンタリティを 多 国 籍 企 業 のそれと 比 べてみましょう DHRのインタビューの 際 に 元 外 資 系 金 融 会 社 の 人 事 部 長 で 現 在 人 事 系 のコンサルタントであ るE 氏 は 日 本 企 業 がグローバル 化 でなぜ 苦 労 するか という 説 明 のために 以 下 のような 表 を 書 いてくださった 日 本 企 業 と 多 国 籍 企 業 のアプローチの 違 いはかなりあります 日 本 の ように 同 じ 文 化 同 じ 言 語 で 仕 事 をすると チームでそれなりのものが 出 揃 う しっかり 調 査 して 緻 密 に 計 画 して 万 全 の 製 造 体 制 も 準 備 する こうやってグローバル 仕 様 に 対 応 して いるつもりであっても 精 査 しているうちに 最 初 の 突 き 抜 けた 考 えがなくなって 丸 くなって しまい 製 品 に 魅 力 がなくなってしまったり 市 場 では 的 外 れだったりしてしまう こんな ことを 繰 り 返 しているのはなぜか 日 本 人 はグローバルな 競 争 環 境 において メンタリティ という 点 で 不 利 なんだと 私 は 思 うのです メンタリティーのギャップ 2

4 E 氏 は 続 ける 日 本 企 業 は ルールが 利 く 範 囲 では 平 均 以 上 の 結 果 を 継 続 的 に 出 すことが 得 意 です しかし 今 の 世 の 中 は 変 化 が 早 い 新 しい 技 術 アプローチでゲームの 成 り 行 きが どんどん 変 わる 昨 今 は 日 本 的 にやっていたら 置 いてきぼりをくった という 状 況 が 多 々が あります こんな 状 況 に 失 望 してせっかくの 人 材 も 日 本 企 業 から 離 れていきますよね 今 日 変 革 を 促 す 原 動 力 は 多 様 性 にあると 言 われている 実 際 世 界 の 多 くの 多 国 籍 企 業 がダ イバーシティ( 多 様 性 )を 戦 略 の 一 部 として 活 動 しているが 性 別 人 種 などの 背 景 に 関 係 な く 実 力 本 位 でチームを 編 成 する 多 国 籍 企 業 についてE 氏 は 以 下 のように 説 明 してくださった 欧 米 企 業 は 多 様 化 をパワーに 変 えることができているところが 多 いが そもそも 自 国 のメ ンタリティや 文 化 背 景 が 多 様 内 需 に 対 応 する 段 階 から おのずと 異 文 化 の 人 材 を 集 めて その 混 合 チームでいろいろ 作 業 をすることになった チームフォーメーションを 作 るのは 実 際 には 結 構 大 変 なのだが うまくいけば 今 度 は 多 方 面 からさまざまな 矢 が 飛 んできてもシ ョックを 吸 収 したり 跳 ね 返 したりできる 実 力 主 義 の 文 化 が 浸 透 しているからできるので しょう 米 国 の 大 学 を 卒 業 後 外 資 系 日 系 の 金 融 機 関 数 社 で20 年 近 く 人 事 を 経 験 されている 外 資 系 金 融 日 本 法 人 の 人 事 本 部 長 F 氏 も E 氏 と 同 様 の 考 え 方 だが 多 様 性 に 対 する 苦 手 意 識 を 克 服 するためには 実 際 に 行 動 し 始 めてみることを 提 案 している 日 本 の 会 社 で 面 白 いのは グローバル 人 材 の 定 義 を 求 め マニュアル 化 しようとする 例 えばTOEIC 何 点 以 上 とか 海 外 経 験 何 年 以 上 とか 研 究 熱 心 なので 新 しい 戦 略 やアプローチ にも 詳 しい だた 実 際 に 新 しいことを 提 案 されたとき 検 証 するに 終 わっていないだろうか また 自 分 の 経 験 値 から 判 断 して それができない 理 由 を 一 生 懸 命 になって 探 していないだろ うか 完 璧 なものを 作 ろうとする 間 にゲームはまったく 次 元 が 違 うステージに 移 ってしまう ことも 日 本 人 的 なメンタリティにとらわれないこと 慣 習 や 言 語 を 乗 り 越 えなければなら ない 内 向 的 な 思 考 を 切 り 替 えなければならないが 言 うは 易 し 行 いは 難 し と 立 ち 往 生 して いないだろうか 次 章 では 多 国 籍 企 業 としての 価 値 観 を 根 幹 に 据 えて そこからぶれないこ とで 日 本 的 メンタリティを 克 服 している 企 業 の 事 例 を2つ 紹 介 したい 3

5 III. グローバル 化 のチャンスを 結 果 に 変 えるために 事 例 1: LIXILグループの 行 動 力 が 可 能 にする 日 本 的 メンタリティの 克 服 術 LIXILグループの 執 行 役 副 社 長 で 人 事 総 務 担 当 の 八 木 洋 介 氏 にお 話 を 伺 う 機 会 があった ちょうど 海 外 での 夏 休 みから 帰 ってきたばかりのタ イミングで ご 家 族 で 楽 しくすごされたという 八 木 氏 は 日 本 企 業 が 日 本 的 メンタリティーを 乗 り 越 えるために 実 践 されていることとし て 自 ら 行 動 すること を 強 調 された 課 題 の 一 つに 有 給 休 暇 の 取 得 率 の 低 さがあった LIXIL の 社 員 は 皆 勤 勉 で 仕 事 のプロであり 責 任 感 と 社 に 対 する 忠 誠 心 が 強 い この 同 質 的 な 社 風 は 日 本 的 組 織 の 中 で 培 われたものであり 日 本 市 場 にお いて 成 長 するには 重 要 な 財 産 だった ただし その 勤 勉 ぶりを 示 す 指 標 の 一 つが 有 給 休 暇 取 得 率 が30% 台 であったことにある これを 是 正 するにはどうしたらいいか 方 策 は 意 外 に 単 純 である 社 長 の 藤 森 義 明 氏 と 八 木 氏 をはじめとする 経 営 陣 は 自 ら 率 先 して 有 給 休 暇 を 取 得 している こうすることで 社 員 全 員 が 休 暇 をとりやすい 雰 囲 気 を 作 ろうとい うものだ ちなみにこの2 年 間 で 有 給 休 暇 取 得 率 は 相 当 改 善 しているそうだ 八 木 氏 は 休 みの 日 つまり 会 社 以 外 の 場 に 身 をおくことでできるさまざま 効 果 をこう 語 る 親 しい 人 と 憩 いのひと 時 を 過 ごして 憩 うことができる 上 に たとえば 旅 行 先 で 流 行 してい るものに 接 したり 趣 味 や 勉 強 をしてすごすなど 自 分 を 充 電 するいい 機 会 になるのです 新 しい 言 語 を 習 うもよし 新 しい 友 人 や 趣 味 を 作 るもよし こういった 自 己 開 発 は 今 後 のキャ リア 開 発 につながるものですし 仕 事 にもプラスに 作 用 する 日 本 の 同 質 的 な 社 内 の 環 境 か らくる 自 分 の 視 点 だけでは 世 界 市 場 に 対 応 するには 限 界 があります 全 社 員 に 休 みをしっか りとって 自 己 開 発 をしてもらいたいです LIXILが 日 本 的 な 組 織 メンタリティを 乗 り 越 えるためのもう 一 つの 原 動 力 に ダイバーシティ があるという 八 木 氏 は LIXILが 提 供 するプロダクトは 家 庭 で 誰 もが 使 うもの それな のに それらの 開 発 デザイン マーケティング 販 売 するリー ダーが 男 性 中 心 というのはいかがなものか 今 年 LIXILグループ は なでしこ 銘 柄 に 選 定 されました 女 性 の 観 点 も 取 り 入 れてお 客 様 の 好 みや 使 い 勝 手 を より 反 映 させた 商 品 開 発 のためにも 女 性 リーダーをより 積 極 的 に 活 用 していく 方 針 です 休 暇 の 取 得 とダイバーシティは 一 見 異 なるトピックではあるが 個 人 の 中 に 多 様 性 を 身 につ ける 組 織 として 多 様 性 を 身 につけるという 点 では 共 通 である これらが 変 革 を 起 こす 原 動 力 となり グローバル 化 に 必 要 な 力 をつけていくことができるということだろう 4

6 事 例 2:イケアジャパンの マインドセット が 可 能 にする 日 本 的 メンタリティの 克 服 術 ここで 外 資 系 のグローバル 人 事 制 度 とその 成 果 を 取 り 上 げたい 全 国 8 店 舗 でデザイン 家 具 ホームウエアを 販 売 するイケアジャパンは 経 済 産 業 省 が 主 催 する 2013 年 ダイバーシテ ィ 経 営 企 業 100 選 に 選 ばれた 同 企 画 はダイバーシティ 経 営 によって 企 業 価 値 向 上 を 果 たした 企 業 を 表 彰 するもの イケア ジャパンでは 女 性 の 管 理 職 比 率 は 約 43% 世 界 21カ 国 の 人 材 が 勤 務 しており さらに 韓 国 など に 日 本 で 育 成 された 人 材 の 海 外 輸 出 を 実 施 しているなど 多 様 な 人 材 の 積 極 的 活 用 が 評 価 の 対 象 となった DHRはグローバル 企 業 人 事 の 成 功 の 秘 訣 ということで 同 社 人 事 本 部 長 の 泉 川 玲 香 氏 にお 話 を 伺 った 同 氏 が 強 調 す るのは インクルージョン 組 織 の 中 にさまざまな 人 の 多 様 性 を 生 み 出 し さらに 組 織 がその 多 様 性 を 受 け 容 れて 活 かすことを 指 すが インクルージョンというコンセプト で イケアジャパンはダイバーシティのその 一 歩 先 を 行 く 形 だ 泉 川 氏 はインクルージョンを 実 現 させるために 一 番 大 切 なことは 経 営 者 層 の 日 々の マイン ドセット である と 強 調 する 組 織 の 中 で 誰 にでもビジネスに 参 加 して 貢 献 する 機 会 が あること それぞれの 経 験 やスキルや 考 え 方 が 適 材 適 所 であることが 優 先 さらに 出 る 杭 は 打 たない これらの 考 え 方 を 率 先 して 実 現 しているかどうかが イケアのリーダーとして 求 められる 資 質 また 評 価 基 準 でもあります イケアでは もともとのカルチャーとして 多 様 な 人 材 の 活 用 が 深 く 浸 透 している その 事 もあり 全 世 界 のイケア 社 員 が 見 ることができる Open IKEA という 社 内 公 募 制 度 が 早 くから 根 付 いている 例 えば 最 近 の 例 の 一 つとして 日 本 のストアマネ ージャーのポジションを Open IKEA で 公 募 をしたところ 世 界 中 から 約 30 人 が 名 乗 りを 上 げ 全 員 が 日 本 でのインタビューに 臨 んだ ダイバーシティ&インクルージョンを 真 のものとして 推 進 するためには タイトルやポジションなどに 関 係 なく 対 等 に 考 えや 意 見 を 述 べ 合 えるかが 重 要 そのためには 本 意 を もって 信 頼 しあうことが 大 切 で そこから 個 人 個 人 のもつ 力 や 能 力 が 見 えてくるはず その 能 力 をお 互 いに 活 用 し 合 える 環 境 が 生 まれたならこそ それこそが インクルージョンへ の 実 現 の 1 歩 だと 思 います と 結 んだ 5

