98 国 土 地 理 院 時 報 2014 No.126 精 度 検 証 を 行 い, 基 準 点 (GCP)を 1 点 用 いればデ ジタルステレオ 図 化 機 により 地 図 情 報 レベル のための 標 定 精 度 や, 等 高 線 標 高 点 等 を 含 めた 図 化 精 度 が

Size: px
Start display at page:

Download "98 国 土 地 理 院 時 報 2014 No.126 精 度 検 証 を 行 い, 基 準 点 (GCP)を 1 点 用 いればデ ジタルステレオ 図 化 機 により 地 図 情 報 レベル 25000 のための 標 定 精 度 や, 等 高 線 標 高 点 等 を 含 めた 図 化 精 度 が"

Transcription

1 国 土 全 域 における 2 万 5 千 分 1 地 形 図 の 整 備 刊 行 とその 経 緯 97 国 土 全 域 における 2 万 5 千 分 1 地 形 図 の 整 備 刊 行 とその 経 緯 1:25,000 topographic map publication in the whole area of national land and its history 基 本 図 情 報 部 根 本 正 美 下 山 泰 志 関 崎 賢 一 石 山 信 郎 小 室 勝 也 1 木 村 幹 夫 中 野 正 広 塚 崎 靖 久 National Mapping Department Masami NEMOTO, Yasushi Shimoyama, Kenichi SEKIZAKI, Noburo ISHIYAMA, Katsuya KOMURO, Mikio KIMURA, Masahiro NAKANO and Yasuhisa TSUKAZAKI 要 旨 2 万 5 千 分 1 地 形 図 の 整 備 刊 行 は, 平 成 26 年 (2014 年 )7 月 1 日 の 北 方 四 島 の 色 丹 島 及 び 択 捉 島 の 刊 行 をもって 国 土 全 域 について 完 了 した. 2 万 5 千 分 1 地 形 図 は, 明 治 41 年 (1908 年 )の 測 量 開 始 以 来, 一 世 紀 の 長 きに 亘 って 整 備 が 進 められ たが, 本 格 的 に 整 備 が 始 まったのは, 昭 和 39 年 (1964 年 )に 第 二 次 基 本 測 量 長 期 計 画 で 全 国 整 備 を 目 標 と することが 定 められたことによる. この 長 期 計 画 策 定 から 約 20 年 後 の 昭 和 58 年 (1983 年 )に, 北 方 四 島 等, 一 部 の 離 島 を 除 いてひととお りの 整 備 が 完 了 した. 残 った 離 島 については, 人 工 衛 星 画 像 の 高 解 像 度 化 といった 技 術 的 発 展 を 背 景 と して 近 年 整 備 が 加 速 し,このたびの 全 国 の 刊 行 に 至 ったものである. 本 稿 では,2 万 5 千 分 1 地 形 図 の 国 土 全 域 での 整 備 刊 行 に 至 るまでの 経 緯, 原 版 の 管 理 から 原 デー タの 管 理 への 移 行, 更 新 の 考 え 方 の 変 化 など, 主 に 昭 和 58 年 (1983 年 ) 以 降 の 出 来 事 にスポットを 当 てて 報 告 する. 1. はじめに 明 治 になって 近 代 測 量 が 始 まり,2 万 分 1,5 万 分 1 地 形 図 等 の 縮 尺 の 地 形 図 が 作 成 される 中,2 万 5 千 分 1 地 形 図 ( 以 下 地 形 図 という.)の 測 量 は 明 治 41 年 (1908 年 )に 開 始 された. 戦 後 しばらくま では 5 万 分 1 地 形 図 が 国 土 全 域 を 覆 うものとして 整 備 が 進 められ,2 万 5 千 分 1 は 地 域 を 限 定 して 細 々 と 実 施 された. 昭 和 13 年 (1938 年 )には 一 旦 中 止 となり, 戦 後 の 昭 和 25 年 (1950 年 )に 建 設 省 地 理 調 査 所 が 再 開 した. 地 形 図 の 本 格 的 な 整 備 は, 昭 和 39 年 (1964 年 ) を 初 年 度 とする 第 2 次 基 本 測 量 長 期 計 画 以 降 である. この 頃 から 写 真 測 量 が 導 入 され,これ 以 前 に 平 板 測 量 で 作 成 された 図 面 についても, 写 真 測 量 による 改 測 が 順 次 行 われた. 昭 和 58 年 (1983 年 )には, 北 方 四 島 等, 一 部 の 離 島 を 除 く 地 域 において 地 形 図 の 整 備 ( 以 下, 昭 和 58 年 (1983 年 ) 時 点 の 整 備 という.)をひととお り 完 了 した.この 時 点 での 完 了 に 対 して, 建 設 大 臣 から 表 彰 状 が 授 与 された.( 宮 腰 ほか 1985) なお, 地 形 図 の 測 量 開 始 年 次 は,これまで 明 治 43 年 (1910 年 )としてきたが, 今 回 の 北 方 四 島 での 刊 行 に 関 連 して 関 係 資 料 を 調 査 確 認 していく 過 程 で 明 治 41 年 (1908 年 ) 測 量 のものが 存 在 することが 判 明 したため, 明 治 41 年 (1908 年 )とする. 次 章 からは, 昭 和 58 年 (1983 年 )から 平 成 26 年 (2014 年 )7 月 1 日 の 全 国 整 備 終 了 に 至 るまでの 地 形 図 整 備 刊 行 の 経 緯, 原 図 ( 原 データ)や 修 正 方 法 の 変 遷 等 について 報 告 する. 2. 国 土 全 域 での 地 形 図 整 備 刊 行 までの 主 な 経 緯 昭 和 58 年 (1983 年 ) 時 点 で 整 備 がなされていな かった 離 島 は, 尖 閣 諸 島, 島 根 県 沖 の 竹 島, 北 方 四 島 であった.その 後 のこれらの 島 々における 地 形 図 整 備 の 経 緯 を 概 説 する. 2.1 尖 閣 諸 島 における 地 形 図 の 整 備 尖 閣 諸 島 は 昭 和 63 年 (1988 年 )に 測 量 されて 平 成 元 年 (1989 年 )1 月 30 日 に 刊 行 された. 空 中 写 真 については 昭 和 53 年 (1978 年 )の 時 点 ですでに 撮 影 されたものがあったが, 島 に 基 準 点 がない 中 で, 精 度 の 検 証 を 慎 重 に 行 った 上 で 刊 行 したものである. 2.2 竹 島 における 地 形 図 の 整 備 竹 島 は 平 成 19 年 (2007 年 )に 衛 星 画 像 を 使 用 し て 測 量 され, 竹 島 を 分 図 として 含 んだ 図 面 西 村 が 同 年 12 月 1 日 に 刊 行 された. 大 韓 民 国 が 竹 島 を 実 効 支 配 をしている 状 況 下 では 空 中 写 真 撮 影 が 困 難 で あったが, 平 成 18 年 (2006 年 )1 月 に 打 ち 上 げられ た 陸 域 観 測 技 術 衛 星 だいち (ALOS)が 搭 載 した PRISM センサ( 解 像 度 2.5m)は 前 方 視, 直 下 視, 後 方 視 の 3 方 向 を 観 測 できるため,ステレオ 画 像 が 取 得 できるようになった.このステレオ 画 像 から 3 次 元 データを 取 得 する 技 術 が 確 立 し, 空 中 写 真 に 代 わって 衛 星 画 像 ( 衛 星 写 真 )を 用 いた 写 真 測 量 が 可 能 になった. この 整 備 に 先 立 ち 衛 星 画 像 を 用 いた 地 形 図 作 成 の 現 所 属 : 1 企 画 部

2 98 国 土 地 理 院 時 報 2014 No.126 精 度 検 証 を 行 い, 基 準 点 (GCP)を 1 点 用 いればデ ジタルステレオ 図 化 機 により 地 図 情 報 レベル のための 標 定 精 度 や, 等 高 線 標 高 点 等 を 含 めた 図 化 精 度 が 確 保 できることを 確 認 した.( 石 関,2008) また, 位 置 精 度 を 慎 重 に 検 証 するため, 複 数 回 の PRISM センサのデータを 用 いるとともに, 民 間 で 販 売 されている 衛 星 画 像 も 判 読 の 補 助 資 料 として 使 用 した. にある 画 像 基 準 点 の 座 標, 衛 星 画 像 と RPC ファイル を 元 に 得 た 当 該 の 画 像 基 準 点 の 座 標 の 双 方 を 比 較 し, その 差 分 データを 用 いて 北 方 四 島 地 域 の 画 像 の 位 置 の 補 正 を 行 った.なお, 差 分 データは 複 数 の 画 像 基 準 点 を 使 ったので 複 数 点 の 平 均 となる. 2.3 北 方 四 島 における 地 形 図 の 整 備 北 方 四 島 に 関 しては, 戦 前 に 陸 地 測 量 部 が 平 板 測 量 で 作 成 した 5 万 分 1 地 形 図 に, 国 土 地 理 院 が 衛 星 画 像 で 判 別 できた 道 路, 建 物 等 を 加 刷 して 平 成 4 年 (1992 年 )に 刊 行 した 5 万 分 1 地 形 図 が, 最 大 縮 尺 の 地 形 図 だった. 北 方 四 島 でも, 先 述 の だいち の PRISM センサ の 画 像 を 使 用 した 地 形 図 作 成 が 平 成 21 年 (2009 年 ) 度 から 開 始 された. 平 成 21 年 (2009 年 ) 測 量 の 歯 舞 群 島 及 び 国 後 島 南 部 の 13 面 を 平 成 22 年 (2010 年 ) 12 月 1 日 に 刊 行 後, 国 後 島 の 残 る 部 分 の 平 成 22 年 (2010 年 ) 測 量 の 7 面 及 び 平 成 23 年 (2011 年 ) 測 量 の 9 面 を 平 成 24 年 (2012 年 )3 月 1 日 及 び 12 月 1 日 にそれぞれ 刊 行 した.ここまでの 図 面 は 墨, 褐, 藍 の 3 色 刷 で 作 成 している.そして, 平 成 26 年 (2014 年 )7 月 1 日 には 最 後 まで 未 刊 行 地 域 だった 北 方 四 島 の 色 丹 島 及 び 択 捉 島 における 平 成 24 年 (2012 年 ) 平 成 25 年 (2013 年 ) 測 量 の 47 面 を 刊 行 した. ( 図 -1 及 び 図 -2) 以 上 の 経 緯 を 経 て, 国 土 全 域 において 地 形 図 が 整 備 刊 行 された. ちなみに, 平 成 26 年 (2014 年 )2 月 28 日 には, 北 方 四 島 を 含 む 国 土 全 域 の 電 子 国 土 基 本 図 のインタ ーネット 上 の 地 理 院 地 図 での 閲 覧 サービスや 電 子 地 形 図 の 刊 行 が 開 始 されている. 地 形 図 を 刊 行 するまでに 約 4 ヶ 月 のタイムラグが 生 じたの は, 刊 行 に 必 要 な 調 製, 点 検, 印 刷 等 の 一 連 の 作 業 が 必 要 なためである. ここで, 改 めて 簡 単 に 衛 星 画 像 による 地 形 図 作 成 の 方 法 に 触 れておきたい. 通 常 の 空 中 写 真 測 量 による 工 程 では, 作 業 計 画, 標 定 点 ( 画 像 基 準 点 ) 測 量, 現 地 調 査, 空 中 三 角 測 量, 数 値 図 化, 数 値 編 集, 電 子 国 土 基 本 図 データフ ァイルの 作 成 になるが, 竹 島 や 北 方 四 島 における PRISM センサ 画 像 による 作 成 では, 作 業 地 域 の 特 性 上, 現 地 測 量 ができないため, 標 定 点 測 量 及 び 現 地 調 査 は 実 施 していない. また, 座 標 の 測 定 は, 衛 星 画 像 に 対 して 作 成 され た 精 密 幾 何 モデル( 有 理 多 項 式 )の 係 数 ファイル (RPC ファイル)を 用 いて 行 った.これまでの 研 究 成 果 ( 南 ほか,2009)を 踏 まえ, 同 一 パスの 本 土 域 図 -1 北 方 四 島 の 電 子 国 土 基 本 図 の 作 成 範 囲 ( 図 中 の 面 積 は 5 万 分 1 地 形 図 を 基 に 計 測 したもの) 図 -2 択 捉 島 東 端 ラッキベツ 岬 付 近 の 電 子 国 土 基 本 図 高 さについては, 海 面 との 境 界 付 近 の 明 瞭 な 位 置 に 標 高 の 基 準 となる 点 を 5 点 以 上 設 定 し,その 点 の 標 高 を 0m と 設 定 した. さらに, 現 地 調 査 を 実 施 できないことにより 明 瞭 な 判 読 が 行 えない 植 生 については, 北 海 道 根 室 半 島 付 近 の 植 生 分 布 を 参 考 に 判 読 の 事 例 集 を 作 成 した 上 で, 判 読 作 業 を 行 った. 画 像 の 解 像 度 が 2.5m のた め,1 画 素 以 内 の 幅 員 を 有 する 道 路 縁 及 び 水 涯 線 の 取 得 判 断 が 困 難 な 部 分 は, 可 能 な 範 囲 で ALOS 以 外 の 高 分 解 能 衛 星 画 像 も 併 せて 利 用 した. 3. 地 形 図 の 原 図 ( 原 データ)と 編 集 システム 等 の 変 遷

3 国 土 全 域 における 2 万 5 千 分 1 地 形 図 の 整 備 刊 行 とその 経 緯 99 地 形 図 の 原 図 は, 昭 和 時 期 はアナログベースであ ったが, 平 成 に 入 って 間 もなくラスタデータとなり, 平 成 12 年 (2000 年 )ごろからはベクトルデータと して 整 備 されている.さらに, 平 成 19 年 (2007 年 ) 以 降 は 基 盤 地 図 情 報 を 用 いた 高 精 度 化 に 取 り 組 み, その 成 果 を 電 子 国 土 基 本 図 として 整 備 している. ここでは,これらの 経 緯 について 概 説 する. 3.1 スクライブ 作 業 をベースとする 原 図 への 移 行 昭 和 59 年 (1984 年 ) 度 から, 編 集 製 図 方 式 への 転 換 がなされた.これは,それまでの 丸 ペンによる 地 形 図 原 図 作 成 とスクライブ 原 図 作 成 の 2 つの 工 程 を 一 本 化 したダイレクト スクライブによる 方 式 を 導 入 したものである. スクライブ 作 業 をベースとする 編 集 製 図 方 式 では, 編 集 とスクライブの 両 方 の 技 術 が 求 められることに なったが, 編 集 と 同 時 に 色 別 に 分 版 してスクライブ することで 作 業 効 率 の 向 上 が 図 られた. 3.2 ラスタデータへの 移 行 社 会 の 様 々な 分 野 で 電 算 化 が 進 んでいることに 合 わせ, 地 形 図 もデジタル 化 が 不 可 欠 な 情 勢 になった. 地 形 図 のデジタル 化 を 進 めることは, 原 図 を 修 正 し 続 けることによる 品 質 の 劣 化 の 解 決 にもつながる ものと 期 待 された. これらを 背 景 として,アナログ 方 式 の 編 集 製 図 方 式 に 代 わるラスタデータによる 数 値 編 集 方 式 につい ての 検 討 技 術 開 発 が, 平 成 3 年 (1991 年 ) 度 から 進 められた. 編 集 システムは, 2 万 5 千 分 1 地 形 図 修 正 システム ( 通 称 VRC:Vector Raster CAD. 以 下 VRC という.)と 名 付 けられ, 平 成 5 年 (1993 年 ) 度 には 一 部 の 地 方 測 量 部 で 試 験 作 業 を 行 った. また, 平 成 6 年 (1994 年 ) 度 からは 全 地 方 測 量 部 及 び 外 注 作 業 で 修 正 を 開 始 した. 平 成 6 年 (1994 年 )を 初 年 度 とする 第 5 次 基 本 測 量 長 期 計 画 では, 高 度 情 報 化 社 会 における 経 済 社 会 活 動 の 基 盤 情 報 の 1 つとして, 地 形 図 をラスタデー タ 化 した 地 形 図 画 像 情 報 を 整 備 することが 定 められ た. 平 成 6 年 (1994 年 )1 月 1 日 には,VRC を 活 用 して 作 成 された 第 1 号 図 榛 名 湖 が 刊 行 された. あわせて 地 形 図 のラスタデータ 化 は 順 次 進 められ, 平 成 10 年 (1998 年 ) 度 には 全 国 すべての 図 面 のラ スタデータ 化 が 完 了 した. VRC では, 編 集 した 地 物 建 物 記 号 の 移 動 が 極 め てスムーズにでき,また 道 路 はその 中 心 線 を 引 き 幅 員 を 指 定 することできれいな 平 行 線 を 引 くことが 可 能,といった, 当 時 としては 画 期 的 な 機 能 を 有 して おり,スクライブベースの 作 業 と 比 較 して, 著 しい 効 率 化 が 図 られた. 3.3 ベクトルデータへの 移 行 平 成 7 年 (1995 年 )1 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 では, GIS が 復 旧 復 興 に 大 きな 役 割 を 果 たしたことから, その 重 要 性 が 政 府 部 内 でも 強 く 認 識 されることとな った.そのため 地 形 図 の 管 理 も,ラスタデータから, GIS においてより 利 便 性 有 用 性 の 高 いベクトルデ ータに 転 換 を 図 っていくことにした. 全 国 の 地 形 図 からベクトルデータを 整 備 する 事 業 として, 平 成 12 年 (2000 年 ) 度 及 び 平 成 13 年 (2001 年 ) 度 に 分 1 地 形 図 ベクトルデータ の 事 業 ( 注 : 厳 密 には 平 成 12 年 (2000 年 ) 度 の 事 業 名 は レベル GIS 基 盤 情 報 であったが, 地 図 情 報 レベル 2500 も GIS 基 盤 情 報 と 呼 んでおり, 混 同 を 防 ぐため 事 業 名 を 変 更 した.)として 全 国 の 地 形 図 のベクトルデータ 作 成 作 業 が 立 ち 上 げられ, 地 形 図 は, 当 該 ベクトルデータをベースにして 整 備 刊 行 を 行 うこととした.またベクトルデータそのも のも,GIS 等 で 有 用 なデータであることから, 数 値 地 図 25000( 空 間 データ 基 盤 ) として 平 成 13 年 (2001 年 )10 月 に 刊 行 が 開 始 されている. ベクトルデータが 新 たに 整 備 され, 地 形 図 も 双 方 を 刊 行 し 続 ける 必 要 があることから, 作 業 全 体 の 効 率 化 を 図 るため,ベクトルデータの 修 正 作 業 と 地 形 図 の 修 正 作 業 を 一 体 とした 作 業 として 行 えないかが 検 討 された. 検 討 の 結 果,VRC によるラスタデータ をベースとする 修 正 作 業 から,ベクトルデータをベ ースとする 修 正 作 業 に 移 行 する 方 針 が 立 てられた. 平 成 12 年 (2000 年 ) 度 にはベクトルデータの 管 理 修 正, 地 形 図 のためのデータ 編 集 等 が 可 能 な 新 しいシステムの 構 築 に 着 手 した.このシステムは 新 地 形 図 情 報 システム ( 通 称 NTIS:New Topographic map Information System.)と 呼 ばれ, 順 調 にシステム 開 発 が 進 み, 平 成 14 年 (2002 年 ) 度 からこれを 用 いた 修 正 作 業 を 開 始 した.このシステムは,ベクト ルデータを 編 集 しつつも,それまでの 2 万 5 千 分 1 地 形 図 とほぼ 同 じ 表 現 を 再 現 できる, 優 れたレンダ リング 機 能 が 装 備 されたもので,VRC と 同 様 に 効 率 的 な 作 業 が 実 現 できた. 地 形 図 の 基 データがラスタデータからベクトルデ ータに 変 更 されたのに 伴 い, 国 土 全 域 のデータがシ ームレスに 展 開 できるようになった. なお, 平 成 6 年 (1994 年 ) 度 からの 第 5 次 の 基 本 測 量 長 期 計 画 においては,ベクトル 化 について 明 確 な 記 述 はされていないが, 平 成 16 年 (2004 年 ) 度 からの 第 6 次 の 計 画 においては, 国 土 全 域 での 地 図 情 報 レベル 25000, 都 市 計 画 区 域 で 主 要 な 項 目 を 対 象 とする 地 図 情 報 レベル 2500 のベクトルデータを 整 備 することが 定 められている. なお, 当 時 のベクトルデータへの 移 行 の 経 緯 等 に

