‹®’ì‚‚‡¾‡æ‡è217.eca

Size: px
Start display at page:

Download "‹®’ì‚‚‡¾‡æ‡è217.eca"

Transcription

1 ASAH I GAWASOU DAYORI 利 用 者 や 家 族 地 域 の 人 たちでにぎわった2016ひらた 旭 川 荘 盆 踊 り 大 会 (6 面 に 関 連 記 事 ) CONTENTS P2-4 特 集 高 梁 市 川 上 医 療 センター20 年 P5 P6 P7 レシピ ビビン 麺 P8 祇 園 で 総 合 水 防 訓 練 高 梁 に 障 害 者 就 業 生 活 支 援 センター 南 愛 媛 療 育 センターで 夏 祭 り vol. 217 発 行 / 社 会 福 祉 法 人 旭 川 荘 岡 山 市 北 区 祇 園 866 TEL FAX h tp://www.asahigawasou.or.jp 旭 川 荘 療 育 医 療 センターを 見 学 する ドイツNRWカトリック 大 学 の 訪 問 団 一 行 (5 面 に 関 連 記 事 ) 1

2 特 集 高 梁 市 川 上 医 療 センター20 年 住 み 慣 れた 地 域 でいつまでも 地 域 医 療 のニーズを 聞 き 取 り サービス 提 供 高 梁 市 川 上 医 療 センターが 開 設 から20 年 目 を 迎 えました 過 疎 と 高 齢 化 が 進 む 中 山 間 地 域 にあって 川 上 診 療 所 を 中 心 に 老 人 保 健 施 設 訪 問 看 護 ステーション NPOなどが 連 携 高 齢 者 のニーズを 聞 き 取 り きめの 細 かいサービスにつなげる 独 自 の 地 域 包 括 ケアシ ステムは 川 上 方 式 として 大 学 の 教 科 書 に 掲 載 されるなど 注 目 を 集 めています( 注 参 照 ) 同 センターの 取 り 組 みを 紹 介 します 地 域 包 括 ケアの 拠 点 高 梁 市 川 上 医 療 センター 同 センターは 平 成 9 年 旧 川 上 町 が 故 江 草 安 彦 先 生 の 支 援 を 得 て 診 療 所 訪 問 看 護 ステーション 在 宅 介 護 支 援 センターからなる 複 合 型 施 設 ( 当 時 の 名 称 は 川 上 町 医 療 センター)として 整 備 しました 12 年 には 敷 地 内 に 老 人 保 健 施 設 ひだまり 苑 を 開 設 し 地 域 包 括 ケアの 拠 点 が 完 成 16 年 からは 旭 川 荘 が 指 定 管 理 者 となり 運 営 し ています 医 療 福 祉 の 機 能 を 町 の 中 心 に 集 約 するメリットについ て 川 上 診 療 所 の 菅 原 英 次 所 長 は 中 山 間 地 域 では 専 門 職 の 確 保 が 難 しいが 一 カ 所 にまとめることによりフルに 活 躍 してもらえる 住 民 の 相 談 にもワンストップ で 対 応 で きる と 語 ります 平 日 は 毎 朝 診 療 所 ひだまり 苑 市 直 営 の 訪 問 看 護 ステーションのスタッフが 集 い 患 者 利 用 者 の 情 報 を 交 換 診 療 前 の 短 時 間 のミーティングですが 菅 原 先 生 の 朝 のミーティング 風 景 毎 日 顔 を 合 わせているので 情 報 共 有 もスムーズ 治 療 方 針 が 全 スタッフに 瞬 時 に 伝 わる 毎 日 顔 を 合 わせ ているので 在 宅 の 人 ひだまり 苑 を 利 用 する 人 の 情 報 も 時 間 をかけずに 共 有 できる と 診 療 所 の 大 田 文 子 看 護 師 長 は 話 します 2

3 外 来 在 宅 医 療 に 力 総 合 病 院 のような 重 装 備 の 戦 艦 ではなく 最 新 の 装 備 を 備 えた 小 回 りの 利 く 駆 逐 艦 旧 川 上 町 の 地 域 医 療 構 想 を 立 てた 江 草 先 生 は 診 療 所 のイメージをこんな 例 えで 語 ったそうで す 診 療 所 にはCTや 超 音 波 診 断 装 置 内 視 鏡 診 断 装 置 なども 設 置 川 上 エリアの 総 合 診 療 医 としてその 役 割 を 果 たし 必 要 な 場 合 には 専 門 の 医 療 機 関 へ 紹 介 していま す ここできちんと 診 断 をつけることが 重 要 専 門 病 院 での 手 術 などの 治 療 が 終 われば できるだけ 早 く 帰 ってきても らい 地 域 で 支 える と 菅 原 所 長 往 診 や 訪 問 診 療 のニーズも 年 々 増 え 現 在 は 年 間 約 2400 件 26 年 には 診 療 所 独 自 の 訪 問 看 護 事 業 を 立 ち 上 げ 年 間 約 800 件 の 訪 往 診 訪 問 診 療 は 年 間 約 2400 件 物 理 的 に 限 界 にきている ( 菅 原 所 長 )という 問 を 行 っています 独 居 高 齢 者 世 帯 を 支 える 医 療 の 御 用 聞 き 川 上 方 式 として 注 目 を 集 める 取 り 組 みの 一 つが 診 療 所 の 看 護 師 による 医 療 の 御 用 聞 き です 診 察 の 前 には 症 状 のほか 家 族 や 生 活 の 様 子 を 丁 寧 に 聞 き 取 り 気 になる 患 者 には 朝 夕 に 電 話 を 掛 けて 問 題 があれば 迅 速 に 対 応 し 継 続 的 な 医 療 を 提 供 しています 独 居 高 齢 者 世 帯 の 多 い 地 域 であるため 台 風 や 大 雨 などの 災 害 時 も 電 話 で 安 否 確 認 必 要 だと 思 われる 人 には タイミ ングを 逃 さず 声 掛 けをする と 大 田 師 長 こうした 診 療 所 スタッフの 細 やかな 目 配 り 気 配 りが 中 山 間 地 域 で 暮 ら す 高 齢 者 を 支 えています 入 れています これまでは 地 域 の 高 齢 者 住 宅 などを 使 っ て 利 用 者 に 庭 の 草 取 りや 調 理 洗 濯 などを 体 験 してもら う 生 活 リハビリを 実 施 現 在 は 利 用 者 が きずな に 行 っ て 入 居 者 やボランティアと 一 緒 に 調 理 や 会 食 を 楽 しむ 合 同 リハビリを 定 期 開 催 しています 日 ごろからきずなの 様 子 を 知 り 入 居 者 と 顔 なじみであ れば 必 要 になった 時 にスムーズに 入 所 していただける 状 態 が 悪 くなった 人 を 受 け 入 れるだけでなく リハビリをし て 良 くなった 人 には きずなやグ ループ ホームなどへの 入 居 をサポートしている とひだまり 苑 の 小 田 上 三 起 子 看 護 師 長 その 人 らしく 生 活 できることに 視 点 を 置 いたケア を 目 指 してい る これ から も 住 み 慣 れた 地 域 で 安 心 し て 過 ごしてい ただけるよう 支 えていきた い と 話 してい ます ひだまり 苑 のクラブ 活 動 趣 味 を 楽 しみながらQOLの 向 上 を 目 指 す 注 : 岡 山 大 学 医 学 部 から 出 版 された 医 療 経 済 学 地 域 医 療 学 ( 浜 田 淳 斎 藤 信 也 編 著 岡 山 大 学 出 版 会 2014 年 )の 中 で 川 上 医 療 センターが 取 り 組 む 地 域 包 括 ケアを 先 進 事 例 川 上 方 式 として 紹 介 医 療 従 事 者 たちの 地 域 医 療 のニーズをまるごと 引 き 受 ける という 姿 勢 が 住 民 の 安 心 信 頼 の 基 盤 になっている と 高 く 評 価 している NPO 運 営 の きずな 老 健 との 連 携 も 25 年 には 診 療 所 の2 階 を 活 用 して 高 齢 者 見 守 り 支 援 施 設 きずな を 開 設 しました 対 象 は 買 い 物 や 医 療 機 関 受 診 などに 不 便 を 感 じ 生 活 に 不 安 のある 独 居 や 高 齢 者 世 帯 の 人 地 元 のNPO 法 人 絆 かわかみ が 運 営 し 日 々の 暮 らしを 見 守 ります 現 在 は10 室 に11 人 が 入 居 し 3 人 が 待 機 して います 一 方 ひだ まり 苑 で は 開 設 時 から 利 用 者 の 在 宅 復 帰 を 支 援 する リハビリテー ションに 力 を 病 棟 を 活 用 した きずな ボランティアに 見 守 られながら 安 心 して 暮 らせる 地 域 住 民 を 対 象 にした 健 康 講 話 川 上 医 療 センターの 取 り 組 みを 理 解 してもらうためには 欠 かせない 活 動 だ 診 療 所 の 待 合 スペースにある 川 上 診 療 所 文 庫 地 域 の 人 たちにも 無 料 で 貸 し 出 している 3

4 特集 高梁市川上医療センター 20年 菅原英次所長インタビュー 菅原英次所長 Q 医療の御用聞き を Q 介護度が高くなっても 住み慣れた地域で暮らしたいと 始めた理由は いう希望がある A 人口の減少と高齢化 A 医療や介護は人が幸せになるためにある 在宅で看 が進み 地域の見守り 取りをしたある患者さんは がんが見つかってからの2年 助け合いの力が低下して 間 手術や化学療法 放射線治療のため ほとんど県南 いる 以 前は 地 域の課 の病院で過ごされていた 自宅に往診に行った時 状態 題を把握している保健師 が悪かったため再入院を勧めたが 本人は 残っている がたくさんいたが 市町 時間がないのだから 家にいたい と 間もなく亡くなられ 合併によってそうした専 たが 最期のときを穏やかな表情で過ごされた 病院の 門 職が 減った 本 来は 先生たちは病気を治そうとして一生懸命やったが 患者さ 診 療 所の役 割ではな んは幸せではなかった かったのかもしれないが 医療の御用聞き のようなこと 京都大学の調査によると 幸福度に影響を及ぼす要因 をしないと この地域は維持できないという危機感があっ には 人と人との関係性 経済格差の問題 自然環境と た のつながり 精神的 宗教的なよりどころ などが挙げら れるそうだ 川上町には特別な仕掛けをしなくても 人と Q 平成26年度から診療所でも訪問看護事業を始めた のつながりや豊かな自然環境がある ここに暮らすことの 既存の 高梁市直営の 訪問看護ステーションとの役割分 価値を住民の方に考えていただきながら 医療や介護の 担は ニーズに応えていく それが川上医療センターの役割だ A 自治体から訪問看護ステーションの運営も旭川荘で 引き受けてほしいと言われたが 他の医療機関にかかっ Q 課題と今後目指す方向は ている人も依頼しやすいように あえて直営のまま残した A この地域は平成23年度からすでに後期高齢者の人 今では成羽町や備中町 さらに井原市の方からの依頼も 口が減少に転じ 要介護者数も減り始めている 地域で 増えている 診ている患者さんも80代が非常に多く 徐々に減少した 一方 地域医療で重要なのは継続性 診療所に長年 かかっていた人からは 顔なじみの看護師に来てもらいた いという希望が多い 重症の患者を在宅で診るようにな 後 一気に減るときが来るだろう 10年先の施設運営を 考えれば 事態は深刻だ 一方 県南ではこれから後期高齢者が 割増える ると 診療所で訪問看護をする方が迅速な対応ができる が 20年先にはそうした地域でも要介護者が減ってくるの 最近では認知症の訪問看護にも力を入れている で 新たに施設をつくっても無駄になる 生産年齢人口 が減るなか 介護職員を新たに確保するのも難しい Q きずな の取り組みもユニークだ よう 高梁川流域連盟の中で高梁市長から倉敷など周辺 使ってもらおうと提案した 空き住宅を利用した高齢者住 の自治体に働きかけてもらっているところだ この地域の 宅の例は全国にあるが 見守りや食事のことなどを考える 将来を考えれば 広域でいかに展開していくかが重要に と運営は難しい なる きずなは 医療的なことは診療所が対応するが 地域 住民が互いに支え合う雰囲気づくりをするために NPO法 人に運営を任せた 国民年金の人が入居できるように 利用料は食費込みで月額7万円以下になるように考え ひだまり苑と同じ給食を提供できるように工夫した 要支援の人を想定していたが 要介護3の人もいる ボランティアに見守られ ひだまり苑の通所サービスを利 用しながら生活されている 4 そこで県南の人に川上町の介護施設を使ってもらえる A 看護師の確保が難しく2階病棟を休止していたので A SA HIGA W A SOU DA YORI 号

