wd.ó—

Size: px
Start display at page:

Download "wd.ó—"

Transcription

1 WING DAILY( 毎 週 月 金 曜 発 行 祝 日 休 刊 ) 第 1840 号 2009 年 ( 平 成 21 年 )02 月 02 日 ( 月 曜 日 ) (1) WING DAILY HEADLINENEWS SKY 中 期 計 画 2014 年 までに14 路 線 開 設 へ ローカル ローカル 線 中 心 に 展 開 6 空 港 に 新 規 就 航 スカイマーク(SKY)は 中 期 経 営 計 画 を 策 定 した 今 回 の 中 期 計 画 は2009 年 2014 年 までの5 年 間 が 対 象 で 路 線 拡 張 計 画 は3 段 階 に 分 かれている スカイマークは2014 年 までに14 路 線 を 新 たに 開 設 する 計 画 だ これにより2013 年 4 月 2014 年 3 月 までの 売 上 高 を800 億 円 営 業 利 益 64 億 円 営 業 利 益 率 8%を 目 指 す スカイマークは 低 運 賃 で 大 手 キャリアに 挑 んでおり 西 久 保 慎 一 社 長 は 従 来 運 賃 に 比 べて3 割 安 い 運 賃 にチャレンジする 方 針 を 示 しており スカ イマークが 国 内 路 線 網 を 拡 大 することで 大 手 キャリアな ど 関 連 路 線 における 他 社 との 価 格 競 争 が 進 みそうだ スカイマークのこれまでの 路 線 展 開 をみると 羽 田 を 中 心 とした 幹 線 に 展 開 していたのに 対 して 新 規 計 画 では 期 間 中 に 新 たに 中 部 小 松 松 山 熊 本 仙 台 石 垣 の6 空 港 に 就 航 する 西 久 保 慎 一 社 長 によると とくに 神 戸 と 那 覇 を 羽 田 に 次 ぐ 拠 点 に 設 定 する 方 針 既 に 就 航 している 空 港 ( 羽 田 千 歳 神 戸 那 覇 )に 加 え これまで 就 航 していなかった 空 港 に 新 規 に 展 開 するこ とで ローカル ローカル 線 ネットワークを 新 たに 設 定 し 国 内 線 の 基 盤 を 固 める ローカル ローカルを 強 化 するうえで 計 画 を 一 時 凍 結 していた 中 部 国 際 空 港 への 就 航 を 図 るほか 仙 台 小 松 熊 本 松 山 旭 川 そして 新 空 港 建 設 により 滑 走 路 が 延 伸 される 新 石 垣 空 港 に 就 航 する また 機 材 は 現 在 B 型 を15 機 発 注 済 みとのことで 今 期 中 にさらに5 機 を 発 注 す る 計 画 で 20 機 体 制 のフリートを 構 築 する まず 第 1 段 階 (2009 年 2010 年 )で 3 月 10 日 に 福 岡 那 覇 線 4 月 に 旭 川 千 歳 線 12 月 に 神 戸 那 覇 線 そし て2010 年 に 神 戸 千 歳 神 戸 福 岡 線 に 就 航 する 第 2 段 階 ( 年 )には 中 部 小 松 熊 本 石 垣 空 港 に 就 航 する 計 画 で 羽 田 小 松 中 部 千 歳 中 部 那 覇 線 を 開 設 さらに 神 戸 熊 本 線 那 覇 石 垣 線 を 設 定 する 第 3 段 階 ( 年 )では 新 たに 仙 台 松 山 空 港 に 就 航 する この2 空 港 も 含 め 千 歳 仙 台 千 歳 小 松 仙 台 神 戸 神 戸 松 山 の4 路 線 をネットワークに 加 える 計 画 だ また スカイマークは4 月 1 日 6 月 30 日 の 運 航 ダイヤを 申 請 した スカイマークは 羽 田 神 戸 線 を4 月 から1 往 復 増 便 して1 日 6 往 復 12 便 体 制 とするほか 札 幌 旭 川 線 に1 日 2 往 復 で 就 航 する 新 路 線 の 札 幌 旭 川 線 のダイヤは 以 下 の 通 り Airline & Aviation News 発 行 所 航 空 新 聞 社 :WING DAILY 編 集 部 東 京 都 港 区 赤 坂 赤 坂 余 湖 ビル3 階 TEL(03) FAX(03) URL=http://jwing.com 購 読 料 半 年 33,600 円 年 間 63,000 円 ( 消 費 税 含 む) 785 便 = 札 幌 16 時 40 分 発 旭 川 17 時 10 分 着 784 便 = 旭 川 09 時 35 分 発 札 幌 10 時 05 分 着 SKY 4 月 就 航 の 旭 川 札 幌 線 運 賃 を 設 定 4800 円 で 設 定 JR 特 急 より 安 く スカイマークは 4 月 1 日 30 日 搭 乗 文 の 各 種 運 賃 を 国 土 交 通 省 に 申 請 した 今 回 の 申 請 でスカイマークは4 月 1 日 に 就 航 する 予 定 の 新 路 線 札 幌 旭 川 線 の 運 賃 を 申 請 全 便 を 対 象 に4800 円 で 設 定 した 旭 川 札 幌 間 で JR 特 急 スーパーカムイを 利 用 すると 片 道 運 賃 は4880 円 かかる スカイマークの 設 定 運 賃 は 鉄 道 に 対 する 競 争 力 確 保 をターゲットにした 運 賃 設 定 といえそ うだ 航 空 関 連 ニュース ANA 中 期 計 画 09 年 度 は 生 き 残 りかけ 緊 急 対 策 成 田 羽 田 再 拡 張 備 え 飛 躍 を 年 度 計 画 策 定 全 日 空 (ANA)は 中 期 経 営 方 針 ( 年 度 )を 策 定 した 策 定 された 中 期 経 営 方 針 では 世 界 的 に 拡 大 し た 不 況 に 対 応 するため 2009 年 度 は 生 き 残 りをかけ 緊 急 対 策 プラン を 実 施 する そのうえで 2010 年 に 控 え た 成 田 羽 田 の 首 都 圏 空 港 拡 張 に 備 えると 共 に 2010 年 度 2013 年 度 までを 成 長 する 飛 躍 期 間 に 位 置 付 け 質 的 経 営 への 転 換 を 図 り 経 営 ビジョン 達 成 を 目 指 す 2009 年 度 の 緊 急 対 策 プランについては 経 営 環 境 悪 化 が ピークを 迎 えるという 前 提 の 下 事 業 見 直 しと 収 益 性 改 善 を 図 る そこで 緊 急 対 策 (サバイバル)プランを3 月 末 までに 成 案 化 実 行 に 移 す このプランでは 需 要 の 減 少 に 応 じた 事 業 の 見 直 しを 行 うとし 需 要 動 向 を 見 据 えてすでに 発 表 済 みの 路 線 の 見 直 しと 供 給 量 の 調 整 生 産 資 源 の 再 配 置 による 収 益 改 善 を 目 指 す さらに コスト 面 でも 見 直 しを 行 う 方 針 で 事 業 規 模 生 産 量 抑 制 による 運 航 変 動 費 の 削 減 一 般 管 理 費 用 や オペレーションコストの 見 直 しを 行 うと 共 に 戦 略 的 投 資 以 外 の 一 部 延 期 や 規 模 の 縮 小 によりコスト 構 造 の 強 化 役 員 報 酬 の 減 額 をはじめとした 人 件 費 削 減 に 着 手 する そして 2010 年 の 首 都 圏 再 拡 張 に 向 けて 2009 年 度 中 に 新 たな 中 期 経 営 戦 略 ( )を 策 定 する 方 針 で 国 際 線 事 業 では 首 都 圏 空 港 容 量 の 拡 大 を 活 かし 欧 米 路 線 を 軸 とする 路 線 拡 充 と 提 携 戦 略 を 深 化 させ ネット ワーク 拡 大 を 目 指 す

2 WING DAILY( 毎 週 月 金 曜 発 行 祝 日 休 刊 ) 第 1840 号 2009 年 ( 平 成 21 年 )02 月 02 日 ( 月 曜 日 ) (2) また 貨 物 事 業 は 沖 縄 ハブを 基 点 にエクスプレス 事 業 の 推 進 を 図 り アジア 就 航 地 点 数 の 増 強 や 地 上 輸 送 を 含 めた 提 携 戦 略 の 強 化 を 図 る 国 内 線 事 業 では 羽 田 を 中 心 としたシンプルローテー ションを 構 築 し 地 域 との 連 携 を 強 化 することで ネッ トワークを 堅 持 していく 方 針 だ は470 億 円 減 の80 億 円 となる また 経 常 損 益 は390 億 円 減 少 して 経 常 損 失 100 億 円 当 期 純 利 益 も260 億 円 減 少 して90 億 円 の 純 損 失 計 上 となる 見 通 し SKY 第 3 四 半 期 売 上 高 は17% 減 少 四 半 期 純 損 失 35 億 5700 万 円 の 赤 字 に ANA 第 3 四 半 期 経 常 利 益 は81% 減 少 四 半 期 利 益 92% 減 内 際 線 ビジネス 需 要 低 迷 響 く 全 日 空 (ANA)は30 日 平 成 21 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 をまとめた それによると 世 界 的 な 景 気 後 退 の 影 響 で 国 際 線 の 旅 客 収 入 が 大 きく 減 少 燃 油 高 騰 の 影 響 も あって 営 業 収 入 は 前 年 比 3% 減 少 して1 兆 1074 億 円 と 減 収 となった また 営 業 利 益 は57.1% 減 の403 億 円 経 常 利 益 は81.1% 減 の227 億 円 四 半 期 純 利 益 は92% 減 の94 億 円 と 大 きく 減 益 となった 国 際 線 旅 客 事 業 においては 欧 米 線 を 中 心 にビジネス 需 要 が 鈍 化 中 国 線 の 需 要 低 迷 や11 月 にはバンコク 空 港 の 封 鎖 ムンバイ 線 でもテロの 影 響 が 出 るなど 厳 しい 状 況 となった しかしながら 日 本 発 韓 国 行 きのプレ ジャー 需 要 中 国 発 の 団 体 などが 好 調 に 推 移 収 入 増 加 に 貢 献 しており 国 際 線 の 売 上 高 は0.2% 減 の2393 億 円 と 微 減 に 留 めた 燃 油 サーチャージ 改 定 もあって 旅 客 単 価 は 上 昇 したものの 旅 客 数 が 前 年 比 6.5% 減 少 す るなど 収 入 に 影 響 売 上 高 は 前 年 同 期 比 4 億 円 (0.2% 減 ) 減 少 している 国 際 線 の 旅 客 数 は6.5% 減 の340 万 4000 人 座 席 キロは0.1% 増 の212 億 5400 万 座 席 キロ 旅 客 キロは6.8% 減 の149 億 9200 万 人 キロ 利 用 率 は5.3 ポイント 減 の70.5ポイントとなった 国 内 線 旅 客 事 業 については 全 体 需 要 が 伸 び 悩 むな か 他 航 空 会 社 や 輸 送 機 関 との 価 格 競 争 が 激 化 さら に ビジネス 需 要 が 低 迷 するなど 環 境 は 厳 しい 状 況 だ 国 内 線 旅 客 事 業 の 売 上 高 は3.5% 減 の5494 億 円 と 減 収 している 旅 客 数 は4.5% 減 の3322 万 6000 人 座 席 キ ロは4.5% 減 の452 億 4300 万 座 席 キロ 旅 客 キロは4.1% 減 の291 億 5300 万 人 キロ 利 用 率 は0.2ポイント 増 の 64.4%だった また 貨 物 事 業 については 国 内 の 荷 動 きが 低 調 と なったものの 宅 配 貨 物 需 要 が 堅 調 輸 送 量 は 増 加 し た 国 際 線 では 貨 物 専 用 機 を 増 強 するなど 生 産 規 模 を 拡 大 輸 送 量 は 前 期 比 で14.5% 増 と 大 きく 増 加 した その 結 果 国 内 線 貨 物 事 業 の 売 上 高 は9.8% 増 の255 億 円 輸 送 重 量 も4% 増 の36 万 6000トン 輸 送 量 は5.4% 増 の3 億 5600 万 トンだった 一 方 国 際 線 貨 物 の 売 上 高 は9.8% 増 の592 億 円 輸 送 重 量 は14.5% 増 の28 万 5000トン 輸 送 量 は8.6% 増 の13 億 2300 万 トンだった 通 期 予 想 経 済 悪 化 で 下 方 修 正 経 常 損 100 億 円 当 期 純 損 90 億 円 の 赤 字 転 落 また 通 期 の 見 通 しについてANAは 下 方 修 正 を 行 って いる 今 回 の 修 正 で 平 成 21 年 3 月 期 の 売 上 高 は10 月 に 発 表 した 前 回 予 想 比 600 億 円 減 の1 兆 4000 億 円 営 業 利 益 スカイマーク(SKY)は30 日 平 成 21 年 3 月 期 第 3 四 半 期 の 決 算 を 発 表 した 売 上 高 は16.8% 減 の320 億 5800 万 円 営 業 損 失 37 億 4200 万 円 経 常 損 失 38 億 4800 万 円 四 半 期 純 損 失 35 億 5700 万 円 と 赤 字 に 転 落 大 幅 な 減 収 減 益 を 記 録 した な お 平 成 21 年 3 月 期 の 業 績 予 想 は 売 上 高 が14.6% 減 少 して 430 億 円 営 業 損 失 27 億 円 経 常 損 失 28 億 円 当 期 純 損 失 25 億 円 となる 見 通 し スカイマークは B 型 へのフリート 統 一 を 進 めてお り 第 3 四 半 期 においてはB 型 8 機 B 型 を2 機 運 航 する 体 制 を 整 えた また 本 社 管 理 部 門 運 航 に 係 る 管 理 部 門 運 航 乗 務 員 および 整 備 士 の 要 請 訓 練 施 設 を 統 合 した 本 社 事 業 所 を 羽 田 整 備 地 区 に 移 転 した 今 年 5 月 には フル フライト シミュレーターを 設 置 する 計 画 このような 環 境 の 下 旅 客 部 門 における 旅 客 収 入 は 16% 減 少 して315 億 3300 万 円 となった 一 方 事 業 費 は 航 空 機 の 転 換 が 進 んだことにより 空 港 使 用 料 が17.9% 減 航 空 機 材 費 が17.7% 減 少 さらには 燃 料 購 入 量 が 減 少 するなど 費 用 削 減 効 果 が 現 れてきているという しかしな がら 第 3 四 半 期 は 燃 油 高 騰 による 影 響 を 受 けて 燃 料 関 連 費 用 は5.3% 増 加 また 航 空 機 の 返 還 費 用 を 計 上 して 整 備 費 が 32% 増 加 するなど 1.1% 増 加 した NAA 12 月 期 国 内 発 着 数 増 加 暦 年 も 過 去 最 高 下 半 期 危 機 的 状 況 集 中 し 全 体 著 しくダウン 成 田 国 際 空 港 会 社 (NAA)は1 月 30 日 2008 年 12 月 および 暦 年 の 暦 年 の 運 輸 状 況 を 発 表 した 平 山 由 次 郎 常 務 取 締 役 によれば 2008 年 12 月 期 の 運 輸 状 況 は 国 内 線 の 発 着 回 数 こそ 前 年 度 と 比 べて 増 加 しているが 国 内 国 際 ともに 旅 客 数 および 貨 物 量 は 著 しくダウン 特 に 貨 物 量 の 落 ち 込 みは 大 きく 貨 物 量 は 全 体 で34%も 減 少 してしま い 2008 年 下 半 期 に 始 まった 金 融 危 機 のすさまじい 航 空 需 要 の 冷 え 込 みを 象 徴 する 結 果 となった また 金 融 危 機 からの 円 高 と 2008 年 の 初 めに 急 騰 した 燃 油 サーチャージが 落 ち 着 き を 見 せ 始 めたことから 海 外 旅 行 者 の 増 加 に 期 待 がかけられた が 韓 国 やグアムなどで 増 加 傾 向 にあったが 危 機 的 状 況 を 打 破 するまでには 至 らなかった これら 結 果 を 暦 年 で 見 ても 旅 客 貨 物 ともに 大 きく 減 少 し ており 強 い 逆 風 の 吹 き 荒 れた2008 年 を 象 徴 した 結 果 となっ た 11 月 には 減 衰 傾 向 が 予 測 されたことから 収 支 見 込 みを 下 方 修 正 しているが さらなる 下 方 修 正 および 人 員 削 減 などは 行 う 予 定 がないことを 強 調 世 界 的 な 金 融 危 機 は 上 昇 時 期 も 近 く 一 斉 に 訪 れると 見 ており 人 員 の 削 減 は 考 えられない と 平 山 常 務 は 述 べている 12 月 の 運 輸 状 況 を 見 ると 航 空 機 発 着 回 数 は 航 空 貨 物 の 減 少 傾 向 が 各 地 で 急 速 に 進 んできたことを 受 け 国 際 貨 物 便 が 対 前 年 比 13%マイナスとなり 大 きく 減 少 国 際 線 の 旅 客 便 もマイナ