4 100 国 土 地 理 院 時 報 2014 No.126 ついては, 国 土 地 理 院 時 報 2002 No.98, 2 万 5 千 分 1 地 形 図 のフルベクトル 化 特 集 が 詳 しい. 3.4 電 子 国 土 基 本 図 原 データへの 移 行 平 成 17 年 (2005 年 )ごろから, 地 図 情 報 を 活 用 した 高 度 な 社 会 の 実 現 を 目 指 す 気 運 が 高 まり, 平 成 19 年 (2007 年 )には 地 理 空 間 情 報 活 用 推 進 基 本 法 ( 以 下 基 本 法 という.)が 公 布 施 行 された.そ の 中 では, 主 要 な 情 報 項 目 として 基 盤 地 図 情 報 が 新 たに 定 義 された. 平 成 19 年 (2007 年 )に 公 布 された 基 盤 地 図 情 報 の 基 準 を 定 める 省 令 においては, 基 盤 地 図 情 報 の 項 目 のほか,その 平 面 位 置 精 度 が 都 市 計 画 区 域 内 で 2.5m, 区 域 外 で 25m とすることな どが 定 められた.また 平 成 20 年 (2008 年 )には 基 本 法 の 規 定 に 基 づく 地 理 空 間 情 報 活 用 推 進 基 本 計 画 が 閣 議 決 定 され, 国 土 地 理 院 が 基 盤 地 図 情 報 を 整 備 するとともに, 国 は 位 置 の 基 準 となる 基 盤 地 図 情 報 に 整 合 した 地 理 空 間 情 報 を 整 備 することなどが 示 された. この 目 指 す 内 容 は, 第 6 次 基 本 測 量 長 期 計 画 にお ける 情 報 の 整 備 活 用 の 考 え 方 にも 合 致 している. このように 都 市 計 画 区 域 を 中 心 に 新 たに 整 備 され る 高 精 度 の 基 盤 地 図 情 報 を 活 用 して 整 備 する 基 本 図 を, 平 成 21 年 (2009 年 )を 初 年 度 とする 第 7 次 基 本 測 量 長 期 計 画 で 電 子 国 土 基 本 図 と 名 づけ, 整 備 を 推 進 することとなった.( 注 : 電 子 国 土 基 本 図 は, 地 図 情 報 のほか,オルソ 画 像 及 び 地 名 情 報 から 構 成 されるが, 本 稿 ではこのうち 地 図 情 報 のことを 電 子 国 土 基 本 図 という.) 地 形 図 修 正 における 初 期 段 階 の 電 子 国 土 基 本 図 の 利 用 第 7 次 基 本 測 量 長 期 計 画 のもと, 電 子 国 土 基 本 図 の 整 備 を 推 進 することにしたことを 踏 まえ, 国 の 基 本 的 な 地 理 空 間 情 報 の 位 置 付 けは 印 刷 図 である 地 形 図 から 電 子 国 土 基 本 図 に 移 ったと 言 える. 当 時 の 基 盤 地 図 情 報 及 び 電 子 国 土 基 本 図 の 整 備 に ついては, 国 土 地 理 院 時 報 2008 No.114, 小 特 集 Ⅰ 地 理 空 間 情 報 社 会 の 実 現 に 向 けた 国 土 地 理 院 の 取 り 組 み 及 び 国 土 地 理 院 時 報 2009 No.118, 小 特 集 Ⅱ 電 子 国 土 基 本 図 の 整 備 が 詳 しい. 電 子 国 土 基 本 図 は, 都 市 計 画 区 域 では,2500 分 1 都 市 計 画 基 図 をベースとする 基 盤 地 図 情 報 を 使 って 整 備 された. 基 盤 地 図 情 報 以 外 の 項 目 は, 基 盤 地 図 情 報 に 合 致 するよう 必 要 な 調 整 作 業 が 行 われた. 一 方 で,データの 整 備 内 容 については,それまで のベクトルデータで 管 理 してきた 道 路 中 心 線, 自 由 字 列 など 注 記 の 配 列 方 法 の 情 報, 小 規 模 な 崖, 送 電 線 等 については, 整 備 を 休 止 又 は 先 送 りすることと なった.これは, 電 子 国 土 基 本 図 では, 基 盤 地 図 情 報 項 目 である 道 路 縁 のようにそれまで 保 持 していな かったデータを 大 量 に 管 理 する 必 要 が 生 じ,できる だけ 早 期 にデータを 公 開 する 方 針 を 踏 まえ, 整 備 に 優 先 度 をつけた 結 果 である. 一 方, 地 形 図 については, 電 子 国 土 基 本 図 の 整 備 項 目 にかかわらず, 印 刷 図 に 対 する 利 用 者 のニーズ を 考 慮 し,それまで 整 備 した 情 報 ( 自 由 字 列 の 表 記 や 送 電 線 等 も 含 めて)を 生 かしつつ 提 供 せざるを 得 ない 状 況 であった.ただし, 地 形 図 の 修 正 作 業 につ いては, 電 子 国 土 基 本 図 において 修 正 された 内 容 の 情 報 を 地 形 図 へも 反 映 させることにより 行 う 必 要 が あった. 具 体 的 な 方 法 としては, 電 子 国 土 基 本 図 の データを 地 形 図 のデータの 背 景 に 置 き, 変 化 してい る 部 分 を 修 正 する 作 業 を 行 ってきた. すなわち, 電 子 国 土 基 本 図 と 地 形 図 で 2 回 全 く 同 じ 内 容 の 修 正 作 業 を 行 うこととなったため, 地 形 図 の 整 備 を 継 続 する 必 要 性 については 院 内 で 再 三 議 論 となった. 一 方 で, 送 電 線 のように, 地 形 図 では 表 記 されるが 電 子 国 土 Web システムで 表 記 されなく なった 情 報 について, 外 部 からの 指 摘 のみならず, 頻 繁 にマスコミ 報 道 等 で 問 題 視 される 事 態 が 発 生 し たことから, 電 子 国 土 基 本 図 についても 改 善 が 迫 ら れることとなった. なお, 地 形 図 に 関 連 する 事 項 ではないが, 基 盤 地 図 情 報 の 整 備 以 前 に, 平 成 7 年 (1995 年 ) 度 より 都 市 計 画 基 図 を 用 いて 地 図 情 報 レベル 2500 のベクト ルデータ( 空 間 データ 基 盤 )の 整 備 に 着 手 し, 平 成 12 年 度 に 完 了 した 後, 平 成 13 年 度 からはそのデ ータを GIS 等 でより 使 いやすいものに 更 新 する 2500レベルGIS 基 盤 情 報 の 整 備 作 業 が 行 われた. これらのデータは, 数 値 地 図 2500( 空 間 データ 基 盤 ) として, 平 成 9 年 4 月 より 刊 行 されてきた.このデ ータの 位 置 づけである, すべての 基 礎 となるベクト ルデータ としての 役 割 は, 一 部 整 備 項 目 の 違 いは あるものの,これ 以 後, 基 盤 地 図 情 報 に 取 って 代 わ られることとなった 電 子 国 土 基 本 図 を 基 データとする 多 色 刷 の 新 版 地 形 図 の 刊 行 電 子 国 土 基 本 図 の 整 備 項 目 が 地 形 図 用 データと 合 致 していないという 課 題 については, 平 成 23 年 (2011 年 )から 院 内 でも 改 善 に 向 けた 検 討 が 進 めら れ,その 結 果, 従 来 の 電 子 国 土 基 本 図 のデータに 対 して, 地 形 図 で 必 要 となるデータ( 道 路 中 心 線, 送 電 線 など)を 全 国 的 に 追 加 整 備 する 方 針 が 決 められ た.さらに, 地 形 図 については, 追 加 整 備 したデー タを 含 めた 新 たな 電 子 国 土 基 本 図 を 直 接 に 用 いて 作 成 することとなった. また,この 方 針 を 定 めるのとほぼ 同 時 期 に, 地 形 図 の 画 像 データである 電 子 地 形 図 の 刊 行 につ

5 国 土 全 域 における 2 万 5 千 分 1 地 形 図 の 整 備 刊 行 とその 経 緯 101 いて 検 討 が 進 められていた. 電 子 地 形 図 が,デジタ ルの 特 徴 を 生 かし, 利 用 者 が 建 物 道 路 等 高 線 の 色, 鉄 道 記 号, 陰 影 の 色 有 無 など, 一 部 の 項 目 の 出 力 方 法 を 指 定 することができるよう 設 計 されてい た 一 方 で, 地 形 図 は,1 種 類 しか 刊 行 できないこと から,その 中 でも, 国 土 地 理 院 が 推 奨 する 唯 一 つの 最 も 規 範 的 な 出 力 方 法 を 示 す 刊 行 物 としての 性 格 も 併 せ 持 つこととなった.( 大 野 ほか,2013) 2 万 5 千 分 1 地 形 図 は,このような 経 緯 から, 電 子 地 形 図 と 同 じレンダリング 機 能 を 用 いて 作 成 することとなった. 数 多 くの 出 力 パターンから, 地 形 図 としての 規 範 となる 出 力 方 法 を 定 めた 上 で, 11 月 1 日 に 刊 行 を 開 始 した.( 根 本 ほか,2014) 新 しい 地 形 図 の 表 現 の 検 討 に 当 たっては 電 子 国 土 基 本 図 のあり 方 検 討 会 ( 以 下 あり 方 検 討 会 と いう.)の 提 言 を 踏 まえた.あり 方 検 討 会 は, 電 子 国 土 基 本 図 が 更 に 利 用 者 に 価 値 のある 使 いやすいもの となるように 改 善 すべき 事 項 を 提 言 するために 有 識 者 を 委 員 として 設 置 され, 平 成 24 年 (2012 年 )2 月 23 日 ~ 平 成 25 年 (2013 年 )7 月 11 日 の 間 に 計 6 回 開 催 された.あり 方 検 討 会 では, 電 子 地 形 図 及 び 地 形 図 を 見 やすく 分 かりやいものとすべきとい った 観 点 から, 電 子 国 土 基 本 図 のより 適 切 な 整 備 提 供 方 法 に 対 して 多 岐 に 渡 る 提 言 をいただいた.( 下 山 ほか,2013) それまでは 特 色 印 刷 による 墨, 褐, 藍 の 3 色 刷 だ った 地 形 図 が 多 色 化 されたが,これについては 印 刷 技 術 の 進 展 で 地 形 図 のような 線 画 を 主 体 としたもの に 対 してもプロセス 印 刷 を 活 用 した 多 色 刷 が 可 能 に なったことも 大 きな 要 因 になった. 4. 地 形 図 の 主 な 修 正 方 法 の 変 遷 4.1 スクライブ~ラスタデータ 時 代 の 修 正 部 分 修 正 の 導 入 昭 和 58 年 (1983 年 ) 時 点 の 整 備 までは 変 化 の 度 合 いに 応 じて 3,5,10 年 の 各 周 期 に 沿 って 定 期 修 正 されてきたが,この 時 期 は 高 速 道 路 の 開 通 等 の 重 要 な 変 化 が 相 次 ぎ,それに 対 応 することの 重 要 性 が 認 識 されるようになった.そこで, 重 要 な 変 更 に 緊 急 対 応 すべく, 図 面 単 位 で 早 期 に 修 正 する 部 分 修 正 が 昭 和 59 年 (1984 年 ) 度 に 導 入 された. 3.1 で 述 べたダイレクト スクライブによる 方 式 へ の 転 換 は, 部 分 修 正 に 対 して 効 率 的 に 対 応 するのに 寄 与 した. 平 成 2 年 (1990 年 )10 月 には,より 的 確 に 地 形 図 の 修 正 に 対 応 するため,マップモニターがボランテ ィアとして 地 形 図 に 関 する 各 種 情 報 を 国 土 地 理 院 に 提 供 する マップモニター 制 度 も 導 入 した. 地 形 図 への 関 心 が 高 く,よく 地 図 を 利 用 する 上 に, 国 土 地 理 院 の 業 務 に 理 解 のある 人 々に 国 土 地 理 院 長 が 委 嘱 したもので, 地 形 図 の 修 正 の 効 率 化 を 図 るのみな らず, 一 般 利 用 者 に 地 形 図 をよく 知 っていただくこ とも 目 的 の1つであった 部 分 修 正 Ⅰ~Ⅲへの 区 分 平 成 3 年 (1991 年 ) 度 からは,それまでの 修 正 の 仕 組 みを 多 少 システマティックに 変 更 した. 具 体 的 には, 修 正 される 表 示 事 項 の 重 要 度 等 を 考 慮 して, 部 分 修 正 Ⅰ, 部 分 修 正 Ⅱ, 部 分 修 正 Ⅲに 区 分 した. 部 分 修 正 Ⅰは 高 速 道 路 の 開 通 など 特 に 重 要 な 表 示 事 項 の 変 更 に 対 して, 事 前 に 資 料 や 情 報 を 得 て 供 用 日 と 同 時 に 修 正 する 取 組, 部 分 修 正 Ⅱは 目 標 となる 施 設 の 整 備 など 比 較 的 重 要 な 表 示 事 項 を, 資 料 又 は 現 地 調 査 に 基 づき 変 更 後 1 ヶ 月 以 内 に 修 正 す る 取 組, 部 分 修 正 Ⅲは 主 に 空 中 写 真 に 基 づき 表 示 事 項 全 般 を 修 正 する 取 組 である. この 考 え 方 は,スクライブベースの 時 代 に 始 まる が,ラスタデータの 時 代 の VRC による 修 正 におい ても 引 き 継 がれている. 4.2 ベクトルデータ 時 代 の 修 正 ベクトルデータ 時 代 の 修 正 は, 主 に 道 路 等 基 幹 10 項 目 を 対 象 にした, 従 来 の 部 分 修 正 Ⅰ Ⅱに 該 当 す る 重 要 な 地 物 の 修 正 と, 地 形 図 にある 全 ての 情 報 項 目 を 対 象 にした 定 期 修 正 の 2 形 態 で 行 われた. 修 正 は,ベクトルデータの 刊 行 形 態 である 数 値 地 図 25000( 空 間 データ 基 盤 )が 都 道 府 県 単 位 ごとの 刊 行 であったこともあり, 市 町 村 単 位 で 行 われるこ とが 多 かった. 地 形 図 は 定 期 修 正 を 経 たところを 主 に 刊 行 していたが,これは, 事 前 に 修 正 刊 行 しよう とする 地 形 図 に 含 まれる 市 町 村 が 全 て 定 期 修 正 され るようあらかじめ 調 整 した 上 で, 計 画 的 に 刊 行 する 方 法 をとっていた. 4.3 電 子 国 土 基 本 図 時 代 の 修 正 3.3 で 述 べたとおり, 初 期 の 段 階 では 電 子 国 土 基 本 図 を 背 景 として 地 形 図 を 修 正 したが,これは 電 子 国 土 基 本 図 の 修 正 と 地 形 図 の 修 正 という 同 様 の 作 業 を 2 回 行 う 状 況 を 招 いた.リソースが 限 定 された 中 で, 電 子 国 土 基 本 図 の 早 期 整 備 に 力 点 を 置 いたため, 地 形 図 の 修 正 作 業 は 十 分 にこなすことができなかった. その 後 電 子 国 土 基 本 図 が, 地 形 図 の 整 備 にそのま ま 使 えるものとなるよう 改 良 されたことを 受 け, 地 形 図 のみを 修 正 する 考 え 方 を 持 つ 必 要 はなくなり, 電 子 国 土 基 本 図 の 更 新 が, 地 形 図 の 修 正 刊 行 に 直 結 することとなった. 現 在 の 電 子 国 土 基 本 図 の 更 新 作 業 は, 都 市 計 画 基 図 や 空 中 写 真 を 使 って 広 域 を 対 象 に 更 新 する 面 的 更 新 と, 道 路 等 の 重 要 な 地 物 を 資 料 をもとに 更 新 する 迅 速 更 新 を 組 み 合 わせて 行 っている.

6 102 国 土 地 理 院 時 報 2014 No.126 刊 行 中 の 新 刊 図 は, 更 新 された 電 子 国 土 基 本 図 を 基 に, 最 新 の 時 点 の 内 容 を 地 形 図 の 基 データとして 作 成 し, 注 記 が 隣 接 図 郭 で 切 れない 等 最 小 限 の 調 整 を 行 い, 整 飾 を 付 加 して 刊 行 を 行 っているところで ある. 5 図 式 の 変 遷 と 多 色 刷 新 版 地 形 図 の 刊 行 昭 和 58 年 (1983 年 ) 時 点 の 整 備 における 図 式 は 昭 和 40 年 式 ( 昭 和 44 年 加 除 訂 正 )2 万 5 千 分 1 地 形 図 図 式 ( 以 下 昭 和 40 年 図 式 という.)であ ったが,その 後 現 在 に 至 るまでに 幾 度 かの 改 定 が 行 われた. 5.1 昭 和 61 年 2 万 5 千 分 1 地 形 図 図 式 丸 ペン 編 集 方 式 から 編 集 製 図 方 式 に 転 換 される 等, 昭 和 40 年 図 式 の 制 定 から 20 年 以 上 が 経 過 して, 図 式 の 内 容 が 複 雑 で 当 時 の 作 業 に 合 わなくなってきた. そのため, 作 業 工 程 の 省 力 化 や 簡 素 化 を 図 ることを 念 頭 に, 記 号 の 加 除 修 正 の 改 定 が 行 われ, 昭 和 61 年 2 万 5 千 分 1 地 形 図 図 式 ( 以 下 昭 和 61 年 図 式 という.)が 新 たに 制 定 された.それによる 出 力 図 を 図 -3 に 示 す. この 改 定 では, 地 域 メッシュコードと 目 盛 の 表 示 等 が 行 われたほか, 例 えば 地 下 鉄 及 び 地 下 式 鉄 道 等 の 追 加, 塩 田 等 の 削 除, しゅろ 科 樹 林 を や し 科 樹 林 に, 森 林 鉄 道 等 を 特 殊 鉄 道 にとい った 名 称 変 更 があった. 5.2 平 成 14 年 2 万 5 千 分 1 地 形 図 図 式 平 成 14 年 (2002 年 ) 度 には 地 形 図 のベクトルデー タ 化 が 完 了 した.さらに,4 月 からの 世 界 測 地 系 の 導 入 があり,これらに 対 応 して 図 式 改 定 が 行 われ, 平 成 14 年 2 万 5 千 分 1 地 形 図 図 式 ( 以 下 平 成 14 年 図 式 という.)が 制 定 された.それによる 出 力 図 を 図 -4 に 示 す. 最 も 大 きな 変 更 事 項 は, 隣 接 図 郭 で 重 複 した 部 分 を 設 けることにしたことである.その 理 由 は, 図 郭 を 日 本 測 地 系 から 世 界 測 地 系 に 変 更 することにより, それまで 刊 行 してきた 日 本 測 地 系 の 地 形 図 と 新 たに 世 界 測 地 系 に 準 拠 して 刊 行 する 地 形 図 との 隣 接 する 部 分 で 情 報 の 欠 落 が 生 じることへの 対 応 のためであ る.また, 地 図 用 紙 内 の 余 白 部 分 を 有 効 に 使 うべく, 整 飾 の 内 容 や 配 置 を 大 幅 に 見 直 した. さらに,それまでなされていた 延 伸 は 行 わないこ とにした.この 結 果, 図 面 数 は 増 えることになった が,それをできるだけ 減 らすための 工 夫 として,カ バーエリアが 小 さな 地 形 図 については, 付 近 の 地 形 図 に 対 して 新 たに 分 図 を 設 定 することにし, 図 面 数 の 増 加 を 抑 制 するようにした. このほか, 電 子 基 準 点, 博 物 館, 図 書 館 の 記 号 が 追 加 された.さらに, 普 通 鉄 道 を 国 有 鉄 道 と 民 営 鉄 道 に 区 分 していたが, JR 線 と J R 線 以 外 に 改 めた. 5.3 平 成 21 年 2 万 5 千 分 1 地 形 図 図 式 第 7 次 基 本 測 量 長 期 計 画 に 基 づき, 国 の 基 本 的 な 地 理 空 間 情 報 が 電 子 国 土 基 本 図 へ 変 更 されたことに 伴 い, 地 形 図 の 整 備 刊 行 は 電 子 国 土 基 本 図 から 修 正 情 報 を 得 ながら 適 時 に 行 うことになり, 実 態 とし て 縮 小 された. 都 市 計 画 区 域 内 において, 電 子 国 土 基 本 図 は 地 形 図 より 高 密 度 かつ 高 精 度 に 取 得 されて いたが, 地 形 図 はそれまでの 表 現 を 大 きく 変 えずに 作 成 した. このように 電 子 国 土 基 本 図 との 対 応 も 考 慮 に 入 れ て 改 定 された 図 式 が 平 成 21 年 2 万 5 千 分 1 地 形 図 図 式 ( 以 下 平 成 21 年 図 式 という.)である. こ れによる 出 力 図 を 図 -5 に 示 す. この 図 式 には 平 成 18 年 (2006 年 )2 月 に 全 国 の 小 中 学 生 から 公 募 して 決 定 した 老 人 ホーム 及 び 風 車 の 記 号 も 追 加 された. 一 方, 平 成 14 年 図 式 にあ った 建 設 中 の 道 路 は 削 除 された.また, 平 成 14 年 図 式 はベクトルデータの 規 格 も 含 んでいたが, 平 成 21 年 図 式 は 地 図 表 現 の 図 式 のみとなった. なお, 図 郭 や 整 飾 は 平 成 14 年 図 式 の 内 容 を 踏 襲 し ている. 5.4 多 色 刷 新 版 地 形 図 の 刊 行 と 平 成 25 年 2 万 5 千 分 1 地 形 図 図 式 ( 表 示 基 準 ) 平 成 25 年 (2013 年 ) 度 からは, 電 子 国 土 基 本 図 の 項 目 が 充 実 したことを 踏 まえ,そのまま 使 用 して 地 形 図 を 作 成 して 刊 行 する 方 法 に 変 更 し, 色 表 現 も 3 色 から 多 色 に 変 更 した. これに 伴 ってこれまでの 平 成 21 年 図 式 を 改 定 し, 新 たに 平 成 25 年 2 万 5 千 分 1 地 形 図 図 式 ( 表 示 基 準 ) を 制 定 した.それによる 出 力 図 を 図 -6 に 示 す. この 改 定 は, 電 子 国 土 基 本 図 による 成 果 物 の 一 つ である 電 子 地 形 図 に 関 する 平 成 24 年 電 子 地 形 図 図 式 ( 表 示 基 準 ) と 平 仄 を 合 わせた ものであり, 旧 図 式 の 加 除 修 正 ではない 点 がこれま での 改 定 と 大 きく 違 うところである. 新 版 の 地 形 図 が 電 子 国 土 基 本 図 を 由 来 とすること から,1つの 図 面 の 中 でも, 都 市 計 画 区 域 内 では 建 物 等 が 細 かく 表 現 される 一 方 で, 都 市 計 画 区 域 外 で はやや 粗 く 一 部 の 密 集 した 市 街 地 ではまとめて 記 載 されているところがある.しかし, 新 版 地 形 図 の 色 表 現 を 多 彩 にしていることで, 違 和 感 は 最 小 限 に 抑 えられている. なお, 図 郭 や 整 飾 は 平 成 21 年 図 式 の 内 容 を 踏 襲 し ている.