5 たかはし 障 害 者 就 業 生 活 支 援 センター が 開 所 県 内 4カ 所 目 新 見 にサテライト 窓 口 も たかはし 障 害 者 就 業 生 活 支 援 センター が7 月 1 日 松 山 ワークセンター 内 に 開 所 しました ハローワークや 行 政 医 療 機 関 などと 連 携 を 図 りながら 障 害 のある 人 たち の 就 業 と 日 常 生 活 を 一 体 的 にサポート 雇 用 の 促 進 と 職 松 山 ワークセンター 内 に 開 所 した たかはし 障 害 者 就 業 生 活 支 援 センター 場 への 定 着 を 目 指 します 国 と 県 の 委 託 を 受 け 旭 川 荘 が 運 営 県 内 では 岡 山 倉 敷 津 山 に 続 く カ 所 目 の 設 置 となります 専 門 の 支 援 ワーカーなどスタッフ3 人 が 常 駐 障 害 の 種 別 を 問 わず 働 くことを 希 望 する 人 に 対 して 基 礎 訓 練 や 職 場 実 習 の あっせん 面 接 の 同 行 などを 行 い 障 害 者 雇 用 に 関 する 企 業 の 相 談 なども 受 け 付 けます 同 センターが 担 当 するのは 高 梁 新 見 市 内 山 間 部 で 活 動 が 広 範 囲 にわたることから 新 見 市 の ほほえみ 広 場 にいみ 内 にサテライト 窓 口 を 設 けました 現 在 はス タッフが 週 に 回 新 見 市 に 出 向 き 相 談 に 対 応 しています 同 センターで 主 任 支 援 ワーカーを 務 める 岸 奈 津 希 さん は 利 用 者 の 皆 さんの 住 み 慣 れた 地 域 で 働 きたい とい う 思 いを 実 現 するため スタッフ 一 丸 となってサポートして いきたい と 話 しています ドイツNRWカトリック 大 学 の 訪 問 団 が 来 荘 ドイツのNRWカトリック 大 学 の 訪 問 団 が7 月 14 日 旭 川 荘 を 訪 れ 視 察 や 講 演 意 見 交 換 を 行 いました 同 大 学 からの 訪 問 は 昨 年 に 続 き2 回 目 国 際 学 術 交 流 協 定 を 結 ぶ 県 立 広 島 大 学 の 三 原 博 光 教 授 の 紹 介 で 社 会 学 のリアー ネ バイリッヒ 教 授 と 学 生 9 人 が 訪 問 しました 一 行 は 旭 川 敬 老 園 や 旭 川 荘 療 育 医 療 セ ンターを 見 学 したほか 今 年 はバイリッヒ 教 授 による 講 演 会 を 開 催 旭 川 荘 職 員 ら 約 50 人 が 出 席 しました 同 教 授 とアーヘン 市 内 にある 精 神 科 病 院 の 医 師 が 提 唱 した アーヘン 認 知 症 支 援 ネッ トワーク では 認 知 症 患 者 の 家 族 を 精 神 的 に 楽 にすることで より 良 い 介 護 ができる との 発 想 の 下 家 族 に 対 する 支 援 を 前 面 に 打 ち 出 しています ケースマネ 義 村 冷 子 看 護 顧 問 ( 中 央 )の 説 明 を 聞 く 訪 問 団 一 行 バイリッヒ 教 授 の 講 演 会 ジメントにおいて 老 々 介 護 の 世 帯 や 若 年 者 がいる 世 帯 など 家 族 関 係 を3つのタイプ に 分 類 それぞ れのタイプ に 応 じ 組 織 化 された 家 庭 医 精 神 科 医 専 門 的 介 護 サービス 事 業 者 などが 家 族 支 援 を 行 っているそうです 講 演 後 の 意 見 交 換 では バイリッヒ 教 授 が ドイツでも 介 護 人 材 が 不 足 しており その 一 翼 を 担 う 移 民 も2 3カ 月 で 帰 国 するケースが 多 い ドイツでは 教 会 などで ボラ ンティアによる 認 知 症 カフェが 盛 んに 行 われている などド イツの 介 護 事 情 を 紹 介 学 生 たちは 旭 川 荘 は 利 用 者 とスタッフの 距 離 が 近 く いい 関 係 で 支 援 している 緑 が 多 く 建 物 もきれい などと 施 設 見 学 の 感 想 を 語 りました 5

6 盆 踊 り 大 会 で 地 域 と 交 流 ひらた 旭 川 荘 ボランティアも 活 躍 2016ひらた 旭 川 荘 盆 踊 り 大 会 が 月 日 に 行 われ ました 昨 年 は 台 風 の 接 近 により 中 止 しましたが 今 年 は 好 天 に 恵 まれ 利 用 者 や 家 族 地 域 の 人 たちでにぎ わいました 日 差 しが 幾 分 和 らいだ 夕 暮 れ 時 会 場 のふれあい 広 場 には 色 とりどりの 浴 衣 や 甚 平 に 身 を 包 んだ 利 用 者 が 三 々 五 々 集 まりました 開 会 式 の 後 やぐらを 囲 んで 参 加 者 が 二 重 三 重 の 列 をつくり 軽 快 な 和 太 鼓 のリズムに 合 わせて いきいきと 盆 踊 りを 楽 しみました 踊 りの 合 間 にはステージ 発 表 もあり 田 中 野 田 子 ども 会 の 樽 太 鼓 は 子 どもたちがリズミカルで 息 の 合 った ばちさばきを 披 露 わかくさ 学 園 の 子 どもたちによる 踊 り 連 新 古 今 若 衆 もキレのあるうらじゃ 踊 りで 観 客 を 沸 か せました ひらた 旭 川 荘 では 一 昨 年 から 地 域 との 交 流 を 進 めて いることもあり 今 回 は 例 年 にも 増 して 多 くの 子 どもや 家 族 連 れが 訪 れ 会 場 は 熱 気 に 包 まれました 広 場 の 周 り やぐらを 囲 んで 盆 踊 りを 楽 しむ 参 加 者 最 後 は うらじゃ 音 頭 で 会 場 が 一 つに には 焼 きそば やチヂミ フランクフルトなどを 販 売 する 夜 店 が 並 び 参 加 者 は 踊 って 買 って 食 べて と 充 実 し た 時 間 を 過 ごしていました 今 回 の 盆 踊 り 大 会 を 陰 で 支 えていたのがボランティア の 皆 さんです 地 域 のボランティアグループの 方 実 習 などで 顔 見 知 りになり ボランティアを 希 望 してくださった 方 などが 利 用 者 と 一 緒 に 楽 しい 時 間 を 共 有 してくださいました また 今 年 は 近 所 の 御 南 中 学 校 にボランティアを 依 頼 したところ たくさんの 応 募 があり その 中 の 人 の 生 徒 さんがボランティアに 参 加 模 擬 店 の 手 伝 いや 会 場 係 な どの 運 営 を 手 伝 ってくれました ボランティアの 皆 さん 大 変 お 世 話 になりました ( 広 報 委 員 長 壽 厚 志 ) 希 望 テーマに 夏 祭 り 南 愛 媛 療 育 センター 南 愛 媛 療 育 センターの 夏 祭 りを7 月 9 日 に 開 催 しました 昨 年 までは 屋 外 で 実 施 していましたが 今 年 から 屋 内 の 訓 練 棟 に 会 場 を 移 しました 今 年 のテーマは 希 望 開 会 に 合 わせて 夏 まつりフ ラッグ を 天 井 から 吊 り 下 げ 色 とりどりの 風 船 を 飛 ばしま した フラッグを 掲 げて 夏 祭 りが 開 会 オープニン グ ショーは 地 元 の 子 どもと 大 人 で つくる 鬼 城 太 鼓 による 和 太 鼓 演 奏 躍 動 感 あふれる 太 鼓 の 音 が 床 鬼 城 太 鼓 の 演 奏 や 壁 に 共 鳴 し 力 強 い 太 鼓 の 響 きに 希 望 を 託 した て 身 体 に 伝 わり 参 加 者 全 員 が 引 き 込 まれました 会 場 には 鬼 北 町 商 工 会 の 皆 さんによる たこ 焼 き ヨーヨーつり 職 員 による 飲 み 物 綿 菓 子 の 屋 台 も 並 び 利 用 者 が 家 族 やボランティアとともに 祭 りの 雰 囲 気 を 楽 しみました 最 後 は 全 員 が 心 を 一 つにして 盆 踊 り の 輪 を 作 りあげました 6

7 旭 川 荘 管 理 栄 養 士 のいきいき 健 康 レシピ ビビン 麺 夏 におすすめ 材 料 (2 人 分 ) 中 華 生 めん 2 玉 ( 200g) 卵 1 個 きゅうり 1/2 本 トマト 1/4 個 鶏 ささ 身 1 本 韓 国 風 うま 辛 冷 麺 兼 コチュジャン 砂 糖 しょうゆ 牽 酢 ごま 油 おろしにんにく すりごま 験 大 さじ2 大 さじ11/2 大 さじ11/2 大 さじ11/2 大 さじ1/2 小 さじ1/2 大 さじ11/2 RECIPE 32 糸 唐 辛 子 お 好 みで 作 り 方 1ゆで 卵 を 作 り 半 分 に 切 る きゅうりは 千 切 り トマトは 薄 くスライスする 2 鶏 ささ 身 は 筋 を 取 り 除 いたら さっと 茹 でて 冷 めたら 手 で 割 いておく 3 中 華 めんを 表 示 どおり 茹 でたら 冷 水 で 冷 やし しっかり 水 を 切 っておく 4ボールに を 入 れて 混 ぜ 合 わせたら 3を 入 れ 味 をよく 馴 染 ませる 5 皿 に 中 華 めんを 盛 ってから 具 材 をのせ お 好 みで 糸 唐 辛 子 を 飾 る 栄 養 量 :1 人 分 エネルギー:331kcal たんぱく 質 :18g 塩 分 :2.5g ビビン 麺 は 韓 国 の 冷 製 麺 料 理 です 調 味 料 には コチュ ジャン という 韓 国 では 定 番 の 味 噌 を 使 用 日 本 の 味 噌 と 違 い 唐 辛 子 が 入 っているため 赤 みを 帯 びた 色 と 甘 辛 い 味 が 特 徴 です 疲 労 回 復 効 果 のある 酢 と 合 わせれば 夏 バテで 食 欲 のない 時 でもさっぱりといただけます ( 吉 備 ワークホーム 山 下 志 麿 ) ワン ONEPOINT ポイント トッピングは 旬 の 夏 野 菜 やハムなどを 使 っても コチュジャンがない 時 は 味 噌 大 さじ1 ごま 油 小 さじ1/2 しょうゆ 小 さじ1 砂 糖 小 さじ1 一 味 唐 辛 子 小 さじ1で 即 席 コチュジャンが 作 れます ビビン 麺 以 外 にも 焼 肉 やサラダ 炒 め 物 など 様 々な 料 理 に 利 用 できます 自 分 をリセット 気 持 ちにゆとりを 私 が 勤 める あおば のある 南 地 区 ( 北 区 中 原 )には 実 のなる 木 がたくさんあります さくらんぼ や 梅 ビワ 桑 の 実 オニグルミ 栗 柿 いちじく 銀 杏 など ほとん ど 手 入 れをされていない 状 態 でありながら 毎 年 その 時 期 になると 実 をつけ 季 節 を 知 らせてくれます 仕 事 で 一 日 の 大 半 を 南 地 区 で 過 ごしていても 身 近 に これほど 多 種 多 様 な 木 があることを 知 らない 気 づいてい ない 人 も 案 外 多 いのではないでしょうか 以 前 の 私 がそう であったように 毎 日 慌 ただしく 過 ごしていると 気 持 ちにゆとりがなくな り 周 りに 目 を 配 ることや 相 手 を 慮 ることをつい 忘 れがちに なります そんなときには 自 分 をリセットする 時 間 が 必 要 です 以 前 先 輩 からアドバイスを 受 け 時 々 実 践 してい るのは 普 段 の 業 務 とは 全 く 違 うことをやってみること 例 えば 草 を 抜 いたり 掃 除 をしたり 汗 をかきながら 何 も 考 えずに 体 を 動 かしていると 気 持 ちが 案 外 スッキリとし て 楽 になります ゆとりが 生 まれると それまで 見 過 ごして いた 木 々の 存 在 にも 気 づけるようになり 今 では 実 のなる 時 期 を 楽 しみに 待 つようになりました 忙 しさに 流 されすぎないで それぞれに 合 ったやり 方 で 自 らをリセットしていけれたら 周 りに 目 を 配 れ る 気 持 ちのゆとりが もて れ ば きっと 穏 やかに 過 ごすことができるので はないでしょうか ( 広 報 委 員 矢 幡 伸 世 ) 7