7 まとめ 人 材 のダイバーシティ 対 応 を 意 識 しているが 取 り 組 まざるを 得 ない という 社 会 的 要 請 があるから 応 じて 形 式 的 にそうしている という 企 業 は 少 なからずある そのような 視 点 で 外 部 からの 登 用 女 性 幹 部 の 取 り 込 みなどを 進 めても ビジネスの 目 的 達 成 のためのロード マップもなく 結 果 も 出 せない したがって 社 員 をうまく 巻 き 込 めず 経 営 者 みずから ダイバーシティなんて 面 倒 なこと という 感 覚 に 陥 ってしまう ダイバーシティを 導 入 することは 最 初 は 心 地 よいものではないかもしれない しかし 構 えす ぎる 前 に まずは 本 気 でやってみること これこそが 多 様 性 の 受 容 の 第 一 歩 だろう 最 初 の ヤマを 乗 り 越 えれば 互 いに 受 容 の 気 持 ちが 生 まれる 気 持 ちを 共 有 できればそこは 同 じ 土 俵 の 上 すると 日 本 企 業 のいいところが 活 きてくる グローバルビジネスの 目 標 も 達 成 にも 大 きく 前 進 できるだろう ダイバーシティがすべてではない ただ 間 違 いなくグローバ ル 化 のための 原 動 力 となりえる 経 営 戦 略 の 一 環 として 継 続 的 に 推 進 することで 新 たな 競 争 力 を 生 み 出 していけるはずである 今 回 はグローバル 経 営 上 の 日 本 的 なメンタリティ 対 する 企 業 における 多 様 性 (Diversity: ダイバーシティ)の 果 たす 役 割 などを 考 察 したが 次 回 以 降 では グローバルのリーダーの 資 質 とは 外 部 から 採 用 した 人 材 の 企 業 側 の 受 け 入 れ 態 勢 (On Boarding: オンボーディング) などをテーマに 更 なる 考 察 提 言 を 行 っていきたい 6

8 About us: DHRインターナショナルは1989 年 にシカゴにて 創 業 以 来 2004 年 に 香 港 にアジア 地 域 本 社 アムス テルダムに 欧 州 地 域 本 社 を 設 置 2010 年 に 南 米 地 域 本 社 をサンパウロに 設 置 し 現 在 では 世 界 の50 都 市 以 上 でエグゼクティブサーチのコンサルティングを 展 開 クライアントの 経 営 課 題 を 解 決 しうるエ グゼクティブ 人 材 選 定 のサポートを 行 っています 東 京 を 含 むアジアパシフィック 地 域 では 現 在 10 都 市 ( 東 京 香 港 上 海 北 京 台 湾 ソウル シ ンガポール ムンバイ デリ ドバイ)にオフィスがあり DHR one office の 概 念 に 基 づき 緊 密 な 協 力 関 係 を 保 ちながらクライアントサービスを 提 供 しています 常 に 候 補 者 となりうるエグゼクティブと 信 頼 される 関 係 を 構 築 しており 候 補 者 が 積 極 的 に 転 職 の 意 思 のない 場 合 でも ビジネスチャンスがキャリアチャンス ということを 理 解 してもらえるようなア プローチをすることができます ヘッドハントしたエグゼクティブが 成 功 することで 企 業 も 成 功 すること が 私 たちの 情 熱 の 源 であり 成 功 にほかなりません Contact us: DHR International Japan 株 式 会 社 東 京 都 港 区 虎 ノ 門 神 谷 町 MTビル16F 代 表 : 橘 奈 緒 美 (ライフサイエンス ハイテク 製 造 業 ) マネージング ディレクター 永 田 道 雄 (ライフサイエンス 化 学 製 造 業 ) エグゼクティブ バイス プレジデント 森 計 彦 ( 金 融 ハイテク プロフェッショナルサービス 人 事 ) エグゼクティブ バイス プレジデント 秦 一 成 (ハイテク 製 造 業 商 社 ) エグゼクティブ バイス プレジデント 小 松 崎 涼 子 * 編 集 責 任 ( 消 費 財 小 売 プロフェッショナルサービス) エグゼクティブ バイス プレジデント 7

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1 墨 田 区 女 性 の 活 躍 推 進 のための 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 ) 平 成 28 年 4 月 墨 田 区 目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達

More information

1. 講 師 紹 介 野 澤 和 世 氏 ランスタッド 株 式 会 社 グローバル 人 財 推 進 室 マネージャー 外 国 人 雇 用 コンサルタント 特 定 非 営 利 活 動 法 人 グローバル 人 材 育 成 協 会 理 事 キャリアカウンセラー( 米 国 CCE.Inc 認 定 GCDF)

1. 講 師 紹 介 野 澤 和 世 氏 ランスタッド 株 式 会 社 グローバル 人 財 推 進 室 マネージャー 外 国 人 雇 用 コンサルタント 特 定 非 営 利 活 動 法 人 グローバル 人 材 育 成 協 会 理 事 キャリアカウンセラー( 米 国 CCE.Inc 認 定 GCDF) 第 7 回 グローバル 人 事 塾 国 際 競 争 で 120% 活 かす 外 国 人 留 学 生 人 材 採 用 と 人 材 育 成 術 ~ 国 籍 問 わず 人 材 を 活 用 する 方 法 論 ~ 日 時 : 2013 年 10 月 27 日 14:00~18:00 場 所 : KEN スクール 新 宿 本 校 主 催 : グローバル 人 事 塾 企 画 : ゼスト 株 式 会 社 協 力 :

More information

運 用 受 託 機 関 従 業 員 年 金 規 約 事 業 主 資 産 管 理 運 用 契 約 掛 金 運 用 指 針 資 産 管 理 運 用 機 関 信 託 会 社 生 命 保 険 会 社 農 業 協 同 組 合 連 合 会 裁 定 裁 定 請 求 退 職 した 従 業 員 ( 受 給 権 者 )

運 用 受 託 機 関 従 業 員 年 金 規 約 事 業 主 資 産 管 理 運 用 契 約 掛 金 運 用 指 針 資 産 管 理 運 用 機 関 信 託 会 社 生 命 保 険 会 社 農 業 協 同 組 合 連 合 会 裁 定 裁 定 請 求 退 職 した 従 業 員 ( 受 給 権 者 ) シリーズ: 規 約 型 確 定 給 付 企 業 年 金 担 当 者 のための 資 産 運 用 入 門 Vol.2 年 金 資 産 運 用 のプロセス 企 業 年 金 の 担 当 者 にとって 資 産 運 用 の 責 任 とはなんでしょうか 仮 に 数 十 億 円 の 年 金 資 産 に 対 して 資 産 運 用 の 結 果 に 対 して 責 任 を 持 てと 言 われると サラリ ー マ ン で あ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032302D312D3730874581408140816B8E9197BF816C91E63689F189C6927B897190B688CF88F589EF89EF8B638A549776288DC58F4994C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032302D312D3730874581408140816B8E9197BF816C91E63689F189C6927B897190B688CF88F589EF89EF8B638A549776288DC58F4994C5816A> 第 6 回 家 畜 衛 生 委 員 会 の 会 議 概 要 ( 畜 産 家 畜 衛 生 部 会 常 設 委 員 会 ) Ⅰ 日 時 平 成 20 年 3 月 3 日 ( 月 ) 13:30~17:00 Ⅱ 場 所 日 本 獣 医 師 会 会 議 室 Ⅲ 出 席 者 委 員 委 員 長 戸 谷 孝 治 日 本 獣 医 師 会 理 事 副 委 員 長 丸 山 崇 全 国 家 畜 衛 生 職 員 会 顧

More information

ョン 会 場 には 予 想 を 上 まわる 約 500 名 の 参 加 者 があった このことから 長 期 休 暇 や 労 働 時 間 働 き 方 などに 関 する 労 働 者 や 企 の 関 心 が 高 まってきていることを 実 感 した 本 稿 では 企 にとって 労 働 者 の 仕 事 と 生

ョン 会 場 には 予 想 を 上 まわる 約 500 名 の 参 加 者 があった このことから 長 期 休 暇 や 労 働 時 間 働 き 方 などに 関 する 労 働 者 や 企 の 関 心 が 高 まってきていることを 実 感 した 本 稿 では 企 にとって 労 働 者 の 仕 事 と 生 職 人 生 と 労 働 時 間 をめぐる 諸 課 題 はじめに 井 戸 和 男 いわゆるバブル 経 済 が 崩 壊 し 極 めて 厳 しいグローバルな 競 争 下 において 企 は 生 き 残 りをかけて リ ストラクチャリングを 行 ってきた その 主 な 方 法 の 一 つが 人 件 費 の 抜 本 的 削 減 であった これまで 日 本 型 経 営 といわれた 経 営 のあり 方 を 根 本

