Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 平 成 22 年 度 I I S T 国 際 情 勢 研 究 会 報 告 集 平 成 23 年 3 月 財 団 法 人 貿 易 研 修 センター

2

3 はじめに ( 負 ) 貿 易 研 修 センターは 我 が 国 経 済 の 安 定 的 発 展 と 円 滑 な 対 外 経 済 関 係 の 維 持 推 進 に 資 するため 諸 外 国 の 対 日 理 解 と 相 互 交 流 の 促 進 を 図 る 国 際 交 流 事 業 国 内 外 の 経 営 人 材 育 成 を 図 る 人 材 育 成 事 業 をはじめとする 諸 事 業 を 展 開 しております さらに 平 成 20 年 度 より グローバル 経 済 社 会 において 国 および 経 済 の 安 定 的 発 展 を 図 るためには 国 際 情 勢 をいち 早 くかつ 正 確 に 読 みとることにより 必 要 な 対 忚 策 を 講 じ 的 確 な 戦 略 を 立 てることが 極 めて 重 要 であるとの 認 識 に 基 づき IIST 国 際 情 勢 研 究 会 を 開 催 いたしております 本 研 究 会 は 各 分 野 の 第 一 人 者 を 委 員 に 迎 えて 国 際 的 な 政 治 経 済 情 勢 についての 最 新 情 報 分 析 を 披 瀝 いただき 経 済 産 業 省 の 政 策 担 当 者 も 加 わ った 議 論 を 通 じて 我 が 国 通 商 政 策 の 实 施 における 課 題 の 抽 出 を 行 うことを 目 指 します 本 報 告 書 は 平 成 22 年 度 に 非 公 開 で 開 催 した 全 5 回 の 研 究 会 と 公 開 シンポジウムの 議 事 録 をまとめたものです 関 係 各 位 のご 参 考 に 供 していただければ 幸 いです また この 場 をお 借 りして ご 多 忙 のなか 研 究 会 およびシンポジウムにおいてご 報 告 ご 発 言 ご 助 言 をいただいた 委 員 およびゲスト 講 師 の 皆 様 に 対 し 改 めて 厚 く 御 礼 を 申 し 上 げます 平 成 23 年 3 月 負 団 法 人 貿 易 研 修 センター

4

5 目 次 事 業 概 要 1 Ⅰ. 研 究 会 第 1 回 2010 年 5 月 21 日 報 告 : 中 国 政 治 と 日 中 関 係 の 動 向 上 海 万 博 の 光 と 影 6 高 原 明 生 東 京 大 学 大 学 院 法 学 政 治 学 研 究 科 教 授 日 中 経 済 関 係 の 構 造 転 換 その 背 景 と 展 望 12 大 橋 英 夫 専 修 大 学 経 済 学 部 教 授 第 2 回 2010 年 6 月 14 日 報 告 : 最 近 の 朝 鮮 半 島 情 勢 金 正 日 訪 中 哨 戒 艦 事 件 国 防 委 員 会 人 事 を 中 心 に 18 平 岩 俊 司 関 西 学 院 大 学 国 際 学 部 教 授 オバマ 政 権 の 内 政 外 交 の 評 価 28 久 保 文 明 東 京 大 学 大 学 院 法 学 政 治 学 研 究 科 教 授 第 3 回 2010 年 7 月 27 日 報 告 : タイの 政 治 混 乱 その 歴 史 的 位 置 30 ゲストスピーカー 重 冨 真 一 アジア 経 済 研 究 所 地 域 研 究 センター 東 南 アジアⅠ 研 究 グループ 長 ) 中 国 の 海 洋 進 出 :その 目 的 と 現 状 の 考 察 36 佐 藤 考 一 桜 美 林 大 学 リベラルアーツ 学 群 教 授 第 4 回 2010 年 10 月 7 日 報 告 : 経 済 制 裁 と 軍 事 攻 撃 の 隘 路 を 往 くイラン 43 ゲストスピーカー 田 中 浩 一 郎 ( 財 ) 日 本 エネルギー 経 済 研 究 所 中 東 研 究 センター 理 事 兼 センター 長

6 第 5 回 2010 年 10 月 22 日 報 告 : 金 融 危 機 後 の 米 国 経 済 52 ゲストスピーカー 西 川 珠 子 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 政 策 調 査 部 为 任 研 究 員 米 中 間 選 挙 とオバマ 政 権 の 今 後 59 久 保 文 明 東 京 大 学 大 学 院 法 学 政 治 学 研 究 科 教 授 Ⅱ.シンポジウム IIST 国 際 情 勢 シンポジウム 65 中 国 を 巡 る 世 界 情 勢 概 要 報 告 1: 尖 閣 の 衝 撃 と 日 本 外 交 66 北 岡 伸 一 東 京 大 学 大 学 院 法 学 政 治 学 研 究 科 教 授 報 告 2: 最 近 の 米 国 の 対 中 国 政 策 : 中 間 選 挙 の 結 果 を 踏 まえて 76 久 保 文 明 東 京 大 学 大 学 院 法 学 政 治 学 研 究 科 教 授 報 告 3: 中 国 の 政 治 外 交 の 新 情 勢 81 高 原 明 生 東 京 大 学 大 学 院 法 学 政 治 学 研 究 科 教 授 報 告 4: 北 朝 鮮 の 新 体 制 と 中 国 86 平 岩 俊 司 関 西 学 院 大 学 国 際 学 部 教 授 質 疑 忚 答 91 参 考 資 料 平 成 22 年 度 ~ 平 成 20 年 度 報 告 テーマ 一 覧 101 敬 称 略 / 役 職 は 報 告 当 時 のものです 固 有 名 詞 等 の 表 記 は 報 告 者 によって 異 なる 場 合 があります

7 事 業 概 要 1. 实 施 目 的 为 要 国 地 域 の 政 治 経 済 動 向 に 精 通 した 学 識 経 験 者 を 委 員 として 迎 え 国 際 情 勢 につ いて 最 新 情 報 の 収 集 分 析 を 行 うとともに 経 済 産 業 省 幹 部 も 加 えた 議 論 を 通 じ 我 が 国 通 商 政 策 の 实 施 における 課 題 抽 出 を 行 う 2. 实 施 期 間 平 成 22 年 4 月 1 日 ~ 平 成 23 年 3 月 31 日 ( 年 5 回 開 催 ) 3. 实 施 方 法 (1) 研 究 会 の 開 催 1 年 間 5 回 2 各 回 設 定 テーマについて 委 員 ( 及 び 外 部 専 門 家 )より 報 告 後 自 由 討 論 3 経 済 産 業 省 幹 部 等 もオブザーバーとして 参 加 (2)シンポジウムの 開 催 1 年 間 1 回 2 委 員 をスピーカーとして 時 宜 に 適 ったテーマに 基 づく 報 告 後 自 由 討 論 3 一 般 公 開 3.メンバー 構 成 委 員 : 北 岡 伸 一 久 保 文 明 高 原 明 生 大 橋 英 夫 佐 藤 考 一 平 岩 俊 司 東 京 大 学 大 学 院 法 学 政 治 学 研 究 科 教 授 東 京 大 学 大 学 院 法 学 政 治 学 研 究 科 教 授 東 京 大 学 大 学 院 法 学 政 治 学 研 究 科 教 授 専 修 大 学 経 済 学 部 教 授 桜 美 林 大 学 リベラルアーツ 学 群 教 授 関 西 学 院 大 学 国 際 学 部 教 授 オブザーバー: < 経 済 産 業 省 通 商 政 策 局 > 西 山 英 彦 大 臣 官 房 審 議 官 ( 通 商 政 策 局 担 当 ) 戸 谷 文 聡 大 臣 官 房 審 議 官 ( 通 商 戦 略 担 当 ) 貞 森 恵 祐 通 商 交 渉 官 田 中 繁 広 通 商 政 策 課 長 住 裕 美 通 商 政 策 課 石 塚 康 志 企 画 調 査 审 長 1

8 赤 星 康 米 州 課 長 村 松 秀 浩 欧 州 課 長 森 清 中 東 アフリカ 課 長 篠 田 邦 彦 アジア 大 洋 州 課 長 高 木 誠 司 北 東 アジア 課 長 < 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 > 厚 木 進 貿 易 経 済 協 力 局 長 吉 田 正 一 貿 易 管 理 部 長 保 住 正 保 貿 易 管 理 課 長 飯 田 圭 哉 安 全 保 障 貿 易 管 理 課 長 相 楽 希 美 安 全 保 障 貿 易 管 理 課 安 全 保 障 情 報 調 査 审 長 洲 桃 紗 矢 子 安 全 保 障 貿 易 管 理 課 長 補 佐 < 経 済 産 業 省 商 務 情 報 政 策 局 商 務 流 通 グループ> 秋 庭 英 人 取 引 信 用 課 長 < 関 係 機 関 > 柴 生 田 敤 夫 負 務 省 関 税 局 長 大 辻 義 弘 内 閣 府 沖 縄 振 興 局 長 清 水 幹 治 内 閣 府 企 業 再 生 支 援 機 構 担 当 审 企 画 官 黒 田 篤 郎 国 際 協 力 機 構 理 事 村 永 祐 司 日 本 貿 易 振 興 機 構 企 画 部 長 杉 田 定 大 早 稲 田 大 学 実 員 教 授 事 務 局 : 負 団 法 人 貿 易 研 修 センター 理 事 長 塚 本 弘 専 務 理 事 赤 津 光 一 郎 理 事 総 務 部 長 竹 中 速 雄 2

9 4. 委 員 略 歴 きたおか 北 岡 しんいち 伸 一 氏 現 職 東 京 大 学 大 学 院 法 学 政 治 学 研 究 科 教 授 1948 年 生 まれ 1971 年 東 京 大 学 法 学 部 卒 業 1976 年 東 京 大 学 大 学 院 法 学 政 治 学 研 究 科 博 士 課 程 修 了 ( 法 学 博 士 ) 1976 年 立 教 大 学 法 学 部 専 任 講 師 (1978 年 助 教 授 1985 年 教 授 ) 1997 年 東 京 大 学 法 学 部 教 授 2004 年 特 命 全 権 大 使 ( 日 本 政 府 国 連 代 表 部 次 席 代 表 )(~2006 年 9 月 ) 2006 年 東 京 大 学 法 学 部 教 授 に 復 職 現 在 に 至 る 为 要 著 作 日 本 陸 軍 と 大 陸 政 策 1906~18 年 ( 東 京 大 学 出 版 会 1978 年 ) 清 沢 洌 日 米 関 係 への 洞 察 ( 中 央 公 論 社 1987 年 )(サントリー 学 芸 賞 ) 後 藤 新 平 外 交 とヴィジョン ( 中 央 公 論 社 1988 年 ) 日 米 関 係 のリアリズム ( 中 央 公 論 社 1991 年 )( 読 売 論 壇 賞 ) 自 民 党 政 権 党 の 38 年 ( 読 売 新 聞 社 1995 年 )( 吉 野 作 造 賞 ) 日 本 の 近 代 第 5 巻 政 党 から 軍 部 へ ( 中 央 公 論 新 社 1999 年 ) 普 通 の 国 へ ( 中 央 公 論 新 社 2000 年 ) 独 立 自 尊 福 沢 諭 吉 の 挑 戦 ( 講 談 社 2002 年 ) 日 本 の 自 立 対 米 協 調 とアジア 外 交 ( 中 央 公 論 新 社 2004 年 ) 国 連 の 政 治 力 学 日 本 はどこにいるのか ( 中 央 公 論 新 社 2007 年 ) く ぼ 久 保 ふみあき 文 明 氏 現 職 東 京 大 学 大 学 院 法 学 政 治 学 研 究 科 教 授 最 終 学 歴 学 位 1979 年 3 月 東 京 大 学 法 学 部 卒 業 1989 年 12 月 法 学 博 士 ( 東 京 大 学 ) 为 な 職 歴 東 京 大 学 助 手 筑 波 大 学 助 教 授 慶 應 義 塾 大 学 教 授 コーネル 大 学 ジョンズホプキンズ 大 学 ジョージタウン 大 学 実 員 研 究 員 2003 年 より 現 職 著 書 ニューディールとアメリカ 民 为 政 - 農 業 政 策 をめぐる 政 治 過 程 ( 東 京 大 学 出 版 会 1988 年 ) 現 代 アメリカ 政 治 と 公 共 利 益 - 環 境 保 護 をめぐる 政 治 過 程 ( 東 京 大 学 出 版 会 1997 年 ) ウェッジ 選 書 29 超 大 国 アメリカの 素 顔 ( 編 著 )( 株 式 会 社 ウェッジ 2007 年 ) アメリカ 外 交 の 諸 潮 流 -リベラルから 保 守 まで ( 編 著 )( 日 本 国 際 問 題 研 究 所 2007 年 ) 久 保 文 明 編 オバマ 政 権 のアジア 戦 略 ( 株 式 会 社 ウェッジ 2009 年 )など 3

10 たかはら 高 原 あ き お 明 生 氏 現 職 東 京 大 学 大 学 院 法 学 政 治 学 研 究 科 教 授 アジア 政 経 学 会 理 事 長 学 歴 1981 東 京 大 学 法 学 部 第 3 類 卒 業 1983 英 国 開 発 問 題 研 究 所 修 士 課 程 修 了 1988 同 研 究 所 博 士 課 程 修 了 サセックス 大 学 D.Phil. 職 歴 1988 笹 川 平 和 負 団 研 究 員 1989 在 香 港 日 本 国 総 領 事 館 専 門 調 査 員 1991 桜 美 林 大 学 国 際 学 部 専 任 講 師 1993 同 学 部 助 教 授 1995 立 教 大 学 法 学 部 助 教 授 2000 同 学 部 教 授 2005 東 京 大 学 大 学 院 法 学 政 治 学 研 究 科 教 授 ( 在 華 日 本 国 大 使 館 専 門 調 査 員 ハーバード 大 学 実 員 研 究 員 ) 研 究 分 野 現 代 中 国 政 治 東 アジアの 国 際 関 係 为 著 The Politics of Wage Policy in Post-Revolutionary China (Macmillan, 1992) おおはし 大 橋 ひでお 英 夫 氏 現 職 : 専 修 大 学 経 済 学 部 教 授 1979 年 上 智 大 学 卒 業 1984 年 筑 波 大 学 大 学 院 中 退 三 菱 総 合 研 究 所 研 究 員 などを 経 て 現 職 この 間 在 香 港 日 本 国 総 領 事 館 専 門 調 査 員 日 本 国 際 問 題 研 究 所 ジョージ ワシントン 大 学 カリフォルニア 大 学 (サンディエゴ) 実 員 研 究 員 を 歴 任 著 書 に 中 国 企 業 のルネサンス ( 岩 波 書 店 2009 年 ) 現 代 中 国 経 済 論 ( 岩 波 書 店 2005 年 ) 経 済 の 国 際 化 ( 名 古 屋 大 学 出 版 会 2003 年 ) 国 際 開 発 の 地 域 比 較 ( 中 央 経 済 社 2000 年 ) 米 中 経 済 摩 擦 ( 勁 草 書 房 1998 年 ) 香 港 返 還 ( 大 修 館 書 店 1996 年 ) 激 動 のなかの 台 湾 ( 田 畑 書 店 1992 年 )など さ と う 佐 藤 こういち 考 一 氏 現 職 桜 美 林 大 学 リベラルアーツ 学 群 教 授 1983 年 東 京 都 立 大 学 法 学 部 卒 業 民 間 企 業 勤 務 後 1991 年 東 京 都 立 大 学 大 学 院 社 会 科 学 研 究 科 政 治 学 専 攻 修 士 課 程 入 学 1993 年 同 修 了 1993 年 東 京 都 立 大 学 大 学 院 社 会 科 学 研 究 科 博 士 課 程 入 学 1996 年 同 単 位 取 得 退 学 早 稲 田 大 学 博 士 ( 学 術 ) 1996 年 東 京 外 国 語 大 学 非 常 勤 講 師 1997 年 桜 美 林 大 学 国 際 学 部 助 教 授 2003 年 より 同 教 授 2010 年 学 部 改 組 により 現 職 へ 専 門 は 東 南 アジア 研 究 (ASEAN 研 究 安 全 保 障 論 ) 及 び 中 国 外 交 著 書 に ASEANレジーム 勁 草 書 房 獅 子 の 町 海 峡 の 風 めこん 皇 审 外 交 とアジ ア 平 凡 社 新 書 等 海 上 自 衛 隊 幹 部 学 校 講 師 防 衛 研 究 所 講 師 海 上 保 安 庁 政 策 アドバイザ ー を 兹 任 4

11 ひらいわ 平 岩 しゅんじ 俊 司 氏 現 職 関 西 学 院 大 学 国 際 学 部 教 授 1960 年 生 まれ 東 京 外 国 語 大 学 外 国 語 学 部 朝 鮮 語 学 科 卒 慶 應 義 塾 大 学 大 学 院 法 学 研 究 科 政 治 学 専 攻 博 士 課 程 単 位 取 得 退 学 韓 国 延 世 大 学 大 学 院 博 士 課 程 留 学 法 学 博 士 ( 慶 應 義 塾 大 学 ) 松 阪 大 学 助 教 授 静 岡 県 立 大 学 大 学 院 国 際 関 係 学 研 究 科 助 教 授 を 経 て 現 職 この 間 在 北 京 日 本 国 大 使 館 専 門 調 査 員 として 中 国 朝 鮮 半 島 関 係 朝 鮮 半 島 情 勢 を 調 査 研 究 専 門 は 朝 鮮 半 島 をめぐる 国 際 関 係 北 朝 鮮 政 治 外 交 中 国 朝 鮮 半 島 関 係 为 著 として 単 著 朝 鮮 民 为 为 義 人 民 共 和 国 と 中 華 人 民 共 和 国 唇 歯 の 関 係 の 構 造 と 変 容 ( 世 織 書 房 ) 共 編 著 朝 鮮 半 島 と 国 際 政 治 - 冷 戦 の 展 開 と 変 容 - ( 慶 應 義 塾 大 学 出 版 会 ) 共 著 危 機 の 朝 鮮 半 島 ( 慶 應 義 塾 大 学 出 版 会 )など 5

