1. 本 研 究 の 問 題 意 識 と 目 的 本 論 文 は 日 本 近 世 における 寺 社 参 詣 の 検 討 を 通 じて 民 衆 と 宗 教 との 関 係 を 解 明 することを 課 題 とする 近 世 の 寺 社 参 詣 は 歴 史 学 においては 宗 教 史 交 通 史 文 化 史

Size: px
Start display at page:

Download "1. 本 研 究 の 問 題 意 識 と 目 的 本 論 文 は 日 本 近 世 における 寺 社 参 詣 の 検 討 を 通 じて 民 衆 と 宗 教 との 関 係 を 解 明 することを 課 題 とする 近 世 の 寺 社 参 詣 は 歴 史 学 においては 宗 教 史 交 通 史 文 化 史"

Transcription

1 明 治 大 学 大 学 院 文 学 研 究 科 年 度 博 士 学 位 請 求 論 文 ( 要 約 ) 日 本 近 世 に お け る 寺 社 参 詣 の 研 究 民 衆 と 寺 社 の 関 係 を 中 心 に A S t u d y o n P i l g r i m a g e t o T e m p l e s a n d S h r i n e s i n E a r l y M o d e r n J a p a n 学 位 請 求 者 佐 藤 史 学 専 攻 顕

2 1. 本 研 究 の 問 題 意 識 と 目 的 本 論 文 は 日 本 近 世 における 寺 社 参 詣 の 検 討 を 通 じて 民 衆 と 宗 教 との 関 係 を 解 明 することを 課 題 とする 近 世 の 寺 社 参 詣 は 歴 史 学 においては 宗 教 史 交 通 史 文 化 史 地 域 史 で 取 り 上 げられ 他 にも 民 俗 学 や 人 類 学 地 理 学 文 学 などでの 研 究 も 数 多 く 見 られるが 本 論 文 は 主 に 宗 教 史 の 視 角 から 検 討 している 近 世 における 民 衆 の 旅 は 様 々な 目 的 を 持 って 行 われるが 多 くの 場 合 ( 名 目 的 であっても) 寺 社 参 詣 として 行 われた そのため 本 論 文 で 言 う 寺 社 参 詣 とは 狭 義 には 寺 院 神 社 を 参 詣 することを 指 すが 広 義 にはそれらを 含 めた 一 連 の 旅 を 指 す 民 衆 とは 近 世 において 年 貢 諸 役 などを 負 担 した 被 支 配 身 分 を 指 し 本 論 文 では 主 に 百 姓 を 検 討 対 象 とする かつての 近 世 史 研 究 においては 民 衆 は 年 貢 を 搾 取 され ごく 狭 い 範 囲 しか 移 動 できない 存 在 として 描 かれることが 多 かったが 研 究 の 進 展 により 民 衆 の 描 き 方 も 大 きく 変 化 した 近 年 青 木 美 智 男 は 日 本 の 歴 史 別 巻 日 本 文 化 の 原 型 ( 小 学 館 二 〇 〇 九 年 )において 近 世 ( 江 戸 時 代 )を 近 代 の 国 民 文 化 の 基 盤 となるべき 条 件 を 用 意 し 現 在 の 日 本 文 化 の 原 型 を 形 成 してきた 時 代 と 評 価 し 第 八 章 旅 への 誘 い で 定 住 化 が 進 み 毎 日 同 じ 場 所 かその 周 辺 で 暮 らす 中 で 異 郷 への 関 心 が 高 まり 非 日 常 的 な 開 放 感 を 求 めて 旅 に 出 た 民 衆 の 姿 を 描 き 出 している 民 衆 の 寺 社 参 詣 を 検 討 する 事 が 近 世 史 を 解 明 する 上 で 不 可 欠 な 研 究 になったことを 明 示 したものと 言 えよう なお 本 論 文 では 特 に 民 衆 から 見 て 遠 隔 地 に 位 置 する 寺 社 の 参 詣 を 検 討 する 全 国 的 に 見 れば 伊 勢 神 宮 高 野 山 金 毘 羅 富 士 山 大 山 江 ノ 島 榛 名 山 鹿 島 神 宮 香 取 神 宮 熱 田 神 宮 津 嶋 神 社 朝 熊 岳 筑 波 山 高 尾 山 三 峯 山 妙 義 山 御 嶽 戸 隠 愛 宕 山 などの 寺 社 が 挙 げられるが 本 論 文 は 主 に 和 歌 山 県 域 の 寺 社 を 対 象 とする 寺 社 参 詣 の 研 究 において 質 量 ともに 大 きな 影 響 を 与 えたのは 中 世 に 関 する 研 究 を 中 心 とする 新 城 常 三 社 寺 参 詣 の 社 会 経 済 史 的 研 究 ( 塙 書 房 一 九 六 四 年 )と そこに 近 世 に 関 する 論 稿 を 大 幅 に 加 えた 新 稿 社 寺 参 詣 の 社 会 経 済 史 的 研 究 ( 塙 書 房 一 九 八 二 年 )である もちろん それ 以 前 にも 民 間 信 仰 の 一 端 としての 寺 社 参 詣 を 検 討 した 研 究 は 見 られるものの 自 治 体 史 編 纂 の 成 果 を 踏 まえ 各 地 の 寺 社 の 資 料 を 多 数 検 討 し 総 合 的 に 寺 社 参 詣 像 を 描 きだし た 研 究 は 存 在 しなかった また それまでの 寺 社 参 詣 の 研 究 は 古 代 中 世 を 中 心 に 扱 うものが 多 かったが 近 世 の 寺 社 参 詣 を 本 格 的 に 扱 った 研 究 としても 他 に 類 を 見 ないものであった 新 城 以 後 の 寺 社 参 詣 研 究 は 現 在 にいたるまで 新 城 の 研 究 の 細 かい 部 分 での 検 証 を 余 儀 なくされていると 言 っても 過 言 ではないと 評 価 されている 新 城 の 研 究 の 概 要 を 述 べると 以 下 のようなものである 古 代 における 遠 隔 寺 社 の 参 詣 は 僧 侶 を 除 けば 貴 族 の 参 詣 とともに 始 まった 白 河 上 皇 以 降 は 上 皇 や 女 院 の 熊 野 参 詣 が 盛 んに 行 われた 承 久 の 乱 後 は 貴 族 から 武 士 へ 熊 野 参 詣 の 中 心 が 移 り 量 的 に 地 域 的 に 飛 躍 的 に 上 昇 拡 大 したものの 民 衆 で 遠 隔 参 詣 を 行 える 者 は 依 然 少 なかった 中 世 中 期 以 降 は 伊 勢 神 宮 や 高 野 山 への 参 詣 が 盛 んになり 近 世 になると1 民 衆 の 経 済 的 上 昇 2 交 通 環 境 の 好 転 3 参 詣 の 遊 楽 化 4 乞 食 参 詣 の 横 行 5 御 師 宿 坊 の 発 達 6 講 の 発 展 を 要 因 として 封 建 的 規 制 のなかでも 民 衆 の 寺 社 参 詣 は 盛 んになった その 結 果 参 詣 が 本 質 的 に 具 有 する 信 仰 的 意 義 は しだいに 薄 れて 参 詣 は 遊 楽 化 する それは 参 詣 の 質 的 低 下 を 意 味 するものにほかならないが しかしそのような 高 価 な 代 償 と 引 き 替 えに はじめて 近 世 参 詣 の 飛 躍 的 な 発 展 が 実 現 されたのである と 結 論 する( 新 稿 一 三 七 九 頁 ) 別 の 箇 所 でも 中 世 の 寺 社 参 詣 を 評 価 するなかで 中 世 の 参 詣 は 参 詣 の 本 源 的 動 機 である 信 仰 の 純 粋 性 をまだ 多 分 に 内 包 して おり 参 詣 は 本 来 純 粋 な 信 仰 行 事 である から 他 事 にかかわらず 対 象 社 寺 に 直 行 し 何 処 にも 寄 らず 真 直 ぐ 帰 家 するのが 神 仏 への 礼 であり 参 詣 の 本 義 と する( 同 六 五 四 頁 ) そのため 近 世 には 参 詣 が 遊 楽 化 し 途 中 に 寄 り 道 するのが 普 通 となり 参 詣 量 は 中 世 をはるか に 越 えて 飛 躍 的 に 発 展 した だが 江 戸 時 代 の 参 詣 の 量 的 発 達 は その 質 的 低 下 の 代 償 によってあがなわれたのである ( 同 六 五 五 頁 ) 近 世 の 参 詣 の 中 にも 中 世 ながらの 純 粋 な 篤 心 者 も 多 く 参 詣 の 遊 楽 化 を 説 く 余 り 敬 虔 な 参 詣 の 存 在 を 過 少 評 価 してはならない と 述 べ( 同 七 三 五 頁 ) 一 定 の 注 意 が 払 われるものの 中 世 までは 少 なかった 遊 楽 目 的 の 参 詣 の 増 加 が 近 世 寺 社 参 詣 の 隆 盛 につながったと 評 価 した 新 城 の 研 究 は その 後 自 治 体 史 編 纂 に 伴 って 数 多 く 発 見 された 道 中 日 記 を 分 析 した 旅 ルートの 研 究 によって 補 強 されることとなった 新 城 は 寺 社 参 詣 を 寺 社 ごとに 論 じたが 実 際 の 旅 は 複 数 の 寺 社 や 都 市 を 巡 っていた 道 中 日 記 が 多 く 活 字 化 されることで 比 較 分 類 が 容 易 になり 旅 の 行 動 を 寺 社 ごとに 分 節 することなく 検 討 することが 可 能 になっ た 一 九 八 〇 年 代 小 松 芳 郎 山 本 光 正 桜 井 邦 夫 が 複 数 の 伊 勢 参 宮 道 中 日 記 を 分 析 し その 行 程 を 解 明 して 類 型 化 を 試 みた その 後 小 野 寺 淳 がさらに 多 くの 道 中 日 記 を 分 析 し( 小 野 寺 自 身 が 未 読 のものを 含 めて 二 六 九 点 ) 関 東 を 出 立 した 旅 行 者 の 定 型 化 したルートを 解 明 した 伊 勢 参 宮 のルートは 伊 勢 参 宮 後 にすぐに 帰 路 につく 伊 勢 切 り もあっ

3 たが 多 くは1 伊 勢 参 宮 後 に 伊 勢 から 紀 伊 半 島 を 南 下 し 西 国 巡 礼 一 番 札 所 の 青 岸 渡 寺 を 参 詣 し 西 国 三 十 三 所 観 音 霊 場 を 巡 り 三 十 三 番 札 所 の 谷 汲 寺 から 中 山 道 に 出 るルート( 伊 勢 + 西 国 巡 礼 ルート) 2 伊 勢 参 宮 後 奈 良 へ 出 て 奈 良 大 坂 京 都 の 寺 社 を 巡 り 草 津 から 中 山 道 に 出 るルート( 伊 勢 参 宮 モデルルート)を 選 択 した これらのルートは 一 八 〇 〇 年 頃 を 境 に それぞれのルートに 瀬 戸 内 海 を 海 路 で 渡 り 金 毘 羅 参 詣 を 加 えたルートが 一 般 的 になり 同 時 に 東 海 道 では 秋 葉 山 鳳 来 寺 参 詣 中 山 道 では 善 光 寺 を 経 由 するルートが 選 択 されたという こうした 小 野 寺 のルート 変 容 の 解 明 は 途 中 に 寄 り 道 するのが 普 通 であった 近 世 の 旅 ルートを 実 証 した 点 で 新 城 の 研 究 を 補 強 するものであった 一 方 で 出 羽 三 山 信 仰 を 研 究 する 岩 鼻 通 明 は それまでの 寺 社 参 詣 の 物 見 遊 山 論 を 単 に 参 詣 の 旅 の 表 層 のみ を 分 析 した 結 果 にすぎないのではなかろうか と 述 べ 批 判 した 近 世 の 旅 の 循 環 的 行 程 を 寺 社 の 聖 性 の 喪 失 を 回 復 すべ く 創 意 されたものと 評 価 し その 行 程 を 聖 なる 円 環 の 旅 とした また 旅 日 記 に 記 されなかった 聖 地 における 宗 教 体 験 に 関 する 検 討 を 行 わずして 旅 日 記 の 表 面 的 な 記 載 から 近 世 の 社 寺 参 詣 を 物 見 遊 山 ときめつけることは 早 計 に 過 ぎるのではなかろうか と 述 べた この 見 解 は 新 城 が 目 的 寺 社 のみを 訪 れる 単 線 的 行 程 に 信 仰 性 を 見 出 したのと は 正 反 対 の 評 価 であり その 評 価 の 実 証 性 は 十 分 説 得 力 を 持 つものとは 言 い 難 いが 新 城 以 降 の 研 究 が 物 見 遊 山 の 側 面 ばかりに 注 目 してきたこともまた 事 実 であり 特 筆 すべき 見 解 と 言 える 近 年 多 くの 成 果 を 発 表 している 青 柳 周 一 の 研 究 は 旅 行 者 を 受 け 入 れる 地 域 の 実 態 とその 変 容 を 解 明 するもので そ の 対 象 は 概 して1 富 士 山 麓 地 域 ( 現 在 の 静 岡 県 駿 東 郡 小 山 町 御 殿 場 市 裾 野 市 ) 2 近 江 国 の 唐 崎 社 とその 周 辺 村 落 ( 現 在 の 滋 賀 県 大 津 市 )である 青 柳 は1で 人 類 学 の 成 果 をもとに 観 光 地 域 史 を 標 榜 した 観 光 地 域 史 研 究 と は 地 元 の 住 民 たちと 地 域 外 から 訪 れた 旅 行 者 たちが 出 会 う 中 で 発 生 する 様 々な 事 件 を 分 析 することで 地 域 が 大 量 の 旅 行 者 を 恒 常 的 に 受 け 入 れることで 再 生 産 を 維 持 し あわせてその 内 部 の 社 会 的 秩 序 も 保 ちうる 能 力 を 有 する 地 域 ( 観 光 地 )に 成 熟 する 過 程 を 描 き 出 す 試 みである 宗 教 者 と 参 詣 者 の 師 檀 定 宿 関 係 は 一 八 世 紀 後 半 頃 から 弱 体 してい くことを 指 摘 し 参 詣 旅 行 自 体 はますます 娯 楽 化 の 色 彩 を 強 め 参 詣 者 たちは 旅 先 にあって 快 適 で 奇 麗 な 宿 舎 質 の いい 食 事 や 酒 による 饗 応 また 安 全 かつ 平 易 な 旅 程 をますます 望 むようになっていった そして 参 詣 者 は 自 分 たちの 多 様 化 する 要 望 に 対 してもっともよく 応 じる 信 仰 登 山 集 落 を 自 主 的 に 選 び そこへ 宿 泊 した 上 で 登 山 しようとする 姿 勢 をしだいにあらわにしてゆく としている 2では 近 世 の 寺 社 参 詣 研 究 の 多 くが 近 世 後 期 以 降 に 集 中 している 状 況 を 批 判 し 近 世 前 中 期 の 状 況 を 踏 まえて 唐 崎 社 の 名 所 化 や 社 のある 下 坂 本 村 の 観 光 地 化 の 過 程 を 領 主 宗 教 者 地 域 住 民 参 詣 者 の 動 向 を 踏 まえて 解 明 している 参 詣 者 を 受 け 入 れる 地 域 の 研 究 はこれまでにも 行 われており 目 新 しい ものではないという 批 判 もある しかし 参 詣 者 と 寺 社 周 辺 地 域 の 住 民 との 表 層 的 関 係 の 指 摘 にとどまらず 地 域 を 中 心 に 据 えて 領 主 などの 動 向 も 踏 まえて 地 域 像 を 精 緻 に 描 き 出 した 点 は これまでの 成 果 を 飛 躍 的 に 進 展 させたものであ る 近 年 の 高 橋 陽 一 による 温 泉 地 の 研 究 からも こうした 視 角 での 地 域 史 研 究 の 重 要 性 は 明 らかである 観 光 地 域 史 と 述 べるか 否 かはともかく 今 後 も 普 遍 化 深 化 させていくべき 方 法 論 と 言 えよう 原 淳 一 郎 は 南 関 東 の 寺 社 特 に 相 模 国 の 大 山 や 江 の 島 鎌 倉 を 検 討 対 象 として 近 世 寺 社 参 詣 の 研 究 ( 思 文 閣 出 版 二 〇 〇 七 年 )をまとめた 主 な 特 徴 として 1 参 詣 者 と 寺 社 の 両 者 の 視 点 から 分 析 していること 2 多 様 な 参 詣 者 を 一 緒 くたに 論 じることなく 紀 行 文 を 記 した 都 市 知 識 人 ( 特 に 江 戸 の 知 識 人 )と 道 中 日 記 を 記 した 村 落 内 上 位 層 を 分 類 して 論 じていること 3 近 世 の 旅 が 全 体 として 俗 化 したか 聖 性 を 維 持 しているかを 二 者 択 一 的 に 論 じ るよりも どういう 側 面 で 俗 化 し どういう 側 面 では 聖 性 を 維 持 しているかを 論 じようと 試 みていることである また 新 城 の 研 究 の 近 世 の 評 価 が 平 面 的 であり 近 世 内 における 段 階 的 な 把 握 が 充 分 行 われていないことから 原 は 自 身 の 研 究 をもとに 段 階 的 な 寺 社 参 詣 像 を 提 示 している 第 Ⅰ 期 は 一 七 世 紀 半 ばで 相 模 国 大 山 において 江 戸 の 上 層 町 人 の 参 詣 が 確 認 できる 一 方 で 相 模 国 など 近 隣 の 参 詣 者 も 見 られる 時 期 第 Ⅱ 期 は 一 七 世 紀 末 の 元 禄 期 で 江 戸 から 関 東 周 縁 部 に 位 置 する 山 岳 の 寺 社 や 江 ノ 島 成 田 山 新 勝 寺 などへ 多 くの 参 詣 者 が 訪 れるようになる 時 期 第 Ⅲ 期 は 一 八 世 紀 後 期 の 明 和 安 永 期 で 伊 勢 参 宮 が 爆 発 的 に 増 加 し 関 東 の 各 地 で 参 詣 地 の 複 合 化 が 起 こり 街 道 沿 いでは 争 論 が 頻 発 し た 時 期 第 Ⅳ 期 は 一 八 世 紀 初 期 の 文 化 文 政 期 で 寺 社 参 詣 の 大 衆 化 の 最 盛 期 第 Ⅴ 期 は 嘉 永 期 で 全 国 的 に 参 詣 者 が 減 少 していく 時 期 このように 段 階 的 な 状 況 を 提 示 したうえで 参 詣 地 の 複 合 化 が 起 こった 明 和 安 永 期 の 画 期 性 を 強 調 した(その 後 の 研 究 では やや 時 期 を 拡 大 させて 宝 暦 天 明 期 を 画 期 と 述 べている) 以 上 のように 先 行 研 究 を 概 括 した 上 で 具 体 的 課 題 として 以 下 の 三 点 を 挙 げる 一 つは 寺 社 参 詣 における 信 仰 の 問 題 である 新 城 は 中 世 まで 参 詣 が 本 質 的 に 具 有 していた 信 仰 的 意 義 は 近 世 になるとしだいに 薄 れて 遊 楽 化 し その 結