8 アートギャラリー 移 動 展 開 催 みずほ 証 券 と 中 国 銀 行 で ショーウィンドーを 使 って 開 催 中 の 移 動 展 =みずほ 証 券 岡 山 支 店 本 年 度 の 旭 川 荘 アートギ ャラリー 移 動 展 がこのほど みず ほ 証 券 岡 山 支 店 と 中 国 銀 行 本 店 で 始 まりま した みずほ 証 券 岡 山 支 店 の 西 側 ショーウイン ドーを 使 った 展 示 は 初 回 の 平 成 26 年 12 月 から 数 えて3 回 目 今 回 の 会 期 は6 月 14 日 から8 月 22 日 までで 7 月 14 日 に 作 品 を 入 れ 替 えま した 現 在 は サーカスのショーや 祭 りで 踊 る 姿 などを 描 いた 絵 画 6 点 と 帽 子 をかぶった 人 をテーマ にした 立 体 作 品 12 点 を 展 示 しています 中 国 銀 行 本 店 の1 2 階 ロビーで 行 う 移 動 展 は 昨 年 12 月 に 続 き2 回 目 7 月 1 日 から8 月 31 日 までの 期 間 羽 根 とくちばしのある 鳥 人 をイメージさせる 立 体 作 品 17 点 と 色 鮮 やかな 抽 象 画 切 り 絵 など8 点 を 展 示 しています 移 動 展 の 作 品 の 多 くは 昨 年 の 第 6 回 旭 川 荘 アートギャラリー 展 に 応 募 が あったもので 陶 芸 作 品 は 一 部 新 作 を 含 みます 詳 細 は 旭 川 荘 のホームページ(htp://www.asahigawasou.or.jp/) をご 覧 ください 8 月 1 日 親 子 ふれあい 夏 まつり 津 島 児 童 学 院 3~6 日 平 川 家 庭 学 校 旭 川 学 園 6 日 オープンキャンパス 旭 川 荘 厚 生 専 門 学 院 夏 祭 り ひだまり 苑 10 日 納 涼 会 吉 備 ワークホーム 18 日 小 学 生 福 祉 体 験 バス 旭 川 荘 プレーパークINひらた 旭 川 荘 ひらた 旭 川 荘 20 日 AO 入 試 旭 川 荘 厚 生 専 門 学 院 26~ 27 日 ふれあいキャンプ 旭 川 学 園 9 月 27 日 星 空 サマーコンサート ひらた 旭 川 荘 30 日 ビアガーデン 風 バイキング かわかみ 療 護 園 夏 季 休 暇 ~ 各 施 設 1 日 ~11 月 25 日 常 設 展 ( 秋 ) 旭 川 荘 アートギャラリー ~12 日 ちょっと 見 て 旭 川 荘 旭 川 荘 ごよみ SCHEDULE CALENDAR ( 黒 井 山 グリーンパーク) 旭 川 荘 関 係 施 設 11 日 オープンキャンパス 旭 川 荘 厚 生 専 門 学 院 12~16 日 敬 老 会 デイサービスセンター 敬 老 園 17 日 敬 老 の 日 記 念 行 事 旭 川 敬 老 園 2 階 には 立 体 作 品 を 展 示 = 中 国 銀 行 本 店 22 日 ふれあい 祭 り いんべ 通 園 センター 洪 水 想 定 し 水 防 訓 練 祇 園 地 区 各 施 設 台 風 や 大 雨 にともなう 洪 水 を 想 定 した 総 合 水 防 訓 練 を6 月 30 日 祇 園 地 区 の 事 務 局 本 部 と 各 施 設 で 行 いました 今 回 の 訓 練 は 集 中 豪 雨 で 中 原 地 区 の 旭 川 堤 防 で 越 水 が 発 生 し 祇 園 地 区 が メートル 冠 水 した という 想 定 で 実 施 サービスセンター 2 階 に 設 置 した 災 害 対 策 本 部 か ら 本 部 員 が 無 線 等 で 各 施 設 に 避 難 するよう 指 示 各 施 設 でも 岡 山 県 危 機 管 理 課 が 配 信 する おかやま 防 災 ポータ ル を 活 用 し ダムや 川 の 水 位 などの 情 報 収 集 に 努 めました 旭 川 児 童 院 通 園 センターでは 利 用 者 が 職 員 のサポー トと 誘 導 によりエレベーターで 1 階 から 上 のフロアへ 避 難 呼 吸 器 を 装 着 するなど 医 療 的 なケアが 必 要 な 人 は 設 備 の 整 った2 階 のすみれ 病 棟 で 待 機 しました 旭 川 荘 事 務 局 の 鈴 木 史 朗 防 災 顧 問 は 災 害 時 には 本 部 の 指 示 と 同 時 に 状 況 により 施 設 独 自 の 判 断 も 重 要 職 員 一 人 ひと りの 危 機 管 理 能 力 の 向 上 を 図 っていきたい と 話 し ています 避 難 する 児 童 院 通 園 センターの 利 用 者 編 集 後 記 今 号 面 でひらた 旭 川 荘 盆 踊 り 大 会 を 紹 介 しました 今 回 もたくさんの 地 域 の 方 々がひらた 旭 川 荘 に 足 を 運 んで くれました 特 に 中 学 生 ボランティア 受 け 入 れは 初 めての 試 みでしたが しっかりと 役 割 を 果 たしてくれました また 参 加 した 中 学 生 より 貴 重 な 体 験 ができた また 参 加 した い という 嬉 しいたよりが 届 きました 共 生 社 会 実 現 の 足 が かりとしてぜひ 継 続 していきたいと 思 いました 災 害 対 策 本 部 の 様 子 ( 広 報 委 員 長 壽 厚 志 ) 8

特別養護老人ホーム麻布慶福苑・事業計画

特別養護老人ホーム麻布慶福苑・事業計画 特 別 養 護 老 人 ホーム 麻 布 慶 福 苑 事 業 計 画 特 別 養 護 老 人 ホーム 麻 布 慶 福 苑 ( 以 下 慶 福 苑 という )は 利 用 定 100 床 の 指 定 介 護 老 人 福 祉 施 設 及 び 利 用 定 4 床 の 短 期 入 所 生 活 介 護 事 業 所 としての 認 可 を 受 け 施 設 運 営 を 行 っています 平 成 27 年 度 国 の 介

More information

Microsoft Word - 第1回.docx

Microsoft Word - 第1回.docx 会 議 録 会 議 名 開 催 日 時 開 催 場 所 第 1 回 東 浦 町 高 齢 者 福 祉 推 進 協 議 会 平 成 26 年 10 月 7 日 ( 火 ) 午 後 1 時 30 分 から3 時 10 分 東 浦 町 勤 労 福 祉 会 館 2 階 会 議 室 C 出 席 者 吉 田 正 和 氏 安 田 裕 政 氏 近 藤 静 香 氏 戸 田 幸 子 氏 尾 野 大 輔 氏 神 谷 英 一

More information

<8E968BC695F18D908F912E786C73>

<8E968BC695F18D908F912E786C73> 平 成 7 度 施 設 事 業 報 告 概 要. 法 人 () 経 営 主 体 社 会 福 祉 法 人 白 雪 会 () 所 在 地 千 葉 県 千 葉 市 緑 区 高 田 町 4 番 地 6 (3) 代 表 者 理 事 長 鳥 越 浩 (4) 設 立 月 日 昭 和 54 7 月 日 (5) 設 立 の 目 的 軽 費 老 人 ホーム 設 置 の 為 (6) 役 員 役 職 名 氏 名 職 業 等

More information

< E93788EA98CC8935F8C9F2892F18F6F816A2E786477>

< E93788EA98CC8935F8C9F2892F18F6F816A2E786477> . した B. 検 討 したが に 至 らなかった C. 検 討 も もしなかった D. 廃 止 した 計 画 の. 計 画 通 りに できた b.ほぼ 計 画 通 りに できた c. 計 画 には 及 ばなかった NO.1 平 成 27 年 度 自 己 点 検 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 長 坂 保 育 園 評 価 項 目 Ⅰ 福 祉 サービスの 基 本 方 針 と 組 織 1 理 念

More information

88

88 第 4 章 高 齢 者 福 祉 施 策 の 推 進 87 88 第 4 章 高 齢 者 福 祉 施 策 の 推 進 1 自 立 支 援 と 生 活 の 質 の 向 上 (1) 高 齢 者 の 生 活 支 援 施 設 等 の 活 用 生 活 に 関 する 不 安 の 解 消 や 寝 たきりにならないための 予 防 事 業 を 推 進 する 場 として 高 齢 者 の 生 活 支 援 施 設 等 の 活

More information

優 秀 賞 城 生 野 自 治 会 築 館 地 区 の 北 部 に 位 置 し 世 帯 数 155 世 帯 人 口 493 人 の 自 治 会 です 活 動 事 例 1 城 生 野 大 文 化 祭 お 互 いの 趣 味 や 特 技 を 知 り 合 い 語 り 合 える 文 化 祭 です 地 区 民

優 秀 賞 城 生 野 自 治 会 築 館 地 区 の 北 部 に 位 置 し 世 帯 数 155 世 帯 人 口 493 人 の 自 治 会 です 活 動 事 例 1 城 生 野 大 文 化 祭 お 互 いの 趣 味 や 特 技 を 知 り 合 い 語 り 合 える 文 化 祭 です 地 区 民 自 治 会 事 例 発 表 会 発 表 自 治 会 の 紹 介 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 住 基 人 口 ) グランプリ 西 町 自 治 会 ( 築 館 地 区 ) 築 館 地 区 の 西 部 に 位 置 し 世 帯 数 494 世 帯 人 口 1,213 人 の 自 治 会 です 活 動 事 例 1 西 町 夏 まつり 事 業 流 しそうめん 太 鼓 盆 踊 り お 楽 しみ

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

平 成 23 年 度 コ ス ト 財 源 内 訳 事 業 費 人 件 費 事 業 シト( 概 要 説 明 書 ) 事 業 番 号 23 年 度 ( 予 算 ) 22 年 度 ( 決 算 ) 21 年 度 ( 決 算 ) 2 年 度 ( 決 算 ) 補 助 金 1,134 千 円 1,134 千 円

平 成 23 年 度 コ ス ト 財 源 内 訳 事 業 費 人 件 費 事 業 シト( 概 要 説 明 書 ) 事 業 番 号 23 年 度 ( 予 算 ) 22 年 度 ( 決 算 ) 21 年 度 ( 決 算 ) 2 年 度 ( 決 算 ) 補 助 金 1,134 千 円 1,134 千 円 事 業 シト( 概 要 説 明 書 ) 平 成 23 年 度 事 業 番 号 1 予 算 事 業 名 食 生 活 改 善 推 進 協 議 会 補 助 金 事 業 開 始 年 度 平 成 17 年 度 上 位 施 策 事 業 名 の 健 康 づくりの 推 進 担 当 部 局 保 健 部 事 務 区 分 自 治 事 務 法 定 受 託 事 務 担 当 課 健 康 推 進 課 根 拠 法 令 食 育 基

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

資 格 審 査 席 3 状 席 計 113 構 155 規 約 1 条 1 4 25 経 過 計 決 算 計 監 査 2 針 計 予 算 規 約 正 及 び 追 記 項 構 賛 多 承 詳 内 容 議 書 読 旧 2 開 設 務 弓 厚 引 続 弓 誉 誉 退 働 厚 就 致 多 面 切 演 有 使

資 格 審 査 席 3 状 席 計 113 構 155 規 約 1 条 1 4 25 経 過 計 決 算 計 監 査 2 針 計 予 算 規 約 正 及 び 追 記 項 構 賛 多 承 詳 内 容 議 書 読 旧 2 開 設 務 弓 厚 引 続 弓 誉 誉 退 働 厚 就 致 多 面 切 演 有 使 東 震 災 被 災 舞 2 5 25 リ バ サ ド ホ 連 迎 在 10 近 ぞ 各 向 図 欲 揚 指 志 賛 法 賛 助 協 得 昨 12 4 ユ ネ コ 遺 護 条 約 8 政 我 伝 統 記 載 登 録 決 追 風 朗 重 性 再 確 財 ロ フ ェ ナ 集 団 重 性 寄 引 続 広 責 重 受 止 不 可 欠 影 響 及 ぼ 改 途 影 響 視 常 深 係 直 接 施 設 通 健 康

More information

社会福祉法人 地域サポート 虹

社会福祉法人 地域サポート 虹 平 成 24 年 度 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 地 域 サポート 虹 > 地 域 には その 人 だけの その 人 らしい 生 き 方 があります 地 域 サポート 虹 は 自 然 に 暖 かく 寄 り 添 って 歩 きたいと 願 っています 人 を 大 切 に ふれあいの 輪 を 広 げる 今 という 瞬 間 その 時 を 大 切 に イラスト 提

More information

【共通部分】(修正後11/28②Y反映18:00)

【共通部分】(修正後11/28②Y反映18:00) 介 護 予 防 サービス 支 援 計 画 表 の 記 入 の 仕 方 1. 基 本 的 な 事 項 に 関 する 項 目 群 < NO. 欄 > 利 用 者 のを 記 載 する < 利 用 者 名 欄 > 利 用 者 の 氏 名 を 記 載 する < 認 定 年 月 日 欄 > 要 介 護 認 定 の 結 果 を 受 けた 日 を 記 載 する < 認 定 の 有 効 期 間 欄 > 認 定 の 有

More information

応 募 書 類 5-1(2/6) (3) 送 迎 サービス 及 び 入 浴 サービス(5 点 ) 市 より 貸 与 される 車 両 と 法 人 車 両 の 計 4 台 体 制 で 送 迎 を 実 施 し 乗 車 時 間 を 短 縮 しご 利 用 者 ご 家 族 への 負 担 を 軽 減 し 安 全

