Youth Entrepreneur Journal.indd

Size: px
Start display at page:

Download "12-0120 Youth Entrepreneur Journal.indd"

Transcription

1 Entrepreneurs 次世代の起業家たち 米国大使館レファレンス資料室 アメリカンセンター レファレンス資料室

2 米 国 国 務 省 2011 年 7 月 第 16 巻 第 1 号 米 国 国 務 省 国 際 情 報 プログラム 局 発 行 責 任 者 編 集 主 幹 出 版 部 長 編 集 長 副 編 集 長 編 集 製 作 デザイナー 表 紙 デザイン イラストレーション(p10 11) 表 紙 イラスト Dawn L. McCall Nicholas Namba Michael Jay Friedman Mary T. Chunko Andrzej Zwaniecki Phillip Kurata Janine Perry Sylvia Scott David Hamill Chris Piers Stock Illustration Source Leon Zernitsky 米 国 国 務 省 の 国 際 情 報 プログラム 局 は ejournal USAのロゴ 名 で 電 子 ジャーナルを 発 行 し 米 国 や 国 際 社 会 が 直 面 する 主 要 な 問 題 ならびに 米 国 の 社 会 や 価 値 観 考 え 方 さまざまな 制 度 について 検 証 しています 最 新 号 はまず 英 語 で 発 行 され 続 いてフランス 語 ポルトガ ル 語 ロシア 語 スペイン 語 版 が 発 行 されます 必 要 に 応 じて アラビア 語 中 国 語 ペルシア 語 の 翻 訳 版 が 発 行 される 場 合 も あります ジャーナルはそれぞれ 発 行 巻 数 ( 出 版 された 年 の 番 号 )と 号 数 (1 年 間 に 発 行 された 各 号 の 番 号 ) 別 に 目 録 に 掲 載 されます ジャーナルの 中 で 提 示 された 意 見 は 必 ずしも 米 国 政 府 の 見 解 や 政 策 を 反 映 するものではありません 米 国 国 務 省 は ジャーナルがリンクするインターネット サイトの 内 容 およ びこれらのサイトへの 継 続 的 な 利 用 の 可 能 性 について 一 切 の 責 任 を 負 いません 各 サイトについての 責 任 は サイトの 発 行 者 のみに 帰 属 するものとします ジャーナルに 掲 載 される 記 事 や 写 真 イラストは 著 作 権 についての 明 記 がない 限 り 米 国 外 での 複 製 や 翻 訳 を 認 めますが 明 記 があるものについては ジャーナルに 記 載 されている 著 作 権 保 有 者 の 許 可 を 得 なけれ ばなりません ジャーナルに 関 するご 意 見 等 は 最 寄 りの 米 国 大 使 館 アメ リカンセンターのレファレンス 資 料 室 または 下 記 の 編 集 部 ま でお 寄 せください Editor, ejournal USA IIP/PUBJ U.S. Department of State 2200 C Street, NW Washington, DC USA 編 集 発 行 : 米 国 大 使 館 レファレンス 資 料 室 (2012 年 7 月 ) 本 号 の 日 本 語 文 書 は 参 考 のための 仮 翻 訳 であり 正 文 は 英 文 です ejournal USA

3 本 号 について 自 分 たちの 手 作 り 品 の 販 売 促 進 活 動 でダンスをするヒューストン 市 の 学 校 の 6 年 生 たち 今 日 の 若 者 たちは これまでのどの 世 代 よ りも お 互 いに そしてより 広 い 世 界 と 強 くつながっている 現 状 維 持 を 受 け 入 れない 若 者 が 多 いが それは 自 分 たちにはさまざ まな 選 択 肢 があること より 良 い 暮 らしが 手 の 届 く ところにあることを 知 っているだけでなく そうし た 目 標 を 手 に 入 れようとする 意 志 を 持 っているから だ このような 言 葉 で ヒラリー クリントン 米 国 務 長 官 は2011 年 4 月 12 日 のスピーチで 中 東 と 北 アフリカの 若 者 たちの 特 徴 を 表 現 した しかし それはほぼ 世 界 中 の 若 者 について 言 えることである 世 界 各 地 で 多 くの 若 い 人 たちが 自 分 たちの 夢 と アイデアを 実 現 する 最 も 効 果 的 で 胸 躍 る 方 法 は 起 業 家 になることだと 考 えている 自 分 で 事 業 を 起 こす ことは 若 者 とその 家 族 の 生 活 を 向 上 させる 機 会 に つながる そして 若 い 起 業 家 の 組 織 を 創 設 した 若 者 が 本 号 に 書 いているように 起 業 は 若 者 たちに 地 域 社 会 と 世 界 を 良 い 方 向 へ 変 革 させる 自 由 も 与 え てくれる もちろん 起 業 家 は 年 齢 を 問 わず 困 難 な 障 害 に 直 面 するものであり 特 に 金 融 制 度 が 未 整 備 で 官 僚 主 義 がはびこり インフラが 不 十 分 な 国 においては 障 害 が 大 きい それでも 現 在 はいつにも 増 して 事 業 を 起 こすのに 適 した 時 代 である インターネット が 起 業 を 目 指 す 人 々に さまざまな 資 源 へのアクセ スを 提 供 してくれる また 雇 用 創 出 と 経 済 成 長 奨 励 のために 事 業 を 支 援 する 政 府 も 多 い 本 号 では 今 日 の 起 業 家 に 与 えられるそうしたさ まざまな 機 会 とチャレンジを 紹 介 し 起 業 にまつわ る 根 強 い 通 念 の 誤 りを 指 摘 する 起 業 家 への 道 を 探 ろうと 考 えている 若 者 は 本 号 で 同 世 代 の 若 者 たちがどのように 事 業 を 起 こし それによって 新 しい 人 生 の 道 を 切 り 開 いていったか を 知 ることができる ケンタッキー 州 ホプキンズビル 市 の 高 校 の 起 業 を 学 ぶ 授 業 で 飲 み 物 を 売 る 日 本 人 留 学 生 ejournal USA 1

4 Courtesy Photo マルチェロ オリジはスイスで 良 い 職 に 就 いていたが 2007 年 に 退 職 し 故 郷 のイタリア サルディニア 島 で 友 人 のダニエル イディニと 共 にプロッ シマ イソラというハイテク 企 業 を 創 設 した ejournal USA 2

5 米 国 国 務 省 第 16 巻 第 1 号 次 世 代 の 起 業 家 たち 世 界 をつくりかえる 若 き 起 業 家 たち アンクール ジャイン カイロス ソサエティー 創 設 者 兼 会 長 今 は 若 者 がベンチャー 企 業 に 挑 戦 してみるのに 最 適 な 時 機 である エジプトでグーグルに 挑 戦 する エルファディール 兄 弟 は 自 社 のウェブ 検 索 エ ンジンがアレクサンドリア 図 書 館 を 超 える 存 在 になることを 目 指 している コミック グーグル: 大 躍 進 した 新 企 業 クリス ピアーズ 1 人 の 投 資 家 が 銀 行 口 座 を 持 っていない 会 社 宛 てに 高 額 の 小 切 手 を 切 った 起 業 家 の 資 質 ジーン ホールデン 成 功 する 起 業 家 は 独 創 性 柔 軟 性 熱 心 さな どの 性 格 特 性 を 備 えている 壁 を 乗 り 越 えて 前 に 進 む 起 業 家 たち 開 発 途 上 市 場 の 中 小 企 業 のオーナーは ハード ルを 乗 り 越 えるために より 強 い 決 意 と 回 復 力 を 必 要 とする 発 展 する 通 信 事 業 ソマリアのナスラ マリンとパートナーたちは いい 人 も 悪 い 人 も 電 話 を 必 要 としている と 考 えた 起 業 家 神 話 の 検 証 起 業 家 についてのあなたの 見 方 は 正 しくないか もしれない 25ドルの 太 陽 光 ランプを 何 百 万 もの 人 たちに アミット チュフとマット スコットは イン ドで 社 会 に 恩 返 しをする とともに 事 業 を 成 功 させることを 目 指 している 中 国 の Neocha( 新 茶 ) における アートとビジネスの 融 合 ショーン ロウとアダム ショコラは 若 い 中 国 人 アーティストを 売 り 出 すと 同 時 に 自 分 た ちもそのプロセスを 楽 しんでいる オンライン 市 場 で 踊 る ブラジルのロベルト フェルミノの 頭 の 中 には 新 しいアイデアがいっぱい 詰 まっている イベントを 仕 切 るティーンエージャー パレスチナのワエド アルタウィールは 会 社 を 設 立 したとき 起 業 家 とは 何 かということを 知 らなかった トルコ コネクション ファティフ イスベセルは 携 帯 電 話 を 単 なる 道 具 以 上 のものに 変 身 させた なぜ 起 業 家 になったのですか 10 人 の 起 業 家 がそれぞれの 動 機 を 語 る 37 参 考 資 料 ejournal USA 3

6 Courtesy of Solé Bicycles 自 転 車 会 社 ソーレ バイシクルズ 社 を 創 設 して 波 に 乗 ったジョナサン シュリフトマン( 右 )とジェーク メドウェル ejournal USA 4

7 世 界 をつくりかえる 若 き 起 業 家 たち アンクール ジャイン ト サハール(22 歳 )は 自 宅 に 近 い 貧 しい 村 を 自 転 車 で 走 っ ているときに 頭 に 浮 かんだビジネスアイデアを 実 現 しつつある サハールは そうした 村 の 住 民 が 汚 染 された 飲 料 水 による 重 金 属 中 毒 に 苦 しんでいることに 気 が 付 いた 既 存 の 浄 水 装 置 は 有 害 な 重 金 属 が 除 去 できないものがほとんどで 除 去 できる 性 能 を 持 つ 浄 水 装 置 は 地 元 の 人 々が 手 に 入 れるには 値 段 が 高 過 ぎた サハールはCALLMATという 会 社 を 設 立 し 飲 料 水 から 有 害 な 化 学 物 質 を 除 去 する 低 コストの 水 処 理 技 術 を 開 発 している 今 がチャンス カイロス ソサエティーのアンクール ジャイン アンクール ジャインは 世 界 各 地 の 優 秀 な 若 い 起 業 家 たち による 影 響 力 の 強 い 高 成 長 企 業 の 設 立 を 援 助 する 組 織 カイロ ス ソサエティーの 創 設 者 で 会 長 2011 年 5 月 ペンシルベニ ア 大 学 ウォートン スクール オブ ビジネスを 卒 業 した 後 新 興 企 業 の 海 外 市 場 進 出 を 支 援 する 新 事 業 を 設 立 した 起 業 は 世 界 を 変 える 道 につながる 可 能 性 を 秘 めてい るが もっと 身 近 な 自 分 の 家 族 や 地 域 社 会 の 人 々の 生 活 を 変 革 する 自 由 も 与 えてくれる それは 自 分 の 好 きなように 事 業 を 経 営 できるという 満 足 感 と 並 んで 自 ら 事 業 を 起 こす 最 大 の 動 機 となり 得 る 皆 さんは 起 業 は 決 して 簡 単 なことではないと 考 えているは ずである 事 業 を 起 こすには 充 実 した 教 育 と 多 額 の 資 金 と 多 くのトップレベルの 人 脈 が 必 要 だと 思 われている しかし 学 生 起 業 家 を 支 援 する 財 団 カイロス ソサエティーを 創 設 した 私 の 体 験 では 世 界 各 地 で 毎 日 そうした 成 功 に 不 可 欠 とされる 有 利 な 条 件 を 持 たない 若 者 たちが 規 模 の 大 小 を 問 わずさまざ まなビジネスを 設 立 している 彼 らが 持 っているのは 何 度 障 害 に 突 き 当 たろうとも 何 度 それは 無 理 だ と 言 われようと も 起 業 の 夢 を 実 現 させようする 情 熱 と 決 意 である インド ベロール 市 にあるベロール 工 科 大 学 の 学 生 ヘマン Courtesy Photo いろいろな 意 味 で 今 はサハールのような 若 い 人 たちがベン チャー 起 業 を 試 みるのに 最 適 な 時 機 と 言 える 新 興 経 済 諸 国 の 政 府 は 事 業 の 成 功 を 夢 見 る 市 民 を 支 援 することに 価 値 を 見 出 し 始 めている 起 業 家 は そのための 自 由 を 与 えられれば 政 府 より 効 率 的 に 雇 用 を 生 み 出 し 繁 栄 を 促 進 することができる インターネットのおかげで 時 間 と 距 離 の 壁 が 取 り 除 かれ 世 界 中 の 若 者 が 経 済 や 教 育 の 水 準 にかかわらず 起 業 革 命 に 参 加 する ことが 可 能 になっている 起 業 家 になるのは 怖 いことのように 思 えるかもしれない 正 直 に 言 って それは 私 の 人 生 で 最 も 難 しいことだったが 同 時 に 最 も 爽 快 な 体 験 でもあった 自 分 で 事 業 をするということ 自 らの 運 命 を 決 めるということ そして 自 分 と 周 囲 の 人 たちの 暮 らしを 改 善 するということほど 素 晴 らしい 体 験 はない いろ いろな 意 味 で 起 業 とは 最 もリスクの 低 い 行 動 だと 言 える それ は その 展 開 を 自 分 でコントロールできるからである 起 業 家 になりたいという 熱 意 にあふれている 人 あるいはす でに 事 業 のアイデアを 持 っている 人 は いろいろな 障 害 に 突 き 当 たる 可 能 性 を 考 えて 弱 気 にならないようにしてほしい 例 え ば 年 齢 である 皆 さんや 周 りの 人 たちは 皆 さんが 若 過 ぎて 事 業 家 としてまともに 扱 ってもらえないと 思 うかもしれない し かし そのような 考 え 方 は 若 者 がビジネスの 世 界 にもたらす ことのできるもの すなわち 新 鮮 なアイデアとオープンな 視 点 を 過 小 評 価 するものである 技 術 的 科 学 的 な 難 題 を 解 決 する 優 れたアイデアを 生 んだ 人 々を 表 彰 するXプライズ 財 団 が 2010 年 に 燃 費 1 ガロン 当 たり 平 均 100マイルを 超 える 公 道 走 行 用 自 動 車 開 発 のコンテス トを 実 施 した その 最 終 選 考 に 残 ったチームの 1 つが ペンシ ルベニア 州 の 高 校 生 たちだった 彼 らが 開 発 したのは フォー ドのフォーカス 改 造 車 をベースにリチウムイオン 電 池 を 使 った ガソリン 電 気 ハイブリッド 車 だった この10 代 の 若 者 たちには 自 動 車 機 械 工 として 長 年 の 訓 練 を 受 ける 必 要 はなかった プロ ジェクトへの 情 熱 と それを 実 現 させようとする 熱 意 があった からである ejournal USA 5

8 起 業 家 のアイデアが 貧 しい 人 たちに 浄 水 を 提 供 することができる 問 題 の 解 決 せずに 済 むようになった キーボードを 叩 けば あらゆるアド バイス サポート そしてパートナーになれそうな 人 さえも 見 事 業 を 起 こすに 当 たって 障 害 になると 考 えられる 要 因 の 1 つ つけることができる チームを 作 ることも サプライヤーやメー は 資 金 つまり 資 金 の 欠 如 である 起 業 カーを 探 すことも すべてオンライン のための 資 本 はあるに 越 したことはない でできる 従 って 自 分 の 求 める 才 能 が 資 本 がなくても 事 業 を 起 こした 例 は 数 多 くある 例 えば 完 全 にインターネッ トをベースとする 事 業 は オフィススペー スやサプライチェーンなど 通 常 の 事 業 な ら 必 要 となるものの 費 用 がかからない 開 業 資 金 が 必 要 な 場 合 は 地 方 自 治 体 や 中 央 政 府 の 資 金 援 助 が 得 られる 場 合 も ある 自 分 の 知 らなかったそうした 制 度 起 業 とは 最 もリスクの 低 い 行 動 だと 言 える それは その 展 開 を 自 分 でコントロ ールできるからである を 持 つ 人 たちやパートナー 候 補 が 近 く にいなくても 心 配 はいらない それでは 何 が 起 業 に 必 要 なのだろう か こう 考 えてみてはどうだろう 起 業 の 目 的 は 会 社 を 起 こすこと 自 体 ではなく 問 題 を 解 決 することである と 今 から 2 3 年 前 南 カリフォル ニア 大 学 の 学 生 だった 2 人 の 友 人 同 士 があるかどうか 調 査 をするとよい その 1 例 が スタートアッ が 周 りの 学 生 たちが1,000 米 ドルもする 値 段 の 高 い 固 定 ギヤ プ チリ である この 制 度 は チリで 新 しい 事 業 を 起 こそう 自 転 車 を 買 っていることに 目 を 付 けた この 2 人 の 学 生 ジョナ とする 世 界 中 の 起 業 家 に 資 金 その 他 の 支 援 を 提 供 するものであ サン シュリフトマンとジェーク メドウェルは 同 じような る 起 業 家 の 存 在 が 地 元 の 経 済 にとっていかに 重 要 かというこ 自 転 車 をもっと 安 く 作 ることができるに 違 いないと 考 えたが とについて 政 府 の 認 識 が 高 まるにつれ 新 興 企 業 のためのガイ 2 人 には 製 造 経 験 が 全 くなかった それどころか 事 業 経 営 事 ダンスや 資 金 援 助 制 度 を 導 入 する 政 府 が 増 えている 業 計 画 その 他 起 業 に 必 要 と 思 われるあらゆることに 未 経 験 パートナーあるいはメンターがいなければ 起 業 は 無 理 だと 考 だった える 人 もいるかもしれない しかしインターネットのおかげで にもかかわらず 2 人 はインターネットを 検 索 し 世 界 中 の 地 元 に 提 携 相 手 やアドバイスをくれる 人 たちがいなくても 心 配 企 業 にメールを 出 して このような 自 転 車 を 低 コストで 製 造 で ejournal USA 6