4 果 として 飛 躍 的 発 展 を 遂 げたことを 明 らかにした しかし 信 仰 的 要 素 の 検 討 を 充 分 に 行 わなかったため 後 に 多 くの 批 判 にさらされ 現 在 では 信 仰 的 要 素 も 含 めて 近 世 寺 社 参 詣 像 を 描 くことが 通 例 となりつつある ただし 現 時 点 で 信 仰 の 検 討 は 参 詣 先 の 寺 社 のみが 対 象 で 日 常 的 に 接 する 寺 社 なども 踏 まえた 議 論 には 至 っていない 地 域 内 での 信 仰 的 行 為 について 充 分 検 討 せずに 参 詣 の 対 象 となる 寺 社 にこそ 信 仰 があると 評 価 した 結 果 葬 祭 寺 院 との 関 係 を 過 小 評 価 することに 繋 がり 民 衆 の 信 仰 を 総 合 的 に 理 解 する 道 は 閉 ざされている そのため 近 年 急 速 に 進 展 している 近 世 宗 教 社 会 史 研 究 においては 寺 社 参 詣 における 信 仰 的 営 為 がどこまでも 例 外 的 なものとして 扱 われるようになっている 近 世 寺 社 参 詣 研 究 がいかに 多 く 信 仰 の 事 例 を 蓄 積 しても 日 常 の 信 仰 に 言 及 せず 参 詣 の 対 象 となる 寺 社 にこそ 信 仰 がある としている 限 り 宗 教 社 会 史 研 究 との 対 話 は 不 可 能 である 寺 社 参 詣 史 と 宗 教 社 会 史 の 研 究 を 橋 渡 しする 意 味 でも 民 衆 の 日 常 生 活 や 信 仰 を 踏 まえて 寺 社 参 詣 像 を 描 き 出 すことが 必 要 である 二 つは 参 詣 者 を 受 け 入 れる 地 域 や 寺 社 の 問 題 である 近 年 寺 社 を 含 んだ 観 光 地 の 成 立 をめぐる 研 究 が 蓄 積 さ れつつあるが 依 然 として 旅 行 者 を 受 け 入 れた 地 域 の 研 究 は 事 例 が 少 なく それらを 総 合 的 に 論 じる 段 階 にはいたって いない 地 域 や 寺 社 の 動 向 を 検 討 し 彼 らが 参 詣 者 の 行 動 にいかに 主 体 的 に 関 わっていくのか 解 明 する 必 要 がある 三 つは 上 記 の 二 つの 課 題 を 前 提 として 一 寺 社 の 参 詣 の 様 相 を 通 時 的 に 検 討 することである 参 詣 の 様 相 や そこ での 信 仰 的 営 為 寺 社 の 動 向 などを 総 合 的 に 論 じなくてはならない 寺 社 参 詣 に 関 する 研 究 は 多 様 だが 一 寺 社 に 注 目 してこれらを 総 合 的 に 検 討 した 成 果 は 極 めて 少 ない こうした 一 寺 社 の 通 時 的 検 討 の 蓄 積 なくして 寺 社 参 詣 研 究 の 近 世 における 段 階 的 変 容 の 解 明 は 難 しいと 思 われる 2. 本 研 究 の 構 成 ならびに 各 章 の 要 約 本 論 文 は 文 字 数 約 213,000 字 (400 字 原 稿 用 紙 533 枚 )で 他 に 表 や 図 を 含 む 全 三 章 の 本 論 とその 前 後 の 序 章 終 章 で 構 成 されている 序 章 第 一 節 先 行 研 究 一 寺 社 参 詣 史 二 近 世 仏 教 史 第 二 節 本 論 文 の 課 題 第 三 節 本 論 文 の 構 成 第 一 章 民 衆 の 日 常 生 活 と 信 仰 寺 社 参 詣 第 一 節 民 衆 の 世 界 観 と 信 仰 紀 伊 国 名 草 郡 岩 橋 村 湯 橋 長 泰 を 事 例 に 一 湯 橋 長 泰 の 身 上 り 運 動 二 湯 橋 長 泰 の 世 界 観 三 湯 橋 長 泰 の 観 音 信 仰 第 二 節 民 衆 の 日 常 生 活 と 寺 社 参 詣 紀 伊 国 伊 都 郡 慈 尊 院 村 中 橋 英 元 を 事 例 に 一 年 中 行 事 にみる 共 同 体 的 信 仰 二 中 橋 英 元 の 教 養 と 自 意 識 三 中 橋 英 元 の 信 仰 四 中 橋 英 元 の 寺 社 参 詣 第 三 節 近 世 中 期 における 江 戸 幕 府 の 宗 教 統 制 延 享 期 の 寺 院 本 末 改 を 事 例 に 一 延 享 期 の 本 末 改 の 目 的 二 古 本 寺 の 末 寺 化 三 各 地 の 本 末 争 論 第 四 節 近 世 後 期 における 地 方 教 団 組 織 の 展 開 武 蔵 国 高 麗 郡 飯 能 村 能 仁 寺 を 事 例 に 一 争 論 にみる 一 九 世 紀 の 寺 檀 関 係

5 二 地 方 教 団 組 織 の 成 立 三 扱 人 としての 能 仁 寺 第 二 章 旅 行 者 の 通 行 と 寺 社 地 域 社 会 第 一 節 道 中 日 記 にみる 近 世 和 歌 山 の 旅 一 旅 の 行 程 二 旅 先 の 情 景 第 二 節 西 国 巡 礼 と 地 域 社 会 紀 伊 国 伊 都 郡 慈 尊 院 村 を 事 例 に 一 西 国 巡 礼 と 慈 尊 院 村 二 無 銭 渡 の 様 相 三 無 銭 渡 開 始 の 要 因 四 神 流 川 の 無 銭 渡 第 三 節 地 方 神 社 の 宗 教 活 動 紀 伊 国 海 部 郡 加 太 浦 淡 嶋 神 社 を 事 例 に 一 淡 嶋 神 社 と 紀 伊 二 各 地 への 勧 請 三 江 戸 紀 州 藩 邸 への 勧 請 と 出 開 帳 四 近 世 後 期 の 淡 嶋 神 社 参 詣 第 三 章 近 世 における 高 野 山 信 仰 の 展 開 第 一 節 高 野 山 参 詣 の 様 相 と 変 容 相 模 国 を 中 心 に 一 高 野 山 参 詣 の 様 相 二 参 詣 者 数 の 推 移 三 参 詣 の 変 容 四 変 容 の 要 因 第 二 節 高 野 山 の 檀 那 廻 りと 民 衆 相 模 国 三 浦 郡 を 事 例 に 一 檀 那 廻 りの 特 徴 二 文 化 期 における 檀 那 廻 り 三 村 外 宗 教 者 への 対 策 とその 実 態 第 三 節 高 野 山 における 供 養 の 展 開 相 模 国 西 部 を 事 例 に 一 位 牌 供 養 の 概 要 二 供 養 数 の 推 移 三 供 養 の 変 容 四 先 祖 代 々 供 養 の 展 開 終 章 参 考 文 献 一 覧 地 図 序 章 では 先 行 研 究 の 成 果 と 問 題 点 について 述 べ 上 記 の 課 題 を 提 示 した 第 一 章 民 衆 の 日 常 生 活 と 信 仰 寺 社 参 詣 は 民 衆 の 寺 社 参 詣 の 実 態 を 考 察 する 前 提 として 民 衆 の 思 想 や 日 常 生 活 幕 府 の 宗 教 政 策 寺 院 の 役 割 を 論 じた 第 一 節 民 衆 の 世 界 観 と 信 仰 では 紀 伊 国 名 草 郡 岩 橋 村 ( 現 在 の 和 歌 山 県 和 歌 山 市 )で 紀 州 藩 の 地 士 大 庄 屋 を 務 めた 湯 橋 長 泰 の 身 上 り( 士 分 化 ) 運 動 や 信 仰 の 様 相 を 解 明 した 地 士 とはいわゆる 郷 士 のことであるが 紀 州 藩 にお いては 百 姓 身 分 であった 湯 橋 長 泰 は 藩 が 民 衆 に 与 えた 父 母 状 の 注 釈 書 を 作 成 し 藩 や 幕 府 に 提 出 して 身 上 りを