3 WING DAILY( 毎 週 月 金 曜 発 行 祝 日 休 刊 ) 第 1840 号 2009 年 ( 平 成 21 年 )02 月 02 日 ( 月 曜 日 ) (3) ス2%と 若 干 減 少 総 発 着 回 数 でいえば1 万 6006 回 のマイナ ス3%と 前 年 をやや 下 回 った 国 内 線 の 発 着 回 数 は 増 加 傾 向 で11%と 過 去 最 高 に これには 今 期 の 冬 ダイヤ(10 月 26 日 )からJALが 福 岡 線 を 増 便 週 7 便 の1 日 1 便 から 週 14 便 の1 日 2 便 に 変 更 したことによるもの 旅 客 数 はこのところ 相 変 わらず 厳 しい 状 況 が 続 いてい る 急 激 な 円 高 の 進 行 によって 韓 国 線 およびグアム 線 な ど 近 距 離 目 的 地 では 旅 客 需 要 が 増 加 する 傾 向 にあったが 日 本 人 全 体 では 起 爆 剤 としての 効 果 は 薄 いものであった 一 方 外 国 人 旅 客 数 は 金 融 危 機 による 航 空 需 要 低 下 に 加 え て 円 高 による 影 響 を 受 けて66 万 2665 人 のマイナス15%と 大 きな 下 降 を 見 せた 航 空 貨 物 量 についてははさらに 厳 しく 世 界 的 な 経 済 危 機 により 航 空 貨 物 の 荷 動 きが 減 少 特 に 貨 物 の 輸 出 はマイ ナス46%と 大 きく 前 年 を 下 回 り 総 取 扱 量 としてもマイナ ス34%という 結 果 となった 給 油 量 は 機 材 のダウンサイジ ング 化 に 加 えて 貨 物 便 の 発 着 回 数 および 貨 物 量 の 減 少 に 伴 って 搭 載 される 給 油 量 は 減 少 トータルとしてマイナ ス9%と 前 年 同 月 を 下 回 った 国 際 線 の 路 線 別 人 数 は 太 平 洋 線 32 万 4300 人 (7% 減 ) アジア 線 24 万 1200 人 (15% 減 ) 中 国 線 15 万 1600 人 (11 % 減 ) 欧 州 線 14 万 2400 人 (13% 減 ) 韓 国 線 12 万 6600 人 (3% 増 ) 台 湾 線 8 万 8000 人 (8% 減 ) 香 港 線 9 万 2300 人 (9% 減 ) オセアニア 線 5 万 2000 人 (23% 減 ) グアム 線 5 万 8700 人 (1% 減 )という 結 果 が 出 され 円 高 に 反 したウォン 安 の 影 響 により 韓 国 線 のみがプラスになっ た 暦 年 で 運 輸 状 況 を 見 ると 航 空 機 の 発 着 回 数 は 国 際 線 お よび 国 内 線 旅 客 便 は 各 社 増 便 したことで 国 際 および 国 内 旅 客 便 数 は 過 去 最 高 になった しかし 貨 物 便 が 下 半 期 に 大 幅 に 減 少 したことを 受 けて 総 発 着 回 数 が 過 去 最 高 だっ た2007 年 に 届 かず 第 2 位 に 旅 客 数 については 全 路 線 において2007 年 を 下 回 る 結 果 に 日 本 人 旅 客 は2008 年 の 始 めの 燃 油 サーチャージ 高 騰 な ど 中 国 線 の 減 少 を 受 け 前 年 を 下 回 る 傾 向 となり 期 待 されていた 外 国 人 旅 客 も 下 半 期 からの 金 融 危 機 に 端 を 発 し た 経 済 不 安 の 広 がりや 急 激 な 円 高 進 行 を 受 けて 前 年 割 れ 総 旅 客 数 で3353 万 1284 人 のマイナス6%になった 貨 物 について 上 半 期 は 前 年 度 を 若 干 上 回 る 傾 向 にあり 期 待 されていたが 下 半 期 になってから 航 空 燃 料 の 高 騰 に 悩 まされ 年 末 になると 金 融 危 機 および 円 の 急 騰 に 見 舞 わ れた 結 果 航 空 貨 物 量 は205 万 8633トンのマイナス7%と 大 きく 前 年 を 下 回 った 給 油 量 については 発 着 回 数 は 前 年 並 みだったものの 機 材 のダウンサイジング 化 と 搭 載 貨 物 量 の 減 少 に 伴 って マイナス5%に 路 線 別 の 旅 客 数 は 太 平 洋 線 424 万 9600 人 (5% 減 ) アジア 線 290 万 4700 人 (2.9% 減 ) 中 国 線 189 万 9400 人 (12.5% 減 ) 欧 州 線 205 万 7100 人 (4.5% 減 ) 韓 国 線 147 万 3500 人 (0.1% 減 ) 台 湾 線 111 万 7400 人 (1.8% 減 ) 香 港 線 111 万 4400 人 (8.2% 減 ) オセアニア 線 66 万 4800 人 (11.4% 減 ) グアム 線 69 万 400 人 (5.8% 減 ) すべての 路 線 でマイナスとなった2008 年 であった 経 済 環 境 が 悪 く 発 着 回 数 が 減 っており 2008 年 11 月 の 中 間 決 算 発 表 時 には 収 支 見 込 みを 下 方 修 正 しているが さ らなる 修 正 などは 今 現 在 考 えておらず がんばって 現 在 の 状 況 を 堅 持 したい という 考 えを 示 した さらに 今 の 景 気 の 悪 さは 一 時 あったジャパンバッシングのような 日 本 だけが 低 迷 するというのではなく 世 界 全 体 が 落 ち 込 んで いるので 今 後 は 全 体 で 盛 り 上 がっていこうとするステッ プの 期 間 として 来 年 度 を 見 ている そのような 流 れの 中 で 下 方 修 正 を 再 度 見 直 すようなことは 行 わず ましてや 人 員 の 削 減 というような 措 置 は 人 員 を 最 も 大 事 な 部 分 と 見 ている 成 田 会 社 は 行 わない という 方 針 を 明 らかにし た 課 題 としては 今 後 の 無 駄 や 効 率 化 の 議 論 を 進 めていく こととして 今 後 を 見 ている 30 万 回 発 着 目 指 し 各 機 関 スタートラインに 立 つ 成 田 のさらなる 発 着 枠 増 加 について 検 討 していこうと 国 県 地 域 住 民 とともに 始 まった4 者 協 議 について 説 明 が あった 成 田 空 港 は2010 年 に 第 2 滑 走 路 の 北 進 工 事 が 完 了 し 発 着 回 数 が2 万 回 増 えることはすでに 決 まっているが 成 田 のポテンシャルを 見 たときに30 万 回 まで 増 枠 が 可 能 と いう 調 査 結 果 が 得 られており 航 空 機 の 飛 び 方 や 経 済 効 果 などについて 勉 強 していく このように 地 域 や 各 機 関 と 成 田 の 発 展 に 取 り 組 めるよう になったことを 受 けて 成 田 を 取 り 巻 く 状 況 が 変 わり 始 め ていると この 動 きを 歓 迎 した この 協 議 での 成 田 の 課 題 は 騒 音 コンター( 等 音 線 )の 作 成 であり 騒 音 区 域 が 広 が らないように 努 めること 30 万 回 まで 発 着 回 数 を 増 やすた めには 同 時 離 陸 などあらゆる 面 を 調 査 しなくてはなら ず 同 時 離 陸 については 離 陸 上 昇 時 には 両 航 空 機 に 対 して 15 度 以 上 の 角 度 を 持 って 離 陸 することが 定 められており 騒 音 区 域 の 拡 大 が 考 えられる 海 外 の 空 港 には 同 時 離 陸 の 際 でも 安 全 性 が 認 められ 角 度 のルールが 除 外 されている 場 所 もあるということで 国 も 含 めた 調 査 が 必 要 となる また 増 枠 のためには 成 田 と 羽 田 の 管 制 統 一 化 など 状 況 が 現 在 とはかなり 異 なるた め 調 査 を 進 めていく 必 要 があるほか 防 音 設 備 など 地 上 設 備 はもちろん 必 要 となるため 概 算 として6500 億 ほどの 建 設 投 資 額 を 見 込 んでいると 発 表 した JAL 世 界 初 カメリナ 成 分 主 由 来 バイオ 燃 料 飛 行 試 験 に 成 功 UPO 3 年 後 までに 事 情 化 市 場 価 格 は1バレル/60-80ドル 日 本 航 空 (JAL)は30 日 世 界 で 初 めて 植 物 カメリ ナ を 主 原 料 としたバイオジェット 燃 料 を 利 用 して 飛 行 試 験 を 実 施 羽 田 空 港 から 仙 台 沖 を 折 り 返 し 約 1 時 間 30 分 の 飛 行 に 成 功 した 採 用 された 燃 料 は 従 来 のケロシンベー スのジェット 燃 料 とバイオジェット 燃 料 を1:1の 割 合 で 混 合 させたもので 既 存 の 機 体 やエンジンの 改 造 を 必 要 と せず 利 用 可 能 なもの 地 球 温 暖 化 の 原 因 とされるCO2を 吸 収 して 生 育 する 植 物 由 来 のバイオ 燃 料 は いかに 従 来 の ジェット 燃 料 に 遜 色 なく 代 替 物 として 使 用 できるように 近 づけるかが 実 用 化 のカギとなる 今 回 JALが 採 用 したバイオ 燃 料 は アブラナ 科 の 植 物 カメリナ から 精 製 した 成 分 を84% 落 葉 樹 ジャトロ

