The Daily NNAシンガポール&ASEAN版【Singapore & ASEAN Edition】 第04257号

Size: px
Start display at page:

Download "The Daily NNAシンガポール&ASEAN版【Singapore & ASEAN Edition】 第04257号"

Transcription

1 2012 年 ( 平 成 24 年 )6 月 4 日 ( 月 ) The Daily NNA シンガポール&ASEAN 版 Singapore & 1] ASEA NNA Singapore Pte Ltd TOP NEWS Address:10 Anson Road, #14-08 International Plaza, Si Tel: Fax: シンガポール&ASEAN 版 MICA(P)158/09/2011 日 系 外 国 人 採 用 支 援 を 強 化 エナジャイズ 海 外 初 拠 点 採 用 コンサルティング 事 業 などを 手 掛 けるエナジャイズ( 東 京 都 新 宿 区 )は シンガポール 初 海 外 法 人 を 設 立 た 日 系 企 業 外 国 人 採 用 活 動 支 援 サービスなどを 提 供 するアジア 地 域 進 出 する 日 系 企 業 増 加 伴 需 要 が 大 幅 拡 大 てること 対 応 する 海 外 でグローバル 人 材 採 用 支 援 がグループ 全 体 採 用 支 援 事 業 8 割 を 占 める 中 アジア 展 開 中 核 拠 点 と 位 置 付 け 域 内 で 業 務 拡 大 を 加 速 させ る Company 現 法 はエナジャイズ アジアパシフィック4 月 設 立 先 月 営 業 を 開 始 た 最 高 経 営 責 任 者 (CEO) はエナジャイズ 本 社 代 表 を 務 める 尾 崎 太 朗 氏 が 就 任 人 員 は4 人 体 制 で 始 動 するアジア 事 業 展 開 中 核 拠 点 と 位 置 付 け 日 系 企 業 グローバル 採 用 支 援 や 海 外 マーケティング 支 援 サービスを 手 掛 ける 尾 崎 氏 はNNA 対 て 日 本 本 社 でシンガポールを 中 心 とた 地 域 で 採 用 支 援 対 する 日 系 企 業 需 要 が 大 幅 拡 大 てることが 現 法 設 立 背 景 ある と 話 たこれまでは 出 張 ベースで 対 応 てたが 外 国 人 を 採 用 する 上 で マレーシアなど 周 辺 国 を 訪 問 や すことも 考 慮 たと 語 る 多 く 日 系 企 業 が 外 国 人 採 用 活 動 で 中 国 韓 国 など 日 本 身 近 な 場 所 から 軸 足 をアジア 全 域 移 つつあり シンガポール 拠 点 を NEWS HEADLINE 構 えることで 現 地 根 ざ 域 内 全 体 を 見 据 えたサービ ス 提 供 体 制 を 構 築 する 現 法 では グローバル 採 用 活 動 実 行 支 援 やコンサル ティング サービスを 提 供 する 顧 客 希 望 する 国 学 校 で 外 国 人 留 学 生 採 用 活 動 ワンストップで 対 応 でき るとう 具 体 的 は 採 用 プロジェクト 策 定 やター ゲット 校 洗 出 就 職 フェアを 中 心 とた 催 事 仕 様 設 計 現 地 施 設 予 約 手 配 準 備 広 報 周 知 活 動 を 含 めた 採 用 活 動 必 要 な 一 連 業 務 をサポートする また 海 外 へ 事 業 進 出 サービス 展 開 を 計 画 する 日 系 企 業 対 て 海 外 マーケティング 進 出 支 援 サポート も 提 供 する 日 系 企 業 対 現 地 で 商 品 PR プロ モーションとった 広 告 代 理 店 と 同 様 サービスやイ ベント 開 催 手 配 販 路 確 保 向 けた 現 地 で 交 渉 など 幅 ( 次 ページへ 続 く) 労 働 日 系 外 国 人 採 用 支 援 を 強 化 1 観 光 沖 縄 が 観 光 客 誘 致 見 本 市 で 知 名 度 アップ 2 IT 政 府 IT 入 札 今 年 は7% 増 12 億 Sドル 3 金 融 株 価 続 落 キャピタランドは1.6% 安 3 金 融 5 月 SGX 時 価 総 額 上 位 8 割 が 前 月 割 れ 3 金 融 F1がIPO 実 施 を 延 期 市 場 環 境 悪 化 で 4 建 設 JTCコープ 第 2 環 境 研 究 施 設 を 起 工 4 運 輸 格 安 航 空 タイガー コロンボ 便 を 就 航 4 社 会 英 NGOバードライフ 日 本 から 本 部 移 管 4 社 会 安 全 中 部 アンモキオでデング 熱 流 行 全 国 6 割 5 政 治 米 軍 戦 闘 艦 前 方 配 備 国 防 相 が 基 本 合 意 5 政 治 海 軍 艦 船 6 割 アジア 米 国 防 長 官 が 表 明 6 政 治 米 アジア 海 守 る 柱 防 衛 副 大 臣 中 国 けん 制 6 政 治 北 朝 鮮 深 刻 な 脅 威 日 米 韓 が 防 衛 閣 僚 級 会 談 6 政 治 中 国 格 下 代 表 団 で 控 えめ 警 戒 かわす 狙 7 ASEAN 情 報 車 両 トヨタ 新 カムリ 発 売 7 観 光 広 島 県 マレーシアで 初 物 産 展 開 催 8 製 造 文 具 プラス 金 型 工 場 が 稼 働 8 車 両 浜 名 湖 電 装 第 2タンロンで 工 場 開 所 式 8 繊 維 NSKエコーマーク シルクスクリーン 印 刷 開 始 9 運 輸 エアアジア 予 約 新 規 則 反 対 9 観 光 韓 国 観 光 公 社 マニラ 支 社 を 正 式 開 所 10 経 済 輸 出 前 年 割 れ リーマン 以 来 10 商 業 フランチャイズ 売 り 上 げ 今 年 は32% 増 10 インド 情 報 車 両 スズキ 新 工 場 400 億 ルピー 11 農 水 名 大 JICA 支 援 で 農 村 部 開 発 事 業 着 手 11 特 集 書 籍 ランキング 5 月 21 日 ~5 月 27 日 13 マーケット 情 報 そ 他 商 品 市 況 14 クロスレート 14 マーケット 情 報 為 替 と 株 式 15 各 地 コラム 16 ASIA EU Copyright(C) NNA All rights reserved. 記 事

2 [2]The Daily NNA シンガポール&ASEAN 版 Singapore & ASEAN 2012 Edition 年 ( 平 成 24 年 第 ) 月 4 日 ( 月 号 ) 広 く 対 応 する 現 法 は 日 系 レンタルオフィス クロスコープ 内 入 居 てる 留 学 経 験 者 先 らむ 同 氏 よると 最 近 は 日 系 企 業 全 業 種 で 海 外 在 住 優 秀 な 外 国 人 採 用 ニーズが 高 まってるこれ 伴 グループ 全 体 採 用 支 援 事 業 で 海 外 で 人 材 支 援 サー ビスが8 割 を 占 めるまで 成 長 てる 現 在 は 日 本 留 学 経 験 があるなど 日 本 と 何 らか 関 連 性 を 持 つ 外 国 人 を 求 めるケースが 目 立 つが 将 来 はこうた 条 件 もなくなり 多 様 な 人 材 を 求 める 動 きが 広 がる とみて る 現 法 設 立 を 機 日 系 企 業 グローバル 化 を 最 前 線 で 支 援 するサポート 企 業 とて 業 界 トップを 目 指 す シンガポール 観 光 沖 縄 が 観 光 客 誘 致 見 本 市 で 知 名 度 アップ 沖 縄 観 光 コンベンションビューロー(OCVB 那 覇 市 )は1 日 スキューバダイビングを 中 心 とする 観 光 産 業 見 本 市 アジア リゾート エキスポ 2012 初 出 展 観 光 客 誘 致 を 図 った 欧 米 を 中 心 とた 誘 致 から 東 南 アジア 諸 国 連 合 (ASEAN)へ 拡 大 を 目 指 す まず 沖 縄 知 名 度 を 高 めることから 着 手 する だ と 説 明 た 見 本 市 では 日 本 中 沖 縄 アジア 中 沖 縄 をキーワード ダイビングスポット 紹 介 だけでな く 沖 縄 文 化 魅 力 を 伝 える 日 本 へ 観 光 旅 行 費 用 は 高 とイメージが 定 着 てるも 沖 縄 は 格 安 から 高 級 ホテルまで 幅 広 宿 泊 施 設 があるため 十 分 アジア 各 地 から 集 客 が 見 込 めると 踏 んでる 中 台 で 好 反 応 OCVBは 所 得 水 準 上 昇 でASEAN 地 域 から 観 光 客 が 増 加 傾 向 あるため これまで 注 力 てきた 欧 米 市 場 加 えて 広 報 活 動 を 強 化 すること 決 めた 外 国 人 観 光 客 大 多 数 は 欧 米 からだが アジア 人 を 加 えるこ とで 沖 縄 観 光 を 活 性 化 させてく 計 画 だ OCVB 海 外 事 業 部 宮 里 顕 光 氏 は ASEAN 地 域 では ダイビング 先 とてモルディブやパラオ フ ィリピン フィジーが 有 名 だ 沖 縄 知 名 度 は 依 然 と て 低 ため 魅 力 を 伝 えることで 観 光 客 数 は 伸 びるはず 見 本 市 出 展 た 石 垣 島 ダイビングスクール 海 講 座 ( 石 垣 市 ) 安 藤 美 紀 子 氏 は これまで 上 海 香 港 台 湾 で 商 談 会 参 加 てきた 各 地 で 反 応 が 高 かったため 参 加 を 決 めた と 説 明 スキューバダイビ ングライセンス(Cカード) 取 得 コースでは 英 語 よる 講 座 も 開 設 ており 受 講 者 半 数 は 外 国 人 だと う 石 垣 島 でダイバー 人 気 オニイトマキエイ( 通 称 マ ンタ)を 主 紹 介 シンガポールを 中 心 とた 国 から 観 光 客 誘 致 を 図 る 方 針 も 示 た 休 暇 でダイビングツアー 参 加 するため 下 見 とて 同 見 本 市 を 訪 れたマレーシア 人 トン ウェンジーさん (28)は 沖 縄 観 光 つて マレーシア 格 安 航 空 エアアジアなどが 日 本 便 を 増 やす 傾 向 あり 10 年 前 比 べて 日 本 は 身 近 な 存 在 なったつかは 日 本 を 訪 れ てみた と 話 たASEAN 域 内 比 べて 航 空 運 賃 が 割 高 な 訪 日 旅 行 も 格 安 航 空 就 航 で 旅 行 先 候 補 挙 がるようなったとも 語 った アジア リゾート エキスポは サンテック シンガ ポール 国 際 会 議 展 示 センターで 3 日 まで 開 催 され た 主 催 者 よると 出 展 企 業 団 体 数 は 日 本 から 参 加 た4~5 社 を 含 む 150 社 事 前 来 場 者 数 予 想 は 前 回 を 上 回 る 50 万 人 以 上 となってる マケイン リーバーマン 両 米 上 院 議 員 と 会 談 するリー シェンロン 首 相 =シンガポール(NNA 撮 影 ) た だ 圧 倒 さ れ た ( 雪 ) さ ん 情 熱 的 な 気 迫 は 純 粋 よ う と 腐 心 て る が お ば 政 府 は 国 民 射 幸 心 を 抑 制 事 こ だ わ る こ と で 知 ら れ る を 占 め る 中 華 系 は お 金 や 賭 け シ ン ガ ポ ー ル 人 口 大 半 は ま さ 勝 負 師 顔 だ っ た お ば さ ん 気 迫 あ ふ れ る 表 情 ゲ ー ム で あ る と 察 が つ た そ う ち ス ロ ッ ト マ シ ン は 何 だ ろ う と 思 っ て た が つ 気 な っ て ま う 最 初 付 け 方 が あ ま り 激 で 繰 り 返 す 画 面 へ 指 叩 き て る そ 動 作 を 何 度 も 面 を ポ ン と 叩 き 画 面 を 凝 視 た ば ら く て ま た 指 で 画 下 力 っ ぱ ス ラ イ ド さ せ 強 く 叩 き 付 け た か と 思 う と 右 右 手 人 差 指 を 画 面 右 上 め っ こ て お り お も む ろ 真 剣 な 顔 つ き で 画 面 と ら 末 を 持 っ て 座 っ て る き お ば さ ん が タ 車 内 で 座 席 ブ レ50 代 ッ と ト お 端 ぼ M R T ( 地 下 鉄 高 架 鉄 道 ) Copyright(C) NNA All rights reserved. 記 事 無 断 転 載 複 製 ASIA 転 送 を 禁 じます EU w

3 2012 年 ( 平 成 24 年 )6 月 4 日 ( 月 ) The Daily NNA シンガポール&ASEAN 版 Singapore & ASEA シンガポール IT 政 府 IT 入 札 今 年 は7% 増 12 億 Sドル 情 報 通 信 開 発 庁 (IDA)は 省 庁 を 中 心 とた 公 的 機 関 今 年 度 IT 関 連 入 札 額 が 前 年 度 比 7.1% 増 ポータルサイト 拡 張 を5 年 間 かけ 12 億 Sドル( 約 731 億 5,000 て 行 万 う 予 定 で 1 日 付 ストレーツ 円 )なると 計 画 を 示 た 特 大 規 模 な 入 札 となるは 国 防 省 人 材 開 発 省 中 央 積 立 基 金 庁 (C PFB) 向 け 事 業 と 説 明 た 国 防 省 はシンガポール 国 軍 (SAF) 兵 士 向 け 遠 隔 教 育 (eラーニング) タイムズよると 5,000 万 Sドル 規 模 なる 見 込 み 人 材 開 発 省 は 3 年 間 で 就 労 ビザオンラインシステ ム 改 善 と 事 務 効 率 化 を 手 掛 けるC PFBはデータ 管 理 向 上 などを 入 札 かける 予 定 だ IDAはIT 関 連 入 札 で 公 共 サー ビス 質 や 生 産 性 が 向 上 すると 指 摘 クラウドコンピューティングを 政 府 システムとて 活 用 する G クラウド を 年 内 稼 働 することも 明 らかてる シンガポール 金 融 株 価 続 落 キャピタランドは1.6% 安 株 式 1 日 株 式 相 場 は 続 落 える 企 業 株 価 がアンダーパフォー 貨 はショートカバー 買 で 上 昇 ST 指 数 終 値 は 前 日 比 ポイ ムた 米 雇 用 統 計 発 表 も 控 え ント(0.97%) 安 で 引 け 市 場 は 警 戒 感 が 広 がった た 米 ドル シンガポールドルは 利 益 確 定 売 りや 金 融 当 局 よる 米 ドル た 不 動 産 大 手 キャピタランドは 1.58% 安 で 取 引 を 終 えた 中 国 購 為 替 1 日 外 国 為 替 市 場 でシ ンガポールドルは 大 幅 続 落 午 後 6 時 時 点 で 前 日 比 0.72% 安 1 米 ド 売 り 介 入 へ 警 戒 感 から 下 落 た ただ フォーミュラ ワンがシンガ ポール 市 場 で 予 定 てた 新 規 株 式 買 管 理 者 指 数 (PMI)が 弱 数 字 ル= Sドル( 約 78 円 36 銭 公 ) 開 (IPO)を 延 期 たことや 中 となったことから キャピタランド など 中 国 へエクスポージャーを 抱 だった ロイター 通 信 よると アジア 通 国 経 済 成 長 鈍 化 対 する 警 戒 感 か ら 下 げは 限 定 的 となった シンガポール 金 融 5 月 SGX 時 価 総 額 上 位 8 割 が 前 月 割 れ 5 月 末 時 点 シンガポール 取 引 所 (SGX) 上 場 企 業 時 価 総 額 は 前 月 末 比 5.2% 減 7,664 億 Sドル( 約 46 兆 7,000 億 円 )となり 上 位 ー インターナショナルで 銘 柄 24.8% 減 1 位 は 前 月 引 き 続 き 通 信 最 大 手 8 割 で 減 少 た1 日 付 ビジネ ス タイムズが 伝 えた 長 引 く 欧 州 債 務 危 機 や 不 安 定 な 米 経 済 中 国 経 済 ハードランディン グ( 急 激 な 景 気 後 退 )へ 危 惧 (き ぐ) 各 社 業 績 不 振 などから 投 資 家 心 理 が 冷 え 込 んでることが 背 景 ある 柄 うち 24 銘 柄 が 前 月 実 績 割 れと なったうち 最 も 減 少 幅 が 大 きかっ たはパーム 油 世 界 最 大 手 ウィルマ 234 億 3,340 万 Sドル 油 糧 種 子 や 穀 物 部 門 不 調 よるマージン 低 下 が 影 響 同 社 今 年 1~3 月 期 決 算 は 33.8% 減 益 だった 銀 行 も 不 振 が 目 立 った 時 価 総 額 5 位 地 場 金 融 最 大 手 DBSグルー プ ホールディングスは 5.3% 減 再 選 挙 を 前 て 今 月 も 市 場 は 不 安 6 位 OCBC 銀 行 は 6.7% 減 7定 なまま 推 移 すると 予 想 てる ST 指 数 を 構 成 するトップ 30 銘 位 UOB 銀 行 は 8.1% 減 不 動 産 も 売 り 圧 力 が 強 まり 地 場 大 手 キャ ピタランド(15 位 )は 13.6% 減 で2 桁 マイナスとなった シンガポール テレコム(シングテ ル)で 0.6% 減 493 億 9,370 万 S ドル 下 げ 相 場 中 ありながら 株 価 は 比 較 的 安 定 を 維 持 た 地 場 フィリップ 証 券 では ギリシ ャユーロ 圏 離 脱 を 左 右 する 同 国 ASIA EU Copyright(C) NNA All rights reserved. 記 事