応 募 書 類 5-1(2/6) (3) 送 迎 サービス 及 び 入 浴 サービス(5 点 ) 市 より 貸 与 される 車 両 と 法 人 車 両 の 計 4 台 体 制 で 送 迎 を 実 施 し 乗 車 時 間 を 短 縮 しご 利 用 者 ご 家 族 への 負 担 を 軽 減 し 安 全 社 会 福 祉 法 人 千 葉 県 福 祉 援 護 会 応 募 書 類 5-1(1/6) 船 橋 市 西 老 人 デイサービスセンター 事 業 計 画 書 ( 朋 松 苑 デイサービスセンター 除 く) 以 下 の 項 目 について 指 定 期 間 全 体 の 計 画 を 記 載 して 下 さい 記 載 漏 れの 無 いよう 枠 内 の 着 眼 点 を 参 考 に 全 ての 項 目 について 記 載

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20342D3391E596B493638E7382CC8EE682E8916782DD8E9697E1205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20342D3391E596B493638E7382CC8EE682E8916782DD8E9697E1205B8CDD8AB78382815B83685D> 地 域 善 隣 事 業 の 可 能 性 と 展 開 医 療 法 人 静 光 園 白 川 病 院 概 要 診 療 科 内 科 リハビリテーション 科 放 射 線 科 病 床 数 及 び 内 訳 218 病 床 一 般 ( 障 害 者 )60 床 医 療 療 養 98 床 介 護 療 養 60 床 患 者 平 均 年 齢 85.7 歳 患 者 が 自 宅 退 院 するために 必 要 な 力 自 分 力

More information

<8B408AD68E868169338D863139944E398C8E816A2E786C73>

<8B408AD68E868169338D863139944E398C8E816A2E786C73> 私 ふ 大 切 ひろ 笑 顔 輪 心 輪 安 心 幸 福 温 思 心 ほほ 共 未 来 育 健 医 法 社 団 豊 寿 会 成 9 健 開 迎 関 係 各 位 理 解 温 至 深 感 謝 申 げ 振 返 へ 医 看 常 営 へ 腐 心 連 共 心 身 粉 削 っ 汗 力 培 っ 心 強 想 後 役 割 考 積 極 担 尊 厳 守 維 ざ 力 基 本 根 ざ 社 会 う 環 境 育 更 使 命 考 昨

More information

介 護 支 援 ボランティア 制 度 65 歳 以 上 のボランティア 登 録 者 に 市 の 指 定 した 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 事 業 所 と 認 知 症 高 齢 者 グルー プホームでボランティア 活 動 を 行 う 活 動 した 時 間 数 によりポイントを 蓄 積 し

介 護 支 援 ボランティア 制 度 65 歳 以 上 のボランティア 登 録 者 に 市 の 指 定 した 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 事 業 所 と 認 知 症 高 齢 者 グルー プホームでボランティア 活 動 を 行 う 活 動 した 時 間 数 によりポイントを 蓄 積 し 徳 島 市 鳴 門 市 元 気 高 齢 者 づくり 事 業 いきいき 支 援 事 業 ボランティア 等 の 人 材 育 成 研 修 地 域 活 動 組 織 の 育 成 支 援 県 内 市 町 村 の 地 域 介 護 予 防 活 動 支 援 事 業 ( 一 次 予 防 事 業 ) 実 施 状 況 市 内 各 地 区 (19 箇 所 )の 運 動 教 室 開 催 時 に 介 護 予 防 等 に 関 する

More information

実 施 場 所 いきいきサロン: 大 阪 市 立 南 市 岡 小 学 校 多 目 的 室 ネットワーク 委 員 会 : 大 阪 市 港 区 南 市 岡 2 丁 目 7 番 18 号 南 市 岡 会 館 老 人 憩 の 家 実 施 日 時 いきいきサロン: 毎 月 第 2 火 曜 日 13:30~15

実 施 場 所 いきいきサロン: 大 阪 市 立 南 市 岡 小 学 校 多 目 的 室 ネットワーク 委 員 会 : 大 阪 市 港 区 南 市 岡 2 丁 目 7 番 18 号 南 市 岡 会 館 老 人 憩 の 家 実 施 日 時 いきいきサロン: 毎 月 第 2 火 曜 日 13:30~15 初 年 度 事 業 計 画 書 成 立 の 日 から 平 成 27 年 3 月 31 日 まで 特 定 非 営 利 活 動 法 人 南 市 岡 地 域 活 動 協 議 会 Ⅰ 事 業 の 実 施 方 針 設 立 初 年 度 にあたり 法 人 としての 組 織 基 盤 を 確 立 するため 法 人 の 活 動 内 容 について 積 極 的 な 広 報 活 動 を 行 ない 会 員 の 拡 大 を 目

More information

第 1 法 人 活 動 について 法 人 内 会 議 や 職 員 主 体 の 委 員 会 について 計 画 する 1 主 な 会 議 (1) 理 事 会 5 月 8 月 12 月 3 月 の 年 4 回 開 催 必 要 時 に 随 時 開 催 (2) 評 議 員 会 5 月 8 月 12 月 3 月

第 1 法 人 活 動 について 法 人 内 会 議 や 職 員 主 体 の 委 員 会 について 計 画 する 1 主 な 会 議 (1) 理 事 会 5 月 8 月 12 月 3 月 の 年 4 回 開 催 必 要 時 に 随 時 開 催 (2) 評 議 員 会 5 月 8 月 12 月 3 月 平 成 28 年 度 事 業 計 画 社 会 福 祉 法 人 佐 伯 さつき 会 では 次 に 掲 げる 理 念 と 目 標 をもとに 各 事 業 を 計 画 する 理 念 と 目 標 1, 自 立 支 援 と 生 活 の 質 の 向 上 をケアの 基 本 とします 2, 知 識 と 技 術 を 習 熟 し 安 全 安 心 良 質 な 介 護 と 福 祉 を 提 供 します 3,いつも 笑 顔 で

More information

万 人 を 超 え 最 大 数 を 迎 える 三 原 市 敬 老 会 事 業 助 成 交 付 金 要 領 に 基 づき 高 齢 者 に 対 し その 長 寿 を 祝 福 し 敬 老 の 意 を 表 するとともに 市 民 の 敬 老 思 想 の 高 揚 を 図 る ため かつ 高 齢 者 が 自 ら

万 人 を 超 え 最 大 数 を 迎 える 三 原 市 敬 老 会 事 業 助 成 交 付 金 要 領 に 基 づき 高 齢 者 に 対 し その 長 寿 を 祝 福 し 敬 老 の 意 を 表 するとともに 市 民 の 敬 老 思 想 の 高 揚 を 図 る ため かつ 高 齢 者 が 自 ら 平 成 27 年 度 民 生 福 祉 常 任 委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 1. 視 察 日 程 平 成 27 年 5 月 19 日 ( 火 )から 5 月 22 日 ( 金 )まで 2. 視 察 先 及 び 視 察 内 容 (1) 広 島 県 三 原 市 高 齢 者 対 策 について (2) 愛 媛 県 今 治 市 高 齢 者 対 策 について 3. 参 加 者 委 員 長 佐 賀 英

More information

<5461726F2D8E968BC68C7689E68F9195BD90AC3238944E6A74642E6A7464>

<5461726F2D8E968BC68C7689E68F9195BD90AC3238944E6A74642E6A7464> 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 野 里 福 祉 会 は え ば る 保 育 園 -1- 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 1. 野 里 福 祉 会 本 部 運 営 法 人 理 念 一 人 ひとりの 生 命 を 守 り 一 人 ひとりの 生 命 を 育 みます 福 祉 施 設 としての 役 割 を 果 たし 地 域 に 根 ざし 地 域 との 信 頼 関 係

More information

丸 彦 渡 辺 建 設 職 平 成 嶋 弘 金 忙 9 青 婦 心 感 謝 実 打 心 焦 執 委 素 晴 投 球 始 球 式 共 毎 恒 例 連 剛 腕 見 武 km / h 他 追 随 許 選 豪 華 足 係 押 安 眠 枕 選 ダ ホ 照 君 持 社 多 先 輩 他 署 交 流 丸 彦 者 照

丸 彦 渡 辺 建 設 職 平 成 嶋 弘 金 忙 9 青 婦 心 感 謝 実 打 心 焦 執 委 素 晴 投 球 始 球 式 共 毎 恒 例 連 剛 腕 見 武 km / h 他 追 随 許 選 豪 華 足 係 押 安 眠 枕 選 ダ ホ 照 君 持 社 多 先 輩 他 署 交 流 丸 彦 者 照 丸 彦 渡 辺 建 設 職 平 成 物 各 5 ズ 7 短 投 票 発 表 8 ダ 9 丸 彦 渡 辺 建 設 職 市 豊 平 区 豊 平 条 丁 5 8 T E L F A X8 URL:http://homepage.nifty. com/mwcsu 編 集 発 教 宣 度 全 9 サ 色 美 酒 酔 酒 酔 相 非 常 交 流 深 模 管 理 職 連 結 若 模 9 数 去 減 km / h

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

内 容 : 虐 待 防 止 マニュアルについて その 人 らしく 生 きていくための 法 人 の 役 割 について 4 職 員 研 修 内 部 研 修 1 初 任 者 研 修 平 成 27 年 度 採 用 者 に 対 して 法 人 内 で 設 置 した 初 任 者 研 修 を 実 施 した また 外

内 容 : 虐 待 防 止 マニュアルについて その 人 らしく 生 きていくための 法 人 の 役 割 について 4 職 員 研 修 内 部 研 修 1 初 任 者 研 修 平 成 27 年 度 採 用 者 に 対 して 法 人 内 で 設 置 した 初 任 者 研 修 を 実 施 した また 外 第 1 回 理 事 会 評 議 員 会 議 案 第 1 号 平 成 27 年 度 事 業 報 告 平 成 26 年 に 国 が 批 准 した 障 害 者 権 利 条 約 に 基 づく 関 連 法 律 の 整 備 が 進 み 社 会 福 祉 法 人 に 課 せられた 責 務 の 見 直 しを 図 る 努 力 の 一 年 であった 障 害 を 持 つ 人 たちの 生 きづらさを 理 解 し 個 々 人

More information

3 青 年 期 (16~24 歳 ) 進 学 就 職 といった 環 境 の 変 化 から 食 生 活 をはじめ 生 活 リズムが 乱 れが ちになると 同 時 に 外 見 へのこだわりから 栄 養 が 偏 ることもあります コンビニや 外 食 に 頼 り 過 ぎず 栄 養 バランス に 心 がけた

3 青 年 期 (16~24 歳 ) 進 学 就 職 といった 環 境 の 変 化 から 食 生 活 をはじめ 生 活 リズムが 乱 れが ちになると 同 時 に 外 見 へのこだわりから 栄 養 が 偏 ることもあります コンビニや 外 食 に 頼 り 過 ぎず 栄 養 バランス に 心 がけた 3 地 産 地 消 食 育 を 推 進 するための 取 組 (1) ライフステージごとの 食 育 1 乳 幼 児 期 (0~5 歳 ) 食 生 活 をはじめ 生 活 リズム 等 健 康 的 な 生 活 習 慣 を 身 につけることはもち ろん しつけによって 社 会 性 の 基 礎 をも 養 う 重 要 な 時 期 です 早 寝 早 起 き 三 度 の 食 事 を 規 則 的 に 摂 る 等 基 本

More information

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支 20160119 版 2016 年 度 メリーポピンズ 稲 城 ルーム 事 業 計 画 書 1 基 本 方 針 保 育 理 念 にんげん 力 を 育 てる にんげん 力 を 身 につけるために 必 要 なあそび 野 外 体 験 を 提 案 実 践 し 自 分 で 考 え 行 動 し てみる 思 考 を 育 みます 二 大 保 育 方 針 1センスオブワンダー 自 然 の 中 に 沢 山 足 を 運

More information

社会福祉法人 地域サポート 虹

社会福祉法人 地域サポート 虹 (1) 事 業 内 容 平 成 24 年 度 事 業 計 画 書 事 業 所 名 称 : 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 くるみ 社 会 福 祉 法 人 地 域 サポート 虹 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 くるみ (( 介 護 予 防 ) 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 ) 事 業 者 番 号 :1493500134 介 護 保 険 地 域 密 着 型 サービス

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 28 年 度 第 4 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 前 10 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 台 湾 で 開 催 された 日 本 の 観 光 物 産 博 2016 への 出 展 の 報 告 青 少 年 宿 泊 施 設 あかたにの 家 オープン 土 曜 学 習 教 室 を 豊 浦 地 区 紫 雲 寺

More information

広 報 なかま 通 信 平 成 26 年 7 月 発 行 (2) 6 月 30 日 毎 年 恒 例 の 家 族 会 日 帰 りバス 旅 行 が 行 われ 利 用 者 御 家 族 職 員 合 わせて 36 名 が 参 加 しました 最 初 の 目 的 地 ねぶたの 家 ワ ラッセ ねぶたミュージアム