9 きるかどうかを 問 い 合 わせた その 結 果 310 米 ドルで 製 造 で きるということが 分 かり 新 事 業 が 誕 生 した 2 人 は ソーレ バイシクルズという 会 社 を 設 立 し 自 転 車 を 発 注 して 販 売 を 始 めた 2011 年 3 月 ジョナサンとジェークは Inc. 誌 の 米 国 で 最 もクールな 大 学 生 起 業 家 リストに 掲 載 された 20 代 に なったばかりの 2 人 の 青 年 としては かなりの 実 績 である ノー と 言 われてもあきらめない めた 学 生 起 業 家 500 人 が 米 国 の 歴 史 的 な 航 空 母 艦 イントレ ピッド の 艦 上 で クリントン 元 大 統 領 やビル ゲイツ シニ アのスピーチに 耳 を 傾 け 彼 らと 話 をしていたのである 私 た ちは 日 夜 努 力 を 続 け 辛 抱 強 く 計 画 を 実 行 し その 結 果 今 日 カイロスは 世 界 中 へ 拡 大 している カイロス とは ギリシャ 語 で 好 機 という 意 味 である 今 まさに 皆 さん 一 人 一 人 に も 起 業 家 となる 最 高 の 好 機 が 到 来 している ジョナサンとジェークは 事 業 のパートナーを 選 ぶに 当 たっ て いろいろな 質 問 をして 広 く 情 報 を 集 めた 起 業 家 になるには 同 様 の 心 構 えが 必 要 である 遠 慮 せずに 大 勢 の 人 に 情 報 と 人 脈 を 求 めるとよい 人 にものを 頼 む のは 気 後 れのすることかもしれないが 本 当 に 起 業 家 の 世 界 というのは 相 互 の 助 け 合 いが 基 盤 になっているのである また 自 分 のアイデアを 信 じ ノー と 言 われることを 恐 れないようにしなければならない 起 業 家 は ノー という 回 答 をたくさん 聞 くことになるからである しかし ノー と 何 度 言 われても 気 にする 必 要 はない それ も 起 業 の 過 程 には 付 き 物 のことだ 誰 かが イエス というま でには 何 百 回 も ノー と 言 われることを 覚 悟 しなければなら ない 自 分 のアイデアを 信 じてくれる 人 を 何 人 か 見 つけ 身 近 にいてもらい ノー ばかり 続 いたときにはそういう 人 たち に 支 えてもらうとよい そして 何 よりも 大 事 なのは ノー と 言 われても 決 して 大 きな 夢 と 高 い 目 標 をあきらめないことである カイロス ソサ エティーを 設 立 したとき 私 たちはペンシルベニア 大 学 に 通 う 18 歳 の 小 さな 学 生 グループで 新 しい 起 業 文 化 を 作 ることを 目 指 していた 私 たちは 米 国 で 最 も 影 響 力 を 持 つ 起 業 家 グルー プになるというビジョンを 持 っていた 誰 もが 私 たちのしてい ることは 時 間 の 無 駄 だと 言 ったが 6 カ 月 後 には 私 たちが 集 ノー と 言 われても 決 し て 大 きな 夢 と 高 い 目 標 をあ きらめないことである フォード フォーカスをプラグインハイブリッド 車 に 改 造 するフィラデルフィアの 高 校 生 チーム ejournal USA 7

10 エジプトでグーグルに 挑 戦 する インターネットはエジプトに 起 業 変 革 をもたらすきっかけとなるかもしれない 私 のDNAにはテクノロジーが 組 み 込 まれています 私 の 名 前 は コード オプティマイザー リサー チと 革 新 が 私 の 仕 事 です これが ハイサム エルファディールのフェースブックの 自 己 紹 介 である そして 彼 の 言 葉 を 信 じてよい このエジプト 人 起 業 家 は 10 歳 にもな らないころ 既 に 山 ほどのコンピューター 専 門 誌 を 貪 り 読 み 独 学 でコンピュータープログラミングを 学 んでいた 私 はこの 機 械 に 惚 れ 込 んでしまったのです と 彼 は 言 う ホームスクーリング エルファディールは エジプトのダミエッタ 市 で 経 営 商 業 大 学 で 経 済 学 を 学 びながら 自 宅 でコンピューターサイエンス を 独 学 で 身 に 付 けた 卒 業 後 彼 はソフトウェアエンジニアと してエジプトの 大 手 企 業 に 就 職 し 後 に 大 手 多 国 籍 企 業 に 転 職 した 最 初 の 会 社 で エルファディールは 自 分 の 仕 事 を 手 早 く 終 わ らせ 十 分 に 余 った 時 間 を 本 当 に 興 味 のある 作 業 すなわち セ マンティック ウェブ に 使 うことができた セマンティック ウェブとは ワールドワイドウェブ 上 のいろいろなものやその 相 互 の 関 係 を コンピューターが 理 解 できる 形 で 記 述 し より 意 味 のある 正 確 な 検 索 結 果 を 可 能 にする データのウェブ で ある 会 社 から 機 器 を 借 りてきて 自 宅 でセマンティック 検 索 の 研 究 を 続 けました とエルファディールは 言 う これは 会 社 のやっていることとあまりにかけ 離 れた 内 容 だったので 誰 も 文 句 を 言 いませんでした 2008 年 に 彼 は さまざまなソースからデータを 集 めて 直 接 的 な 質 問 やクエリーに 答 えるセマンティック 検 索 エンジンの 研 究 を 始 めた そのような 検 索 エンジンは 例 えばある 映 画 スター や 歴 史 的 な 出 来 事 について 異 なるソースからブログ 写 真 オーディオ インタビューといった 異 なる 種 類 の 情 報 を 集 めて 使 いやすい 形 で 提 供 することができる 2 年 前 にその 仕 事 が 軌 道 に 乗 り 始 めると エルファディール は 兄 のアシュラフを 事 業 に 参 加 させた アシュラフは ソフト ウェア 開 発 とネットワークインフラの 知 識 があった 2 人 はこ の 事 業 に Kngine (knowledge engineの 略 )という 名 前 を 付 け ピラミッドで 有 名 なギザ 市 に 本 社 を 置 いた ejournal USA 8

11 Kngineは 新 しいグーグルになるだろうか 新 しいアレクサンドリア 図 書 館 米 国 の 人 気 テクノロジーブロ その 言 葉 どおり 彼 らはで きる 限 りの 努 力 をしている わずかな 資 金 で 1 日 12 時 間 働 いている ナイルバレー グ テクノクランチ によると Kngine は グーグルを 真 っ 向 から 攻 撃 するもの である し かし エルファディール 兄 弟 は 野 心 を 隠 そうとはしないものの エジプトとその 歴 史 という よ り 大 きい 枠 組 みの 中 で 自 分 たち の 役 割 を 考 えている 彼 らは 自 社 のウェブサイトで Kngine は 新 しいアレクサンドリア 図 書 館 である と 宣 言 した 歴 アシュラフ エルファディール( 左 ) ハイサム エルファディール( 右 ) の 兄 弟 と 彼 らの 事 業 への 主 な 投 資 家 アーメド アルフィ ギザにて は 少 なくとも 今 のところは シリコンバレーには 及 ばず ベンチャー 資 本 も 少 ない 彼 らは 1 年 かけて ある 民 間 投 資 家 から 十 分 な 資 金 を 確 保 し た また 最 近 になって 米 国 務 省 主 催 のビジネスプラン コンテストで 賞 金 を 獲 得 した ハイサムは 彼 とアシュラ フは ここ 数 年 エジプトで 生 まれつつあるテクノロジー 起 史 家 によると アレクサンドリア 図 書 館 は 膨 大 な 蔵 書 を 持 つ 古 代 世 界 で 最 大 かつ 最 も 重 要 な 図 書 館 だったとされている うまくいけば 私 たちの 検 索 エンジンは アレクサンドリ ア 図 書 館 をしのぐ 有 用 な 存 在 となるでしょう Kngineのユー ザーは 何 冊 もの 蔵 書 を 次 々と 調 べなくても 即 座 に 答 を 見 つけ 業 家 の 新 世 代 に 属 している と 言 う 彼 らは Kngineが 革 新 のプラットフォームとなり より 多 くの 人 々にインスピレー ションを 与 えることを 目 指 して いる しかし それが 実 現 し ようとしまいと それでも 私 はこの 機 械 が 大 好 きなのです とハイサムは 語 る ることができるからです とハイサムは 言 う ハイサムによると 彼 もアシュラムも 個 人 的 に 大 事 に 思 う アンドレイ ズワニッキ こと そして 人 類 にとって 大 事 なことに 取 り 組 むのがうれしい という 私 たちは 自 分 よりもっと 大 きい 存 在 の 一 部 であると 考 え ています 私 たちはできる 限 りの 努 力 をするつもりです 何 も のも 私 たちを 阻 むことはできません と 彼 らはブログに 書 いて いる Courtesy of Kngine ejournal USA 9

12 グーグル 大 躍 進 した 新 企 業 1996 年 :スタンフォード 大 学 でコンピューターサイエ ンスを 学 んでいたラリー ページとセルゲイ ブリンが デジタルライブラリーの 研 究 プロジェクトをきっかけに 新 しいインターネット 検 索 技 術 を 開 発 する セルゲイ バックラブ という 名 前 はどうかな? ラリーとセルゲイは 他 の 学 生 から 機 器 を 譲 ってもらったり ゴミ 箱 に 捨 てられた 部 品 を 回 収 したりして 学 生 寮 の 狭 い 部 屋 に 機 械 をたくさん 設 置 する もっとディスクが 必 要 だけど 僕 のクレジット カードは 限 度 いっぱいで もう 使 えない 分 からないけど 気 に 入 らなかったら 変 えればいい ページランク というのは? グーグル は どう? 僕 のカードもだ もう1 枚 カードを 作 ろう サン マイクロシステムズ 社 の 共 同 創 設 者 ア ンディー ベクトルシャイムが 10 万 ドルの 小 切 手 をラリーとセルゲイに 提 供 する ラリーとセルゲイがグーグルを 正 式 に 設 立 ベンチャー 資 本 家 から の 投 資 のオファーが 次 々と 集 まる 小 切 手 が グーグル 宛 てになっている?! まだ 正 式 に 会 社 になっても いないのに 君 たちを 支 援 できる と 思 うが 条 件 がある セルゲイ 君 が 自 転 車 に 乗 る ときには ヘルメットを かぶってほしい ejournal USA 10

13 1997 年 :グーグルの 評 判 がキャンパスで 高 まり 時 々スタンフォード 大 学 の インターネット 接 続 に 支 障 が 出 るほどになる 1998 年 :ラリーとセルゲイが 十 分 な 資 金 を 集 め 自 分 たちのサーバーを 買 い ガレージを 借 りて 設 置 する このままじゃ 困 るわ 機 械 は 全 部 そろった 誰 か 人 手 が 必 要 だな クレイグ シルバー スタインはどうだろう 彼 なら 眠 らなくても 平 気 だ 1999 年 :グーグルがシリコンバレーの 現 在 の 本 社 ( グー グルプレックス と 呼 ばれている)に 移 転 する ラリーと セルゲイによるスタッフ ミーティング このアイデアは よさそうだ セルゲイは どう 思 う? 2000 年 :グーグルが 世 界 最 大 の 検 索 エンジンとなる そうなっても エイプリルフールのジョークをやめないラリーとセルゲイだった 帽 子 を 脱 いで 眼 鏡 をはずして メンタルプレックス の 円 をじっと 見 つめながら 検 索 したいもののイメー ジを 送 り 込 んでください と 書 いてある が ちっともうまくいかないぞ! やってみよう クリス ピアーズ ejournal USA 11

14 モハメド モー イブラヒ ムが 設 立 したテレコム 企 業 セ ルテル 社 は 彼 の 熱 意 と 誠 意 とタフさに 支 えられ アフリ カで 大 成 功 を 収 めた スティーブ ジョブズは 先 進 的 情 熱 的 カリスマ 的 な 起 業 家 といわれる 彼 の 創 意 による 製 品 のない 世 界 を 想 像 す ることは 難 しい シャイ アガシ( 中 央 )の 人 柄 が リンダ リングル ハワイ 州 知 事 ( 右 )に 自 分 の 電 気 自 動 車 計 画 を 売 り 込 むのに 貢 献 した 夢 想 派 ではなく 行 動 派 のリチャード ブランソンは 起 業 で 億 万 長 者 になった ejournal USA 12

15 起 業 家 の 資 質 ジーン ホールデン インド バンガロール 市 の 革 新 センターで 話 をする 米 国 の 教 育 者 エド ソービー( 中 央 ) 彼 は この 子 どもたちを 起 業 家 に 育 て ようとしている ジーン ホールデンは 経 済 問 題 を 専 門 とするフリーラン ス ライター 業 家 にはいろいろなタイプの 人 たちがいる 成 功 し た 起 業 家 の 年 齢 収 入 性 別 人 種 などはさまざま 起 である 学 歴 や 経 験 また 育 った 文 化 や 国 も 異 なる しかし 研 究 結 果 によると 成 功 する 起 業 家 には 共 通 する 性 格 特 性 がいくつかある それは 独 創 性 熱 心 さ 決 意 柔 軟 性 リー ダーシップ 情 熱 自 信 そして スマーツ などである 独 創 性 は 新 しい 製 品 やサービスの 開 発 を 推 進 する また 起 業 家 が 常 に 改 善 を 続 けるための 原 動 力 でもある それは 新 しい 方 法 で 学 習 し 質 問 し 考 えることである 熱 心 さは 起 業 家 が 特 に 事 業 設 立 当 初 週 7 日 1 日 12 時 間 以 上 も 働 く 原 動 力 となるものである 計 画 とアイデア を 成 功 させるには 懸 命 な 努 力 がなければならない 決 意 とは 真 に 成 功 を 求 める 気 持 ちである 何 か 悪 いこと が 起 きても あきらめないということである 強 い 決 意 を 持 つ 起 業 家 は それでもまた 別 のところに 電 話 をかけ 別 のドアをノックする 真 の 起 業 家 にとっては 金 銭 的 な 報 酬 も 大 事 であるが それよりもっと 胸 が 高 鳴 るのは 自 分 の 製 品 やサービスが 成 功 するのを 見 ることである 柔 軟 性 は 周 囲 の 変 化 に 合 わせて 迅 速 に 動 く 能 力 である 起 業 家 には 顧 客 の 要 求 に 合 わせて 当 初 の 自 分 のアイデア を 修 正 する 姿 勢 がなければならない リーダーシップとは 規 則 を 作 り 目 標 を 設 定 する 能 力 であ る 優 れたリーダーは 始 めたことは 必 ず 完 成 させ 誰 も が 規 則 に 従 うよう 注 意 を 払 う 情 熱 は 起 業 家 のエネルギー 源 である 情 熱 のある 起 業 家 は 他 の 人 たちに 自 分 のアイデアを 信 じさせることができ る 情 熱 があれば 起 業 家 の 集 中 力 は 維 持 され 周 囲 の 人 たちも 起 業 家 の 計 画 を 真 剣 に 取 り 上 げてくれる 自 信 は 計 画 と 経 験 と 知 識 から 生 まれる 自 信 のある 起 業 家 は 自 分 の 意 見 を 変 えることなく 他 人 の 意 見 にも 耳 を 傾 けることができる スマーツ とは 米 国 英 語 の 表 現 で 常 識 と 知 性 に 支 え られた 技 能 のことである 常 識 のある 人 は 直 感 力 が 磨 かれ 知 性 のある 人 は 専 門 家 になることができる スマーツを 備 えていながらそれを 自 覚 していない 人 も 多 い 例 えば 家 計 のやりくりの 上 手 な 人 は 組 織 的 財 政 的 な 技 能 を 備 え ている 職 業 教 育 人 生 体 験 などがすべてスマーツを 築 く 要 素 となる 起 業 家 は 誰 もが こうした 資 質 のいくつかを 持 っている 欠 け ている 要 素 があれば それを 備 えている 人 たちを 雇 えばよい 最 も 重 要 なのは 自 らの 長 所 を 知 り それを 伸 ばすことである ejournal USA 13