6 図 った また 紀 州 藩 主 の 徳 川 吉 宗 が 将 軍 になったことを 契 機 に 幕 臣 になった 者 たちの 伝 手 によって 仕 官 を 目 指 した しかし どちらも 思 い 通 りにはいかず 禁 止 された 注 釈 書 の 提 出 を 再 三 行 なった 結 果 流 罪 となった このような 経 歴 を 持 つ 長 泰 は もともと 儒 学 のみに 傾 倒 し 排 仏 論 の 影 響 を 受 けて 僧 侶 を 嫌 っていたが 後 に 仏 教 にもすがるようにな り 神 道 仏 教 儒 学 のそれぞれを 尊 重 した また 占 いや 夢 を 信 じて 自 身 の 行 動 の 吉 凶 を 確 認 してから 行 動 を 起 こして いた 流 罪 になってからは 特 に 観 音 を 篤 く 信 仰 し 現 世 における 開 運 を 熱 望 した 湯 橋 家 は 代 々 浄 土 真 宗 で 蓮 如 が 立 ち 寄 ったとの 由 緒 もあったため 家 の 宗 教 としては 浄 土 真 宗 を 最 も 尊 重 したが 個 人 的 には 観 音 信 仰 を 強 めていった 紀 州 藩 に 紀 伊 国 内 での 霊 場 を 定 めるよう 願 い 出 るなど 強 い 観 音 信 仰 を 持 ち 西 国 巡 礼 を 行 ないたいと 考 えていた 第 二 節 民 衆 の 日 常 生 活 と 寺 社 参 詣 では 紀 伊 国 伊 都 郡 慈 尊 院 村 ( 現 在 の 和 歌 山 県 伊 都 郡 九 度 山 町 )で 高 野 山 金 剛 峯 寺 の 地 士 を 務 めた 中 橋 英 元 を 事 例 に 一 八 世 紀 後 期 における 民 衆 の 日 常 生 活 と 信 仰 について 明 らかにした 彼 らが 共 同 体 的 個 人 的 生 活 を 送 るなかで 様 々な 信 仰 的 営 為 を 行 なっていることを 明 らかにした 共 同 体 的 には 雨 乞 いなどの 読 経 を 寺 院 や 神 社 で 行 ない 個 人 的 には 最 勝 王 経 や 光 明 真 言 般 若 心 経 などを 読 誦 し 病 気 回 復 などを 祈 願 した 信 仰 的 営 為 が 日 常 生 活 を 送 る 中 で 不 可 欠 なものであった 英 元 は 頻 繁 に 寺 社 を 参 詣 しており その 際 に 芝 居 見 物 をするなど 娯 楽 的 な 面 も 見 られたが 途 中 に 参 詣 する 寺 社 では 篤 く 信 仰 する 姿 が 見 られた 日 常 においても 寺 社 参 詣 時 においても 信 仰 的 な 姿 は 見 られ それはどちらか 一 方 のみに 信 仰 がある 二 者 択 一 的 なものではなかった 第 三 節 近 世 中 期 における 江 戸 幕 府 の 宗 教 統 制 では 民 衆 の 信 仰 を 支 えた 寺 院 を 幕 府 がいかに 統 制 していたのかを 延 享 期 の 寺 院 本 末 改 を 事 例 に 検 討 した 特 に 本 末 改 によって 曹 洞 宗 の 組 織 編 成 がどのような 変 容 を 遂 げたのかを 取 り 上 げた 従 来 幕 府 による 宗 教 統 制 は 寛 文 期 に 完 成 すると 理 解 されていたが 曹 洞 宗 においては 延 享 期 の 本 末 改 より 前 に は 古 本 寺 の 寺 格 を 有 し 本 山 の 末 寺 になっていない 寺 院 が 複 数 存 在 しており 本 山 を 頂 点 とする 本 末 制 度 が 完 成 して いないことが 明 らかになった 幕 府 は 本 末 改 によって 本 山 を 頂 点 とする 本 末 制 度 の 確 立 と 本 末 関 係 の 明 確 化 を 図 ったが 幕 府 の 意 図 を 超 えて 教 団 組 織 内 において 本 末 関 係 を 変 更 してはならないとする 意 識 が 生 み 出 されていった 第 四 節 近 世 後 期 における 地 方 教 団 組 織 の 展 開 では そうした 江 戸 幕 府 の 統 制 下 で 寺 院 が 具 体 的 に 地 域 の 中 でどの ような 役 割 を 担 っていたのか 武 蔵 国 高 麗 郡 飯 能 村 ( 現 在 の 埼 玉 県 飯 能 市 )の 曹 洞 宗 寺 院 能 仁 寺 を 事 例 に 検 討 した 能 仁 寺 が 民 衆 の 生 活 に 深 く 関 わり その 要 望 を 受 けて 勢 力 を 拡 大 させていく 過 程 を 明 らかにした 一 八 世 紀 には 新 田 開 発 の 進 展 により 末 寺 の 範 囲 を 拡 大 させた 能 仁 寺 の 住 職 は 民 衆 の 支 持 により 決 定 され 住 職 は 民 衆 の 菩 提 供 養 や 宗 判 を 行 なうだけでなく 民 衆 の 要 望 を 受 けて 扱 人 の 役 割 を 果 たし 地 域 の 紛 争 解 決 に 努 めていた 第 二 章 旅 行 者 の 通 行 と 寺 社 地 域 社 会 では 旅 行 者 を 受 け 入 れた 地 域 宗 教 者 の 動 向 を 検 討 した 第 一 節 道 中 日 記 にみる 近 世 和 歌 山 の 旅 では 全 国 各 地 に 現 存 する 道 中 日 記 の 中 から 現 在 の 和 歌 山 県 和 歌 山 市 域 を 通 行 したものを 分 析 した 旅 行 者 は 西 国 巡 礼 や 伊 勢 参 宮 の 過 程 で 紀 伊 を 通 過 しており 旅 行 者 の 獲 得 を 目 的 とする 争 論 が 紀 伊 国 内 で 頻 発 していた 粉 河 では 様 々な 道 中 案 内 記 が 出 版 頒 布 され 和 歌 浦 では 案 内 人 が 出 現 するなど 近 世 後 期 において 紀 伊 国 の 人 々が 旅 行 者 の 行 動 に 深 く 関 わる 動 向 を 見 せたことを 明 らかにした 第 二 節 西 国 巡 礼 と 地 域 社 会 では 高 野 山 麓 の 慈 尊 院 村 で 安 永 期 に 行 われた 無 料 での 渡 船 について 検 討 した その 実 施 には 慈 尊 院 村 の 人 々はもちろん 近 郊 村 落 や 領 主 の 高 野 山 西 国 巡 礼 四 番 札 所 の 施 福 寺 も 関 わっていた 渡 船 は 旅 行 者 の 支 援 としての 側 面 もあるが 近 郊 村 落 で 多 くの 旅 行 者 を 渡 していた 実 態 を 考 慮 すると 旅 行 者 から 得 られる 賽 銭 や 宿 泊 費 の 確 保 という 目 的 もあったと 考 えられる 地 域 の 争 論 を 解 消 させた 無 料 での 渡 船 は 関 東 でも 実 施 されており 旅 を 通 じた 交 流 によって 他 地 域 で 実 践 されることとなったのである 第 三 節 地 方 神 社 の 宗 教 活 動 では 紀 伊 国 海 士 郡 加 太 村 ( 現 在 の 和 歌 山 県 和 歌 山 市 )の 淡 嶋 神 社 の 動 向 を 検 討 した 淡 嶋 神 社 は 近 世 初 期 には 紀 州 藩 によって 社 殿 が 修 復 されていたが 元 禄 期 から 自 力 での 修 復 を 命 じられ 宗 教 活 動 を 活 発 化 させた 神 社 の 経 営 を 支 えていたのは 紀 伊 国 の 人 々で 淡 嶋 神 社 の 社 人 が 毎 年 檀 那 廻 りをして 札 を 配 った 淡 嶋 神 社 は 各 地 に 勧 請 され 天 保 期 には 江 戸 の 紀 州 藩 蔵 屋 敷 に 勧 請 されて 月 に 一 日 公 開 された 所 蔵 する 宝 物 を 公 開 する 出 開 帳 が 江 戸 や 大 坂 で 行 われ 淡 嶋 神 社 の 名 は 徐 々に 広 まっていった 近 世 後 期 に 淡 嶋 神 社 が 多 くの 旅 行 者 を 獲 得 するよ うになる 要 因 として このような 活 発 な 宗 教 活 動 があったと 考 えられる 第 三 章 近 世 における 高 野 山 信 仰 の 展 開 では 高 野 山 金 剛 峯 寺 の 塔 頭 である 高 室 院 とその 檀 家 の 関 係 および 変 容 過 程 を 検 討 した 特 に 相 模 国 の 檀 家 を 取 り 上 げた 第 一 節 高 野 山 参 詣 の 様 相 と 変 容 では 高 野 山 参 詣 の 変 容 過 程 を 数 量 的 検 討 から 明 らかにした 参 詣 者 数 は 右 肩 上

7 がりに 上 昇 するなどの 傾 向 は 見 て 取 れなかった 行 程 案 内 人 宿 泊 などの 変 容 過 程 を 見 ると 徐 々に 西 国 巡 礼 の 参 詣 者 が 減 少 し 案 内 人 を 連 れて 参 詣 する 者 宿 泊 しない 参 詣 者 が 増 加 したことがわかる 一 八 世 紀 末 から 一 九 世 紀 初 め 頃 旅 の 行 程 が 長 期 化 複 合 化 し より 困 難 の 少 ない 旅 が 行 われるようになる 代 わりに 一 寺 院 で 行 われていた 参 詣 者 によ る 信 仰 的 営 為 は 行 われなくなっていった 第 二 節 高 野 山 の 檀 那 廻 りと 民 衆 では 高 野 山 高 室 院 の 相 模 国 三 浦 郡 での 檀 那 廻 りについて 検 討 した 近 世 後 期 民 衆 が 寺 社 の 勧 化 などを 拒 絶 することが 多 くなる 時 期 に 高 室 院 が 末 寺 の 協 力 を 得 るなどして 関 係 の 維 持 に 努 めたこ とを 明 らかにした 民 衆 の 対 応 は 多 様 だが 宗 教 者 は 拒 否 する 村 に 対 しても 執 念 深 く 説 得 にあたったのである 第 三 節 高 野 山 における 供 養 の 展 開 では 民 衆 が 高 野 山 へ 参 詣 した 際 に 行 なった 供 養 ( 位 牌 の 建 立 )について そ の 変 容 過 程 を 検 討 した 一 七 世 紀 初 期 は 菩 提 供 養 だけでなく 逆 修 供 養 が 広 く 行 われており 供 養 は 直 系 の 死 者 のみを 供 養 しようとするよりは 供 養 者 を 中 心 として 身 近 な 人 の 供 養 に 限 られていた その 後 逆 修 供 養 は 減 少 し 直 系 の 死 者 を 菩 提 供 養 することが 多 くなり 近 世 後 期 においては 先 祖 代 々 供 養 が 高 野 山 での 供 養 の 中 心 になった また 位 牌 の 建 立 自 体 も 減 少 していった 高 野 山 は 近 世 前 期 においては 個 人 を 供 養 する 場 であったが 近 世 後 期 にかけて 没 個 性 化 した 先 祖 を 供 養 する 場 となっていった 終 章 では 各 章 の 内 容 を 整 理 し 近 世 の 寺 社 参 詣 の 変 容 過 程 を 段 階 的 に 提 示 した また 結 論 として 以 下 の 点 を 述 べ た 近 世 において 民 衆 の 信 仰 は 村 外 の 寺 社 に 対 して 参 詣 という 形 で 向 けられたが 村 内 の 寺 社 も 等 閑 にされることはなか った 村 外 の 寺 社 に 対 する 信 仰 は 日 常 生 活 における 講 の 活 動 宗 教 者 の 来 訪 個 人 的 信 仰 と 深 く 関 わっており 村 外 の 寺 社 への 参 詣 は 日 常 生 活 の 延 長 線 上 にあるものと 位 置 づけられる その 信 仰 は 民 衆 が 主 体 的 に 選 択 するのみならず 宗 教 者 や 通 行 する 地 域 の 動 向 によって 喚 起 される 場 合 もあった

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ 教 学 教 化 専 門 委 員 会 主 査 木 越 渉 宗 祖 親 鸞 聖 人 七 百 五 十 回 御 遠 忌 は 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 し た 東 日 本 大 震 災 に よ り 法 要 の 第 一 期 が 中 止 さ れ 被 災 者 支 援 の つ ど い が 執 り 行 わ れ た こ の 決 定 か ら 御 遠 忌 そ の も の の 意 義 が 様 々 に 問 わ れ

More information

最 後 に 本 展 示 を 開 催 するにあたり 貴 重 な 資 料 を 提 供 してくださいました 寄 贈 者 寄 託 者 の 方 々に 深 く 感 謝 申 し 上 げます 平 成 年 9 月 埼 玉 県 立 文 書 館 長. 県 内 の 風 景 重 要 文 化 財 の 川 越 の 喜 多 院 や

最 後 に 本 展 示 を 開 催 するにあたり 貴 重 な 資 料 を 提 供 してくださいました 寄 贈 者 寄 託 者 の 方 々に 深 く 感 謝 申 し 上 げます 平 成 年 9 月 埼 玉 県 立 文 書 館 長. 県 内 の 風 景 重 要 文 化 財 の 川 越 の 喜 多 院 や 画 にみる 近 代 日 本 の 風 景 武 蔵 国 秩 父 郡 県 社 三 峰 神 社 全 図 ( 田 中 家 文 書 0) 開 催 にあたって 幕 末 に 西 洋 から 伝 えられた 技 術 は 司 馬 江 漢 亜 欧 堂 田 善 安 田 雷 洲 などが 習 得 して 作 品 化 する 一 方 京 都 の 玄 々 堂 が 小 型 の 風 景 画 などを 量 産 して 一 般 に 流 通 させました

More information

本 を 立 て 一 間 の 息 災 を 祈 る 願 文 が 書 かれていま 月 日 : 願 文 の 最 後 に 月 日 の 記 載 があり 吊 るされたのが 元 徳 三 (1331) 正 月 八 日 あることがわかりま 鎌 倉 時 代 終 末 南 北 朝 時 代 となりま 用 途 : 本 巻 数 板

本 を 立 て 一 間 の 息 災 を 祈 る 願 文 が 書 かれていま 月 日 : 願 文 の 最 後 に 月 日 の 記 載 があり 吊 るされたのが 元 徳 三 (1331) 正 月 八 日 あることがわかりま 鎌 倉 時 代 終 末 南 北 朝 時 代 となりま 用 途 : 本 巻 数 板 かんじょういた 平 成 26 度 松 原 内 湖 遺 跡 から 出 土 した 鎌 倉 時 代 末 期 の 巻 数 板 ( 勧 請 板 )について 公 益 財 団 法 人 滋 賀 県 文 化 財 保 護 協 会 は 国 土 交 通 省 滋 賀 国 道 事 務 所 および 滋 賀 県 教 育 委 員 会 からの 依 頼 により 国 道 8 号 米 原 バイパス 事 業 に 伴 う 松 原 内 湖 遺 跡

More information

町 には 私 たちの 祖 先 が 生 活 の 中 で 作 りだしたもの 残 してくれたものなど 貴 重 な が たくさんあります その 中 で 国 県 町 指 定 重 要 遺 跡 ( 埋 蔵 包 蔵 地 )があり その 保 存 や 保 護 に 努 め ております ( 下 記 一 覧 は 平 成 24

町 には 私 たちの 祖 先 が 生 活 の 中 で 作 りだしたもの 残 してくれたものなど 貴 重 な が たくさんあります その 中 で 国 県 町 指 定 重 要 遺 跡 ( 埋 蔵 包 蔵 地 )があり その 保 存 や 保 護 に 努 め ております ( 下 記 一 覧 は 平 成 24 奥 会 津 博 物 館 TEL 0241-66 66-3077 3077 奥 会 津 博 物 館 は 私 たちの 祖 先 が 何 百 年 もの 間 使 用 してきた 民 具 や 道 具 約 15,000 点 を 収 蔵 し ています これらの 中 には 昭 和 57 年 と 平 成 2 年 に 国 の 重 要 民 俗 奥 会 津 の 山 村 生 産 用 具 に 指 定 された 5,058 点 の 資

More information

校歌(氏名)

校歌(氏名) 3 章 まとめと 考 察 一 部 ではあるが 益 田 川 に 関 する 地 域 の 民 話 について 取 材 考 察 を 行 ってきた 紹 介 し た 民 話 の 内 容 構 成 について また 民 話 の 舞 台 となる 河 川 について 考 察 した 点 をまとめ てみる 文 中 に 表 示 している 番 号 は 2 章 で 紹 介 している 民 話 の 番 号 に 対 応 している 1 民 話

More information

1 小 田 原 北 条 氏 虎 朱 印 状 3と 同 一 巻 子 仕 立 1561 酉 ( 永 禄 4) 年 3 月 20 日 南 条 小 やわた 小 代 官 百 姓 中 2 禁 制 ( 秀 吉 禁 制 ) 1590 天 正 18 年 4 月 相 模 区 大 ひらたい 3 定 ( 片 桐 直 倫 掟

1 小 田 原 北 条 氏 虎 朱 印 状 3と 同 一 巻 子 仕 立 1561 酉 ( 永 禄 4) 年 3 月 20 日 南 条 小 やわた 小 代 官 百 姓 中 2 禁 制 ( 秀 吉 禁 制 ) 1590 天 正 18 年 4 月 相 模 区 大 ひらたい 3 定 ( 片 桐 直 倫 掟 収 蔵 資 料 ( 古 文 書 ) 目 録 大 平 台 藤 曲 家 文 書 ( 平 成 28 年 7 月 22 日 現 在 ) 箱 根 町 立 郷 土 資 料 館 1 小 田 原 北 条 氏 虎 朱 印 状 3と 同 一 巻 子 仕 立 1561 酉 ( 永 禄 4) 年 3 月 20 日 南 条 小 やわた 小 代 官 百 姓 中 2 禁 制 ( 秀 吉 禁 制 ) 1590 天 正 18 年 4