4 WING DAILY( 毎 週 月 金 曜 発 行 祝 日 休 刊 ) 第 1840 号 2009 年 ( 平 成 21 年 )02 月 02 日 ( 月 曜 日 ) (4) ファ(セイヨウアブラギリ) 成 分 が15% 藻 由 来 成 分 1% の 割 合 で 混 合 バイオ 燃 料 の 飛 行 試 験 は 世 界 で4 回 目 であ り このカメリナ 由 来 成 分 を 主 とした 燃 料 での 実 験 は 世 界 初 となる 今 回 3 種 類 混 合 を 行 ったのは 今 後 の 開 発 の 参 考 に 利 用 で きるよう 試 したもので 選 択 肢 は 多 ければ 多 いほど 良 い と 今 回 未 だどこも 試 したことのないカメリナ 原 料 成 分 を 主 とした 燃 料 を 採 用 したという 同 プロジェクトはボーイング 社 が 原 料 選 定 混 合 比 の 決 定 航 空 機 に 与 える 影 響 の 精 査 などを 行 い プラットアン ドホイットニー 社 がエンジン 性 能 検 査 を 担 当 した カメリ ナ 由 来 の 油 はサステナブル オイル 社 が 製 造 ジャトロ ファ 由 来 の 油 はテラソル エネルギー 社 が 藻 由 来 の 油 は サファイア エネルギー 社 が 製 造 したものを 採 用 ハネ ウェル 社 傘 下 の 石 油 会 社 UPO 社 が 航 空 機 用 の 燃 料 に 精 製 し た 飛 行 実 験 では 今 年 いっぱいで 全 機 退 機 予 定 のB を 利 用 して 右 主 翼 の 第 3 燃 料 タンクだけにバイオ 燃 料 を 搭 載 し 同 機 に 装 着 されたP&W 社 製 JT9Dエンジン4 基 のうちエ ンジンのうち 右 内 側 エンジン( 第 3エンジン)を 運 転 し そ のほかの 燃 料 タンクにはジェット 燃 料 (Jet-1)を 搭 載 のこり3 基 のエンジンを 運 転 した また 飛 行 中 に 運 航 中 の 燃 費 性 能 排 気 ガス 温 度 などのエン ジン 性 能 の 確 認 約 1 万 フィートの 高 度 におけるエンジンの 加 速 原 則 性 能 の 確 認 空 中 でエンジン 停 止 再 始 動 の 実 験 を 行 った 運 転 を 担 当 した 小 林 啓 二 機 長 は バイオ 燃 料 は 従 来 の ジェット 燃 料 よりも 軽 く 発 熱 量 が 多 いと 聞 く 天 候 が 悪 い 中 でのフライトだったので 印 象 はなんともいえない が 実 施 したテストからはJet-1との 差 は 見 られず 全 く 問 題 ない とコメントしている バイオ 燃 料 の 飛 行 実 験 は 今 回 が 世 界 で4 番 目 であり こ れまでもバージンアトランティック 航 空 がババスとココ ナッツを 配 合 したバイオ 燃 料 で 実 験 を 行 ったほか ニュー ジーランド 航 空 がジャトロファで 先 月 7 日 にはコンチネ ンタル 航 空 がジャトロファ+ 藻 の 燃 料 をを 採 用 し 飛 行 試 験 を 行 った バイオ 燃 料 精 製 を 担 当 したUPO 社 ジェニファーホームゲ ンジェネラルマネージャーは バイオ 燃 料 は 既 存 のジェッ ト 燃 料 といかに 近 づけるかが 重 要 3 年 後 の 事 業 化 を 目 指 す が 市 場 価 格 もジェット 燃 料 と 大 差 なく 提 供 したい と 語 る その 価 格 は1バレルあたり60-80ドルを 想 定 していると いう 価 格 だけでなく 性 質 も 近 づけるために 今 回 のバイオ 燃 料 は 最 低 引 火 点 凍 結 点 も 従 来 のものに 近 づけていると いう 回 はアメリカ ワシントン 州 モンタナ 州 オレゴン 州 な どで 栽 培 されたものを 利 用 した 精 製 を 担 当 したUPO 社 に よると1エーカーの 作 付 面 積 から 約 100ガロン(4000リット ル) 抽 出 でき そのバイオ 燃 料 への 変 換 効 率 は70% 程 度 で あるという 今 回 の 実 験 では1% 程 度 の 利 用 となったが 非 常 に 将 来 性 を 期 待 されている 原 料 は 藻 だ 各 種 バイオ 燃 料 のなかでも 単 位 面 積 あたりのエネルギー 効 率 が 高 く 培 養 池 1エーカーあ たり 藻 ジャトロファの10 倍 以 上 となる ガロン もの 抽 出 が 可 能 で その 量 は 全 世 界 で 必 要 とされている 民 間 航 空 燃 料 はベルギー 国 程 度 の 面 積 の 培 養 池 があれば 生 産 できると 試 算 されている 一 方 今 回 7.5%の 割 合 で 混 合 された 燃 料 ジャトロファはア フリカほか 東 南 アジアで 多 く 栽 培 されている 低 木 の 落 葉 樹 実 から 油 を 絞 るが 食 用 には 適 さない 干 ばつにつよ く その 実 は 植 えて3 年 で 実 り その 後 10 年 間 年 3-4 回 の ペースで 収 穫 できる その 生 産 量 バイオ 燃 料 への 変 換 効 率 はジャトロファと 同 等 程 度 であるという UPO 社 ジェニファーホームゲンジェネラルマネージャー はファーストプラントの 選 定 など 具 体 的 な 計 画 はまだ 話 せ る 段 階 にないが 各 種 施 設 で 毎 年 1 億 ガロンの 生 産 を 目 指 す という JALはバイオ 燃 料 導 入 は 提 供 側 の 動 向 待 ちとなるが 今 回 の 飛 行 実 験 を 実 施 するに 当 たり 地 球 環 境 部 運 航 乗 務 員 技 術 者 調 達 部 など15 名 で JALバイオフライトチー ム を 結 成 し 今 後 もバイオ 燃 料 の 安 全 確 認 収 集 した データの 調 査 などを 実 施 していく 飛 行 試 験 の 前 にはセレモニーが 開 催 され JAL 西 松 遙 社 長 ボーイング 社 ニコール パイアセキ 日 本 支 社 長 プ ラットアンドホイットニーからはアジア 太 平 洋 地 区 グレゴ リー ゲンハートヴァイスプレジデント 等 が 出 席 した 写 真 =セレモニーの 様 子 ロビンソンR22 型 へりの 事 故 原 因 報 告 運 輸 安 全 委 体 験 飛 行 で 操 縦 桿 に 触 れ 墜 落 カメリナ 1エーカーあたり100ガロン 抽 出 可 能 今 回 バイオ 燃 料 として 初 めて 採 用 されたカメリナは 亜 麻 に 似 たアブラナ 科 の 草 花 で 乾 燥 地 帯 でも 痩 せた 土 地 で も 育 ち 他 のバイオ 燃 料 原 料 植 物 に 比 べ 高 緯 度 でも 栽 培 可 能 であることが 特 徴 だ 油 は 種 子 から 絞 られ ランプ 油 美 容 液 家 畜 飼 料 などに 利 用 されてきた シンガポールで はディーゼル 燃 料 としてすでに 生 産 されているという 今 運 輸 安 全 委 員 会 は30 日 2007( 平 成 19) 年 10 月 27 日 に 大 阪 航 空 のロビンソンR22 型 (JA102D)ヘリが 体 験 飛 行 に 大 阪 府 堺 市 の 南 海 電 鉄 の 線 路 上 へ 墜 落 し 機 長 と 同 乗 者 2 名 が 死 亡 した 事 故 原 因 を 発 表 した その 事 故 原 因 は 飛 行 中 にマスト バンピングは 発 生 し メイン ローター ブ レードがテール コ ンを 叩 き メイン ローターの 回 転 が 低 下 し 機 体 が 操 縦 不 能 になり 墜 落 マスト バンピン