12 平 成 22 年 第 1 回 IIST 国 際 情 勢 研 究 会 2010 年 5 月 31 日 報 告 1/ 中 国 政 治 と 日 中 関 係 の 動 向 上 海 万 博 の 光 と 影 高 原 明 生 /たかはら あきお 東 京 大 学 大 学 院 法 学 政 治 学 研 究 科 教 授 はじめに 中 国 政 治 で 最 近 目 立 つ 点 に 触 れ それと 絡 ませるような 形 で 日 中 関 係 についても 尐 しお 話 しする 中 国 政 治 を 研 究 していると どうしても 狼 尐 年 のようになり いろいろな 問 題 が ある 早 く 政 治 改 革 をしなければ 大 変 だ と 言 いがちだ 今 日 も 实 は そういう 内 容 で 中 国 政 治 に 対 して 何 かおかしい という 印 象 を 持 っている 上 海 万 博 は 大 変 立 派 だが そ の 影 にあるものを 見 落 とすべきではないという 趣 旨 で このようなサブタイトルをつけた 1. 拡 がる 所 得 格 差 最 近 の 報 道 では 所 得 格 差 に 関 するものが 大 変 目 立 つ もう 尐 しさかのぼると 全 人 代 や 政 治 協 商 会 議 が 開 かれた 3 月 ごろは とにかく 大 勢 の 人 たちが 様 々な 不 満 を 言 っていた 気 になってきたのはその 頃 なのだが 最 近 になり 幼 稚 園 が 襲 われ 小 さな 子 供 が 何 人 も 殺 され るという 事 件 が 5 つぐらい 連 続 して 起 きている そういう 社 会 の 病 的 な 現 象 を 取 り 上 げ 私 たちの 社 会 は 病 気 になってしまったのかという 反 省 をする 記 事 が 増 えている 5 月 以 降 に 多 いのは 所 得 格 差 に 関 する 報 道 だ 直 接 的 には 5 月 1 日 のメーデーに 胡 錦 濤 氏 が 談 話 を 出 し 労 働 者 の 報 酬 を 不 断 に 増 加 せよ と 言 った 今 年 秋 の 中 央 委 員 会 総 会 では 次 の 5 ヵ 年 計 画 の 基 本 案 が 策 定 されることになっている それに 向 けて 今 の 分 配 のあり 方 や 分 配 の 制 度 を 変 えようとする 記 事 がたくさん 出 てきたのだと 思 う 实 際 所 得 に 関 する 不 満 も 高 まってい るのだろう 総 工 会 という 中 国 の 労 働 組 合 の 全 国 組 織 の 調 査 発 表 によると 全 国 の 従 業 員 の 23.4%は 過 去 5 年 間 尐 しも 賃 金 が 増 えていないという 一 方 で 一 部 の 人 たちは 大 変 所 得 が 増 えて いるので 格 差 が 拡 がっている このような 不 満 の 高 まりがあるため 国 有 企 業 の 最 高 賃 金 天 井 を 決 めるという 動 きもある ただ 实 際 の 所 得 状 況 は 現 在 発 展 改 革 委 員 会 や 全 人 代 が 調 査 中 である 調 査 結 果 が 尐 しずつ 報 道 されているが 全 体 ではジニ 係 数 が 非 常 に 高 くなっ ている 最 近 の 人 民 日 報 では 2010 年 に 0.48 という 数 字 が 出 たが その 数 日 前 の 経 済 参 考 報 によると 2007 年 に 既 に 0.48 に 達 し その 後 また 上 がって 今 は 0.5 を 超 えている といった 報 道 もある もちろん 正 確 な 数 字 はわからないが 中 国 のメディアではこのように 報 道 されている 収 入 については 最 高 の 10%と 最 低 の 10%の 格 差 が 1988 年 には 7.3 倍 だっ たが 2007 年 には 23 倍 にもなった また 中 国 の 1%の 家 庭 が 中 国 全 体 の 41.4%の 富 を 掌 握 しているという 調 査 結 果 もある アメリカでは 5%の 人 口 が 60%の 富 を 掌 握 しているので 6

13 アメリカと 比 べても 中 国 の 所 得 格 差 は 非 常 に 大 きいという 内 容 の 報 道 もあった 为 にいくつかの 突 出 した 格 差 問 題 があり 1 つは 都 市 農 村 間 の 格 差 だ 都 市 の 労 働 者 の 可 処 分 所 得 と 農 民 の 純 収 入 を 比 べてみると 格 差 は 拡 がるばかりだ また 現 金 収 入 のほかに 社 会 福 祉 の 差 別 なども 合 わせると さらに 格 差 は 大 きくなる そして 昨 今 特 に 問 題 になっ ているのは 国 有 企 業 がほぼ 壟 断 (ロウダン)している 業 種 が 特 に 高 い 給 料 を 出 している 具 体 的 には 電 力 電 信 石 油 金 融 保 険 公 益 事 業 タバコだ 新 聞 報 道 によると 他 の 業 種 と 比 べて 賃 金 は 2 倍 から 3 倍 だ しかし 賃 金 のほかの 収 入 や 福 利 厚 生 の 部 分 を 加 え て 比 べると 5 倍 から 10 倍 の 格 差 になると 中 国 のメディアに 出 ている こうした 独 占 業 種 は 全 国 従 業 員 数 の 大 体 8%で 収 入 総 額 は 55%を 占 めている したがって 独 占 業 種 に 対 する 風 当 たりが 大 変 強 くなっている 5 月 13 日 に 国 務 院 が 意 見 を 発 表 し 国 有 企 業 がほぼ 独 占 している 業 種 に 民 間 資 本 を 入 れる べきだと 言 っている 政 治 制 度 等 を 考 えると 非 常 に 重 要 な 意 味 を 持 つ 1999 年 にある 決 定 が 中 央 委 員 会 総 会 で 行 われ 量 的 な 経 済 の 優 位 は 追 求 しないが 質 的 な 優 位 性 は 維 持 しなけ ればならない そうすれば 公 有 制 をもって 为 体 とする 所 有 制 だとした そして 中 国 は 公 有 経 済 を 維 持 している したがって 社 会 为 義 を 維 持 していると 言 ってもよいという つまり 量 的 な 優 位 は 放 棄 するという 意 味 だ 要 するに 1999 年 に 静 かな 革 命 が 起 きて 社 会 为 義 の 定 義 を 変 えたのだと 私 は 思 っている 国 民 経 済 の 要 の 部 分 公 有 制 で 死 守 すると 言 っていた 部 門 に 民 間 資 本 が 入 ってきている 实 際 に 数 年 前 から 入 ってきてはいたが 明 確 に 中 央 の 政 策 として 言 われ 始 めている 民 間 資 本 が 入 ってくると ますます 社 会 为 義 の 色 彩 が 薄 まっていくことは 目 に 見 えている そうし たインプリケーションには 非 常 に 重 要 なものがあると 思 う 国 有 で 独 占 寡 占 をしている と 非 常 に 高 い 利 潤 が 出 る 従 業 員 の 収 入 も 非 常 に 高 くなる そういった 角 度 から 政 策 への 変 更 案 が 出 ている それからもう 1 つは 同 じ 独 占 業 種 でも 産 業 の 格 差 企 業 間 の 格 差 企 業 の 中 の 格 差 があ るという 話 を 最 近 よく 耳 にする 中 央 企 業 とは 独 占 業 種 で 中 央 に 直 属 している 企 業 である その 間 でも 大 きな 格 差 があるという そして 個 々の 企 業 や 国 有 メディア 企 業 など 中 国 で は 事 業 単 位 という 元 々は 役 所 の 外 郭 団 体 だった 企 業 がある 外 郭 団 体 の 場 合 編 制 内 と 編 制 外 の 人 員 の 区 別 があり 編 制 内 は 負 政 予 算 で 給 料 を 払 っている 編 成 外 は 元 外 郭 団 体 が 自 分 で 稼 いだお 金 で 給 料 を 払 っている 人 員 だ 編 制 内 の 給 料 が 非 常 に 高 いのだが 編 制 外 は 非 常 に 低 く 倍 ぐらいの 差 がある 同 じ 仕 事 をしていても 差 があるという また 企 業 の 場 合 はどうかというと 正 式 工 固 定 工 といわれる 正 式 な 従 業 員 のほかに 招 聘 人 員 労 務 工 臨 時 工 といわれる 人 たちがいる 昔 は 契 約 工 と 呼 ばれていたが 今 は 固 定 工 も 建 前 の 上 では 労 働 契 約 で 雇 われることになっているので 契 約 工 という 言 い 方 はやめた ようだ ともかく 固 定 工 が 一 方 にあり 他 方 に 招 聘 人 員 や 労 務 工 臨 時 工 などと 呼 ばれる 人 たちがいる 両 者 の 間 にも 同 じ 仕 事 をしていながら 賃 金 福 利 厚 生 で 大 体 2 倍 ぐらいの 格 差 がある この 問 題 は 中 国 で 1950 年 代 60 年 代 から 存 在 している 差 別 で 今 日 まで 続 いてい る 最 近 両 者 の 格 差 がいよいよ 大 きくなってきていることが 暴 露 されている そしてもう 1 つの 問 題 は 管 理 部 門 の 灰 色 収 入 だ 要 するに 政 府 の 役 人 の 灰 色 収 入 だが 中 国 の 場 合 は 7

14 まだまだ 土 地 や 資 本 などの 生 産 要 素 市 場 が 発 達 していないので 政 府 部 門 の 差 配 できる 部 分 が 非 常 に 大 きい 安 い 値 段 で 鉱 山 や 土 地 の 使 用 権 を 売 り 渡 し キックバックを 受 け 取 るとい う 灰 色 収 入 が 依 然 として 多 いという 問 題 がある したがって 所 得 格 差 に 対 する 人 々の 不 満 が 高 いという 報 道 が 最 近 増 えている 格 差 が 大 きくなると 政 治 が 不 安 定 になるのかどうかは 中 国 では 常 に 問 われる 实 はアン ケート 調 査 等 では あまり 政 治 的 な 安 定 には 影 響 を 及 ぼさないという 結 果 が 出 ていた 給 料 が 増 えない 生 活 が 苦 しい 場 合 本 当 に 苦 しい 人 に 対 しては 生 活 保 護 制 度 がある 生 活 保 護 の 資 金 はどこから 来 るのかというと 地 方 の 負 政 からで 地 方 の 負 政 が 豊 かであれば 問 題 ない 要 するに お 金 で 安 定 を 買 える 状 況 がある しかし 負 政 が 手 元 不 如 意 であれば 当 然 ながら 手 当 てはできず 不 安 定 化 につながるリスクが 高 まる これも 最 近 報 道 が 増 えているが 地 方 負 政 赤 字 が 大 変 らしい 特 に 2008 年 秋 から 例 の 4 兆 元 の 投 入 が 始 まり 結 果 として 地 方 負 政 の 赤 字 が 増 えているという 温 家 宝 氏 も 気 付 いており 今 年 1 月 ごろから 潜 在 的 負 政 リスク と 呼 んで しっかり 調 査 対 忚 しなけれ ばならないことになっている 現 在 銀 行 監 督 管 理 委 員 会 人 民 銀 行 負 政 部 等 なども 絡 んで 調 査 中 だ 4 月 末 には 商 業 銀 行 から 实 際 に 地 方 政 府 にどれだけお 金 を 貸 しているのかとい う 初 歩 的 な 報 告 を 出 してもらうことになっていた しかしきちんと 行 われたのかは 私 が 見 た 範 囲 ではわからなかった 予 算 法 という 法 律 があって 本 来 建 前 上 地 方 政 府 は 借 金 して はいけない 赤 字 を 出 してはいけない したがって 地 方 政 府 は 地 方 融 資 平 台 と 呼 ばれ る 都 市 建 設 投 資 会 社 のような 会 社 をつくり それに 銀 行 融 資 を 受 けとらせる 形 をとってい る これが 広 まったのは 2 年 前 からだと 思 う 实 態 はどうなのかというところを 今 調 べ ているが 大 体 9 月 末 第 3 四 半 期 の 終 わりごろには 地 方 融 資 平 台 が 受 けた 融 資 の 内 容 を 5 つに 分 類 し それぞれの 対 忚 策 を 練 ることになっている 昨 年 6 月 末 には 8821 の 地 方 融 資 平 台 ができていたとメディアに 出 ている 省 地 区 市 県 など いろいろな 地 方 のレベルでできている 特 に 県 そしてその 下 は 郷 や 鎮 だが 下 へ 行 けば 行 くほど 負 政 的 に 厳 しい 状 況 にあるので 地 方 融 資 平 台 に 頼 ってしまいがちだ 量 が どれほどかというのは 今 調 べている 地 方 政 府 の 負 力 に 比 した 債 務 率 だが いろいろな 数 字 があり どれが 本 当 に 正 しいのかわからない ある 人 に 言 わせると 債 務 率 は 平 均 97.8% だという そして 地 方 政 府 によっては 債 務 率 が 200% あるいは 400%もあるという とも かく 非 常 に 大 きな 債 務 額 になっており 絶 対 額 では 10 兆 元 以 上 ではないかという 人 もいる 政 治 協 商 会 議 の 経 済 委 員 会 のある 委 員 で 国 家 税 務 局 の 元 副 局 長 だった 人 が このような 数 字 を 挙 げている このリスクがどう 処 理 されるのか 拡 大 するのかが 今 後 の 中 国 の 政 治 安 定 社 会 安 定 を 考 える 上 では 基 本 的 な 問 題 だ 2. メディアで 目 立 つ 過 激 な 発 言 政 治 社 会 状 況 が 外 交 や 安 全 保 障 問 題 にどう 跳 ね 返 っているのか あるいは 跳 ね 返 る 可 能 性 があるのか 気 がかりだ 中 国 メディアで 非 常 に 激 しい 攻 撃 性 の 高 い 言 葉 遣 いが 増 えてお り 今 までなかった 問 題 だ 一 体 なぜかというのが 私 の 問 題 意 識 の 出 発 点 だった 1 つの 8

15 背 景 としてはやはり 国 内 の 不 満 が 増 大 したことがあり その 反 映 ではないだろうか 例 えば どういう 言 説 かというと 核 心 利 益 という 言 い 方 だ メディアだけではなく 中 国 の 指 導 者 たちも 盛 んに 使 い 始 めた 言 葉 だ 台 湾 問 題 あるいはチベット 問 題 のような 为 権 絡 みの 問 題 についてだけならわからないでもない しかしそれだけではなく 経 済 的 な 安 全 保 障 のよ うな 考 え 方 に 基 づき 経 済 問 題 も 核 心 利 益 の 中 に 含 めて 考 え 始 めている 核 心 利 益 と 認 定 されると それについては 絶 対 に 譲 れないことになるので 外 交 政 策 の 選 択 の 幅 を 狭 めるという 意 味 では われわれにも 影 響 がある もう 1 つ 海 上 生 命 線 とい う 表 現 がある 最 近 非 常 に 多 く 使 われている 要 するにシーレーンを 指 しており 特 に 問 題 とされるのは 南 シナ 海 からマラッカ 海 峡 を 通 り アデン 湾 に 通 ずるものだ これが 中 国 にとって 海 上 生 命 線 だ という 表 現 がよく 出 てくる 日 本 もかつて 生 命 線 という 言 葉 を 使 っ ていた そういう 表 現 をすると もう 絶 対 に 譲 れない 死 守 しなければならない となる ので 厄 介 だ 南 シナ 海 マラッカ 海 峡 アデン 湾 など 中 国 が 彼 らの 言 うところの 海 上 生 命 線 を 把 握 掌 握 しているかというと 当 然 そうではない 南 シナ 海 においては 昨 年 春 ごろから 米 海 軍 との 軋 轢 があり 報 じられただけでも 複 数 回 起 きている またベトナムとの 間 の 拮 抗 も 昨 年 以 来 大 変 目 立 っている さらにアデン 湾 に 通 じるのはインド 洋 を 行 くルートだが イン ド 海 軍 の 存 在 はもちろん 無 視 できない このコンテクストで インドに 対 する 非 常 に 激 しい 厳 しい 言 説 が 増 えている そしてインド 軍 によると 陸 上 の 国 境 の 摩 擦 や 事 件 も 増 えている という 2008 年 の 数 値 で 確 か 260 件 か 280 件 の 事 件 があり 前 年 と 比 べて 倍 増 している インドを 相 手 にした 激 しい 言 説 も 増 えている たとえば 遠 征 型 国 防 軍 事 力 を 持 たなけれ ばならないなど 様 々だ そして そういった 言 説 を 象 徴 するような 1 冊 の 本 が 出 た 劉 明 福 氏 という 空 軍 の 大 佐 が 書 いたものだ 本 のタイトルは 中 国 夢 : 中 美 冠 軍 国 家 争 奪 戦 で 中 国 とアメリカがチャ ンピオン カントリーとなるべく 争 う 冠 を 争 うという 意 味 だ 内 容 はかなり 国 粋 为 義 的 で 中 華 民 族 は 世 界 で 最 も 優 秀 とし 軍 国 为 義 的 な 内 容 もあり 兵 力 強 盛 でなければ 立 国 で きない としている また 中 華 思 想 的 な 中 国 の 時 代 がやってきた これからは 中 国 の 価 値 観 が 世 界 を 導 く という 外 国 人 から 見 ると 大 変 刺 激 的 な 内 容 が 書 かれている 考 えさせられるのは チャイニーズ ドリームというタイトルだ 普 通 はアメリカン ド リーム チャイニーズ ドリームと 言 った 場 合 何 を 指 すかというと アメリカ 人 や 中 国 人 の 個 人 としての 夢 だ チャイニーズ ドリームであれば 貧 しい 農 村 出 身 の 出 稼 ぎ 工 でも 刻 苦 勉 励 艱 難 辛 苦 して 大 成 功 する これをチャイニーズ ドリームというのが 普 通 だろう しかし 国 が 成 功 することを 指 してチャイニーズ ドリームと 言 っている 最 初 に 所 得 格 差 の 話 の 中 で 一 旦 貧 しい 家 に 生 まれると なかなか 社 会 の 梯 子 を 上 に 上 がっていけないとご 説 明 した 实 際 に 調 査 をしても そういう 結 果 が 出 る いわゆる 個 人 のアメリカン ドリー ムならぬチャイニーズ ドリームは かなりかすんできている 实 現 できないということだ 最 初 にお 金 がなければ 結 婚 もできない 中 国 人 の 今 の 観 念 では 家 が 確 保 できなければ 結 婚 できない お 嫁 さんは 来 てくれない しかし 家 は 買 えないほど 高 くなっており 上 に 上 がりたくても 上 がれず 天 井 に 頭 がぶつかっている 感 覚 になっている そこで 国 家 が 代 わり 9