16 壁 を 乗 り 越 えて 前 に 進 む 起 業 家 たち 彼 らはカルカッタ(コルカタ)の 地 方 政 府 の 免 許 を 得 られるだろうか それには 大 きなけん 引 力 が 必 要 となる 2007 年 に24 歳 でヒマワリ 油 圧 搾 の 事 業 を 始 めたとき マ シュー キールは 予 想 もしなかった 壁 にぶつかり それ を 乗 り 越 えなければならなかった 故 郷 ナイロビの 高 い 家 賃 を 避 けるために 彼 は 遠 く 離 れた 村 に 工 場 を 置 いたものの 10カ 月 間 電 力 会 社 から 電 気 の 供 給 はなく また 大 統 領 選 挙 後 の 暴 動 でヒマワリ 種 子 の 供 給 業 者 との 連 絡 も 途 絶 えたのである 彼 は 発 電 機 を 見 つけて 電 力 を 得 ヒマワリ 種 子 の 別 の 供 給 元 を 確 保 して この 困 難 を 乗 り 越 えた キールが 直 面 したこうした 問 題 は 開 発 途 上 国 の 起 業 家 に とって 他 人 事 ではない 困 難 な 壁 に 挑 戦 する 途 上 国 において 中 小 企 業 が 成 功 するための 原 則 は 先 進 国 と 大 きくは 変 わらない ただ 異 なるのは 制 度 やインフラ 面 で 高 く 根 強 いハードルが 多 い 途 上 国 市 場 では 先 進 国 と 比 べてはる かに 大 きなエネルギーと 忍 耐 力 が 起 業 家 に 求 められるという 点 である 起 業 家 は 政 府 による 面 倒 な 規 制 から 貧 弱 なインフラ や 心 もとない 警 察 組 織 まで さまざまなハードルに 直 面 する ナイジェリアで 起 業 の 振 興 を 目 的 として 設 立 されたES- TREET 基 金 の 創 設 者 ニーイー アレックスは この 国 で 事 業 を 行 うには 強 い 意 志 が 必 要 です と 述 べている フィンランドのヘルシンキにある 国 連 大 学 のウィム ノーデ によると 豊 かな 国 の 政 策 立 案 者 や 開 発 専 門 家 の 中 には 起 業 について 賃 金 雇 用 の 機 会 が 限 られている 市 場 で 自 営 業 者 を 増 やし 雇 用 を 創 出 するための 施 策 の 1 つと 見 ている 人 が 多 い という またノーデは 起 業 は 社 会 的 流 動 性 を 促 進 するととも に 女 性 や 季 節 労 働 者 といった 社 会 の 主 流 から 取 り 残 された 人 々に 社 会 的 な 力 を 与 える 手 段 でもある としている そして 職 を 得 るために 必 要 な 経 験 やコネが 十 分 ではない 若 い 世 代 に とっては 自 営 業 が 唯 一 の 選 択 肢 である 場 合 も 多 い しかし ビジネス 環 境 が 十 分 に 整 っていない 国 々では 粘 り 強 さを 発 揮 して 起 業 家 経 験 を 積 むことが 他 の 国 々よりも 重 要 だ とノーデは 言 う 新 進 の 起 業 家 が 成 功 するためには 挑 戦 して 失 敗 しても 再 び 挑 戦 して ( 実 際 には) 次 々と 起 業 を 続 ける 連 続 的 な 起 業 家 にならなければなりません とノーデは 語 っている 相 談 相 手 の 確 保 またノーデは 経 験 が 十 分 ではない 若 い 人 たちにとって 事 業 機 会 を 見 出 してそれをつかむことが とりわけ 困 難 であると ejournal USA 14

17 を 立 ち 上 げることもある こうした 公 共 部 門 の 後 援 者 とは 例 えば 若 い 起 業 家 に 便 宜 を 図 ってくれる 政 府 の 役 人 などの 場 合 もあろう 腐 敗 の 防 止 政 府 の 規 制 緩 和 の 下 ハノイ 市 近 郊 のバッチャン 村 の 陶 芸 家 たちは 仕 事 に 精 を 出 している している 米 国 や 英 国 では 起 業 家 を 目 指 す 人 たちが 起 業 家 育 成 プログラムやコースを 活 用 することができるが 途 上 国 では そのようなプログラムはほとんど 提 供 されていない 加 えて ノーデによると 若 者 は 銀 行 から 融 資 を 得 るのに 必 要 な 担 保 を 持 たない 場 合 が 多 く また 不 法 行 為 などの 道 に 流 れてしまう 可 能 性 もより 高 い ビジネスの 経 験 や 知 識 を 備 えた 相 談 相 手 を 持 つことは 多 く の 場 合 こうした 若 い 世 代 の 起 業 家 たちにとって 良 い 効 果 を 生 み 出 している キールも ビジネスに 携 わっている 自 分 の 父 親 か ら 有 益 な 助 言 を 得 た 経 験 を 持 つ 一 方 アレックスは 駆 け 出 しの 起 業 家 たちが 互 いに 連 絡 を 取 り 合 って 経 験 を 共 有 することを 勧 めて いる 彼 によると 大 抵 の 場 合 解 決 策 を 出 してくれる 人 がいるものだ とい う ネットワーキングにはもう 1 つ 利 点 が ある それは 地 元 でも 国 際 的 な 舞 台 で も 別 の 起 業 家 やビジネスの 専 門 家 から 重 要 な 関 係 を 築 く 機 会 や 他 の 形 での 支 援 を 得 ることができるという 可 能 性 である このような 相 談 相 手 が 後 に 投 資 をしてくれたり 顧 客 となったり する 場 合 もある と 語 るのは ワシントンにあるジョージ ワ シントン 大 学 のアイマン エル タラビシである インターネットは テクノロジーに 長 けた 途 上 国 の 起 業 家 に 成 功 のチャンスを 平 等 に 与 えてくれる 手 段 である キールは 自 分 の 使 う 機 器 が 壊 れた 際 に 修 理 する 人 が 見 つからず 自 分 で 直 す 技 術 を 身 に 付 けたが こうした 事 例 でも 分 かるように 中 小 企 業 に 携 わる 若 い 起 業 家 たちは 多 くの 場 合 さまざまな 状 況 に 臨 機 応 変 に 対 応 できるスキルによって 困 難 を 乗 り 越 えている また 中 小 企 業 を 展 開 する 経 営 者 は 公 共 部 門 の 後 援 者 を 見 つ けたり あるいは 政 府 に 登 録 せずに 目 立 たないように 事 業 強 い 倫 理 観 を 持 ち それ を 周 りにも 広 げ ひたすら 努 力 を 続 けよ しかしながら 公 的 な 認 可 や 資 産 の 所 有 権 あるいは 法 的 拘 束 力 のある 契 約 がないことが 中 小 企 業 の 成 長 の 妨 げとなって いる マサチューセッツ 州 ウェルズリーにあるバブソン カ レッジのフリオ デ カストロによると 正 式 な 登 録 をしてい ない 事 業 は 登 記 された 事 業 と 比 べ 高 い 資 本 コストや 輸 送 費 を 払 わなければならず また 保 管 倉 庫 にかかわる 問 題 も 多 く 抱 えている さらに 質 の 良 いスタッフの 確 保 や 契 約 履 行 にも 限 界 がある こうした 理 由 から もっと 意 欲 的 な 起 業 家 の 間 では 自 分 の 会 社 を 正 式 に 登 記 して 必 要 な 認 可 を 取 ろうと 努 力 する 例 が 増 え ている そして 専 門 家 たちは 起 業 家 の 活 動 内 容 を 問 わず 彼 らに 求 められるのは 腐 敗 堕 落 することなく 倫 理 観 の 高 い 企 業 と しての 評 価 を 確 立 することだとしている 強 い 倫 理 観 を 持 ち それを 周 りにも 広 げ ひたすら 努 力 を 続 けよ と 語 るのは イ ンド ケララ 州 の 社 会 起 業 家 シャフィ メイサーである スペインのバルセロナにあるESADEビジネススクールの 客 員 教 授 であり 自 身 も 起 業 家 のケネス モースによると 各 国 政 府 が 経 済 の 発 展 や 成 長 にとって 起 業 が 重 要 であることを 認 めるようになり 徐 々にではあるが 規 制 緩 和 や 起 業 家 支 援 プロ グラムの 実 施 が 進 んでいる 彼 は ヨルダン レバノン アラ ブ 首 長 国 連 邦 およびパキスタンにおいて 起 業 への 見 方 が 前 向 きに 変 わってきていると 指 摘 している また 世 界 銀 行 のレ ポートでは 2010 年 に 事 業 環 境 の 緩 和 が 最 も 進 んだ 国 々として カザフスタン ルワンダ ペルー ベト ナム カーボベルデ タジキスタン お よびザンビアが 挙 げられている キールの 事 業 は その 成 長 に 伴 い 現 在 も 新 たな 壁 に 直 面 しているが このケ ニア 人 起 業 家 は 将 来 について 楽 観 的 で ある 地 域 の 情 報 ウェブサイト East Africa in Focus で 彼 は 次 なる 事 業 展 開 として 製 粉 事 業 を 既 に 計 画 中 だと 語 っている A.Z.およびキャサリン ルイス( 寄 稿 家 ) ejournal USA 15

18 発 展 する 通 信 事 業 潜 在 的 な 顧 客 も 多 いが 不 安 定 要 素 も 多 い ソ マリアでは 内 戦 が 原 因 で 提 供 され ていない 公 共 サービスが 多 い しか しながら ナスラ マリンをはじめ とする 起 業 家 たちの 活 動 により 電 話 接 続 は 非 常 に 整 備 されている 前 進 中 1997 年 マリンはモガディシュ 市 で 電 話 事 業 会 社 ネーションリンクを 他 の 起 業 家 5 人 と 共 に 設 立 した モガディシュはソマリアの 首 都 で 暴 動 の 中 心 であった マリンとパー トナーたちは 安 全 の 問 題 に 対 処 しつつ 既 に 企 業 として 確 立 した 立 場 にある 3 社 と 競 合 するという 大 きな 困 難 にもかかわらず 通 信 市 場 に 参 入 できると 考 えた そしてその 考 え ナスラ マリン Courtesy Photo は 正 しかった ネーションリンクの 通 信 事 業 は 成 功 を 収 めた 同 社 は 30 万 人 の 顧 客 にワイヤレス と 固 定 回 線 の 電 話 サービスを 提 供 し 1,500 人 を 超 える 従 業 員 を 雇 用 している しかしながら マリンとパートナーたち は 自 分 たちの 会 社 の 市 場 における 現 在 の 地 位 に 安 心 することはできない 通 信 業 界 の 急 成 長 は 続 いており 競 争 も 激 しいから である ソマリアには 強 固 な 安 定 した 政 府 が 存 在 しておらず ネーションリンクは 自 分 たちの 事 業 を 守 るために 特 別 の 努 力 を 払 わなければならない 従 業 員 のおよそ 40%が 会 社 の 安 全 確 保 の 作 業 に 携 わって いる 賄 賂 を 要 求 されたら 大 抵 の 場 合 支 払 います 抵 抗 したら 誰 かが 殺 されてし ejournal USA 16

19 電 気 通 信 企 業 のおかげで ボランティアの 医 師 を 電 話 で 呼 ぶことができる まうかもしれないからです と 彼 女 は 言 う くの 事 業 を 経 営 していた マリンはソマリアと 米 国 で 学 び 経 暴 力 と 安 全 性 の 欠 如 という 環 境 の 中 で 会 社 は 成 長 を 続 けて 営 学 と 財 政 学 の 学 位 を 取 得 している 父 親 やおじたちと 共 に 仕 いる マリンと 従 業 員 たちの 願 いは 母 国 に 平 和 と 発 展 をも 事 をした 経 験 も 彼 女 にとって 非 常 に 重 要 なものであった 彼 ら たらす ことだと 彼 女 は 言 う 2000 年 に ネーションリンクは はマリンに 自 分 で 考 え 自 分 で 行 動 する ことを 教 えてくれ 2 つの 企 業 と 提 携 し ソマリアとアフリ た と 彼 女 は 言 う カの 他 の 数 カ 国 にインターネットのアク ネーションリンクで 自 分 の 存 在 価 値 セスを 供 給 するソマリ インターネッ ト カンパニーを 設 立 した 1 歩 ずつ 前 進 する ジョージア 州 アトランタ 市 のジェニ ファー バンティンググレーデンには 従 業 員 のおよそ40%が 会 社 の 安 全 確 保 の 作 業 に 携 わって いる を 証 明 するために マリンは 男 性 の 同 僚 たちよりも 良 い 結 果 を 出 そうと 努 力 し た 現 在 彼 女 は 財 務 責 任 者 で 経 営 陣 の 中 では 唯 一 の 女 性 である 家 庭 では 医 師 の 妻 であり 4 人 の 娘 たちの 母 親 で ある このような 背 景 を 持 つマリンは 家 族 とビジネスの 両 方 を 理 解 しており マリンと 彼 女 の 目 標 がよく 理 解 できる 弁 護 士 であるバンティ 自 分 の 会 社 でも より 多 くの 女 性 たちがリーダーとして 働 くこ ンググレーデンは 母 国 シエラレオネでビジネスベンチャーを とができると 信 じ そのような 女 性 たちを 支 援 している こう 始 めようと 試 みた 経 験 を 持 つ シエラレオネも 内 戦 を 経 た 国 した 女 性 たちは 家 族 の 面 倒 を 見 ながら 同 時 に 起 業 家 として である 彼 女 は ネーションリンクが 雇 用 を 創 出 し 情 報 へ の 可 能 性 を 模 索 しているのである のアクセスを 提 供 し そして 生 活 の 質 を 高 めることで 平 和 と 発 展 をもたらす 一 助 となっている と 語 る A.Z. マリンにとって ネーションリンクは 自 信 と 地 位 をもたら すものでもある 彼 女 の 家 族 は 何 世 代 にもわたって 起 業 家 を 輩 出 しており 内 戦 の 前 には 数 百 万 ドルにも 上 る 価 値 を 持 つ 多 ejournal USA 17

20 起 業 家 神 話 の 検 証 起 業 家 は 生 まれながらのものであって 作 られるものではない 事 実 からは 程 遠 い 起 業 家 的 なものの 見 方 は 事 業 に 優 しく リスクを 取 ることに 見 返 りがある 環 境 の 中 で 育 つ また 起 業 家 と してのスキルは 教 わることができる 新 製 品 や 新 しいサービス のアイデアがなかったり あるいは 自 分 の 力 で 前 に 進 む 自 発 性 が なければ 起 業 家 になることはできないが もしこの 両 方 があれば 必 要 なスキルは 取 得 することができるのである 必 要 なのは 1 歩 踏 み 出 して 会 社 をスタートさせ 失 敗 をして 過 ちから 学 ぶことな のであるが これはなかなか 困 難 な 道 である もっと 手 軽 に 起 業 家 育 成 コースを 取 る 方 法 もある こうしたコースは 一 部 の 国 々 の 大 学 や 場 合 によっては 高 校 でも 提 供 されており その 数 は 増 加 を 続 けている また ビジネスのアイデアを 展 開 させて 実 行 に 移 す 方 法 について 地 域 や 国 の 起 業 家 組 織 から 専 門 家 のアドバイ スをもらうこともできる さらに インターネットを 使 って 経 験 豊 富 な 起 業 家 に 連 絡 を 取 ったり 起 業 の 助 言 や 指 導 をしてくれ るメンターのネットワークとつながることで 立 ち 上 げプロジェ クトについて 相 談 する 方 法 もある 起 業 家 は 一 匹 おおかみである そのような 起 業 家 もいる しかしながら 起 業 家 になれそうな 人 は 会 社 の 設 立 や 成 長 の 過 程 で 1 人 または 複 数 のパートナーに 頼 ることが 多 い 例 えば 英 国 では 会 社 設 立 の40%は 複 数 の 創 業 者 によるもので 共 同 経 営 は 単 独 の 創 業 者 による 設 立 会 社 と 比 べ 利 益 率 でも15% 高 い 数 字 を 示 している スティーブ ジョブズで さえ 1 人 で 活 動 する 前 には スティーブ ウォズニアックとロナ ルド ウェーンと 組 んでいた 家 族 であっても 友 人 であっても パートナーは 自 分 に 欠 けている 能 力 や 経 験 を 補 い 試 練 が 訪 れ たときには 精 神 的 に 支 援 してくれる 会 社 を 築 き 上 げていくには 社 員 の 雇 用 や 投 資 家 探 し そして 顧 客 に 購 買 の 勧 誘 をするといっ た 活 動 が 必 要 であり さまざまな 社 会 的 つながりや 人 間 関 係 が 伴 う もし 寝 食 や 入 浴 の 間 も 惜 しんで 働 けば こうしたことすべてを 1 人 で 行 うことができるだろうが 疲 れ 切 った 姿 で 悪 臭 を 漂 わせて いては 大 事 なビジネス 相 手 も 逃 げてしまう 従 って パートナー を 作 り 仕 事 や 責 任 を 分 担 した 方 が 良 い 結 果 を 出 せるのである ejournal USA 18

21 起 業 家 を 駆 り 立 てるのは 利 益 への 欲 求 のみである そんなことはない 利 益 は 最 終 的 な 目 標 であるかもしれないが それが 唯 一 の 目 標 で あることはほとんどない 自 分 の 夢 やアイデアを 実 現 したいという 熱 意 に 駆 られる 起 業 家 も あるいは 市 場 の 機 会 をつかもうという 決 意 を 持 った 起 業 家 もいる 米 国 では 中 小 企 業 経 営 者 の 大 半 が 会 社 設 立 の 動 機 は 独 立 すること すなわち 自 分 がやりたいこ とをやりたいように 行 うという 願 望 だったと 語 っている また 選 択 肢 に 限 界 があり 起 業 に 活 路 を 求 める 場 合 もある 雇 用 主 や 職 の 数 が 十 分 ではない 環 境 では 自 営 の 道 を 選 び 消 費 者 の 選 択 肢 を 増 やしたり 雇 用 を 創 出 したり あるいは 世 の 中 を 別 の 方 法 で 改 善 することで 間 接 的 に 社 会 に 貢 献 することができる 社 会 的 意 識 を 持 った 起 業 家 た ちは 会 社 の 利 益 に 気 を 配 る 一 方 で 社 会 的 な 目 標 も 追 求 している 彼 らは 利 益 よりも 自 分 たちの 事 業 が 社 会 に 与 える 影 響 を 高 めることを 優 先 している 起 業 家 は 事 業 を 始 めるために 大 金 を 必 要 とする ナンセンスである 米 国 では 200ドルあれば 清 掃 サービスや 屋 台 での 果 物 販 売 などの 簡 単 な 小 規 模 ビジネスを 始 めることができる そして 途 上 国 では 事 業 を 始 める 際 の 初 期 投 資 ははるかに 少 ない 額 で 済 む さらに 創 造 性 があれば もっと 低 く 抑 えることができる 1 例 を 挙 げると 潜 在 購 買 層 にアプローチす る 場 合 に コストのかかる 広 告 ではなく ゲリラマーケティングの 手 法 を 利 用 することができる また インターネット 上 の 無 料 あるいは 低 価 格 の 起 業 関 連 リソースも 資 金 を 抑 える 手 段 となる 一 般 的 には ベンチャー 事 業 を 立 ち 上 げて それを 維 持 するために 必 要 な 資 金 は 事 業 の 種 類 によって 異 なる 社 員 を 雇 わない 在 宅 ビジネスは オフィスや 小 売 スペースを 賃 借 して 事 務 員 やブレーンを 雇 う 事 業 に 比 べて 少 ない 資 本 で 始 めることができる 新 進 の 起 業 家 にとって こうした 初 期 投 資 や 運 転 資 金 を 見 積 もることは, 最 も 困 難 な 作 業 の 1 つである 従 って これらのコストを 低 く 見 積 もり 過 ぎた ことが 分 かったときに 過 度 な 責 任 を 感 じる 必 要 はない 多 くのコンサルタ ントを 雇 って 進 める 数 百 万 ドルに 上 る 事 業 でも 同 じ 間 違 いを 犯 すことがある 本 物 の 起 業 家 は 必 ず 成 功 する 全 くのでたらめである 失 敗 しないのはどんなリスクも 決 して 冒 さない 者 だけである 米 国 では 新 規 事 業 のおよそ 半 数 が 設 立 後 4 年 以 内 に 姿 を 消 す しかしながら 本 物 の 起 業 家 は 最 初 の 試 みが 失 敗 に 終 わっても 自 分 のアイデアを 簡 単 にあきらめること ができず 多 くが 立 ち 直 って 再 び 試 みるのである 過 去 の 間 違 いから 学 んだ 者 は 2 度 3 度 あるいはさらに 試 みを 重 ねて 成 功 に 至 る 可 能 性 が 高 くなる 新 規 事 業 が 失 敗 す るのは 市 場 が 十 分 熟 していなかったり 明 確 に 定 められていない 場 合 や 計 画 が 十 分 練 られていなかったり 資 金 が 足 りなかった 場 合 など さまざまな 要 因 による 従 って 最 初 の 試 みが 失 敗 したならば どこが 間 違 っていたのかを 見 極 めて 将 来 に 向 けて 的 確 な 結 論 を 出 すことが 肝 要 である このように 失 敗 を 分 析 することで 事 業 計 画 や 実 施 方 法 を 修 正 したり 全 く 違 った 事 業 を 検 討 したり あるいは 普 通 の 就 職 を 考 える 1 歩 を 踏 み 出 すことができる いかなる 場 合 でも 失 敗 の 恥 は 捨 てて 前 に 進 むべきである あなたには 優 秀 な 仲 間 が 待 っている ヘンリー フォードもスティーブ ジョブズもビ ル ゲイツも そして 本 田 宗 一 郎 も 失 敗 の 後 に 成 功 を 遂 げたのである ejournal USA 19