7 国土全域における 2 万 5 千分 1 地形図の整備 刊行とその経緯 図-3 昭和 61 年図式による地形図 宇都宮 2-1 上三川 平成 9 年 12 月 1 日刊行 図-4 平成 14 年図式による地形図 宇都宮 2-1 上三川 平成 20 年 7 月 1 日刊行 103

8 104 国 土 地 理 院 時 報 2014 No.126 図 -5 平 成 21 年 図 式 による 地 形 図 ( 宇 都 宮 2-1 上 三 川 平 成 22 年 12 月 1 日 刊 行 ) 図 -6 平 成 25 年 図 式 による 地 形 図 ( 宇 都 宮 2-1 上 三 川 平 成 26 年 9 月 1 日 刊 行 )

9 国 土 全 域 における 2 万 5 千 分 1 地 形 図 の 整 備 刊 行 とその 経 緯 地 形 図 整 備 の 事 業 量 の 推 移 この 章 では, 地 形 図 整 備 の 年 度 毎 の 事 業 量 の 推 移 を 示 す. 面 数 は 形 式 面 である. 6.1 スクライブ 編 集 の 時 代 昭 和 58 年 (1983 年 ) 時 点 の 整 備 後,アナログの 編 集 製 図 方 式 が 主 流 だった 平 成 5 年 (1993 年 ) 度 ま での 10 年 間 では, 改 測 については 昭 和 59 年 (1984 年 ) 度 に 58 面 だったが, 平 成 5 年 (1993 年 ) 度 に は 15 面 と 大 きく 減 少 している. 一 方, 部 分 修 正 につ いては, 昭 和 59 年 (1984 年 ) 度 に 8 面 だったもの が 平 成 に 入 ってから 大 幅 に 増 加 した. 定 期 修 正 は 年 間 400 面 から 500 面 程 度 で 年 度 毎 に 大 きな 変 動 はな い.( 表 -1 の 平 成 5 年 度 まで) なお, 従 来 の 編 集 製 図 方 式 による 改 測 は 平 成 5 年 (1993 年 ) 度, 定 期 修 正 は 平 成 7 年 (1995 年 ) 度 が 最 終 年 度 となった. 6.2 ラスタデータの 時 代 VRC を 使 った 数 値 編 集 方 式 の 修 正 が 平 成 6 年 (1994 年 ) 度 に 本 格 的 に 導 入 されたことにより, 数 値 編 集 方 式 による 改 測 も 始 まった. 改 測 は 平 成 4 年 (1992 年 ) 度 から 平 成 13 年 (2001 年 ) 度 までに 計 118 面 行 った.この 間 の 定 期 修 正 の 面 数 は, 編 集 製 図 と 数 値 編 集 を 合 わせて 3,377 面 であり,それ 以 前 と 比 べて 若 干 減 少 した. 数 値 編 集 方 式 が 導 入 されたことで, 部 分 修 正 の 面 数 は, 平 成 9 年 (1997 年 ) 度 469 面, 平 成 10 年 (1998 年 ) 度 421 面 などと 増 加 した.( 表 -1 の 平 成 6 年 度 以 降 ) 表 -1 昭 和 59 年 (1984 年 ) 度 ~ 平 成 13 年 (2001 年 ) 度 の 事 業 量 改 測 定 期 修 正 部 分 修 正 編 集 製 図 数 値 編 集 編 集 製 図 数 値 編 集 部 分 修 正 新 図 郭 修 正 常 時 修 正 昭 和 59 年 (1984 年 ) 度 58 面 471 面 8 面 昭 和 60 年 (1985 年 ) 度 48 面 520 面 4 面 昭 和 61 年 (1986 年 ) 度 35 面 481 面 21 面 昭 和 62 年 (1987 年 ) 度 30 面 464 面 23 面 昭 和 63 年 (1988 年 ) 度 25 面 476 面 26 面 平 成 元 年 (1989 年 ) 度 12 面 455 面 31 面 平 成 2 年 (1990 年 ) 度 29 面 417 面 52 面 平 成 3 年 (1991 年 ) 度 21 面 403 面 169 面 平 成 4 年 (1992 年 ) 度 16 面 1 面 351 面 2 面 127 面 平 成 5 年 (1993 年 ) 度 15 面 1 面 350 面 15 面 70 面 平 成 6 年 (1994 年 ) 度 13 面 166 面 147 面 100 面 平 成 7 年 (1995 年 ) 度 12 面 47 面 285 面 168 面 平 成 8 年 (1996 年 ) 度 11 面 266 面 392 面 平 成 9 年 (1997 年 ) 度 4 面 232 面 469 面 5 面 平 成 10 年 (1998 年 ) 度 9 面 268 面 421 面 7 面 97 面 平 成 11 年 (1999 年 ) 度 8 面 520 面 7 面 31 面 平 成 12 年 (2000 年 ) 度 5 面 150 面 平 成 13 年 (2001 年 ) 度 54 面 1,248 面 51 面 計 289 面 118 面 4,601 面 2,463 面 2,802 面 19 面 128 面 6.3 ベクトルデータの 時 代 平 成 13 年 (2001 年 ) 度 のベクトルデータ 化 の 後, 平 成 年 ( 年 ) 度 には 定 期 修 正 及 び 部 分 修 正 のほか, 接 合 部 修 正 も 行 っている. 特 に 平 成 15 年 (2003 年 ) 度 は 大 がかりに 予 算 を 充 当 し, 30 万 km 2 近 くの 面 積 の 接 合 部 修 正 を 行 った. 接 合 部 修 正 とは, 隣 接 図 面 どうしの 重 複 部 におけ る 等 高 線 や 注 記 の 調 整, 測 量 年 の 違 いによる 不 整 合

10 106 国 土 地 理 院 時 報 2014 No.126 の 修 正 等 を 行 うものである.この 修 正 は, 平 成 14 年 (2002 年 ) 度 からの 世 界 測 地 系 導 入 に 伴 って 設 け ることにした 隣 接 図 面 間 の 重 複 部 における 適 切 な 表 示 を 確 保 する 点 からも 必 要 となった. 平 成 年 ( 年 ) 度 の 定 期 修 正 は 地 形 図 原 データの 管 理 方 法 を 図 郭 単 位 から 市 町 村 単 位 にしたために 面 積 で 計 上 しており,32,150.84km 2, 91, km 2 となる. 同 様 に 部 分 修 正 は 19 面,11 面 である.( 表 -2) 平 成 16 年 (2004 年 ) 度 以 降 も 部 分 修 正 が 行 われ ているが, 地 形 図 の 刊 行 面 数 としては 平 成 16 年 (2004 年 ) 度 が 400 面 で, 平 成 20 年 (2008 年 ) 度 までの 推 移 は 572 面,626 面,509 面,70 面 となっ ている.( 表 -3) 表 -2 平 成 年 ( 年 ) 度 の 事 業 量 定 期 修 正 部 分 修 正 接 合 部 修 正 平 成 14 年 (2002 年 ) 度 32, km 2 19 面 14, km 2 平 成 15 年 (2003 年 ) 度 91, km 2 11 面 273, km 2 表 -3 平 成 16 年 (2004 年 ) 度 ~ 平 成 20 年 (2008 年 ) 度 の 事 業 量 部 分 修 正 Ⅰ 部 分 修 正 Ⅱ 部 分 修 正 Ⅲ 刊 行 点 検 平 成 16 年 (2004 年 ) 度 54 面 188,907 km 2 11,770 km 面 平 成 17 年 (2005 年 ) 度 58 面 333,975 km 2 8,257 km 面 平 成 18 年 (2006 年 ) 度 47 面 344,522 km 2 6,744 km 面 平 成 19 年 (2007 年 ) 度 39 面 272,041 km 面 2 面 509 面 平 成 20 年 (2008 年 ) 度 31 面 206,479 km 2-70 面 6.4 電 子 国 土 基 本 図 の 時 代 平 成 21 年 (2009 年 )から 始 まった 第 7 次 基 本 測 量 長 期 計 画 では 国 の 基 本 的 な 地 理 空 間 情 報 を 地 形 図 から 電 子 国 土 基 本 図 に 変 更 したことは 既 述 のとおり である. 地 形 図 は 電 子 国 土 基 本 図 の 各 種 成 果 の 一 種 となり, 平 成 21 年 (2009 年 ) 度 ~ 平 成 24 年 (2012 年 ) 度 は 電 子 国 土 基 本 図 を 背 景 として 修 正 した 3 色 刷 での 刊 行 で, 年 度 別 に 275 面,186 面,127 面,123 面 であ る. 平 成 25 年 (2013 年 )11 月 1 日 には 電 子 国 土 基 本 図 をそのまま 活 用 した 多 色 刷 の 刊 行 を 開 始 したが, 年 度 前 半 には 3 色 刷 の 刊 行 も 行 ったため,この 年 度 の 115 面 には 3 色 刷 (65 面 )と 多 色 刷 (50 面 )の 双 方 が 含 まれる.( 表 -4) 表 -4 平 成 21 年 (2009 年 ) 度 ~ 平 成 25 年 (2013 年 ) 度 の 事 業 量 作 成 平 成 21 年 (2009 年 ) 度 275 面 平 成 22 年 (2010 年 ) 度 186 面 平 成 23 年 (2011 年 ) 度 127 面 平 成 24 年 (2012 年 ) 度 123 面 平 成 25 年 (2013 年 ) 度 115 面 7. 地 形 図 整 備 に 関 連 した 所 掌 部 課 の 変 遷 この 章 では, 昭 和 58 年 (1983 年 ) 時 点 から 現 在 までの 地 形 図 整 備 及 びそれに 関 連 した 業 務 の 所 掌 部 課 の 変 遷 について 示 す. 7.1 昭 和 58 年 度 ~ 平 成 17 年 度 昭 和 58 年 (1983 年 ) 当 時 の 地 形 図 整 備 の 所 掌 部 は, 管 理 課, 地 形 課, 国 土 基 本 図 課, 検 査 課, 写 真 測 量 技 術 開 発 室 の 5 課 室 により 編 成 された 測 図 部 で あり, 地 形 図 の 作 成,その 監 督 などを 所 掌 した 課 は 地 形 課 であった. 地 形 課 は 調 査 係, 地 形 第 一 係 ~ 第 四 係 の 計 5 係 で 編 成 され, 航 空 写 真 の 撮 影, 空 中 三 角 測 量, 図 化 等 の 作 成 工 程 を 分 担 した. 平 成 7 年 (1995 年 ) 度 には 検 査 課 に 替 えて 調 査 資 料 課 が 設 置 されたことに 伴 い, 地 形 課 内 に 図 面 検 査 を 担 当 する 検 査 係 が 新 設 された. 平 成 14 年 (2002 年 ) 度 からは, 地 形 図 ベクトル データ( 数 値 地 図 25000( 空 間 データ 基 盤 ))と 一 体 化 した 地 形 図 刊 行 や 世 界 測 地 系 導 入 に 伴 う 図 郭 の 変 更 の 動 きがあったが, 地 形 課 は 従 来 の 係 編 成 で 対 応 した. なお, 原 図 (データ) 作 成 後 の, 地 形 図 の 製 版 工 程 以 降 は, 平 成 22 年 (2010 年 ) 度 まで, 現 在 の 地

11 国 土 全 域 における 2 万 5 千 分 1 地 形 図 の 整 備 刊 行 とその 経 緯 107 理 空 間 情 報 部 が 担 当 した. 7.2 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 地 形 課 で 整 備 していた 地 図 情 報 レベル のベ クトルデータと, 測 図 部 国 土 基 本 図 課 において 平 成 12 年 (2000 年 ) 度 より 整 備 していた 2500 レベル GIS 基 盤 情 報 の 統 合 が 課 題 であったほか, 撮 影 について は 地 形 課 は 直 営 の 撮 影, 国 土 基 本 図 課 は 外 注 による 撮 影 が 所 掌 であり,ややわかりにくい 分 担 となって いた. これを 受 け, 平 成 18 年 (2006 年 ) 度 に 測 図 部 の 大 きな 改 編 が 行 われた. 前 年 度 までの 調 査 資 料 課, 地 形 課, 国 土 基 本 図 課 が, 調 査 資 料 課 をほぼ 引 き 継 ぐ 基 本 情 報 調 査 課, 撮 影 業 務 全 般 を 引 き 継 ぐ 画 像 調 査 課, 地 図 整 備 業 務 全 般 を 引 き 継 ぐ 基 盤 情 報 課 に 再 編 された.これらの 課 に 管 理 課, 地 図 編 集 課, 測 図 技 術 開 発 室 の 3 課 室 を 加 え, 測 図 部 は 6 課 室 の 編 成 となった. 地 形 図 整 備 は 一 元 的 に 基 盤 情 報 課 が 所 掌 すること になり, 地 形 図 修 正 は 基 盤 図 化 係 が 中 心 に 担 当 した. なお, 平 成 18 年 (2006 年 ) 度 は 基 盤 地 図 課 内 で 2500レベルGIS 基 盤 情 報 が 整 備 され 地 図 情 報 レベル のベクトルデータとの 統 合 が 検 討 されてきた が,H19 年 (2007 年 ) 度 に 基 本 法 が 制 定 されたこと を 受 け,2500 レベル GIS 基 盤 情 報 整 備 は, 基 本 法 で 規 定 された 基 盤 地 図 情 報 の 整 備 に 取 って 代 わられる ことになり, 基 盤 地 図 情 報 と 地 図 情 報 レベル のベクトルデータとの 統 合 が 検 討 される 流 れとなっ た.( 基 盤 地 図 情 報 の 整 備 は, 地 理 空 間 情 報 部 で 行 わ れることとなった.) 7.3 平 成 21 年 度 ~ 平 成 22 年 度 平 成 21 年 (2009 年 ) 度 には 測 図 部 地 図 編 集 課 の 係 が 改 編 されて 中 縮 尺 編 集 係 が 設 置 され, 電 子 国 土 基 本 図 の 各 種 成 果 の 一 種 となった 地 形 図 の 作 成 はこ の 係 に 所 掌 の 変 更 になった. これは, 新 しい 国 の 基 本 的 な 地 理 空 間 情 報 である 電 子 国 土 基 本 図 の 整 備 については, 基 盤 地 図 情 報 を もととして, 基 盤 情 報 課 を 中 心 に 取 り 組 むこととし, 地 形 図 については 別 の 課 で 対 応 することになった 結 果 である. 7.4 平 成 23 年 度 ~ 平 成 25 年 度 平 成 23 年 (2011 年 ) 度 には, 電 子 国 土 基 本 図 整 備 をいっそう 効 率 的 効 果 的 に 推 進 するための 大 幅 な 再 編 が 行 われた. 前 年 度 までの 測 図 部 は 基 本 図 情 報 部 と 名 称 変 更 に なり, 課 室 編 成 も 管 理 課, 基 本 情 報 調 査 課, 画 像 調 査 課, 基 盤 情 報 課, 地 図 編 集 課, 測 図 技 術 開 発 室 の 5 課 1 室 から 管 理 課, 基 盤 地 図 課, 地 名 情 報 課, 画 像 調 査 課, 地 図 情 報 技 術 開 発 室 の 4 課 1 室 に 改 編 さ れた. 業 務 の 最 も 大 きな 変 更 は, 基 盤 地 図 情 報 の 整 備 が 地 理 空 間 情 報 部 から 基 本 図 情 報 部 の 基 盤 地 図 課 に 移 った 点 である.これは 基 盤 地 図 情 報 の 初 期 整 備 に 一 区 切 りがつき, 基 盤 地 図 情 報 と 地 図 情 報 レベル のベクトルデータを 統 合 し, 一 体 的 整 備 を 円 滑 に 行 うことが 最 大 の 課 題 となったことが 主 な 理 由 である. また,それまで 地 図 編 集 課 が 所 掌 してきた 地 形 図 作 成 の 業 務 は, 中 縮 尺 編 集 係 の 係 名 はそのままで 応 用 地 理 部 応 用 地 図 課 に 変 更 になった. 応 用 地 図 課 は 地 図 編 集 課 の 一 部 業 務 のほか, 地 理 空 間 情 報 部 地 図 情 報 課 及 び 地 理 調 査 部 社 会 地 理 課 の 業 務 をそれぞれ 幾 つか 引 き 継 いだが, 基 本 的 には 刊 行 する 印 刷 図 や 数 値 地 図 を 所 掌 する 課 という 位 置 づ けであった. なお, 地 理 空 間 情 報 部 でも 組 織 の 再 編 があり, 上 述 の 通 り 基 盤 地 図 情 報 整 備 が 基 本 図 情 報 部 の 業 務 に なる 一 方 で, 自 治 体 等 との 連 絡 調 整 の 業 務 につい ては 新 たに 設 置 された 情 報 企 画 課 が 所 掌 することに なった. 7.5 平 成 26 年 度 平 成 26 年 (2014 年 ) 度 には, 応 用 地 理 部 応 用 地 図 課 の 印 刷 図 等 の 作 成 業 務 が 基 本 図 情 報 部 に 移 管 さ れ,そのための 業 務 を 実 施 する 課 として 新 たに 基 本 図 課 が 設 置 された. 基 本 図 課 は 印 刷 図 作 成 のほか, 電 子 地 形 図 の 画 像 データ 作 成, 地 理 院 地 図 のタイル 作 成 等,アナログ/デジタルを 問 わず, 地 形 図 とし ての 出 力 データを 作 成 することを 業 務 とする 課 とな った. この 結 果,ベクトルデータである 電 子 国 土 基 本 図 をベースに, 電 子 地 形 図 25000, 印 刷 図 の 地 形 図 な ど, 基 本 図 情 報 部 内 で 連 携 した 形 での 整 備 刊 行 が 図 られることになった. なお, 電 子 国 土 基 本 図 整 備 を 所 掌 する 基 盤 地 図 課 は, 平 成 26 年 (2014 年 ) 度 から 国 土 基 本 情 報 課 に 名 称 が 変 更 された. 8. 現 在 の 刊 行 状 況 及 び 今 後 の 見 通 し 8.1 多 色 刷 の 刊 行 状 況 多 色 刷 の 地 形 図 については, 平 成 25 年 (2013 年 ) 11 月 1 日 に 第 1 回 刊 行 として 10 面 を 刊 行 して 以 来, 平 成 26 年 (2014 年 )12 月 1 日 の 刊 行 までに, 総 面 数 4,419 面 の 6.5%に 相 当 する 286 面 を 刊 行 した. 刊 行 を 開 始 して 間 もない 時 期 は, 点 検 方 法 等 を 確 認 しつつ 進 めるため 月 10 面 ペースとした.その 後, 点 検 方 法 の 確 立 効 率 化 に 合 わせて 平 成 26 年 (2014 年 )8 月 1 日 の 刊 行 からは 徐 々に 刊 行 面 数 を 増 やし,

12 108 国 土 地 理 院 時 報 2014 No 月 1 日 の 刊 行 は 40 面 であった.( 表 -5) 平 成 26 年 (2014 年 )2 月 28 日 の 北 方 四 島 を 含 む 国 土 全 域 の 地 理 院 地 図 の 閲 覧 サービス 及 び 電 子 地 形 図 刊 行 の 開 始 に 伴 い, 未 刊 行 だった 47 面 を 一 括 して 平 成 26 年 (2014 年 )7 月 1 日 に 刊 行 した. 今 後 も, 点 検 方 法 や 作 業 方 法 の 効 率 化 に 取 り 組 み, 月 当 たりの 刊 行 面 数 を 増 やしていき, 平 成 26 年 (2014 年 ) 度 第 4 四 半 期 には 月 50 面 程 度 の 刊 行 が 実 現 できる 見 込 みである. 表 -5 多 色 刷 地 形 図 の 刊 行 面 数 年 度 月 日 刊 行 刊 行 総 面 数 面 数 面 数 ( 個 別 ) ( 累 積 ) 備 考 平 成 月 1 日 4, 年 度 12 月 1 日 4, 月 1 日 4, 年 度 2 月 1 日 4, 月 1 日 4, 平 成 26 4 月 1 日 4, 年 度 5 月 1 日 4, 月 1 日 4, 年 度 7 月 1 日 4, 月 1 日 4, 月 1 日 4, 月 1 日 4, 月 1 日 4, 月 1 日 4, 月 1 日 4, 予 定 2 月 1 日 4, 予 定 3 月 1 日 4, 予 定 ( 備 考 ) 平 成 26 年 (2014 年 )11 月 1 日 に 鳥 取 2-2 塩 江 を 新 規 刊 行 8.2 地 形 図 の 販 売 枚 数 の 状 況 地 理 院 地 図 や 電 子 地 形 図 など,デジタル 形 式 での 提 供 が 進 んでいる 一 方 で, 印 刷 図 である 地 形 図 に 対 するニーズも 引 き 続 き 存 在 し, 平 成 25 年 (2013 年 ) 度 には 著 名 な 山 岳 地 域 や 観 光 地 域 を 含 む 図 面 を 中 心 にして 3 色 刷 及 び 多 色 刷 を 合 わせて 約 58 万 枚 の 販 売 枚 数 の 実 績 があった. 平 成 25 年 (2013 年 )11 月 1 日 から 刊 行 を 開 始 し た 多 色 刷 の 地 形 図 に 注 目 しても, 図 面 月 当 たりの 平 均 販 売 枚 数 が 10 枚 程 度 であることを 考 慮 すれば, 穂 高 岳 467 枚, 奥 多 摩 湖 234 枚 といったよう に 著 名 な 山 岳 地 域 を 含 む 図 面 を 中 心 に, 販 売 枚 数 が 良 好 な 図 面 が 存 在 している.( 表 -6) 表 -6 多 色 刷 地 形 図 の 販 売 枚 数 ( 上 位 10 面 を 抜 粋 して 表 示 ) 販 売 枚 数 順 位 総 図 名 号 数 図 名 販 売 枚 数 ( 月 平 均 ) 1 高 山 7-1 穂 高 岳 日 光 10-3 高 幽 山 東 京 14-3 奥 多 摩 湖 甲 府 5-2 金 峰 山 屋 久 島 6-3 屋 久 宮 之 浦 和 歌 山 3-1 洞 川 福 島 15-1 中 ノ 沢 名 古 屋 13-1 彦 根 西 部 岐 阜 16-3 海 津 小 笠 原 諸 島 13-2 父 島 新 旧 図 式 の 図 面 が 混 在 している 現 在 の 刊 行 現 在, 未 だ 3 色 刷 で 刊 行 されている 図 面 には, 昭 和 61 年 図 式 以 前, 平 成 14 年 図 式 及 び 平 成 21 年 図 式 に 準 拠 するものが 混 在 しており,それぞれ 1,707 面 (38.6%),1,956% 面 (44.3%),470 面 (10.6%)と なっている.( 表 -7) 整 飾 が 大 きく 変 わったため, 昭 和 61 年 図 式 以 前 と それ 以 降 の 図 式 の 間 は 外 見 上 の 大 きな 違 いがある. 昭 和 61 年 図 式 以 前 の 図 面 が 未 だ4 割 近 く 残 置 してい るが,この 図 面 は 特 に 古 くなった 印 象 が 拭 えない. 多 色 刷 の 図 面 の 刊 行 を 今 後 進 めるに 当 たっては, 前 回 の 測 量 時 期 から 年 月 が 大 きく 経 過 した 図 面 をでき るだけ 早 く 新 しくすることも 念 頭 に 置 きたいと 考 え ている. 刊 行 面 数 合 計 表 -7 準 拠 する 図 式 毎 の 刊 行 面 数 及 び 割 合 昭 和 61 年 図 式 以 前 平 成 14 年 図 式 平 成 21 年 図 式 平 成 25 年 図 式 合 計 1,707 面 1,956 面 470 面 286 面 4,419 面 (38.6%) (44.3%) (10.6%) (6.5%) (100.0%) (3 色 刷 ) ( 他 色 刷 ) ( 両 方 ) 4,133 面 286 面 4,419 面