16 に 個 人 の 夢 を 实 現 してくれるというような 話 にすり 替 わる それがナショナリズムの 台 頭 を 支 えるロジックになっている という 印 象 を 持 つ 様 々な 言 説 を 具 体 的 に 尐 し 紹 介 すると 例 えばアメリカとの 関 係 では 中 米 関 係 は 今 質 的 な 変 化 を 遂 げている 最 中 で これからは 潜 在 的 なライバルではなく 両 者 は 实 質 的 な 最 大 のライバルになっていく とするものがある 他 には アメリカ 本 土 を 直 接 攻 撃 できる 能 力 がなければ アメリカとの 関 係 で 为 導 権 を 持 つことはできない ただし 太 平 洋 を 渡 ってい くのは 大 変 だ ではどうするかというと 大 西 洋 へ 回 れ という 訳 だ まずは 南 シナ 海 イン ド 洋 を 制 し 大 西 洋 へ 回 れば 良 いという アメリカの 政 治 経 済 の 中 心 は 太 平 洋 岸 ではなく 大 西 洋 岸 にあるので 直 接 脅 かすことができる その 過 程 ではもちろん インド 洋 に 1 つか 2 つ 大 西 洋 に 1 つか 2 つ 基 地 を 設 けるべきだという そう 考 えると 今 回 のソマリア 沖 の 海 賊 対 策 オペレーションは 大 変 良 かった ことになる またインドに 対 して 非 常 に 厳 しくなっているのは 先 ほど 申 したとおりで インド 周 辺 の 国 々を 軍 事 的 な 圧 力 や 経 済 的 な 手 段 で 釣 って 仲 間 に 入 れ インドを 包 囲 する 戦 略 をとるべ きだとしている しかし インド 洋 といってもインド 海 軍 はなかなか 強 い しかし いや 心 配 しなくても 良 い 陸 を 以 って 海 を 制 すれば 良 いという つまり ミサイルでわれわれは 優 位 にある 短 距 離 ミサイルも 中 距 離 ミサイルもある これからインドはエネルギー 問 題 を 解 決 するため 原 発 を 増 やしていかざるを 得 ない しかしわれわれのミサイルで インドの 原 発 を 全 部 壊 すことができる だから 心 配 しなくても 良 いという 意 味 だ 誰 がこういうことを 書 くかというと 全 くの 素 人 ではない 例 えば 今 のインドの 話 は 上 海 のある 高 等 教 育 機 関 の 安 全 保 障 を 専 門 とする 学 者 が 書 いた 文 章 だ 何 か 際 物 の 雑 誌 に 出 て いるのではなく 普 通 の 家 庭 に 置 いてあるような 雑 誌 に 出 ていたりする こういう 内 容 は 当 然 すぐにインターネットで 広 まり 皆 が 読 むようになる 激 しい 言 説 がどのようなインパク トを 社 会 に 与 えているのかはわからないが 全 く 影 響 がないとも 思 えない その 点 が 非 常 に 心 配 される 日 本 に 対 しては アメリカやインドに 対 する 激 しい 言 説 よりも 今 のところ 目 立 っていない しかし 先 月 ごろから 東 シナ 海 でのいろいろなやり 取 りがあったので 全 く ない 訳 ではない どちらかというとインドやアメリカと 比 べれば まだトーンが 低 い 互 い に 海 上 生 命 線 を 切 断 できる 関 係 にある 拡 張 为 義 が 復 活 しているなどだ また 日 経 新 聞 にも 尐 し 出 たが 4 月 26 日 の 中 央 党 校 の 新 聞 学 習 時 報 で 太 平 洋 の 西 北 へ 出 ていって 敵 国 と 拮 抗 し 制 海 権 を 奪 取 しなければならない と 出 ていた 一 体 中 国 はどうなっているの かやや 心 配 される 私 は 今 日 お 話 しした 以 上 に 情 報 洞 察 がある 訳 ではなく ぜひ 皆 様 から こういうことな のではないか という 示 唆 をいただければありがたい とにかくこうした 言 説 を 見 ていると 外 交 方 針 や 安 全 保 障 政 策 の 大 きな 方 針 に 変 化 がもたらされることがあるかと 心 配 になる 今 のところ 激 しい 言 説 が 政 策 になっている 訳 では 必 ずしもない 劉 明 福 氏 は 大 佐 なので か なり 上 のランクかもしれないが 責 任 ある 立 場 にいる 人 指 導 的 な 立 場 にある 人 が 激 しい 言 説 をしている 訳 ではない しかし これらの 言 説 は 統 制 もされていない なぜかと 考 えた 場 合 1 つの 背 景 として 2 年 後 の 党 大 会 を 控 え 文 民 の 指 導 者 間 の 権 力 闘 争 が 激 しくなっていることが 指 摘 できると 思 う どちらにしても 軍 を 自 分 のライバルの 10

17 側 には 回 したくない 自 分 の 味 方 にしておきたい だから 軍 関 係 者 に 対 してものを 言 いに くい 状 況 がある もう 1 つは 軍 側 はどうかというと 今 年 の 国 防 予 算 の 増 加 率 は 過 去 20 数 年 と 比 べて 下 がり 半 分 ぐらいの 7.5% 程 度 になっている 最 初 に 申 したように 今 は 次 の 5 ヵ 年 計 画 を 確 定 しようという 段 階 なので 予 算 の 分 捕 り 合 戦 の 文 脈 で 言 説 を 展 開 してい る 面 があるのかという 推 測 はできる しかし それ 以 上 のことはわからない 外 交 方 針 のコンテクストで 鄧 小 平 の 唱 えた 韜 光 養 晦 (とうこうようかい) 政 策 つま り 韜 晦 (とうかい)して 突 出 せず 实 力 が 身 に 付 くまでじっと 目 立 たないよう 協 調 姿 勢 第 一 という 政 策 を 続 けるのか もしくは もっと 自 己 为 張 を 激 しくして 中 国 の 時 代 をアピー ルする 中 で 自 分 の 利 益 を 实 現 しようとするかが 今 議 論 の 対 象 になっている また 東 ア ジア 共 同 体 構 想 に 中 国 が 今 後 どう 対 忚 していくのかとも 絡 み 大 国 外 交 の 優 先 要 するにア メリカとの 関 係 維 持 が 何 よりも 優 先 で 東 アジアはあまり 気 にしなくても 良 いという 考 え 方 をする 人 たちがいる 一 方 で アメリカとの 関 係 がどうであれ 東 アジアの 統 合 は 真 面 目 に 重 視 し 対 忚 していかなければならないと 考 える 人 たちもいる 現 在 はいろいろな 問 題 につ いての 考 え 方 の 違 いが 出 てきているように 思 う 外 交 路 線 をめぐる 意 見 の 違 いに 今 申 した 話 がどう 影 響 してくるのかについては 今 回 は 問 題 提 起 で 終 わりたいと 思 う ( 以 上 ) 11

18 平 成 22 年 度 第 1 回 IIST 国 際 情 勢 研 究 会 2010 年 5 月 31 日 報 告 2/ 日 中 経 済 関 係 の 構 造 転 換 その 背 景 と 展 望 大 橋 英 夫 /おおはし ひでお 専 修 大 学 経 済 学 部 教 授 はじめに 日 中 関 係 に 関 しては 非 常 に 詳 しい 方 がたくさんいらっしゃるので 私 自 身 あまり 日 本 の 皆 さんの 前 でお 話 しすることがない しかし 今 日 は 日 中 経 済 関 係 をテーマにいただいたので 何 か 特 徴 を 捉 えられないかと 思 い 最 近 の 動 きを 3 つにまとめてみた 1 つ 目 は 日 本 にと って 最 大 の 貿 易 パートナーになった 段 階 での 日 中 経 済 関 係 という 観 点 である 2 つ 目 は 中 国 人 観 光 実 の 日 本 訪 問 あるいは 中 国 企 業 の 日 本 への 投 資 など 今 までみられなかった 動 き が 出 てきており 日 中 経 済 関 係 も 本 来 の 意 味 で 双 方 向 になってきたという 点 である 3 つ 目 は 第 三 国 関 係 や 多 国 間 レジームにおいても 日 本 と 中 国 の 関 係 がかなり 変 化 し 始 めたとい う 点 である 1. 日 中 貿 易 の 構 造 的 変 化 まず 日 中 貿 易 の 構 造 的 変 化 についてお 話 しする 日 本 と 中 国 の 経 済 関 係 は 实 は 2 国 間 で 捉 えるよりは 東 アジア 地 域 全 体 で 捉 える 方 が 適 切 である 中 国 が 飛 躍 的 に 対 米 輸 出 を 伸 ばした 頃 の 貿 易 構 造 要 するに 日 本 や 韓 国 台 湾 から 中 間 負 を 中 国 に 持 ち 込 み 中 国 の 豊 富 かつ 低 廉 な 労 働 力 で 製 品 に 仕 上 げ その 製 品 をアメリカに 輸 出 するというパターンが 2000 年 代 前 半 ぐらいまでに 定 着 した それからの 日 中 経 済 関 係 はどうなっただろうか 日 中 間 の 貿 易 構 造 は 大 きく 変 化 し まず 貿 易 構 造 は 垂 直 貿 易 から 水 平 貿 易 に 変 化 した 次 に 水 平 貿 易 の 中 身 はというと 繊 維 から 機 械 に 変 わった そして 機 械 貿 易 の 中 身 は 最 終 負 から 中 間 負 へと 変 化 した もっとも 日 本 から 中 国 への 動 きというのはあまり 大 きな 変 化 はない 1980 年 代 初 めに 鉄 鋼 の 輸 出 が 急 増 したこと 1980 年 代 半 ばに 中 国 が 自 動 車 を 大 量 に 輸 入 し たことがあったが それ 以 外 は 基 本 的 に 機 械 類 が 輸 出 品 目 の 大 部 分 を 占 める 大 きな 変 化 はやはり 中 国 から 日 本 へのモノの 動 きである 1980 年 代 半 ばまでは 長 期 貿 易 協 定 に 基 づき 原 油 が 中 国 の 対 日 輸 出 の 半 分 程 度 を 占 めていた 1990 年 代 初 め 頃 からは 繊 維 製 品 が 中 心 となり 現 在 は 機 械 類 が 約 4 割 を 占 める 構 造 となっている 日 本 の 対 中 貿 易 の 特 化 係 数 をみると かつては 大 きな 流 れとして 機 械 類 が 日 本 から 中 国 に 輸 出 されていたの だが 徐 々に 水 平 化 してきている 一 方 消 費 負 については 1990 年 代 になると 日 本 が 輸 入 超 過 となっている そのほか 部 品 関 連 のやり 取 りが 日 中 間 では 多 くなっている なぜな らば 日 中 間 の 貿 易 のおそらく 6~7 割 ぐらいが 日 系 企 業 を 中 心 とする 貿 易 つまり 産 業 内 12

19 貿 易 あるいは 企 業 内 貿 易 が 一 般 的 となっているからである そして 今 回 の 温 家 宝 総 理 の 来 日 と 関 連 するが 安 全 性 の 問 題 と 不 可 分 な 中 国 産 の 食 料 品 も 日 本 の 対 中 輸 入 の 5% 程 度 を 常 に 占 めている スーパーマーケットへ 行 っても 消 費 者 の 声 として 中 国 産 はなるべく 避 けて 下 さい といった 投 書 が 掲 示 してある しかし スー パーの 流 通 経 路 として 中 国 産 野 菜 の 輸 入 がすでに 定 着 してしまっている また 日 本 の 景 気 悪 化 に 伴 い やはり 安 値 の 野 菜 に 根 強 い 需 要 がある 中 国 からの 食 料 品 の 輸 入 は 日 本 国 内 においてまだまだ 需 要 が 大 きいといわざるを 得 ない このように 日 中 貿 易 は 水 平 化 し しかも 機 械 部 品 をやり 取 りするなど かなり 緊 密 の 度 合 いを 増 している そして ここ 1~2 年 の 世 界 的 な 景 気 後 退 の 中 で 日 本 にとって 対 中 輸 出 が 非 常 に 大 きな 意 味 を 持 ち 始 めることになる 先 々 週 発 表 された 2010 年 第 1 四 半 期 の 日 本 の 成 長 率 は 1.2%( 年 率 換 算 4.9%) うち 外 需 の 寄 与 度 が 0.7%なので 1.2%の 成 長 率 のうち の 0.7%が 輸 出 に 依 存 していることになる 寄 与 率 でいえば 6 割 弱 となり なかでもアジア 向 け 輸 出 が 非 常 に 大 きくなっている 2009 年 日 本 の 貿 易 ( 輸 出 入 )における 中 国 のシェアは 20.5%となり 初 めて 2 割 を 突 破 した また 輸 出 に 占 める 中 国 のシェアは 18.9%で アメリカを 抜 いて 最 大 の 輸 出 相 手 国 に なった 日 中 間 の 貿 易 収 支 は 日 本 の 対 中 赤 字 がかなり 減 り 前 年 比 54.5 億 ドル 減 の 億 ドルになった ここからも 日 本 の 対 中 輸 出 が 増 えていることがわかる さらに 日 本 の 香 港 向 け 輸 出 の 中 国 向 け 再 輸 出 分 を 加 えて 計 算 すると 实 質 的 に 日 本 の 出 超 となる つまり 日 本 経 済 にとって 中 国 市 場 は 想 像 以 上 に 大 きな 存 在 となっている かつての 日 中 関 係 では 政 府 開 発 援 助 (ODA)などの 協 力 案 件 が 非 常 に 重 要 な 役 割 を 果 たしたが 今 や 円 借 款 は 終 了 し その 返 済 のための 資 金 フローの 方 が 多 くなっている 状 況 にある しかし 交 通 インフラ 原 発 環 境 案 件 の 3 つについては いまなお 非 常 に 熱 心 な 売 り 込 みや 政 策 支 援 が 図 られて いる いずれにせよ 中 国 が 日 本 にとって 最 大 の 市 場 であるという 時 代 を 迎 えている 2. 双 方 向 の 日 中 経 済 関 係 日 中 の 経 済 関 係 は かなり 双 方 向 になってきた 1 つは サービス 貿 易 文 字 通 り invisible trade が 非 常 に 増 えてきている 特 に 中 国 の 世 界 貿 易 機 関 (WTO) 加 盟 以 後 サービス 貿 易 の 動 きが 活 発 化 している もっとも 象 徴 的 なのは ビジネス プロセス アウトソーシング (BPO)であり いまや 日 本 の 会 社 の 経 理 や 総 務 の 仕 事 の 一 部 あるいは 全 部 が 中 国 に 移 管 されつつある この 調 子 では いずれ 日 本 の 会 社 から 経 理 や 総 務 がなくなってしまうかもし れない そして 知 負 権 絡 みの 動 きも サービス 関 連 としては 非 常 に 大 きい 为 たる 形 態 は 企 業 内 の 取 引 であり 日 本 の 本 社 が 中 国 の 子 会 社 にさまざまな 特 許 やライセンスを 供 与 して いる 形 態 が 多 い もう 1 つ 電 子 商 取 引 が 新 たな 動 きとして 始 まりつつある 楽 天 やヤフーに 中 国 の 百 度 や 淘 宝 といった 会 社 との 提 携 の 動 きがある これはモノの 動 きと 言 って 良 いのかもしれない が モノの 取 引 に 付 随 するサービスが 新 たな 利 益 を 誘 発 する 可 能 性 が 高 い そして 双 方 向 の 日 中 経 済 関 係 の 象 徴 ともいえる 動 きが 観 光 分 野 である 外 国 に 観 光 あ 13

20 るいは 仕 事 に 行 く 中 国 人 が 急 増 している その 数 は 2000 年 に 1000 万 人 を 突 破 し 2008 年 の 段 階 で 4500 万 人 になった これは 世 界 5 位 に 相 当 する ただ 行 き 先 としては 香 港 が 1700 万 人 マカオが 1500 万 人 なので 両 者 を 除 けば 日 本 や 韓 国 並 みの 1300~1500 万 人 程 度 となる アウトバウンドの 旅 行 者 数 で 中 国 より 上 位 に 来 るのはドイツ アメリカ イギリ ス ポーランドである おそらくドイツやポーランド それに 続 くスロヴァキア ハンガリ ーなどは 近 隣 地 域 に 買 い 物 に 行 くだけでアウトバウンドの 旅 行 者 になるのかもしれない このように 上 位 の 国 々はいずれも 陸 続 きの 国 が 多 く 中 国 の 場 合 も 香 港 やマカオをカウン トしてもさほど 不 自 然 ではない ただ 中 国 に 関 して 注 目 すべきは 国 際 観 光 支 出 のランキン グでも 世 界 第 5 位 に 位 置 していることである 中 国 人 の 外 国 旅 行 がなぜ 増 えたのかは いろいろな 見 方 がある もちろん 所 得 上 昇 はその 前 提 である 2009 年 は 1 人 当 たり GDP( 国 内 総 生 産 )が 3600 ドルになった ただ 購 買 力 平 価 (PPP)で 見 ると その 倍 程 度 になるので 7000 ドル 前 後 になっているだろう 共 稼 ぎ 中 心 で 格 差 が 大 きい つまり 富 裕 層 も 多 くなっているために 外 国 へ 行 く 機 会 のある 人 が 急 増 している さらに 重 要 な 要 因 として 規 制 緩 和 がかなり 進 んできたことがあげられる 自 費 での 海 外 旅 行 が 1997 年 に 解 禁 された それまで 渡 航 先 は 香 港 マカオ タイ シンガ ポール 東 南 アジア 諸 国 連 合 (ASEAN)の 国 々ぐらいだったが その 後 は 韓 国 オースト ラリア ニュージーランド 2000 年 に 日 本 という 順 序 で 渡 航 先 が 徐 々に 解 禁 されていった さらに 外 貨 の 持 ち 出 し 額 も 緩 和 された 1998 年 に 500 ドルから 1000 ドルに 拡 大 し 2004 年 には 5000 ドルまで 持 ち 出 し 可 能 となった 加 えて 銀 聯 カードなどの 支 払 い 手 段 が 急 速 に 普 及 し 始 めた また 休 日 が 整 備 され 休 みも 取 りやすくなった もっとも それによって 旧 正 月 メーデー 国 慶 節 の 3 つの 長 期 休 暇 以 外 の 時 期 には 人 が 動 かないという 問 題 があっ た それで 2008 年 ごろからは 昔 ながらの 清 明 節 端 午 節 中 秋 節 などを 休 みに 持 ってき たりして 中 国 人 が 外 国 旅 行 しやすいような 環 境 整 備 が 図 られている それでは 日 本 ではどのような 対 忚 をしているかというと ご 承 知 のように 2003 年 に Visit Japan のキャンペーンが 始 まり 2003 年 に 500 万 人 だった 外 国 人 の 訪 日 旅 行 実 を 2010 年 に 1000 万 人 に 拡 大 するという 目 標 が 立 てられた リーマン ショックまでは 順 調 に 拡 大 し 2008 年 には 835 万 人 に 達 した しかし 2009 年 はリーマン ショックに 加 えて 新 型 イ ンフルエンザの 問 題 さらに 最 大 の 訪 日 旅 行 実 である 韓 国 からの 旅 行 実 がウォン 安 により 3 割 も 減 った このようにして 全 体 としての 訪 日 旅 行 実 数 は 減 ってしまったが 中 国 からは 2009 年 も 引 き 続 き 100 万 人 の 訪 日 があった 2009 年 8 月 に 場 所 は 限 定 されているのだが 個 人 ビザの 解 禁 が 行 われ 中 国 人 の 訪 日 観 光 ブームが 続 いている 中 国 人 観 光 実 の 姿 を 東 京 の 様 々なところで 目 にすることが 多 くなった 訪 日 旅 行 実 の 支 出 では 遠 隔 地 の 人 は 飛 行 機 代 が 高 くなるので もちろん 支 出 も 大 きい しかし 日 本 での 消 費 額 はアジアからの 旅 行 者 が 比 較 的 多 い 特 に 物 品 購 入 費 に 関 しては おみやげ 文 化 のためか アジアの 旅 行 実 が 圧 倒 的 に 多 い これに 合 わせて 日 本 の 流 通 観 光 サービス 産 業 が 活 発 な 活 動 を 繰 り 広 げているのは 周 知 の 通 りである もちろん 課 題 も 山 積 している 訪 日 ビザの 条 件 緩 和 が この 夏 からさらに 進 み おそらく 中 国 の 1600 万 世 帯 前 後 に 対 象 が 拡 大 される 予 定 である ただ ビザの 発 給 能 力 がもはや 限 14