22 25ドルの 太 陽 光 ランプを 何 百 万 もの 人 たちに この 女 性 に 電 気 が 役 立 つかもしれない Courtesy of Yann 19 世 紀 の 灯 油 ランプを21 世 紀 の 太 陽 光 ランプに 取 り 替 えるには 何 人 の 人 手 が 必 要 か コスモス イグナイト イノベーションズ 社 が 出 した 答 えは 2 人 であった その1 人 マシュー スコットは スタンフォード ビジネ ススクールの 学 生 だった2003 年 に 太 陽 光 ランプの 設 計 開 発 を 主 導 した このランプは 発 光 ダイオード(LED) 技 術 を 基 礎 にしており 使 用 電 力 は 白 熱 電 球 や 蛍 光 灯 と 比 べはるかに 少 ない スコットは 当 初 この 照 明 を 商 業 ビルや 航 空 機 で 使 用 するこ とを 考 えていた しかし The Fortune at the Bottom of the Pyramid( 邦 訳 ネクスト マーケット )を 読 んでから ア プローチを 変 えた C K プラハラードが 著 したこの 本 は 1 日 2 ドル50セント 未 満 で 生 活 している 世 界 の25 億 人 を 対 象 としたビジネスチャンスについて 述 べている スコットは 自 分 の 開 発 したランプをこれらの 人 々の 一 部 にでも 届 けたいと 考 え た ラゴスの 店 先 灯 油 ランプの 明 かりで 買 い 物? うに 見 ても 吸 い 込 まないよ ejournal USA 20

23 マイティーライトとその 発 明 者 マット スコット Courtesy Photo マイティーライトを 掲 げるアミット チュフ Courtesy Photo そこで 彼 のスタンフォードの 旧 友 アミット チュフが 登 場 する スコットは 事 業 経 営 の 経 験 があるチュフに ランプをチュ フの 故 郷 インドの 貧 困 層 向 けに 設 計 し 直 すための 協 力 を 頼 んだ インドでは いまだに 数 百 万 の 人 たちが 身 体 に 有 害 で 空 気 を 汚 染 する 灯 油 ランプを 照 明 に 使 っている スコットとチュフは 合 弁 事 業 コスモス イグナイト イノベーションズ 社 を 設 立 し オフィスをカリフォルニア 州 シリコンバレーとインドのニュー デリーに 置 いた スコットはシリコンバレーで 豊 富 な 経 験 を 持 つベンチャー 投 資 家 から 資 金 を 確 保 し チュフはインド 国 内 の 非 政 府 機 関 (NGO)に 出 向 き ランプのテストを 行 った 大 衆 のためのマイティーライト ( 強 力 な 光 ) 社 会 的 な 目 標 を 掲 げるならば いずれにしても 百 万 長 者 に このランプは ハイテクの 拠 点 と 生 活 の 向 上 を 切 望 している 数 百 万 人 の 貧 しい 人 たちの 市 場 とを 結 ぶ 架 け 橋 でし はなれない た とチュフは 言 う マイティーライトと 名 付 けられたこの ランプは 多 機 能 防 水 耐 衝 撃 の 特 徴 を 備 えた 太 陽 光 をエネルギー 源 とするLEDランプである 8 時 間 分 の 充 電 が 可 能 で 10 万 時 間 の 使 用 に 耐 えるように 設 計 されている コスモス イグナイトは2006 年 単 価 50ドルでこ のランプの 販 売 をインドで 開 始 した チュフは 自 分 とスコットを 突 き 動 かしたのは 社 会 への 恩 返 しと その 過 程 で 満 足 感 を 得 たい という 願 望 だった と 語 る 2 人 は マイティーライトをNGO 国 際 機 関 インド 政 府 および 民 間 の 流 通 業 者 を 通 じて 販 売 した 彼 らは 資 金 を 慈 善 団 体 や 民 間 基 金 に 頼 る 援 助 開 発 団 体 の 従 来 のやり 方 に 従 わな かった こうした 団 体 は 資 金 が 底 をつくことがあり そうな ると 技 術 の 提 供 者 が 宙 に 浮 いてしまうからである 私 たち が 求 めていたのは そのような 形 ではなく 自 分 たちのベン チャーを 長 期 にわたって 続 けることを 可 能 にする 営 利 事 業 だっ た と 彼 は 言 う チュフはインドのグルガオン 市 に 設 計 組 立 事 業 を 設 立 し スコットと 共 にランプの 価 格 を 下 げる 努 力 をした 多 くのイン ドの 貧 困 層 にとって 最 初 の 価 格 は 高 過 ぎたからである 現 在 で は 明 るさを 増 した 改 良 モデルが25ドルで 売 られている 明 かりを 広 げて コスモス イグナイトはこれまでに 18カ 国 で15 万 個 のマイ ティーライトを 販 売 した そして 製 品 ラインを 7 品 目 まで 拡 大 して 太 陽 光 家 庭 照 明 や 街 灯 も 扱 っている 利 益 よりも 社 会 的 影 響 力 を 増 すこと を 考 えています とチュフは 言 う し かし 最 初 から 理 解 しておく 必 要 がある のは こうした 事 業 では 百 万 長 者 にはな れないということです 漁 師 と 織 工 が 労 働 時 間 を 延 ばすため にマイティーライトを 使 用 し 始 めたとき チュフは 自 分 とスコットが 正 しい 道 を 歩 んでいると 知 ることができた そし てそれが 分 かれば どんなチャレンジであれ ワクワクします とチュフは 言 う A.Z. ejournal USA 21

24 Courtesy of 4wallz Courtesy of I Am White I Am White と 自 称 する 若 い 中 国 人 アーティストによるイラスト 上 海 のストリートアート インスタレーション ejournal USA 22

25 中 国 の Neocha( 新 茶 ) におけるアートとビジネスの 融 合 アダム ショコラ( 左 端 ) ショーン ロウ( 右 端 )とNeochaEDGEのスタッフ アーティストたち Courtesy of Mad Science シ ョーン ロウのように 派 手 に 事 業 を 立 ち 上 げる 起 業 家 はそう 多 くはない 2007 年 彼 は 上 海 で 豪 華 なパー ティーを 主 催 し 中 国 人 のオルタナティブなアーティ ストやミュージシャンをつなぐオンラインコミュニティー Neocha( 新 茶 ) を 発 足 させた このイベントには 62のデザ イナーグループ そして 8 組 のインディー ロックバンドと DJらが 参 加 し 1 万 人 を 超 える 人 々が 集 まった ロウはカリフォルニア 州 に 生 まれ 中 国 にあるジョンズ ホ プキンス 大 学 高 等 国 際 問 題 研 究 大 学 院 南 京 センターで 国 際 関 係 を 学 んだ 祖 父 母 の 母 国 である 中 国 で 彼 は 若 い 中 国 人 アーティ ストやミュージシャンに 魅 了 され 刺 激 を 受 けた 彼 が 見 たの は 中 国 人 アーティストたちの 資 金 などがはるかに 限 られた 中 で 自 分 たちの 情 熱 を 追 求 し ほとんど 世 に 知 られることもな い 姿 であった ロウは それを 何 とか 変 えようと 決 心 したの である パーティーの 後 で Neochaの 立 ち 上 げは 中 国 のクリエーティブ 業 界 以 外 でも 評 判 になったものの ロウの 予 想 に 反 し 事 業 計 画 の 基 盤 と 考 えていた 広 告 収 入 やモバイル 決 済 による 収 入 は 実 際 には 会 社 を 支 えるには 十 分 ではなかった 当 初 の 計 画 は 的 外 れ であることが 分 かった とロウは 回 想 する 彼 はNeochaのスタッフの 規 模 を 縮 小 し オフィスを 小 さい 場 所 に 移 し 経 費 が 少 なくてすむウェブ ホスティン グ サービス 事 業 に 切 り 替 えた 彼 は 中 国 のオルタナティ ブなアートや 音 楽 には 価 値 があると 常 に 感 じていた と 言 う そのようなアーティストたちの 作 品 が 売 れるように 手 助 けし かつ 会 社 の 収 益 にもつながるビジネスモデルを 模 索 することは 彼 にとってチャレンジだった 転 機 となったのは 世 界 的 な 市 場 調 査 コンサルタント 会 社 の ejournal USA 23

26 フラミンゴ インターナショナル 社 が ナイキ 社 の 広 告 キャン ソルートウォッカをはじめとするクライアントの 依 頼 によるプ ペーンで 中 国 の 若 手 アーティストを 発 掘 するためロウにアプ ロジェクトを 実 施 している ローチしてきたことだった Neochaは 自 分 たちの 持 つデータ 私 たちは マーケティングのために 最 先 端 のクリエーティ ベースを 基 に 中 国 の 若 者 の 文 化 トレンドに 関 する 報 告 書 をま ブ コンテンツを 求 めている 企 業 に このアーティストたちが とめるとともに 関 連 する 写 真 とビデオ 資 料 を 作 成 した 比 較 素 晴 らしい 価 値 をもたらすことができるということに 気 付 きま 的 短 期 間 で 行 われたこの 仕 事 の 質 の 高 さが フラミンゴ イン した とロウは 語 る そして この 新 しいビジネスモデルは 利 ターナショナルに 強 い 印 象 を 与 えたのである 益 にもつながっているという ロウは 彼 とショコラが 望 むのは クリエーティブ 業 界 に 影 ファンからパートナーへ 響 を 及 ぼし 続 けること だとしている 2010 年 に 彼 らは 現 在 の 会 社 の 1 部 門 として Neochaに 所 属 するアーティストの 代 Neochaのコンサルティングビジネスが 増 加 していく 中 同 理 となってビジネスの 世 界 とつなげるEDGEクリエーティブ 社 のファンの 1 人 であったアダム コレクティブを 設 立 した 中 国 ではこのビ ショコラが 入 社 した マーケティン グの 経 験 を 持 つ 彼 は コンサルティ ングに 関 わるプロジェクトの 管 理 運 営 に 大 きな 役 割 を 果 たすように なった 2009 年 ショコラとロウは NeochaEDGEというクリエーティ 私 たちは 最 高 にクリエーティ ブな 人 たちと 一 緒 に 仕 事 をす ることができる ジネス 部 門 の 競 争 はまだ 激 烈 ではなく ヒップアーティストたちとNeochaEDGEほ ど 深 くつながっているライバルもほとんど 現 れていない ビジネスは 本 格 的 になった とロウは 言 うが 彼 とショコラは いまだに 大 いに 楽 ブ エージェンシーを 立 ち 上 げた NeochaEDGEはコンテン ツの 制 作 市 場 調 査 および 3 万 人 を 超 すNeochaユーザーの 才 能 を 基 盤 にしたイベントの 企 画 立 案 に 焦 点 を 合 わせている これまでに NeochaEDGEは グラフィティの 展 示 会 スリッ プマット(DJが 使 用 する 布 )アート およびライブミュージッ しみながら 仕 事 をしている 私 たちは 最 高 にクリエーティブな 人 たちと 一 緒 に 仕 事 をす ることができるし 私 たちが 作 り 出 すコンテンツは 平 凡 で 退 屈 な 広 告 とは 違 う とロウは 語 る 流 行 の 最 先 端 を 行 くヒップな カメラマンとスタイリストのデュオと 一 緒 にファッション クを 取 り 上 げたイベントの 企 画 を 支 援 し またペプシコやアブ シュート 撮 影 をするのはいかがだろうか A.Z. 若 い 中 国 人 アーティストたちは 入 れ 墨 さえもアートにしてしまう ejournal USA 24

27 オンライン 市 場 で 踊 る いつも 人 々が 街 で 踊 っているのに ダンスクラブが 成 り 立 つのだろうか ロ ベルト フェルミノは16 歳 でDJになった 自 分 の オーディオ 機 器 を 持 って 人 の 集 まる 場 所 でダンス ミュージックをかける 楽 な 仕 事 だった とフェル ミノは 回 想 する 5 年 後 彼 はもう 1 歩 踏 み 出 し パーティー クラブを 始 めた お 金 を 稼 ぎたかったが 同 時 にエレクトロ ダンスミュージックを 人 々に 広 めたいとも 思 っていたのである しかしながら 彼 が 提 供 する 音 楽 で 人 々を 満 足 させるのは 難 しかった 彼 が 住 んでいたサンパウロの 低 所 得 地 域 の 人 々は 従 来 からの 音 楽 を 好 んだのである 文 化 や 文 化 的 な 好 みを 変 えるのは 本 当 に 大 変 なことです と 彼 はため 息 混 じりに 言 う だから 私 がやろうとしていたことは 思 ったようにはうまく いきませんでした けれどもフェルミノはこの 経 験 を 後 悔 は していない ビジネスは そのサービスや 商 品 を 顧 客 が 求 めな い 限 りうまくやっていくことができない と 教 えてくれたから だ 彼 は2010 年 いとこのジェファソン ソアレスが 経 営 して いたウェブページ デザイン 会 社 に 加 わった 当 時 ソアレスの 事 業 は 厳 しい 状 況 だったが フェルミノはソアレスを 手 伝 い クライアントが 自 分 たちのサイトを 少 ない 経 費 で 段 階 的 に 構 築 することができるようなウェブ プラットフォームを 作 った そしてこの 事 業 が 軌 道 に 乗 るころには フェルミノの 頭 の 中 に は 既 に 次 の 新 しい 事 業 の 構 想 があった それは 地 元 のサー ビスを 対 象 としたオンライン 市 場 である その 背 景 には カメ ラマン デザイナー ショーウィンドウの 装 飾 家 あるいは 他 のサービスを 雇 おうと 考 えていても そうしたサービスをどこ で 探 したらよいか 分 からない 中 小 企 業 が 多 いという 状 況 があっ た オンライン 市 場 の 構 築 フェルミノは この 両 者 をつなぎ 取 引 を 促 進 するために ウェブ 上 のプラットフォームを 利 用 できるのではないかと 考 え た そして 彼 の 会 社 は 小 額 の 仲 介 料 を 請 求 するというわけだ フェルミノとパートナーたちは この 数 カ 月 間 アイデアを 練 り 弁 護 士 や 起 業 家 仲 間 などに 相 談 している 私 たちは 毎 日 のようにこのアイデアを 修 正 したり 改 善 したり またこれ に 関 連 した 計 画 を 練 り 直 したりしています と 彼 は 語 る 最 も 大 きな 問 題 は 資 金 調 達 である ブラジルでは エンジェ ejournal USA 25