More information

2.2 書 物 との 出 会 い 書 物 との 出 会 いは ひとそれぞれです 絵 本 マンガ 本 文 学 書 教 科 書 さまざまな 形 で 目 に 触 れ ときに 心 に 触 れていきます こう 考 えると 書 物 に 触 れない 触 れたことがない 人 はい ないのではないでしょうか 好 むと

2.2 書 物 との 出 会 い 書 物 との 出 会 いは ひとそれぞれです 絵 本 マンガ 本 文 学 書 教 科 書 さまざまな 形 で 目 に 触 れ ときに 心 に 触 れていきます こう 考 えると 書 物 に 触 れない 触 れたことがない 人 はい ないのではないでしょうか 好 むと 第 2 章 本 ( 書 物 )が 果 たす 役 割 と 公 共 図 書 館 の 必 要 性 2.1 書 物 ( 書 き 物 )は 人 生 の 役 に 立 つのか 人 生 において 書 物 ( 書 き 物 )との 出 会 いは 何 の 役 に 立 つか まず この 大 命 題 について 考 えを 巡 らせることから 検 討 委 員 会 報 告 は 始 めます 世 の 中 には 様 々な 書 物 が 存

More information

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx 要 旨 本 論 文 の 目 的 は, 日 本 企 業 の 人 材 マネジメントとしての 育 児 期 従 業 員 に 対 する 両 立 支 援 施 策 とその 運 用 が, 育 児 期 の 女 性 正 社 員 の 定 着 と 動 機 づけにもつ 影 響 とそのメカニズムに ついて 理 論 的 に 考 察 し, 実 証 を 行 うことにある. 本 論 での 両 立 支 援 施 策 は, 主 に, 従 業

More information

東京都教育庁配布・説明資料

東京都教育庁配布・説明資料 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 基 本 構 想 検 討 委 員 会 中 間 まとめについて 1 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 の 設 置 の 基 本 的 な 考 え 方 4 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 の 設 置 の 基 本 的 な 枠 組 み 理 数 を 中 心 に 世 界 に 伍 して 活 躍 できる 人 間 を 育 成 するため 児 童 生 徒 一 人 一 人 の

More information

様 式 2-1) [ 経 済 局 誘 致 推 進 課 ] 名 特 記 項 5 款 1 項 2 目 中 期 計 画 - 戦 略 中 期 計 画 - 1 企 誘 致 促 進 新 規 拡 充 1) 企 誘 致 促 進 活 動 区 分 金 額 平 成 28 年 度 計 画 書 局 統 括 本 部 ) 国 財

様 式 2-1) [ 経 済 局 誘 致 推 進 課 ] 名 特 記 項 5 款 1 項 2 目 中 期 計 画 - 戦 略 中 期 計 画 - 1 企 誘 致 促 進 新 規 拡 充 1) 企 誘 致 促 進 活 動 区 分 金 額 平 成 28 年 度 計 画 書 局 統 括 本 部 ) 国 財 様 式 1) 計 画 書 目 次 [ 経 済 局 ] 5 款 1 項 2 目 単 位 : 千 円 ) 計 画 書 頁 名 28 年 度 27 年 度 増 減 28-27) 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 戦 略 基 本 政 策 新 規 拡 充 1 企 誘 致 促 進 3,174,89 3,173,552 3,158,145 3,157,191 15,944

More information

Microsoft Word - 5.SCJ第20期-200719-20541000-005(将来構想).doc

Microsoft Word - 5.SCJ第20期-200719-20541000-005(将来構想).doc 記 録 文 書 番 号 SCJ 第 20 期 -200719-20541 000-005 委 員 会 等 名 日 本 学 術 会 議 化 学 委 員 会 アジア 化 学 イニシャティブ 分 科 会 標 題 アジア 化 学 イニシャティブに 関 する 将 来 構 想 作 成 日 平 成 20 年 (2008 年 ) 7 月 19 日 本 資 料 は 日 本 学 術 会 議 会 則 第 二 条 に 定

More information

学校授業のスパイス 大阪府・学力向上への挑戦!

学校授業のスパイス 大阪府・学力向上への挑戦! ここ 数 年 の 全 国 学 力 テストにおいて 大 阪 府 ほど 注 目 を 集 めたところもありません 全 国 平 均 を 下 回 る 結 果 に 橋 下 徹 知 事 は 憤 りをあらわ にし その 後 も 教 育 に 関 する 知 事 の 言 動 が 多 くのマスコミに 取 り 上 げられてきました そのような 中 実 際 の 教 育 現 場 では 喫 緊 の 課 題 である 学 力 向 上

More information

Microsoft Word - 第28回国日協報告最終版130905.doc

Microsoft Word - 第28回国日協報告最終版130905.doc 第 28 回 国 立 大 学 日 本 語 教 育 研 究 協 議 会 報 告 2013 年 5 月 24 日 ( 金 )に 第 28 回 国 立 大 学 日 本 語 教 育 研 究 協 議 会 が 東 京 海 洋 大 学 で 開 催 されました 当 日 の 協 議 会 について 情 報 共 有 セッション 分 科 会 総 合 討 議 を 中 心 にご 報 告 します 1. 日 時 :2013 年 5

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6 豊 橋 市 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 指 針 平 成 27 年 3 月 豊 橋 市 目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2

More information

Microsoft Word - 文書 3

Microsoft Word - 文書 3 2 事 業 所 調 査 (1) 教 育 訓 練 の 実 施 状 況 1OFF-JTの 実 施 状 況 ( 図 11) 平 成 17 年 度 に 正 社 員 に 対 して OFF-JTを 実 施 した 事 業 所 は72.2%であった 業 種 別 にみると 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 業 89.4% 医 療, 福 祉 84.9% 金 融 保 険 業 84.4%が 高 い 一 方 教 育, 学 習

More information

3 方 法 今 回 の 実 験 では アンケートによってサンプルを 収 集 し それを 回 帰 分 析 することで 仮 説 との 整 合 性 を 検 証 するという 方 法 を 採 択 した 具 体 的 には 被 説 明 変 数 に 教 育 熱 を 測 る 質 問 を 説 明 変 数 には 自 尊

3 方 法 今 回 の 実 験 では アンケートによってサンプルを 収 集 し それを 回 帰 分 析 することで 仮 説 との 整 合 性 を 検 証 するという 方 法 を 採 択 した 具 体 的 には 被 説 明 変 数 に 教 育 熱 を 測 る 質 問 を 説 明 変 数 には 自 尊 日 韓 における 自 尊 心 競 争 心 見 栄 の 度 合 いによる 親 の 子 供 に 対 する 教 育 熱 の 度 合 い 著 者 朝 緑 明 子 井 本 拓 希 宋 熹 允 山 下 裕 一 朗 所 属 先 慶 應 義 塾 大 学 経 済 学 部 1 要 約 日 本 では 昨 今 熾 烈 な 大 学 受 験 戦 争 が 起 きている しかし その 戦 争 に 勝 利 して 有 名 大 学 に

More information

<819F31362D3130318AE989E68F918145905694438AC7979D8ED2816932372E31322E323481454F4B816A2E786C7378>

<819F31362D3130318AE989E68F918145905694438AC7979D8ED2816932372E31322E323481454F4B816A2E786C7378> 16-101 ( サ ブ ) 新 任 管 理 者 研 修 Ⅰ ~マネジメントの 基 礎 がよくわかる 入 門 座 ~ 企 業 が 活 力 を 高 めていくためには 組 織 の 中 核 となる 管 理 者 がメンバーのやる 気 や 柔 軟 なアイディアを 引 き 出 し 効 果 的 にPDCAを 回 していくことが 求 められます 本 研 修 では 管 理 者 に 求 められる 役 割 とマネジメントについて

More information

<4D F736F F D208F4390B38CB48D655F95F18D908F918A C581698DC58F4994C5816A2E646F63>

<4D F736F F D208F4390B38CB48D655F95F18D908F918A C581698DC58F4994C5816A2E646F63> 中 小 企 業 の 人 材 育 成 1. 調 査 の 背 景 目 的 中 小 企 業 にとって 人 材 確 保 のチャンスが 到 来 している リクルートワークス 研 究 所 の 大 卒 求 人 倍 率 調 査 によれば 2009 年 3 月 卒 の 中 小 企 業 の 就 職 希 望 者 数 は 173 千 人 であった が 2012 年 卒 では 219 千 人 にまで 増 加 し 求 人 倍

More information

(1)

(1) 2012 年 度 工 学 マネジメント 研 究 科 外 部 点 検 評 価 委 員 会 審 査 議 事 録 日 時 : 2013 年 3 月 19 日 ( 火 )14:00~16:30 場 所 : 豊 洲 校 舎 研 究 棟 5 階 大 会 議 室 出 席 者 : 外 部 点 検 評 価 委 員 側 委 員 長 野 間 口 有 ( 独 ) 産 業 技 術 総 合 研 究 所 理 事 長 委 員 酒

More information

はじめに 貴 方 はこれまで 面 接 に 向 けて 一 生 懸 命 準 備 をしてきたことで しょう 面 接 とは 貴 方 が 本 当 に 輝 く 機 会 を 得 る 場 所 です 自 身 の 経 験 や 専 門 知 識 を 示 し いかに 貴 方 こそがその 仕 事 に 最 適 な 候 補 者 で

はじめに 貴 方 はこれまで 面 接 に 向 けて 一 生 懸 命 準 備 をしてきたことで しょう 面 接 とは 貴 方 が 本 当 に 輝 く 機 会 を 得 る 場 所 です 自 身 の 経 験 や 専 門 知 識 を 示 し いかに 貴 方 こそがその 仕 事 に 最 適 な 候 補 者 で リーダーシップシリーズ 成 功 する 面 接 ガイド スプリングプロフェッショナル springjapan.com はじめに 貴 方 はこれまで 面 接 に 向 けて 一 生 懸 命 準 備 をしてきたことで しょう 面 接 とは 貴 方 が 本 当 に 輝 く 機 会 を 得 る 場 所 です 自 身 の 経 験 や 専 門 知 識 を 示 し いかに 貴 方 こそがその 仕 事 に 最 適 な