4 [4]The Daily NNA シンガポール&ASEAN 版 Singapore & ASEAN 2012 Edition 年 ( 平 成 24 年 第 ) 月 4 日 ( 月 号 ) シンガポール 金 融 F1がIPO 実 施 を 延 期 市 場 環 境 悪 化 で 自 動 車 レースフォーミュラワン (F1)を 運 営 するフォーミュラ ワ ン マネジメントは 市 場 環 境 悪 化 を 受 けシンガポール 市 場 で 予 定 てた 新 規 株 式 公 開 (IPO)を 延 期 た ロイター 通 信 が 関 係 筋 から 情 報 とて 伝 えたところよると フォ ーミュラ ワンは 今 週 もシンガポ ール 当 局 IPO 目 論 見 書 を 提 出 する 予 定 だったが こ 計 画 を 中 止 たとう 当 初 計 画 では 年 内 上 場 30 億 米 ドル( 約 2,400 億 円 )を 調 達 する 予 定 だった 実 現 す れば 今 年 最 大 IPOなると 予 想 されてたフォーミュラ ワン 共 同 オーナー1 人 であるバーニ ー エクレストン 氏 は IPOを 取 り 止 めるわけでなく 好 機 を 待 つ つでも 実 施 できるよう 準 備 を 進 め てる と 話 た 市 況 悪 化 を 受 け アジア 地 域 では 過 去 1 週 間 で5 件 大 型 IPOが 中 止 延 期 されてる5 月 31 日 は 英 宝 飾 大 手 グラフ ダイヤモンズが 香 港 でIPO 実 施 を 中 止 すると 明 らかた シンガポール 建 設 JTCコープ 第 2 環 境 研 究 施 設 を 起 工 工 業 団 地 開 発 運 営 機 関 JTC 積 は2 万 2,300 平 方 フィート( 約 ーンテック ワンと 比 べてより 大 が コープは5 月 31 日 北 西 部 ジャラ 2,072 平 方 メートル)オフィススペ かりな 研 究 や 試 作 活 動 特 化 た 施 ン バハールで 環 境 保 全 技 術 研 究 開 発 (R&D) 施 設 クリーンテッ ク ツー 起 工 式 を 行 った 環 境 配 慮 型 工 業 団 地 クリーン テック 内 2カ 所 目 施 設 となる ースほか 研 究 室 ワークショップ 施 設 などを 設 ける 段 階 的 建 設 2014 年 7~9 月 期 完 工 を 予 定 てる クリーンテクノロジー 産 業 中 で 設 となる 旗 艦 テナントとて 科 学 技 術 研 究 庁 (ASTAR) 再 製 造 (リマ ニュファクチャリング) 技 術 研 究 所 である 高 度 再 製 造 技 術 センター 同 工 業 団 地 内 でJTCが 開 発 中 ウェットラボ( 液 体 を 扱 う 実 験 室 ) (ARTC) 入 居 が 決 まって マルチテナント 型 環 境 配 慮 ビル ク とドライラボ(データを 扱 う 実 験 室 ) る リーンテック ワン 隣 建 設 する を1カ 所 まとめた 施 設 へ 需 要 が 敷 地 面 積 は 0.9ヘクタール 総 床 面 高 まってること 対 応 たクリ シンガポール 運 輸 格 安 航 空 タイガー コロンボ 便 を 就 航 格 安 航 空 タイガー エアウェイズ は スリランカ コロンボ 便 を 就 航 た 域 内 格 安 航 空 会 社 で 同 便 を 運 航 するは 初 となる 火 木 日 曜 運 航 する 往 路 TR 2572 便 は 火 木 曜 がシンガポ ール 午 後 8 時 35 分 発 コロンボ 同 10 時 5 分 着 日 曜 が 午 前 9 時 15 分 シンガポール 社 会 発 同 10 時 45 分 着 復 路 TR が 向 上 する と 説 明 てる 2573 便 は 火 木 曜 がコロンボ 午 後 同 社 は 現 在 エアバスA 320 型 機 11 時 5 分 発 シンガポール 翌 午 前 5 34 機 を 保 有 2015 年 末 まで 保 有 機 時 35 分 着 日 曜 が 午 後 0 時 発 同 6 材 数 を 68 機 まで 増 やす 計 画 だ 機 齢 時 30 分 着 となってる 航 空 券 は 片 ( 機 材 使 用 年 数 )は 平 均 3 年 未 満 と 道 98Sドル( 約 6,000 税 円 込 み) う から 同 社 は コロンボ 便 就 航 で 両 国 を 訪 れる 観 光 客 商 用 客 利 便 性 英 NGOバードライフ 日 本 から 本 部 移 管 鳥 類 保 護 環 境 保 全 を 目 的 とた 非 政 府 組 織 (NGO) 英 バードラ イフ インターナショナルは アジ ア 地 区 本 部 を 日 本 からシンガポール 移 管 た バードライフは 鳥 類 保 護 を 通 じて 生 息 環 境 保 全 取 り 組 んでおり 270 万 人 会 員 を 誇 る 世 界 最 大 規 模 環 境 団 体 シンガポール 事 務 所 は 繁 華 街 近 タングリン ロード ある5 月 31 日 付 ストレーツ タイ を 置 てることや 海 外 法 人 会 員 ムズよると 2008 年 ごろから 経 済 獲 得 強 化 を 進 めやすことがある 開 発 庁 (EDB) シンガポール 自 然 とう 協 会 地 場 法 律 事 務 所 ドリュー&ナ シンガポール 自 然 協 会 ショー ピア(Drew&Napier)などとシンガポ ン ラム 代 表 は バードライフが 事 ールへ 事 務 所 移 転 向 けた 話 合 務 所 を 構 えることで 当 地 拠 点 を を 進 めてきたアジア 地 区 本 部 構 える 環 境 保 護 団 体 活 動 も 活 発 化 クリスティ ノザワ 代 表 よると 会 合 やワークショップ 開 催 頻 事 務 所 移 管 背 景 は 提 携 団 体 度 も 増 える とみてる 企 業 多 くが 東 南 南 アジア 拠 点 Copyright(C) NNA All rights reserved. 記 事 無 断 転 載 複 製 ASIA 転 送 を 禁 じます EU w

5 2012 年 ( 平 成 24 年 )6 月 4 日 ( 月 ) The Daily NNA シンガポール&ASEAN 版 Singapore & ASEA シンガポール 社 会 安 全 中 部 アンモキオでデング 熱 流 行 全 国 6 割 中 部 アンモキオでデング 熱 患 者 が 大 量 発 生 ており 国 家 環 境 庁 (N EA)よると 今 年 最 大 規 模 流 行 となってる1カ 月 あまりで 半 年 間 全 国 感 染 者 数 6 割 達 て る 発 生 たはアンモキオ アベニ ュー5から 10 掛 けて 一 帯 4 月 12 日 から 現 在 まで 53 人 感 染 が 確 認 されてるNEAでは 20 人 以 上 担 当 官 を 派 遣 て 一 帯 水 質 検 査 とデング 熱 感 染 源 である 蚊 (ネッタイシマカ) 駆 除 を 行 うと 同 時 一 帯 住 人 対 て 虫 除 け 剤 を 使 用 するか 長 袖 上 着 を 着 るな どて 蚊 刺 されなよう 注 意 を 呼 び 掛 けてる デング 熱 は デングウイルスを 持 つネッタイシマカが 媒 介 する 感 染 症 で 高 熱 や 筋 肉 関 節 痛 腹 痛 など を 引 き 起 こすNEAよると 全 国 で 派 生 件 数 は 年 初 から6カ 月 で 80 件 同 庁 は 昨 年 11 月 から 担 当 官 を 増 員 するなどデング 熱 対 策 を 強 化 デング 熱 非 ピーク 時 である 11~ 3 月 かけて 家 庭 訪 問 を 徹 底 た まり 水 を 作 らななど 蚊 繁 殖 を 防 ぐよう 指 導 てる シンガポール 政 治 米 軍 戦 闘 艦 前 方 配 備 国 防 相 が 基 本 合 意 ンー エンヘン 国 防 相 は2 日 国 際 安 全 保 障 フォーラム シャングリラ 対 話 出 席 ためシン ガポールを 訪 問 たパネッタ 米 国 防 長 官 と 会 談 シン ガポール 米 海 軍 艦 艇 を 前 方 配 備 することで 合 意 た ンー 国 防 相 とパ ネッタ 長 官 は 両 国 安 全 保 障 戦 略 と 2005 年 両 国 間 で 締 結 た 戦 略 枠 組 み 合 意 以 降 軍 事 協 力 深 化 で 重 大 な 進 展 があったことを 確 認 そ 上 で シンガポール 米 海 軍 沿 海 域 戦 闘 艦 (LCS)4 隻 を 交 代 で 配 備 する ことで 基 本 合 意 たLCSシンガポール 配 備 は 4 月 ンー 国 防 相 訪 米 時 両 氏 で 話 合 われており L CSはローテーション 配 備 でシンガポール 港 を 母 港 となことや 任 務 中 乗 務 員 がシンガポール 上 陸 なことでも 合 意 た パネッタ 長 官 は 戦 闘 艦 シンガポール 配 備 より 各 国 へ 訪 問 や 海 軍 間 演 習 を 通 じて アジア 域 内 おけ る 米 国 プレゼンスを 強 化 できる と 話 たLCSは 米 海 軍 が 開 発 中 新 型 戦 闘 艦 で 沿 岸 部 浅 海 域 でも 高 速 で 活 動 できる 機 動 性 と 小 型 フリゲート 艦 並 み 重 装 備 を 兼 ね 備 えてるが 特 徴 パネッタ 長 官 は 同 日 リー シェンロン 首 相 ともイス タナ( 首 相 府 )で 会 談 た 同 日 リー 首 相 とバーンズ 米 国 務 副 長 官 と 会 談 で は 両 国 外 交 関 係 が 深 まってることを 確 認 将 来 わたって 両 国 緊 密 な 連 携 関 係 を 維 持 てくことで 合 意 たまた 米 国 アジアおける 外 交 戦 略 や 域 内 情 勢 つて 意 見 を 交 換 た 外 相 4 日 から 訪 日 K シャンムガム 外 相 ( 法 相 兼 任 )は4 日 から 日 本 を 公 式 訪 問 する 訪 問 中 は 玄 葉 光 一 郎 外 相 と 日 シンガポール 外 相 会 談 を 行 うほか 岡 田 克 也 副 総 理 へ 表 敬 訪 問 民 主 党 日 本 シンガポール 友 好 議 員 連 盟 と 懇 談 会 を 予 定 て るこほか シンガポールよる 被 災 地 復 興 支 援 プロ ジェクト 関 する 署 名 式 も 立 ち 会 う ASIA EU Copyright(C) NNA All rights reserved. 記 事