5 WING DAILY( 毎 週 月 金 曜 発 行 祝 日 休 刊 ) 第 1840 号 2009 年 ( 平 成 21 年 )02 月 02 日 ( 月 曜 日 ) (5) グが 発 生 したのは 体 験 飛 行 中 に 後 方 からの 強 い 突 風 を 受 け 右 席 に 座 っていた 無 資 格 の 同 乗 者 が 機 長 による 機 体 の 回 復 操 作 を 困 難 とする 急 激 な 操 縦 操 作 を 行 ったことが 関 与 した 可 能 性 がある と 発 表 している これについて 事 実 認 定 によるとR22 系 列 型 機 は 従 来 か ら 同 種 の 事 故 が 多 発 し 操 縦 性 に 関 する 耐 空 性 改 善 通 報 が 発 行 されているのに 無 資 格 者 の 体 験 飛 行 時 搭 乗 の 恐 怖 感 を 取 り 除 き 操 縦 への 関 心 を 深 めるため 離 着 陸 以 外 で 操 縦 を させていた 同 社 は 航 空 法 飛 行 規 程 を 逸 脱 しており 運 航 上 の 判 断 は 最 終 的 に 機 長 が 行 うので 適 切 な 判 断 を 指 示 し 機 長 に 同 乗 者 が 操 縦 桿 に 触 れないよう 注 意 が 必 要 であっ た また 機 長 は 航 空 身 体 検 査 基 準 では 不 適 合 状 態 のサルコイ ドーシスに 罹 患 していた 専 門 病 院 での 受 診 では 眼 科 医 に よると 眼 の 治 療 は 必 要 なしとの 結 果 であったが とくに 症 状 もなかったので 航 空 業 務 に 影 響 がないと 判 断 し 乗 務 して いたが 直 接 事 故 に 関 与 したかどうかは 明 らかにすること はできなかったことを 指 摘 している 参 考 意 見 として 大 阪 航 空 局 が 立 入 検 査 で 改 善 事 項 を 講 じた これは 操 縦 を 希 望 する 体 験 飛 行 として 同 乗 する 場 合 は 操 縦 練 習 許 可 を 取 得 させ 操 縦 訓 練 の 一 環 として 実 施 無 資 格 者 が 同 乗 する 際 は 左 側 に 座 らせるとともに 左 側 の 操 縦 桿 は 取 り 外 し 飛 行 前 に 機 長 が 同 乗 者 へ 安 全 ブリー フィングを 行 うことを 社 内 規 程 に 定 めるなどの 意 見 を 述 べ ている なお 航 空 局 は30 日 の 事 故 報 告 を 受 けて 事 故 発 生 時 の 無 資 格 者 が 操 縦 を 行 った 可 能 性 が 指 摘 さているので ほかの 運 航 者 にも 同 様 な 事 例 が 発 生 しないよう 全 航 連 と 日 本 操 縦 士 協 会 に 無 資 格 者 の 操 縦 装 置 に 触 れさせないよう 周 知 徹 底 を 求 める 文 書 を 提 出 また 全 国 の 指 定 医 に 対 し 難 病 に 罹 っ ていたことが 判 明 しことを 踏 まえて 適 正 な 実 施 の 注 意 喚 起 を 求 めた さらに 大 阪 航 空 局 も 大 阪 航 空 に 改 めて 改 善 措 置 及 び 安 全 管 理 の 徹 底 を 指 示 した EC135 型 のテールロータ 部 分 で 破 断 運 輸 安 全 委 航 空 事 故 調 査 で 中 間 報 告 運 輸 安 全 委 員 会 は30 日 航 空 事 故 調 査 の 経 過 報 告 を 行 っ た これは2007( 平 成 19) 年 12 月 9 日 オールニッポンヘ リコプターのユーロコプタ EC1 3 5 T2 型 へり (JA31NH)が 静 岡 県 三 島 駅 上 空 付 近 でテール ローター の 制 御 が 不 能 となり 沼 地 の 墜 落 機 長 が 死 亡 整 備 士 が 重 傷 を 負 った 事 故 で これまでの 調 査 では テール ロー ター コントロール ロットが 破 断 しており 断 面 を 調 査 したところ 疲 労 破 壊 によるものと 推 定 される 死 亡 した 機 長 はシート ベルトは 装 着 していが ショルダーハーネス を 装 着 していなかった 整 備 士 は 両 方 装 着 していた 今 後 の 調 査 は 破 断 の 検 証 等 を 行 う この 事 故 で 航 空 局 は 運 航 者 に 当 該 箇 所 の 点 検 および 損 傷 が 発 見 された 場 合 の 交 換 を 指 示 またオールニッポンヘ リは 整 備 管 理 体 制 の 充 実 強 化 テール ローター コント ロール ロットおよびボ ル ビボット アッシーの 新 型 部 品 の 交 換 操 縦 士 の 緊 急 操 作 能 力 の 確 認 及 び 維 持 向 上 な ど 図 った 飛 行 中 に 運 航 乗 務 員 が 操 縦 室 で 写 真 撮 影 東 京 航 空 局 AKXに 厳 重 注 意 東 京 航 空 局 は30 日 エアーニッポンネットワーク (AKX)の 運 航 乗 務 員 が 運 航 中 に 操 縦 室 で 機 長 がデジタ ルカメラで 写 真 撮 影 した 事 実 が 判 明 した 旨 の 報 告 があり 同 社 の 河 内 秀 光 社 長 に 不 適 切 行 為 は 遺 憾 だとし 厳 重 注 意 再 発 防 止 策 の 策 定 を 指 示 した この 行 為 は 航 空 法 の 安 全 阻 害 行 為 等 の 禁 止 に 違 反 するとともに 航 空 安 全 業 務 の 専 念 する 規 程 に 反 するものとして 厳 重 注 意 したもの 乗 務 員 の 不 適 切 な 行 為 の 経 緯 は 2008( 平 成 20) 年 12 月 6 日 に 同 機 の 機 長 が 高 知 発 伊 丹 行 きのANA1604 便 および 伊 丹 発 大 館 能 代 行 きのANA1667 便 の 運 航 中 に 写 真 撮 影 行 い 高 知 離 陸 直 前 に 滑 走 路 末 端 付 近 から 滑 走 路 風 景 の 写 真 伊 丹 進 入 時 の 空 港 全 景 写 真 など 撮 影 し 1 月 27 日 の 全 日 空 広 報 室 経 由 でインターネット 上 で 掲 載 されている 旨 の 外 部 から の 情 報 を 入 手 日 会 社 は 運 航 乗 務 員 から 事 情 を 聴 取 1 月 28 日 会 社 から 航 空 局 に 報 告 があり 当 面 運 航 乗 務 員 に 対 して 乗 務 停 止 社 内 処 分 は 現 在 検 討 中 航 空 身 体 証 明 検 査 証 明 の 不 適 格 取 得 航 空 局 SNJ 乗 員 2 名 を 行 政 処 分 航 空 局 は30 日 スカイネットアジア 航 空 (SNA)の 機 長 と 副 操 縦 士 を 身 体 検 査 証 明 を 不 適 切 に 取 得 したとして 航 空 業 務 20 日 停 止 の 行 政 処 分 を 行 った 処 分 を 受 けた 機 長 は 2002( 平 成 14) 年 2 月 の 消 化 器 化 系 の 手 術 受 けた 後 航 空 身 体 検 査 基 準 に 適 合 している 必 要 なことを 確 認 しないで 乗 務 を 継 続 また 服 用 の 薬 も 申 告 せず 航 空 身 体 検 査 証 明 を 更 新 し2008( 平 成 20) 年 8 月 まで 乗 務 を 継 続 し 副 操 縦 士 は 消 化 器 系 の 手 術 経 歴 などについて 申 告 せず 身 体 検 査 証 明 を 取 得 更 新 し2008 年 5 月 末 まで 乗 務 を 継 続 した ほか 不 適 切 な 取 得 した 操 縦 士 4 名 を 文 書 警 告 5 名 を 文 書 注 意 の 行 政 指 導 を 行 なった 航 空 機 の 座 席 部 品 の 耐 火 試 験 受 験 不 正 航 空 局 小 糸 工 業 に 使 用 承 認 取 り 消 しなど 処 分 航 空 局 航 空 機 安 全 課 は30 日 小 糸 工 業 に 航 空 機 座 席 の 仕 様 承 認 の 取 消 すとともに 厳 重 注 意 のうえ 原 因 調 査 およ び 再 発 防 止 策 の 策 の 検 討 し 出 荷 した 座 席 部 品 を 耐 火 性 要 件 に 適 合 させる 改 修 を 検 討 し 確 認 試 験 を 行 うことを 指 示 した この 試 験 は 航 空 機 用 座 席 について 日 本 の 仕 様 承 認 を 受 ける 際 の 耐 火 性 試 験 で その 後 製 造 していた 座 席 に 使 用 された 材 料 とは 異 なる 材 料 により 試 験 に 合 格 し 仕 様 試 験 を 受 けていたことが 判 明 したため 処 分 したもの また 当 該 座 席 は 日 本 航 空 の 国 内 線 用 B777 型 機 にファーストクラス 座 席 として 装 備 するが 一 部 部 品 の 耐 火 性 能 が 確 認 されて いないため 改 修 を 指 示 したとしている 事 実 関 係 については 同 社 は 仕 様 承 認 を 取 得 する 際 航 空 機 用 座 席 のしきり 部 分 に 使 用 するカーボンファイバー 強 化 プラスチックの 耐 火 性 試 験 で 量 産 製 造 に 使 用 する 予 定 の 材 料 を 使 った 試 験 片 により 不 合 格 となったことから これ

6 WING DAILY( 毎 週 月 金 曜 発 行 祝 日 休 刊 ) 第 1840 号 2009 年 ( 平 成 21 年 )02 月 02 日 ( 月 曜 日 ) (6) とは 別 の 材 料 で 試 験 片 を 作 成 のうえ 試 験 に 合 格 し 航 空 局 の 使 用 承 認 を 受 けたのに 当 初 から 量 産 製 造 に 使 用 するこ とを 予 定 していた 材 料 により 当 該 しきり 部 分 を 製 造 し 出 荷 したことが 同 社 からの 報 告 で 判 明 した また 日 本 航 空 の 国 内 線 用 型 9 機 にファーストク ラス 座 席 として63 式 (126 席 ) 装 備 されている 座 席 に 使 用 されている 材 料 の 耐 火 性 性 能 は 米 国 の 試 験 機 関 で 確 認 中 で 現 時 点 で 一 部 の 部 品 の 性 能 確 認 がされたいないため 同 社 からは 現 在 の 部 品 の 耐 火 性 能 の 向 上 させる 暫 定 改 修 方 法 が 報 告 されている また 同 社 からは 国 内 向 けに 出 荷 され た 他 の 座 席 では 同 様 な 事 例 は 見 当 たらないが 外 国 向 け 座 席 で 試 験 に 使 用 した 材 料 と 製 造 に 使 用 した 材 料 が 異 なる 事 例 があり 調 査 を 進 めているとの 途 中 報 告 を 受 けていると いう 航 空 工 業 / 防 衛 ニュース 川 崎 重 工 3 四 半 期 決 算 為 替 影 響 などで 減 収 減 益 に 航 空 宇 宙 は 営 業 損 失 GT 機 械 は 営 業 利 益 確 保 川 崎 重 工 は 1 月 30 日 2009 年 3 月 期 第 3 四 半 期 連 結 決 算 を 発 表 した それによると 同 期 の 受 注 高 は 対 前 年 同 期 564 億 円 減 の1 兆 872 億 円 売 上 高 は 同 962 億 円 減 の9549 億 円 となり 営 業 利 益 は147 億 円 と 前 年 同 期 より390 億 円 減 少 経 常 利 益 も 215 億 円 と 同 265 億 円 減 少 し 当 期 純 利 益 は74 億 円 と 同 215 億 円 減 少 した 営 業 利 益 の 減 少 は 為 替 の 影 響 減 収 素 材 価 格 上 昇 の 影 響 などが 大 きいとしている 通 期 の 業 績 連 結 見 通 しは 受 注 高 1 兆 5800 億 円 ( 対 前 期 307 億 円 減 ) 売 上 高 1 兆 3300 億 円 ( 同 1710 億 円 )と 見 込 んでいるが 売 上 加 重 平 均 レートは 前 期 1ドル=115 円 から 今 回 公 表 の 見 通 しでは1ドル=90 円 として 適 用 している 損 益 面 では 営 業 利 益 180 億 円 ( 対 前 年 度 589 億 円 減 ) 経 常 利 益 280 億 円 ( 同 359 億 円 減 ) 当 期 純 利 益 110 億 円 ( 同 241 億 円 減 )と 見 込 んでいる このうち 航 空 宇 宙 分 野 の 業 績 については 受 注 高 は 前 年 同 期 より379 億 円 減 の877 億 円 売 上 高 は 同 451 億 円 減 の 1264 億 円 で 営 業 損 益 は43 億 円 の 営 業 損 失 ( 前 年 道 は124 億 円 の 営 業 利 益 )となった これは 防 衛 需 要 案 件 の 減 少 ボーイング 社 向 け 民 需 分 担 生 産 品 の 売 上 減 為 替 の 影 響 による 売 上 減 によるものとしている さらに 減 収 と 棚 卸 資 産 評 価 損 計 上 により 利 益 が 減 少 した なお 2008 年 度 通 期 予 想 は 受 注 高 2200 億 円 ( 対 前 期 175 億 円 増 ) 売 上 高 1800 億 円 ( 同 573 億 円 )を 見 込 み これにより 営 業 損 益 は0 億 円 を 見 込 む 一 方 航 空 エンジンを 含 むガスタービン 機 械 部 門 の 業 績 は 受 注 高 は 前 年 同 期 より1206 億 円 増 の2793 億 円 売 上 高 は 同 85 億 円 増 の1388 億 円 営 業 利 益 は 同 6 億 円 増 の67 億 円 となった 受 注 増 については 最 新 旅 客 機 用 エンジンTrentXWBの 開 発 生 産 プログラム 参 画 による 受 注 増 があり 売 上 高 も 産 業 用 ガスタービン 舶 用 ディーゼルの 売 上 増 があり 増 加 した 利 益 については 素 材 価 格 上 昇 や 棚 卸 資 産 評 価 損 計 上 等 により 減 少 した なお 2008 年 度 の 見 通 しは 受 注 高 3400 億 円 ( 対 前 期 1126 億 円 増 ) 売 上 高 2000 億 円 ( 同 146 億 円 増 )と 見 込 み 営 業 利 益 は110 億 円 ( 同 23 億 円 減 )と 見 込 む 空 自 グアムで 日 米 共 同 訓 練 築 城 のF2など 展 開 B52との 訓 練 も 航 空 自 衛 隊 は グアム 島 での 日 米 共 同 訓 練 を2 月 1 日 から 開 始 した 2 月 14 日 まで 実 施 する 築 城 基 地 のF-2 戦 闘 機 8 機 三 沢 基 地 のE-2C 早 期 警 戒 機 2 機 をグアム 島 に 派 遣 し 米 軍 との 戦 闘 機 戦 闘 訓 練 防 空 戦 闘 訓 練 さらに 国 外 では 4 回 目 の 空 対 地 射 爆 撃 訓 練 を 実 施 する 米 軍 側 では アラスカ 州 アイルソン 基 地 の 太 平 洋 空 軍 第 11 空 軍 第 354 戦 闘 航 空 団 第 18 教 導 飛 行 隊 のF-16 戦 闘 機 10 機 程 度 グアム 空 軍 基 地 所 在 の 第 8 空 軍 第 5 爆 撃 航 空 団 第 23 遠 征 爆 撃 飛 行 隊 のB-52 爆 撃 機 2 機 程 度 加 えて 米 海 軍 第 5 空 母 航 空 団 第 136 戦 術 電 子 戦 飛 行 隊 のEA-6B 電 子 戦 機 2 機 程 度 が 参 加 する 予 定 空 自 F-2は 築 城 基 地 よりグアム 島 アンダーセン 空 軍 基 地 に 直 行 ( 復 路 は 百 里 基 地 経 由 ) E-2Cは 百 里 硫 黄 島 を 経 由 してアンダーセン 基 地 に 向 かう 計 画 で 1 月 20 日 より 展 開 を 開 始 し 撤 収 完 了 が2 月 24 日 の 予 定 整 備 員 整 備 器 材 等 の 空 輸 のため 航 空 支 援 集 団 のC-130H 輸 送 機 がグアム までの 往 復 の 空 輸 を 実 施 する 海 外 メーカーニュース 787 型 の 生 産 ライン 正 常 化 へ5 号 機 最 終 組 立 開 始 初 号 機 飛 行 試 験 前 試 験 を 開 始 受 注 は895 機 に ボーイングは 飛 行 試 験 用 5 号 機 をもって 1 月 29 日 に 787 型 機 の 製 造 を 再 開 した この 機 体 はZA005と 呼 ばれ ゼネラルエレクトリック(GE)GEnxエンジンを 推 進 力 と して 搭 載 する 最 初 の787 型 機 となっている 主 要 な 大 型 組 立 品 は 過 去 数 日 でセットされ 主 翼 と 胴 体 は 同 時 に 最 終 組 立 場 に 持 ち 込 まれた なお この 発 表 で ボーイングは 787の 受 注 機 数 は 58 社 のエアラインから895 機 に 上 っている としており 一 時 900 機 を 越 した 受 注 がやや 減 少 している 787 最 終 組 立 および 再 編 担 当 のジャック ジョーンズ 副 社 長 は この5 号 機 で 安 定 した 製 造 リズムを 取 り 戻 す パートナー 各 社 から 約 束 どおりの 完 成 レベルのセクション がエバレットに 到 着 している それらは 製 造 の 成 熟 のため 求 められてきたものにほぼ 近 い パートナー 各 社 により 製 造 のアップに 不 可 欠 な 組 立 プロセスの 流 れがかなり 進 捗 した と 述 べた 飛 行 試 験 用 に 設 計 された6 機 のうち5 機 は 現 在 製 造 ステー ジの 修 正 を 行 っている 飛 行 試 験 1 号 機 ZA001は 今 週 動 力 を 復 活 させ 第 2 四 半 期 に 予 定 される 初 飛 行 に 向 けて 製 造 試 験 を 再 開 した ZA002にはロールス ロイス 製 エン ジンに 取 り 付 けられ 組 立 工 場 の4 番 目 と 最 終 のポジション にある 飛 行 試 験 3 号 機 4 号 機 は3 番 目 と2 番 目 のポジ ションにある