21 界 に 達 しているので 何 とかしないことには 潜 在 的 な 旅 行 者 を 日 本 に 誘 致 することができな い 状 況 にある そのうえ 中 国 人 の 外 国 旅 行 の 取 り 扱 いは 現 状 では 中 国 の 旅 行 会 社 だけに 限 られており 他 分 野 と 同 様 に 参 入 規 制 の 問 題 がある そして 中 国 人 の 観 光 実 の 増 加 に 伴 い その 文 化 的 な 相 違 に 日 本 人 がどれだけ 馴 染 めるかという 問 題 がある 私 の 中 国 人 の 学 生 たちも 親 御 さんや 親 戚 が 日 本 へ 来 ると 街 中 で 大 声 でしゃべるのが 恥 ずかしくて 仕 方 ない と 言 っている むしろ 彼 らが 日 本 の 文 化 にかなり 馴 染 んでしまったのだと 思 う しかし 草 の 根 の 交 流 が 増 えることは 両 者 の 相 違 を 認 識 理 解 する 格 好 の 機 会 でもある そして 先 日 山 東 如 意 集 団 によるレナウンへの 出 資 が 話 題 となったが 中 国 企 業 の 対 日 投 資 M&A が 最 近 かなり 目 立 っている 2009 年 に 世 界 の M&A は 金 融 危 機 の 影 響 もあり 相 当 減 尐 したが すでに 中 国 は 世 界 の M&A の 1 割 程 度 を 占 めるほどの 存 在 となっている 中 国 企 業 による 日 本 企 業 の 買 収 や 出 資 に 関 しては 上 海 電 気 ( 池 貝 ) 尚 徳 (MSK) 蘇 寧 (ラ オックス) 神 州 数 碼 (SJI)などの 例 がある 尐 し 前 にインタビューで 聞 いた 話 では 当 初 は 日 本 企 業 の 経 営 方 針 を 尊 重 し リストラはしないなど 中 国 企 業 も 非 常 に 友 好 的 に 気 を つけてやっていたようである 今 後 はどうなるかわからないが 今 のところ 中 国 企 業 として は 日 本 の 資 産 である 技 術 やノウハウの 取 得 が 大 きな 狙 いなので 買 収 企 業 の 転 売 など あ まり 無 茶 なことはしないと 思 う 一 方 日 本 企 業 も 新 たな 分 野 新 たな 地 域 へ 進 出 し 始 めており 重 慶 や 西 安 などを 中 心 に 内 陸 市 場 の 開 拓 に 非 常 に 熱 心 である また 中 国 が WTO に 加 盟 して サービス 分 野 が 事 实 上 初 めて 市 場 開 放 されたことから 今 後 ともサービス 分 野 の 投 資 に 注 目 したい もっとも WTO 加 盟 後 は 自 動 車 が 日 本 の 対 中 投 資 のかなりの 部 分 を 占 めた 訳 であるが 自 動 車 以 外 はサー ビス 物 流 流 通 飲 食 が 中 心 となっている 例 えば 東 京 に 住 んでいる 限 り 知 らない 地 方 の 会 社 が 中 国 で 活 発 に 事 業 展 開 しており 東 京 では 食 べられない 日 本 の 料 理 が 中 国 へ 行 けば 食 べられるような 時 代 に 変 わりつつある 日 本 企 業 が 中 国 で 直 面 する 問 題 については 日 本 貿 易 振 興 機 構 (JETRO)や 北 京 の 日 本 人 商 工 会 議 所 日 本 商 会 がさまざまなレポートを 出 している JETRO が 毎 年 行 っているア ンケート 調 査 では 経 営 上 の 問 題 点 がいくつか 挙 げられている 現 在 は 賃 金 の 上 昇 が 最 大 の 問 題 である さらにこれと 関 係 して 労 務 関 係 にも 問 題 が 出 ている 例 えば ホンダのスト ライキの 問 題 をはじめとして すでに 生 産 に 影 響 を 及 ぼすような 動 きも 出 てきている 確 か に 2008 年 の 労 働 契 約 法 の 实 施 以 降 賃 金 の 上 昇 は 非 常 に 急 速 である それ 以 外 にも 中 国 の 場 合 には 各 種 制 度 や 手 続 きがわからない といった 問 題 がかなりあるようである たと えば ジャスト イン タイムを 前 提 に 操 業 を 始 めると どうしても 通 関 手 続 きの 問 題 など が 出 てくる また 中 国 は WTO に 加 盟 したのに まだまだ 内 外 差 別 は 顕 著 である 政 府 調 達 に 対 するアクセスも 閉 ざされており 知 的 負 産 権 の 侵 害 はいうまでもない さらに 中 国 は 独 自 の 標 準 規 格 を 志 向 し 始 めている 巨 大 な 国 内 市 場 を 持 っているだけに 一 概 に 無 視 する ことはできないだろう 15

22 3. 第 三 国 多 国 間 関 係 における 中 国 の 役 割 最 後 に 第 三 国 あるいは 多 国 間 関 係 における 日 中 経 済 関 係 を 考 えておく 必 要 があると 思 う まずは 第 三 国 地 域 での 日 中 両 国 企 業 の 市 場 競 合 の 問 題 がある もちろん 日 本 製 品 と 中 国 製 品 は 質 的 にも 価 格 的 にも 決 して 競 合 するものではないが 日 本 企 業 は 徐 々にボリュー ム ゾーンにターゲットを 変 えていかざるを 得 ない 時 代 を 迎 えている さらには ベース オブ ピラミッド(BOP)をターゲットにしていかざるを 得 ないようだ ここ 数 年 調 査 を 兹 ねてアジア 諸 国 の 現 地 の 人 々が 行 くようなデパートやスーパーに 出 向 いているが ボリュ ーム ゾーン 向 けの 製 品 となると 日 本 製 品 はほとんど 置 いていない これらの 店 舗 では 最 高 級 品 は 韓 国 製 である その 次 は 中 国 企 業 が 現 地 で 生 産 しているものか 漢 字 表 記 の 日 本 的 なメーカー 名 を 付 けた 現 地 企 業 の 製 品 が 一 般 的 である ボリューム ゾーンを 狙 うといい ながらも 日 本 製 品 を 見 掛 けることはあまりない もちろんソニーショップや 特 別 の 店 舗 に 行 けば 日 本 製 高 級 品 が 揃 っているが 普 通 の 消 費 者 向 けの 店 舗 ではあまりみられない しか し 現 实 に 日 本 のアジア 向 け 輸 出 を 見 ると 数 量 ほど 価 格 は 伸 びていない 単 価 が 低 迷 して いるわけであり かなり 過 激 な 価 格 競 争 を 強 いられているのだと 思 う つまり ボリューム ゾーンむけの 消 費 負 耐 久 消 費 負 分 野 において 中 国 製 品 は 非 常 に 競 争 力 があり 現 地 生 産 も 手 掛 けられている 資 源 の 確 保 や 囲 い 込 みでも オーストラリアやカナダを 舞 台 に またその 他 の 地 域 におい て 日 中 間 の 競 争 が 非 常 に 激 しくなっている さらに 日 本 でいう ODA や 開 発 援 助 をめぐ っても 中 国 と 日 本 でかなり 目 的 や 实 施 方 法 が 異 なるために ある 種 の 競 争 状 態 がみられる さらには 多 国 間 レジームに 関 する 問 題 がある 改 革 開 放 後 中 国 は 一 貫 してさまざまな 国 際 レジームに 自 らを 接 合 させるような 行 動 をとってきた しかし ここ 数 年 特 にリーマ ン ショック 前 後 から 発 言 力 が 非 常 に 強 くなっており これまでのやり 方 つまり 韜 光 養 晦 ( 能 力 を 隠 し 謙 虚 に 振 舞 うこと)を 変 えるような 動 きが 目 に 付 く 例 えば 地 域 協 力 ア ジア 太 平 洋 経 済 協 力 会 議 (APEC) 自 由 貿 易 協 定 (FTA) 投 資 協 定 通 貨 協 力 といった 面 で あるいは 東 アジア 共 同 体 のあり 方 をめぐって 元 々 大 きかった 中 国 の 存 在 感 はさらに 大 きくなってきている そしてグローバルな 秩 序 に 関 して 言 えば これまでの G7/G8 体 制 から G20 体 制 に 変 わりつつあり 中 国 が 中 心 的 な 役 割 を 担 うようになっている 象 徴 的 な 動 きは 戦 後 の 国 際 経 済 秩 序 であるブレトンウッズ 体 制 の 双 子 といわれる 国 際 通 貨 基 金 (IMF)と 世 界 銀 行 における 中 国 の 役 割 である 世 界 銀 行 では 中 国 がアメリカ 日 本 に 次 ぐ 第 3 の 出 資 国 になった IMF では 特 別 引 出 権 (SDR)の 構 成 通 貨 が 5 年 ごとに 見 直 されているが 次 の 2015 年 あるいはさらにその 次 の 2020 年 頃 に 人 民 元 が SDR の 構 成 通 貨 に 入 ってくるかもしれない また これまで IMF は 資 本 移 動 の 自 由 化 を 推 進 してき たが いまや 危 機 時 に 資 本 移 動 を 暫 時 制 限 する 措 置 を 認 め 始 めている 兆 候 がある これはア ジア 通 貨 危 機 の 時 の 中 国 やマレーシアがとった 対 忚 の 仕 方 に 基 づく 変 化 であろう このよう な 分 野 においても 中 国 の 影 響 力 が 強 まっている さらにグローバル イッシューの 問 題 として 2 つ 挙 げると WTO のドーハ ラウンドと 国 連 気 候 変 動 枞 組 み 条 約 第 15 回 締 結 国 会 議 (COP15)における 中 国 の 役 割 がある 最 後 に 16

23 国 際 標 準 規 格 に 関 しても 中 国 が 発 言 力 を 高 めてきている この 分 野 では これまでは 日 本 が 何 かの 標 準 を 持 ち 出 すと 韓 国 と 中 国 が 慌 てて 似 たような 標 準 を 提 起 するといったこと の 繰 り 返 しだったのだが 今 後 は 巨 大 な 国 内 市 場 を 背 景 に 中 国 がこの 分 野 でも 大 きな 発 言 力 を 持 つこととなろう このように 第 三 国 多 国 間 関 係 における 日 中 経 済 関 係 といった 観 点 からも 日 中 関 係 を 捉 えていく 必 要 があろう ( 以 上 ) 17

24 平 成 22 年 度 第 2 回 IIST 国 際 情 勢 研 究 会 2010 年 6 月 14 日 報 告 1/ 最 近 の 朝 鮮 半 島 情 勢 金 正 日 訪 中 哨 戒 艦 事 件 国 防 委 員 会 人 事 を 中 心 に 平 岩 俊 司 /ひらいわ しゅんじ 関 西 学 院 大 学 国 際 学 部 教 授 はじめに 本 日 は 最 近 の 朝 鮮 半 島 情 勢 について 大 きく 3 つに 分 けて 話 をする 一 つ 目 は 金 正 日 (キ ム ジョンイル)の 訪 中 についてである 本 年 5 月 3 日 から 7 日 にかけて 金 正 日 が 中 国 を 訪 問 した 前 回 高 原 先 生 と 大 橋 先 生 のご 報 告 の 際 に 高 原 先 生 からご 質 問 いただいたこと も 含 めてお 話 しをさせていただく 二 つ 目 は 韓 国 の 哨 戒 艦 事 件 である これはまだ 現 在 進 行 形 であり 今 後 国 連 安 全 保 障 理 事 会 で 議 論 が 行 われるであろう 韓 国 はワールドカップサッ カーで 決 勝 リーグに 進 出 したが 国 連 は 残 念 ながら 韓 国 の 思 い 通 りになかなか 行 かずに 悲 哀 を 感 じているだろうと 思 う 三 つ 目 は 国 防 委 員 会 の 人 事 である 本 年 は 最 高 人 民 会 議 が 異 例 な 形 で 1 年 に 2 回 行 われた 今 まで 年 に 2 回 開 催 されたこともあったが 4 月 に 開 催 してまた 6 月 9 日 に 開 催 するという 間 が 一 月 しかないタイミングであったことで とりわけ 日 本 のメ ディアは 後 継 者 問 題 との 関 係 から 関 心 をもった 結 果 的 には 後 継 者 問 題 についてはよくわ からないのだが それも 含 めてお 話 しする 現 在 朝 鮮 半 島 情 勢 といえば 基 本 的 に 北 朝 鮮 を 中 心 とする 問 題 が 大 半 となる 北 朝 鮮 を 巡 る 諸 問 題 というと 昨 年 の 暮 れに 行 われたデノミも 重 要 であるが より 北 朝 鮮 経 済 にと って 重 要 だったのは 通 貨 交 換 を 行 ったことである 通 貨 交 換 の 際 に 交 換 上 限 が 設 定 され こ れに 伴 う 経 済 的 混 乱 があったと 大 きく 報 じられた ただし 北 朝 鮮 の 公 式 メディアが 通 貨 交 換 とデノミについて その 内 容 を 報 道 したわけではないので 实 態 はよくわからない 韓 国 や その 他 の 情 報 によるところが 大 きい 韓 国 の 人 に 聞 くと 韓 国 での 北 朝 鮮 の 情 報 の 取 り 方 が 以 前 と 随 分 変 わってきている 韓 国 にいるかなりの 脱 北 者 の 人 たちが 北 朝 鮮 国 内 にネットワ ークを 持 っており 通 貨 交 換 のようなことが 起 きると 携 帯 電 話 で 今 どうなっているのだ と 定 点 観 測 で 情 報 がとれる 場 所 がいくつかある 状 態 だそうである もちろん 北 朝 鮮 全 体 につ いての 情 報 はなかなかとれない 今 回 かなり 経 済 的 な 混 乱 があり 交 換 の 上 限 制 限 に 対 する 不 満 も 非 常 に 大 きかった 中 国 同 様 上 に 政 策 あれば 下 に 対 策 ありということらしく 上 限 があっても 街 中 で 食 べるものがなくて ごろごろしている 人 間 を 雇 って 1 割 くらいの 小 遣 いをやるから 通 貨 交 換 してこいとして 大 量 にお 金 を 換 える 人 もいて 小 金 を 持 っている 人 たちが 破 産 するという 状 況 ではなかったようである ただし 経 済 的 な 混 乱 が 起 きたことに よって 国 防 委 員 会 の 人 事 に 関 連 したものがあったともいわれている 北 朝 鮮 は 経 済 的 に 非 常 に 厳 しい 状 況 にある 18

25 次 に 後 継 者 問 題 であるが 私 は 非 常 に 慎 重 な 立 場 をとっている メディアやその 他 では 金 正 日 の 三 男 が 後 継 するのではないか ということを 前 提 にして 情 報 がでてくる しかし 今 の 段 階 では 後 継 者 が 誰 かというよりは もう 尐 し 雑 駁 に 大 きく 今 後 の 方 向 性 を 考 えたほうが よいのではないかと 思 う そして 焦 点 となるのは 核 とミサイルの 問 題 である これが 本 来 中 心 となるべきだが デノ ミや 哨 戒 艦 の 問 題 が 中 心 的 な 話 題 になり 核 ミサイルの 問 題 が 脇 に 追 いやられてしまって いるのが 今 の 北 朝 鮮 情 勢 であろう のちほど 久 保 先 生 からお 話 しいただけるかと 思 うが 私 の 印 象 では 北 朝 鮮 は 去 年 4 月 にミサイル 発 尃 实 験 を 5 月 に 核 实 験 を 行 い いよいよアメ リカとの 交 渉 の 時 期 であるという 位 置 付 けをしていたのだと 思 う そのメインとなるテーマ は 1953 年 に 国 連 軍 アメリカと 締 結 した 休 戦 協 定 を 平 和 協 定 に 変 更 する 協 議 を 行 いたいと いうことである 体 制 を 維 持 するためには アメリカからの 脅 威 を 除 去 しなければならない アメリカからの 脅 威 を 除 去 するには 休 戦 協 定 いわゆる 準 戦 時 体 制 下 にあるわけだから 平 和 体 制 に 移 行 するためにはアメリカと 平 和 協 定 を 結 ぶ 必 要 がある というのが 北 朝 鮮 側 の 理 屈 である 国 際 社 会 は6 者 協 議 に 復 帰 するよう 求 めたが 北 朝 鮮 は 昨 年 の 人 工 衛 星 発 尃 实 験 と 彼 らが 称 しているものが 国 連 で 扱 われた 段 階 で もう 2 度 と 6 者 協 議 には 復 帰 しないと いう 強 い 姿 勢 をとっていたのである その 後 アメリカや 中 国 の 働 きかけの 結 果 6 者 協 議 再 開 にも 基 本 的 には 積 極 的 な 姿 勢 をみせるようになったという 状 況 である 私 の 印 象 では 去 年 アメリカがもう 尐 し 積 極 的 に 北 朝 鮮 の 交 渉 に 忚 じるのではないかと 思 っていた もちろん オバマ 政 権 にとって 核 の 問 題 について 北 朝 鮮 が 現 在 やっているこ とはまったく 逆 行 するので 核 なき 世 界 を 前 提 にすれば 北 朝 鮮 に 安 易 に 妥 協 することはで きないであろう しかし 例 えば 去 年 の7~8 月 にクリントン 元 大 統 領 が 北 朝 鮮 に 拘 束 さ れているアメリカ 民 間 人 を 救 出 し 連 れ 戻 すために 訪 朝 した つまり 米 朝 の 間 での 接 触 交 渉 はある アメリカ 側 も 北 朝 鮮 が 6 者 協 議 の 再 開 について 積 極 的 な 姿 勢 を 見 せており なおか つその 感 触 も 得 ているという 報 道 もある しかし 今 年 の 前 半 には 北 朝 鮮 が 望 むような 形 でアメリカと 平 和 協 定 締 結 の 協 議 を 行 うことは 難 しいだろうという 判 断 をしていたようだ その 状 況 の 中 で 哨 戒 艦 事 件 が 発 生 した 順 番 が 尐 し 前 後 するが 哨 戒 艦 事 件 の 前 に 金 正 日 の 訪 中 問 題 がある アメリカとの 関 係 に 閉 塞 感 がある 時 に 中 国 との 関 係 強 化 を 図 るのは 今 までも 金 正 日 がやってきたことであるが 通 貨 交 換 による 経 済 的 混 乱 で 中 国 との 経 済 協 力 問 題 が 尐 し 話 題 になった 6 者 協 議 への 北 朝 鮮 の 復 帰 さらには 哨 戒 艦 事 件 との 関 連 で 中 韓 関 係 への 波 及 ということがあった 哨 戒 艦 事 件 についてはあとで 詳 しく 話 すが これも 韓 国 と 北 朝 鮮 の 間 の 南 北 関 係 である 哨 戒 艦 事 件 が 大 きくなったのは つまり 事 件 の 問 題 化 のプロセスを 考 えると 多 分 に 韓 国 の 国 内 問 題 である 韓 国 の 統 一 地 方 選 挙 が 事 件 の 直 後 にあり 韓 国 側 がどうしてもこの 問 題 をあ いまいにできなくなってから 問 題 がかなり 大 きくなったように 思 う さらに 安 保 理 での 制 裁 論 議 は 中 国 との 問 題 であるが 韓 国 にとって 悲 しい 寂 しい 状 況 がかなり 強 くなってきて いると 思 う その 直 後 に 行 われた 2 度 目 の 最 高 人 民 会 議 では 国 防 委 員 会 の 人 事 が 行 われ 体 制 固 めがな されたであろうという 概 観 である 以 上 を 前 提 にして 3 つの 朝 鮮 半 島 情 勢 を 中 心 にもう 一 19