6 [6]The Daily NNA シンガポール&ASEAN 版 Singapore & ASEAN 2012 Edition 年 ( 平 成 24 年 第 ) 月 4 日 ( 月 号 ) シンガポール 政 治 海 軍 艦 船 6 割 アジア 米 国 防 長 官 が 表 明 シンガポール 共 同 パネッタ 米 パネッタ 氏 は 米 国 は 国 際 的 な 規 国 防 長 官 は2 日 シンガポールで 開 範 づくりを 推 進 する とて 排 他 催 中 アジア 安 全 保 障 会 議 で 講 演 的 経 済 水 域 (EEZ) 設 定 などを で アジア 太 平 洋 は 最 優 先 地 域 と 規 定 た 国 連 海 洋 法 条 約 年 内 批 准 述 べ 米 軍 展 開 を 強 化 する 方 針 を 表 を 目 指 すと 明 言 中 国 が 領 有 権 争 明 たこ 地 域 で 空 母 6 隻 体 制 を で 周 辺 国 と 摩 擦 を 強 める 南 シナ 海 問 当 面 維 持 する 一 方 2020 年 まで 米 題 でも 法 的 拘 束 力 を 持 つ 行 動 規 海 軍 艦 船 約 6 割 を 振 り 向 ける 考 え を 示 た 海 洋 進 出 と 軍 備 増 強 を 進 める 中 国 を 念 頭 米 国 が 太 平 洋 国 家 と て 地 域 安 定 向 けた 秩 序 形 成 を 主 導 する 姿 勢 を 鮮 明 た 国 防 予 算 削 減 を 進 める 中 米 軍 前 方 展 開 対 する 同 盟 友 好 国 懸 念 を 払 拭 する 狙 もある シンガポール 政 治 範 策 定 を 進 める 東 南 アジア 諸 国 連 合 (ASEAN)を 支 援 すると 述 べた パネッタ 氏 は 一 方 で 米 国 関 与 強 化 は 中 国 成 長 とも 相 反 するも ではな と 中 国 を 封 じ 込 め る 意 図 はなとも 強 調 た 米 海 軍 は 空 母 11 隻 を 含 め 約 280 隻 艦 船 を 保 有 現 在 はアジア 太 平 米 アジア 海 守 る 柱 防 衛 副 大 臣 中 国 けん 制 洋 と 大 西 洋 地 域 ほぼ 半 分 ずつ 配 備 てる 同 氏 はこ 割 合 を 見 直 20 年 まで6 割 を 太 平 洋 集 中 さ せる とた 米 軍 展 開 強 化 つては 恒 久 的 な 基 地 新 設 ではなく 部 隊 ローテ ーション 配 置 など 同 盟 国 と 協 力 強 化 を 通 じて 推 進 する 意 向 を 示 た 米 国 は1 月 アジア 太 平 洋 重 視 を 打 ち 出 た 新 国 防 戦 略 を 発 表 厳 財 政 事 情 から 陸 軍 や 海 兵 隊 計 10 万 人 削 減 踏 み 切 る 一 方 アジア 太 平 洋 で 戦 力 は 保 持 するとて た シンガポール 共 同 渡 辺 周 防 衛 副 大 臣 は2 日 シンガポールで 開 催 中 アジア 安 全 保 障 会 議 で 講 演 (アジア 太 平 洋 ) 地 域 海 上 安 全 保 障 を 支 える 一 つ 柱 は 米 国 プレゼ ンス 特 海 軍 力 だ と 指 摘 海 洋 権 益 拡 大 を 図 る 中 国 をらみ アジ ア 周 辺 海 域 で 米 海 軍 積 極 的 な 関 与 を 支 持 する 姿 勢 を 強 調 た 中 国 は アジア 太 平 洋 問 題 は 地 域 各 国 が 共 同 で 処 理 すべきだ ( 中 国 外 務 省 )と 立 場 で 米 海 軍 関 与 強 化 を 警 戒 ており 渡 辺 氏 発 言 は 中 国 をけん 制 た 形 だ 渡 辺 氏 は 海 洋 自 由 を 守 る を テーマ 講 演 フィリピンと 中 国 が 領 有 権 を 争 う 南 シナ 海 スカボロー 礁 ( 中 国 名 黄 岩 島 )で 両 国 艦 船 がらみ 合 ってる 問 題 を 例 挙 げ アジア 太 平 洋 海 域 で 領 有 権 をめ ぐる 係 争 をはじめ 多 数 不 安 定 要 因 が 存 在 する と 表 明 中 国 海 軍 よる 威 嚇 的 行 動 などを 念 頭 各 国 が 航 行 自 由 を 守 る 必 要 性 を 訴 えた そ 上 で 特 定 脅 威 を 念 頭 置 たもではな と 断 りながら 米 海 軍 力 は 周 辺 海 域 安 全 保 障 を 支 える 国 際 公 共 財 だ と 主 張 オ バマ 政 権 が 国 防 費 削 減 中 でアジア 太 平 洋 を 重 視 てることを 日 本 とて 歓 迎 てる と 述 べた また 講 演 後 質 疑 応 答 で 渡 辺 氏 は 中 国 は 日 本 とって 脅 威 かと 問 われ 中 国 軍 事 的 予 算 伸 びがどう う 意 図 で どうう 能 力 を 増 やそう とてるか 不 透 明 で そ 点 は 脅 威 と 言 わざるを 得 な と 述 べた 渡 辺 氏 は 会 議 へ 参 加 を 断 念 た 田 中 直 紀 防 衛 相 代 理 で 講 演 た シンガポール 政 治 北 朝 鮮 深 刻 な 脅 威 日 米 韓 が 防 衛 閣 僚 級 会 談 シンガポール 共 同 日 米 韓 3カ 国 は2 日 アジア 安 全 保 障 会 議 が 開 催 中 シンガポールで 防 衛 担 当 閣 僚 級 会 談 を 実 施 北 朝 鮮 よる 人 工 衛 星 と 称 た 長 距 離 弾 道 ミサイル 発 射 など 一 連 挑 発 行 為 が 深 刻 な 脅 威 であると 認 識 で 一 致 3カ 国 が 結 束 を 強 化 て 対 処 するこ とを 確 認 た 会 談 はパネッタ 米 国 防 長 官 韓 国 金 寛 鎮 国 防 相 が 出 席 日 本 から は 田 中 直 紀 防 衛 相 代 理 で 渡 辺 周 防 衛 副 大 臣 が 参 加 た 会 談 後 発 表 た 声 明 よると 3カ 国 は 海 上 安 全 保 障 航 行 自 由 確 保 ( 大 量 破 壊 兵 器 など) 不 拡 散 などで 協 力 拡 大 で 一 致 毎 年 開 催 アジア 安 全 保 障 会 議 場 を 利 用 て 防 衛 担 当 閣 僚 会 合 を 定 例 化 す ることでも 合 意 た また 渡 辺 副 大 臣 はパネッタ 長 官 対 米 軍 普 天 間 飛 行 場 ( 沖 縄 県 宜 野 湾 市 ) 配 備 予 定 垂 直 離 着 陸 輸 送 機 MV 22オスプレイ 墜 落 事 故 つて 情 報 提 供 を 要 請 パネッタ 長 官 は 日 本 懸 念 つ てよく 理 解 てる とて 最 新 調 査 結 果 を 伝 達 すると 約 束 た Copyright(C) NNA All rights reserved. 記 事 無 断 転 載 複 製 ASIA 転 送 を 禁 じます EU w

7 2012 年 ( 平 成 24 年 )6 月 4 日 ( 月 ) The Daily NNA シンガポール&ASEAN 版 Singapore & ASEA シンガポール 政 治 中 国 格 下 代 表 団 で 控 えめ 警 戒 かわす 狙 シンガポール 共 同 シンガポー ルでアジア 安 全 保 障 会 議 が3 日 閉 幕 た 会 議 ではアジア 太 平 洋 で 軍 事 的 影 響 力 を 拡 大 させる 中 国 動 向 関 心 が 集 まったが 中 国 は 例 年 よりも 格 下 代 表 団 を 送 り 会 議 で も 控 えめな 振 る 舞 終 始 た 南 シナ 海 領 有 権 で 対 立 するアジア 諸 国 警 戒 感 を 和 らげる 狙 があった と 見 方 も 出 てる 会 議 参 加 た 各 国 代 表 を 務 め る 国 防 相 ら 約 20 人 が 出 席 た2 日 昼 食 会 主 催 国 シンガポールン ー エンヘン 国 防 相 隣 はパネッ タ 米 国 防 長 官 が 座 ったが 中 国 代 表 団 を 率 る 中 国 人 民 解 放 軍 シンク タンク 軍 事 科 学 院 副 院 長 任 海 泉 南 シナ 海 スカボロー 礁 ( 中 国 中 将 は 格 下 ためかシンガポール 国 名 黄 岩 島 )では 中 国 とフィリピン 防 相 から 最 も 遠 位 置 だった 艦 船 らみ 合 が 続 く 外 交 筋 同 会 議 は 中 国 からは 近 年 副 総 は 中 国 代 表 団 が 格 下 なったこ 参 謀 長 以 上 クラスが 参 加 昨 年 は とつて 南 シナ 海 問 題 などで 梁 光 烈 国 防 相 が 出 席 中 国 国 防 周 辺 国 と 対 立 を 目 立 たせたくなか 政 策 などつて 講 演 たか ったからでは と 指 摘 する 今 回 は 中 国 側 参 加 者 講 演 はなかっ 会 議 参 加 た 任 氏 は 軍 制 服 で た はなく 終 始 スーツ 姿 新 華 社 電 中 国 から 参 加 た 研 究 者 も 中 国 よると 任 氏 は2 日 ( 会 議 は) 協 力 抜 きでアジア 安 全 保 障 は 議 論 でき 雰 囲 気 が 強 かった 一 部 メディ な( 軍 が)どうう 理 由 で 格 下 アは 南 シナ 海 問 題 を 煽 ろうとたが 代 表 団 を 送 ったか 分 からな と 煽 れなかった と 語 り 中 国 対 す 話 す 欧 米 メディア 記 者 からは 中 る 警 戒 感 払 拭 成 功 たと 認 識 を 国 は 事 実 上 会 議 をボイコットた 示 た と 声 も 出 た マレーシア 車 両 トヨタ 新 カムリ 発 売 ノックダウン 生 産 シェア50% 目 標 UMWトヨタ モーターは1 日 中 型 セダン カム 開 始 これまで 累 計 9 万 6,000 台 を 販 売 た 日 比 隆 リ をフルモデルチェンジて 発 売 すると 発 表 た7 副 会 長 よると カムリは 2008 年 は 中 型 セダン 市 場 代 目 となる 新 カムリは 先 代 完 全 輸 入 車 からノックダ で 60%を 超 えるシェアを 誇 ったそ 後 はホンダ アコ ウン 生 産 切 り 替 え 今 年 は 残 り7カ 月 で 8,500 台 ード 販 加 え 日 産 ティアナ フォルクスワーゲン(V 売 を 目 指 中 型 セダン 市 場 でシェア 50% 回 復 を 狙 う W) パサート 現 代 ソナタ など 競 合 モデルが 増 え シェアは 下 降 今 年 1~4 月 は モデルチェンジ 前 で 輸 入 を 抑 えたこともありシェアは 30% 超 となって た 日 比 副 会 長 は モデルチェンジより 再 び 同 市 場 新 カムリは2 日 から 全 国 販 売 店 で 発 売 週 明 けか でシェア 50% 超 を 狙 う 考 えを 示 てる ら 順 次 納 車 を 開 始 する 新 モデルは 2.0 リッターエンジ 新 カムリはオートマチックトランスミッション(A ン 2.0 E と 2.0 G 2.5 リッター 2.5 V T)など 基 幹 部 品 を 日 本 やタイから 輸 入 バンパーや 3モデル 価 格 はそれぞれ 14 万 9,900 リンギ( 約 シートなどは 367 現 地 で 調 達 て 組 み 立 て 生 産 する 現 地 万 円 ) 15 万 7,900 リンギ 18 万 900 リンギとなる 調 達 率 は 約 30%となってる うち 2.5 V つてはエンジンを 刷 新 オートマ カムリは 06 年 まで5 代 目 モデルは 完 全 ノックダウ チックトランスミッション(AT)も6 段 とて 走 行 性 ンで 現 地 で 組 み 立 ててた06~12 年 販 売 てた6 能 燃 費 性 能 を 高 めた2.0リッターモデルエンジン 代 目 モデルは 完 成 車 輸 入 新 モデルは 若 干 値 上 げ とAT(4 段 )は 前 モデルから 据 え 置 く なったが 日 比 副 会 長 よると 円 高 ほか 原 材 料 費 イスメット スキ 社 長 は 新 カムリ 販 売 つて 今 上 昇 や 新 機 能 搭 載 よるコスト 拡 大 インフレなど 販 年 残 り 期 間 で 8,500 台 を 目 指 すと 語 った 新 カムリは 売 価 格 上 昇 要 因 を ノックダウンより 税 率 が 下 がっ 4 月 から 先 行 予 約 を 受 け 付 けており 既 3,400 台 を たことで 受 相 殺 極 めて 小 さ 値 上 げ 幅 抑 えることが 注 てる できた と 説 明 てる UMWトヨタ モーターは 1994 年 カムリ 販 売 を ASIA EU Copyright(C) NNA All rights reserved. 記 事

8 [8]The Daily NNA シンガポール&ASEAN 版 Singapore & ASEAN 2012 Edition 年 ( 平 成 24 年 第 ) 月 4 日 ( 月 号 ) マレーシア 観 光 広 島 県 マレーシアで 初 物 産 展 開 催 広 島 県 は1 日 首 都 圏 ショッピ ングモールで 物 産 展 を 開 た14 日 まで 期 間 中 青 果 や 水 産 加 工 品 調 味 料 など 県 特 産 食 材 を 幅 広 く 展 示 販 売 する 観 光 資 源 なども 紹 介 認 知 度 向 上 を 図 る 広 島 県 がマ レーシアで 県 産 品 などをPRする は 初 めて イオンマレーシアミッドバレー 店 とワンウタマ 店 で 同 時 開 催 期 間 中 全 体 で 300 万 円 程 度 売 り 上 げ ベトナム 製 造 を 見 込 んでる 広 島 県 は 特 産 品 販 路 拡 大 などでイオングループと 包 括 提 携 を 結 んでる 主 食 品 関 係 28 社 団 体 が 計 約 140 品 目 を 出 展 広 島 風 お 好 み 焼 き 実 演 ブースも 設 けられ オタフ クソース( 広 島 市 )やサンフーズ ( 同 )がソースを 販 売 たかんきつ 類 はるか を 展 示 たJA 広 島 果 実 連 下 岡 正 (たおか まさ) 販 売 部 次 長 は 甘 みが 強 はるか 特 文 具 プラス 金 型 工 場 が 稼 働 越 3カ 所 目 小 ロット 生 産 も 迅 速 対 応 文 具 製 造 大 手 プラス( 東 京 港 )は1 日 南 部 ビン ズオン 省 ベトナム シンガポール 第 2 工 業 団 地 (VSI P2)で 修 正 テープなど 金 型 鋳 造 や 樹 脂 成 型 を 行 う 工 場 を 本 稼 働 たベトナムで3カ 所 目 生 産 拠 点 で 同 国 では 今 年 6,500 万 米 ドル( 約 51 億 円 ) 生 産 高 を 徴 を 説 明 マレーシア 人 は 酸 味 を 好 まず 商 機 があるでは と 期 待 を 語 った 物 産 展 開 会 式 出 席 た 中 下 善 昭 (なかた よあき) 副 知 事 は 食 文 化 を 持 ってても 紹 介 する 場 が なと 始 まらな 広 島 県 産 が 認 知 されるようた と 述 べ マレ ーシアで 定 期 的 PRてく 考 え を 示 た 格 運 用 て 生 産 能 力 を 倍 加 させる 工 場 を 運 営 するは 100% 子 会 社 プラス ベトナム インダストリアル(PVI) 南 部 ドンナイ 省 ビエン ホア 第 2 工 業 団 地 とニョンチャック 第 3 工 業 団 地 そ れぞれ 生 産 拠 点 を 構 えてるビンズオン 省 新 工 場 を 目 指 すプラスが 自 社 で 金 型 工 場 を 持 つは 初 めてで 合 わせて 従 業 員 は 約 2,400 人 上 る 製 品 開 発 スピードアップととも 顧 客 から 小 ロッ ビエンホア 工 場 は 1995 年 稼 働 主 力 品 目 一 つで ト 生 産 も 柔 軟 対 応 する ある 修 正 テープやファイル 類 などを 生 産 てるニョ ンチャック 工 場 は 2010 年 操 業 ホッチキス 針 や ゼムクリップなどを 製 造 ベトナムで 生 産 品 目 はすで 新 工 場 は 現 地 金 型 メーカーから 合 併 買 収 (M&A) 1,500 を 超 える 製 品 はベトナム 国 内 ほか 日 本 で 取 得 取 引 価 格 は 非 公 開 敷 地 面 積 は 5,630 平 方 メー アジア 北 米 欧 州 出 荷 てる トル 建 屋 面 積 は 2,000 平 方 メートルで 修 正 テープやプラスは 中 国 も 生 産 拠 点 を2カ 所 持 つ 上 海 では 紙 ファイルとじ 具 など 金 型 を 生 産 するととも 樹 脂 製 ファイル 広 東 省 汕 頭 (スワトー)では 修 正 テープを 製 品 成 型 も 行 う 生 産 てる 新 工 場 ではプラスとって 新 たな 試 みが 目 白 押 だ プラスは 海 外 事 業 を 拡 大 中 で ベトナムと 中 国 ほ 金 型 生 産 取 り 組 むは 自 社 で 初 めてとなるまた 24 か 台 湾 米 国 ドイツ 現 地 法 人 を 持 つ 今 年 は 海 外 時 間 無 人 体 制 で 成 型 機 稼 働 実 験 も 行 5 年 後 は 本 事 業 売 り 上 げを 30 億 円 とする 目 標 を 掲 げてる ベトナム 車 両 浜 名 湖 電 装 第 2タンロンで 工 場 開 所 式 デンソーグループ 会 社 浜 名 湖 投 資 額 は 約 30 億 円 敷 地 面 積 は 約 立 資 本 金 は 19 億 円 で 浜 名 湖 電 装 電 装 ( 静 岡 県 湖 西 市 )は5 月 31 日 5 万 平 方 メートル 建 屋 面 積 は 約 が 全 額 出 資 する 北 部 フンイエン 省 第 2タンロン 工 7,000 平 方 メートルさら 約 17 浜 億 名 湖 電 装 海 外 生 産 拠 点 はベト 業 団 地 (TLIP2)で 子 会 社 ハ マデン ベトナム 工 場 開 所 式 を 行 った 既 1 月 から 自 動 車 用 非 接 触 式 センサー 量 産 を 開 始 今 後 パージ 円 を 投 資 約 9,000 平 方 メートル 工 場 を 増 設 中 で 来 年 1 月 末 拡 張 工 事 が 完 了 する 予 定 だ 増 設 後 は 新 たソレノイドバルブ コイルな ど 新 規 製 品 を 生 産 する ナムほかインドネシアもあり 自 動 車 用 ホーン( 警 報 装 置 )を 生 産 て 北 米 欧 州 ASEAN 各 国 へ 輸 出 てる 新 興 国 を 中 心 自 動 車 販 売 が 拡 大 バルブ ノックセンサーなどを 生 産 従 業 員 数 は 現 在 約 400 人 で 2015 する 中 浜 名 湖 電 装 は 15 年 売 上 高 東 南 アジア 諸 国 連 合 (ASEA 年 は 約 2,000 人 まで 引 き 上 げる 全 体 約 15%を 海 外 生 産 する 計 画 N)をはじめ 世 界 各 国 へ 供 給 を 計 画 てる 15 年 売 上 高 は 70 億 円 を 見 込 む だ ハマデン ベトナムは 08 年 設 Copyright(C) NNA All rights reserved. 記 事 無 断 転 載 複 製 ASIA 転 送 を 禁 じます EU w