広 報 なかま 通 信 平 成 26 年 7 月 発 行 (2) 6 月 30 日 毎 年 恒 例 の 家 族 会 日 帰 りバス 旅 行 が 行 われ 利 用 者 御 家 族 職 員 合 わせて 36 名 が 参 加 しました 最 初 の 目 的 地 ねぶたの 家 ワ ラッセ ねぶたミュージアム 広 報 なかま 通 信 平 成 26 年 7 月 発 行 (1) 039-1545 三 戸 郡 五 戸 町 字 正 場 沢 長 根 8-1 TEL:0178-62-6500 (FAX:62-4996) 平 成 26 年 7 月 発 行 社 会 福 祉 法 人 生 活 文 化 研 究 所 就 労 継 続 支 援 B 型 事 業 所 移 山 寮 ( 定 員 20 名 ) 共 同 生 活 ホーム 移 山

More information

守山市

守山市 第 1 回 守 山 市 子 ども 子 育 て 会 議 平 成 25 年 10 月 17 日 資 料 5-1 守 山 市 保 育 * 幼 児 教 育 * 子 育 て 支 援 の 概 要 1 人 口 世 帯 数 ( 1 ) 人 口 世 帯 数 の 推 移 住 民 登 録 基 本 台 帳 より 区 分 人 口 ( 前 年 度 比 ) 世 帯 数 ( 前 年 度 比 ) 1 世 帯 あたり S45.7.1

More information

宝木新里ニュータウン地区のまちづくり

宝木新里ニュータウン地区のまちづくり ふれあいタウン 岩 曽 地 区 のまちづくり 地 区 計 画 届 出 の 手 引 き 宇 都 宮 市 目 次 1.はじめに 地 区 計 画 制 度 とは 1 2. 地 区 計 画 の 内 容 2 3. 地 区 計 画 の 内 容 の 趣 旨 と 解 説 4 住 宅 地 区 4 沿 道 整 備 地 区 1 11 沿 道 整 備 地 区 2 13 文 教 地 区 15 4. 新 築 や 増 改 築 の

More information

室 蘭 市 高 齢 者 関 係 施 策 一 覧 表 ( 含 む) 1. 日 常 生 活 等 の 支 援 に 関 する 施 策 (1) 高 齢 者 の 在 宅 支 援 雪 かき 応 援 雪 かき 応 援 を 必 要 とする 高 齢 者 世 帯 に 対 し 高 校 大 学 生 等 のボランティアグループ を 組 織 し 雪 かきを 実 施 介 護 保 険 適 用 外 のヘル パー 派 遣 保 険 外

More information

28.03月号.indb

28.03月号.indb 広 報 にしいず 3 桃 節 句 第 11 回 ふるさとフォトコンテスト 審 査 結 果 すくすく 医 療 費 受 給 者 証 更 新 について 問 合 せ 健 康 増 進 課 医 療 保 険 係 TEL:52-1116 マイナンバーカード ( 個 人 番 号 カード) 交 付 が 始 まりました 問 合 せ 窓 口 税 務 課 窓 口 年 金 係 TEL:52-1112 まだ 設 置 されていない

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 在 宅 サービス 提 供 者 交 流 会 Copyright 2012 SAKURANOMORI All Rights Reserved. 株 式 会 社 さくらの 杜 代 表 取 締 役 ごあいさつ SAKURA 訪 問 看 護 リハビリステーション 昭 島 株 式 会 社 さくらの 杜 代 表 取 締 役 越 阪 部 修 一 自 己 紹 介 おさかべ しゅういち 越 阪 部 修 一 2000 年

More information

Taro12-5月特養.jtd

Taro12-5月特養.jtd 特 コナ 特 四 月 金 車 中 え 声 聞 開 花 早 境 内 部 葉 花 見 緒 来 残 念 天 気 気 温 温 調 外 和 境 内 沢 山 屋 台 並 参 加 焼 そ 好 焼 各 々 食 べ 物 注 文 召 外 食 べ 食 笑 顔 美 味 美 味 召 又 境 内 大 迫 力 太 鼓 演 奏 聴 煌 び 衣 装 稚 児 列 見 わ ね ほ ほ え 場 面 見 帰 う? 聞 来 寒 冬 明 久 ぶ

More information

障 害 者 福 二 祉 障 害 福 祉 サービス 事 身 体 障 害 者 福 祉 センター 地 域 活 動 支 援 センター 障 害 者 居 宅 介 護 事 所 谷 山 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 地 域

障 害 者 福 二 祉 障 害 福 祉 サービス 事 身 体 障 害 者 福 祉 センター 地 域 活 動 支 援 センター 障 害 者 居 宅 介 護 事 所 谷 山 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 地 域 社 会 福 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 8 年 4 月 日 現 在 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 市 法 人 名 社 会 福 祉 法 人 鹿 児 島 市 社 会 福 祉 協 議 会 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 89-8 鹿 児 島 県 鹿 児 島 市 山 下 町 5- 電 話 番 号 99 - - 67 FAX 番 号 99 - - 675 ホームペー ジアドレス 代 表 者

More information

組 織 運 営 の 充 実 強 化 安 定 した 経 営 組 織 体 制 の 見 直 しに 向 けての 現 状 分 析 組 織 財 政 の 見 直 し 事 務 事 業 の 効 率 化 2 理 事 会 評 議 員 会 の 開 催 定 期 監 査 の 実 施 ( 年 2 回 ) 4 役 職 員 の 資

組 織 運 営 の 充 実 強 化 安 定 した 経 営 組 織 体 制 の 見 直 しに 向 けての 現 状 分 析 組 織 財 政 の 見 直 し 事 務 事 業 の 効 率 化 2 理 事 会 評 議 員 会 の 開 催 定 期 監 査 の 実 施 ( 年 2 回 ) 4 役 職 員 の 資 平 成 28 年 度 社 会 福 祉 法 人 伊 達 市 社 会 福 祉 協 議 会 事 業 計 画 基 本 方 針 合 併 0 年 が 経 過 し この 間 7,000 人 を 超 える 大 きな 人 口 減 少 とあいまって 高 齢 単 身 世 帯 高 齢 夫 婦 のみ 世 帯 の 増 加 や 日 中 一 人 暮 らしの 世 帯 といった 家 族 形 態 の 変 容 など 地 域 社 会 に 大

More information

(3) 開 札 の 結 果 予 定 価 格 以 下 の 入 札 がない 場 合 は 入 札 を 無 効 とし 直 ちに2 回 まで 再 入 札 を 行 うものとする 5. 入 札 参 加 資 格 一 般 競 争 入 札 に 参 加 できる 者 は 公 告 で 定 める 要 件 をすべて 満 たすもの

(3) 開 札 の 結 果 予 定 価 格 以 下 の 入 札 がない 場 合 は 入 札 を 無 効 とし 直 ちに2 回 まで 再 入 札 を 行 うものとする 5. 入 札 参 加 資 格 一 般 競 争 入 札 に 参 加 できる 者 は 公 告 で 定 める 要 件 をすべて 満 たすもの 社 会 福 祉 法 人 あそか 会 清 掃 業 務 委 託 契 約 下 記 の 通 り 一 般 競 争 入 札 を 行 うので 社 会 福 祉 法 人 あそか 会 契 約 事 務 規 定 に 基 づき 公 告 し ます 平 成 28 年 1 月 15 日 社 会 福 祉 法 人 あそか 会 理 事 長 古 城 資 久 1. 入 札 に 付 する 事 項 (1) 件 名 社 会 福 祉 法 人 あそか

More information

尾道福祉専門学校 平成26年度 自己評価報告書

尾道福祉専門学校 平成26年度 自己評価報告書 平 成 26 年 度 自 己 評 価 報 告 書 平 成 27 年 8 月 社 会 福 祉 法 人 尾 道 さつき 会 尾 道 福 祉 専 門 学 校 目 次 1. 学 校 の 現 況 P1 2. 評 価 の 基 本 方 針 P2 3. 本 年 度 に 定 めた 重 点 目 標 P2 4. の 達 成 及 び 取 組 状 況 (1) 教 育 理 念 目 標 P3 (2) 学 校 運 営 P5 (3)

More information

H26-6おしらせ.indd

H26-6おしらせ.indd ギャ JUN 誕 周 記 念 募 集 種 資 格 般 般 現 在 歳 上 壮 昭 和 編 区 編 監 督 メ 式 各 区 必 要 項 記 添 提 出 締 監 督 議 分 央 橋 役 E M ぼ 座 E M ぼ 使 っ 減 量 情 報 交 換 号 議 容 基 礎 知 識 縁 結 個 情 報 取 扱 電 話 F A X 火 康 育 F A X 奏 団 ゆ 案 管 弦 ポ ピ 奏 及 声 唱 共 ぜ

More information

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2094AD955C9770974C97BF9856906C837A815B838082CC8CBB8FF382C689DB91E88740>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2094AD955C9770974C97BF9856906C837A815B838082CC8CBB8FF382C689DB91E88740> 第 128 回 坂 出 30 昼 食 懇 談 会 資 料 有 料 老 人 ホームの 現 状 と 課 題 1 参 考 資 料 失 敗 しない 有 料 老 人 ホームの 事 業 戦 略 週 刊 ダイヤモンド 09-5-2 号 介 護 特 集 その 他 濱 田 孝 一 著 1 目 次 高 齢 化 社 会 と 高 齢 者 住 宅 の 現 状 3 介 護 保 険 制 度 導 入 で 有 料 老 人 ホームは

More information

広 げよう 深 めよう 鎌 足 文 化 11/2~3 鎌 足 公 民 館 盆 栽 陶 芸 絵 手 紙 生 け 花 書 道 子 どもの 作 品 他 11/3 鎌 足 公 民 館 大 正 琴 民 謡 踊 り カラオケ フラダンス 小 学 生 の 歌 他 11/3 鎌 足 公 民 館 PTAバザー 焼 き

広 げよう 深 めよう 鎌 足 文 化 11/2~3 鎌 足 公 民 館 盆 栽 陶 芸 絵 手 紙 生 け 花 書 道 子 どもの 作 品 他 11/3 鎌 足 公 民 館 大 正 琴 民 謡 踊 り カラオケ フラダンス 小 学 生 の 歌 他 11/3 鎌 足 公 民 館 PTAバザー 焼 き 平 成 22 年 度 木 更 津 市 公 民 館 ( 地 区 ) 文 化 祭 公 民 館 まつり 事 業 一 覧 ( 概 要 ) * 詳 しい 日 程 については 各 公 民 館 へお 問 合 せください* 問 合 せ 先 中 央 公 民 館 25 4581 第 34 回 中 央 公 民 館 まつり 11 月 6 日 ( 土 )~7 日 ( 日 ) 学 ぼう 築 こう 文 化 の 輪 11/6~7

More information

大 分 県 の 公 務 員 薬 剤 師 の 業 務 紹 介 2 生 活 環 境 部 環 境 保 全 課 山 瀬 敬 治 薬 剤 師 の 職 能 を 出 身 県 の 大 分 でフル 活 用 して 働 きたい!! そのような 気 持 ちで 学 生 時 代 から 大 分 県 職 員 を 志 望 しました

大 分 県 の 公 務 員 薬 剤 師 の 業 務 紹 介 2 生 活 環 境 部 環 境 保 全 課 山 瀬 敬 治 薬 剤 師 の 職 能 を 出 身 県 の 大 分 でフル 活 用 して 働 きたい!! そのような 気 持 ちで 学 生 時 代 から 大 分 県 職 員 を 志 望 しました 大 分 県 の 公 務 員 薬 剤 師 の 業 務 紹 介 ➀ 生 活 環 境 部 食 品 安 全 衛 生 課 白 石 伸 一 私 は 県 に 入 る 前 は 薬 局 で 働 いていました 大 分 県 が 薬 剤 師 を 募 集 していることを 知 人 から 紹 介 され 行 政 薬 剤 師 という 道 もあることを 知 ったのがきっかけでした 大 分 県 の 食 の 安 全 と 安 心 を 守 っています

More information

特 別 養 護 老 人 ホーム 東 神 田 の 里 事 業 計 画 開 設 年 月 日 事 業 所 名 事 業 内 容 平 成 26 年 10 月 1 日 特 別 養 護 老 人 ホーム 東 神 田 の 里 特 別 養 護 老 人 ホーム/ 短 期 入 所 生 活 介 護 (ショートステイ) 併 設

特 別 養 護 老 人 ホーム 東 神 田 の 里 事 業 計 画 開 設 年 月 日 事 業 所 名 事 業 内 容 平 成 26 年 10 月 1 日 特 別 養 護 老 人 ホーム 東 神 田 の 里 特 別 養 護 老 人 ホーム/ 短 期 入 所 生 活 介 護 (ショートステイ) 併 設 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 いわき 会 特 別 養 護 老 人 ホーム 東 神 田 の 里 短 期 入 所 生 活 介 護 (ショートステイ) 特 別 養 護 老 人 ホーム 東 神 田 の 里 事 業 計 画 開 設 年 月 日 事 業 所 名 事 業 内 容 平 成 26 年 10 月 1 日 特 別 養 護 老 人 ホーム 東 神 田 の 里 特 別 養