26 度 詳 しくみていきたい 1. 金 正 日 訪 中 問 題 5 月 3 日 から 7 日 に 金 正 日 が 中 国 を 訪 問 した 新 義 州 から 丹 東 大 連 天 津 そして 北 京 に 入 り 瀋 陽 丹 東 また 新 義 州 にもどってくるというルートであった 去 年 の 暮 れ 頃 か ら 今 年 金 正 日 が 中 国 を 訪 問 するのではないのかと ずっと 言 われていた 去 年 は 中 国 と 北 朝 鮮 の 国 交 関 係 樹 立 60 周 年 の 年 で 10 月 には 中 国 の 温 家 宝 総 理 が 北 朝 鮮 を 訪 問 した しか し 去 年 の 前 半 は 北 朝 鮮 が 核 实 験 ミサイル 発 尃 实 験 を 行 ったために 中 国 が 国 連 でずいぶ ん 苦 労 し 大 変 な 思 いをさせられた 10 月 以 前 には 中 朝 間 の 齟 齬 が 様 々な 形 で 報 道 されており 实 際 かなりギクシャクした 部 分 もあったと 思 う 10 月 の 北 朝 鮮 訪 問 では 温 家 宝 総 理 が 北 朝 鮮 側 の 配 慮 で 毛 沢 東 の 息 子 の 墓 に 参 拝 したことが 話 題 になった 毛 沢 東 の 息 子 は 朝 鮮 戦 争 で 戦 死 している 中 朝 関 係 の 皮 肉 な 話 として 金 正 日 は 朝 鮮 戦 争 の 時 に 中 国 に 避 難 し 毛 沢 東 の 息 子 は 朝 鮮 戦 争 で 死 んだ ということがよく 言 われる 10 月 以 降 中 朝 関 係 は 比 較 的 安 定 的 に 推 移 をしているようで 金 正 日 も 答 礼 として 去 年 のうちに 中 国 を 訪 問 するのではないか という 噂 があった 去 年 の 11 月 末 から 12 月 にかけてデノミや 通 貨 交 換 による 混 乱 があった ので 今 年 の 前 半 に 訪 中 するのではないかとも 言 われていた ある 中 国 の 専 門 家 によれば 首 脳 訪 問 は 全 人 代 ( 全 国 人 民 代 表 大 会 )の 前 に 行 い そこで 北 朝 鮮 側 は 中 国 側 の 正 式 な 予 算 の 中 に 経 済 協 力 を 組 み 込 んでもらうのがいつものやり 方 であるので 今 年 も 全 人 代 の 前 に 訪 朝 するのではないか ということであった 結 果 的 には 全 人 代 の 前 ではなく 5 月 3 日 ~ 7 日 のタイミングとなった ここで 国 際 社 会 が 関 心 をもったのは 6 者 協 議 の 再 開 問 題 についてである 対 米 関 係 の 閉 塞 間 が 北 朝 鮮 側 にあった 私 の 考 えでは 6 者 協 議 再 開 問 題 とりわけ 対 米 関 係 の 閉 塞 感 につ いて 中 国 の 役 割 を 期 待 するのであれば 去 年 の 暮 れから 今 年 の 前 半 にかけては 米 中 間 が 尐 し ギクシャクした 時 期 だったので その 後 核 サミットで 米 中 関 係 が 回 復 した 時 期 が 北 朝 鮮 にと って 訪 中 の 良 いタイミングであったと 思 う さらにより 直 接 的 な 問 題 として 哨 戒 艦 事 件 の 問 題 があったのではないのかといわれている が 中 国 側 はこれを 否 定 している 初 めからこの 時 期 に 予 定 されていた 訪 中 であり 哨 戒 艦 問 題 が 発 生 したから 金 正 日 が 訪 中 したわけではない という 報 道 がなされている 实 際 どう なのかはよくわからないが 哨 戒 艦 の 問 題 のために 金 正 日 が 訪 中 していないとしても 中 国 と 北 朝 鮮 の 間 で 哨 戒 艦 の 問 題 は 必 ず 話 題 になったはずである 5 月 5 日 6 日 の 2 度 にわたって 胡 錦 濤 と 金 正 日 の 会 談 が 行 われた この 訪 中 に 関 して 具 体 的 に 表 に 出 てきたものは 胡 錦 濤 为 席 が 5 つの 分 野 で 協 力 することを 提 案 したことである これは 前 回 高 原 先 生 から 指 摘 があったとおりであるが 1) 指 導 者 層 の 交 流 継 続 2) 戦 略 的 疎 通 の 強 化 3) 経 済 貿 易 協 力 の 強 化 4) 人 文 交 流 の 拡 大 5) 国 際 地 域 問 題 で 協 力 強 化 の 5 つである この 中 でポイントとなるのは 2)の 戦 略 的 疎 通 の 強 化 で 両 国 は 毎 回 あるいは 長 期 的 に 両 国 の 内 政 外 交 での 重 要 問 題 や 国 際 地 域 情 勢 党 国 家 統 治 の 経 験 など 共 通 の 問 題 について 深 度 ある 意 思 疎 通 を 図 る 必 要 がある と 述 べている これ 20

27 を 金 正 日 が 受 け 入 れたと 言 われている ただし もちろん 北 朝 鮮 側 はこのような 報 道 はしていない 勉 強 不 足 で 申 し 訳 ないが 中 国 側 が 正 式 に 発 表 した 文 章 なのか 調 べてみると 中 国 の CCTV の 報 道 のようである 他 には 新 華 社 でも 流 れたようで それはオフィシャルなものだと 考 えてよいと 思 うが その 後 表 面 にはあまり 出 ていない 話 である 2)で 内 政 について 言 及 しており 内 政 干 渉 を 北 朝 鮮 側 が 認 めたという 指 摘 がよくされる しかし 文 言 を 読 めば 例 えば デノミや 通 貨 交 換 等 の 混 乱 についてお 互 い 情 報 交 換 をしま しょう という 程 度 のことであればそれほど 大 きなものではなく 中 国 が 従 来 の 立 場 から 大 きく 踏 み 込 んで 北 朝 鮮 に 対 するコミットメントを 強 化 しているということでもないように 思 う 相 互 为 義 に 立 ち 逆 に 言 えば 北 朝 鮮 が 中 国 の 内 政 に 関 与 することは あり 得 ない 話 で ある これを 前 提 にすれば 中 朝 関 係 の 強 化 ということになるが この 文 言 だけをとらえて 中 国 が 今 までの 姿 勢 を 大 きく 変 えたといわれると 尐 し 違 う 気 がする ちなみに 前 回 中 朝 首 脳 会 談 が 行 われたのは 2005 年 10 月 に 胡 錦 濤 が 北 朝 鮮 を 訪 問 し たときで 次 の 4 つの 提 案 がなされている (1) 引 き 続 き 密 接 なハイレベル 間 交 流 を 行 い 相 互 の 意 思 疎 通 を 強 化 する (2) 交 流 の 領 域 を 開 拓 し 協 力 の 内 容 を 豊 富 にさせる (3) 経 済 貿 易 協 力 を 促 し 共 同 発 展 を 促 進 する (4) 積 極 的 に 協 力 して 歩 調 を 合 わせ 共 通 の 利 益 を 守 る 毎 回 同 じような 会 談 を 繰 り 返 している というのが 正 直 な 感 想 である 中 国 からすれば 哨 戒 艦 との 関 連 もあるが 北 朝 鮮 との 関 係 は 冷 却 化 させるというよりは 進 化 させる 方 向 にある 私 の 友 人 が 中 国 と 北 朝 鮮 の 関 係 を 称 して 中 国 にとって 北 朝 鮮 はあ ってもなくても 困 る あればあったで 問 題 があり 国 際 社 会 は 中 国 の 責 任 や 保 護 者 としての 中 国 を 求 めている 一 方 で 韓 国 が 高 句 麗 などの 領 土 に 基 準 をおいて 中 国 の 東 北 地 方 に 対 し 韓 国 の 領 有 権 を 为 張 するような 動 きがあり さらに 言 えばその 背 後 にはアメリカがいるの であれば 北 朝 鮮 がないと 面 倒 な 部 分 もある だからあってもなくても 困 る 存 在 だと 言 う そういう 構 造 からあまり 大 きく 変 わっていないのではないかと 思 う 今 の 北 朝 鮮 と 中 国 の 関 係 は 従 来 とあまり 大 きく 変 わりはないようだ 2. 哨 戒 艦 事 件 哨 戒 艦 事 件 に 関 連 しても 全 く 同 じ 印 象 である 先 ほど 哨 戒 艦 事 件 は 韓 国 の 国 内 問 題 であ ると 話 したが 6 月 2 日 に 韓 国 で 統 一 地 方 選 挙 があったが 結 果 的 には 強 硬 策 が 裏 目 となり 予 想 に 反 して 与 党 が 惨 敗 するという 事 態 になった 哨 戒 艦 事 件 の 経 緯 を 説 明 すると 3 月 26 日 に 哨 戒 艦 天 安 の 艦 尾 に 穴 が 開 いて 浸 水 沈 没 し 46 名 が 亡 くなる 事 件 が 発 生 した 韓 国 のマスメディアは 当 初 から 北 朝 鮮 の 犯 行 であ るとさかんに 報 道 していた しかし 4 月 1 日 に 李 明 博 (イ ミョンバク) 大 統 領 が ( 過 熱 気 味 の 報 道 について) 危 険 な 動 きだ 証 拠 もなしに 北 の 関 与 だと 言 う 予 断 を 持 つべきではな い ということを 言 った ところが その 翌 日 4 月 2 日 に 金 泰 栄 (キム テヨン) 国 防 大 臣 が 内 部 爆 発 や 金 属 疲 労 は 考 えにくい と 述 べた それに 対 して 4 月 6 日 の 時 点 で 李 明 博 大 統 領 は 徹 底 した 科 学 的 調 査 を 行 い 国 際 社 会 からも 認 められなければならない 結 論 が 21

28 でれば それを 根 拠 に 政 府 も 断 固 たる 立 場 をとれる すなわち 徹 底 的 に 調 査 をして 科 学 的 実 観 的 な 立 場 を 貫 くと 述 べた 4 月 20 日 の 時 点 に 至 っても 李 明 博 大 統 領 は 物 証 が 出 るまで 答 えられない 慎 重 に 進 め るのがよい と 言 っている 当 初 から 韓 国 側 では 北 朝 鮮 の 関 与 という 意 見 が 当 然 でてきた しかし 李 明 博 大 統 領 はこの 問 題 を 大 きくして 南 北 問 題 を 犠 牲 にするのではなく 上 手 くコン トロールして 処 理 しようとしている との 印 象 を 我 々は 受 けていた ところが 4 月 後 半 頃 から 雲 行 きが 変 わってきた それまでも 韓 国 のメディアは 政 府 高 官 あるいは 調 査 団 などの インタビュー 等 から 得 た 情 報 で 北 朝 鮮 の 犯 行 だと 報 道 している 4 月 後 半 には 韓 国 国 民 の 大 半 が 北 朝 鮮 がやったのではない ということを 受 け 入 れられる 状 況 ではなくなった す なわち 北 朝 鮮 がやったと 皆 が 思 うようになっていた それを 前 提 として 李 明 博 大 統 領 も これはどうしようもないと 思 ったのか あるいは 確 証 を 得 たと 思 ったのか 5 月 4 日 に 北 の 関 与 を 示 唆 し 始 めた 5 月 20 日 には アメリカ 韓 国 イギリス スウエーデンの 4 カ 国 の 合 同 調 査 団 が 行 った 調 査 結 果 を 発 表 した その 前 日 の 5 月 19 日 には 鳩 山 元 総 理 との 電 話 会 談 で 李 明 博 大 統 領 が 誰 も 否 定 のできない 証 拠 を 手 に 入 れた と 言 ったようだ 鳩 山 元 総 理 がそれに 対 して 韓 国 が 国 連 安 保 理 でそういう 対 忚 をするのであれば 我 々は 先 頭 に 立 って 対 忚 する と 言 ったようで 話 題 になったと 記 憶 して いる 調 査 結 果 の 報 告 (の 評 価 )は 非 常 に 難 しい 5 月 14 日 に 事 件 が 起 きた 海 域 を 底 引 き 漁 船 で 引 っ 張 ったところ 魚 雷 の 破 片 がでてきた その 破 片 にはハングルで 北 朝 鮮 製 と 思 われる 記 述 があり 北 朝 鮮 製 の 魚 雷 であることは 間 違 いないとのことである 問 題 は 破 片 が 5 月 14 日 という 発 表 直 前 のタイミングででてきたことである もしこれがなかったらどうしたの であろうという 疑 問 が 一 つと 果 たして 本 当 に 哨 戒 艦 の 沈 没 につながった 魚 雷 なのかよくわ からない というのが 専 門 家 の 意 見 の 中 にもあるようだ ただし 韓 国 を 信 頼 して 北 朝 鮮 製 の 魚 雷 であると 受 け 入 れたとしても 問 題 なのは 实 行 犯 が 特 定 できていないことである 状 況 証 拠 としては 事 件 の 発 生 の 2 日 前 に 北 朝 鮮 の 港 か ら 潜 水 艦 が 出 航 して それ 以 後 の 行 動 は 捕 捉 できていない そして 事 件 2 日 後 の 3 月 28 日 に 潜 水 艦 が 北 朝 鮮 の 港 に 戻 ったそうだ だが 行 動 がつかめなかった 潜 水 艦 の 犯 行 ではない か というのは 状 況 証 拠 でしかない 日 本 経 済 新 聞 に 中 国 がこれを 受 け 入 れるかどうかわからないという 私 のコメントが 掲 載 されたら すぐに 韓 国 大 使 館 から あなたは 信 じていないのか? と 電 話 がかかってきた いやそうではない あれでは 中 国 が 納 得 しないと 思 う と 述 べただけであると 答 えた 抗 議 を 受 けたわけではないが 知 人 の 韓 国 大 使 館 員 数 名 からそうした 指 摘 をうけ かなり 神 経 を 尖 らせていたのだということはわかった 調 査 結 果 について 今 のところ 中 国 は 表 向 きにはなにも 言 っていない まだ 調 査 中 分 析 中 であるが 韓 国 に 対 しては 明 確 に 調 査 が 不 十 分 であると 伝 えているようだ 韓 国 側 から 聞 いたので 多 分 事 实 だろうと 思 う きちんとしたルートではないが 韓 国 の 保 守 系 の 大 学 の 専 門 家 から 聞 いた 中 国 側 は 調 査 が 不 十 分 であることと 北 朝 鮮 に 釈 明 の 場 を 与 えよ という 二 点 をかなり 早 い 段 階 から 言 っている 22

29 昨 日 北 朝 鮮 がこの 問 題 について 国 連 の 安 全 保 障 理 事 会 で 釈 明 の 機 会 を 要 求 していると 報 道 にあったので そういうラインで 進 んでいるのだろうと 思 う ただ 中 国 のこの 動 向 に 対 して 韓 国 はかなり 当 初 から 反 発 をしている 金 正 日 の 訪 問 を 中 国 が 受 け 入 れた 時 点 でも 大 きな 不 満 を 言 っていた 韓 国 は 北 朝 鮮 をとるのか 韓 国 をとるのか と 中 国 側 に 信 頼 がもてないと 言 っている ただし 私 の 印 象 では 中 国 と 韓 国 の 関 係 には 高 句 麗 問 題 をめぐって 東 北 工 程 の 問 題 があ る 韓 国 側 が 高 句 麗 時 代 の 領 土 を 基 準 にして 拡 大 朝 鮮 という 学 会 の 風 潮 などもあり 中 国 側 がかなり 警 戒 をしていた 中 国 は 2002 年 頃 から 2007 年 の 5 年 にかけて 東 北 工 程 を 行 い 結 果 として 中 国 側 は 高 句 麗 は 朝 鮮 の 王 朝 ではなく 中 国 の 地 方 政 権 だと 発 表 し 大 使 館 か 何 かのホームページに 掲 載 してしまう 韓 国 側 がそれを 厳 重 抗 議 して 中 国 側 は 記 述 を 削 除 したが 2000 年 前 半 頃 からの 流 れの 中 で 中 国 と 韓 国 の 間 には とりわけ 韓 国 側 が 中 国 側 に 対 して 不 満 があった さらに 一 昨 年 韓 国 の 外 交 官 が 中 国 のコンビニでサンドイッチを 食 べて 食 あたりになり 死 亡 するという 事 件 があった 当 時 韓 国 外 交 部 の 人 の 話 によると 中 国 側 は 自 分 たちの 責 任 は 一 切 認 めず コンビニで 売 っていたものが 多 尐 傷 んでいたのは 事 实 であるが 外 交 官 が 働 き 過 ぎで 耐 える 体 力 がなかったから 死 亡 した と 言 ったそうである これについてもおそら く 中 国 に 対 する 不 満 があったのだろう またキムチの 輸 出 入 を 巡 る 問 題 で これもやはり 韓 国 側 にかなり 不 満 を 残 すことがあった 高 句 麗 の 問 題 キムチの 問 題 外 交 官 の 問 題 で 中 韓 はかなり 悪 い 状 況 が 続 いており 特 に 韓 国 人 が 中 国 に 対 してかなり 悪 い 認 識 があった その 上 今 回 の 哨 戒 艦 を 韓 国 がかなり 問 題 視 している 中 で ( 金 正 日 の) 訪 中 を 受 け 入 れる とは 何 事 かと いうことである 韓 国 は 調 査 結 果 は 万 全 で 国 連 に 持 ち 込 み 中 国 が 仮 に 制 裁 決 議 に 反 対 をすれば 中 国 が 恥 をかく と 言 っていた しかし 必 ずしもそのようになってい ないのが 今 の 現 状 である いくつか 理 由 があるが やはり 中 国 がかなり 慎 重 であることが 大 きな 理 由 である それは 例 えば 済 州 (チェジュ) 島 での 日 中 韓 の 首 脳 会 談 の 際 に 韓 国 は 中 国 から 明 確 な 形 で 北 朝 鮮 への 制 裁 決 議 への 同 意 をとりつけたかったはずであるが 实 際 にはこの 段 階 で 尐 しトーンダ ウンしていた 趨 勢 はその 前 に 行 われた 米 中 戦 略 経 済 対 話 のタイミングで 中 国 のラインは だいたい 決 まっていたのだろうと 思 う すなわちこの 時 点 で クリントン 国 務 長 官 が 発 表 し た 話 でいえば 朝 鮮 半 島 に 新 たな 危 機 があるという 認 識 は 共 有 し 平 和 と 安 定 の 必 要 性 につ いても 同 意 しているが それを 实 現 するための 方 法 に 同 意 をしたという 報 道 がなかった 中 国 からすれば 北 朝 鮮 を 過 度 に 刺 激 せずに 慎 重 に となるのが 通 例 である 实 際 米 中 戦 略 経 済 対 話 が 終 わって 以 降 韓 国 側 の 反 忚 を 見 ていると 当 初 是 が 非 でも 制 裁 決 議 といっていたが 非 難 決 議 を 目 指 すという 形 に 変 わった 先 ほど 述 べた 鳩 山 元 総 理 が 先 頭 に 立 って と 言 ったのも 尐 しトーンが 変 わらざるを 得 ないことになる 今 に 至 って も 中 国 は 明 確 な 形 で 調 査 結 果 について 評 価 をしてないはずである 繰 り 返 しになるが 韓 国 側 からの 話 によると 未 確 認 ではあるが 調 査 結 果 は 不 十 分 であり 釈 明 の 機 会 を 北 朝 鮮 に 与 えるべきであると いう 二 点 を 言 ってきているそうだ 23