9 2012 年 ( 平 成 24 年 )6 月 4 日 ( 月 ) The Daily NNA シンガポール&ASEAN 版 Singapore & ASEA ベトナム 繊 維 NSKエコーマーク シルクスクリーン 印 刷 開 始 スポーツ アパレル 衣 料 マークデザインやプリン びびマークは 伸 び 縮 みやすく ひび 割 れなど トを 手 掛 けるエヌエスケーエコーマーク( 東 京 都 新 宿 を 起 こく 熱 圧 着 加 工 で 日 本 や 東 南 アジア 中 区 )は 今 月 半 ばベトナムでシルクスクリーンプリン 国 中 東 欧 州 などあるスポーツメーカー 工 場 輸 ト 事 業 を 開 始 する 新 規 事 業 を 軌 道 乗 せ 2015 年 度 出 てる はベトナムで 売 上 高 を 今 年 度 比 4 倍 近 く 引 き 上 げ る 計 画 だ ベトナム 子 会 社 NSKベトナム 工 場 は ホーチミン 市 西 郊 ロンアン 省 ロンハウ 工 業 団 地 ある 昨 年 6 月 から 512 平 方 メートル 賃 貸 工 場 で デザイン 製 作 と スポーツ 衣 料 品 向 け 転 写 マーク NOBINOBIMA RK(びびマーク) 生 産 を 手 掛 けてる 新 たシルクスクリーンプリントを 始 めるあたり 1,800 平 方 メートル 工 場 移 転 約 3,000 万 円 を 投 じ て 機 材 などを 投 入 た 今 月 15 日 開 所 式 を 行 う シルクスクリーンプリントは インクを 直 接 布 地 刷 り 込 む 技 術 で 現 地 日 系 企 業 や 縫 製 工 場 から 委 託 加 工 を 受 ける 予 定 だ フィリピン 運 輸 エアアジア 予 約 新 規 則 反 対 民 間 航 空 委 員 会 再 考 を 要 請 民 間 航 空 委 員 会 (CAB)が 今 月 15 日 から 国 内 線 で オーバーブッキング( 過 剰 予 約 )を 禁 止 するととも 予 約 便 搭 乗 できなかった 全 顧 客 対 て 航 空 料 金 返 金 もくは 無 料 で 予 約 変 更 を 受 け 付 けるよう 航 空 各 社 義 務 付 けると 発 表 たことを 受 けて マレーシア 格 安 航 空 会 社 (LCC)エアアジアが 反 対 声 を 上 げて る 新 規 則 が 航 空 各 社 経 営 悪 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があるとて CAB 再 考 を 求 める 考 えだ CABは 先 公 布 た 決 議 案 第 28 号 おて 国 内 線 で 運 航 する 航 空 各 社 対 て オーバーブッキングを エヌエスケーエコーマーク 海 外 工 場 はベトナム み 西 牧 寛 次 社 長 は シルクスクリーンプリントとび びマーク 生 産 を 確 立 利 益 確 保 を 目 指 た と 意 気 込 む2015 年 度 は シルクスクリーン 印 刷 加 工 で 年 間 200 万 ~300 万 枚 びびマークで 同 400 万 ~ 万 枚 生 産 を 目 指 す 今 年 度 ベトナムで 売 上 高 は シルクスクリーン 印 刷 加 工 が 3,000 万 円 びびマークそ 他 が 2,50 円 計 5,500 万 円 を 見 込 む15 年 度 は シルクスクリ ーン 印 刷 加 工 が1 億 5,000 万 円 びびマークそ 他 が 5,000 万 円 計 2 億 円 と 3.6 倍 拡 大 する 見 通 だ 従 業 員 は 現 在 40 人 だが 今 年 度 中 新 た 30 人 ほど 増 やす15 年 は 100 人 超 雇 用 を 予 定 てると う 禁 止 することを 提 案 同 時 公 布 た 決 議 案 第 29 号 で るABS CBNなどが 伝 えた は 格 安 航 空 券 保 有 者 を 含 むすべて 国 内 線 予 約 客 を 対 象 予 約 便 搭 乗 できなかった 場 合 は 航 空 料 金 返 金 もくは 無 料 で 予 約 変 更 を 受 け 付 けるよう 航 空 各 社 義 務 付 けることを 提 案 両 決 議 案 は 今 月 15 日 ーク~マレーシア クアラルンプール 便 続 き 2 路 線 発 効 すると 発 表 てた これ 対 て エアアジア フィリピンマリアン ホンティベロス 社 長 兼 最 高 経 営 責 任 者 (CEO)は 決 議 案 第 29 号 では 欠 航 など 航 空 会 社 側 理 由 加 え 個 人 的 な 理 由 で 搭 乗 できなかった 予 約 客 も 返 金 予 約 変 更 対 象 含 まれてること 疑 問 を 提 示 個 人 的 な 理 由 で 搭 乗 できなかった 予 約 客 も 返 金 予 約 変 更 対 象 てては 同 社 経 営 が 危 機 さらされる 可 能 性 があ ると 指 摘 た 上 で CABは 航 空 会 社 経 営 悪 影 響 を 与 えず 消 費 者 保 護 を 実 現 するため 決 議 案 つ て 再 考 すべき と 考 えを 示 たまた こ 決 議 案 が 発 効 た 場 合 は 収 益 確 保 ため 運 賃 を 引 き 上 げる 可 能 性 も 示 唆 てる 新 たな 予 約 規 則 反 発 する 一 方 で エアアジア フィ リピンは 今 後 も 積 極 的 事 業 拡 大 を 図 る 姿 勢 を 示 て ホンティベロス 社 長 よると 7 月 毎 日 1 便 スケ ジュールでクラーク~ 香 港 便 運 航 を 開 始 する 予 定 国 際 線 運 航 は 今 月 9 日 運 航 開 始 を 予 定 てるクラ 目 となる 同 社 はまた クラークとシンガポール タ イ 韓 国 中 国 本 土 マカオ 日 本 を 結 ぶ 便 運 航 も 視 野 入 れてるとう ASIA EU Copyright(C) NNA All rights reserved. 記 事

10 [10]The Daily NNA シンガポール&ASEAN 版 Singapore & ASEAN 2012 Edition 年 ( 平 成 24 年 )6 第 月 4 日 ( 月 ) フィリピン 観 光 韓 国 観 光 公 社 マニラ 支 社 を 正 式 開 所 韓 国 観 光 公 社 (KTO)はこほ ど マニラ 首 都 圏 マカティ 市 マニ ラ 支 社 を 正 式 開 所 た 各 種 観 光 プロモーションを 展 開 フィリピ ン 人 観 光 客 誘 致 拡 大 を 図 るマニ ラブレティンが 伝 えた KTOイ チャム( 李 参 ) 社 長 は 5 月 31 日 行 われた 開 所 式 典 で 昨 年 フィリピン 人 観 光 客 は 30 万 人 以 上 上 り 韓 国 を 訪 れた 外 国 人 観 光 客 980 万 人 約 3%を 占 めた と 説 明 韓 国 とって6 番 目 大 き な 市 場 なってるフィリピンで さら 多 く 観 光 客 誘 致 を 狙 う 考 え を 示 た マニラ 支 店 では 観 光 商 品 多 様 化 や 新 たな 旅 行 パッケージ 開 発 向 けたマーケティング 活 動 フィリ ピン 需 要 対 応 た 広 告 キャンペ ーンなどを 展 開 インターネット 交 流 サイト(SNS)フェイスブッ クやツイッター 動 画 投 稿 サイト ユ ーチューブ などを 通 じた 韓 国 イ メージ 向 上 も 進 める インドネシア 経 済 輸 出 前 年 割 れ リーマン 以 来 通 年 経 済 成 長 率 4% 台 低 下 も インドネシア 輸 出 が 減 速 兆 を 見 せてる 中 央 統 計 局 が1 日 発 表 た4 月 貿 易 統 計 よると 輸 出 額 はリーマンショック 以 来 前 年 割 れ 世 界 経 済 低 迷 が 影 響 た 輸 入 が2 桁 増 えたこともあり 貿 易 収 支 は 約 2 年 ぶり 赤 字 となった 欧 州 景 気 がさら 落 ち 込 んだ 場 合 今 年 経 済 成 長 率 が3 年 ぶり4% 台 とど まると 予 想 するエコノミストも 出 てきた 分 別 物 が 19.23% 電 減 気 機 器 が 12.28% 減 と2 桁 落 ち 込 んだほか 主 力 鉱 物 性 燃 料 が 6.83% 減 少 た 国 地 域 別 非 石 油 ガス 輸 出 額 は 11 カ 国 地 域 ( 比 較 できなインドを 除 く)うち6カ 国 地 域 で 前 年 同 月 を 下 回 った2 位 欧 州 連 合 (EU) 向 けが 13.68% 減 だったをはじめ 日 本 が 16.52% 減 米 国 が 14.8 減 と 軒 並 み2 桁 マイナス 成 長 となった 首 位 中 国 向 けは 30.71% 増 と 引 き 続 き 力 強 伸 びを 4 月 輸 出 額 は 前 年 同 月 比 3.46% 減 159 億 8,100 みせたが 前 月 比 では 0.02 % 減 日 本 へ 輸 出 も 万 米 ドル( 約 1 兆 2,580 億 円 )となり 2009 年 % 月 以 来 減 と 大 幅 落 ち 込 んだ 2 年 7カ 月 ぶり 前 年 同 月 を 下 回 った1~4 月 は 前 年 民 間 銀 行 バンク インターナショナル インドネシア 同 期 比 4.13% 増 でプラス 成 長 を 維 持 たも 貿 易 (BII)ジュニマン 収 主 任 エコノミストは NNA 支 は 黒 字 額 が 74.22% 減 21 億 2,890 万 米 ドル 縮 小 対 欧 州 発 信 用 不 安 が 拡 大 世 界 的 景 気 が 鈍 化 た てること 加 え パーム 油 や 天 然 ゴム 鉱 石 など 主 輸 出 額 うち8 割 近 くを 占 める 非 石 油 ガスは 前 年 同 要 輸 出 品 国 際 価 格 が 低 下 てることが 輸 出 縮 小 月 比 2.37% 減 126 億 1,900 万 米 ドルだった 背 石 景 油 ある と ガス 説 明 た は 7.34 減 % 33 億 6,200 万 米 ドル 石 油 製 品 が 三 菱 東 京 UFJ 銀 行 企 画 部 経 済 調 査 室 シンガポール 24.91% 減 と 下 げ 幅 が 最 大 で 原 油 や 天 然 ガスもマイナ 駐 在 エコノミスト 福 地 亜 希 氏 も 米 国 経 済 回 復 が ス 成 長 とどまった 遅 れ 欧 州 経 済 先 行 きが 見 えな 中 アジア 地 域 貿 前 月 比 は 7.36% 減 で3カ 月 ぶり 低 下 非 石 油 ガスは易 活 動 が 停 滞 ており インドネシアも 影 響 を 回 避 する 8.33% 減 石 油 ガスは 3.56% 減 だった 非 石 油 ガス ことはできな と 上 指 摘 た 位 10 品 目 では パーム 油 を 含 む 動 植 物 性 油 脂 そ インドネシア 商 業 フランチャイズ 売 り 上 げ 今 年 は32% 増 インドネシア フランチャイズ 協 会 (AFI)は 今 年 フランチャ イズ 事 業 総 売 上 高 が 前 年 比 32.2% 増 160 兆 ルピア( 約 1 兆 3,250 億 円 ) 達 すると 予 想 を 示 た 年 末 まで 業 界 雇 用 者 数 は 100 万 人 近 くなるとみてるビ スニス インドネシア( 電 子 版 )が 伝 えた アナン 会 長 は 飲 食 業 潜 在 性 を が 高 ビジネス オポチュニティー 考 慮 すると 今 年 は 大 きな 伸 びが 見 (BO) 形 式 が9 割 を 占 め 契 約 が 続 込 める と 語 った2010 年 は4 割 増 く 限 りフランチャイザー( 本 部 )か 114 兆 ルピアと 急 伸 てたが 昨 年 は6% 増 とどまってた インドネシアでは フランチャイ ズ 契 約 で 1,700 社 以 上 が 営 業 を 行 っ てるこうち 契 約 終 了 後 フ ランチャイジー( 加 盟 店 ) 自 由 度 ら 支 援 を 受 けるフランチャイズ 形 式 は1 割 とどまってる 同 会 長 は BOは 短 期 的 なもで インドネシア 経 済 が 不 安 定 となる と 指 摘 フランチャイズ 形 式 割 合 を 高 める 必 要 性 を 訴 えた Copyright(C) NNA All rights reserved. 記 事 無 断 転 載 複 製 ASIA 転 送 を 禁 じます EU w