More information

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx)

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx) 比 較 民 俗 研 究 会 NEWSLETTER 5 2013 年 2 月 発 行 目 次 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) ( 1 2 3 4 5 ) 比 較 民 俗 研 究 2 7 号 の 発 行 ( 6 ) 事 務 局 よ り お 知 ら せ ( 6 ) 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) 第 1 1 4 回 (

More information

不 動 明 王 像 降 三 世 明 王 像 軍 荼 利 明 王 像 江 戸 時 代 慶 長 13 年 (1608)/ 34 重 文 五 大 明 王 像 ( 五 大 堂 安 置 ) 5 軀 木 造 彩 色 金 剛 夜 叉 明 王 像 頭 部 鎌 倉 時 代 (14 世 紀 ) 体 部 江 戸 時 代

不 動 明 王 像 降 三 世 明 王 像 軍 荼 利 明 王 像 江 戸 時 代 慶 長 13 年 (1608)/ 34 重 文 五 大 明 王 像 ( 五 大 堂 安 置 ) 5 軀 木 造 彩 色 金 剛 夜 叉 明 王 像 頭 部 鎌 倉 時 代 (14 世 紀 ) 体 部 江 戸 時 代 第 1 章 醍 醐 寺 のなりたち - 理 源 大 師 聖 宝 - 1 重 文 理 源 大 師 坐 像 1 軀 木 造 彩 色 鎌 倉 時 代 13 世 紀 京 都 醍 醐 寺 2 理 源 大 師 像 1 幅 絹 本 著 色 室 町 時 代 14~15 世 紀 京 都 醍 醐 寺 3 重 文 醍 醐 根 本 僧 正 略 伝 1 巻 紙 本 墨 書 平 安 時 代 10 世 紀 京 都 醍 醐 寺 4

More information

<966B94A98CB089C6944E955C202D2083528373815B2E786C73>

<966B94A98CB089C6944E955C202D2083528373815B2E786C73> 北 畠 顕 家 年 譜 和 暦 西 暦 月 日 出 来 事 史 料 文 保 2 年 1318 北 畠 親 房 の 子 として 誕 生 元 応 3 年 1321 1 月 1 日 顕 家 従 五 位 下 となる 正 中 2 年 1325 12 月 30 日 顕 家 侍 従 となる 嘉 暦 3 年 1328 3 月 16 日 顕 家 少 納 言 となる 嘉 暦 3 年 1328 4 月 19 日 顕 家

More information

⑦第6章伊勢原市の関連文化財群_最終

⑦第6章伊勢原市の関連文化財群_最終 第 6 章 1. 関 連 文 化 財 群 の 設 定 これまで 見 落 とされがちであった 市 域 にある 多 種 多 様 な 文 化 財 等 について そ れらの 魅 力 を 高 め あらためてその 価 値 を 捉 え 直 すために 有 形 無 形 指 定 や 登 録 未 指 定 を 問 わず 地 域 の 文 化 財 や 歴 史 をパッケージとして 捉 え ストーリ ー 化 する 関 連 文 化

More information

試 験 開 始 の 合 図 があるまで この 問 題 冊 子 の 中 を 見 てはいけません 平 成 25 年 度 一 般 入 学 試 験 問 題 (Ⅰ 期 A 日 程 ) 日 本 史 注 意 事 項 1 解 答 用 紙 には 解 答 欄 以 外 に 次 の 記 入 欄 があるので 監 督 者 の 指 示 に 従 って それぞれ 正 しく 記 入 し マークしなさい 1 氏 名 欄 氏 名 フリガナを

More information

<5461726F2D8E9197BF8254817C82508740814091E592C38E7393C195CA95DB>

<5461726F2D8E9197BF8254817C82508740814091E592C38E7393C195CA95DB> 資 料 5-1 大 津 市 における 歴 史 的 風 土 特 別 保 存 地 区 の 都 市 計 画 決 定 について 目 次 1. 大 津 市 の 古 都 指 定 に 関 する 歴 史 的 風 土 部 会 での 審 議 経 緯 1 2. 大 津 市 の 古 都 指 定 についての 理 由 等 2 3. 大 津 市 の 歴 史 的 風 土 特 別 保 存 地 区 の 都 市 計 画 決 定 の 考

More information

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇 第 1 回 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 雇 用 やパートタイム 雇 用 の 制 度 について の 解 説 平 成 27 年 7 月 24 日 高 知 会 館 講 師 / 経 営 法 曹 会 議 所 属 弁 護 士 石 井 妙 子 氏 Ⅰ 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 契 約 1 定 年 後 再 雇 用 制 度 概 要 (1) 定 年 後,65 歳 までの 雇 用 確

More information

大 神 山 神 社 籠 神 社 春 日 大 社 伊 勢 神 宮 高 野 山 海 神 神 社 宇 佐 神 宮 小 豆 島 も 線 上 に あ る 石 鎚 山 も 山 岳 修 行 の 場 で 共 に 空 海 が 修 行 し た と い う 伝 説 の あ る 山 - 2 -

大 神 山 神 社 籠 神 社 春 日 大 社 伊 勢 神 宮 高 野 山 海 神 神 社 宇 佐 神 宮 小 豆 島 も 線 上 に あ る 石 鎚 山 も 山 岳 修 行 の 場 で 共 に 空 海 が 修 行 し た と い う 伝 説 の あ る 山 - 2 - 地 図 を 物 差 し で 測 る と 福 井 須 波 阿 須 疑 神 社 か ら 諏 訪 大 社 8 7 ミ リ 福 井 須 波 阿 須 疑 神 社 か ら 伊 勢 神 宮 8 7 ミ リ 伊 勢 神 宮 か ら 淡 路 島 伊 弉 諾 神 宮 8 7 ミ リ で す が 伊 弉 諾 神 宮 か ら 大 神 山 神 社 は 8 3 ミ リ で す 8 7 ミ リ と 8 3 ミ リ 距 離 は 正

More information

しいた 堀 田 正 睦 (まさよし)の 子 育 奨 励 の 触 書 や 天 保 改 革 時 の 家 作 取 締 りなど 興 味 深 い 資 料 があります 3. 嘉 永 二 年 小 金 原 御 鹿 狩 ~ 四 街 道 に5300 人 の 勢 子 が 集 まる~ 井 岡 家 の 先 祖 治 郎 左 衛

しいた 堀 田 正 睦 (まさよし)の 子 育 奨 励 の 触 書 や 天 保 改 革 時 の 家 作 取 締 りなど 興 味 深 い 資 料 があります 3. 嘉 永 二 年 小 金 原 御 鹿 狩 ~ 四 街 道 に5300 人 の 勢 子 が 集 まる~ 井 岡 家 の 先 祖 治 郎 左 衛 古 文 書 が 伝 える 四 街 道 の 歴 史 展 の 解 説 はじめに 今 回 の 展 示 会 にご 協 力 をいただきました 四 街 道 市 長 岡 地 区 の 井 岡 家 は 江 戸 時 を 通 じて 市 域 16か のひとつである 長 岡 の 名 主 や 組 頭 を 勤 め 当 主 は 治 郎 左 衛 門 を 名 乗 られた 家 です 明 治 以 後 も 長 岡 の 用 掛 や 連 合 戸

More information

このことを 踏 まえ 吉 崎 復 興 事 業 を 推 進 するときは 本 願 寺 を 真 宗 本 廟 として 敬 仰 護 持 してきた 聞 法 者 の 負 託 に 応 えて 自 ら 大 谷 本 願 寺 御 影 堂 留 守 職 として 御 同 朋 御 同 行 の 交 わりの 中 で 宗 祖 親 鸞 聖

このことを 踏 まえ 吉 崎 復 興 事 業 を 推 進 するときは 本 願 寺 を 真 宗 本 廟 として 敬 仰 護 持 してきた 聞 法 者 の 負 託 に 応 えて 自 ら 大 谷 本 願 寺 御 影 堂 留 守 職 として 御 同 朋 御 同 行 の 交 わりの 中 で 宗 祖 親 鸞 聖 吉 崎 復 興 計 画 策 定 と 具 体 化 の 方 途 1 はじめに 昨 年 11 月 19 日 に 本 堂 緊 急 営 繕 工 事 完 了 御 本 尊 御 移 し 法 要 を 執 行 以 来 5 月 の 御 忌 法 要 までに 数 千 人 規 模 のご 参 詣 をお 迎 えできたことは 吉 崎 復 興 のスタートを 切 るに 相 応 しい 環 境 確 保 のための 柱 の 一 つを 立 て ることができたと

More information

51連結.ren

51連結.ren 1 中 山 和 久 は じ め に 日 本 では 一 定 の 地 域 内 にある 複 数 の 聖 地 を 繋 ぎ 合 わせて 次 々と 礼 拝 して 廻 る 巡 礼 が 古 くから 盛 んに 行 なわれて 来 てい る その 巡 るべき 聖 地 の 数 が 三 三 ヶ 所 や 八 八 ヶ 所 など 非 常 に 多 く なおかつ それらに 巡 る 順 番 を 付 して 巡 礼 する 方 式 が 普 及

More information

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information

一 紅 会 歴 史 研 究 会 平 成 25 年 11 月 17 日 演 題 黄 金 の 国 甲 斐 の 通 貨 甲 州 金 ~その 誕 生 から 終 焉 まで~ 日 本 文 藝 家 協 会 会 員 渡 辺 房 男 かつて 甲 斐 の 国 は 黄 金 の 国 ジパングを 象 徴 する 豊 富 な 金

一 紅 会 歴 史 研 究 会 平 成 25 年 11 月 17 日 演 題 黄 金 の 国 甲 斐 の 通 貨 甲 州 金 ~その 誕 生 から 終 焉 まで~ 日 本 文 藝 家 協 会 会 員 渡 辺 房 男 かつて 甲 斐 の 国 は 黄 金 の 国 ジパングを 象 徴 する 豊 富 な 金 一 紅 会 第 15 回 渡 辺 房 男 先 生 を 囲 ん で 歴 史 研 究 同 好 会 参 加 者 名 簿 ( 敬 称 略 ) 黄 金 の 国 の 通 貨 甲 州 金 ~その 誕 生 から 終 焉 まで~ 平 成 25 年 (2013)11 月 17 日 ( 日 ) 午 後 1:30~3:30( 受 付 開 始 1:00~) 於 中 野 ゼロホール 酉 館 2F 学 習 室 1 中 野 区 中

More information

Taro-r61.jtd

Taro-r61.jtd -1- 吉 栄 郎 那 賀 草 牟 婁 せ 環 受 賤 視 1 対 追 々 討 取 げ 述 比 較 豊 富 蓄 積 2 批 証 整 序 行 み 巻 南 町 許 勢 界 慶 加 勢 対 勢 沿 接 勢 呼 至 勢 向 主 宇 智 縁 沿 最 端 最 端 位 置 県 問 題 セン -2- 最 示 被 賤 視 先 駆 広 代 献 即 佐 藤 及 び 陳 状 慶 目 録 改 称 述 べ 3 身 別 a 京

More information

<967B8E5292AC95B689BB8DE08E6A90D58A E786C73>

<967B8E5292AC95B689BB8DE08E6A90D58A E786C73> 1 長 徳 寺 跡 長 徳 寺 は 久 安 5 年 (1149) 吾 橋 庄 に 創 建 と 伝 えられる 吾 橋 庄 は を 中 心 に 汗 見 川 の 流 域 に 広 がる 領 主 頼 則 盛 政 らが 開 発 した 荘 園 で 長 徳 寺 はその 菩 提 寺 長 徳 寺 跡 は 河 岸 段 丘 状 の 緩 傾 斜 地 であり 北 に 山 を 背 負 い 日 当 たりも 良 く 南 西 方 は

More information

重 要 文 化 財 三 明 寺 防 雷 工 事 愛 知 県 重 要 文 化 財 性 海 寺 多 宝 塔 防 雷 工 事 愛 知 県 重 要 文 化 財 太 山 寺 防 雷 工 事 兵 庫 県 重 要 文 化 財 瑠 璃 光 寺 五 重 塔 防 雷 工 事 山 口 県 浄 国 寺 防 雷 工 事 千

重 要 文 化 財 三 明 寺 防 雷 工 事 愛 知 県 重 要 文 化 財 性 海 寺 多 宝 塔 防 雷 工 事 愛 知 県 重 要 文 化 財 太 山 寺 防 雷 工 事 兵 庫 県 重 要 文 化 財 瑠 璃 光 寺 五 重 塔 防 雷 工 事 山 口 県 浄 国 寺 防 雷 工 事 千 国 宝 法 隆 寺 西 室 三 経 院 避 雷 針 工 事 奈 良 市 国 宝 法 隆 寺 東 大 門 避 雷 針 工 事 奈 良 市 国 宝 法 隆 寺 大 講 堂 避 雷 針 工 事 奈 良 市 国 宝 法 隆 寺 夢 殿 外 院 避 雷 針 工 事 奈 良 市 金 峰 山 寺 蔵 王 堂 避 雷 針 工 事 奈 良 県 国 宝 東 大 寺 南 大 門 避 雷 針 工 事 奈 良 市 国 宝 東

More information

〈例言〉

〈例言〉 (2) 飛 騨 国 の 中 世 近 世 飛 騨 国 は 現 在 の 岐 阜 県 の 概 ね 北 側 半 分 を 占 め 南 側 半 分 が 美 濃 国 であった 岐 阜 県 は 飛 山 濃 水 と 言 い 表 され 美 濃 は 水 場 の 国 飛 騨 は 山 岳 に 象 徴 されてきた 標 高 3000 メートルの 日 本 の 屋 根 であ る 飛 騨 山 脈 から 海 抜 零 メートルの 海 津

More information

<2334358BBD92A02E707562>

<2334358BBD92A02E707562> 古 文 書 #45 ごうちょう むらめいさいちょう 郷 帳 村 明 細 帳 作 者 : 郷 帳 = 大 名 代 官 幕 府 村 明 細 帳 = 村 方 村 役 人 成 立 : 郷 帳 = 江 戸 期 村 明 細 帳 = 江 戸 初 期 から 明 治 初 年 解 題 Keyword 国 絵 図 村 高 慶 長 郷 帳 正 保 郷 帳 元 禄 郷 帳 天 保 郷 帳 村 差 出 明 細 帳 村 鑑 帳

More information

文化財

文化財 国 指 定 文 化 財 顔 面 付 釣 手 形 土 器 創 造 館 H 1. 6.12 市 教 育 委 員 会 ( 考 古 資 料 ) 神 子 柴 遺 跡 出 土 品 創 造 館 S63. 6. 6 個 人 遠 照 寺 釈 迦 堂 附 多 宝 小 塔 高 遠 町 山 室 遠 照 寺 S5. 5.23 遠 照 寺 熱 田 神 社 本 殿 長 谷 溝 口 熱 田 神 社 H 5.12. 9 熱 田 神