13 国 土 全 域 における 2 万 5 千 分 1 地 形 図 の 整 備 刊 行 とその 経 緯 刊 行 についての 今 後 の 見 通 し 多 色 刷 の 図 面 の 刊 行 は 在 庫 切 れに 合 わせて 行 うこ とが, 経 費 をかけないという 考 え 方 からは 重 要 であ る.ただし, 在 庫 切 れとなる 図 面 は, 現 状 では 毎 月 平 均 で 70 面 程 度 発 生 しており, 現 状 のリソースでこ れに 対 応 して 刊 行 することは 困 難 である.そのため, 地 形 図 として 新 しい 図 を 刊 行 するのに, 優 先 度 を 設 定 せざるを 得 ないところであるが,その 基 本 的 な 考 え 方 は, 著 しく 古 い 地 形 図 については 更 新 するこ と と よく 利 用 されている 地 形 図 をまめに 更 新 す ること の 2 点 ではないかと 考 えられる. もちろん 点 検 の 効 率 化 あるいは 簡 略 化 を 図 ること で,できるだけ 面 数 を 増 やす 努 力 も 必 要 であり, 様 々 な 制 約 条 件 の 下,できる 限 り 利 用 者 の 満 足 度 が 最 大 化 されるよう, 引 き 続 き 検 討 していきたい. 9. まとめ 今 回 の 報 告 では, 昭 和 58 年 (1983 年 ) 時 点 の 整 備 の 後 の 主 要 な 出 来 事 を 記 したが, 地 形 図 の 整 備 刊 行 等 についてはこれ 以 外 にも 様 々な 出 来 事 があっ た.それら 全 てを 詳 しく 述 べることは 困 難 であるが, 参 考 までに 概 略 を 表 -8 に 示 す. この 中 で 最 も 大 きな 出 来 事 は 全 国 整 備 がなされた ことではあるが, 平 成 21 年 (2009 年 )からの 第 7 次 基 本 測 量 長 期 計 画 における 国 土 を 表 す 際 の 基 準 と なる 基 本 的 な 地 理 空 間 情 報 を 地 形 図 から 電 子 国 土 基 本 図 に 変 更 したことも 重 要 な 出 来 事 である. 地 形 図 は, 全 国 を 統 一 した 規 格 と 精 度 で 覆 う 基 本 図 として の 位 置 づけから, 電 子 国 土 基 本 図 の 印 刷 図 としての 成 果 になった. このことは 地 形 図 が 冷 遇 されたということを 意 味 するものではない. 電 子 国 土 基 本 図 をそのまま 活 用 することにより 効 率 的 に 地 形 図 を 調 製 することが 可 能 になった 上, 精 度 鮮 度 の 向 上 にもつながるもの になったのである. また, 多 色 刷 の 地 形 図 に 変 更 することでいっそう 見 やすく 使 い 易 いものになったが,この 実 現 にはプ ロセス 印 刷 の 導 入 が 最 大 の 要 因 となった. 一 方, 販 売 枚 数 が 示 すように 印 刷 図 である 地 形 図 の 刊 行 に 対 するニーズは 依 然 として 確 実 に 存 在 して いる. ニーズに 的 確 に 応 えるため, 電 子 国 土 基 本 図 の 特 長 を 生 かしつつ, 前 回 の 測 量 時 期 から 年 月 が 大 きく 経 過 した 図 面 や, 更 新 のニーズのある 図 面 を 優 先 的 に 刊 行 更 新 するなどの 計 画 性 を 持 って, 引 き 続 き 地 形 図 の 効 率 的 効 果 的 な 整 備 刊 行 を 進 めていき たいと 考 えている.

14 110 国 土 地 理 院 時 報 2014 No.126 表 -8 地 形 図 の 整 備 刊 行 に 関 連 した 主 な 出 来 事 昭 和 58 年 (1983 年 )7 月 ~ 平 成 26 年 (2014 年 )7 月 昭 和 58 年 (1983 年 ) 7 月 北 方 四 島 及 び 竹 島 を 除 いて 2 万 5 千 分 1 地 形 図 の 全 国 整 備 が 完 了 し, 建 設 大 臣 から 表 彰 昭 和 59 年 (1984 年 ) 度 部 分 修 正 測 量 方 式 を 導 入 昭 和 61 年 (1986 年 ) 3 月 昭 和 61 年 2 万 5 千 分 1 地 形 図 図 式 を 制 定 平 成 元 年 (1989 年 ) 1 月 尖 閣 諸 島 の 2 万 5 千 分 1 地 形 図 を 刊 行 ( 昭 和 63 年 測 量 ) 10 月 山 の 高 さに 関 する 委 員 会 に 関 する 委 員 会 が 発 足 11 月 2 万 5 千 分 1 地 形 図 基 準 による 全 国 都 道 府 県 市 区 町 村 別 面 積 調 を 公 表 平 成 2 年 (1990 年 ) 10 月 マップモニター 制 度 が 発 足 10 月 2 万 5 千 分 1 地 形 図 基 準 による 全 国 の 湖 沼 面 積 を 改 訂 公 表 平 成 3 年 (1991 年 ) 6 月 大 正 11 年 測 量 の 5 万 分 1 地 形 図 を 基 図 にし, 北 方 四 島 の 5 万 分 1 地 形 図 ( 全 42 面 )を 刊 行 (8 月 迄 に 順 次 ) 6 月 北 方 四 島 の 30 万 分 1 集 成 図 を 刊 行 8 月 日 本 の 山 岳 標 高 一 覧 山 -を 公 表 し, 刊 行 図 に 順 次 反 映 平 成 4 年 (1992 年 ) 8 月 SPOT 衛 星 画 像 を 使 って, 北 方 四 島 の 5 万 分 1 地 形 図 ( 全 42 面 )を 修 正 平 成 5 年 (1993 年 ) 6 月 数 値 地 図 総 合, 数 値 地 図 25000( 海 岸 線, 行 政 界 ), 数 値 地 図 50m メッシュ( 標 高 ) の 刊 行 を 開 始 9 月 全 ての2 万 5 千 分 1 地 形 図 が2 色 刷 から3 色 刷 に 移 行 平 成 6 年 (1994 年 ) 1 月 ラスタ 型 編 集 システム( 通 称 VRC)を 活 用 したデジタル 修 正 による 2 万 5 千 分 1 地 形 図 の 刊 行 を 開 始 2 月 全 国 をカバーした 数 値 地 図 50m メッシュ( 標 高 ) と 数 値 地 図 250m メッシュ( 標 高 ) を 刊 行 3 月 基 本 図 デジタル 校 正 システム 導 入 9 月 数 値 地 図 1 kmメッシュ( 標 高 ) と 数 値 地 図 1 kmメッシュ( 平 均 標 高 ) を 刊 行 11 月 2 万 5 千 分 1 集 成 図 京 都 を 記 念 刊 行 平 成 7 年 (1995 年 ) 5 月 阪 神 地 区 の 1 万 及 び 2 万 5 千 分 1 地 形 図 の 緊 急 修 正 版 を 刊 行 平 成 8 年 (1996 年 ) 2 月 測 量 用 航 空 機 くにかぜⅡ に GPS 精 密 測 位 装 置 と 最 新 ( 当 時 ) 航 空 カメラ RC-30 を 搭 載 3 月 地 形 図 修 正 情 報 管 理 システムを 整 備 12 月 ファクシミリ 地 図 25000( 地 形 図 ) を 刊 行 平 成 9 年 (1997 年 ) 4 月 首 都 圏, 近 畿 圏 の 数 値 地 図 2500( 空 間 データ 基 盤 ) と 東 京, 名 古 屋, 京 都 及 大 阪 の 数 値 地 図 25000( 地 図 画 像 ) を CD-ROM で 刊 行 平 成 10 年 (1998 年 ) 1 月 ニューモデルの 2 万 5 千 分 1 地 形 図 つくば 長 野 中 心 部 を 刊 行 ( 以 降, 仙 台, 岐 阜, 広 島 を 順 次 刊 行 ) 5 月 数 値 地 図 25000( 行 政 界 海 岸 線 ) を CD-ROM で 刊 行 平 成 11 年 (1999 年 ) 2 月 仙 台 地 区 の 数 値 地 図 10000( 総 合 ) を CD-ROM で 刊 行 3 月 国 土 空 間 データ 基 盤 標 準 及 び 整 備 計 画 を 決 定 7 月 数 値 地 図 25000( 地 図 画 像 ) の 全 国 整 備 を 完 了 10 月 数 値 地 図 25000( 地 図 画 像 ) を 初 めて 修 正 12 月 2 万 5 千 分 1 地 形 図 八 重 干 瀬 を 刊 行 12 月 平 成 11 年 度 第 二 次 補 正 予 算 により,GIS 基 盤 情 報 整 備 の 全 国 化 に 着 手 平 成 12 年 (2000 年 ) 5 月 国 際 標 準 に 沿 った 全 国 レベルの GIS 基 盤 情 報 整 備 に 着 手 7 月 インターネットによる 地 形 図 のオンライン 閲 覧 システムを 試 験 公 開 10 月 数 値 地 図 50000( 地 図 画 像 ) の CD-ROM での 刊 行 を 開 始 11 月 平 成 12 年 度 第 一 次 補 正 予 算 により,GIS 基 盤 情 報 の 全 国 整 備 を 促 進 平 成 13 年 (2001 年 ) 2 月 数 値 地 図 25000( 地 名 公 共 施 設 ) の 更 新 版 を 刊 行 2 月 2 万 5 千 分 1 地 形 図 の 地 図 販 売 店 での 出 力 を 実 験 4 月 レベル 空 間 データ 基 盤 試 作 版 をインターネットにより 公 開 10 月 GIS 及 び 世 界 測 地 系 に 対 応 した 図 式 の 検 討 を 開 始 10 月 国 土 地 理 院 の 地 図 に 世 界 測 地 系 の 緯 度 経 度 を 表 示 10 月 地 理 情 報 標 準 に 準 拠 した 数 値 地 図 25000( 空 間 データ 基 盤 ) の 刊 行 を 開 始 ( 平 成 15 年 3 月 に 全 国 刊 行 完 了 ) 12 月 数 値 地 図 50000( 地 図 画 像 ) の 全 国 整 備 を 完 了 平 成 14 年 (2002 年 ) 3 月 GIS 基 盤 データをインターネットで 無 償 公 開

15 国 土 全 域 における 2 万 5 千 分 1 地 形 図 の 整 備 刊 行 とその 経 緯 月 平 成 14 年 2 万 5 千 分 1 地 形 図 図 式 を 制 定 4 月 新 地 形 図 情 報 システム( 通 称 NTIS)に 移 行 4 月 インターネットで 空 中 写 真 の 閲 覧 サービスを 開 始 8 月 世 界 測 地 系 による 数 値 地 図 2500( 空 間 データ 基 盤 ) を 刊 行 10 月 大 縮 尺 数 値 地 形 図 の 品 質 基 準 ( 案 ) 等 をホームページで 公 開 平 成 15 年 (2003 年 ) 6 月 数 値 地 図 5m メッシュ( 標 高 ) ( 埼 玉 東 南 部 )を 刊 行 ( 以 降, 順 次 刊 行 ) 7 月 電 子 国 土 Web システム をインターネット 上 に 公 開 11 月 NTIS の 整 備 が 完 了 し, 新 図 式 による 2 万 5 千 分 1 地 形 図 岩 槻 浦 和 上 尾 与 野 の 4 面 を 刊 行 平 成 16 年 (2004 年 ) 5 月 空 中 写 真 画 像 データを 刊 行 平 成 17 年 (2005 年 ) 3 月 数 値 地 図 500 万 ( 総 合 ) 日 本 とその 周 辺 を 刊 行 7 月 新 図 式 の 地 形 図 を 盛 り 込 んだ 数 値 地 図 25000( 地 図 画 像 ) 沖 縄 を 刊 行 10 月 2 万 5 千 分 1 地 形 図 の 新 しい 地 図 記 号 の 風 力 発 電 用 風 車 及 び 老 人 ホーム を 公 募 平 成 18 年 (2006 年 ) 2 月 2 万 5 千 分 1 地 形 図 の 新 しい 地 図 記 号 の 風 力 発 電 用 風 車 及 び 老 人 ホーム が 決 定 8 月 2 万 5 千 1デジタル 標 高 地 形 図 ( 東 京 都 区 部 )を 作 成 ( 以 降, 順 次 作 成 ) 9 月 触 地 図 原 稿 作 成 システムをインタ-ネットにより 試 験 公 開 11 月 2 万 5 千 分 1 集 成 図 京 都 を 刊 行 平 成 19 年 (2007 年 ) 3 月 英 語 版 2 万 5 千 分 1 集 成 図 KYOTO を 刊 行 6 月 硫 黄 島 の 呼 称 を いおうじま から いおうとう に 変 更 7 月 3 万 分 1 山 岳 集 成 図 剱 立 山 を 作 成 8 月 地 理 空 間 情 報 活 用 推 進 基 本 法 と 法 に 基 づく 省 令 告 示 の 施 行 9 月 人 工 衛 星 画 像 を 用 いて 硫 黄 島 の 2 万 5 千 分 1 地 形 図 を 修 正 刊 行 12 月 竹 島 を 含 む 2 万 5 千 分 1 地 形 図 西 村 を 更 新 刊 行 ( 平 成 19 年 測 量 ) 平 成 20 年 (2008 年 ) 4 月 2 万 5 千 分 1 地 形 図 の 数 値 地 図 ( 地 図 画 像 )をオンライン 提 供 開 始 4 月 基 盤 地 図 情 報 の 提 供 開 始 ( 以 降, 順 次 拡 充 ) 4 月 地 理 空 間 情 報 活 用 推 進 基 本 計 画 が 閣 議 決 定 10 月 基 盤 地 図 情 報 の 提 供 内 容 を 拡 充 し,10m メッシュ( 標 高 )の 提 供 を 一 部 地 域 で 開 始 10 月 正 射 写 真 (オルソ 画 像 )の 提 供 を 開 始 平 成 21 年 (2009 年 ) 2 月 基 盤 地 図 情 報 の 10m メッシュ( 標 高 )の 全 国 整 備 を 完 了 3 月 平 成 21 年 2 万 5 千 分 1 地 形 図 図 式 を 制 定 7 月 基 盤 地 図 情 報 のグランドデザイン を 作 成 12 月 電 子 国 土 基 本 図 ( 地 図 情 報 )を 電 子 国 土 Web で 試 験 公 開 開 始 ( 平 成 23 年 2 月 に 正 式 公 開 ) 平 成 22 年 (2010 年 ) 3 月 昭 和 58 年 から 運 用 している 測 量 用 航 空 機 くにかぜⅡ の 退 役 式 が 開 催 4 月 ビジット ジャパン キャンペーン 推 進 の 一 環 で,5 万 分 1 集 成 図 奈 良 を 刊 行 5 月 基 盤 地 図 情 報 の 提 供 内 容 を 拡 充 し, 街 区 の 境 界 線 および 代 表 点 の 提 供 を 開 始 6 月 測 量 用 航 空 機 くにかぜⅢ の 運 用 を 開 始 7 月 電 子 国 土 基 本 図 (オルソ 画 像 )の 一 部 地 域 の 閲 覧 サービスを 開 始 ( 以 降, 順 次 拡 充 ) 12 月 北 方 四 島 の 2 万 5 千 分 1 地 形 図 を 刊 行 開 始 ( 歯 舞 諸 島, 国 後 島 南 部 の 13 面 ) 平 成 23 年 (2011 年 ) 1 月 電 子 国 土 基 本 図 ( 地 名 情 報 )の 一 部 地 域 のデータ 提 供 を 開 始 ( 以 降, 順 次 拡 充 ) 2 月 電 子 国 土 基 本 図 ( 地 図 情 報 )を 電 子 国 土 Web システムで 正 式 公 開 4 月 電 子 国 土 基 本 図 ( 地 名 情 報 ) 住 居 表 示 住 所 の 一 部 地 域 のデータ 提 供 を 開 始 ( 以 降, 順 次 拡 充 ) 5 月 災 害 復 興 計 画 基 図 の 整 備 (8 月 以 降, 被 災 した 自 治 体 等 に 順 次 提 供 ) 11 月 フレッシュマップ 2011 ( 電 子 国 土 基 本 図 を 中 心 とした 地 理 空 間 情 報 の 整 備 活 用 推 進 行 動 計 画 )を 作 成 し,フルベクトルデータの 提 供 を 準 備 平 成 24 年 (2012 年 ) 2 月 第 1 回 電 子 国 土 基 本 図 のあり 方 検 討 会 ( 以 降, 平 成 25 年 7 月 までに6 回 開 催 ) 3 月 地 理 空 間 情 報 活 用 推 進 基 本 計 画 が 閣 議 決 定 5 月 基 盤 地 図 情 報 の 整 備 に 係 る 技 術 上 の 基 準 の 一 部 を 改 正 6 月 標 高 が 分 かる Web 地 図 を 試 験 公 開 7 月 電 子 国 土 基 本 図 のあり 方 検 討 会 による 利 用 者 にとって 価 値 ある 使 いやすい 電 子 国 土 基 本 図 を 目 指 した 提 言 ( 中 間 提 言 ) を 公 開 7 月 国 土 の 基 本 的 な 地 理 空 間 情 報 数 値 地 図 ( 国 土 基 本 情 報 ) の 刊 行 を 開 始 8 月 電 子 地 形 図 の 刊 行 を 開 始 ( 以 降, 順 次 拡 充 ) 平 成 25 年 (2013 年 ) 3 月 基 盤 地 図 情 報 ( 数 値 標 高 モデル)の 提 供 範 囲 を 拡 大

16 112 国 土 地 理 院 時 報 2014 No 月 基 盤 地 図 情 報 のグランドデザインを 改 定 4 月 電 子 地 形 図 25000, 数 値 地 図 ( 国 土 基 本 情 報 )の 全 国 刊 行 4 月 電 子 地 形 図 の DVD 版 の 提 供 を 開 始 4 月 電 子 地 形 図 の 新 たな 色 表 現 等 での 出 力 が 可 能 に 5 月 電 子 地 形 図 25000, 数 値 地 図 ( 国 土 基 本 情 報 )の 販 売 を 一 時 停 止 6 月 電 子 地 形 図 の 試 行 版 の 提 供 を 開 始 7 月 電 子 国 土 基 本 図 のあり 方 検 討 会 の 最 終 提 言 7 月 関 東 地 区 の 一 部 の 電 子 地 形 図 25000, 数 値 地 図 ( 国 土 基 本 情 報 )の 販 売 を 再 開 ( 以 降, 販 売 再 開 は 関 東 全 域 8 月, 東 北 10 月, 北 陸 中 部 近 畿 11 月, 中 国 四 国 九 州 沖 縄 1 月, 北 海 道 2 月 ) 10 月 電 子 国 土 Web.NEXT( 試 験 公 開 ) を 地 理 院 地 図 として 正 式 公 開 11 月 電 子 地 形 図 をベースにした 多 色 刷 の 2 万 5 千 分 1 地 形 図 の 刊 行 開 始 11 月 空 中 写 真 の 複 製 提 供 法 を 変 更 (ネガフィルムからの 複 製 を 廃 止 し, 画 像 データからに 変 更 ) 平 成 26 年 (2014 年 ) 2 月 国 土 基 本 情 報 と 電 子 地 形 図 の 全 国 販 売 が 再 開 され, 北 方 四 島 を 含 む 電 子 地 形 図 の 販 売 開 始 3 月 平 成 25 年 2 万 5 千 分 1 地 形 図 図 式 ( 表 示 基 準 )を 制 定 7 月 北 方 四 島 の 多 色 刷 の 2 万 5 千 分 1 地 形 図 の 刊 行 開 始 ( 色 丹 島 及 び 択 捉 島 の 47 面 ) ( 公 開 日 : 平 成 26 年 12 月 26 日 ) 参 考 文 献 朝 倉 芳 一 (1985): 最 近 の 1/25,000 地 形 図 の 販 売 状 況, 国 土 地 理 院 時 報 1985 No.61,55-59 地 図 管 理 部 地 図 情 報 室 (1985): 数 値 情 報 から 見 た 1/25,000 地 形 図, 国 土 地 理 院 時 報 1985 No.61,29-33 藤 村 英 範, 大 野 裕 幸, 石 関 隆 幸 (2009): 電 子 国 土 基 本 図 ( 地 図 情 報 )のデータベースについて, 国 土 地 理 院 時 報 2009 No.118,61-64 長 谷 川 裕 之, 石 山 信 郎 (2013): 数 値 地 図 ( 国 土 基 本 情 報 )の 刊 行 について, 国 土 地 理 院 時 報 2013 No.123, 橋 爪 昭 次 (1987): 昭 和 61 年 2 万 5 千 分 1 地 形 図 図 式, 国 土 地 理 院 時 報 1987 No.65,3-9 堀 野 正 勝 (2002):2 万 5 千 分 1 地 形 図 フルベクトル 化 の 意 義, 国 土 地 理 院 時 報 2002 No.98,1-2 稲 葉 和 雄 (2009): 小 特 集 に 寄 せて, 国 土 地 理 院 時 報 2009 No.118,37 井 坂 隆, 松 尾 馨 (2002): 平 成 14 年 2 万 5 千 分 1 地 形 図 図 式 について( 経 過 報 告 ), 国 土 地 理 院 時 報 2002 No.98, 石 田 和 男 (2002):ベクトル 化 に 向 けた 地 形 図 の 全 面 修 正, 国 土 地 理 院 時 報 2002 No.98,15-17 石 関 隆 幸 (2008): だいち による 地 図 の 修 正, 第 37 回 国 土 地 理 院 報 告 会 石 関 隆 幸, 田 村 栄 一 (2009): 電 子 国 土 基 本 図 ( 地 図 情 報 )の 概 要, 国 土 地 理 院 時 報 2009 No.118,51-56 伊 藤 欣 英, 干 川 弘 之, 石 関 隆 幸, 田 村 栄 一, 野 寺 智 則 (2009): 電 子 国 土 基 本 図 ( 地 図 情 報 )の 取 得 基 準, 国 土 地 理 院 時 報 2009 No.118,81-93 川 田 正 勝 (1985):1/25,000 地 形 図 の 編 集 製 図 法 による 改 測 修 正, 国 土 地 理 院 時 報 1985 No.61,41-44 国 土 地 理 院 : 利 用 者 に 価 値 ある 使 いやすい 電 子 国 土 基 本 図 を 目 指 して( 提 言 ) ( 平 成 25 年 7 月, 電 子 国 土 基 本 図 のあり 方 検 討 会 ),http://www.gsi.go.jp/common/ pdf (accessed 30 Sep. 2014). 国 土 地 理 院 測 図 部 (1999): 測 図 部 の 歩 み(50 年 史 ) 小 須 賀 洋, 山 本 翔, 高 橋 秀 直 (1985):1/25,000 地 形 図 の 特 徴, 国 土 地 理 院 時 報 1985 No.61,19-23 馬 籠 弘 志 (1985): 諸 外 国 の 地 形 図 と 1/25,000 地 形 図, 国 土 地 理 院 時 報 1985 No.61,24-28 丸 山 弘 道 (1985): 新 しい 1/25,000 地 形 図 修 正 技 術, 国 土 地 理 院 時 報 1985 No.61,45-49 丸 山 弘 道, 村 上 広 史 (1986):1:25,000 地 形 図 のCRT 表 示, 国 土 地 理 院 時 報 1986 No.64,29-36 松 村 正 一, 筋 野 晃 司 (2004): 第 6 次 基 本 測 量 長 期 計 画 及 び 国 土 地 理 院 研 究 開 発 五 箇 年 計 画 について, 国 土 地 理 院 時 報 2004 No.105,53-60 三 村 清 志, 江 川 良 武 (1985): 第 四 次 基 本 測 量 長 期 計 画 と1/25,000 地 形 図 更 新 計 画, 国 土 地 理 院 時 報 1985 No.61, 34-40