11 2012 年 ( 平 成 24 年 )6 月 4 日 ( 月 ) The Daily NNA シンガポール&ASEAN 版 Singapore & ASEA インド 車 両 スズキ 新 工 場 400 億 ルピー 州 と 締 結 200 万 台 体 制 へ 自 動 車 最 大 手 マルチ スズキは2 日 西 部 グジャラート 州 建 設 する 第 3 工 場 土 地 取 得 向 け 州 政 府 と 合 意 書 を 締 結 たと 発 表 た 第 1 期 投 資 額 は 400 億 ルピー( 約 564 億 円 )で 2015/16 年 度 (15 年 4 月 ~16 年 3 月 ) 年 産 能 力 25 万 400 億 ルピーは 土 地 取 得 と 工 場 建 設 台 で 生 産 を 開 始 する3 工 場 合 わせ た 年 産 能 力 は 現 在 3 割 増 となる 200 万 台 達 する 見 通 だ 将 来 国 内 需 要 対 応 するほか ムンドラ 港 も 近 く 輸 出 適 た 工 場 と う 240 万 平 方 メートル グルガオン 第 2 工 場 120 万 平 方 メートルを 上 回 る 第 1 期 日 産 能 力 は 25 万 台 で 稼 働 将 来 的 は 市 況 合 わせて 拡 張 する 予 定 とう 第 1 期 投 資 額 を 合 わせた 事 業 費 用 と 説 明 て る ムンドラ 港 から 300キロメートル で マルチ スズキ 輸 出 戦 略 合 致 た 用 地 と 指 摘 従 業 員 数 は 2,000 人 以 上 と 予 想 てる で 投 資 額 が 800 億 ルピー 達 すると 説 明 た 合 意 書 は 中 西 真 三 社 長 兼 最 高 経 営 責 任 者 (CEO)と 州 マヘシ ュワル サフ 鉱 工 業 次 官 が 署 名 た モディ 州 首 相 も 立 ち 会 ってる 第 3 工 場 が 稼 働 する 15/16 年 度 マルチ スズキ 年 産 能 力 は 現 在 150 万 台 から 200 万 台 拡 大 する 13/14 年 度 は 年 産 能 力 25 万 台 マネサール 工 場 第 3ラインも 稼 働 す る 予 定 と 明 らかてる 昨 年 度 販 売 台 数 は 国 内 販 売 が 前 年 度 比 11.2 減 % 113 万 3,69 グジャラート 工 場 は 州 都 アー メダバード 北 100キロメートル 部 品 合 わせ 投 資 倍 台 輸 出 が 7.9% 減 13 万 8,26 だったただ 今 年 1~3 月 期 は 総 位 置 するメーサナ 700エーカー 部 品 供 給 会 社 も 合 わせて 400 億 販 売 台 数 が 前 年 同 期 比 4.9% 増 36 ( 約 283 万 平 方 メートル)となる 北 ルピー 規 模 を 投 資 すると 見 通 てお 万 334 台 と 回 復 てる 部 ハリヤナ 州 マネサール 第 1 工 場 り マルチ スズキが 進 出 すること インド 農 水 名 大 JICA 支 援 で 農 村 部 開 発 事 業 着 手 名 古 屋 大 学 エコトピア 科 学 研 究 所 はこほど 科 学 技 術 振 興 機 構 (J ST)と 国 際 協 力 機 構 (JICA) 支 援 を 受 け インド 農 村 部 開 発 支 援 事 業 を 実 施 すると 発 表 た 期 間 は5 年 間 で JSTから 年 間 3,600 万 円 JICAから 同 6,000 スを 回 収 都 市 部 販 売 すると 万 円 資 金 調 達 を 受 ける 同 事 業 は 北 部 ウッタルプラデシュ 州 と 中 部 マディヤプラデシュ 州 州 境 ある2カ 所 農 村 部 で 実 施 エネルギー 供 給 などを 通 じて 農 村 部 貧 困 解 消 を 図 る 牛 ふんなどか ら 発 生 するメタンガスを 再 利 用 する ことで 発 電 や 自 動 車 燃 料 などを 賄 うためエネルギーシステムを 開 発 する 各 農 家 からバイオメタンガ う 同 研 究 所 長 谷 川 達 也 教 授 は イ ンドは 約 2 億 8,000 万 頭 牛 が る 農 家 は 牛 ふんなどで 発 生 た ガスを 売 ることで 利 益 を 得 ることが できる と 指 摘 てる 都 市 部 と 経 済 格 差 解 消 や 雇 用 創 出 など を 目 指 す 方 針 だ 同 事 業 は JSTとJICAが 共 同 で 実 施 する 地 球 規 模 課 題 対 応 国 際 科 学 技 術 協 力 プログラム(SATR EPS)で 新 規 採 択 された9 事 業 うち1つ 環 境 エネルギー 生 物 資 源 防 災 感 染 症 境 界 領 域 5 分 野 で 計 90 件 応 募 があった ASIA EU Copyright(C) NNA All rights reserved. 記 事

12 [12]The Daily NNA シンガポール&ASEAN 版 Singapore & ASEAN 2012 Edition 年 ( 平 成 24 年 )6 第 月 4 日 ( 月 ) 4 日 NECなどが 低 電 力 LSI 技 術 で 会 見 ほか 国 内 日 本 たばこ 産 業 (JT)が 沖 縄 波 照 間 島 産 < 経 済 > 黒 糖 を 使 った 炭 酸 飲 料 沖 縄 黒 糖 コーラ を 発 売 リオ+ 20 直 前 シンポジウム 未 来 を 創 るグリーン 経 済 (13 時 30 分 全 国 町 村 会 館 ) 海 外 ( 現 地 日 程 ) 東 北 大 とNECが 低 電 力 システムLSI 技 術 開 APEC 貿 易 相 会 議 (~5 日 ロシア カザン) 発 実 証 で 会 見 (10 時 東 京 都 千 代 田 区 サピアタワー) 国 際 原 子 力 機 関 (IAEA) 定 例 理 事 会 (~8 日 ウィーン) < 企 業 > 日 清 食 品 が 日 清 カップヌードルごはんカレー 情 報 提 供 : 共 同 通 信 を 新 発 売 サンリツ 監 査 役 篠 田 易 男 氏 会 社 人 事 退 任 監 査 役 堀 端 忠 司 サンリツ (26 日 ) 監 査 役 ( 日 比 谷 総 合 設 備 取 締 役 ) 篠 田 易 男 情 報 提 供 : 共 同 通 信 池 田 安 彦 氏 ( 元 味 素 会 長 )ほか 池 田 安 彦 氏 (けだ やすひこ= 元 味 素 会 長 ) ため 東 京 都 大 田 区 病 院 で 死 去 77 歳 神 戸 市 出 身 5 月 30 日 午 前 11 時 40 分 肝 臓 がんため 東 京 都 港 葬 区 儀 告 別 式 は4 日 午 前 11 時 から 東 京 都 渋 谷 区 西 原 2 病 院 で 死 去 89 歳 名 古 屋 市 出 身 葬 儀 告 別 式 は 42 1 代 々 幡 斎 場 で 喪 主 は 妻 昌 (まさ)さん 近 親 者 みで 執 り 行 う 喪 主 は 長 男 潤 一 (じゅんち) 氏 矢 吹 彰 男 氏 (やぶき あきお= 元 住 友 海 上 火 災 保 大 梁 篤 二 氏 (おおは とくじ= 元 新 日 本 製 鉄 常 険 現 三 井 住 友 海 上 火 災 保 険 常 務 )5 月 29 日 午 前 7 時 40 分 肺 炎 ため 自 宅 で 死 去 90 歳 東 京 都 出 身 務 元 三 晃 金 属 工 業 社 長 )25 日 午 前 6 時 38 分 骨 髄 葬 儀 告 別 式 は4 日 午 前 10 時 から 東 京 都 品 川 区 西 五 反 異 形 成 症 候 群 ため 東 京 都 三 鷹 市 病 院 で 死 去 87 田 桐 ケ 谷 斎 場 で 喪 主 は 妻 和 子 (かず 歳 葬 儀 告 別 式 は 近 親 者 で 行 った 喪 主 は 長 男 明 彦 こ)さん (あきひこ) 氏 情 報 提 供 : 共 同 通 信 野 村 聡 氏 (むら さとる= 元 日 本 鋼 管 現 JF Eスチール 専 務 )5 月 30 日 午 前 3 時 30 分 肺 炎 Copyright(C) NNA All rights reserved. 記 事 無 断 転 載 複 製 ASIA 転 送 を 禁 じます EU w

13 2012 年 ( 平 成 24 年 )6 月 4 日 ( 月 ) The Daily NNA シンガポール&ASEAN 版 Singapore & ASEA 5 月 21 日 ~5 月 27 日 総 合 ベスト 不 滅 法 大 川 隆 法 ( 幸 福 科 学 出 版 ) 2. 置 かれた 場 所 で 咲 きなさ 渡 辺 和 子 ( 幻 冬 舎 ) 3. 美 木 良 介 ロングブレスダイエット 美 木 良 介 ( 徳 間 書 店 ) 4. ミシュランガイド 北 海 道 (2012) ( 日 本 ミシュランタイヤ) 5. 美 木 良 介 ロングブレスダイエット1 週 間 即 効 ブレスプログラム 美 木 良 介 ( 徳 間 書 店 ) 6. 舟 を 編 む 三 浦 をん( 光 文 社 ) 7. 実 はスゴイ! 大 人 ラジオ 体 操 中 村 格 子 ( 講 談 社 ) 8. 聞 く 力 阿 川 佐 和 子 ( 文 藝 春 秋 ) 9. AKB 48 総 選 挙 公 式 ガイドブック(2012) Friday 編 集 部 ( 講 談 社 ) 10. 美 日 本 語 と 正 敬 語 が 身 付 く 本 ( 日 経 BP 社 ) < 紀 伊 國 屋 書 店 ホームページ < 新 刊 案 内 > 日 本 聖 域 (サンクチュアリ) 偽 装 国 選 択 編 集 部 編 / 新 潮 社 そこ 跋 扈 するは 誰 なか! 罪 深 き 者 たち 素 顔 を 白 日 下 曝 す 背 徳 利 欲 癒 着 偽 善 国 中 枢 で 甘 汁 群 がる 者 たち 不 透 明 な 正 体 無 責 任 牙 城 と 堕 た 役 人 園 特 定 人 間 ためみ 機 能 する 公 機 関 破 綻 後 も 存 続 する 奇 っ 怪 な 制 度 厚 労 省 薬 系 技 官 偽 装 農 家 児 童 相 談 所 さらは 被 曝 医 療 国 民 を 喰 モノする 鉄 面 皮 を 一 刀 両 断 会 員 制 情 報 誌 好 評 連 載! <おすすめ1 冊 > 0 点 主 義 新 知 的 生 産 技 術 57 荒 俣 宏 著 / 講 談 社 る カネは 狭 間 埋 まってる 無 駄 無 益 無 用 見 える 好 き を 徹 底 的 掘 り 下 げ 唯 一 無 二 存 在 なった 秘 密 勉 強 法 を 初 めて 語 ASIA EU Copyright(C) NNA All rights reserved. 記 事

14 [14]The Daily NNA シンガポール&ASEAN 版 Singapore & ASEAN 2012 Edition 年 ( 平 成 24 年 )6 第 月 4 日 ( 月 ) JPY USD EUR GBP CNY HKD TWD KRW THB VND MYR SGD IDR PHP INR AUD NZD NNA は メディア 事 業 を 通 じて グローバルビジネスかかわるすべて 人 と 企 業 貢 献 ます NNA グループ 東 京 本 社 株 式 会 社 エヌ エヌ エー/TEL: タイ NNA (THAILAND) CO., LTD./TEL: 北 九 州 株 式 会 社 エヌ エヌ エー/TEL: マレーシア NNA (MALAYSIA) SDN. BHD./TEL: 香 港 NNA HONG KONG CO., LTD./TEL: インドネシア PT. NNA INDONESIA/TEL: 台 湾 香 港 商 亜 洲 信 息 網 絡 有 限 公 司 台 湾 分 公 司 /TEL: フィリピン NNA PHILIPPINES CO., INC./TEL: 中 国 上 海 上 海 時 迅 商 務 諮 詢 有 限 公 司 /TEL: 中 国 北 京 支 社 上 海 時 迅 商 務 諮 詢 有 限 公 司 北 京 分 公 司 /TEL: 提 携 会 社 中 国 広 州 支 社 上 海 時 迅 商 務 諮 詢 有 限 公 司 広 州 分 公 司 /TEL: 韓 国 NNA KOREA CORP., LTD./TEL: 中 国 大 連 事 務 所 上 海 時 迅 商 務 諮 詢 有 限 公 司 大 連 連 絡 処 /TEL: オーストラリア NNA AUSTRALIA PTY. LTD./TEL: シンガポール NNA SINGAPORE PTE. LTD./TEL: 英 国 Economic Media Bulletin Limited (EMB)/TEL: Copyright(C) NNA All rights reserved. 記 事 無 断 転 載 複 製 ASIA 転 送 を 禁 じます EU w

15 年 ( 平 成 24 年 )6 月 4 日 ( 月 ) The Daily NNA シンガポール&ASEAN 版 Singapore & ASEA JPY/ /USD /EUR JPY/ /USD /EUR , , , , , , SGD/USD 19:00 JST 16:00 GMT Bloomberg Daily Chart JPY/SGD /6 4/13 4/20 4/27 5/4 5/11 5/18 5/25 6/ NZSX50 1 3, JSX 1 3, ASX 1 4, Composite PSE 1 5, 日 8, TOPIX 1 日 SENSEX30 1 日 15, JASDAQ FTSE , , DAX 1 6, KOSDAQ CAC40 1 2, B AEX B 1 日 FTSEMIB 1 12, , 日 18, IBEX35 1 6, , H 1 日 9, BEL20 1 2, 日 7, SMI 1 5, ST 1 2, , KLSE 1 1, NASDAQ 1 2, SET 1 日 1, , Bloomberg 3, Singapore ST Index Daily Chart 3, , , , , /6 4/13 4/20 4/27 5/4 5/11 5/18 5/25 6/1 ASIA EU Copyright(C) NNA All rights reserved. 記 事