More information

<89DB A834A B2E696E6462>

<89DB A834A B2E696E6462> 広 報 3 号 応 援 木 7 金 三 重 県 域 主 ゲ ウ ェ 空 港 立 力 都 表 メ ギ ツ ナ ダ 8 欧 州 欧 州 委 員 委 員 ウ ナ 受 停 止 降 7 世 界 経 済 域 社 ざ 題 率 意 調 対 応 企 画 企 画 7 片 岡 左 3 番 出 席 ウ ダウボ 除 幕 式 様 子 平 成 7 8 空 港 プザ 世 界 各 人 報 係 利 想 安 安 全 環 境 美 警 備

More information

<31308BE091F28BE62E786C7378>

<31308BE091F28BE62E786C7378> 金 沢 区 内 の 各 地 域 ケアプラザと 金 沢 区 社 会 福 祉 協 議 会 電 話 番 号 788-6080 開 催 日 時 期 間 周 知 方 法 申 込 方 法 サマーフレンド : 平 成 23 年 7 月 24 日 ( 日 )~8 月 26 日 ( 金 ) 0プログラム 3 日 間 のみ: 平 成 23 年 7 月 9 日 ( 土 ) 日 ( 月 ) 8 日 ( 月 ) 26 日 (

More information

20141113(滋賀県)都道府県計画

20141113(滋賀県)都道府県計画 医 療 保 促 進 法 に 基 づく 滋 賀 県 計 画 平 成 26 年 10 月 滋 賀 県 - 2 - 1. 計 画 の 基 本 的 事 項 (1) 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 本 県 の 人 口 は 現 在 約 141 万 人 であり 全 国 でも 数 少 ない 人 口 増 加 県 であるが 平 成 27 年 (2015 年 )をピークとして 減 少 に 転 じると 見 込 まれている

More information

目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の 将 来 像 について... 20 6

目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の 将 来 像 について... 20 6 羽 島 市 第 六 次 総 合 計 画 策 定 に 関 する 市 民 アンケート 調 査 調 査 結 果 報 告 平 成 25 年 11 月 目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

Microsoft Word - H20shimo52.doc

Microsoft Word - H20shimo52.doc モニタリング 結 果 報 告 書 施 設 三 浦 ふれあいの 村 指 定 管 理 者 横 浜 YMCA 施 設 所 管 課 子 ども 教 育 支 援 課 ( 平 成 20 年 度 下 半 期 ) 管 理 運 営 状 況 総 括 1 例 報 告 書 によるモニタリングの 概 況 報 告 受 理 確 認 通 知 備 考 ( 確 認 事 項 等 ) 10 11 7 11 27 適 正 に 行 われてい 11

More information

会 務 運 営 と 連 絡 調 整 H26.5.29 (9) 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 に 基 づく 本 会 ( 居 宅 介 重 度 訪 問 介 ) 運 営 規 程 ( 同 行 援 ) 運 営 規 程 の 一 (10) 本

会 務 運 営 と 連 絡 調 整 H26.5.29 (9) 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 に 基 づく 本 会 ( 居 宅 介 重 度 訪 問 介 ) 運 営 規 程 ( 同 行 援 ) 運 営 規 程 の 一 (10) 本 平 成 26 年 度 社 会 法 人 嬬 恋 村 社 会 協 議 会 事 業 報 告 1 総 括 急 速 な 少 子 高 齢 化 や 将 来 的 な 人 口 減 少 単 身 世 帯 の 増 加 に 伴 い 地 域 社 会 や 家 庭 の 様 相 は 大 きく 変 容 し 地 域 に 根 付 いていた 互 助 の 精 神 の 希 薄 化 が 進 む 中 地 域 社 会 のあり 方 が 様 変 わりしています

More information

根 の 部 分 にはでんぷんを 分 解 する 酵 素 アミラーゼが 豊 富 で 消 化 を 促 進 し 胸 やけや 胃 酸 過 多 胃 もたれ 二 日 酔 いなどに 効 果 があります また ビタミンCも 多 く 特 に 内 側 たっぷり 福 神 漬 け 材 料 煮 汁 三 温 糖 しょうゆ 酢 梅

根 の 部 分 にはでんぷんを 分 解 する 酵 素 アミラーゼが 豊 富 で 消 化 を 促 進 し 胸 やけや 胃 酸 過 多 胃 もたれ 二 日 酔 いなどに 効 果 があります また ビタミンCも 多 く 特 に 内 側 たっぷり 福 神 漬 け 材 料 煮 汁 三 温 糖 しょうゆ 酢 梅 根 の 部 分 にはでんぷんを 分 解 する 酵 素 アミラーゼが 豊 富 で 消 化 を 促 進 し 胸 やけや 胃 酸 過 多 胃 もたれ 二 日 酔 いなどに 効 果 があります また ビタミンCも 多 く 特 に 内 側 羽 沢 カレー エネルギー 266kcal 分 2.2g 1 人 分 エリンギ 玉 ねぎ( 大 ) しょうが 豚 肉 薄 切 り 肉 バター 水 カレールウ 400g 1

More information

「松山サンシャインプロジェクト」について

「松山サンシャインプロジェクト」について 稲 城 市 介 護 支 援 ボランティア 制 度 厚 生 労 働 省 の 認 可 を 受 けた 有 償 ボランティア 制 度 介 護 支 援 ボランティア 評 価 ポ イント 転 換 交 付 金 を 交 付 する 2007 年 5 月 導 入 が 決 定 同 9 月 より 運 用 開 始 ( 稲 城 市 は 日 本 で 初 めてこの 制 度 を 導 入 した 行 政 区 ) 背 景 急 激 な 高

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F955C8E86814596DA8E9F5F945F8BC683728357838783932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F955C8E86814596DA8E9F5F945F8BC683728357838783932E646F63> 鷹 栖 町 農 業 ビジョン 平 成 28 年 度 ~ 平 成 29 年 度 ( 第 1 期 ) 平 成 28 年 3 月 北 海 道 鷹 栖 町 目 次 第 1 章 ビジョンの 策 定 にあたって 1 ビジョン 策 定 の 目 的 1 2 ビジョンの 性 格 1 3 ビジョンの 計 画 期 間 2 4 鷹 栖 町 未 来 づくり 構 想 ( 一 部 抜 粋 ) 3 第 2 章 鷹 栖 町 の 現

More information

2014年6月議会 一般質問 <田辺の質問全文>

2014年6月議会 一般質問 <田辺の質問全文> 2014 年 6 月 16 日 2014 年 6 月 定 例 会 一 般 質 問 民 主 党 県 政 クラブの 田 辺 一 城 です 通 告 に 従 い 政 務 調 査 に 基 づき 一 般 質 問 を させていただきます まず 冒 頭 今 ほど ( 田 辺 の 前 の 質 問 者 の) 長 ( 裕 海 ) 先 生 から ご 紹 介 をいただきました 教 育 の 現 場 を 通 じて 子 どもから

More information

別紙3

別紙3 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 方 針 目 次 1 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 総 括 表 及 び 経 営 方 針 1 2 重 点 的 に 取 り 組 みを 行 う 主 なもの 5 1 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 総 括 表 及 び 経 営 方 針 (1) 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求

More information

本 計 画 では 体 系 的 に 施 策 を 推 進 する 中 で(50 51ページ 参 照 ) 施 策 を 複 合 的 に 捉 え 重 点 的 な 取 組 を3つ 掲 げ 中 長 期 的 な 見 通 しを 踏 まえ 取 り 組 んでいきます これらの 取 組 は 地 域 包 括 ケアシステム 構

本 計 画 では 体 系 的 に 施 策 を 推 進 する 中 で(50 51ページ 参 照 ) 施 策 を 複 合 的 に 捉 え 重 点 的 な 取 組 を3つ 掲 げ 中 長 期 的 な 見 通 しを 踏 まえ 取 り 組 んでいきます これらの 取 組 は 地 域 包 括 ケアシステム 構 第 4 章 重 点 的 な 取 組 - 57 - 本 計 画 では 体 系 的 に 施 策 を 推 進 する 中 で(50 51ページ 参 照 ) 施 策 を 複 合 的 に 捉 え 重 点 的 な 取 組 を3つ 掲 げ 中 長 期 的 な 見 通 しを 踏 まえ 取 り 組 んでいきます これらの 取 組 は 地 域 包 括 ケアシステム 構 築 のために 市 町 村 が 重 点 的 に 取 り

More information

デイサービス 東 神 田 の 里 事 業 計 画 開 設 年 月 日 事 業 所 名 事 業 内 容 事 業 規 模 開 設 場 所 平 成 26 年 10 月 1 日 デイサービス 東 神 田 の 里 通 所 介 護 / 介 護 予 防 通 所 介 護 (デイサービス) 利 用 定 員 10 名

デイサービス 東 神 田 の 里 事 業 計 画 開 設 年 月 日 事 業 所 名 事 業 内 容 事 業 規 模 開 設 場 所 平 成 26 年 10 月 1 日 デイサービス 東 神 田 の 里 通 所 介 護 / 介 護 予 防 通 所 介 護 (デイサービス) 利 用 定 員 10 名 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 いわき 会 デイサービス 東 神 田 の 里 デイサービス 東 神 田 の 里 事 業 計 画 開 設 年 月 日 事 業 所 名 事 業 内 容 事 業 規 模 開 設 場 所 平 成 26 年 10 月 1 日 デイサービス 東 神 田 の 里 通 所 介 護 / 介 護 予 防 通 所 介 護 (デイサービス) 利 用 定 員

More information

桑 名 市 ふれあいまちづくり 推 進 事 業 補 助 金 300,000 多 度 南 地 区 自 治 会 連 合 会 市 民 協 働 課 桑 名 市 ふれあいまちづくり 推 進 事 業 補 助 金 300,000 多 度 北 地 区 自 治 会 連 合 会 市 民 協 働 課 桑 名 市 ふれあい

桑 名 市 ふれあいまちづくり 推 進 事 業 補 助 金 300,000 多 度 南 地 区 自 治 会 連 合 会 市 民 協 働 課 桑 名 市 ふれあいまちづくり 推 進 事 業 補 助 金 300,000 多 度 北 地 区 自 治 会 連 合 会 市 民 協 働 課 桑 名 市 ふれあい 平 成 27 年 度 桑 名 市 一 般 会 計 当 初 予 算 補 助 金 交 付 金 一 覧 ( 単 位 : 円 ) 補 助 金 名 称 27 年 度 補 助 予 定 額 交 付 先 名 称 所 管 課 議 会 費 政 務 活 動 費 15,600,000 会 派 及 び 議 員 議 会 事 務 局 総 務 費 桑 名 市 友 好 都 市 推 進 事 業 助 成 金 300,000 桑 名 市

More information

分 科 会 3 会 場 にて 開 催 日 ごろの 活 動 の 工 夫 や 困 りごとについて 活 発 な 意 見 交 換 となりました 主 な 意 見 をご 紹 介 します 参 加 者 合 計 97 人 11 月 14 日 : 城 山 保 健 福 祉 センター 11 月 27 日 :あじさい 会 館

分 科 会 3 会 場 にて 開 催 日 ごろの 活 動 の 工 夫 や 困 りごとについて 活 発 な 意 見 交 換 となりました 主 な 意 見 をご 紹 介 します 参 加 者 合 計 97 人 11 月 14 日 : 城 山 保 健 福 祉 センター 11 月 27 日 :あじさい 会 館 サロン 担 い 手 の 皆 様 へ 全 体 会 と 分 科 会 を 開 催 しました! 21.3 相 模 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 全 大 会 10/29 会 場 :あじさい 会 館 参 加 者 合 計 160 人 第 1 部 講 演 その 一 言 をキャッチする! 講 師 : 長 渕 晃 二 さん( 茅 ヶ 崎 リハビリテーション 専 門 学 校 専 任 教 員 ) サロンの 意 義 効

More information

高 士 区 地 域 活 動 支 援 事 業 ヒアリング 日 程 表 日 時 : 平 成 27 年 5 月 7 日 午 後 1 時 30 分 ~ 資 料 No 1 場 所 : 公 民 館 高 士 分 館 中 会 議 室 時 間 提 案 団 体 名 事 業 名 士 -2 13:40~13:55 高 士

高 士 区 地 域 活 動 支 援 事 業 ヒアリング 日 程 表 日 時 : 平 成 27 年 5 月 7 日 午 後 1 時 30 分 ~ 資 料 No 1 場 所 : 公 民 館 高 士 分 館 中 会 議 室 時 間 提 案 団 体 名 事 業 名 士 -2 13:40~13:55 高 士 平 成 27 年 度 第 2 回 高 士 区 地 域 協 議 会 次 第 日 時 : 平 成 27 年 5 月 7 日 ( 木 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 会 場 : 公 民 館 高 士 分 館 2 階 中 会 議 室 1 開 会 2 会 長 挨 拶 3 議 題 地 域 活 動 支 援 事 業 について 高 士 区 の 提 案 状 況 について 提 案 事 業 に 関 する 概 要 説 明 及