More information

多様な働き⽅の実現に向けた働き⽅改⾰の取組について

多様な働き⽅の実現に向けた働き⽅改⾰の取組について RIETI 政 策 シンポジウム 正 社 員 改 革 と 多 様 な 働 き 方 実 現 を 目 指 して プレゼンテーション 資 料 小 林 浩 史 経 済 産 業 省 経 済 産 業 政 策 局 産 業 人 材 政 策 担 当 参 事 官 室 長 2015 年 7 月 2 日 独 立 行 政 法 人 経 済 産 業 研 究 所 (RIETI) http://www.rieti.go.jp/jp/index.html

More information

Imaginative Power ~ 豊 かな 発 想 がビジネスの 未 来 を 切 り 開 く ~ はじめに About Systems engineer 1 会 社 案 内 About Us 2 アプローチ システムズの 将 来 Our Future 3 求 める 人 材 像 Our Need

Imaginative Power ~ 豊 かな 発 想 がビジネスの 未 来 を 切 り 開 く ~ はじめに About Systems engineer 1 会 社 案 内 About Us 2 アプローチ システムズの 将 来 Our Future 3 求 める 人 材 像 Our Need Imaginative Power ~ 豊 かな 発 想 がビジネスの 未 来 を 切 り 開 く ~ 株 式 会 社 アプローチ システムズ 会 社 紹 介 2015 年 度 Imaginative Power ~ 豊 かな 発 想 がビジネスの 未 来 を 切 り 開 く ~ はじめに About Systems engineer 1 会 社 案 内 About Us 2 アプローチ システムズの

More information

めに 男 性 が 積 極 的 に 育 児 に 参 加 する 必 要 がある そのための 方 法 の 1 つとして 育 児 休 業 制 度 の 活 用 がある 育 児 休 業 は 継 続 就 業 をしながら 育 児 に 関 わる 時 間 を 増 やす 手 段 として 有 効 であると 考 えられる 男

めに 男 性 が 積 極 的 に 育 児 に 参 加 する 必 要 がある そのための 方 法 の 1 つとして 育 児 休 業 制 度 の 活 用 がある 育 児 休 業 は 継 続 就 業 をしながら 育 児 に 関 わる 時 間 を 増 やす 手 段 として 有 効 であると 考 えられる 男 男 性 の 育 児 休 業 取 得 率 向 上 のための 方 策 ~ 成 功 した 企 業 の 事 例 を 参 考 に~ 石 島 修 平 小 此 木 綾 華 芳 賀 真 依 子 津 久 井 慧 1 はじめに 安 倍 政 権 は 3 本 の 矢 と 呼 ばれる 経 済 再 生 目 標 を 掲 げ そのうちの 成 長 戦 略 目 標 において 女 性 の 活 躍 推 進 を 挙 げている これは 女 性

More information

超ヒントプレミア091111

超ヒントプレミア091111 こんにちは すずりょうこと 鈴 木 領 一 です 番 組 すずりょうの ビジネスの 超 ヒント! プレミアム のご 案 内 をさせていただき ます ( 最 後 に 一 万 円 相 当 のプレゼントのご 案 内 がございます) この 番 組 のタイトルをご 覧 になられて 初 めて 目 にするキーワードがあったと 思 います ビジネスの 超 ヒント! というキーワードです この 意 味 をまず 解 説

More information

と 指 示 したのです しかしながら 統 括 マネージャーは 店 長 と 発 注 数 量 を 1 品 ずつ 見 直 すことを 面 倒 に 感 じてしまい 自 分 で 10 万 の 売 上 に 対 しての 発 注 数 をだし それをそのまま 店 長 に 渡 し これで これから 発 注 して と 指

と 指 示 したのです しかしながら 統 括 マネージャーは 店 長 と 発 注 数 量 を 1 品 ずつ 見 直 すことを 面 倒 に 感 じてしまい 自 分 で 10 万 の 売 上 に 対 しての 発 注 数 をだし それをそのまま 店 長 に 渡 し これで これから 発 注 して と 指 1 店 舗 指 導 者 の 心 構 え 店 長 と 店 舗 指 導 者 の 違 い 店 長 をやっていて 優 秀 な 人 が SVや 統 轄 店 長 という 仕 事 に 就 くのが 通 常 の 流 れです 店 長 として 優 秀 でなければ 店 長 を 指 導 する ということなんてできないからですね しかし この 優 秀 な 店 長 であったからこそ 犯 しやすい 過 ちがあります 以 前 私 のクライアント

More information

(Microsoft Word - \203A\203\201\201[\203o\214o\211c\227\235\211\360.doc)

(Microsoft Word - \203A\203\201\201[\203o\214o\211c\227\235\211\360.doc) 1. 経 営 管 理 フレームとしての 基 本 的 な 特 徴 アメーバ 経 営 は 経 営 管 理 の 仕 組 みの 側 面 から 見 ると 時 間 当 り という 利 益 効 率 指 標 を 中 核 に 置 いた 部 門 別 採 算 管 理 手 法 であると 言 える 以 下 にその 重 要 な 特 徴 について 述 べる 1 時 間 当 り という 指 標 時 間 当 り の 求 め 方 は

More information

Microsoft Word - F6_Research_Notes_1.doc

Microsoft Word - F6_Research_Notes_1.doc The study and analysis of the HK Local Female Talents: The reasons why they quit the Japanese Companies メイ ウォン Sino Education 要 旨 香 港 には 世 界 中 から 優 秀 な 人 材 が 集 まっている そして その 中 には これまで 学 んできた 日 本 語 を 生 かして

More information

1.みらいくのモデル 授 業 の 流 れ 中 学 校 の 授 業 で 使 用 する 場 合 一 般 的 な 時 間 は 50 分 です 授 業 時 間 は 必 ず 厳 守 してくだ さい 導 入 <5 分 > 自 己 紹 介 及 び 趣 旨 説 明 判 断 フロー 学 習 (PPT 資 料 参 照

1.みらいくのモデル 授 業 の 流 れ 中 学 校 の 授 業 で 使 用 する 場 合 一 般 的 な 時 間 は 50 分 です 授 業 時 間 は 必 ず 厳 守 してくだ さい 導 入 <5 分 > 自 己 紹 介 及 び 趣 旨 説 明 判 断 フロー 学 習 (PPT 資 料 参 照 ~ 親 子 で 選 択! 日 本 の 未 来 ~ みらいく 講 師 マニュアル( 中 学 生 版 ) 公 益 社 団 法 人 日 本 青 年 会 議 所 2014 年 度 国 家 グループ 日 本 の 未 来 選 択 委 員 会 1 1.みらいくのモデル 授 業 の 流 れ 中 学 校 の 授 業 で 使 用 する 場 合 一 般 的 な 時 間 は 50 分 です 授 業 時 間 は 必 ず 厳

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303581408DB293A1974490E690B6814091E68CDC89F12E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303581408DB293A1974490E690B6814091E68CDC89F12E646F63> ぶれない 頭 と 眼 を 養 う 哲 学 的 訓 練 指 針 なき 現 代 の 一 歩 先 を 読 み 解 くための 実 践 講 座 佐 藤 優 ( 聞 き 手 小 峯 隆 生 ) 外 交 の 最 前 線 で 培 った 対 人 術 の 要 諦 をまとめた 書 籍 人 たらしの 流 儀 で 佐 藤 優 さんの 聞 き 手 を 務 めた 小 峯 隆 生 こと 私 は 筑 波 大 学 で コミネ 語 り

More information

中小企業魅力発信レポート

中小企業魅力発信レポート 中 小 企 業 魅 力 発 信 レポート DAISEKI 株 式 会 社 ダイセキ 2010 年 版 は じ め に 当 社 は 機 械 設 計 開 発 の 技 術 者 集 団 です 設 計 技 術 者 の 人 材 力 こそ 当 社 の 魅 力 強 みの 源 泉 です お 客 様 の 多 様 なニーズや 時 代 の 変 化 への 柔 軟 な 対 応 力 がお 客 様 からの 信 頼 を 得 ています

More information

半 導 体 露 光 装 置 の 分 野 で 世 界 をリードする の 少 人 数 のキーパーソンによるマネジメントと 性 能 追 求 型 の 製 品 開 発 で 躍 進 を 遂 げて きた 同 カンパニーは 成 長 とともに 人 依 存 技 術 依 存 型 のマネジメントに 限 界 を 感 じるよう

半 導 体 露 光 装 置 の 分 野 で 世 界 をリードする の 少 人 数 のキーパーソンによるマネジメントと 性 能 追 求 型 の 製 品 開 発 で 躍 進 を 遂 げて きた 同 カンパニーは 成 長 とともに 人 依 存 技 術 依 存 型 のマネジメントに 限 界 を 感 じるよう www.pwc.com/jp/advisory Case Study; Strategic Product Development 半 導 体 露 光 装 置 の 分 野 で 世 界 をリードする の 少 人 数 のキーパーソンによるマネジメントと 性 能 追 求 型 の 製 品 開 発 で 躍 進 を 遂 げて きた 同 カンパニーは 成 長 とともに 人 依 存 技 術 依 存 型 のマネジメントに

More information

<82728271827281406E65777320814032312E318C8E8D86>

<82728271827281406E65777320814032312E318C8E8D86> SRS News Sharoushi Samejima News さめじま 社 会 保 険 労 務 士 事 務 所 1 月 号 ( 第 10 号 ) 発 行 日 : 平 成 20 年 12 月 20 日 裁 判 員 制 度 による 休 みは 有 給? 無 給? 企 業 としての 対 応 が 迫 られている 2009 年 5 月 から 始 まる 裁 判 員 制 度 一 般 市 民 が 司 法 に 参