16 [16]The Daily NNA シンガポール&ASEAN 版 Singapore & ASEAN 2012 Edition 年 ( 平 成 24 年 )6 第 月 4 日 ( 月 ) フィリピン インドネシア 中 国 週 末 ショッピングセンターきょう から 始 まる 新 学 期 を 前 1 階 売 場 は 文 具 コーナー 大 きなスペースが 割 かれ てた 所 狭 と 並 べられた 筆 記 用 具 や 筆 箱 ノートなどで 子 ども 頃 を 懐 か く 思 出 す 一 方 かわら 飾 りつ たパソコン 用 USBメモリーが 販 売 されてるを 見 て やはり 昔 とは 違 う だなあと 思 ったりもする 日 本 では 入 学 風 物 詩 とえば 桜 だ が 当 地 では 雨 期 入 り 時 期 とあって 入 学 思 出 は 雨 とうことなる だろうか 夏 季 比 べて 暑 さが 和 らぐ ことから 勉 強 を 開 始 するは 良 時 期 なかもれな ただ 雨 は 日 本 では 考 えられな 危 険 もはらんでる 先 週 末 は 首 都 圏 で 大 雨 中 で 遊 んでた 子 ども3 人 が 高 圧 電 線 から 漏 電 で 感 電 死 たと 聞 く 期 待 胸 を 膨 らませ 新 学 期 を 迎 える 子 どもたち 安 全 確 保 は 大 人 課 せら れた 責 務 である( 須 ) 若 韓 国 人 女 性 かつて 手 書 き 電 先 月 中 国 赴 任 てきた 外 国 人 友 話 番 号 を 渡 された 時 8 上 下 2つ 人 中 国 では 80 社 ほど 地 場 企 業 委 円 がつながっておらず 面 食 らったこ 託 生 産 てる 製 品 管 理 をてる とがあるハングル 文 字 ようも 見 が とかく 問 題 が 多 ら1つ え 分 断 国 家 を 象 徴 するようでさえあっ 問 題 を 解 決 するとすぐ 別 問 題 が 発 生 た 世 界 で 広 く 利 用 されるアラビア 数 字 息 つく 暇 もなく 工 場 から 工 場 飛 び だが 地 域 よって 書 き 方 若 干 訛 まわってるとう り がある 8 は 特 違 が 顕 著 だ 彼 が 言 うは 本 国 から 送 られてきた 日 本 では 右 上 から 書 き 始 めるよう 指 設 計 図 を 基 サンプル 作 成 を 依 頼 導 する 左 向 けて 緩 やかな 曲 線 を 引 ても 図 面 通 り 品 が 出 来 上 がってくる き すっと 中 央 を 縦 断 て 右 下 移 り ことはまずな 先 日 は3Dテレビ 用 眼 そまま 左 下 右 上 と 筆 を 運 ぶ 上 より 鏡 サンプル 品 作 成 を 依 頼 たとこ 下 円 がふっくらと 大 きく 座 りも 良 く ろ できあがった 眼 鏡 は3Dでもなんで なる もな ただ 眼 鏡 だったとう インドネシアでは 中 央 から 書 き 始 め 注 文 通 り 品 ができるまでサンプ る 人 が 多 2つ 円 結 節 点 から 左 ルを 平 均 で3 回 は 作 らせる 必 要 がある 下 右 下 と 移 り 左 上 縦 断 て 右 上 を そうで 日 々 委 託 先 怒 りたを 必 死 通 り 中 央 へと 返 ってくる 結 節 点 がう こらえてるキリスト 教 徒 彼 が まく 閉 じなくても 平 気 なは おおらか 仏 顔 も3 度 まで などとう 言 葉 を な 国 民 性 表 れだろうかそんな 違 が 知 るはずもなが 忍 耐 力 は 着 実 向 上 豊 富 だからこそアジアは 面 白 だ てるよう 見 えた( 程 ) ( 魚 ) 香 港 台 湾 韓 国 ある 老 人 が 電 車 を 降 りた 後 席 帽 子 が 忘 れられてた 車 内 た 若 者 がそ れをつかみホーム 老 人 渡 すも 持 ち 主 ではなかった 帽 子 やり 場 困 った 若 者 は 車 輪 付 きごみ 箱 を 押 てる 清 掃 員 何 か 言 ながら 託 たする と 若 者 が 去 るが 早 か 清 掃 員 は 帽 子 を パッとごみ 箱 へそ 瞬 間 持 ち 主 元 へ 返 る 可 能 性 は 永 久 消 えた もを 置 き 忘 れたらなくたと 思 え と 教 訓 があるが これは 運 悪 く 置 き 引 き 被 害 遭 うことも 暗 含 めて るだろうだが こんな 形 で 持 ち 主 手 戻 らなくなることもあるとは 忘 れ 物 とえば 日 本 で 幼 少 期 バ スで 落 とた 麦 わら 帽 子 を 母 親 と 引 き 取 り 行 ったノスタルジックな 思 出 があるか 今 目 前 で そんな 甘 ったるさをかき 消 す 状 況 遭 遇 週 末 気 分 でポワンとてた 頭 が 一 気 現 実 引 き 戻 された( 平 ) 1カ 月 当 たり 平 均 2,948 台 湾 元 ( 約 生 活 必 需 品 タオルは 贈 り 物 とて 7,600 円 1 ) 年 で3 万 5,376 元 人 もよろこばれる 材 人 生 節 目 となる 記 念 紹 介 会 社 が 行 った 調 査 よると ここ 最 近 物 価 上 昇 で 台 湾 サラリーマン 支 出 はこれだけ 増 える 見 通 とう 日 本 物 価 水 準 で 考 えても 結 構 な 額 だ 現 地 メディアで 暮 らてけな と 悲 観 的 な 声 が 毎 日 よう 取 り 上 げられるもむべなるかなただ 何 が 一 番 負 担 か 質 問 ( 複 数 回 答 )では ガ ソリン 代 を 58.6% が 選 択 最 多 食 材 36.4% を 大 きく 上 回 ったこあ たり モータリゼーションが 浸 透 て る 台 湾 現 状 がうかがえて 面 白 さてこちらは 車 もバイクも 持 たず 与 えられた 小 遣 でぐ 身 物 価 上 昇 は 苦 が みんな 支 出 を 増 やせる 自 由 が あるだけ まだマシではなかと 一 連 騒 ぎを 変 な 角 度 からとらえる 日 々が 続 てる( 潮 ) 日 人 を 大 勢 招 て 祝 う 当 地 では お 祝 返 ような 感 覚 で 来 客 記 念 品 を わたすことがよくあるだが こ 記 念 品 個 人 的 な 経 験 ではタオルが 圧 倒 的 多 品 質 は 悪 くなだが ほぼ 必 ず 主 人 公 名 前 や 記 念 日 付 が 印 字 され てるが 難 点 だ 記 念 品 記 念 意 味 を 記 すは 当 然 だが 金 なが 先 生 古 希 記 念 と か 李 なが 教 授 退 任 記 念 など あ まりよく 知 らな 人 物 名 前 が 堂 々と 刻 まれてるタオルはどうも 使 く さら 言 えば 若 夫 婦 室 内 イン テリアはどうも 合 わなだ 最 近 は 文 字 が 刺 ゅうされてるももあ り そうち 印 字 が 薄 くなるでは と う 期 待 も 通 用 なくなった 仕 方 なく 使 ってはるが 来 客 たび 問 題 タオルをかけ 換 えてる( 風 ) Copyright(C) NNA All rights reserved. 記 事 無 断 転 載 複 製 ASIA 転 送 を 禁 じます EU w

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

提案説明

提案説明 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 [ 2 8. 2. 12( 金 ) AM10:00] 本 日 こ こ に 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 を 招 集 い た し ま し た と こ ろ 議 員 の 皆 様 方 に は お そ ろ い で ご 出 席 を い た だ き 厚 く 御 礼 を 申 し あ げ ま す さ て

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近 爪 痕 残 列 言 海 首 都 懸 念 振 返 太 平 洋 ピ 海 米 ユ 想 海 溝 周 辺 海 溝 型 首 都 海 振 返 2 6 三 陸 沖 源 マ グ チ 9 0 栗 7 茨 6 範 囲 揺 観 太 平 洋 沿 岸 沿 岸 晃 望 台 口 粟 野 弱 観 置 置 軽 傷 永 野 翌 前 及 ぼ 宅 困 鉄 ッ 7 校 武 鉄 乗 客 67 夜 過 ガ ソ 蛇 列 製 油 操 止 車 両 優

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63> 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 平 成 22 年 12 月 17 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める これに 伴 い 平 成 16 年 12 月 10 日 付 け 閣 議 決 定 平 成 17 年 度 以 降 に 係 る 防 衛

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 28 年 度 第 4 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 前 10 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 台 湾 で 開 催 された 日 本 の 観 光 物 産 博 2016 への 出 展 の 報 告 青 少 年 宿 泊 施 設 あかたにの 家 オープン 土 曜 学 習 教 室 を 豊 浦 地 区 紫 雲 寺

More information

..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 因 均 引 荷 デ 換 友 好 向 循 尽 態 系 災 布 具 数 値 掲 ヘ シ 背 景 帰 観 察 回 締 驚 拒 否 脳 談 マ 領 官 僚 座 司 仰 何 座 Mark Lynas, How do I kno w hi na wrecked t he

..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 因 均 引 荷 デ 換 友 好 向 循 尽 態 系 災 布 具 数 値 掲 ヘ シ 背 景 帰 観 察 回 締 驚 拒 否 脳 談 マ 領 官 僚 座 司 仰 何 座 Mark Lynas, How do I kno w hi na wrecked t he ..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 6 代 害 病 頻 石 油 危 舞 活 課 基 閣 域 属 品 残 留 土 壌 絶 模 倍 グ ロ 歴 史 程 複 雑 活 服 維 6 略 換 次 循 促 G D 単 省 酸 硫 黄 び 農 森 林 被 覆 概 次 小 康 ゆ 突 握 伊 藤 忠 評 論 石 田 暖 析 説 命 初 8 億 満 億 6 億 億 突 急 浪 ヘ シ 概 模 左 右 所 迫 広 卒

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 北 神 塾 第 五 講 世 界 の 中 の 日 本 日 本 の 外 交 安 全 保 障 防 衛 方 針 2 平 成 26 年 9 月 12 日 北 神 圭 朗 1 中 国 の 軍 事 戦 略 1. 中 国 の 軍 事 費 はすでに 日 本 の 3 倍 を 超 えた しかも 単 純 に 経 済 成 長 に 合 わせて 軍 備 拡 張 が 行 われているのではなく 確 固 たる 長 期 戦 略 に 基

More information

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願 8 夢 火 翌 敗 工 場 閉 鎖 制 放 験 由 色 掃 授 業 定 徒 等 専 門 野 定 勉 強 深 有 志 誕 装 備 料 グ 単 独 般 皆 南 央 跋 渉 尽 足 袋 3 級 縦 走 冬 単 極 必 研 究 併 慣 習 果 然 系 専 門 誌 例 雑 誌 採 飼 育 発 誇 積 極 性 道 研 究 仲 朝 勝 級 敬 称 彼 京 都 合 組 織 コ ズ 草 存 告 書 松 編 ワ ズ 紀

More information

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押 2011 年 12 月 26 日 米 国 新 規 失 業 保 険 申 請 件 数 は36.4 万 件 に 減 少 08 年 4 月 以 来 の 低 水 準 となった 11 月 の 中 古 住 宅 販 売 件 数 は 前 月 比 で4% 増 を 示 し 10か 月 ぶりの 高 水 準 となった 米 議 会 が 給 与 減 税 の2ヶ 月 延 長 で 合 意 に 達 し オバマ 大 統 領 の 支 持

More information

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更 6 花 ハナ ナナカド / 098-69 紋 郡 旭 TEL0588- FAX0588-990 編 集 / 6 剣 ポツ 少 団 キ ジュニアクブ P P 5 遠 紋 P6 P6 7 編 集 P8 ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始

More information

スライド 1

スライド 1 元 気 な 日 本 復 活 予 算 5つのポイント メリハリ/ 従 来 型 の 配 分 を 大 胆 に 組 み 替 えます 拡 充 社 会 保 障 5% 増 科 学 研 究 費 補 助 金 3 割 増 重 点 化 別 枠 で 成 長 と 雇 用 に 重 点 化 見 直 し 公 共 事 業 を 実 質 5% 削 減 税 制 措 置 法 人 減 税 ( 以 降 別 枠 関 連 予 算 は と 表 示 )

More information

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」 山 崎 志 郎 8 経 済 総 動 員 体 制 の 経 済 構 造 歴 史 学 研 究 会 日 本 史 研 究 会 編,2005 日 本 史 講 座 第 9 巻 近 代 の 転 換 報 告 者 : 松 岡 美 根 子 2006.04.29(SAT) 筆 者 : 山 崎 志 郎 ( 教 授 )1957 年 生 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 経 営 学 系 経 営 学 コース 社 会

More information

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして 第 9 章 日 本 の 海 洋 安 全 保 障 政 策 カントリー プロファイル 小 谷 哲 男 1. 海 洋 法 の 解 釈 (1) 領 海 における 無 害 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 1996 年 に 国 連 海 洋 法 条 約 を 批 准 した 後 同 条 約 による 海 域 の 区 分 に 応 じて 領 海 及 び 接 続 水 域 に 関 する 法 律 ( 領 海 法

More information

国会ニュースNo19.indd

国会ニュースNo19.indd The Diet News ニュ ゆ 参 院 9 広 非 核 則 広 島 祈 念 式 典 非 核 則 触 宣 主 党 代 表 ジ 非 核 則 触 長 崎 式 典 触 何 故 真 伺 併 不 戦 誓 思 尋 ね 広 島 祈 念 式 典 挨 拶 非 核 則 堅 持 当 然 前 我 界 唯 戦 争 被 爆 核 兵 器 界 際 主 導 表 明 我 是 非 核 則 揺 ぎ 戦 争 惨 禍 二 繰 返 ア ノ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

使 用 さ れ る 過 酸 化 水 素 の 製 造 施 設 も 設 け ら れ た 2 敗 戦 直 後 の 燃 料 廠 第 一 海 軍 燃 料 廠 で は 敗 戦 と 同 時 に 重 要 書 類 の 焼 却 と 液 体 燃 料 薬 品 類 の 廃 棄 処 分 が 行 わ れ 所 員 た ち の 多

使 用 さ れ る 過 酸 化 水 素 の 製 造 施 設 も 設 け ら れ た 2 敗 戦 直 後 の 燃 料 廠 第 一 海 軍 燃 料 廠 で は 敗 戦 と 同 時 に 重 要 書 類 の 焼 却 と 液 体 燃 料 薬 品 類 の 廃 棄 処 分 が 行 わ れ 所 員 た ち の 多 本 郷 台 の 歴 史 軍 用 地 の 返 還 と 再 開 発 神 奈 川 県 立 柏 陽 高 等 学 校 矢 野 慎 一 は じ め に 2011 年 秋 に 栄 区 役 所 地 域 振 興 課 か ら 栄 の 歴 史 ( 2013 年 3 月 刊 )の 原 稿 執 筆 を 依 頼 さ れ た 与 え ら れ た テ ー マ は 旧 第 一 海 軍 燃 料 廠 の 返 還 で あ っ た 以 前

More information

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座 - 高 砂 -- 木 ビ TEL -- FAX -- 編 価 購 読 費 含 輝 築 誇 津 康 歳 J M I U ハ 先 奮 蓮 ハ 築 弱 顧 客 注 屋 台 風 呂 ユ 設 置 築 完 式 作 津 作 ユ 養 ォ 乗 作 ユ 養 積 身 宮 城 石 巻 元 石 巻 高 卒 ハ 就 至 石 巻 家 旧 北 岸 百 震 災 津 波 押 寄 験 築 * 紙 面 * 元 気 面 面 営 面 面 ぶ

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野

程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野 臨 号.. 写 真 : 玄 7 各 程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野 辰 昇 谷 川 也 副 彦 坂 伸 川 7 作 谷 川 崇 谷 寿

More information

広川町議会だより15号

広川町議会だより15号 号 / 責 / 樫 原 淳 奈 編 集 / 編 集 / - 和 歌 山 有 田 郡 TEL -- FAX -- ホムペジ 検 索 http://www.town.hirogawa.wakayama.jp/gikai/index.html 催 少 相 撲 室 P~ 連 程 件 賛 可 承 環 境 特 サポ 養 座 環 境 特 梶 原 副 井 豆 P~ 般 奥 井 堀 岡 﨑 野 氏 P 厚 変 更 路

More information

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 1. 促 進 正 概 要 1 近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 主 海 溝 型 評 価 結 果 主 要 活 層 評 価 結 果 文 部

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 平 成 2 8 年 2 月 か ら 適 用 す る 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 表 平 成 2 8 年 1 月 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

<90AE94F590AD97DF874090568B8C81698250814582518FF0816A8169313831323237816A>

<90AE94F590AD97DF874090568B8C81698250814582518FF0816A8169313831323237816A> 1 織 傍 線 今 回 案 現 織 織 目 目 章 章 節 秘 節 参 節 参 節 節 款 房 款 房 款 款 款 款 目 房 目 房 目 目 目 目 節 節 節 節 節 節 款 款 款 款 章 章 章 章 附 則 附 則 章 章 節 秘 秘 秘 節 参 節 参 参 参 参 参 節 節 款 房 款 房 房 房 房 ほ 策 策 運 企 画 運 企 画 装 装 削 削 削 房 房 房 ど 房 ど 印 印

More information

永田3.indd

永田3.indd 課 19 課 永 田 尚 西 学 社 会 安 学 准 教 授 じ 金 福 島 子 電 所 併 岩 手 宮 城 福 島 青 森 茨 城 栃 木 千 葉 京 区 適 受 言 特 津 波 受 岩 手 宮 城 例 外 元 々 他 他 野 ん 歴 史 代 前 登 録 模 然 下 各 編 駆 20 態 手 足 意 味 良 他 野 類 近 小 模 治 済 側 面 治 垂 直 同 じ レ ベ ル 性 則 考 注 目

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

.