28 ル インベスターと 呼 ばれるベンチャー 企 業 を 支 援 する 個 人 投 資 家 たちは 通 常 自 分 たちが 知 っているビジネスしか 支 援 せず オンラインベンチャーに 特 に 初 期 段 階 の 企 業 に 理 解 を 示 すエンジェル インベスターはほんの 一 握 りしかいない からだ しかしながら フェルミノは 資 金 を 求 めるときに ノー と 言 われて も 決 してあきらめない また 彼 は 事 業 計 画 コンテストに 応 募 するという 手 段 も 模 索 している これは 新 進 起 業 家 に 立 ち 上 げ 資 金 を 勝 ち 取 るチャンスを 与 えるの みならず 企 業 の 宣 伝 にもなるからであ る 起 業 センター ロベルト フェルミノ 現 在 26 歳 になったフェルミノは サンパウロ 大 学 でエンジ ニアリングを 学 ぶとともに キャンパス 内 とオンラインで 起 業 センターを 運 営 している このセンターでは 学 生 起 業 家 たち が 自 分 のアイデアや 経 験 をお 互 いに 交 換 したり 講 演 などのた Courtesy Photo めに 訪 れるベテラン 経 営 者 と 交 流 した りすることができ ベンチャー 事 業 を 行 っている 学 生 たちやこれから 始 めよ うと 考 えている 学 生 たちでにぎわって いる また 同 センターは 大 学 で 行 っ ているビジネス 基 礎 クラスの 内 容 を 広 げた 起 業 プログラムの 開 発 も 進 めてい る フェルミノと 同 僚 たちは, 自 分 た ちのプログラムの 内 容 をできる 限 り 最 高 のものとするために 米 国 や 中 南 米 の 大 学 で 実 施 されている 同 様 のプログ ラムを 研 究 し 取 り 入 れている しかし フェルミノの 起 業 家 として の 意 欲 は 留 まることを 知 らない 頭 の 中 にはまだアイデアがいっぱい 詰 まっています と 彼 は 言 う 彼 は 最 も 有 望 なアイデアを 選 び それに 取 り 組 む そして 他 のアイデアは 友 人 や 起 業 家 仲 間 と 共 有 している ア イデアを 探 している 人 は 彼 に 電 話 してみてはどうだろうか A.Z. このブラジルの 母 親 のように オンライン 市 場 を 活 用 すれば どこからでもビジネスができる ejournal USA 26

29 イベントを 仕 切 るティーンエージャー ヨルダン 川 西 岸 にあるベツレヘム 市 メンジャー 広 場 のクリスマスデコレーション ワ エド アルタウィールは 自 分 で 事 業 を 起 こしたとき 起 業 家 とは 何 かということを 全 く 知 らなかった し かし それでもこの18 歳 の 高 校 生 は 本 格 的 な 事 業 を 計 画 し 発 足 させる パレスチナ 領 土 の 学 生 を 対 象 とするコン テストに 応 募 した アルタウィールが 始 めた 事 業 は ティーン タッチという 特 別 イベント 企 画 運 営 会 社 だった 彼 女 は 同 級 生 28 人 を 雇 って 招 待 状 を 送 り 施 設 を 借 り 食 べ 物 のケータリングサービスを 手 配 した ティーン タッチは 子 どもの 誕 生 パーティーを 企 画 準 備 し ヨルダン 川 西 岸 のラマラ 市 で 住 宅 やビルにクリス マスの 飾 りを 施 し バレンタインデーのギフトを 売 る 店 を 開 いた 私 たちは 何 から 何 まで あらゆる 手 配 を 引 き 受 けました とアルタウィールは 語 る 高 い 評 価 ティーン タッチはパレスチナ 領 土 の 最 優 秀 学 生 企 業 賞 を 受 賞 した また 毎 年 開 催 されるインジャズ アルアラブ 地 域 企 業 コンテストで 2007 年 のアラブ 世 界 最 優 秀 学 生 企 業 と 認 め られた また このコンテストでは アルタウィールが2007 年 のアラブ 世 界 最 優 秀 学 生 エグゼクティブに 選 ばれた 彼 女 は 6 カ 月 後 に 事 業 を 売 却 し コンテストの 規 則 に 従 って 利 益 を 投 資 家 に 分 配 した ビルセイト 大 学 に 進 学 したアルタ ウィールは 既 に 新 しいアイデアをいくつか 考 えていた 私 は 将 来 事 業 を 築 く 夢 を 持 ち 始 めていました 自 分 が 企 業 のリーダーになれるかもしれないと 思 うようになったのです と 彼 女 は 言 う 2010 年 にオバマ 大 統 領 が ワシントンで 開 かれた 大 統 領 の 起 業 家 サミットにアルタウィールを 招 待 した 彼 女 は 最 年 少 の サミット 参 加 者 として 若 者 による 起 業 に 関 する 公 開 討 論 会 で 意 見 を 発 表 した それを 聞 いたバブソン 大 学 のレン シュレジ ンジャー 学 長 は 大 きな 感 銘 を 受 け 彼 女 に 同 大 学 院 経 営 学 修 士 課 程 の 奨 学 金 を 提 供 した そのころアルタウィールは ヨルダン 川 西 岸 の 若 いパレスチ ejournal USA 27

30 ナ 人 のためにレクリエーション エンターテインメント センター を 作 ることを 考 えていた 彼 女 は 皆 が 集 まり 楽 しみながら 人 間 的 に 成 長 できるユニークな 場 所 を 作 りたい と 言 う 彼 女 の 計 画 し たセンターには ボウリング 場 スケートリンク ミニチュア ゴ ルフコース そして 図 書 館 もある 多 難 な 人 生 を 送 っているパレス チナ 人 の 若 者 は このような 場 所 を 必 要 としているのです とアル タウィールは 語 っている また 彼 女 は 就 職 の 機 会 があまりない 同 年 代 の 若 者 たちのために 雇 用 を 創 り 出 したいとも 思 っている パレ スチナ 中 央 統 計 局 によると 2010 年 にはヨルダン 川 西 岸 とガザ 地 区 の 若 者 の40% 近 くが 失 業 してい た 現 実 の 壁 2010 年 にワシントンで 開 かれた 大 統 領 の 起 業 家 サミットで 話 をするワエド アルタウィール Ken White 見 でした と 彼 女 は 言 う この21 歳 の 起 業 家 は ビルセイト 大 学 を 卒 業 しバブソン 大 学 の 大 学 院 に 入 ることを 目 指 して 学 業 に 励 んでい る 彼 女 は この 3 年 間 私 にとっ ては 本 当 に 大 きな 出 来 事 がありま した そのおかげもあって 将 来 何 をやりたいかが 見 えてきまし た と 語 る そして 彼 女 がやり たいのは 起 業 家 になることである それは 彼 女 が 起 業 家 になること によって 自 分 の 可 能 性 をフルに 発 揮 できると 信 じているからである しかし 私 はまだ 起 業 家 の 道 の 第 1 歩 を 踏 み 出 したばかりです とアルタウィールは 言 う A.Z. アルタウィールは 自 分 のアイ デアを 実 現 するのが 難 しいことも 知 っている そこで バブソ ン 大 学 の 教 授 たちと 相 談 した 結 果 まずは 学 業 に 専 念 すること にした 大 学 での 勉 強 を 終 えてからの 方 がセンター 創 設 のアイデア を 発 展 させる 準 備 も 整 っているだろう というのが 先 生 方 の 意 ビルセイト 大 学 の 卒 業 式 ejournal USA 28

31 トルコ コネクション これは 宣 伝 用 のイベントではない 2006 年 に 起 きた 日 食 のときのイスタンブール 市 スルタンアフメット 広 場 の 光 景 である イ スタンブールから 来 た 交 換 留 学 生 ファティフ イスベセル にとって 1990 年 代 初 めにフ ロリダ 州 デイトナビーチ 市 の 高 校 に 通 ったことは 思 い 出 深 い 体 験 となっ た 当 時 米 国 で 進 行 中 の 技 術 革 命 に 魅 せられた と 彼 は 言 う テクノロジー 熱 私 は 起 業 家 精 神 とさまざまな 技 術 のアイデアにあふれていました とイ スベセルは 振 り 返 る そうした 変 化 がいずれはトルコにも 影 響 を 及 ぼすの ではないか という 気 がしました イスベセルがフロリダ 州 の 高 校 に 通 っていたころ トルコは 電 気 通 信 の ファティフ イスベセル 分 野 で 米 国 をはじめとする 先 進 国 に 大 Courtesy Photo きく 遅 れを 取 っていた 当 時 トルコの 田 舎 では 電 話 のある 家 庭 は 珍 しく 電 話 をかけるには 地 元 の 郵 便 局 まで 行 って 電 話 がつながるのを 待 たねばならなかっ た しかし イスベセルのようなトルコの 起 業 家 たちのおかげで 状 況 が 大 きく 変 わってきた 1990 年 代 後 半 に イスベセルはイスタ ンブール 工 科 大 学 の 級 友 数 人 と 共 に イ ンターネットのプロジェクトを 主 に 扱 う 小 さな 事 業 を 始 めた それはコンピュー ター 技 術 者 のための 遊 び 場 のようなもの でした と 彼 は 言 う イスベセルは 2000 年 にはもっと 本 格 的 な 企 業 ポジトロン 社 を 創 設 した 同 社 の 事 業 内 容 は 電 気 通 信 分 野 の 事 業 開 発 ネットワーキングおよびセキュリ ejournal USA 29

32 この 少 女 は 次 世 代 携 帯 電 話 が 絶 対 トルコで 生 まれるようにしようとしている Courtesy of Nevit ティー 用 のソフトウェア 開 発 だった イスベセルによると 同 ローバル ビジネスプラン コンテストで 優 勝 した 社 は トルコで 不 足 していた 経 験 豊 富 なマネジャーの 募 集 をは 米 国 に 本 社 のある 大 手 多 国 籍 銀 行 が 独 自 のバージョンをリ じめ 数 々の 難 題 に 直 面 した リースしたのと 同 じ 月 に 私 たちがこの 製 品 を 発 売 したことに 深 い 満 足 感 を 覚 えました とイスベセルは 言 う 新 時 代 の 幕 開 け 彼 の 野 心 は ワイヤレス 産 業 の 将 来 を 形 作 ることに 参 加 すること そして ポジトロンの 最 初 のヒット 商 品 の 1 つ トルコの 仲 間 やライバルと 共 に トル は トルコで 唯 一 の 公 式 スポーツ 賭 博 ゲームIDDAA 用 の 携 帯 電 話 アプリケー ションだった そしてその 数 年 後 ポジ トロンは トルコ 最 大 の 民 間 銀 行 トル コ 勧 業 銀 行 のために 携 帯 電 話 バンキン グ アプリケーションを 開 発 して 国 際 金 融 市 場 に 進 出 し 大 躍 進 を 遂 げた この アプリケーションによって ユーザーは 世 界 中 どこにいても 送 金 株 の 取 引 預 金 残 高 照 会 などができるようになった イスベセルは2007 年 に 米 国 に 本 部 のある 起 業 促 進 の 非 営 利 組 織 エンデバーにより 影 響 力 の 大 きい 起 業 家 の 1 人 に 選 ばれた そして その 1 年 後 にはポジトロンの 統 合 モバイルバ ンキング 製 品 が ハーバード 大 学 ビジネススクール 主 催 のグ 彼 は 米 国 の 同 様 の 製 品 と 同 じ 月 に 自 社 製 品 を 米 国 市 場 で 発 売 したことに 特 に 大 きな 満 足 感 を 得 た コにはハイテクセクターが 存 在 しない という 誤 った 概 念 を 覆 すことだという エンデバーのエルミラ ベイラズリ は ポジトロンの 成 功 は 雇 用 創 出 に 貢 献 しただけでなく 他 のトルコ 国 民 を 刺 激 し 自 分 自 身 を 革 新 者 と 見 よう という 気 を 起 こさせることにも 貢 献 し ました と 語 っている A.Z. ejournal USA 30

33 Courtesy of Procsilas Moscas イスタンブールの 過 去 を 物 語 る 風 景 ejournal USA 31

34 なぜ 起 業 家 になったのですか クレイグ ニューマーク 16 年 ほど 前 に 趣 味 でクレイグズリスト を 始 めたことから 偶 然 に 起 業 家 になりま した 当 時 生 まれたばかりのオンラインコ ミュニティーに 恩 返 しをしようと 考 えたの です [インターネット ユーザーに]そ の 当 時 でも 大 きく 支 援 してもらっていたも のですから しかし1999 年 には 私 のして いることが 明 らかに 何 百 万 もの 人 たちに とって 大 きな 重 要 性 を 持 っていることが 分 かり このコミュニティーへの 約 束 を 果 た すために 本 格 的 な 事 業 家 にならざるを 得 ま せんでした クレイグ ニューマークが 創 設 したクレイグズリストは 無 料 のオンライン 案 内 広 告 を 中 心 とするコミュニ ティーベースのネットワークである 1995 年 以 来 クレイグズリストは 米 国 で 最 も 人 気 の 高 いウェブサイトの 1 つに 成 長 している ラジーブ メーロトラ 学 校 に 通 っていたころ トランジスターラジオを 組 み 立 てて 売 っていました ですから もともと 起 業 家 精 神 があったのだと 思 います 後 にエンジニア の 教 育 を 受 けましたが 常 に 製 品 開 発 から 資 金 調 達 そしてマーケティングまで ビジネスのあらゆる 側 面 に 関 わりたいと 考 えていました 起 業 家 であるこ とは 生 き 方 であり それは 私 にとって 素 晴 しい 生 き 方 です ラジーブ メーロトラは インドで 数 々の 電 気 通 信 会 社 を 設 立 し 成 功 させている タイム 誌 による あ なたの 生 活 を 変 える 人 たちの1 人 に 選 ばれたほか 世 界 経 済 フォーラムのテクノロジー パイオニアに も 選 ばれている Courtesy Photo ejournal USA 32

35 エバ ボイコフスカ Courtesy Photo 起 業 家 は なろうと 思 ってなるものではないと 思 います も のごとのやり 方 をもっと 改 善 しようという 努 力 を 継 続 した 結 果 として 起 業 家 になるのだと 思 います しかし 振 り 返 ってみる と 私 は 常 に 何 かを 人 と 違 う 方 法 でやるアイデアを 持 っていた ようです コペルニクは 開 発 援 助 をもっと 具 体 的 かつ 効 果 的 に 実 行 できるはずだという 私 の 信 念 から 生 まれたものです エバ ボイコフスカは コペルニクの 共 同 創 設 者 コペルニ クは 開 発 途 上 国 にシンプルで 低 コストの 技 術 を 提 供 する 非 営 利 事 業 である ビレル ブラウイ 起 業 家 とは 夢 を 抱 く 勇 気 のある 人 です そして 自 分 と 自 分 のチー ムを 信 頼 し 型 破 りなアイデアを 素 晴 しいプロジェクトに 変 えること ができると 信 じている 人 です 起 業 家 は 無 限 の 可 能 性 を 信 じ 他 の 人 たちが 問 題 だと 見 なすことに 直 面 しても それをチャンスと 捉 える 人 です 私 は こうした 価 値 観 を 共 有 する 偉 大 な 人 たちに 大 いに 触 発 され 長 年 にわたりそういう 人 になることを 目 指 してきました ビレル ブラウイは チュニジアのオンライン ソーシャルメディ ア 企 業 AWS 社 の 共 同 創 設 者 で 最 高 経 営 責 任 者 Courtesy Photo マイク モラディアン Courtesy Photo 私 が 起 業 家 になったのは 自 分 のアイデアを 信 じていたから そして 変 化 を 起 こすことに 貢 献 できると 信 じていたからです 起 業 家 は 自 分 のビジョンと 夢 と 野 心 から 素 晴 しいものを 形 作 る ことができます 何 かを 創 り 出 して 成 功 させることほどスリル のあることはありません また 自 分 で 稼 ぎ 出 したお 金 ほど 有 意 義 な 報 酬 はありません マイク モラディアンは ロサンゼルス 市 で 米 国 の 公 立 大 学 250 校 の 成 績 分 布 データを 公 表 する 会 社 キャンパスバディ 社 を 設 立 した ejournal USA 33

36 サンディアガ ウノ 起 業 家 になったのは 偶 然 の 成 り 行 きでした 家 族 にも 親 戚 にも 起 業 家 はいません 1997 年 の 金 融 危 機 のあおりでレイオ フされたため 自 分 で 自 分 の 将 来 を 築 いていくしかありませ んでした 私 は 起 業 家 になったことで 理 想 主 義 と 独 創 性 によって 社 会 を 良 い 方 向 へ 変 える 力 を 与 えられました サンディアガ ウノは 投 資 会 社 サラトガ キャピタル 社 を 創 設 した 同 社 は1998 年 以 来 インドネシア 有 数 の 規 模 を 持 つ 投 資 会 社 に 成 長 している Courtesy Photo フィル テプファー フィル テプファー( 左 )とチャールズ ボゴイアン チャールズ ボゴイアン 私 は 昔 から 起 業 家 になれば 具 体 的 な 形 で 世 界 に 良 い 影 響 を 及 ぼす ことができると 考 えていました 何 もないところから 何 かを 築 く と いうチャレンジに 直 面 しながら 貴 重 な 技 能 と 教 訓 を 学 びました そ れは 普 通 なら はるかに 長 い 時 間 をかけて 体 験 することでした Courtesy Photo 起 業 家 になることは 究 極 の 自 己 表 現 です 自 分 の 独 自 の 製 品 や サービスを 創 り 出 し それを 他 の 人 たちに 気 に 入 ってもらうことは 大 きなチャレンジです 自 分 が 創 り 出 したものを 地 域 社 会 が 受 け 入 れてくれるのを 見 るのは 私 の 人 生 で 最 も 大 きな 満 足 感 を 得 た 体 験 でした それは 世 界 を 変 え 無 数 の 人 たちの 生 活 に 影 響 を 及 ぼし 自 分 が 人 生 で 何 かを 成 し 遂 げたと いう 実 感 を 得 る 手 段 であり 普 通 の 9 時 5 時 [の 仕 事 ]ではなかな か 得 られないものです フィル テプファーとチャール ズ ボゴイアンは リサイクル 材 料 を 使 った 布 地 で 作 られたジャ ケットやシャツを 販 売 するリブプ ラウド 社 ( 本 社 ボストン 市 )を 共 同 で 創 設 した ejournal USA 34