More information

目 次 グローバル 人 材 の 育 成 について 2 頁 奨 学 金 の 返 還 制 度 について 8 頁 参 考 データ 17 頁

目 次 グローバル 人 材 の 育 成 について 2 頁 奨 学 金 の 返 還 制 度 について 8 頁 参 考 データ 17 頁 資 料 3-2 財 政 制 度 等 審 議 会 財 政 投 融 資 分 科 会 参 考 資 料 平 成 26 年 10 月 17 日 文 部 科 学 省 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 目 次 グローバル 人 材 の 育 成 について 2 頁 奨 学 金 の 返 還 制 度 について 8 頁 参 考 データ 17 頁 グローバル 人 材 の 育 成 について 海 外 留 学

More information

組 織 マネジメントを 視 点 とした 学 校 経 営 は 学 校 の 教 育 力 を 高 め 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 能 力 適 性 を 最 大 限 に 伸 ばすことにある 教 職 員 がそれぞれの 立 場 で 連 携 協 力 し 意 欲 と 責 任 感 をもって 教 育 活 動 に

組 織 マネジメントを 視 点 とした 学 校 経 営 は 学 校 の 教 育 力 を 高 め 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 能 力 適 性 を 最 大 限 に 伸 ばすことにある 教 職 員 がそれぞれの 立 場 で 連 携 協 力 し 意 欲 と 責 任 感 をもって 教 育 活 動 に 組 織 マネジメントを 視 点 とした 学 校 経 営 指 導 主 事 高 崎 隆 一 Takasaki Ryuuichi 要 旨 学 校 経 営 のビジョンを 具 現 化 するためには 子 ども 及 び 保 護 者 に 最 も 接 する 機 会 の 多 い 教 職 員 が 学 校 経 営 の 方 向 性 を 理 解 し 自 律 的 に 対 応 していくことが 必 要 である そのため 学 校 教

More information

スライド 1

スライド 1 産 業 界 の 求 めるグローバル 人 材 と 大 学 秋 季 入 学 実 施 についての 考 え 方 2012 年 8 月 30 日 岩 波 利 光 ( 一 社 ) 経 団 連 教 育 問 題 委 員 会 企 画 部 会 長 日 本 電 気 株 式 会 社 特 別 顧 問 経 団 連 教 育 問 題 委 員 会 について 委 員 長 川 村 隆 日 立 製 作 所 会 長 企 画 部 会 長 岩

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉 第 3 期 障 がい 者 就 労 支 援 推 進 計 画 北 海 道 働 く 障 がい 者 応 援 プラン 第 Ⅲ 章 の 概 要 第 1 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 策 定 の 趣 旨 北 海 道 障 がい 者 及 び 障 がい 児 の 権 利 擁 護 並 びに 障 がい 者 及 び 障 がい 児 が 暮 ら しやすい 地 域 づくりの 推 進 に 関 する 条 例 ( 以 下 北 海

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030315F3031918D8D87906697C390EA96E58CA48F4381698B408D5C90E096BE89EF816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030315F3031918D8D87906697C390EA96E58CA48F4381698B408D5C90E096BE89EF816A2E70707478> 総 合 診 療 専 門 プログラムについて 北 海 道 第 2 回 新 専 門 医 制 度 説 明 会 北 海 道 家 庭 医 療 学 センター 草 場 鉄 周 ( 日 本 専 門 医 機 構 総 合 診 療 専 門 医 に 関 する 委 員 会 ワーキンググループ メンバー) 総 合 診 療 専 門 医 養 成 の 背 景 ( 専 門 医 の 在 り 方 検 討 会 報 告 書 より) 1. 特

More information

域 主 権 社 会 への 移 行 も 踏 まえて オール 京 都 で 共 有 できる 都 市 ビジョン 作 りに 積 極 的 に 参 加 して 明 日 の 魅 力 ある 京 都 作 りに 貢 献 したい 臨 時 議 員 総 会 では 会 頭 に 選 任 いただけるよう これまでの 成 果 と 今 後

域 主 権 社 会 への 移 行 も 踏 まえて オール 京 都 で 共 有 できる 都 市 ビジョン 作 りに 積 極 的 に 参 加 して 明 日 の 魅 力 ある 京 都 作 りに 貢 献 したい 臨 時 議 員 総 会 では 会 頭 に 選 任 いただけるよう これまでの 成 果 と 今 後 平 成 22 年 10 月 26 日 会 頭 記 者 会 見 発 言 要 旨 本 所 の 動 きについて 中 国 上 海 万 博 視 察 団 の 派 遣 報 告 10 月 16 日 から 20 日 までの 日 程 で 上 海 万 博 視 察 団 を 派 遣 し 万 博 や 現 地 に 進 出 している 京 都 企 業 などを 視 察 した まさに 反 日 デモが 発 生 したタイミングとなったが 上

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F30365F834F838B815B837693A28B638C8B89CA8169837C8358835E815B94B282AB816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F30365F834F838B815B837693A28B638C8B89CA8169837C8358835E815B94B282AB816A2E646F6378> 大 学 評 価 担 当 者 集 会 2013 第 一 分 科 会 評 価 と IR: 活 用 編 計 画 2-2: 習 熟 度 別 学 習 を 充 実 させて 英 語 コミュニケーション 力 を 向 上 させる 一 方 で 本 学 では グローバル 化 を 踏 まえ 平 成 20 年 度 に 学 長 が 英 語 でのコミュニケーション 能 力 の 涵 養 を 重 視 する 方 針 を 打 ち 出 した

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

の 実 施 目 的 プログラムの 内 容 方 法 を 整 理 し 中 国 における 教 員 の 課 題 を 示 す 2 中 国 に お け る 教 員 政 策 の 変 容 (1) 1 9 8 0 年 代 に お け る 教 員 の 政 策 1980 年 代 小 中 高 等 学 校 に お い て は

の 実 施 目 的 プログラムの 内 容 方 法 を 整 理 し 中 国 における 教 員 の 課 題 を 示 す 2 中 国 に お け る 教 員 政 策 の 変 容 (1) 1 9 8 0 年 代 に お け る 教 員 の 政 策 1980 年 代 小 中 高 等 学 校 に お い て は 教 員 の 資 質 向 上 に 関 す る 国 際 動 向 中 国 に お け る 教 員 の 現 状 と 課 題 張 揚 ( 北 海 道 大 学 ) 1 はじめに 1980 年 代 に 入 っ て 以 降 中 国 政 府 は 教 育 の 拡 充 発 展 に 努 め た が 教 育 水 準 は 低 迷 し 続 けた 1983 年 教 育 部 は 小 中 高 等 学 校 教 員 陣 の 調 整 整 理

More information

- 56 -

- 56 - 第 3 章 結 果 の 考 察 - 55 - - 56 - 企 画 政 策 部 企 画 政 策 課 今 回 のアンケートでは 移 転 ( 転 入 出 )のきっかけ 移 転 先 の 決 定 に 重 視 したこと 実 際 に 移 転 先 を 決 定 した 理 由 情 報 源 本 市 に 対 する 印 象 の 変 化 などについて 伺 いました ここでは 本 市 の 人 口 動 態 が 近 年 転 出 者

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838183668342834191CE899E834B83438368838983438393816995D78BAD89EF816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838183668342834191CE899E834B83438368838983438393816995D78BAD89EF816A2E646F63> 報 道 記 者 と 接 するときの 心 得 メディア 対 応 のガイドライン コモンズ ネットワーク 目 次 はじめに (1) メディアトレーニングの 目 的 と 重 要 性 (2) メディアがニュース 価 値 を 認 める 情 報 とは (3) メディアから 取 材 を 受 ける 前 に (4) インタビュー 時 のポイント (5) メディア 対 応 の 形 式 (6) その 他 の 注 意 点

More information

窓口支援担当者募集要項

窓口支援担当者募集要項 平 成 27 年 2 月 窓 口 相 談 支 援 事 業 における 窓 口 支 援 担 当 者 募 集 要 項 一 般 社 団 法 人 発 明 推 進 協 会 次 により 全 国 各 地 域 の 知 財 総 合 支 援 窓 口 において 中 小 企 業 等 における 知 的 財 産 の 活 用 事 業 化 促 進 のための 支 援 を 行 う 窓 口 支 援 担 当 者 を 募 集 します 1. 事

More information

第1部 総 説

第1部 総 説 第 9 次 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 計 画 ~ やまなしの 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 ~ 平 成 23 年 10 月 山 梨 県 目 次 第 1 部 総 説 1 計 画 のねらい 1 2 計 画 の 期 間 1 第 2 部 職 業 能 力 開 発 をめぐる 社 会 経 済 の 変 化 1 労 働 力 需 給 構 造 の 変 化 2 2 労 働 力 供 給 面 の 変 化

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ 畜 産 経 営 の 法 人 化 - 合 同 会 社 という 新 たな 会 社 形 態 - 日 本 政 策 金 融 公 庫 農 林 水 産 事 業 本 部 情 報 戦 略 部 技 術 情 報 担 当 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法

More information

Microsoft Word - 20160513pr.docx

Microsoft Word - 20160513pr.docx 関 係 者 各 位 プレスリリース 管 理 職 新 入 社 員 に 聞 いた 2015 年 度 理 想 の 上 司 イメージ 番 付 2016 年 5 月 10 日 株 式 会 社 保 健 同 人 社 管 理 職 新 入 社 員 ともに 2 年 連 続 面 倒 見 がよい 上 司 が 横 綱 に 番 付! 株 式 会 社 保 健 同 人 社 ( 本 社 : 東 京 都 千 代 田 区 )は 2015

More information

15/研究員リポート/田巻/地方公営企業03.indd

15/研究員リポート/田巻/地方公営企業03.indd シリーズ 地 方 公 営 企 業 の 現 況 とあり 方 第 3 回 事 業 としての 上 水 道 田 巻 潤 子 一 般 財 団 法 人 日 本 経 済 研 究 所 調 査 部 副 主 任 研 究 員 本 シリーズ 第 2 回 ( 日 経 研 月 報 11 月 号 )では 水 道 事 業 の 現 状 と 多 様 化 する 外 部 委 託 について 述 べ た 水 道 事 業 は 多 くの 業 務