17 国 土 全 域 における 2 万 5 千 分 1 地 形 図 の 整 備 刊 行 とその 経 緯 113 南 秀 和, 佐 藤 壮 紀, 大 野 裕 幸, 石 井 宏, 中 島 最 郎 (2009) :ALOS/PRISM 画 像 による 現 地 調 査 及 び 空 中 写 真 撮 影 が 困 難 な 地 域 における 電 子 国 土 基 本 図 ( 地 図 情 報 ) 整 備 手 法 の 検 討, 測 図 部 研 究 報 告 第 18 号 宮 腰 実, 柄 沢 理 弘, 古 屋 正 樹, 望 月 正 (1985):1/25,000 地 形 図 全 国 整 備 までの 経 緯, 国 土 地 理 院 時 報 1985 No.61, 9-18 水 田 良 幸, 原 田 知 明, 石 関 隆 幸, 田 村 栄 一 (2009): 電 子 国 土 基 本 図 ( 地 図 情 報 )へのデータ 移 行, 国 土 地 理 院 時 報 2009 No.118,65-71 森 田 喬 (2013): 国 土 地 理 院 の 新 しい 2 万 5 千 分 1 地 形 図 整 備 刊 行 に 寄 せて, 地 図 - 表 現 の 科 学 ( 日 本 地 図 学 会 ) VOL.51 NO.3,40-41 中 南 清 晃, 大 野 裕 幸 (2002):2 万 5 千 分 1 地 形 図 ベクトルデータ 作 成 のためのラスタベクタ 変 換, 国 土 地 理 院 時 報 2002 No.98,25-32 根 本 正 美, 関 崎 賢 一, 大 桃 浩 一, 木 村 幹 夫, 塚 崎 靖 久 (2014): 多 色 刷 の 2 万 5 千 分 1 地 形 図 の 刊 行, 国 土 地 理 院 時 報 2014 No.125,83-98 大 野 裕 幸, 水 田 良 幸, 中 南 清 晃, 石 井 武 (2002): 新 地 形 図 情 報 システム(NTIS)について, 国 土 地 理 院 時 報 2002 No.98,71-85 大 野 裕 幸, 鈴 木 禎 子 (2013): 電 子 地 形 図 の 刊 行 について, 国 土 地 理 院 時 報 2013 No.123, 大 竹 一 彦 (1985):1/25,000 地 形 図 全 国 整 備 の 意 義, 国 土 地 理 院 時 報 1985 No.61,7-8 大 塚 孝 治 (2002):ベクトルデータの 内 容, 国 土 地 理 院 時 報 2002 No.98,33-41 斉 藤 勘 一, 上 杉 一 徳 (2002):ラスタデータのベクトル 化 について, 国 土 地 理 院 時 報 2002 No.98,19-24 斉 藤 仁, 松 岡 史 晃 (2009): 電 子 地 形 図 ( 地 図 情 報 )を 基 にした 地 形 図 の 作 成, 国 土 地 理 院 時 報 2009 No.118, 佐 藤 栄 二, 瀧 田 好, 石 井 宏, 高 橋 英 尚 (1995):ディジタル(ラスタ 型 ) 方 式 による 2 万 5 千 分 1 地 形 図 修 正 シ ステム, 国 土 地 理 院 時 報 1995 No.82,16-25 下 山 泰 志, 田 村 栄 一 (2009): 基 本 測 量 に 関 する 長 期 計 画 及 び 国 土 地 理 院 研 究 開 発 基 本 計 画 について, 国 土 地 理 院 時 報 2009 No.119, 下 山 泰 志, 中 島 最 郎 (2013): 電 子 国 土 基 本 図 のあり 方 検 討 会 報 告 - 利 用 者 に 価 値 ある 使 いやすい 電 子 国 土 基 本 図 を 目 指 した 提 言 とりまとめ -, 国 土 地 理 院 時 報 2013 No.124,85-94 篠 原 茂 明 (2002):GIS 時 代 に 対 応 した 地 形 図, 国 土 地 理 院 時 報 2002 No.98,3-5 総 務 部 企 画 部 測 図 部 地 理 空 間 情 報 部 (2008): 小 特 集 Ⅰ 地 理 空 間 情 報 社 会 の 実 現 に 向 けた 国 土 地 理 院 の 取 り 組 み, 国 土 地 理 院 時 報 2008 No.114,1-35 田 村 栄 一 (2002):2 万 5 千 分 1 地 形 図 のフルベクトル 化 の 概 要, 国 土 地 理 院 時 報 2002 No.98,7-14 田 村 栄 一 (2002): 世 界 測 地 系 に 対 応 した 新 図 郭 の 作 成, 国 土 地 理 院 時 報 2002 No.98,63-70 寺 島 健 太 郎 (2002):ベクトルデータの 世 界 測 地 系 変 換, 国 土 地 理 院 時 報 2002 No.98,43-46 財 団 法 人 日 本 地 図 センター(1994): 地 図 記 号 のうつりかわり

<5461726F2D8376838C835881693233313132318CBB8DDD82C58DEC90AC816A>

<5461726F2D8376838C835881693233313132318CBB8DDD82C58DEC90AC816A> 防 衛 省 発 令 防 衛 大 学 校 訓 練 部 訓 練 課 長 を 命 ずる ( 陸 上 自 衛 隊 幹 部 学 校 主 任 教 官 ) 1 等 陸 佐 佐 藤 末 明 防 衛 大 学 校 教 授 を 命 ずる ( 帯 広 駐 屯 地 業 務 隊 長 ) 1 等 陸 佐 土 生 円 徳 防 衛 医 科 大 学 校 学 生 部 主 任 訓 練 教 官 を 命 ずる ( 陸 上 自 衛 隊 東 北

More information

Microsoft Word - H270401_発表鏡.doc

Microsoft Word - H270401_発表鏡.doc 平 成 27 年 3 月 31 日 国 土 交 通 省 中 部 地 方 整 備 局 お 知 ら せ 1. 件 名 中 部 地 方 整 備 局 人 事 異 動 について 2. 概 要 平 成 27 年 4 月 1 日 付 の 人 事 異 動 をお 知 らせします 3. 配 布 先 中 部 地 方 整 備 局 記 者 クラブ 名 古 屋 港 記 者 クラブ 4. 解 禁 指 定 なし 5.その 他 本

More information

28.07.01【税関】.xlsm

28.07.01【税関】.xlsm 平 成 28 年 7 月 1 日 発 令 税 関 発 令 事 項 氏 名 現 官 職 函 館 税 関 総 務 部 部 付 高 田 薫 神 戸 税 関 監 視 部 長 辞 職 東 京 税 関 総 務 部 部 付 土 屋 孝 文 函 館 税 関 苫 小 牧 税 関 支 署 長 辞 職 東 京 税 関 総 務 部 部 付 猪 瀬 裕 神 戸 税 関 ポートアイランド 出 張 所 辞 職 東 京 税 関 総

More information

No. 氏 名 年 齢 性 別 居 住 地 記 録 スイムラッフ S 順 ハ イクラッフ B 順 スフ リット 通 過 ランラッフ R 順 男 子 女 子 61 243 長 谷 部 崇 43 男 大 分 県 2:38:55 0:33:19 55 1:16:12 61 1:49:31 52 0:49:

No. 氏 名 年 齢 性 別 居 住 地 記 録 スイムラッフ S 順 ハ イクラッフ B 順 スフ リット 通 過 ランラッフ R 順 男 子 女 子 61 243 長 谷 部 崇 43 男 大 分 県 2:38:55 0:33:19 55 1:16:12 61 1:49:31 52 0:49: No. 氏 名 年 齢 性 別 居 住 地 記 録 スイムラッフ S 順 ハ イクラッフ B 順 スフ リット 通 過 ランラッフ R 順 男 子 女 子 1 63 井 辺 弘 貴 20 男 福 岡 県 2:09:27 0:26:21 4 1:06:37 2 1:32:58 1 0:36:29 2 1 2 2 秦 陽 一 郎 41 男 大 分 県 2:11:28 0:28:15 14 1:06:21

More information

組織変更・人事異動について_損保ジャパン、日本興亜損保

組織変更・人事異動について_損保ジャパン、日本興亜損保 2013 年 9 月 6 日 株 式 会 社 損 害 保 険 ジャパン 日 本 興 亜 損 害 保 険 株 式 会 社 組 織 変 更 人 事 異 動 について 株 式 会 社 損 害 保 険 ジャパン( 社 長 櫻 田 謙 悟 )および 日 本 興 亜 損 害 保 険 株 式 会 社 ( 社 長 二 宮 雅 也 )では 次 のとおり 組 織 変 更 および 人 事 異 動 を 行 いますのでお 知

More information

団 体 戦 男 子 団 体 MT 茨 城 熊 本 福 岡 千 葉 島 根 鹿 児 島 宮 崎 北 海 道 神 奈 川 広 島 岐 阜 愛 媛 石 川 東 京 熊 本 愛 媛 愛 知 岩 手 女 子 団 体 WT 東 京 宮 崎 新 潟 神 奈 川 鹿 児 島 千 葉 静 岡 石 川 熊 本 岐 阜 男 子 成 壮 年 団 体 OBT 神 奈 川 愛 媛 広 島 宮 崎 青 森 山 口 長 崎 岡 山

More information

-3- 行 政 概 要 行 政 概 要 市 制 施 行 昭 和 26 年 4 月 1 日 ( 全 国 262 番 目 東 京 都 5 番 目 ) 位 置 東 経 139 度 16 分 30 秒 ( 市 役 所 におけるもの) 北 緯 35 度 47 分 16 秒 海 抜 186.6メートル 規 模 人 口 密 度 人 口 集 中 人 口 面 積 1km 2 地 区 人 口 当 たり 国 勢 調 人

More information

長 野 出 張 長 松 本 砂 防 事 務 梓 川 出 張 長 富 山 出 張 長 河 川 計 画 課 長 補 佐 地 方 事 業 評 価 管 理 官 環 境 調 整 官 総 括 技 術 検 査 官 情 報 通 信 技 術 調 整 官 道 路 情 報 管 理 官 技 官 小 林 宏 至 H28.3.

長 野 出 張 長 松 本 砂 防 事 務 梓 川 出 張 長 富 山 出 張 長 河 川 計 画 課 長 補 佐 地 方 事 業 評 価 管 理 官 環 境 調 整 官 総 括 技 術 検 査 官 情 報 通 信 技 術 調 整 官 道 路 情 報 管 理 官 技 官 小 林 宏 至 H28.3. 主 任 監 査 官 総 括 調 整 官 予 算 調 整 官 用 地 調 整 官 利 賀 ダム 工 事 事 務 松 本 砂 防 事 務 防 災 情 報 課 長 占 用 調 整 課 長 三 条 国 道 出 張 長 柏 崎 維 持 出 張 長 用 地 対 策 官 総 括 地 域 防 災 調 整 官 品 質 確 保 課 長 魚 津 国 道 出 張 長 手 取 川 ダム 管 理 支 長 飯 豊 山 系 砂 防

More information

<915391539286959F88E4914994B291E6825083588365815B83578169975C9149838A815B834F816A91678D8782B92E786C73>

<915391539286959F88E4914994B291E6825083588365815B83578169975C9149838A815B834F816A91678D8782B92E786C73> 男 子 団 体 戦 第 1ステージ リーグ 戦 1 A ブロック 1 青 森 山 田 2 天 竜 3 双 葉 勝 敗 順 位 1 青 森 山 田 ( 青 森 県 ) 2 天 竜 ( 静 岡 県 ) 3 双 葉 ( 滋 賀 県 ) B ブロック 1 桐 花 2 相 陽 3 加 津 佐 勝 敗 順 位 1 桐 花 ( 北 海 道 ) 2 相 陽 ( 神 奈 川 県 ) 3 加 津 佐 ( 長 崎 県 )

More information

番号

番号 平 成 23 年 度 日 本 地 震 工 学 会 委 員 会 委 員 名 簿 ( 平 成 23 年 12 月 22 日 現 在 ) 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 佐 藤 俊 明 ( 清 水 建 設 ) 委 員 渡 辺 和 明 ( 大 成 建 設 ) 岡 野 創 ( 鹿 島 建 設 ) 渡 壁 守 正 ( 戸 田 建 設 ) 役 員 候 補 者 推 薦 委 員 会 委 員 長 澤 本 佳 和

More information

小美玉市ふるさと応援寄附金

小美玉市ふるさと応援寄附金 平 成 27 年 4 月 (1/11ページ) 1 匿 名 埼 玉 県 10,000 4 2 毛 利 学 様 北 海 道 10,000 4 3 嘉 手 納 一 彦 様 沖 縄 県 10,000 2 4 匿 名 兵 庫 県 10,000 1 5 牧 野 稔 海 様 埼 玉 県 10,000 1 6 藤 井 志 保 子 様 埼 玉 県 10,000 3 7 山 崎 弘 之 様 千 葉 県 10,000 3

More information

平 成 27 年 期 P.2 国 土 交 通 本 省 土 地 建 設 産 業 局 建 1 日 建 政 部 建 設 産 業 調 整 官 設 市 場 整 備 課 企 画 専 門 官 事 下 岡 壽 1 日 関 東 運 輸 局 埼 玉 運 輸 支 局 次 長 建 政 部 土 地 市 場 監 視 官 事 池

平 成 27 年 期 P.2 国 土 交 通 本 省 土 地 建 設 産 業 局 建 1 日 建 政 部 建 設 産 業 調 整 官 設 市 場 整 備 課 企 画 専 門 官 事 下 岡 壽 1 日 関 東 運 輸 局 埼 玉 運 輸 支 局 次 長 建 政 部 土 地 市 場 監 視 官 事 池 平 成 27 年 期 P.1 1 日 辞 職 総 務 部 総 括 調 整 官 事 関 根 伸 章 1 日 総 務 部 総 括 調 整 官 総 務 部 調 査 官 事 渡 邉 猛 雄 1 日 総 務 部 調 査 官 主 任 監 査 官 事 五 味 田 文 和 1 日 主 任 監 査 官 総 務 部 財 産 管 理 官 事 八 子 康 幸 1 日 総 務 部 財 産 管 理 官 道 路 部 路 政 調

More information

ハローワーク特区(*)について、埼玉県及び佐賀県からの提案(別添資料)があり、平成24年5月7日、地域主権戦略会議の下のハローワークチーム(厚生労働省では津田厚生労働大臣政務官がメンバー)において提案のとおりハローワーク特区の枠組みが合意された。  また、同日のハローワークチームでは、次の合意がなされた。   ・ この特区の枠組みに沿って厚生労働省は所要の措置を講じること。    ・ 特区の対象となるハローワークは、ハローワーク浦和とハローワーク佐賀であること。   ・ それぞれの特区における具体的な取組みの内容について、厚生労働省は埼玉県及び佐賀県     とよく詰めること。   ・ ハローワーク特区の事業開始は、平成24年10月を目途とすること。   * 平成23年12月26日の地域主権戦略会議(議長・内閣総理大臣)で了承された「出先機関の原則廃止に向けた今後の  取組方針《で「特区制度を活用して、試行的に、東西1か所ずつハローワークが移管されているのと実質的に同じ状況を作  り、移管可能性の検証を行う(仮称 ハローワーク特区)《とされていた。

ハローワーク特区(*)について、埼玉県及び佐賀県からの提案(別添資料)があり、平成24年5月7日、地域主権戦略会議の下のハローワークチーム(厚生労働省では津田厚生労働大臣政務官がメンバー)において提案のとおりハローワーク特区の枠組みが合意された。  また、同日のハローワークチームでは、次の合意がなされた。    ・ この特区の枠組みに沿って厚生労働省は所要の措置を講じること。    ・ 特区の対象となるハローワークは、ハローワーク浦和とハローワーク佐賀であること。   ・ それぞれの特区における具体的な取組みの内容について、厚生労働省は埼玉県及び佐賀県     とよく詰めること。   ・ ハローワーク特区の事業開始は、平成24年10月を目途とすること。   * 平成23年12月26日の地域主権戦略会議(議長・内閣総理大臣)で了承された「出先機関の原則廃止に向けた今後の  取組方針《で「特区制度を活用して、試行的に、東西1か所ずつハローワークが移管されているのと実質的に同じ状況を作  り、移管可能性の検証を行う(仮称 ハローワーク特区)《とされていた。 参 考 資 料 1 アクション プラン~ 出 先 機 関 の 原 則 廃 止 に 向 けて~ ( 平 成 22 年 12 月 28 日 閣 議 決 定 ) 国 のかたちを 変 えて 住 民 に 身 近 な 行 政 はできる 限 り 地 方 自 治 体 に 委 ね 地 域 における 行 政 を 地 方 自 治 体 が 自 主 的 かつより 総 合 的 に 実 施 できるよう 出 先 機 関 の 事 務

More information

男 子 シングルス () 平 成 2 年 度 県 高 校 テニス 新 人 大 会 平 成 2 年 /2~2 西 村 大 誠 ( 宮 﨑 日 大 ) 北 林 亜 斗 夢 ( 佐 土 原 ) 4 2 加 藤 和 磨 ( 宮 崎 西 ) 山 下 大 地 ( 日 南 振 徳 ) 5 小 薗 雄 大 ( 小

男 子 シングルス () 平 成 2 年 度 県 高 校 テニス 新 人 大 会 平 成 2 年 /2~2 西 村 大 誠 ( 宮 﨑 日 大 ) 北 林 亜 斗 夢 ( 佐 土 原 ) 4 2 加 藤 和 磨 ( 宮 崎 西 ) 山 下 大 地 ( 日 南 振 徳 ) 5 小 薗 雄 大 ( 小 男 子 団 体 戦 9 宮 崎 工 業 7 都 城 泉 ヶ 丘 第 4 回 宮 崎 県 新 人 大 会 テニス 競 技 ( 兼 九 州 選 抜 大 会 予 選 ) 優 勝 宮 崎 日 大 2 位 佐 土 原 位 都 城 泉 ヶ 丘 4 位 宮 崎 西 宮 崎 日 大 宮 崎 西 8 宮 崎 日 大 - 2 小 林 秀 峰 日 南 9 日 向 工 業 宮 崎 北 2 4 富 島 延 岡 商 業 2 5

More information

役 員 の 退 任 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 限 り) 芦 田 豊 本 部 担 当 理 事 2. 職 員 の 人 事 異 動 職 員 の 異 動 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 付 ) (1)ブロック 本 部 本 部 長 / 本 部 長 守 田 憲 敏 本 部 / 支 払 部

役 員 の 退 任 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 限 り) 芦 田 豊 本 部 担 当 理 事 2. 職 員 の 人 事 異 動 職 員 の 異 動 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 付 ) (1)ブロック 本 部 本 部 長 / 本 部 長 守 田 憲 敏 本 部 / 支 払 部 Press Release 報 道 関 係 者 各 位 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 照 会 先 ) 人 事 管 理 部 人 事 グループ 長 矢 口 明 人 事 管 理 部 参 事 役 江 口 伸 二 ( 電 話 直 通 03-6892-0713) 経 営 企 画 部 広 報 室 ( 電 話 直 通 03-5344-1110) 日 本 年 金 機 構 役 職 員 の 人 事 異 動 について

More information

三 品 尚 様 宮 城 県 林 拓 郎 様 - 鎌 田 周 重 様 愛 知 県 日 立 ツール 株 式 会 社 松 江 表 面 改 質 センター 様 - 本 多 晶 二 郎 様 - 松 田 知 枝 美 様 - 高 口 千 鶴 様 福 岡 県 唐 島 田 朋 広 様 神 奈 川 県 里 見 康 様 -

三 品 尚 様 宮 城 県 林 拓 郎 様 - 鎌 田 周 重 様 愛 知 県 日 立 ツール 株 式 会 社 松 江 表 面 改 質 センター 様 - 本 多 晶 二 郎 様 - 松 田 知 枝 美 様 - 高 口 千 鶴 様 福 岡 県 唐 島 田 朋 広 様 神 奈 川 県 里 見 康 様 - 大 森 巌 様 広 島 県 ユウベル 株 式 会 社 様 広 島 県 阿 部 慶 一 様 宮 城 県 清 水 保 様 - 匿 名 様 鳥 取 県 長 内 久 人 様 - 大 橋 道 雄 様 東 京 都 石 本 正 敬 様 - 匿 名 様 鳥 取 県 藤 原 立 嗣 様 - 井 山 恭 明 様 岡 山 県 匿 名 様 宮 城 県 小 久 保 裕 美 様 - 門 田 仁 様 北 海 道 北 垣 一 宏