37 セリマ アブー 美 しいものを 作 るという 夢 を 持 っていますか おいしいものを 作 るという 夢 を 持 っていますか 多 くの 人 に 喜 んでもらえるものを 作 るという 夢 を 持 っていますか そして 自 分 の 事 業 のあらゆる 価 値 観 を 反 映 したブランドを 創 り 出 すという 夢 を 持 っていますか 私 はこうした 夢 を 全 部 見 てきました それが TYPIK 社 を 創 設 した 理 由 です セリマ アブーは2004 年 に チュニジア 製 品 をオンラインと 従 来 型 店 舗 の 両 方 で 販 売 するTYPIK 社 を 創 設 した トメル ドビル 起 業 家 になったのは 気 に 入 らないことに 不 満 を 言 うだけで なく それを 改 善 する 行 動 を 取 りたかったからです 起 業 家 に なったことで 変 化 を 生 む 力 を 与 えられました 自 分 1 人 のパ ソコンを 改 良 するだけでなく 世 界 中 の 何 億 人 というパソコン ユーザーの 体 験 を 改 善 する 力 を 与 えられたのです Courtesy of Antonio Bonanno トメル ドビルは イスラエ ルに 本 社 のあるソフトウェア 会 社 ソルート 社 の 共 同 創 設 者 で 最 高 経 営 責 任 者 同 社 はパソコンの 機 能 を 向 上 させるサービスを 提 供 している Courtesy Photo Courtesy Photo マルチェロ オリジ 子 どものころ ピックアップサッカーをして 遊 ぶときには 必 ず 弱 い 方 のチームを 選 んでプレーしていました 強 いチームに 勝 つのが とても 気 持 ちがよかったからです 常 にチャレンジするのが 好 きでした そして 自 分 の 人 生 を 左 右 する 本 当 の 力 を 持 ち 人 のためになるものを 創 り 出 したいと いつも 思 っていました チャレ ンジを 求 め 未 来 を 形 作 り 社 会 に 何 かを 還 元 する それが 起 業 家 になった 理 由 です マルチェロ オリジは イタリアのサルディニア 島 でプロッシマ イソラという 情 報 通 信 技 術 会 社 ほか 2 社 を 共 同 で 創 設 した ejournal USA 35

38 ブルームバーグ ビジネスウィーク 誌 主 催 の 2010 年 米 国 で 最 も 優 秀 な 若 き 起 業 家 コンテストの 最 終 選 考 に 残 ったタイラー ガルガンスキは フード 付 きアンダーシャツ 販 売 会 社 を 共 同 創 設 した ejournal USA 36

39 参 考 資 料 若 者 の 事 業 と 若 い 起 業 家 に 関 するウェブサイト GenX Startup and Idea Café ビジネスアイデアや 新 事 業 立 ち 上 げへのアドバイスに 関 する 若 者 のためのフォーラム Kairos Society 起 業 を 通 じて 次 世 代 のグローバルリーダーを 育 成 することを 目 指 す 学 生 たちの 組 織 Global Entrepreneurship Week を 称 え 推 進 する 年 次 イベント 世 界 各 地 の 若 者 による 起 業 Teen Business Link 若 い 起 業 家 候 補 のための 米 国 中 小 企 業 庁 の 情 報 資 源 Junior Achievement Worldwide 労 働 力 としての 準 備 態 勢 起 業 家 精 神 金 融 知 識 について 学 生 たちを 教 育 する 世 界 最 大 の 組 織 米 国 国 務 省 は 上 記 各 資 料 の 内 容 および 入 手 の 可 能 性 につい ては 責 任 を 負 いません インターネットリンクは 2012 年 6 月 現 在 すべて 有 効 でした 起 業 家 になるのに 早 過 ぎるということはない ベック ジョンソンは10 歳 のときにニューハンプシャー 州 スナピー 市 でアイスクリームスタンドを 開 店 した ejournal USA 37

40 米 国 大 使 館 / アメリカンセンター レファレンス 資 料 室 札 幌 アメリカンセンター レファレンス 資 料 室 札 幌 市 中 央 区 北 1 条 西 28 丁 目 米 国 総 領 事 館 内 Tel: Fax: 米 国 大 使 館 レファレンス 資 料 室 東 京 都 港 区 赤 坂 Tel: (レファレンスサービス) Tel: ( 来 館 予 約 ) Fax: 関 西 アメリカンセンター レファレンス 資 料 室 大 阪 市 北 区 西 天 満 米 国 総 領 事 館 ビル6 階 Tel: Fax: 福 岡 アメリカン センター レファレンス 資 料 室 福 岡 市 中 央 区 天 神 ソラリア パークサイドビル8 階 Tel: Fax: 米 国 大 使 館 のウェブサイト 米 国 大 使 館 米 国 大 使 館 携 帯 サイト

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd ァ メ 専 門 返 運 用 困 相 談 先 世 メ 実 情 違 理 店 専 門 実 際 保 険 理 店 務 仕 事 拠 相 談 保 険 話 後 絶 何 隠 ァ 変 3 多 仕 事 柄 搾 4 程 度 従 員 抱 経 営 者 低 賃 労 働 者 ゆ ワ キ グ ア 高 校 卒 後 飲 食 店 勤 職 場 環 境 ひ ( ブ 企 ) 4 心 身 壊 退 職 ざ 退 職 後 近 無 職 活 送 ハ ワ 通

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

001-014.indd

001-014.indd 0 0 6 版 始 バ ブ 日 本 取 巻 済 向 伴 市 変 化 対 応 0 0 8 版 0 0 版 0 版 ご 改 重 ね 回 第 5 弾 版 0 版 バ ブ 異 功 97 コ セ 見 開 ペ タ 97 項 目 説 明 将 来 次 視 野 入 ど ざ 状 況 ビ ネ パ ソ 皆 役 立 月 ダ ボ 議 参 加 竹 平 蔵 慶 應 義 塾 学 教 授 六 本 木 ヒ ズ 月 末 開 催 セ ミ ナ

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

’00

’00 明 石 の 人 口 平 成 17 年 (2005 年 ) 国 勢 調 査 結 果 報 告 書 平 成 17 年 国 勢 調 査 の 概 要 調 査 の 目 的 及 び 沿 革 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 の 状 況 を 明 らかにするため, 大 正 9 年 以 来 ほぼ 5 年 ごとに 行 われており, 平 成 17 年 国 勢 調 査 はその 18 回 目 に 当 たる 国 勢

More information

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転 102 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 平 成 月 始 史 談 目 オ ラ ヒ リ 掲 載 六 月 号 九 治 氏 オ ラ ヒ リ 掲 載 界 彩 登 頂 正 敏 氏 氏 日 協 理 区 評 議 評 議 務 所 理 議 長 締 役 要 職 務 平 成 第 ベ 章 平 成 七 月 旭 日 双 光 章 章 界 表 重 鎮 論 点 伺 歩 み 界 歩 み 号 掲 載 明 治 創 創 七 老 舗 動

More information

大 分 県 の 公 務 員 薬 剤 師 の 業 務 紹 介 2 生 活 環 境 部 環 境 保 全 課 山 瀬 敬 治 薬 剤 師 の 職 能 を 出 身 県 の 大 分 でフル 活 用 して 働 きたい!! そのような 気 持 ちで 学 生 時 代 から 大 分 県 職 員 を 志 望 しました

大 分 県 の 公 務 員 薬 剤 師 の 業 務 紹 介 2 生 活 環 境 部 環 境 保 全 課 山 瀬 敬 治 薬 剤 師 の 職 能 を 出 身 県 の 大 分 でフル 活 用 して 働 きたい!! そのような 気 持 ちで 学 生 時 代 から 大 分 県 職 員 を 志 望 しました 大 分 県 の 公 務 員 薬 剤 師 の 業 務 紹 介 ➀ 生 活 環 境 部 食 品 安 全 衛 生 課 白 石 伸 一 私 は 県 に 入 る 前 は 薬 局 で 働 いていました 大 分 県 が 薬 剤 師 を 募 集 していることを 知 人 から 紹 介 され 行 政 薬 剤 師 という 道 もあることを 知 ったのがきっかけでした 大 分 県 の 食 の 安 全 と 安 心 を 守 っています

More information

Microsoft PowerPoint - 無料小冊子0902.pptx

Microsoft PowerPoint - 無料小冊子0902.pptx 開 業 1 2 年 目 の 会 社 が 成 長 していくために 私 たちの 事 務 所 には 開 業 間 もない 会 社 様 などから 毎 年 150 件 以 上 の 無 料 相 談 のご 依 頼 があります また 顧 問 契 約 先 の 会 社 様 の 中 にも 開 業 1 2 年 目 の 会 社 様 が 数 多 く いらっしゃいます こうしたご 相 談 やお 付 き 合 いを 通 じて 分 かってきたことは

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

Contents 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 1 マイナンバーの 目 的 -------------------------------------------------- 01 2 マイナンバーの 概 要 ----------------------------------------

Contents 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 1 マイナンバーの 目 的 -------------------------------------------------- 01 2 マイナンバーの 概 要 ---------------------------------------- 平 成 28 年 より 運 用 開 始 マイナンバー 制 度 の 概 要 と 企 業 に 求 められる 対 応 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 2 法 人 におけるマイナンバー 制 度 3 マイナンバーの 取 扱 いに 関 する 留 意 点 Contents 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 1 マイナンバーの 目 的 --------------------------------------------------

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚 グ グ? 質 問 エ 答 ょ 々 折 闘 与 タ 添 進 エ ネ ギ 注 不 測 ブ 起 関 係 レ ふ む 余 裕 必 死 片 付 多 姿 瞬 好 苦 労 末 ェ 功 グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2096D891BA8CF5975989898F4B875481698F4390B3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2096D891BA8CF5975989898F4B875481698F4390B3816A2E646F63> 職 業 とコンピテンシー ~ 求 められる 人 間 力 ~ 目 次 1. プロジェクト 選 定 理 由 と 目 的 手 段... 2 2. 関 東 学 園 大 学 におけるコンピテンシー... 3 3. 群 馬 県 太 田 警 察 署... 5 (1) 警 察 組 織 の 概 要... 5 (2) 警 察 署 設 置 の 根 拠 規 定... 6 ア 警 察 組 織 の 設 置 Ⅰ( 警 察 本 部

More information

平成28年度以降の行政評価局調査テーマ候補についての意見募集結果

平成28年度以降の行政評価局調査テーマ候補についての意見募集結果 平 成 28 年 度 以 降 の 行 政 評 価 局 調 査 テーマ 候 補 についての 意 見 募 集 の 結 果 平 成 28 年 3 月 29 日 総 務 省 行 政 評 価 局 平 成 28 年 度 以 降 の 行 政 評 価 局 調 査 テーマ 候 補 について 平 成 28 年 2 月 2 日 ( 火 )から 同 年 3 月 2 日 ( 水 )までの 間 国 民 の 皆 様 から 広 く

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

資  料3 総理の新提案(美しい星へのいざない「Invitation to 『Cool Earth 50』」~3つの提案、3つの原則~)

資  料3 総理の新提案(美しい星へのいざない「Invitation to 『Cool Earth 50』」~3つの提案、3つの原則~) 美 しい 星 へのいざない Invitation to Cool Earth 50 ~ 3つの 提 案 3つの 原 則 ~ 資 料 3 冒 頭 杉 田 日 本 経 済 新 聞 社 社 長 アジア 各 国 指 導 者 の 皆 様 御 来 賓 の 皆 様 本 日 各 方 面 でアジアを 代 表 する 皆 様 方 の 前 で スピーチをする 機 会 をいただい たことを 誠 にうれしく 思 います 本 日

More information

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築 優 秀 賞 電 子 マネーと 企 業 ポイントの 新 たな 交 換 システムの 構 築 明 治 大 学 商 学 部 角 野 充 笹 島 康 平 末 吉 紘 季 鈴 木 奈 穂 美 ( 応 募 論 文 の 要 約 ) 近 年 様 々 な 電 子 マ ネ ー や 企 業 ポ イ ン ト が 登 場 し て き て い る が そ れ ら 相 互 間 で の 交 換 性 に は 強 い 制 約 が あ る

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

No. 質 問 回 答 8 給 電 器 を 購 入 します 第 5 の 事 業 で 申 請 をしますが 条 件 はありま す 9 給 電 器 を 購 入 します 第 5の 事 業 で 申 請 をしますが 交 付 決 定 が 下 りるまで 給 電 器 を 使 えないのでし ょう 10 第 1 の 事

No. 質 問 回 答 8 給 電 器 を 購 入 します 第 5 の 事 業 で 申 請 をしますが 条 件 はありま す 9 給 電 器 を 購 入 します 第 5の 事 業 で 申 請 をしますが 交 付 決 定 が 下 りるまで 給 電 器 を 使 えないのでし ょう 10 第 1 の 事 目 次 Q1. 事 業 概 要 補 助 内 容 募 集 期 間 実 績 報 告 締 切... 1 Q2. 申 請 方 法 記 入 方 法 日 付... 4 Q3. 添 付 書 類... 9 Q4. 申 請 後 の 変 更... 12 Q5. 財 産 管 理 財 産 処 分... 13 2015 年 10 月 9 日 一 部 追 記 Q1. 事 業 概 要 補 助 内 容 募 集 期 間 実 績 報

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」 中 国 における 地 方 財 政 問 題 と 地 方 債 発 行 の 実 行 可 能 性 についての 研 究 李 建 偉 中 国 国 務 院 発 展 研 究 中 心 マクロ 経 済 研 究 部 副 処 長 1. 中 国 の 地 方 財 政 が 直 面 している 主 要 な 問 題 1.1. 分 税 制 改 革 実 施 後 中 央 と 地 方 における 財 政 管 理 権 と 事 務 処 理 権 の

More information

(4) 株 式 利 子 および 配 当 等 の 権 益 性 投 資 所 得 は 所 得 を 分 配 する 企 業 の 所 在 地 に 基 づき 確 定 する; (5) 利 息 所 得 賃 貸 料 所 得 特 許 権 使 用 料 所 得 は これらの 所 得 を 負 担 もしくは 支 払 う 企 業

(4) 株 式 利 子 および 配 当 等 の 権 益 性 投 資 所 得 は 所 得 を 分 配 する 企 業 の 所 在 地 に 基 づき 確 定 する; (5) 利 息 所 得 賃 貸 料 所 得 特 許 権 使 用 料 所 得 は これらの 所 得 を 負 担 もしくは 支 払 う 企 業 中 華 人 民 共 和 国 企 業 所 得 税 法 実 施 条 例 第 1 章 総 則 第 1 条 中 華 人 民 共 和 国 企 業 所 得 税 法 ( 以 下 企 業 所 得 税 法 と 略 称 )の 規 定 に 基 づ き 本 条 例 を 制 定 する 第 2 条 企 業 所 得 税 法 第 1 条 にいう 個 人 独 資 企 業 パートナーシップ 企 業 とは 中 国 の 法 律 行 政 法

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

日本学生支援機構入札説明会資料

日本学生支援機構入札説明会資料 日 本 学 生 支 援 機 構 について 平 成 28 年 3 月 概 要 政 策 上 の 重 要 性 国 との 関 係 事 業 の 概 況 極 めて 高 い 社 会 的 意 義 政 策 的 重 要 性 日 本 国 憲 法 や 教 育 基 本 法 に 定 められた 教 育 の 機 会 均 等 を 制 度 的 に 支 える 教 育 の セーフティネット と 位 置 づけられる 役 割 国 の 強 い

More information

彼 女 の 一 番 の 弱 点 は 画 像 だ しわやたるみといった 年 齢 を 感 じさせるような 画 像 が 一 番 怖 い ヒラリー 氏 は 自 分 の 弱 点 をごまかすことなく 得 意 な 顔 を 見 せるやり 方 を 取 るだ ろうが 昔 の 彼 女 を 知 っている 有 権 者 に 歳

彼 女 の 一 番 の 弱 点 は 画 像 だ しわやたるみといった 年 齢 を 感 じさせるような 画 像 が 一 番 怖 い ヒラリー 氏 は 自 分 の 弱 点 をごまかすことなく 得 意 な 顔 を 見 せるやり 方 を 取 るだ ろうが 昔 の 彼 女 を 知 っている 有 権 者 に 歳 ヒラリー クリントン 氏 出 馬 表 明 ~2016 米 大 統 領 選 ~ 要 旨 ~ ヒラリー クリントン 氏 が2016 年 の 米 国 大 統 領 選 への 立 候 補 を 表 明 した これほど 早 い 時 期 に 立 候 補 を 表 明 した 理 由 の 第 一 は 候 補 者 を 絞 り 込 むプライマリー( 予 備 選 挙 ) がかなり 前 倒 しになっているからだ プライマリーを

More information

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円 はじめに あなたご 自 身 のことについてお 伺 いいします F1 あなたのお 住 まいは 次 のどの 地 域 ですか 1 県 北 地 域 3 県 南 地 域 5 南 会 津 地 域 7 いわき 地 域 2 県 中 地 域 4 会 津 地 域 6 相 双 地 域 お 住 まいの 地 域 がわからない 場 合 は 以 下 に 市 町 村 名 をご 記 入 ください ( ) F2 あなたの 出 身 地

More information

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc NPOって 何? 平 成 25 年 10 月 浜 松 市 市 民 部 市 民 協 働 地 域 政 策 課 目 次 Q 1 NPOって 何? 2 Q 2 非 営 利 とはどういうことですか? 2 Q 3 NGOとの 違 いは? 3 Q 4 NPOとボランティアとの 違 いは? 3 Q 5 NPOで 働 いて 給 料 をもらえますか? 4 Q 6 町 内 会 や 自 治 会 との 違 いは? 4 Q 7

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

平 成 27 年 度 版 ( 第 1 期 分 ( 春 学 期 )) 授 業 料 免 除 申 請 書 類 学 群 大 学 院 共 通 申 請 期 限 : 第 1 期 分 平 成 27 年 5 月 26 日 ( 火 )( 厳 守 ) 5 月 19 日 ( 火 )までに 申 請 書 類 の 確 認 を 受 けてください 第 2 期 分 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 )( 厳 守 ) 掲 示

More information

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金 別 表 第 二 ( 第 17 条 関 係 ) 水 道 用 水 供 給 事 業 勘 定 科 目 表 収 益 の 部 款 項 目 節 説 明 細 節 事 業 収 益 すべての 収 益 的 収 入 を 記 載 し 営 業 収 益 営 業 外 収 益 及 び 特 別 利 益 に 区 分 する 営 業 収 益 営 業 外 収 益 給 水 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 の 営 業 収 益 受 取 利