7 WING DAILY( 毎 週 月 金 曜 発 行 祝 日 休 刊 ) 第 1840 号 2009 年 ( 平 成 21 年 )02 月 02 日 ( 月 曜 日 ) (7) ファスナーの 打 ち 替 え 作 業 は 1 号 機 では 完 了 し 2 号 機 もほぼ 完 了 3 4 号 機 についても 順 調 に 進 んでいる と ジョーンズ 副 社 長 は 述 べた 飛 行 試 験 6 号 機 については 世 界 各 地 のパートナー 会 社 の 工 場 で 製 造 中 である また 現 在 30 機 分 の787 型 機 の 組 立 が 始 まっている 海 外 エアラインニュース SIA 冬 季 路 線 展 開 見 直 しも 日 本 線 に 変 更 なし インド 東 南 アジア 欧 州 で 減 便 も 中 東 は 増 便 シンガポール 航 空 (SIA)は 3 月 28 日 までの 冬 季 スケ ジュールにおいて 運 航 便 の 段 階 的 な 見 直 しを 実 施 する 今 回 の 見 直 しは 世 界 的 な 景 気 低 迷 における 顧 客 の 需 要 に 柔 軟 に 対 応 するためで SIAは 今 後 も 路 線 の 見 直 しを 図 っ ていくという インド 路 線 はシンガポールーハイデラバード 路 線 で 2 月 21 日 より 週 4 便 から 週 3 便 に 減 便 する ニューデリー 路 線 は 3 月 10 日 から3 月 24 日 の 期 間 限 定 で 週 6 便 から 週 5 便 に 一 時 的 に 減 便 する ムンバイ 路 線 は 2 月 27 日 より 週 5 便 から 週 4 便 に 減 便 する 東 南 アジア 路 線 は 2 月 2 日 3 月 28 日 の 期 間 で シンガ ポールーバンコク 線 のSQ972 便 およびSQ975 便 を 運 休 し 週 25 便 の 運 航 体 制 とする アメリカ 路 線 は シンガポー ルーロサンゼルス 線 およびシンガポールーニューアーク 線 の 全 席 ビジネスクラス 便 のうち 週 2 便 を 運 休 し 週 5 便 体 制 とする ヨーロッパ 路 線 は シンガポールーロンドン 線 のSQ308 便 およびSQ319 便 を 減 便 し 3 月 9 日 23 日 の 期 間 で 現 行 の 週 21 便 から 週 19 便 体 制 にする また シンガポールー チューリッヒ 線 は 3 月 9 日 より 現 行 のデイリー 体 制 から SQ342 便 およびSQ341 便 を 週 5 便 に 減 便 し 週 12 便 体 制 で 運 航 する 中 東 路 線 については シンガポールーアブダビ 経 由 ク ウェート 路 線 の 運 航 を3 月 15 日 から 週 4 便 体 制 で 開 始 する これにより シンガポールーアブダビ 路 線 は 現 行 の 週 3 便 か ら 週 7 便 に 増 便 し デイリー 体 制 となる シンガポールーカ イロ 路 線 は ドバイ 経 由 のSQ492 便 およびSQ493 便 を3 月 12 日 より 現 行 の 週 3 便 から 週 4 便 に 増 便 する これにより シンガポールードバイ 線 は 週 16 便 体 制 となる チェジュ 航 空 関 空 線 のGSAにエア システム 新 設 日 本 フライトマネージメントは 北 九 州 線 担 当 ウル 線 日 本 フライトマネージメントは 北 九 州 ーソウル 線 を 担 当 していく これに 先 立 って 1 月 12 日 に 韓 国 の 金 浦 空 港 内 の7C 本 社 にてGSA 契 約 調 印 式 を 実 施 した チェジュ 航 空 は 3 月 20 日 の 就 航 をめざし 関 空 ーソウ ル 線 のデイリー 運 航 北 九 州 ーソウル 線 の 週 3 便 運 航 を 国 交 省 に 申 請 しており 韓 国 から 日 本 への 定 期 便 航 空 会 社 とし て 大 韓 航 空 とアシアナ 航 空 に 続 く3 番 目 の 航 空 会 社 とな る なお 各 GSAの 所 在 地 は 以 下 の 通 り エア システム 大 阪 支 店 大 阪 市 中 央 区 本 町 本 町 華 東 ビル5 階 / TEL= /FAX= / = 日 本 フライトマネージメント 北 九 州 市 小 倉 北 区 鍛 冶 町 北 九 州 東 洋 ビ ル4 階 /TEL= /FAX= 旅 行 関 連 ニュース ジャルパック 誕 生 45 周 年 記 念 ツアーを 発 売 羽 田 特 別 見 学 とJAL 乗 員 訓 練 所 訪 問 SF5 日 間 の 旅 ジャルパックは 今 年 がジャルパックブランド 誕 生 45 周 年 を 迎 え ハワイ アメリカ ヨーロッパなど 全 8 方 面 にジャ ルパック 誕 生 45 周 年 記 念 ツアー を 発 売 した 米 国 では JALグループのツアーとして 羽 田 空 港 特 別 見 学 と 日 本 航 空 運 航 乗 員 訓 練 所 を 訪 ねるサンフランシスコ5 日 間 を 発 売 した 羽 田 空 港 のフライトシミュレーターやナパにある 日 本 航 空 ナパ 運 航 乗 員 訓 練 所 を 見 学 する 羽 田 空 港 とナパ 運 航 乗 員 訓 練 所 の 見 学 を 組 み 合 わせたツ アー 企 画 は 今 回 の 商 品 が 初 めてとのことで 現 在 はまだ 商 品 発 売 の 告 知 を 開 始 していない 状 態 だが すでに11 名 の 予 約 申 込 みがあったという 往 路 はJALプレミアムエコノミー 復 路 は 追 加 代 金 プラ ンがある また 入 手 困 難 な 訓 練 センターのオリジナル キャップをプレゼントする 訓 練 所 見 学 後 NAPA VALLEYGRILLE でカリフォルニア 料 理 とナパワインも 賞 味 できる 出 発 は4 月 30 日 9 月 24 日 の 出 発 日 限 定 で8 本 催 行 する 最 少 催 行 6 名 最 大 12 名 出 発 地 は 成 田 伊 丹 福 岡 千 歳 旅 行 代 金 は 成 田 発 の 羽 田 空 港 特 別 見 学 と 日 本 航 空 運 航 乗 員 訓 練 所 を 訪 ねるサンフランシスコ5 日 間 が18 万 8000 円 23 万 8000 円 ( 燃 油 サーチャージ 込 み 空 港 諸 税 国 内 空 港 施 設 使 用 料 別 ) 販 売 目 標 人 数 は96 名 韓 国 のチェジュ 航 空 (7C)は このほど 日 本 地 区 総 代 理 店 (GSA)として エア システムと 日 本 フライトマ ネージメントの2 社 を 指 定 した エア システムは 関 空 ーソ URL=ジャルパック 誕 生 45 周 年 記 念 ツアー

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版))

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版)) 広 報 用 資 料 2014 年 度 定 期 航 空 協 会 年 次 総 会 資 料 1 2013 年 度 事 業 報 告 P.1 2 2014 年 度 事 業 方 針 P.10 3 役 員 の 選 任 P.12 2014 年 5 月 23 日 1 2013 年 度 事 業 報 告 定 期 航 空 協 会 規 約 第 3 条 に 示 された 本 会 の 目 的 達 成 のため 2013 年 度 事

More information

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対 資 料 2 道 内 空 港 活 性 化 ビジョン( 仮 称 ) 策 定 に 関 する 関 係 機 関 団 体 からの 主 な 意 見 ( 新 千 歳 空 港 ) 新 千 歳 空 港 の 課 題 は 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 新 千 歳 空 港 は 日 本 初 の24 時 間 運 用 が 開 始 されているが 深 夜 早 朝 時 間 帯 の 発 着 は1 日 6 枠 に 制 限 欧 米 に

More information

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加)

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加) 防 衛 省 自 衛 隊 の 警 戒 監 視 態 勢 について 平 成 6 年 11 月 防 衛 省 警 戒 監 視 活 動 海 上 自 衛 隊 は P-3C 哨 戒 機 により 北 海 道 の 周 辺 海 域 日 本 海 並 びに 東 シナ 海 を 航 行 する 船 舶 などの 状 況 を それ ぞれの 海 域 において 監 視 している 航 空 自 衛 隊 においても レーダーサイトによる 常 時

More information

京 都 議 定 書 のCO2 削 減 目 標 達 成 に 必 要 な 森 林 吸 収 量 を 確 保 するため 森 林 所 有 者 に 再 造 林 など 森 林 の 適 切 な 管 理 を 義 務 付 け 適 切 な 管 理 を 行 った 者 に 対 して 森 林 管 理 直 接 支 払 い 制 度

京 都 議 定 書 のCO2 削 減 目 標 達 成 に 必 要 な 森 林 吸 収 量 を 確 保 するため 森 林 所 有 者 に 再 造 林 など 森 林 の 適 切 な 管 理 を 義 務 付 け 適 切 な 管 理 を 行 った 者 に 対 して 森 林 管 理 直 接 支 払 い 制 度 2008 年 10 月 民 主 党 北 海 道 総 支 部 連 合 会 政 策 調 査 委 員 会 衆 議 院 選 挙 に 係 わる 北 海 道 重 点 政 策 はじめに 第 45 回 衆 議 院 選 挙 の 政 権 公 約 (マニフェスト)は 民 主 党 本 部 が 近 く 発 表 することにな ってい この 衆 議 院 選 挙 に 係 わる 北 海 道 重 点 政 策 は 11 月 にも 想 定

More information

Microsoft PowerPoint - Ⅰ 130122時点_資料1.ppt

Microsoft PowerPoint - Ⅰ 130122時点_資料1.ppt 資 料 2 Ⅰ. 国 際 拠 点 空 港 等 に 関 連 した 利 活 用 案 (1) 我 が 国 の 国 際 拠 点 空 港 の 航 空 ネットワーク( 国 際 便 ) 1 (2) 沖 縄 における 航 空 機 整 備 の 状 況 8 (3) ( 独 ) 国 際 協 力 機 構 の 援 助 物 資 備 蓄 拠 点 10 (4) まとめ( 国 際 拠 点 空 港 等 にかかる 利 活 用 ) 11

More information

佐賀空港への陸自ティルト・ローター機の配備について

佐賀空港への陸自ティルト・ローター機の配備について 平 成 26 年 9 月 防 衛 省 佐 賀 空 港 への 陸 自 ティルト ローター 機 の 配 備 について 佐 賀 空 港 への 配 備 について 今 後 のティルト ローター 機 の 運 用 に 際 して 同 機 の 配 備 先 につ いて 九 州 地 方 を 中 心 に 部 隊 運 用 の 実 効 性 強 化 日 米 協 力 の 強 化 配 備 のための 十 分 な 地 積 の 確 保 市

More information

JAL Xxxxxxxx Xxxxxxxx

JAL Xxxxxxxx Xxxxxxxx 平 成 19 年 3 月 期 決 算 2007 年 5 月 9 日 第 07017 号 JALグループは 本 日 平 成 19 年 3 月 期 の 連 結 決 算 並 びに 平 成 20 年 3 月 期 の 連 結 業 績 目 標 を 取 り 纏 めました 概 要 は 以 下 のとおりです 1. JALグループ 連 結 決 算 ( 単 位 : 億 円 ) 平 成 19 年 3 月 期 決 算 平 成

More information

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書 平 成 24 年 度 国 の 予 算 編 成 に 対 する 東 京 都 の 提 案 要 求 ( 平 成 23 年 11 月 ) 提 案 要 求 先 内 閣 官 房 総 務 省 法 務 省 外 務 省 財 務 省 厚 生 労 働 省 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 環 境 省 防 衛 省 都 所 管 局 知 事 本 局 総 務 局 都 市 整 備 局 環 境 局 福 祉 保 健 局 建 設 局

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BF38D60834183938350815B83678DC58F4995F18D908F9188EA8A872E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BF38D60834183938350815B83678DC58F4995F18D908F9188EA8A872E646F63> 首 都 圏 の 空 港 に 関 する 企 業 へのアンケート 調 査 調 査 結 果 報 告 書 平 成 18 年 8 月 横 浜 市 目 次 調 査 の 概 要... 2 調 査 結 果 ( 要 旨 )... 3 アンケートの 集 計 結 果... 12 1 回 答 企 業 の 属 性... 12 1) 業 種 別... 12 2) 所 在 地 別... 13 3) 資 本 金 規 模 別...