. 成 7 度 015 度 の 業 務 の 実 施 状 況 評 価 ついて 成 8 8 月 地 域 経 済 活 性 化 支 援 機 構. 成 7 度 の 業 務 実 施 の 背 景 等. 機 構 の 設 立 改 組 の 経 緯 0 秋 降 金 融 経 情 勢 急 大 幅 悪 等 国 地 域 経 迷 余 儀 く 中 地 域 経 再 建 図 用 経 営 資 源 過 大 債 い 事 業 者 事 業 再 生 支

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

艦これ世界にやってきた ID:90520

艦これ世界にやってきた ID:90520 零 注 意 項 P D F フ ァ ハ 掲 品 自 動 的 P D F 化 小 説 ハ 運 営 断 P D F フ ァ 及 び 品 引 範 囲 超 形 改 変 再 配 布 販 売 禁 怪 エ 手 引 般 話 不 定 期 更 新 ネ タ 浮 投 稿 次 第 話 第 話 8 第 話 ω ` ) へ テ キ ビ ス 飲 落 着 欲 済 仏 顔 謝 許 私 怪 エ 君 葉 表 み 感 殺 伐 気 持 忘 欲

More information

『チェリー・イングラム』

『チェリー・イングラム』 29 歳 画 像 提 供 プ 1 5 虚 弱 児 立 道 真 珠 婚 旅 転 機 ャ ポ ャ パ 造 涯 仕 脚 危 41 目 幻 滅 古 都 吉 山 京 タ フ ツ 刻 む 種 警 告 誕 75 穂 木 届 種 創 作 ベ 広 清 楚 淫 靡 太 白 偉 太 白 結 ぶ 縁 近 づ 軍 靴 音 117 歴 史 古 江 戸 染 井 吉 登 場 明 治 維 変 救 済 里 染 井 吉 批 判 太 平

More information

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の ひ と め で わ か る キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 目 次 キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ キ リ ス ト 教 会 葬 儀 研 究 所 ( CCFI= Christ Church Funeral Institute) は 日 本 に お け る キ リ ス ト 教 信 仰 共 同 体 の 葬 儀 を よ り 豊 か な も の と す る た め に キ リ ス ト 教 諸

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ 特 集 緑 の カ ー テ ン 最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ っ た り と 張 り 付 い て 競 い 合 う よ う に 天

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

平 成 28 年 第 1 回 尾 鷲 市 議 会 定 例 会 所 信 表 明 ( 附 提 案 説 明 ) 尾 鷲 市 ( 登 壇 ) 平 成 2 8 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 平 成 2 8 年 度 当 初 予 算 並 び に そ の 他 の 諸 議 案 に つ い て の ご 説 明 に 先 立 ち ま し て 所 信 の 一 端 を 申 し 述 べ 議 員 各 位

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震 No.168 / / 石 英 雄 栃 荒 2055 番 0285833477 編 集 / 江 光 夫 住 資 源 集 存 新 価 値 造 拠 点 置 徴 ブ 図 ミ ュ 博 物 ブ ズ 3 複 可 相 互 流 愛 称 募 結 果 配 慮 循 型 信 識 恵 循 込 恵 づ 恵 168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港

More information

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04 HR News Letter 2011 年 4 月 号 平 澤 国 際 社 労 士 事 務 所 東 京 都 港 区 芝 大 門 1-3-5 山 田 ビル 3 階 TEL 03-5402-8491 http://www.jp-hrpayroll.com/ ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

賛助会セミナー

賛助会セミナー 金 正 日 総 書 記 死 去 これからの 北 朝 鮮 とその 対 外 関 係 をどう 見 るか ERINA 調 査 研 究 部 長 主 任 研 究 員 三 村 光 弘 金 正 日 総 書 記 死 去 のインパクト ある 意 味 既 定 事 項 織 り 込 み 済 み 2008 年 8 月 にすでに 健 康 異 常 が 報 道 2010 年 5 月 8 月 2011 年 5 月 に 中 国 訪 問

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd ァ メ 専 門 返 運 用 困 相 談 先 世 メ 実 情 違 理 店 専 門 実 際 保 険 理 店 務 仕 事 拠 相 談 保 険 話 後 絶 何 隠 ァ 変 3 多 仕 事 柄 搾 4 程 度 従 員 抱 経 営 者 低 賃 労 働 者 ゆ ワ キ グ ア 高 校 卒 後 飲 食 店 勤 職 場 環 境 ひ ( ブ 企 ) 4 心 身 壊 退 職 ざ 退 職 後 近 無 職 活 送 ハ ワ 通

More information

海賊対策の強化に向けた提言

海賊対策の強化に向けた提言 海 賊 対 策 の 強 化 に 向 けた 提 言 2011 年 10 月 18 日 ( 社 ) 日 本 経 済 団 体 連 合 会 ソマリア 沖 アデン 湾 はアジアと 欧 州 を 結 ぶ 海 上 輸 送 の 要 衝 であり 同 海 域 に 出 没 する 海 賊 問 題 への 対 応 は 世 界 各 国 の 海 上 輸 送 の 安 全 の 確 保 にとって 重 要 な 鍵 である そこで NATO(

More information

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩 平 成 2 6 年 第 3 回 府 中 町 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 3 号 ) 1. 開 会 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 2 日 ( 金 ) 2. 招 集 の 場 所 府 中 町 議 会 議 事 堂 3. 開 議 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 7 日 ( 水 ) ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

More information

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額 リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 社 団 法 人 日 本 貿 易 会 調 査 グループ 米 国 での 金 融 不 安 の 発 生 とそれに 拍 車 を 掛 けた 年 9 月 のリーマンショックから1 年 が 経 過 した 米 国 経 済 の 急 速 な 景 気 後 退 は 米 国 と 相 互 依 存 関 係 を 深 める 世 界 各 国 の 実 体 経 済 にも 波 及 し 世 界 貿 易

More information

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析 逢 坂 巌 教 学 学 助 教 福 岡 県 学 法 学 卒 学 学 法 学 学 研 究 科 博 士 程 退 同 研 究 科 助 手 経 職 共 著 第 投 票 席 獲 得 圧 通 初 成 就 圧 際 圧 原 因 惑 批 相 次 同 圧 敗 北 声 ャ ズ ム ほ む 反 省 約 丁 寧 紹 型 付 刊 肯 世 界 指 摘 声 押 非 難 歴 史 画 ケ 可 世 紀 型 他 批 渦 巻 状 歴 史 健

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

untitled

untitled nibankan@ r.dion.ne.jp 平 号 鮎 或 粟 容 袷 対 象 定 安 参 加 費 入 庵 持 ち 物 按 申 込 暗 問 粗 ご 辺 チ 収 集 - ご ゼロ ゼ ロ 各 機 電 連 絡 え 西 院 - 恩 -/ 小 新 世 紀 脳 神 経 外 科 - 船 渡 -/ 脳 神 むろ 歯 科 ニッ - 弥 十 郎 -/ 歯 小 歯 石 川 院 - 北 --/ 小 循 消 産 婦

More information

1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 決 定 した 都 道 府 県 別 職 種 別 の 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 一 覧 を 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 に 示 す

1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 決 定 した 都 道 府 県 別 職 種 別 の 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 一 覧 を 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 に 示 す 平 成 28 年 1 月 20 日 土 地 建 設 産 業 局 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 通 省 が 平 成 27 年 10 月 に 実 施 した 公 共 事 業 労 務 費 調 査 に 基 づき 平 成 28 年 2 月 からの 公 共 工 事 の 工 事 費 の 積 算 に 用 いるための

More information

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢 . 月 刊 公 論 八 重 樫 尚 弥 熱 解 説 N P O 法 デ 理 務 政 次 越 頂 役 所 属 エ DeN A 奈 県 民 市 民 愛 程 牧 元 集 ネ デ ョ 親 頂 好 若 観 頂 観 ビ 観 迫 魅 小 観 際 ほ 興 味 坂 輔 愛 猛 騒 ぎ 根 性 基 異 政 次 氏 ( 解 説 ) 7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足

More information

史 衣 服 シ リ ズ 巻 じ ぜ? 章 追 追 越 章 別 遷 節 先 産 運 高 節 稈 節 昭 和 造 展 章 図 遷 参 考 情 報 使 情 報 掲 載 覧 表 詳 調 べ 参 考 献 お 5 9 5

史 衣 服 シ リ ズ 巻 じ ぜ? 章 追 追 越 章 別 遷 節 先 産 運 高 節 稈 節 昭 和 造 展 章 図 遷 参 考 情 報 使 情 報 掲 載 覧 表 詳 調 べ 参 考 献 お 5 9 5 衣 服 シ リ ズ 巻 史 株 式 ネ オ テ ク ノ ロ ジ 抜 粋 版 史 衣 服 シ リ ズ 巻 じ ぜ? 章 追 追 越 章 別 遷 節 先 産 運 高 節 稈 節 昭 和 造 展 章 図 遷 参 考 情 報 使 情 報 掲 載 覧 表 詳 調 べ 参 考 献 お 5 9 5 じ 今 ち 産 構 造 エ ネ ル ギ 環 境 問 題 少 高 齢 科 進 歩 様 々 価 値 観 直 東 震 災

More information

P01.AI

P01.AI グ 紹 介 ブ No. 号 0 0 般 予 算 歳 算 剰 余 繰 越 普 通 交 税 交 増 ほ 経 済 交 復 旧 庫 支 増 歳 職 期 異 職 給 与 道 整 備 交 増 配 分 橋 梁 寿 命 道 舗 追 加 火 水 槽 領 漁 港 増 陸 競 技 レ 整 備 図 書 館 テ 更 ほ 8 豪 雨 農 林 土 木 復 旧 追 加 歳 歳 億 増 予 算 総 9 億 ギ ヨ ァ 管 ぎ 験 農

More information

歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守 躍 原 口 調 査 役 割 答 5% 答 % 好 答 特 分 英 植 メ 税 満 独 争 起 ボ パ 件 徴 E a

歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守 躍 原 口 調 査 役 割 答 5% 答 % 好 答 特 分 英 植 メ 税 満 独 争 起 ボ パ 件 徴 E a 特別企画 渡部 恒雄 違答 連邦 口調査 京財団研究 歴史敗 歴史敗由 2010 月 失歴史残敗喫 能 怒 満 答 移 答視 雇用 医療 ガニ争 順 ズ 1938来敗 74 失 3 別 ぞ 割合 信任 7 Vol. 4 歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守

More information

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状 102 Vol. 津 波 活 打 撃 決 末 戦 例 襲 ェ 網 組 及 び 複 克 服 向 組 待 歯 語 野 モ 騰 計 知 回 救 戦 略 有 性 検 証 編 滝 洋 慶 應 義 塾 学 学 院 法 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 社 社 論 説 副 長 編 編 等 職 著 書 ゲ ム 何 救 舞 台 裏 O U S 103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目

More information

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫 紙 父 早 亡 離 暮 知 ゅ 華 料 預 港 町 飲 屋 帰 章 Ⅰ 落 汁 落 レ 炒 汁 淡 黄 褐 色 ょ 個 太 洋 陸 ソ モ 諸 サ モ 諸 抜 ぬ 太 洋 黄 信 ム 発 食 費 円 料 汁 乱 ぷ 岡 箱 細 腕 歩 姿 浮 闇 野 良 犬 ぬ 匹 牙 岡 落 4 ニ ブ 薪 音 閉 務 室 声 苦 労 5 無 修 士 釘 員 廊 寝 近 進 駐 ゅ 軍 ャ プ パ 工 場 付 属

More information

目 次 は じ め に... 3 第 1 章 先 行 研 究 の サ ー ベ イ... 4 第 2 章 金 融 リ テ ラ シ ー 金 融 教 育 の 必 要 性... 8 第 1 節 金 融 リ テ ラ シ ー と は... 8 第 2 節 金 融 教 育 の 目 的 現 状... 第 3 章 各

目 次 は じ め に... 3 第 1 章 先 行 研 究 の サ ー ベ イ... 4 第 2 章 金 融 リ テ ラ シ ー 金 融 教 育 の 必 要 性... 8 第 1 節 金 融 リ テ ラ シ ー と は... 8 第 2 節 金 融 教 育 の 目 的 現 状... 第 3 章 各 平 成 27 年 度 証 券 ゼ ミ ナ ー ル 大 会 第 1 テ ー マ A ブ ロ ッ ク 日 本 において 今 後 必 要 とされる 金 融 リテラシーについて 1 2 和 歌 山 大 学 簗 田 ゼ ミ ナ ー ル ( A 班 ) 1 目 次 は じ め に... 3 第 1 章 先 行 研 究 の サ ー ベ イ... 4 第 2 章 金 融 リ テ ラ シ ー 金 融 教 育 の 必

More information

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他 団 編 集 河 暁 -9 河 -5-5 T. -65-885 FAX. -65-894 http://www.nenkin.or.jp/ -mail: koho8@nenkin.or.jp 9--779 購 読,89 税 共 4 郵 物 可.. 5 January Vol.644 4 郵 物 可 毎 5 暮 挙 倍 閣 倍 持 可 喫 緊 党 税 継 倍 閣 憲 初 官 文 科 官 桝 屋 敬 悟

More information

法人ニュース「あかしあ」 2013年5月25日 166号

法人ニュース「あかしあ」 2013年5月25日 166号 社 A K A S H I A 発 社 岸 美 惠 子 連 絡 先 - 00 東 京 都 区 青 井 -0- 電 話 08988 FAX 089700 印 刷 区 谷 就 労 ニュ 隔 発 催 7 評 午 0 時 時 午 時 0 時 場 階 室 項 空 調 備 改 修 号 算 監 査 号 そ 他 目 評 催 算 熱 心 審 全 原 通 承 認 ハ ウ 0 節 目 迎 続 青 井 ハ ウ 棟 予 永