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203F814034814082673233944E93788E968BC695F18D902882A982AA82DD9574816A8140>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203F814034814082673233944E93788E968BC695F18D902882A982AA82DD9574816A8140> Ⅰ 法 人 の 概 況 事 業 報 告 書 12 設 寄 立 附 年 行 月 為 日 に 定 める 平 目 成 的 12 年 10 月 26 日 とともに と この 法 人 古 は 田 本 織 巣 部 市 生 がまちおこしの 誕 の 地 を 活 かし 活 農 動 林 拠 点 水 として 産 物 及 整 び 備 農 林 した 水 織 産 物 部 の 里 加 もとすを 工 品 供 管 給 並 理 運 びに

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

石議第   号

石議第   号 平 成 24 年 12 月 6 日 石 巻 市 議 会 議 長 阿 部 和 芳 殿 保 健 福 祉 委 員 会 氏 名 委 員 長 渡 辺 拓 朗 印 視 察 報 告 書 視 察 の 概 要 は 下 記 のとおりです 記 1 参 加 委 員 委 員 長 渡 辺 拓 朗 副 委 員 長 堀 川 禎 則 委 員 水 澤 冨 士 江 石 森 市 雄 森 山 行 輝 阿 部 政 昭 阿 部 仁 州 ほか 事

More information

14 夏まつり開催に至るまでの関係機関との協議経過等

14 夏まつり開催に至るまでの関係機関との協議経過等 資 料 14 明 石 市 民 夏 まつり 開 催 に 至 るまでの 関 係 機 関 との 協 議 経 過 等 ( 商 工 観 光 課 職 員 からの 聴 き 取 りによる 取 りまとめ) 4 月 中 ニシカン 大 阪 支 社 N 氏 ( 以 下 N 氏 )と 電 話 連 絡 を 数 回 行 い 明 石 営 業 所 の 設 置 等 明 石 に 進 出 する 予 定 がないかを 打 診 < 背 景 >

More information

現 状 把 握 グループ 協 議 結 果 Aグループ 健 康 強 み 健 康 への 意 識 が 高 い 病 院 が 多 い 6 8 年 間 を 通 して 健 康 づくり 活 動 を 行 なっている 高 齢 者 の 学 習 の 場 がたくさんある 運 動 意 識 が 高 い ( 高 齢 者 運 動 会

現 状 把 握 グループ 協 議 結 果 Aグループ 健 康 強 み 健 康 への 意 識 が 高 い 病 院 が 多 い 6 8 年 間 を 通 して 健 康 づくり 活 動 を 行 なっている 高 齢 者 の 学 習 の 場 がたくさんある 運 動 意 識 が 高 い ( 高 齢 者 運 動 会 現 状 把 握 グループ 協 議 結 果 Aグループ 福 祉 強 み 参 考 資 料 河 内 総 合 福 祉 センターまでのバスが 巡 回 ( 温 泉 入 浴 が 可 ) 福 祉 施 設 の 充 実 地 区 内 に 河 内 総 合 福 祉 センターがある 福 祉 の 拠 点 として,もっと 利 用 し よう 介 護 施 設 等 では 軒 先 まで 送 迎 してもらえるので,とても 便 利 に 思 います

More information

亀 津 文 化 午 策 南 西 糖 株 式 社 振 興 並 製 糖 終 了 感 謝 デ 製 糖 終 了 感 謝 デ 振 興 絡 協 規 就 激 励 絡 協 規 就 励 階 室 関 席 模 様 へ 米 軍 移 設 反 報 告 鳩 首 相 談 B & G 海 洋 タ 伊 藤 知 事 鳩 首 相 談 報

亀 津 文 化 午 策 南 西 糖 株 式 社 振 興 並 製 糖 終 了 感 謝 デ 製 糖 終 了 感 謝 デ 振 興 絡 協 規 就 激 励 絡 協 規 就 励 階 室 関 席 模 様 へ 米 軍 移 設 反 報 告 鳩 首 相 談 B & G 海 洋 タ 伊 藤 知 事 鳩 首 相 談 報 No. ろ 亀 津 文 化 午 策 南 西 糖 株 式 社 振 興 並 製 糖 終 了 感 謝 デ 製 糖 終 了 感 謝 デ 振 興 絡 協 規 就 激 励 絡 協 規 就 励 階 室 関 席 模 様 へ 米 軍 移 設 反 報 告 鳩 首 相 談 B & G 海 洋 タ 伊 藤 知 事 鳩 首 相 談 報 告 収 穫 面 積 ha 量 干 号 接 近 影 響 策 幸 助 近 田 伸 ハ ベ タ

More information

平 成 27 年 1 月 平 成 27 年 4 月 相 談 支 援 事 業 所 プレーゲのサテライト 開 設 サロン オレンジカフェNet1 事 業 開 始

平 成 27 年 1 月 平 成 27 年 4 月 相 談 支 援 事 業 所 プレーゲのサテライト 開 設 サロン オレンジカフェNet1 事 業 開 始 Ⅰ 法 人 概 略 法 人 名 社 会 福 祉 法 人 ひらた 福 祉 会 代 表 者 名 理 事 長 持 田 和 夫 住 所 島 根 県 出 雲 市 東 郷 町 175 番 地 4 法 人 認 可 年 月 日 平 成 21 年 7 月 17 日 法 人 設 立 年 月 日 平 成 21 年 7 月 22 日 電 話 番 号 853 62-2978 FAX 番 号 853 62-63 e-mail

More information

平成20年度大仙ふくし会事業報告

平成20年度大仙ふくし会事業報告 6-3その 他 訓 練 等 ( 愛 幸 園 ) 回 実 施 日 訓 練 内 容 1 7 月 3 日 消 防 避 難 訓 練 ( 日 中 想 定 ) 2 10 月 20 日 通 報 訓 練 及 び 避 難 訓 練 ( 夜 間 想 定 ) ( 桜 寿 苑 ) 回 実 施 日 訓 練 内 容 1 6 月 25 日 春 季 避 難 訓 練 ( 日 中 想 定 ) 2 9 月 24 日 合 同 避 難 訓 練

More information

(1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2

(1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2 (1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2 (1) 66 (2) 68 (3) 69 (1) 70 (2) 74 (3) 76 (1) 77 (2) 79 (3) 80 (1) 81 (2) 82 (3)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63> ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 白 島 荘 グループホーム 華 の 家 箕 面 市 白 島 三 丁 目 5 番 50 号 電 話 番 号 072-725-4165 ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 あなた またはあなたの 家 族 が 利 用 しようと

More information

(3) 国 県 支 出 金 22 億 9,950 万 8 千 円 (715,189 千 円 45.1 45.1% 増 ) 国 庫 支 出 金 は 安 全 安 心 な 学 校 づくり 交 付 金 の 減 はあるものの 下 釜 山 岸 線 整 備 事 業 費 補 助 金 の 増 や 子 ども 手 当 交

(3) 国 県 支 出 金 22 億 9,950 万 8 千 円 (715,189 千 円 45.1 45.1% 増 ) 国 庫 支 出 金 は 安 全 安 心 な 学 校 づくり 交 付 金 の 減 はあるものの 下 釜 山 岸 線 整 備 事 業 費 補 助 金 の 増 や 子 ども 手 当 交 平 成 22 年 度 寒 河 江 市 一 般 会 計 当 初 予 算 ( 案 )の 概 要 予 算 規 模 (22 年 2 月 19 日 現 在 ) 一 般 会 計 当 初 予 算 額 対 前 年 度 比 147 億 6 千 万 円 7 億 円 5.0% 増 (3 年 連 続 で 増 ) 平 成 22 年 度 予 算 のポイント 予 算 編 成 上 の 重 点 テーマ 緊 急 雇 用 創 出 事 業

More information

Microsoft PowerPoint - ④まちづくりにおける福祉施設について

Microsoft PowerPoint - ④まちづくりにおける福祉施設について まちづくりにおける 福 祉 施 設 について 都 市 再 生 特 別 措 置 法 と 建 築 基 準 法 厚 生 労 働 省 老 健 局 高 齢 者 支 援 課 振 興 課 課 長 補 佐 ( 高 齢 者 居 住 福 祉 担 当 ) 山 口 義 敬 都 市 再 生 特 別 措 置 法 建 築 基 準 法 の 改 正 について( 情 報 提 供 ) 都 市 再 生 特 別 措 置 法 等 の 改 正

More information

喜 地 区 と 鷲 宮 地 区 が 水 に 弱 い 傾 向 がありますので 一 級 河 川 の 整 備 等 を 含 めて 杉 戸 県 土 整 備 事 務 所 に 改 修 の 要 望 をしたいと 考 えています また 今 回 のような 雨 が 降 りますと 水 がはけきらずに 溜 まってしまう 傾 向

喜 地 区 と 鷲 宮 地 区 が 水 に 弱 い 傾 向 がありますので 一 級 河 川 の 整 備 等 を 含 めて 杉 戸 県 土 整 備 事 務 所 に 改 修 の 要 望 をしたいと 考 えています また 今 回 のような 雨 が 降 りますと 水 がはけきらずに 溜 まってしまう 傾 向 市 民 懇 談 会 市 民 との 懇 談 概 要 開 催 場 所 久 喜 総 合 文 化 会 館 平 成 23 年 7 月 3 日 ( 日 ) 開 催 日 時 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 12 分 まで 参 加 者 数 42 人 発 言 者 数 9 人 質 問 書 受 理 件 数 7 件 出 席 者 田 中 市 長 牧 副 市 長 吉 田 教 育 長 早 野 総 務 部 長 井

More information

平 成 25 年 度 静 岡 県 における 高 齢 者 生 活 実 態 調 査 ( 第 2 期 ) 報 告 書 平 成 26 年 3 月 静 岡 県 健 康 福 祉 部 医 療 健 康 局 健 康 増 進 課 目 次 Ⅰ 調 査 概 要... 1 Ⅱ 回 答 者 属... 5 Ⅲ 調 査 結 果... 7 1 健 康 状 態 健 康 管 理 について... 7 2 運 動 習 慣 について...

More information

(Microsoft Word - \223\354\221\212\224n\216s\222\206\220S\216s\220\351\214\276H21.3.25.doc)

(Microsoft Word - \223\354\221\212\224n\216s\222\206\220S\216s\220\351\214\276H21.3.25.doc) 定 住 自 立 圏 構 想 中 心 市 宣 言 書 ともにつくる 活 力 に 満 ちた 安 心 で 潤 いのある 南 相 馬 国 指 定 重 要 無 形 民 俗 文 化 財 相 馬 野 馬 追 1 南 相 馬 市 定 住 自 立 圏 中 心 市 宣 言 少 子 高 齢 化 と 人 口 減 少 地 方 圏 から 東 京 圏 への 人 口 の 流 出 地 域 経 済 の 低 迷 に 伴 う 厳 しい 財

More information

genkyo

genkyo Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 氏 名 藤 井 信 吾 市 取 手 市 社 会 福 祉 事 業 団 年 齢 / 非 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 メールアド レス 56 歳 社 会 福 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 8 年 月 1 日 現 在 3-39 茨 城 県 取 手 市 ゆめみ 野 3 丁 目 3 番 地 1 電 話 番 号

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 26 年 度 職 務 経 験 者 採 用 試 験 申 込 結 果 について 平 成 26 年 11 月 4 日 職 務 経 験 者 採 用 試 験 導 入 の 経 緯 津 市 へのU J Iターン 就 職 や 転 職 を 望 む 声 新 規 職 員 採 用 試 験 には 年 齢 制 限 が 存 在 職 務 経 験 者 採 用 試 験 の 導 入 幅 広 い 年 齢 層 の 人 が 受 験 できる

More information

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産 ご 蛇 易 下 呂 式 No. 発 発 : 青 森 県 編 集 : 広 編 集 - 青 森 県 下 北 郡 大 字 易 字 大 川 目 - TEL --(FAX 兼 ) 常 任 総 常 任 大 原 子 力 発 電 般 質 動 編 集 記 般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目

More information

3. 太 田 福 祉 記 念 会 地 域 貢 献 事 業 継 続 地 域 密 着 支 援 事 業 法 人 理 念 の 一 つ 地 域 福 祉 の 向 上 に 貢 献 するため 特 に 法 人 施 設 が 立 地 する 地 域 ( 熱 海 町 湖 南 町 深 沢 )の 求 めるニーズを 洗 い 出 し

3. 太 田 福 祉 記 念 会 地 域 貢 献 事 業 継 続 地 域 密 着 支 援 事 業 法 人 理 念 の 一 つ 地 域 福 祉 の 向 上 に 貢 献 するため 特 に 法 人 施 設 が 立 地 する 地 域 ( 熱 海 町 湖 南 町 深 沢 )の 求 めるニーズを 洗 い 出 し 社 会 福 祉 法 人 太 田 福 祉 記 念 会 平 成 25 年 度 事 業 計 画 理 念 一 私 たちは 利 用 者 の 人 権 を 尊 び 安 らぎと 生 きがいづくりに 努 めます 一 私 たちは 地 域 福 祉 の 向 上 を 目 指 し 保 健 医 療 福 祉 の 連 携 をすすめます 一 私 たちは 常 に 専 門 職 として 愛 の 心 と 技 術 の 向 上 に 努 めます 平