More information

参考文献:

参考文献: 文 化 財 建 造 物 に 使 用 されている 大 径 長 大 材 東 京 大 学 大 学 院 工 学 系 研 究 科 建 築 学 専 攻 藤 井 研 究 室 修 士 課 程 海 野 聡 1. 大 径 長 大 材 の 定 義 国 が 指 定 した 文 化 財 建 造 物 において 大 径 材 または 長 大 材 の 使 われている 位 置 材 種 数 量 寸 法 および 体 積 などを 調 査 した

More information

資 料 番 号 表 題 作 成 年 月 日 作 成 差 出 など 宛 名 1 松 代 城 廓 絵 図 明 治 五 壬 申 年 浦 野 季 邦 控 2 信 濃 国 河 中 嶋 松 代 城 ( 享 保 二 丁 酉 年 四 月 ) ( 真 田 伊 豆 守 ) 形 態 備 考 紙 袋 御 城 内 御 絵 図 壱 同 明 治 五 壬 申 年 長 野 県 江 引 渡 建 物 絵 図 面 壱 枚 浦 野 姓 本

More information

滋 賀 県 山 村 甲 賀 市 2 2 水 口 町 ( 伴 谷 村 ) 水 口 町 ( 柏 木 村 ) 水 口 町 ( 水 口 町 ) 水 口 町 ( 大 野 村 2-2) 水 口 町 ( 佐 山 村 2-1) 水 口 町 ( 貴 生 川 町 ) 土 山 町 ( 大 野 村 2-1) 土 山 町 (

滋 賀 県 山 村 甲 賀 市 2 2 水 口 町 ( 伴 谷 村 ) 水 口 町 ( 柏 木 村 ) 水 口 町 ( 水 口 町 ) 水 口 町 ( 大 野 村 2-2) 水 口 町 ( 佐 山 村 2-1) 水 口 町 ( 貴 生 川 町 ) 土 山 町 ( 大 野 村 2-1) 土 山 町 ( 滋 賀 県 地 域 振 興 立 法 (5 法 ) 指 定 一 覧 山 村 大 津 市 2 大 津 市 ( 葛 川 村 ) 大 津 市 ( 伊 香 立 村 ) 大 津 市 ( 真 野 村 ) 大 津 市 ( 堅 田 町 ) 大 津 市 ( 仰 木 村 ) 大 津 市 ( 雄 琴 村 ) 大 津 市 ( 坂 本 村 ) 大 津 市 ( 下 阪 本 村 ) 大 津 市 ( 大 津 市 ) 大 津 市 (

More information

- 心 - 深 4 自 承 元 病 香 療 弁 助 弼 始 謁 命 降 詣 供 奏 死 ぬ 臣 覚 昇 進 遂 げ 相 模 賜 治 幡 豆 西 尾 5 助 継 ぎ 彌 称 烏 姉 礼 管 掌 勅 使 接 待 京 都 使 柄 品 輔 如 妻 6 兄 功 績 優 遇 取 跡 継 常 陸 館 元 禄 移

- 心 - 深 4 自 承 元 病 香 療 弁 助 弼 始 謁 命 降 詣 供 奏 死 ぬ 臣 覚 昇 進 遂 げ 相 模 賜 治 幡 豆 西 尾 5 助 継 ぎ 彌 称 烏 姉 礼 管 掌 勅 使 接 待 京 都 使 柄 品 輔 如 妻 6 兄 功 績 優 遇 取 跡 継 常 陸 館 元 禄 移 酒 陽 工 業 専 学 校 研 究 要 第 心 酒 陽 Youko SAKAIRI 康 始 康 開 治 新 足 権 東 照 宮 営 悪 憐 令 犬 挟 歴 影 薄 楽 呼 死 東 叡 手 厚 葬 贈 贈 華 栄 姉 栃 浪 娘 乳 春 産 ゆ 義 妊 際 世 継 ぎ 産 都 留 南 都 留 知 義 稿 心 問 題 ア プ ロ ー チ 厳 巻 側 経 緯 贈 楽 都 賀 処 太 ゝ む 織 某 聞 娶

More information

はじめに 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 は 良 質 で 安 全 な 建 築 物 の 整 備 の 要 となる 業 務 であ り これを 担 う 建 築 士 建 築 士 事 務 所 に 係 る 制 度 について 社 会 の 要 請 に 応 じ て 適 正 化 することは 極 めて 重 要 な

はじめに 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 は 良 質 で 安 全 な 建 築 物 の 整 備 の 要 となる 業 務 であ り これを 担 う 建 築 士 建 築 士 事 務 所 に 係 る 制 度 について 社 会 の 要 請 に 応 じ て 適 正 化 することは 極 めて 重 要 な 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 の 業 の 適 正 化 及 び 建 築 主 等 への 情 報 開 示 の 充 実 に 向 けて ~ 自 由 民 主 党 建 築 設 計 議 員 連 盟 提 言 ~ 平 成 26 年 3 月 27 日 自 由 民 主 党 建 築 設 計 議 員 連 盟 はじめに 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 は 良 質 で 安 全 な 建 築 物 の 整 備 の 要

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通 ー 12 ー 続 平 敏 回 私 猫 参 姿 夢 ン テ ク ス 語 変 哲 笑 背 必 応 転 化 構 回 特 問 騒 ぎ 座 被 頁 図 版 参 照 命 高 等 校 科 副 有 名 筆 小 頃 駄 菓 屋 瓶 入 ー ラ ス プ ラ イ 必 置 店 頭 豪 快 ラ ッ パ 飲 友 ゃ 差 飲 口 冷 汗 再 ジ ュ ー ス 瓶 終 割 公 園 遊 遊 具 穴 起 合 下 半 身 焦 燥 自 可

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

博 士 論 文 要 旨 韓 国 における 周 辺 部 労 働 者 の 利 害 代 表 をめぐる 政 治 女 性 の 独 自 組 織 の 組 織 化 と 社 会 的 連 携 を 中 心 に 1. 論 文 の 構 成 序 章 第 1 節 問 題 意 識 と 研 究 の 目 的 第 2 節 先 行 研 究

博 士 論 文 要 旨 韓 国 における 周 辺 部 労 働 者 の 利 害 代 表 をめぐる 政 治 女 性 の 独 自 組 織 の 組 織 化 と 社 会 的 連 携 を 中 心 に 1. 論 文 の 構 成 序 章 第 1 節 問 題 意 識 と 研 究 の 目 的 第 2 節 先 行 研 究 韓 国 における 周 辺 部 労 働 者 の 利 害 代 表 をめぐる 政 治 Title : 女 性 の 独 自 組 織 の 組 織 化 と 社 会 的 連 携 を 中 心 に Author(s) 金, 美 珍 Citation Issue 2016-03-18 Date Type Thesis or Dissertation Text Version none URL http://hdl.handle.net/10086/27762

More information

資料1

資料1 資 料 1 平 成 28 年 5 月 19 日 国 税 庁 大 阪 国 税 局 平 成 26 27 年 度 民 間 競 争 入 札 実 施 事 業 大 阪 国 税 局 が 管 理 する 庁 舎 における 施 設 管 理 運 営 業 務 の 実 施 状 況 について Ⅰ 事 業 の 概 要 1 委 託 業 務 内 容 大 阪 国 税 局 が 管 理 する 大 阪 国 税 局 管 内 ( 滋 賀 県 京

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203132303331368E6A90D58EC28E528FE990D595DB91B68AC7979D8C7689E681698DC58F4994C5834A8389815B816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203132303331368E6A90D58EC28E528FE990D595DB91B68AC7979D8C7689E681698DC58F4994C5834A8389815B816A> 二 の 丸 二 重 桝 形 資 産 の 種 類 No 資 産 の 名 称 所 在 地 指 定 等 指 定 等 年 月 日 1 秋 葉 神 社 東 新 町 指 定 等 以 外 - 2 頼 尊 又 四 郎 稲 荷 神 社 東 新 町 指 定 等 以 外 - 3 A 邸 東 新 町 指 定 等 以 外 - 4 K 邸 (1) 東 新 町 指 定 等 以 外 - 5 K 邸 (2) 東 新 町 指 定

More information

漢 節 主 公 閣 戸 初 期 民 俗 物 森 庁 陵 猪 熊 國 學 學 藤 波 祇 庁 陵 戸 末 期 岡 料 纂 影 岡 惣 介 岡 惣 介 昭 和 影 ち 備 石 英 世 北 持 戸 初 期 忠 教 隆 北 へ 授 教 隆 授 俊 隆 北 へ 授 俊 隆 授 豊 奉 持 豊 奉 重 転 豊

漢 節 主 公 閣 戸 初 期 民 俗 物 森 庁 陵 猪 熊 國 學 學 藤 波 祇 庁 陵 戸 末 期 岡 料 纂 影 岡 惣 介 岡 惣 介 昭 和 影 ち 備 石 英 世 北 持 戸 初 期 忠 教 隆 北 へ 授 教 隆 授 俊 隆 北 へ 授 俊 隆 授 豊 奉 持 豊 奉 重 転 豊 ノ 髙 宗 平 じ 筆 常 象 絞 主 敦 煌 外 籍 常 察 間 敦 煌 察 続 養 老 公 的 け 受 容 斑 天 長 纂 象 誰 詳 だ 残 ち 現 最 民 俗 物 従 遅 成 過 ろ 漢 節 主 公 閣 戸 初 期 民 俗 物 森 庁 陵 猪 熊 國 學 學 藤 波 祇 庁 陵 戸 末 期 岡 料 纂 影 岡 惣 介 岡 惣 介 昭 和 影 ち 備 石 英 世 北 持 戸 初 期 忠 教 隆

More information

書 評 阿 部 志 郎 岡 本 榮 一 監 修 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 学 会 編 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 の 歴 史 ミネルヴァ 書 房 2014 年 6 月 A5 判 522 頁 5,500 円 ( 税 別 ) * 白 波 瀬 達 也 1. はじめに 本 書 は 日

書 評 阿 部 志 郎 岡 本 榮 一 監 修 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 学 会 編 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 の 歴 史 ミネルヴァ 書 房 2014 年 6 月 A5 判 522 頁 5,500 円 ( 税 別 ) * 白 波 瀬 達 也 1. はじめに 本 書 は 日 Title < 書 評 > 阿 部 志 郎 岡 本 榮 一 監 修 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 学 会 編 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 の 歴 史 Author(s) 白 波 瀬, 達 也 Citation 宗 教 と 社 会 貢 献. 5(1) P.103-P.108 Issue 2015-04 Date Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/11094/51350

More information

変 丘 陵 戦 時 前 変 起 点 戦 時 府 滅 亡 鎌 倉 享 徳 乱 交 通 路 変 北 条 領 下 交 通 路 お 集 落 徳 康 東 首 都 建 設 6 徳 康 東 青 梅 街 石 灰 輸 送 五 日 街 薪 炭 輸 送 削 丘 陵 山 岸 岸 岸 豪 乗 豪 章 き 七 紀 ひ 七 紀

変 丘 陵 戦 時 前 変 起 点 戦 時 府 滅 亡 鎌 倉 享 徳 乱 交 通 路 変 北 条 領 下 交 通 路 お 集 落 徳 康 東 首 都 建 設 6 徳 康 東 青 梅 街 石 灰 輸 送 五 日 街 薪 炭 輸 送 削 丘 陵 山 岸 岸 岸 豪 乗 豪 章 き 七 紀 ひ 七 紀 目 次 口 絵 序 凡 例 目 次 じ 序 章 き ひ 南 北 伸 古 都 府 結 ぶ イ メ ー ジ 最 も 古 痕 跡 東 山 路 遺 跡 鎌 倉 各 結 ぶ 7 士 団 鎌 倉 府 鎌 倉 街 鎌 倉 街 承 変 丘 陵 戦 時 前 変 起 点 戦 時 府 滅 亡 鎌 倉 享 徳 乱 交 通 路 変 北 条 領 下 交 通 路 お 集 落 徳 康 東 首 都 建 設 6 徳 康 東 青 梅 街

More information

2 期 持 総 持 浄 義 信 挟 ん? 律 律 亮 間 置 将 務 続 2 降 嫡 歴 沢 3 祖 祖 如 来 数 太 夫 夫 又 釈 迦 ず 朔 円 於 濯 悉 瀉 瓶 此 外 無 歟 權 亮 猶 池 宝 濯 ず 肥 閣 ず 随 濯 寂 於 濯 将 又 濯 舎 就 又 南 随 濯

2 期 持 総 持 浄 義 信 挟 ん? 律 律 亮 間 置 将 務 続 2 降 嫡 歴 沢 3 祖 祖 如 来 数 太 夫 夫 又 釈 迦 ず 朔 円 於 濯 悉 瀉 瓶 此 外 無 歟 權 亮 猶 池 宝 濯 ず 肥 閣 ず 随 濯 寂 於 濯 将 又 濯 舎 就 又 南 随 濯 1 苫 米 地 誠 じ 創 鳥 羽 や 美 得 帰 依 的 地 占 祖 広 沢 随 就 善 巧 頭 密 浄 嫡 釈 迦 嫡 異 密 頭 乗 繋 多 嫡 1 期 嫡 数 繋 今 彼 等 述 べ み 2 期 持 総 持 浄 義 信 挟 ん? 律 律 亮 間 置 将 務 続 2 降 嫡 歴 沢 3 祖 祖 如 来 数 太 夫 夫 又 釈 迦 ず 朔 円 於 濯 悉 瀉 瓶 此 外 無 歟 權 亮 猶 池

More information

   解  題

   解  題 解 題 一 はじめに 新 田 開 発 の 第 二 弾 として 第 十 三 集 には 年 貢 抱 屋 敷 の 関 係 史 料 を 収 めました 年 貢 には 年 貢 割 付 状 年 貢 皆 済 目 録 年 貢 減 免 延 納 願 年 貢 催 促 の 元 文 元 年 ( 一 七 三 六 )までの 史 料 一 七 二 点 を 集 め 村 毎 に 分 けて 年 代 順 に 配 列 しました また 抱 屋 敷

More information

   

    C. 古 地 図 絵 図 ( 明 治 期 以 前 刊 行 図 の 複 製 ) [1] 一 般 地 図 地 図 帳 江 戸 城 下 変 遷 絵 図 集 - 御 府 内 沿 革 図 書 - 1~20, 別 巻 1~2( 原 書 房 1985-1988 1~20 T0 290/66/1~20, 別 巻 1~2 RT0 280/3001/1~2) 安 政 5 年 (1858 年 ) 幕 府 普 請 奉 行

More information

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求 平 成 29 年 度 国 立 大 学 法 人 等 施 設 整 備 概 算 要 求 事 業 82 国 立 大 学 法 人 377 事 業 4 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 18 事 業 25 国 立 高 等 専 門 学 校 31 事 業 計 426 事 業 1) 概 算 要 求 事 業 は, 今 後 の 予 算 編 成 過 程 等 において 実 施 事 業 とならな いなど 変 更 の 可