More information

Microsoft Word - sennsyuu mennkyojyou 1.doc

Microsoft Word - sennsyuu mennkyojyou 1.doc 私 たち 養 護 教 諭 の 職 務 は 時 代 と 共 にかたちを 変 え,そのニーズに 応 えようと 学 ぶべき 研 修 内 容 も 変 化 してきました 県 内 には, 幅 広 い 年 齢 層 の 養 護 教 諭 が 勤 務 していますが,その 職 務 への 期 待 は 年 齢 に 関 係 ありません 静 岡 県 内 には, 与 えられた 研 修 だけでなく 自 ら 進 んで 資 質 向 上

More information

シェア・ブレイン

シェア・ブレイン 生 徒 全 員 が 講 師 のシェア ブレイン ビジネス スクール 第 6 回 定 例 講 義 10 年 後 に 消 えるビジネスモデル 10 年 後 に 残 るビジネスモデル ~ 今 の 自 分 の 仕 事 は 単 に 儲 かるだけではなく どんな 能 力 の 向 上 につながるか?~ 2012 年 4 月 14 日 ( 土 ) 主 催 : 一 般 社 団 法 人 シェア ブレイン ビジネス スクール

More information

補 正 予 算 手 順 は 各 部 見 積 もり 政 策 経 営 部 調 整 理 事 者 査 定 議 案 ( 予 算 書 ) 作 成 議 決 後 公 表 現 状 把 握 の 部 (DO) () 事 務 事 業 の 目 的 と 指 標 手 段 ( 主 な 活 動 ) 4 年 度 実 績 (4 年 度 に 行 った 主 な 活 動 ) 当 初 予 算 に 関 しては 行 政 システムにより 策 定 した

More information

下 IOM という )による 健 康 診 断 結 果 を 踏 まえ 受 入 れ 予 定 者 を 決 定 した 政 府 の 委 託 を 受 けた IOM が タイにおいて 受 入 れ 予 定 者 に 対 する 出 国 前 研 修 ( 我 が 国 における 基 本 的 な 生 活 習 慣 に 関 するガ

下 IOM という )による 健 康 診 断 結 果 を 踏 まえ 受 入 れ 予 定 者 を 決 定 した 政 府 の 委 託 を 受 けた IOM が タイにおいて 受 入 れ 予 定 者 に 対 する 出 国 前 研 修 ( 我 が 国 における 基 本 的 な 生 活 習 慣 に 関 するガ 第 三 国 定 住 による 難 民 の 受 入 れ 事 業 の 今 後 の 方 針 について 平 成 2 6 年 1 月 2 2 日 難 民 対 策 連 絡 調 整 会 議 第 1 経 緯 我 が 国 は 平 成 20 年 12 月 の 閣 議 了 解 及 び 難 民 対 策 連 絡 調 整 会 議 決 定 に より アジア 地 域 で 発 生 している 難 民 に 関 する 諸 問 題 に 対 処

More information

Microsoft Word - 2013政経済史学会 共通論題報告 学会HP用(大場).doc

Microsoft Word - 2013政経済史学会 共通論題報告 学会HP用(大場).doc 2013 年 度 政 治 経 済 学 経 済 史 学 会 秋 季 学 術 大 会 共 通 論 題 報 告 2 札 幌 学 院 大 学 経 済 学 部 大 場 隆 広 養 成 工 と 高 校 卒 ブルーカラーの 代 替 と 補 完 戦 後 日 本 の 高 度 成 長 期 を 中 心 に 発 表 内 容 : 1. 問 題 関 心 2. 高 度 成 長 期 の 新 規 学 卒 の 労 働 市 場 (1)

More information

仕事が楽しい人File

仕事が楽しい人File 仕 事 が 楽 しい 人 File.53: 渡 辺 美 紀 さん( 診 療 放 射 線 技 師 ) 疑 いを 確 信 に 変 えるのが 放 射 線 技 師 の 仕 事 今 回 ご 紹 介 する53 人 目 の 仕 事 が 楽 しい 人 は 診 療 放 射 線 技 師 の 渡 辺 美 紀 さんです レントゲン 検 査 で 息 を 吸 って はい 止 めて そのままで チッチッチッチと 数 秒 経 過

More information

Microsoft Word _受益者向けレター.doc

Microsoft Word _受益者向けレター.doc 受 益 者 の 皆 様 へ 2010 年 5 月 10 日 キャピタル インターナショナル 株 式 会 社 基 準 価 額 の 動 向 と 今 後 の 投 資 環 境 について キャピタル 世 界 株 式 ファンド ギリシャの 財 政 悪 化 に 伴 う 信 用 不 安 を 発 端 に 世 界 の 株 式 市 場 が 大 きく 下 落 しています 4 月 27 日 には 大 手 格 付 会 社 がギリシャ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798F4390B395AA817A8C6F89638A77959482CC81758A7782D1817682C982C282A282C4816932303136944E9378816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798F4390B395AA817A8C6F89638A77959482CC81758A7782D1817682C982C282A282C4816932303136944E9378816A2E646F63> - 何 を どのように 学 ぶのか- 桃 山 学 院 大 学 経 営 学 部 2016 年 度 版 新 入 生 と 保 護 者 の 皆 さまへ 桃 山 学 院 大 学 経 営 学 部 では 社 会 に 役 立 つことを 喜 びとし みずから 考 え 積 極 的 に 行 動 するビジネスパーソンを 育 てる ことを 教 育 理 念 とし そのような 人 材 を 育 成 することを 目 指 しております

More information

平 成 27 年 10 月 30 日 ( 金 )5,6 校 時 2 学 年 技 術 科 公 開 授 業 2 学 年 マナー 教 室 講 師 江 上 いずみ 様 元 日 本 航 空 株 式 会 社 客 室 乗 務 員 筑 波 大 学 客 員 教 授 目 的 国 際 人 としての 礼 儀 やマナーを 身

平 成 27 年 10 月 30 日 ( 金 )5,6 校 時 2 学 年 技 術 科 公 開 授 業 2 学 年 マナー 教 室 講 師 江 上 いずみ 様 元 日 本 航 空 株 式 会 社 客 室 乗 務 員 筑 波 大 学 客 員 教 授 目 的 国 際 人 としての 礼 儀 やマナーを 身 オリンピック パラリンピック 教 育 実 践 報 告 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 金 )2~4 校 時 走 り 方 教 室 全 学 年 対 象 講 師 実 井 謙 二 郎 様 元 アトランタオリンピック 男 子 マラソン 代 表 平 成 27 年 5 月 22 日 ( 金 )5 6 校 時 正 しい 歩 き 方 教 室 1 学 年 対 象 講 師 河 野 涼 一 様 河 野 接 骨 院

More information

Microsoft Word - 【2-3】目次.doc

Microsoft Word - 【2-3】目次.doc Works Review Vol.6 国 内 の 経 営 学 系 大 学 院 における 社 会 人 の 学 び 直 し 社 会 人 入 学 した 卒 業 生 データより 兵 藤 郷 リクルートワークス 研 究 所 研 究 員 国 内 経 営 学 系 大 学 院 における 社 会 人 の 学 び 直 しの 実 態 を 明 らかにするため, 大 学 院 の 卒 業 生 への 調 査 を 実 施 し た

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

司 法 試 験 予 備 試 験 制 度 に 関 する 緊 急 の 提 言 ( 要 旨 ) 法 科 大 学 院 を 中 核 とするプロセスとしての 法 曹 養 成 制 度 は 旧 司 法 試 験 という 点 による 選 抜 を 重 視 した 制 度 の 弊 害 を 克 服 するために 導 入 され 制

司 法 試 験 予 備 試 験 制 度 に 関 する 緊 急 の 提 言 ( 要 旨 ) 法 科 大 学 院 を 中 核 とするプロセスとしての 法 曹 養 成 制 度 は 旧 司 法 試 験 という 点 による 選 抜 を 重 視 した 制 度 の 弊 害 を 克 服 するために 導 入 され 制 法 曹 養 成 制 度 改 革 推 進 会 議 御 中 この 度 司 法 試 験 予 備 試 験 制 度 に 関 する 緊 急 の 提 言 をとりまとめましたので お 届 け 致 します ご 査 収 いただけますと 幸 いです なお この 提 言 は 法 務 大 臣 及 び 文 部 科 学 大 臣 にもお 届 け 致 します 2014 年 6 月 9 日 京 都 大 学 大 学 院 法 学 研 究

More information

資料5-1 博士後期課程 基本計画

資料5-1 博士後期課程 基本計画 資 料 5-1 札 幌 市 立 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 基 本 計 画 平 成 22 年 10 月 公 立 大 学 法 人 札 幌 市 立 大 学 札 幌 市 立 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 基 本 計 画 目 次 Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 1 1. 設 置 の 趣 旨 及 び 必 要 性 2. 教 育 研 究 理 念 3. 育 成 する 人 材 像 4.