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

青 森 県 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 平 成 25 年 3 月 青 森 県 目 次 Ⅰ 計 画 の 目 的 と 背 景 1 計 画 の 目 的 と 位 置 付 け 1 2 計 画 期 間 2 3 高 齢 者 と 高 齢 者 の 住 まいに 関 する 現 状 と 将 来 推 計 3 (1) 青 森 県 の 人 口 と 世 帯 数 (2) 青 森 県 の 高 齢 化 率 (3) 青

More information

季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊

季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊 伝 えたいふる 里 の 味 美 作 市 栄 養 委 員 会 季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊 季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 ぼた 餅 米 A

More information

まちづくりビジョン 進 捗 状 況 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 達 成 状 況 : 完 了 : 取 組 中 : 一 部 または 準 備 中 : 中 : 中 止 施 策 事 業 名 等 の 太 字 斜 体 は 規 事 業 斜 体 は 一 部 規 ( 充 ) 事 業 政 策 の 柱 1

まちづくりビジョン 進 捗 状 況 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 達 成 状 況 : 完 了 : 取 組 中 : 一 部 または 準 備 中 : 中 : 中 止 施 策 事 業 名 等 の 太 字 斜 体 は 規 事 業 斜 体 は 一 部 規 ( 充 ) 事 業 政 策 の 柱 1 まちづくりビジョン 進 捗 状 況 の 見 方 1 2 3 4 5 6 組 織 機 構 の 見 直 し 部 局 制 度 から 簡 素 な 課 制 度 へ(H24~) 1 規 事 業 林 市 長 就 任 後 に 始 めた 規 事 業 の 場 合 は 達 成 状 況 左 に と 記 載 施 策 事 業 名 等 が 太 字 斜 体 になっています また 施 策 事 業 の 一 部 が 規 事 業 ( 充

More information

Ⅰ 松 阪 市 の 住 宅 の 状 況 20 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ( 総 務 省 )によると 松 阪 市 内 の 住 宅 総 数 は 62,600 戸 で 持 ち 家 が 45,100 戸 (72%) 借 家 が 17,500 戸 (28%)となっています 借 家 のうち 市 営 県

Ⅰ 松 阪 市 の 住 宅 の 状 況 20 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ( 総 務 省 )によると 松 阪 市 内 の 住 宅 総 数 は 62,600 戸 で 持 ち 家 が 45,100 戸 (72%) 借 家 が 17,500 戸 (28%)となっています 借 家 のうち 市 営 県 松 阪 市 における 市 営 住 宅 の 現 状 と 課 題 26 年 10 月 18 日 構 想 日 本 Ⅰ 松 阪 市 の 住 宅 の 状 況 20 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ( 総 務 省 )によると 松 阪 市 内 の 住 宅 総 数 は 62,600 戸 で 持 ち 家 が 45,100 戸 (72%) 借 家 が 17,500 戸 (28%)となっています 借 家 のうち 市

More information

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 居 宅 介 護 支 援 事 藤 寿 会 南 国 居 宅 介 護 支 援 事 所 高 知 県 南 国 市 大 埇 乙 07- 年 4 月 日 05 公 益 事 居 宅 介 護 支 援 事

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 居 宅 介 護 支 援 事 藤 寿 会 南 国 居 宅 介 護 支 援 事 所 高 知 県 南 国 市 大 埇 乙 07- 年 4 月 日 05 公 益 事 居 宅 介 護 支 援 事 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 氏 名 藤 原 一 紫 国 祉 法 人 藤 寿 会 http://www.toujukai.jp/ 年 齢 / 非 主 たる 事 務 所 の 所 在 メールアド レス 65 祉 法 人 現 況 報 告 書 6 年 4 月 日 現 在 783-0005 高 知 県 南 国 市 大 埇 乙 07- 電 話 番 号 088-864

More information

平成12年7月10日

平成12年7月10日 平 成 21 年 8 月 26 日 横 浜 市 長 様 横 浜 市 心 身 障 害 児 者 を 守 る 会 連 盟 代 表 幹 事 八 島 敏 昭 事 務 所 222-0035 港 北 区 鳥 山 町 1752 横 浜 ラホ ール 3 階 団 体 交 流 室 電 話 045-475-2062.2063 fax 045-475-2064 e-mail mamorukai@hamashinren.or.jp

More information

第 1 期 先 行 地 域 における 地 域 議 の 運 営 状 況 ( 代 陽 校 区 ) 資 料 1 地 域 議 名 称 代 陽 校 区 住 民 自 治 推 進 議 役 員 名 簿 事 務 局 所 在 地 代 陽 公 民 館 ( 旧 管 理 人 室 ) 役 職 氏 名 役 職 氏 名 総 構 成

第 1 期 先 行 地 域 における 地 域 議 の 運 営 状 況 ( 代 陽 校 区 ) 資 料 1 地 域 議 名 称 代 陽 校 区 住 民 自 治 推 進 議 役 員 名 簿 事 務 局 所 在 地 代 陽 公 民 館 ( 旧 管 理 人 室 ) 役 職 氏 名 役 職 氏 名 総 構 成 議 題 1 第 1 期 先 行 地 域 における 地 域 議 の 運 営 状 況 について 平 成 24 年 8 月 6 日 市 民 働 部 市 民 活 動 支 援 課 第 1 期 先 行 地 域 における 地 域 議 の 運 営 状 況 ( 代 陽 校 区 ) 資 料 1 地 域 議 名 称 代 陽 校 区 住 民 自 治 推 進 議 役 員 名 簿 事 務 局 所 在 地 代 陽 公 民 館 (

More information

一般質問通告書

一般質問通告書 一 般 通 告 書 者 1 日 坂 和 久 1 大 賀 広 史 1 松 浪 健 一 郎 1 地 域 防 災 対 策 について 河 川 氾 濫 時 の 避 難 勧 告 等 の 判 断 について 伺 います 水 防 団 活 動 に 対 し 水 防 管 理 団 体 はいかな る 支 援 指 導 等 を 行 っているのか 伺 います 災 害 時 避 難 者 と 共 に 避 難 した 動 物 の 取 扱 い

More information

<6F6B95BD90AC E E8AD48D488E9694AD928D975C92E88CA992CA82B AA DB817A2D332E786477>

<6F6B95BD90AC E E8AD48D488E9694AD928D975C92E88CA992CA82B AA DB817A2D332E786477> 平 成 28 年 度 年 間 発 注 の 見 通 し 件 名 種 別 場 所 工 期 概 要 入 予 定 時 期 入 方 法 契 約 方 法 1 仮 称 北 区 役 所 新 別 館 新 築 建 築 北 区 王 子 本 町 1-11-9 平 成 29 年 5 月 S 造 2 階 建 庁 舎 ( 約 820m2)の 新 築 2 仮 称 北 区 役 所 新 別 館 新 築 電 気 設 備 電 気 北 区

More information

Microsoft Word - 27年度流山事業所事業計画書.doc

Microsoft Word - 27年度流山事業所事業計画書.doc 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 旭 悠 会 流 山 事 業 所 特 別 養 護 老 人 ホームリバーパレス 流 山 P.1 介 護 部 門 総 合 P.1 医 務 看 護 部 門 P.2 栄 養 管 理 ( 給 食 ) 部 門 P.2 リバーパレス 流 山 デイサービスセンター P.6 指 定 居 宅 介 護 支 援 事 業 所 リバーパレス 流 山 P.8 リバーパレス

More information

(4) 市 有 施 設 利 用 料 金 減 免 の 継 続 旭 川 市 7 条 駐 車 場 いきいきセンター 新 旭 川 いきいきセンター 永 山 いきいきセンター 神 楽 近 文 市 民 ふれあい センター 有 料 公 園 施 設,パークゴルフ 場 旭 川 市 総 合 防 災 センター 旭 川 市

(4) 市 有 施 設 利 用 料 金 減 免 の 継 続 旭 川 市 7 条 駐 車 場 いきいきセンター 新 旭 川 いきいきセンター 永 山 いきいきセンター 神 楽 近 文 市 民 ふれあい センター 有 料 公 園 施 設,パークゴルフ 場 旭 川 市 総 合 防 災 センター 旭 川 市 第 2 次 旭 川 市 障 害 者 計 画 の 進 捗 状 況 資 料 4 節 具 体 的 施 策 取 組 区 分 取 組 内 容 第 1 節 Ⅰ 生 活 支 援 1 相 談 体 制 の 整 備 (1) 各 相 談 支 援 機 関 の 連 携 強 化 旭 川 市 障 害 者 福 祉 センター 内 に, 旭 川 市 障 害 者 総 合 相 談 支 援 センターあそーと,かみかわ 相 談 支 援 センターねっと,

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63> 相 模 原 市 -20- 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

広報おおくま 5月1日号 【閲覧用】

広報おおくま 5月1日号 【閲覧用】 広 報 大 熊 町 役 場 会 津 若 松 出 張 所 おおくま 発 2012 年 5 月 1 日 行 : 大 熊 町 役 場 企 画 調 整 課 所 在 地 : 福 島 県 会 津 若 松 市 追 手 町 2 番 41 号 電 話 :フリーダイヤル 0120-26-3844( 代 表 ) E-mail:okuma@town.okuma.fukushima.jp ブログ 大 熊 町 http://blog-okuma.jugem.jp/

More information

の 事 類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 2 宅 配 給 食 サービス 事 ( 尾 張 旭 市 委 託 事 ) 尾 張 旭 市 旭 ヶ 丘 町 濁 池 11-18 平 成 13 年 12 月 1 日 1 介 護 保 険

の 事 類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 2 宅 配 給 食 サービス 事 ( 尾 張 旭 市 委 託 事 ) 尾 張 旭 市 旭 ヶ 丘 町 濁 池 11-18 平 成 13 年 12 月 1 日 1 介 護 保 険 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホームペー ジアドレス 代 表 者 氏 名 林 幸 雄 国 祉 法 人 旭 会 年 齢 公 表 / 非 公 表 主 たる 事 務 所 の 所 在 メールアド レス 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 27 年 月 1 日 現 在 88-008 愛 知 県 尾 張 旭 市 旭 ヶ 丘 町 濁 池 11-18 電 話 番 号 061-1 - 222 FAX

More information

資 料 事 業 実 施 に 係 る 役 割 分 担 表 店 舗 建 築 工 事 工 事 名 : 駅 東 口 魅 力 店 舗 建 築 工 事 発 注 者 : まちづくり 請 負 者 : 材 光 工 務 店 組 織 役 割 担 当 備 考 総 括 社 長 副 社 長 専 務 名 まちづくり 連 絡 調

資 料 事 業 実 施 に 係 る 役 割 分 担 表 店 舗 建 築 工 事 工 事 名 : 駅 東 口 魅 力 店 舗 建 築 工 事 発 注 者 : まちづくり 請 負 者 : 材 光 工 務 店 組 織 役 割 担 当 備 考 総 括 社 長 副 社 長 専 務 名 まちづくり 連 絡 調 () 中 心 街 地 活 性 化 について まちづくり 会 社 に 対 する の 支 援 体 制 の 強 化 について ( 建 築 設 備 部 門 の 支 援 体 制 ) 資 料 役 割 分 担 表 平 成 5 年 月 日 付 で 人 事 配 置 を 行 った 岡 村 理 事 (まちなか 再 生 住 宅 担 当 ) 善 利 参 与 (まちなか 再 生 課 ) ( 特 定 任 期 付 職 員 の 募

More information

第 3 章 住 生 活 基 本 計 画 1. 町 民 への 住 まい 住 環 境 に 関 する 意 向 把 握 2. 住 まい 住 環 境 に 関 する 現 況 と 課 題 展 開 方 向 3. 住 宅 施 策 の 体 系 と 推 進 施 策 1. 町 民 への 住 まい 住 環 境 に 関 する 意 向 把 握 (1) 一 般 世 帯 向 けアンケート 調 査 結 果 住 まい 住 環 境 に

More information

院 内 で さんだリハビリテーション 病 院 の 開 設 がキックオフされ はや 半 年 が 過 ぎようとしています 建 築 会 議 が 始 まり 各 部 署 の 希 望 想 いなどを 一 つずつ 積 み 上 げていき 理 想 に 近 づけていった 会 議 また 近 隣 病 院 連 携 病 院 への

院 内 で さんだリハビリテーション 病 院 の 開 設 がキックオフされ はや 半 年 が 過 ぎようとしています 建 築 会 議 が 始 まり 各 部 署 の 希 望 想 いなどを 一 つずつ 積 み 上 げていき 理 想 に 近 づけていった 会 議 また 近 隣 病 院 連 携 病 院 への この 度 2 月 号 を 発 行 するにあたり 当 院 のスタッフの 中 から 2 月 生 まれの 皆 さんで 人 文 字 を 作 っていただきました(@^^)/ 文 字 は 和 です! 因 みに 人 文 字 の 上 のペアは です!( 分 かるかな?) 理 由 は 和 敬 会 の 和 サービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 三 木 ヒルズ 和 (なごみ)の 和 でもあり 私 たち 和 敬 会

More information