More information

P01.AI

P01.AI グ 紹 介 ブ No. 号 0 0 般 予 算 歳 算 剰 余 繰 越 普 通 交 税 交 増 ほ 経 済 交 復 旧 庫 支 増 歳 職 期 異 職 給 与 道 整 備 交 増 配 分 橋 梁 寿 命 道 舗 追 加 火 水 槽 領 漁 港 増 陸 競 技 レ 整 備 図 書 館 テ 更 ほ 8 豪 雨 農 林 土 木 復 旧 追 加 歳 歳 億 増 予 算 総 9 億 ギ ヨ ァ 管 ぎ 験 農

More information

使 用 さ れ る 過 酸 化 水 素 の 製 造 施 設 も 設 け ら れ た 2 敗 戦 直 後 の 燃 料 廠 第 一 海 軍 燃 料 廠 で は 敗 戦 と 同 時 に 重 要 書 類 の 焼 却 と 液 体 燃 料 薬 品 類 の 廃 棄 処 分 が 行 わ れ 所 員 た ち の 多

使 用 さ れ る 過 酸 化 水 素 の 製 造 施 設 も 設 け ら れ た 2 敗 戦 直 後 の 燃 料 廠 第 一 海 軍 燃 料 廠 で は 敗 戦 と 同 時 に 重 要 書 類 の 焼 却 と 液 体 燃 料 薬 品 類 の 廃 棄 処 分 が 行 わ れ 所 員 た ち の 多 本 郷 台 の 歴 史 軍 用 地 の 返 還 と 再 開 発 神 奈 川 県 立 柏 陽 高 等 学 校 矢 野 慎 一 は じ め に 2011 年 秋 に 栄 区 役 所 地 域 振 興 課 か ら 栄 の 歴 史 ( 2013 年 3 月 刊 )の 原 稿 執 筆 を 依 頼 さ れ た 与 え ら れ た テ ー マ は 旧 第 一 海 軍 燃 料 廠 の 返 還 で あ っ た 以 前

More information

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04 HR News Letter 2011 年 4 月 号 平 澤 国 際 社 労 士 事 務 所 東 京 都 港 区 芝 大 門 1-3-5 山 田 ビル 3 階 TEL 03-5402-8491 http://www.jp-hrpayroll.com/ ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願 8 夢 火 翌 敗 工 場 閉 鎖 制 放 験 由 色 掃 授 業 定 徒 等 専 門 野 定 勉 強 深 有 志 誕 装 備 料 グ 単 独 般 皆 南 央 跋 渉 尽 足 袋 3 級 縦 走 冬 単 極 必 研 究 併 慣 習 果 然 系 専 門 誌 例 雑 誌 採 飼 育 発 誇 積 極 性 道 研 究 仲 朝 勝 級 敬 称 彼 京 都 合 組 織 コ ズ 草 存 告 書 松 編 ワ ズ 紀

More information

1. 平 成 26 年 度 授 業 料 免 除 の 取 扱 いについて 今 年 度 の 主 な 変 更 点 1. 博 士 枠 の 設 置 について 現 行 の 免 除 選 考 枠 を 留 学 生 枠 留 学 生 以 外 枠 から 学 群 博 士 前 期 課 程 相 当 ( 留 学 生 ) 枠 学 群

1. 平 成 26 年 度 授 業 料 免 除 の 取 扱 いについて 今 年 度 の 主 な 変 更 点 1. 博 士 枠 の 設 置 について 現 行 の 免 除 選 考 枠 を 留 学 生 枠 留 学 生 以 外 枠 から 学 群 博 士 前 期 課 程 相 当 ( 留 学 生 ) 枠 学 群 平 成 26 年 度 版 授 業 料 免 除 申 請 書 類 学 群 大 学 院 共 通 申 請 期 限 : 第 1 期 分 平 成 26 年 5 月 30 日 ( 金 )( 厳 守 ) 第 2 期 分 掲 示 及 び 本 学 ホームページにてお 知 らせします (8 月 上 旬 頃 ) 申 請 場 所 : 対 応 支 援 室 学 生 支 援 教 務 へ 持 参 してください 1 平 成 26 年

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

平 成 28 度 秋 入 学 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 社 会 人 入 学 試 験 要 項 1. 趣 旨 大 学 院 への 社 会 人 入 学 制 度 は 企 業 官 公 庁 等 の 在 職 者 または 一 定 期 間 実 践 的 な 社 会 人

平 成 28 度 秋 入 学 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 社 会 人 入 学 試 験 要 項 1. 趣 旨 大 学 院 への 社 会 人 入 学 制 度 は 企 業 官 公 庁 等 の 在 職 者 または 一 定 期 間 実 践 的 な 社 会 人 平 成 28 度 秋 入 学 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 入 学 試 験 要 項 社 会 人 入 試 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 アドミッションポリシー 21 世 紀 の 知 識 基 盤 社 会 において 大 学 院 における 高 い 専 門 的 知 識 能 力 をもつ 高 度 専 門 職 業 人 の 養 成 や 産 業

More information

<接待ゴルフも仕事のうち?>

<接待ゴルフも仕事のうち?> 8 月 の 税 務 と 労 務 の 手 続 [ 提 出 先 納 付 先 ] 10 日 源 泉 徴 収 税 額 住 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 納 付 [ 郵 便 局 または 銀 行 ] 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 提 出 < 前 月 以 降 に 採 用 した 労 働 者 がいる 場 合 > [ 公 共 職 業 安 定 所 ] 労 働 保 険 一 括 有 期 事 業

More information

untitled

untitled Special Feature Part T.U. T.U. Masato Kato Special Feature T.U. Special Feature Column Special Feature 週 刊 ダイヤモド // T.U. 特 集 徹 底 比 較 週 刊 ダイヤモド // Special Feature 留 目 分 身 将 来 実 現 話 口 ご 少 留 目 手 段 分 将 来 げ

More information

Microsoft Word - newhouseowner.mht

Microsoft Word - newhouseowner.mht 住 宅 購 入 者 のための 生 命 保 険 見 直 し ハンドブック 発 行 者 : 株 式 会 社 フ ァ イ ナ ン シ ャ ル ア ソ シ エ イ ツ 文 責 : 代 表 取 締 役 藤 井 泰 輔 著 作 権 に つ い て 住 宅 購 入 者 の た め の 生 命 保 険 見 直 し ハ ン ド ブ ッ ク の 著 作 権 は 株 式 会 社 フ ァ イ ナ ン シ ャ ル ア ソ シ

More information

ベ ス 対 処 法 知 じ 改 訂 版 せ ) 大 変 時 代 本 書 オ ジ ナ 版 ニ ュ 世 9 9 8 平 成 0) 十 ひ 昔 以 上 前 支 持 競 争 厳 げ 版 重 ね 理 由 向 減 ず 働 活 安 定 下 降 終 身 雇 前 提 サ 今 個 人 自 営 プ ロ 野 球 選 変 プ

ベ ス 対 処 法 知 じ 改 訂 版 せ ) 大 変 時 代 本 書 オ ジ ナ 版 ニ ュ 世 9 9 8 平 成 0) 十 ひ 昔 以 上 前 支 持 競 争 厳 げ 版 重 ね 理 由 向 減 ず 働 活 安 定 下 降 終 身 雇 前 提 サ 今 個 人 自 営 プ ロ 野 球 選 変 プ ベ ス 対 処 法 知 じ 改 訂 版 せ ) 大 変 時 代 本 書 オ ジ ナ 版 ニ ュ 世 9 9 8 平 成 0) 十 ひ 昔 以 上 前 支 持 競 争 厳 げ 版 重 ね 理 由 向 減 ず 働 活 安 定 下 降 終 身 雇 前 提 サ 今 個 人 自 営 プ ロ 野 球 選 変 プ ロ 野 球 選 成 績 落 ち 軍 行 契 約 更 改 拒 否 要 解 雇 待 サ 場 合 能 力

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

ゲ 揮 欠 員 ひ 異 任 務 個 々 組 解 ご 存 理 解 習 膨 準 欠 知 欲 把 握 析 状 況 準 理 解 習 況 準 適 択 順 典 防 号 石 紹 ゲ 石 研 究 善 気 普 及 構 造 M 移 写 真 尾 川 清 ピ avi 阻 止 三 挑 伯 仲 気 終 盤 毎 球 社 京 木

ゲ 揮 欠 員 ひ 異 任 務 個 々 組 解 ご 存 理 解 習 膨 準 欠 知 欲 把 握 析 状 況 準 理 解 習 況 準 適 択 順 典 防 号 石 紹 ゲ 石 研 究 善 気 普 及 構 造 M 移 写 真 尾 川 清 ピ avi 阻 止 三 挑 伯 仲 気 終 盤 毎 球 社 京 木 特 集 January ピ avi 極 制 主 将 梶 原 誠 失 頂 鍵 握 写 真 岩 苗 o. contents p ピ avi 阻 止 挑 p 特 集 特 集 efense p 池 p 広 告 p 若 支 p 択 肢 消 古 庄 論 告 知 広 告 p IA UH 広 告 p 告 知 広 告 p 驚 異 p 書 籍 広 告 p 程 制 作 http:firstdown.jp ゲ 揮 欠 員

More information

平成14年度

平成14年度 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 一 般 社 団 法 人 愛 媛 県 法 人 会 連 合 会 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 目 的 は 大 きく2つある 1つは 社 会 保 障 の 機 能 強 化 で あり もう1つは 財 政 の 健 全 化 である 一 見 すると 相 反 する 目 的 のようにも 見

More information

応募企画書のまとめ方

応募企画書のまとめ方 応 募 企 画 書 のまとめ 方 各 項 目 の 検 討 ポイントに 従 って アイデアをまとめて 書 いてみましょう ただし 各 項 目 を 書 いていくと 前 の 項 目 や 他 の 項 目 をもっと 良 くできると 思 うことも 多 いで しょう 先 ず 一 度 全 体 をまとめてみて 自 分 で 見 直 したり 仲 間 と 検 討 したり 何 度 もバージョンアップすることによって よりよい

More information

26-社会人-とおし.indd

26-社会人-とおし.indd 平 成 26 年 度 社 会 人 入 試 学 生 募 集 要 項 夜 間 主 コース 横 浜 国 立 大 学 経 営 学 部 添 付 用 紙 ( 綴 込 み) この 要 項 には 次 の 本 学 所 定 の 用 紙 が 綴 込 みで 添 付 されています 1 入 学 願 書 受 験 票 写 真 票 2 在 職 証 明 書 3 志 望 理 由 書 4 入 学 確 約 書 5 入 学 検 定 料 の 払

More information

はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年

はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年 はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年 の i P S 細 胞 の 作 製 法 発 な ど 画 期 的 な 研 究 成 果 が 次 々 と

More information

<57696E4C A20966B8E D91F5816A F E747874>

<57696E4C A20966B8E D91F5816A F E747874> 信 託 編 第 1 信 託 の 意 味 を 理 解 してしまおう 1 信 託 の 思 想 を 理 解 するところからはじまります 2 登 場 人 物 を 理 解 してください 3 委 任 と 信 託 の 違 い 4 信 託 の 成 立 原 因 5 受 託 種 には 誰 がなれるのだろうか 第 2 信 託 の 課 税 の 原 則 第 3 受 益 者 等 課 税 信 託 の 基 本 的 な 課 税 関

More information

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc 茨 城 県 域 に お け る 自 治 体 職 員 情 報 共 有 シ ス テ ム の 構 築 ~ つ な が っ ぺ! い ば ら き ~ 平 成 2 4 年 度 行 政 課 題 研 究 講 座 第 3 班 笠 間 市 行 政 経 営 課 主 事 石 塚 貴 則 筑 西 市 生 涯 学 習 課 主 事 齋 川 亮 つ く ば み ら い 市 税 務 課 主 事 井 砂 浩 次 茨 城 県 企 業

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816992F990B381459094926C8366815B835E92F990B3816A817595BD90AC3238944E82528C8E8AFA81408C888E5A925A904D816B93FA967B8AEE8F80816C816998418C8B816A817682CC88EA959492F990B382C982C282A282C42E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816992F990B381459094926C8366815B835E92F990B3816A817595BD90AC3238944E82528C8E8AFA81408C888E5A925A904D816B93FA967B8AEE8F80816C816998418C8B816A817682CC88EA959492F990B382C982C282A282C42E646F6378> 平 成 28 年 5 月 23 日 各 位 会 社 名 株 式 会 社 小 林 洋 行 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 細 金 成 光 ( コード 番 号 8742 東 証 第 一 部 ) 問 合 せ 先 取 締 役 業 務 部 長 渡 辺 宏 (TEL 0336643511) ( 訂 正 数 値 データ 訂 正 ) 平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連

More information

41 話 題 味 改 止 ゃ 審 査 顔 評 観 変 値 信 個 味 僅 識 駆 使 真 摯 評 団 我 々 声 以 嬉 へ ワ グ ソ 悔 残 他 比 努 不 足 ワ グ 腕 相 接 面 白 ヤ 演 元 チ へ 就 蹴 ワ グ 話 束 尚 宏 説 切 笑 就 応 系 内 深 桐 朋 園 演 科 専

41 話 題 味 改 止 ゃ 審 査 顔 評 観 変 値 信 個 味 僅 識 駆 使 真 摯 評 団 我 々 声 以 嬉 へ ワ グ ソ 悔 残 他 比 努 不 足 ワ グ 腕 相 接 面 白 ヤ 演 元 チ へ 就 蹴 ワ グ 話 束 尚 宏 説 切 笑 就 応 系 内 深 桐 朋 園 演 科 専 MITA-HYORON 2014.5 40 ビ 斎 藤 典 塾 平 5 政 昨 9 月 第 2 Black Sea Conducting Competition 2 2003 ソェ 開 発 長 務 宏 ひ 樹 株 式 表 取 締 長 刀 流 海 外 昨 最 近 簡 単 探 見 齢 制 応 募 D V D 審 査 呼 第 権 威 南 米 北 米 西 ヨ 各 来 実 際 む 次 五 四 ポ 練 習 八

More information

檜皮の確保と檜皮採取者の育成

檜皮の確保と檜皮採取者の育成 檜 皮 の 確 保 と 檜 皮 採 取 者 の 育 成 岡 山 理 科 大 学 江 面 嗣 人 1.はじめに 文 化 財 建 造 物 の 檜 皮 葺 の 建 物 は 現 在 788 棟 ( 平 成 19 年 末 現 在 )が 国 の 重 要 文 化 財 に 指 定 されている これは 指 定 された 重 要 文 化 財 建 造 物 の 約 18.8パーセントにあたり 重 要 文 化 財 建 造 物

More information

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版 3 ~ じ ~ 夢 中 理 想 教 体 心 近 づ 方 法 ラ フ ワ 多 般 観 観 取 材 社 会 本 音 伝 取 材 べ 2 万 超 ょ 分 ほ 本 音 知 書 負 同 時 身 恋 愛 経 験 並 外 多 書 恋 愛 書 上 得 意 ジ ャ 興 味 身 近 キ 多 実 体 験 発 端 要 遊 ネ 豊 富 4 趣 味 15 歳 じ 合 コ 3 千 回 以 上 経 験 合 コ 職 種 死 体 洗

More information

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 2004 年 10 月 22 日 発 行 来 港 中 国 人 旅 行 者 の 増 加 と 香 港 経 済 本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 E-mail hiroshi.inagaki@mizuho-cb.com 活 気 を 取 り 戻 す 香 港 観 光 セクター 香 港

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

Microsoft Word - douko.doc

Microsoft Word - douko.doc 住 まいの 売 却 で 4 件 中 3 件 が 売 却 損 発 生 不 動 産 売 買 に 当 たりインターネットの 利 用 者 が5 割 不 動 産 流 通 に 関 する 消 費 者 動 向 調 査 結 果 ( 社 ) 不 動 産 流 通 経 営 協 会 住 まいの 売 却 のうち 4 件 中 3 件 で 売 却 損 が 発 生 不 動 産 価 格 の 下 落 により 不 動 産 の 購 入 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918D817C8256817C825081798CF6955C88C4817A81798F578C768CE3817A837C83438393836783708375835283818C8B89CA95F18D902E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918D817C8256817C825081798CF6955C88C4817A81798F578C768CE3817A837C83438393836783708375835283818C8B89CA95F18D902E646F6378> 保 険 医 療 機 関 及 び 保 険 医 療 養 担 当 規 則 及 び 保 険 薬 局 及 び 保 険 薬 剤 師 療 養 担 当 規 則 並 びに 高 齢 者 の 医 療 の 確 保 に 関 する 法 律 の 規 定 による 療 養 の 給 付 等 の 取 扱 い 及 び 担 当 に 関 する 基 準 の 一 部 改 正 に 関 するご 意 見 の 募 集 の 結 果 に ついて 1. 意 見

More information

資 料 6 第 6 期 第 3 回 福 岡 市 男 女 共 同 参 画 審 議 会 ( 平 成 27 年 7 月 6 日 ) 男 女 共 同 参 画 に 関 するデータ 集 目 次 項 目 ページ 1 福 岡 市 の 人 口 推 移 と 推 計 人 口 (1985 年 ~2040 年 ) 1 2 福 岡 市 の 人 口 推 計 人 口 における 年 齢 構 造 の 変 化 (1985 年 ~2040

More information

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L)

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L) 平 成 24 年 度 稚 内 市 財 務 書 類 報 告 書 ( 新 地 方 公 会 計 制 度 - 総 務 省 方 式 改 訂 モデル) 貸 借 対 照 表 行 政 コ ス ト 計 算 書 純 資 産 変 動 計 算 書 資 金 収 支 計 算 書 北 海 道 稚 内 市 平 成 26 年 3 月 はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する