More information

役 員 名 所 属 等 氏 名 ( は 新 任 ) 任 期 平 成 22 年 6 月 16 日 ~ 平 成 24 年 6 月 16 日 現 職 等 会 長 名 誉 会 員 陣 内 孝 雄 全 国 治 水 期 成 同 盟 会 連 合 会 会 長 副 会 長 脇 雅 史 参 議 院 議 員 佐 々 木

役 員 名 所 属 等 氏 名 ( は 新 任 ) 任 期 平 成 22 年 6 月 16 日 ~ 平 成 24 年 6 月 16 日 現 職 等 会 長 名 誉 会 員 陣 内 孝 雄 全 国 治 水 期 成 同 盟 会 連 合 会 会 長 副 会 長 脇 雅 史 参 議 院 議 員 佐 々 木 平 成 22 年 度 事 業 報 告 自 平 成 22 年 4 月 31 日 至 平 成 23 年 3 月 31 日 1. 会 員 の 状 況 区 分 前 年 度 末 数 入 会 数 退 会 数 本 年 度 末 数 正 会 員 47 1 1 47 名 誉 会 員 5 1 0 6 賛 助 会 員 41 1 0 42 計 93 3 1 95 ( 注 ) 1.( )は 内 書 で 大 阪 府 ( 休 会

More information

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城 平 成 26 年 度 対 口 支 援 要 請 訪 問 の 概 要 平 成 26 年 6 月 3 日 から11 月 7 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 40 都 道 府 県 日 程 長 野 県 1 金 野 秘 書 広 報 課 長 長 野 県 市 長 会 定 例 会 6 月 3 日 長 野 県 1 宮 城 県 長 野 市 2 塩 竈 市 松 本 市 2 石 巻 市 1, 女 川 町 1 岡 谷

More information

<819A E589EF8C8B89CA E815B A90AB816A817A2E786C73>

<819A E589EF8C8B89CA E815B A90AB816A817A2E786C73> 1 17176 竹 内 宏 三 重 県 01:21'44" 01:21'38" 51 17312 野 島 義 之 三 重 県 01:34'06" 01:33'42" 2 17053 立 岡 哲 也 愛 知 県 01:22'42" 01:22'35" 52 17606 角 谷 浩 紀 三 重 県 01:34'11" 01:33'49" 3 17178 田 中 悟 三 重 県 01:23'10" 01:23'02"

More information

(08\213L\230^\221\227\225t\227p\(1\).xls)

(08\213L\230^\221\227\225t\227p\(1\).xls) 第 10 行 橋 ~ 別 府 100キロウォーク 個 人 記 録 1 着 発 着 発 着 発 着 時 刻 ネット 休 含 1 区 2 区 3 区 4 区 歩 計 1 789 千 代 田 泰 51 2 0:00:15 18:19 18:20 21:43 21:44 1:12 1:12 3:10:09 13:09:54 7.60 8.15 7.48 7.25 7.41 7.63 2 54 増 田 邦 禎

More information

(2) 地 籍 調 査 の 目 的 国 土 調 査 法 は 国 土 の 開 発 及 び 保 全 並 びにその 利 用 の 高 度 化 に 資 するとともに あわせて 地 籍 の 明 確 化 を 図 るため 国 土 の 実 態 を 科 学 的 且 つ 総 合 的 に 調 査 することを 目 的 として

(2) 地 籍 調 査 の 目 的 国 土 調 査 法 は 国 土 の 開 発 及 び 保 全 並 びにその 利 用 の 高 度 化 に 資 するとともに あわせて 地 籍 の 明 確 化 を 図 るため 国 土 の 実 態 を 科 学 的 且 つ 総 合 的 に 調 査 することを 目 的 として リサーチ メモ 地 籍 図 ( 土 地 の 境 界 図 )の 整 備 について(4) 2016 年 1 月 5 日 第 1 回 は 土 地 の 境 界 の 意 義 第 2 回 は 表 示 に 関 する 登 記 を 中 心 に 不 動 産 登 記 制 度 第 3 回 は 所 有 権 界 筆 界 の 判 定 手 法 について 概 観 した 今 回 は 筆 界 の 明 確 化 と 登 記 所 備 付 地

More information

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特 長 野 市 公 立 保 育 所 の 適 正 規 模 及 び 民 営 化 等 基 本 計 画 ( 素 案 ) 平 成 24 年 9 月 長 野 市 目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題

More information

<87548F8788CA8C8892E890ED838A835883672E786C73>

<87548F8788CA8C8892E890ED838A835883672E786C73> 関 西 大 Ⅰ 1 6 辻 井 雄 佑 1 174 68 MF 関 西 大 学 第 一 高 : 大 阪 2 7 新 保 聡 太 朗 1 180 68 FW 市 立 尼 崎 高 : 兵 庫 3 11 中 村 祐 哉 2 172 63 MF 大 分 トリニータU-18: 大 分 4 15 石 黒 覚 大 3 176 68 DF 東 海 大 仰 星 : 大 阪 5 23 小 坂 翔 1 181 70 DF

More information

陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 総 務 課 監 理 班 長 を 命 ずる ( 中 央 即 応 集 団 司 令 部 人 事 部 長 ) 1 等 陸 佐 島 守 英 次 陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 会 計 課 会 計 監 査 班 長 を 命 ずる ( 西 部 方 面 総 監 部 総 務 部

陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 総 務 課 監 理 班 長 を 命 ずる ( 中 央 即 応 集 団 司 令 部 人 事 部 長 ) 1 等 陸 佐 島 守 英 次 陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 会 計 課 会 計 監 査 班 長 を 命 ずる ( 西 部 方 面 総 監 部 総 務 部 防 衛 省 発 令 防 衛 研 究 所 主 任 研 究 官 を 命 ずる ( 第 3 高 射 特 科 群 長 ) 1 等 陸 佐 山 口 尚 彦 統 合 幕 僚 監 部 総 務 部 総 務 課 勤 務 を 命 ずる ( 航 空 幕 僚 監 部 監 理 監 察 官 付 ) 2 等 空 佐 泉 山 正 司 統 合 幕 僚 監 部 防 衛 計 画 部 防 衛 課 付 を 命 ずる ( 第 7 高 射 特

More information

< 商 品 担 当 直 轄 > アジアシフト 推 進 部 と 食 品 商 品 企 画 本 部 組 織 下 の 輸 出 推 進 部 を 統 合 し 海 外 商 品 部 に 再 編 する [オムニチャネル 推 進 担 当 下 ] オムニチャネル 統 括 部 を 新 設 し ネットスーパー 推 進 部 (

< 商 品 担 当 直 轄 > アジアシフト 推 進 部 と 食 品 商 品 企 画 本 部 組 織 下 の 輸 出 推 進 部 を 統 合 し 海 外 商 品 部 に 再 編 する [オムニチャネル 推 進 担 当 下 ] オムニチャネル 統 括 部 を 新 設 し ネットスーパー 推 進 部 ( 2016 年 3 月 7 日 イオンリテール 株 式 会 社 機 構 改 革 と 人 事 異 動 について 当 社 は 下 記 のとおり 機 構 改 革 と 人 事 異 動 を 実 施 しますのでご 案 内 申 し 上 げます 記 1. 機 構 改 革 (3 月 7 日 付 ) [ 組 織 ] 現 行 の34 事 業 部 を 再 編 し 30 事 業 部 体 制 とする *)6 30 事 業 部 について

More information

untitled

untitled 第 82 回 全 日 本 大 学 総 合 卓 球 選 手 権 大 会 ( 団 体 の 部 ) ( 北 九 州 市 立 総 合 体 育 館 2012 年 7 月 5 日 ( 木 )~8 日 ( 日 )) 男 子 予 選 リーグ Aブロック 男 子 予 選 リーグ Bブロック 明 治 大 3 0 愛 媛 大 青 森 大 3 0 岡 山 商 科 大 / 11 4 \ / 11 3 \ 11 7 4 11

More information

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義 コンサルティングレポート 2013 年 10 月 11 日 全 13 頁 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 の 現 状 と 政 策 的 意 義 コンサルティング ソリューション 第 一 部 主 任 コンサルタント 米 川 誠 [ 要 約 ] 本 年 3 月 20 日 阪 神 三 宮 駅 の 全 面 改 良 工 事 が 完 成 した これにより アクセス 性 向 上 乗 り 換 え 時 間 短

More information

2007 那 須 塩 原 大 会 記 録 ( 選 手 権 女 子 ) 2ページ 相 川 ちひろ 東 京 女 子 体 育 大 学 19 2:36:44 0:24: :20: :45: :51: 清 水 真 由 美 大 東 文 化

2007 那 須 塩 原 大 会 記 録 ( 選 手 権 女 子 ) 2ページ 相 川 ちひろ 東 京 女 子 体 育 大 学 19 2:36:44 0:24: :20: :45: :51: 清 水 真 由 美 大 東 文 化 2007 那 須 塩 原 大 会 記 録 ( 選 手 権 女 子 ) 1ページ 1 217 川 崎 由 理 奈 明 治 大 学 20 2:13:46 0:20:43 1 1:09:57 4 1:30:40 3 0:43:06 6 2 246 名 村 梓 明 治 大 学 22 2:14:11 0:20:43 2 1:08:33 2 1:29:16 1 0:44:55 13 3 225 佐 々 木 舞

More information

男 子 () 4. 原 山 川 合 ペア( 山 口 大 学 ) 64 岡 田 山 内 ( 福 平 大 ) 片 山 林 ( 福 平 大 ) 落 合 池 田 ( 岡 県 大 ) 瀬 田 簗 瀬 ( 岡 山 大 ) 奥 嶋 水 田 ( 岡 山 大 ) 永 見 松 葉 ( 下 市 大

男 子 () 4. 原 山 川 合 ペア( 山 口 大 学 ) 64 岡 田 山 内 ( 福 平 大 ) 片 山 林 ( 福 平 大 ) 落 合 池 田 ( 岡 県 大 ) 瀬 田 簗 瀬 ( 岡 山 大 ) 奥 嶋 水 田 ( 岡 山 大 ) 永 見 松 葉 ( 下 市 大 男 子 () 藤 田 石 井 ( 吉 備 国 ) 夫 津 木 多 原 ( 岡 山 大 ) 濱 田 生 林 ( 福 平 大 ) 前 国 西 ( 広 工 大 ) 白 石 open ( 広 経 大 ) 野 津 本 田 ( 広 経 大 ) 4 4 日 高 村 井 ( 広 修 大 ) 山 片 守 江 ( 広 島 大 ) 5 5 向 田 前 川 ( 岡 山 大 ) 6 小 寺 加 藤 ( 川 福 大 ) 山 田

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 23 年 11 月 24 日 第 49 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 5 国 保 組 合 の 国 庫 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 11 月 24 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された 国

More information

下 水 道 課 長 川 畑 裕 也 高 規 格 幹 線 道 路 対 策 室 主 幹 昇 任 ( 事 務 取 扱 ) 下 水 道 課 施 設 係 長 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 主 幹 ( 兼 ) 下 水 道 課 大 平 下 水 処 理 センター 所 長 高 規 格 幹 線 道

下 水 道 課 長 川 畑 裕 也 高 規 格 幹 線 道 路 対 策 室 主 幹 昇 任 ( 事 務 取 扱 ) 下 水 道 課 施 設 係 長 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 主 幹 ( 兼 ) 下 水 道 課 大 平 下 水 処 理 センター 所 長 高 規 格 幹 線 道 部 長 職 総 務 企 画 部 長 正 木 隆 司 総 務 企 画 部 長 3/31 兼 務 解 除 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 副 室 長 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 副 室 長 ( 兼 )ラグビーワールドカップ 推 進 室 長 産 業 振 興 部 長 似 内 敏 行 産 業 振 興 部 次 長 昇 任 ( 兼 ) 港 湾 振 興 課 長 建 設 部

More information

平 成 24 年 度 横 浜 市 技 能 功 労 者 優 秀 技 能 者 表 彰 技 能 者 奨 励 賞 受 賞 者 横 浜 市 技 能 功 労 者 表 彰 とは 永 く 同 一 の 業 に 従 事 し 功 労 顕 著 な 技 能 の 方 々を 対 象 に 個 人 の 持 つ 極 めて 優 れた 技

平 成 24 年 度 横 浜 市 技 能 功 労 者 優 秀 技 能 者 表 彰 技 能 者 奨 励 賞 受 賞 者 横 浜 市 技 能 功 労 者 表 彰 とは 永 く 同 一 の 業 に 従 事 し 功 労 顕 著 な 技 能 の 方 々を 対 象 に 個 人 の 持 つ 極 めて 優 れた 技 平 成 24 年 度 横 浜 市 技 能 功 労 者 優 秀 技 能 者 表 彰 技 能 者 奨 励 賞 受 賞 者 横 浜 市 技 能 功 労 者 表 彰 とは 永 く 同 一 の 業 に 従 事 し 功 労 顕 著 な 技 能 の 方 々を 対 象 に 個 人 の 持 つ 極 めて 優 れた 技 能 と 他 の 技 能 者 への 模 範 となり 指 導 的 な 立 場 にある 方 を 称 えるために

More information

豊 住 直 樹 岩 沢 雅 司 渡 邉 幸 彦 7 中 林 信 男 高 橋 功 7 竹 原 奈 津 紀 滝 沢 義 明 コ 9 片 見 明 コ ム ム 高 橋 進 小 峰 直 ム 中 島 克 昌 55 0 松 島 誠 55 滝 邦 久 関 竹 夫 嶋 田 道 夫 信 7 栗 原 孝 信 ム 竹 井

豊 住 直 樹 岩 沢 雅 司 渡 邉 幸 彦 7 中 林 信 男 高 橋 功 7 竹 原 奈 津 紀 滝 沢 義 明 コ 9 片 見 明 コ ム ム 高 橋 進 小 峰 直 ム 中 島 克 昌 55 0 松 島 誠 55 滝 邦 久 関 竹 夫 嶋 田 道 夫 信 7 栗 原 孝 信 ム 竹 井 コート 般 男 子 人 用 開 始 時 間 終 了 時 間 ブロック 佐 野 博 士 佐 久 間 弘 敏 信 信 井 上 友 幸 田 中 英 司 横 尾 昌 法 加 賀 重 隆 ム ム - 0 0 コート 般 男 子 人 用 開 始 時 間 終 了 時 間 B ブロック 武 田 長 谷 部 弘 之 根 岸 修 55 中 村 亘 55 宮 木 伸 夫 寺 西 信 ム ム 8 0 5-7 0 8 9 -

More information

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E >

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E > 23.9.28 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 説 明 資 料 国 民 健 康 保 険 組 合 に 対 する 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 9 月 28 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 課 1 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された

More information

<504446977020513037208E8E919695CE8DB788EA97972E786C73>

<504446977020513037208E8E919695CE8DB788EA97972E786C73> 試 走 偏 差 一 覧 データ 抽 出 条 件 12011 年 4 月 1 日 ~2012 年 3 月 31 日 2 良 走 路 の 成 績 3 妨 害 を 受 けた 競 走 事 故 不 成 立 の 成 績 は 除 く 4 試 走 偏 差 が 0.2 以 上 の 成 績 は 除 く 試 走 偏 差 : 競 走 タイム( 秒 /100m)と 試 走 タイムの 差 ( 競 走 タイム- 試 走 タイム)

More information

<8F4F8B6389408B6388F554505091D4937888EA97972E786C7378>

<8F4F8B6389408B6388F554505091D4937888EA97972E786C7378> 一 挙 公 開! 衆 議 院 議 員 のTPP 交 渉 参 加 についての 態 度 http://notpp.jp/tpp_kantei.html 2013/1/9 選 挙 区 氏 名 党 / 会 派 TPP 態 度 全 国 農 政 連 推 薦 北 海 道 1 船 橋 利 実 自 民 反 対 北 海 道 2 吉 川 貴 盛 自 民 反 対 北 海 道 3 高 木 宏 壽 自 民 反 対 北 海 道

More information

800m 1 1'54"4 森 井 清 6 県 選 手 権 85.6.23 三 ツ 沢 2 1'55"22 福 山 高 志 26 関 東 高 校 05.6.19 千 葉 3 1'55"49 平 野 裕 樹 32 県 高 校 総 体 12.5.19 三 ツ 沢 4 1'55"84 小 園 大 地 29

800m 1 1'544 森 井 清 6 県 選 手 権 85.6.23 三 ツ 沢 2 1'5522 福 山 高 志 26 関 東 高 校 05.6.19 千 葉 3 1'5549 平 野 裕 樹 32 県 高 校 総 体 12.5.19 三 ツ 沢 4 1'5584 小 園 大 地 29 荏 田 高 校 陸 上 競 技 部 男 子 歴 代 10 傑 手 動 計 時 と 電 気 計 時 順 位 は 100m 200m 100mH 110mHについては 手 動 計 時 に+0"24 400m 400mH 400mR 1600mRについては 手 動 計 時 に+0"14 800m 以 上 についてはそのまま 比 較 投 擲 種 目 については 旧 規 格 (やり 投 '85 以 前 砲 丸

More information

() 935 () () () () 1 1 1 1 男 子 団 体 平 成 21 年 度 長 野 県 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 柔 道 競 技 大 会 男 子 団 体 大 会 成 績 一 覧 1 松 本 第 一 5 男 子 団 体 2 長 野 工 業 3 0 1 位 松 本 第 一 高 等 学 校 3 丸 子 修 学 館 2 4 2 位 東 海 大 三 高 等 学 校 4

More information

42 14 Basketball 選 手 下 山 田 俊 介 男 28 東 京 都 社 団 法 人 東 京 都 聴 覚 障 害 者 連 盟 Basketball 選 手 小 沼 功 治 男 30 神 奈 川 県 神 奈 川 県 聴 覚 障 害 者 連 盟 Basketball

42 14 Basketball 選 手 下 山 田 俊 介 男 28 東 京 都 社 団 法 人 東 京 都 聴 覚 障 害 者 連 盟 Basketball 選 手 小 沼 功 治 男 30 神 奈 川 県 神 奈 川 県 聴 覚 障 害 者 連 盟 Basketball 1 1 Badminton スタッフ 佐 藤 裕 介 男 32 北 海 道 社 団 法 人 北 海 道 ろうあ 連 盟 2 2 Badminton スタッフ 阿 部 千 子 女 49 東 京 都 社 団 法 人 東 京 都 聴 覚 障 害 者 連 盟 3 3 Badminton 選 手 千 田 泰 輔 男 31 北 海 道 社 団 法 人 北 海 道 ろうあ 連 盟 4 4 Badminton 選

More information

3 48''05 馬 場 智 和 H10 4 48"86 澤 田 雄 太 5 49"00 古 橋 弘 貴 石 川 県 国 体 予 選 6 49''06 藤 沢 慎 也 H14 7 49''08 鈴 木 裕 也 H22 8 49"15 中 村 勝 H19 9 49''24 吉 川 貴 大 H5 10

3 48''05 馬 場 智 和 H10 4 4886 澤 田 雄 太 5 4900 古 橋 弘 貴 石 川 県 国 体 予 選 6 49''06 藤 沢 慎 也 H14 7 49''08 鈴 木 裕 也 H22 8 4915 中 村 勝 H19 9 49''24 吉 川 貴 大 H5 10 日 本 学 生 記 録 北 信 越 学 生 記 録 石 川 県 記 録 200m 以 内 : 手 動 +0''24が 電 気 と 同 等 400m: 手 動 +0''14が 電 気 と 同 等 800m 以 上 : 手 動 電 気 の 差 なし やり 投 げ:1985 年 ( 昭 和 60 年 ) 以 降 が 新 規 格 で それより 以 前 は 旧 規 格 男 子 金 沢 大 学 陸 上 競 技

More information

<8199915388F589FC28485094AD928D9770816A2E786C7378>

<8199915388F589FC28485094AD928D9770816A2E786C7378> ニッタン 株 式 会 社 第 1 種 火 災 報 知 システム 専 門 技 術 者 名 簿 1 期 板 谷 敏 行 NK-96-1-0002 吉 井 俊 明 NK-96-1-0037 山 本 博 司 NK-96-1-0077 作 左 部 義 文 NK-96-1-0004 田 中 英 則 NK-96-1-0038 会 沢 潔 NK-96-1-0079 丹 羽 忍 NK-96-1-0006 下 川 雄

More information

試 合 番 号 19 1 回 戦 日 付 2011/02/0 試 合 番 号 20 1 回 戦 日 付 2011/02/0 西 武 台 2 対 0 大 宮 開 成 本 庄 東 2 対 0 浦 和 学 院 中 里 裕 也 大 倉 秀 登 小 林 陽 実 21-6 中 込 和 帄 21-13

試 合 番 号 19 1 回 戦 日 付 2011/02/0 試 合 番 号 20 1 回 戦 日 付 2011/02/0 西 武 台 2 対 0 大 宮 開 成 本 庄 東 2 対 0 浦 和 学 院 中 里 裕 也 大 倉 秀 登 小 林 陽 実 21-6 中 込 和 帄 21-13 試 合 番 号 1 1 回 戦 日 付 2011/02/0 試 合 番 号 2 1 回 戦 日 付 2011/02/0 栄 北 2 対 0 浦 和 実 業 西 武 文 理 2 対 0 栄 東 内 田 大 貴 21-12 吉 田 雅 弥 鈴 木 貴 文 21-16 柴 山 敬 太 21-17 15-21 開 始 時 刻 11:35 - 終 了 時 刻 11:53 開 始 時 刻 11:35 21-18

More information

( 団 体 名 ) 54 H27.5.6 礒 田 洋 三 滋 賀 県 10,000 住 所 寄 附 金 額 寄 附 者 からのメッセージ 陶 器 に 関 心 があります 本 県 では 信 楽 焼 が 有 名 です また 一 度 機 会 があればお 伺 いしたいと 思 います 少 ない 金 額 ですが