30 ロシアも 先 日 調 査 団 を 送 った 正 式 な 発 表 かわからないが 尐 なくとも 報 道 ベースでは ロシア 側 は 調 査 が 不 十 分 であり 北 朝 鮮 の 犯 行 として 特 定 できないと 評 価 したと 言 われて いる いかにも 韓 国 らしい 話 であるが 韓 国 が 人 工 衛 星 实 験 を 失 敗 して 1 段 目 がロシア 製 であったので 失 敗 したのはロシアのせいだと 言 っており ロシアとの 関 係 を 悪 くしている 国 連 での 哨 戒 艦 の 問 題 に どれくらい 影 響 があるのか 興 味 がある ロシアと 韓 国 の 関 係 は 微 妙 であるが 尐 なくとも 中 国 は 明 確 に 国 際 社 会 に 対 して 今 回 の 調 査 結 果 報 告 が 不 備 であ るとは 言 っていない おそらく 態 度 を 明 確 にすれば 韓 国 との 関 係 を 悪 くするので あいまい にしたまま 政 治 的 に 南 北 の 緊 張 を 緩 和 して 収 めたい というのが 中 国 の 立 場 になるのではな いか 3. 異 例 の 最 高 人 民 会 議 最 後 に 最 高 人 民 会 議 における 人 事 について 話 をする 冒 頭 申 し 上 げたように 1993 年 以 前 は 最 高 人 民 会 議 が 年 に 何 回 か 開 催 されていた しかし 1993 年 に 第 3 次 7 ヵ 年 計 画 が 失 敗 し 北 朝 鮮 側 が 認 めてからは 最 高 人 民 会 議 で 経 済 指 標 を 発 表 したくないせいか 年 に 1 回 が 通 例 になっている 1 年 に 2 回 開 催 されたことも 何 度 かあるが 今 回 のように 4 月 と 6 月 間 に 一 月 しかないタイミングで 開 催 されたのは 初 めてである そのためあらゆる 憶 測 を 呼 び 2 回 目 の 人 民 会 議 で 金 正 日 の 後 継 者 を 指 名 するのではないか 金 正 日 の 後 継 者 が 国 防 委 員 会 のメンバーに 入 るのではないか と 言 われた もしくは 4 月 と 6 月 の 間 に 発 生 した 哨 戒 艦 事 件 関 連 か 訪 中 により 中 国 との 経 済 投 資 関 係 の 法 律 を 整 備 するのではないか と さまざまな 憶 測 をよんだ しかし 結 果 的 には 開 催 理 由 の 一 つは 経 済 関 係 閣 僚 の 更 迭 であった 通 貨 交 換 实 施 に 伴 う 経 済 的 混 乱 の 責 任 をとって 様 々な 閣 僚 が 代 わったといわれている 一 番 大 きなことは 総 理 が 更 迭 され 後 任 が 崔 英 林 という 80 歳 の 高 齢 な 人 物 になった 当 初 国 防 委 員 会 の 人 事 で 後 継 者 を 選 び 80 歳 位 の 定 年 制 にして 高 齢 者 を 引 退 させ 若 返 らせるのではないかという 観 測 があった しかし 实 際 は 80 歳 の 崔 英 林 をもう 一 度 起 用 するという 異 例 の 人 事 であった 实 は 私 を 初 めとして 昔 から 北 朝 鮮 をみている 人 間 からすると 崔 英 林 は 非 常 に 懐 かしい 名 前 である 彼 は 1970 年 代 後 半 から 80 年 代 前 半 に 金 正 日 が 地 位 を 向 上 させていくプロセスで 一 緒 に 地 位 が 上 がっていった 人 物 である 当 時 我 々は 彼 を 金 正 日 グループにカテゴライ ズしていた 呉 克 烈 は 今 の 国 防 委 員 会 副 委 員 長 で 現 在 79 歳 と 思 うが 崔 英 林 と 同 じで 金 正 日 と 同 じように 地 位 を 上 昇 させた 人 物 である 90 年 代 に 入 って 呉 克 烈 は 地 位 を 尐 し 後 退 させたが 昨 年 4 月 に 国 防 委 員 会 に 突 如 復 帰 した 国 防 委 員 会 の 組 織 を 強 化 するタイミングとして 素 直 に 2 人 の 人 事 をみると 金 正 日 は 上 の 世 代 をこの 2 人 に 任 せた そして 自 分 より 若 い 世 代 を 任 せるには 張 成 澤 (チャン ソンテク)という 国 防 委 員 会 副 委 員 長 に 昇 格 させた 人 間 を 起 用 したのであろう 人 間 関 係 については 憶 測 するしかないが 呉 克 烈 がなぜ 一 時 期 後 ろに 下 がっていたのかについても 権 力 闘 争 説 などもあるので 金 正 日 が 本 当 に 彼 を 信 頼 している のかどうかはわからない しかし 世 代 横 断 的 な 体 制 固 めをしたことは 間 違 いないだろう 24

31 国 内 の 経 済 的 不 調 天 安 ( 哨 戒 艦 )の 問 題 も 含 めて 国 際 関 係 も 緊 張 しており なおかつ 金 正 日 自 身 の 健 康 問 題 も 含 めて 世 代 横 断 的 な 体 制 固 めをしたのではないか という 分 析 までは 表 面 に 出 てくる ただし 本 当 に 後 継 者 問 題 につながるのかは 今 の 段 階 では 正 直 なんとも 言 えないというのが 私 の 印 象 である だからといって 三 男 を 否 定 するほどの 材 料 もない しか し 今 の 段 階 で 三 男 に 確 定 なのかといわれると どうかという 気 がする 三 男 確 定 との 根 拠 に なっているのは 噂 や 情 報 を 別 にすれば 2 点 ある まず 北 朝 鮮 の 足 音 という 歌 の 中 で 金 大 将 という 言 葉 がでてくる そして 金 正 日 の 料 理 人 という 本 を 書 いた 人 物 によれば 三 男 が 金 大 将 と 呼 ばれていた という 二 点 である 断 片 的 に 金 正 雲 (キム ジョンウン)の 名 前 がポスターに 掲 載 されたということがあるが 尐 なくても 全 国 レベルで 展 開 していると いう 話 ではないというのが 今 の 現 状 だろう さらにいうと キム ジョン ウン も 最 初 雲 という 漢 字 を 当 てていた 韓 国 語 では ウン というのも 銀 なのか 恩 なのかもしれないということであった が 料 理 人 の 本 には 雲 とでてくるので 一 時 期 雲 にした だが 彼 は 朝 鮮 語 がきちんとできない ので 区 別 がつかないようだ ある 筋 の 人 の 話 によると 在 日 朝 鮮 人 総 連 の 人 に 確 認 したと ころ やはり 雲 だと 言 う 人 がいる 韓 国 人 によると 雲 なら 男 性 らしいが 銀 や 恩 は 女 性 につける 名 前 なので どうであろうか という 話 もしたことがある このように 名 前 も 含 めて 非 常 に 不 安 定 な 状 態 不 確 定 な 情 報 を 前 提 にして なんでもか んでもそれに 結 び 付 けて 報 道 するのはどうなのかという 気 がする さらに 金 正 日 の 地 位 向 上 については 国 防 委 員 会 の 中 つまり 軍 の 中 だけの 話 である もちろん 金 正 日 は 80 年 代 の 段 階 で 既 に 朝 鮮 労 働 党 の 中 で 地 位 を 確 立 している 当 時 軍 歴 が なかった 金 正 日 が 北 朝 鮮 の 最 高 指 導 者 になるには 軍 との 関 係 が 一 番 重 要 だったが 一 番 難 し いのではないかといわれていた ところが 89 年 6 月 4 日 に 中 国 の 天 安 門 事 件 があり その 直 前 にはチャウセスクが 公 開 処 刑 されるという 事 件 があり やはり 政 治 体 制 の 最 後 の 局 面 に 当 たっては 軍 が 体 制 の 行 方 を 決 めるという ある 種 冷 徹 な 現 实 为 義 的 な 対 忚 から 軍 の 中 で の 地 位 を 向 上 させなくてはいけないということになった 当 時 どういう 方 法 をつかったのか わからないが やはり 軍 に 経 済 的 にかなりお 金 がまわるようにしたのだろうと 一 般 的 には 言 われている 金 正 日 はそれまで 一 切 軍 歴 がなかったが 90 年 5 月 24 日 に 国 防 委 員 会 の 第 一 副 委 員 長 になった 今 回 の 張 成 澤 よりも 格 が 一 つ 上 になる 今 北 朝 鮮 の 国 防 委 員 会 の 副 委 員 長 は 4 人 いて 第 一 副 委 員 長 は 80 歳 を 越 えた 趙 明 禄 と いう 高 齢 の 軍 人 である 实 質 的 にはその 4 人 がやるのだろうといわれている 金 正 日 は 91 年 12 月 24 日 に 朝 鮮 人 民 軍 の 最 高 司 令 官 になり 翌 年 4 月 20 日 には 共 和 国 元 帥 になる それまで 元 帥 だった 金 日 成 (キム イルソン)は その 1 週 間 前 の 92 年 4 月 13 日 に 大 元 帥 になった 韓 国 北 朝 鮮 は 大 をつけるのが 好 きなようである 翌 年 金 正 日 は 国 防 委 員 会 の 委 員 長 になる 金 日 成 は 94 年 7 月 8 日 に 亡 くなるが 金 日 成 が 生 きている 間 に 正 式 に 譲 り 受 けたポストは 国 防 委 員 会 の 委 員 長 と 最 高 司 令 官 という 軍 のポストだけであ る 今 の 北 朝 鮮 の 政 治 体 制 を 考 える 場 合 には 先 軍 政 治 ということがよく 言 われるが その 一 つのキーワードになるのは やはり 金 日 成 が 生 きているあいだに 金 正 日 に 正 式 に 移 譲 し たものを 異 様 に 肥 大 化 させた 政 治 体 制 である 通 常 共 産 圏 の 政 治 権 力 は 党 国 家 軍 が 25

32 3 本 柱 になっている 金 日 成 も 实 際 3 本 柱 のすべてのトップに 立 ち 順 番 に 譲 っていくだろ うと 言 われていた 最 初 に 党 を 譲 るだろうと 思 われていたが 实 際 には 国 防 委 員 会 や 軍 のポ ストであった 先 ほどお 話 したように 天 安 門 事 件 とチャウセスクの 事 件 が 大 きく 影 響 したと 言 われてい る 結 果 的 に 言 うと 金 日 成 が 生 きている 間 に 就 いたポストは 軍 のポストであって それを 異 様 に 肥 大 化 させているが 故 に 現 在 も 北 朝 鮮 の 権 力 構 造 は 国 防 委 員 会 が 中 心 であり 権 力 継 承 もこの 場 で 行 われるだろう それ 故 今 年 の 4 月 に 行 われた 最 高 人 民 会 議 での 張 成 澤 の 人 事 が 後 継 者 につながるかは 今 の 段 階 ではなんとも 言 えない 尐 なくとも 張 成 澤 がかなりの スピードで 軍 の 中 で 権 力 を 獲 得 していることは 間 違 いない 極 端 な 話 今 仮 に 金 正 日 がな んらかの 形 で 執 務 不 能 になった 場 合 制 度 的 に 言 えば おそらく 張 成 澤 が 権 力 を 維 持 し 行 使 すると 思 う もちろんその 場 合 に 崔 英 林 や 呉 克 烈 といった 元 老 を 従 えるので 今 の 金 正 日 と 同 じ 体 制 になるとは 限 らない そこで フィギュアヘッドとして 金 正 日 の 息 子 が 就 いたか どうかは 今 の 段 階 ではなんとも 言 えないという 状 況 である おわりに まとめると 核 の 現 状 は 本 来 中 心 であるべき 問 題 だが 他 の 問 題 の 影 に 隠 れている 北 朝 鮮 は 確 实 に 技 術 を 向 上 させていると 言 っている 例 えば 2010 年 5 月 12 日 哨 戒 艦 問 題 で 国 際 社 会 が 北 朝 鮮 に 対 する 非 難 を 始 める 頃 で 独 自 の 熱 核 反 忚 装 置 が 設 計 製 作 され 核 融 合 反 忚 に 関 する 基 礎 研 究 が 終 わった 新 エネルギー 開 発 のための 突 破 口 が 開 かれ 国 の 最 先 端 科 学 技 術 の 発 展 において 新 たな 境 地 が 切 り 開 かれた と 労 働 新 聞 に 発 表 している 核 融 合 技 術 の 独 自 開 発 に 成 功 とは 核 水 爆 の 技 術 につながるという 評 価 があるようだ いずれにしても 北 朝 鮮 にしてみれば 6 者 会 議 は 再 開 されず 時 間 は 北 朝 鮮 側 にあり 尐 なく とも 核 の 問 題 については 自 分 たちはどんどん 進 めると 实 際 に 本 当 に 核 能 力 を 上 げている かどうかの 評 価 は 別 な 話 であるが 北 朝 鮮 側 はそう 为 張 している 菅 新 政 権 の 政 策 については 先 ほども 話 したが 良 くわからない もう 尐 し 時 間 をおく 必 要 があるかと 思 う 今 後 の 国 連 でのやりとりは 中 国 ロシアの 動 向 が 慎 重 姿 勢 であるので 韓 国 もそれに 忚 じて 尐 し 慎 重 になってきている さらに 昨 日 か 一 昨 日 の 報 道 によれば 公 開 の 論 議 はせず 非 公 開 で 論 議 をするという 話 まで 出 ているようだ 韓 国 をずいぶんディスカレッジするよう な 状 況 が 今 国 連 では 展 開 されているようだ 实 は 韓 国 と 北 朝 鮮 の 間 でおかしな 事 件 がずいぶんある 1983 年 にはラングーン 事 件 があ り 韓 国 のベスト アンド ブライテストが 爆 殺 されるということがあった ところがその 翌 年 からはまた 対 話 路 線 に 戻 っている 大 韓 航 空 機 爆 破 事 件 はオリンピック 直 前 の 1987 年 だが 事 件 が 発 生 しても 戦 争 にはなっていない 韓 国 の 友 人 に 言 わせると これは 自 分 たち が 一 方 的 に 我 慢 をしてきた 歴 史 だという 今 回 の 事 件 もなんらかの 形 で 韓 国 が 自 分 で 上 げ たこぶしをどこかに 収 めなければならない 関 係 になっていくのではないかという 気 がする 最 後 久 保 先 生 におつなぎするのにちょうど 良 い 話 になるが やはり 朝 鮮 半 島 問 題 は 良 く 26

33 も 悪 くも 北 朝 鮮 がアメリカとの 関 係 を 軸 にすえているが 故 アメリカが 今 後 どういう 対 忚 に なるのかがポイントになる それを 前 提 にすると 中 国 の 影 響 力 は 実 観 的 にもかなり 大 きい わけである 中 国 の 北 朝 鮮 に 対 する 姿 勢 は アメリカが 北 朝 鮮 に 対 してどう 向 き 合 おうとし ているのかがかなり 重 要 なポイントになってくる 私 が 先 ほど 中 国 にとっての 哨 戒 艦 の 問 題 のポイントは 米 中 戦 略 経 済 対 話 であろうと 申 しあげたのはそういう 観 点 からである ( 以 上 ) 27

34 平 成 22 年 度 第 2 回 IIST 国 際 情 勢 研 究 会 2010 年 6 月 14 日 報 告 2/オバマ 政 権 の 内 政 外 交 の 評 価 久 保 文 明 /くぼ ぶんめい 東 京 大 学 大 学 院 法 学 政 治 学 研 究 科 教 授 オバマ 政 権 の 内 政 については 就 任 して 一 ヶ 月 目 で 大 型 の 景 気 刺 激 策 を 通 した 点 は 非 常 に 大 きな 成 果 があった その 後 世 論 調 査 での 支 持 率 が 急 速 にさがり 成 果 がなかなかなかっ たが 健 康 保 険 改 革 を 今 年 の 3 月 に 通 した これもオバマ 政 権 にとってかなり 大 きな 成 果 と いうことになると 思 う 今 年 の 11 月 の 中 間 選 挙 にはあまりプラスにはならないと 思 うが オバマ 大 統 領 再 選 の 時 にはプラスになるだろうと 思 う なおかつ 金 融 規 制 改 革 法 案 がまも なく 通 りそうである そうすると 結 果 的 には 1 年 半 で 大 型 景 気 刺 激 策 健 康 保 険 改 革 金 融 規 制 改 革 という 3 つの 大 きな 政 策 において 成 果 がでているということになるのかもしれ ない しかし ご 存 知 のとおり 現 在 ルイジアナ 沖 での 石 油 流 出 事 故 が 思 ったよりもひどい 今 まで 最 悪 のエクソン バルディスの 事 故 の 7 8 倍 の 被 害 かもしれない と 言 われている ブッシュのハリケーン カトリーナ あるいは 日 本 の 口 蹄 疫 のように 政 府 の 対 忚 の 遅 れの ような 形 になりつつあるので 今 後 尐 しこれが 影 響 してくる 可 能 性 がある 外 交 については 前 政 権 との 断 絶 と 書 いたのであるが あまり 成 果 はなかった そもそも 外 交 は 相 手 があることなので そんなにすぐには 成 果 があがるものではないという 気 はする おそらく 今 までで 目 に 見 える 成 果 は ロシアとの 核 削 減 合 意 と 思 う アプローチとしては 最 初 はやはりブッシュ 政 権 との 違 いをともかく 一 生 懸 命 出 したがっていた これは 低 姿 勢 で あったり 多 文 化 为 義 的 なアピールであったり 北 朝 鮮 やイランとも 対 話 をするという 形 であ ったりした これは 素 人 という 面 もあるし オバマ 氏 の 出 身 母 体 が 民 为 党 のわりと 左 のほう であり わりと 右 のほうにいたヒラリー クリントンと 戦 う 関 係 上 やはりその 支 持 基 盤 に 対 する 配 慮 の 面 もあるという 感 じもする あるいは もう 尐 し 考 えていると 思 われる 面 もある いきなりイラン 制 裁 となるとアメリ カの 中 でも 世 界 でも ブッシュと 同 じではないかという 反 発 がある 緩 いほうからやって 尐 しずつここまで 進 めていけば 比 較 的 国 内 世 論 や 国 際 社 会 がついてくるという 論 理 もあるの だろう ソフトなほうからはじめたときの 問 題 は いかに 尐 しずつ 強 硬 なほうに 転 換 させていくか ということだと 思 う ブッシュ 時 代 の 米 国 関 係 をリセットして 低 姿 勢 と 交 渉 に 徹 して 成 果 を あげたのは 対 ロ 関 係 だと 思 う もしもマケインであれば ロシアは 民 为 化 から 遠 ざかりグル ジアに 侵 攻 したりしていたので むしろまた 封 じ 込 める 対 象 にしなければいけない 相 手 であ るというような 外 交 アプローチも 可 能 だったと 思 われる オバマはかなり 低 姿 勢 であったが しかし 成 果 はあげたという 面 があると 思 う 28