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

Microsoft Word - 01 原稿

Microsoft Word - 01 原稿 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 千 葉 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 26 年 度 普 通 会 計 ( 決 算 額 )に 占 める 件 費 の 状 況 は 次 のとおりです ( 平 成 27 年 度 ) 件 費 の 内 訳 は 教 育 関 係 職 員 ( 市 町 村 立 小 中 学 校 の 教 員 を 含 む)が 67.5% 警 察 関

More information

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝 - 第 号 - 編 広 / 緑 村 引 渡 訓 練 治 稲 刈 城 東 フレ 伊 讃 覧 表... ~ペジ... ペジ... ペジ 陳... ペジ... ~ ペジ 誌... ペジ 編 記... ペジ 否 条 件 慎 正 第 催 件 ~ ~ 第 主 第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和

More information

1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4 第 二 章 中 小 企 業 支 援 政 策 について... 8 第 一 節 中 小 企 業 金 融

1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4 第 二 章 中 小 企 業 支 援 政 策 について... 8 第 一 節 中 小 企 業 金 融 平 成 27 年 度 証 券 ゼミナール 大 会 第 3テーマ Dブロック 中 小 企 業 における 資 金 調 達 について 1 2 30 大 阪 経 済 大 学 樋 口 ゼミナール 野 田 班 1 1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 集 顔 英 編 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 監 修 目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 富 樫 康 野 亜 紀 建 設 道 務

More information

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 YAMAGA 2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 志 望 験 難 突 破 ぱ 格 小 当 小 右 柔 部 所 属 怪 我 柔 練 習 休

More information

Microsoft Word - 中国海事通信2013年12月号.docx

Microsoft Word - 中国海事通信2013年12月号.docx 本 事 業 は 日 本 財 団 の 支 援 を 得 て 実 施 されています 中 国 海 事 通 信 CHINA MARITIME NEWS ( 第 242 号 : 平 成 25 年 12 月 ( 香 港 事 務 所 作 成 )) < 造 船 舶 用 工 業 > 第 17 回 中 国 国 際 海 事 展 高 級 海 事 フォーラム-----------------------------P1 交 通

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203281408F4390B336338D8682CD82B682DF82C92E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203281408F4390B336338D8682CD82B682DF82C92E646F6378> 一 般 財 団 法 人 建 設 経 済 研 究 所 は1982 年 ( 昭 和 57 年 )9 月 1 日 に 設 立 され 我 が 国 の 国 民 生 活 の 安 全 安 心 や 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 に 対 応 した 国 土 づくりや 経 済 基 盤 整 備 の 担 い 手 として 今 後 益 々 重 要 になると 思 われる 建 設 産 業 の 役 割 について その 内 容 を

More information

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方 平 成 23 年 度 春 季 セ ミ ナー 大 会 地 域 金 融 機 関 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 1 2 文 責 者 日 本 大 学 経 済 学 部 証 券 研 究 会 1 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

 パラオ基地物語 ID:45749

 パラオ基地物語 ID:45749 注 意 事 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ト ラ オ 物 語 作 者 名 香 夢 学 生 青 年 軍 少 佐! ラ オ 運 営 娘 常 楽 島 人 々 生 活 助 物 語 学 生 自 分 自 分 司 令

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼 辞 令 式 5 土 第 7 号 5 第 7 号 公 財 法 : 横 山 公 樹 坂 総 リ ニ 号 館 8 階 室 辞 令 式 執 88 名 レ ュ 迎 隆 島 由 衣 紹 公 財 隆 ざ 佳 迎 両 親 親 戚 慶 び ば ょ 機 頑 張 公 財 法 個 考 幹 範 囲 広 半 球 範 囲 幹 ひ ぶ パ 曲 伸 ば 他 右 左 捻 比 較 単 純 範 囲 肝 根 指 筋 群 小 弱 限 揃 統

More information

* 海 外 旅 行 平 均 費 用 は 燃 油 サーチャージ 旅 行 先 での 交 通 費 宿 泊 費 食 費 を 含 む < 年 末 年 始 の 旅 行 の 特 徴 > 12 月 28 日 から1 月 5 日 まで11 年 ぶりの 最 大 9 連 休 冬 のボーナス 増 も 旅 行 を 後 押 し

* 海 外 旅 行 平 均 費 用 は 燃 油 サーチャージ 旅 行 先 での 交 通 費 宿 泊 費 食 費 を 含 む < 年 末 年 始 の 旅 行 の 特 徴 > 12 月 28 日 から1 月 5 日 まで11 年 ぶりの 最 大 9 連 休 冬 のボーナス 増 も 旅 行 を 後 押 し JTB 広 報 室 140-8602 東 京 都 品 川 区 東 品 川 2-3-11 TEL.03-5796 -5833 FAX.03-5796 -5848 http://jtb 2013 年 第 109 号 (2013.12. 4) 年 末 年 始 (2013 年 12 月 23 日 ~2014 年 1 月 3 日 )の 旅 行 動 向 国 内 旅 行 海 外 旅 行 共 に 過 去 最 高 国

More information

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5 稲 穂 談 恭 6 8 転 換 膨 ゆ 背 景 死 到 迫 二 向 課 話 書 密 着 材 サ マ 谷 工 労 働 ず 差 男 独 舎 努 力 工 営 労 働 独 酒 ぼ 体 貧 困 陥 差 観 点 典 舎 距 離 遠 南 北 5キ ロ 司 : ゆ 9 回 稲 穂 編 集 委 員 子 背 景 膨 続 抑 制 塊 75 歳 5 向 改 革 急 ピ チ 進 舵 切 包 括 ア シ ム づ 続 機 床 削

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

局 概 次 増 昨 政 ば 図 聞 相 談 ベ 開 催 盛 取 未 来 政 昨 政 接 遇 周 辺 流 込 企 働 々 む 選 ぶ チ 何 ば 選 魅 奨 返 完 納 材 報 奨 営 居 宅 以 下 供 賃 割 引 供 応 最 拡 増 勤 労 宅 資 貸 医 療 無 9 期 開 政 7 報 告 増

局 概 次 増 昨 政 ば 図 聞 相 談 ベ 開 催 盛 取 未 来 政 昨 政 接 遇 周 辺 流 込 企 働 々 む 選 ぶ チ 何 ば 選 魅 奨 返 完 納 材 報 奨 営 居 宅 以 下 供 賃 割 引 供 応 最 拡 増 勤 労 宅 資 貸 医 療 無 9 期 開 政 7 報 告 増 む 坂登穏穀豊穣 ノ宮 伊勢 撮影フォカ友笠智宏 2 歯科腔健 副選 優逝去哀悼 91 傍聴 593 午9 編集 運 営 7 9 郡字99 埼郡 察9 77 77 http://www.town.kamikawa.saitama.jp 局 概 次 増 昨 政 ば 図 聞 相 談 ベ 開 催 盛 取 未 来 政 昨 政 接 遇 周 辺 流 込 企 働 々 む 選 ぶ チ 何 ば 選 魅 奨 返 完 納

More information

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築 優 秀 賞 電 子 マネーと 企 業 ポイントの 新 たな 交 換 システムの 構 築 明 治 大 学 商 学 部 角 野 充 笹 島 康 平 末 吉 紘 季 鈴 木 奈 穂 美 ( 応 募 論 文 の 要 約 ) 近 年 様 々 な 電 子 マ ネ ー や 企 業 ポ イ ン ト が 登 場 し て き て い る が そ れ ら 相 互 間 で の 交 換 性 に は 強 い 制 約 が あ る

More information

x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置 ふ び 取 込 謝 流 ノ 注 近 無 視 規 模 関 無 数 恩 恵 与 活 枯 渇 源 再 排 廃 棄 吸 収 サ 謝 流 規 模 答 重 指 標 サ

x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置 ふ び 取 込 謝 流 ノ 注 近 無 視 規 模 関 無 数 恩 恵 与 活 枯 渇 源 再 排 廃 棄 吸 収 サ 謝 流 規 模 答 重 指 標 サ ix 序 ハ E 序 ケ ネ ボ ィ み 述! 基 公 ノ 皆 訊 a 正 確 何 b 在 c d 優 先 事 項 考 教 科 扱 ず 思 際 b c d 三 扱 ず a 満 足 答 示 欠 落 埋 貢 献 昔 者 ち 外 言 事 鑑 み 報 告 政 府 格 x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置

More information

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ①

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ① 第 228 回 メディア フォーラム 中 国 人 訪 日 旅 行 者 の 実 態 とニーズ1 - 統 計 等 からみた 概 況 - 2015 年 10 月 29 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 産 業 インフラグループ グループマネージャー 岡 村 篤 100-0005 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-6-5 丸 の 内 北 口 ビル

More information

(14) 図 書 館, 博 物 館, 美 術 館, 動 物 園, 植 物 園, 水 族 館, 公 民 館 などの 社 会 教 育 施 設 (15) 自 然 科 学 及 び 人 文 社 会 科 学 に 関 する 試 験 研 究 施 設 (16) 火 葬 場, 墓 地, 公 衆 浴 場, 宿 泊 所,

(14) 図 書 館, 博 物 館, 美 術 館, 動 物 園, 植 物 園, 水 族 館, 公 民 館 などの 社 会 教 育 施 設 (15) 自 然 科 学 及 び 人 文 社 会 科 学 に 関 する 試 験 研 究 施 設 (16) 火 葬 場, 墓 地, 公 衆 浴 場, 宿 泊 所, 大 分 類 S- 公 務 ( 他 に 分 類 されるものを 除 く) 総 説 この 大 分 類 には, 国 又 は 地 方 公 共 団 体 の 機 関 のうち, 国 会, 裁 判 所, 中 央 官 庁 及 びその 地 方 支 分 部 局, 都 道 府 県 庁, 市 区 役 所, 町 村 役 場 など 本 来 の 立 法 事 務, 司 法 事 務 及 び 行 政 事 務 を 行 う 官 公 署 が 分

More information

日 本 銀 行 の 金 融 緩 和 について- 覚 書 井 澤 秀 記 I はじめに 日 本 銀 行 は 2013 年 4 月 に 黒 田 新 総 裁 の 下 アベノミクスの3 本 の 矢 の 一 つである 大 胆 な 金 融 政 策 を 異 次 元 の 量 的 質 的 金 融 緩 和 として マネ

日 本 銀 行 の 金 融 緩 和 について- 覚 書 井 澤 秀 記 I はじめに 日 本 銀 行 は 2013 年 4 月 に 黒 田 新 総 裁 の 下 アベノミクスの3 本 の 矢 の 一 つである 大 胆 な 金 融 政 策 を 異 次 元 の 量 的 質 的 金 融 緩 和 として マネ 日 本 銀 行 の 金 融 緩 和 について- 覚 書 井 澤 秀 記 I はじめに 日 本 銀 行 は 2013 年 4 月 に 黒 田 新 総 裁 の 下 アベノミクスの3 本 の 矢 の 一 つである 大 胆 な 金 融 政 策 を 異 次 元 の 量 的 質 的 金 融 緩 和 として マネタリー ベースを 倍 増 して2 年 程 度 で 消 費 者 物 価 上 昇 率 2 % という 日

More information

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦 第 1 章 三 浦 市 のすがた 城 ヶ 島 と 三 崎 港 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 市 全 景 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 海 岸 ( 三 浦 市 所 有 ) 江 奈 湾 と 劒 崎 灯 台 ( 三 浦 市 所 有 ) - 1 - 1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦

More information

広報かわうえ4月23日号.indd

広報かわうえ4月23日号.indd 総 務 所 No, 37 広 報 2 23 発 土 陽 ざ 桜 花 見 守 2 少 男 5 女 3 8 友 達 遊 ね 見 守 げ 関 連 記 P5 表 紙 P P2 総 務 所 知 P3 P 公 民 米 づ 営 農 通 信 夕 歌 壇 夕 俳 壇 P5 P P7 P8 5 総 グ ラ ウ 津 防 季 実 施 前 辞 令 交 付 伝 達 3 若 者 回 個 隊 規 律 班 器 具 庫 清 掃 車 両

More information

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information

古座川議会.indd

古座川議会.indd 号 平 平 質 疑 応 平 ペジ ペジ 般 質 ペジ 誌 ペジ 評 試 経 終 処 遇 反 映 係 般 試 評 再 コ 縮 図 舗 装 単 契 約 舗 装 舗 装 亀 裂 模 修 繕 守 社 デ 更 調 査 登 録 同 護 各 力 デ 都 修 社 ヘ パ 不 足 ヘ パ 名 U I 相 談 窓 近 隣 べ 起 音 相 談 窓 ふ 相 談 政 針 質 疑 平 初 鳥 獣 食 肉 処 加 催 執 部 初

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産 ご 蛇 易 下 呂 式 No. 発 発 : 青 森 県 編 集 : 広 編 集 - 青 森 県 下 北 郡 大 字 易 字 大 川 目 - TEL --(FAX 兼 ) 常 任 総 常 任 大 原 子 力 発 電 般 質 動 編 集 記 般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目

More information

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 鹿 島 鉄 道 跡 専 用 道 走 BRT 平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 誘 致 推 室 努 結 柏 原 運 分 野 統 合 央 笑

More information

bunko_shinrai_bp_0108.indd

bunko_shinrai_bp_0108.indd 1 2 3 じ じ 誰 法 突 然 質 問? ド キ ッ 多 豊 築 切 理 解 構 築 音 約 〇 年 様 々 グ ロ バ ル 企 業 秘 外 国 エ グ ゼ 4 5 じ 二 エ グ ゼ ア ス タ ( 秘 ) 対 等 ビ ジ ネ ス パ ナ 三 日 在 住 数 年 契 約 赴 任 決 期 ミ ッ ョ 達 成 緊 迫 ね 環 境 三 理 由 心 同 体 げ 聞 深 パ ナ ッ プ 二 三 脚 エ

More information

亀 津 文 化 午 策 南 西 糖 株 式 社 振 興 並 製 糖 終 了 感 謝 デ 製 糖 終 了 感 謝 デ 振 興 絡 協 規 就 激 励 絡 協 規 就 励 階 室 関 席 模 様 へ 米 軍 移 設 反 報 告 鳩 首 相 談 B & G 海 洋 タ 伊 藤 知 事 鳩 首 相 談 報

亀 津 文 化 午 策 南 西 糖 株 式 社 振 興 並 製 糖 終 了 感 謝 デ 製 糖 終 了 感 謝 デ 振 興 絡 協 規 就 激 励 絡 協 規 就 励 階 室 関 席 模 様 へ 米 軍 移 設 反 報 告 鳩 首 相 談 B & G 海 洋 タ 伊 藤 知 事 鳩 首 相 談 報 No. ろ 亀 津 文 化 午 策 南 西 糖 株 式 社 振 興 並 製 糖 終 了 感 謝 デ 製 糖 終 了 感 謝 デ 振 興 絡 協 規 就 激 励 絡 協 規 就 励 階 室 関 席 模 様 へ 米 軍 移 設 反 報 告 鳩 首 相 談 B & G 海 洋 タ 伊 藤 知 事 鳩 首 相 談 報 告 収 穫 面 積 ha 量 干 号 接 近 影 響 策 幸 助 近 田 伸 ハ ベ タ

More information