More information

標 記 本 朝 通 鑑 近 衛 帝 卅 五 林 鵞 峰 撰 9627 標 記

標 記 本 朝 通 鑑 近 衛 帝 卅 五 林 鵞 峰 撰 9627 標 記 1 1 2 9591 標 記 本 朝 通 鑑 前 編 神 書 完 林 鵞 峰 撰 9592 標 記 本 朝 通 鑑 神 武 帝 至 安 康 帝 一 林 羅 山 撰 ウア1 1-1 明 治 八 年 十 一 月 十 五 日 ウア1 1-2 版 権 免 許 ( 見 返 し) 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27

More information

03genjyo_快適環境.xls

03genjyo_快適環境.xls < 下 野 市 ホームページ 市 の 概 況 より> < 下 野 市 文 化 財 マップ しもつけシティーガイド 下 野 市 都 市 計 画 マスタープランより> 指 定 文 化 財 下 野 文 化 財 件 数 内 訳 ( 平 成 21 年 3 月 31 日 現 在 ) 有 形 文 化 財 無 形 文 化 財 民 俗 文 化 財 記 念 物 建 造 物 絵 画 彫 刻 工 芸 品 書 跡 古 文 書

More information

2 真 田 丸 の 時 代 の 領 主 国 衆 から 徳 川 大 名 へ 箕 輪 城 内 藤 昌 月 直 矩 武 田 氏 織 田 氏 北 条 氏 (1575~90) 内 藤 氏 は 甲 斐 国 の 国 衆 武 田 信 虎 ( 信 玄 の 父 )に 滅 ぼされるが 昌 秀 の 時 に 晴 信 の 重

2 真 田 丸 の 時 代 の 領 主 国 衆 から 徳 川 大 名 へ 箕 輪 城 内 藤 昌 月 直 矩 武 田 氏 織 田 氏 北 条 氏 (1575~90) 内 藤 氏 は 甲 斐 国 の 国 衆 武 田 信 虎 ( 信 玄 の 父 )に 滅 ぼされるが 昌 秀 の 時 に 晴 信 の 重 高 崎 学 検 定 講 座 / 高 崎 市 市 民 活 動 センター ソシアス/ 平 成 28 年 5 月 21 日 ( 土 ) 真 田 丸 時 代 の 高 崎 群 馬 県 立 歴 史 博 物 館 簗 瀬 大 輔 1 真 田 丸 の 時 代 - 戦 国 時 代 の 最 終 段 階 - 戦 国 時 代 前 期 (15 世 紀 後 半 ) 中 期 (16 世 紀 前 半 ) 後 期 (16 世 紀 後

More information

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷 1 青 森 市 秋 元 良 幸 二 本 柳 主 高 橋 勇 佐 々 木 芳 春 石 橋 修 豊 川 良 一 成 田 守 俊 吉 川 主 山 田 文 夫 葛 西 金 徳 2 弘 前 市 桜 庭 義 則 岡 本 洋 外 崎 美 智 幸 岩 崎 和 弘 野 口 幸 喜 渋 谷 鉄 五 郎 中 村 慎 二 相 馬 親 志 奈 良 道 明 長 内 力 3 八 戸 市 福 田 馨 田 中 勝 芳 風 張 清 志

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817591E58DE282CC9077343030944E8376838D83578346834E8367817682C982C282A282C42E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817591E58DE282CC9077343030944E8376838D83578346834E8367817682C982C282A282C42E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D> 大 坂 の 陣 400 年 天 下 一 祭 大 坂 の 陣 400 年 天 下 一 祭 ホームページ http://www.osakanojin400.com 大 坂 の 陣 400 年 プロジェクト について 大 坂 の 陣 をテーマとして 大 阪 城 に 関 連 するイベントを 集 中 開 催! コアイベント 期 間 大 坂 冬 の 陣 400 年 2014 年 10 月 ~12 月 大 坂 夏

More information

<8E9197BF8251814095578F80926E95CA8CF68EA689BF8A6988EA97972E786C73>

<8E9197BF8251814095578F80926E95CA8CF68EA689BF8A6988EA97972E786C73> 前 年 葵 - 1 葵 - 1 静 岡 市 葵 区 音 羽 町 214 番 3 208,000 206,000 1.0 音 羽 町 5-6 * 葵 - 2 葵 - 2 静 岡 市 葵 区 西 草 深 町 19 番 7 247,000 244,000 1.2 西 草 深 町 19-16 葵 - 3 葵 - 3 静 岡 市 葵 区 安 東 2 丁 目 150 番 201,000 199,000 1.0

More information

飯能市の都市計画

飯能市の都市計画 平 成 26 年 4 月 版 飯 能 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 Ⅰ 市 の 概 要 1 市 の 位 置 1 2 市 の 沿 革 1 3 人 口 1 Ⅱ 都 市 計 画 1 都 市 計 画 の 意 義 3 2 都 市 計 画 マスタープラン 3 3 都 市 計 画 の 決 定 3 4 都 市 計 画 の 決 定 手 続 4 5 都 市 計 画 提 案 制 度 5 Ⅲ 土 地 利 用

More information

   解  題

   解  題 解 題 一 はじめに 小 平 市 史 料 集 第 二 十 九 集 は 村 入 用 として 市 内 五 カ 村 の 村 入 用 帳 を 一 冊 にまとめました 村 入 用 帳 は 近 世 において 村 の 一 年 間 の 諸 経 費 を 記 載 した 帳 面 村 入 用 とは 村 を 維 持 運 営 し 村 民 が 共 同 組 織 としての 村 を 通 じて 生 活 生 産 する 際 に 必 要 な

More information

管 内 情 勢 1. 位 置 気 候 本 市 は 東 京 から 約 100km 関 東 平 野 の 最 東 端 東 経 140 度 50 分 北 緯 35 度 44 分 に 位 置 している 西 は 市 内 宮 原 諸 持 笹 本 の 各 町 をもって 県 内 香 取 郡 東 庄 町 と 接 し 同

管 内 情 勢 1. 位 置 気 候 本 市 は 東 京 から 約 100km 関 東 平 野 の 最 東 端 東 経 140 度 50 分 北 緯 35 度 44 分 に 位 置 している 西 は 市 内 宮 原 諸 持 笹 本 の 各 町 をもって 県 内 香 取 郡 東 庄 町 と 接 し 同 概 要 管 内 情 勢 1. 位 置 気 候 本 市 は 東 京 から 約 100km 関 東 平 野 の 最 東 端 東 経 140 度 50 分 北 緯 35 度 44 分 に 位 置 している 西 は 市 内 宮 原 諸 持 笹 本 の 各 町 をもって 県 内 香 取 郡 東 庄 町 と 接 し 同 じく 市 内 森 戸 小 長 猿 田 茶 畑 白 石 新 八 木 親 田 小 浜 の 各 町

More information

地震被害 訂正.indd

地震被害 訂正.indd 序 本 報 告 書 は 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 ( 以 下 東 日 本 大 震 災 という )における 水 道 事 業 の 被 害 状 況 の 全 貌 を 可 能 な 限 り 体 系 立 てて 整 理 したものである 断 水 等 の 状 況 については 東 日 本 大 震 災 発 生 当 時 厚 生 労 働 省 に 報 告 いただき 厚 生 労 働 省 において 整 理 発 表 した

More information

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街 第 4 章 地 区 別 構 想 地 区 別 構 想 は 市 民 による 地 区 まちづくり 会 議 を 開 催 し 望 ましい 将 来 の 姿 にするための 話 し 合 いの 中 で 出 された 地 区 の 課 題 や 必 要 な 提 案 等 をもとに きめ 細 かなまちづくりの 将 来 像 を 描 いていま 1. 地 区 区 分 区 分 については 地 区 の 形 成 過 程 特 性 や 課 題

More information

凡 例 1. 本 目 録 は 慶 應 義 塾 大 学 古 文 書 室 が 所 蔵 する 史 料 のうち 農 村 文 書 ( 武 蔵 国 )を 収 めた 本 史 料 は 故 野 村 兼 太 郎 経 済 学 部 教 授 が 収 集 したものである 2. 本 目 録 は 高 度 情 報 化 推 進 特 別

凡 例 1. 本 目 録 は 慶 應 義 塾 大 学 古 文 書 室 が 所 蔵 する 史 料 のうち 農 村 文 書 ( 武 蔵 国 )を 収 めた 本 史 料 は 故 野 村 兼 太 郎 経 済 学 部 教 授 が 収 集 したものである 2. 本 目 録 は 高 度 情 報 化 推 進 特 別 慶 應 義 塾 大 学 所 蔵 古 文 書 目 録 農 村 文 書 武 蔵 国 上 2008 年 3 月 慶 應 義 塾 大 学 古 文 書 室 凡 例 1. 本 目 録 は 慶 應 義 塾 大 学 古 文 書 室 が 所 蔵 する 史 料 のうち 農 村 文 書 ( 武 蔵 国 )を 収 めた 本 史 料 は 故 野 村 兼 太 郎 経 済 学 部 教 授 が 収 集 したものである 2. 本 目

More information

Taro-›ïŁñ98.jtd

Taro-›ïŁñ98.jtd 江 戸 遺 跡 研 究 会 会 報 No.98 2004 年 11 月 5 日 発 行 江 戸 遺 跡 研 究 会 http://www.ao.jpn.org/edo/ 江 戸 遺 跡 研 究 会 第 97 回 例 会 は 2004 年 9 月 22 日 ( 水 ) 午 後 6 時 30 分 より 江 戸 東 京 博 物 館 学 習 室 に て 行 われ 松 原 典 明 氏 より 以 下 の 内 容

More information

採 用 昇 任 岩 出 市 立 山 崎 小 学 校 校 長 岩 出 市 立 山 崎 小 学 校 教 頭 竪 邦 康 岩 出 市 立 中 央 小 学 校 校 長 岩 出 市 立 山 崎 北 小 学 校 教 頭 小 山 幸 作 紀 の 川 市 立 粉 河 中 学 校 校 長 紀 の 川 市 立 粉 河

採 用 昇 任 岩 出 市 立 山 崎 小 学 校 校 長 岩 出 市 立 山 崎 小 学 校 教 頭 竪 邦 康 岩 出 市 立 中 央 小 学 校 校 長 岩 出 市 立 山 崎 北 小 学 校 教 頭 小 山 幸 作 紀 の 川 市 立 粉 河 中 学 校 校 長 紀 の 川 市 立 粉 河 平 成 26 年 度 末 和 歌 山 県 教 職 員 人 事 異 動 表 学 校 人 事 課 < 小 中 学 校 > 校 長 の 部 平 成 27 年 4 月 1 日 区 分 新 任 校 新 職 名 旧 任 校 旧 職 名 氏 名 採 用 昇 任 和 歌 山 市 立 大 新 小 学 校 校 長 和 歌 山 市 立 中 之 島 小 学 校 教 頭 松 田 晃 和 歌 山 市 立 砂 山 小 学 校 校

More information

南 組 崩 家 二 百 六 十 軒 死 人 八 十 四 人 橋 損 し 十 五 ヶ 所 天 満 組 崩 家 百 六 十 ヶ 所 死 人 五 十 三 人 橋 六 ヶ 所 右 之 通 今 月 六 日 迄 大 坂 町 奉 行 衆 へ 書 上 御 座 候 史 料 1 には 大 坂 全 体 の 被 害 ( 崩

南 組 崩 家 二 百 六 十 軒 死 人 八 十 四 人 橋 損 し 十 五 ヶ 所 天 満 組 崩 家 百 六 十 ヶ 所 死 人 五 十 三 人 橋 六 ヶ 所 右 之 通 今 月 六 日 迄 大 坂 町 奉 行 衆 へ 書 上 御 座 候 史 料 1 には 大 坂 全 体 の 被 害 ( 崩 1707 年 宝 永 地 震 と 大 坂 の 被 害 数 矢 田 俊 文 ( 新 潟 大 学 災 害 復 興 科 学 研 究 所 ) はじめに 本 稿 の 目 的 は 宝 永 地 震 による 大 坂 の 被 害 数 を 明 らかにすることである 宝 永 4 年 (1707)10 月 4 日 に 南 海 トラフ 周 辺 で 起 こった 地 震 は 宝 永 地 震 とよばれ 東 海 地 方 か ら 九

More information

九 重 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 20 年 3 月 九 重 町 目 次 第 1 章 総 則 - 1-1 目 的 - 1-2 位 置 付 け - 3-3 計 画 期 間 - 3 - 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 - 4-1 地 震 被 害 の 想 定 - 4 - (1) 九 重 町 に 被 害 をもたらした 過 去 の 地 震

More information

由 回 ロ τ7 略 縁 起 号 都 柴 崎 普 済 臨 済 長 派 属 末 基 覚 等 術 奇 特 倉 俳 乱 園 禅 滅 興 元 徳 創 静 閉 若 相 鎌 倉 修 業 成 関 遊 歴

由 回 ロ τ7 略 縁 起 号 都 柴 崎 普 済 臨 済 長 派 属 末 基 覚 等 術 奇 特 倉 俳 乱 園 禅 滅 興 元 徳 創 静 閉 若 相 鎌 倉 修 業 成 関 遊 歴 寓 禅 略 縁 起 由 回 ロ τ7 略 縁 起 号 都 柴 崎 普 済 臨 済 長 派 属 末 基 覚 等 術 奇 特 倉 俳 乱 園 禅 滅 興 元 徳 創 静 閉 若 相 鎌 倉 修 業 成 関 遊 歴 群 銘 木 由 縁 略 記 禅 利 閉 愛 知 県 ノ 宮 萩 原 主 歳 入 子 息 父 殺 嵯 峨 第 子 河 原 院 源 融 胤 閉 創 愛 知 県 ノ 宮 妙 興 永 徳 示 寂 寿

More information

16 日 ( 土 ) 午 前 仁 礼 町 高 仁 神 社 御 柱 祭 高 仁 神 社 小 山 町 秋 葉 社 養 蚕 社 春 祭 り 秋 葉 社 養 蚕 社 祭 事 高 仁 神 社 一 の 鳥 居 まで 御 柱 曳 きを 行 い 境 内 で 建 て 御 柱 を 行 う( 一 の 鳥 居 では 出 発

16 日 ( 土 ) 午 前 仁 礼 町 高 仁 神 社 御 柱 祭 高 仁 神 社 小 山 町 秋 葉 社 養 蚕 社 春 祭 り 秋 葉 社 養 蚕 社 祭 事 高 仁 神 社 一 の 鳥 居 まで 御 柱 曳 きを 行 い 境 内 で 建 て 御 柱 を 行 う( 一 の 鳥 居 では 出 発 1 日 ( 金 ) 午 後 4 時 中 島 町 春 祭 り 中 島 諏 訪 神 社 祭 事 2 日 ( 土 ) 境 沢 町 三 峰 神 社 祭 典 三 峰 神 社 祭 事 祈 祷 米 子 町 御 柱 祭 米 子 神 社 3 日 ( 日 ) 亀 倉 町 亀 倉 神 社 春 季 大 祭 亀 倉 神 社 神 事 大 日 向 町 大 日 向 神 社 祈 念 祭 春 季 祭 大 日 向 神 社 祭 事 9 日