( 団 体 名 ) 54 H27.5.6 礒 田 洋 三 滋 賀 県 10,000 住 所 寄 附 金 額 寄 附 者 からのメッセージ 陶 器 に 関 心 があります 本 県 では 信 楽 焼 が 有 名 です また 一 度 機 会 があればお 伺 いしたいと 思 います 少 ない 金 額 ですが 1 H27.5.1 荒 木 繁 男 福 岡 県 10,000 2 H27.5.1 大 木 郁 子 東 京 都 10,000 3 H27.5.1 山 本 直 也 東 京 都 10,000 4 H27.5.1 小 郷 里 絵 東 京 都 20,000 環 境 保 全 にお 役 立 て 下 さい 5 H27.5.1 戸 上 広 樹 栃 木 県 10,000 6 H27.5.1 佐 々 木 利 也 埼 玉

More information

全 日 本 シニアバドミントン 選 手 権 大 会 東 京 都 予 選 男 子 シングルス 歳 以 上 の 部 MS () 渡 邊 春 男 ( 北 区 ) 井 口 慎 ( 立 川 市 ) 往 岸 伸 和 ( 品 川 区 ) 田 中 進 一 ( 目 黒 区 ) 鈴 木 一 広 ( 昭 島 市 ) 飯

全 日 本 シニアバドミントン 選 手 権 大 会 東 京 都 予 選 男 子 シングルス 歳 以 上 の 部 MS () 渡 邊 春 男 ( 北 区 ) 井 口 慎 ( 立 川 市 ) 往 岸 伸 和 ( 品 川 区 ) 田 中 進 一 ( 目 黒 区 ) 鈴 木 一 広 ( 昭 島 市 ) 飯 全 日 本 シニアバドミントン 選 手 権 大 会 男 子 シングルス 歳 以 上 の 部 MS () 野 辺 将 司 ( 板 橋 区 ) 三 木 亮 ( 港 区 ) 三 壁 敏 隆 ( 千 代 田 区 ) 上 村 俊 道 ( 目 黒 区 ) 西 島 壮 ( 府 中 市 ) 桜 井 良 行 ( 大 田 区 ) 近 藤 恭 史 ( 渋 谷 区 ) 糸 敬 生 ( 中 央 区 ) 小 川 晃 弘 ( 品

More information

部 長 級 福 祉 保 健 部 長 兼 子 育 て 総 合 支 援 センター 所 長 福 祉 保 健 部 次 長 兼 子 ども 家 庭 課 長 兼 子 育 て 総 合 支 援 センター 所 長 塚 根 智 子 建 設 部 長 建 設 部 次 長 兼 管 理 課 長 長 井 貴 徳 次 長 級 建 設

部 長 級 福 祉 保 健 部 長 兼 子 育 て 総 合 支 援 センター 所 長 福 祉 保 健 部 次 長 兼 子 ども 家 庭 課 長 兼 子 育 て 総 合 支 援 センター 所 長 塚 根 智 子 建 設 部 長 建 設 部 次 長 兼 管 理 課 長 長 井 貴 徳 次 長 級 建 設 倉 吉 市 人 事 異 動 ( け) 異 動 規 模 異 動 138 人 部 長 級 2 人 ( 2 人 ) 次 長 級 3 人 ( 3 人 ) 課 長 級 16 人 ( 8 人 8 人 ) 退 職 計 19 人 21 人 178 人 倉 吉 市 初 の 女 性 部 長 1 人 の 登 用 をはじめ 課 長 級 1 人 課 長 補 佐 級 4 人 係 長 級 10 人 の 女 性 管 理 監 督 職

More information

73 1021 吉 田 展 也 29 男 1:50:05 430 70 男 子 29 歳 以 下 10 74 1042 曽 我 陽 介 32 男 1:50:08 190 71 男 子 30 歳 台 17 75 1319 小 松 洋 助 66 男 1:50:25 960 72 男 子 60 歳 以 上

73 1021 吉 田 展 也 29 男 1:50:05 430 70 男 子 29 歳 以 下 10 74 1042 曽 我 陽 介 32 男 1:50:08 190 71 男 子 30 歳 台 17 75 1319 小 松 洋 助 66 男 1:50:25 960 72 男 子 60 歳 以 上 1 1057 藤 原 孝 志 34 男 1:15:54 930 1 男 子 30 歳 台 2 1063 原 慎 弥 35 男 1:16:34 10 2 男 子 30 歳 台 3 1041 川 嶋 洋 平 32 男 1:17:01 670 3 男 子 30 歳 台 4 1074 野 村 茂 行 37 男 1:18:03 810 4 男 子 30 歳 台 1 5 1050 田 中 啓 佑 33 男 1:18:15

More information

人事異動のお知らせ

人事異動のお知らせ 2012 年 9 月 28 日 郵 便 事 業 株 式 会 社 東 北 支 社 郵 便 局 株 式 会 社 東 北 支 社 人 事 異 動 のお 知 らせ 平 成 24 年 10 月 1 日 付 の 日 本 郵 便 株 式 会 社 ( 郵 便 事 業 株 式 会 社 と 郵 便 局 株 式 会 社 との 合 併 後 の 新 会 社 ) 東 北 支 社 の 人 事 異 動 について お 知 らせいたします

More information

はじめに 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 は 良 質 で 安 全 な 建 築 物 の 整 備 の 要 となる 業 務 であ り これを 担 う 建 築 士 建 築 士 事 務 所 に 係 る 制 度 について 社 会 の 要 請 に 応 じ て 適 正 化 することは 極 めて 重 要 な

はじめに 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 は 良 質 で 安 全 な 建 築 物 の 整 備 の 要 となる 業 務 であ り これを 担 う 建 築 士 建 築 士 事 務 所 に 係 る 制 度 について 社 会 の 要 請 に 応 じ て 適 正 化 することは 極 めて 重 要 な 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 の 業 の 適 正 化 及 び 建 築 主 等 への 情 報 開 示 の 充 実 に 向 けて ~ 自 由 民 主 党 建 築 設 計 議 員 連 盟 提 言 ~ 平 成 26 年 3 月 27 日 自 由 民 主 党 建 築 設 計 議 員 連 盟 はじめに 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 は 良 質 で 安 全 な 建 築 物 の 整 備 の 要

More information

公益財団法人日本体育施設協会定款の変更の案

公益財団法人日本体育施設協会定款の変更の案 公 益 財 団 法 人 日 本 体 育 施 設 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 日 本 体 育 施 設 協 会 と 称 する 2 この 法 人 の 英 語 名 表 記 を JAPAN SPORTS FACILITIES A SSOCIATION(JSFA)とする ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事

More information

平成20年9月30日

平成20年9月30日 ニュースリリース 平 成 27 年 3 月 31 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 日 本 政 策 金 融 公 庫 人 事 異 動 (4 月 1 日 付 ) 本 店 大 和 田 桂 則 長 付 東 京 地 区 統 轄 小 林 壮 一 長 付 東 海 地 区 統 轄 若 井 克 之 長 付 事 業 企 画 部 長 三 田 祥 弘 安 達 研 造 山 本 義 文 営 業 推 進 部 長

More information

<91E589EF8C8B89CA2E786C73>

<91E589EF8C8B89CA2E786C73> 2007 インハイ 予 選 男 子 団 体 上 尾 運 動 公 園 試 合 番 号 1 1 回 戦 日 付 2007/6/17 試 合 番 号 2 1 回 戦 日 付 2007/6/17 小 松 原 3 対 0 浦 和 北 久 喜 北 陽 3 対 2 大 宮 東 D 根 岸 規 義 21-2 八 木 沼 良 悟 D 八 木 彬 人 21-14 川 島 宏 之 1 21-18 1 21-12 関 川

More information

平 成 5 年 度 宮 城 県 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 女 子 学 校 対 抗 常 盤 木 利 府 松 島 9 5 石 巻 5 名 取 多 賀 城 4 亘 理 5 仙 台 4 4 4 5 気 仙 沼 石 巻 好 文 館 6 仙 台 二 6 塩 釜 7 仙 台 一 7 仙 台 商 8

平 成 5 年 度 宮 城 県 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 女 子 学 校 対 抗 常 盤 木 利 府 松 島 9 5 石 巻 5 名 取 多 賀 城 4 亘 理 5 仙 台 4 4 4 5 気 仙 沼 石 巻 好 文 館 6 仙 台 二 6 塩 釜 7 仙 台 一 7 仙 台 商 8 平 成 5 年 度 宮 城 県 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 卓 球 競 技 男 子 学 校 対 抗 学 園 9 5 登 米 5 名 取 利 府 4 仙 台 向 山 5 泉 5 4 4 6 学 院 榴 ヶ 岡 6 4 仙 聖 東 台 和 北 7 仙 台 一 7 大 河 原 商 8 黒 川 6 6 8 岩 ヶ 崎 9 佐 沼 4 9 石 巻 西 仙 台 三 多 賀 城 学 園 5 5 6 仙

More information

2. 検 討 の 視 点 と 対 象 とする 住 宅 団 地 について 住 宅 団 地 の 再 生 とは 住 民 活 動 や 管 理 といったソフトによる 対 応 策 から 建 替 えによ る 更 新 まで 幅 広 い 概 念 を 含 みうるものであるが 本 検 討 会 では 地 域 の 拠 点 と

2. 検 討 の 視 点 と 対 象 とする 住 宅 団 地 について 住 宅 団 地 の 再 生 とは 住 民 活 動 や 管 理 といったソフトによる 対 応 策 から 建 替 えによ る 更 新 まで 幅 広 い 概 念 を 含 みうるものであるが 本 検 討 会 では 地 域 の 拠 点 と 住 宅 団 地 の 再 生 のあり 方 について 取 りまとめ 1. 趣 旨 我 が 国 では 高 度 経 済 成 長 期 以 降 に 都 市 近 郊 を 中 心 に 大 規 模 な 住 宅 団 地 が 供 給 された これらの 中 には 既 に 建 物 や 設 備 の 老 朽 化 が 進 み 建 替 え 改 修 を 含 めた 再 生 を 図 る 必 要 に 迫 られているものも 多 くなっている

More information

人事異動のお知らせ

人事異動のお知らせ 2016 年 3 月 2 9 日 日 本 郵 便 株 式 会 社 近 畿 支 社 人 事 異 動 のお 知 らせ 日 本 郵 便 株 式 会 社 近 畿 支 社 ( 大 阪 府 大 阪 市 中 央 区 支 社 長 矢 﨑 敏 幸 )の 人 事 異 動 について 次 のとおりお 知 らせします (2016 年 4 月 1 日 付 ) 近 畿 支 社 近 畿 支 社 経 営 管 理 本 部 副 本 部

More information

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加)

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加) 防 衛 省 自 衛 隊 の 警 戒 監 視 態 勢 について 平 成 6 年 11 月 防 衛 省 警 戒 監 視 活 動 海 上 自 衛 隊 は P-3C 哨 戒 機 により 北 海 道 の 周 辺 海 域 日 本 海 並 びに 東 シナ 海 を 航 行 する 船 舶 などの 状 況 を それ ぞれの 海 域 において 監 視 している 航 空 自 衛 隊 においても レーダーサイトによる 常 時

More information

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477>

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477> 基 地 対 策 関 係 施 策 の 充 実 強 化 に 関 する 要 望 我 々 基 地 を 抱 える 関 係 市 町 村 議 会 は 飛 行 場 にお ける 航 空 機 騒 音 や 墜 落 事 故 演 習 場 における 誤 射 山 火 事 在 日 米 軍 による 事 件 事 故 などが 発 生 して いる 状 況 において 基 地 に 対 する 周 辺 住 民 の 理 解 と 協 力 を 得 るため

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

平成24年度兵庫県公立高等学校入学者選抜要綱

平成24年度兵庫県公立高等学校入学者選抜要綱 平 成 28 年 度 兵 庫 県 公 立 高 等 学 校 入 学 者 選 抜 要 綱 兵 庫 県 教 育 委 員 会 目 次 第 1 入 学 者 選 抜 の 対 象 となる 学 校 等 p 1 第 2 入 学 者 選 抜 の 基 本 方 針 p 1 第 3 調 査 書 学 年 学 習 評 定 一 覧 表 等 p 3 第 4 学 力 検 査 実 施 要 領 ( 多 部 制 については 第 7による)

More information

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷 1 青 森 市 秋 元 良 幸 二 本 柳 主 高 橋 勇 佐 々 木 芳 春 石 橋 修 豊 川 良 一 成 田 守 俊 吉 川 主 山 田 文 夫 葛 西 金 徳 2 弘 前 市 桜 庭 義 則 岡 本 洋 外 崎 美 智 幸 岩 崎 和 弘 野 口 幸 喜 渋 谷 鉄 五 郎 中 村 慎 二 相 馬 親 志 奈 良 道 明 長 内 力 3 八 戸 市 福 田 馨 田 中 勝 芳 風 張 清 志

More information

Microsoft Word - 1フェンシング.docx

Microsoft Word - 1フェンシング.docx 第 9 回 東 海 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 フェンシング 競 技 平 成 年 月 日 7 日 会 場 大 垣 市 総 合 体 育 館 主 催 東 海 高 等 学 校 体 育 連 盟 三 重 愛 知 静 岡 岐 阜 各 県 教 育 委 員 会 三 重 愛 知 静 岡 岐 阜 各 県 フェンシング 協 会 後 援 公 益 財 団 法 人 岐 阜 県 体 育 協 会 大 垣 市 教 育 委

More information

平 成 25 年 4 月 1 日 付 け 組 織 見 直 し 等 について 平 成 25 年 度 は 六 次 産 業 化 の 推 進 総 合 支 所 の 税 務 機 能 の 再 編 等 を 中 心 に 見 直 しを 行 いました 具 体 的 な 見 直 し 内 容 については 次 のとおりです 1

平 成 25 年 4 月 1 日 付 け 組 織 見 直 し 等 について 平 成 25 年 度 は 六 次 産 業 化 の 推 進 総 合 支 所 の 税 務 機 能 の 再 編 等 を 中 心 に 見 直 しを 行 いました 具 体 的 な 見 直 し 内 容 については 次 のとおりです 1 平 成 25 年 4 月 1 日 付 け 定 期 人 事 異 動 記 者 会 見 資 料 目 次 1 組 織 見 直 し 等 について 1 2 人 事 異 動 基 本 方 針 及 び 概 要 5 平 成 25 年 4 月 1 日 付 け 組 織 見 直 し 等 について 平 成 25 年 度 は 六 次 産 業 化 の 推 進 総 合 支 所 の 税 務 機 能 の 再 編 等 を 中 心 に 見

More information

14 1965( 昭 和 40) 6/19 20 15 1966( 昭 和 41) 6/18 19 16 1967( 昭 和 42) 6/24 25 17 1968( 昭 和 42) 6/15 16 18 1969( 昭 和 43) 6/14 15 19 1970( 昭 和 44) 6/13 14

14 1965( 昭 和 40) 6/19 20 15 1966( 昭 和 41) 6/18 19 16 1967( 昭 和 42) 6/24 25 17 1968( 昭 和 42) 6/15 16 18 1969( 昭 和 43) 6/14 15 19 1970( 昭 和 44) 6/13 14 全 日 本 学 生 柔 道 優 勝 大 会 ( 男 子 ) 赤 字 は オリンピック 世 界 選 手 権 全 日 本 選 手 権 のいずれかで3 位 以 内 に 入 ったことがある 選 手 四 年 連 続 で 優 秀 選 手 に 選 ばれたのは 山 下 泰 裕 正 木 嘉 美 斎 藤 制 剛 棟 田 康 幸 高 井 洋 平 回 日 時 優 勝 準 優 勝 第 3 位 優 秀 選 手 1 1952(

More information

小美玉市ふるさと応援寄附金

小美玉市ふるさと応援寄附金 平 成 27 年 11 月 (1/15ページ) 3057 匿 名 神 奈 川 県 10,000 1 3058 安 藤 充 昭 様 広 島 県 10,000 1 3059 野 口 勝 弘 様 愛 知 県 10,000 2 3060 松 浦 多 恵 子 様 静 岡 県 10,000 2 3061 匿 名 京 都 府 10,000 3 3062 日 置 寛 之 様 京 都 府 10,000 4 3063

More information

<92868A77926A8E712E786C73>

<92868A77926A8E712E786C73> 100m 順 位 記 録 風 速 氏 名 所 属 学 年 競 技 会 名 場 所 月. 日 1 11.11 +2.0 西 山 竜 二 城 田 3 三 重 県 中 学 選 抜 東 員 町 7.30 2 11.13 +0.8 浦 井 駿 吾 度 会 3 三 重 県 中 学 選 抜 東 員 町 7.30 3 11.18 +0.8 出 口 荒 樹 和 具 3 三 重 県 中 学 選 抜 東 員 町 7.30

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

No. 氏 名 性 別 居 住 地 記 録 スイムラッフ S 順 ハ イクラッフ B 順 スフ リット 通 過 ランラッフ R 順 67 521 堀 井 健 司 男 東 京 都 2:49:45 0:31:19 112 1:23:45 84 1:55:04 78 0:54:41 88 68 68 24

No. 氏 名 性 別 居 住 地 記 録 スイムラッフ S 順 ハ イクラッフ B 順 スフ リット 通 過 ランラッフ R 順 67 521 堀 井 健 司 男 東 京 都 2:49:45 0:31:19 112 1:23:45 84 1:55:04 78 0:54:41 88 68 68 24 No. 氏 名 性 別 居 住 地 記 録 スイムラッフ S 順 ハ イクラッフ B 順 スフ リット 通 過 ランラッフ R 順 1 482 石 倉 恵 介 男 茨 城 県 2:20:32 0:24:24 4 1:11:08 4 1:35:32 2 0:45:00 6 1 2 508 吉 田 茂 樹 男 埼 玉 県 2:21:22 0:29:31 72 1:09:42 3 1:39:13 7 0:42:09

More information

会報宇宙2016.indd

会報宇宙2016.indd 山 川 宏 京 都 大 学 教 授 内 閣 府 宇 宙 政 策 委 員 会 委 員 山 川 宏 1.はじめに 2008 年 5 月 に 超 党 派 で 成 立 した 宇 宙 基 本 法 は 宇 宙 開 発 利 用 を 国 家 戦 略 の 一 つと 位 置 付 け 宇 宙 開 発 利 用 に 関 する 施 策 を 総 合 的 かつ 計 画 的 に 推 進 すること を 目 的 としたものです この 宇

More information

ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 40 歳 以 上 69 歳 以 下 田 尻 貴 雄 大 阪 府 0:39: :19: :58: 高 田 一 治 広 島 県 0:40: :28:

ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 40 歳 以 上 69 歳 以 下 田 尻 貴 雄 大 阪 府 0:39: :19: :58: 高 田 一 治 広 島 県 0:40: :28: ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 19 歳 以 上 39 歳 以 下 1 118 中 橋 秀 明 香 川 県 0:35:35.17 2 1:30:41.01 4 2:06:16.18 2 124 茶 屋 孝 三 広 島 県 0:44:02.95 10 1:25:27.58 1 2:09:30.53 3 109 久 保 真 一 鳥 取 県 0:39:58.90 6 1:30:10.43

More information

univ.xlsx

univ.xlsx 大 学 生 登 録 2016 2016/05/23 現 在 大 学 生 で 三 重 県 内 の 競 技 会 に 参 加 する 場 合 は 三 重 陸 協 番 号 でエントリーして 下 さい 学 連 番 号 でのエントリーはできません 県 外 大 会 参 加 で 日 本 陸 連 のID 番 号 が 必 要 な 場 合 は HPのトップページにある JAAF ID 検 索 シズテムより 確 認 して 下

More information

緩急接続

緩急接続 第 4 章 案 内 緩 急 接 続 の 旅 客 案 内 の 差 異 文 学 部 3 回 生 笹 木 高 史 1. はじめに 本 稿 ではまた 尐 し 違 った 側 面 から 案 内 を 考 えていこうと 思 う ここでは 民 鉄 における 緩 急 接 続 が 利 用 者 にどのように 案 内 されているか まず 関 東 の 大 手 民 鉄 のうち 小 田 急 東 急 西 武 東 京 メトロを 例 にとって

More information

級 石 沢 常 光 ( 早 大 )=3 位 90kg 級 高 橋 和 生 ( 日 大 )=4 位 100kg 級 相 ノ 山 晃 ( 中 大 )=3 位 130kg 級 鈴 木 賢 一 ( 大 東 大 )=4 位 エスポワール ワールドカップ= 男 子 グレコローマン(7 月 27 日 ~8 月 5

級 石 沢 常 光 ( 早 大 )=3 位 90kg 級 高 橋 和 生 ( 日 大 )=4 位 100kg 級 相 ノ 山 晃 ( 中 大 )=3 位 130kg 級 鈴 木 賢 一 ( 大 東 大 )=4 位 エスポワール ワールドカップ= 男 子 グレコローマン(7 月 27 日 ~8 月 5 1988 年 大 会 記 録 国 際 コンコード 国 際 大 会 = 男 子 グレコローマン(5 月 27~28 日 米 国 コンコード) 48kg 級 斉 藤 育 造 ( 和 歌 山 県 教 委 )=5 位 62kg 級 西 口 茂 樹 ( 日 体 大 助 )=2 位 68kg 級 大 久 保 康 裕 ( 自 衛 隊 )=3 位 82kg 級 向 井 孝 博 ( 自 衛 隊 )=2 位 90kg

More information

福 祉 部 部 付 ( 社 会 福 祉 事 業 団 嵐 山 郷 事 務 局 ) 福 障 害 者 自 立 支 援 課 副 課 荻 野 潤 一 福 祉 部 部 付 ( 社 会 福 祉 協 議 会 事 務 局 ) 福 祉 部 部 付 淺 川 共 子 福 祉 部 部 付 ( 日 本 赤 十 字 社 埼 玉

福 祉 部 部 付 ( 社 会 福 祉 事 業 団 嵐 山 郷 事 務 局 ) 福 障 害 者 自 立 支 援 課 副 課 荻 野 潤 一 福 祉 部 部 付 ( 社 会 福 祉 協 議 会 事 務 局 ) 福 祉 部 部 付 淺 川 共 子 福 祉 部 部 付 ( 日 本 赤 十 字 社 埼 玉 総 合 調 整 幹 企 財 計 画 調 整 課 副 課 前 沢 幸 男 総 合 調 整 幹 付 政 策 幹 産 勤 労 者 福 祉 課 副 課 秘 書 課 企 財 企 画 総 務 課 吉 浦 伸 和 企 画 財 政 部 企 画 総 務 課 企 財 市 町 村 課 伊 東 弘 道 企 画 財 政 部 財 政 課 総 税 務 課 砂 川 裕 紀 企 画 財 政 部 改 革 推 進 課 近 代 美 術 館