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

からは 課 題 が 残 っている また 不 純 物 標 準 品 を 用 いて 不 純 物 を 特 定 した 方 法 で 承 認 された 新 有 効 成 分 含 有 医 品 に 対 しては 日 局 収 載 時 に 従 来 の 不 純 物 標 準 品 を 用 いず 不 純 物 を 特 定 しない 設 定

からは 課 題 が 残 っている また 不 純 物 標 準 品 を 用 いて 不 純 物 を 特 定 した 方 法 で 承 認 された 新 有 効 成 分 含 有 医 品 に 対 しては 日 局 収 載 時 に 従 来 の 不 純 物 標 準 品 を 用 いず 不 純 物 を 特 定 しない 設 定 日 本 局 方 原 案 作 成 に 新 たに 導 入 する 方 針 の 趣 旨 説 明 について 平 成 27 年 8 月 独 立 行 政 法 人 医 品 医 療 機 器 総 合 機 構 規 格 基 準 部 医 品 基 準 課 日 本 局 方 原 案 審 議 委 員 会 製 法 問 題 検 討 小 委 員 会 では 医 品 各 条 の 原 案 作 成 に 際 し 以 下 の 議 論 を 実 施 した

More information

Microsoft PowerPoint - 無料小冊子0902.pptx

Microsoft PowerPoint - 無料小冊子0902.pptx 開 業 1 2 年 目 の 会 社 が 成 長 していくために 私 たちの 事 務 所 には 開 業 間 もない 会 社 様 などから 毎 年 150 件 以 上 の 無 料 相 談 のご 依 頼 があります また 顧 問 契 約 先 の 会 社 様 の 中 にも 開 業 1 2 年 目 の 会 社 様 が 数 多 く いらっしゃいます こうしたご 相 談 やお 付 き 合 いを 通 じて 分 かってきたことは

More information

Microsoft PowerPoint - 150810資料修正案(藤村悠一).pptx

Microsoft PowerPoint - 150810資料修正案(藤村悠一).pptx 平 成 27 年 9 1 RA 協 議 会 年 次 会 URAと 事 務 職 員 の 中 間 職 から た 混 職 協 働 のポイント 国 学 法 学 学 研 究 推 進 機 構 URA 室 URA 援 事 務 部 藤 村 悠 紹 介 など 現 在 は 学 研 究 推 進 機 構 研 究 推 進 戦 略 部 URA 室 URA 援 事 務 部 (+IR 室 )にて 勤 務 中 本 籍 は 学 術 研

More information

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73>

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73> 組 織 マネジメント: 知 的 障 害 者 通 所 授 産 施 設 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 社 会 福 祉 法 人 まりも 会 小 金 井 市 障 害 者 福 祉 センター 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成 益 田 市 社 会 教 育 推 進 計 画 益 田 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 2 月 策 定 目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進

More information

『A&R新卒採用マニュアル』立ち読み

『A&R新卒採用マニュアル』立ち読み はしがき アトラクション 施 策 と リテンション 施 策 双 方 のバランスがとれた 新 たな 新 卒 採 用 の 方 法 論 この 本 のタイトルにある A&R とは アトラクション(Attraction)とリ テンション(Retention)の 頭 文 字 をそれぞれとったものであり いかにして 優 秀 な 人 材 を 採 用 (Attraction: 引 きつけ)し 定 着 (Retention:

More information

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ 第 章 調 査 票 - - この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこの 調 査 票 に 直 接 記 入 してください 選 択 肢 で その 他

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837A815B838082D8815B8357814591B28BC690B682A982E782CC83818362835A815B83572E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837A815B838082D8815B8357814591B28BC690B682A982E782CC83818362835A815B83572E646F6378> 平 成 27 年 度 新 入 職 員 募 集 受 付 中 卒 業 生 からのメッセージ 専 修 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 卒 業 勤 続 32 年 支 店 長 : 大 学 を 卒 業 と 同 時 に 都 内 の 信 用 金 庫 へ 就 職 し 1 年 半 お 世 話 になりました 当 時 も 就 職 難 で やっとの 思 いで 就 職 した 信 用 金 庫 でありましたが 親 が 高

More information

(1) 基 本 属 性 年 齢 20 歳 代 14% 30 歳 代 35% 40 歳 代 28% 50 歳 代 以 上 13% 国 籍 ブラジル 国 籍 97% 配 偶 者 の 日 本 国 籍 4% 日 系 1 世 6% 2 世 41% 日 系 3 世 31% 非 日 系 18% 在 留 資 格 永

(1) 基 本 属 性 年 齢 20 歳 代 14% 30 歳 代 35% 40 歳 代 28% 50 歳 代 以 上 13% 国 籍 ブラジル 国 籍 97% 配 偶 者 の 日 本 国 籍 4% 日 系 1 世 6% 2 世 41% 日 系 3 世 31% 非 日 系 18% 在 留 資 格 永 静 岡 県 外 国 人 労 働 実 態 調 査 の 調 査 結 果 ( 概 要 ) H20.9 月 静 岡 県 は 平 成 19 年 度 に 静 岡 文 化 芸 術 大 学 に 委 託 して 静 岡 県 外 国 人 労 働 実 態 調 査 を 実 施 した 以 下 は である 構 成 は Ⅰ 外 国 人 調 査 Ⅱ 事 業 所 調 査 ( 派 遣 元 受 託 事 業 所 ) Ⅲ 事 業 所 調 査

More information

採用の基礎知識

採用の基礎知識 経 営 Q&A 2009 年 7 月 相 談 に 答 える 人 岡 田 人 事 労 務 管 理 事 務 所 所 長 岡 田 良 則 採 用 の 基 礎 知 識 Question 10 年 近 く 勤 めていたレストランから 独 立 し 自 分 の 店 を 持 つことになりました 先 日 正 社 員 とパートタイマーを 募 集 したところ 総 勢 4 名 の 応 募 がありました 飲 食 業 界 での

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) 平 成 6 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 ()

More information

Microsoft PowerPoint - p20.ppt

Microsoft PowerPoint - p20.ppt 2010 年 8 月 期 第 2 四 半 期 決 算 説 明 会 [ 証 券 コード 2182] 目 次 Contents Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ 2010 年 8 月 期 第 2 四 半 期 決 算 の 概 況 2010 年 8 月 期 計 画 経 営 戦 略 参 考 資 料 2 Ⅰ 2010 年 8 月 期 第 2 四 半 期 決 算 の 概 況 2010 年 8 月 期 第 2 四 半 期 決 算 の

More information

Microsoft PowerPoint pptx

Microsoft PowerPoint pptx 2010 年 9 月 15 日 発 行 NO.01 P1 1. トレンドDATA ~ 求 職 者 の 志 向 から 市 場 のトレンドまで 求 人 市 場 の 今 をお 届 けします ~ - 応 募 後 に 一 気 にさめたその 瞬 間 ~ 面 接 キャンセル 採 用 辞 退 を 防 ぐポイント~ ( 01 ) 面 接 キャンセルのタイミングとその 理 由 ( 02 ) 採 用 辞 退 に 至 る

More information

酒 井 : 質 問 1 中 でも 特 に 興 味 を 持 っている CPC 分 類 の 活 用 に 絞 ってご 紹 介 します アメリカ 特 許 は 完 全 に 移 行 するまで2 年 ぐらいかかると 言 われているので そこは 見 極 めていくとしても 少 なくとも 近 々 移 行 が 終 わるで

酒 井 : 質 問 1 中 でも 特 に 興 味 を 持 っている CPC 分 類 の 活 用 に 絞 ってご 紹 介 します アメリカ 特 許 は 完 全 に 移 行 するまで2 年 ぐらいかかると 言 われているので そこは 見 極 めていくとしても 少 なくとも 近 々 移 行 が 終 わるで 一 般 財 団 法 人 日 本 特 許 情 報 機 構 の 座 談 会 サーチャー 応 援 座 談 会 ~2013 年 のトピックスとサーチャーのDO サーチャーへのDOを 語 る~ 2. 特 許 情 報 調 査 のトピックス 司 会 : 第 1 部 の 特 許 情 報 調 査 のトピックス では 質 問 を3 点 挙 げました 質 問 1 2013 年 に 興 味 を 持 っていること 質 問 2

More information

大学通信VOL197号

大学通信VOL197号 2 AICHI UNIVERSITY 3 4 AICHI UNIVERSITY 5 6 AICHI UNIVERSITY 7 8 AICHI UNIVERSITY 9 キャリア 支 援 課 案 内 ~ 望 ましい 未 来 を 獲 得 するために~ 2012 年 度 卒 業 生 の 就 職 状 況 文 部 科 学 省 によると 2013 年 3 月 卒 業 生 の 就 職 決 定 率 は93.9%と

More information

ガイダンスレジュメ前半

ガイダンスレジュメ前半 宅 建 ガイダンスレジュメ 目 次 1. 今 年 の 宅 建 試 験 はこう 変 わる! 2. 今 年 の 宅 建 試 験 には ここが 出 題 される! 3. 今 年 はこのように 勉 強 すれば 合 格 できる! 資 格 と 教 養 のスクール フォーサイト < 通 信 講 座 事 務 局 > 456-0046 名 古 屋 市 熱 田 区 木 之 免 町 1102 TEL 052-671-6666

More information

Microsoft Word - 2013UJASurvey-digest.docx

Microsoft Word - 2013UJASurvey-digest.docx - - 海 外 には 自 由 な 雰 囲 気 共 同 研 究 や 人 的 交 流 の 機 会 があり 雑 用 が 少 なく そして 有 能 なボ スがいる 留 学 先 から 給 料 を 貰 うのはもはや 主 流 語 学 力 向 上 留 学 先 ラボの 情 報 収 集 に 力 を 入 れるべきだったと 反 省 3 年 程 度 を 見 込 んだ 留 学 は 更 に 長 くずれ 込 みがちであるが 留 学

More information

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他 インフラ 長 寿 命 化 基 本 計 画 平 成 25 年 11 月 インフラ 老 朽 化 対 策 の 推 進 に 関 する 関 係 省 庁 連 絡 会 議 目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割

More information

ということは 夫 婦 揃 って 厚 生 年 金 に 20 年 以 上 加 入 しているような 場 合 には 年 の 差 夫 婦 の 方 が より 長 い 期 間 加 給 年 金 を 受 給 できる 可 能 性 があるということです 妻 の 厚 生 年 金 に 1 階 部 分 が 支 給 されても 加

ということは 夫 婦 揃 って 厚 生 年 金 に 20 年 以 上 加 入 しているような 場 合 には 年 の 差 夫 婦 の 方 が より 長 い 期 間 加 給 年 金 を 受 給 できる 可 能 性 があるということです 妻 の 厚 生 年 金 に 1 階 部 分 が 支 給 されても 加 ( 加 給 年 金 ) 夫 婦 共 に 厚 生 年 金 に 20 年 以 上 加 入 したときの 加 給 年 金 受 給 の 流 れは? 夫 が 59 歳 私 ( 妻 )が 50 歳 夫 婦 共 働 きで 夫 婦 共 に 厚 生 年 金 には 20 年 以 上 加 入 しています 加 給 年 金 の 受 給 要 件 を 調 べたところ 夫 婦 共 に 20 年 以 上 の 厚 生 年 金 加 入 期