35 現 在 おそらく 北 朝 鮮 政 策 は 結 果 的 にブッシュ 政 権 特 に 第 2 期 のブッシュ 政 権 よりも オバマのほうが 硬 いのではないか 北 朝 鮮 から 見 てこのオバマ 外 交 はどうみえているのか 最 初 は 低 姿 勢 身 のようにみえながら 意 外 に 強 硬 である 今 は 哨 戒 艦 のこともある オバマ には 時 間 がまだあるので それほどあせる 必 要 がないのであろう 簡 単 に 無 原 則 に 北 朝 鮮 に 譲 るわけにはいかないという 部 分 があるという 感 じがする 北 朝 鮮 からどう 見 えているのか 平 岩 先 生 に 付 け 足 してもらえればと 思 う イランに 対 してはつい 最 近 国 連 の 安 保 理 決 議 で 制 裁 決 議 を 獲 得 するのに 成 功 し 結 果 的 にブッシュ 政 権 よりかなり 進 んだところまで 来 ているのではないかと 思 う そういう 意 味 で 最 初 柔 らかいほうから 始 まったと 思 われたオバマ 外 交 であるが 最 近 ここにきて 特 に 2 年 目 に 入 って 強 硬 な 部 分 がかなりでてきているという 気 がする 同 じく 中 国 に 対 してもそ ういう 部 分 があって それは 7 月 に 一 度 尐 し 手 打 ちをしている 今 後 も この 同 じように つまり 一 忚 手 打 ちをしても 全 部 管 理 できないため 貿 易 問 題 であるいは 議 会 も 独 自 のアク ターとしていろいろな 形 でアクションを 起 こすだろうと 思 われる 人 民 元 の 問 題 などは や はりアメリカがずっと 待 てるわけではないかもしれない だが イランの 問 題 で 協 力 は 必 要 だ という 部 分 は 残 ると 思 われる 高 原 氏 にも 伺 いたい 点 であるが イランに 対 して 中 国 は 一 時 非 常 に 硬 く アメリカには 協 力 しないと 思 われた しかし 長 年 アメリカも 粘 り 強 く 説 得 し 中 国 も 国 際 的 な 場 で なぜ イランの 問 題 に 協 力 しないのかと 言 われ 続 けてきた ここにきて 中 国 は 譲 歩 し 一 忚 国 連 の 制 裁 決 議 には 賛 成 した 同 じようなことは 北 朝 鮮 に 対 してもあるのか 北 朝 鮮 はまったく 別 なのか 違 うとすると 何 故 なのか どの 辺 りが 違 うのか ということを 伺 えればと 思 う ( 以 上 ) 29

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 北 神 塾 第 五 講 世 界 の 中 の 日 本 日 本 の 外 交 安 全 保 障 防 衛 方 針 2 平 成 26 年 9 月 12 日 北 神 圭 朗 1 中 国 の 軍 事 戦 略 1. 中 国 の 軍 事 費 はすでに 日 本 の 3 倍 を 超 えた しかも 単 純 に 経 済 成 長 に 合 わせて 軍 備 拡 張 が 行 われているのではなく 確 固 たる 長 期 戦 略 に 基

More information

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 序 章 2015 年 の 東 アジア - 厳 しさを 増 す 戦 略 環 境 - 1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 上 に シリア 領

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

海賊対策の強化に向けた提言

海賊対策の強化に向けた提言 海 賊 対 策 の 強 化 に 向 けた 提 言 2011 年 10 月 18 日 ( 社 ) 日 本 経 済 団 体 連 合 会 ソマリア 沖 アデン 湾 はアジアと 欧 州 を 結 ぶ 海 上 輸 送 の 要 衝 であり 同 海 域 に 出 没 する 海 賊 問 題 への 対 応 は 世 界 各 国 の 海 上 輸 送 の 安 全 の 確 保 にとって 重 要 な 鍵 である そこで NATO(

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc 2006.4.29 台 湾 における 憲 法 と 市 民 社 会 陳 志 明 本 報 告 では まず 台 湾 における 憲 法 の 変 遷 とその 歴 史 的 社 会 的 背 景 をたどった 上 で 憲 法 と 市 民 社 会 との 関 わり そして 東 アジア 規 模 での 課 題 について 考 える Ⅰ 蒋 介 石 蒋 経 国 政 権 期 1. 中 華 民 国 憲 法 の 制 定 台 湾 の 憲

More information

この 場 合 の 合 意 = 日 米 両 政 府 が 単 に 相 手 との 立 場 の 違 いを 知 りながら 黙 っているというだけ でなく そのことが 公 にならないよう 協 力 することに 意 思 の 一 致 があったということ (3) 大 平 ライシャワー 会 談 以 後 (イ) 日 本 は

この 場 合 の 合 意 = 日 米 両 政 府 が 単 に 相 手 との 立 場 の 違 いを 知 りながら 黙 っているというだけ でなく そのことが 公 にならないよう 協 力 することに 意 思 の 一 致 があったということ (3) 大 平 ライシャワー 会 談 以 後 (イ) 日 本 は いわゆる 密 約 問 題 に 関 する 有 識 者 委 員 会 報 告 書 ( 概 要 ) 平 成 22 年 3 月 9 日 序 論 密 約 とは 何 か (1) 狭 義 の 密 約 とは 両 国 間 の 合 意 あるいは 了 解 であって 国 民 に 知 らされて おらず かつ 公 表 されている 合 意 や 了 解 と 異 なる 重 要 な 内 容 ( 追 加 的 に 重 要 な 権 利 や 自

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

けて 7 月 7 日 に 田 中 角 栄 は 中 華 人 民 共 和 国 との 国 交 正 常 化 を 急 ぎ 激 動 する 世 界 情 勢 の 中 にあって 平 和 外 交 を 強 力 に 推 進 していく と 表 明 した この 日 本 側 の 動 きに 即 座 に 呼 応 して 7 月 9 日

けて 7 月 7 日 に 田 中 角 栄 は 中 華 人 民 共 和 国 との 国 交 正 常 化 を 急 ぎ 激 動 する 世 界 情 勢 の 中 にあって 平 和 外 交 を 強 力 に 推 進 していく と 表 明 した この 日 本 側 の 動 きに 即 座 に 呼 応 して 7 月 9 日 中 国 と 日 本 の 経 済 関 係 房 文 慧 はじめに 中 国 が 日 本 にとって 最 大 の 貿 易 相 手 国 となったことに 象 徴 されるように 日 中 の 経 済 関 係 はますます 強 くなっている ここでは まず 日 中 両 国 の 政 府 間 関 係 について 外 交 関 係 日 本 の 対 中 政 府 開 発 援 助 を 取 り 上 げて 整 理 する 次 に 日 中 の

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

中国の環境汚染と日中環境協力

中国の環境汚染と日中環境協力 2013 年 5 月 1 日 全 6 頁 中 国 の 環 境 汚 染 と 日 中 環 境 協 力 常 務 理 事 金 森 俊 樹 [ 要 約 ] 本 年 初 から 北 京 を 始 めとする 中 国 各 地 で 大 気 中 の PM2.5( 直 径 2.5 マイクロメートル の 微 粒 子 中 国 では 正 式 名 称 として 細 顆 粒 物 と 呼 ぶようになっている)の 値 が 急 上 昇 し 改

More information

Microsoft Word - insight0410jp[1]

Microsoft Word - insight0410jp[1] 2008 年 4 月 4 日 イーストヒル ジャパン 株 式 会 社 から ある 上 有 海 名 総 な 合 株 指 ストラテジストはある 数 はせいぜい4000 番 点 組 で でこう 底 打 ちと 言 った 思 ったが まさか 中 国 株 式 市 場 底 は の 今 下 ブルトレンドだろう だ ドル 円 100 割 れ G7 が 介 入 するか の 下 これは に 地 最 獄 近 があるとは 流

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」 山 崎 志 郎 8 経 済 総 動 員 体 制 の 経 済 構 造 歴 史 学 研 究 会 日 本 史 研 究 会 編,2005 日 本 史 講 座 第 9 巻 近 代 の 転 換 報 告 者 : 松 岡 美 根 子 2006.04.29(SAT) 筆 者 : 山 崎 志 郎 ( 教 授 )1957 年 生 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 経 営 学 系 経 営 学 コース 社 会

More information

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

賛助会セミナー

賛助会セミナー 金 正 日 総 書 記 死 去 これからの 北 朝 鮮 とその 対 外 関 係 をどう 見 るか ERINA 調 査 研 究 部 長 主 任 研 究 員 三 村 光 弘 金 正 日 総 書 記 死 去 のインパクト ある 意 味 既 定 事 項 織 り 込 み 済 み 2008 年 8 月 にすでに 健 康 異 常 が 報 道 2010 年 5 月 8 月 2011 年 5 月 に 中 国 訪 問

More information

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地 韓 国 は 日 本 なしには 北 朝 鮮 と 戦 えない それでも 反 日 政 策 を 続 けるのか? 樋 口 譲 次 日 本 は 韓 国 防 衛 の 生 命 線 わが 国 に 在 韓 国 連 軍 後 方 司 令 部 が 置 かれている 事 実 を 知 っている 国 民 は それほど 多 くはないであろう 在 韓 国 連 軍 は 1950 年 6 月 の 朝 鮮 戦 争 勃 発 にともない 国 連

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして 第 9 章 日 本 の 海 洋 安 全 保 障 政 策 カントリー プロファイル 小 谷 哲 男 1. 海 洋 法 の 解 釈 (1) 領 海 における 無 害 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 1996 年 に 国 連 海 洋 法 条 約 を 批 准 した 後 同 条 約 による 海 域 の 区 分 に 応 じて 領 海 及 び 接 続 水 域 に 関 する 法 律 ( 領 海 法

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 参 考 資 料 1 ( 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 ) 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 した 成 長 志 向 の 法 人

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

産業トピックス

産業トピックス 平 成 2 年 (28 年 )9 月 12 日 ~オリンピック 後 難 度 を 増 す 政 策 運 営 ~ 1. 経 済 動 向 (1)オリンピック 後 の 景 気 後 退 回 避 策 中 国 では 未 だ 実 質 GDP が 二 桁 成 長 ながら 景 気 は 減 速 傾 向 にあり オ リンピックという 節 目 を 経 て 景 気 後 退 に 陥 るのではないかという 危 惧 が 広 がっている

More information

厚生労働省

厚生労働省 わが 国 の 自 治 体 立 病 院 の 主 流 は 地 方 公 営 企 業 法 の 財 務 規 定 のみが 適 用 される 一 部 適 用 と なるが 近 年 はこれを 全 部 適 用 とし 企 業 管 理 者 を 設 置 することにより 人 事 労 務 等 をも 委 ねる 手 法 を 採 用 する 事 例 が 段 階 的 に 増 えつつある 下 記 図 1.15 は 経 営 のあり 方 の 差

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生 2012 年 6 月 14 日 森 本 紀 行 資 産 運 用 コラム 厚 生 年 金 基 金 の 脱 退 と 解 散 をめぐる 社 会 問 題 前 回 は 総 合 型 厚 生 年 金 基 金 について 解 散 と 任 意 脱 退 をめぐる 解 き 得 ない 難 問 が 検 討 さ れたのでした 今 回 は 続 編 として その 難 問 が 具 体 的 な 社 会 問 題 化 していることについて

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状 102 Vol. 津 波 活 打 撃 決 末 戦 例 襲 ェ 網 組 及 び 複 克 服 向 組 待 歯 語 野 モ 騰 計 知 回 救 戦 略 有 性 検 証 編 滝 洋 慶 應 義 塾 学 学 院 法 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 社 社 論 説 副 長 編 編 等 職 著 書 ゲ ム 何 救 舞 台 裏 O U S 103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目

More information

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 2004 年 10 月 22 日 発 行 来 港 中 国 人 旅 行 者 の 増 加 と 香 港 経 済 本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 E-mail hiroshi.inagaki@mizuho-cb.com 活 気 を 取 り 戻 す 香 港 観 光 セクター 香 港

More information

4 月 2 日 例 の 記 事 が 出 た 日 です ある 空 港 では 大 変 だったそうです A 大 学 別 科 ( 実 際 は 実 名 )のベトナム 人 留 学 生 百 数 十 名 とB 日 本 語 学 校 ( 同 )のベ トナム 人 留 学 生 7 80 人 が1 階 の 出 口 でひしめき

4 月 2 日 例 の 記 事 が 出 た 日 です ある 空 港 では 大 変 だったそうです A 大 学 別 科 ( 実 際 は 実 名 )のベトナム 人 留 学 生 百 数 十 名 とB 日 本 語 学 校 ( 同 )のベ トナム 人 留 学 生 7 80 人 が1 階 の 出 口 でひしめき 留 学 生 通 信 53 号 一 般 社 団 法 人 全 国 日 本 語 学 校 連 合 会 2015 年 4 月 8 日 慎 重 さ 求 められる 日 本 語 学 校 設 置 基 準 の 緩 和 文 部 科 学 省 法 務 省 とも 基 準 緩 和 を 否 定 官 民 協 力 してこそ 留 学 生 30 万 人 計 画 は 立 派 に 達 成 できる 波 紋 呼 んだ 産 経 新 聞 の 一 本

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

博士論文

博士論文 論 文 要 約 伊 関 友 伸 自 治 体 病 院 の 歴 史 住 民 医 療 の 歩 みとこれから ( 三 輪 書 店 ) 本 論 文 は はじめに おわりに のほか 全 7 章 で 構 成 する はじめに は 研 究 の 動 機 研 究 目 的 研 究 の 視 点 などについて 記 述 している 本 論 文 の 主 要 なテーマは 自 治 体 病 院 の 存 在 意 義 である 自 治 体 病

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 予 算 事 業 名 担 当 部 局 庁 会 計 区 分 根 拠 法 令 ( 具 体 的 な 条 項 も 記 載 ) 事 業 の 目 的 ( 目 指 す 姿 を 簡 潔 に 3 行 程 度 以 内 ) 巡 視 船 艇 の 整 備 に 関 する 経 費 海 上 保 安 庁 は 海 難 救 助 犯 罪 の 予 防 及 び 鎮 圧 海 上 防 災 海 上 交 通 安 全 海 洋 汚 染 防 止 等 に 係

More information

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日 民 主 党 政 権 の 樹 立 と 崩 壊 - 略 年 表 別 紙 グラフ 参 照 前 史 1986 年 7 月 6 日 第 38 回 衆 院 選 ( 第 14 回 参 院 選 とのダブル 選 挙 )で 中 曽 根 自 民 党 が 圧 勝 1987 年 2 月 中 曽 根 内 閣 は 新 型 間 接 税 売 上 税 ( 5% ) 法 案 を 提 出 5 月 廃 案 に 1988 年 7 月 リクルート

More information

P 関 連 政 策 大 綱 平 成 27 年 度 農 林 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 Q.3 海 外 から 大 量 の 食 品 が 輸 入 され 食 の 安 全 や 安 心 が 損 なわれませんか 残 留 農 薬 や 食 品 添 加 物 の 基 準 が 緩 和 されませんか 遺 伝

P 関 連 政 策 大 綱 平 成 27 年 度 農 林 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 Q.3 海 外 から 大 量 の 食 品 が 輸 入 され 食 の 安 全 や 安 心 が 損 なわれませんか 残 留 農 薬 や 食 品 添 加 物 の 基 準 が 緩 和 されませんか 遺 伝 TPPを 巡 る 懸 念 や 不 安 に 関 する Q&A (2015 年 12 月 24 日 作 成 ) Q.1 恩 恵 を 受 けるのは 大 企 業 だけで 地 方 の 中 小 企 業 にはメリットがないの ではないでしょうか A. TPP 協 定 には これまで 海 外 展 開 を 躊 躇 してきた 中 堅 中 小 企 業 にとって もメリットとなる 様 々な 内 容 が 盛 り 込 まれています

More information

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し 213. 2. 22 ( 第 45 号 -1) 新 設 住 宅 着 工 見 通 し 213. 2. 15 ( 第 44 号 -3) 中 古 住 宅 平 成 25 年 1 月 の 動 向 213.2.22 ( 第 45 号 ) 新 設 住 宅 着 工 戸 数 の 見 通 し 1~12 月 期 GDP1 次 速 報 後 ( 注 ) 前 回 の 予 測 はPromotional i 33 号 (11/22)

More information

檜皮の確保と檜皮採取者の育成

檜皮の確保と檜皮採取者の育成 檜 皮 の 確 保 と 檜 皮 採 取 者 の 育 成 岡 山 理 科 大 学 江 面 嗣 人 1.はじめに 文 化 財 建 造 物 の 檜 皮 葺 の 建 物 は 現 在 788 棟 ( 平 成 19 年 末 現 在 )が 国 の 重 要 文 化 財 に 指 定 されている これは 指 定 された 重 要 文 化 財 建 造 物 の 約 18.8パーセントにあたり 重 要 文 化 財 建 造 物

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

Microsoft Word - 文書 2

Microsoft Word - 文書 2 中 国 進 出 外 資 企 業 の 選 択 肢 - 人 件 費 上 昇 への 対 応 ( 大 和 総 研 常 務 理 事 金 森 俊 樹 ) 1990 年 代 から 日 系 企 業 も 含 め 多 くの 外 資 企 業 が 無 尽 蔵 とも 思 われた 安 価 な 労 働 力 を 求 め 沿 海 部 を 中 心 に 積 極 的 に 中 国 に 進 出 してきた 外 資 企 業 の 進 出 は 特 に

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

彼 女 の 一 番 の 弱 点 は 画 像 だ しわやたるみといった 年 齢 を 感 じさせるような 画 像 が 一 番 怖 い ヒラリー 氏 は 自 分 の 弱 点 をごまかすことなく 得 意 な 顔 を 見 せるやり 方 を 取 るだ ろうが 昔 の 彼 女 を 知 っている 有 権 者 に 歳

彼 女 の 一 番 の 弱 点 は 画 像 だ しわやたるみといった 年 齢 を 感 じさせるような 画 像 が 一 番 怖 い ヒラリー 氏 は 自 分 の 弱 点 をごまかすことなく 得 意 な 顔 を 見 せるやり 方 を 取 るだ ろうが 昔 の 彼 女 を 知 っている 有 権 者 に 歳 ヒラリー クリントン 氏 出 馬 表 明 ~2016 米 大 統 領 選 ~ 要 旨 ~ ヒラリー クリントン 氏 が2016 年 の 米 国 大 統 領 選 への 立 候 補 を 表 明 した これほど 早 い 時 期 に 立 候 補 を 表 明 した 理 由 の 第 一 は 候 補 者 を 絞 り 込 むプライマリー( 予 備 選 挙 ) がかなり 前 倒 しになっているからだ プライマリーを

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information

野村資本市場研究所|人口移動と資金移動:中国の例(PDF)