More information

Microsoft PowerPoint - しこくみちvol.11(原稿).pptx

Microsoft PowerPoint - しこくみちvol.11(原稿).pptx 平 成 25 年 度 農 業 農 村 整 備 事 業 の 概 要 平 成 25 年 度 予 算 が 成 立 し 新 たな 事 業 等 が 設 けられております 今 回 はその 中 から 土 地 改 良 区 が 主 体 となって 取 り 組 むことが 可 能 な 補 助 事 業 を 中 心 にご 紹 介 します 簡 易 な 整 備 や 施 設 の 点 検 ハザードマップの 作 成 等 も 可 能 で

More information

< F31322D8CBE D F7582CC905F82C689A42E6A7464>

< F31322D8CBE D F7582CC905F82C689A42E6A7464> 古 代 文 字 資 料 館 発 行 KOTONOHA 11 号 ( 2003 年 10 月 ) 武 丁 時 代 甲 骨 文 にみる 神 と 王 吉 池 孝 一 一 今 から 三 千 数 百 年 前 亀 の 甲 羅 や 牛 の 肩 胛 骨 などに 文 字 が 刻 み 込 まれた 古 代 殷 王 朝 の 甲 骨 文 字 史 料 です 王 もしくはそれに 準 ずる 人 が 農 業 耕 作 や 戦 争 の

More information

1 3 17 彩 メ モ ア 普 段 比 べ ゃ 初 要 何 ぱ 初 要 頃 講 檀 家 称 開 練 習 残 季 節 ぜ 太 陽 真 東 昇 真 沈 昼 夜 等 道 観 想 観 基 づ 真 沈 太 陽 浮 べ 両 祝 コ 般 的 民 祝 関 律 然 物 慈 敬 亡 偲 ぶ 昔 然 羽 ン ビ ュ 計

1 3 17 彩 メ モ ア 普 段 比 べ ゃ 初 要 何 ぱ 初 要 頃 講 檀 家 称 開 練 習 残 季 節 ぜ 太 陽 真 東 昇 真 沈 昼 夜 等 道 観 想 観 基 づ 真 沈 太 陽 浮 べ 両 祝 コ 般 的 民 祝 関 律 然 物 慈 敬 亡 偲 ぶ 昔 然 羽 ン ビ ュ 計 羽 義 昭 ン ビ ュ シ ズ 1 室 談 悪 発 数 3 千 2013 年 3 第 12 号 年 4 回 発 号 解 Saiganji Sainomiyako Memorial Park News 然 上 1 3 17 彩 メ モ ア 普 段 比 べ ゃ 初 要 何 ぱ 初 要 頃 講 檀 家 称 開 練 習 残 季 節 ぜ 太 陽 真 東 昇 真 沈 昼 夜 等 道 観 想 観 基 づ 真 沈

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

H27県報別冊表紙

H27県報別冊表紙 平 成 2 7 年 9 月 1 7 日 千 葉 県 報 号 外 特 第 1 号 別 冊 平 成 27 年 基 準 地 の 単 位 面 積 当 たりの 価 格 等 千 葉 県 目 次 千 葉 市 中 央 区 1 酒 々 井 町 62 千 葉 市 花 見 川 区 4 栄 町 63 千 葉 市 稲 毛 区 5 神 崎 町 63 千 葉 市 若 葉 区 7 多 古 町 63 千 葉 市 緑 区 8 東 庄

More information

参考

参考 参 考 参 考 1 平 成 27 年 国 勢 調 査 の 調 査 の 目 的 及 び 沿 革 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 世 帯 の 状 況 を 明 らかにするため, 大 正 9 年 以 来 5 年 ごとに 行 っており, 平 成 27 年 国 勢 調 査 はその20 回 目 に 当 たります 国 勢 調 査 は, 大 正 9 年 を 初 めとする10 年 ごとの 大 規 模 調

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

<819D48323696F088F596BC95EB283236303830318CBB8DDD93E09765292E786C7378>

<819D48323696F088F596BC95EB283236303830318CBB8DDD93E09765292E786C7378> H26.8.1 現 在 1. 役 員 会 長 新 潟 県 長 岡 市 長 森 民 夫 副 会 長 北 海 道 旭 川 市 長 西 川 将 人 副 会 長 青 森 県 八 戸 市 長 小 林 眞 副 会 長 富 山 県 高 岡 市 長 髙 橋 正 樹 副 会 長 栃 木 県 宇 都 宮 市 長 佐 藤 栄 一 副 会 長 三 重 県 四 日 市 市 長 田 中 俊 行 副 会 長 和 歌 山 県 海

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

Unknown

Unknown 宗 教 法 人 の 会 計 長 岡 大 学 教 授 吉 盛 一 郎 目 次 はじめに 1. 宗 教 法 人 とは 2. 所 轄 庁 への 提 出 書 類 3. 宗 教 法 人 の 会 計 4. 税 務 上 の 問 題 と 会 計 監 査 5. まとめ はじめに 新 潟 市 内 には 平 成 19 年 12 月 末 現 在 1163 の 宗 教 法 人 がある 神 道 系 が 656 法 人 仏 教

More information

9 建 久 三 年 (1192) 頼 朝 鎌 倉 に 幕 府 を 開 く その4 1 建 久 五 年 宇 都 宮 信 房 豊 前 に 下 る 2 建 久 七 年 仲 原 親 能 豊 後 の 守 護 となる 3 建 永 元 年 (1206) 大 友 能 直 ( 大 友 氏 初 代 ) 豊 後 守 護

9 建 久 三 年 (1192) 頼 朝 鎌 倉 に 幕 府 を 開 く その4 1 建 久 五 年 宇 都 宮 信 房 豊 前 に 下 る 2 建 久 七 年 仲 原 親 能 豊 後 の 守 護 となる 3 建 永 元 年 (1206) 大 友 能 直 ( 大 友 氏 初 代 ) 豊 後 守 護 賀 来 氏 の 起 源 と 江 戸 初 期 までのまとめ 1 豊 後 の 守 に 任 ぜられた 藤 原 頼 輔 ( 従 三 位 刑 部 卿 )は 永 歴 元 年 (1160) 子 の 頼 経 を 目 代 として 豊 後 に 派 遣 した 2 現 在 賀 来 の 地 名 のある 場 所 の 付 近 は 長 寛 (1163-) 以 前 は 阿 南 郷 黒 田 里 であった 3 赴 任 後 まもなく 頼

More information

土 地 の 評 価 方 法 固 定 資 産 税 における 土 地 の 評 価 は 総 務 大 臣 が 定 める 固 定 資 産 評 価 基 準 に 基 づき 各 市 町 村 長 が 行 います 宅 地 については 地 価 公 示 価 格 又 は 不 動 産 鑑 定 士 等 による 鑑 定 評 価 額

土 地 の 評 価 方 法 固 定 資 産 税 における 土 地 の 評 価 は 総 務 大 臣 が 定 める 固 定 資 産 評 価 基 準 に 基 づき 各 市 町 村 長 が 行 います 宅 地 については 地 価 公 示 価 格 又 は 不 動 産 鑑 定 士 等 による 鑑 定 評 価 額 平 成 27 年 度 固 定 資 産 税 の 基 準 地 価 格 について 企 画 財 政 部 市 町 村 課 平 成 27 年 度 基 準 地 価 格 の 概 要 宅 地 平 成 24 年 度 の 前 回 評 価 替 え 時 には リーマンショック 以 後 の 地 価 の 下 落 を 受 けて 県 内 全 市 町 村 の 基 準 宅 地 の 路 線 価 等 が 下 落 し 県 の 平 均 変 動

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816988C4816A925382A28EE888E790AC95F18D908F91303830363033>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816988C4816A925382A28EE888E790AC95F18D908F91303830363033> Ⅱ 地 域 再 生 等 担 い 手 育 成 支 援 セミナー - 11 - 13:00 受 付 13:30 開 会 の 挨 拶 地 域 再 生 と 協 議 会 等 による 取 組 の 課 題 都 市 地 域 レポート 2007 の 趣 旨 と 人 材 育 成 の 今 後 の 課 題 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 企 画 課 14:00 地 域 の 取 組 の 現 状 と 課 題

More information

石 田 昭 夫 静 岡 県 焼 津 市 議 会 議 員 伊 藤 純 子 群 馬 県 伊 勢 崎 市 議 会 議 員 稲 垣 淳 子 東 京 都 中 野 区 議 会 議 員 入 沢 豊 埼 玉 県 所 沢 市 議 会 議 員 池 畑 浩 太 朗 兵 庫 県 会 議 員 石 原 清 次 前 神 奈 川

石 田 昭 夫 静 岡 県 焼 津 市 議 会 議 員 伊 藤 純 子 群 馬 県 伊 勢 崎 市 議 会 議 員 稲 垣 淳 子 東 京 都 中 野 区 議 会 議 員 入 沢 豊 埼 玉 県 所 沢 市 議 会 議 員 池 畑 浩 太 朗 兵 庫 県 会 議 員 石 原 清 次 前 神 奈 川 マスコミ 各 社 及 び 関 係 団 体 ご 担 当 者 様 平 成 26 年 2 月 22 日 連 絡 先 :166-0003 杉 並 区 高 円 寺 南 1-32-6 TEL FAX:03-3311-7810 世 話 人 代 表 松 浦 芳 子 ( 杉 並 区 議 会 議 員 ) 慰 安 婦 像 設 置 に 抗 議 する 全 国 地 方 議 員 の 会 賛 同 議 員 名 簿 ( 平 成 26

More information

自衛隊の礼式に関する訓令

自衛隊の礼式に関する訓令 防 衛 庁 訓 令 第 14 号 自 衛 隊 法 施 行 規 則 ( 昭 和 29 年 総 理 府 令 第 40 号 ) 第 11 条 第 12 条 第 2 項 及 び 第 13 条 から 第 15 条 まで の 規 定 に 基 づき 自 衛 隊 の 礼 式 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 昭 和 39 年 5 月 8 日 防 衛 庁 長 官 福 田 篤 泰 自 衛 隊 の 礼 式

More information

山口浄土真宗の沿革表紙S

山口浄土真宗の沿革表紙S 1. 防 長 真 宗 の 源 流 真 宗 の 西 日 本 への 伝 播 の 時 期 や 経 路 を 伝 える 史 料 はきわめて 少 なく いまだ 不 明 な 点 が 多 い が しかし 遅 くとも 嘉 暦 元 年 (1326)にすでに 備 後 沼 隈 郡 地 方 に 一 教 団 が 形 成 されていた ことは 現 存 史 料 から 確 認 されて いる この 教 団 は 京 都 からで はなく 関

More information

Microsoft Word - 配布資料表紙A4版HP用.doc

Microsoft Word - 配布資料表紙A4版HP用.doc 幸 手 駅 西 口 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 によるまちづくり - 幸 せを 私 たちの 手 から 未 来 へ- 幸 手 市 目 次 幸 手 駅 西 口 地 区 の 位 置 づけ 1. 都 市 計 画 からの 位 置 づけ 2. 上 位 計 画 からの 位 置 づけ ------------------------------------------------- 1 -------------------------------------------------

More information

ア 候 補 者 等 が 結 婚 披 露 宴 に 自 ら 出 席 し その 場 おいてする 祝 儀 の 供 与 イ 候 補 者 等 が 葬 式 に 自 ら 出 席 し その 場 においてする 香 典 の 供 与 ウ 候 補 者 等 が 葬 式 の 日 までの 間 に 自 ら 弔 問 し その 場 にお

ア 候 補 者 等 が 結 婚 披 露 宴 に 自 ら 出 席 し その 場 おいてする 祝 儀 の 供 与 イ 候 補 者 等 が 葬 式 に 自 ら 出 席 し その 場 においてする 香 典 の 供 与 ウ 候 補 者 等 が 葬 式 の 日 までの 間 に 自 ら 弔 問 し その 場 にお Ⅳ 寄 附 の 禁 止 1 寄 附 の 禁 止 い み 公 職 の 候 補 者 または 公 職 の 候 補 者 になろうとする 者 ( 公 職 にある 者 を 含 む)は 当 該 選 挙 区 内 にある 者 に 対 し いかなる 名 義 をもってするを 問 わず 寄 附 をすることはできません この 場 合 その 寄 附 が 選 挙 に 関 するかどうかにかかわらず また 時 期 のいかんを 問 わず

More information

の 文 化 財 10 地 別 当 遺 跡 群 の 発 掘 調 査 の 文 化 財 11 野 口 遺 跡 群 の 発 掘 調 査 の 文 化 財 12 丸 ノ 口 古 墳 群 の 発 掘 調 査 の 文 化 財 13 安 徳 台 遺 跡 群 の 文 化 財 14 後 野 山 ノ 神 前 遺 跡 群 の

の 文 化 財 10 地 別 当 遺 跡 群 の 発 掘 調 査 の 文 化 財 11 野 口 遺 跡 群 の 発 掘 調 査 の 文 化 財 12 丸 ノ 口 古 墳 群 の 発 掘 調 査 の 文 化 財 13 安 徳 台 遺 跡 群 の 文 化 財 14 後 野 山 ノ 神 前 遺 跡 群 の に 関 する 資 料 歴 史 地 理 地 誌 (2016.3.31 現 在 ) 資 料 タイトル 著 者 ( 編 者 ) いにしえより 栄 えた 太 宰 府 への 道 さいふみち 郷 土 史 研 究 会 いわど 第 1 号 郷 土 史 研 究 会 / 編 いわど 第 2 号 郷 土 史 研 究 会 / 編 なかがわまちエコミュージアム 教 育 委 員 会 / 編 集 ふるさと 文 化 誌 ~ 那 珂

More information

平成20年3月4日

平成20年3月4日 212 年 7 月 13 日 日 本 銀 行 福 島 支 店 NHK 大 河 ドラマ 八 重 の 桜 の 放 映 に 伴 う 内 経 済 への 波 及 効 果 ~ 大 河 ドラマ 効 果 を 足 掛 かりに 内 観 光 の 復 活 を 目 指 して~ 本 件 に 関 する 問 い 合 わせ 先 日 本 銀 行 福 島 支 店 総 務 課 電 話 :24-521- 6353 本 稿 の 内 容 について

More information

そもそもパワースポットという 表 現 は 清 田 益 章 氏 による 和 製 英 語 です 英 語 圏 でも 実 際 に 使 われてい るようですが 近 年 の 日 本 のパワースポットブームの 影 響 によるものだと 思 われます では 何 故 日 本 人 はパワースポットが 好 きなのか? 日

そもそもパワースポットという 表 現 は 清 田 益 章 氏 による 和 製 英 語 です 英 語 圏 でも 実 際 に 使 われてい るようですが 近 年 の 日 本 のパワースポットブームの 影 響 によるものだと 思 われます では 何 故 日 本 人 はパワースポットが 好 きなのか? 日 前 書 き 今 回 は 米 沢 で 生 活 する 学 生 の 皆 さんをバックアップする 為 に 学 園 都 市 推 進 協 議 会 が 発 行 しているコミュ ニティ 紙 ザワワ さんとコラボレーションし 仲 良 し 3 人 組 の 学 生 さんと 一 緒 に 置 賜 の 縁 結 び に 良 い とされている パワースポット を 巡 りました ナビゲーター 今 回 一 緒 に 縁 結 びパワースポット