More information

え て 紛 糾 す る こ と も め ず ら し く あ り ま せ ん そ れ く ら い レ ベ ル の 高 い 作 品 が 集 ま る 文 学 賞 な の で す な お 最 終 候 補 作 に 残 っ た 応 募 者 は 最 終 選 考 会 当 日 松 山 市 に 招 待 さ れ 授 賞

え て 紛 糾 す る こ と も め ず ら し く あ り ま せ ん そ れ く ら い レ ベ ル の 高 い 作 品 が 集 ま る 文 学 賞 な の で す な お 最 終 候 補 作 に 残 っ た 応 募 者 は 最 終 選 考 会 当 日 松 山 市 に 招 待 さ れ 授 賞 参 考 資 料 小 説 講 義 坊 っ ち ゃ ん 文 学 賞 を 取 る 方 法 講 師 大 島 一 平 第 一 回 は じ め に 坊 っ ち ゃ ん 文 学 賞 と は 夏 目 漱 石 の 坊 っ ち ゃ ん は 漱 石 が 愛 媛 県 松 山 市 の 中 学 へ 教 師 と し て 赴 任 し た 経 験 か ら 書 い た ユ ー モ ア 小 説 で す 狸 赤 シ ャ ツ 野 だ い こ

More information

Microsoft Word - 用語の説明.doc

Microsoft Word - 用語の説明.doc 用 語 の 解 説 1 世 帯 に 関 す る 事 項 (1 ) 二 人 以 上 の 世 帯 単 身 世 帯 こ の 調 査 で は 世 帯 を 二 人 以 上 の 世 帯 と 単 身 世 帯 と に 分 け て い る こ の 両 方 を 合 わ せ た も の を 総 世 帯 と い う 二 人 以 上 の 世 帯 と は 住 居 及 び 生 計 を 共 に し て い る 二 人 以 上 の

More information

提案説明

提案説明 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 [ 2 8. 2. 12( 金 ) AM10:00] 本 日 こ こ に 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 を 招 集 い た し ま し た と こ ろ 議 員 の 皆 様 方 に は お そ ろ い で ご 出 席 を い た だ き 厚 く 御 礼 を 申 し あ げ ま す さ て

More information

vol.8 no.1 p.1-7

vol.8 no.1 p.1-7 上 武 大 学 ビジネス 情 報 学 部 紀 要 第 8 巻 第 1 号 (2009 年 12 月 ) 寄 稿 上 武 大 学 駅 伝 部 箱 根 駅 伝 出 場 までの 歩 み 花 田 勝 彦 HANADA Katsuhiko 2004 年 に 創 部 された 上 武 大 学 駅 伝 部 は 2008 年 10 月 に 行 われた 第 85 回 箱 根 駅 伝 予 選 会 で 総 合 3 位 となり

More information

7 広. ャ ツ オ グ オ ペ 怪 ド 動 全 国 8 専 公 回 回 拠 地 オ ィ 稽 古 有 芸 東 京 寄 田 園 都 市 線 ざ 野 駅 近 住 宅 街 打 モ ダ 5 ( 昭 和 7) 創 7 専 公 全 国 学 校 訪 問 美 語 室 開 催 生 喜 び 命 切 ァ ュ カ 無 料

7 広. ャ ツ オ グ オ ペ 怪 ド 動 全 国 8 専 公 回 回 拠 地 オ ィ 稽 古 有 芸 東 京 寄 田 園 都 市 線 ざ 野 駅 近 住 宅 街 打 モ ダ 5 ( 昭 和 7) 創 7 専 公 全 国 学 校 訪 問 美 語 室 開 催 生 喜 び 命 切 ァ ュ カ 無 料 ( ) 5-8585 横 浜 市 青 葉 区 ざ 野 --7 TEL 5-- FAX 5--85 http://www.shiki.jp/ 代 表 取 締 役 長 : 浅 利 慶 太 :7( 昭 和 ) 資 金 :75 万 円 員 :8 内 容 : ュカ 興 非 利 動 法 横 浜 サビネワ - 横 浜 市 港 南 区 西 -- 京 浜 ビ TEL 5-8-7 FAX 5-8-8 5- 相 模 原

More information

箕 面 市 廃 棄 物 の 発 生 抑 制 資 源 化 適 正 処 理 等 に 関 する 条 例 の 一 部 改 正 ( 素 案 ) に 対 する 意 見 募 集 (パブリックコメント)の 実 施 結 果 番 号 ご 意 見 等 ご 意 見 に 対 する 市 の 考 え 方 1 賛 成 持 ち 去

箕 面 市 廃 棄 物 の 発 生 抑 制 資 源 化 適 正 処 理 等 に 関 する 条 例 の 一 部 改 正 ( 素 案 ) に 対 する 意 見 募 集 (パブリックコメント)の 実 施 結 果 番 号 ご 意 見 等 ご 意 見 に 対 する 市 の 考 え 方 1 賛 成 持 ち 去 みどりと 子 どもを 育 むまち 箕 面 市 平 成 22 年 11 月 9 日 環 境 整 備 課 空 き 缶 等 の 持 ち 去 り 禁 止 にかかる 条 例 改 正 (1) 検 討 の 経 過 について 8 月 16 日 罰 則 付 きでの 資 源 物 の 無 断 持 ち 去 り 禁 止 の 条 例 化 に 向 け 検 察 庁 と 協 議 を 開 始 9 月 24 日 パブリックコメント 実

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援 パ レ 団 展 望 示 運 道 示 C T S 章 習 料 章 粋 像 根 歴 史 ざ 閣 造 次 チ ャ レ 唱 億 総 躍 兼 チ ャ レ 是 掃 述 画 視 建 害 調 査 慣 習 公 表 織 三 式 採 I L 際 踏 府 映 建 委 薦 貴 族 建 ぽ 歯 措 加 承 認 降 図 退 ド ド 是 常 流 ぜ ぜ ざ ざ 表 側 閣 僚 公 歴 然 蔵 岩 盤 直 難 習 料 狙 障 配 番

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

現 在 は 金 利 が1%と 低 いので 貯 金 だけでは 元 本 がなかなか 増 えませんが それでも 使 わずに 貯 め 続 けることで 大 きなお 金 を 残 すことができます (3) 資 産 造 りの 為 の 投 資 の 法 則 を 持 つ 必 要 がある 貯 まったお 金 を 増 やす 為

現 在 は 金 利 が1%と 低 いので 貯 金 だけでは 元 本 がなかなか 増 えませんが それでも 使 わずに 貯 め 続 けることで 大 きなお 金 を 残 すことができます (3) 資 産 造 りの 為 の 投 資 の 法 則 を 持 つ 必 要 がある 貯 まったお 金 を 増 やす 為 4. 資 産 造 りの 知 恵 と 法 則 (1) 資 産 の 格 差 は 何 故 広 がるのでしょうか? 人 間 の 社 会 では 80%の 所 得 と 資 産 が20%の 人 に 偏 って 集 まり 残 りの 20%を80%の 人 で 分 け 合 う と 言 う 傾 向 があります これを 80 対 20の 法 則 (パ ールの 法 則 )と 言 います 何 故 所 得 が 偏 った 人 に 集

More information

57 世 界 拡 与 状 況 概 観 御 説 明 類 今 回 げ 相 伸 鈍 由 影 響 検 索 多 ヒ 幾 限 保 護 避 仲 介 昇 結 果 端 望 枠 組 収 キ 作 長 図 緩 和 自 由 良 ょ 保 護 別 生 避 へ 応 考 保 護 バ 共 政 策 課 世 界 拡 地 域 別 長 mas

57 世 界 拡 与 状 況 概 観 御 説 明 類 今 回 げ 相 伸 鈍 由 影 響 検 索 多 ヒ 幾 限 保 護 避 仲 介 昇 結 果 端 望 枠 組 収 キ 作 長 図 緩 和 自 由 良 ょ 保 護 別 生 避 へ 応 考 保 護 バ 共 政 策 課 世 界 拡 地 域 別 長 mas 56 ビ 第 55 巻 第 12 号 世 界 拡 与 松 尾 順 介 御 紹 介 ざ 設 ざ 今 世 界 拡 与 話 ぐ 前 ピ 語 違 ペ 綴 状 況 最 近 等 げ 多 耳 実 際 聞 検 索 頻 繁 げ 今 2 ペ 最 初 世 界 伸 話 世 界 拡 絶 最 近 急 速 伸 指 解 57 世 界 拡 与 状 況 概 観 御 説 明 類 今 回 げ 相 伸 鈍 由 影 響 検 索 多 ヒ 幾 限

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd 母 明 ぼ 仮 扉 横 須 賀 輝 尚 3 面 識 神 田 昌 典 氏 マ ケ 識 勇 気 田 健 氏 物 語 温 気 持 ナ ポ レ オ ヒ 哲 恵 マ ユ モ 溢 五 感 使 数 者 ノ ウ ハ ウ 挙 申 訳 憎 読 増 由 関 係 豊 4 5 信 夢 必 叶 結 局 売 疑 奥 底 周 囲 む ぜ ぜ ジ レ マ 々 普 通 平 凡 キ 識 向 無 平 凡 レ ッ 持 諦 駄 投 葉 丈 夫

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

untitled

untitled 高 収 益 企 業 を 実 現 する 体 質 改 善 と 構 造 改 革 2013 年 11 月 20 日 キヤノン 電 子 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 酒 巻 久 2013 年 11 月 20 日 高 収 益 企 業 を 実 現 する 体 質 改 善 と 構 造 改 革 1. はじめに 2. 低 成 長 下 での 発 展 を 目 指 して 3. 経 営 革 新 とリーダーシップ 4.

More information

/インタビュー.indd

/インタビュー.indd 未 踏 遂 度 遥 伺 放 送 タ 駆 ホ ム 庭 好 校 映 画 字 幕 翻 訳 訳 戸 奈 津 憧 仕 就 友 誘 春 ホ ム 機 恵 ホ ム 庭 ホ フ ァ 遊 浮 ズ タ 表 職 員 遥 ひ 国 際 ニ ケ シ ョ 部 卒 6 権 高 校 未 踏 0 連 7 位 入 賞 在 普 及 動 幅 広 三 フ ウ 名 古 屋 短 期 客 員 36 05.9 報 遊 魅 器 械 床 運 動 転 高 3

More information

冨 田 伸 明 さん のみならず アメリカ 中 国 欧 州 などで KIMONO Show を 開 かれるなど また 各 国 で 日 本 文 化 を 学 ぶ 若 者 に 向 けた 着 物 講 座 を 展 開 され 和 服 文 化 を 世 界 に 広 められる 活 動 にも 力 を 注 が れています

冨 田 伸 明 さん のみならず アメリカ 中 国 欧 州 などで KIMONO Show を 開 かれるなど また 各 国 で 日 本 文 化 を 学 ぶ 若 者 に 向 けた 着 物 講 座 を 展 開 され 和 服 文 化 を 世 界 に 広 められる 活 動 にも 力 を 注 が れています 読 者 の 皆 様 に 好 評 をいただいています シリーズ ものづくり- 数 珠 つなぎ それは まるで 数 珠 玉 が 一 つ 一 つ つながるが 如 く 脈 々と 祖 父 母 から 親 親 から 子 へと 叡 智 が 受 け 継 がれていく 様 弊 研 究 所 が 尊 ぶ 匠 の 技 の 次 世 代 への 継 承 に 取 り 組 み そして 現 代 社 会 に 対 峙 した ものづくり ひとづくり

More information

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A 目 次 Q1 年 金 生 活 者 ですが 年 金 を 担 保 にお 金 を 借 りることができると 聞 きました 貸 付 制 度 の 内 容 について 教 えてください Q2 震 災 で 家 屋 が 倒 壊 損 傷 しました 家 屋 の 建 替 資 金 補 修 資 金 のための 支 援 や 新 規 融 資 を 受 けられ ないでしょうか Q3 恩 給 共 済 年 金 担 保 貸 付 の 内 容 について

More information

にとってその 相 手 方 となる 職 員 は 利 害 関 係 者 となるのか 基 本 的 に 省 庁 内 部 の 職 員 同 士 は 利 害 関 係 者 にはならないものとして 取 り 扱 うこと としている 問 8 許 認 可 等 不 利 益 処 分 行 政 指 導 については 行 政 手 続 法

にとってその 相 手 方 となる 職 員 は 利 害 関 係 者 となるのか 基 本 的 に 省 庁 内 部 の 職 員 同 士 は 利 害 関 係 者 にはならないものとして 取 り 扱 うこと としている 問 8 許 認 可 等 不 利 益 処 分 行 政 指 導 については 行 政 手 続 法 国 家 公 務 員 倫 理 規 程 質 疑 応 集 利 害 関 係 者 の 定 義 利 害 関 係 者 全 般 問 1 倫 理 法 及 び 倫 理 規 程 の 事 業 者 等 には 地 方 公 共 団 体 は 含 まれるのか 地 方 公 共 団 体 の 首 長 議 会 議 員 はどうか 地 方 公 共 団 体 は 事 業 者 等 に 含 まれる 地 方 公 共 団 体 の 首 長 議 会 議 員 は

More information

は 以 下 のことに 注 意 する 必 要 がある 1 買 収 合 併 関 係 者 は 中 国 の 外 貨 管 理 に 関 する 法 律 に 従 い 遅 滞 なく 外 貨 管 理 機 関 にて 外 貨 の 許 可 登 記 記 録 と 変 更 手 続 をしなければなら ない 2 外 国 投 資 者 が

は 以 下 のことに 注 意 する 必 要 がある 1 買 収 合 併 関 係 者 は 中 国 の 外 貨 管 理 に 関 する 法 律 に 従 い 遅 滞 なく 外 貨 管 理 機 関 にて 外 貨 の 許 可 登 記 記 録 と 変 更 手 続 をしなければなら ない 2 外 国 投 資 者 が 資 本 取 引 2016 年 06 月 30 日 更 新 1. 資 本 取 引 の 外 貨 口 座 の 種 類 国 内 外 貨 口 座 管 理 規 定 (1997 年 10 月 15 日 より 実 施 )により 外 資 企 業 の 中 国 現 地 法 人 の 場 合 外 貨 資 金 は 用 途 に 応 じて 資 本 金 口 座 国 内 外 貨 ローン 専 用 口 座 外 債 専 用 口 座 などで

More information

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ 北 本 市 いじめ 自 殺 裁 判 最 高 裁 決 定 を 受 けて 原 告 弁 護 団 支 援 団 より 声 明 メッセージ 2014 年 10 月 7 日 A 弁 護 団 声 明 1 2005 年 に 自 殺 した 埼 玉 県 北 本 市 の 中 学 校 1 年 の 女 子 生 徒 ( 当 時 12 歳 )の 両 親 が 市 と 国 に 計 約 7670 万 円 の 損 害 賠 償 を 求 めた

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

平成25年度決算への新会計基準の影響

平成25年度決算への新会計基準の影響 平 成 25 年 度 決 算 への 新 会 計 基 準 の 影 響 枚 方 市 上 下 水 道 局 2015/03/31 新 会 計 基 準 適 用 による 決 算 への 影 響 解 説 目 次 平 成 25 年 度 決 算 の 概 況... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 の 特 徴... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 見 直 しの 概 要... 3 借 入 賅 本 金 制 度

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

本 来 ここまでのツールを 僕 が 開 発 できていれば 5ステップのコンテンツとして 配 布 したかったのですが とてもじゃないけどこれ 以 上 のクオリティのものは 作 れない という 事 で 今 回 は パンドラ2と 言 うツール そしてパンドラ2に 特 化 した 5ステップ PPC アフィリ

本 来 ここまでのツールを 僕 が 開 発 できていれば 5ステップのコンテンツとして 配 布 したかったのですが とてもじゃないけどこれ 以 上 のクオリティのものは 作 れない という 事 で 今 回 は パンドラ2と 言 うツール そしてパンドラ2に 特 化 した 5ステップ PPC アフィリ 上 田 です 今 回 は 某 ツール と そのツールを 使 ったアフィリエイト 戦 略 について 少 し 紹 介 したいと 思 います 某 ツール というのは ご 存 知 の 方 も 居 るかもしれませんが こちらのツール パンドラ2 http://www.info-trend.net/tyny/20150622231422.html 実 は このパンドラ2というのは 月 額 版 と 言 うものが

More information

目 次 城 西 大 学 の 教 育 方 針 2 城 西 短 期 大 学 の 教 育 方 針 3 募 集 学 部 学 科 及 び 人 員 4 公 募 制 推 薦 入 学 試 験 経 済 学 部 経 営 学 部 理 学 部 5 一 般 入 学 試 験 A 日 程 経 済 学 部 現 代 政 策 学 部 経 営 学 部 理 学 部 薬 学 部 城 西 短 期 大 学 8 B 日 程 経 済 学 部 現 代

More information

「生活意識に関するアンケート調査」(第65回)の結果

「生活意識に関するアンケート調査」(第65回)の結果 2016 年 4 月 11 日 日 本 銀 行 情 報 サ ー ビ ス 局 生 活 意 識 に 関 するアンケート 調 査 ( 第 65 回 )の 結 果 2016 年 3 月 調 査 日 本 銀 行 では 政 策 業 務 運 営 の 参 考 とするため 本 支 店 や 事 務 所 を 通 じた 広 報 活 動 のなかで 国 民 各 層 の 意 見 や 要 望 を 幅 広 く 聴 取

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ 3 科 及 び 著 誉 々 科 及 び 著 誉 々 私 ア メ リ カ 合 衆 国 統 領 キ ナ 私 上 席 顧 問 違 ャ キ ャ フ ィ ろ チ キ 共 同 著 私 三 年 前 幸 方 わ 結 果 グ 1 0 0 億 円 企 業 毎 日 楽 送 文 科 省 科 認 定 日 G D P 必 ず 三 倍 ろ 相 川 佳 之 S B C メ デ ィ カ グ C E O 4 何 百 万 ピ レ シ ョ

More information