More information

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 ( 骨 子 ) Ⅰ. 概 観 日 米 同 盟 は 日 本 の 安 全 とアジア 太 平 洋 地 域 の 平 和 と 安 定 のために 不 可 欠 な 基 礎 同 盟 に 基 づいた 緊 密 かつ 協 力 的 な 関 係 は 世 界 における 課 題 に 対 処 する 上 で 重 要 な 役 割 を 果 たす 閣 僚 は 役 割 任 務 能 力

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

(4) 株 式 利 子 および 配 当 等 の 権 益 性 投 資 所 得 は 所 得 を 分 配 する 企 業 の 所 在 地 に 基 づき 確 定 する; (5) 利 息 所 得 賃 貸 料 所 得 特 許 権 使 用 料 所 得 は これらの 所 得 を 負 担 もしくは 支 払 う 企 業

(4) 株 式 利 子 および 配 当 等 の 権 益 性 投 資 所 得 は 所 得 を 分 配 する 企 業 の 所 在 地 に 基 づき 確 定 する; (5) 利 息 所 得 賃 貸 料 所 得 特 許 権 使 用 料 所 得 は これらの 所 得 を 負 担 もしくは 支 払 う 企 業 中 華 人 民 共 和 国 企 業 所 得 税 法 実 施 条 例 第 1 章 総 則 第 1 条 中 華 人 民 共 和 国 企 業 所 得 税 法 ( 以 下 企 業 所 得 税 法 と 略 称 )の 規 定 に 基 づ き 本 条 例 を 制 定 する 第 2 条 企 業 所 得 税 法 第 1 条 にいう 個 人 独 資 企 業 パートナーシップ 企 業 とは 中 国 の 法 律 行 政 法

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応 抜 粋 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について

More information

ANAグループ 経 営 理 念 安 心 と 信 頼 を 基 礎 に 世 界 をつなぐ 心 の 翼 で 夢 にあふれる 未 来 に 貢 献 します 社 長 就 任 の 抱 負 をお 話 しいただけますか 片 野 坂 ANAグループの 経 営 理 念 は 経 営 者 が 交 代 して も 変 わりません 安 心 と 信 頼 を 基 礎 に は 何 といっ ても 安 全 が 事 業 の 基 盤 であることを

More information

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災 資 料 5 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 緊 急 石 油 供 給 について 平 成 28 年 5 月 17 日 資 源 エネルギー 庁 資 源 燃 料 部 現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必

More information

Microsoft Word - 温対編_1章_130531

Microsoft Word - 温対編_1章_130531 第 1 地 球 温 暖 化 問 題 と 我 が 国 の 現 状 地 球 温 暖 化 は 人 間 活 動 によって 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 など 温 室 効 果 ガスの 濃 度 が 増 加 し これに 伴 って 太 陽 からの 日 射 や 地 表 面 から 放 射 する 熱 の 一 部 がバランスを 超 えて 温 室 効 果 ガ スに 吸 収 されることにより 地 表 面 の 温 度 が

More information

小 規 模 企 業 景 気 動 向 調 査 ( 月 次 ) 産 業 全 体 の 業 況 過 去 10 年 のトレンド 悪 化 好 転 DI 10 0-10 -20-30 -40-50 -60-70 -80-90 2006 年 2 月 2007 年 2 月 2008 年 2 月 2009 年 2 月

小 規 模 企 業 景 気 動 向 調 査 ( 月 次 ) 産 業 全 体 の 業 況 過 去 10 年 のトレンド 悪 化 好 転 DI 10 0-10 -20-30 -40-50 -60-70 -80-90 2006 年 2 月 2007 年 2 月 2008 年 2 月 2009 年 2 月 小 規 模 企 業 景 気 動 向 調 査 [ 平 成 28 年 1 月 期 調 査 ] ~ 全 業 種 で 売 上 額 が 落 ち 込 んだ 小 規 模 企 業 景 況 ~ 2016 年 2 月 23 日 全 国 商 工 会 連 合 会 < 調 査 概 要 > 調 査 対 象 : 全 国 約 300 商 工 会 の 経 営 指 導 員 調 査 時 点 :2016 年 1 月 末 調 査 方 法 :

More information

3 基地の沿革

3 基地の沿革 基 地 の 沿 革 昭 1 20. 2 2 2 2 2 30. 3 3 3 3 3 3 3 40. 4 4 4 4 4 4 1 1 1 旧 陸 軍 飛 行 第 5 連 隊 ( 立 川 ) 附 属 多 摩 飛 行 場 として 設 置 当 時 の 滑 走 路 は 1,300m 米 軍 ( 第 一 騎 兵 師 団 一 個 中 隊 )が 進 駐 し 旧 陸 軍 の 施 設 を 接 収 第 3 爆 撃 飛 行

More information

* 海 外 旅 行 平 均 費 用 は 燃 油 サーチャージ 旅 行 先 での 交 通 費 宿 泊 費 食 費 を 含 む < 年 末 年 始 の 旅 行 の 特 徴 > 12 月 28 日 から1 月 5 日 まで11 年 ぶりの 最 大 9 連 休 冬 のボーナス 増 も 旅 行 を 後 押 し

* 海 外 旅 行 平 均 費 用 は 燃 油 サーチャージ 旅 行 先 での 交 通 費 宿 泊 費 食 費 を 含 む < 年 末 年 始 の 旅 行 の 特 徴 > 12 月 28 日 から1 月 5 日 まで11 年 ぶりの 最 大 9 連 休 冬 のボーナス 増 も 旅 行 を 後 押 し JTB 広 報 室 140-8602 東 京 都 品 川 区 東 品 川 2-3-11 TEL.03-5796 -5833 FAX.03-5796 -5848 http://jtb 2013 年 第 109 号 (2013.12. 4) 年 末 年 始 (2013 年 12 月 23 日 ~2014 年 1 月 3 日 )の 旅 行 動 向 国 内 旅 行 海 外 旅 行 共 に 過 去 最 高 国

More information

Microsoft Word - エコノミスト便り 渡邊 160622.docx

Microsoft Word - エコノミスト便り 渡邊 160622.docx エコノミスト 便 り 6 年 6 三 井 住 友 アセットマネジメント シニアエコノミスト 渡 邊 誠 本 経 済 消 費 低 迷 の 背 景 を 探 る 浮 かび 上 がる 5 つの 要 因 雇 所 得 環 境 が 堅 調 な 割 に 個 消 費 が 冴 えないのは 何 故 か 個 消 費 低 迷 の 背 景 を 探 った 様 々な 経 済 統 計 を 分 析 していくと 可 処 分 所 得 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20939D8D87837483408343838B81A897E291A08B8D93F72E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20939D8D87837483408343838B81A897E291A08B8D93F72E646F63> 品 目 別 事 例 編 39 40 畜 産 物 1 第 1 編 冷 蔵 牛 肉 目 次 航 空 輸 出 に 係 る 問 題 点 と 課 題 1-3 Ⅰ. 輸 出 の 動 向 1-4 1. 輸 出 品 目 の 概 要 1) 冷 蔵 牛 肉 の 国 内 生 産 量 2) 冷 蔵 牛 肉 の 輸 送 形 態 別 輸 出 量 3) 冷 蔵 牛 肉 の 輸 出 先 国 地 域 別 税 関 別 輸 出 実 績

More information

重 点 プロジェクトの 内 容 テーマ 1. 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 取 組 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 具 体 的 (1) 新 幹 線 駅 から 道 南 はもとより 道 内 各 所 の 観 光

重 点 プロジェクトの 内 容 テーマ 1. 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 取 組 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 具 体 的 (1) 新 幹 線 駅 から 道 南 はもとより 道 内 各 所 の 観 光 資 料 1 北 海 道 交 通 ネットワーク 総 合 ビジョン 重 点 プロジェクトの 推 進 状 況 1 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 1 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 2 新 幹 線 駅 における 交 通 情 報 案 内 機 能 の 整 備 3 札 幌 までの 早 期 完 成 青 函 共 用 走 行

More information

無 料 化 など あらゆる 政 策 を 見 直 し 選 択 と 集 中 による 大 幅 な 予 算 の 組 み 替 えを 行 うべきである 不 足 する 財 源 は 大 震 災 で 大 きな 影 響 を 受 けているわが 国 経 済 の 動 向 に 十 分 留 意 しつつ 税 制 措 置 により 安

無 料 化 など あらゆる 政 策 を 見 直 し 選 択 と 集 中 による 大 幅 な 予 算 の 組 み 替 えを 行 うべきである 不 足 する 財 源 は 大 震 災 で 大 きな 影 響 を 受 けているわが 国 経 済 の 動 向 に 十 分 留 意 しつつ 税 制 措 置 により 安 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 に 関 する 要 望 平 成 23 年 3 月 31 日 日 本 商 工 会 議 所 去 る3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 巨 大 な 津 波 を 伴 い 沿 海 部 を 壊 滅 的 に 破 壊 するとともに 東 北 から 関 東 にわたる 広 い 範 囲 に 甚 大 な 被 害 をもたらした 地 震 津 波 原 発 事 故

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037>

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037> 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 平 成 27 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は じ め に 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は 自 動 車 の 生 産 販 売 使 用 の 各 段 階 にわたる 総 合 団 体 として クルマ 社 会 の 健 全 な 発 展 に 貢 献 し 持 続 可 能 な 社 会 の

More information

5 視 察 報 告 7 月 1 日 ( 火 ) 宮 城 県 仙 台 市 人 口 :106 万 6,609 人 面 積 :785.85 km2 [ 気 象 地 形 ] 仙 台 市 は 北 緯 38 度 付 近 と 比 較 的 高 緯 度 に 位 置 していますが 仙 台 湾 に 面 し た 海 洋 性

5 視 察 報 告 7 月 1 日 ( 火 ) 宮 城 県 仙 台 市 人 口 :106 万 6,609 人 面 積 :785.85 km2 [ 気 象 地 形 ] 仙 台 市 は 北 緯 38 度 付 近 と 比 較 的 高 緯 度 に 位 置 していますが 仙 台 湾 に 面 し た 海 洋 性 平 成 26 年 度 埼 玉 西 部 消 防 組 合 議 会 行 政 視 察 報 告 書 1 期 日 平 成 26 年 7 月 1 日 ( 火 )~ 7 月 2 日 ( 水 ) 2 視 察 地 ⑴ 宮 城 県 仙 台 市 仙 台 市 役 所 (7 月 1 日 ) ⑵ 宮 城 県 東 松 島 市 東 松 島 市 役 所 航 空 自 衛 隊 松 島 基 地 (7 月 2 日 ) 3 視 察 者 ⑴ 埼

More information

News Release

News Release この SIA グループ 年 次 決 算 (2014 年 4 月 1 日 ~2015 年 3 月 31 日 )は 2015 年 5 月 14 日 シンガポールにて 発 表 された 資 料 の 日 本 語 抄 訳 です 財 務 および 運 航 状 況 に 関 する 統 計 値 の 概 要 を 添 付 資 料 A に 示 しています ( 金 額 はすべてシンガポール ドルです ) シンガポール 航 空 (SIA)

More information

平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 7 月 名 古 屋 商 工 会 議 所 我 が 国 の 経 済 情 勢 は 安 倍 政 権 下 での 金 融 財 政 政 策 が 功 を 奏 し 極 端 な 円 高 水 準 の 是 正 や 株 価 の 上 昇 とともに 本 年 4 月 以 降 の 消 費 増 税 の 影 響 を 吸 収 しつ つ 経 済 再 生 とデフレ

More information

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464>

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464> 京 都 府 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 平 成 27 年 12 月 京 都 府 この 報 告 書 は 京 都 府 における 職 員 数 や 給 与 勤 務 条 件 人 件 費 の 状 況 などを 広 く 府 民 の 皆 様 に 公 表 することにより 本 府 の 人 事 行 政 の 透 明 性 をさらに 高 めるとともに その 適 正 な 運 営 を 確 保 するた め 職 員

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

2

2 1 2 3 2014 年 度 上 期 のコマツの 連 結 売 上 高 は 前 年 同 期 比 +1.9% 増 収 の9,425 億 円 営 業 利 益 は 前 年 同 期 比 +15.3% 増 益 の1,256 億 円 となりました 営 業 利 益 率 も+1.5ポ イント 改 善 し 13.3%となりました 純 利 益 は 前 年 同 期 比 1.0% 減 益 の779 億 円 となりました [

More information

職 員 給 与 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-28 号 改 正 平 成 15 年 12 月 1 日 規 程 第 15-103 号 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 16-31 号 改 正 平 成 16 年 10 月 28 日 規 程 第 16-54

職 員 給 与 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-28 号 改 正 平 成 15 年 12 月 1 日 規 程 第 15-103 号 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 16-31 号 改 正 平 成 16 年 10 月 28 日 規 程 第 16-54 職 員 給 与 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-28 号 改 正 平 成 15 年 12 月 1 日 規 程 第 15-103 号 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 16-31 号 改 正 平 成 16 年 10 月 28 日 規 程 第 16-54 号