More information

ニトリ 事業コンセプト分析

ニトリ 事業コンセプト分析 ニトリ 事 業 コンセプト 分 析 井 上 ゼミ9 期 緒 方 純 一 郎 高 田 観 生 西 田 愛 美 アドバイザー 岡 本 佳 那 子 東 郷 咲 彩 村 上 諒 陛 INOUE Seminar 1 2 目 次 ニトリの 現 状 問 い 顧 客 誰 に 価 値 何 を 仕 組 み いかに 価 値 を 実 現 する 仕 組 み 価 値 を 実 現 する 仕 組 みを 支 える 組 織 体 制 事

More information

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 労 働 契 約 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 改 正 労 働 契 約 法 が 2012 年 8 月 3 日 に 成 立 し 同 年 8 月 10 日 に 公 布 された 今 回 の 改 正 内 容 のうち いわゆる 雇

More information

2012年10月×日

2012年10月×日 2014 年 5 月 20 日 日 本 教 育 文 化 研 究 所 ~ 子 供 の 言 語 教 育 我 が 国 の 伝 統 や 文 化 歴 史 の 継 承 に 関 する 調 査 ~ 外 国 語 学 習 を 重 視 する 一 方 で 我 が 国 の 伝 統 や 文 化 歴 史 を 伝 える 事 は 重 要 小 学 校 低 学 年 ほど 国 語 を 学 んで 欲 しい 正 しい 言 葉 遣 いをしている

More information

ビジネスと経営資源

ビジネスと経営資源 第 1 章 ビジネスと 企 業 組 織 学 習 目 標 企 業 の 目 的 を 確 認 し 目 的 を 達 成 するための 方 法 を 理 解 する 経 営 資 源 ( 人 モノ 金 )の 意 味 を 具 体 的 に 理 解 する 第 4の 経 営 資 源 としての 経 営 情 報 の 意 味 を 理 解 する ビジネスの 基 本 として お 金 儲 けの 基 本 原 理 を 理 解 する 企 業

More information

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方 夢 まちづくりはひとづくりから 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 改 訂 版 平 成 16 年 12 月 策 定 平 成 25 年 10 月 改 訂 平 塚 市 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚

More information

2 宅 建 業 法 難 易 度 としては やはり 昨 年 に 比 べて Aランクの 問 題 が 13 問 から 11 問 に 減 り 逆 にCラ ンクの 問 題 が2 問 から4 問 に 増 えました(この4 問 とも 個 数 問 題 であり 個 数 問 題 対 策 が 決 定 的 に 重 要 とい

2 宅 建 業 法 難 易 度 としては やはり 昨 年 に 比 べて Aランクの 問 題 が 13 問 から 11 問 に 減 り 逆 にCラ ンクの 問 題 が2 問 から4 問 に 増 えました(この4 問 とも 個 数 問 題 であり 個 数 問 題 対 策 が 決 定 的 に 重 要 とい 宅 建 士 初 年 度 試 験 から 見 えた 傾 向 と 平 成 28 年 度 宅 建 士 試 験 の 効 果 的 な 対 策 TAC 宅 建 士 講 座 主 任 講 師 木 曽 計 行 Ⅰ 平 成 27 年 度 宅 建 士 本 試 験 の 傾 向 分 析 と 今 後 の 方 向 性 1. 数 字 で 見 る 本 試 験 ( 最 近 5 年 間 の 本 試 験 の 受 験 者 数 合 格 率 合

More information

Microsoft Word - 211J1054docx.docx

Microsoft Word - 211J1054docx.docx 修 士 論 文 ( 要 旨 ) 2013 年 1 月 日 本 と 中 国 の 企 業 の 社 会 的 責 任 に 関 する 考 察 -コスモ 石 油 中 国 石 油 の 比 較 研 究 - 指 導 牧 田 東 一 教 授 国 際 学 研 究 科 国 際 協 力 専 攻 211J1054 沈 冰 目 次 はじめに 第 1 章 CSR の 理 論 的 アプローチ 4 第 1 節 CSR の 定 義 第

More information

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

1 会 長 あいさつ 本 日 はご 多 忙 の 中 ご 参 集 いただき 感 謝 申 し 上 げる 本 協 議 会 は 昨 年 4 月 11 日 の 設 置 以 来 銚 子 電 鉄 の 運 行 維 持 に 対 する 支 援 のあ り 方 について 協 議 し 市 長 に 対 して 意 見 及 び 助

1 会 長 あいさつ 本 日 はご 多 忙 の 中 ご 参 集 いただき 感 謝 申 し 上 げる 本 協 議 会 は 昨 年 4 月 11 日 の 設 置 以 来 銚 子 電 鉄 の 運 行 維 持 に 対 する 支 援 のあ り 方 について 協 議 し 市 長 に 対 して 意 見 及 び 助 第 5 回 銚 子 電 気 鉄 道 運 行 維 持 対 策 協 議 会 概 要 開 催 日 時 平 成 26 年 3 月 27 日 ( 木 ) 午 後 3 時 30 分 から 午 後 5 時 30 分 まで 開 催 場 所 銚 子 市 役 所 1 階 市 民 ホール 出 席 者 員 吉 原 正 己 ( 銚 子 市 観 光 協 会 会 長 銚 子 地 区 ハイタク 運 営 協 議 会 会 長 ) 唐

More information

1 氏 名 石 川 瑞 穂 入 会 年 度 平 成 26 年 度 明 治 大 学 農 学 部 生 命 科 学 科 所 属 部 署 農 業 対 策 部 地 元 である 栃 木 県 で 就 職 したいと 考 えていました それまで 農 業 に 直 接 携 わったことは 無 かったのですが 実 家 の 周 りの 美 しい 田 園 風 景 が 大 好 き だったことと TPP 等 の 問 題 で 農 業 を 取

More information

1つめのこだわり 研 修 に 力 を 入 れるのは 当 たりまえ 事 前 の 調 査 と 事 後 の 効 果 測 定 に 自 信! ミステリーショッパーやミステリーコール 自 己 診 断 などを 実 施 することにより 事 前 に お 客 様 の 課 題 分 析 をしっかり 行 い 研 修 の 目

1つめのこだわり 研 修 に 力 を 入 れるのは 当 たりまえ 事 前 の 調 査 と 事 後 の 効 果 測 定 に 自 信! ミステリーショッパーやミステリーコール 自 己 診 断 などを 実 施 することにより 事 前 に お 客 様 の 課 題 分 析 をしっかり 行 い 研 修 の 目 内 の 風 通 しをよくしたい モチベーションアップ 方 法 を 知 りたい リーダー 層 を 育 てたい 自 ら くことができる 人 材 を 創 りたい 苦 情 から 課 題 決 のヒントを 得 たい お 客 様 をファンに 変 える ークを 身 につけさせたい 生 産 性 をあげる 方 法 考 えさせたい 現 状 を 受 け 入 れるだけでなく 創 工 夫 をするマインドを 醸 成 したい 営

More information

コーポレートガバナンス報告書(全文)1607.xps

コーポレートガバナンス報告書(全文)1607.xps コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです CDG CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 7 月 4 日 株 式 会 社 CDG 代 表 取 締 役 社 長 大 平 孝 問 合 せ 先 :06-6133-5200 証 券 コード:2487 http://www.cdg.co.jp Ⅰコーポレート

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2042435083828366838B834B834383688169926D8E968F4390B394C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2042435083828366838B834B834383688169926D8E968F4390B394C5816A2E646F63> 経 営 者 のための 事 業 継 続 計 画 (BCP) ガイド 企 業 経 営 で 守 るべきものは 顧 客 の 信 頼 です 必 要 なときに 必 要 なサービス サービス 商 品 を いかなる 災 害 や 有 事 にも 届 けられますか? これから 事 業 継 続 計 画 (BCP)を 作 成 したいとお 考 えの 皆 様 へ 経 営 者 であるあなたはどうしますか? 火 災 に 見 舞 われて

More information

ベンチャーとSOHO ベンチャー 世 間 の 支 持 を 受 けて 新 しいサービス 製 品 を ( 知 財 を 持 ち) 国 内 海 外 を 問 わず ( 広 い 市 場 を 相 手 に) 規 模 を 拡 大 しつつ 提 供 する ( 事 業 を 拡 大 する) SOHO/ 個 人 事 業 主 個

ベンチャーとSOHO ベンチャー 世 間 の 支 持 を 受 けて 新 しいサービス 製 品 を ( 知 財 を 持 ち) 国 内 海 外 を 問 わず ( 広 い 市 場 を 相 手 に) 規 模 を 拡 大 しつつ 提 供 する ( 事 業 を 拡 大 する) SOHO/ 個 人 事 業 主 個 ビジネスプランの 意 義 と 役 割 書 き 方 2014 年 11 月 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 MITベンチャーフォーラム 馬 場 研 二 BABA, Kenji 本 橋 健 MOTOHASHI, Takeshi ベンチャーとSOHO ベンチャー 世 間 の 支 持 を 受 けて 新 しいサービス 製 品 を ( 知 財 を 持 ち) 国 内 海 外 を 問 わず ( 広 い

More information

Microsoft Word - csrtopics2013_10.doc

Microsoft Word - csrtopics2013_10.doc No.10-001 No.13-063 2014.1 CSR トピックス CSR トピックスは CSR( 企 業 の 社 会 的 責 任 )およびこれに 関 連 する 内 部 統 制 コンプライアンス ( 法 令 等 遵 守 ) リスクマネジメント 環 境 品 質 CS( 顧 客 満 足 ) 労 働 安 全 衛 生 従 業 員 満 足 人 権 社 会 貢 献 CSR 調 達

More information