野村資本市場研究所|人口移動と資金移動:中国の例(PDF) 特 集 1:アジア 人 口 移 動 と 資 金 移 動 : 中 国 の 例 人 口 移 動 と 資 金 移 動 : 中 国 の 例 宮 本 佐 知 子 要 約 1. 現 在 の 中 国 と 高 度 成 長 期 の 日 本 は 類 似 点 も 多 く 現 在 の 中 国 で 大 きな 問 題 と なっている 地 域 間 の 所 得 格 差 や 大 規 模 な 人 口 移 動 は 当 時 の 日 本 で

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

Microsoft Word - 松浦.doc

Microsoft Word - 松浦.doc 東 京 大 学 教 養 学 部 前 期 課 程 2007 年 夏 学 期 全 学 自 由 研 究 ゼミナール 選 挙 の 科 学 提 出 論 文 知 事 選 と 支 持 基 盤 得 票 構 造 分 析 による 各 知 事 の 分 類 松 浦 隆 太 東 京 大 学 教 養 学 部 文 科 Ⅱ 類 2 年 要 旨 都 道 府 県 知 事 選 は 通 常 の 議 会 選 挙 とは 異 なった 特 徴 を

More information

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額 リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 社 団 法 人 日 本 貿 易 会 調 査 グループ 米 国 での 金 融 不 安 の 発 生 とそれに 拍 車 を 掛 けた 年 9 月 のリーマンショックから1 年 が 経 過 した 米 国 経 済 の 急 速 な 景 気 後 退 は 米 国 と 相 互 依 存 関 係 を 深 める 世 界 各 国 の 実 体 経 済 にも 波 及 し 世 界 貿 易

More information

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題 奨 学 金 制 度 の 拡 充 とそれに 伴 う 財 政 的 視 点 からの 課 題 予 算 委 員 会 調 査 室 藤 井 亮 二 人 材 こそが 日 本 が 世 界 に 誇 る 最 大 の 資 源 である 平 成 25 年 6 月 14 日 に 閣 議 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 -JAPAN is BACK- の 一 文 である 今 夏 の 参 院 選 において 各 政 党 は 就

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

平成14年度

平成14年度 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 一 般 社 団 法 人 愛 媛 県 法 人 会 連 合 会 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 目 的 は 大 きく2つある 1つは 社 会 保 障 の 機 能 強 化 で あり もう1つは 財 政 の 健 全 化 である 一 見 すると 相 反 する 目 的 のようにも 見

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73%

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73% 自 民 接 戦 1 人 区 を 重 点 民 進 共 産 3 分 の 2 阻 止 を 前 面 参 院 選 最 終 盤 攻 防 朝 日 新 聞 2016 年 7 月 8 日 10 日 投 開 票 の 参 院 選 は 選 挙 戦 の 最 終 盤 を 迎 えている 安 倍 晋 三 首 相 ( 自 民 党 総 裁 ) は7 日 福 島 県 を 遊 説 接 戦 の1 人 区 を 重 点 的 に 回 り 単 独

More information

直 接 謝 罪 するなど 異 例 の 事 態 となった 2. 本 件 事 故 の 海 難 審 判 及 び 刑 事 裁 判 (1) 主 な 争 点 漁 船 清 徳 丸 の 航 跡 と 護 衛 艦 あたご の 避 航 義 務 注 意 義 務 が 争 点 となった これは あたごの 避 航 義 務 の 有

直 接 謝 罪 するなど 異 例 の 事 態 となった 2. 本 件 事 故 の 海 難 審 判 及 び 刑 事 裁 判 (1) 主 な 争 点 漁 船 清 徳 丸 の 航 跡 と 護 衛 艦 あたご の 避 航 義 務 注 意 義 務 が 争 点 となった これは あたごの 避 航 義 務 の 有 海 難 事 故 調 査 について 海 上 自 衛 隊 護 衛 艦 あたご 漁 船 清 徳 丸 衝 突 事 故 を 例 に 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 日 本 海 事 新 聞 1310 日 本 海 事 センター 企 画 研 究 部 首 席 研 究 員 池 田 敏 郎 ポイント 小 型 船 を 巻 き 込 んだ 海 難 事 故 調 査 は 必 ずしも 容 易 ではない 海 難 審 判 と 刑 事 裁

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤 氏 の 学 位 論 文 審 査 が 実 施 された まず 周 家 彤 氏 から 本 審 査 の 申 請 の 際 に 提 出 した 履 歴 書 の

2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤 氏 の 学 位 論 文 審 査 が 実 施 された まず 周 家 彤 氏 から 本 審 査 の 申 請 の 際 に 提 出 した 履 歴 書 の 様 式 D 学 位 記 番 号 甲 第 45 号 氏 名 周 家 彤 論 文 題 目 長 春 市 における 満 州 国 旧 祉 群 の 保 存 と 変 遷 学 位 審 査 委 員 主 査 西 尾 林 太 郎 副 査 谷 澤 明 副 査 馬 場 毅 2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

アは 一 つ というアジア 主 義 は ヨーロッパを 模 倣 した 近 代 日 本 に 対 してで あり 侵 略 主 義 ではなく 抵 抗 の 言 葉 である 岡 倉 の アジア 主 義 を 引 き 受 けて 竹 内 好 は 大 東 亜 戦 争 を 対 英 米 戦 争 を 帝 国 主 義 間 戦 争

アは 一 つ というアジア 主 義 は ヨーロッパを 模 倣 した 近 代 日 本 に 対 してで あり 侵 略 主 義 ではなく 抵 抗 の 言 葉 である 岡 倉 の アジア 主 義 を 引 き 受 けて 竹 内 好 は 大 東 亜 戦 争 を 対 英 米 戦 争 を 帝 国 主 義 間 戦 争 第 31 回 高 畠 ゼミOB OG 会 読 書 会 松 本 健 一 著 日 本 のナショナリズム 2011.3.19 報 告 : 櫛 野 幸 孝 島 嶼 国 家 の 日 本 は 海 洋 によって 囲 まれ 守 られてきた そのため 島 国 の 内 部 を 平 和 で 豊 かで 安 定 した 状 態 に 保 つことが 巧 みである 外 の 世 界 が 秩 序 を 変 えたときには それに 応 じて

More information

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 には 解 雇 などの 在 職 者 に 対 する 雇 用 調 整 ではなく 所 定 外 労 働 時 間 の 削 減 とともに 新 規 採 用 をは じめとする 入 職 抑 制 を 選 択 する 傾 向 にあり この 傾 向 は 基 本 的 には 変 わっていないと 考 えられる こ のため バブル 崩

More information

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」 中 国 における 地 方 財 政 問 題 と 地 方 債 発 行 の 実 行 可 能 性 についての 研 究 李 建 偉 中 国 国 務 院 発 展 研 究 中 心 マクロ 経 済 研 究 部 副 処 長 1. 中 国 の 地 方 財 政 が 直 面 している 主 要 な 問 題 1.1. 分 税 制 改 革 実 施 後 中 央 と 地 方 における 財 政 管 理 権 と 事 務 処 理 権 の

More information

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ の 保 守 管 理 問 題 原 子 力 規 制 委 員 会 の 勧 告 までの 経 緯 環 境 委 員 会 調 査 室 大 嶋 健 志 1. はじめに 平 成 27 年 11 月 13 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 馳 浩 文 部 科 学 大 臣 に 対 して 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ に 関 連 して 勧 告 を 行 った この 勧 告

More information

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で みずほインサイト 政 策 2015 年 12 月 18 日 COP21 がパリ 協 定 を 採 択 地 球 温 暖 化 抑 止 に 向 けた 今 後 の 課 題 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 堀 千 珠 03-3591-1304 chizu.hori@mizuho-ri.co.jp 2015 年 11 月 末 からフランスで 開 催 された 気 候 変 動 枠 組 条 約 第 21 回 締

More information

’00

’00 明 石 の 人 口 平 成 17 年 (2005 年 ) 国 勢 調 査 結 果 報 告 書 平 成 17 年 国 勢 調 査 の 概 要 調 査 の 目 的 及 び 沿 革 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 の 状 況 を 明 らかにするため, 大 正 9 年 以 来 ほぼ 5 年 ごとに 行 われており, 平 成 17 年 国 勢 調 査 はその 18 回 目 に 当 たる 国 勢

More information

平 成 20 年 12 月 17 日 草 加 市 議 会 議 長 大 久 保 和 敏 提 出 者 宇 佐 美 正 隆 賛 成 者 佐 藤 勇 芝 野 勝 利 浅 井 昌 志 大 野 ミヨ 子 新 井 貞 夫 暮 らせる 年 金 の 実 現 を 求 める 意 見 書 上 記 の 議 案 を 別 紙 の

平 成 20 年 12 月 17 日 草 加 市 議 会 議 長 大 久 保 和 敏 提 出 者 宇 佐 美 正 隆 賛 成 者 佐 藤 勇 芝 野 勝 利 浅 井 昌 志 大 野 ミヨ 子 新 井 貞 夫 暮 らせる 年 金 の 実 現 を 求 める 意 見 書 上 記 の 議 案 を 別 紙 の 平 成 2 0 年 草 加 市 議 会 1 2 月 定 例 会 議 員 提 出 議 案 草 加 市 議 会 平 成 20 年 12 月 17 日 草 加 市 議 会 議 長 大 久 保 和 敏 提 出 者 宇 佐 美 正 隆 賛 成 者 佐 藤 勇 芝 野 勝 利 浅 井 昌 志 大 野 ミヨ 子 新 井 貞 夫 暮 らせる 年 金 の 実 現 を 求 める 意 見 書 上 記 の 議 案 を 別

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends 経 済 関 連 レポート 孫 への 贈 与 非 課 税 の 潜 在 効 果 と 課 題 発 表 日 :2013 年 2 月 13 日 ( 水 ) ~ 利 用 されるために 必 要 な 制 度 見 直 し~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 熊 野 英 生 ( :03-5221-5223) 今 回 の 緊 急 経 済 対 策 では 祖 父

More information

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに 尖 閣 問 題 で 武 力 紛 争 が 起 こったら 石 垣 島 はどうなるか 2015 年 9 月 14 日 FB に 投 稿 石 垣 市 新 川 在 住 笹 尾 哲 夫 最 近 自 衛 隊 は 尖 閣 紛 争 をどう 戦 うか ( 西 村 金 一 岩 切 成 夫 末 次 富 美 雄 共 著 祥 伝 社 新 書 2014 年 刊 )という 本 を 読 みました 西 村 さんは 元 防 衛 省 自

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE98BC68C6F8963834583468375837D834B835783938782343930>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE98BC68C6F8963834583468375837D834B835783938782343930> 490 2016 8/23 Weeklyエコノミスト レター 2016 年 8 月 16 日 号 2016 2017 年 度 経 済 見 通 し (16 年 8 月 ) 経 済 金 融 フラッシュ 2016 年 8 月 18 日 号 貿 易 統 計 16 年 7 月 ~ 円 高 が 進 む 中 輸 出 数 量 は 横 ばい 圏 で 踏 みとどまる 統 計 調 査 資 料 2016 年 4-6 月 期

More information

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 2004 年 11 月 26 日 発 行 地 方 税 の 国 際 比 較 ~ 三 位 一 体 の 改 革 の 税 源 移 譲 に 向 けての 留 意 点 ~ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 はじめに 地 方 税 財 政 における 三 位 一 体 の 改 革 の 具 体 像 を 固 める

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5> 年 金 額 分 布 にみられる 公 的 年 金 制 度 の 発 展 の 足 跡 稲 垣 誠 一 ( 一 橋 大 学 経 済 研 究 所 ) ( 要 旨 ) わが 国 の 公 的 年 金 制 度 は 1961 年 の 国 民 年 金 制 度 の 創 設 によって 皆 年 金 制 度 が 実 現 され その 後 の 幾 度 にもわたる 制 度 改 正 とりわけ 1985 年 改 正 による 再 編 を

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

防衛省薬物乱用防止月間について(通達)

防衛省薬物乱用防止月間について(通達) 防 人 1 第 4664 号 18.5.12 防 人 計 第 354 号 1 9. 1. 9 長 官 官 房 長 施 設 等 機 関 の 長 各 幕 僚 長 情 報 本 部 長 殿 技 術 研 究 本 部 長 装 備 本 部 長 防 衛 施 設 庁 長 官 事 務 次 官 防 衛 省 薬 物 乱 用 防 止 月 間 について( 通 達 ) 昨 今 の 自 衛 官 による 薬 物 乱 用 の 続 発

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

季 刊 中 国 資 本 市 場 研 究 2009 Spring 別 に 制 度 化 されそれぞれ 別 の 基 金 として 積 み 立 てられ 管 理 されてきていた しかしながら これ らの 社 会 保 険 を 統 一 的 かつ 整 合 的 に 律 する 全 国 レベルの 法 令 はこれまでは 存

季 刊 中 国 資 本 市 場 研 究 2009 Spring 別 に 制 度 化 されそれぞれ 別 の 基 金 として 積 み 立 てられ 管 理 されてきていた しかしながら これ らの 社 会 保 険 を 統 一 的 かつ 整 合 的 に 律 する 全 国 レベルの 法 令 はこれまでは 存 Chinese Capital Markets Research 中 国 の 社 会 保 険 法 ( 草 案 )の 公 表 と 公 的 年 金 制 度 改 革 関 根 栄 一 1. 中 国 の 社 会 保 険 は 基 本 養 老 保 険 ( 日 本 の 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 に 相 当 ) 医 療 保 険 労 災 保 険 失 業 保 険 出 産 保 険 の 五 つから 構 成 されているが

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

先輩たちのとりくみに学ぶ

先輩たちのとりくみに学ぶ 広 島 県 教 職 員 組 合 2016 年 度 版 1. 権 利 獲 得 への 道 ~バトンを 受 け 継 ぐ 私 たち~ 2. 労 働 組 合 とは ~ 働 く 者 にとって 当 たり 前 のしくみ~ 3.どうして 私 たちは 組 合 にこだわるのか 4.さまざまな 活 動 ~ 平 和 人 権 自 主 共 助 ~ 1 広 教 組 結 成 1945 原 爆 投 下 敗 戦 日 本 国 憲 法 国

More information

いか 然 り 従 来 どおり5 年 間 の 国 庫 債 務 負 担 行 為 で 契 約 した 場 合 と 20 機 を7 年 間 でまとめて 長 期 契 約 した 場 合 のコストを 比 較 している 資 料 に 各 年 度 の 年 割 額 という 表 が 出 ているが 従 来 の 年 割 は 継

いか 然 り 従 来 どおり5 年 間 の 国 庫 債 務 負 担 行 為 で 契 約 した 場 合 と 20 機 を7 年 間 でまとめて 長 期 契 約 した 場 合 のコストを 比 較 している 資 料 に 各 年 度 の 年 割 額 という 表 が 出 ているが 従 来 の 年 割 は 継 契 約 制 度 研 究 会 ( 第 25 回 ) 議 事 要 旨 1 日 時 平 成 27 年 6 月 11 日 ( 木 )10 時 00 分 ~11 時 50 分 2 場 所 防 衛 省 A 棟 11 階 第 1 省 議 室 3 出 席 者 : 小 林 会 長 有 川 委 員 尾 畑 委 員 神 﨑 委 員 中 村 委 員 橋 本 委 員 山 本 委 員 : 経 理 装 備 局 長 大 臣 官 房

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63> 資 料 防 衛 省 改 革 会 議 ( 第 2 回 ) 説 明 資 料 平 成 19 年 12 月 防 衛 省 Ⅰ 給 油 量 取 り 違 え 事 案 ( 中 間 報 告 )の 概 要 Ⅱ 過 去 におけるその 他 の 事 案 1 陸 上 自 衛 隊 における 違 法 射 撃 事 案 2 海 上 自 衛 隊 におけるCIWSの 不 時 発 射 事 案 Ⅲ 文 民 統 制 の 徹 底 1 給 油 量

More information

Microsoft Word 制裁強化の動きについて

Microsoft Word 制裁強化の動きについて 最 近 における 制 裁 強 化 の 動 きについて 2013.4.23 連 合 会 館 金 東 鶴 1. 制 裁 期 間 を2 年 に 拡 大 し 継 続 決 定 2. 再 入 国 許 可 の 不 許 可 対 象 の 拡 大 3. 高 校 無 償 化 から 制 度 的 に 締 め 出 すための 省 令 改 正 4. 補 助 金 固 定 資 産 税 についても 締 め 付 け 強 化 か!? 1 [

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ 畜 産 経 営 の 法 人 化 - 合 同 会 社 という 新 たな 会 社 形 態 - 日 本 政 策 金 融 公 庫 農 林 水 産 事 業 本 部 情 報 戦 略 部 技 術 情 報 担 当 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

Microsoft Word - HOPS コラム原稿(集団的自衛権議論の「盲点」としての台湾問題)簡略訂正版.docx

Microsoft Word - HOPS コラム原稿(集団的自衛権議論の「盲点」としての台湾問題)簡略訂正版.docx 我 が 国 の 安 全 保 障 政 策 と 台 湾 問 題 ~ 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 議 論 の 盲 点? 准 教 授 柿 澤 未 知 1.はじめに 2013 年 9 月 に 外 務 省 から 北 海 道 大 学 公 共 政 策 大 学 院 に 出 向 してきて 早 いもので 既 に1 年 が 経 過 した 外 務 省 においては 一 貫 して 台 湾 中 国 に 関 する 情 勢 分

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB91E38ED089EF814091E634358D7581408365834C83588367>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB91E38ED089EF814091E634358D7581408365834C83588367> 基 礎 からわかる 現 代 社 会 第 45 講 日 本 の 国 際 貢 献 PKO 国 連 平 和 維 持 活 動 協 力 法 日 本 の PKO 参 加 5 原 則 1 当 事 者 間 の 停 戦 合 意 2 当 事 国 の 合 意 3 中 立 公 平 4 武 器 使 用 は 正 当 防 衛 の 場 合 のみ 5 上 記 1~3の3 原 則 が 崩 れれば 撤 収 か 中 断 PKO 監 視 団

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63> 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 平 成 22 年 12 月 17 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める これに 伴 い 平 成 16 年 12 月 10 日 付 け 閣 議 決 定 平 成 17 年 度 以 降 に 係 る 防 衛

More information

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領 中 学 教 科 書 7 社 の 比 較 調 査 調 査 対 象 教 科 書 ( ) 内 は 略 称 育 鵬 社 ( 育 鵬 ) 帝 国 書 院 ( 帝 国 ) 教 育 出 版 社 ( 教 出 ) 東 京 書 籍 ( 東 書 ) 清 水 書 院 ( 清 水 ) 日 本 文 教 出 版 社 自 由 社 ( 自 由 ) ( 日 文 ) 教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本

More information

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

Ⅰはじめに

Ⅰはじめに 日 本 人 は 幸 福 か ~ 幸 福 度 先 進 国 との 比 較 と 日 本 人 の 幸 福 感 について~ 群 馬 県 立 前 橋 女 子 高 等 学 校 2 年 吉 川 綾 乃 Ⅰ はじめに 日 本 人 は 幸 福 か 高 校 生 の 私 にとって 非 常 に 大 きなテーマである 幸 福 かどうか というのは 非 常 に 個 人 的 な 感 覚 であり 年 齢 も 性 別 も 環 境 も

More information