More information

スライド 1

スライド 1 元 気 な 日 本 復 活 予 算 5つのポイント メリハリ/ 従 来 型 の 配 分 を 大 胆 に 組 み 替 えます 拡 充 社 会 保 障 5% 増 科 学 研 究 費 補 助 金 3 割 増 重 点 化 別 枠 で 成 長 と 雇 用 に 重 点 化 見 直 し 公 共 事 業 を 実 質 5% 削 減 税 制 措 置 法 人 減 税 ( 以 降 別 枠 関 連 予 算 は と 表 示 )

More information

資 料 3 新 たな 沖 縄 振 興 の 枠 組 みと 展 開 について 平 成 26 年 2 月 7 日 沖 縄 県 企 画 部 沖 縄 21 世 紀 ビジョン 基 本 計 画 ( 沖 縄 振 興 計 画 )の 進 捗 について 平 成 24 年 3 月 28 日 第 63 回 沖 縄 県 振 興 審 議 会 沖 縄 21 世 紀 ビジョン 基 本 計 画 ( 仮 称 )( 案 ) の 答 申

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63> 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 平 成 22 年 12 月 17 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める これに 伴 い 平 成 16 年 12 月 10 日 付 け 閣 議 決 定 平 成 17 年 度 以 降 に 係 る 防 衛

More information

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして 第 9 章 日 本 の 海 洋 安 全 保 障 政 策 カントリー プロファイル 小 谷 哲 男 1. 海 洋 法 の 解 釈 (1) 領 海 における 無 害 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 1996 年 に 国 連 海 洋 法 条 約 を 批 准 した 後 同 条 約 による 海 域 の 区 分 に 応 じて 領 海 及 び 接 続 水 域 に 関 する 法 律 ( 領 海 法

More information

[ 需 要 動 向 ( 消 費 投 資 )] 個 人 消 費 ~ 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられる 百 貨 店 スーパー( 全 店 ) 販 売 額 (7 月 ) 百 貨 店 スーパー 販 売 額 は 82 億 円 で 前 年 同 月 比 2.%の 増 加

[ 需 要 動 向 ( 消 費 投 資 )] 個 人 消 費 ~ 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられる 百 貨 店 スーパー( 全 店 ) 販 売 額 (7 月 ) 百 貨 店 スーパー 販 売 額 は 82 億 円 で 前 年 同 月 比 2.%の 増 加 北 海 道 の 景 気 動 向 ( 平 成 28 年 7 月 の 経 済 指 標 を 中 心 として) 需 要 動 向 ( 消 費 投 資 ) P 個 人 消 費 ( 百 貨 店 スーハ ー 販 売 額 コンヒ ニエンスストア 販 売 額 新 車 登 録 台 数 ) 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられる P 2 住 宅 建 設 ( 新 設 住 宅 着 工 戸

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 23 年 3 月 期 第 2 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 10 月 29 日 上 場 会 社 名 株 式 会 社 商 船 三 井 上 場 取 引 所 東 大 名 福 コード 番 号 9104 URL http://www.mol.co.jp/ir-j/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 執 行 役 員 ( 氏 名 )

More information

Ⅰ. 提 案 事 項 1. 国 では 空 港 が 地 域 活 性 化 に 果 たす 役 割 に 着 目 し 空 港 の 上 下 一 体 化 による 民 間 委 託 を 進 めている 上 下 一 体 化 を 通 じた 空 港 の 民 間 委 託 により 着 陸 料 の 低 下 や 空 港 ビル 経 営

Ⅰ. 提 案 事 項 1. 国 では 空 港 が 地 域 活 性 化 に 果 たす 役 割 に 着 目 し 空 港 の 上 下 一 体 化 による 民 間 委 託 を 進 めている 上 下 一 体 化 を 通 じた 空 港 の 民 間 委 託 により 着 陸 料 の 低 下 や 空 港 ビル 経 営 道 内 空 港 の 民 間 委 託 の 方 向 性 について 平 成 28 年 3 月 北 海 道 経 済 連 合 会 Ⅰ. 提 案 事 項 1. 国 では 空 港 が 地 域 活 性 化 に 果 たす 役 割 に 着 目 し 空 港 の 上 下 一 体 化 による 民 間 委 託 を 進 めている 上 下 一 体 化 を 通 じた 空 港 の 民 間 委 託 により 着 陸 料 の 低 下 や 空

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031333131313193C195F181458A438FE38EA9897191E082CC8B7E93EF94F28D7392F855532D322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031333131313193C195F181458A438FE38EA9897191E082CC8B7E93EF94F28D7392F855532D322E646F63> 海 上 自 衛 隊 の 救 難 飛 行 艇 US-2 ~ 引 き 継 がれてきた 技 術 と 将 来 展 望 ~ 取 材 執 筆 : 秋 元 一 峰 海 洋 政 策 研 究 財 団 海 洋 グループ 主 任 研 究 員 髙 田 祐 子 海 洋 政 策 研 究 財 団 海 技 グループ 海 事 チーム 員 2013 年 6 月 21 日 に 太 平 洋 上 で 遭 難 したヨット エオラス 号 に 乗

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 熊 谷 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 8 月 熊 谷 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 6 第 3

More information

給付減額を行った厚生年金基金数

給付減額を行った厚生年金基金数 論 点 3 厚 生 年 金 基 金 制 度 等 の 在 り 方 関 係 資 料 資 料 2-2 代 行 制 度 の 意 義 役 割 と 変 遷 1 1. 代 行 制 度 の 性 格 代 行 制 度 は 公 的 年 金 の 一 部 を 基 金 という 国 以 外 の 者 が 管 理 運 用 する 仕 組 み イギリスの 適 用 除 外 制 度 とは 異 なり 公 的 年 金 としての 性 格 を 持

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

地球温暖化対策推進法に基づく

地球温暖化対策推進法に基づく 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 25(2013) 温 の 集 計 結 果 平 成 28 年 6 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 は 温 スを 相 当 程 度 多 く する

More information

JSA2001/ごあいさつ

JSA2001/ごあいさつ 2007 年 12 月 20 日 海 事 記 者 会 各 位 社 団 法 人 日 本 船 主 協 会 2007 年 海 運 界 10 大 ニュースについて 当 協 会 は 本 年 の 海 運 界 10 大 ニュースを 別 紙 のとおり 選 定 いたしましたので お 知 らせいたします 以 上 本 件 に 関 する 問 い 合 わせ 先 ( 社 ) 日 本 船 主 協 会 総 務 部 (TEL:03-3264-7181

More information

特別乗継割引 2015年9月1日~10月24日ご搭乗分(2015年6月24日更新)

特別乗継割引 2015年9月1日~10月24日ご搭乗分(2015年6月24日更新) 2015 年 ご 搭 乗 分 (2015 年 6 月 24 日 更 新 ) 表 示 される 運 賃 は 当 該 区 間 の 直 行 便 の 運 航 がある 場 合 に 有 効 です 記 載 されている 運 賃 とは 別 に 羽 田 空 港 成 田 空 港 中 部 空 港 北 九 州 空 港 発 着 便 をご 利 用 の 場 合 空 港 ビル 会 社 に 代 わって 旅 客 施 設 使 用 料 を 申

More information

平 成 18 年 度 1 鳥 取 県 18.8.9 2 北 海 道 18.8.25 実 動 3 茨 城 県 18.9.29 実 動 4 福 岡 県 18.10.16 5 福 井 県 18.10.20 6 埼 玉 県 18.10.26 7 大 阪 府 18.11.2 8 東 京 都 18.11.10

平 成 18 年 度 1 鳥 取 県 18.8.9 2 北 海 道 18.8.25 実 動 3 茨 城 県 18.9.29 実 動 4 福 岡 県 18.10.16 5 福 井 県 18.10.20 6 埼 玉 県 18.10.26 7 大 阪 府 18.11.2 8 東 京 都 18.11.10 平 成 17 年 度 1 埼 玉 県 富 山 県 鳥 取 県 佐 賀 県 17.10.28 埼 玉 県 富 山 県 鳥 取 県 及 び 佐 賀 県 において 連 続 多 発 爆 破 テロが 発 生 2 福 井 県 17.11.27 実 動 関 西 電 力 ( 株 ) 美 浜 発 電 所 がテログループによる 攻 撃 を 受 け 同 施 設 の 一 部 が 損 傷 を 受 けたことによ り 放 射 性

More information

wd.pm.ç êV

wd.pm.ç êV WING DAILY( 毎 週 月 金 曜 発 行 祝 日 休 刊 ) 第 1594 号 2008 年 ( 平 成 20 年 ) 1 月 24 日 ( 木 曜 日 ) (1) WING DAILY HEADLINE NEWS ANA08 年 度 運 航 計 画 羽 田 香 港 など 中 国 線 増 強 図 る 国 際 貨 物 郵 便 事 業 への 注 力 目 立 つ 国 内 は7 路 線 運 休 全

More information

目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 す

目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 す 深 谷 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 28 年 3 月 深 谷 市 目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目

More information

調査報告書のご案内

調査報告書のご案内 各 位 平 成 22 年 3 月 25 日 更 生 会 社 株 式 会 社 日 本 航 空 更 生 会 社 株 式 会 社 日 本 航 空 インターナショナル 更 生 会 社 株 式 会 社 ジャルキャピタル 管 財 人 株 式 会 社 企 業 再 生 支 援 機 構 管 財 人 片 山 英 二 調 査 報 告 書 のご 案 内 更 生 会 社 各 社 の 更 生 手 続 につきましては 関 係 者

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し 税 制 抜 本 改 革 に 伴 う 車 体 課 税 及 び 地 方 法 人 課 税 の 見 直 し 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 総 務 委 員 会 調 査 室 星 友 佳 1.はじめに 平 成 24 年 8 月 社 会 保 障 税 一 体 改 革 の 一 環 として 消 費 税 率 の 引 上 げ 等 を 内 容 とす る 税 制 抜 本 改 革 法 1 が 成 立

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037208DE096B18FC8816993C18BE691E631368E9F208DC48C9F93A2977690BF89F1939A208CC2955B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037208DE096B18FC8816993C18BE691E631368E9F208DC48C9F93A2977690BF89F1939A208CC2955B816A2E646F63> 07 財 務 省 特 区 第 16 次 再 検 討 要 請 回 答 管 理 コード 070010 プロジェクト 名 要 望 事 項 土 地 区 画 整 理 事 業 における 公 共 施 設 充 当 用 地 につ 都 道 府 県 愛 媛 県 ( 事 項 名 ) 提 案 主 体 名 いての 事 業 施 行 者 の 証 明 書 の 発 行 要 件 の 見 直 し 提 案 事 項 管 理 番 号 1006010

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に 各 務 原 の 歴 史 (1) 各 務 原 飛 行 場 について 大 正 3 年 (1914)6 月 第 一 次 世 界 大 戦 が 勃 発 し 西 欧 諸 国 の 航 空 兵 力 が 戦 況 を 有 利 な ものにしていました そんな 様 子 に 刺 激 されたわが 国 の 陸 軍 中 央 部 は 航 空 兵 力 の 強 化 を 考 え 航 空 部 隊 の 新 設 を 命 令 しました そして 大

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶 私 たちの 国 有 財 産 ご 存 知 ですか? 国 有 財 産 わが 国 には 国 の 行 政 機 関 や 国 会 などの 庁 舎 や 国 道 港 湾 公 園 さらには 国 有 林 など 多 くの 国 有 財 産 があり そのひとつひとつが 私 たちの 生 活 に 関 係 する 大 切 なものになっていま 財 務 省 では 国 民 共 有 の 財 産 である 国 有 財 産 が 有 効 に 活 用

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 24 年 度 防 衛 予 算 案 の 概 要 防 衛 省 注 1: 本 文 中 の 計 数 は 特 に 記 載 のある 場 合 を 除 き 装 備 品 等 の 製 造 等 に 要 する 初 度 費 を 除 く 経 費 を 表 示 している 2: 本 文 中 の 計 数 は 特 に 記 載 のある 場 合 を 除 き 契 約 ベースである 3: 本 文 中 の 青 字 は 新 規 事 業 を

More information

乗継割引28 2015年9月1日~6日ご搭乗分(2015年6月24日更新)

乗継割引28 2015年9月1日~6日ご搭乗分(2015年6月24日更新) 2015 年 ご 搭 乗 分 (2015 年 6 月 24 日 更 新 ) 表 示 される 運 賃 は 当 該 区 間 の 直 行 便 の 運 航 がある 場 合 に 有 効 です 記 載 されている 運 賃 とは 別 に 羽 田 空 港 成 田 空 港 中 部 空 港 北 九 州 空 港 発 着 便 をご 利 用 の 場 合 空 港 ビル 会 社 に 代 わって 旅 客 施 設 使 用 料 を 申