More information

計 19,931

計 19,931 事 業 番 号 復 興 庁 :94 農 林 水 産 省 :0423 平 成 24 年 行 政 事 業 レビューシート ( 復 興 庁 農 林 水 産 省 ) 事 業 名 農 地 農 業 用 施 設 等 の 復 興 関 連 事 業 担 当 部 局 庁 作 成 責 任 者 事 業 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 平 成 23 年 度 ~ 担 当 課 室 会 計 区 分 一 般 会 計 東 日 本

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 3 市 民 税 Ⅰ 概 要 1 個 人 市 民 税 (1) 個 人 市 民 税 の 概 要 1 月 1 日 現 在 区 内 に 住 所 を 有 する 住 民 が その 地 方 公 共 団 体 に 納 税 する 税 金 であ る 市 民 税 は 県 民 税 とあわせて 住 民 税 と 呼 ばれている 住 民 税 は 市 や 県 の 仕 事 を 行 うために 必 要 な 費 用 を 住 民 が その

More information

<5461726F2D82518256817C82508B63895E8E9197BF825181698FF097E18141>

<5461726F2D82518256817C82508B63895E8E9197BF825181698FF097E18141> 議 案 第 4 号 船 岡 財 産 区 管 理 会 財 産 区 管 理 委 員 の 選 任 について 協 同 船 和 岡 町 財 ( 産 荒 区 川 管 理 峰 会 吉 財 川 産 区 船 管 岡 理 委 淀 員 川 の ) 豊 財 嶋 産 孝 区 良 管 氏 理 の 会 後 条 任 例 として 第 3 条 第 豊 2 島 項 繁 の 實 規 氏 定 を により 選 任 するため 議 会 の 豊 意

More information

<91E589EF895E8963>

<91E589EF895E8963> 第 58 回 全 日 本 学 生 バドミントン 選 手 権 大 会 平 成 9 年 月 日 - 日 千 葉 市 ポートアリーナ 他 男 子 団 体 日 本 大 学 中 央 大 学 9 天 理 大 学 広 島 大 学 苫 小 牧 駒 澤 大 学 7 新 潟 大 学 帝 京 大 学 立 命 館 大 学 淑 徳 大 学 国 際 コミュニケーション 学 部 5 7 龍 谷 大 学 関 西 学 院 大 学 8

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 第 5 章 地 震 保 険 の 実 務 的 な 課 題 株 式 会 社 損 害 保 険 ジャパン 個 人 商 品 業 務 部 個 人 火 災 グループ 吉 田 彰 要 旨 地 震 保 険 制 度 は 1966 年 の 地 震 保 険 に 関 する 法 律 の 制 定 を 受 けて 政 府 と 民 間 の 損 害 保 険 会 社 が 共 同 で 運 営 する 制 度 として 発 足 した 地 震 保

More information

<91E589EF895E8963>

<91E589EF895E8963> 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 51 35 52 36 53 37 54 38 55 39 56 40 57 41 58 42 59 43 60 44 61 45 62 46 63 47 64 48 65 49 66 50 67 試 合 番 号 BT-1

More information

血 液 浄 化 療 法 の 機 能 効 率 に 関 する 小 委 員 会 川 西 秀 樹, 峰 島 三 千 男, 小 川 智 也, 川 崎 忠 行, 久 野 勉, 佐 藤 隆, 篠 田 俊 雄, 武 本 佳 昭, 土 田 健 司, 友 雅 司, 深 澤 瑞 也, 政 金 生 人, 水 口 潤, 山

血 液 浄 化 療 法 の 機 能 効 率 に 関 する 小 委 員 会 川 西 秀 樹, 峰 島 三 千 男, 小 川 智 也, 川 崎 忠 行, 久 野 勉, 佐 藤 隆, 篠 田 俊 雄, 武 本 佳 昭, 土 田 健 司, 友 雅 司, 深 澤 瑞 也, 政 金 生 人, 水 口 潤, 山 委 員 会 委 員 名 簿 総 務 委 員 会 新 田 孝 作, 川 西 秀 樹, 衣 笠 えり 子, 篠 田 俊 雄, 峰 島 三 千 男, 森 石 みさき HP 電 算 機 小 委 員 会 峰 島 三 千 男, 山 下 明 泰, 川 崎 忠 行, 川 西 秀 樹, 芝 本 隆, 武 本 佳 昭, 花 房 規 男 ( 外 部 委 員 ) 田 代 嗣 晴 腎 不 全 看 護 師 栄 養 管 理 士

More information

BT9 宇 都 宮 南 BT10 前 橋 東 鵠 沼 都 留 ( 栃 木 ) ( 群 馬 ) ( 神 奈 川 ) ( 山 梨 ) 荒 井 元 輝 21-15 安 田 智 本 田 汰 門 21-11 篠 塚 直 粋 D1 伊 藤 翔 平 2 21-7 0 柿 沼 聖 人 D1 梅 蔭 悠 喜 2 21

BT9 宇 都 宮 南 BT10 前 橋 東 鵠 沼 都 留 ( 栃 木 ) ( 群 馬 ) ( 神 奈 川 ) ( 山 梨 ) 荒 井 元 輝 21-15 安 田 智 本 田 汰 門 21-11 篠 塚 直 粋 D1 伊 藤 翔 平 2 21-7 0 柿 沼 聖 人 D1 梅 蔭 悠 喜 2 21 BT1 川 和 千 葉 日 本 大 学 第 一 BT2 淑 徳 巣 鴨 小 山 城 南 ( 神 奈 川 ) ( 千 葉 ) ( 栃 木 ) 川 畑 洋 貴 21-14 鈴 木 悠 祐 永 倉 颯 21-14 椎 名 紀 成 D1 安 冨 勝 貴 2 21-16 0 花 嶋 滋 雨 D1 水 田 周 佑 2 21-10 0 北 條 裕 来 22-24 21-10 S1 佐 々 木 琢 磨 2 21-16

More information

男 子 予 選 リーグ Aブロック 順 位 Bブロック 順 位 埼 玉 三 重 4-5-0 - -4 長 野 沖 縄 -4 - - - 京 都 徳 島 0-5 - 4- - Cブロック 順 位 Dブロック 順 位 鳥 取 愛 知 - 4-4- 5-0 栃 木 愛 媛 - 4- -4 0-5 宮 城

男 子 予 選 リーグ Aブロック 順 位 Bブロック 順 位 埼 玉 三 重 4-5-0 - -4 長 野 沖 縄 -4 - - - 京 都 徳 島 0-5 - 4- - Cブロック 順 位 Dブロック 順 位 鳥 取 愛 知 - 4-4- 5-0 栃 木 愛 媛 - 4- -4 0-5 宮 城 第 4 回 バドミントンジュニアグランプリ005 日 程 平 成 7 年 0 月 4 日 ( 金 )~6 日 ( 日 ) 主 催 : 日 本 バドミントン 協 会 主 管 : 群 馬 県 バドミントン 協 会 優 勝 位 位 男 子 団 体 滋 賀 県 埼 玉 県 南 北 海 道 福 岡 県 女 子 団 体 宮 城 県 埼 玉 県 石 川 県 群 馬 A 男 子 予 選 リーグ Aブロック 順 位

More information

<91E6313589F18373834E836A8362834E838983938DF78D5D81408B4C985E88EA9797955C2E786C73>

<91E6313589F18373834E836A8362834E838983938DF78D5D81408B4C985E88EA9797955C2E786C73> 1 21km マラソン 男 子 1136 梅 本 幸 治 1:19:53 2 21km マラソン 男 子 1247 平 山 元 生 1:22:01 3 21km マラソン 男 子 1094 杉 山 信 一 郎 1:23:21 4 21km マラソン 男 子 1024 綿 貫 知 之 1:24:27 5 21km マラソン 男 子 1081 飯 塚 智 志 1:26:03 6 21km マラソン 男

More information

60kg 級 名 24 日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 田 原 大 資 ( 日 本 大 学 2 年 ) 岩 崎 奨 平 ( 日 本 体 育 大 学 1 年 ) 馬 場 海 人 ( 国 士 舘 大 学 3 年 ) 藤 田

60kg 級 名 24 日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 田 原 大 資 ( 日 本 大 学 2 年 ) 岩 崎 奨 平 ( 日 本 体 育 大 学 1 年 ) 馬 場 海 人 ( 国 士 舘 大 学 3 年 ) 藤 田 参 加 人 数 一 覧 60kg 66kg 73kg 81kg 90kg 100kg 100kg 100kg 超 合 計 1 大 阪 体 育 大 学 1 2 2 3 2 2 2 14 2 鹿 屋 体 育 大 学 4 4 4 4 3 3 1 23 3 国 際 武 道 大 学 4 4 4 4 4 4 4 4 国 士 舘 大 学 4 4 4 4 4 4 4 5 埼 玉 大 学 0 3 3 1 2 2 0

More information

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ の 保 守 管 理 問 題 原 子 力 規 制 委 員 会 の 勧 告 までの 経 緯 環 境 委 員 会 調 査 室 大 嶋 健 志 1. はじめに 平 成 27 年 11 月 13 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 馳 浩 文 部 科 学 大 臣 に 対 して 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ に 関 連 して 勧 告 を 行 った この 勧 告

More information

平成21年1月6日

平成21年1月6日 平 成 27 年 6 月 26 日 各 位 会 社 名 東 邦 ホールディングス 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 濱 田 矩 男 (コード 番 号 8129 東 証 第 一 部 ) 問 合 せ 先 常 務 取 締 役 経 営 企 画 本 部 長 加 藤 勝 哉 ( 電 話 03-6838- 2803) 組 織 変 更 および 人 事 異 動 に 関 するお 知 らせ 当

More information

女 子 団 体 戦 平 成 7 年 度 茨 城 県 中 学 校 総 合 体 育 大 会 卓 球 の 部 平 成 7 年 7 月 5 日 総 和 北 ( 西 ) 8 ( 東 ) 波 崎 三 秋 山 ( 北 ) 9 ( 南 ) 小 絹 波 崎 四 ( 東 ) 3 A B ( 中 ) 国 田 豊 里 (

女 子 団 体 戦 平 成 7 年 度 茨 城 県 中 学 校 総 合 体 育 大 会 卓 球 の 部 平 成 7 年 7 月 5 日 総 和 北 ( 西 ) 8 ( 東 ) 波 崎 三 秋 山 ( 北 ) 9 ( 南 ) 小 絹 波 崎 四 ( 東 ) 3 A B ( 中 ) 国 田 豊 里 ( 男 子 団 体 戦 平 成 7 年 度 茨 城 県 中 学 校 総 合 体 育 大 会 卓 球 の 部 平 成 7 年 7 月 5 日 豊 浦 ( 北 ) 8 ( 中 ) 水 戸 四 大 島 ( 中 ) 9 ( 北 ) 松 岡 竹 園 東 ( 南 ) 3 A B ( 東 ) 波 崎 四 高 萩 ( 北 ) 4 ( 西 ) 古 河 一 麻 生 ( 東 ) 5 ( 南 ) 下 根 潮 来 二 ( 東 )

More information

女 子 団 体 戦 平 成 7 年 度 茨 城 県 中 学 校 総 合 体 育 大 会 卓 球 の 部 平 成 7 年 7 月 5 日 総 和 北 ( 西 ) 8 ( 東 ) 波 崎 三 秋 山 ( 北 ) 9 ( 南 ) 小 絹 波 崎 四 ( 東 ) 3 A B ( 中 ) 国 田 豊 里 (

女 子 団 体 戦 平 成 7 年 度 茨 城 県 中 学 校 総 合 体 育 大 会 卓 球 の 部 平 成 7 年 7 月 5 日 総 和 北 ( 西 ) 8 ( 東 ) 波 崎 三 秋 山 ( 北 ) 9 ( 南 ) 小 絹 波 崎 四 ( 東 ) 3 A B ( 中 ) 国 田 豊 里 ( 男 子 団 体 戦 平 成 7 年 度 茨 城 県 中 学 校 総 合 体 育 大 会 卓 球 の 部 平 成 7 年 7 月 5 日 豊 浦 ( 北 ) 8 ( 中 ) 水 戸 四 大 島 ( 中 ) 9 ( 北 ) 松 岡 竹 園 東 ( 南 ) 3 A B ( 東 ) 波 崎 四 高 萩 ( 北 ) 4 ( 西 ) 古 河 一 麻 生 ( 東 ) 5 ( 南 ) 下 根 潮 来 二 ( 東 )

More information

2014 年 6 月 6 日 発 表 日 本 ランキング (2/2) (2/7) 髙 橋 礼 華 松 尾 静 香 8 位 松 友 美 佐 紀 渡 邉 あ か ね 前 田 美 順 久 後 あ す み 8 位 垣 岩 令 佳 横 山 め ぐ み 島 根 県 山 陰 合 同 銀 行 末 綱 聡 子 三 木

2014 年 6 月 6 日 発 表 日 本 ランキング (2/2) (2/7) 髙 橋 礼 華 松 尾 静 香 8 位 松 友 美 佐 紀 渡 邉 あ か ね 前 田 美 順 久 後 あ す み 8 位 垣 岩 令 佳 横 山 め ぐ み 島 根 県 山 陰 合 同 銀 行 末 綱 聡 子 三 木 2014 年 6 月 6 日 発 表 日 本 ランキング (1/2) (1/7) 田 児 賢 一 三 谷 美 菜 津 佐 々 木 翔 富 山 県 トナミ 運 輸 山 口 茜 福 井 県 勝 山 高 校 上 田 拓 馬 廣 瀬 栄 理 子 ヨネックス 桃 田 賢 斗 髙 橋 沙 也 加 坂 井 一 将 打 田 し づ か 西 本 拳 太 中 央 大 学 今 別 府 香 里 ヨネックス 竹 村 純 JR

More information

18 歳 以 下 男 子 シングルス 予 選 No. 登 録 番 号 氏 名 所 属 1R 2R F 1/2P 1 3802810 齋 藤 貴 紀 鹿 沼 東 高 齋 藤 貴 紀 2 Bye 松 本 大 輔 3 3802948 松 本 大 輔 石 橋 高 校 松 本 大 輔 4 3802815 伊

18 歳 以 下 男 子 シングルス 予 選 No. 登 録 番 号 氏 名 所 属 1R 2R F 1/2P 1 3802810 齋 藤 貴 紀 鹿 沼 東 高 齋 藤 貴 紀 2 Bye 松 本 大 輔 3 3802948 松 本 大 輔 石 橋 高 校 松 本 大 輔 4 3802815 伊 No. 登 録 番 号 氏 名 所 属 1R 2R QF SF F 5 3802176 齋 藤 嘉 則 作 新 高 6 3802227 F 角 田 翔 平 壬 生 ファミリー 7 3802819 A 北 野 翔 大 小 山 西 高 8 3802038 角 南 嘉 一 文 星 芸 大 附 9 3802832 大 橋 可 宏 足 工 大 10 3801899 菊 池 友 貴 宇 都 宮 TA 11 3801995

More information

関東中部地方の週間地震概況

関東中部地方の週間地震概況 平 成 27 年 7 月 3 日 気 象 庁 地 火 山 部 関 東 中 部 地 方 ( 三 重 県 を 含 む)の 週 間 地 概 況 平 成 27 年 第 27 ( 平 成 27 年 6 月 26 日 ~7 月 2 日 ) 表 1 度 1 以 上 を 観 測 した 回 数 西 部 の 地 で 度 3を 観 測 今 期 間 中 に 関 東 中 部 地 方 で 度 1 以 上 を 観 測 した 地

More information

テニス ( 平 成 24 年 度 ) 兼 全 国 及 び 四 国 高 等 学 校 選 手 権 愛 媛 県 予 選 ( 男 子 団 体 対 戦 表 1) 1R1 2 大 洲 1-2 松 山 城 南 3 2R1 1 新 田 3-0 松 山 城 南 3 2R9 21 今 治 西 3-0 松 山 工 23

テニス ( 平 成 24 年 度 ) 兼 全 国 及 び 四 国 高 等 学 校 選 手 権 愛 媛 県 予 選 ( 男 子 団 体 対 戦 表 1) 1R1 2 大 洲 1-2 松 山 城 南 3 2R1 1 新 田 3-0 松 山 城 南 3 2R9 21 今 治 西 3-0 松 山 工 23 テニス ( 平 成 24 年 度 ) 兼 全 国 及 び 四 国 高 等 学 校 選 手 権 愛 媛 県 予 選 ( 男 子 団 体 ) 1 新 2 大 3 松 山 城 4 今 治 明 5 新 居 浜 6 東 7 松 北 中 8 愛 9 弓 10 大 洲 11 松 山 12 北 宇 13 今 治 14 小 15 明 徳 矢 16 西 条 17 土 18 三 19 伊 予 20 松 山 田 今 治 西

More information

小美玉市ふるさと応援寄附金

小美玉市ふるさと応援寄附金 平 成 27 年 8 月 (1/11ページ) 1797 匿 名 千 葉 県 20,000 3 1798 匿 名 大 阪 府 10,000 2 1799 匿 名 鹿 児 島 県 10,000 2 1800 比 嘉 良 幸 様 兵 庫 県 10,000 1 1801 匿 名 東 京 都 10,000 4 1802 匿 名 千 葉 県 10,000 1 1803 匿 名 和 歌 山 県 10,000 3

More information

(28\202f\202v.xls)

(28\202f\202v.xls) 優 勝 星 加 忠 夫 40 39 79 12.0 67.0 28 年 05 月 08 日 26 西 原 雄 一 39 46 85 14.4 70.6 28 年 05 月 01 日 準 優 勝 神 野 浩 二 40 40 80 10.8 69.2 28 年 05 月 02 日 27 山 本 次 男 48 48 96 25.2 70.8 28 年 05 月 03 日 3 白 方 道 眞 45 47 92

More information

2009/11/22 発 行 44 2 濱 村 浩 二 22 44 2 木 村 浩 平 阪 南 パニックスFC 69 44 2 八 巻 智 典 阪 南 パニックスFC 56 44 2 永 井 直 気 FC 大 阪 19 44 2 橋 本 大 侍 FC 大 阪 22 44 2 高 橋 亮 也 FC 大

2009/11/22 発 行 44 2 濱 村 浩 二 22 44 2 木 村 浩 平 阪 南 パニックスFC 69 44 2 八 巻 智 典 阪 南 パニックスFC 56 44 2 永 井 直 気 FC 大 阪 19 44 2 橋 本 大 侍 FC 大 阪 22 44 2 高 橋 亮 也 FC 大 2009/11/22 発 行 出 場 停 止 情 報 所 属 チーム 阪 南 パニックスFC 選 手 名 出 場 停 止 該 当 試 合 日 付 対 戦 相 手 萩 原 淳 志 未 定 大 阪 社 会 人 サッカー 選 手 権 1 回 戦 三 浦 正 裕 未 定 大 阪 社 会 人 サッカー 選 手 権 1 回 戦 上 記 選 手 につきまして 他 の 公 式 戦 で 消 化 する 場 合 や 他

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 4 固 定 資 産 税 Ⅰ 概 要 1 固 定 資 産 税 の 概 要 固 定 資 産 税 は 毎 年 1 月 1 日 ( 賦 課 期 日 ) 現 在 において 土 地 家 屋 償 却 資 産 を 所 有 している 者 がその 固 定 資 産 の 価 格 を 基 に 算 定 された 税 額 をその 固 定 資 産 の 所 在 す る 市 町 村 に 納 める 税 金 である 1 申 告 固 定

More information

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求 平 成 29 年 度 国 立 大 学 法 人 等 施 設 整 備 概 算 要 求 事 業 82 国 立 大 学 法 人 377 事 業 4 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 18 事 業 25 国 立 高 等 専 門 学 校 31 事 業 計 426 事 業 1) 概 算 要 求 事 業 は, 今 後 の 予 算 編 成 過 程 等 において 実 施 事 業 とならな いなど 変 更 の 可

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

<323031358B4C985E88EA97972E786C7378>

<323031358B4C985E88EA97972E786C7378> 順 位 ナンバー 氏 名 地 区 タイム 1 162 辻 友 寛 四 日 市 市 1:09:17 2 370 山 地 伸 哉 名 張 市 1:09:43 3 455 桟 敷 正 志 三 重 郡 1:11:53 4 59 野 口 正 人 菰 野 町 1:13:42 5 487 井 村 光 孝 愛 知 県 1:13:57 6 137 加 藤 晶 久 愛 知 県 1:15:55 7 64 黒 川 祥 吾

More information

地震被害 訂正.indd

地震被害 訂正.indd 序 本 報 告 書 は 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 ( 以 下 東 日 本 大 震 災 という )における 水 道 事 業 の 被 害 状 況 の 全 貌 を 可 能 な 限 り 体 系 立 てて 整 理 したものである 断 水 等 の 状 況 については 東 日 本 大 震 災 発 生 当 時 厚 生 労 働 省 に 報 告 いただき 厚 生 労 働 省 において 整 理 発 表 した

More information

左 統 括 員 向 井 員 野 吾 梓 村 員 三 谷 員 口 員 ふ 今 主 催 開 催 縁 む び パ ィ 二 0 婚 姻 提 籍 同 じ 職 仕 休 違 ふ 普 通 ば 背 押 ひ ち パ ィ 互 数 連 絡 交 換 連 絡 そ 気 ア タ ッ ク 背 押 吾 担 当 向 井 げ そ 交 際

左 統 括 員 向 井 員 野 吾 梓 村 員 三 谷 員 口 員 ふ 今 主 催 開 催 縁 む び パ ィ 二 0 婚 姻 提 籍 同 じ 職 仕 休 違 ふ 普 通 ば 背 押 ひ ち パ ィ 互 数 連 絡 交 換 連 絡 そ 気 ア タ ッ ク 背 押 吾 担 当 向 井 げ そ 交 際 左 統 括 員 向 井 員 野 吾 梓 村 員 三 谷 員 口 員 ふ 今 主 催 開 催 縁 む び パ ィ 二 0 婚 姻 提 籍 同 じ 職 仕 休 違 ふ 普 通 ば 背 押 ひ ち パ ィ 互 数 連 絡 交 換 連 絡 そ 気 ア タ ッ ク 背 押 吾 担 当 向 井 げ そ 交 際 発 展 員 つ 担 当 村 世 話 ろ 結 婚 員 ち げ ご ざ 梓 語 統 括 員 よ 二 最 初

More information