More information

136 山 口 佳 巳 左 近 太 夫, 大 条 の 御 百 姓 等 が 併 記 されている 大 工 は 蓮 實 新 五 郎, 小 工 は 5 人 とある 神 主, 物 申, 役 人 も 見 える (5) 慶 長 十 六 年 七 良 大 明 神 宮 造 立 棟 札 慶 長 十 六 年 (1611)の

136 山 口 佳 巳 左 近 太 夫, 大 条 の 御 百 姓 等 が 併 記 されている 大 工 は 蓮 實 新 五 郎, 小 工 は 5 人 とある 神 主, 物 申, 役 人 も 見 える (5) 慶 長 十 六 年 七 良 大 明 神 宮 造 立 棟 札 慶 長 十 六 年 (1611)の 広 島 大 学 総 合 博 物 館 研 究 報 告 Bulletin of the Hiroshima University Museum 3: 135-156, December 25, 2011 資 料 Data 1 Munafuda of Uzu Shrine in Osaki-Shimojima, Ocho, Kure, Hiroshima Prefecture Yoshimi YAMAGUCHI

More information

大 会 役 員 会 長 新 開 卓 副 会 長 相 原 政 志 中 村 光 仁 西 村 郁 夫 伊 藤 孝 志 佐 藤 笙 子 菊 地 隆 備 前 和 夫 大 会 委 員 長 佐 藤 重 喜 大 会 副 委 員 長 米 山 隆 齊 藤 仁 松 野 敏 雄 千 田 博 幸 米 田 裕 之 猿 田 和

大 会 役 員 会 長 新 開 卓 副 会 長 相 原 政 志 中 村 光 仁 西 村 郁 夫 伊 藤 孝 志 佐 藤 笙 子 菊 地 隆 備 前 和 夫 大 会 委 員 長 佐 藤 重 喜 大 会 副 委 員 長 米 山 隆 齊 藤 仁 松 野 敏 雄 千 田 博 幸 米 田 裕 之 猿 田 和 平 成 27 年 度 秋 田 県 卓 球 選 手 権 大 会 兼 全 日 本 卓 球 選 手 権 大 会 秋 田 県 予 選 会 ( 一 般 の 部 ) 記 録 期 日 平 成 27 年 11 月 7 日 ( 土 )8 日 ( 日 ) 会 場 主 催 秋 田 県 卓 球 協 会 大 会 役 員 会 長 新 開 卓 副 会 長 相 原 政 志 中 村 光 仁 西 村 郁 夫 伊 藤 孝 志 佐 藤 笙

More information

No.2 85 一 木 亮 太 ( 筑 陽 学 園 ) 86 江 島 光 明 ( 明 善 ) 87 藤 原 航 太 ( 九 州 ) 88 清 田 雄 大 (エスタ) 89 植 木 良 ( 柏 陵 ) 90 洲 崎 将 佑 ( 筑 紫 丘 ) 127 竹 内 128 瓜 生 129 本 村 130 石

No.2 85 一 木 亮 太 ( 筑 陽 学 園 ) 86 江 島 光 明 ( 明 善 ) 87 藤 原 航 太 ( 九 州 ) 88 清 田 雄 大 (エスタ) 89 植 木 良 ( 柏 陵 ) 90 洲 崎 将 佑 ( 筑 紫 丘 ) 127 竹 内 128 瓜 生 129 本 村 130 石 No.1 1 日 南 休 正 貴 ( 折 尾 愛 真 ) 43 塚 本 孝 高 ( 筑 陽 学 園 ) 2 濱 口 翔 ( 嘉 穂 ) 44 九 野 瑛 裕 ( 福 岡 ) 3 吉 田 龍 一 郎 ( 福 大 大 濠 ) 45 岸 田 浩 平 ( 修 猷 館 ) 4 大 滝 裕 登 ( 明 善 ) 46 岡 本 大 貴 ( 嘉 穂 ) 5 王 蒔 遠 ( 東 明 館 ) 47 今 村 憲 梧 ( 東

More information

Microsoft Word - “û”q0206.doc

Microsoft Word - “û”q0206.doc 古 記 録 古 文 書 と 噴 火 堆 積 物 の 照 合 による 日 本 火 山 の 噴 火 史 研 究 平 成 12 年 度 ~ 平 成 14 年 度 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 課 題 番 号 12490005) 基 盤 研 究 (B)(1) 研 究 成 果 報 告 書 平 成 15 年 3 月 研 究 代 表 者 早 川 由 紀 夫 ( 群 馬 大 学 教 育 学 部 教 授 ) 目

More information

平 成 27 年 度 基 準 地 価 格 区 分 宅 地 田 畑 山 林 市 町 村 名 路 線 価 ( 円 /m2) ( 円 / 千 m2) ( 円 / 千 m2) ( 円 / 千 m2) 1 長 野 市 234,500 181,400 153,300 45,100 2 松 本 市 198,000

平 成 27 年 度 基 準 地 価 格 区 分 宅 地 田 畑 山 林 市 町 村 名 路 線 価 ( 円 /m2) ( 円 / 千 m2) ( 円 / 千 m2) ( 円 / 千 m2) 1 長 野 市 234,500 181,400 153,300 45,100 2 松 本 市 198,000 長 野 県 ( 企 画 振 興 部 )プレスリリース 平 成 26 年 (2014 年 )11 月 7 日 固 定 資 産 ( 土 地 )に 係 る 平 成 27 年 度 の 基 準 地 価 格 を 決 定 しましたのでお 知 らせします 地 方 税 法 第 401 条 の2の 規 定 により 11 月 7 日 ( 金 )に 長 野 県 固 定 資 産 評 価 審 議 会 から 長 野 県 知 事

More information

<378D7296D8925A95F12E6D6966>

<378D7296D8925A95F12E6D6966> 立 命 館 地 理 学 第 16 号 (2004) 95 ~ 104 岡 山 県 内 の 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 の 許 可 の 基 準 に 関 する 条 例 の 研 究 荒 木 俊 之 * Ⅰ.はじめに わが 国 の 都 市 およびその 郊 外 では 都 市 計 画 区 域 の 指 定 など 様 々な 土 地 利 用 制 度 に 基 づ いて 土 地 の 有 効 利

More information

Taro-r72.jtd

Taro-r72.jtd -10- ぐ 康 世 理 解 深 掲 拙 薬 師 寺 周 辺 開 発 ぐ 件 添 矢 争 論 発 基 礎 実 確 業 ぎ 結 論 得 至 続 世 農 デ 加 察 積 重 ね 標 接 今 現 区 群 1 親 戚 交 際 録 安 維 注 紹 介 若 干 察 加 象 横 長 紙 綴 紙 綴 破 存 箇 読 情 報 得 Regional 7 -11- 破 読 若 干 虫 ぼ 把 握 紹 介 祭 礼 特 噌

More information

福 岡 県 中 近 世 城 館 遺 跡 等 詳 細 分 布 調 査 報 告 書 1 福 岡 県 の 中 近 世 城 館 跡 Ⅰ 筑 前 地 域 編 1 福 岡 県 文 化 財 調 査 報 告 書 第 249 集 2014 福 岡 県 教 育 委 員 会 福 岡 県 の 中 近 世 城 館 跡 Ⅰ 筑 前 地 域 編 1 福 岡 県 文 化 財 調 査 報 告 書 第 249 集 序 我 が 国

More information

Microsoft Word - W130624WIPSS紀要第5号通し原稿.docx

Microsoft Word - W130624WIPSS紀要第5号通し原稿.docx 145 社 会 安 全 政 策 研 究 所 活 動 ニュース 本 研 究 所 が 2012 年 1 月 から 2012 年 12 月 までに 行 った 主 な 研 究 活 動 は 以 下 のとおりです Ⅰ. 共 同 研 究 (A) 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 (JSPS) 科 学 研 究 費 助 成 事 業 の 基 盤 研 究 子 どもの 非 行 虐 待 防 止 のた めの

More information

図 1 延 宝 4 年 (1676) 小 鈴 谷 村 盛 田 久 左 衛 門 の 参 詣 ルート

図 1 延 宝 4 年 (1676) 小 鈴 谷 村 盛 田 久 左 衛 門 の 参 詣 ルート 歴 史 民 俗 近 世 の 尾 張 国 知 多 郡 における 富 士 信 仰 - 小 鈴 谷 村 を 中 心 に- 日 本 福 祉 大 学 知 多 半 島 総 合 研 究 所 研 究 員 山 形 隆 司 はじめに これまで 富 士 信 仰 に 関 する 研 究 は 岩 科 小 一 郎 氏 の 大 著 富 士 講 の 歴 史 をはじめとして 江 戸 関 東 を 事 例 とした 研 究 が 圧 倒 的

More information

Bエリア Fエリア D01 a 駅 前 1 2 丁 目 25 0 25 F01 c 富 田 町 字 権 現 林 他 208 58 266 D02 a 大 町 1 2 丁 目 93 322 415 F02 a 富 田 町 字 上 ノ 台 他 238 87 325 D03 b 中 町 38 71 109

Bエリア Fエリア D01 a 駅 前 1 2 丁 目 25 0 25 F01 c 富 田 町 字 権 現 林 他 208 58 266 D02 a 大 町 1 2 丁 目 93 322 415 F02 a 富 田 町 字 上 ノ 台 他 238 87 325 D03 b 中 町 38 71 109 まかせて 郡 山 エリア 一 覧 表 日 付 2016/4/1 配 布 料 金 (R=ランク) a:@6.0 円 b:@6.8 円 c:@7.6 円 ( 全 戸 配 布 ) 集 合 住 宅 の 中 でも2ルーム 以 上 の 集 合 を2R 集 合 とします 集 合 の 数 の 中 に 含 まれます チラシの 配 布 を 禁 止 している 住 宅 や 空 き 家 など( 特 に 集 合 住 宅 )は

More information

地 震 1:818 年 関 東 諸 国 地 震 発 生 年 月 日 : 西 暦 年 月 日 818/--/-- 和 暦 元 号 弘 仁 9 年 7 月 -- 日 震 央 : 緯 度 ( 北 緯 ) 36.0~37.0 経 度 ( 東 経 ) 139.0~140.0 領 海 内 対 応 地 域 名 :

地 震 1:818 年 関 東 諸 国 地 震 発 生 年 月 日 : 西 暦 年 月 日 818/--/-- 和 暦 元 号 弘 仁 9 年 7 月 -- 日 震 央 : 緯 度 ( 北 緯 ) 36.0~37.0 経 度 ( 東 経 ) 139.0~140.0 領 海 内 対 応 地 域 名 : 1. 想 定 地 震 に 係 る 歴 史 地 震 の 整 理 について 本 編 2.2~2.3 節 で 抽 出 した 各 想 定 地 震 と 対 比 される 歴 史 地 震 ( で 表 示 )を 含 む 埼 玉 県 に 被 害 をもたらした 以 下 の 地 震 について 概 要 及 び 埼 玉 県 内 の 震 度 分 布 につい て 個 別 に 整 理 した 地 震 1: 818 年 関 東 諸 国

More information

           3か4か 

           3か4か  - 日 本 の 漁 船 - 和 船 の 登 場 と 発 達 三 浦 福 助 日 本 の 船 の 歴 史 を 見 ると 縄 文 時 代 の 丸 木 舟 から 始 まり やがて 木 材 を 組 合 わせた 構 造 船 ( 和 船 と 呼 ぶことにします)が 出 現 します これがいつの 時 代 かはわかりませんが 古 墳 時 代 になるとそのような 船 が 海 に 浮 かんだものと 思 います 1 遣

More information

3, 松 江 藩 の 周 旋 活 動 と 雨 森 謙 三 郎 (1) 幕 末 松 江 藩 の 周 旋 活 動 玉 藤 会 と 越 前 会 諸 藩 の 周 旋 活 動 組 織 会 津 藩 の や 薩 摩 藩 鳥 取 藩 岡 山 藩 津 山 藩 桑 名 藩 久 留 米 藩 など 3 松 江 藩 の 周

3, 松 江 藩 の 周 旋 活 動 と 雨 森 謙 三 郎 (1) 幕 末 松 江 藩 の 周 旋 活 動 玉 藤 会 と 越 前 会 諸 藩 の 周 旋 活 動 組 織 会 津 藩 の や 薩 摩 藩 鳥 取 藩 岡 山 藩 津 山 藩 桑 名 藩 久 留 米 藩 など 3 松 江 藩 の 周 2015 年 度 松 江 市 史 講 座 第 83 講 幕 末 松 江 藩 と 雨 森 謙 三 郎 ( 精 翁 ) 2015 年 4 月 18 日 岸 本 覚 1,はじめに 課 題 設 定 幕 末 の 松 江 藩 勤 王 佐 幕 開 国 攘 夷 というような 枠 組 みだけではない 視 点 が 必 要 変 革 を 余 儀 なくされていく 幕 府 の 諸 政 策 に 対 して 松 江 藩 がどのような

More information

52 東 洋 大 学 人 間 科 学 総 合 研 究 所 紀 要 第 11 号 方 が 主 導 したためか 武 家 は 表 高 に 対 して 負 担 を 分 担 させられるのではなく 屋 敷 地 の 四 方 間 数 に 応 じて 分 担 していたことを 明 らかにした これらから 公 共 空 間 に

52 東 洋 大 学 人 間 科 学 総 合 研 究 所 紀 要 第 11 号 方 が 主 導 したためか 武 家 は 表 高 に 対 して 負 担 を 分 担 させられるのではなく 屋 敷 地 の 四 方 間 数 に 応 じて 分 担 していたことを 明 らかにした これらから 公 共 空 間 に 東 洋 大 学 人 間 科 学 総 合 研 究 所 紀 要 第 11 号 (2009) 51-60 51 若 手 研 究 者 育 成 研 究 所 プロジェクト 江 戸 大 名 屋 敷 と 都 市 公 共 空 間 に 関 する 基 礎 的 研 究 平 成 20 年 度 における 活 動 とその 成 果 の 報 告 * 松 本 剣 志 郎 研 究 課 題 名 : 江 戸 大 名 屋 敷 と 都 市 公

More information

(課博用)

(課博用) Nara Women's University Digital I Title Author(s) Citation 歌 舞 伎 俳 諧 の 地 域 性 時 代 性 の 研 究 : 書 物 文 化 との 関 わりを 軸 に 内 容 の 要 旨 及 び 審 査 の 結 果 の 要 旨 早 川, 由 美 奈 良 女 子 大 学 博 士 論 文, 博 士 ( 文 学 ), 博 課 甲 第 545 号, 平

More information

Microsoft Word - 全文.doc

Microsoft Word - 全文.doc 引 用 文 献 ( 一 ) 史 料 ( 五 十 音 順 ) I. 一 般 史 料 1. 日 本 史 籍 協 会 編 会 津 藩 庁 記 録 1-6 東 京 学 出 版 会 1969 2. 鹿 児 島 県 歴 史 資 料 センター 黎 明 館 編 鹿 児 島 県 史 料 玉 里 島 津 家 史 料 2 鹿 児 島 県 1993 3. 玉 虫 左 夫 官 武 通 記 確 定 幕 末 史 資 料 成 国

More information