More information

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx 地 方 法 人 課 税 関 係 資 料 資 料 1 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 改 革 の 趣 旨 欧 米 各 国 も 行 ってきたように 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる ことにより 法 人 課 税 を 成 長 志 向 型 の 構 造 に 変 える より 広 く 負 担 を 分 かち 合 い 稼 ぐ 力 のある 企 業 等 の 税 負

More information

Microsoft Word - JFAS50 要請 HP用ファイル

Microsoft Word - JFAS50 要請 HP用ファイル A 航 空 行 政 A01 航 空 の 安 全 に 対 する 行 政 の 基 本 的 な 考 え 方 について A01-1 安 全 上 必 要 な 規 則 が 守 られるための 適 切 な 規 制 を 講 じること 航 空 の 安 全 を 確 保 するためには 適 切 な 安 全 規 制 が 設 定 されることが 必 要 であ るが それだけでは 十 分 ではない 安 全 を 確 保 するための 規

More information

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 第 53 回 インナー 大 会 国 内 農 業 の 海 外 市 場 参 入 専 修 大 学 望 月 ゼミ 国 際 比 較 班 大 里 尚 史 勝 亦 ありさ 北 川 美 有 香 発 表 の 流 れ 問 題 提 起 国 内 農 業 の 現 状 分 析 オランダの 農 業 現 状 政 策 提 言 問 題 提 起 大 テーマ 持 続 的 可 能 な 経 済 成 長 の 実 現 日 本 経 済 再 生 プロジェクト

More information

経済・物価情勢の展望(2015年10月)

経済・物価情勢の展望(2015年10月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 10 月 ) 2015 年 10 月 30 日 日 本 銀 行 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にかけて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけては 消 費 税 率 引 き 上

More information

(2) 沿 革 有 史 以 降 上 海 の 名 前 がでてくるのは 1843 年 のアヘン 戦 争 後 に 締 結 された 南 京 条 約 により 対 外 貿 易 港 として 開 港 したときが 初 めてである 南 京 条 約 によって 欧 米 の 公 使 館 が 設 置 され 貿 易 港 として

(2) 沿 革 有 史 以 降 上 海 の 名 前 がでてくるのは 1843 年 のアヘン 戦 争 後 に 締 結 された 南 京 条 約 により 対 外 貿 易 港 として 開 港 したときが 初 めてである 南 京 条 約 によって 欧 米 の 公 使 館 が 設 置 され 貿 易 港 として 上 海 市 概 況 1. 一 般 概 況 (1) 概 要 ( 人 口 面 積 主 要 産 業 ) 市 名 上 海 市 面 積 6,340.5km2( 群 馬 県 (6,363.2km2)とほぼ 同 じ 東 京 都 は 2,102.4km2 ) 人 口 常 住 人 口 2415.27 万 人 出 生 率 *1 7.25 *4( 戸 籍 人 口 ) 戸 籍 人 口 1433.62 万 人 死 亡 率 *2

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE98BC68C6F8963834583468375837D834B835783938782343930>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE98BC68C6F8963834583468375837D834B835783938782343930> 490 2016 8/23 Weeklyエコノミスト レター 2016 年 8 月 16 日 号 2016 2017 年 度 経 済 見 通 し (16 年 8 月 ) 経 済 金 融 フラッシュ 2016 年 8 月 18 日 号 貿 易 統 計 16 年 7 月 ~ 円 高 が 進 む 中 輸 出 数 量 は 横 ばい 圏 で 踏 みとどまる 統 計 調 査 資 料 2016 年 4-6 月 期

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で みずほインサイト 政 策 2015 年 12 月 18 日 COP21 がパリ 協 定 を 採 択 地 球 温 暖 化 抑 止 に 向 けた 今 後 の 課 題 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 堀 千 珠 03-3591-1304 chizu.hori@mizuho-ri.co.jp 2015 年 11 月 末 からフランスで 開 催 された 気 候 変 動 枠 組 条 約 第 21 回 締

More information

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道 2 月 14 日 から 16 日 の 大 雪 等 の 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 26 年 2 月 16 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 概 況 ( 気 象 庁 ) (1) 気 象 の 概 況 (2 月 16 日 現 在 ) 前 線 を 伴 った 低 気 圧 が 14 日 (

More information

国民の保護に関する業務計画

国民の保護に関する業務計画 国 民 の 保 護 に 関 する 業 務 計 画 平 成 26 年 12 月 中 部 電 力 株 式 会 社 1 2 目 次 第 1 章 総 則... 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的... 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針... 1 第 3 節 国 が 想 定 する 武 力 攻 撃 事 態 等 における 電 力 供 給 電

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832362E31302E323720283129959F89AA8BF38D6082CC96AF8AD488CF91F582C982C282A282C48179967B95D2817A816988C4816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832362E31302E323720283129959F89AA8BF38D6082CC96AF8AD488CF91F582C982C282A282C48179967B95D2817A816988C4816A2E646F6378> 福 岡 空 港 の 民 間 委 託 について( 案 ) 福 岡 空 港 運 営 検 討 協 議 会 平 成 26 年 10 月 1 福 岡 空 港 の 現 状 について (1) 空 港 の 概 要 1 (2) 就 航 路 線 利 用 状 況 3 (3) 福 岡 空 港 の 需 要 予 測 及 び 滑 走 路 処 理 容 量 について 5 (4) 福 岡 空 港 の 整 備 ( 滑 走 路 増 設

More information

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 序 章 2015 年 の 東 アジア - 厳 しさを 増 す 戦 略 環 境 - 1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 上 に シリア 領

More information

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 1. 促 進 正 概 要 1 近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 主 海 溝 型 評 価 結 果 主 要 活 層 評 価 結 果 文 部

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 先 課 題 推 進 枠 や 地 財 政 計 画 における

More information

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効 果 ガス 排 出 量 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 22(2010) 年 度 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 集 計 結 果 平 成 25 年 9 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効

More information

wd.pm.ç êV

wd.pm.ç êV WING DAILY( 毎 週 月 金 曜 発 行 祝 日 休 刊 ) 第 1583 号 2008 年 ( 平 成 20 年 ) 1 月 8 日 ( 火 曜 日 ) (1) WING DAILY HEADLINE NEWS 年 末 年 始 実 績 ANA 国 際 線 で 過 去 最 高 の 旅 客 数 国 内 線 は 両 社 とも 伸 び 悩 み 悪 天 候 が 影 響 か 航 空 会 社 各 社

More information

枝幸町議会だより 第35号

枝幸町議会だより 第35号 先 ~ 頑 張 ~ ~ / 編 集 記 p ~ p ~ p ~ p ~ 去 降 ぞ 岡 就 峰 峰 執 針 述 単 契 得 契 項 程 結 原 Y O S K O I ソ ラ 祭 夢 想 漣 準 賞 賞 チ ム ベ 演 舞 準 賞 栄 誉 勝 結 精 宣 話 題 勇 感 与 深 感 謝 表 層 躍 祈 念 申 略 ケ 提 依 頼 夢 想 漣 準 賞 賞 略 執 針 峰 執 針 峰 執 針 峰 準 賞

More information

<8E518D6C8E9197BF2E786477>

<8E518D6C8E9197BF2E786477> 参 考 1 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 123 2 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 施 行 令 ( 抄 ) 140 3 愛 知 県 石 油 コンビナート 等 防 災 本 部 条 例 154 4 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 第 28 条 第 5 項 第 6 号 の 規 定 に 基 づく 市 町 村 の 指 定 155 5 愛 知 県 石 油 コンビナート

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63> 第 1 編 総 論 第 1 章 市 の 責 務 計 画 の 位 置 づけ 構 成 等 廿 日 市 市 ( 市 長 及 びその 他 の 執 行 機 関 をいう 以 下 市 という )は 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 する 責 務 にかんがみ 国 民 の 保 護 のための 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するため 以 下 のとおり 市 の 責 務 を 明 らかにするとともに

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート 2014 年 度 新 車 販 売 の 行 方 発 表 日 :2014 年 1 月 24 日 ( 金 ) ~ 車 体 課 税 の 見 直 しの 効 果 はいかに?~ ( 要 旨 ) 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 エコノミスト 大 塚 崇 広 TEL:03-5221-4525 昨 年 12 月 に 平 成

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

集 Business Labor Trend 09 短 緩 断 熱 板 ガ 味 仮 優 戸 着 遅 公 共 優 初 案 件 算 執 留 巻 環 厳 述 接 飲 総 仕 昇 営 占 悪 懸 念 来 春 〇 卒 幅 未 答 慎 激 む 従 凍 結 派 遣 休 激 ホ 休 館 閉 鎖 喚 努 考 修 誘

集 Business Labor Trend 09 短 緩 断 熱 板 ガ 味 仮 優 戸 着 遅 公 共 優 初 案 件 算 執 留 巻 環 厳 述 接 飲 総 仕 昇 営 占 悪 懸 念 来 春 〇 卒 幅 未 答 慎 激 む 従 凍 結 派 遣 休 激 ホ 休 館 閉 鎖 喚 努 考 修 誘 集 Business Labor Trend 09 未 曽 範 囲 接 幸 平 洋 沿 岸 滞 網 混 乱 首 都 圏 接 平 洋 沿 岸 漁 寄 区 養 殖 稚 貝 滅 漁 船 沈 没 湾 破 損 漁 区 深 刻 ダ 網 混 乱 慮 粛 欲 退 風 評 幅 ナ 別 詳 細 控 懸 念 相 館 盟 べ 延 べ 万 千 歳 空 近 依 存 幅 飲 土 幅 振 末 損 失 額 〇 〇 億 円 粛 ~ 額

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

1. 消 費 の 低 迷 を 背 景 とした 日 本 経 済 の 停 滞 の 見 方 を 維 持 : 成 長 の 微 修 正 2015 年 度 は 前 年 度 の 落 ち 込 みを 回 復 せ ず 景 気 の 現 状 をみると 2015 年 度 の 実 質 GDP 1 は+0.8%となり 2 年 振

1. 消 費 の 低 迷 を 背 景 とした 日 本 経 済 の 停 滞 の 見 方 を 維 持 : 成 長 の 微 修 正 2015 年 度 は 前 年 度 の 落 ち 込 みを 回 復 せ ず 景 気 の 現 状 をみると 2015 年 度 の 実 質 GDP 1 は+0.8%となり 2 年 振 2016 年 5 月 24 日 新 生 銀 行 金 融 調 査 部 MRFRD-20160004 消 費 の 実 態 は 弱 く 景 気 は 停 滞 との 見 方 を 維 持 ~2016 2017 年 度 の 日 本 経 済 の 見 通 し~ 実 質 GDP の 予 想 2016 年 度 ( 増 税 あり) 0.5% ( 増 税 なし) 0.5% 2017 年 度 ( 増 税 あり) 0.3% (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FC88347836C96408366815B835E8FEE95F18CF68A4A90BF8B8182CC8C6F88DC32303037944E8250824F8C8E825293FA2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FC88347836C96408366815B835E8FEE95F18CF68A4A90BF8B8182CC8C6F88DC32303037944E8250824F8C8E825293FA2E646F63> 2007 年 10 月 3 日 地 球 温 暖 化 防 止 情 報 公 開 訴 訟 3 地 裁 判 決 を 経 て 大 阪 高 裁 判 決 へ ( 省 エネ 法 第 1 種 エネルギー 管 理 指 定 工 場 ( 事 業 所 )の 燃 料 別 電 気 の 種 別 エネルギー 使 用 量 の 定 期 報 告 の 情 報 開 示 請 求 と 非 開 示 処 分 の 取 消 し 開 示 命 令 を 求 める

More information

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策 vol.9 2015 社 会 動 向 レポート 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルに 関 する 課 題 と 解 決 策 チーフコンサルタント 環 境 エネルギー 第 1 部 高 木 重 定 食 品 リサイクル 法 の 見 直 しの 議 論 を 踏 まえ 家 庭 から 発 生 する 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルが 進 まない 理 由 と 解 決 策 について 考 察 を 行 った 1. 食

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が 福 島 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 23 年 度 (23 年 度 末 ) 人 1,991,865 2,231,214,824 A 5,986,441 275,881,976 B 人 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年

More information

271030_表紙-2.xdw

271030_表紙-2.xdw 空 中 給 油 機 KC-130の 鹿 屋 基 地 への 訓 練 移 転 に 係 るこれまでの 対 応 と 防 衛 省 との 協 議 について 平 成 27 年 10 月 30 日 鹿 屋 市 目 次 Ⅰ 鹿 屋 基 地 に 係 る 在 日 米 軍 再 編 について P1 P1 Ⅱ 空 中 給 油 機 KC-130の 鹿 屋 基 地 に おける 訓 練 概 要 P4 P2 Ⅲ 防 衛 省 への 主

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 第 5 回 バイオマス 事 業 化 戦 略 検 討 チーム 資 料 1 JX 日 鉱 日 石 エネルギーにおける バイオマス 燃 料 に 対 する 取 組 み 2012. 4. 11 JX 日 鉱 日 石 エネルギー 株 式 会 社 執 行 役 員 研 究 開 発 企 画 部 長 吉 田 正 寛 1 ご 説 明 内 容 1.はじめに 2.バイオガソリンの 導 入 状 況 3.バイオマス 燃 料 の

More information